青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「どころ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

どうぞ~ どうにか~ どうにも~ ~どうも どうも~ どうやら~ どおり~ ~どこ どこ~ ~どころ
どころ~
~どちら どちら~ どっち~ どなた~ どの~ ども~ ~どれ どれ~ どん~ どんどん~

「どころ~」 3122, 34ppm, 3480位

▼ どころ~ (835, 26.7%)

361 はない 123 はなく 101 はなかっ 65 はありません 23 は無い 20 はなかつた 16 はございません 11 はありませんでした 9 はなくなった 6 はあるまい, はございませぬ 5 はあり, は御 4 はありませぬ, はござりませぬ, は御座いません 3 はござらぬ, は無 2 なし, はございませんでした, はないだろう, はなかったろう, はなくなっ, は無く

1 [54件] あつた, あとし, あり得ること, じっと大きい, そう思う, そこからは, な, は, はありますまい, はお, はござらない, はござりますか, はござんせぬ, はござんせん, はすまない, はな, はないでしょう, はないです, はない深い深い, はなかろう, はなくし, はなくなりました, はなくなりましょう, はなく残った, はなく驚い, は下女, は大坂城, は客, は無かっ, は無くなる, もある, もあろう, もない, も悪かっ, も片隅, ガタガタはじめる, 二つの, 今日は, 働いて, 剣つくも喰は, 大抵の, 安心する, 引いた人達, 引締めのびのび, 彼は, 朝振舞が, 極上の, 橇が, 無精ッたらしく, 相変らず, 素子が, 育った学者, 開けて, 食う以外

▼ どころ~ (599, 19.2%)

73 騒ぎでは 32 騒ぎじゃ 29 沙汰では 26 話では 19 さわぎでは 18 段では 10 話じゃ 8 ないもの, 騒ぎでない 7 ないよう 6 段じゃ 5 さわぎじゃ, 比では, 騒ぎぢや 4 ことで, 沙汰ぢや, 秋, 話か, 騒ぎでなかった 3 だん, ないこと, ない女, 方へ, 沙汰か, 沙汰じゃ, 話ぢや, 騒ぎでなく, 騒じゃ

2 [21件] うしろの, ないしかし, ないの, ないやう, ない不愉快, ない姿, ない憂鬱, ない風貌, もので, ような, 場合では, 料理屋の, 紳士が, 話じゃあ, 話です, 話でない, 騒ぎで, 騒ぎです, 騷ぎではありません, 騷ぎではない, 骨董で

1 [259件] あるよう, ある奴, ある愛情, ある話, おさらい競演, お家重代の, お座附や, お戸, お茶を, がらくた道具との, きまらないもの, ここの, ことじゃ, ことそう, さたでない, さわぎか, さわぎでない, さわぎでなく才能, さわぎでなく直接, しるしに, せいか, せいです, ない, ないあたかも, ないお, ないかた, ないさながら, ないその, ないそれぞれ, ないたより, ないぬけ, ないのっぺり, ないばかりか, ないひがみ, ないほど, ないもん, ないやつ, ないよさ, ないわびしさ, ないタマシイ, ないドイツ娘, ない一種, ない一言, ない不安, ない主人公, ない云わ, ない人, ない人間, ない体, ない併, ない例, ない侮辱, ない前提, ない化け物, ない名, ない噂, ない場合, ない士族, ない大勢, ない孤児, ない嵎, ない平凡, ない底, ない影, ない思い, ない恋人, ない悲哀, ない我儘, ない捌け口, ない故に, ない暗い感じ, ない暗さ, ない暗欝さ, ない樣, ない気, ない気持, ない泣く, ない活動家, ない深い, ない混乱, ない漠, ない漠たる, ない理由, ない男, ない疑い, ない病気, ない眼, ない私, ない空想, ない絵, ない絶望, ない自由, ない苦悩, ない萩乃, ない落人, ない蔭口, ない複雑, ない見上げた, ない解答, ない言葉, ない話し, ない謎, ない足, ない身, ない身の上, ない難題, ない雲, ない霊, ない靄, ない非難苦悩, ない顔, ない顔色, ない駄法螺, なかつた不安, なまやさしいもの, まへに, ものでなく, ものに, やうに, ようすを, ように, わからねえ幽霊水, サワギでは, ダンサアくらゐ, 三味線が, 下級闘牛士で, 事で, 代物では, 億万長者の, 公家の, 刀な, 分からないまま, 刺身として, 勢力以上に, 医専を, 十軒店です, 句で, 句である, 名前が, 味が, 商人や, 問題じゃ, 問題では, 單衣に, 土踏める, 場合かいの, 場合で, 場合でない, 大商店, 女らしい点, 好況らしい, 寿座という, 小さな旅館, 少女たちも, 島与, 差では, 市へも, 席次を, 帳の, 年増連を, 年齢であり, 役割しか, 急所を, 悪いとき, 悪い時, 惡い, 成績という, 或る, 手つだひ, 手傳ひである, 手輕な, 掴みかた, 料亭十軒ばかりが, 料理屋なら, 料理屋なる, 料理屋において, 方で, 方は, 旗亭なら, 早さ, 映画の, 春のね, 書き下しである, 有るよう, 本屋古本屋玩具店最も, 板敷きから, 植木屋であった, 様子でない, 様子では, 武家や, 段ぢや, 比較的あたらしい, 気分では, 気持じゃ, 沙汰じゃあねえ, 沙汰じゃァ, 沙汰じゃァねえ, 沙汰でない, 洒落た沙汰ぢ, 活躍が, 海水浴場で, 深さ, 湯灌場買いを, 無いこと, 無い思い, 無い権次, 無い無, 無い空想, 無くなった思い, 状態では, 生活では, 由群集を, 男だった, 画家を, 看板ばかり, 真打を, 秋出, 秘蔵娘を, 程度でなく, 紳士がたに, 紳士と, 罪では, 者である, 者らしい, 芸人の, 若い外交官, 苦しみであった, 苦しみでは, 見つからぬの, 角から, 解らない大, 詠唱, 話しでなくてんで, 話で, 話でなかった, 話でなく, 話ヂヤね, 誤りから, 身の上じゃ, 辛さ, 重臣に, 音楽堂や, 顔役たとえば, 風では, 騒ぎか, 騒ぎじゃすみやしねえやな, 騒ぎぢやあありますまい, 騒ぎでありません, 騒ぎでなくなった, 騒に, 騷ぎじゃありませんや, 騷ぎじゃないむしろ, 騷ぎじゃなく囚徒たちの, 騷ぎぢやありません, 騷ぎぢやない, 騷ぎではないと思われる, 騷でない, 騷でなく, 鼻では

▼ どころ~ (275, 8.8%)

16 ない 11 ないの 9 あるの 7 なかった 6 悪かった 4 ないから, ないので, なくなって 3 ある, あるわけ, ないよう, なくて, なければ

2 [15件] ありません, あるもの, ないという, なくな, へんだ, わからなくて, 悪くて, 有るよう, 決まると, 無いの, 無いゆえ継母, 相違せり, 知れたの, 知れて, 違うの

1 [169件] あたったわけ, あったし, あったであろう, あったの, あつた, あらかたきまっ, ありました, あります, ありますか, あるし, あるだらうと, あるでしょう, あると, あるという, あるので, あるまいから, あるめ, あるよう, あるん, あれば, あろうとは, あんめえ, いけなかったらしい, きまってから, しるして, ずった, それ等の, つかめて, できた, ないが, ないこの, ないじゃ, ないその, ないと, ないなどと, ないなどという, ないほど, ないもん, ないやう, ないん, ない恰も, ない感じ, ない論証, ない風, なかったら, なくこちら, なくこまつた, なくそして, なくたいていもう, なくなったよう, なくなっても, なくなられまして, なくなりがち, なくなり仕方, なくなるぢ, なくまたも, なく其の, なく来る, なく気に入った, なく渦, なく眠らう, なさ過ぎますから, ねえでが, ねえはず, はっきりつかまれ, はつきりわかりません, まだ判りません, まるで違っ, やはりわからない, わかったって, わかったんで, わかって, わかつたか, わからず近所, わからないなど, わからなくなるの, わからねえ, わかりますよう, わかりませぬゆえ, わかるまで, わかるわけ, わるかった, わるかつ, わるくて, 下らないところ, 与えられる, 亦実に, 何処にも, 全部顔が, 分からなくっちゃ, 分ったからには, 分ったので, 分っても, 分らず何ヵ月, 分らないの, 分らなくなって, 分らなくなるの, 分りました, 判ったの, 判った気, 判らねえじゃ, 判りました, 判明した, 在る, 変ると, 外に, 外へ, 多かったろう, 定まった, 少しずつ, 少ないもの, 少ないわけ, 急所の, 悪いらし, 悪いらしい, 悪かつ, 悪くなっ, 悪く一命, 悪ければ, 悪魔が, 惡かつ, 手と, 手頼り無い, 明確に, 有るわけ, 残されて, 残るでしょうか, 浅いと, 浮子である, 無い, 無いし, 無いじゃ, 無いだろう, 無いと, 無かった, 無かつ, 無くいっそ, 無くそれでも, 無くな, 無くなりました, 無くなるなんて, 無くなるわけ, 無く尚, 無く扇, 畫伯と, 癒っても, 知れたって, 知れたん, 知れないの, 知れなくなって, 知れぬ, 知れねえじゃ, 知れましたよ, 知れるだろう, 知れれば, 置かれても, 見つかって, 見付かったという, 見付からないの, 設けられて, 貴様に, 違うよう, 違ったもの, 違ふから下手する, 遠い上, 都から, 間違って, 頼りどころが, 顛倒って

▼ どころじゃ~ (264, 8.5%)

58 ない 11 ありません 10 ないん 9 ありませんよ, ございません 8 なかった, アない 7 ないよ 5 ないわ, ねえ 4 ござんせん 3 ないの, ねえん

2 [13件] ありませんもの, ありませんわ, ございませんこの, ございませんよ, ないじゃ, ないぞ, ないのよ, ないや, ないやね, アありません, アございません, アねえ, ア有りません

1 [98件] あらすか, ありは, ありませんあれ, ありませんお雪ちゃん, ありませんが, ありませんちゃんと, ありませんね, ありませんやって, ありませんわい, ありませんわたし, ありません同, ありません呼吸, ありません大, ありません天, ありません貴, ございませんお前さん, ございませんがな, ございませんさあ, ございませんそれだけ, ございません第, ござりません, ござんせんぜ, ないあれ, ないいま, ないお, ないお嬢さん, ないが, ないさ, ないすぐ, ないぜ, ないそう, ないそっくり, ないその, ないたしかに, ないだろうが, ないつまり, ないでしょう, ないです, ないと, ないね, ないまさしく, ないまだ, ないまるで, ないみんな, ないもう, ないよう, ないよほど, ないらしいわ, ないわいな, ないわたしなんざ, ないわよ, ないオドオド, ないチョオー・リンボチェ, ない一大事, ない二の腕, ない何しろ, ない儲主義, ない却って, ない大風, ない実は, ない方角, ない日本, ない明るい, ない沢山, ない白河, ない百日紅, ない皆碌, ない節穴どころ, ない親爺, ない誰, ない面白, ない類, ない飲み仲間, なか, なかったの, なかったわよ, なかろうぜ, なくて, なくなって, なく人様, なく今, なく心持ち, ねえお, ねえはじめ, ねえもう, ねえや, ねえよく, ねえフウ, ねえ腹, ねえ鉄砲, アござんせん, アごぜえ, アね, アねえや, ア無い, 御座いませんわ, 御座んせん, 有りませんよ

▼ どころ~ (229, 7.3%)

8 知って 6 失って 3 もって

2 [12件] つきとめて, 与えて, 与えること, 吐かせようと, 持たないの, 持って, 提供し得るだろう, 教えて, 知らざる者, 知らない, 知らないと, 突きとめて

1 [188件] えた心地, おいて, おまえは, お藤姐, お身, かえずに, かえて, きめて, くらまして, こぎれい, こしらえて, さがして, さがしに, さだめて, さとらそう, しらないと, それて, そろわない紙, ぞんじて, たしかめようと, たずねて, たよりに, つかむこと, つきとめようとして, どこに, どこにおいて, どこまでも, なにか新, はっきり知っ, はつきり築い, もたずに, もたないり災者, もつた神, もつよう, やつて, やるので, よびましょう, わきまえて, サーカスの, ツボと, ブチまけ, モチで, 一刻も, 一命かけ, 下すった, 与えた, 与えたまで, 与えなければ, 与えようと, 与えると, 与えるよう, 与える必須条件, 云わねえの, 人に, 人形に, 他人に, 伸子に対して, 何に, 修め追弔紀念, 借りて, 全く失つてしまつてポカン, 全く見失わせる, 再確認, 勇に, 勤めて, 占は, 同時に得, 吐かせるため, 嗅ぎ当てて, 噛ろうと家内と, 土地以外の, 型式美学に, 変えたと, 変えた保健人民委員, 変えて, 変へる, 外さねば, 失いたえず, 失う, 失うと, 失ったとか, 失ったとともに, 失ったよう, 失った胤子, 失った若い, 失つてしまつた人も, 失わせた, 官吏, 客観的に, 尋ねんと, 崩壊させられた, 当時の, 御存じな, 御存じない, 忘れたつもり, 忘れたよう, 思いまわすと, 持つて, 指図されてない, 捜しながら, 捜しに, 捜すので, 探しあぐんで, 探しあてて, 探して, 探し始めました, 掴むには, 掴めないので, 揺がされはじめたの, 改革する, 教えたの, 教えろと, 教えろの, 新生活, 明かすの, 明確に, 極力抹殺, 橘は, 歩きますあ, 殺戮され, 求めて, 求めるもの, 決する, 洞察し, 深川の, 狂わせて, 狙ったよう, 狭められた, 理解し, 男の, 発見しよう, 知ったお, 知つたのは, 知つてゐる, 知つて貰ふ, 知らせて, 知らぬ無限, 知らねえ, 知りたい, 知るたち, 石燈籠の, 確かに, 確かめそこ, 示して, 示し信長自身, 私自身で, 突きとめたやう, 突きとめふたたび, 突きとめると, 突きとめ友達, 突き留めて, 突留め, 粉砕した, 繕って, 置きその, 置くの, 美しく飾っ, 考えなければ, 自分に, 自分の, 見いだし心理主義, 見つけた, 見つけて, 見つけるため, 見つめた眼, 見のがしは, 見出したらよい, 見出した一団, 見出し朝倉先生, 見出すであろうか, 見失ったよう, 見失った文学, 見失って, 見失つて, 見逃した, 覗かせるには, 覚えませぬ, 覚悟し, 言おうと, 診察し, 語ろうと, 誤り解されて, 説き来り説き去りしか, 調べて, 變へて, 転々し, 達磨という, 違えて

▼ どころ~ (126, 4.0%)

6 して 3 ぢつ 2 この後, 困った, 架って, 神に, 鎹の

1 [107件] あらず諸, あるバラ, いって, かたまって, かわる空, ころがって, ごろごろし, したり, じっとし, すつかりまごついて, する, そつが, ちよこなんと, なったもん, なるでしょうと, なるもの, ふさわしかつ, よっちゃ, よると, サバトの, チラチラと, パッパッと, ブラ下っ, 一決した, 丈の, 三椀を, 伐り残された雑木林, 位置し, 働いて, 共鳴する, 出でたの, 分るよう, 到って, 到りて, 去らむとすれば, 及ぶから, 吉兆を, 否定する, 嘔吐が, 四号活字を, 困って, 困つた, 困りながら, 困ると, 困るという, 困るよう, 坐りつ, 坐る大店, 垂れて, 塊って, 大きい黒鯛, 大きな八, 大きな炉, 妙味が, 子供の, 安定を, 寝かいて, 小豆や, 山の, 希覯の, 当るアヴィーロヴァ夫人, 応えて, 意識を, 成つて一首は, 成るべきに, 挙げられるほどの, 捨て切れるもの, 木立ちが, 森や, 此後は, 死ぬよう, 河原が, 灰燼に, 疣を, 白い脂肪, 真偽を, 眼を, 移し植えたこと, 穴の, 窮した, 立ち昇って, 立ったまま, 立って, 答えるであろう僕, 簇れ立っ, 納まり返ること, 紫の, 緋鯉の, 膠着する, 膿や, 自信を, 虹を, 表土を, 討ち死, 蹲つた, 身を, 迷って, 迷つてゐた, 過ぎずこの, 過ぎないの, 降りバケツ, 陥落すべし, 雨と, 非ず, 馬の, 高廊下, 鳴動を

▼ どころ~ (107, 3.4%)

7 ないよう 4 ない 3 ありません, ないが, ない有様 2 ありは, ございませぬ, ないと, ないほど

1 [79件] あなたには, あります, あるまいが, お捜し当て願えますれ, ここに, しかとつかめない, すこし見当, だんだんに, ないかの, ないくらいに, ないたえ, ないで, ないの, ないのに, ないまでに, ないやう, ないシヤボン玉, ない信者, ない少年, ない性的交渉, ない暗示, ない有, ない果敢ない心頼み, ない樣, ない樣子, ない燃えつくした, ない程, ない空間, ない船長, ない苦しい苦しい空虚, ない行衛, ない観, ない身体, ない酒樽, なかった, なくその, なくなった彼, なくぶらぶら, なくみんな, なく淋しげ, なく蘆荻, なく足, なく配った上, なく配つた上, なければ, なし, もちろんきめ, よくつかめ, わからぬ人, わからねえの, わかること, わかるはず, 全く同じ, 名前も, 失われて, 定めずごろ, 定めずに, 当たりが, 悪かった, 感じられなかったし, 既に二十年前, 決して人, 無いよう, 燦らか, 発見し得なかった, 皆目分りませぬ, 知ったよう, 知って, 知らせないなんて, 知らないよう, 知れたぞ, 知れるかも, 確かなら, 索むるによしなく途に, 自然と, 自然に, 見やすくは, 違えて, 違ふ

▼ どころ~ (84, 2.7%)

2 あるの, どこに, ないと, 僕は, 定まったが

1 [74件] あすこだった, ある, あるらしいが, いつも一人, おそらく一種, お武頭, かうした平凡, かなりに, この俺, この時, この腕金, これで, これ以外に, さっきと, そういう大きい, そこだ, たしかです, たしかに突き留められなかった, ただそれ, ただ一人, ちゃんと御存じ, ちゃんと知っ, ですね, どの点, ないが, ないぜ, ないの, ないやう, ないん, なかった, ひっきょうこれ, わからねえじゃござんせんか, わかりましたか, わかりますまいね, わしには, エセックスは, 下女に, 下谷です, 両方に, 今も, 他に, 俺が, 個性の, 出張って, 判らず女あるじ, 判る筈, 別と, 勿論その, 十二分に, 右の, 喪って, 失わないで, 少し残し, 役人の, 後半に, 感ぜられないであろうし, 整然と, 文化に, 案外きまっ, 気に, 洛北岩倉村に, 當つたぢや, 的確に, 知ってるからね, 知れたと, 知れました, 確実に, 空虚と, 笑止にも, 置かれた, 脆くも, 薬局の, 誰か, 資本家地主としての

▼ どころ~ (60, 1.9%)

3 して, なって 2 したの, なるもの

1 [50件] いわれる天皇, されて, したいの, したり, した議論, しひいては, しようと, し充分, し得る単純明白, じっとみつめ, するという, するのに, するべきでは, するよう, する云いかえると, する智的生活, その背, つかまえどころ, なつた, なつて, なりうる, なり得るため, なり得る関係, なり根本, なること, なるであろう, なるを, なる仕事, なる社会的勢力, ね所, わかれ器物, 一門を, 不気味な, 伊那丸は, 姿勢を, 客より, 思いきわめて, 思うて, 思ったからね, 思ったもの, 思われるよう, 感じるなか, 舌なめずり咳払いよろしく, 茶の間との, 葉石氏に, 見極めて, 覚しいあたり, 言えば, 詩の, 踏んだ

▼ どころ~ (52, 1.7%)

31 やない 5 やありません 4 やねえ 3 やございません 2 や無い 1 や, やなかつた, やに因つて私, やね, やア, や御座いません, や有りません

▼ どころでなく~ (50, 1.6%)

4 以前には 2 毎日仕事場へ, 真剣に

1 [42件] あらゆる微細, いたく罰する, いつも欲深げ, うれしいよう, お金が, かえって手数, こっちが, この二つ, これでは, その六, それぞれの, なおもその, はだしに, むしろ完全, むしろ当惑, やうやく, わざと紫雲英草, 下級船員からさえも, 世界唯一の, 今度は, 初めから, 却つてこれを, 却て, 反対に, 口も, 口を, 命が, 尚さら斬り, 左の, 幕府は, 弟の, 昔の, 根限りの, 楽界善所を, 様子が, 正に千鈞, 民衆の, 王子の, 真に神品, 自分の, 衆人の, 逆に

▼ どころなく~ (27, 0.9%)

2 その隣, 頼みなき

1 [23件] こう云う, さう, しかし確実, しかも動顛, その井戸, という意味, ほたほたし, わたしは, カフエエへ, 不承, 刃の, 参考書を, 当分は, 掘つた穴, 東寺を, 歯を, 漠然とした, 物と, 苦しんで, 苦笑として, 茫漠として, 見合せたので, 赤児を

▼ どころない~ (26, 0.8%)

2 ように, 困惑を

1 [22件] ことである, ことでなかった, ぢや, よと, 一場の, 不安は, 伸びを, 口約束みた, 妹の, 妻であり, 差支が, 心の, 急用を, 抽象的な, 柿の, 様子であった, 現在を, 生活の, 複雑さ, 身は, 遣瀬, 風の

▼ どころでない~ (22, 0.7%)

2 宿へ

1 [20件] かいと笑っ, という, と云った, と思っ, と思った, と思つたの, ね, のだ, のである, ものと, 仁術中の, 十割以上も, 喧嘩だ, 大悲報, 実によく穿っ, 実に主家, 朝夕の, 重大危険が, 非常時に, 魂魄を

▼ どころです~ (21, 0.7%)

741 かお, かほんとう, かまるで, かわたし, か一つ, か伊能先生, か大, か荷, か身体, がこういう

▼ どころとして~ (21, 0.7%)

1 [21件] あの肉ポケット, いて, その無から, わたくしの, ゐるらしい, 他に, 何か, 何の, 共産党の, 再び獲られた, 却ってプラトー, 子供らを, 寐返り, 寛闊に, 思い附いた, 普通もちだされる, 生き通した, 発足しよう, 肉体に, 葉子の, 錦繍の

▼ どころ~ (16, 0.5%)

2 さを, もんです

1 [12件] さ, さから, さとは落, さ無気力, のかも, のだ, のであった, ものです, んだ, んです, 大混乱, 立場では

▼ どころから~ (12, 0.4%)

1 [12件] おふくろに, して, へし折れ傾き倒れか, もって, 上の, 來て, 引き気味に, 折れて, 解放し, 言うと, 語られて, 飛びあがった

▼ どころという~ (12, 0.4%)

3 ものが 1 ことじゃ, ことに, のが, のは, のも, ものを, ような, 塩せん, 大切な

▼ どころ~ (12, 0.4%)

1 [12件] かえって, きて, 出て, 南向きに, 態と田舎風, 来て, 沙俵を, 行き食事室, 行くと, 行くん, 行って, 頤を

▼ どころじゃあ~ (10, 0.3%)

2 ない 1 ありません, ございませんどうか, ないわ, ない却って, ない現に, ない私, なかった, 有りは

▼ どころ~ (10, 0.3%)

21 が雨, ぞ, ということ, といわね, とすっかり, と云, と思い, と考え

▼ どころなき~ (9, 0.3%)

1 にいたった, を感ぜしめる, 学問には, 情熱を, 憤満, 朝顔の, 焦心私の, 男来, 立場

▼ どころにも~ (8, 0.3%)

1 なるもの, ポツポツ見受けられる, 似た要, 位置が, 困って, 心を, 火が, 達する乘馬靴

▼ どころ~ (8, 0.3%)

1 ありません, あるかい, あれしません, あれへん, ないぜ, なかった, 前途を, 田の

▼ どころ~ (6, 0.2%)

2 やありません 1 ゃありませんてばさ私にも, やございません, やござりませぬ, やなく

▼ どころである~ (5, 0.2%)

1 からそれ, がその, ということ, と半, 書類が

▼ どころでなかった~ (5, 0.2%)

1 が急, とする, のでした, のねだから, 積っても

▼ どころといふ~ (5, 0.2%)

2 ものだ 1 ことにな, 名を, 語が

▼ どころなし~ (5, 0.2%)

1 とてもそれ, 一杯ひつ, 澄太君からも, 終日臥床まるで, 虫の

▼ どころまで~ (5, 0.2%)

1 仕勝手, 手が, 昇って, 来ると, 開いたのに

▼ どころには~ (4, 0.1%)

1 あまりしません, ならないだん, なりよう, 掌を

▼ どころ一つ~ (4, 0.1%)

2 で笑っ 1 にある, 替えず娘ごころ

▼ どころ~ (3, 0.1%)

1 もう天下, 二十五六には, 威圧され

▼ どころここ~ (3, 0.1%)

2 にゐ 1 にし

▼ どころでなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ば納まっ

▼ どころで無い~ (3, 0.1%)

1 と言ッ, 筆を, 詐りの

▼ どころとしての~ (3, 0.1%)

1 家庭を, 成功であり, 社会性の

▼ どころございません~ (2, 0.1%)

1 から, から明後日

▼ どころさえ~ (2, 0.1%)

1 この大きな地上, わかっちゃ

▼ どころさえも~ (2, 0.1%)

1 失われて, 見失わせる危険

▼ どころだろう~ (2, 0.1%)

1 が, 彼は

▼ どころであっ~ (2, 0.1%)

1 ては従来, て多量

▼ どころであった~ (2, 0.1%)

1 この言葉, 朝倉先生を

▼ どころであり~ (2, 0.1%)

1 いわば懸賞, また重要

▼ どころでなくなっ~ (2, 0.1%)

1 てあわて, てしまった

▼ どころとは~ (2, 0.1%)

1 思えないよう, 昨夜の

▼ どころなんか~ (2, 0.1%)

1 ちっとも知りません, わかって

▼ どころについて~ (2, 0.1%)

1 ある自信, 知りたかった

▼ どころについては~ (2, 0.1%)

1 ささやき一つ, 心痛し

▼ どころによっては~ (2, 0.1%)

1 事が, 時々眼

▼ どころのね~ (2, 0.1%)

1 えやつら, え話

▼ どころより~ (2, 0.1%)

1 稍, 雲を

▼ どころ~ (2, 0.1%)

2 の激烈

▼ どころ次第~ (2, 0.1%)

1 である, で天氣

▼ どころ~ (2, 0.1%)

2 につき

▼ どころ~ (2, 0.1%)

2 ふかしつくづく

▼1* [135件]

どころひだけれど, どころあやめもわかね, どころありそういうところ, どころありませんが貴方, どころある構想に, どころあるまいと頗る, どころいさぎよくお首, どころえんれいさうその他名, どころ槍の, どころかいといった小面憎さ, どころかからだが, どころかという有様よ, どころかよ花に, どころからだけ丸められて, どころがよかつた, どころぐらい知らせて, どころぐれえは知らせ, どころこそ成敗を, どころへも知りき, どころその水の, どころだけあって, どころだけはこの遺言書, どころだけを教えて, どころだったのだ, どころだの自分の, どころちとあやふやな, どころって奴が, どころつかまえどころと, どころつまり何を, どころでございますよ, どころでございませぬ唯今申す, どころででもあったかの, どころでないでしょうに, どころでないらしいんだ, どころでなかろうとかと, どころでなくっちゃあ勤まらねえ, どころでねえ五十何年も, どころでねえでの, どころとかいふべき個所, どころとしてかがまって, どころとしてしか意味を, どころとてもなかった, どころとなつてゐた, どころとの接近が, どころとも申すべき唯一, どころないしは修正物として, どころない心細さを, どころなきうすなさけても, どころなくなっている, どころなくむずかしくなって, どころなどというのが, どころなどの話からも, どころなら好いです, どころならず却って悪辣, どころなら構いはしない, どころなら知っているだろう, どころなんぞ買わせようたって, どころによりなかなか優雅, どころにをります, どころに対しては密かに, どころのせゐで柄, どころのよゆうは, どころばったりに探しあるく, どころひょろひょろといじけ, どころまでが昔そのまま, どころまでに注いで, どころまばらに落ちる, どころよわいかということ, どころわきの食事室, どころをさえ知らない, どころ中心が出来た, どころ人間よりは気, どころ仕事をし, どころ他所者の若, どころ以下の取引, どころ以外に並ん, どころのあり, どころ囲イのかたち, どころ変りで引き抜い, どころ変わりで引き抜い, どころ多しと雖, どころ安宿の膳, どころ朝忌, どころ実在感の基点, どころ実戦に参加, どころ小さなガレに, どころ小夜ふけて, どころ建物のかげ, どころ心持の変化, どころ成りどんなこと, どころ或は逃げどころ人間よりは, どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, どころ掛りを失ふ, どころ揖斐人の大, どころ松蝉が啼き, どころや疎林, どころ椎の木を植えた, どころあかれり青蛙鳴き, どころ武士の戰場, どころ漏れている, どころ鼠の, どころ火くせ焼きくせ, どころ無く薄気味わるわる降り, どころ白い布で, どころ真理とする, どころのつけどころ, どころの現われ, どころ石南花の真紅, どころ空地があっ, どころ窪畑の蕗, どころ筆草が生え, どころ等々が悉く, どころ撚でくくっ, どころ繁っている, どころ自分ひとりの金, どころ苦心の入れ, どころ茶どころ孤独の旅人, どころしげりて, どころに喰われた, どころの甲羅, どころ製材所が多い, どころ要点を確かめる, どころ見ゆるなり光, どころ評価の方法, どころ谷沢越えて, どころの踏み立て, どころが濡れ, どころ迄を失って, どころ道具などを初め, どころ隠れどころもわからぬ, どころ雨雲の切れた, どころはあった, どころ電燈をつけた, どころ高低はあっ, どころのあり