青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なかつた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

なお~ なおも~ ~なか なか~ ~なかっ なかっ~ ~なかった なかった~ なかったら~ ~なかつた
なかつた~
~なかなか なかなか~ ~なから なから~ ~なかろう なかろう~ ~ながめ ながめ~ ~なき なき~

「なかつた~」 16391, 177ppm, 584位

▼ なかつた~ (4493, 27.4%)

995 である 851 です 516328113 だが 90 であるが 84 ですが 54 だらう, では 48 でした 44 だと 42 かな, でございます 34 だから 33 かも知れない, だな, であります 27 かい 2519 も無理 16 ぢや 15 ですか 14 だよ 13 ですから, ですね 12 はその 10 だらうか, だらうと, であるから 9 かもしれない, は全く, は勿論, は無理, は私 8 かも知れません, でありますが, で御座います, は何, は残念 7 かね, だけれど, だろう, でございませう, でしたが, はこの 6 だけれども, だつた, は遺憾 5 かしら, が不思議, だね, でありませう, ですけれど, は当然, を見 4 かも知れぬ, でございますが, ですもの, はどう, は不思議, は確か, は自分, は誰, もその

3 [23件] かえ, かそれとも, か知ら, がこの, が殘念, ださうである, だらうが, であると, である私, ですよ, でも, には少から, は, はお, はまことに, は事実, は何と, は大, は実に, は彼, は當然, を思ふ, を責める

2 [59件] かその, かそれ, かと思, かなあ, か何, がせめて, がまだしも, が当時, が惡, が手落, が残念, が遺憾, だからねと, だがな, だがね, ださうだが, ださうであるが, だし, だといふ, だ私, て, でありますそれで, であるけれども, であるといふ, であるのに, であろう, でございました, でございますもの, でしたね, で御座いますか, と一つ, と同じ, はあの, はこれ, はさすが, はそれ, はそんな, は今日, は俺, は別に, は天罰, は女, は幸, は殘念, は母, は迂, は返す, へ明日明後日, も不思議, も事実, をこの, を一定, を喜ぶ, を嘆賞, を後悔, を悔い, を見る, を見れ, を遺憾

1 [512件 抜粋] あのお金, かいの, かお前, かきよ, かさ, かさつ, かし, かしらそれにしても, かそいつ, かそして, かそしてただ, かそれともまた, かた, かだまつて, かちよ, かてつきり私, かと, かといふ, かとお, かとこの, かとつくづく, かと主人, かと修一, かと僕, かと家, かと思つて, かと思はれる, かと思ふ, かと怨めしい, かと恨めしく, かと疑いはじめた, かどうしても, かなあゝ, かな御, かねえ, かはかなく, かもしれなかつた, かもわかりません, かも知れず, かハハハハハ, かモシヤモシヤ, か下村, か不思議, か事務以外, か何だか, か僕, か元, か兼吉兄哥, か否, か家, か寧ろ, か少し, か手前, か昨夜, か暫く, か更に, か此, か毒酒, か洗, か直ぐ, か着る, か私, か血, か證據, が, がいかにも, がお, がお前, がかうなる, がこつ, がす, がその, がた, がつい, がま, がまだ, がわる, がガラツ八, が一ヶ年間禁酒, が一人, が不幸, が二十五歳前, が今, が今度戯曲座, が今日, が何より, が何ん, が偶然プランタン, が全く, が北京, が千秋, が原因, が口惜しい, が古代, が只今, が多い, が大昔, が奇怪, が好き, が当然, が後に, が従来, が恐らく, が悪, が惜, が手ぬかり, が手紙, が手落ち, が抑, が政治上, が明らま, が本, が次に, が次第に, が此, が残念至極, が母, が気に入らなかつた, が氷峰, が目つけもの, が私, が見える, が見付けもの, が記者, が返, が運, が過失, が長い, が雨, さハヽヽヽヽ, さ柳吉, じや, じやが, そのうち阿, だあの, だい, だい待つた, だか, だかうした星, だからな, だからね, だがといふ, ださうだ, ださうです, ださつき泉ガレーヂ, だすくなくともさ, だそれでは, だぞ, だとか, だとと, だとね, だとは, だとも, だなど, だなんて, だもし, だらうかと, だらうといふ, だらうよ, だらう別に, だらう勘当, だらう等, だろうか, だわ, だ今日, だ単純, だ大, だ尤も, だ掻攫, だ殊に, だ清美感, だ自由, でありました, でありましたが, でありました眉山人, であります所, であり三条実美ら, であるか, であるからと, であるけれど, であること, であるし, であるしかし, であるそれ許, であると共に, であるの, である余, である俊徳丸, である問題, である奈良, である御存知, である本心, であろうか, でございましたが, でございまして, でございますけど, でございませうか, でしたがね, ですからな, ですからね, ですがね, ですけど, ですけれども, ですそれ, ですだけれども, ですつかり驚いて, ですでも, ですな, ですの, ですのに, ですまつたく戀ゆゑ, です嘘, です地球壊滅, です審査員, です所, です残念, です洋画, です私はじぶん, でないか, でなくもはや, で御座いませう, とこの, とその, とそれから, とつくに売つてある, と一萬兩, と事件, と今一つ, と先日飯島, と反, と比べ, と比べる, と灰, と百姓町人, と着物, と與, と落魄, と譯者, ならそり, なら妾, なら彼, なら早く, なら電話位, なれど, にさういふ, に依る, に比べ, に気づく, に見, はあながち, はあまり, はいい, はいかなる, はいつたい, はお前, はかう, はかかる, はかの, はかへ, はきみ, はこのごろぼく, はこれ位, はさ, はせめて, はそういう, はただ, はだれ, はなから, はなぜ, はなん, はね, はむしろ, はもはや, はよかつ, はわたくし, はミイラ, はラツプ, は一々, は一つ, は一人僕等, は一寸, は上, は不, は不思議さ, は不老長生, は之, は九州, は二千年, は二日位, は今朝, は仕合せ, は仲間, は何より, は何故, は佛樣, は來, は例, は假令日蓮宗, は僕, は僥倖, は兩人, は公, は六年, は其原因, は其形式, は兼吉, は凡夫, は分る, は前, は勝頼, は医者, は千秋, は単に, は君, は啻に, は図書室, は土地, は増田, は外, は多い, は多勢, は大した, は大阪氣性, は天皇, は天童太郎, は女らしく, は家, は将軍家, は小三郎, は左様, は平次, は幸ひだ, は廓内, は彼ら, は後で, は必ずしも, は志賀氏, は思ひ出す, は怪む, は恐らく, は恰も, は惜し, は意外, は意義, は我, は我乍ら, は或, は所柄, は手ぬかり, は手落, は政治自身, は敢, は旗とり合戦, は明かである, は普通, は未練, は村, は来なけれ, は板屋八十郎, は此方, は殆ど奇蹟, は氣, は注目, は流石, は淨土, は深謀遠慮, は渠等, は濡れる, は父, は甚だ, は生れた, は畢竟, は童貞, は笑, は総て巫女, は縹渺, は缺點, は考へる, は耶蘇教徒, は舞台監督, は茲, は萬三郎, は葡萄餅, は要するに, は誠に, は變ぢ, は貞, は軍治, は迂遠, は近代, は返す返す, は運命, は錢形, は錢形平次何, は閭, は難, は面白き, は餘, は魔, ばかり口惜し, も, もある, もかうした, もしや頸, もわる, も一つ, も一二年, も一原因, も何より, も其の, も内, も出版業者, も原因, も同, も命, も多い, も大, も嬉涙, も宜, も弟子, も当然, も恐らくは, も惜しむべきである, も所謂之, も故, も此時, も畢竟, も當然とい, も結構, も自分, も自動車, も貞淑, も近眼, も道理, も遺憾, やら何やら, を, をい, をすまない, をどう, をやがて, をよい, をユウゴオ, を今度浄曲研究家木谷蓬吟氏, を何, を切れろ切れろ, を千恵, を喜んだ, を多少, を嬉しく, を寧ろ, を幸, を幾らか, を彼, を後, を徳島, を怒, を思ひだした, を思ひ出した, を怪しむ, を恨ん, を悔いる, を悔ん, を悲しまぬ, を悲しむ, を惜し, を感づいた, を憾, を憾ん, を抽出, を政府, を案じ, を歎, を母, を渠, を無理, を熟, を物, を発見, を知つた梅幸, を確かめ, を祝福, を第, を聞く, を覚え, を記憶, を近頃, を馬, ォ, ォようわしを, ォ済まなかつた, 三木さんは, 今日は, 何のと, 初めて, 加留多は, 大丈夫, 歌留多は, 私は, 酷いわ

▼ なかつた~ (1869, 11.4%)

22 私は 20 彼は 14 それは 11 私の 10 彼の 9 それを 8 それが, 兎に 7 さうし 5 やつと, 兎も, 直吉は

4 [12件] その中, それに, それよりも, た, ゆき子は, 今度は, 今日は, 併し, 年を, 彼女は, 此の, 自分は

3 [28件] ある日, うつかり, この時, さう, その代り, その日, それらの, 之を, 二人は, 人の, 今は, 今日の, 何か, 何でも, 何よりも, 家を, 少くとも, 強ひ, 彼女の, 彼等の, 成程, 或る, 樽野は, 此処に, 母の, 男は, 腹の中では, 頭の

2 [81件] お互, お前さんは, お道, かうして, こ, この, このごろにな, これで, しかしそれ, しまひ, その声, その時, その脚, それで, それでも机, それでも能, それでも陽気, それと, それとても, それも, そんなこと, だん, とにかく自分, どうした, どうも, やがてそれ, やはり年頃, よく見る, わたくしは, わたしは, アメリカの, 一般に, 云ひ, 人間の, 仄かな, 今では, 今になつ, 伊庭の, 住むで, 住民の, 何れも, 何んで, 僕が, 其代り, 又雄渾, 同じ, 声は, 女は, 娘は, 宇津は, 富岡は, 幸彼女は, 彼が, 彼女が, 後から, 怎し, 手品師は, 支那では, 明るい一室, 暫くし, 此際だ, 殊に私, 氏の, 海の, 渠は, 然しお, 父の, 現代社会を, 當時の, 直して, 矢張り, 硯だけは, 私には, 腰までしか, 自分の, 花郷は, 金を, 電信技手と, 霎時し, 非常に, 黒田の

1 [1451件 抜粋] あちこちの, あのお, あの子たち, あの毛皮, あの集, あまり長く, ある時, あれじみた, あんなに我儘, あゝゆき子, いたづら, いつの間にかぐつすりと昼寝, いつの間にか迎, いつも疲れき, いまでは, いや増し, いよいよ鹿, おしまひに, おそらく大二郎, おとうさんに, おやぢ, お信さん, お辰, お鳥, かうした小, かなり特異, からからに, ここは, このこと, この上自分, この名人戦, この大きな若い, この島, この石, この通り蝉丸, これからは, これきりもう, これは, こんなごたつい, ごやご, さうなる, さて一年, さて自分, さりとて別段, しかしそれでも子供, しかし内容, しかし寿枝, しかし広小路, しかし無理工面, しかし自分, しづかな, すぐに, せめて天狗流, そこには, そして自分, そのうち世話役, そのお婆さん, そのくせ物腰, そのなか, そのまま自分, その云ふところ, その代り紅葉見物, その何樂模氏, その医師, その実は, その彫り, その心中, その手もと, その方, その晩, その柄, その真ン中, その私, その翌, その行き届いた, その証拠, その頃, それから, それだけに嘉吉, それでもお, それでもずゐ, それでも一つ, それでも二人, それでも今, それでも先生, それでも半時間, それでも学者, それでも当分, それでも意識, それでも時々, それでも校長, それでも漱石, それでも眼, それでも頭髪, それにしてもイブセン, それの, それ以來杳として, それ位ひ, そんなもの, そんな金, ただ一つ印象, ただ何時, たぶんこんな, だんだん近づい, ちよツと, ついふんぎり, つくづく思うた, ところどころの, とにかくその, とにかく大和朝廷, とにかく行李, ともかくこの, ともかく早野勘平, どうかする, どうしても浜田, どうもそれ, どうやら意志, どんなもの, なか子にと, なにしろ腹, ねばるの, ひとりでにから, ふと夢, ふと気がつい, ほかに, ほツ, まあそれ, まさか四里, またそれ, まだ復員, まんまと終, むしろ一生, もうすこし研究, もう凝, もし今, やがてどうも狐, やがて叱, やがて好奇心, やがて私, やはり彼, よく六十五歳, わいわいと, わるくも, ウヤムヤに, キプリングは, サテさうし, ハガキで, フランスでは, ボンと, マニラの, ミユンヘンに, ユニホームの, ロドリゲスや, 一人の, 一体僕, 一寸標題, 一度修三, 一度見た, 一日の, 一日医と, 一時の, 一月許り経つ, 一種の, 一面近来ますます, 丁附の, 万福の, 三十分くらゐ, 三年前に, 三日に, 三里を, 不得意だ, 不断女房の, 世襲住職の, 中に, 中途から, 久し振りで, 之も, 亀井戸の, 事實に, 二つの, 二人には, 二度目には, 五峯といふ, 井桁に, 京都から, 人々は, 今こ, 今と, 今やつとは, 今不意に, 今年四十二の, 今後發達させよう, 今朝から, 今沁, 今考へ, 仕事も, 仕方が, 仙人の, 以來は, 伊勢の, 伊豆は, 何う, 何だか私, 何となく気, 何と云つて, 何ら怪しい, 何故か雪の下, 何時までも, 何處かに, 來て, 例へば脚本, 偶寧静閣集を, 僕は, 先刻の, 兎にも, 入口の, 八重を, 其の後一時平靜, 其れ, 其処の, 其後起つた, 其處には, 其頃校内で, 内心に, 内藤濯氏が, 写真を, 凍るやう, 出迎へに, 切支丹を, 別段厭, 制服の, 加けに, 勧工場は, 北の, 十日ばかり, 午後の, 半道も, 単に詩人, 危く不具者に, 原嘉道馬場愿治兩氏の, 厭と, 参謀本部すな, 取逆上, 句評は, 只美しい, 可哀, 右の, 各階級, 同じ田舎, 同級の, 名前だけは, 否定の, 周囲の, 品物は, 唯めくら, 唯取出, 唯餘, 四囲の, 困惑した, 在りの, 坂田には, 垢の, 堀口は, 境遇は, 外語出の, 多分これ, 多田君は, 夜明に, 大振りは, 天井裏や, 太子薨去後その, 夫, 奇妙な, 女の, 女郎屋の, 如何にも心配, 妹に, 姉たちは, 婦人を, 孝一郎が, 宇部東吉と, 安政の, 実に見る, 実際で, 客は, 家は, 寂しい酒, 富岡には, 察する, 寿枝は, 小さな私, 小切手を, 小林氏は, 少しも, 少年時代の, 岡の, 左うし, 巴黎院といふ, 常葉には, 年中開放され, 幸に, 幼少の, 幾度び決心し, 底冷えの, 座敷の, 引返したところ, 当時, 彼には, 彼を, 彼女等も, 後でわかつた, 後三四日, 後六國, 心の, 必要に, 思ひの, 恁う, 恐ろしく大きな, 恰度後にも, 悪徳に, 愚かな, 慶應義塾の, 應接間の, 成る程, 戦争以前の, 所得はよ, 手が, 手の, 批評は, 折角あの, 挽割麥の, 故に恰も, 敗戦と共に, 敵の, 斜めに, 斯ん, 新劇団体六つの, 新鮮を, 日露戰爭には, 明るみに, 明方頃二人の, 昔外国の, 春にな, 昼間見る, 時々鳥羽家, 時の, 晩年に, 書斎の, 最後の, 朋輩の, 朝な夕な私は, 未だ嘗て斯ん, 朴訥な, 村山中尉が, 来る度, 柔術の, 根が, 案外温し, 森閑と, 標題を, 欄干に, 次の間に, 次第に近く近く, 正直者で, 此処で, 此夜は, 此病氣は, 此處に, 歩くと, 殆ん, 段々聽, 母娘の, 毎日晝間から, 気つ, 気易, 氷片は, 江戸末の, 決して卑屈, 沖に, 注目を, 浅草の, 淋しがりやで, 淺草の, 渠も, 滑らかな, 漸くそれ, 激昂し, 為に, 無味乾燥は, 無頓着な, 然しともかく, 然し二册揃, 然し大正三年, 然し淳平, 然し肉体そのもの, 煙草は, 爲に, 片手を, 狂ほしく, 狐の, 現れては, 生きて, 生温いぬくもり, 田原は, 由子の, 畢竟同じ, 疲勞の, 白いの, 白紙の, 皆んな学生時分の, 目マル目マルと, 直ぐに, 相変わらず元気そう, 看護婦の, 真に生命, 瞬時私は, 石を, 祖国の, 秀吉も, 私だけは, 私も, 秋雨が, 程経, 穏かな, 空の, 空襲中隻脚義足の, 突然顔付, 立止つて不安さうに振返つた, 笠の, 籍の, 細字の, 結局露国は, 綺麗な, 美しさ, 翌年に, 翌朝翁と, 老父の, 聞いて, 聽くに從つて節, 能く, 腰の, 臨床の, 自分達にと, 舟歌は, 良いかわいい不, 色が, 若い女, 若しその, 若者は, 荷物の, 菱餅は, 葉山氏の, 蕗の, 蛮僧の, 行き違, 袖口の, 要も, 見逃がしては, 親しかつ, 親達は, 覺めて, 試験といふ, 詩形に, 話の, 誰か, 誰にも, 謀らずも, 車から, 軍治に, 辛うじて酒, 近頃お, 途中で, 速記録で, 遂に斯, 道, 道傍の, 選んだといふ, 部長の, 醫者は, 里子は, 金之丞で, 銀杏返, 鐵の, 長い間貧乏, 門の, 間が, 隆治には, 隣りの, 離れて, 青木さん夫婦の, 面皰の, 風が, 飮み足りる, 養子を, 馬の, 馬越は, 騙されたの, 髮の, 鶴を, 齋藤健太や

▼ なかつたので~ (1054, 6.4%)

103 せう 74 あらう 36 あつた 27 私は 14 彼は 13 あらうか 9 あらうが 6 せうか 5 さう, た, 僕は 4 あらうと, しよう, そのま, 人の 3 それに, 急いで, 私に, 自分の

2 [37件] あらうし, すつかり, そつと, その日, それを, わしは, 丁寧に, 不服さうな, 人に, 今夜は, 今日から, 何か, 何も, 僕が, 僕も, 其儘剃刀を, 安心を, 家の, 富岡は, 少しも, 彼の, 彼女は, 彼等は, 流石に, 無能には, 父は, 直吉は, 眼を, 私も, 空腹では, 突然, 聞直す, 詰り早, 踊り子たちも, 返事も, 食後改めて, 麹町の

1 [655件 抜粋] あきらめました, あつさ, あの人, あの時, あらうね, あらう單それ, あらう小屋, あらう題名, ある日それ, いくらか気, いつも丁寧, いは, いよ, いよいよ死んでしまつた, うろうろと, お二人, お信さん, お光さん, お孃さん, お袖, かういふ尻切れとんぼ, かなり親しい, かねて名前, かの女, くづれ, この二人, この人, この仏像, この時, この正月, この毒害, この頃, この食堂, こはれた, これには, これを, こんどの, こんど村中で, こんな機会, こんな気の毒, ござります, さうし, さすがに, さて今朝, さほど心, ざわ, しまいには, しんしんと, すぐその, すつかり吐い, せうが, せうな, せうね, せうよ, せう座敷, そこへ, そして両方, そのままそこ, そのまま默つて兩君, そのよう, その中, その代り, その傘, その儘机, その儘歸つた, その兵隊さん達, その名前, その手紙, その才能, その方, その留守, その結果, その罰, その間に, その頃, その頃銚子, それから龍, それが, それでした, それは, それも, それ以來顏を, そんなこと, そんな渾名, ただに, ただ時の, だまつて横を, だん, ついあんな, つい二人, つい溜息, でうす, とうとう栄蔵, とうとう水面, とても寂しい, ともかく私, どんなもの, なかなか骨, なぜなら私, はじけて, はじめこれを, はじめの, ひどく当惑, びつくりし, ふと困つた, ほんの路傍, また懐中, まつたくわたし, みんな手を, もう誰, もしそんな, もつと, やがて練吉, やつぱしイギリスへ, ゆき子は, よく調べ, よほど虫, わざと雄, わたくし共の, イクラ木を, ガボリイは, シヤツばかりを, ツイ言ひそびれ, テツさんの, テツさんを, ドイツ語の, ニコニコし, ブリタニカを, ホッたらかし, ボロボロの, ミヽヅクの, ヨチ, ワザと, 一々に, 一切わからぬ, 一層誇, 一度田舎, 丁度審査員, 三人は, 三千代はた, 三里ほど, 上着を, 下手人が, 不平の, 与里は, 両手を, 中, 主婦は, 久しく思考, 乘用車二百臺の, 乱暴を, 二三年前に, 二人よりも, 二時頃から, 二月末から, 二足三足のそのそ, 五百を, 人いきれと, 人間の, 今から, 今しも, 今度は, 今日は, 今朝は, 今遽, 仕様事なし, 他から, 他の, 代はり, 代助, 伏見に, 伯父は, 佐々木は, 何となく彼, 何となく涙ぐましい, 何となく身心, 何れも, 何処かで, 何故だ, 何時の間にやら, 何處で, 何處に, 何處へ, 俺は, 倉の, 停車中の, 傳授の, 僅かの, 僕等は, 僞の, 儒生等は, 兄には, 先生は, 全然の, 全然わからない, 兩眼が, 其間に, 内儀の, 内心では, 再来た, 冷めたい夜, 凡太は, 出る時そこ, 出血は, 分らなかつたが, 別れちまつたん, 前から, 前を, 勿論家中, 十銭ほどの, 半紙の, 半身を, 卓一は, 博士が, 占はれる, 印度洋を, 危ふくお里を, 厭味を, 又電車, 友達にも, 古からの, 只静岡, 史料の, 吐くやら, 君は, 吾, 周次の, 和蘭商館長が, 喧嘩にな, 四五日は, 四日目に, 四階の, 地面に, 坂を, 堅く妻, 場所を, 墓畔水いろ, 変な, 夕方の, 外の, 多くの, 多分鶴間, 多少文章, 夜々これを, 夜明前には, 大村西崖さんに, 大資本家, 大騷ぎになりました, 天文学に関する, 太平は, 太郎が, 奉公人の, 奉公人達も, 奥さんが, 女は, 女中に, 好い加減な, 妙な, 妹子は, 妻の, 子供の, 子供を, 字引を, 学識高い, 學校に, 學生, 寄ン所なく, 寒さ, 寓居で, 寧我魂魄に対する, 将門が, 尋常よりも, 小説に, 少女歌劇とやらを, 尤も私, 屏風の, 山刀を, 山地住民の, 山津浪が, 川村義雄氏, 帆を, 帰らうと, 帰りも, 平素の, 幾は, 庫裡へ, 弁当包の, 引き返したの, 強ひ, 彼はた, 彼らの, 彼女が, 從つて語るべき, 御座升よ, 微罪に, 徳利を, 心配だ, 志保は, 忙しかつ, 忠興も, 忽ち看破られた, 思はずさ, 思ひ掛け, 思案に, 思案の, 悲しくても, 憂鬱さうな, 憤つとして, 成田樣へ, 或名工, 戸外の, 房まで, 手紙は, 手落ちや, 折角の, 拡げて, 振子の, 掌の, 改めて今二人, 政府から, 政府當局の, 文字を, 斯ん, 方角が, 日誌と, 昼寝を, 時間に, 時間は, 暗い顔, 曖昧に, 曲者は, 書斎の, 最初は, 有らう, 未読で, 本郷三丁目の, 机の, 村瀬は, 柏軒が, 森野は, 榛軒先生に, 樹の, 樽野は, 機略縱横終に, 此エパアヴは, 此上は, 此会見は, 此夕同級生と, 此文を, 此日に, 歸り, 死んでからまでも, 殆ど分らなかつた, 殊に快, 残念, 残念で, 母が, 母親の, 毎日の, 毎日本, 比叡の, 気にも, 気の, 氣の, 江戸が, 汽車が, 河と, 涙ぐんだ眼, 淵明の, 湯屋の, 滅多に, 滝野は, 激しく心, 灯を, 無事に, 無論往復一里餘, 父親に, 片哥, 片隅に, 独りで, 玄也は, 玉体には, 玉葱で, 現実的には, 生死の, 田端の, 田辺玄樹の, 由の, 甲斐子の, 町風呂へ, 畑の, 留守だ, 病室までの, 百合の, 盛子の, 直ぐ其處, 相手の, 眞奈は, 眞鍮簪に, 眼が, 眼の, 矢張り店屋の, 知らず彼女, 知らない旨, 石川さんは, 私たちが, 私の, 私を, 私共は, 種子が, 積極的に, 窓から, 立ちどまつて, 笑つて嫌がらせる, 第一, 笹田は, 簾越しに, 約束が, 純造, 終局は, 組合から, 結局祖先に, 結局私の, 結縛した, 絶えず寢, 罰が, 美女狩出し, 義雄が, 翼方を, 考へて, 聞き落したので, 背中を, 腕つ, 腹が, 自分で, 自分は, 自分ひとりの, 自業自得とは, 自然二人の, 自由とは, 自虐に, 若しやと, 若主人, 英語と, 荒立てるまでも, 菊判帙入の, 薄いシヤツ, 行先を, 街で, 街の, 表紙は, 親類を, 計らずも, 試験を, 話は, 誰が, 誰に, 諸君も, 谷口金五郎樣の, 谷川の, 路易は, 身心が, 身體も, 軽い失望, 辰夫は, 辻君と, 迎へに, 迚も, 追ひ, 退屈を, 途中で, 通夜と, 逢は, 違つてゐる, 酔はずには, 酷くだらし, 酷く気分, 里子の, 鎖を, 長女の, 間に合せに, 関の, 阪を, 隆吉は, 階下の, 隱居は, 静かに, 非常に, 頭が, 風邪を, 食事なぞも, 食事も, 餘り, 馬込の, 騙されたが, 騷いで, 骨董物の, 魚を, 鯛では, 黙つて孔雀

▼ なかつた~ (694, 4.2%)

58 云ふ 36 言ふ 30 すれば 28 いふ 25 見えて 23 思ふ 15 いつて 12 見える 11 思ひます 9 言つた 8 いふが 7 云ふこ, 思ふが 6 いふから, 思つた, 申します 5 言ひます 4 いつても, いふこと, いふので, おなじす, したら, すると, 云は, 同前の, 思はれる, 私は

3 [11件] いひますよ, いふの, さへ, したならば, したらば, 云つていい, 云つても, 云つてゐる, 云はれる, 言ひ, 謂へる

2 [30件] いひます, いふでは, いふと, いふのに, したら彼, したら雲林, した所, するの, わかれば, 云つてよい, 云はれた, 云へる, 信じて, 同樣, 思つてゐる, 思はれる部分, 思ひますが, 思ふと, 思ふの, 恨めしげに, 答へ, 考へて, 考へられる, 致しましたらこの, 見えます, 見る方, 言つてよい, 言つて遂に, 言は, 誰が

1 [269件] あつて, あるが, あれば, いいきれる親, いうだけの, いうて, いうほどに, いえば, いつたらあなた, いつてる, いはれましたが, いひますだよ, いひますと, いひ死んだとき子供, いふならまだ, いふに, いふよりも, いふ気, うたう喧嘩, おせいち, お互に, お前は, お常, かう言, かんさんは, さう, したならどう, したらあいつ, したらあなた, したらおれ, したらこの, したらそれ, したらどう, したらどんなに, したら今度, したら俺, したら僕, したら却つて不自然, したら嘆き, したら如何, したら昨夜使つた行燈くら, したら本当に, したら此歌, したら殊に, したら自分, したら親たち, したら近代演劇, したり, した場合, する, その生徒, そればかりを, ぢいは, なると, はつきり言つてる, ひどく怒, まるで怒つ, みえちよ, みえて, みえ二人, みること, みんなは, わかりましたよ, ペルリの, 一語を, 不思議な, 不思議に, 丑松の, 世間で, 主張し, 主張する, 云うて, 云つ, 云つた, 云つたに, 云つてね, 云つては, 云つてもよ, 云つてよ, 云つてよろしい, 云つてゐた, 云つて命日には, 云つて居りました, 云つて差支ない, 云つて成行きに, 云つて相手に, 云つて短気な, 云はれ, 云ふて, 云ふべきでありませう, 云ふも, 云ふんだ, 云へば, 今では, 仮定したら, 仮定する, 仰し, 仰しやる, 伝えられて, 伝へて, 伝へられるが, 佯り, 供述した, 信じること, 先達樣の, 千八百九十六年一月發行の, 半襟の, 取るの, 同じく所謂天降り, 同じく昌造, 同じく此黨, 同じである, 同じやう, 同じ意味, 同時に三千代, 同様に, 同様川に, 同然である, 否定し得, 呆然としなけれ, 告白し, 嘗て私, 嘘を, 奥様に, 奧樣に, 好意的に, 妻が, 妻は, 存じます, 安藤は, 彼女は, 彼等が, 後で話し, 後悔された, 後悔し, 思います, 思うが, 思うて, 思うても, 思うの, 思うわ, 思つ, 思つたのに, 思つてる, 思はせるほど, 思はれるの, 思はれる飛鳥, 思はれ出した, 思ひました, 思ひましたが, 思ひ出しては, 思ふけれども, 思ふわ, 思ふん, 思ふ是, 思ふ無論, 思ふ程心, 思へる, 思へるもの, 思わなければ, 思われた, 急いで, 想像する, 我ながら, 或る, 打消しながら, 推斷すれ, 放言する, 断り書が, 断言し得る, 斷ずるは, 斷言し, 斷言する, 暢気に, 書いて, 本人が, 桜川長寿が, 正太もちう, 正太もちうちうたこ, 此は, 母に, 母は, 毎日同じ, 気が, 気がついた頃, 気づきわたし, 氣の, 泣くん, 率直に, 由子は, 申して, 申してを, 申しますから, 申しますし, 申す, 申す事ぢ, 白状した, 知り得ること, 知れて, 石谷さんは, 私が, 私の, 私も, 称して, 笑ひ, 考へても, 考へる, 考へるの, 聞きましたが, 聞く, 聽い, 自分で, 與げて, 見え, 見えまして, 見えるな, 見えるの, 見えるん, 見える今日, 見え君, 見え壁, 見え後, 見え遺書, 見え間もなく, 見え馬端臨, 見て取つて記者, 見へて, 見るか, 解れば, 解釋するなら, 言いながら, 言つ, 言つたさう, 言つたさうだ, 言つた方が, 言つた樣子です, 言つた迄さ, 言つていい, 言つても, 言つてゐる, 言つてゐるらしい, 言つて居ます, 言つて居ります, 言つて皆さんの, 言はれ, 言はれた, 言ひきる, 言ひたい, 言ひだした, 言ひ切れ, 言ふし彌, 言ふんだらう, 言ふ出たら, 言へば, 記憶し, 訴へる, 詑に, 詫ぶれ, 説き, 諦めて, 謂は, 述べさりながら, 述べすみやか, 述べた, 述べて, 重ねて, 附加へて, 隆吉は, 首肯かせます

▼ なかつたこと~ (569, 3.5%)

19 である 17 でせう 14 は確か 12 だらう 9 だらうな 7 があつ, だ 6 です 5 であらう, を, を示し 4 がある, を主張, を知, を知つて 3 に基因, に気がついた, に氣, は事実, は後, まで, を想, を覚え, を遺憾

2 [39件] から俺, が, がわかる, が察せられる, だが, だつた, だらうよ, であります, では, でも, なので, にし, にしよう, は, はない, は僕, は前, は明, は明白, は明瞭, は當然, は言, もある, よ, をその, をひそか, を不仕合せ, を告白, を後悔, を心, を思, を思つて, を思ひ出した, を思ひ起した, を感謝, を知る, を私, を覺, を言

1 [342件] からこり, があと, があります, がかへつて二人, がこの, がそれほど, がつ, がとり, がひとつ, がもし, がやがて, がやつぱり, がやはり, がら, がわれわれ, が一, が今, が何, が全体, が分かる, が分る, が切め, が判, が判る, が多い, が彼, が彼女, が彼等, が悔いられた, が惜まれ, が感じられ, が慊堂, が推せる, が改めて, が明, が時々, が永久, が知れる, が私, が第, が能, が自分, が蘭軒, が證據, が起つた, が返す, が錢形の, が頭, ごめんなさい, しまいにかなり鋭く, そして柄, それから鞘, そんなこと, た, だけに兄, だけはたしか, だけはとにかく, だけは事実, だけは朧ろ気, だけは確, だけは確かめました, だし, だつたらう, だと, だのに, だよ, だらうこれ, だらうし, だらう別に, だらう匕首, でありますから, でありませう, であるが, であること, でございました, ですが, でそこ, でそれ, でまつたく目新しい, でよく, で御座いませう, で書いて, で校長, で此, で此風, で殊に, で薄々, として來, と共に後世, と外, と思はれる, と榛軒, と私, と見える, なぞがそれら, など, などおぼえ, などそれ自体, などは少し, などもこれ, などをクドクド言, などを思ひ出した, などを語つて聽, なん, にさせました, については何, について警部, になる, にはそれ, にもよるであらう, にもよるであろう, によるの, に不満, に到達, に対する個条, に就, に帰すべきである, に平次, に気が付い, に気づき, に気付かず, に注意, に漸く, に聞える, に起因, に雨, に驚い, のある, のいかに, のかたみに, のため, のみは此, のやう, の一つ, の不思議さ, の可否, の多い, の宿命, の愚, の罪, はあまりに, はいまだに, はいろいろ, はお前, はこの, はこれ, はじつに, はそれ, はた, はたしか, はたしかに, はちつ, はどうしても, はほんとに, はむりもないのだつた, はよく, は一つ屋根, は一ぺん, は一度, は一緒, は三年, は上, は不幸中, は世界史上, は世間, は事實, は二人, は云, は今, は今日, は何と, は何一つ, は例へば, は偉, は元, は史料, は同じ, は坂田自身, は娘ごころ, は存在, は寧ろ当然, は山陽, は帰府後, は幸せ, は当然, は怠慢, は惜し, は想像, は慥か, は成功, は我々首, は支那, は既に, は明かで, は明らか, は曙覧, は最も, は本人, は極, は此例, は殆, は残念, は殘念, は活きた, は無い, は特に, は甚だ, は田丸, は白石, は皆んな, は確, は私, は維新, は親, は親分, は誰, は讀者, は谷本, は近所, は過去, は青空, ばかりで, ばかりである, までみんな嘘, までもつい, もあつ, もあの, もあり, もうなづける, もございます, もない, も不運, も事実, も事實, も亦, も具合, も原因, も反, も崇つて, も店中, も忘れ, も念頭, も文化的時間性, も殘念, も理解, も解つて, やお, やそんな, らしい, をあつ, をいつ, をいひ, をお, をくやみ, をくり返し, をこ, をさらに, をしみじみ, をつい, をむしろ, をも想, をやつ, をやらう, を下男, を人々, を今更, を信じ, を僕, を八五郎, を同時に, を呉葉, を告げ, を告げた, を呪ひたい氣持, を咎める, を喜ぶ, を奇異, を希望, を幸, を当然, を彼, を彼自身, を心から, を心残り, を思ひ出す, を思ひ知らね, を思出, を急, を怪, を恥ぢる, を悔, を悔いた, を悲しむ, を悲しんだ, を意味, を感じます, を慊, を憾み, を指摘, を教, を暁, を暗示, を武門, を残念, を河原町, を注意, を為遂げた, を物語つて, を申し, を申しわけ, を申せ, を痛感, を發見, を白状, を知り得るであらう, を知れ, を神, を考へるなら, を自ら, を見事, を見出した, を記した, を記す, を記憶, を証左, を証拠立て, を証明, を話した, を認めず, を認知, を説い, を諷した, を證明, を讃め, を述べた, を附け, を非常, 云うまでも, 勿論である, 即ち歌舞伎劇, 御弟, 或は少く

▼ なかつたから~ (533, 3.3%)

134 である 2825 です 10 であつ 6 でも 5 私は 4 だと, であります 3 だが, でした, では, よくは, 僕は 2 して, だなどと, であらう, であらうと, 一年から, 何も, 俺は, 斯んな, 突然で, 負けるときまつ

1 [282件] あいつも, あす午前に, あちらへ, あんまり自慢, いきなりそこ, いつか大成するだろう, いつのまにか眠り, いつも空虚, いよいよ堪らなくなる, うつかり, うまくいつた, え, おれに, おれやつぱり歸る, お叱りです, お大, お客さんの, お歸, かうした嘆息, きつと, ここは, この一夜不安, この三人暮し, この人, この分, この場合, この方, これは, これらの, これ以上の, こんな氣焔, さうし, さつきの, すぐ知れた, そこ迄は, そのむね返事, その不安, その主張, その夜, その時, その柄, その父, その都度, それだけよ, それつ, それほど心配, それらの, それらは, そんな噂, そんな客, そんな手前, たうとう, たとへ, たまさか団蔵, だし, だつた, ちよつと, ぢや, つぢつま, つまり老衰死, であなた, でありまして, でありやう, であるか, であるが, である人間, である市, である私, でこれ, でございます, でございますの, でちやう, で一向に, で又, で学校, で彼ら, で徒ら, とにかくどんな, どうやら, なの, なほさら非, なほどうして, なるべく一枚, なるほど胸, に過ぎなかつた俺, ぶら, ほんとうに, もう三日, もしもあの, よく分からない, わたくし共が, エキサイトせず, カフェーなどといふ, グラウンドを, コト, ジャガ芋を, ソツプを, ドストエフスキーの, フラ, 一つだつ, 一つ僕等の, 一層不思議さ, 一層舟, 一度も, 一揆の, 一白舎を, 下手人は, 下駄を, 不思議である, 不性, 予の, 事実上の, 云はる, 人に, 人間は, 今では, 今夜は, 今日あたりは, 今日では, 今日に, 今日は, 今補記, 仏僧共の, 代名詞や, 会ふ, 何んな, 何處に, 余つ, 作者が, 僕等は, 先生の, 全くその, 其位の, 其儘に, 其處は, 其頭の, 其風土記にも, 内に, 冷たくな, 分らない, 別な, 別に遠慮, 別段手綱, 到頭踏み外す, 助かつ, 十分な, 単純に, 印度王の, 原子の, 可笑しい, 吠陀に, 唐紙は, 唯出, 嘘か, 園主の, 城下の, 場所を, 外に, 夜明けを, 大きな失敗, 大丈夫だ, 大抵の, 天井を, 失敬した, 好いかも, 好かつ, 好さ, 安心し, 家へ, 宿直の, 寄所なく, 密行する, 寡婦として, 實際生活の, 少々寐むたい, 居合した, 市村の, 幸其後に, 庭から, 弟も, 彼の, 彼は, 彼等の, 従而感情の, 御身体, 微祿した, 必死の, 忽ちに上下, 急に, 惜しくは, 愉快だ, 懐中には, 成るべく渠, 或る, 戯作性との, 手綱を, 折々わたし, 押入れの, 押勝の, 握飯の, 改札口を, 斯う, 日本の, 日本は, 日本人か, 昔な, 春秋に, 時々はこつ, 晩方に, 更にウラジオ行, 書替, 未だに長野県, 村人の, 来やしないん, 東京驛で, 此処で, 此度は, 武器の, 死体について, 民心が, 気どつた歌, 氣持が, 汽車に, 治療を, 注射が, 海賊なんぞ, 湿つた布, 滝は, 為方, 烈公の, 無かつ, 無理な, 無理も, 猶始末, 玉葉の, 直ぐそこ, 眞跡を, 着古しの, 知らない振り, 祖父が, 私も, 私一流の, 秋の, 罪は, 聞かれたこと, 腕の, 自ら少し, 自分が, 自分の, 自分は, 船の, 良兼の, 華美, 血の, 表面は, 見る者, 親父は, 解らないぢ, 記されなかつたまで, 話術家の, 詳しいこと, 誘惑を, 説教の, 誰かに, 誰とでも, 誰にも, 論議とは, 謀反を, 負けの, 貰つて來た, 都へも, 隆造は, 雑誌などを, 非常に, 面白くなかつた, 頭の, 餅屋に, 餘り知らぬ, 髪の毛が, 鳥取の, 黙つて, 黙つてたん

▼ なかつた~ (451, 2.8%)

196 あらう 123 せう 45 せうか 14 せうが 10 あらうと 7 せうね 6 あらうし, せうな 5 あらうから 4 あらうが 3 せうよ 2 あらうけれど, あらうけれども, あらうといふ, あらうやう, しよう, せうけれど

1 [20件] あらうがと, あらうなぜ, あらうに, あらう不幸, あらう世間, あらう主人, あらう友情, あらう恐しい, あらう所, あらう昭和十年, せうし, せうそれで, せうどう, せうに, せうにね, せうほん, せうツイ先, 今朝は, 居ずまひ, 手下の

▼ なかつた~ (450, 2.7%)

12565 です 20 だらう 19 ですもの 18 だよ 17 だね, ですが 14 だが, ですね 13 だから 11 ですよ 10 ですか 8 だもの 7 だな 6 だと 5 だけれど 4 だぜ, だつて, だわ, ですつて 3 ですけれど, ですわねえ 2 だぞ, だろう, ですぜ, ですと, ですのよ

1 [49件] かいとある, さ, じや, だからなあ, だからね, だからの, だがな, だがね, だこれ, ださうだが, だし, だその後, だといふ, だとか, だとよ, だなあ, だのに, だらうか, だらうと, だらうね, だらうフロラ, だらう何, だ何だ, だ何ん, だ何處, だ僕, だ可哀想, だ是, だ畜生奴ツ, だ錢形, だ阿母, でございますか, でございませうか, でございませうね, ですかい, ですから, ですからね, ですけれども, ですそこで, ですその, ですとさ, ですの, ですわね, です父, です町内, です耳, で御座います, べかな, や

▼ なかつたやう~ (410, 2.5%)

46 です 44 である 362615 に思ふ 11 ですが 9 だが, な気 7 に思はれる 6 であるが 5 だな 4 でございます, に, に見える 3 でありますが, ですね, なもの, な御

2 [17件] であります, でございますが, でへ, で御座います, なもつとも, な人, な種類, な顏, にまた, に思はれ, に時々, に考へられ, に聞い, に見うけました, に見えた, に覚え, に記憶

1 [138件] だから, だけれど, だし, だぜ, だね, だ店中, であ, であつ, であるから, でございました, でした, ですから, ですし, ですそれ, ですよ, です尤も, でせう, でその, でそれ, でもとより, で事実, で事實, で今度いつ, で何やら, で御座いますよ, で死んで, で氣風, で番頭, で縁, で習慣, な, なある考, なこと, なところ, なはつきり, なふう, なもん, なわけ, なキミ子, なロング, な不, な事実, な事情, な人物, な人間, な原書, な又, な喝采, な変, な外套, な女, な子供, な實情, な平然たる, な彼, な彼女, な思ひも, な感情, な批評, な振り, な故人, な文化団体, な最も, な根據, な様子, な歓喜, な民衆, な氣, な激しい, な点, な男, な立派, な經驗, な美しい, な自由さ, な舌, な苦痛, な貌, な赤, な靜, な顔, な風, な驚異, にかみさん, にさ, にすぐ, にそして, にそつ, にめいめい, にも考へられる, にも見えた, にわたしたち, にウラウラ, に今, に仰向け, に体操, に佛教, に光, に冷静, に出, に吉原, に夢中, に妾, に川, に平和, に彼, に御, に微笑, に思はれます, に思ひ, に思ひまし, に思ひました, に思ひます, に思へた, に悲劇, に感じ, に或は, に泰然, に清爽, に直吉, に砂糖, に私, に私たち, に笑, に考へられる, に考へる, に聽, に自己, に自然, に見うけられる, に見せ掛ける, に返事, に道楽者, に静か, に靜, に非現, に頭, やく睡れたらすてき

▼ なかつた~ (290, 1.8%)

8 それに 5 第一 4 まだどれ 3 私の 2 また私, 又私

1 [266件] ああし, あの人, あの騷ぎで, あまりおしや, あれ以来一度, あんまりキリキリしてた, いきなり暗黒, いつも水車小屋, いま自分の, お前の, お目にかかつて, かうなれば, きんは, ここぢや, これから先だつ, さう, しかも大, じつさい, すべてが, するもん, そしてまた實, そのう, その上, その儘, その内, その内容, その時, その晩, その理由, その頃, それこそ, それにそんな, それに二人, それに折角, それに揃ひも揃つて, そんな事, そんな時節, そんな機会, だから先生, でもあの, どんなに太い, なにぶん四五軒, なんとなく胸苦しい, ぱつちりはしないが目も, ひどく疲れ, まして番地, またこう, またさ, またそれ, またなんとなく, またステツキ, また上代文化, また不, また今, また今後, また何, また僕, また光ちやん, また同じ, また決して, また深く, また現前, また葛西善藏, また蔭, まつたく彼, むかふも家, むしろ囚人, もうそんな, もう少したて, もともと死ぬ, やがて見物, ゆき子が, よしんば信じた, よし思つた, わりにおち, アンドレイエフを, ハガキで, ボオナスも, マスタアの, モオパスサンは, 一つは, 上等の, 下宿屋ず, 中学を, 丸窓から, 事務室へも, 事変ニュースなども, 事実彼は, 事實一回も, 二番目の, 五圓以下の, 交番所の, 京都には, 人々の, 人間が, 今こそ, 今少し, 仕事の, 伊藤彌, 伯母さんも, 何の, 何を, 作らうとも, 使ひ, 僕の, 元来が, 先住民族の, 先妻の, 先生も, 全く珍, 全体が, 其の女性, 出勤の, 分かりたいとも, 分りも, 初会の, 前借りが, 加けに, 動作にも, 勝ちたい情熱, 又いは, 又それ, 又卯女子, 又向, 又第, 又考へられなかつた, 又自分, 又行け, 友人たちとも, 友人たちも, 古賀も, 向うから, 向井清吉に, 君は, 呼吸の, 喋らなかつた, 喰べつ, 基本が, 夏でも, 外出ぎらひであつてみれば二人暮しを, 大日向教なぞ, 夫ぎりイツカ忘れ, 奇人の, 女と, 女とも, 子孫を, 学校から, 実に多く, 実朝, 家の, 家人の, 家庭の, 寧ろあゝ, 寧ろ何事, 小僧と, 少し召食らん, 山賊の, 川の, 常々私は, 年齢さへ, 幸福にも, 引越してからの, 彼の, 彼は, 彼女自分も, 彼等から, 彼自身は, 従つて鶴村の, 怒つた人, 思はずそんな, 慰問係でも, 憾みを, 手代の, 手洗に, 手軽に, 抱き起こして, 掛り人の, 教室の, 新しい女中, 新しい心理, 新古の, 日本の, 昔から, 春子の, 昨夜は, 晴代も, 書けも, 書債も, 書物は, 最も幸便, 期待も, 木材の, 木沓さへ, 村には, 村の, 東京に, 東京の, 東京新聞社の, 柔順で, 根が, 格別にも, 案外癒, 森田は, 正気でない, 此方が, 殆ど話を, 殊に埃及, 海を, 滝の, 澄んだ魂, 無意識の, 無論恋, 無駄費ひもしなかつた, 然るべき寫眞器, 燈火も, 父親の, 物を, 物言ふもん, 狩猟とか, 猪口で, 理解され, 発表した, 皮膚も, 相手が, 相手は, 私にも, 私自身さへも, 私自身の, 約束を, 結局こちらが, 考へて, 自から, 自信も, 舌ざはりも案外, 芥川は, 落し物も, 薄情の, 蘭書の, 蘭語以外の, 虫も, 裏木戸から, 言つても, 言はば, 言ふ, 試驗の, 話しも, 話も, 認識された, 誰も, 近づけも, 通つた, 逸子も, 道夫も, 遠くへ, 遺稿の, 都踊も, 醫者には, 里子を, 金に, 長い歎, 長ずぼん, 長尾氏は, 長崎は, 餉までには, 駄夫の, 高等学校時代には

▼ なかつたといふ~ (284, 1.7%)

16 ことである, ことを, のは 14 ことだ 13 ことが, ことは 7 ことで 6 ことです, ことに, 事を 5 のが, やうな 4 のか, のだ, のも, 事だ 3 ことも, のである, 話も, 話を

2 [20件] こと, ことと, ぢや, ところまで, ので, のです, わけで, んだ, 三千代の, 事が, 事である, 事なども, 事実は, 原因で, 気が, 点で, 理由で, 話で, 話な, 證據が

1 [93件] あの言葉, ことさ, ことしかも, ことそれに, ことそれは, ことだけは, ことであります, ことの, ことはを, ことよりも, しそれ, し自分, すこし奔走, そんな子供, ところなど, ところの, のでも, のなら, ものが, よりいひ, わけかな, わけだ, わけの, んです, 一事でした, 一点で, 一点に, 一理由は, 一語に, 丈の, 上等過ぎる, 事に, 事は, 事件は, 事実である, 事実に, 事実にも, 事実によ, 事実ほど, 事情が, 人々が, 例は, 偶然の, 僻遠の, 半元服, 印象が, 古人の, 問題などでも, 始末である, 安心から, 容子を, 屋敷や, 形に, 心持で, 意味では, 意味の, 方が, 昼食を, 様な, 次第である, 歴史は, 気持も, 氣に, 法は, 消極的の, 点を, 父親である, 状態など, 理由の, 生證人, 発見は, 相手は, 秀吉の, 程江戸には, 細君の, 結果を, 術も, 見方も, 言ひ, 言葉を, 訳だ, 話, 話だらう, 話である, 話は, 話や, 譯では, 軍部の, 追憶が, 酒酒よい, 顔付だ, 風に, 驚くべき錯誤

▼ なかつたもの~ (282, 1.7%)

17 である 15 だ, だから 11 ですから 7 であらう, と見える 6 と思はれる 5 だが, でせう 4 のやう, らしい, を 3 か, だと, であつ, です, ですからね, と思はれます, と見え, はない

2 [13件] かお, があります, がある, で, であります, でございます, でした, とみえ, と推する, と見, と見えます, と見るべきであらう, はあるまい

1 [132件] いふこと, かお客, かこの, かすご, かその, かそのまま, かそれとも, かともかく, かと思う, かガタガタ, か何, か何ん, か地獄, か平次, か後ろ, か恐る恐る, か斑, か曲者, か清太郎さん, か無精, か物干場, か相手, か老, か諦めた, か間もなく, か集, か顏, か驚い, があつ, があらう, があり, がこれ, がそれ以後, がたちまち, がない, がひ, がやう, がチョット, が今, が何ん, が余, が別々, が多数, が後に, が春, が次第に, が發, が見え, が金, そして川, だけに今に, だけれど, ださうだ, ださうだが, だなと, だらう, でありそれ, であり十七, であるが, でこんな, でございますから, でしたが, ですからな, ですね, でそれから, でみんな, でわたしたち, で上方, で倶舎, で其詳細, で即ち, で是, とする, とすれ, とは決められない, とも思はれない, とも考へられる, とも見られる, と仮定, と信じる, と信ずる, と察せられる, と思つて, と想像, と早合点, と考へます, と考へられます, と見た, と見へ, と言, と諦め, なの, なら再び, なら彼, なら恐らく, に, にもまだ, に忽ち, に精神, に違, はこの, は一人, は主人, は儒教等, は彼, は志保, は最早, は賤, は默つて, また意識, もそれ, もゐる, も書い, をあなた, をこ, をとんだ, をなんら, をば彼, をドン, を切紙, を哀願, を喜平, を此, を私, を舞台, を見た, を覚えた, を観る, を言ふところ, を買つて來, 乃至は, 急ぐ用事

▼ なかつた~ (192, 1.2%)

7317 である 16 です 10 だが 5 だから, だと, でございます 4 だな, なの 3 だね, で 2 だよ, ですが, ですね, と想, はありません, はない

1 [35件] さ, じや, だからね, だし, だぜ, だつた, だキツト何ん, だ出鱈目, であ, であらう, でありそして, であるから, ですがな, ですし, ですよ, で御座います, で昔, と思ふ, と想像, と自身滿足, どうした, なのに, のウタテアリ, の伊三郎, の土地, の手頃, の曙覧, の洋燈, の琉球学者末吉安恭さん, の若殿金之進, の誤り, の貞観儀式, はあるまい, よ, 故多分

▼ なかつた~ (166, 1.0%)

43 違ひない 40 しても 23 相違ない 10 ちが 3 お前が, しろ, 相違なかつた, 相違なく 2 ちがいない, 不拘, 違ひありません

1 [32件] かかわらず主として, これまでの, したところ, しろあの, しろそれでも, しろ今, しろ何処, しろ十年前, しろ政治的動物, せよこの, せよ僕, せよ光代, せよ協同社会, せよ新た, せよ毎日彼, せよ決して, せよ眼, ちがいありませぬ, 似合はずそれにつれて, 係らず翌朝, 對し, 島の, 拘はらず人物, 拘はらず相当, 異ひない, 疑ない, 相違あるまい, 相違が, 違いない, 違ない, 違ひなかつた, 違ひねえ

▼ なかつたけれど~ (162, 1.0%)

3 それは, 彼は 2 た, では小生, 丑之助を, 然し今

1 [148件] あとで, あの人, あの女, い, いかめしい角, いろいろと, いろいろ生活上, うす皮の, かうしたやう, かうする事, きつぱり辞, こつちは, この前, これは, これより, さうかと云つて, さうなつ, さきが, さすがに, さりとて隠し立て, しかし不断, しかし反目, しかし直ぐ, しかもその, すくなくとも我が, ずる, そこに, そしてまたそれ, そのい, その内容, その反感, その次に, その癖やつぱりなぜともなく, その眼, それでもお湯, それでも一晩位, それでも時々, それでも矢つぎ早, それにしてもこれ, それも, それ丈けに, それ以外に, そんな十年, たうとう, たとへ, ちつとも, つい面倒くさい, といつても, どうです, どうも名前, どちらにも, なんでも, ひどい發熱さ, まだそこ, もうそれどころ, もう少し印象的, やつぱり美の, ゆくゆくは, わるい酒, レコードも, 一年ばかりの, 下司や, 下物は, 互にこ, 人から, 今ふと, 以前から, 伯母さんは, 何やら, 併し, 借りたボオト, 僕は, 先づ精神的な, 先生ひとりで, 兎に, 前後の, 博物と, 句境の, 周次は, 哀しみを, 夜更けに, 天然の, 妾が, 姉のみ, 婆や, 孝治には, 巡査に, 工藤を, 帰りの, 彼が, 彼女は, 後の, 心の, 怖いので, 息子は, 悪い手紙, 悶々として, 意気ご, 探せば, 斯んな, 明るい顔, 易者さんは, 昨夜音読の, 暗にそれ, 曾て, 最近に, 東京くるしみ, 松葉さんの, 死んだ形, 段々人としての, 気の毒の, 水の, 水入らずの, 浪費は, 熊本は, 獨りで, 田舎へ, 百篇に, 相変らず阿, 相当地方訛り, 眉を, 祓へを, 私に, 私は, 私を, 窮し方が, 第六感が, 聞いて, 自然自然に, 色々な, 虚栄心の, 西洋髪に, 親切に, 趣味の, 踵は, 通じるもの, 酒の, 金魚を, 銀幕に, 長いあ, 離婚を, 雨が, 青六に, 青木さんと, 青木さんの, 飲んだね, 飽くまで強情, 體は

▼ なかつた~ (148, 0.9%)

148 それを 7 どうか 6 知ら 3 それが, とおも 2 して, そればかり, 念入りに, 知らん, 知れない, 私の, 訊いて

1 [93件] あの手代, いづれ金, お前は, お孃さん, こいつは, これは, これも, これらが, さう, しかし見, そしてそこ, そのま, その作者, それだけの, それともこれ, それとも人, それとも檢屍, それとも気, それとも譯, それは, だがそれ, つて, と怖, どんな人間, はつきりと, はりに, はり昔氣質, またからから, またこの, みつ子にも, もう一度二階, やがてはた, わかりませんよ, わたくし不思議な, 不思議でならず, 丘は, 九十一才の, 二つの, 人を, 今だには, 何う, 俺ら知らねえで居た, 僕は, 光ちやんは, 兎に, 兎にも, 別に反響, 卑屈な, 即興以外には, 又た, 又首皇子, 友情を, 取返しの, 奴の, 如何と, 始終見かけた, 子供ながらに, 子供に, 寧ろ不思議, 彼等は, 後から, 後の, 思ひ出して, 或はまた新劇, 手足を, 打明けて, 持込んだ時, 曲者が, 特に仲, 直ぐに, 知らあまりに, 知らもう, 知らんと, 知らん本当, 知れなかつた, 知れぬ, 私は, 聽か, 自分に, 與助に, 苦しいやう, 西明寺の, 西行は, 訣らぬ, 詳しく聽, 詳しく訊く, 誰が, 調べて, 議會では, 谷村は, 追ひ廻して, 金は, 隣りの

▼ なかつたかと~ (148, 0.9%)

24 思ふ 10 云ふ 6 いふこと 4 思はれる, 私は, 言ふ, 言ふと, 訊いて 3 今も, 思つた, 思ひます, 思ふと, 考へて 2 思つてゐる, 言つた

1 [69件] いふと, いふに, いふには, いふの, きいた時, これも, さへ, しみじみ思はれ, ずいぶん心配, そつと, ぼくは, わたしが, ガリヴアが, ジーツと, 一寸困, 仰し, 兩人は, 内心気に, 却つて自分の, 声を, 実に悔恨, 彼に, 後悔し, 思います, 思う, 思うが, 思つた位最初から, 思つてちよつと, 思つてね, 思つてギクリ, 思つて私は, 思ふが, 思ふの, 思ふ位, 思ふ或は, 思ふ追, 思へる, 恐々ながら, 恐れて, 悔まれた, 想ひ, 我ながらも, 案じる紳士, 残念に, 気味の, 氣兼する, 猜する, 疑った, 疑ふことも, 白石は, 省みられる節, 私には, 素人考へに, 義雄に, 考へられる, 考へられるの, 聞かれて, 聞くと, 聞くの, 自分を, 解して, 言う氣, 言つてホームスさんは, 言ひたくなる, 訊かれて, 谷村は, 責めるの, 顔の, 鬱陶しが

▼ なかつたけれども~ (142, 0.9%)

3 兎に 2 それでもその, た, 伯爵の, 彼は

1 [131件] あんまり失望, あんまり自分, この日, この老人, さう, しかしさ, しかし藥, しかし親父, しかし鎌倉, しかもさ, しかもそれ, しだいに空, そして僕, そのめづらし, その一端, その一葉, その周圍, その殘忍, その身, その道にかけては, それでもかなり, それでもさ, それでもどこ, それでも一年ぶり, それでも昔, それでも築, それでも若々しい, それは, だんだん言葉, できない場合, とにかくある, とにかくなんとかなる, とにかくヂェズイタ派, ともかく会衆, ともかく私, どの男, ほかに, ほぼ僕, まだ彼, もう一度ちよ, もう遅い, やつぱりゆき子にも, よく味かた, 一種不思議な, 三十前から, 中を, 久し振りで, 京野等志は, 人の, 人好きの, 今日にな, 今朝から, 仏印へ, 仕方なし, 何うし, 何か, 何かしら, 何となく澄子, 信一郎の, 兄と, 兄は, 其の時漢, 切支丹に, 初江が, 前にも, 化粧しない, 厳しさ, 去るもの日々, 同情者では, 同時にその, 同時に彼等, 咳の, 唯一の, 多分遠い, 大きなトランク, 女としては, 妻は, 妾青木さんから, 姉に, 始終何等, 媼は, 子供の, 安並は, 実は, 実はさ, 富之助は, 小一里, 小説として, 年々の, 彼女の, 後半に, 御門とは, 心を, 快活な, 急に, 愛嬌の, 手の, 折さえ, 明るい午後, 時々き, 時折短艇に, 晴れさ, 書いて, 有耶無耶の, 有難いこと, 此の, 此方からかへ, 汀の, 淺草と, 温泉は, 留吉も, 病氣が, 真弓は, 石の, 私は, 窕子は, 義男の, 而し, 自分が, 自分らは, 西先生には, 要するに急激, 見送りに, 観光客としての, 身に, 軍艦の, 近づくに, 長い間, 間接には, 雪崩れ下つた距離が, 鶴石の

▼ なかつた~ (138, 0.8%)

6 であらう, である 4 だ, を見せ 3 と思ふ, もある 2 がある, がない, が分る, では, のやう, は, も忘れ, を思ひ出し, を示し

1 [94件] ある毎, があつ, があります, がはじまつた, がわかる, が一見, が事実, が問題, が実は, が持上, が牧田氏, が知られる, が遺憾, だけに富岡, だけはたしか, だけは事実, だけは考へられる, だと, だらう, だらうな, であるが, でこの, でした, です, で彼, で演劇史, とてあれ, とて何, などが思ひ出される, などは忘れ, なの, になり, になる, に就, に就い, に気がつい, の反覆, はもちろん, は一つ, は不思議, は今, は倖, は分る, は巡遊伶人, は慥, は明らか, は此, は物, は直, は苦し, は該記事, は非常, もあらう, も亦, も分る, も明かです, も極めて, も考へられる, や本, をいまだに, をも思ひ出し, を今更, を喜ばせる, を大変後悔, を思ひ出した, を思へ, を急, を恥しく, を悔, を悔い, を悟つた, を悲ん, を成し遂げよう, を新しく, を更め, を残念, を殘念, を満足, を滿足, を省みる, を知, を示す, を祝福, を考へます, を自覚, を行ら, を見せる, を覚え, を言, を言う, を証拠立て, を証明, を遺憾, 近き将

▼ なかつたかも~ (134, 0.8%)

54 知れない 13 知れません 10 知れないが 8 知れぬ 5 知れぬが, 知れませんが 4 しれない 3 しれません 2 しれないが, しれぬが, 知れないと, 知れないの, 知れなかつた, 知れぬと

1 [20件] しれないの, しれぬ, しれませんよ, わからぬ, わかりませんが, 知れないから, 知れないがね, 知れないし, 知れないぜ, 知れないといふ, 知れないよ, 知れない言葉, 知れぬの, 知れませんけれど, 知れませんぜ, 知れませんね, 知れませんわかつて, 知れん, 知れんな, 知んねえぞ

▼ なかつた~ (119, 0.7%)

21 うです 19 うである 16 うだ 13 うで 10 うですよ 4 うだが, うでございます 3 うだから, うですね 2 うして, うだし, うぢ, うであるが

1 [18件] うだけれど, うだつまり, うだな, うだね, うだよ, うであるから, うでこの, うですが, うですわ, うです今, うでやがて, うで千兩箱, うで徳利, うで暫らく, うで現に, うで間もなく, うらしいと, う思へ

▼ なかつたのに~ (88, 0.5%)

6 違ひない 4 私は 2 何うし, 幸彼女が, 違ひありません

1 [72件] あなた方の, あの事件, あの説明振り, お君, かくまで, この時, この頃, さう, さてはなにか身の上, すぐ返事, そのとき, そのひとり, その時, ちかごろは, ちが, つい筆, どういふ, どうした, どうも近頃, なぜか, またいつも, もう彼, わしは, ツマラヌ連想から, 三味線の, 中へ, 二晩も, 今やう, 今度は, 今朝は, 他の, 俗史の, 倶楽部は, 其の日, 加へて, 坊主は, 塚越は, 失敗し, 如何いふ, 娘の, 安心し, 室生君は, 山の, 年寄の, 弁士は, 引き換へて, 彼等は, 戦争の, 折あしく, 斯ん, 最近にな, 本を, 机に, 榛軒柏軒が, 此の, 此処へ, 此處に, 此處へ, 氣が, 滑りさうな, 無理は, 独り先生の, 独逸の, 珍らしく, 相違ない, 私の, 突差の, 立像の, 足だけは, 銀座裏の, 間抜けた, 鼓膜を

▼ なかつたわけ~ (76, 0.5%)

15 では 13 である 10 です 5 だな, で 3 だ, だが 2 さ, でさ, でも

1 [16件] か, だからな, であつし, でございます, ですが, ですよ, でグウテンベルグ, で竹松, なの, になる, には実は, ね, の座長, は親分, を男, 見當

▼ なかつた~ (73, 0.4%)

3 である, はこの, は私 2 の如き, はジリジリ

1 [60件] からはちよいちよい, が, が気まぐれ, だが, だけは早く, でしたが, ではなかつた, とし, としてはま, などはこれら, にとつて, にはその, にはよす, には山口, には邪気, には餅, にも罪, のその, の作, の嗜好, の想ひで, の毎, の気分, の父, の祖母, の神経, の親馬鹿, の身體, の顔, の魂, は, はさう, はその, はそれだけ, はときどき, はどうか, はどちら, はひとり, はみじめ, はやたら, はよく, はよろこん, は久しぶり, は何さま奇抜, は卑怯者, は却つて, は失望, は樹明君, は私自身, は血気, は親, は語学, は酒友十数名, は非常, は飛田, もまだ, もやつ, も二度, をし, をハンカチ

▼ なかつたところ~ (56, 0.3%)

6 を見る 5 のもの 3 にある 2 だから, の, の何物, もある

1 [34件] からし, から客, から彼, から来, から特に, から生じた, から考へ, だつたよ, であらう, である, でお前, で世間, に, にあの, にまで勝手, に大きな, に新しい, に江戸, に狡, に罪, に酒, に青森県, のいかなる, のその, の今日, の夢, の尊厳, の彼自身, は一ツ, は流石, まで飛躍, を, を変えた, 即ち方向

▼ なかつたため~ (54, 0.3%)

4 であらう, である 2 か, かと言, であつ

1 [40件] かいきなり, か出雲, か折角, か軸, か驅逐艦, その美しい, だ, だと, であるとは, であれば, であろう, でしたが, で地震, どうも強引, にかう, にこの, にそんな, に今, に俳優, に僕, に別に, に勘當, に却つて, に問題, に地獄, に地震, に多分, に後に, に恐ろしい, に時代性, に検非違使佐, に突然, に翻訳劇, に茶山, に遂に, に騒動, に龍頭蛇尾, の寂し, もあります, 生綿

▼ なかつたとは~ (54, 0.3%)

9 云へ, 言へ 2 いへ尚, 信ぜられない, 言はれない, 言ひ切れない

1 [28件] いひきれない, いへ, いへないで, いへまい, いへ結局最後, きめられぬ, つきり云, つきり悟つた, どうしていふ, 云はれない, 云ひ, 云ふも, 何事だい, 大失態, 奈何し, 屡專門, 思つてゐる, 思はれませんので, 申しませんが, 申譯には, 私達の, 考へられない, 腹が, 言は, 言はれまい, 言ひ切る, 誰が, 赤面の

▼ なかつた~ (44, 0.3%)

5 である 4 ばかりで

1 [35件] かと思はれる, が, があつ, がある, が今, が用, だ, だけにヘン, だけに人, だつた, であります, であり杉田成卿, であるといふ, でした, で其の, といえる, などがあります, などをも取材, なので, に見え, のこじつけ, のもの, のよい, の世界, の死後, の言葉, はすくなくとも, は珍しい, もあつ, もある, もあるまい, もあるらしい, も多少, を自分, を食つた

▼ なかつた時代~ (44, 0.3%)

2 が來, が来た, だから, である, に長音

1 [34件] からある, からの引き続き, から見れ, がある, だつた, であつ, であります, で僕, なので, にある, には一つ, には何時何処, には其外, には月, には梅鉢屋, には此使, には此話, に人間, に何, に出来た, に生産, に金, のこと, の回顧談, の壓力, の形, の是非, の東京, の神, の考, の記憶, はさ, は打ち, もあつ

▼ なかつたんで~ (37, 0.2%)

17 せう 4 せうか 3 せうね

1 [13件] あつしに, ごすから, さあね, しよう, しようか, せうが, せうな, せうのに, 一番先に, 助かりました, 待つて, 暫らく經つてから, 誰か

▼ なかつた~ (36, 0.2%)

24 やない 5 やア 4 やありません 2 やらう 1 つとして

▼ なかつた~ (35, 0.2%)

2 の事, は藤野さん

1 [31件] だから, だつたので, ちやんね, でありまして, である, であるやう, でしたで, ですら, には其の, には地球, には多少, にも自国語, にやあ, に彼, に指導委員, に此, のこと, のらしい, のアダム, の創造, の用意, の話, はもう, は不調和, は二服, は娘, は義雄, は詩歌, よりも人, 多分天才, 始めて

▼ なかつた~ (34, 0.2%)

4 である, もあらう 3 であらう 2 でもある

1 [21件] お夏実在説, か何, か少し, か忽ち, か怎, か改つた叮嚀, か黄金舎, だ, だと, ではない, なん, に, に其方, に名前さ, に憾む, に或, に生, に生じた, に自然, の条件法, 同じ様

▼ なかつたその~ (30, 0.2%)

2 女の, 時の

1 [26件] おちかへ, むつましさ, 上に, 伯母さんが, 位春とは, 出來事, 原因を, 子が, 実と共に, 御体, 心に, 扉も, 期待に, 村を, 歸り, 淋しさ, 父で, 生涯の, 當時は, 眼光が, 社會的事情ああ, 緊張が, 老人の, 運命などに, 遺跡は, 頃の

▼ なかつた~ (29, 0.2%)

4 である 2 だから, であつ, でございます, です, ですから

1 [15件] うまくこと, だ, だつた, で, であるが, でございますもの, な場処, な場處, に古く, に己, に強い, に英語, の事, の人, ひに

▼ なかつた~ (29, 0.2%)

2 は, れは

1 [25件] が元, が痛ましい, でもある, にはどこ, の内, の周囲, の情熱, の欲望, の盜癖, はいつも, はさ, はす, はその, はなぜ, はひどく, はやがて, は仕官, は何故か, は手紙, は日向葵, は晴, は樹明君, は私, は路上, も人間

▼ なかつた樣子~ (28, 0.2%)

18 です 2 ですが 1 で, であちこち, でございます, です外, でへツ, で味噌汁, で帶, で挨拶

▼ なかつた~ (28, 0.2%)

4 のこと 3 である 2 からケラア先生

1 [19件] から私, だ, であるから, で夫, と同じ, なので, にも既に, に三田出, のその, の人々, の夜, の悲劇, の東京, の経験, の芥川, の話, は噴飯, は河舟, 或る

▼ なかつた~ (27, 0.2%)

32 でせう, でもある

1 [20件] かも知れない, か怎, か葬, だ, である, であると, です, で善智識, として省みなけれ, とも言, と取らざる, にせめて, には當然足, にみのる, に三, に反, に奧方, に少しく, に水練, に法科

▼ なかつた~ (27, 0.2%)

4 それは 2 だ, なの

1 [19件] だと, では, に仕事, に此の先生, に見晴らし, のもの, の變, 奧行の, 強い友, 微妙な, 心が, 恐ろしい意外, 愛らしく見えた, 日々が, 気味の, 烈しい嫌悪, 珍らしい, 私が, 荒々しく地びた

▼ なかつたほど~ (26, 0.2%)

1 [26件] おしや, この国ぜんたい, その女, それほどかれ, だ, だつた, であつ, である, である位, でございます, でした, です, ぼんやりし, よい宿, 列車の, 如何にも駘蕩, 当り前の, 彼は, 思ひ詰めたこと, 涙の, 無價値, 私の, 老婢は, 自分の, 鎌足の, 頭と

▼ なかつたよう~ (26, 0.2%)

4 です 32 である

1 [17件] だから, だが, で, であるが, なの, なむきだしな, な気, に, にやがて, に大きな, に思います, に思う, に思える, に早川, に旺盛, に舟, に見せた

▼ なかつた~ (26, 0.2%)

4 にや

1 [22件] が続いた, である, にはこの, にはた, には其社會, には手, には木戸, にやあつし, にやいよ, にやこ, にやこの, にや一萬二千石, にや世の中, にや勝, にや外, にや大変, にや天道樣, にや後, にや親分, は会, よりなまじ, を思ふ

▼ なかつたとも~ (24, 0.1%)

3 云へる 2 考へて, 言へ, 言へる

1 [15件] いつた, いはれて, いふ, それ以來家の, 云へ, 思はないの, 思へないが, 申してを, 言はれない, 言はれよう, 言ひます, 言ふ, 限らないの, 限らないん, 限らぬ

▼ なかつたもん~ (23, 0.1%)

8 ですから 5 だから 2 だが, で 1 だ, だつたね, ですからね, でそこ, で御無沙汰, にち

▼ なかつたばかり~ (22, 0.1%)

3 では 2 である

1 [17件] でない, でなくさんざん, でなくその, でなくその後, でなくむしろ, でなくカイベツ, でなく云つて, でなく他人, でなく全身, でなく又, でなく夫, でなく普段, でなく殆ど, でなく生来, でなく贋造貨幣犯人, で人々, で無い

▼ なかつた~ (22, 0.1%)

2 である, を切, 否渠

1 [16件] から無理, が今朝, が大きい, が是, が遂に, であつ, であらう, で巧, で広い, で廣, にある, のもの, の土着民族, の著述, は古く, を見つけ

▼ なかつた~ (20, 0.1%)

5 である 3 です 2 であるが, に見える 1 だ, だが, ですよ, にも思ふ, にも見ゆる, に何, に思はれる, に思ふ

▼ なかつた理由~ (20, 0.1%)

2 である, を聞きだす

1 [16件] がもう, が二つ, が判, が知れる, としてその, なの, にはならぬ, にはなり, の一つ, はどこ, はまあ, は五十年毎, は奈辺, も源三郎, も訣, を村長さん

▼ なかつた~ (20, 0.1%)

1 [20件] から事, が幾年ぶり, が急, すら最後, であります, である故, として婦人達, と一つ, には冷遇, はなく, はリヴァプール, は再, は呪力, は多分, は行くべき, は誰, は豪族, までがふき出した, や戦国, を以て學者風

▼ なかつたこの~ (18, 0.1%)

2 教育法を

1 [16件] ぐらゐ熟睡安眠した, ことだけでも, 事件の, 伯父の, 作家は, 娯楽雑誌の, 家の, 宿の, 島からの, 申出を, 町の, 罰あたりめ, 自己が, 茫漠と, 話が, 軍人大統領は

▼ なかつたそれ~ (18, 0.1%)

2 でよろしい, は私

1 [14件] がせいいつ, がせめて, でなくても, に就い, は, は今日, は安く, は彼, もかへつて, も仕方, も無理, を持つ, を禪尼, を頼む

▼ なかつたとしても~ (18, 0.1%)

1 [18件] これ以外には, その時, そんなこと, そんな自分, たとへば次, もしもあなた, わたしは, 先生の, 其更に, 分捕らずに, 問題は, 尠く, 帰化留学の, 此畏れ, 死ぬ前, 湯で, 私の, 言語伝承として

▼ なかつた自分~ (18, 0.1%)

1 [18件] があまり, がおかみさん, が悔いられた, であつ, と今, に腹, のあごひげ, の學校, の家, の恐い, の意志, の手ぬかり, の淺, の生活, の誤り, はちよ, は長野, を考へる

▼ なかつたにも~ (17, 0.1%)

5 関はらず

1 [12件] しろその, せよた, せよ彼, 依るの, 拘はらず何故, 拘はらず身動き, 拘らずさ, 拘らずぷん, 拘らず兎, 拘らず彼, 関らず, 關はらず

▼ なかつた~ (17, 0.1%)

9 である 21 であります, であるから, であるが, にも思ふ, に何, に記憶

▼ なかつたかといふ~ (16, 0.1%)

2 ことである, 問ひ

1 [12件] ことだ, ことは, ことを, やうに, 事情で, 問題に, 微妙な, 意外な, 気が, 氣も, 訊問に対しては, 點に

▼ なかつたはず~ (16, 0.1%)

7 である 32 です 1 であります, であるが, と思ふ, の人

▼ なかつた~ (16, 0.1%)

2 が泣く, だが, であつ, である 1 しかもその, だけに言, だけに言う, ですぜ, に相違, の崩れかた, の心, は不平さうに云

▼ なかつたという~ (15, 0.1%)

2 ことである

1 [13件] ことだ, ことな, ことは, ことも, ような, 事実だ, 事情も, 報告が, 外ない, 意味だ, 自信が, 見方で, 証拠だ

▼ なかつたかの~ (14, 0.1%)

6 やうに 2 シルエツトが 1 いずれか, 如く疑つて, 如く着坐した, 感を, 様に, 経緯は

▼ なかつた~ (14, 0.1%)

1 [14件] とその, とちよ, と一寸, にそれ, に比べ, に比較, の大, の江戸, の静, の音, はどう, は他, は決して, 時代を

▼ なかつたあの~ (13, 0.1%)

1 [13件] お夏, 卑怯な, 女の, 娘を, 年少な, 愚かな, 旋毛曲りの, 日の, 明るい二階, 時々の, 時分に, 気持を, 落付いた

▼ なかつたつもり~ (13, 0.1%)

62 である 1 だが, だむしろ, であります, で又, なの

▼ なかつた~ (13, 0.1%)

2 だね, でせう 1 だ, だが, だけど, だよ, だらう, だわ, ですけど, ですもの, ですよ

▼ なかつた~ (13, 0.1%)

4 である, ではない 1 じや, であるの, ではありません, のある, をも話した

▼ なかつた~ (12, 0.1%)

1 [12件] たきに, 互に苦しい, 勝の, 品は, 孃さん, 才が, 皆を, 神さんや, 組に, 絹も, 邸では, 靜の

▼ なかつたからと~ (12, 0.1%)

4 いつて 2 云ふ 1 いへば, でなければ, 云つて鶴吉は, 申す外, 見るの, 言つて泣言だけは

▼ なかつたつけ~ (12, 0.1%)

321 かよ, が, がさ, がそん, が暫く, が此ら, ねえ

▼ なかつた~ (12, 0.1%)

2 何う 1 お寺へ, だれかに, どうかお, 今日は, 和助, 徳永が, 然かもわし, 然し実存主義, 誰かに, 養生法なぞと

▼ なかつた代り~ (12, 0.1%)

1 [12件] いつの間にかその, いつもまとま, に, にいさ, にせん子, には興奮, にクレイグ, に僕, に山頂, に新型, に智慧, に里子

▼ なかつた~ (12, 0.1%)

1 [12件] がまだ, が暗んじ, が毎夜グラン・ブル, ですが, に驚き, のとうとう, の気持, は当惑, は麹町, への執行, もこの, を君

▼ なかつただけに~ (11, 0.1%)

1 [11件] その花, ふつと, ほんとうに, ゆき子は, 一層感慨, 始終こ, 嬉しい事, 没論理の, 短日月で, 自分の, 舞田からの

▼ なかつたのみ~ (11, 0.1%)

1 [11件] である大師, でなく今, でなく彼, でなく更に, ならずかへ, ならずそんな, ならずむしろ, ならず先生, ならず却つてそれ, ならず又, ならず竹内家代々

▼ なかつたものの~ (11, 0.1%)

1 [11件] あること, かなりに, この頃, まだ半信半疑, もう総武鉄道会社, 大学教授だ, 宿命的な, 清方氏の, 空席は, 第一, 自分では

▼ なかつた~ (11, 0.1%)

2 であらう 1 かも知れません, か水, か身投, だとも, である, に神聖, らしい此節, 外山楢夫先生を, 自分は

▼ なかつたけど~ (10, 0.1%)

1 あんたの, こないだ又, つまりな, でも信じ, でも先生, もう一軒, 奥さんは, 後でヒョッ, 知らないうち, 近頃そいつ

▼ なかつたしかし~ (10, 0.1%)

2 娘さんは 1 たしかに諦観, まだ, 事の, 山下から, 日頃から, 早起, 浅薄な, 焦げた御飯

▼ なかつたそして~ (10, 0.1%)

1 いた, つひに, アル中の, 彼が, 彼の, 明けるの, 私の, 腹が, 路上を, 酔ひつぶれ

▼ なかつただけ~ (10, 0.1%)

4 である 1 だ, で実は, で額, 其だけ, 呑気で, 子供の

▼ なかつた~ (10, 0.1%)

1 あんまり虐, いやもう, うだつた, かつた, その一冬, アハハハ, 俺でも, 困つて仕舞, 土壇場にな, 恐ろしい奴

▼ なかつた場合~ (10, 0.1%)

2 には彼 1 がいくら, でも何, でも死罪, には問題, には相手方, はない, は屈服, を斥

▼ なかつた爲め~ (10, 0.1%)

1 である, であると, でもある, で渠, にその, にもよる, に充分, に滅亡, に疏略, に非常

▼ なかつた結果~ (10, 0.1%)

3 であらう 1 がここ, その伝統, だと, として如何なる, になつ, は我が, は禿山渇水

▼ なかつたくら~ (9, 0.1%)

3 ゐで 2 ゐである 1 ゐだから, ゐだよ, ゐであります, ゐですから

▼ なかつたばかりに~ (9, 0.1%)

1 五徳に, 彌次馬の, 更に又, 父が, 私は, 第一番, 飛んだ人騷がせ, 飛んだ贋物, 飛んでも

▼ なかつたまで~ (9, 0.1%)

3 である 1 だ, であるが, です, なの, なん, 彼は

▼ なかつた人々~ (9, 0.1%)

1 かて, が何時の間にか, である, のなか, の心, はた, もあつ, らしいみんな一本, をもお守り

▼ なかつた~ (9, 0.1%)

2 は毎年 1 から此, と同じ, に在, に多少, に於, に比, の冬

▼ なかつた~ (9, 0.1%)

31 だが, だな, です, ですね, ですよ, な今

▼ なかつた若い~ (9, 0.1%)

3 者たちに 1 女が, 學生は, 心持を, 時, 者たちにすら, 者と

▼ なかつたとか~ (8, 0.0%)

1 ついこの間, まことにたより, 云ふ, 演劇や, 申す様, 誰かと, 銀座の, 開基の

▼ なかつたなんて~ (8, 0.0%)

2 いふこと, 嘘つい 1 人間の, 余ツ程, 其を, 暫く前

▼ なかつたのにと~ (8, 0.0%)

1 いふの, 後で木, 思ひついて, 思ふ, 殆ど口癖, 気が付いたが, 渠は, 私の

▼ なかつた~ (8, 0.0%)

2 無論の 1 実に驚く, 山口昇といふ, 悪る, 惡る, 旦那樣の, 有難迷惑

▼ なかつたばかりか~ (8, 0.0%)

1 さも可笑し, たまたま西練兵場, むしろ敵意, 少女の, 彼に, 極く, 若干の, 陸奥国名取郡を

▼ なかつたまた~ (8, 0.0%)

1 その続き, ひきかへ, 一つ嘘を, 一杯また, 何をも, 実際ある, 思ひ出しても, 近いうち

▼ なかつた一人~ (8, 0.0%)

2 である 1 だつたの, の女, の学究, の老人, の若い, は終に

▼ なかつた事実~ (8, 0.0%)

1 だつたさうです, である, とまつたく, に見, のある, はいつたい, も私, をも等しく

▼ なかつた以前~ (8, 0.0%)

2 である, のやう 1 には思ふ, の語部, は私, よりも却つて島

▼ なかつた~ (8, 0.0%)

1 るするど, るもの, る一種, る宿命的, る石, る認識, 夜などは, 親しみを

▼ なかつた~ (8, 0.0%)

1 がいい, がどれ, がよい, が私, で, ですからね, ですが, の口

▼ なかつた~ (8, 0.0%)

5 ではない 2 である 1 ではありません

▼ なかつたかい~ (7, 0.0%)

1 これを, 何を, 八, 喧嘩とか, 土か, 隨分おもしろ, 頬冠り

▼ なかつた一つ~ (7, 0.0%)

1 の, の兆候, の理由, の芸術ジャンル, の誘惑, の車, の部屋

▼ なかつた~ (7, 0.0%)

1 かの調子, か事故, でも見かけ, といふ弱, にも見えない, のため, の不足

▼ なかつた作品~ (7, 0.0%)

1 だ, だけを收録, であつ, ではなかつた, のうち, も成る, を書い

▼ なかつた~ (7, 0.0%)

1 です, ですから, の眼, の細い, の身の上, の雲, はやがて

▼ なかつた彼女~ (7, 0.0%)

1 が今夜, の云, の御, の気持, の生活, の肉體, を寧ろ

▼ なかつた~ (7, 0.0%)

2 を今朝三五郎 1 で知人, にだけ払, のやう, の音, やさしい母親気質

▼ なかつた~ (7, 0.0%)

1 かの娘さん, が活けた, しも忍び, の世話, も来ない, をも訪ね, をも訪ねなかつた

▼ なかつたつて~ (6, 0.0%)

2 いふこと 1 いうだけの, ね, ひどく後悔, 断わつて

▼ なかつた~ (6, 0.0%)

1 あれでも, すぐ行つて, それは, ま勘辨, ア, 朝つ

▼ なかつたほどの~ (6, 0.0%)

1 国民的な, 大事件, 大旋風, 大歡喜, 明い開濶, 美貌で

▼ なかつた今日~ (6, 0.0%)

1 が五日ぶり, はうれしい, は本, は良く, は親分, は酒

▼ なかつた原因~ (6, 0.0%)

1 であること, の一, はどこ, は何處, は此處, は演劇論的

▼ なかつた地方~ (6, 0.0%)

1 そのイモシヨウチユウ, であつ, では段々, には存, の若人, もあ

▼ なかつた子供~ (6, 0.0%)

1 が三人, でも惡者, のやう, の時, の美しい, 沁みて

▼ なかつた~ (6, 0.0%)

2 世界の 1 らしい思想, らしい節, 事実である, 聲である

▼ なかつた新しい~ (6, 0.0%)

1 事物が, 人物, 人物の, 声が, 発見に, 試みである

▼ なかつた~ (6, 0.0%)

1 からいつ, が大, が無い, に理由, もあらう, をききたい

▼ なかつた~ (6, 0.0%)

3 では 1 ですか, でも, なん

▼ なかつた証拠~ (6, 0.0%)

2 である 1 であった, には彼, はある, を見せるであらう

▼ なかつた證據~ (6, 0.0%)

2 である 1 で何, ともする, には丈吉, を述べた

▼ なかつた~ (6, 0.0%)

1 があら, がどんな, だが, です, をし, 剃用

▼ なかつた~ (6, 0.0%)

2 である 1 が大, が無い, などいかにも, に就

▼ なかつたいや~ (5, 0.0%)

1 悪かつ, 我儘な, 持出さなかつたの, 来て, 飲めなかつた

▼ なかつたかという~ (5, 0.0%)

1 ことであり, ことです, 事は, 警部の, 配慮から

▼ なかつたがと~ (5, 0.0%)

1 後悔する, 思つてる, 私は, 自分に, 變に

▼ なかつたこれ~ (5, 0.0%)

1 は, は地勢, は必ずしも, は蓋し, を書く

▼ なかつたとかいふ~ (5, 0.0%)

1 ことは, ことばかり, 口実によ, 噂は, 譯では

▼ なかつたには~ (5, 0.0%)

2 違ひない 1 相違なかつた, 訣が, 驚きましたね

▼ なかつた~ (5, 0.0%)

2 小母さん 1 清子様真, 清子樣眞箇に, 随分苦しい

▼ なかつた~ (5, 0.0%)

2 から降りなかつた 1 にいま, ににはか, の薬屋

▼ なかつた八五郎~ (5, 0.0%)

1 がやつ, が相, さてはこんな, にとつて, を心

▼ なかつた友達~ (5, 0.0%)

1 が偶然, にでも出会した, の事, の身の上, やま

▼ なかつた~ (5, 0.0%)

4 になつ 1 の新しい

▼ なかつた~ (5, 0.0%)

1 がどれ, だからな, のなか, の一冊, の内容

▼ なかつた~ (5, 0.0%)

1 の一点, の女, の變事, の郊外, れ等

▼ なかつた~ (5, 0.0%)

1 の近接, は恐らく, は沢山, を祀, 又は人の

▼ なかつた部分~ (5, 0.0%)

3 が可 1 である, などは奈良朝

▼ なかつたかしらと~ (4, 0.0%)

2 考へて 1 卑屈に, 心配も

▼ なかつたからこそ~ (4, 0.0%)

1 その願, 今日まで, 奴さん達は, 昔一緒に

▼ なかつたそう~ (4, 0.0%)

1 じや, だ, でございます, です

▼ なかつたそれにしても~ (4, 0.0%)

1 一体藤枝, 丘を, 故郷の, 旅人の

▼ なかつただけの~ (4, 0.0%)

1 ことだ, ことである, 初世, 魅力は

▼ なかつたとして~ (4, 0.0%)

1 ある, ひろ子は, 家内の, 少くとも

▼ なかつたとの~ (4, 0.0%)

2 ことである 1 事だ, 事でござる

▼ なかつたなどと~ (4, 0.0%)

1 いふな, 云うて, 公言する, 思つた

▼ なかつたのよ~ (4, 0.0%)

1 あの時, ホヽヽヽヽ, 一体いくつ恋愛, 憎らしいくら

▼ なかつた一事~ (4, 0.0%)

1 である, である三郎, はなんと, を己

▼ なかつた世界~ (4, 0.0%)

1 である, の地図, の物語, を感じた

▼ なかつた~ (4, 0.0%)

1 で一葉丈, にガラツ八, に表面, に貴女

▼ なかつた事情~ (4, 0.0%)

1 についてはデンマルク, の深, また不承認, を述べ

▼ なかつた二人~ (4, 0.0%)

1 がふつつり逢, さて新秋, のうち, の仲

▼ なかつた人達~ (4, 0.0%)

1 であ, である, の群れ, もさすが

▼ なかつた人間~ (4, 0.0%)

1 が一人, が土器, だ, のやう

▼ なかつた~ (4, 0.0%)

1 が今, ではたつた, は世の中, は前座

▼ なかつた作家~ (4, 0.0%)

1 である, といへ, としては太宰治, のもの

▼ なかつた~ (4, 0.0%)

1 しは, の如く彷徨, は昔, は知らない

▼ なかつた其の~ (4, 0.0%)

1 バーに, 爲に, 證據には, 連中の

▼ なかつた墓穴~ (4, 0.0%)

4 の中

▼ なかつた~ (4, 0.0%)

1 がふと, が歯, だが, です

▼ なかつた平次~ (4, 0.0%)

1 ですが, は後, は曲者, は言

▼ なかつた当時~ (4, 0.0%)

1 でその, の作品十数篇, の編纂物, の辺鄙

▼ なかつた故に~ (4, 0.0%)

1 あるひ, かかるもの, 名譽心, 墜落の

▼ なかつた時分~ (4, 0.0%)

1 さ, には時に, に南画, の事

▼ なかつた次第~ (4, 0.0%)

2 であります 1 である, ではない

▼ なかつた~ (4, 0.0%)

2 がぬけた 1 が, であるぶら

▼ なかつた當時~ (4, 0.0%)

1 では木活字, のこと, の事情, の私

▼ なかつた色々~ (4, 0.0%)

1 な寫眞, の光, の場所, の珍

▼ なかつた若干~ (4, 0.0%)

1 の, の事物, の名, の經驗

▼ なかつた~ (4, 0.0%)

1 だ, である, とする, に充つべきであらう

▼ なかつた郎女~ (4, 0.0%)

4 だけれど

▼ なかつた郵便~ (4, 0.0%)

1 と新聞, は私, も来なかつた, やさん

▼ なかつた~ (4, 0.0%)

1 にす, に在, に小さな, に既に

▼ なかつたある~ (3, 0.0%)

1 地点に, 日彼は, 長閑な

▼ なかつたうち~ (3, 0.0%)

1 に大分おとな, に姪たち, はそれ

▼ なかつたおも~ (3, 0.0%)

1 かげを, な話題, ひもなかつた

▼ なかつたお前~ (3, 0.0%)

1 がそれ位, の母, の無事

▼ なかつたからとて~ (3, 0.0%)

1 憤つて貰つて, 私は, 能楽よりも

▼ なかつたこんな~ (3, 0.0%)

1 病氣に, 種類を, 變物が

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 ちやんと, 僕には, 冗談ぢや

▼ なかつたでも~ (3, 0.0%)

1 あらう, あらうが, その晩金之助

▼ なかつたといふだけの~ (3, 0.0%)

1 ことだ, 事です, 話な

▼ なかつたとお~ (3, 0.0%)

2 もふ 1 もひます

▼ なかつたとき~ (3, 0.0%)

1 いつとも, は宜しく, や彼

▼ なかつたなぜなら~ (3, 0.0%)

3 それは

▼ なかつたまでの~ (3, 0.0%)

1 こと生死二者変りの, こと音羽から, 話な

▼ なかつたみのる~ (3, 0.0%)

1 の心, は平生着, は膳

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 く, よく云, 同然だ

▼ なかつたもう~ (3, 0.0%)

1 一人の, 一人は, 歯が

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

3 うだつた

▼ なかつたわたくし~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 はめん喰

▼ なかつたんぢ~ (3, 0.0%)

1 や, やない, やア

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

2 である 1 が幸

▼ なかつた事實~ (3, 0.0%)

1 に見, や又, をかなしい口惜し

▼ なかつた作者~ (3, 0.0%)

1 の心, は珍重, は直ちに

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 である, は幸福, は没落

▼ なかつた問題~ (3, 0.0%)

2 が解決 1 を懇切

▼ なかつた場所~ (3, 0.0%)

1 が今更, には垣根, を占領

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 乘思想は, 問題を, 泥棒なら

▼ なかつた太田~ (3, 0.0%)

1 がかねて, が異, はその

▼ なかつた女神たち~ (3, 0.0%)

3

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 だから, と泳ぎ, は無い

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 からの酒造用水, が姿, はほん

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 がどんなに, の幸福, の眼

▼ なかつた心持~ (3, 0.0%)

1 がその, が今, が逼迫

▼ なかつた思想~ (3, 0.0%)

1 である, なの, の大

▼ なかつた我々~ (3, 0.0%)

1 は到底, は恐縮千万, も流石

▼ なかつた日本~ (3, 0.0%)

1 にとつて農村, の徳川時代, はどうしても

▼ なかつた昨日~ (3, 0.0%)

1 のよ, の事, も今日

▼ なかつた最大~ (3, 0.0%)

2 の原因 1 の理由

▼ なかつた殊に~ (3, 0.0%)

1 そこの, その一つ, 峠を

▼ なかつた然し~ (3, 0.0%)

1 かういふ時, 私は, 自由恋愛が

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 がこの, は人, も

▼ なかつた現象~ (3, 0.0%)

1 だと, である, ではない

▼ なかつた瑠璃子~ (3, 0.0%)

1 が突然, は甦, もつい

▼ なかつた筈ぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やなく

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 が切なく寝苦しい, が迫つた, を颯

▼ なかつた芥川~ (3, 0.0%)

1 の氣, の言葉, は一農民

▼ なかつた言葉~ (3, 0.0%)

1 でありますが, である, をあんなに

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

2 りに 1 りでなく却つて其覺悟

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 が自分, も繰り返された, を思ひ出し

▼ なかつた過去~ (3, 0.0%)

2 を寂しく 1 にみ

▼ なかつた長男~ (3, 0.0%)

2 が既に 1 を浦賀町

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

2 の明り 1 が出

▼ なかつた頃姫~ (3, 0.0%)

3 の若い

▼ なかつた~ (3, 0.0%)

1 がさ, が何となく, が痛い

▼ なかつたあそこ~ (2, 0.0%)

1 にさ, はす

▼ なかつたあなた~ (2, 0.0%)

1 の眼, の語

▼ なかつたあれ~ (2, 0.0%)

1 は道理, 程夜

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 は, はゆる

▼ なかつたいつ~ (2, 0.0%)

1 しよに, までも

▼ なかつたうまい~ (2, 0.0%)

1 筍で, 酒も

▼ なかつたかしら~ (2, 0.0%)

1 だけどなん, 今思ひ出せない

▼ なかつたかとか~ (2, 0.0%)

2 お吉

▼ なかつたかなどと~ (2, 0.0%)

1 むりな駄目を, 全く愚

▼ なかつたからかも~ (2, 0.0%)

2 知れない

▼ なかつたからでも~ (2, 0.0%)

1 あつた, あります

▼ なかつたからに~ (2, 0.0%)

1 依らう, 外ならぬ

▼ なかつたかを~ (2, 0.0%)

1 怪む, 説明せね

▼ なかつたくせ~ (2, 0.0%)

1 にし, にその

▼ なかつたことそこ~ (2, 0.0%)

1 にこそ青年, へもつ

▼ なかつたころ~ (2, 0.0%)

1 から彼, の若

▼ なかつたさびしい~ (2, 0.0%)

1 ことの, と思つた

▼ なかつたさみしい~ (2, 0.0%)

1 な, 日だ

▼ なかつたしか~ (2, 0.0%)

1 しずゐぶん労, へつて三人

▼ なかつたせい~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, もある

▼ なかつたそこで~ (2, 0.0%)

1 お糸, 同胞が

▼ なかつたそれで~ (2, 0.0%)

1 あつた, よろしそれ

▼ なかつたそれでも~ (2, 0.0%)

1 ない, 金十四銭米七合いた

▼ なかつたそれほど~ (2, 0.0%)

1 事情が, 私の

▼ なかつたそんな~ (2, 0.0%)

1 一面に, 説明も

▼ なかつたため私~ (2, 0.0%)

1 はがつかりし, は自分

▼ なかつただが~ (2, 0.0%)

1 これは, さう

▼ なかつただけが~ (2, 0.0%)

1 取得だ, 見つけもの

▼ なかつただけで~ (2, 0.0%)

1 あつた, よろしい

▼ なかつただけは~ (2, 0.0%)

1 その人, 私の

▼ なかつたつて言~ (2, 0.0%)

1 つてる, ふの

▼ なかつたといふだけ~ (2, 0.0%)

1 だ, であります

▼ なかつたところが~ (2, 0.0%)

1 あの, わかつて

▼ なかつたとて~ (2, 0.0%)

1 たと, 決して無理

▼ なかつたとても~ (2, 0.0%)

1 山口へは, 美しい嘆き

▼ なかつたとまで~ (2, 0.0%)

1 言ひ得ない, 言ふ

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

2

▼ なかつたどうしても~ (2, 0.0%)

1 寝つけなかつた選句, 鍵が

▼ なかつたどうせ~ (2, 0.0%)

1 伊達煙草だ, 飲み屋の

▼ なかつたなと~ (2, 0.0%)

1 心の, 思ひました

▼ なかつたのみか~ (2, 0.0%)

1 むしろさう, 気の

▼ なかつたひとつ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の心

▼ なかつたほどに~ (2, 0.0%)

1 したたかに, 有利に

▼ なかつたほん~ (2, 0.0%)

1 たうに, との能無しぢ

▼ なかつたまことに~ (2, 0.0%)

1 すまない, 過ぎたるは

▼ なかつたむしろ~ (2, 0.0%)

1 よい方, 醜悪の

▼ なかつたものぢ~ (2, 0.0%)

2

▼ なかつたゆき子~ (2, 0.0%)

1 はお, も疲れ

▼ なかつたわけぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ なかつたわし~ (2, 0.0%)

1 のやう, は眼

▼ なかつたわね~ (2, 0.0%)

2 清子さん恁

▼ なかつたビール~ (2, 0.0%)

1 がここ, さう

▼ なかつた一杯~ (2, 0.0%)

1 が二杯, 飲んだら空

▼ なかつた一種~ (2, 0.0%)

1 の尊い, の強い粘

▼ なかつた不平~ (2, 0.0%)

1 もある, を頻りに

▼ なかつた不思議~ (2, 0.0%)

1 な作家, に生き生き

▼ なかつた世の中~ (2, 0.0%)

1 が思ひ, です

▼ なかつた事丈~ (2, 0.0%)

1 けは事実, は慥か

▼ なかつた五十分宛~ (2, 0.0%)

2 の授業

▼ なかつた亭主~ (2, 0.0%)

2 も一週間分

▼ なかつた今夜~ (2, 0.0%)

1 の瑠璃子, は寝つかれ

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 の間拔けさ, はもう一度

▼ なかつた個所~ (2, 0.0%)

1 が突然, は殆ど

▼ なかつた其處~ (2, 0.0%)

1 で所謂亞拉比亞數字, の觀音像

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 で少し, もあります

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 だらうと, にしてやる

▼ なかつた制度~ (2, 0.0%)

1 を定めた, を模倣

▼ なかつた即興~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ なかつた原稿~ (2, 0.0%)

2 の包紙

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

2 と別れ

▼ なかつた口惜し~ (2, 0.0%)

1 さから, 紛れに

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 女が, 手拭を

▼ なかつた古い~ (2, 0.0%)

1 型の, 着物ながら

▼ なかつた周囲~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, の事情

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 で, ですが

▼ なかつた品物~ (2, 0.0%)

1 です, や食物

▼ なかつた唯一~ (2, 0.0%)

2 の理由

▼ なかつた国民~ (2, 0.0%)

1 としての誇り, とは誠に

▼ なかつた声援~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ なかつた外套~ (2, 0.0%)

1 と同じ, のこと

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 のふける, も多

▼ なかつた大いなる~ (2, 0.0%)

1 歓喜を, 歡喜を

▼ なかつた夫人~ (2, 0.0%)

1 が玄関, であるけれど

▼ なかつた失望~ (2, 0.0%)

2 が冷

▼ なかつた失策~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ なかつた女々しい~ (2, 0.0%)

2 弱点を

▼ なかつた始末~ (2, 0.0%)

1 である, です

▼ なかつた娘たち~ (2, 0.0%)

1 にもなんとも, はオクサーナ

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 な事, な夢

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 とも呼べなかつた堪へ, などもゐた

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 に買つて, の畑

▼ なかつた寂し~ (2, 0.0%)

1 さを, さ悲し

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 左衞門の, 脱線だつた

▼ なかつた小さな~ (2, 0.0%)

1 心が, 魂をも

▼ なかつた小説~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の構成

▼ なかつた少し~ (2, 0.0%)

1 も波, 神経衰弱に

▼ なかつた少年~ (2, 0.0%)

1 の性, はだんだん

▼ なかつた山門~ (2, 0.0%)

2 を見た

▼ なかつた幾多~ (2, 0.0%)

1 の事業, の迷路さ

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 様子で, 話する

▼ なかつた微妙~ (2, 0.0%)

1 な世界, な音

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 がはつきりそれ, の感じかた

▼ なかつた悲しみ~ (2, 0.0%)

1 が治三郎, はあの

▼ なかつた意外~ (2, 0.0%)

1 なもの, な一要素

▼ なかつた感情~ (2, 0.0%)

1 や思想, を盛つて

▼ なかつた房一~ (2, 0.0%)

1 にとつて, はいよいよ

▼ なかつた所得~ (2, 0.0%)

1 も世間師連中, も悪く

▼ なかつた所爲~ (2, 0.0%)

1 かろくに, もあるでせう

▼ なかつた手製~ (2, 0.0%)

1 のウツシ絵, らしいメガホン

▼ なかつた新聞~ (2, 0.0%)

1 のない, を読ん

▼ なかつた方面~ (2, 0.0%)

1 にまで手, に色々

▼ なかつた明るい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 気持を

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 はマア, れ翻訳家

▼ なかつた時三晩一緒~ (2, 0.0%)

2 に暮した

▼ なかつた時期~ (2, 0.0%)

1 が續, に於

▼ なかつた朝月~ (2, 0.0%)

1 がある, のとがり

▼ なかつた様子~ (2, 0.0%)

1 である, でしたが

▼ なかつた樹明君~ (2, 0.0%)

1 にもすまなかつた, のお嬢さん

▼ なかつた欠陥~ (2, 0.0%)

1 が眼, は除去

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 であると, を輕蔑

▼ なかつた死後~ (2, 0.0%)

1 に名声, に就

▼ なかつた残念~ (2, 0.0%)

1 ながら, なこと

▼ なかつた気持~ (2, 0.0%)

1 を少し, を彼

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 は思ふ, は立つ

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 にはあんまり, には切め

▼ なかつた為め~ (2, 0.0%)

1 か君, に出た

▼ なかつた生命~ (2, 0.0%)

1 と光明, の躍動

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 だが, を説明

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

2 が見える

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 の唐櫃, を置いた

▼ なかつた程度~ (2, 0.0%)

1 に水際立つた, の辛抱

▼ なかつた筈それ~ (2, 0.0%)

2 はお前

▼ なかつた美し~ (2, 0.0%)

1 さが, さに

▼ なかつた自己~ (2, 0.0%)

1 を圧迫, を守つて自己

▼ なかつた自然~ (2, 0.0%)

1 の不安, の美し

▼ なかつた芝居~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は遂に

▼ なかつた芭蕉~ (2, 0.0%)

1 に近い, の矛盾

▼ なかつた苦し~ (2, 0.0%)

1 かつた, さを

▼ なかつた苦しい~ (2, 0.0%)

1 経験を, 贅沢とでも

▼ なかつた苦痛~ (2, 0.0%)

1 はむしろ, は僅か

▼ なかつた英雄~ (2, 0.0%)

1 に髑髏, の心

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 でどう, にスカンヂナヴィア人

▼ なかつた行き~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ なかつた記憶~ (2, 0.0%)

1 があります, がない

▼ なかつた許りか級友~ (2, 0.0%)

2 を手

▼ なかつた詩人~ (2, 0.0%)

1 である, は居眠り

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 であ, で目的指辞

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 地方が, 點に

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 すべらして, の先

▼ なかつた近代日本~ (2, 0.0%)

2 の社会

▼ なかつた逆説~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ なかつた連日~ (2, 0.0%)

2 の降雨

▼ なかつた運命~ (2, 0.0%)

1 が自分, を内部的

▼ なかつた~ (2, 0.0%)

1 を催促, を持つ

▼ なかつた隆造~ (2, 0.0%)

1 は, は先程

▼ なかつた青年~ (2, 0.0%)

1 が突然, への限り

▼ なかつた高間道平~ (2, 0.0%)

1 といふ一介, の憎まれ

▼1* [1167件]

なかつたね, なかつたあそこらもあの, なかつたあたしなのに, なかつたあつしと相模屋, なかつたあとを見せ, なかつたあの恐るべきセザンヌの, なかつたあゝすまないすみません, なかつたいつもこれほど, なかつたいまでは遠い, なかつたいろいろお世話にな, なかつたうまくない筈, なかつたうめき声が切れ切れ, なかつたうれしいやうで, なかつたええと連れ, なかつたおそくなつて, なかつたおなじワヤでも, なかつたおばあさま, なかつたお方でしたのに, なかつたお目見得に来た, なかつたかがすぐに, なかつたかさへも忘れ, なかつたかしらなんて考へて, なかつたかとも云へ, なかつたかについて私は, なかつたかによつて定まる, なかつたかね鼓の, なかつたからかどうか, なかつたからとも云へる, なかつたからなア, なかつたからのことで, なかつたからは自由の, なかつたがかへつて涼し, なかつたがからだが, なかつたががつしり落, なかつたがとに角これ, なかつたがなアとも, なかつたがなあ揃ひも揃つたあなたがたの, なかつたがねが働きもの, なかつたがやはらかい, なかつたくらいである, なかつたぐらゐでそれが龍土會, なかつたけれどけはひでは, なかつたけれどとはいへ, なかつたことあなたも無事, なかつたことこれはどうも, なかつたことぢや, なかつたこと之れ等, なかつたこと二三本の卒塔婆, なかつたこと云ふまでも, なかつたこと彼が敵, なかつたこと従つてそれだけ変態的, なかつたこと故人の一面, なかつたこと村の, なかつたこと森田の両親, なかつたこと波多野虎記が, なかつたこと私自身にとつて, なかつたこの世には實, なかつたこれから心そのものの, なかつたこれらすべてのもの, なかつたこんどは私, なかつたさうなと不審, なかつたさかい追ひ返し, なかつたさすがに昨夜, なかつたさみだれが晴れ, なかつたざつくばらんな酒だつた, なかつたしかへつて反, なかつたしきたりを破らう, なかつたしくしく身心が, なかつたしづかでうれし, なかつたしるしに一度, なかつたすこし矯激に, なかつたすなわち伊達が, なかつたすべての天體, なかつたすべて知覚がなかつた, なかつたせつかくの画, なかつたそこにも私, なかつたそのまま老婦人, なかつたそれぞれの作品, なかつたそれだけこの温泉, なかつたそれでは皆さんおやすみ, なかつたそれらの声, なかつたそれ以後彼の粗暴さ, なかつた龍吉も, なかつたたつた一人, なかつたためしはない, なかつたため一定の法則, なかつたため一段落つくところ, なかつたため平生そこだけはとばし, なかつたため新宅と言つて, なかつたため秀郷の軍, なかつたため私のは燒, なかつただから失望も, なかつただけでもありがたいと, なかつたつて一銭五厘の損, なかつたつて云つて, なかつたつて云つたあね, なかつたつて平気だといふ, なかつたつて座敷料は同じ, なかつたつらい重荷と, なかつたせうか, なかつたでがせうが, なかつたとあるのは, なかつたといふだけは確かの, なかつたといふは全く斯, なかつたといふまでの話で, なかつたとき僕の胃袋, なかつたとき彼もよく, なかつたとき文子は殆, なかつたとき本願寺の大谷さん, なかつたとき社員の感情, なかつたとき私は危ふくそれ, なかつたとき自分を突き放し, なかつたところ女車掌が金切り声, なかつたところ意味の不明瞭, なかつたとしかいえない, なかつたとつさに被せられた, なかつたとてさう心配, なかつたとでもいふの, なかつたとのみ思つて晴々として, なかつたとやらでほんの, なかつたとをかしいので, なかつたとんでもないこと, なかつたどうかして, なかつたどうしていいの, なかつたどころか父上母上に, なかつたどちらかと云え, なかつたなかで毎月, なかつたなぜだか, なかつたなぞといふこと, なかつたなど言ふ, なかつたなどといふことは, なかつたなどとは言えない, なかつたなまけものの男, なかつたなんでも二十八蛾, なかつたなんざ人を嘗めた, なかつたなんぞと憶面も, なかつたなんどもランプ, なかつたにと照りつけられて, なかつたねえ勘辨し, なかつたのでね錯覚が, なかつたのでへエ, なかつたのでも嬉しさ, なかつたのでわづかに, なかつたばかしでなしに, なかつたひとりしづかに, なかつたひどい悪口など, なかつたひろ子嬢はしかし, なかつたふうに平, なかつたふりで云つた, なかつたほうたる, なかつたほとんど徹夜し, なかつたまことの茶人, なかつたまつ暗な, なかつたままにし, なかつたまるつきり, なかつたまるで消えたやう, なかつたまんなかの処, なかつたみぞれ, なかつたみたいで寝ざめ, なかつたみんな失望したある, なかつたみんな酒のため, なかつたむろん近来昼寝なんか, なかつためづらしい事, なかつたもうすぐそこに, なかつたもちろん湯屋なんか, なかつたもつと神霊, なかつたものモウ斯う云, なかつたもの其れが, なかつたもはや現実には, なかつたやういま仄かに記憶, なかつたやつと宿銭, なかつたやはり新聞の, なかつたゆえ憐れむ思ひにも, なかつたゆゑそんな子供, なかつたよいところを, なかつたよと斯う, なかつたよりも曰くあり, なかつたるい感じしかあた, なかつたわけそれを承りませう, なかつたわたしは此, なかつたわびが言つて, なかつたわよだつて, なかつたわれわれはこの, なかつたばさんで, なかつたんでさ貴女の, なかつたんでへツへ, なかつたアイデアであつ, なかつたアゴや額, なかつたアハハと笑つた, なかつたアブラが切れた, なかつたアルコールの奴隷, なかつたアルティストに相違, なかつたアンリ・ルネ・ルノルマンは, なかつたカチユーシヤの譜, なかつたガスの大, なかつたガラツ八が旋風, なかつたキミ子であるが, なかつたクラリモンドの晴れ, なかつたクリストの悪魔, なかつたゴロにぶつつ, なかつたサイレンがある, なかつたサルマンがポオ, なかつたシメールのひとつ, なかつたシヤンパンを抜き過ぎた, なかつたシローテだつたが, なかつたジヨオージ・ワシントンが先, なかつたセリフを俺, なかつたセンセイシヨンを捲き起す, なかつたソクラテスも女, なかつたタヌキ屋に六・一自粛, なかつたダムの設計技師, なかつたチャンスが若い, なかつたトツクの最後, なかつたナと紙燭を, なかつた嬉し泣, なかつたノラの手, なかつたバアやカフエ, なかつたベッドの新鮮さ, なかつたボルドーを飽きる, なかつたマホメツトの回教, なかつたミケランゼロもナシヨナル博物館, なかつたムジナの話, なかつたモウパツサン全集の英訳, なかつたモリエエルは愈, なかつたラシイヌコルネイユの古典悲劇, なかつたランプの油, なかつたヴエルレエヌの純一, なかつた小市民, なかつた一つ二つの思ひ, なかつた一個の優れた, なかつた一年ばかり措い, なかつた一日のよろこび, なかつた一時代前の貴族社会, なかつた一時間ばかりはぐつすりねむつたが, なかつた一本の樹, なかつた一株の白バラ, なかつた一段はどうしても, なかつた一洵和尚どうしました, なかつた一見熱情的にも, なかつた一項目即ち, なかつた万葉びと以前の古代, なかつた丈けがめつけもので羽抜鳥, なかつた丈無責任の興味, なかつた三人も菓子, なかつた三本目は決戰, なかつた三津井老人が事務室, なかつた上畫債もだいぶ, なかつたから昇らなかつた, なかつた下六番町の名物, なかつた下手人は後ろ, なかつた下駄ならば, なかつた公正に対して, なかつた不具的演劇である新劇, なかつた不安が金, なかつた不幸な嬰児たち, なかつた不甲斐なさに, なかつた不運だといふしか, なかつた与里であるが, なかつたと懸け離れた, なかつた世にも美しい合唱, なかつた世界的な名手, なかつた世評に対して僕, なかつた中国山脈がどこ, なかつた中國の首都, なかつた中年女は誇らか, なかつた丸の内の寂しい, なかつたと同時に, なかつた乗客は我先, なかつたの如き, なかつた予期したよりも, なかつた事実個人の基本的人権, なかつた事柄が人々, なかつた事等である, なかつた事自身用言的感覚を持たせる, なかつた二三の部下, なかつた二晩つ, なかつた二番目の兄, なかつた二階の四疊半, なかつたひわけ, なかつた五分刈あたま, なかつた京極を歩いた, なかつた人さらひの, なかつた人人までがいくらか, なかつた人影がひつそり, なかつた人物に小さく, なかつた今年は水, なかつた今時こんな簪, なかつた今朝は樹明さん, なかつたの世界, なかつた仏国近代劇の姿, なかつた仕方に於, なかつた助は, なかつた代り個人的な印象, なかつた代り百文とも少なく, なかつた以上先づ印刷刊行のもの, なかつた以前我々の彼, なかつた以前私の好き, なかつた仲居頭の年寄, なかつた仲秋らしい月光, なかつた伊藤大輔という名, なかつた会社の不注意, なかつた伯父も何, なかつた位ひで純造, なかつた位ひろ子の話, なかつた位健康に於, なかつた位安全にはこんでしまつた, なかつた住所に気付く, なかつた佐藤氏が特に, なかつた何しろ私一人で, なかつた何だか少し興奮し, なかつた何とかして, なかつた何ともかともいひ, なかつた何もかも人絹の, なかつた何故そんなに見つめると, なかつたは計らず, なかつた余りに恐怖に, なかつた余分の食物, なかつた例へば社長は, なかつた侍従が, なかつた便宜も有ら, なかつたは四人, なかつた修驗者と懇ろ, なかつた俳諧は社中, なかつた個性的なもの, なかつた停車場までの途中, なかつた健康と忙し, なかつた傍聽人といふもの, なかつた傍若無人のその, なかつた債務者のある, なかつた僕女中がうしろ, なかつた僕等はその, なかつた僧家の歌, なかつた兄嫁にし, なかつた先づ大體, なかつた先づ明瞭な現れ, なかつた先代小せんを車夫, なかつた先生が恋, なかつた先輩がある, なかつたを放たぬ, なかつた全く日本人は, なかつた兩脚が俄, なかつた八代の奉行角左衛門, なかつた六區にいく, なかつた六四金と打つ, なかつたが永年, なかつた其人の前, なかつた其処の具足, なかつた其奧州の地, なかつた其御罰か丈夫, なかつた其時分の驛遞路, なかつた内奧の本質, なかつた内部の熾烈深遠, なかつた再び訪ねたとき, なかつたい笑, なかつた処世哲学である, なかつたである, なかつた出立前にアメリカ同人, なかつた切手三銭と湯銭三銭, なかつた初めの詩体, なかつた初めての經驗, なかつた初代勘兵衞の欺瞞, なかつた初心の私, なかつた利休に結構, なかつた利害はなかつた, なかつた前面の風景, なかつた劇団はなかつた, なかつた劇壇の情勢, なかつた加藤忠吉とその, なかつた勇敢なる兵士, なかつた動機が必ずしも, なかつた勘次との間, なかつた勝利の味, なかつた勝太郎の唄, なかつた勝造とその, なかつた北ぐにの冬, なかつた北朗兄にはすまない, なかつた北海道にやつ, なかつた区域なの, なかつた十年間どんな暮し, なかつた十萬圓掛けて, なかつた千之助今見る姿, なかつた千鳥が鳴く, なかつたの理由, なかつた半面となんら, なかつた卑屈な意味, なかつた博士は玄関, なかつた博物学者です, なかつた博覧会の賑やかさ, なかつた卯平の行爲, なかつた卯平が何處から歸つて來, なかつた印刷面の紙上, なかつた印象批評直感批評をこの, なかつた危険がせまつ, なかつた即ち大蒙, なかつたて彼, なかつた却つてやさしい調子, なかつた却つて自分の方, なかつたに死んだ, なかつた厄介な女, なかつた原始境に借り, なかつた原始社会に於, なかつた去年の冬, なかつたた払, なかつた友だちなどが朝夕遊び, なかつた友人同志が却つて實際, なかつた反省すべし, なかつた叔母のお, なかつた取捨をようしなかつた, なかつた取締強化に際して赤本出版業者, なかつた叡子さんを嘗て, なかつただけ動かし, なかつた口語詩に対して人以上, なかつた古人の事, なかつた古代の民俗印象, なかつた古代埃及人程ひどく, なかつた古代生活が奈良朝以前, なかつた古典劇の演出法, なかつたは酒, なかつた句集を買う, なかつた史実なるが, なかつた同時に木喰も, なかつた同期生山崎のこと, なかつた向うの家, なかつた吾らの言葉, なかつた吾人の祖先, なかつた吾輩は一, なかつた和服をかうし, なかつたは當時痛切, なかつた品川のかなり当世風, なかつた商売がだ, なかつた善良な氣, なかつたは何, なかつた喜三郎と祝言, なかつた單調な吾等, なかつた四人の女, なかつた四年の年月, なかつた四年間にあの, なかつた四郎は何, なかつた困難にでも逢, なかつただから, なかつたへなけれ, なかつた地下室の小さな, なかつた地形で明治三十三年版, なかつた地方人は標準語, なかつた地方色が舞台, なかつた地獄を小林, なかつた坊さんで有名, なかつた埴生一時間厚狭二時間それだけの, なかつた場合事柄は嚴肅, なかつた境遇から二人, なかつたと連係, なかつた売僧を一人, なかつたのこと, なかつたに誰, なかつた外国に居る, なかつた多くの場合星, なかつた多分樹明君に, なかつた多数の人々, なかつたに襲, なかつた大きな驚きでした, なかつた大人達がこんな, なかつた大分前に先づ妻さ, なかつた大名の頭脳, なかつた大師を傳燈阿闍梨, なかつた大庭常子といふ女学校, なかつた大村さんが医者, なかつた大阪の出版界, なかつたの岩戸, なかつた天井から垂れ, なかつた天平十二年の大赦, なかつた天狗だが, なかつた天窓が一つ, なかつた天竜川はこ, なかつた太政官は植木, なかつたから八十五間, なかつた夫婦者が國, なかつた夫重三郎の死骸, なかつた失念したため, なかつた失望落膽急に空腹, なかつた奇怪な陥穽, なかつた奥山を驚かした, なかつた女のからだ, なかつた女中の若, なかつた女性への思慕, なかつた女房も今度, なかつた奴らもみんな蛇, なかつた如くに今, なかつた如水日は流れ, なかつたに薄ら, なかつたの身, なかつたに對, なかつた妾達と一処, なかつた始めであつ, なかつたが氏名, なかつた婦たちが眞先, なかつたの死, なかつた嫁さんは身装, なかつた嫉妬を感じた, なかつた嫡子平内と妻, なかつた嬉しさが, なかつた嬉野温泉で休みすぎた, なかつた孝行を貴, なかつた季節をすぎた, なかつた孤独と沈黙, なかつた学問を本屋, なかつた學者的な專一, なかつたはかう, なかつた実に幽かな, なかつた宦官全廢論, なかつた宴会がある, なかつたの中, なかつた家内は唯今, なかつた家内一人だけで, なかつた家庭を賑, なかつた寂寥の中, なかつた寒村が今や, なかつた寥平さんにも彼女, なかつた實驗室で, なかつた寧ろこれからこそ父, なかつた審問と判決, なかつた寺奴の側, なかつた封建時代の個人主義, なかつた将軍の場合, なかつた将軍家にとつて, なかつた尊徳である, なかつた對象のうち, なかつた小倉氏がこ, なかつた小心さにも爽, なかつた小杉さんのジェステュア, なかつた小泉の顏, なかつた小萩からや, なかつた小説家になりたい, なかつた小遣が欲しい, なかつた少なくも気の, なかつた少女らしい夢, なかつた少女時代の里子, なかつた少数の未見, なかつた尤も娘の, なかつた尻尾がなかつた, なかつた山の神大明神この酔心地, なかつた山田も読売新聞, なかつた岩根半藏, なかつた岩田君並に巴絵さん, なかつた島村氏が一生, なかつた川床に水, なかつた左門であつ, なかつた布団を外, なかつた布團の一枚, なかつた帝劇に毎年三月頃, なかつた平三にはお, なかつた平和な樂, なかつた平安朝の語彙, なかつた平靜さはあなた, なかつたをとる, なかつた年頃になる, なかつた并びに生み出した, なかつたにし, なかつた幸子は晝, なかつた幸福感を味つて, なかつたない昔, なかつた幼児であつ, なかつた幽玄体を完成, なかつた幾つかの難事件, なかつた幾分はげしいくら, なかつた幾度も局, なかつた店賃を三つ, なかつた度胸の無, なかつたや椽先, なかつた庶民の日常生活, なかつたによつて今日拓務大蔵三井三菱, なかつた廣大な地平線, なかつた弁当をとりだし, なかつた弥生が突然, なかつたさが, なかつた強姦に対する激越, なかつた当時余りにも年少, なかつた当時春雨が鶯, なかつた形迹がある, なかつた彼岸花を初めて, なかつた彼是二年越しの気, なかつた彼等はす, なかつた征韓論の精神, なかつた後味もよく, なかつた得体の知れない, なかつた御苑の花樹, なかつた御身たちに会, なかつた徳川時代に多額, なかつたかな, なかつた徹宵飲みつ, なかつた徹底的な順應主義者, なかつた心境の表現, なかつた心弱さ, なかつた心理表現の妙味, なかつた心細さに, なかつた心豊かな男, なかつた必要の源, なかつた忘却を直吉, なかつた忙しいんだ, なかつた樂は, なかつたつたところ, なかつた思考の不足, なかつた急激な流血革命, なかつた急行電車で筑後平野, なかつた性分で, なかつた性質を批判, なかつたの魅惑, なかつた恋心が塩, なかつた恐しい事実, なかつた恰もすべての, なかつた悔しさから, なかつた悦びに違, なかつた悲しい詩人の, なかつた悲運の詩人, なかつた惜しいことだつた, なかつた想像でどうして, なかつた意味が隠され, なかつた意外千萬なもの, なかつた愛馬をすら見ん, なかつた感激を力, なかつた感覚の雋鋭, なかつた慣例から浄土, なかつた憾みがある, なかつた懸案であつ, なかつた戀人同士がこ, なかつた成瀬にとつて, なかつた成績を擧げた, なかつた我我は結局十八世紀末, なかつた或は入らうとしても, なかつた所々を案内, なかつた所以であらう, なかつた所有地も大方人手, なかつた所為だらう, なかつたを疊, なかつた扇ヶ谷の知人, なかつたが軽々と, なかつた手代の美代吉, なかつた手強い貸が, なかつた手紙を送る, なかつた手袋を外し, なかつた手許であつ, なかつた手際などは凄い, なかつた抱懷とはわたし, なかつた抱月さんがどうして, なかつた援軍が突然, なかつた摩訶不思議な意地, なかつた支那にし, なかつた政治の無定見, なかつた故彼はキリスト教, なかつた故石根は名, なかつた故茲に再び, なかつた故郷に今, なかつた敬君たうとう, なかつた数々の作品, なかつた數年前にそれ, なかつた文芸春秋はかう, なかつた斎藤緑雨にいつも, なかつた斬髪機が一挺, なかつた断食ならば, なかつた新しき苦悩に, なかつた新たな廻転, なかつた新らたな, なかつた新体詩の様式, なかつた新聞雑誌を目ばやく, なかつた方々に幾柱, なかつた方法である, なかつたの女, なかつた既に食を, なかつた日常にこんなに, なかつた日本人の, なかつた日本外史のその, なかつた日本文化史に罪, なかつた日本語が蒲原氏, なかつた旧家に生れた, なかつたを報告, なかつた昼飯を, なかつた早乙女のよ, なかつた早口で愛嬌, なかつた早稲田へ人力車, なかつた早稻田へ人力車, なかつた昌造の特徴, なかつた明治の頃, なかつた昔人間の體内, なかつた昔大阪から東, なかつた昔日の自慢話, なかつた昔米二升さへ持つ, なかつたが嶮, なかつた映画の二字, なかつた昨日数十句あつた, なかつたでも障子, なかつた昼間の活動, なかつた昼飯はヌキ, なかつた時々其処此処に, なかつた時代さへあります, なかつた時代亭主が度々, なかつた時代夜中に降り出されたら, なかつた時代文字が来, なかつた時代日本が非常, なかつた時代薄墨の美貌, なかつた時仲間で連絡, なかつた時分穗科閣下はあゝ, なかつた時分舊道は平家物語, なかつた時外科手術をやつ, なかつた時彼は嘆, なかつた時彼女は恐ろし, なかつた時彼等はどう, なかつた時日に於, なかつた時自分は茫然, なかつた時蒔は縁側, なかつた時計が時, なかつた時間は約束, なかつたはひつぱたかれたのか, なかつた晩學校の歸, なかつた普段の調子, なかつた普通一般の文学青年, なかつた暑くなし寒く, なかつた暗いころの, なかつた暗黒な姿, なかつた暮鳥詩集を読ん, なかつたである, なかつた書き方だと, なかつた書齋である, なかつた最も危急な, なかつた最初の説, なかつた最後の少数, なかつた月給六円で完全, なかつた月足らずの児, なかつた樣で, なかつた有名なる史家, なかつたが茂つて, なかつた未亡人矢代初瀬の面影, なかつた未完の作品, なかつた未練の真実, なかつた本心を云つて, なかつたの傍, なかつたの葉, なかつた村国は問題, なかつた村民や切支丹, なかつた杜詩の大きな, なかつた東京のとある, なかつた東作を説き落し, なかつた東國地方に高等, なかつた松江は異様, なかつた松茸を食べたい, なかつた果して曇が, なかつた柳絮が金州, なかつた栄蔵は今, なかつた根性があり, なかつた格子戸をからだ, なかつた桜桃忌の七周年, なかつた梯子酒のあと, なかつた梶原さんは, なかつた森雅之君の, なかつた植物である, なかつた椿子さん必ず可愛, なかつた業風の吹く, なかつた樂人のため, なかつたの老木, なかつた模樣である, なかつた樣ぢやない, なかつた樣子座蒲團の上, なかつた横町の角, なかつた橋本左内の先例, なかつた機械が地球, なかつた欧米近代思潮の偏向, なかつた欲求がわづか, なかつたが大分, なかつた正文の愛情, なかつた正直さに対しては尊敬, なかつた此軍器が駈, なかつたの顔, なかつた武士の世界, なかつた武家といふもの, なかつた歯ぐきで苦痛, なかつた歴代の王, なかつた歴史で况ん, なかつた歴史的状況に於, なかつたの一部, なかつた殿様も悪い, なかつたは少年, なかつた母親のお, なかつたが孤獨, なかつた民族の後, なかつた民衆たちのその, なかつた民謡調を存外, なかつた気分が散漫, なかつた気持がさつさうと, なかつた気象が梅竜, なかつた氣持だ, なかつたばかり飲ん, なかつた水枕を持つ, なかつた水素の原子スペクトル, なかつた汚濁に沈む, なかつたが奈何, なかつた江戸の戯作者達, なかつた江戸期の学者, なかつた決局五百部にきめた, なかつた決議です, なかつた汽車のうへでは隅ツこ, なかつた沈静な気持, なかつたの小舟, なかつた没理想の行動人, なかつた河原町の医者, なかつた注意があたり, なかつた津島自身が痛感, なかつた津浪も港灣, なかつた浅はかな心, なかつた浜尾総長が軍部, なかつた浮世絵を初めて, なかつた淋しい淋しい物語だつた, なかつた混線程度にと, なかつた清左衞門は腹, なかつたが, なかつた温かい人の, なかつたたる私たち, なかつた湖州の薄命, なかつた満足感を抱い, なかつた滑稽を特に, なかつた演出上の新, なかつた演技であ, なかつた潜入教師も最後, なかつた激務の間, なかつた火鉢を囲ん, なかつた炉辺の幸福, なかつた為め予等は旧道, なかつた為め大塩平八郎を題, なかつた為他の神主, なかつた為注意を惹かなかつた, なかつた為男の節供, なかつた門関を, なかつた無名の美しき, なかつた無情な教師, なかつた無意識に壓迫, なかつた無数のもの, なかつた無理をした, なかつた無邪気な遊び, なかつた無駄な言葉, なかつた煙草と一, なかつた爲め人間は兎角, なかつた爲め學校は長く, なかつた爲め海がいよ, なかつた爲め渠は度, なかつた爲め物足らない何と, なかつた爲め石佛寺を探訪, なかつた爲今日に至る, なかつた爲彼等は故意, なかつた父君の熱血, なかつた物さへ渡来, なかつた物足りなさが, なかつた特別な重厚さ, なかつた特殊な環境, なかつた特異な文人, なかつた犠牲者の随一, なかつた状態であつ, なかつた状況にある, なかつたが鳴い, なかつたが衰, なかつた玉子と云, なかつたの手, なかつた珍しい人物である, なかつた實が, なかつた現に小郡に, なかつた現実のをかし, なかつた理想と現, なかつた甘い虹の, なかつたしいの, なかつた生死之卷, なかつた生活の変化, なかつた生涯の慘, なかつたは終戦後, なかつたひたくても, なかつたの中, なかつた田植の人たち, なかつた田舎の人達, なかつた由それがいろいろ, なかつた甲比丹ヅーフは日本, なかつた申しわけとしてここ, なかつた申訳をするだらう, なかつた申譯をするだらう, なかつた男子を選ん, なかつた男爵はその, なかつた町人的合理主義凡俗化した良識, なかつた画家的手法を採用, なかつたのへり, なかつた留置の来信, なかつた異例ともいふべき, なかつた疑問を解決, なかつた疲れが出, なかつた疲労とは苦, なかつた疲勞もあつ, なかつた疼痛が滿身, なかつたに大きな, なかつた發想法上での事件, なかつた發見が光つて, なかつたと黒, なかつた白樺が趣味的, なかつた白痴が死, なかつた白石が欧羅巴各国, なかつた白耳義の運転手, なかつた百姓女だ, なかつたが急, なかつた盗賊の方, なかつた盛事である, なかつた盛夏が早, なかつた目録學が復, なかつた直ぐ引返して, なかつた相原某も下獄, なかつた相州さまもこの, なかつた相愛の男女, なかつた相手が, なかつた看守も国家, なかつた真実の特殊, なかつた真摯なの, なかつた眠たさを, なかつたの前, なかつた着物のこと, なかつた砂地へ今, なかつた破戒の罰, なかつた破竹の勢ひで, なかつた碁石をひとり, なかつた確実な歩調, なかつた磯丸霊神社とある, なかつた社會のそれ, なかつた社長からは女, なかつた神々しくも艶, なかつた神人である, なかつた神奴も信仰, なかつた神秘の水, なかつた神罰でもあらう, なかつた神道関係の不可解, なかつた禁足か自重, なかつた福島町といふの, なかつた禮記は戰國時代, なかつた禿筆を擱, なかつた私たちである, なかつた私どもにはツサン氏, なかつた私達には稍, なかつたが音, なかつたの國, なかつた程満足な自意識, なかつた程結構な医者, なかつた程静粛な客, なかつた種々な方面, なかつた種類のもの, なかつた稽古の済む, なかつた積りであつ, なかつた空虚なクヰン, なかつた込んで, なかつた笑顏をした, なかつた一の, なかつた算術が今朝, なかつた精力を芸術, なかつた精神の乾き, なかつたのやう, なかつた一年間の, なかつた素材でもあつ, なかつたの玉唯一つ, なかつた細木家といふもの, なかつた紳士と絶えず, なかつた終夜読書した, なかつただから, なかつた経験はこれ以外, なかつた絶景絶叫だつた, なかつた經驗を新しく, なかつた継母のたけよ, なかつた綱宗の心理状態, なかつたが円く, なかつた網代の湯宿佐野家, なかつた縞柄の派手, なかつた總兵衞でしたが, なかつた罪人に愈々, なかつた罪悪感自責の念, なかつただ, なかつた美しい天の, なかつた美奈子の身体, なかつたみ笑, なかつたの心裡, なかつた翌日はうつらうつら, なかつた習慣は義雄, なかつた老人に就, なかつた老婆が急, なかつた老婦は息子, なかつた老婦達の群, なかつたの味, なかつた肌寒い燈火管制で, なかつた背中を離した, なかつた胎動時代からかけ, なかつたをスカート, なかつた脚絆を出し, なかつた脱線しないといふ, なかつた脱線料がない, なかつた脱衣場の花瓶, なかつた腑甲斐なさ, なかつたは與吉, なかつた傳的色彩を, なかつた自分たちの主人, なかつた自動車が出入, なかつた自由を知つて, なかつた自責で棺, なかつた興世王だから, なかつた舊友に出, なかつた舊幕人たちがしかも, なかつたへ戻つ, なかつた舷側にはこの, なかつた船頭は突然, なかつた良い女でした, なかつた良人の妹, なかつた良将であり当代氏政, なかつたの黒い, なかつた花作りの老翁, なかつた花街一方の丘陵, なかつた芳公が翌日海辺, なかつた苣萵を見つけ, なかつたさを, なかつた苦しみはその後, なかつた英俊の士, なかつた英吉利の語, なかつた茂子には十一月, なかつた茶の間には茶碗, なかつた茶斑の所, なかつたの呪, なかつた草吉と忍, なかつた草稿を入れ, なかつた荒海の荒地, なかつたの模様, なかつた華やかな一夜, なかつた落度をそれとなく, なかつた藝術があつ, なかつたの動向, なかつたのあたり, なかつたのやう, なかつた處同行の小場君, なかつた蜻蛉の様々, なかつたが知らし, なかつたの彼方, なかつたへが不自由勝, なかつた複雑な内容, なかつた複雑さを加, なかつた西洋劇の本質的, なかつた要するに極めて玄妙に, なかつたが惡, なかつた親切な態度, なかつたがある, なかつた觀想とそれ, なかつたに何處, なかつた訪問者の応接, なかつた許りか陰気にさ, なかつた訳文の目, なかつたをも見出した, なかつた証跡を示す, なかつたを必要, なかつた詫びがてら, なかつた詮方なしに, なかつた詰問の言葉, なかつた誇りとか意志, なかつたで此人, なかつた読者観客はこの, なかつた諸君はその, なかつたであつ, なかつた警官が私, なかつた讃頌或は宣布, なかつた財政難もある, なかつた財産を何時の間にか, なかつただと, なかつた質屋の暖廉, なかつた赤十字社の看護婦, なかつた赤島の温泉場, なかつた赤方の香車, なかつた足利時代の名家, なかつた足音や話声, なかつたがある, なかつたのあまり, なかつた辛うじて自分を, なかつた辛勞と困憊, なかつた農民の不平, なかつただらう, なかつた迄のことでした, なかつた近代写実主義の精神, なかつた近来にない, なかつた近道を教, なかつた近頃段々研究した, なかつた通りのずつと先きの方, なかつた通俗的な寝言, なかつたへなかつた, なかつた逸楽のあと, なかつた遊びは, なかつた運動会の分列式, なかつた過去数十年の歴史, なかつた過渡期の據言, なかつた道理でキヨちやん, なかつた選句や文案, なかつた邑落生活の記念, なかつた邦人の数, なかつた部屋の蒲団, なかつた郵便物もあつ, なかつたが魚, なかつたを充たし, なかつた酔中の放言, なかつたひが, なかつた醫者はかう, なかつた釈尊の心, なかつた住みの, なかつた里子の頑固さ, なかつた野口を慰め, なかつた野犬がその, なかつた野鼠でなくては, なかつた金儲けでない醫者さん, なかつたを取る, なかつたもなく, なかつた鋭い挑むやう, なかつた鋳物師さんね, なかつた鍛錬を経, なかつたを彼, なかつた鑑賞上の神秘主義者, なかつた長い間にも, なかつた長らく悩んだ結果, なかつた間もなく敬治君も, なかつた間柄で短い, なかつた間違ひから, なかつたを月夜, なかつた限りに於い, なかつたは西行, なかつたの暮れる, なかつたにゐた, なかつた階級の者, なかつた随流去, なかつた隧道が此, なかつた雑詠を再興, なかつたが並べ立て, なかつたは今, なかつた雨宮紅庵の裏面, なかつた雨風だつた, なかつた雪雪が降, なかつた静かなさざめきを, なかつた静子にはそれ, なかつた面接のよろこび, なかつた面白さだ, なかつた音律が古く, なかつた音響の透視, なかつた頃五穀豊熟して, なかつた頃何か強情, なかつた頃彼がまだ, なかつた頃母と姉, なかつた頃照子の前, なかつた頃瓜生野家の縁, なかつた頃薩摩領に入, なかつた領分内のこと, なかつた頭脳からは難解, なかつた頭頂部が台, なかつた頭髪が急, なかつた頼朝だが, なかつたひの, なかつたも吹かぬ, なかつた食事も寝具, なかつた馬丁の黒助, なかつたでさめ, なかつた騎士がその, なかつた騷ぎだ, なかつた體操の教師, なかつた高い理想が, なかつた髪の毛のふくらみ, なかつたの日, なかつたよりも鮎, なかつた鵠沼のその, なかつた黄河の舟橋, なかつた黄葉村舎牀頭の小, なかつたの執着, なかつた龜の子がぬるみ始めた