青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「で~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~づら づら~ て~ てえ~ てた~ てない~ ~てる てる~ てんで~ ~で
で~
~であっ であっ~ ~であった であった~ ~であったろう ~であり であり~ ~でありまし でありまし~ ~でありました

「で~」 287091, 2665ppm, 33位

▼ で~ (115133, 40.1%)

17416 ない 10104 ないか 5859 なかった 4215 ないかと 3456 ありません 3017 ありませんか 2570 ないの 2529 ないが 2459 あるが 2267 なくて 2010 あるまいか 1249 ないと 980 なかろうか 975 なかつた 675 ないでしょうか 617 あるまい 583 ないかという 576 ないから 574 あったが 511 ございませんか 488 ございません 482 ないだろうか 479 なからう 461 あるまいかと 453 ありませんが 445 無い 437 ないという 432 なくして 296 ないので 288 ないこと 281 ないよう, なかろうかと 270 ありませんでした 248 ないらしい 241 なくその 229 いられなかった 226 なく 208 ないかしら 200 無いか 198 なかつたの 192 ありますまいか, ないん 188 ないかとも 186 ないであろう 179 ないかも 176 ある 174 なくただ 172 決してない 164 ないで 161 ないけれども 160 あつた, ないし 148 なかろう 146 ないけれど 144 なかつたが 140 ありませんよ 138 ありますが, ありませぬ 135 ないに 129 ございませぬ 126 ないぞ, なくまた 125 あるまいと 124 ありませんから, なくそれ 120 ありますまい 119 無かった 114 あろうが 113 ないよ, なくむしろ 112 ないだろう 110 なさそう 109 あるけれども 104 ございませぬか, なくこの 103 ございますが 102 なかったろうか 96 ないでしょう 95 なしに 93 無いが 92 ないその, なく自分 89 ございませんが 85 ござらぬか 83 無かつ 82 ございますまいか 81 ないかとさえ 79 ないかといふ, ないそれ, ないのに 78 ないといふ 77 ないだらうか 76 ないかね 75 あるまいが 73 あっても 71 あったけれど 70 無いの 69 あった, 駄目だ 68 ないやう, なくなって 67 あるし 66 いられませんでした 65 ないかな, ないこの 64 ないですか, なくかえって, なくても 63 あり得ない, あるけれど, 何の 62 いけない, 無いかと 60 ありませぬか 59 ござらぬ, なかったらしい 58 なかろうかという 56 無いと 54 いられない, ない筈, なかったであろう, なく彼, なく私 53 ないただ 51 仕方が 50 どうにも, ないかしらと, ないわ, 私は 49 あるまいかという, なかつたか 48 なかったろう 46 ないはず, なかろうと, なくとも, なく寧ろ 45 ない自分, なく単に, 御座いません, 無くて 44 なく何 43 有りませんか 42 なかったでしょう, なく又, ゐられなかつた, 私の 41 あったけれども, なく却って, 御座いませんか, 気が 40 それを, ないのよ 39 ないそう, なくなった, 困る 38 ないらしく 37 ありましたが, だめだ 36 なくって, なく人間, なく全く, 何も 35 あるまいな, ございますまい, なかろうが, なくこれ, なく実は, なし, 足りない 34 ありませんけれど, ござらぬかな, なんの, 少しも 33 これを, どうする, ない私, 何にも, 自分の 32 ありませんけれども, あるまいかとも, いって, なかつたと, 有るまいか 31 ない彼, なかつたらうか, なくあの, 彼の, 有るが 30 ありませぬが, ありませんね, ないこれ, なかつたかと 29 ありませんでしたが, ございませんでした, ないさ, 彼は, 次の 28 ありませんし, ない事, なからうかと, なく他, 何か, 生きて 27 それは, ないあの 26 あるまいかな, いられないの, ないだろうかと, なくお, 面白くない 25 あらうが, それが, ないかとの, ないでしょうね, ないとしても, なかつたで, なくもっと, なく人 24 あるまいね, そんなこと, ないだらう, ないね, なくいつも, なくつて, なく自然, 勿論ない 23 あるに, これで, ないお, ないまでも, なけれど, 容易に, 有りません, 無からう, 絶対に 22 ありませんからね, ありませんわ, ございませぬが, ございませんから, ございませんよ, なくそこ, 手に, 行って

21 [16件] いられなかったの, ございませんの, ないかしらん, ないだろうと, ないな, ないらしかった, ないわけ, なくた, なくやはり, なく今, なく同時に, なく誰, 手が, 満足が, 満足しない, 迚も

20 [14件] おざら, ございませんでしょうか, ござるが, ないもの, ない人間, なかつたので, なくある, なくかへ, なくどこ, なくな, なくなる, なく却, 無いから, 駄目である

19 [11件] あるまいし, いつまで, ない処, なく多く, なく実に, なく従って, なく更に, なく正に, 人に, 本当の, 非常に

18 [16件] あつて, ありませんな, あろう, おかなかった, これは, ないかなどと, ない何, なかつたから, なかつたけれども, なかつたやう, なく唯, なく日本, なく自分自身, 御座いませんが, 御座りませぬ, 私が

17 [11件] あるの, いけません, ないからね, ない乎, ない今, なかつたけれど, なく一般, なく実際, なく我々, わからない, 無論ない

16 [12件] ありますけれども, あるまいかといふ, いけないと, ないです, ないまた, ない誰, なくもう, なく昔, なく最初, ゐられない, 決してなかっ, 満足せず

15 [12件] ありますけれど, いられません, これが, これに, さようなら, すまなかった, ない人, ない様, なく彼女, なく或, 他の, 有るまいかと

14 [21件] あったの, ありましょうが, ありませんかと, ありませんと, ないおれ, なかっただろう, なかったろうと, なかつた筈, なく之, なく僕, なく女, なく神, 今の, 仕様が, 何を, 十分でない, 困ると, 安心が, 殆ん, 満足しなかった, 私も

13 [24件] あなたは, あり得ないの, けっしてない, ここに, ないじゃ, ないぞよ, ないもう, ない我々, なかつたし, なくそういう, なく一つ, なく二人, なく心, なく現実, なく逆, なしまた, ならない, なんにも, 意味が, 日本の, 毛頭ない, 決してなく, 自分が, 誰も

12 [27件] あります, ありませんそれ, あれど, しかたが, すまない, ないかえって, ないかの, ないからな, ないだろうが, ないでしょうが, ないとの, ないのね, ない女, なかつたらしい, なくあらゆる, なくそして, なく少し, やって, 人間の, 今日の, 十分に, 問題に, 御座いませぬ, 決してありません, 無いかも, 無いやう, 無いん

11 [29件] あなたの, ありますまいね, ありませんその, あり得ないと, あると, あろうけれど, いけないの, ござるまいか, さう, ないかい, ないがね, ないしかし, ないそこ, ないもっと, なかつたらう, なくここ, なくなつ, なくもつと, なく一種, なく中, なく現在, ならぬ, もちろんない, もとよりない, 何と, 僕は, 済まなかった, 無いらしい, 駄目です

10 [40件] あったろうが, ありながら, ありは, あるけれ共, あるまいから, いられなくなった, ございませんかしら, すぐに, どうか, どうしたら, ないあれ, ない事実, ない僕, ない様子, ない歟, なか, なかつたに, なかつたのに, なかろうかとも, なくいわば, なく一切, なく反対, なく夫, なく常に, なく男, なく自己, なく身, ねえの, まだ十分, 不十分である, 僕の, 彼を, 御座いませぬか, 心細い, 断じてない, 有りませんが, 此の, 濟ま, 無けれど, 腹が

9 [62件] ありませんでしたから, ありませんの, あるまいかなどと, いけないので, いなかった, おかない, ございませんので, ございませんわ, ござらぬが, ござるまい, それに, ないお前, ないぜ, ないつもり, ないですよ, ないとして, ないとも, ないどこ, ないにも, ないむしろ, ない他, ない全く, ない却って, ない又, ない唯, ない夫, ない証拠, なくこちら, なくまるで, なく今日, なく同じ, なく多分, なく彼等, なく彼自身, なく時, なく最も, なく第, なく長い, また, わからないよう, 二人の, 何う, 分らない, 女の, 彼女の, 御座いますが, 御座りません, 我慢が, 済まない, 満足出来ない, 無いで, 無いので, 物足りない, 生活が, 確かに, 私に, 話が, 話に, 誰が, 間に, 駄目で, 駄目な

8 [68件] あったに, ありませんぞ, ありません私, あるまいという, いかぬ, いけませんよ, いつでも, いない, いられぬの, お前は, この次に, ございましょうが, ござんせん, そのよう, どこに, どこへ, ないかを, ないけれ, ないそういう, ないだらうかと, ないて, ないといった, ないところ, ないわたし, ない大, ない日本, ない第, なかったろうかと, なかったろうが, なかつたであらうか, なかろうかとさえ, なくさらに, なくすでに, なくすべて, なくなりました, なく作者, なく例, なく吾, なく当然, なく彼ら, なく必ず, なく日本人, なく普通, なく本当に, のうて, まだ足りない, わかりません, わたしが, わたしは, われわれは, ダメだ, 人後に, 何が, 何でも, 居られない, 更にない, 有ません, 済むまい, 満足できない, 無いけれど, 無いという, 無いよう, 相手に, 真の, 私には, 話の, 足りないと, 足りません

7 [76件] ありそれ, ありましたけれど, ありませんかね, ありませんがね, ありませんでしたか, ありませんでしょうか, あり得なかった, あるまいかとさえ, あるまいに, あろうけれども, おざる, ここの, この, この人, ございませんけれど, ござらぬぞ, さらさらない, そこに, できない, どうした, ないかねえ, ないぢ, ないとは, ないなぜ, ないなどと, ないわし, ない単に, ない昔, ない気, ない現に, ない男, なかったです, なかつたといふ, なかつたん, なくあなた, なくいろいろ, なくおそらく, なくなにか, なくほんとう, なくまして, なくよく, なく前, なく多少, なく子供, なく時代, なく東京, なく父, なく現代, なく眼, なしその, ならないの, なるまい, ねえが, ほんとうの, わたしの, 之を, 人間は, 何事も, 削除された, 君は, 困るが, 如何に, 彼らは, 御座いますまいか, 承知しない, 明らかに, 普通の, 有るけれど, 無いでしょう, 男の, 眼を, 第一, 説明が, 誰にも, 足りないの, 足りないので

6 [103件] あったし, ありましょう, ありますまいが, ありませぬから, ありませんのよ, あり得ないこと, いかん, いやだ, いられぬ, おやすみ, お分り, ここは, この事件, この先, これからは, ござらん, ござんせぬ, そういうこと, そうは, その辺, とても駄目, どうあっ, どうなる, ないかっ, ないからと, ないた, ないだらうと, ないだろうね, ないなら, ない今日, ない問題, ない心, ない社会, ない頭, なかつたらうかと, なくあまりに, なくいわゆる, なくことに, なくそうして, なくその間, なくそれら, なくつまり, なくどう, なくなったの, なくまだ, なくまったく, なくより, なく一定, なく世間, なく仮に, なく先生, なく全身, なく却つて, なく外, なく大きな, なく敵, なく殆, なく海, なく特に, なく皆, なく相当, なく相手, なく私自身, なく胸, なく頭, なけれども, なさ, なささうである, なしそれ, ならん, ねえか, まだ, もつと, わからぬ, 一般に, 不充分である, 中, 人を, 今日は, 俺の, 出来ない, 口を, 困ります, 困るの, 多くの, 彼も, 彼女は, 御座んせぬか, 必ずしもない, 更々ない, 有り得ない, 死んでも, 決してなかつた, 済まされなかった, 無さそう, 物の, 現在の, 目を, 自分は, 解決の, 話にも, 足りないで, 食って

5 [211件] あなたが, あの人, あの男, あらう, あり, ありますがね, ありませうが, ありませぬと, ありませんお, ありませんからな, ありませんでしたけれども, あり得ないから, あり得ない筈, あるかも, あるめ, いかぬと, いけないから, いけないという, いつまでも, いらっしゃいませんか, おかぬ, おきません, かなは, これと, これまで, これも, ございませんお, ございませんかね, ございませんけれども, ございません私, ござんすまい, さよなら, しようがない, すまされない, すみそう, それで, それも, そんな事, だめです, つきり, つまらない, どうしよう, どうぞ, どうだ, どうにもなりません, どうも, どこの, どれが, ないいや, ないかとか, ないかとすら, ないかとは, ないかとまで, ないかなど, ないこういう, ないここ, ないすべて, ないそんな, ないぞと, ないため, ないだから, ないだが, ないって, ないでしょうな, ないみんな, ないやっぱり, ない一人, ない前, ない外, ない家, ない彼女, ない御, ない心持, ない必ず, ない意識, ない是, ない月, ない決して, ない然し, ない物, ない相当, ない神, ない程, ない自然, ない酒, なかつたかも, なかつただらう, なかつたらうと, なかろうかなどと, なきか, なくいかに, なくいや, なくかかる, なくこう, なくこういう, なくこんな, なくごく, なくそう, なくそれぞれ, なくそれ自身, なくちょうど, なくと, なくどうやら, なくどんな, なくなるの, なくふと, なくほか, なくほんの, なくやがて, なくやや, なくわたし, なくわれわれ, なく一人, なく世界, なく主として, なく事実, なく作家, なく俺, なく個人, なく僅か, なく全, なく別, なく反, なく否, なく夜, なく大, なく娘, なく実, なく少なくとも, なく形, なく文字, なく新, なく既に, なく日, なく本質的, なく現に, なく目, なく空間, なく結婚, なにを, ならぬと, なんとし, なんにもなりません, ほかの, ほんとうに, まだ不十分, むろんない, わしは, わたくしは, 云は, 人が, 何うし, 何者でも, 例の, 俺は, 充分でない, 出來, 分らないが, 別に, 到底この, 右の, 叶は, 君の, 埒が, 夜の, 夜も, 大変だ, 失礼, 姉の, 家に, 居られなかった, 居られなかつた, 役に立たない, 彼が, 彼女が, 御座らぬか, 心細いから, 意味を, 承知が, 折角の, 日本人の, 月余の, 有りませんよ, 毛頭も, 気の毒だ, 氣の, 決して無い, 済まされない, 済みません, 満足し, 無いかとも, 無いけれども, 無いこと, 無いし, 無いに, 無いよ, 無い夫, 無か, 無かろうかと, 無く, 無くして, 物足らない, 相手が, 科学の, 胸が, 自分も, 血の, 覚束ない, 間に合わない, 障子を, 駄目じゃ

4 [352件] あきたらず, あなたも, あの方, ありえない, ありえないの, ありましたけれども, ありますし, ありませぬけれども, ありませぬぞ, ありませんあなた, ありませんあの, ありませんかしら, ありませんかな, ありませんけど, ありませんこの, ありませんさ, ありませんただ, ありませんでしょう, ありませんので, あり又, あり得ないそれ, あり得ないという, あるがと, あるとしても, あるまいけれども, あるまい何, あれしません, あれは, いけないん, いたが, いつに, いないだろう, いられないと, いられないという, いられないよう, いられなくなったの, いるが, おかないの, おまえの, おもしろくない, おれなかった, おれの, おわかり, お前の, かすかに, かわいそうだ, がんせん, きりが, こうし, こうは, ここから, ここで, このまま, この家, この男, この際, これだけの, こんどは, こんなこと, ごさい, ございましたが, ございますけれど, ございますけれども, ございませんからね, ございませんし, ございませんでしたか, ございませんでしたが, ございません実は, ござりませぬ, ご機嫌よう, さすがに, さすがの, さっきの, さやう, すまされないの, すむまい, せっかくの, そうしましょう, そこへ, そのお, その方, その間に, それこそ, それらの, た, たまったもの, たまらないと, だめな, だれも, どうしてその, どうしても, どうすれ, どこから, どのよう, どんなこと, ないあなた, ないあらゆる, ないおそらく, ないかといった, ないからなあ, ないからのう, ないかれ, ないけど, ないこんな, ないしかも, ないせめて, ないだらうが, ないでしょうかな, ないでしょうかね, ないでしょうけれど, ないでしよう, ないですかな, ないとか, ないどうして, ないなお, ないなと, ないなにか, ないのにと, ないばかりか, ないほか, ないほど, ないほんの, ないもし, ないもつ, ないやはり, ないよく, ないわい, ないわが, ないんで, ない一つ, ない一種, ない世の中, ない予, ない云々, ない何と, ない先生, ない全, ない即ち, ない只, ない場合, ない実は, ない実際, ない少し, ない常に, ない彼等, ない日, ない本当に, ない本来, ない東京, ない死, ない眼, ない自己, ない金, なかつたこと, なかつたもの, なかろうけれど, なくあくまで, なくあれ, なくあんまり, なくうち, なくかなり, なくかの, なくきっと, なくこれから, なくずっと, なくそうした, なくっても, なくてね, なくところどころ, なくとにかく, なくどうしても, なくどちら, なくどの, なくひどく, なくほとんど, なくまあ, なくみんな, なくもし, なくよそ, なく下, なく主, なく人生, なく今度, なく仕事, なく何物, なく信仰, なく全体, なく出て, なく初め, なく単なる, なく博士, なく口, なく只, なく各, なく名誉, なく国家, なく地上, なく堂々, なく大抵, なく妻, なく始終, なく学校, なく実践的, なく家庭, なく少く, なく広い, なく広く, なく弟, なく必要, なく急, なく恐らく, なく意識, なく手, なく支那, なく文学, なく新しい, なく明らか, なく本, なく本来, なく極めて, なく歴史, なく死, なく殊に, なく毎日, なく江戸, なく生活, なく直接, なく真実, なく確か, なく社会, なく科学, なく老, なく肉体, なく腕, なく自動車, なく自身, なく貴女, なく雨, なく首, なしさ, なしただ, なしまだ, なし自分, なにも, なんでも, ねえから, ほかに, ぼくは, また明日, まだ安心, むろんなかっ, よくない, わからぬこと, わしの, わしも, ゐられないの, ビクとも, ビクターに, 一つで, 一体何, 一日も, 一種の, 一致し, 不充分だ, 不充分な, 不十分です, 不可能な, 不足だ, 世間が, 之は, 事が, 人の, 今でも, 今に, 今は, 今までの, 今夜の, 今夜は, 今度は, 何故かと, 何時まで, 全く意味, 出来ないの, 出来ません, 分りませんが, 初めから, 前に, 力が, 勝手に, 厶りませぬ, 君を, 吾, 困るな, 固より, 外の, 如何とも, 妙な, 安心し, 完全に, 家の, 少しばかり, 山の, 山陽が, 工合が, 彼等の, 後に, 御座いませんから, 心の, 心細いと, 念の, 思うよう, 想像も, 或る, 戻らう, 手の, 手を, 持って, 旅の, 早くも, 有りますが, 有るまい, 有名な, 東京の, 気の, 気を, 済まないの, 満足できず, 無くその, 無くとも, 無く全く, 現代の, 生計が, 目に, 相手の, 科学的な, 精神の, 置かぬ, 聞くの, 自分たちの, 自分で, 自分を, 芝居の, 親の, 解るまいが, 言って, 言葉が, 誰の, 足らない, 足りなかった, 足りなくなって, 逆に, 黙って

3 [655件 抜粋] あしたの, あたりまえの, あのお, あの人たち, あぶない, ありこの, ありその, ありまする, ありませぬので, ありませんです, ありませんとも, ありませんのに, ありませんわたし, ありません誰, あり一足, あり得なかったの, あり得なかつた, あるがい, あるな, あるまいかとの, あるまいかとまで, あるまいけれど, あるまいそんな, あるまいて, あるまいとは, あるものの, あるん, あれだけの, あんたの, いうが, いけないが, いただいて, いたの, いつかは, いまは, いらつし, いられないのよ, いられない気持, いられなかったであろう, いられまい, いろ, おそい, おぬ, おまえに, お前が, お帰り, お袖, きまりが, けっしてなかっ, こ, ここを, こちらの, こちらへ, こちらも, こまるの, これまでの, これより, こんなところ, こんなの, こんな風, ございませぬかな, ございませんあなた様, ございませんあの, ございませんこの, ございませんそれ, ございませんただ, ございませんでしたから, ございませン, ござらぬよ, ござらんか, ござれど, ごわせんか, しょうがない, すまされぬ, すまないと, すみませんでした, そこの, そこまで, そちの, そちらの, その上, その人, その人間, その前, その声, その目的, それほどの, たまらない, たりないで, ちつとも, ちょっと困る, ちよつと, とてもその, とても我慢, とても私, どうかと, どうにも仕方, ないある, ないあるいは, ないいま, ないかのう, ないがの, ないこう, ないこちら, ないこれから, ないそこで, ないたしかに, ないたつた, ないたとえば, ないだろうかね, ないちゃんと, ないつい, ないですかね, ないですから, ないですが, ないともかく, ないと共に, ないどうか, ないまず, ないもと, ないもはや, ない世界, ない二人, ない仕事, ない仮に, ない併, ない例, ない先刻, ない口, ない同じ, ない否, ない大きな, ない天, ない天下, ない寧ろ, ない寺, ない小, ない山, ない所, ない拙者, ない時, ない歴史, ない死んだ, ない母, ない江戸, ない父, ない理由, ない生れ, ない町, ない相手, ない私自身, ない種々, ない習慣, ない自然科学, ない見る, ない身分, ない非常, なかったけれ, なかったで, なかつたかしら, なかつたさ, なかろうけれども, なかろうし, なかろうな, なくあきらか, なくあと, なくあんな, なくいくら, なくいよいよ, なくいわんや, なくか, なくかく, なくきわめて, なくこっち, なくこの世, なくこれら, なくしかし, なくしたがって, なくじつに, なくじつは, なくずつと, なくそのまま, なくその他, なくそれ以前, なくたくさん, なくたしかに, なくたとえば, なくちょっと, なくつまらない, なくてよ, なくてんでに, なくときどき, なくなるかも, なくなんだか, なくなんとなく, なくね, なくひょっと, なくまず, なくもちろん, なくもともと, なくもの, なくよい, なくよき, なくよし, なくヨーロッパ, なく一応, なく一般的, なく下手, なく世の中, なく事件, なく事實, なく云, なく亡き, なく京都, なく人々, なく今や, なく今後, なく他家, なく伝統, なく何処, なく作品, なく偶然, なく先方, なく公, なく冷静, なく力量, なく労働, なく協団, なく即ち, なく却って正に, なく古代, なく同, なく君, なく問題, なく国民, なく土地, なく変化, なく大勢, なく如何なる, なく始め, なく子, なく幸福, なく幾度, なく往来, なく心理的, なく思想, なく感情, なく新た, なく日頃, なく明, なく時々, なく最後, なく本気, なく根本的, なく次, なく正しい, なく正しく, なく氏, なく民衆, なく永遠, なく犬, なく現, なく理, なく疑い, なく皮膚, なく真に, なく私たち, なく積極的, なく窓, なく美, なく自分たち, なく自然科学, なく自由, なく船, なく芝居, なく要するに, なく言葉, なく読者, なく諸, なく近く, なく過去, なく遠い, なく非常, なささうに, なしお, なしかえって, なしされ, なしと, なし何, なし身分, なぜこの, ならないと, なんだか物足りない, なんとも思っ, ねえ, まさかそんな, また何, まだこの, まだほんとう, まだ完全, まだ本当, むずかしい, もう生き, もう遅い, ものに, やりきれない, よくわからない, よく分らない, わからないが, わかるまい, わしが, わしに, ゐら, ゐられません, クリストフの, ダメで, ダメな, ッと, 一つの, 一と, 一刻も, 一般の, 万, 万一の, 三人の, 不安に, 不安心だ, 不意を, 不足な, 世界の, 世界第, 二人は, 云わば, 京都の, 仕事は, 仕方ない, 似て, 何とも仕方, 何んの, 何等の, 信用し, 俺も, 僕に, 充分な, 兎ても, 全然ない, 出て, 判らない, 判断が, 到底生き, 到底駄目, 前の, 割り切れないもの, 効果が, 十分で, 十分とは, 十分な, 却て, 厶らぬ, 可憐さうだ, 同じだ, 君が, 君も, 商売に, 困るから, 困ること, 困るので, 外へ, 大事な, 大分今迄に, 大変な, 大阪の, 如何し, 妙に, 子供が, 安心出来ない, 完全なる, 少し困る, 尚悲しい, 尽されない, 居られないやう, 山陽の, 左様なら, 店が, 役に, 役に立たぬ, 彼女を, 御在, 御坐りません, 御座いませんでした, 御座いませんでしたが, 御座いませんよ, 御座ります, 御座んせぬぞ, 復讐の, 心が, 心もとないと, 心細いし, 急に, 戦争の, 戦争は, 拙者は, 政府の, 敵わ, 文学の, 日が, 日本で, 日本に, 日本は, 昔の, 昔も, 是を, 書けない, 最上の, 有ったけれ共, 有ませぬ, 有りませぬか, 有りませんから, 有るまいが, 朝の, 本當, 東京に, 正月の, 正確な, 此年山陽の, 歯が, 歴史は, 歸らず, 母が, 母の, 毛頭ありません, 水を, 永久に, 決してあるまい, 流石に, 済まされないので, 済まなくなる, 済まぬぞ, 済みそう, 済むまいと, 満足する, 滅多に, 灯を, 無いかしら, 無いぞ, 無いだらう, 無いだろう, 無いとて, 無いらしく, 無いわ, 無い唯, 無い自分, 無い飯, 無かろう, 無く相手, 無しに, 無し初, 無し朝, 片附, 物足らぬ, 現実の, 理由が, 生きては, 皆が, 相変らず, 省略し, 眼の, 確かな, 確に, 私たちは, 私を, 種々の, 空の, 置かなかった, 美の, 美登利さんだ, 腹の虫が, 興味が, 芥川の, 芸が, 西洋の, 見て, 言い足りない, 読者に, 誰か, 誰だ, 誰を, 足らないで, 足らないので, 近代の, 近頃の, 退け目, 金に, 金を, 長崎県の, 間にあわない, 間に合わなくなって, 青年の, 頭から, 骨が

2 [1996件 抜粋] ああいう, あきたらない, あたしの, あったとしても, あつたらしい, あなた方の, あの家, あまりに先, あらせられるが, ありえなかった, ありました, ありますまいと, ありませんからねえ, ありませんこんな, ありませんでしたので, ありませんまた, ありません人殺し, ありません粉雪, あり得ないし, あり死ぬ際, あり芸, あるであろう, あるまいこの, あるまいとも, あるまい私, ある国, あんなに蠱惑的, い, いかんか, いけないこと, いけなくて, いずれ, いつその, いつも君, いま自棄に, いられなかったから, いられなくなるの, うまく行かなかった, おかないという, おそらく一坪, おりますけれど, お世話に, お前達に, お待ちし, お気に, お父さんも, お話に, かつおぶし, かれは, きみの, けっしてなく, こちらが, こっちも, この世の中, この国, この女, この方, この言葉, こまるから, これくらい, こんな事, ございますけど, ございませぬな, ございませんこと, ございませんでしょう, ございませんわたくし, ござらぬがな, ござんすまいか, ご不審, さしたること, しない, すぐその, すまされなくなって, すまないので, すむまいよ, そうでも, そちらも, その力, その実際, それなる, それまで, そんな器用, たよりない, ちっと涼し, ちょっとお待ち, とてもだめ, とても今, とても責任感, どうかね, どうしても満足, どうぞその, どうにも仕様, どうも気, どう考え, どこでも, どの程度, どんな方法, ないあまり, ないえ, ないかかる, ないかなどという, ないきびしい稜角, ないしかしまた, ないすぐ, ないそして, ないそれ以外, ないだらうけれど, ないだんだん, ないですかと, ないとな, ないながらも, ないのう, ないひとり, ないまさしく, ないまるで, ないらしく思われる, ないわれわれ, ないッ, ない一時, ない三人, ない之, ない五郎さん, ない代り, ない何此騷ぎ, ない元来, ない初め, ない単なる, ない古来, ない命, ない声, ない大工, ない姿, ない実に, ない幽に, ない形, ない従って, ない恋, ない意味, ない故に, ない新聞, ない昨日, ない最も, ない本当, ない樣子, ない況ん, ない漠然と, ない狐, ない現実, ない生活, ない直, ない秋子, ない立つ, ない経験, ない自殺, ない荷, ない読ん, ない貴女, ない退屈, ない道, ない青木淳, なうて, なかったろうかという, なかつただらうか, なかつたらうたちまち, なかなか目, なかろうね, なくあたし, なくいくつ, なくおもに, なくかりに, なくしかして, なくすぐ, なくそれで, なくたしか, なくだいたい, なくつくるもの, なくどういう, なくなかには, なくなります, なくなんと, なくぼく, なくまたは, なくむしろ主として, なくもしや, なくよしや, なくゲエテ, なくブルジョアジー, なく一度, なく一片, なく万人, なく不断, なく中大兄皇子, なく乙姫, なく五月, なく人間存在, なく他人, なく住民, なく何度, なく余り, なく僅, なく兄, なく光, なく共に, なく内, なく冬, なく前橋市一毛町, なく十二日, なく古い, なく各自, なく含蓄的, なく商売, なく声, なく多, なく大衆的, なく如何にも, なく完全, なく客観的世界, なく家康, なく対象, なく將來, なく左, なく幾ヶ月, なく延, なく形相的, なく従来, なく性格, なく意外, なく感応寺, なく折角, なく文化, なく明治, なく時として, なく暗く, なく本当, なく根本, なく機械, なく正直, なく武士, なく気, なく消費用役, なく火鉢, なく無論, なく片方, なく現下, なく瓶, なく用途, なく疑惑, なく相互, なく知識, なく礼儀, なく祭り, なく空気, なく簡単, なく結局, なく義理, なく自分達, なく芸術, なく裏, なく親切, なく誰か, なく貧乏, なく躯, なく辻番所, なく道徳的, なく醒めて, なく長年, なく雪, なく音楽, なく馬, なささうで, なしこんな, なし又, なし正, なぜかと, なぜ美佐子, ならぬの, なるべく早く, はじめから, ひけを, びっくりする, まずあなた, まだお, まだる, まだ初歩, まだ職人, むろんなく, もうこの, もう我慢, もう間に合わない, もとよりその, やつと, よく紫檀, らを, わからなかったの, わたくしが, ゐられないから, ゐられなかつたの, グレゴール, ゴム靴が, ドアを, フランスの, 一つである, 一度も, 一番の, 一致した, 一足先に, 上手に, 不十分で, 不安だ, 不自由だ, 世の中が, 主人が, 事件の, 人々の, 人目も, 人間を, 今まで, 今後の, 今迄, 他人には, 伝六そろそろ, 何, 何だ, 何とも思っ, 何ンにも, 何年か, 何者が, 作品の, 信吾の, 偉大な, 僕には, 兄の, 先生が, 入って, 全く同じ, 全く心配, 全然なく, 具合が, 出来ないよ, 分らなかった, 判らん, 別に詮議, 到底敵, 前にも, 割り切れない一種微妙, 動物は, 医者の, 十時に, 却つて恋ひし, 口の, 古代の, 合点せざる, 君たちは, 呆れて, 問題が, 喰ひ足らなく, 困りますね, 困る故, 地球が, 堪らない, 壁の, 外から, 多分ない, 大切な, 大概の, 夫が, 女に, 如何なる御, 始めよう, 嫌って, 学徒たちの, 安らかには, 実際どうも困っ, 家が, 容易の, 寝られないで, 小僧の, 小説に, 小鳥の, 少し下方, 少年の, 居ぬお力, 左の, 帰れない, 年の, 廻りに, 張合いが, 彼と, 彼女も, 待って, 従来の, 御坐いません, 御座いませなん, 御金, 忘れて, 思ひ切つて, 情けない, 意味ない, 成りません, 我慢にも, 房一が, 手前は, 承知出来ない, 措かなかった, 散歩に, 新知識, 日本でも, 早速, 早速話し, 暮せぬ, 月夜の, 有りませんと, 未だ十分, 柱時計の, 欠けて, 止みそう, 此外幾等も, 歴史を, 殊にこの, 母も, 気がついて, 江戸の, 決してその, 決して判断, 決して真, 流石の, 深い青黝, 済まされないと, 済まないこれ, 済まぬ, 満足し得ない, 滿足せず, 火が, 為様が, 無いそれ, 無いもの, 無かったでしょう, 無くかなり, 無くまた, 無ささうです, 無論かく自生, 片付けきれない複雑, 牛は, 物足りぬ, 猪之, 珍しいこと, 理屈通りの, 用の, 申譯が, 町内の, 疑念が, 白色の, 直ぐにも, 相当うぬぼれ, 相済まない, 知ること, 神経が, 私たちの, 科学者の, 立派な, 第一等, 粉屋の, 約束の, 納得が, 結構でございます, 耻辱の, 胸の, 腹も, 自分と, 致死量に, 芝居に, 若干の, 葉之, 行かない, 見えないが, 見るを, 見分けが, 解決が, 言へ, 許宣を, 詰らぬ, 説明に, 誰でも, 調子が, 責任を, 足りないであろう, 足りなかつた, 跡を, 軍部が, 追いつかないこと, 遅いから, 遥かに, 酒の, 金森家が, 鑿や, 間に合わなかった, 離縁を, 面白うない, 顔は, 驚いて

1 [19497件 抜粋] СССРの, あすまた, あとを, あの不思議, あの蜂, あまりに過重, あやか, ありさうかと, ありますまいとの, ありませんありがたくっ, ありませんでした河田, ありません万人, ありません女牛, ありません末梢, ありません金なぞ, あり国家, あり得なくなる, あり結婚, あるので, あるまいのう, あるまい見なかった, あんなにもさ, いい顔, いかに多くこれ, いくらに, いけないね, いけませんか, いちばんいけません, いつどうして, いなかったそう, いよいよもう一つ, いられないやや, いられぬ肌寒, うちの, おおかみ, おけなかったって, おそらく耐え難い, おられない心持, お仙が, お味方, お水, お言伝, かえって子供, かなわないこと, きかぬのでね, くやしく思っ, こうして見る, このおそわれた, この五里, この帽子, この書, この直観, この関, これから何, こんなにうまく, ございますまいな, ございませんその, ございませんもう, ございません慰み半分, ござらぬお, ござろうなれど, ご安心, さぞ日, さびついた部分, しばしば見られる, すぐわかっ, すでにラインホルト, すまずかなり, ずいぶん特殊, そういう名, そう判然, そのばあさん, その何処, その存立, その折目, その男女もち, その行衛不明, その麦, それゆえなつかしゅう, そんな変化, たくさんの, ただ円盤, たんすの, ちっとも楽しくな, ちょっと動かぬ, つい近頃, つまりませんからねえ, とうから定め, とおらない, とてもむずかしい, とても我邦, とても説明, とんとんとんと, どうしても五時, どうして女, どうにもなりますまい, どうも人間, どう違おう, どんなに決定的, ないあてつけ, ないおやじ, ないきりぎりす自身, ないすくなくも, ないだろうから, ないでしょうがね, ないどうも, ないぶん, ないよそ, ないソフィヤ・セミョーノヴナ, ない一同, ない上, ない事実彩色, ない以後, ない俗人ども, ない兵馬, ない加, ない友人, ない商品そのもの, ない境遇, ない如何にも, ない家中, ない工場, ない引越し, ない思う, ない我國, ない救わず, ない旨, ない朝夕, ない構成性, ない求, ない漱石, ない生きられる, ない真, ない科学的, ない純粋意識, ない肋膜, ない芝居, ない蛾, ない設計班, ない足利時代, ない道庵先生, ない長三, ない面持, ない驚い, なお当惑, なかつたよ, なかなかやっ, なからうで, なくあいつ, なくうい, なくかえって決して, なくここら, なくじっと, なくたつた半歳, なくどうもそう, なくなりましょうから, なくびぞんといふ牛, なくみすぼらしい, なくやはりよく, なくカンカン, なくドイツ, なくマラッカ, なく一定数, なく万象, なく不自然, なく主観的作家態度, なく二百あまり, なく人見, なく伯父夫婦, なく作者須井自身, なく僧, なく六さん, なく処女, なく剰余生産物, なく十人分, なく却つて私, なく古墳, なく君ちやん, なく四五間, なく坊主, なく大人たち, なく失踪, なく宇乃どの, なく富農たち, なく尼, なく帯, なく座, なく往時, なく必然, なく悟道, なく戦場, なく抽象的, なく教育, なく方々, なく春江, なく最上, なく来朝, なく様式, なく此順序, なく毛織布, なく法廷, なく温室, なく無視, なく独占資本, なく生きた民衆, なく田畑, なく百成, なく真暗, なく社会施設, なく空氣, なく純, なく線路, なく肥えた幼児, なく般若, なく華々しい, なく衣裳, なく見棄てられたよう, なく詩人的諷刺作家, なく貸家, なく退屈男, なく邪悪, なく門下, なく難破船, なく飛行, なく鳥類, なしさりとて, なし一世一代, なし只まるで, なし次, なし見苦しいこと, なぜ本国, ならんとか, なんともなりません, ねえ本当になんと, はなはだ心元, ひょっとしたら三郎, ほって, まあ五人分, まずない, またクリストフ, まだきめ手, まだわかりますまい, まだ去勢術, まだ或, まだ真にこの, まちがいが, まるで文体, みわさんの, むづかしからう, もうひとり, もう宵, もう足りなかった, もっともたい, もはや絶望, やはり一例, やまないやう, やれないので, よくあの, よく見かける, わからないの, わざとらしくも, ゐられないいよ, アイス, エスペラント運動の, キャベツを, ゴッホと, スポンスポンと, チョチ, ニイチェを, フォン・ゲルプザッテル少尉の, ポツポツと, ヨーロッパの, 一つも, 一切干渉しない, 一向見当, 一応階級的, 一番けちな, 七十余年間の, 三人に対して, 上げるか, 下頭小屋, 不慮の, 世も, 並々ならぬ, 主客ソロ, 予定の, 二十四万両そいつを, 五十三次の, 人形か, 今に身代限り, 今朝この, 代用品, 会つた事が, 佐京某という, 何だか私, 何やら惜しまれ, 何故いけない, 何百万の, 余程出来, 価格が, 信西入道伝来の, 健気に, 儂と, 充分でないらしく思われる, 光泰先に, 全く無, 全雨量, 其に, 内容が, 出かける迄に, 出来ぬ大役, 分らぬ本懐, 判って, 別室で, 到底実現, 前々回を, 助けを, 勝てないこと, 勿論類型, 十月一杯程, 南北両面の, 危いだらう, 原君や, 及びもつ, 受けて, 只バカ, 叶わない, 同じ念仏宗, 向こうで, 味わい得ぬよろこびと, 唯字, 営を, 困りますから, 国は, 地震の, 場合によっては, 夏祭り毎に, 夜ねむれない, 大した技術家, 大問題, 大旦那, 大騒ぎだった, 失敗する, 女らしいが, 妬けて, 嫁が, 学問には, 宋江の, 実はいまだ, 客観性の, 宿屋には, 寝台で, 将来この, 小桶, 少しは, 尚更ら, 居りません, 岩はだの, 已に支那學專門, 帰れぬと, 平日の, 幾らなどと, 弁護側を, 当人の, 役所の, 後が, 御主君, 御座いませんサ, 御迎い, 心付けが, 必ずしも妻, 思いつめて, 恋にも, 恩に, 惡い, 感心できない, 成り立たないので, 戦場へ, 手すすぎを, 承知し, 拙者も, 捗が, 換算し, 政府当局と, 数年ならずし, 料理を, 旅に, 日限三日かぎりだ, 早速袁術, 易々と, 時間も, 更々なく, 最も深い, 有りませうが, 有数の, 未だない, 本当にすまない, 杣山伏も, 林も, 案外他愛, 楽しいこと, 次郎君の, 正直過ぎる, 此年文化八年の, 歯車が, 死ぬ本人, 殿にも, 氏の, 気迷う, 決してうだつ, 決して女, 決定し, 法然が, 流石実業界, 淋しいという, 済まさないという, 済まないだろう, 済むまいよ, 満足出来ないでしょう, 潮見博士を, 無いそこで, 無い佐吉, 無い必定, 無い良妻, 無かろうと, 無く云ふたこと, 無く實際, 無く絶えず, 無事だつた, 無論自分, 片づかないこと, 物足らなく, 独り文学に, 珍しい下町風俗, 甚だ野卑, 生計を, 申し訳が, 留守が, 病人を, 白猫も, 皇極二年に, 直径九メートル百キロの, 眞相は, 着物を, 石塀を, 祁山へ, 私たち四人の, 租税を, 立ちどころにバトラア, 笠井も, 範光, 納まること, 経済現象の, 絶えずモーター, 罪でございます, 美術学校の, 聖母が, 背後に, 自分には, 至極好都合, 芝居にも, 若き美, 荒海の, 薬代牛乳代などが, 行かないよ, 街の, 西洋諸国と, 見当も, 親類の, 解説が, 討てんから, 詰らない少し, 誤診の, 調べ終わるわけ, 譲歩しすぎ, 貰ったよう, 赤いほう, 足らず人格的, 足りない更に, 軍令が, 近づく術, 追っつかない, 通らん通させぬの, 遅いの, 道誉は, 郁次, 重態だ, 銀子たちも, 閉口, 関東方面に, 隆治さんは, 險難でし, 震爲龍と, 音楽には, 願いが, 食事なんかは, 餅搗を, 駄目らしい, 高田を, 鶯が

▼ で~ (29182, 10.2%)

2076 ない 1005 なかった 675 ある 641 ないが 492 なければ 340 ないの 312 ありません 309 あるかの 299 あるの 290 あるよう 260 ないと 248 あるが 195 あろう 184 よい 180 あつた, あるまい 176 何でも 173 あるし, あろうか, ないのに 170 ないから 165 ないん 146 ないこと 133 なくまた 126 ないし 125 よかった 119 ないらしい 112 あるまいが 106 あると, なんでも 99 あろうが 96 あれば 85 ありまた 84 ないので, 無い 80 あります, あるやう 78 ないよう 69 ないよ, なくただ 67 ありませんが 59 なく 57 あるめ 55 あらうか, なく又 54 あるから, なさそう 53 あらう, あるか, い 50 あるまいと, よいこと, 宜い 49 ございません, ないやう, なくて 46 わかる 45 なかろう 44 ない事 42 ある様, ないさ, ないという 41 ないでしょう, なし 40 よいから 39 あるん 37 自分の 35 ないわ, なくその, 無かった 34 それは, 無いが 33 ありますまい, ないけれど, なからう, よいと, 無いの 31 ないもの 30 ありました 29 ありませんから, それが, それを, ないだろう 28 ないらしく, よいの, 考えて 27 あるまいに, なしに 26 ないただ 25 ありませんよ, ございませんが, ないな 24 して, ないです 23 しなければ, 分る, 私の 22 あらうが, ないじゃ, なくそれ, なく何, なしまた, ねえが, 私は 21 すれば, ないかも, ないけれども, ないのよ 20 ありその, ないがね 19 あった, あるので, あるまいし, あろうかと, したよう, なかつた, なく私, よいという, 無ければ 18 ないね, なかったらしい, なかろうと, よいとして 17 ありますが, なかろうが, なくこの, なく自分, 何か, 可い, 考へて 16 いい, それに, ねえん, わかります, 無かつ 15 あり, ありませんでした, こつちでも, これを, ないで, ない限り, 何んで, 無いと, 無いん 14 あること, いいよ, 人の, 無いらしい, 私を, 遅くは 13 ありそう, あり又, あるという, ございませぬ, ござらぬ, ないといふ, 他の, 無いよう

12 [13件] ありましょうか, ありませんし, ありませんでしたが, あるまいから, あろうと, いいわ, ないこう, 少しは, 彼の, 無いから, 無いこと, 私が, 見て

11 [11件] ありは, ありましょう, ありますから, あるならば, すぐに, ないか, ないぞ, ないでしょうが, ないらしかった, なく全く, 出來

10 [17件] あらうかと, ありますまいが, ないけど, ない様, なかったら, なくこれ, なく単に, なく彼, なしさ, なる, よいでは, 僕の, 分るの, 女の, 手に, 良いこと, 言ふ

9 [18件] ありませんわ, あるけれど, え, おそくは, ございますまい, ないからね, ないまた, なかったろう, なく只, なく唯, なしそれ, なしと, ねえから, よいよう, よかろう, 好いから, 平気で, 話して

8 [26件] あつたら, ありませぬが, ありませんがね, あるかと, あるらしい, いうが, ございませんから, ござらぬが, したやう, どこか, ないだろうが, ないや, ない男, なくさりとて, なくそう, なくた, なくぼんやり, なくまして, なく今, なしただ, やつて, よくわかる, 手を, 気が, 自分を, 言うが

7 [40件] あなたの, ありかつ, ありさ, ありませぬ, ありませんけれど, あるかな, あろうし, ございましょう, ございましょうか, ないそう, ないそれ, ないであろう, ないに, ない何, ない奴, ない様子, なくお, なくされ, なくそのまま, なくそんな, なくむしろ, なく自然, なく誰, よいもの, よい事, 仕方が, 出て, 分ります, 同じよう, 宜え, 彼が, 彼は, 日本の, 気を, 無いので, 無いのに, 無い事, 相手に, 自分が, 自分に

6 [66件] あつて, ありそれ, ありましょうが, ありますし, ありませんね, あるかも, あるだろう, あるまいという, いいと, いうの, いたします, いつまでも, おあり, ございます, したかの, そこに, そこは, そんなこと, ないお, ないかと, ないからな, ないこの, ないしかし, ないだらう, ない猫, ない私, ない自分, なきや, なくして, なくては, なくと, なく家康, なく特に, なく聞かぬで, なさ, なるが, なるよう, ねえの, やりますよ, やる, よいので, よく知っ, わかるよう, 人間の, 好い, 実際は, 当時の, 彼でも, 彼には, 彼女の, 彼女は, 御用と, 構は, 無いでしょう, 無いです, 無いやう, 無いよ, 父の, 着て, 知って, 立派な, 自分で, 致します, 見たの, 解る, 連れて

5 [79件] あったの, あらうと, あらば, ありますか, ありませんからね, ありませんけれども, ありゃア, あり得ない, あるかに, あるけれども, ある事, いざと, この人, これは, ございますし, ございますまいが, したの, それと, できたの, ないその, ないだろうと, ないとは, ないわよ, ない人, ない女, ない酒, ない顔, なかろうに, なくいつも, なくかえって, なく他, なく単なる, なく彼女, なく水, なし又, なると, なるもの, なるん, ねえし, ほかの, よく見えます, わかりました, わかるが, わたしは, 一応は, 一緒に, 人に, 人を, 今の, 僕は, 先生の, 入れて, 判る, 口に, 口やめる, 否とは, 女が, 娘に, 娘の, 心配し, 思い出して, 悔み足りない, 悪かった, 有らう, 有りませんが, 有るの, 母の, 決して遅く, 無くて, 申します, 石城を, 腹を, 良かった, 見たよう, 解ります, 誰でも, 起こらなければ, 食ふ, 食べて

4 [123件] あって, ありどうか, ありましたが, ありますね, ありますので, ありませんので, ありやしないよ, あり且つ, あり人間, あり今, あり何, あり私, あるかい, あるだろうか, あるでしょう, あるな, あるまいのに, あるんで, ある時, あろうもの, いらつし, いれば, この家, これが, ございましょうが, ございませんし, さすがに, したら, してやる, しない限り, そうだ, そうである, そうな, その人, できて, ないあなた, ないそんな, ないだろうし, ないでしょうから, ないのにと, ないはず, ないらしいです, ないわね, ない一種, ない代り, ない何ん, ない又, ない彼, ない樣子, ない癖, なかろうけれど, なかろうじゃ, なくあなた, なくいかにも, なくいろいろ, なくさ, なくまるで, なくもっと, なく人間, なく偶然, なく前, なく却って, なく女, なく娘, なく実に, なく実は, なく手, なく気, なく目, なく眼, なく第, なく黙っ, なささうだ, なしその, みて, よいわ, よくその, よくは, よくわかります, よさそう, 一時は, 云うの, 云ふ, 人から, 人が, 人は, 仰し, 何の, 俺の, 俺は, 其ほどの, 分るだろう, 初めから, 力に, 同じこと, 喰べ, 外の, 女は, 安心し, 居られぬて, 彼を, 後には, 御座いません, 御自分, 悪いこと, 感じて, 或る, 昔の, 有るやう, 涙が, 無いで, 無しに, 申上げます, 相当の, 相談相手に, 知られる, 知れて, 私に, 胸が, 言は, 言ひ出す, 顔を, 骨を

3 [270件] あったが, あつたの, あつたらう, あらうし, ありお, ありない, ありますよ, ありゃァ, ありノートルダム, あり一寸, あり二人, あり増し, あり左, あり自分, あり遠い, あるこの, あるとか, あるに, あるまいといふ, あるまいよ, あるらしかったが, ある場合, あろうけれども, あろうよ, あんめえ, いいから, いいという, いいの, いたしますから, いつまで, いるの, おありです, おそくない, お内儀さん, お前に, お力に, きつと, こ, こいつは, ここに, こらえる, これに, こんなこと, ございますか, ございますまいに, ございませうか, ございませぬから, ございませんけれど, ございませんでした, ございませんでしたが, ご覧に, したもの, したらそれ, すべての, そのこと, そのつもり, その秘密, どうかする, どうでも, どこかに, ないあの, ないかな, ないぜ, ないぢ, ないって, ないつもり, ないでしょうに, ないところ, ないとして, ないのね, ないみんな自分, ないらし, ないんで, ない世間, ない人々, ない唯, ない大, ない家, ない旅, ない気持, ない理由, ない筈, ない話, ない貴方, なか, なかったであろう, なかったでしょう, なかったらしく, なかつたやう, なかろうから, なくいは, なくいわば, なくお前, なくそこ, なくっちゃ, なくど, なくなつ, なくまさしく, なくまだ, なくまったく, なくやっぱり, なく一日, なく上, なく中, なく人, なく今日, なく俳優, なく俺, なく内儀, なく却, なく右, なく地, なく大, なく大切, なく妹, なく少し, なく平次, なく心, なく悪口, なく我々, なく日本, なく明日, なく昔, なく普通, なく極めて, なく況ん, なく相手, なく私ども, なく自己, なく葉子, なく西洋, なく起きるで, なく路, なく酒, なく馬, なけれあ, なけれど, なささうな, なしあれ, なし富士, なし自分, なし頭, なるに, ねえんで, またそれ, また私, もう遅い, ものを, やるの, よいが, よいただ, よいとは, よいやう, よい自分, よからう, わあっと, わかること, ゐて, チャンと, 一つの, 一と, 一種の, 世の中の, 世間が, 世間の, 世間は, 云へる, 人間は, 今は, 仕事は, 他に, 他人に, 何処か, 俺を, 内容は, 出して, 出来ます, 分るやう, 別にそれ, 力を, 即座に, 口の, 口を, 可え, 同じ事, 君の, 命を, 商売に, 困る, 困るから, 女に, 好いん, 好かった, 好きな, 子供の, 宜いが, 宜う, 家の, 少しも, 岸本は, 彼に, 御自身, 心の, 思い出したの, 思うが, 悔んで, 惡い, 扱ふ, 振られる理由, 日が, 明かに, 昔は, 最初は, 有らうが, 有るかの, 有ると, 有るまいが, 根が, 此の, 殺されたの, 母親は, 気に, 氣が, 氣を, 決してない, 泊らするといふ, 為よう, 無いけれど, 無いし, 無いだろう, 無からう, 無く又, 無く額, 物の, 現在の, 生きて, 田舎に, 申しましたか, 男の, 発見した, 相手が, 真実に, 眺めて, 眼に, 眼を, 知ること, 社会の, 立ち止まると, 考えたが, 聞かなければ, 聞くよう, 腹が, 良いの, 見せて, 覚えて, 言うよう, 言つ, 言ふて, 訣つて貰へれ, 話したこと, 話を, 負けては, 起り得るの, 身体が, 近頃は, 非常に, 鞘を, 音を, 頭が, 餘り

2 [983件 抜粋] あたしの, あとの, あなたは, あの人, あやまるわ, ありあたし, ありことに, ありさうかと, ありそれに, ありとことん, ありひどく, ありましたし, ありますの, ありますまいに, ありますめ, ありませうか, ありませんでしたから, ありませんやね, ありやしません, あり不安, あり今さら, あり取敢, あり召使, あり嬉し, あり恐れ, あり柳田氏その他, あり現在, あり第, あり舵, あり運命, あり鳥, あるその, あるでしょうが, あるならそんな, あるまいがと, あるまいじゃ, あるまい私, あるもの, あるらしかった, あるわい, ある種, あろうかい, あろう遊覧, いうか, いうより, いえ, いけない, いつでも, いろいろと, いろいろ仕度, おあきらめ, おしまいに, おれの, お互に, お前さんと, お君, お待ちし, お気に, お福, お金を, がまんする, こうやっ, ここで, ここは, こちらから, こっちを, この兄妹, この歌, この頃, こらへる, これでは, こんなにまで, ございました, ございますから, ございますと, ございませんそれ, ございませんの, ござんすまい, ごまかして, しかねないの, したらと, した方, しつて, しでかしそれ, しなくっちゃ, じぶん, すっかり安心, する, ずいぶん偉い, そいつは, そうであります, そう言う, そこから, そのほう, その中, その声, その気, それから, そんなところ, ただの, ちつとも, ちょっと細工, ちよつと, できます, どうかした, どこかで, どんなくるしい, ないあれ, ないからと, ないそういう, ないた, ないだらうと, ないちょっとした, ないでしょうと, ないとき, ないには, ないのにね, ないみたい, ないもとより, ないやはり, ない一時, ない人間, ない仕事, ない代物, ない冷たい態度, ない動かぬでも, ない噂, ない女房, ない当然, ない戦争, ない旦那, ない来客, ない気, ない汚水, ない江戸名物, ない牛, ない状態, ない病気, ない積り, ない芸術, ない証拠, ない雑草, ない飛騨国, なかつたけれど, なかつたの, なかろうぜ, なかろう何, なくあの, なくある, なくかかる, なくきわめて, なくここ, なくしかも, なくすでに, なくその間植木, なくそれどころか, なくちゃ, なくって, なくつ, なくつて, なくどこ, なくなるの, なくに, なくふと, なくまず, なくもつ, なくよく, なくわたし, なくシャク, なく一人, なく一種, なく万事, なく世の中, なく主, なく二人, なく何もかも, なく信吾, なく八つ, なく其, なく別に, なく十五, なく合目的的, なく唯もう, なく夏, なく大きな, なく大勢, なく如何なる, なく姉, なく学校, なく寝首, なく巫女, なく強大, なく彼自身, なく或いはまた, なく斯, なく春, なく時々, なく暮し, なく未来, なく椅子, なく此, なく母, なく毎日ブラリブラリ, なく氣, なく演劇, なく片手, なく生命, なく男, なく矢張普通, なく立憲政治, なく笑顔, なく細めた, なく自殺, なく若し, なく藤田, なく行爲, なく見ない, なく読まぬで, なく身体, なく金, なく随分, なく静か, なく頭, なけれや, なささうである, なしお, なしそれに, なしほんの, なし世の中, なし彼, なし誰, ならなければ, なること, なるだろう, なるとしても, なれば, ねえだ, びっくりし, ほかに, またこれから, またほか, また彼, みな同じ, むろんない, もう五六年, もう私, やって, やっぱりこれ, やはり下品, やらなければ, やりかねなかった, やるが, よいからと, よいその, よいといふ, よいどう, よいわいな, よい人, よい身, ようござんす, よく分る, よく知れる, よこして, わかりましょう, わかるでしょう, わかるやう, わしの, わたしの, ケチを, ソレは, 一つ持つ, 一人前の, 一言も, 三人娘を, 下司な, 世の中には, 中, 中學でも, 之に, 事は, 二人の, 云うこと, 云える, 云へば, 人間一人殺し, 今まで, 今度は, 今日は, 仏の, 仕事の, 他から, 以前は, 伊達という, 伯父の, 何う, 何んでも, 例の, 価値の, 俺が, 僕と, 僕を, 先生に, 兎に, 入れれば, 八千代はんや, 凡そ手に, 出来るだけ, 分りましょう, 分ると, 分るよう, 判るの, 判然と, 利助には, 助かりますなら手, 努めて, 十三に, 即刻お, 反動的で, 取りに, 可うござん, 同じだった, 君が, 吾妻橋の, 命は, 問題に, 喉を, 喰べて, 団体として, 困るの, 堪えて, 外に, 多くの, 多少は, 夜中でも, 大人げなく, 大助かり, 大変です, 大都会, 天下の, 夫婦約束を, 失くなした時, 好いがね, 妙な, 姉さんの, 嫉妬に, 存分に, 宗助の, 宜いよ, 宜いんです, 実はその, 容易な, 寺内を, 小平さんは, 少しでも, 山の, 差上げて, 己が, 帰らなければ, 年々幾万に, 広い世間, 弁解する, 引摺る, 引返しますがね, 彫る, 彼らは, 得意に, 御座いましょうか, 御座いませんので, 御心配, 心得て, 思い知らされるの, 怪我の, 想像が, 意思が, 我慢が, 手が, 手紙には, 折れたり, 押し返しては, 探すでも, 敬礼だけ, 日本人は, 明かである, 是非好くなら, 時と, 時代が, 曳擦る, 有つたらう, 有りうるの, 有りは, 有りますまいから, 有りませんよ, 有ろうか, 村の, 来れば, 極めて自然, 正月四日の, 此方どもの, 此村に, 武蔵は, 殺されて, 気の, 気味の, 決してありますまい, 洋食部の, 渠は, 無いか, 無いけど, 無いだらう, 無い怠惰, 無い癖, 無く, 無く自己, 無しされるべき, 焼いたの, 煙に, 物は, 犠牲に, 狂言に, 現在は, 生活の, 甲の, 申上げ, 男は, 癪に, 皆で, 皆に, 目に, 直ぐに, 相手の, 真似るという, 着せて, 知つてゐる, 知られた, 確かに, 神の, 私でも, 私には, 私自身恥じました, 立ちどころに銀, 米の, 結局は, 絶えずその, 考へてか, 聞くが, 聲を, 胸の, 能率を, 自らこれを, 自分から, 自分一人の, 自然の, 興味を, 良い子, 良え, 花の, 花を, 若い娘, 茶化して, 薫りだしたといふ, 見たあと, 見たと, 見つけたよう, 見物し, 見附から, 角柱その他の, 解釈が, 言わして, 許しては, 評判が, 詩人は, 語るやう, 読んで, 負けて, 貴方の, 赤くなる, 起らなければ, 起れば, 足の, 路地を, 身に, 身体に, 辛抱する, 途中で, 遅くない, 道を, 遠ざかると, 邪魔っけだって, 都合つく, 金さへ, 金に, 金を, 門野を, 隠して, 面白くない, 預けて, 顔さえ, 飛び方, 驚かない, 高木は

1 [10283件 抜粋] ああいう, あっちへ, あの呪われた, あますところ, あらうとは, あらう腰, ありうる又, ありしかし, ありといふ, ありましたなぜ, ありますまいし, ありませんかな, ありませんのよ, ありもとより, ありわからないよう, あり不面目, あり侍, あり反, あり天子さま同士, あり平生, あり得るもの, あり探険家, あり死んで, あり爆弾, あり神聖, あり自然, あり賞讃, あり長歌, あるかとも, あるだらうが, あるなら腹蔵, あるまいけれども, あるまい彼, あるらしくいそいそ, ある声, ある点, あればと, あろうほんとう, あろう女優, あろう身, あんまり酔狂, いうもの, いけずお, いたしまして, いつかすべっこく, いてて, いられませぬ, うすうす気づい, うるさいほど, おありかえ, おざら, おつれ, およそ知られる, お便りし, お始めなさる, お抜かり, お用いいただけれ, お菊さん, お馴染, かたづけたらどう, かように, きっと妾, ぐずぐずし, こうした実写映画, こちらが, この二つ, この島, この私, この間違い, これらの, ごく間近, ございませうが, ございません勝負事, ごぜえます, さすが決死, しかねない談判, したら飛んだ眼, しないかぎり, しねえかぎり, じきまた, すぐわかりました, すっかり罰点, するやう, ぜひ来, そうだろう, そう毎度相手, そのする, その僞古文, その場, その後見つかった, その歌体, その美人, その銀行家, それだけの, それ位の, そんな話, たしかめて, たとえば出る, だれでも, ちゃんと書こう, ついに仏法僧鳥, つひに, できるかも, とにかくすでに, どうせ離れ, どれか, どんな我まま, ないおしろい, ないくせ, ないじゃあ, ないつまり, ないなにか, ないましてや, ないわれわれ, ないヴァイオリン, ない之, ない伸子, ない共通, ない北海丸, ない堆土, ない姑, ない少年, ない微恙, ない教会, ない果して, ない波蘭人, ない瓦町, ない神, ない自然現象, ない藤袴, ない足どり, ない降り, ない骸骨さん, なかつた今日, なかろうがと, なき事, なくいずれ, なくおどかしつけるで, なくさえずる, なくずるずる, なくただただ, なくときおり, なくなると, なくひどいの, なくみ, なくよし, なくスポーツマン, なくポオ, なく一室, なく不思議そう, なく云った, なく伊豆あたり, なく俵屋, なく全体, なく凋落, なく勤め, なく古風, なく和歌, なく均平, なく大きい運命, なく妻子, なく宝石商, なく専ら, なく巡, なく座敷, なく待たれるで, なく思い, なく慾, なく抱擁, なく断ること, なく時勢, なく朝日, なく検事局, なく歯, なく求め努め, なく消えるで, なく然諾, なく獨逸, なく町役人, なく相好, なく碁, なく空気, なく結いた, なく老母, なく腹, なく芸, なく虫, なく言, なく謡, なく軍, なく邑落, なく門前, なく霞, なく飛ぶ, なけりゃ, なしあなた, なしこれら, なしね, なし三人, なし割合, なし大, なし怒り, なし死体, なし笑ひたい, なし辛うじて, なし鴎硯, なるたけ他, なれて, ぬたくると, ねえン, はたちぐらいに, ひとが, ぴんと理解, べつに小屋, ぼくを, まずよごれ, またはそれ, また写真, また柏木家, また見廻り, まだザラ, まったくの, みながら, みんな号令で, めくらでも, もう三月, もう誰, ものが, やっぱり一つ, やはり同様, やはり頼もしい, やりかねなん, やり遂げ兼ねない風格, よいあせる, よいところで, よい人間たち, よい悪いこと, よい筈, よくこれ, よく正統, よし古いの, わからないが, わかる如くヂオニソス, わたしという, アタマに, ガタガタやれ, ゴ遠慮なく, チーチーガアガアと, ニンニクや, フランスあたりと, マジメに, ロシアの, 一つ残らず見, 一別以来ずいぶん, 一年足らずだ, 一旦僕等, 一眼で, 七種類だ, 三寸四方ほどの, 上さんの, 下手人を, 世の, 丸山さんで, 予め, 二三人は, 二階なぞの, 云は, 互に疑い, 亦實, 人口を, 人間性の, 今日パリじゅうが, 仕無ければ, 仲平に, 伴さんみたいに, 何かしら悪夢の, 何とかしてやりたい, 何処かに, 余り面白く, 作家を, 価値さえ, 俥に, 値段が, 催眠術に, 元々一家内, 先は, 入られたと, 全部供給せられ得, 其の事實, 内へ, 冷酷で, 出しつぱなしにしておいたものであらうか, 出来て, 分りにくい, 初太刀は, 別に詮議, 前程へ, 助けて, 勝負腰を, 医者が, 十日ばかり, 半病人, 去ると, 又面白い, 取らなかったら他, 受かったもん, 古くさくなる, 可し, 合評に, 同性質, 向が, 周囲前後左右から, 哲学技術が, 喋舌って, 器械が, 四百六十三万一千を, 固定させ, 地下道を, 埋めて, 売り放すぞ, 外国劇の, 大きなもの, 大勢お客様を, 大概平均三声くらい, 天使の, 失望し, 好いけれど, 好けりゃ食べ, 妾だけに, 姐ご, 子だ, 学者から, 宜いのじゃ, 実は常に, 実際よく調べ, 容を, 察しられた, 尋ねて, 小父さん好き, 少し思う, 尼君は, 山田女史の, 巫山戯て, 席亭に, 常は, 年の, 幾百千と, 廉く, 弘の, 強ひ得る, 彫ろう, 征服する, 從順に, 御座え, 徳利とか, 必ずこの, 忍耐出来る, 忽ち黒く, 思い切って, 思想家の, 恋愛を, 悉く感服, 悪意を, 想ひ, 愛情は, 應接へ, 我が子, 所得に, 手段が, 投げうつよう, 押し出せるよう, 持ち運びしなく, 捲れて, 揚州の, 放火でも, 散歩し, 文書記録以外に, 新しい意味, 日の目を, 旦那の, 早く麦, 明鏡なら, 是は, 時の, 暗い気持, 書くとき, 最早資格, 有りませんけれども, 朋友から, 末たのもしく, 本筋の, 来ないほう, 根くらべ, 梅沢君に, 業が, 構めへん, 欲しい人, 此女を, 歴史の, 殺すもん, 毛皮は, 気まりが, 水田が, 決して心配, 沢山御馳走, 泣き言は, 流れて, 深くは, 測り知られぬ美, 漁場の, 炭に, 無いなら遣っ, 無い或, 無かったでしょう, 無くバチルス, 無く小室手古奈, 無く花やか, 無し将門, 無造作に, 熊野の, 牧水氏の, 独特の, 現代劇として, 甚だ好都合, 生物の, 申し上げます, 畜生東京まででも, 病原を, 発覚し, 百米を, 皆灰色, 直ぐ紀州, 相違し, 真鍮の, 矢張り或, 知らない者, 知る人, 破れた草鞋, 祝儀の, 神経衰弱の, 私達は, 稼業柄思いの, 竹を, 粗相の, 純眞, 経験する, 絵における, 繰り返さずして, 老人は, 聞かされるの, 聴かれるの, 背水の, 腹の, 自分という, 至極簡単, 舷側で, 良吉にとっては, 若い者, 荘厳な, 蒔かれて, 虚偽の, 行届くだろうし, 西日が, 見たら気, 見付けたやう, 親しまれないところ, 解るの, 言い付けら, 言わなきゃなりませんか, 証拠が, 話します, 語るよう, 誰一人それを, 警察の, 責任逃れに, 貿易の, 起きてるん, 起るたび, 身の毛が, 輝きは, 近来ザラに, 退院だけは, 通る, 遅くねえ, 違った触り方, 郡長はんで, 野山に, 銭を, 閉口するだろう, 阿部さんば, 随分こまかく, 隠しきれなかった, 霜柱は, 面白いじゃ, 頭角を, 飛行機の, 食気が, 馬車だ, 高利貸でも, 鴈治郎で

▼ であつ~ (10082, 3.5%)

7650724 たが 171 たから 149 たか 135 たこと 130 たらう 127 たと 93 たので 55 たかも 52 たといふ 47 たらしい 40 たし 29 たの, たらうと 28 たかを, たらうか 27 たかと, たのに 26 たけれども, た事 24 たけれど 22 たやう 19 た時 18 たかは 17 たため, たもの 14 たとは 12 たところ, たらうが 11 たかといふ, た筈 10 てくれ 9 たとしても, て欲しい 8 たりする, た為 6 たこの, たさうな, たとも 5 たかの, たよ, たらうかと, た故, てい, てほしい 4 たさうである, たらしいが, たらしいの, て下さい 3 たかが, たさうだが, たとか, たら, たらうに, たりし, たれど, た場合, た頃

2 [13件] たからか, たさうだ, たその, たとお, たらどう, たら堪らないと, たら恐らく, たろう, たわけ, た若い, ていけない, てくれる, てみれ

1 [151件] たあいだ, たあの, たあらゆる, たかしら, たかについて, たからといふ, たかれが, たがねい返辭, たくせ, たけれ共, たころ稍, たごとく此, たさうだぞ, たさうであります, たさうです, たさうですし, たせゐか, たせゐだと, たせゐです, たせゐなの, たせゐも, たぞよ, たため暫らく, たという, たといつて, たといふのみが, たといへよう, たとさ, たとしか, たね, たはず, たものの, たやう記憶, たやら, たよう, たらうかとは, たらうから, たらうけれども, たらうさ, たらうし, たらうとも, たらうふと, たらうまた, たらう凡太, たらう彼自身, たらう母方, たらう父, たらう精中, たらこの, たらこれ, たらしいから, たらしいし, たらしいと, たらしい事, たらしい悪い, たらそれ, たらたまらない, たらと, たらとし子, たらどうしても, たらなるべく, たらば, たらばと, たらキヤムプ, たら一銭, たら何, たら何だ, たら別嬪, たら君自身, たら女, たら屹度厭, たら幽霊, たら必要, たら成るべく年, たら時折植木屋, たら此時, たら渠等, たら猶, たら私, たら空, たら若い, たら詫, たら踊り, たら通さないこと, たら革命, たりあくまで, たりこれ, たりした, たりしたなら, たりその, たりそれから, たりひねくれ, たりウヰスキー, たり不, たり不都合, たり交換, たり先天的, たり其, たり劇作, たり女店員, たり学問, たり或, たり押しつけがまし, たり日本出来, たり甚しき, たり相手, たり瞑想的, たり程度, たり身なり, たり輪郭, たり青年, たり頽廢的, たれば, たろうが, たわ, たわが, たん, たナ, たヤン, た九郎, た京子, た其の同じ, た前日, た塩田良三, た如くその, た如く兵士, た寒, た山田, た山田三次, た当時, た徳川期, た方, た梶井基次郎氏, た毛傳, た漢人, た澄憲, た点, た為め, た照明, た秋山氏, た結果, た美妙, た芥川, た蘭軒, た駿介, た齋藤氏, ちこつちの現場, ちのこそ, てくれない, てくれれ, てよい

▼ でその~ (3719, 1.3%)

61 ために 25 時は 24 中に 23 日は 21 中には 1816 ほかは 14 日の, 晩は 13 上に, 人の, 時の 11 うちに, ことを, ほかの 10 ことは, ような, 男は, 頃は 9 うちの, ほかに, 前は, 夜は 8 ときは, 日も, 時に 7 うへ, 中で, 中の, 前の, 年の, 次は, 結果は, 頃の

6 [14件] ときの, ほかには, 人が, 人は, 外は, 女が, 家の, 当時は, 方は, 日その, 晩の, 次の, 点で, 辺の

5 [16件] せいか, ためには, へんの, 国の, 外には, 夜の, 意味では, 意味は, 方が, 時も, 晩も, 男の, 男を, 眼は, 美しさ, 足で

4 [28件] ことが, ことで, ころの, やうな, 上の, 下に, 下の, 中から, 中を, 人たちは, 前には, 原因は, 周囲には, 外に, 大部分, 女を, 妹の, 方の, 日から, 次が, 点は, 理由は, 糸を, 船は, 話は, 話を, 金を, 頃から

3 [52件] あとで, あとに, あとは, ためか, なかに, 一つの, 上, 二つの, 人々の, 人を, 代りに, 以上の, 以前は, 傍に, 内に, 前に, 向うに, 場で, 場の, 塔の, 外の, 女の, 姿を, 娘が, 子は, 家に, 家は, 店も, 意味で, 手を, 折には, 方に, 方法を, 時には, 時代を, 次ぎに, 次には, 正体は, 牛乳と, 犯人は, 眼を, 石の, 穴の, 話の, 話も, 辺を, 通りに, 金の, 金は, 限りに, 顔いろ, 顔が

2 [186件] うちには, お夢, お嬢さま, お粥, お聞き, お蔭で, くせ意志が, くせ愛嬌の, ことだけ, ことばかり, ころは, せいで, そばへ, たびに, ための, ためわざと, ついでに, ときに, ときには, なかの, ひとの, へんを, ほうたち二人へ, ように, わけは, わけを, スリルを, 一と, 一部分が, 上お, 上それが, 上には, 上を, 上二階の, 下は, 下を, 両方を, 中でも, 主なる, 主人が, 事が, 事に, 事を, 二三を, 二人の, 二人は, 人々は, 人たちが, 人たちの, 人も, 人間が, 人間の, 仕事に, 仕度も, 以外には, 住居は, 住所番地は, 何日かの, 余の, 作用が, 信長の, 先は, 内の, 内容は, 内部に, 写実が, 凜, 処理した, 前を, 原因が, 原因を, 反對, 名の, 名は, 名を, 噂の, 四人の, 場から, 場に, 声の, 声は, 壺は, 変化の, 多くは, 大蝶, 奥に, 女は, 女も, 妻の, 姿は, 娘の, 娘は, 子供は, 季節に, 実なかなか, 実はなはだ, 実自分, 実際を, 家を, 少年時代に, 屋根の, 山を, 川は, 席に, 形は, 後ろに, 心情は, 思念の, 思想は, 怪しい死体, 手紙を, 数は, 数も, 文句の, 日以後は, 日私は, 旨を, 時々の, 時までは, 時代に, 時代は, 時彼は, 時期は, 時私は, 書き物も, 朝西練兵場の, 木は, 本来の, 本質は, 柱に, 案を, 案内欄に, 極度の, 欲望の, 死骸を, 毒々しく赤い崖, 水を, 瀬を, 点から, 為に, 父の, 理由から, 由を, 男が, 男に, 病人が, 眼には, 立派な, 精力的な, 糸の, 納まりは, 素性を, 経験は, 結婚が, 結果として, 結果に, 縁故で, 美味さ, 肉は, 肉体を, 脇には, 自分の, 花の, 花を, 薬の, 血は, 袖を, 製作を, 覚えが, 親切な, 言葉は, 証拠には, 評判は, 話には, 辺から, 辺は, 連中は, 過去の, 道筋の, 針は, 関係は, 音が, 音を, 頃には, 顔を, 馬に

1 [2471件 抜粋] あいだに, あたりの, あとであった, あと二三日は, ありさま, うちで, うれしさ, おつもりで, お丸, お噂, お手紙, お母さんが, お礼も, お金を, かわり少々, くせすこし, くせ一つや, くせ何かの, くせ喉を, くせ必要な, くせ果敢の, くせ真剣さが, くせ胸の, くらしに, ことだけは, ことの, これを, ころ縁日の, ご面相と, しかたの, じつちゃんと, すこし以前, せゐか, たましひ, ためよくよく, ため今日は, ため学校ばかり, ため決定が, ため道誉に, つづみの与, つれの, とき十一工場の, とき會見の, とき私は, なかから, ねばねばした, はずか, ひとは, ふだんの, ほかごく, ほか身分容色家柄なぞ, また旦那, まわりは, もう一つ, ようすは, わき板の, カキガネは, サヨの, ソフイズム的性質は, テーマも, ハシヒトが, パラソルは, プランという, ホノルル号は, マニフェスト, ランチェン・カンバブに, 一つには, 一は, 一例を, 一団は, 一年だけでも, 一枚を, 一番上に, 一節と, 一隅に, 三つの, 三方を, 上ここの, 上たいへん, 上ほかの, 上ジュノウの, 上世に, 上力が, 上大柄で, 上愛想ならとりなしなら, 上暑い, 上派手な, 上生粋の, 上菊次郎には, 上赤い, 上雨の, 下りる方, 不平は, 与力も, 両側の, 並べ方も, 中にも, 中学内の, 中間に, 主人に, 主義に, 久米野殿の, 事も, 二十五六の, 二輪の, 五日ほどの, 亡骸の, 人に, 人形の, 人物が, 人達にも, 仄かな, 仕事の, 代り天真ランマン近代人に, 代り粟八分の飯で, 代表者は, 以前在留の, 任を, 伝授に, 低きもの, 何だかそれ, 余徳の, 作品を, 作用の, 使用については, 依って, 保存スペースの, 信者は, 値は, 傾国の, 儘に, 元は, 先その, 光か, 入口は, 八寸玉が, 六畳の, 内側には, 内容も, 写真が, 冠の, 出来事を, 切りぬきは, 初孫を, 利得なども, 前足などは, 加害者らしい, 努力の, 動機を, 包みは, 十一番目の, 半分でも, 単純性が, 危険を, 厳しさ, 反面としては, 取扱いという, 口惜しまぎれ, 可能性如何についてすら, 右曲りの, 名刺に, 向うは, 周囲の, 品物を, 問答に, 善い所, 噂に, 四人づれは, 団体も, 国家が, 圧力を, 地方でのみ, 埒から, 場合に, 場面の, 境界を, 声が, 夏伯父が, 外右脇腹に, 夜その, 夜夫婦とも, 夜遅く, 大きさ, 大多数, 大次郎を, 天井裏を, 夫が, 奥座敷で, 女らしい脆さ, 女子という, 妖女は, 妾は, 姿で, 娘たちは, 婆あ, 嫉妬の, 子どもは, 子細は, 学名を, 守符で, 安藤は, 宝物という, 実お金に, 実は人間相互い, 実は移気, 実両方, 実僕の, 実彼, 実本当に, 実私, 実言葉, 客観的構成が, 家と, 家主老, 家風の, 宿で, 寄港中の, 實なかなか, 寺には, 対峙を, 小作権を, 小笊, 尻上がりの, 屈辱的な, 山の, 川で, 巡査が, 左の, 市丸太夫という, 師から, 帰路に, 平々凡々式の, 年代は, 年時も, 幽魂が, 底から, 度毎に, 建築も, 廻り灯籠の, 引用する, 張本は, 当人だって, 当時に, 当時毎日何回か, 当時身を, 形に, 形式や, 彫像を, 径路を, 御代の, 御機嫌の, 御病人, 徳川氏自身が, 心境を, 心構えも, 怒声は, 思ひつき, 怪物の, 息子さんが, 悲しい味, 意味から, 愛は, 成り行きが, 手がかりという, 手拭の, 手紙は, 扱い方は, 拠って, 指導も, 挨拶にも, 推理者の, 擽ったがり, 政府の, 教唆者と, 文三とやら, 文章の, 斧痕は, 方こそ, 方達を, 日いったん, 日のは, 日与, 日奥畑を, 日記帳の, 早晩還り来る, 明くる日に, 時あの, 時から, 時ふと, 時丁度, 時以後人が, 時分には, 時刻まで, 時期が, 時計には, 時開智校で, 晩一寝入りします, 晩杯を, 暇に, 暗誦の, 書物は, 最も拙劣, 最後に, 最高点を, 望みの, 期日が, 本の, 本心は, 本立には, 材料を, 松崎と, 柊屋という, 根本の, 梅並びに, 棺の, 楡の, 構想を, 様子は, 横で, 機関を, 欠点を, 次に来たる, 歌いぶり, 正体を, 死に顔も, 死骸という, 殻が, 気持が, 水の, 氷の, 波紋の, 洞窟へ, 海蝕を, 深さ, 湖面から, 漁夫の, 濡色に, 炭質の, 点さらになんら, 点モリエールの, 点梨枝子は, 点職業教育の, 為め目に, 無数の, 煤煙防止運動を, 爲に, 版木が, 特性を, 犯人が, 独特の, 現われには, 理想に, 理窟と, 生れて, 生活状態の, 用意と, 由来を, 男と, 画が, 畑を, 畳へ, 病気が, 痛いこと, 癖を, 癖楽な, 発達によ, 白川郷へ, 白鳥は, 皿の, 盛大な, 目的が, 相伴に, 相棒の, 眞因も, 真紅の, 眼に, 瞬間神経が, 短冊なども, 石山の, 確信の, 祝ひらしい, 祟りは, 私に, 秘密は, 程度は, 種類を, 突嗟には, 窓を, 端には, 竹林中に, 第一巻二十七節, 筆蹟にも, 答を, 篝火の, 約束の, 紙包みの, 細い糸, 細胞が, 経典の, 結果さすが, 結果大気の, 結綿の, 絵には, 総覧とも, 縁には, 縫合線は, 美しい訪客, 翌る, 翌日から, 翌日やはり, 翌日即ち, 翌朝大供を, 老人に, 者とともに, 肉を, 肢體の, 胎内には, 能という, 自動車の, 舞台は, 舶載せる, 色以外の, 花は, 芸者の, 若い女, 茶入を, 荷物を, 葉の, 蔭に, 薬は, 蘊蓄も, 血が, 血角を, 衣服は, 袋の, 裾に, 西郷を, 見物に, 親は, 解説を, 言う所, 言語思想事物の, 計畫, 記述は, 訳文を, 証拠品まで, 詩集には, 話と, 語が, 誤解は, 論旨は, 譲次の, 豐なる, 責任に, 資料は, 贅餐に, 走り書きを, 趣味ある, 身が, 身元調査を, 軽卒な, 辺どうぞ, 近處, 逃亡者という, 途端に, 進歩を, 道筋も, 遭難の, 邸の, 郵便物を, 配下の, 酔いの, 重錘, 金子だけで, 金額は, 銀杏の, 鋭い棘, 鏡が, 門に, 闘志や, 限り立派に, 隣が, 集中の, 雲の, 需用は, 面白くない, 音楽の, 頃わたくしは, 頃夢中に, 頃既に, 頃細川護成氏や, 頭の, 頼み手は, 顔付きは, 風俗なぞも, 飼い犬が, 馬小屋の, 騒ぎの, 高さ二百歩以上, 魅力は

▼ で~ (3145, 1.1%)

79 きて 66 きた 54 きました 38 いる 35 きたの 32 いった 29 くる 27 いきました 26 くるの 23 いって 20 いた, ゐる 17 いるの, 見れば 16 くると, みると 13 こない 12 来て, 来ました 10 きたので 9 こなかった, しまった 8 いました, きたが, こい 7 きません, くるもの 6 いて, います, いるから, ゐた

5 [13件] いたが, いたの, いったあと, いったが, いること, くるよう, これを, しまいました, しまったの, みました, 人の, 例の, 行った

4 [15件] いない, いよいよ奇怪, からすと, きたこと, きたばかり, きたり, きましたが, くるが, しまつ, まいりました, よくそら, 事を, 来た, 見て, 見るに

3 [38件] いくこと, いくと, いったの, いよいよ奇, いるところ, いるもの, おいで, おいでに, きたもの, きたん, きては, きます, きませんでした, くること, くるだろう, くるという, くる人物, こないの, こないん, それが, みた, みますと, ゆけ, ゐるにか, ゐるの, ドアを, 人に, 夜は, 天下の, 山を, 彼の, 愈々奇, 手を, 来る, 物を, 目合し, 行く, 赤坂や

2 [143件] いいました, いきましたが, いきれぬるかも, いこうという, いったよ, いったんだ, いましたが, いますが, いらっしゃらないって, いるか, いるけれども, いるという, いるので, いるはず, いるよ, いるよう, いるわけ, いるん, いる上, いれば, うしろ振り向く, おりまして, おる, きそう, きたあと, きたと, きたとき, きたよ, きたよう, きた男, きた者, きてから, きても, きなよ, きまさア, きや, くるところ, くるに, くるほど, くるまで, くるアッ, くるシロモノ, くる権助, くる芝居, くれって, くれば, こい若い, こい蛾次郎, こないから, こなければ, しまいますと, しまうと, しまったもの, じぶん, すは, そのなん, それを, たがいに, どこへ, ひと明り, まいりましたの, まえが, まえも, みましょう, みんなが, やや和習, ゆきました, ゆく, ゆくと, ゆくの, より後, われを, ゐました, ニキタを, 一様ならぬ, 世間の, 世間を, 之に, 之を, 人を, 何か, 余人と, 内閣を, 再び帰る, 南す, 原に, 名を, 喧嘩を, 地球外に, 坂を, 外を, 多くの, 大きな声, 女の, 始めて, 実地に, 寂光の, 小松を, 帰って, 幽谷に, 彼は, 彼を, 徒らに, 心ゆくまで, 愈々奇怪, 我が魂, 日に, 早くも, 曲芸を, 曾禰農相の, 最後には, 村の, 来たの, 来るの, 来れば, 東へ, 桂に, 歩く蟻, 水へ, 王子の, 現れて, 眼の, 竹の, 第二次, 船の, 草に, 蔭ある, 藍より, 藍よりも, 行くところ, 行く信一郎, 西に, 見る山吹, 足の, 踏み玉, 輪に, 遊ぶ, 間も, 陣を, 隣村を, 静かに, 頬を, 顕に

1 [1978件 抜粋] ああし, あたしの, あとは, あはれ十九を, あるくこと, あれに, あッちの山, いきたい, いく, いくが, いくところ, いく立花先生, いけと, いこうと, いさぎよく決戦, いたあの, いたって, いたので, いた一つ, いた時分, いったこと, いったという, いったもの, いったり, いった三つ, いっては, いないから, いないのね, いなくて, いひを, いまだ小屋, いま曉と, いよいよ可笑し, いよいよ怪しから, いらっしゃらないもん, いるあいだ, いるじゃ, いるとの, いる二つ, いる女, いる時分, いる神田, いる議員, いる間, いわでもの, うせろッ, おいと, おどけた踊, おもしろくなる, おりますが, お堀端, お薬, かたがた自分も, かばんを, がらたてたこた, きたかと, きたけれど, きたすごい, きたといふ, きたのよ, きたらたいへん, きたパンパン, きた人, きた子, きた時, きた相手, きた錻力製, きてのう, きましたわ, きませんか, ください二人, くるか, くるさ, くるとき, くるので, くるわけ, くるキンサツ, くる不思議さ, くる勢力, くる呪文, くる四か月, くる憎まれもの, くる現実, くる純潔, くる辺り, くる魔法, くれないか, くれん, こい取押えて, ここまで, こないかぎり, こなかったが, このあり, この体, この旅行, こようとは, これは, ごらんなさいまし, さながらに, しかも二人いっしょ, しほた, しまいふと, しまうため, しまうマヌケさ加減, しまふと, じッ, すぐ帰りゃしません, すつかり, そうして今時, そこが, そして其の, その中, その庭, その日, その稻城, その至難, その豪宕, その馬, それだけもらい, たたかったという, たのしみ暮らす身, ちょっと逃げ出す, つづく寺町, となりの, どうにも起き, なおよく, ながめながめて, なべに, ねんごろ, はじめて, はるばると, ひとりありけり, ふたたび主君, ふと夜, べつな, ほっと息, まいったの, まさに艙口, まず恥ずかし, また別, また神話, まだ二十三, まるで友達扱い, みたい, みたかつた, みましたが, みよう, みんなで, もう十何日間, ものすごく思いし, もらわんと, やまなかった, やるぞと, ゆかずには, ゆき表通り, ゆくけ, ゆくよう, ゆく船, よりいまだかつて見ざる, より今日, より十年近く, より平和, より歌志内, より石岡あたり, わかれ流る, わが棲居, ゐたかの子, ゐた大道講釈師, ゐなければ, ゐると, ゐるらしい, ゐる妹, ゐる間, アンダマン群島に, オカネを, カンテラを, クリスマス, スラリと, タワーの, ハタと, バカ笑い, ペンを, モトに, ローマの, 一二町に, 一半は, 一大象牙盤とも, 一昨日の, 一矢仕れ, 一部始終を, 三十にも, 三年がほどに, 上客に, 下これ, 下手谷の, 世の, 両頬, 久米氏を, 九時半ごろ鉱泉宿へ, 事業に, 二人が, 二町ばかり, 五十鈴川の, 京に, 人倫的共同に, 人畜を, 今しも, 今日は, 仕えようと, 仕えるの, 仕事に, 仙友の, 以後は, 以来中仙道を, 仰げる富士, 伴いきたれり, 何となし, 何時間も, 作し, 來る, 便所に, 倒れた, 傍の, 働く人, 先ず欄干, 全くその, 六着まで, 其実行に, 内務大臣と, 再び広間, 再び餓, 出羽方面まで, 初めて台子真行, 初声を, 利兵衞を, 労働に, 勤学せん, 十数歩ふりかえり見れ, 千度詣り, 南を, 南竜軒に, 厚く着重ねたる, 去らんのみ, 友だちと, 口上を, 叫ぶ者, 号外を, 吉田氏を, 同藩, 名論卓説を, 君の, 呑んで, 咽喉渇く, 唱えて, 喧嘩口論の, 單紅色の, 四方の, 國, 地平の, 場内に, 声色を, 多きを, 夜おそく, 夜学へ, 大きなる, 大旅館, 大自然, 大阪へ, 天に, 天明まで, 天皇に, 失せぬか, 奏でしなりき, 女中を, 始めて濶眼, 婦と, 安き心, 官軍に, 客と, 家に, 寒い夜道, 寺後の, 小さい階段, 小役人を, 小蜂, 尺八音曲太鼓等を, 居りそして, 居る寂し, 山に, 山廻りは, 岩に, 川の, 左折すれ, 市中を, 帰らざる恋し, 帰れば, 常務の, 幻身を, 広い庭, 床の, 庭に, 式台に, 彷徨せる, 彼方此方を, 後幕府, 徘徊し, 御經, 心は, 必ず西, 快げ, 思うさま戦い, 急ぐ, 恋慕し, 恥しくない, 悲しい日, 愈々ゆゆしい, 愈奇, 愛嬌を, 懐中電灯で, 我に, 或は国家, 戦うも, 戦わざるは, 戰はむ, 戸障子に, 手水を, 打側み, 振りかえると, 採る事, 握手し, 撃って, 教を, 敵を, 斎ひ, 新庄の, 旅客に, 日夜飲食に, 日野驛の, 時勢を, 暗闇の, 書を, 月面の, 望めど, 木の実を, 未だ還らなかつた, 本石町なる, 札場の, 来いと, 来たこと, 来たとは, 来たり, 来た旅中, 来ましたよ, 来られた, 来ること, 来るよう, 東の, 東海道を, 東路の, 松茸を, 梢鳴る, 椰樹芭蕉の, 標象論の, 次第に波紋, 歌ふ, 武技を, 歩きまわるうち, 歸り, 母親にとって, 毛布もて, 水に, 水急なる, 永田町へ, 池中に, 沙漠に, 泡立つ渦, 泣き伏した翁, 活動し, 浅草田原町に, 浴衣を, 海も, 浸し物と, 涙を, 深雪に, 温帯に, 満枝の, 源義経に, 漫ろに, 火消しの, 無言に, 照りかへ, 物い, 独り彼処に, 猫石を, 玲瓏の, 生徒を, 田の, 甲州へ, 男女の, 畿内に, 白状せり, 益, 目の, 相撲に, 眼前に, 石を, 礫道の, 福地家に, 私一人で, 秘密を, 空を, 窺ひける, 立ち留つて, 立去りあへず舞, 竝立す, 笑ひ罵る, 筧の, 紅緑に, 終を, 綻びを, 罪を, 美はし, 美食を, 而かも, 肌に, 胸一ぱいに, 自らも, 自宅に, 色々の, 花の, 苅るならば, 茫茫たる, 菩提寺なる, 蒼くなりつ, 藪の, 虚空へ, 蟻を, 行きました, 行くの, 行けり, 行って, 衝と, 裳帯を, 西國に, 見えたの, 見たいね, 見に, 見ゆるや, 見る, 見る時, 見事に, 言い過ぎは, 診察し, 試みにか, 説き来り説き去れるに, 諸国を, 謡を, 貴公子の, 起き日, 路を, 身を, 軽くあしらっ, 農を, 迅雷の, 近くから, 退屈を, 途中で, 這い上がる蓮, 進みゆきついに, 遅くかえり来, 遊ぶとも, 遊ぶ所, 道場を, 遠く雲井, 部屋の, 酔っ払って, 里人を, 野に, 野生の, 鉢を, 鏑木梅渓の, 門前を, 間道を, 降参せよ, 陽気で, 隨分疳癪もちよ, 難を, 雪の下への, 電車に, 青田に, 靴の, 頼母木の, 飛翔し, 食べるの, 飲酒の, 馬庭へ, 騒がす由, 高くのぼった, 鬱憤を, 鹽原に

▼ で~ (2761, 1.0%)

168 つた 151 つても 125 つたと 98 つたに 89 つたのだ 87 つたのである 49 つて, つては 42 つたで 41 つてその 38 つたのが 35 つたなら 24 つただらう 23 つたのは 20 つたが, つたのを 16 つてこの 15 つて見れ, ツた 13 つたから, つた私は 12 つたのか, つてこれは, つて決して 10 つて私は, つて而も 9 つたのかも, つてさ, つてしかも 8 つたので, つたのに, つてこれを, つてそして, つて其の 7 つたそして, つた事は, つてそれが, つてそれは, つてそれを 6 つたとの, つたのと, つたのも, つて彼の 5 がつた, つたとか, つたのかと, つたばかり, つてある, つて到底, つて自分の

4 [18件] たくし, つたこの, つたその, つたそれは, つただけに, つたな, つたのであります, つた彼は, つた様に, つてか, つてそこに, つてそれに, つてた, つて之を, つて今日の, つて恐らく, つて私が, つて自己の

3 [36件] つたしかし, つたそこで, つただけ, つたには, つたにも, つたのみ, つたも, つた事から, つた時代には, つた私が, つた私で, つた私の, つてこれが, つてこれらの, つてさへ, つてそんな, つてただ, つてたとへば, つてむしろ, つてわ, つて主として, つて今更, つて例へば, つて全く, つて單に, つて実は, つて少し, つて必ずしも, つて我々は, つて所謂る, つて既に, つて次の, つて此の, つて殊に, つて深く, つて若し

2 [93件] しょ, ぢすき神と, つたかう, つたくらゐ, つたこ, つたなどの, つたのでございます, つたのでございませう, つたのには, つた上に, つた伯母さんと, つた如く, つた彼の, つた彼女が, つた彼女は, つた彼等の, つた御, つた時代が, つた様である, つた樣に, つた洋傘の, つた爲に, つた程, つた老人の, つた者が, つた腕と, つた舊の, つた訣である, つた青丸には, つてあらゆる, つていい, つてかの, つてこれから, つてこれこそ, つてこれと, つてその他の, つてどこかの, つてどの, つてもう, つてもし, つてもつ, つてもとより, つてわが, つてわれ, つてワザ, つて一向, つて且つ, つて今では, つて他の, つて何の, つて何れも, つて元は, つて共に, つて其中の, つて別に, つて却て, つて又, つて反, つて同時に, つて同時に極めて, つて外見は, つて如何に, つて孔子が, つて完全な, つて実際, つて差支ない, つて張の, つて彼は, つて彼女達が, つて彼等が, つて後に, つて文学の, つて日本で, つて是が, つて本, つて本人は, つて欲し, つて毫も, つて無, つて物に, つて特に, つて現代日本の, つて現在の, つて當時の, つて秀逸と, つて私たちの, つて結局は, つて自分が, つて見る, つて貰ひたい, つて鉄の, つて頗る, ふと

1 [1047件 抜粋] あした二個の, あの婆さん, あります, ぐらをくんでいるかもしれません, さはか, しょここで, そうでございました, たくしなんか, たくしは, たまに潜水兜, たまを, つけに, つたあの, つたうれしく, つたおみ, つたからで, つたからを, つたけれども, つたこんな, つたそうです, つたそこの, つたそれだけに, つたそれに, つたた, つたためしはめつた, つただが, つたぢや, つたなごりを, つたなど, つたなハツハツハツ, つたの, つたのでない, つたのとで, つたのにも, つたのね, つたまだ, つたもの, つたやらは, つたを, つたクルーベと, つたサンタルチイヤの, つたロマンチツク派の, つたヴェネチアの, つた丈その, つた世相は, つた中学生の, つた也, つた事の, つた事今猶, つた事情も, つた人が, つた人の, つた人物を, つた人類の, つた今まで, つた仏蘭西の, つた代りに, つた位故, つた何の, つた併し, つた例し, つた俺は, つた八月末の, つた其後では, つた処から, つた力が, つた北海道聽の, つた印象が, つた古, つた古代では, つた同氏の, つた吾は, つた國風を, つた土地を, つた堀の, つた声は, つた大観の, つた天気が, つた太平洋にも, つた姉の, つた存在も, つた家の, つた家刀自は, つた小田原の, つた幕府は, つた庭の, つた彼が, つた彼れ, つた御飯たきの, つた心は, つた悲し, つた所は, つた折から, つた故に, つた数度に, つた文学形式に, つた新派の, つた日の, つた明治の, つた時代を, つた時分から, つた會葬者の, つた村会では, つた様です, つた歌といふ, つた母が, つた母の, つた民友社派でも, つた泰山木が, つた演劇の, つた爲と, つた爲め之に, つた父の, つた物質的権利擁護に, つた生活内容が, つた画家に対して, つた相國寺が, つた私すら, つた私等の, つた空の, つた米洗ふ, つた細菌の, つた羨ましい, つた自分は, つた芝居に, つた苦し, つた處から, つた表に, つた規模を, つた言葉が, つた証拠だ, つた認識論的傾向は, つた議論文章堂々として, つた辻の, つた通り今も, つた酒なし, つた鉛活字や, つた関ヶ原の, つた関藤藤陰が, つた陸中に, つた雪子も, つた青年時代の, つた非常に, つた顏が, つてあたかも, つてあとの, つていちいち, つていづれ, つていろいろな, つておと, つてかう, つてここに, つてこれだけでも, つてこれに, つてこれ等の, つてしばしば, つてすこし, つてそこから, つてそれから, つてそれで, つてそれには, つてそれも, つてそれ以前に, つてそれ等の, つてたつた, つてつまりは, つてどう, つてどれを, つてなほ棄て, つてね, つてひとり, つてまことは, つてまして, つてまだ, つてまちから, つてもはや, つてやはり, つてより, つてアントワアヌの, つてギリシャ時代ルネイッサンス時代とか, つてコミンテルンの, つてテーゼに, つてドレ丈けが間違つて居る, つてプラトーンの, つてヤコブの, つてロココの, つて一は, つて一個の, つて一口に, つて一大阪の, つて一心一念の, つて一方, つて一時の, つて一秒間に, つて一般に, つて一般生活つまり, つて一般的の, つて丁度, つて三十一箇所は, つて下野の, つて世間の, つて並列及び, つて主要な, つて之と, つて予の, つて事件や, つて事物に, つて二回許り負けた, つて人前で, つて人民は, つて人種信條性別社會的身分又は, つて人間は, つて今や, つて今を, つて今後決して, つて今日ヨーロッパ精神を, つて今迄, つて他人でない, つて他者は, つて何だか, つて何もかも, つて何んな, つて何處か, つて併し, つて保護に, つて信仰政治文學藝能等の, つて俳優は, つて個人の, つて個人的根本的でない, つて僅かに, つて儒教なども, つて光栄ある, つて兩者とも, つて其が, つて其に, つて其は, つて其他の, つて其処で, つて其孫王に, つて其実新, つて其實人を, つて其文明を, つて其血肉を, つて内らの, つて内部において, つて内部を, つて出, つて分析的であり得ない, つて初春を, つて到る, つて制作に, つて力盡くる, つて加茂の, つて勿論, つて十年の, つて千本通りも, つて単に, つて古, つて古事記に, つて古来幾多の, つて史學は, つて呉れ, つて唐の, つて唯, つて善光寺は, つて団体の, つて国会の, つて地震に, つて埃を, つて堯の, つて外には, つて多く, つて夜具を, つて大, つて大体葉書大位の, つて大物よりも, つて天分の, つて女が, つて奴隷の, つて如何なる, つて始めて, つて始也の, つて子供には, つて子規は, つて存外, つて宋學が, つて宜, つて客観的情勢によ, つて家の, つて寂寥な, つて富士そのものにと, つて實は, つて将軍上覧角力より, つて專門家で, つて就中宗祖大師の, つて山の, つて島に, つて崩御は, つて年寄つてからは, つて幼名を, つて幾ん, つて庄太夫移住の, つて弁証法的な, つて当り前の, つて彼と, つて彼等に, つて彼自身の, つて後代なら来た, つて後者は, つて心を, つて必ず, つて必要に, つて思想に, つて思想的表現では, つて恰かも, つて悲劇的と, つて惜福の, つて感性によ, つて成案には, つて我々には, つて我が, つて戰前より, つて所詮, つて所謂兒童讀物としては, つて手法を, つて技術が, つて技術的知性, つて撰科生は, つて支那の, つて支配する, つて放課後余人ひとりゐない, つて教育に, つて教養が, つて文学とは, つて文学的乃至, つて文明国では, つて斯う, つて新京極辺で, つて旅行用具の, つて日本人が, つて日本人のや, つて日本語で, つて明日に, つて昨今うけたまわる, つて是の, つて是も, つて時代の, つて最も, つて最大級の, つて有力であり, つて有機的な, つて本官は, つて本文は, つて本邦の, つて村や, つて東京の, つて東海の, つて極, つて概念の, つて構造物に, つて機械や, つて次次ぎ, つて歌合せの, つて正弘の, つて正義の, つて此も, つて此二つは, つて此人情の, つて此活動には, つて此迄の, つて武士の, つて武藏野の, つて歴史でなかつた, つて歴史的で, つて死刑を, つて殘る, つて水中に, つて江戸川河畔に, つて法則では, つて法律で, つて洪範は, つて派閥を, つて淡島を, つて滞る, つて演劇でなかつた, つて演劇自体の, つて火は, つて然, つて燃える, つて片, つて物質としては, つて狹隘なる, つて珍重せられる, つて現に, つて現代人たる, つて現存しない, つて理由は, つて甚しきは, つて生の, つて生活といふ, つて生理的にも, つて田氏は, つて男である, つて畢竟, つて疑, つて發展と, つて皆が, つて目的もしくは, つて直接民衆の, つて眞に, つて真の, つて着色の, つて短歌が, つて研究としては, つて社會史人文史の, つて神主が, つて神農氏が, つて私たちは, つて私に, つて私を, つて私自身が, つて立派な, つて精神生活は, つて精神的にも, つて組み伏せる, つて結局, つて經學史學の, つて編纂の, つて羅馬の, つて群衆し, つて翻訳すべき, つて職業の, つて職業的の, つて能と, つて脂肪の, つて自ら求め, つて自分にさえ, つて自然に対する, つて自然叡子さんは, つて芭蕉等の, つて苟も, つて苦痛と, つて茲には, つて蛋白質の, つて街に, つて表象と, つて被害民の, つて西洋人が, つて要するに, つて見, つて見るべき, つて親から, つて觀察には, つて言葉の, つて詭辯でない, つて認識は, つて語り伝へた, つて誤, つて論文を, つて論理的である, つて謂は, つて讀者と共に, つて財産相續は, つて貴族でなけれ, つて身體は, つて農山漁村の, つて農村だけが, つて近文などでは, つて連体形から, つて運命的と, つて道徳や, つて遠江に, つて酷に, つて金色其もの, つて門徒宗が, つて間口が, つて隠者と, つて雜木の間から, つて靜と, つて顔には, つて餘程前から, つて駈, つて高い, つて魚や, つて鳥羽は, ないこと, はた, はてなくなった, ははは, はやロチスター氏, は雪, ば敬, ひにく晴れたから, ふぐやうな, へ, ほぐや雲, もあり, りく, われな, ツて

▼ でそれ~ (1916, 0.7%)

22 がまた 16 がため 10 だけで 9 がどう 8 からどう, はその, はそれ 7 が何, だから, は 6 が今, が自分, に就い, はいつ 5 ならば, は又, をまた, を見る 4 があの, がし, がどんな, による, はまた, はもう, は誰, を又

3 [16件] が, がなく, が又, が彼, が為, でゐ, と同時に, には, の最も, はいったい, は多分, も, もただ, を口, を聞く, を見物

2 [120件] からだんだん, から一時間, から三十分, から三日目, から二人, から二階, から間もなく, があきらめきれ, があまりに, がいっそう, がこの, がしかし, がすむ, がその, がどういう, が一旦, が事実, が人間, が出, が判らない, が大当り, が後に, が普通, が月光, が気, が氣, が決して, が私, さえなけれ, じゃア, だからと, だけで精一ぱい, だのに, であればこそ, でなければ, で造作付一円五十銭, というの, なれば, につきまし, になかなか, にはまた, には写真技術, には屑米, には心, に乗っ, に家, に成功, に手, に気がつい, に相応, はあたかも, はお, はこの, はそう, はただ, はどんな, はひどく, はほとんど, はフランス, は人間, は人類, は今, は何とも, は名聞, は御, は日本人, は本当に, は私, は自分, は豊富, は金造, は集金, は青, は非常, までは誰, もある, もその, もほんの, もまた, も三四日中, も半, も次第に, も正当, も自分, やこれ, よりも濃く黒い, よりも留さん, らしいもの, を, をあんなに, をお, をこの, をそのまま, をとやかく, を一つ, を云う, を使用, を切り開く, を利用, を取り, を支える, を止め, を消す, を発見, を私, を穴, を粉, を紛らす, を組合, を聞い, を聞いた, を自分, を苞, を見, を見た, を証明, を貫い, を越し得ない, を邪魔, を非常

1 [1450件 抜粋] から, からのこの, からの観世様, からはやはり, からはニールス, からは全く, からは手当り放題, からは毎日五分ぐらゐづつ間違, からは誰, からも行き来, から一重奥, から三年, から二時間, から何度, から十三日, から十日間, から四, から推す, から神田, から警視庁, がい, がいつか, がいま, がおのずから, がきっかけ, がけずった, がこちら, がしだいに, がすでに, がそう, がその後家さん, がたいそう, がだれ, がちょっとした, ができない, がなお, がなくなる, がなんだか, がひっそり, がふと, がまことに, がまだ, がみな伝又兵衛, がみんな, がもう, がやがて, がやはり, がよくよく, がオシメ, がワイナハト, が一堂, が一時, が一覇, が上官, が久闊, が二人, が今や, が何処, が信仰, が全校, が内, が出来ない, が出来れ, が判らぬ, が制作, が勝負, が十月, が反, が口々, が合流, が哲學雜誌, が圧しつぶされ, が多数, が大切, が妙, が姓, が守れる, が実地, が実践, が対生, が山岸, が帰, が幾時間後, が彼女, が御陵衛士隊, が必要, が悉く, が戦時体制的, が抜き, が持ち前, が擦った, が敵, が日本文撰工, が時代, が最も, が最後, が末起, が果して, が極端, が次第, が死んだ, が残念, が民族, が洋式印刷, が淋しい, が渡り渡っ, が濟むまではお葬, が狭い, が現代日本, が由三, が畳, が百両, が目的, が笑顔, が統一場, が緩和, が羨道, が胎教, が自分自身, が芸術家, が落ちた, が言, が許される, が誰, が逃げる, が過ぎれ, が都合, が間もなく, が革新的軍部, が頗る, が颯々風, が高ずれ, くらい君, こそうんと, こそまだ, こそ在, こそ御釜, こそ日日, こそ贔屓, さえもと, さえ雨風, すら今日, すら碌々, だけがいつも, だけでもこ, だけでも何だか, だけでも相当, だけで十分, だけに動かされ, っ切り何, であったら事, ですら, でつづめた, で中毒, で帰っ, で押し通し, で結晶, といっしょ, とても毎晩, とは言わぬ, とわかる, と云う, と共に彼, と向かい合っ, と気, と知った, と違った, なしには, にあろう, にうたれすぎた, にかわる, にこの, にさわる, にずつと我儘, についてうかがいたい, についての譚, についてはアンケート, についてもいろいろ, について何, につかまり, にとりつかれた, にはいつも, にはかう書かれ, にはその, にはどちら, にはみんな感服, には俗名, には大して, には小倉, には当然, には此方, には羅針盤, には配給機構, にぴいんと硝子, にもぐりこみやした, にやたら, によって初めて, によって現われる, によって細々, にパン, に一種, に交通運輸機関, に会い, に依, に借り貸し, に先方, に劇場, に南部山城守重直, に吃りました, に向, に味方, に夕焼け, に姑, に定期市, に対して俳壇, に対して答えれ, に対して骨身, に對, に常磐会選歌, に従っ, に必要, に恐怖驚愕, に所々色, に接した, に月, に李, に次い, に比較, に気づいた, に湯屋, に牡丹燈籠, に狂い, に白粉, に破廉恥漢, に科學, に約, に繭, に至っ, に菩薩号, に言う, に負けない, に連れ添っ, に金, に関しては最早, に韻文, に顔, に馴れ, のお, の蔓, はいつも, はお金, はけっして, はさ, はそういう, はだれです, はつい, はつまる, はどうして, はなぜ, はふじ, はまず, はまア, はもちろん, はやがて, はクローム側, はシングルベッド, はダンス曲, はプロレタリア的組織, は丁度, は中世, は人, は仕, は何もの, は充分, は兵部宗勝, は出席者, は出来なかった, は創作的, は単なる, は却つてこれ, は同類, は問題, は因果関係, は埋立工事, は大きい, は天狗様, は女, は子供, は実際, は封建的, は幻, は彼, は必ず, は意識, は所詮, は旅行届, は朝, は本当, は格別, は死ぬる, は母, は決る, は無論, は生, は登山者, は真理, は睡眠不足, は穀物五九〇, は絵, は老, は葉, は製本, は調べ, は議論, は遠望, は随分, は電気, は黒風, ばかり樂しみ, へひれ伏し, へ無謀, までちらちら, までに式, までの十年, までの空氣, まではごく, まではまだ, までは堅い, までは格別用事, までは貧乏以上, まで亘理, まで彼女等, まで附添, もあるいは, もおおかた, もごく, もすぐ, もたつた, もない, もひらめく, ももう, もよかろ, もサン・ヂャン, も一将, も一流, も下宿, も乗っ, も今, も何, も偶然, も制度, も北村透谷, も可, も大した, も始め, も左, も年, も怪我人, も成立, も明治, も最後, も極, も歌口, も無, も甚だ, も相, も立ちふさがった, も結構, も腹一ぱい喰, も見, も詳しい, も農繁期, も酒, も雜巾, も食べる, やったら罪, や大変, よりは趣味, よりも寧そ悄気, よりも社宅, よりも遅く, より一格下, より以上, より外, より蝋燭, らしい声, らしい番地, をい, をいくらか, をかくまわれた, をきく, をこなす, をご, をすぐ, をする, をたい, をだれ, をつけはじめた, をどうして, をぬりつけ, をひそか, をふせぐ, をめあて, をやらない, をゆるし, をシェイクスピア, を一刻, を一括, を不審, を丸万, を二つ, を以て他, を作物, を傷めないで, を内密, を処理, を出世, を判断, を受けとる, を古く, を吉村, を吸収, を土地, を始め, を官兵衛, を家, を小さい, を屍体, を平たく, を庭, を引き受ける, を当の, を忘れ, を思う, を怨ん, を愛誦, を慮, を我慢, を承る, を抜く, を押し鎮めます, を持込ん, を捕獲, を推究, を擲っ, を方々, を日本, を昨晩, を書, を木村, を枕元, を機, を歩い, を気, を求め, を注い, を潮, を無下, を特殊民, を畏, を盗んだ, を相談, を知らない, を知れ, を破る, を祓い落し, を私する, を粗雑, を経時, を綱, を義雄, を聴い, を背負っ, を若年, を落とした, を虫目, を表わす, を要求, を見ます, を見物人, を観破できない, を訴, を語っ, を読ん, を調べた, を論理的, を買, を買つた日, を越える, を迎え, を追出す, を選ぶ, を釈く, を開けよう, を青年会, を頼んだ, を髷, 故にまた一段と, 故に悟性, 故最初

▼ でいい~ (1854, 0.6%)

69 んだ 61 じゃない 51 だろう, よ 4745 でしょう 44 のだ 41 んです 3432 のです 28 のよ 26 から, と思う 24 では 1715 と思っ, ね 14 じゃありません 13 と思います 12 加減に 11 でしょうか 10 な, のである 9 だろうと, です, ですか, でせう, のかい, 気に 8 というの, ように 7 かしら, ということ, とし, と云う, のか, や, んでしょう 6 かもしれない, かも知れない, さ, だろうか, ですよ, なあ 5 かい, から私, から言っ, ことを, と思った, と言う, ものだ, ものを, わね

4 [15件] からこの, から来, から顔, が, じゃねえ, って, ですね, という, というもの, というわけ, としよう, とも, と云った, のかしら, 気持に

3 [27件] からあんな, からお, からその, からそれ, からわたし, から早く, ことが, ことも, じゃア, ぞ, だろうが, だろうけれど, ぢや, でしょうが, ところが, と思ってる, と私, と言っ, なら, のかと, のであつ, ものか, ものです, やうに, わけです, 事を, 年を

2 [73件] あの人, かという, かと聞く, かな, かなどとひっきりなしに, かも知れん, からうち, からおまえ, からおれ, からここ, からちょっと, からもう, から何, から呼戻したい, から御, から我が, から白い, から逢っ, から降ろし, がその, ことね, じゃないです, ぜ, だよ, だらう, だろ, って云う, でしょうと, ですから, ですが, ですな, と, という人, という風, といふの, とおもう, ところへ, ところを, としてその, としてでは, として君, としなけれ, としろ, ともいえる, と云っ, と云われた, と安, と思ふ, と笑つて, と誰, のかね, のさ, のだらう, ので, のでしょう, のなら, のに, ものかね, やな, やない, んだろう, んでしたら, んでせう, 争って, 心持だ, 捨てられた, 放った, 気持かいなんて, 淀んだ, 知れぬ孤独, 表わして, 表わすこと, 顔を

1 [671件 抜粋] あっしを, あなたの, あんばいだ, いいかげんで, いま呼んだ, おたがいに足並み, おまえすぐ, おれが, お天気, お小遣い, かいそして, かえ, かしらほか, かといふ相談, かと念, かと思う, かと考, かね, かもしれません, かも知れません, からあす一日, からあたい, からあの, からいい, からいっ, からうんざり, からおかあさん, からおまじない, からお父さん, からお茶, からこれ, からさっと, からしまいに, からじかに, からすぐ, からすっかり, からぜひ, からそして, からたくさん, からだ, からという, からとしつこく, からとにかく, からどうぞ, からどしどし, からどっか蚤, からなんとか, からな福, からね, からはっきり, からほか, からほんとに, からもうすこし, からもう少し, からもっと, からやはり, からゆづつてほしいと云, からよ, からスグ, からッ, から一応, から一眠り, から下さい, から云っ, から人間, から今, から会いたい, から作らし, から俺, から其處, から出, から出逢っ, から初手, から取っ, から同居, から嗅がし, から坐っ, から堅, から奥さん, から嬉し, から嬢, から安心, から宝石, から宿下り, から岩見銀山, から工務課, から彼, から御寝室, から心ゆく, から心身共, から手許, から才川, から扱われ, から持ちたい, から持っ, から捜さし, から揉ん, から早くしろい, から暇, から来い, から欽吾, から海底都市, から現在私, から現場付近, から社会, から笑っ, から約束, から肝心, から舞踏会, から船, から融通, から見せ, から見たい, から賭場, から返事, から酒, から金持ち, から降り, から電話, から飢ゑた気持, から餅菓子, から馬鈴薯, から魚, か愛し, か正義, がいったい, がお前, がここ, がこれから, がしかし, がそいつら, がなに, がね, がね食事, がもっと, が俺, が公家, が前, が同様, が問題, が婆さん, が實, が早速, が栄養, が然し, が相手, が絵面, が美津子, が親分, が貸し, が迷惑, が金公, が雨, が館, けどでも, けどなぜ, けど僕, けれどお前, けれどお前さん, けれどこうして, けれどもこう, けれどもし, けれどもそう, けれども僕, けれど外, けれど宿屋, けれど江戸, けれど道庵, けれ共, こと, ことしてる, ことは, これで, ごろりと横, しお蔭, しかし断わっ, し凜, じゃあねえかそれで, じャ, ずら, そういうこと, そう思った, そこの, その手, その癖, それだけ, たとえ屋根裏, たらして, だ, だらうトーキー争議, だろうかと, だろうけさ, だろうという, だろうね, だろう俺達, ちうて, ってそういった, ってもん, ついだ, てこと, でさあ, でしょうけれど, でしょうさ, でしょうね, でしよ, ですとも, ですの, とあんなに, というところ, というふう, という勝気, という卒業, という場合, という大き, という御, という歌麿, という気持, という程, という考え, という自負心, という落ち, という際限, といったあたり, といったじゃない, といってる, といっといた, といふところ, といふ限度, といわれた, といわれる, とおっしゃいました, とか, とかいい, とかへつてひそか, ところでございます, ところです, ところな, ところも, ところ迄, とした, として, としていられる, としておまえ, としてくらそう, としてこの, としてじゃあ, としてそれから, としてち, としてほか, としてもし, としても兵馬, としてよく, として今度, として大人, として実は, として対ドイツ, として当人, として所, として日本, として次郎, として深山氏, として私, として衝突, として速力, としなかった, とすら考えた, とすれ, とならなけれ, とにかくおれ, とはうけ, とはしない, とは云, とは云わぬ, とは思っ, とひとり, とほめ, とみんな, とも世間, とも思った, とりに, と云うなら, と仰っし, と仰言った, と分りました, と呟いた, と堅く, と思いました, と思え, と思ったら, と思つて, と断わっ, と望ん, と決め, と満足, と笑っ, と考へる, と自分, と言, と言った, と諦めた, と遮る, と頻りに, どこか, なあと感じ, なあ別世界, なお前, などとうまい, などと考え, なやっぱり, ならかまわないがね, ならここ, なら乗って, なら喜んで, なら大いに, なら或いは, なら結局身, なら連れて, なら進んで, なんとかし, なア, なハッキリ, な全く, な八, な染物屋, にしとく, に東京, ねえ, ねと歎息, のう, のかなあ, のかなどと, のが, のだろう, のぢ, のであっ, のであらう, のであろう, のでございます, のでなまじっか, のでのり, ので之, のと, のと云っ, のにねえ, のね, のもう, のや, のよ今日, のよ私, のよ鰯, ほんとに正直, まぎらすこと, むしろ本当, もしなけれ, もすこし, もの, ものだろう, ものである, ものでした, ものは, ものばかり, もんだ, やだって, やといふ, やれとか, や天然居士, や時に, ようだ, ようです, ような, よお前さん, よこの, よそれ, よもう, よ先生, よ寒く, よ幾ら, よ御苦労御苦労, よ見ない, らしいのよ, わけだ, わけである, わけを, わたしと, わでは, わなどという, わねえ, わねえこっち平凡, わふふ, わもう, わよ, んじゃあ, んだい, んで, コップに, ネクタイが, フランス語で, ンだらう, 一両くだせえ, 一人で, 一寸立ち停っ, 一日で, 一旦そう思い出したら, 世間の, 事らしい, 二日分もらっ, 人だ, 人という, 人間かも, 仕事もとより, 休んで, 伯父さんの, 何か, 何処にも, 保養を, 信二は, 傷口を, 入れたまま, 兼ねる, 処女性の, 分る人, 刺客という, 前芸の, 加減の, 加減我慢出来ない, 加減本が, 勝ち誇ったよう, 勝負を, 匂いが, 原因は, 合えば, 合すよう, 味覚と, 呼吸に, 商売は, 垢を, 声で, 太腹らしく, 女だ, 女は, 妓たちの, 娘は, 子だ, 尽しては, 工合に, 帝政時代の, 年配に, 年配にな, 心地だった, 心持ちだろう, 心持ちに, 心持です, 忘れたが, 思いを, 感じは, 按排に, 掘り出し物なんかは, 換えると, 放ちました, 放ち一方, 放つ, 旅びとがおまへの雪の, 日です, 智慧を, 杉永の, 格好と, 気持じゃ, 気持ちに, 気持では, 気持は, 添えたいこと, 温泉地です, 物と, 現わす, 現わせ, 生じつか, 知れぬ鈎, 破って, 祈る, 立てながら, 筈は, 絆と, 置きましたから, 老婆は, 聞かせて, 芝居は, 落ちついて, 表わしたところ, 表わし得る条件, 表わすべきである, 見物が, 訳な, 訳の, 話だ, 諍いする, 足した, 送り何月何日, 都合ッご, 顔も, 養子の

▼ で~ (1807, 0.6%)

36 はその 25 はそれ 21 はこの 14 は自分 13 の心 12 の方 11 はもう 10 の家, は 9 は彼 8 がそれ, はこれ, は今 7 はまた 6 の部屋, の顔, はいつも, は私 5 のやう, のよう, の考え, はまだ, は何

4 [13件] のうち, のこの, のところ, はあの, はこれから, は二人, は仕事, は何とも, は少し, は心, は思わず, は満足, は貴方

3 [26件] が今, が大阪, が目, の前, の意見, の胸, はしばらく, はすっかり, はそんな, はた, はつまり, はとうとう, はぼんやり, はむしろ, は友達, は彼女, は斯様, は早速, は時々, は父, は現在, は若い, は苦笑, は遂に, もその, も大いに

2 [138件] が, があの, がいつも, がお, がこれから, がそう, がその, がどんな, がまだ, がフロラ, が一番, が病院, が神, が肯定, が覚え, とその, などは毎日, などを相手, にそういう, にとつて, にはその, にはまるで, に取っ, に對, のあらゆる, のここ, のこと, のその, のそば, の体, の作品, の処女作, の右, の名前, の女, の妻, の情慾, の手, の書いた, の眼, の知らない, の背後, の腕, の臆病, の親, の言, はいくらか, はいつ, はいよいよ, はいろいろ, はお, はここ, はこんな, はすぐ, はすべて, はずっと, はそっと, はそれら, はただ, はちよ, はどこ, はまず, はまだまだ, はまるで, はもう一度, はやつ, はよく, はスタンド, は一つ, は一生懸命, は万引, は下, は二度, は二階, は云う, は云っ, は今日, は何處, は兄, は先日将棋, は先生, は別に, は勢い, は友, は堅く, は外, は大, は女, は学徒, は安心, は小さな, は小学校, は小田原, は小説, は幼い, は後, は思い出す, は思い切っ, は斯, は最初, は机, は此, は此頃, は毎晩, は気持, は決して, は無礼千万, は焦らず, は特に, は狐, は白直殿, は目, は真正面, は絶対, は絶望, は船長, は色, は見, は話しつづけた, は酒, は重ね, は黙っ, もこの, もそう, もそれ, もそんな, も一安心, も何, も大, も気の毒, も満足, も突き放され, も自分, をせき立てよう, をよく, を平次, を怨ん, を空想家

1 [1160件 抜粋] あ仏, えれえ, からも御礼, から二十両, から公開状, があれ, がいかに, がいる, がお気, がくすくす, がこころひそか, がこの, がこれ, がさがし, がそば, がたずねまし, がどう, がにわかに, がひどく, がめ, がもと, がチベット, が一つ, が一家, が七十円, が三十代, が主家, が五つ, が代りました, が伯父, が作歌, が例, が先生, が其処, が出, が出立, が加茂村, が匿まつ, が十八, が厨室, が君, が困っ, が夏休み, が嫌い, が学校, が寄宿舎, が小林, が差し出, が師範, が手, が故人, が敵, が旅, が暴動, が未だ, が殺した, が母校, が注意深く, が犬, が白国ブルツセル市滞在中止宿, が第, が絵筆, が聞いた, が自分, が花魁, が言, が訪れた, が話し出す, が起きた, が述べたい, が鋏, こういうこと, して, その日, だったらまず, だって嬉しい, だつて当時, でもどうか, とあなた様, という人間, とお, とささやか, としての収穫, としては一種, としては常に, としては自由, とはいい, とは殆, とほか, とも精神的, と他, と土方, と妻, と流儀, なぞは精出し, など, などにし, などには洟, などの横, などはどうも, などはまるで, などは是, などもその, なども一カ月, なども聴く, などをつかまへ, ならかねて, なら先づ最初, に, にいつも, におきましては失礼, にそうした, にで, にとっては名誉, にとって終生, にはあまり, にはなに, には出来ません, には可愛い, には彼, には恩, には懲役, には目新しい, には解らない, にも何, にも同じ, に伴奏, に何ん, に取, に呼びかけた, に対し, に対しても極, に当る, に扶養, に政府, に罪, に謝罪, に道, に長い, に預けません, に食事, のあの, のおっぱい, のさ, のため, のほう, のウカツさ, のケース, のロマンチック, の世話, の乏しい, の二回目, の今度, の仕入れた, の住む, の作, の信任, の傍, の処, の出立, の功績, の取, の口, の右肩, の周囲, の大中好, の好き, の如き, の学校, の宅, の容貌, の少し, の帰省, の弟, の心像, の忘れっぽい, の思う, の性欲, の想像, の愛する, の提議, の文学的読書, の旧い, の時間, の暮した, の有る, の村, の枕元, の母親, の沖縄, の浅い, の為, の物, の特別学生達, の生命, の生長, の病, の癖, の県, の知りたい, の確信, の立っ, の経歴, の結論, の罪悪, の耳, の肌, の脚, の自由, の良人, の言った, の讀み, の身, の邪魔, の長兄平太郎, の青年期, の願, の魂, はあちこち, はあったろう, はあなた, はあんな, はあゝ, はいい, はいちど, はいつしか, はいま, はうっとり, はうれし, はおやじ, はかく, はからかいました, はぎよつとした, はこうした, はこれら, はさだ子, はしどろもどろ, はす, はすぐさま, はする, はそういう, はそのまま, はそれつ, はたちすくんだ, はだから, はだんだん, はちょいちょい, はついに, はとく子, はどう, はどんな, はね町, はひとりでに, はま, はもうすっかり, はもの珍, はやっつける, はよくよく, はインディアン, はチッキ主任ジョウジ・ブルッカア, はバカ, はブッダ・バッザラ師, はペン, はポンメルシー夫人, はリリパット皇帝, は一体, は一学, は一散, は一生, は一途, は三十分おきぐらゐに着物, は下宿, は世俗的, は主人, は二ヶ月分, は二時間, は五, は亡くなつた, は人びと, は仙台市街, は仰向け, は会場, は何となく, は何等, は依然として, は信じ, は兄上, は先, は先づ, は再び, は初め, は初演, は別にどう, は前夜, は勇気, は勤務先きのマレシェルブ通り, は十時ちょっと過ぎ, は単なる, は厭, は友人親子, は叔母, は受取書, は右肩, は同, は吻, は呟いた, は唐辛, は唯目, は四年, は国内, は国立劇場即時建設案, は墓, は多分, は大きな, は大変, は女学校, は好奇, は妙子, は姉さま, は嬉しく, は子供心, は実は, は寄生木, は小, は展望台, は屹, は崖縁, は帰りかけました, は幾度かさ, は店員たち, は廿三才, は彼ら夫婦, は彼等, は心持, は快い, は思い掛けなく, は思はず, は急激, は怱々, は恐しく, は恐縮, は愈, は慌て, は成るべく来, は折角, は拾銭玉, は改めて, は故意, は数えどし, は文化, は新しい, は新吉, は日本, は日本国, は日本語, は昨夕以來, は時々ぼんやり, は暫らく蒲団, は最後, は有難く, は朝食, は本箱, は林, は正直, は此日父, は死ぬ, は母, は毛糸, は水, は永, は法王庁, は洋服浴衣, は浮世絵, は滅多, は煩瑣, は爐邊, は独立, は生れ, は田舎, は申します, は町, は當家, は病院前, は着る, は私自身, は突, は窓, は第, は筆箱, は簡訳, は紹介, は絹, は緊急, は羊羹, は考えず, は聞きたがりだ, は肺臓, は胸, は腰, は臨時汽車, は良人, は花売女, は蔵王山麓, は蝋燭, は見たく, は言葉, は訊ねました, は読者, は質問, は起き上がりました, は身, は辛く, は近い, は近頃, は途中, は遊園地, は遠く, は邸, は鉱泉宿, は長, は閉口, は階上, は露語, は非常, は頷首, は風呂敷包み, は餌さ, は驚い, は魚市場, は黙, へ向い, までが彼, もあの, もいくぶん, もうまく, もうんざり, もさまざま, もちょうど, もつい, もとにかく, もはで, もふ, もまア, もテレビ, もホツ, も一時, も一生懸命, も一緒, も三四度一緒, も会いてえ, も便宜上, も出頭, も単純, も喰, も夜明け, も安心, も将来, も幅, も彼女, も心, も心配, も日頃, も早く, も暫時彼, も最初, も樂しみ, も毎度, も流石, も直に, も種々, も聞い, も諦め, も軽部, も長く, も青草, やほか, よりあと, より先, を, をからかった, をたしかにホッ, をマア, を何所, を利休, を口説く, を呼んだらしい, を御, を悩み殺し, を殺す, を眺め, を置放, を衝い, を訪ね, を連れ, ホッと, 云って, 共蒐集家, 如きは, 御本堂, 逢えないん

▼ でこの~ (1535, 0.5%)

18 上も 15 頃は 14 ような 11 人の 7 方は 6 ことは, 二人は, 家の, 時は, 男の, 辺の 5 ように, 二人の, 人が, 前の, 家に, 家を, 点で, 頃の

4 [12件] 上は, 中に, 事件が, 事件の, 事件は, 二つの, 人は, 手紙を, 日も, 時も, 男が, 頃では

3 [12件] ま, 事件に, 問題は, 土地の, 地方の, 場の, 女を, 小説の, 方面の, 種の, 草の, 辺は

2 [84件] あいだも, あたりを, ことから, ことも, ことを, たびの, ままで, ままでは, やうな, やうに, 一座の, 一編は, 三人が, 世の中の, 両者の, 中には, 事は, 他に, 作家の, 偉大な, 分では, 勤勉な, 問題だけ, 国の, 土地は, 土地へ, 地では, 場合の, 境地は, 夜の, 夜も, 大軍に, 女の, 妹の, 娘が, 娘さんの, 娘一人の, 子の, 家で, 家へ, 寺で, 少年の, 島の, 平和は, 怪異な, 手へ, 手紙は, 探照燈, 放火事件も, 文章を, 方を, 日は, 春からは, 時にも, 時代に, 書き手を, 本を, 村には, 様子を, 機会に, 点から, 点が, 点の, 点を, 男には, 男も, 男性の, 町に, 界隈では, 程度の, 言葉を, 話が, 話の, 話を, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 隣りの, 頃に, 頃私の, 館の, 館は, 點に, 鼻の

1 [1142件 抜粋] あいだ一年半も, あたりに, ありきたりの, いき方は, うえないす, うぐい, うち大黒舞は, おばあさんすぐぴんと, おれを, お娘さん, お嬢さんを, お寺にも, お店, お梶, お邸, かめは, けいこが, ことについては, じやじ, せつ朝夕の, たび羽将軍が, つぎに, とおり一張羅を, とおり籐椅子に, ときほど, ところずうっ, ところ抜かり, とび人形, なかへ, ばあい, ひとを, へんが, へんに, ほうは, ままご, ままに, まま放し, まま矛を, まよった男, やましさ, アリバイにも, イボ男が, エピソードの, ガラス部屋は, コンビネーションは, サラダは, ストライキは, タルミミ隊は, チビスケを, チョビ安子供の, ネームプレート製造所でも, ハルツの, ピヤノの, フランスの, ペンを, ポケットは, マザア・グウスの, マタ, メン鳥の, ラヴォアジエに, レコードは, 一人を, 一千万人の, 一年の, 一座が, 一文で, 一月ばかりの, 一段は, 一点一線が, 一篇は, 一行を, 一門の, 一隊は, 万人, 三人の, 三四か月あの, 三浦氏御, 上どんな, 上はと, 上広瀬君に, 下の, 不可思議な, 不思議が, 不氣味, 不道徳な, 与次郎を, 世の中には, 両方を, 中にね, 中へ, 丸辰が, 主体の, 久助が, 亀岡氏は, 事が, 事件では, 事件を, 事実の, 二つは, 二ツは, 二三日夜も, 二人も, 二十九号が, 二品を, 二日間やつた, 二百頁に, 二者は, 五十二歳を, 享楽的とさえ, 人たちが, 人に, 人も, 人物は, 人達は, 仁義が, 付近で, 代名詞の, 企ては, 位の, 佐野松の, 作品でも, 作者以外には, 供給が, 俗信は, 信号は, 倒錯感が, 傾向は, 僧の, 元禄小判より, 先生が, 先生達は, 光子さんの, 入学を, 六七年の, 六部から, 兵士は, 再版では, 冬も, 凧合戦を, 分なら, 刺激を, 前上洛の, 前日には, 動かすべからざる計算上, 匂ひ, 区別は, 十一月の, 十日ほど, 半世紀, 卓越した, 取り込みの, 口絵は, 古代文學が, 召誥, 可愛らしい人智幼年時代, 合唱隊を, 名が, 名古屋へは, 吹きさらしの, 周馬の, 呼びよう, 哀れな, 品は, 唐僧が, 問答が, 問題等も, 喰い違い, 噴気孔から, 四五日は, 四種は, 囲い内は, 国に, 土地に, 地の, 地上で, 地方では, 地盤が, 坊主を, 埋合せ, 城下町へ, 報告書と, 場を, 場合も, 場合単数にとって, 場合大事な, 場合温い, 場所が, 塔の, 増長天王に, 壺は, 変化と共に, 夏やすみの, 多摩川両, 大なる, 大塔の, 大小二つずつの, 大金を, 天井の, 夫婦養子の, 奥方は, 女は, 女主人公は, 好きが, 娘から, 娘さんを, 娘一人を, 婚禮の, 婦人を, 子にこそ, 子も, 子供には, 字書へ, 季節の, 宇宙が, 安斎十郎兵衛じつは, 宗教と, 客観的な, 室へ, 家から, 家じゅうが, 家には, 家安泰無事長久の, 寄場では, 寝台の, 寺の, 寺も, 対馬の, 小仏, 小屋へ, 小文, 小説が, 少女に, 少将の, 少年は, 屍骸, 山は, 山中に, 山腹の, 山里が, 峠の, 川の, 工場の, 差別を, 巻の, 年にも, 年少の, 広告の, 店へ, 廃屋を, 廿日正月の, 弄獅子を, 強大国の, 後は, 御人, 御本, 徳あの, 志さえ, 応接間の, 思想から, 怪映画を, 恐ろしい事件, 悪物喰ひ, 悲観詩人が, 意味に, 意気これは, 意見は, 感化力は, 感謝は, 慎重な, 成因は, 戦後の, 戦車第, 手伝酒を, 技術を, 指し示す不安, 政府の, 敗戦は, 数日間の, 文句を, 文明の, 新しい解釈, 方々は, 方が, 方で, 方面については, 旅行の, 旗を, 日また, 日中が, 日本の, 日頃ムシャクシャし, 春大学を, 時こう, 時まで, 時代でも, 時代は, 時初めて, 時期に, 時群集の, 暑さ, 曲が, 曲馬団に関する, 最下族中の, 有様に, 期にこそ, 木は, 未だ集, 本は, 朴訥な, 村の, 村中六百軒あまりから, 村始ま, 東国は, 松茸と, 柳沢金吾君は, 栄枯盛衰の, 案の, 業を, 構えを, 様式を, 標語を, 次には, 歌には, 歌人の, 武者修業の, 毛艶は, 江戸芸術の, 沖縄ほど, 沙漠着陸の, 沼の, 法王の, 津波が, 浅薄陳腐なる, 海鼠の, 深い山, 清盛の, 湖水で, 溝を, 演出にあたって, 演奏は, 火藥を, 点からも, 点だけは, 点に, 点には, 点わが国の, 点サラベルナールも, 点嚴格である, 点批判的に, 点日本海岸とは, 点欧州よりは, 焼野原, 熱灰には, 牡丹燈記の, 物語の, 特別な, 状入れを, 狂人を, 狭い島国, 猫について, 獲物の, 現実的に, 生活を, 田舎では, 男にも, 男を, 町で, 画家が, 界隈華族様方や, 番茶を, 病的発作の, 病院に, 発句脇句を, 登勢に, 百六十五名の, 盛り場の, 相対性を, 眼で, 瞬間には, 短いカーテン, 短篇集は, 石燈籠の, 社は, 神の, 祭神の, 秋から, 秘話を, 程度続く, 種類の, 稼業の, 窓を, 第二, 箱を, 精霊の, 紙に, 紛失事件の, 紫で, 紹介にとりか, 組合を, 結婚は, 結果が, 絵が, 絵馬の, 縁談に, 義烈には, 習慣は, 老人の, 老博士, 考えを, 者どもは, 肉声を, 胸が, 臨時雇い, 興行には, 般若の, 船は, 艙口は, 芝居は, 若い武家, 若浪は, 英雄の, 菌の, 蔓菁の, 藁人形が, 虎狩の, 行に, 街道を, 袋を, 見世物を, 親切さは, 親戚も, 解毒剤を, 触角の, 言葉も, 計画は, 詩情に, 話でも, 話などは, 話には, 話題が, 語を, 調子で, 諸君が, 謎の, 谷は, 費用だけでも, 車が, 軍隊は, 農夫も, 辺には, 辺一体の, 近いところ, 近所に, 近距離を, 通り人を, 通り拝むだ, 通り鐵砲の, 連中は, 遊行派に, 運動は, 道にかけての, 道も, 道場の, 遮蔽法は, 部は, 部屋は, 酒に, 重左, 金は, 金地院範覚様が, 金山近辺を, 銘茶を, 錠が, 長い間苦労, 闇, 附近では, 陰惨な, 階級主観の, 際お打, 際もし, 際特別な, 雄大な, 集りでは, 雑然として, 雑誌の, 電気遊びは, 霊感の, 非合法の, 頃じゃ, 頃彼は, 頃私は, 顔ぶれの, 風延い, 館には, 馬が, 驢馬の, 高原を, 高雅な, 魚が, 黒幕の

▼ で~ (1461, 0.5%)

425 ざります 136 ざりましょう 67 ざりました 57 ざりますが 51 ざりまする 34 ざりまするが 31 ざりましたか 30 ざりますか 23 ざりますな 22 ざりましょうよ 21 ざりまして, ざりましょうが 19 ざりますゆえ 17 ざりますから, ざりまするか 16 ざりましょうか 14 ざりますよ 13 ざりまするな 12 ざりましたが 11 ざりますと 9 ざりませう 8 ざりましょうな, わりまする 7 あんす, ざりましょうと, ざりまするぞ, ざりやす 6 さいます, ざりましたから, ざりましたゆえ, ざりましてな, ざりますけれども, ざりますると 4 あんした, あんすか, ざりましたな, ざりますぞ, ざりまするかな, ざりまするとは, んす, 座います 3 ざりましたので, ざりましたよ, ざりましょうから, ざりますお可, ざりますそう, ざりますに, ざりますもの

2 [32件] いせん, ざいまっしゃろ, ざつた, ざりましたかな, ざりましたけれども, ざりましたこと, ざりましたと, ざりましたなあ, ざりましたのでな, ざりましょうその, ざりましょうぞ, ざりましょうに, ざりますいや, ざりますお, ざりますその, ざりますそれ, ざりますで, ざりますとも, ざりますなあ, ざりますので, ざりますのに, ざりますまいが, ざりまするから, ざりまする御, ざります厭, ざります塔, ざります相手, ざります馬鹿, ざりませうが, ざりやすよ, じゃん, 主人の

1 [218件] あんすの, あんすゝ一寸, いす, うっと, さい, ざいまっしゃろはいいが立てねえ, ざえます, ざえますお, ざえますかお前さん此処で, ざえますか藁の, ざえますがね, ざえますが武士は, ざえますよお, ざえますよ慣れてる, ざえまする私は, ざえます尤も, ざえます長, ざえやした, ざえやすかな, ざえやす遅く, ざえんすか実は, ざえんすがね何, ざえんすと申しあげる, ざす, ざすな, ざつたか, ざりまいた, ざりましたあの, ざりましたいくたび, ざりましたからな, ざりましたげな, ざりましたでしょう, ざりましたに, ざりましたの, ざりましたのっそり, ざりましたのに, ざりましたやら, ざりましたよく, ざりましたらう經歴地方何れ, ざりましたらこれ, ざりましたら申します申します, ざりましたら道, ざりましたろう, ざりましたろうが, ざりましたろうね, ざりました暫く, ざりました海嘯, ざりました見ると, ざりましても, ざりましょうかの, ざりましょうがまたまんいちにも子供, ざりましょうがわけてわたくしはまだおさない時分十五夜, ざりましょうこの, ざりましょうそれ, ざりましょうとも, ざりましょうのう, ざりましょうゆえ, ざりましょうわい, ざりましょう上人, ざりましょう姉さん, ざりましょう縛め, ざりますあれ, ざりますえ, ざりますがと, ざりますけんど, ざりますこと, ざりますこれ, ざりますさぞ, ざりますし, ざりますそれにしても, ざりますぞい, ざりますという, ざりますときどき, ざりますとても, ざりますとの, ざりますどうか, ざりますなが, ざりますなと, ざりますなどと, ざりますなどという, ざりますなにとぞ, ざりますなん, ざりますによって, ざりますね, ざりますのう, ざりますまえに, ざりますよく, ざりまするそれ, ざりまするちと, ざりまするという, ざりまするなあ, ざりまするなと, ざりまするはい, ざりまするほか, ざりまするまた, ざりまするわ, ざりまするわい, ざりまする只今, ざりまする大変, ざりまする大高様, ざりまする奥方様, ざりまする御陵衛士隊長様, ざりまする離れ, ざりますれば, ざりますわ, ざりますわたくし, ざりますんで, ざりますハイ, ざりますヘイ, ざりますヨ, ざります両, ざります人数, ざります今夜, ざります佐助, ざります先ず, ざります半平, ざります卑怯, ざります去年, ざります唯今こちらさま, ざります大丈夫, ざります大阪, ざります定めし, ざります実は, ざります少し, ざります此, ざります毎度私, ざります眼, ざります私, ざります賊, ざります赤合羽, ざりませういと, ざりませうと, ざりませぬ, ざりませぬか, ざりませぬな, ざりませぬのに, ざりませねば, ざりません, ざりやして, ざりやしやう, ざりやしょう, ざりやすあんた方, ざりやすかく, ざりやすから, ざりやすし, ざりやす聟, ざり申すか, ざり申すよ, ざんしたらう, ざイます, ざッす, ざンしょう, ぜん様の, ちや, ちやご, とんとはげしい, はすか, はせう, めいわくでも, もっともご, やっかいに, ゆっくり話し, り, りっぱでも, わりましょう, わりましょうか, わりまするで, ん七さんの, 一緒にね, 一行は, 両親の, 主人と, 主人に, 亭主さんは, 亭主の, 先途が, 前が, 助に, 助力を, 勘忍下さるなら, 同勢お, 境遇には, 声援なさいましたら, 夫婦の, 姓名は, 婚礼は, 安心くださる, 安泰であろう, 家族が, 帰京に, 心配でしょう, 愛妾の, 承知でも, 招待いたしたい, 拝謁を, 機嫌の, 気分は, 活躍の, 満足あろう, 災難でした, 無事で, 無念の, 番所の, 相談が, 知行は, 祐筆あれを, 神燈でも, 緩り, 自分から, 自分が, 自分で, 自分は, 自分も, 謙謹で, 貴殿の, 辛労なされた, 酒を, 門を

▼ でまた~ (1173, 0.4%)

7 元の 6 餌食を 5 しても, それを 4 すぐに, 二人は, 眼を, 自分の

3 [11件] そこで, それが, それは, もとの, 例の, 別の, 彼の, 彼は, 彼女に, 私は, 酒を

2 [47件] あなたの, いつもの, すぐ眼, それに, そろそろと, とは見る, とり壊した家, とり壞, ひっそりと, ほかの, もう一つ, 一つの, 人の, 以前の, 何か, 何んな, 僕は, 出て, 同じよう, 唇を, 問題が, 御馳走に, 急に, 息を, 或る, 文学者の, 新たに, 東京へ, 歩き出した, 気が, 焼酎を, 神の, 私も, 絹子が, 訊いた, 訊ねた, 話を, 諷刺が, 財産も, 躊躇し, 鈴江は, 非人間的, 非常に, 音も, 額を, 顔を, 飲んだ

1 [1007件 抜粋] ああ小沢, あなたを, あの人形, あまりに高尚, あまり長く, ありふれた普通一般, あれか, いちいち意外, いっしょに, いつの, いつも必ず人交ぜ, いつ都へ, いろいろな, いろいろ思い起し, うち破り, うつむいて, うまそう, うるさいん, おだてられて, お前の, お引越し, お礼の, お見舞い, かなり痛切, きっと生きる, くくり猿, くらす厭, ぐるぐる踊り, こう云った, ここへ, こっちも, こつこつほのぼのである, この, この人, この子, この朝, これとは, こんなこと, さぐりを, しかたが, しばしば身, しばらく歩く, すぐ会えよう, すぐ竜泉寺, すぐ降ろす, すべて苦心し, そうで, そう言っ, そつと, その人, その夜, その家, その徴, その方, その清新さそのもの, その理, その紙片, その絹, その自分, その蠣目, その話, その飛行振り, それだけにおしゃれ, それで, そんなもの, たいへん異常, たとえ日刊新聞, たまたま取扱, だんだんに, ちょっと迷わされた, でき得ないこと, とぼとぼと, と再び, どういう種類, どうでも, どこかに, どこまでも, どっちが, どれほど, どんな恐ろしい, なかなか賢明, にします, の半分, はじめた, はなはだ弁明的, ひとが, ひとつの, ひとり, ひどく世間, ぴたりと, ふり返った, ぶらりと小屋, ほかへ, ほのぼのと, ぼつ, むしが, もう世帯じまい, もっとも多く, も息詰まる, やって来ました, やむを得ない政策, やめる気, ゆらりゆらりとむち, よくよく考え, よく談合, わたくしな, イワン兄さんの, ガスケル氏の, クグツの, クル, グッと, ゴサイバの, スタスタ歩き出した, ソロソロと, テームズ河口に, トーキーファンの, ナマケ者の, ヒョッコリと, フラ, ペンを, ボウと, メールヒェンという, ラテン語学者であった, ロココ的で, 一しお見ちがえる, 一つお辞儀を, 一つ例を, 一人, 一人つづいた, 一人斬っ, 一人殺す, 一切れ取った, 一匹威勢よく, 一寸不可解, 一方に, 一杯おかげで, 一杯入れ, 一番仕舞の, 一際高く, 一面において, 三四行で, 三時間ばかり, 上京した, 不備で, 不眞面目, 世界最初の, 中に, 中年の, 主な, 主巻, 九百余年前に, 予想する, 争い練達し, 二三度邂逅した, 二杯そして, 二組に, 五分間停車, 人から, 人通りが, 仇気ない, 仏教的の, 仕事を, 仲の町を, 会ひませう, 伸, 伺が, 何とか人生, 何やかや話す, 何者かが, 余計な, 例のが, 便利な, 信者が, 停車する, 偶然の, 傲慢であった, 僕の, 優しい清い心, 優善の, 元通りの, 児童と, 公卿たちの, 再び断ち切れ, 写生文家を, 出来得るもの, 刀を, 分別の, 判らないよう, 創作家の, 功利一方の, 勇ましい娘, 勘定を, 勝処また, 医者に, 十番へ, 南へ, 南洋学の, 単調で, 博文館の, 危険の, 去年の, 参考書を, 友人である, 取調所に, 口ずからお礼, 古い馴染, 召還され, 同じく不自然, 同じテーマ, 同じ口調, 同じ山, 同時に文学的創作, 同時に秘密, 同樣, 名が, 君は, 吹雪が, 呼びかけた, 哲学の, 商人であり, 喧嘩だ, 嘲笑的だった, 団子汁を, 地中に, 坐りこみ杯, 増田健次は, 夏に, 外に, 多くの, 多分ひとり, 多量に, 夢幻的な, 大体世の中を, 大変笑われた, 天譴の, 夫の, 失敗りました, 女に, 女房の, 如何にも驚いた, 委員長も, 娘の, 嫉妬を, 孟子と, 宅へ, 宇治へ, 実にひどい, 実用一点ばりである, 実際そう考え, 実際見当, 家が, 寂い, 寛かで, 寝て, 寝返っても, 対手に, 小さな事件, 小粋, 少し話し, 尻を, 山下の, 川原を, 巻きかえすの, 幕が, 平地に, 幽邃である, 幾ら苦められた, 度量も, 弱々しげ, 強味が, 当将軍家, 彼が, 彼らの, 彼女は, 往来する, 後から, 後世ベッセル, 後悔した, 徳川幕下の, 心ゆかし, 心細くなる, 必然の, 快活だった, 思いついたもの, 思案と, 性急だった, 恐るべきもの, 悩ましかつ, 悲しいよう, 悲しみが, 惡く, 愚かな, 慘たる, 我々の, 戦争が, 戯曲を, 扇風機に, 手を, 手拭を, 打ち返して, 打つまね, 折々吐い, 抱き縮められた, 持ち続けること, 捨てられた, 掻き遣って, 改めてしめ縄, 教授も, 敵の, 新しい工夫, 新たな, 新古今集, 新規まき直しだ, 方々の, 旋回し, 日々売上げが, 日本でも, 日本文壇の, 旦那と, 明治大正期が, 星雲状段階の, 普通に, 暫くじっとし, 暫し満たされた, 暴風が, 曲折が, 更めて, 書斎の, 最も不, 最も忌, 最も明晰, 最も興味, 最も高尚, 最後であった, 最近の, 有り得ること, 有名な, 未決監に, 本野という, 村が, 来年あおう, 枯葉を, 根付くもの, 森では, 極めて肉感的, 楽しそう, 榾火が, 欄干に, 歌なり, 正月の, 此地の, 歩き廻ったり, 毎日他人の, 気づいたが, 気取り屋である, 氣が, 江戸人の, 決心を, 油絵具の, 洗面所に, 浮氣を, 消えて, 淋しいか, 湖水へ, 炉辺の, 無声では, 無知の, 無論もと, 無類の, 熊本へ, 熱心に, 物質の, 狡猾で, 狭苦しかった, 率直でなかった, 珠数を, 現在の, 甘ったるく原作者オイレンベルグ氏, 甚厭味な, 生来の, 甲板を, 男の, 異つた事, 當時に, 疲れてるよう, 病院まで, 白鷹氏の, 盛んな, 目的に, 直ぐ來, 看板を, 眠りかけようと, 瞑想的な, 硝子戸を, 確実である, 確實な, 磊落な, 神妙な, 私が, 種々の, 窓から, 端唄なども, 笑って, 筒井筒振分髪の, 箪笥長持葛籠の, 精神的にも, 純然たる, 細君に, 終極の, 絶えて, 縫いに, 繰返して, 美人であった, 老年である, 考えようが, 聖書が, 肴屋を, 胸に, 腹這いに, 自ら呼吸する, 自分にと, 自然な, 自画像を, 興味を, 舞の, 船に, 若いとき, 苦労するだろう, 莨を, 菓子類は, 華麗であった, 落付い, 葬式に, 薄い紫色, 虫に, 蜀の, 街で, 街道を, 表面だけ, 裁判事件が, 裏表を, 複雑な, 見渡すと, 視力も, 親に, 角板に, 許しましょうけれど, 詩文の, 話しつづけました, 話し出したの, 話の, 語気も, 読書する, 誰でも, 誰も, 諸国に, 貴女に, 貴族夫人の, 賊は, 赤児に, 踏み込む前, 身を, 身軽に, 辰子を, 農奴名簿から, 迫害が, 追立て, 逃げ出して, 透明でも, 速に, 運搬用の, 道楽が, 遠くから, 都督としての, 酒の, 重い荷, 野性的です, 針箱を, 開放的でやり, 降つておいで, 陛下には, 陰暗, 集中され, 雲で, 露骨だった, 非常な, 革命の, 頭に, 頭髪が, 飲むそれからまた, 館員に, 馬超の, 駆け出す, 騒ぎだ, 高原の, 魚屋などへの, 鶯がの, 鷹揚な, 麻素子さんの, 黙想が

▼ で~ (1127, 0.4%)

15 ざる 14 ありに 6 孃さんの 5 ざろう, 君は, 目に 4 ざった, 互が, 今お, 定も, 気の毒です, 父様が, 言葉に, 長屋の

3 [29件] ざるよ, はずかしいが, みやが, めえ, やりに, 世辞の, 主の, 仕舞いに, 吉は, 名前は, 城の, 定は, 店の, 恥かしい, 春が, 氣の, 父様の, 筆が, 米が, 粂の, 紅は, 紋の, 経の, 茶漬を, 蝶の, 角が, 豊は, 酒を, 雪は

2 [88件] いねは, かみさんは, くみは, げんの, さいを, ざるか, せきの, たがい, たまに, ぢやらう, つとりして, ひる頃, もての, 京の, 仕事を, 仕舞ひ, 俊は, 光は, 八重が, 八重は, 別れに, 勢の, 勢は, 化粧が, 口に, 吉も, 名前の, 君が, 品の, 国の, 坊さんの, 婆あ, 嫁に, 孃さんは, 宅の, 察し申し上げます, 小遣が, 屋敷の, 屋敷方の, 島も, 帰りに, 常さんを, 引き物の, 戻りに, 房は, 手許から, 日さまの, 杉は, 村の, 梅は, 梶は, 気の毒だ, 気の毒な, 気の毒に, 江野の, 猫さんと, 由良の, 町さんが, 目にか, 目出度いところ, 目出度うと, 眼に, 神さんは, 稲は, 筆は, 筆や, 米の, 粂は, 糸さんが, 考へ, 腹の中は, 艶さんの, 艶とかに, 芽出度う, 菊さんには, 角の, 言葉は, 詫の, 調子に, 越では, 逢ひ, 過しに, 酒の, 金持の, 雛や, 霜が, 高を, 鳥が

1 [782件 抜粋] あがんなさいな, あずかり申した諸侯, あにいさまも, ありあそばす一方, ありる, あるじの, うたで, うちに, うちは, えいさんが, おどしよりの, おんと, かみさんも, かめさんと, かめ蟋蟀の, かりょうか, きみ自身の, きんも, くみが, けいさんの, けいは, さよには, さわがせしちゃ, ざらぬ, ざるが, ざるし, ざろうか, ざろうが, ざんしょう, しのび下されたく, せいに, せいは五歳だった, せいは泪が, せきは, たかは, たずねしたの, たずねするの, ちかづきでしたな, ぢいさん, っぽり出された, つかな吃驚, つきあいの, つくうで, つくりなされたもの, つし, つつがない毎日, つぽ, つれ申し, ていさいばかり, とくさまの, なくなりなすったという, ぬしを, のぼりの, はした, はずは, はなししたかつた, はるは, ばばは, ひさの口から, ひとよし, ひるは, ひろさんとは, ほ悶えの, まんが茶の, みやの, め, めしに, もちやの, もちを, もてには, もひ, やさしかった, やめに, ゆうから, よろしいの, らちと, わかれの, わかれは, タキさんが, ッ死ん, トンちゃんは, 一人ださうでございます, 一人で, 七の, 三は, 上りに, 上品に, 上品振りだ, 下げください, 世辞が, 世辞一つ言は, 世辭の, 久と, 久美は, 二人で, 互にこんな, 互に乗せっ, 互に名前以上, 互に気, 互に生地, 互に経歴, 互に語り合う, 互ひ, 亡くなりに, 亡んなすつた, 京が, 京は, 人よし, 人柄な, 今が, 仕事に, 付き役人の, 代官を, 仲人は, 休みの, 会ひした, 住は, 体裁の, 使いに, 侍さん方は, 俊が, 俊と, 信さんの, 借りもうしてな, 傍つきは, 傍へ, 元気で居られる, 兄様の, 光が, 入用の, 八重という, 六の, 兼さんの, 内儀さんの, 出に, 出來に, 出入りの, 出入り先の, 出遊しました, 刀を, 別れと, 別れ致すこと, 加代さんは, 勝さんの, 勝手口まで, 医者さまに, 医者にも, 医者はんが, 十二三の, 十夜孫兵衛は, 千絵様さえ, 千絵様の, 参詣の, 友達なぞも, 取次ぎをしろ, 取調べを, 口には, 可哀想で, 可哀相でなりません, 台所遊びを, 叱りを, 吉を, 名前とくより, 君さんだけが, 吟が, 呉んなさえ, 命を, 咲が, 咲は, 品が, 品は, 品物は, 喋舌り, 喜びに, 喜びを, 噂し, 噂を, 困りでございましたで, 困りでせうよ, 国は, 園さんに, 園といふ, 土産に, 土産を, 在だ, 在でられた, 坐敷, 城下の, 堅くって, 墓詣り, 増が, 変わりは, 夏は, 夢の, 大切に, 天気は, 奉行の, 奥に, 好み焼を, 妙が, 妙の, 妙は, 妻の, 妻太夫さんの, 姉さまや, 娵に, 婆ちゃん喜ん, 孝を, 宅が, 宅は, 宅へ, 宗旨違の, 定さんが, 定という, 宜しい, 宜しゅう, 客受けは, 宮仕えの, 宿直の, 察しいたします, 寺参りする, 小姓の, 小遣金は, 居な, 屋敷が, 屋敷内の, 岩稲荷の, 島たちは, 左様なれ, 巻さんに, 市豆捻, 師匠さんが, 帰り, 帰りが, 帰りなさいました, 帰りなさるるなら手前, 帰り遊ばす, 幸の, 庄が, 庄と, 店にも, 庭の, 庭番と, 引取なさい, 役に, 役にも, 得意の, 心の, 心易く, 心残りでございましょう, 志保も, 怨み申しません, 恥か, 恥しゅうございます, 恨み申して, 悦の, 情に, 愧しゅうございます, 懇の, 房の, 手討に, 才さんが, 招きした, 招きを, 政が, 政に, 敏の, 文が, 文さんと, 断わりに, 早くお, 春さんの, 春さん殺しの, 時は, 暇しよう, 暇乞じゃ, 暮しに, 暮し召されよ, 暮らしに, 書きに, 月見を, 札所を, 杉ばばの, 染の, 染を, 案じ申上げました, 梅という, 楽を, 構ひ, 歌いに, 此が, 此も, 歯に, 歸り, 死になさるの, 死去に, 母は, 比丘尼様は, 民の, 気づかいを, 気の毒さまみた, 気の毒でございます, 気の毒や, 求めに, 江戸の, 浅お, 浜ッ児の, 浦が, 浦も, 淺お, 清は, 渡しは, 源という, 源の, 滝の, 濠でござる, 瀧は, 瀧を, 灸を, 熊さんには, 燕は, 父さまは, 父ちやんに, 父上は, 父様は, 父様も, 爺様渡し, 牧は, 珊自分に, 生れつきとは, 由を, 由羅には, 町は, 留守し, 留守居し, 番入を, 疲れでございましょう, 疲れでございませう, 登和さんが, 登和さんの, 白粉らしい, 百合さんは, 百姓の, 百度の, 盃を, 目つきの, 目出たくできてる, 目出度いの, 目出度い殿様, 目通りは, 目通りを, 相伴くださりましょう, 相方のみ, 眼めが, 睦じいが, 磯と, 礼状を, 社前は, 神さんに, 神樂の, 祭りには, 祭り以上な, 祭り気分で, 禮は, 秀さんに, 種は, 種も, 立派な, 築という, 篠が, 粂が, 粂と, 粂も, 粂を, 粗末である, 粥を, 糸さんは, 糸は, 約束どおりの, 紋が, 紋は, 紺は, 終ひ, 組さんを, 組屋敷の, 経か, 経は, 経を, 給金は, 絹が, 絹という, 絹の, 絹も, 綱と, 綱の, 綺麗な, 綾さんが, 縫さんは, 縫との, 繩を, 美夜への, 羨しゅう, 羨ましく存じます, 義兄さんと, 耳に, 耳へ, 職人親方手合の, 膳を, 舎弟様は, 芝居ぢや, 芝居どころか, 花さんの, 花の, 花見に, 芳に, 若くて, 荷物の, 菊は, 葉に, 葉は, 葬ひも濟ませた, 蔵役所まで, 藤が, 藤は, 蘭さんが, 蘭弁天が, 蝶とても, 蝶へ, 蝶も, 血色は, 行儀の, 袖を, 見えに, 見舞に, 角さんとしては, 角さんの, 角に, 角や, 言葉通り三四五と, 訪ねしたところが, 訪ねすると, 誂え向き, 誕生祝の, 調べは, 調子者で, 谷は, 豊の, 豊ひとりの, 買いに, 賄方の, 足労を, 身たちは, 軽は, 辭儀といふ, 近が, 返事も, 返辞も, 通を, 進みに, 過しなされそう, 道さんが, 邪魔か, 邸へは, 部屋が, 酒でも, 酒当て, 金持な, 金清吉という, 銀さんを, 銀の, 銀は, 銀様には, 銀様も, 錦は, 長が, 關さんは, 附添の, 隅は, 雪と, 雪を, 露お, 頼みと, 顔つなぎに, 顔の, 願が, 飯に, 餅の, 馴染が, 馴染の, 駒さんという, 駒ちゃんは, 駒は, 騒がせして, 高にも, 髪の, 魚は, 鳥と, 鶴が, 鶴は, 鷹の

▼ でこれ~ (1050, 0.4%)

6 がまた, は明らか, を 5 と云っ 4 がその, ならば, はお, はまた, は何, は決して, は私

3 [14件] がため, だと, は, はつまり, はほんの, は事, は人, は全く, は後, は間違い, も女房, を機, を用, を見る

2 [54件] がなけれ, が即ち, が天稟, が死に, が決して, が解決, だけで, で切りました, といっ, といふ大きな, には必ず, に依っ, に就い, に死, はその, はとりわけ, はどうしても, はまさに, はむしろ, はもう, はソヴェト, は三四年前店, は人間, は半分, は御, は愚か, は普通, は最初, は村, は正しく, は町内, は磔刑もの, は立派, は誰, は間違ひも, まであまり, までなんにも, までの俸給, まで見た, もまた, も亦, も大凡菊五郎, も文壇, も水掛論, をもつ, を一つ, を利用, を反対, を水, を私, を聞いた, を説明, を読む, を読んだ

1 [849件 抜粋] あるが, あればこそ, が, がうまく, がお針, がことごとく, がすなわち, がちょうど, がどの, がなかっ, がなんと, がむつかしい, がもう, がわたしたち, がチョロ, がルイゼ, が一ノ関さま, が三千五百石, が久保田君, が事実, が人, が人間, が今日子育馬, が例, が光, が全, が前記, が又五郎, が因習, が失くな, が女, が実に, が小学, が幾年前, が成功, が持久戦争, が普通, が最も, が本, が植物学, が機関, が永井, が済んだら, が為, が烏山栄二郎, が無く, が煮, が玉虫, が異性間, が益々, が神武天皇, が稻垣小左衞門, が脱線, が興業もの, が薬, が西洋, が警視総監, が近代, が邊, が食い, ぐらいなん, こそは実用一点張り, こそ一連, こそ地上, じゃとても, じゃ音, だけお話, だけが荒涼, だけで支那, だけのぺてん, だけの不安, だけの代物, だけの信頼, だけの存在物, だけの御, だけの概念, だけは外, だけは知っ, だけ念入り, だけ皆, だけ読め, つぱかしも, でいよいよ, でお前, でないと, ではいけない, ではカフェ商売, では勘当, では小説, では心, では熱情的, では結婚後不便, では茶道学問, でも困る, でやつぱし, で二週間目, で六円いくら, で君, で壁, で当時一家, で猿沢夫人, で行き止まり, で返辞, という意味, といった木, といふの, とてもこの, と云う, と云つて, と小麦糟, と目星, と関係, なしに, などは圓朝, などは立派, ならなぞ, なら上, なら相手, なんかも変, にお, についてはいろいろ, については拙著, にはかなわぬ, にはまったく, にはアリゾナ, には一人, には伊兵衛, には契月氏, には成信, には現実, には著者, には誠に, には間違い, にまさる, にもやはり, にもわずか, にも返事, によってこの, によって前説, によって警察, によつて下層民, にヒント, に中年, に代る, に先立つ, に全国倶通, に参加, に姉, に対しては当局者, に対して青, に對抗, に当る, に惑溺, に楯突く, に比すれ, に父, に疾く, に種々, に華, に触れ, に越した, に達する, に関しては右, に附属, に類似, に黒糸, のみ巫女, の世界的経営, の訂正, はあと, はあの, はあまり, はいつか, はうっかり, はうまかっ, はおまえ, はかつて, はぐっと, はこ, はこの, はこれ有無相通, はさして, はざつと小半刻づつ, はじき, はすでに, はそこ, はたしか, はただ, はとばかりにオッ, はどうせ, はどちら, はなおる, はなにか, はひとり, はほとんど, はまあ, はまだ, はまア, はみんな大事, はもう既に, はもともと, はもはや, はよい, はよささう, はわずか, はわれ, はジャムだらけ, はニューヨーク, はビクター, はメトン, はワザ, は一, は一切, は一番清浄, は一種, は一議, は下女代り, は両, は二包, は云う, は京極三太郎, は人情, は人種, は仕方, は伊能図, は何事, は何處, は余程, は個人, は僕, は先づ問題外, は全, は六時間, は写真, は分りました, は別れた, は十三世紀頃, は十八円, は印刷, は叔父さま, は古老, は吉蔵親分, は問題, は困った, は国表, は城壁, は変, は変えられない, は多分, は大いに, は太刀作り, は奇妙, は宮中, は容易, は寧ろ, は少し, は当人, は当流, は従前蜥蜴群, は心, は思い付, は恐ろしい, は悪魔, は戦地, は戸主, は故国, は文学, は斬られた, は日本画, は明治天皇, は昨晩, は晩年, は最近アメリカ, は本家, は本式, は本当に, は極製, は権次郎, は正しい, は武家, は比べる, は水練, は法皇シキスト五世, は演劇以前, は灰, は無事, は犯罪者特有, は独り, は獨, は現在, は田内栄三郎氏, は疑い, は皮付, は目録學上, は石, は確, は磽, は神樣, は私たち世界無宿, は稚拙, は空身, は純粋, は老人, は老公, は自分達, は自然, は著しい, は蛾次郎, は誠に, は越後流, は身体, は遠く, は醇風良俗, は長, は隋書經籍志, は非, は飾り気, は餘程人智, は高い, ばかりは高等師範出, ばかり吹い, へ見えた, ほどに腐りきった, ほどの仕置, ほどの騒ぎ, ほど不自然, ほど別れ, ほど安全, ほど巧妙, ほど柔らか, ほど親身, またごく, またモリエエル, また一つ, また心臓, また情, また水辺, また目前, までお, までお話し, までかつて, までたまたま, までつひぞ, までにもいろいろ, までにも随分, までに研究, までのわたくし, までの大小, までの眼鏡, までもたびたび, までも幾度, まで一銭, まで二度, まで五年生, まで出た, まで大抵, まで夫婦, まで定まった, まで悪い, まで折角, まで日本, まで用いられた, まで鉱山, まで随分, もあの, もお, もかつて, もその, もたがい, もなにか, も一向に, も七十年, も世界一, も付き合いきれない, も傍ら, も元, も兄, も初め, も北海道有史以来, も同じ, も同時に, も呆気なく, も園芸品, も大, も平次, も廓内全焼, も彼, も忠実勤勉, も撃ち洩らし, も旧, も月々, も東国, も江戸趣味, も注意, も消え, も相当, も私ども, も結局, も自慢, も親孝行, も謂, も豊太閤, も酒, も鉄砲組三十挺, も附き, も骨折り損, も骨折損, やおまえ, や残念, よりももっと, より各論, より少し, より麗しい, をお, をかい, をかりに, をし, をする, をただ, をどう, をはい, をまた, をめぐって人間同志, をもっ, をよく, をギリシア美術東漸, をチャンス, を一, を三十代前, を二条, を亡国, を人格的, を仏教, を他, を以ても鴎外, を以て見, を伊太利亜, を兄, を全然, を兩者, を公立病院, を分け, を判断, を動機, を十一月二十四日, を同一, を問題, を国, を培え, を基本, を壺皿, を失った, を宋朝, を実現, を少し, を座, を弁, を思う, を悪い, を意地悪, を手本, を持っ, を振り翳す, を支え得ない, を数十年前, を日本一, を日本文字, を書きおえ, を村, を概要, を權利, を毎月, を比喩, を潮, を無視, を生, を男, を省い, を督促, を破壊, を空気中, を粉, を精読, を考える, を自主的, を若し, を薬研, を表現, を証明, を認めざる, を警官, を買わなかったら, を載せた, を逆, を食べた, 即ちわれわれ, 又いつもニコニコ, 実に彼ら, 幸いと, 見よが

▼ でよく~ (946, 0.3%)

20 知って 18 見ると 17 考えて 8 いためて 7 似て, 見れば, 調べて 6 見て 5 わかった, 働いて, 気を 4 して, はわからない, はわかりません, は判らない, は判らなかった, わかります, 聞いて

3 [20件] した, ないこと, はありません, は判りません, やって, わからないが, わかりました, わかりませんが, わかりませんでしたが, わかる, 人に, 人の, 働いた, 叩いて, 気が, 眠って, 見ましたが, 見ますと, 解りました, 解ります

2 [64件] いためます, おぼえた, お出で下さいました, お顔, この家, その木, ない, ねえ, はわかりませんでした, は分からない, は分らない, は存じません, は見えない, は見えません, みると, わかって, わからないの, わかりません, 一緒に, 三日目四日目は, 乾いて, 事務室に, 代助, 伸びた四肢, 働くと, 働く人, 判りませんが, 判りませんでしたが, 味って, 存じて, 心得て, 拭いた上, 拭いて, 摺って, 擂って, 散歩した, 東亜交通公社へ, 溶いて, 澄んで, 炒って, 炒り付けます, 煮たの, 煮て, 父に, 物が, 生きて, 色々な, 若い者, 見えた, 見える, 見える目, 見かけるよう, 見かける風景, 見ようと, 見るが, 見ること, 見受ける, 覚えて, 解って, 訊いて, 話したこと, 話して, 読んで, 面倒を

1 [625件 抜粋] あちこちに, あった, あらわれた夫婦, いうところ, いえば, いっしょに, うがいした為, おだてに, おはたらき, お世話する, お似合いに, お使い, お写真, お出で, お姿, お客に, お寝つ, お役目, お考えなさい, お話し, かいた, かきまぜた上, がじ, きき慣れた時鳥, きくと, きりぬけて, こうして待たされた, ここへは, こなければ, このお寺, この寒い, この巨人王, この画家, この見世物ごっこ, こんなところ, こんな声, こんな町中, ごらんに, さそひあつて, しないと, しぼって, しゃぶって, しゃべり聞き上手, しらべて, すっかりその, すり裏漉し, するん, せりは, そうした場合, そうしておや, そのご, その事情, その年, その時計, その蚤, その赤い, その顔, その食堂, それっきり読めず, それ以外には, それ太平記などに, そんなお, そんな贅沢, そんな贅澤, たのまれては, たべます, って, つくその, できて, できる生徒, どの学科, ないって, ないの, ないよ, なして, なったり, なった家, なりっこがない, なるだろう, なるの, なるよう, にるよう, ねえや, ねた, ねむれ, ねりまぜる, はなくっ, はわからなかった, はわからねえ, は分らなかった, は分らぬ, は判らなかつた, は名前, は性根, は聞き取れなかつた, は聞こえない, は見えぬ, は見分けられなかった, は覚えなかった, は覺, は解りません, は記憶, ば, ば上げます, ば泊めます, ひっぱたいた, ぶらぶらと, まああんなに早く, まあこんな, まあ人, みがきました, みがき込んだ, みたら血, みて, も女, も拭かず, も生き, も耐えた, やらして, やりました, やりましょうねッて, やりますが, やれるな, よくいため, よくお, よく噛ん, よく掻き廻し, よく相談, よく考える, よく見, よく観, よく解剖, わかったよ, わかってるでしょう, わからない, わからないけれども, わからなかったが, わからなかったと, わかりますこんな, わかりますな, わかりません私, わかり申した, アバレ者と, イナや, エルマンや, オルガンを, ポケットの, 一つき二つき, 一冊の, 一日そんな, 下まで, 世話を, 乗った, 乾かした上, 事情を, 云うぶん, 云ったが, 人が, 今日まで, 会社へ, 似たところ, 似た様式, 來られた, 傍聴に, 働いたと, 働いたらしくまた, 働きつづけた今日, 働きます, 働き四人, 働く, 働くの, 働くもの, 働く上, 働く若い, 僕等の, 先の, 先方の, 先生から, 光る意地, 入つて, 其家にも, 内へ, 出かけました, 出会す男女, 出來, 出来て, 出来るもの, 分かった, 分かりかねるところ, 分ったら陀羅尼, 分らないの, 分らなか, 分らぬけれど, 分りました, 分りますね, 分りませんが, 分りませんけれど, 切れるのに, 判らなかったん, 利く麻醉藥, 前の, 助かったもの, 動く, 勤めたので, 取って, 取ります, 口争いを, 叱られるという, 吹けるん, 喧嘩を, 回るから, 場合に, 売って, 売れたが, 夜更けまで, 大九郎, 大学なんかへ, 太って, 奉公人たちにも, 奉公人達にも, 女房に, 好意を, 子供の, 子供を, 存じあげて, 存じませぬが, 存じ上げて, 宅で, 宅の, 家の, 寄席や, 寅彦の, 密談などに, 寝こんで, 寝込みましたが, 寝込むが, 寢込んだ, 小山と, 山から, 山奥の, 左樣に, 廊下の, 引き合, 引き締った半, 引合ひ, 引返して, 当るよう, 役に立って, 彼を, 御用聞が, 忍耐した, 悦子を, 情に, 意味などに, 慣れて, 憶えて, 我が古代, 或る, 抑えて, 折に, 押して, 拝んで, 挽いて, 探しあてた上, 掻き廻して, 掻き廻しながら, 描いたらしい王維, 揚げて, 握り固めて, 揺れる, 摺れたらお湯, 擂ります, 故里鎌倉の, 整頓され, 春の, 晒して, 晴れれば, 暖めて, 書けるもん, 月謝に, 朱塗の, 来たよく, 来る, 横に, 歌いました, 武将の, 母から, 毎日乗りま, 氣が, 氣の, 沙漠地方に, 泡立てるよう, 泣いて, 泣く, 活動し, 活躍し, 浅草公園の, 混ぜます, 淺草へ, 淺草ま, 湯呑の, 湯煮た, 演じて, 漬いてる, 炒りつけます, 炒りまして, 煉ります, 煮まして, 煮るの, 煮詰めた汁, 物の, 玩具や, 現して, 瓦斯が, 用うる, 申します, 申し開き, 畫會元の, 病んだ, 発達した, 目が, 目に, 省察し, 眠った, 眠り眼, 眠れたよ, 知ってるん, 知ってる者, 知つた, 知つて, 知りながら, 知りも, 石厨子を, 磨き拔かれ, 私も, 私を, 稼いで, 稼ぎも, 空想家とか, 穿いて, 笑ふ, 絵の, 締まって, 置いて, 考えなさい, 考えること, 考へて, 考へようぢ, 考へ直して, 耳に, 聞いたこと, 聞いたの, 聞いたばかり, 聞いたもの, 聞える, 聞えること, 聞きただした上, 聞きとれませんでしたが, 聞く粉挽, 聞こえるけれども, 聞訊し, 聴いて, 聴き取れなかったの, 肥えた足, 肥えて, 肥って, 膝が, 膨らせたの, 自分が, 自分の, 舞って, 茶わんを, 藤波が, 行きとどいた愛情, 見あら, 見えたん, 見えなかったが, 見えました, 見えますよ, 見えませんでしたが, 見えるから, 見えるだろう, 見えるのに, 見えるもの, 見かけたいく, 見かけたもの, 見かけた日本製, 見かけますよ, 見かける, 見かけるやう, 見かける動く力, 見かける勝田男爵, 見かける女, 見かける恰好, 見かける紳士, 見かける蠅みたい, 見かける顔, 見た, 見たやう, 見たコウモリ, 見た吉岡氏, 見た四角, 見た者, 見た赤, 見る, 見るだらう, 見るならば, 見るの, 見るやう, 見るよう, 見る下宿屋, 見る不良青年, 見る小さい, 見る山寺, 見る昼, 見る窓枠, 見る蛇, 見る貧し, 見る飴, 見る高桑畠, 見る髪の毛, 見ろ, 見受けやしたぜ, 見受けるが, 見受けるの, 見受けるよう, 見定めて, 見届けて, 見当は, 見掛けた乞食, 見掛けるそれ, 見舞に, 視えないの, 視ると, 解き得るであろうか, 解ったが, 解ったよ, 解ってるじゃ, 解つて居ります, 解りまする, 解るの, 言うこと, 言合いを, 訓練された, 訪ねて, 訳は, 訳了し得る, 診て, 評すると, 詰めて, 話します, 話しますが, 話し合い肚, 話す, 話を, 話合つ, 読む, 読んだ, 調べたが, 調べも, 調べると, 調和いたします, 讀んで, 起こったが, 踊った高有明, 身体の, 述べられて, 追剥が, 通りました, 通る声, 遊んだ, 遊んだこと, 遊んだもの, 遊んだ松の木, 道が, 道ばたの, 遣る議論, 野山に, 釣漁を, 銃剣を, 長句, 長煙管, 降ります, 隠れて, 電車切符を, 面倒見, 顔が, 風邪も, 飛ぶ, 飛べないらしい, 食ったもの, 食物を, 飮んだ, 飲みよく, 饅頭を, 饒舌った, 駅長室へ, 鳴いて, 麦が, 黙ったままいつ

▼ で~ (929, 0.3%)

14 の役 13 うか 11 が何やら 10 うも, を訊い 9 のこと, も見えない 8 をし 6 のため, も彼, をする 5 うして, うする, の変哲 4 かい, かお, から何, が何だか, とし, ともいわなかった, の感動, の標

3 [21件] うやら, か, かなその, かね, でもない, といっ, とも言わなかった, にもならない, にも言いません, のこだわり, の事, の様, の為, の表情, の足し, もない, も云わなかった, も知らなかった, をやり出す, を考え, を見

2 [67件] うかして, うしても, う云う, かいや, かこう, かにつけ, かに気, かに縋りつきたい, かほか, か冗談, か底意地, か彫り物, か微妙, か極めて, か用事, か胸, か貴方, がどう, がなんだか, が何やらさっぱり, が本当, しに, です明日, でもおもしろく, でもこの, でもなし, とする, とまあ, にし, にもありません, にもない, にも見えない, にも解りません, のお, のお話, の反応, の取留め, の声, の形, の役に立つ, の怖い, の感じ, の手答え, の気勢, の理由, の異状, の益, の目的, の罪, の考え, の返事, もいわず, もしなかった, もせず, もまだ, も先, も珍しい, も知らない, も見え, も見えなかった, も言, よりもまず, をお, を問う, を聞かした, を言っ, んぼ

1 [583件 抜粋] あんだ, ういう, うしてさ, うしべ, うせ皆, うぞ, うでも, うなさるかと, うもお, うもお前さん, うもねえまア, うも大した, うも御, うも訝しい, う安う, う遊ばす, かいい出し, かいう, かいおう, かいけない, かいその, かい七不思議, かおとな, かお上, かお手伝い, かお話し, かかすか, かがさがさ, かご, かご用, かさけん, かしらそれ, かすれ, かその, かぞく, かたべ, かたまらない, かつまらない, かという時, かとりとめなく口走る, かにひどく, かにふと, かに付け, かねその, かね母様, かのおりごと, かの参考, かの場合, かの大事, かの大切, かの座談, かの手筈, かの機会, かの死体蛋白, かの法則, かの理由, かの科学, かの野心, かひそ, かひそか, かひそひそ, かべつ, かまし, かむつちり考, かやつて, かやや, から一番恩惠, から申しましょう, かわめく, かをよけている, かを穿鑿, かゴマ, か一, か一家, か一方, か一言, か云おう, か云っ, か人目, か仕事, か仰しゃ, か佗, か光った, か勝負ごと, か十人あまり, か取留め, か口, か右門畑, か声, か変った, か夜, か夢, か失行, か奢らなけれ, か安心, か家内, か密議, か引っかかり, か彼, か御, か微塵, か心, か怒, か思っ, か惡, か感動, か戒律, か打開, か斯, か新しい, か是, か書い, か核, か樂, か母親, か気, か気に入らぬ, か決める, か清い, か物足りない, か用達し, か病気, か睦まじ, か確乎, か積極的, か罪, か考, か考え, か考へ, か耳, か自分, か葉子, か親しみ, か言おう, か言はつ, か証拠, か誤ち, か變, か貴様, か買っ, か身, か遠い, か重い, か重大, か陰気, か電気関係, か非常, か面白, か面白く, か騒ぎ, が, があつ, がおこった, がおもしろい, がなにやら, がなにやらよく, がなん, がをかしい, が一番危険, が一等, が不都合, が仕合わせ, が何だか少し, が何やら少し, が分る, が反軍的, が嫌い, が幸福, が当った, が惡, が故に, が書い, じゃよ, だが, だろうと, てつみ, てん, でしょう, ですか, でも, でもある, でもだいぶ, でもちょっと, でももう, でもセミヨノフ将軍, でもネパール国, でも世の中, でも云, でも人, でも人目, でも半日, でも含ん, でも喋り出す, でも引き受ける, でも復習, でも必要, でも思った, でも怪し, でも政夫さん, でも早い, でも答え, でも耳, でも財産丈, でも農具, でも遣ろう, でも酒, でも食べる, でも鹹, という名, という姓名, という立派, としましょう, とはなく, とも云わなかった, とも言わない, と云い, と云っ, と云われ, と御返事, と慟哭, と返事, なりと, にかある, にか書い, にか氣, にか變, にしろ, につけ, にでもそれ, にとなく, になる, になろう, にもかけません, にもつかまらない, にもならぬ, にもならねえ, にもなりません, にもなりゃせん, にもぶつかる, にもやった, にも予期, にも写っ, にも出来, にも出来ない, にも当, にも心配, にも感じとる, にも書い, にも知らない, にも知らなかった, にも知らぬ, にも答, にも芸, にも見えなかった, にも面白く, によらず, に使う, に結った, に譬, に限らず, のあて, のおっくう, のかの, のくらい私共, のしるしなかつた, のよう, のわけ, の一致, の不便, の不思議, の事実, の仔細, の位, の作爲, の價値, の力, の効, の効果, の効目, の動く, の反対, の取柄, の受け答え, の因縁, の執着, の報徳, の境, の変わった, の奇異, の子供, の学問, の学識, の実用, の家, の工作, の得る, の御, の怪しい, の愛情, の成算, の手がかり, の手応え, の手掛かり, の故障, の景色, の此, の気, の物怯, の物音, の珍しく, の用, の疑わしい, の研究方針, の答え, の策, の細工, の紹介, の美人, の職業, の能, の興味, の苦痛, の装飾, の覆い, の証, の評, の詩感, の話, の説明, の變つた物, の躊躇, の身振り, の返答, の道便り, の遠慮, の関係, の関心, の音沙汰, の顔, の風情, の風景画, の飾りつけ, の驚く, はさておき, はともあれ, は扨措, は措い, またあの, も, もあ, もありませんでした, もあんな, もいえなかった, もいらざる, もいらない, もいわない, もうかがえなかった, もおかしい, もくわしい, もございません, もご存知, もご馳走, もし, もしないだろう, もそれ, もつけられません, もできない, もなかっ, もなくなる, もならず, もふかい, もやらん, もわからなかった, もわざわざ, も上げる, も世間, も事情, も云はず, も云わない, も五行, も人間らしい, も今, も今日此頃, も仰っし, も僕, も其の, も其外, も出, も出来ない, も君一人, も吾, も大した, も大人, も存じません, も宝塚, も尋ねかけ, も役, も御馳走, も必ず, も必ずしも, も思い知らされ, も怪しい, も恐れる, も恐ろしい, も恥ぢる, も敵, も日本, も書けない, も最後, も末代, も様子, も特に, も特別, も用, も病中, も白く, も目, も目黒くん, も知らず, も知りません, も答えなかった, も答えませんでした, も考へられ, も耳, も聞えず, も聞かし, も聞かず, も色, も若旦那, も藝, も西洋, も見えません, も見なかった, も言う, も言はず, も言わず坐つた, も言わなかった, も証拠, も話さず, も話し, も語ろう, も論理, も議論, も足手纏い, も辞職, も這入, も遠慮, も釣瓶, も雨, も食はず, も食べなかった, や彼, や知らん, や解決, や誰, や馬鹿, よりもいけない, よりもその, よりも労働, よりも坐っ, よりも嬉しく, よりも早く, よりも足, より嬉しい, をいっ, をおい, をきい, をもくろん, をも知らなかった, をやっ, をやらせ, をやる, をヒソヒソ, を仕出, を喚い, を始めた, を尋ねられ, を得よう, を思った, を描い, を書くべき, を極, を歌, を申す, を考へ, を職業, を苦, を見た, を見たい, を見る, を言われ, を話, を話しかけ, を調べ, を面, んかこう, んとかせ, 分るッ, 考えてるだかな, 食わぬ顔

▼ ですら~ (900, 0.3%)

20 ある 19 あった 13 あつた 8 ない 7 ないの 6 あるの, 私は 5 それを, 彼の 4 そうだ, その通り, 他の

3 [15件] あるよう, こうだ, このとおり, このよう, さう, そうだった, そうであった, そうである, そうな, その日, それは, 人間の, 彼は, 私の, 自分の

2 [37件] あったが, あったに, あったの, あったのに, あり得ない, ある場合, あろう, かくの, この点, これだ, これほどの, これを, その人, その多情淫奔, それが, それです, ついには, ないこと, なおかく, なほかつ, 今の, 元素界以外に, 単なる説明家, 彼が, 彼女を, 心ある, 想像力なく, 手を, 文楽は, 時々は, 時々妖怪, 殆どすべて, 眼を, 自分は, 自然の, 進んで, 馬の

1 [680件 抜粋] あいつは, あいつばかりは, あだには, あったけれども, あったこと, あった本質, あな, あの人づゐぶん我武者羅, あの秋川家, あの通り, あまり見, あまり賑やか, あまり馬鹿気, ありまず, あり得ないという, あり襟首, あるが, あるくらい, あるけれども, あるであろう, あると, ある例, ある程度遺伝, ある身, あれほど, あわれ, あんなに親切, いささかも, いざといふ, いつと, いつ聴い, いのちの, うっとりと, おかしくて, おたがい, お今, お前は, お千絵様, かかる境遇, かかる犠牲, かかる窮迫, かように, かれは, きっとかつお, くるくらい, こうしてあらわ, こうして新しい, こうして真っ昼間, ここでは, ここを, ことしは, このくらいに, この世の, この人々, この傾向, この問題, この国, この宗教, この寒気, この手, この最後, この柔弱さ, この正成, この驚くべき, これくらい, これである, これ位な, こんなり, こんな素晴らしく美しい, さうだ, さうであるから, さしも死際, しかもなお, しばしば手, じっとこちら, すでにそんな, すでに武蔵, ぜひなく, そういう悪, そういう誤り, そうであります, そうなら, そう感ずる, そこでも, そこに, そして卓一, そっと手, そのあまりに, そのとおり, その位置, その作品, その嗅覚, その当時, その旧館, その晩, その月かぎり, その社会, その芸術, その行列, その門, それの, それほどに, それ程あわてた, そんなこと, そんな席, たいへんな, ただ唖然, たびたび打ち負かされ, ちょっと目, つい昨日, つかまらなかつた, つねに古典, とかくそう思われ, どうかと, どうしよう, どっちが, ないで, ないもの, ないやう, ない況して, なおかつこんな, なお中, なお和歌, なお救われる, なかなか隅, なく売薬, なく大工, なく物自身, なく銘々, なければなし, なほ家運隆盛な, なんとなくソワソワと, ふとわれ, ほとんどない, ほとんどなに, まだ多く, まだ親, まだ食物療法, まるで自分, みずから為す, みんな心配し, もうすでに明白, もうちょっとで捕まる, もう問題, もう彼, もう擬古的, もし他, もし家庭, もし彼, もそうか, もはや問題, やつと, ややもすれば押し流され, ややもすれば激しい, ゆうべの, よく知らない, より劣れる, わが厩, わざわざと, わざわざ二条城, われわれは, インドや, ソモソモの, テテツクスの, トオサンは, フランスで, マルサス氏が, リストの, 一つの, 一には, 一冊の, 一度は, 一敗地に, 一日の, 一杯食は, 一滴の, 一種異様な, 三つ位ひ, 三十四の, 三千の, 三日三晩も, 三時間前の, 三条実美阿野公誠を, 三沢の, 三藏よりは, 上役の, 上述の, 下役から, 中新田の, 主人公だ, 久我ほどの, 乗り降りが, 九死に, 二三年の, 二六分の一を, 二十五年で, 五尺八寸の, 亡くなった母さん, 亭主と, 人工牧草栽培養が, 人民の, 今は, 今宵を, 今尚, 今日その, 仕官の, 他国民, 仲違いを, 住み慣れた江戸, 何かの, 何程の, 余は, 余勇を, 作用し, 倍加し得よう, 僅かに, 僕には, 先年各国公使を, 兎に, 其が, 其と, 再度の, 写実的傾向を, 凛々しく奥, 出て, 出入を, 分らない, 初めは, 別段変, 制えて, 前にも, 動くたび, 十九年も, 十内と, 十足あるい, 単にヨーロッパ人, 危険の, 又買い損なった, 古雅の, 只事とは, 吉原を, 吾, 吾心似, 周囲の, 喘ぐよう, 四・三光年の, 地名が, 声を, 多くの, 夜打朝懸, 夢にも思わなかった, 夢にも気, 天川で, 太平の, 夫の, 奥さんは, 女中に, 奴隷階級の, 好都合の, 妙に, 始終母親, 嫌いな, 嫌な, 子供は, 学者は, 宇宙の, 完全を, 実はまだ, 実力は, 宦官の, 家中仕置不行届で, 容れなかったでは, 容易で無い, 容易に, 寝床の, 寝起, 対局場へ, 尊名を, 小さい時, 小癪な, 小説を, 小鳥を, 少々高慢, 少し粗末, 尚農民達, 屡々自滅, 山に, 山を, 左様である, 已むを, 市から, 常にそれ, 常に化粧, 幕府に, 平然と火, 年に, 引止めること, 彼を, 彼女たちは, 彼等は, 往時は, 従者五人布衣以下は, 御定業, 御自身, 心痛の, 忽ちさまざま, 思いがけぬ身, 性格描写として, 恍惚と, 恐らく今日, 悪いこと, 悲しまれた, 想像し, 意の, 意外とする, 愛想を, 感心し, 慰めに, 成長の, 我々を, 我慢が, 戦ぎの, 戦争や, 戦場で, 手に, 打算を, 払底な, 持つて, 持余し, 授業料が, 敢て, 敢然不戦論, 敵し得なかったのみか, 敵わ, 敵意を, 斯う, 斯うである, 斯雪の, 既に生れ落ちた, 日ごろ感謝, 日本全土の, 明山は, 昔日の, 昼でも, 時々実に驚く, 時々腹, 時にアイマイ, 時に他, 時折に, 書けないほどの, 書斎へ, 書物から, 最も恐るべき, 最後の, 最早東京, 朝参する, 未だハッキリした, 村の, 東京に, 果して押し分け, 極めて不平等, 極めて危殆, 概ね自然発生的, 次第にそれ, 次郎が, 正を, 此問題を, 此方が, 此醜怪事あり, 死んだ鶏, 殆ん, 民衆の, 気づかなかった根性, 気分的に, 水に, 氷に, 江戸の, 決して唯梟, 決して新妻, 決定に, 注意しない, 浴を, 渡ること, 渡れた時代, 滅多に, 無理と, 焼け残った都市, 焼香の, 爆竹や, 爲る, 父の, 物音は, 独特の, 猪八戒は, 王の, 珍らしくない, 生かして, 産児の, 田安御殿の, 男の, 画布の, 異常な, 相手に, 眠られない夜, 睡魔に, 知ってないよう, 知つてゐる, 知らぬ場合, 短期間の, 確かに, 禁じられて, 禁裏の, 私が, 私に, 私穢を, 秘密に, 粉飾され, 精霊が, 紛飾され, 細胞が, 絶えず侵害, 羊を, 群盗の, 義足が, 聞いた, 胸が, 胸の, 腹工合が, 自ら吹聴する, 自国に, 自殺の, 自殺は, 自身が, 興が, 芭蕉は, 若くから, 英蘭の, 茶は, 荒くなる, 落ちついて, 葉を, 蔑み卑し, 薩州方と, 衛生問題に, 衰弱を, 裾から, 見たこと, 見たところ, 見られないやう, 見れば, 見込が, 覚えが, 親切に, 解らない, 解釈の, 証拠が, 話が, 諸君は, 諸説区々で, 議論の, 貞奴は, 貴方から, 貴方に, 足利期の, 身の毛が, 身を, 軒下の, 近ごろでは, 追い追いの, 途中の, 運動の, 道徳的な, 道明寺や, 道路の, 遠くって, 遠慮する, 都市の, 金銭に, 鉄造戦艦を, 錆びる, 關係文獻の, 陰ながら憂い, 雅俗折衷の, 離れて, 霧に, 露西亜文学は, 非常な, 音楽には, 風守についての, 食はせる, 食慾などを, 食物などは, 食物に, 食物の, 馬籠の, 駕籠を, 髪結銭は, 魚か, 黄とか, 黙して

▼ で~ (840, 0.3%)

6 僕は, 私は 4 おれは, この下 3 あなたの, えと, これは, すぐに, 僕の, 其奴が

2 [38件] あたまっ, あの人, いか, おかしなじいさん, お酒, きみは, こいつあ, この界隈, これから信州, さう, そこの, それが, それだ, それに, ち, どうも, なんでも, まことに宗さん, ハハハ, 人が, 何にも, 何も, 何時もあべこべ, 僕が, 内の, 十五六のが, 徹底的に, 日本は, 昔は, 月給が, 此を, 気が, 活きた色彩, 畳の, 皆がね, 私の, 自分で, 面白くも

1 [726件 抜粋] ああいう, ああやっ, あたしあなたの, あたしたちの, あっしと, あっしゃあ, あと半分の, あながち悲観, あなたが, あなただって, あのひと, あの奥様, あの女, あの晩, あの美術, あの魚, あまり機嫌, あれでも, あれと, あれを, あんたの, あんたも, あッと, い, いい人間, いえないん, いくらか小金, いちばんり, いって, いつかまた, いつだ, いつもまるでちがった, いつも僕, いまが, いま貴公の, いやになる, いや職人, うちの, うちを, えっつう, えとおっしゃれ, えとでも, えとな, えと大湊, えと思つて, えと気, おいらぐっすり, おおん, おじさん, おっかさん子供の, おまけに, おめ, おれつて, お久米さん, お付き, お常さん, お望み, お産の, お秋さん, かいくれ知れない, かねて用意, がす, きっと通し, きみこの, きれいに, ぐさりと, こういうりっぱ, こういう話, こうやっ, こう一々挺子, ここの, ことにお嬢さん, こないだ長兵衛が, このくらいの, この世の, この分, この前, この方, この紙, この際, この頃長吉さん, これからの, これも, こんなこと, こんな処, こんな小川, こんな際, こん晩さっそく, さすが兇暴, さっきの, さっそく飛ん, さっぱり商売, しかもおじさま, しかもおまけ, しかもつい, し時, すぐめし, すぐ追っかけよう, すったもんだを, ずっとつとめて居ります, ずーっと以前, ぜひ御, そいつば, そうしたまえ, そうして大変, そうじゃ, そうは, そう言っ, そこで一つ, そこに, そしたらお母さん, そしてシンガポール, そして二日, そのうえ女みたい, そのマーシカ, その中, その先生, その子, その家ぢ, その時, その点, その真っ黒, その磨き, その野郎, その馳, そばへ, そりゃつらい, それから今度, それでまア, それでわたし, それで自分, それという, それほど骨, それも, そんじゃ, そんなところ, そんなど, たあ, ただほんの, ただ羽, だからあんなに, だからだれ, だがあれ, だだいぶ, だってもう, ちゃんと竹籠, ちゃんと見た, ちょうどいい折りだった, ぢつて見, つい驚かせ, つやが, でもそんな, とても大変, とても辛抱, どうあっ, どういう事情, どうもこうやっ, どうも苦しく, どうも遅く, どこだ, どこの, どんな恐ろしい, なか, なかの, なければ, なりばかり, なるべく人, なんの, はる子さんの, ばつた方が, ひとつおなじみ甲斐に, ひとつ諸君にも, ほんとうの, ぼくの, まああんた, まあどうか, まあ詐欺, まあ貧乏人, またすぐ, また私, まだ寝, まっ黒の, まるっきり大名, むさうに, むったところでかぜをひく気づかい, もうこれ以上, もうせんの, もう古い, もう少し家, もう起る, もくもくし, もちろん入場無料, もともと内, やってるところ, やっぱり印旛沼, やつに, よくこういう, よくこう言い言いした, よくした, よく昼寄席, よく本, よばれたン, わかるか, わしが, わたしちょっと, わたしのは, アレクセイ・イヴァーノヴィチこの, ウヱルドン会社の, オツネサンの, オハグロ溝が, シェークスピア的な, シラフで, ジムもう, ジョンドレット, チトも, チョイと, ドゥーニャ, ニコライ・イーリイッチ, ハッと, ブシリンという, プレイも, ペイラシェーズの, マネジャーに, モダン, モラルです, ルリ君を, レデイに対して, ンね, ーエ, 一つ所で, 一つ承りたい, 一つ親分に, 一ツ二ツ・ガッチャガチャ左ツ右ツ・ガッチャガチャつてさわぐ, 一事が, 一人の, 一人旅の, 一寸お, 一寸展覧会の, 一度私, 一斗づつお酒を, 一生懸命に, 一篇の, 万一俺, 三好代地に, 下宿した, 不審に, 世界じゅうの, 中, 主人気取りで, 乾き工合も, 予審判事立松という, 事務所なんて, 二三軒ま, 二十枚ばかり, 五六年ある, 五時に, 交際いきれない, 亭主は, 今でも, 今までも, 今夜その, 今年は, 今度は, 今日その, 今日は, 今日是非芝居へ, 今頃なんと, 伯父さんも, 似たよう, 何でも, 何に, 何を, 依り合, 信心は, 俺の, 俺は, 停車場から, 傘などを, 僕たちは, 僕も, 兄さん, 先ころは, 先生よく, 全く残念, 八百両取った, 共有の, 内々その, 冗談じゃ, 函館の, 切りくづし, 初めは, 判り切ったこと, 判り切つたこと, 別にお世話, 利巧な, 到頭官, 勿論長与, 十二三の, 占ひ, 友だんなさまの, 口紅が, 只めでたし, 同じよう, 同じ材料, 同好者が, 名前を, 君たちの, 君御飯を, 君達の, 喜作さんには, 困るな, 坊主の, 坐って, 堅く言え, 大した親不孝者, 大事な, 大層肥った, 大層自慢, 大白猿や, 大義名分の, 大阪へ, 天下の, 太宰と, 夫が, 夫婦の, 女が, 女だったら, 女の, 女中さんと, 好きこそ, 妙な, 娘が, 婆さまに, 安全髮剃を, 安田と, 宋公明っていう, 実に遺憾, 実は兄, 実ア, 家の, 實は, 尋常な, 小さい蔵, 小さな部落, 小林さんに, 小鐘さん, 少しあった, 少しや, 少し有, 少し言葉, 少し面倒, 崖から, 工場が, 幸坊と, 庭に, 形は, 彼等は, 待ってるところ, 御寮人には, 御祝儀, 忰は, 念の, 急いで, 急病なら, 息づかいも, 悪い奴, 我が家の, 戦争中軍部や, 戸締りも, 手も, 手広くかつお, 支倉事件に, 支那でも, 放哉わしは, 敵という, 文次も, 旅行中も, 日が, 旦那さま毎日毎日いや, 旦那と, 旦那様江戸の, 早速連れ, 昨夜は, 昨夜山村さんは, 是から, 是非話したい, 時々九段, 時々潜水夫, 時は, 暗闇祭に, 暴れこもう, 朝廷の, 木鋏は, 東畑博士が, 松屋へ, 柄も, 柳の, 根岸さん, 梢の, 極ねえ, 横浜それから, 正子右文の, 死んだ人, 死んだ俺ら, 殺そうと, 母上と, 毎晩水の, 毎晩神さまに, 毒は, 江戸へ, 沖釣などに, 浮山は, 済まないこと, 熱病などとは, 燈台の, 父の, 父様が, 片方は, 牧田という, 物静な, 獄へ, 玄人などから, 田川さん, 留公にも, 癌は, 百合さんは, 直ぐに, 看護婦も, 県庁の, 知ってるこたあ, 知つてる, 知らねえ人, 神よ, 私なんぞの, 私も, 私んと, 私順番を, 空を, 立つ前, 第一, 笹屋の, 絶対に, 編中の, 老年を, 肌合いは, 脳波は, 自分一人かと, 舟から, 花が, 英仏独なんでも, 草履でしょう, 薬屋へ, 藪の, 蜂矢十六という, 行って, 袂を, 見たところ, 見るに, 親であっ, 親分, 親方が, 言わばまあお前さん, 話の, 誰が, 警察は, 豪いの, 買うとき, 賭博を, 超過二円四十銭とか, 足だけが, 跡見玉枝先生が, 軽いの, 近頃は, 道, 那奴に, 配給所へ, 酒に, 金には, 金吾さん古池先生が, 長い関係, 長く居る, 阿母, 隊長が, 雑念が, 雨の, 雨や, 電話を, 青と, 青年野球だ, 顔が, 顔色まで, 食っちゃあ, 餘り, 馬が, 馬蹄型の, 駅へ, 駆けつけたの, 骨牌占を, 鴎が, 黒竜江に

▼ で~ (822, 0.3%)

16 は自分 14 はその 9 はそれ 8 はこの, はもう 76 の心, はまた, れは 4 の方, の顔, はいつも, はすぐ, はすっかり, も亦 3 の, の父, はそこ, はやはり, は何, は決して, ももう

2 [52件] が九ツ, が家, には十分, のお, の一つ, の名, の希望, の思想, の手, の気持, の注意, の溜池, の眼, の胸, の道徳性, の頭, はある, はいち早く, はかなり, はごく, はその後, はそんな, はただ, はたちまち, はとっさ, はまだ, はまるで, はむしろ, はむろん, はわざと, はシルシ半纏, は今, は先刻, は再び, は別段, は十年, は夫人, は妾, は彼女, は息せききらせ, は患者, は或, は敏捷, は早速, は最初, は決心, は窓, は途, は非常, ほど子供, もその, もまた

1 [593件 抜粋] からどう, からの強い, から米, がいかに, がお, がこの, がこれから, がじっさい, がすんで, がそこ, がその, がどこ, がどんな, がなに者, がまつ, がむなしく, がもう, がようやく, が二階, が他, が体得, が來, が全然, が取出した, が口, が堀越秀, が大学生, が奇声, が宿, が寝, が将軍家, が尻, が帰宅, が幾日, が後事, が投じた, が救われる, が旧友, が曹操, が最も, が来る, が渇望, が父, が特別, が生れた, が畑, が目, が祐筆, が私, が第, が索靖, が縷々, が行きがけ, が行く, が誤, が通された, が遊び, が頭, が顔, が黙っ, この壁, した卑怯, でなければ, としては, としてはどう, としては人形, とは竹馬, と一緒, と事務的, と喧嘩, と彼, と往来, と碧童, にたいしてよくも, にとつて, にとれ, にはうかがい知る, にはちょっと, には些か, には何, には卵, には恐ろしく, には物, に同情, に向っ, に悔み, に惚れこん, に打ち勝つ, に敬意, に着替え, に見棄てられ, のうしろ, のおった, のおやじ, のお金, のすばらしい, のでる, のはからい, のばあい, のまなざし, のもっとも, のやう, のよう, のジョン, のピジョン講師, の不安, の中, の乗つた自転車, の九州落ち, の云う, の五体, の人物, の他, の体, の体重, の何より, の使命, の供述, の信じた, の個性, の健康, の先輩, の内心, の冷酷, の出る, の出来栄え相当, の剣法, の古風, の周囲, の哲学, の喧嘩, の噂, の太華, の好き, の実家, の小説中, の川口町, の幼い, の御新造, の心境, の怠惰, の急足, の怪しい, の愁眉, の意志, の愛し, の所説, の手脚, の持った, の持物, の文学, の旅行目的たる, の映画, の晩年, の望ん, の木綿, の本意, の枕元, の様, の歩みまわる, の死す, の母, の毒舌, の浄瑠璃, の猟奇心, の現れる, の生活, の生涯, の畠, の白い, の眉, の真, の眸, の知らぬ, の神経, の答弁, の精力, の紀伊國屋, の縄目, の罪滅し, の耳, の聖人行者, の肉體, の股, の股肱, の胸騒ぎ, の自信, の自殺, の興味, の苦しみ, の著, の行, の行きつけ, の言葉, の記憶, の誘き出した, の説, の費用, の起床, の身, の透明, の部屋, の頬, の魂, の鵠沼後期, はあえて, はあきらめた, はいう, はいきおいよく, はいきなり, はいくた, はいくら, はいった, はいよいよ, はお, はお客, はお昼, はかなえ, はがっかり, はこれ, はこんな, はさっき, はさっそく, はしばらく, はすべて, はずかずか, はずっと, はそう, はそういう, はそのまま, はその間, はそれっきり, はそれでも, はちょうど, はついに, はつかつか, はつっ立った, はつとめて, はつまり, はてれ, はともかく, はどうか, はどんどん, はどんな, はなお, はなおも, はなか, はなかなか, はなるべく, はなんとなく, はひそか, はぴたり, はふたたび, はふと, はほ, はほつ, はまず, はまったく, はまる, はまんまと, はめずらしく, はやたら, はやにわに, はやや, はオリヴィエ, はカッ, はダラシ, はビッコ, はポケット, はポルトガル人, はムキになれ, はメムフィス, は一人, は一人宮廷内, は一目散, は一秒間, は三上, は上り切った, は不, は並木道, は丸太, は二三日前, は五, は人, は今度, は仕事, は仲秋名月, は会社, は何氣, は侍臣, は傍, は傾斜, は充分, は先, は先づ一段, は全然, は全身, は六月氷, は六波羅, は其書, は内々蔭, は出かけ, は出かけた, は出来る, は助け, は努め, は勢, は勢い, は十五, は十八歳, は厳然, は厳重, は去り, は又, は友達, は叫んだ, は可笑し, は右, は商人, は図書館, は地獄, は城下, は塾長, は墨画, は売る, は変, は大きな, は女, は始め, は嫌い, は子供, は学校, は学生時代, は宛然, は実によく, は宵, は家, は富美子さん, は寝台, は寺, は尋ね, は小, は小首, は少し, は少年, は尼さん, は尾, は山, は巡査, は巧み, は帽子, は幕府, は平気, は幸之助, は庭, は強右衛門, は当然, は彼, は微笑, は心, は必要, は忽ち, は思い, は思案, は急い, は急遽, は性來, は恭しく, は悄然, は悪戦苦闘, は悪魔, は悲憤, は慇懃, は慎み, は戦争中, は持田, は探偵小説, は握っ, は支庁, は故郷, は斬る, は新橋, は日本画式, は早い, は明朝, は是, は昼夜, は時, は時々, は時計, は書きかけ, は曹操, は最早, は木戸, は本田, は本陣, は東京, は栄子, は栗山善助, は根気, は梯子, は次, は此, は此室, は此頃め, は歩き出した, は殺風景, は母親, は毎, は気, は水夫等, は浮橋, は烏帽子, は無言, は父, は獄中, は獲物, は田村小路, は男女三人, は町はずれ, は畳, は癩, は益々, は直接, は真面目, は眠らず, は神妙, は私, は笑い, は約, は約束, は紙包, は続け, は肉感, は肌着, は膳, は舷, は行く, は表面, は見張り, は試み, は試合, は誓う, は誰, は講義, は譜代, は警察, は足, は足音, は軒, は転げ廻った, は軽く, は追放, は進ん, は道, は間もなく, は非難, は駒, は驚くべく, は驚ろ, は高声, は黄金メダル, は黙っ, もあわて, もいささか, もここ, もそれ, も丸太, も二度, も同じく, も好奇心, も案内, も私, らしくない彼, れに, れ楊雄, をあざけり笑っ, をいつも, をうんざり, をお, をたずね, をながめ, をむかえる, をもイングラム孃, をよろこび迎え, を下宿, を利己主義者, を帰らし, を待たれた, を待っ, を怖, を想い, を死なせた, を生, を真裸, を西南, を見, を見送, を電話口, 程夢幻的

▼ で自分~ (689, 0.2%)

11 のこと 9 の手 8 で自分, の心 7 の方 5 の仕事, の家 4 の前, の身体

3 [13件] がその, の姿, の室, の意志, の楽しみ, の発見, の胸, の部屋, の頭, の顔, はこの, はその, を呼ん

2 [36件] からはほとんど, がたのもしい, だけには気, でたより, でも何, にはもうこ, に対して好意, に対するおどろき, のお, のからだ, のため, の亭主, の信念, の兄, の名前, の声, の好き, の如き, の存在, の席, の心持, の意見, の方法, の最後, の生命, の眼, の身, の魂, はほとんど, は子細, は手, は日本, は鎌倉, もその, もまた, も他

1 [517件 抜粋] からおん, からそこ, からはそれ以上, からはなんにも, から先, から動きだす, から呑み屋, から屈しなかった, から屈しなかつた, から暢, から決して, から肩身, から脳, から葦屋, から頭, があらかじめ, がいる, がかう, がぐいぐい, がこれから, がまさに, がまるで, がわざわざ, がパーウェル・イワーノヴィッチ, が一番先, が不甲斐ない, が人, が人間, が今, が仕事, が伊賀, が使う, が侮辱, が便所, が値, が働き, が出入, が分らなくなっ, が前, が動い, が叱られた, が女仲間, が女王, が存在, が学問, が帰らなかったら, が常に, が幾度, が往つて, が恥かしく, が患者, が愚, が持っ, が文壇, が旧幕時代, が時たま, が書く, が最も, が来た, が案内, が権力, が死体, が気, が江戸, が深山, が無意識, が焼き餅, が犯人, が田口, が甲虫, が男心, が病氣, が発展, が直接, が語るべきで, が謡えない, が追いこんだ, が追い出される, が遊び, が鉄砲, が関係, じゃ当座, だけが後, だけが後に, だけが深い, だけでこの, だけにかくされ, だけの日常, だけはなかなか, だけはまったく, だと, でさがし出す, でそれ, でど, でなら, では何, では可, では憶, では気, では腕, では飽くまで, でもこれ, でもしみじみ, でもはっきり, でもハーモニカ, でも不思議, でも始終, でも文芸時評, でも書, でも気, でも稍出来, でも茫然, でも驚い, で何かお書き, で入れた, で内容, で孤獨, で客, で少し, で当惑, で心から, で思う, で戸, で打ちあう, で持っ, で搗い, で本陣, で武者絵, で歩い, で浄瑠璃, で画いた, で知つて, で研究, で言い出し, で語り, で退学, で馬車, というもの, という人間, としてはこういう, としてはこの, と一緒, と全く, と向い合っ, と堕落, と父, と盲動, ながらたとえ, ながらハラ, ながら不思議, ながら小気味, ながら気持ち, などは光源氏, などは画, なども時折, なんかには目, にし, にしばりつけよう, にそれ, にできぬ, にとっては目前, にとつ, にはこの, にはこれ, にはそれ以上, にはほとんど, には何, には何だか, には女, には掏, には最も, には脳, には自分, にまで死に別れた, にむかっ, にもそれ, にもそれほど, にもはじめて, にも判るまい, にも取れ, にも思いがけぬ, にも明瞭覺, にも満足, にも訳, に不潔, に与えられ, に仮令, に似合う, に係, に係り合い, に勇気づけ, に同情, に吠えかかる, に子供, に対して恋, に怪我, に抱かれ, のうち, のきた, のこうして, のことば, のしでかした, のしりぞける, のずる, のそういう, のたわい, のところ, のとつ, のへた, のほんとう, のまま, のやう, のやつ, のやり, のよう, のゐるべき, のイデオロギー, の一生, の下着, の不, の不心得, の中学, の事, の人智, の人生, の代り, の住まっ, の体, の作, の作品, の借家, の入学, の六, の刀, の分別, の判断, の力, の勉強, の勉強部屋, の受けた, の口, の名, の周囲, の呼気, の咽喉, の四十歳, の国, の場合, の塹壕, の境遇, の外, の女房, の好い, の妻離縁, の娘, の子, の子供, の宗教, の寝, の専有物, の専門, の尻, の居處, の居間, の工夫, の希望, の幼年時代, の引き, の弱虫, の心中, の心臓, の志, の思った, の性質, の恋い慕っ, の息, の悪事, の悲しい, の惨めさ, の愛, の感情, の懐, の手落ち, の才, の持つ, の指, の掛り, の文学, の新作, の映しとった, の曳く, の最愛, の本心, の本来, の本統, の村方, の村落, の横, の機關, の歎, の武士, の気に入った, の気質, の永年, の活, の激情, の獲つた, の率直さ, の理想, の生活, の番, の疑問, の病気, の病苦, の目的, の知り, の秘蔵, の立場, の糸嚢, の経策, の絵, の置かれ, の美術論, の義務, の考え, の考え以外, の肉体, の背, の胸元, の能事, の腋下, の腕, の腮, の苦しい, の苦痛, の草鞋, の血, の行動, の訊きたい, の財産, の贔屓俳優, の赤い, の足音, の身形, の身銭, の躯, の軽卒, の逆, の進路, の郷国, の郷里, の配偶, の醜, の限界, の陰謀, の隠し, の非, の音, の頭髪, の風呂敷包, の食べ物, の養子, の餌桶, の高まり, の黒い, はいわば, はおもしろい, はこう, はこれ, はしあわせ, はせせら, はそこ, はその後, はそれ, はたいてい, はちょいちょい, はつい, はつまらぬ, はどう, はどんな, はひどく, はまた, はまだ, はもう, はもちろん, はアテネフランセ, はインチキ, はカフヱ, は人殺し, は何, は作曲, は信念, は先方, は其の, は其処, は動き出す, は命じた, は嘗つて一度, は変, は多く, は多大, は大変, は天, は安心, は実際, は寄進物, は實際, は将来時機, は少し, は師, は弘法大師, は彼女, は従, は思わず, は愈, は日本婦人, は最近外地勤め, は月給, は本来女, は次, は殆ど, は母, は牧野昌朔, は猶, は獨, は生涯, は痛く, は真実, は窓, は自分, は読ん, は足早, は足許, は軽い, は近所, は遠から, は金持ち, は長い, は顔, ばかりが博識, ばかりが取りたて, ばかり懐手, へのマイナス, へ有利, までが罪, もいずれ, もいつも, もぐったり, もすぐ, もそれ, もつい, もどんな, もなかなかよく, もみんな, もラマ塔, も二三度御機嫌, も共に, も同じ, も困っ, も大きく, も引きずりこまれる, も或, も歌, も知らない, も結構, も習つた覚え, も興味, も覚悟, も起き直った, も近日, も近頃, も酔つて, も階下, よりわ一角, より一級, をいたわっ, をためす, をどんなに, をみんな, をも含め, を偽らず, を可愛がっ, を子供, を安く, を導く, を引っ張っ, を役だたせたい, を思い出し, を抱きすくめ, を放蕩者, を殺し, を知っ, を自分, を訪ね, を譲る, を責める, を賞賛, を送り, を避け, を高め

▼ でさえ~ (669, 0.2%)

56 あれば 44 あった 42 ある 12 あるの 8 ありました 7 あるという, なければ 6 あったの, あると 5 あります, ある処 4 あること, あるよう 3 いて, それを, 彼の

2 [20件] あったであろう, あったに, あって, あつた, あまりの, あるが, あるだろう, あるならば, あるもの, あろう, この, この裏路, なかった, なけれや, ほかの, 今は, 彼は, 私は, 自分の, 馬鹿に

1 [414件] あおくなる, あったから, あったそれ, あったと, あったという, あったら, あったらあの, あったらどんな, あったら実業, あったら智恵子, あったろう, あった一群, あった世間並, あった宗三郎, あった将軍家, あった次郎, あった歌声, あとに, あの位, あの時, あの老母, あまりに多かっ, あやふやにしか, ありそう, ありますが, あり少し, あり得よう, あり得る, あるいろいろ, あるかと, あるかの, あるかも, あるから, あるくち, あるけれど, あるため, あるだろうという, あるであろう, あるなら東京, あるのに, あるらしいもの, あるん, あるアグネス, ある伝統, ある問題, ある対立, ある感動, ある暴力, ある服飾, ある気, ある特色, ある生活, ある相手, ある自分, ある評価, ある説明, ある賢明さ, ある逞しい, ある遙, ある音色, あれだけ, あれでしょう, あればと, あれほど, あんなにいい, いいかげん世話, いいすぎです, いつのまにか抜かれ, いやな, いよいよ栄三郎, いるならば, うからなかったん, うまく行かなかった, おしんだ, おそのについては, おっくうだった, おっくうに, おれは, お上人さまは, お舞いなされた, お言い, お貞さん, お迷い, お顔, かくの, かじりつこうとも, かなりの, かれの, かれら, くれれば, けっしてできない, こうした運命, こうして耳, こうな, こう思意, こう感じる, こう相対, こころよく思っ, このよう, この娘, この子, この弱い, この男, この画, この神様, この缶詰, この通り, この隔り, この鬼塚山, これだ, これら大人物に対しては, これ等の, こんないい, こんなに辛い, しかるべき雅名, すでに一年, すでに不思議, すでに冒涜, すでに十九年, すでに悪意, する苦しみ, すれば, そういう意見, そうお, そうは, そう云うでしょ, そのとき, その動機, その場, その姿, その弱い, その恐し, その悲鳴, その有様, その肉体, それが, それには, それらの, そんなに猛獣, たくさんな, たべない様, ちよつと, ついこのごろ, できるまことのち, とりこに, どうであろう, どうにもこうにも, どうもほとんどそういう, ない, ないかも, ないと, ないの, ないよう, ない無論, なかったら, なかなかハイ, なかなか口, なかろうか, なくなって, はや背筋, びっくりする, また寝, まだ京都, まだ飛脚屋, もうとうから, もう三年, もう我慢, もう顔色, もち扱っ, もてあます別仕立て, もどんなにか, もはや一時近く, もはや十, もやって, やかましくない, やり越えて, やる時, わたしが, われわれは, シャチコ張った, セーヌの, ダージリンまで, デュトまでは, ママには, 一と, 一ノ関が, 一九二九年か, 一刀では, 一寸妙, 一年の, 一度も, 一役であった, 一般の, 万, 三人は, 三人変り, 三十円二十円の, 三千七百米突の, 三千人の, 三桁である, 三百余種の, 上って, 上へ, 上手に, 下を, 不孝不義である, 不幸な, 不潔感で, 世界第, 之と, 二三十軒も, 二人がかりで, 二人の, 二十歳に, 二年前の, 五人平均と, 五分間は, 交響楽は, 人には, 人の, 人迷惑な, 人間の, 今でも, 今の, 今日まで, 仕出し屋から, 他人によって, 企てないよう, 佃に, 何か, 何も, 何もかも肚, 何んだ, 何物をも, 何行かを, 余り喜ばれなかった, 保たぬ, 信じきれる人, 信じ得られる人, 偶然的な, 傷ましい裂け口, 働いて, 入党を, 全地球, 公然と, 凄味の, 出してる, 出発の, 分らないくらい, 分らぬ兄, 別の, 労働者が, 北陸の, 十分で, 十年も, 原始的な, 厳重だった, 口こそ, 同一の, 問題に, 善く知っ, 善鬼の, 喪服を, 四国地方に, 坑夫に, 埠頭の, 報告会の, 大きな影, 大体は, 大変な, 大急ぎで, 大老の, 太刀打の, 太陽には, 夫に対しては, 夫婦で, 女たちは, 女は, 女性の, 威風堂々たる, 容易でない, 容易に, 宿ったもの, 小癪に, 少くない, 少しの, 居るん, 差異が, 平均一倍半に, 引退る, 当事者の, 彼に, 彼らが, 彼此六七年には, 御免に, 心の, 心を, 心持が, 忠孝の, 怖くて, 性が, 恥かしい, 恥ずかしいこと, 惚れぼれするほどの, 惜しくなっ, 慶応義塾で, 手に, 手足が, 扱いが, 持てあまして, 持て余しそう, 文学の, 斬ろうと, 断れそう, 明に, 明治八年に, 是れでげす, 時どき嘆息, 時には, 時に応じ, 書いて, 最も平和, 最後の, 最愛し, 有りませんでしたら此, 本気で, 松平某の, 極めて短時間, 極貧家の, 楽々往来, 歎じ, 死ぬ気, 母が, 母や, 気がかりでならない, 気がつくこと, 気づかわれるくらい, 決して最悪, 決して自分, 沢山な, 清浄と, 渡るのに, 満ちあふれた生活力, 演出家の, 無いの, 無ければ, 無駄な, 父と, 片腹痛いのに, 牛込の, 生に対する, 田舎おやじの, 男性を, 異例である, 登って, 皆それに対して, 相対的には, 相当忙しい, 眠れず, 眼に, 碌に, 確信し得るだろう, 神社仏閣の, 私たちを, 私には, 種々雑多, 積極的な, 窮屈な, 第一流, 精一ぱいで, 素直に, 経済事情は, 結構がまん, 編笠を, 美しいその, 美しい作物, 肥って, 胸が, 腸が, 自分で, 自身長嶋征伐に, 苟も時局的, 荷に, 落椿を, 著者が, 見やぶること, 見出されずには, 親に, 課が, 貸間に, 賑やかな, 賭けの, 赤い恵比須顔, 足の, 足を, 身ぶるいが, 身を, 身体が, 辟易します, 迷い込んだらちょっと, 逆か, 逆磔, 適切でない, 遺言状が, 鑑え, 長く地位, 随分お, 随分しばらくは, 青年の, 非常に, 飽き足らぬ待遇, 馬鹿には, 鳥取城の, 黄金の

▼ で~ (645, 0.2%)

6931 へある 25 ういふ 21 うして, へあれ 19 アね 16 へあつ 8 へもある 7 へありました 6 うした, う云 5 へあります 4 へなけれ, ァ 3 ういふ意味, すれば, へ, へこの, へそれ, へ無く

2 [20件] うしなけれ, うすると, うだと, そしていろいろ, なきだに, はつて, へその, へない, へなかつた, へもなく, へ一度, へ巫女, へ日, へ知らなかつた, へ私, へ赤い, アと, 一時は, 冷たいもの, 動かない塵ひとつ

1 [345件] あったっけかな, あの女, あると, あんたあたしに, あんまり酔ってた, いいかい, いちいち道具箱, いっしょに, いつの, う, うあるべき, ういつたの, ういつた役, ういはれ, ういふところ, ういふ事, ういふ兄, ういふ君, ういふ点, ういふ生活, ういふ研究家, ういふ者, ういふ賭, ういふ風, うかうして, うかと云, うしたと, うします, うする, うだつた, うだゆれるばかり, うでなかつたら十七年, うなること, うなると, うなるやう, うなれば, うに違ひない, うまいもん, うまで, う今頃, う思つて, う悪口, う手輕, う斷定, う本質的, う深う, う答, う考へた, う脆く, う表, う見える, う言, う言つた物, う言つて, う詳しく, おまけに, お金が, かおと, くさくと, くさく音, くりを, ぐってなにかやっていたかとおもうとこんどは, ぐりさぐり流元を, こつこつやる, この花, さあ起きる, さ板, ざなみたつ十分に, しかもここ, しかも身, しずした, しむかい, そこへ, そのお, その癖, その顏, その馬鹿, そらもうしばらく, それとも理窟好き, たまたまステーション, だってお前さん, だん袋を, つき起きてから, つそく, つぱり瀬戸物, つぱり駄目, てんと詰りません, とある村人, どうも, ねえ, のみにやかましく, のみに深い, のみの上作, のみ変化, のみ嬉し, のみ恐れる, のみ感謝, のみ遠く, はつた, ふらふらし, ぶが, へあつたらしく, へあの, へあまり, へありまし, へあり得る, へあるなら, へあんなに, へあゝ, へい, へいづれ, へうす暗い, へお, へかう, へかうだ, へがその, へが環境, へが能, へが讀む, へきかない, へぐらぐら, へこれ, へさ, へずゐ, へそして, へそれに, へそれ程, へっ, へとやかく, へとんでも, へなく, へひつそり, へひやりと, へも, へもあつ, へもが井上友一郎, へもが阿る, へもが音無宿, へもこの, へもそれ, へもそれ以外, へもどうして, へもなかつた, へもなる, へもひところ, へもまだ, へももう, へもモオトン, へも三度, へも二十, へも人, へも充分, へも割合, へも單, へも土藏, へも彼, へも我, へも旅, へも涙, へも滅多, へも無宿者, へも矢張り, へも腑, へも見, へも輕佻, へも随分, へも馬鹿, へやはり, へゐれ, へチアン, へチヤン, へ一々, へ一括, へ一杯, へ一目, へ三分の二, へ三桁, へ不思議, へ世の中, へ二十歳, へ井戸, へ交通, へ人, へ今, へ今日, へ以前, へ何, へ何うし, へ何里, へ余程, へ俺, へ個々, へ僕, へ判事, へ創作, へ北陸, へ千枚ばり, へ同一, へ四苦八苦, へ壁土, へ多少, へ大変, へ家, へ寂しい, へ尊敬, へ尚, へ幾多, へ彼, へ彼等, へ心得, へ忘れられ, へ成る, へ手不足, へ手狭, へ折, へ捨て, へ故, へ時々, へ智慧, へ暗, へ暗い, へ曲りくね, へ朧気, へ未, へ松平某, へ欄干, へ次に, へ此裏路, へ此頃, へ氣, へ決して, へ決して何ら, へ泥濘つて, へ満足, へ無, へ無能力者, へ然, へ父, へ狭い, へ猫背, へ珍, へ百姓, へ眠く, へ知らない, へ碁将棋, へ素人, へ翻訳劇演出, へ胸, へ腰, へ臆病, へ自分, へ芝居, へ花ぢ, へ落着, へ西洋人, へ見, へ見上げる, へ話, へ誤診, へ讀者, へ賑やか, へ青年, へ頭, へ駄目, ほどに永い, ほどの深い, ほら万国館, まで旅, むしい, もさも, もなかつたら, ゆっくりかん, ような, わいで, わたしや, わるいこと, ァ四人, アこんな, アは, ア今日は, ア私と, ア背中の, ア若旦那に, ア虫の, ッそくドスを, ッと, ツさらり, 一本で, 下駄は, 五両だけ, 人しれず, 人物が, 他の, 何か, 俺なんか, 俺は, 俺より, 兄さんも, 冗談じゃ, 加けに, 叔父さんの, 同胞だた, 品に, 喜助は, 土手を, 夏の, 大博打, 大概神妙に, 女の, 寒の, 川の, 御承知, 恥かしくて, 感心な, 我慢し, 昔だ, 本當, 来ないも, 毎日酒を, 洋傘の, 火も, 猫の, 獣を, 男の, 男は, 畑も, 畜生っ, 目も, 相沢半之丞は, 相澤半之丞は, 知合いや, 知行と, 稼業柄思い切り, 胸気じゃ, 自分の, 芝居へ, 見てさ, 足袋は, 迷い歩い, 迷つてゐた, 都會は, 長門守と, 面倒だ, 養命保身どころぢや, 餘つ

▼ でしかも~ (624, 0.2%)

9 それが 7 それを 6 それは 4 自分の 3 自分が

2 [14件] これが, その中, その大, どこかに, 不生産的, 五尺そこそこの, 地面の, 山の, 心の, 最後の, 相手を, 自我の, 航海術の, 非常に

1 [567件 抜粋] あなたに, あの人たち, あの位気品, ある特定, あわれ, いい家, いい寂色, いかにも弾力, いつまで, いつも忘れられ, おくれた方法, お心, かかる大幅, かたくない, きびしい方, きわめて不可解, こころも, こざかしい生活態度, こちらの, この土地, この遠浅, この風, これには, これほど, さう, さみしう, しだいに事情, しんは, すぐとん, すこぶる美声, すべて五代さま, そういう時, そういう病人, そういう言葉, そちらに, そのおのおの, そのちっぽけ, そのつり橋, そのひとつひとつ, そのダイシ, その一名, その一軒, その二つ, その二人とも, その人がら, その人口, その住地, その内, その創道, その力, その名, その名前, その幽鬼, その底, その庭下駄, その廻り方, その情熱, その手綱, その数, その村人, その機械的, その歌, その焦躁, その焼, その目, その細部, その絵, その線, その罪, その肌, その舟, その試補, その語原, その跡, その近所, その長い, その青年, その音楽, それに, それの, それよりも, それ以外の, それ自身すでに, そんな人気, ぞんざいな, たった一人, どうやら骨董品, どこかつ, どことなく風変わり, どもりの, どれを, ない人, なにが, はるかに, ほがら, まい日キング家, まさかここ, まじめで, まじりけ, まったくの, もうもうと煙, やや昔話, ゆっくりした, よく気がついた, よほどまでは, わかり易いもの, アイマイな, アーチが, カンタベリーで, スポーツを, ツイ今しがたの, ピゴー・ルブランの, ベロベロに, マイナス的特徴では, ヲンナは, 一つは, 一ばん作者に, 一分の, 一字一字念入の, 一島の, 一度に, 一応は, 一本気で, 一番大切な, 一粒ずつが, 一般に, 一言を, 丈夫な, 丈夫に, 三ツ共妾が, 三人は, 三度まで, 三木一城の, 上品だ, 不幸な, 不当の, 不意打を, 不格好な, 不精確, 世間を, 主人と, 主観が, 乗るとともに, 事の, 二三人を, 二人が, 二面以上水で, 亡父が, 亦敢, 人を, 人間の, 人間味ゆたかな, 仁慈という, 今は, 今日の, 今日まで, 仕事は, 他人が, 他国を, 低い活気, 何か, 何の, 何人も, 俊夫君の, 個人個人として, 偽りも, 優しい町家, 儼然として, 全く予測, 全く餓鬼道, 全部が, 其値たるや, 其香は, 内容的に, 写実の, 冷酷な, 出頭期限は, 切って, 切ない教え, 初児, 前の, 前後六版の, 前途遼遠だ, 力の, 力強くみ, 努力家であった, 勉強家の, 動悸のみ, 勘が, 十五円の, 十倍も, 半年で, 半年も, 単純な, 印象明瞭な, 却って有効, 原作者は, 厳つく人, 又この, 友人中でも, 友達思ひ, 反当り, 受けにも, 古びたさかな, 可撓, 右近の, 同時にゾーッ, 同書に, 名前が, 君の, 吝嗇である, 吾人の, 哀憐の, 品切れ, 唇には, 善良な, 喉音が, 困憊しきっ, 図の, 国老就任が, 土地くさい泥くさい, 地響の, 堅くつて丈夫, 堅くとっ, 堅固だった, 場所が, 変るもの, 多くが, 多彩で, 大きいこと, 大きくて, 大きな愛, 大きな眼, 大会戦, 大宰相たる, 大晦日, 大胆な, 大衆的に, 大覺寺統, 大輪が, 大部分植物, 大難だった, 天地の, 天真正伝の, 奥義を, 女の, 女丈夫で, 好い感じ, 好意に, 妙齢自分でも, 姫君が, 威厳を, 嫌味が, 嫡子なる, 子供の, 学校が, 守備した, 安価な, 宗祖は, 実直な, 実際と, 実際には, 実際問題, 客が, 家族的な, 實際には, 将軍家が, 小さな節穴, 小ぶと, 小遣い銭も, 少年の, 左様いう, 巧妙に, 常識の, 幅の, 平一郎母子には, 平気で, 幸福な, 広さ, 店に, 強靭な, 強靱である, 形さえ, 形さへ, 彼は, 彼女が, 往々に, 往還に, 後人は, 従順な, 心当りも, 心細いひとり, 心肝を, 性質が, 恋愛を, 恐怖的な, 悲しみに, 情欲の, 情熱家である, 情緒は, 惨めに, 惻々として, 感傷に, 慰樂を, 我々に, 我々両人に, 我が娘, 所は, 手も, 手助けし, 拵え始めると, 持ち運びの, 整然と, 整然と排列, 文字は, 文学的な, 文鳳特得の, 断乎たる, 新鮮な, 日本の, 明るい希望, 明るく朗らか, 時々は, 時々何だか感情, 晩飯を, 最も奇抜, 最も根深く強い, 最も重要, 最後だ, 未だ学界, 未発の, 材質が, 東海道が, 果して兵器, 枯淡な, 柔らかみを, 柳腰と, 根が, 梟物に, 棄てがたい, 極めて合理的, 楽しく食べ, 橋上の, 機敏の, 機関車が, 正道から, 此の, 此処から, 武家出である, 歴史の, 死病に, 残酷であり, 母は, 毎日坑には, 気の, 気紛れな, 水産物の, 永久に, 活気の, 浄化された, 消極的には, 涙ぐましいほどに, 深い, 深い問題, 淳樸な, 温かだった, 測り難い, 溪間の, 滅多に, 滑稽な, 瀟洒な, 無限に, 無頼切り合え, 煉金術を, 煙突からは, 熱情ゆたかな, 熱情的だった, 父親以上の, 片腕で, 特に美しく, 独断的に, 独立心にも, 猶よく生きよう, 猿が, 現在も, 現実に, 生き生きと, 生命を, 用心深い子供, 男名前で, 町の, 留めた釘, 痛いの, 痛切な, 痩せぎすであった, 盗まれても, 直線的でした, 相当墨, 相当華麗, 相手には, 真紅に, 眼が, 眼前に, 矛盾した, 石だ, 砲列は, 確りと, 磯に, 神秘的で, 神秘的な, 私どもの, 私の, 稀れ, 穴の, 立派な, 第一次欧州大戦, 節度が, 簡単だった, 簡素な, 精悍の, 精神的に, 純粋に, 細長いあの, 絶えざる疲勞, 絶えず何もの, 総元じ, 缺點の, 美しい横顔, 美味かった, 習慣的であった, 能弁であった, 腕に, 臆病だ, 自信に, 自信の, 自分を, 自然だったで, 自身に, 興味あり, 色彩の, 艶かしい, 艶や, 芸術への, 芸術的な, 苦労人だ, 荒るる, 落ちつき払っ, 薄暗い処, 行き届いたサーヴィスぶり, 行屆いた, 要を, 見るには, 視線は, 親しみの, 観察の, 言い難く, 訴える力, 誰にも, 誰もが, 調子の, 豪傑はだの, 貧しい現実, 資本も, 質において, 走り書の, 農奴を, 迂遠な, 退屈してる, 逃げた砂粉, 這い込んだ本人自ら, 造船大佐だ, 連句の, 逼迫せる, 遮る人, 重厚な, 重大な, 重量感に, 野心家であった, 金曜以外の, 針を, 長いっぱいに, 間断なき, 闇の, 雄大そして, 雅馴である, 雪空の, 電波によって, 青春と, 非常な, 面目を, 須磨と, 頭勝ちの, 顔だけは, 顔面の, 飽和水蒸気圧の, 餘情に, 香気を, 高貴な, 鬱蒼と, 黒い

▼ でよい~ (617, 0.2%)

66 のだ 25 のである 22 のです 17 ではない 13 か, のか 9 のじゃ 8 と思う 7 ことに, ので 6 と云う, ものでしょう 5 でしょう, と思った 4 ではございません, と思っ, のかと, のだらう, のであろう, ものは

3 [11件] お天気, これで, それで, だらう, だろう, です, ということ, という気, と思ふ, のかも, ように

2 [30件] かどう, から, からお, からその, から表情, ことを, さかい, ぞ, であろう, でしょうか, という, というところ, というよう, という考え, といっ, といふ, としてさて, とも言える, のかしら, のだろう, のであった, のでございます, のと, のなら, ものだろう, ような, 一杯くれい, 心持ちに, 気分にな, 筈も

1 [291件] いちどで, いて, お師匠, お方に, お盆が, かあまり, かという点, かと念, かと拝見, かと聞い, かと道, かな, かなどと申しました, かの, かよく, かよろしい, からあれ, からこんな, からという, からと頼まれました, からのう, からのぞかせ, からよい, から大き, から奥, から残し, から缶, から苦楽座, から融通, から行っ, から製本, から見せ, から記し, から適当, から非常, か父, が, がそういう, がところ処桑畠, がと云われ, が何, が夫人, が安積, が杉, が神, が香, くらいのもの, けれど, ここへ, ことです, ことと, ことなら, ことは, こと礼服は, この闇, これからわし, これでなく, ご器量, ご気性, さうだ, さか, さかい其の, し家庭, し寧ろ当然, じゃろ, すぐに, そうだ, そうなけれ, そう云う, そこから, そしてなに, その上, それからあれ, それでよい, ただ白峰, だろうという, であろうか, でしょうね, ではありません, ではござらぬ, ではないです, と, というの, というふう, という別れ, という境地, という如き, という文学上, という訳, という風, といたしまし, といふ人, といふ定め, とお, とし, としていずれ, としてお前, としてこう, としてなぜ, としてもし, としてもそんな, としてもバーンス, としても他, としても永久凍土地帯, としても碑陰, としても飾り, として今, として今日私, として作家自身, として君, として年寄, として日本橋ツ子, として板倉, として火, として肝腎, としなけれ, とする, とせられた, となりましたら, との, との仰せ下し, との口上, とはいはれぬ, とはおっしゃいませんでした, とは私, とも思っ, とも思へない, とも悪い, とわかり, と一安心, と云, と云え, と云っ, と云った, と云つて, と仰し, と公明正大, と左近, と待て, と御, と心得た, と思, と思いました, と思える, と思われるなら, と断っ, と私, と考えた, と自分, と落着, と褒めた, と言っ, と言ったで, と言われ, と認め得ない, な, ならもって, なら自然弁証法, によってまず, の, のう, のかという, のかな, のだった, のぢ, のであっ, のであと, のであら, のであらゆる, のであります, のでこんな, のでございまする, のでさ, のでしょう, のでその間, のでそんなに沢山, ので急ぐ, ので第, ので金, のは, のも, のや, の作っ, の見つけ, はずである, ほうへ, まず祝い, もし不調, ものか, ものじゃ, ものだ, もので, ものであろう, ものでございましょう, ものと, ものな, ものなら, ものを, やうな, やうにも, やない, らしい, わい, わいな, わけである, わけです, わと言える, わエエ, んだ, バラが, 一人で, 主取りを, 人だ, 人にさえ, 人も, 仕事を, 他には, 仲間である, 住居と, 何も, 供頭は, 先ずお, 加減な, 加減気を, 千年の, 参考に, 友を, 呼んだの, 品物を, 型の, 大日如来だけ, 女房の, 嫁を, 客も, 寝所へ, 年には, 庭を, 彩を, 役回りを, 心懸け, 思いの外に, 新譜が, 方に, 日だ, 日向, 明日が, 時には, 本だ, 機に, 歌だ, 此の, 残りで, 気に, 気合だ, 町であった, 番犬の, 當方から, 眼を, 瞳を, 筈, 筈じゃ, 筈である, 終日閉ぢ籠つて読書する, 経験を, 結婚も, 絵が, 考えだった, 自分を, 花やかで, 花見を, 芸術は, 處が, 蛙で, 規則な, 訣である, 訳だ, 訳であります, 話を, 譯だ, 質子不知哉丸を, 返事を, 道, 達者で, 酒うまい, 酒が, 釈迦如来だけでも, 金は, 閑子よ, 雨で, 題だ, 食器が

▼ で~ (597, 0.2%)

6 はもう 4 となっ, にし, のうち, のところ 3 から考える, ならば, のよう, の人, は, はどこ, もその, もなお, 図らずも

2 [28件] あの書生さん, こうやっ, ではその, ではもう, では主として, でも私, に至る, のお, のこと, の場合, の所, の日本, の農村, はこの, はその, はそんな, は亡き, は大層, は天麩羅, までのところ, までのよう, まで生き, まで色々, もこの, もって, も尚, 以て, 其風呂敷包は

1 [492件] あるもの, ある姉様遊び, いう小間使, からかんがえる, からこまった, からざっと, からその, から丁度二十年前, から三十五, から五年前, から十四五年前, から十四年前, から引きかえす, から思え, から思つて, から日常的, から木戸, から百二年前, から百四, から考えれ, から腰, から行っ, から見れ, から言え, から逆算, か今, が今, が幸福, こうしてぶつかった, こそ到来, こそ草創, この, このとんがり, この古刹, この極楽主義, この船, この適用条件, これから大, しばらくは, しも第, しも黒い, じゃあんな, じゃてんでん, じゃ僕ら, じゃ宗七, じゃ山水画, じゃ慢性胃弱, じゃ手, すぐそれ, すぐにでも, その償い, その包含状態, その方, その母, その状態, だっていや, だにそれ, だに打ち明けない, だに生き, だに痕, ちつと, であったら彫り直したい位, でいえ, でいふ, では, ではい, ではいろいろ, ではそう, ではただ, でははっきり, ではひと頃, ではやはり, ではドイツ国民, ではリモオジュ, では一年, では何, では値段, では僕, では全く, では十六戸, では叔父, では土器, では子供, では忰, では恐ろしい, では手, では日, では普通, では月極, では本当, では極点, では母, では泥坊, では活動写真, では生地, では男, では皆, では知る, では確か, では立派, では紐育, では若い, では茶寮料理, では西国, では部落, では金, では錆, でも, でもありあり, でもあれ, でもあんなに, でもおりおり思い出す, でもさぞ, でもそう, でもそういう, でもそこ, でもそんな, でもちょいちょい, でもどう, でもまだ, でももっと, でもやつ, でもやはり, でもわたし, でもクロロホルム, でも世間一般, でも信州, でも博士, でも博多, でも印度, でも小さい, でも役に立つ, でも忘れ, でも思い出す, でも意志, でも折々, でも捜せ, でも故郷, でも普通, でも浅香, でも満足, でも牛肉店, でも玉川, でも相変わらず, でも総毛立つ, でも肩身, でも覚え, でも顔, でも駒形, で言ったら, となったら, となつて, とはまるで, とは較べ, どうしてん, なお世間, なお大切, なお新刊書, ならとても, にお, になっ, にはじまった, に男女共, に見ろ, ね其の, のこういう, のさき, のさっき, のすべて, のところ平次, のところ茅野雄, のわたし, の不言実行, の世の中, の中, の中性子, の主人, の二三発, の人達, の今, の使い, の処, の口語, の場合それ, の天滿川, の學生, の安曇郡, の宗教, の実業教育, の家, の小野田, の山城, の当主, の我々, の我儘, の所謂食人々種, の挙動, の文学, の新潮社, の方, の時世, の普通, の林君, の様, の民衆, の江戸ッ子, の生存, の町, の眞宗, の知識, の社会組織ぜんたい, の私たち, の秋祭り, の空氣, の美しい, の花櫛, の若い, の苦悶, の菊亭侯爵家, の葛飾, の蜀, の言葉, の話, の身の上, の門下, の間, の露伴, はあらゆる, はこんな, はしない, はただ, はついで, はという日, はどちら, はどれ, ははっきり, はひそや, はもうこ, はわたし達, はゴロ, はデパアト, はヨハン, は五月, は亡び, は人, は何, は何万円, は何事, は何刻, は共栄, は勤め, は十一月, は南京, は和泉守様, は国, は大, は大小高低, は女中, は子供欺, は学校, は実際, は家内, は家畜, は宿屋, は峠, は平和, は床の間, は彼, は悉く, は或, は掛り合い, は斯ん, は暇, は最初, は朝日, は松尾, は横着, は武家方, は死に, は母, は泊り客, は満, は版元, は用, は疲労, は疲勞, は病院, は省みる, は真正, は立派, は筆洗, は簾屋, は纔, は老, は耻, は自殺, は若い, は英文学, は衰微, は親類, は諸般, は跡形, は長大, は隣組, は静か, は額堂全体, ふと十郎左, まいて, まであたしたち, まであった, までお, までお金, までこうした, までそれ, までで, までとは全然, までとは反対, までとは違い, までどれほど, までなるべく, までに何百千首, までの, までのすべて, までの俸給, までの勉強, までの活劇, までの相聞歌, までの紙, までの罪滅ぼし, までの自分, までの葛藤, までの誰, まではこれ, まではカ氏, までは全然, までは葦芦, までもいろいろ, までもち, までもちょいちょい, までやかましく, までよそ, までよりもかえって, まで一度, まで七人, まで三十何年間, まで人, まで余り, まで地面, まで女, まで嫌, まで岩, まで平次, まで弱かっ, まで弾丸, まで斯, まで極めて, まで毎日毎日お話, まで沈ん, まで津軽, まで病気, まで眉, まで知らず, まで芝居, まで針仕事, まで長い, もすっかり, もそこら, もちょっとむッと, もなほ私, もまた, も人, も今, も北国, も君たち, も土人, も宮沢賢治一点ばり, も山中, も年, も彼, も思わず, も文化, も滅, も滝, も炉, も現に, も申す, も盛, も着物, も紀州, も自ら, も茅野雄, も袴腰, も言った, も訪ねます, も貴族, も轅, も陸軍大臣, よくそこ, よく眠つて, よりもよく, よりも一層, よりも遥か, より幾千年前, ゐるん, を咒, を春辺, ゴタゴタし, ゴーと, ドゥーニャに, ヘーゲルの, ペンを, 一息といふ, 云ったモザイク, 云った首領, 云つたやうに一人の, 些し, 仮りに, 使い奴, 入って, 其の點, 其処に, 合理化の, 吾らは, 囘は, 外に, 大宅幸吉が, 子細に, 少しヒットラー, 少し時, 少し極端, 少し研究, 少し西, 尚分化, 巨燵を, 弘前の, 往って, 思いついたん, 思へば, 我部屋へ, 戴きたいけれども, 掲げて, 文学的表象の, 新聞を, 旦那は, 暫くは, 暴風雨が, 書きかけて, 最も気, 月光に, 朝方の, 朝方自身番から, 本庁へ, 検べて, 歩いて, 歴史哲学が, 残つた種目からは, 気が, 江戸で, 流行の, 温泉の, 燭の, 猶文学, 申した, 申したよう, 申した色, 眼の, 着物を, 社会科学が, 立派な, 考えれば, 腰が, 茲に, 蜂は, 被告が, 見ても, 見るよう, 試みに, 話す通り, 話に, 語り得たやう, 議会に, 迄の紙, 迄は蔭, 迄よりもかえって, 迄テルシテス, 迄堅い, 迄物凄い, 迄私, 迄見, 迄言った, 逃げて, 鈴木病院迄

▼ でもう~ (464, 0.2%)

10 何も 7 一人は 6 一つの 4 これで, 一人の, 魂ご 3 一つは, 七十に, 庄造を, 生きて, 私は

2 [15件] その小説, ほかの, よかろう, 一歩進ん, 二人の, 二進も, 五年以上にも, 何にも, 充分な, 十分な, 厭に, 君腹が, 忘れて, 芝栗が, 首を

1 [384件] あかん, あきあきして, あそこには, あたしを, あとわずか, あなたが, あの父, あらゆる化学的過程, あらゆる恋, ある金物行商人, いいだろう, いけない, いちど念いり, いちど結婚し, いっぱいだった, いろいろな, うつつな, おいでに, おしまいな, おひる, おまえも, お午, お棺, お母さんも, お達しが, かうな, がんもどきと, きいて, げんなりした, ここらには, こっちが, この世が, この世に, これきりと, これへ, これ以上の, これ以上人を, これ戯曲は, ごほ, しろからでも, じき二年に, すんだの, ずつとく, そうなると刀鍛冶, そこには, そこを, そっち向い, その一事, その上, その主題, その人, その姿, その時分, その痛, その話, その跡, その頃, それからは, それだけの, それに, それも, それを, それ以上食えなかった, そんなところ, そんな事, そんな真似, そんな野心, たくさんであったろう, だめだ, ちゃあん, ちょッと, どれだけ, なんの, のんきに, ふるえあがって, へえ戦争, へとへとに, ほんとうの, まいって, めちゃくちゃだった, やめて, わかれて, わがま, わが家へ, わしの, サッドルに, チャンと, チヨコ, バカ云え, ロロは, 一つ, 一つこれは, 一つには, 一つはばたき, 一つ伺いたい, 一つ父が, 一つ食べよう, 一と, 一ど, 一ぺんやっ, 一ぺんロンドンへ, 一人が, 一匹引っ張り出す, 一年の, 一方の, 一方は, 一日も, 一日十二日までという, 一晩か, 一晩この, 一本を, 一枚は, 一歩近づいた, 一段落だ, 一組は, 一言の, 一軒の, 一通りや, 一遍, 一針ずつ, 一間と, 七十歳を, 三カ月も, 三十一二の, 三年ほども, 不快で, 世の中に, 両親は, 之以上何とも, 予告なし, 事実が, 二三日あなたが, 二十カペイカ差し引く, 二十幾年の, 二十日余りよく, 二度も, 五六遍も, 五十を, 五十年近くも, 京都の, 人々は, 人通りも, 人間は, 今から, 今じ, 今じゃ, 今年で, 今日は, 今日明日が, 仕たい三昧, 仕事の, 仕事を, 他の, 他愛なくなっ, 何, 何とも, 何の, 何んにも, 何ヵ月も, 何事も, 侵しがたい, 僕には, 僕は, 充分たのしい, 充分に, 先刻までの, 入れられないと, 全快の, 八年の, 八年も, 六年経っ, 六波羅の, 六軒も, 其歳の, 凄みとか, 前に, 前にも, 前の, 十内老人の, 十分で御座います, 十年あまりも, 十年ちかく, 十年の, 十年も, 十年若けれ, 午に, 半ばは, 半分すりきれ, 半分眠りかけ, 半月も, 双者は, 取り上げて, 叡山に, 口あけた, 吃驚し, 名簿に, 名誉は, 名譽, 向こうに, 味の, 呼吸が, 命の, 問題は, 四十に, 図太く観念, 城門を, 堪らなく擽ったい, 声が, 夏の, 夕食の, 夜が, 夜伽など, 大丈夫でございます, 大丈夫です, 大丈夫二度と, 大分作曲されました, 大正の, 奈良坂まで, 女学校も, 好い頃, 始めて, 姿あ, 姿の, 嬉しさ, 学校も, 完成が, 富士の, 寝たん, 寝て, 将門については, 将門の, 屋根と, 山間の, 川手氏の, 己の, 己は, 帰ろうと, 帳消しに, 年頃の, 幸福であった, 幾年も, 店の, 店賃は, 弟の, 強ひ, 彼の, 彼女は, 彼是十歳には, 御親戚同様, 心は, 心配する, 思うに, 恐怖に, 息が, 恵美須町の, 悪魔の, 愚痴を, 感情的に, 慾にも, 懲, 手を, 拙者の, 振りかえる人, 挽回は, 掃除などに, 探りの, 掴まへられさ, 放して, 教頭に, 明日の, 昔の, 春が, 是も, 時季は, 時間の, 晴れやかな, 東が, 東の, 枯れかけたすすき尾花, 棟梁株でなけれ, 次の, 此の, 此れ, 此方の人, 武士では, 武者の, 歩けません, 死んで, 母も, 母親の, 毎年の, 気が, 決めて, 汽車の, 沢山じゃ, 沢山な, 沸きましたよう, 油が, 法律が, 泣きだしそう, 泪が, 浅ましい生活, 海の, 涎れ, 涙が, 深い眠り, 済んで, 満ち足りた気持, 満足し, 燈火を, 父は, 玄関には, 用の, 田舍酌婦から, 男の, 番傘の, 疲れの, 盗まれてから, 目頭が, 眉などを, 真青に, 眠って, 眼に, 眼を, 眼隠しの, 睡いの, 秋の, 移転の, 程無く帰りましょう, 穴籠に, 立向う, 立派な, 続けること, 耳を, 聞き飽きたよという, 聞き飽きたよといふ, 背なかは, 胸の, 脈搏も, 自分の, 良い牛, 花崗石だの, 苦しくなっ, 萩丸は, 葉書を, 蒼くな, 蕾を, 街道を, 衛門督の, 裏庭に, 見ちゃ, 話が, 話を, 語部の, 誰が, 身も, 軍隊では, 近頃は, 迚も, 追っ附かなくなって, 逃げて, 進むこと, 過去へ, 違うの, 遣っとるが, 郡の, 長いこと, 長い長い間, 長年の, 開帳は, 隣の, 難儀を, 霜が, 面倒だ, 面白くも, 頭が, 顔いろ, 顔が, 食は, 駄目だ, 駄目でしょう, 魂ごいの, 鶴雄に, 龍平が

▼ でそして~ (419, 0.1%)

5 それが, 何よりも 3 それを, もつと, 私の

2 [13件] この上, すまないよう, 何か, 利休は, 嘘つきでも, 夜明けが, 存分に, 深い, 父が, 私に, 諸兄は, 雄勁な, 顔の

1 [374件] あた, あの時代, あぶなっかしいこと, あんまり肥っ, いう迄も, いくらか, いちばん有名です, いつそ, いつまでも, いま, おそらく無垢, おそろしくなっ, おとなしそう, おぬ, おべ, お勢, お銀, かなり不人情, きつと, きわめて傲慢そう, この児, この場合, これは, こんなに年, こんなに米価安, こんな古道具屋, さっぱりした, しいんとし, しづかで, しみじみした, すこしいや, すつと, すべてが, すべての, すべて模糊たる, すまないやう, そういう人々, そのうしろ, そのため, その君, その問題, その当時, その紫色, その総量, その談中, その間に, その頬, その題, それだけなら, それと, それほどの, それ程齢, それ等は, それ自体が, そんな時間, ちぎれちぎれだ, ちっとも高ぶらない, どうしても斯, どこかに, どちらも, なんの, はじめから, ひどく貧乏, びらんした, ふしん, ほかに, ほとんど荒れ, まことに金持ち, まじめで, またあどけなく, まちがって, みじめな, みすぼらしかつ, むしろ科学以上, もっと美しい, やっぱり私, ややもすれば誤解, ゆるせないもの, よほどの決心, アノ, イヤ味の, カビ博士な, シャツが, ツンと, テキパキと, デリケートな, ビックリした, プリミテイブな, ヘト, ポピユラアだらう, 一所に, 一方に, 一番宗教的な, 一番年弱だ, 一番有効で, 一番長そうな, 万人の, 三昧には, 上手でも, 不徹底, 不氣味, 丑の, 世間的に, 九州へ, 乞食だ, 二人で, 二人は, 二番長は, 井伏さんは, 亦再生, 人一倍に, 仄暗かつ, 今は, 他ならぬ, 休日でも, 何が, 何です, 何ともい, 何より山好き, 何事にも, 何処か, 何処かに, 余りに寛大, 保守的でした, 健康に対しては, 傍若無人でした, 傲慢な, 僕や, 僕よりも, 優しく聞える, 優れて, 優雅に, 入学金を, 全身は, 兵馬に, 其処に, 其処女は, 其談中に, 冷やかな, 凄まじいもの, 出來立て, 分りやすい, 別に年齢, 刹那的に, 刺戟的であった, 努めて, 効果的で, 効果的な, 勝気で, 勝気な, 勿論もう最後, 原始の, 厳しいの, 反ブールジョアジー的, 口を, 可なり, 同名の, 同情さるべき, 同時に食料, 名将だ, 吸いつくよう, 和らぎを, 啓蒙的な, 執着を, 変らぬこと, 多分は, 多大に, 多数である, 夢中で, 大した意味, 大変な, 大変やさしかっ, 天井も, 奇しき縁, 如何なる容貌, 姿の, 威の, 威張りたがってるよう, 子供の, 孤独的な, 安価な, 完全し, 実直に, 家宝を, 家庭には, 寂しくおもしろかった, 尋常一般に, 小さな家, 少しゆっくりした, 少し長, 崩落し, 常に勇敢, 常識的な, 平和な, 平安である, 幽幻, 底知れず, 弱々しい病的, 強かな, 彼が, 彼女の, 往来を, 御愛情, 御自分, 御覧の, 怖しい, 思いやりの, 怠って, 怠慢という, 急角度, 恐ろしいやう, 恐ろしかつ, 恐ろしく效果的, 恐ろしく難解, 恐ろしく馬鹿, 恰もこの, 悲劇的で, 惨鼻, 愉快な, 意味深長な, 意氣地無しだ, 愚昧過ぎる, 愚鈍で, 愛人が, 愛撫する, 感謝に, 憂欝で, 憐れな, 我執の, 才気の, 才気も, 技巧が, 技術的な, 持ち込むべき荷物, 指の, 散らばつて, 日光も, 明るかつ, 明白に, 昔は, 時々晴れ晴れ, 普通は, 暗い中有, 暗かった, 暗示的でした, 最も平民的, 最も深い, 最も瑰麗, 有名な, 朝夕に, 未来にだけ, 村の, 柔軟であり, 根本的である, 楽しく華やか, 権威が, 横を, 次第に怖, 歌が, 歌の, 正夫君を, 正確でなけれ, 死んで, 毎晩違ふこ, 気だかかった, 気高い美, 沈黙がちな, 浪費癖が, 涙ぐまるるよう, 涙脆くある, 淋しい, 淋しそう, 淳朴です, 清潔で, 清潔な, 温いが, 温かい政治, 濃艶, 無思慮, 無筆だろう, 無難です, 物質的です, 特殊であっ, 独りで, 独創的でなけれ, 狭い, 獰猛で, 現在に, 甚だ非凡, 生活が, 生長する, 男とは, 男らしく好ましい感じ, 男好きの, 異つて, 疑り深い, 病的な, 痛々しさ, 痛快だつた, 癇癪が, 的確だ, 目の, 真理な, 着て, 知恵の, 社会の, 私達の, 稀代の, 突発事で, 粗餐という, 純一だった, 純一だつた, 純情で, 細かく入, 細長いけれど, 結局は, 絵が, 美しいもの, 美しい少女, 美味な, 翌る, 脈搏つてゐる, 腹の中は, 臆病さう, 自分が, 興ふかい, 色気が, 芸ごとも, 華やかだ, 華美な, 薄らいで, 虚無である, 蚤く, 蛇籠に, 衆望の, 親切です, 親方は, 親爺は, 語りものを通して, 誠実である, 読むもの, 赤みを, 超高, 軽はずみだった, 輪廓的である, 辛すぎた, 辛抱強いもの, 迷信横行で, 透き通る無名, 遊びにも, 運命前, 適度の, 適確だ, 酒を, 重厚な, 野人的な, 鈍い, 長いから, 間違ひ, 限りなく美しく, 陰惨だつた, 陳慧君が, 雹が, 電車に, 静かで, 非事務的, 非常に, 靴屋であった, 頸筋には, 頼り無かった, 颯爽と, 飽まで, 駅に, 鹿の

▼ でただ~ (400, 0.1%)

8 一つの 4 それが 3 その事, ひとりの, やたらに

2 [13件] いつ死ん, ところどころに, の一度, ひとつの, 一人の, 夫が, 好きな, 嫌悪感しか, 柔順しく, 機械的に, 生命ある, 眼を, 自分で

1 [353件] あなたお, あらましものを, いいえと, いたずらに世, いまの, いまは, うっちゃらかして, うろうろし, おおよそだけを, おとなしく四時, おばあ, かれは, けいれんする, こう薄暗い, この前歯, この女, この文化的, この際, これだけ, これには, これほどの, さえやりくり算段, さえ生きる, さえ近在, さえ陰気, ざあざッという, しばらくでも, しゃがれた音, しょっちゅうその, じいっと腰かけ, じりじりする, すらすら読め, そう思い, そう邪推, そこだけが, その一点, その一貫物, その仮面一つ, その供養, その口, その地位, その夜, その度, その強, その理由, その衣服, その陰部, それだけ, それだけで, それだけでも, それだけの, それとは, それ一つ楽しみに, そんな氣, たくさん凹面鏡を, ちょっとここ, ぢつと, でさ, でさえもそういう, でさえ入梅, ところどころ戸, どっち側に, どられの, なよなよと, にやにやし, に成功, のそのそ歩き続けてる, のひと言, のらくらし, の国粋反動団体的バーバリズム, の沙弥, の癇癪, の観念, の酔っ払い, はあはあと, ばかばかしくわが身, ひとりかの, ひとりに, ひとり刀を, ひとり山伏扮装の, ひとり眼が, ひと口に, ひと突き, ひどく泣き, ぼう然と, ぼんやり癈人みたい, まあ応急手当, まごついて, みたいに, もううれしく, もうここ, もうてんやわんやの, もうわけ, もう一目散, もう人, もう実直, もう興奮, もう野本くん, もう金, ゆったりし, わけも, アマーリアの, ウロウロし, カントは, グルグルと, コウモリを, サメザメと, ニコニコと, ヒュウヒュウという, 一ついまだに, 一つだけ, 一つはっきり, 一つもっともだ, 一つよそでは, 一つカーテンも, 一つ動い, 一つ底まで, 一つ焼け残った, 一つ異様に, 一つ私は, 一つ違っ, 一つ露西亜の, 一人, 一人に, 一人実行せな, 一人幕府を, 一人快活な, 一人老いた, 一人若い, 一太刀に, 一度だけ, 一打ちに, 一方が, 一方だけが, 一晩その, 一本の, 一気に詠みくだした, 一発で, 一筋世俗的な, 一篇の, 一言の, 一軒漁師の, 一通りバラリと, 一隻豊後に, 上達したい, 不斷, 世間並に, 事実の, 云はずには, 五日に, 仄白く, 他の, 他吉, 似合うという, 何か, 何となく歌っ, 何方が, 佳人と, 信じる値打, 僅に, 内容が, 内輪で, 出来を, 前へと, 創痕の, 千鶴子にだけかも, 単に, 取り止めも, 取得は, 古いといふ, 古い古い昔, 右手を, 君を, 問答の, 国手の, 地震だけで, 坐り込んで, 場所を, 壮なる, 夜光時計の, 夢中で, 大いに富む, 大形に, 大道易者の, 天命に, 天地の, 太陽の, 夫でない, 夫人のが, 字体が, 宿の, 寝るとき, 将軍家の, 小屋の, 小形である, 小舟の, 少しく形, 少し肩, 少数の, 尻尾が, 屋根の, 屋根裏の, 左手の, 巧みに, 席に, 平凡な, 年が, 弥之助弥之助と, 強健な, 彼だけに対して, 彼の, 彼自身を, 待って, 後世の, 得たもの, 御名前, 御自分たち, 心配そうに, 怒ってばかり, 急造の, 愛しあうという, 戦場での, 折りおりに, 抱き合って, 押しゃいい, 揺れ動いて, 放置され, 教会に対してのみ, 数値に対する, 日を, 日本に, 日本開教者フランシスコ・サビエルの, 旦那と, 明日, 昔気質な, 時々地鳴き, 時期の, 普通に, 暗い夜空, 書斎の, 朝廷への, 本願を, 東大壁, 松の木の, 楽屋廻りだけ, 次々に, 歩む, 氷ばかり, 法王の, 派手やかな, 涙だけが, 混ぜると, 渡り鳥の, 温泉に, 源氏の, 漫然と言葉, 無性に恥, 無為に, 無考えに, 無造作に, 煮ただけ, 物せわしく, 物語の, 独り, 独りその, 独り吹い, 現状をといふほどの, 生きて, 申しわけに, 申しわけの, 男女の, 畑と, 異常に, 発句を, 目下同校内玄関前に, 眼球を, 磁石に, 神を, 私が, 私だけが, 私は, 私を, 稼ぐ一方, 突き上げただけじゃ, 窓を, 立ったり, 立会検事の, 笑ひたい, 符圖が, 素人眼に, 細かな, 細君の, 絽刺しの, 纒綿と, 耳だけが, 耽読し, 聞いて, 背幟が, 能の, 腕を, 膝から, 自分が, 自分たちに, 自分たちの, 自然の, 艦艇の, 芸術家よりも, 若様一人お, 英国料理は, 英語英文に, 華族の, 落ちただけ, 藤井勝美と, 藩の, 虎のでけ, 蛮勇ばかりの, 衣服を, 要害を, 見える, 見世物見物の, 見物も, 規律や, 觀念の, 話を, 語らないもの, 語学を, 読むだけで, 謝りつづけて, 警官の, 譫事を, 財産を, 足元の, 遊んで, 運営委員会が, 道を, 遠くから, 遠く高, 金もうけの, 錦の, 長くかかる, 長くなっ, 間違って, 闇だ, 隠れたるモノ, 青眼に, 鞍だけは, 頷いて, 飛べないよう, 飛沫に, 馬の, 馴染んで, 騎士かたぎによって, 黙って

▼ でしか~ (377, 0.1%)

131 ない 70 なかった 20 ないの 9 ないと 7 あり得ない, あるまい 6 ないが, ないこと 5 ありません 4 ないという, ないやう, なかつた 3 あり得ないよう, ないので, ないのに, ないよう, 無かった 2 ありませぬ, あり得ないこと, ございませぬ, ございません, ないだろう, ないらしい, なくなって

1 [75件] あられなかったので, ありえない, ありえないと, ありえないの, ありませんし, ありよう, あり得ないだけの, あり得ないの, あり得ない心理学, あり得なかったの, あり得ぬはいふ, あり得まい, あり能わぬ, あるまいに, たが, ないから, ないかを, ないけれど, ないそうした, ないでしょうが, ないなら, ないに, ないのよ, ない人々, ない叔母, ない女達, ない孔明, ない屍体, ない帰結, ない思想, ない民主政体, ない筈, ない証拠, ない面白くない, なかっただろう, なかったであろう, なかつたけれども, なかつたにも, なかつたの, なかろう, なくあるまじき, なくいつか義兄, なくその, なくたとえば, なくつまり, なくなった, なく事々, なく内容, なく単に, なく意識, なく政治的自由, なく珠, もちから, もてなせない, やね, わからなかった, 千米を, 反対し, 字が, 存在し, 屈伸しない, 御座いませんでしたでしょう, 恋愛に, 有り得ないと, 標準を, 生きて, 生活を, 自分の, 見られない自分, 見知らない外国, 走ること, 走れない選手, 通れないほど, 通れない道, 通用しない

▼ であの~ (375, 0.1%)

7 人の 5 ように, 方は 4 ときの, 人が, 頃の 3 ひとの, ような, 人は, 男は

2 [22件] やうに, 事件が, 人に, 人を, 古池の, 女を, 娘は, 山の上の, 山之, 微笑ましい喜劇味, 方が, 日喋った, 時の, 時は, 洛陽の, 男が, 男の, 薄情な, 見えない天の川, 辺の, 通りその, 青いたんぱん

1 [290件] うつくしい花壇, うんきの中, おかみさんと, おばさんの, お侍様, お方の, お方様, お稚児さん, お美しい, お若さん, かたの, かぶと, きちがいを, きりやうで, きりょうで愛嬌が, くらい斬っ, ころと, ころは, しっかりと, すごい焼き打ち, すば, そこへ, とおりどなりちらし, ときおれを, なんです, はにある, ばばさまの, ひとは, ひどく荒唐無稽, ふたりは, ほろにがい味, ま, みじかい角, みょうな, やかまし屋が, よく道, イズマイロフの, インチキ野郎めが, エクサイティングな, カンヂスと, クレーンは, ゴミゴミした, タンタンタヽヽヽという, トランクには, ヘルメットが, ベンチの, マドロスを, 一万だけでも, 一番うしろの, 一番せわしない, 三角帽子の, 上の, 上落合の, 不器量な, 両眼, 中には, 中へ, 中を, 主従は, 事件は, 事実は, 二人は, 二人姉妹は, 二匹を, 二重の, 五名の, 人たちの, 人と, 人どう, 人形箱を, 人濠洲まで, 人自身の, 人達に, 人達ほど, 仕事ばっかりは, 伊賀の, 佛蘭西の, 優男には, 先を, 先生を, 先祖道斎が, 写真も, 凶事以来千種の, 出っ歯の, 出来事に, 分では, 剛勇無双な, 力持ちが, 叔父共を, 口やかましいがさつ者, 唄を, 嘘つきの, 器用な, 四人の, 四人を, 城趾の, 場所を, 声を, 夢幻的な, 大暴風雨, 大震災に, 夫婦も, 奥さんの, 奥様も, 女が, 女たちに, 女では, 女の, 女は, 女まで, 女中は, 姉弟の, 姿に, 威張り臭つた声, 娘が, 娘には, 婦人ともを, 婦人を, 子の, 子は, 子も, 子を, 子供の, 子供は, 学校を, 安っぽく感動, 定義に, 宝石ば, 実用に, 家が, 家を, 家内の, 寒村の, 寝台の, 対象に, 小さい離屋, 小娘を, 少女の, 岡を, 島から, 峻急な, 川沿いの, 師匠の, 幇間が, 年で, 年端も, 幼き日, 店は, 建物の, 強大な, 当時あらゆる, 当時は, 当時他人に, 彼女が, 後藤の, 御門の, 忘我的な, 忙しい停車場, 念佛踊りの, 怖るべき, 性分だ, 怪人集団が, 怪物を, 恋しい女, 恍惚たる, 意地の, 戀情についての, 戦争の, 扮装で, 扮裝で, 折の, 折は, 提灯屋の, 数が, 数千万円の, 方の, 方のは, 方を, 旅が, 日あの, 日本左衛門の, 日本橋で, 日梨枝子の, 時から, 時ぐらい, 時に, 時代と, 時分としては, 時分のは, 時奥さんは, 時期に, 晩の, 晩半次は, 曲者の, 有名な, 朝は, 木場の, 東京浅草の, 東歌が, 東蔵の, 板の, 柔かな, 桟や, 權右衞門は, 歌を, 歡喜天を, 武右衛門が, 殺人事件と, 気六ヶ敷い, 水の, 氷の, 浅い濁った, 海底の, 淫売女は, 深刻な, 清冽な, 点を, 無理な, 爺さんは, 片隅は, 物言いたげな口元, 甘い樽柿, 生成の, 生首事件, 番楽は, 発火坑を, 白水の, 相手の, 眞赤な, 眼の, 瞬間小萩だ, 短評が, 神様の, 程度の, 種類の, 穴ん, 空家へ, 筆子さんの, 細腹, 結構な, 絨毯の, 絵の, 総七, 總七といふ, 美しい少年, 羽織も, 老婆が, 脇差を, 船も, 色の, 若松屋へ, 茶店に, 華魁人形が, 虚栄っ, 蝶々を, 西洋の, 西洋人の, 豪奢を, 貸家に, 賑かな, 足で, 車夫の, 辺では, 辺は, 辺を, 通り人なつこい, 造りものの, 連中は, 道の, 酔っぱらいは, 釈迦堂で, 野っ, 金魚籤で, 銀行に, 鋭いきらきら, 間違えたご, 阿爺さん, 雀だ, 雀だって, 雑誌記者は, 雛形を, 露骨な, 青年は, 頃は, 頃帰朝土産の, 養子の, 高さ, 鶴見の, 黒船の, 黒部本流の

▼ で~ (355, 0.1%)

7 の心 6 の姿 5 を殺す 4 の影, の気, の顔 3 に怨まれる, に怨み, の声, の気持, の知らない

2 [24件] がいくら, が二人, が道, などを殺せ, に見せる, に頼まれる, のため, のよい, の上, の世, の前, の娘, の家, の履物, の目, の頸, もなげ, も満足, をいた, をだます, を人, を愛す, を殺した, 呼んで

1 [262件] あ馬鹿, からモデル, から怨まれ, から物, か怪物, がなつかしかっ, がよう用, がよくっ, が一人, が一度, が住ん, が元気, が四五人, が困る, が変った, が失礼, が好, が好く, が孤独, が正面, が歩け, が死ねる, が死ん, が気, が皆不思議, が話しあっ, が足らない, が驚き顔, さえ見れ, ずきが, でも殺し, でも殺せ, というもの, としては俊成, との応対, と争う, と人, と會つて, と激しく, と無駄話, と話す, なつっこい私, なつっこく, などをあやめる, なんか殺す, なんか殺せる, にいわれ, にかみつく, にとりいる, には義, にもらした, にも嫌われ, によってはこれ, によっては社会科学的実験, による, に今, に出過ぎ, に助けられなけれ, に卑怯, に危害, に向っ, に喜ばれ, に好かれてる, に害, に対しても為, に対して噺, に後れ, に心配, に怨, に憎まれた, に押された, に聞かぬ, に自分, に裏切られ, に見下ろされなけれ, に話し, に話しかけられる, に誘はれ, に語る, に迷惑, に逢, に逢わ, に頼っ, に頼る, に騙される, のいい, のいう, のうごめく, のおとなう, のかいた, のかげ, のこと, のそよとも, のヒミツ, の一生, の不幸, の世界, の世話, の二階, の伝記, の位置, の住ん, の依頼, の借りた, の做, の像, の出入, の危難, の反感, の叫び, の命令, の困つ, の大切, の天下, の好い, の好意, の如く, の妻, の寝しずまった, の寝入りばな, の尊む植通, の尊敬, の居, の居住, の弱点, の形, の往来, の後, の心身, の悪, の意表, の意見, の感情, の手, の揚足, の方, の最悪, の業, の機嫌, の気合, の気心, の気配, の氣, の為, の生命, の眼, の精神, の素養, の美貌, の耕す, の自由, の裏面, の褒める, の言う, の言葉, の話, の話し声, の説, の足音, の跫音, の身長, の身體, の輪郭, の運命, の頭, の頼んだ, の顏, の驚く, はいなかった, はすべて無言, はそれ, はそれぞれ, はそんな, はたしかに, はまだ, はむしろ, は先ず, は園内, は好い, は慎み, は文, は珍しい, は生き, は飯, は黴, むれの, もあなどり, もあらう, もなく, もまた, も上品, も善い, らしい物, をおびえさせ, をごまかそう, をしてやらせる, をしめ殺す, をじりじり, をそらさない, をたらす, をはらはら, をばか, をぶ, をみ, をやっ, をよく, をわけ, をジロジロ, を下, を人臭い, を使う, を信じる, を元気, を刺す, を千年, を叩き倒す, を呼び立てる, を呼ぶ, を喰つて, を嘗め, を嘲弄, を困らす, を奴隷, を威す, を幸福, を征服, を待つ, を恋せた, を愛し, を感動, を慄然, を招い, を救う, を斬った, を歩かせる, を殺し, を泣かせる, を笑わせ, を笑わせる, を緊張, を縛らない, を縛る, を舐め, を見, を見かけ, を見たら, を見る, を見れ, を観る, を誘惑, を説きふせる, を起こす, を蹴飛ばす, を近く, を迷わす, を通す, を除けさせる, を馬鹿, を驚かそう, 慣れて, 懐かしい犬小屋, 皆嘆賞

▼ で~ (351, 0.1%)

87 はその 6 はこの 4 はそれ, はただ, は自分

2 [25件] が今, にその, にはその, の子供, の方, の運動, の頭, はここ, はこれ, はなんだか, はほとんど, はよく, は大いに, は女, は少し, は常に, は思う, は犯人, は言葉, は隣り, もこれ, もまた, も精神病院, を圧倒, 分りませんもの

1 [268件] あ何, があの, があんた, がいよう, がその, がもし, がワグナー協会, が一層, が一目, が乗客, が何, が偽物, が千八百二十六番, が台湾, が右, が失策, が少年時代, が東京, が此処, が死ね, が民子, が相当, が納得, が翻訳, が聞いた, が華族, が虐め, が豊子, が辞職, が酒, が鴨, これから帰らう, こわいん, ですか, とてもかの, と云, と同感, と差向, なぞいかにいつも, なぞも青木君同様可, などが行く, などと違っ, などは南, なども今日, なども青木君同様可, など強い, なんかにはとても, なんぞとおどっ, にあてこすり, にし, にした, にたずねたい, については大使館, につかまれ, にとつ, にはそれ, にはちょっと, にはなんにも, にはよく, には不思議, には何ら, には分らない, には十分, には多少, には腹, には自分, には解らなかった, には話し, にひどく, にもそれ, にも一つ板前, にも入会, にも大西洋, にやわからない, に代理, に会い, に何, に向かっ, に會, に相談, に自動車, に親切, に顏, のお願い, のききたい, のこと, のよう, のライフ, の側, の厭, の友人, の声色, の大, の天才, の寝室, の心, の思い違い, の情熱, の想像, の懐中, の所, の手, の映画愛好, の歌, の正確, の気持, の気持ち, の無理, の生れた, の疑念, の短歌數首, の考, の考え, の蒙, の血, の行った, の行為, の言う, の言論, の話, の負け, の車, の顔, の飜訳, の魂, はあ, はあっけ, はあるすまない, はいつも, はいま, はいま底, はいろいろ, はけっきょくおふくろを安心, はこう, はこういう, はここ数十分後, はこの間, はこんなにも, はすぐ, はすっかり, はたまらなく, はだんだん, はとうとう, はとても, はどう, はどういう, はどうも, はどうやら, はどなた, はね君, ははじめ藤田さん, はひょうげ, はひろ子, はほんとに, はまじめ, はまず, はみんな本当, はめっきり, はやって来ました, はやむなく, はイギリス風, はコーヒー, はディナー, はハタ, はフランス, はルンペン, は一先ず, は一散, は一日, は七丁目, は三千円, は上陸, は不安, は二十三番, は今朝自分, は仏蘭西, は以前, は何気なく, は充分, は先ず, は先づそのなかゝら二つ, は出発, は出立, は却って, は可, は君, は吻ツ, は周章て, は和やか, は多大, は大学, は妻, は婦長, は嬉しい, は子供, は学校, は家, は小石川, は少から, は崖, は店, は感傷家, は手探り, は提灯, は早速, は明日, は曲線, は最後, は朝, は札, は様子, は正面, は毒薬死, は火鉢, は無駄, は煙草, は父, は甚だ, は碌々返事, は空中, は第, は結局君, は結論, は美事, は脱衣場, は腰, は腹の中, は自動車, は苦心, は英学, は英語, は行かなかった, は諷刺, は警察, は貨物車, は貸間, は辞表, は鏡, は黙っ, までこの, もかうし, もかつて, もさっき, もできる, も一所, も別, も大久保さん, も大志, も招かれ, も書く, も湯滝, も章, も笑っ, も試みたい, も面, よりも一年, をどう, を堪能, を妬く, を振り向く, を探し, を火星人, を犯人, を脅迫, を連れ, を酔わし, を長男, 堪えられないん

▼ でそこ~ (328, 0.1%)

5 いら 4 にある, へ行く 3 におのずから

2 [16件] からある, にあった, にこの, には人, には何, には前, にまた, に住む, に住ん, に作者, に土地, に立っ, の家, の草, はまた, まで行く

1 [280件] から, からすべて, からときおり, からなにか, からはお, からは湿っぽい, からバレちやつたの, からワーリャ, から乗り出そう, から二三キロ, から仏間, から他, から何等, から僧正, から先, から地上, から外, から奥, から如何, から学校, から左右, から彼, から校長, から毒茸, から流れ出し, から火鉢, から無用, から無線電話, から現代, から絶望的, から聞こえ, から自分, から落ち, から越後, から足, から身体中, から遠ざかる, から音, から頭, から首筋, から鶴見, があの, が個人的独詠歌, が問題, が峠, が彼女, が日本人, が話, が魔所, だけが生白く, だけが窪ん, でかうし, では単に, では実在, では神話的哲学, でも見かけない, で働い, に, にあいつ, にあな, にいる, においで, にさまよう, にし, にとどく, にとまる, にどう, にのけぞらしました, にはいささか, にはいろいろ, にはここ, にはじっと, にはそれ瀬尾教授, にはたしかに, にはつい, にはなんら, にはもとより, にはや, にはやはり, にはドア, にはロマン派, には一向, には一点, には不, には二十二三, には人影, には今, には何ん, には何等, には侵略, には劣等感, には四大河, には姉, には容易, には専門的, には杉, には歴史, には気味, には現在, には生活, には知性, には空気, には聖祖帝, には脇川, には見, には鏡台, には鳥, にふたたび, にもおもしろい, にもまざまざ, にも人, にも影, にも荷物, にやさしい, にやはり, にゐる, にエレベーター, にバケツ, にパリー民衆, にヒョッコリ, に一滴, に三々五々, に両, に並々, に並べ, に久保田さん獨特, に二年, に二年足らず, に云われ, に人間, に何, に何とも, に何れ, に倒れ, に再び, に出, に出入り, に古く, に古今, に喜び, に在る, に大阪, に奉公, に奥様, に奴さん鎮坐, に嫉妬, に実質的, に実際, に就職問題, に尽きる, に居る, に展開, に干し, に強み, に待合せ, に御, に打寄せる, に捉えられる, に据えた, に暴力肯定, に村, に歌舞伎, に死体, に気, に沢庵, に浮ぶ, に火, に燃え熾っ, に特徴, に生存, に甲斐, に皇居, に相当, に神自体, に立ってる, に籠つてさ, に純粋, に素敵, に腰かけ, に腰掛けた, に若々しい, に落ち, に訪鐘, に詳しく, に説明, に誰, に進歩, に集まつ, に鼾, のなにひとつ, のウダールニクたち, のガラス箱, の前, の女学校, の女将, の広前, の床, の店, の扉, の教程, の本立て, の村, の樹, の畦径, の番頭, の窓, の絨毯, の縁, の重囲, の門前, の頁, はまことに, は充分, は分譲地, は狼藉, は翻案者, は諸国, は豪い, へこんな, へは古, へは夏, へまず, へよじのぼる, へ二挺, へ住む, へ倒れかかり, へ倒れた, へ刀, へ坐る, へ思わぬじ, へ手, へ掛けろ, へ新しい, へ案内, へ毎年學生たち, へ油, へ目, へ移った, へ膳, へ茶道具, へ行くち, へ行っ, へ踏み入った, へ踏み込まれ, へ顔, へ飛び込んだ, までだ, までのこと, までの和意, まではいえない, まではわかりません, までは可, までは本能, までクダケテ, まで一緒, まで剣法, まで参ります, まで私たち, まで考えついた, まで行っ, まで行つて, まで要求, まで進む, も以前, をお立ち, をかまわず降り, をまた, を出, を出た, を列車, を動く, を去った, を引きあげ, を支え, を改造, を数回出入り, を見付け, を観察, を辞し, を逃げ出し

▼ であと~ (310, 0.1%)

9 は何 5 は曠野 4 はすっかり, はもう, は皆 3 はそのまま, はただ, は自分

2 [19件] が悪い, が続かなかった, のこと, は, はずっと, はそれ, はどこ, はほとんど, はまた, はみんな, は六部, は又, は口, は奉公人, は男, は皆馬鹿, は身, は黙っ, を二押三押

1 [237件] から, からついて行く, からやって来, から出た, から故意, から書, から歌舞伎座, から種々, から続い, から考え, から自分等, から追っかけ, じさりに, すぐああいう, でいろいろ, でお, では従兄弟たち, で一升, で初江, で同, で小言, で母, で炭, で物識りども, で食っ, にはこの, には一夜, に残っ, のこわい, のひそひそ, のより, のロール, の三人, の三十人, の事, の二, の二つ, の二人, の二枚, の五たび, の五人, の五時間, の人, の人数, の全身, の六人, の十, の口, の四ひき, の子, の子供たち, の席, の掛合事, の方, の物, の男二人, の舟橋, の葬儀万端, の贔屓, の連中, の騒ぎ, はあと, はあの, はいっこう, はお, はがらん, はきみ, はきれい, はことごとく, はこの, はこぼれ落ち, はさっぱり, はさながら, はさばさば, はすべて, はそつ, はそらぞらしい, はそれぞれ, はたいがい, はたいてい, はたいてい突然, はどうして, はどんな, はひと, はふりむい, はほんとう, はまるで, はみせかけ, はみな, はみな対症的, はみな西蔵, はみんな丙, はみんな海, はもう一度, はもじもじ, はものすごい, はやとい人, はよろしく, はわかりません, はアルバイト, はウヤムヤ, はモニタリング室全体防音装置, は一年, は一日中陰気, は一生, は一瞬間, は万全, は下男, は中国, は丸パン, は予定通り, は二十歳臺, は二階, は人影, は仲, は何ん, は何一つ, は余白, は傭兵, は全然, は全部和製, は冷酷無情, は出版社, は分からず, は別, は十年一日, は口頭, は古, は召使, は同じく, は品川, は唖, は坦々, は墨, は売りだ, は多く, は大人, は大概安月給取り, は太陽, は奈何, は奥女中十三人, は季節季節, は家, は家臣, は容器, は寄りつき, は小, は小者ふう, は市, は帰る, は年中, は往來, は往来, は惰性みたい, は意氣地, は懐しい, は戸, は所, は手, は押し黙っ, は拍手喝采, は数十年以来, は断崖絶壁, は日々ただ, は昏睡, は普通, は書斎, は本, は板敷, は林, は横浜, は次, は殆ど部屋, は残らず, は母, は決して, は海, は溝ぎわ, は熱心, は猫, は現れなかった, は瑛子, は生き, は生涯貝, は異様, は皆んな, は皆将棋, は皆男, は皆空部屋, は真空装置, は矢張り元, は私, は空白, は空間, は管長その他, は老嬢, は聞えません, は胸, は脚, は菓子, は行李, は見向き, は言えない, は言葉, は誰, は身体中, は近頃, は追求, は遠く, は鏡, は長女, は閉, は階下, は顧みない, は風の音, は飯, は鳴かぬ, へなにひとつ苦み, へはもどらない, へは引かない, へもどる, へも先, へ残る, ぽかんと見送っ, まで引く, まで皆, をごまかし, をたどりたどり, をつづけた, をとむらい泣く, を引く, を聞こう, を追っかけ, を追った, 何とも通知, 片づけを, 続けられずに

▼ で~ (298, 0.1%)

8 在ます 6 座ります 5 座りまする 4 座りませう 3 主人は, 在ましょう, 座りましょう, 座りますとて, 自身の, 近所の

2 [20件] 主人が, 主人の, 婚礼を, 子息の, 座りまして, 座りますが, 座りますな, 座りまするか, 座りやす, 心配な, 心配には, 心配の, 所領の, 本人の, 歴々の, 気の毒で, 泉水あたりの, 維新の, 自分の, 苦勞樣でございます

1 [217件] ざりやすか, ところには, ところの, ところへ, まけに, 一身上私が, 丁寧に, 上京なすった, 下屋敷の, 不縁にな, 不自由でしょう, 不自由な, 両親はじめ御, 主人も, 互に骨休み, 互の, 亭主と, 亭主や, 人品は, 介抱を, 佛の, 係りから, 修行を, 側へ, 元気な, 兄さんに, 兩親は, 処断によっては, 出でなさる, 出でに, 出なすつて, 出下されかし, 出家なら, 出席を, 出發, 分りに, 判断なされず, 即位が, 厄介かけ, 厄介に, 受納なく, 名前と, 品格と, 困りだろう, 在ましたか, 坐います, 城中わけても, 城主の, 報告は, 墨附を, 夫婦の, 奉行村越長門守樣に, 奮闘を, 奮闘御, 婚礼なされ, 嬢さんで, 嬢さんの, 存念の, 安心下すっ, 実子を以て, 客も, 家来でなく, 家来にも, 家来を通じて, 家来衆も, 家老がたを, 容態は, 寵愛に, 尤もな, 師職について, 常に, 常の, 年も, 座りは, 座りました, 座りましたろうと, 座りました私, 座りますか, 座りますかと, 座りますと, 座りますよ, 座ります田原, 座りませうと, 座りやすか, 座りやすな, 座りやせう, 座り升と, 当家さまへ, 微行の, 心も, 心を, 心中お, 心配でしょう, 心配です, 心配申し上げる, 忙しいでしょう, 恩報じ, 恩返しには, 愛情に, 慈悲に, 懇意に, 手数ながら, 手紙を, 承知でしょう, 承知でも, 承知の, 承諾下さります, 拝借の, 拝領羽織を, 挨拶に, 挨拶の, 推察下され, 政治むきの, 救いの, 斉眉の, 景気も, 書院番の, 本人さえ, 本尊の, 来遊に, 林軍の, 武家上りの, 武家方の, 消息などを, 満足, 満足し, 満足の, 濶達帝の, 為に, 無礼でした, 無礼を, 父称は, 牧さんは, 用件は, 用心なされぬ, 画像という, 留守居の, 當人の, 病中に, 相談いたしやしょう, 相談したい, 眷族の, 着の, 研究に, 神体は, 神前をも, 祭典に, 立腹か, 答えを, 米が, 米も, 粗末で, 粗末様でございます, 約束の, 約束も, 紋章の, 経を, 縁が, 縁日同じ, 老体に, 老体の, 聖霊が, 聞き下さい, 自分で, 自分でも, 自分も, 自身は, 自身采配を, 苗字は, 苦勞樣で, 英名を, 茶どころの, 落去あった, 裁可は, 褒美の, 要は, 見は, 親切な, 記念の, 評議が, 詫の, 話の, 誂ならこしらえます, 誰にも, 賛成申さなかった, 賞美の, 質問に対して, 辺へは, 近所じゃ, 近所ぢや, 近所でも, 近所に, 近所への, 返辞さえ, 迷惑お, 迷惑でしょう, 迷惑と, 迷惑を, 追放遊ばします, 遁げ遊ばす, 運が, 遠慮には, 都合も, 金の, 関係が, 陣幕に, 陣所へ, 隠居が, 隠居様さすが, 隠居様有り, 雇を, 離縁を, 雪太夫さまの, 領主さまの, 頼申升よ, 顏を, 食の

▼ で少し~ (295, 0.1%)

2 [11件] もその, も似, も彼, も怪しむ, も恩人, も感情, 三白眼に, 世紀末的に, 手取り早過ぎた似, 気を, 色褪せた鹿の子

1 [273件] あせり気味, おもしろくなく, おやせ, お色気, くすぐったい様, くらい高く, さしぐみながら, しや, すり寄って, すれば, ずつかじっ, ずつそれ, ずつちがった, せつない気, づつ少し, でもその, でも労力, でも唯研そのもの, でも発覚, でも自分, でも過去, とぼけ, ぬかるので, のあやまち, のま, のもつれ, の偽, の動いた, の土地, の妥協, の怪我, の拘泥, の根拠, の疑, の衒い, の遠慮, の隙さ, はい, はこんな, はその, はだけた胸, は世間, は事情, は凉, は原稿, は密猟, は強く, は怯, は武藝, は母親, は話せる, は道具, は骨, ばかりかち得た, ばかりだ, ばかりの松, ばかりの罪, ばかり元気, ばかり尽力, ばかり徳利, ばかり手間取りました, ばかり横着, ばかり武藝, ばかり洗濯, ばかり物好き, ばかり田舍, ばかり草餅, ばかり附いた, ふとり肉, ふるえて, もあせる, もあて, もおいしく, もそこ, もその間, もつらい, もべそべそ, もよく, もチイムワアク, も一様, も不思議, も僕, も兄さん, も入込んだ, も具体的, も内, も凹まない, も出来ません, も効果, も勉強, も動かず, も動かなかった, も勤め, も卑しい, も卑下, も取り乱さなかった, も問う, も変らない, も変わり, も嫌味, も實行, も差支, も席, も平素, も心配, も怪, も恐く, も慰め, も手, も手がかり, も手ごたえ, も手数, も押しつけがましい, も擽ったがる, も改善, も斬込む, も旅人, も早く, も楽しく, も気味, も氣, も油断, も深刻味, も清浄, も熱意, も猥ら, も異, も異常, も疑い深い, も私, も笑, も統一, も聞きいれる, も能動的, も自然, も色気, も落ちつき, も要領, も親しめなかった, も解決, も言葉, も訳, も詰問, も變, も變ら, も責める, も距離, も身代, も追窮, も進行, も道路, も酔う, も重, も重大さ, も開国主義, も隙, も馴れ馴れしい, よそから, わずらわしいが, オレンジ掛かっ, ヴェートウヴェン式なり, 下ると, 不穩, 中っ腹に, 亂雜な, 休んだらよが, 位聲を, 便利に, 修理すれ, 偏屈で, 内気な, 冷たい看護婦, 利口そうに, 前までは, 劣るという, 勢力の, 半間な, 厳つい方, 又, 口やかましくは, 吃りで, 含羞むような様子で, 商売に, 嚴つい, 図々しいとは, 変でない, 大きな犬, 大袈裟に, 妙だ, 媚態を, 学者の, 安心した, 容体が, 寂しすぎました, 寢亂れ, 小型では, 小声に, 左足を, 彼女の, 得意に, 怖いの, 悪辣な, 悪魔的で, 感銘が, 扱い憎い, 扱ひ, 故あっ, 日本画の, 早いが, 景気よく, 書取りでも, 柔術の, 極端に, 此方に, 此頃変だ, 気おくれ, 気が, 気違い染み, 江戸を, 注ぐ真似, 淋しくは, 無理な, 照れながら, 物の, 物わかりの, 猫背だった, 甘ったるいの, 甘美で, 甦った気, 異風だ, 痩せた胸, 目星しい, 禿げ過ぎては, 突飛な, 粗暴にも, 経てば, 腫物が, 腹が, 自分の, 若い人達, 荒っぽい方, 薄気味悪くなっ, 薬の, 虚無的で, 融に, 裁縫でも, 見倣うが, 訳が, 話が, 變ぢや, 變でない, 變屈で, 躊躇した, 退屈すぎる, 遅くは, 遅れて, 違つた, 酔って, 酔ひも, 金を, 間の, 陳腐の, 陽気すぎる, 隙き, 面はゆい所, 面倒な, 頼りない, 頼んで, 顏色が, 顔色が, 顔色は, 高いが, 鼻声で

▼ で~ (293, 0.1%)

12 に何 10 には何 7 のもの 4 の二人, の者, の部分 3 に何人, に深い, に誰, のこと, のすべて, の一つ, の人, の何物, の多く 2 が何, のどんな, の一等国, の九十三パーセント, の人たち, の地方, の大, の批評家先生, の理想

1 [207件] からの窺, からみ, から云われず, から圧制的, から壓制的, から怨恨, から拘束, から文句, から望まれた, から煩わされる, から金, では見られない, との交通, と同様, ならぬ作左衛門, にさしたる, にちょっと, にどこ, になお, になん, になんら, にはこの, にはこれぞ, にはそこ, にはない, にはなん, にはほとんど, にはまだ, には一つ, には人, には何一つ, には依然として, には別に, には目的, には規模, には親, には誰, には静寂, にひけらかす, にほとんど, にまつべきで, にも例, にも同じ, にも聞いた, にも落武者, にも随分, に一人, に一名, に一言, に事務員, に介, に何等, に其例, に劇, に四十位, に変った, に奪い取られぬ, に安, に密, に対しての発言, に平田禿木君, に弾丸, に役立つ, に御, に感服, に殆ど匹儔, に比すべき, に相談, に色っぽい, に被害者, に話, に話し, に連類, に適当, に金銭, に類例, に食事, のあらゆる, のおかず, のは, のひとり, のほう, のチベット, の一方, の一疋, の一種, の一般, の三人, の三品, の乗組, の九尺, の二種, の二頭, の五人, の五篇, の人達, の住所, の何事, の何人, の作り首, の作品, の修道院, の兄弟, の充実, の公私, の六十何篇, の六百余名, の凡て, の動物, の動物一般, の十七, の古論, の合言葉, の囚人, の四人, の國, の堂, の場合, の大社, の大辻, の女, の女性, の嫌がる, の子供等, の学究, の家, の容れ, の専門, の小説, の少年, の少数, の幾棟, の徳, の悉く, の意味, の批評, の指, の数本, の文士諸君, の新しい, の時期, の海老責, の消息, の火山, の点, の生徒, の男, の男三人, の県, の神様, の種目, の立派, の筋肉, の範疇, の素見, の職業, の艦艇, の草径, の要因, の諸, の連中, の遊星, の都会, の階級, の青年, の非人等, の魚達, はいずれ, はこれ, はすべて支那人, はすべて茫々, はすべて西洋人, はたいがい, はどう, はどこ, はどの, はみな, はみな猥雑, は一面, は全, は全滅, は全部, は全部排斥, は凡て模糊, は口, は大抵もう, は実験室, は手, は捨ておい, は昔, は水蒸気, は皆不自然, は真, は真っ暗, は真暗, は見覚え, は賓, へ譲り渡し, を試みる, 合も, 國を, 地方よりも, 山の, 易く空腹, 村への, 種の, 邦人が

▼ で~ (291, 0.1%)

4 もその, も彼 3 がどう, が見, の眼, もいない, もこの, もそれ

2 [20件] が一番, が云い出した, が悪い, が拵えた, が誰, でもほ, でも知っ, とでもすぐ, にでも敵意, にもお, にも気兼ね, にも迷惑, に聞い, の耳, もゐない, も今, も声, やら泣い, れも, れ一人女主人

1 [225件] か, かいのち, かかすか, かこの, かと柚子, かと駈落ち, かに嫌疑, かに話しかけられたら, かに追, かに追いかけられる, かの規則, からでも愛される, からも臆病者, かをとり囲ん, か人間, か取り違え, か大臣, か女, か来た, か来たらしい, か突然, か自分, か見えない, か身寄り, か追, か通りすがり, がいつ持っ, がきめた, がどこ, がどんな, がどんなに, がなんと, がもくろん, がわたし, が一番先, が亀井戸, が云う, が何, が作っ, が作った, が勝ったい, が嫌, が楽書き, が火事, が犯人, が申しました, が目, が絶対, が落とし穴, が見た, が見よう, が言, が診, が話した, が貰っ, が連れ, が金, しもあんな, しもがさう, しもオレ, しも一度, しも一応, しも上品, しも眼, しも茫然, だって文句, だって煩悩, だって絶対, だって自分, だつてお母さん, であっても, であつ, でもあれ, でもいい, でもがすぐ, でもそう, でもほほ笑ん, でもまず, でも一ぺん, でも一応, でも大概, でも承知, でも氣, でも通る, とて自分, とでも仲よし, とでも親密, ともわからない, とも会いません, とも更, とも最初, とも相談, とも知らず, とも結婚, とも覺, とも言わず, と話す, と誰, にいい, にか言, にしろ, にたのまれた, にでもお, にでもやれる, にでもわけなくできる, にでも描い, にでも頼母, にでも食べられる, にともなくうやうやしく, にもとがめる, にもまし, にも世辭, にも会っ, にも何, にも侮辱, にも分りゃしません, にも判らない, にも同一, にも好かれ, にも嫌, にも弁解一つ, にも愛され, にも指一本, にも真相, にも言う, にも話し, にも読みあやまられる, にも遠慮, に対してよりもひどく, に気がね, に沙汰, に確かめた, に話, に話した, に迷惑, に遠慮, のため, のでも, の先祖, の名前, の子, の影, の意見, の歌, の目, の真似, の知恵, の記憶, の部屋, は生きるべきでない, ひとりその, ひとり本当にしない, も, もあそこ, もあらためて, もいなかった, もかうし, もがいつ, もが一城, もが居らず, もが気がつかなかった, もが生き, もが軽, もここ, もこっち, もさえぎる, もはい, もはっきり, もテープ, も一向に, も一度, も于吉, も人, も出, も取押える, も口, も地主, も姿, も孔子, も寝起き, も尋ね, も居ぬ, も屋根, も往き来, も後ろ, も急, も手, も昇った, も此方, も気, も盜, も相手, も看病, も知らない, も確か, も確実, も美しく, も自ら, も行かなかった, も見えませんでした, も見た, も踊っ, も近づい, も面白く, も飛行機, も驚かさない, も黙っ, よりもこの, よりも一番, よりも熱心, よりも父, よりも遠慮, よりも頭, れ, れか, れに, をやった, を怨み, を捕えたら, を捜し, を探, を殺そう, を見, を調べる, 知らぬ場所

▼ でまだ~ (290, 0.1%)

5 一度も

2 [15件] お茶の, このほか, こんな恰好, その外, どこか, なんにも, ほんとの, 人影も, 何の, 何も, 徳川末期の, 日までは, 朝の, 真の, 見たこと

1 [255件] あたりは, あちらへ, あの子供, あまり街の, いくらか, いくらも, いずれとも, いっぺんも, いろいろに, うす暗かった, うす暗くなった, おたがい, お内儀さん所, お合羽さん, お高, がらくたを, きれいごとです, この辺, この辺り, こまかい話, これという, さう云つたカフエ, しかとした, そこに, そこらに, そのスパァニッシュ・フライ, その三分の一, その中, その名残, その娘たち, その時, その時分, その死骸, その男, その目的, その金, その頃, その顔, それ以外にも, そんなもの, そんな冗談, そんな父, そッくり半分残ってる, たしかめて, だれも, どこかに, どなたにも, どんな史家, ぬすまれたわけ, はいったばかり, はつきりした, ほんの造り始め, ぼんやりと, みんなに, わたくしの, カチカチと, ガラツ八の, グッタリし, テーブルの, ピオニェール分隊へ, 一つの, 一昼夜にも, 一晝夜にも, 一言も, 一遍も, 一題も, 七八ツ九ツばかり, 三十を, 三十五氏の, 三幕目が, 三年や, 上木せない, 下宿の, 下宿住居を, 世間一般には, 中に, 主人を, 之を, 乘組員の, 事態の, 二三日は, 二十九で, 二十歳台の, 交渉は, 京の, 人数は, 人格的生活には, 何か, 何処かに, 何処にも, 俺には, 優しい声, 元氣盛, 入棺の, 入棺も, 兵法を, 其の家, 内閣文庫に, 処女時代の, 出かけた事, 初更の, 判らない人, 十か, 十九で, 十二三年にしか, 十五分ぐらい, 十五歳の, 十六か, 口に, 君は, 呼ばれませんもの, 咳を, 四十臺だ, 夕飯も, 夜半に, 大さ, 大工や, 大模様, 大模樣, 天王寺へも, 夫人が, 女の, 女学生くさかっ, 娘らしい, 嫁を, 子供の, 子供子供し, 子猫の, 学問の, 完全な, 完全に, 定まる婿, 実地を, 宵の, 容疑者の, 宿屋へも, 将来の, 小人より, 小僧であった, 少年探偵団に, 山仕事の, 帯も, 帰って, 帰らない, 年も, 幾人かの, 床の間に, 弁天堂の, 当分出られない, 役人衆は, 後十日くらゐ, 御本, 御通行, 怖い江戸城, 思い出せずに, 懲りずに, 戸も, 折目の, 早いの, 明けきらないうち, 明るくて, 明智とは, 暮れてから, 暴れて, 服を, 朝化粧も, 本体は, 東京には, 枯れずに, 根本的の, 歌一つうたえませんでした, 正午前の, 死んでは, 母にも, 氷結も, 法事も, 注目すべき, 洗わないから, 浴衣を, 海水浴は, 湯灌も, 濡れた頭髪, 濡れて, 無罪放免という, 煮ても, 父の, 片づけてないつや子, 独り者である, 独身であった, 猪之, 理科大学物理学科の, 甘ずっぱいよう, 生々としては, 生きて, 生きては, 生徒に, 病気は, 癪を, 百五六十年にしか, 百五十年も, 百年にも, 確かな, 確かに, 確定的の, 私も, 空の, 立つて, 第三巻目, 第二幕, 箱書きが, 結婚まえ, 結婚も, 肩揚げの, 肩腰が, 自分が, 自動車も, 色も, 若々しくさ, 若かつ, 若くて, 若く寺, 苦しそう, 菰も, 落ち鮎, 薄ら寒いこの, 藁屑を, 藁葺の, 蜂も, 表向きには, 見ぬ幼き, 覚めやらぬ夢, 解けません, 言語を, 記憶の, 評論的な, 誕生にも, 誰にも, 踏みかためられて, 身に, 逢ったこと, 道中に, 部屋住では, 部屋住み, 間が, 関数関係にさえ, 降って, 雨戸を, 雪の, 電車も, 青空の, 面識は, 領事館へも, 頭の, 黄昏でも, 黒くて

▼ で~ (279, 0.1%)

5 ぃか, ア 3 然し雪 2 あととりや, おれは, この十柱, それが, どうも女, わしは, 一緒に, 今は, 子どもとは, 子どもは

1 [246件] あちこちうろうろ, あてには, あなた, あの晩四つ手網, あれに, あれを, あんたの, いつもひとり, いと盛大, いひ, いやとてもとても, いや敦子さま, いら, うどに, え, えと見付, おい姉, おおかた強い, おぬし, おまけに, おれの, お上の, お前さえ, お前さん, お前先に, お前様, お医者, お山の, お盆前では, お礼は, お許しを, かま割れを, きのうまでに, けらにや, ここいらは, ここは, ここへ, こちらも, このかわいい, このごろは, この世の, この咽喉, この宿縁, この崖, この木, これが, これは, これば, ご府内, さう, さばさばしただ, ざっとまア, しっかりやん, しみったれに, すごいほどの, ずいぶんなげえ, ずいぶん遠廻り, せっかくここ, せっかく手紙, そいで, そこに, そのうええらい, そのそば, その卓子, その季節, その手, その晩, その身内ども, それからまだ, それに, それにゃ, それも, それを, そんなこと, たいした仕事, たとい厄介, たとえばかったい, ちょっと好き, ちょっと或, つまりは, とかく変った, とても思い切れない, とんと見当, どうか御, どうも, どちらかと, どっちも, なおったらすぐ, なかなかそういう, なんちかんち, のらくらし, はい, ひとつ様子を, ひょろりと掌, ほかには, ほっといても, ほんとの, ほんまに, まあ待っ, まあ朝寝, まこんな, まだ奉行, みな木樵を, むやみに, めったに外れまい, もし, もっとも下, やつがれも, やむを得ず苔, よいか, よう相撲を, ろくな茶, わざと怒らせ, わしが, わしを, イワンわしは, ウヤムヤに, ミカンは, 一寸利口, 一杯山盛, 上官, 上水の, 不安と, 世間じゃあ, 今では, 今も, 今年度の, 今日は, 今落窪, 何も, 何んで, 使われる身, 例えばその, 例の, 俺が, 先が, 全く何, 八つぐらいの, 其の後奥様附, 其の癖山道, 別にこれ, 前には, 十銭下さいまし, 又やった, 古馴染の, 同じ新選組, 名主様から, 女ばかり, 女を, 子供は, 実はそれ, 家を, 小型じゃけ, 小男の, 小舟町へ, 少しぼんやり, 左様思え, 己ぁ気が, 己が, 帽子の, 平家さんの, 幾たび目を, 影の, 彼の, 往来から, 後で曝, 思いきって, 我々とても, 所望です, 手紙も, 文士じゃ, 斯う, 斯う云っ, 日当千円の, 早く手当, 明晩も, 時々の, 朝に, 村長でも, 東京で, 機鋒を, 此処を, 此処等は, 此奴に, 武どん, 武家の, 殿様に, 殿樣に, 毎度の, 毎晩, 気狂い水などと, 泣虫の, 海の, 火でも, 災難で, 率直だった, 界隈の, 病気平癒の, 知ってる通り, 私は, 稼業は, 第一センス, 筆を, 米搗きから, 紀元節の, 義兄弟であった, 翌朝直にも, 耳元を, 聾の, 背が, 自分は, 船が, 若いころ, 苫を, 萬事は, 蓮信上人忙しく, 衆人の, 行く行くは, 西も, 見たとも, 註文し, 誰か, 誰を, 諸事思う, 赤土一升を, 起動法は, 轢くこっち, 近いところ, 退引, 金輪際見落とし, 釣ったら晩, 長崎奉行に, 門司の, 門地から, 随分江戸, 隠居は, 面目も, 順序を, 頭ア胴へ, 風も, 首斬, 駅まで, 騒がせて, 鴈治郎の, 鼻の, P公うう

▼ で無く~ (273, 0.1%)

7 てはならぬ 4 て何で 3 それに, なつた

2 [15件] して, ちゃア, つても, て, てこれ, ては出来ぬ, ては見られない, ても大, て不可, て何, て何ん, とも何, なつて, 私の, 言ひ

1 [226件] いつの間にか自分, いろんな事, いろんな方面, こういう時代物, この僕, さなにか, すむであろうと, その三カ月, その人生社会観, その男, その直後, その良き, それぞれの, それは, ちゃだめ, つてお, つては, つて何うし, つて兵馬倥偬に, てあんなに, てさ, てさえこの, てさえ文学, てならぬ, ては, てはいけません, てはとても, てはと云う, てはと云った, てはならない, てはむづかしい事, ては了, ては出ぬ, ては出来ない, ては別れられる, ては四方八方難儀, ては堅固, ては成らず, ては成らぬ, ては歩み得ぬ, ては百千回, ては観られない, ても, てもへえ, てもまるで, てもよ, てもストリンドベルヒ, ても一般, ても世間, ても久保, ても好い, ても慄, ても政宗, ても教, ても斯, ても昔, ても済む, ても義理, ても警部長, てよかっ, てよかつ, て人, て人間, て他, て値打, て内部, て動く, て君, て外報部, て夫, て実際, て差し図, て幾度, て強い, て心理, て手腕的, て政治, て有り得べき, て本統, て汝, て灰褐色, て甚次, て男子, て百円, て細田氏, て誰, て近頃, て魔物, て龕燈返し, ともいい, ともこれ, とも日頃, とも相当, なつたからと, なつたの, なつた品, なつた金, ば打ち明けられぬ, ば此, ほん心だ, また偶数, まだ独身, まちつと, まつさ, むら気でなく, もしもこうした, もっと致命的, もつと, も無い, やっとの, アザミ・カヘロッパ・コゴミ等の, イベットが, ッて, ムダな, 一口に, 一般人の, 中に, 中華民国婦人を, 中華民国貨幣同志でも, 事を, 事毎に, 亜弗利加の, 人事が, 今も, 今日と, 他にも, 体も, 僅少ばかりの, 先生の, 全く對等, 全体に, 全我, 其れ, 其人を, 其画が, 凶惡で, 別に理由, 到底天賦, 助長的で, 却って何だか満足, 卻つて相互に, 卻て, 又時々, 只氷, 吾等の, 変質的芸術家で無かった, 大島や, 大戦前, 奥様から, 妙に, 始められたもの, 家庭及び, 實物研究にも, 實際の, 寧ろ多く, 審美眼さへ, 左手も, 幻燈の, 廣く, 廣くもない, 征服被, 性質と, 性質も, 感情を, 戀する, 戲曲らしい, 文太郎の, 文章が, 新劇界内部, 新協新築地両, 新嘗, 既に昨日, 日本神傳に, 春の, 時々は, 更に内職, 朗かの, 朝鮮産の, 松火で無い, 根本的に, 次の, 正直な, 此の, 此処いらん, 母親が, 毎夜大山通や, 比較的にばかり, 海から, 渝関, 漆黒の, 熱狂的な, 狂妄で, 産前産後に, 男と, 男女の, 男子と, 社會の, 福を, 私が, 私自身の, 立体派後期印象派未来派は, 笑って, 精髓から, 終戰後ひどく, 経済上社会上政治上道徳上関する, 聲そのものに, 自分も, 芸術以外の, 苦力の, 行く, 行に, 見よや, 読者諸君を, 誰に, 近所で, 逆に, 道徳的人情的義理的で, 郊外からの, 釣は, 長女の, 随分種々, 障子の, 靴も, 飾つてあつ, 麥や, 黒と

▼ で~ (270, 0.1%)

3 それを

2 [11件] ほかの, もとの, をかしい, 例の, 別の, 尤も困難, 有名であった, 渠自身は, 甚だヒステリイ, 襖を, 面倒な

1 [245件] あがりそう, あまり露骨, いかにも弱々しく, いつでも, いつもの, いろいろな, うまいの, おもしろいで, お世話やき, お寄り, お目, がやがや云っ, くみ上げて, さうし, しても, すぐに, せっせとやりましょう, そうでなけれ, そのお, そのこと, その先, その姿, その憤慨, その撲ち, その最中, それが, それぞれの, それと, それ以上に, それ程に, たあの, たぶさき, た彼, た變屈, ちがう子, てく, どうにかし, どんなおしゃべり, なんとか仕様, なんとか好い, のび今, ぱったりと, ひとしきりあっちこっち, ひと揉みする, ほかへ, もうはなさない, も迷宮入り, も黒い, ハイボール, ハイボール二, フキガスと, 一くさり, 一しきり高く, 一つモスクワと, 一層バタ, 一廓の, 一方より, 一服さし, 一番六ヶしい, 一際高く, 七代理と, 七郎も, 三郎と, 三郎の, 上甲板へ, 下る時, 不可欠の, 不適當かも, 世人も, 中に, 中絶えし, 事実ヒューマニズムは, 二ヶ月か, 二人に, 二円半の, 二十銭を, 人が, 人間の, 今後の, 今日国際的な, 今見る, 仏教に, 他人の, 何う, 何かの, 何とも, 俳優協会の, 健全な, 僕に, 元どおり卵, 元の, 兄さんが, 充分な, 八道心は, 六からも, 六とは, 其れ, 其品, 其目的のみの, 出かけ四角, 出て, 十七日の, 千兩出したら, 千草さんと, 卑怯者の, 博物館が, 危險で, 原城包囲の, 原子爆弾の, 反省的な, 同じで, 同じ一人, 同時にうまれる, 同時に幸若舞, 商売の, 四段目から, 国際的だ, 土佐へ, 堀井等と, 声帯模写を, 変に, 変動の, 多くは, 夜の, 大いに飲んだ, 大きな声, 大阪にも, 太郎高氏が, 奇蹟の, 奥行を, 如何に, 妖艶な, 妙な, 姑く, 姫の, 嬉しそう, 子供が, 容易いこと, 寝た昼, 川, 左衛門も, 左衞門も, 帰つて来る, 常識に, 幽界の, 引っくり, 彦根へ, 急いで, 恐ろしい事, 息を, 悲しそう, 意気相許した, 慌しく関西, 憐れげで, 懲りも, 我が母, 手釣り脈釣りで, 打毀して, 技術の, 搜しました, 摩訶不可思議な, 敏速さだろう, 新しく井元, 新井君が, 日本へ, 早慶戦を, 明るい, 映画を, 景気い, 暫くは, 更に新しく, 最も一般的, 最も抽象的, 最も経済的, 最近の, 有力な, 有害な, 東京へ, 案内女は, 歌舞妓の, 此の, 此大地の, 歩きながら, 歩き中井さん, 氷に, 瀕死の, 烈しいもの, 無数の, 無數, 無雑作, 特に現実味, 特徴的な, 現世的匂いの, 疾風の, 益田が, 盛んな, 盛んに, 相当笑, 眼を, 知りたいの, 祥瑞五郎太夫頃に, 禁ぜられても, 私の, 私は, 私への, 穏当で, 窃と, 竹竿を, 笑いばなしが, 笑つた, 第二, 者が, 能く, 自らに, 自然に対する, 自覺, 至れりつくせり, 衰え始めて, 観音経を, 話す結局社長, 誇りや, 豊かで, 転げたん, 通用性に, 遊びに, 達し得られないよう, 遲鈍である, 金出し, 鎌倉時代に, 長い其日, 開成山という, 間接に, 附いて, 降って, 隣人の, 雪が, 電話の, 電話口での, 非常に, 頗る解らぬ, 飛出す崖, 食国の, 馬を, 駿介ならぬ, 驕奢で

▼ でどこ~ (256, 0.1%)

7 をどう 6 へ行く, へ行った 4 がどう 3 かでむしろ, からどこ, といっ, の誰, へ行っ

2 [11件] からどう, から見, か違った, にも人, のお, の国, の家, へ持っ, へ逃げ, まで行っ, を見

1 [196件] かいかつい, かいくさしたら, かうら淋しい, かおおまか, かが引っかかっ, かきまったりゃ, かこの世, かしらそれ, かじじむさい, かでしきりに, かで生き長らえた, かとぼけた, かにちゃんと, かにひよう, かに一服腰, かに合印, かに流れる, かに立ち, かのダンスホール, かの土方部屋, かの土産物, かの山奥, かの親たち, かの貸座敷, かの遠い, かの部屋, かへと思います, かへ仕事, かへ行ったら, かへ行つて, かへ連れこまれ, かほか, からか同じ, からが個人攻撃, からが狎れ合い, からが笑談, からこんな, からつれ, からともなく, からも人, からも答える, から出たら, から手, から抛り投げまい, から持っ, から来た, か他, か元, か器, か安楽, か少し, か快い, か惨め, か抜けてる, か抜ける, か放心, か気抜け, か氣味, か田舎, か皮肉, か聖母像的, か自然, か西欧, か足らぬ, か野生的, か間, か静か, か風格, か體, がよい, が上, が人間, が何, が博奕, が戦, が狂った, が芸術的, が責任, が頭, だか, であったかは, でそんなに, ででも寒, でひろった, でもあかり, でもあんな, でも傭っ, でも歌う, で両, で得た, で得られた, で見掛けた, という特徴, に, にある, にかくし, にか天下, にか引か, にか身, にでもそんな, にでも居る, にどう, にどうして, にどんな, にもしっかり, にもその, にもそんな, にもよそ, にも一人前, にも乱れた, にも交切, にも人っ子ひとり, にも人影, にも人間, にも坐れない, にも山, にも橋, にも武張った, にも病, にも病人, にも穴, にも見えない, にも迷惑, にも通ぜず, にも雇, にも黒い, に一つすき, に住ん, に來, に居る, に新聞発行所, に目, の劇場, の城, の城下, の大学, の婦人, の山奥, の座が贔屓, の敷居, の町, の聯隊, の藪蔭, の金物屋, の鉄道局, の風呂屋, の馬の骨, へいっ, へいらっしゃった, へかくれた, へか御, へか遊び, へでも一人, へでも歩い, へでも舟, へどんな, へはこん, へ何用, へ入った, へ望み, へ水差, へ泊まっ, へ行こう, へ這入る, までがほんとう, までが冗談, までが真実, までつづい, までもあと, までもお, までもこの, までもつけた, までもどこ, までも其の, までも宣命, までも少女, までも差別, までも弦, までも無分別, までも男性的, までも触れこみ, までも運, までも長い, まで一所, まで実行, まで生き, もここ, やら男性的, をさがし, をみ, を何, を來, を向い, を目掛けましょう, 吹く風, 迄も

▼ でそんな~ (254, 0.1%)

27 ことを 9 ことは 7 事を, 風に 6 ことが, ことで, ことに 4 ものが, ものは, 事に, 工合に 3 ことから, 馬鹿な

2 [12件] ことの, ことまで, ところへ, 事は, 古いこと, 噂などを, 大それた, 年頃の, 時に, 立派な, 縁故から, 関係から

1 [140件] いやがらせを, お偉, お怪我, お梅どんみたい, お茶の, かあ, けわしいやりとり, こころないこと, ことには, ことにも, ことはずかしい, ことばかりを, ことも, ことをば, さいに, そな, ちょっとの, ときたびたび, ときの, とき折角だ, ところにも, ところは, ところを, とぼけた会話, のは, のを, ひといやだ, ひどい怪我, ふうな, むずかしい仕事, ものに, ものよりは, ものを, ような, ように, わけだ, わけで, ダシの, 一座や, 下手もの, 不平は, 世間的の, 乱暴, 事から, 事の, 事も, 人じゃ, 人達に, 仕事は, 仕事を, 他人なら, 休戦旗を, 何か, 余裕が, 余計な, 六つかしい, 凄いところ, 力が, 勝負を, 危ないこと, 可怪しい, 名前が, 噂が, 場合には, 塩梅な, 声が, 変調子の, 夢が, 夥しい実在物, 大火を, 奴は, 姓名は, 子供らしい, 実行家じゃ, 小さいもの, 小鳥なんぞ, 山奥の, 工合で, 幼さ, 弥次を, 強い事, 心を, 心配は, 思はせ振り, 怪我を, 悪い智慧, 情けないこと, 愛しみ, 成人の, 手合を, 手数の, 扮装を, 折に, 折には, 持参金を, 文句から, 新聞が, 昔の, 時には, 時の, 時は, 時代に, 時分に, 時自分にも, 柄に, 死を, 氣に, 浅ましい事, 海は, 淺ましい, 滑稽な, 点から, 無理を, 無礼な, 物の, 物を, 状を, 甘手, 生ぬるい興味丈, 病気が, 短い交際, 筈は, 素人漫才屋が, 考えは, 自分の, 芝居を, 観察を, 言葉を, 訳で, 話も, 話を, 論議を, 負傷を, 費用が, 費用は, 身体で, 身分に, 農奴が, 遠いところ, 顔を

▼ で~ (250, 0.1%)

6 ぶとを 3 これを

2 [12件] あいそう, お茶と, かつて来る, これに, それを, だん, ッこむ, 人に, 奥さんは, 嬢や, 此の, 此世で

1 [217件] あ, あいつが, あてん, あとして, あるいは素裸, あるいは行員たち, ある日, あん, あんか, いつの, いろんな口実, ういふところ, お信さん, かっと逆上せ, かつた, かつて来, ぎながらどうしてもわからせてしまわなければならないと, ぎまはしたあげくこの, こうして夢, こうも, このよう, この作品, この俳風, この孫六, この岩屋島, この気味, この阿弥陀如来, さる禁, ざつた御殿よりも, ざつてあつて柱には, ざつてゐるのだ, そいつは, そのうち, その反動, その口, その夫人, その姉たち, その怪人物, その方々, その棚, その責任, それだけの, それとも悪意, それとも誰, たみの品を, ちと変, ぢつ, ぢを, っ子だ, とにかく何, とにかく俺, どうか, どうかは, なかなかな, なぐり落し, ふいに, ぶつた, ぷっと呑ん, ぷつと呑ん, へること, へるぬかるみ, へるの, へる師匠, へんな, ほどき物を, まさかそんな, ますや, またはこれ, またはどこ, または裏, まだその, まるで顏, まるで顔, みなほした, みんなの, もしくはこの, やく飯, やつは, ような, ように, よし, より激しく, わざと腰, アははと, ッと, ッぽ, トキエが, ナオミの, パパ樣ママ樣と, ベルナルドオを, ヤコフ, ヤタロウという, ヤタロウといふ, 一とおり質問を, 一戦あろう, 一時快く, 三方に, 下の, 不機嫌な, 二人は, 二十日ほど, 云いましょうとも, 亜米利加が, 交易を, 人を, 今度は, 他人の, 何者かの, 修道院と, 偏僻頑陋と, 八の, 其の一族, 其儘に, 其蒼白い, 内外に, 出来るだけ, 出来る人間, 動し得べき, 叔父は, 名告, 哀愁を, 墮つる期あるべき, 声を, 売りだしたばかりの, 外国文学の, 多良井家の, 威名八州を, 学校を, 宵すぎる, 家を, 寝間着かで, 山崎は, 強姦の, 彼は, 御利益が, 御託命の, 心に, 急に, 怪しの, 恐しき罪, 我を, 或はわかっ, 或は他, 戦時中にも, 手を, 抵抗を, 振り切るべきでは, 捨てさせ給, 数年前から, 料理通の, 斯る, 新劇協会の, 新聞にも, 既に七十余年, 日常の, 是非なき, 月々百ドルという, 東海道線の, 歌妓を, 此儘に, 殊に老い, 気味が悪くて, 水雷長は, 汝が, 汝等如き, 治する, 泣出した, 浅間様が, 潮来節を, 火星人は, 爺, 猶太, 現はれ, 現はれる, 現実にか, 生意気だ, 疾く爾, 百ヵ日当日の, 盆に, 盗み出したもの, 盛岡師範の, 目下冬だ, 真心を, 知らざら, 知らぬが, 知らぬけれど, 私は, 管領せ, 紅血を, 絵に, 老人は, 能く, 膝で, 自分の, 至って呑気, 舎人も, 舞台に, 船は, 蘭軒の, 蚊帳の, 行くこと, 表彰したい, 見た樣, 覚悟を, 言語の, 誰の, 貝殻で, 農家では, 連れて, 酒は, 鋭い刺, 長くかかる, 階段で, 風情を, 餓死し得, 馬と, 驚かざるを

▼ で実は~ (247, 0.1%)

3 今まで, 少しも, 重大な 2 さうで, そうでない, それほど気, ないの, 一年間の, 何も, 彼の, 複雑な

1 [222件] あなたの, あなたは, あなた様を, ありがたくない, ある固定, あれで, いつしかそのもの, いつとも, お鎌, かうしたもの, かなり深刻, きわめて快い, きわめて脆い, こういう事件, ここに, こないだ中から, この人, この熱田, この通り, ご子息, ご辺, さんざんの, ずるそう, そうで無い, その荷物, その裏面, その辺, その逃げた, それが, どうでも, どうにもならないらしい, なか, なかなかむずかしい, なかなか掴まえ, なかなか琵琶, なって, ならなかったと, の, はつきりした, はなはだしくきつく響い, はなはだ当, はりつめられて, ばかだ, ばらばらな, ぱっと飛び上ったらしい, びっくりした, まだ夕飯, まだ迷っ, むしろ内心, むずかしい, むずかしい実験, もつと, よけいな, わからないの, わざと商議, わしも, わたくしが, わたくしも, フェロン一行を, メッキだって, 一貫した, 不孝ばかり, 不完全な, 主として山川正太郎, 主君の, 之こそが, 五臓が, 亜米利加の, 人に, 人を, 今その, 今日これ, 今日も, 仏蘭西人の, 付け元気や, 似た心理, 低いところ, 住民を, 何等の, 余り気, 先ほども, 先日新聞で, 光線の, 入れません, 八丁堀の, 内々ひどく, 内々嬉しく, 内々様子を, 初めは, 半ば以上, 危険性の, 原理的には, 反感を, 台湾の, 同じ基調, 君達だけに, 問題でも, 喰うにも, 四五人である, 地面に, 墓に, 外の, 大きな穴だらけ, 大分ふら, 大分ふらふら, 大切な, 大変に, 大変直接な, 大洗の, 奈何し, 女の, 好きな, 如才ない, 妙案などと, 娘も, 婦女子を, 存外そうでない, 季の, 孤独であった, 宝を, 実証に, 尊台が, 尊者の, 小, 小兼, 小館に, 少し折, 少し調べたい, 少し違った, 居酒屋の, 己が, 幾多の, 建築主から, 弱った, 当今の, 当時の, 当然で, 彼女妊娠で, 彼等は, 後宇多天皇, 御隠居, 心底の, 恐ろしく愚劣, 恐ろしく骨, 恵まれない不幸, 悠々と, 悲劇の, 意外でも, 愛しては, 感覚的な, 慧が, 成功だった, 我々も, 技巧の, 搭載し, 敵の, 新吉は, 早速一月寺, 昨年, 普通の, 暖かい, 書斎とか, 最も安全, 来春にも, 林田に, 極めてどうでも, 極めて深い, 止めちやつたんだ, 此村の, 死体を, 死味に, 毎週一回午後三時から, 気の毒な, 池田筑前守政重の, 決して服従, 河を, 涙もろく, 漠として, 無類の, 熱心に, 物質という, 現在も, 甘えたつもり, 甚だわかり, 生面に, 申し上げたかった事, 病痾を, 病院, 痛切に, 盗賊の, 矛盾でない, 矛盾でも, 私も, 穴馬谷へ, 精緻な, 細かい用意, 罪悪ばかりの, 考へた名義, 自分自身を, 蝦夷の, 行き倒れの, 見かけほど, 言い消されるよう, 言ってること, 読む人, 貴公に, 貴女の, 貴方の, 越前大野郡の, 輪廓を, 進歩に, 逸作には, 酒宴を, 金目の, 門田樸斎の, 関西流の, 雀の, 非常に, 順に, 頗る大胆, 頗る重大, 風に

▼ でもの~ (242, 0.1%)

17 をいう 12 を言う 11 を云う 10 をいっ 9 を云っ 8 を云 5 をいった, を見る, を言っ 4 を考え, を言 3 をみる, を云った, を書く, を考える, を見, を言つて, を読む 2 をいつ, を云い, を云われ, を書い, を書いた, を考へる, を見た, を量る

1 [115件] おもひと, がいえなかった, がで, が乾く, が云っ, が哀れ, が少し, が見える, が言えない, が言えなかった, が言えなくなった, ごしの, ずきな, ともせず, にこだわらない, にし, にしそこねた, にした, にしよう, にする, にならない, になりません, になる, には銀, に仮借, に当る, に襲われ, のある, のはずみ, のわからぬ, のハズミ, の一尺, の割れる, の始め, の姿, の気配, の煮える, の生命, の見える, は相談ぢ, もいえない, もいわなけれ, もらい, も出来た, も申されぬ, をあれこれ, をいいつける, をいいました, をいってる, をいふ, をいわす, をいわする, をいわない, をいわなくなり, をおっしゃる, をかきむしる, をかく, をかん, をくれ, をくれる, をしゃべる, をたたく, をとりあげ, をぬすんだ, をのむ, をもっ, をゑぐるやうに對象, を云いかわし, を云いたい, を云つて, を出し, を口走りたい, を壊した, を売っ, を左右, を干し, を想像, を感ぜし, を抱える, を捕える, を捧げる, を書きとばし, を書けない, を期したるごとく, を洗っ, を焼い, を煮, を現す, を痒, を盗まれ, を考えたがる, を考えてる, を考えない, を見てる, を見よう, を言いたがり, を言い出した, を言い合っ, を言い合わない, を言うた, を言った, を言ってる, を言わん, を語る, を買う, を身, を食う, を食べさせ, を食べない, を食べる, 云うごとくで口, 優しい, 思わしげ, 懐かしくも, 言うからこそ

▼ でどう~ (234, 0.1%)

22 すること 10 したの 6 しようという, するの, 見ても 5 だい, にもならない 4 した 3 しようって, しようと, しようも, するつもり, だね, でした, なるん, なん, やって

2 [15件] したもの, すると, するわけ, するんだい, すれば, ともして, なつた, なの, なるか, なろう, 云つたら, 考えても, 詮索し, 話が, 間違っても

1 [113件] あがいても, あろうと, いふこと, いふ殺し文句, いふ氣持, いふ鑑定, いふ風に, おもてなし致し, かされちゃ, かと思っ, かな, かまあ, かもう一度, か今, か君, か始末, か養生, したあれ, したこと, したと, したといふ, したもん, したらいい, したらこんな, したらよかろ, したんだい, した彼奴, した訣, しますか, しよう, しようかと, しようっていうの, じゃな, する, するおつもり, するもの, するッ, する事, する今日, する気, する男, する術, だ, だい今, だい様子は, だい驚いたろう, ださっそく, だった, だったん, だった面白かっ, だな, だろう八重梅さん, ちがうの, でしょう春, でしょう此所, でしょう銭, でもいい, でも死ななけれ, でも法要, でも解釈, でも連判状, といつ, ともその, と云, なさいます, なさいますか, なさるつもり, なすつたの, なったの, なったやら, なったらう, なること, なるという, なるもの, なるわけ, なる性質, なんで, にでもお気, にでもずらす, にでもとれる, にでもなる, にでもなれ, にもならなかつた, ほぐしやう, 亂れ, 云おうかと, 云われても, 伝手を, 修行が, 処理し, 工面の, 思い出しても, 感じて, 我慢し, 戒めても, 持って, 改良される, 無礼を, 生きて, 答えて, 結末が, 考へて, 考へても, 處置し, 見直して, 解決が, 解決する, 解釈し, 言ふ, 誘っても, 贔屓目に, 転んだの, 返事を

▼ でよかっ~ (233, 0.1%)

7226 たの 25 たと 11 たが 8 たん 5 たという 4 たね 3 たこと, たもの 2 たか, たとか, たよ, たら, たらお, たら何日, たら使うが, たわ, た三両, た筈

1 [56件] たかな, たかも, たから, たけれど, たこれ, たそ, たって, たであろう, たでしょう, たですか, たですな, たですよ, たなあ, たなん, たねえ, たのに, たのにねえ, たのよ, たほんとう, たよかっ, たらあと幾人, たらいくらでも, たらお子さん, たらこの, たらこれから, たらしいが, たらすぐ, たらせめて, たらそれ, たらと, たらときどき, たらどんな, たらやはり, たらわし, たらソックリお前, たら二節目, たら今井さん, たら伺いたいと, たら助けて, たら午, たら叔母さん, たら娘, たら此処, たら死, たら気, たら総, たら置いて, たら誰, たら随分, たろう, たろうが, たわい, たわけ, た先日, た無事, ぺ

▼ で彼女~ (228, 0.1%)

9 はその 3 の眼, の顔, はこの 2 がその, がふと, の心, はすぐ, はそれ, はセエラ, は今, は小屋, は自分, は部屋

1 [190件] がとつい, が一層, が何かしら, が出, が坐っ, が嫌いぬい, が後, が覚え, が読んだ, ともう一度, と同様, には新, には新しい, には見当, によく, に万一, に会う, に対して黄絹七反, に対し或は, に対する一切, に手紙, に母, に深く, に緊縛, に背, に言わせる, に飛びかかり, の, のいる, のからだ, のこと, のす, のもっ, の仕事, の作品, の健康, の傲り気, の全, の力, の名, の名前, の好き, の姿, の帯, の帰京, の弓形, の弱い, の心意, の想像, の感じ, の手, の持っ, の放浪生活, の本名, の歌そのもの, の正体, の死体, の母親, の気持, の父, の生い立ち, の生活問題, の目, の目前, の目標, の瞳, の立ち去った, の笛, の箏曲, の美徳, の肢体, の肢體, の肩, の腕, の自分, の苦しみ, の身体, の身元, の非常, の飼鳥, は, はあっと, はいそい, はいとしい, はいよいよ, はえ, はかすか, はこう, はさしあたり, はそそくさ, はそっと, はそれ以来, はためらい, はついに, はどう, はなんにも, ははじめ, はひどく, はびっくり, はふい, はまだ, はもう, はもどっ, はカマ, は一生懸命, は一瞬間彼, は三, は不快そう, は両方, は二年前, は今朝, は伊豆守, は伜, は何枚, は何者, は健太氏, は僅か, は僕, は先, は全く, は其處, は出張, は別に, は劇薬, は南フランス, は博労町, は厭, は同行者, は困っ, は夜, は夫, は好奇心, は安心, は家督, は寄り添っ, は幸之助, は幾度, は彫み出した, は思わず, は息子, は手紙, は振り返っ, は新橋, は新聞, は星, は暗い, は最後, は松葉, は植込, は武蔵, は歩い, は死んでしまつた, は殆ど名, は毒薬, は沢庵, は無言, は男, は直に, は相, は相手, は私, は突然, は立ち上った, は終戦, は美, は老婆, は自ら火, は自然, は自由, は若い, は莞爾, は藤七, は行く, は袖, は裳, は赤ん坊, は逃げ出し, は頷いた, は駈け込んだ, もうちうち, も一応, も晩, も裏木戸, よりも年下, を包む, を存分, を燻べ, を繞, を見た, を訪ね

▼ でこんな~ (227, 0.1%)

25 ことを 8 事を 5 ことが, ことに 4 ところに, ところへ 3 山の, 結構な, 話を, 風に

2 [14件] ところを, ひとの, 人格の, 処に, 場合に, 大雪に, 家に, 広い場所, 所に, 時には, 時家出した, 相談相手に, 穢い子供, 騒ぎに

1 [136件] おどかしを, お爺さんは, かってな, ぐあひにまあどうやら落ちつきました, こた, ことぐらいで, ことする, ことで, ことは, ことや, こと云ふんぢや, さびしい夜, と, とき断じて, とこで, ところまで, ところまでは, なんでも, のが, のに, のろまな, のを, ひどい悪, ひどい言葉, ふうでなく, へたくそな, ものいい, ものは, ものも, ものを, ものモウどう, アホらしい, カードを, ジャーナリスティックな, 一団に, 不都合な, 事件さえ, 事件でも, 事件は, 人々は, 人でなしの, 仏説を, 公會の, 処で, 切ない思ひ, 厄介な, 台所へ, 名案に, 商賣, 問題を, 因縁から, 土地を, 地の利を, 場合にも, 場所は, 塩梅に, 声じゃ, 変ったもの, 夕立なら, 夢を, 大げさな, 女は, 奴の, 奴は, 実際教訓, 寒い思い, 寒い雪, 少女は, 巨人の, 帽子ぢや, 平凡な, 幸福な, 店も, 座興に, 復讐を, 恰好が, 恰好を, 悪事を, 悪魔的な, 我儘一ぱいに, 所から, 文句を, 断り書きは, 時にこそ, 時の, 暗い穢い家, 暮しを, 村の, 死に方, 殺風景な, 気風の, 汽船を, 淋しい村, 深い穴, 炎天に, 点で, 点に関しては, 無体な, 無鉄砲な, 熱演を, 物を, 犠牲的な, 用心を, 男と, 町に, 病的な, 目出度いこと, 碁でも, 種類の, 稼業が, 窮屈な, 簡易な, 粗末な, 者は, 致命傷を, 色を, 芝居を, 荒っぽい契約, 莫連おんなは, 虫の, 裏長屋には, 見す見す実, 話が, 財政上の, 身に, 躯に, 返辞が, 遠いところ, 部分までも, 重くるしい印刷物, 霧の, 青二才と, 非道な, 馬鹿気た, 馬鹿馬鹿しい話, 騒動に

▼ で今日~ (227, 0.1%)

5 のよう 3 から見れ, はお

2 [15件] ではただ, といえ, のうち, の下宿屋, の午, の夕方チヤブ台, の如き, の如く, はその, はまた, は何, は厭, は親分, まで相, も運座

1 [186件] あって, いるという, お出, から, から考えた, から考へた, が一番惡, が日, こそどうしても, こそは確かめ, この浜, さっそくソフィヤ・セミョーノヴナ, だからと, だけつとめさせる, でいわば, ではけっして, ではこの, ではすべて, ではそういう, ではもう, では人, では地方, では日本全国, でもこの, でもこれ, でもそれ, でも国, でも日本, でも東本願寺, で三日目, で謂ふところ, なぞは荷物, においてはその, における日本人, にした, になれ, に云われる, に到った, に始まった, に應用, に満足, に遺つ, の, のお, のこと, のご, のまま, のやう, のわれわれ, のセット, のロシア, の世界, の世界一致, の会見, の先輩, の勅使, の喧嘩, の夕方チャブ台, の大成会, の夫人, の学生, の学者, の工場内, の引揚げ, の御, の惨めさ, の所稍, の日本, の時代, の普通, の権勢, の沖縄語, の營業税, の現実, の用件, の相手, の稲刈り, の終り, の自分, の自由主義者, の苗族, の若い, の言葉, の郊外, の醜, の錢湯風景, は, はおそらく, はお出で, はかの, はさすが, はしたたか, はとうとう, はと思った, ははや, はほか, はまだ, はまったく, はやっと, はやはり, はわたくし, は一つ, は同氏, は君, は商用, は塩市, は大尽, は寝, は山辺, は思う, は我慢, は戸棚, は撮影, は昼, は晩, は本当に, は杉, は気分, は浜路, は海底, は涙, は特に, は略, は癪, は真間, は私, は科學, は精算, は紺, は脊椎動物, は言葉, は貴方, は運転手, までいろいろ, までお, までさがしました, までそう, までに人道, まではまだ, までも盛ん, まで一度, まで一村, まで二十四五年, まで僕たち, まで参りました, まで声, まで実現, まで家族, まで廃娼運動, まで引込ん, まで暮し, まで梶子, まで活き残っ, まで病気, まで聲, まで遠慮, も, もあがる, もそういう, もそこ, もその, もなお, もなほ変遷, もまだことごとく, も仕事, も兵学, も決定, も油, も活, も番士一統寄合い, も長い, も開けましょう, も鶴谷様, より貴公様, わざわざ連れ, 並びに将来, 思ふと, 戻つて, 最も勇敢, 死ぬ人, 残って, 現に, 現に用い, 謂うところ, 迄髪, 逢うと

▼ でつまり~ (219, 0.1%)

3 これが, 庄造が

2 [14件] これは, それが, は, はそれ, キンケン力行の, リヽーと, 一つの, 子供の, 彼は, 情を, 私の, 私は, 自分の, 言えば

1 [185件] あたしに, あなたが, あなたは, いつでも, おれは, こういうこと, こういうわけ, こういう風, ここで, このよう, この仕事, この家, この普遍性, この男, この真言, ごちそうを, せっかく浮かんだ, そういう言語, その, そのそこで, その又, その御, その朝, その気分, その西隣, その釘, その頬髯, それに, それは, だれを, だ最初, ですね, はこういう, はこうして, はやあ, は一塊, は他人, は何, は斯邦, は是, は材料, は柔軟, は無銭宿泊, は王, は珍, は田の神, は田舎人, は百年前, は相応, は自棄半分, は見てくれ, は銀主方, は鹿, ひとつの, まあ気分屋, まだ自然科学内部, ものの, わたくしが, インテリは, カントにとっては, クリティシズムなる, ゴーッと, サイコロジーは, ディグスビイの, パンシオン式の, ブルジョア観念論の, ボイルの, ボスという, ランボオの, リリーと, 一人前に, 一挙に, 一言に, 不断着を, 世間の, 両足一ぺんに, 久美子の, 之は, 乙ゥ啖呵が, 些か大人気, 人徳の, 人間の, 今の, 何か, 何だ, 何ひとつ相談を, 何一つ不足, 何事か, 何物か, 倉庫に, 傲慢な, 僕は, 其持つて生れた, 内務省の, 創世紀, 博士は, 古風きわまる, 各世帯, 商売と, 啓蒙という, 因縁とは, 土蔵も, 地上の, 多少とも, 大した評判, 大して注目, 夫は, 女という, 女の, 好意からの, 婚礼ばかり, 安来節が, 完全で, 実質的な, 客を, 小さく云, 小林さんは, 少女としての, 山岳が, 年来彼, 幼年の, 幾金という, 当然だ, 彼の, 彼女は, 彼等は, 御幣が, 恋とは, 愚衆各, 感覚の, 成功した, 戦闘現地でない, 放送一般が, 政友会の, 教授の, 文士という, 文士といふ, 文学に, 時代とか, 月光が, 本人の, 本当の, 極楽へ, 此の, 水上と, 涅槃の, 深海で, 熟した稲, 牡丹の, 犬が, 現代から, 現代に, 理想の, 環境への, 瓢箪から, 男同志で, 白旗を, 知性に, 神人たるべき, 禁欲な, 私も, 科学的批評文芸の, 第四, 結城財政は, 自分らの, 自己の, 自身の, 芭蕉翁の, 芸術に, 芸術座から, 若葉が, 落第は, 解釈という, 論理の, 謬説から, 資格の, 質量という, 赤ん坊時代たれ流し時代の, 赤ン坊と, 足の, 農業統制法の, 都会は, 長い呪言中, 隠すべき重大, 風紀警察も

▼ で決して~ (217, 0.1%)

3 偶然では, 或る

2 [14件] その時代, それに, それ以上は, 人の, 人間の, 他言は, 女の, 本心貧乏を, 盗んだもの, 綺麗で, 自分の, 贔負では, 醜い方, 首は

1 [183件] いい童話, いつまでも, いまが, いわゆる遊蕩, おのれの, お手, お春姉さん, お父さん, くずれてなんか, こちらへは, ことさらに, これきり亡びる, これは, これを, しぼみは, そこの, その上, その先, その口, その心持, その方, それによって, そんなごまかす, そんな心, そんな悪食趣味, ただの, とがむべ, なぐさめられること, めずらしいこと, やかましい専門, わし一人の, わたしの, イエスを, インドに, ダメな, チベットに対して, ビクとも, 一切の, 一律には, 一處同時に, 不自然に, 世襲の, 中世の, 事実じゃ, 五尺の, 人に, 今日普通に, 仕立てない反物, 他から, 他人の, 他意の, 仰向いて, 何んな, 作ったもの, 俗界に, 偶然に, 偶然の, 元明天皇の, 兄蘇峰氏の, 先に, 先生に, 別種の, 努力による, 勝手に, 勸誘を, 十年二十年といふ, 南無は, 単なる迷い, 単純な, 単純なる, 厭世的な, 友情の, 反動的な, 口で, 口には, 口を, 同じ年, 命令的でない, 和歌では, 嘲弄は, 声を, 大力で, 奇矯な, 子が, 学業を, 宇宙の, 安心し, 実成らぬ如き, 家に, 尊氏を, 左程の, 巧いもので, 平素は, 年二十歳の, 強火を, 彼女を, 彼等が, 得を, 得意になど, 心を, 忘れません, 思いは, 悪いこと, 意味は, 意気地なし, 所謂遊蕩では, 拙者の, 描いて, 敏腕な, 文章を, 新しい疵, 旅を, 時代を, 暮しに, 暴力を, 書籍で, 果しが, 栄えは, 楽器の, 横には, 正義とは, 死んで, 殿様の, 民族そのものの, 永久不変の, 永続性を, 汝に, 泣いたこと, 浮かれて, 浮世を, 消滅した, 満足の, 滑稽視される, 澄み切った明るい, 激情的な, 無作法な, 無理でない, 無茶苦茶に, 物吝し, 献金は, 珍しいこと, 生きて, 異性として, 監視の, 相殺され得る, 真から, 真の, 真剣に, 矛盾し, 社会の, 神秘でも, 私が, 私の, 科学者の, 答えようとは, 篤論, 美味くは, 臆するところ, 自分だけが, 自分では, 落, 誉めた話, 語ろうとは, 責任は, 貴公たちに, 賀すべきこと, 起きあがらうとは, 身分の, 輕視すべから, 輪田夏子で, 迷信なぞとは, 退屈しない, 道徳とか, 違法には, 遠くない, 遠慮はいりやせん, 醜くなかった, 降雪の, 非道い荒れ, 順当の, 頭は, 高い声, 鴫沢家を

▼ で二人~ (216, 0.1%)

10 の間 4 は歩き出した 3 の顔, は黙っ

2 [14件] で湯, の問, の姿, の子供, の少年, の目, の目と目, の話, の関係, は夜, は幸福, は戸外, は歩い, は沈黙

1 [168件] がさまよう, が別れよう, が口喧まし, が坐る, が実, が帰った, が愛し合った, が楽, が歌舞伎座, が歩い, が行き, が馴れ合い, だけ離れる, つきり, でやります, で家中, で旅館, で来た, で記念, とは少し, ともしまい, ともそれ, ともはなはだ, ともオール, とも乞食, とも何, とも助かりまし, とも変装, とも多く口数, とも学校, とも尋常一様, とも屋敷, とも岩, とも息, とも持ちきった, とも指先, とも晴れ晴れ, とも生命, とも留守, とも直ぐ, とも自由, とも訊い, とも身ひとつ, ながら掛声, なの, にはその, には固く, に跟, のうしろ, のお嬢さん, のさしかざす, のす, のため, のぽ, のまわり, のみならず, の人, の人間, の入っ, の医者, の博士, の女中, の姫君付き, の子分, の将来, の小, の岡, の師匠, の愛情, の感情, の手, の望み, の様子, の武士, の沈黙, の注意, の男, の目撃者, の結び目, の給金, の若者, の苦力, の荷持, の警官, の距離, の跡, の返事, の部下, の醫者, の間隔, はいっしょ, はいった, はぐっと, はす, はそこで, はそっち, はその, はそろそろ, はたがい, はたぶん, はなん, はまた, はもう仲よく, はズンズン, はフォニックス市北二丁目, は一緒, は並び, は京都, は仲よく, は何, は例, は冷やか, は別れ別れ, は助け合い, は合奏, は同棲, は哄笑, は固く, は夜逃げ, は家ごと, は寝, は小野田, は嶽中, は平和, は引っ返した, は急い, は恋, は方向, は旅立った, は時間, は曲がり角, は最後, は歩かなけれ, は段々, は母親達, は気, は田舎, は直ぐ, は相変わらず, は立上, は素早く, は結婚, は縁側, は耳, は街路樹, は親しい, は詰襟, は走っ, は走り出した, は辞儀, は體, は黄いろい, は鼻, ばかり若い, まで殺した, も誠意, をソーッ, を一見, を見, を迎え, を遠ざけ, 並んで, 佇んだ, 向かい合いションボリ, 居る場合, 抱き合って, 減り一人, 生れた男子

▼ でここ~ (215, 0.1%)

5 へ来, へ来た 4 にいる 3 へ来る 2 にその, の主人, まで来, まで来る

1 [190件] からあまり, からなぜ, からはお, からチベット, からドイツ古典哲学, から又, から船, から見る, から調所, がおじさん, が長崎, さ来た, だけがメリンス, だけなら, でいちいち, でお前, でお前たち, でついた, ではしなくも, ではその, では全体, では問題, では敢えて, では貧民, でひとつ, でもまた, でも不景気, で一般的, で何, で何もかも, で何時, で初めて, で大事, で数量的, で柳営, で死ん, で灯, で炊事, で為吉, で私, で茶, で蒸れ, で誰, で論議, で講, で道徳, で鯨, なら顔, に, にあります, にいう, にいた, にこうして, にこそ, にその恐るべき, にでも残し, にね, にはいかなる, にはこれら, にはやはり, にはゐ, には主人, には今, には仏法, には北院, には幾艘, には東京, には流布本, には西洋, には食う, にもつとも, にもまた, にも世, にも何, にも古代, にも君側, にも問題, にも新興勢力, にも通詞, にドイツ語, に不変, に二人, に二群, に人間, に住もう, に刀禰散所, に初めて, に双方, に坐っ, に大きな, に天平時代, に定期市, に寝, に寝ころんどったら, に居すわりです, に居る, に引用, に当夜, に於い, に梗概, に残っ, に泊っ, に滞在, に生活, に私, に科学教育, に紹介, に自分, に行われる, に視角化, に踏み留まっ, に述べた, に迷, に阿波徳島, に集まっ, に面, に顔形, に飛鳥時代, のお家, のキャラコさん, の今木城, の境内, の夕食, の大, の女, の家, の微妙, の戦況, の搦手, の斜陽, の方, の旅籠, の波止場, の浜, の空地, の賊, の通り, の間, はあまりに, はいと, はどうしても, はどこ, はなんにも, はアンチャン連, は上野, は二ヶ月, は処女造庭境, は家, は我慢, は柴田, は械械室, は砂, は鳴物, へお, へき, へきた, へはツァーラン地方, へやって来た, へわが子, へ信長, へ入院, へ引っ張られ, へ引っ越し, へ引越し, へ御, へ現われ, へ私, へ行く, へ這入っ, ほど林, までたどりついた, までつれ, までになすった, までは僕, までやって来ました, まで乗りつけ, まで來, まで持っ, まで来られる, まで火中, まで聞こえ, まで自動車, まで逃げ, まで馬の背, も圓太郎, をさよなら, を出, を建てました, を通りかかった, ん処

▼ でかつ~ (213, 0.1%)

2 は不自然, は礼儀, 感覚的な, 慾深い

1 [205件] あまりに変化, あまりに直線的, あまりに銭, あるまじきこと, あわれ, いきいきと, いつまでも, おかしいと, おたがいにきまり, かいしょが, がっかりし, ぎのようにもう一つの, この際, この際空腹, せっかくの, ぜんぜん不, その反抗力, その憚, となる, なさずには, は大袈裟, ぱらつて来た, ぷりと, ぽれ, まったく陳腐, もっとも軽便, りっぱだ, わが米国内, アメリカの, デリケートである, 一番諧謔に, 上手であった, 下から, 不徳義な, 不思議な, 不愉快である, 不都合であろう, 二つは, 人徳が, 低廉で, 何の, 何度も, 何時も体, 便利で, 健康な, 優美である, 充分, 充分な, 充分の, 全く実際的, 六次の, 冬の, 冷たい眼, 切実だった, 判然たる, 剛健な, 効果的な, 勇敢であった, 十分である, 危急を, 危険である, 危険な, 原型そっくり, 厭味らしく飾っ, 厳かだった, 厳粛な, 古格が, 可笑しな, 可能な, 同僚の, 吝嗇であっ, 器具なども, 器械的な, 固定し, 多趣味な, 大いに楽しみ, 大喜利に, 大金を, 安あがりで, 実践的である, 宿命論的だった, 寒かった, 左ききという, 希有の, 幸福そうであった, 幾日経っ, 形が, 役場の, 徐々たる, 御健康, 必要である, 思索家である, 情緒的な, 想いかつ, 愛すべき道, 手ぬるく実に, 敵として, 文字の, 日曜である, 日本の, 明けっぱなしで, 明晰で, 明瞭に, 時々は, 時々嘘, 時勢にも, 最もむずかしい, 最も強烈, 最後の, 有益な, 朦朧なる, 柔軟でなく, 根元的な, 極端な, 極端に, 楽しみな, 楽手が, 正しい事, 正確に, 殺風景な, 比例する, 気の, 気まぐれだ, 水利の, 没交渉な, 活動力に, 派手な, 淋しかった, 湿度が, 滑稽であった, 滑稽に, 無利子, 無意味, 無意味な, 無料である, 無智, 無知識, 煩わしい, 物綺麗であった, 猥らな, 獰猛だった, 現在の, 由子には, 痛快な, 癲癇性激怒の, 盗賊であり, 盗賊であります, 目的論的な, 目立つの, 相当研究, 真面目な, 種類が, 積極的な, 箇々の, 節の, 精神的な, 素直である, 経済的である, 統計の, 綺麗だ, 緻密な, 美しい気, 美なる, 義侠心が, 考え深い, 聡明な, 自在である, 自律的な, 自慢でありました, 自由だ, 自由であろう, 良心的である, 芸術至上主義者であった, 苛辣であった, 衛生的である, 西欧詩に, 規則正しい平板状, 親しみ深い, 誠実であった, 象徴的に, 貌の, 資産家の, 賞讃すべき, 趣の, 農兵などを, 進むに, 道徳的な, 遠いわずか, 適切であり, 適材を, 都合の, 重要な, 金銭を, 鋭い彼, 長くつき合う, 長く持った, 面白くも, 音律上の, 頻繁な, 飲ン平の, 香いが, 驚くべくこちこち, 驚ろくべき, 高度の, 魅力的な

▼ で~ (213, 0.1%)

10 の弱い 7 が遠く 5 が気 4 になっ, の利いた, 障な 3 が変, が進まない, の強い

2 [29件] おくれが, がさす, がとがめ, がひける, が付いた, が利い, が咎める, が小さく, が引ける, が弱, が強い, が散っ, が早く, が落着, が責め, が違う, にかかった, にし, のあらい, のきいた, のせい, の利かない, の小さい, の早い, の遠く, の長い, も浮かり, をつけ, を失っ

1 [112件] おきなく話せるよう, おくれを, がおかしく, がおけなく, がお済み, がきかない, がさし, がさした, がじれる, がすゝ, がつかない, がつかぬ, がとおく, がのんびり, がひきたっ, がひけ, がひけます, がほ, がむしゃくしゃ, がよく, がムシャクシャ, が付い, が付かず, が利かず, が利かなく, が合った, が和ん, が咎めた, が変り, が変わる, が大きい, が尤め, が差した, が引けた, が強く, が急い, が揉め, が揉める, が晴れ晴れ, が注, が済まぬ, が滅入っ, が滅入ります, が狂った, が着かな, が置ける, が良, が落ち付かぬ, ながに, なぐさみにやつてゐられたといふだけであつた, にかけ, にくわぬ, にしない, にすれ, にとめた, になる, になるだ, にもとめませんでした, に咎めた, に喰わぬ, に懸っ, に懸る, に留めなかった, ぬけが, のあった, のおけない, のつかない, のつく, のない, のよ, の伸び, の吐き, の小さな, の引き立たぬ, の弱, の抜けた, の滅入ります, の狂う, の狂った, の置けない, の良い, の苦, の進まない, は暴, までし, もいそいそ, も失う, も引けた, も強い, も魂, やすくは, をおちつけ, をつけない, をのんびり, を呑まれた, を御, を揉ませる, を揉ん, を着け, を紛らす, を紛れさす, を腐らし, を落し, を許し, 弱い笑顔, 恥ずかしい感じ, 懸りで耐ら, 永く粘り強い学者, 落して, 込んで, 障ったらしいと, 障で堪らなかつた

▼ ですぐ~ (211, 0.1%)

4 に, にまた 3 にこの 2 あとから, にお, にその, に人, わかりました, 向うに, 目の, 退いたには

1 [184件] ああそれ, あの山, いらして, おいでが, お眼, くつがえって, すゞが, そこに, その傍, その禅師, その話, その足, そばの, そばを, それから, それが, ぞうきんを, つまらない母子同士, とびだしてですね, どこの, にいや, にかの女, にこういう, にこれから, にし, にそれ, には乘物, には口, には嬉しい, には彼, には誰, には返辞, にほか, にも出立, にも止まり, にも池, にも行け, に不法, に他, に仙台, に出, に又之助, に宇宙怪人, に寝床, に小太郎, に届けます, に帯刀, に帰っ, に帰った, に帰り, に康子, に御, に戻っ, に掌, に提灯, に撲ち殺し, に支度, に支那人, に新しい, に汽船, に浪人, に浪路, に珍, に相談, に眠った, に眼, に窓, に立ち上り, に箸, に罷め, に羽, に胸, に自分, に行動, に話, に話しはじめた, に起き, に近江, に返事, に返辞, に雨, に頭, に飛ん, に駈けつけ, ほかの, またお, また元, また塾長室, また奥, また沈んだ, また静か, めぼしい相手, わかつて, カンベンし, ツケあがる, ロンドンへ, 二た, 二の矢を, 他人の, 何処かで, 何処かへ, 使を, 側の, 傍に, 其後に, 冬季に, 出来上りそう, 出直してこなくっ, 分りますからね, 刈取ること, 刺激を, 古奈教授の, 句を, 叩いた, 同意した, 向うを, 喰は, 坑夫に, 壊れて, 壊れるよう, 変質する, 外の, 失うこと, 対岸の, 将棋の, 小次郎の, 引っ返して, 引返して, 弱気な, 後戻りする, 徒党を, 応援に, 思い出すと, 怪しいと, 態度を, 手を, 捉へる, 掲示板の, 最初から, 本音を, 様ジャーナリズム自身の, 次の, 止まって, 死なん哉, 死蝋と, 気の, 治る, 注意が, 浜の, 消えて, 滅入って, 甲州屋へ, 発足した, 目を, 目前の, 祝言したい, 私の, 箸を, 粥腹に, 結婚という, 羞らいに, 腕自慢する, 興奮し, 舞台の, 船室に, 衣嚢に, 表に, 表の, 解散した, 話が, 買収され, 車の, 近くに, 逃げるくせ, 運動が, 道江の, 銀五郎の, 門前へ, 雷声を, 顔を, 顔見知りに, 飽きて, 馬鹿らしくなっ, 駆け向え

▼ でそう~ (200, 0.1%)

12 して 7 すれば 6 なると 5 やって 4 なって, 言って 3 なれば, 云うこと, 云えば

2 [11件] いえば, しなければ, すると, でなければ, でもない, な声, 云うと, 云う時, 云って, 呼んだの, 思って

1 [131件] あるべきはず, いいますと, いうし, いうて, いうと, いった, いって, いつまでも, いふ気持, かと思う, かと言っ, かんたん, ききました時, させたの, さとられたと, ざらに, した, したら汗, してから, しては, しないと, じゃない, すること, するん, せねば, たずねた, だかも, だから, だった, だと, だとでも, だな, だろうかと, だろうと, でない, でなかったら女性, でなくしようとばかり, でなくとも, では, でも, ときけ, とすれ, とわかれ, どなるの, なくせ, なされたこと, なったらお, なってから, なっては, なつた人達, なの, ならないため, なら吾, なりそう, なるという, なるん, な色, になりました, にまっ, はさせまい, は問屋, ひどく取り立て, ひどく賤, まで心配, もいかねえ, もしげしげと, よあたし, カブキが, 一人以上の, 一部の, 不愉快を, 丹波市, 乱暴され, 事が, 二者の, 云う人間, 云う功, 云う客, 云う点, 云った, 云ったそして, 云ったという, 云っちゃ, 云われて, 云われれば, 仄めかすだけ, 何人もの, 余裕の, 厄介かけてる, 合点し, 同じ催し, 怒り立つ値打, 思いこませるよう, 思いつつ, 思いな, 思いましょう, 思うな, 思うよう, 思うん, 思われると, 性急に, 易々と, 普通に, 書生流に, 望んで, 格別に, 毎日起る, 気に, 決めて, 深い根拠, 深入りする, 無雑作, 焦心る, 研究の, 簡単には, 考えて, 考えれば, 聞く上, 苦も, 見えるの, 親しく口, 親しく成ろう, 言いながら, 言ったが, 言っても, 言や, 遅い方, 遠くまでは, 長く続く, 面倒な, 驚きも

▼ でたまらない~ (192, 0.1%)

12 んだ 9 のだ 8 のは 7 のでその, んです 5 のであつ, ような 4 のです 3 のであった, やうな, 樣子です, 気が 2 か, から柄杓, という, というの, のであります, のである, ものが

1 [109件] うちにも, おじいさんが, お前に, からお前, からこの, からで, からとうとう, からわざと, から却って, から妻室, から若党, から袖, から輿, から通りがかり, から防禦, が, がそう, が一時二十分上野発, くせに, けどやむを得ず, けれどもその, けれどもやむを得ず, けれども学校, けれど食べ, ことでした, ことは, この土地, しお父さん, しかし多く, それを, って, ついてはこの, でいた, でしょうが, と, というよう, というわけ, という気, という顔, という風, といった調子, といふ顏, ところが, と小君, と思います, と思う, どっさりある, のさ, のでいったい, のでしげしげと, のですぐ, のでケンシントン, ので丁寧, ので傍, ので到頭, ので姉さん, ので幾度, ので朝, ので某日, ので百姓ら, ので起っ, のにどうして, のよ, のを, もしここ, ものである, ものです, よ, ようすです, ようだ, ようでした, ように, らしいし, らしいん, らしかった, らしくそれ, らしく兵部, らしく理由, わ, スリルの, 事は, 人に, 人の, 今お前は, 何とかし, 取合せだった, 土地に, 女は, 奴は, 姿ばかり, 嫌いで, 少し気晴し, 彼の, 心持に, 所である, 日が, 様子です, 樣子でした, 横笛では, 気に, 気持も, 求婚者を, 然るべき専用乗物, 生きものが, 生活を, 私の, 程度の, 苦悶が, 裁縫学校から

▼ で~ (190, 0.1%)

9 も足 4 がつけられない, のつけよう 3 に手, に持つ, のつけやう, を洗う

2 [13件] が付い, と足, に持った, に負えない, のつけられない, のつけられぬ, の付けやう, の施し, や足, をつない, を出し, を動かし, を敲いた

1 [135件] から手, がかじかまない, がすべった, がだせない, がつけられませず, がとどき, が丸かっ, が云う, が出せなかった, が出せやしません, が動かぬ, が来た, が着けられなかつた, が緩, が足りない, が足りなけりゃ, が黒く, きびしいよう, きびしい抗議, きびしかつ, くび, だけを中心, つ取り早, でこすっ, でもさわれ, で天井, で彩色, で触れ, と頭, と首, に, にあました, にある, におえない, にかかえ, にくっつけた, にし, にとって調べ, には取ろう, には新, にも取らず, に入らない, に入れ, に力, に卷こう, に取っ, に取る, に持っ, に持ってる, に縋らず, に職, に草鞋, に蝋燭, に触, に触る, に触れる, に這入っ, に鋤, のあい, のくだし, のない, のほどこし, の下しやう, の下しよう, の人, の付けよう, の付け様, の出しよう, の指先一寸, の早い, の柔か, の欠けた, の泥, の爪, の疎い, の着様, の込んだ, の降し, はご, は何処, は廻り, ばなさない, まかせに, みじかに, もかからず, もつけられず, もて取っ, もなく, も出さなけれ, も旨い, も無く, も膝, や顔, をかし, をくだす, をちょっと, をにぎらず, をふつ, をふろう, をやっ, をやつたん, を一寸, を下さない, を伸ばした, を出さなかった, を出した, を出そう, を動かす, を取られる, を取りあっ, を叩い, を合してる, を合せ, を天井, を差し延べ, を廻し, を引く, を拱い, を振った, を振つた, を揉み手, を握られた, を握り, を握りあっ, を曳い, を曳合, を貸す, を貸せよ, を貸そう, を頬, を頭, 向えを, 固いの, 捕りに, 搗き時代

▼ で~ (184, 0.1%)

5 を追 4 の方 3 から後 2 になっ, になる, にも先, に続いた, の一人, の患者, はどう, へ続く

1 [156件] からお, からきた, からくッ, からそれ, から久保, から女房, から暗い, から来る, から縄, から見よう, から這入, から運ばせる, から馬, から駈込んだ, が圓い, が続かぬ, しては, じさりに, にお, にくわしく, にし, にそれ程, にはかかる, にはだ, にはとうてい, にはふら, にはもう, にはコワ, には何, には医者, には十二, には山県, には母, には法廷, には百文, には稀代, には種々, には立机, にまわす, にむしろ力, にようやく, にバイロンふう, に並んでる, に家元, に幾つ, に提灯, に教授, に日本, に此等, に残そう, に残つた, に残らない, に殘, に特志, に能楽, に至っ, に至つて玉石, に至つて韓, に見るごとく, に軍略, に述べる, の, の一度, の九ヵ月間, の事, の二人, の人々, の保養, の再会, の大切, の子孫, の方々, の時代, の東京音楽学校, の法号, の男, の神楽, の節, の訂正増補, の談話, の貸席, の車, の近衛府, の長靴, は, はいくら, はいつも, はおよそ, はこの, はそのまま, はただ, はなくっ, はまた, はみんな, はやっぱり, は一面, は何, は何ら, は全く, は全部, は全部頭, は其許, は出す, は出鱈目, は問いませんでした, は堅い, は寂然, は小さい, は少し, は当分穏便, は手紙一本, は故, は断る, は日, は日本酒, は月末, は泣く, は涙, は知らぬ存ぜぬ, は筒, は続かなくなりました, は網, は聞こえ, は自分, は自炊, は辞退, は静, は静か, は黙った, へすたすた, へも前, へ引つ返し, へ引戻し, へ退っ, までも此意義, まはし, をつけ, をつけなけれ, をよろしく, を促した, を向かう, を振返っ, を見る, を追いはじめた, を追っかけ, を追っかけた, を追って, 一年と, 尊い人, 小料理屋を, 小松天皇の, 昌業と, 添えだった寿女, 白河院の, 追いかけて, 進もうと

▼ でもし~ (183, 0.1%)

6 それが 5 これが, 私が 3 あなたが 2 そんなこと, わたしが, 彼が, 横に, 牛が, 育てれば, 貴殿方

1 [150件] あたしが, あなたに, あの乱暴, あの謎, あれば, いないという, うまく入選, おのれの, お前の, お差支え, お手前の, お許し下さるなら, こうした直観, ここも, こっちが, このこと, このたび, このまま, この世が, この哲学, この女, この男, この竹垣, この粉, この辺, これに, これらの, これを, ご機嫌, そういうこと, そこへ, その一角, その勇気, その品, その売上げ, その売上金, その差し引, その弱点, その易, その鉛管, それさえ, それで, それと, それ以外に, そんな処, そんな狂気, できること, どこからとも, なんでしたら, ぼくが, ぼくの, やうねえ, わづか, アメリカに, チベット国の, テルソン銀行の, マルヅック神殿の, 一たび毛の, 一挙に, 一方に, 一種の, 万一マルクス主義の, 世界中の, 世界観が, 之を, 争議へ, 人が, 人間が, 今いった, 今この, 今も, 今己が, 今後も, 今日民衆という, 伯耆の, 何年か, 俺が, 値段の, 傍近くに, 僕が, 出来たら私, 分らなければ, 卑しい嫉妬, 卓一が, 又計, 右の, 図抜けた眼力, 国内の, 在つたらば, 大弐や, 妻君を, 妾と, 子供が, 子供までが, 家族五人の, 年齢において, 強いて, 役人に対する, 彼に, 彼女が, 彼女と, 御上京, 快感が, 思いだしたら訪ねて, 愛が, 感動しない, 我儘を, 文化水準という, 日本の, 日本民族が, 死者が, 民弥が, 水夫ら全体が, 滋幹が, 無関係なら, 父に, 玄徳を, 珠数と, 目明しと, 真理が, 石置き場の, 神様が, 私に, 私の, 私を, 能書だ, 腰部の, 自分が, 自分一人であったら, 自然科学史が, 自由を, 英語の, 行なわれさえ, 見捨てた節, 話して, 誰か, 誰かが, 通俗化が, 適当な, 重心が, 金が, 鋳つぶし, 間違ったら彼, 陛下の, 頭が, 類似品を, 食事を, 鳥類濫殺の, 麻川氏が, 鼓の

▼ で~ (183, 0.1%)

7 部分は 3 體に, 體は

2 [12件] さは, の男, の男二人, の野心家, 一番の, 公儀の, 小名方の, 店を, 笑ひ, 蝶の, 變な, 部分が

1 [146件] いお上さん, いそぎで, いそぎに, いの, いばりだった, いびきを, がっかり, さ, ざつぱな批評を, しくじりを, ぜい, ぜい泳い, そう前置きが, そう困却いたしました, そう暑, そう気楽, そう窮屈さうに, そう静か, それたこと, たばの, たぶさ, ていは, なり小, なり小なりの, なる利益, な座敷, に味, に張合, に易い, に煽る, の甘党, はしや, は八百余町, は八百餘町, びらに, ふうせんは, ぶん忙が, へんいい, へんなつかしく, へんに, へんよろこん, へん尊敬され, へん綺麗な, まごつきさ, よろこびであるいて, よろこびです, カメラの, ワシの, 不作にも, 之進が, 乱脈, 五郎氏を, 仕掛であった, 仕掛の, 伍は, 元気で出かけた, 劇場は, 動員を, 匙や, 喜びし, 喜びで, 嘘つきばかり, 噐氏は, 国主的であるです, 多数の, 多数は, 天使と, 天窓の, 失敗に, 失礼, 奥さんは, 姫君は, 威張で, 學の, 學へ, 學を, 安心です, 屋根に, 帆柱の, 廊下から, 廣間に, 得意であった, 悦び, 悪魔は, 慕闍と, 戦乱最中の, 戦前の, 敗北の, 文学だ, 斎期の, 日本史も, 日本史神祇志が, 暴風の, 歌は, 武蔵野の, 殿様の, 殿様は, 決意を, 泥棒で, 洞も, 洞様の, 玄関に, 玄関まで, 生命の, 番狂わせ大穴の, 百貨店たる, 盃を, 真面目な, 睾丸を, 矛を, 磐石は, 胡坐, 胡坐を, 腹中で, 自慢な, 自然が, 芝居の, 菩薩岳は, 薙刀を, 蜃の, 規模で, 規模な, 警戒を, 變ために, 變貰ひ, 資本家の, 賑ひでございました, 身代を, 迷宮事件に, 通詞銀十一貫五人扶持小, 部分の, 部隊大商隊大舟師大, 酒に, 酒のみで, 酒を, 酒屋の, 革新を, 鞄は, 騒でした, 騷ぎ, 騷ぎの, 騷ぎをしてゐた, 骨を, 骨折で, 骨折りで身体, 體三つの

▼ でわたし~ (180, 0.1%)

65 はその 3 はこの, は自分 2 がこんな, が今, の方, はすっかり, は子供, は思いました, は成り

1 [149件] がおまえ, がここ, がそういう, がたくさんお礼, がどんなに, がむやみ, が側, が參, が嬉し, が家族, が小, が本当, が本当に, が満, が裏口, が計った, が訪ねた, が証言, が鉱山, だけがこんな, とこういう, とは気, とは特別, とドゥーニャ, と同じ, などにはさっぱり, なんかにわかっ, なんぞは眼中, にそれ, にだってどうして, にとってはしごく, になぜ, にはいよいよ, にはどうにも, には到底なんとも, にもあの, にも手, に出, に対して憎悪, に物, に親しんだ, に話しかける, のなに, のま, のまわり, のもの, の伝えよう, の備え, の内, の在, の尊厳, の幼稚, の店, の感情, の持ち合わせ, の父, の現在, の留守中, の視野, の話, の野心, の顔, の魔よけ, はあした, はあなた, はあなたがた, はあゆ, はいつも, はいろいろ, はかれ, はこう, はこっち, はごらん, はずぶ濡れ, はそうそう, はそれ, はだれ, はだんだん, はちょっと, はとどのつまり, はどなっ, はなんだか, はひとり, はほか, はぼつぼつ, はまことに, はまた, はわたし自身, はアヴドーチャ・ロマーノヴナ, はホッ, は一晩土蔵, は一種, は三階建, は二つ返事, は今それ, は今度あなた, は何度注意, は再三, は厭, は地上, は妻, は実, は家具, は山田, は常, は彼, は心から, は心臓, は急, は手, は新聞紙上, は日, は最後, は朝, は横浜, は気忙しい, は泣き出したい, は漠然と, は物買, は現在, は生れ, は目, は碁盤, は第, は籠, は苛, は若旦那, は苦々しい, は読み, は走り出ました, は青く, も, もすべて, もその, も今途中, も俘, も大吉, も彼, も殺される, も若い, も遊蕩児, も養子, も駈け上がりました, よく考えた, を一緒, を可愛がっ, を弄ぶ, を待ち受け, 困ったら看護婦

▼ であなた~ (173, 0.1%)

9 はその 6 のお, は 2 と保子さん, のよう, の方, の眸, の見た, はこの, はどう, は一体

1 [136件] あのお, いらっしゃる, がいっていら, がこんなに, がご, がそう, がどう, がま, がまあ, がインゴルシュタット, が二十二歳, が今, が令嬢, が喋つて, が大, が奥さん, が妙, が平靜, が役者, が懐中電灯, が物, ぐらいの年頃, ご自身, とお目にかかる, との御, とは似, と太刀打ち, と波江さん, と私, と許嫁, と話す, ならいつ, にこの, にこんなに, にはご, にはちっとも, には不都合, にも狂人, によろしく, に会いたかった, に会う, に何, に取っ, に変装, に対する心持, に対する私, に座蒲団, に抱かれ, に答弁, に話しかける, に頼まれた, のいる, のおなか, のおめでとう, のお立ち, のこと, のご, のところ, のパラグアイ行き, の仰, の友人, の名, の御, の心, の心から, の心配, の恩人, の意向, の手, の無意識, の猶, の疑い, の肩, の荷物, の蘂, の親切, の論文, の足元, の魂, はあった, はあの, はい, はいつ, はいつも, はこれ, はさう, はそちら, はそれ, はどなた, はどんな, はなぜ, はまだ, はまだ本当に, はわたし, はクリスチャン, はコクソン, はフリーダ, は二十面相, は令嬢, は何, は何一つ, は安全, は爪, は自分, は蝋人形, は賊, は逢います, は過去, は遺族, への親愛, ほどの方, もあした, もいや, もうすぐお, もだいぶ, も君尾様, も変, も御存じ, も明日, も最後, も私, も齢, より鑑賞眼, らしくないん, をお子さま, をしくじらせたくない, を乗せ, を大, を御, を恨ん, を愛し, を探し, を断念, を萩乃, を車, を邪魔

▼ でいや~ (172, 0.1%)

14 でたまらない 5 だと, でたまらなかっ, でたまらなく 4 だから, で仕様 3 だ, だわ, ですわ, でたまりません, で仕方 2 だし, だった, だね, でなりませんでした, で堪らぬ, で死にさ, になっ, ね, 又反対

1 [102件] あな気に, いや, おうなくかれが, しないか, じゃあ有りません, だったが, だったので, だという, で, である, でいや, でしかた, でした, でしょうが, でじゃ, ですもの, ですネ, でたえがたく, でたまりませんでした, でならず, でならなかった, では, でも友, でも明日, で一年位, で仕樣, で反吐, で堪え切れなかった, で憎らしく, で耐ら, で褒めて, で身悶え, で適はん, で顔, とよく, と思った, どうも, どうも言おうよう, なこと, なにただ, なの, なので, なほえ方, なもの, なら弟, なら来月三日, なん, な奴, な心持ち, な感じ, な気持, な気持ち, な生活, にきらきら, にけばけばしく, にこせこせ突ッ付き廻し, になった, になり, になります, ににこにこ, に哲学, に小さく, に幼稚, に忙しい, に森閑, に淋しかっ, に真剣, に真面目, に筋張っ, に賢人, に通, に関西, ねえ, はや散々, はりまん, むしろ形式, もうこの, もう一日, もう儲けた, もう梁山泊, もう洛中, もう飛んだ, も笑, らしい, アがる, アな, アに, ポッポちゃんどころか, 与吉ひとりで, 世界中で, 今です, 味, 堅くなっ, 実は私自身, 彼女と, 応なく, 早や, 本当の, 氣が, 無残な, 質素を, 駈引き

▼ で人間~ (172, 0.1%)

6 の力 3 の姿, の心, の生活

2 [13件] だと, のよう, の味, の堕落, の注意, の白い, の足跡, の身体, は何里, は器用, は妙, は必ず, を楽しませ

1 [131件] かどう, がおのれ, がたくさん, がなかっ, がひとり, がまれ, が一年じゅう, が乗っ, が乗つ, が仏陀, が動い, が半端, が咬んだ, が変り, が大勢, が機械, が潜, が穴居, が締め殺される, が美し, が隠れ, が面白く, が馬, くさいもの, じゃない, である以上, という, というやつ, としての余韻, としての完全, としてはなかなか, としては欠目, としてまた, として少し, として純, とも類人猿, と一しょ, と自然, なぞはかえって, にうつった, にとってはなかなか, には到底, には危害, には神, にも慣れ, に対する理解, に少し, に尤も, に服, に現われる, に理性, に頭脳, のこしらえた, の世界, の了簡, の仕事, の仲間, の住む, の体, の値打ち, の努力, の吉凶禍福, の名, の名誉, の國, の声, の幸福, の情緒的, の感情, の或, の手足, の持っ, の敵, の本質, の栄冠, の根底, の歴史, の温室, の皮, の皮膚, の眞面目, の真, の知力, の箇々, の考え出した, の背中一面, の腕, の興味といつて, の良心, の英語, の過誤, の霊, の顔, の食う, の食物, の騒ぎ, の騒ぐ, の騷ぎも壓, はおどろくべき, はこの, はすべて罪人, はそれ, はどう, はまだ, は仕方, は地獄, は実は, は小, は暮らせる, は死ぬまい, は決して, は辛棒づよく, もどうやら, も伊太郎, も倍増悧巧, も四十, も社会, も馬鹿, より稍, を, をつくる, をば貨物, をやめ, を人間, を助けよう助けよう, を思はせる, を殺さない, 全體, 臭い暮色, 迷っちゃ, 附き合

▼ でほか~ (169, 0.1%)

8 には何 6 の者 4 にはなんにも, に何, のもの

2 [11件] になに, になんにも, にはだれ, にはなんら, には何物, のこと, の事, の人, の人たち, の家族, の男

1 [121件] で確定, ならぬこと, ならぬこの, ならぬ新撰組, にこれ, にどう, にどこ, にどんな, になん, になんら, にはどうにも, にはどこ, にはなに, にはなに一つ, にはなん, にはなんとも, にはほとんど, にはもう, には一人, には何事, には小鳥, には散らばつ, には誰, には誰一人考え, には飯炊き, には骨, にまた, にもこれ, にもたくさん, にも幕令, にも昔, にゃ綾, にセミナリヨ, に人影, に仔細, に出口, に刺客, に友だち, に収入, に含む, に塔婆一つ, に増す, に大, に大きな, に大した, に存意, に家具, に平生, に慾, に旧悪, に来客, に物音, に異常, に相客, に私慾, に細工, に芸, に衣笠殿, に親類, に言うべき, に証拠, に誰, に逃道, の, のお, のお供, のそり, のだれ, のふたり, のゲーム, の世界, の二つ, の二人, の五人, の井戸, の人夫, の人達, の仕事, の企ら, の動物, の原稿, の咄, の四人, の子, の子供たち, の子供達, の客, の島, の数名, の方, の木の下, の無数, の物音, の理由, の目的, の総理大臣, の罪人, の職域, の親族, の証言, の誰, の諸, の連中, の部下, の部屋, の関係者, の鳥, の鳥たち, は, はいつも, はなかなか, はみな, は一切いま, は夢想, は徒歩, は沈黙, は皆, は見え, は角, へ持つ, よりも早く

▼ でいつも~ (166, 0.1%)

2 のよう, ふところの, ゆくレコード屋, 自分の, 貸本屋から, 銀杏が

1 [154件] おなじよう, お礼を, お腰元, お茶を, お酒, きれいな, こちらを, この役, こんな場合, すげなく顔, そのため, その話, それなりに, だったらこれ, とちがった, ながら先生, なら少し, なら食後三十分, にこにこと, のとおり, のやう, の二階, の朝, の正客, の甲斐, の通りめいめい, の通り午近く, の通り子刻, は子供, は明るい, ほど酒, ほんとうに, ほんの指, まごまごし, まわりの, よりちと, ストイツクに, ニョロニョロ生きた, ピイピイし, プライドに, 一と, 一心橋の, 一時近くです, 一歩も, 一種の, 上機嫌な, 与八の, 争論には, 二十三へばかり, 二十四時間なにか, 人の, 人死が, 人間の, 伯母に, 何か, 何冊か, 充たされて, 先頭に, 凄いやう, 凉しい, 勘定は, 半平に, 参吉の, 同じよう, 同じ窓外, 品物を, 商売や, 喉を, 地頭を, 垢じみた, 変な, 夜の, 夢みたいな, 大きい声, 大概何時頃に, 天瓜粉の, 嬢さまかぶれの, 学校の, 家中ごつ, 寺では, 彼の, 彼を, 御陽気, 愛を, 愛誦し, 手ぶらで帰る, 扮装は, 招んだり, 損を, 早く行きすぎる, 早起きの, 暗い間, 朋輩たちに, 本能獣の, 東京の, 様子ぶった, 機嫌悪く, 歴史の, 殆ど夢の, 殆ど着たきりの, 水を, 江戸前の, 洋館の, 流し放しに, 海賊に, 深い心理, 深い計画, 灰色の, 無益である, 無精ひ, 無遠慮と, 無邪氣, 獣の, 男が, 皆よろしい, 相手は, 相談が, 看護婦の, 眠つてしまつたのである, 眼に, 石盤に, 砂村へ, 私の, 私は, 窓ぐちで, 粗暴な, 紫玉の, 自邸を, 芳桂院様の, 若々しい, 若干の, 苦りきったよう, 菜の花を, 街は, 表戸, 謎の, 豪放磊落らしくふるまっ, 貧乏で聞え, 賑やかに, 赭顔を, 足ること, 通り鍵を, 遊び場所に, 酔っぱらってばかり, 金の, 長くは, 難儀じゃ, 静かに, 頭が, 食物を, 騒々しく賑やか, 黒い自家, 黒い覆面, 黙って

▼ で別に~ (166, 0.1%)

5 なんの 3 不思議な, 不思議は, 不思議も, 何も 2 大した風情, 怪しい点, 怪我と, 意外の, 新らしい, 気に, 珍奇の, 話して, 話を

1 [131件] おそろしくも, お咎め, お話しは, お話の, かの女, かまや, この大, これと, これという, これといった, そのため, その人形, その時, それを, それ以上の, それ以上立ち入る, たいしたこと, たいした感想, とめは, どの樣, はかばかしい返事, めずらしくも, ゆすりとか, わる口らしい, 一定の, 一家を, 一間について, 上下の, 不名誉とも, 不審にも, 不平そうな, 不思議でも, 不思議に, 中隊を, 主人らしい, 之と, 二人の, 二階の, 仕送りも, 他から, 代助, 何にも, 何を, 何んにも, 何等の, 典拠が, 典據が, 出色の, 化物が, 同人雑誌を, 君の, 味は, 境界が, 変つた, 変りは, 大したこと, 大した事, 大した効能, 害は, 害を, 寂しいとも, 小さく作つて隱居, 岸本は, 引留めようとも, 当時の, 後日の, 怪しい手紙, 怪む気持, 恩を, 悲しくも, 意に, 意にも, 意志という, 感心する, 押して, 振り返ろうとも, 敷金を, 新しく崩れた, 明暸なる, 是非を, 書が, 検閲の, 此と, 武力を, 残念そうな, 気にも, 気を, 気味の, 水で, 汚いという, 注意を, 深い交渉, 深い興味, 深く詮議, 煮たきする, 犯人捜索の, 珍しいこと, 生計に, 用は, 異と, 異常は, 疑ひを, 確固不抜の, 私の, 私へ, 答へは, 節子に, 精神病者として, 糸子が, 苦情は, 荘重な, 行儀の, 親しい友達, 親近を, 親類も, 言も, 言分は, 設けの, 評するほどの, 評判にも, 詰問する, 説明を, 誰からも, 講釈を, 變つた, 起きる様子, 選択の, 遺言は, 隠そとも, 面白そう, 鴉や

▼ で~ (166, 0.1%)

17 の中 6 の者 3 のほう, の内, の外, へ帰っ, を出た, を持つ

2 [12件] なし, に入る, のこと, のまわり, の事情, の人, の人たち, の疎, へ寄り付い, へ戻りました, らしいもの, を出る

1 [101件] い電話, からここ, がある, が退, じゃア, でお, では親父初め餘, では飯, でよく, で仲間, で暮す, で田の神, で食べる, との関係, と地所, なんてありません, にい, にいました, にいる, にいれ, にかなり, にじいっと, には中風, には十七, には滅多, には祖先, には養わね, にもどった, にも居られず, にも身, に在る如く, に対する執着, に居る, に居れ, に帰っ, に帰った, に帰る, に帰れよ, に歸, に病む, に着く, に逃げ戻っ, に飼っ, のしょうじ, のない, のひと, のもの, の名, の娘, の形, の後ろ, の手紙, の暮し, の有り, の東南, の田, の盛衰, の老婢, の蔭, の衰, の裏手, の記録, はお, はかなり, はその, はどこ, はどの, はナースチャひとり, は何個月, は半焼, は古い, は彼様, は蒔絵職, へお, へのたり込其上名主殿, へはお客, へ入, へ出入り, へ対し, へ帰, へ帰りつく, へ帰ろう, へ戻っ, へ着く, へ駆け帰りました, まで駈け, もまばら, も下女一人外, も店, も臼, や屋敷, をすて, をメチャクチャ, を出よう, を取締, を建てよう, を捜す, を樫, を継いだ, を飛び出し, を飛出し

▼ で仕方~ (155, 0.1%)

67 がない 26 がなかっ 11 がありません 6 が無い, なしに 5 がなかつた, がなく 4 がありませんでした 3 なかった, のない

1 [19件] ありません, あるまい, がありゃしない, がございません, がなし, がねエ, が無え, ないわ, なかったの, なかったので, なくこちら, なく一時, なく休んだんで, なく側, なく北川くん, なく寝て, なく小西, のなかっ, もなけれ

▼ でどんな~ (147, 0.1%)

4 ことが, ことに, 話を 3 事が, 事を, 名人が, 用事で, 類ひ 2 ことを, ご用です, ところへも, ふうに, ものが, 場合でも, 部屋に, 顔を

1 [104件] いい女, けちんぼの, ことでございます, ご用だろう, しゃれを, ところでも, ね悪い, のが, みじめな, むずかしい編み, もので, ものを, エンジンを, パノラマ描き, 下等な, 不思議も, 事情が, 人でも, 人と, 人な, 人にも, 人の, 人をも, 人柄な, 人物かな, 人物だ, 人物で, 人間か, 人間が, 人間でも, 会合にも, 具体的な, 処へでも, 効能が, 口実で, 名医も, 和歌でも, 品の, 問題でも, 噂を, 土が, 土砂降りでも, 変化が, 夢でした, 大人も, 大雪の, 天分の, 奴だ, 室で, 幅の, 形で, 御用で, 忠告を, 思いも, 性質を, 恥かしい, 意味の, 慣習でも, 挨拶の, 料理屋でも, 旱魃にも, 時隙が, 書籍を, 服装を, 架空な, 楽天家でも, 様子を, 樣子な, 気むずかしい人, 海員だって, 激越の, 片田舎へ, 物事に対しても, 用事な, 男な, 病も, 相手でも, 相槌も, 相談な, 相談を, 知恵が, 粗製の, 罪でも, 美しい女, 者にでも, 聖母とでも, 花の, 花を, 親しい人, 質問にも, 踊り子だって, 通俗な, 邪ま, 長い冬, 間違った手引き, 間違を, 陶酔を, 隠微な, 面白いこと, 顔つきを, 顔の, 風だ, 風体かな, 髷に

▼ で~ (147, 0.1%)

36 かつた 5 かつたら 3 かりそう 2 おめ, かけん六畳, かつたん, かんべ, さそうな, どうしてよ, 人間の, 出でよとみに

1 [87件] あげ羽丸, あの横, あやまるからよ, あゝ痛い, いけ圖, うくわかった, お勝さん, かし, かつたつ, かつたであらう, かつたです, かつたらう, くさう云, くさう言, けりや, けれど腹の中, こに, これで, ござんしたがね, ござんす, ござんすか, ござんすから, ござんすね, ござんすわ, ござんせうぜ, ささうである, さそうです, さそうには, しずへ, しょっちゅうヒソヒソと, しょっちゅう裏口, そおッ, そみを, それが, それでまあ, それに, それも, たとんの, だ六, ち, つぴて, つんば, とおも, どうせぬけられねえ, なんでお前, びあつめたわけではなかつたのである, びかはし, びかはす鷄の, びさまされてゐるやうであつた, ふおした, ほんに明日, まされるの, みとおせるもの, よいかね, ろばう, わが毀たれぬ, を折つて, ォい, ォいかと, ッぽ, ヘクト, 一しよ, 一喝で, 七代までは, 何を, 作法も, 初さんところの, 呼ば, 呼ばはりて, 大名屋敷へ, 太腐れが, 姉さん, 故郷に, 旦那おらあ, 杢助さまの, 死せし者, 火事の, 社の, 秀吉, 秋の, 蛙いくさに, 見ると, 見ッ, 詩人よ, 足足です, 銭勘定し, 黒田さん

▼ で~ (147, 0.1%)

7 の中 3 が一杯, のうち 2 あるもの, ある人, がいっぱい, が乱れ, にもなく, の底, の裏, の許されぬ, は常に

1 [116件] ある人士, ある者, からハイドン, から出る, がありえなくなる, がすこしも, がちゃんと, がめいった, がやすまらなかつた, が平静, が慰められた, が明るく, が統一, が美しく, が苦しい, が苦しかっ, が落, が落ちつかなかった, が落居, たかまる, ではあっ, ではどんなに, では彼, というもの, とか精神, と身, ない世間, にある, にかかる, にそう, にとめる, には留めなかつた, にもない, にも止めず忘れる, に何, に咎めた, に問う, に張り, に思い, に思う, に思っ, に柔軟性, に止まる, に残る, に隣室, のおしゃれ, のどこ, のなか, の優しかっ, の内, の分割, の反省, の師, の指向, の支え, の明るい, の正しい, の残る, の気高い, の独立, の病, の病気, の籠らない, の臟, の自由, の苦しみ, の迷い, の願, の饑, はあわただしかっ, はかすか, はその, はそんな, はなお, はやはり, は中, は常, は狭く, は針目度, は雪, ばかりの逮夜, ぼそい気, ぼそく, もなごや, もやさしい, も上の空, も体, も善良, も目, も身, も躯, も魂, やましいの, よく私達, をうつ, をうばわれ, をくる, をとろかそう, を乱す, を動かされる, を卑, を卑しく, を悩まし, を惹かれる, を正直, を決しかね, を留め, を養, 即ち我, 厚いこの, 寂しい, 寂しいこと, 寂しかった, 易く大声, 淋しかった, 着くと

▼ で~ (145, 0.1%)

7 の方 3 の手 2 のこと, のする, のよう, の人, の児, の場合, の姿, はそれ

1 [119件] かなどとよう, が何様, が好くっ, が布, が御飯, が手, が眼前, が聞いた, が英雄崇拝, そつくりである, だけがもっ, つ子, ですら, といえ, といふもの, として人間, とたわむれ, と男, と見たら, と見れ, なぞい, にうまれた憤り, にぐいと, にはさして, には持て, にも国事人事, にも逢われない, によく, に対しては愛想, に対して形容詞, に維持, に縁, に脆い, に興味, に面, のすすり泣く, のたか笑い, のはくべき, のひと, のふしだら, のほう, の仕事, の体, の信乃, の兒, の労働者, の大, の妾, の宝, の家, の居ない, の役, の心, の忍び, の悲鳴, の意識, の手元, の持つ, の数, の最高, の望み, の歓心, の歴史, の気持ち, の泣く, の狐, の生活, の盗ん, の肩, の行為, の言葉, の読む, の身, の身許, の隙, の首, の髪の毛一筋, の黒い, は, はいっさい, はそんな, はなにか, はなるべく, ははや, はまるで, はむす, はわれ, は何事, は何者, は余り, は執り殺された, は店, は東, は煉炭火鉢, は狂った, は男, は知らず, は結局三人分, は自分, は行っ, は見当らない, もいる, もきらい, もとうに, もなくなっただ, もまた, をいよいよ, を介抱, を何とか, を口説く, を堕落, を怨む, を押, ッ気の, 子供は, 惚れさえ, 盗みの, 自身の, 除けの

▼ ですらも~ (143, 0.0%)

8 ない 2 これだけの, それが, それを, 自分の

1 [127件] あった, あの始末, あり時として, あると, あるの, あるよう, いくぶんか, おれが, かうして, この法律, この老, これまでは, これ程の, しいてこじつけよう, すこぶる捨ておき, そのなに, その上, その人, その例, その場合, その必然, その生活, その話, とうてい不可能, どれだけ, ないこと, ないと, ないなど, ないの, ないらしいで, ない作文, ない全く, なお最も, なかった, なく他人, なく醜悪, びっくり仰天し, びつくり仰天し, また同様, まだまだどうかする, まだ老翁, みなその, めったに近寄る, もしも彼, もはや支那, やはりそうであった, やはり女, よく知っ, コップに, ダメな, パンポルは, 一切合財歴史的価値といふ, 一年の, 一度は, 一番最初の, 中位以下の, 之を, 予は, 二の足を, 二冊つづき, 人々の, 今から, 他の, 他處, 何かの, 元は, 元祿・化政, 全く無, 共産党は, 初めて歌舞伎座, 勝西郷の, 北歐と, 叫び声を, 呼延灼の, 奈良朝に, 実はあまりに漠然と, 容易に, 審査員の, 小さく見えた, 尚ほ, 庄兵衛夫婦の, 彼に, 彼に対して, 彼の, 彼らの, 御覧の, 心が, 思う, 思わず身ぶるい, 愛ちやんは, 我々へ, 我慢し, 捕えるの, 是だけ, 時と, 晩網を, 有りうるの, 楽を, 歌うたでは, 止めるいと, 決して秩序, 漠然とした, 灼けただれた匕首, 焼けない都市, 物質の, 畸形では, 百五十円か, 眩しくて, 確かに, 禪宗の, 私たちの, 科学という, 稀には, 空想した, 考へて, 脈の, 自分以上に, 自然現象についての, 舌を, 船が, 表現が, 見透かすこと, 記憶の, 許されて, 賞金が, 野山を, 野球の

▼ でなし~ (142, 0.0%)

6 にその 4 に私 3 に, にもっと 2 と, にたしかに, にわざわざ, に人間, に庭, に手紙, に生活, もうあすあす, 君の, 額の

1 [106件] お祭り, この間初日に, しかもボストン, しかも話, すぐさま自殺, そんなに早く, とすれ, と争う, と人, と論じた, なんともはや手, にお, におとなしい, にこっち, にし, にしよう, にじいさん, にせっかく, にそこ, にそれ, にち, にどの, にどんな, になまじ, にはっきり, には避けない, にまた, にまたは, にむしろ, にもう, にもつ, にソワ, に一面, に上, に世界, に事実, に云, に云つたの, に人形, に人物, に今日陸軍, に何, に何ん, に作家自ら, に催眠剤, に兄, に六十五噸, に内容, に否定, に國民性, に地平線, に夜, に夜更け, に女流作家, に妾, に宙, に室内, に密英上人, に彼, に支那, に来, に東京, に横, に歴史家, に沢山, に滑稽, に漢字, に物語, に生徒, に発表, に眞, に種類, に筆, に精神上, に結婚, に總, に翌日, に諸国, に身装, に青野, に順一, に顏, もちろん先, やはり教師, われは, ドブ板が, リーヤ・カーが, 也有で, 人の, 今に, 夜ふかし夜遊び一つするで, 女中は, 始末書一本書く, 実は私, 左様な, 年に, 御わび, 思索も, 毒薬を, 治民経世について, 箸を, 絶壁断巌を, 詐欺の, 隠し男は, 餘計な, 鶏さえ

▼ で~ (142, 0.0%)

5 の前 4 が大きく 3 で見, の光, も鼻, や口元 2 がさめる, に見えない, はぎよろりとして, は少し, は血走っ, をほそく, 立たぬ紬

1 [107件] から何, があれ, がさめ, がさめた, がしら, がちら, がまわり, がみんなこっち, がよく, が吊り, が少し, が明るく, が特に, が眩み, が細長く, が肥え, が見えなくなり, が赤く, が車, が醒める, が際立っ, だけが気味悪く, だけが鼬, だけはその, だけは例, だけ鋭く, と唇辺, と眉, と鼻, にいる, にたつ, にはいった, にはいる, には光, には力, には決して, には見えない, に愬, に映る, に痛い, に見え, に訴えられる, に遮る, のさめる, のまえ, の中, の当り, の悪い, の方, の明い, の玉, の眩む, の美しい, の色, はあけよう, はいつも, はしつっこく, はただ, は全然, は同じ, は射る, は流星, は灼きつく, は舞台, は色, ばかりがギヨロリ, ばかりパチ, ばたき, もあけられなかつた, もするどい, もなかれ, も動かさず, も廻る, も綾, も達者, や口, や耳, をこすっ, をさました, をさましたら, をさます, をたのしませる, をつぶっ, をつぶった, をつむり, をとじた, をふさぎ, をまんま, を上, を光らかし, を寄せ, を拭き, を探す, を白黒, を瞑っ, を突っつき, を見ひらき, を見合せ, を見据え, を覚まし, を輝かせ, を遮る, を閉じた, を閉じる, を開い, を開ける, 映しくツ

▼ で~ (137, 0.0%)

11 の中 3 の先, の毛, を下げ 2 がぼんやり, がよく, が一杯, が大きく, が禿げ, のいい, のなか, の上, の悪い, を一

1 [97件] からすつ, からスッポリ冠, から今, から力ずく, から問題, から嫌っ, から尻尾, から幕, から手足, から絆纒, から被, から酒菰, から飛びこむ, があがらなくなる, がいっぱい, がしまっ, がすっかり, がそれ, がふらふら, がよかっ, がハッキリ, がフラフラ, が上がりません, が二重, が先, が単純, が変, が妙, が散漫, が混乱, が熱く, が痛くっ, が鋭い, と体, と手, などもすっかり, にはターバン, には蜘蛛, に何, に効く, に手, のうえ, のするどい, のため, のはげ, のわるい, の働き, の君, の地, の大きい, の好い, の工合, の形, の横, の疲れ, の禿, の禿げた, の良い, の芯, の鋭い, の髪, はつるつる, はなかなか, はへん, はほか, は一つ, は三つ, は動かなくなり, は天井, は常に, は禿げあがっ, は空, ばかりがんがんと, へ剃刀, までかくした, もよかっ, も下げず, も働きます, も尾, も痛く, も脚, をかかえました, をかかへました, をくり, をつ, をふりつづける, を下げた, を地, を廻らし, を打ち碎いた, を打っ, を振っ, を掉, を枕, を殺がれる, を疲らせた, 至って厚く短き

▼ で~ (135, 0.0%)

3 にはいっ 2 にはもう, には何, には月輪殿, の君

1 [124件] い駈け込んで, からはどう, からは何ん, からは漢時代, からは白い, から一人, から栓, が実し, じきり, じゃくれ, だけが人間, では電気, で居喰い, にいる, にたしか, にただ, にはいれる, にはきみ, にはすこぶる, にはちょっと, にはな売薬, にはまず, にはわざと, にはヴァチカン, には一人, には七羽, には世界, には世襲, には主として, には二度目, には五位以上, には人間, には他, には作法, には全く, には刻下, には半分ぐらゐしかないのもあります, には同性, には品川, には大, には大きい, には寝, には屋根, には彼女, には手ぬぐい, には支那, には故, には文字, には普仏戦争, には會場, には永い, には甲府勤番, には目録學, には糸, には紐, には紙, には綴れ錦, には腰, には菫, には血痕, には見向き, には證牛, には身長, には軍隊, には随分, には頗る, には風邪, には飾り損, にも一番, にも世阿彌, にも大, にも彫刻, にも母屋, にも百号, にも陸軍凱旋式記念, にゃ立派, に一軒夫婦, に五六人, に交じっ, に住む, に何, に入, に入れなかった, に出, に千両箱, に千兩箱, に塩アン, に渦, に発願, に紫, に踏み込ん, に這入らない, のひとり, の亥, の岩, の条, の美術品, の肉, は, はからっぽ, はガラン洞, は全く, は割に, は木口, は空っぽ, へはいった, へ上る, へ入る, へ成った, も綺麗, をよく, を開い, ッ腹で, 一年を, 一日おいた, 世紀の, 二日と, 國固有の, 國筋の, 坐して, 廊下の, 牟県の, 臣, 風除けにも

▼ で~ (134, 0.0%)

11 けり 4 けれ, なって, なつた 3 こ, だいて 2 おぼえの, かかえて, けむ, けるかな, して, すがりつきました, だかれて, なりました, なれば, 載せ

1 [85件] あるよう, おさえて, かかえた, かにか, き, ける釣, さだまりて, されながら, さわった, しころ, したり, しっかりパン, しましたの, すからと, する, だいたまま, だきしめた, だきしめて, だき上げようと, ちがいない, つかまって, つかまりながらくらい, つくこと, つたはるこの, とびかかった, とびついて, とりすがると, なつて, なりとも, なりました御存じ, なります, なりますか, なりますかしら, なりませんから, なる, なる時, なる水神様, なる訳, なれません, はか雨が, ひっかかえて, ひっかけて, ひなめ, ほひの, ほりも, まかせて, みちびかれて, もたれかかって, ゃあにゃあしわがれ声を, よせて, 両うで, 亂れ, 元の, 力を, 勇気を, 可憐な, 可笑しくさえ, 命中しました, 唇の, 娘への, 嫂の, 思うさま分解, 戸籍簿を, 打ち込んで, 指紋とは, 朱が, 来る, 涙が, 湯本まで, 痙攣つた, 瘧病をわ, 眠りは, 睡蓮の, 競爭の, 縒を, 群集の, 自分のう, 花なく, 苦しむもの, 融けて, 走った, 轉げ落ち, 迅めさせた, 針を, 面白くて

▼ でいつ~ (133, 0.0%)

6 まで経っ 3 になく, までたっ, までたつ 2 でも同じ, なん, の時代, までもいつ, までも口, まで眺め, 頃帰る

1 [104件] からいない, から獨立, から私, から誰, がいつ, が一番すき, しよに, そうさやか, そ叔父の, たつの, できあがるんだい, でも, でもある, でもき, でもはせ参ずる, でもひだるい, でもジメジメ, でもハメ, でも土曜日, でも失敗, でも家中, でも引っ込みがち, でも彼, でも御, でも心持よう行つて, でも思う, でも散歩, でも桂川, でも無遠慮, でも煙管, でも猫ッ, でも葺き, でも身体, になく重, になったら, になったら止む, にもぬけ, のこと, の世, の事, の場合, の日, の時, の頃, はずれる, までつかっ, までもうつ, までもお, までもお幸せ, までもここ, までもこの, までもじっ, までもただ, までもだまっ, までもどちら, までもべん, までもぼく, までも一所, までも一緒, までも不可思議, までも中心, までも八紘一宇, までも友だち, までも姿勢, までも待っ, までも息, までも押しとおせる, までも放っ, までも横着, までも永遠, までも泊まっ, までも睨み合い, までも私, までも立ち去らない, までも笑, までも胸, までも膳, までも自分, までも若く, までも離れない, までも黙っ, までも黙つ, までやってる, まで保養, まで斬, まで立っ, 亡くなられるか, 帰って, 果てるとも, 死ぬか, 死んでも, 殺したか, 治まるか, 聞いても, 行ったの, 見ても, 覚えたとも, 読んでも, 迄たっ, 迄もいつ, 迄も無言, 迄も黙っ, 遣って, 頃から

▼ で~ (133, 0.0%)

6 はあの, はどう 4 はその 3 の家, は今, は何 2 がその, に言っ, の方, の魂, はそれ, はなぜ, は犯人, は自ら言つて

1 [92件] からいただいた, からもお礼状, がいられる, がこんな, がそこ, が三つ, が元, が家族, が彼青年紳士レオネルロ, が生れた, だけを手, とは全く, と俺, と師, と遊歩, にくれぐれも, にでもお, にとっては非常, にはそれ, には対策, にもひとつ, に少し, に是非, に自信, のお父さん, のこと, のよう, の両親, の云, の云う, の今度, の処分, の名前, の小説, の御, の意見, の損, の望み, の様, の気, の知っ, の結論, の自然, の苛立た, の道徳, の顔, は, はあすこ, はあれ, はいつ家, はこの, はこれから, はしばらく, はその後, はどうして, はどんな, はほんとう, はまだ, はもう, は一たい, は一体, は万事エウゲニイ, は三万円, は人, は例, は僕, は吾輩, は夫, は奥さん, は小切手, は引込む, は放されたくない, は是非, は木, は本社, は林田, は浅間山脈, は無論, は白状, は私, は萬事エウゲニイ, は迎春館, は野, まあ荷馬車, もいよいよ, も今夜, も承認, も驚いた, を学校, を引留める, を見込ん, 眠るらん

▼ で~ (132, 0.0%)

4 には何, に何 3 から入, へ出る 2 から下手人, から曲者, から締められる, に出る, に大した, に渡辺, の人, の人達, へ出た, を出歩く

1 [98件] からのたった, からのたつ, からは入る, からは滅多, からは開け, からは開けた, から一つ, から借入れ, から帰っ, から持込んだ, から来た, から犯人, から見る, から覗く, から雨戸, から電波, が男, が見えず, では弱虫, では相, で千鳥, で呼ぶ, で晩飯, で聞い, と境, ならぬ先生, にない, にはなんにも, には何処, には何處, には別に, には少し, には星, には王滝村, には荒物屋, には雪, に一口, に三名, に云い, に人, に何物, に出, に出なかつた, に取り立て, に実は, に家, に忿怒, に掛物, に檀家, に海草, に発散, に目, に知っ, に緊急, に罪, に翻訳, に見当, に訳, に證據, のほう, の事, の二人, の大, の廊下, の方, の景色, の木枯し, の本, の窓, の者, の自動電話, の踏石, の雪, の騒ぎ, はそれほど, はカンカン, は締り, ばかりを眺め, へいらつ, へおどり出した, へで, へとびだした, へなんか出られる, へは現れ, へ出, へ出かける, へ出よう, へ出られた, へ行く, へ逃げ出し, へ這い出た, へ通る, へ飛び出す, へ飛出した, をながめ, をながめる, を見る, を通り過ぎる

▼ でそれから~ (130, 0.0%)

4 後は 3 というもの 2 それへと, どうした, どうなった, 俺の, 先は, 半刻, 急に

1 [109件] あとの, あらゆる事物, あれを, あんな事, いうこと, お前は, お嬢さんも, お父様, この古雅, これは, ご近所, しばしばかれ, ずっと好き, ずっと近頃, そのおっ, その子盛縄, それと, どうして尾行, どうなりました, なおしばらくし, なお続け, のち平田とか, ふっとたまらなく, ふっと考え付いた, ほとんど百年, まもなく帰京, わたしは, われわれ重臣一統の, ズッと, 一別以来の, 一般を, 上が, 上に, 上の, 上は, 下は, 今須弥壇, 以後は, 伊東へ, 何か, 何だッ, 何と感じた, 何ら理論上, 作者は, 修辞学を, 先き, 先に, 先の, 先への, 先生と, 十分ほど後には, 半月ほどの, 又一時間, 吉造です, 名古屋に, 向こうは, 地と, 妙子は, 家禄は, 小半年, 引上げる, 引續い, 弟が, 後ろに, 後再び, 後少し, 患者の, 振向いて, 敵が, 文次は, 昨日の, 暫くし, 暫く外, 暫らくし, 暫らくする, 東京へ, 植木屋の, 横浜の, 次第に彼女, 欧州各地を, 毎日昼二回夕方一度苦労性の, 江戸を, 浪人姿の, 湯殿へ, 甚内様に, 畳かけられ, 盲メッポウ駈けだした, 直段, 福助と, 私は, 立ち直, 第二芸術座, 結句に, 総掛りの, 自分の, 若旦那の, 西は, 親分變な, 觀て, 話し出した, 逃が, 逃れようと, 部屋に, 鋳物の, 鍵孔に, 間もなく玄竜, 電車が, 飲みだしました, 馬春堂が

▼ である~ (128, 0.0%)

4 ものは, 人は, 日の, 時は 3 時などは, 者は 2 ときは, 人から, 女性を, 意味では, 意味においては, 時に, 種の

1 [92件] お大名, がま, ことない, これまで, ときお, とき私を, ところに, ひは, 一人の, 一部の, 不良少年団の, 事柄が, 人々は, 人が, 人の, 動物は, 同情ある, 名前が, 場合には, 場所には, 場面例えば, 変化をな, 夜銀座を, 少数の, 山端の, 思想も, 意味で, 感傷を, 批評家から, 折市の, 新聞は, 日お, 日お爺さんが, 日その, 日それは, 日どこかの, 日などは, 日外出先から, 日大, 日小鳥は, 日少々, 日庄三郎は, 日彼は, 日彼女が, 日彼等の, 日曜日に, 日澄江へ, 日無電小僧は, 日病気で, 日葉之, 日銀之丞は, 時, 時には, 時ひとつ撮っ, 時まだ, 時一羽の, 時何かの, 時博士は, 時小川町を, 時枕元の, 時次郎だけを, 時王子の, 時真の, 時竹代夫人は, 時総, 時長く, 時間中は, 晩に, 晩の, 晩彼女は, 歌の, 殺人事件を, 深い所, 点までは, 特色の, 立派な, 線路の, 美しさ, 若い百姓, 蒸暑い日, 藩においては, 親戚を, 評価を, 試験の, 軍人の, 通弁と, 進歩した, 部分は, 関係から, 雨の, 非常に, 黒い男

▼ でなん~ (127, 0.0%)

4 の役 3 のこと

2 [13件] だね, ですか, でもよく, でも極意書, にもならない, にも知らない, のたし, のため, のつくろい, の事, の得る, の意味, の言葉

1 [94件] か, かあんた, かそれ, かといえ, かもつと, しろ心臓, しろ目, だけれど, だこの, だったら, だろうと, だ山男, でしょうか, です, ですかい, ですどうして, でもあと, でもあれ, でもいい, でもかれ, でもこの, でもしよう, でもその, でもそれ, でもちょっと, でもない, でもねえと, でも人間, でも入門, でも勝手, でも北, でも君, でも売り物, でも安政, でも李, でも芝居, でも蝋, でも話す, なら納豆餅, なりと, にでも慣れ, にもならなかった, にもわからない, にも判らず, ねい, のぞうさ, のなす, のもの音, のわだかまり, の不思議, の不愉快, の不足, の人騒がせ, の仮借, の働き, の功, の効能, の動搖, の反対給付, の取り柄, の取柄, の因果, の変った, の奇特, の年, の感情, の感慨, の感激, の成果, の手がかり, の手ごたえ, の手だし, の挨拶, の掴みどころ, の曲芸, の物音, の獲物, の異状, の知恵, の確証, の答え, の結論, の興味, の色彩, の芸能, の苦, の苦悶, の記憶, の話, の説明, の足し, の道具, の関心, べん

▼ でまるで~ (126, 0.0%)

3 なって, 見当が 2 仙人たちが, 夢中で見, 小説を, 自分の

1 [112件] いつぺんに, おとなしいもの, きつつきの, くらげの, こじきの, その立つ瀬, だれかに, どん百姓の, なつて, ほんとうの, わからなかったが, わけが, サルの, ヘットそのものを, ラジオで, 一度清書を, 一直線の, 七つか, 世界の, 人違いでも, 人違ひでも, 仏様の, 以て, 兄と, 公園の, 分らなかったから, 刻みつけでも, 勇気を, 友だちの, 反対に, 取り憑かれてでも, 口を, 啄木鳥の, 商売にも, 問題に, 問題には, 土から, 夏の, 夢幻の, 大風の, 天から, 女の, 女性の, 姉妹の, 小説に, 巨大な, 平安朝の, 年中鳥肌だ, 幽霊の, 引写しでございます, 弟の, 影ぼうしです, 彼の, 怒った顔付, 悪魔が, 戸外舞踏会が, 戸外舞踏會が, 手応へが, 散歩に, 日本までが, 暗かった, 柔軟な, 槍を, 樣子が, 死人の, 気ちがいの, 水の上を, 水中の, 海の, 海水帽を, 淫売宿みたいな, 深い森, 湯の, 漆塗りの, 炭坑の, 煤掃き見た, 燃え上って, 犯罪を, 狂気み, 独言の, 瓦斯灯に, 痛いもの, 登山みたいな, 相馬の, 眼を, 秋らしくなった, 紙袋を, 置き物かなんぞの, 羊の, 羽織専門の, 翅の, 老人と, 腕を, 芝居でも, 若いお, 若い娘, 若い貴婦人, 茶人達が, 蜂の巣も, 螺鈿の, 袖が, 見つとも, 赤ん坊にでも, 酸素ボックスに, 雑草の, 雪の, 靴に, 飛石伝いに, 馬鹿の, 骨つきの, 魔術師に, 鰌の

▼ でそうして~ (125, 0.0%)

2 嘲弄を, 女馬子, 殺伐で, 非常に

1 [117件] あれほど, あんなに親切, いかに野生的, いたずらとしても, いちばん危ない, うちの, お綱, お置き, お隣り, かなりの, きのうの, こういう点, ご上人様, じっと横, その時お前, その理由, その苦労, たしかに父兄, たまらない可, ちっとも教育, ちょっと男の子みたい, どこか, ひどい泣き虫, まありっぱ, まだ解決, わるびれては, 一本気で, 世の, 両岸, 乙女は, 人の, 仙台平の, 伝統的権威の, 傍観者たる, 充分合理的, 処女らしく, 力強い, 効果の, 十日二十日と, 卑しげ, 原始的なる, 口を, 品子が, 四十六なんて, 多数の, 大伯母, 大変つまらない, 大物を, 大鯛, 奥に, 嫉妬心を, 定理ばかり, 対象は, 小胆でいらっしゃる, 小造り, 少しく臆病, 工場を, 平穏な, 年を, 弾力が, 念いりだし, 感覚は, 慈愛の, 捕え得た虫ケラ, 斬新な, 明快な, 是が, 普通の, 最もよく話, 最後の, 未来の, 本望を, 楽天的な, 機敏でありました, 正直である, 歩よの, 気候風土に, 気高く澄ん, 水上は, 永遠に, 河村さんも, 濡れ手拭いを, 焦眉の, 物優しく, 物静かに, 独り何事か, 甚だいい加減の, 生涯遂に, 留守居を, 私の, 竹竿を, 純粋だ, 素手で, 綺麗好きの, 美しさ, 背が, 脅迫めいた, 自分が, 至当な, 艶めかしい, 落ちついて, 見れば, 親切である, 豊富で, 身の丈六尺に, 道筋は, 醜いの, 陽気で, 雪も, 静かで, 面白いもの, 頗る複雑, 頭髪も, 餅が, 髪は, 魂の, 鳥打を

▼ で其の~ (125, 0.0%)

3 人に, 時は 2 人の, 年の, 時から, 行先は, 言動は

1 [109件] あとに, そばに, のち二日ばかり, ま, 一は, 一方の, 一番膨れ, 下草には, 中に, 中には, 久遠洪大の, 事情は, 二匹か, 二所謂二所とは, 交替推移する, 亭主の, 人困らせ, 他は, 他何たる, 住む小屋, 何の, 余の, 余地が, 儘の, 儘屋敷へ, 内一人か, 内暮に, 前日の, 動機に, 勝敗を, 勢は, 勢威を, 卷數も, 又宗匠, 友達が, 周囲を, 品性に, 商人は, 國の, 國王印の, 在るところ, 地位には, 城址は, 墜ちた人, 外にも, 外は, 子として, 子は, 對局下子の, 山河もちが, 年も, 幸福に, 当時に, 後を, 御者さえ, 御茶壺旅行, 心が, 忙が, 支度の, 日には, 日も, 日本紳士は, 時分の, 曲物の, 最も近き, 材料が, 東京に, 氣の, 淵源は, 点で, 生活そのものは, 男と, 當時から, 癖出なくっ, 白い光, 盥に, 社会, 端を, 粗なる, 結果として, 翌日旅店の, 習慣其の, 老体を, 肩を, 舞台の, 苦心は, 苦惱も, 草は, 製作は, 見事な, 言葉自身より, 許の, 証人申請の, 話の, 談話を, 途中で, 通りで, 道の, 道中を, 金を以て, 間に, 附近には, 雲と, 音古雅に, 頃し, 頃の, 顔も, 飛出したやう, 餘の

▼ で~ (124, 0.0%)

3 かけた, のばして, ふるって, 空に 2 かけて, かしいけれど, つかみました, わたしの, グッと, 受けて, 組んで, 見て

1 [96件] あらわして, いわう信号旗, うたがうよう, おいわい, おさえたところ, かし, かしい, かしいお前, かしいの, かしくて, かしくも, かしな, かしみ, かたにかけ, からだに, からみつけるくせ, かれの, くらしよ, ぐっとつかみ, こついた, こつきの, さしおかんと, さし出し二人, さすりながら, さまつて, すっかり土管, すは, それにかけて, ちの動詞化の, ぢさんは, つかまえて, つき出した, つき出して, つき出しました, つねっても, とおして, とらせたの, なつかしいマチア, なでながら, ばさんにも, ひっかけて, ふり上げながら, ふり歯, ふるうとき, ぶら下げて, まきつけて, まげて, もって, もてあそぶ人多く, もとでに, よく考えた, らむねと, られますよ, られるのに, ります, り第, わたしのう, 上げた, 休めて, 出して, 力いっぱい土人, 動かしはじめました, 取り寄せて, 受けた, 喰は, 喰わす頭痛持, 巻きつけた, 広げて, 広げながら, 延ばして, 引っ張った, 引っ張って, 強打した, 心から感謝, 怖がりも, 思い出させます, 打抜, 押した, 持って, 敵に, 残すもの, 水車の, 無雑作, 癒すには, 真情の, 突っついて, 突っつきました, 統括する, 見せたもの, 見ろ, 見送るの, 許可した, 負ったが, 負って, 負ふたまま苦痛, 費すこと

▼ でとても~ (121, 0.0%)

3 人間の, 出られないと 2 このイギリス海岸, 下りられない, 子供の, 美しかった, 近よる, 面白いん, 鳥屋には

1 [101件] あんな余裕, いいわ, いい苗, いっしょに, いやな, おしゃれでした, くらべもの, こちらの, この老婆, こは, これでは, その上, その窓, それへは, そんなこと, そんなだいそれたこと, そんな所, たち打ちできねえん, どえれ, まともな, むずかしいこと, やさしくつつましく何とも, カテリイヌの, ハイカラよ, 一つ一つ挙げ, 一流とは, 事実とは, 人の, 人を, 人知を, 今仕事が, 何うにも, 信じては, 信統会と, 充分の, 全体には, 其処に, 凌ぎよく, 勉強の, 厭らしく, 口喧ましく, 叶わないから, 外へ, 大きな巨人, 太いしっかり, 好い日, 婦人小児や, 宿料なんかに, 小道を, 山の手の, 市場に, 当り得る者, 忙しいと, 思い出しそう, 我が櫻木海軍大佐, 我慢が, 手數, 接待役は, 放って, 日本人などの, 明日の, 時間の, 月給取りの, 村の, 森垣さんの, 椹野川へ, 楽しいこと, 正しい人間, 正夫どころで, 気持が, 汽車を, 油絵の, 涼しく感ぜられる, 潔白で, 理想的の, 用意が, 番が, 発表する, 百二十八フランな, 相談の, 硯友社の, 立派な, 綺麗な, 美しい人, 考えを, 華族ち, 西洋人の, 見ちゃいられませんでしたわ, 見ちやおれん, 解決の, 言葉に, 詳しい事, 読みとること, 談話などの, 足の, 金塊の, 長くか, 面倒臭かった, 面白い話, 飛山君を, 食べられる味

▼ で且つ~ (121, 0.0%)

2 便利だ, 白羽二重の

1 [117件] おっちょこちょいの, かなりの, くどいの, しなやかである, その体裁, その声調, また一番幸福, より力強い, スピード的に, 不徳義な, 不熱心, 不自然である, 不道徳である, 世話好きな, 低い観念, 便利である, 僭越である, 全體, 其歴史も, 内省的な, 冷たかつた, 利己的な, 力強かった, 勇ましいこと, 半ば読み, 厄介な, 原則的な, 厳かである, 古いもの, 可笑, 同一である, 変化の, 大概話上手である, 大胆不敵に, 大規模, 好きである, 学問所家厳は, 実現が, 容易で, 寂しい響, 審美的でなけれ, 平凡だ, 彼処をと, 微妙な, 心理的な, 忍び足に, 怖ろし, 悲しいでしょう, 感の, 整頓され, 文明に, 斬新だった, 明快な, 時事的な, 暑かつ, 書洩らし, 最初は, 有効であるらしい, 有名であった, 有益なる, 本当だ, 楽である, 此際甚だ, 永久性の, 永久的な, 沁, 深かつ, 無意味な, 独断に, 獣類の, 理論的な, 瓦斯灯の, 異彩であります, 目方も, 眼色毛色まで, 簡単に, 精神主義的な, 純真である, 経済的だ, 経済的な, 綿密な, 美しい景色, 美しい高山植物, 翁寂びる, 自分が, 自然であった, 自然である, 至るところ, 舞踏の, 複雑で, 見事であった, 見当は, 観点の, 論理的な, 謂わゆる温, 豊かでなけれ, 豐かな, 趣味に, 近いやう, 透明とも, 速く送る, 連続的な, 進歩的理解力の, 醗酵的であらね, 金持の, 銃口の, 鋭いこと, 閑が, 限定され, 陰鬱であった, 隠微な, 離れやすい, 露骨であった, 青い海, 静かで, 面白い, 驚ろくべく

▼ で~ (118, 0.0%)

3 をしかめ, を見る 2 の色, も手, をそむけ, を背けず

1 [104件] から血, が合う, が稍円, が見られぬ, が醜い, さえも上げられない, だきゃあ, だけはほんのり, だけは二三度, だちから仕草, と顔, なぞも割合, など女, にどことなく, にはかなり, には戦闘, には薄, には雀斑, に微笑, に痣, に表情, に顔, のところ, の上部, の丸っこい, の作り, の全, の古, の各部, の拵え, の様子, の汗, の皺, の表情, の輪郭, の造作, の道具, の黒焦げ, は, はすっかり, はにこにこ, はまろい, は仏さま, は前, は十八, は怪我, は細長い, は耳, は見えませんでした, は醜い, は雪, までかぶる, までがいつのまに, までも上, もいや, もうろ覚え, もちまちま, もよう, も上げなけれ, も南瓜親爺, も同じ, も声, も形, も心, も明色, も洗っ, も美しい, も西洋人, も見せない, も身体, も頭, も首筋, やす, をあげず, をあげた, をあぶら, をく, をくっつけ, をくるんだ, をひきしめ, をふき, を俯, を傍, を出す, を合せ, を押さえ, を挙げる, を映し, を横, を歪め, を洗い済し, を洗っ, を真, を真とも, を紅く, を見せ, を見せたがらない, を見せない, を見た, を見たら, を見合す, を見合せ, を見合わせ, を見合わせた

▼ でたまらなかっ~ (117, 0.0%)

7219 たの 6 たが 3 たので 2 たから, たん

1 [13件] たあの, たか, たからの, たけれ共, たこと, たです, たと, たに, たのに, たらしい, たわ, た南瓜野郎, た筈

▼ で日本~ (116, 0.0%)

2 の勧善懲悪みたい, の檜舞台, へ帰る

1 [110件] から身, がかねがね, が民主化, が苦戦, が遅蒔き, ではちょっとした, ではトンビ凧, では最初, では最大, では治癒, では米, でも奥羽地方, でも既成政党, でも聴かせた, という列島, とロシヤ間, と支那, などには滅多に, にある, にこの, にはクラシズム, には各, にも珍, にゐ, に古く, に対して非常, に於, に於ける, に特有, に生れ, に限った, に限らず, のため, のやう, のファシズム, のワイルド, の一部, の上流及中流社会, の人民, の今日, の他, の伝統的小説, の古典, の古本屋, の史学, の国, の国体, の国力, の國體, の土地, の多, の女性, の女性たち, の如何なる, の学生特有, の小売商, の庶民, の批評家たち, の探偵小説, の政府, の政治, の新劇, の新劇俳優諸君, の新年, の映画, の景物, の本, の植物, の歴史的モメント, の民衆, の洋楽, の牛, の物, の田舎, の町, の百姓, の筏, の糸車, の紙, の美, の芸術, の農業精神, の運動, の遠, の鉄道, の銭湯, の関東, の雑誌, の雜誌, の風呂, の鵺, はこう, はこの, はこんなに, はともかく一応, はまことにまた, は立派, は農業国, への要求条項, へは來, へ帰, へ戻れた, へ来る, へ返され, へ連れ, も結局, を背負っ, を誤らしめ, 全産額, 新記録

▼ でさえも~ (114, 0.0%)

3 ある 2 あり得ない, ない

1 [107件] あった, あの通り, あの通り困憊, あり得るから, あるが, あると, あるの, ある脅迫的, いかにも卑怯, いけません, こういうこと, この作家, この物語, この程度, この花やかさ, この頃, これには, これより, これを, じゃお, その人, その実, その欲望, それによって, それを, そんな不祥, ついには, どんなに, ないもの, ない発言, なかった, なるべくは, びっくりした, ぼくの, むずかしいの, よき物, よしとは, よほどの, われわれを, カチューシャという, ドゥーニャと, ファウストの, 一つだけ, 一つは, 一分一厘の, 七月十四, 三度も, 主婦の, 二度目の, 人間の, 今日も, 伸子たちが, 位置や, 僅かこれ, 八月十日, 判じの, 判る, 十分には, 単なる写生主義, 取り合っては, 受け切れないところ, 土蔵へは, 変に, 多少は, 己れ, 従来より, 御参詣, 御承諾, 微弱に, 怪しげな, 恩義を, 拝見の, 敬遠主義を, 新しい水, 時には, 書くの, 最後の, 歴史の, 死の, 段々遠, 気の, 浮世の, 猶農業機械, 理由が, 登り難い, 百姓を, 皆初めは, 眼球を, 短い夏, 矯め直す不思議, 福兄さんで, 絶対に, 群衆を, 腑に, 自然に, 荒胆を, 虚偽や, 見識に, 語りの, 読者は, 謝冰心女士の, 足の, 身が, 非常に, 顔色を, 骨持っ, 黒死館の

▼ でよかろ~ (113, 0.0%)

6217 うと 4 うという 3 うが 2 うじゃ, うでは, うなどと

1 [21件] うから, うけれど, うけれども, うこの, うこれ以上, うさあさあ, うじゃねエか, うぞ, うとの, うどう, うな, うもう, うよ, うわい, うオイ源次, う八, う抜いて, う明日, う舟, う行って, う飲みなおしだまた

▼ で~ (113, 0.0%)

4 の方, の晩 2 にいった, に述べた, の, 以て

1 [97件] からいた, からたいそう, からだった, からやって来る, からよく, から線路, から関係, から頭, がはだかり, こごみに, づらの, とであわよくば, と同じ, なら青年, にある, にいた, には乾肉, には医者, には学校, には帯, にもいう, にもいふ通り私, にも既に, にも時々, にも申した, にも申しました, にも言った, にオートバイ, に上海, に下された, に俺, に坐られる, に挙げた, に掲げた, に擧ぐる, に数行引用, に暫く, に木版ずり, に比べる, に申す, に記した, に述べた如く, のほど横柄, のやう, の下手人たち, の二つ, の二人, の人, の例, の取調べ, の口, の古典的, の吹込み, の年, の広瀬川, の惡, の晩拵, の段々, の氷層, の法恩寺橋, の独楽, の簡素, の署長, の谷, の透視カード, の銚子, の青野, はすこし, はだけになっ, は廊下, は笠屋町, へ使われ, へ出なくなった, へ屈み込ん, へ引く, へ網, へ進み出, も後, よりはいっそう, よりももっと, よりも一層, をとん, を行く, を見, 二者とは, 北大予科主事の, 城主の, 大臣は, 大蔵大臣は, 大蔵大臣も, 引, 時代の, 申しました沢井様, 申す通り大勢, 褄を, 言った通り, 論理的な働き

▼ で~ (113, 0.0%)

4 の中 3 かず, に出し, をきく, を利く 2 から腕, が悪い, にした, の利き, はよく, をあいた

1 [85件] からでまかせ, から粘液, から首, がうるさい, がぞんざい, がどもる, が利けなかった, が利けません, が可愛いい, が大きい, が尖ら, が惡, が毀れ, が煩い, さえ利かなかった, だて, でこそりっぱ, では悪く, で云, と腹, にしない, にはださなかった, には一, には出さない, には出せない, には謂えぬ, にも心, に何ごと, に出す, に唾液, に飾, のうち, のきき, のてきぱき, のところ, の先, の内, の大きい, の惡, の方, の曲げ, の達者, はその, は動かぬ, は大きく, は耳, は聞かなかった, は裂けてる, へはほとんど, へ出し, へ出した, へ出なかった, もきけず, もきけない, もきけなかった, も乾ききっ, も利かれやしない, も利け, も利けず, も利けなかつた, やあご, をあけた, をきいた, をきかない, をきかなかった, をつぐみこん, をひらけ, をひらこう, を一つ, を出さなかった, を利かず, を利かなかった, を利かれ, を利けず, を動かしだした, を噤んだ, を手つだわせ, を掛けれ, を掩, を極めて, を歪め, を私, を閉ぢ, を開く, を開け

▼ で~ (112, 0.0%)

14 すが 8 すか 7 しょう 4 して, すから 3 してな 2 した, したが, したよ, すからな, すからね, すね, すべ

1 [58件] あせんか, あって, ありさ, ある, いい, うたく吐かしよる, お家の, くりと, これには, さ, さあ, さりと, したかね, したからね, したぜ, したね, してのう, しょうなあ, しょうね, すい, すかえ, すかじゃ, すかね, すからなあ, すからなあに, すからわし等畑, すから其, すから早速そう, すから普通, すかわしや, すかんね, すか嬢さま, すがね, すねもし, すべで, すべよ, せう, せうかな, せうから, せうが, せうな, せう今日, ちゃりと, ちゃんと何, つちり, てぬかも, なござりましょう, やつい, わたしを, サさつき先生が, ンす, 何か, 感心し, 杵屋勝久羅と, 無い, 照子に, 純林風, 鳴って

▼ で一人~ (111, 0.0%)

3 の人間, の女 2 では, の娘, の男, はその

1 [97件] お寝み, が, がこぎ, がすぐ, がそれ, がぱッ, がわたし, が一朱, が事, が云った, が介抱, が何, が嫌, が死ぬ, が片手, が騒い, だけくっきり, だったり, だってのらくら, で, であの, でくよくよ, でしやべ, でのみこん, でもあと, で出かける, で参った, で困ってる, で困る, で居間, で廊下, で江戸, で立ってる, で置かない, で食事, で騒ぎ廻っ, として起っ, のジャンセニスト派, の人, の他人, の名前, の姉, の婦人, の媼, の山伏, の恋人, の恋仇, の支那人, の田舎ッぺえのおかしい言葉, の芸術家, の落伍者逃竄者, の証人, の遊女, はかなくチキンカツ, はそり, はそりゃ, はちん, はほがら, はハッ, は三十歳, は乳母車, は二十三歳, は二十歳, は五十, は分部, は剃刀, は十五歳, は右, は吾が, は呉夫人, は国姓爺, は巨漢, は彼, は後, は提燈, は昨年, は正ちゃん, は石造皇子, は積翠, は赤毛布, は遊びたい, は黒海, ぽつねんとプラットフォーム, もしょうこう, も人, も彼, も欠けない, も武蔵, も飴, や二人, よがりである彼, を救う, 取り残された庸三, 寂しく矢, 寝の, 思はむ, 残らず無学文盲

▼ で~ (111, 0.0%)

4 の方, も女 3 の児 2 がその, の顔

1 [96件] から男, がうつ, がこんなに, がよく, がベッド, が三人, が九十一人, が二, が先, が四人, が禁止, が見る, だか, だけ死におくれた, だったという, だとも, でも女, といっしょ, として性慾, とも女, と女, と結婚, と話, などは眼中, なの, にあっ, にとっては名聞, には無い, に捧げるあらん, の, のいう, のいない, のおそろし, のくせ, のつごう, のひとたち, のよう, の一人, の人たち, の位置, の倍, の切れつ, の及ばない, の友達, の口, の姿, の心, の手, の数, の書かれた, の服装人相, の死後あれ, の深見格之進, の生徒, の美意識, の胸, の自由, の行く, の身投げ, の顔さ, の願い, の鬱, の鼬, はいずれ, はそこ, はついに, はなかなか, はみな台湾, はよし, は一切, は二人, は京都, は何, は働かなく, は回礼, は女, は女房, は実力, は意気地, は手, は政治家, は松, は神さま, は立とう, は見物, は金魚, ばかりの殺風景, へ切りつける, まさりの, や女, を何ん, を向う, を拵, を汚, を駅長室, 臭い部屋

▼ でお前~ (109, 0.0%)

6 はどう 3 も一緒 2 のこと, の自由, はその, はどこ

1 [92件] から俺, がい, がいた, がお, がそれ, がそれだけ, がまだ, が傍, が嫉, が怜悧, が明らさま, が昨日, が組合長, が葬式, が行かない, これからどうする, その少, とわたし, と伊三郎, と同じ, と喧嘩, と己, なんぞは念仏, にまで長い, にも似ぬ, にも前もって, に俺, に対するちょっとした, に損, に残し, に甘え, に船長, に見詰められた, に遇っ, に預け, のおさきに, のやう, の云う, の交替時間, の兄さん, の勝手, の勤務時間以外, の受賣, の名, の国, の女房, の子供, の左, の性格, の手, の救, の本心, の様, の母, の産み, の疑う, の監視, の知った, の罪, の言, の許, の追分, の顏, は, はいずれ, はいつ, はここ, はそこ, はどうしても, はどんな, は下手人, は乗せん, は今日私, は代理, は何で, は俺, は嘸かし, は己, は廓, は江戸, は無理, は目付けたん, は繩, は行かなけれ, は連隊, もやれ, も一しょ, も光子さん, も勝手, も承知, をつれ, を呼び

▼ でそれで~ (109, 0.0%)

2 目から, 鎌倉見物の

1 [105件] あんたどう, いいん, いかに難渋, いよいよ話, いろんな事, えいに, おせい, こういうよろこばしい, こういう話, こうついた, この山, この私, しんとして, すぐ分った, すむの, その望み, それ此地を, そんな大胆, ちょっと剽軽, つい, つくしを, つまりが, とうとう捕まっ, とりあえずその, どうしても逢えない, どうして全然差別, なか, なるべくは, はっきり分らない, ぼくとしては, ぼくに, ぼくを, まあ一旦は, まア兎, もう五十, ものいいの, ゐて, インターナショナルの, エリザベスには, ヤクの, 一つは, 一向苦, 一流一派を, 不経済な, 人間が, 今まで, 今度の, 今斯く, 以て, 何もかも面白く, 何やら心配, 何処と, 何處か, 充分である, 十分だ, 口の, 可い, 周囲の, 外聞が, 大急ぎで, 天の, 奧まで, 女手の, 娘の, 学者の, 客より, 家じゅうの, 富士の, 左膳を, 座敷へ, 弟無事で, 役員らは, 彼は, 心が, 思いの外さっぱり, 所々皮が, 打つ, 日向の, 月に, 月給が, 本式の, 東京から, 格子か, 棟梁の, 歴史を, 江戸らしい, 河原乞食とも, 済むん, 生涯の, 相容, 瞬間の, 私などは, 私の, 積つた, 素ッ気なく, 胆吹山を, 背丈は, 胸が, 腹が, 蒼白く見える, 遠い昔, 青菜甘藍を, 頭が, 首実験に, 鳴鳳楼

▼ でなかなか~ (108, 0.0%)

2 のスタイリスト, の評判, 出発には, 面白い

1 [100件] うつくしいところ, うまいもの, お暇, お転婆の, この席, こわれない, しつかりした歌, その応対, その社会, それを, そんな気持, ちよいとには, できないこと, ない, ないよ, なの, に豪奢, ねむれません, の人気者, の能弁, の騒動, まとまらないので, みつかりません, ものが, ヨインの, ラチが, 上手です, 五万石や, 人の, 佳いところ, 傾聴すべき, 六かしい, 出ず焦りながら, 切れるもの, 動きませんね, 動き出さなかった, 勤勉です, 厚遇を, 口を, 可愛らしいところ, 品が, 大変でいらっしゃいます, 好感の, 容易の, 寝付かれるもの, 尻尾を, 届かないもの, 強情張りでした, 当時の, 役に立つ, 彼は, 思い出せなかった, 思い出せぬの, 思うよう, 戰爭を, 手には, 新しい探偵術, 旨いもの, 易きに, 普通で, 根絶する, 死ねないと, 気の, 気品が, 油断が, 渡さない, 現れて, 用件を, 皇太子御, 相手が, 相手に, 研究する, 確定した, 立派な, 筆の, 筆を, 筋が, 結構でありました, 美しい舞台面, 美形だ, 羽振りの, 良い写真, 良い娘, 良い男, 苦心の, 見ものでした, 解けないの, 評判でありました, 話の, 贅沢に, 贅沢品と, 起きあがること, 趣きが, 返事を, 通りすがりの, 遠くでありました, 長くもつ, 降らなかった, 離しがたい, 頑丈な

▼ で~ (108, 0.0%)

8 の頃 4 の様 3 の上 2 の, のお, の文庫版, の時, の附近

1 [83件] いまわしい新聞記事, から後, から言, が輕ん, には叙景的, に対しての呪言, に由つて此文化紀元八月中旬, のお話, のまま, のモントリシヤ, の一文, の三四年, の上お供, の事, の事實, の人, の人間, の医者, の品, の場合, の外, の女, の如き, の家, の宿, の山荘, の徳利, の心, の怒号, の思想さ, の戦法, の振, の數年前, の日, の日暮れ, の旦那, の最, の月明, の村方, の武士, の母子, の毒酒, の沙弥, の沼, の派, の田, の病院, の癖, の盲人, の知己, の種職業婦人, の精神, の者, の聖書, の色, の色情, の草, の虎狩, の話, の説, の辺, の逆, の通り, の道, の里人, の金額, の點, はお歌さん, は合理, は多く, は平民的, は昔, は是, は書かなけれ, は特殊, は非常, も注意, より弟子大, れか, れならば, を内裏, を恋しい, を書い

▼ で~ (108, 0.0%)

3 が死ん 2 との会見, と一緒, と母, の仇, の愛, は州判, も母

1 [91件] から仕送り, から遺産, が, がいよいよ, がかえって, が一伍一什, が一家, が一生本, が丹精, が出張, が取引所, が寝ずの番, が投網, が斬られ, が本, が此処, が祖父, が立腹, が肺病, が配慮, が関係, だけが自分, というの, としての彼, とは兄弟, と兄, と家庭教師, と話, に, に事え, に勝る, に尋ねる, に手紙, に撲られた, に気, に薬湯, に言わせます, のもと, のもの, の三郎左衛門, の二官, の代, の六十五歳, の兵太夫, の冬着, の唯一, の国, の失敗, の家, の居た, の徳蔵, の戻る, の敵, の死後, の気持, の無, の爲, の申す如く, の行衛, の裡, はおそらく, はこう, はその, はまた, はもと, はわたし, は五十三歳, は今, は仏師, は大学, は幅, は従来, は打ち, は早く, は昔, は此話, は祖父, は蒲原, は近頃, は静か, は飾屋, は骨身, も大変, も貧乏, や兄, や母, や祖母, をうしなっ, を尊敬, を権右衛門, を見送っ

▼ で~ (107, 0.0%)

53 じに, どうで, へ 2 きれえだ, じゃ, じゃが, じゃに, じゃの, じょうぶだってば, すて, らの, 阿魔

1 [75件] いちてめえの, いち乗りこん, いち品が, いち外に, いち水へ, いち盗まれた, うまく当つたらう, きまり文句じゃ, きれえ意気, く, この美婦, この腹部, この野郎, こひいき, これこそ, しでん, じょうぶだよっ, じょぶだろ, すから暑さ, すきで, すぞ, すな, すると言, す百姓が, それだけの, ぞぎく, たいした降雨, てえへん, ど思っ, な, にあす, のだ, ぶおとなしく, ぶほとぼり, へへ, へんな, まあ勘次さん, まだじらす, もねえ, よく茹りや, わけえの, をする, を一つすり, フヽンだ, 一よく, 五人組は, 俺あ, 噺なのせ, 売れるかな, 嫌え, 嫌えだに, 師匠, 庄公一つ富士春仕込みの, 庄太この, 待ちねえ, 心にも, 戦争と, 手前できの, 昨夜の, 死ぬ気, 湯呑で, 田舎侍の, 男の, 町内の, 病いじゃ, 目に, 粋な, 綺麗だ, 美人じゃ, 要領が, 野郎, 野郎ぴんと, 錢形の, 青二才, 音を

▼ でそういう~ (106, 0.0%)

3 ことに 2 ことについて, ことは, ものは, 時には, 本質を

1 [93件] おさまりに, おもしろいところ, お方に, ことが, ことであります, ことを, ときおもった, ときには, ところでは, ものが, ものを, やり方の, ような認められ, わけだ, わけで, クライマックスで, 下僕たちの, 不思議な, 中りが, 事を, 事実を, 二つの, 人たちが, 人たちの, 人らについて, 人物であった, 人造人間的な, 仕事は, 冷たい銅箱, 切迫した, 判例は, 勇者なれ, 合図の, 同志は, 名を, 名代の, 問題であっ, 噂が, 噂を, 場合に, 場合には, 場合の, 大規模, 太, 好みの, 学説を, 家に, 工兵的生活法の, 往来の, 心配が, 性質を, 悪辣の, 情況だけ, 意味から, 意味での, 感じが, 態度が, 文学, 方面ばかりを, 旅人は, 普遍的な, 書籍の, 欠点や, 武士達は, 汚濁の, 活計を, 点は, 点も, 物が, 現象を, 理由から, 甘口な, 生活を, 私生活の, 秘密がかった, 策を, 経験は, 縁故から, 考えが, 荒武者の, 落胆の, 訳な, 貴重な, 賭の, 超微量, 農閑期の, 連中が, 道具も, 面くらった面白, 顔の, 風に, 高価な, 黄金狂だ

▼ でやはり~ (106, 0.0%)

3 一つの 2 今でも, 女の, 彼の

1 [97件] この疲れた, これが, これは, これも, そこの, その表面, ちよいちよい持ち運ん, み妃, キヨメとして, 一人で, 一国の, 万葉集の, 三百の, 丸味書体で, 丸裸の, 伝法肌の, 何も, 便宜上の, 元の, 冷然として, 利いて, 十一の, 卒業試験前の, 又兵衛という, 商売人に, 問答が, 女仲仕として, 子規氏の, 家の, 寄宿舎にも, 寝ころんで, 小谷よりも, 工夫が, 干渉には, 従来の, 御成人, 思ひ出されないの, 惣右衛門の, 意味が, 戦争事業の, 所在なく, 手の, 捕まって, 探偵小説は, 支那から, 数学の, 新しく力強い今後, 旅は, 昔の, 最後に, 東京に, 東洋が, 栗を, 棄てがたい, 橇の, 正確な, 正確になんか, 殆ど釘の, 殺して, 毎日先生の, 民間の, 熱心に, 父は, 猟奇家の, 男で, 真似るという, 知り難い, 祇園の, 神事に, 稲の, 立って, 笞つ, 笞打と, 米友の, 糊の, 素人でも, 素直には, 線路の, 編笠を, 脳天を, 自分自身に関する, 自室に, 自然の, 英国の, 落着きの, 説明役の, 誰が, 近代の, 返事は, 通いに, 郊外で, 銀子が, 錠を, 雨の, 黒の, 默って, NJBに

▼ で今度~ (106, 0.0%)

3 はその 2 の上京, の話, は彼女

1 [97件] が道場, こそは假親, こそホントウ, それで先, だけはあやまった, だけは幾らか, だけは責任, で三代, の, のお守り, のよう, のシーズン, のデカルト, の一件, の不思議, の事, の事件, の俺, の問題, の売立, の大, の幻滅, の御, の戦, の戦争, の持役, の改正案, の旅行, の海賊沙汰, の犯人, の犯法, の画会, の花形, の議会, の門院, は, はあらためて, はお前, はお嬢様, はこの, はご, はどれ, はひとつ本人同士, はまた, はアテネ・フランセ, は一杯, は両方, は今, は僕, は内証事, は初め, は動く, は博士邸, は君, は君たち, は周馬, は土其古, は大, は女の子, は妙子, は妹, は家, は寝首, は小川, は岡本, は幾島, は広小路, は廿八番地, は手術, は日露戦役後, は正面, は殺される, は熊谷, は直ぐ側, は立派, は管理人, は自分, は臼, は西側, は観戦武官, は誰々, は足, は載, は通り, は階下, は順, は飛切, もちょうどそう, も二日, も多分, も夫, も常陸介, も彼女, 出て, 初めて読方, 来る時, 永阪教会

▼ で子供~ (105, 0.0%)

7 の時 4 のよう 2 が二三人, のとき, のやう, の使う, の多, の時分, らしく泣き出すなどと

1 [80件] から年寄, がありません, ができたらしい, がなく, がポンピキ, が六人, が反逆, が多く, が病気, が行儀, じみて, だつた私達, っぽいそう, っぽくて, でも何, でも器用, とあ, というもの, なぞはございません, などは採っ, なんぞは泣い, にうまく, にかかる, にはあり, にはむずかし, には手, に交つて, に救われ, のあたしたち, のいない, のころ, のため, のない, の僕, の口々, の喜び, の存在, の心, の惡戲, の指環, の死体, の為め, の狩り手, の破った, の襁褓, の重い, の頃, の頭, の食べる, は, はすこやか, ははしゃい, はむしろ, はよい, はガラガラ, は三度, は女, は榛軒, は牝, は長三郎, まで別人, まで材料, もなく, も女, や孫, や孫ぐらゐ, らしいところ, らしい彼女, らしい思いつき, らしくて, らしく彼, らしく陽気, をあっち, をおぶった, をこし, をなくしたくない, をもたない, を捨て, を瞞, を連れ

▼ で実に~ (105, 0.0%)

2 好もしい青年, 気の毒な

1 [101件] あっけなかった, いや, うってつけの, お噺, お察し, くだらないこと, このとき, たより強く, なるもの, ばかばかしい話, びっくり致しました, まめに, みっともない, わかるの, 一年が, 三百代言的新聞屋的田舎議員的で, 不思議だ, 不思議な, 不愉快その, 主人も, 久しぶりでございます, 偉大な, 働く暇, 写真全体が, 卓出した, 厄介だ, 古今を通じて, 可愛らしかった, 可愛らしく丸々, 可笑しいもの, 名器ばかり, 多人数だ, 夢幻泡沫で, 女でも, 女房なんて, 好い景色, 好人物だ, 嫌だ, 屈託の, 岡本政七方で, 巧みな, 弱りました, 強烈な, 彼アいう, 御名作, 心を, 恐れ入った, 恐入ったこと, 悲しいこと, 愉快だ, 意味ふかい, 感心した, 慮外な, 手前詰らぬ, 昔切り立て, 最う身体, 東半球最大の, 枕を, 柔く, 楽しいこと, 楽しさ, 模範的国民だ, 此の, 歴史の, 死と, 死の, 残念だった, 深い感銘, 滅茶苦茶だ, 物々しく白痴嚇し的, 理想的な, 用心ぶ, 申訳ない, 目が, 目にも, 祝着に, 私の, 私は, 精巧を, 精巧無比, 美しいと, 自分は, 自然で, 興味ふかい, 苦しいよ, 藝が, 行き届いたもの, 行届いたもの, 見るからが, 親しかった, 誰にも, 貧弱な, 質素な, 途方も, 邪見に, 際どいところ, 静かで, 静穏である, 馬鹿な, 驚くべきもの, 驚くべき能力

▼ で~ (105, 0.0%)

5 の人 4 は若い 3 のよう 2 ならば, の画家, の飢饉年, はこんな, は花火

1 [83件] から, からその, からそんな, からたくさん, からどんなに, からの技, からの舞, からばくち, から三葉柏, から人, から使い, から別に, から寄席, から山田, から岬, から帝国臣民, から悪魔, から想像, から手, から東晋, から苗字帶刀, から随分, でも土御門家, でも英國人, とは位置, とは大分變つて, と変らず, と比べ, なら腹ア, に変らず, に比べたら, のお, のさま, のまま, の事, の交通機関, の仇討, の偉い, の儘, の叙事詩等, の名残, の君主, の商売, の子ども, の宮様, の広目屋, の意味, の戀人, の料理屋, の新聞小説, の松林, の格式, の歌, の武士今, の波止場, の漢家, の玩具みたい, の私, の美人, の自分, の舞踊, の話, の講談, の面影, の麹, は, はね, はよく, は主として, は国王, は城砦, は徒士, は戸口, は未婚, は相当, は近しい, は遊び人, もし私, も今, も大, を思はせる, 小さかった, 若い時

▼ で美しい~ (104, 0.0%)

2 ということ, のだ, ものであった, ものの, ものは, 人を, 絵を, 顔を

1 [88件] お前は, お玉に, かということ, からじゃ, からです, から御, が粉, が鵜戸神宮, けれども少し, この高らか, しね全, すがた, そしてほこり, って云う, つてのだらう, です, とかりっぱ, と思いました, と思われた, と感じました, と言う, のが, のです, ので評判, のは, のを, ものだ, もので, ものでありました, ものと, ものらしかった, ものを, もの好きだ, や, わ, バランスが, フランスの, 丈夫な, 上に, 丘の, 乙女を, 人でした, 人指し指を, 光景であった, 光沢を, 六花状の, 古代人形に, 夕べは, 女が, 女であった, 女に, 女形で, 女形であった, 女性は, 女聲, 妻を, 姉妹が, 娘です, 希臘美術にも, 性質の, 感じを, 指物細工の, 旅に, 景色から, 服装いずれも, 松葉火花や, 栗色の, 母は, 気が, 火花は, 点ばかりが, 物語に, 男の, 白鳥な, 眉目が, 眼一パイに, 着物や, 社会の, 祈祷, 空気を, 縹緻の, 義経ばかりを, 落下を, 表情を, 露の, 音楽で, 願いだ, 飴が

▼ で~ (103, 0.0%)

5 いうより 4 いって 3 云うの 2 いふの, みちゃ, 女に, 罪の

1 [83件] いうと, いうの, いうよりは, いうよりも, いふたとか, いわれる少年名探偵, うとうと音, お母さんが, かつては, がめだ, きっと在る, きょう徳さんが, こうしてその, こうと, すると, すれば, そういう工合, そう云いたく, たずねる, ひろ子に, びおりるのはあぶないしつたつてきたす, ほつたん, ほほえんで, ぼとぼとやつ, ぼとぼと果, ぼとぼと歩きつづけた, ぼとぼと稿, ぼとぼと街道, ぼんとして, めざす帆船, もらいマダム, 万吉は, 云いかけたとき, 云いたいたち, 云うと, 云うので, 云ったの, 云ったり, 云って, 何か, 女房が, 姉が, 子供等の, 客は, 小歌が, 彦太郎も, 思うと, 思うばかり, 思ったかも, 思った折, 思って, 愍憫を, 打分れ, 明日は, 書き送った, 来訪者の, 東京へ, 東京堂の, 母は, 気を, 爺も, 甲斐は, 申しました, 着かえて, 私が, 笑ってる, 答えたもの, 答へ, 自分で, 色付きに, 茶を, 見か, 親子三人怪我の, 言いかけたられい, 言うの, 言って, 言っても, 言つた, 言つてゐる, 言ひ, 言ふと, 遠慮深く, 随分得手勝手

▼ でなに~ (103, 0.0%)

4 も見えない 3 もわからない, よりです, をし 2 がどう, がなんだか, も口, も知らない, も見えなかった, も言わなかった, よりけっこう, よりでした, をする

1 [72件] かえ, かしらチラッ, かしら自分, かなあの, から申しあげ, かをぬぐい去る, がかい, がかくれ, がさて, がさむ, がなにやら, がはいっ, が一番美味, が不満, が二号艇内, が仕合せ, が何だか, が為, が目論める, くわぬ面, そうやっ, になりましょう, はともかく, もありません, もいいません, もいいませんでした, もいない, もいわない, もうらむ, もお構い, もかに, もかも, もそう, もなく, もまだ, もわかりません, もボール, も不穏, も云え, も云わない, も云わなかった, も動い, も喰, も変った, も屁理窟, も思いだす, も手づる, も書けなくなります, も珍, も知らず, も知らぬ, も見えません, も見えやしない, も頭, も食べず, も食べた, よりあんじられた, よりだった, よりだつたわ, よりでございました, をいうとる, をすっと, をどう, を作つて, を尋ね, を着た, を考え, を考える, を見, を見誤った, を言っ, を訊い

▼ で実際~ (103, 0.0%)

3 的な 2 これだけの, どれも, のところ, の政治

1 [92件] いま川の, ここに, この家, この目的, そこには, その懊悩通り, その時分, そんな事蹟, どういう人, にあたる場合, にある, にはここ, にはその, にはほとんど, にはろくな, には一頁, には事実, には其の, には技能, には相手, には見ない, にやらし, にやろう, に事, に各地, に問題, に大垣, に彼, に望む, に用いません, に竹藪, に行っ, に観, に金, のこと, の事情, の事物, の仕事, の力, の収入, の海底, の生活, の社会, の腕力沙汰, の行為, の量, はこれ, はさほど, はもつ, は二十二, は八間, は女性, は子供, は寧ろ, は少し, は文化的貧困, は暗がり, は空騒ぎ, まざりけの, またそう, を云う, を遠く, 上から, 上社会の, 主婦が, 人が, 人の, 今日までに, 今日存在する, 以上に, 先月の, 初めは, 初茸しめじ茸は, 前の, 取戻すという, 向うと, 岡田先生の, 栄養の, 歯がゆいに, 生活上の, 白目米には, 的, 的だ, 的でした, 的の, 的は, 直観が, 知られて, 穢多である, 耳と, 解るとも, 附き合って

▼ ででも~ (101, 0.0%)

19 あつた 8 あつたらう 3 あつたら 2 あれば, おあんな, なきや, 私は

1 [63件] あったと, あったの, あったろうか, あつたか, あつたなら, あつたらしく飾りつけ, あるよう, ある様, いくらでも嫁, いつもの, いつも傍若無人, おありでしょう, おありなら, おおぜ, お救い, お教え下さいまし, お聞き, お逢いしたい, くくったらしいくくりあと, ここ, ここの, ご比較, ご返事, さはれ, しんみり一杯やりたい, そんなこと, と思います, なけりゃあ, なければ, なんらかの危害, へんでございます, まだ将軍様, もう一度お, やはりそうだった, よく見ました, グルグルと, シャベルに, 主膳が, 仕合は, 借金された, 六百五十両の, 六百五十兩の, 友人縁者から, 同じよう, 啼く様, 大ぶ聞かされた, 完成し得る, 宮中に, 後を, 後宮の, 御待ち下, 日本を, 有らう, 楽に, 源氏の, 源氏は, 滑稽な, 無けり, 無意識の, 磨つて除けたい, 私の, 紀州へ, 自分を

▼ でつい~ (100, 0.0%)

2 お懐きくださる, 先月も, 延び

1 [94件] いっしょに, うかうかと, うっかりし, おくれなければ, おまたせし, お訪ね, お話に, ここで, この八九年前, この坂下, この小鳥, この春, この間も, こんな悪戯, さっきまで, せんだっても, そこまで, その, その方, そんなこと, ぞろっぺえな, のびて, ほんのこの間, フラフラと, 一日延ばし, 三ヶ月ばかり, 下手な, 二階に, 云いそびれて, 人様の, 今し方蔽い, 今し方賓殿の, 今まで, 先が, 先日までは, 其れ, 去年の, 叔母の, 同情負けし, 周囲に, 噴き出したくなる程, 堅くなる, 声を, 大きく切りすぎ, 大晦日の, 嫌味な, 寝込んだか, 封は, 延び延びに, 引き抜かれて, 引くに, 彼にばかり, 御放念, 微笑し, 心にも, 心も, 忘れて, 悪い心, 情に, 慎んで, 慾張りまし, 手近の, 抗弁を, 斜向いの, 斯んな, 昨年亡くなられた, 昼の, 暁まで, 涙を, 玄関の, 目の, 眼が, 眼を, 私たちも, 笑顔に, 答えを, 給金を, 聞きとれて, 自分の, 興奮し, 舌打ちを, 苦笑せず, 蒐集家の, 見なくて, 誤って, 足を, 通りの, 遠慮を, 釣り込まれて, 鏡に, 隣へ, 頬が, 鸚鵡でもから, 黒木博士の

▼ で~ (99, 0.0%)

7 の前 3 が物 2 には微か, に立つ, に見えない, も鼻, を惹く

1 [79件] うつりして, かくし, かくしまで, から取れませんでした, がくら, がしら, が廻る, が悪い, が痛い, が覚める, が醒める, こぼしという, つける必要, で見合う, と頭, なんかドロン, にはいらぬ, には三色, には紫色, には見えなかった, にみえぬ, にめ, に涙ぐん, に物, に立ちません, に血, に見えぬ, に見える, に見る, に見るべき, に附き, のさめる, のそこ, のとどく, の保養, の前さ, の疲労, の色, の達, はくぼみ, はすきとおる, は両方, は窪ん, は笑つて, ばかり大きく, もあてられない, もくらむ, もまんま, も当てられたあり, も当てられない, も細く, をあけよう, をあげ, をお, をこすっ, をさましました, をさます, をしょっちゅう, をつぶった, をねむっ, をぱちくり, をひやそう, をまわす, をみ, をパチ, を坐え, を据え, を掩, を泣きはらし, を瞑っ, を細く, を見はらせる, を覚した, を軽く, を閉, を閉じ, を開く, 出たいな, 出たい私

▼ で相手~ (98, 0.0%)

2 が誰, にしない, にならなかった, に汚辱, の顔, は無神経, を懲

1 [84件] がいくら, がうつ, がなかっ, が一文, が何, が活動, が相手, が自分, が話し, が酔っ, とする, にしよう, にならず, にならない, になりませず, には性慾, にむしゃぶりつい, にもしない, にもならなかった, にムカッ腹, に侮辱, に出来ない, に取る, に廻し, に息, に通じ, のからだ, のき, の事務室, の人, の力量, の女, の女性, の好意, の妓, の尾翼, の幽鬼, の心, の心持, の態度, の懐中, の懷中, の打っ, の気持, の河野, の男, の私, の者, の背丈, の胸, の言葉, の身元, の返辞, の顏, はざんばら髪, はその, はだから, はへとも思, はみな, は一, は何, は喧嘩屋, は当然, は御法, は思わず, は時に, は死ん, は決して, は身動き, への蔑視, をかえず, をも自分, を丸呑み, を半殺し, を向う, を失った, を怖がった, を意識, を捕えん, を物色, を苛めぬい, を身, を選択, を頭

▼ で~ (96, 0.0%)

5 が明け 4 になる 3 の明ける 2 おそくまで, が明けた, が明ける, になっ, も昼

1 [74件] おそく土産, が不用心, が明けなけれ, が明け出す, が明る, が更け冴え, つぴて網, とひる, と共に眠り, なんか時々, なんか滅多, にでもなったら, になつて, になるだろう, になれ, に入っ, に入る, のあけない, のうち, のめ, の不気味さ, の亥刻過ぎ, の十二時頃, の屋内, の時間, の暑, の更けた, の更ける, の浜辺, の灯, の白々明けごろ, の祈祷, の空気, の舞台, の身, はいつも, はそこ, はそぞろ歩き, ははやく, はまだ, は十二時, は十時限り, は午前一時, は時どき, は時間, は暗澹, は水, は通れん, は雪, は鼠, まで家, もだれかれ, もだんだん, も一度, も丑満, も二時ごろ, も明けた, も星, も眼, らしい雰囲気, るの, をあかし, を冒し, を幸い, を明かし, を更かし, を更かす, を過した, 休む時一應家中, 寝る前, 更けて, 遅く家, 遅く帰っ, 遅く近

▼ であれ~ (95, 0.0%)

3 は一体 2 から後, でやっぱり, もこれ

1 [86件] あそこへ, からこれ, からずッ, からなに, からの吉左右, からズーッ, からホン, から柳原, から芝, がこれからどう, がすなわち, がどう, がなけれ, がハイドさん, が公開, が手前, が盗まれる, が紛争, が自分, だけで, だけの争闘, だけの働き, だけの工場, だけ広大, だけ繁昌, だけ駆け回つたら, でなかなか, ではお座敷, では何と, でもお, でもなし, でよく, で何, で六十篇, で要領, で見物, なり人, におる, にくらべる, に洩れた, の室, はお, はどの, はまず, はわし, は三十, は余程, は全く, は十年前店, は変っ, は戦災, は戦略上不都合, は手前方, は早水秀之進, は格別, は決して, は紅海, は間違つて, は餘程惡, へ参ろう, ほどのきりょうなら, ほど仲, ほど桜, ほど親, ほど豊富, もこしらえ, も名前人, よりもはるか, をつぶせ, をはい, をひと目, をもう一度, を打, を打ち破らなけれ, を植えた, を見る, を運動, を食べよう, 以来博士は, 程の人騒がせ, 程の者, 程人, 程仕事, 程学識, 程富, 見よ赤山

▼ でほとんど~ (93, 0.0%)

2 一言も, 手の

1 [89件] お互いの, これを, しらふ同然だった, その一ト夏, その人たち, その片鱗, とりとめよう, どの方面, ふるえて, もの凄いよう, サークル員で, 一坪の, 一日暮れ, 一週間と, 三メートルを, 三日おきに, 不自然と, 人なき, 他の, 会話の, 何ひとつ把握する, 何ものをも, 何事も, 余裕が, 偽善的な, 元気を, 区別の, 反射的に, 口も, 合槌さえ, 土とは, 天国区隊の, 奇怪な, 始末の, 完全な, 完全に, 寺つづきだ, 平地と, 幹と, 廃屋に, 弾力性は, 形を, 役に立たない, 復習と, 恐れをさえ, 意気消沈し, 手ぶら同様だ, 損害は, 本気の, 止まるところ, 残酷と, 気抜けの, 水戸志士の, 水腫症を, 沼である, 涙が, 涜神罪と, 清廉で, 無為に, 無言で, 熱も, 狂気じみた, 理想の, 生きて, 生命に, 目下の, 直航に, 着換え, 神の, 神前の, 純粋な, 終日お, 脳骨を, 虫の息に, 血の気を, 表情が, 要領を, 見詰められなくなる, 誰とも, 鉱毒問題の, 電光石火に, 韻文に, 頑固とも, 風と, 食べも, 餓死に, 黄昏の, 黒煙を, 黙阿弥の

▼ で~ (93, 0.0%)

4 はその 2 が死んだ, の手, は子供

1 [83件] がいなくなった, がおろおろ, がこんな, がその, がその後, がそれとなく, が一人, が人柱, が其の, が懷中, が故郷, が末, が来い, が私, が遂に, といっしょ, としてのお, との死別, とぼく, と共に何くれ, と共に新築, と同年代, と私, にそういう, にも兄, にも解っ, によく, に世話, に会いたい, に宛てた, に対する私, に従, に抗議, に義憤, のお, のかた, のこと, のため一生けん命働ら, のふところ, の一番, の云われる, の仕送り, の命日, の夫人, の女御, の居間, の後, の心, の懐, の懐かしい, の父, の背, の背中, の胎内, の胸, の顔, はあなた, はいつも, はそれ, はもう, はもと彦根, はよく, は七つ, は亡くなった, は信じよう, は側室, は大きな, は大事, は家, は式台, は弘仁天皇, は心配, は戻っ, は桜田, は試, もその, もたいへん, も変り, も女中, も妹, や祖母, を母, を離別

▼ でこう~ (92, 0.0%)

12 なると 4 見て 2 いった, して, なって, やって

1 [68件] あれと, いいました, いかなければ, いったので, いったら或は, いった賢明, いって, だと, だろう, ていちょうに, て半間, です, と思う, なったからには, ならなければ, なり果つる, なること, にも懐かし, ばかばかしい冗談, まん, もくいちがう, も云えます, も光景, も激動, も苦しむ, も運, ネチネチと, ワガママでは, 云う本式, 云う訳, 云って, 伏拝む形, 兵衛は, 叫んだの, 変えれば, 大びら, 寒ッ, 小児の, 延び延びに, 御諚であった, 政治家が, 早く席, 暑くては, 書いて, 来るだろうと, 歎き, 浮足立てる, 混んで, 物が, 祈るの, 私と, 続けた, 考えること, 考えるなら文学者, 腕が, 苦笑し, 見えても, 覗いて, 言うん, 言ったら恐らく, 言って, 言われながらも, 言葉を, 詩句めいた, 話の, 酌いだ, 降っちゃあ, 露骨な

▼ で~ (91, 0.0%)

2 にこ, をかり, を云った, を考え, を見る

1 [81件] がぼう, がわかっ, が行違い, が食べたく, が食べたくなった, ずきで尻輕, でもなく, なども食いません, にならぬ, にはならなかった, には物, に少し, に引き当て, に感じ, に拘泥, に見とれ聞きとれ, に驚く, のけじめ, の云い, の五丁, の分らない, の始末, の形, の役, の役に立つ, の文目, の相談, の色, の見事, の觀察, の解った, の變化, の輪郭, の道理, の香, は少し, も取られず, をあんまり, をいう, をこそ思へ, をごまかさない, をもどす, を云, を云いた, を云う, を云おう, を云つて, を入れ, を判断, を半分, を咬み, を恐れぬ, を拾っ, を書い, を書きました, を決める, を盗られた, を考える, を考へてる, を見, を見ない, を言, を言います, を言い付ける, を買い, を買っ, を食う, 優しい姉, 思はし気, 思はし氣, 思わしくばかり, 柔かくて, 欲しがりだ, 狂わしき恋, 疑ひの, 解りが, 足らない魂, 足らなかつた, 馴れた岡, 馴れない様子, 馴れない樣子

▼ で自然~ (91, 0.0%)

2 である, では, と同窓生, のふところ

1 [83件] ぐるりと, この地方, そうした用語例, その本語, だ, であった, であった思索形式, であった自分, であるが, であること, であろうから, でいい加減, でしたところが, で健康, で気持ち, で豐富, といふもの, とその, と受身, と右, と天候, と好い, と彼, と心, と松倉屋, と生物, と私, と緊張, と自分, と風景, なつき合い, なもの, な仕事, な多く, な成長, な潮水, な生, な男, な説明, な趣き, にすり切れ, にそういう, にそこもと, にそれ, にやんだ, に一致, に又, に対面, に居, に東京, に止むなく, に笑っ, に考え, に自滅, に花, に解消, に連れ, のなか, のめぐりあわせ, の一本, の世界, の力, の勢, の勢い, の姿, の感じ, の態度, の成行, の様, の色, の花, の質そのもの, はこと, はほほえむ, は又, は善, は氷, や人間, より大いなる, 其のやり口, 捨て扶持, 研げて, 詳しいこと

▼ で~ (90, 0.0%)

5 に反し 2 には色々, れは

1 [81件] から又, から數年間, から直ぐ, がやがて, がデマゴギー, が一等, が二つ, が判斷, が吾, が夜, が実は, が最も, こそ今日, こそ実在, で見る, と共に忠, ならば, によってインテリゲンチャ, によつて, によれ, に万一方法上, に主, に代る, に對, に応対, に手, に次, に跡, に較べれ, は, はよろしい, は一見, は單, は四, は報告, は実は, は専門, は少し, は彼, は忠常, は聖アウグスティヌス, は著しい, は補注, ほど正確, ほど評判, も亦, も則, も同じく, れが, をし, をシチ面倒, を人, を以てし, を以て伊尹周公, を作った, を史, を嘲る, を変ずる, を実践躬行, を射る, を広く, を広田内閣, を我維新, を拒絶, を持ち出す, を改めて, を新, を日本言語学, を時代物, を水, を治, を犯した, を直ちに, を祕密, を粉, を統一, を裏, を要するに, を読ん, を鹽漬, 亦一種

▼ で正直~ (90, 0.0%)

5 な男 4 なこと, なもの 3 な人 2 なところ, な人々

1 [70件] が無気力漢, さうな男, すぎるため, だけが取柄, だったの, だったドン, だつたの, であって, であること, であるならば, であるの, であれば, でお, でことに, でしん, でそして, でそれ, でなければ, でまた, でむさし, で乗せられやすい, で何ひとつ, で健康, で働き者, で全力的, で同情心, で如何にも, で少し, で己, で怜悧, で有るの, で朗らか, で涙, で狹量, で臆病, で親切, で誠実, で謙遜, で責任感, で音楽, で飾り気, で骨, と来, なそして, なだけに, なばかり, なフランス式, なペンペ, な人物, な人間, な人間たる, な印象, な叙述, な態度, な挨拶, な方, な横井源太郎, な若い, に, にいうたら, になる, に働い, に実際, に教, のこと, のところ, のところ気, の話わし, むくいられる點, 正太夫こと斎藤緑雨

▼ でこういう~ (89, 0.0%)

3 ことを 2 のは, 風に

1 [82件] お方なら, ことに, ことは, ことも, ところは, ふうに, ものに対しては, ものの, ものは, ものを, わけだ, アンフェアな, 不良青年兄弟の, 主観と, 事にな, 人と, 仮定さえ, 作法の, 催しを, 光景が, 具合に, 冒険が, 冷気に, 制度の, 取引が, 問題については, 国なら, 坊主は, 場合な, 場面に, 夜には, 大事を, 大問題, 大昔に, 奥の, 女郎衆の, 妙な, 実践とか, 実際生活, 実験室の, 家の, 宿屋では, 形で, 惨めな, 意味から, 意味で, 意味の, 愚劣な, 抽象され, 日の, 時に, 時には, 時の, 暴挙に, 最悪の, 有様と, 歴史の, 点から, 物も, 理由から, 生活が, 男の, 疑問が, 眼付きを, 私たちも, 空間に, 築城法は, 素姓が, 素朴な, 統制的消化液の, 緊急事態に, 自然な, 船を, 苦しい事情, 血の, 親が, 訳だ, 詩趣の, 諸現象形態, 謂わば, 陽気は, 際には

▼ で何ん~ (89, 0.0%)

10 となく 6 でも 3 だか, の變哲 2 か氣, の仔細, の役

1 [61件] か変った, か御用, か気, ぞ用事, だって朝夕斯様, ですか, というきまり, とかこの, とかし, とかなるだろう, とか思つた, となく可愛らし, ともお答え, ともなかっ, とも一言, とも口, とも申し訳, とも言, とやらの和讃, と二千五百兩, と云つて, な事, な事件, な些細, な意味, な態, な手紙, な言葉, な類, にもありやしません, にも云, にも知っ, にも知らず, にも知りません, にも見えなかつた, にも見えやし, にも見えやしません, にも解りませんでした, にも言, にも賭けなき, のお, の不思議, の不自由, の匂, の変哲, の巧み, の得る, の悲しみ, の憎, の掴みどころ, の支, の気, の物音, の細工, の考え, の表情, の要領, の證據, の跡, の造作, の陰翳

▼ で~ (89, 0.0%)

2 はこの, はもう, は素通り, は貴様

1 [81件] あ, あこたえる, あ心配, が二人, が何故, が嫌ぢ, が帰る, が来る, が盗んだ, が行く, が隠してる, が黙っ, この頃, だけが恐ろしく, だけは兎, だちの貧乏どうし, に, にどう, にはとっく, には充分, には絶望, にも働かせず, に似, のお, のかか, のこと, のせい, の不, の前, の口供, の往きよう, の心密か, の恥, の満足, の組立, の胸, の胸元, の腕, はいい, はかならずしも, はその, はただ, はとうとう, はどう, は人間以上, は今日, は俺, は別に, は北海道, は同情, は君ちやん, は帯, は床, は弟子, は斯, は案じる, は殿下, は気味悪, は汝, は決して, は直樹さん, は知っとるです, は禁錮, は空, は笑いだした, は答える, は罰金, は芯, は雷蔵, は面会謝絶, は黙っ, もくすぶった, も儲ける, も涙, を一番幸福, を児, を呼出した, を憎ん, を昂奮, を迫害, を釣ろう

▼ で同じ~ (89, 0.0%)

8 ように 6 ような 2 ことを, 家に, 組屋敷に, 調子で, 越前屋に

1 [65件] い頼りなげな, うち克つべき, かも知れない, ぐらいバカ, ことが, ことばかし, ころの, ものを, やうな, やうに, メリケン粉や, 二銭五厘で, 位の, 処に, 反対を, 名の, 名前で, 団体で, 太さ, 姿勢で, 家の, 宿屋で, 帝都の, 師匠の, 年ごろの, 建築学者仲間の, 形で, 心配を, 思いの, 憤りから, 教会員の, 文面の, 日の, 日本の, 日本語でも, 時代の, 時同じ, 暖簾の, 服装を, 朝顔の, 本質の, 材料の, 東京生れでも, 汚辱によって, 状に, 空気の, 竹の, 管弦楽団を, 組与力西田青太夫の, 絵を, 職業に, 職業を, 草屋根でも, 蜜柑の, 衛兵でも, 言葉を, 認識の, 調子の, 路地うちに, 身長で, 部屋に, 阿部家中の, 隊伍に, 頃国許を, 黄瀬戸といつても

▼ ですっかり~ (88, 0.0%)

2 気を, 用意を

1 [84件] あの宴会, いじめつけられて, おおわれて, おびえさせて, くさった, くぼんで, ここに, こはれて, そいつに, その過ぎ, それを, とはゆくまい, なくする, にんき者, やって, ように, ラディオ通に, 上気し, 世の中から, 人数が, 仕事が, 保養も, 元の, 元気に, 元気を, 先生途方に, 全快の, 出来あがった, 分ります, 勘定を, 包んで, 取乱して, 咽喉を, 土地の, 堪能し, 場うて, 夜に, 大金持, 女に, 安心し, 小屋を, 平らな, 後始末も, 心持が, 応用を, 怯えきって, 怯か, 息が, 悄気返り, 悟りを, 慣れて, 戸迷った, 手を, 手玉に, 手術者の, 手間を, 捩ぎとられてしまうのであった, 支度が, 支度を, 数えて, 敵対に, 死んで, 気持が, 水を, 熊に, 疑問が, 眼が, 着物を, 縛って, 興奮し, 落付き仕事が, 要領を, 話して, 詳しいこと, 調子が, 途方に, 酔払って, 陽に, 青春を, 風致に, 食いつくして, 驚いた, 驚かされて, 鷺太郎の

▼ で殊に~ (88, 0.0%)

1 [88件] おだて, お母さんは, お目付, この大和家, その, その五連発, その日, その晩, その釣道, その音響, それが, それで, それによ, ぼくの, ガッチリした, チベット人は, デコボコの, ラマ・シャブズン師は, ルイズを, ローヤル館の, 三宅雪嶺が, 下腹部には, 中胸背部, 俳優としては, 凝灰岩をも, 前から, 前後へ, 加藤さんが, 勇気が, 南北囘帰線間は, 吉川元春などは, 名人の, 大橋には, 大混雑, 奈良に, 学問などは, 家柄を, 小代村から, 左の, 座席の, 廉恥心を, 建具が, 彼の, 御夫婦仲, 情意の, 扇を, 打算に, 数日来風邪を, 日光の, 最後の, 末に, 東方アジアに, 欧州大戦を, 歐陽修が, 此の, 武蔵野の, 渡邊織江を, 父母より, 狂言に, 王宮議事堂大学オペラ新古の, 眞言宗に, 眩ゆい, 神に, 私が, 私の, 私は, 第一次欧州大戦, 笹が, 細君を, 給仕頭の, 美しかった, 義侠の, 肝腎な, 自分が, 自分の, 自分は, 自分を, 蔡倫と, 角力に, 警視庁の, 貨幣を, 赤門と, 道中馬は, 都合よく, 長唄に, 音樂の, 顔ぢゆうで, 食べ物に

▼ で~ (88, 0.0%)

5 のこなし 3 はみんな 2 にしみ, をむしつ, を入れ, を切られる, を宗教上, を投げよう, を持ち崩し, を退かし

1 [64件] うごきさえ, うごきすること, がすくん, がまえし, が持てない, が持てなかった, が持てなかつた, が浄, が無い, が竦む, にしみる, についた, についたら, につき, につまされる, にはいろいろ, には別に, にも皮, に添, に着けた, に苦しみ, のま, のまわり, の廻り, の悩ましき, の惱, の疲れ, の破滅, の縛め, の置処, の置處, は大, は軽い, も心, も軽やか, も骨, も魂, よりもない, をかがめ, をかたく, をのみこがす, をむしっ, をもがい, をもがく, をもてあます, を伏せ, を伸ばす, を動, を堅め, を投げ, を投げた, を投げ捨てる, を持ち, を挺, を揉ん, を横, を粉, を隠す, を靠, を顫わせ, 振声色交, 汚なす, 軽く出来, 重く

▼ で一向~ (87, 0.0%)

4 埒が 3 人目に, 面白くない 2 埓が, 相手にも, 眼鼻も

1 [71件] おもしろくも, お口, お感じ, かまひません, それと, それには, そんなこと, たあいの, たよりが, なぢ, なにも, らちが, ニナール姫の, 上手でございません, 不思議でも, 両親の, 人家など, 何でも, 信じられない, 処女と, 効力が, 勝負は, 友達甲斐を, 取り上げて, 取止めも, 取留, 声が, 声はと, 変調な, 多愛, 存ぜず彼, 定まらないの, 差支ない, 平気で, 弁えが, 役にも, 役に立たないのに, 役所の, 思案の, 恨みが, 悔やむには, 意味が, 效力が, 斧鑿の, 正体が, 気が, 決断に, 潮が, 澄した, 無頓着に, 痛切に, 目にも, 私を, 筋は, 絵筆を, 肉声を, 脚なみは, 自分の, 苦に, 荷物の, 落ちないの, 裁縫の, 要領を, 覚えが, 言葉は, 詰らないもの, 超越し, 迫って, 隙間は, 馴染の, 驚かない

▼ で~ (87, 0.0%)

4 智で 3 技巧で, 邪氣で, 関心である, 雑作に 2 価値な, 性格な, 慚に, 道徳だ

1 [63件] うてさ, からしめる, けりや, ささうな, さすぎる, さそうだ, さそうな, であったこと, であつ, の概念, の論理, 代価で, 以外に, 伝統でしょう, 作と, 信者な, 内容な, 學だ, 役軽輩の, 思想で, 悲慈で, 愛憎で, 感動な, 感興な, 感覺だ, 感覺で, 批判である, 拘束は, 政府主義者としての, 教育な, 教養な, 數の, 方針です, 智だ, 智だった, 智でありました, 智な, 智なる, 暗と, 暗に出来る, 暗に撲, 暗に驚い, 果で, 條件では, 権利であった, 殘でした, 氣味な, 禮な, 組織な, 統制である, 見識な, 論法水とも, 警戒な, 躾でした, 選択である, 邊なる, 邪氣な, 鐵砲な, 関心で, 関心の, 雑作で, 雜作に, 髯の

▼ でとうとう~ (86, 0.0%)

3 彼は 2 あのよう, 聞かさないで, 首を

1 [77件] あったらこと, うちに, おいささん, お民, この塔, こんなもん, こんな商買, ご法, そこで, それを, たまりかねて, と言っ, またなき, ゆくえ知れず, りっぱな, わからず仕舞い, わたしは, ママは, 一夜誰が, 一週間馬鹿の, 七両一分に, 久吉どんは, 九月十日に, 二十八日過ぎに, 今の, 今年で, 今日まで, 何も, 僕は, 六兵衛は, 六升を, 切腹に, 十一日は, 参加する, 名物の, 唖の, 問題の, 喧嘩に, 喧嘩を, 四日という, 四日目の, 妹娘の, 嫁きそびれ, 小柄を, 山の手へ, 弥兵衛は, 彼に, 彼らは, 御乱心, 我慢が, 支那よりも, 次郎は, 止して, 洗えなかった, 海老床も, 火の気の, 男が, 石見守も, 私に, 私の, 私を, 第三部, 約束, 翌日に, 自分で, 自分に, 街の, 見切りを, 言いそびれて, 誰も, 貴方前後が, 逃げられたという, 途中で, 運の, 部下に, 重たい足, 饂飩を

▼ でどうも~ (86, 0.0%)

2 今の, 夜も

1 [82件] あと味が, あの嫁, いけません, いやに, いやらしい, おきの, おそくなっ, お座敷を, お役人, お聞き流し, こういう風, このところ, この方, これは, これ怨みたく, こんな事, しなければ, すみません, そこへは, そこを, ならん人間, ね浮世, はあしょう, ひどく驚かされた, よい所, シローテの, ジッと, トンチンカンである, ニードの, 上方生まれに, 不気味な, 事実と, 人を, 人間らしくは, 仕方が, 何んとも, 作る氣, 信用は, 先方の, 分らないで, 切支丹の, 可哀そうな, 商売は, 商賣, 変で, 夫では, 夫の, 妹娘の, 居心地が, 帽子を, 彼組の, 御手数, 御手數, 思うよう, 我々の, 是程に, 最初から, 様子が, 橋本は, 此樣な, 気が, 気に, 気も, 氣が, 江戸らしくありません, 無理な, 申分が, 相すみません, 私と, 穏やかでない, 立入って, 紳商と, 羨ましい心持, 腑に, 英国の, 落ちついた気分, 西洋料理へ, 金ぶち, 頭が, 頭の, 駄目だ, 驚いた話

▼ でなお~ (86, 0.0%)

2 念の

1 [84件] いくばくの, いろいろに, おまけに, お合点, かっとなっ, ことばを, この陰鬱, さいわいだ, じっと両手, そのこと, その上, その外二, その老躯, ときどき戸, の事, まだ幾ら, よくその, よく出来る, よく注意, よく見れ, よく頼み込み, よろしい, グラチアの, ケリッヒ夫人に, ハイネの, 一両年稼業を, 一命を, 一心に事, 一杯を, 一箇年半の, 不気味でした, 不規則性の, 不足であった, 二三の, 二里半ほど, 人を, 今一つ現在の, 仔細に, 休息しよう, 原因が, 取り引きが, 古くからの, 可笑い, 同じ広, 同書の, 四辺を, 地面を, 外に, 女を, 工場主は, 希望的な, 微臣, 思い出そうと, 怪いです, 悩ましい, 想像を, 手を, 数日は, 数曲演奏する, 暫く泣きひ, 様子を, 此の, 残って, 毒舌を, 決断には, 源氏は, 父の, 狭い露地, 生産を, 田舎の, 痛さ, 相去る, 私を, 種々問答, 笑いながら, 細かな, 絶えず侮蔑, 胃袋が, 腸部に, 説く限り, 辻待の, 造酒は, 長く探偵文壇, 頭を

▼ で全く~ (86, 0.0%)

3 手の 2 のところ, の他人, 飛翔が

1 [77件] いら, この祖母, この辺, その人格, その他に, それが, たまりませんよ, だぶだぶで, なにも, の不意打, の丸裸, の自費出版, もって, やめて, スペキュレーションの, ノンセンスの, 一安心です, 一度で, 予想外の, 亡国の, 人面獸心とは, 他の, 以て, 何の, 何も, 偶合では, 偶然と, 光明氏の, 処女の, 初めから, 別種の, 助かりよう, 十年も, 呆れ果てたこと, 四民平等を, 困ったもの, 地獄で, 天才です, 女の, 子供の, 孤独な, 宗教といふ, 家来共も, 後人の, 心は, 快い空, 憂鬱に, 憶出せず, 我々の, 料理は, 新たに, 是を, 書かないと, 木造建築である, 気の毒な, 氣の, 浮草の, 無頓着な, 無駄という, 狂的と, 申訳ない, 私は, 箸にも, 統一には, 茶番に, 虚構に, 話が, 身より, 軍事的な, 途方に, 過去の, 金慾に, 閉口し, 面白い, 面白くない, 風采に, 飽きません

▼ で~ (86, 0.0%)

7 をし 2 というの, にならない, もよく, をする

1 [71件] がある, がきまつた, がそう, ができない, がとぎれる, がはずんだ, がよく, が上手, が全然きまって, が折り合うた, が極まる, が極めて, が沙汰やみ, が継続, が進む, が面白い, が飛びすぎた, という話, といえ, といふの, と云, にならん, にもなるまい, にも何, に聞い, に花, のなか, のひまひま, の内容, の対象, の本筋, の様子, の片鱗, の筋, の続き, の縁, の調子, の途中, の途切れ, の途切れた, の隙, はおしまい, はこれから, はしず, はそのまま, はとぎれ, はまとまる, はみんな, は又, は少し, は急い, は終り, は退っ引き, もはずみ, もわからなけれ, も双方とも, も能, も遊び, をさせ, をさそひ出す, をしたい, をし給え, をそのまま, をほか, を他, を早く, を皆, を続けた, を続ける, を聞き澄ました, を進めよう

▼ でいろいろ~ (85, 0.0%)

2 である, と手, な話, のこと, ふしぎな, 話して

1 [73件] あのお婆さん, おわかり, お話に, こまかいこと, と, といや, とかわった, とロオラ, と口説き落とした, と女らしく, と実物, と工夫, と新村博士, と特別, と考えました, と頼まれる, なもの, な堪えがたい, な奇想天外, な年配, な役所, な忖度, な町, な空想, な経緯, な背, な貝, な釣合いで, になる, に事件, に信心, に芝居, の人, の仕事, の先輩, の取越し, の地方地方, の宝, の庭木, の感情, の感想, の書物, の本, の艶, の話, 便宜の, 勝手な, 古い雑誌, 小さな点, 工夫し, 想像を, 愛する本, 手伝って, 打開策が, 指圖を, 指導し, 探して, 有名な, 構想を, 消息を, 物語つた, 異本が, 考えたあげく, 考へて, 話を, 詳細な, 調べましたが, 調べ上げ, 迷い抜いたあげく, 運動した, 金も, 難しいこと, 面倒な

▼ でやがて~ (85, 0.0%)

2 よい聟, 他の

1 [81件] あたりが, おのれを, お縫, お鉄, この地, この席, こんどは, する, そこを, その面, それさえも, それに, にんじんは, のこと, のそっと, はそれ, はまた, はまるで機関車, は歴史, は絵, は雲仙名所, ひとり高いびきでした, またその, わたし達は, シューベルトの, 一国一城の, 丁寧に, 人形使夫人画家たちを, 例の, 信長は, 光の, 全軍, 其声は, 初冬にも, 叢の, 地下戦車の, 城中から, 大きな木曾谷, 大乱戦, 大名, 大尉に, 女は, 娘は, 定刻の, 対馬守を, 将軍家の, 小夜子が, 幾年とも, 床屋から, 彼女は, 後から, 後ろの, 心火に, 怪文書の, 態度を, 我々の, 手紙に, 新茶が, 日の, 日本は, 昭和二十三年に, 曖昧に, 松明の, 橋の, 死ぬこと, 死別の, 殿様蛙の, 洗濯屋は, 溺れ死ぬ運命, 相川も, 私は, 秋めいて, 程よく辞し去った, 茶屋の, 記者連中に, 転じて, 階を, 静かに, 麓へ, 黄昏近くに, 黙祷を

▼ で~ (85, 0.0%)

3 る日, る時, 時は 2 ひは, る場合, る夕方, る晩, 人は, 日私は, 種の

1 [62件] うらさびしさ, るかた, るとき刑事, るもの, るカフェー, るデパート, るパッショネート, るロマンティック, る一つ, る一時代, る不定, る事, る冬, る友人, る向き, る善, る場所, る子供, る寄宿学校, る寄席, る小さな, る工場, る年それ, る想像, る意味, る新聞縦覧所, る日笹尾, る時兄, る時友人, る時私, る果物, る私, る程度, る若い, る行詰つた狭い, る記事, る証券会社, る農村, る部分, る重大, 一処雲が, 一種の, 凄さ, 場合決して, 場合野上さんと, 娘の, 客車の, 寺院の, 意味に, 旅僧が, 日の, 日外出した, 日突然, 日重助は, 時係官が, 時当世の, 時猟に, 時私が, 氣持を, 物の, 程度まで, 霊力を

▼ でまず~ (84, 0.0%)

2 初めに, 彼女の, 誰でも

1 [78件] あの二人, あの人, あれなら, おとが, お国, お館, この二つ, この官兵衛, この旨, これなら, さし向きの, その家, その日, その詳細, その財産, それッきりで, たいしたこと, ないよりは, めでたいの, やらなければ, やんまを, よいほどに, わが妻子, キシニョーフへ, ツューリッヒまで, ドドを, 不惑という, 二十六人の, 仕合わせの, 伊達安芸伊達式部らの, 位改と, 例外である, 値打ちが, 元服の, 出版された, 助かったと, 博覧会の, 句の, 名人格, 嘔きけ, 大した失策, 大丈夫です, 左右の, 帰りは, 引受けたん, 彼に, 忠左衛門から口を, 情話を, 挨拶という, 挨拶を, 新スポーツ, 明けまして, 明治二十八年来の, 春には, 最初に, 橘之, 海岸へ, 炊所から, 煙草を, 犯人は, 王さまを, 田舎の, 白い鳥打帽, 相当に, 相談が, 空中無敵艦隊だ, 第一, 胆を, 脇本氏は, 自分で, 見事に, 護謨を, 道場坊宥覚を, 隅田川の, 難波の, 餅を, 髭から, 鰡のから

▼ で早く~ (84, 0.0%)

2 いえば, 僕に, 行って

1 [78件] あっちへ, あとを, お三味線, お許しが, お詫びを, お飯, この世を, す, するつもり, とも十四世紀以前, ねむっちめえ, は歩けなかった, は歩けなかつた, ひとッ風呂, もあれ, もいっさい, もその, もそれ, もははあ, も一ヶ月, も中衛少将, も刀, も奥, も妻, も忘れ去られよう, も柳原, も神月, も親, も財政, も轟, ステージを, 上まで, 下りて, 乗りなよ, 亡くなった, 何とかし, 出たい出たいと, 出て, 出掛けたの, 出来て, 出来ます訳, 女房に, 家へ, 寝た, 寝っちまえよ, 寝みましたのよ, 寝ようぜ, 寝ろよ, 寢んで, 帰って, 帰つ, 帰らうと, 床に, 慶雲二年六月に, 捜しな, 改心さへ, 改心なすっ, 暇を, 書いた, 来て, 来ねえ, 東京へ, 死んで, 気が, 滅された, 男爵に, 眼を, 社へ, 立ち去りたいやう, 竜之, 繃帯を, 行け, 行こうと, 起きなけりゃならない, 退こうと, 這入つた琉球唄, 酔いが, 金を

▼ でわし~ (83, 0.0%)

3 はその 2 はわし, は今日

1 [76件] がきみ, がこの, がなぜ, がな病人, がラバさん酋長, が代っ, が掃除, が損害, が月江, が犯人, が知っ, が考案, が貰おう, としても甚だ, と調所, にはちっと, には気に入らなく, にもなれねえ, に会い, に買収, のほか, のもの, の云う, の前, の哲学, の志, の母親, の知った, の詞, の頬桁, の頭, の食う, は, はいつも, はいろいろ, はきょう君, はたのしみ, はたまげ, はもう, はもちろんほっと, は一足先, は人后, は今晩, は先刻, は出たく, は君, は声, は姫, は実際, は少し, は帰依, は徳島城, は思う, は楽しみ, は海軍工廠, は産まれ, は百姓, は知らん, は興奮曲線, は逢った, は道具, は違わない, は隠居, も, もきっと, もこの, もはあ, もやる, も安心, も無言, や昨日歸つて來, をよく, を始め十人, を見分ける, を迎え, 引っ張って

▼ でそのまま~ (82, 0.0%)

5 にし 3 では, になっ 2 そこに, 自分の, 黙って

1 [65件] おかしな腰つき, おとなしく, お帰, すうつと, すっぽかして, すべって, その安宿, それを, たおれて, なにも, にすんだ, にそのまま, に捨て, に済ん, はしご段を, りっぱな, トランクに, 下へ, 事を, 仕分けを, 他愛なくつんのめる, 信用は, 傍を, 傘を, 先を, 出奔した, 出雲の, 原子力発電所に, 向こうへ, 城門へ, 大きい鼾, 女たちの, 婢女を, 子分を, 寝所へ, 帰って, 帰ると, 平気で, 引きこもって, 引っ返して, 彼女を, 懐から, 我われの, 打ち捨てて, 持って, 放ち門, 放って, 日盛を, 書物を, 柏屋に, 桜花に, 水の, 決議に, 沙汰やみに, 消えて, 無事に, 用いた, 用を, 真実か, 舞台に, 落ち着いて, 誓を, 静かに, 飛行場に, 食える

▼ でどうしても~ (82, 0.0%)

2 お金が, 一緒に

1 [78件] あとを, あなたを, いかなかった, いけませんツイ今しがた警察, お医者, お友達, お許し下さらぬ, この世界, この歌, この猜疑, この福島, その意見, それが, それだけの, そんな元気, そんな気, ほかには, ものが, やめたくなる, ポン引だ, 万歳が, 上洛の, 不思議な, 事実この世に, 五日位掛る, 今年も, 何か, 使は, 健康上有害だ, 公式という, 其が, 口を, 和歌の, 奥様は, 女とは, 子供なんか, 学校さいかなく, 実在論という, 実物の, 尊敬する, 履を, 彼の, 心が, 手に, 打ち合わせとかに, 文を, 旧職, 星が, 来られなかっただ, 東京に, 案内記風の, 歌劇, 止められなかったん, 産んで, 癒らん, 盛んに, 科學の, 穴の, 立たなかった, 網の, 考えを, 腰を, 自分が, 自白しない, 落ちたいと, 落ちついて, 藝が, 虚情とは, 見せびらかすという, 親の, 言葉に, 言論については, 話さずには, 調子が, 起きられません, 起き上ること, 開かなかった, 顔が

▼ で先生~ (82, 0.0%)

2 が間違つたの, が青年, の, の言文, はその, は殆, は火星, は直

1 [66件] いと, かてよう御, が, がひどく, が宮様, が彼, が自身, が黒マント, と奥さん, などはいらない, ならどう, にお, にお話し申, にたいして同情, にはあまり, にも来, に御, に迷惑, のいう, のお, のところ, の厄介, の地位, の家, の幼名, の御用, の応接間, の歓迎会, の生徒達, の病院, の直観力, の看護, の眼, の訪問, の許, の話, の論理, の講義, の颯爽, は, はきっと, はもう, はわざわざ, はガバ, は先生, は大通り, は学校, は御, は或, は暑中休暇中, は最初, は殴られる, は要領, は誰, は雪子, は青木繁, もう彼奴, もそれ, も少々, も私, をお, を一時的, を囲ん, を敬う, んとこ, 冷かすつもり

▼ で~ (82, 0.0%)

9 の中 2 の色, の音, は漏り, もきれい, を表し, 汲みい始めただ

1 [61件] か湯, がつく, が下, が冷, が尽き, が流れだし, が煮え, つ氣, つ洟, で嚥下す勢, と共に尾瀬ヶ原, など飮まつ, にぬれ, に躍, に近い, のかれた, のごとく, のすこしく, のまにまに, のやう, の多い, の如く, の底, の揉みあう, の澄んだ, の神サマ, の縁, はざんざと引, はそんなに, はただ, はない, は何処, は四季とも, は嵩, は必ず, は最上, は油, は見えず, もよく, や雨雪, らしいもの, をかいた, をかぶっ, をぶ, を倹約, を吐かせ, を向け, を含ます, を吸ッ, を打った, を持っ, を持つ, を掻き, を欲し, を泳ぐ, を渡っ, を眺むる柳, を運び, を飲む, を飲ん, 汲むの

▼ でいま~ (81, 0.0%)

2 汲んだ水

1 [79件] おろす差し手, お苦しみなさっ, から中学, から神山さん, この少女, さしあたって, しきりに矢, すぐこれ, そうした年頃, ちょっとごたごたが, ではあの, ではこの, でもあざやか, でもコウノトリ, でも事ごと, でも実母, でも謡, で言, で言え, となっ, とのさま, なおわたし, なお叡山, にもすぐ, にも泣きだし, にも泣き出し, にも起きあがっ, のあたし, のあの, のうち, のところ捜査本部, のとこ関係, のもの, の出来事, の女給, の所在地, の政府, の方, の時代, の蜘蛛, の返事, はいっ, はお, はなに, はまったく, はヤレ身仕度, は六人目, は十八, は十月通り, は大, は宮崎龍介氏夫人, は最後, は紫波郡八重畑村佐藤某, は自分, まであなたみたい, まである, までどおり往, までに見た, までのよう, までの戯曲, まではやつ, までは至って, まで喋々, まで絵, まで隙, もしきりに, もその, もって, も侍座, も同じ, も心, も胸, 困ってたとこ, 始まったこと, 思えば, 感じて, 現に自分, 言ったこと, 起ち上つた詰襟黒服

▼ でその後~ (81, 0.0%)

2 で苦しみ始めた, のこと, の当分, の消息, は, はどこ, 長らく兄

1 [67件] いくばくも, いつとは, いよいよ戦争, おかはり, お光, お此, くづれ, この屋敷, その店員, というもの, ときどきこの, になっ, には必ず, には恐怖, には気味, に伊佐子さん, に光秀旗本五千余騎, に全部, に隨, のお, のここ, のよけい, のレース, の取調べ, の声, の方, の状態, の養生, はあえて, はかたき, はすぐ, はずっと, はひっそり, はもう, はやはり, はカラザース, は一度, は一時十五分, は何, は余程, は全く, は切髪, は取立てられ, は恙, は新聞見物, は更に, は決して, は白河戸郷, は眠る, は誰, は音沙汰, ふたたび舞台, まる一カ月, もさかん, も二百五十万年, も何とも, も兎かく, も幾年, も謀反, を縋け, を跟, を追って, 一向便り, 再び寺, 又雪子, 取調べて, 間もなく十郎

▼ でちょっと~ (81, 0.0%)

2 の間, 見は

1 [77件] うっかりし, おしゃれな, お見せ申す, お話したい, お貸し, お飲, かわいく山羊みたい, ご挨拶, そこの, その席, たじろいだの, でも意, でも暇, でも痛み, でも邪魔, の油断, の目, の間しずか, も近代的, チンドン屋みたいで, トリストラム・シャンデイといった, 上等のに, 下りに, 会釈した, 信用し, 出かけました, 切ッつ, 別嬪これが, 勝手が, 和歌所の, 喉が, 夏痩せは, 小綺麗な, 座談でも, 悪くない, 手を, 指先で, 挨拶に, 損な, 景気は, 来なさい, 棺の, 武家の, 死の, 母を, 気を, 気軽に, 法螺も, 片手を, 用が, 用も, 白痴的な, 目先に, 目礼を, 知って, 紙袋を, 綺麗な, 縄を, 自負心を, 若い男, 荒れても, 行くと, 見たの, 見た時大変立派, 見て, 見ては, 見ると, 説明申し上げ兼ねる, 足を, 返事に, 途方に, 適当な, 附合っ, 面白くなく, 飲み酔って, 驚いたが, 鼻の

▼ で~ (81, 0.0%)

6 の中 4 が一杯 3 がいっぱい 2 がいつ, がわくわく, が遽, とか腰部, のなか, を突出

1 [56件] があい, がおどつた, がしめつけられ, がすきる, がすく, がすっと, がせまっ, がつまつたの, がときめき, がむかむか, がギリギリ, がムカムカ, がワク, が一しきり, が一ぱい, が一パイ, が悪く, が痛い, が痛み, が破裂, が空っぽ, が躍った, が躍りたつ, と胸, にだけ思いつめる, には徽章, には星勲章, によく, に一物, に手, に掛けた, に描い, に月輪形, に熱気, のうれし, のこり, のすく, の奥, の所, の方, の鼓動, はいっぱい, はた, は涙, へ突き拔, までたれた, も挫ぐる, も殆ど, をときめかせ, を切り, を十分, を張っ, を張つて, を打たれる, を掻きむしられる, を轟かした

▼ でなく~ (80, 0.0%)

75 して 1 あの迷妄, したいという, しては, てよかつ, て済む

▼ で彼等~ (80, 0.0%)

2 の足, はそれ, は電車

1 [74件] からは幕府, から非難, がずっと, が一般聚落, が二三町, が多少なりとも, が妙子, が寝, が胄, が近づい, が這入っ, と日本, にとびかかっ, の, のうち, のするどい, のブルジョア的政治的自由, の一行, の中, の予定, の二つ, の人数, の功績, の助力, の動作, の大多, の姿, の弱り, の思想, の方, の未來, の村社, の目, の種族, の著述, の謝罪, の間, の高価, はここ, はすぐ, はそこ, はようやく, はブレシントン氏, は三人乍ら, は久しく, は互, は何とか, は僅少, は入口, は其処, は吉岡家, は声, は家, は少し, は平生日光, は急い, は我々, は或, は日本人, は本当に何一つ, は此, は気, は気に入っ, は清らか, は熱烈, は白い, は稍, は素直, は自分, は自分達, は遠から, は銀座, は雨, を検閲官

▼ で従って~ (80, 0.0%)

2 或る

1 [78件] こうした思想的意義, ここに, この二つ, この種, ご新姐, すべての, その対策, その意味, その表す, どのみち想像, また善い, まだ歴史的研究, ニューヨークでは, フィロロギーを, マルクス主義や, ユーモラスでも, 不良ダンス教師は, 仕事の, 何時の, 個人にとっては, 公債その他瞠目的です, 初めからの, 力なんか, 動物に, 又それ, 又聖書, 哲学が, 哲学の, 回教の, 国情という, 士族等への, 大いに物珍しい, 大へん丁重, 宝塚は, 実に会得, 実験の, 小市民的自我, 巻十・十一・十二あたりと, 帰幽, 幾分, 当時の, 形勢不利な, 思惟自身の, 恋人に, 感味が, 所謂常識なる, 批評的, 抽象的であり, 政治家にとっては, 日本精神とは, 昨夜温水供給が, 時として問題, 最も完全, 未熟であろう, 本当は少しの, 格別取り立て, 正確で, 歴史上の, 民意暢達などという, 汁を, 浜の, 無意味な, 無自覚の, 特殊性に, 私は, 科学の, 科学的な, 緊張が, 自ずとそれ, 自分は, 自然科学と, 船腹は, 裏街道も, 観測器械をも, 豪壮な, 農村を, 近距離の, 通鑑の

▼ で~ (80, 0.0%)

10 して 5 もその 4 もそれ 2 も, も今, も何もの

1 [55件] かも一種哀調, かも眼, かも西洋, かも風流, かも高, もあり振れた, もえろちっく, もここ, もこの, もこれ, もそのもの, もどこ, もどの, もにこ, もまだ, ももつ, もデリケート, も一人, も一年, も似た, も其の, も其用途さ, も凄味, も多く, も夫, も小綺麗, も尚, も巖乘, も彼, も急行, も惨, も懷, も整理, も是, も未だ, も東京, も極めて, も次第に, も歴史, も死んだ, も深い, も理窟, も甕, も甚だ, も生命感, も眼中人, も短い, も神經, も禁酒, も身なり, も運命的, も重い, も門外不出主義, も非常, も飽くまでも

▼ でおれ~ (79, 0.0%)

3 はその 2 の手, の部屋

1 [72件] あどうも, がふい, がへこたれる, がやる, が三分, が五十ルーブリ, が今夜, が今日, が勝った, が四十面相, が教える, が日本, が無事, が眠れねえ, が神経病, とし, との親昵, と夫婦, にいくら, にはごく, には口, にも本当, にゃ危なくっ, に余所, に同行, に天罰, に寄越してる, に我, のあと, のうけ持った, のこと, のところ, の半分, の名, の子分, の家, の帰る, の料簡, の方, の虫, の足, の頸, の顔, はいま, はおれ, はこの, はしばし, はその後, はそれ, はそれでも, はなん, はぶんなぐり, は北川さん, は千代, は女, は家柄, は思う, は手前, は極力, は此処, は気に入ってる, は源次こっち, は腰, は良心, は落魄れ, は見切り, は黙っ, も癪, をだませる, をどう, を殺す, を軽蔑

▼ で好き~ (79, 0.0%)

15 でたまらない 5 でたまらなかっ, でたまらなく 3 で一日 2 でたまらぬ歌, で仕様, な女, な女郎

1 [43件] こそ物, だから, だった, だったの, だつた, だと, で, である, でかなはん, でした, でしないでは, です, でそれから, でたまらなくっ, でたまらねえ女, でたまらんていう, でたまらんという, でたまらんのに, でたまりませんでした, でたまりません米友さん, でならないが, でならないもの, でならない恋びと, でならなかったおん身, でならぬが, で仕方, で叶わん, で堪らないが, で堪らないという, で堪らないとは, で小, で溜らぬらしかつ, で神, で耐ら, なこと, な事, な人柄, な奴, な数学, な時, な男, な音, にもなれる

▼ で~ (79, 0.0%)

5 一に 4 一の 3 二の, 二は 2 一日の, 一飯が, 三は, 二期の

1 [56件] 一が, 一ここに, 一この, 一その, 一には, 一チチコフという, 一主題は, 一例の, 一儉約で, 一公式の, 一和風そのものの, 一囘會見, 一回の, 一回は, 一巻, 一得恋メデタシ, 一得恋メデタシメデタシよりも, 一拾円札で, 一支配階級の, 一文化の, 一書房のは, 一条件の, 一次大戦後の, 一水が, 一番に, 一盗賊の, 一盜賊の, 一祝詞が, 一種警報の, 一第, 一義侠的な, 一自分の, 一言語から, 一食べよう, 七は, 七世紀の, 三期として, 三篇と共に, 二句で, 二号と, 二図は, 二国民兵の, 二夫人第, 二操縦室へ, 二楽章から, 二楽章の, 二次の, 二段とは, 二流第, 二線決戦主義が, 八は, 八回公演を, 四には, 四は, 四番目に, 88888号でした

▼ でこうして~ (78, 0.0%)

2 おいでに, 二人が, 召集された

1 [72件] あなたにまで, いっしょに, いつまでも, おれば, お話し, お話しする, ここでも, ことの, したくが, つくづく眺め, はるばるやってきた, へえ山, わたし自身あわて, クサッて, ノコノコつい, 一日一日自分も, 一杯の, 世話に, 並んで, 事が, 事実上大衆は, 今路傍に, 仲好く, 作る粉, 俺は, 倫理の, 出して, 初めて批判, 君と, 四年近くと, 大学校, 奮闘し, 媾曳し, 学校も, 寂しそう, 山の, 常時絶え間なく, 彼は, 思惟を, 政治活動, 暮して, 月を, 本でも, 東京人の, 歓声が, 此処へ, 歩いて, 歩いてるん, 死だ, 海を, 炊事の, 無関心, 真理は, 眺めて, 私の, 私達の, 米友の, 結局封建制主義は, 考え考えしながら, 胃病に, 腰を, 自分を, 荷物を, 要するに所謂ヒューマニズム論, 諸国を, 身も, 遊びに, 遊んで, 過した多く, 長い手紙, 随分人, 静かに

▼ でむしろ~ (78, 0.0%)

2 その濫用, 今までの, 急に, 曖昧な, 自分を

1 [68件] うるさいこと, このほう, この一刻, これ見よ, ずるいくらい, その対立, それが, それは, に石油, むだの, わざ, を巻い, チブスの, ママ母の, 不況の, 伸子の, 俊敏な, 健康を, 単純極まる, 呉服殿に, 味方同士の, 哀しみ悔いて, 大得意, 好感が, 婆羅門教に, 寧子の, 対象の, 平和に, 役人の, 役人は, 彼を, 得意な, 徹底した, 快い, 快感の, 戦争なぞは, 手前が, 技巧に, 日記や, 最初は, 柔かい毛筆, 民族興隆の, 気の毒だ, 沈んで, 淡泊です, 温情が, 滑稽である, 滑稽気である, 玲瓏として, 理論の, 生きて, 生き物の, 痩ぎす, 省略する, 祝福さるべきであった, 空転作用の, 紅舌に, 素知らぬ様子, 美男と, 自然な, 葉村氏の, 視覚に, 訳者自身の, 詩であり, 身の, 退屈そうに, 面白すぎる, 高台の

▼ で東京~ (77, 0.0%)

3 にいる 2 に住ん, の女学校出身者, の方, の街

1 [66件] およびその, からくる, から前橋, が稀有, でいったら, では事実, では松沢病院, でも今, で喫茶店勤め, とちがっ, なつかしの, なんかまだ, にある, にいい, にそれ, にもこれ以上, に居, に帰っ, に帰った, に懐古型, に戻りました, に育った, に行つて, に近い, に飛び出し, のまんなか, のアベック, のスリ, のバラック, の一流どころ, の僕, の名物, の寄席, の山の手, の新聞, の本郷バー, の町, の番町, の真中, の近, の銀行, は一晩, は全く, へはまだ, へ修業, へ出, へ出たら, へ参りました, へ帰ッ, へ引き返し, へ往つて, へ来, へ歸つて了つた, へ着いた, へ着いたら, へ達する, もたのし, も何処, や京都, をふ, を中心, を出る, を焼, を見る, を離れる, 及びその

▼ で一方~ (76, 0.0%)

4 の端

1 [72件] お旗下, から民主主義文学, から見る, がすぐれ, が文覚荒行, が死ね, が荒ッ, が鉛活字, この新しい, だけで, だけといふこと, ではまた, では公判, では粘土, では船, で主義, で自分, ならず気, ならぬ歓待, ならぬ窮屈, ならぬ苦しみ, には, には勞働, には大, には小説, には尺度, には物集高見, には言, には貴族, には連れ, には馴れ, には麻, に略し, に祭り, に鋭い, の兎, の大将, の室, の岩壁, の旗頭, の陣, はワンピース, は一安心, は二幕, は取られる, は堅気, は小, は少し, は崇高, は政樹, は新聞記事的, は栄達, は落ちくぼんだ, は路地口, は金遣い, をまっすぐ, を常識, を指さします, を殺した, アウフクレールングの, レーニン等に, 卓一らしき, 単独に, 口の, 多くの, 巷談師は, 成ず心配, 極端に, 的な, 知識も, 紫の, 苟くも無産政党の

▼ で~ (76, 0.0%)

10 を飲ん 3 の上, を飲み, を飲む 2 も呑み

1 [55件] がこぼれ, がはいる, がやすい, が一本十二銭, が入手難, が好き, が強く, こそ飲まね, でも飲まなけれ, と煙草, と肴, などたずさえ, なんかあまり, になった, に赤く, に酔っ払っ, の好き, の支度, の方, の燗, の酌, の酔い, は少し, は酒飲み自身, は飲め, もよく, もタバコ, も何, も呑まず, も呑め, も強く, も煙草, も留めねえ, も肉, も飲め, や女, をあおる, をつつしみ, をのまなかった, をのむ, をクン, を一杯, を人, を出す, を口, を呑む, を呑ん, を啜り, を汲み交わせ, を禁, を端, を買い, を飮, を飲みはじめた, を飲んだ

▼ で非常~ (76, 0.0%)

2 によく, に当る, に早く, に美しい

1 [68件] な乱暴, な争い, な事, な光栄, な名誉, な大昔, な学者, な歓び, な緊張ぶり, な金持, にうまい, にうまく, にきれい, にすぐれた, になつかしい, にはっきり, にやかましい, にやすっぽい, によい, にりっぱ, にデリケエト, にトルレス, に似, に侮辱的, に便利, に優遇, に助かった, に勇気, に厚く美し, に厭, に厳密, に可哀想, に困りました, に多淫, に大きな, に奥床しかっ, に巧妙, に御上, に心, に心苦しい, に惧, に愉快, に感じ, に感激, に我儘勝手, に有益, に正直, に気味が悪かっ, に流動性, に無理, に狼狽, に珍, に珍し, に神経過敏, に私, に筆跡, に細君思い, に興味, に興味深い, に規則立った, に親切, に誤, に賞讃, に辛く, に電波, に面白く, に骨, に鮮

▼ でまことに~ (75, 0.0%)

2 人相に, 御同慶, 恐れ入りますが, 結構である

1 [67件] あいすみません, ありがたいこと, ありがたい仕合せ, お気の毒, お詫びの, ご迷惑, すばらしい勢い, すみませんでございます, その花, もったいないわけ, よい宿, われらの, ハリアイも, 不可思議の, 不親切であった, 不都合だ, 仕えにくい, 何です, 劣等な, 可哀そうな, 和田勢は, 問答にも, 困る, 変な, 天馬空を, 失礼だ, 失礼であります, 失禮です, 奇異なる, 好い宿, 小心な, 工合の, 平凡な, 当惑いたしました, 当時の, 彼は, 御愁傷, 心外ながら, 愛くるしく見える, 早や, 有難いわけ, 有難う存じました, 機嫌の, 武張った屋敷, 気の毒な, 気楽な, 濟ま, 無理な, 生憎千万な, 申しかねますけども, 申しわけない, 異な心持, 皿までが, 目ざましい心地, 相すみませんが, 相済みません, 結構です, 綺麗事に, 美しい, 苦笑禁じ得ない, 遲く, 都合が, 静かな, 静かに, 面白い, 面目が, 面目次第も

▼ で一つ~ (75, 0.0%)

2 の夢, の文学的出家遁世, は吉利橋下, も紋

1 [67件] あやまてば, が他, この際こちら, ずつ分ける, その相州三浦, だけ切り離す, できること, でもあった, として過ぎ去らない, にいる, には, にはまた, には同人, には椎茸, にビスケット, の, のし, のサーベル, の仮名, の入江, の地方, の型, の大きい, の安堵, の後, の微, の感情, の新しい, の服, の木, の模写芸, の横, の生, の種類, の箱, の言語, の話, の集団全体, の食卓, は, はラモト・ヴァロア伯爵, は事務的, は僅か, は前述, は左, は常, は比較的, は消極的, は積極的, は近頃, は髮粉, もあまさず, も余分, も出来ぬ, も取柄, も史的, も喰, も直接, も碌, も空い, も連絡, やった, やって, 作って, 写して, 負わして, 食べて

▼ で多く~ (75, 0.0%)

4 の場合 2 の人々, は, を語らなかった

1 [65件] そういう側, その方, とると, のよく, のインド人, の人, の人達, の他, の作, の作家達, の内外人, の名作, の善意, の場合めんどう, の場合己, の場合編者, の声聞師, の外国, の学者, の家, の家来, の弟子, の施政, の浪人達, の点, の猫, の罪悪, の美点, の者, の興味, の船客, の血, の裁判官, の雑誌, はその, はコゼット, は一八五〇年代, は云はず, は他, は低い, は利害関係, は山人発生以後, は忘却, は暗示的, は湯本, は程なく, は結婚, は職業人, は落伍者, は遊牧的生活者, は金めっき, は金持ち, は電柱, もない, もなし, も語らず, を答えず, を語る, 信ず可, 暮して, 書きました, 産まれる子, 西洋人へ, 見れば, 語らなかつたの

▼ で時々~ (75, 0.0%)

4 ふつと 2 女の, 暗黒の

1 [67件] おいで下さいます, おおやの, お茶を, お邪魔, お酒, きりの, こわがって, しか病院, ずつと寄つて, せがれに, にそんな, に取り留め, に寄りあつまっ, は太夫, は小さな, は逢, は雀, びつくりする, めまいが, ギロリと, パンパンという, ヒヤヒヤさせられる, 下の, 二升ぐらい, 亢奮した, 亭主らしい, 何にか, 先生は, 冨子の, 加奈子が, 台所で, 外出し, 奇術の, 女中や, 実の, 尋ねます, 小舟に, 往復し, 後方を, 御自身, 怖い眼, 意見を, 手紙を, 教壇の, 文学の, 書生や, 栓から, 案を, 歌を, 漁舟を, 男と, 病褥に, 目が, 眼を, 着用した, 私の, 美智子が, 自働車, 見た, 見はぐれたの, 見舞いに, 話は, 道人を, 附近の, 雲が, 飯田さんの, 駕籠を

▼ で~ (75, 0.0%)

12 の白い 4 が白く, の浅黒い, の褪せた 3 が浅黒く, の黒い 2 が黒く

1 [43件] がうす, が奇麗, が淺, が白かっ, が落ちる, が赤黒く, こそ浅黒い, ごのみ, と声, どって, ならば, には出さない, のある, のうす白い, のよく, の白き, の真っ黒, の美しく白い, の蒼白い, の道, の青白い, は多少, は少し, は真黒く, は茶褐色, は褪せ, は雪, は非常, は黒, は黒かっ, は黝, ばかり塗りたくっ, も匂, も古び, も悪い, も落, も蒼から, も鮮やか, も黒, や香り, よい返事, を失ひ, 深く章条鮮やか

▼ でその他~ (74, 0.0%)

6 には何 4 のこと 2 のもの, の建物, の時間

1 [58件] にはもう, には何一つ, には何物, には手帳, には持っ, には月, には涯, には花, にも種々, に何, の, の事, の利害, の子, の少年, の広い, の建築, の弟子, の弱い, の役者, の思念, の慣行, の日本人, の本, の港, の点, の無数, の物, の町村, の百五十八点, の祇園, の臨時費, の買収, の部分, の香料, は, はいろいろ, はことごとく, はこれ, はすべて昔, はた, はどうしても, はみな明治四年, はみな郊外, はシタシタ何本, は九日, は何, は何一つ, は何事, は保, は全く, は地竹, は尽く余りに, は展, は皆, は身分, は運転, 委しい話

▼ で主人~ (74, 0.0%)

4 の勘五郎 2 の知らない, の萬兵衞, を怨ん, を殺し, を殺した

1 [60件] から一番信用, が, がそれ, がカンカン, が亡くなられ, が朝, が死んだ, が消え失せた, が私, が西洋人, として欠, とは昔中学校, と合せ, と客, と清兵衞, と私, と逢いました, のお, の一分, の万兵衛, の佐兵衛, の佐兵衞, の元就, の公使, の半, の因幡守, の家, の居間, の市兵衛, の捨次郎, の方, の日頃, の源兵衞, の百瀬君, の膝, の銀太, の驚愕, はいつ来た, はお, はまた, は今一人, は何, は何と, は影, は朝夕, は湯上がり, は行儀, は間もなく, へ取次ごう, ももう, も一寸, も任意, も客, も私, を保護, を失っ, を見真似た, を誘致, 平左衞門様, 新六

▼ で若い~ (74, 0.0%)

2 にし, 女が, 平次は, 時から, 時には, 時分は, 男が, 男と

1 [58件] うちから, お二人, かいなでの, し一本気, ときから, ときには, のを, ものに, よ, チエちゃんとかいう, メノコが, 二人が, 人たちは, 人と, 人も, 人や, 人形だった, 人達に, 人達の, 勤人労働者風の, 嚊が, 女としての, 女などを, 女の, 女は, 女を, 女子は, 妓の, 妹の, 姐を, 娘が, 娘たちは, 婦人事務員は, 嫁御さんを, 帰還兵は, 教師の, 時と, 時に, 時は, 時分駄犬の, 書記の, 村の, 武士が, 武士の, 武士は, 独逸人の, 甥と, 男などに, 男や, 盛りでした, 細君を, 美男子の, 者に, 者にも, 者を, 青年や, 風流好きな, 養母さんの

▼ でいずれ~ (73, 0.0%)

4 にし 2 も他国

1 [67件] からお越し, が稲吉, ご褒美, そうした日, とも決定, にした, にとも賛同, に愛情, のグループ, の出版屋, の剣士, の方面, の町内, の農家, はお前, は婿, は崩壊, は心, は望み, は道楽, は関東軍, もかつて, もその, もまぎれ, もみな蟻, もポチ, も事実, も人, も優れた, も十一時二十分頃, も十七歳, も半紙, も四方, も大隅君, も庭付, も形, も押し潰された, も昼, も時局, も東京, も決死, も生, も皆, も皇后, も真, も睡眠, も私, も秋, も等しく, も荒涼, も薄, も身許, も錚, も鍾馗, も露, も飛ぶ, も黄色, よからぬ, をまされり, を見, 取って, 彼が, 思想家どもの, 教会へ, 杯の, 話の, 野宿の

▼ で容易~ (73, 0.0%)

5 に口 3 にその 2 なこと, にウン, のこと

1 [59件] でなかったの, なその, ならぬ危難, な問題, な形, にお, にきまらない, にこれ, につかまへられない, には上り得ない, には金持, にやまない, にやみ, にわかるまい, にベートーヴェン, に他, に何処, に出来兼ねる, に前後不覚, に合点, に埒, に寄りつける, に差, に平次, に彼, に我々, に扉, に披, に接近, に敵, に断, に日本主義哲学, に書かない, に歸, に死に, に決定, に洞察, に浮かばなかった, に登る, に目付, に眼, に竜神, に腰, に融和, に行き詰まらない, に見せない, に見当, に解決, に言い得ない, に言葉, に話し, に読みきれる, に起き上がられ, に足, に跟, に踏み込めない, に近寄れ, に門, に飛びかかる

▼ で世間~ (72, 0.0%)

3 の人 2 に酒, の眼, の聞え, は裏屋

1 [61件] からは那珂, からは長州人, からも余程, から人気, から何彼と, がうるさくっ, がごま化, が一切, が却, が辛い, が通しましょう, づきあ, ですれ, ではお前, ではかみなり, ではそれ, では大した, では幸子, とか他人, との距離, には通らない, に似た, に受け, に名前, に向っ, に噂, に対しては何等, に対しても外聞, に疎い, に負け, に顔出し, のこといっさいみな, の不評判, の事, の人たち, の人間, の取沙汰, の名誉, の善人面, の子女たち, の害, の聞こえ, の親, の評判, の連中, はしんと, はせまい, はなかなか, は承知, は派手, は渡られねえ, は終日, への体裁, へはどこ, へ知れ, へ通じ, へ顏向, をひょこひょこ, を呑ん, を知ン, を観る

▼ で~ (72, 0.0%)

2 一時間も, 兒の, 商人の, 女房に, 學校の, 鉄は

1 [60件] がらな, さっぱりと, ざつぱりとしてゐた, ざッぱりした身装と, じんまりと, とりま, まめで, やかな別宴, ビルは, 一町駆出しました, 三津は, 三津も, 仏中の, 伜めという, 使いの, 使いも, 侍従は, 供が, 供の, 供を, 兒が, 兒みたいに, 兒を, 六は, 六殺しの, 兼が, 兼に, 博奕の, 叱を, 商を, 學教員の, 宰相の, 寂しいところ, 左衞門は, 市民層以上の, 庭に, 式部さんにも, 意氣な, 愧かしい, 枝から, 楽を, 歇も, 気の, 法師なる, 焦ったくって, 留も, 督局が, 穢え, 窓から, 笹屋の, 羊の, 芝居役者の, 走って, 酒も, 野川喜三郎と, 震いを, 露西亜では, 風呂敷を, 鯛には, 鱸は

▼ で最も~ (72, 0.0%)

2 明証的である

1 [70件] よい題, サブライムな, 不埒な, 事実に, 代表的な, 価値あり, 優秀な, 刺戟的で, 力を, 古いと, 古歌, 名高きは, 善い友人, 基礎的な, 堕落した, 多く出, 多く現れる, 大きな不幸, 大なる, 大胆な, 好適な, 嫌がられる一つ, 學殖あり, 居心地よく, 年老いた鯨, 幸福なり, 広範な, 強烈な, 必要と, 快いこと, 悪魔的な, 悲惨の, 愉快で, 愉快な, 愚劣で, 感覚の, 手近な, 早く支那學, 時代に, 時勢に, 有力な, 有効である, 有効な, 楽しい所, 正当だ, 活溌である, 消極的な, 深い河床, 混雑する, 無意味な, 直接で, 相応し, 確実な, 簡便な, 簡単に, 美しいもの, 美しかった, 美しき者, 肝要だ, 能率を, 興味の, 良い教育, 艶な, 論争が, 貧しい文学, 越えやすい, 重大な, 重要な, 集約的に, 順応的な

▼ で~ (72, 0.0%)

2 があっ, があつ, のある, の方

1 [64件] があ, があった, がかかる, がたまったら, が一銭, が掛からぬ, が足らなくっ, が高い, っ気, つ氣, づかひの, と人手, と人間, などを取れ, にし, にはならない, には全く, にもっと, に綺麗, に飽かせ, ののっ, の仏さま, の指はめ, の指輪, の林檎, の為, の皿, の鯱, はある, はいつ, はその間, はたしかに, はウン, は一文, は盜, は私, は要る, は随分, も下さらない, も五十円兄様, も貰っ, や物, や珠, らしいもの, をかけ, をとろう, を与え, を借り倒す, を出し, を出す, を出せ, を取る, を得る, を投げ出す, を掻き集めた, を握る, を摺らせる, を散ずる, を溜る, を見つけ出した, を路傍, を軽蔑, を隠し, を隱

▼ で同時に~ (71, 0.0%)

2 彼の, 然し彼

1 [67件] ある諷諭, おそろしい力, ことばを, これらの, その言葉, それが, それは, ちょきちょき鳴った, ちよき, ものの, フランスと, 一つの, 人の, 人生的だった, 今度欧州の, 今日の, 他動的な, 何所か, 余は, 全体的な, 兵助は, 其は, 動的な, 十九世紀文学との, 又喜劇, 又小生, 吾輩が, 営養価も, 土蔵の, 声明は, 大胆である, 大衆的, 大衆的な, 天使的な, 嫌な, 季題の, 対手に, 常識的な, 常識的の, 彼等の, 心境的である, 快よかっ, 意地悪だった, 意地惡だつた, 慇懃な, 或人, 日本の, 春子さんを, 時間的である, 暖いところが, 殺人罪を, 片寄せた古い, 相当の, 石を, 私も, 科学的な, 自己を, 舞台的興味の, 芸術的な, 解り易き, 讃仰し, 重々しく気取り, 重要な, 鋭敏でなけれ, 鋭敏な, 電鈴が, 鷹揚な

▼ で好い~ (71, 0.0%)

3 な, のです, んです 2 ね, のよ

1 [58件] あんばいだ, かも知れません, かも知れん, からあの, からお金, から借り, から真面目, から眠らせ, から若, がどうして, が中身, が厭, ことは, ことも, さまさか, じゃあない, ぞボート, だろう等, ぢや, でしょうと, ですね, ですナア, でせう, という, ということ, といっ, となる, と云った, と嬢様, と思う, と思ふ, には好い, ね田舎, ので, ものだ, よ, よ肩, わ, わね, んだ, 一寸お待ち, 人で, 位な, 処ね, 塩梅だ, 大将に, 女な, 女の子が, 子だ, 御正月, 心持です, 折が, 時には, 柄が, 気持に, 男だ, 男では, 道具や

▼ で~ (71, 0.0%)

8 から晩 3 の戸, の日 2 から家, のうち, の煙草, の第

1 [49件] おみそ汁御飯一杯半, からお, からまだ, から下宿, から両手, から横浜, から真, から運動, から頭, から飲まされる, から飲ん, が味噌汁, でも昼, になる, に夕, に飲む, のし, の三時間, の九時頃, の五時, の仕事, の十時近く, の味噌汁, の小鳥, の御飯, の気, の湿気, の遅い, の陽, の食事, はやかった, はわざと, は好ん, は少し, は梅茶三杯, は腰, は遅く, 凪ぎの, 早くにわとり, 早く人, 早く人顔, 早く大きな, 早く食事, 白い月, 見たとき, 起きて, 起きてから, 起きても, 起きはぐれて

▼ で結構~ (71, 0.0%)

11 です 4 だが 3 ですな, では 2 じゃ, だ, だと, だね, でした, ですから, ですわ, なの, なん, な心持

1 [30件] さ, さ兄弟, だから, だからと, だからよ, だとか, だの余り, だよ, だ結構, でありまするが, でご, でございます, でござると, ですね, ですよ, なこつちや, なこと, なもの, なり, な本, には結構, ね, はしゃぎのむは, やつてらつ, よ, 力仕事も, 妾には, 書ける筈, 至極に, 誤魔化せるぜ

▼ でこれから~ (70, 0.0%)

2 どこへ, 何を

1 [66件] あと四つの, あの討ち洩らした, が大, この室, さきの, さきも, して, じぶん, そなた, その姉宛, と言, の僕, の新劇, の白鳥会, の結論, の自分, はあなた, はぐんぐん, はすべて男性, は売れた, は怪塔, ぼくは, もこうした, も心掛け, わたしは, トルコ人部落の, ネーチェン・カーサンという, 一物あるらしい, 七八月ごろまで, 世に, 何う, 俺が, 偉くなる, 先あなた方の, 先の, 先は, 先も, 光国の, 力に, 十年の, 又之丞殿と, 四谷へ, 大人の, 女中が, 始る, 姐さんの, 寒さ, 当別, 手前たち三人が, 方々を, 方向を, 暗殺でも, 書記夫婦と共に, 月並出仕を, 本所の, 武州沢井まで, 毎夜の, 毎朝跣足参り, 火星を, 生ひ立つ, 西荻の, 見に, 話す話, 身を, 鑄掛道具を, 闘牛場へ

▼ でたまらなく~ (70, 0.0%)

11 なった 9 なって 8 なりました 4 なる 3 なったん, なります 2 なつて

1 [30件] した, てまた, て歩い, なったそれどころか, なったので, なったよう, なったんで, なった時, なつた, なりいっそ, なりかかって, なりそう, なりましたから, なり胸, なるかも, なるから, なること, なるに, なるの, なるよう, なるん, なる時, はあった, 不快だった, 不愉快に, 今にも倒れ, 思えたので, 私を, 言いつづけて, 身内が

▼ でひどく~ (70, 0.0%)

2 怒って, 甥の

1 [66件] いぢ, おげん, お粗末な, たてこんで, てれくさかった, なつて, ぬかるみが, ねじけて, は叱らなかつた, やられたの, チェーホフを, 不便です, 不愉快である, 乱暴な, 傲岸に, 傷つけられて, 冷たくて, 刃が, 危い, 呆気なかった, 変わって, 妙な, 嫌が, 嫌がって, 子供らしい, 寒々と, 寒い, 弱って, 彎曲し, 感動し, 感情を, 憂鬱に, 打たれたよう, 暮らしよかっ, 母が, 気が, 気弱な, 氣が, 汚くは, 泣いて, 泥が, 狼狽し, 狼狽て, 疲れて, 疲れました, 癇癪を, 私自身とは, 突慳貪だ, 笑った, 絶望的な, 羞み, 肩が, 自分を, 興奮した, 萎れて, 落着きにくかっ, 衰弱し, 誇りを, 質の, 近所中の, 遲く, 陰鬱に, 頭が, 頭を, 食い違って, 馬鹿だ

▼ で大きな~ (70, 0.0%)

2 ことは, もので, 声が, 声を, 本など, 眼を, 聲を, 花火が, 麦藁帽を

1 [52件] うつくしい目, うつくしい眼, かくしポケット, かしの, ひっこんだ所, ものが, ものに, ゆったりした, ツラし, トルコ風呂の, ドタ靴を, 会社には, 作を, 優良な, 口を, 古渡珊瑚の, 啄木鳥, 商人の, 問題に, 地面を, 声で, 奴が, 子供の, 家で, 将来を, 屋敷を, 店ほど, 形の, 憫れみ, 材を, 構えです, 水槽の, 水音が, 氷の, 炉を, 白い目, 眼が, 石を, 竹藪を, 耳と, 聲で, 荷物を, 評判に, 課題を, 負傷では, 貨物船の, 輪形ビスケットを, 長靴は, 頭を, 風呂敷包みを, 馬蹄形の, 馬鹿な

▼ で~ (70, 0.0%)

5 は音 2 から山, のほう, のドタ靴, の中, の方, の頂, 又山

1 [51件] から出, から切り出し, から帰っ, から来る, が突兀, と積まれた, にはこんな, に実家, に放ち, に登り, に穴, に行っ, に遥か, に関する対話, のあちら, のこと, の中腹, の六七合目, の奥, の奧, の如く, の尾, の形, の影, の斜面, の枯葉一枝, の空気, の絵, の高度, の鴉, はかえって, ははっきり, ばかりぼんやり, へも入る, へ入り, へ登っ, へ登ったら, また山, や谷, らしい風情, をほつつき歩い, を下り, を出る, を分け, を切り, を裂く, を見, を謳歌, を越し, を降, を降つた

▼ で~ (70, 0.0%)

3 に気 2 にその, に力, に向う, に花

1 [59件] がしゅう, だから, な山, にいそがしい, にお, にお答え, にぐいぐい, にこんなに, にとぎれ, にどう, にねえさん, にはその, には思ひ浮ばない, にやさしく, にやっ, にキッ, に両手, に何, に停車, に光り, に出来ん, に動悸, に十, に君, に売女, に大きく, に女, に小用, に居なくなる, に帰らない, に引っ, に後ろ, に心掛けた, に心配, に快活, に思い立った, に思ひ立つ, に房子, に攻め, に新院, に日光, に日本, に来, に段, に浮世, に生活事情, に眼, に胸, に街道街道, に親しく, に言葉, に賑やか, に足もと, に軽い, に選挙, に金属物理学, に風雨, に騒ぎ, に高い

▼ でこちら~ (69, 0.0%)

4 の世界 2 の文字房さん, の番, の話

1 [59件] からそうした, からは何と, からもおじぎ, から売っ, から指図, から挨拶, から望んだ, がみやげ, がドンドン先, が持っ, が明, が話, では年ごろ, でも内々, で切ない, にき, には聞きとれなかった, にゐた, に働き, に向, に探, のいう, のお鉢, のこの, のたどたどしい, の僻み, の刀, の南, の塾生代表, の奥, の御, の微細, の方, の景気, の水準, の爲め, の申し出, の疎開荷物, の隅, の骨格, はその, はなるべく, は一人, は一間あまり, は不, は堀川, は大, は小さな, は梢, は泣きだしたい, へかけだし, へまず, へ伺っ, へ春さん, へ移っ, へ顏, までが何, も肩, を出来る

▼ でしばらく~ (69, 0.0%)

3 すると 2 黙って

1 [64件] あたりを, する内, それに, つきあつ, のあいだ, のうち, の間, の間ぼんやり, はあと, はしょげ, はなに, はひそか, は七本, は交際, は動けなかつた, は思案, は意気地, は泣く, は無言, は目, は目白, は相手, は碌々, は見まわし, は見舞い, は開いた, ぶつかったこと, ゆくと, よもやまの, ストーブの, 世話を, 二人は, 何も, 俯向いた, 口を, 叩いたり, 向ひあ, 噺家の, 坐って, 家に, 座敷牢の, 彼は, 待って, 心理実験場へも, 息を, 機会を, 沈思し, 沈黙を, 監獄に, 直次, 立って, 答が, 結婚といふ, 考えてから, 聞き澄ました, 薄暗い一室, 話を, 門前に, 離して, 静かであった, 頭を, 頸を, 首を, 默つてゐた

▼ で一度~ (69, 0.0%)

2 はどちら, 飲むと

1 [65件] あわせもの, お目にかかりたいと, そこに, その言葉, だつて, で霊魂, として叱った, などは丙, などは雨, ならず行きすぎて, にかかる, に一升位, に十円位, に銭, のアヤマチ, の突発的, はまり込むと, はもうお, はわざと, は断念, は私, は退いた, もいらっしゃいませんでした, もいらつ, もかんじん, もした, もそれ, も充ち, も出かけた, も口, も打った, も日本, も聞いた, も読ん, も門内, も顏, も顔, シンミリと, 不縁に, 今村さんに, 停めた駕籠, 充分に, 別れた友だち, 卵の, 彼女を, 志を, 惡いと, 手入れを, 敵線を, 止まった処, 死んだ人, 浚はれたら, 現われたと, 疫痢が, 私は, 舷へ, 處罰される, 見ると, 覗いた位, 言い出したらもう, 言ひ出したら, 話した覚え, 話した覺, 起きたやう, 食べたら病みつき

▼ で~ (69, 0.0%)

7 でたまらない 4 でたまらなく, で厭 32 な感じ, にな, になっ, になる

1 [43件] がられて, じゃ, だけれども, だった, だったので, だって云う, だって云った, だつた娑婆世界, であった, でいる気, でございます, でしようが, でたまらなかっ, でたまりませんよ, でどうしても, でならないのに, でならなかつた, でならぬけれど, でならぬの, でならぬもの, でぶんなぐりたい気持, でもあった, でもあつ, で仕方, で仕様, で何, で堪らないの, で堪らなかった, で歩くと, で死にたくなる時, なこと, なの, なもの, な厭, な寒い, な御, な気持, な野郎, になった, になつ, に得意, に思はれた, やである

▼ で特に~ (69, 0.0%)

2 あの沢山

1 [67件] いわゆる曲玉, お雪ちゃんが, この植物, この非人部落, こんど描かした, その中, それに, また均斉, エスパーニャ側の, ルリなど, ロレンソと, 人物などは, 人麿の, 今回の, 公衆浴場は, 刀鍛冶など, 又次郎は, 君たち青年の, 和倉の, 器用である, 国民の, 地力の, 変った意味, 外国行とか, 大砲は, 宇宙飛行用に, 小説は, 席次の, 年とともに, 彼の, 彼等は, 思い立って, 急いで, 或る, 手にとって, 技術を, 持病も, 文芸が, 明治の, 時評に, 東郷元帥の, 根に, 治病を, 煽動性の, 父が, 特徴的に, 現実の, 理由の, 病気平癒には, 目立った, 眼球と, 矢野雲谷派の, 私が, 私には, 私の, 第三幕, 聴衆の, 自分ひとりで, 蛇吉の, 見堪えが, 規則など, 轢死すべき, 辰男は, 農村に, 速度の, 顛覆当時艇長以下二百名の, 風邪そのものを

▼ で~ (69, 0.0%)

3 が竦ん 2 が自由, のない, の下, の親指, の赤い, の踏み, は相応, を早め

1 [50件] がすくみ, がまるまる, が出ない, が呼吸, が地面, が小さく, が進まなかった, が鉛, くび, だけが生活, には藁沓, に力, に踏み, に踏堪, のところ, のほう, の向く, の夢, の悪い, の惡, の方, の裏, の踏み出し, の長い, の音, はめぐらした, はやっぱり, は地, は床, は軽く, へは二円, も地, も心, をとめ, をばたばた, をぶらつかし, をもつ, を休める, を出し, を投げだし, を投げ出し, を折った, を揃え, を踏, を踏み入れた, を踏み出す, を遊里, を運ぶ, 慣らしも, 捗取らぬ小

▼ でいくら~ (68, 0.0%)

2 もない, 繰返し読んで, 襖や

1 [62件] かかあ, かこわい, かでも勉強, かになる, か不安, か不安そう, か亢奮, か元気, か心外, か沈滞, か瞑想的情緒, か細くおなり, こっちばかり, するんだい, そんな山, だって早寝, だと, でもとれる, でも不思議, でも呼ん, なん, なんでも, になる, のんきな, の得, ほっても, も智恵, も漕がず, も疑え, わが輩に, ジタバタした, 下りても, 云いたくっても, 借りた, 叱られても, 同胞でも, 吠えても, 咳いても, 大べら棒, 嫌われても, 学問や, 山好きでも, 彼が, 御入用, 御機嫌を, 悪党でも, 拭いても, 振つて, 捕へようとしても, 新機関, 木々の, 泣いても, 燃やしても, 父でも, 盲法師が, 相手が, 秀才でも, 粗末に, 舞いの, 見ても, 逆上ても, 飲んでも

▼ でどうして~ (68, 0.0%)

2 もとみちゃん

1 [66件] あげること, あの時代, あの聖書, あの表札, あんなだつたらう, あんな人間, いいか, いられるかと, おれを, お前さんには, かうまで, ここまで, この部屋, これほど, こんな化物みたい, しつかりして, そんなもの, だか, でも, とりに, なんの, また会得, みいちゃんだの, みても, もわからない, やる, よいか, わたしたちは, ニューラが, 一流を, 世の中に, 人に, 今まで, 偽物である, 取って, 吉良殿に, 君の, 喰える代物, 売りに, 大人には, 大業の, 居られましょう一所, 居るか, 岩屋島の, 巣の, 建設が, 彼の, 思う事, 思う港, 来たの, 此の, 母が, 無事に, 犯人が, 生きて, 百姓の, 目に, 相撲が, 私が, 私は, 織田信長とも, 置き忘れたか, 若い幾千・幾万, 追手の, 逃げるの, 長い間

▼ でどの~ (68, 0.0%)

8 ように 7 ような 3 家も 2 へんで, 藩も

1 [46件] くらいで出来るでしょう, くらいまで, くらい骨, やうな, ようにでも, テーブルも, 一頁どの, 人間よりも, 位に, 位の, 位殖える, 作業場からも, 先生も, 商賣, 国民が, 地点で, 子も, 宗教を, 家でも, 家の, 島にも, 島へ, 年齢にも, 幹も, 店へもは, 方が, 方角へ, 方面からも, 時代どの, 月が, 東京人の, 点から, 男も, 科へでも, 程度の, 窓も, 芝居へも, 芸者をも, 軍艦も, 辺に, 辺の, 辺へ, 部屋にも, 部屋も, 顔が, 駅も

▼ でちょうど~ (67, 0.0%)

2 今日の

1 [65件] いいこの, いいところ, いいのよ, いいよ, いい方, いたいけな, お前さんくらいの, この温泉, この裏山, その峰通り, その時分, その時分夫, その普請中, それぐらい, ですから, よいという, よいな, よい明るさ, わたしの, われ, 人間が, 会所の, 入港した, 割りきれる数, 十日ばかり, 同じこと, 四十九日の, 四名ばかり, 夢遊病にでも, 女が, 子どもが, 尻尾の, 幕が, 徳川時代において, 手品師の, 旅館の, 昔から, 案山子の, 梁ぜんたいが, 横綱と, 水滸伝の, 泊り合わせた片柳なにがし, 法隆寺の, 為慣れた組織立った, 牛が, 物理学者の, 犬の, 瑠美子を, 番頭は, 白菜を, 百たび打った, 盛りの, 盛夏も, 私が, 第一次五ヵ年計画, 聖ニコライの, 自分の, 良いので, 貴方位の, 軍隊から, 銀行に, 限度です, 食通の, 馬籠は, 黒っぽい苔むした

▼ でみんな~ (67, 0.0%)

2 は畑

1 [65件] いざと, いつも緊張, お互, からさんざ, からイジメ, から綜合, がつめたい, がなぜ, がはあ, がテク, が始末, が支度, が笑った, が笑つて, が算盤, が西福寺, このいい, このせまい, この家庭, ごもっとも様, して, すぐに, そろって, でくじ, で九段, で飲める, と一緒, と反, にいや, に侮辱, に嫌, に歸, に黙れ, のこと, のじゃま, のところ, の先, の膝, は, はカレン, は別に, は思はず, は馬車, ほっとし, もあっと, よろこんで, をあと, をたおした, をなだめ, を合宿, 喜んで, 寝て, 寝ぼけた顔, 小さく, 居ついて, 暗いお, 暗い心持, 有難そう, 激しく圧倒, 稼いだん, 笑って, 逃げちまつた, 逃げて, 食べて, 騒いで

▼ で仕事~ (67, 0.0%)

3 をし 2 が手, が終った, の上

1 [58件] があらい, がうまく, がおかしく, がハカ, が出来, が出来る, が変る, が嫌い, が嫌ひだ, が忙しく, が片付く, が細い, したいし, と人間, なんてできる, にありついた, にいそがしく, にかかった, にそつ, に対する緊張, に専念, に没入, に申し分, に疲れ, に真面目, に習作, に見栄坊, のこと, のできぬ, の事務, の出来ない, の前, の態度, の手, の方, の能率, の難易, はあまり, はいちじるしく, はよく, は滞り, は続ける, もさせず, もてきぱき, も下さる, も手, をかえ, をした, をしたなら, をする, をそっち, をつづけた, を始めよう, を始める, を精出し, を精出す, 出来ず, 出来ない

▼ で~ (67, 0.0%)

2 せば, の, のピエロ, の向う

1 [59件] にならん, によって女, によって舞台装置, によって裁判長, によって輪, に依っ, のあいまい, のこと, のごとく, のするどい, のない, のテレビジョン, のマンボウ, のロシア, の世話焼, の丘, の二・二六事件, の今戸焼, の借金, の午後四時三十分, の品物, の唸る, の坂本, の多い, の大きな, の如く, の小さな, の岩, の嵯峨, の床屋, の恐ろし, の悲鳴, の持病, の放心, の新聞記事, の白い, の白粉, の百日紅, の皇帝, の私, の筆法, の美人, の羽衣, の調子, の足柄山, の辰野氏, の遊ばせ言葉, の金吾六平太一派, の金牌, の釘貫, の鐚, の領地, の馬力, の魔, の魔もの, の鮮人虐殺事件, の麒麟, を出す, を擧

▼ で~ (67, 0.0%)

5 いかも, いと 3 いの, いんだ 2 いか, いじゃあ, なり激しい

1 [45件] い, いが何だか, いけれど, いじゃ, いじや, いどう, いよ, い人間, い心持, い気持, うが, うござんすか, えの, かん, かんと, けれど腹の中, さそうな, し斯, なりに執拗, なりに束縛, なり厳重, なり嬉しかっ, なり悪質, なり用心し, なり行き届い, なり誇張も, なり重態, なり高慢, も不可, 厭だ, 厭です, 厭でならなかった, 哀さう, 哀さうな, 哀で, 怪しい工合, 恐しくなった凄, 愛想だ, 愛想な, 愧い, 懐い姉, 懐しい, 成音立てぬ, 楽を, 笑いわ

▼ でわたくし~ (66, 0.0%)

2 の顔, は自分

1 [62件] がその, がそれ, がまだ, が一々, が現在, が現在出会つたの, が突然, が若い, じっとし, じつに十年, だけ足尾銅山, としづさん, と座元, などもその, にうまく, にはそれ, にはわたくし, には何, には生きた, にも仇, に鷹, のところ, の予期, の人相, の兄, の肩, の見た, の辿つ, の面倒, は, はあなた様, はいよいよ, はそう, はその, は一向, は今これ, は今夜あたり, は何だか, は其通り, は好き, は弱っ, は怖, は文京區, は暫く, は枯草, は柏軒, は格別, は涙, は漠然と, は自作, は詰まらない, は鉞, は関定, は雲岡, もこの, も一度, も子供, も実にがっかり, も実は, も役目, も気, 共俗人

▼ で~ (66, 0.0%)

5 の方 2 から上, に訓導, の月, 読を, 顎骨の

1 [51件] からパリ, から三, から見えぬ, から見上げた, が店, で待っ, で待つ, なる人, においた, におり, にじゅうぶん, にはハンドル, には何, には萱, にも二階, に居た, に居る, に岩, に抽出, に火, に行き通う, に見る, のグリル, の侍, の六花状, の湯水, の物置, の私共, の者, の赤土, の部屋, の雪, の食糧品店, は幾松さん, は皆青色, は草, は高貴, へおち, へ送っ, へ駆けおりた, まで来, を向い, を見る, 受請の, 唇を, 瞼に, 積の, 總の, 總へ, 賤の, 頤は

▼ で~ (66, 0.0%)

3 が非 2 れが, れは

1 [59件] からお, から八ツ, から東京, から柳橋, から相当, がお, がおそらくは, がまた, が出れ, が普通, だけでも大きな, ではもはや, でもっ, で一人前, で働けない, で國, で製した, と今日, と小, と認め, には交通, には必ずしも, はどうも, は何, は只, は國民, は大事, は大師, は少し, は少なくとも, は御, は旅, は日本, は有, は朝家, は生, は疑ひ, は胴乗り, は虹, は誠に, は開墾, ばかりは或いは, ばかりは神, ほどの東西交通, まで貴方, もおそらくは, も一通り, も亦, も何ぞ, も前, も弘法大師, も決して, より前, れまでも, れも, れ以外, をワリナ, を庄兵衞, 程私

▼ で立派~ (66, 0.0%)

5 なもの 3 な御 2 なこと, な役人, な木

1 [52件] だったこと, だったのに, であった, であり美しく, である, でもなけれ, で何とも, で堂々, で愉快, なお, なのれん, なば, な人間, な仕事, な勇士, な品, な夜具, な大きい, な大きな, な大人, な子, な子供, な家, な意見, な手, な指, な探偵小説, な方, な武士, な瓦家根, な男ぶり, な絵, な英国風, な行列, な行者, な評判, な講義, な連句, な都市, な顔形, な馬, にそれ, に仕事, に再建, に御, に意義, に戯曲, に教育, に生き, に聞えた, に藪, に配達

▼ であまり~ (65, 0.0%)

2 口数も

1 [63件] いい事, いい気持, お悧口, きれいだった, しや, といえ, な豪語, の懐かし, 上品な, 上等でない, 乾いて, 人好きの, 人通りは, 人通りも, 写真の, 勇気も, 口か, 吐かない女ども, 好い花, 好男子では, 客は, 平次の, 強くは, 形式に, 愉快そうな, 意味の, 感心しない, 感心しませんでした, 手を, 早く浮木, 智恵の, 智慧の, 智的でない, 機敏らしい, 気の, 清潔な, 湯疲れを, 物事に, 申し分が, 発明家として, 社会に, 神秘的すぎ, 笑わず地味, 結果的に, 縦揺れは, 考えが, 自慢には, 興味を, 良いもの, 荒らされて, 華麗なる, 要領を, 解剖的にばかり, 読者を, 身を, 近く聞こえた, 附き合, 集りません, 面白くない, 面白くなかった, 面白くも, 頭の, 頼母し

▼ でおまけ~ (65, 0.0%)

2 に, にからだ, にこの, に梁, に自分

1 [55件] にいらいら, にお, にこの上なく, にこんど, にそこら, にそんな, にひどく悲し, にぼんやり, にノコノコ, にパーヴェル・パーヴロヴィチ, にルナチャルスキー, に三高出身, に二人, に人, に何らかの, に僕, に八〇パーセント, に出入口, に勝手, に匂い, に口, に塩湯, に天井, に寮番, に巨巌, に平凡, に幹, に形, に後列, に恥, に抜け目, に日曜, に最も, に朝, に東太, に極めて, に横着, に残忍, に毎朝, に沈黙家, に無口, に男女双方, に目の玉, に眼鏡, に私, に紙, に結婚後, に絶えず, に耳, に腰, に近頃, に退屈, に長, に頗る, に鹽湯

▼ であんな~ (64, 0.0%)

5 ことを 2 嘘が, 役得が, 晩は, 評判の

1 [51件] いいお, いい事件, うそつい, おなかに, きみの, きれいな, ことなど, ことは, のじゃ, のを, ひどい殺しやう, まねを, もんで, よい声, 不作法を, 乱世の, 事を, 人たちに, 人と, 人間だ, 仕事は, 偽物を, 僅かな, 優しい綺麗, 全身血まみれに, 具合に, 出来そくない, 厭な, 可愛い子供, 変装を, 大きい傷, 大金を, 奇妙な, 好い人達, 好い娘, 思切つて残刻な, 恐ろしい忌わしい不気味, 惡戲を, 意地悪を, 戒名を, 格言なども, 物堅い芸者, 狂気じみた, 男の, 立派な, 者で, 親切な, 遠方に, 酷い方, 雨の, 音が

▼ で~ (64, 0.0%)

22119 ツへ 7 ッへ 3 エへ 2 い, エ綺麗な 1 いだしぬけに, いなにもかも, い妙, うきん, こんとおりぴんぴん, へ御, エお蔭樣で, エー

▼ で面白い~ (63, 0.0%)

2 お話も, ところが, もの, ものが, 人だ

1 [53件] かも知れない, かも知れん, からわざとこう, から聞く, があまり, がメロドラマ, が併, けれどもそれ数奇者, ことだ, ことである, ことは, ことを, だろう, ですね, でないか, では, ということ, ところの, と云いたい, と思います, と思う, と思つて, なア, には面白い, のだ, のである, のです, のでみんな好意, のは, ものだ, ものだろう, や, やつな, ように, ようにも, わ, わねえ, んぞ, んです, コースです, 人である, 人です, 但この, 女性では, 小説, 所を, 所以である, 方法は, 東京から, 結果に, 芝居に, 話を, 説です

▼ でては~ (62, 0.0%)

2 いけない, 住みなれし, 元帥たり, 光ある, 品川の

1 [52件] いかに古式, いかに暑き, いけないと, いけません, いなかった, さすがに, すなわち一代, ただただむやみ, だだら遊び, ときおり真打, ながめ入り, なりませぬ, なりませぬぞ, ぴよんぴよんにげてゆく, また一歩々々, まったく生殖, アルコールの, 三法師に, 中川べりの, 二度も, 人が, 人の, 仁慈優愛なる, 他の, 偽あり, 冶容無く, 則ち, 友人間に, 君前に, 四辺皆な, 国君上長に, 多くの, 夜おそく, 天の, 天下入っ, 学校附属の, 尻尾を, 帰ること, 平なりと, 平社員, 心こめたる, 戦い帰っては, 戦場に, 昔の, 朋友の, 気遣ひしが, 私は, 紳士を, 苦痛に, 荒れたまま, 西に, 邪魔に

▼ でことに~ (61, 0.0%)

7 よると 2 それが

1 [52件] いい書物, このおうむ石, その中, その時, その行儀, その頭, それで, ほかには, やさしく世話, よつたら, イタラの, ダンスが, 一方は, 七兵衛の, 上州人に, 世間の, 京都は, 人の, 今の, 今考え, 力を, 北の, 厚木町は, 名人の, 外から, 外国の, 女にかけては, 婦人が, 宝庫に, 寒気が, 小な, 後堀河院は, 悠二郎は, 感心な, 扇つかい, 扶桑略記に, 政治上に, 東京と, 無益で, 牛の, 犯罪者には, 神尾家の, 私は, 笛を, 美貌な, 航空母艦が, 若い時, 葉巻きは, 語り物が, 辻川では, 選んで, 長い刀

▼ でまあ~ (61, 0.0%)

3 一種の 2 そんなわけ, よかった, 私の

1 [52件] あんな馬鹿げた, おかげで, お願いだ, このお, この分, ご馳走した, その何だ, そんなこったろう, そんな事, だんまりで, つまりいずれ, なくて, やらない方, ユニホームである, ユーモラスな, 一言に, 不良少年の, 世間の, 亡くなったん, 今度は, 俗に, 僕は, 兎に, 半月も, 可哀そうにという, 君の, 善くも, 喧嘩も, 堪忍し, 大きくなった, 大体アカでは, 大抵の, 大病という, 家へ, 年寄は, 当分は, 恁云ふ, 我慢し, 手を, 折角だ, 新講談, 早くいえ, 格別人に, 汚い話, 猿ぐらい, 私が, 見たところ, 謂わば, 身請と, 退屈まぎれ, 離縁に, 音楽と

▼ で彼ら~ (61, 0.0%)

2 の生活, は自分自身

1 [57件] からなぐられる, から多く, が咳, が失地恢復, が愛する, が雪, で事実, にとって, には十分, に文化, に渡す, のある, のうち, のなか, のほう, の一般, の仲間内, の供述, の内心, の区別, の奉ずる, の平和, の強み, の得た, の必死, の未来, の歩き回る, の生存競争, の眼, の知っ, の資本主義生産, の運命, の遣り口, の風上, の騒動, はきょときょと, はこれら, はまったく, はもう, は一方, は万国街, は乗り気, は云い合った, は今日, は叡山, は実に, は将軍, は山地, は平素, は怒っ, は明々白々, は死者, は泥足, は港口, は獄, は自ら平家, を酒

▼ で最初~ (61, 0.0%)

3 のうち 2 の首領, は吉太郎

1 [54件] から居眠り, から知っ, から笑い, から腹, がシューマン夫人, にこれ, にそれ, にとらえた, には地丸左陣め, にポール叔父, に云った, に僕, に外面, に女, に少年, に硫酸マグネシウム, に茶席, に讀ん, に雪, の一歩, の五両以来, の坂, の奉行, の姿, の教授, の新聞紙条令違犯, の歌, の法隆寺, の考, の鐘, の開眼供養, は, はあの, はいやがっ, はそれら, はなんとか, はなんにも, はほとんど, はまだ, は不完全, は四人, は塩原家二代目三代目, は多分, は小, は懸賞金, は捕吏, は掻い, は母親, は沢庵, は講演者, は食堂, ほどむき, まず如何, 命ぜられた仕事

▼ でよう~ (60, 0.0%)

8 ございます 7 ございました 4 がす 3 ござんす 2 がしょう, ござんすね, ように

1 [32件] いわんさかい, がすから, がない, こそとほ, ございましたけれども, ございましたこと, ございましたな, ございましたなんて, ございましたよ, ございましたわ, ございましょう, ございましょうか, ございますから, ございますそれ, ございますね, ございますわ, ございます却って, ございます御, ございませうか, そうしておいで, などと云, なッ, によれ, はじまって, 分って, 分りませぬが, 御座んす, 歩かんから, 済まして, 精出すでなあ, 行かんの, 遣って

▼ で何とも~ (60, 0.0%)

5 答えなかった 2 以て, 言へ, 返事を

1 [49件] いえず物凄い, いえないポーズ, いえませんでした, いえんなまめかしい, いはなかつた, お気の毒, お答えに, お返辞, しかたが, その, なかろが, なくなりました, 云えないくさく, 云えない苦しい, 云えぬいまわしい, 云えぬ明る, 云えん, 云は, 云へ, 仕方が, 仕様が, 其の美し, 凌ぎ切れませんで, 声を, 後を, 御返答, 思や, 恐入りましたへ, 手の, 手段の, 早や, 気の毒だ, 気持ちが, 申しよう, 申そうよう, 答えて, 答えなかったもの, 答へ, 美しい小さな, 見ッ, 言いようなく, 言うこと, 言えない厭, 言は, 言葉は, 謂ひ, 辛うご, 返事は, 飛んだ目

▼ でじっと~ (59, 0.0%)

15 して 3 耳を, 見て 2 黙って

1 [36件] お祈りを, したまま, その顔, なにかを, 一つ事に, 二人を, 俯向いた, 傍で, 大きい眼, 太陽を, 床の, 彼を, 待って, 心を, 我慢してりゃ, 押えて, 村川を, 桔梗様を, 様子を, 波の, 眼を, 突立っ, 立って, 縁の, 美奈子を, 考え込む, 考え込んで, 聴いて, 舟の, 見つめた, 見られると, 見詰めつづけた, 見詰めもの思い, 隙か, 静まって, 顔を

▼ でたり~ (59, 0.0%)

4 しが, 是れ 2 こは, して, しなり, すること, また裸, 暗き径, 皇帝は

1 [37件] お茶を, かぜが, けれ, し, しこと, した, したが, しまひ, すなわち国民論派, といえり, といはんよりは, といへども, なにか, はいったり, ひ, またはいつ, カトリックの, 亡師の, 入ったり, 十年ぐらい, 又ぶら, 小説みたいな, 我に, 或は自己弁護, 春の, 森には, 然れ, 田口君の, 白菊の, 空気銃を, 而し, 色々の, 葉が, 買物に, 路傍の, 軽い咳嗽, 都会へ

▼ で~ (59, 0.0%)

5 あるべき 3 しない, 人の 2 おはさ, さん, まず

1 [42件] あがる, あがれこの, あるもの, うじゆう, おはせし, おわさん, がら, がら畜生, さては何処, しないん, すまう月草, その他し, つてを, どうか, どうで, はる, まじ家倉も, みぬ, むかであるいは, むにやまれぬ儀の, めったに人, やまん君, よべから, わらという, ッつけ, ッつける, ツと, ーす, 一気に家, 去年の, 又靜, 念仏僧, 文字を, 朴橡楢などの, 此間の, 温順なる, 爪もて, 竹の, 繁ア死ん, 鉄の, 雪の, 頭には

▼ で~ (59, 0.0%)

2 なもの, なハニカミ, な身扮, に気, に皮肉

1 [49件] だったね, だと, でした, ですから, なうなりごえ, なこと, なの, な塩梅, な性格, な抑揚, な文学, な方, な気, な縁, な色っぽ, な面, な顔, にじめじめ, にする, にちぐはぐ, にまじまじ, にまた, に人, に人目, に他人行儀, に反, に可愛く, に可愛らしく痛々しく, に好き, に怖, に敏活, に気味悪, に涙, に燻, に物静か, に痛々し, に白い, に眉, に私, に耳, に聴く, に肉, に自分, に落ちつけない, に薄暗い, に速い, に青黒い, に面白く, の身体

▼ で~ (59, 0.0%)

2 のころ, の頃二十五六, はもう

1 [53件] が年中, が年中暗黒, が若い, とったうぐいす, と共に鳥, にし, によれ, に一度, に三六回位, に幾回, に幾度, のせい, のわかい, の割, の小さい, はいくつ, はだいぶ, はまだ, はもいかぬ, は七十, は三十一歳, は二十三, は五十, は五十七歳, は六助, は六十五歳, は六十歳, は十八, は同じ, は外, は幾歳, は慥十八, は明け, は若し, もきりやう, も他, も女, も措かず, も若い, も若く, よりは若々しい, より早く, を享, を元, を取, を取っ, を取つ, を取る, を老, を送り, 久しく十四五年, 古くなる, 若く死ん

▼ で普通~ (59, 0.0%)

2 ならば, に, の人, の番附

1 [51件] にこれ, には, にはすさの, には三筋, には唯, には徳川時代, にシックス, に前, に篶, のお, のやり方, の中仙道, の人々, の人以上, の人間, の会堂, の利子, の名詞, の土方, の場合, の外科, の太鼓, の学生, の建築材, の意味, の挨拶, の日, の日本人, の日本語, の時, の暮し, の木, の漁師町以上, の百人一首, の目, の私有財産的, の者, の虫眼鏡, の隠し場所, の雑炊, の電燈, はお, はきまって, は五六名以下, は十センチ程度, は徒党, は昔, は竹細工, よりはすこし, 我々は, 第四位

▼ で自由~ (59, 0.0%)

2 でそれ丈天才的, な力

1 [55件] だ, だけど, だとも, だろうと, であった, であつ, である, でいつも, でおし, でおしゃべり, でだれ, でないなにか, でもあり, で人間, で人間的, で元気, で危険, で可憐, で怜悧, で有為, で無限, で而, で親睦, という名ばかり, なの, なもの, なる室内, な人間同士, な国際的, な意志, な発想, な考え方, な行動, な身の上, な頭脳, な高揚, にあまえ, にしよう, にならなかった, になれる, に出入り, に利用, に動けない, に咲い, に單獨, に対して合目的的, に往き来, に暮らせる, に歩ける, に生活, に行動, に覗き, の世界, の選択, を尚

▼ で良い~ (59, 0.0%)

9 のだ 3 と思う, ね, 男だ 2 のである, 成績を, 男で

1 [35件] あんべ, からあの, ことが, ことで, じゃありません, ぞ, とお前, と思っ, と思った, と思ひます, と思ふ, のか, のかい, のかしら, のかも, のだった, のです, のでその後, のなら, ものである, ものは, よ, 事柄すなわち, 人だ, 人でした, 凧として, 婿が, 年を, 心持にな, 感じは, 方でございました, 方へも, 歌だ, 蝋燭を, 術が

▼ で面白く~ (59, 0.0%)

6 も何とも 5 もない 4 ない 3 ないから 2 ないもの, ないよ, なかった, もなんとも

1 [33件] ありません, ありませんが, いらっしゃいましょう, そして胸, つて有益で, てたまらぬ, て溜らない, て無茶苦茶, ないこと, ないし, ないと, ないという, ないの, ないん, ない事件, ない滑稽, ない表装, なかったが, なかつた話, なくなるって, なし仕方, ねえ, もおかしく, もなし, 写生し, 出て, 廻る, 後半は, 感じられたが, 潤色し, 組み立ても, 語ること, 読み了

▼ でいよいよ~ (58, 0.0%)

2 美津子に

1 [56件] うち解けた, おどかされ通しです, お血統, ここを, この家, それと, つきて, となる, の日, ひとりで, ふたりは, ダアビイに, 一昨日職長は, 三人が, 不思議な, 世間を, 以って, 偏狭に, 出かけました, 出立する, 別れること, 劇薬すりかえ, 動き荒れ出した, 図に, 土を, 天下の, 天下は, 子供らしい, 寝に, 審査する, 御臨終, 思い切るの, 恨めしがっ, 押し詰まった廿五日, 早苗を, 明日あたりは, 暴風雨が, 月世界に, 有頂天に, 本土作戦, 松山へ, 梁山泊と, 横歩きを, 止度が, 決心が, 準備を, 狂う, 相場師として, 精一杯師匠へ, 組んづほぐれつの, 裾を, 退引, 長く見える, 開化に, 馬を, 馴

▼ で当時~ (58, 0.0%)

2 にあっ, の風俗習慣等

1 [54件] からターザン, かれの, としては厖大, としては自由, としては非常, には無かっ, に於い, に類, のこの, の人たち, の人心, の人気, の古老竹本政太夫, の名所, の好み, の宣教師, の小学生, の少年, の当主, の感銘, の慣例, の技巧, の政界, の新, の日本, の林教育総監, の武器, の洋学者, の源氏, の田舎, の画学校卒業生, の発生学, の短篇, の石器時代住民, の粗雑, の荒武者, の菰田家, の記事, の高官高僧, はここ, はそこ, はそんな, はまだ, は代々三位, は少く, は紙, は邦人, は高坂弾正, ほとんど唯一, まだ十六歳, も盛ん, よほど珍物, 既に貞之助, 最も親しく

▼ で私たち~ (58, 0.0%)

3 はその 2 お弟子, の三方, の意見, の練習, はすぐ

1 [45件] がこの, が傾斜面, が子供, が室, が歸つて來, だって女工さん, にはあまり, には思ひ, のひき, の住ん, の合資会社, の場合, の子供, の学校, の想像, の方, の日常, の生活, の言い分, は, はまず, はまた, はルナ, は三橋, は家, は小田さん, は日, は流れ, は海抜八千尺, は火, は現に, は眼, は立ちどまった, は立ちどまつた, は素顔, は自分, は誰, は途方, は長い, は駅, ばかりか近所, も家, をダマ, を叱った, を釣っ

▼ でいかにも~ (57, 0.0%)

2 楽しそう, 満ち足りたよう

1 [53件] いま夜具から, お侍, お気の毒, お芳, がつ, たよりの, また雪, まともに, キュークツな, 不愉快そうに, 乱世の, 南向きの, 大阪育の, 威風凜, 実業家の, 小さいなりを, 小股の, 師走らしく, 当時の, 御婦人連れ, 心に, 快活そうだった, 惜しく思われた, 愚鈍に, 手に, 気が, 涼しく感じられる, 清浄な, 無味な, 物を, 物凄く広々, 物騒だ, 男らしくきつぱりして, 病み上りの, 眤みにくい, 綿密そうであり, 美しい, 若々しさ, 苦しいの, 苦しそう, 荒涼と, 親しい友達, 豐富といふ, 貧相な, 身すぼらしい, 遠い日, 部落の, 重臣らしい, 間抜けた, 露骨に, 面倒臭さうに穴熊, 飛田の, 馴れた感じ

▼ ですなわち~ (57, 0.0%)

2 いわゆる万葉仮名

1 [55件] 〇度における, いずれも, お給仕, かつておおい, この怪しい, これは, その文, その素姓, まずこれ, またある, イ段の, ウは, エールステッドが, クリの, シラが, プロバビリティのみ, 上二段活用の, 中世以前人が, 今日の, 以前三条西家にも, 俳諧という, 傷を, 公民であります, 労働する, 右大将源頼朝の, 君去りぬ, 天皇の, 家刀自の, 小児の, 山の神に, 常住的の, 御前の, 御宮内様, 感応コイルを, 懐疑の, 我が帝国, 日出処を, 日本の, 昨年の, 洞庭の, 燐光の, 男女が, 白兵戦が, 百分の三ミリくらいの, 石田三成が, 私の, 立派な, 自分の, 茅花の, 草分けの, 解釈が, 近年の, 錢太爺の, 長命は, 階級的なる

▼ ではと~ (57, 0.0%)

2 いうので, いふので, 思うと, 思うの, 非常に

1 [47件] あきらめたという, あのまじめ一方, いうのに, いって, うけて, お城下, お預かり, くさる, エセックスは, カント批判者は, ガツカリす, ニヤリと, ボストンの, 一先素知らぬ, 一寸くらべ, 一心に思っ, 一日ダネックを, 云ふ, 余が, 和げて, 四名は, 存じまして, 存じますから, 彼は, 思いかえして, 思い付き真理, 思うて, 思えば, 思って, 思つて居りました, 思はる, 思われるもの, 恐れながら主, 感歎し, 梢の, 気に, 気を, 田原は, 砂馬が, 私も, 自ら気を, 言つた語氣が, 訴えますので, 話を, 諭されて, 諸君は, 逃げを

▼ でぼく~ (57, 0.0%)

3 をどう

1 [54件] がいや, がひそか, が両国, が守っ, が洗面器, でもおもわぬ, といえ, としては賛成, とてそう, と咲子さん, なぞ若い, にどう, には憧がれ, には決定的, にも順番, に向っ, に知らせ, に金, のすき, のその, のオヤヂ, の今日, の手腕, の方, の日給, の考え, の顔つき, の鼻, はあなた, はいきなり, はいつも, はきみ, はけんか, はここ, はこの, はその, はただ, はぼく, はドツク會社, は兄, は商品箱, は大切, は帰る, は暢気, は歩い, は自分, は薄馬鹿, は読者, は路傍, は面くらっ, は風呂敷一ぱい, も何だか, をかしら, を見る

▼ で~ (57, 0.0%)

2 の葛藤, はいなかった

1 [53件] か女房, がどんな, がまだ, がモダン, が十九, が学課, が滅法, が逢い, が騷, とこの, とは思わない, とヒロシ二人, と一緒, と同等以上, と父, にけが, に手, に死なれた, に逢, のあり, のお, のお萩, のほう, の問い, の婿, の家, の後, の思慕, の態度, の肩, の身体, の逢引, の部屋, の顔, はどこ, はまた, は三人, は井戸端, は十八, は大津屋, は女中, は巡礼, は空蝉, は細川繁, は英吉利カブレ, も初, も振り返る, らしい華やかさ, らしくおおよう, らしくて, をくれる, を口説く, を女学校

▼ で現に~ (57, 0.0%)

2 この一, 戦死者の

1 [53件] いっしょに, おきよも, ここへ, この賞状, この間私を, この頃, これが, して, その時, その蚤, その資本, それは, ね喧嘩, またカブレ花, ダージリンの, フランスの, 一緒に, 七郎兵衛も, 三階の, 下谷仲徒士町に, 今も, 今度の, 今日でも, 先月から, 八五郎なども, 八十余歳の, 同町内, 地主の, 子規の, 学生出身の, 宏児は, 家屋敷の, 山陰道筋の, 幅も, 御覧の, 愛宕下の, 文書保存局に, 新宿目ぬきの, 旅人でも, 昨年などは, 正倉院, 民族国家絶対至上主義は, 江戸, 河野通有の, 狩屋三郎さんは, 県庁の, 私が, 私なども, 荒廃せる, 諸部, 鞘は, 食物不足の, 養老年金の

▼ で早速~ (56, 0.0%)

2 彼は, 手紙を, 紐育の

1 [50件] いまそちらの, そのうち, その品物, その話, それを, たずねるが, ですが, とりかかる, ながら彼, にそこ, の気転, みんなが, やつて, ピストルで, ホームでは, 下彫り, 事件は, 二人の, 二人は, 仕事を, 伊藤松雄の, 伺候した, 俥は, 停車場から, 先方へ, 先日の, 其職人に, 出かけて, 動き出さなくちゃ, 勢よく, 取り出して, 吉丸と, 坊さんに, 外出の, 家へ, 家中それへ, 家来を, 帽子を, 彼等は, 旧約全書, 本屋に, 東屋氏へ, 機関庫助役の, 源公が, 皆んなで, 盲腸と, 睨みはじめたが, 股間に, 花聟の, 踵をかへ

▼ で部屋~ (56, 0.0%)

16 の中 5 の隅 2 の掃除

1 [33件] からは物音一つ, から一歩, から一足, から出, から廻廊, という, にいた, にいる, にもどり, に男, に這入っ, のなか, のまんなか, の外, の引移り, の形, の片すみ, の調和, の部分, の障子, はほとんど, は一人部屋, は広大, は明るく, へ入る, へ帰っ, へ戻っ, へ行, も新築, を一杯, を出, を飛び出した, 跳び出して

▼ でかえって~ (55, 0.0%)

2 哨兵に

1 [53件] うるさい, おれの, から, きたので, きまりが, これが, それが, それは, みなさん親切に, ゆかしい, わたくし共に, 不安に, 不審くも凄く, 両岸, 人手が, 何か, 俗に, 個人と, 僕の, 切実な, 前の, 助けに, 嘘か, 埃が, 外の, 大胆に, 失心状態であった, 失費の, 孤独な, 安全だ, 実在の, 市川に, 幾層倍かの, 御当人達, 恐縮し, 数学研究上には, 歓迎すべき, 気が, 気がねでも, 湖畔へ, 痛み入る, 相手に, 空高く, 粗笨という, 胸の, 自分の, 興味が, 詩が, 迂濶, 迷いに, 遠国の, 邪魔という, 頭痛でも

▼ で~ (55, 0.0%)

2 分明である, 分明な, 必要な, 必要に, 本意ながら, 機嫌に, 死人は, 確定である, 確定な

1 [37件] しあわせな, 二男の, 似合な, 勉強か, 勉強で, 向, 図思ひ出した, 図涙が, 図落ついた, 得已嘘を, 徹底を, 必要で, 忍の, 思譲な, 愛嬌で, 愛想でした, 愛想の, 景氣で, 氣味で, 氣味な, 決断な, 沙汰申しあげ, 熱心で, 産女の, 真面目である, 確信で, 確実である, 秩序だ, 空三藏の, 統一で, 義理を, 起訴に, 透徹で, 道理な, 遠慮でした, 釣合いに, 鍛錬な

▼ で例えば~ (55, 0.0%)

1 [55件] お花, この色彩, この頃, その倉庫, その比重, その点, ほとんどその, アリストテレスに, イタリアの, オオアカネが, オランダの, コンミュニズムと, 一切の, 一足踏み外し, 万里の, 世上往々, 二十円の, 五千円の, 人間が, 人間は, 今劇場, 余りに少ない, 佛説祕密相經下に, 刀の, 同じ文芸協会, 善宗流の, 大根の, 奥さんが, 女子教育家として, 姙娠し, 岡田博士の, 建築を, 御岳へ, 手や, 打ちよせる波, 文学を, 日蓮上人の, 星は, 極めて小さい, 標準抵抗一つさえ, 水晶を, 泳いで, 珠玉を, 白スイカ木津スイカ赤ホリ, 碁打ちなぞが, 社会は, 西行の, 親切とか, 近代の, 配偶者の, 階級論とか, 雑誌, 零下十五度とか, 鞠を, 馬車を

▼ で~ (55, 0.0%)

5 の光 3 が暮れ 2 が暮れる, の暮れる, を暮し

1 [41件] がうらら, がくれ, がその, が当る, が暮れたら, が暮れら, が永い, が沈みかけ, が経っ, が輝り渡り, にぞ酔, によって甚, による, に三度着物, に三粒, に二三度, に二升, に二度, に何本, に廿里三十里, に月, に焼ける, のうち, のまた, のカンカン, の強い, の暮, の暮れ, の暮れがた, はけむる, は少し, は永く, は沈みかかっ, も当らない, をくらし, をつぶし, を定め, を経る, を費した, を送っ, を送る

▼ で~ (55, 0.0%)

10 のよう 4 の日 3 の室, の瞬間 2 から次, のやう

1 [31件] が中洲, が坂本, が振, が母, が麝香, では私, のこと, のパラグラフ, の一つ, の乗換え, の借家, の千早城, の四箇条, の如く記載, の年々, の時, の樣, の機会, の田端止まり, の町内, の矢代太郎, の第, の要点, の講義, の霧粒, の駅, はお, はリモージュ, は大師堂五郎魔, をめくっ, を云いつづける

▼ で~ (55, 0.0%)

2 では病院, の人々, の入口

1 [49件] かどで, から三里, から帰る, から来, から街道, では彼, でもだれ知らぬ, でも評判, で一度, には毎日, には藩, にも幾軒, に入るであろう, に自分, のたたずまい, のむかう, の中, の人, の喧騒, の娘さん達, の宿屋, の方, の案内, の横丁, の者, の菓子屋, の衆, の角角, の運送屋, の門, の閑人達, の魅力, の鼠賊, はその, は便, は少し, は死んだ, へはいる, へ散歩, まで駈けた, も処, も大方, も村, も近村, らしい形, をあるく, をキユツ, を下っ, を突っきり

▼ でよし~ (54, 0.0%)

125 とする 2 とした, 代は

1 [33件] きりが, その代り細君, それに, たの, という恰好, という所, という気組, とさあ, とし, とのこと, とはいひしか, と云い, と四郎, と土, と安心, と思っ, と思った, と思ったら, と薄, と見定める, と言う, と請合っ, にしろ, プライドを, 一合で, 例の, 其代り細君を, 半夜で, 失くし, 彼が, 御金蔵, 泣けば, 行くに

▼ で一寸~ (54, 0.0%)

2 お目, とした, の間

1 [48件] おきき, お叩頭, お酌, これは, したこと, した噂ばなし, した小銭, した騷ぎ, その気象, でも居, と見る, の出入り, の暇, の油斷, も一分, も出られない, も私, も見, も話, よかったろう, よりつけぬ, よろめいた, ドナテルロ風な, 伺ひますが, 喉が, 噪いだ, 四方いくらの, 困るの, 客種が, 寄りつけさ, 帽子に, 恥を, 意外な, 才気に, 拵えて, 教科書に, 散歩し, 木の, 武家の, 気が, 泥くさいこと, 男書生と, 秋成じみた, 誰か, 足を, 閉口した, 閉口な, 電話を

▼ で~ (54, 0.0%)

2 が通っ, は, は杉田春, まえは, もない, や金

1 [42件] ある歌舞伎役者, が, がわからない, すら知らなかった, だ, とは名, の面白, はあ, はいく子, はエンリコ, はヒスパニオーラ号, は俊乗, は忘れた, は明かさない, は直参, は石井彦七, ぶつで, もやさしく, もわかっ, も何, も分らずでしょう, も大覚, も弥平次, も知らね, も関係, をお, をきく, をつけた起こり, を伝右衛門, を保之丞, を呼ぶ, を宗觀, を揚げん, を書いてない, を書きこんだ, を聞いた, を訊ね, 乘り, 奉行と, 探偵明智小五郎の, 殘なく, 譽と

▼ で~ (54, 0.0%)

3 かけて, をかけた 2 が出なかった, の方, を立て

1 [42件] がつまっ, が出ない, が太く, が美しい, が顫, こそ立てられない, とともに道行く, にならぬ, のする, のよい, の出所, の大きい, の実質, の少し, の綺麗, の調子, はどういう, は出なかった, は出なかつた, は少し, は止んだ, は父, までも少し, もかけず立っ, もすみ, もよい, もよかっ, も出ず, も出なかった, も姿, も弱々しい, も必要以上, も決して, をあげます, をおさえました, をしぼり出した, をたて, を出し, を出す, を励まし, を立てる, を聞く

▼ で平次~ (54, 0.0%)

3 と八五郎 2 が活躍, にもわかりました, の方, は佐久間町三丁目, は頭, も二の句, も八五郎

1 [37件] がいっこうに, がこう, が見, とは自然, には何, には大した, にも何, にも手輕, に囁きます, の代理, の家, の心酔者, の心醉者, の通る, はしばらく, はツイ, は一寸八五郎, は何やら, は兎, は危うく, は危ふく聲, は思ひ留つ, は笹野新三郎, は素より, は胸, は近江屋, もうっかり, もすっかり, もその, もツイ乘出, もヒヤリ, も仕, も仕様こと, も入, も入っ, も膝, を騙せる

▼ でこそ~ (53, 0.0%)

2 あれ決して

1 [51件] あべこべに, あらう, あれ, あれけっして, あれその, あれなんら, あれもう, あれ嫌い, あれ少し, あれ希望, あれ彼女, あれ心から, あれ我が, あれ普通性, あれ普通民家としては, あれ落胆し, あれ貧乏人, あれ責任感, いろいろと, おんぶし, ぎ取る, ぐりをいったりすることがつきものになっていた, したま, したまうべけれ, ないけれども, なかった, なかつたが, なければ, なけれ肉付き, なけれ藤吉, よろし, スペースが, 一週間前に, 世代の, 人は, 仏を, 六波羅の, 却て, 大した値打, 始めで, 彼を, 待って, 怨んで, 有れ斯, 此の世が, 気の, 私は, 紳士です, 誰が, 間違うと, 面倒を

▼ でこっち~ (53, 0.0%)

4 の方 2 が精製

1 [47件] あ蚯蚓, からは黒天鵞絨, からみる, から乗込み, から仕かける, が内田百間, が富士子, が死ね, が話しかけない, が鮒, が鮓屋, じゃわかりません, では左, にそれ, にない, の体, の力, の思う, の神経, の腕, の腹, の袷, の言う, の道, はあなた任せ, はいよいよ, はどう, は下手, は南, は女, は正直, は願っ, へもどっ, へ入っ, へ出, へ向かっ, へ攻めかけ, へ来, へ来る, へ走っ, へ近づく, へ近寄っ, へ飛ん, もあらかた, ものんき, も勢, も気がつけ

▼ でその間~ (53, 0.0%)

2 の道中

1 [51件] が少し, が狭, ちょいちょい座, どりは, にある, にお, にさう, になにがし, にはきわめて, にはどこ, には五六分, には何, には太鼓, には花聟, に一首, に二人, に二十五年, に二百年, に些, に人, に却って, に坐っ, に大小いろいろ, に嫉妬, に宝石, に宿駅, に少し, に彼, に手習い, に東京, に父, に疑い, に疑ひ, に稼ぎ溜めた, に自然淘汰, の争い, の争闘, の喰, の地上, の境界, の資格, の連絡, の関係, はこの, はまだ, は全く, は婚姻, は屋根裏, は幾多, もた, も閉ぢ

▼ でほんとう~ (53, 0.0%)

2 に秋めい

1 [51件] ならば, にいけない, にお, におもしろかっ, にたいせつ, にびっくり, にもう, に不思議, に山瀬組, に幸福, に御礼, に心, に心持, に心配, に忌, に愛し, に書かれた, に根本, に死ぬ, に氣分, に泣く, に済まない, に理解, に私, に経済, に腹, に達者, に雲, に面白い, のこと, のひとり, のむかし話, のソーザイランチ, の事, の信仰, の名, の意味, の火力, の獅子舞, の祝言, の科人, の話, はこれ, はそれ, はべつ, は最も, は生, は知事, は老人, は見た, 言うと

▼ で何処~ (53, 0.0%)

3 となく 2 かに見, から手, へ

1 [44件] かに伝つて, かに国民性, かのパイプ, かの山里, かへお金, かへ封じ, かへ引上げ, からだ, から何, か私, か陰気, がどう, が不具, でもあの, で切符, といっ, となく陰気臭く, とは云, にお, にどうして, にも人, に居らる, の子供, の誰, の馬の骨, へも改めて, へ参ります, へ行こう, へ飛ん, までが夢, までついて行く, までも意地, までも相手, までも自分, まで自分, まで行く, まで行っ, も大売出し, も彼処, も怪我, も洗い, やら武骨, をホッ, を見

▼ で~ (53, 0.0%)

4 なもの, な気 2 じゃない, だと

1 [41件] じゃございません, だからと, だった, だよ, であつ, である, でしょう, です, ですが, でならないそして, で仕様, なところ, な事, な叫声, な噂, な声, な悲しい, な揣摩臆測, な欠伸, な物音, な男, な調子, にきびしい, にこ, にこだわっ, にたのもしく, にやかましく, にカキカキ, に上気, に人, に安心, に心得, に応じ, に思った, に思召, に感じ, に懐疑的, に気, に隅, ね, ねエ

▼ で~ (53, 0.0%)

3 れを 2 こそ路頭, の心持, れから

1 [44件] および父, からは原稿料, から二番さん三番さん, がその道, が会わなかった, が例, が帰っ, が根から, が火鉢, が科学的素養, だの妻, でいつ, と結婚, にお隣, に話し, の人格, の帰り, の愚痴, の方, の歳男, の死, の顔, はこの, はすっかり, は丁度, は何一つ, は哲学的言葉, は或, は決して, は自分, は見えない, は論理学, は驀地, もそして, や兄, や姪, や是, より外, より鎌倉時代, れだからと, れだけの, をし, を幸福, を思ふ

▼ で結局~ (53, 0.0%)

2 はその, 早く頂上

1 [49件] お民, かえって邪魔, きっと二人, ぐるぐる巡, この, この伊呂波歌, この怪屋, この追跡, そういうやり方, その女, その方, その日, その菓子折, どういうふう, どうしよう, どうなんだい, どう思案, どう落ちついた, において日本主義イデオロギー, のこったの, のところ, のところ沈黙, はやはり, はわれわれ, は万事露顕, は不, は主張, は二人がかり, は思い出せない, は愉快, は故郷, は春秋, は物置, は着かなかつた, は自分, は行く, は食べられない, もし本気, やはり暗示, 一向にその, 中一日, 助からないの, 半泣き, 又丸め込まれた, 夥しく規律的, 帰って, 教えられること, 諦めて, 高いもの

▼ でかの~ (52, 0.0%)

4 女の 3 女は, 有名な 2 三本足の, 月の, 鰯の

1 [36件] お安が, ポッペアの, ロイド・ジョージ氏の, 二人の, 伊治公呰麻呂の, 俗衆の, 八蔵に, 四国遍路を, 国の, 土井大炊頭の, 土塀の, 壮士坊主なんかという, 大秦景教碑に, 夫妻退い, 女から, 女が, 女に, 女を, 寺小屋の, 平家の, 怪魚らしい, 支那學の, 最高の, 木馬を, 横口式石室を, 正岡子規の, 白巌窟に, 百中十首の, 石原の, 若き男, 蕎麦屋で, 赤穂の, 辺の, 金持ちの, 長仁義, 馬は

▼ で~ (52, 0.0%)

3 えやつ, え穴 2 えこと, えったん, え体格, ふは

1 [38件] ええそう, えした, えじゃ, えだろう, えつて來, えど, えの, えもん, えられるくらい, えるぜ, え儲, え土地, え声, え屋敷, え熊, え瘤, え絵, え蛙, え足, え足跡, え雄ざる, え音, ぎらいの千世子は, けっこっこと, こむ, しからぬ悦び事, しまへんほんま, たお方, たけんど, づがって, とる, とるけど, とるちう話, ふも今, ふ召されたもの, ふ會, ました, むなほざりの木の葉に

▼ でそれに~ (52, 0.0%)

2 小さな声, 皆三, 私は, 非常に

1 [44件] あなたは, あの大暴風雨, いくらか御, いちいち応じた, お手當, お金持, こちらへ, この老優, この辺, そういう次第, どの家, なおいっそう悲しい, なるたけ馬車, なんと言っ, もうあれ, よく似た, よつて, よつてトキ子, わが儘, アリゾナ州は, 一人旅だ, 一体彼奴, 二人合せた, 二年生の, 何やら学問, 何やら學問, 何ん, 八五郎親分は, 勇助は, 十八金製の, 十日でも, 定家が, 小ダイ, 平次と, 幾分自身, 御覽, 御覽の, 歩調を, 由つて捜索の, 白猿を, 立向った, 脂が, 赤坂の, 電燈も

▼ でどうか~ (52, 0.0%)

17 すると 7 して 2 すると半

1 [26件] あなたから, あなたの, いま暫く, お仲間, お気を, お父様, こっちへ, ご苦労です, すると薄, すれば, その顛末, なるさ, なるところ, 一つ折り入っ, 今一度見たい, 助けると, 十二月三十日の, 巡査でも, 御察し, 斯う, 月給が, 牧田さんの, 特別の, 載りますよう, 骨折って, 黙って

▼ でなにか~ (52, 0.0%)

2 云いあらわしがたい

1 [50件] いその, うまい物, えらい騒ぎ, お互に, お話をと, が映っ, このごろ幽霊が, して, しらぬけがら, ただならぬ事, たよりない, につかっ, につけ, のはずみ, の童話, の迷惑, ひっかかるよう, へんな, やって, やるせないそこ, ザワザワし, 云うに, 仲良さそう, 低い物音, 動いて, 勘づいた覚え, 堅い木, 大きな声, 大声で, 心当りでも, 思いきった暴挙, 思案し, 怯えた気持ち, 意味が, 意味深い, 文句ばかり, 此頃幽, 淡い旅愁, 物を, 珍しいもの, 用事が, 相談を, 積極的な, 紛失品は, 自分の, 自尊心を, 鋭いもの, 鑵鼓の, 面倒な, 黒ずんだ金物

▼ で大抵~ (52, 0.0%)

2 の人, はただ, は虚偽, 自分の

1 [44件] この暗, その正体, な無理, な者, のお客, のもの, の事, の人間, の動物, の場合, の家, の年, の男子, の相手, の者, の見当, は, はだまっ, はひとり, は一見, は三本, は二三日麓, は他, は同性愛式, は呉服屋, は大きい, は妻君同伴, は屋根, は広い, は樹枝状, は気まずい, は無事, は生き, は筆, は耳かき, は解, は連れ, は雲煙過眼, 二毛作が, 仲間と, 呼んだ顔, 始めて, 母が, 私と

▼ で近頃~ (52, 0.0%)

4 は庭 2 では新聞, の激化, はひどい

1 [42件] そちも, それが, そんな事, ではお, ではどんな, ではもう, ではチェリー, では僅か, では高, になっ, のお方, の亀戸芸者, の努力, の言葉, はお, はさっぱり, はそこ, はその, はひどく苦しい, はまた, はもう, はもうすっかり, はもて過ぎ, はズッ, は初物あさり, は前年の, は大いに, は子分共, は表方, は警視庁, は隱居所, ふとした事, 主人と, 太宰という, 小さな氷屋, 日本でも, 有益な, 流行の, 物音に, 発掘せられた, 秘密の, 自分に

▼ で長い~ (52, 0.0%)

1 [52件] あいだお, あいだほったらかされ, あいだ何か, あいだ見, かね短い, ことしゃべってたらぼろ出る, な証拠, な證據, のを, へいがぼんやりと, まばらな, ものです, ものには, カンバスへ, 一生, 前から, 四列縱隊を, 夕食を, 夜が, 将来に, 年月の, 年月を, 廊下を, 恐らくは日常生活, 日本刀に, 期間に, 杖を, 梯子を, 棒か, 楫を, 歳月の, 段々な, 毛が, 煙を, 独身生活の, 眉の, 睫は, 立派な, 竿の, 竿棹を, 紐で, 者円い, 茶の, 道中じゃ, 釘を, 間お, 間の, 間公然の, 間待った, 間泣い, 間獣人の, 馴染らしい

▼ でごぜ~ (51, 0.0%)

14 えます 6 えますよ 3 ます 2 えましょうか, えますから, えますぜ, えますね, えやす

1 [18件] えましょう, えましょうどう, えますお側, えますか, えますが, えますだよ, えますと, えますゆえ, えます些, えます亭主, えます当季何処, えます江戸, えます沢山, えます眼, えます長吉, えやしたか, えやすが, の弾く

▼ で一向に~ (51, 0.0%)

2 感動しない, 興奮の

1 [47件] いい考え, そのうわさ, その名, それらしい, たよりにも, はやらない三文々士, はやらない三文文士, サクラ的な, 仔細は, 元気が, 公徳心も, 其の他, 喜捨を, 埒が, 変哲も, 好奇心が, 実感が, 御消息, 戦備を, 戸の, 手を, 手応えが, 捉えどころ, 槍術を, 涼しさ, 漠然たるもの, 目は, 目立たない人柄, 確かな, 私を, 立ち退く様子, 纏まったこと, 纒って, 美しいとも, 老人の, 自粛し, 芸人らしい, 要領を, 記憶に, 詰まらないもの, 読み出す事, 謎を, 透らず次に辛うじて, 通じない, 通でも, 酔った跡, 静まりそう

▼ で仕様~ (51, 0.0%)

32 がない 7 がなかっ 3 が無い, のない 2 がねえ 1 がなかつた, がねえ又, が無, が無え

▼ で伸子~ (51, 0.0%)

3 は自分 2 はその

1 [46件] が, がソヴェト, が父, が退院, と素子, にそのまま, に変, に新しい, のベッド, のロンドン, の主観, の心, の迷児, の顔, は, はあと, はいそい, はこの, ははじめて, ははるばる, はひる, はほんと, はますます, はまた, はもらっ, はデスク, はパリ, はヒステリー, はモスク, は一時間半, は作品, は入院, は口, は台所, は引越し, は心, は既にいい加減, は気, は水色ヤカン, は活溌, は清らかさ, は直接法, は眠りつづけ, は知りつくした, は酒屋, をうち

▼ で大した~ (51, 0.0%)

5 ことは 2 問題では, 思案が, 怪我も, 水でも

1 [38件] ほまちには, もので, ものでなく, ものは, 人物では, 企みを, 価値も, 凄味は, 勢いだった, 反響は, 名士な, 問題に, 困難も, 変りは, 大きい部屋, 害も, 屈托も, 岩も, 影響も, 役には, 役割は, 怪我は, 悲しみも, 意味が, 感銘も, 成功は, 收獲, 數でも, 暑さ, 氣にも, 相違が, 相違は, 苦労も, 話も, 贅澤では, 道程では, 量でない, 金額では

▼ で~ (51, 0.0%)

3 の者 2 の人々, の子供たち

1 [44件] からあちら, からはその, から出, から出征, から外, から火, から遠く, じゃあ大変, での物知り, ではもう, では一番貧乏, では餅つき, でもきたない, で唯一人, にい, にいる, にかぶさる, には類, にやつ, に着いた, のこと, のガキども, のチンピラ娘, の一月, の中堅, の人, の人たち, の作り事, の児女たち, の河原, の百姓達, の眼, の端, の肝煎, の若い衆たち, の衆, の青年団長, の食物, はいま莫大, は疲弊, を出, を出たら, を買取る, を飛びだす

▼ で~ (51, 0.0%)

3 を立て, を立てる 2 が見え透い, のすいた, の底, の立つ, を切る

1 [35件] がいい, がいっぱい, がきたない, が癒える, が空, が突張, が立っ, が立った, が立つ, が鳴りあがる, だけ水, とはどこ, など切らせとうない, に滲み込ん, のうす赤い, のたし, の大きい, の無い, の紅い, はいっぱい, はちがう, は切りとうございませぬ, へ風, も立たず, も立てられねえ, わたは, をお, をかかへ, をたてる, を下, を合せ, を抑え, を立った, を造らせる, ん這

▼ でうまく~ (50, 0.0%)

2 やって, 調子が

1 [46件] いかない, いきましたか, いくで, おさまるかしらん, おっぱらわれて, お茶を, かかって, こしらえて, それを, はない, は行くまい, ひっかかるところ, まほうはかせ, もな, やったもの, やります, やれると, ゆかずたうとう, 事務室から, 人を, 出來上, 分らないで, 判断できる, 勧めて, 危ないところ, 喋れず, 塞いで, 急に, 感情を, 打てれば, 治し退院, 治まるでしょうかね, 治まるもの, 発見し, 登れない上, 納った, 聞きとれなかったが, 胡魔化し, 行かない, 行けば, 行ったと, 行ったの, 説明される, 説明し, 避けようと, 食べられるもの

▼ でしかし~ (50, 0.0%)

1 [50件] あいにくこの, あまり人の, いくらかしずんだ, おつ, お話する, かなしいほど, これだけを以て, これも, すむ筈, そちらへは, その, その場, その底, その感動, それきりでした, それに, とにかく処理, どうやら二人, どこやら, なんだか妙, なんの, やはりマドレーヌ, ノロノロと, 不気味でなく, 事が, 云いかねるらしい, 仕合せで, 何か, 作家としての, 具体的であった, 同じよう, 同時にこの, 大真面目, 如何にも取っ, 常に物悲し, 指さきに, 書き手は, 本来の, 根強い力, 決してあの, 男に, 目前の, 相変らず, 相当な, 縁が, 考へを, 話は, 近づいて, 雨天続きの, 黄砂の

▼ で勿論~ (50, 0.0%)

2 その地位

1 [48件] お小, お小遣, こちらからは, この集合概念, そういう矛盾, その前, その女, その委曲, その結果, それだけ, それに対して, そんな付添婦, たいした役者, たしかな, バターなどは, 一人若く, 二百年前の, 今と, 他の, 何事も, 僕に, 其の委曲, 其前の, 刑事とも, 古い程, 外国で, 奥向も, 嬰児は, 實の, 屋内には, 市役所へ, 彼を以て, 微風さへ, 戸は, 推定の, 書くもの, 混種の, 無報酬, 猫の, 眉を, 確証と, 種々の, 腕が, 西洋の, 西洋風の, 警察検事局予審廷公判廷と, 賤民と, 鄭樵の

▼ で~ (50, 0.0%)

3 の中, の方, の構え 2 から格子, にいる, の二階, の者

1 [33件] からも母屋, から見える, が不景気, にも奥, にも奧, にも裏, に並べ, の上り框, の人, の人たち, の前, の商売, の若い, の間口, の顧客, はむろん, は繁昌, は転, へも寄らず, へも昨日, へ一寸, へ来, や縁日, をあけた, をしめまし, をた, を出し, を出した, を出したがってる, を出す, を大きく, を空ける, を閉ぢ

▼ で江戸~ (50, 0.0%)

3 の市中 2 には親類, の山の手, へ出

1 [41件] からは若党一人, からテクテク, から探し, つ兒, では側近, では品川寄, では品川寄り, では淺草芝崎町日輪寺, にいた, にいる, におる, には碌々, には諸国, にも此様事, のあきん, のある, のほう, のみなさま, の事情, の人氣, の何ん, の切絵図, の取引, の商人, の女, の巷まち, の御用聞, の末, の真ん中, の繁昌, の風, への供, へ出る, へ帰る, へ帰ッ, へ着く, へ行っ, までの途中, もずっと, を発った, を追われた

▼ で~ (50, 0.0%)

4 が降る, の降る, の音 3 の中 2 あがりの, が降っ, にじめつく, にはぬれ, の日

1 [25件] がどし, が冷たかっ, が夕方, が降れ, が霽, が音, ざれた枯木, でも来る, なんかちっとも, なんぞ降っ, にうたれ, にたたかれた, のふりこまない, のやう, の三日, の描いた, はますます, は晴れた, は間断, もない, も朝, や雪, や風, を潜っ, 降揚句

▼ で静か~ (50, 0.0%)

2 である

1 [48件] だが, だった, だったもん, だと, でおっとり, でした, でその, で人, で入口, で時に, で美しい, で自分, で落附, で風, なある, なこの, なの, な声, な宵闇, な少女, な性格, な景色, な気持, な活気, な深い, な眠り, な美し, な表情, な調子, にしかし, にその, にクリスマス, に低, に何遍, に冷たく, に押, に控え, に正吉, に死ん, に淵, に溢れる, に瞑想, に立っ, に縫い物, に翼, に考え込ん, に釣, に障子

▼ で即ち~ (49, 0.0%)

2 今日も

1 [47件] あたかもこの, いわゆる有意的動作, この上願書提出, この梅子重子駒子, これ以後の, その聖人, その自我, それだけ日本古来, それには, ヴラマンクに, 中奥筆頭格と, 事實の, 云わば, 人倫学的な, 代々の, 作者の, 出来上らぬ, 前に, 創建清眞寺碑記は, 君主としての, 小兒, 常識なる, 平民發展といふ, 序録の, 後年の, 意識系統の, 愛國心の, 政府が, 政府の, 文政十二年二十五歳の, 春沂の, 時粧と, 楚辭招魂に, 治に, 特に科学, 生産な, 看護婦派出婦下婢女給女車掌女店員など, 社会では, 科学的に, 米の, 結晶の, 蒲生野を, 評論から, 負ける当然, 隠顕する, 非科学的, 音を

▼ でどうにも~ (48, 0.0%)

4 仕様が 3 なりません 2 しようがない, 仕方が, 動きが, 外へ, 手が, 手に

1 [29件] うつりが, かなは, くらして, しようがなかった, たまらない重荷, たまらなくなった, できない者, できなかった, なおし難い, ならないの, ならなかった, もがかずには, やめられない, 入り込みにくい, 凌ぎが, 出来やしない, 分らない, 合点出来なかった, 夜の, 女の, 宮方一味の, 思い切って, 悪い心持, 抑えきれない嫌悪, 救いが, 気が, 窮し, 答えようが, 首が

▼ で~ (48, 0.0%)

3 と晩, と月 2 と思い, と掴み, と目泥棒

1 [36件] からげに, から二, から十, こうに, こう懲らし, すぢ, として平生, と口, と夏フロモンビール, と思ひ, と握り, と昔前, と月経, と月經, と目, と箱, と言二, と通り彼, と間, と間きり, どやろう, にも将軍家, の人格, の状態, は上手, は五百, は信濃国伊那郡, は哲學史, は奇抜, は新, は東京, まず秋谷, も二, も外国, を与えれ, 吹きすると

▼ で他人~ (48, 0.0%)

2 のよう, の思惑

1 [44件] からロマンティスト, から云われた, がその, がそれ, がとやかく, が見たら, が見られない, さえ可愛い, にはプラン, に笑われやしない, に聞え, に見せる, に見られる, のあら, のこと, のため, の一日分沢山, の世話, の可能性, の命令, の品物, の噂, の家, の幸福, の恩恵, の手, の放送, の牡牛, の真似, の迷惑, の追随, の邪魔だて, の酒, の離縁状, の顔, はいかに, はイザ, は二人以上, を交えず, を冷笑, を守る, を批難, を蘇かす前, を見降す

▼ で何だか~ (48, 0.0%)

1 [48件] あたしも, いろいろな, お気の毒, ごたついて, それが, わからないまま両親, をかし, 一日此方の, 上に, 不自然な, 兄さん男を, 分らずこんな, 別の, 効果なし, 変です, 大きな山, 女の, 妙な, 嬉しくって, 廣重の, 張り合ひ, 恥かしい, 楽器を, 気が, 気持ちが, 氣が, 海の, 物足らなかった, 素晴しいようで, 緩い足音, 考えるよう, 考へるやう, 自分が, 落着けない, 蝶の, 見るの, 訳も, 足が, 身が, 辻褄が, 通り魔に, 逢ひたく, 電気の, 霧にでも, 馬鹿に, 鬼共の, 鼻が, 鼻の

▼ で土地~ (48, 0.0%)

6 の人 3 の者 2 に深い, の私有

1 [35件] が変れ, では庄司, では新店, では機織御前, で売る, と時代, と離れない, にいたく, によっていろいろ, によっては庚申, に固有, に楮, のもの, の乾利一氏, の事情, の人たち, の人気, の人間, の半分, の塗物師, の大きな, の岩層, の御用聞, の新聞, の松屋, の水産組合, の漁師, の知事, の精霊, の繁栄, の買手, はし, は勿論, を無償, を離れたら

▼ で我々~ (48, 0.0%)

2 はそれ, は切に

1 [44件] がぜひ, がその, がそれら, が南海, が同音, が真似, が紗綾縮緬羽二重, が素人, が見たい, が食事, といたしまし, にはいっこう取り, にはとても, には全く, に挨拶, のところ, の予期, の仲, の分際, の努力, の問題, の場合こ, の少し, の想像, の持つ, の来る, の精神, の考え, の考へる, はしょっ, はそんな, はた, はまるで, はもう, はアドロ彗星, は些か, は全然, は出, は函館, は唯もう, は子供, は是, は浮かない, も差支え

▼ で本当に~ (48, 0.0%)

2 まア旦那様

1 [46件] あのよう, いい景色, おめでとう, お人, これまで, そうした心掛け, ゃならねえ一体何病気で, やって, よかった, 不愉快だ, 人生の, 人生観が, 兄さんは, 充実した, 友達の, 命がけで, 大切な, 客観的な, 己れ, 御苦労さまでした, 微妙な, 怖ろ, 思い込むところ, 恐れ入ります, 惜しいこと, 攘夷主義に, 新しい内容, 日本の, 暗号文だ, 有益な, 桜の, 決まらなかったの, 済まぬ主膳, 湯を, 理解し, 眼覚める, 神鳴, 自分の, 良い方, 苦しかった, 見まわすの, 貴方方, 辛い, 野に, 青年らしい, 面白い

▼ で~ (48, 0.0%)

3 の中 2 にかかる, の上, の積, の結晶, はまだ, を掘っ

1 [33件] がきらきら, がたいそう, がつもる, がふっ, がギシギシ, が降る, だまり, になる, に依っ, のある, のふと, の今, の力, の夜, の女王, の少かっ, の山道, の常磐, の広場, の白条は岩, の精, の降る, はしづか, はそんなに, は実に, は長い, は降る, もよひ, らしいもの, を孕んだ, を排ら, 之丞, 多し

▼ であるいは~ (47, 0.0%)

2 一向障害

1 [45件] この, この研究, この絶頂, これを, その使用, てんやわんやの, まともに, やつた, エイエイと, カンゼよりの, セリに, ラサ府の, 一語の, 上世水辺の, 不注意で, 人を, 今の, 他の, 十年も, 国家と, 天平の, 屋根の, 座頭の, 徒歩で, 手術に, 指揮棒でも, 控え目な, 曙の, 死と, 短くあるいは, 私だけかも, 立ちあるいは, 紙で, 自分の, 西洋の, 証人の, 諸々に, 警固に, 軽く焼い, 関西における, 露探, 青を, 静夜の, 非常という, 高麗黍の

▼ でかなり~ (47, 0.0%)

2 の道のり

1 [45件] うるさい問題, こみ入った内容, たくさんの, だらしの, ちが, ながいこと, にお, に古びた, に気持, の大, の欠損, よい藁, アクドいふざけ, 刺戟的に, 多額の, 好奇的で, 安らかな, 山田の, 年たけた, 広い前庭, 広く渉猟, 拙劣に, 早い, 明るくて, 明細に, 格好も, 気まりが, 混雑し, 満足され, 無理を, 発句も, 盛んに, 苦しめられつつ, 苦心を, 誰にも, 豊かに, 豊富な, 責任の, 賑かな, 遠くからも, 重い傷, 鉢数を, 頭が, 食い辛棒, 高いといふ

▼ でさあ~ (47, 0.0%)

192 あなた方大した, どうぞ

1 [24件] あなた方たいした, あのお, いや本心, だんなに, ねえ, ねまあよく, もとの, わっしも, アクシーニヤという, タンボだ, ネそれに又, 働きざかり, 先へ, 向うにゃ, 因業な, 如何か, 旦那さんうつる, 書かうと, 書きなさるが, 殺せ殺して, 火事の, 皆んなあすこへ, 起きて, 飲まっせえ

▼ ですでに~ (47, 0.0%)

1 [47件] かの住職, きまって, この批評, その工事, それまでに, わたしは, 一五〇六年にも, 一致した, 充分なあり余る, 先人の, 内部の, 前々から, 前には, 医師も, 吉田さんから, 喜んで, 城内で, 多くの, 天人四郎が, 安らかで有り得る, 宗教そのものを, 彼女が, 息子と, 戸を, 支店長代理にとって, 新聞で, 春日邦之助といふ, 昨夜あたりは, 最初文部大臣を, 最近の, 死んで, 洛内で, 津軽浪岡家の, 生きた心持, 生気を, 第一回, 老境に, 老病の, 臣檄文を, 船室まで, 試験ずみの, 足利期から, 述べた, 酔った, 鎌倉時代にも, 鎌倉時代末元, 陰翳を

▼ でもっと~ (47, 0.0%)

1 [47件] いい場所, いろんな事, うるさくしたら, かしこくやる, じょうぶな, ずーッ, とねばった, はげしい感動, ひどい罪, ふくらんで, ジャカジャカやらん, 一様な, 人の, 体裁の, 俗耳に, 兇悪な, 先き, 冷静に, 勉強したがっ, 原始的な, 多くの, 大きな悪質, 大仕掛け, 奥へ, 安全に, 弱い理性, 早いもの, 早く親, 明るいもの, 明るい自由, 明朗で, 明白な, 暗い狭い穴, 本質的な, 注意せられ, 素直に, 綺麗に, 緊迫した, 自由であったら, 舞台の, 芸術的にも, 落ち著い, 贅沢である, 距離を, 重くろ, 重要な, 難解を

▼ で~ (47, 0.0%)

5 づかに 2 たつて, ちきに, つしの, ない, アザラシお, ッと

1 [30件] あっと喊声, あと喜びの, うわう, この魚, ざとそうさしたのどす, ざわざおつかわしになったようでございますからお返しする, そぉゆう名称の, そぉ呼ぶ, それと, たくの, たつた河口, づかな興行, づかばかりの, づらつて寢, てもこれ, どぉゆう, なかった, まだ負惜しみ, みんな画板の, アッ, クマお, ッという, トドを, ーっと, 前者お, 大評判, 来ないの, 熊も, 発音が, 行かないよ

▼ で二階~ (47, 0.0%)

2 から降り, の八畳, の窓, の部屋

1 [39件] からお, から射す, から落ちた, が二室, で光子さん, などすっかり, にも手術室, のある, のどこ, のわたし, の一円席, の上, の八疊, の十畳, の大広間, の室, の室代, の寝室, の屋根づたいに隣, の席, の広い, の床, の座敷, の方, の書斎, の机, の自分, はいかめしい, はこの, はたいへん, へあ, へ上がっ, へ上っ, へ夕食, へ行った, へ通っ, を下りる, を降り, 借りを

▼ で今夜~ (47, 0.0%)

2 のうち, の月, 出した白丁

1 [41件] にでも雪, にも行っ, のところ, の出来, の席, の御馳走, はいい, はおかえり, はそれ, はとうとう, はどう, はどこ, はどんなに, はひとつ, は下向, は人出, は作者, は例, は安心, は少し, は後, は思はぬみいり, は決して, は誰, は遅かろ, は銅兵衛さん, は飲み明かし, も, もどう, もなまけ, もまた, も幸子, も待っ, も明け, も時平, も来, も煮た, も見, も酒, 丁度ここ, 逢えたこれ

▼ で~ (47, 0.0%)

6 とする 2 と場合, のたつ

1 [37件] あって, あつて姿, が来たなら, が経て, が経過, が費える, と処, と場所, ならぬ噴火, ならぬ声, ならぬ笑, にはぱっと, には一カ月, には歌論, には雨降り, によって変ります, の主上, の値段, の移り変わり, の経る, の経過, は文化, は永久, は移り世紀, まだ十六, や祐, をうつさず, をきざむ, をむだ, を定め, を得たなら, を忘れ, を経た, 之大屋子, 折り湖面, 至って実行, 過ぎて

▼ で~ (47, 0.0%)

9 當に 3 を読む, 當の 2 を読ん

1 [30件] そのものは, と云っ, なんか読まない, のとき, のはう, の組方, の頁, の香, は当分セエラ, ばかり読ん, ひとつ読まう, もあろう, もの, も読める, や一つ, よみも, を売りつくし, を抱える, を読みつ, を読んだ, ヌタナマスといった, 來なら, 來優美な, 居翁の, 支分流互いに, 斎藤氏である, 是一個物である, 神とも, 論文は, 辭を

▼ で若し~ (47, 0.0%)

2 之を, 役人に

1 [43件] うら寂しい村雨, お侍, お巡りでも, かしたら母親, これを, その事実, それが, やと思いまし, やと思っ, や犬, 僕等が, 僕達の, 其れ, 医師が, 君に, 和銅年間に, 好いた惚れたと, 山名の, 山霊を, 幸運ばかり, 彼が, 彼等子女の, 御面倒, 招待を, 推定の, 敢て, 松竹梅と, 此の, 王侯の, 用意が, 真実の, 石川君が, 私に, 私について, 精の, 精霊が, 自分の, 自然主義に, 財政が, 貴方の, 運命を, 風俗が, 飲もうと

▼ でさすが~ (46, 0.0%)

3 の私

1 [43件] にそれ, にむっと, にわかり, に一技, に不評, に其, に名人, に心がけある, に愚痴, に折る, に日, に本場修業, に植木屋, に江戸, に猛, に見識, に身分柄, のあっし, のたん, のエミさん, のロボ, の右門, の城太郎, の大, の妙心, の宏大さ, の山頭火, の平中, の探偵たち, の江戸, の祖父, の豊後守忠秋, の隱居忠左衞門, の雲助, はと肯ける, は小金, は日々, 下町育ちだけ, 伊豆守は, 強胆, 石田は, 練達の, 血すじだけ

▼ でたとえば~ (46, 0.0%)

2 おめ

1 [44件] ≪助, あなたの, あの人, お民, さあの, アルコホルに, ウジムシの, シェークスピアものを, ナティヴィテ長老, ニューギニアの, ピリニャークが, ラスコーリニコフを, 乗鞍岳頂上の, 二日開場, 人の, 今度空中を, 何処かで, 個人的な, 借りて, 十分なる, 向こうの, 壱岐島の, 大塩平八郎みた, 大道の, 女の, 婦人の, 学校教育局長には, 居合の, 履物を, 引っ越しの, 日輪の, 昨今では, 時雨の, 樹, 毒を, 活動映画的とでも, 生け花の, 異国の, 眼を, 私の, 群集に, 西洋から, 遠い小, 釜石

▼ でちっとも~ (46, 0.0%)

2 動かない

1 [44件] あてに, いい字, うれしそう, おどろかないが, もの欲し, コリントの, 不自然な, 光悦が, 出て, 分らん, 動いて, 動かなくなりそれ, 動揺した, 口を, 周章てた暗, 埃が, 変りません相, 大師匠, 威張らず気取らないの, 子どもを, 存じませんでございました, 存じませんで大, 心の, 惜気は, 意味が, 感じが, 戸外へ, 押せやしないわ, 改まったはなし, 教育が, 新しい感情, 本も, 欲しくございません, 活気が, 痕は, 私達を, 筋道が, 美味しくない, 落ちつかなくなりました, 要領を, 見わけ, 買って, 酔わないで, 騒がず計略

▼ で不思議~ (46, 0.0%)

2 でならないの, でなりませんでした, で仕様, な殺し

1 [38件] だから, であった, でない, でない気, でならないよう, でなりません, でもなん, で無い, で耐ら, と思い出せない, なこと, なの, なもの, な位, な実感, な感じ, な憎悪, な物, な現象, な精力, な縁, な芸当, にうまく, にしっくり, にしょんぼり, にもそんな, にも奇怪, にも奴隷牧畜, に加茂丸, に思った, に思われない, に手習, に汚い, に甘い, に知れたる, はない, は主として, は四福音書

▼ で学校~ (46, 0.0%)

2 に行きたい, の方, へ行く, をサボる

1 [38件] から先生, から帰った, から帰り, から帰る, が何と, が変, ぐらいもある, とか研究所, などで竜一, にて衆童, には愛想, にも通わなけれ, によっては七五, に入, に通っ, の事, の先輩, の勉強, の図書室, の成績, の手すき, の教員, の教場, の裏, の遠足, の門, はふだん, はよす, へお, への寄付能力, へゆく, へ寄る, へ行っ, もいろいろ, も休みがち, も出来る, を廃め, を首席

▼ で恐らく~ (46, 0.0%)

2 戰國の

1 [44件] お屋敷内, お扇, この一首, この呼び, この案, その後と, それで, われわれが, ジユダャ人の, パノラマの, レンブラントの, 一般国民の, 三木ほど, 之が, 先方に, 劇作家としての, 地下室は, 大嘗祭の, 大学に, 密教を, 巷説は, 彼等が, 心の, 急場に, 恋の, 成育期を, 日本の, 日本一の, 日本広し, 汗と, 油断を, 異存を, 神にだって, 私たちが, 私については, 筆者の, 老人は, 聲も, 自分でも, 菅野の, 藤原宮時代の, 跡形も, 関東では, 面打なども

▼ で或は~ (46, 0.0%)

2 昌作を

1 [44件] さう, すまして, そういう人々, その使用, それだけで, 一日や, 二枚で, 人形の, 他に, 別人だった, 十分かも, 大鯨, 寧ろ日本人以上, 小さく或は, 平気そうに, 感覚で, 懺悔し, 放送委員会の, 時代的の, 末席に, 来るこ, 正面或は, 殆ど無, 殘酷な, 気まぐれな, 氣まぐれに, 油揚に, 流れて, 環境や, 睡蓮が, 穢れたる念, 答弁を, 粉々に, 翼で, 老人が, 脱落或は, 調合は, 逸話の, 鋪を, 電信の, 電車の, 音楽とは, 風声鶴唳にも, 高麗黍の

▼ で~ (46, 0.0%)

3 變らず 2 呼応し

1 [41件] ちかよること, という字, も変らず, 不変と, 共に, 共に奮戦, 前後し, 勤めまする極彩色写絵, 合せむ, 向った糸七, 変らずたあ, 変らずどうして, 変らずの, 変らずナイフ, 変らず二人, 変らず其処, 変らず出入, 変らず屋外, 変らず干支, 変らず残る二つ三つ, 変らず玄関, 変らず甘い, 変らず立とした服飾, 変らず美しい, 変らず茫然自失, 変らず親子心中, 変らず頬杖, 変らず騒々しく, 對し, 搏ッた, 済まんですが, 済みません, 済みませんが, 済みません御, 濟ま, 濟みませぬ, 當な, 當に, 當の, 當手が, 背馳する

▼ で言葉~ (46, 0.0%)

2 は出なかった, をかけた, をかける

1 [40件] がでなかった, がブツブツ, が不明瞭, が出なかった, が分る, が私, が難, にはひどい, に対する感覚, に熱気, の向上, の生命, の運び, の選択, はぽ, はぽつりぽつり, はまったく, は喉, は殆, は発しない, までも殆ど, もでません, もなかっ, もやさしく, も時代, らしい文句, をかえ, をかけ, をききとる, をつぐ, を交した, を出さない, を切っ, を変, を急い, を換え, を次ごう, を濁し, を継い, を継いだ

▼ で~ (46, 0.0%)

2 が無い, のあたり, を切られ, を縊

1 [38件] から上, から頭, が痛く, だけが無, ちぢめたの, つき合せて, と肩, のまわり, の出せない, の頂辺, はもう, は細く, もあげぬ, も下らなかった, を, をかしげ, をしめ, をつかまえよう, をとらえた, をひねる, をふった, をふりむけ, をやや, をチョン, を並べちまう, を出した, を切られる, を吊った, を打った, を振った, を振り, を横, を突, を自由, を返し, を頂, 吊は, 垂れて

▼ でああ~ (45, 0.0%)

7 して 2 した美しい

1 [36件] いい気, いうもの, いう口調, いう器, いう女性, いう空気, いった気性者, いって, いふ音を, かかう, きれいだ, このまんま, すれば, そうか, そうかと, そやそや, た, と溜息, んと, 云うの, 云う人間, 人間という, 人間よ, 今日の, 何だか妙, 可恐う, 姐御, 完全に, 済まぬこと, 生きて, 生きの, 男女の, 私も, 約束し, 遣って, 馬鹿放題な

▼ ですこし~ (45, 0.0%)

2 でも美しい, ももの

1 [41件] いやな, きまりわるい, こみいったこと, さびしかつ, ずつかけ, ずつ鳥, その気質, のこと, のわざとらし, の明り, の濁, は関係, ばかりの手荷物, ばかり九太夫さん, ひどく吹きつける, 休息する, 勉強する, 商才の, 変に, 岸を, 早目に, 機械的な, 残念でした, 毛色の, 気の, 永く立っ, 淋しみ, 目が, 眠ったが, 眼が, 英語を, 荒っぽいかも, 調べる筋, 足を, 運動する, 郡視学に, 重複し, 金さんに, 離れたところ, 頭が, 首を

▼ でそこで~ (45, 0.0%)

2 彼は, 後輩を

1 [41件] あすんで, あらゆる本, お休み, こ, ここに, この人, この発明者, これを, そなた, その堂, ちよつと, はい黒門, はじめて日本, まだ楽しい, チベットでは, 世間は, 中房, 五人が, 今は, 他人に, 例の, 僕は, 博士は, 唯識論は, 女らしさ, 学界の, 小僧と, 拙者も, 敵討ちよ, 斎川水として, 梶子は, 次の, 法隆寺村での, 済度の, 無識, 眼を, 笛を, 踊つてゐる, 遂に偶然性, 達ちゃんは, 食事を

▼ でついに~ (45, 0.0%)

1 [45件] この邦語, その日, はそれ, はひっきりなしに, はもうその, は人間, は実, は思慕, は我, は数千万人神輿, は頭, ひとりも, また入内, また床, フィルム倉庫に, 万難を, 仲間の, 元親も, 勝負の, 単身ボロを, 宇津木兵馬を, 室ごとに, 尊氏からの, 店を, 彼は, 得るところ, 恩典局の, 最後の, 朝廷と, 毒水を, 海を, 狐の, 私も, 空とぶ, 素直に, 自分の, 言った, 読む事, 身の上相談には, 達し得なかったところ, 部屋一パイに, 金博士の, 金賞と, 銀が, 陸上に

▼ でどんなに~ (45, 0.0%)

1 [45件] あの人, うれしいか, お困りでしょう, お客の, お案じ, か御, か狼狽, か苦労, したの, して, しても, びっくりさされた, ふところが, パリの, 健康で, 内輪に, 力んで, 呼出しを, 外から, 姉さんが, 姿が, 嬉しふ, 寛大な, 幸福だらう, 心配を, 怒ったかも, 恨んで, 慌しく読ん, 新らしく, 気が, 気を, 氣が, 決定的な, 私が, 緊り縛り付けといた, 羨ましいそして, 自然である, 苦しくても, 被害民が, 調法だ, 途方も, 遅うなっ, 面白い感動, 香水を, 骨を

▼ でやっぱり~ (45, 0.0%)

1 [45件] あの鯖, いけない, いなくって, お前な, お武家さん, こわいの, その道は, それ燭台の, ただ一度, でたらめです, なんにも, 一種の, 京都の, 佐藤の, 偉いの, 分らないわ, 前と, 前夜と, 合うのね, 問題の, 変装の, 夢でなかった, 女らしい, 家に, 得な, 情人の, 惣右衛門の, 捉えない, 敵に, 日本へ, 月初めは, 朝稽古に, 根本の, 濛気の, 生活の, 眼を, 私の, 立派な, 笑いつづけて, 腹部であった, 草原に, 虫な, 赤くなけれ, 鉄の, 風に

▼ で三人~ (45, 0.0%)

2 の中, の子供たち, はまた, も妓

1 [37件] がへとへと, が一緒, が三つ, が烈しく, で晩飯, ともそれぞれ, とも幸福, とも栄二, とも盲, とも自転車, とも長崎見物, のゼリビンズ, の兄たち, の娘, の子供, の少年, の老女たち, の腰元衆, の話し, の遠ざかっ, の遭遇談, の青年, の頭, はその, は一時間, は上陸, は勢い込ん, は又, は奥, は山, は廊下, は意外, は文字通り, は歩く, は素知らぬ, ほどの弟子たち, を福の神扱い

▼ で~ (45, 0.0%)

3 の世話

1 [42件] があんなふうに, が家長, が見張っ, が走れ, が雪子, きと, きに, とともに駈けつけた, と同じ, と異, と私, に反対, に美術学校, に逢う, のいた, のチャーリー・ペンドラゴン, のドミトリイ, の光琳, の姿, の家族, の所, の松太郎, の楊松, の槙三, の死, の煮物, の秘蔵, の繪, の訶和郎, の話, の諸, の顔, はいふ, はこの, はさらに, はその, は一見, は困っ, は庭, は浮世絵師, や若い, を咎める

▼ で~ (45, 0.0%)

3 に立っ 2 づかう云

1 [40件] がどう, が垂れ, が細まり端, が遠い, じゃあ受け取らねえ, ぞちりける, っきの, っ刻申, づおり立ちぬ, にお話, にどんな, には探題英時, にも云った, に七宝寺, に云つた浪漫主義的演劇, に別れ, に引用, に彼處, に手, に母, に見し, に見切り, に走っ, に述べた, に通り抜け, のお, のこと, の奥さん, の方, の見透せない, はお, は尖らないで, へめ, へ帰っ, へ歩い, へ行く, へ進もう, へ進ん, ほどの, ほど疋田

▼ で悪い~ (45, 0.0%)

2 事を, 噂なんぞ

1 [41件] かとも思った, から, から皆, から紙費, がいずれ, がもうまもなく, がヒルミ夫人, けれども, けれども何, けれども新郎, けれど頼む, ことは, ことを, と云うなら, と思, と思う, と思った, と知った, のであった, やうな, やつには, 事など, 人間である, 兆候でない, 処は, 場所が, 心の, 所へ, 方から, 方へばかり, 本能に, 気候に, 水を, 犬などが, 理由は, 病気が, 病気の, 考えを, 血を, 顔も, 駕籠屋から

▼ で新しい~ (45, 0.0%)

2 世界を, 仕事を, 道を

1 [39件] ものでなけれ, ものとの, ものは, もの豪壮な, ように, ソヴェトの, 事実としては, 人間を, 元結の, 内は, 冬に, 力が, 司令官の, 図書館の, 国民道徳から, 地へ, 墓標も, 女の, 妻の, 家の, 家庭を, 旅券の, 木綿に, 未知の, 本質を, 歌を, 生活の, 生活を, 紺蛇の目の, 編纂の, 自己を, 芝居ぐらゐはのぞいておくべきだと思ふ, 蒲團の, 藺の, 試みに対して, 話が, 話題を, 鑿岩機が, 魚は

▼ で~ (45, 0.0%)

40 んど 1 と常, と常用, と泣出, んどかれ, んどこ

▼ で深く~ (45, 0.0%)

2 共通する

1 [43件] あなたに, えぐられて, お聴き遊ばす, かんがえも, その人間, その訳, つき込むこと, てブリリアント, ねんごろ, はいる, も咎めなかった, 且つ清い, 傷き, 共鳴される, 其の広い, 凝結し, 分裂し, 刺されたもの, 吸い込む様子, 壁に, 尚侍を, 廣田君の, 心を, 恩に, 息づいて, 悩みを, 感じたこと, 朝廷から, 武家と, 気の, 沈み込んで, 注意も, 物を, 考えると, 考へなければ, 自分の, 詮索する, 詮議する, 話し合ったこと, 読んで, 諸君の, 頭を, 首を

▼ でいわゆる~ (44, 0.0%)

1 [44件] なんにも言わない, クラン, フロイドの, ミカンの, 七道の, 三日坊主の, 三河奉行の, 上流人のみの, 下総常陸の, 二字帯刀御免の, 今日本で, 俗法師には, 俳優とは, 利口な, 剣人らしい, 南方系の, 国威隆盛の, 土一升金一升の, 地獄耳と, 外面如菩薩内心如夜叉という, 宝の, 家族的待遇を, 御前試合流の, 戸籍が, 料理屋の, 日本婦人的慎しみという, 明治十七八年頃の, 明治文壇における, 智慮ある, 浮浪の, 狼が, 盲目滅法界, 石火の, 精神的方面の, 胴田貫という, 舶来品に, 芸人風情に, 苦労人の, 衝動本能と, 裏店に, 認識不足という, 部落民は, 長吏法師, 雛人形の

▼ でええ~ (44, 0.0%)

52 がな, わ

1 [35件] かな, からといふ, から暫く, が, さかい会わしとく, さかい玄関, じゃなえ, じゃろ, そうです, その洲崎, です, ですよ, とも, と思うとった, になあ, のう, のや, のん, もん, やろな, ように, よ馬車, 世間体が, 人でございます, 今葬式で, 何とか何とか何とかじゃあ, 儲けを, 加減な, 吾, 塩梅です, 年寄りで, 男や, 目の, 私の, 貴方様が

▼ で~ (44, 0.0%)

4 氣で 2 の彼, はと云え, 氣が, 氣だ, 氣な

1 [30件] のごとく, のやう, の厩, の席, の方, の横向き, の満州クラブ, の通り, の道, の鞘, はそれぞれ, は上方, は二十九番, は単に, は支那, は虎御前, は違, より同一國語, 二が, 二其の, 代の, 來回教から, 光明寺の, 封三年より, 来世に, 氣の, 氣のよ, 氣を, 祿二年から, 祿時代までも

▼ で~ (44, 0.0%)

2 の一本, わけも

1 [40件] あの土地, ある軒下, お前の, さえ人, その輪, その遣り口, ため息を, だ打ちに, だ文字, だ無茶苦茶, ぢつと, でさえ衰弱, に気持, のあっさり, の駄々っ子, マゴマゴし, 他人の, 位置が, 友と, 奇麗事で, 安からぬ, 富士山には, 将来御, 形式の, 彼の, 徒らに, 徒らの, 憂ひ惑, 書名を, 此までも, 此處に, 涙を, 私だけが, 笑ひ, 自己自身と, 莫迦と, 赤面し, 那奴の, 陵戸だけは, 障子を

▼ で愉快~ (44, 0.0%)

4 だった, であった 3 でたまらない 2 でたまらなかっ, で興味, なもの, な方法

1 [25件] だ, でした, でしやう, です, ですが, ですね, でそして, でたまらなく, でない, でないところ, でなかった由, で堪らないん, で生徒, で耐らん, なのんびり, な場面, な晩餐, な老年, な話, な音, にグッドバイ, に働く, に手, に押され, に暮し

▼ で直ぐ~ (44, 0.0%)

2 自殺し

1 [42件] さまお, そこから, そこが, そのつもり, その便箋, にあの, には埓, にスカーフ, に上野, に信州路, に再び, に呑み込ん, に営庭, に寝, に寝入り, に恋情, に明日, に泣きやんだ, に病院, に百姓, に皮肉, に破壊, わかったらしいの, ガスコニュ灣まで, 分りますけれど, 前の, 又ドカン, 始めても, 対岸に, 専門医を, 帰って, 戸は, 支度を, 次が, 歌ひ, 消えて, 終って, 翌日から, 起きようと, 近所の, 隣室へ, 雪沓を

▼ で~ (44, 0.0%)

2 の方, は人ぐるみ

1 [40件] からあ, から望んだ, がいま, が一揺れ, が出帆, が沈もう, が着く, だけ借り, で達者, とは反対, とも見えなかつた, には楫, に乗る, に帆, に帰, のお, のなか, の上, の中, の人, の位置, の修繕, の名, の底, は, はこれから, はやっとこ, は多島海, は急進直江津, は渦, は港, は細長い, へは入れませんでした, へ引き揚げる, も五六艘, をやとう, を仕立てた, を脱, を見れ, を雇った

▼ でそれでも~ (43, 0.0%)

2 五人や, 気の

1 [39件] あちこちに, いいが, いいの, いかんいう, いささか満足, う充分, おかめ母子, お母様は, ひいひいいって, ほ, ぼくの, まだ足りなかったら, まだ逃げ腰, まだ黙つ, まったく十分, みんなが, よろしいちょうさん, ペコペコと, 二人は, 供の, 十二三年に, 坊主頭に, 完全に, 小説と, 手順も, 掘つたところ, 月に, 温かい中, 満足する, 無理し, 無理に, 眼は, 私が, 私は, 空は, 遊戯さ, 酒の, 電話口には, 魂の

▼ でても~ (43, 0.0%)

2 身を, 黒板の

1 [39件] いいかも, いかない, いく家, いつもさうだ, いつもそうだ, しばらく黙っ, そのあと, その末, その系図, まア似, ゆくては, よろしいです, 三千円五千円ぐらいしか, 三千円五千円ぐらいにしか, 世界新, 今清少, 先生の, 八百人の, 同様の, 大モウケ, 大隈さんが, 太陽が, 実らねば, 山県さんが, 戦塵に, 更に心, 死せず他, 汗が, 畦の, 神さまが, 秋の, 縁る辺, 自分から, 行きぬ, 見ませ不二, 記代子は, 警察では, 負けは, 雨には

▼ でもと~ (43, 0.0%)

1 [43件] からの乞食, からの話, のごとく, のしらべ, のよう, のペシャンコ, の原, の原始林, の同僚, の場所, の家, の経営者, の表情, の飛石, はこの, はそこ, はその, はただ期, はやはり, はよく, は一国, は一枚, は之, は決して, は浄人, は無論, は美濃国岩村, は進展, よりあたっ, わキツネ, をかく, 云う様, 伴待ちだった, 何ら里人, 土蜘蛛と, 大関の, 朝飯を, 来た路, 法師であっ, 言いかけるの, 謡はれた, 遊芸者が, 非人と

▼ で上品~ (43, 0.0%)

2 で地位, なもの, な顔

1 [37件] であります, でそう, でそうして, でその, でね, でもの佗びた感じ, でノツペリ, で優しく, で利巧, で勿体ない, で気持ち, で無邪気, で礼儀, で素朴, で貴族的, で陽, なの, ならざる, な几帳面, な態度, な擧動, な気分, な特質, な稚気, な素振り, な紳士, な老, な華麗, な趣, な趣味, な金持階級, にさえ見える, になる, に落ち着い, に表情, ぶった女, 食べて

▼ で~ (43, 0.0%)

5 で郎女 2 れに, れを

1 [34件] お庇, かはり, からといふもの, から來, がうけひ, が人間, が前代, が名詞的, が大抵道, が奈良朝, が好い, が屈折, が日本出来, が更に, だるい京訛, とおなじ, と四神, には閉口, に続く, はほのぼの, も決して, れからは, れは, れ迄, をさらしもの, を取戻す, を司る, を垂らす, を形式化, を樹, を発見, 大人ぶった挨拶, 深い趣意, 物語られる詞

▼ で女房~ (43, 0.0%)

2 が勤め, のお, は一夜, は大, や娘

1 [33件] が浮氣, が縫っ, が運ん, という鬼, と亭主友だち, と亭主友だちづきあい, にたしなめられる, に好かれよう, に教え, に死なれ, に罪, に貰った, の嫌がる, の実, の手前, の方, の生計, の着せ, の贈答, の身分, はさすが, はマチガイ, は惡, は溜息, もあれ, も子, も温, をいじめぬい, をつれ, を奪, を引, を逐出, 思えらく

▼ で快活~ (43, 0.0%)

2 だった, で無邪気

1 [39件] だつた, だ日本の, であった, であったから, であること, でうぬぼれて, でそして, でよく, でアルプス, でスポーツ好き, でセンチメンタリズム, で交際上手, で健康, で剽軽, で大胆, で明るく, で楽しい, で正直, で物, で輕卒, という, な, なお松, なアントアネット, な久慈, な五六人, な人, な声, な少年たち, な尼, な心, な心から, な態度, な斑, な田舎娘, な赭ら顔, な青年, に見えた, に見える

▼ で明るい~ (43, 0.0%)

2 感じの, 現代風の, 陽の

1 [37件] うちに, うちにと, うち顔の, かがやき, かと思う, から, から私, けれども僕, こと踊と, だけなら, だらう, だろう, な, らしい叱, キゲンに, ニッケルの, 人なつっ, 光に, 協力者であり, 太陽の, 好きな, 妓王の, 娘を, 家族たちの, 屋並の, 座敷で, 慎み深, 昼間を, 月の, 松山であった, 氣分と, 海底の, 灯の, 牧歌的な, 社交上手な, 表情と, 静かな

▼ で現在~ (43, 0.0%)

2 のところ, の事情

1 [39件] こういう時代, たった今私, では今日, では社長, では群馬県自治警察, では郡奉行, でもそうした, においてもイタドリ, に対して実際, のい, のスト, の上海, の住所, の僕, の国民, の国民教育, の境涯, の子, の実際, の市川団右衛門, の師範学校長, の戦争, の戯曲家, の整頓, の日本, の潮田塾長, の状態, の私, の能, の芝鶴, の餅, はこの, はほか, は謀将, までにわれわれ文芸部, もなお, を再現, 名乗って, 迄の娯楽界

▼ で~ (43, 0.0%)

4 すや 2 が皆, して

1 [35件] から愛され, から笑い草, がこの, がすっ裸, がそういう, がその, が一瞬, が其の, が大騒ぎ, が忘れ, が申, が申し合わせ, が鉄ごうし, すやすやと, ずっと向う, その感覚, とひとしなみ, な氷, に同情, に話, の先頭, の間, の顏色, はその, はもう, まだ小さく, もよく, をびっくり, を傍若無人, 下衣, 不機嫌, 了解出来た, 可愛がり, 忘れて, 美しい着物

▼ で要するに~ (43, 0.0%)

2 この, 彼等は

1 [39件] あきらめて, この一文, その左右廻転, その頃僕, それだけ, つまりひと口に, です酒井さん, コマメに, 亭主同, 人間が, 今日の, 今日まで, 俳優が, 先祖代々ず, 原因は, 合計である, 名辞, 唯一の, 商標で, 地下の, 大山脈, 夫を, 廃物利用の, 彼は, 手を, 文武両道に, 日本武尊兄弟忍熊王兄弟両面スクナは, 殺せば, 法廷に, 現在の, 生存競争上の, 私たちの, 競輪人種は, 自分には, 自然に, 趣味の, 非常識的の, 風俗を, 騙されて

▼ で~ (43, 0.0%)

2 のよう, はない, は荒海, を吹く

1 [35件] があれ, がさら, がすぐ, がそよそよ, がフッ, が吹く, が吹け, が強く, が止む, が止ん, が立つ, でも吹い, でも立たね, にさらわれた, にひるがえり, にもたらされる, にも散らぬ, に向っ, に吹き消され, のつよい, のない, のやう, の便り, の吹き, はしめっ, は寒い, は涼しい, まで加わった, もない暗い, も佳, よ我ら, をうけた, をさけ, をつい, を送る

▼ でいわば~ (42, 0.0%)

1 [42件] この男, これは, じぶん, その証拠, たいせつな, みんなが, 一族の, 一種の, 万人が, 両家の, 人の, 今日ある, 俳優の, 偶, 半分贅沢な, 友だちと, 名ばかりの, 地下へ, 子供が, 実力の, 家名保護の, 屏風を, 建部が, 彼女は, 感情の, 歴戦の, 永沼流とか, 法学研究者一般殊に, 真名古は, 私と, 私の, 私は, 童時代の, 箱の, 糟糠の, 自業自得です, 自然の, 至当の, 藪を, 貧乏が, 足利家代々の, 首尾一貫といった

▼ でそれら~ (42, 0.0%)

2 の事情, の姓名

1 [38件] がかく, にしかるべく, に属する, のお, のもの, の一行, の人, の人達, の作, の光景, の古い, の土地, の外様大名, の思想, の書物, の横領者, の機関, の溌剌, の点, の理由, の社会的, の結晶, の者ども, の速記, の連中, の運動, の馬群, の鸚鵡, はまず, は儀注類, は同じ, は四方, は得られない, は日, を処理, を戸口, を新生面, を知る

▼ でそれ以上~ (42, 0.0%)

5 のこと 2 その瘤, の何者, は何

1 [31件] じゃありません, ではない, どうする, なんらの, にその, にたち入っ, になる, にはならなかった, にはなん, には困る, には想像, には考える, には鼻, に気持, に深い, に耽溺, に隠し事, に隱, のもの, の年, の深い, の研究, の破綻, の考え, の観察, はダメ, は動かせなかった, は飲まず, 深く考える, 見たいとは, 近づき得られないで

▼ で何となく~ (42, 0.0%)

2 強かさを

1 [40件] あの二階, お雪, ここ数日聚楽第の, ケバケバしく見えます, 不調和な, 世離れた静寂, 厭らしい, 君前も, 奸佞邪智な, 家の, 小学校の, 小綺麗に, 少年らしい, 待たるるもの, 御守殿風, 心持が, 心臓の, 恐ろしく思った, 愁いに, 憤と, 手が, 新たな, 新開地の, 暗く床まき香水, 欝陶しい, 此家の, 気に, 気持が, 氣が, 水の, 淋しかった, 爽やかな, 物足りなく思っ, 異常に, 胸が, 臆病らしい, 興味深い, 薄気味悪く胸, 遠のいて, 陰氣である

▼ で初め~ (42, 0.0%)

1 [42件] からかれ, からのこと, から何, から何となく, から全, から御, から応用, から望んだ, から法則, から無理, から相手, から終り, にこれ, にはそれ等, に先, に海, のうち, の中, の二つ, の間彼, は, はし, はなに訳, はひどく, はまずそんなふうに, はアイヌ, はモール人, は一向, は三宅克己さん, は人, は何, は單, は楊柳, は殺す, は聖エティエンヌ, は軍関係, は近藤塾, は高価, まして私, ましょう, よみづらかっ, よりすこし

▼ で勝手~ (42, 0.0%)

3 なこと 2 な所, な系図, に通

1 [33件] が分りません, が悪い, が知れぬ, な一種, な事, な働き, な想像, な推断, におん, にきめ, にさせる, につけた, にどう, に一人, に咀嚼, に喋つた文句, に寝, に従う, に数, に校了, に死んだ, に耻, に落語, に葉, に袷, に計らいました, に遣っ, に雨, に食つて, に飲み食いし, の悪い, の違った, を知りません

▼ で誠に~ (42, 0.0%)

2 何う, 恐縮致し

1 [38件] お恥しい, お馬場口, 何です, 可哀そうな, 味の, 喜ばしいこと, 喜ばしい次第, 困つてる, 困りましたが, 困りましたな, 困るから, 困る両手, 堅い師匠, 失礼を, 嬉しいと, 嬉しいね, 宜しくない, 平凡な, 御気の毒, 恐れ入りますが, 恐入りましたな, 悪い奴, 情ないこと, 斯様な, 有難い, 有難う, 浅ましい了簡, 清らかで, 済まない訳, 申しわけが, 相すみませんでございました, 相済みません, 私が, 結構だ, 結構な, 軍人の, 静まり返つて兵士, 馬鹿な

▼ で遠く~ (42, 0.0%)

3 の方 2 見送つて

1 [37件] かすかに, からあけ, からうつろ, からやった, から懐中電燈, から眺めれ, から罵声, から見, から見かけた, から魔術, でアウンス, にい, に行く, の者, はなれた, へゆく, へ立っ, へ落ちのびる, へ行く, まことに不思議, までは飛べません, まで見渡し, まで見通せる, もない, もならなけれ, を歩い, 不便な, 出陣の, 南に, 川上の, 月を, 水に, 消魂, 芸術を, 走る電車, 退き鐘, 遠くな

▼ であたし~ (41, 0.0%)

1 [41件] がいくぶん, がつかりしてる, がネこう, が兄さん, くさくさし, ずいぶん探し廻りまし, そう言っ, その日記帳, だとて, ちっとも覚え, としては手, とは考, なんぞは何だか, にすまない, にはなんか, には偽り, にもおまえさん, に分らない, に対する家庭教育, の家, の眼, の縁談, はある, はこの世, ははじめ, は何だか, は何もかも, は吻, は崖, は恋, は満足, は眼, は草鞋, もかつ子, もじゃあ, も身, をおどかそう, をこんな, を愛し, を相手, 少し怒つ

▼ であらゆる~ (41, 0.0%)

3 時代に

1 [38件] ものと, もの蔭道路山稜船が, 不自然な, 亭主にも, 人との, 人の, 人間を, 余裕が, 佛教の, 偏見の, 力を, 可能性を, 史實を, 器の, 地方地方の, 堕落あらゆる, 場合の, 変化に, 変化を通して, 学芸院の, 小児の, 峻烈な, 心持が, 手立てを, 文人に, 智力と, 木立ちが, 歓待を, 点から, 物の, 物を, 現実から, 生物が, 疑惑を, 腹痛に, 表象は, 証人の, 階級を通じて

▼ でだれ~ (41, 0.0%)

1 [41件] かがマイクロフォン, かが大声, からも強, かれの, かガヤガヤ, か大きな, がしよう, がつれ, が一体, が云い出した, だか, だっておどろい, でもこいつ, でもち, でも自分, とか彼, とでも話したかった, とも口, とも見分け, にもわからない, にも構わず, のもっ, のもの, の利益, の悪口, の眼, ひとりいない, もおまえ, もそんな, もどうも, もはいっ, もむだ口, もわたし, も動かなかった, も口, も皆, も罪, も見, も読んだ, も顔, をも決して

▼ でまったく~ (41, 0.0%)

2 相手に

1 [39件] いい加減に, おちつく暇, おとぎ話の, かれは, この空気, これを, こんなよろこばしい, の孤独, もって, 一つの, 主従の, 人相は, 会得する, 何の, 偶然の, 円滑親切だった, 凄味が, 初犯の, 呆れ果てたこと, 埒が, 外に, 失礼な, 好一対であった, 宇宙観に, 宝石の, 対蹠的である, 掘出し物であった, 文学の, 新しい山河, 水掻きを, 江戸の, 猫の, 王さまの, 目新しい現実, 絵について, 自分のと, 見てても, 関羽に, 陰気だった

▼ で丁度~ (41, 0.0%)

2 その頃, よいところ, 大阪の

1 [35件] あそこから, い, お医者, この間の, その中, その頃平戸に, ちやん, になる, ねじの, オーソドックスでなかったれ, ロキイ山中の, 七月の, 丑松とは, 作曲家の, 其の中, 出代り時, 同年輩だ, 四月十一日の, 好いと, 季節な, 山猫が, 明日に, 昼飯の, 月の, 歌舞伎座が, 満月が, 生徒の, 番頭は, 私が, 肺水腫の, 自分の, 足溜りには, 農学校を, 酔漢が, 高倉の

▼ で多分~ (41, 0.0%)

2 に分裂的, は採取, 木戸を

1 [35件] こういう現象, この事, これにも, な市費, に主観的, に冒険性, に反, に神経, の謝礼, はかんた, はそこ, は信仰変革, は元禄十四年, は浄土教, は百分の一, イランあたりで, 一月頃出版の, 之を, 何かの, 四時頃から, 大きな仕事, 大学で, 平和博覧会の, 庇を, 彼女が, 御存じだろう, 心の, 我々同様一匹一匹違っ, 挿画家協会会員の, 是にも, 林田が, 綿貫の, 聲も, 解剖台上の, 遊廓の

▼ で多少~ (41, 0.0%)

2 なり一

1 [39件] しゃくれたきつい, その倫理的内容, でもその, でも文芸, とも年代的, のちがい, のもやが, の叙事式構想, の好奇心, の心得, の歴史上, の甘え気分, の発明, の自信, の道楽, は, はこれ, はロマンチック, は文字, は私, 不愉快だった, 不自然である, 夢中に, 寂しく, 平民的で, 御不満, 愚かで, 手加減を, 振り返つた形, 新聞一流の, 片意地な, 私張りの, 種類の, 腦が, 茶目な, 裸体の, 複雑な, 鈍重で, 風致が

▼ で~ (41, 0.0%)

74 いな 2 いぢ, いと, いのか, いのよ

1 [22件] いからネ, いが相手を, いこと, いじゃ, いでしょう, いです, いですか, いでせう, いところで, いのう, いのかい, いのです, いのですなあ, いや驚くだろう, いんですか, い殊に, うが, うございました, うございます, う御座んしょう, からう丁度, く臨終

▼ で既に~ (41, 0.0%)

2 名人の

1 [39件] お手討, この名称, この間小学校長の, その事, その劇団, その家風, ものすごい一群, 一五八四〇マイルの, 世の中の, 二十家族からの, 云ひ, 今までも, 以て, 其中に, 初の, 化石と, 十分満足であった, 十分理解出来る, 卜部兼方の, 地球に, 大きな疑ひ, 帰順兵千二百を, 心中の, 悲壯の, 新五百題, 日光様の, 昨晩それとなく, 曲者が, 本年の, 洗淨を, 物語そのものの, 相手に, 神田鎌倉町の, 秀子を, 私を, 純写実劇, 結構な, 自分には, 読んでるん

▼ で~ (41, 0.0%)

2 のかたき, も兄弟

1 [37件] が制御, が子, が心配, が生ん, にも, に倚, に偽っ, に孝行, のいう, の云う, の力, の因果, の子, の御, の心子, の心子知らず, の教, の昼寝, の為, の状態, の経験, の考え, は親, への孝行, まさりの, もわからない, も咎めず, も姉妹, を棄てる, を睨んだ, を親, 殺しなんぞ, 猪と, 猫は, 猿の, 里帰りそれからまた, 鳩の

▼ で親切~ (41, 0.0%)

32 だった, で大層

1 [34件] だ, だから, である, であるの, でうっかり, でございますから, でしかも, です, ですが, でそれで, でやさしい, で云, で学問, で寛容, で慇懃, で有名, で物, で物わかり, で苦労人, な, なあなた, ないい, なお婆さん, なのに, な主婦, な人, な医者たち, な好人物, な心, な性格, な顔, にいたわっ, は却って, らしい

▼ でうち~ (40, 0.0%)

2 の中, 切っても

1 [36件] たたかれたよう, では滅多, で払った, にいた, にいる, にじっと, にも刃物, にやって来る, に閉じこもっ, のこと, のパパ, の下部, の外, の村, の殿様, の疎開者, の若, はまるまる, へけい, へご, へ帰る, へ帰るだ, へ歸, も一生懸命, も極力, をでかけた, を出た, 乱れ葉, 切りますか, 勝つ見込み, 合う流氷, 寛いで, 建ててる社会的連繋, 払いうち, 撒けるの, 返す形

▼ でこんなに~ (40, 0.0%)

1 [40件] あっけなく別れた, あったかいのね, いいやつ, お詳しい, くりかえしが, だらしなく, つづくわけ, びっくりさせられる, まで長く, アッサリし, ポン引きの, 一切の, 人のみて, 仏印の, 元気が, 前川の, 厚ぼったい闇, 城主の, 待たせて, 恥入ったこと, 恥入つたこと, 感謝の, 憎悪を, 毎晩毎晩同じ, 泳げるという, 滑稽な, 皆が, 皆を, 立派だった, 美しいもの, 肩身せま, 自然を, 色々な, 虚しくもの淋しい気分, 親しみいや, 貧乏な, 身の, 違ふかと, 静かな, 鬚もじゃの

▼ でしたがって~ (40, 0.0%)

1 [40件] お三家中, この, そういう祝い日, その制定, その文明, その種類, その結果, それに, ひとりが, もっとも神聖, ヨーロッパの, 一ばん危険の, 一生の, 世界の, 両派の, 事件に, 今日の, 伸子も, 動物を, 古書に, 家康の, 手続きも, 正統派の, 殺人者は, 深く恨み, 甚だ良い, 生れたばかりの, 町内一統の, 着物の, 絵を, 自己の, 自由の, 血族結婚に, 街の, 製品は, 踊子が, 遠慮深く, 部下に, 鍛えた刀, 頭部を

▼ でやつ~ (40, 0.0%)

3 てゐる, て見た 2 たこと

1 [32件] たの, たらしい, てみる, てること, てるの, てるんぢ, てゐた, てゐます, て下さい, て了つてこれ, て來い, て居つた, て行けるだらう, とお許し, とこ, とこな, とその, と一年半, と一言, と句集原稿, と寒い, と後に, と方向, と歩く, と気がついた, と背中, と良心, と話, と説破, と連れ, と騙した, は恥ずかし

▼ でわれわれ~ (40, 0.0%)

2 の仲間

1 [38件] がわかり, が九時前, が参りました, が学校, が尊敬, が朝飯, が本当に, が生活, が過した, とは違う, などの夢, にはちょっと, に強く, のこと, のみで, のよう, の仕事, の住ん, の小船, の想像, の推測, の眼, はおまえ, はこうして, はもう, はアイヌ, は一層, は一種, は今日簡単, は利害, は彼ら, は戦争, は戸, は見過ごす, もいよいよ, もまた, も困った, も知っ

▼ で以前~ (40, 0.0%)

2 のこと, は武家

1 [36件] からガリレイ, から町内, から縁故, この道, と同じ, にはいろいろ, には全く, には頭, のわたし, の勉強, の場所, の如く大, の形, の所, の本所相生町, の知人, の軽佻粗暴, はいろんな, はきっと, はこの, はそんな, は信越線, は味噌屋, は外神田, は彼等, は本場所, は此芋, は江戸, は無, は然るべき, は長い, は関羽, ほど悲しい, よりは肌, よりもいっそう, よりもたしかに

▼ で~ (40, 0.0%)

2 助の, 政府の, 教育を

1 [34件] い瓶, に掃かれた, らしい墓, らしい庭下駄, らしくて, らしく内界, らしく印刷所, らしく定められたそこ, を以て判断, エッダの, カナヅカイも, カント派の, ロマンティック派, 一の, 事實を, 八と, 八郎は, 八郎も, 吉原の, 唐書の, 帰朝者の, 府を, 憲法発布の, 政府が, 教派は, 時代の, 時代を, 智識で, 漢とか, 発見の, 発見新, 賀が, 釀り, 鍋は

▼ で気持~ (40, 0.0%)

5 がいい 3 が悪い 2 がよかっ, がわるい, のいい, のよい

1 [24件] から云, から云う, がおちつかないらしい, がよい, がわるかっ, がわるく, が乱れる, が悪かっ, が悪く, が明るかっ, が浮き立つ, が鬱し, の好い, はさつ, も若く, よかった, よくそして, よくゆかれます, よく読ん, よく顔, よささう, よさそう, をし, をゆたら

▼ で~ (40, 0.0%)

4 が出 2 が出る, ばかり拭い, もろくて, も出ません

1 [28件] がある, がこぼれた, がこぼれる, がつきる, がで, がとまらず流れ, がわい, が出た, が出ます, が怺, が溢れる, が胸一杯, に溶けぬ, のこもった, の人生, の出る, は一滴, は出なかった, は雪, もろい, もろい外, もろい思いやり, をこぼし, を一杯, を流さぬ, を流さん, を流し, を滲ませ

▼ で~ (40, 0.0%)

3 らば

1 [37件] ういう, うして, うで其の, うで名, う云う, う見えた, かもガ氏と, かも図抜け, かも心から, かも最も, かも金属を, まで遠く, もくつきり, もこれ, も人, も凪ぎた, も力め, も平, も弟子同士, も極めて, も此等, も直, も近い, も連続的, も間借り, も魏晉以上, らざる, り, るを, る時, んなれ, 云ふ, 樣いふ, 樣いふ人だ, 樣いふ人を, 樣いふ貴い, 無くても

▼ で甚だ~ (40, 0.0%)

2 御無礼, 要領を

1 [36件] おいしかった, お座の, お恥, たよりない, たよりない疑ひです, のどかである, 人に, 似て, 何です, 俗極まっ, 具合が, 勲章受領の, 名案だ, 味気ない, 善くない, 困難し, 大づかみな, 好奇心に, 始末に, 宜しくない, 御迷惑, 心悦ばしい, 心苦しいこと, 必要な, 我田引水の, 拙いこと, 残念である, 残念ながら, 気が, 汚らしい我利, 無躾, 申しかねるところ, 覺束ない, 詰らぬこと, 貧しい者, 頼りが

▼ で~ (40, 0.0%)

2 からすぐ, というもの

1 [36件] から外, から忍び込み, から持出す, から明り, から眺められる, から蠅, から飛び出し, から首, にはす, には丈夫, には太い, には瀟洒, には鉄棒, に對, に縋っ, のすき間, のところ, のほう, の上, の下, の中, の外, の張出し, はあ, は一つ, は知らず, もなかっ, も雨戸, をこつ, をのぞく, を叩いた, を明け払っ, を締めた, を開けよう, を開ける, を高く

▼ で~ (40, 0.0%)

3 が低く 2 から下, の低い, も少し, をあげ

1 [29件] から手拭, が弱い, だけで, にしがみつい, には弁当の, には脇差, に兎, に帯, に手拭, の周り, の抜けた, の煙草入, の骨, は立, へ綿, まで海, もあげず, もしっかり, もすっかり, も抜かさない, も足, をいやらしく, をおろしました, をすえ, を下ろし, を折り, を掛ける, を曲め, 低かった

▼ で~ (40, 0.0%)

2 のやう, のよう

1 [36件] が, が十匹, が走っ, しばしば足, と一緒, と鹿, に乗り, に向っ, に新米, に精しい, に蹴られ, に騎つて, のまだ, の世話役, の嘶き, の標本, の眼, の都合, の頭, の頸, の鼻息, はいまジプシー達, は毛深い, や人, をきどっ, を下りる, を使う, を引い, を持っ, を曳, を書かう, を買った, を走らせ, を走らせた, を通す, を道わき

▼ であたり~ (39, 0.0%)

3 はしん 2 には人, はしんと, を見

1 [30件] がひっそり, がひつそり, がよく, が暗い, が狭かっ, になじまない, には田, には百姓, に植木, に目, に誰, の立木, はうすぐらい, はちらかり, はひっそり, はほとんど, はイビキ声, は大, は死んだ, は流木, は荒涼, は陰った, も穏, も輝く, をきょろきょろ, をぐるぐる, を見まわし, を見まわす, を見廻, を見廻す

▼ でそれだけ~ (39, 0.0%)

3 のこと 2 なら宜, の金

1 [32件] いわゆる戰力増強, お廃め, ですか, ならいい, ならよい, の余分, の余裕, の区別, の手間, の現金, はどうしても, 云えば, 代物が, 余計に, 哲学的理論は, 大衆向きである, 学資も, 小さくのっぺり, 少くとも, 承わりましただけでも, 方々の, 永い間修業, 汗塗れ, 浮動性を, 生活に, 科学的に, 耳に, 職業組合の, 親鱒, 角力が, 読者は, 金を

▼ でだから~ (39, 0.0%)

1 [39件] お前は, ここでは, して, そのため, その功, といつてその, どうしよう, の, ふと右門, もう六七年, もとは, よく宮廷, わいわいと, セリフも, ソヴェトに, プッチーニも, 一人は, 上手でも, 丸万に, 人が, 人は, 僕が, 先生たちは, 右門は, 外国人が, 奥さんあなたは, 専門家の, 庄吉が, 彼は, 数年前の, 文学も, 死んだあるじ, 泡盛の, 生き又, 目下ヤミ屋は, 私が, 私は, 繃帯なども, 高価な

▼ でどちら~ (39, 0.0%)

4 がにせもの 3 かという, かと云え

1 [29件] かといえ, かと云, かと言, からも見通せる, からも触れよう, がよい, が嫌ひだ, が後天的, が根元, が正しい, が長い, が高い, にもいろいろ, に賛成, の姫君, の家庭, へ, へお出かけ, へもまだ, まで参られる, もほか, も十八, も地獄極楽, も彼等自身, も徒ら, も自然, も若い, を取っ, 向いても

▼ ではっきり~ (39, 0.0%)

3 したこと, して

1 [33件] いいなよ, いえば, したものの, した反応, した口, した法則, した行く先, した証拠, した談合, しては, しないが, しない声, します, といっ, とかたち, とそこ, とは分りません, とは覚え, ともの, と白い, はわからない, わかる, 云って, 区別は, 徳兵衛だ, 申し上げますが, 自分が, 見えたの, 見えない, 覚えて, 覚えないが, 言って, 記憶に

▼ で~ (39, 0.0%)

32 がり居, ちが, や, やな, サ, 気付けない

1 [24件] あと, あんと, おのれ一人跌き, かかる事, くちうつて, くちしたり, くちだな, これを, さら, さりと, さりと諸, さを, しゃばしゃ, そは, たんと物, たんと閉じられ, やと, わが玉, ッかし飯を, ッさり留め, 出交易, 小屋の, 川破りの, 黙つてる

▼ でよろしい~ (39, 0.0%)

5 のです 2 ですか, ものだ

1 [30件] お客といつては, か, から挨拶, から旅先, がそれ, が成功, が送, けれどもその, けれど雨, その数, でありましょうか, でしょう, です, ですね, と, という, というの, とのこと, との話, と答える, の, のでしょう, のろまは, やろ思うて, ようでございます, んです, 二梃の, 仲間一人で, 半年ぐらゐでも, 拙者が

▼ で一日~ (39, 0.0%)

2 お目, は一日, も早く, を終る, 遂に僕

1 [29件] お目にかからねば, かけづりまはつてゐるアメリカ人, かせい, ぐずぐずに, じつとして, その火, だけ延し, だと, として安心, にいっぺん往来, にやっと, に一度づつ, に一枚, に三冊, に八里, に発表, に縮める, のこと, の予定行動, の売上げ小売, の売上げ小売り, の暑, は大抵, も帰っ, を夢, 悲しい顔, 明るい昼, 泣いた, 遊ぼう

▼ で一時~ (39, 0.0%)

3 も早く 2 はお, はこの, は随分

1 [30件] いきり立った曹操, こういうところ, という刻限, に三冊, に先, に斯く, に纏まった, のとりのぼせ, の融通, の變調, の間に合わせでなく, はおから, はここ, はまったく, は別れた, は商業学校, は大, は注射, は相, は研究, は私, は立役, は絵馬堂, は議論, は迚, ばかりそこら, もこの, も静, 和したる敵国, 買って

▼ で~ (39, 0.0%)

3 の方 2 の堤防, を仰い

1 [32件] からさがっ, からそんな, から伸しかかっ, から石蓋, から見, から見おろせ, が傘, きげん, に, にあげた, には上, には屋根瓦, にも見え, にわたくし, に御堂, に赤い, に述べた, のお, のもの, の一本, の二段, の城, の天主閣, の子供たち, の顔面, へ吊上げられ, へ行こう, べは申分, まで昇りツこ, を乘, を振向いた, を欺いたる

▼ で何事~ (39, 0.0%)

2 もない, もなかつた

1 [35件] かと胸, が, があった, にも動顛, にも妻君, にも實際, にも無頓着, に処し, に対しても感受性, に逢っ, のあろう, もお気, もした, もせね, もとんと, もな, もなかっ, もなく, もなく終る, も一律, も云わず, も云わなかった, も優雅, も善悪, も手, も書い, も気づかず, も油断, も無い, も無く, も無けれ, も話し出す, をかし, をもし, をもはっきり

▼ で~ (39, 0.0%)

3 の強い 2 があっ, というもの, もなく

1 [30件] あふるる人, がない, がぬけ, が入らなかった, が及ばなかった, が尽き, が足りない, でもつ, ない目, なく舞台表面, になっ, になる, にはなりません, にみち, のある, のこもった, のない, の美, もない, も弱く, も智慧, も知恵, をいれ, をこめ, を入れ, を入れる, を入れ切っ, を合わし, を籠め, 及ばずと

▼ で単に~ (39, 0.0%)

1 [39件] これが, わたしの, アドルムを, 下二句, 世間を, 事務上の, 人物が, 便利な, 個人的な, 偶然の, 勅命のみ, 勝つ見込, 句として, 史料としての, 外国を, 学芸だけには, 屍体を, 徒食し, 御恩, 必要上他人の, 快く王様, 抽象的論理より, 文字だけを, 文学至上化や, 昔の, 是だけの, 時代性を, 次の, 涯しれぬ, 狼のみについて, 環境を, 知識の, 石七枚だけ, 研究対象の, 程度の, 経験的に, 裳の, 詩人の, 読むだけに

▼ で悲し~ (39, 0.0%)

10 そうに 6 げに, そうな 3 げな

1 [14件] がるから, げだった, げで, げに泰二君, さうにしく, さうに娘の, さうに遠のい, さが, さに, さより, そうで, そうであった, 気で, 気に

▼ で最後~ (39, 0.0%)

2 の一句, の三等車, の手段

1 [33件] にたよる, にはこれ, には既知, にひとつお尋ね, にもっとも, にオネーギン, にバロンセリ, に作家, に優勝校, に愛琿条約, に我々, に残る, に父, に病身, に突きつめた, の, のさげ, のもの, の句, の呟き, の折, の正しい, の決定的發言, の神官, の第, の自分, の行, の解決, の金, まで希望, まで数, まで留り残された, まで聴い

▼ で有名~ (39, 0.0%)

4 な男 2 な, なあの

1 [31件] じゃない, ぞ, だった男, であった, であったが, でもあった, なこの, なところ, なもの, なウチ, なルムフォード伯, な中央公園, な事件, な佐平爺, な同志社, な女, な宝暦事件, な岡部亭蔵, な巨漢, な巳四雄教授, な平田篤胤, な役者, な木曽, な東京飯田橋職業紹介所, な浜田屋, な清琴樓, な独身生活者, な玄奘三藏, な生理学, な細川, な虚空蔵菩薩

▼ で母親~ (39, 0.0%)

4 のお 3 の外 2 のケニンガム夫人

1 [30件] から伝えられた, が取りあえず, が親, と一緒, と妹, と清三, に宛てる, に追出され, のこたえ, のこと, のため, のない, のようす, の律, の方, の牛, の申す, はかよい, はずいぶん, はハッキリ, は去年, は妾, は持病, は無く, は眼, は間もなく, は髪, までも何だか, より乳母, を手こずらせる

▼ で~ (39, 0.0%)

2 を歩き

1 [37件] がかわい, がない, がぬかるん, その物, でも違つて先, とてはない, ならぬ手段, にまよっ, にまよった, に待ち伏せし, のしめった, のせまい, の上, の有様, の案内, の真ん中, はまだ, はやっぱり, は二つ, は多く, もしぶ, もじぶ, もその, もない, ももとより, も悪く, も水の上, も遠廻り, をはかどる, をまちがえた, を右, を尋ねたく思わ, を教, を枉げ, を聴く, を間違え, 得て

▼ で随分~ (39, 0.0%)

1 [39件] の物入り, ひどい目, 人にも, 人を, 今迄に, 傍から, 切り詰めた暮し, 危ない目, 友人の, 可笑しな, 大きな顔, 大切に, 大臣方が, 大阪ものも, 底冷えが, 彼方此方と, 必要品さえ, 忙しかった, 忠勤を, 掛かった筈, 教師その他の, 気の毒で御座います, 活溌な, 無理を, 無鉄砲な, 物騒であったろう, 狆では, 理屈も, 私も, 胡散で, 色々な, 苦労は, 苦労も, 苦労を, 裏切りも, 貯った, 込み入った幾何, 遠く遠く, 陰険冷酷を

▼ でから~ (38, 0.0%)

3 だが 2 だ全体, まはり

1 [31件] おしかは, かつた, かつたんぢ, かつて見たくなる, かつとつ, からして, がいかにも, きめに, くれな, すぎたり, だそれ自身, だ相応, とびだして, どうも彼, はずして, また久慈, みおとした呂宋兵衛, もう弱虫, ツきし駄目ぢや, テーブルに, 三月四月煩う, 呟やいた, 堅固と, 寝るらしいがね, 活を, 源一は, 終日手杯を, 船艙に, 見得, 話せ, 酒を

▼ でそんなに~ (38, 0.0%)

2 欄干が

1 [36件] あなたを, お可笑しい, お欣びな, ご心配, たやすく出来得る, ものが, ゆつくり, 云つた, 力を, 取れる筈, 呑みたくも, 変りゃしませんや, 変化できる, 大きくなっ, 大きな害, 嫌な, 性質の, 怯えるほどの, 悲しくなる, 態度が, 懇意と, 暇で, 暗くなつ, 民に, 真実であった, 私は, 窶れても, 美しい景色, 興奮し, 艸木に, 謹慎させる, 遠いところ, 酔っても, 重宝な, 長くその, 間近に

▼ でもちろん~ (38, 0.0%)

2 男などは

1 [36件] あんな商売, さがされたでしょうな, その華燭の典, それだ, それらの, そんなこと, できぬこと, 下手人は, 二三日も, 人の, 今日は, 何一つ目に, 借家に, 先方には, 加工的で, 大石先生も, 失敗者も, 婚家へ, 完成という, 封じ手で, 小屋者だろう, 引揚げと, 染吉との, 武器も, 水素なども, 江戸近郊だけの, 派手に, 独身だった, 番地それじ, 真偽の, 真珠である, 私は, 老職が, 論文でも, 身の上は, 音で

▼ で不安~ (38, 0.0%)

4 でたまらない, でなう 2 でたまらなく

1 [28件] だった, で, であった, でならなかった, でなりませぬ, でなりません, でのう, でやりきれず家中, で仕方, で夜, で苦しい, で追, と興奮, なので, なのよ, なやら, な影, な感覚, な瀬戸際, な燈火, になった, になつ, になる, には思った, に堪えぬ, の念, を感じ, を感じさせられる

▼ で単純~ (38, 0.0%)

2 で又, なもの, な女

1 [32件] だとは, である, でいつも, でそして, でメロディアス, で思うさえ, で感情的, で熱情的, で芸術的, で訓練, で軽信的, で重味, と深慮, なあの, なので, なる威嚇, なタミノ, な世界革命, な人間らしい, な反抗心, な大衆的ディスカッション, な奴, な性格, な時代, な第, な色彩, な要求, な頭脳, にはい, に見えた, に見える, も複雑

▼ で~ (38, 0.0%)

4 の手 2 のよう, へ右, も左

1 [28件] からくる, から左, から襲い, で合, にも左, のヒルガオ, の一つ, の一眼, の不動様, の五重の塔, の会名, の医者, の場合, の彼女, の怪しい, の怪異, の漢魏, の石, の端, の耳, の腕, の若井兼三郎氏, の足, はやや, は一重瞼, は頂上, へ行け, 仰向きに

▼ で~ (38, 0.0%)

2 が何, のお, は既

1 [32件] があまり, がこんなに, が夫, が愛人, が身體, が酒, だの娘, でも良人, としてのお母さん, と別れ, と子供, など抱い, には云わず, にも母, に辞令, の三七日, の夜具, の妹, の死後, の立, の苦痛, の親, の身内, の顏, の顔, はいい, はもう, を働かし, を強, を持ち家, を起し, 恋う鹿

▼ で小さな~ (38, 0.0%)

1 [38件] うちが, お河童さんの, お盆に, くぐり戸, ものである, ものでした, カフェーや, レストランや, 人間の, 位牌の, 借家に, 十字窓は, 呉服屋を, 呼鈴の, 咽喉仏を, 声で, 女房などは, 子まで, 子供を, 小屋の, 尻尾が, 店を, 建つたばかりの, 旅の, 時から, 木組を, 水音が, 火が, 眼鏡を, 者は, 自己への, 英語辞書英和辞典で, 質屋を, 車が, 逞しい肩, 酒屋を, 隙間から, 鼠いろ

▼ で常に~ (38, 0.0%)

2 それなくし

1 [36件] あからさまな, この北部, そんな程度, ないこと, はな紙で, は漁業, みいちゃんと, 一斗二三升も, 並んで, 事物と, 仕事先を, 他家からも, 半分しか, 友達の, 反省の, 同人から, 国家の, 国庁の, 失敗に, 妖説が, 実験観察等に, 家来が, 山菓を, 崇高な, 感じてること, 慈善事業などの, 支離滅裂だつた, 教養を, 水府を, 物笑いの, 率先し, 知情意の, 置酒高会し, 見なれて, 警戒を, 身の

▼ で~ (38, 0.0%)

3 も味方 2 の事情, の姿

1 [31件] あり迫らば, が直ぐ, ではない, としては非常, とてもう, と味方, と呼ぶべき, と妥協, には危険, に食われる, のどよめく, の一兵, の一歩弓手, の十八機, の原, の名, の清水宗治, はセンタク物, は一万余人, は何者, は全く, は安田一角, は早く, は眠っ, もやっと, をつくらぬ, を再び, を十分, を斬る, を討っ, を討とう

▼ で此方~ (38, 0.0%)

2 から行く, よりは一人

1 [34件] からも行け, から差出す, から応える, がアワ, が再三, が寧ろ, が箱根, が貰おう, だけの話題, でお, でその, では誰, に来る, の云, の云う, の御, の思う, の方, の欠点, はよそ, は女一人, は山田藤六, は楽, へい, へのお, へ参っ, へ参りました, へ向かず, へ来, へ閉, へ預けられた, も重畳, を向い, を見送っ

▼ で気の毒~ (38, 0.0%)

2 だから, であった, なの

1 [32件] すぎて, だが, だつたもの, だな, だね, で, である, ですし, でたまらない, でたまらなかっ, でたまらなくっ, でならん, で仕方, で此方, で自分, とか可哀そう, とは思いました, な, ながら木, なは, なほど, なもの, な国, な女王, な性質, な方, にも思った, に思います, に思う, に思っ, に見, の事

▼ で~ (38, 0.0%)

2 の中, の風情, を眺め, 散らば

1 [30件] がさい, がるたを, が咲い, が沢山, だの手細工物, といい, というもの, など写生, にはいづれ, にも葉, に似し, に情, のさかり, のよう, の名前, の咲く, の色, はきりりと, はすりこ木, はまつ, は今, は扁豆, は枯れる, は盛りだし, は細かい, も実, も葉, を刺した, を売, を持たし

▼ でおそらく~ (37, 0.0%)

1 [37件] あなたも, あの人たち, お節が, この詩, そのとおり, そのとき, その研究, はれぼったい顔, 一番美しい, 仕事は, 倒れずに, 児島高徳の, 十五六分ばかりも, 同一手, 壺屋の, 多年ここに, 学問などを, 小さくて, 彼によって, 彼は, 往時大和山城辺で, 承暦, 春の, 本書を, 李朝陶磁に関する, 泉嘉門は, 漢の, 煙草の, 発病が, 石工が, 私の, 終り初物でしょう, 言葉と, 論語の, 雪形中の, 非難の, 類の

▼ でがん~ (37, 0.0%)

107 すよ

1 [20件] してね, しょう, しょうが, しょうねえ, じょうな四郎五郎さん, すけど, すけれども, すけん皆体, すそれだけ, すて, すどうか, すよは, す一つ, す何, す堺, す婚礼, す戸田様, す旦那さん何処, す村, と言っ

▼ できれい~ (37, 0.0%)

2 な人

1 [35件] さっぱり忘れられ, だが, だったのに, だと, だろう, であかるく, である, でおちついて, でございます, では, で夜具, で安い, で実に, で心, で気持, なかお, なかた, なじいさん, な声, な子供, な感じ, な物, な直衣, な知, な花, な若い, な藻, な音, な顔, な風采, な飲料水, な飾り紙, に机, に治った, に落ち

▼ ですべて~ (37, 0.0%)

2 のこと, のもの, の四囲

1 [31件] があるべき, がしみ, がわかる, がエタ, が地味, が推察, が現在, その暗黒, の世間的, の事, の事情, の人間, の内臓, の反映, の常識, の建物, の影, の心, の旅人, の現象, の用意, の男性, の義務, の飲物, は但馬さん, は神, は終っ, は誰, ひどし, を知り, を読む

▼ で充分~ (37, 0.0%)

3 であろう 2 だろうと, である

1 [30件] だあんまり, であると, であるもの, です, なのよ, な実験, な法律, におぎない, に東京, に水気, に生命, に身体, に達しない, に飲食, ねられさ, の未練, の高等教育, 作者は, 働きの, 劔沢で, 有難いと, 浄土へ, 満足な, 満足を, 私の, 穿鑿します, 腹に, 自足し, 軟くされた, 驚いても

▼ で古い~ (37, 0.0%)

2 時代の

1 [35件] お知合, ことを, だけにそれだけ, と思っ, のです, ものから, ものには, ザパロージェ人の, 上靴の, 円卓が, 商船の, 型の, 型を, 大きな生家, 女中は, 寺の, 師範出の, 意義の, 支那の, 日本語が, 書物に, 本に, 母に, 民謡も, 男を, 穴の, 習慣を, 背広服を, 苔蒸した, 証拠なく, 話です, 語が, 郷土史を, 長火鉢の, 陶器や

▼ で問題~ (37, 0.0%)

4 にならない 2 にしなかった, になる

1 [29件] がはつきり, が科学, さえ提出, にする, の二十五日, の余地, の外, の種, はけり, はここ, はこれ, はさ, はただ, はつまり物, はない, はむしろ, はカマ, は依然としてそのまま, は商魂, は天候, は天分, は欲そのもの, は諸君自身, は警視庁全般, は金, を少し, を本筋, を細かく, を起した

▼ で小さい~ (37, 0.0%)

1 [37件] ころから, その部屋, ということ, ながらそれ, ながら三間, ものは, ものほど, スパァニッシュ・フライを, 事には, 内から, 刀は, 奥さまは, 女郎屋は, 娘と, 店先で, 悪戯者は, 時から, 時膿毒性とかで, 松飾りと, 物を, 町の, 眼を, 禅寺と, 窓口から, 者から, 胸は, 茶店を, 藁履を, 衝突が, 袴など, 軽石が, 避病院は, 銀杏が, 雑貨店だの, 雪の, 頃その, 顏のせゐ

▼ で文学~ (37, 0.0%)

2 の小林

1 [35件] が好き, が生れ, という概念, といふもの, としての自主性, としてはこの, として取り上げよう, とその, とも結びつい, なり美術, にし, にとってとる, にとって極めて, には多々, には本質的, にも熱意, に親しむ, に限つて, のこと, の仕事, の側, の内, の名門, の基盤, の外, の好きかた, の年期, の才華はなみ, の文学, の発生時代, の質, の過剰, の鑑賞, をやつ, を語る

▼ で殆ど~ (37, 0.0%)

1 [37件] あらゆる常連, お揃い, きかないもの, これと, ふさがって, へと, 人事不詳の, 以前とは, 全部が, 全部トーキーと, 全頁, 切り立って, 動とか, 収入の, 微に, 悲しげ, 意料思議の, 感情を, 感触せられない, 手の, 此れ, 清朝を通じて, 無努力, 無意識と, 物置も, 犯罪の, 碌な, 神の, 私の, 笑わなかった, 腹立たしくなった, 自然の, 著者たる余と, 都会の, 釣り絶やされて, 門も, 飲まなかったが

▼ で白い~ (37, 0.0%)

2 手を, 歯を, 肩だ, 馬に

1 [29件] けむりが, ものに, カアテンの, デリケートな, ブラウスは, ポロシャツの, 下着を, 切り立ての, 口ひげと, 富士額には, 布に, 幕で, 浪が, 清らかな, 渦を, 皮膚と, 着物に, 砂の, 砂利路の, 砂糖を, 社の, 粉が, 肉身の, 蒸気を, 衣裳なぞを, 道路に, 飾りリボンの, 骨に, 鬚を

▼ で~ (37, 0.0%)

3 の存在 2 の善意, の国, はしかし

1 [28件] が人間, が来る, とか仏, と仰ぐ, と同様, にも近い, に服従, に近い, の, のせい, の名, の国中心, の在り, の御, の心, の手其物, の来り臨ん, の来臨, の為め, の知恵, の祝言, は何, は天使, は自分, も嘉納, よりも生命, をあなどり, を怖

▼ で~ (37, 0.0%)

4 さが 3 さは

1 [30件] え間塩梅, かつた, さも, さ一丈幅四尺位しか, さ七尺巾四尺位縁の, さ三センチばかりの, さ二インチ幅と, さ卅呎にも, さ四寸ないし, さ百十メートル二百五十馬力の, さ約, じて, じてからは, じてからも, つづきは, つ話, と薩, の暇, は後, は第, ツ尻を, 保ちすると, 右衛門さんに, 吏すなわち, 咄を, 年月圧縮され, 庵やきもき, 水路におきましては, 逗留で, 逗留は

▼ でけっして~ (36, 0.0%)

1 [36件] あなたの, ある現実的, そのはて, その本義, ほかから, めめしい様子, やつらじゃ, やましいわけ, 人を, 今から, 出所を, 単独では, 厭世家の, 品物の, 宗助の, 客観的の, 従来の, 恩人に対する, 愛じゃ, 愛するという, 捕らえたり, 新しい疑問, 昔の, 本気の, 殺して, 永くは, 片っ, 現代の, 畑に, 真剣で, 短歌と, 調停の, 赤面は, 軽薄な, 近く寄っ, 降参し

▼ でとにかく~ (36, 0.0%)

1 [36件] あたり前の, あの事件, お宅, これが, こんなこと, その場, その第, それから, そんな風, みんなの, やつて, わたしが, リンピイの, ヴィデさんだけには, 一度会つて宥め, 三つの, 事実に, 人生という, 人間が, 今日の, 仏門に, 代表的存在者は, 何の, 勉強次第で, 大西洋を, 済んで, 琴瑟相和し, 當分出, 瞬間驚いた, 私が, 私は, 老人と, 藤野先生の, 見るからに, 貴女自身の, 頑丈そうだった

▼ で~ (36, 0.0%)

2 つしり, ないな

1 [32件] いつもみんな陽気, えらい目, ぎもをぬかれた猪の, さっと云った, さりと, つかりと, つか冷たい, つさりほうび, つさり参考物, つちから手, つちが, つちつかずの, つちへ, つちみち損, つちも, つと涌き起つた, づかれちや, づかれるやう, ですか, でどでど, どうか, ないいう, ないぞ, ない致しましょうと, ぶど, ぶどろの, ぶ板, ぼりど, ぼーン, むならん, ろの, 鳴る附添夫

▼ でふと~ (36, 0.0%)

1 [36件] あなたが, あらぬ方向, こんなこと, すれ違うたので, その墓石, その脚, その足跡, つて居られた, また自分, んは, んを, 一人の, 俺は, 冷酷な, 印籠を, 古めかしい人形, 店さきの, 思いついたが, 思い出したお方, 思い出したこと, 思ひ出された或, 或晩, 数人の, 日本人の, 清水一角の, 煮立った油, 物寂しい氣持, 生き物の, 眩しく強烈, 知り合ったの, 私の, 私は, 肌寒くなった, 蜂谷龍然, 足の, 軽い暗示

▼ でわざと~ (36, 0.0%)

2 自分を

1 [34件] おれの, お知らせも, こんなつまらない, ご辺たち, その方, その菊王, それを, でも, ほころびを, よその, 不興げに, 主人の, 似合わないよう, 口を, 堂上へも, 声や, 大浦の, 娘の, 寄手の, 慰めるよう, 憤つた, 手を, 泥沼の, 甘えたつくり声, 申しあげずに, 痴けた風を, 立ち上がり店, 翻訳しなかった, 背後から, 自分の, 荒あらしくふるまっ, 語気を, 跛を, 身を

▼ で一般~ (36, 0.0%)

3 の人々 2 の慣用

1 [31件] からはまだ, にこの, につんぼ, にはなかなか, には未だ, には誰, には賛, に人間ども, に公開, に切支丹, に判り, に我々, に批評, に推し広めよう, に方法, に現代, に研究, に販売, に転向者, に高利貸, に高踏風, の家庭, の小説, の山窩, の廷臣, の抽象的論文, の武士, の登山者, の給料, の読み物, は彼

▼ で元気~ (36, 0.0%)

2 だった, のいい

1 [32件] がいい, がなく, がよい, が好い, が無かっ, が良, だったから, だった頃, つけたし, である, です, ではっきり, でまた, でわけて, でイナセ, で上機嫌, で心強く, で木登り, で激, なもの, な声, な女, な男, な者, にお, に充ちた, のみなぎった, のよい, のよかっ, は可, をつけなけれ, を盛り返した

▼ で~ (36, 0.0%)

2 とスッポン, のある, を眺め

1 [30件] おもしろき夜, か何, があの, が三ツ四ツ, が朧, が絹地, と星, に三度, に二百四十円, に供える, に六度, に多く, に照らされた, に笛, のない, のひかり, の二十日, の出る, の前, の十日, の客, の影, の表面, の通っ, の雫, は形, や太陽, をつなぎ, を見, 澄む

▼ で本来~ (36, 0.0%)

8 ならば 2 つまらぬもの, の通り死後出版

1 [24件] からだ, から云え, この巻, なら文句, なれば, の, の幸福, の意義, の日本語, の理想, の眉, はいずれ, はこの, はやはり, は何, は優柔, は同じ, は従軍記者, は恐ろしい, は殺風景, は衣服, は雉子, 大多数, 高かった

▼ で遂に~ (36, 0.0%)

2 立ちあがらなかつた

1 [34件] その姿, その影響, その手がかり, は今に, は市長, は無, みじめな, エルサレムの, 一九二六年十二月の, 一人として, 一度も, 一浴をも, 七が, 健全に, 八月中旬五万五千の, 冤罪を, 始らず, 官地安喜県を, 彼は, 意を, 拘禁中の, 拙者も, 持久戦争に, 日は, 書斎へは, 板刻せられず, 橋本に, 毒殺されました, 火傷する, 番人の, 真珠色を, 稀覯書の, 立ち寄らなかった, 薬師町が

▼ でしようが~ (35, 0.0%)

9 ない 3 ないの, なかった 2 ないという, ないのよ

1 [16件] ないいろいろ, ないから, ないからな, ないって, ないと, ないというかも, ないので, ないもの, ないよ, ないわ, なかったの, なかったん, なかつた, なかつたのよ, ねえ, ねえん

▼ でだんだん~ (35, 0.0%)

1 [35件] うちとけて, お酒, と劫, と忘れられ, と眼鏡, と究め, と芽, と道徳, に国, に都合, コケが, ナショナルの, 不景気を, 修行が, 兄や, 先方の, 冷たくなっ, 半永久に, 叔父貴の, 問い詰めて, 問屋の, 大人に, 大胆に, 好きに, 心細くなっ, 恐ろしくなっ, 愛するよう, 我々の, 掘る仕事, 探ったところが, 擦れて, 有望に, 継続し, 裸根の, 訊くと

▼ でなあ~ (35, 0.0%)

3 毎晩夢に 2 おれは

1 [30件] あんたもう, あんなイヤ, あんまりし, いや血, えいかね, おらも, これまでも, せめてお祖母さん, その中, それでも今日等, つい話合い, みんなが, ソンキ, ビタミンを, 一方の, 五助さん考え, 人の, 人間一ぺん夫婦と, 他から, 俺の, 博勞等ぞ, 君たちとは, 君たちには, 方々から, 毎日タンボさ出る, 相手が, 米一俵打つ, 自分も, 行末が, 雷まで

▼ でほんの~ (35, 0.0%)

2 少しばかりの, 少し火傷

1 [31件] お礼の, かすり傷, この間まで, しるしで, ちょいと, ちょっとでも, まねごと, もうお嬢様, わずかなう, 一口飲み下した, 一時の, 一瞬の, 七八両取った, 七八行の, 二三人の, 二三十分と, 僅かの, 僅か損を, 哀れな, 少し許, 少し遲, 心持だけでも, 志ばかりに, 手拭で, 掛茶屋に, 数人の, 景気に, 木賃宿の, 申訳みた, 短い十二三枚, 短い間

▼ で~ (35, 0.0%)

2 いらしつて

1 [33件] いらしつて御覧下, ことしや, だるつ, づいこと, づい活動写真, づし, づどうやら老僕ジョンの, づよいのですから気分劇の, づ妹の, づ常識に, づ我々詩人が, づ或, づ正直に, づ縹緻の, づ見, づ類の, どには鳥籠, どろこしうて, ぬけで能, のぬけた, はし, はっきり憶え, はつた, へでございます, へはめき, も少しじっと, ゐりましたの, をす, ッし, ッすぐ, ッ黒に, ンま, 貴方は

▼ でもとより~ (35, 0.0%)

1 [35件] おもての, おれには, お十夜, こっちから, これは, そのため, そのよう, それが, ものを, 世間の, 之は, 住職を, 何の, 初めから, 嘉永六年の, 墓標なども, 外務省の, 天賦の, 学問文章に, 室を, 小城だ, 岡っ, 成人相手の, 旅費など, 日本の, 株の, 水平運動とは, 泣きは, 浴客などは, 視覚的記憶は, 論ずるにも, 論にも, 連絡も, 釜貞の, 鉄砲も

▼ でもはや~ (35, 0.0%)

2 生かすべき術

1 [33件] お着き, お館, この問題, この雑炊, そのこと, その身構, よい年, われわれには, ロマンの, 世に, 吾, 問題では, 壁も, 抗弁の, 抜いて, 数尺根雪と, 本懐の, 村にも, 機械の, 気おくれ, 気死し, 眼中に, 穏和で, 立派な, 老人と, 自分たちの, 自由が, 贅言を, 跡方も, 返らぬ夢, 間に合いません, 陽暦の, 青春の

▼ で余り~ (35, 0.0%)

2 安逸を, 心持の

1 [31件] のこと, の生々し, みんなが, よくない, 佳いから, 使い過ぎたり, 困ると, 多過ぎ, 好い恰好, 尽し過ぎるの, 当にも, 得意の, 懇意でない, 旨い物, 旨くは, 昨今忌は, 案じられますから, 気に, 波瀾の, 珍しいから, 生きること, 目前で, 突けも, 結構でない, 緑と, 親しくなり過ぎ, 込み合うから, 近寄らんよう, 遠くに, 静かな, 風儀が

▼ で到底~ (35, 0.0%)

2 生地から

1 [33件] いつしよ, その一つ, それは, それらなき, それ以上には, どなたにも, ほかの, ウィルを, 一度で, 之を, 今後の, 企て及ばない光景, 僕等の, 口先には, 同一の, 奉公人任せに, 実行の, 尋常で, 山名の, 捉えること, 日本などには, 比較に, 相手に, 私たちの, 私には, 科学者などには, 筆を, 聴くに, 行を, 貧窮の, 都会に, 長く甲州, 食べられさ

▼ で嬉し~ (35, 0.0%)

10 そうに 4 がつて 3 かつた 2 そうで, 相に

1 [14件] がって, がつた, がらせる金鎖, がられて, がりながら, がる, がるばか, げに, さうに微笑ん, さうに笑ひ, さうに笑ひ興じた, さも, そう, 紛れに

▼ で~ (35, 0.0%)

1 [35件] からは, から忍び, が尖つ, が比較的, でも畑, というもの, と呼べる, にくらべ, には燈籠, には草, に植ゑられる花ぢ, のお, のどこ, の上, の仕事, の奥, の小道づたいに裏, の広い, の敷き, の林, の森蔭, の樹, の石垣, の空き地, の立ち木, の隅, は手さぐり, へ下り, へ出, へ飛び降り, も廣い, らしい庭, をながめ, を掃除, を眺め

▼ で~ (35, 0.0%)

4 の毒, を揉ん 2 が付かない, になる

1 [23件] がおけなく, がさす, がつい, が小さく, が引け, が引けます, が弱く, が氣ぢ, が濟, が疎く, が知れない, づかはしげ, と血, のきいた, のついた, の優しい, の小さい, の強, の知れない, の良い, は眞實, まづい思ひ, を察する

▼ で~ (35, 0.0%)

3 の方

1 [32件] から吹い, か山, が奇麗, が空, が自分, に平行, に放たれた, のうえ, のかなた, のこと, のなか, の一番, の上, の中, の外, の奇勝, の底, の風, の香, はその小さな, はどかつ, は緑色, は華族学校, へ来る, べにいる, まで持っ, も川, をわたっ, を横切る, を泳い, を見, を言

▼ で~ (35, 0.0%)

3 正直な 2 の芸術

1 [30件] から気の毒, か偽, があり, すぐに, つ暗, のトルーフル, のボルシェビキ, の児童, の出家, の意味, の愛情, の抒情詩的表現, の本質的, の汁粉通, の知識, の秋, の純粋, の融和運動, の話, ッ二つに, 三に, 二つに, 境名安興君との, 夜半から, 暗い中, 蒼に, 蒼にな, 逆当りは, 間の手児奈の, 闇に

▼ で~ (35, 0.0%)

2 の天井, は雪催し

1 [31件] がどんよりとく, だか, つぽ, などを見あげる, には一片, には寒月, には日, に輝く, のあの, のブンブン, の端, は, はいつも, はうっとり, はすっかり, はどんより, はまっさお, はよく, は女, は澄み渡り, は真黒, も水, も道, よりも平野, をとん, をながめ, をふり仰い, をチーチクチーチク, を見る, を見上げ, 高く立ちあがった

▼ で~ (35, 0.0%)

2 をすまし, をすましました

1 [31件] うるそう, から入る, から耳, がとても, が痛く, が遠く, が鳴る, にいれる, にする, につき, にはっきり, には静か, に入れた, に愬, に蓋, のある, の中, の底, まで七センチ, も鳴らず, をほっ, を傾けぬ, を傾けました, を刺した, を噛ん, を引っ張られる, を澄し, を澄せり, を澄ましました, 痛く聞かされる, 鳴が

▼ でしかた~ (34, 0.0%)

14 がない 4 がなかっ 3 なかった, なしに 2 がありません 1 がありませんでした, がなく, が無い, ないという, ないといふ, なくごく, なくウマ, なく替ったこと

▼ でつつ~ (34, 0.0%)

4 ましやかで 2 いて, ましやかな

1 [26件] かうと, かけるふう, こうが, ついたり, ついゐ, つい居, ぱつてあつた, ぷして居ろ, ましやかに, 二百年以上の, 保証人なる, 共に一齊, 冬の, 吾も, 変化において, 朝早く, 来らく, 浮, 独言いう, 目を, 立ちました, 立つて, 立つ枯木, 訊かす父, 走る奇術師, 込んで

▼ で~ (34, 0.0%)

2 と次第, による

1 [30件] あらば, あれば, が分った, が済む, が済んだ, たる身, とも爲, なく夫, によったら, によつたら罪深い, に依ります, に当っ, に当る, に當, に關與, のすむ, の中, の仔細, の善悪, の成る, の起らない, はすむ, は円満, は大きく, は気, は済む, は至って, を決め, 更にはつきり, 甚だ憂ふべき

▼ で作者~ (34, 0.0%)

1 [34件] が常に, が自ら, が若い, だってどんなに, としてはくどい, としては問題, としてもこれ, にはすまない, に苦痛, のたゆ, の人生観, の平安趣味, の思想, の意識, の推理, の気乗, の精神, の考一つ, の苦心, の頭, の高潮, は, はきつ, はことさら, はす, はその, はもう一度, は二番艇, は亮子, は今, は何, は満足, もそれ, も最初

▼ で~ (34, 0.0%)

3 になる

1 [31件] だけ人, でも時々, でも暖, でも氷, と同様, ならば, に白っぽい, に至る, に草原, のある, のうち, の夕, の夕やみ, の夕方, の夜, の山, の掻巻, の日, の日盛り, の暑, の朝食, の末, の炎天, はあんまり, はドーヴィル, は暑く, は水着, も秋, も頭巾, を涼しく, 涼しかった

▼ で安心~ (34, 0.0%)

13 して 3 した 2 したよう, したわ

1 [14件] が出来ぬ, しきって, したし, したの, したらしく, しましたよ, だ, であると, でいい, と言, ならば, をいたしました, を致した, 致しました

▼ で心配~ (34, 0.0%)

3 でたまらない 2 して, です, でなら, になった

1 [23件] かけねえとは, かけるよう, したもん, すること, する事, だから, だつた, だわ, であった, でたまらなかっ, でならなかった, でならなかつた, なさると, なの, になっ, になっちゃった, になりました, はさせん, はない, はねえ, もない, や苦労, 致して

▼ で淋し~ (34, 0.0%)

7 そうに 3 がって, さを

1 [21件] うなるぞな, かあ, かつた, かつたかい, かない, がってるとは, がってる人, がつたり, がつて, がりな気性, がりやの, さう, さうでした, さが, さをさえ, すぎる位, そうである, そうな, ゅうなるぞな, 相に, 過ぎると

▼ で私達~ (34, 0.0%)

2 の側, は早速, は道

1 [28件] がいそい, が千葉, が行, の二階, の学校, の歩い, は, はその, はただ, は二人共亢奮, は兎, は其処, は十三人, は又, は女官, は学校, は志摩子さん, は早く, は満足, は相談, は自分, は自動車, は話, は迚, は遺憾, は酔ひ, まで世間, もこれ以上

▼ で身体~ (34, 0.0%)

1 [34件] がちぢみます, がふらふら, が一ツ, が二つ, が小さい, が弱い, が悪い, が熱く, が甚, が言う, にこけ, にどこ一つ故障, に勿体, に気, のきかない, のなか, の中, の底, の方々, の消滅, の病気, はどう, は汚れ, は頑丈, ばかりでなく, も心, も手足, も痩せ, も達者, をこわし, をねじ曲げる, を左右, を拭かれ, を斜め

▼ で食事~ (34, 0.0%)

4 の時

1 [30件] から尻, が質素, さえそこ, でもすます, どきには, なしである, などもただ, なども肉, なども静か, にかかった, にも塩鰯一尾, のたび, の仕度, の初め, の差入れ, の度毎, の間じゅう, はすべて外, はテンデンバラバラ, は朝, は麦, も出来ぬ, も意外, も早く, も満足, も立派, や夜具, をし, をすます, 足るべしと

▼ であッ~ (33, 0.0%)

145 たが

1 [14件] たからっても, たところ, たところが, たなら決して, たら無数, たり地獄, たろう, たろう五分, たを, ちこ, ていつも, てもかの, て天然流露, て茅萱

▼ でお前さん~ (33, 0.0%)

2 の符水, は

1 [29件] がここ, が主人, が今晩, が牛丸さん, が行く, が責任, だけあ, と見立て, にいい, にお金, のさっき, の名, の女, の御, の拵えた, の言, はどんな, は一緒, は三年前, は何, は何役, は好い, は言う, も一生懸命, も何かと, も達者, をここ, を私, を見る

▼ でよろし~ (33, 0.0%)

3 うございますから, う御座いますから, おまん 2 うございますね

1 [22件] うありますと, うございました, うございましたな, うございますか, うございますとても, うございます何, うございます私, うござんすから, う御, おす, おまツ, かつたら, けれども土佐, とか本日, の類, ゅうござりますか, ゅうござりまするか, ゅうござんすか, ゅうごぜえますからあっしの, ゅうごぜえますから暫く, ゆうございます, ゆおすな

▼ で何時~ (33, 0.0%)

4 と時 2 まで經つて

1 [27件] かこの, かはきつ, かは尤も, からか妙, その蠍, だつたか, でもどんな, でも三七, でも同じ, でも晴れやか, でも枕, でも欲する, でも長い, とはなし, どんな負傷, になつて, の世誰, までもそのまま, までも一つ事, までも同じ, までも獨, までも鳴い, まで伊香保, も見る, 吹き飛ばされるか, 戻つたか, 発つの

▼ で健康~ (33, 0.0%)

2 な世界, な女

1 [29件] であって, である, でいらっしゃいますよう, でお洒落, でそして, でどんなに, でカルシューム, で力, で場所, で快活, で物事, で生活, で男らしい, で美しい, で見るからに, と幸福, なありかた, な二十五六, な創造的, な感じ, な眠り, な資質, にはよろしい, には申分, に見え, はいかが, らしく思われた, を保つ, を祝し

▼ で可愛~ (33, 0.0%)

14 がって 2 がつて, がる気持

1 [15件] うなつ, かつた, がったでえ, がった狸, がっては, がること, がる世話, げの, さが, さの, しまれながら, そうな, そうに, やと云, ゆさ

▼ で~ (33, 0.0%)

8 のよう 5 のやう 3 ではない, の中 2 の様

1 [12件] から醒めた, だろう, となる, ならば, には非, に見た, の世界, の想い出, の話, の象徴化変形化, を見, 破るれば

▼ で大いに~ (33, 0.0%)

1 [33件] あわてたらしく幕府, さがすが, その国土, たのしみです, ひとを, わが邦, 任務を, 保養の, 元気を, 勇んだ私たち, 勉強し, 動かすさ, 威厳が, 心を, 思い直すところ, 悲壮な, 慎まねば, 扱い難い, 推賞したい, 教えを, 有難くも, 期待し, 楽しんで, 活躍し, 狼狽し, 研究を, 空想を, 結構であった, 褒められそれ, 非難されるべき, 面目を, 食ふ, 飲め

▼ で~ (33, 0.0%)

2 が酔っ, と主人, の立て込んだ

1 [27件] あつかいも, がある, がいない, が受け切れません, が問う, が多く, ではござりません, によって価格, に価値, に向い, の出ハナ, の持ち, の方, の物腰, の足, はいつも, はさ, はただ, はただただ, は一人, は三人, は偶, は笑, も同感, も少, をそらさぬ世慣れた, を歓待

▼ で~ (33, 0.0%)

2 の肩

1 [31件] ういふ, う訊ね返したで, がわ, というの, に右, に右夫妻, に折れ曲らう, に折れ曲ろう, に男坂, のはう, のみ長旅, のよう, の下, の二本, の半面, の方, の目, の眼, の耳, の肘, の胸, の袂, の間, の隅, の首, へむけ, へ方向, へ曲っ, もない, りへ, を除ける

▼ で必ずしも~ (33, 0.0%)

2 議席を, 辰夫に

1 [29件] それが, ただ一つ, 不安や, 世の, 中古品の, 之と, 作品自身が, 個人や, 全部が, 危険な, 唐風の, 墨子一家の, 外形まで, 小田原の, 市店の, 庁の, 恐る, 技術的必要に, 歴史的に, 理解できる, 確實な, 空想では, 系統立つた, 美しいとは, 自分では, 自分の, 自然弁証法の, 部落が, 陸軍省の

▼ で深い~ (33, 0.0%)

2 意味は

1 [31件] ところが, ところには, ものだ, ものの, 事情を, 二つの, 二人の, 人間性に迄, 因縁や, 寐息を, 寝息を, 心遣いを, 意味も, 教義は, 文章を, 方がよか, 根が, 淵へ, 溝の, 狡猾さを, 現実観察から, 皺を, 知識を, 社会的興味を, 秋のけ, 考えも, 色を, 苦悩の, 雪の, 霧の, 靜けさが

▼ で~ (33, 0.0%)

2 のほえる

1 [31件] が追, だか, でも猫, でも追い払う, とさえ見れ, にあわれみ, にやる, に喰, のない, のなく, のよう, の口, の声, の姿, の子一ぴき, の方, の畜生共, の額ぐらゐはあり, はその, はただ, はなんとも, はよっぽど, は急, は機関車, は火, は訓練, も煩悩, をさぐり, を抑え, を連れ, 脅かしでございます

▼ で田舎~ (33, 0.0%)

1 [33件] から京, から帰っ, から帰れる, ではまた, ではみなさん, では毎朝毎夕炉, で呉服屋, ながらも独学, には田舎, にもあまり, にゐ, に居, に稀薄, のおじいさん, のお方, のこと, の人, の僻地, の内風呂, の女, の女学校, の広々, の御馳走, の徹夜, の思い出話, の親類, の路, はのんき, へ帰っ, へ行ったら, 臭くさえ, 臭くて, 臭くてね

▼ でこと~ (32, 0.0%)

2 りと, をやっ, 古りた今様

1 [26件] がすむなら, が済んだ, が足りる, が進ん, さらに私, にかけっ, によるとこむら, のほか峻烈, のほか感銘, の仔細, の外, はつた, はる, は納まらん, は足り, は足りた, もあろう, もなく, りとの, りとも, をさばい, をなし, を割り切っ, を決しよう, を運ん, んことん

▼ で一番~ (32, 0.0%)

2 輝いて, 面白い話, 面白かった

1 [26件] いいの, おほい, しまいにああと, しめえに, てがら, であるよう, で行く, のご, の大物, よい, よかろう, よく走る, ピチピチし, 卑しい生活, 又大きく, 古くやっ, 困るの, 大きな奉書, 太いの, 悪いこと, 新しいの, 美しかつ, 負けて, 近い赤城山, 面白うございました, 高いの

▼ で初めて~ (32, 0.0%)

2 警察へ

1 [30件] あること, あんたに, この, この手毬歌, それを, では, なら初めて, なん, のお客さん, の内国勧業博覧会, の舌, ゆき子は, 一種の, 仕事として, 俺は, 占星台を, 大学生に, 弦之, 浮き上ったものの, 狩猟に, 石川光明氏と, 立派な, 自分が, 自分の, 蚊帳の, 見た時, 見る者, 認識の, 赤ん坊の, 陣頭に

▼ で如何~ (32, 0.0%)

3 しても, にし 2 に現象学的方法

1 [24件] かして, か興, する事, でございますの, です初枝さん, ともし難い, ともする, ともなし, とも仕方, とも手, な場合, にいじめられ, にかなりそう, に作者, に其猫, に挙措, に整然, に泥酔, に流行, に相互的, に自惚れ, に醜く, に高貴, やら斯

▼ で熱心~ (32, 0.0%)

2 で, に勉強

1 [28件] だ, だった, だつたし, だなどと, であるという, であるの, で勉強家, で少し, で正直, で活動的, で真理慾, な人, な信仰, な意図, にこの, にその, にやっ, にハープ, にラッパ, に働く, に委員橋本英吉, に待っ, に画面, に眺めた, に研究, に聴い, に読んだ, に運ん

▼ で簡単~ (32, 0.0%)

1 [32件] である, でした, でない, でよい, で半ば野外, で概念的, なこの, なだが, なトルオール, な一書生, な人間, な夢占, な数学, な木, な業, な芝居, な解決, な話, にあっさり, にあなたたち, にお, にお茶, にその, にベタベタ, に云, に云え, に死ん, に片づけられる, に申せ, に船長, に落着, ね

▼ で綺麗~ (32, 0.0%)

2 な娘

1 [30件] すぎるし, だ, だから, だが, だった, である, でございます, でした, です, ですこと, ですわ, でどうも, で僅か, で元, で男人形, で雪, なお, なの, なよりは, な上, な彰子, な男, な経木あみ, な舞台装置, にお, に分け, に整理, に行儀, ね, は綺麗

▼ で美しく~ (32, 0.0%)

2 はない

1 [30件] あること, きらめき輝いた, さえあった, して, そういう座敷, ておかしく, てまず, ても, て何となく, て先づ申分, て処女, て名妓, て楽し, ない高等中学校長夫人, ぱっちりと, ッて, ミスチックでさえ, 健全な, 働いて, 化粧を, 咲いて, 時鳥の, 目は, 目を, 知世子は, 胸に, 見えた, 身が, 飯鉢にも, 魔魚毒蛇の

▼ で複雑~ (32, 0.0%)

2 だから

1 [30件] だという, でありそして, であろうと, でデリケイト, で互に, で従って, で才分, で訓練, なもの, なゲーム, な主題, な事件, な人生, な企業, な作用, な内的, な味, な感銘, な歴史性, な消長, な男, な社会, な神経状態, な複雑, な謎とき, になっ, になった, になつ, を極め, を極めて

▼ で貴方~ (32, 0.0%)

2 のお, を社会的

1 [28件] から評, がその, が其爲, が御, なぞに御, にもお出で, にワザ, に折, に捕まった, に能, に認められよう, の作品, の強迫, の悔悟, の此処, の為すべき, の爲, の白絣, の診断, は, はこう, はどうしても, はよい, は好い, は彼, は恁, もあんな, 聴いて

▼ で近所~ (32, 0.0%)

4 の子供 2 の内儀さん

1 [26件] がこと, でもそれ, でも皆んな, でも評判, にもめごと, に工場, に芸者街, の二階家, の人々, の人目, の人達, の友達, の娘達, の子供たち, の宮裏, の木, の町屋, の者, の衆, の褒め, の農家, の連中, への一つ, への散歩, を一向, 騒がせだと

▼ で返事~ (32, 0.0%)

6 をしなかった 4 をしない 3 をする 2 がない, をし, をしなかつた

1 [13件] がわるい, しなかった, のよう, の出ぬ, は出さなかった, もしてやらなかった, もしない, もしなかった, もせず, も碌, をしかね, をしよう, を出す

▼ で~ (32, 0.0%)

2 事務的だ, 人間的な

1 [28件] 人格的な, 人道的だ, 人間的で, 人間的に, 伝統的で, 再建説を, 凡人主義なる, 哲学的である, 哲学的な, 実用的な, 実践的な, 実際的, 家庭的で, 小説的で, 技術的, 技術的な, 文化そのものだ, 文学的で, 文明的で, 理論的な, 生物的だった, 社交的で, 科学的で, 紳士的でした, 芸術的な, 衛生的な, 論理的である, 音楽的であり

▼ でいっぱい~ (31, 0.0%)

7 になっ 3 だった 2 でした, になりました

1 [17件] これで, だ, だよ, であった, であったが, でありました, です, ですし, なの, なよう, になった, になり, に並ぶ, に充実, のその, の温室, の部屋

▼ でどっち~ (31, 0.0%)

2 かという, が勝った, にし, へも進まない

1 [23件] かといえ, かと云う, かと云え, かへ飛躍, がどう, が動揺, が勝つ, が束縛, が狼藉, が自由, にしろ, にもつかず, に嫌, に居, に惚れ, に軍配, へいったら, へ尾, も, も底なし, も負けず劣らず, も黙っ, を見

▼ で事実~ (31, 0.0%)

2 に於, はやはり

1 [27件] いたるところ, しばらくは, そのとおり, その通り, だったの, なの, においては昔, には少し, にも深く, に迫っ, の上, の歴史以外, は, はさう, は九月二十六日, は貰った, またその, またそれだけ, をいへ, を伝へる, を無理矢理, を隠蔽, を離れた, 一向にまとまり, 新長官, 殺す気, 美味いの

▼ で人々~ (31, 0.0%)

1 [31件] がロッテナム夫人, が寝, が毎日, が珍, すこぶる悠長, にこう, にこれ, のたち騒ぐらしい罵り, の不安, の光景, の喚き, の思想, の我執, の注意, の胸, の訴え, の足音, は, はことごとく, はその, はひどく, はまず, はよく, は一人一人, は喜び, は彼, は息, は暖房, は機嫌, は皆家, 呼んで

▼ で~ (31, 0.0%)

1 [31件] がすくむ, がぞくぞく, がどこ, が一体, が悪く, が温もらぬ, が痛み, じゅうふるわしてるんだからね, だけで, なども疲労, にこびりつい, には息使い, にも元気, に相当, に這入つ, のつめたい, はこの, はそんなに, はなかっ, はほとんど, はまだ, は図, は岩, は未だ, は疲労, もいい, もげっそり, も固ま, も大きく, を悪, を拭く

▼ で何より~ (31, 0.0%)

4 だ, でした 3 でございます 2 だった, です

1 [16件] その一國者, だったと, だつた, でございました, ですわ, ですわな, と思います, と愚考, に厶, めでたいどちら, 不思議な, 事が, 好い事, 結構だ, 重畳じゃ, 鼻が

▼ で善良~ (31, 0.0%)

2 であったの, な妻

1 [27件] だが, だつた, であった, である, であると, でいつも, でした, で可, で地味, で忠誠, で敬虔, で柔和, で無害, で無邪気, で非常, なたま, なの, なもの, なハイドン, なロスキー気質, な人, な存在, な市民, な愛すべき人種, な支那人, な者, な風

▼ で~ (31, 0.0%)

5 で, でたまらない 2 でたまらなかっ, でならなかったの, でならぬので, で仕方

1 [13件] だったから, でたまらずしかも, でたまらなかったろう, でならないの, でならないん, で仕様, で堪らない気, で振り, で片時, なこと, なの, になっ, ひだったのに

▼ で~ (31, 0.0%)

4 れを 2 れの

1 [25件] が, が体, が媒妁, が媒妁人, が父母, が発狂, が職業, が良人, だっていつも, で己, と向き合つて煖炉, にし, に為合, に逢いたい, のいかに, の判断力, の命, の定宿, の言う, はできる, もそれ, も強情者, れ以外, を知る, を見棄てる

▼ で幸福~ (31, 0.0%)

2 であつ

1 [29件] おぼえ手袋, がある, だと, であった, であると, でしかして, でしょうよ, です, でたまら無くて, で自ら, というの, なこと, なせい, なの, なもの, なん, な人, な家族, な将来, な思ひで, な慣習, な時, な生活, な鳥, になれやしない, に日, に見える, のお, もそれ

▼ で~ (31, 0.0%)

13 の上 3 に就い

1 [15件] から窓枠, にいる, には高雅, にもぐり込ん, にもぐり込んだ, に靴底, の下, の中, の軸物, へ入りし, へ入る, へ響く, も低く, をたたく, を出まし

▼ で思わず~ (31, 0.0%)

2 膝を, 顔を

1 [27件] いろいろな, お白洲, お美夜ちゃん, その形, わたし達の, グビリと, セエラに, 側の, 兵曹長が, 取り上げて, 声を, 声高に, 彼女の, 微笑した, 横道に, 気を, 溜息を, 眼を, 知らず鼻, 私は, 苦笑いを, 茫然として, 言葉を, 話して, 誰も, 顔見合わせ黙り込ん, 首が

▼ で~ (31, 0.0%)

5 ういう 4 うして 2 ういふ, う云, う云う, う言

1 [14件] う, うした, うと, うなったらあきらめるより, うなると, うなるわけ, う俺, う執拗, う書いて, う相, う落ち, う覗いて, う言った神, かる人々

▼ で昨日~ (31, 0.0%)

2 までは毎日, まで着, 上げた許

1 [25件] から三日間風呂, から六波羅兵, から夜昼, が昨日, ちと山, と今日, のこと, の和歌, の夕方, の女, の晝頃, の晩, の雪, はどこ, は先生, は篤と, は見かけなかった, までのこと, も此処, も私, 小ツル, 来た異人氏, 決めたとおり, 済んだ学期試験, 見た所

▼ で更に~ (31, 0.0%)

1 [31件] その上一俵, それが, は創作技術其他, ば, 人らしい, 全面を, 其に, 古語に, 問を, 女工が, 女王と, 委しく其の, 小説など, 心を, 念の, 持ち越して, 改造の, 明治年代とな, 極端に, 海岸までの, 激しい襲撃, 眼に, 知識の, 私は, 第二, 答えらしい, 総合的な, 考えれば, 見当が, 言えば, 関屋局長の

▼ で無邪気~ (31, 0.0%)

2 な少年

1 [29件] だったので, であったから, でいかにもいかにも, でいま, でしたのに, でそして, では, でやましい, でわがまま, で一本気, で何事, で塵, で投げやり, で自分, で都会人, とさ, なかの, なの, なので, な恬淡, な新兵, な桔梗様, な耳, な表情, な青年, な鬼, になっ, にもありあり, よ

▼ で~ (31, 0.0%)

3 のまま 2 の拡大

1 [26件] いき気が, がわき, こそは欲すれ, じゃありません, つ白く, ている, で一本気, と死, の歓び, の粉, の裸体, の過程そのもの, やさしい人物, を楽しむ, 不動与兵衛とも, 來貴方は, 具観念が, 命がけの, 意氣で, 意氣な, 捕って, 涯寐られっこない, 涯寐られつこない, 温かい, 返つてしまつた, 野暮な

▼ で相当~ (31, 0.0%)

1 [31件] なもの, な大, な衝動, な費用, な身分, にうまい, に厳密, に強い, に従者, に樫, に苦しめられてる, に開けた, のエロチシズム, の信用, の値段, の手練, の教育, の用, の豪傑, の貫禄, の資財, の重患者, の陰謀家, の餓死者, クタクタに, 古い芝居, 強い電流, 手が込んで, 蘭書が, 速度の, 高級品として

▼ で真面目~ (31, 0.0%)

2 だった

1 [29件] すぎるの, だが, だという, であること, であんまり, でしかも, でそして, では, でケレン, で低い, で分別臭い, で威張らない人, で考へれ, な, なこと, なの, なよう, なモーニング, な人間, な口調, な老人, な課題, になっ, に審議, に科学上, に話し合わず, に通っ, に首, 腐って

▼ で素直~ (31, 0.0%)

2 で美しく

1 [29件] で, である, であるという, でそして, でその, でそり, でそりゃ, でも, で人間, で何, で健全, で力持ち, で晴々, で氣, で純情, な, な人, な伜, な彼, な心, な観衆, な貴種, にあかない, に何処, に帰りなせ, に来, に生れついた, に負け, に連れられ

▼ で~ (31, 0.0%)

2 の熱, の腐った, を吐いた, を見る

1 [23件] か何, が動け, が濁っ, で短刀, においてはつとに, のあと, のしたたる, のついた, のよう, の流れ, の牛肉, の管, は綺麗, も留った, も留つた, も見えない, をためた, を吸い尽した, を失つた顏, を押え, を流し, を流す, を通わせた

▼ でかく~ (30, 0.0%)

6 の如き

1 [24件] いう呉用, ての取締り, ては帝国, ては日本, て後, て新聞紙, なって, なっては, のごとき, の如く, は愚痴, ものし, もみごと, も全身, も売行き, も常, も荒れはてたる, 入念に, 完全に, 家庭問題が, 支那人を, 申す私, 申す自分, 相集まらなけれ

▼ ですらが~ (30, 0.0%)

1 [30件] あれで, かく侠気, こんな質素, さうである批判的體系, しろうとには, そう考える, それを, そんな景気, どうしてこの, 一種の, 丁度朝顔, 丁髷の, 世間から, 中には, 事に, 哀れな, 彼は, 怖れ, 思うよう, 日本は, 根本の, 疑いも, 知って, 種族全体の, 筆の, 苦笑する, 蓄妾を, 露西亜を, 食物の, 鼠を

▼ でどういう~ (30, 0.0%)

2 ふうに, わけだった, 場合でも, 風に

1 [22件] いきさつにも, お方な, ご身分, ときにも, ところから, ところな, のか, わけか, 人で, 人と, 人物か, 仕掛けが, 会が, 処置を, 庭でも, 心の, 方面から, 点に, 生活を, 目的で, 蝶な, 訳で

▼ で一種~ (30, 0.0%)

2 が一株

1 [28件] その樹実, のハッスリング, の凄, の心, の斜視, の景色, の書記兼帯, の村役人, の杞憂, の清らか, の無作法さ, の独立教会, の理攻め, の異訳演出, の看板みたい, の社会劇, の神, の神聖, の興味, の警戒, の賭博, の贅沢屋, の軍人村, の輪廻説, の高雅, 凄麗, 分つたやう, 異樣

▼ で何一つ~ (30, 0.0%)

2 そこからは, 確かな, 見えない

1 [24件] いい事, かれら, その痕跡, 判らなくなって, 動くもの, 君は, 変ったもの, 心に, 所有欲は, 持ちだす慾, 教えて, 書いて, 欧羅巴に, 母の, 洒掃薪水の, 為事らしい, 然るべき処置, 生活に, 眼には, 社会へ, 考へる事, 見えませんでした, 見えやしないん, 食べさせる物

▼ で先ず~ (30, 0.0%)

1 [30件] お米, お豆腐, その次, どこまでも, コップに, ドストエフスキーガンチャロフ等を, ホーエンローネーゴルツブルーメーシェルフメッケル等が, 人間を, 僕は, 其正体を, 可なりの, 大きな字, 小男の, 当惑を, 御安心, 御機嫌好う, 意識の, 最初に, 機嫌も, 正直に, 滞りなく, 王侍御, 甍の, 病中の, 第一, 膝が, 芦峅村に, 表向きは, 通用には, 阪急三の宮駅を

▼ で判明~ (30, 0.0%)

5 な知覚 4 な知覺 3 であること 2 でありそして, であるが, であるため, であるの, であるもの, でないので, な概念, な観念, な觀念

▼ で~ (30, 0.0%)

3 七は, 之助 2 七も, 刻も, 助の, 礼装かなんかで

1 [16件] ズボンか, 七老人とは, 九郎に, 兵衞は, 出来までも, 刻ちかく, 歩ほど, 歩も, 気圧の, 狂乱にな, 瓦は, 肩へ, 裸体の, 透明な, 里に, 里の

▼ で大きい~ (30, 0.0%)

2 のは, 笊を

1 [26件] のなどと語り, ものは, ものを, ようで, テーブルを, 世帶仕舞が, 仕事の, 勧工場も, 口を, 台が, 塚なら, 声を, 意味の, 手を, 斜面に, 榎の, 氷の, 瀬戸物の, 眼ほのかな, 経験と, 苦しみの, 財産が, 部屋へ, 錠前が, 電流に, 黄金の

▼ で支那~ (30, 0.0%)

2 の数学

1 [28件] から伝わった, が貸せ, だか, ではあまりに, では袁世凱, で戦争, というもの, との貿易, にはこれ, には古く, にももはや, に於ける, の學問研究, の我来也, の拳法以上, の数学史, の方士, の書籍, の海賊, の現状, の蛟, の蛟同様人馬, の詩, の長夜の宴, の骨董品, は勿論, は餘程便利, も朝鮮

▼ で明るく~ (30, 0.0%)

2 ッて

1 [28件] うちひらけた, ざあつと板戸や, それに, そろいも, つてと, てそれ, てのびやか, てサッパリ, て御, て心配, て晴れ晴れ, て無邪気, て笑顏, て篠井智恵子, て贋金等, て静か, どっしりし, なって, ほがら, 居心地がよ, 年少者に対しては, 快活だった, 愛嬌が, 浪漫的の, 笑った時, 紳士の, 色彩に, 静かで

▼ で明日~ (30, 0.0%)

2 の朝, の米, をも知れない

1 [24件] からすぐ, からでも兎, からでも自由, から会社, から何, にでもその, にも自殺, のこと, のパン, の下調べ, の出立, の唄, の御, の文学, の日曜日, の晩げ, の用意, の登城, は孫三郎, は髪, もむつかしかろ, 来りゃ明後日, 突然千歳, 行け

▼ で本当~ (30, 0.0%)

1 [30件] とは思えなかった, のかれ, のこと, のことば, のねうち, の世の中, の事, の人間, の値段, の処, の原因, の唐手使い, の妻そのもの, の姓, の姿, の家, の当事者, の心持, の意味, の文学, の文明文化, の獅子舞, の生きた, の生活, の知識, の精神, の話ぢ, の赤外線男, の風刺, らしく見えるシチュエーション

▼ で毎日~ (30, 0.0%)

3 のよう 2 淋しい日

1 [25件] おもしろくも, かならず朝, きちんと剃刀, この室生さん, この小屋, じめ, じやんじやん食べたい物, その整理, つかつて, の新聞, の生活, は時, ほど入り込ん, みまいに, 全生徒, 出て, 出歩きも, 困って, 殆ど同じ, 泣いた, 見て, 見るもの, 見慣れて, 誘いあわせて, 飲んで

▼ で生活~ (30, 0.0%)

3 して

1 [27件] から来る, が全く, とか人生, には困らない, にも行動, に不自由, に対しリボルティング, に気, のこと, のため後顧, の一層, の保証, の内部, の力, の弾力, の方面, の現実, の真剣, の美装, はまあまあ, は本能, ものんき, も発展, も質素, を愛惜, を立て, 出来ると

▼ でこんど~ (29, 0.0%)

2 もまた

1 [27件] こそは仮親, だけは慈悲, つかまえた時, の三島君, の上洛, の使命, の博多召集, の合戦, の官渡, の突発事件, はこの, はちっとも, はべつ, はやや, は一泊七十錢, は低い, は前, は又四郎, は反対, は向う, は如才, は実に, は本当に, は正しく, は毛, もさまざま, もそれ

▼ でどうやら~ (29, 0.0%)

1 [29件] おとよ, かうやら, この男, これは, それまでは, もつが, わしの, アンリ親分にも, 人間の, 分りまする, 勤めさせて, 合理的科学的な, 幕に, 年増芸者の, 徳利の, 手に, 日本が, 最初の, 横に, 橋杭にでも, 満足に, 組みふせた女, 翠の, 自分を, 見合いまでには, 詩にか, 辻番附の, 部屋でも, 階級も

▼ でべつに~ (29, 0.0%)

2 変ったこと

1 [27件] おそろしいもの, とけた様子, どういうこと, ほしいとも, またその, わらって, わるいこと, 人間とは, 何の, 品質が, 奇異でも, 学問や, 怨恨など, 怪しいもの, 怪しい顔, 感想は, 手すりを, 掃除や, 新しいもの, 理由は, 着京後, 罪は, 落など, 規定された, 隊は, 頭も, 驚きゃしませんが

▼ でぼんやり~ (29, 0.0%)

5 して 2 帰って, 訪ねて

1 [20件] くらくて, こっちを, したひととき, した微笑, で醜男, としか覚え, としていました, と下, はし, 前を, 城中へ, 彼は, 微笑を, 手前などは, 歸つて來た, 灰色に, 考え込んで, 詰めかけてる人形, 過して, 黄ばらをけ

▼ でよから~ (29, 0.0%)

175 うと 1 うが, うな, うもう, うやるだけの, う拔, う水, ぬ母親

▼ で危険~ (29, 0.0%)

3 ですから

1 [26件] が伴う, この上, じゃない, だから, だったと, である, でおもしろい人間らしかっ, でご, ですよ, では, で百倍, なこと, なの, なむす子, な一人, な人間, な仕事, な場合, な屋内, な愛嬌, な我慢, な行程, に身, の虞, はありません, は去つた

▼ で大変~ (29, 0.0%)

1 [29件] あったかい, いばった米や, うれしかった, およろこび, お待たせしまし, お悪い, じゃありません, だな, つめたいところ, でしたろう, なさわぎ, なつかしいと共に, なもの, な手違い, な目, な苦しみ, にほめ, に雪, 口惜しが, 喜ばしいこと, 困って, 好いわね, 好い気持, 御暑う, 気取つてるやう, 苦しい気, 迷うの, 醜い, 面白いと

▼ で寧ろ~ (29, 0.0%)

2 病院の

1 [27件] かの怪き, この時代, さうし, 主従の, 主観的な, 他人の, 何度も, 冷笑の, 出版権法の, 勇気凜, 古いお寺, 大西洋の, 幽幻, 恥ずべきこと, 惶み, 此方は, 滑稽だ, 漸, 獣的にさえ, 皇太子に, 美学に対して, 美男だった, 脚本の, 超人間的, 退嬰消極悉く, 重々卑しい, 領主の

▼ で~ (29, 0.0%)

2 をのん, をはずませ, を殺した

1 [23件] がとまっ, が出来ないらしい, が出来なくなっ, が切なく, が切れる, が止まる, が通っ, が通つて, で吹いた, のつまり, の苦しい, の通う, もできない, もひそめてる, もふっくら, も微か, をきっ, をする, をつめ, をもつかせぬ, を殺す, を詰めた, 絶えて

▼ で手紙~ (29, 0.0%)

2 を書い

1 [27件] から受けた, が来た, だけは今, だけは愛, ではいろいろ, で往復, で結婚, にはなんと, のよう, の内容, の字, の封, の文句, の書かれた, は, はなく, は必ず, も来る, や号外, をくれた, をやらなかった, を出した, を披げ, を書かず, を覗い, を読ん, 書いてしも

▼ で日本人~ (29, 0.0%)

2 の皮膚

1 [27件] がこの, がそれ, が新式武器, が泊っ, である以上, と最も, には向き, には見学, に伝道, に売った, のたのもし, のコツクさん, の作つた一番, の信仰, の内村, の国学院, の昔, の本質, の民族的リリシズム, の端, の解剖学的特異性, の豊か, の賤称, の顔, の鼻, は大変, は我々

▼ で無口~ (29, 0.0%)

2 ですが, で語尾

1 [25件] だった, であつ, でこの, でそうして, でその, でちよい, でてんで, で人, で人ぎらひな父親, で体, で俺, で取すまして, で取りすまして, で引っ込み思案, で気, で沈みがち, で病母, で頑固, どういうもの, なお, なん, な厳父, な恋, な男, になった

▼ で老人~ (29, 0.0%)

2 は私

1 [27件] がきたなく, がまた, がよく, が一人, とこの, としては当然, と二人, と子供, にむしゃぶりついた, に呼び止められ, の, の帳場, の答え, の身体, は, はある, はもと, はソワソワ, はハト, は依然, は半, は眠く, は自身, は苦労性, らしい汚点, をいじめ, を連れ

▼ で~ (29, 0.0%)

2 で息, に掛け, を持たれた

1 [23件] からかけ, からの全部, から外れ, から手, が凝つ, が張る, で呼吸, で脊筋, などもゴツゴツ, には肉, に力味, に手, のあたり, のいかり具合, のこる, のところ, のはらない, まで浴, や腕, をすぼめ, をゆすり, を一ツ, を深く

▼ で~ (29, 0.0%)

2 におぼえ

1 [27件] がなかなか確り, がむず痒く, が仲, が利い, が太く, と手, と拳, と肩, などは悦子, にまかせ, に余る, に力, の中, の血色, はともかく, は兄, は真, へ力, も今, も出来, も利き, や肩, や脚, をこする, をまげ, を折った, を拱

▼ で退屈~ (29, 0.0%)

2 だ, で退屈

1 [25件] してる知能, だった, だったが, だったでしょう, だつた, で, であった, でかすんだ山ぎわ, でしか, で仕樣, で八, で希望, で欠び, で生きた空, で迷惑, なもの, な人間, な御, な文學, な時, な時間, な汽車, な生活, な顔, の余り惜気

▼ で黒い~ (29, 0.0%)

2 人影は, 毛が, 河水に

1 [23件] ということ, ものは, バサバサした, フロックコートに, リスの, 体に, 大きなねこ, 天井に, 巨人の, 影の, 影は, 斑入りで, 方のは, 服に, 木立ちのかなたうち震う, 板を, 枯れッ葉, 眼鏡でも, 着物を, 糸杉が, 線に, 衣を, 褐色の

▼ できみ~ (28, 0.0%)

2 のお母さん, はその

1 [24件] が二十面相, が北川, が悪い, こわくない, にもだいたい, のじゃま, のポケット, の先生, の前, の答え, はいつ, はおやじ, はおれ, はこれから, はそのままじっと, はどう, はどこ, はなんて, はなんとか, は被害者, をさらった, をとりこ, をほうぼう, を待ちぶせし

▼ でさて~ (28, 0.0%)

1 [28件] こうなっ, こそここ, こそホロカ, こそリュボーフィ, こそ呪咀, これに, これを, そのビラビラ, それだけ, それに, どうという, もう夜, 一軒建てよう, 何日に, 先人が, 又鎮, 実行に, 容易に, 心理の, 振返って, 是に, 気がついて, 聖パトリツクの, 行くほどに, 見附は, 話しは, 開化とは, 雛形を

▼ でしきりに~ (28, 0.0%)

2 酒を

1 [26件] すすめるから, そらしたよう, はしゃぎ廻って, やって, プロペラーを, 七十郎の, 入木道を, 口を, 夢の, 宮を, 左膳の, 彼女の, 暗い方, 杉の, 板の, 氷を, 涙を, 犬が, 目を, 私は, 義太夫を, 長州行きを, 面会を, 頁を, 鳴って, 鶯が

▼ で~ (28, 0.0%)

5 むしで 3 むしころし, むし角 2 むし

1 [15件] あちこちで, おさえた, おさえて, お年は, その本筋, その衣服, それから, つかい紙入, で出まし, みると, むしでは, やつと, 出ねえん, 出まして, 出るよ

▼ でどれ~ (28, 0.0%)

5 もこれ

1 [23件] から話し, か一つ, がもっと, がキタナイ, が主家, が出船, が受動的, が御, くらい溜, だけが不確か, だけわし, だけ大勢, だけ注意深い, にも二字, にも他人, ほど買っ, も丸髷, も十六以下, も相手, を一年, 程クダラ, 程僕, 程研究

▼ でまア~ (28, 0.0%)

2 そんなわけ

1 [26件] あんたも, いまの, おかげで, ここが, こっちへ, これから出かける, せいぜい一通, そこで私, その心得, どうもお嬢様, 仕様が, 先手の, 勘弁し, 宜う, 巧いこ, 当分は, 恥しいこと, 愛した惚れたと, 斯う, 本日は, 私は, 結構だ, 美代吉にも, 腕っこきの, 頂上むしろ, 飲め

▼ でやっと~ (28, 0.0%)

1 [28件] あやし気, すべての, それも, なの, ふだんの, わかった山道, 一カットを, 一丁も, 先の, 十三日から, 十円ほど, 寿が, 心を, 思いも, 我慢し, 押えた, 新婚らしい, 晩に, 榛名を, 歩ける程度, 歩行を, 片づけて, 現実に, 石段の, 蘭薬の, 説破し, 諦めて, 雨戸を

▼ でわざわざ~ (28, 0.0%)

1 [28件] あんなところ, この井戸, こんな鳥, のぞきに, 下車する, 不破より, 之を, 云ふ, 代らうとも, 取って置きの, 吹聴しなけれ, 国元の, 斬られに, 朝飯の, 来て, 東京から, 椅子を, 殺されたという, 瀬多の, 猟夫を, 用も, 田舎から, 知らせて, 粗暴を, 見て, 銀座通りなどへ, 頭を, 骨牌を

▼ で~ (28, 0.0%)

2 體の

1 [26件] くちが, で成っ, 人類の, 兵力は, 国民の, 学術文献は, 宇宙を, 山殆ど赤松のみ, 山系を, 川が, 心的な, 感覚で, 村今に, 構成が, 民衆は, 氣全念で, 生命を, 生活を, 篇が, 篇の, 篇作者の, 篇実に, 責任を, 軍は, 體が, 體社會主義者は

▼ で再び~ (28, 0.0%)

2 都の

1 [26件] あの微笑, お会いする, この男, それを, また頭, 団子汁を, 大阪の, 娘を, 帰ること, 店の, 後へ, 悚然として, 死體に, 求むるに, 流の, 炬燵の, 物憂げ, 目を, 縒りが, 自分の, 舟を, 荒廃いたしました, 視線を, 追手に, 郷里に, 陸奥の

▼ で~ (28, 0.0%)

2 が一人

1 [26件] か妹, があらう, がいま北京, が底, と信じ, と妹, のお, のこと, のほう, のよう, のジャンヌ, の大阪, の女優, の女王, の家, の常子, の新郎様, の方, の鈴江, はお, はその, は生まれつき声, も大変, も弟, も毎日, やん

▼ で極めて~ (28, 0.0%)

1 [28件] おくれた文化, くつろいだ面色, 不安な, 低い潜めいた, 卑近な, 単純に, 厳粛な, 執着に, 多感で, 少数である, 平静に, 幼稚な, 悪質な, 敏感に, 明瞭に, 淺薄らしく思はれる, 無惨である, 特殊の, 簡単に, 美くしき, 美しかった, 自然な, 自然の, 茫漠たる, 質素な, 醜い, 重大な, 非生産作業的

▼ で滑稽~ (28, 0.0%)

2 であった, で事, なもの

1 [22件] だ, だお座敷洋食, だが, だけれど, だった, であつ, でしかも, ですね, で見苦しい, なこと, なところ, なほど, なる亡霊, な勤労者, な妙, な憐, な挨拶, な現象, に存じました, に終る, に見え, に見えた

▼ で種々~ (28, 0.0%)

2 な好み, な景物

1 [24件] さまざまの, な生活, な眼, な空想, な薬, な観念, な言語, に変つて, の予言, の利用法, の動植, の暗示, の果樹, の楽器, の点, の競走, の説, 彼女に, 戴き物, 珍しい獣, 生品を, 画策し, 考えて, 雑多な

▼ で~ (28, 0.0%)

64 つた 2 ふ事

1 [16件] つちや, はば演奏者, はれた通り, はれて, ひたいこと, ひ出したらてこ, ひ出すの, ひ換, ふの, ふので, ふまでも, ふやう, ふ方, ふ言葉, ふ迄も, 損じが

▼ で~ (28, 0.0%)

2 は象牙細工

1 [26件] から上, が三角錐, が低く, が大, が白い, が西洋人, ずこずこ, ったらしに, であしらつて, などもよく, の三つ, の先, の反対側, の娘, の穴, はまるで, は尋常, は曲り, へゆく, へ抜ける, へ持つ, も耳, も高く, をかん, をつままれ, を鳴らし

▼ であまりに~ (27, 0.0%)

2 も前, 放肆で

1 [23件] おだやかで, だいたん, も専門化, も強烈, も無造作, も駆, 冷淡だ, 冷酷だった, 到達が, 単純明快である, 味気ない, 完全で, 形が, 急激で, 意志の, 板に, 浄い, 神経を, 空元気の, 策略が, 荒れて, 親しみが, 路傍の

▼ であんまり~ (27, 0.0%)

1 [27件] うまいとも, かわいそうです, そまつに, のこと, ほめた景色, 何でも, 可愛がり過ぎて, 呑氣で, 喋舌らぬ, 威張れた話ぢ, 幅の, 強くなく, 感心した, 手強いから, 曲が, 書かないが, 滅茶な, 澹山の, 烈しかつ, 無事だ, 物覚えの, 疲れて, 考えない事, 良い人, 遅いさかい, 遠いや, 馬鹿でも

▼ でこうした~ (27, 0.0%)

1 [27件] いろいろの, お金に, お顔, すべてに, ものは, わけで, オフィシャルな, 一切の, 一般的な, 労働の, 原理哲学, 反技術的哲学, 唯一性を, 唯物史観主義が, 大衆, 家庭には, 政治的活動からさえの, 来客を, 概念や, 生産関係の, 確信は, 範疇組織を, 自然的環境も, 自由は, 訓示は, 返事には, 露骨な戯れ

▼ でこれら~ (27, 0.0%)

1 [27件] がまず, が出来上った, が和算, が絵巻物, には何, には舌, のこと, のもの, の中, の五種, の俳優, の地名, の大小事件, の子供達, の後援者, の相談中, の絵, の美辞, の詰所, の謎, はまあ, はみな朝鮮, は一生, は葭簀張り, も一ノ関, を概括的, 初見参

▼ で~ (27, 0.0%)

2 ぐにそうなにもかもうまくやれっかおまえだって

1 [25件] うすういう, かア, ぐできちやつて結婚し, ぐにのみだすにちがいない, ぐやつてくれんのは困る, ずりと, ぢゃあが, つかり心, つかり新, つかり汗, つかり浮世離れ, つかり自信, つかり興, つかり行詰つて, つかり逞しい, なおで, なは, ぱりといってやった, ぱりと一服くゆらし, へはそ, ぺいん人は, みよしを, るり卓子台の, ッかり, ッ飛ん

▼ でそうした~ (27, 0.0%)

1 [27件] ことが, ことに, ことには, ことは, ならば, ものは, んです, 一切合財が, 上で, 人たちが, 人たちを, 人の, 声が, 存在の, 支障の, 新しい読者, 時にも, 書割や, 物が, 理由から, 生活が, 目論見が, 系図から, 群集心理に, 自分自身に対する, 自分自身の, 離れ領土

▼ でそのうえ~ (27, 0.0%)

1 [27件] お気立て, かかって, けがを, にちょっとした, に美貌, の蒼空, は序詞, ひどくやつれた, また今年, むごたらしい, よく曲馬団, 不自由の, 夜が, 大勢の, 太い鉄ごうし, 娘の, 寒く冷たいの, 忍耐強く, 悪擦れし, 満面皺だらけだ, 相弟子どうしの, 給料を, 自分は, 船の, 菊次郎には, 詩を, 身の

▼ でそれ以外~ (27, 0.0%)

3 のもの 2 には何, のこと

1 [20件] いったい猫, なん, にどういう, には何物, には無い, には適用, に何, に別段, に話す, の人, の何もの, の作為, の労働力, の多く, の時, の者, の色, の関わり, は考える, へ閃く

▼ でたいへん~ (27, 0.0%)

2 な騒ぎ, 結構な

1 [23件] いじめられた, いじらしくなった, うまく塩田大尉, すまして, なお金持ち, なん, な暴れん坊, な骨折り仕事, にあッ, に忍耐, ぶしつけな質問, ゆたかに, ドイツ的な, 勉強した, 参考に, 古い立派, 喜ばれたという, 変な, 学問も, 美しかつ, 美しくは, 遅くなっ, 顔に

▼ でちよ~ (27, 0.0%)

3 つとした

1 [24件] くちよく, つくらお, つとお, つとで, つとみなさま, つとよそ, つとヒステリイ気味, つと乙, つと伊達, つと其處, つと声, つと急, つと怯気, つと氣, つと池内先生, つと油断, つと淋しい, つと狡い, つと田丸浩平, つと見たい, つと話した, つと豪華, つと近所, はばか

▼ でともかく~ (27, 0.0%)

2 もあの, もいちおう

1 [23件] この壮挙, その日, もそんな, も一, も一度, も其の, も半蔵, も大男, も扉, も暖簾, も納まった, も読める, 一安心は, 日本を, 旧来の, 洋燈を, 着いたと, 私は, 自分の, 若い友人諸君, 証拠と, 輸血した, 霊体の

▼ でなんと~ (27, 0.0%)

7 かして 4 いっても

1 [16件] いうさわ, いうとりみだし方, いう事, いう植物, いったらいい, つかず口, でも, も言わず, 云われても, 合図の, 申上げ, 言い返して, 言って, 言つた, 言つてお, 軽はずみな

▼ でひと~ (27, 0.0%)

1 [27件] からからかわれ, からサービス, から御馳走, がちがった, が何, が皆, きれの, くさり聞かす, しばい打っ, に欺, に見られる, のいふ, のいるきざし, のこと, の心, の知らない, は互いに, ふんぱつし, やすみして, をはぐらかす, を判断, 先ずそこ, 撲いだなあ, 曲りして, 眼で, 眼見, 舐めふた

▼ で不愉快~ (27, 0.0%)

2

1 [25件] だったし, だつたが, であったから, であったり, であつ, であるかが, であること, でしかた, で不愉快, で信ぜられない氣, で堪らなかつたの, で筆, なの, なほど, なもの, な奴, な存在, な感じ, な路, にならないです, に充ち, に思います, に思った, の念, 極る

▼ で~ (27, 0.0%)

2 に悪い, へはいっ

1 [23件] から出, から迫っ, がわに, ぢゆう, にはいっ, の中, の奴, の姐さん, の様子, の濃, の馬賊, へ入っ, へ針為事, も外, を出, 取に, 懷へ, 氣で, 氣にな, 氣らしい, 窓の, 端で, 証言は

▼ で却って~ (27, 0.0%)

1 [27件] いや, おもしろいと, ものかなしく, モスク, 一種の, 不都合で, 充たされない食欲, 喜んで, 天下併呑の, 当人の, 当方が, 心配を, 恐縮, 極まり悪かっ, 楽な, 気に, 現代文学としての, 秩序が, 積極的な, 空虚な, 落付か, 衆生を, 計らざる幸運, 軍主脳部の, 逃げだしたくなるの, 邪魔に, 隅々の

▼ で向う~ (27, 0.0%)

2 でも愛想

1 [25件] から二枚, から給金, から近づかない, が影, が隠す, でもて囃される, で何と, には分らない, に同情, のお, のブランコ, の二階, の力, の名, の岸, の松林, の船, の酒屋, は五十人余り, へ出よう, へ払, へ行ったら, へ行つて, へ行つて了つた, を見ます

▼ で大して~ (27, 0.0%)

2 勉強する

1 [25件] お役, それでもつかれず, もいなかった, 下りは, 取り柄の, 吸いたくも, 問題と, 大きい部屋, 寒くは, 心配も, 悪いこと, 気に, 珍らしく, 珍重すべき, 益も, 美形と, 興味を, 藻掻き, 變つた物も, 賑かな祭と, 賞めも, 賞められる, 金に, 高くは, 高価な

▼ で天下~ (27, 0.0%)

2 にこの

1 [25件] がもつかえ, この人, すでに春, と共に天下, には沢山, に恥, のもの笑い, の三井財閥, の乱兆, の公民, の吟味方, の変貌, の大勢, の寡婦, の政権, の政治, の覇者, の難, をお, を双肩, を横行, を聳動, を震撼, 堪へず墨子獨, 第一

▼ で失礼~ (27, 0.0%)

4 だが 2 いたしました, しました, でございますが, ですが

1 [15件] します, しようと, だと, だとは, ですがね, ですけど, ですけれど, ながらお, ながらお目にかかりかねる, なこと, な事, を, をいたしました, をし, 致しました

▼ で小さく~ (27, 0.0%)

10 なって 2 桃の

1 [15件] あくびを, ごみっぽく, して, てそれら, ても大きい, て毛細管, て見なれない, ともあれ, なつて, なつて見物, やつて, 仕切られて, 影の, 振ったの, 爺さんは

▼ で尤も~ (27, 0.0%)

2 時々は, 相手を, 通用しない

1 [21件] この二, その娘, それはずつと, らしい通念, らしく書かれた作, 上の, 何れに, 信憑すべき, 土曜日でございました, 多少の, 夢中だ, 大膳坊の, 彼の, 後世に, 御養子, 松皮疱瘡で, 狂言の, 破格の, 私は, 脊が, 賄でも

▼ で廊下~ (27, 0.0%)

2 の硝子窓, へ飛出しました, を左

1 [21件] でつながった, で先ごろ北原さん, という言葉, と階段, などで通りすがり, にある, に出た, に立たされ, の先, の向う, の左右, の方, の板, へ出, へ飛び出る, や段々, を擦り, を皈, を走った, を転げ, を隔てた

▼ で意味~ (27, 0.0%)

2 をなさない

1 [25件] ありげ, がない, が能, ない, なき奴ら, に充ち, のある, のない, の分らない, の取り違え, の大きな, の完全, の無い, はお, はない, はわからなく, は分らぬ, は少し, は言いたくありません, は身振り, もなく, もわからす, をなさぬ, を受け取った, 深きなおかつ

▼ で戦争~ (27, 0.0%)

2 は起った

1 [25件] がはじまる, が始まつ, が済ん, が終る, でも始まる, とのお, なるもの, に出, に出る, のせい, のため, の原因, の実況, の当時陸軍, の惨禍, の時, の深刻さ, の為め, の語り, の酸鼻, はまぬがれん, は終った, もその, も一ツ, をした

▼ で~ (27, 0.0%)

2 の夜, の雨

1 [23件] おそい日, から秋, が巡っ, であったと, というの, になる, には男, のある, のよう, の到来, の旅, の末, の氷, の終り, の花, の道者船停止, の魔術, は四月, は寒い, は雪崩, も秋, 早々死刑, 早くから

▼ で時間~ (27, 0.0%)

1 [27件] から云え, がかかった, がたつ, が惜しい, が来, が経過, だけがいや, と精力, に就い, に間に合う, のかかる, の終わる, の経過, の見当, の間隔, はやっぱり, は自分, まではさすが, もなし, も三十時間, をつかまる, をつぶし, をむだ, を作つて, を忘れ, を経て, を費す

▼ で暫く~ (27, 0.0%)

2 は涙

1 [25件] すると, する中, そのま, つづいた, の間わし自身, は何, は俯, は眼, また三人, 一座は, 京都に, 呆れた口, 女を, 寝台に, 御待ち, 手紙を, 深い沈黙, 考えこんで, 茫然と, 見て, 話し合, 迷って, 追いかけて, 默つて僕を, 黙って

▼ で未だ~ (27, 0.0%)

2 曾て, 自己の

1 [23件] この山, これって, これを以て, その可能性, ほんの昨日, も途中, 些っとも, 他人の, 元気である, 内面的に, 勉めて, 反せぬとき, 夢中で居ります, 子供は, 実物を, 文字を以て, 殆ん, 確定しない, 私は, 第九期, 見ぬ客, 邸の, 飯も

▼ で淋しい~ (27, 0.0%)

2 から出かけた, 石だ

1 [23件] から, からえ, から一つお返し, から茂ちゃん, ことまるで, とも思わん, と思った, のでございます, のね, ひそかな, ものです, もン, ようで, んでしょう, 事は, 処を, 妹の, 憂鬱な, 晩飯に, 気も, 絶影島の, 道中は, 音を

▼ で~ (27, 0.0%)

3 のこと 2 のよう

1 [22件] が, がひどく, が風邪, に出くわさない, に取っ, のそれ, の子, の孫, の絵馬, の蹴られた, の頭, の額, の驚いた, はその, は丸, も杓子, も犬, も狆, も駄目, よりはすこし, を木, を殺さね

▼ で~ (27, 0.0%)

2 のよう

1 [25件] がお, が好き, が欲しい, で言え, という独立, としての感興, としてはごく, など描い, にかいた, になる, にも文学, に対しては良心, に熱中, の印刷, の好き, の理論, の道, は二代豊国あたり, は苦, もそうした, をかいた, をかき, を描い, を描き, を頼む

▼ で苦し~ (27, 0.0%)

5 そうに 3 げに 2 がって, がつて, さが, さに, さを 1 うご, かつた, がった, がりながら, がるの, さうだ, さから, さは, そうなうなり

▼ で茅野雄~ (27, 0.0%)

4 は歩き出した 2 は足

1 [21件] はある, はたしなめる, はわざと, は一躍, は入り口, は四方, は小, は尚も, は後, は押し, は歩い, は無事, は眼, は突嗟, は蘇生, は顔色, は駆け抜けた, へ切っ, も不審, も弦四郎, も後

▼ で赤い~ (27, 0.0%)

2 旗を, 鼻の, 鼻を

1 [21件] えり巻きが, ものさえ, ロシア皮の, 半襟を, 唇の, 帶だけが, 敷石の, 日ざし, 昔の, 服を, 毛氈の, 毛糸の, 水兵服の, 物が, 絨氈を, 花も, 袖口から, 長靴の, 頬は, 顔の, 顔色を

▼ でいきなり~ (26, 0.0%)

1 [26件] うろの, かよの手, その夜具蒲団, にその, カイのく, キシさんが, クルリと, バスの, ブッつかろう, 上りこんで, 先方から, 地面が, 声を, 悲鳴を, 棒を, 火鉢の, 猛烈に, 立上っ, 腰を, 膝を, 茶の間で, 蝙蝠傘を, 起ち上った, 門へは, 飛びついて, 駈けだしたん

▼ でせっかく~ (26, 0.0%)

1 [26件] お金が, お金を, かような, な一案, な琵琶亭, な精鋭, のおいしい, のこの, の休み, の傑作, の智識, の趣向, の電報, の鼠, 仕事が, 出した桃色, 夢酔が, 夫婦仲の, 奇麗な, 帰って, 手に, 有利に, 熱心に, 良くなりかけ, 詰めたの, 販路が

▼ でそっと~ (26, 0.0%)

1 [26件] うたいまして, ここへ, さわった, せりふの, のぞいて, 八橋の, 口笛を, 呼びかける声, 寝酒を, 座を, 懐中から, 戸外へ, 手から, 拭いた, 振り返って, 書かけの, 正札を, 涙を, 舌打ちを, 裏門から, 見物に, 起きて, 跫音を, 辛いの, 遠くから, 飛んで

▼ でなんだか~ (26, 0.0%)

2 馬鹿に

1 [24件] かたいと, かなしそう, けちくさくおもしろく, へんな, みょうな, わからない古い厚い, 八岐の, 化物屋敷へ, 嘘の, 変だった, 変な, 外国へでも, 夢の, 好い心持, 心持が, 怖くなった, 恐くて, 意味は, 気が, 気味が悪くて, 水臭いな, 筆が, 胸が, 黒い腕

▼ でなんとも~ (26, 0.0%)

2 厭だ

1 [24件] いい心持, いえないおそろし, いえないさわぎです, いえないほのか, いえない憂鬱, いえぬおそろし, かン, たよりない, ない, ないっていう, ハヤもう, 云へ, 口が, 味気ない, 困りもの, 思いは, 情ない状況, 手の, 申しようがございません, 申しわけありません, 知れない怪しい, 言えないよう, 訳の, 馬鹿げた遺言

▼ でなんにも~ (26, 0.0%)

1 [26件] いはない, くれやしない, こたえて, しないで, しないという, わかっちゃ, 事情を, 云えずに, 云へ, 係合い, 出えへん, 判りませんでした, 咽喉へ, 存じませんよ, 申しませんでした, 考えて, 考へごと, 見えないという, 見えません, 見えませんでしたが, 見えやしない, 言いません, 言えずに, 言えなかったの, 言わずに, 記憶し

▼ でほんとに~ (26, 0.0%)

1 [26件] あなたを, ありがとうございます, いいだろう, お酔いなさる, この時局, ふしぎな, よいあんばい, 今年の, 刺すの, 動き出すの, 困って, 困りますね, 困るん, 幸福な, 弄ばれたとか, 戸籍謄本を, 楽しい村, 済まないと, 源三郎さんてえ, 生活した, 落っこと, 話せないね, 賢くは, 踵を, 金なんか, 面白くない

▼ で何等~ (26, 0.0%)

2 迷惑を

1 [24件] かの意義, かの確信, か恐し, の光, の分別, の判断力, の功能, の圭角, の栄養, の異常, の疑問, の装飾, 事前よりも, 作者の, 信ずるに, 其間に, 利益が, 専門的な, 新奇な, 為す所, 現実的な, 疚しいところ, 確実なる, 策略も

▼ で十分~ (26, 0.0%)

3 である 2

1 [21件] いい含め, とたたない, とは参りません, と母, な機智, な蜜, に, になる, には用意, に心, に熱, に眠れ, に金, の効果, の睨み, の責任, ばかりでかえった, ばかり経った, 楽しいの, 殺して, 面白いの

▼ で~ (26, 0.0%)

13 ります 3 りましたか 21 いますが, いますとも, いますよ, りましてな, りまする, りまするが, るか, るナ

▼ で去年~ (26, 0.0%)

4 の夏 2 からそれ, の十一月, の秋

1 [16件] から番入り, の中秋観月, の五月, の八月十五日, の八月廿日此, の六月, の出陣, の暮, の暮あたり, の暮又一, の返礼, の麦, はその, は妙, より一層, 入れた鯉

▼ で名前~ (26, 0.0%)

2 からし

1 [24件] がみんな, さえ知る, だけは偉, だけ借した, だけ小池はん, の書いてない, の通り百, はない, はわかりません, はジョハナ・インカー・メー・バートルハイム号, は云, は四角, は敦子, は書いてない, は虹野ミギワさん, は言わない, は記され, まで酒呑童子, もお, もおっしゃらず, も急, を変, を書く, を知っ

▼ で~ (26, 0.0%)

3 のない 2 がいい, のある, も何

1 [17件] がなかっ, がふく, が上等, が全う, が平均, が胆, ってみれ, な気, のよ, の分る, は薄い, もそっけ, もそつけ, もまた, も結構, も非常, も香

▼ で~ (26, 0.0%)

2 のお, の生活

1 [22件] がいけない, が困る, といたしまし, として遊ぶ, などというもの, の場合, の境遇, の夫, の家, の祝言, はお客様, は名古屋, は申し上げましょう, は申し上げます, は身体中, は飯場女, をたくわえる, を何より, を大事, を学校, を荷物, 面白くつて仕方

▼ で~ (26, 0.0%)

1 [26件] あるもの, が殊に, だけを変えた, なしに, において夫, には奇抜, に力, に品, のある, のはり, のよい, はうたて, はまるい, はまるで, はやや, は壺形, は大きく, は小さい, は牛, は稍違つて, もない, も味, も色, よく巻け, をととのえる, を見せた

▼ で忙し~ (26, 0.0%)

6 げに, そうに 4 かつた 2 がって 1 がってる時分, さう, さうにし, さうに兎が, すぎるので, そうで, 気に, 紛れに

▼ で暗い~ (26, 0.0%)

1 [26件] けれど戸田さん, そして木, というの, な, ほうの, ものを, 一日を, 中で, 中にも, 処だった, 垣から, 壁を, 夜道を, 屋敷の, 巷には, 影が, 情慾の, 感じなんか, 戸の, 日や, 晩に, 樹木の, 段々を, 町を, 部屋に, 門から

▼ で滅多~ (26, 0.0%)

2 な物音, に人, に家

1 [20件] な事, な事ぢ, な人, な方, には出逢わなく, にや, に人里, に他人, に寄り付かう, に小, に感傷的, に持っ, に持つ, に故障, に発射, に笑, に絃, に訪問者, に鍬, に鵜呑み

▼ で無理~ (26, 0.0%)

3 もない 2 のない

1 [21件] がない, が少ない, して, な註文, にお前達姉妹, にたのまれ, には強, にも盗み見, に勧められる, に学問, に搾り出す, に理くつ, に畏, に置い, に誘っ, に連れ, に飲まされた, ばかり云っ, もいわれません, を云, 無態

▼ で父親~ (26, 0.0%)

2 が死ぬ, と一緒, の代, の勝造

1 [18件] がいつ, がない, が亡くなっ, が亡くなつ, が彼, が死ん, が膳立て, が言う, にも可愛がられなかつた, に抱き上げられた, のたま, の晩年時代, は出, は彫刻, は或, は旧, は自分, よりも又

▼ で現実~ (26, 0.0%)

2 に根

1 [24件] が把握, で文字どおり, と非, にいくら, にはかえって, には新た, に安, に意識, のあれこれ, のいりくんだ, の世界, の事, の処理, の問題, の愛らし, の社会, の諸, の辛苦, の領分, はすぐ, は零, ばなれ, もしくは現実以上, をのみ尽さん

▼ で秀吉~ (26, 0.0%)

1 [26件] から云っ, が不, が子, が山崎, が悟っ, が数万, と和, には今, にも何がな, に手紙, のす, の墨付, の譜, の馬, はいま, はこの, はこんど, は京, は何, は全, は帰館, は思う, は疾く, は簡単明快, は翌, は高倉山

▼ で~ (26, 0.0%)

2 になる

1 [24件] から冬, がきた, にある, に早く, に種子, のある, のす, の七種中, の夜露, の散歩, の月, の末, の柿, の空, の虫, の蟲, の豊作, の雨, は低い, また翌年, までつづく, も過ぎ, を告げる, 寂びた冷気

▼ で~ (26, 0.0%)

2 に裏神保町, の戸, も裏

1 [20件] だって不和, てと奥, て座敷, と裏, に模様, に逃げ, に馬, に345, の戸締り, の数字, の締り, の酒屋, の鐵柵, は日本中, は茶, へとびだした, むきにゃ, むきは, 医師と, 戸が

▼ で長く~ (26, 0.0%)

1 [26件] いる者, お話は, すみそう, て三日, て綺麗, はつづかない, は家, もない, やって, 尖りその, 尾を, 待たせて, 戦地に, 書かれた女王, 桂子に, 欠勤する, 残したいと, 泊れば, 満足する, 煮抜いて, 空気に, 興味を, 見て, 議論を, 超出し小形, 類型を

▼ で~ (26, 0.0%)

2 のぬけた

1 [24件] がな, がぬけ, がわるい, が悪, が悪い, が抜け, が抜けた, が抜けてる, が有れ, にはさまっ, には何度, に取成し, に合し, に合せる, に天城山, のびがしているというようなことは, の山, の広い, の悪, の抜けた, もさぞ, を低い, を相当, 誤付き

▼ でずっと~ (25, 0.0%)

1 [25件] いて, お通り, というわけ, むこうの, 京都の, 低くただ, 健全であり, 前に, 土蔵の, 在学中は, 奥の, 安政四年まで, 小さい頃, 帝国ホテルに, 教えられた通り, 昔の, 暗くあれ, 有名だった, 眠れずに, 神石窟という, 納戸へ, 若い時分, 若く見え, 軒の, 這入って

▼ で~ (25, 0.0%)

2 なたの, なたを

1 [21件] そんな泥足, つけなく別れた, とには誰, との明るい, とはすぐ, とは明るい, とへ出よう, とへ助けだしました, とを歩く, ないいうたら, ないする, ない図星, ない思, ない申し, なたと, なたは, は, やったら早, やなかったらあん, よりともしない, を縁起

▼ ではじめ~ (25, 0.0%)

2 の内

1 [23件] からおっしゃりゃ, からてんで, から弥生, から計画, と終り, にはプロ, に書いた, に考えた, の一ヵ月, の八十五騎, の気焔, の片面, はある, はいかに, はよい, はよかっ, は反対, は感服, は氣臆, は運動場, は随分, は隨分, ほどいや

▼ でひとり~ (25, 0.0%)

2 は五歳

1 [23件] ずつ交替, であばれ, では見当, でやれる, でクリスマス, で手ン手古舞, で手紙, で朝, で歩い, で歩ける, で酒, の人, の刑事, の男, の美しい, はプティー・バンキエ街, は四十がらみ, は髯, も渠, 不安と, 倒れりゃ総, 涙ぐまずには, 静かに

▼ でやや~ (25, 0.0%)

2 もする

1 [23件] おつかれ, つまらなくは, つめたい, 二ヶ月を, 似たよう, 前かがみに, 実感から, 小さく山鳥, 尻下がりの, 幼稚な, 彼の, 投げやりにも, 滑稽な, 生硬の, 疲れた性質, 疲労の, 紅味を, 緊張した, 苦渋では, 裏寂くも花の, 逃げ腰に, 駒足を, 驚いたらしく私

▼ でゆっくり~ (25, 0.0%)

2 とおちつきはらっ

1 [23件] あるきだしたので, お艶, お話ししましょう, お話しなさい, お買物, くつろいで, そこらを, と今日, と出立, と気, はぜつり, 出かける, 勉強する, 座へ, 相談が, 紙幣を, 考えなければ, 落付い, 落着い, 見物します, 話してから, 話す, 話も

▼ で一応~ (25, 0.0%)

2 は必ず

1 [23件] そういう意識, その供述, その厩舎, どの部屋, の安心, の構想, の解決, は受け入れ, は墓地その他, は本署, は皆アリバイ, 事務所に, 似て, 先に, 厳密な, 小林と, 文学の, 気が, 笑は, 笑わざるを, 納得する, 述べて, 部屋の

▼ で一緒~ (25, 0.0%)

3 になっ, になった 2 にやらかし, の仲間

1 [15件] にくっつい, にござらしやれ, にならん, に並ん, に出た, に前, に成った, に暮らしてる, に来た, に玄関, に行く, に話す, に連れ, に遊び, に食事

▼ で~ (25, 0.0%)

3 に変った

1 [22件] な人, な境地, に取り留めた, に取り立て, に定まった, に引留め, に描く, に聞き合わせ, に見たい, に話す, に飛び, のうた, のお, のこと, のところ, の世界, の家, の氣持ち, の男の子, の返事, る, ると

▼ で~ (25, 0.0%)

2 ぶら

1 [23件] おばあ, これしか, そんな所, た一打, ぢつと, でやっ, の寺, まア魂消, ホールの, マージナル・ユーティリテーの, 一時的に, 原子の, 同じ種類, 吾, 夜ひやっこい, 夢の, 感情の, 最後の, 王様や, 私の, 靜かで, 顔ばかりが, 風景の

▼ で~ (25, 0.0%)

3 のため 2 の力, へ帰った, へ帰る

1 [16件] から持っ, がやや, が無秩序, などはちっとも, には崇徳上皇, によりこれ, に居る, に帰っ, のやみ, の方, は持たない, へ帰れ, をあげ, を分け取り, を憂える, を離れ

▼ で大概~ (25, 0.0%)

2 の方, は足

1 [21件] お屋敷, のもの, の事件, の僕, の幕府, の書生, の災難, の物, の用, の病人, の者, の船, の釣竿, の雄, はその, はだらし, は似, は当っ, は粉煙草, は身動き, 働いて

▼ で大阪~ (25, 0.0%)

1 [25件] から女中, から帰つて, であつ, では有名, で舟, におり, にぐずつい, には味, にゐる, に出た, に遷, の家庭, の文楽, の警察, はもとより, は勿論, へやってきた, へ帰った, へ来た, へ流れ, へ行つて來, まで往復, よロシア, を, を書く

▼ で~ (25, 0.0%)

2

1 [23件] がない, がなかっ, が一人, が乳離れ, が石地蔵, が郁太郎, ずらよ, に伝, ねこは, のこと, の刻過ぎ, の十年一日, の手, もり, を抱い, を教える, を育てる, を見, ジカを, 夏と, 煩惱です, 貢は, 飼から

▼ で平凡~ (25, 0.0%)

2 でした

1 [23件] だと, であった, であったが, であり過ぎる, であるが, でしょう, でせう, では, で不誠実, で変ったところ, で小説的, で少し, で毫も, で無, で誇張, なそして, なやう, な一生徒, な三十年, な日, な男, な言葉, の名前

▼ で~ (25, 0.0%)

1 [25件] があの, と一緒, にはもちろん, にはわざと, にまけれ, のこと, の与, の伝七郎, の勉強, の市造, の森彦, の照之助, の細工部屋, の賞め, の顔, はこの, はその, は元, は次郎兵衛, は父親, を促す, を啼かす, を振り返った, を連れ, 御ぐるみ引

▼ で時に~ (25, 0.0%)

5 よると 2 はその, 依ると

1 [16件] はいかにも, はさびしい, はほんのり, は其娘, は厚紙, は周囲, は淋しい, 三歳から, 仲間らしい, 何か, 僕は, 放心し, 気焔万丈行文の, 皮肉で, 臨んでは, 際して

▼ で~ (25, 0.0%)

4 つた 3 つた誰れ 2 ッた

1 [16件] うに今日は, つたが, つたために, つたのです, つた人なら, つた證據で, つて, つてそして, つても, つて其の, つて木の芽も, つて然, つて遠く, の論理, 楽座の, 繋に

▼ で格別~ (25, 0.0%)

2 の注意

1 [23件] あどけなく美しく見えた, おもしろくなかった, お京, すぐれた句, それより, なこと, なにも, なもの, になんと, に気むずかしい, のこと, のとりえ, の事, の異変, 不思議な, 何も, 役に立たぬこと, 深い交渉, 深い關係, 珍しいと, 真淵, 笑いたくも, 驚かなかったかも

▼ で沢山~ (25, 0.0%)

2 だろう

1 [23件] お取りる, お手あて, が畑, だお, だつた, だと, だよ, だイヤ, だ彼, だ是, で, です, なの, なのに, の思想, の本, の枝, の浮草, の獲物, やつて, 持ち就中軍画, 捕れましたかな, 有難うございます

▼ で特別~ (25, 0.0%)

2 の客

1 [23件] うれしいの, どうと, な氣持, な精神高揚, な興味, な長所, にかく, にひいき, に厳しい, に変った, に悲しい, に私, に箱, のこれ, の事情, の境地, の好意, の御, の注意, の物, の用事, の祝儀, 親しい者

▼ で真に~ (25, 0.0%)

1 [25件] われらを, 不思議な, 住みよい, 価値ある, 凄涼, 力作し, 受けないもの, 奇想天来です, 孤独で, 心ある, 心持の, 慶安中に, 文学と, 文法教科書を, 日本の, 朗らかだ, 東洋永遠の, 温泉を, 生れながらの, 私も, 農村の, 近所へ, 迫つた情景を, 迫ること, 魅力の

▼ で警察~ (25, 0.0%)

1 [25件] から横浜, がそんな, が困っ, ではこんど, ではそういう, では加害者, でもその, でも深く, で知っ, で禁止方針, で野田, にでも頼ん, の住所係, の取調べ, の呼出し, の役人, はこの, は戦争, ばかりで, へは届けました, へ届ける, や検事局, や消防, を後援, を煩わす

▼ で間もなく~ (25, 0.0%)

2 引揚げ

1 [23件] お誂え, その一行, 全感覚, 医者も, 大政奉還の, 巴里警視庁鑑識課長に, 役人の, 彼は, 戻って, 戻つて參, 正気を, 母にも, 浅碧, 父も, 王昭君は, 祖母は, 私らだけ, 翌年の, 若い者たち, 菓子一を, 部屋一ぱいに, 鳩首し, 黒焦

▼ でさらに~ (24, 0.0%)

1 [24件] いった, ここから, この年前後, 二三ヵ月の, 五六分の時間が, 他を, 加えて, 動く様子, 幸福であれ, 感傷的な, 感動し, 所望し, 激しく笑いだした, 生涯にわたって, 略して, 皮肉を, 磨きあげて, 続けること, 行田から, 要領を, 言葉を, 話を, 酒匂の, 酔った

▼ でずいぶん~ (24, 0.0%)

1 [24件] いかがわしいこと, おかしいこと, つらい思い, の損害, やるに, わがままな, 不愉快な, 久しぶりに, 元気が, 危なッ, 大事に, 審議が, 廉いと, 悪い人, 感じが, 手古摺らせましたが, 探したよ, 極端まで, 永い間動き, 珍しいもの, 豆腐屋の, 道楽も, 長いこと, 長いもの

▼ でたいてい~ (24, 0.0%)

1 [24件] おえら方の, な妓, の学生, の島, の漁夫, の病人, の相手, の者, の部屋, はあずままろ, はお金, は二階, は何, は弾き語り, わかりますから, 威勢の, 婿養子を, 年上の, 海面を, 蒼白めて, 血統維持の, 貴族の, 長髪を, 黙って

▼ でてから~ (24, 0.0%)

1 [24件] しあわせに, じゃア, なんとなくかの, はじめての, まも, もう三日め, イギリスの, ジャーナリズムの, タクシーを, 一時間あとでなけれ, 三十六まで, 二カ年半に, 再び室内, 四五分の間其寢息を, 少し随筆物, 後は, 書け娑婆, 校長は, 浮世の, 満二ヵ年あまり, 牧童が, 美濃恵那山に, 路傍の, 間もなくぢ

▼ でどうぞ~ (24, 0.0%)

2 御勘弁, 此方へ

1 [20件] あとを, あなたさまよりも, あなた様には, おゆるし下さい, お二人, お屋敷, こちらへ, この縄, ご勘弁, なんにも, へえ, マアご, 千鶴子さんに, 喜平を, 姉さんに, 御不快, 御見知り, 貴方の, 隠って, 食りなさいまし

▼ で~ (24, 0.0%)

1 [24件] いい様子, これからさき, そのこんど, その覚悟, それは, どうせ世の中, どっちも, なにしろ知合い, なるべくこうして, エエエエもう, ト云つて御, ヘエぬれた, ボクねエ, 先生が, 君, 土地の, 女を, 姉さん昨夜も, 家内同様の, 御馳走は, 東京に, 自分ながら, 過去の, 随分別品

▼ で一杯~ (24, 0.0%)

2 だった, だつた, であった, になっ

1 [16件] いただきたがるもの, だ, だったので, だね, つきあったらどう, であつ, ですわ, になつ, のませ, のみ屋, やってるん, やるおとなしく, やること, やると, 引っかけられるところ, 飲んで

▼ で世の中~ (24, 0.0%)

3 の人 2 のこと

1 [19件] がひっくりかえる, が騒がしかっ, にはそういう, には恐ろしい, には理外, には貧乏性, のすべて, の不正, の中堅, の有様, の為め, の苦労, の萬事, は少し, へ出, も穏, を世辞笑い, を世辭笑ひと妥協, を知らない

▼ で~ (24, 0.0%)

3 なき門 2 水は

1 [19件] だった連中, なる俳優, な枝, に下町, に今, に学校, に家来, に泡盛壺, に窓, の佐々木巌流, の祈り, はいなかった, 基殿は, 思いで, 水め心が, 水正が, 翁と, 翁は, 馬の

▼ で人生~ (24, 0.0%)

2 の衰亡

1 [22件] が終始, には理屈, に生命, に積極, の事々, の味, の意味, の意義, の指針, の深, の苦, の苦行者, の裏通り, の評価, の諸, はままならない, は如何, は短, への責任, を卵, を毒, 到るところ青山

▼ で作家~ (24, 0.0%)

2 が持てる, を志す

1 [20件] がこの, が常に必ずしも, だから, としていちばん, としても一風, として是非, として食える, と編集者, について云われる, のもっ, の主観, の会合, の俤, の情緒, の日々, の頭, の養成, はそこ, は一生, は遂に

▼ で~ (24, 0.0%)

4 になる 2 の日, の朝

1 [16件] でもつ, にはほころびだらけ, に雪, の夜, の料理, の登山者, の着物, の終る, の間, の雲, はいよいよ, はなお, は吹雪, は男, は雪, も凌ぎ

▼ で始終~ (24, 0.0%)

2 母様が, 興奮し

1 [20件] あっちへ, あなたに, あの土地, うつむいて, うつむき勝, お逢いしたく, にこにこし, ローマ字世界に, 中腰に, 何か, 何にも, 医薬に, 恋しくばかり, 消息が, 胃を, 詩中の, 読書に, 谷中の, 起ったり, 高座に

▼ で完全~ (24, 0.0%)

2 です

1 [22件] だという, ですが, で幸福, なフォーム, な亜麻色, な嵌め込み, な球形, な真, な立場, な自然, にそれ, にも不完全, に一度, に人, に巻い, に文無し, に日本, に杉蔵, に秘曲, に空け, に自分獨, に覆われ

▼ で愛嬌~ (24, 0.0%)

5 があつ 4 があっ 3 があり 2 がある, のある 1 がない, がボタボタ, がボタボタこぼれ相, がポタポタ, で泊り客, のいい, もあり, をたのしむ

▼ で新聞~ (24, 0.0%)

1 [24件] が書きたてる, だけは自分, には, にも何, にも出た, に散見, に載せる, の今, の写真版, の小さな, の小説, の最も, の準備, の相場, の論説, はひと, は二段抜き, は支那, は読みつけ, もラジオ, も読めない, をひろげた, を覗く, を讀む

▼ で昨夜~ (24, 0.0%)

2 のこと

1 [22件] からあそこ, からこの, から八郎, から土藏, このお, なんか一晩じゅう, の中, の克子, の八人, の河岸, の饂飩, の騷ぎのことで參, はそれ, はブロミディア, は失敗, もよほど, も今日, も彼女, も確か, も醉, 申込んだ人, 遅く入

▼ で~ (24, 0.0%)

2 のよう

1 [22件] からはすぐ, から舞う, でも寂しい, でも薄暗い, とはよく, ながら室内, になっ, になる, のうち, の支度, の日中, の明るみ, の暑, の間, の間鏡, の食事, は休み, は千早振神路山, は顔, もたまに, 近いのに, 過ぐる

▼ で残念~ (24, 0.0%)

2 で, ですが, でたまらない

1 [18件] であった, でしたと, でしやう, ですがね, でたまらなかっ, で仕様, で地団駄蹈, で堪らない, で堪らなかった為め, ながらおれ, ながら彼, ながら愛情, ながら敗退, ながら頸, なこと, に思います, を晴らす, 致しましたよ

▼ で清潔~ (24, 0.0%)

2 だ, で馥郁

1 [20件] だったので, である, でしかも, では, でピンク色, で安心, で富める庄司三郎兵衞, で適当, で限り, なこと, なの, なフィンランド, な人達, な感じ, な町, な色気, な道徳生活, な顔, な食事, に消毒

▼ で狭い~ (24, 0.0%)

2 ものだ

1 [22件] うっかりした, お互に, というの, のが, ベッドの, 世界では, 世間の, 中庭が, 俥に, 土地に, 室の, 庭に, 廊下に, 急な, 意味に, 浜松の, 生活から, 町中が, 路が, 路地などは, 車内の, 額際も

▼ で~ (24, 0.0%)

2 には古い, の方

1 [20件] から策謀, がえし, が返らなかっ, には松, には父, には裏, には鉋屑, にベニイ, のない, の切戸, の娘, の用意, の空小屋, の竹籔, はハア, は白く, へはいる, へまわった, へまわれ, を返し

▼ で西洋~ (24, 0.0%)

2 のソレ, の微積分学

1 [20件] がすすん, でこの, ではじめて, では古典劇, では至って, で腹話術, で謂, には例, にも似た, のピカソ, の仮装舞踏会, の凡庸, の学者, の學問, の小麦粉, の文明市場, の画布, の詩, の都会, の音樂

▼ で詳しい~ (24, 0.0%)

10 ことは 3 事は, 説明を 2 事情は 1 ものは, 事情を, 分析を, 研究の, 話といふ, 説明は

▼ で軽く~ (24, 0.0%)

1 [24件] かさりという, くわえようと, すませた, たたくと, つついたゼリー, ていくら, てべら, て滞り, はぐらかして, ひきしまつた, みごとだった, バッチングを, 叩いて, 咳ばらいなど, 咳を, 御返答, 払き, 放免に, 朝飯を, 笑い流し, 衣紋を, 頭を, 食事し, 鼓の

▼ で途中~ (24, 0.0%)

2 で死んじ

1 [22件] お菰たち, から来た, での私, でシリキレトンボ, で会っ, で日, で犬, で臆病風, で開ける, に櫛田神社, に関所, の番人, の神社仏閣, の禅定寺峠, の難儀, の風景その他, へ呼出し, まで, まで本物, まで来る, を護っ, 又小屋

▼ でお父さん~ (23, 0.0%)

2 は州判

1 [21件] がお, がかん, が新派, どうして會社, につれられ, にも見境, に報告, に家, の名前, の教え, の犬さん, の耳, は, はその, はそんな, はどう, は大佐, は陸軍, は雑誌, もこの, わざわざ事務所

▼ できょう~ (23, 0.0%)

1 [23件] お医者, が外出日, というこの, の修羅場, の夜, の急変, の日光, の正午過ぎ, の段階, はとても, はもう, は何用, は司馬先生, は肴, は車窓, は醒めた, ばかりは近所づきあい, また赤い, もはじめ, もわたくし, も冬坡, も筆幸, 入りましたという

▼ でそいつ~ (23, 0.0%)

1 [23件] がしょっちゅう, が一つ, の内弟子, の釦, はどちら, はどんな, は何, は韮崎, へ注意, をこさへる, をちぢめ, をつづけ, を一つ, を原っぱ, を取ろう, を幾本, を待つ, を悩ませ滅ばし, を拾われちまった, を捕る, を確かめよう, を腹の虫, を退治

▼ でそこら~ (23, 0.0%)

1 [23件] にある, にざら, に人, に見られない, に誰, に鯰, のちょっとした, の品, の商売屋, の居酒屋, の立木, の草, の蜜柑山, はうす暗い, へ影, をほっつき歩きました, を往来, を歩い, を見, を見巡した, 歩いて, 歩行き, 跣足にて

▼ でとうてい~ (23, 0.0%)

2 不可能である

1 [21件] おれなどの, かぞえつくすこと, かれら, その顔付, 二千年も, 二朱には, 今日の, 十八歳の, 天下の, 平和な, 我々などの, 戦務に, 明瞭な, 普通の, 理性や, 生存の, 百戦錬磨の, 真実とは, 細い筆, 美しい婦人, 避けること

▼ でなるべく~ (23, 0.0%)

1 [23件] ならば, なら知らん顔, のちの, は土地状況, は大物, は徳義, は江戸, 世話を, 人を, 人目に, 反感挑発せん, 周囲の, 威圧し, 寒くない, 手早く痛いところ, 最小限の, 朝の, 目立たぬよう, 米沢藩に, 芥川の, 花を, 静かに, 音の

▼ でひそか~ (23, 0.0%)

2 に自分

1 [21件] な物音, に, にこちら, に人目, に会いたい, に信ずる, に刀, に呼びだされ, に太守, に密者, に弱い, に息子, に日頃, に暗算, に準備, に皮肉, に知りたい, に自負, に苦笑, に謀反, に鬱屈

▼ でもしも~ (23, 0.0%)

2 人に

1 [21件] おったら儲け物, かれが, そこへ, その対手, その時, その晩桔梗, それを, のこと, の事, チチコフが, モデル代を, 今日同様な, 天武天皇が, 必然性などという, 或る, 文之, 消防が, 白面であったら, 知って, 端れ, 野路を

▼ でわたしたち~ (23, 0.0%)

1 [23件] がしつっこく, が二年, が昔, としても益, とフリーダ, に似, の心, の書いた, の知った, はいや応なし, はこれ, はちょっと, はシッポリ, は出かけた, は別に, は古く, は書記, は武蔵屋, は都会, もみんな, をどう, を慰め, を慰める

▼ で一体~ (23, 0.0%)

2 どんなこと

1 [21件] が大きな, この今, その悪漢, その風呂場, それが, どこへ, どれだけ, どんな男, に出来る, スパイという, 中戸川氏の, 事態は, 何ういう, 何から, 何だ, 何んに, 何処まで, 健康という, 君は, 実際縦覧, 長塚は

▼ で一同~ (23, 0.0%)

1 [23件] がどかどか, がドッ, が数字, のところ, の中, の後, の顔, の願い, はぞっと, はやつ, は中, は小, は振り返っ, は歩い, へ下げ渡された, も少しく, わっとばかり, を席, を猟小屋, 嬉しさ, 思い思いに, 追って来た, 黙って

▼ で丁寧~ (23, 0.0%)

1 [23件] だけれども, でありまた, であり如何にも, では, で何, で先代, で控え目, で晴々, で気持, で立派, なかなり, なの, な結び目, にあつかわれ, には云っ, に嘗め, に封, に払った, に挨拶, に撮みとっ, に気分, に紙, に迎

▼ で不気味~ (23, 0.0%)

4 だった

1 [19件] だ, だと, である, でなりません, でひと, で全く, で惨, で青く, なほどの, な中, な感じ, な日記帳, な殺し方, な真夜中, な落ちつき, になった, になる, に暑い, に見えた

▼ で二つ~ (23, 0.0%)

2 のもの, の小さな

1 [19件] とも真, とも選定, には暑い, に裂かれた, のお, の中学, の中程, の人影, の出来事, の別々, の室, の寝室, の現象, の紹介状, の聯想, の見解, の車輪, の違つた種類, を合わせる

▼ で京都~ (23, 0.0%)

1 [23件] では段々, で出世, で坊主, で色々, には二人, には茶人, に奔つて, に来, に習っ, に近い, の, の新聞, の桂離宮, の歌界内部, の豆腐, はさながら, へいったん, へ入れる, へ出かける, へ着い, へ着く, へ立っ, へ行きたい

▼ で今年~ (23, 0.0%)

2 が四度目, は盛岡

1 [19件] が丁度, になっ, にのばした, に入っ, の六月, の夏, の天長節, の春雪, の板橋バラバラ事件, の正月, はさほど, はそれ, はわし, は健ちゃん英語, は日まわり, ばかりは春, もき, もやって来た, も終る

▼ で全体~ (23, 0.0%)

1 [23件] がああ, がみすぼらしく, が安価, が朗らか, が黒ずんだ, としてなんとなく, としては凍らない, としては真実, として打撃, にいつも, についての意味, に小柄, に禿げ, のトーン, の九〇パーセント, の意, の格好, の気分, の調和, の輪廓, をメッキ, を申せ, を見通す

▼ で内容~ (23, 0.0%)

1 [23件] がない, がゼロ, が出, が完備, が確定, とか作品, には九州, には少し, のこと, のところ, のより, の無い, の記述, はいつも, はとにかく, はまだ, は全然, は双方共, は変化, は忘れ, は普通, も焦点, をばなに一つ

▼ で往来~ (23, 0.0%)

3 の人

1 [20件] からはわずか, でお, で穴, には遅い, には郵便馬車, の上, の両側, の日影, の片隅, の町人百姓, の真ン中, の窪み, の道, は泥だらけ, は空っぽ, へ下り, へ走り抜けよう, を歩い, を濶歩, を走った

▼ で折角~ (23, 0.0%)

1 [23件] お大切, その, それを, の, のいい, の停車場, の名所, の尊命, の稀有, の笑い顔, の隊員, 今日此所まで, 仕事し, 出来か, 大事に, 好ましく思った, 張る氣, 思い知った親, 持参に, 書いたの, 気を, 美味いお, 自分が

▼ で~ (23, 0.0%)

7 さえあれ 3 がある 2 があれ, な時 1 がかかり, さえ有れ, なとき, のある, も取れな, をかける, をとつて何時, を出された, を取り

▼ で~ (23, 0.0%)

4 を向い 2 わって

1 [17件] からしげしげと, から見, になっ, になった, になつ, になる, には細長い, にふった, に寝たい, のつながり, の手術室, の方, の板張, へ反れ, へ反れた, へ逸れ, を向いた

▼ で満足~ (23, 0.0%)

8 して

1 [15件] したがる傾向, しないもの, しなくては, しよう筈, すべきであらう, するもの, だ, だウフッ, でした, です, な仕事, な品, な食事, に口, はできない

▼ で~ (23, 0.0%)

3 がつかぬ 2 を発する

1 [18件] が一面, のご, の力, の周囲, の子, の消えた, の燃え, は本陣, は漸く, をおこし, をくれ, をたい, をふく, を吐く, を吹く, を打, を消す, を長く

▼ で社会~ (23, 0.0%)

2 と人種

1 [21件] から捨てられ, と生物, に公, に対して新, に放り出され, に面した, のあれこれ, の下層階級, の交際, の何, の制度, の安寧秩序, の必然, の現実, の現実そのもの, の発達, の罪, の階級的構造, の風波, へ出ました, を批評

▼ で~ (23, 0.0%)

2 くは

1 [21件] が生まれた, くねえ, く働い, く働き, く出掛け, く怒り, く技, く持上げ得る, く片, く玄関払い, く考え, く高潮, では当時有名, では役者, で言, とは要するに, なしな, なぞの舞臺面, のない, のねえ御, は一体

▼ で臆病~ (23, 0.0%)

2 でそれに, で慾, らしくて

1 [17件] であった, でズル, でピアニスト, で取越苦労, で口, で狡猾, で間, な, なくせ, なの, なよう, なフェリックス, な俗衆, な性分, な村長, らしい素振り, らしくさ

▼ で自動車~ (23, 0.0%)

2 に乗

1 [21件] がとまりました, が今日, でその, と昼食, にぶつ, のおい, のエンジン, のド, のブロカア, の出る, の路すじ, の音, はうごきだした, はめつたに, は十二時過ぎ, は疾走, へは二人, を一台, を停め, を運転, 降りてから

▼ で色々~ (23, 0.0%)

2 である, よくない

1 [19件] その本, と世間話, と勧め, と家内, と御, と進ん, な人たち, な姿, な意味, な暦法, な樂書, な空想, の智識, の書物, の材料, の相, 有難う, 複雑な, 議論の

▼ で芝居~ (23, 0.0%)

1 [23件] がすき, がハネ, ずきの, でする, というもの, といふもの, とはまた, と繪本, などはこれ, にしろ, の中銭, の方, の科白, の色子, の話, はいよいよ, はさんざん, は余興, は午前九時開場, は子供だまし, も休み傍題, らしい気分, を見

▼ で陽気~ (23, 0.0%)

2 に笑っ

1 [21件] がよく, である, である銀之助, でこの, で日本, で気, で活動, で生まれ乍ら二人, で美しい, で藁束, で邪念, なタブロー, なバー, な主婦, な漂泊芸人, な自虐自嘲, な農夫, になった, にふき出し, の風景, はまだ

▼ で~ (23, 0.0%)

2 の渦, も竜

1 [19件] から降つ, が被っ, というの, というもの, と霧, に白足袋, に隱, のうち, のふところ, のむこう, の上人, の如く, の恰好, の掩つて, の揺籃, は方々, は雨, は霧, を霞

▼ で~ (22, 0.0%)

4 ちとら 2 やつは

1 [16件] さへ, だはり, ちとら同様, ちとら真っ赤, ちとら風情, はいわ, は割合, ぶっていう, やつめ, やつを, やつ日ごろは, よいこそと, よいは, よいひそか, よい矢矧, 突かれたやう

▼ でこの世~ (22, 0.0%)

4 からし 2 にいなくなった

1 [16件] からあの, から姿, で実現, との縁, にそんな, にできない, にはいない, にはおりませぬ, にはどんな, に女性, に生れ, に籍, のため, の幸福, の榮華, を去りました

▼ でようやく~ (22, 0.0%)

1 [22件] あがれたの, その殺される, その種属, にし, ドアを, ネパールへ, ボルグの, 五人でございました, 人と, 吹雪の, 小道が, 待ちに, 御呼び下さった, 恐竜に, 江亭という, 父兄の, 牧夫を, 生命びろいをしてきたところじゃねえか, 落ちついた, 蛇毒を, 読み判じて, 謎が

▼ で一切~ (22, 0.0%)

2 の事

1 [20件] が両人, が落着, が靜まり, の問題, の建物, の思想, の意味, の挨拶, の教学, の権利, の歴史内容, の準備, の社会的罪悪, の科学, の立腹, の舞台装置, はおめでたく, はぶくこと, 仕上げました, 済んだ気

▼ で一層~ (22, 0.0%)

1 [22件] うれしさ, この午前, しなび疲れて, やり良う, ヒューマニズムと, 世界の, 低い低い聲, 切実に, 力を, 合点の, 哀切に, 嬉々と, 床しい, 心中は, 日の, 混乱した, 腹が, 自分達の, 足音を, 迅速な, 閑静な, 韻律的な

▼ で一旦~ (22, 0.0%)

2 これで

1 [20件] こういう風, そこを, そない, ちゃぶ台に, は其奇遇, は否定, は気, 伊達を, 内へ, 奪われた五, 奪われた紅玉, 安里と, 役を, 浪人した, 療養所へ, 緩急あれ, 自分は, 藤原氏の, 行き過ぎたが, 迷ひ

▼ で一言~ (22, 0.0%)

3 にし 2 も口, も発しない

1 [15件] か二言, たりとも, で言え, にいう, の下, もほか, ももの, も云, も反対, も洩らさない, も物, も発する, も説明, も誰, も返事

▼ で~ (22, 0.0%)

2 の頬, 掌を, 腕を

1 [16件] がわに, と言い, の乳房, 名としては, 名とも, 岸から, 岸の, 眼が, 祠とも, 羽も, 肩に, 肩の, 膝で, 舷の, 軍とも, 階級の

▼ で~ (22, 0.0%)

2 えない, つた, ふことや

1 [16件] く元, つたり, つて, は, はばこの, はば朝飯前, はば若草山, ひ, ひたいこと, ひたくは, ひやう, ひ出せなかった, ふ, ふことでも, ふ處, ふ通り四五回通つた所

▼ で別段~ (22, 0.0%)

1 [22件] うれしいとも, お化けも, これと, そこに, その号, それだ, それに, それを, に惡, に目, の感情, の研究心, やっつけること, 問い合せたり, 小説などを, 旧知の, 樹の, 欠点といった, 興を, 興味も, 苦い顔, 苦しくも

▼ で大体~ (22, 0.0%)

5 に於

1 [17件] においてその, においてガラス絵, において北方, において楠公, において良民, に以前, に妻, の敵布陣, の時間, の筋立て, の考え方, はサド, は推察, は道理, やって, よりこれ, 濃い色

▼ で奥さん~ (22, 0.0%)

1 [22件] からもつ, か娘さん, が云う, が代り, が承知, が買いなら, が風呂, にゼイタク, のほう, の意見, の方, の様子, の着物, の部屋, は, はそう, はどこ, は何, は黙りっきり, も畑, や女中, よりお

▼ で女中~ (22, 0.0%)

2 が自分

1 [20件] が主人, が提灯, が新聞紙, と一緒, と出来合っ, などはアイヌ, によろしく, に二朱, に見せられた, の悲し, の顔, はあっけ, は使, は女, は確か, までが店, までが貰い笑, も遠ざけ, や下男, を相手

▼ で小説~ (22, 0.0%)

1 [22件] か或は, が, というもの, という作品, といふ作品, として一個, などで表わす, など書く, など書ける, のタネ, の世界, の形式, の方, の自然主義, の類, は一枚, も戲曲, より素材, を作っ, を例, を手, を書いた

▼ で広い~ (22, 0.0%)

1 [22件] から良人, はずの, 土間と, 基底は, 大阪の, 家は, 巴里の, 平らな, 平原の, 意味での, 明き地の, 東京にも, 河原が, 空の, 立派な, 範囲に, 荒屋に, 視野を, 邸内に, 陣中の, 陳列室が, 食堂は

▼ で時には~ (22, 0.0%)

1 [22件] これに, それより, 全天, 利己的で, 十二時に, 庵を, 弥次馬の, 強烈な, 愚痴の, 東京へも, 気難かしい, 氷を, 烏帽子を, 疑い時に, 空虚な感じ, 老中の, 興ざめと, 郡役所警察署の, 隣に, 面や, 鬱憤晴し, 鶯も

▼ で本人~ (22, 0.0%)

1 [22件] が急, に聞い, に言, の主観, はきつ, はすっかり, はその, はもちろん, は夜, は女, は宜, は支那事変, は無論, は知ってる, は知らんじゃった, は貧しい, もあきらめ, もそれ, もまた, もヒドク自慢, も帰る, も狂歌

▼ で~ (22, 0.0%)

4 の上 3 に向っ 2 の傍

1 [13件] と本棚, にむかつ, にむかつたら, に倚, に向った, に対, のうえ, の前, の足, もなけれ, をうつ, を探し出した, を突

▼ で正確~ (22, 0.0%)

2 なこと, に指摘

1 [18件] この上, だ, だった, であるか, であれば, でその, で用心深く, で自由, なもの, ならば, な予言, な事, な使, な価値, な写生態度, な方法, な谷, に籠

▼ で此処~ (22, 0.0%)

1 [22件] ではそれら, では事実, では問題, で起った, とは筋向う, な台所, に居ます, に来る, のところ, のよう, の主人, の爺婆, の観音さま, は旅, へ確乎胡座, へ行く, へ這込, までい, までやつて, まで通つて, まで飛び出した, 迄判れ

▼ で死骸~ (22, 0.0%)

3 が五 2 の側, の膝

1 [15件] かと思いました, が刃物, が刄物, すら床, に変り, に變, の背中, の胸, は梯子, は楊華津頭, も分らなけりゃ, を前, を取おろした, を見つける, を見付ける

▼ で段々~ (22, 0.0%)

1 [22件] いけなくなりますから, その話, それが, わけの, を一つ, 両種, 先方へ, 呼吸遣いが, 士族は, 大胆に, 山平でも, 巧者に, 恢復の, 無くなつて, 皆さんの, 私は, 空気は, 調べて, 跡の, 近眼に, 雪が, 飽いて

▼ で真実~ (22, 0.0%)

2 の事, の人間

1 [18件] あの殿, が欲しい, だ, で華麗, なもの, なプロレタリア, にその, に同情, に芸術的, に諫言, の妖術書, の心, の親子, は切れきりで, は巫女, は思い, は行つて, を堪える

▼ で~ (22, 0.0%)

1 [22件] から石, でもつ, に撃つ, のよう, のコマイヌ, の中, の味, の如き, の床, はやはり, は小, は皆, や植込, をしいた, を噛ん, を投げ, を投げる, を抱かされ, を掘出し, を枕ぐ旅人われ, を転ばせ, を除いた

▼ で確か~ (22, 0.0%)

3 なこと

1 [19件] でチェスタートン, な出来事, な国境, な声, な学説, な技倆, な結論, に, にお, にその, にもう, にタイプライター, に予, に何, に判らない, に学界, に完全, に江戸, に蝮

▼ で突然~ (22, 0.0%)

2 アキが

1 [20件] おなくなり, お越しあられた, からだの, そんな空想, には人, に凍っ, に押蒐, に町長, クレマンソーの, 城を, 嵐山劇場の, 来たその, 白装束の, 矢代は, 立ち上がり室, 誰か, 起った轟音, 遣つて, 遣つて來, 金属板を

▼ で細君~ (22, 0.0%)

2 が石

1 [20件] からパンツ, が女優, が死ん, が留守番, と姪, と若い, のこと, のだらし, の土産, の心, は子供, は数年来肺, は更に, は極めて, は見えなかつた, も仕方, をギュッ, を亡くした, を残念がら, を相手

▼ で頑固~ (22, 0.0%)

2 らしいの

1 [20件] じゃから, だが, である, でおまけ, でした, でそうして, でまけずぎらいで, で人付き, で怒りつ, で明治時代, で根, で結局景色, なおや, なため, なもの, な宇太松, にいう, に孤立, の為め, らしいところ

▼ で~ (22, 0.0%)

2 に青筋

1 [20件] から血, から頬, がネットリ, が冷たく, が出, が汗ばん, が瀬戸物, だけがぽ, にくっ付いてる, にふかい, のあたり, のなまなましい, のまんなか, の上, の下, の汗, の面皰, を地, を押える, を撫で

▼ であんた~ (21, 0.0%)

1 [21件] がわっ, が此処, が直接, その男, どうする, には追いつかない, に頼んだでねえです, のアダム, の下駄, の主人, の所, はあの, はあんた, はお, はその, はなぜ, はわたし, は彼, は悪い, は鹽原角右衞門様, やって来たって

▼ でかつて~ (21, 0.0%)

2 わたしが

1 [19件] この, この名手, は百二十万石, は祭, は自分, 一と, 一度は, 一般の, 人の, 他流試合を, 使われたこと, 彼に, 曲った事, 武州小, 洪水で, 渡ろうとは, 福島から, 襖の, 見たこと

▼ でこいつ~ (21, 0.0%)

1 [21件] がでたら, がまた, が何, が困る, にかかっ, に喰われ, の為, はかつて, は一体, は何とか, は手ごわい, は投げ出す, は法廷, ばかりはうまく, ばかりはどう, ばかりはどうも, も相, をこわれない, をどうにか, を唸り出した, を売った

▼ でさっそく~ (21, 0.0%)

1 [21件] お耳, それに, ですが, にその, にわとりを, ダビに, 主人役の, 五百人の, 今日の, 先生に, 実印を, 拵えて, 普請の, 河原警部に, 法水に, 浜松の, 王女は, 知事の, 警察部長が, 買収に, 髪結さんに

▼ でせめて~ (21, 0.0%)

4 一ところだけは

1 [17件] それくらいの, それらしい, もそんな, もの心, キモノだけと, 三千円ぐらい, 上河内から, 塵戻りの, 墓参ぐらい, 後継だけは, 慰めを, 日曜だけでも, 旦那の, 猿でも, 身体を, 雑誌社としては, 雨戸の

▼ でたとえ~ (21, 0.0%)

2 どのよう

1 [19件] あたり一面に, あれだけの, おはじきを, この前法主, そこへ, 一ドルにも, 一簣の, 不気味だ, 僅かでも, 卑屈でも, 同性に, 屋根裏で, 岡村の, 当の間男, 戦争に, 旦那様で, 樽屋へ, 無用に, 身が

▼ でなぜ~ (21, 0.0%)

1 [21件] あと金を, いツそ, かしらこの, かほんとう, こんなあぶない, その女, だろうと, なら事変, なら大, に愚劣, 下品である, 今夜じゃ, 休んだかと, 僕が, 利章が, 向側の, 宇治という, 審問が, 死なんならんの, 酒を, 面と

▼ でなんとなく~ (21, 0.0%)

1 [21件] うす氣味, うれしい, お伽話を, お玉は, きみが, もの足らない, 不潔な, 凄まじい美しさ, 哀れに, 夢の, 御守殿風, 心の, 悲しげ, 明るく美しい人たち, 楽しい, 楽しい毎日, 氣の, 決めかねて, 浅草へ, 物寂しい, 頷いて

▼ でふだん~ (21, 0.0%)

1 [21件] からお, から出入り, から彼ら, から母, から田舎, から畜類, から食べ物, がおとなしい, でも家庭上必要, とかわりない, なら尺取り虫, の悪戯, の東京, の活気, の言葉, はあんなに, は御用, は海面下, は田舎, は眉, は高弟

▼ で何と~ (21, 0.0%)

1 [21件] いつても, この上, せん術も, つかまえどころ, でも, なし何とか, 三升酒を, 云うかと, 云つ, 云はれ, 云ふこ, 就かずに, 手出しも, 無く心細い, 申しますか, 申しますんで, 答えたの, 結構な, 言うこと, 言う駅, 言つ

▼ で何とか~ (21, 0.0%)

7 して 3 早く身

1 [11件] いって, いふ食堂, このホテル, したな, なぐさめて, ならないもの, 一工夫し, 云ふ, 今の, 思ったかも, 生きの

▼ で何ら~ (21, 0.0%)

2 の濁り

1 [19件] か恐し, この社会, その間に, とらうべきところ, の効, の効果, の帰着点, の深い, の特徴, わが新, 他の, 憤激の, 新らしい, 特別の, 独創的な, 的確な, 目的と, 非難を, GO

▼ で僅か~ (21, 0.0%)

2 に自分

1 [19件] しかおれない, な流動食, な間, にハツ, に一世紀以前, に下, に与力同心, に二階, に保護, に八, に大阪, に手足, のは, の変更, の時間, 一昨日の, 二分間で, 二十六冊ほど, 五分間許りで

▼ で其処~ (21, 0.0%)

1 [21件] から来る, が呼吸もの, が温泉宿, での大, で休む, には土手, には迎い, にも影, に暫く, に有った, に煙突, に臨み, に言い知れぬ, の枝折戸, は四国巡礼二十四番, は書物棚, は蚊, へ集つて, を占領, を根拠, を覗く

▼ で博士~ (21, 0.0%)

1 [21件] がアブレ, が言, に面会, のため, のよう, の云う, の收入, の発見, の身体, はその, はびやうゐんを, はズボン, は一体, は七人, は我国, は直ちに, は私, は葉巻, を引きとめ, を殺した, を背

▼ で大胆~ (21, 0.0%)

2 なの

1 [19件] だから, だった, だという, であった, であつ, で勇猛, で少し, で決断力, で第, で自由, なところ, な事, な勇者, な所説, な男, な科人狩, にお, にも太平洋, らしい

▼ で夫人~ (21, 0.0%)

1 [21件] がホテル, が七日, と顔, に紹介, に託け, のほか, の実家, の家, の筆蹟, の財産, の遺書一つ発見, の部屋, の頼子, は, はそこ, は永井亨, も口惜いが不可, も娘, も横浜, やローゼマリー, をめぐる

▼ で~ (21, 0.0%)

4 の方 2 の一, の間

1 [13件] からは年, など一寸, にばかり引, に板戸, のお, の居間, の座敷, の椅子, の横六畳, の聖所, へあがる, へはいった, 附きの

▼ で寂し~ (21, 0.0%)

4 そうに 2 がつて, さと, さを

1 [11件] かつた, がって, がりたい私, さう, さうに外へ, さうに私の, さやる, さ悲し, て仕様, みの, 味に

▼ で~ (21, 0.0%)

1 [21件] に其船形, に執着力, に好い, に憐むべきもの, に新, に極端, に險, はこの, はそれほど, は主君, は何處, は宗匠, は書齋, は目, は矛盾, は講演, は重大, は風, をいふ, を云, 現不可能

▼ で少く~ (21, 0.0%)

1 [21件] とも, ともこの, とももう, とも之, とも人生, とも今日われわれ, とも十二種, とも問題, とも姉妹芸術中, とも娼妓, とも山の手, とも恢復, とも感情, とも生前, とも芸術創造, もちゃんと, もヤンキー, も世間, も二千年間, も私, も関東

▼ で少年~ (21, 0.0%)

3 の頃

1 [18件] がま, のくせ, のころパイレート, のやう, のボストン, の心うち, の心臓, の時, の死体, の瞳, の美, の顔, の魂, はすぐさま, はたのしかっ, は窓口, らしい愛らしい, をながめました

▼ で~ (21, 0.0%)

4 の中 2 の岸

1 [15件] から獲れる, から這, から這い上がった, すぢ一帯, にでも身, のおも, のまん中, のケイズ釣, のバラス, の半ば, の汀, の流れ, へほうり込ん, らしい水明かり, を隔て

▼ で~ (21, 0.0%)

2 の床, やら岩, を伐り

1 [15件] でも折れる, でも石, なら何ん, にも付かず, に斧, に登る, の中, の古い, の箱, の香り, や竹, らしい木, を一尺, を伐り過ぎれ, 之助

▼ で汽車~ (21, 0.0%)

1 [21件] がこんなにも, がひっくりかえった, が停まっ, が出た, が動き出す, が北方, が後, が来た, にとびのった, に間違, の中, の動揺, の時間, の灯, の煤煙, の通らぬ, の音, へ乗っ, へ乘, や電車, よりも早く

▼ で無論~ (21, 0.0%)

1 [21件] このお, その借金, そんな莫迦, やり手の, クルベー好みの, 世阿弥が, 主膳自身の, 人の, 其奴等の, 唯一人中背など, 女好きだ, 小郷は, 島原地方だけの, 彼は, 指紋などは, 旅屋の, 海外の, 現在の, 異存の, 眞の, 郷里などは

▼ で着物~ (21, 0.0%)

2 の裾, は十分

1 [17件] の塵, の後, の着こなし, の縞, は上, も指輪, も着せ, も粗末, や帯, をぬい, をひ, を拝借, を着, を着る, を脱がせる, を解く, を身

▼ で紋也~ (21, 0.0%)

1 [21件] が地, と鈴江, にひしと, の希望, の返辞, はずっと, はせわし, はそっち, はそれ, ははずむ, は二丁目, は力, は取って返した, は四辺, は月, は正視, は歩き出した, は盃, は相手, も妹, も立った

▼ で~ (21, 0.0%)

2 づきの, もハゼ

1 [17件] がぼて, がまずい, が落ち, が食いたく, づきが, のなか, の厚いぽ, はまだ, ばかり食ってる, へかける, ぼそ, を切っ, を少し, を細, 厚く黄色, 附きが, 附きは

▼ で~ (21, 0.0%)

3 のしない 2 のした

1 [16件] がきたなく, がする, が弱く, が競争, としては音便, と音, には聴, のする, のちがった, は聞えない, もしなけれ, もなく, も響, をあげる, を入れる, を忍ん

▼ で~ (21, 0.0%)

2 を切っ

1 [19件] から油, がうすく, が肩, だけ結いあげた, なども黒く, についていわれた, にはぷうんと, に疋田鹿の子, の長い, は薄色, は褐色, へのばし, も乱れず, も化粧, も容, をお, をチャン, を切られた, を直す

▼ であんなに~ (20, 0.0%)

1 [20件] おこつた妻君, お立派, きれいな, して, つめたくあんなに, も龍太, イジメられ, 不思議な, 働いて, 御普請, 明るいわ, 東京を, 着物が, 腹を, 良い方, 退却ばかり, 遅く出かけ, 遥かの, 部屋さがし, 酔うほど

▼ でいかに~ (20, 0.0%)

2 して

1 [18件] あなたの, 一地方で, 不実な, 世間の, 事態の, 人間としての, 努力し, 後者が, 恐ろしい想像, 手足の, 書すべきかは, 無学文盲とは, 無頓着な, 老獪で, 老獪であろう, 西洋風を, 贔屓眼に, 連合大売出しが

▼ でうっかり~ (20, 0.0%)

5 すると 2 して

1 [13件] こしらえましたもの, こんな所, ほかの, ヘマを, 口を, 怠けると, 手出しの, 挨拶し, 放し飼いは, 知らぬ人, 近づけないそこで, 逢おうもの, 部分的な

▼ でごく~ (20, 0.0%)

1 [20件] しぜん, よい血角, よかった, 僅かな, 内輪に, 冷静で, 勝手が, 古い和語, 大雑把な, 小型の, 少数の, 当り前な, 普通の, 最近の, 短いあいだ, 短かい, 近しい関係, 遠慮がちに, 際どい事, 青い目

▼ でさっぱり~ (20, 0.0%)

4 して 2 手ごたえが

1 [14件] した単純, した座敷, するかも, とした, サイン帳の, 上って, 分からなかった, 分らんが, 収穫は, 売れない, 妙味という, 目的の, 聞えぬ, 見当が

▼ でてんで~ (20, 0.0%)

1 [20件] ありも, お話にも, なって, なつて, の夜業, んに, 加藤は, 叔父の, 取り合いませんでした, 取合おうとも, 太刀打が, 存在しない, 手出しが, 月に, 男など, 私の, 美しくは, 自分の, 話に, 頭は

▼ でなるほど~ (20, 0.0%)

1 [20件] あとでの, あなたの, あれだ, これでは, な, 一所懸命にだけ, 下車する, 世間には, 場所は, 大迫玄蕃は, 左の, 建物の, 灯の, 然し言, 確かに, 聞えない, 菊千代の, 見てくれは, 赤銅色に, 逗子に

▼ でもっとも~ (20, 0.0%)

1 [20件] あんな女, すぐれたもの, その以前, よく自分, らしい様子, らしい顔, ソロソロ宗旨を, 中央チベットでは, 二階から, 人間に, 多く落伍者, 大根の, 有能な, 生気の, 碩翁その, 私には, 縁の, 褞袍に, 見すぼらしく人間, 身分柄乗らず

▼ でわずか~ (20, 0.0%)

1 [20件] なつぶやき, にお, に一回かぎり, に一騎一列, に叫び出す, に各所, に彼方此方, に扉, に斬った, に木屑, に残っ, に目, に紺染め, に蝋燭, に鬱, ばかりの美し, 一冬の, 一時間ばかり, 一言二言かわした, 十六歳の

▼ で万事~ (20, 0.0%)

1 [20件] うまくいった, がこの, がそういう, が大まか, が好都合, が実に, が平々凡々, が皆, にゆきわたり, に同情, に如才, に気, に贅沢, に近代科学, のうち, の待遇, はとても, は弁護士, を切り盛り, 御当人

▼ で三日~ (20, 0.0%)

5 に一度 4 も四日 3 おき二日おき 1 か, でもあの, になった, ねむらないと, の午すぎ, の間はつきり, ばかりは非常, ほど後

▼ で両手~ (20, 0.0%)

1 [20件] でそれ, で五匹, で襟, と足, と顔, に大きな, のうち, の間, をこういう, を上げ, を上げた, を動かし, を口, を合せ, を拡げ, を挙げ, を振っ, を振る, を新聞, を突き出した

▼ で今朝~ (20, 0.0%)

2 は早く

1 [18件] お雑煮, からの空腹, の意趣返し, の有明荘, はこう, はその, はわざ, はオネショ, は胡瓜, は霧, も彼, も父親, やっちゃったん, 早く草津, 暗いうち, 来るべきはず, 睡うご, 立つと

▼ で何處~ (20, 0.0%)

1 [20件] かで久六, かに良い, かに説教, からでも逃げられた, か間, で練習, にも顏, に住ん, に新, の國民, へといふあて, へも出かけません, へも改めて, へ噛み付く, へ行, へ行く, までもつれなき, までも事實, までも末頼母, もこ

▼ で~ (20, 0.0%)

4 も角 2 に角

1 [14件] と亀, と犬, にかく, に角一流, に角主人, に角人間, に角先づねろとばかり, に角南泉寺, に角印度, に角學校, に角歴山大王, に角首尾, のやう, も角雪子

▼ で古く~ (20, 0.0%)

1 [20件] からこの, から使っ, から多く, から知られ, なった屋根板, なるにつれて, はこれ, はもつ, はやはり, はチャセン, は下, は今年, は佐伯, は政所, は無, は雲梯ヶ岡, 何の, 単独に, 地中海に, 朽ちかけて

▼ で~ (20, 0.0%)

2 が何, をくりょうと約束

1 [16件] が一人どこ, などは法隆寺, なんかにでも随分, にぜひ, には三千二百円, に帽子, の千種, の手紙, の毬代さん, の脊筋, の骨, はパツ, は家, もたいへん, も大層心配, を熱愛

▼ で強い~ (20, 0.0%)

1 [20件] ことは, てこれ, て之, ものか, んです, 内容は, 反感, 感を, 感情的な, 手である, 手足が, 抵抗力を, 時代の, 歌である, 相手には, 確りした, 肉体と, 薬のに, 選手は, 郷愁を

▼ で当人~ (20, 0.0%)

1 [20件] が行く, さえもそれ, だって真, に対してのべつ, のいう, のド, の又, の寝坊, の様子, はいかに, はこれ, は不合理, は世の中, は主観的, は再生, は切腹, は勿論, は至極, は足, は黒羽二重

▼ で必要~ (20, 0.0%)

3 なの, なもの 2 に応じ

1 [12件] からでも我々, がなくなった, がなけれ, なこと, なこと以外, なば, な仕事, な時機, な短詩, な註, のない, 欠くべからざる存在

▼ で悲しい~ (20, 0.0%)

1 [20件] だろうという, でせう, というよう, といふこと, ときにも, ところなどは, ともくち, のだ, ものな, ものは, わ, んです, 事だ, 事に, 事も, 場合が, 声が, 気が, 氣もちです, 活気を

▼ で~ (20, 0.0%)

2

1 [18件] ながらこの, ながらのぞましく, ながらばつ, ながら冷, ながら可笑し, ながら迂, ながら鈍, ながら随意, にふさ, はた, も人, れが, れにも, れ我, れ過ぎぬ, を忘れ, を忘れる, を折る

▼ で拙者~ (20, 0.0%)

1 [20件] といたしまし, と洞, なども痛く, に於, の奥, の探偵小説, はこの, はその, はなに, は山影宗三郎今後, は御免, は狂喜, もその, も井上嘉門殿, も後, も忙しい, も思わず, も持っ, をお召, を討ちたかろう

▼ で率直~ (20, 0.0%)

2 である

1 [18件] でまた, で動じないおそらくは, で同情, で機智, で正義, で男らしい, なシャア, な心, な態度, な表現, な記念, な関係, にうかがう, にやり, に熱心, に申, に申し入れる, に私

▼ で病気~ (20, 0.0%)

2 と云う

1 [18件] で奥, と誰, ならともかく, なんて他, にかかり死なね, にさえかかったらしく感ぜられた, になつちやつたの, になれ, にはかかる, にもなりかねない, のほう, の原因, の方, の時, の薬代, は立ちどころに, をし, をなおし

▼ で~ (20, 0.0%)

2 があるなら

1 [18件] からふり落とされ, から飛び降り, で出かけた, で長い, に乗っ, の中, の扉, の輪, の輻, は目的地, をすっとばし, を下り, を乗り捨てた, を曳い, を止め, を走らした, を飛び出す, 動かず

▼ で~ (20, 0.0%)

2 ひかけました, ひすがり

1 [16件] ついて, つ拂, ひかけたか, ひかけて, ひまは, ひ出した伊勢屋, ひ立てたとか, ひ返へ, ひ駆けて, んだされ, ん出た, ッ払われた, ツ拂つてゐる, ン廻し, 剥ぎや, 熟させない

▼ で面白~ (20, 0.0%)

6 がって 5 かつた 1 えが, がつて, さう, さうだ, さうに腹を, さうに講義を, さも, そうな, そうに

▼ で~ (20, 0.0%)

2 を折っ

1 [18件] がない, がなかっ, が太く, が折れる, が跡形, と皮, には達し, にまで達し, に徹る, のよう, の処, の節々, の質, の髄, を惜, を折った, を折つて結婚, を抜かれます

▼ で~ (20, 0.0%)

7 さは 2 さが

1 [11件] くちぎとかつをぎが屋根, さから, さと, さも, さ三間強幅五間は, さ二尺何寸長い, は勝手, は非常, 一は, 一めがけ, 声一つ立てる

▼ であらう~ (19, 0.0%)

2 やうな

1 [17件] いろいろな, すべての, とする, ともさ, やうに, 不純さそして, 二人の, 元気の, 可憐げな, 問題に, 嗄れた溜息, 奴等の, 彼女等が, 新作への, 時期, 江戸の, 行暮れた愁

▼ でいくらか~ (19, 0.0%)

1 [19件] この方, 一般人の, 云いわけ, 借りに, 助かるの, 包んだやう, 単純な, 埋まつて, 娘らしい, 慰められて, 慰めるところ, 文學の, 気が, 目が, 私の, 詩風は, 起きかえる事, 輪を, 集注する

▼ でおい~ (19, 0.0%)

2 でなすった

1 [17件] かはが主, であそばし, であそばした, でくださるよう, でなさる, でなさるという, でなさるな, でなさるよね, でなされ, でなされた, でなすっ, で遊ばした, で遊ばす, とま, とまいたしたい, とまする, 駕籠と

▼ でおとなしい~ (19, 0.0%)

1 [19件] から今に, から僕, し, そうした人, のでみんな, ものだ, ものである, 三十五の, 傲慢でない, 妹娘に対しては, 娘だ, 孝行者でした, 寄宿人は, 少年は, 方だ, 点は, 犬でも, 男です, 髭が

▼ でおよそ~ (19, 0.0%)

2 六七年の, 恁る

1 [15件] いかほどの, ここは, この十年間, の事態, スポーツという, 三罰の, 不気味な, 人間の, 人間らしいところ, 其許の, 場所違ひ, 師直の, 現実の, 生活改善が, 異種族間

▼ でかすか~ (19, 0.0%)

1 [19件] ながらうとましく, な作業, にしゃくりあげ, にどど, にもの, にももの, に乳, に二三度痰, に唸る, に女, に息づい, に海, に渓流, に物, わからない, わからないし, 判らない, 知れたもの, 知れないよう

▼ ですこぶる~ (19, 0.0%)

1 [19件] おもしろい考え, お母さん似, さびしくなりました, にぎやかだ, 偉観である, 品の, 妙だ, 怜悧な, 愧体を, 成功を, 爽快だった, 簡単かつ, 簡単しごく, 簡単至極な, 簡素で, 精巧に, 美音だった, 面白い, 頑丈に

▼ でどうせ~ (19, 0.0%)

1 [19件] お前の, それは, のこと, 三瓶で, 今どきこんな, 今日は, 他家へ, 助かりっこ, 助かる見込, 我々は, 止みそう, 此処まで, 母様は, 泡の, 満足な, 漢字の, 私から, 贅沢な, 間に合いっこなし

▼ でふたり~ (19, 0.0%)

1 [19件] がいまさら, がとう, が大江, とも胸, に向っ, のあら, のいる, のきょうだい, のホボ, の恋, の童子, の虜将, の警官, はいいつけられた, はほか, は女, は挨拶, は眠っ, は裏庭

▼ でわが~ (19, 0.0%)

1 [19件] せこと, もの顔に, 党の, 大和民族が, 対策としては, 心の, 朝の, 東方帝国の, 歌舞伎劇の, 生命を, 産の, 眼の, 笠森仙太郎と, 聖徳太子も, 藩が, 邦で, 邦の, 酔臥せし, 関東や

▼ でわれ~ (19, 0.0%)

2 もわれ

1 [17件] から押し, しらず時間, しらず襟元, しらず身じろぎする刹那, ながらぎこち, ながらみごと, ながら不快, ながら何うに, ながら余計, ながら少し, ながら時に, ながら解し, に返っ, は戸, は財布, より先例, 聞くところ

▼ でアメリカ~ (19, 0.0%)

1 [19件] からの観光客, から帰っ, から持っ, がどうのこうの, ではしつけ, とのあいだ, に行っ, に行った, の大リーグ, の夫, の映画スタディオ, の民主政治, の登山小舎, の素晴らしい, の蒙昧種族, の飛行機, は麻布, へでも輸出, やオロシャ

▼ で亭主~ (19, 0.0%)

3 に死

1 [16件] が三度, が出前, が担ぐ, にこき使われ, につんけん, のところ, の借金, の六兵衛, の国府, の引き, の熟練, の秘密, は居なかった, は横浜, は牛肉, を二カ所

▼ で~ (19, 0.0%)

2 で俗, なるもの

1 [15件] でなかった, ならぬ深遠, にいう抜ける, にいふ, にくだけた, にその, にツケギ, に仏様, に素人芸, に菅糸, に風鈴そば, のやう, のよう, ぽかつ, を笑

▼ で信長~ (19, 0.0%)

2 と肩, も

1 [15件] が耳, が蘭丸, にも愛せられ, に謁, の方, の時代, の歓心, の為め, の目附, は, はこれ, はすでに, は他, は大戦, は戦い

▼ で先刻~ (19, 0.0%)

2 から氣

1 [17件] うけた呵責, おわかれし, からいろいろ, からの失礼, から休み, から気, から這入る, この本, と同じ, に考え, のよう, の二十五文, の長虫, までかき, も橋場, よく娘, 逃げられたぼく

▼ で先方~ (19, 0.0%)

2 に都合

1 [17件] からは郵便配達夫, から倦, がおとなしく, がどういう, が素直, でも責任, で出す, に対する最, に面識, のくれた, の反感, の奴, の心, はポカン, は七等, は全然, は八千円

▼ で可愛らしい~ (19, 0.0%)

3 獣を 2 ぜ, 許嫁が

1 [12件] くらい, ぢや, といっ, とかなかなか, もので, ような, 女房ぶりです, 子供だった, 小さな靨, 小天使, 感じが, 眼にも

▼ で四辺~ (19, 0.0%)

4 を見廻し 3 は静か

1 [12件] がきれい, がぼんやり, が暗闇, が濛, が真, には草一本, に弾き飛ばした, の風光, はひっそり, は寂然, は油, をキラキラ

▼ で~ (19, 0.0%)

2 がなく, が無い, の上

1 [13件] に染みた, の中, の山, の文学, の牢, は所謂地久, も美しい, を取り上げ, を掘っ, を掘った, を掻き退けよう, を浴び, を蹴った

▼ で如何にも~ (19, 0.0%)

1 [19件] その声, その頭脳, その頭腦, ふざけて, ロマンチックだつた, 図々しすぎる, 垢拔けの, 如才なく, 婦人の, 寛, 房枝は, 残念に, 深い感興, 温泉らしく, 神妙なあやまり, 神經質らしい, 秘密出版物らしく装うた, 貴公子然, 青い艸

▼ で~ (19, 0.0%)

2 の方

1 [17件] から薄, がない, が平ら, が知れぬ, が轟々と, でこれ, でこれぐらゐ, にこもる, にはやはり, には何, には黒い, に薄気味, の知れない, の砂, の見える, は美しい, ふかく巻き

▼ で御用~ (19, 0.0%)

2 が勤まる, は

1 [15件] がつとまる, が済む, が済んだら, というの, という字, と仰, に立ちますなら, のほか, の化粧品屋, の提灯, の間, をはたす, を聞い, 聞きに, 聞き仲間

▼ で~ (19, 0.0%)

3 をする

1 [16件] だの愛, ではない, ではなかったろう, などすべきでない, なればこそ, なんかする, にくらんだ, のお, の歌, の神経, の贈物, の遊び, の飽食, らしいもの, をあさって, を生命

▼ で恐ろしい~ (19, 0.0%)

1 [19件] きかん気, きかん氣, ことも, と思うだろう, のだ, ものだった, ような, ように, アンバランスが, 偉力を, 兵乱が, 切り合いが, 力を, 努力の, 声が, 奴でござる, 懊悩に, 所でございます, 罪人と

▼ で敏捷~ (19, 0.0%)

1 [19件] こく勇気, だ, であった, で可憐, で図々しく, で大胆, で大食, で手, で物わかり, で重々しい, なだん, なの, な与力, な文化活動, な犬, な若い, な鳥, に振り返り, に身体

▼ で楽し~ (19, 0.0%)

5 そうな 4 そうに 3 げに 2 そうでした 1 げな, さうに思はれる, さを, そうだった, 相に

▼ で~ (19, 0.0%)

2 をそめ

1 [17件] がすっかり, がちびた, が抜け, が立たない, が脱, として役立たない, に沁みる, の手入れ, の技術, の根, もたたない, もまた, をくいしばっ, をくいしばり, をみせ, を噛ん, を撫で

▼ で~ (19, 0.0%)

2 せるが

1 [17件] ちた海鴨, ちた魚, という色, といふこと, にでもした, にはしない, にやい, に臨み徹した, に行く, の世界, の呼び, の家, の競技, は幸福, をはっきり, を待つ, を想ってる

▼ で~ (19, 0.0%)

2 の解説

1 [17件] がひとり, が夙に, にめんどう, の家, の弱点, の思想, の警句, はたしか, は上京後, は世界, は今, は全然, は思ひ, は直に, は私, へ手紙, も犬養氏同様手蹟

▼ で無事~ (19, 0.0%)

2 で波風, に生き

1 [15件] でありました, で平静, な品, な生活, な籠城, におとなしく, にすんだ, に助, に助かった, に学校, に死ん, に済んだ, に濟むべきもの, に生長, に赤穂

▼ で然し~ (19, 0.0%)

2 原稿用紙自体は, 彼らが, 相当に

1 [13件] いい加減に, きっぱり云った, それは, ねこの, 人間は, 今宵は, 今尚, 仔細に, 八年の, 同時に此花, 妻でなかったら, 実際は, 酔つ

▼ で煙草~ (19, 0.0%)

4 を喫 2 をのみたる, をふかし

1 [11件] がない, にマッチ, の代, の火附, の煙り, の花, ばかり吹かし, をのみ, をぱっぱっ, を吸ん, を吹かし

▼ で犯人~ (19, 0.0%)

1 [19件] がこの, が喜多公, が逮捕, と同じ, なぞに用, の一人, の一撃, の推定, の見込み, は, はあの, はどうしても, はなん, は何一つ目, は何処, は何者, を男, を見つけだす, を誰

▼ で素朴~ (19, 0.0%)

1 [19件] であった, であつ, でありヤマネズミ, であるという, でよい, で分化, で剛健, で正直, で貴族的, なば, なもの, な人達, な俳句, な女の子, な気持, な涙, な親, な魂, に見えた

▼ で結婚~ (19, 0.0%)

2 して

1 [17件] が云われ, しても, しないという, するの, にまで話, によって他, に気のり, の式, の意志, の約定, の話, はくじびきみたい, は人生, をさせる, をした, をしない, を重んじ

▼ で~ (19, 0.0%)

2 がない, の下, もゆかり

1 [13件] あれば, が円く, が遠い, と云う, のそ, の小, の所, の端, の落ちた, へは左衛門, へ赤く, をとつ, 切になっ

▼ で美しかっ~ (19, 0.0%)

92 たこと 1 たから, ただけ, たの, たので, たら正しかっ, た人, た暖か, た温習会

▼ で舞台~ (19, 0.0%)

4 の上 2 には人影

1 [13件] があつ, が大きい, で停止, で見た, においてはただ, に乗った, に立った, の奥, の興行, の警官, は拝見, へ出, を飛びおり

▼ で~ (19, 0.0%)

10 之助 1 が片, のない, の眞ん中, の色, の黒ずんだ, は輝い, もなけれ, もまた, や枝

▼ で遠い~ (19, 0.0%)

2 ところから, 昔の

1 [15件] ところじゃ, ところほど, ようで, わかったよう, 以前の, 処から, 墾り, 外国を, 山脈の, 旅から, 河の, 端々の, 道程を, 雲でも, 電話口で

▼ で電車~ (19, 0.0%)

2 に乗りこみ, も自動車

1 [15件] があった, がぎいつと, が通り自動車, と自動車, にのっ, にのる, に乗っ, に乗る, に乗れない, のパス, の中, の五, の開通, は通っ, を待

▼ で~ (19, 0.0%)

2 を食っ

1 [17件] が済ん, たく, だけを二人前, でも食う, なんか盛る, のしたく, はたべ, はどう, は白米, も食い, も食わず, をやる, を握り, を炊く, を煮る, を食, を食い

▼ で~ (18, 0.0%)

7 はゆる 42 の間 1 にまつ, らしって, らして, 酔しなけれ, 酔の

▼ でいかなる~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことが, 不思議の, 動物と, 反応も, 国民にも, 変化が, 強弩, 悪癘, 時にも, 時代に, 犯罪も, 理由で, 病気にでも, 神の, 種類の, 結果を, 罪科を, 邪魔もは

▼ でいささか~ (18, 0.0%)

1 [18件] の不安, の不平, の妥協, の恥, の静安, の黄味, は心, ばかばかしくなっ, も人選, も非難, 元気が, 内心で, 唖然と, 天文を, 惚れっぽく, 気が, 注意する, 酔覚の

▼ でいざ~ (18, 0.0%)

2 となる

1 [16件] という場合, という時, といえ, といふ場合, となれ, と云う, 他の, 出掛ける勇氣, 出発と, 実地に, 戦闘と, 是からといふ, 書かうと, 沸騰と, 稽古に, 開票し

▼ でからだ~ (18, 0.0%)

2 のない

1 [16件] がない, が燃える, では到底, に別条, のほう, のよう, の中, の泥, の節々, は大きく, へしっかり, をかざりたて, をく, をひきずる, をみがい, を刻まれる

▼ でしばしば~ (18, 0.0%)

2 これを

1 [16件] その横桟, その看板, 吉村の, 国境を, 屋根の, 徹夜で, 意志の, 招かれて, 柳屋の, 水の, 独りで, 粗暴でも, 芸者に, 若い人々, 誤るもの, 高踏的で

▼ でたちまち~ (18, 0.0%)

2 そこに

1 [16件] この泥棒事件, のうち, 五円ぐらいの, 五月末には, 人目の, 利目が, 四, 往来の, 教師の, 海上を, 界隈の, 花火の, 血気の, 赤毛布が, 近所と, 関羽軍は

▼ でたった~ (18, 0.0%)

3 一人で 2 一晩に

1 [13件] いま苦しい, いま見た, 一と, 一ン日も, 一人生き残った, 一人芒の, 一度でした, 一点赤い, 一発で, 一足だけ, 九百円か, 六畳二た, 十九と

▼ でたとい~ (18, 0.0%)

1 [18件] それが, やってきたところ, クリストフの, 事柄は, 二朱銀一個でも, 享楽を, 今までの, 女の, 如何に, 家の, 小さな女の子, 巨万の, 根本においては, 氷山が, 生きて, 田地一枚について, 痛いところ, 自分の

▼ でちょい~ (18, 0.0%)

2 と良い

1 [16件] とお, とこう, とした, と冗談, と切っ, と好い, と巴里, と扱い, と押す, と気, と漉せません, と石, と色, と親方, と軽く, と頭

▼ でどんどん~ (18, 0.0%)

2 上流の

1 [16件] おこって, こっちへ, それを, と捗取る, のあたり, はやく流れ, 出世し, 小さい経営主, 掘って, 治って, 火鉢に, 焼が, 走って, 身代を, 追っ駈けて, 進んで

▼ ではなはだ~ (18, 0.0%)

1 [18件] かれの, きまりが, きまりの, こそばゆいもの, すまないが, 具合が, 失礼ながら, 失礼を, 尊敬すべき, 御気の毒, 愉快であった, 気づまりな存在であった, 筆の, 美しい, 興味の, 見て, 見苦しい, 面白く思われる

▼ でもう一度~ (18, 0.0%)

1 [18件] あなた方にも, あの晩, ぐらいはキットどこ, 佐々木小次郎へ, 使いに, 俯仰天地に, 川へ, 彼は, 彼女の, 念を, 念入りに, 癒って, 相談する, 舞台に, 藁小屋の, 襖の, 見たいと, 赤穂の

▼ でよほど~ (18, 0.0%)

1 [18件] うまいところ, お悪い, こじつけないと, の暴風雨, の理由, 不良少年という, 古風な, 困ったとき, 大きな天災, 恵まれた素質, 手を, 東洋に, 注意し, 深いよう, 深刻な, 耳が, 肉も, 芝居といふ

▼ で下品~ (18, 0.0%)

3 に育ちました

1 [15件] だった, だと, であって, であつ, でいけない, ですから, でも不潔, で一緒, で氣難, で甚だ, なまね, なやりかた, な動物, な口, な聲

▼ で乱暴~ (18, 0.0%)

1 [18件] だから, だが, だとの, であったから, である, であるが, でした, では, で今, で愛欲, で殺風景, で而, といおう, なのに, な若殿, に押, をする, を為

▼ で何かと~ (18, 0.0%)

2 いうと

1 [16件] あらぬ風評, いふと, ばあさんは, 云うと, 云へば, 京子の, 便利が, 便宜が, 取込んで, 奥の, 小平太に, 当てつけた, 指図する, 義務の, 聞き及んで, 自分に

▼ で何れ~ (18, 0.0%)

2 も人肉

1 [16件] が従, が芸術的, でお, にとも賛同, の道, ほど深い, また出ます, もやはら, も八世紀, も共通, も力説, も和, も宇治附近, も概して, も秦, も立派

▼ で全然~ (18, 0.0%)

2 言葉が

1 [16件] といふ, べつの, もうかッ, 別人の, 外部的な, 思い設けなかった一つ, 怠け者の, 新らしい, 方角ちがいの, 水商売の, 無意味だ, 私の, 笑うこと, 門弟の, 飲み友達扱, 魅力の

▼ で医者~ (18, 0.0%)

1 [18件] から笑われる, から酒, にあずける, にかける, の使う, の厄介, の問い, の家, の書生, はなんと, は一人, は可, は心安き, は恐しい, は興奮, も手, も百日以内, を地方

▼ で変化~ (18, 0.0%)

2 というもの, にとん, のない

1 [12件] があっ, があった, が多く, が少なく, しなければ, するに, にとみ, に乏しい, に富み, に富ん, のある, もある

▼ で大きく~ (18, 0.0%)

1 [18件] てしかも, てゴヤ, て厚肉, て肩, なったもの, なっても, なつたらお前達, なりましたよ, なり一人前, なるに従って, なれば, なれよ, もあれ, 中へ, 云えば, 書いても, 書きたてる, 紅葉の

▼ で夫婦~ (18, 0.0%)

1 [18件] ということ, ともこの, とも今, と母親, になる, のあいだ, の会計, の生活, は, はいは, はいわば, はどうやら, はどちら, は子供, は花道, 分れを, 寄ると, 寝ざめにも此事

▼ で幾度~ (18, 0.0%)

1 [18件] かあの, かこんな, かの補修, か小首, か礼, となく, も, も〇点, もつまずい, も折り返, も気, も目, も試し, も逢つて, も零點, も頷いた, 煉り直しても, 見ても

▼ で意外~ (18, 0.0%)

2 です

1 [16件] だったの, であったこの, でありますまい, でしかも, では, なこと, なところ, な邂逅, な馬, にもその, にも星宮理学士, にも自分自身, に早く, に深く, の出来事, の興

▼ で或いは~ (18, 0.0%)

1 [18件] この傾向, そういう危惧, それが, それを, ぶらぶらと, むしろそれ以下, 主人の, 主観が, 事実では, 二十五歳で, 二十歳で, 刺し違える料簡, 唯一の, 外国文化は, 海の, 言論の, 誇り或いは, 頬かむりした

▼ で武蔵~ (18, 0.0%)

1 [18件] が着かぬ, とは関係, と名乗り合ったら, と矢野吉重, には絶好, には遺墨, のことば, の前, の名, の国, の時代, の書中, の筆蹟, の著した, はまったく, は乱暴, をおだて抜く, を打てない

▼ で毫も~ (18, 0.0%)

2 これを

1 [16件] この特殊, これに対して, その価値, 人生に, 動かない, 動ぜぬその, 平生と, 怪しむには, 悔悛した, 支那と, 為す所, 獲るところ, 理想が, 記録を, 運動させる, 非難すべき

▼ で漸く~ (18, 0.0%)

1 [18件] その宿, だったもの, わかつたやう, 中井へ, 八郡に, 娘の, 微かな, 思ひ出し申し候, 教えられた川端, 末流の, 松島さんへ, 此頃では, 母親を, 氷が, 海岸へ, 碓氷を, 芽の, 薩摩の

▼ で無愛想~ (18, 0.0%)

2 な七之助

1 [16件] だけれど, でお, でおまけ, でお嬢さん, で人間ぎらいだった私, で口下手, で時に, で規則, で話, なの, なので, な友吉, な幾太郎, な方, な老爺, な顔

▼ で現代~ (18, 0.0%)

2 からは狂人

1 [16件] ではありふれた, ではすでに, においてわたしたち, には止観文, には稀, に於ける, のある, の予言, の人間, の所謂常識, の文化, の日常性, の物質科学, の物質至上主義, の自然主義, はことに

▼ で病人~ (18, 0.0%)

1 [18件] が癒, とあ, というもの, と人払い, などにはしばしば, にお, に針, の寝, の枕もと, の爪, の長々, はた, はとうとう, はどう, は三度目, は口, は大概善人, も大いに

▼ で私自身~ (18, 0.0%)

2 の過去

1 [16件] が何等, が雑誌, たいしてわるい, にさ, についても云, にもその, に何, はつまり, は探偵小説, もこうして, もそれ, もファルス作家, も主として, も今, も情けなく, 面倒くさくて

▼ で~ (18, 0.0%)

2 八は, 吉の

1 [14件] であつ, でそして, でどこ, で完全, で素直, で自然, なの, な娘, な情熱, 文化的な, 文芸とは, 眞な, 科学的に, 粹で

▼ で縁側~ (18, 0.0%)

2 からポン

1 [16件] からは見えない, から奥, から奧, から眼, から覗け, には少し, に出, に參, に向いた, に坐, に床, に来, に腰, の外, はやはり, へあがりました

▼ で背中~ (18, 0.0%)

1 [18件] からむずつきはじめる, から両脚, がぞくぞく, がゾコゾコッ, に一人, に四ヵ所, に私, に糸, のこと, の刺青, の翼, は曲っ, へ突立つたわけぢ, をたたい, を丸め, を撫でられた, を深々, を突かれ

▼ で興味~ (18, 0.0%)

2 のある, を有っ

1 [14件] ある感想, ある蒐集, があっ, があった, がある, が深い, のあった, の有, の深い, はある, ふかいもの, ふかい作品, ぶかい, をひかな

▼ で良人~ (18, 0.0%)

1 [18件] からお, がある, が大変, が書院番, が見, と一緒, なんぞはまあ, に向い, に苦情, の両親, の意志, の愛情, の白日鼠, の部屋, は今夜桐沢さん, は小さい, は良人, を持ち

▼ で~ (18, 0.0%)

3 の穂 2 の中

1 [13件] がみじかい, でも木, のせい, のなか, の名, の芽生え, は生え, もなく, を噛む, を圧, を食べ, を食べる, 臥させて

▼ で~ (18, 0.0%)

2 には犬

1 [16件] から街, の中, の空, の静か, はいつ, はひっそり, はまだ, はやっぱり, は人, は地, は暗く淋し, は未だ, は閑雅, へ出, へ山, を歩く

▼ で貧乏~ (18, 0.0%)

2 の恐ろし

1 [16件] がきらい, が入りこまない, だった, で, であった, であるとき, であんまり, でちよい, で平次, で怠け者, で愚昧, で風儀, な大学生, にあえぎ, の苦しまぎれ, 臭い殼

▼ でいつか~ (17, 0.0%)

1 [17件] ぐっすりと, な埓, な手, な発表, な空, はきっと, はとは思っ, は亡ぼそう亡ぼそう, は宮, は役, は眼, また会われる, また遊ん, もう車, 余程前, 見たとおり, 見た火事

▼ でうれし~ (17, 0.0%)

4 かつた, そうに 2 がって 1 うて, かつたた, がったり, がった由, がつて, がりました, さと

▼ でしっかり~ (17, 0.0%)

4 して

1 [13件] くっついて, した人物, してるの, そこに, とかじりつい, とこの, とした, やります, やれそう, 握りつめて, 稽古した, 覚えて, 魂を

▼ でぜひ~ (17, 0.0%)

1 [17件] お縋り致さね, なく, なく侍者, なく幕軍, なく庭, なく当分, なく病大虫, なく羽柴勢, なく裏街道, 一度観に, 一日も, 休んで, 僕ん, 先生の, 審問し, 最後を, 話したいこと

▼ でそつ~ (17, 0.0%)

1 [17件] とし, とはひつ, と例, と家, と寢室, と寢酒, と手, と旧, と森, と物置, と相手, と箱, と自分, と触らう, と近づきました, と這入つた, と顔

▼ でたくさん~ (17, 0.0%)

4

1 [13件] いただきまして, でしょう, でしょうから, です, な官人たち, になった, に咲く, の火星兵, の財産, はない, 休んだん, 死んで, 要は人間

▼ でっけ~ (17, 0.0%)

1 [17件] えが, えぞ, えな, えなあ, えなァ, えぶらんこ, えクマ, え声, え奴, え建物, え松, え棒, え耳, え腕, え車, え風船みたい, え飛石

▼ でという~ (17, 0.0%)

4 のは 2 ような

1 [11件] ことでした, ところあの, ので, ふうに, わけか, わけだ, わけであろう, 意味は, 注意が, 看護婦たちにも, 重吉の

▼ でやさしい~ (17, 0.0%)

1 [17件] うるほひが, ことだろう, ことの, と同時に, のだ, ので船員たち, ものだ, んだろう, 人なんて, 人も, 声を, 夫と, 娘達に, 時が, 美少年四郎では, 肩から, 言葉を

▼ で~ (17, 0.0%)

2 の人

1 [15件] にあわぬ, には人, には似た者夫婦, のなか, の注目, の荒浪, の諺, の貴婦人達, は平和, をすねた, を去りました, を拗ね, を果敢, を紊, を終った

▼ で両親~ (17, 0.0%)

2 は赤新聞

1 [15件] からこの, に先ず, に死に別れ, のこと, の小屋, の愛, の知った, の言葉, の顔, はある, はもとより, もさまざま, もしまいに, も兄, を楽々

▼ で事件~ (17, 0.0%)

1 [17件] が容易, が案外, が霊界, その物, と云う, に即, に対する答弁, のあった, の推移, の本質的, の犯人, の真相, はたいそう, はどうやら, は一先ず, は予審, は解決

▼ で~ (17, 0.0%)

2 の異様, はこれ

1 [13件] がお, つ程, のあと, の十一人, の治療中一切積極的, の蕪雑, は取り捨てた, は口, は此展望台, は病床, は百円紙幣, は赤面恐怖症, を一方

▼ で便利~ (17, 0.0%)

3 である 2 なので

1 [12件] でございます, でございますね, でもって来い, で手軽, なもの, な位置, な分類法, な方法, な時には, な羅馬字さ, な錠前, になった

▼ で勉強~ (17, 0.0%)

3 して

1 [14件] したがり, する心, する気, だけすれ, にくる, のはいる, の都合, は少し, ばかりし, もよく, をした, をする, を放擲, を軽蔑

▼ で勤勉~ (17, 0.0%)

1 [17件] だが, であった, でありそして, であるか, でしかも, でそうして, でそれぞれ生活, で無慾, で節約的, で背, で邪念, な人柄, な人生, な庶民, な男女人民, な簡素さ, にそれ

▼ で可愛い~ (17, 0.0%)

1 [17件] お方な, かつた, から亜米利加, ことね, ことも, そうだ, ね, のよ, ものだ, アンカ思い出した, 一寸八分の練り製の, 夫人の, 娘で, 孫の, 歩調青い, 給仕娘に, 顔を

▼ で~ (17, 0.0%)

2 には別条

1 [15件] があぶない, が三年, が縮まる, と釣, の延びる, の親, は助かりました, まですてよう, をかけ, をすりへらし, を与えられなけれ, を取られない, を失う, を捨てられる, を細らせ

▼ で~ (17, 0.0%)

2 のいい, の良い

1 [13件] がねえ, がよかっ, がよく, が打, が良く, が良くっ, のある, のよい, の佳い, の好い, の悪く, もよく, よく見せ

▼ で~ (17, 0.0%)

1 [17件] がだらんと, が動いた, が厚く, が小さく, の紅, の色, は丹, は少し, は眞ツ赤, は紫色, をも動かさず, をゆがめ, をゆがめた, を切り, を固く, を毒々しく, を紫

▼ で喧嘩~ (17, 0.0%)

2 をする, 早い者

1 [13件] が好き, が強, しても, ずきな, なんて場合, になり, には強かっ, の内容, ばかりは強く, をし, 早い兄, 早い浪人者, 早くて

▼ で~ (17, 0.0%)

10 かつた 2 かつたら 1 さそうな, でお, むところではござんせんがやむを得ず, 配偶者たるべき, 雑誌と

▼ で宜しい~ (17, 0.0%)

1 [17件] がマダ幕府, この字引, これで, という割合, と云っ, と存じます, と言った, なア, のである, のです, のなら, 再度欺かれた, 咽ッ風邪で, 提灯と, 此の, 筈は, 飲食は

▼ で~ (17, 0.0%)

5 の中 2 に入る, も左 1 があつく, でやり, には煙草盆, のうち何処, の外, の真中, の都合, は大寒

▼ で寂しい~ (17, 0.0%)

1 [17件] がふつ, が旅情, けりや, ことの, でせう, といふ時, のを, もので, ものです, 一と, 人の, 位でした, 家庭を, 情趣を, 感じも, 酒が, 顔立ちを

▼ で屋根~ (17, 0.0%)

3 の上

1 [14件] から月, が剥, と窓, に両手, のない, の石, の見える, はブッコ, は低く, は傾き, は葺い, も木, をめくられた, を掛けた

▼ で平気~ (17, 0.0%)

2 な顔

1 [15件] だね, でお金, ですっ裸, でアイスコーヒー, でサギ, でベラベラ白状, で云う, で平常, で生きつづける, で裸体, で褒めつづける, で言いよる, なの, にむしろ, に鬢

▼ で平生~ (17, 0.0%)

1 [17件] からこつち, からなよなよ, から果物, とは余程, とまるで, の入場料, の勉強家, の真喜, の芝居, は名字, は大事, は散歩, は橋掛り共, は漁師, は眼中, よりも早く, 行って

▼ で幸い~ (17, 0.0%)

2 でした

1 [15件] あいてる腰窓, その日, だ, ですから, と云う, と何, に今日, に生命, に眼, に誰, セラダは, 今宵は, 私は, 空け放ったまま, 静岡市に

▼ で~ (17, 0.0%)

1 [17件] が薄かっ, が薄く, さす程, だけ映っ, だけ眺め, だけ簡単, だけ見えた, だも, に等しく, のよう, の多い, もだいぶ, もない, もなく, も姿, も見えない, を追う

▼ で手足~ (17, 0.0%)

1 [17件] が華奢, なお断つべし, に油, のさき, の五人分, の相, の筋, の置き場, はがっちり, は日, も同じ, も気, をもがき, をグルグル, を働かさなけれ, を動かし, を動かした

▼ で~ (17, 0.0%)

2 あるごと, から近所, 之助

1 [11件] からざあっと土砂降り, からの月夜, から朝雲, から端午, があったら, がある, が悪い, にふれ, もあら, よく京都, 悪しく突発

▼ で~ (17, 0.0%)

5 をし 2 へ出, をしたい 1 に出, のうらない, の困難, の衆, の誘い, をする, を味, を急ぎました

▼ で楽しい~ (17, 0.0%)

2 眺めであろう

1 [15件] だろうという, のだ, ものかが, ものかと, ものだった, ものでありました, ものです, ものは, 家庭を, 家庭生活を, 旅を, 時寂しい, 気持が, 酒宴の, 雰囲気を

▼ で次第に~ (17, 0.0%)

2 募る町内

1 [15件] きこえるよう, それが, ほんとうの, よったら金, テンポを, 元気も, 分って, 姫松の, 怪しく冴えまさっ, 月迫に, 消耗し, 演ずる度合い, 物憂い動搖, 自信が, 長たらしい刑期

▼ で~ (17, 0.0%)

1 [17件] が上手, と言, に仕上げた, に憑かれた, のところ, のやう, のよう, の會, の発生, の選科, はその, は作れぬ, は有名, ふべきメロデイ, をうたい, をうたつ, を書いた

▼ で~ (17, 0.0%)

3 を拭き 2 っかき, にも埃, をふき, を拭き拭き 1 が出る, さえ掻い, の放散, は出なかった, は出る, をビッショリ

▼ で派手~ (17, 0.0%)

2 なの, な黄八丈

1 [13件] であった, でお, でないの, で好い, で陽氣, なところ, なワルツ, な人目, な性質, な模樣, な生活, に人, のよう

▼ で~ (17, 0.0%)

2 のよう

1 [15件] が水, が逃げ出す, にひかれ, のほう, の手綱, の殺される, の腹, の舌みたい, の角, も馬, や馬, や馬よりこッぴでえ使い方, を懲らす, を殴る, を船

▼ で直接~ (17, 0.0%)

1 [17件] で真実, なところ, な日常的表現, な社会性, にこれ, にそう, には聞い, には言えない, に文通, に生活態度, に目, に親, の交渉, の実感, の御, の読書, 当将軍家

▼ で~ (17, 0.0%)

2 と眼, の太

1 [13件] が下っ, が垂直, が太く, と眉, の剃, の匂やか, の濃い, は少し, は峨眉山, は心配そう, も焦さず焼け, をしかめました, 深に

▼ で~ (17, 0.0%)

4 のない

1 [13件] がない, が軽い, と汚辱, な事, にならぬ, に一歩, の報, は浄め, は罪, もない, を負う, を軽く, を造つた者

▼ で苦しい~ (17, 0.0%)

2 目を

1 [15件] かも知れぬ, からフランス語, ことを, にはち, にはちがい, に違, のを, ほどでした, ものも, らしいから, んです, 幼年時代の, 息を, 胸を, 色です

▼ で~ (17, 0.0%)

2 を汲ん, を飲み

1 [13件] がかった万筋, がかつ, とか鼠, と菓子, の品質, の方, の絹紬, はたとえ, も出ない, をいれ, をのん, を入れる, 暗藍色

▼ で~ (17, 0.0%)

2 っ暗い

1 [15件] なりにゆらゆら, の字, の裾, ッぺらすぎます, ノロながら, ノロ亭主の, 寢ぼけ, 月の, 煙の, 皮膚の, 紅い, 紅色の, 雪姫なる, 青い結晶, 黒くて

▼ で評判~ (17, 0.0%)

4 の良い 2 のよく, の娘 1 が悪く, だったくらい, な人, になっ, のよい, のよう, の女房, をとっ, を立てた

▼ で誠実~ (17, 0.0%)

1 [17件] だという, であったから, であったなら必ず, であったの, であって, であること, であるだけに, でなくては, で人情, で仁愛, で謹厳, な人間, な工場管理者, な徳性, な感情, な若い, な道徳的衝動

▼ で~ (17, 0.0%)

2 大名は

1 [15件] 先生の, 卒の, 外国出品の, 外國にも, 大名ら人, 大名公卿公役または, 将は, 役の, 科学の, 芸が, 藝に, 藩からより, 藩の, 街道の, 足が

▼ で贅沢~ (17, 0.0%)

1 [17件] だから, だった, でありません, では, で貧乏人, なつもり, な人, な人生, な家庭, な手配, な生活, な色, な道具だて, になっ, に事欠かぬ, べえ, を極めた

▼ で~ (17, 0.0%)

2 と向っ, を弄ん

1 [13件] が好けれ, と向き合おう, と向き合っ, にまで薄, のどこ, の全部, の戦法, はかがやき, は変, を取られる, を噛み潰され, を洗う, 映くも

▼ で頼り~ (17, 0.0%)

3 ない気

1 [14件] あふ異性, ない, ないこと, ないなあって, ないのに, ないもの, ない南蛮人, なくひとり, なく憐れ, なげに, にならなかった, にならぬ, になる, には十分

▼ で高い~ (17, 0.0%)

2 所に

1 [15件] ところから, ポプラの, 処に, 品性と, 声を, 天井から, 天井は, 文学に, 料理屋の, 板塀に, 樫の, 気品の, 葉卷は, 處に, 調子で

▼ で~ (17, 0.0%)

1 [17件] か何, さえ見れ, ではない, なき里, なら抱き身, にし, に啄まれた, のない, のふん, の声, の尻, の浮かぶ, の羽, の羽音, は篠むら, またぎは, らしいもの

▼ であっし~ (16, 0.0%)

1 [16件] からもお礼, が一度, が伴, には何, には見当, に御用, の代り, の知った, はあなた, は思った, は町方, もこいつア, も観念, も途方, をたった, を親分

▼ であつし~ (16, 0.0%)

1 [16件] からもお, が一度, が二目, が居る, が挨拶, が泊つて, なら百萬兩, には見, に御用, はこの世, は命惜しみ, は生き, は町方, は誰, も一寸, を親分

▼ でいったい~ (16, 0.0%)

2 ゆうべの

1 [14件] あなたは, あの寝言, それが, それは, どんなもの, どんな敵, どんな用, なんの, に堅い, 二人いっしょに, 今年いくつに, 何を, 何んでござる, 誰が

▼ でうんと~ (16, 0.0%)

2 身を

1 [14件] しぼられて, 云わないだから, 叱られた方, 宇宙採取艇を, 年よりの, 手を, 空気を, 空氣を, 肥せ, 補償金を, 道子を, 金目な, 頁を, 食ひ

▼ でおかしい~ (16, 0.0%)

1 [16件] からね, が, がお, がおれ, がこれ, が学校, が実, が実際, が顔質, くらい, でしょう, ところへ, と云った, のである, わ, んです

▼ でおもしろい~ (16, 0.0%)

2 ものである

1 [14件] かもしれない, こと, ことと, という話, と云っ, と思う, にちがい, ものです, やない, ように, よりは恐し, 人の, 山の, 話が

▼ でお嬢さん~ (16, 0.0%)

3 のお

1 [13件] お聞き下さい, がねあつい, と引分, のなくなった, の敏子さま, の笑い声, はどうして, はどんなに, は夕方, は大方見当, へ手紙, までゴリラ, も身体

▼ でお話~ (16, 0.0%)

3 にならない

1 [13件] がこれ, が付きかねる, が折合った, したいこと, しなければ, するの, なさって, になりません, にもなん, の奈良漬, はすべて原書, は私, は運河

▼ でしまいに~ (16, 0.0%)

2 はその

1 [14件] は, はどこ, はポケット用, は一本, は何, は別々, は喧嘩, は家じゅう, は拳骨, は死, は玄関払い, は脳, は賤, は魂

▼ でじつは~ (16, 0.0%)

1 [16件] およそ涙脆, こなたも, このクイクイ, ぞんざいな, ちょっとした密告, どんな風, なにひとつ信拠する, ひどくおくびょう, ひどく用心, わるがしこい, 俄に, 名前も, 喧嘩の, 大昔の, 畑浦からも, 飛んだの

▼ ですこしも~ (16, 0.0%)

1 [16件] あやしいところ, しおれずしかし, 人に, 劇的でなく, 動きません, 才走ったところ, 日の, 明瞭に, 歓ぶ色, 気づきませんでしたが, 狂信者らしい, 考えようと, 聞きもらすまいと, 興奮した, 親しみが, 覺えて

▼ でそれほど~ (16, 0.0%)

1 [16件] に思い詰めた, の旅, の波瀾, ばくち, 世の中そのものが, 二人は, 多くの, 急速に, 深い交渉, 珍しがる, 理屈ぽく, 私は, 縁故の, 貴重な, 重大な, 頭は

▼ でそろそろ~ (16, 0.0%)

1 [16件] あきかけて, と両手, と帯, と歩い, と渡っ, また修業者, 五十に, 大丈夫よ, 天寿を, 宿の, 燼に, 種を, 話を, 送ったお, 雪の, 青を

▼ で~ (16, 0.0%)

3 つとして, つとその 1 いさんは, いさんを, いつと, いといつしよに, きに, き二つ, き忘れられて, つとこの, つと美奈子, り

▼ でにわかに~ (16, 0.0%)

1 [16件] あとへ, いや気, ただならぬざわめき, 三河へ, 人声が, 判じがたい, 大勢が, 山の, 死んだの, 洞窟の, 膝を, 薬も, 言葉の, 足を, 馬の, 騒ぎ立って

▼ でのんびり~ (16, 0.0%)

8 して 2 とした 1 した気持, した船乗り, と京, と部屋, やること, 見物に

▼ でへん~ (16, 0.0%)

2 にづう, に怖く

1 [12件] ですから, ですが, ですわね, なもの, な音, な顔, に, にうかぬ, にずうずうしい, にむき, にガラン, に正体

▼ でもう少し~ (16, 0.0%)

1 [16件] くらい話し, その話し, ですずの, で僕, で出家, で忰, のところ, 位話し, 体力が, 成行を, 技術が, 生きようと, 立ち入って, 経つたらば, 行くこと, 話して

▼ で一生懸命~ (16, 0.0%)

1 [16件] だった, だったの, でキョロキョロ, に, にかちんかちん, になつて, になれ, に内, に勉強, に書いたらしく, に来る, に腕, に読ん, のびたり, 働いて, 逃げますと

▼ で一行~ (16, 0.0%)

2 をまとめ, 読むごと

1 [12件] が日光, だって書かれる, の, の力んだ, はトラック, はネグラ, は京都, は愈々, は我, は進ん, は遂に, は門

▼ で三年~ (16, 0.0%)

2 ほど前

1 [14件] に一度, に帰, のあ, の年季, ばかり山の上, ほどの約束, ほどまえ, も人知れず, も束の間, も経つ, やり三年後, 立ったらとうとう, 経っても, 越し御

▼ で下手~ (16, 0.0%)

2 な作家, をすれ

1 [12件] でございますけれど, で書きそこ, なところ, な字, な教室, な譯, な連中, に描いたら, に洋装, の幕, をする, をまごつく

▼ で不幸~ (16, 0.0%)

1 [16件] かもしれない, だつた, でさえ, でそして, なこと, なの, な矛盾, な者, にし, にもそこ, にも攘夷家達, に不幸, に悩み, の上, の芽, は様々

▼ で世界~ (16, 0.0%)

1 [16件] が統一, でもまずこれ程, についての直観, のあらゆる, のこれ, のどこ, のどの, の全部, の果, の注目, の良心, の魔法, はひっくりかえる, を情味, を驚かし, 第一

▼ で主として~ (16, 0.0%)

2 越後西頸城の

1 [14件] この極めて, スタインル・コックペリオなどの, ドレフュース事件を, 一たび東都または, 山師医者によって, 帆村荘六の, 旅行の, 武家に, 武家の, 米國流の, 自分自身の, 蝦夷人が, 袴かみ, 装置の

▼ で互に~ (16, 0.0%)

1 [16件] その卑し, 一言も, 動いて, 尊敬し, 尊敬し合い, 對手の, 往来は, 意地を, 握り合, 滿足した, 矛盾する, 競い争うて, 血みどろに, 通じ合わぬ幾つ, 頼りに, 顔が

▼ で今や~ (16, 0.0%)

2 朝の

1 [14件] この未来, その命令通り実行, っと着, フェリクスの, 全国に, 出帆の, 吹こうと, 日本人の, 機は, 民衆の, 溺れようと, 真先の, 軍部は, 醤買石は

▼ で今更~ (16, 0.0%)

1 [16件] その当時, になっ, に批判, やめたか, 事新しく言, 云ふまで, 何とも, 僕達が, 取返しの, 悔んで, 歎い, 止めやう, 申すまでも, 義兄が, 言ふ, 鑑賞もを

▼ で使~ (16, 0.0%)

2 ふの

1 [14件] の男, はない, はれるもの, ひきれない金, ひやう, ひ初めました芸能, ひ走り, ふ, ふお金, ふに, ふにも, ふもの, ふ胡椒, へるが

▼ で~ (16, 0.0%)

3 たといふ 2 たの

1 [11件] いといふ, た, たから, たわけぢ, た時代, て後, て胸, ると, るの, るやう, る二十七日

▼ で優しい~ (16, 0.0%)

1 [16件] お静, お靜, ささやくよう, と来たら, どころか, のである, ので寸暇, ばかりで, 夫に, 姿に, 娘は, 気質が, 気質の, 気質を, 言葉の, 言葉使ひ

▼ で可笑しい~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] かもしれない, からお, から乃公, がごそごそ, が僕, が自分, けれどこの, けれどでも, こと, と思われよう, ね, 云い方, 何だ, 気が

▼ で~ (16, 0.0%)

2 時代の

1 [14件] 一哲学的で, 一状態の, 会の, 囚の, 図上方は, 國といふだけ, 國姫山の, 大学の, 書店では, 程度の, 號は, 語反覆に, 郡調布上石原村の, 集の

▼ で周囲~ (16, 0.0%)

1 [16件] が無学文盲揃い, にがっしり, には厳重, には聖書, に支配, に流行, のいくつ, の事情, の人物, の人間, の浅草, の無, の者, の赤松林, の風物, は一面

▼ で学問~ (16, 0.0%)

1 [16件] がよく, が出来ぬ, が出来過ぎ, とは違う, と生活態度, にかけては誰, にはあまり, にばかり凝っ, に没頭, のない, の対象, は読書, もあった, もそれ, も他, や事始め

▼ で家族~ (16, 0.0%)

1 [16件] が日, と共に始終船, と友人, と同棲, のもの, の土台, の私有, の笑い話, の若い, の郵便貯金通帳五冊, は主人, は二十年来, は八月, もしんせき, を率い, 又は一人

▼ で宿~ (16, 0.0%)

2 から出る, の者

1 [12件] からそッ, なしの, に飼, の主人, の了見, の二階, の人達, の近く, へ帰, を出, を立ち出, を訪ねる

▼ で~ (16, 0.0%)

2 に休ん, に居

1 [12件] から岸, で碎ける, につけ, に寄り集まった, に沿うた, に着いた, の灯, はシガラミ, は雪, までは泳ぎ着き, まで徒渉, も見えん

▼ で強く~ (16, 0.0%)

1 [16件] お前の, たたかれた, て伸子, ない, なつて帰つて, 乙丙は, 健康で, 感じたこと, 抱き締めて, 押す, 昂奮し, 望んで, 牽制した, 生きて, 絞めたらしい, 胸に

▼ で恐ろしく~ (16, 0.0%)

2 堅いから

1 [14件] さえお, てならなかった, て杯, ないところ, なったので, も思はず, 力瘤を, 古いもの, 思うよりは, 惡智惠の, 意識的で, 胆の, 背の, 腕の

▼ で恐縮~ (16, 0.0%)

4 ですが

1 [12件] いたします, いたすに, しました, だが, だな, であるが, でございますが, です, で御座いますな, で開けた障子, なの, に存じます

▼ で悪く~ (16, 0.0%)

2 いえば

1 [14件] して, すると, て高い, ない話, は無い, もない, 云いおまえ, 云へ, 云へば, 取って, 取つて, 気を, 蒸す, 評すれば

▼ で我が~ (16, 0.0%)

3 情婦の

1 [13件] お孃さま, ヒルガオとは, 儘者で, 前をも, 創作は, 外交の, 大和朝廷が, 子の, 日本が, 歩むこ, 甲に, 顔を, 食うもん

▼ で~ (16, 0.0%)

1 [16件] だなを, のゆすぶられ, の外, の所, の隙間, は意外, も窓, をあけ, をあける, をしめきっ, を内側, を叩い, を推し開い, を洩る, を閉める, を開け

▼ で故郷~ (16, 0.0%)

1 [16件] で弁護士, には蚊帳, に歳, に錦, のこと, の土, の土産, の小さい, の山道, の広島, の私, の自然, の音楽, へかえる, へ帰る, を出

▼ で果して~ (16, 0.0%)

2 それが

1 [14件] こちらの, その性格, どういう絵, 今日の, 出来るかしらと, 合理的である, 大勢の, 建久の, 日本人としての, 此の, 母らしい, 現実を, 逢ったと, 颱風と

▼ で案外~ (16, 0.0%)

3 ネチネチした

1 [13件] それは, わかって, 女の, 少いの, 愚問じゃ, 文学でない, 早く冷泉小屋, 旺盛な, 純情で, 重大な, 野心も, 馬鹿な, 高く信頼

▼ で殿様~ (16, 0.0%)

1 [16件] いって, お羽織, がいや, にあなた, につぐ, に召された, に屋根瓦, に詫言, のお許し, のご, の側, の頭, は今日そちら, も奥方, も家老, を単に

▼ で比較的~ (16, 0.0%)

1 [16件] この島, やすい, 世間から, 仲の, 信用の, 健康でありまし, 善良で, 大きくなっ, 最近の, 素直な, 細かい事情, 近い所, 遠い親類, 重くも, 錦絵の, 高山の

▼ で気持ち~ (16, 0.0%)

2 がよく, が悪い, が悪かっ 1 がいい, がよい, が急, にも似通った, に何, のいい, のきれい, の柔らかい, も存外, も落着

▼ で~ (16, 0.0%)

2 に浮かされ

1 [14件] がある, がこもっ, が下り始めた, ぐらいあった, つぽい, に冒され, のある, の高い, はな, は下がっ, もきのうきょう, も出ない, よりはその, を出さぬ

▼ で病院~ (16, 0.0%)

3 の方 2 の前

1 [11件] でも代, で死ん, にいた, に入れ, に着く, に行った, の医員たち, の御飯, の手術室, の裏庭, を出た

▼ で科学的~ (16, 0.0%)

1 [16件] だ彼等, であって, であること, である如何, で東京, で理論的, ということ, な, なこの, なもの, なヽヽヽヽヽ, な即ち, な態度, な解法, な逆襲, に真実

▼ で~ (16, 0.0%)

2 を擱

1 [14件] にもつくせぬ, に塗りつけ, の立所, も一二本用意, や紙, や絵具, を入れる, を執らう, を執る, を投げた, を持つ, を措い, を揮っ, を走らせ

▼ で~ (16, 0.0%)

2 武士は

1 [14件] 主人も, 夫婦に, 夫婦は, 寄には, 懸は, 文豪コルネエユが, 栓は, 樵夫は, 爺さん何か, 猫の, 画家が, 石工を, 竪琴師が, 耋ッた

▼ で色白~ (16, 0.0%)

2 で女, で邪念, に髮, のひよわ 1 でいつも, で中高, で瓜実顔, で男人形, なあの, に髪の毛, のふくよか, の丸顔

▼ で芸術~ (16, 0.0%)

1 [16件] といふもの, としての新天地, としての本質上, としての本質的影響, としては中, などは之, による国民教育, に属する, に理解, の天地, の自然主義, の頽廃期, は人類, は永遠, は現世, を教

▼ で親分~ (16, 0.0%)

1 [16件] がこれ, がしっかり, と乾分, と意見, に一口, に物, に言いつけられた, の前, の岩, は, はまだ, は何ん, は何處, もお, を持つ, 少し道

▼ で~ (16, 0.0%)

2 の一方, の外, を一歩 1 から会堂, から近い, がどう, には石柱, の両側, の石柱, の裡, も垣根, をお, をはいった

▼ で陰気~ (16, 0.0%)

3 な男 2 な眼

1 [11件] だと, で条理, で物憂い, で考えこん, で薄気味, なさびれた家, なの, なギー, な人生, な性質, な笹村

▼ でいつの間にか~ (15, 0.0%)

1 [15件] ぬいで, ふいと, ポルジイは, 二人の, 同性の, 寝込んだに, 当人で, 彼等も, 心の, 此処らに, 為吉の, 眠って, 窓が, 絹川雪子の, 花の

▼ でうまい~ (15, 0.0%)

2 酒を

1 [13件] こと掴みあった, そうです, という評判, とおもう, のが, ものであった, ものです, ものの, 字を, 工合に, 物を, 酒が, 食事を

▼ でお母さん~ (15, 0.0%)

1 [15件] がいない, が自慢, が附き, といつ, と僕, にしろ, にもうしわけ, にも姉さん, に見られない, のお, の云う, の御, もたいへん, を連れ, 大變

▼ でかくして~ (15, 0.0%)

1 [15件] あなたに, おくれやす, ここに, しくしく泣い, ようやく相, 両手を, 久助へ, 來た, 参らせ候, 彼は, 彼等の, 手には, 狼が, 耕助だの, 読み机

▼ でさえが~ (15, 0.0%)

1 [15件] いつかは, このカンカン, さあどう, どうにか平一郎, むしろ幸い, 危うくそれ, 奇妙な, 当代唯一の, 心もとない人たち, 思いも, 本当に不幸, 玄関に, 相当の, 緩慢の, 非常なる

▼ でさぞ~ (15, 0.0%)

3 お疲れ

1 [12件] お鬱陶しかろ, 埃だろう, 安堵なすった, 寒かろう, 御不自由, 御困りでしたろう, 御気落ち, 淋しいこと, 腹では, 退屈だったろう, 途方に, 食物に

▼ でさっき~ (15, 0.0%)

2 のよう

1 [13件] いったもう, から何やら, から生きた, から眺め, から青竹, から黙っ, たしかに見た, の異様, まで店, まで明り, まで有った, も申しました, も申し上げた

▼ でそれぞれ~ (15, 0.0%)

1 [15件] こうした小さい, に戸籍, に違った, の曲, の本性, の楽器, の派, の特殊性, の百姓, の苦しい, の道, の題材, 厚い焼香, 異る, 違った価値

▼ でたまたま~ (15, 0.0%)

1 [15件] これが, の外出, 久保田君の, 勇を, 学友と, 小言の, 思想とか, 捕虜と, 数少ない友人, 知り合ったが, 知り合つた, 私と, 筆を, 縁結びが, 走り過る乗合自動車

▼ でちゃんと~ (15, 0.0%)

1 [15件] した主義, した庭, して, でき上がって, 三人も, 家庭を, 封を, 尽すだけの, 月給を, 歩いて, 用意し, 甲斐性ある, 筑紫さんの, 衣服を, 証明されてる

▼ でときどき~ (15, 0.0%)

1 [15件] いらつし, に土地, びっくりする, やぶから, 八字髭の, 切れ切れながら, 妻に, 宮子を, 微風が, 甲板の, 稲妻が, 立ち止まっては, 結や, 銭函を, 風邪も

▼ でとりわけ~ (15, 0.0%)

3 重宝がられた 2 料理が, 重寶 1 きはめて, よその, 二つ面を, 朝の, 琳派の, 石彫, 自分の, 若君様には

▼ でねと~ (15, 0.0%)

2 云って

1 [13件] いうので, なると, ケチな, ヒステリみたいに, 云いそう, 云つても, 云つて喫んだ, 云つて延子の, 冗談口の, 教えた, 爺さんが, 頼む, 高天ゆ光は

▼ でまさか~ (15, 0.0%)

1 [15件] こいさんに対して, これが, そんな乱暴, そんな遠く, やわらかい石, 二十五両の, 性欲なんか, 打ち勝つとも, 支那語の, 朗讀した, 本当とは, 東京の, 殺すほどの, 自分は, 観音様を

▼ でわけ~ (15, 0.0%)

2 がわからなくなりました, が分らない, もなく 1 え女, がわかった, がわからない, がわからねえ, が分らなかった, のわからない, のわかる, へだてないお, もなし

▼ で一見~ (15, 0.0%)

3 して

1 [12件] したところ, したところ粗大, すると, 主観的な, 亜太郎の, 人を, 彼の, 愚かな, 自然木と, 華奢の, 語原組織の, 酷薄に

▼ で万一~ (15, 0.0%)

1 [15件] お前が, お帰り, があっ, その伝蔵, に望み, の事, の場合, の際, むずかしい場合, も気, 彼が, 戦争でも, 誰かが, 金蔵が, 雪の

▼ で下手人~ (15, 0.0%)

2 が寺本山平, が尻尾, は 1 が知れた, と申す, には事, に心當, の心当り, はこの, はその, はどうせ, を擧げなけれ

▼ で何故~ (15, 0.0%)

2 三千代を

1 [13件] あの夫妻, かという事, そのよう, その男, だか, だらうと, という質問, と云, と云う, に善, に是, よくない, 申し請けできないの

▼ で~ (15, 0.0%)

2 の洗面器

1 [13件] から力, な竈, にある, にい, においても邪魔, に蛇, の小さい, へすり寄った, へすり寄つ, へは寄っ, へ寄った, へ寄つた, を離れた

▼ で~ (15, 0.0%)

2 の見る

1 [13件] で聞い, で見, なる高, にいる, にね, には親父, には鶴富組, に立っ, に行っ, の人, の者, へ寄っ, へ餘計

▼ で半分~ (15, 0.0%)

1 [15件] ぐらい飛び移りそこね, の銀貨, はおどかし, はからかい, はその, は判らない, は嘘, は昼寝, ばかり鞘, ほど咲きかかった, ほど燃え, 乾いて, 寝ぼけて, 死んだよう, 泣きながら

▼ で~ (15, 0.0%)

1 [15件] からくる, と北, ならうなずけますが, に下, の女王, の家, の左近将監時益以下, の新地, の空, はアタカマ, はムューズ, は不, は即ち, は甲武信三山, へ駆ける

▼ で友達~ (15, 0.0%)

1 [15件] が来, との遊び, なども養父, になり得る, に会, に誘われ, に頼ん, の前, の禿頭, は馬鹿馬鹿しい, もつれて, もない, もなけれ, もはたし, らしい友達

▼ で~ (15, 0.0%)

1 [15件] さの, のモン国, の人, の名将, 來の, 名刀を, 教派の, 樸端麗少し, 歌と, 池田の, 法帖に, 畳の, 碑の, 証文に, 錨を

▼ で~ (15, 0.0%)

2 時代に

1 [13件] 二人宛が, 会社の, 作品が, 個体は, 大名の, 大学の, 寮に, 寺, 新聞などから, 時代各, 村とも, 篇各, 部分の

▼ で~ (15, 0.0%)

1 [15件] が落ち, というもの, と言わず, にすだく, にはめこまれた, にぴったり, に懸っ, に手, に映る, のない, の一部, の中, はをが屑, も落ち, を叩く

▼ で夢中~ (15, 0.0%)

4 になっ 3 になつ 1 だ, であつ, ですから, ですぐ, で走って, に成つて, に拍手, に鼻面

▼ で大切~ (15, 0.0%)

2 である, なもの, な核心 1 でどう, と云え, な処, な反面, な家財, な時間, な真個, な道具, に取っ

▼ で~ (15, 0.0%)

1 [15件] が五十銭, が極めて, つ神, というもの, にあっ, に応じ, の与うる, の声, の子, の眞, の運行, は暗く, を見よ, 承元年, 晴れ私

▼ で天井~ (15, 0.0%)

1 [15件] から長く, が低く, につく, には雨漏り, に懸りい, の下, の中央, は二間, は星, は暗色, へ團扇, へ宙乗, もかなり, も床の間, も真白

▼ で~ (15, 0.0%)

4 のところ

1 [11件] がつまっ, がない, が長く, と稲垣, も葢, をいえ, を云う, を書く, 世間には, 人生には, 言うと

▼ で家内~ (15, 0.0%)

1 [15件] がどことなく, が何処, が絞殺, だけいくらか, と來, と相談, にしがみつかれ, にもまた, に言いつけ, のお, はしんかん, はまた, はものものしく, は最後, 揃って

▼ で師匠~ (15, 0.0%)

1 [15件] が今回鬼, が出, が双方, としても許し, によっては武家, に叱られる, の宅, の気息, はまだ, は一々, は伊勢新, は初めて, は右, は弥三郎, も大きに

▼ で当然~ (15, 0.0%)

2 で必然

1 [13件] こなたが, こんなこと, なの, に松兵衛, のこと, のよう, ふたりは, 宮方な, 広い意味, 延何十万人もの, 武蔵は, 河の, 註文が

▼ で心持~ (15, 0.0%)

2 が好い

1 [13件] お縫, がよい, がわるい, が悪い, が惡い, ではまだまだ, としては嬉しい, の上, は少し, ばかりの化粧, よくありません, よく読めた, 大きい口

▼ で必ず~ (15, 0.0%)

1 [15件] お気に, 上座に, 五人や, 住民一同を, 倒幕の, 出さなければ, 創作の, 劣等な, 北に, 弦之, 御無用, 相手が, 積極から, 西洋に, 負けること

▼ で忽ち~ (15, 0.0%)

2 人の

1 [13件] の中, また以前, 世間の, 元の, 姿は, 学校中の, 生じて, 百種類も, 移り変って, 細長い藻, 薩の, 顔が, 骨と

▼ で~ (15, 0.0%)

5 ろしい 2 れ恋 1 しかった, っかねえ, らくは, れて, れられも, ろしかった, ろしく, ろしく啼き立て

▼ で怜悧~ (15, 0.0%)

2 で怜悧, な女

1 [11件] でありますから, でなん, で気弱, な二十一歳, な文化, な此, な水色, な菅子, のやう, のよう, の処

▼ で感じ~ (15, 0.0%)

2 がいい, がよかっ, のい, のいい, のよい 1 がかわった, がよく, が出なかった, の良い, 易い左官

▼ で~ (15, 0.0%)

2 に手, の方

1 [11件] から手, が蔦代, になく, にもない, にも特色, の付け根, の金具, は大きい, は小さい, も中形, を上げた

▼ で~ (15, 0.0%)

1 [15件] だの贅沢, であります, でしかも, で大きい, なこと, なところ, なん, な印象, な道具, になる, に呼吸, に家計, に歩けました, の楽, は無い

▼ で~ (15, 0.0%)

4 の上, の方 2 を渡る 1 のない, の中, の手前, は無くなっ, をかけ

▼ で次郎~ (15, 0.0%)

1 [15件] が先ず, が急, という小, と共に夏, にはまるで, には何もかも, には大して, の彼ら, はまだ, はもう, はもうとう, は二つ目, は今日母, は初めて, や俊三

▼ で気味~ (15, 0.0%)

4 がわるい 3 の悪い 2 の悪 1 がわりい, がわるかっ, がわるく, のわるい, わるかった, わるくにやりと

▼ で独り~ (15, 0.0%)

1 [15件] でいる, では首, でよがっ, で入り込ん, で妙, で嬰児, で実験, で恥, で感心, で掛金, で書斎, で胸, で落ち, になつて街, わめいて

▼ で町内~ (15, 0.0%)

3 でも評判 2 の手習師匠, の若い 1 に屋台, のお菜, の大, の嫌われ, の義理, の評判者, の連中, の鳶頭

▼ で皮肉~ (15, 0.0%)

1 [15件] だったので, でおせつ介, です, でその, で何, で小心, で憎い, で触角, で諧謔的, とも反駁, ないつも, な性質, な昔, にも計画, をいおう

▼ で神経質~ (15, 0.0%)

2 で短慮

1 [13件] だった, だった氏, だつたが, だわ, でこわい, ですネ, でその, でヒステリック, で冷たい, で物, で能, な, な少年

▼ で~ (15, 0.0%)

1 [15件] が少く, くぼが, はれて, はれると, はれるとは, ひが, ひ出さうとでも, ひ出した, ひ出して, ひ出すところ, ふこと, ふことも, ふと齒, へない, へば

▼ で絶えず~ (15, 0.0%)

1 [15件] それに, 何かに, 六兵衛に, 変化した, 奥へ, 山野を, 彼は, 心を, 熱を, 眉毛を, 禿山の, 空家の, 紅らんだり, 織って, 頬笑ん

▼ で繊細~ (15, 0.0%)

2 な病人達

1 [13件] だったが, でファンタスティック, で不規則, で大きい, で心情, で気品, で沈んだ美し, で色彩的, なしかた, なもの, な神経, な趣, な趣味

▼ で~ (15, 0.0%)

2 の上, を組んだ

1 [11件] から下, で茜さん, に両手, のうえ, のところ, へ両手, も崩さず, を乗り出し, を兩手, を抱えた, を進め

▼ で自身~ (15, 0.0%)

1 [15件] から討っ, が帝位, でも明るい, で言った, になんら, の世代, の動きかた, の家庭, の時間, の浄土往生, の討査, は日, も一, も恐らくは, 出かけそう

▼ で至極~ (15, 0.0%)

1 [15件] さばさばと, ウマが, 便利に, 同感だ, 好かろう, 安直で, 実体者地に, 工合が, 平凡な, 格式に, 無事な, 簡明に, 至極に, 面白い男, 面白い話

▼ で良く~ (15, 0.0%)

1 [15件] この類似, なかつたの, なったそう, ならない, ねえが, は知らない, わからなかったが, 働き何, 出来た学芸会, 晴れた日, 暮した商人, 暮して, 洗つて吸取, 洗つて生, 身を

▼ で華やか~ (15, 0.0%)

2 な馬賊

1 [13件] だった, で亢奮, で享楽地的気分, で快活, で活気, で浮, で積極的, で賑やか, なもの, な催し, な部屋, な酒場, に見える

▼ で華奢~ (15, 0.0%)

2 なお方

1 [13件] だから, でしかも, でそうして, でなよなよ, で人, で声変り, で少し, で歩, な姿, な美しい, な身体, な身體, な黒眼鏡

▼ で身體~ (15, 0.0%)

1 [15件] が甚, が窘, が輕, に傷, のひ弱, の弱い, の方々, の消滅, もあまり, も手足, も逞まし, を一つ, を拭かれ, を洗つて, を起し

▼ で遅く~ (15, 0.0%)

2 なって, なりましたと

1 [11件] ない, ないからと, ないじや, なると, なるとも, はない, まで英語, まで話した, まで起き, 入学し, 迄文壇画壇

▼ で鋭い~ (15, 0.0%)

1 [15件] お眼, んだろう, 一瞥を, 二発の, 印象は, 弓弦の, 感受性が, 感受性を, 理解者であった, 眼を, 社会的な, 笛が, 輝きを, 関係を, 音を

▼ で~ (15, 0.0%)

2 が海, が高く, に蒸された, のある 1 が当らない, に焼け, のあたる, の入る, の照っ, は急, 焦けこそ

▼ で障子~ (15, 0.0%)

2 も張れ

1 [13件] が失せる, の中, の建合せ, の破れ, の骨, へつら, もなけれ, をあけ, をこっち, をそっと, をはりかえた, を張らせられた, を開けた

▼ で雨戸~ (15, 0.0%)

2 もすべて, を一枚, を開け 1 が外れた, の一枚, の外, の板, へばらばら, をあける, をとばされ, を繰つ, を閉ざすべきである

▼ であたかも~ (14, 0.0%)

1 [14件] 哄笑で, 天の, 山岳から, 我邦俗の, 曙の, 柩の, 根の, 梁に, 無住の, 石工場に, 老女たちの, 蝦蟆すなわち, 誰かを, 顔を

▼ でおいで~ (14, 0.0%)

2 になった, になります 1 かと案じ, くださいまし, くださいますこと, じゃそう, でしょう, なさいますが, なさいますね, にならない, になる, よ

▼ でお茶~ (14, 0.0%)

1 [14件] でも, でもいれましょう, でも上げ, でも飲む, もあげられません, をすする, をなん杯, をのみ, をのんだ, を注ぎ, を濁す, を飲み, を飲ん, を馳走

▼ できっと~ (14, 0.0%)

1 [14件] あなたも, いくらか, うまくゆく, おとして, たまらなくなる, わかって, 不祥の, 今頃は, 勤めまする覚悟, 博士の, 君の, 片が, 私共の, 遠いナポリ

▼ でさも~ (14, 0.0%)

1 [14件] ない限り彼, ない顔, なきゃ廃業, なくとも, なくば, 嬉しそう, 感心した, 懇意そうに, 楽しそう, 用あり, 申しわけな, 羨ましそう, 重さうに, 面白くて

▼ でそれでは~ (14, 0.0%)

1 [14件] あまりあの, お掛け合い, どうかの, はずかしいと, 一人歩きは, 一往先方の, 今日まで, 何か, 前に, 合戦に, 女としての, 真の, 私の, 鳥渡一走り御免を

▼ でたしかに~ (14, 0.0%)

1 [14件] きこえたはず, このごろは, この家, は覺, また別種, 人の, 先日侯爵邸で, 合理的で, 天使である, 気の, 漢詩からの, 神の, 私の, 自分は

▼ でため~ (14, 0.0%)

1 [14件] にしばしば, になった, にはならない, に一身, に予定, に人目, に今日, に実際, に張虎, に持久, に暫時, に来訪, に芸術品, を思っ

▼ ででは~ (14, 0.0%)

2 まア此方

1 [12件] あの時, お茶でも, この晁蓋, これほど, といっ, とわらい, またと, われ等の, 一寸かえってその, 二三日の, 御宰籠, 手前の

▼ でところどころ~ (14, 0.0%)

1 [14件] うまくごま化, に光る, に大きな, に小家, に岩, に沼, に灰白色, に苔, に貝殻, に黒い, へ涙, 剥げ落ちて, 眠ったまま, 讀んで

▼ でとんと~ (14, 0.0%)

1 [14件] やりきれないの, 不粋でございます, 分らない, 始末が, 小説は, 形が, 思ひ出せぬ, 日暮から, 解りません暫く, 誰か, 面白くない, 面食った, 頼りに, 麗人の

▼ でどうにか~ (14, 0.0%)

3 して

1 [11件] しなければ, なるわ, やって, やっては, ブリッジに, マイクの, 一年立ちました, 凌げるから, 形は, 目標だけは, 間に合いますか

▼ でながら~ (14, 0.0%)

2 石礫を

1 [12件] くどくない, その母, 人を, 女の, 子供と, 彭沢に, 更に一, 歩んで, 猶再びこれ, 袂の, 走った, 食物ども持ち来っ

▼ でなんか~ (14, 0.0%)

2 なくて

1 [12件] ありは, ありゃしないん, きゅうな, ないの, 出しません, 帰れやしないよ, 歩いちゃ, 歩きまわるから, 歩くなと, 行きたくないもの, 行ったこと, 話しこんで

▼ でなんとか~ (14, 0.0%)

1 [14件] うまくまじなっ, おいいなさいよ, おっしゃいませよ, しなくては, しなければという, それだけを, なる, 和解致したい, 挨拶が, 為様は, 穏便の, 言え, 返答を, 魔法めいた

▼ でよそ~ (14, 0.0%)

1 [14件] から入っ, から来る, との取引, にも同じ, の中隊, の人, の出来事, の国, の寺, の建物, の碁会所, へ人, へ出, みを

▼ で一定~ (14, 0.0%)

1 [14件] して, しないがね, のイデオロギー, の世界観, の地方, の方式, の状態, の科学, の組織, の結果, の繞囲, の職業, の複雑, の距離

▼ で一年~ (14, 0.0%)

1 [14件] で開墾, に一ぺん, に一度, に約, のうち五月, の利子, の山門老人, の興行, の間, ばかりは過ぎ, も二年, も経った, をだらだら, 暮した

▼ で一本~ (14, 0.0%)

1 [14件] いくぞ, ずつ持った, たのむよって, だと, にねぢ, の例外, の半分, の木, の木立, の脚, の色, の茎, の蝋燭, は栓

▼ で一本気~ (14, 0.0%)

2 で気, の男 1 だという, であると, でまた, で感情, で手障り, で潔癖, な彼, な感情生活, な気質, な点

▼ で人形~ (14, 0.0%)

2 に猿楽

1 [12件] がついた, と一しょ, に復, のまね, の動く, の帯, の目, の着もの, の研究者, の運動, を突き, を製造

▼ で今後~ (14, 0.0%)

2 は, 永く 1 のこと, の人間, の探偵小説, はいちいち, はご, は各国とも, は私, もしっかり, もひいき, 或いは唯一

▼ で今晩~ (14, 0.0%)

2 は少し

1 [12件] から貴女, という今晩, といふ今晩, にもどう, の櫻, はここ, はとろろ汁, はどこ, は客, は此處, もし死すれ, も雪

▼ で会社~ (14, 0.0%)

2 の方, の食堂 1 から戻った, と密接, の事務, の事情, の小使部屋, の技術者, の日給, へで, へ着く, を休んだ

▼ で健全~ (14, 0.0%)

1 [14件] だという, であると, である部分, でかわらないこと, でなければ, で強壮, で頑丈, なあり場所, なので, な人間的情熱, な易者, な老人, に論じ, らしい

▼ で優しく~ (14, 0.0%)

1 [14件] して, てそうして, てまた, てピアノ, て何時, て働き, て思, て悧巧, て明るかっ, て臆病, もあ, 一方が, 体を, 英語の

▼ で元来~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるわけ, から云う, が朸, た道, の文句, はこの, は鎮詞, まかり間違えば, わしは, 別々に, 塀という, 日本人は, 日本精神なる, 罷り間違えば

▼ で全身~ (14, 0.0%)

1 [14件] から油, がくっきり, がつつまれる, がはちきれ, が氷柱, が露出, にこころよい, に渡っ, に硬直状態, に粟粒, の筋肉, は汗ばん, をつつん, 黒く塗られ

▼ で~ (14, 0.0%)

1 [14件] が方千餘里, が殺気, によこたわりました, に完全, に掘つ立てた, の上, の濃い, の理, の高低, は安らか, へ向け, をたたきつける, を傷めない, を卵色

▼ で執拗~ (14, 0.0%)

1 [14件] すぎるなん, である所以, で冷酷, で加減, で悪辣, で気違い, で氣違, で頑固, なねばりという, な性質, な意地, な桎梏, な関心, 極まる女軍

▼ で外国~ (14, 0.0%)

1 [14件] では余り, と御, にいる, には幽霊, にもあんまり, の名作, の夫婦喧嘩, の影響, の精美, の話, へ行こう, へ行っ, やシナ, や支那

▼ で大事~ (14, 0.0%)

1 [14件] でならないもの, ない, なもの, な図面, な御, な物, な生命, にし, にしまっ, に至らず, の成功, の月日, の陰謀, の青春

▼ で大勢~ (14, 0.0%)

2 の人

1 [12件] がこう, でなにか, に聞かせた, のきつい, の召使, の抱妓, の男女子, の職人, の見物人, の足音, を動かす, 逃げたの

▼ で太陽~ (14, 0.0%)

4 や地球 1 がまだ, が明るく, が静か, ともあろう, の光線, は滅多, は薄く弱く, は赤く, もその, も貧しい

▼ で姿~ (14, 0.0%)

2 は見えない, を消した 1 が見えない, はわからない, は考へない, も隠さず, をひそめ, を見ず, を見せ, を見せつけ, を見た, を見る

▼ で孤独~ (14, 0.0%)

1 [14件] だったし, であったという, でありしかも, であるが, できびしい, でそして, で侘し, で自分, なもの, な人間, な飛行者, な鳥, のため, のなか

▼ で家庭~ (14, 0.0%)

2 のこと

1 [12件] から出る, から迎え, で事務所, で鮎, とビヂネス, にいる, の人, の口吻, の辛い, を不幸, を大事, を益する

▼ で~ (14, 0.0%)

4 の上 1 から営養, と岩, と針葉樹, の凹み, の多い, の砕ける, の色, は悉く, もなけれ, も出

▼ で左右~ (14, 0.0%)

1 [14件] から伊兵衛, から歩み寄っ, が傾斜, されては, に別れた, に幾十軒, の侍僧, の公卿列座, の堤防, の掌, の眼, は居間, へ別れ, を海鼠壁

▼ で常識的~ (14, 0.0%)

2 な生活

1 [12件] すぎるの, であるの, でした, でなくて, で崇高, で従って, で結局, で適度, なもの, な感覚, にいへ, にひびいた

▼ で平和~ (14, 0.0%)

2 な生活

1 [12件] であつ, であり後者, である, でした, でたのしかっ, で仲よく, で女性, で注意深く, な子守女, な心, な心持ち, な時

▼ で~ (14, 0.0%)

3 太郎は 2 すぎる, 床の 1 さ千人を, 備橋の, 太郎サ, 太郎殿と, 座敷の, 海屋は, 過ぎて

▼ で弱い~ (14, 0.0%)

1 [14件] から自分, と思い, のです, のを, ものい, んです, 兵が, 北風が, 少年の, 心の, 母親と, 者いじめを, 者に, 自分の

▼ で形式的~ (14, 0.0%)

1 [14件] だが, で, で余り融通, な即ち, な平安, な意識, な文句, な立場, な規定, な観点, には相当, に処刑, に見る, の申訳

▼ で後に~ (14, 0.0%)

2 菊五郎の

1 [12件] その中, その仲間, その名主, その地, その文字, その草履, わたくしの, ファラデー自身が, 史記は, 玄朔と, 私も, 興福寺末と

▼ で御飯~ (14, 0.0%)

1 [14件] かためて, が済む, の一膳, の味, の時以外, は私, へかけ, へもかけ, もたけ, も針, をくっ, をたべ, を食べ, 食べる事

▼ で微妙~ (14, 0.0%)

1 [14件] である, でいりくんで, でなつかしい, で男らしい, で調子, な, な人間, な器, な感覚, な点, な立場, な美味, な色, な責任

▼ で~ (14, 0.0%)

1 [14件] があっ, が濃かく, が濃く, が通ずる, けぶかい人, ではなく, に脆く, の外, の深い, ぶかい, を偽らないらしい, を知らない, を解し, 無い厭

▼ で~ (14, 0.0%)

1 [14件] が一本, が一本一本笑, が冷, が少し, でひねっ, でもくわえ, なんか切る, の上, の尖, の尖で, の懸かる, を噛ん, を折っ, 尖を

▼ で文章~ (14, 0.0%)

1 [14件] がヘタ, が元, で言, で言え, など在り, に性格, に感傷癖, のなか, の意義, の美しい, の表現, は乾枯びていたが月並, は思軒, も拙く

▼ で明瞭~ (14, 0.0%)

1 [14件] だよ, であった, である, でおまけ, でない, で先生自身, なるに, なる標準, な分類, な印象, な美味, な詩的魅力, にあらわれ, に自白

▼ で時代~ (14, 0.0%)

1 [14件] から絶えず, が下る, が降っ, のせい, の中心, の先後, の受け容れ, の大勢, の犠牲, ははっきり, は継体天皇, より非常, を忘れ, を超え

▼ で朗らか~ (14, 0.0%)

2 で愛

1 [12件] だ遊芸夫婦, で, であった, で生粋, で真に, なうち, なん, な年寄, な恋愛, な愛, に働い, に内気

▼ で正面~ (14, 0.0%)

2 からそれ

1 [12件] からいう, からやっつける, から衝突, にでん, には煉瓦, には見, に向いたる, に小さい, の床, の高い, は開いた, 切った所謂井伏鱒二論

▼ で残酷~ (14, 0.0%)

2 で相手

1 [12件] だ, だと, であった, である, でふてぶてしく, で且つ, で手加減, なかた, なよう, なヴィスコンチ, な犯罪, な試み

▼ で~ (14, 0.0%)

2 は思出, は早速, は火鉢 1 が向う, に取っ, の自炊兼用, はお, はまったく, は店, は顏, は驚いた

▼ で温和~ (14, 0.0%)

2 しい人

1 [12件] しいから, しいとね, しいどことなく, しい娘, でありました, であり人, である, で少年, で心, な人, な婦人, な者

▼ で熱烈~ (14, 0.0%)

1 [14件] であった, であったから, であるの, でしたさかい, です, でどこ, で堅実, なところ, な愛着, な母, な燃, な虫, な表情, に彼

▼ で玄関~ (14, 0.0%)

1 [14件] から部屋部屋, とも言わず, に立った, に立つ, のベル, の土間, の寄付き, の左, の扉, の鍵穴, の間, へ出よう, へ通った, へ降り

▼ で~ (14, 0.0%)

1 [14件] う御座いましたもん, らしいと, らしいの, らしい伝説, らしうございますわ, らしかった, らしくないと, らしく冴えた頬, らしく喜兵衛, らしく土地自慢, らしく実際, らしく客, らしく聞えた, らしく醉つて

▼ で生命~ (14, 0.0%)

2 には別条

1 [12件] がありましたら, が籠つて, と青春, には何, にも代, に別条, のある, のない, の飛躍, も惜し, を助, を奪う

▼ で~ (14, 0.0%)

4 のない 1 があっ, がすむ, が濟ん, が足りる, に立った, のほか, の足りる, は足りた, ひ様, もない

▼ で男の子~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいない, がない, が一人, が二年生, だか, とよく, と女の子, は学資, は眼鏡, めいて, も女の子, らしい柄, を持たなかった, を産む

▼ で畢竟~ (14, 0.0%)

2 は愚

1 [12件] このオオツヅラフジ, は前記, 仲基は, 供養の, 同じこと, 同志と, 同志同行と, 徒労に, 本種は, 花の, 葉が, 賢き利己

▼ で番頭~ (14, 0.0%)

2 の友三郎, の友三郎さん, の清 1 が, が私, の和平, の宇八, の定, の林三郎, も女中, や親類

▼ で私共~ (14, 0.0%)

2 にはよく

1 [12件] お互, から見る, がアオノクマタケラン, のこと, の家, の心, はどちら, は何方, は表, もそれ, もつい, も商売安全

▼ で空気~ (14, 0.0%)

2 は水分

1 [12件] が明るく, が湿っ, に湿気, の上, の流通, はすがすがしく, はてんじょう, はまだ, は大, は清らか, は澄ん, をこわしたく

▼ で細かい~ (14, 0.0%)

2 ことは, ことを 1 ところが, 仮名を, 心境のみが, 情趣が, 手続きは, 格子ででも, 漢文が, 病状が, 静かで, 館の

▼ で美し~ (14, 0.0%)

6 かつた 2 さが, さを 1 う御座いますこと, さじゃ, さは, と見た

▼ で聡明~ (14, 0.0%)

1 [14件] では, で執拗, で御, で技巧, で数学, で沈着, で邪気, で銭形平次, なるが, な人, な俳優, な女, な理想的跡取り, を以て任

▼ で~ (14, 0.0%)

3 が低く

1 [11件] がスラリ, が低い, が高く, と背, に腹, の低い, の小, の肉, の色, の高, は低い

▼ で~ (14, 0.0%)

2 の中, を出す 1 からあ, から直ぐ, で菖蒲ヶ濱, のよう, は休, は航海, も人, も又, をこしらえ, を雇い

▼ で葉子~ (14, 0.0%)

1 [14件] が客, が感, に後ろ, の乗り, の想像, の方, の部屋, はわざと, は後ろ, は悪い, は病気, は社会的, は長椅子, もすっかり

▼ で親父~ (14, 0.0%)

2 にも仕込まれ

1 [12件] から貰う, にせびる, に内緒, の仇, の代り, の死体, の神様, の重, はその, は其の, は決して, も眼

▼ で~ (14, 0.0%)

2 とか五

1 [12件] から遠く, がうまかっ, が好き, といふほどのもの, とか民謡, とか美文, とはそういう, とはなに, とはなにか, や小説, や詩人, を読ん

▼ で貧しい~ (14, 0.0%)

2 その一家族

1 [12件] 三吉の, 人々に, 人は, 人人である, 子の, 家は, 技術を, 日常を, 村の, 漁師一家の, 百姓の, 自分の

▼ で賑やか~ (14, 0.0%)

2 なこと

1 [12件] だから, で, であ, であった, でも引緊, で私たち, で長閑そう, で闊達, なので, なバンド, な拍手, な模様

▼ で遊び~ (14, 0.0%)

2 の陶酔, も派手 1 がいのち, ごッちゃ, におい, にきた, にも行かなけれ, に来れないらしい, に耽っ, に行, まわるん, 居けるが

▼ で過去~ (14, 0.0%)

3 のこと

1 [11件] というもの, にすでに, に関する記憶, のその頃, のモラル, の事, の人間, の歴史, の記憶, の霧, ばかりより考え

▼ で階段~ (14, 0.0%)

1 [14件] にはあかあか, に走つた, に跫音, のおり口, の下, をかけ下り, をかけ降りた, をすべり落ちた, を上っ, を上つたところ, を下り, を降り, を降りた, を駈け上っ

▼ で音楽~ (14, 0.0%)

1 [14件] が帝政時代みたい, が鳴っ, に耳, の勉強, はかなり, はやんだ, は平生, もよく, も情景, も文学, も音, ゆるす酒保, をただ, を抜き

▼ で~ (14, 0.0%)

1 [14件] から下, から衣絵さん, が蝋, っぺた, っぺたがまるく, っぺたのあたりを鳥肌たて, の横, の肉, の肉一つ, の膨れ, の赤い, の赤く, をつつい, 笑ましくなるの

▼ で~ (14, 0.0%)

1 [14件] が大きく, が少し, が通つて, だけふじ子, には微か, の皺, の道具, は, は見えませんでした, ぶれは, をしかめた, を半分洗つて, を反, を蓋

▼ で馬鹿~ (14, 0.0%)

2 にされた

1 [12件] が二人長蔵さん, だと, ですから, でない男, で詐欺師, で革命, というの, なやつ, にさえなっ, に脚, の至り, 囃しを

▼ で駄目~ (14, 0.0%)

3 なん 2 だ, なの 1 だったども, だと, だとは, だわ, であります, なこと, なら啓坊

▼ であくまで~ (13, 0.0%)

1 [13件] それは, 人間が, 信長ぎらいで一貫し, 健全且人性に, 喰い下がりいっこうに, 女らしく艶, 慇懃に, 民間の, 甘い主人, 真実らしくし, 真実らしくしよう, 論理によって, 雅潤な

▼ であそこ~ (13, 0.0%)

1 [13件] から夕靄, でお茶, なら餌, にいる, に城, の七足, の塀, の石仏, へは僕, へ行け, まで歩い, を畠, を続け

▼ でいっこう~ (13, 0.0%)

1 [13件] そんな感傷, だらしが, とりあって, らちが, 何も, 利用されない, 得には, 手応えが, 気の, 突込んだ, 華やかな, 調子が, 陽気な

▼ でうれしい~ (13, 0.0%)

1 [13件] こと自分も, だろう, と思っ, のか, のと, わ, 事が, 事です, 仰せを, 悲鳴を, 旅人らしい, 気もちを, 酒を

▼ でおまえ~ (13, 0.0%)

1 [13件] がそんな, が生まれ, というもの, ならなあに, にこの, にひとめ, にまで苦労, に万一, に打ち明けた, の思った, の来る, はどう, は十歳

▼ でお金~ (13, 0.0%)

1 [13件] がうんと, がはらえない, が無い, だけで何もかも, だけ兄, で払っ, などそんなに, の番人, は, はもつ, をとり忘れ, を幾らか, を払

▼ でかかる~ (13, 0.0%)

1 [13件] 可能性は, 場合万, 場合掛け, 場所には, 場景が, 工作を, 日の, 時には, 気散じな, 烟の, 遠くまで, 重大なる, 際義理の

▼ でかれこれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] いわれると, と女, と浮いた, 一年たっ, 一里半ばかり, 三月か, 二十分も, 先走つたこと, 十万円も, 十二時, 半年近くも, 噂し, 戦も

▼ でかわいそう~ (13, 0.0%)

1 [13件] でしかた, でたまりません, でならなかった, でならなくなる, なかたわ者, なくらい, なのよ, なもの, な私, にいささか, にさえ思えた, に思われ, ね

▼ でことこと~ (13, 0.0%)

3 やって 2 と音 1 とそこ, と歩く, と狭い, 云って, 歩きながら, 行くよりはと, 言わせて, 鳴らしながら

▼ でじつに~ (13, 0.0%)

1 [13件] きみがわるいの, きれいでした, すばらしいエンジン, はずかしいめ, みごとでした, めぐまれたすばらしい, 嫌な, 愛くるしく見える, 柔和で, 気持が, 美しく見えました, 胸苦しい思い, 自分の

▼ でそりゃ~ (13, 0.0%)

1 [13件] おかわいそう, こそ時, もう文明, ア尊公当然, 不当な, 仮りに, 大変な, 大議論, 心掛けの, 早く整理, 昼間の, 綺麗な, 身体は

▼ でつまらない~ (13, 0.0%)

2 ことを

1 [11件] だろうと, と思う, ものに, ものの, ようで, ようである, 味, 日々を, 生活を, 細工の, 自慢を

▼ で~ (13, 0.0%)

1 [13件] かそして, しりの, そりと, たって止め, たの, と諸侯, と起き, ない事, びのびになっていたんだそうですがね, ほんと, もう人間, 元時代, 焼くまいやう

▼ でふらふら~ (13, 0.0%)

3 して 1 で舞うたら, とそこ, と大川, と歩い, と洗面台, と花, と酔ひ, 僕の, 行ったん, 飯を

▼ でほん~ (13, 0.0%)

3 たうに 2 たうの, とのとこ, との定 1 たうに旗, たうは, との無碍自在, との返事

▼ でまもなく~ (13, 0.0%)

1 [13件] この兇器, 上座の, 今度の, 十四日が, 国内市場の, 廃業した, 彼の, 根岸の, 正午休憩と, 滝尾どのは, 隠されて, 雷横一行は, 髪から

▼ でむずかしい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことに, ことは, じいさんだ, その格子, ところな, ので全く, ものとして, 予言者とか, 事を, 仕事であった, 問題が, 理屈ぽい, 鍛練を

▼ でもしか~ (13, 0.0%)

2 すると

1 [11件] お客が, この男, これ以上に, したらあなた, と存じたら, 世間の, 今度は, 勝田氏が, 寸分ちがは, 画家に, 自分の

▼ でもともと~ (13, 0.0%)

1 [13件] お料理, この風俗, その橋, 人間の, 富士の, 引緊って, 浮浪漂泊性の, 源之助の, 義も, 自分の, 自分ひとりで, 道江の, 随筆の

▼ で~ (13, 0.0%)

1 [13件] が廿, つくりくつろいで, つくりして, つくりしと, つくりのぞくこと, つくりわし, つくり戴きたいもん, つくり歩いた, つくり歩め, つくり献立表, つくり言, つたりと, もじ

▼ でより~ (13, 0.0%)

1 [13件] 人道的で, 人間らしいの, 以上に, 以上の, 価値ある, 健全な, 合っても, 哲学的に, 大きい善, 実業的であった, 望ましくない, 美しい流露, 高い動機

▼ で~ (13, 0.0%)

2 がへし, として光, の上 1 がな, としてなお, として思ふ, として押せ, として東方, として藻, として逡巡

▼ でイヤ~ (13, 0.0%)

1 [13件] だったから, だと, だという, であった, でもあった, どうも立派, どうも藩政, なおばさん, なの, な思い, な気持, まったく面白い, よろしい

▼ で一面~ (13, 0.0%)

1 [13件] から見れ, にきたない, に光, に周囲, に朝顏, に毛, に緻密, に荒れ果てた, の田, の真, の草花, は科学的, も二面

▼ で上等~ (13, 0.0%)

2 の歩道

1 [11件] なもの, に拵える, に染める, に見える, のビスケット, の席, の御馳走, の林檎, の茶, の部屋, の飴皮

▼ で下女~ (13, 0.0%)

4 のお 2 が二人 1 が手, が極, に案内, のこと, の境遇, の足音, 探してるって

▼ で~ (13, 0.0%)

2 の町

1 [11件] ではそれ, で軽蔑, の堂上たち, の大黒庵, の女, の祇園町, はひどい, へお移り, や大阪, や江戸, 奉線

▼ で人影~ (13, 0.0%)

2 はなく, は見えなかつた, もなかっ 1 がなかっ, の少く, はおろか, は大して, は見えない, は見えなかった, もろくに

▼ で人通り~ (13, 0.0%)

2 も少い

1 [11件] が多かっ, のない, はない, は少し, もない, もなかっ, もなく, も少く, も少なく, も殆ど, も疎ら

▼ で今に~ (13, 0.0%)

2 記憶し

1 [11件] この国, その実名, ヒボシに, 仕事を, 小学校の, 屹度松埃が, 月代も, 法律で, 自分も, 至つて支那人は, 音の

▼ で何時も~ (13, 0.0%)

2 本朝第

1 [11件] その広い, の通り, むつつりした, よその, ボートでは, 俺は, 好んで, 昔し, 書生の, 運の, 電車の

▼ で具体的~ (13, 0.0%)

1 [13件] であり得るかという, でしかも, で有用, な人間群, な帝国主義戦争反対, な知識組織, な経験, な資料, な階級的重圧, になつ, に内地, に正確, よ

▼ で内気~ (13, 0.0%)

2 な女

1 [11件] だった, でいらっしゃいましたから, でどういう, でどうして, で謙遜, なその, などんな, なマリユス, な人間, な弱い, になつ

▼ で到頭~ (13, 0.0%)

1 [13件] その尻, その日, その頃としては, ゆうべお, 久吉どんは, 北海道まで, 同じ劇場, 山下の, 我慢が, 我輩も, 柳橋の, 準決勝戦に, 言ひそびれ

▼ で勇敢~ (13, 0.0%)

2 なこと

1 [11件] であったかを, でありすぎたせい, である, でみんな夢中, で智謀, で現実的, で買収, なん, な国民, な彼女, な日本

▼ で友人~ (13, 0.0%)

1 [13件] が云いました, が何, と一時間, と共に山家, と絶交, に杯, の令夫人, の作品, の妻, の描いた, の紹介, の許, をもてなそう

▼ で双方~ (13, 0.0%)

1 [13件] からとりつき, から進ん, ともつつましい, ともエクスパート, とも傾向, とも前夜, とも役者, のあいだ, の云い, の力, の弁護士, の気分, の親達

▼ で困難~ (13, 0.0%)

1 [13件] きわまるプロレタリア革命, だった, だという, であった, であったため, なプレーシュール小路, な仕事, な実験, な社会的実践, な立場, な転向, な農民運動, のなか

▼ で地味~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] で兄, で深く, なバリトーン, な中, な作風, な単, な唐草模樣, な單衣, に見え, もよい, も瘠せ

▼ で堂々~ (13, 0.0%)

9 とし 1 とした, と二人, と戦ふ, と戰

▼ で夕方~ (13, 0.0%)

3 になる 1 から大雨, から細かい, ちょっとつまみ洗い, なんか黙っ, になっ, の忙しい, の空, までには着ける, 暗くなりまし, 申しときましたろが

▼ で奥様~ (13, 0.0%)

1 [13件] がお, が仰せられました, などと呼ぶ, に楯, のお, の方, の独り, はお座敷, はご, はどう, もよく, も人, も珍しい

▼ で婦人~ (13, 0.0%)

1 [13件] が劣等, だと, なら花, に敬愛, に縋りついた, に逢っ, のエツラン室, の間, はこれ, はその, は一人, は少しく, も商売

▼ で~ (13, 0.0%)

1 [13件] きおくれだから, した夫, した時三十二歳, でも娘, にもやれず, に来た, に行かなかった, に行つた娘, のお, をいじめる, をくれる, を縊, を貰え

▼ で子供たち~ (13, 0.0%)

1 [13件] が納まらなくなりました, と一緒, の声, の多く, の怒り, は, はその, はそんな, はどう, は幾人だい, は親, も老婆, を遠

▼ で~ (13, 0.0%)

2 もよく, をつい 1 が違っ, なんか一つ, に顕せ, の形, はうまく, はこれ, は自身, を書かぬなら, を知らん

▼ で安全~ (13, 0.0%)

3 であると 2 な一般論 1 だ, だった, だろうと, であります, である, でござる, な要塞, な規定

▼ で富岡~ (13, 0.0%)

3 はゆき子 1 との思ひ, の後姿, の足, はお, はトルストイファン, は吻, は妻, は昔歌舞伎, は気, は清吉

▼ で将来~ (13, 0.0%)

1 [13件] が頼もしく, のため, の出世条件, の探偵小説, の昆布屋, の研究, の繁華, の見通し, の都市計画, は技術家, は渡米, 更に改良, 若し第三者

▼ で幕府~ (13, 0.0%)

1 [13件] からは好まれぬ, から軍監, が今日, が倒せる, が倒れた, が王室, の侍所, の城内, の奴, の直参, へ策動, をせめたてました, 直參

▼ で~ (13, 0.0%)

3 さも, 氣で 1 さう, さうな千代松, さを, そうな, つたわいの, つてゐる, 氣です

▼ で後者~ (13, 0.0%)

1 [13件] が不良, に永久, の態度, は, はずっと, は一つ, は三十八日, は三遊亭円朝, は個人的, は声誉, は客観的, は無難, は能動的

▼ で従来~ (13, 0.0%)

2 の西洋流平和主義

1 [11件] とても何, のいきさつ, のか細い淋しい, の分類, の定跡, の文学青年的, はその, はなはだ多く, は世俗的, もって, も美作

▼ で~ (13, 0.0%)

2 かつた

1 [11件] がた, さという, さといふ, だと, どいから, どい不快, に報, は本来退治, 丁寧と, 侍を, 酒に

▼ で感情~ (13, 0.0%)

1 [13件] が昂じる, が浄化, が豊か, のもつれ, の冒険家, の強い, の感情, の理路, の脆弱, はこもっ, ばかり苛立つ, を動かされた, を表

▼ で~ (13, 0.0%)

3 守るに 1 ツて, 叩くから, 折らせ給, 捨つ, 棄て, 着ります浪, 笑める富山, 笑める目元, 通し四時半頃で, 附れ

▼ で抽斎~ (13, 0.0%)

4 の生れた 2 が弘前 1 が二十七歳, に嫁, の歿, の母縫, の著述中江戸時代, はその, は翌

▼ で政治~ (13, 0.0%)

1 [13件] が民族生活, とはかかわり, と文学, などには殆, に又, に対する国民, のほう, の嫌い, の紊乱, はすべて思召, はた, は人間生活, も人

▼ で文字~ (13, 0.0%)

1 [13件] あって, か絵画, が彫りつけ, が示します, が違う, さえ薄れ, には持斎, に現れ, の絵画化, の記録, は一, は乱れがち, は台

▼ で旦那~ (13, 0.0%)

2 の弟, もお 1 がお, が買置, にたんと, のお, の高山, はそれ, は好き, は赤松院門前町, を殺した

▼ で早い~ (13, 0.0%)

3 話が 1 がいい, というもの, とこやっ, ところいってきな, ところ餌を, なと思, のは, ものだ, 夕闇と, 大事な

▼ で~ (13, 0.0%)

2 さなかっ, の天子 1 かに承諾, かに指摘, かに石田氏, かに詩人, かるうて, の床, の洪武年間支那思想, の頃, みと

▼ で是非~ (13, 0.0%)

1 [13件] いらつし, お耳, というつまり容貌望み, ともそういう, とも人相, とも百人, にも御殿様, のない, の判断, やらせて, 申し上げなければ, 見たいもの, 貴方に

▼ で昼間~ (13, 0.0%)

1 [13件] あのクズ屋みたい, から家, でも往来, でも暗い, のなり, のよう, はいけない, はいっさい商売, は太陽, は工合, は海, は私, を闇

▼ で横着~ (13, 0.0%)

2 で腹, なの 1 です, ですぐ, でだらし, で圖, で申分, で空々しく, なだけに, な考, ものゆえ猫撫声

▼ で次に~ (13, 0.0%)

1 [13件] その全文, はその, はむろん, は再び, は右肩, は科学, 先の, 参議院の, 展開される, 巣鴨の, 示す光, 行った時, 量的が

▼ で~ (13, 0.0%)

2 四郎は

1 [11件] 三位の, 倉院に, 剣は, 反対のも, 可の, 寧の, 氣に, 版偽, 理でない, 舞に対する, 舞系統を

▼ で正しい~ (13, 0.0%)

2 洋服を

1 [11件] かどう, ものの, ものを, 動機を, 夢むしろ, 夢を, 心の, 政治という, 窓は, 見当は, 観賞は

▼ で歴史~ (13, 0.0%)

1 [13件] が内的, が好き, としてのこれから, に出た, の始原, の発展, はどんなに, は人間社会, もシェークスピア, も古い, も論部, を知らね, 特に神代

▼ で~ (13, 0.0%)

2 のまわり, の水, の端 1 のま, の中, の中心, の水面, の汀, はどこ, を見

▼ で活気~ (13, 0.0%)

2 があっ, があり, がある 1 がない, が資本, というもの, に富ん, に満ち, のない, を帯び

▼ で清らか~ (13, 0.0%)

2 な心

1 [11件] であった, でございます, で完全, で少し, で平和, で秋, で美しく, なの, な感情, な気体, な眼

▼ で申分~ (13, 0.0%)

5 のない 2 なかった 1 ありませんが, なく仇, なく出, なく用人, の無い, はない

▼ で目的~ (13, 0.0%)

1 [13件] がなかっ, すなわち出口, には触れ, に適った, の一乗寺, の極地, の駅, は, は単に, は埋葬, は果した, を達し, を達しかねた

▼ で精神~ (13, 0.0%)

1 [13件] が音, と技術, などは考へず, には何, の伴わぬ, の大きな, の縷糸, はどんより, はハッキリ, は一, は決して, を必要, を高め

▼ で細い~ (13, 0.0%)

1 [13件] うどん粉の, ということ, ものだ, ステッキを, 処を, 文字が, 火縄の, 真田紐を, 篠竹を, 糸の, 糸を, 道が, 首の

▼ で~ (13, 0.0%)

3 ひには 1 つたが, にはいつも, にはなくし, には取返し, には慣れ, には私, には親, にゃア桂庵婆, ひですけれども, ひに

▼ で統一的~ (13, 0.0%)

1 [13件] である点, で客観的, で組織的, な世界観, な客観的, な批判そのもの, な批評そのもの, な物的客観性, な発展, な科学方法, な見地, な観念, な観点

▼ で~ (13, 0.0%)

2 る日, る朝 1 の朝, る年妹, 一五七九年の, 一八二四年の, 二十五日は, 二十四年の, 十五日の, 土曜日の, 日次の

▼ で耐ら~ (13, 0.0%)

3 ないの, なかった 2 なかつた 1 ないと, ないん, なくなつた, なくなりました, ぬから

▼ で自分たち~ (13, 0.0%)

2 の秘密

1 [11件] が不如意, が死ぬ, で今, に偉大, の気づかない, の陰謀, の高貴, はかかわらなかった, は一夫一婦, は皆, も金毘羅參

▼ で蒲団~ (13, 0.0%)

5 の中 1 の上, の厚み, まで持っ, や寝間着, を出し, を包む, を畳まう, を頭

▼ で議論~ (13, 0.0%)

2 をし

1 [11件] がうまく, が好く, した, する間もなくいきなり, となり, になった, の結末, の限り, は実行方法, をする, をはじめました

▼ で豊か~ (13, 0.0%)

1 [13件] で放逸, なもの, なヒューマニズム, な愛情, な才能, な機智, な環境, な眺め, な知識, な精神, な腕, な鋭い, に満ち溢れ

▼ で近く~ (13, 0.0%)

1 [13件] ても京丹波, に乗馬, の小さな, の村, の沼, はこの, はない, は罷免, へは来ない, へ出, へ寄っ, 二時間半も, 又近い

▼ で都合~ (13, 0.0%)

2 がよい, が悪い 1 がわるい, が悪かっ, するさかい, で帰郷, のい, の良い, よきほう, よくお, をしろ

▼ で長崎~ (13, 0.0%)

2 のモモンガア, の異人 1 では踏絵, の港, の蝉, への長距離電話, へ向かった, へ引立てられ, へ遊学, も今や, も苦笑

▼ で限り~ (13, 0.0%)

1 [13件] ある実, ないよろこびに, ない幸福, ない憂愁, なき大洋, なき悔恨, なく殖える, なく美しい, なく興味, はねえ, もなく, もなく悲しかっ, もなく晴渡った

▼ で~ (13, 0.0%)

2 の室, の家, の汽車 1 の人, の寝床, の尾形清十郎, の局, の籐椅子, の部屋, 近処

▼ で露骨~ (13, 0.0%)

2 でした

1 [11件] だから, でそして, でないと, で殺風景, で見るに, なところ, な表情, な説明, に一目瞭然, に口辺, に話し

▼ で面倒~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, だから, だった, ですから, でもあり, なこと, なだけ, な協力, な役目, な計算, になつ, になり, 見て

▼ で~ (13, 0.0%)

2 の細く高い

1 [11件] からこぼれた, にご, のしゃんと, のままコート, のボタン, の底, の徒弟, の裏, は何時, までも履, を縫い

▼ で頗る~ (13, 0.0%)

1 [13件] うるさかった, 信用すべき, 効果が, 可愛らしいので, 壮観だ, 変てこな, 無気味だった, 猟が, 當時の, 繁昌した, 行儀が, 遊戯的な, 頑丈に

▼ で~ (13, 0.0%)

2 ふ, へない 1 の世界, ひ了, ひ合せ, ひ意地, ひ缺ぐ, ひ足りないの, ふの, ふ事, を論ずる

▼ で黒く~ (13, 0.0%)

2 なった汚い, 流れた水の上 1 して, するほど, なった花片, よごれて, 光る壁, 固まって, 染めて, 肩まで, 見えて

▼ であいつ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がその, が一挙, こそわし, のほう, の云い草, の身許, はその, はどう, はまだピンピン, は何, は家, は馬鹿

▼ でおし~ (12, 0.0%)

3 のを 2 のは, やべり 1 です, なのよ, のマルタ, の女, ゃらくな歳どんから

▼ でおま~ (12, 0.0%)

1 [12件] そうで, はんから, はんと, への父上, へはその, へを百姓, へんかと, んは, ッか, ッけど, ッし, 罰で

▼ でおもしろく~ (12, 0.0%)

3 ない 1 これまで, ないから, なかつた, ねえってな, 伯治の, 思えなかった, 暮せない, 楽しんで, 飲んで

▼ でお客~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, がいやがる, がない, が何, が得心, だつて, にお茶, には受け, の顔さ, は少し, は老, もなく

▼ でかれ~ (12, 0.0%)

2 等は 1 が思いつい, はいま, はなおも, は今日, は初めて, は少し, は念, は歩い, らは, 一流の

▼ できわめて~ (12, 0.0%)

1 [12件] ていねいで, 事もなげに, 平平凡凡な, 持ちが, 晴朗な落ち着いた, 美しくきわめて, 興味の, 軽妙に, 軽捷で, 道徳家だった, 音楽的であった, 香気の

▼ でさき~ (12, 0.0%)

1 [12件] からかなり, が進ん, に, にみじかい, に曙, に洞院, に田村右京さま, に立っ, に訴人, に開國勸告使節, へゆく, へ歸つて

▼ でさっさと~ (12, 0.0%)

1 [12件] その面前, ヒンドバッドを, 兼好の, 叱って, 奥へ, 家を, 峠道を, 幟の, 引き上げたらいい, 私に, 行ける, 行って

▼ でさながら~ (12, 0.0%)

1 [12件] そこは, 文化は, 機械人形の, 歓楽の, 水底の, 狂暴な, 独立の, 生きて, 生んだ子供, 脱兎の, 親の, 風の

▼ でじゃ~ (12, 0.0%)

1 [12件] かじゃかと洗っ, きじゃ, こうの, ないか, なくて, まされた, んと, アいずれ, アお, ア何う, 明日は, 杯洗でじゃ

▼ でそっち~ (12, 0.0%)

3 にある 1 の保存病, の方, の物置, へひた走った, へまわった, へ眼, へ行っ, も見, を見ない

▼ でたま~ (12, 0.0%)

1 [12件] が海岸, ご, しいを, しひは, といっしょ, にあてがわれる, にいい, にしか来た, にはこっち, には口喧嘩, には老人, に匂わす

▼ でちよい~ (12, 0.0%)

2 と良い 1 とお待ち, とした, とでもうつ向く, とはい, と冗談, と好い, と扱, と物, と繪, と鳴いた

▼ でなつかしい~ (12, 0.0%)

1 [12件] せいか, とか忘, にもかかわらず, ものでした, ような, レコードである, 味の, 梟の, 気分を, 港である, 甘味を, 祖国の

▼ でのんき~ (12, 0.0%)

1 [12件] であつ, でお, でしかも, で且つ, で人あたり, で朗, な世の中, な紳士風, な老, な顔, にくつろぐ, らしく結構

▼ ではじめて~ (12, 0.0%)

1 [12件] お早, きたもの, このちいさなぼっ, そこが, ぬりの, 一万の, 一子を, 天女の, 昨日汽車の, 永田の, 監獄の, 見ましたと

▼ でひっそり~ (12, 0.0%)

4 して 2 閑と 1 した庭, とし, とした, となった, と静, と静か

▼ でへえ~ (12, 0.0%)

1 [12件] どうか又, ひっこしのね, まるで女, アア熱い, アヽ熱い, ドン百姓ッて, 実の, 拝み屋, 明日は, 然うでございます, 私も, 見下げたと

▼ でむろん~ (12, 0.0%)

1 [12件] その落伍, そんな男, みごとに, 一連の, 不完全には, 今時の, 元服し, 尋ねて, 新泉も, 開閉は, 顔面を, 黒の

▼ でめったに~ (12, 0.0%)

1 [12件] お見廻り, その顔, 中橋の, 出られないという, 口を, 外出する, 床に, 旅行など, 笑顔を, 自分で, 自分の, 野辺山までは

▼ でやう~ (12, 0.0%)

2 と思ふ 1 とのみ隙, とはせず, やくわけ, やく元気, やく参りました何, やく商人, やく外, やく彼等, やく演劇, やく現実

▼ で~ (12, 0.0%)

4 でら油 2 でらした大きい 1 たな, たもな, に, の門, べも, る

▼ でろくに~ (12, 0.0%)

2 三度の, 足を 1 会釈も, 光枝の, 口が, 口も, 口を, 舗装も, 読めも, 金を

▼ でセエラ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がいる, がそっと, はその, はたいてい, はアアミンガアド, は何, は彼女, は昔, は昔ならい, は気絶, もいつか, も自然

▼ で~ (12, 0.0%)

3 ちあげて 1 かちに, けえ, しゅ, ちあげなければ, ちあげる素地, ち上げたいかがわしい, ち上げた今夜, ち込みその, 会したな

▼ で一家~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことごとく同じ, にはいわば, に何事, に取っ, のつとめ, の學, の清潔, の生活, の盛衰, はこの, を支, を維持

▼ で一座~ (12, 0.0%)

1 [12件] と一緒, に割り込む, の中心人物, の座頭, の東都, の立女形, の者, の調子, の重立った, はしん, はひつそり, 喜びまして

▼ で上手~ (12, 0.0%)

2 な贋筆かき 1 だといふ, であつ, でかつ, でぐあいのいい歯医者, で神品, という, なそして, に入り組ませ, に紅入, に落ち

▼ で不意~ (12, 0.0%)

1 [12件] だった, でなかった, に, にはらはら, にひょいと, に一, に切れはじめた, に思った, に狂気, に行衛, に飛び, を打たれ

▼ で不潔~ (12, 0.0%)

2 で無 1 であるという, でくらす, でとても, でほとんど, で二, で汚く, で犯罪むき, な新聞文学, な雑巾, をきわめた

▼ で両方~ (12, 0.0%)

1 [12件] が努め, で合計十四五万樽, で根比べ, とも取り組み, とも市場, とも脱走, のお, の名, の建物, の腕, の膝, へ別れ

▼ で以上~ (12, 0.0%)

3 のこと 1 が地唄, と区別, に述べた, の三項, の外, の材料, は牛, 見たよう, 述べた同氏

▼ で仲間~ (12, 0.0%)

2 では評判 1 がどんどん, では顏, と果たし, の者たち, の誰彼, への誇, も席亭, をはなれたたのしみ, を引きつれ, を裏切る

▼ で低い~ (12, 0.0%)

2 灌木に 1 ところに, のを, ものでした, 処で, 声ながら, 天床が, 方で, 椅子に, 藁屋から, 調子で

▼ で何度~ (12, 0.0%)

2 も便所 1 ぐらい逢っ, だったろうね, とりだして, もお辞儀, もその, もそれ, も何度, も書いた, も歩いた, 押しかけて

▼ で余程~ (12, 0.0%)

1 [12件] いろんなこと, おかしい, 卑俗に, 大人らしゅう構え, 寒いから, 得意の, 御様子, 怖いん, 惚れなければ, 注意しない, 自分の, 苦しく感じました

▼ で作品~ (12, 0.0%)

2 の全て 1 としてはつまらない, として出来上った, とともに女主人公, のリアリティ, の上, の番号みたい, は作者, は誰, を補足, 決してそれ

▼ で例へば~ (12, 0.0%)

2 釜の 1 その, その中, 上級学校に, 向ひ, 此室に, 物を, 現在有り, 私の, 英文学と, 虫の

▼ で偉大~ (12, 0.0%)

2 なる力, なる博士 1 で一言, なもの, なる苦行者, な人, な劇詩人, な川, な感じ, な知能

▼ で優雅~ (12, 0.0%)

2 で明晰 1 だったという, であるが, でそして, でその, なところ, な國民, な態度, な氏, な気質, な行き届いた利休

▼ で~ (12, 0.0%)

2 により 1 が消えた, が薄かっ, つたところ, なんてささない, にからかはれ, に対する磁場, のこれ, の入口, の槍, の淡い

▼ で兵馬~ (12, 0.0%)

1 [12件] と共に扇屋, に力, の横顔, はその, はふと, は切る, は息, は横道, は粥, は訊いた, もこれ以来註文, も無下

▼ で凡て~ (12, 0.0%)

1 [12件] が大儀, が手, が滅法界, が豊原, のもの, の人, の學問, の物, よくなるだろう, を放擲, を為, を眺めた

▼ で利口~ (12, 0.0%)

2 な娘 1 すぎるくらい, だったと, だと, ではれやかで, で藝達者, で評判, な一郎次, な嫁, にすら見える, に立ち働き

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] つてゾツと, つて底意を, つて目触りに, つて美し, つて蒼黒い, ナチの, 俗的な, 對でも, 對の, 對を, 應が, 省力も

▼ で古風~ (12, 0.0%)

1 [12件] だが, である, でいかにも, で可, なこと, な民謡, な装飾, な身なり, な風景, な髷, にいえ, を押し通した

▼ で台所~ (12, 0.0%)

1 [12件] で器物, など自分, にも一粒, に行っ, の三和土, の板の間, の板敷, の鍋, は大, へ出, へ案内, を片づけ

▼ で同じく~ (12, 0.0%)

2 致命的な 1 あけ放しに, は願, クリストフの, 七月に, 主知主義の, 太陽の, 幕府が, 廣茫たる, 窃盗で, 解釈哲学に

▼ で同情~ (12, 0.0%)

2 ある東京市民 1 があっ, が一致, が有, しないわけ, せざるを, に富む, に富ん, の心, の念, を表したく

▼ で哀れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] でならなくなっ, でなん, でもし, なこの, なること, な因縁, な美, な者, な金髪娘, にも浅間, 深い, 深い姿

▼ で器用~ (12, 0.0%)

2 なの 1 だった, である, では, で何, で利口, な人, な手早, な癖, な細工, にクル

▼ で地上~ (12, 0.0%)

2 の一切 1 には落ち葉, に噛み合う, に市街, に浮かん, に落雷, に飛び降りる, のすべて, の生活, の音楽, はまるで

▼ で地方~ (12, 0.0%)

1 [12件] によって屋背, によつて, によりいろいろ, に必要, に親類, の問屋廃止なぞ, の文化, の旧家, の書物, の有志者, はそれ, はどこ

▼ で嬉しい~ (12, 0.0%)

2 でした 1 ことには, だろう, ぢや, とか悲しい, と云う, のだ, よ, 事であった, 姉, 海上の

▼ で孔子~ (12, 0.0%)

1 [12件] が支那人, が諸国流浪, とは其の, などは隨分, にはか, に面会, は天下周遊, は子路, は或, は魯, も仕方, をへこまし

▼ で学者~ (12, 0.0%)

2 も学問 1 で鑑識家, と思われる, と言う, に言わせる, の入れ, の研究意欲, は床, や書生, らしくも, らしく無邪気

▼ で~ (12, 0.0%)

3 さも 2 さが 1 さう, さうに毛布に, さは, さを, そうな, そうな寝, の中

▼ で~ (12, 0.0%)

2 るの 1 かし, ころんで, ずにでも, た時竹, てしまひます, てゐ, ない方, るにも, る前, 返りを

▼ で小心~ (12, 0.0%)

2 な男 1 で慎み, なそして, なの, なタイプ, な人物, な判官, な四十男, な容一郎, な木下, な正直もの

▼ で少々~ (12, 0.0%)

2 きまりが 1 くらゐ, は声, 待たなければ, 心当りの, 怖いが, 日数は, 癪だ, 観づら, 附会じみた, 骨が

▼ で幸子~ (12, 0.0%)

1 [12件] と妙子, の夫治之, の家, はそう, はその, は半年ぶり, は大体東京, は大阪, は矢張, は翌朝, は菅野, よりも直接

▼ で座敷~ (12, 0.0%)

2 の方 1 が勤まる, が揺れる, で青い, と土間, の真中, の障子, へあがる, へとおる, も好く, を大きな

▼ で強いて~ (12, 0.0%)

1 [12件] する組織的脈絡, 云えば, 名を, 実行せん, 柳と, 民族主義に, 気を, 盲目な, 言えば, 評価するなら, 野村を, 関守氏を

▼ で~ (12, 0.0%)

2 を知らない 1 かしいの, かしい次第, かしう御座います, かしげも, でも何, といふもの, なき敗戦, も覚えなかつた, を百年, を知っ

▼ で~ (12, 0.0%)

2 に満ち 1 とか趣味, に相当, の働き, の奴, の恒久性, はその, らしい, を囁きかける, 他精神, 想っ気

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] に向っ, に目, の中, の蝶番, の開く, はビク, や他, をおし, をしずか, をしめ, をひらき, をドンドン

▼ で技術~ (12, 0.0%)

2 がイデオロギー 1 がいる, という性質, という観念, と技術家, はこの, はイデオロギー, は本格的, を失脚, を第, 乃至技術的

▼ で~ (12, 0.0%)

2 の上 1 ある乗客, ある本屋, からいう, の観念, はすけなかっ, は五六十冊, へ切れぬ, もごくわずか, も少ない, 少く若い時

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] が寿命, が猟師, が生えた, が神様, が神樣, の方, の澱粉, はごく, は有害無益, は正直, は良妻型, よくやった

▼ で此處~ (12, 0.0%)

1 [12件] からはお, からは還られぬ, から丸の内, で起つた, に踏み, のほか, の發車時間, の芝居, までは來, まで來, まで飛ん, まで駈けた

▼ で民衆~ (12, 0.0%)

2 が党派人 1 にふれ, に接し, のかう, のこういう, の喜び, の心, の運動, はそこ, は云わ, は尻ごみ

▼ で流石~ (12, 0.0%)

1 [12件] お役人町, お武家さん, にこの, に口, に好色, に寒い, に私, の伯父さん, の安, は三宅博士, は二十万円, 庵羽積の

▼ で~ (12, 0.0%)

2 さの, さは 1 さが, さに, さを, さ約, 傷を, 喜には, 思熟考した, 酷である

▼ で深刻~ (12, 0.0%)

2 でもなけれ 1 がつて, だったかを, でありそう, で恐ろしい, な事件, な人生批評, な創造的, な筈, な美し, に生ま生ましい

▼ で~ (12, 0.0%)

2 まない, むことなら 1 まさうと, まさなければ, ます氣, ませようと, まん, みさ, みません, みませんが

▼ で火鉢~ (12, 0.0%)

2 の火 1 から手, に二本揃, のあた, のそば, の湯, の灰, もその, もそのまま, をずっと, を座中

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] 久しく彼, 何度か, 太人である, 太人は, 太少女の, 小衾, 幾様かの, 更お, 更苦しみが, 杏春と, 能く, 自由意志までも

▼ で直ちに~ (12, 0.0%)

1 [12件] うさんと, それと, りゅうと, 兵を, 堪らぬ厭味, 帰東せらるる, 手配しました, 放免せられました, 木材を, 結了する, 警部の, 鋸の

▼ で私ども~ (12, 0.0%)

1 [12件] にはただ, にはよく, には少し, に向っ, のよう, の旅行, はその, はクラシック, は掃溜, へ奉公, もこの世, や世間

▼ で~ (12, 0.0%)

2 れに 1 な孝行もの, にしか現われ, にしか聴けなかった, には自分一人, には麹町, にイタドリ, に信州, に曾我, に見る, れなる季節

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] あらば, が出れ, のあくまで, の中, の入口, の底, はあきません, へおとしこむた, らしいもの, をあけ, を出, 埋めさ

▼ で米友~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこの, としてはまだ, としては抵抗, としては面白く, との間, の発憤ぶり, の親切, の言う, はお, は今, は火道具, を抑えました

▼ で純粋~ (12, 0.0%)

1 [12件] であったばかり, でこの, なの, なもの, なる仏蘭西人, な作家, な意志, な批評家, な科学, な米国人, の愛犬家, の第

▼ で素子~ (12, 0.0%)

2 が感じ, の反撥 1 が外套, が来, が買い, と伸子, のベッド, の肉体, の選び出した, は新聞

▼ で結果~ (12, 0.0%)

3 はどう 1 の利不利, は, はただ, は大人, は少し, は散々, は無い, より帰納, を見ない

▼ で絶対~ (12, 0.0%)

1 [12件] おしまひ, な一つ, にそ, に価値, に否定, に安全, に排斥, に無痛, に秘密, に苦笑, のもの, の闇

▼ で美人~ (12, 0.0%)

1 [12件] が手, だし, だったので, であること, ではなかつた, とはこれ, の彫刻, の手, は生れない, もうようよ, を予期, を其

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] えねえ, けりや, ささえ, さと, さも, しかすれ, 主人伊之助は, 侍は, 光と, 来たら留めて, 樣の, 武士は

▼ で若く~ (12, 0.0%)

2 て好い 1 いらせられる東宮, て勇, て小, て少し, て綺麗, て色, て陽氣, なつて貰, 剛く, 見えたが

▼ で荷物~ (12, 0.0%)

1 [12件] が重, などア, の中, の内容, の着いた, はもう余り, をまとめる, を持っ, を積み込む, を積む, を自動車, を送つ

▼ で~ (12, 0.0%)

2 の穴 1 がすかんです, が知らした, の声, の死んだ, の音, はかうし, もカビ, や餌, をころし, 見たいなもの

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] なんぞ棲ん, にかまれた, に殺された, のよう, の大き, の角, の道, の鱗, はおろか, は一ぴき, をたくさん, を両手

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] で汗, で首, なしなどを, にも匂, にも匂う, のせまい, の縫目, も長けれ, を並べた, を引い, を裂かれた, を覚えぬ

▼ で要領~ (12, 0.0%)

3 のよい 2 を得た, を得ない 1 のいい, の好い, を得, を得なかった, を得なかつた

▼ で見物~ (12, 0.0%)

1 [12件] したん, して, にまぎれ, に来た, に知らさない, はいなかった, はドツ, は十二三以上, は彼方是方, は次第に, は満足, も夥しい

▼ で謙遜~ (12, 0.0%)

1 [12件] であり謙遜, であるから, でもの, でイギリス風, で冷静, で判断力, で徹頭徹尾, で情誼, な人, な同志, な表現, や辞令

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] えも, がつけども一羽背負つて, くるしい悪夢, さは, さ一ミリグラム以上の, そうな, に禅, に禪, もに鼓吹, 二郎と, 四郎に, 音とは

▼ で高慢~ (12, 0.0%)

2 で何時も 1 でもう, で派手好き, で浮氣, で虚無的, で雷同, なくせ, なところ, な女, な醜男, な顔

▼ で~ (12, 0.0%)

1 [12件] がない, と魂, に病気, のある, のこもつた, のない, の孤独, の最も, の発散, は臭い, を体, を扱

▼ であゝ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いふ風に, これを, 今日の, 会いたかった宜, 左樣かと, 悪い事, 惜しいお方さ, 是は, 簀巻に, 見えるだけ, 飛んだこと

▼ でいっそう~ (11, 0.0%)

1 [11件] その人, に愛らしく, の刻苦精励, 凶悪であった, 店の, 技巧的であり, 暑さ, 残念さが, 簡便だ, 素ッ頓狂にも, 郵便局へ

▼ でお礼~ (11, 0.0%)

2 を申します 1 じゃ槍進上, の思惑, の申上げよう, をせ, を云い, を云わなけれ, を言い, を頂戴, 申します

▼ でかねて~ (11, 0.0%)

1 [11件] お願いし, の期待, スヱズの, 尽力を, 心に, 手ぐすねひい, 此邸だ, 法則を, 算した, 非売品として, 非賣

▼ でかへ~ (11, 0.0%)

1 [11件] してやるの, つていい, つてくる, つてだまされた, つてステツキを, つて來て, つて古調を, つて山田の, つて燃える, つて疲勞の, れませんでしたから

▼ できちんと~ (11, 0.0%)

5 して 1 し時間, 支度を, 櫛目を, 片づいた台所, 片付いて, 糊付が

▼ でさびしく~ (11, 0.0%)

2 暮らして 1 おこなわれました, てこわく, てしかた, てたまらない, なりました, も, 仕事を, 帰って, 暮して

▼ でさんざん~ (11, 0.0%)

1 [11件] な態, にもてあそばれ, 外国へ, 御断り, 思案した, 探した末, 母に, 泣いたこと, 苦労した, 莫迦な, 親分に

▼ で~ (11, 0.0%)

2 ある, つとするらしい, 行く 1 おはする, ただにやみぬべき, ながめしなまし白雪, 天命を, 恋ふる

▼ でたいそう~ (11, 0.0%)

1 [11件] お立派, なお居間, むちゅうにおなりになってその, よいにおい, りこう, りゅうと, 平和であった, 色が, 進歩的に, 長くおまけ, 風情が

▼ でとんだ~ (11, 0.0%)

1 [11件] お手数を, ことでございました, ことに, ところに, 姿で, 御損害, 所で, 災難だ, 災難で, 粗相を, 罪を

▼ でなか~ (11, 0.0%)

1 [11件] が可, でワザ, で蘭亭, にはどう, にはどんな, には平然と, には指先, にひどく, に入る, の仕切り, べいに

▼ でなんら~ (11, 0.0%)

1 [11件] このハナショウブ, の因果関係, の奇, の宿怨, の欠点, の熱情, の疑点, の規矩, の計画性, めぼしい手がかり, 異状の

▼ ではつきり~ (11, 0.0%)

2 して 1 させて, したこと, した見極め, してなかつた, しませんでしたが, し乾いた空気, するの, どんな時代, はわからなかつた

▼ ではや~ (11, 0.0%)

1 [11件] ここの, この鬼仏洞, びっくりしました, 七時過ぎと, 味方の, 四五鏈先は, 土木の, 清洲の, 自分の, 遠国の, 頂上に

▼ でふたたび~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの美しい, ここに, その女性, 僕の, 唄を, 村長の, 死体に, 炬燵の, 生きて, 眼で, 虜に

▼ でまさに~ (11, 0.0%)

1 [11件] この点, その肉, それこそ, 年齢は, 彼が, 本音を, 正義の, 死せる, 河童に, 神前に, 逆境の

▼ でまして~ (11, 0.0%)

1 [11件] こちらは, その, バテレン達の, 六年間御, 女の, 得物が, 徳川期と, 振られた同志, 曲馬団時代の, 独酌で, 社会の

▼ でりっぱ~ (11, 0.0%)

1 [11件] では, で輝くよう, なえ, なもの, な和尚さん, な淑女みたい, な美術館, な顔, によく, に人間, に愛

▼ でわけても~ (11, 0.0%)

2 先代の 1 お春, その綱渡り, ひとつの, ピアノ曲は, 万葉の, 下々の, 先代から, 晴れた日, 死骸の

▼ でわっ~ (11, 0.0%)

2 しの, しは 1 しが, しもあっけ, しもきょう, しもその, しゃあ, しゃあなた, しゃちょっくら

▼ でツイ~ (11, 0.0%)

2 あんな大, こんな事, 立ちそびれて 1 と立つ, のまず, やり過ぎた金助, 向ふ見ず, 馴れっこ

▼ でハイカラ~ (11, 0.0%)

1 [11件] がって, で, でまことに, で儲, で家族的, で快活, なの, な新, な言葉, な青年, の町

▼ で一生~ (11, 0.0%)

1 [11件] なすこと, の全部, の語り草, の間, はこう, を終る, を送る, 果てるの, 止む時, 送れると, 間に合うもの

▼ で丈夫~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, な五十歳位, な人, な布, な舟, な象皮, な身体, な鋼鉄, にすくすくと, よ, らしい十一

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] しも山伏一流, しも心, しも私, っとも教えない, っとも能, とはお快, とも手, と他愛, と重たい, やかな水声, や六ヶ

▼ で人類~ (11, 0.0%)

1 [11件] における利他心, のよろこび, の価値, の大, の教育, の歴史, の理想, の生存競争, の脳, の自制, はミミ族

▼ で今にも~ (11, 0.0%)

1 [11件] チェッと, パタンと, 倒れそう, 出ようと, 吹き出しそう, 戦火に, 来そう, 止まって, 江戸で, 流されそう, 馬車が

▼ で低く~ (11, 0.0%)

1 [11件] すすりあげて, サイレンの, 何か, 喉の, 囁くよう, 四肢が, 垂れた雲, 殺した聲, 這って, 黒ずんでる右手, 鼻唄を

▼ で偶然~ (11, 0.0%)

2 の廻り合せ, 同じ家 1 その袋, だよ, でない実は, と必至, なもの, な事情, 出会った私

▼ で兄さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] がドタ靴, が雪姉ちゃん, に惡, の肚, はここ, はどう, はどうやら, は今どこ, は兎, もいよいよ, を信じ

▼ で入口~ (11, 0.0%)

2 の格子 1 なり牛部屋, に引返しました, に簪, の六畳, の扉, の敷居, の雨戸, も自由, を左

▼ で其中~ (11, 0.0%)

2 に自分 1 でも初等教育, に予科, に二三名, に小, に過去元始天尊, の一, へ物, を民衆, 特に人

▼ で内心~ (11, 0.0%)

1 [11件] お定さん, に下手釣師, の作品, の憤り, はどうか, は学者, は少し, は平気, は鼠, 困つたこと, 来たこと

▼ で冷たい~ (11, 0.0%)

1 [11件] くらいに見える, し血色, と云, ばあや, 不景気の, 人の, 形を, 潮風が, 理智的な, 結飯を, 風は

▼ で冷静~ (11, 0.0%)

1 [11件] だとも, でありまた, であるよう, では, ではにかまずも, ではにかまずもじ付かず尋常, で育ち, な少女, な点, な頭脳, になった

▼ で几帳面~ (11, 0.0%)

1 [11件] であって, でなければ, で刻明, で唄好, で嚴格, で多芸, なこと, な主人, な人間, な大, な点

▼ で前者~ (11, 0.0%)

1 [11件] が三十六歌仙, が全般的, では相模, と後者, にたいする王陵発掘事件, には歴史的, に片, の方, は一八四〇年二月, は英國, を西田哲学

▼ で~ (11, 0.0%)

2 郷も 1 かつた, かつてゐた, かつてゐる, つてを, りましたが, ります, ボーシンを, 造が, 郷の

▼ で単なる~ (11, 0.0%)

2 ダダッ子に, 意味の 1 事件の, 反感の, 想像かも, 昨日からの, 正義感の, 軽蔑すべき, 過去の

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] てあたり, てけば, てこの, てこんな, て今日, て岡村, て恥, て手数, て春登, て珍し, て頓挫

▼ で厳粛~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ好き, である, で大きな, で斧四郎, で有益, で祈り, で陽気, なところ, なので, な感銘, な男性的

▼ で只今~ (11, 0.0%)

2 はお 1 では単に, では無い, でも御用, のよう, の華族さま, はお前さん, まで名主, も居ります, やり出して

▼ で可憐~ (11, 0.0%)

1 [11件] だつた, でならなく思われた女, で柔和, といふ, なもの, な一面, な人, な作中, な姿, な手, な長崎

▼ で吉原~ (11, 0.0%)

2 の名 1 でも日本橋, のお, のよ, のチョンチョン格子, の何町, の放火, の景気, はちょうど, へ引返し

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] などは管子, ばき, ひの, ふでの, ふへ, ふ側, 三軒両, 不見, 岸から, 岸ばかり, 岸へ

▼ で哲学~ (11, 0.0%)

1 [11件] から鉱物学, がかった論文, に於ける, のレーニン的段階, の所謂党派性, の教授, の説く, は一種, は国民的, は客観的, をやる

▼ で嘉門~ (11, 0.0%)

1 [11件] の芸風, はお, はこのごろ中, はのめっ, はギョッ, は同じ, は吐息, は小走り, は逃げかけた, は驚い, も知っ

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] いつはり毒, いつわりのね, か本当, だと, だという, でない生き方, と知り, も偽り, をいった, をお告げ, を吐かない

▼ で場所~ (11, 0.0%)

2 もあろう 1 が場所, が悪い, だってあなた, によってはかえって, によって古来, の見立て, は明, は浅草公園, は胃腸病院

▼ で~ (11, 0.0%)

2 見治 1 すぎるくらい, すぎるくらいじゃ, 數の, 樣で, 苦で, 計代が, 計代の, 計代は, 讀を

▼ で大き~ (11, 0.0%)

5 さは 3 さも 2 さを 1 すぎて

▼ で大層~ (11, 0.0%)

1 [11件] うまかった, お世話に, お手厚い, お立派, 奴らの, 奴等の, 御意に, 心配を, 気分よく, 白い馬, 酩酊致しやした

▼ で始め~ (11, 0.0%)

2 から何 1 あの人, あるもの, から仕組まれた, から表わせる表わせない, に神下し, のうち, の中, の程, はその

▼ で客観的~ (11, 0.0%)

2 な存在物 1 で具体的, なリアリティー, な体系, な作者, な必要, な技術, な核心, な追究, に見れ

▼ で室内~ (11, 0.0%)

1 [11件] にはだれ, には例, には書籍, に這入っ, の模様, の空気, はまっ, は水, は煙草, まで流れ込ん, を散歩

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] からの大, から丸山, から大, から大変, から明り, にこの, に一度, に街, に遊び, の事, の灯

▼ で家康~ (11, 0.0%)

2 は長久保 1 がなお, のまわり, はいつ, は内部, への義理戦, や利家, や利家ぐらゐの人物, をうながし, をやりこめ

▼ で寝床~ (11, 0.0%)

2 の上 1 から滑り下りよう, が一部分押入, にもぐりこみ, の帳, の煎餅蒲団, へかつぎこんだ, へもぐりこもう, へ入ろう, を別

▼ で尊氏~ (11, 0.0%)

1 [11件] が拝, にとれ, にはつらかっ, のす, の本隊, の洛中没落, は大事, は彼ら, は直義, も今, も頼朝

▼ で小屋~ (11, 0.0%)

1 [11件] からまろび, から葬, ではまだ, にさえはいっ, に着いた, の中, の入口, の内, の周囲, の周圍, の方

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] が三十二歳, と親しく, の前, の坊, の家, の家名, の小野治郎右衛門, の恩, は四十五歳, を尋ね, を訪う

▼ で帰り~ (11, 0.0%)

1 [11件] が十一時, が遅れ, ですから, には大抵, に寄れ, に数寄屋橋外, はむだ道一つ, は一時間, は近道, をここ, 着いたころ

▼ で~ (11, 0.0%)

2 の日 1 から睨まれ, づね私に, は孤児院, は生徒たち, わ会にも, 公は, 念の, 日頃の, 次は

▼ で~ (11, 0.0%)

5 ひて 1 さは, ち昇, ってとは申しません, ひられるの, 過ぎては, 雨の

▼ で彼自身~ (11, 0.0%)

1 [11件] でもっ, としては彼, にもどう, にも具體的, のもの, の制御, の存在, の心持, の昨夜, また神さま, 少しも

▼ で後世~ (11, 0.0%)

1 [11件] その伝説, その出処, に伝へなけれ, に語り伝えよう, の二月, の伝記作者, の我々, の歌, の理会, の貉, 名づけて

▼ で御免~ (11, 0.0%)

4 なさい 1 だとでも, なせえ, になる, を蒙りましょう, 蒙って, 蒙ります, 蒙るよ

▼ で微か~ (11, 0.0%)

3 な音 1 で纏綿, なその, な命, な蠅, にご, にで, に犬, に鳴い

▼ で微笑~ (11, 0.0%)

2 しながら, すると 1 すら現す, すること, まされる, をたたえ, を浮かべた, を浮べる, を禁じ得ない

▼ で必然的~ (11, 0.0%)

2 な連関 1 であるという, でなければ, なもの, な作用連関, な結合, な統一, な統一的連関, な自然史的発展, にある

▼ で忠実~ (11, 0.0%)

1 [11件] しい人, であって, ですから, では, でよく, で働き好き, で物, なもの, な数匹, にそれ, に彫

▼ で恋人~ (11, 0.0%)

1 [11件] のなす, のよう, の前, の安否, の思われる, の投げる, の白い, の訪れ, を多く, を探す, を死なせる

▼ で我儘~ (11, 0.0%)

2 なお 1 であった, で先人, で悪賢く, で惡, で淫亂, で身勝手, な性格, にじっと, のきり

▼ で我慢~ (11, 0.0%)

1 [11件] がならなかった, がならなかつた, して, するか, するかな, ならず何, にも食べ切れず, のしよう, の仕様, をし, 出来ずに

▼ で戸外~ (11, 0.0%)

1 [11件] から射し込む, から拝見, から覗い, にはいつしか, にはなか, にはなかなか, の空気, の闇, へ掴み出さう, へ逃げ, へ飛出した

▼ で政府~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこんな, が屈服, が蜻蛉返り, が酒屋, ではその, の意嚮, の用, の金, は唯, は明治二十三年, も余程

▼ で新鮮~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, でだれ, でもう, な冷, な印象, な友情, な国, な感じ, な感動, になっ, に思われた

▼ で日本語~ (11, 0.0%)

1 [11件] でいへ, でもなけれ, について十分の観察, に直せ, の, の歌, の歴史, は自由, またかつて, をほんの, を控え

▼ で旦那様~ (11, 0.0%)

1 [11件] が上がるなら上げ, が二十両, が妾, が穴, と奥さま, にお願い, のよう, の御, の御用, の方, よりも御

▼ で早くから~ (11, 0.0%)

2 私が 1 ホーソンの, 一部の, 人に, 単独先行した, 天下を, 寝た石豆腐, 戸じ, 艶色無双の, 起き出して

▼ で明白~ (11, 0.0%)

3 なもの 2 である 1 で人間, なの, な事実, な利害, な矛盾, に文学

▼ で暗く~ (11, 0.0%)

1 [11件] ていや, てひどくむんむん, なった, なった空, なつて, ならうと, なるの, なるまで, ひっそりし, 同じよう, 色づけられ

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] がまた, が旨く, たもの, のうまい, は旗山, を裁, を見る, を読ん, を讀む, 上げたの, 消した跡

▼ で柔和~ (11, 0.0%)

1 [11件] すぎるきらい, だが, だった, でありましたけれど, である, で謙遜, で身, なおだやか, な感じさ, な顔, になる

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] が悪, く実際, く小さいの, く簡略, く速く, つまらないこと, て杜撰, 上等の, 好い酒, 簡短な, 綺麗です

▼ で気楽~ (11, 0.0%)

1 [11件] じゃまで, だが, だと, で閑暇, なところ, なの, なばかり, な独身生活, な連中, に休む, に暮らし

▼ で永い~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことそう, 事すすり泣い, 年月の, 放浪の, 歳月の, 流浪の, 生涯を, 間, 間じっと, 間群集を, 間雇人も

▼ で永く~ (11, 0.0%)

1 [11件] いる者, つづけて, ゐる娘, 住民に, 困却しました, 夢みるよう, 已みなん, 村に, 樂し, 見て, 記念さるべき

▼ で永久~ (11, 0.0%)

1 [11件] でなければ, に一つ, に不徳, に功績, に勝っ, に名優, に囚われ, に来ない, に立消え, に買いとられた, に默笑

▼ で~ (11, 0.0%)

2 の立たない 1 という, に対する新しい, のま, の始め, の間, はほとんど, は相, ばかり青く, を揉

▼ で活溌~ (11, 0.0%)

2 で多忙 1 だ, だった, である, で勇ましい, なり学問, な一種, な娘, な性質, な生気

▼ で浅草~ (11, 0.0%)

1 [11件] で小さい, と神田, にゐるじ, の三筋町, の並木, の名, の客, の片隅, の草津温泉, の観音さま, の観音堂

▼ で源氏~ (11, 0.0%)

1 [11件] のほう, の作, の保護, の内大臣, の味方, の完成, の心, の訪れ, はそれ, は恋, も冷静

▼ で~ (11, 0.0%)

2 っ方 1 がつい, がつき, つけに, のつく, 撚りに, 目つぶしそうな, 肱を, 脚を, 輪者故

▼ で~ (11, 0.0%)

2 を借り 1 からあがっ, と田, にしも隠元豆, に旧い, の道, は少し, や畑, を植え, を荒す

▼ で申訳~ (11, 0.0%)

2 もございません 1 ありませんが, がありません, がない, け的, ないが, はない, ばかりけずっ, もありません, らしく独言

▼ で百姓~ (11, 0.0%)

1 [11件] からは出来る, とはいう, と申し, に使われ, の家さ, の家族, の迷信, の騒ぎ出した, や旅人たち, らしい話, を土下座

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] には手, に三つ, の口, へ酒, を取り上げた, を取り上げよう, を取る, を含み, を撮ん, を收め, を畳

▼ で相談~ (11, 0.0%)

2 したいこと 1 して, ではなく, ということ, に乗った, のしよう, の上, は容易, をする, を持ちかけられた

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] しやか, つ黒, にい, に不快, に氣, に男性的, に農民, のシムボリズム, の文運, 似が, 正に

▼ で神経~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこまかく, がピリピリ, が尖っ, が繊細, が過敏, に支配, の尖った, の昂, をすりへらし, を尖らし, を酒びたし

▼ で神聖~ (11, 0.0%)

2 なもの 1 この上ない事実, でええ, といふべきである, なこと, な仕事場, な幸福, な恐怖, な病気, な神

▼ で積極的~ (11, 0.0%)

1 [11件] で動物的, で魅惑的, と考えられる, な問題, な奥さん, な建設案, な時代, な観念, な觀念, には何, に生産的

▼ で窮屈~ (11, 0.0%)

2 な思い 1 でしかも, でたまらん, でつまらなく, でならなかった, で自分, な, な感じ, な間に合せ, に自分

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] のはこび, の立て, の通, はどう, はマルク, は勿論, も性根, も骨, をついで, をとおし, 向ふ

▼ で粗野~ (11, 0.0%)

2 な人間 1 だが, でさえも, でした, で拙劣, で数え立てれば, で騒々しく, なところ, なもの, な一面

▼ で精神的~ (11, 0.0%)

1 [11件] でささげる心, でデリケート, な同様事情, な影響, にはいささか, にまつたく, にも物質的, にも肉体的, に酷く, のもの, の教育

▼ で素人~ (11, 0.0%)

2 には見, の作った 1 うけは, が心理學, でも一回, としても大, にも早わかり, の細工, は分らない

▼ で考え~ (11, 0.0%)

2 はまた, 深く自分 1 が実行, てみる, に沈み, をまとめる, 深いたち, 深いなんて, 深くて

▼ で背後~ (11, 0.0%)

2 から肩 1 から力まかせ, から名, から貝殻骨, には何ん, に武者絵, の下枝, へそつくり, へ手, を振り返っ

▼ で自ら~ (11, 0.0%)

2 進んで 1 の美しい, の苦惱, ゆるい傾斜, 働きかけて, 励まそうという, 占うのみ, 慰めて, 誇らず他, 足りて

▼ で自分達~ (11, 0.0%)

1 [11件] がそこ, が新しい, が独り立ち, だけ立派, のやう, の体, の蔭芝居, の飯, はその, はそれ, を歓迎

▼ で自己~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, の位置, の所信, の欲する, の演技, の生存上, の知っ, は依然として, をあざむかず, を僞, を恃

▼ で自慢~ (11, 0.0%)

1 [11件] さうに, じゃない, ではない, にはならない, の短刀, の種, の詩吟, をし, をしあひました, をもつ, 心強く本気

▼ で芸術的~ (11, 0.0%)

1 [11件] であった, であつ, であり得ないきらい, であるその, で努力的, で総て, なの, な残酷, な点, な生きかた全幅, の趣味

▼ で苦痛~ (11, 0.0%)

1 [11件] が軽く, だったが, で疲れて, と云う, のいろ, の多い, ばかりを意識, もない, も傷口, や悲哀, を慰め

▼ で落着~ (11, 0.0%)

9 いて 1 いた毎日, いてるかと

▼ で~ (11, 0.0%)

2 を曳い 1 がひるがえって, が伸びる, が袿, だの袖口, の方, は浅黄縮緬, は膝限り, をつまみ, をまくっ

▼ で見事~ (11, 0.0%)

2 に二羽 1 この大役, である, なもの, な勝利者, な石, に処罰, に脚, に轡, 申し受けよう

▼ で読者~ (11, 0.0%)

1 [11件] がつい, としてちよ, にその, に千年, に対してたいへん, に対する報道, に見当, の手許, の方, はもう, は必ずしも

▼ で身動き~ (11, 0.0%)

2 もできなかった 1 ができない, すらもできない, するの, は出, は出来, もしなかった, もできず, も出来ない, をするた

▼ で迷惑~ (11, 0.0%)

1 [11件] かもしれない, するから, だろう, では, なの, なほど, な思い, な競争, の上, は同じ, をかける

▼ で遠慮~ (11, 0.0%)

1 [11件] がなく, したか, したん, して, するの, のない, のねえ, ぶかく, をし, をします, 深くあらせられる

▼ で~ (11, 0.0%)

2 の人々 1 から来た, でも加茂, にある, に着い, の外, の御, の案内, の殿上人, へ急ぐ

▼ で金兵衛~ (11, 0.0%)

1 [11件] と参詣, には面白く, はひた走った, はグタグタ, は同じ, は土塀, は夕飯, は空地, は立ちすくんだ, は走り出した, も飛び返った

▼ で陰惨~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, である, で人, で偏執狂, で救い, で醜悪, なところ, なもの, なエロチシズム以外, な一人, な気持

▼ で青い~ (11, 0.0%)

2 七日ごろの 1 のに, まつすぐ, 水が, 水も, 物を, 瞳に, 花の, 顏を, 顔を

▼ で食物~ (11, 0.0%)

1 [11件] がなく, こそだ, という石炭, に止った, に添え, のこと, の事, の理, は菓物, は身分不相応, も沢山

▼ で~ (11, 0.0%)

2 り昨今忌 1 り人工, り信用, り店, り成功, り深く, り良い, り調つた顏容, り身體, り靜

▼ で高く~ (11, 0.0%)

1 [11件] とびあがりました, とまり俺等, もない, 大川の, 巻き上がって, 捧げた, 気取つた意味, 舳は, 跳び上ります, 釣り上げる, 響いた

▼ で高尚~ (11, 0.0%)

1 [11件] で, であって, である, であると, でこぢんまり, でしとやか, なる品格, な天性, な悦楽, な顏, になっ

▼ で~ (11, 0.0%)

1 [11件] が好き, そのままの, でも泳い, のやう, の名, の様, の泳いでる, はみな, や虫, を漁り, を誘う

▼ であえて~ (10, 0.0%)

1 ここで, キリシタンバテレンの, 中に, 健脚たる, 太だ, 市場へは, 提督の, 明答しなかった, 隣人と, 非難する

▼ であちこち~ (10, 0.0%)

1 から三つ四つ, で積替え, で身体, とまわり道, にごろごろ, に廻転木馬, の道場歩き, へ往く, 引っぱり回されるの, 覗いて

▼ であちら~ (10, 0.0%)

1 では周知, でもこちら, で幾度, にぶらり, の子たち, の部屋, の高い, へなどは燃料, へもつ, へ行っ

▼ でいちど~ (10, 0.0%)

1 お極り, だってそんな, の糾明, はご, は千住大橋, は鎌倉表, も自分, 刈りとられると, 立ち寄って, 閉められたらたやすく

▼ でいちばん~ (10, 0.0%)

1 いい季節, ききたいこと, その被害, に古い, ひどい目, やさしいこと, 不幸な, 可憐な, 大切な, 綺麗な

▼ でいっこうに~ (10, 0.0%)

1 おもしろくも, なにごとも, 埒が, 威儀が, 小さいの, 心に, 手応えが, 此の, 自分らの, 要領を

▼ でいったん~ (10, 0.0%)

1 は馬籠, 二階に, 戸を, 教会へ, 旅籠へ, 水の, 泊めて, 浴室へ, 砂が, 穴へ

▼ でうしろ~ (10, 0.0%)

1 から帯, から彼, から鉄槌, が神田川, に与, の席, の方, は畑地, へさがり, も見ない

▼ でおとなしく~ (10, 0.0%)

1 してるだよ, だがどこ, てす, のそのそと, 乗って, 人いちばい好学温雅なる, 凄みが, 口も, 疲れた顔, 買い手の

▼ でおもしろ~ (10, 0.0%)

3 かつた, そうに 2 がって 1 がつて, みの

▼ でおら~ (10, 0.0%)

1 あ小股, あ引っくり, あ煮, あ胸, が深川, といっしょ, と一緒, の国, の家, はべつに

▼ でお互い~ (10, 0.0%)

1 じゃない, にちっとも, にはなに, に努め, に多く, に忘れ, に相手, に肉情的, に胸, に通い合う

▼ でお松~ (10, 0.0%)

1 が与八さん, という小女, のみどり, の耳, はこのごろ, はその, はみ, は牧師, は離れ, をつれ

▼ でがんりき~ (10, 0.0%)

3 の百 2 の百蔵 1 がいよいよ, が南, のお, ほどの者, もあきらめた

▼ でげす~ (10, 0.0%)

1 からあっし, からあっしら, からその, からなあに, から彼, がなこれから, がな絵, がねお松, な, なシルク

▼ でこの間~ (10, 0.0%)

1 から君, から相談, から閉まっ, にいくら, にはまた, の事情, の入口, の電車事件, まで学校, もあの

▼ でさびしい~ (10, 0.0%)

1 とも悲しい, に相違, のは, ものだった, 御下屋敷, 景色では, 生活を, 窓に, 街に, 音が

▼ でそちら~ (10, 0.0%)

2 を見る 1 では不意, の噂, の方, の生活, へおしらせ, へお願い, へ毎日, へ行く

▼ でそれなら~ (10, 0.0%)

2 催眠薬の 1 いい本, なぜ人, 人と, 弥之助が, 新八, 既に僕, 社会改革を, 結構こんな

▼ でそれ以前~ (10, 0.0%)

1 からその, でもそれ以後, にはなかなか, には冬, には存在, の日記, はこれら, は太陰暦, は開港場, を私

▼ でそれ等~ (10, 0.0%)

1 が一団, に纏, のもの, の器械類, の小さい早い, の消え, の繪, は人格, を彼女, を横

▼ でたまに~ (10, 0.0%)

1 お便りを, 一ぺん行け, 乗り降りする, 人に, 姿が, 客が, 東京へ, 水を, 足を, 通りかかる人

▼ でだらし~ (10, 0.0%)

3 のない 1 がない, がなかっ, がなく, がねえ, なくなって, なく火鉢, はない

▼ でちゃ~ (10, 0.0%)

2 ちゃっと, りんと 1 いけないよ, ちゃっ梅干, ぶちゃぶと肩, アんと, イカンと, 邪魔な

▼ でとかく~ (10, 0.0%)

1 にそこら, に仕事, に生まれる, に騒ぐ, ムキになり易い, 不遇な, 健康上から, 失態を, 話題を, 近所に

▼ でなけれ~ (10, 0.0%)

1 ばあるいは, ばその, ばない, ばなるまい, ば向方, ば忘れ, ば意味, ば科学的, ば陰鬱, や私

▼ でひとつ~ (10, 0.0%)

1 その字引, その花和尚さん, のこと, の規準, の頭, は橋詰, は済んだ, も枝, 狂って, 願いやすぜ

▼ でびっくり~ (10, 0.0%)

3 して 1 いたしました, した, したよう, するであろう, するよう, するん, する奴

▼ でもっぱら~ (10, 0.0%)

1 の評判, 工房関係の, 市街の, 帆によって, 我意を, 桐花カスミの, 興福寺に, 見物の, 評判でございます, 鯨ばかり

▼ でゆき子~ (10, 0.0%)

2 はその 1 が大声, との交渉, に対して杉夫, に惹かれる, の化粧, は歩い, は激しく, は肚

▼ でテーブル~ (10, 0.0%)

7 の上 1 い手エ, には剪, に飛び移っ

▼ でフランス~ (10, 0.0%)

1 でもそれ, で美術史, のお, のこと, のため, の一つ, の恋愛小説, の新人達, の残り, やスペイン

▼ でホテル~ (10, 0.0%)

2 を出 1 で呉れる, にいる, に入っ, に部屋, のバア, の経営者, へ帰る, や花月園

▼ で一々~ (10, 0.0%)

1 これを, の言葉, 伝騎に, 抜き差しの, 案内状を, 自分で, 自分の, 臭え處さ, 説明する, 顏を

▼ で一晩~ (10, 0.0%)

2 出掛けると 1 おびえて, ぐらい我慢, この俺, とめて, に四, に百法, 御厄介, 泣き明かす猛烈

▼ で世話~ (10, 0.0%)

1 あねえわ, する義理, ずきであるから, になってる, にならない, になり, に砕け, に砕けた, の焼けない, をし

▼ で久しく~ (10, 0.0%)

1 うめえ, お待ちでございます, それに, 地表に, 宇都宮に, 由紀子は, 石碑を, 米國の, 試みなかった腕, 顔を

▼ で事情~ (10, 0.0%)

2 止むを 1 で動かされる, はざっとこう, ははっきり, は一向, は少し, は解らなかった, は金次郎, を知つた者

▼ で二度と~ (10, 0.0%)

1 はその, はやって来やしない, は見向き, めぐり合う性質, 同じ者, 呼ばれた者, 彼等を, 昔の, 話し出さないこと, 調べて

▼ で五日~ (10, 0.0%)

2 もはらくだし 1 か六日, と消えぬ, にいちど, にはきっと, にはきつ, には早, に一度, は次

▼ で今さら~ (10, 0.0%)

1 あれの, こぼしても, ほかの, 人を, 年の瀬の, 後悔の, 止めようも, 筑前の, 言うまでもないが, 評注を

▼ で以後~ (10, 0.0%)

1 ちょいちょい他, の方針, の責任, はそこ, また堅く, も今, も何度, も武者所詰, も神社, も長年親類同様

▼ で何しろ~ (10, 0.0%)

1 かように, カネと, 千代田城は, 大きくつて, 天使まがいな, 小銭を, 昼の, 湯屋で, 紙入も, 肝腎の

▼ で何人~ (10, 0.0%)

1 といえ, とも事, と雖, なるやを詳, にも仰し, にも負, も想像, も簡単, よりも深, を待つ

▼ で何気なく~ (10, 0.0%)

1 いった, その手紙, それを, 前に, 山沿ひ, 病室には, 相手の, 眺めて, 縁側へ, 這入って

▼ で何物~ (10, 0.0%)

1 かに無性, にも屈伏, にも縛せられない, もおいてない, もない, も抱きしめ, も持たず, をもまじえる, をも恐れなかった, をも捉えず

▼ で僕たち~ (10, 0.0%)

1 が自動車, の心, の悪口, はとやかく, はどうして, はほんとう, は本田君, は車, は遺憾, も困つ

▼ で僕ら~ (10, 0.0%)

1 がまごつき, には何, に神経戦, のうち, のやう, の足音, はすでに, はただ, は何, も一つ

▼ で~ (10, 0.0%)

1 の柄, は一本, は側, は無念流, を引き抜いた, を抜き持っ, を横, を鞘, を頭上, 尖から

▼ で力強い~ (10, 0.0%)

1 ことは, のを, ものを, 並行線の, 人です, 句である, 柱台とに, 気分を, 無意識的模倣を, 筋骨質の

▼ で勇気~ (10, 0.0%)

2 のある 1 があっ, があり, がいくら, などは始め, にあふれ, に充ち, は忽ち, をもっ

▼ で十人~ (10, 0.0%)

1 ずつ二隊, のうち九人, の二三, の武士, の落第生, ばかりの人, ばかりみんな僕, ばかりもいただろう, まで倒したた, 寄れば

▼ で十年~ (10, 0.0%)

2 の博覧会, ばかり前 1 か, の後, も早い, も睨みあった, も經つて, 続いた心

▼ で~ (10, 0.0%)

1 いこと, い破目, かしい, っか, っかしい, っかしい中, っかしい趣, つかしい気, つかしい碗, ねえから

▼ で原稿~ (10, 0.0%)

1 があわただしく, など依頼, の末, の良非, は最初, を取る, を受取る, を枕元, を関君, 持つて

▼ で可哀想~ (10, 0.0%)

31 だと, でいくら, ですから, でたまらずあやうく, でたまらない, では, でみんな

▼ で合理的~ (10, 0.0%)

1 とは簡便, なところ, なの, な判断力, な専有, な易者, な理解, な見解, な説明, に解釈

▼ で四人~ (10, 0.0%)

1 が東京, が肩, そろって, ともほとんど, の宰相, の武士, は打ち揃っ, は旅, は神明裏, もある

▼ で四方~ (10, 0.0%)

2 にめぐらした 1 とも水平線, に分散, の壁, は真, へ地下植物, を取りかこった, を暗く, を見る

▼ で~ (10, 0.0%)

1 って, より事実, より堅い, より幕府, より支那, より標山, より無い, より譬, より貝塚, 肥りの

▼ で固く~ (10, 0.0%)

1 おせんに, つつんで, なった耳, なって, なること, 信じ合って, 執って, 決め込んで, 畏まって, 誓いを

▼ で土間~ (10, 0.0%)

2 に卓子 1 から二三寸, がひろく, には腰掛, に突, の卓子, は馬鹿, へふみこん, を広く

▼ で地面~ (10, 0.0%)

2 の上 1 におろし, にたたきつけられ, に立たなかった, は洗われ, へ腹, より二, を掻いた, を蹴

▼ で大人~ (10, 0.0%)

1 が推測, となった, になっ, になった, になったらわかる, のよう, の世界, の深い, よりもませ, らしくぶつかって

▼ で天気~ (10, 0.0%)

2 さえよけれ 1 がすっかり, がよく, がよけれ, でもよい, のよい, はいい, はどうも, は申し分

▼ で女の子~ (10, 0.0%)

1 がひとり, というもの, にあり, には娘, の中, の手, はどうも, はねえ, は花屋, もこれ

▼ で~ (10, 0.0%)

1 がこう, のお, のお気, の宿, の愛, の洗練, は伏し転ん, は内, は彼, は御

▼ で~ (10, 0.0%)

1 か社, とは全く, には今, には僧侶, のかよい, の一室, の墓地, の鐘, へ飛び込ん, を追出される

▼ で少なくとも~ (10, 0.0%)

1 ハンスが, 三十日くらいは, 僕らは, 変化は, 所謂, 是は, 杉先生の, 東京市民は, 秘書たちが, 第二次

▼ で~ (10, 0.0%)

1 ある時期, いけないこと, お且つ, お其上, お刀, この文章, じっと空, 改めて感謝, 生きて, 詳しく定

▼ で常識~ (10, 0.0%)

1 ある人間, がこの, で沢山, というもの, にもち得る, に富ん, に富んだ, の範囲, は普通, を明らか

▼ で幾日~ (10, 0.0%)

3 も幾日 1 かたった, か日, となく, の何時頃, も, も食, 経っても

▼ で広く~ (10, 0.0%)

1 おおまかに, て歩き, て狭く, て遠慮, ない正義派, フランスの, ベルチョン法と, 一般の, 天下を, 用いられて

▼ で度胸~ (10, 0.0%)

2 がいい, がな 1 がある, ができた, のない, もある, もあれ, もお

▼ で弱気~ (10, 0.0%)

2 でその 1 ですが, でボヘミアン, で人間, で優柔, で強度, で操り芝居, で笛, な子

▼ で強情~ (10, 0.0%)

1 だと, でわからずやだったけれど, でわき目, で根性, で神経, なさぞさぞ, なもの, な夫, な突慳貪, に何時

▼ で後で~ (10, 0.0%)

1 おきまり, こちらへ, はもう, は皆, わかろう, 分る時, 怒ったぐらい, 思うと, 筋を, 聞て

▼ で徳川時代~ (10, 0.0%)

1 からずっと, から今日, から勧善懲悪, ならびに明治時代, の初期, の初頃, の尊王論, の法令, の洒落者, の餌差

▼ で怪しい~ (10, 0.0%)

1 ところが, と思った, と見た, のは, 人間の, 商売を, 四軒の, 家だ, 日本人が, 者でござらぬ

▼ で恥知らず~ (10, 0.0%)

2 で怠けもの, な物躰 1 である, で全く, で齒切れ, な尾行, な検閲, の交合

▼ で息子~ (10, 0.0%)

2 と娘 1 がどういう, にまできらわれる, に気づかれない, のため, のところ, の方, の貞夫, はをら

▼ で恰も~ (10, 0.0%)

1 タイチに, 南畫の, 大きな円, 姉その, 我邦の, 我邦俗の, 根の, 猫が, 画家が, 電話口に

▼ で意地~ (10, 0.0%)

4 の悪い 1 がつよい, が惡, つ張り, でああ, の惡, の手術

▼ で態度~ (10, 0.0%)

1 が莊重, にも言葉, に威厳, はじつに, は卑屈, もいやしく, もす, も上品, も声, も慎ましやか

▼ で成功~ (10, 0.0%)

2 して 1 しさ, したちゅうて, しても, するだろうかね, などということ, のかげ, はとても, をうたがわぬ

▼ で方々~ (10, 0.0%)

1 からいろんな, から集つた馬, で研究会, に栗, に美容院, の人, の分教場, へ仕事, をあるき, をわたり歩い

▼ で旅行~ (10, 0.0%)

1 から帰っ, されるよう, するには, するの, としいへ, なんかしなかつた, についての注意, は熊野, もし, をする

▼ で~ (10, 0.0%)

1 さう, しら, そうな, やその, や主客処, 取写真, 寢を, 成の, 稻田の, 雲は

▼ で暖か~ (10, 0.0%)

1 だったが, だつた, でつ, でのんびり, で優しかっ, で新鮮, で遠い, なお, な炉, に回復

▼ で曹操~ (10, 0.0%)

1 にむかい, に仕え, のもの, の中軍, はまたも, は二人, は日ごろ特に, は特に, は都, を手

▼ で最近~ (10, 0.0%)

1 この辺, では洋行, では蜜豆, に到っ, の彼, の御, は如何, は娘さん, は疎遠, 著しく出版

▼ で~ (10, 0.0%)

1 だしも, のが, 完成の, 感染兒童の, 成熟の, 曽有の, 踏査で, 醒子番付は, 開国なら, 開墾であれ

▼ で~ (10, 0.0%)

1 と果し合う, は使者, も潔く, も覚え, アパートの, 女学院出の, 学校の, 新聞に, 日某時, 高校の

▼ で~ (10, 0.0%)

1 が三つ, なども太しく, にもたれ, によりかかっ, のす, の掛花活, は脚立, まできれい, ももはや, を主部

▼ で根本~ (10, 0.0%)

1 から全く, から新た, から日本, では民間, に溯る, に見当違い, の公式, の理由, は四抱え, は驚く

▼ で案内~ (10, 0.0%)

2 されたの, して 1 する, のあと, の武士, も存じませぬ, も連れず, を乞

▼ で~ (10, 0.0%)

2 のなか, の中 1 に取り巻かれ, の仲間, の梢, の母, へクリスマス, 半太夫

▼ で正しく~ (10, 0.0%)

1 いえば, その全, て完全, 円位, 古代哲學の, 答えられなかった, 美しいもの, 美しかった, 自分が, 邪道へ

▼ で正月~ (10, 0.0%)

2 やるあの 1 が例外, そうそういいかせぎだ, に餅, のこと, の元日, の元旦, の寒, やお盆

▼ で残忍~ (10, 0.0%)

1 だ, であったの, で嘲笑的, で落ち着かない, なもの, な力, な形相, な悦楽, な拷問法, な獄屋

▼ で殿~ (10, 0.0%)

1 から米, がいくら, にはその, にもウム大月玄蕃, にも僥倖, に願う, のふぐり, の御, をはじめ, を軽

▼ で氣味~ (10, 0.0%)

3 がよく, が惡 1 が惡い, が惡いくら, のわるい, わるく危險

▼ で流れ~ (10, 0.0%)

1 とそれ, ならば, に口, に柵ん, に沿う, の下, の姿, は小さい, は殆, を見

▼ で浪人~ (10, 0.0%)

1 した時, してからは, じゃとひとり, と名, などとは思われない, の娘, の身分, は無造作, は足, やならず者

▼ で海岸~ (10, 0.0%)

1 が白く, にうち, にとどき, にはすでに, に近い, に近づく, の夕風, の岩, の松原, 添いの

▼ で清楚~ (10, 0.0%)

2 で透明, な鋭い 1 であった, で常に, で気品, で無いところ, で軽快, なもの

▼ で~ (10, 0.0%)

1 に入, に行く, に近く, のなか, の嫌い, の流れる, の量, は出, も喉, を使う

▼ で無意味~ (10, 0.0%)

2 なもの 1 でしか, で古代, で自然, で馬鹿気, という, な形而上論, な此会話, に見える

▼ で無言~ (10, 0.0%)

2 である, のまま 1 だ, で相手, で銃, のうち, のままサッサ, の対立

▼ で無造作~ (10, 0.0%)

1 である, でそして, でなか, では, とさえいえる, なこと, に僕, に応対, に文化財, に進んだ

▼ で片手~ (10, 0.0%)

2 にビール瓶 1 でぐいぐい, でサミイ, で砥石, に例, に日本酒, に毬, に番傘, を額

▼ で~ (10, 0.0%)

2 は少し 1 にあらず, に化かされた, の業, の皮, の穴, の話, の面, や狸

▼ で狡猾~ (10, 0.0%)

1 である, で一定, で吝嗇, で手, で無欲, な三拍子, な無, な色, な連中, の逸話的存在

▼ で猛烈~ (10, 0.0%)

1 であって, である, です, で急激, で恥, で無, で虚無的, なもの, なロマンス, な内心

▼ で~ (10, 0.0%)

1 に追いついた, の仕方, の室, の情婦, の晩年, の茶店婆さん, は記録, も女王, も王妃, を囲

▼ で男性的~ (10, 0.0%)

1 じゃない, であると, です, で大胆, で荘重, なのに, なもの, な趣味, に朗々, に粗暴

▼ で~ (10, 0.0%)

4 の上 1 がなかっ, とすれすれ, のしめっ, ばかりで, もしっくり, を積み揚げ

▼ で~ (10, 0.0%)

3 にさ 1 だ, だから, にさわる, には能, に触つ, に障った, に障る

▼ で皮膚~ (10, 0.0%)

1 がほどよく, が愉快, が潰瘍, が痛む, が白く, の色, の薄い, は女, をさき骨, を刺し貫く

▼ で真理~ (10, 0.0%)

1 が心理, とはいわれないであろう, の吸収, の把持者, の絶対性, の都, は全く, を含ん, を愛するなら, を探求

▼ で短い~ (10, 0.0%)

2 笑い声を 1 だらだら坂, のが, 一生, 冬は, 四日間だつた, 枚数で, 睡眠を, 笑ひ

▼ で~ (10, 0.0%)

2 に行かれる 1 にいる, の神以外, の神橋, の芸術観, は解散, へ出た, へ帰った, 大党

▼ で~ (10, 0.0%)

2 上った, 上って, 続けに 1 止って, 留って, 竦んで, 籠ること

▼ で~ (10, 0.0%)

1 がその, で幾度, のなか, のよう, の林, の柱, の根本, の筧, を割った, 流しの

▼ で精密~ (10, 0.0%)

1 であるため, でついに, で勁, で強靭, な内容, な実験装置, な機械, に之, に相, を極めた

▼ で~ (10, 0.0%)

1 っきれを, にブラ, に滑る, に穴, の上, の小, はありふれた, は仙花, は素晴, をひろげ

▼ で翌日~ (10, 0.0%)

2 はもう 1 から葉, であつ, ながながと, のしらじら, はエンジン, は早くから, は早速, は謹ん

▼ で肝心~ (10, 0.0%)

2 の茶碗 1 のお嬢さん, のハノイ, の中味, の内容, の名前, の時計, の羊羮, の香気

▼ で~ (10, 0.0%)

1 かしい花柳情緒, があっ, があつ, があり, がない, きます, なところ, なの, な姿, な容姿

▼ で~ (10, 0.0%)

1 である, でなくては, のん, はせんじ, は廉, は思った, も何, をのむほどのこともありますまい, を飲んだ, 飲むの

▼ で表面~ (10, 0.0%)

21 から見た, にいろんな, に噴煙, に少し, の權利, の秀吉, はどこ, はべっとり

▼ で西~ (10, 0.0%)

2 が佐佐又四郎成意, と東 1 に聞えた, の大関, の後涼殿, の方, へ抜け, も東

▼ で親しみ~ (10, 0.0%)

1 から来, があり, がもてないです, が持てる, が籠つて, などは寄せ, のあふれた, はもてる, 易い感, 易く又

▼ で詳しく~ (10, 0.0%)

2 住所を 1 は, は書いてない, は語るまい, も見なかつた, 尋ねると, 申さば沿革上種々の, 研究する, 話して

▼ で身分~ (10, 0.0%)

1 が違い, にも何, の低い, の程, の高く, は七十俵五人扶持, は旗本, も名, も大層, を明かさず

▼ で近い~ (10, 0.0%)

3 うちに 1 うちあの, うちには, ためしが, ような, 処の, 声, 明日という

▼ で透明~ (10, 0.0%)

2 でもつと 1 で, であること, であるべき存在, でしょう私たち, でそして, で一種, で小さく, になっ

▼ で重い~ (10, 0.0%)

1 おとが, お仕置に, ぞ気, のに, 兜を, 刑を, 刑罰を, 合槌を, 慰問袋を, 顳

▼ で野蛮~ (10, 0.0%)

1 だったから, でがんばり強く, でそりゃ, で一口, で仕様, で喧嘩, で垢だらけ, で根強い, なもの, な獣

▼ で銀座~ (10, 0.0%)

1 で盛大, で飲み, などを歩い, のカフヱー, の夜店, の方, の星ヶ丘茶寮, へ出, へ出る, へ散歩

▼ で電話~ (10, 0.0%)

1 が終る, でも完全, で度々, で打ち合わせしとい, とエンジン, のある, の仮, を何ん, を切りました, を受けた

▼ で~ (10, 0.0%)

1 かだつた, かで優し, かで嚴肅, かで女中さん, かな小さい, かに翼, かに蠶室, かに魂, で安く, に平

▼ で頻りに~ (10, 0.0%)

1 いきり立って, その笛太鼓, それを, 吹雪の, 振向いて, 新に, 気合と, 滞在を, 飛廻て, 鼻を

▼ で~ (10, 0.0%)

2 と頬 1 が二重, にズット近く, に水, の下, は肥え, も角, や頬いちめん, を撫で

▼ で風呂~ (10, 0.0%)

1 から出る, が好き, に出かけた, の罐, の蓋, へ水, も入り, をわかし, 小さく朝, 焚いただよ

▼ で食卓~ (10, 0.0%)

2 のうえ, を囲ん 1 にはお, のある, の上, へは出, や腰掛け, を回った

▼ で鳰鳥~ (10, 0.0%)

2 は次 1 に興味, ははいっ, は四辺, は木蔭, は読ん, は足, は身, は駈け抜けた

▼ でいい加減~ (9, 0.0%)

1 あしらって, なもの, な習字先生の, な自分, に言い出した, に食事, 左前に, 手数を, 面倒臭くなっ

▼ でいっしょ~ (9, 0.0%)

1 にいる, になった, に乗っ, に働いた, に喜々, に炊出し, に責任, に逃げれ, に食事

▼ でうつ~ (9, 0.0%)

2 かりすると 1 かりまた, かり先, かり大事, かり物, かり神妙, かり離れ家, とうしい

▼ でうるさく~ (9, 0.0%)

2 出来上がって 1 てきたなく, て仕方, て鬼, なって, ピチャピチャと, 彼に, 絡って

▼ でえらい~ (9, 0.0%)

2 出世である 1 ことには, ですこと, 喧嘩の, 学者である, 怒らは, 手違いを, 骨を

▼ でおそろしい~ (9, 0.0%)

1 おに, くらい淋しい, などとは感じなくなりました, ものであった, もん, 下男や, 時代ものの, 決心を, 音が

▼ でおそろしく~ (9, 0.0%)

1 お勢, なって, にぎやかだ, 伝法に, 冷やかな, 単調な, 暗いの, 汚いバラック, 誇張し

▼ でおっ~ (9, 0.0%)

1 ちぬだ, とめなすって, ぱじめっか, ぱなしてやってよたった, 死んだもの, 母が, 母さん, 母に, 通した上

▼ でけれども~ (9, 0.0%)

1 さすがに, しんは, それは, 一こと言いだしたら, 一日中うちに, 夜甚だ, 決してあら, 花嫁さまの, 高慢な

▼ でさして~ (9, 0.0%)

1 思切ッた, 怪しみも, 激動は, 身の毛の, 辛くも, 重要な, 驚いた様子, 驚いた樣子, 驚く樣子

▼ でさしも~ (9, 0.0%)

1 お筆, がんじ, に広い, の参宮道, の茂太郎, の道庵, の頑固, 満開を, 物騒であった

▼ でさほど~ (9, 0.0%)

1 おめかしは, 不自然も, 心配する, 悲観も, 清らかな, 熱は, 窮屈に, 重病とも, 長い時間

▼ でそしてまた~ (9, 0.0%)

1 いかにも下, それが, とても智恵, 今日と, 平凡な, 独りぼっちに, 突き刺されて, 至極あっさりした, 芸術家らしい

▼ でそのうち~ (9, 0.0%)

1 カチャカチャくるり, 一方の, 二隻は, 四万ポンドは, 女だけに, 定着した, 少くも, 幼児と, 軍事費は

▼ でその道~ (9, 0.0%)

1 で成功, に不案内, に居合わせた, の人, へたいして, をおり, を変えない, を得た, を教え

▼ でそば~ (9, 0.0%)

2 にいる 1 から家じゅう, で見, にくっつい, に控えた, はつけたり, へよれませんでした, へ近寄る

▼ でそれだけに~ (9, 0.0%)

1 すこし馴れる, その時代, 困難で, 大物という, 彼は, 我々は, 新古今風, 猶彼女, 魚の

▼ でそれ以来~ (9, 0.0%)

2 というもの 1 この地方, この若者, この部屋, こんなにも急激, ずっと付きっきり, どういう加減, は何

▼ でたいがい~ (9, 0.0%)

1 とッつき, にし, のこと, の人, の客, の家, の物, 再中毒, 捨てたの

▼ でたいした~ (9, 0.0%)

1 ことは, ことも, 効果は, 役に立つほどの, 怪我は, 損害は, 重量では, 金目の, 騒ぎでござんした

▼ でたぶん~ (9, 0.0%)

1 モリエールに, 三時半か, 大きな仕事, 彼の, 御内儀さん, 無心な, 畑姉弟の, 鉄漿を, 門の

▼ でだいたい~ (9, 0.0%)

1 この標準, これらの, その地方, つぎの, に以前, みんなか, ゼロに, 外へも, 色事は

▼ でだいぶ~ (9, 0.0%)

1 おだやかでない, と心配, 使ひました, 家の, 御機嫌が, 新刊雑誌の, 時間が, 酔って, 長蔵さんから

▼ でついぞ~ (9, 0.0%)

1 ことばを, つかまったこと, 出掛けた試, 女の, 客など, 彼の, 近所なぞで, 遊びも, 雪らしい

▼ でつぎ~ (9, 0.0%)

2