青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でございます~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~できなかった できなかった~ ~できぬ ~できません ~できる できる~ できるだけ~ ~でございました ~でございましょう ~でございます
でございます~
~でござる ~でし でし~ ~でした でした~ ~でしょう でしょう~ ~です です~ でた~

「でございます~」 6370, 61ppm, 1879位

▼ でございます~ (1781, 28.0%)

14 私は 11 此の 10 これは, 私の 9 それが 8 あなたは, これも, 今日は, 何う, 私が 7 こちらの, それは, それを, わたくしは, 何か, 私も 6 あなた様は, あれは, その時, 何分にも 5 どうぞお 4 これを, そのうち, それも, わたしは, 丁度その, 自分の

3 [18件] あとは, いかがな, ここへ, この辺, さう, その頃, それに, ちょうどその, どうか, 今から, 今は, 今晩は, 御承知, 昔は, 父の, 男の, 私に, 話の

2 [93件] あたくし, あなたさまは, あなた方は, あの男, あれも, あれを, いずれも, いやもう一向, おついで, お世話に, お前さんは, お嬢様が, お店, お忘れ物, お示し, このよう, この前, この手紙, これが, これで, これでも, これに, こんな事, さすがに, さてそれ, しかしその, そこが, そこまで, その, そのお, そのお方, そのとき, その上, その夜, その方, その瞬間, それから, それには, それよりも, つい息子, どうした, どうぞこちら, どうぞ私, どうもその, どんな御用, なんでも, まだお, まだ一度, もとの, やはり俗物, わたくしが, わたくしの, 一人ボンヤリ見, 一寸一息, 一息つきまし, 不思議な, 中, 五趣生死の, 今まで, 今夜は, 今晩のは, 何うして, 何卒御, 何方から, 兎に, 兎も, 只今の, 如何でございませう, 娘を, 実の, 幸ひ, 当地方, 御奉行様, 心に, 忠五郎と, 或日, 戦さ果て, 敦子さまは, 日頃から, 旦那様も, 昔の, 母が, 父は, 相手が, 私には, 縁談の, 舟で, 良秀の, 色の, 荘田からの, 親の, 貴方は, 金で

1 [1352件 抜粋] ああし, あっしは, あつて, あなた, あなたの, あなた様にも, あなた様や, あのとおり明け暮れ狩猟, あの伝蔵, あの北の方, あの方, あの男の, あの聞き, あの通り孟宗竹, あまり出すぎた, あやにく少々, ある夜宗春卿, あれ切り何とも, いか, いかがでございましょう, いずれに, いつお帰りに, いつから, いつの, いつもの, いづれは, いま一と, いやしくも関東, うけたまわりますれば, え, おかく, おさしつかえなく, おもしろいこと, おりよく, お仲, お劇, お国表, お宅, お客様を, お少さい時分, お忙しい処へ, お手紙, お武家さま, お比丘さん, お渡し, お石, お祷り下, お納めを, お若い, お見受け申します, お許しください, お請取, お逢いすれ, お隅さん, かえって思い, かねがねの, かりにこれ, きょうは, けれどもそれ, けれども永く, こういたした, こう暑い, こちらでは, こっちは, このお, このごろの, このごろ新築いたしまし, この主人, この善哉さま, この度, この方, この本土, この犯人, この福島, この蜘蛛, この間まで, この頃, これからお, これには, こんなこと, ごぜん様, さだめてそれほどの, さりとてお, しかしまさか, しかし感覚的, しかし賢い, しかもこんな, しばらく交際, じつは新聞, すこし私, ずいぶん声, せっかく殿様, そういったふう, そうしたところ, そうした経緯, そうでなく, そう申し, そこへ, そのうち年, そのさっ, そのどちら, そのよう, その仁, その傍ら, その取り込ん, その妹, その娘たち, その封切, その後不, その数名, その橋, その男, その行, その迅さ, その頃わたくし, それからは, それだけで, それではしし, それでは現, それでもだんだん, それでも今晩, それでも陽気, それなら, それに対して, それをすら, そんなよう, たしかにおだてる, ただいま夜中, ただその, ただ一つ妙, ただ家の, ただ愛とか, たびたび申し上げた, だんなに, ちと昔, ちょうど今, ちょっと見, つい年, つかいみち, できること, でもあたし, でもその, でも以上, でも確か, ところがそれ, とにかく一寸會つて, ともかく一応拝見, ともかく関東, どうあっ, どうか御, どうしたら, どうしてまだ屈強, どうする, どうぞよろしくお願い, どうもかよう, どうもわたくし共, どうも旦那, どう間違えられた, どこへ, どっちが, どなたも, どの顔, なあにそう, なかなかお目にかかれ, なかに, なにか一刻, なにしろ店, なにぶんにも, なにぶん旦那様, なんだかそんな, なんとお, なんと申しまし, ねえ丹下様, はからぬところ, はるばる日本, ひょっと親父, ぶら, ほんとに手前ども, まあお, まことこれは, まさかあの, まず私, また一方, まだ, まだその, まだまだとても幼稚, まだ帰っ, まったく勝負事, まアお待ち, もうあなた様, もうこの, もう一つ, もう程, もしお許し, もしやあなた様, もしや人, もし間違いましたら, もつともつとあ, ものをも, やって, やつぱり熱の, やはりそんな, やはり良斎先生, よきお, よく現れ, よそながらで, よろしゅうございます, わざわざ故, わたくしと, わたしが, ズンと, ナニ仕事のしぞ, ハコヤノ山とは, 一つお, 一体あの, 一体この, 一切の, 一寸って, 一寸先生, 一応お, 一時は, 一等二等は, 一風変った, 七歳の, 万一貴下, 三人の, 三千七百町と, 三田の, 上州の, 下駄の, 不為合な, 与右衛門に, 世間樣ではよ, 中でも一番, 中途半端な, 主人は, 乗物の, 二三年来特に, 二人ながら, 二階堂の, 些と, 人の, 人様の, 今では, 今までは, 今度は, 今日久しぶりで, 今日貴君に, 仔細あっ, 他から, 他国人が, 伜の, 住んで, 何が, 何しろ菊安が家, 何せその, 何ぞこれ, 何と申し, 何も, 何分その, 何分当時良人, 何分文字, 何卒お, 何卒願います, 何方で, 余の, 佳い女, 信州水内郡白島村と, 健康が, 僅か二三日, 兄の, 兄弟ながら, 先ずまア, 先生お, 先生に, 光君様を, 全く本当, 其の, 其の時分, 其の石, 具足町の, 出来ますこと, 初めてお, 別に一生絵, 前にも, 努力すれ, 北門の, 午后の, 去る者日々, 参って, 取り調べの, 只今あの, 只今とは, 只今は, 只今此の, 右の, 合計二千九百圓しか, 同じ音, 向うの, 周囲を, 唯今では, 商売の, 四つ足が, 四月の, 圓次を, 堤防には, 塔婆の, 多く信ぜられ, 夜昼お, 大変結構でございます, 大方大, 太さ, 夫が, 夫婦で, 失礼ながら, 奥様が, 奥様は, 女学生でし, 女房は, 妙な, 始めてま, 娘が, 字を, 学問の, 宜しくお, 実に慣れないで, 実はけさ, 実はそう, 実は大, 実は筆, 客観的に, 家を, 専念に, 将軍家に, 小三郎は, 小用場を, 少さい時, 少しの, 少し都合, 尼御台さま御, 屍骸は, 山道に, 左様でございます, 市へ, 幇間にも, 幸い兵どもが, 店さきで, 弱い者, 当人その, 当年は, 当時の, 当時罰が, 彼の, 後で考える, 御つれあい様, 御主人, 御家の, 御寝なりません, 御当家様, 御方便に, 御用向を, 御相談, 御覧の, 御隠居さま, 心ある, 必要に, 怖れ, 思い出して, 思召を, 怪しいこと, 恐いが, 悪智, 惜し気, 成上り者の, 戦場でも, 手前どもの, 手前共や, 手前方には, 承れば, 折好く, 持斎堂という, 捨て置き難い, 数えて, 旅籠に, 日の, 日本は, 旦那は, 旦那様あなたが, 旧来の, 明日こそは, 昔気質の, 是も, 時にあの, 普通の, 更にその, 月に, 木曾さまの, 本当に一生, 東かと, 林田先生の, 校正の, 構わんから, 欲には, 此の度主人の, 此方へ, 此鑛毒と, 死にましたあと, 殊に, 殿様から, 毎日此処へ, 氣違ひ, 水不足の, 江戸を, 決してさう, 決して今日, 深見新, 渦を, 演劇が, 火に, 煎餅代りの, 父親は, 特に到, 現世に, 生きながら, 生憎そんな, 生憎山三郎, 田舎稼ぎを, 申し上げられません, 當時私は, 病人の, 皆さん御, 皆様の, 目の下で, 相州さまの, 矢張り淨土宗の, 確か三十円とか, 社会正義は, 神々しい老人, 神尾の, 私たちには, 私どもが, 私どもには, 私にも, 私共は, 私達にでも, 私風情では, 穀種を, 笛とか, 紋之, 紫の, 絹の, 羽振, 胸に, 自分は, 至って気さく, 致し方が, 花うる, 若旦那が, 若気の, 萩原新三郎は, 薬を, 行って, 裏口の, 西郷どんのは, 親分, 親分の, 親父が, 角屋さんの, 話が, 諸葛孔明, 負けない気性, 貴下聊か, 貴方さまが, 貴郎様, 赤塚樣では, 足軽から, 迅速に, 近頃大, 途中まで, 連が, 道に, 道路で, 遺伝の, 金を, 鍵は, 長い事, 門跡様の, 閑静な, 附合っ, 随分仏教上, 雑誌は, 雨の, 雨上りには, 非常に, 顔や, 風太郎の, 香油の, 馴れると, 髪結床の, 鳥渡お

▼ でございますから~ (1450, 22.8%)

16 何う 9 私の, 私は 7 これを, それを, 私が 6 それが, 何か, 私も 5 此の 4 して, それは, 何も, 大殿様, 弟子は

3 [13件] お口, その点, その辺, それも, どうかお, どうかその, どうぞお, どうぞ御, わたしは, 仕方が, 何の, 宿の, 途中で

2 [81件] あとから, あの娘, あの屋敷, あの方, ありがたいこと, いずれ本当におちつき, お嬢様の, お心, お目, お聞き下さいまし, こうやっ, ここに, ここには, こちらの, このまま, この後, この御, これで, これは, すぐに, そちらへ, そのお, そのとき, その一生, その頃洛中, それだけを, それに, ただ今は, どうか, どうぞ, どうぞその, どうなる, はしたない外, むづかしい御, もうお, もう嫁, よくお, よろしゅうございます, わたくしが, わたくしは, 不意の, 今の, 今日だけの, 今日の, 今晩の, 何うかし, 何分願います, 元より, 吉祥天を, 唐めいた, 嘘の, 嘘や, 大よろこび, 大急ぎで, 失礼を, 宜く, 少しは, 尼に, 山之, 後生でございます, 御免を, 御用心, 御遠慮, 御邸中誰一人笑, 心の, 心配し, 或時, 手前は, 日が, 旦那は, 是が, 死骸の, 決して怪しい, 現世の, 痛いと, 目が, 確に, 追, 遺恨なぞ, 頓と, 頼んで

1 [1151件 抜粋] ああし, あきらめるより, あちらまで, あなたが, あなたさまにも, あなた方も, あなた様などは, あなた様は, あなた様御, あの大, あの通り, あやまちの, あれは, あんまり心配, いいえご前, いかなる場合, いくらかせい, いくらつらくっ, いけません, いずれその, いちどは, いつどうして, いまさら都合, うかつに, うっかりそれ, おいでくださいました, おことわり, おどおどし, およろこび下さいませ, お久, お互いに, お会わせなすっ, お力に, お取り持ちいたす, お呼び寄せなされ, お安く, お帰来, お忙しから, お恥, お指図, お気に, お父さんお母さんも, お癒, お綺麗, お芝居, お見, お詣り, お迎えいたします, お通しなすっ, お連れなさい, お釈迦様も, お隠し, お預かりし, お願いです, お馬, かえりは, かわって, きっと私, きょうは, くれぐれもお, こういった, こうして牢畳, こう云う, こちらは, この土地, この婆, この家, この方, この次, この話, この際, これからお話, これから先, これから後, これから頭, こんなこと, こんなふう, こんな感傷的, ご存じは, さあお出し, さぞすべて, さっそく位, さどうぞこっち, しいて御, しまは, すぐ御, すべての, せめてその間, そうお, そうッ, そう大した, そこでネパール政府, そこに, そこを, そっと中仕切, そのうちこちら, そのつもり, そのままに, その事, その十一月, その実行, その方, その時, その為め, その節, その肉, その菊安, その邊, それくらゐ, それだけは, それでは百両, それで皆様, それに対する, それに従いまして, それまで, それより, それ以來冬の, そろそろお, そんなに大きく, そんなに荒っぽい, そんな不義理, そんな莫迦げた気, そーっと, ただいま, たとい半, たとえどなた様, だん, ちっとも覚え, ちょうど婚礼最中, ちょっと御念, つい, ついその, ついでおきましょう, つい一つ宿, つい失礼, つかいよう, で, とうとう首, とても我慢, とても神様, どうかあしからず, どうかお目, どうかこの, どうかまあ私共, どうか其思召, どうか召しあがつ, どうか打, どうしたら, どうしてもその, どうすれ, どうぞあなた, どうぞたくさん, どうぞまあご, どうぞ今日, どうぞ御免, どうで, どうも合点, どうも賑やか, どこへ, どこを, どのみちこれ, どんなに判り, ないも, なお生き, なくな, なにぶん, ならべるだけでも, なる可, なんとか眼鼻, ねえ旗太郎様, はい仕立栄, ひとつどうぞ, ひと足踏みはずしたら, ぶらぶらと, ほんとに御, まあそれから, まあ私ども, まことに何, ましてあなた様, まずわたくしども, また相談, まだ十時頃, まだ綴目, まア, むろんみな白服, もうしばらくお, もうもう口喧, もう二三日, もう婢, もう少しどうか御, もう虫の息, もしこの, もしまた, もし間違い, やっぱりこれ, やつぱり強い, やはりその, よい処, よく存じません, よし向かっ, よろしいよう, わたくしどもの, わたくしめは, わたしの, ジプシーの, ツイ御無沙汰を, トンと, ナニ別に, ハツキリとは, プログラムの, ヘヘヘヘいや, 一つ話を, 一人で, 一切口外は, 一寸一言, 一度お目にかかっ, 一度地べた, 一意ただ, 一族郷党に, 一日も, 一概に, 一生懸命に, 一緒に, 一言申上げ, 万々一大殿様が, 万事行き届かぬ, 三千子が, 不思議な, 世間に, 世間体は, 両人は, 中途で, 主人を, 争われません, 二条大宮の, 云わず語らず聞かずとして, 人には, 人通りも, 人間は, 今までも, 今度の, 今後また, 今時あんまり, 今更人間, 仔細は, 代々積み貯えた, 仮名で, 伊達公の, 何かと世話, 何かの, 何だか気怯, 何にも, 何もかも判っ, 何れ本懐を, 何万という, 何分お, 何分御, 何卒その, 何卒もう一ぺん, 何卒わたくし, 何程急い, 余念も, 余程面白い, 侘しがっ, 信用は, 元の, 兄弟二人で, 先日の, 先高い, 入道さまも, 其の画像, 其処へ, 内聞に, 内職を, 別にもう申, 刺戟の, 助かったには, 勿論お, 北の方を, 十日や, 厳格な, 又市, 収入も, 取んだ八当, 只今では, 只今取り出し, 只夜, 台所で, 右京兆さまとか, 名御奉行, 呼吸が, 命の, 唄に, 唯今も, 嘸御, 困じ果てて, 土蔵の, 地元の, 堤防を, 報酬は, 外よりは, 外戚とか, 多分長屋, 大丈夫舟へ, 大勢の, 大変直接な, 大概な, 天の, 太郎丸方から, 失礼ながら, 奉公人の, 奥方の, 奥様, 女中部屋まで, 妙な, 始終顔を, 婢なり, 孔夫子は, 定めて, 宜しゅうございます, 宵の, 家内の, 家屋は, 寧ろ勇ん, 小僧さんお前さんは, 小山続きに, 小田切さん御, 少し淋しい, 尠しも, 屋敷内に, 左様御, 幕も, 平太夫, 序でに, 度を, 当の和田左衛門尉さま, 当家の, 当時としては, 当然三味線, 役に立たぬでも, 御上京, 御主人, 御台様を, 御家の, 御心配, 御服装, 御気分, 御無理, 御臺樣, 御規模, 御辛抱, 御都合, 御飯の, 心得ませんが, 忘れようとしても, 念には, 思ひきつ, 急に, 恁う, 悲しみに, 態と落著, 懇, 或いは和田氏あたり, 扇橋まで, 折々に, 折角世帯, 持つこと, 探して, 政治も, 教えようも, 斯く訳, 斯様に, 新しい美人画, 旅を, 旗太郎様が, 日頃ご無沙汰の, 旦那様多勢に, 早くも, 早く打明けれ, 明樽買いの, 是は, 時間つぶしに, 景色と, 月の, 月卿雲客名将勇士たちみなわたくしたちに, 木に, 末吉の, 本当にこんな, 本当にもう, 本当に能, 東京の, 松五郎は, 検視の, 楽屋で, 構はず寝, 權利即ち, 正直に, 此品だけは, 此奴は, 死という, 死んだもの, 死人を, 殺されたって, 母上さまの, 母親の, 毎度その, 比較的接近, 気苦労いたし, 永くお, 決して代金, 決して恐ろしい, 決して間違った, 河原が, 泊る訳, 海路では, 湿気が, 無下に, 無理な, 焦つたがり駈出したり, 物の, 猫に, 玄人はだしの, 珍らしく, 生きて, 田舎者は, 申すの, 男次第で, 疑りを, 病人の, 皆が, 皆さんも, 皆様も, 直ぐに, 直に検視, 相当な, 知恵の, 研ぎ始めたの, 神さまも, 私, 私たちが, 私どもが, 私ども夫婦は, 私共が, 私共団員一同は, 空気の, 立戻る, 紙鳶を, 結局わたくしの, 繰り返して, 義理合に, 考えて, 耳の, 背かず武田, 自から人, 自分は, 芸人を, 苦しいと, 苦労人でございます, 草鞋でも, 薩摩や, 行届きません勝, 表は, 見惚れて, 親が, 親の, 親父の, 詐欺取, 詞を, 誰を, 講中の, 豪い經濟學者, 貴方後で, 赤い着物, 路銀は, 身動きが, 近来は, 逃げやんしたお, 道に, 道中こっちの, 遠くに, 遠慮致し, 部屋を, 重態に, 量は, 鑛業人一人を, 阿闍世王, 陳弁いたし, 随分しつこく, 隠さず申, 雛の, 雪も, 面白いみやげ話, 順く, 頭から, 顔が, 飛上っ, 首尾よく, 驚いて, 骨を, 鰐淵さんの

▼ でございます~ (387, 6.1%)

14 私は 13 それは 123 これは, そのお, それじゃ, 旦那, 知ら

2 [14件] あなた様の, あれは, お見舞, だ, もう片手, わたくしは, わたしを, 人違いでございましょう, 今日の, 併し, 先日は, 奥様, 旦那様, 聞かして

1 [305件] あすこの, あた, あてに, あの徽典館, あの水, あの私, あの間違い, あの鯛, ありがとう存じます, あれはね, い, いかがでございます, いかに取引, いっこうに存じません, いつもすみません, いつ白骨, ええぴんぴん, え承わりますれ, え私, おい, おさしつかえ, おそくなっ, おばさま, お一人, お久, お供を, お前さんも, お変りも, お大尽様, お姫さま, お嬢様, お嬢様お嬢様金吾様は, お安い, お客様も, お帰り, お役人, お怪我, お江戸, お泊り掛, お父様, お見え, お顔, がんりきが, ここは, ここへ, この二つ, この写つて, この土地, この辺, この道, こんな山, さいぜん尺八, さっき渡りました, さっぱり見えません, しかし, じゃとんでも, じゃア, じゃア旦那江戸, じゃア私, せっかくお, そうしてどこ, そうして居抜き, そしたらお, そのお方, そのとき, その品, その年, その次第相承, その癖, その辺, それでは, それではお断り, それではやっぱり, それでは今日, それでは俺, それでは能役者, それでは誰, それとも, それともあの, それともちょっと, それとも何, それとも御, それとも逗留, それなら, それならたぶんそう, それに重, それを, そんなにあの, そんなに忙, そんなに杉苗, そんなら, そんな傭口, たいそうお, たいそう御, ちょうど西洋料理, ちよいと, ではちよ, では程なく, とこう申します, どうか, どうぞはい, どうでございます, どうもお, どうも有難う, どこで, なかなか器用, なにほうず, なるほどまあ, なるほど昔, なんでも, なんなら歩き, ねえお父さま, ねえ旦那, はあこの, はい, ひょっと場所, へいお, へえ宜しゅう, ほんとに大切, まあ, まあどうかこれ, まあ死ぬ, まことに申しわけ, またどうして, まだ子供, まだ御, まだ若う, もうたくさん, もう一周忌, もう白状, もしそれ, もしなんぞ, もしもそうなら, もしや, ようこそお寄り, よくわかりました, よく見, よろしくございません, よろしゅうございます, わからなくなりました, わしは, わたくしには, わたくしの, わたしには, わたしは, わたし一人を, わっし, イギリス語でございます, イヤもう, ハイハイそれでは, フと, ブラで, ヘイ, マア何という, 一寸と, 一寸往, 下総の, 不思議な, 云うて, 云って, 人情とは, 人手に, 今し方まで, 今に寒餅, 今は, 今日は, 他でも, 仙太郎親方も, 仰せ聞けられまし, 伯父さんなら頼みたい, 何う, 何しろ私共, 何ぞ私, 何とか申し上げましょう, 何に, 何にも, 何んです, 何処へ, 先ずお, 先刻お, 光君の, 全体この, 凶でございます, 出来ますこと, 別に怖い, 前橋の, 動機と, 勘八さんが, 厭な, 又気, 只今貴方と, 叶いますこと, 名は, 名を, 向うの, 四十ぐらいに, 土人, 坊ちやま, 多分御酒, 大変な, 大峰矢田部と, 大旦那様, 奥様でいらっしゃる, 女の, 妾は, 婦人の, 存じません, 孟子で, 実に私, 実は拙者, 実は故郷, 富五郎お前一緒に, 寿江子様, 小さい下宿屋さんだつ, 少し道, 川上様, 川上樣, 左様でございます, 左様なれ, 巨大な, 帳場で, 幽霊は, 弟様の, 彼は, 御病人, 御親類, 御遠方, 急に, 恐れ入りました, 悪い廉, 愚僧が, 成程, 或いは臨済大師, 房州は, 扁平な, 手前どもには, 手前共には, 承知いたしました, 抽斗に, 文部省が, 新しい書き方, 旅に, 旦那さま村方の, 旦那その, 昨日とは, 是は, 昼間お立ちなすった, 時雨空の, 暗うて, 有難うぞんじます, 本当に二人, 本所は, 次に申, 此の, 毎晩十二時過ぎまで, 水色に, 江戸の, 浜さんが, 深見新, 無いという, 犬山から, 生きて, 甲州は, 申しましたらこいさん, 申し上げます, 男の, 畏りました, 畜生め四年以来一通りなら, 番頭どんは, 直々に, 知らここ, 知らん随分, 神尾様の, 私が, 私そんな, 私どもでは, 私どもは, 私ども三人が, 私に, 私の, 私も, 私より, 私を, 私共にも, 自分の, 良人は, 苛くお, 若しお婆さん, 若旦那さま若旦那さま, 薬草では, 藤堂様でございます, 誠に不出来, 貞藏さんお, 足を, 路も, 道中御, 道理で, 郷です, 長老様, 額に, 饂飩台でございます, 馬乗で, 駈違って, 騒ぎです, 鶴寿堂でございます

▼ でございます~ (261, 4.1%)

12 親分さん 6 旦那, 親分 4 旦那様 3 それが

2 [11件] あなたの, お嬢さま, お嬢様, それに, それは, それを, はい, わたくしが, 旦那が, 旦那様は, 私の

1 [208件] ああ云う, あいつの, あすこは, あだ, あなたは, あのセリョーシカ, あの人, あの神尾, あれ旦那様, あんたア誰だ, あんな心中, いつか別荘の, うなじに, ええええ御無事, おじさんが, おっそろしく, お偉い, お噂, お坊さん, お孃さん, お武家様, お気を, お江戸, お神さん, お稲荷様, お見忘れです, きっと, きっと寝こん, けっしてこれから先, ここで, こっちのが, この乳, この婆, この節, これという, これは, さっきの, さようさよう真似事, そこらは, そしてあの, そしてアグラフェーナ・アレクサンドロヴナ, そのお, その岩組, それで私, それにどうして, そんなこと, たくさんに, たしか, たしかに男, ただ裾野, だからわたし, だから江戸, ちとその, つめったり, でもあまり, でもまあ, でも今, でも何, でも男氣, どうかひとつ, どうしてああ, どうもへん, どうも旦那, どなたも, なにしろ年寄夫婦, ねえ, ねえ池田先生, ねえ黒門町, はいそれとも, はいエカテリーナ, ひと口に, へい, へえ御免, へん, ほほほほ, ほんとうに, まあお, まあなんて, まさか百両, まだあの, まだお, まるで嘘, みんな連れ立っ, もっと右, もとより金無垢, やれと, りっぱな, わたくしの, わっし, エエそりゃ, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチは, コゼットと, ヘイ路地の, ヘエ, マアそれから, ムクが, ロチスターさま, 一度しみじみと, 上がって, 世間嫌いだ, 串戯じゃ, 串戲ぢや, 主人依, 乾児の, 二人の, 人殺, 人殺しを, 今にもお, 今晩は, 何う, 元は, 八時頃に, 出払って, 剣術の, 友さんの, 可愛そう, 名草屋, 嚇しに, 売れば, 大それた, 天性あの, 太夫元さまその, 太郎丸の, 奥さま, 奥さまが, 奥さん, 好男子で, 妙齡の, 妙齢の, 姉さん, 実はね, 実は今夜, 少し早め, 左内様と, 平民って, 年紀四十ばかりの, 弥生さんの, 当分は, 彼の, 彼方へ, 従兄弟, 御よろしけれ, 御承知, 御気分, 御用が, 御用人様, 御衰弱, 御贔屓, 怨みの, 手際一つで, 拙者が, 放火商売が, 新手を, 新撰組の, 日出男さん, 旦那さま, 旦那様さえ, 早くあちら, 早く室へ, 早く申し上げ, 明日が, 昔私は, 春と, 昨年の, 最初なんか, 本当にめ, 本当に比丘尼, 本所の, 本當, 本邦で, 松脂でも, 権六は, 殿下, 決して仕込み, 滑稽で, 滑稽でしょう, 狐は, 猪之, 猿は, 田舎女を, 男の, 番頭さん, 病人で, 皆さん全く, 皆さん方に, 眼が, 神尾の, 私, 私へ, 空いたの, 竹取, 笹野様, 笹野樣, 芹沢さんは, 若旦那明日も, 若旦那様, 行く末英雄豪傑に, 親分重, 貴方は, 道人様はね, 金さえ, 銭形の, 錢形の, 障子を, 青山で, 頭でなく, 飼猫の, 驚きました

▼ でございます~ (126, 2.0%)

7 言って 5 云って 4 いって 3 いうと, 答えた 2 云う, 仰有るの, 妹は, 存じます, 申し上げると, 顔を

1 [92件] いいますと, いう, いった, いふ, いふので, いわんばかりに, おっしゃったわ, お仲さん, お弟子さん, お春, お春さん, かねて用意, こう申し上げる, こう言う, しきりに神官, そう云い云いし, そっと申し上げ, それこそ, たのみました, はや京, やはり言い, 一当り当れ, 不抜の, 云いてえの, 云うから, 云ったそう, 云ったなり, 云ふ, 云ふと, 云ふんだ, 云わなければ, 云われた時, 云われて, 云われること, 低い声, 低声, 何か, 例の, 信助が, 先日典侍は, 取次いだ, 名乗ろう, 告げる, 大岡様の, 女は, 婆は, 小商人風, 御辭儀, 息を, 悪気の, 挨拶した, 挨拶する, 旨く騙かし, 明瞭に, 書き俳句, 比喩にも, 泥を, 注意された, 父に, 独りで, 生きた蛇, 申しあげた, 申したてた, 申しますの, 申し上げたところ, 申し上げました, 申し上げるほか, 申し立て決して, 申すは, 番頭は, 皆まで, 私の, 答えました, 答へ, 結構の, 縁に, 聞いて, 能薫と, 自分から, 自分は, 言いなよ, 言いました, 言います農家, 言うのよ, 言ったという, 言つて島原城へ, 言ひます, 言ふ, 訴えれば, 誉めながら, 述べた, 金を

▼ でございます~ (107, 1.7%)

2 あちらの, あとで, 併し

1 [101件] ああ云, あのお方, あの歌, あんな有様, あんな粋, いくらおすすめ, おや朝飯, お出ましに, お前さん瓢箪を, お寒い, お廊下, お怪我, お若い, お蝶さん, お関所破り, かしこまりましたはい, かなえて, かなり甲羅, かれこれ十五年, ここへも, こちらでは, これからこの世, これで, こんなお話, ごく軽い, さう, さきほど, さもなければ昨年, そうおっしゃられ, そうしたら, そうして百花, そのお前さん, その人, その光, その帰り, それでもこんな, ちょいと, でもこうしてお, どこへ, ほんとにね, まあちとおかけ, もうお, もしその, よくした, わたしは, わたし今までに, オホホホホ, モシ山師共が, レッテルの, 一年に, 三つぐらい, 上の, 人間が, 何うし, 何かという, 何しろそれ, 何とかし, 何ともおっしゃっ, 何処まで, 何方さんでございます, 全く番頭, 別に御用, 前触, 力が, 十有五に, 困りました, 外国と, 大したもの, 奥さま, 実はあの, 寝物語の, 差配さん, 御修行, 旦那, 早くお, 最初に, 木地師の, 松も, 松葉屋の, 此の, 水が, 渋い事, 琵琶は, 瓜の, 生まれて, 白の, 私は, 私共では, 脈は, 色が, 若子様は, 薩摩の, 西洋の, 誰も, 近ごろ珍しい, 近頃別段これ, 道なら, 酒の, 開けて, 顔に, 顔には

▼ でございますけれども~ (82, 1.3%)

2 それよりも, 之を, 恋という

1 [76件] あた, あたくし, あなた方は, あなた様お, あれを, お師匠さん, これは, しかしながらそれ, しかしながら思想そのもの, そつと, そのこと, そのずつと, その悪党, その水, それが, それは, それより, それを, ただ今ボイラア, できませぬ, どうかお, どうか両人, どうぞお, どうも年, どんな政府, まあその, まあ何しろお, まず文科, また申し訳, まんいちこれ, やっぱり矢来, わしらが, わたしには, 一つ申し, 一般の, 上方の, 世間では, 人は, 今日お前さんの, 今晩こうして, 今月限りこちらは, 他に, 何か, 何しろこれ, 何だかあなた, 何も, 使われる方, 先生の, 先達て貴方も, 別に悪い, 否と, 実際金, 家に, 家の, 少々宛, 弁信でございます, 御奉行様, 景信から, 格別の, 此の, 此方から, 此方は, 母親は, 毎度御, 江戸へとては, 源は, 皆様に, 碌な, 私が, 私も, 私共, 米友さんの, 行き帰りには, 証拠が, 遺しよう, 駕籠屋さんが

▼ でございますけれど~ (80, 1.3%)

2 わたくしは

1 [78件] あたくし, あちらへ, あなた様も, あのお, あの私, あの鬼, あまり淋し, あんまり無理, お始め, お嬢様こちらで, お急ぎ, こうしてじっと, こうして再び, こうしなけれ, しかしこれ, そうして立っ, そのお方の, そのお金, そのよう, その位, その実際, その後些とも, その苦労, それでは帰り道, それとても, それなら将軍家, それに, そんな可, だんだん話せる, でも掛川, でも父, どうぞ御, どうぞ龍造寺さま, どうにもこれ, どう致し, なあに裏通りを, ふつつか者でございます, わたくしと, わっしも, ダンスの, 上総房州あたりまでは, 人型と, 今を, 伯母様今日は, 何の, 何時まで, 使い道を, 先様から, 執念ぶ, 夜更け, 始めの, 実はあの, 家庭教育の, 少し廻道, 尼寺じゃ, 差上げとうございますねえお, 弾きますの, 御用は, 御酒を, 必ずお寺, 是非申上げなけれ, 本当です, 本当に勿体ない, 正直の, 殿様の, 理解る, 生憎どうも, 百姓が, 相良さんは, 矢張そう, 私には, 私は, 自分でも, 自分ひとりの, 若い逞, 苦労を, 行ったほう, 表の

▼ でございます~ (71, 1.1%)

132 歌とか

1 [56件] ああなる, いったん釣り, いまの, おいや, お作, お味, お喜び下さい, お奉行様, お家の, お組頭, これが, さいぜんから, せっかくの, そこでやたら, そしてやはり, その方, それに, だんな, どうも太刀伊勢屋, どちらへ, へえよろし, もう一つ, アにぎやかな, イミタシアン・オブ・クリストと, エライものでございます, 一寸お菓子, 一撃に, 三枚ぐらい, 三角を, 上総分で, 何とか仕方, 何に, 先ず黒, 先生, 其の事, 厭な, 古書を, 境さん, 女一人ゆえに, 小丘, 旦那, 昨夜廓内へ, 曲者は, 有難うぞんじます, 欄間の, 此だけの, 毛氈も, 猊下様こりゃあ, 神尾の, 私も, 秋に, 若い頃, 若旦那此の, 蕨めしという, 貴女様も, 黒船って

▼ でございます~ (67, 1.1%)

2 助け下さいませ, 寒うございます

1 [63件] いやでも, まつや, やめなさらぬと, ゆるし下さいこの, 乗物なんぞは, 二人とも, 人形さんの, 作さんも, 使い過ぎで, 俊は, 内儀さんお気に, 口に, 叱りを, 名前も, 嬢さま何とも, 宅を, 安い御用, 察し下さいませ, 屋敷うちへ, 屋敷中でも, 幸に, 引とり下さいませ, 役人が, 慈悲でございます, 手向いは, 手間を, 握飯なり, 早くお, 武家さまも, 比丘尼様に, 気の毒でございます, 洗い張を, 浜と, 濱と, 父さま誠に, 父様と, 父様ハッキリ, 父様ハツキリと, 町でございます, 目付けなすっ, 目障りに, 米, 絹様も, 耳に, 若いうち, 見かけ申し, 見忘れかも, 見知り置き下さいませ, 見覚えは, 討死という, 賤汝と, 賤汝は, 起きな, 起きなさいませと, 近いうち, 部屋様お, 酌を, 関所にも, 陣屋へ, 頼まれ申した通り, 馴染も, 高いか, 髪を

▼ でございます~ (59, 0.9%)

2 そのやう, その上, それに, またその, 私も

1 [49件] あなたは, あの島, いつもの, おかめ, お座敷でも, これまでも, ご禁制, しかしお, せんの, そうした物, そこは, そのほか, その時, それにあなた, それに御, それに甲野, たと, とてもいい, なんとかその, なんと優雅, のちに, またげんに, また不撓不屈, もう一人, やはり当代, わたくし共にも, わたしが, ジョン夫婦も, 一人残し, 一体どんな, 今の, 今日の, 佐々小左衛門なども, 何分にも, 処は, 前司, 増して, 家中は, 店の, 御下屋敷, 本当に自由, 江戸には, 津の, 群がった角, 誰一人相談相手の, 霊魂を, 馬琴の, 驢馬の, 驢馬は

▼ でございますので~ (51, 0.8%)

2 まあ此度

1 [49件] あなたの, あなた方に, お稽古人, お馬, こうしたお, さるお方, そうしたところ, そこで高値, その方面, それを, たしかな, だんながたの, ちょっと何卒お, ついなんにも存じませんで, つやつやし, どうか狐, どうぞ御, なにとぞ別室, まあそのままに, もし誰か, 一と, 主人とも, 今回いよいよ, 何かと不行届, 作ろうと, 使を以て, 兄と, 各国の, 女嫌いで, 宮廷の, 帰る汽車, 広い社会的, 怖しくなっ, 敵機空襲も, 早速お, 是非とも道人様, 最後に, 本人に, 段々老衰, 燐光を, 物蔭へ, 私共, 自然あのお, 自然と, 費用を, 逆らわないに, 通りがかりの, 道中は, 道灌山を

▼ でございますそれ~ (50, 0.8%)

2 は, はわたくし

1 [46件] から玄海灘, があなた, があの, がため, がわが子, が何より, が大湊, が悲し, が第, だけで, ですから, にここ, につかまっ, にドミトリイ・フョードロヴィッチ, に中身, に友達, に心得違い, に暖つて, に琵琶, に私, はあなた, はいちばん北の方, はいろいろ, はそれ, はできない, はほか, はまあ, は品右衛門爺さん, は後で, は日蓮様, は母親, も十四時間, ゆえ致しました此処, よりほか, をあなた方, をあなた様, をお, を人様, を少し, を恩, を明日, を聞かせ, を過ぎます, 故にあなた様方, 故にわたくし, 故に私

▼ でございますもの~ (45, 0.7%)

144 ですから 3

1 [24件] うっかり入ろうもの, お隠し, この郷, そしてね, そして懺悔, それなのにあなた様, そんな事, そんな湯呑, ちょいちょい来, で, ですからね, でちよ, でもそれだけ, で唯今生憎, どんなに人柄, どんなに力, ねえ, を, をつい, を思う, 御奉行様, 御心, 疑って, 行届かぬがち

▼ でございますその~ (36, 0.6%)

2 通りの

1 [34件] あなた様が, いたずらが, おりマルファ・イグナーチエヴナは, お言葉, さよう, ためにも, 一畝という, 代り明朝に, 代り金蔵さん決して, 何う, 前に, 千五百畝を, 品は, 四万五千四百坪を, 因縁には, 大金は, 娘だって, 御用心, 悪者の, 方を, 時は, 柿の木て, 次には, 正しい倫理観念, 清姫様の, 点は, 病人が, 節は, 賑やかな, 途中舟が, 通りでございます, 金の, 鞍を, 鸚鵡蔵の

▼ でございますとも~ (36, 0.6%)

1 [36件] あなたという, おめでたい初め, これは, ご家臣, そう云う, そのお, そのよう, それも, だってそう, ダシに, 丁度只今, 云わずただ, 人間は, 仰の, 佐用姫様の, 何でも, 倅が, 先方の, 全く果報者, 大納言家への, 後世に, 旦那さま, 染物屋は, 深更にでも, 真実に, 神様が, 私共でさえ, 自分が, 自分も, 言えないから, 諺に, 謂へ, 道人様に, 長く御, 長生きした, 魔が

▼ でございますこの~ (34, 0.5%)

1 [34件] うえ馬に, お庭, お手紙, お方は, たびは, ところに, まま財を, やうな, ように, 八幡様の, 名園に, 天地の, 子が, 家では, 山の, 山へ, 山を, 御容体ぢ, 御病気, 春ご, 次が, 点ばっかりが, 私に, 私を, 繰り上げた絹糸, 肉身一つの, 華子が, 財布の, 辺から, 辺で, 通りの, 通り四面水を以て, 通り眼が, 通り虫気も

▼ でございます~ (34, 0.5%)

1 [34件] から着物, がまいります, が今, が通る, だっていつ, ども剥がれます, にはどうして宜いか, には火事, にまかし, のよう, の忰, の性, の無い, の親, の近所, は, はまさか, はファバントゥー, は今, は他, は十五, は心がら, は悪い, は此, は死ぬ, は決して, は浪人, は虫, は謙さん, も何, も子供心, も実は, も是, をおとし入れよう

▼ でございますがね~ (32, 0.5%)

1 [32件] あなた様が, あれが, お生まれ, こう中腰, こればかりは, その時, それではこれ, それは, それも, どうもつくり, どうも暗う, なかなか愛嬌, みんなくだらなく, やかましいの, 一軒家の, 三輪ちゃんお, 今夜は, 何うも, 何んと, 何分店が, 余り話が, 先生ただ, 加賀の, 原本を, 名主様の, 当分は, 持った病, 暖い, 本人も, 聞いて, 貴下これを, 随分有名

▼ でございます~ (31, 0.5%)

1 [31件] あの恐ろしい, いつぞや申し上げました, お礼を, か, これを, こんどご, その癖, でしょう, でしょうか, とでとう, どうか貴方, どうぞ, はもったいない, は心がかり, ほかには, もうお昼御飯, を何年, サ, リヴァズさん, 一寸これゃごまめだよ, 一寸これゃごまめだわよ, 一点張りで, 又は上州, 吃驚なさいますでしょう, 大丈夫かとは, 好きな, 山で, 手箱の, 私は, 老人の, 談洲楼焉馬など

▼ でございますかと~ (28, 0.4%)

3 駄目を 2 云って

1 [23件] いう, いうから, お尋ねいたした, たずねた, たずねました, 云った, 仰云って, 尋ねた, 尋ねました, 引下る, 引返すわけ, 弟子が, 指を, 此の, 甘えて, 益々ハッキリと, 聞き返される場合, 聞くと, 言うだけ, 訊きに, 訊くによ, 訊くによって, 訊ねた

▼ でございますどうか~ (26, 0.4%)

3 お助け 2 お気に, して, 助けて

1 [17件] あれで, お心置, お見知りおき, ひとつこしらえ, まア悪い, ゆるして, 命ばかりは, 寝て, 御勘弁, 忘れずに, 此要點, 殿様お, 生命を, 私の, 結納の, 行末長く, 面倒を

▼ でございます~ (26, 0.4%)

2 こんなお婆さん, 大丈夫でございます, 妾も

1 [20件] あなた, あなたが, さあどうぞ, それは, そんなこと, でもこうしてお, ほんとうに, まあごらん, もとは, ア, 今から, 寒くな, 審判官の, 御自分, 本当に面白い, 松尾の, 母さま, 犬でも, 私の, 私は

▼ でございますこれ~ (24, 0.4%)

2 を描く

1 [22件] お國, がまた, が即ち, が思いがけない, が枕流亭, でも小さい, と申し, に前, はいかん, はだいたいいつぞや, はアグラフェーナ・アレクサンドロヴナ, はホン, は前, は大王, は旦那, は普通, は琴声美人録, は貴方, もまた, をどうか, を切り崩し, を携げ

▼ でございますあの~ (22, 0.3%)

1 [22件] お名前, お嬢様に, お方に, こは, ちょうど取った, ような, 下に, 人は, 人も, 友という, 女軽業の, 娘は, 子が, 後生に, 方は, 晩こそ, 晩放火に, 男が, 親分の, 通りを, 違棚が, 野郎は

▼ でございますこと~ (21, 0.3%)

53 ねえ

1 [13件] か, が御, それでは妾妹, ではおみやげ, どういう意味, どうぞあたらし, ねでも, ねエ奥様, は米友さん, ゆえ召されて, よ, 大方その, 習いましょうねえ

▼ でございますのに~ (20, 0.3%)

1 [20件] ああし, あの小屋, お助け所, お累, そのお客様, その妾, それに, どうした, どうして私, またキー, 何でお, 嫉妬の, 宮様の, 当人が, 此那にまで, 活きながら, 私の, 私を, 考えますれば, 花魁は

▼ でございます~ (20, 0.3%)

1 [20件] 主人さまを, 別家様から, 参詣の, 城内の, 子息が, 子息様を, 安心なさい, 庵主様に, 心配なし, 承知の, 易くまいります, 本名は, 案内を, 災難とは, 無理でございます, 病気でも, 舎弟様は, 迷惑さまながら, 迷惑でも, 門番だ

▼ でございますけど~ (16, 0.3%)

1 [16件] あんまり何, いか, お呼びし, かういふ調子, それでもやっぱり, それはずゐ, ついどさくさ, まだやつ, もう宅, 一台の, 今に直, 今日は, 少し工合, 常どん, 餘り, 香りの

▼ でございますどうぞ~ (15, 0.2%)

2 いらして

1 [13件] いま暫く, お助け下さいまし, お情け, お放し下さい, お殿様, お泊り, お見知り, ここは, と私, わたくしを, 一度あの, 山へ, 私を

▼ でございますねえ~ (15, 0.2%)

1 [15件] あの当時, あんな美しい, こんど出, その晩, 今では, 大分皆さんが, 寝物語から, 常盤御前という, 御牢内, 来いと, 神様へ, 笠鉾の, 若様, 豊さんそう, 貴方

▼ でございますという~ (14, 0.2%)

1 [14件] のだ, のである, のであろう, のは, のも, ほかは, んだ, 事情だった, 御挨拶, 意も, 程の, 簡単な, 言葉は, 返答でございます

▼ でございますあなた~ (11, 0.2%)

2 のお 1 がこれ, とお, とわたし, と二人, どうぞ信乃, のよう, はほんとう, ばっかりは逃げよう, を村

▼ でございますからね~ (11, 0.2%)

1 [11件] あなたが, こちらも, せっかく武者修行, そのお, それで琵琶, でも考え, どうかし, まして尊貴, もう一, わたしが, 私共は

▼ でございますそう~ (11, 0.2%)

4 して 1 で, ですが, ですけれども, な, なですな, 思うと, 申し上げては

▼ でございますどう~ (11, 0.2%)

1 [11件] いたしたもの, かお入りくださいまし, かお斬りなすっ, かそこ, かてまえに, かどうか, か少し, か皆さま, か皆様, か私め, したの

▼ でございますもう~ (11, 0.2%)

1 [11件] おゆるし, およろしゅう, お手, お手紙, お見え, 一つ, 十五に, 女も, 御安心, 御当家, 落つきまして

▼ でございますゆえ~ (11, 0.2%)

1 [11件] いかにも白状, おゆるし, お咎め, お早く, このまま, ずいぶん大言, てまえ, やはりあくまでもそれ, 恐れながらこれ, 穢いけれど, 高い画料

▼ でございますがと~ (10, 0.2%)

2 微笑んで 1 おっしゃって, 云いおいて, 云うから, 云うと, 掻き口説きますので, 父に, 申し上げましたの, 言う

▼ でございます~ (10, 0.2%)

2 うぞ 1 う云う, う致しまし, か事, か御用, か騒がしい, が何だか, といっ, をお

▼ でございますあなた様~ (9, 0.1%)

1 がこの, が先, ならば, にこんな, のよく, の親御様, は善い, は女, もお

▼ でございますそれで~ (9, 0.1%)

1 いいの, お忙, そのわり, なるほどそれ, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチが, 姉弟で, 普通の, 薩摩の, 頼まれて

▼ でございますわたし~ (9, 0.1%)

1 がお嬢様, とお松さん, の徳, はどうして, は何, は殺され, は殺される, もこれ, を助け

▼ でございますあれ~ (8, 0.1%)

1 が名高い, に預け, はムク, ほどしっかり, もう, を尋ね, を駒井, 提灯の

▼ でございますからな~ (8, 0.1%)

1 あなたが, あの娘, この金助, ロクロク寝みませんでした, 値に, 此の度は, 鈴慕が, 首を

▼ でございますがな~ (8, 0.1%)

1 あれを, うかと提灯, お城, この役者, これが, 午後から, 実は昨日そやつ, 朝昼晩と

▼ でございますここ~ (8, 0.1%)

1 でお目にかかった, ではお話, で甘酒, は久々野, は人, は人里, は近江, まで来られた

▼ でございますって~ (8, 0.1%)

1 お断わり, ことよ, この上, そういう声, よく乳母, 戦場には, 答えて, 身の上話を

▼ でございますもし~ (8, 0.1%)

1 あの時, おいでなさいます, およろしかっ, およろしかつ, またお雪ちゃん, わたしに, 御退屈, 連合いが

▼ でございますかね~ (7, 0.1%)

1 この辺, さぞ大原さん, して, それから正月, 戻馬, 牛は, 琥珀の

▼ でございますそして~ (7, 0.1%)

1 こちらへ, もう私, 何か, 平之丞さまを, 昔の, 村尾さんは, 誠に親切

▼ でございますただ~ (7, 0.1%)

1 あの人, いまの, すきな, の死に, 子供が, 海風万里関山月海風万里関山月, 薩摩の

▼ でございますねと~ (7, 0.1%)

1 一言念を, 云うだけ, 云った, 云つても, 付け加へて, 素人に対する, 訴えた

▼ でございますわたくし~ (7, 0.1%)

1 がこの, が今晩, のほか, はいつ, は時, もまた, も今それ

▼ でございます何卒~ (7, 0.1%)

1 お目通り, お累, お見知り, お静か, この間に, 忠義ゆえと, 私が

▼ でございます殿様~ (7, 0.1%)

1 がお, が大変, どうもお, にお目にかかっ, に殺され, のお, の御

▼ でございます~ (6, 0.1%)

1 お早く, つぶしに, わっし, 今鉄砲に, 大勢の, 旦那

▼ でございますそうして~ (6, 0.1%)

1 あちらの, この娘, こんなに夜, その娘, 二人とも, 大層立派

▼ でございますそれから~ (6, 0.1%)

1 どうかする, もう一つ, もしなんぞ, 先生, 故郷忘し, 私は

▼ でございます~ (6, 0.1%)

41 い実は, へへお上ん

▼ でございますよと~ (6, 0.1%)

1 いっても, お源, 一足二足あるき出しました, 云いお, 要領を, 言って

▼ でございますわね~ (6, 0.1%)

2 異性の 1 こんなに暑くっ, それと, でもわたくし, 大さん少し

▼ でございます~ (6, 0.1%)

1 となっ, の値段, までこんな, まで子, まで私, 此娘を

▼ でございます今日~ (6, 0.1%)

1 では誰, は御, は恨み, まで故郷, もどうしても, 又御

▼ でございます旦那様~ (6, 0.1%)

1 お見かけ, には別段, に限っ, のお, はふとした, も新聞

▼ でございます有難う~ (6, 0.1%)

2 ございます 1 ございましたいえも, 存じます疼痛, 御座います, 誠に何

▼ でございます~ (5, 0.1%)

2 私の 1 今の, 切った奴, 盲目なら

▼ でございますさあ~ (5, 0.1%)

1 こんないや, どうかずっと, どうぞ此方, 早くお, 落着い

▼ でございますそこ~ (5, 0.1%)

1 が金助, じゃお前様, に石, に附い, のところ

▼ でございますもうこ~ (5, 0.1%)

2 の娘 1 の峠, の羽織, の辺

▼ でございます~ (5, 0.1%)

1 の世そのもの, の妻, の気配, の魂二つ, は食物

▼ でございます全く~ (5, 0.1%)

1 取殺して, 委細を, 気を, 私は, 自己流で

▼ でございます只今~ (5, 0.1%)

1 では七歳, でも何, より十八年以前, 帰りました, 明けます

▼ でございます実は~ (5, 0.1%)

1 がんりきも, この先一町, これ, わたくしも, 此先一町行け

▼ でございます~ (5, 0.1%)

1 で種々, に慣れた, のこと, をなさる, を楽しむ

▼ でございますお嬢様~ (4, 0.1%)

1 が真昼, が萩原様, そんなこと, の機先

▼ でございますお願い~ (4, 0.1%)

2 でございます 1 でございますと, です

▼ でございますからと~ (4, 0.1%)

1 いうので, 哀訴歎願する, 申して, 義に

▼ でございますからねえ~ (4, 0.1%)

1 わたしから, 寝ようと, 江戸の, 考えて

▼ でございますこういう~ (4, 0.1%)

1 わけで, わけでし, 書類の, 身の上でございます

▼ でございますこんな~ (4, 0.1%)

1 いい物, 処に, 山方で, 機会に

▼ でございますどうも~ (4, 0.1%)

1 いけません, 御無沙汰いたしました, 有難うございました, 郡内者と

▼ でございますなと~ (4, 0.1%)

1 云った, 感心し, 早速お, 答えた

▼ でございますなどと~ (4, 0.1%)

1 いうと, 云っては, 分別顔し, 嘘を

▼ でございますのね~ (4, 0.1%)

2 蘆と 1 この富士見, 此の

▼ でございますまあ~ (4, 0.1%)

1 お奉行様, お聞き下さい, この兵助, この美しい

▼ でございますまた~ (4, 0.1%)

1 こちらに, でございます修理, わたくしも, 世間普通の

▼ でございますもと~ (4, 0.1%)

2 は奉 1 南蛮寺に, 臨安の

▼ でございますよく~ (4, 0.1%)

1 ないこと, 吠えますなあ, 母に, 煮えましたあなた様

▼ でございます~ (4, 0.1%)

4

▼ でございます其の~ (4, 0.1%)

1 中でも, 中にも, 事に, 儘浪宅を

▼ でございます皆様~ (4, 0.1%)

1 がお, がそう, によろしく, のお

▼ でございます~ (4, 0.1%)

1 からも鼻, がまわります, はごらん, をお

▼ でございます誠に~ (4, 0.1%)

1 悪い事, 汚ない, 相済みません, 驚き入りました

▼ でございます~ (4, 0.1%)

1 か助け, も今夜, も普通, も真似手

▼ でございますあちら~ (3, 0.0%)

1 では追, へい, へ御

▼ でございますあゝ~ (3, 0.0%)

1 云う貴い, 慌てましたから, 結構な

▼ でございますかな~ (3, 0.0%)

1 あなたさまが, いえ私ども, 今晩は

▼ でございますからなあ~ (3, 0.0%)

1 そうじゃ, そこで天保, 実に愉快

▼ でございますこれから~ (3, 0.0%)

1 はどうぞ, 地獄行が, 帰って

▼ でございます~ (3, 0.0%)

1 うで私たち, う目, 斯う申したら

▼ でございますそいつ~ (3, 0.0%)

1 がみんな胆吹, が甲州入墨, を重く

▼ でございますそれに~ (3, 0.0%)

1 御当人, 皆知らん, 良石和尚の

▼ でございますそれほど~ (3, 0.0%)

1 の大変, 大事な, 殿様が

▼ でございますとか~ (3, 0.0%)

1 おめでとうございます, お目出度い, 短く答えた

▼ でございますとても~ (3, 0.0%)

1 悪いこと, 手癖の, 腕ずくで

▼ でございますなにか~ (3, 0.0%)

1 あの娘さん, 二人の, 手だては

▼ でございますなん~ (3, 0.0%)

1 しろおじさま, でも今年, でも越中

▼ でございますはい~ (3, 0.0%)

1 あなたは, 今彼処で, 旦那様

▼ でございますほんとに~ (3, 0.0%)

1 今日の, 話が, 金が

▼ でございますもん~ (3, 0.0%)

1 ですから, で男, 事を

▼ でございますよへ~ (3, 0.0%)

21 いさようで

▼ でございます~ (3, 0.0%)

1 お客様が, 何だか鴻, 此処は

▼ でございます一寸~ (3, 0.0%)

1 お約束, 一息継ぎまし, 此処を

▼ でございます~ (3, 0.0%)

1 でございましょうよ, でございますけれども, をお

▼ でございます多分~ (3, 0.0%)

1 お山を, 喧嘩が, 江戸子でしょう

▼ でございます実に~ (3, 0.0%)

1 何う, 彼の, 悪い奴

▼ でございます少々~ (3, 0.0%)

1 お目, 仔細が, 尋ねる人

▼ でございます尤も~ (3, 0.0%)

1 世話を, 五年前危難の, 御病人

▼ でございます~ (3, 0.0%)

1 こそ違っ, に三兩, は十八

▼ でございます~ (3, 0.0%)

1 が年, の市川新田, も何時

▼ でございます早く~ (3, 0.0%)

1 お仕度, 致しませぬと, 貴郎

▼ でございます~ (3, 0.0%)

1 の不, の後万事, の畜生め

▼ でございます此の度~ (3, 0.0%)

2 はまた 1 は又

▼ でございます決して~ (3, 0.0%)

1 よい前兆, 嘘を, 言いつけられて

▼ でございます神尾~ (3, 0.0%)

3 の殿様

▼ でございますああ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ でございますあなた方~ (2, 0.0%)

1 ならば, の御酒

▼ でございますいえ~ (2, 0.0%)

1 なにちょうさんが, 恐入ります左様

▼ でございますいっそ~ (2, 0.0%)

1 千木良か, 石川島で

▼ でございますいや~ (2, 0.0%)

1 でございますの, によく

▼ でございますお前~ (2, 0.0%)

1 がいう, は見

▼ でございますかって~ (2, 0.0%)

1 いきなりつん, 聞くと

▼ でございますかつて~ (2, 0.0%)

1 お聞き申しました, 云へ

▼ でございますかねえ~ (2, 0.0%)

1 これでも, じゃま

▼ でございますかは~ (2, 0.0%)

1 はあなるほど, 私

▼ でございますがねえ~ (2, 0.0%)

1 いやさすが, 幸い心ざす

▼ でございますそういう~ (2, 0.0%)

1 お方こそ, ことを

▼ でございますそれでも~ (2, 0.0%)

1 たった一人, 名物と

▼ でございますそんな~ (2, 0.0%)

1 かんじょうに, ことを

▼ でございますたいへん~ (2, 0.0%)

1 に大きな, 果実に

▼ でございますだから~ (2, 0.0%)

1 世間の, 余り楽を

▼ でございますちょっと~ (2, 0.0%)

1 はよろし, 小林様の

▼ でございますってね~ (2, 0.0%)

1 上様も, 過年

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 や, 伯母様実に

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 よくお, 頭の

▼ でございますでは~ (2, 0.0%)

1 これで, 内所へ

▼ でございますところが~ (2, 0.0%)

1 此の, 水野越前守殿が

▼ でございますとの~ (2, 0.0%)

1 こと, 答え

▼ でございますどうして~ (2, 0.0%)

1 それが, それまでに

▼ でございますどうぞそう~ (2, 0.0%)

1 おぼしめしたうえ, おぼしめして

▼ でございますなあと~ (2, 0.0%)

2 賞める

▼ でございますなんて~ (2, 0.0%)

1 そんなばかくさい, 返事を

▼ でございますねー~ (2, 0.0%)

1 お蕎麦, 別段に

▼ でございますほか~ (2, 0.0%)

1 に何, を探した

▼ でございますまことに~ (2, 0.0%)

1 前世の, 申しわけが

▼ でございますやら~ (2, 0.0%)

1 その後誰も, どこに

▼ でございますストップ~ (2, 0.0%)

1 ねがいます大きな, ねがひます

▼ でございます~ (2, 0.0%)

2

▼ でございます一日~ (2, 0.0%)

1 ぐらいお, も早く

▼ でございます丁度~ (2, 0.0%)

1 一方から, 之を

▼ でございます七兵衛~ (2, 0.0%)

1 ですよ, と共にさきごろ目付役

▼ でございます万一~ (2, 0.0%)

1 にも当地, のこと

▼ でございます世間~ (2, 0.0%)

1 では天下, はどう

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 がぱッ, が判然

▼ でございます人間~ (2, 0.0%)

1 が捌け, は馬鹿

▼ でございます人間界~ (2, 0.0%)

1 から天上界, を離れ

▼ でございます今度~ (2, 0.0%)

1 は又, ばかりは是非

▼ でございます今時~ (2, 0.0%)

2 は毎日二度

▼ でございます何ん~ (2, 0.0%)

1 ぞ御用, にも存じませぬで

▼ でございます先生~ (2, 0.0%)

1 は毎日, もひとつ

▼ でございます前橋~ (2, 0.0%)

2 でも一流中

▼ でございます南三復~ (2, 0.0%)

1 と関係, はわたくし

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 お前さん方が, 昨日は

▼ でございます~ (2, 0.0%)

2 に蓋

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 奥様の, 鳥井紋兵衛が

▼ でございます~ (2, 0.0%)

2 の室

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 をお, を探し出し

▼ でございます嫌い~ (2, 0.0%)

1 なもの, な人

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 が親, を憂うる

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 にされた, になる

▼ でございます幸内~ (2, 0.0%)

1 がかわいそう, にはわたくし

▼ でございます役場~ (2, 0.0%)

2 からの

▼ でございます御免~ (2, 0.0%)

1 下さい, 下さいまし

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 これだけは, 見兼ねて

▼ でございます旦那~ (2, 0.0%)

1 にじゃあございません, もしお

▼ でございます早速~ (2, 0.0%)

1 おとも, 明日にも

▼ でございます明日~ (2, 0.0%)

1 からわっ, もここ

▼ でございます昨夜~ (2, 0.0%)

2 まで呑んだ

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 から又, は稻垣小三郎

▼ でございます時々~ (2, 0.0%)

1 は狂歌, 金兵衞の

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 にある, を植

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 が尽きない, でございますわたし

▼ でございます此処~ (2, 0.0%)

1 でございます, に有る

▼ でございます殿様方~ (2, 0.0%)

1 がお, の御

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 はまるで, は亡

▼ でございます琵琶~ (2, 0.0%)

1 は平家, も私の

▼ でございます田舎~ (2, 0.0%)

1 では塩引, の娘

▼ でございます甲州~ (2, 0.0%)

1 では例, の有野村

▼ でございます直ぐ~ (2, 0.0%)

1 にあの, 三行半を

▼ でございます確か~ (2, 0.0%)

1 に見ました, り遊ばせ

▼ でございます私共~ (2, 0.0%)

1 が習いました, には私共

▼ でございます~ (2, 0.0%)

2 多非人

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 の方, は豊国

▼ でございます自分~ (2, 0.0%)

1 ではこの, の失われた

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 も兄弟, を残し

▼ でございます~ (2, 0.0%)

1 辺はな, 郎が

▼ でございます貴方~ (2, 0.0%)

1 だッ, の方

▼ でございます身体~ (2, 0.0%)

1 の壮健, も悪い

▼ でございます酷い~ (2, 0.0%)

2 目に

▼ でございます長屋~ (2, 0.0%)

1 でも皆様, の者

▼ でございます~ (2, 0.0%)

2 有う

▼ でございます頂戴~ (2, 0.0%)

2 致して

▼1* [641件]

でございますあいつは元, でございますあいつ何かに狼狽, でございますあそこへ新屋, でございますあなた國綱の刀, でございますあなた恰ど今年, でございますあらくの材木, でございますあんたが私, でございますいいえ豊太の, でございますいかがでございましょう田山先生, でございますいかがさまですお, でございますいかなる大事も, でございますいかにもおっしゃる通り, でございますいくら金であろうと, でございますいったい鈴慕の, でございますいつまでもこうして, でございますいつぞやは失礼, でございますいとしいお嬢さま, でございますいま死んでは, でございますいやあの仁は, でございますうちのナンバー, でございますえらいことを, でございますえッて聞いたら, でございますおいでになった, でございますおじぎなんぞなさいまし, でございますおそくなりまして, でございますおそろしさに, でございますおめでたいことで, でございますお供をいたす, でございますお側に仕え, でございますお前さんも西国巡礼私, でございますお召しに, でございますお変りはございません, でございますお客様に万一, でございますお客様私はでたらめ, でございますお年は幾歳, でございますお松さんはただいま, でございますお母さんには早く, でございますお母様お懐かしゅう, でございますお礼にも都度, でございますお蔭様で父子, でございますお雪ちゃんにもよろしく, でございますかいお地蔵様, でございますかしもざまの, でございますかしわ屋はこちら, でございますかですご, でございますかではないよ, でございますかといったところで, でございますかなあと云うだけ, でございますかなと申して, でございますかねてのお, でございますかへいない, でございますからって奥さんも, でございますからねー空は, でございますがてまえが, でございますがなんぞ御用でございます, でございますがも一つの, でございますがんぜない小供, でございますがんちゃんの足, でございますがんりきの百蔵, でございますけれどもねこれでも, でございますこいつが田作, でございますこうしてこのまま, でございますこちらはハイドさん, でございますこっちでございます, でございますことに犬小屋に, でございますこと私は名, でございますこれからまだ一軒お, でございますこんなに早く御, でございます家老さま玉目は, でございますごらんの通り, でございますご存じではございませんでしょう, でございますさあお通り下さいませ, でございますさいぜんからあなた方, でございますさっきから待っ, でございますさどうか暫く, でございますさむらいが, でございますしかし庭よりも, でございますしかも作業の, でございますじゃあなた様も, でございますすなわち江陽王の, でございますすると旦那は, でございますすんでのこと, でございますずいぶん久しくお, でございますせつせつと歩行て, でございますぜひお伴を, でございますそうすると遽かに, でございますそちらへお, でございますその間に蘆屋, でございますそりゃあまあそれで, でございますそれだけはどうぞ, でございますそれだけに土地に, でございますそれではなおさら大, でございますそれ以上は仰し, でございますそんならわし, でございますそんなに大きな橋, でございます泥坊を, でございますたしかあの相模屋, でございますただ罪を加え, でございますだがこの世とは, でございますちとお発しなさいまし, でございますちょいと御, でございますちょっとどうぞ道を, でございますってじゃないお前, でございますつてね, でございますつぶしにし, でございますですからあの子, でございますでもたいしたこと, でございますといつて手先へ柔, でございますといふ意が, でございますとうとうほんもの, でございますとかくお噺, でございますとさ厭で, でございますとだけは言へても, でございますとっくにそこへ, でございますとはハア何たる, でございますともかくも首尾, でございますどうぞもうおかま, でございますどうぞもうしばらくの間, でございますどうぞゆっくりおやすみあそばしませ, でございますどうぞ色いろお叱り下さいまし, でございますどこの様子, でございますどこぞへ暫く, でございますどこらをお, でございますどのような, でございますなあ殿様が, でございますなあに直ぐ戻っ, でございますなかなか名文章, でございますなぜっぴお伴, でございますなにも皆さん, でございますなにしろふと思いつきましたこと, でございますなにぶん行届かない我儘者, でございますなにぶん宜しく願います, でございますなははあこちら, でございますなんぞ御入用, でございますなんとかして, でございますなんとなく私を, でございますそんな事, でございますにもなんにもこんな, でございますねってそう言っ, でございますねでも助かったそう, でございますねというような, でございますねねそうでしょう, でございますはいお品が, でございますはじめに参りました, でございますはるばる甲州路から, でございますひともわれ, でございますえ, でございますべつにお変りも, でございますほかほかの山々, でございますほんとうにようこそ, でございますほんとによく御無事, でございますほんの出来あいの, でございますまあとにかくお迎えに, でございますまあほんとに途方も, でございますまだどこへも, でございますまるでお経, でございますみんなもう亡くなりました, でございますむかしも今, でございますむさくろしい, でございますもうこうなりましては, でございますもうなんともございませんから, でございますもう少し休んで, でございますもっとも浅草へ, でございますもとここに住ん, でございますもとよりこの住居, でございますものあんたさん正直なところ, でございますものいくら年は大きく, でございますものお母様にそれ, でございますものどれだけ離れた, でございますものほかのお, でございますもの兄の罪, でございますもの夢中だって気勢, でございますもの明りがそ, でございますもの気楽にし, でございますもの私の考え, でございますもの貴女様もどの, でございますもはや十年ちかく, でございますやがて恋を, でございますやっぱりわたくしは, でございますやはり女でございます, でございますやらとそう菊女, でございますゆえこことは違い, でございますゆえそれがそら, でございますゆえそんならばと, でございますゆえみんなもう血, でございますゆえ今年からお供, でございますゆえ何がそんな, でございますゆえ名医が来, でございますゆえ喜代松の持っ, でございますゆえ四郎右衛門と名, でございますゆえ恟り致し後, でございますゆえ抵当がない, でございますゆえ村方の者, でございますゆえ權六方へも再三, でございますゆえ竹之助様と一緒, でございますゆえ自分が手, でございますゆさんの人たち, でございますよいお席, でございますよけいなお世話, でございますよほど腕の, でございますわたくし風情が何, でございますわたしたちのおり, でございますわっしは, でございますわという人, でございますわねと皆さんで, でございますんでどうぞそれ, でございますアーサーの御名, でございますイヤなおばさん, でございますキリストのため, でございますグリゴリイ・ワシーリエヴィッチは年, でございますサアこれへ来い, でございますッ喬さまのいらっしゃる, でございますテナことを言う, でございますナーニここへ拡げなく, でございますホームズ先生私は音楽, でございますマア続いた事, でございますマドロスさんとやらを奪い出した, でございますモウ明日になりました, でございますそういっ, でございますリンゴには紙袋, でございますで実は, でございます一つらなりの顫, でございます一万八千足になりやす, でございます一人は兄, でございます一切みんなお返しをし, でございます一味ととう, でございます一杯頂戴致しましょう, でございます一生のお願い, でございます一里半と思ったら, でございますど貴下, でございます丁度六日お年越し, でございます七つすぎましては, でございます七百萬兩が物, でございます万事が窮屈, でございます三つと申しまし, でございます三人組の首領, でございます三味の手, でございます三布蒲団を横, でございます上州沼田の在, でございます上野原の月見寺, でございます図風を, でございます不便ですけれど, でございます不具でも何ん, でございます不破の関屋, でございます世界の国々, でございますに立波, でございます丸山の方はさ, でございます丹治父子が多助, でございますへ忠義, でございますが問題, でございます九つや十, でございますばなれ, でございます事昼でさえも人, でございます二つにわけ, でございます二人で怖い, でございます二萬圓掛けて, でございます井上様をお, でございます井谷さんから, でございます亡き御主人様, でございます亡骸が岩, でございます人死が出来ました, でございます人民が谷中村, でございます今お役人に, でございます今夜だけは止めなさりませ, でございます今後悪あがきをなさいません, でございます今日是からお, でございます今日此堤防を丈夫, でございます今日限りお暇, でございます今晩もまた, でございます今晩一晩考えさせて, でございます今美代吉が出, でございます仔細はいずれ, でございます仕立てもわたくし, でございますに類, でございます他人の楽しむ, でございます仮令宗悦が, でございます仰せに従い早々, でございます仰向けに寐, でございます伊勢の大, でございます伯父さんにお, でございます佐久間町の山口屋善右衞門, でございます佐賀の鍋島様, でございます何しろ宝にゃ, でございます何だか此の, でございます何とか算段を, でございます何分宜しく願, でございます何分どうかお世話, でございます何時も隣室の, でございます何者が参りまし, でございます作名は確, でございますし以前, でございます修理はどの, でございます俺共は何, でございます倩娘もいっしょ, でございますに天, でございます僅か御奉公, でございますは縁切, でございますに又, でございます先刻引合に出しました, でございます先年あの黒灰浦, でございます先生ここまで来れ, でございます先生明晩あたりは町, でございます光君がどうか, でございます八重を付けました, でございます公主から貴, でございます六尺の窓, でございます兵馬の妹, でございますれは, でございます其処の姐, でございます凡人の能う, でございます出所はたしか, でございますでございますと, でございます刃物一本持って, でございます初めは山路, でございます初雪でも沢山, でございます判然とは分りません, でございます別世界なの, でございます前世の宿業, でございます勘八のみお, でございます勘定書を置い, でございます十二支組の残党, でございます十津川騒ぎからこちら, でございます千五百石も取った, でございます千古斧斤を入れぬ, でございますの方, でございます原本がたしか, でございます友造さんわたくしはごらん, でございますの肩, でございます口不調法な私, でございます古城は躑躅ヶ崎, でございます御主人さ, でございます只今のは, でございます只今北風が次第に, でございます可哀相だと, でございます吃驚して, でございます吉原は万字楼, でございます吉田御殿の裏井戸, でございます同じことなら, でございますを喜助, でございます名刀が一, でございますはいか, でございます命がけでお願い, でございます哲学者が訴え得られる, でございます唯今この表, でございます悪い奴, でございます四月から見る, でございます団子が数多, でございます土地の人, でございます地神というの, でございます塔婆の浜, でございますとは違いまし, でございます多助がそういう, でございます夜分おそくなっ, でございます大きい方は, でございます大きな拾い物を, でございます大乗は易, でございます大元帥と書きまし, でございます大八車を引っぱっ, でございます大切に扱っ, でございます大勢して, でございます大洋の波, でございます大神宮様のお, でございます大黒暖かいと, でございます大黒様が巨燵, でございます天保の水野越前守様, でございます天狗様がお知らせ, でございますれですから, でございます失敗するの, でございます失礼ながら藤田先生, でございます奥様は御, でございます奥様ばあやが言, でございますというの, でございます女の子を一人, でございます好いが好い, でございます如何ともする, でございます如何ようともお仕置, でございますを搜, でございます姉伊都子ことは昨年, でございます姫様におっしゃっ, でございます入前, でございます学問の方, でございますへお, でございます守田座とかいう芝居座, でございます宜しゅうございますから, でございます宮重大根の太った, でございますを起す, でございます富山の薬屋, でございます寒くなりますと, でございます尊い旦那様, でございます一時ほど, でございます小三郎薄命にし, でございます小児が生れた, でございます小判で, でございます小松さまはお, でございます小花さんに済まぬ, でございます小言を云っ, でございます尾張焼の湯呑, でございます居酒屋といった処, でございます屋根は銅葺, でございます山下の床屋, でございます山水も剣呑, でございます山路と申します, でございます山陽が十三, でございます岡村氏が松蔭御門, でございます岩倉三位は御, でございます巡礼のこと, でございます巡礼どんかえ, でございます左様な遠方, でございます左門殿町の方, でございます巽口で三名, でございます幾らかはございました, でございます延享元年の六月十一日, でございますもしん身, でございます当人があの, でございます当家の主人, でございます当年は別して, でございます後ろから突いた, でございます後生のお, でございます御存じではゐ, でございます御新姐はな, でございます御覧なさい此処, でございます心置きなくご, でございます忽ちの中, でございますろしい, でございますに甲府, でございます急ぎの用事, でございます怪からんお尋ねを, でございますし合った方, でございます恐ろしいと思う, でございます木の, でございます悪いことは, でございます悪くつきまとうわけ, でございます悪政は人間力, でございます悲しいことです, でございます惣太という猟師, でございます意外にも一人, でございます我々のやう, でございまする人, でございますについた, でございますを合せます, でございます手前共の音頭, でございます捨って, でございます拙い処は, でございます指物屋の岩吉, でございます控燈籠の棗形, でございます提灯を一つ, でございます摺差まで参りまし, でございます放火だなんと, でございます故につとめて自重, でございます料理はすぐ, でございますういう, でございます新利根川の流, でございます新屋を一つ, でございます旅店の案内者, でございます旗持には力, でございますにゃあ, でございます日本のシルク, でございます日本廻国のこと, でございます日本政府は此忠良, でございます日済の催促, でございます旦那さま爺が一生, でございます旦那私はタルマ, でございます明後日九州から御, でございます春馬作国貞画とあります, でございます昨晩は誠に, でございます是非聞かせて, でございます時にあゝそれでも, でございます時間は五時, でございます暫くでございました, でございますからズーッ, でございますはたしかに, でございます書物をごらん, でございます最初の出立, でございます月日は百代, でございます有名な, でございます早く行きません, でございます朝日権現様はつまり, でございます木曾は尾州家, でございます本来忠義骨髄の鐚, でございます本磨にし, でございます村尾さんが余り, でございます林田さんが見えまし, でございます林町のどうぞよろしく, でございます柔術は, でございます桂川の水, でございます桔梗屋喜七は手前共, でございます梵網経の中, でございます梶子でございます, でございます森林の美, でございますだの剣術, でございます横蔵様のとき, でございますの朝, でございます此の程はお母さま一人, でございます此夏頃から御, でございます此山を旅, でございます此方へ坐っ, でございます此處だけ質問, でございます歩くにさえやっと, でございます歩兵さんに限っ, でございます母性愛の光, でございます毎度主人と貴方, でございます毎日婆アともはア然, でございますのふれた, でございます気分もおよろしいよう, でございますが恐ろしい, でございます水戸からの戻り, でございます水車小屋は浮き出し, でございます永らく御奉公, でございます江戸へ帰ったら, でございます沖田総司様も同様, でございます河岸へ立上ります, でございます泣きもむずかり, でございます泥棒でございます, でございます浅からぬ奇縁, でございます浅草の観音, でございます浦島太郎がこの, でございますというもの, でございます淋しいところと, でございます深川までお, でございます清い水を, でございます清元が大層, でございます清澄山からこの, でございますの方, でございます滅法界もなく強い, でございます無闇に斬っ, でございますうして, でございます然るに貴公の, でございます父上にもそう, でございますいやあは, でございます物臭太郎でお待ち, でございます独身者ゆえ看病人も有りません, でございます玄人は正宗以上, でございます現に今朝も, でございます生れは房州, でございます田山先生のお, でございます甲府の御, でございます町内では酔っぱらい, でございまするもの, でございます皆さんがむりやり, でございますをお, でございます盲目根性と云っ, でございます直に大門町に, でございます助けて, でございます眠りの間, でございますは何方, でございます矢張其の人, でございます矢張旦那様がお, でございます破落戸か賭博打, でございますは神様, でございます神父様アレクセイ尊者でございます, でございます神父様三つになる, でございます神父様町の者, でございます私どもへ, でございますと申します, でございますが実, でございます稻垣さまの家来, でございます穂高の初雪, でございます空身ですから, でございます突然に来, でございます立山の剣山, でございます立派なお, でございます竜顔に咫尺, でございます端折を高く, でございます竹生島の弁財天, でございますこの女中, でございます米友さんのおっしゃる, でございます十年前の, でございます紙煙草蚊遣香勝手道具何んでも, でございます素人の時分, でございますは女, でございます美くしい盛り, でございます美酒と自, でございます翌年の二月, でございます肌合の面白い, でございます背中を擦る, でございますく来た, でございます般若波羅蜜多は即ち, でございます船頭になっ, でございます色々申上げたい, でございますの児, でございます花恥かしい乙女, でございます若いうちに, でございます苦しがらせて, でございます茶飯にあんかけ, でございます草葉の蔭, でございます菩提をすて, でございます華英通語はこの, でございますが一杯, でございますに茶, でございます藤次郎に否応, でございます蚊帳の中, でございますがこんなに, でございますの小さい, でございます見事に将軍家, でございます親分それだけ解っ, でございます親分さん兄が弟, でございます親分さん泉屋一家ばかり狙う, でございます親分さん私もどうしても, でございます言葉だけをお, でございます訴人した私, でございます詳しいことは, でございます誠に只もう出所が, でございます誰ひとりあなた様を自分, でございます論語でございますか, でございます諸君斯樣なこと, でございますと申します, でございます貧乏な上, でございます貴公知らなん, でございます貴殿は悪い, でございます貸本屋でございます, でございます赤坂の火事, でございます越前様にはすばらしい, でございます身延へ行く, でございますを引い, でございます軍人なんてこわらしい, でございます辻斬ならば, でございます近藤隊長は精悍そのもの, でございます途中で悪い, でございます通りその風, でございます遁げましたなあ, でございます道徳の及ばざる, でございます道楽をし, でございます遠いところを, でございます重助は此, でございます鋳掛屋の佐平次, でございますが験, でございます長い間使つた麻繩で, でございます長らく皆様の, でございます間違いなく, でございます限りのある, でございますにいる, でございます随分思いきった事, でございます静かになれ, でございますをあげろ, でございます頭巾をし, でございますになる, でございますに乗せない, でございます馬鹿正直も時に, でございます鮫島平馬, でございます黒住宗忠様が天地, でございますは卜