青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ない~ ~ないだろう ないだろう~ ないで~ ~ないでしょう ~ないです ~なお なお~ なおも~ ~なか
なか~
~なかっ なかっ~ ~なかった なかった~ なかったら~ ~なかつた なかつた~ ~なかなか なかなか~ ~なから

「なか~」 21787, 235ppm, 419位

▼ なか~ (7658, 35.1%)

38 入って, 立って 36 あって, 入れて 27 生きて 24 ある 21 あった, いて, 一人の, 坐って, 沈んで 19 あるの, 一つの, 何か 18 私の, 身を 16 あつた, 出て, 彼は, 消えて, 私は 15 あつて, 姿を, 寝て 14 いるの, 自分の, 隠れて 13 彼の 12 住んで, 棲んで, 残って, 顔を 11 いた, して, 二つの, 女の, 横たわって, 這入って 10 はいった, 一種の, 動いて 9 いる, 倒れて, 於て, 眼を

8 [11件] あったの, あるもの, それを, ゐる, 僕は, 入った, 包まれて, 彼女の, 手を, 立つて, 起きて

7 [17件] いれて, かくして, くっきりと, どこか, なると, まじって, ゐて, 人の, 人間が, 入れられて, 含まれて, 持って, 描いて, 死んで, 浮んで, 浸って, 紛れ込んで

6 [15件] あっても, ありて, あると, あるやう, すがた, たった一つ, もって, 交って, 彼女を, 次の, 目の, 自分を, 落ちて, 隠して, 頭を

5 [36件] あったもの, あっては, こほろぎ啼ける, これを, しまって, すべての, すわって, それらの, た, つぎの, でて, とけこんで, なかった, ほのかな, ぼんやりと, もぐって, 交じって, 人間の, 伸子は, 入つて, 入れた, 咲いて, 埋めて, 巣を, 書いて, 根を, 浮かんで, 甦って, 私が, 突っ立っ, 置いて, 見えた, 静かに, 飛び込んで, 飛込んで, 首を

4 [50件] あなたの, あります, あること, あるよう, いたの, かくれて, かくれました, こもつて, しょって, それらを, つつまれて, とびこんで, なって, のせて, はいりました, はさんで, ひそんで, ひとりの, ほの, まるで細か, われわれは, ゐた, ゐるの, カムパネルラが, 一人で, 両手を, 人影が, 俯伏し, 在って, 埋まって, 或る, 描かれて, 桜の, 水を, 汎濫し, 浮いて, 消えた, 混って, 渦巻いて, 潜んで, 火が, 無数の, 生れて, 目に, 立った, 置き忘れて, 育って, 落ちこんで, 見て, 飛びこんだ

3 [107件] あってさえも, あなたが, ある封建的, いても, いなければ, いるん, うかんで, うずまって, おさまって, かくされて, かくれた, かすかに, きこえた, こもって, さへ, しずんで, しゃがんで, じっとし, それに, たくさんの, ただひとり, ただ一つ, たつた一人, とらえられて, どこから, はいりこんで, はっきりと, はびこって, ひとつの, ふたりの, ふと眼, ぽつりと, わたしは, われわれの, 一き, 一本の, 一条の, 不幸な, 不思議な, 伊那丸の, 体を, 何が, 働いて, 僕の, 入ると, 出た, 出ると, 包んで, 吸いこまれて, 坐つて, 埋って, 埋れて, 多くの, 太田は, 存在する, 寺の, 小さくなっ, 座を, 建てられて, 影を, 彼が, 微かに, 急に, 感じた, 放して, 文学の, 春の, 暮して, 暮らして, 本当の, 枕を, 梅の, 母の, 永遠の, 求めなければ, 流れて, 流れ込んで, 浮き出して, 浸つて, 消え失せて, 溶け込んで, 無限の, 現われて, 生えて, 生を, 畳み込んで, 発見した, 白くかすん, 眠つてゐる, 紛れて, 肩を, 腕を, 自分も, 自己を, 若い娘, 落ち込んで, 蘇って, 見えて, 見え隠れし, 誰が, 赤い血, 降りて, 隠されて, 雑って, 風の, 飛びこんで, 鮮やかに

2 [444件] あたしの, あったよう, あったん, あなたを, あり, ありました, あり彼, あるから, あるので, あるはず, ある三つ, ある不, ある僕, ある弱点, ある気持, ある物, ある種の, ある遠い, いたこと, いつまでも, いと高く, いました, います, いまは, いること, いるとき, いるはず, いるほう, いるよう, いる人間, いる感じ, いれそれ, いろいろな, いろいろの, うごいて, うもれて, おかれて, おさめて, おしこめられて, おちたの, おぼれて, お前の, お前は, お増, お島, お角, かすかな, きたないところ, くつきりと, こういうこと, こめられて, これは, これまでの, ころがされて, こんなこと, こんなの, こんなもの, さしこんで, さすらって, さっきの, さまざまな, さらしクシザシ, しまいました, しみじみと, しょった長い, じぶん, すわりこんで, ずるずると, そしてその, その内廊, その言葉, それが, それぞれの, それだけが, それと, たおれて, ただひとつ, たって, たつた一人機嫌, たつて, たてかけて, ちやんと, ちらちらし, つ, つかって, つぎつぎに, つぶやきながら, つらぬかれて, とけて, とじこめられて, とびこみました, とびこんだ, とらへ, とりわけ神経質, どうかする, どうして女, どうどうと, どうにかし, どんなすぐれた, なくては, なくなると, なにかの, なにが, にげ入りつ, のこって, はいり込んで, ばらばらに, ふき出した火成岩, ふくまれて, ふと海豚叢書, ふと目, ふるきり, ふるへて, ふる霧, へんに, ほかの, ほろほろと, ほんのりと, ぼくの, ぼんやり睡り込ん, ぽつりぽつりと, まぎれこみ私たち, まぎれこんで, まぎれて, まだ消え失せ, まっくろな, まっ白な, むかしも, めぐって, もう一つ, もぐつて, もぐりました, もぐり込んだ, もぐり込んで, ものの, やさしき若楓, よこたわって, わずかに, ゐなかつた, ゐるやう, カチッカチッと, キチンと, ギシギシと, チラチラと, パリの, フツと, マキノさんも, ロシアの, 一つだけ, 一人でも, 一人も, 一切が, 一挙に, 一番多く, 一粒の, 一緒に, 並べて, 並んで, 乗って, 二人か, 二寸ばかり, 云われて, 人が, 人間は, 仄白く, 今まで, 仕切られたる円形, 他の, 仰向けに, 伊作の, 伏せた, 休ませて, 休んで, 佇みながら, 佇んで, 低い低いしかし, 低声, 住みながら, 住んでも, 何かの, 何かを, 何の, 何も, 何ものかを, 何を, 何処か, 何度と, 作者の, 僅かに, 僕たちが, 僕を, 先生の, 光の, 入りて, 入るるが, 入れました, 全身を, 再びその, 出して, 分け入って, 刻みつけられて, 加へ, 加わって, 動くの, 十分に, 半七, 卵を, 吃驚する, 向かい合って, 含めて, 吸ひ込まれ, 吸込まれて, 呑みこまれて, 呼吸する, 問題が, 嘆きを, 坊主頭を, 坐して, 埋まりながら, 埋めた, 埋もれて, 埋もれながら, 変な, 大きな荷, 大ぜ, 大の, 大切な, 大小の, 太閤様の, 奇妙な, 奥深くおちいり, 婦人の, 子供の, 完全に, 客観的な, 家の, 家を, 宿して, 封じこんで, 尊き像, 小さな皺, 小用に, 展開される, 巻きこまれて, 巻き込まれて, 帰って, 幸福を, 幽かに, 幾人かの, 庸三は, 引きずり込んで, 強みの, 当人の, 形づくられて, 彼と, 彼らの, 彼女が, 徒らに, 心を, 忍んで, 感じて, 我々の, 手足を, 投げこまれて, 投げ込んだ, 投り込ん, 投り込んでしまつた, 押し込まれて, 押し込んで, 拡げて, 挟んで, 振り落されて, 揉まれて, 揺らぐ破片, 数しれず, 数へ, 数本の, 日本の, 日毎に, 日蔭や, 書いた, 書かれて, 最も痛ましい, 朦朧と, 村井は, 東北の, 根本的な, 桐の, 棲息し, 横倒れ, 樹木や, 死にわめく人間, 残されて, 残して, 残っては, 母と, 汗は, 江戸の, 泊めて, 流れ神経, 浮きあがって, 浮んだ, 浸み, 消え去ると, 涙が, 深々と, 深く根, 深入りし, 清元の, 渦を, 湯の, 溶けこみ彼, 溶けこんで, 溶けて, 滑り墜ちるもの, 漂って, 漂は, 潜り込んで, 澱んだ水かげ, 火見, 灼きつけられて, 焔が, 無造作に, 爺さんは, 犬が, 犬の, 生い立って, 生きたその, 生き残りの, 産れた, 用意し, 異様な, 異樣, 発見するであろう, 白い粉, 白地の, 白百合の, 目が, 目を, 真実が, 眠って, 眼鏡を, 瞳を, 知性を, 祀られて, 私たちの, 秘められて, 積んで, 突立っ, 突立つてゐた, 立ち, 立ちあがって, 立ちつくして, 立ち交じって, 立ち交って, 立つ岩, 立去つて, 立川一郎は, 箸を, 簾し, 納まって, 納まつ, 純一無雑に, 紛れこんで, 紛れ失せて, 組立てはじめた, 絶えず淡, 緑と, 織りこまれて, 置かれて, 置き忘れられたやう, 育つて, 臥て, 自分自身を, 自動車を, 自然と, 花の, 苦しむこと, 茶人ほど, 菌も, 薄白く, 融けこんで, 裁縫などを, 西洋館の, 見える, 見え始めた故国日本, 見え隱れし, 見た, 見たの, 見るの, 見わけた途端, 見出された, 見出されるもの, 解消し, 許して, 詰めて, 語られて, 誰ひとり声を, 赤く錆びた, 起されると, 踊り子の, 身体を, 転げ落ちた, 転げ落ちて, 輝いて, 追いこんで, 送って, 逃げこんで, 透かして, 透明に, 途方に, 這入つて行, 這入りこんで, 野性の, 金色の, 銀河の, 門を, 閃いて, 閃く永遠, 閉じこもって, 閉じ籠って, 閉ぢこもつ, 開かれたもの, 陀羅尼を, 隠れむとす, 隠れる, 隱し, 非常に, 靴を, 響いて, 頬張ること, 顫え, 風呂へ, 飛びこむこと, 飛んで, 飾られて, 養って, 首まで, 馬が, 鹿が, 黒, 黒い影, 黙って, 龍頭が

1 [5015件 抜粋] あいつが, あたしは, あったものの, あつたとい, あの旧司令官, あらは, ありそう, あるいっさい, あるだけさ, あるものの, ある一つ, ある内心, ある孤独, ある情景, ある日質素, ある社, ある菊, ある長所, あン, いくつかの, いそこ, いた一人, いちばん母に, いつか涼しい, いのらずには, いられそう, いるこの, いるわたしたち二人, いる子供たち, いれたの, ういて, うごめくもの, うちこんで, うつして, うまって, おかれたよう, おしこみながら, おちたと, おとなしくし, おひ, お今, お持ち, かいて, かくしたの, かくれる, かすんで, かの宇宙艇, きえるかと, きみ子ちゃんの, きわめて効果的, くまが, こういう疑い, こつそり, この作者, この御, この神変夢想流, この野獣, こまごまと, ころが, こんな不敵, ごちや, さかながは, さし入れたの, さらされて, しかも二十五人, しっかりかけ, しばられて, しゃがみこむと, しるして, じっと腰, すこし喰い, すでに不幸, すらりと, ずんずんはいっ, そこには, そのひと, その光, その巨, その本質, その研究, その革命思想, そんな怪事, たしかに大, ただよ, たちはだかる月下香, たとえば手内職, ためて, だらりと, ちゃんとしまっ, ちらと, つかんで, つたは, つながりを, つれだしました, とかされるよう, ところどころ白い, とにかく拠り, とりとめの, どうしてそんな, どこで, どんどんはいっ, どんな小さな事柄, ないでしょう, なきにし, なにかうごい, なんか頭, ねかした, のぞかせる争, はいったばかり, はいりかぎ, はいり圧搾空気, はげしい非難, はっきりせぬ, はやむかし, ひき起したこと, ひたって, ひとりが, ひとり坐つ, ひとり竹童のみは, ひらく, ふいと, ふたり平伏し, ふら, へたばって, ぼうっと紅色, ぽっかりと, まきこまれたという, まじらひて, また一種, まだ腕, まばゆいばかりの, まるで趣, みなが, むかしから, めぐつてあらはれるやうになつて居り, もう一人人間, もぐってから, もしやミチミ, もとの, もり上がって, やはり心, ゆつくり, よっかかった, わが庭, わたしの, ゐた時, ゐるもの, ゐる遣瀬, ウォタア・ラレイが, カチツカチツと, クマの, ゴロリと, ジャン, センスの, トロトロと, ハチロウを, ピストルの, ブランブランと, ボチャンと, ミリヤアドの, リノリュウムばりの, 一つさびしく, 一リットルから, 一人とり, 一人広田さんと, 一句あり, 一度他の, 一点の, 一群の, 一週間以上, 三〇歳未満の, 三年の, 下ろされる, 不意に, 両雄は, 丸菱といふ, 久しぶりで, 乳母と, 二人で, 二軒の, 五尺の, 人のけ, 人目にも, 人騒がせを, 今日啜り泣く, 仕舞ひ込み, 伍し, 伸びるだけ, 低いビルデング, 住むこの, 佐々木小次郎の, 何という, 何らかのよき, 作り出し場合, 供えて, 俯伏した, 倒れとった, 傲然と, 元彦は, 光ったかと, 児を, 入り, 入り細部, 入るよう, 入れようはず, 入れ早く, 八重桜の, 具体化する, 円く取り残された, 凍らせて, 出されて, 出獄者ある, 切り付けつ二條, 別荘や, 剣打の, 加はると, 動くさまざま, 包まれたまま, 匿れ, 十数名の, 南京豆が, 去来し, 反響し, 収録され, 取入れて, 古い家, 叫喚し, 吊るして, 吐き出して, 含まれた限り, 吸収しよう, 呑気な, 呼吸づい, 咲きいでるま, 唯一つ, 善いこと, 嘗つて彼自身も, 四十あまりの, 囲まれて, 在るので, 坐ったもの, 埋まるよう, 城中を, 墜ちて, 多くこもっ, 夢を, 大きな反対, 大利根博士が, 大町さんの, 太いまっ黒, 夫婦は, 女として, 好きな, 始まるの, 孕まれて, 宇治川で, 宗演禅師一人だけは, 実を, 寂然と, 寝そべって, 寝間着と, 封じ込めて, 小さい提灯, 小さな石, 小柄な, 少し不興気, 居たの, 山の端分くる, 岸本は, 巣くつて, 差し向いに, 常に和解, 年造が, 幾つも, 広津和郎が, 廊下を, 引きこまれ次に, 引っこむ, 弱められて, 当然の, 彼女らは, 往来の, 御簾が, 微細な, 忍び寄るこの, 怖かつ, 思ひうかべて, 恐らく私以上, 悠然としまい込み, 悲哀と, 意識が, 感じとること, 憐れみの, 我々は, 或私立大学, 手の, 投げこまれぐつぐつ, 投り出し, 抱くよう, 押しこめられて, 押込んで, 持つて, 捜して, 捲き込まれちゃ, 推進の, 描かれてるこうした, 握りこんで, 攫はれる, 政治的社会的な, 数えられる日, 敵兵の, 文学者に, 新しい日本, 新聞記者が, 旋回し続ける, 日本が, 明けられた長い, 星を, 時々三越タイムス, 暈けて, 暮らしだした, 書いてるもの, 最もその, 月日の, 木っ, 本位田兵之助という, 束ねて, 松が, 柑子の, 梅に, 棲んでるもの, 様々の, 横たわるとは, 欠けて, 止まりました, 歩ませた, 死ぬ前, 残った, 母子二人しか, 氣を, 求められる, 沁み入った, 沈んだの, 没して, 没入させる, 泛びいづるは, 泳ぎ迷って, 流されて, 流行しはじめ, 浮かぶ, 浮び上る, 浮上つてくる, 浸み渡り冷え, 消えたとき, 涙して, 深い余韻, 深く眠る, 渦の, 湧きいでた新しい, 満足を, 溶けつつ, 溺れて, 漂わして, 潜り入った, 濠を, 炭焼小屋が, 無智, 焼きついて, 照しだした, 燃える怒り, 爪立を, 牧歌に, 犇と, 独立自, 玉に, 現われる毘沙門天, 甘い味, 生きぬいて, 生さかえって, 生れた赤子, 生擒, 用いて, 町の, 當時を, 発して, 白いコブ, 白い薄, 白っぽくけむっ, 皮肉の, 直吉に対してはと, 真実を, 眺めわたされる, 矢を, 石町の, 確信を, 祐慶という, 禁錮された, 移されて, 穏やかに, 突き上げて, 突入した, 窓ぎわに, 立ちながらも, 立ったまま, 立つ石, 立派な, 笑みかは, 籠ってるじゃ, 納めたの, 紛れ込んだ, 紫紺染という, 組む者, 絶えず恐るる, 縮こまりながら, 纒って, 羊が, 美味な, 翔りゆくここち, 聞えた, 育ちましたけれど, 脱けだし, 膝を, 自分たちであっ, 自分に, 自由の, 良心的な, 花咲い, 若い海女, 英善に, 荒れ立って, 萠え, 落ちた蠅同然, 葉も, 蔵し, 藏いこん, 虚ろな, 蝦蟇の, 蠢いて, 行儀わるく, 複本を, 見えずに, 見える井戸, 見たよう, 見るも, 見出されるの, 見出す, 覚醒する, 角の, 言葉らしき, 詩や, 誘ひ出した, 誰とも, 譲原昌子という, 賑やかに, 赤児が, 起き坐って, 起らんこと, 足りなかつたもの, 踏みこんだ気持, 蹴やるから, 転がした風呂敷, 輝きを, 近所の, 追い放ったもの, 逆立ちを, 這入り込んで, 通知状が, 運び入れた人, 道徳を, 遠ぞ, 酢つ, 野だ, 金田一京助博士と, 銀杏返しの, 鏡の, 門族中の, 閉じ籠ること, 閑寂そのものの, 限定し, 陽が, 隠れすむ, 隠れ家を, 集注した, 雨の, 霧とも, 静かな, 面白き思, 頭の, 飛びだした, 飛躍も, 餓鬼大将らしい, 馳込んで, 驢馬が, 髣髴として, 魚の, 鳴りひびいて, 麦僊氏の, 黄金の, 黒い筋, 黒赤い

▼ なか~ (3790, 17.4%)

24 私は 22 彼は 15 私の, 自分の 14 何か 13 云った, 眼を 12 女の 11 呟いた, 考えて 9 彼の 8 伸子は 7 一つの, 思った, 暮して, 死んで, 生きて 6 それが, 或る, 私が, 静かに

5 [12件] あつた, こんなこと, それを, つぶやいた, わたしの, 一人の, 僕は, 夢を, 男の, 目を, 眠って, 繰り返して

4 [21件] いろいろの, これは, その女, つぶやいて, わたくしは, 働いて, 僕の, 女が, 彼に, 彼女は, 母の, 気の, 泣いて, 相手を, 笑った, 答えた, 自分が, 自分を, 身を, 顔を, 首を

3 [57件] あなたが, あなたの, いつまでも, うっとりと, お前の, かれは, この手紙, この男, そんなこと, ただひとり, ひそかに, ぼくは, ゆき子は, コオロギが, 一種の, 不意に, 世界の, 人々は, 人の, 何かが, 何が, 何を, 僕に, 叫びながら, 叫んだ, 呟いて, 呟やいた, 唯ひとり, 女は, 婦人の, 彼女が, 彼女の, 彼等は, 思いながら, 思つた, 息を, 感じて, 暮らして, 次の, 泳いで, 燃えて, 独特な, 独語を, 発見された, 私たちは, 笑いながら, 繰返して, 耳を, 聞いて, 聴いて, 腰を, 膝を, 自分に, 舌打ちした, 誰か, 誰かの, 金を

2 [228件] あたりを, いちばんえらく, いちばんばかで, いちばんよい, いった, いって, いまやつと書き, うぐいすだの, うつらうつらと, うなずいた, うめく僕, かすかに, かれ一人, がつがつと, きいて, きこえて, きこえる僕, ぐるぐると, この二人, この作品, これを, さう思ひました, さけびました, さまざまな, じつにおもしろ, すでに世間的, すべての, そういった, そうも, そう考えた, そのよう, その声, その男, その言葉, それぞれの, た, ただ一つ, たったひとり, たれかが, ちらと, つぶやきながら, どこかの, どのよう, どれが, どんなこと, どんな刺繍, なされて, なにを, なりひびく夜, ひいさま, ひとつに, ひやひやし, ほほえんだ, ほんとうに, またもう, もう一人, もって, やや異色, よかったら, よくは, よく彼, わたくしの, わたしは, わらいました, われわれは, オリヴィエは, グレゴール, 一人で, 一番多い, 一番大きな, 一羽の, 一般の, 三人の, 三人は, 下へ, 九鬼が, 亀は, 二人の, 二人は, 云って, 人びとは, 人を, 人間の, 仕事を, 何かに, 何かの, 何の, 作りあげる, 作者が, 例えば, 例の, 僕を, 先ず栗, 分裂し, 南側の, 博士の, 叫んで, 叮嚀に, 可なり, 呟きながら, 呪文を, 命を, 圓太郎は, 変って, 変らずに, 多くの, 多計代, 大声で, 大石先生は, 大風に, 夫の, 姉の, 娘が, 子どもの, 容易に, 富岡は, 寝る, 寝返りを, 尊氏は, 小声で, 小鳥の, 少年は, 座間は, 康子は, 弟を, 彼が, 彼と, 彼らの, 彼を, 待って, 忍び音に, 思ひながら, 思わず母, 怪しい娘, 愉しん, 成長させ, 成長し, 戦死し, 戯れて, 手さぐりし, 押つぶされ, 指摘した, 揺れうごいた, 揺れ返る, 文学の, 日本の, 明晰で, 暮らすこと, 暴れて, 書いて, 最も強い, 最も有名, 最も深く, 最も眼, 最も私, 有名な, 朽ちて, 果物を, 桃湯は, 比べて, 水を, 汗を, 渦に, 演ぜられた, 物を, 犬の, 狐の, 王女は, 甕から, 生活し, 男と, 目立って, 相手に, 眼が, 破裂した, 私を, 突然に, 立派な, 第一, 絶望的に, 繰り返し始めたの, 繰返されて, 罵った, 考へた, 聖母を, 肩あげ, 自分たちの, 自分は, 自動車の, 自然と, 自然に, 色々の, 若々しく興奮, 苦しむもの, 荷物を, 莨を, 著者は, 薬局生の, 蛙の, 行は, 見ひらいて, 言った, 言って, 言つたのである, 計算し, 話して, 語って, 誰が, 謡曲でも, 足の, 述べた, 追求しました, 遊んで, 過ごした, 遠く離れた, 遽しいお, 酒を, 鉄瓶や, 銀の, 闘って, 非常に, 頷いたらしかつ, 食べるの, 食事を, 鳴りひびきだす, 鳴りひびく鈴, 鶏が, 黙って

1 [2793件 抜粋] あいつらは, あざ笑った, あたたかいお, あのささやか, あの快活, あの辺, あるか, あれだけの, いかにも孤独, いざこざしとる, いちばんすきだった, いちばんよかっ, いちばん名誉の, いちばん幸福な, いちばん暖い, いちばん肥満し, いちばん青く, いつた, いふ, いま口を, いろいろな, うしろを, うなされて, うようよし, おくりもの, おだやかに, おのれを, およぎまわって, お互いの, お寝み, お百姓さん, お身さま, かの, からからに, かれら, きこえました, きょうに, ぎっしりかたまっ, くっきりと, くりかえしながら, くろぐろと, こういう屋外, ここから, こねる仕事, この上, この夢想, この網, こまかく顫, これ一つが, こんやの, さ, さけんだ, さすがに, ざらざら変, しきりに小説, しばし高雅, しみじみ後悔, じっと透かし, すぐに, すでに一千年余, すら只事, ずばぬけて, そういう映画, そういった事情, そう思う, そう遠く, そしてわれわれ, そとを, そのヘッド, その場, その宿, その柄, その美しい, その話, その頃彼女, それに, ぞっと冷水, たしなめた者, たつた一つ, だしぬけに, ちつとも, ちょうど半, ちらちらちらちら顫, つぶやいたらしかった, つよく印象, ときどきゆるく, とくに思惟, とにかく強迫観念, とり行う復活祭, どうして白扇, どこよりも, どの点, どんなに詳細, どんな工合, なおかつ未熟, なか, なにかカチャリ, なにが, なにより, なんらかの点, にわかに高い, のびやかに, はじめての, はつきり意識した, ばかばかしくも, ひしとだきあっ, ひとすじの, ひとりしんせつな, ひとり床に, ひょっこり玄竜, ぴちぴちし, ふとこんな, ふと通路, ふれて, ぶつぶついい, ほほえんだその, ぼくの, ぽちゃり, まずいくらい, また同, また心, まったく途方, まとめるよう, みずから人生を, みんなそっくり, めぐりあって, もう一度味, もえて, もぐもぐ弁解, もっとも利口, もっとも小さな, もっと厳重, もむ, やたらに, やはり新しく, やわらぐだろう, よいけ, ようやく聞き取れる, より人間性, わざと激しく, わたしたち女の子は, アイスクリームを, アンナが, オイオイと, カナリヤが, ガラスの, グウグウ昼寝も, ゴットフリートが, ジットリ朧に, ジーンジーンと, チェッと, チラッと, トランクと, ハースの, ピストルなど, ブランコ乗りは, ペティコートや, マヌエラの, ラクジャという, レオナルドの, ワザと, 一は, 一人ドドだけは, 一同は, 一心にそろえ, 一生を, 一番上席の, 一番大童な, 一番年上の, 一番皮肉な, 一番近しく, 一種独特の, 一般的な, 一銭活動写真の, 七つも, 三味線を, 下僕たちに対して, 不思議な, 与えないものの, 丸山は, 主人公ジャン, 九十九人までは, 二人きりで, 云いそれから, 五十余頭の, 亡くなつたの, 人殺しを, 人間にとって, 仄かに, 今夜の, 今日十分身に, 仕事師の, 件の, 伎楽面の, 伸びたり, 佐太郎が, 何も, 何一つ自由, 何日も, 何遍も, 使うため, 俺の, 働かしすぎた智恵, 僕たちは, 先刻大槻に, 光って, 入れかわり, 六時の, 内田博士は, 冬を, 凝然として, 出版界は, 分らぬこと, 別けて, 前には, 労働者階級を, 勘定しはじめた, 勤労の, 十二月の, 十分に, 半裸体の, 占筮の, 友人は, 反対派として, 叙事詩の, 古タオル, 叫ぶ, 合點づいた, 君の, 呟いたが, 呟くやう, 味い返し, 呻る, 咲き切つた花, 唐草模様の, 唯一人吼える, 喘いで, 噛みつぶして, 囂々と, 四六時ち, 固くくろく果肉, 地球の, 堆高く山, 声が, 夏場と, 多分こういう, 夜まで, 大きい猫, 大きく呼吸, 大ごとが, 大吹雪, 大庭常子の, 天下の, 失神した, 奴を, 如何にその, 姉さまの, 婦人作家と, 子供が, 孔子の, 孫が, 安里は, 実際に, 家族の, 寧ろ冷やか, 小さいゴーリキイ, 小さな声, 小学校そのものは, 小野田が, 少なからず, 山陽地方の, 工面の, 差し当りの, 席を, 平凡な, 年ぢゆう, 幽霊に, 広告とりを, 弁当やら, 彌平次, 彼ひとりが, 往き来し, 得意でした, 微かに, 微細に, 心臓が, 忘れ去る事, 思い出した, 思うの, 思ひ出し笑, 性質の, 恋愛は, 悲しげ, 惰眠を, 感じたん, 慈んで, 懐かしくかんばしい, 我々の, 戦時の, 手に, 手風琴だの, 抱いたり, 押し潰されたお母さん, 持ち歩いて, 挙げたところ, 捻ぢ麺麭, 探し廻って, 描き出して, 揺れて, 支えられること, 政府と, 数えて, 文化と, 文学は, 新しい恋愛, 新聞を, 日本が, 明け方ちかく, 星が, 昭和十三年ごろ子供を, 時を, 暖める速, 暫くは, 暮すやう, 更に第, 書き続けた, 最も上等, 最も安全, 最も結晶, 最初の, 月雪花の, 木戸番が, 松江は, 栃の, 極めて自然発生的, 槍を, 機械工だけが, 歌うため, 武家家族として, 死体は, 残念ながら, 毎月この, 民族の, 気に入ったものの, 永い病, 決して瞠目的, 決心した, 河童の, 泡鳴を, 注ぎきられたのと, 洗うとも, 浜尾組時代の, 消えうせたこと, 消散し, 深く思ひ, 清子は, 温めるより, 源吉は, 溺死した, 漱石の, 火打石を, 無慈悲な, 焼け壊れて, 煩く話しかけられる, 熱に, 燃え立つ思い, 父には, 牡山羊は, 特別ゆかりの, 犇き, 狂乱状態と, 独り寝, 狸ほどの, 獲物の, 現代ソヴェト作家が, 甘い眠り, 生きながら, 生れつき親切で, 甥の, 甲州の, 男同士の, 画の, 疝気の, 疼く, 発生し, 白蝋の, 百花の, 目立ったこと, 相變ら, 真昼間から, 眠りだすの, 眼に, 睦まじそう, 矢の, 砂が, 確執を, 祝福しよう, 私だけが, 私自身から, 穴山梅雪入道は, 突然はげしい, 窓帷で, 竹藪が, 笑つてゐた, 答えは, 粋な, 紛失した, 終ること, 経験する, 絞め殺されて, 絶えず囚人たち, 締めつけられるよう, 織機に, 置かれて, 美しく燃え狂っ, 義弟の, 考えたり, 考えること, 考へながら, 聞いたの, 聴きながら, 育ちそういう, 育ったの, 育てられたイタリア人, 脅える原始人, 膝が, 自分も, 自慢な, 自身に, 舌打ちを, 色学上の, 花に, 花弁を, 若いこれから, 苦しみ出したので, 茜色を, 荒れ狂って, 萩原さんが, 蒼白い舌, 藤原氏を, 蘰の, 蠢くの, 行き違ったとき, 行方を, 西貝の, 見たふるさと, 見つかったん, 見付けようと, 視覚に, 親棄山, 言いながら, 言つてこころもち頭を, 訳の, 話しあつ, 誕生した, 読み下した, 誰と, 談話を, 警告され, 豹に, 責任という, 赤い団子鼻, 起き上がったもの, 起る身体, 跳ね廻わる, 身を以て, 軋んだり, 轉輾し, 近頃繰返し, 迷ひ歩い, 透かしながら, 進歩的でありましょう, 過すこと, 遽かに, 配膳の, 醜怪, 重要な, 釣って, 鉄砲みたいな, 錯覚に, 長三郎は, 閃いた, 阿新, 雁金の, 雪達磨の, 露助の, 青白いなめらか, 面白い話, 音楽が, 頷いた, 顔かたちは, 風の, 食器を, 馬を, 高く着物, 高言の, 鳴って, 鴻池, 黒く光り, 黒焦げの

▼ なか~ (1626, 7.5%)

24 一人が 8 一つの 7 ものを, 私の 6 ひとりが, ものは, 一人は, 女の, 男は 5 ように, 様子を

4 [13件] かがんだ人, ものが, 一人だった, 一人と, 一人を, 人物の, 吊籠, 爽やかな, 聖母の, 自分の, 誰かが, 道を, 顔は

3 [16件] ことです, ことを, すべての, ほかの, 一つが, 一つに, 一人, 一人であった, 事である, 他の, 或る, 楡の, 沼の, 物が, 物を, 荷物を

2 [107件] あるもの, ある人々, ある部分, いたるところ, いちばん大きい, ことだ, ことである, ことは, すきとおったコブ, ただ一つ, だがだらだら, どこかで, どこかに, どの一篇, どれか, ひとたちは, ものと, ものに, やう, ようすを, わかき新芽の, クリームを, スタヴローギンの, ヂキタリス, 一つなり, 一つは, 一人である, 一市民が, 一本は, 一枚の, 一節である, 一羽が, 一軒の, 一首に, 不可解な, 不思議な, 二人の, 井部李花君に, 人, 人に, 人物は, 人達を, 低い山, 何といふ, 傑作を, 光景が, 出来事に, 南に, 単純な, 喬は, 壮年の, 夢, 大路を, 太陽だ, 女は, 妾の, 宝石を, 小さな四人, 小みち, 少年な, 工合が, 彼女に, 彼女の, 教会堂, 方へ, 暖かさ, 楓の, 榮え, 様子は, 歌声の, 歯車の, 水田の, 浮草は, 海の, 深き二人, 温泉の, 物は, 特異な, 男であった, 男の, 目高さへ, 眼を, 石に, 秘密を, 種を, 空地の, 空気が, 第二, 粟が, 紅なる, 素足の, 群衆, 者は, 苦しいもの, 藻掻き, 血が, 誰かに, 路に, 路には, 逍遙に, 金が, 陳列戸棚を, 雀こ欲うし, 雨の, 雲に, 風, 食堂で

1 [1226件 抜粋] あかりを, あの文句, あらゆる力, あらゆる眼, ある役, ある波長, いい女中, いかにも寒々, いちいちの, いちばんの, いちばん意気地なし, いつもの, うぐいすと, うれしさ, おとなの, おもだった人びと, お姫様などが, お爺さんそを, お茶の水わきを, お金は, お高祖頭巾, かなりやも, からだが, きたないおかみさん, くもの, けしき, こうの, ことであった, ことながら, ことなどは, ことや, こどもに, この時刻, この闇, こほろぎは, ごっ, さまざまな, しかけと, しづけさ, しろい花ざかり, すすりなき, すべてを, そういうもの, そなた, その声, その美音, それらの, たつた, つそり突, つりが, とんがり山, どこかが, どの方を, どれと, どれ一つも, なかの, なにがしの, ぬけあな, ねじを, はほんとう, ひときわ大きな, ひとつだ, ひとつには, ひとりと, ひどく燻, ひんやりと, ふたりが, ふっくらした, ほんの一つ, ぽたりぽたりと, まぼろし, むらさきの, もぐらの, もっとも大, もっとも近い, ものまでが, もやもやした, やうに, やさしい蝋, よいともだち, よい生徒たち, ようでし, ような褪せた, よき部分, よくなつたお, より大きな, わが子が, わずか四, アルコールは, エゴイズムの, オブロンスキーが, カニが, ガイヱルと, キリストを, グレートヘンが, コブの, サヤゑん, ジャックソンの, スタヴローギンが, デパートは, バルナバスの, ボーヴェエの, マッチまで, ライムを, 一かたまり, 一つ, 一つである, 一ばんおもしろい, 一ぽん, 一事件で, 一人です, 一人にを, 一件と, 一例に, 一冊を, 一匹の, 一句である, 一員と, 一将から, 一日なりとも, 一時と, 一本を, 一流人物であり, 一点景人物として, 一番出来の, 一皿などは, 一節に, 一艘は, 一軒に, 一軒家の, 一重の, 一隻が, 万年筆が, 三両は, 三名を, 三時の, 上がり口には, 下宿に, 不具者の, 不審だった, 世間に, 主人が, 乗客の, 乳白な, 亀は, 事です, 事にな, 事務組織の, 二つが, 二三の, 二三冊は, 二人は, 二十面相は, 二時か, 二時だった, 二時半の, 五十円, 人いきれが, 人たちは, 人を, 人気者と, 人物と, 人間です, 人類人間の, 仔猿の, 仕事の, 仕事を, 仕掛けは, 代表的の, 仲間は, 位置で, 住居に, 何処に, 何者かに, 例の, 価値意識の, 僅かばかりを, 先生方の, 光景と, 八さんに, 公園で, 凄愴, 出来事さ, 出来事は, 切れ長の, 別の, 利鎌の, 動は, 動揺には, 化粧であります, 十七世紀から, 十二時を, 十字架の, 千人が, 半分を, 半意識, 卑近な, 卷紙も, 叡智を, 古いお, 古い書籍, 可いお, 史跡や, 君が, 品を, 哲学めいた, 問題の, 喫ひさしは, 噂に, 噴水も, 地割れの, 坂路を, 堤防を, 塚や, 墓から, 声, 夏の, 夕闇は, 夜ほど, 大きい岩, 大きな一本, 大広間を, 大次郎は, 大部分, 天母人の, 太子が, 夫婦の, 女でも, 女も, 女主人公ひろ子, 女性だ, 妙技は, 姉一時的に, 姿に, 娘が, 婦女を, 子規舊蘆之, 孤独, 孫悟空は, 宇治川の, 宝物を, 客車とは, 害物か, 家へ, 寂しい路, 寝台に, 寺院の, 小さい平家, 小さくとがった, 小さな人口花壇, 小さな島, 小さな沢, 小さな道, 小城一つへ, 小径が, 小径をば, 小犬を, 小道を, 少女の, 少年が, 屍体の, 屑から, 屑だ, 岩に, 岩組みに, 島国に, 左膳を, 己れ, 常磐木に, 平野に, 幻とでも, 幽かな, 広い邸, 広告文字, 庄屋で, 店らしく, 廻りあわせ, 強の, 彼らは, 彼女は, 徑を, 微風, 息づかひが, 悪意を, 悲運な, 想像に, 愚なる, 愛, 愛欲事件を, 應接間の, 或女性, 所で, 手を, 抽出は, 掃除だけ, 摸索でない, 数人の, 数字の, 敷石に, 文が, 文句を, 料理屋で, 方に, 方便なれ, 旅行案内所の, 日の, 日本人を, 明滅である, 昔の, 映像で, 時計を, 暗いこと, 暗にも, 暗闇ばかり, 最後の, 月を, 木に, 木材や, 未亡人と, 村, 村役場の, 東京は, 林檎を, 柱の, 栄三郎を, 案内者グレート, 森の, 様子が, 様子に, 機械を, 歌が, 此処も, 武林唯七が, 死の, 殺害の, 毎日々, 気ちがいじみた, 気分に, 水が, 水を, 水溜で, 氷が, 池の, 油揚, 洞窟な, 浮彫を, 海くらい, 液體を, 混乱を, 湊という, 源三那須辰造氏の, 漂流物の, 濃茶, 火焔の, 灯にも, 炭に, 無数の, 無頼漢, 煙硝箱が, 照りに, 熱狂, 牢に, 物で, 物のこらず, 犬阪毛野を, 独居の, 猫の, 獅子が, 獨逸話の, 王座を, 現実で, 甘い抱擁, 生きて, 生命が, 生活に, 町へ, 畑である, 畔道を, 畳へ, 白い糸, 白晝公然たる, 百姓でした, 皮の, 眞は, 知つてる言葉だけを, 知識ある, 石の, 破片を, 磯屋の, 神棚に, 秀才が, 私達まで, 秘愛の, 稲妻が, 空地で, 空地は, 空気ときたら, 空気を, 答へ, 簡素な, 粋な, 紅き實, 紙片に, 素晴しい, 組打ちは, 絶滅せん, 繊い, 美しいもの, 群衆か, 聖者よ, 胆汁は, 膜嚢が, 自分に, 自分自身の, 自由で, 良きもの, 芝草の, 芥川の, 花びらの, 花束から, 芳村の, 若い樫, 苦痛は, 苦笑ひ, 茶色の, 荒々しい生活, 菓子を, 落日の, 落着く, 蕃婦や, 薄暗い煤けた, 藤椅子の, 藪島, 虚栄心が, 虫なり, 蝋燭は, 蠅を, 街道を, 衝動は, 補遺畫跋の, 要所々々には, 視聽, 言ひ, 言葉の, 誰かと, 誰が, 誰も, 豆腐に, 貧しい一家団欒, 賣藥, 赤いシグナル, 赤に, 赤子赤井赤子って, 路は, 踊りだけ, 軽き身体, 退屈な, 道と, 道へ, 遠くの, 酒を, 酸素や, 重要な, 野中の, 金文字が, 鉄の, 銀色の, 鋼鉄の, 長い散歩, 長女に, 闇を, 隅々や, 階段を, 雀を, 雑用だ, 雪ふりしきる, 雪子は, 雲の, 雲雀の, 霧が, 青と, 青桐の, 静静の, 音を, 顔が, 風みたいです, 食物は, 飯が, 香を, 驚くべき星, 骸骨と, 鬼も, 魔法使いと, 鮎は, 鰻を, 鳥や, 鶯に, 黒人は, 黒脈である, 鼠も

▼ なか~ (1609, 7.4%)

36 歩いて 15 覗いて, 通って 12 のぞいて 8 突抜けて, 見まわした 7 歩きまわって, 見て, 走って 6 見廻した, 調べて 5 あちこちと, くぐって, のぞいた, 円くし, 彼は, 探して, 掻きわけて, 見まわしながら, 覗くと

4 [19件] あるいて, ぐるぐると, すかして, ふらふら歩い, 一人の, 何か, 出て, 帰って, 急いで, 抜けて, 歩き廻って, 歩き廻つて, 汽車は, 行く, 見せて, 覗き込んで, 走った, 進んで, 飛んで

3 [36件] うろうろし, く, くぐりぬけて, さまよ, のぞきこんで, のぞきながら, のぞき込んで, のぞくと, ぶらついて, ぶらぶら歩い, めがけて, 向けて, 夢の, 抜け出して, 探るよう, 掻き分けて, 散歩し, 方々案内し, 横切って, 横切つて, 歩きながら, 歩きま, 泳いで, 流れて, 物色した, 私は, 縫って, 行きつ戻りつし, 見つめて, 見ま, 見まわして, 見まわしました, 見廻して, 通りぬけ, 過ぎて, 静かに

2 [104件] あらためると, うろつき歩いてばかり, おたま, かがめて, かきまわして, くぐりて, くちばしで, くまなく, ぐるぐるかけ巡る, さまよって, じっと見つめ, たたいて, ついて, つかまれて, つけて, とおって, ながれ, のぞき, のぞきました, はてしなく, ひそかに, びしょ濡れに, ぶら, ぶらぶらし, ぶらぶら散歩, まつすぐ, みて, よく見, 一散に, 三人ほど, 僕は, 兎を, 出かけて, 分けて, 嗅いで, 四人は, 固い靴底, 大声で, 奈良坂へ, 子供を, 引きずり廻, 彷徨する, 御案内, 手さぐりで, 指さした, 掠めて, 掻きま, 掻きまわして, 揉まれながら, 散歩した, 整理し, 案内し, 次第に高く, 歩いた, 歩きだす, 歩きはじめた, 歩きまわった, 歩きまわりながら, 歩き廻る, 歩みつつ, 比叡へ, 泳ぐやう, 淋しそう, 潜って, 無暗に, 獅子は, 疾駆する, 白いエプロン, 白い被衣, 知って, 突切って, 縦横に, 縦横無尽に, 自分の, 自動車自転車人力車荷車が, 落ちて, 行く処, 見た, 見たこと, 見つめました, 見まわすと, 見ると, 見廻すと, 見渡した, 覗きこむと, 覗きこんで, 覗き込んだ, 貫いて, 走つて, 逃げのびて, 透かして, 透して, 透明に, 通り抜けて, 雑嚢を, 風の, 飛び交して, 馬で, 馬の, 馳け, 駈けて, 駈けめぐる言葉, 黒い影, 鼻孔を

1 [1045件 抜粋] ああやっ, あけると, あちこちの, あちこち動い, あちこち歩きはじめた, あちこち見, あても, あばれて, あらためたが, あらためてズボン, あるき, あるきまはり頭, あれか, いくこと, いくらかけ, いそいそした, いたずらに, いっぱいに, いわれたところ, うすら寒い日光, うねって, うるさく言うなら言わし, うろ, うろついたり, うろついて, うろつきました, うろつき始めた, おずおずと, およぐよう, お帰り, お祭りでも, お詣り, かきわけひとり駅, かけだして, かけまわりました, かけめぐりつつ, かすめ過ぎた, がた, きや, きらりきらり光り, きれいに, くぐつて, くぐり抜けて, くぐるよう, ぐる, ぐるぐる何, ぐるぐる歩き, ぐるりと, ぐんぐん押し, こうして進ん, ここまで, ことにしばしば歩いた, こむる光明, さがして, さぐりました, さすって, さっきから, さっと貫い, さながら木の葉, さまよい歩いてばかり, さらに奥, さ迷, しきりに掻き廻し始めた, して, しぼられるよう, しらべて, じろ, すこし見たら, すすんだ鳥, すっくり, せっせとかたず, せばめたぐらゐがおちだつたぢやないか, そそと漫歩, そっとうかがいました, その父, た, たたいたり, ただあても, たどるよう, ちやうど, ちらりと覗く, つういと, つけました, つついて, ときどき王蛇, とびちがいました, とびまわりました, とぶ神杖, とんで, どうやらお, どんどん北, なおあるきつ, ながされて, ながめた, ながめまわした, なにか悲壮, なんとか繰りまわし, にぎやかに, ぬけて, ぬけアラスカ, のこらず見せ, のそのそあるい, のぞいたこと, のぞいたら, のぞきこみました, のぞきこむこと, のぞきつぎ, のぞき煙草, のぞくこと, のぼって, のろのろと, はかって, ばったは, ひきまわされながら, ひた走りに, ひとすぢ, ひとまわり, ひとりお, ひとりふらふら歩き廻った, ひとわたり, ひどくうっ, ひゅうひゅう, びしょびしょ濡れ, ふりか, ぶらついた, ぶらぶら歩き, ぼくについて, まごまごし, まっすぐに, まひあがる, みたした, みつめて, みまわした, みると, めぐつてゐる, もどつて, やって来た松岡ら, ゆき冷たい, ゆくと, ゆく汽車, ゆつくり歩き, ゆらゆら泳い, ようやく法雲庵, よく外, よく知っ, よほど遠く, よろよろと, わけるよう, われがちに, んなか, イベリアンの, エイト・オアス・シェルの, キョロキョロ見廻りやがっ, ギイと, クネクネさせ, シュミーズ一枚にな, セルロイド製の, バアバリイに, ブーシャール嬢は, ホイホイと, マント姿で, ヴェニスへ, 一ま, 一センチほど, 一人合點な, 一巡し, 一心に見, 一日中掻きまわした, 一歩ずつ, 一生懸命に, 一瞬去来する, 一行は, 一路駈け上っ, 三人は, 三手に, 下山した, 丘通りの, 両腕, 乗りまわした, 乞食に, 事務所へ, 二人の, 二度三度廻る, 五六間ばかり, 人力車は, 人知れず歩き回る, 仕上場, 伝播し, 低く舞っ, 何処へ, 何度も, 侍女めいた, 信子が, 停車場の, 僕に, 先陣の, 兎の, 円くする, 再び茅ヶ崎, 出され銀子, 出来上りの, 分けながら, 初めて歩いた, 前よりも, 割るやう, 動かした, 匂って, 北の方へ, 医者の, 千余名の, 半ば狂気した, 半分は, 又あるき出した, 取りかたづけはじめたが, 叩き, 右に, 右手鎧の, 吟味したく, 吹き浄め, 啼くが, 営々と, 噛みやぶって, 四頭の, 均しながら, 夜ふけに, 夢遊病的に, 大きな眼玉, 大尽客が, 大通りキタイスカヤ街へ, 好かない性, 子供に, 安南, 家の, 宿るあて, 対岸北条秋山松平の, 小さい汽車, 小学校の, 小石川へ, 小走りに, 少しかけ廻り, 屈み腰, 山へ, 岡寺の, 川の, 左手の, 差配し, 布教に, 帰つ, 庭さきへ, 廻った, 引き返して, 引っ掻きまわして, 弟子が, 弾丸の, 影法師の, 彷徨い歩いて, 彷徨した, 彼女は, 彼等二人の, 往きつ戻りつ足ば, 御用提灯に, 心呆けて, 思いきって, 急ぎました, 急込ん, 怪我も, 恐れるはず, 息繼げり, 想像した, 憲兵裏口より, 懐中電燈が, 或単純, 手さぐりに, 打ちて, 抜けつ潜りつそこら, 押して, 押分けて, 押進ん, 指さして, 挨拶を, 捜したが, 捜してるとき, 捜すと, 探しある, 探し始めた, 探って, 探りまわると, 掻き, 掻き廻して, 掻き濳, 提灯を, 揺り動かす, 擽るやう, 改めてみた, 改めること, 数知れぬ, 断続し, 既に神さま, 早々に, 明かるく, 映画用微笑とともに, 昼間は, 時々そつ, 暇を, 暗を, 最後に, 朧げに, 来た時, 東支倶楽部へ, 染めて, 根岸の, 案内者は, 検べなど, 槍あげ, 横ぎつた, 歌に, 歩いたり, 歩いてるところ, 歩きだした, 歩きはじめるの, 歩きまわったん, 歩きまわり千曲川, 歩きソルボンヌ大学附近, 歩き出して, 歩き回った, 歩き廻った部屋, 歩く, 歩く人間, 歩しづかに, 死んで, 殆ど手さぐり, 残らずうちあけたくなる, 氏の, 汀づたいにゆこうとしたら足もとから, 沈んだ色, 泰忠が, 泳ぎま, 泳ぎ廻つた, 泳ぎ廻つて, 洋服の, 洗滌した, 洞窟の, 流れた大川筋, 流れるよう, 浜へ, 浮いて, 淋しい行列, 渡りわし, 湯島まで, 湿れて, 漕いで, 潜っては, 潜り抜けて, 濡れながら, 点検した, 無二無三紛れこん, 無意味に, 照すこと, 熱心に, 爪さき上がりに, 父と, 片付けると, 狂奔し, 狙う, 猟犬を, 玄関へ, 甘くなんか, 申しましたらお, 異様な, 疾走させた, 瘠せた小犬, 白刃相搏つ, 白紙の, 直ぐ前, 眺むれ, 眺めて, 知ること, 禰衡は, 私一人で, 突き抜けて, 突っ切って, 突切つて河原まで, 窓の, 窺うと, 第二, 粛々として, 素足で, 絶えず黒い, 練って, 繰り合せて, 翅を, 考えながら, 耳を, 脱け, 腫れぼったい頬, 自在に, 舞いながら, 良源院へと, 芹を, 荒んだ灰色, 落ち着かぬ風, 蛇の, 血眼で, 行きつ戻りつして, 行くそれ, 行つ, 表へ, 見あるいて, 見せつけにでも, 見たが, 見つつ, 見つめた, 見てよ, 見ないで, 見ましたらそこ, 見まわしたが, 見ること, 見回した時, 見守つたの, 見廻してから, 見廻すの, 見廻わ, 見抜くこと, 見物に, 見透されたやう, 見透したよう, 覗いた事, 覗かうと, 覗きこむもの, 覗きこんだが, 覗きに, 覗く, 覘い, 観海寺の, 討ちて, 訳も, 語ったの, 調べた, 貫き流れて, 賑やかに, 赤きもの, 走りすぎた, 走りましたが, 足早に, 足音を, 踏みしめて, 踏みわけて, 踏み分け踏み分け行かねば, 転げま, 転って, 農業試験場の, 辿つて, 近所の, 追って, 退却し, 送りましょうと, 逃げて, 逃げ去ろうと, 逃れたが, 這いまわって, 這い廻ること, 通りすぎて, 通り過ぎて, 通る時, 逢引き, 進むの, 運行し, 過ぐ, 道を, 遠くへ, 遠州灘めがけ, 選びました, 郵便局まで, 金色の, 鉄御納戸の, 銀貨の, 間断なく, 雄, 雨を, 霧に, 青写真の, 韜晦し, 飛び交すあらびや語, 飛び去ったので, 食ふ, 首領から, 馬酔木の, 馴染みであった, 駆けるつもり, 駆け去り, 駈けぬけて, 駈けめぐって, 駈け抜けたいな, 駕籠は, 高時, 麻糸で, 黄衣の, 黒蛇の目を, 黙々と坂, 黙りこくった八丁堀合点長屋

▼ なかには~ (1448, 6.6%)

45 いって 19 いつて 12 何か 6 いると, いろいろな, 自分の 5 何が, 僕の, 涙が, 私の 4 あつた, たくさんの, 一つの, 一種の, 伸子の, 女の, 少しも, 彼の, 誰も 3 あなたの, それを, 一人の, 人の

2 [77件] あのよう, あの日, いつも自分, いろいろの, かうして, この男, これを, こんなこと, すぐその, すでに戦死, その花, それが, ただの, つきり, どうした, どんなもの, ない, なにが, また風穴, もう何, もう灯, わたくしの, われわれの, ドアも, 一ぴきの, 一匹の, 一本の, 不思議な, 主人公を, 九鬼の, 予め羹, 二つの, 二人の, 二尺を, 何の, 例の, 傾きかかったまま, 切実な, 右の, 大きな石, 大きな風穴, 大勢の, 奇妙な, 奇怪な, 女も, 子供を, 宇宙に, 帽子を, 幾人かの, 彼女が, 往々に, 必ずこの, 怖ろ, 恋の, 感じられなかったの, 明かに, 明らかに, 春の, 普通の, 書き捨ての, 横着な, 次の, 武蔵野以来の, 死んだお前, 気を, 火が, 火の, 眼に, 眼を, 肝腎の, 自分に, 色々な, 講師が, 赤だの, 遊芸稽古所などという, 非常に, 願望が

1 [1132件 抜粋] ああし, あたかも天皇, あっさりおとなし, あながち古い, あのひと, あの家, あらゆる船舶, ある, あるの, あわてて, あんまりえらい, いいの, いかにも朝子, いくつかの, いくぶん趣味, いっても, いつそ道具方, いつまでも, いと深き, いないの, いびきを, いやたまに, いるでしょう, いる実相, いろいろ滑稽, いろんな複雑, うつくしい宝石, えぐい味の, おそらく宝玉, おもしろそう, おれの, お初ほ, お君, お稲荷, かかる分裂, かけ詰め, かなりな, かなりハデ, かなり重い, かれ自身, きょう一つの, きわめて奇怪, けばけばしい友染模様, こういうの, こういう未, ここの, このほか, この事実, この創始時代, この時期, この画, この髪の毛, これほど, こんな文句, こんな浅ましい, さきに, さぞ甘美, さっきの, さつき芝生で, しみ入るよう, すぐは, すこぶる頻繁, すでに印刷, すばらしい金殿玉楼, すべての, ずいぶん権柄ずく, せいぜい一つ, そういう欲求, そこを, そっちこっちに, そのひと, その中止, その人たち, その光景, その名前, その法衣, その生活, その米屋, その餌, それぞれ八本の, それだけの, そんなこと, たしかにその, たしかに友, たしかに誰, ただひとつ, たちの, たのしそう, たばこを, だれひとり不平, ちょっぴり三角, つまらない事, つれも, ですよ, とても安住, どうしても, どう處, どす黒い服装, どっさりの, どんなぬ, どんな時, ないから, ないん, なかなか面白い, なにかある, なんだか虫, なんにものこっ, のほほんで, ひつた, ひとた, ひとりの, ひどくおびえる, ひらないと, ひると, びこつてゐます, ふたりの, べつに藤本鉄石以下, ほんた, ぼうっとなった, まあ, まず屈指, またいろんな, またほん, また蓮花, まだこの間, まだひと, まだ一舟, まだ夜来, まだ燈火, まだ赤インク, まだ電灯, まとまつた金, みれんなもの, むろん古人, もう一つ, もう既に声, もう着られなくなった, もちろん見物人, もっと複雑微妙, もっぱらこの, もつと, ものの, やっぱり, よくきれい, よく親, れいの, わたくしという, われわれにと, アルジェリイか, イギリスの, オリーブ色細かい, キューピー見たい, コペンハーゲン生まれでない, サラ・ベルナァルの, スカラ座に, ダイアの, トレミイ・ヒィフェスチョンといふ, ナターリヤ・ヴァシーリエヴナが, パーヴェル・パーヴロヴィチが, フランシス・ベエコンの, ブルジョア用語を, プロレタリア文学の, ヘットの, ボルシェビキイの, ライターも, ヴェロナの, 一つも, 一つ年下の, 一九一七年から, 一体何, 一寸した, 一晩に, 一番勝ちの, 一軒の, 丁度企業整備, 三・一五やら, 三人五人の, 三年前に, 三浦介義明も, 上海に, 不安な, 不思議と, 不気味さうに自分の, 不遜さも, 主殿頭, 久しぶりに, 二つ持っ, 二十坪ほどの, 二百人からの, 五分で, 五年がかりで, 京橋の, 人を, 人命を, 人生を, 人間の, 今にも起き上らう, 今も, 今日でも, 仕事そのもの, 他国の, 仙台の, 以前にも, 伯林の, 伸子たちにとって, 伸子に, 何かしら, 何かしら怖, 何かの, 何も, 何物も, 使い残りの, 依然として何, 俳優の, 個人主義の, 健康に, 偶然に, 僕と, 僕流の, 先祖伝来の, 入りますと, 入る気, 共犯者であっ, 其処等の, 写真について, 凝った意匠, 初めに, 別にハム, 別れようといふ, 利休が, 前, 前へ, 前代未聞の, 加藤男らしい, 動いて, 動けなくなって, 勿論通り一ぺん, 十分たくさんの, 十回も, 卑屈な, 博物館に, 厭人的傾向を, 参議の, 友だちの, 口で, 古井戸, 各自に, 同じよう, 名も, 名士富豪に, 吐気を, 含まれて, 周囲の, 呻り, 商売のみ, 喧しい騒音, 囚人の, 四十両あまりの, 地位と, 地面の, 堂々たる婦人裁判官ポーシャ, 売って, 変わったの, 夕暮れの, 多い, 夢みがち, 大きな三つ, 大きな筏, 大方バッカス, 大阪から, 夫の, 女名前の, 始終湿っぽく, 媼が, 子安貝や, 孤独な, 実にいうべからざる, 実際世にも珍しい, 宮籠り, 宿屋の, 将軍の, 小さな家, 小柳雅子が, 屋根船で, 岡焼き半分に, 島が, 己が, 帆村探偵ただ一人と, 帳面の, 平田門人らが, 幼い娘, 広い運動場, 度し難いの, 廻船問屋時代の, 弱いスタンド, 彌次の, 当然言論出版, 彼が, 往き来し, 後悔した, 心労の, 必ず足, 忘れられない, 怒りの, 思い切った露骨, 怠慢と, 恐ろしい毒瓦斯弾, 恥を, 悪魔が, 意地悪や, 愕い, 愛は, 憤怒の, 戦いを, 戸や, 手や, 抱きついて, 撫順の, 放蕩者も, 教会の, 数々の, 文学者の, 斬って, 新しい感覚主義, 新婚した, 新聞紙を, 旗を, 日光へ, 日本人には, 早く青い空, 明るい電灯, 星の, 昼飯ぬきの, 時計の, 暴風の, 書きためた詩, 書類なんか, 最初から, 朝廷への, 木下順二の, 未亡人の, 朽ちかかった花びら, 村民の, 東京風の, 林檎をも, 柳と, 棕梠竹が, 欧洲航路に, 歌といつては, 正義感が, 正面の, 歴然とそれ, 殉教者の, 比較的親しく, 毛色の, 気の, 水が, 水を, 氷罅も, 江戸の, 沢山の, 油が, 泣きだすもの, 派手な, 海豹海驢緑海豹など, 涼しい風, 深淵に, 渾沌と, 漆を, 漱石も, 火の気も, 炉が, 無視し, 無論憲法学者, 焼きすてたほう, 煙が, 熊の, 片手で, 物ずき, 物凄い呻, 特攻隊へ, 狼狽の, 玄関の, 珍らしい, 現在作者演出家の, 生きて, 生れてから, 甥が, 男に, 画かと, 異性に, 痛みの, 白い布, 白髪童顔の, 百人の, 皮肉な, 相当に, 相手が, 相違ない, 真赤な, 着飾つた村人たち, 知って, 短冊が, 石壁に, 石田佐吉の, 確な, 磨きたての, 磯野が, 福寿草が, 私に, 私も, 種々雑多, 空想が, 空高く, 立って, 第一次ヨーロッパ大戦, 箪笥などに, 築地座以来一緒に, 精神の, 純然たる, 素早く客, 細かい虹, 組織工場や, 緊急な, 繁華な, 美しい砂, 美しく装った, 美人の, 美禰子のみ, 聖なるグロリアナ, 肌脱ぎに, 脚の, 腕を, 膜が, 臨終の, 自分にも, 自分を, 自然描写が, 船醉を, 色っぽい空気, 芋虫の, 芝居を, 花よめ, 若い夫婦, 蒲団が, 薄笑ひ, 蛇を, 血だらけの, 袋に, 複雑な, 見えない, 見かけに, 見出せないもの, 親しい仲間, 角毒蛇が, 言い知れぬ涙, 詩的な, 誰の, 警官が, 警部らしい, 負傷した, 貸本の, 赭茶けた灰の, 車の, 近隣の, 透明な, 道鏡と, 遠い記憶, 避けがたい, 都合が, 酒を, 酒臭い, 重傷で, 金が, 金銀又は, 鏡の, 長芋の, 闊葉細葉が, 隊の, 離れながら, 電気が, 露が, 青い松葉, 青赤エンピツだの, 面白半分, 革命的な, 音も, 頼んだお金, 顔の, 飛んだ感違い, 首輪の, 駿馬一万匹を, 高一, 鮒や, 鵙の, 黄楊と, 黄金の, 黒いダリヤ, 黒ねこを, 鼠取の

▼ なか~ (1357, 6.2%)

54 はいって 41 入って 29 入れて 21 消えて 15 姿を 13 出て, 飛び込んで 11 身を 10 手を 9 はいった 8 這入って 7 とびこんで, 落ちて 5 はいると, 入つて, 投げ込んで

4 [12件] ほうり込んで, 入った, 入れた, 吸い込まれて, 投げこむこと, 沈んで, 私を, 自分の, 足を, 連れて, 頭を, 駈け入って

3 [15件] とけこんで, はいりました, 入つて行, 割り込んで, 吸いこまれて, 戻って, 投げ込みました, 押込んで, 片手を, 現われて, 落ちた, 踏み込んで, 這入つて, 這入る, 飛び込んだ

2 [65件] かけこんだ, かなぐり捨てた, からだを, さし込んで, つき出した, はいろうと, ひとりの, ほうりこんで, もぐり込んだ, もぐり込んだの, ポーンと, 一種神秘な, 丁寧に, 仰向けに, 入りました, 入ると, 入れたとき, 入れても, 入れようと, 出ること, 割って, 収めた, 埋めて, 完全に, 崩れ墜ちること, 引張り込み丁寧, 心が, 投げこんだ, 投げて, 投げ込んだ, 投ずる, 抛り込んで, 押し込んで, 持ち出して, 指を, 放して, 斬って, 永久に, 没して, 消えた, 消え失せて, 混入した, 潜って, 無理に, 私たちを, 突き落し, 突き落した, 突っこんだ, 絹子の, 腰を, 自分を, 落した, 落して, 落下する, 踏み込んだ, 身も, 迷い込んで, 逃げこんだ, 逃げ込んだ, 這入った, 金を, 隠れて, 顔を, 駈けこんで, 駈け込んで

1 [881件 抜粋] あまくだった, あれを, あんな品物, いきなりと, いつぽん, いまや希望, いれきげん, いれたのち, うしろす, うつむいて, うまく流れこまなかった, うもれて, おくの, おしっこが, おち込むところ, おっぽ, おどった, おどり出た, おはいりください, おはいりなさいまし, おまへを, おろした, かえって一場, かくれて, かけつけた, かつぎこまれて, かの材木, かれら, きつく顔, くづれて, このヘリコプター, こもりだした煙, これと, ころげこむところ, ころころころげこん, ざぶんとおつこちて見, ざんぶと飛び込んだ, しずめようと, したたらした, しまいこんで, しまいスナップ, しまい込もうかについて, しまおうと, しらじらと, すがた, すくいあげてから, すべり込ませた, するりと入っ, ずっと突き出, ずり落ちて, そこには, それぞれ眼を, それとなく素早い, それなりの, ぞろぞろと, たらしこみました, ちょうど釦, ぢり, つきこまれるの, つないで, づかづかと, でかけて, とけこむよう, とどまって, とびこむの, とびだした, とびだして, とび込みました, とろけ出して, どうしたら, どうと, どなった, ながれこんで, なげこみました, なげこむこと, なげこんだ犯人, なんの, ねじこむと, のこされた, のまれて, はいったからには, はいったもん, はいったらどう, はいったり, はいった竹童, はいりませう誰, はいり秘仏, はいり身体, はいり込んだこと, はいる, はいるの, はいるわけ, はいれ, はたき落す, はまり込んで, はらはらと, ぱアと, ひき入れようという, ひき込まれながらも, ひたと眼, ひとつかみほどの, ひょっこり顔, ぶらぶら歩く, ぶらんと宙吊り, ほうりこみそのまま, ほうり出されて, ほうり出すこと, ほおばって, ぼくの, まかり出るべき様子, まぎれ込んで, まじり込む, また入っ, まっすぐに, まつすぐ, まよいこんだとき, まるで悶絶, むこうから, めちゃめちゃに, もぐって, もぐり込むよう, もぐり込んだが, もちこむ素子, もどった, もどって, やっと届く, ゆっくりと, よろけこんで, わたしは, われら美濃国関の, ガサガサ音を, スーッと, ゾロゾロはいる, テニスがは, ヌーッと, バラバラッと, ピカピカ金色, フンダンに, ボオディエの, メスを, 一つの, 一つひとつていねいに, 一ぴき手に, 一歩踏み, 一銭銅貨を, 三つ四つ手づかみに, 三日間の, 下りて, 下生えを, 乗り込んだ時, 乱暴に, 二葉亭四迷は, 五分珠の, 交って, 交ツて, 人指ゆびを, 仏が, 伸子を, 佐々伸子の, 体当りに, 何か, 作家は, 信仰と, 俯伏せに, 入ったとき, 入った瞬間, 入っちまいましょうよ, 入つて往, 入らないでも, 入りこんだの, 入りたいという, 入りて, 入り給えと, 入り込んだらしかった, 入る, 入ること, 入る用事, 入れそして, 入れたが, 入れたに, 入れないで, 入れば, 入れませなん, 入れられお, 入れられて, 入れられるの, 入れるか, 入れるが, 入れるの, 入れる馬鹿, 兵部を, 再び嘗ての, 写実の, 出た, 出た当時, 出る, 出ると, 刀の, 切り落した, 割つて, 割つては, 力まかせに, 助けあげて, 包み去った, 匿し, 半分ほどは, 原稿を, 厳重に, 反射的に, 取り入れて, 取り残されるという, 叫んで, 吊るし入れた, 同じよう, 吐き出して, 吸いこまれた, 吸い込まれたよう, 吸込まれて, 吹き込まれたらしいの, 呑まれたよう, 呼び込んで, 呼び込んでは, 噴き出て, 固く口, 土足で, 坐りこんだ, 埋沒, 塗りこめて, 墜落した, 変装し, 夢想を, 天魔軍の, 奏で得る限り, 姿が, 子供たちは, 定着する, 密談に, 寝転んで, 対手を, 封じ込めて, 射込ませる, 導き入れるといつて, 導き込まれること, 小さくたたんだ, 小突出, 己れ, 巻きこんで, 帰った, 帰つて行く, 帽子を, 床板の, 引いて, 引きずりこもうとして, 引きずり込もうと, 引き入れられて, 引き摺り込まれたので, 引き込んで, 引っこめただけ, 引っ張り込まれる, 引っ込まれた事, 引っ返して, 影を, 彼は, 彼女は, 後戻りした, 心の, 忍び込むといふ, 忍び込んで, 感じるやう, 慕い寄って, 戻った, 投げこまれたと, 投げこみます, 投げこむつもり, 投げこもうと, 投げこんだので, 投げこんだもの, 投げだされ御, 投げ捨てて, 投げ落して, 投げ落とされた, 投げ込ませようと, 投げ込んだの, 折れこんで, 抛りこんだ, 抱えた, 押しこもうと, 押しこんで, 押しだそうと, 押しよせては, 押し戻しながら, 押し込まれて, 押し込んだよう, 押し込んでも, 拡げるの, 拾い取った, 持ち込んだの, 持って, 捨て木, 捲きこまれる, 探検に, 掬ひだしてやらう, 支度しはじめた, 放した, 放りこむと, 放りこんだか, 放り込んだ, 放射線を, 斬りこみ若君, 斬りこもうと, 星水母ほどに, 普及し, 曳きずりこんでしまつたとさ, 来たら礼儀作法, 来られるもの, 松明を, 案内された, 案内した, 案内しました, 棄てたり, 植つては, 横だきに, 橙酢か, 歩み入った, 歸つては, 残りは, 毒液を, 気味の, 水を, 氷を, 沁み渡りました, 沈みこみトクさん, 沈みそう, 沈む, 沈められて, 沈んでは, 油団を, 波紋を, 流しこみとかして, 流れこむ, 流れるよう, 流れ込みました, 浦和署長等が, 海苔巻なんぞを, 浸して, 消えこんで, 消えるよう, 消え去ったの, 消え失せます, 消え込むの, 深くはいり込ん, 深く這入っ, 溜って, 溶し遣る, 滑り落ちたの, 滑り込んで, 漂わせて, 漕ぎ入った船, 潜りこむか, 潜りこんで, 潜りこんでからも, 潜り込む, 潜り込んだ, 潜水器も, 濁水を, 炭団を, 父よ, 牡丹餅を, 狂うよう, 猛然として, 現わし, 現われはじめた, 甘い鹹, 生きのこった兵隊, 田や, 男の, 病院より, 痰を, 監禁し, 矢を, 私たちは, 私と, 移させたり, 移して, 突き上げそれから, 突き上げられたため, 突き込み, 突き進んで, 突っこんで, 突っ込まれること, 突っ込んで, 突撃だっ, 突立った, 窓からの, 立ち込んで, 童話の, 箸を, 納めようと, 納められた隠居, 置いて, 置き忘れて, 肉を, 肉体を, 腕を, 自分に, 色々な, 艶書を, 花を, 落しその他, 落したん, 落す, 落ちこむと, 落ちこもうと, 落ちこんで, 落ちたか, 落ちました, 落ち込むまで, 落ち込んで, 落とされたと, 落としちまう, 薫の, 蜘蛛の, 行けば, 行ったん, 裹まう, 襟から, 角を, 詩を, 誘ひこむの, 走りこんだ, 走り込んだ, 越後兵が, 跳びこもうと, 跳び下りて, 踊りながら, 踏みこもうと, 踏み入れるたび, 蹲まっ, 躍りこんだが, 躍り込む, 躍るやう, 身投げを, 転げこんだ, 転げ落ちて, 転げ込んで, 返した, 追いやりつつ, 追い込んで, 追って出る, 送り出されること, 逃げこんだが, 逃げこんだ血まみれ, 逃げた, 逃げ込むの, 逃げ込んだお, 逃げ込んでしまつた, 逐いあげられたという, 這ひこむ, 這入つた時, 這入り込んで, 這入るばかり, 通されて, 連れ込まれて, 連れ込んだ, 運に, 運ばせました, 運んで, 遡り込み水藻, 醪を, 野宿する, 釣針を, 閉じ籠って, 陥ちて, 隠して, 隠れる, 雨水が, 青い影, 静かに, 響いて, 頬を, 顏を, 風の, 飛びこんだ, 飛びこんで, 飛びこんでしまふのぢや, 飛び出したの, 飛び込むと, 飛び込む億劫さ, 飛んで, 飛鳥の, 首の, 馬首を, 駈け入, 駈け入ったまま, 駈け入らう, 駈け入るや, 駈け込んだ, 鮮やかな, 鳥目を, 黒い点

▼ なかから~ (1097, 5.0%)

17 出て 7 何か 6 一つの 5 とびだして, 一人の, 自分の, 飛び出して 4 ヌッと, 四方を, 彼の, 飛びだして 3 それを, とび出して, 不意に, 声が, 手を, 抜け出して, 若い女

2 [56件] ここへ, だ, でて, どんぐりどもが, ふと向う, ふと声, また一つ, やつと, 一本の, 一枚の, 一歩も, 一羽の, 亀が, 僕の, 劈くよう, 坂田の, 変な, 変りはてた少女, 多くの, 大工道具の, 大熱, 女の, 妙な, 姿を, 引き出して, 心の, 手紙の, 拾いあげて, 数人の, 杯形の, 気の, 水へ, 浮き出て, 湧きだすと, 現れたの, 現われたの, 現われて, 生まれて, 生れて, 発見された, 眼を, 突然爽やか, 紅い切, 紺絣の, 群衆の, 聞えて, 脱け, 脱脂綿なんか, 見つけ出した半, 覗いて, 解剖用の, 迷って, 金を, 雪童子は, 頭の, 顔を

1 [898件 抜粋] あいた, あけられて, あなた自身と, あの, あふれ出でも, あやうくも, あらわれた, あらわれ出た, あれか, いきなり那須, いくらか, いくらでも與太郎, いろいろまし, いろいろ探し出したい, うつそり顔, おいでおいでを, おさんどんの, おそろしく脊, おのれを, おもいも, おもな, お八重, お生れ, お給金, かいこの, からを, かんかん響い, がてんがてんし, きこえて, こういう相違, ここに, こっそり披露, こつそり女将あて, この筒拔けた樣, こびとの, これが, これに, これは, こんなもの, さけぶと, さしこんでは, さまざまな, さらに今日, さわやかな, しだいに大きな, じゃらじゃら鍵, すっと背のび, すつかり消えた, すり抜けようと, そう言った, そのやう, その一対, その反古, その大切, その急, それぞれの, そんな事件, そんな立派, たしかにこちら, たすけだして, ただ鉄のみを, たった一人, たつた一つ, だしぬけに, ちぎって, ちらちらし, ついばんで, つきだして, つぎつぎに, つっかけ下駄, つや子多, とうとうとう, とうとうデストゥパーゴ, とくに火事, とったり, とりわけ梨, どうしても消し, どうして送る, どっと若い, なおさらに, なくなる私, なにかキラッ, なにを, にょきにょき女, ぬけて, のがれたと, のがれること, のこのこやってこよう, はなはだご, はみ出して, ばらばらと, ひそひそ声, ひとつの, ひと色か, ひびいて, ひらりと, ひろひ出す, ふと辛辣, ぷすぷすと煙が, ほしを, ほりだしそれ, ぼんやりと, ぽつかり, まじろぎも, また一枚, また声, また新た, まづ三百圓, まッさき, むっとくさい, もう一度大勢, もぐらの, もののふの, もれ池, やっとの, りんごの, わきあがるおどろきの, わずかに, われわれは, アフェクションを, ガラス屑を, ガラッと, コロリと, ゼンマイや, タオルを, デンマルクの, ドイツ語に, ニヤニヤと, パッと, ヒョイと, ピカピカ光った, ピンと, ペンと, ポイと, ポツリと, マグレガーの, ミカンを, ユダヤ人の, ワンツスリーと, 一冊の, 一切の, 一条の, 一瞥した, 一等待合室へ, 一通を, 一銭活動の, 丁寧に, 三人の, 三太は, 上つて來た, 不審気に, 不服を, 主張する, 乗車割引券を, 二つだけを, 二三日たっ, 二包の, 五人が, 五六本づつ取り出し, 五年十年後に, 五箇艇ばかりが, 人間の, 仏像には, 伊庭の, 低くひそめた, 何ものかを, 何やら巾着, 何物かを, 佗し, 作り出そうという, 作柄の, 例を, 倹約で, 催して, 僕は, 先生は, 兎でも, 八丈まがいの, 六七人の, 内緒で, 冨勇の, 凝血を, 出したくないこと, 出す事, 出たの, 出た言葉, 出来るだけ, 初めてそこ, 剣に, 割いて, 勇ましい心持ち, 勝手に, 十五名を, 十円紙幣一枚だし, 半ダース譲つてあげた, 印象的など, 又もや影, 取りのけて, 取り出した鍵, 取り出して, 口笛が, 古典の, 叫ぶ声, 同時にブルジョア的要素, 同種類, 含み声の, 吸収する, 呟くやう, 呼びに, 呼んで, 咳ばらいの, 唄の, 唇を, 唸り声や, 喬木の, 噛み煙草を, 四十面相とは, 土地名物の, 在来日本の, 垂れ下って, 報告した, 声ばかり, 外せあけないか, 外へ, 外部に, 夜明けまでの, 大きな霜柱, 大そう, 大人の, 大学も, 大小の, 大陽, 天に, 天平を, 太陽が, 奇麗な, 奮起し, 女中の, 女怪の, 妹たちに, 婆の, 子供の, 寄せぎれ細工の, 寝ぼけた声, 小さいビロードばり, 小さな包み, 小さな米俵, 小さな貝柱, 小判の, 小枝が, 小豆少量奮発めされ, 少しづつ, 山瀬が, 山高に, 巍の, 川本松江の, 巾着を, 希望と, 帳場へ, 幸子を, 幾つかの, 幾万匹の, 店を, 引き抜こうとしてば, 引ッぱり出す, 彩光に関する, 彼らは, 彼女の, 彼自身の, 微かな, 忽然おとうさんが, 思いがけない御, 怪塔王を, 恐ろしい魔物, 悲声を, 慧智を, 或はその, 或る, 扉を, 手あたり次第身丈に, 手に, 手当りしだいに, 手当り次第に, 手袋を, 拾いあげられた屑, 拾ったもの, 拾ひ出した, 持って, 挑むよう, 掘りだしを, 探さなければ, 揉みくしゃの, 提灯が, 摂取し, 撰み出したら, 支弁する, 支那の, 救い出した, 救い出すこと, 散らし髪の, 数編を, 新しいホープ, 新しい人間, 新びいどろ学士, 新日本文学会, 日の丸の, 明けました, 明智探偵の, 星の, 暗い建物, 更に仄, 書く, 書画を, 最も新しい, 最上の, 有用な, 期待すべき, 本を, 本当によい, 机の, 来て, 柴を, 栗鼠と, 梅干の, 楽隊が, 横に, 横文字の, 櫂と, 死を, 民主革命の, 気息奄々たる, 水が, 汲みとられるだけの, 泥土を, 流れだしたもの, 流れ出て, 流儀流派の, 浮かび出て, 浮き上がるが, 浮び上るよう, 海岸の, 海老が, 湧いて, 湧きだして, 湧き出て, 滲みだすよう, 漸く育った, 火が, 火熱で, 無理やりに, 焼酎の, 煙の, 熱の, 牛蒡抜きに, 牧師を, 物語り終わると, 物語を, 犬を, 猛烈な, 玲瓏と, 現われたヴィーナス, 瓜を, 甘い風, 生々しい小指, 生えて, 生れた, 生れたのよ, 生れたよう, 生れても, 生れ出, 産毛だらけの, 田舎家の, 男を, 画材を, 番鴨を, 発せられました, 発見した, 白い分厚な, 白い歯, 白い色, 白い藤蔓, 白や, 百八十円出, 皺くち, 目も, 目を, 目標を, 直ぐみなさん, 相談相手として, 真打の, 真理の, 眺めてると, 短冊を, 石段を, 確かに, 礼服なども, 私の, 穿き減らした靴, 突然ぎらぎらと, 突走つた声が, 窓を, 立つて, 立現, 箱に, 糸子を, 素子の, 細かい雨, 総じて世上, 線路の, 繰り出して, 繰出して, 美しい紅, 聞こえる, 肉親の, 背中だけ, 脚本料に, 腕ききを, 自分たちの, 自分に, 自分を, 自動車が, 自由に, 自身の, 與太さんが, 花びらを, 芽ばえはじめた歌, 若い将校, 茯苓を, 茶器を, 茶碗へと, 荷物は, 蓬の, 蔡, 薄黒い, 藝術品を, 藻に, 蝋燭の, 裂けて, 見て, 見るつもり, 見れば, 見出すの, 覚心坊が, 言う, 言聞かせた, 詩味の, 誕生した, 諦めよう, 谷の, 豆腐屋を, 貧しい漁師達, 貯金を, 買込むだ大, 赤や, 走りでた, 起る, 跳びだした半, 踊り出して, 転がり出したの, 転がり出して, 転げ出したの, 農夫らしい, 追いだされて, 追い立てる, 追はれ, 通草蔓の, 逸物を, 選み出された, 選定せられなけれ, 醋を, 重きが, 金平糖などを, 銀数百両と, 鍵が, 鏝を, 鐘が, 開いて, 降り出した雨, 雲斎織, 青年たちを, 静かに, 響いて, 響くどよめき, 頭を, 飛びだしたは, 飛び上りさま, 飛び立って, 飛出した活劇, 首だけ, 駈け抜けた, 髯の, 魚の, 鵲の, 鶴亀の, 黒いけ, 黒い斷崖, 黒い鼻先, 鼠の, 鼠色の, 鼾の

▼ なかでは~ (373, 1.7%)

4 それが 3 彼は, 私かに, 自分の

2 [14件] あったが, あなたが, あるが, さう, すべてが, その持主等, なによりも, もはや解決, 一番の, 二人の, 例の, 僕の, 女の, 現れて

1 [332件] あきらめて, あらましに, あらゆる率直, あり大変, いかに長い, いちばん上等な, いちばん下手でした, いちばん年嵩らしい, いちばん美味い, いって, いっとき道に, いつか行方不明に, いつでも, いつの間にか本源的, いるいる, いろんな善い, うんざりし, おいらが, おしげを, おたがいにだまし, この両方, この人, この女, この潜水艦, この錦, これは, これらの, こわいもの知らず, ごみごみした, さうし, さすが行われず, しかしほとんど, しかしもし, しょせん魅力, しんみりと, すこしも問題, すつかり, すでに安井, すでに欧米, ずっと違った, せきは, せみや, そういう場面, そうし, そのよう, その人たち, その顫動, それでも一抹, それとも, それまで, それより, それらの, そんなふうに無, そんな物音, たいていかぶれ, ただこの, たった一つ, ためにも, たやすくいろいろ, たれひとり, たれも, だいぶ私, つきつめる自己探究, つまらないつまらないと, できごと, とても出, とても出来, どうしてくれよう, どうしてもその, どうして大した, どうにも, どうも都合, どれも, どんなこと, どんな用事, どんな町, なく, なくうすぐらい, なにか細胞, はっきり, はつきり意識し, ひとの, ひとり置かれた, ひどくはっきり, ひどくはつきり, へんあいつらに, ほかの, ほんたう, ほんとうの, ぼろを, まさしくクラム, まだ大丈夫, まだ筆者自身, まったくへ, まったくべつ, みたされない, めいめいの, もうほど, もう決して足ぶみ, もしかそれ, もしか俺, もはや姉さん, もはや絶望, やっぱり歴然と絶対, やはり婦人, よくこの, よくこれ, よくは, われわれは, グレゴール, ゲッといった, コヽアを, トド松の, パン・オイロープという, ブロンドの, ペンの, ヨーロッパの, ラ・ベートと, レディ・ダフ・ゴルドンが, ロシヤに関する, 一し, 一つの, 一人一人の, 一人全席の, 一刻も, 一度ならず, 一番僕を, 一番大きく, 一種特別の, 一粒の, 一際目だっ, 不幸な, 世に流伝, 主人公マルコフが, 予想或は, 二人に, 二匹の, 二月の, 交尾する, 人が, 人に, 人の, 人は, 人物の, 人間が, 人間として, 人間も, 今しきりに, 今日これから, 他の, 何が, 何だかその, 何でも, 何も, 何もかもが, 何んと, 何時でも, 余ほど, 使いにくい, 使丁が, 俄かに, 先刻虫干で, 全真, 内閣員の, 凌ぎよい, 別人の, 割合現象的, 割合発見し, 勝手が, 参考品としての, 口が, 口の, 否定説, 呂宋兵衛を, 呆れながら, 呟いて, 喋るよりも, 団長を, 売りさばきに, 変に, 変りものの, 夜だった, 大きな榾, 大久保が, 大次郎が, 女である, 女と, 妙に, 威張つて, 子路が, 孟子が, 孰方からも, 安並の, 安眠する, 実に意味, 家も, 容態の, 富岡の, 寝ても, 専門家にしか, 小鳥の, 小麦稈, 少年の, 尾崎一雄のが, 常に夕立雲, 平気で, 幸福で, 幾度か, 座席の, 建具職の, 彼が, 彼らの, 彼を, 彼女の, 往々人間, 微々たる存在, 微妙な, 忠相が, 快い匂い, 思いがけない御馳走, 思つてゐる, 思考する, 恐らく思想, 悲しかつ, 想像できない, 愛の, 拵えごとに, 指導的な, 描こうと, 文学の, 早すぎる, 春も, 暗か, 最も惨め, 最も期待, 最も犠牲, 最も親しい, 最も重い, 最も高尚, 最年長者, 朗かな, 朝から, 朝餉の, 本当の, 梅田が, 棄てられた人, 樹下美人風の, 比較的成績, 気の毒な, 水浴びを, 氷の, 泣き声が, 泰軒が, 渋々した, 溪間からは, 滅多に, 濡れなく出来て, 燈火を, 片鱗でも, 特別この, 特別な, 特別に, 猟犬フハンと, 猫の, 現に成年, 男だけは, 男女の, 疲れた男囚たち, 疾風怒, 皆が, 相手が, 着々と, 石の, 祖父江出羽守室外で, 私が, 私の, 私は, 私一人が, 秋の, 突き合う, 竹童と, 精神に, 紀貫之や, 経験が, 美と, 老人が, 老婆の, 考えて, 考へて, 聖書は, 聞えた世間, 聞こえなくなり夜更け, 肥えふとった馬, 膝を, 自分で, 自由で, 自身創立された, 至る処, 若いジェネレーション, 荒馬の, 薬師寺金堂の, 藷を, 蝦蟆仙人が, 証人を, 誰よりも, 貧しさ, 貴族的な, 足利殿に, 跼いて, 軽ん, 軽蔑し, 辣薤畑の, 通りがかりの, 運転手の, 遠い山々, 遠雷の, 酒が, 重要な, 鉦や, 長いこと話, 長者の, 闊達自在の, 雁の, 雷の, 電車の, 霍亂を, 青年の, 顔が, 食べものも, 驚きという, 高橋さん以外の, 鬼の

▼ なか~ (367, 1.7%)

6 急に 3 しんとして, 真暗だった, 薄暗かった

2 [17件] うす暗かった, ひっそりと, まだ新しく, まっ暗です, まッ, もう薄暗く, 人の, 信州味噌を, 危いと, 墓場の, 思いの, 浅黄いろ, 涼しかった, 混雑し, 眞暗, 綺麗に, 闇に

1 [318件] あちらこちらに, いいかげんに, いうまでも, いくら見, いたって, いっぱいである, いつも大, いつも薫風瑞雲, いつも蜘蛛, いやに, いよいよ押し合う, いらしい妖女, うっとりする, おちついて, おもしろくない, お千代, お茶で, お菓子や, かき別けねば, からっぽで, がらんと, がんがんする, きれいに, ぐるりの, ごった返して, さつぱりと片, ざわついて, ざわめいて, しいんとし, しずかだった, しずまりかえって, しんと静まっ, しんぱいした, しーん, じいさんの, じめじめし, じめついて, すが, すっかりくらい, すっかり洋風, すっかり薄暗く, すつかり, すももと, ずいぶんよかっ, そいつは, そこに, そのこと, その間にすら, それこそ, それで, たいていこんな, ただでさえ, たちまち大, だが, だめだ, ちひさ, ちよつと, ところまだ, ともかく一足, どうか知らぬ, どこから, どこも, どの部屋, どれほど, どんなだったでしょう, なおさら暗い, なかなか暖まらず, なんてえらい, にえくりかえるよう, はっきり見えなかった, ひっくりかえるよう, ひっそりし, ひつそりし, ひつそりと, ひつそりとして, ひつそり閑として, ひとしきり騒がしく, ひどく汚い, ひねもの, ひめの, ふしぎな, ほこりだらけ, ほつかりと, ほとんど何, ほの, ぼー, まあ二人, まかり間違えば, またぱつと, まだ一向片付い, まだ人けが, まだ残暑, まだ鳴っ, まっかに, まっくら, まっ暗だ, まっ暗でした, まっ暗に, まっ暗やみ, まるでお宮さん, まるで春, まるで見えなかった, ま昼, もうすっかり薄暗く, もうとっぷり暮れ, やはりそれきり, やりきれねえ, よく見えた, よく見えない, よろこびの, アカシヤと, ウス暗く, ガソリン臭く, グリン色の, コトリとも, シンとして, シーンと, パッと, プーンと, ホルシュタイン風の, 一ぱい, 一刻も, 一尺ばかりの, 一方の, 一様に, 一瞥し, 三尊の, 三月なかばの, 不自然に, 主賓の, 乱暴に, 乱暴狼藉あやしい, 乱脈である, 二つに, 二十冊ぶんちゃんと, 二坪ほどの, 云い知れない恐怖, 人が, 人を, 仄くらく, 今この, 今朝に, 今朝ものを, 伸子を, 住みよい, 何となくかき乱され, 何とも云えず, 先刻の, 児童で, 六畳に, 其処らじゅう水だらけに, 内輪あつかい, 再びがらん, 冬に, 冷酷の, 別に取り散らした, 千變萬化の, 卵ばつかりつまりける, 去年から, 可なりに, 同輩の, 咽せ返る, 喧囂たる, 四天王の, 壺に, 夏です, 夕方の, 夜だ, 大きく揺れだし, 大地震, 大抵想像, 大騒ぎに, 妙に, 安定した, 宝石や, 実に賑やか, 宿老たちよりは, 寂然として, 寒いの, 寒くて, 小次郎にでも, 少し暗く, 帆汽船合計船舶総トン数にたいする, 平凡だ, 平和と, 床で, 廃墟の, 引っくり, 彼にとって, 彼女の, 往けぬよ, 往来じゃ, 待って, 心得きって, 忌に, 思ったよう, 思ったより, 恐ろしい修羅場, 悲しくわびしく父母, 惡かつ, 戦場の, 手の, 押合う, 散らかし放題, 敵の, 既に名状, 明るく暖かい様子, 昼でも, 昼よりも, 暑いん, 暑くるしいから, 暗い, 暗いの, 暗か, 暗澹どこを, 暗闇である, 月夜の, 案じたる眩暈, 案外からっぽ, 森閑として, 死の, 殆ど手に, 残暑, 殿様かと, 氣忙しい, 水が, 水底の, 汗が, 沢地の, 洞に, 活気が, 海底の, 涼しい風, 淋しいもの, 淡いけむり, 混乱の, 温かで, 濃い褐色, 火が, 火の, 火の車だ, 灼けるよう, 焦るので, 焼けるよう, 煮えるやう, 熱し切つて, 燃えあがる焚火, 物悲しいほどに, 玩具箱の, 生簀の, 疎々しかった, 疼くやう, 疼くよう, 白く見える, 眞暗闇では, 眞赤な, 真の, 真ッ, 真暗で, 真暗であった, 真暗に, 真空に, 石が, 石ころを, 砂が, 神様だって, 私に, 空だ, 空っぽであった, 空つ, 空に, 空気が, 空洞にな, 空缶の, 立読みなどを, 竹だらけに, 絶え間なし, 繭で, 肴である, 臭氣芬芬だつたさうだ, 若い灌木, 若鮎の, 茶色で, 荒れて, 荒れ放題, 蒸し上るばかりの, 蒸し暑いし, 蒸し暑くなった, 蒸暑くおまけ, 薄明るく, 薄闇い, 血だらけな, 豊富で, 足利幕府の, 追い出された中学校, 逆に, 透きとおった清潔, 遥か正面, 重くろ, 金だ, 鎮まったけれども, 長いあいだ太平無事, 随分忙し, 随分蒸し暑かっ, 雅味で, 雜然たる, 雷の, 青い光, 青く, 静かで, 静まり返って, 面白いねエ, 面白かろう, 頭と, 養老の, 馴れると, 鰊の, 鳥や

▼ なかでも~ (325, 1.5%)

3 彼の, 気の

2 [11件] いちばん下の, それを, ベッドシーンの, 一番の, 一種特別な, 厚ぽつたい, 多くの, 彼は, 特別な, 私の, 美人中の

1 [297件] あいめぐり会うが, あつかましいの, あのくらい, あの染吉, あの錦, ある種, いい, いいから, いちばんおくびょうもの, いちばんから, いちばんきりょうよしの人形でした, いちばんだいじな, いちばんに, いちばん上等の, いちばん大きく, いちばん大事な, いちばん心を, いちばん怖し, いちばん無慈悲な, いちばん軽い, いちばん長い, いっぺんも, いなせを, いま御, おのずから別, おまえは, おれは, お八重, お杉, かなりな, きっと同じ, くりかえし云われて, ぐもぐやつてかねを, こ, こういう機会, こうな, ここに, ことに議論好き, このさつき, このジェスイット派, この一角, この人, この寺以外, この座頭, この病気, これだけは, こんな人, こんな女, じつにめずらしい, すぐ捲ける, ずうっと, その, そのあり, その人違い, その後膨れ, その狂訓, その苦しい, それだけが, それに, たった一度, たれおよぶもの, ちっとも変化, ちょっと微笑, ついぞ顔, つづいて, できるかぎり多く, できるよう, とくに共産主義者, とくに印象, とくに恐ろし, とくに摺鉢山, とりわけ早熟, とりわけ私, どうしても評判, どこからか, ない地面, のほほんとし, はっきりと, ひとり最も高い, ふつう産児室, まことに際だった, まわりそう, むかふの, もっとみんな, もっとも, もっとも低い, もっとも卑し, もっとも怪奇, もっとも恐ろしい, もつとも身分, やああれ, やはり好き, よく知られ, よほどはしこい, わかって, わたしが, わたしは, アホウドリは, ストランドは, テーブルに, トキエは, トマス・ボドレイは, ピカピカ光る, 一ばんぐづで一ばん馬鹿で, 一旦或, 一本の, 一段と濃い, 一片の, 一番いやな, 一番しつかりした, 一番よく, 一番出, 一番印象ぶかかった, 一番厳重に, 一番好い, 一番悪い, 一番明るい, 一番有名に, 一番美人で, 一種目だった, 一等うつくしい, 一等愉しい, 一等陰氣くさい, 一粒よりの, 三年五年の, 三河屋の, 上品に, 上坐, 下の, 不治と, 両国の, 中国との, 中学校長は, 中野武二谷口喬一今村信吉なんぞ, 主だった, 乳母車は, 人が, 人に, 他人の, 伊勢屋という, 伝五郎の, 何時までも, 佛蘭西の, 信連の, 俳優は, 兄いが, 兄弟以上にも, 典型的な, 内乱前の, 分布学つていふ, 初心で, 初瀬は, 別の, 前進する, 剛力を, 剽軽な, 勝次郎という, 十人二十人とは, 千寿王どのの, 古いこの, 古い方, 叩くの, 吉原の, 同じお, 名は, 名高いの, 咲いて, 変って, 大分まえ, 大変ご, 大抵の, 失われること, 始終いらいら, 室生さんは, 寛永六年, 寧ろ一風変つた姐, 小休み, 小身者が, 少し薄, 屈指の, 師範役の, 平吉が, 幸民は, 幼少の, 広汎な, 彼女はや, 徳川どのは, 心の, 必ずしも跡, 急患が, 怪談物を, 想像された, 慌て, 成るべく風変わり, 指針と, 探偵小説評論を, 斜酣の, 新次郎という, 昼飯だけは, 智慧たらず, 曇り硝子, 更にお, 最もひどかっ, 最も勇敢, 最も古い, 最も多数, 最も好評, 最も完成, 最も微妙, 最も性質, 最も熱烈, 最も純, 最も美しく情深く, 最上級の, 有力の, 朝から, 木が, 末起は, 本当にわたし達, 東山堂という, 柳原伯松方侯井上侯柳沢伯小笠原伯大木伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは, 様々な, 権勢の, 正月の, 此, 歩いて, 歴々の, 歴史的に, 殊さら樹木の, 殊に気, 気が, 泣きつづけて, 涙を, 特に不審, 特に丹色, 特に小説的, 特に教育方法, 特に日本, 犬に, 独りで, 独楽は, 猿は, 現に今年, 甚だしく下, 生えること, 異彩を, 白い, 白く光る, 盗賊の, 目立たない勘定方, 目立って, 相馬御風君などは, 眼が, 眼の, 知らぬ人, 知識に, 確かに, 福井が, 立ち優れた旗本, 美しいものの, 群を, 自分の, 良心を, 花々しく世, 花鳥と, 若い侍たち, 荒い奴, 袋蜘蛛が, 褒め者に, 見当が, 親は, 評判が, 評判に, 話して, 誇りえた文子, 警官たちが, 豐けさにおいて, 貴重な, 超然として, 路上でも, 近ごろ筑紫から, 重い地位, 重要な, 金目に, 鍛えられる, 鐵火と, 隠密の, 集会が, 離散した, 雪の, 青リボンと, 青年たちの, 食事の, 飲んだので, 駆けあるいて, 駒形の, 高潔な

▼ なかにも~ (308, 1.4%)

4 ある 3 何か

2 [17件] あった, かすかな, すぐ死, それが, それを, はっきりと, ふと断末魔, ぼんやりと, 一本の, 一種の, 会社の, 光って, 溢れて, 私は, 胸に, 降るの, 露店が

1 [267件] ああいう, あった若い, あの病気, あらゆる複雜, あります, ありますが, あること, あるごとく神, あるロシア民衆, ある程度まで, ある筈, あれあの八百屋お七, あんな強, いうべきこと, いかさまばくちの, いつの代にか, いなかった, いられなかった, いろいろと, いろいろな, いろいろの, いろいろ役所関係, うつって, おかん, おのずから輪廓, おみち, ぐりこんでしまつて, こ, こうした閑寂地, こうして一つ, このくらい, これは, こんなお, こんな卑劣者, さし当っ, じっと堪え忍ん, すぐ描かれた, すこし恥し, すっきりと, ずいぶん辛い, ずしんと, せまい個人, せめて一人, そういうよう, そういう数学的, そういったもの, そこい, そこここに, そのこと, その二, その兩方, その子, その眼, その返還, そんな人物, たくさん入り全身は, たぶんいろいろ, ちょうは, どこか, なお失われない, なお必勝, なかなか強い, なつかしいエロサービス, なにかある, なにかそれ, なにやら解せぬ, なほ古今を, なほ恥ぢる, なんとなまず, はっきり示した, ひそやかに, ひとしお苦痛, ひとりか, ほしい, ほの, ほのぼのと, ほのめいて, まぎれこんで, またふたり, また特に, また独特, まだかすか, まだまだ無, まだ私, みえて, みられるの, もう既にそれだけの, もはや古典, よくわかる, よほど手重い, りんと, わかき英雄クウフリン, わけていわゆる, わずかな, わたしと, イタリア人の, コスモの, バッジが, 一つだけ, 一つの, 一二の, 一人ゴテの, 一度は, 一縷の, 一脈の, 三日の, 三枝のと, 不思議に, 不適者の, 二三かなりに, 二三十人ほどは, 二人が, 二十歳未満の, 亦現在, 人間の, 人間性の, 似たる人, 何だか心強い, 何人も, 光る歌, 其の白い, 出身や, 動揺が, 十六歳の, 十分に, 十分窺われる, 卑俗な, 南葵文庫の, 厳然として, 取入れられた, 和尚は, 喘いで, 四角の, 圖まで, 在るという, 在る微妙, 地に, 地の, 培われなければ, 多少は, 大抵は, 女の, 女優が, 女王ば, 好感を, 学術的研究の, 安住でき, 安心を, 実に芸術的, 実は守り神, 実在の, 実業に, 實に, 尊く身, 小幡民部は, 小舟が, 少しく意, 屈せず倒れずに, 常に中心, 幸福な, 幽寂は, 彼としては, 彼の, 彼は, 彼女の, 往来にも, 微かながら, 心の, 忍剣は, 忍耐し, 思ひ遣りの, 怪我人が, 悪いやつら, 愛嬌の, 感じた, 感じられたの, 憔慮が, 折竹の, 捨てないで, 文子の, 新しいタイプ, 新子の, 既にし, 時々こんな, 暇さえ, 曲輪が, 書いたごとく他人, 書いて, 書き漏らされて, 曼珠沙華赤し, 本人は, 根を, 桃源境が, 案外たいへんうまい, 毅然として, 氏には, 民主的委員を, 気を, 氷海嘯の, 永年いた, 流れて, 涙が, 淋しい恐ろしい孤獨, 混つて来る, 火が, 無智, 無精の, 燐光の, 物売りの, 狭い通路, 現れた, 現れて, 現われて, 生きられる, 生活の, 男は, 町をと, 痛切に, 発見できない, 目じる, 直接影響せず, 相が, 真に, 眼に, 着飾った競馬馬, 知識の, 石橋湛山氏松村謙三氏の, 私が, 私の, 程度の, 積まれめいめい, 笑める君, 絶対的戦争反対論者が, 美しいところ, 自分の, 自分を, 芥川の, 芸術の, 芽を, 若い女, 草の, 葉子に, 葛城の, 薄白く, 蘭の, 蝋燭の, 見いだすこと, 見えなかったが, 見出し得ないといふ, 見当らない, 見物席に, 訪れて, 読みとられる反映, 起こった, 起って, 起伏し, 輝く美, 造形美術の, 道は, 都會では, 重軽, 閃めいた, 静かな, 響いて, 魚の, 鯰蒲鉾の, 黙って

▼ なか~ (135, 0.6%)

3 ぱっと白く明るく, 急に 2 あんまり暖, なべて年, ゾーッと, 改まるわけ, 暗くな

1 [119件] いいお, いいの, いそがしくて, いちばんひどく, いっぱいに, おぼろ氣に, かゆくくすぐったいという, からからに, からっぽ, からっぽに, きゅうに, ぐるぐると, じめじめし, すっかり静か, ずっと豊か, その中, ぞっとした, ぞっと寒く, つまって, つまらないん, つめたくなりました, どうかする, どうにかし, どんなふう, どんな様子, ぬくぬくと, はっきりし, ぱつと明るく, ぱつと白く明るく, ひっくりかえるほど, ひろびろし, まっ暗に, まぶしいほど, まるで炭火, まわりの, みだれて, もとは, やきの, やきを, よい騒音, よくって, よくなっ, よくみえた, よく見えます, わからなくなる, ウザウザし, グーッと, シィンとして, シーソーの, ヘビが, 一ぱいに, 一時に, 万事ちゃんと, 乾いたよう, 今日は, 何となくごたつい, 何となく荒れ, 例外なく, 光と, 入って, 割かれて, 可い, 味気なくなっ, 変に, 夢の, 好いか, 始終引っ, 寂しくなっ, 小綺麗に, 少しも, 少し明く, 巧く行かない, 廻って, 文明に, 明るくなった, 明るくなりました, 景気づい, 暖くなる, 暗い上, 暗くなっ, 木の, 段々暗く, 泉の, 波の, 浮きたつよう, 涼しくなる, 深い洞穴, 清々しい匂い, 清潔に, 煙硝で, 煮えくり返って, 熱くなった, 熱くなり, 爽やかな, 片づくと, 甘ったるくなり, 痒ゆくなった, 痛くなる, 痛むと, 白けて, 相手の, 真暗に, 空虚に, 紫に, 美味しくなっ, 自分の, 薄暗くなつた, 見えた, 見えて, 見える, 見える時, 軽くなる, 酢っぱくなっ, 醗酵した, 重くなった, 錯亂し, 閙が, 靜まりかへ, 馬鹿に

▼ なか~ (95, 0.4%)

3 にはいっ 2 と申し, ど, どの樹, なかま, になれ, にはひとり, にむかっ, に來, に入れ, の隠れ遊び

1 [72件] うちである, から構われ, がある, がいま, がかくれ, がふたり, がまぎれこん, がホンコン, が変装, が残っ, が面会, だったの, とれんらく, と同様, と特に, どし, どたかね, どといふ藪, どと接骨木, どと申し, どの枝, どの紅, どの葉, どは紅葉, どや枇杷, なの, ならかっこう, にいた, にいれ, にお, にし, にだれ, にならない, になる, にはいった, にはいつ, にはいらない, には中国陣開戦以来, にまじっ, にエリーザ, に入り, に北条時政, に擁せられ, に溶け込ん, のしるし, のしわざだ, のたれ, のもの, のわかい, のチンピラ隊, の一人, の兵太郎君, の内, の海賊たち, の猟師, はいいました, はいつ, はくらい森, はこの, はその, は住ん, は金もち, へはいる, へ帰った, もみんな, らしく人間, をつれ, を手まねき, を見下し, 一同が, 入りしよう, 入りを

▼ なか~ (86, 0.4%)

2715 たの 9 たが 7 たか 2 たけれども, たこと, たもん

1 [22件] たかいおいらたち, たかしら, たかしらん, たかと, たかも, たから, たそのまま, たそれ, たと, たという, たとか, たので, たほどで, たもの, たらそれ, たん, た一昨日, た昇, た書物, た罰, た者, てよ

▼ なかまで~ (74, 0.3%)

2 そこらを, はいって

1 [70件] あった, あったの, あつまります, あぶらを, ありとあらゆる出鱈目, あり友だち, ある, いちばんのせいた, うろうろし, ここらに, したが, じゃりじゃりだ, すからね, そのイシカリ川, それは, とんで, なけり, なけりゃ支那人, はいり込んだな, はいり込んだろう, ひでちゃんって, ひろがらず例外, もぐり込んで, やってきたかい, よう活躍しよった, ブレーメンの, 一ぱいに, 三人は, 三十三町一本道で, 上野の, 休み無しに, 何となく満ちたりた, 入って, 勝手な, 吹きこませた, 四五人も, 埋めて, 夕焼の, 夢中に, 小唄なんか, 小林君を, 少女は, 年輩も, 待たずに, 忍び込んだ, 戦慄させよう, 押しよせる, 押込んで, 持ち込んだの, 持ち込んで, 新聞種の, 月かげの, 流れ込んで, 涼みます, 湿り込み夏, 滲み込んで, 煙だらけに, 監房の, 秩父の, 素子の, 聞えたから, 見通そうと, 詮索ご, 起きて, 送り込むと, 鉱夫の, 閃いて, 降りて, 青嵐に, 飛んで

▼ なか~ (64, 0.3%)

414 たが 3 たの, たので 2 たから, た様, た樣 1 たからね, たといふ, たばかりか, たよ, たらしい, たら子爵家, たん

▼ なかでの~ (49, 0.2%)

5 やうに 3 ように

1 [41件] いちばん中心の, おかみさん, きまりの, きわだった人物, ことと, こととして, このさそいかけ, まあ幹部, やや大きな, わたしの, チャチな, ハイカラな, 一つの, 一應の, 一流派では, 一般生活の, 交渉, 人気ものに, 位置によって, 共産主義者たちの, 出会は, 問答な, 奇怪な, 女である, 娘としての, 帝国主義の, 徳永自身の, 掛樋の, 最も有力, 最も現実, 温泉好きで, 生きる心持, 生活だけに, 経験者, 芸術的味いに, 若手で, 苦痛を, 話は, 話題は, 貴婦人である, 食事の

▼ なか~ (43, 0.2%)

2 たの, 尖った帽子

1 [39件] ありけど, いたって, いつもお, くだけよとばかり, ご覧に, さわがしいという, しみじみと, じめじめし, ただ白かっ, とがった帽子, なくて, ひっそりと, ひとつのこらず, ふだらに, また湖畔, 丸見えであった, 主の, 乾きあがって, 医者の, 埃だらけに, 少しづつ, 尖つた帽子, 広い, 広くない, 意識し, 暗く時雨ん, 朦朧と, 汗で, 淋しかった, 父だけが, 物音が, 破ったよう, 綺麗に, 薄暗いの, 見えて, 見とおして, 調べた, 離反せず, 革まって

▼ なか~ (41, 0.2%)

2 の有難

1 [39件] がいくら, がたべられる, がない, がはみ出し, がカード, が出, が軽く, が違っ, として, に気, はただ, はちゃんと, はなんだか, はまるで, はクリーム色, はナンセンス, は可愛い好い, は比較的どう, は泰造, は獄中, は石, は赤門前, への愛, もおのずから, も会社, をすっかり, をすりかえ, をほとばしらせた, をまた, をチラリ, を割っ, を吐き出した, を振り落した, を書く, を机, を茶碗, を語ろう, 次第で, 潟と

▼ なかへは~ (40, 0.2%)

9 いつて 8 ひつて 2 入って

1 [21件] いこんで, いるまいと, とんで, はいって, はいらなかった, はいれない女, ひりますね, ひり景気, ひる, ひるん, ふり込んで, まだ入られない, 入れて, 入れませんよ, 墓の, 悲しみも, 感じが, 溪の, 私達の, 色々の, 隠れ得ないし

▼ なか~ (36, 0.2%)

2 焼跡の, 眼に

1 [32件] あしを, あるいはけぶる, おなかの, さかい濡れん, ついには, という兄, ともう一人島田髷, はしづやよりも早く, まわりを, もしづや, もっと薄い, 中の, 他家の, 原に, 口の, 古井戸, 山峡や, 感想文などでは, 掃除の, 明け暮れて, 昔から, 森の, 玄関などには, 田圃や, 石ころの, 穂を, 空たかく, 胸に, 腕が, 草の, 街路や, 野の

▼ なかほどに~ (32, 0.1%)

2 小さな穴

1 [30件] あつた, あると, ある伊助, いたので, かかって, しいて, すすんだ時, ついて, つばきの大きな, つゆく, まるい舞台, ゆわえつけて, ゆわえつけ二人, チラチラと, 一隻の, 佇んで, 古い木箱, 大きな川, 年よりの, 待って, 怪人が, 横たわりし新聞綴込, 機関車が, 毒針の, 浮いて, 白い雲, 紅と, 落ちて, 踏みかけて, 109という

▼ なか~ (31, 0.1%)

62 けむか人, けむか土, しか可笑し, しも擬古

1 [17件] けむ我が, しおのれ, しが, しささやき, しつかれた, しといえ, しとぞ, しなら, しもありつ, しももし, しも亦, しも畢竟, しも貴族, しを, し柴田め, 我は, 胸を

▼ なかからは~ (28, 0.1%)

2 あちらからも

1 [26件] あったか, しめやかな, なくされて, なんの, ほんた, また一本, まるごとに, ルーダオの, 何の, 何も, 内証話や, 出ず腹ばい, 時々高い, 柿は, 様々な, 決して生れない, 煮物の, 生れないやう, 聖書に, 肺臓と, 芳烈な, 誰も, 身の, 金子と, 鐘の, 黄熟した

▼ なか~ (28, 0.1%)

4 ねえ 2 という

1 [22件] え, か, かうま, かな鼻, かまぶた, からなに, から人, から警官たち, から電車, か草, が, がと考へ, ぞとこっち, という点, といふ, とお, とおもっ, と空気, なあ, ものつまらない, るみな, 無辜の

▼ なかなる~ (23, 0.1%)

2 しら玉の, ものの

1 [19件] このドロウ, まづしい乙女, まッ先, ものとして, 人の, 伊那丸の, 余は, 孔雀の, 宴会は, 影は, 欝金草は, 火の, 物の, 肉体氏は, 花野を, 荼毘壇に, 蝙蝠は, 赤ん坊が, 金色の

▼ なか~ (20, 0.1%)

2 です

1 [18件] おぼしい時分, きまって, じゃろか, たい, ちがって, つばさを, なれば, はおも, 夜あけとの, 少し話しする, 申してな, 知って, 祓, 胸打などを, 西の, 見たが, 言うてな, 離縁する

▼ なかより~ (20, 0.1%)

2 一口の, 羽音たかく, 見えぬ

1 [14件] 一人の, 割れて, 取り出したの, 大根の, 杖つき, 来り炉, 生れてかの, 私らが, 紅の, 萌え出で, 見送りぬ忙しき, 起すが, 那智の, 麓の

▼ なかない~ (15, 0.1%)

321 いじっぱり, かんにんし, けど, さ, じゃない, と思います, のだ, よ, ニヤンと, 蠅で

▼ なかにまで~ (15, 0.1%)

2 響いて

1 [13件] かかる關係, かよって, くぐって, しみこんで, そのま, その人柄, はいって, もち運ん, 世界反, 彼等を, 現はれた, 踏み込まないでよ, 飛び込んで

▼ なかりき~ (14, 0.1%)

2 といふ

1 [12件] うつくしの, かかること, されど彼, しかして二論派, と, という, といふ説, と聞きつ, の君, またわれ答, また汝, 多人數

▼ なか~ (13, 0.1%)

2 のだ, ほりを 1 のだらう, のだろう, のであった, のです, ので気分, ので陽氣, のに, のにもう, 大きいので

▼ なかにこそ~ (13, 0.1%)

2 あのなか

1 [11件] もとめるべきもの, われわれは, 万遍なく, 人間の, 多くの, 希望が, 我等が, 生命を, 秀吉は, 蒼白な, 豊かな

▼ なかへも~ (13, 0.1%)

2 入って

1 [11件] ぐずり込んで, ぐつてゆく, ぐりこんでゆくとねうしろから, はいって, 入り込む蚊帳, 入れたいほど, 延びて, 書いたが, 決して飛び立とう, 雷獣が, 顔を

▼ なかりせ~ (13, 0.1%)

51 ばこうして, ばトロイア軍, ば人, ば千代, ば斯く, ば犬ねこ馬, ば衆, ば鋭

▼ なかほどの~ (12, 0.1%)

3 ところに 1 ところだった, ところで, ところまで, ところを, 地面に, 客車の, 空で, 空中に, 釣鐘草の

▼ なかにでも~ (11, 0.1%)

1 [11件] いるよう, ひそんで, まごついて, やはりとりあげられる, 入っちょ, 円め込ん, 坐つて, 寝て, 棲む事, 浸って, 飛んだの

▼ なか一日~ (11, 0.1%)

4 おいて 2 置いて 1 おいた日, か二日, の余裕, をおい, 置いた四日

▼ なかごろ~ (10, 0.0%)

1 から倉持, から暗い, から発行, に大きな, に大和田建樹さん, に龍太郎, の右側, の定期, までいそいだ, まで作家

▼ なかたち~ (10, 0.0%)

1 でこっち, で残つて, で淡く, で現す, になつ, になつて, にならう, のもの, や色彩, をする

▼ なかにて~ (10, 0.0%)

1 かの幸, なかんなど, ほほづき, 上訴を, 勘太郎が, 哄笑する, 物言ふ, 玉虫の, 鎭めぬ, 雑言した

▼ なかにと~ (10, 0.0%)

2 ぢこもつ 1 ぢこめられました, ぢこめられる, びこんでくるやうになつてゐたがまた, ほうも, もつて, 云うよりも, 云ふ, 降りて

▼ なかへでも~ (10, 0.0%)

1 ころがって, 入ったよう, 入れさせて, 入れたいよう, 埋めたかな, 差しこむこと, 滑り込んだら大変, 片づけて, 転がし込んだの, 這入った心持

▼ なかからも~ (9, 0.0%)

1 いろいろな, さらには, ぷすぷす硫黄くさい, 原料が, 来るの, 注目すべき, 湧いて, 私は, 聞き分けられた

▼ なか~ (9, 0.0%)

1 がすぎた, がスーッ, が身, はたしかに, はまた, は立ちどまりました, をくらく, をションボリ, 開き頬

▼ なかじゃ~ (9, 0.0%)

1 あんまり話ししない, いい姐, そんなとんでも, なっか, なんといっ, なッ, ひとを, ろか, 充分熟れ切っ

▼ なかでさえ~ (9, 0.0%)

1 この半分, この大, そう叫びつづけた, その男, よかったら, 人間の, 私の, 自分の, 風が

▼ なかほどまで~ (9, 0.0%)

2 下りて 1 いって, きたとき, くだって, ついて, のぼって, 押し襲, 行つて僕の

▼ なか~ (9, 0.0%)

3 世に 2 可き, 可し 1 となり, とも相

▼ なかにおいて~ (8, 0.0%)

1 さへ, です, 伸子は, 再生した, 単なる論理, 或る, 旅行に, 馬上より

▼ なかにさえ~ (8, 0.0%)

1 あらわれて, ある古, その作, やすやすと, 出て, 慰安を, 男の, 私を

▼ なか~ (7, 0.0%)

3 らに 1 らには, らの, らを, ら高き

▼ なかだけ~ (7, 0.0%)

1 でなく野原, でほんとう, で恋情, で本, で自分, 回って, 翔んで

▼ なかです~ (7, 0.0%)

1 か, からお, からきっと, がな, が地上, や, 臘燭を

▼ なかにだって~ (7, 0.0%)

1 こんな種, そんな小, ちいさなかけ, ほんとに肩, 一人や, 案外そういう, 石川五右衛門の

▼ なかばかり~ (7, 0.0%)

1 だと, である, でなくその, でなく船中, で見馴れて, 走ってる, 選りつつ

▼ なかぶし~ (7, 0.0%)

2 汝が 1 つつ, 我には, 獨し, 白かが, 鹿毛の

▼ なかである~ (6, 0.0%)

2 一つの 1 からあまり, から自由, ことが, 場合にだけ

▼ なかででも~ (6, 0.0%)

1 ある日曜日, こんなに面白く, で, 死んだらえらい, 言つてゐるらしい, 重大な

▼ なかなどに~ (6, 0.0%)

2 彼は 1 ときおり郡司, 保存する, 凝と, 菜穂子が

▼ なかへと~ (6, 0.0%)

1 びこんでみてはじめてわかるんだ, 流れて, 索めに, 足を, 運命の, 飛びこんで

▼ なかほど~ (6, 0.0%)

1 でおわるの, でまた, で剣環, で彼女, のを, 礼儀を

▼ なかまでは~ (6, 0.0%)

1 ありません, どうにも自由, なくて, みんなが, もう九時間, 追跡の

▼ なかまでも~ (6, 0.0%)

1 いちばんいけない, そうよぶ, はいって, 一々あらためさせ, 野に, 霧が

▼ なかみの~ (6, 0.0%)

1 あるビン類すべて, たのしさ, ないこと, ない気位, わからない籠, 赤い種

▼ なからし~ (6, 0.0%)

2 むるためには百姓を 1 むるを, めん, めんことを, めんと

▼ なかりけり~ (6, 0.0%)

1 か, この世に, さまで汝等秘密, 名所多くは, 弓はを, 高知ほとりの

▼ なかるべき~ (6, 0.0%)

1 ことは, ところに, などかちり, 懺悔の, 芸術の, 金勝寺の

▼ なかという~ (5, 0.0%)

1 のが, ものな, わけは, 価値も, 感じだった

▼ なかなどで~ (5, 0.0%)

1 ひとわたり見廻す, 人々が, 割合に, 口を, 描いて

▼ なかなれ~ (5, 0.0%)

31 ばいらずありき, ば大

▼ なかにおける~ (5, 0.0%)

1 一つの, 個人の, 専制的な, 物象の, 運命と

▼ なかへの~ (5, 0.0%)

1 つそり, やうに, ナイル地方の, 何の, 突然の

▼ なかまだ~ (5, 0.0%)

1 としたら, と思う, なッ, よ, 食えないこと

▼ なかをも~ (5, 0.0%)

1 出沒, 平気で, 辞せぬこ, 通つた, 顧みずしばらく

▼ なかうど~ (4, 0.0%)

1 しましたか, として立合, はきつね, らしいこと

▼ なかけら~ (4, 0.0%)

1 が互に, もあっ, をだし, を素早く

▼ なか~ (4, 0.0%)

1 なりをアーク燈, まく, 入つていかん, 入れて

▼ なかその~ (4, 0.0%)

1 中央に, 声が, 範囲では, 障子に

▼ なかだって~ (4, 0.0%)

1 そんな変, やはりいい, 叩き起さないとは, 君の

▼ なか~ (4, 0.0%)

1 やない, やア, や泊り, ゆうを

▼ なかにか~ (4, 0.0%)

1 あいらしい子供, あん, ぽッ, 室の

▼ なかほどへ~ (4, 0.0%)

1 すすめて, でたとき, 来て, 足を

▼ なかりける~ (4, 0.0%)

2 かな 1 夜革堂へ, 子ら遊びに

▼ なかをと~ (4, 0.0%)

1 つくに, ほつて, ほりぬけ二階, ぼろと

▼ なかをば~ (4, 0.0%)

2 のがれつ 1 往きか, 猶更いそぎ足

▼ なか近く~ (4, 0.0%)

1 なってから, なつた時, になった, になろう

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 いい眼, ねえだよ, はせ

▼ なかありません~ (3, 0.0%)

21

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 その近間, 城の, 寒い月

▼ なかだけに~ (3, 0.0%)

1 あるもの, しろこの, まといつけ蚊脛

▼ なかつえ~ (3, 0.0%)

1 に, の, は

▼ なかつかう~ (3, 0.0%)

1 で煙草, にきれい, をし

▼ なかでこそ~ (3, 0.0%)

1 僕は, 幸運の, 私の

▼ なかでし~ (3, 0.0%)

1 きりに, てゐた, でみる

▼ なかなら~ (3, 0.0%)

1 どこにかけても, どこへ, 仕事も

▼ なかにおいては~ (3, 0.0%)

2 ただ言教 1 緊要な

▼ なかについて~ (3, 0.0%)

1 お島, 居た葉, 藤吉郎どのはば

▼ なかにばかり~ (3, 0.0%)

1 ゐたの, ゐるの, 幸福は

▼ なかはさ~ (3, 0.0%)

2 のみに混雑 1 のみ混雑

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 にチユウチユウ, のまだ, の角

▼ なかへまで~ (3, 0.0%)

1 射しこむ, 緑っぽい, 跳びこむこと

▼ なかほどから~ (3, 0.0%)

1 ピョイと, 布片を, 見おろすと

▼ なかやが~ (3, 0.0%)

1 きて, そばから, 迎えに

▼ なかりき七月十六日~ (3, 0.0%)

3 の夜

▼ なかりけれ~ (3, 0.0%)

1 ばお, ばなり, ば老

▼ なか二日~ (3, 0.0%)

2 おいて 1 おいての

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 には, へ, を帳場

▼ なか~ (3, 0.0%)

2 のなか 1 の中

▼ なか~ (3, 0.0%)

2 に揚雲雀 1 に吹く

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 につき, の音, の音す

▼ なか過ぎ~ (3, 0.0%)

1 か, にけり, には霧

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 ありて, だ, のなか

▼ なかあいらしい~ (2, 0.0%)

1 日に, 蜂雀です

▼ なかいつのまにか~ (2, 0.0%)

2 纏り

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 いふ心持, いふ風に

▼ なかおして~ (2, 0.0%)

1 やめる, 聞いて

▼ なかおり~ (2, 0.0%)

1 をたしなみ, をはなち

▼ なかからのみ~ (2, 0.0%)

1 真の, 閃めき出る

▼ なかこの~ (2, 0.0%)

1 同勢で, 宿屋まで

▼ なかじゃあ~ (2, 0.0%)

1 どうにもなら, 僕が

▼ なかじゅう~ (2, 0.0%)

1 くつろぐ空気, そうして旅行

▼ なかすぎ~ (2, 0.0%)

1 になる, までぶとう

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 わを使っ, わ者が

▼ なかだけが~ (2, 0.0%)

1 まるで亀, 輝かしい光

▼ なかだけで~ (2, 0.0%)

1 発見し得る, 笑った

▼ なかだけの~ (2, 0.0%)

1 空想が, 考えごとに

▼ なかだつた~ (2, 0.0%)

1 かに自分, が役目

▼ なかだの~ (2, 0.0%)

1 何だ, 処か

▼ なかだろう~ (2, 0.0%)

1 ともちろん, と氷

▼ なかであっ~ (2, 0.0%)

1 てさえ死刑囚, ても我慢

▼ なかであり~ (2, 0.0%)

1 その時, ながら見

▼ なかでき~ (2, 0.0%)

1 ゃっと声を, やつき

▼ なかでさえも~ (2, 0.0%)

1 右や, 読まねば

▼ なかでした~ (2, 0.0%)

1 から, から千恵

▼ なかでだけ~ (2, 0.0%)

1 実在し, 彼は

▼ なかでなく~ (2, 0.0%)

1 ては出, ては私

▼ なかでのみ~ (2, 0.0%)

1 健全に, 存在を

▼ なかといふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, わけは

▼ なかとは~ (2, 0.0%)

1 いえ過激, まつたく別

▼ なかどうして~ (2, 0.0%)

1 世話な, 地球的に

▼ なかなど~ (2, 0.0%)

1 整理し, 時々自分

▼ なかなどを~ (2, 0.0%)

1 しばらく誰, ぶらぶらする

▼ なかなんか~ (2, 0.0%)

1 で赤襷, で高い

▼ なかにこそと~ (2, 0.0%)

2 わたしは

▼ なかにさえも~ (2, 0.0%)

1 まだ昔, デニキンという

▼ なかにしか~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ なかにだけ~ (2, 0.0%)

1 あるの, 生活し

▼ なかにとり~ (2, 0.0%)

1 残されて, 残されるの

▼ なかにの~ (2, 0.0%)

1 やうに, ん気に

▼ なかにのみ~ (2, 0.0%)

1 棲みすぎたよう, 育てられるもの

▼ なかにもの~ (2, 0.0%)

1 あさる, の化の

▼ なかにや~ (2, 0.0%)

1 はらかく首, むにやまれぬ欲望冷血動物的な

▼ なかにを~ (2, 0.0%)

1 さめられて, る癖

▼ なかへす~ (2, 0.0%)

2 がたを

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 いになあ, では

▼ なかまいり~ (2, 0.0%)

1 をしてる, をしよう

▼ なかまじ~ (2, 0.0%)

1 ゃあねえぞ日本人の, やあねえぞ

▼ なかめせ~ (2, 0.0%)

2 しまに

▼ なかもん~ (2, 0.0%)

1 じゃ, なァ

▼ なかやの~ (2, 0.0%)

1 膝の, 返事は

▼ なかやを~ (2, 0.0%)

2 相手に

▼ なからん~ (2, 0.0%)

1 には主人, やいで

▼ なかりきさる~ (2, 0.0%)

1 ほどに此, をことし

▼ なかりき夫~ (2, 0.0%)

2 れも

▼ なかりき是~ (2, 0.0%)

1 れ単に, れ單

▼ なかりき歳~ (2, 0.0%)

2 は十五

▼ なかりしか~ (2, 0.0%)

1 ば公子, ば虎

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 べえ, ぺうを

▼ なか一ぱい~ (2, 0.0%)

1 にそれら, に射しこんだ

▼ なか七軒~ (2, 0.0%)

2 はさんで

▼ なか三日~ (2, 0.0%)

1 ばかりおいた, ほどおい

▼ なか~ (2, 0.0%)

2 の習癖

▼ なか全体~ (2, 0.0%)

1 が曇り, で揺すぶる

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 のデリカ, はからつ

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 ならば, をみる

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 といふ宿, の水

▼ なか川旅館~ (2, 0.0%)

1 の朝めし, へ宿

▼ なか廊下~ (2, 0.0%)

1 へもち, を玄関

▼ なか洋燈~ (2, 0.0%)

2 をつける

▼ なか深く~ (2, 0.0%)

1 入って, 顔を

▼ なか申し~ (2, 0.0%)

1 て, ておりまし

▼ なか程まで~ (2, 0.0%)

1 来ると, 這い上ったが

▼ なか~ (2, 0.0%)

2 の女中相手

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 の先頭, ま男

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 から国内, に地蔵さま

▼1* [319件]

なかあいそうに, なかあかつきもこの, なかあの秀吉に, なかあの大きな体と, なかありといふ通り, なかあわせにくッ, なかいちめんに砂, なかいっぱい荷物を, なかいっぱい鳥や獣, なかいのせなかに, なかうい鹽梅ぢや, なかうもりがこ, なかうろつきまはる, なかえるは田, なかえんがまるで, なかおちついて雪, なかおとしたものを, なかおどおどと, なかおのれを心得, なかおばせを, なかお出ましにならなくたっ, なかかも知れんと, なかからさえ性ばかり, なかからでも人材を, なかからにはかにあかく, なかからより出して, なかがにはかに, なかがよよごれるや, なかくし場所だ, なかぐらいの大さ, なかこうして呼びつけるなんて, なかここんとこ, なかこもった空気の, なかたる, なかごろのは演説, なかごろ呂昇は咽喉, なかごろ私はちょうど, なかさえ朗か, なかささやかな溪流, なかさしのぞく, なかさては頭の, なかさながらの奇異, なかざる里も, なかしょっちゅう道を, なかじいさんが恐ろしい, なかすでに蛍の, なかすり傷をつけ, なかそこへせい, なかそれから生垣に, なかそんな幻が, なかそんなに度々そして永い, なかたちこれが果たして, なかたで檳榔樹とか, なかたべるものが, なかだけででも考えて, なかだけでもかなり大きな, なかだけを全部徒歩で, なかだったにもかかわらず, なかちひめずつと下, なかちやんと云, なかって以来どうも, なかみじめな, なかであった茫々と, なかであり死ぬ時彼に, なかであれば互, なかであろうともなかろう, なかでうと, なかでかういひ据ゑた, なかでくすっと笑っ, なかでしか推理しない, なかでじつとしてゐます, なかでたはむれ, なかでだけの解決に, なかでだってこれと, なかででもちよ, なかでともつて, なかでない静かな, なかでなくなったので, なかでなければ仲, なかでねむりたいなんていうのですものお, なかではからさわぎを, なかでばかり私は, なかでもがいて, なかでよりも学校とか, なかでわづかに, なかでをかしく青く, なかとか設備が, なかとが実はちぐはぐ, なかときのぐんやぶれきてはらきりたりときけばかなしも, なかときぐんやぶれきてはらきりたりときけばかなしもと言つて, なかとで息を, なか地面が, なかどうかしらと云っ, なかども目に見え, なかどんなのかしら, なかなかよき効果然し, なかながら時たま蝶蝶, なかなくうまく出来て, なかなくってそんな, なかなぐしを二つ, なかなぞへ隠れて, なかなぞを雑巾が, なかなったのは, なかなどが最初そんな, なかなどにはなかなか身分, なかならぬ本当の, なかなんかに閉じこめて, なかなんぞに自殺した, なかなんてに落ついて, なかにおいてさえ瞑想に, なかにおいてのみその全, なかにかけてぐるぐると, なかにかぞへて, なかにかの魚を, なかにがくりと, なかにくびをひっこめました, なかにすら休むこと, なかにぞ住いける, なかにつきのこり, なかにつれ出されなければ, なかにつれて大階段, なかにては望みの, なかにとって貰いたがるでしょう, なかにはかへつてみごとな, なかにはから紅の, なかにはぞつとする, なかにはと云つても, なかにはねまはる羽, なかにはもの好きに, なかにはわづかに, なかにゃああ見え, なかによこたける, なかにより高次の, なかによりもむしろ無名, なかぬき出して姑, なかのきゆうくつな, なかのけはいを, なかのけだものよ, なかのみのむしぶらり, なかのよかつた, なかのりさんで名高い, なかのりさん木曽の御嶽さん, なかはいちめんに装飾, なかはの人間ばかりの, なかばってんが今にどうか, なかばってん俺とお, なかひつそりと靜まり, なかひとすぢ, なかふくらみの紅い, なかふつと火, なかぶとの中, なかへだけはどうしても, なかへだってぐつぐつと, なかへでものこ, なかへなど忍んで, なかへははひらず外, なかへまでは新しく創られた, なかべを傷めて, なかほして一, なかほとんど服を, なかほどが欠けたよう, なかほどで燃えきつて, なかほどにはいって, なかほどより折れて, なかほどをみつめて, なかぼくは盛ん, なかまたは流れくだる瀬, なかまでが期限です, なかまとお酒も, なかまなんだな, なかみと同じに, なかみの箱が現れる, なかみの造作のそれぞれ, なかむつまじくくらしました, なかむなにして秋行かむとす, なかむらけいぶ, なかむれは入日, なかもの行かぬ, なかもをしや, なかやと一緒に, なかやぶのなか, なかやぶきやねの家, なかよしこよしであそんでる, なかよりもずっと雪, なからん乎この期, なからん時は, なかりきそはその, なかりき今はジリジリ, なかりき彼これに心, なかりき法事をせず, なかりき鑑真和尚のこの, なかりけり縺れたる文字の, なかりけり霞むこの昼, なかる見ゆ, なかろう者なら益々, なかわいた霧を, なかわの宝石箱を, なかわんにもっ, なかをかへるとて, なかをでもながめ入って, なかをねんいりに, なかをのそりと, なかをはしつて, なかをめぐっているよう, なかをわぁんわぁんとゆりうごかしていましたがやがて, なかをんなには, なかんでいい子, なかありませんや, なかソリの上, なかッたんだから, なかッ階下のおじさん, なかドサリドサリ伸びて, なかパチリパチリやっては, なかホテルの前, なか一回一年だけ書記長, なか一度見てないもの, なか一日休養して, なか一晩林町へとまらせる, なか一杯風を受け, なか世上の聞え, なか両手をコウ, なか二三日おいて, なか二人の黒き, なかて一々, なか以外に一目瞭然, なか休みの一日, なか侍茶店にあぐら, なか優雅なもの, なか全速力で闇, なか出れば月, なか列車はいま関ガ原, なか十二時すぎまでぶとう, なか召し捕りますことは, なか叮嚀親切な応揚, なかも知られぬ, なか咲いてむらさき, なか噴水のほとり, なか垣根のもと, なかもあり, なか声もろともに無く, なか多少人前という, なかそれた強い, なか安穏なれ仏法, なかのなか, なか家ぢゆう逃げ, なか少し凹みたる上, なかが見えない, なかいこと, なか帰って行く, なか庇い立てすると, なか座間の研究所, なかには春, なか得難い穏厚実直な, なかる男, なかの, なかにとり, なか碎く, なかとの間, なか掻探して, なかのなか, なか時静かな若葉, なか暗夜ともし, なか曼珠沙華のしづか, なか東方が白む, なか栄光のなか, なか死んだ勝頼を, なかや夫たち, なか水面から僅か, なか波折光ると, なか海峡を渡り, なか滿たし, なか漕げる舟見ゆ, なか無くつて, なか物心のある, なかにつままれた, なか産声のたか, なかであると, なかのなか, なか畳そと板敷, なかを覚まし, なかはだ, なかのした, なか突兀たる岩山, なか突通す無慘, なかもらひに, なか絵画的な描写, なかが早い, なかのそば, なか至難な許, なか舟宿へくる, なかは港, なかの色, なか蔦ヶ岳をこえ, なかのなか, なか蠧まれた祈祷, なか行くように, なか行けか去れだ, なか話すのあ, なか読書に疲れ, なか誰かがそれ, なかな女, なか負けていない, なかへるだけの, なか赤坂見附迄拝覧, なか踊りををど, なか速いことを, なか進み入る高き天, なか過ぎ私一人が起き, なかか下方, なか酔うて寝, なかのつつみ, なか野糞する草, なか関君につれられ, なか防空演習でおきる, なかが鳴っ, なかもなく, なかの売れ, なか高声あげて, なかなる鈴菜