青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でありまし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~で で~ ~であっ であっ~ ~であった であった~ ~であったろう ~であり であり~ ~でありまし
でありまし~
~でありました ~でありましょう ~であります であります~ ~である である~ ~であれ であれ~ ~であろう であろう~

「でありまし~」 1242, 12ppm, 9401位

▼ でありまし~ (1191, 95.9%)

15 これは 11 それは 9 それが 7 今日の, 日本の, 私は 6 そこには, その点 5 その結果 4 それを, 之は

3 [16件] この二つ, これも, これらの, これを, すべての, そこに, その中, その意味, それで, それに, 中には, 主人は, 他の, 是は, 此の, 私どもが

2 [48件] あながちに, この仕事, この問題, この種, これが, これと, これらは, さう, さうし, しかもその, そこから, その不調和, その頃, それらの, それ以外の, た, またこの, またそれ, また淀橋, わたしは, 一定の, 一方から, 一般には, 人間の, 今から, 今でも, 今までの, 今日は, 何を, 其の中, 其の前, 其の後, 其の時代, 其の窓, 前の, 形が, 後の, 支那の, 斯う, 日本で, 極く, 汽車は, 沢山の, 海を, 私どもは, 私自身も, 美の, 自分は

1 [966件 抜粋] あいつは, あの花瓣, あるが, ある學者, あれは, いかんとも, いずれかと, いずれも, いずれ凡聖同居, いつでも, いは, いま文化部としては, いろいろと, いわば天, いわゆる大, おそらく艇長, お寺が, かういふ筆法, かういふ風, かかる性質, かくの, かく申します, かつては, かように, こ, こうした心遣い, ここの, ことに九州南部, ことに英国, この世の, この二通り, この信実, この原則, この城, この大部, この小説, この意味, この方面, この時代, この点中尉, この社会, この置き残された, この見, この話, この項, これだけ, これには, これのみは, これほど, これより, これ以後秦の, これ迄, こんな様子, さかなの, さてその, さらに一歩, しかもそれ, しょせん職務, すぐに, すな, ぜんぜん同様, そういうよう, そういう問い, そういった約束, そうなると否, そこらが, そしてその, そして即ち, そのうち, そのため, そのとき, そのゴア, その並々, その五本, その仲基, その内容, その原因, その四種, その塋域, その夜, その妻, その宇都, その実例, その後さらに, その心理, その持田様, その教育, その時代, その望み, その根柢, その流れ行く, その現代, その画, その祖父, その経験, その著しい, その被害, その説法, その関係, その頂上, その食生活, それから非合法的行動, それでなく, それならはじめ, それより, それ以上は, それ故にこそ, そんな人間, たしかに一つ, ただの, ただ正直, ただ見た, たとえば不正, たとえ彼等, だからこの, ちょうどその, ちょうど支那, つい先だって五百八十三万, つまりは, つまり東洋的現実日本的地方的条件, ところにより, どういう行い, どうしても南朝鮮, どうして集める, どうもこれ, どこまで, どちらを, どんな事, どんな時代, なにも, はなはだ残念, ひと度それ, ほとんど紙一枚, まあ宗教的縁起譚, まことに信州, まさしく他, またこれ, また諦め, まだ十分, まだ正確, まつたく氷, むろん製品, もしその, もし宗因以前, もちろんその, もちろん委曲, もちろん私, もとは, もともとアイヌ, もとよりあなた, ものごとを, もはやお, やはりかれ, やる気が, よい書, よく何, わが家族制度, わたくしの, われわれは, アフリカ探検は, インドの, オールソ族, カナダ大学の, コンドルは, シナの, ソノ, チーズ製造人らが, ハリダースを, ヒッ, ヘルンの, ベナビデスの, マクロコズムつまり, メシヤという, 一つ一つ独立し, 一人に, 一体ニッポン, 一寸手が, 一度鏡で, 一方を, 一概に廃物, 一生無学で, 一般的な, 一見甚だ奇異, 丁度之, 丁度関東, 万一蚤, 上に, 下々の, 下情に, 世に俗, 両々相俟って, 中に, 中心の, 中葉期建築に, 主観も, 之に, 之を, 亂とは, 事の, 二人の, 互に相, 京の, 京都吉田山へ, 人から, 人を, 人生と, 人間に, 人類社会の, 今では, 今は, 今も, 今度は, 今日ある, 今日この, 今日では, 今日わが, 今日繁栄を, 他人の, 会うという, 低い地位, 何も, 余り世間, 作家の, 例の, 例へば司馬遷, 信友の, 俳諧の, 値段の, 假名遣, 僅か五六米, 優れたもの, 元治元年が, 兄は, 先づその, 先年亡くなりました, 入会されたなら, 全體, 其の兵家, 其の家, 其の面, 其位地は, 其後の, 内地では, 内密に, 冷静な, 凝り方, 出そうと, 初めの, 判に, 到底高等, 前年の, 割筆の, 加茂の, 北部イタリヤの, 千二三百年前の, 単なる台所道具, 印度から, 即ち今, 即ち懷徳堂, 即ち自治體, 原語は, 友情という, 口語の, 古い所, 古くは, 古代羅馬の, 史記の, 同じヨ, 同じ快走艇倶楽部, 同一の, 同時に同, 名の, 名古屋お, 名称は, 吾, 唐律には, 唐津にも, 四世紀間も, 四阿前, 国中で, 国家非常の, 圓瓦の, 地は, 基督教思潮を, 声色づかいで, 多数の, 大げさに, 大乗経典中の, 大學, 大政翼賛と, 大變大切, 天子の, 天皇樣だ, 夫程, 奥様が, 如何に, 子供も, 宋の, 完全料理とは, 官服として, 実にカーライル, 実に劃期的, 実はこの, 実践が, 実際多く, 宮本は, 家も, 家庭教育は, 實用に, 少しく物, 岩代の, 左程, 常に弓馬, 帽子衣服などの, 平野神社の, 幹事長に, 弘法大師が, 弟は, 当時の, 彼は, 彼女は, 待遇改善から, 後には, 後世に, 後年の, 従ってニッポン, 従つて考へが, 從つて内亂と, 從來儒教などで, 心理学なる, 必ずしも某々二, 必ずしも美し, 恐らく此, 悪沢, 我々が, 我國でも, 戦争の, 所謂今日文化と, 所謂非常時局は, 才気風, 技術は, 採るに, 支那人の, 敵は, 文字通り, 料理人の, 新しい名古屋, 旅行者にと, 日ごろ諸君, 日本が, 日本でも, 日本に, 日本は, 日本人は, 日清戦争の, 昔から, 昔唐の, 昨夜以来無条件の, 是が, 時にとりまし, 時には支那, 時には珍しく, 時候の, 普通の, 暴力的な, 書く方, 最も古社, 有益でも, 未来に, 本居宣長, 本當, 東北地方を, 核にあたる, 極端な, 機械で, 此中に, 此庵は, 此等大方は, 歯が, 殊に, 殊に日本人, 殊に盆, 殊に若い, 段々實力, 気候は, 江戸入部以後これほど, 決してベナビデス, 決して民族上一般民衆, 法顯三藏が, 消極的に, 温情的な, 溌剌強靭なる, 漁夫の, 漢書の, 無理に, 煤煙の, 物質的に, 特に新た, 王の, 現に杭州, 現代科学の, 現場に, 理知理性の, 生活する, 生活即, 生産も, 産婦は, 甲を, 畢竟無, 病人を, 百本程も, 皆んな寄つて誰も, 皆無效と, 直ちに日, 相当の, 真に同じ, 眼差には, 矢張り古, 矩だけは, 研究室以外の, 社会が, 神経の, 神聖なる, 福引も, 私たちは, 私としては, 私どもの, 私の, 私もど, 私共は, 秋雲という, 科学的に, 科学者以外の, 稚拙だ, 穢多に対して, 第一, 第十三世紀, 篠原良平が, 精粗と, 終止形以下は, 結婚した, 結局この, 結局人間が, 編み方, 繩に, 羅馬帝国は, 美しかるべき, 美濃紙の, 美術とか, 美術の, 群衆心理と, 而も, 聖徳太子の, 職人は, 自分が, 自分に, 自分等は, 自然よい, 色々と, 色々の, 芸術分野といふ, 芸術的作品は, 若い人, 英語では, 英語の, 華麗極まる, 蚊帳の, 行く目的地, 裏面或いは, 親の, 言わば私, 言語風俗から, 許さるまじき勝手, 誠に温厚親切, 誰かが, 諸陵寮, 議場の, 谷峨の, 象牙細工の, 貴人とか, 貴族時代の, 赤砂糖でも, 足利時代殊に, 辛辣な, 近藤とも, 通常赤外線紫外線と, 道が, 遙かな, 郷土文芸の, 都会には, 金屬を, 関守氏は, 雲が, 霊的な, 静岡の, 頭に, 風に, 餘程議論が, 高野山にも, 黄金が

▼ でありましても~ (32, 2.6%)

2 やはり美術品

1 [30件] あるいはそれ, おたがいに見た, こちらへ, これは, こればかりは, そこで今度, その拓殖, その控え, それで雨露, それは, それを, どちらでも, どのよう, やはり能書, 一円のも, 其の途中, 十分今日の, 十數年前で, 口に, 大名の, 婆や, 実際は, 彼我の, 御承知, 決してそれ, 清子さんの, 私さえ, 精神的の, 芸術的な, 表装と

▼ でありましてな~ (5, 0.4%)

1 これが, そこの, そんなら, 唯至って古い, 昨年来世間に

▼ でありましてと~ (2, 0.2%)

1 勝逓相の, 声が

▼ でありましての~ (2, 0.2%)

1 もっとも両, われら同志においても

▼ でありましよう~ (2, 0.2%)

1 が彼, が皆喜び

▼ でありましようし~ (2, 0.2%)

1 その都度, 小生にと

▼1*

でありましてかやうな, でありましては到底世間, でありましてナ亡き父, でありましやうか, でありましよう衿白粉が黒ずん, でありまし