青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ないだろう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

どんどん~ どんな~ ~どんなに どんなに~ ~な な~ なあに~ ~ない ない~ ~ないだろう
ないだろう~
ないで~ ~ないでしょう ~ないです ~なお なお~ なおも~ ~なか なか~ ~なかっ なかっ~

「ないだろう~」 1236, 13ppm, 8286位

▼ ないだろう~ (498, 40.3%)

63 思う 47 思います 44 思って 18 思った 14 思われる 13 思うん 10 思うが 8 思うの, 私は 7 思いました, 思いますが, 思うと, 思われます, 考えて 6 思ったから 5 思いながら 4 心配し, 思われた, 思われるよう 3 いって, おもいました, 云って, 存じます, 思いますね, 思ったの, 思われるほど, 思われるほどの, 想像される

2 [19件] いうので, わたしは, 云った, 人々は, 僕は, 彼は, 思うから, 思うがね, 思うけれど, 思うわ, 思えるほど, 思ったほど, 思ってね, 思われますわ, 考えた, 考える, 言うこと, 言うの, 言って

1 [150件] あきらめたからこそ, あきらめて, あたくし, あやぶまれながら, あわてて, いいました, いう, いうこと, いうだけの, いうんで, いった, いったこと, おもった, おもわれます, こうしてわざわざ, こう僕, しいて思い込もう, ずっと前, そう彼等, その人, そんな風, つめよるかも, なんか, ひとりで, ふと考えた, フランス人は, マリユスは, 一人で, 不思議に, 云いました, 云う, 云うこと, 云うだろうか, 云うの, 云う事, 云ったら妹, 云っても, 云われて, 今度は, 仰言, 信じた僕, 信じて, 信じます, 信ずる, 信ずるから, 全く途方, 医者も, 即断しなけれ, 口を, 命の, 咲きの, 噂し, 園田さんは, 報告し, 太宰治が, 婆さんは, 安心し, 小人たちは, 布団の, 幾分の, 度胸を, 弁解し, 心の, 心配した, 心配です, 思いそういう, 思いだして, 思いましたから, 思いまして, 思いますから, 思いますけれど, 思いますそれ, 思いますの, 思いますネ, 思い直したが, 思い落, 思うこと, 思うだけ, 思うです, 思うという, 思うな, 思うよう, 思う時分, 思う理由, 思う自身, 思える, 思えるどっさり, 思えるの, 思ったが, 思ったけれど, 思った屋敷, 思つ, 思つた, 思ひながら, 思わざるを, 思わずには, 思わせるある, 思われて, 思われるかも, 思われるの, 思われる妙, 思われる程, 恐る恐る扉, 想像し, 感じて, 感じ入りその, 手塚さんも, 放二, 気づかって, 気強く思い返し, 気落を, 決めて, 注意し, 甲斐は, 疑って, 確信し, 私も, 笑って, 答えた, 簡単に, 緒方は, 考えあやしい, 考えたの, 考えたので, 考えつきました, 考えなんと, 考えました, 考えます, 考えら, 考えると, 自分に, 自分の, 見て取った教師, 見られた, 言いながら, 言うよ, 言う氣, 言った, 言った恋しい, 言われたが, 言われて, 言われれば, 賛成した, 途中では, 部下の, 難色を, 食卓に, 骨折り甲斐, 高を, 高橋は

▼ ないだろう~ (134, 10.8%)

3 私は 2 それが, 僕は

1 [127件] あの大将, あの岡, あの晩, あまり迷信, あれは, いっこうだめ, いつも必ずこの, いやしい心持, お前の, お桝さん, きっとそこで, きみたち三人が, ここに, こちと, こちらでは, この, このとき, これで, こんな瞬間, さっきあの, しかしこの, しかしよしんば, しかし僕等, しかし新しい, しかし日本, せっかくの, そういう時奴ら, そういう細かい, そうなら, その癖, その石, それじゃ, それだけに, それでもちょっとした, それでもまあ, それでも一応, それでも孔子, それと, それらを, できるだけわけ, とにかく, とにかくお, とにかくどこ, とにかくまだこれ, とにかく常人, ともかくだ, ともかくも, なまじいお, なんだか意外, ひどくまずい, ほら僕, まあそういう, まあ黙っ, もうそれ, もしあの, もし売れ, やっぱり何, ゆうべろう仮面を, よく事情, よく注意, よく馴らした, わしは, アインシュタインの, グーテンベルクという, シカモ其の, マダム, 一応警告, 三方四方の, 世の, 世を, 中には, 之が, 之に, 二人手わけを, 人の, 今ごろまで, 何しろひどい, 併し, 六歳を, 別に斯様, 別に研究家, 君たちの, 外部に, 大きくなったら, 大人物とも, 大切に, 大食いの, 女は, 姫君を, 娘が, 実は歴史上, 家計は, 小舟町という, 小説的作り話だったら, 少くとも, 少なくもこの, 山駕とかいう, 工部学校から, 形式から, 念の, 悪くすれ, 手を, 方丈へ, 日本画家で, 日祀りの, 明らかな, 曲者は, 桜川三孝氏も, 棒などは, 死場所を, 死者の, 気が, 無論又, 煩雑を, 百姓には, 皆不平を, 神を, 私に, 私はよ, 筋も, 自分には, 見世物本来の, 見張りが, 諸君の, 非常に, 風, 黒船の

▼ ないだろうかと~ (110, 8.9%)

8 思って 7 思う 6 思った 3 心配し, 考えた 2 思ったの, 思ったり, 考えたの

1 [77件] あたりを, いって, いろいろそうだ, お宮に, きいた, きもを, しきりに懸念, そう思われた, その頃, それが, それを, そんなよう, ただそれ, どの位注意, はっとしました, はらはらした, ひどく危ぶみはじめた, まあそんなふうに考え, まあ考え, よく思う, わたくしは, ジョヴァンニは, マントを, 不安な, 二人は, 云うと, 云うに, 云う思いつめた心持, 住宅の, 作者は, 僕の, 勝手な, 半なに, 夢中で血迷っ, 嫌々ながらも, 子供達は, 寝ても, 幾度も, 彼は, 彼女は, 待って, 心配した, 心配しました, 心配し出した, 思いだした, 思いました, 思います, 思いめぐらした, 思うこと, 思うの, 思えば, 思ったりも, 思った事, 思つたのです, 思わずその, 思われた, 思われる, 思われる節, 恐る恐る二階, 恐れた, 想像し, 想像しよう, 敢て, 気づかった, 清木先生は, 申すの, 空しく探す, 終日思い悩み, 結論した, 考える, 考えると, 聞くと, 見廻わ, 言う, 言うこと, 言って, 追っかけられて

▼ ないだろうという~ (78, 6.3%)

9 ことを 6 ことは 3 ような, 気が 2 ことだ, ことである, ことです, ことに, ことも, のが, 事は, 話だった, 話であった

1 [39件] こと, ことであった, ことでした, ことな, ことなどを, ことについて, ことはね, ところを, のである, のでした, のは, ひと言が, ほうに, ほとんど確定的, ように, 予想は, 予感は, 事実を, 噂で, 宿の, 心の, 心細いもの, 思いも, 想像が, 意味だった, 意味の, 推定を, 期待の, 気は, 気も, 気持だけでも, 深い思慮, 点だ, 考えが, 自惚れでした, 見透しで, 規定に, 評判だった, 風説が

▼ ないだろう~ (59, 4.8%)

1 [59件] あたかもここ, あれから, いつかは, おそらくは同じ, おそらく二人, おばけにも, この点, そういう細工, そうしてひどい, そうすれ, そう言え, その男, それに対して, ただ自分, どうも私, ひそかに, またそんな, また亡くなった, また人間, もはや会戦, やがて作者, フリーダが, 僕も, 初めての, 又そう, 又仮に, 又唯物論者, 又基本的, 反動的な, 同じくわかり, 君の, 多くの, 子供達も, 後の, 御重態, 捕えられたら捕えられたで殺されるなり, 文学は, 昨夜の, 書く私, 書けそう, 極端にまで, 横浜で, 現在和一郎が, 現在積って, 生家の, 生憎だった, 第一, 第一洋服店, 而も, 自分で, 色彩は, 苦しみの, 虎之助は, 親が, 訪問客は, 調べて, 貴女だって, 鏡に, 騒いだって

▼ ないだろうから~ (46, 3.7%)

53 である

1 [38件] ああ云い, あの場合, いくら不幸, いっそ二人, きっとなおし, ここは, この金, して, せめて五十両, そういう面, そこに, その結論, それだけにこれら, それも, そんなツマランこと, ぼくが, まあいつ, もう一, もっと彼ら, セエラが, 不快に, 乳が, 人間に, 今の, 僕が, 出発前に, 単に観念的, 器械の, 月給十円の, 殆ん, 特にフランス文学, 町まで, 私が, 笹屋へ, 言わない方, 資本主義的ジャーナリズムや, 邪魔に, 驚異と

▼ ないだろう~ (45, 3.6%)

2 と怖, 少年は

1 [41件] あなたは, あるいはただフリーダ, いや僕ら, いよ, お母さんなら, こうし, こうじゃ, このごろは, これまでにおいて, こんなこと, そうして無, そしておそらく, そしてそれ, そして心から, そのたより, その危ぶみ, それに, それに私, とても働けまい, どうであろう, なぜあの, ッて, 今は, 単に色, 外套は, 女中の, 少くとも, 才が, 故国園遊の, 旨くあの, 枕の, 死の, 火箸で, 知らん, 私は, 考えては, 若し場所, 試して, 過去十年の, 金の, 金星から

▼ ないだろうかという~ (24, 1.9%)

2 ことです, ように, 考えが

1 [18件] ことであった, ことである, ことを, こと仲間の, のが, ような, 不安から, 不安が, 不安な, 不安は, 不安を, 危惧は, 意見を, 懸念が, 懸念さえ, 気が, 疑も, 頼みであった

▼ ないだろうけれど~ (18, 1.5%)

1 [18件] あたしゃこれで, いまこれだけしか, お前おとなしく, これは, しかし中学校, そこが, そのうちどうかした, なるべくなら, パン屋さんにも, 世の中だって, 二人で, 仕方が, 作者は, 和一郎の, 昨日も, 父さんは, 芸人が, 見て

▼ ないだろうけれども~ (11, 0.9%)

1 [11件] この会社, むかし花見に, 人間の, 以前の, 何となく気味が悪い, 去年の, 昔恋し, 本人が, 水が, 私と, 自分が

▼ ないだろうじゃ~ (11, 0.9%)

9 ないか 1 ありませんか, ないかね

▼ ないだろうこと~ (10, 0.8%)

1 は歩い, は演ら, をひいては, をぼく, を予想, を彼女, を想像, を私, を考え, を見た

▼ ないだろう~ (7, 0.6%)

1 あんな男, こう立て切っ, そうでしょう, ハドソン, リューバ, 伊予の, 履物は

▼ ないだろうそう~ (6, 0.5%)

2 思って 1 して, じゃ, すれば, であればこそ

▼ ないだろうなどと~ (6, 0.5%)

2 思って 1 そんな悪口, 云うこと, 人は, 太田は

▼ ないだろうがと~ (5, 0.4%)

2 思いながら 1 云って, 台湾から, 甲斐は

▼ ないだろうがね~ (5, 0.4%)

1 あの洲崎, ええ, それは, シドニー, 僕は

▼ ないだろうけど~ (5, 0.4%)

1 あのウチ, これは, その彼女, 僕なんかに, 具体的に

▼ ないだろうこの~ (5, 0.4%)

1 あいだの, ままの, 心理だ, 石垣の, 訳書を

▼ ないだろうって~ (5, 0.4%)

1 おっしゃるから, ことだけは, 冗談言っ, 自分でも, 良人でも

▼ ないだろうとは~ (5, 0.4%)

1 彼女は, 思う, 思うん, 思ったがね, 途

▼ ないだろうとも~ (5, 0.4%)

1 云われる, 思った, 思われる, 思われるけれど, 考えられますし

▼ ないだろうかとか~ (4, 0.3%)

1 そんなこと, 其様な, 凡そそんな, 又は

▼ ないだろうなと~ (4, 0.3%)

1 いうこと, いった, よく見よう, 平野名人も

▼ ないだろうだから~ (3, 0.2%)

1 前は, 物を, 駄目だ

▼ ないだろう~ (3, 0.2%)

1 のこれ, の中, 飛び去った雌鴨

▼ ないだろうからと~ (2, 0.2%)

1 るす, 意識した

▼ ないだろうかを~ (2, 0.2%)

1 不審に, 憂えた

▼ ないだろうそして~ (2, 0.2%)

1 この事実性, どんな人

▼ ないだろうその~ (2, 0.2%)

1 時は, 重荷が

▼ ないだろうっていう~ (2, 0.2%)

1 ことをさ, 期待です

▼ ないだろうとの~ (2, 0.2%)

1 事であった, 杞憂は

▼ ないだろう~ (2, 0.2%)

1 何という, 盗られた奴

▼ ないだろうねえ~ (2, 0.2%)

1 私は, 車掌

▼ ないだろうのに~ (2, 0.2%)

1 気の, 馬までが

▼ ないだろうのにと~ (2, 0.2%)

1 大笑いです, 思った

▼ ないだろう~ (2, 0.2%)

1 きっと, 擦り切れ一つ

▼ ないだろう~ (2, 0.2%)

1 て言った, て誰

▼ ないだろう~ (2, 0.2%)

1 のよう, んとこ

▼ ないだろう実際~ (2, 0.2%)

1 その場, 絶好だった

▼ ないだろう社会~ (2, 0.2%)

2 の歴史的認識

▼1* [94件]

ないだろうあまり気を, ないだろういやお前はよう, ないだろう綱さんは, ないだろうおよそ少年という, ないだろうお前と別れるだろう, ないだろうかえってそっぽを, ないだろうかしら又生き, ないだろうかっていま話し, ないだろうかとさえ思われて, ないだろうかとの想像が, ないだろうかとは考慮され, ないだろうかとも思いながら, ないだろうかなど言い合った, ないだろうかなどと心配した, ないだろうがとに角之, ないだろうこういう情愛の, ないだろうことに一家とか, ないだろうこれから乃公と, ないだろうしかし何という, ないだろうしと思って, ないだろうじゃあないか, ないだろうすっかり壊れて, ないだろうすなわちフランスの, ないだろうそこへ入れ, ないだろうそれというの, ないだろうそれだけお前さんエーを, ないだろうただ空しい時間, ないだろうたとえ彼らが, ないだろうといったそうです, ないだろうとか何故旧い, ないだろうところの謎みたい, ないだろうとさえ思われるほど, ないだろうとしか思われない, ないだろうと共にその作品, ないだろう子供って, ないだろうなあ君, ないだろうなぜなら死, ないだろうなぜそんなに困ッ, ないだろうなぞと考えて, ないだろうなどという考えに, ないだろうなんて冗談を, ないだろうにと思いかえしながら, ないだろうぴちぴち跳ねられたら, ないだろうへそに力, ないだろうまた来るよう, ないだろうむずかしい顔を, ないだろうもう永久に, ないだろうわたしもあなた, ないだろうテンデアト, ないだろうボーイ長は自分, ないだろう一日に六千個, ないだろう三度の食事, ないだろう三条河原へ足利, ないだろう両人だけに勝手, ないだろうは十分, ないだろう人間の間, ないだろうを痴, ないだろう何となくそう思われる, ないだろう何んな顔, ないだろうし知識, ないだろうを信ずる, ないだろう出世をすれ, ないだろう勿論職業なんて, ないだろうもはや事変, ないだろうだから, ないだろう大抵もう柔らかな, ないだろう大方は家, ないだろう師匠国芳が酔余, ないだろう広大な勤め, ないだろうへ来, ないだろうの崇拝者, ないだろう彼らは必ずや, ないだろう恐ろしい力だ, ないだろう悔恨を彼等, ないだろう成敗を以て事, ないだろう我慢が出来ない, ないだろう手出しをし, ないだろう断然断らるるに, ないだろう日本人にも通じ, ないだろう歴史こそ却って, ないだろう歴史家は同時に, ないだろうの思い, ないだろうに就い, ないだろう独り立ちで起きられ, ないだろうはもう, ないだろう疎外されるだろうと, ないだろうの大, ないだろう華美ずきであちこち, ないだろう詐欺だから, ないだろう認識論は方法論, ないだろうを洗っ, ないだろうが出たらしい, ないだろう高くとまるにもほどが, ないだろう黒い大きな眼鏡