青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とたんに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~とく とく~ ~とこ とこ~ ~ところ ところ~ ところが~ ところで~ ところどころ~ とたん~
とたんに~
~とっ とっ~ ~とった とった~ ~とつ とつ~ とつぜん~ ~とても とても~ とにかく~

「とたんに~」 1015, 10ppm, 10628位

▼ とたんに~ (32, 3.2%)

3

1 [29件] の上, の口, の姿, の左, の巨躯, の手, の抜く, の眼, の背後, の記憶, の頭, ははげしく, はふと, はアッ, は両手, は何, は口, は咽喉, は大地, は思わず, は書けなく, は書けなくなっ, は狆, は白, は矢倉, は背, は茫然, は転がり落ちた, は飛びあがる

▼ とたんにその~ (21, 2.1%)

1 [21件] ときそこの, にがかった, ぴりぴりが, ラジオの, 中の, 先の, 娘の, 怪物は, 感懐を, 手を, 明りの, 死骸は, 火星人の, 眼から, 瞼は, 穴から, 胸に, 鋭い気合い, 鋭利な, 震動で, 顔は

▼ とたんに~ (9, 0.9%)

1 の夢, の真意, の頭, はあの, はきょろりと, はぱちぱち, は両, は眼, は足

▼ とたんにかれ~ (7, 0.7%)

1 の五体, の白足袋, は, はまた, は足, は頸動脈, らは

▼ とたんにどこ~ (7, 0.7%)

2 からともなく 1 かへ忘れ飛ばし, からか飛ん, からともなく物凄い, から飛ん, か離家

▼ とたんにまた~ (7, 0.7%)

1 いよいよ深く, かれら, この日頃, ひとしきり咳いた, ひとつ私は, ギヨロリと, 大亀も

▼ とたんに~ (7, 0.7%)

1 かいい, かがその, かを投げ附けよう, か内部, か確信, も欲しく, を見た

▼ とたんに彼女~ (7, 0.7%)

1 のうしろ, の姿, は, ははっと, は丁寧, は彼, は現実

▼ とたんにぱっと~ (6, 0.6%)

1 一条の, 五郎次から, 掻き消された, 消えた, 紅の, 車内に

▼ とたんに~ (6, 0.6%)

1 の酔, の頭, はその, はその大きな, はむらむら, は気

▼ とたんに~ (5, 0.5%)

1 かみさんの, 侍さんは, 峯は, 絹が, 綱は

▼ とたんにこの~ (5, 0.5%)

1 凝結核の, 基礎的組織網の, 大広間の, 薄暗いガラン, 見たこと

▼ とたんに~ (5, 0.5%)

1 ありその, をそろえ, を惜しまず, を立てました, 上げて

▼ とたんに~ (5, 0.5%)

1 がキャーッ, が進み出た, の体, の片手, は走っ

▼ とたんに~ (5, 0.5%)

2 がさめる, の前 1 が眩んだ

▼ とたんに~ (5, 0.5%)

1 がすべっ, が浮いた, の腫, をとどめ, を止め

▼ とたんに~ (5, 0.5%)

1 からスパイ呼ばわり, から水, をかすめた, をなぐられ, を掻い

▼ とたんに~ (4, 0.4%)

1 そりは, 恥を, 虎の, 音響とともに

▼ とたんに大きな~ (4, 0.4%)

1 こえで, 声で, 声を, 眼を

▼ とたんに~ (4, 0.4%)

1 に聲, のほう, の声, 戸を

▼ とたんに~ (4, 0.4%)

1 一のは, 声器から, 声器が, 声器の

▼ とたんにさっと~ (3, 0.3%)

1 浪が, 見透しが, 顔色が

▼ とたんにそこ~ (3, 0.3%)

1 から跳び出した, の石段, まで出かかった

▼ とたんにそれ~ (3, 0.3%)

1 がきっかけ, こそカルタ, を知った

▼ とたんに~ (3, 0.3%)

1 たと, たんと, ッと

▼ とたんにサッと~ (3, 0.3%)

1 廊下から, 擦れちがった彼方, 飛びだして

▼ とたんにパッ~ (3, 0.3%)

1 と咲いた, と消え, と白衣

▼ とたんに三人~ (3, 0.3%)

1 がはっと, の僧たち, はアッ

▼ とたんに~ (3, 0.3%)

1 が変った, の顔, をとがめる

▼ とたんに小鳥~ (3, 0.3%)

2 の囀り止む 1 の囀る

▼ とたんに廊下~ (3, 0.3%)

1 で足音, にあわただしい, の板敷

▼ とたんに~ (3, 0.3%)

1 からさ, が廻っ, の杯

▼ とたんに次郎~ (3, 0.3%)

1 の体, の心, はお

▼ とたんに~ (3, 0.3%)

1 から鱗, のさめる, をつけた

▼ とたんに相手~ (3, 0.3%)

1 がササッ, はまるで, は手

▼ とたんに~ (3, 0.3%)

1 のうち, のところ, は凝縮

▼ とたんに自分~ (3, 0.3%)

1 の血, の襟, もツルリ

▼ とたんに~ (3, 0.3%)

1 かにぶつかった, の顔, もが思わず

▼ とたんに~ (3, 0.3%)

1 とも見えぬ, をくい, をふくんだ

▼ とたんに~ (3, 0.3%)

1 いろを, の色, を上げた

▼ とたんにあたり~ (2, 0.2%)

1 の墻壁, は大

▼ とたんにうしろ~ (2, 0.2%)

1 に, へ一角

▼ とたんにから~ (2, 0.2%)

2 だが

▼ とたんにがく~ (2, 0.2%)

2 と首

▼ とたんにさちよ~ (2, 0.2%)

2 は豹変

▼ とたんにふと~ (2, 0.2%)

1 何氣なく, 眼を

▼ とたんにぼく~ (2, 0.2%)

1 のからだ, は逃げ出した

▼ とたんにガチャン~ (2, 0.2%)

1 と大きな, と音

▼ とたんにザアマス~ (2, 0.2%)

1 とやりだした, をやりだし

▼ とたんにゾウッ~ (2, 0.2%)

2 と身慄いが

▼ とたんにチェーホフ~ (2, 0.2%)

2

▼ とたんにドン~ (2, 0.2%)

2 と地響き

▼ とたんにヒュー~ (2, 0.2%)

1 とうなっ, と空

▼ とたんに一歩~ (2, 0.2%)

1 さがった彼, ふみこんで

▼ とたんに一発~ (2, 0.2%)

1 の弾, の鉄砲

▼ とたんに一陣~ (2, 0.2%)

1 の怪風, の突風

▼ とたんに三吉~ (2, 0.2%)

1 はあわてだす, はせん

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 から土, から軽

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 にいた, に落され

▼ とたんに下腹~ (2, 0.2%)

1 が突張, を座席

▼ とたんに両手~ (2, 0.2%)

1 に抱え, の刀

▼ とたんに二人~ (2, 0.2%)

1 とも気, の娘

▼ とたんに何者~ (2, 0.2%)

1 かが奥, にか衝突

▼ とたんに勢い~ (2, 0.2%)

1 よく足, よく転び

▼ とたんに右門~ (2, 0.2%)

1 がわれ鐘, はにっこり

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 が傾いた, の口もと

▼ とたんに完全~ (2, 0.2%)

1 な丸木氏, に表情

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 のどこ, はものすごい

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 のうえ, の両側

▼ とたんに巡査~ (2, 0.2%)

2 がサーベル

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 が一方, が外れ

▼ とたんに彼方~ (2, 0.2%)

1 で, の濡縁

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 へひ, を風

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 がらくに, をひそめ

▼ とたんに感じた~ (2, 0.2%)

1 ことは, ことも

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 から張板, の仕切り

▼ とたんに死ん~ (2, 0.2%)

1 だりした, でしまいます

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 が遠く, を失っ

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

2 然と

▼ とたんに消え~ (2, 0.2%)

2 てしまった

▼ とたんに激しい~ (2, 0.2%)

1 孤独感が, 物音と共に

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 の蔭, の面

▼ とたんに爆笑~ (2, 0.2%)

1 となっ, を上げた

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 はひときわ, は肝

▼ とたんに異様~ (2, 0.2%)

1 な精気, な金属

▼ とたんに真赤~ (2, 0.2%)

1 な霧風, になっ

▼ とたんに砂煙~ (2, 0.2%)

1 の壁, を後

▼ とたんに秀吉~ (2, 0.2%)

2 は織田信雄

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 から降っ, の星

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 の杖, の林

▼ とたんに老人~ (2, 0.2%)

1 の姿, は膝

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 の拳銃, をぬかし

▼ とたんに若い~ (2, 0.2%)

1 女の, 駅員の

▼ とたんに蜘蛛~ (2, 0.2%)

1 はくるり, はぴたり

▼ とたんに蝋燭~ (2, 0.2%)

1 が斜, が斜め

▼ とたんに血相~ (2, 0.2%)

1 をかえ, 変り

▼ とたんに車体~ (2, 0.2%)

1 が相手, は左

▼ とたんに転んだ~ (2, 0.2%)

2 のである

▼ とたんに轟然~ (2, 0.2%)

1 たる銃声, と一発

▼ とたんに部屋~ (2, 0.2%)

1 の戸, の扉口

▼ とたんに頓狂~ (2, 0.2%)

2 な声

▼ とたんに頭上~ (2, 0.2%)

1 でげらげら, の光

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 ががっくり, を突き伸ばし

▼ とたんに~ (2, 0.2%)

1 にムチ, は膝

▼ とたんに高座~ (2, 0.2%)

1 の後幕, の真下

▼ とたんに魚雷~ (2, 0.2%)

1 のよう, の攻撃

▼1* [666件]

とたんにああ云ひたく, とたんにあやしい光が, とたんにあらあらしく玄関の, とたんにある考えが, とたんにあわてきったような, とたんにあーら不思議博士の, とたんにいいあわした, とたんにいそがしく肯いた萬朝, とたんにいままで空席, とたんにううというものすごい, とたんにうすい弾煙の, とたんにえらい音が, とたんにおうっと吠え合っ, とたんにおしこむように, とたんにおとなしくなり診察, とたんにおどろいて身, とたんにおもわず胸の, とたんにお前はフラ, とたんにお婆さんになり, とたんにお客といふお客, とたんにお松を思いだし, とたんにかえるはぴょこんと, とたんにかっと大きな眼, とたんにかんと彼, とたんにかんかん点いて, とたんにしゃんと大きな, とたんにがらがらというしたたか, とたんにがらっと土倉の, とたんにゃんきゃん吠えだしました, とたんにきゃっと悲鳴, とたんにきゅっと右門の, とたんにぎくとした, とたんにくさるという悪い, とたんにくらくらつと眩暈が, とたんにくるりと寝, とたんにくわえていた, とたんにぐっすりと朝, とたんにぐっと傾いた, とたんにこっちの懐中物, とたんにこないだの蹴球部, とたんにこわくなって, とたんにこんな病気が, とたんにごうぜんと, とたんにごろごろと転がりはじめ, とたんにさながら秋の, とたんにざわざわと劉璋, とたんにざわめきはやみ, とたんにざんぶとすぐ前, とたんにざッと舟全面, とたんにしわ枯れた隠居さん, とたんにじゃまがはいった, とたんにすきをねらった, とたんにするどい声が, とたんにするりとからだ, とたんにずっしりと十個, とたんにとの廊下, とたんにそういう現象を, とたんにそばの草叢, とたんにぞんざいになった, とたんにたくさんのドジョウ, とたんにたんたんじゅじゅというひびきがつづいて, とたんにだめになっ, とたんにだれかがかれ, とたんにつるべ撃ち, とたんにつるりすってんころりであった, とたんになかい, とたんにどうじゃい, とたんにどかーんだ, とたんにどっとまた人がき, とたんにどどどどーンと, とたんにどの建物からも, とたんにどやどやと家臣たち, とたんになつかしく夫人の, とたんになにかの毒気, とたんにょきり現われた, とたんにはくちょうの羽根, とたんにはげしい痙攣と共に, とたんにはっきり分った, とたんにはらはらと涙, とたんにぱあっとほの, とたんにぱたっと発行所からは, とたんにぱりぱり叫びだすの, とたんにひそんでいた, とたんにひどい頭痛を, とたんにひらりと身, とたんにびゅッと白い, とたんにびりびりと灼きつく, とたんにぴかりっ一時あたりが白, とたんにふき消されてしまった, とたんにふとことによると, とたんにぶっつけられたその言葉, とたんにぶつかった者が, とたんにぶるんと, とたんにすーっという, とたんにぷつりと切れました, とたんにぺたッと坐っ, とたんにぺちゃんこにやっつけられた, とたんにーとして, とたんにきりと, とたんにぽうっとなって, とたんにぽかりと, とたんにどをつきやぶっ, とたんにまごついたがすぐ, とたんにみさおが眼, とたんにみな黙って, とたんにむかむかして, とたんにむきだされたので反射的, とたんにむすめは, とたんに一つの, とたんにもう原の, とたんにもくもくと眼近くの, とたんにもんどり打ッたの, とたんにわがからだは, とたんにわが家の他人, とたんにわっちの構えが, とたんにアカグマ国との間, とたんにアッといっ, とたんにイソイソと, とたんにカムポスがうう, とたんにガクと気, とたんにガスの放出, とたんにガタンと大きな, とたんにガラリと格子, とたんにクルミさんはすっかり, とたんにグイと剥身屋, とたんにグニャリと平たく, とたんにグラグラと眼, とたんにケレンコと太刀川, とたんにゲラゲラ笑いだした, とたんにゲルダは身, とたんにゲーゲーといつも, とたんにコック場の方, とたんにゴーンと暁, とたんにサーッと金, とたんにザラザラと御簾, とたんにステッキの蓋, とたんにスルリと前, とたんにスーッとその, とたんにズドーンという硝薬, とたんにチョビ安の姿, とたんにツウさんは六ツ七ツ, とたんにツツツツ薄白いもの, とたんにトムは観覧席, とたんにトラ十のこぶし, とたんにトンと床, とたんにトントンと叩かれた, とたんにトーマスはおちつかなくなっ, とたんにドッと鬨の声, とたんにドドドッと銃弾, とたんにドブンという水, とたんにニッコリと片手, とたんにニンマリと笑み, とたんにハッと息, とたんにハッキリ手応えあっ, とたんにバサッと天井, とたんにバラバラと木蔭, とたんにパチッと鍔音, とたんにパチリとあなた, とたんにヒイヒイと獣, とたんにヒェーッと絹, とたんにヒチヒチと音, とたんにヒバラを押え, とたんにピューッと何物, とたんにフイにし, とたんにヘンゼルが鳥, とたんにペシャンコになっ, とたんにポケットから白い, とたんにポコちゃんは全身, とたんにポッポちゃんあまり興奮, とたんにポンととんぼ, とたんにポーッとしちまっ, とたんにマッカになっ, とたんにミゾオチを一撃, とたんにミンミン島の人たち, とたんにワッというひどい, とたんに一つの小さい, とたんに一人前でなくなって, とたんに一人左手から命, とたんに一人馬を出し, とたんに一個の青, とたんに一台のトラック, とたんに一同の口, とたんに一変して, とたんに一夜あらしがあつ, とたんに一平はちよつと身, とたんに一種異様の悪臭, とたんに一致を欠い, とたんに一軒の格子戸, とたんに一颯の風, とたんに丈八は見事, とたんに三つの顔, とたんに三十何人もできあがる, とたんに三十郎の抜いた, とたんに三斗の冷水, とたんに三羽の野ガモ, とたんに上ずっていた, とたんに上野介が逃げる, とたんに下駄を踏みちがえ, とたんに不安と焦り, とたんに世界じゅうの小説, とたんに世界ぢゆうの小説, とたんに勢入りみだれ, とたんに両側の人家, とたんに両者の戦う, とたんにの女, とたんに中央の廃屋, とたんに丸薬はとび散り, とたんに殿の, とたんに久慈たちは非常, とたんに久美子のこと, とたんに予測して, とたんに事件が勃発, とたんに二つの蜆, とたんに二万個程度に殖える, とたんに二三名は先, とたんに二次元の世界, とたんに二羽のガン, とたんに五体の骨, とたんに五郎蔵の悲鳴, とたんに人造人間は一せい, とたんにれて, とたんにまで清冽, とたんに今夜に迫った, とたんに今度はいよいよ, とたんに巳吉老人が, とたんに仙太の顔, とたんに仮借なき父, とたんに仲間たちは並木, とたんに伊太夫を居合, とたんに伊織は, とたんに佐々の声, とたんにがぐらり, とたんに何もかも引っくり, とたんに何故かは知らず, とたんに生きかえれば, とたんに作業開始のベル, とたんにの機械腕, とたんに係蹄に引か, とたんに俯ッ伏せとなった, とたんに停電のよう, とたんに先刻の主, とたんに先生の体, とたんにが掻き消え, とたんに光秀はわれ, とたんに入口のドア, とたんに八五郎が役濟, とたんに六羽の白鳥, とたんに兵庫の足, とたんに内蔵助は正体, とたんに再び日は, とたんに出たのは, とたんに分りすぎるほど彼, とたんに切りさかれる, とたんにのスイッチ, とたんに利右衛門は躓いた, とたんに刺客の一人, とたんにの出演者, とたんに割床の屏風, とたんにが身体, とたんに助六は立ち上がった, とたんに動物的な跳躍, とたんに動顛した彼の, とたんに北条新蔵の体, とたんに十二隻の恐竜型潜水艦, とたんに千二はあっと, とたんにを遠く, とたんに博士の顔, とたんに又助の声, とたんにつの, とたんに叔父の眸, とたんに受付のふりあげた, とたんにを切った, とたんに古いものを, とたんに叱られる子供に, とたんにからも走り, とたんに右手なよ, とたんに右横へ曲がっ, とたんに名人のさえまさった, とたんに向うの男, とたんにながら穴, とたんに呂宋兵衛のからだ, とたんに呉氏キッと, とたんに周馬その者, とたんに呼吸ができない, とたんに命じた名人の, とたんに咽喉へ紐, とたんに哀憐の情, とたんに商売気を出し, とたんに喜んで実は, とたんに嗄れた女の, とたんに嘲弄されたこと, とたんに噛み合ったせつなよりも, とたんに四個の脚, とたんに四方八方へかけ出し, とたんに四面四山は耳, とたんに土煙を捲き, とたんに土間におっことし, とたんにへ膝, とたんに地下室の何処, とたんに地軸の底, とたんに坐りなおしてしばらく, とたんに城中からもひょうッ, とたんに城内に跳びこん, とたんに城頭の白旗, とたんに堂中の燭, とたんにが一斉, とたんにはクルリ, とたんに変ってはっきり, とたんに夕立座へ傘, とたんに多勢の兵, とたんに多四郎は懐中, とたんに大きい当直長の, とたんに大勢の学生たち, とたんに大喝して, とたんに大声でさけびました, とたんに大学生の姿, とたんに大竜の小柄, とたんに大統領は蒼白, とたんに大股な足, とたんに大辻の頭, とたんにから白い, とたんに天下の形勢, とたんに天井でも落ち, とたんに天幕のなか, とたんに太刀を振り, とたんに太刀川はかるく, とたんに太刀影陽に閃, とたんにで癇, とたんに奥庭の茂み, とたんに女中を追いだし, とたんに女中さんが顔, とたんに女勘助が冬次郎, とたんにななんだか, とたんに妥協的な態度, とたんにの答, とたんに学士の命令, とたんに学部長の武田さん, とたんに孫策は帯びたる, とたんに宗教家もその, とたんにをぶらぶら, とたんに室中のもの, とたんに室内がしいんと, とたんに家中の電気, とたんに富子が忍び寄, とたんに寒月が雲, とたんに寝室の先生, とたんに寸秒の刻々, とたんに対峙の姿勢, とたんに射手の山県蔦, とたんに将門はムチ, とたんに小さいのは, とたんに小さくなった, とたんに小舟からもしぶき, とたんに屋根裏を獣, とたんに山田は思はず, とたんにがグルリ, とたんに左右から二つ, とたんに左次兵衛は羽織, とたんにを起った, とたんにをはらっ, とたんに平衡が失われる, とたんに幽霊接待係のわし, とたんにの中, とたんにを三, とたんに座間はわッ, とたんにをぎりぎり, とたんに引いたは黄金, とたんに張乙の前, とたんに張英の胴, とたんに彼女らの部屋, とたんに彼等は, とたんに待望久しかった, とたんに後悔した, とたんに従う兵も, とたんに本丸から, とたんにの一ヶ所, とたんに心中で, とたんに忙しかったと, とたんに怒りにもえる, とたんにろしく, とたんに思い出して, とたんに思い出したからである, とたんに思い浮べたからである, とたんに思ひ出されてゐた, とたんに思わずギャッと, とたんににかれ, とたんに怪しい幽霊が, とたんに怪人丸木が現れ, とたんに怪物の姿, とたんに息ぎれと一しょ, とたんに悪来は, とたんに悲嘆をふき飛ばされ, とたんに悲鳴を上げた, とたんに惜しいなと思った, とたんに意味を持った, とたんに感動した様子, とたんに慎吾の首, とたんに憤っと出る, とたんに戦車内には電灯, とたんにがあいた, とたんに房枝は帆村探偵, とたんに扇縄の水の手一つ, とたんにがばたんと, とたんに手塚の手, とたんに手脚を張っ, とたんに打楽器とマラカス, とたんに抜きはなたれた無反り, とたんに抜き打ち旗二郎いざったまま, とたんに抱きよせた娘の, とたんに持つてゐた, とたんに振った丈余の, とたんに提灯の火, とたんに斬り込んで来た, とたんに新田先生はひどい, とたんに旗男の顔, とたんに旦那様は犬, とたんに早くも, とたんに明日の卯, とたんにの態度, とたんに星祭の壇, とたんに晁蓋とそこ, とたんに時政はぬっく, とたんに時計が一時, とたんに暖かい風が, とたんに暗がりから母, とたんに最上清人の方, とたんには雲間, とたんにははねかえっ, とたんに木の葉にもならず, とたんに末席の椅子, とたんに朱柄の槍, とたんに杉本は一足身体, とたんに杉野君は目, とたんに李俊のからだ, とたんに柳秋雲は手, とたんに棒立ちに竦ん, とたんに棕梠の葉, とたんにに頭, とたんにの木影, とたんにの叉, とたんに横合から白煙, とたんにから手, とたんに機先を制し, とたんに機械室のエンジン, とたんに機銃からぱっと, とたんに檀一雄を先頭, とたんにの中, とたんにの大戦, とたんに正勝の拍車, とたんに正面の城門, とたんに此方を振返りし, とたんに武松の体, とたんに歯切れのいい, とたんに死ぬ事であった, とたんに殺風景なもの, とたんに民主人民となっ, とたんに気がついてドンドン, とたんに気分はもと, とたんに気絶するであろうと, とたんにがざあとこぼれて杵, とたんに水分の多い, とたんに水藻の花, とたんに沖島の腰, とたんに沸いた乗客の, とたんに法術が破れ, とたんに法鼓がとどろき, とたんに泣くような, とたんに浅瀬を噛んだ, とたんに海騒のよう, とたんにがぽろぽろ, とたんに淫売になった, とたんに清十郎以上呪わしい怖ろ, とたんに湖上から鐘, とたんに湿気を含んだ, とたんに満身の毛穴, とたんに源三郎の大声, とたんにのよう, とたんに火の手を見た, とたんに火星人の首, とたんに火薬は一度, とたんに火薬庫が爆発, とたんに烈しい銃声が, とたんに無数の妖星, とたんに無能力になっ, とたんに照明がかわった, とたんに熊楠の陣刀, とたんに爆発するよう, とたんに爆音が耳, とたんにの下, とたんに片手をグッ, とたんに物蔭にいた, とたんに震し, とたんにの背景, とたんに理知のかけら, とたんに甚五はしゅん, とたんに田子六郎左衛門の影, とたんにはナプキン, とたんに疾走して, とたんにっちまうん, とたんに白い物が, とたんに盆踊りの太鼓, とたんに真っ黒に乱れ濁っ, とたんに真黒な風, とたんに眼もとを顰めた, とたんに眼前の高, とたんに矢風藤吉とっさに泥, とたんに破れた渋団扇が, とたんに硝子窓が大きな, とたんに硬い顔に, とたんに社会部の記者, とたんに祭司の忰, とたんに禽語楼小さん師匠からうち, とたんに空中に白墨, とたんに空腹に気づいた, とたんに空襲警報である, とたんに窓枠の木, とたんに童子は猿臂, とたんに端公二人は大地, とたんに笑い声が聞こえ, とたんにの音, とたんに筆者や出版社, とたんに答えて, とたんに精女達の一人, とたんに紋也は押し返した, とたんに紙帳の裾, とたんに紙燭が仆, とたんに給仕の高木, とたんに継信も忠信, とたんにを持つ, とたんに総立ちになっ, とたんに繁夫の眼, とたんに美人記者が成功, とたんに美少年の肱, とたんに美智子は驚いた, とたんに群集のバンザイ, とたんに老師の右手, とたんに老母の手, とたんに聞こえて来る, とたんに聴衆の眼, とたんに肉体は忽然と, とたんに股間を見上げ, とたんに胆魂を消しとばし, とたんに背なかから一人, とたんにが立っ, とたんにの上, とたんに自らもダンサー, とたんに自尊心が蛇, とたんに自己を失い, とたんに自身剣を抜い, とたんにがまきこむ, とたんには大, とたんに芋畑の中, とたんに花栄の背後, とたんに花瓶の口, とたんに若者の拳, とたんに苦力は囁いた, とたんに苦痛がぴたり, とたんに茂作はあやふく屋根, とたんに草むらの中, とたんに荒壁の上下左右, とたんに菊千代は両, とたんに落ち窪んで, とたんに落下傘をゆわえた, とたんに落馬したらしい, とたんに承は, とたんに蒲団の下, とたんに蔡瑁が抜き払った, とたんにの左裾, とたんにをつかれた, とたんに蛮娘はみな短剣, とたんに蜂の巣でも突いた, とたんに蟹江の裸, とたんにを吐い, とたんに血の気を失っ, とたんに行手の土蔵, とたんに衝動的に武田, とたんにへ抜けちまう, とたんにが断り, とたんに覆面をした, とたんに視線が合った, とたんに視野がパッ, とたんに視野はいちめんの白幕, とたんに覚平の腕, とたんに親分の苦虫, とたんに解けてしまう, とたんに言いあわせたように, とたんに言ったね, とたんに言葉になっ, とたんに詩人の心, とたんに読売の記者, とたんに読者からのお, とたんに謙吉の頬, とたんに謹んだようすに, とたんに警察に追われ, とたんに警部は小, とたんに貝十郎は声, とたんに貪欲な眼, とたんに赫怒となっ, とたんに起ち上がって, とたんにッた, とたんに躍りあがったナポレオンは, とたんに躍りこんで来た, とたんに躍り起った李逵が, とたんにの位置, とたんに身体の重心, とたんに車内の電灯, とたんに軟らかい生物の, とたんに輝く日射は, とたんに辺りに居残っ, とたんによってきた, とたんに逃げ覚悟の, とたんに通用しなくなったの, とたんに通路のむこう, とたんにに迷っ, とたんに野村はぶつ, とたんに野武士たちはまるで, とたんに金文字の看板, とたんにの扉, とたんに鉄棒空に躍っ, とたんにが宙, とたんに鉦鼓は鳴り, とたんに銃声がひびいた, とたんに錯覚が癒, とたんに長い廊の, とたんに開け放された屋外の, とたんに関羽が一吼, とたんに闘志の大半, とたんに陶山はその, とたんにの方, とたんに階段の下, とたんに障子の外, とたんにの神さん, とたんにのさけ目, とたんに電光のごとく, とたんに電燈が消えた, とたんに露台上手より侍女二人, とたんに青ざめていた, とたんに青白い鬼火が, とたんに非常なおどろきに, とたんに面白くなくなったよう, とたんに革命を起し, とたんに遠の, とたんにのほう, とたんに顔色をかえた, とたんに風呂場の入口, とたんに飛び出した布袋の, とたんに飛び出たのは, とたんに飛行機が墜落, とたんに飛行艇は海面, とたんに食欲がなくなっ, とたんに飲まずにゃあいられなくなるんだから, とたんに首級が掻き消えた, とたんに馬もろとも火焔, とたんに馬蹄の音, とたんに馬車の戸, とたんに駕籠屋も逃げ, とたんに鬼六が, とたんに続宋憲, とたんに魚がくひつく苦心, とたんにかに蘇, とたんに鹿のよう, とたんに麻紐がぷつんと, とたんに黄いろい光が, とたんに黒髪を重, とたんに黙りこんで敢, とたんにくさい匂い