青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とお~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

でる~ ~で御座います とある~ ~とい とい~ ~とう とう~ とうてい~ ~とうとう とうとう~
とお~
~とおり とおり~ とかく~ ~とき とき~ ときどき~ ~とく とく~ ~とこ とこ~

「とお~」 1438, 14ppm, 7794位

▼ とお~ (822, 57.2%)

15231 ひます 30 はれる 19 ひながら 18 ひて 15 ふが 14 はる 13 へり 12 ひぬ, ふに, ふの 109 ひました 8 ひき 7 ひしに, ひ給, へるなり 6 ふ心, へた 5 ひつ, ふと, ふは 4 ひしは, ふとそれ, ふとわたし, ふので, ふもの

3 [14件] はれた, はれぬ, はれました, はれるやう, ひつつ, ひながらも, ひますけど, ふとも, ふなり, ふや, ふ人, ふ者, ふ頃, へる

2 [32件] うまに, つてゐた, つて居ます, はれます, はれますが, はれるほど, はれるほどに, ひおの, ひけるかなと, ひければ, ひしかど, ひしが, ひしが日, ひしを, ひますが, ひを, ひ漁人, ひ熟視, ふけれども, ふと彼, ふと急, ふなるべし, ふめれど, ふを, ふ事年, ふ所, ふ頃娘時, へば, へるもの, へる衣, ほゆる, 湯の

1 [293件] つて, つてゐます, つてを, つて岸のうへから, つて感心し, つて眺めてる, つて着通し, とるに, ながで摘んだよう, なる者, はくも, はしむる邑の, はじな, はせたらしいの, はねど, はねど深き, はましかば, はるべき沒理想, はるまた, はれ, はれざるため, はれし, はれしため, はれし日, はれたころ, はれたよ, はれたるが, はれたればこそ, はれぬでも, はれぬるは, はれるあたり, はれるの, はれるほどの, はれるもの音, はれる一種, はれる人, はれる力, はれる和気あいあい, はれる四段活用, はれる廣さだつた, はれる形跡, はれる彼ら, はれる時刻, はれる枯木, はれる生, はれる考, はれわたし, はれんとの, はれ人々, はん, はんでも, ひあしき, ひいでぬる, ひきとて, ひきや, ひけるかな, ひことなる松, ひこんで丁寧, ひしかば, ひしがげに, ひしがその, ひしと云心也, ひしならん, ひしもの, ひし事, ひし妹, ひし威厳, ひし迄, ひたがへ, ひたりき, ひたりしなり, ひたること, ひたる人, ひたれば, ひだした, ひついた, ひつきました, ひてこそ, ひてぬひし春着, ひても, ひにしも, ひぬといふ, ひぬ十二, ひふつ, ひましたけれど, ひましたの, ひましたよ, ひました御, ひましてなあ, ひますか, ひますね, ひますの, ひますので, ひまどつた, ひまどつたの, ひもしまた, ひやりぬ, ひ中途, ひ乞, ひ候, ひ出直, ひ刀, ひ升, ひ又, ひ友人たち, ひ大正十五年ごろ, ひ定めつ, ひ寺, ひ居たり, ひ屹, ひ廊下, ひ彼等俄, ひ悩むほどに, ひ捨て, ひ朝寒, ひ木蔭, ひ汗, ひ淺, ひ片手, ひ私, ひ稲葉, ひ立ちどうやら, ひ立つた, ひ立つアンピユルシイウ, ひ給はず, ひ給ひき, ひ訪, ひ量りて, ふあ, ふいかに, ふいま, ふうち, ふおん身, ふからむす, ふから舞台は, ふけれど, ふこと, ふことは, ふことも, ふころ, ふさま, ふし特に, ふすすき, ふその, ふたら, ふたら違, ふてゐや, ふて呉れるな, ふて居て, ふて居りましたと, ふて空, ふで, ふとあ, ふとあの, ふといかにもなつかしい, ふといきなり物, ふとおそろしく茫大無比, ふとかすか, ふとかれ, ふところも, ふとすぐ側, ふとそ, ふとその, ふととたんにポン, ふとなほ, ふとまた, ふとまた唸, ふとまつたく, ふともう西, ふとやがてあの, ふとやがて奴, ふとやがて打上花火, ふとやがて次第に不, ふとやがて阿, ふとやつぱり, ふとサイレン, ふと一刹那, ふと二三, ふと人生, ふと仮, ふと何だかひどく, ふと何だか不思議, ふと余程嬉しく, ふと其處, ふと再, ふと冷気, ふと口, ふと口笛, ふと同時に脚もと, ふと向, ふと吾, ふと堀田, ふと如何なる, ふと宙, ふと山男, ふと心配, ふと忽ちあちこち, ふと恭一, ふと木鐸, ふと未だ一言, ふと次には, ふと歩調, ふと水の上, ふと波浪, ふと物, ふと直ぐに, ふと砂丘の, ふと私, ふと突然上体, ふと答, ふと続く, ふと腹, ふと腹立, ふと自分, ふと船頭たち, ふと虚空, ふと遇, ふと閑古鳥, ふと間もなくこれ, ふと雷神, ふと青い青い, ふと静か, ふと頬, ふと額, ふと風物, ふと餘程, ふならん, ふにつけ, ふのよ, ふはなど, ふばかり, ふばかりに, ふふら, ふべからず, ふべし, ふほどを, ふまで, ふももの, ふやう, ふらんもの, ふらん和殿, ふわ, ふわうち, ふわが, ふわれ幸, ふんです, ふ一弾指, ふ三人, ふ事, ふ二十日, ふ他, ふ伎翁, ふ僕, ふ内, ふ外, ふ實, ふ心持, ふ情, ふ情忽, ふ懸念, ふ日, ふ気, ふ氣, ふ汝, ふ物, ふ目, ふ程, ふ身, ふ道, ふ間, へたもの, へば實, へば本当に, へりとの, へり此故, へるありて, へるならむ, へるならん, へるなりき, へるに, へるには, へるによる, へるの, へる不義, へる十年, へる吾, へる意, へる智慧, へる處, へる誤り, へる逍遙子, ほゆるかな, ツたら

▼ とお~ (43, 3.0%)

21 しやる 11 しやつ 4 ぴらいた平野の 2 しやいます, しやれ 1 かさま, しや, しやいました

▼ とお~ (40, 2.8%)

2 だは, とし

1 [36件] しずが, しずなされたは, しむかい, だの方, だを, っしいたしますが, の姐さん, へた, へたれ, へつけ, へてドッコイショ, へて一万円, へて云, へて家ンなか, へて居た, へて席, へて枕, へて胸, へて離さなかつた, へも一方, へると, まつた大袈裟, まつて, よが飛び出し, よの口, よの手, よの身内, よはた, よはなんと, よも眼, よをのぞく, よを見すえた, よ婆さん, わが言, わぎになつたはうが, わの淫ら

▼ とおすえ~ (38, 2.6%)

3 が云った, は続けた 2 は云った, は多

1 [28件] がいそい, がとぎれとぎれなふるえ声, がなだめる, が云いだした, が低い, が嘆息, の姿, はこっち, はさりげ, はちょっと, はなお, は云い続け, は云い返した, は勝手, は口, は吃った, は囁き声, は弱よわしい, は強い, は指, は振り返っ, は溜息, は眼, は祝言, は答えた, は頷いた, は顔, は風呂敷包み

▼ とお~ (24, 1.7%)

2 が云った, の返事

1 [20件] がきく, がすぐ, がなにげなく, が受取りました, が尋ねました, が本意, が言いました, が話し, に口説かれた, の仲, はいたずら, はお辞儀, はかえって, はその, はムク, は依然として, は我, は犬, は言葉, は首

▼ とお~ (17, 1.2%)

2 に言われ

1 [15件] はそこ, は健気, は先, は大黒柱, は嫁, は正太, は濡れた, は独り, は独語, は答えた, は自分, は苦笑, は階梯, も笑っ, をおし退ける

▼ とお~ (16, 1.1%)

3 あちやん 2 がいの

1 [11件] かと親しく, かはいいふらした, かは襷, がいは, がひ, づねくださいまし, づねに, づねになつたアルフレツド王に, ねとは目, のしみ, のみになつ

▼ とお~ (13, 0.9%)

5 んは 2 んも 1 はんが, はんの, へたちを, へはお, へをお, わしに

▼ とお~ (13, 0.9%)

3 は言っ 1 がきいた, が言う, が言っ, に呼ばれ, の両, はあきれた, はあと, は言い捨て, は言った, も笑った

▼ とお三輪~ (11, 0.8%)

1 [11件] が擦寄っ, が言う, が調子高, に言っ, の側, はその, は口惜し, は打ち消す, は新, は自分, は言っ

▼ とお~ (10, 0.7%)

1 が待受顔, は傍, は半ば身, は叔父達, は微笑ん, は手, は母, は玄関, は自分, は萎れた

▼ とお~ (10, 0.7%)

1 であること, とは寄る, の声色, の心, の手先, は心配, は笑つて, は素直, を取扱つて, を寄越さず

▼ とお角さん~ (10, 0.7%)

1 があたり, がなお, が事, が応酬, が聞きとがめました, が言いました, が言っ, は充分, は思わずこう, は早く

▼ とお~ (10, 0.7%)

2 を呼べり 1 が嫌がっ, にはもとより, の体, はなる, は急, は手, は自分, は黒く

▼ とおもつ~ (9, 0.6%)

3 てゐる 1 たんだ, てお, てわたし, て多少, て平に, て故

▼ とおもへ~ (7, 0.5%)

2 ば多く 1 ば, ばいと, ばぞ, ば心に, ば残り惜しく

▼ とお~ (7, 0.5%)

1 が顔, の手, の顔, は口惜し, は早, を白眼, を立たせ

▼ とお書き~ (7, 0.5%)

4 になった 1 になっ, になる, になるでしょう

▼ とお~ (7, 0.5%)

1 が頼み, の字, の詞, の顔, はおりた, は暗い, を見

▼ とお~ (6, 0.4%)

2 しませばか 1 しぬ, ちは, なしいたそう, 近いが

▼ とおみや~ (6, 0.4%)

3 は思った 1 が云った, は囁き, は話した

▼ とお~ (6, 0.4%)

1 が云, とが離れ, とは半蔵, には物, は何時の間にか, を叱りつける

▼ とお美夜ちゃん~ (6, 0.4%)

1 はくりかえし, はここ, はやっと, はチョビ安, は小鼻, は長い

▼ とお~ (6, 0.4%)

2 が言いました 1 が案じ, が笑いました, が腹, が軽蔑

▼ とお~ (6, 0.4%)

1 はずり, は今更, は声, は少年, は推出す, は起ちたる

▼ とおとき~ (5, 0.3%)

2 が云った 1 の指輪, は彼, を嫌

▼ とおない~ (5, 0.3%)

2 年の 1 年だって, 年である, 年よ

▼ とお~ (5, 0.3%)

1 つつあんとられ, つつあんやし, つつあん連れ, ので三の膳, 子供みたいな

▼ とお~ (5, 0.3%)

2 を殺す 1 は忽ち, は泣声, は膨れる

▼ とお~ (5, 0.3%)

1 は夫, は姑, は客, は意外, は鼻頭

▼ とお~ (5, 0.3%)

2 は云 1 が云, が云つて, は笑つて

▼ とお聞き~ (5, 0.3%)

3 になりました 1 になつて, になります

▼ とおめい~ (4, 0.3%)

1 てうしろ, て一栄三郎, て後ろ, て遁げ

▼ とおもへば~ (4, 0.3%)

1 くれに, 憎しみで, 最早羅馬, 親達の

▼ とお千世~ (4, 0.3%)

1 の肩, はおろおろ, は瞬き, は言

▼ とお多喜~ (4, 0.3%)

1 はそそくさ, はまるで, は口, は押入れ

▼ とお思ひ~ (4, 0.3%)

2 になつて 1 になつ, になる

▼ とお~ (4, 0.3%)

2 は叫んだ, は声

▼ とお~ (4, 0.3%)

2 が云 1 は少し, は注意

▼ とお蓮様~ (4, 0.3%)

1 にらむよう, はまるで, は蒼白い, もかの

▼ とおすゑ~ (3, 0.2%)

1 は言, は言つて, も何氣

▼ とおそれ~ (3, 0.2%)

1 にふるえ, の言葉, をもっ

▼ とおないどし~ (3, 0.2%)

1 っていうわけ, の十九, の女の子

▼ とお~ (3, 0.2%)

1 へたりし, ゆ, ゆるに

▼ とお久美さん~ (3, 0.2%)

1 が云う, が先, を自分

▼ とお十夜~ (3, 0.2%)

1 は一角, は哄笑, も煙草入れ

▼ とお~ (3, 0.2%)

1 が立, は杜, は電気

▼ とお~ (3, 0.2%)

2 は一蹴 1 が今

▼ とお~ (3, 0.2%)

1 はいま, は又, を呼ん

▼ とお~ (3, 0.2%)

1 は柄杓, は袖, は飛

▼ とお~ (3, 0.2%)

1 が茶, は細い, は軽く

▼ とお道さん~ (3, 0.2%)

1 がその, がひっ, は沈ん

▼ とお邪魔~ (3, 0.2%)

1 だろうと, になりませう, をいたしまする

▼ とおいい~ (2, 0.1%)

2 つけに

▼ とお~ (2, 0.1%)

1 て, まえは

▼ とおべん~ (2, 0.1%)

1 とうを, とう箱

▼ とおほせ~ (2, 0.1%)

2 によりて苗

▼ とおみね~ (2, 0.1%)

1 は倒れ, は聞く

▼ とお~ (2, 0.1%)

1 えさん何處, にかかれない

▼ とおめいた~ (2, 0.1%)

1 が妙, が旅川周馬

▼ とおめき~ (2, 0.1%)

1 ながら前, ながら障子

▼ とおもつた~ (2, 0.1%)

1 のでもう, ので川下

▼ とおもへども~ (2, 0.1%)

1 狂人守り, 迫り来

▼ とお~ (2, 0.1%)

2 びするのもへんですわね

▼ とおよろしい~ (2, 0.1%)

2 のでございます

▼ とお久良~ (2, 0.1%)

2 の影

▼ とお互に~ (2, 0.1%)

1 なにかの, 顔を

▼ とお~ (2, 0.1%)

1 が皆, は唄

▼ とお八代~ (2, 0.1%)

1 がしどけない, が腸

▼ とお~ (2, 0.1%)

2 は味噌汁

▼ とお前様~ (2, 0.1%)

2 お聞かせ申す

▼ とお~ (2, 0.1%)

1 の方, の顔

▼ とお夏さん~ (2, 0.1%)

1 がすっ, が屹

▼ とお好き~ (2, 0.1%)

1 になさいましだ, に成っ

▼ とお妃さま~ (2, 0.1%)

1 が云われました, もほっと

▼ とお妃様~ (2, 0.1%)

1 がお尋ね, が云われました

▼ とお強い~ (2, 0.1%)

1 事を, 申して

▼ とお~ (2, 0.1%)

1 が小さな, の唇

▼ とお~ (2, 0.1%)

1 にかけて置く, には掛れ

▼ とお神さん~ (2, 0.1%)

1 の顎, は子供

▼ とお~ (2, 0.1%)

1 でさえも上気, に渡す

▼ とお米さん~ (2, 0.1%)

2 が先

▼ とお美代~ (2, 0.1%)

1 は一声悲鳴, は上

▼ とお美味い~ (2, 0.1%)

2 酒の

▼ とお~ (2, 0.1%)

1 は怪訝そう, は物憂

▼ とお蓮さま~ (2, 0.1%)

1 はうつくしい, は恥

▼ とお~ (2, 0.1%)

1 が云っ, にも説き聞かせた

▼1* [114件]

とおあやまりになりました, とおいたわしく思った, とおうちにゐる, とおえらき人なるべし, とおおもいか, とおごろいよ, とおかねばならぬ, とおころを激しく, とおさげにし, とおさしみを食, とおさとりなく愚か, とおさのは腹, とおざしきの中, とおせいであった, とおそれと喜びに, とおたけさんは奥さん, とおてんどさま, とおなつかしく思ひました, とおやんべ, とおにが催促する, とおにとの区劃が, とおぬいは平気, とおぬいさんがいった, とおねがひするの, とおねにならないの, とおあ様, とおばかりなりしが, とおぶちなさい右, とおごゑにしぼりないてゐる, とおほくいできて自ら, とおほどかさとが, とおぼゆる老樹の, とおぽんぽを, とおまんまでが父, とおめくなり急淵, とおやりになる, とおカアさんに言い含められ, とおトンカチでなぐった, とお三重のその, とお上品にかしこまり, とお仰ると, とお伊勢さま善光寺さまを遥拝, とお光さんが言った, とお八重はそれ, とお出しくだされたのを, とお千さんは伊達巻一つ, とお千代はもう, とお可笑しくなる, とお叱りを受け, とお殘を, とお咲さんにいいつけられまし, とお国さんは隅, とおの方, とおをかけた, とおと云, とお奈良さまは急い, とお宮さんが呆れる, とお幸ちやんの顔, とおに一人, とお得意の頭, とお心得あれよ, とお志保は問, とおれに, とお思いかえしになり, とお思ひではない, とお急ぎなされそれ, とお恨めしくお思われ, とお悪いからそれ, とお懐かしゅうございますこと, とお敏さんを妾, とおはしばらく, とお欲しがりに, とお気の毒に存じまし, とお気持ちよく手を, とお洩らしになった, とおがきっぱり, とお濱さんは云つて, とお為づくしである, とお為めになりません, とお申し渡しになりました, とお百合を抱く, とお着替え申しあげて, とお秋さんはふしぎさうに, とお糸さんが矢張下女並, とお続けになる, とおが尋ねる, とお繁さんが笑う, とお美夜ちゃん泣き声をはなっ, とお爺さんを, とお聞き申してみたら, とお聞き遊ばされて喚, とお聴きゃれ思い出ずれ, とお肥えになっ, とお芝居のよう, とお若い二宮巡査も, とお茂登は自分たち, とお茂與は言, とお葬いの手配り, とお藤さんは薄笑, とお蘭さんは多少, とお言いだしになった, とお言いだそうだが長い, とお言い出しになっ, とおらいに, とお訊きになるでしょう, とお貞さんは, とお賞めになりました, とお過ぎになる, とおはすぐ, とお選分の最中, とおの心前, とお鎮まり遊ばした時の, とお隣りで紳士が, とお高いだれとかの