青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でなかった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~でした でした~ ~でしょう でしょう~ ~です です~ でた~ ~でない でない~ ~でなかった
でなかった~
~でなく でなく~ ~でなけれ でなけれ~ では~ でも~ でる~ ~で御座います とある~ ~とい

「でなかった~」 1054, 10ppm, 10290位

▼ でなかったこと~ (218, 20.7%)

6 は明らか 5 がわかる, はいう, は確か 4 は事実, を知った 3 がわかっ 2 だけは確か, である, はその, はたしか, は推測, は明かである, をこの, をむしろ, を知っ, を確かめ

1 [166件] から川, がうなずかれます, がべつに, がよほど, がわかった, が一目, が倖, が充分, が先ず, が分かった, が分った, が分りかけ, が分る, が判る, が判明, が多少, が彼, が思われる, が想像, が感知, が推察, が文献, が明らか, が確かめられた, が窺い知らるる, が窺える, が覗, が解れ, が証拠立てられた, が首肯, ぐらいは推察, さえ屡, だ, だけはかや, だけはたしか, だけはもう, だけはわかる, だけは事実, だけは断定, だけは明白, だけは疑われぬ, だけは確実, だろう, との実証, と二つ, と今一つ, と思う, なの, については雑誌, にはやがて, には十分自省, に喜び, に基くであろう, に基づく, に愈, に気がつき, に気づき, に狼狽, の条理的実証的事実, の証拠, はうなずかれる, はおぼろげ, はこれ, はない, はなに, はひとたび, はほぼ, はまことに, はまず, はまた, はもちろん, はもとより, はやがて, はわれわれ, はオツネ, はサト子, はマーニャ, は一見, は丁度, は今, は何より, は何人, は僅か, は別に, は別項, は前, は勿論, は史, は周知, は和歌, は安心, は小説, は少し, は幾つ, は当時掃除人足, は彼奴, は思いがけない, は想像, は明, は明かだ, は明かであった, は明かです, は根国, は正月, は無論, は疾く, は社長, は私, は種々, は筑摩家滅亡, は認めね, は論, は近頃漸く, は黒眼鏡, または, もその, も偶然, も分り, も明らか, も確実, を, をあげ, をはっきり, をも思い出した, を云うであろう, を反省, を喜び, を喜んだ, を如実, を幸い, を弁明, を後悔, を得意, を心, を思う, を思った, を思わせる, を悟った, を悲しむ, を想像, を挙げなけれ, を推測, を歴史, を波子, を火野葦平, を物語っ, を現実, を白状, を知り, を知る, を確かめた, を示し, を示す, を考え, を考えざる, を自認, を萩乃, を覚りあっ, を証した, を証拠立て, を話し, を語りました, を語る, 勿論であろう, 或は彼女, 特に宿屋

▼ でなかった~ (160, 15.2%)

26 である 17 です 74 であります, でした, では 3 か, かも知れぬ, だから 2 かも知れません, がまだしも, だろうと, はこの, はその, は事実, は勿論, は想像, は無論

1 [71件] かい, かそれとも, かといふ気, かと思った, かほか, かもしれない, かもしれぬ, かよく, か此, か消えなかった, か質問, がよく, が幸い, が惜しまれる, が橘某, が解る, が誤解, が運動, じゃ, だが, だけれども, だし, だった, だと, だよ, だろう, だろうか, だろう決して, だろう船長, であったと, であるが, であろうか, でしょう, でしょうね, ですが, ですただ, ですって, ですな, でも, とのこの, とわざわざ, ならば, ならゴーリキイ, はお玉, はたしか, はとつぜん, はもとより, はムリ, は万歳, は僥倖, は容易, は幸せ, は彼, は思いあわされぬ, は悪う, は明白, は本当に, は死後, は比叡山, は生れた, は相手, は言うまでもない, は閭, もこの, も事実, も当然, をただ, をよろこんだ, を世人, を悟りました, を知った

▼ でなかった~ (86, 8.2%)

8 すれば 6 みえて 5 見えて 4 思う 3 誰が 2 いわれて, したならば, したら, すると, 思いました

1 [50件] いうごときは, いうだけの, いうのに, いう迄の, おっしゃる, したらあるいは, したらあんなに, したらおそらく, したらこの, したらすでに, したらその, したらという, したら富田博士, したら戦争, したら昨夜, したら男らしく, する, するならカント, 主張する, 云いえない感じ, 云う事, 云う以上, 人に, 全く同じ, 分かったとき, 同様に, 同様清三も, 思いその, 思うこと, 思う時期, 思った, 思って, 思われます, 思われるから, 思われるが, 想像される, 断言する, 比較が, 申します, 知る, 聞いて, 薫は, 見え夫人, 見え或, 見え武田入道, 見え老年, 言い切るわけ, 言うこと, 言って, 言っても

▼ でなかったから~ (67, 6.4%)

3 である 2 それで, だ, 帰ったという

1 [58件] お母さんは, この場合, この方, この類, これは, これも, そうして枕, そう見えた, その客室, その話, だけれども, ちょうど彼女, ちょっと流れた, であった, でありましょう, であります, であろうか, であろうと, でしょう, ともかくも, どうした, オレの, 何らの, 入院しない, 十ドルの, 卜伝流は, 即ち売女, 各自に, 善人だった, 夕飯後から, 大助り, 大方は, 学問の, 岡目から, 思う人, 手に, 故人の, 敵の, 昼間を, 更に第, 河豚と, 甲の, 疑惑の, 目ざめて, 真面目な, 私には, 紅葉初め硯友社の, 維新の, 美妙や, 良いよう, 苦しかった, 葬儀に, 親しんで, 説いて, 誹謗者らの, 随分ちがいます, 霊魂は, 飲み残しを

▼ でなかった~ (56, 5.3%)

2 二三日前から, 為に

1 [52件] おそらくその, ここで, ことに徒然なる, この山崎, この点, そう云った, その娘, その家, それだけ政治, それでもずいぶん, それに, それを, そんなこと, ために, ついにベルギー, どこかに, まずそれら, ゆえに好んで, 三味線琴踊り, 井口君は, 今朝絃を, 今般その, 他は, 佐々介三郎の, 値段が, 優美を, 兄の, 反逆者では, 名古屋大学の, 四月に, 如何せん孔明, 官吏も, 寧子の, 小面の, 帰途は, 彼の, 彼は, 心と, 急に, 慇懃謙遜な, 戦局は, 斯うし, 曇り日, 未だ一度, 東京の, 根が, 永い道中, 照と, 相手の, 茂少年が, 蠣浜橋の, 錦絵の

▼ でなかったという~ (44, 4.2%)

8 ことは 6 ことを 4 ことが 2 ことには

1 [24件] ことで, ことである, ことに, ことにも, ことも, ことをこそ, のが, のは, ふうに, ような, 事だけは, 事は, 反対の, 御仁の, 意外の, 書物では, 点を, 現実は, 確信を, 確実な, 空想は, 証拠が, 証拠には, 証拠は

▼ でなかったので~ (34, 3.2%)

2 安心しました

1 [32件] この奇利, その歩きぶり, その由, その臭気, それほど昂奮, ほんの講義, もう一度考慮, 一九四六年十二月この, 一人でも, 世に公, 人体の, 今官を, 介抱手当に, 俺は, 僕は, 冬に, 國民の, 大きな誤算, 実も, 小半町も, 彼らは, 彼女は, 彼女を, 忘れるとも, 手紙などは, 星学も, 木や, 検事さん達は, 歩いて, 無論選手級, 私は, 計画は

▼ でなかった~ (29, 2.8%)

1 [29件] がわかる, が不幸, が想像, が明らか, が此, が解った, が解る, だけははっきり, でもあった, などが判っ, はこの, は一度, は事実, は周知, は想像, は暗殺, は確, もその後, をむしろ, を喜んだ, を容易, を残念, を無理, を知った, を知る, を示し, を肯, を自覚, を証拠立て

▼ でなかったよう~ (26, 2.5%)

7 である 3 です, な気 2 に思う

1 [11件] だから, ですが, ではずかしく, ないきさつ, なそして, な人, な暗いとげとげし, にこの, にコント, に思われます, に思われる

▼ でなかった~ (24, 2.3%)

6 しても 4 相違ない, 違いない 2 ちがいない 1 したって, しろ幾分, しろ極めて, しろ沼南夫妻, しろ結局, しろ自殺, せよとにかく, 拘らずである

▼ でなかったかも~ (19, 1.8%)

6 知れない 2 しれません, 知れないが 1 しれない, しれないが, しれないの, 分れしません, 存ぜぬが, 知れないという, 知れないの, 知れません, 知れませんが

▼ でなかった~ (17, 1.6%)

1 [17件] さりとてブレーク, そのうえ大食らい, そのこと, そのよう, またそういう, また富者, よそへ, 問わない方, 嘗て何度, 姉さんは, 御無理, 教師としても, 村民は, 瞳は, 自分の, 自由に, 若松屋の

▼ でなかった証拠~ (12, 1.1%)

1 [12件] である, に, にはこれ, にはその, にはちゃんと, にはトルーマン, には写真, には彼, には村正, に彼女, は次々, を見せました

▼ でなかったかと~ (10, 0.9%)

2 思います, 思う 1 どこででも, 云えば, 云われて, 思いますが, 思うの, 悲し

▼ でなかったけれど~ (10, 0.9%)

1 おれは, かきの, とにかく, 乗物を, 今日は, 宮崎千代子という, 恰幅の, 栃の木特有の, 私には, 言葉の

▼ でなかったもの~ (10, 0.9%)

1 があろう, が武士, だから, と解すべきであろう, になる, は, はない, はなかっ, より善意, をこんなに

▼ でなかった~ (10, 0.9%)

2 にゃあっし 1 には, にはとても, には何事, には既に, には雪, にゃ俺, にゃ落雁, にやおれ

▼ でなかったため~ (8, 0.8%)

1 かあるいは, じつにぶ, だの久しく, ではなく, でもある, にしくじった, に旧暦, 第一次欧州大戦

▼ でなかったのに~ (7, 0.7%)

1 それが, それでもその, 不思議は, 俄に, 妙に, 知らず知らず口, 違いない

▼ でなかった場合~ (7, 0.7%)

1 がある, があろう, が存外, にはただ, にはたちまち, には誰彼, は極めて

▼ でなかった時代~ (7, 0.7%)

1 から掛軸, があり, においてすらショオト博士, には人, には粉糠, に何, に強いていろいろ

▼ でなかったけれども~ (6, 0.6%)

1 今は, 東京へ, 秋の, 聞きました, 臆断は, 道の

▼ でなかったとは~ (6, 0.6%)

1 いえないの, いえ理論家, 云えませんよ, 僕には, 言えぬまでも, 誰も

▼ でなかった~ (5, 0.5%)

2 どうかは 1 いやもうすこし, どうか, わからぬに

▼ でなかったせい~ (5, 0.5%)

1 かどうも, か占, か汗, であらゆる, なの

▼ でなかったばかりか~ (5, 0.5%)

1 これが, 不可解の, 今度は, 常に云い知れぬ, 雨龍の

▼ でなかった~ (5, 0.5%)

1 が次第に, の体力, の心臓, は理想, も虚弱

▼ でなかったかを~ (4, 0.4%)

1 問わず社会, 知らずただ, 見きわめるだけの, 語って

▼ でなかったとも~ (4, 0.4%)

1 断言し兼ねる, 言いますが, 言える, 言わるる

▼ でなかったわけ~ (4, 0.4%)

1 だ, である, はそこ, は親分

▼ でなかった~ (4, 0.4%)

1 だろう, だろう何, でしょうね, ですの

▼ でなかったかの~ (3, 0.3%)

1 ごとく看做して, ようであった, ように

▼ でなかったからに~ (3, 0.3%)

2 相違ない 1 違いなかった

▼ でなかったとき~ (3, 0.3%)

1 のよう, はどう, は胸

▼ でなかったところ~ (3, 0.3%)

1 から生, から自分, が窺える

▼ でなかったとしても~ (3, 0.3%)

1 判事の, 彼女には, 私と

▼ でなかったのみ~ (3, 0.3%)

1 だ, ならずその, ならず従来

▼ でなかったばかり~ (3, 0.3%)

1 でなくあの, でなく這うこと, では

▼ でなかったかが~ (2, 0.2%)

2 判定せられる

▼ でなかったかという~ (2, 0.2%)

1 ことに, 話を

▼ でなかったそう~ (2, 0.2%)

1 だ, です

▼ でなかったその~ (2, 0.2%)

1 ころの, たびごとに

▼ でなかったとか~ (2, 0.2%)

1 いろいろ悪口, 云うより

▼ でなかったはず~ (2, 0.2%)

1 だ, だよ

▼ でなかったクリストフ~ (2, 0.2%)

1 は物, を憤激

▼ でなかった代り~ (2, 0.2%)

1 に何, に相手

▼ でなかった~ (2, 0.2%)

1 しは, に引い

▼ でなかった~ (2, 0.2%)

1 にある, に於

▼ でなかった~ (2, 0.2%)

1 にあれ, は平日

▼ でなかった~ (2, 0.2%)

1 は下妻左衛門尉なにがし, は裏

▼1* [100件]

でなかったあなた様でも, でなかったあるいは敵であった, でなかったかとも考えられるの, でなかったからこそ来て, でなかったからばかりでは, でなかったくらいですから, でなかったこと米田さんに充分, でなかったため亡父の故旧, でなかったため台本を離れた, でなかっただけその悲歎, でなかっただけで事実は, でなかっただけでもしあわせだった, でなかっただけに次第に二人, でなかっただけの話に, でなかったちょうどそのとき, でなかったというは戸長, でなかったとともにそれに, でなかったとばかりに空恐しく, でなかったにと後悔した, でなかったにも拘わらず犯人, でなかったのねだから生活, でなかったまるで佐助を, でなかったゆえであろう絵, でなかったリットン卿は遂に, でなかった万太郎もその, でなかったに三月, でなかった上宮廷の御, でなかった世の中のため, でなかった主人が死んだ, でなかった事丈けは判然云, でなかった二人が逮捕, でなかった京都の文士たち, でなかった人達が私, でなかった人間よりは精いっぱい, でなかった今更の議論, でなかった仲間でも生活, でなかった何処かの海, でなかった個所がとつぜん, でなかった先生の境遇, でなかった初対面の意外, でなかった原因の一つ, でなかった去年の私, でなかった古代においてはよしや, でなかった同氏が十六万人, でなかった土地ではこれ, でなかった多分の社会的規定, でなかった大いに賞められ, でなかった大急ぎで門, でなかったの志津子夫人, でなかった婦たちが真先, でなかった存在を思惟, でなかった安心と婆, でなかった家内一人だけで, でなかった家郷の愛する, でなかった富士男はこの, でなかった小野の館, でなかった山田は数十年, でなかった師匠の上, でなかった庸三はうとうと, でなかった心臓に致命的, でなかった思想が勃興, でなかったとみえ, でなかったですから, でなかった故に名誉心は, でなかった旅行者たちのとりとめない, でなかったからそう, でなかった当然暴力, でなかった時にはあんなに, でなかった時仲間で連絡, でなかった様子でした, でなかった民族は恐らくは, でなかった波止場はすでに, でなかった状態であったから, でなかった生徒の代表的, でなかったにてあれ, でなかった百姓であったろうこと, でなかった直ちに突前し, でなかった石楠花の甘ずっぱい, でなかった砲兵はこれ, でなかったは附添婦, でなかったっても見ろ, でなかったで実は, でなかった結果自然会戦前兵力集結主義, でなかったの所謂灌水, でなかったはその, でなかった自分達の身分, でなかった散里, でなかった親類とてほか, でなかった証左ともなる, でなかった証挙だと, でなかった讃詠を失神直前, でなかった責任は当然, でなかった買収費もつい, でなかった運動も別, でなかった運命の割前, でなかったで斃, でなかった金五郎はいらいら, でなかった間ドミトリーはインガ, でなかった雰囲気をつや子, でなかった高島が福岡