青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なかろう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~なかった なかった~ なかったら~ ~なかつた なかつた~ ~なかなか なかなか~ ~なから なから~ ~なかろう
なかろう~
~ながめ ながめ~ ~なき なき~ ~なく なく~ ~なくし なくし~ なくっ~ ~なくなっ

「なかろう~」 1407, 15ppm, 7394位

▼ なかろうかと~ (394, 28.0%)

25 思う 20 思われる 16 思います 15 思った 14 思って 10 考えた 8 考えて 7 思うの, 思われます, 私は 5 存じます, 思いました, 考える 4 いって, 云って, 疑った 3 思うこと, 思うと, 思ったり, 思われた, 思われて, 此の, 疑って

2 [12件] おもうの, こんなこと, なぜだ, ふと思った, 思いますが, 思い出した, 想像する, 私には, 考えます, 考えられます, 考えられる, 考えると

1 [193件] あらかじめ諦め, ある, いいましても, いい出したかった, いっそう心, いよいよかの, いわれるの, うしろ髪引かれ, おっしゃって, おもわれるほど, かの女, こう思っ, この頃, ご舎弟さま, そう思う, それが, そんなこと, そんな事, そんな学究もどき, そんな心配, ときどき考えた, ばかな自惚れ, ひやひやし, びくっと, ふうっと, ふとぼく, ほとほと手, ぼくは, まそんなふうに, グラドウィツは, ヒヤリと, マア坊に, 一抹の, 一本, 不安に, 不愉快な, 世の, 云うこと, 云うよう, 云う疑さえ, 云う疑を, 云う風, 他目には, 伍兵衛は, 伸子は, 何が, 何に, 何遍も, 信じて, 僕は, 其の時, 勘次は, 勝手に, 十円持っ, 博士は, 向うを, 問合せましたが, 噂した, 多少の, 大分責め, 存じて, 存じなんぞの, 存じましたのでな, 存じられます, 存ぜられる, 実は心配, 専門外の, 尋ねると, 左大臣左大将なども, 心して捜す, 心配し, 心配した, 心配しました, 思い, 思いこれ, 思いついた, 思いついた人, 思いつかれたの, 思いながらも, 思いはじめてから, 思いましたから, 思いますよ, 思いも, 思い白洲, 思い直す頃, 思い附いた人, 思うくらい, 思う人, 思う心持, 思う或は, 思う方, 思う疑惑, 思えば, 思ったから, 思ったが, 思っただけ, 思ったという, 思ったの, 思ったので, 思ったほど, 思ってね, 思つた, 思て, 思はれる, 思わせる, 思われないでも, 思われは, 思われること, 思われるところ, 思われるの, 思われるほど, 怪しまれるくらい, 怪しんで, 恐れた, 息を, 想って, 想像される, 想像し, 想像した, 想像しました, 愚考致します, 感じたの, 我田引水した, 拝察せられる, 探偵が, 推察される, 推察し, 推察した, 推察せられる, 推測した, 推理小説的空想を, 揣摩臆測した, 摺抜けよう, 本気に, 案じたが, 横手に, 橋本に, 正当に, 気がついた, 気がついたが, 気がついたこと, 気づかった, 注目し, 深く考えこむ, 為吉は, 申します, 疑いが, 疑いだした, 疑いを, 疑い出した, 疑い出しました, 疑う, 疑ったなり, 疑わざるを, 疑わせないでは, 疑われるし, 疑問を, 直感した, 相談する, 省みさせられた, 私も, 空想し, 空想した, 穿鑿の, 筆者は, 絶えず余, 老いの, 考えたこと, 考えだした, 考えだしたの, 考えついた, 考えられるの, 考えるの, 考えるよう, 考える折, 考えわが身, 考え出して, 考え自然, 聞いた, 自分ながら, 苦心した, 蒼くなった, 見ら, 見られた, 言い出した者, 言った想像, 言われこの, 言われた時, 訂正した, 話し合った, 迷いに, 隙さえ, 馬鹿

▼ なかろう~ (389, 27.6%)

50 思う 36 思います 30 思って 15 思われる 8 思うの, 思うん, 思った 7 思うが, 思うと 5 云うの, 考えます 4 思いますが, 思われた, 思われます 3 存じます, 思いますわ, 思われるから, 思われるよう, 私は, 考えた

2 [12件] 信じる, 信ずる, 信ずるの, 僕は, 思いました, 思うから, 思うがね, 思ったの, 思われたのに, 思われるの, 思われるのに, 言って

1 [156件] あたかもいけない, いうだけの, いうので, いって, いつも変わらず, おしえて, おっしゃいました孔夫子, おなじで, おもう, おもって, おもわれる, おれは, お云, そこで吉宗, そこへ, その竹薮, その答, それを, ちゃんとした, なお希望, のうのうと, ひそかに, ほっとむね, ぼんやり言い付けられた, やっぱり彼, わが子ながらも, わたしは, ジコーサマに, ナミ子は, 一図に, 一時は, 一縷の, 上皮ばかり, 中, 予察した, 予言した, 云うかも, 云うと, 云うので, 云うよう, 云う見識, 云った, 云って, 云て, 余は, 余も, 信じて, 信じられます, 俺は, 僣越ながら, 冷かす, 切に同情, 吾, 和尚が, 土宜, 多寡を, 大きなお世話, 女を, 女心の, 妙に, 妻が, 娘の, 存じましたよ, 存じますので, 存じまするが, 存じられます, 存ぜられるが, 安藤は, 察して, 小宮山は, 心得ます, 忠作が, 思い, 思いまして, 思いまする, 思いもう一度, 思い直しては, 思うけれど, 思うし, 思う一部始終, 思う左, 思う様に, 思えたが, 思ったから, 思ったが, 思ったけれども, 思ったのに, 思ったほど, 思ったら今日, 思った日, 思ってね, 思わる, 思われても, 思われます人, 思われるが, 思われるくらい, 思われるぐらい, 思われるけれども, 思われるそこ, 思われるその, 思われるので, 思われるろくろく, 思われる今日, 思われる瞬間, 思われる米友, 悲観し, 想われる, 想像された, 意地悪く, 愚妻が, 感じた, 断念し, 昔から, 書きましたね, 期待いたします, 本質において, 村の, 梶は, 構わずに, 残念に, 源之進は, 申して, 申しますものの, 疑ぐった, 疑った, 皆安心, 相談し, 真面目に, 着物の, 知りつつ, 私が, 私としては, 穏かに, 笑いながら, 笑った由, 笑って, 老婆は, 考えたから, 考えたので, 考えてな, 考えました, 考えられますよ, 考える, 考えるの, 考え直すよう, 薫は, 見くびられるかも, 解せられる, 言いきれる, 言うもの, 言った, 言っても, 謂うもの, 賽を, 長平は, 高を

▼ なかろう~ (134, 9.5%)

4 それは 3 私は

1 [127件] あんなよう, いちおう興味, いったい京, いやしくも美, おおかたそれら, おかしいね, おれの, こちと, こちらからは, こっちは, こっちも, この時, しかしその, しかしもしそう, しかし嘘, そういわれる, そうは, そこに, そのまま膝, その名, その子, その犯行, その隣り, その飛, それでも緒余, それにしてもとうてい, それほど耻, そんなこと, そんなに間, そんな事, ただそれだけ, つまり嫁, とにかく私, とにかく読書力, どうしてそんなに人, どうしても二義的, どうせ女, ないしネオ, なおそれ以前, なお左, ひょッ, まだ帰らぬ, もし其の, やはり芸, わたしは, われわれにとって, カソリック教徒である, カロチ教授が, 一人の, 一人は, 一応二人, 七八年続いた, 万一ここ, 三十人の, 三十人も, 三千米突以上の, 事実は, 事志と, 二十七年のよりは, 今なお, 今は, 今夜は, 今直ぐ, 他の, 他国の, 以て, 何せ若い, 何に, 何分の一かが, 余り古い, 僕で, 先方は, 全く構わない, 六条壮介の, 兵馬は, 其肆頭の, 冷たい眼, 十五六人も, 同じ種類, 名前は, 周章る, 四だろう, 因縁なら, 圧迫が, 声には, 夏は, 多くは, 多少は, 大方の, 女は, 好い潮時, 実は彼女, 容易に, 尼の, 山奥の, 常にふくみ合っ, 底は, 後の, 御家庭, 御当人, 心こめた, 念の, 恒久の, 既に平安朝時代, 昔の, 時の, 最初の, 未開の, 沖縄生れの, 玄蕃允も, 理屈は, 田山白雲には, 癖に, 相手の, 笑って, 納屋の, 自分は, 茲に, 蒙昧人の, 要するにみな, 親殺しの, 象徴派でなかろう, 近頃ようやく出, 逢わなかろうが, 額の, 餅は, 驀地に

▼ なかろうかという~ (69, 4.9%)

5 ような 4 のであった 3 気が, 気さえ 2 ことである, のである, 予感が, 気も, 疑いが

1 [44件] あらかじめの, ことだ, ことであった, ことに, のが, ゾッとする, 不安が, 事に, 危惧の, 問題が, 噂も, 夢を, 失礼な, 妄想が, 思いに, 恐慌的な, 想像は, 折入っ, 推定が, 推定は, 気に, 気の, 気は, 点から, 点に, 無意味な, 甘い思い, 疑いさえ, 疑いとりわけ, 疑いには, 疑いは, 疑いを, 疑が, 疑も, 疑問に, 疑問も, 疑問を, 疑念が, 疑念の, 考えが, 考えである, 考に, 説が, 説によって

▼ なかろう~ (60, 4.3%)

2 そしてあの

1 [58件] あの有害, いやたしかに, このにちゃにちゃ, しかもそれ, すなわち, そうしたら, そうできる, そうぼく, そう思う, そう思った, そして何事, それでもよい, それと, それともなに, それとも都落ち, それゆえにこそ, そんな妻, どうなる, どこの, なぞと, なア, ひとの, ほんとうに, ぼくを, また堀木, むしろ涸沢岳直下, もう一年現級, もしそうだ, もしそうなら, わたしは, ガンダーラや, 今は, 何うし, 何だかそんな, 併し, 兎に, 其の事, 升り, 宮廷における, 尋ねる人, 彼女らは, 恰度三千米突以上の, 斯う思っ, 時代の, 源太十兵衛時代には, 爾なく, 相手の, 祖父さん祖母さんの, 私には, 私は, 等々と, 筒井は, 結婚や, 考えて, 自分らは, 良致氏が, 開墾の, 鳥巣庵の

▼ なかろうじゃ~ (50, 3.6%)

21 ないか 17 ねえか 3 ありませんか 2 ございませんか, ないかと 1 ありませんの, ねいか, アない, アねえか, 御座いませんか

▼ なかろう~ (38, 2.7%)

2 僕も, 第一

1 [34件] あのドルイド, おちぶれても, そうかと, それから佃, それなれ, そんな懸念, だいいち故, また意外, また苦甘, また辞職勧告, よし勇気, わかりも, 且又, 低気圧, 別にそんな, 参ると, 又芝居, 又貸し, 台湾の, 外から, 局部を, 山も, 後者は, 従ってしっくり, 政党に対する, 早い話, 朝鮮人に, 未来の, 本当いえ, 私も, 誰方と, 都会でも, 金もねえと, 高士の

▼ なかろうという~ (29, 2.1%)

4 ことを 2 ことであった, のである, ものだ, ような

1 [17件] ことが, ことだった, ことでございます, ことな, ことに, のは, わけだった, 人が, 信用が, 御想像, 意見に, 次第である, 点も, 考えで, 自信の, 話である, 説である

▼ なかろうもの~ (21, 1.5%)

2 なら, を

1 [17件] ならああ, ならいつ, ならお前, ならすんで, ならその, ならどれ, ならは, なら他, なら先生, なら奥様, なら女勘助, なら涙ぐむという, なら相手, なら笑われるの, なら船, なら陣十郎, なら面くらって

▼ なかろうけれど~ (18, 1.3%)

2 それを

1 [16件] うっかりし, その構え, それでも苛ら苛, とにかく一段落, なんだかわたしゃ, まあ素直, ドチラに, 今は, 他の, 作者としては, 偶然に, 出世した, 旅人に, 百姓どもは, 米友の, 結局君の

▼ なかろうから~ (17, 1.2%)

1 [17件] かわいそうだ, くれぐれも身体, そのほう, その民俗, それらの, そんなに耻, ひょっとかする, むしろ新た, やはり二寸四方, 何も, 何事も, 充分兄さん, 先ぬきとして, 当時の, 明日にも, 月々二両や, 自分たち二人の

▼ なかろうかとも~ (14, 1.0%)

2 考えた

1 [12件] 思いながら, 思いました, 思って, 思われた, 思われたが, 思われる, 思われると, 思われるの, 思われ出しいったい本当は, 想像の, 考えて, 考えられる

▼ なかろうとも~ (13, 0.9%)

1 [13件] ポリニャークは, 事実は, 思いますが, 思うの, 惹きつけられた力, 感謝の, 拙者は, 独り言であろう, 現に大衆的, 男女が, 考えた, 身を以て, 進転逆転の

▼ なかろうかとさえ~ (12, 0.9%)

2 思って 1 お考え, 云って, 僕は, 思われました, 思われる, 思われること, 思われるの, 思われ始めた, 疑った, 私は

▼ なかろうかなどと~ (11, 0.8%)

2 考えたり, 考えながら 1 むだな, 思ったこと, 急に, 揣摩憶測を, 疑い出しさえ, 考えても, 考える者

▼ なかろうけれども~ (9, 0.6%)

1 あそこまで, 一人二人どちらの, 万一お, 余りに妄説, 僕の, 思いついたから, 水屍体は, 然しながら生家, 若え

▼ なかろう~ (9, 0.6%)

1 他目も, 何だって, 何でその, 先天的に, 憤怒の, 気が, 無理を, 胴欲な, 見す見す余命

▼ なかろうとは~ (6, 0.4%)

2 思うが 1 クリストフには, 思いますが, 思うん, 持論である

▼ なかろうとの~ (5, 0.4%)

1 ことじゃ, ことでした, 剣術の, 御言葉, 意味の

▼ なかろう~ (4, 0.3%)

1 か変った, か是, といっ, を吐かしやがる

▼ なかろう~ (3, 0.2%)

1 十夜だ, 妻さん, 帰りお

▼ なかろうこと~ (3, 0.2%)

1 はいう, を思わせる, を私

▼ なかろうかって~ (2, 0.1%)

1 心配し, 疑って

▼ なかろうかとすら~ (2, 0.1%)

1 思われたの, 考えられて

▼ なかろうかとの~ (2, 0.1%)

1 ことであった, 疑いが

▼ なかろうからと~ (2, 0.1%)

1 この方面, 鶴見も

▼ なかろうがと~ (2, 0.1%)

1 思って, 研究も

▼ なかろうただ~ (2, 0.1%)

1 人生に, 後来の

▼ なかろうなどと~ (2, 0.1%)

1 余計な, 澄し返っ

▼ なかろうはず~ (2, 0.1%)

1 だが, でございますのに

▼ なかろう世間~ (2, 0.1%)

1 の噂, は騒がしい

▼ なかろう~ (2, 0.1%)

1 で, の期待

▼1* [79件]

なかろうあるいは写真の, なかろうおれがいなけ, なかろうお前と二人, なかろうお前さんのよう, なかろうかしらと老いの, なかろうかとは僕の, なかろうかとまで考えたの, なかろうかなど兎に, なかろうかねお前も, なかろうかも一つその, なかろうからという付け加えての, なかろうからなあいまの, なかろうがな将曹, なかろうくらいだった, なかろうけど男は, なかろうこっちは知らねえ, なかろうこの感覚の, なかろうこれが永久, なかろうわたしは, なかろうしと思い第, なかろうお前は, なかろうぜと気を, なかろうその土人の, なかろうそれは御身, なかろうそれではむこうの, なかろうだから何うし, なかろうって云うん, なかろうついさくを, なかろうとさえ考えるの, なかろうとまで彼には, なかろうともかく小使溜へ, なかろうどうだ, なかろうどんなものだ, なかろうそんな心配, なかろう大丈夫だろう, なかろうまあいいじゃ, なかろうまあ宜いじゃ, なかろうまず船出の, なかろうやはり旅の, なかろうよき師匠を, なかろうて師匠, なかろう一夫これを守れ, なかろう一家必ず服, なかろう一朝国のため, なかろうが世, なかろう主人の注意, なかろうを期待, なかろう人間最後の時, なかろう今度のよう, なかろう何とかして, なかろう余り所在の, なかろう倫理学の大家, なかろう前者の傲然屹, なかろう北の方の海, なかろう哀いい, なかろう可哀相に丸ぽちゃ, なかろうの書い, なかろうがそう, なかろうによつて, なかろう大方鼻恋くらい, なかろう天下の小, なかろうごわきまえ, なかろう従って他人に, なかろう気の毒だ, なかろう心配するな, なかろう明日の日, なかろう望み通り彼の世へやっ, なかろう本気にこの, なかろう樟脳の五斗八升, なかろうの眞葛周玄, なかろう江戸時代にはお歴々, なかろう生命に別条, なかろうるまで, なかろうはないでしょう, なかろうありてこそ, なかろうが蝟, なかろう見物して, なかろう貴様のこと, なかろうは凪ぐ