青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「どこ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

どうしても~ どうせ~ どうぞ~ どうにか~ どうにも~ ~どうも どうも~ どうやら~ どおり~ ~どこ
どこ~
~どころ どころ~ ~どちら どちら~ どっち~ どなた~ どの~ ども~ ~どれ どれ~

「どこ~」 43021, 465ppm, 210位

▼ どこ~ (5107, 11.9%)

305 行っても 270 行くの 190 行って 167 行ったか 166 行ったの 144 行くん 133 行く 69 行つても 68 行った 67 行ったん 63 いったの, 行つた 48 行くつもり, 連れて 45 いって 40 持って 39 行くか 36 行こうと, 行ったって 33 いったか 30 行ったもの 29 いっても, いらっしゃるの, なりと, ゆく 28 ゆくの 27 いくの 26 出しても 25 つれて 24 いった 21 行くにも 20 いったろう 19 やった, 行くという, 行くとも, 行ったろう 16 行くんだい 15 おいでに, 消えて, 行こうという, 飛んで 14 往くの 13 行く気, 逃げて 12 おいでなさる, かくれて, 姿を, 帰るの 11 いく, ですか, 往った 10 やったの, 参る, 向かって, 行けば, 行こうとも, 行ったらいい, 行ったんだい 9 かくれたの, つづいて, です, 何し, 出て, 来て, 行くと, 行こう, 行こうか, 行ったかと 8 いつても, ゆくん, 何を, 向って, 消えたか, 消えたの, 行くかと, 逃げるの

7 [12件] いくん, いったんだろう, 出かけて, 流れて, 行かれるの, 行きましたか, 行くかね, 行た, 行ったと, 身を, 逃げたの, 隠れて

6 [13件] いったもの, いら, いらつし, おいで, お出でに, やつた, ゆくか, 向いて, 行かれたの, 行きましょう, 行つてゐた, 逃げたか, 隠して

5 [18件] いた, いらっしゃるん, 出ても, 出るにも, 失せたか, 往って, 行くかを, 行くのだい, 行くんで, 行ったという, 行っちまったん, 行ってたの, 行つたのか, 行つたらう, 行つてし, 逃げても, 隠した, 隠れたの

4 [38件] いくんだい, いったでしょう, いってたの, とんで, もって, 何の, 出るの, 参っても, 参ろうと, 往っても, 置いて, 置いても, 落ちたか, 落ちたの, 落ちたん, 落ちて, 落着く, 行かうと, 行きなさる, 行きました, 行くあて, 行くな, 行くもの, 行けと, 行ったね, 行ったやら, 行ったらよい, 行ったろうと, 行つたつ, 行つたの, 行つたのだらう, 越して, 遊びに, 運ばれて, 隠したか, 隠したの, 隠れたか, 飛んだか

3 [68件] いくつもり, いこうと, いったって, いったろうと, いったんだ, いつた, いらしたの, うせた, お出かけに, お出掛け, かくした, かくれたか, かくれたん, しまったか, どうした, どう行く, どう行っ, はいって, もぐりこんで, やら消えて, ゆくかと, ゆくにも, わたしは, 伴れ, 出かけたの, 去ったか, 参った, 参るの, 向けて, 寝るの, 帰る, 廻って, 廻っても, 往く, 往くとも, 往ったろう, 往つても, 急ぐの, 指して, 来たの, 泊った, 泊って, 泊っても, 泊るつもり, 落ちるか, 行かうか, 行かるる, 行かれたか, 行きます, 行きよう, 行くかという, 行くこと, 行くに, 行くべきか, 行こうかしら, 行こうかと, 行こうって, 行こうにも, 行ったところ, 行ったとて, 行ったとも, 行っちまったの, 行つて何を, 逃げた, 逃げたん, 逃げる, 雲が, 預けて

2 [169件] いきなさるの, いくという, いくにも, いくので, いけば, いったかな, いったらいい, いったんでしょう, いったんです, いつたか, いらし, いらしった, いらっしても, うせたか, おでかけ, おゆき, お出でなされた, お引越し, お泊り, お置き, お行き, お越しに, お連れ, かいくの, かくしたか, かくしたの, すがた, そそいで, だか, ついて, どうなっ, どうなった, どう叩き出し, どんな人間, なりとも, ほしい, まいっても, まいろうと, もう, やったか, やったぞ, やったん, やら消えうせて, ゆきますんで, ゆくという, ゆこうと, 入ったか, 入ったの, 入らつし, 出かけた, 出かけるの, 出したって, 出たって, 出るか, 出るに, 去ったの, 参られる, 参られるな, 参りましても, 参るにも, 參つても, 取りつく島, 売っても, 売られて, 失せて, 失せる, 奉公に, 子供を, 導くであろうか, 届けて, 届けるの, 席を, 帰ろうと, 引越して, 往くか, 往くと, 往く我家, 往こうと, 徃つた, 御案内, 忘れて, 抜けて, 持つて, 振り落した, 捜しに, 探しに, 散乱し, 散歩に, 旅し, 旅行し, 来たという, 来るか, 植えたらいい, 歩いて, 泊まるん, 泊るか, 泊るん, 泊ろうか, 消えちまったん, 眼を, 着陸する, 続いて, 置いた, 置いたもの, 置いたらいい, 置きましたか, 置きましょう, 落ちるの, 行かう, 行かうかと, 行かうて, 行かうとして, 行かっしゃる, 行かれたかと, 行かれたな, 行かれたん, 行かれる, 行かれるな, 行きたいの, 行きたいん, 行きな, 行きなさるの, 行きなさるん, 行きなさるんで, 行きましたろう, 行きましょうか, 行きますの, 行きや, 行きやがったん, 行くかも, 行くぞ, 行くだろう, 行くだろうか, 行くって, 行くね, 行くので, 行く宛, 行く年, 行く当, 行く当て, 行く積り, 行ったい, 行ったかという, 行ったでしょう, 行ったどこ, 行ったらう, 行ったら良い, 行った事, 行っちゃったかしら, 行ってや, 行つたで, 行つたら, 行つて來たんだ, 誰に, 赴こうと, 転任する, 返したん, 逃げうせて, 逃げよう, 逃げるという, 逃げ去ったの, 通じて, 連れられて, 遁した, 隠したん, 隠した包まずに, 隠しても, 隱れた, 顔を

1 [1317件 抜粋] あがったン, あたしを, あの大量, あらわれる魔人, いかっしゃる, いかれたん, いきました, いきましたね, いき着くの, いくとき, いくもん, いく気, いこうの, いた山, いったでしょうね, いったのよ, いったらあれ, いったら釣れましょうか, いったろうね, いっちまったん, いってたん, いつたつて, いつてもさ, いらしつたの, いらして, いらせられますので, いらっしゃいました, いらっしゃったかお帰り, いらっしゃっても, いらっしゃるつもり, いらっしゃろうと, いツ, うせたの, うせやがったんだい, おいたかな, おいて, おいでなさろう, おいでやす, おきましょう, おしまいで, おじゃるか, おじやる, おまえは, おやり, おろします, お世話に, お供する, お出かけでございます, お出かけなさいました, お出でです, お出なさる, お出ましで, お向け, お守りできよう, お寝み, お書き, お立寄り, お置きでございます, お行きなさる, お越しで, お越しなされる, お逃げ, お通しいたしましょう, お隠し, かいかれて, かいらしったの, かおっ放して, かお姿が, かかくれたに, かくされて, かくしたん, かくせるという, かくれちまったん, かくれるという, かけたの, かけりゃいい, かつれ, かやって, かゆくと, きたん, くまが, けし飛んで, この地蔵様, ころんでも, ご仕官, さして上陸, さらって, さわりましたの, しまうこと, しまったの, しまってや, すえるか, すわって, そそごうかと, それた, それまで, たどり着いても, だつて, だツ, つけます, つけますとか, つれさられたの, であろう, でかけるん, とばされたの, とまると, どういふ風, どうしてながれ, どうしても始末, どうして消え, どうつながつ, どうなつ, どう伸び, どう去つた, どう建て直すべきだろう, どう流れ, どう納まった, どう続い, どう落ち着い, どう行こう, どう走りこみ突き当る, どう送られる, どう逃げよう, どう間違っ, どこへ, どころじゃ, どんな怪我, ないないちゃんちゃん, なり, なり早く, にげたの, にげるの, のるの, はいったん, はこんで, ひっこむの, へたばりさらすか, まいったの, まいらるる, まいる, また隱, みちびかれて, もぐったという, もつれても, やったおおかた, やったな, やった俺, やって, やって来たん, やらだつた, やらで這, やら少し, やら抜け落ちて, やら行きよ, やる書状, ゆかれた, ゆきどんな, ゆきやるとき, ゆくだ, ゆくつもりだい, ゆくでも, ゆくね, ゆく冬山, ゆけば, わたしたちが, ダイヤモンドを, ドライヴ, ロロー殿下を, 一体自分を, 一票を, 上野介親子を, 上陸った, 下りるの, 乗って, 人を, 仕舞ったもの, 伴おうという, 伺っても, 何んと, 使おうという, 來いと, 倒れても, 兄さん, 入ったん, 入りましょうか, 入るの, 入れて, 入れる曲, 兵を, 出かけようかと, 出かけようと, 出かけると, 出かける張合ひも, 出したら宜, 出すの, 出たの, 出ましても, 出る, 出るん, 出る気, 出掛けたね, 出掛けるかと, 動いて, 勤めても, 包んだ, 匿した, 去っちまうも, 去る, 参らるる, 参られましたかな, 参りましたろう, 参りますの, 参るッ, 取り付く術, 受けるの, 向いても, 向けられるべきだろう, 向つて, 吹きとんで, 問い合わしても, 問い合わせても, 坐っても, 埋めたの, 埋めるにも, 売った, 売られたの, 売り払おうと, 変ったか, 失せおったかなあ, 失せた御, 失せるか, 奉公させたら, 妾を, 嫁に, 安置された, 宿りましょう, 寄って, 寄港するで, 寝せるつもり, 寝ますかと, 寝られる, 導いて, 導くつもり, 就職した, 届けたか, 工事を, 帰って, 帰るん, 帰る気, 干すの, 幾らで, 廻すに, 引こま, 引っ張って, 引ッこめ, 引越したん, 引込んで, 彼は, 往かれましょう, 往くだろう, 往くどこ, 往くん, 往ったきゃ, 往ッたろう, 御出なさる, 御引立てなさる, 応用し, 急ぐか, 戦いに, 手錠を, 打つか, 抛り出されること, 抜けるか, 押しかけたって, 押し込んで, 担ぎ込みましょう, 持出した, 捨て, 捨てませうか, 掻き消えたか, 攻めて, 散ったの, 散逸する, 旅立ちし, 映ったか, 最も多く, 来いと, 来ても, 案内した, 標準を, 歩けますか, 歩もうと, 民弥殿を, 沈められたからと, 泊ったんだい, 泊まりました, 泊り込むかと, 泊るね, 泊ろうかな, 派遣せられた, 流されて, 流れたん, 流れ着いたという, 消えたという, 消えるんで, 消え去つたか, 渡らせら, 漂着する, 潜ったやら, 潜りこみましょうとも, 潜んで, 灯を, 現われるの, 生れたか, 用うる, 留まるの, 留学しよう, 疑いを, 皆で, 目つけ, 着いたかが, 着かなければ, 着けさせますか, 祭って, 移されたか, 移るの, 移転し, 稼ぎに, 突き出したって, 立ち退いたか, 立ったか, 立てたもの, 立去ること, 築いたら可, 約束し, 組織的には, 繋がって, 置いたかな, 置いたところ, 置かれても, 置き忘れたの, 置くかね, 置こうか, 置こうと, 聞きに, 船を, 落したこと, 落したん, 落ちつく気, 落ちのびて, 落ち付くの, 落ち着けて, 落としたん, 落着かう, 葬ったの, 蔵った, 行かずとも, 行かねば, 行かるるぞ, 行かれてしも, 行かれます, 行かれる気, 行きおったか, 行きそして, 行きたかろう, 行きなさるだ, 行きなすった, 行きなすったかね, 行きなん, 行きましたぞ, 行きましたやら, 行きましょうと, 行きゃ女, 行きやがるの, 行き居ったか, 行くかぐらいは, 行くかな, 行くが, 行くすべ, 行くだね, 行くだ辰さん, 行くで, 行くであろうと, 行くとかで, 行くとこだい, 行くどこ, 行くねや, 行くの君, 行くもん, 行くよう, 行く人, 行く何, 行く待たんか, 行く忙, 行く汽車, 行く考え, 行く道, 行ける, 行けるもの, 行こうかな, 行こうかね, 行こうこ, 行こうなどと, 行ったあの, 行ったかが, 行ったかす, 行ったかなどと, 行ったかを, 行っただろ, 行ったで, 行ったといった, 行ったな, 行ったのぞいと, 行ったら彼女, 行ったら水, 行ったら買い戻せるだろうか, 行ったろうか, 行ったろうね, 行ったんで, 行った大変, 行った拙者, 行った自分, 行っちまうの, 行ってけ, 行ってたもの, 行っての, 行ってるん, 行つたのかしら, 行つたのだ, 行つてた, 行つて仕事を, 行つて居る, 行らっしゃいます, 行衛を, 見せても, 見舞い状を, 訊きあわせても, 訴えりゃええ, 誘ったって, 誰が, 買いだしに, 走ったか, 走り去ろうという, 越しても, 足を, 転げ込むか, 輿入れしよう, 返え, 追いこんだと, 送って, 送りつけようかと, 送ろうという, 逃げこんで, 逃げたもの, 逃げたろう, 逃げどこ, 逃げましょうね, 逃げられるだろうか, 逃げるお, 逃げ得よう, 逃亡し, 逃込んだ, 逐電しました, 這入ったか, 通して, 通られるか, 連れら, 連れ参った帰り駕籠, 進んで, 遁げようとか, 運ばれどう, 運び去られて, 運んだか, 過ぎたか, 遣ったな, 避難し, 金が, 関係を, 降りて, 降りるの, 隠されたか, 隠したと, 隠しなすったん, 隠すこと, 隠れたん, 隠れようと, 隠れ込んで, 集まる, 雲隠れし, 鞭を, 預けるよりも, 風が, 飛ばしたんだい, 飛びさったか, 飛び出して, 飛び去ったの, 飛び散ったか, 飛んじまったか, 食ってや, 駈けたか

▼ どこ~ (4524, 10.5%)

280 いるの 232 あるの 155 あるか 108 いる 105 いるか 100 いるん 71 ある 53 あるん 50 いても 45 住んで 39 いたの 37 あるかと 35 隠れて 34 どうし 29 居るの, 行っても 28 居るか 27 何を 26 あるかを, あろう 24 います, かくれて 23 あったの, 隠して 20 あるだろう, いらっしゃるの 19 居るん 17 あるかという, おる, 行って 16 あつた, あります, 潜んで 15 あるかは, ゐるの, 置いて 13 ひそんで, 行ったか, 行ったの 12 あったか, ありますか, あるんだい, いますか, いるんだい, 居る 11 あるだろうか, あろうか, いたか, どうしていた, ゐる 10 居たん, 立って

9 [12件] あるやら, いたん, いて, いるかと, いるかを, いるな, おいで, どこに, ゐたん, 住んでも, 在るか, 行くの

8 あるでしょう, あると, いたんだ, いるだろう, いると, ゐるん, 何が

7 ありましょう, いようと, いらっしゃるか, いらつし, おるの, ゐても, ゐるか, 持って, 自分の, 行ったん

6 [14件] あるかといふ, あるという, あるもの, いた, いたって, いらしたの, いるね, かくされて, どのよう, 向って, 泊って, 私らの, 落ちて, 行つた

5 [20件] あらう, あるかも, いるかという, いるかは, いるかも, おらるるか, おられるの, おりますか, おるか, お在, そんなもの, どうしてござろう, ゐたの, 一つの, 在るの, 寝て, 居たか, 誰が, 身を, 隠した

4 [28件] あった, あったかと, あっても, あるな, あるに, いらっしゃいますか, いらっしゃるん, いるかね, いること, いるぞ, いるという, いるとも, いるやら, いる人, かくして, だつて, どうしてゐる, 一点の, 人の, 住んでるか, 住んでるん, 在るかを, 姿を, 居たの, 居て, 居ても, 残って, 自分は

3 [63件] あったろう, あったん, ありました, ありますの, ありや, あるでしょうか, いたと, いました, いらっしゃる, いらっしゃるんで, いるかしら, いるって, いるであろう, いるでしょう, おいて, おいでです, おいでに, おっても, おられますか, おられる, おられるか, お住居, かくれたの, ございましょう, しまつて, しようかと, そのよう, そんな力, そんな証拠, どうして居る, どれだけ, なって, もすがた, ゐた, ゐたつて, ゐます, 仕舞って, 伏兵が, 住まって, 住んでるの, 個性を, 出ても, 勤めて, 原因が, 売って, 奉公し, 居たって, 居ます, 居られますか, 居ります, 当るか, 来て, 毒が, 特別の, 眼が, 置こうぞ, 行った, 連れて, 遊んで, 運ばれて, 違いが, 陣し, 隱れ

2 [170件] あのよう, ありましょうか, あるかが, あるかさえ, あるかしら, あるかな, あるだろうと, あるとも, あるので, あるもん, ある訳, あろうぞ, いたとも, いたんだい, いたんだよ, いったか, いって, いましたか, いましたかね, いよう, いようとも, いらっしゃるだろう, いられるん, いるかっ, いるであろうか, いるとは, おいででございました, おいででございます, おいでな, おくか, おられます, おられますな, おられるな, おりましょう, おりましょうか, おわすか, お住まい, お金が, かいて, かくれる場所, これといふ, こんな美しい, こんな荒寥, こんな薄暗い, ございましたか, ございますで, ござります, しましょう, しよう, しようか, するかね, そういうわれわれ, その深, その金, それを, そんな事, そんな若宮君, ついて, です, どうしてい, どうしていやがる, どうしておられる, どう潜ん, どんな人, どんな花, どんな風, なにを, まぎれて, もいは, もとめよう, よき労働, よき協力, よき工藝, ゐたか, ゐたらい, ゐましたか, ゐるだらう, ゐるので, ゐるやら, 之を, 事えるべき他, 住むか, 個人の, 働いて, 出しても, 出て, 労働者が, 勤めるの, 命を, 咲いて, 在ったの, 在る, 在るかって, 存するの, 存在する, 居たね, 居なすったん, 居ますか, 居られるか, 居りますか, 居りますの, 居るかさえ, 居るかは, 居るね, 居るやら, 巣を, 彼の, 彼は, 彼らの, 彼女は, 怪しい証拠, 情を, 感心し, 戦争が, 手ぬかりが, 手懸りが, 拠りどころ, 敵が, 明の, 昔の, 暮して, 本国が, 来た, 来たの, 桃が, 武蔵の, 求めたらよい, 求めようと, 求める, 泊まって, 注がれて, 潜伏し, 無理が, 理由が, 生きて, 白蛇が, 相違が, 真理が, 眼の, 私が, 私の, 立つて, 第二, 置かれても, 置き忘れて, 置くかという, 置こうかと, 耳を, 花が, 蔵って, 行くかを, 行くにも, 行くん, 行こうと, 行こうという, 詩が, 詩の, 誤りが, 誰の, 賊が, 足を, 軽重が, 重点を, 金が, 隠されて, 隠したん, 隠れたかと, 隱し, 類似が, 風が

1 [1473件 抜粋] ああいふ, あたったもの, あったかという, あったしろ, あったでしょう, あっぺえ, あのどこ, あの濡れ燕, あらうか, あらわされよう, ありても, ありますかい, ありまするか, あり得たの, あるうぢ, あるかさ, あるかって, あるかの, あるだかねえ, あるだろうね, あるであらう, あるでしょう決して, あるどこ, あるやは, ある丘君, ある学校, ある畜生, ある諸君, あろうかと, いいところ, いくか, いくら入れた, いたかを, いたってないん, いたもの, いたろう, いたんだね, いったい嘘, いったろうと, いつ, いつたの, いつは, いなさるん, いましょう, いますね, いやはるかここに, いらしたん, いらしった, いらっし, いらっしゃるかっていうのよ, いられるか, いられるもの, いるええじれったい, いるかおかみさん, いるかさえ, いるか知らずに, いるだろうあの, いるだろう自分, いるねん, いるやと, いるんで, いる先手, いる民族, いわゆる征服的, うれしさ, おいたらたたかれないで, おいでか, おいでだ, おいでなさいます, おかれたの, おき忘れたの, おくかの, おしまいに, おった, おまえが, おらすか, おられしか, おられるかと, おりましょうこの, おりますの, おるかと, おる正成, お住み, お出ですか, お出なさいました, お在します, お待たせし, お父さんと, かくされたかを, かくしたの, かくし持って, かけたらいい, きめたらよかろ, こじつけようとしても, このよう, この吟遊, この女優, この説明, これほど, ころがり込んだからって, こんな子供, こんな至れり尽せり, ございましたの, ござんした, さういふひと, さとりの, したらよい, しましょうか, しませう, しまって, しようかなあ, しろわたし, すがろう, するの, すんで, そうした能力, そのおだまき, そのひと, その二人, その像, その可能性, その基礎, その星, その片鱗, その真, その絵の具, その船, その辻馬車, その道が, それだけの, そんなこと, そんなに社会的権威, そんな余地, そんな剛気, そんな好い, そんな強固, そんな濁った, そんな細かい, そんな資格, そんな銃器, そんな風, たずねよう, たどりつくかを, っ, つかまつて, つけたらいい, つんで, ですえ, とどまるという, どういうふう, どういう怪しげ, どういう眼, どういう隠し芸, どういふ風, どうしていらっしゃる, どうしております, どうしてかくれ, どうしてを, どうして保存, どうして居た, どうして暮らし, どうなっ, どう使われる, どう出, どう居坐っ, どう感心, どう生き, どう落着, どこまで, どの線, どんないみ, どんなごちそう, どんなわる, どんな仲間, どんな女, どんな山, どんな引かかり, どんな状態, どんな落し穴, どんな酒, なつて, なりと, にじみでて, ねるよう, はたらいて, ひそんでるかは, ふるさとが, ほんとうの, むかつて, もいねえ, もござりましねえ, もつれが, やれチートコ, ゆくん, わたしの, ゐたかと, ゐられるか, ゐるかをも, ゐるんだい, ジウラが, ドアが, ファシスト最高幹部会の, ロケットが, 一つあやしい, 一つ小さな, 一つ批点を, 一つ見当たらなかった, 一人の, 一体両者の, 一体横光, 一点血の, 一致点が, 不たしか, 不審が, 不思議な, 与えられて, 亀裂が, 事務所を, 人と, 人物が, 人生への, 人間ひとりかくれる, 今ごろまで, 今夜演説が, 仕様なんて, 代官の, 伏せって, 休んで, 伝わって, 位置づけら, 住まわれるか, 住むの, 住むよりも, 住んでても, 住んでるどういう, 住居させ, 何し, 何事を, 作られて, 使うの, 価値を, 俳優としての, 備わって, 儂の, 光ってるって, 入らつし, 入るの, 入口が, 兵馬を, 処女の, 出ますかね, 出口が, 制限を, 力が, 加工が, 南国らしい, 去ったか, 取り付けるか, 取柄という, 可厭, 合致する, 向うだろう, 向つて, 君は, 吹くかという, 咲かせると, 問題を, 因らず場所, 国の, 国民の, 在っただろう, 在ったんだい, 在るかい, 在るかの, 在るやら, 坐しても, 坑道の, 埋めて, 声の, 外様大名の, 多く槍隊, 大衆の, 奇怪な, 妻らしいた, 嬰児の, 存するかと, 存在してるだろう, 安心し, 宗教が, 実感の, 家が, 宿るかは, 寒さ, 寝どこ, 寝ようどうして, 寢て, 導かれん, 少しでも, 居たと, 居た処, 居なさるん, 居ますので, 居らっしゃるとも, 居らつし, 居られるの, 居るお, 居るかという, 居るじゃ, 居るに, 居を, 属すもの, 屯ろし, 川が, 布団を, 幸福が, 幽霊の, 引かかりを, 引越して, 当るの, 彼を, 彼女の, 待たせたらいい, 後から, 御奉公, 御滞在, 必要だろう, 忍んで, 思想の, 怪我が, 恐れや, 悪者が, 惚れこんだの, 意気地の, 愛の, 戦いが, 手が, 押し入, 持ち運ばれて, 持出したの, 捨てたの, 据えるんだい, 控えて, 救援を, 散らばツ, 新人の, 於いても, 既耕地の, 明かすも, 昨夜を, 晩生を, 曲者が, 書類が, 月あり, 有り得るの, 有るん, 本を, 本船が, 来たん, 根拠が, 棄てようかと, 植えようかと, 横たわると, 欠点が, 正義が, 死骸は, 殿下が, 比較上の, 求むべきか, 求めて, 求めようかと, 求めるかが, 汗を, 沈んだか, 河が, 泊つていらつ, 泊つてゐる, 泊まるであろうか, 泊るという, 注射し, 海底地震が, 消えたの, 涙を, 港が, 漂着し, 潜入し, 火傷がちやん, 熱烈峻厳な, 父は, 牽かれるの, 玉虫は, 理想を, 生々しい血痕, 生の, 生れ変ったか, 生産の, 由来する, 異状が, 発生する, 発見された, 発見すれ, 目を, 目薬が, 真心が, 眠ってるか, 矢を, 礎を, 神様が, 秀れた, 秘んで, 種仕掛が, 究極の, 窃盗事件が, 立つ, 竜手さまが, 箸を, 純粋な, 終日うろつい, 絶頂が, 置いたの, 置かれたので, 置き忘れたん, 美が, 美の, 肯定的な, 腰かけて, 自分が, 自分等の, 興味を, 芸術中の, 英語を, 落すの, 落ちつくか, 落ちてるん, 落着い, 蔵い込んである, 虚が, 虫喰い, 蝶が, 行きつつ, 行きましたか, 行きやったのけ, 行くという, 行こう, 行ったかと, 行ったもの, 行ったろうと, 行ってた, 行っとったかね, 行つてし, 行つてる, 見える, 見えるん, 見つけ出すこと, 見ること, 見る人, 見出されるか, 見出されるべきかと, 見出すこと, 見所も, 視点を, 討死したろう, 詰めて, 誤魔化しが, 調査の, 譬えたかと, 貧乏の, 貯えて, 資本の, 起こるの, 起源を, 軍が, 載って, 輝かしい精神, 迅速が, 逃げるだろう, 這入ってるかを, 通って, 連れ去ったろうかと, 進歩性が, 道草し, 違ひ, 酒が, 錯雑な, 閊えるの, 開業し, 陛下の, 陽が, 隠されてるか, 隠してたか, 隠し持って, 隠れるか, 隠れ家を, 雇われたに, 雷が, 面白い分子, 預けたら一番, 飛び出すかも, 飛んだか, 魔法使が, 魚がか

▼ どこ~ (3653, 8.5%)

40 似て 38 遠くの 28 他の 26 遠いところ 24 そこらの 22 その辺 18 別の, 遠くで, 静かな 16 心の 15 そこらに 14 いいところ 13 ほかの, 悪いの, 近くの 12 でした 11 この辺, そこらで, 遠くへ 10 この近所, そこい, ほかへ, 似たところ, 近くに, 遠い所 9 違って 8 このへん, ちがって, 家の 7 でして, 人の, 安全な, 山の, 自分の, 遠くから, 遠くに, 適当な 6 この近く, そのへん, ほかに, よその, 共通な, 外の, 秘密の, 近所の, 違ったところ, 遠い処

5 [17件] しっかりした, でまた, 人を, 他に, 体の, 屋根の, 工合が, 影の, 抜けて, 気が, 気の, 薄ら寒く感じる, 見覚えが, 見覚えの, 身体の, 近くで, 近所に

4 [27件] お体, このあたり, ほかで, ぼんやりありました, 不自然な, 共通した, 力の, 場末の, 外へ, 嬉しそう, 底の, 方角も, 昔の, 普通の, 無理が, 片輪, 田舎へ, 皮肉な, 知って, 見えないところ, 調子が, 近いところ, 間違って, 間違つてゐる, 非常に, 頭の, 高いところ

3 [63件] いつもより, お加減, お悪い, お悪かっ, けがを, そのあたり, のびやかな, のんびりした, のんびりと, はっきりしない, はっきりと, べつの, ぼんやりした, よそへ, フランスの, 上の, 上品な, 不安な, 二階の, 人も, 人間の, 似たよう, 似通って, 共通の, 分らないが, 別な, 別に, 南の, 君の, 品の, 変って, 変な, 女の, 妙に, 子供の, 庭の, 彼の, 心に, 心当りは, 或る, 気品の, 水の, 無邪気な, 犯し難い, 町の, 病的な, 知らないところ, 知らんが, 秋の, 空虚な, 蛙の, 行くところ, 見おぼえの, 親しみの, 調子の, 身体が, 近い所, 途中で, 違った所, 邪魔に, 間の, 風景の, 鷹揚な

2 [212件] あちらの, あの辺, あまり遠く, ある, あれに, いい場所, いい家, いつもとは, うしろの, うつろな, うまいところ, うまい釣場, うわの空の, えたいの, おからだ, おずおずした, おなかに, お出かけに, お前に, お悪, お邪魔, お金なし, かすかに, けがでも, ここいらの, しらん, しんとして, ずうっと, ずるいのよ, そこらを, そのよう, その中, その光, それと, それを, ちがう, ちがったところ, ちがったへん, つんとした, でします, ないか, はるかな, ひょうきんな, まだ, まだ老年, よそに, らいらしったの, 一定の, 一方に, 一流の, 一点を, 一箇所だけは, 下町の, 不完全な, 不足な, 世と, 世界の, 中世の, 二人だけで, 人に, 人目に, 人眼に, 人知れぬ, 人間として, 他を, 他所で, 以前の, 仲間の, 似通, 似通ったもの, 体が, 侍の, 偏した, 傷を, 働くところ, 優しいところ, 充ち足り安心, 内臓に, 凛として, 力が, 力弱く, 北方の, 北海道の, 卑屈な, 南洋の, 向うの, 哀れな, 地の, 堅いところ, 外に, 外国へ, 大へん, 大まかな, 大家の, 奧の, 室の, 家を, 寂しいところ, 寂しい影, 山の手の, 山国の, 平原の, 当って, 影が, 彼女の, 心を, 急所を, 怪しいところ, 悠々と, 悪いです, 悲しそう, 手さはりの, 才はじけた, 押し入れの, 捨鉢な, 探して, 旅にでも, 日本の, 明るい街, 景色の, 有望な, 未来の, 本の, 東洋的な, 栗の, 気分でも, 河岸っ, 浮, 涼しいところ, 淋しいところ, 淋しい影, 深いところ, 湯治にでも, 烈しい雨, 無限の, 片隅に, 物わかりが, 田舎の, 田舎者めいた, 男の, 異っ, 畸形の, 疲れたよう, 疲れて, 病身らしい, 痛いの, 相手の, 眉の, 真面目な, 眼に, 眼の, 知らないが, 神経質らしい, 私に, 私の, 私を, 穴の, 空いて, 立派な, 素人くさい, 聞き覚えが, 胸の, 腰の, 自由に, 良い働き口, 芝居に, 苦しいという, 苦しいといふ, 草の, 落着きが, 行って, 裏の, 西洋の, 西洋臭い, 見どころが, 見所が, 見覚えある, 角が, 貴公子然, 貴族主義的な, 足りないか, 足りないな, 足りないん, 身に, 身体でも, 車の, 近い処, 近所へ, 途中に, 道化た, 違いますね, 違う, 違ふ, 遠い世界, 遠い星, 遠くでし, 遠くを, 遠方の, 郊外に, 都合が, 釘が, 閑静な, 間が, 隙間から, 隠れる所, 霧の, 静な, 面ざし, 面影が, 馬鹿に, 高い処, 高い所

1 [2277件 抜粋] ああ云う, あくん, あどけないところ, あのウヰーン, あらぬ方, いい口, いい細工物屋, いそいそする, いなかで, うけついで, うつろだった, えい温泉に, おかしいです, おちついて, おどおどし, おれを, お分かり, お大名, お旗本, お産は, お袖, かいもく見当, かっこうの, きいて, きっと鋭い, きりっとした, くいちがった感覚, けがらわしくへん, こう映画俳優, ここから, このシバテン, この世界, この句, この富士, この邊, これが, ごく一般向き, さぐり寄るよう, さびしげな語調, したたかな, しゃんとした, しんと, すこしばかり, すれて, ずるそう, そういう特色, そこが, そこらでを, そちらの, そのアルコール漬け, その祠, その辺り, その顔立ち, それに, そんなところ, たいへん遠方, たやすく人目, だらう, だろう, ちがったつまり, ちぐはぐな, ちょっと人間, つくしんぼう, であった個人展, でかさ, でわ, とても遠い, とまれる村, どうしてどうなっ, なかなか喰えない, なんでも, ぬれて, のんびりだった, はらはらした, ひとごとの, ひどく近いところ, ひやりとした, ぴったりしない, ふざけた書きかた, ふみこんだところ, へやの, ほっそりした, ほんとうの, ぽかぽかと, まだほんとう, まだ仄か, まだ燃えつきぬ, まちがったところ, まるで稀有, みんなとち, もう少し広い, もぐり込む隅, もっと面白い, やけつぱちなところとか, やつぱり軋る, やはり古典的, やり場の, ゆるみが, よい医師, よく似, よそで, よんで, わからないが, わからぬ, わがままな, わたくしの, われ目が, アメリカの, インテリな, エジプトあたりの, ガムシャラな, キリストに, シヤノアルの, ズレて, デッサンの, ネジが, バランスが, ビルマ系の, フリジヤの, ヘチマに, ポプラの, メランコリックな目ざし, ユトリが, レニの, 一ついい, 一つ大きく, 一つ重大な, 一カ所, 一人かけ離れた, 一同と, 一方から, 一点の, 一脈の, 一軒外に, 一面は, 上京辺の, 上陸の, 下町風で, 不具に, 不平均, 不気味に, 不自然の, 世帶じみた, 世話を, 両親は, 中流の, 二流という, 京調劇よりも, 人品が, 人智の, 人間放れ, 他と, 他国を, 付近の, 休息の, 伸, 似たメロディー, 似た方, 似てるところ, 住み心地, 何かを, 余韻が, 保って, 信頼しきれない, 偉いところ, 偏屈な, 偶然的で, 働きに, 先へ, 入るところ, 全く消え去っ, 共通し, 内国旅行し, 再会の, 冴え切って, 冷やかさを, 凛々しいその, 処は, 出来て, 分らないので, 初心な, 判らぬ真暗, 前に, 力んで, 努めて, 勤め口でもと, 北欧の, 南洋へでも, 危うげ, 口が, 古驛, 可笑しみ, 名の, 向う見ずな, 吾, 味が, 哀れふかい, 哲人じみた, 喫茶店へでも, 器の, 因州訛の, 固いところ, 地の利の, 地方に, 坊さんみたいね, 垣の, 基督教くさい, 塀の, 声に, 変じゃ, 変った処, 変つてゐる, 変物らしい, 外国と, 大きい空席, 大トカゲ, 大人びの, 大国一ヵ城を, 大都会, 大陸的な, 夫婦し, 奉公口が, 奥州訛りが, 女っぽい, 女嫌いという, 女性的の, 好いところ, 好色そうな, 妾にも, 婦人雑誌の, 子供つ, 子供子供した, 安い銘酒屋, 安心し, 客観的なつかみ, 家賃の, 宿屋みたいな, 寂しくどこ, 寝られるところ, 寺院臭, 小倉城下に, 小粋, 小鳥の, 少しぬけてるらしい, 少し間, 居所換えを, 山形辺の, 島の, 工夫の, 希望にも, 平和な, 広いところ, 底が, 庭さきの, 弱々しい一面, 弱いところ, 弱気も, 強健な, 形の, 往還のは, 御様子, 微に, 心あたりの, 心頭の, 快い様, 思はせぶり, 急所に, 怪我しなかった, 恐しく品, 悠長な, 悪いでしょう, 悪いらしく, 悪くは, 悲しみに, 惨めな, 意を, 愛嬌が, 態度に, 憂いが, 我儘な, 戦場で, 戯曲的な, 手広い家, 打つたとこ, 打解けにくい, 抜けないし, 押して, 控えの, 擽ったいの, 改まって, 散歩し, 断面を, 旅させ, 旅行でも, 日本ばなれ, 日本趣味に, 昆蟲の, 明るいひびき, 明るく海面, 星の, 普通でなかった, 暖かい気持, 暗い奧, 暢びり間の, 曲馬団を, 望みの, 末広の, 朴, 東京近在の, 松の, 枯淡が, 案内させ, 植木屋の, 楽しい所, 樋口一葉に, 横道へ, 欠けて, 正常な, 此地方に, 歯を, 殉情的で, 毛色の, 気がねを, 気ぶ, 気候と, 気味悪いよう, 気楽な, 気風の, 汗ばんだもの憂い, 沈んだこちら二人, 河獺に, 泛か, 洞穴見たいな, 浮き浮きし, 海岸通りの, 涼しい山陰, 淋しい様, 深山の, 清楚な, 渡り好い, 港に, 滑稽で, 漢詩臭が, 瀬戸内海らしく, 無人島を, 無理の, 焼けて, 煩いやう, 父に, 片田舎に, 物足りず, 特に秀でた, 独自な, 猟犬を, 玄人じみた, 現実を, 瓢逸の, 生々した, 生気の, 甲府の, 町中の, 異った, 異常な, 異色が, 疲労と, 病気染みた, 病院にでも, 痛くって, 痛むかい, 登子に, 的で, 目的地でも, 相似, 真似の, 眠つてでも, 知ら, 知らない遠い, 知らぬ名, 知ら腦貧血, 破りやすい, 磯風の, 神秘思想家の, 祠でも, 私が, 秘密室でも, 稚らしい, 空に, 空虚を, 突っぱなすよう, 窶れた線, 箍の, 粗野な, 精神病院へ, 素人らしくない, 素直な, 綿羊と, 縁が, 美しいもの, 美沢の, 老中若年寄などの, 聖母像的な, 聴き覚え, 肩の, 背中の, 脈が, 脾弱そうで, 膠の, 自分から, 自暴自棄の, 自由な, 舟宿を, 良い草, 色つ, 艶めかし, 芳三に, 若干の, 苦しくて, 茫漠と, 荒々しい容貌, 華奢な, 落付いた, 蒲団の, 薄気味悪い, 薩張りした, 蝋の, 行つたのか, 裂けるか, 西洋好みの, 見えないあたり, 見たよう, 見当が, 見知らぬ土地, 見覺, 角張ったところ, 訪ねる家, 誰からも, 調子はずれの, 謙遜めいた, 豊かそうに, 貴公子の, 貸す処, 起重機にも, 足りないところ, 路ばた, 身体を, 軽い感じ, 農村へ, 近い田舎, 近寄り難い, 近郊へ, 逃げ路が, 通ずるところ, 造庭の, 遊び人風めい, 道ばたの, 違うしねえ, 違う姿, 違つた点を, 遠いわからん, 遠い土地, 遠い木, 遠い異, 遠い遠い山, 遠くない, 遠国へ, 遠方へでも, 郊外の, 都びた風采の, 酒の, 重々しくって, 重味が, 野性の, 野生的な, 金持の, 銀行の, 鋭い眼, 鐵道學校の, 閑静な捕まえ, 間道を, 間違つた服装を, 降りる所, 陰気な, 隅っこに, 隙の, 雌豹を, 雨宿りさせ, 電話機の, 青木さんに, 非常な, 面窶れが, 頼もしいといふ, 顔に, 風俗にも, 風車か, 食い違って, 馬の, 骨つ, 體でも, 鷹に, 麻痺してる

▼ どこ~ (3058, 7.1%)

113 国の 85 家でも 80 国でも 36 国に 29 国にも 27 世界に, 家にも 25 家も 23 何という 22 馬の骨だ 21 誰だ 18 家の 17 者だ 16 何者だ, 誰とも, 馬の骨か 14 店でも 13 子だ 12 だれだ, 人だ, 何者とも, 国へ, 国も, 誰が 11 何者か 10 どやつ, 細道じゃ 9 人です, 家庭でも, 隅にも 7 土地でも, 奴だ, 店にも, 村にも, 者か, 誰の 6 どいつだ, 人, 国から, 國でも, 家へ, 店も, 馬の骨とも 5 うちでも, どいつが, ものだ, 世界にも, 劇場でも, 国が, 国で, 娘だ, 家庭にも, 誰と

4 [19件] うちも, だれが, なんという, 何者の, 國にも, 子, 子な, 学校にも, 学校の, 家だ, 宿屋も, 寄席でも, 庭にも, 村でも, 湯屋も, 者です, 藩でも, 誰だい, 農家も

3 [53件] お屋敷, お方, お方か, すみにも, どうした, どなただ, 世は, 人か, 人だろう, 人でしょう, 人間だ, 何と, 何物とも, 何者で, 劇場も, 国, 国か, 国だ, 国と, 国にでも, 国よりも, 國の, 土地へ, 城にも, 女房も, 娘, 子か, 子だい, 子だろう, 家で, 家に, 家へも, 寺でも, 屋敷の, 山へ, 村の, 海の, 温泉場も, 犬, 男だ, 者で, 者とも, 芝居でも, 親でも, 誰でも, 誰という, 誰やら, 誰よりも, 部屋に, 部屋にも, 部屋も, 門も, 馬の骨の

2 [183件] いずこ, うちへ, おうち, お人, お公卿様, お医者さん, お嬢さま, お嬢さん, お嬢さんかと, お嬢さんが, お孃さん, お寺の, お方だ, お方で, お爺さん, お邸, だ, だれかという, だれから, ところで, どいつだよ, どいつだろうと, どなたで, どなたとも, どんな家, ものか, もので, ものである, ものとも, もんだ, やっこだ, やつだ, ガキだ, ランプ屋では, 一件の, 一句を, 世に, 世の, 世界へ, 人じゃ, 人で, 人な, 人種だ, 会でも, 何の, 何人と, 何奴か, 何奴だ, 何者かも, 何者である, 何者と, 停車場にも, 兵隊は, 医者でも, 医者にも, 古道具屋にも, 問題へでも, 国からの, 国からも, 国だって, 国とも, 国な, 国にだって, 国より, 国を, 土地にも, 地方にも, 地点が, 城どこの, 大劇場, 大名も, 奥さんが, 女も, 女房が, 娘が, 娘さんか, 娘は, 子です, 子は, 子供でも, 子供の, 子供も, 学校でも, 学校に, 学生だ, 宅でも, 宮居に, 家だって, 家でしょう, 家を, 家庭を, 家来か, 宿で, 宿でも, 宿に, 宿六でも, 宿場でも, 宿屋でも, 宿屋へ, 寺の, 小屋へも, 屋台よりも, 屋敷にも, 山の, 山は, 岸にでも, 川だ, 巣へ, 帰りか, 御寺, 方か, 方言でも, 木に, 村から, 村より, 標本でも, 浴槽も, 海に, 海にも, 海へ, 温泉地にも, 温泉旅館にも, 港へも, 犬だ, 猫でしょう, 生まれだ, 生れか, 生れだ, 生れで, 産だ, 田舎に, 田舎にも, 田舎へ, 男か, 町に, 町にも, 町へ, 畑からも, 病院でも, 硝子の, 社でも, 空や, 空を, 者じゃ, 船か, 船だ, 芸者, 草の, 藪の, 親も, 誰それは, 誰だった, 誰で, 誰に, 誰を, 賭場で, 農家でございましょう, 辺から, 道から, 部屋からか, 部屋でも, 部落も, 都会にも, 都会よりも, 都市でも, 里にも, 野郎だ, 銀行でも, 門, 門の, 隅には, 隅を, 露地からも, 風呂場も, 風景が, 飛行機か, 飛行機だろう, 飛行機な, 食卓を, 馬の骨でも, 馬の骨やら, 馬も, 駅で

1 [1595件 抜粋] あたり嘗て, あるもの, いづくで, うちにも, おかみさんで, おじょうさんか, お侍様, お城, お姫さまか, お嬢さんです, お子さんです, お家にも, お家を, お帰り, お方やら, お殿様, お生まれ, お祭だ, お貸元, かお婆さん, かべも安楽椅子, かみさんは, か好事, か田畝, がけには, げす女, ことかと, ことばとも, さわぎでは, じゅんさいが, たいは, たれという, だつて, だれである, だれとも, だれやら忘れたが, でしょう, ときお父さんの, とほり, どいつだうさ, どいつであろうとも, どいつでも, どいつや, どういう人間, どういう男, どなたさまで, どなたでござん, どなたの, どなた様だ, どの神曲, どんなま, どんな小さい, どン畜生, なか, においかよ, のら息子どもが, むすめ, ものかという, も少し, も泥, も見逃さず, よた, よりよい, を, アイヌにも, アンニャも, ウチも, カフェにも, カフヱにも, サロンへ, タイピストは, トゥールキンの, ハズミか, ファシズムよりも, ホテルでも, ホールでも, マクロー様かね, ラジオも, 一の, 一流旅館も, 七夕祭りを, 上で, 下宿屋からも, 世から, 世界にでも, 中に, 主人か, 乞食も, 事なきが, 事速かに, 二本差か, 井戸どこの, 井戸端でも, 人かね, 人が, 人であった, 人と, 人は, 人入れでも, 人足かしらない, 人間かを, 人間とも, 仏様に, 仮巣, 会社でしょう, 伯母さんここの, 何とかさんは, 何ものじゃの, 何やつであろう, 何んといふ, 何人でござる, 何兵衛だ, 何山で, 何様が, 何者じゃ, 何處が, 侍だ, 俳優で, 停車場の, 兄弟仲よりも, 児だ, 全国経済委員会で, 共同墓地に, 兵営にも, 内の, 出物です, 分では, 前に, 劇団へ, 劇場の, 劇場へでも, 動物園にも, 区域よりも, 卓子に, 博物館も, 原則は, 原子炉ででも, 反ファシズム文学者, 古道具屋からか, 台閣に, 和子や, 商店でも, 喧嘩へ, 囚人が, 図書館へ, 国いつの世でも, 国からとも, 国だろ, 国との, 国においても, 国のだ, 国やら, 国民だ, 国民も, 國にで, 土を, 土地にだって, 土地を, 地上に, 地平の, 地方へ, 地獄へ, 坊に, 坐の, 埃にも, 城は, 城下も, 城将でも, 場所かも, 塩垂主人かは, 夜と, 大名であろう, 大名の, 大名方の, 大藩より, 天地の, 太夫さんじゃった, 夫婦にだって, 契りこそ, 奥さんだ, 女だ, 女と, 女や, 女中方とか, 女子は, 女性か, 女房だって, 女給だ, 奴かね, 奴ぢや, 妓か, 姫君かと, 娘かしらん, 娘だって, 娘もが, 婆さんだ, 婦人を, 子かしら, 子が, 子でも, 子どもも, 子ソバ屋の, 子供だって, 子供は, 孤児も, 学校って, 学校へ, 学生かは, 守護も, 官立学校にても, 実よりも, 宮堂でも, 家からも, 家である, 家においても, 家の子でしょう, 家中でも, 家庭で, 家族という, 宿屋にも, 寺から, 寺のとも, 寺場で, 将軍にも, 小学校にも, 小屋に, 小紅亭, 尾根が, 居酒屋にも, 屋敷でも, 屋根を, 屑物店ででも, 屯でも, 山からも, 山で, 山上の, 山奥までも, 山笠も, 山路を, 岩角にも, 島にも, 工合だつ, 工場で, 巧い, 布教地でも, 席亭でも, 帰りでもねえ, 底の, 店で, 店へ, 度私と, 座でも, 座敷に, 座敷も, 式場へ, 役所でも, 待合, 御信心連, 御山の, 御殿にも, 心配切解する, 息子ば, 悲しい横着, 戦いにも, 戦地へ, 戦災都市でも, 戸も, 所属の, 手前か, 抱へを, 撮影所でも, 故障なる, 敷石の, 料理も, 料理屋へ, 新聞だ, 新聞社でも, 方だ, 方です, 方支那人, 方角を, 旅の, 旅舎も, 旅館でも, 旦那も, 星なんだか, 時すなわち, 時橋に, 時顏を, 景色とも, 曲り角が, 曹司やら, 木が, 木蔭にも, 本やにも, 本屋へ, 机を, 村か, 村にだって, 村落に, 林も, 果てだって, 果にも, 柵でも, 根拠地へも, 桜も, 棟も, 様子を, 樹木でも, 歌を, 武人でも, 武家の, 殿様かと, 母親も, 民族も, 水門に, 池の, 河だって, 河辺も, 洒落ものの, 海だろう, 海を, 海浜にでも, 海面かしら, 渡しだつた, 温泉へも, 港から, 湯と, 溜堀, 演奏にも, 灯の, 炉端も, 炭坑会社だ, 烏だ, 煙筒からも, 燈火節の, 片田舎に, 牧への, 物置でも, 犬だらう, 犬とは, 犬神じゃ, 猫かも, 猿です, 玉屋へ, 球団にも, 生まれです, 生れかの, 生れな, 産じゃ, 産の, 田や, 田圃側へ, 田舎です, 田舎家でも, 男生れつきての, 町だ, 町とも, 町の, 町を, 町内にも, 畑の, 畠にも, 番台で, 番頭さんかと, 病院から, 痛み何処, 百姓か, 百姓の, 百姓家の, 監獄の, 県下でも, 石垣の, 社だ, 社寺の, 神社にも, 禁約, 種の, 穴倉の, 空にも, 空中で, 空間といった, 窓の, 童であろ, 童武者だ, 管轄にも, 精神, 糸を, 級にも, 素見だろう, 細君と, 紺屋へも, 組でも, 絵の具屋が, 縁日へ, 署の, 老人もが, 者であろう, 聯隊か, 職場の, 肉を, 腰掛けにも, 舊家も, 船よりも, 良辨杉の, 芝居小屋にも, 花柳界でも, 芸者衆の, 若旦那だ, 苦労に, 草葺屋根にも, 蕎麦屋も, 薬種商です, 藩にも, 藩中という, 藪蔭にも, 蚊が, 蝦蟇だって, 衆だ, 街頭でも, 裏畠とか, 親が, 親達も, 記録にも, 訴訟だ, 語余には, 誰かね, 誰それが, 誰だろう, 誰です, 誰は, 誰らろかのう, 誰氏の, 講習会で, 警察署の, 谷へ, 貧民窟よりも, 貸家か, 質屋だって, 路をも, 路地を, 車か, 軍艦だ, 軒下でも, 輸送方だ, 辺に, 追分で, 遊びも, 道の, 道場にも, 郡役所でも, 部分も, 部屋で, 部署も, 部隊だって, 部隊も, 都会も, 酒場にも, 酔狂者が, 野どこの, 野末で, 野蛮人にも, 金ぬすませ, 金貨だろう, 鉄道局の, 長唄の, 門にも, 間抜を, 阿片窟だ, 陣屋で, 陶器か, 隅々から, 隅からか, 隅に, 隅までも, 隊でしょう, 雑誌へ, 電話か, 露路からも, 青年たちか, 面を, 頃の, 頃再び, 領土でも, 領地で, 風変りな, 飛行機だ, 飲食店も, 首くくり野郎だ, 馬の骨, 馬の骨かも, 馬の骨だい, 馬の骨と, 馬鹿者が, 駕籠か, 騒ぢや, 高等学校です, 魚屋から, 鳥追ひだ, 麦田に

▼ どこまでも~ (2319, 5.4%)

99 どこまでも 26 続いて 22 歩いて 21 ついて 18 自分の 16 つづいて 13 走って 9 追っかけて 8 私の 7 進んで 6 どこまで, まっすぐに, 下手に, 人を, 行くん, 追って 5 あとを, 客観的に, 宮廷守護の, 自分に

4 [11件] これを, つけて, つづく, のぼって, 僕と, 日本の, 真面目な, 追いかけて, 野の, 附いて, 響いて

3 [23件] そのあと, のびて, 一直線に, 一緒に, 北へ, 吾, 延びて, 後を, 慎重に, 押して, 拡がって, 溯って, 私を, 純粋な, 翔けて, 自分を, 自己が, 自己の, 自己を, 落ちついて, 落ちて, 親切に, 追究し

2 [122件] あなたを, いっしょに, おれに, お供を, かぶりついて, こいで, こちらの, この世の, して, それで, それに, それは, ついて行きました, ついて行く, つけ纏っ, のぼりたいの, ひろがって, わたしを, 一つの, 一人の, 一個の, 上って, 上の, 下から, 下へ, 不幸な, 不思議で, 不運な, 世話を, 主体的な, 主体的に, 主張し, 事実で, 互に相, 人々に, 人工的な, 人情を, 人間の, 今の, 他から, 他の, 付いて, 保護する, 信じて, 信用する, 俺の, 個人である, 僕たち一緒に, 具体的な, 分解を, 十力の, 同じ言葉, 咲いて, 国学者諸, 地の, 執拗に, 執着する, 夫の, 女の, 嫌よ, 尊重し, 尾い, 尾行し, 川を, 幸福を, 弦之, 彼の, 従いて, 従順に, 徹底させ, 心を, 悪因悪果悪, 悪者の, 意地の, 意地悪く, 意地悪で, 我を通して, 我儘を, 拡げて, 教育家らしい, 料理等の, 正直に, 歩いた, 沈着な, 注意ぶ, 流れて, 海の, 澄みきって, 澄んで, 熊本へ, 物の, 特殊な, 王道文明の, 現実の, 生命的な, 生活の, 用心ぶかかった, 登って, 皇室として, 相手を, 真直に, 真面目で, 真面目である, 研究し, 私に, 第一国語, 續い, 聞えて, 自分が, 自分で, 葉子の, 行くと, 行くの, 親馬について, 言って, 讀者に, 身を, 転がって, 追いかけるの, 追うて, 運の, 雪之

1 [1667件 抜粋] ああした, あなたと, あのお, あの人, あの方, ある, いい気な, いけば, いつし, うしろから, うやうやしく挨拶, おしで, おっとりと, おとなしくあの, おぼろげに, おれについて, お伽噺に, お前が, お前に, お前ひとりを, お客様大切仏様大切といった, お早う帰つて貰ひまへ, お疑い, お蝶, お身さま, かくしと, かたくて, かわった人物, がんばりますよ, きれいな, ぐずぐずであった, こうして歩きたい, ここで, このこと, この一本道, この俺, この定義一点張り, この水, この運動, こめて, こわいもの, しゅうねんぶかくきみ, しらふだった, じっと喰い入っ, ずッ, そう思っ, そのしからざる, そのものが, その中, その名義, その慾望, その材料, その目標, それらの, ぞろぞろつい, たどって, ついて行くから, ついて行って, つきまとわれる人, つけ廻した, つづき人家, つづけようと, どこまでもの, どんなこと, ながれて, のびる, はしって, はつきりとして, ひとりぎめでその, ふたりの, ふるい英吉利国, へりくだって, まじめに, みずから哲学者たらん, もとの, やさしく, やつて, やると, よくし, りっぱに, わしに, われわれの, アクドク受け取られた, インテリゲンツィアらしい, キンチャコフで, シベリアに, タタキ込ん, デモクラシーを, ニーナを, ピカピカジリジリと, プロレタリアート農民大衆の, マッチの, リアリスティックな, リパブリックね, ローマン主義である, 一人一党で, 一家一門の, 一旦かう, 一生懸命根気よく, 一諸に, 三崎に, 上品で, 下りて, 不得要領な, 不覚です, 世人を, 世話女房式な, 串談の, 主人の, 主義を, 争い太陽, 事実である, 事物を, 互いに見ない, 些事糺せ, 人である, 人形として, 人気の, 人目だたぬ, 人間を, 人間的であり, 仇を, 今日は, 他人の, 代数的の, 伝統的の, 伸びて, 体裁で, 係り合いで女, 保証仕るで, 信ずるところ, 修正する, 俳句として, 俺一人で, 個人にだけ, 借り物であっ, 健三を, 傍観者の, 僕たちいっしょに, 優しい新妻, 優雅な, 兇状が, 先生が, 先見の, 全くの, 公方を, 其奴等に, 内に, 内容を, 内面的な, 冷たい公平, 冷厳な, 冷静な, 切りが, 刑法に, 利巧で, 制限が, 前へ, 力に, 勇敢であった, 北さんの, 区別されね, 千世子の, 単純だ, 厄介な, 厭だ, 厳格でございました, 反対した, 受けみに, 口実な, 右へ, 同じやう, 同体せね, 君の, 否定する, 呂宋兵衛の, 命を, 商売だ, 善人だ, 嘘だ, 器械の, 因習の, 図面で, 土人の, 地方の, 執念ぶ, 堅く控え, 堪え得る者, 増長する, 変って, 外交的な, 夢に, 大きくなり得た, 大文学者, 大衆の, 天狗が, 夫に, 奇妙な, 奥へは, 奪われた天国, 女らしく, 好きでございます, 好意と, 妻子たちとは, 娯楽用に, 存ぜぬ知らぬでその, 孤独な, 学者の, 守って, 完全無欠な, 宗教的人間の, 実相である, 客観写生の, 宮川べりを, 対抗し, 尊重しなけれ, 尊重せね, 小坊主が, 少し笑い, 尾行の, 展望が, 岡を, 川に, 差別し, 師弟の, 平和の, 平気で, 幼い人道主義的観点, 広がって, 序, 廊下ぢや, 延びつづいてやまぬ稲妻の, 引きずられた, 引っぱられて, 弱い気, 弱味を, 強く押売ら, 強情者よ, 当り前だ, 彼にとっては, 彼らを, 彼女を, 従って, 從兄に, 御目出度く, 徹底し, 心理として, 忠実であった, 思い込ませて, 性質的に, 恋の, 恋愛の, 悪いと, 悲しさうに, 情を, 想像で, 愛し合って, 愛子を, 慎重な, 憎いという, 我は, 我輩を, 戦ひますよ, 截然と, 手放さず追って, 手荒い賊ども, 承知でした, 折合ひ兼ねた, 押し通して, 押し進めて, 担わねば, 拡大しなけれ, 捉えること, 捨てること, 探し出そうと, 探索し, 推し究めて, 支払わなければ, 政府に, 救われない自我的, 文学, 文学を, 文芸家の, 新九郎様の, 日本にとって, 日本面積として, 明らかだ, 明るくとも, 昔風むしろ, 智的な, 月の, 朗らかな, 本人の, 本当にし, 本物らしく見せびらかしたがった, 東京の, 果しの, 柔順な, 樅で, 権威を, 欺き了, 止まりうる能力, 正しくて, 正直な, 此の, 歩いたの, 歩きつ, 歩こうとは, 歴史的意味を, 残り惜しく恨めしいの, 民衆から, 気に, 気味が, 江戸を, 汽車から, 沿うて, 泥棒する, 派手で, 浄い, 海岸に, 消えずに, 涼しい風, 深くどこ, 深く落ち込ん, 深刻痛切を, 渡すと, 温柔しい, 滑りました, 澄み切って, 烏であっ, 無垢の, 無政府主義, 無目的, 熟睡の, 物質でした, 独学で, 猫な, 現に感じられ, 現社会制度, 理性を, 理智的で, 環境から, 甘いどこ, 生きようと, 生まじめ, 生産の, 男らしい神将, 留守を, 異つて, 疑ぐられ, 病で, 発達せしめる, 白を, 白眼で, 百姓議員百姓は, 目標を, 相手に, 真っ直ぐに, 真似事で, 真剣に, 真直ぐに, 矛盾し, 知らない振り, 知らぬ存ぜぬで通そうと, 知らぬ顔を, 知識として, 石橋を, 礼を, 社会的である, 祟るらしい, 私たちを, 私共が, 科学の, 秘密は, 穏便穏便, 空たかく, 突き進んで, 突っ張るよ, 突貫し, 立派に, 竹馬の, 箇的であった, 粘り強く無分別, 精神上の, 純な, 素志を, 経済生活の, 結び付けて, 絶えず細く, 継いで, 続いたらおしまい, 続いてを, 続くの, 続く思い出, 維持し, 縁が, 繩のれんの, 美しい胸, 美的価値を, 考えること, 耐えようと, 聴きたくなるの, 肉迫し, 背負い続けて, 膠着する, 自らを, 自分について, 自分等の, 自制し, 自我に, 自然で, 自由だ, 般若の, 艶次郎で, 若々しくおどろき, 茶番だ, 荘重で, 落付い, 蔭に, 蛇であり, 行かなかったと, 行きますと, 行く顔, 行った, 行われて, 被教育者そのもの, 裸に, 見えるじゃ, 見渡されて, 親を, 観望したい, 解剖し, 言い証したい, 訓令に, 証拠の, 誑らかさず, 誠実を, 説得する, 談じつけよう, 諸君の, 譚奇の, 負けぎらいな, 貫徹する, 賓主的である, 質を, 走らせると, 走りました, 跟い, 身体が, 軽口に, 辛抱し, 迷信の, 追いかけたの, 追いて, 追っかける, 追って伊那丸一味, 追つかけ, 追掛けたその, 追撃を, 追究する, 逃げました, 逃げるん, 透いて, 連なり一種, 進めて, 逼らなかっ, 運が, 運悪く, 道具で, 遠ざかって, 遺憾である, 邪馬台国では, 野趣と, 金の, 鉱業人だけを, 長く続い, 閉じること, 閑人じゃ, 闘おうと, 附きまとう, 附きまとわれた, 陽性で, 隠し立てを, 隠そうなどと, 離れようとは, 電車に, 青年の, 静寂を, 面白く出来, 頑ばったため, 頼まれたの, 風, 飛び登れるに, 馬が, 騰って, 高く舞い上がりました, 高粱の, 魚の, 黄いろい幽霊, 黙って

▼ どこにも~ (2213, 5.1%)

115 ない 70 なかった 53 見えなかった 52 見えない 36 ありません 30 ないの 29 見えません 19 見当らなかった 17 いない 16 人の, 見えないの 15 見られなかった 14 いないの 13 無い 12 なかつた, 見えませんでした 11 姿を, 残って 10 ないという, 存在しない, 見あたらなかった, 見当らない 9 いなかった, ここにも, それらしい, 異状は 8 いません, ないと, 人影は 7 姿が, 姿は, 見えぬ 6 ありは, ありませんでした, あること, あるまい, かしこにも 5 その姿, なくて, 人影が, 見あたりません, 見ること, 見出すこと

4 [24件] ありませんよ, いませんでした, おりません, ないこと, ないであろう, ないので, ないん, なくなって, 人かげは, 傷が, 傷を, 出て, 区切りが, 存在し, 影が, 彼の, 無かった, 発見されない, 発見する, 見あたらない, 見えなかつた, 見つからなかった, 見られない, 見出されない

3 [29件] あらわれて, あり得ない, ある, あるもの, いないこと, いないよう, いないん, して, ないはず, ない様, ない筈, なくただ, 例の, 出入口は, 出口の, 出口は, 売って, 妻の, 居ない, 怪我が, 持って, 無いの, 発見されなかった, 行かずに, 行くところ, 見あたらないの, 見いだされなかった, 見えないよう, 誰も

2 [116件] あいてる所, あの人, ありませぬ, あり勝ち, あるが, いないでは, いないと, いないよ, いやしない, お見え, かくし戸, すがた, そういうもの, その様, それ以上の, そんなもの, そんな景色, ないから, ないし, ないだろう, ないで, ないでしょう, ないね, ないのよ, ないやう, ないわけ, なさそう, みられない, もう子供心, ゐなかつた, ゐません, 一つの, 不足は, 人は, 人間の, 人間は, 他に, 住んで, 何も, 作り物という, 先生の, 光って, 兵火の, 出口が, 取柄が, 姉の, 娘の, 存在しなかった, 存在せず, 安住の, 実在しない, 家らしい, 居ない居ない, 影を, 彼女の, 怪しい節, 怪我は, 悪いところ, 手落ちは, 持つて, 描かれて, 敵の, 新しい信仰, 有しないもの, 殆ん, 泊る所, 滅多に, 無い独自, 無くて, 現わ, 現われて, 異状が, 発見されませんでした, 発見できない, 発見できなかった, 知られて, 硫黄は, 秘密の, 粟は, 美しさ, 聴え, 自分の, 血の, 見あたらないでは, 見あたらないという, 見えないので, 見えなかったの, 見えや, 見せずに, 見せて, 見せなかった, 見つからない, 見つかりませんでした, 見られないよう, 見られなかつた, 見付からなかった, 見付けられなかった, 見出されませんでした, 見出す事, 見出せない, 見出せなかった, 見当たらない, 見当たらないの, 見当らないと, 見当らなかったと, 見当らなかったの, 見当りません, 見当りませんでした, 認められなかった, 足跡が, 逃げ道の, 逃げ道は, 遣らない, 隙が, 隠れて, 青空が

1 [1076件 抜粋] あいて, あたって, あったから, あったこと, あなたの, あの壮烈, あふれるばかりに, あまりお客さん, あやしいところ, あやしい個所, あらわして, あらわれません, ありがち, ありませんが, ありみなさん, ありよう, あり得まい, あるし, あるであろうけれども, あるの, あるまいと, あるめずらしく, あるよう, あるコケシ, あれ縁, あんなずるい, あんまりたんとは, いきたくないのよ, いそがしや, いないぜ, いないので, いないわ, いない居らん, いない男, いなかったっけ, いなかったと, いねえだ, いられなくな, いるけ, いるし, いるはず, いる半可通, いわゆる女, おいで, おいででございません, おちて, おられないじゃ, おりそう, おりゃせん, お出廻りなさった, お怪我, お負傷, かくれては, かくれ場, かじりつけそう, きこえなくなった, ぐずぐずしてる, けがは, こういう気, この持ち主, これほどの, こわれたところ, ございまして, ごぶさたばかり, さきほど仙, されない, しっかりした, しなかつたばかり, しみ一つ, すきの, せぬ, そいつの, そう云う, そこらには, そのよう, その人ら, その小僧, その指揮者, その理由, その部分, それは, それらの, それを, そんなビラ, そんな問答, そんな大きな鍵, そんな専横, そんな御, そんな悲壮感, そんな窓, そんな苦力, たくさんの, たべもの, だれかが, つかわれなかったよう, つくっては, ないお母様, ないぎらぎら, ないさ, ないただ, ないなどと, ないにも, ないのみ, ないもの, ないんだい, ない一家, ない愛嬌, ない所, ない気, ない秘密, ない美味, ない雨, なかつたの, なく, なくおよそ, なくこれ, なくそこら, なくつやつや, なくなるだろう, なくみな, なく何, なく旅, なく消炭, なく見える, なし, なんにも見つかりません, にげみち, にんげん, ねえですよ, のって, はいって, はけ口が, はっきり規定, ひしむよう, ひとところに, へだて戸, ほのかである, ほんとの, まだ火災学, まだ燈火, まったくいられない, みえない, みな警視庁の, みられなかった, みられなくなりました, もう残つて, もう見出せなくなった, もって, ものを, ゆかない鳥, よくある, よらずまつすぐ, わからなかったが, われめが, ゐは, ウイットが, ギリギリの, グルーシェンカの, ゴミらしい, シマリが, タタミという, チリを, トマトが, ピストルが, ブレーキが, ペンキも, ホテルらしい, ボンネットや, ロシアの, 一ぱい日が, 一人も, 一点として, 一生の, 一隻の, 上陸地点は, 不健康の, 不足を, 与えられて, 主人の, 乙女の, 云って, 人っ子ひとり見かけるで, 人家は, 人気が, 人間が, 今夜泊る, 仕事は, 仕様の, 伸びて, 住みきれないの, 何にも, 使ってない, 例が, 保証は, 個性の, 傷は, 傷口が, 働きかけたといふ, 充満し, 光は, 入らない, 全く少しの, 其らしい, 出かけず家, 出ずに, 出ない, 出はいりするすき, 出入りできる, 出来て, 分らなかった柔かい, 判然と, 助けを, 勤めずぶらぶら, 勤めて, 勿体ないという, 南北戦争という, 厭世的の, 取りつく島, 古い寺院, 合図らしい, 同じよう, 向きたくないの, 含まれて, 吾児らしい, 咲いて, 啼いて, 嘗て自分, 国訛らしい, 在りは, 在銘の, 地面には, 堀らしい, 境界線は, 声の, 変ったところ, 変りが, 多少の, 大した破損, 大男は, 天皇に, 女らしい姿, 娘らしい, 嫁に, 存しない, 存在した, 存在しなく, 存在すべき, 定住する, 家など, 宿らなかった, 寄らねえですぐ, 寝て, 小判の, 小皺ひとつなく, 就職口が, 居ないの, 居ない居ないという, 居ませんでした, 居らんそう, 山が, 工藝の, 帰って, 帽子掛は, 平野らしい, 底が, 庭下駄が, 強震など, 形が, 影さへ, 彼処にも, 得る事, 微風の, 心配な, 必要欠くべからざる, 忍んで, 快活な, 思ひ出す記憶, 怪しいところ, 怪人の, 悪化する, 悲しい影, 感じられないの, 感情は, 戯れの, 扉は, 手掛りは, 打たれるとか, 持っちゃ, 描き出されて, 支倉に, 故障は, 敵と, 斑点は, 新しい形式, 新鮮な, 旗影の, 旱魃で, 明りを, 星影一つ見えようとも, 春らしい光り, 暗い影, 書いて, 書いてないじゃ, 有すめ, 有りふれた報恩説話, 有りやしない, 本物の, 材料の, 梯子らしい, 橋の, 止まらなかった, 正義の, 武家出らしい, 死の, 殆ど見られなくなった, 残つてゐない, 民器の, 気違いらしい変った, 水木由子を, 求められない, 油断が, 泣き声が, 注意を, 洩れて, 流れては, 溝が, 激しい騒ぎ, 火の, 火は, 火災は, 無いこと, 無いところ, 無いよいもの, 無い最初, 無がった, 無駄は, 煙草が, 牛の, 特色の, 犯罪的な, 現れないので, 現われては, 生じて, 生活に, 異常なかっ, 異状なし, 疵の, 病人が, 病気など, 発表された, 発見されなかつた, 発見出来ない, 目に, 看視, 眠ったよう, 着物を, 砂君の, 禅の, 私邸らし, 空き家が, 空家が, 窓ぎわの, 立ち寄って, 立札が, 答えなし, 紅を, 結成され, 絶対に, 網の, 縁の, 罪な, 置くところ, 羞らいや, 翳の, 老衰の, 聞えない, 聴かなかったので, 脱けだす, 自己への, 色気なぞ, 苦労の, 苦悶の, 茶道の, 草鞋を, 落ちついて, 落ちて, 蛇が, 蝶の, 血痕などは, 行かないでよ, 行かないよ, 行かれなくなって, 行きば, 行くまいと, 行く道, 行ったこと, 行はれ, 被害の, 褪せて, 見あたらなかったでは, 見あたらなかつた, 見いだしがたい, 見えしまへんねん, 見えずに, 見えず上代, 見えず店, 見えず空, 見えて, 見えないが, 見えないと, 見えないばかりか, 見えないわ, 見えなかったし, 見えなかったという, 見えなくなった, 見えなくなった暁方, 見えなくなつ, 見えは, 見えやしないじゃ, 見かける顔, 見せずただ, 見つからないの, 見つからないん, 見つからなかったの, 見つからなかったのに, 見つかりません, 見へ, 見られないで, 見られない薄手, 見られなくなったの, 見られぬ, 見られません, 見られる通弊, 見るよう, 見付からないという, 見付からなかったの, 見出されないもの, 見出されようはず, 見出し得ない彼, 見出し得られない数世紀間, 見出せないのに, 見出せませんでした, 見当たらなかった, 見当たらなくて, 見当たりませんし, 見当らないに, 見当らないので, 見当らないん, 見当らない事, 見当らなくなって, 見当りませぬ, 見附から, 親しいもの, 訳者の, 認められないの, 誰の, 謎や, 豹の, 賊の, 起って, 起らなかった, 踊り場らしい, 身を, 転が, 載って, 迷惑などは, 逃げだす隙間, 逃げるところ, 逃げ場が, 逃げ場所は, 通じて, 通る場所, 運び出したよう, 過渡期の, 道義など, 遮る敵, 酒が, 重心の, 銘は, 間違いの, 関東軍の, 陰々たる, 隙の, 障りの, 隠戸, 雇ひ, 霊が, 青い斑点, 音が, 韻律的な, 頭蓋骨らしい, 風の, 食糧品が, 飾らなかったが, 餌が, 香水なんぞ, 馬鹿氣た, 馴染は, 魅力を, 黒い人

▼ どこかに~ (2095, 4.9%)

42 隠れて 25 かくれて, 隠して 23 残って 22 潜んで 18 生きて 14 あるの, 行って 12 身を 11 月が 9 姿を, 自分の 8 あって, ある, あるよう, いて, かくして, 何か, 隠されて 7 あった, しまって, 故障が, 消えて, 無理が 6 人の, 持って 5 いるに, いるの, それを, 住んで, 出かけて, 存在し, 欠陥が 4 とじこめられて, なければ, ひそんで, 一つの, 出口は, 漂って, 私の, 秘密の, 置き忘れて, 隙が

3 [24件] あつた, ありそう, あるだろう, あるに, あるはず, ある筈, いること, かくし戸, こだわりが, する様, ついて, 今も, 入口が, 動いて, 感じて, 手落が, 残されて, 潜伏し, 火事でも, 自分を, 落ちて, 行つ, 隱し, 電話を

2 [124件] あったに, あの女, あらう, あると, あるという, あるには, あるね, あるらしい, ある限り, いそう, いた, いるだろうか, いるという, いるはず, いるよう, お金でも, かかって, かくされて, こびりついて, する樣, その人, その原因, ちやんと, ないか, ないと, のこって, はっきり見覚え, ほっとした, まぎれこんで, まだはつきり, チャンと, ラウド・スピーカーが, 一種の, 不思議な, 中った, 九鬼を, 二百年間の, 人が, 人家が, 付いて, 伏せて, 位置する, 俳諧の, 働いて, 僕の, 兄弟が, 入って, 凄味が, 出て, 力が, 力の, 在るん, 埋まって, 埋めて, 女の, 子供らしい, 孔が, 存在する, 家を, 宿を, 寝て, 少しは, 山と, 岩清水の, 巣が, 引っかかって, 影が, 影を, 彼の, 微笑を, 必ず生き, 忍んで, 忘れて, 愛嬌が, 或る, 手抜かりが, 手落ちが, 昂然たる, 月の, 横たわって, 止めて, 残つ, 気品の, 水が, 水の, 水は, 消えうせて, 火事が, 生き残って, 用意され, 発表し, 監禁され, 真実が, 眸を, 私は, 穴でも, 空虚の, 置いて, 美しさ, 翼の, 聞える, 自分が, 自然と, 落して, 落ちつき場所, 見覚, 記憶が, 走って, 逃げて, 連れて, 道が, 釘抜の, 閊えて, 間違いが, 陽気な, 隙間が, 隠してや, 隠し持って, 隱れ, 雲の, 電灯が, 非常に, 飛んで, 鳥でも

1 [1373件 抜粋] あいつが, あったから, あったじゃ, あったと, あったので, あったら発見, あったパリ, あの怪物, ありありと, ありは, ありましたか, ありやしないかと, あるかの, あるちゅうことだけ, あるとは, あるん, ある山, ある東洋哲学的, ある白人, ある鉄道, あろうわさ, いい家, いた柳派, いつもさばさば, いるかしら, いるそういう, いるだろうと, いるでしょうよ, いるとしか, いる刑事さんたち, いる尊氏, いる誰, いわゆる久遠, おかしみ, おかれて, おちつかないところ, お世話願えまい, お休み, お前さんの, お家を, お袖, かき消すよう, かくしてある, かくれてでも, かくれるうち, かならずお手本, かならず足, かれを, ぎごちない, くつろぎが, くわえて, けれどほんとう, こ, こせこせしない, このロボット, この次, これと, こんな話, ごく小さく, ご滞在中, さう, さっと音, さびしく暮し, しかも一度, しっかりと, しまわれて, すきの, すゝり, そういうもの, そういう者, そうした人生, そう聞け, そのこと, その二人, その呪, その少年, その比, その舞台, そもそもの, そんなうわさ, そんな小さな息子, たしかに実在, ただよって, た色調, ちゃんと締め括り, ちょと, ちらりほらり椿, つづいて, できた水たまり, とけ込んで, ともって, ないだろう, なくては, なにかが, なまめいた匂い, なア, のこしたまま, のせて, ひきつけるもの, ひそむ何, ひょっこりとかの, ひよつこりとかの, ふっくりと, ふるえが, へばりついて, ほとぼりを, ぼんやり残っ, まきつく棒, また善良, まだあたり, まだギラギラと, まだ娘, まだ抜かぬ, まだ昔, まだ殘つて, まだ生きてるだろう, まだ蚊帳, まだ郷土, むかしの, もう一匹鼠, もって, もっと堅固, もやもやと, やはり元気, ゆったりと, ゆるみと, わずかな, われわれの, ゐない事, ゐるに, インチキ・バアインチキ・キャバレは, ガラスの, グッと, コッツリと, スペードの, チチコフの, ツルが, バーデン・バーデンて, マイクロフォンが, メリー号の, ローカル, 一つ二つ起こらない, 一人でも, 一寸も, 一庵を, 一日の, 一服腰を, 一箇所ぱらぱら, 一脈の, 一週間でも, 三つだけの, 上演中だった, 下僕として, 下車した, 不満と, 不足が, 不足を, 中国訛りの, 乙亥の, 二つ三つ銃弾が, 二本でも, 人殺しが, 今まで, 仕事が, 仕掛けて, 仲間が, 休んででも, 似て, 似通ったところ, 体を, 何かの, 何事か, 何時でも, 侵されぬ気品, 保管し, 個人として, 借りもの, 健在でいられる, 傷でも, 働かされて, 働らい, 兇悪な, 光つてゐる, 入りこめる穴, 全き, 共通な, 冒し難い怪しい, 冷房装置が, 凛とし, 出けるのけえ, 出入口が, 出来て, 切り落されて, 剣の, 助けを, 勇気を, 務めて, 勤めに, 匿し, 博士が, 卵を, 厳しい調子, 友達が, 叔母の, 取り落して, 口当りの, 可愛い女, 合印か, 向つて, 含まれて, 命だけは, 哀しいやう, 善の, 嘗つてこの, 囁かないでも, 固定した, 圧ゆべからざる, 在りましたかなあという, 在るでしようか, 在るという, 埋ずめ, 境界を, 売られて, 売り渡し先でも, 夕焼けの, 夜明しの, 大きなむりをつくって, 大きな大きな地獄, 大きな祭礼, 大噴火, 大川を, 大砲の, 大金を, 天才的な, 奈良朝以前の, 奥へ, 女らしい軽率さ, 奴の, 妙な, 子供の, 安全に, 実にのんびりした, 実際に, 宴会が, 寄りは, 寝床を, 導かんこと, 小さい家, 小さなおしボタン, 小犬の, 小鳥の, 少しの, 居るに, 居るん, 山形警部らしい話し, 巣くつて, 巧妙に, 床下へは, 底冷た, 建ちましょう, 建物の, 引っ繋り, 引懸って, 弱々しい病的, 強く働いた, 当りさわりが, 影の, 彼女たちの, 後醍醐を, 微かに, 心当りは, 必ず人, 必ず姿, 必ず紅い, 忍術使いでも, 思い上った気持, 急に, 恋人が, 恐ろしいところ, 悲調が, 愛人が, 感じたけれども, 感じながら, 感ぜられて, 懐かしみを, 戸外の, 手がかりは, 手落ちの, 才幹が, 打衝かっ, 抑止され, 投機的な, 抱かしめた, 押し込められて, 拾はれたらしく, 持病でも, 捨てたらしい, 掛けたが, 接ぎ目, 撥条が, 故郷の, 救い主は, 敵を, 断層みたいな, 新たに, 旅行し, 旅行にでも, 日本人の, 明るいところ, 昔は, 映ったもの, 昨日まで, 暁の, 暗愚の, 書いたの, 有るにゃ, 未熟な, 本当に戦争, 材料が, 東本願寺という, 根ざし始めて, 根本的な, 桟橋か, 棄てて, 植えて, 楔の, 欠点が, 武家奉公し, 歪んだ景色, 死神が, 残つてゐる, 残る佳麗, 殺意が, 母らしい, 気の, 気概の, 氷の, 求めたい願い, 沁みこんで, 泊って, 泊るかと, 泥棒的分子が, 活路は, 浮島が, 淋しげ, 深い約束, 清らかな, 温かい感じ, 港の, 源三郎が, 漂流し, 潜ませながら, 潜在し, 瀑布が, 火星の, 灰白い, 無くては, 無事に, 煙たいところ, 牢舎させ, 特別記事は, 犬を, 狡猾な, 王侯の, 現われるの, 現存し, 甘やかされ増長, 生じれば, 生を, 生命力を, 男の, 異変が, 異性に対する, 疎開させ, 病気の, 痛々しいや, 痛みを, 発見されない, 目ジルシの, 真空技術の, 眼に, 着陸し, 知らず識ら, 砂の, 破綻が, 礼を, 神の, 私に, 秘めてること, 秘密戸でも, 移転し, 穴か, 穴さえ, 空想らしい, 空白が, 突き当って, 突発する, 笑いでは, 筋目の, 素人の, 終止符を, 絹の, 緑ちゃんの, 置かれて, 置き忘れたよう, 美味な, 聖者高僧が, 聞きおぼえが, 聞こえるの, 職を, 胸突八丁という, 腰を, 自分ながら, 自由が, 芽生えて, 苦労人の, 菊見, 落ちつきたい嬉野, 落着いた, 蓮っ葉な, 蔵っと, 薄ら寒い憐れ, 蝶の, 血を, 行きましたよ, 行く途中, 行ってしも, 表現され, 製作費を, 見えなくな, 見えなくならない中, 見えます, 見える婦人, 見せながら, 見どこ, 見出されるであろうが, 見出せないもの, 見開かれて, 覚え込んで, 親も, 触れられて, 計画の, 設けられなければ, 読みとるであらうと, 謙譲な, 象の, 負傷の, 買い求めた土地, 贅沢な, 起きて, 起さずに, 足の, 身の, 軽微な, 辻褄の, 迷惑がる, 逃げなくちゃ, 通じて, 連れこんで, 逸し去ッ, 違ったところ, 違つた, 遠慮が, 遺存, 部屋を, 酒屋が, 醜いところ, 重みの, 野人ならざる, 金箱が, 鋭いもの, 鏡は, 長閑さが, 間隙が, 陳列し, 陽の, 隙の, 隠されてでも, 隠したに, 隠す, 隠れてるん, 隠れる積り, 隠れ忍んで, 隠匿され, 雄々しいところ, 雉子の, 雷鳴の, 靄を, 非凡な, 響かして, 顔を, 颯爽たる, 飛鳥の, 飼主に, 首なし, 駕屋でも, 高飛びを, 鮮か, 鶉が, 黄金メダルを

▼ どこから~ (2081, 4.8%)

77 来たの 75 出て 63 どこまで 56 見ても 46 持って 43 来るの 35 来て 33 手を 30 来たか 24 手に 22 飛んで 19 きたの 16 入って 15 来た, 来たん 13 どこへ, 来るか 12 でも, 拾って, 来たもの, 這入って 11 出るの, 聞いて 9 はいって 8 どこまでが, みても, 來た, 來る, 出たの, 来たとも, 来るとも 7 そんなこと, どこまでも, やつて, 来たかと, 来るかと, 湧いて 6 くるか, くるの, それを, 現われて

5 [12件] きたもの, きて, どこまでを, わいて, 出したか, 出たもの, 生れて, 聞えて, 聞こえて, 落ちて, 見つけて, 見て

4 [27件] おいで, かかって, ここへ, このよう, そんなもの, そんな噂, そんな金, です, どこ迄, どんな風, やってきたの, やって来たの, 仕入れて, 出したん, 出たか, 出たん, 取って, 吹いて, 来たかという, 来なすった, 来るので, 来るん, 現れたか, 生れるの, 私は, 誰が, 降って

3 [32件] あらわれたか, お越しに, かきこえて, かこの, きた, きたか, こんなもの, どういうふう, どういう風, どう手, やって来たか, 乗って, 來て, 借りて, 先に, 入ったか, 嫁に, 帰って, 持つて, 敵が, 来たんだい, 来るもの, 湧いたか, 生じたの, 私の, 聞いたか, 起ったか, 連れて, 金が, 金を, 集って, 風が

2 [110件] あのよう, あの部屋, おいでに, おはいりなされた, お出, お手, お聞き, かきこえた, かけて, かしました, きたかを, きたんだい, この町, こぼれて, こんな力, さしこんで, さすの, そのよう, だ, だつて, ついて, つれて, でると, とび出したの, とも無しに, とり出したか, どうして出, どうして出る, どうして来た, どこが, どのよう, どんな人, はいった, ひびいて, まいったもの, もれたの, 不意に, 乗ったの, 云っても, 何を, 僕の, 先が, 入ったの, 入ったん, 入つた, 入つて, 入るの, 兵糧を, 出した, 出たかと, 出入りした, 出入りする, 出直させる, 力を, 取出したか, 嗅ぎつけたの, 声が, 射して, 引っぱって, 彼が, 彼に, 彼は, 得たか, 忍び込んで, 我々は, 持ち出したの, 持出したか, 捜して, 捻出する, 書いて, 来たかを, 来たと, 来た手紙, 来ても, 来なすったね, 来なすつた, 来る, 洩れたもの, 現れて, 現われたの, 生じて, 生まれるかと, 生れるかと, 発生した, 発見した, 登って, 登るの, 知るの, 考えついたの, 背負って, 自己の, 血が, 行くの, 見たって, 解いたらいい, 解き始めたら一番, 貰って, 買って, 起るの, 迷って, 逃げたの, 逃出した, 這入つて, 運んで, 降りて, 集まって, 電話を, 響いて, 飛び出して, 食を

1 [801件 抜粋] あかりが, あの全, あの女, あの山, あの無名, あの男, あの駕籠, あらわれたの, あらわれ出た, あれを, あんなにぞろぞろ出, あんなもの, あんな富, いい出して, いつこれ, いつの間に首領, いつ来た, いで得るか, いらっしったの, いらっしゃいました, おいでなさいました, おいでました, おどろかして, おめ, お出でなされた, お出でました, お前は, お取り, お帰り, お持ち, お連れ, お電話, かいい声, かお医者が, かお岩の, かお香の, かからすが, かかる, かくばかりの, かくるい, かしきりと, かすッ, かついて, かとん, かなわを, かね, かの到来物, かの声, かの権威, かの脅迫状, かの電話, かむじなが, かもう一つ, か黒い大きな, か黒猫, きいて, きたかとも, きたとも, きた兵隊, きた船, きなさった, きました, くだに, くるかという, くるもの, けんかを, こうして出, ここに, この予言, この供給, この名, この尾道, この山, この独創的, この発明, この船, この躑躅ヶ崎, この部屋, この青い, こられましたか, これだけの, こんなでっかい, こんなにいろんな, こんなに力, こんなに忍び込ん, こんなに来たろう, こんなに米, こんなに蠅, こんなリズミカル, こんな冷罵, こんな句, こんな声, こんな恐ろしい, こんな無限, こんな絵馬, こんな船, さういふ素質, さしいかなる, さすとも, して, しても, するの, そういう力, そういう変化, そうした創意, そうした媚び, そのやう, その七十五銭, その八十ルーブル, その基金, その姓, その情報, その犬, その生存, その知識, その美, その道が, その電信, その餓鬼ども, それ玉が, そんなだいそれた確信, そんなイヤ, そんな事, そんな大金, そんな工面, そんな巨, そんな文句, そんな無鉄砲, そんな確信, そんな精神, そんな結論, そんな鬼謀, そんな鼻, だか, だね, だれが, ちょろまかしたか, つれだしたの, ですかねえ, ですの, でて, とてもなく, とびだすの, ともない嘲笑罵声, どういうもの, どういう仔細, どういふ, どうした, どうしてこの, どうしてにげ, どうしてはいっ, どうして出た, どうして忍び込んだ, どうして手, どうして毒薬, どうして現れた, どうして起った, どうして飛ん, どう伝え聞い, どう抜け出し, どう押し, どう探し, どう書い, どう歩い, どう消え, どう潜り込んだ, どう聞い, どう読ん, どこの, どんなの, どんな危険, どんな注文, どんな術, どんな道, ながれて, なぜ, なりとも, のがれて, のぞいた, のぼったの, のぼって, はいったに, はいりおった, はいりこんだの, はいり込んで, はいれば, ひねりだせば, ほうり込まれたもの, ほんとなんだか, まいったの, まいっとるの, まぎれ込んだの, もいで, もぐるかなあ, もれて, やってきたとも, やってきた奴, やって来たぞ, やって来たもの, やって来た生き物, やって来た男, やって来やがった, よこしたの, わいたの, わたしや, チチコフに, ナイフが, 一体水が, 一体降っ, 不充分である, 人生が, 今時分で, 付いて, 仰ぐかと, 会津戦争の, 伝え聞いて, 何から, 何処まで, 何物が, 使ひ, 価格の, 借りださうか, 借りるかと, 傍道へ, 光が, 入った, 入ったとも, 入つたの, 入つて來, 入りませう, 入り込むか, 入るん, 入れるだろう, 其を, 写し始めるに, 出しおった, 出したの, 出して, 出し抜けに, 出す, 出すかが, 出たかという, 出たって, 出たという, 出たり, 出た噂, 出た話, 出てるん, 出る, 出るかと, 出るかという, 出るです, 出るとも, 出るなんて, 出るんだい, 出来て, 出直そうかと, 切られるかも, 切り出して, 刈り始めるかという, 割りだしたこと, 割り出した勘定, 化けて, 参ったな, 取り出したか, 取り寄せて, 受け継いだか, 名を, 吐かれるかと, 吹いた, 吹き寄せたか, 吹き寄せたとも, 吹くの, 吹く風, 命令を, 啣えて, 嘘な, 地底戦車が, 声を, 外へ, 始って, 始まって, 始まるかを, 始まるの, 始めても, 姿を, 娘の, 射たの, 射ったか, 射出した, 導かれどう, 小判を, 屋敷内へ, 屋根上へ, 工面する, 帰ったの, 引き揚げて, 引張って, 形を, 影響を, 後を, 得たもの, 得られる, 得るの, 忍びこむかと, 忍びこんで, 忍びこんできたのかわからないが姿は, 思い付いたの, 怨みを, 感づいたの, 懸けたの, 戻って, 手出しを, 投げ込んだもの, 投影し, 抜け出したもの, 押し流されて, 拾つて來た, 拾つて来た, 持ち出した, 持ち出したもの, 持ち出して, 持出したで, 持込んだか, 捕って, 捜し出して, 捜し出すね, 採って, 探しだしたの, 探し出して, 掴むかという, 揺れて, 撮ったもの, 攀じのぼれば, 散ったか, 昇つてゐる, 明りが, 曳れ, 書くべきか, 本町通りへ, 来, 来おった, 来たお, 来たかしらん, 来たかは, 来ただね, 来たっ, 来たどういう, 来たので, 来たよ, 来た人, 来た人間, 来た者, 来た風来人, 来どこ, 来なさったな, 来なすつたね, 来ましたえ, 来るかを, 来ると, 来るもん, 来るんだい, 来る様子, 枯れた風, 柵を, 森を, 此処へ, 死体を, 水が, 水分が, 洞穴へ, 洩れきいたか, 洩れぬもの, 流れ伝えて, 浮かんで, 海水が, 消えたもの, 渡って, 滋養を, 漂着した, 牛を, 犯人は, 狩り集めて, 現はれる, 現れたの, 現われたかというにゃ, 現われるの, 現われ出て, 生ずるかと, 生ずるかを, 生まれて, 生まれるかという, 生れたか, 生れるだろう, 生命の, 甦り何, 由来した, 発して, 発せられる音声, 発見なさいました, 登ったか, 登ったって, 皇帝は, 盜ん, 盜んで, 眺めて, 着手すべき, 知れたこと, 種を, 種本を, 突き落されたと, 突っついても, 筆を, 紛れて, 紛れ込んだ鹿, 続いだ, 綿の, 考えついたもの, 聞いたもの, 聞いたん, 聞きこんだ, 聞きこんだかしら, 聞き出したの, 聞き初めて, 聞き込んだもの, 聞くとも, 聞くの, 聴いて, 自分たちの, 自分の, 舞い戻って, 舞い落ちたか, 舞い込んで, 行く道, 行けるの, 襲って, 襲わぬかぎり, 見えられた, 見つけ出したか, 見つけ出したの, 見付かりましたこれ, 見付けて, 見当を, 覚べ, 観ても, 覺えて, 解いたもの, 言えるか, 話が, 話したらい, 説明する, 読まれても, 誰に, 調べて, 貰ったの, 買いに, 起き出して, 起こったとも, 起こるかという, 起ったかと, 起ったもの, 起つたか, 起りましょうまさしく, 起算する, 足が, 踏み込みやしょう, 身を, 迎えに, 迷いこんで, 追われて, 逃げたかと, 逃げたん, 逃げだしたの, 逃げました, 逃げよう, 逃げるつもり, 逃げ込みましたかな, 這い出したか, 這い込んだの, 這入ったの, 這入ろうかと, 運搬した, 部屋の, 金貨を, 銜えて, 鋭い眼, 附けたね, 集ったの, 雇われて, 離れて, 電気を, 露が, 青大将が, 響き出して, 頼まれでも, 顕れたか, 飛び出したか, 飛び出したの, 飛込んだろうね, 飯尾さんの

▼ どこかへ~ (1978, 4.6%)

208 行って 62 姿を 61 消えて 54 出て 44 いって 39 飛んで 36 逃げて 29 連れて 26 出かけて 17 遊びに, 隠して 15 持って 14 行つ 13 かくして, 行くの 12 消え失せて, 隠れて 11 つれて 10 捨てて 9 やって, 見えなくなって 8 かくれて, 行つてし, 走って, 身を, 飛び去って 6 立ちさって, 立ち去って, 落して 5 いなくなって, たちさって, とんで, 往って, 搬んで, 消え去って, 立ち去った, 行くん, 行った, 行つてしまつ

4 [12件] かけだして, すがた, なくして, もぐりこんで, 去って, 急いで, 旅を, 移って, 行く街道, 行ったの, 走りさっ, 飲みに

3 [38件] おいて, お出かけで, お隠し, かくれたの, きえて, でて, にげて, はこんで, 出かけようと, 出掛けて, 吹きとんで, 嫁に, 引っ越して, 忘れて, 振り落し, 歩いて, 泊りに, 消し飛んで, 消散し, 置き忘れて, 行かなければ, 行きました, 行こうか, 行こうと, 行ったと, 行つた, 見えなくな, 見えなくなった, 走りさ, 走り去った, 逃げるつもり, 逃亡し, 遠足に, 隠したの, 隠れこんで, 電話を, 飛び出して, 駈けて

2 [80件] いくの, いったという, いらつし, おいでなさる, お出かけに, かくしたの, かくしてね, すうと, すっ飛んで, どこかへ, はこばれて, ひっぱって, 一緒に, 出かけるとき, 出かけるの, 力を, 勤めて, 取って, 吸いこまれて, 吹き飛ばされて, 吹き飛んで, 埋めて, 売ろうと, 姿が, 客を, 巣を, 引きずられて, 引っかかって, 影を, 徃く, 担いで, 拉して, 持つて, 旅行が, 案内しよう, 棄てて, 流されて, 流れて, 消えうせたの, 消して, 消しとんで, 疎開させたら, 着陸し, 着陸しました, 移して, 立ち去ったという, 立ち退いて, 紛失し, 落ちて, 落として, 蒙塵し, 行かねば, 行きたいなあ, 行くと, 行こう, 行こうとして, 行っちまった, 行ってしも, 行つち, 走りさった, 転勤に, 追いやって, 逃げさったの, 逃げさって, 逃げたもの, 逃げたん, 逃げだしたの, 逃げだして, 逃げ出して, 逃げ去って, 運んで, 避暑にでも, 避難し, 隠した, 隠そうと, 隠れた, 雲が, 雲隠れし, 飛び去つて, 駈け出して

1 [837件 抜粋] あがって, あずけて, あそびに, いきたいなんて, いくよ, いこうよ, いったらしい, いっちまったっていう, いつて, いらっしゃったの, いらっしゃるん, うごいて, うまいもの, おいでに, おかれたらしくぱったり, おしこめられても, おっぽりだして, おつこ, おつれ, おまわり, およぎ着いて, お仕置きに, お出かけでございます, お出ましでございます, お出ましなさった, お呼ばれなすった, お嫁, お寄り, お帰り, お行き, お送りいたしましょう, お遊び, かき消えて, かくさなければ, かくされて, かくしたな, かくしてくだせえ, かくまって, かくれたか, かくれるの, かけて, かせぎに, かたまって, きまるかも, くわえて, こかしに, こつぜんと, さって, さらって, しけ込んで, しまいこんで, しまった, しまったまま, すっかりと, すっとんだらしく頭, ずい, そっと電話, その兇器, それて, たしかお, たちさったまま, たて籠らう, ちょっとかくれ, ちよつと, ついて, つっ走ったに, つとめたいの, つれさられようと, つれさりあなた, つれさるの, つれさろうと, でかけたり, でかけるとき, とけ込んで, とじこめられたとき, とびだしました, とんじまって, どんな男, なくなったという, なくなって, はいったな, はいらなければ, はぐれて, はしりだしました, ひそやかに, ひとりで, ふり落した, ぶち込んで, ぶっつけて, ぶらりと出, ほうり込んで, まいって, またみんな, まわりましたの, めり込む如く生じて, やると, ゆかなけりゃならないかも, ゆきました, ゆくとき, ゆくん, ゆく跫音, ゆっくり行きません, わかれて, オッコトし, ケシとん, シインと, スッパ抜きに, ドライヴ, リヤカーに, 一しょに, 一人で, 一太刀浴びせつけられ, 一度遊びに, 一時隠した, 世話し, 二三日落ちつい, 交して, 人知れず投棄, 今すぐ, 今少し, 仕舞って, 伴れ, 伸びる, 体ごとぶつかりたい, 何か, 何かの, 使ひ, 保養に, 保養にでも, 働くところ, 入り浸って, 入湯でも, 兵馬さんを, 出かけそう, 出かけたいわと, 出かけたまま, 出かけたらしいわ, 出かけた後, 出かけます, 出かけようか, 出かけようだの, 出かけられました, 出かけるから, 出かけること, 出かけるところ, 出かけるよりも, 出かける人, 出して, 出たがっても, 出たり, 出た戻り, 出ましたよ, 出ます時分, 出ようとして, 出るの, 出奔し, 出掛けたらしいけれども, 出掛けるん, 出発した, 出陣でも, 前の, 勝手に, 勤めが, 勤めたらよい, 勤めるん, 勤めを, 匿す, 匿まっ, 厳重に, 去る者, 取りかたづけろ, 取り充分, 取捨てたの, 名前だけでも, 吐き出すか, 向かって, 向けて, 向って, 吸いこまれたよう, 吹き払われて, 吹き流されて, 吹飛ん, 呼んで, 喋りに, 坐礁し, 埋めちまわないうち, 埋めでも, 売ったもの, 売りつけようという, 売りとばして, 売るらしいなあ, 変ってからも, 外出がちであった, 大切に, 失くし, 失して, 失った一個, 失なっ, 失踪し, 失踪を, 奉公に, 奉公にでも, 妾は, 娵に, 子供を, 室が, 家出を, 宿替, 宿替えしよう, 寄り道を, 寄港し, 寝ころんで, 寝に, 寺宝の, 小さい船, 居所を, 展開しよう, 山籠りいたした, 嵌めること, 帽子を, 廻ったの, 廻る日, 引きずりこみふん縛って, 引き払ッ, 引っかかるよう, 引っぱり出そう, 引っ越さなければ, 引つこんで, 引張って, 引移った, 引越さなければ, 引越したもの, 引越して, 往くから, 往く気, 往ってるでしょう, 待たせて, 御いでなさる, 御出発, 御用足し, 御飯でも, 微かに, 忘れただ, 忠孝を, 悠々と, 打ちつけたと, 打棄, 扶けて, 投げすてた額板, 投り出し, 抜けたよう, 抜け出て, 押しつけるか, 押し流されて, 押し込めて, 押し遣られて, 拾てて, 持たせて, 持ち去られて, 挨拶に, 振り落した, 捨てさせて, 捨てに, 捨てられて, 探しに, 放って, 散った, 散って, 散歩にでも, 散歩へ, 旅立つつもり, 旅行する, 明けて, 晝飯を, 曲がろうよ, 曲って, 書くため, 来る, 来るだろうと, 植えさせたの, 歸つ, 水が, 沈没し, 泊ったと, 泊って, 泊りこんで, 泳いで, 流し捨てて, 流れ出して, 流れ去っただろう玉網, 流れ去って, 流れ込むに, 消えうせた, 消えうせて, 消えた, 消えてでも, 消え去つてしまつて, 消え失せたよう, 消失した, 渡る好, 漁に, 演習に, 潜り込む必要, 潜り込めば, 無くなったよう, 無事に, 無理を, 燃え附かせて, 片づけるとか, 片づける必要, 片寄せられ怪我人, 物を, 物見遊山にでも, 猫を, 生み落したはず, 生れて, 用達しに, 眼を, 着けろ, 私も, 移さうと, 移さないと, 移らう, 移る必要, 移住し, 移動し, 稼ぎに, 穏し, 穴を, 突進し, 突進しなけれ, 立ち去ったと, 立ち去ったらしい, 立ち去りました, 立って, 立去ったもの, 立去って, 篤く葬っ, 紛れこんで, 紛れ込んだの, 紛失した, 素早く姿, 綺麗に, 縁づかなければ, 繋いで, 置いたもの, 置きは, 置き忘れたの, 置き忘れられたやう, 置こうと, 脱け, 荷いで, 落した, 落しちまったん, 落ちたよう, 落ちつかせて, 落ちのびて, 落ち去って, 落ち延びて, 葬られて, 蔵った, 蔵つてある, 行かれたの, 行かれましたそう, 行かれるという, 行きたい, 行きてえなあ, 行きましたか, 行きまして, 行きましょうか, 行きましょうよ, 行きませうか, 行く, 行くかね, 行くから, 行くじゃろ, 行くだね, 行くなぞ, 行くなら遠慮なく, 行くに, 行く気, 行く途中, 行く風, 行けば, 行こうかと, 行こうかな, 行ったが, 行ったらどう, 行った帰り, 行った時, 行っちまえ, 行っちまったん, 行っちまったッ, 行っちまってよ, 行っちゃったそう, 行っちゃった男, 行っても, 行つたのかつて, 行つたのだらう, 行つてお, 行つてしまつたのでした, 行つてしまへ, 行つてゐた, 行つて了つたのです, 行つて來た, 行つて姿を, 行つて歸らない, 行つて獨りで, 行つて見えなくなりました, 行方不明に, 見えなくなったと, 見えなくなる, 見物に, 親切ご, 誘いだそうと, 誘おうと, 誘って, 護送される, 貰われて, 買物に, 走った, 走らせて, 走らせ元, 越すかも, 転がって, 転地にでも, 転移し, 近侍を, 迷子に, 追い寄せられる口惜, 退散し, 送らせて, 送り出して, 逃げうせたの, 逃げた咲耶子さん, 逃げださないと, 逃げちまったよ, 逃げないの, 逃げようと, 逃げるよう, 逃げ去った, 逃げ道が, 逃亡した, 逐い払ったよう, 這い込んで, 通じる間道, 通って, 連れこまれたり, 連れられるの, 連れ出しでも, 連れ出すつもり, 連れ去った, 逸走し, 遁げた日に, 遁走でも, 運ばせて, 運ばれて, 運び去られたという, 運び去られると, 運び去られるの, 運ぶ塩俵, 運んででも, 遠のいて, 遺失し, 避難した, 都落ちし, 里子にでも, 隠されて, 隠したいと, 隠したが, 隠したな, 隠したに, 隠したらしい, 隠しに, 隠すの, 隠そうかとも, 隠れたがって, 隠れるつもり, 隠れろといふ, 隱し, 離れて, 雲散霧消し, 静かに, 預けて, 預けるなり, 飛ばして, 飛びさ, 飛びさった, 飛びさって, 飛びましたよ, 飛び去ったと, 飛ぶつもり, 食いついた途端, 食い物を, 飲みにでも, 駆けだして, 駆けて, 駆け出そうと, 駈け出しそう, 駈け散って

▼ どこかで~ (1808, 4.2%)

51 見たよう 46 見たこと 19 聞いたよう 14 見て 9 見た事, 見た顔, 飲んで 8 馬の 7 人の, 何か, 聞いたこと 6 する, 何かが, 待って, 聞いて, 見覚えの 5 それを, 会ったこと, 死んで, 水の 4 ふしぎな, 一度見た, 一緒に, 私は, 笛の, 見たやう, 誰かが, 道を

3 [23件] お茶でも, お見かけ, こんなこと, つながって, 女の, 小鳥の, 微かに, 拾って, 滝の, 牛が, 籠の, 聞えた, 聞き覚えの, 自分を, 蛙の, 誰か, 逢って, 金を, 鳴いて, 鴉が, 鶏が, 鶏の, 鶯が

2 [108件] あんなコロタイプ, いって, お目にかかったよう, お目にかかって, お見うけした, かすかな, がさがさという, きいた, ひどくちがった, ふいに, また別, むしろを, わたしを, コトコトと, コトッと, ハタハタでも, 一杯や, 一杯引っかけ, 一番鶏が, 一発の, 三味線の, 云って, 交情を, 人を, 人声が, 人間に, 人間の, 会った事, 会って, 信じて, 働いて, 僕に, 僧心越の, 写真を, 出会ったこと, 呼ぶ声, 夜の, 太鼓の, 家が, 寺の, 小鳥も, 少し無理, 彼の, 御飯でも, 微かな, 急に, 息を, 悔やんで, 手に, 時計鳴る, 暮して, 朝から, 様子を, 樋を, 樹を, 汽車を, 無数の, 爲事に, 狐の, 生きて, 留まった, 番を, 発見した, 眠って, 私が, 私に, 私の, 私を, 秘密に, 紙鳶の, 聞いたっけ, 聞いた事, 聞いた覚え, 聞えて, 自分が, 自分たちを, 自分の, 茶でも, 落ちついて, 虫が, 蝉も, 見張って, 見覚えが, 見覺, 誰かの, 赤い鳥, 赤児の, 起って, 逢ったよう, 連絡が, 連関し, 遊び呆けて, 遊んで, 酒を, 鈴が, 静かに, 顔を, 風に, 飛行機が, 食べて, 飯でも, 飯を, 飼って, 高を, 鳩の, 鳴く, 鶯の, 鷄が

1 [1255件 抜粋] ああいう, あのコンパクト, あの狂女, あの絵, あばれて, いい男声合唱, いきどまりに, いつか, いつか告白に, いつぱいひつかけようと, いつ習い覚え, うそを, うたふ, おあひ, おのずからその, おぼえが, おやと, お前の, お寺の, お熊, お目にかかったこと, お目にかかりましたに, お目にかかること, お眼, お聞き, お討死, お迎えが, お酒, かすかに, かなり大きい, かりの, きこえた, きれいに, けたたましいモズ, けたたましく蒼鷺, こういう識者, こう低い低い, このレコード, この失費, これに, こわくなっ, こんな文句, こんな構図, ご休息, さうし, ざわざわと, しきりにじいじいじい, しっかり必然的, して, しゅうしゅうと, すこしうまい, すべって, するすると, するばかり, すれ違わねば, せきとめられると, そういう言葉, そう囁く, そして割合, そのやわ, その力, その思い出, その気, その着物, その貼り紙, その顏, そんなこと, そんな会話, そーと, たしかに, だけど俺, だれかに, ちょっと見, つかまって, つながったもの, ときどき低く, どうにかし, どう育っ, どん, なくなって, なにか軽く, はぐれ見失って, ひそひそ話し声, ひとばん, ひよつこりと, ひッぱたかれたッ, びゅうッ, ふくろうの, ふと思いがけない, ぶすぶすと, ぷんと匂った, ほうほう, ほっとした, ぼくぼくと, またとないよう, また鳴った, まだ異様, みたこと, みつかつ, めぐり合う幕, めしを, もう三番鶏, もつと, やった講演, やつぱり思ひ悩ん, やられて, ゆっくり話しましょう, ゆれて, よく識, わしを, われわれと, エクスクルシア, オルガンに, カイゼルもしくは, カチッと, ガッタンギーと, キューンキューンと, クツクツ笑う, コトンと, ザアザア水が, シヤンパンを, スーと, タッタ一度でも, テーブルの, トントンと, ドミトリイが, ネオンガスの, パチパチと, ビールでも, ピアノが, ブーブーと, ホホホホと, ホーホケキョケキョと, ボーが, ミリッと, ラジオが, レコードが, ワアッと, 一つに, 一パイのむ, 一人が, 一人生れれ, 一休みする, 一度くらい, 一度は, 一度耳, 一度逢った, 一本十円の, 一杯と, 一杯やり, 一番鶏の, 一節切の, 丁半を, 万歳の, 三味線弾い, 下車した, 不気味な, 丸木を, 之と, 事務員か, 二人は, 人に, 人知れず袖, 今でも, 今日の, 今様を, 仕合せに, 仙人に, 以前に, 伊那の, 休んで, 会うこと, 会えるかも, 会ったかも, 会ったとき世間話, 会ったよう, 伺つたお, 何かの, 何の, 何事かが, 作って, 使われたメロディ, 保存される, 催されて, 僕と, 優婆塞様は, 先生の, 先程から, 公衆に, 円覚寺の, 凍え死んで, 出あうだろう, 出くわすこと, 出会うであろうと, 出会ったある, 出喰わすこと, 出逢う事, 分けて, 初対面が, 別に, 利用し, 剰銭, 勤めるという, 区切を, 十三日は, 午後は, 危ぶんで, 又よぶ, 取違えて, 古い制度, 可憐な, 同じよう, 名乗って, 吹かれたかと, 呟きこの, 呼ぶん, 啼いて, 啼く, 喇叭の, 喧嘩でも, 喰らって, 嗤って, 四ツ, 地だ, 地面を, 売れた, 夕刊を, 夜を, 大きい音, 大暗, 大砲が, 大雨が, 天幕の, 奉公人達が, 女性の, 好き勝手に, 始末を, 嬉しそう, 子の, 子供を, 安い食事, 宝鈴が, 家を, 寝ぼけ鶯が, 対外的勝利を, 小さな美しい, 小合戦, 小鳥が, 少し休みたい, 尻尾を, 山を, 山蝉が, 川瀬勇中館公一郎その, 工場の, 差引を, 常に破, 幽かに, 廊下を, 弁当を, 引裂いて, 弾音が, 待たせて, 待つて, 後夜の, 御覧に, 心中した, 必ず縁, 必死に, 応へ, 怨めしい憎い女, 恨みの, 悪事を, 想わせる者, 感じたらしく見えた, 懶さうに, 我等の, 戦争が, 戦争の, 手伝った, 手酷しい, 折った桑, 押しつぶした様, 拾ひでも, 指揮を, 捕獲した, 採集し, 握り飯を, 操つられ, 散々聞いた, 斬りあい, 新しい出口, 新規蒔直しです, 日ぐれ, 日本左衛門に, 明らかな, 昼に, 時々ちらちら陽炎, 時々思ひ, 晝飯を, 暁の, 暮しますその, 書いて, 會つてゐ, 月夜鴉の, 朗かな, 朝稽古の, 未知の, 柚味噌を, 桜が, 検定し, 欠けて, 止みそこ, 正成に, 歯車が, 死ぬもの, 毎日仕入れ, 毒を, 気が, 気味の, 水音が, 汐干, 沈没する, 泊まる場所, 洟を, 流れる山水, 消える, 淙々と, 清さんに, 温ッたまろう, 漏らして, 漠然と予期, 烈しい弓, 無事に, 煩悩鷺が, 熱心に, 父は, 物の, 犬が, 狐が, 独りで, 猫が, 獣群の, 珍らしい, 生きなければ, 生き長らえた平家人, 生活こしらえる, 異様な, 病人が, 病院を, 白を, 盗まれて, 直感し, 真夏の, 眠つてゐる, 着物までも, 睾丸を, 知って, 知己に, 短銃を, 石鹸を, 破裂する, 磬を, 祝杯を, 神様が, 秋が, 突きおとし, 窮死する, 笑い聲, 笹鳴きの, 米の, 素晴らしい人肉売買, 細目に, 結婚を, 練修し, 縁の, 織り支那渡り, 美しく肥え太る, 義経に, 老鶯, 考へ, 耳を, 聞いたぞと, 聞いた名前, 聞えたよう, 聞きおぼえの, 聞きつけるであろう, 聞こえるの, 聴いた様, 背中合せを, 脱け, 自分は, 自殺した, 芦の, 花の, 若い娘, 茶漬けでも, 荷が, 落ち合, 落ち合せ二人, 落ち合って, 落葉を, 蔭の, 薄ら覚えの, 蛙がくくみ声で, 蜩が, 血の, 行き詰って, 行詰まる, 衝突せず, 見かけたこと, 見かけた事, 見たおぼえが, 見たか, 見たって, 見た人, 見た奴, 見た気, 見た真剣, 見た電柱, 見つかるであろう, 見はりして, 見まもって, 見付けたかも, 見掛けたといふ, 見掛けなかったかな, 覗き見し, 覚えて, 観念の, 触ったこと, 触れ合ったらしい, 計算違いを, 訴へ, 語り聞かされた次, 読んだ, 読んだこと, 読んだ言葉, 誰かから, 謀し合わせ, 警察や, 買ったもの, 買って, 赤い舌, 赤ん, 起るという, 足拵えを, 蹴鞠を, 軍馬を, 返事が, 迷つてゐたらしく, 造って, 逢うだろう, 逢う日, 逢ったとでも, 逢ったん, 過ごさなければ, 過すため, 遠い海洋, 遠く胡弓, 酒をの, 酔っ払って, 重々しい足音, 野宿する, 金に, 鈴や, 銃を, 銭を, 鋭角なり, 錯綜し, 鑿と, 開封され, 関平の, 降りこめられて, 隠れた太陽, 雀が, 雨漏りが, 雲雀も, 雷の, 霊の, 非常に, 音楽の, 響いたの, 頬白が, 頻りに梟, 風呂の, 食べよう, 食事でも, 飲もうと, 飲んでるだろうか, 飽きるほど, 首を, 騒乱が, 鬨の声が, 鮓など, 鮮人の, 鳩が, 鳴いてるの, 鳴り出した, 鴬も, 鹿の, 黒い髭

▼ どこ~ (1412, 3.3%)

68 何を 18 手に 10 なにを 9 それを, どのよう 8 聞いて 7 でも, 誰に 6 そんなこと, そんな事, 見たの, 逢ひませう, 飲んで 5 せう, 仕入れて, 何し, 拾って, 聞いたん, 見て, 覚えたか, 買ったの

4 [15件] できるの, どうして手, どんなふう, どんな人, ぼくは, 啼く, 寝るの, 待って, 死んで, 生れたの, 聞いたか, 聞いたの, 自分の, 見たか, 覚えて

3 [28件] お聞き, ござります, そんなもの, だ, どうし, どんなこと, どんな目, ひろったの, やるの, 何が, 借りて, 喰べ, 変るか, 怪我を, 拾ったの, 死んでも, 生れた, 生れたか, 発見した, 盗んだ, 落としたか, 見ても, 覚えたの, 誰が, 誰と, 調べて, 買って, 飲んだの

2 [93件] お待ちなさる, お見つけ, お買い, お逢, お逢い, お逢いしました, きいたか, きいたの, きいて, この男, ござりまする, すえ, するか, だったか, だれに, どうした, どうして何, どうして入れ替った, どうやっ, どう掏, どれが, ね, またあう, またあふ, もさうだが, やったの, やられたの, やられたん, やります, やるん, よ, スナップする, 会ったの, 位置の, 何う訊き出した, 作られたか, 修業し, 修行なされた, 出来たか, 切っても, 切るの, 啼いて, 学んだか, 寝て, 工面した, 息を, 戦って, 斬られたの, 死が, 死ぬの, 死んだの, 照る日, 物を, 生が, 生まれたの, 生まれて, 生れたん, 着かえたもの, 知ったか, 知ったの, 知って, 終るの, 聞いた, 聞いても, 聞きこんだもの, 聞き伝えたの, 聞き出して, 聴いて, 聽い, 落したか, 行われたか, 裁判される, 見た, 見たん, 見た女, 見つけたん, 見ましたか, 覚えた, 読んだの, 誰の, 誰れ, 買ったか, 買ったらいい, 買つたの, 逢う, 逢ったの, 逢って, 過したか, 道を, 野宿する, 食っても, 飲んだか, 鳴いて

1 [876件 抜粋] あがって, あつて, あなたは, あの人, あの婦人, あの愛すべき, あらうその, あわしゃった, あんな不思議, いくらで, いったいそんな, いっても, いつなされたの, いつの間にこうして, いつ来, いつ落としたもの, いつ覚えた, いらっしゃいますか, うまれたん, えらんだもの, おさまるか, おぼえたの, おまえを, おもとめに, お会いしました, お友達, お屠蘇, お待ちくださろう, お拾いなさいました, お止め, お目にかかりましたでしょうか, お聞きでした, お許, お調べ, お逃げ, お逢いし, きいても, こしらえて, こすッ, このおじいさん, この代議士, この壺, この女, この文字, これが, これに, これらの, これ以上の, こんなに土まみれ, こんなもの, こんな怪我, こんな悪戯, ござりましょう, ごらんに, さらって, さらわれた, しよう, すい, するかという, すること, するもの, せうかしら, そういう時, そういう親切, そだったの, そのくま, その地図, その態度特色, その槍, その金, それが, それぞれ判るであろう, そんなに儲けやがった, そんなに日本語, そんなに飲んだ, そんなに髪, そんな修業, そんな匂い, そんな奇妙, そんな文句, そんな知識, そんな話, たずね合わすすべ, だい, だつて, だれが, だろうこう, ちょうどこの, つきますね, つくつて, つながって, できるん, とったん, とまったん, とまるかという, とめて, とらえて, とられたか, とれるの, どういう機会, どうかぎつけた, どうして, どうしていられます, どうしてこの, どうしてその後, どうしてという, どうして会う, どうして作った, どうして恐怖, どうして消え, どうして知っ, どうして知りあった, どうして稼ぎ出せない, どうして覚えた, どうして調節, どうして諸君, どうして関取, どうする, どうなっ, どうなる, どうめぐり逢わん, どう使った, どう凌い, どう失われた, どう打合せる, どう暮し, どう死ん, どう生活, どう知り, どう組ん, どう聞き込んだ, どう買物, どう迷った, どなたが, どの様, どんなおそろしい, どんなお客様, どんなとき, どんなに用いる, どんな修業, どんな具合い, どんな台詞, どんな姓名, どんな恨み, どんな悪い, どんな時, どんな死に, どんな理由, どんな生活, どんな軍, どんな面, どんな風, ないて, なくしたの, なぐ使ってな, なにしてる, なの, なるか, なんの, はぐれたの, ぴかっとやる, へい, ほるの, まただれ, まちがったかな, みた道教, もさうであるやう, もらって, やったい神明, やっとるん, やられて, やりました, やる, やんまを, わかるんだい, んだ, アイビキし, ウロウロし, チェホフが, ネを, バッタリと, ペスを, 一人で, 一般の, 下りても, 両替えし, 事件が, 今夜の, 今迄, 仕入れるの, 休息を, 会うて, 会うの, 会おうどこ, 会ったかな, 会ったん, 会った人, 伯爵が, 何, 何に, 何べん, 何人に, 何日, 使ったかという, 使ったん, 修得した, 修行した, 俺は, 倒れても, 借りようと, 停車する, 出したもの, 出ッ, 出来るか, 出来るん, 分かるといふ, 分る, 切れて, 判断を, 別れたの, 別れて, 刺されたか, 勉強した, 十吉が, 印刷に, 叔母さん, 取ったな, 取ったん, 取られたとか, 受け取ったん, 口説くの, 合戦を, 名前は, 吠えるか, 吹く笛, 呼吸し, 咲いた, 品物を, 啼いてるの, 啼くと, 喰い酔うて, 嗅ぎつけて, 囀って, 坊主の, 売ってるか, 夏頃の, 夕飯を, 夜深し, 夢が, 大人と, 夫婦に, 失ったん, 女に, 如何に, 始まって, 子供が, 宝物を, 実証科学と, 寝こむかも, 寝たかも, 寝よう, 射たの, 尽きるの, 岸に, 巧く, 己が, 弾いて, 彼は, 往生を, 待ってたらいい, 待つの, 得たの, 得た知識, 得られたの, 御前は, 御馳走にな, 怪我した, 怪獣は, 感ずるの, 成り立つか, 手が, 才覚いたしました, 承っても, 抜かれたの, 拙者が, 拙者の, 拵えた鉄砲, 拾った, 拾ったと, 拾ったね, 拾ったもの, 挙げられたん, 捕えたな, 捕って, 捕りました, 掏り取った, 採って, 採れたどの, 探して, 接合する, 揃えたか, 摘んで, 撞く鐘, 擦れちがって, 支配人を, 政ちゃんは, 教えられて, 教育を, 斬ろうか, 断る隙間, 日本語を, 昼寝を, 暇を, 暇取った, 暮したか, 暮らしとっても, 暮らそと, 書いて, 最後の, 朝食を, 果実を, 栄えたの, 桃の, 止るか, 正しいという, 正成と, 此の, 死なふの, 死ぬも, 死のうと, 死んだんだい, 殺されたかという, 殺されたん, 毒薬を, 民衆を, 求めたの, 決心を, 沈没したろう, 泊らう暑苦し, 法律は, 泣けるか, 注意し, 洗いましょう, 洗って, 活版に, 流したもの, 湯に, 漱石の, 焚いて, 爆発する, 特長づける, 犯行を, 獲れたの, 珠子を, 生まれたか, 生まれたん, 生活費を, 産れた, 田地を, 番を, 發明した, 發見された, 盗んで, 盜んで, 目っけ, 目付けた, 相談を, 眠ったろうと, 眺めること, 知つたのか, 知人に, 知合ったん, 研究した, 砲煙弾雨以上の, 私は, 稼ぎ出そうとも, 穴もろとも, 立聞きし, 笑って, 算用が, 紙幣を, 終りに, 終るか, 終るん, 経験した, 結婚した, 続いだかを, 織ってるの, 習ったか, 習つた, 習つたのか, 耳に, 聞いたと, 聞きかじってか, 聞きこんだ, 聞き覚えたか, 育ったん, 脱いだか, 脱いだの, 腕車に, 興行を, 苦戦したろう, 茂太郎が, 茶会など, 落ち合います, 落着く, 血止めの, 行き斃, 行き違ったの, 行われるの, 補充する, 製作された, 見かけても, 見かけると, 見そめたかは, 見たかと, 見たかを, 見たとも, 見たよりも, 見た顏, 見つけて, 見つけ出した, 見なすった, 見ました, 見付かりました, 見付た, 見出されるであろうか, 見初めたもの, 見届けました, 見当を, 見掛けたな, 観ようと, 言葉覚えた, 証拠立てられるか, 証明が, 詠んだうた, 話しても, 語ろう, 読んで, 誰によって, 講義を, 負けたこと, 貰った, 買いそろえたの, 買おうと, 買ったらこれから, 買ったん, 買ひませう, 起こったかという, 足跡の, 跛行に, 踏んだの, 身支度を, 送って, 逃がしたの, 逢いますね, 逢うたとか, 逢うの, 逢う極楽浄土, 逢ったかは, 逢った青年, 逢つても, 遊ぶの, 遊んで, 過ごしたかと, 過去が, 道の, 違つた手を, 遣っても, 遺書が, 邂逅した, 都合した, 酒をの, 野宿を, 金に, 金光様の, 釣るん, 開いても, 間違って, 降りて, 降りる, 集まるん, 雇うたか, 雲が, 電車を, 面會を, 音が, 飛び出したところ, 食って, 食べる, 飮ん, 飯を, 飲むの, 飲もうと, 飲んだかも, 餓死する, 駄犬と, 鳴いてるか, 鶴雄の, 黄金メダルを

▼ どこかの~ (1334, 3.1%)

24 隅に 21 国の 10 隅で 8 家の 6 人の, 家へ, 山の 5 ホテルの, 温泉へ, 病院に, 部屋に 4 すみで, すみに, ボタンを, 大名の, 村で, 波の, 片隅に, 町で, 藩の, 雑誌に

3 [34件] うちの, ホテルで, ラジオが, 人が, 会社の, 博物館に, 国へ, 女に, 子が, 室で, 家から, 家で, 家に, 屋敷の, 山に, 島で, 建物の, 役所に, 時計が, 森の, 海岸へ, 田舎で, 町へ, 病院の, 窓から, 窓の, 部屋では, 部屋の, 銀行の, 鐘が, 隅から, 隅には, 隙間から, 雑誌へ

2 [99件] おかみさん, おじさんが, すきま, やぶの, アパートに, スイッチを, マダムを, 一地方が, 一点で, 世界に, 二階で, 他の, 会へ, 味瓜に, 問屋から, 図書館に, 国から, 国で, 国との, 土手の, 場末の, 壁に, 壁の, 大学の, 夫人が, 奥さまが, 女の, 女を, 女学校の, 子どもが, 学校で, 学校へ, 宮殿の, 寄席で, 寺の, 寺中に, 寺院の, 小さい町, 小僧が, 居候も, 屋根の, 山から, 山へ, 山桜が, 岸に, 岸へ, 工場の, 帰りに, 店で, 庭に, 庭鳥が, 往来の, 待合で, 料亭の, 新聞に, 星から, 星の, 暗い家根, 木蔭へ, 本屋の, 村に, 村の, 果てへ, 果の, 楽屋で, 歌の, 池の, 沼か, 沼の, 波止場で, 海岸で, 滝にでも, 火山が, 片隅で, 犬が, 猫が, 田舎に, 田舎の, 男の, 町の, 病院にでも, 病院へ, 窓を, 船に, 街角で, 警察に, 軒下で, 辻に, 道の, 遠い港, 遠い背, 部分が, 部屋から, 部屋を, 銀行へ, 闇へ, 隅っこに, 隙き, 雑誌の

1 [893件 抜粋] あき部屋で, あまり遠く, いすに, いたづら, うちのに, うち捨てられた, おきさきさま, おじさんかなと, おじさんを, おばさんが, お堂, お嬢さんか, お嬢さんと, お孃さん, お寺から, お寺の, お屋敷, お屋敷勤め, お惚気, お父さんと, お芝居, お邸, かくしボタン, かわいらしい子, がまの, くらやみに, けしきが, ごみ箱の, ご家臣, すみから, すみを, その小, たのしい秘密, だるま茶屋に, ちょんちょん格子で, なまりが, のらイヌが, はたけで, ばかな, ひと隅, ひどい下宿屋, まっ黒な, やつが, やぶでうぐいす, ん気で, アブハジヤ人が, エズイタ派の, オバさんたちに, カフェーに, ガレージに, キャバレの, ゴミ捨て, タイプライタア屋へ, チンピラ記者の, デパートで, ドアの, ハイカラな, ファッション, ホテルへ, ポケットにでも, メッセンジャー, レストランに, レビュウで, 一つに, 一ヵ所だけ, 一点から, 一点を, 一行でも, 一角で, 一部分が, 万国博覧会であろう, 上さんが, 上級学校にでも, 下役人の, 世界で, 両性児みたいな, 中央に, 中小僧らしい, 中心に, 予備校には, 事務所らしかった, 二階からか, 二階へ, 井戸に, 人, 人よ, 人群の, 人間の, 仕切り部屋で, 令嬢が, 令嬢といった, 仲仕かも, 会堂から, 余所の, 使番の, 侍と, 侍に, 倉との, 停車場へ, 傷手から, 入学試験に, 八百屋から, 公子の, 公私の, 凧が, 出版者が, 刑務所から, 別荘, 剣術の, 劇団へでも, 劇場で, 化学大, 医学校の, 医者の, 博物館で, 原っぱへちゃ, 叢林を, 古着屋から, 古道具屋から, 古道具屋らしい, 古道屋に, 名も, 哲人の, 商人らしい, 商家に, 善良な, 喫茶店の, 四階の, 囲い場へ, 図書館の, 国と, 国者である, 土地が, 土木業の, 土産物でも, 在所にゃ, 地中に, 地図かと, 地図を, 地方で, 地方的勢力または, 城牢へ, 場当りな, 場所で, 場所へ, 塀の, 墓地から, 壁にかけて, 壁へ, 売店で, 多くの, 夜会へでも, 夜学の, 大きい軍需会社, 大きな商船, 大きな犬, 大伽藍, 大公園, 大天狗, 大広間の, 大楼で, 大部屋へでも, 大雑誌, 天窓からは, 奥さんの, 奥に, 奥様な, 女から, 女とも, 女の子の, 女中らしい, 女給さんたちなら, 姫宮じゃ, 婆神様に, 子供たちが, 子供を, 子守女とも, 学校が, 學校では, 守っ娘, 安宿で, 官辺と, 宝石商を, 室に, 宴会で, 宴会にでも, 家との, 家宅捜索を, 家蔭から, 宿なし, 宿の, 宿屋の, 宿駅で, 寄席か, 寄席の, 寮か, 寮とやらへ, 寺へ, 小さい国, 小さい犬, 小さな漁港, 小僧とに, 小学校で, 小屋で, 小川を, 小父さん, 小芝居, 屋上に, 屋敷奉公を, 屋根へ, 屋根裏で, 山か, 山の端から, 山や, 山中で, 山中の, 山奥からでも, 山奥へ, 山女衒の, 山林に, 山道に, 岩を, 岩底に, 島へ, 島田髷の, 工場で, 工場へ, 工女か, 市場に, 常設映画館に, 年と, 広告で, 広告でも, 床の, 店から, 店先の, 店員が, 庭ま, 庭木へ, 廊下から, 弱虫めや, 影響なし, 役人の, 役所へ, 待合室を, 後家どのや, 御宮へか, 心棒が, 恐れに, 息子の, 悪党が, 悪童の, 愉快な, 懸崖に, 或る, 戦争で, 戦場から, 戦闘機と, 戸の, 手習師匠で, 手飼いの, 払下品な, 探険旅行の, 支院の, 教会の, 料亭へ, 斜めの, 新聞でも, 新聞を, 新聞社へ, 方言に, 旅の, 旦那様が, 映画館で, 映画館に, 普通の, 景色を, 暗がりから, 書塵の, 書生さんといった, 書生雜誌の, 書記を, 本で, 本や, 村へ, 村里で, 松山を, 果に, 枝が, 案山子が, 棚に, 森中へ, 樂園へ, 樋の, 横町で, 横町の, 樫の, 樹の, 樹立が, 歌舞伎芝居に, 武家屋敷から, 武家屋敷へ, 武家風の, 殴りこみに, 殿様が, 民家から, 気紛れの, 水が, 汽笛が, 汽船会社の, 河岸まで, 泉水に, 洋服屋の, 流れで, 浜や, 海で, 海へ, 海上を, 海岸に, 海岸まで, 海苔漉き, 海辺へでも, 淋しいところ, 清水の, 温泉宿で, 温泉行の, 港で, 港にでも, 港へ, 湾で, 溝へ, 火葬場といった, 炭焼小屋からでも, 無電学校に, 焼跡での, 煙突の, 牢で, 牢やを, 物売女が, 物理学者で, 物置の, 狭い限られた, 王城へでも, 玩具の, 理科大学の, 用心棒が, 田舎では, 田舎町で, 男から, 男が, 町は, 町を, 画学生が, 畠から, 異人館で, 病院かで, 療養所に, 癲狂院で, 発議できつ, 百姓に, 百姓馬を, 盛り場の, 監獄には, 目立たぬ役人, 県庁に, 県知事も, 知らないお婆さん, 知らない娘, 石垣に, 石橋に, 石門の, 社の, 社寺が, 社長との, 神様へ, 祭壇に, 私立学校の, 科学研究所の, 秘密の, 穀物波止場でも, 空で, 空地で, 窓や, 筋目に, 箱入り娘で, 節で, 籠から, 粋な, 紫雲英の, 組合に, 給仕らしい, 編集所に, 縁日の, 繪葉書を, 美しい娘, 羽目を, 職場に, 職工にでも, 育ちの, 舞台の, 舟に, 良家の, 芝居で, 若いおばさん, 若い細君, 若奥さまみたい, 若殿の, 若隠居が, 茶屋の, 茶目らしい, 草むらから, 草原にでも, 荒地へ, 華族様の, 蔭から, 藩候の, 藩士らしい, 袋路地で, 裏の, 裏口らしい, 裏町どこかの, 見せ物小屋の, 親たちが, 親切な, 観世物小屋に, 記者が, 註文で, 課長さんだ, 調子で, 警察だ, 谷陰に, 豚が, 貧しい女, 貧乏な, 貨物自, 貴夫人, 貴族の, 貸座敷へ, 路地で, 身に, 軍艦かも, 軒に, 輝かしい仙女, 農家から, 辺の, 辺を, 近づけないよう, 透明な, 通話の, 連座で, 遊星の, 運搬人夫で, 道関で, 遠い星, 避難所へ, 部分で, 部分に, 部屋で, 郵便局へ, 都会の, 都市であろう, 都立の, 配給車が, 酒場で, 酔っぱらい船長が, 野ッ原に, 野原での, 野蛮国へ, 金持ちで, 釣り場で, 銭湯の, 鎮台の, 長い往来, 長持の, 間者だ, 阿婆ずれ女, 陸地から, 隅か, 隅へ, 隊の, 障子を, 隠れ家に, 雑沓の, 雑誌社へ, 離れ島に, 電波を, 露路へでも, 靜寂な, 頁を, 領事館の, 風来坊そっくり, 飼い犬か, 飼い猫, 飼ひ, 飼猫の, 首府に, 馬場で, 馬鹿者が, 駄菓子屋か, 骨が

▼ どこまで~ (1155, 2.7%)

104 行っても 26 いっても 20 行つても 13 行くか, 行くの 12 行くん 11 行って 9 信用し 8 続くか 6 つづくか, でも, 及んで, 水が, 飛んで 5 いくの, 続いて, 自分の, 行ったの, 進んで 4 ついて, つづいて, 人を, 押して, 本当の, 落ちて, 行くつもり, 連れて

3 [19件] お帰り, ござる, つづく, つづくの, もと走っ, ゆくか, 不幸な, 人に, 往っても, 本気で, 本気な, 来て, 歩いて, 理解し, 私を, 行く気, 行つた, 逃げたって, 逃げて

2 [46件] いくん, いらっしゃるおつもり, おいで, きたか, それを, つ, でっか, ひとを, もつ, もとんで, もと空中, もやって, やって, やれるか, わせた, 一面に, 上るか, 信じて, 信用できる, 信用の, 出るの, 努力し, 往つて踏み止まる, 文明に, 来ても, 正気な, 歩くつもり, 残酷な, 沈んで, 流れて, 漕いで, 発展する, 真相を, 知って, 確かである, 続くもの, 考えて, 自分を, 行きゃァ, 行く, 行くと, 行くもの, 行けるかという, 行ったって, 進んでも, 馬鹿に

1 [703件 抜粋] あいつは, あがって, あの生活, あまり美しい, あるか, あんまとして, いい事, いうても, いくか, いっしょにやっていけるかそれもおぼつかない, いったの, いったらおしまい, いつて, いつても, いらつし, いろいろな, いろんなもの, うまくゆく, うまく行く, えらい蟻田博士, おいでです, おっこちて, おとなしくし, おもしろくなっ, おわれて, お乗せした, お供いたしましょう, お出でです, お出でに, お腹の中, お蝶さん, お走らせ, お越しでござった, お越しなされる, お逃げなさる, お連れなさる, かえる, かけだして, がんばれるか, きたね, きたの, きれいに, こおろぎの, こちらが, こね返しても, このまんま, この影, この構成的統制, この病人, これが, ござらっしゃるかね, さわり以上, ざんこくなことをするか底が, しゃべったっけかな, しょってるの, しよつてるの, すっかり町人ふう, すべてを, ずうずうしい男, ずらかりやがっても, そいで, その女, その感情, その跡, その響かすべき, それが, た, だ, だつたか, だつて, だらしが, つきつめて, つけあがるか, つじつまの, つづくかと, つづく奥曲輪, つながって, であろうとも, です, とっ走ろうとも, とっ馳, とらえられて, なさるの, のびる, ばかな, ひねくれたまうの, ひろがって, ひろがるの, ひろ子を, ふかくはいった, ほんとうな, ほんとうに, ほんとだ, まづい, ま新しく, もえるか, もじぶん, もだして, もつよい, もとその, もとろんと, もと先生, もと吠え慕っ, もと練っ, もと自分, もと蚕食, もと走りました, もと追いつめた, もと追跡し, もどきが, やりました, やるつもり, やれるもの, ゆかしゃる, ゆきましても, ゆくの, ゆくので, ゆく遠山, ゆこうと, わしが, わたしたちに, わるがしこい奴, ウスノロだ, グロテスクだらう, シローテの, ドジに, ネバる, バカに, フランスを, ムク犬が, 一寸たり, 一所に, 一緒に, 下って, 下つて, 不埒働こう, 不謹慎な, 主従の, 乗せて, 乗って, 乱雑で, 了解された, 争いが, 事が, 事実認定の, 五色が, 人が, 今日は, 他人を, 伴れ, 伸ばし得るかといふ, 似て, 価値が, 保存される, 働く女性, 充実した, 先まわり, 入つて, 全く同じ, 其の標準, 具現され, 内容的に, 冷酷だ, 凝って, 出たら止まるもの, 出るかと, 出来たか, 出来る可能, 分って, 分化と, 切つ, 剛情な, 労働者の, 動くの, 募るか, 勢いに, 勢ひ, 化けるか, 千浪殿とも, 卑屈な, 協力した, 参られるの, 参るな, 口の, 古きもの, 可なり, 史実に, 史家の, 同じこと, 同じ心, 同一の, 君には, 吝ん, 呪われた民衆, 咲いて, 喋つたら, 喰い込んで, 四角である, 因果が, 図々しいの, 図々しい子, 図太い奴, 執念く卑しい, 執念深い男, 堕落する, 堪へ得られるかを, 増長する, 変な, 変に, 変化する, 変転極まりなく, 大川に, 大胆な, 大隅学士を, 天邪鬼な, 夫を, 奇怪深刻を, 女に, 女性が, 女性としての, 妙に, 始末に, 姿が, 実にもっとも細か, 実によく手落, 実現され, 実行する, 客観と, 家捜しし, 寄せて, 寮の, 尊敬信用し, 尋ねて, 小説の, 山気が, 嵩じて, 帰るの, 常の, 幾十幾百と, 広がって, 広がるか, 延しますかな, 延びて, 延びるかは, 引き締まって, 強いの, 彼には, 彼の, 彼女が, 彼女は, 彼等に, 彼等の, 彼等を, 往くか, 御出世, 徹底し, 心に, 心の, 忍び込んで, 急ぐんだかあても希望, 悪智恵, 悪趣味, 悲運は, 憎みぬかせるか, 成功する, 手古擦らす, 手数が, 払拭され得るだろう, 抑制せられた, 押しが, 押し流されて, 押拡げ得る, 拡がって, 掘って, 掘つて, 探偵という, 掴んで, 描いたらいい, 摂取出来るだろう, 擴がっ, 攻めて, 教わりましたか, 数えて, 文学の, 新しい詩, 日本の, 日本人です, 昇ったらいい, 昇っても, 昇つて行つても, 昇れば, 昇進させ, 明るい海, 暮れて, 曝して, 書きましたかしら, 木喰上人様に, 本当だ, 本当である, 本当です, 本気に, 本気にとって, 来たか, 来たであろうか, 来たので, 果して信じ, 柔媚いか, 根深いもの, 梟将直義の, 植木屋さんな, 権威を, 正常な, 正気かと, 正確な, 此不幸な, 此方の, 武田家は, 歩くの, 死生の, 気がついたか, 気味が悪いほど, 氣が, 水臭いん, 沈んだかを, 泣きに, 活かされその, 流されて, 流れること, 流行りずくめ, 淡々と, 淪落し, 深いの, 深い靄, 深くその, 深刻な, 清潔な, 湾入し, 漕ぎつけるつもり, 焼けるかという, 燃えひろがるか, 狂って, 狡猾な, 生かし得るか, 生きて, 生きるか, 生活人生を, 申しあげましたかしら, 発展しよう, 発達する, 登るん, 盲の, 真実か, 真率な, 真白いステーション, 真赤に, 研究が, 確かで, 祟るん, 私について, 私達の, 積極的に, 空に, 突き究めた, 突走る, 竄亂が, 立証される, 簇がって, 粋な, 精密に, 累が, 続いたか, 続くと, 続くとも, 続くの, 縫いつけられて, 繰り返しても, 羽根だ, 考えが, 考えたか, 考えても, 考えなしか, 考え違いを, 考へるつもり, 聞いても, 胡魔化されてる, 自分という, 自分に対して, 自分は, 自衛の, 自身の, 芸術的感銘を, 苦しめるつもり, 荒んで, 落ち込んで, 蒼くなる, 虐げて, 虫の, 蟻田博士は, 行かっしゃりますよ, 行かれる道, 行きとどいた, 行きゃはりますウ, 行きゃア, 行きやはり, 行きやる木津, 行き届くもの, 行くかを, 行くこと, 行くんだい, 行く僕, 行く石ころみち, 行けるかしら, 行けるかなどという, 行こうっての, 行ったと, 行ったとて, 行ったらこの, 行ったらこんな, 行ったら一休み, 行ったら行きづまると, 行つたのかしらと, 行つたのかと, 行つたらう, 行着きゃ落着くん, 襤褸つ, 見て, 見ようと, 見栄坊な, 視線に, 覚えたか, 親切者さ, 訳出し得るでしょう, 話したっけ, 話したの, 話しましたかね, 認めたの, 読みました, 読んで, 調和さして, 調和してる, 諦めぬ, 謎の, 讀んで, 責任を, 贅沢を, 走って, 走らんと, 走る, 走るつもり, 走るん, 足許を, 載せて, 迷宮には, 追い捲くし, 追っかけろって, 追ってるん, 追ひかけ, 送ったか, 逃げたからとて, 逃げたでしょう, 逃げやがったって, 逃げられるもの, 逃げる気, 逃げ伸びようと, 透き徹して, 這って, 通じて, 進む気, 進めるかに, 進んだかと, 進展する, 進行した, 運が, 運の, 過去の, 達しるかしら, 遠く歩い, 遣れるか, 適応する, 適用され, 部下の, 酔うか, 間が, 間違うて, 関係が, 関連が, 阿呆に, 降りました, 離れて, 霊妙不可思議世界すべては, 響いたろう, 頑張るかを, 飛ばすか, 飛びこんで, 食わせ者, 馬鹿な, 駈けても, 高いかと, 高く美事, 黒いぶくぶく

▼ どこ~ (1129, 2.6%)

116 見ても 47 探しても 36 歩いて 25 見て 21 捜しても 20 どう歩いた 18 どう歩い 17 歩いても 16 さがしても 14 通って 13 うろついて, 風が 12 どうした 9 眺めても 8 見るとも 7 さがしたって, みても, 向いても, 尋ねても, 押せば 6 見廻しても, 飛んで

5 [11件] さがして, どうして来た, どう走っ, どう逃げ, どう通った, 当てとも, 探したって, 狙って, 的とも, 見まわしても, 走って

4 どう走った, どう逃げた, 吹いて, 指して, 歩いたの, 航海し, 見ましても

3 [15件] あてどとも, うろうろし, さして, どううろつい, どう廻っ, どう歩き廻った, どう聞け, どのよう, 向いて, 当とも, 掘っても, 探して, 潜って, 目ざして, 通っても

2 [50件] あてとも, あてとも無しに, うけるの, うろつきまわって, とんで, どうまわっ, どう彷徨, どう掘っ, どう探し, どう歩きまわった, どう歩行, どう行く, どう行ったら, どう辿った, どう逃げ出した, どう通っ, どう通れ, どう進ん, どう飛んだ, どう飲み歩いた, どう駈けた, どっちへ, どんなにし, のたくって, ほっつき歩いて, ほつき, やられたの, やられたん, ノタクッて, 以って, 何を, 信じて, 叩いても, 捜したって, 掘り返しても, 探したらいい, 探ねても, 搜し, 標準に, 突き留めて, 見こんでか, 見たって, 見てるの, 見渡しても, 見物したいです, 貧乏風が, 通るという, 雪が, 頼ること, 風見の

1 [469件] あけても, あたしが, あてどもなし, あなたが, あの人人, あるいて, あるいてるの, あるかう雨, いって, いつごろ食べる, いつまでも, うろついてたん, うろついてるの, うろついてるやら, うろつき廻って, えらばうにも, おけが, おせば, お帰り, お探し, お歩きなさった, かぐの, かすったか, かぜが, がり, きいても, きかれても, ききまちがえたか, くぐってか, さ, さがしたつて, さがし出さう, さがそうという, さしていう, さして往, さして往こう, さそうかと, さまよったか, さまよって, すくったか, する気, そう思った, それという, それ丈苦心した, そんなにと, たたいて, たどるべきか, つかまえるよう, つかむか, つめたか, つらまえて, どうあるき迷った, どういう風, どううろついた, どううろついてた, どうがんばっ, どうくぐる, どうさまよい歩い, どうさまよっ, どうしたい, どうしたら笑えよう, どうしてい, どうしていた, どうしていたんだ, どうしていった, どうしてここ, どうしてこの, どうしてだ, どうしてはいっ, どうしてはいった, どうしてゐる, どうしてフランス, どうして助かった, どうして地上, どうして家, どうして廻, どうして徘徊, どうして捩じあけた, どうして探り出した, どうして泳ぎ着いた, どうして紛れ込んだ, どうして行け, どうして越えた, どうして辿った, どうして逃げた, どうして這い出した, どうして門, どうしよう, どうすくわれた, どうすれ, どうたたく, どうと, どうという, どうどんな, どうにも動かせない, どうはしった, どうぶらつく, どうもぐり込んだ, どうやっ, どうブラブラ歩い, どう伝つて, どう先, どう利用, どう匍, どう吹き廻され, どう尋ね, どう尋ねた, どう帰っ, どう廻った, どう廻つて, どう廻りました, どう廻りまわっ, どう引張り廻された, どう思い出し, どう手繰っ, どう手繰った, どう抜けた, どう抜けれ, どう探した, どう探っ, どう斬られ, どう曲っ, どう曲つて, どう来た, どう歩いたら帰れる, どう歩き, どう歩きましょう, どう歩きまわっ, どう歩く, どう潜り抜けた, どう潜ん, どう狂い廻っ, どう甘く, どう目指し, どう直し, どう突, どう聞き廻っ, どう胡魔, どう胡麻化, どう行け, どう見, どう見つけた, どう見つめ, どう見廻, どう話, どう買っ, どう貼り付ける, どう踏ん, どう辷っ, どう辿っ, どう迂路, どう逃げまわっ, どう透し見, どう通つたの, どう通つて, どう運動, どう道, どう遣繰った, どう避け, どう間違えた, どう間違った, どう飛ん, どう飲みあるいた, どう飲み歩い, どう駈け抜けた, どこと, どちらへ, どの方角, どんなところ, どんな具合, どんな断片, ねらえば, のそのそほ, のぞいて, のたくってるか, のんきに, ひっくりかえしても, ひとつ見たい, ふみまよったもの, ふんでも, ぶらついて, ぶらついてたの, ほうついてたろう, ほっついたって, ほっつき歩いとったか, ほっつき歩きよ, ほっても, ほつつき歩いたところ, ほッ, ほッつき, まごついて, まごまごし, またいだん, またどこ, またどんな, まはってこ, まひぶみせん, まわしても, まわるの, みつめて, みまわしても, めあてに, もって, もつて, やどと, やられたか, やられたね, よじのぼるかと, わざわざ知らせ, わたしは, ウロつい, ウロついてる, ウロウロし, ウロ付きおった, ズラリと, ドウした, ドウ抜け, ドンナ風に, ブラつい, ホッつき廻っ, マゴ付い, 一体うろつきまわってる, 一夜の, 下手に, 乗りまわした, 二人の, 今ごろポオポオポオポオ, 今まで, 会戦地と, 何う, 何うし, 何し, 作つた, 來て, 供進所に, 保存してるだろう, 修繕する, 偃ひめ, 傷つけられたん, 内廷課の, 内膳課の, 出て, 切りすてても, 切りつめても, 切りと, 切るかは, 切るや, 切違えた, 利用する, 区切りに, 取って, 取り替えて, 取り立てて, 取り立てていう, 取上げて, 取締って, 叩いたって, 叩いて, 吹く風, 咬まれたの, 噛まれた足, 回るん, 基点にとっても, 境と, 外さず, 多く見, 宿と, 宿とも, 宿所に, 射て, 尋ねて, 尋ねる, 居所とも, 居間に, 工合よく, 廻つた手蔓やら, 廻つて, 当てと, 当てども, 当てに, 徘徊し, 御尋ねし, 御覧に, 念頭において, 怪我さっし, 怪我し, 怪我した, 想像し, 所領いた, 手を, 手術なさる, 打った, 打ったか, 打って, 打っても, 抑へ, 抜け出し加茂川, 押されても, 押したって, 押しても, 押しゃア兄さん, 押すと, 拭いたん, 指ざした, 指したもの, 指したら満点, 指すか, 捉えて, 捕えて, 捜し, 捜したかて, 捜したん, 捜して, 捜すつもり, 捜すも, 捜す当て, 捜せば, 掃除した, 掘って, 掘つて, 掘ろうと, 探したつて, 探したらええ, 探したらおばさん, 探したら出て, 探しまわったの, 探し廻ったところ, 探すつもり, 探すという, 探すといふ, 探せば, 探そうと, 探っても, 探るんで, 掴まえて, 掴まえても, 掴んでも, 搜す, 撃たれたん, 撃ったか, 支点に, 改良した, 攻めよ, 攻めるかを, 攻めるつもり, 放っつきまわってるん, 放浪し, 散歩した, 敷いて, 敷き初めたかの, 斬られたかなど, 旅する, 旅行中, 日本の, 昇つて行つても, 曲が, 曲るの, 書いたもの, 最初に, 本城と, 根拠地として, 案内しよった, 歩いたかも, 歩いたつて, 歩いたとも, 歩きさ, 歩きどこ, 歩きましても, 歩き廻って, 歩くの, 歩むとも, 毎日そうぶらぶら, 毎日遊ん, 泊まりある, 泳ぎまわるにも, 洗ったでも, 洗って, 流して, 流れ渡って, 流転の, 渡って, 渡れば, 漁つて歩い, 漂浪って, 漏れて, 爆撃し, 爆撃する, 特に念, 画こうかと, 略すか, 白眼ん, 目あてに, 目がけて, 目ざすの, 目当, 目当てに, 目指して, 目指す遠征, 目掛けましょう, 目的として, 直して, 真似ようと, 眺めるにも, 眼ざし, 知ったの, 破って, 突いたか, 突いて, 突きとめて, 突つけ, 窺っても, 糸で, 美しく愉しくする, 美の, 聞いて, 聞いても, 聴いて, 船で, 衝いて, 衝くという, 衝け, 西とは, 見せても, 見ないでも, 見わたしても, 見向いても, 見廻したところ, 見物しない, 見物しよう, 見落しましたろう, 触っても, 触れても, 訊ねても, 詮議したらわかる, 読みましょう, 読むの, 読んで, 読んでも, 走つて, 走るか, 足に, 踏んだか, 踏んで, 転々として, 迂路つい, 迷うて, 通ったかという, 通ったかは, 通ってと, 通つてる, 通り抜けるの, 通るが, 通るとき, 通過したら, 遊びあるい, 遊んで, 道に, 選んでるだろうか, 開いて, 開けて, 開けても, 雲水し, 面白いと, 頼みに, 飛び廻つて, 飛び歩いて, 飛ぼうと, 飛んだか, 駈けて

▼ どこからか~ (856, 2.0%)

26 飛んで 25 出て 12 帰って 11 持って 10 現われて 9 聞こえて 8 聞えて 6 風が 5 月光とも, 生れて 4 のろしが, やつて, 借りて, 姿を, 現れて, 聞いて

3 [15件] 一ぴきの, 一本の, 一羽の, 人の, 手に, 現われた, 耳を, 舞って, 見つけ出して, 見て, 運んで, 電話が, 響いて, 風に, 風を

2 [51件] かすかな, かすかに, きれいな, こっちを, こんな声, それを, ふいに, へんな, やって来た, やって来て, オイチョカブの, ピアノの, 一人の, 一匹の, 仕入れて, 仕立物を, 伝わって, 光が, 出たに, 大きなハンカチ, 大尉の, 子供の, 工面し, 差出人不明の, 彼の, 拾って, 持ち出して, 書斎へ, 水を, 河童が, 流れて, 流れては, 流れ込んで, 溢れて, 漂って, 知らないが, 私を, 聞えるシヤムパン, 聞き出して, 聴え, 自分の, 自分を, 迷いこんで, 迷って, 逃げ出して, 這い出して, 集めて, 静に, 非常に, 飛び出して, 鸚鵡を

1 [568件 抜粋] あなたを, あの背, あぶが, あぶら絵, ある晩, あわれ, いつのまにかそこ, うぐいすが, うたうよう, おいしそう, おそろしいいきおい, おそろしい悪魔, かぎ出しまして, かけつけて, きみの, きりの, きわめてほのか, ぎょっとする, くわえて, こういう声, こうお, ここへ, こだまの, この静寂, ころげて, ころころと, ごうごうという, さけび声, さしこんで, さすよう, さすアーク燈, しのびこんで, しゅうしゅうと, すばしこそう, ずうずうしい声, そういう声, そこだけに, そっと一同, そっと舞い戻っ, その声, その建物, その秘密, その記念写真, その風, そら豆を, それだけの, そんな事, たくさんの, たくさん集まっ, たしかに寝息, たすけに, ただよって, だしぬけに, つたわる, つどって, つばめが, でて, ときどき啼き, どうしてか, ながいむちをとりだして, なつかしい子守うた, なまぐさい強い風, なわを, ぬっと現われ, はいって, はっきり聞え, はりがねの, ひかりが, ひとつが, ひとにぎりの, ひびいて, ひょっこり出, ひょっこり帰っ, ひょっこり現れ, ひょっこり現われ, ひょっと帰っ, ふたりの, ふらふらと, ぶるるるるる, べつな, べつの, ほそびき, ぼけの, ぽとぽとと, まぎれ込むの, みかん箱を, みすぼらしいふう, みつばち, みょうな, みょうなわらい声, もう一つ, もらって, やってきた者, やってきて, やってきました, やってくるからくり, やれ荒唐無稽, ゆっくりかすか, ゆりの, ようやく足音, わしたちに, ガラス鉢を, キンショキショキキンショキショキ, ギョッと, クックックッ, コツコツという, コトリコトリと, ジヤズの, スウッと, スパナを, ソッと, ソロバンの, タクシイに, タンタンタンという, バカヤロウとか, ヒュッ, ヒョックリで, ヒョックリ出, ヒョッコリと, ヒョッコリ帰っ, ヒヨツクリ飛び出し, ヒーヒーと, ピストルの, ピドールカの, ブラリと, ブン, ラジオ体操の, 一つの, 一と, 一人連れ, 一俵の, 一寸法師を, 一度に, 一束の, 一枚舞ひこまない, 一筋の, 一筋射し込む, 一道の, 三びきひきが, 三味の, 三角ひ, 下げて, 九つ梯子を, 乾米の, 二つの, 二人の, 二台の, 二本の, 二筋に, 京弥どのに, 人が, 今度は, 仕合せが, 伸びて, 伸びやかな, 低い呻, 何か, 使いの, 來て, 信雄君の, 俺に, 俺の, 借りるより, 借り出して, 借受けて, 健吉が, 僕の, 光を, 兎を, 入って, 入つて來, 入らなけ, 入り込んで, 全身まっ黒な, 兵士の, 円い卓子, 再び宮, 凝っと, 出来合いの, 出版された, 刀を, 切取らねば, 判らないで, 別の, 割り込んで, 助けて, 化け鶴が, 十年前の, 博士の, 厩の, 厳かに, 古い雛段, 号令の, 同じよう, 向うの, 呂布が, 呼ばなければ, 呼び掛けて, 命知らずの, 咲二が, 土や, 地中に, 地面から, 壊して, 壮い, 変な, 夏蜜柑を, 外へ, 外れ飛んで, 大きい足音, 大きな信玄袋, 大きな夜具, 大きな手, 大きな木, 大きな籠, 大きな絹, 大きな罪, 大井篤夫が, 大小いろいろの, 大浦上陸後の, 大石を, 大阪へ, 天井裏に, 太股の, 太鼓の, 妻が, 妻と, 始めない訳, 姿は, 子供が, 季節はずれの, 安い懸け, 家へ, 寄せて, 射すうす, 小さい人間, 小さな声, 小さな白鳥, 小さな金, 小梨を, 小石が, 小蜂, 小鳥らが, 少しぐらいな, 尾けて, 届けて, 川村中隊長の, 差す明り, 帆村君が, 帰ったばかりの, 帰つて来た, 幻の, 度が, 延べの, 引っぱって, 引っ張って, 引取人が, 強力な, 弾んだゴム毬, 形を, 彼女の, 往来へ, 微風が, 徴発し, 心を, 必ずまっすぐ伸子, 忍びよっ, 忍び笑いが, 忍んで, 忽ちにしぐれ雲, 思いがけない一節切, 急に, 急養子, 怪しい物音, 恐ろしい声, 息が, 懶い梵鐘, 戸迷を, 手が, 手がかりの, 手入らずの, 手紙を, 抜け廊下, 拳固が, 拾つてき, 拾つてきた, 持ち来すもの, 持つて, 捲き起された風, 捻出しなけれ, 掘出して, 探し出されしかも, 探幽, 探照灯が, 提灯の, 救いの, 数発の, 敵が, 敵討記乎汝と, 断れて, 新しい人間, 新しい潮, 日が, 早い夕餉, 明かりが, 星尾が, 春雨の, 時折顔を, 曝露した, 望遠鏡で, 本物の, 材料を, 材木を, 来た一駄, 来て, 来なければ, 枯れたささの, 柔かい香, 格安に, 梅の, 植物には, 機を, 歌を, 歔欷きが聞こえ, 武蔵が, 歸つて來た, 死んだ女, 死骸が, 水の手が, 求めて, 汐の, 汽船が, 泣き声でも, 泣き顔を, 泣声の, 泳いで, 洋館の, 流されて, 浮世絵風の, 海水が, 涼しい鐘, 渡って, 滴の, 漂着し, 漏れて, 漕ぎ寄せて, 潜り込んで, 濛々と, 火を, 煙の, 父が, 物悲しげ, 犬の, 犯人を, 猿の, 玩具の, 現れる買いては, 生暖かい風, 甲虫の, 甲高い少々, 男の, 異様なうなり, 発生し, 白い蝶, 盗み出して, 盗んで, 監視の, 目覚時計を, 真っ白な, 眺めて, 眼の, 矢車草の, 知らんが, 石が, 石炭を, 磯へ, 祝福の, 私の, 秋刀魚焼く, 突きつけられるであらう, 突然妙, 立帰っ, 竹杖に, 笛と, 笛の, 筆墨を, 米俵の, 紛れこんで, 細目に, 続々と, 緩いよそ, 續い, 羊が, 群れを, 聞いたこと, 聞える, 聞えるよう, 聞きだして, 聞きつけて, 聞き込み前, 聞こえたよう, 聞こえる, 聞込んだと, 聴えて, 職工たちの, 自分で, 自分も, 自然に, 舞い下って, 舞台に, 船に, 船頭三人ギーと, 花の, 花輪を, 若林博士の, 荒むしろの, 荷を, 莚を, 葉巻を, 葡萄の, 葱の, 蒸した芋, 薄い木片, 蟻が, 血なまぐさい風, 血を, 血相を, 西洋の, 見つけて, 見守って, 見慣れぬ男, 覗いて, 覗かれて, 貰って, 貰つたお, 貰わなくっちゃ, 買って, 買つて来, 資金が, 赤いひかり, 赤ん坊の, 赤外線を, 起って, 足でも, 踏台を, 輸送車の, 轟然と, 迷い込んで, 逃げて, 這入って, 這入つて, 速達便や, 連れて, 遠いところ, 遣って, 鄙びた三味線, 酒が, 酒を, 酒菰を, 里村千代に, 重く暗くきつく引っ張る, 野鳥が, 金が, 金は, 金五郎の, 金色の, 銀色の, 長い竹竿, 長い細引, 長さ二寸, 闇を, 降って, 陸地へ, 隙見, 隙間なく, 雀が, 雀の, 雄, 雨戸を, 雪の, 電報が, 電波が, 露見する, 青竹の, 青葉の, 音も, 音楽の, 響く筈, 頭の, 飛びこんで, 食料を, 香って, 馬で, 鬼が, 鳴咽, 鴉が, 鶯が, 黒が, 鼠が, 鼻の

▼ どこ~ (735, 1.7%)

26 悪いの 15 いいの, 悪いん 13 どうと, 悪いと 8 面白いの 7 お悪い, お気に, よくて, 悪かった, 違うの 65 いけないの, お好き, わるいん

4 [17件] いい, いいん, いけないん, どうした, どうな, どう違う, どんなふう, どんな風, ようて, よかろう, 似て, 好きかと, 悪い, 違うか, 違って, 間違って, 面白いん

3 [16件] いいでしょう, おかしいん, おわるい, そんなにいい, ちがって, どこか, よいか, よくって, わるいの, 好いの, 好いん, 悪いという, 気に入ったの, 田やら, 痛いの, 違うん

2 [42件] いいかな, きたないん, さ, どうだ, どうとも, どうわるい, どう変っ, どんなに嘘, どんな工合, ない, へんな, よいの, わるい, わるいと, 不思議だ, 丘だ, 何うなった, 偉いか, 嘘な, 国境だ, 変って, 好きな, 好くて, 尊いの, 怪しいという, 怪しいの, 悪いお, 悪いか, 悪いかと, 果てな, 気に入らないの, 痛いかと, 痛むと, 破れて, 私が, 腑に, 良いの, 違ふ, 邪魔に, 面白いかと, 面白いかといふ, 面白いんだい

1 [389件] あくん, あなたより, あると, あんな女, いいかって, いいかなあ, いいだえ, いいだろう, いいとか, いいもの, いけないと, いけないという, いけません, いたい, いたむの, いちばん違っ, いったいよかっ, いったい一生, いつたいそれぢ, いろんな手違ひで, うまいの, ええの, えらい, えらいんだい, おかしい, おかしいか, おかしいの, おととしと, おもしれ, おもしろいの, おわるいですか, お前には, お客さまに, お悪く, お気にいらない, お痛い, かわいいの, かわいいので, かわいそうな, きまりが, くぼんで, こしょうか, この老人, こんなに己, ご不審, さかいな, さ行っ, すこしあいだ, そういう場所, そうかという, そうだった, そうな, そう特別, それではいささか, それでは違う, それに, それほどの, そんなに, そんなにうたがわしい, そんなに厭, そんなに女, そんなに好い, そんなに気に入った, そんなに自分, そんなに變, そんなに違っ, そんなに面白い, だ, ちがいますか, ちがうかという, ちがうかを, ちがうと, ちがうの, ちがうのよ, つまらんなどと, できて, どう, どういい, どういうで, どういうわけ, どういう風, どういけない, どういふ, どうか, どうかは, どうここ, どうしたれ, どうしてどうなる, どうして居る, どうする, どうちがう, どうちがった, どうつながれ, どうである, どうなっ, どうなった, どうなる, どうやら解, どうエライ, どう似, どう可愛い, どう変った, どう強くっ, どう悪い, どう惡, どう押され, どう母屋, どう立派, どう腑, どう違っ, どれほど違うだろう, どんなに間違っ, ない氣, なくなって, なって, ねが一聯隊, はてとも, まだ不足, まちがって, まったく安心, むくんでるん, やっとから, よい, よいかと, よいかという, よいと, よいのかしこ, よかった, よくつ, よくつて, よくツ, よろこんで, よろしおまっ, りんこの, わがままだ, わるいから, わるくて, イカサマだ, イヤな, トンチンカンです, ドコやら, バカに, マチガイだった, ムリだ, ワカラズヤだ, 一体きたない, 一体今の, 一体面白く, 一番多く, 一番好きか, 一番好きかと, 一番斬り, 一番東京らしい, 一番疼い, 一番疼むか, 一番良かっ, 一番苦しい, 一番賑な, 一番面白かっ, 一等面白い, 上どこが, 下どこが, 不安だろう, 不思議な, 不服だ, 不況よ, 不賛成だ, 不足な, 不都合な, 主稜, 乳だ, 人より, 今釣れる, 似合いまして, 住みにくい, 何が, 何やら見境, 佳いの, 俄都であろう, 俺ゃ支那人と, 偉大だ, 停車場だ, 僕より, 優れて, 優れてるん, 優秀だ, 光るやら, 光秀の, 全部外れち, 出すでしょうね, 出口だ, 出口である, 判ったらどう, 別人で, 劣つてゐる, 劣るだろうか, 勉強場所として, 動いて, 博奕なんだか, 危いと, 原だ, 厭で, 取り乱して, 取り潰されるか, 可愛いな, 右どこが, 同じな, 同人か, 名人か, 名文だ, 君の, 呑気な, 呑込めない, 唐崎だ, 地べたの, 地面やら, 執権の, 境か, 境と, 変ったかしこ, 変ったと, 変ってるの, 変ってるん, 変わったせい, 大分店を, 大阪との, 好いかのう, 好いだか, 好いだらう, 好えという, 好きか, 好きだの, 好と, 安全だ, 安全とも, 家の, 尻やら, 山の神の, 崩壊する, 巌だ, 工合が, 左といふ, 幸福の, 底か, 庫裡だ, 強情な, 形而上学的で, 心理遺伝な, 怪しい, 怪しい名, 恐い, 悪いぞ, 悪いとも, 悪いなに, 悪いピタリ, 悪い苦しいか, 悪かつ, 悪くッ, 悪く何, 悪人な, 惡い, 惡いんです, 憎くらしい, 成功し, 戦だ, 抜けて, 故郷かと, 故障か, 故障した, 敵の, 文化な, 文学的な, 新別府, 時代の, 最も美しい, 最高点だ, 最高点やら, 本家でしょう, 本当な, 果で, 果とも, 根本の, 樹で, 殿様の, 気に, 気にいりましたか, 気に入ったな, 気に入ったん, 気に入らないって, 気に入らないつて, 水か, 海だ, 淋しいの, 清音である, 濁らないかという, 濁るか, 濁音である, 瀧子の, 火元だった, 無いよう, 焼け, 片づけられても, 物足らない, 特に悪い, 特色だらう, 狂ったの, 狂人な, 珍しい, 理窟に, 生国だろう, 男の, 疼いかと, 病気だ, 病気や, 病的に, 病者か, 痛い, 痛いと, 痛む, 痛むか, 痛むここ, 痛めっかさ, 目の, 相手, 知れなくな, 神秘的な, 秘密に, 立派だい, 粋な, 結局みじめだ, 美しい, 美しいという, 美しいの, 美味いか, 美味いの, 老いぼれだ, 自分の, 臭いの, 良いか, 芸術的である, 苦しいか, 苦しいかと, 苦しいさ, 苦しいの, 血戦の, 表だ, 袖とも, 裏門やら, 裸身だ, 見たいと, 規矩男に, 解釈に, 責任なんだか, 路な, 路やら, 道やら, 道徳的で, 違う, 違うかと, 違うかな, 違うと, 違うべ, 違つてゐた, 違ふか, 違ふかと, 違ふんです, 酔っ払ってるか, 酔っ払ってるん, 醜いと, 醜いという, 金まわりが, 長谷川君の, 間違ってるん, 間違つ, 限りだ, 限りな, 雲の, 雷が, 面白い, 面白いか, 面白いかという, 面白いかを, 面白いという, 面白くて, 頭だ, 馬鹿な, 鶴屋だ, 黒くなる, 鼻か

▼ どこでも~ (718, 1.7%)

12 いい 10 い, いいから 6 そうだ, よい, 自由に 5 いいや, 同じこと, 見たこと 4 あなたの, いいわ, そうである, 彼の, 構わない

3 [15件] いいじゃ, いいの, かしこでも, かまわん, ここでも, そうです, やって, よいから, ようございます, 勝手に, 手に, 構わずに, 知って, 私を, 自分の

2 [31件] いいさ, いい景色, え, かまいません, ことわられました, だが, やること, よろしゅうございます, 何人も, 同じである, 同じと, 同じ事, 同様に, 売って, 室房は, 必ずこの, 擦れば, 構いません, 歩いて, 死ねるから, 泊めて, 物質的な, 相手に, 結構です, 荷ご, 見られる, 見られる現象, 貰って, 通用する, 開業できる, 風景は

1 [526件 抜粋] ああする, あかりを, あたりまえです, ありがち, ありの, あり勝ち, あり来りだが, あるけれども, ある事, あんなもの, いいそうして, いいその, いいだまって, いいぢ, いいですよ, いいなどとは, いいにぎやか, いいよ, いいん, いい万人むき, いい歩いて, いい男, いい郊外, いうこと, いくらでも, いったいに, いつでも, いまいましいめ, いろいろな, いわれて, うたわなかった所, えい, ええから, ええじゃ, おかまいなし, おさ, おなじやう, およそ二日, お前の, お目にかかったこと, かかる場合, かってに, かならず見参, かまいませんあたい, かまわずまっすぐ, かまわずめちゃくちゃ, かまわず喰いついて, かまわず残飯, かまわず走って, かまわない, かまわないから, かまわないッ, かまわない3, かまわぬという, かれは, かれら, きかれるよう, きっと男, くん, こういうところ, このお天気, この時刻, この月, この片, この男, この花, これである, これに, こんなかしら, こんなだ, こんなもの, さがそうと, させては, さっさとやっ, された, すきな, すぐ眠れる, すぐ金, そういう作用, そういう方法, そういう返事, そうかね, そうだった, そうでございましょう, そうな, そうに, そうやる, そうらしいです, そう大した, そう思っ, そこに, そこの, そこを, そのよう, その取扱, その噂, その地方中, その時, そりゃ御, それが, それに対して, それを, それ以上には, そんなふう, そんな風, たいていは, たれでも, だした, だね, だまつてちくりと, ちょいちょい畑, つかって, つくって, できること, できることぢ, とれは, ない, ないそこ, ないないよ, ないの, ない五大堂, なかなかうまく, なかなか快き, なぐって, ぬかるみが, はじめには, ひっぱり足りない, ひどいやりくり, ひどく場所, またと, まだ竈, まるで合理的, みな同様である, みんな戸を, もう事務所, やつて, やはり時々, よいが, よいと, よいの, よいわ, よいん, よい一人, よかった, よく知, よろこばれるもの, よろしいわ, よろしい早ければ, よろしうございます, よろしく, らしく私, わたしが, わたしたちの, わたしは, イギリスの, イケゾンザイで, ウヨウヨし, オシャベリの, オノマトープとて, ゴロゴロ寝る, スローガンを, ソヴェトの, タケニ草を, ダイヤモンドの, ピクニックは, ベンチを, ラッセルに, 一つ事で, 一ぺんも, 一丈ぐらい, 一体に, 一割出す, 一寸法師を, 一昼夜に, 一様に, 一緒に, 万人共通の, 上演しなかつた, 下屋敷は, 不便少く, 不景気だ, 不景氣, 並んで, 主役らしく, 二十銭替, 云って, 交わらない場合, 人が, 人の, 人を, 人気役者には, 今人, 今回の, 会ったこと, 似た名, 何にも, 何時でも, 余計な, 作れるという, 使って, 使われた例, 係り合いを, 傭って, 働きよう, 働け無い女, 働らきたい, 全く無気力, 八十銭均一なり, 公然たる, 公言し, 共通平等, 兵馬を, 出来ないそう, 出来ると, 切符を, 力の, 勝手な, 勝手次第に, 北海道の, 単に, 受けたが, 受け付けない事情, 叩きゃあちったあ埃, 可い, 同じさ, 同じしつらえ, 同じだろう, 同じであった, 同じであろう, 同じな, 同じね, 同じよう, 同じ相貌, 同じ質問, 同一である, 同一性の, 名高いお寺, 吠えられるの, 否定され, 味噌汁だ, 味附け, 呼び込んで, 咎められなかった, 問題が, 問題に, 喜んで, 喧嘩ばかり, 喧嘩を, 喧嘩ッ早い, 四分の一マイルを, 困ります, 困るだろう, 土用干の, 塔の, 売り切れかね, 売り切れて, 売切れてばかり, 夏の, 外国人を, 大きなもの, 大入りで, 大威張, 大川端といへる, 大抵出来心から, 大抵登り二三丁位の, 大抵面白, 大概七時前に, 天候の, 失敗は, 女に, 女の, 好いから, 好いん, 好きな, 妥当する, 始まりました, 始めから, 婦人の, 嫌われた, 学生には, 安く売っ, 宜いのです, 実現され, 家の, 尻が, 尻の, 山や, 山女魚の, 島さえ, 工面が, 差支ない, 帰家穏座の, 庚申の, 弊害が, 待って, 得られるよう, 御本, 御遠忌ブーム, 必ず老人, 必要であっ, 必要な, 快く宿, 急に, 恐れやしません, 恐慌で, 感心します, 慢性的な, 我々には, 戦って, 戸を, 手あたり次第で, 手を, 手伝いに, 打ち寄せて, 抱えて, 拒絶され, 持てあつかうよ, 掘って, 改めて, 教えないらしい, 教わらない人, 文明國の, 断わって, 断わられたうとう, 断わられて, 断食の, 日を, 日本は, 日本製の, 日清戦争当時ほどの, 旦那さんという, 早きを, 早くかけろ, 早く寝, 普通の, 有りあまった氷, 期待した, 本来弁証法な, 材木の, 栽培を, 梅干たいへん, 検べて, 楽しかった, 楽に, 楽器は, 構わずかみついたり, 構わず息つぎ, 構わず潮, 構わず立ち止まった, 構わず腰, 構わないから, 構わないが, 構わないと, 構わないという, 構わないの, 構わない訊いて, 構わぬソンジョ, 横行し, 機械が, 歌うと, 歓迎される, 歓迎する, 止つて乗せ, 歩かう月, 歩かれい大手, 歩き廻った, 歩き廻って, 毬餅とか, 気持ち良かった, 気絶ば, 気軽に, 水が, 泊めようと, 流れ着く処, 海図に, 淋しい, 清造ひとりを, 滅多に, 滑れそう, 為されて, 無気味がられ, 爆撃する, 片々と, 片目だ, 特殊の, 犬が, 狩人の, 猫に, 王城の, 理解せられなかった, 生活し, 申します今, 申合わした, 男女二体の, 発見されなかった, 皆同じ, 盛に, 盛んに, 目に, 相手には, 眠れるし, 眼に, 知ってるから, 短気で, 石の, 石器時代の, 祭りの, 私は, 科学とか, 移りますと, 稀なる, 空は, 空港に, 立ち止まれば, 簡単な, 紡いだり, 紹介状の, 組合員だった, 結局国の, 縁談は, 美くし, 美味いかと, 老人は, 考えられて, 聞かされた事, 聞かれるが, 聞くが, 職が, 肉類などを, 脈の, 腎臓の, 舌が, 良いから, 良かろう, 若い娘さん, 若水と, 苦しくない, 英語が, 茶の, 茶もの, 草を, 荒繩で, 蚕の, 蛙が, 行きます, 行きますよ, 行き暮れたさき, 行く, 行く先々, 行って, 裾を, 見えるという, 見たという, 見た覚え, 見なかったです, 見なかった種類, 見なすって, 見られないが, 見られないもの, 見られること, 見られるという, 見られるもの, 見られる平凡, 見受けるが, 見物は, 視察は, 親の, 言って, 言分は, 許されるはず, 註文が, 評判が, 誰も, 誰れ, 買い薬で, 買わないと, 貸して, 賑やかでない, 賣つて, 近いところ, 通り脱ける, 通れる, 通風用の, 遅延し, 道と, 遭遇しない, 郵便の, 郷土的民藝の, 鄭重に, 酒ぐらいは, 釣れる, 長靴を, 階級闘争は, 隨分古く, 非常に, 非難を, 面白く感ずる, 騎馬歩兵の, 高御座と, 高歌放吟

▼ どこ~ (633, 1.5%)

152 かしこも 36 ここも 11 悪くない 6 何ともない, 彼処も 5 怪我は, 痛くは 4 同じだ, 怪我を 3 お怪我, けがは, こ, ひっそりと, 同じこと, 森と

2 [15件] あるん, お悪く, ご案内, なんともない, 一杯です, 一面に, 何とも, 同じで, 同じよう, 変って, 好きで, 完全に, 悪いところ, 皆滿員だつた, 青々と

1 [356件] あまりよく言われない, いいツル, いっぱい, いつぱいで車, うつくしかつ, おいたみ, おぐらくなっ, おなじです, おなじよう, おなじ毒塚, お茶を, かしこもちやん, かしこもよ, かもひどい, かもスベスベし, かも人間で, かも健全で, かも地獄な, かも堅く, かも森閑として, かも毒です, かも痛い, かも真黒に, かも草だらけで, かも鏡ばかり, きちんと片, きちんと片付い, きれいで, くじきやしない, くれなゐに, ことごとく満員, このすじ, この新八, この興行, こりゃ弱った, これお, こわれたところ, こわれては, こわれてや, こんなもん, しこらして, しつとり, しまって, しんと, しんとして, しんと静まり返っ, すべてすべ, そうだ, そのとおり, その歌, その話, そんなもの, だいたい真直, ちがいは, ちっとも痛む, つつじの, ですわ, でも, どうもなかつた, どこも, ないので, なかなか人ごみ, なくて, なんともありません, なんともなく, のこらず金, はさまれては, ひっそりし, ひどい蚊, ふさがって, ふだんと, ほとんど空, また誤れり, まだ釘, まだ閑散, まちがってや, まっ暗で, まっ白で, まつしろな, まるで荒唐無稽, みな休んでる, みな品を, みな屋根がわらを, みな役に立っ, みな御多分に, みな水鳥の, みな興味の, みまい, みんなかたい, みんな元, みんな林の, みんな鍵を, むろん満員, もう満員, もう見たく, もっとよくなる, やられて, やられなかったの, やられは, よく晴れ, よく締まり, わるくな, わるくない, アラビア糊の, カツフエだらけである, シンと, スティームなし, バタバタ暮し, パンを, ピカピカ光っ, 一ぱいに, 一人の, 一定なら, 一杯で, 一色に, 一面, 一面の, 七八百尺の, 三日間刈り取り祭だ, 三月か, 三等です, 不景気だ, 不景気で, 不足しない, 中が, 事務室です, 他に, 休みだ, 似た所, 似て, 何ともなく, 何ともなさいません, 何ともねえだ, 何も, 傷が, 兵の, 冬が, 冴えて, 出かける当, 分らなくなって, 切られちゃ, 切れて, 初めての, 助かると, 占いやって, 危くって, 可能な, 同じかのう, 同じじゃ, 同じだった, 同じです, 同じに, 同じね, 同じコース, 同じ世の中, 同じ事, 同じ問題, 同じ実務, 同じ野次馬風景, 同じ風, 吹附ける, 四面楚歌である, 地の利は, 壊れてるところ, 売り切れ, 売切れだと, 変ったところ, 変った顔, 変らず風呂敷包, 変らぬもの, 変らぬ地平線, 変らぬ宿屋, 変りが, 変りは, 大したこと, 大入りであった, 大入満員で, 大地に, 大変な, 大嫌いな, 大戸を, 女は, 姿を, 寒くない, 寝入って, 対手に, 小宴が, 就職難は, 崩れ落ちそう, 帰って, 平均し, 平坦な, 店を, 御案内, 応じない, 快活で, 恨まねえもの, 悪いと, 悪いよう, 悪いん, 悪うは, 悪か, 悪くなかった, 悪くは, 意外に, 手が, 手落ちは, 打たなかったん, 抜けない, 押すな, 捨てる場所, 接触し, 掴めなかった, 揃いの, 損じては, 故障は, 敵わん, 日に, 早くから, 明いて, 昔ながらの, 景気が, 暗く湿っぽかった, 月末で, 根本的に, 森閑と, 椅子が, 欠点の, 気持よく, 水兵さんの, 水浸しに, 水涸れ涸れ, 洗わないうち, 消えるところ, 深い闇, 湿って, 満員で, 満員の, 濡れた所, 火ばかり, 火を, 火事だ, 灯が, 炭坑街で, 無いの, 無事に, 焼けっ原, 焼けては, 焼けてや, 煙って, 片附い, 狭苦しくなり, 狭隘な, 田植で, 異らぬ, 異常が, 病気だ, 病気の, 病気らしい, 痛くない, 痛くねえ, 痛くも, 痛まないくせ, 痛みは, 発火点で, 登るよう, 白沙青松だ, 白米と, 皆きちんと, 皆ちゃんと, 皆なごり, 皆んな掃いた, 皆一杯, 皆完全に, 皆海図を, 皆無事平穏な, 皆真, 皆立派な, 皆美しく, 皆開放, 皆面白く, 目が, 直す事, 真暗です, 真暗らで, 真黒に, 知らない, 知りませんのよ, 科学ばかりが, 秣畑に, 稚拙な, 空いて, 米が, 細くは, 絶対に, 綺麗で, 綺麗に, 綺麗ね, 締まって, 良い処, 花ざかりである, 薄暗かった, 行くところ, 行く処, 見えずじまい, 見ずアイヌ, 見ず面, 見たいとは, 見たくなんか, 見ないん, 見渡す限り, 見物など, 見通しでしょう, 覗きませんでした, 誤るの, 読み得ると, 變らなかつた, 變らぬ, 象の, 負傷なく, 賑やかいだろう, 起きて, 退屈だらけの, 退窟, 逃げて, 逃げるところ, 通れません, 達磨を, 違いは, 違わない, 違わないでは, 違わぬ水, 違わぬ空想, 鉄扉を, 鐘楼が, 閉じて, 閉って, 間違いが, 間違って, 陰鬱で, 隙間だらけです, 障りが, 雇って, 露ほども, 青年の, 静か, 静かだった, 静かであり, 非常時で, 食べ物も, 餘り, 骨の, 魚市は, 鰯鰯臭かつ, 黒いじゃ, 鼻の

▼ どこからとも~ (586, 1.4%)

21 なく飛ん 17 なしに 16 なく 15 なく聞こえ 9 なく聞え 6 なくあの, なく一人, なく現われ, なく風 5 なく出, なく流れ, なく私, なく響い 4 なくかすか, なく人, なく水

3 [12件] なくきこえ, なくこの, なくその, なく不意, なく伝わっ, なく口笛, なく吹い, なく帰っ, なく来, なく異様, なく石, なく集っ

2 [35件] なくからす, なくさし, なくそよ風, なくたくさん, なくわたし, なく一羽, なく同じ, なく土, なく声, なく大, なく姿, なく散つて, なく春, なく漂っ, なく漕い, なく牛, なく狸, なく礫, なく耳, なく聞こえる, なく花, なく薄, なく襲, なく誰, なく貝, なく起った, なく部屋, なく鈍い光, なく集まっ, なく雪, なく響く, なく飄然, なく飛来, 知らず一匹, 知れずに

1 [346件] きこえる, しれずにゅっと, ない布令がま, ない遠い浪, なくあまつばめ, なくあやめ, なくあらわれ, なくいいにおい, なくいい花, なくいい香り, なくいきなり, なくいしつぶ, なくいつ, なくいや, なくいろんな, なくおごそか, なくおとずれ, なくかなしげ, なくからから, なくか細い不気味, なくこう, なくこだま, なくこんな, なくごう, なくごうごうと, なくごとごとごと, なくさしこん, なくさす, なくさらさら, なくしくしく, なくしみこん, なくしゅうしゅう, なくじわじわ, なくすすり泣く, なくそこ, なくぞくぞく, なくただよっ, なくだれ, なくつい, なくついと, なくつめたい風, なくで, なくとん, なくどこ, なくにぎやか, なくのっそり, なくはいり込ん, なくばん, なくぱっと, なくひ, なくひくい声, なくひそや, なくひたひた, なくひびい, なくひろっ, なくふしぎ, なくぷーんと, なくほとんど, なくほとんどいっせいに, なくまた, なくまったく, なくまとも, なくまるで, なくみょう, なくむせぶ, なくも, なくもうもうと, なくやじうま, なくやってき, なくやって来, なくやって来た, なくやつ, なくやみ, なくれい, なくわらべ達, なくわれ, なくウォーウォー, なくウワン, なくエヘヘヘヘヘヘヘヘ, なくオルゴール, なくカサ, なくガソリン, なくギリギリギリ, なくクチナシ, なくザッ, なくシャ, なくスーッ, なくハイヤー, なくハッキリ, なくバラバラ, なくヒタヒタ, なくヒューン, なくビラビラビラビラビラッ, なくフラッ, なくフラフラッ, なくブラリ, なくブーン, なくプン, なくホカホカ, なくホンノリ, なくボソボソ, なくムク犬, なくラジオ, なくレコードうた, なく一, なく一匹, なく一声, なく一本, なく一疋, なく一銭蒸気, なく一陣, なく丁字, なく七十五年間, なく三〇六番, なく三河屋, なく不気味, なく五人, なく人声, なく人間, なく今, なく他, なく伝わると, なく低いながらも, なく僕, なく兄, なく先刻, なく光, なく光線, なく入り込ん, なく八五郎, なく六十位, なく其の, なく冷っこい風, なく出現, なく別, なく動い, なく匂っ, なく北国, なく卍巴, なく反感, なく古風, なく叫んだ, なく吹きまわし, なく吹き渡る, なく吹き込む, なく呑気, なく哀切, なく噂, なく噴き出し, なく執拗, なく夜猿, なく大きな, なく太い低音, なく女, なく妙, なく子供, なく子供等, なく客, なく寄せ, なく小さな, なく尺八, なく尾, なく屍臭, なく山, なく島, なく川手家, なく幽玄, なく広がるもの, なく床しい鈴, なく廻り込んで, なく引っ張っ, なく彷徨, なく忍びやか, なく忍ん, なく悪魔, なく悲しい小さい声, なく我々, なく戻っ, なく投げられた, なく押しよせ, なく押し寄せた, なく散々, なく斧, なく旅姿, なく早い沈丁花, なく早くも, なく時雨, なく晴れた, なく晴れやか, なく暮れ, なく暴れ, なく朗々, なく朧, なく木犀, なく村, なく村人たち, なく松薪, なく枯れかけ, なく柔かくて, なく柔らか, なく柴, なく検事, なく榮, なく横笛, なく次第に, なく歩い, なく母, なく氷片, なく波, なく波うつ, なく泣く, なく泥草鞋, なく洩れ, なく流れこん, なく流氷, なく流矢, なく流言, なく海鳥, なく涼しい風, なく淡い明り, なく湧い, なく湿っぽい風, なく漂, なく漲っ, なく澄み切った, なく濃い煙, なく火の玉, なく火箭, なく煙, なく照らし, なく熱帯果実, なく爺, なく物, なく物凄い気合, なく物憂い様, なく狐, なく狼, なく猫, なく獣, なく現, なく現れ, なく現れた, なく現れる, なく現われ来る, なく瓦斯, なく甦っ, なく男女, なく白い鳥, なく白い鴎, なく白気, なく皆, なく矢声, なく短, なく神田, なく秋, なく稲虫, なく空, なく空地, なく空気, なく笑い, なく笙, なく答える, なく緩やか, なく美しい一人, なく群集, なく聖ら, なく聞い, なく聞えた, なく聞える, なく聞え渡った, なく聞きおぼえ, なく聞き知った, なく聞こえた, なく聴, なく肉, なく胸, なく舞い散っ, なく舞い込ん, なく舞い降っ, なく船室, なく艇内, なく色々, なく芝地, なく苗屋, なく菊, なく落ち, なく薄い日影, なく薄日, なく薄汚い坊主, なく蜩, なく蟲, なく街道, なく襲い入った, なく襲う, なく襲っ, なく親雀, なく読経, なく警笛, なく讚美歌, なく賽銭, なく走っ, なく起っ, なく足音, なく跳び出し, なく蹣跚, なく身, なく車, なく軽い冷気, なく轟然, なく追, なく連れ, なく逼, なく鈍い軋み, なく闇, なく附き纏われまし, なく陰, なく集, なく集つて, なく雉, なく雪の, なく雲, なく電話, なく霧, なく非常, なく響きました, なく頭巾, なく飛び来った, なく飲み, なく鰯, なく黄いろ, 分らないが, 無く, 無く幽か, 知らず一つ, 知らず一人, 知れずひっきりなしに, 知れず十数羽, 知れず吹く風, 知れず宙, 知れず怪しい低い, 知れず流れ出した, 知れず湧いて, 知れず通り魔, 知れず飛んで, 知れず鼠, 言わせない使い

▼ どこへでも~ (432, 1.0%)

17 行って 14 ついて 11 出て, 連れて 8 勝手に, 飛んで 7 好きな 6 出かけて, 落ちて, 行くが 5 参ります, 持って 4 いいから, 自由に 3 いって, おとも, お供を, まいります, 流れて, 行けば, 行けるの, 行こう

2 [22件] あなたの, お供します, 一人で, 参りましょう, 歩いて, 気楽に, 消えて, 私の, 立派に, 行きたいところ, 行きたがる女, 行きます, 行きますよ, 行きや, 行くと, 行く気, 行けと, 踏みこんで, 這入って, 進んで, 随い, 高速地下鉄で

1 [252件] あけるの, あなたまかせ, いいや, いきましょう, いきます, いきますよ, いく男, いけるよ, いってて, いつなんどきでも, いまいましくじゃれつい, いらして, いらっしゃいと, うつちやら, ええで, おいでグルに, おまえの, お世話致します, お伴いたしたい, お伴いたします, お伴を, お伴致しまするで, お供いたします, お出し, お望み, お行き, お連れ下され, かけるが, かってに, かまわないから, かまわぬ, きっと一緒, くっついて, こちらの, この娘, ございませぬあなた様, ご出張, さっさと出, しゃあしゃあと, すぐについて, たずさえて, たまが, ついて行きますよ, ついて行った, つき合うって, つとめて, つれて, でしゃばりたがる二人, でた, どんな劇団, のこのこやっ, はいれるので, はいれるわけ, ひつかけ, まるで影, やっかいば, やって, やって来ますよ, やつて, やられるの, やりてえ, やりてえどこ, やるが, ゆかれるぞ, ゆきいろいろ, ゆくこと, ゆけるありがたい, よい, わたしは, コダワリなく, ジャージャーやる, スースー行っ, ノコノコはいりこん, ヒョイと, 一ヵ所風穴が, 一緒に, 万物の, 乗って, 乗り込んで, 二人が, 他へ, 他愛のう寝, 体ごと投げ, 侵入し, 俺たちを, 僕は, 入り込んだ, 入り込んで, 入るので, 入門する, 公衆の, 兵力を, 出かけた, 出かけますが, 出かけませう, 出かけられて, 出しゃばって, 出るやう, 出るよう, 出向いて, 出歩く, 勝手な, 匿も, 卸すという, 去れ, 参りますから, 参りますが, 参るが, 坐った所, 大小便, 好きかってに, 好き放題に, 姐さんの, 嫁に, 宝石より, 宮を, 寝てしも, 寝ること, 引越して, 彼女の, 往きゃあがれ, 往って, 恰度円タクを, 打っちゃって, 投げつければ, 押掛けて, 持ち歩くこと, 持つて, 捨てられる沖釣, 捺して, 掛って, 探しに, 攀じ登り新鮮, 旅行し, 早く逃げろ, 曳いて, 来る奴, 栽えてる, 案内し, 案内を, 植えちまいますから, 構わぬから, 歩きそうして, 気ままに, 水を, 治郎吉さんと, 流れ拡がって, 滑りこみちゃんと, 滑りこんで, 潜りこめ, 火ダネを, 無遠慮に, 片が, 現れて, 生の, 男の, 神妙に, 秘命を, 移って, 移動が, 突き出して, 突っ走って, 突出し, 立ち去って, 立ち退きねえ, 絶えず引, 縁付く, 自分の, 自由が, 舟を, 船を, 苦なし, 落ち着くん, 落着い, 融通が, 血に, 行かせなさい, 行かれるよ, 行かれるん, 行きあたりばつ, 行きおれ, 行きたい方角, 行きたくないの, 行きなさい死んだお母さん, 行きねえ, 行きましょうね, 行きましょう拙者, 行きますから, 行きますという, 行きますわ, 行き何, 行き給, 行く, 行くこと, 行くぞ, 行くでしょうし, 行くという, 行くの, 行くよ, 行くよう, 行くん, 行く度毎, 行く私, 行く船, 行け, 行けあと, 行けそう, 行けという, 行けといった, 行けるが, 行けるし, 行けるだろうと, 行けるでしょうが, 行けるという, 行けるよう, 行こうじゃ, 行つてしまへ, 行つて働きます, 行つて勝手な, 誘えば, 走って, 足に, 足の, 跟い, 踏ん込んで, 身の, 身軽に, 迅速に, 退散しなよ, 送って, 逃げ落ちられぬこと, 通る品, 通用しました, 連れてって, 連れ給え, 運んで, 遠慮なしに, 關係を, 附いて, 随意です, 随行し, 隠せるよ, 離宮なり, 顔を, 飛びこんで, 飛び出せる用意, 飛び去つて, 飛び歩けるが, 首が, 首を, 駈け込んで, 鼻を

▼ どこへか~ (412, 1.0%)

43 姿を 29 行って 21 出て 13 飛んで 12 消えて 11 いって 9 連れて 7 消え失せて 6 影を 5 出かけて, 立ち去った, 逃げて 4 往って, 立ち去って, 立去って, 落ちて, 隠したの, 隠して 3 失って, 帰って, 消えるよう

2 [22件] お出かけに, その姿, なくして, へるの, 使に, 姿の, 巣を, 引っ越して, 形を, 押し除けられて, 持って, 泊まりに, 移って, 落して, 行くの, 行つ, 隠されて, 飛び去った, 飛び去って, 飛び去りました, 駈けて, 駈け落ち

1 [169件] おいで, おいでに, おろして, お出かけでした, かき消えうん, かくれて, かなぐり捨てて, しっかり預かっ, すてて, その方向, つえを, とんで, なくなり子供たち, ひとつ出かけ, ふらふらと, ふらりと, スッとんだ, フッと, 一旦立退い, 一緒に, 万年屋は, 上るの, 世話を, 二人は, 人の, 使いに, 使にでも, 再縁し, 再縁した, 処分しなけれ, 出かけたの, 出かけやしねえか, 出かけると, 出たこと, 出たと, 出まして, 出る時, 出張し, 出歩いて, 出発し, 分れて, 去りあたり, 取片づけられて, 古い友だち二三人, 吹き飛ばされたの, 吹き飛ばされたよう, 吹っ飛んで, 呼ばれた時, 喋りに, 囲って, 売ったの, 売りに, 売り込むに, 売り込む口, 売り込んで, 売るつもり, 売れ口が, 外出し, 夜歩きを, 夜逃げを, 失せて, 奉公に, 封じ込められて, 小屋がけを, 少しも, 廻ったと, 引っ張って, 引っ越しを, 引越しちまった, 引越して, 御出, 御奉公, 忍ばして, 忘れた, 忙が, 急いで, 懸取り, 打ちやって, 抜け出して, 担いで, 持ち込むこと, 持参する, 換えようと, 攫って, 散歩に, 旅行を, 月見にでも, 沈んで, 没して, 泊りに, 消えた, 消える, 消え失せたの, 片づいて, 片付けられて, 用足しに, 移りすまむか, 移転する, 立ち去ったが, 立ち去ったとの, 立ち去ったよう, 立ち去るに, 立ち退いて, 立去った, 立去ったという, 立寄ってから, 立退いて, 立退こうと, 素早く逃げ隠れ, 縁付けて, 縁付けなければ, 置去りに, 置忘れて, 落着いたら, 葬って, 行かれたそう, 行きおった故に, 行きたいという, 行きたい行くには, 行きます, 行こうと, 行ったかな, 行ったの, 行ったり, 行った後, 行っちまいましたッ, 行つてしまつたので, 行つて長い, 見えなくなった, 見えなくなったの, 見えなくなって, 解釈し去られ, 誘い出させて, 誘って, 走って, 身の, 身を, 転勤しよう, 転勤を, 追いやったの, 退転し, 退転した, 逃がして, 逃がすつもり, 逃れて, 連れ出した, 連れ出すよう, 遊びに, 運ばれて, 運び去られました, 運んで, 遠く漂泊, 遣らるもの, 遺棄し去り, 金魚を, 闇の, 附けて, 降り立つと, 隠したに, 隠すより, 隠れて, 隠れる, 音も, 飛ばされて, 飲みに, 馳けて, 駈けた, 高飛びを, 黙って

▼ どこへも~ (339, 0.8%)

10 行きは 9 行かずに 7 行かないで 4 出ずに, 出て, 姿を, 行くところ, 行って 3 出ること, 持って, 行かず, 行く所

2 [24件] いかずに, いくこと, いくでねえよ, いっちゃ, いらっしゃらないで, やらないよ, 出ないで, 出ないという, 出まいと, 出ませんよ, 勤めず固く, 立ち廻った形跡, 行かない, 行かないと, 行かないん, 行かなかったん, 行きたくありません, 行きたくは, 行きやしません, 行きよう, 行くな, 行けない, 行っちゃ, 馬を

1 [233件] あそびに, いかないって, いきたいとは, いきたくないわね, いきたくなかった, いきは, いきませんわ, いけないの, いけない人間, いけなかったの, いけやしないん, いっては, いらしっちゃ, いらっしゃらないん, おいでなさる, おいでに, おきまり, お出でに, お出なされない, お出掛けない, お嫁, お行き先, お詑びして, かしこへも, ぐりやがったろうね, この二三日顏, すぐ知れ亙っ, すっかり失礼, たよりを, まだ届け, やらずに, やらない, やらないから, やらないどこ, やらぬ, やらぬ監禁同様, やらんぞ, やりは, ゆかずに, ゆかないここ, ゆかないと, ゆかれぬ様子也, ゆきえぬので, ゆくこと, ゆけなくなったの, ゆけません, 伸びて, 何にも, 使に, 入りそびれて, 入れて, 内聞との, 出かけずに, 出かけず引, 出かけそう, 出かけたはず, 出かけないで, 出かけないん, 出かけなかった, 出かけませんでした, 出さずに, 出さないで, 出してないの, 出ず晩, 出ず机, 出たこと, 出ても, 出ない, 出ないだろうな, 出ないん, 出なかったん, 出なかつたこと, 出なければ, 出ません, 出ませんか, 出られず太郎の, 出られないじゃ, 出られないよ, 出られなかった, 出られません, 出られませんと, 出るよう, 出る気, 出んつもり, 出入りしなかった, 出掛けたくありません, 出掛けませんでした, 出掛ける気, 力を, 動かいでも, 動かないで, 動かれなかったん, 動きたくないの, 動く場所, 動けんよう, 勤めては, 参りは, 國際電話が, 外出しない, 外出せず, 外出できない, 失礼し, 女の, 娘は, 嫁きたくない, 嫁入らず, 寄って, 寄らない, 寄らないもの, 寄りません, 尋ねて, 届かない, 届けずに, 帰って, 帰らない小僧, 帰りたくなくなった, 帰りゃしねえ, 廻らずに, 廻りゃしますまいな, 往かずに, 往かぬやう, 往きは, 往きやしないでしょうよ, 往くの, 往った, 後に, 御伴, 御無沙汰勝であった, 御礼状も, 手を, 手頼る, 拡がらずに, 文を, 旅行する, 旅行に, 曳いて, 来んよう, 沙汰を, 流れ出ないで, 渡つて行かれるなら, 片付かずに, 用が, 発表は, 相談に, 知らせずに, 私は, 立ち入って, 立ち止らず出口, 立寄った形跡, 立寄らず逃げるよう, 縁づかない覚悟, 置いて, 聞えずさ, 聞こえやしないよ, 船を, 落ちず予言, 落ちて, 落つる, 落とす気遣い, 行かうといふ, 行かずじまいでした, 行かないこと, 行かないって, 行かないという, 行かないね, 行かないの, 行かないのよ, 行かないまた, 行かないよ, 行かないわ, 行かないわよ, 行かない事, 行かなかったこと, 行かなかったそう, 行かぬつもり, 行かれない代り, 行かれんいや, 行きたい, 行きたか, 行きたがりません行きたがっても, 行きたくないと, 行きたくないわね, 行きたくなかった, 行きたくなくなりました, 行きたくなくなるん, 行きません, 行きませんわ, 行きゃあしねえ, 行きゃしない, 行きゃしません, 行きゃアしめ, 行きやしないさ, 行き場が, 行き所, 行き着かない恋, 行き誰, 行くこと, 行くさわぎしなくて, 行くと, 行くはず, 行くまいと, 行く気, 行けないあたしゃ, 行けないから, 行けないの, 行けない状態, 行けやしないじゃ, 行けやせんじゃ, 行けるわけ, 行ける身体, 行った様子, 行っては, 行つたわけぢや, 訪ねて, 走るん, 逃げては, 逃げは, 逃げやしねえ, 逃げ出しません, 通じて, 通じないん, 通らぬ, 連れて, 遊びに, 遠く離れ, 遣りたくないの, 避暑に, 配らなければ, 降りること, 顔が, 顔出しし, 顔出しを, 高飛びは

▼ どこ~ (329, 0.8%)

3217 と思う, どこだ 128 か知らない 65 か, な 4 かわからない, か分らない, か判らない, か教え, か知らねえ, か知りません, と思っ, と思ってる, と聞い, よ 3 かそれ, か分らず, か知ってる, ここは, と思ふ, 八

2 [12件] あ, かハッキリ, か知っ, つけ, というの, とお, と聞いた, と聞く, ね国, の, 平次, 火事は

1 [145件] ああ, えこう, えこの, え行く先, おい, お品さん, かいま覺め, かおれ, かその, かちっとも, かということ, かなあ, かに漂っ, かの, かの医大, かの女王, かはだれ, かはっきり, かはつ, かへ転任, かぼ, かまだ, かよく, かわからぬ, かわかりません, か一向に, か其, か分かっ, か分からない, か分からなかった, か分りません, か分るだろう, か判らず, か判らねえ, か判りません, か判る, か大方又, か存じません, か忘れ, か相談, か知らぬ, か知れない, か知れる, か石塔, か私, か解らなくっ, が分らない, ぐらい見, げっとも, こんなところ, さあ持っ, そこは, そそれは, そちは, そのほう, そのアパート, その七名, その場所, その駕, それは, っけな, っけね, つて, つてさびしい, つて出来る, つて歓迎するだらう, つて水が, てめえ達の, と, というそう, といった, とおもう, とおもっ, とお尋ね, とかいった, とか男友達, とか言った, とか階級, ときかれれ, とこわい, と云う, と云えなく, と交番, と人, と号, と奇体, と女, と尋ね, と心得, と心得てる, と思, と思います, と思ったら, と思つて, と木遣, と栄介, と聞かっし, と聞きゃあがる, と聞け, と股野, と訊い, と訊いた, と訪ねる, どこだって, どこに, どこを, どっちへ, どれ, などと訊い, ねという位, ねぶしつけだ, ね住居, のと, まず咄嗟, むむ, も知んねえ, やら呼ばる, よう, よ一体, んね, ア, アアまっ暗, イ生まれは, エ, サア言え, マリーランドは, ーい, 二軒目は, 住居は, 四谷か, 巌, 彼奴の, 教主を, 暗いところ, 暫らくあの, 本座, 案内しろ, 此処は, 火の手は, 火元は, 生れは, 芳江は, 若い衆どこだ, 酒の, 金だ

▼ どこ~ (259, 0.6%)

60 いって 21 なしに 19 云って 10 言って 7 いふあても 6 いつて 3 どこを, 云うこと, 云つて自分の, 思って 2 きまって, どことに, 思う

1 [118件] あっても, いい武蔵, いうまでも, いえる宿痾, いおう, いふあては, いわず眼, いわず落ちたところ, きまったこと, きまったところ, きまった所, さしてここ, して, しも, たずね笊, どこだ, どこでござる, どことで, どことへ, どこに, どこの, どこへ, なくきょう, なくこうした, なくしいん, なくしつとり, なくじきに, なくた, なくふくらみ, なくゆさゆさ, なく不安, なく人形, なく凛と, なく夕方, なく大きく開いた, なく女らしいところ, なく感覚神経, なく日, なく煙硝, なく生き, なく疑り, なく自然, なく親しい気持, なく雷, なしお, なしかわった趣, なしくつろげる, なしわれわれ外国行, なしタクシード, なし一歩, なし人々, なし人柄, なし他所, なし似て, なし余分, なし品, なし女, なし斯, なし昔, なし気, なし痛い事, なし腑, なし落ち, はっきり申, はる必要, むすびつけるかという, よりほか, ハッキリとは, ハッキリは, 一つ壊れた, 一点の, 世界各国に, 云うあて, 云う事, 云う目的, 云う見当, 云えば, 云つてあても, 云つて心に, 云つて特徴の, 云つて華やかな, 云ふ, 云ふこ, 云わず足, 口で, 定ってや, 定まりわからず, 定まる目的, 定めず天井, 引っかかりを, 心得る, 指して, 指すこと, 指摘は, 方角も, 昔から, 暖かい火, 書いたか, 書いて, 極めたか, 母親の, 毎日つづいた, 炉の, 無く嫌味, 無く芸術的, 申して, 申すあて, 聞いたら神田, 聞くと, 見くらべても, 見て, 見定めたわけ, 言うこと, 言ってから, 言つ, 言ふ, 選りごのみなし, 鳴る太鼓

▼ どこやら~ (245, 0.6%)

3 で, では, 似たところ, 似て, 覚えの 2 でした, 他の, 慈悲深く, 素人よりは, 緊張した, 覺え

1 [218件] あおい瞳が, あどけない少年将軍, あどけない愛嬌, あなたに, あなたの, あのお写真, あの動物, あらそえない沈滞, いきいきし, いきな, いつも自分, うっすらと, うつとりし, うまくは, うるみの, お疲れ, かすかに, きざな, けわしくなっ, さっぱり分らない, しず心が, しどろな, すねて, すまぬ御, そつくりそのまま, そのお, その女, その男, だれたざわめき, ちがうもの, ちらと, であったこと, でいや, でそんな, でぽ, で旧, で童子童子, で見たといふ, で鳩, とてもすぐれた, とても下品, はなれたところ, まだそれ, まだ子供子供, まだ風, まったくわからなくなっ, まるみ, むしろ社会主義, むっと口, もうろくし, もとの, やつぱり不吉な, ゆたかに, シャ, ヂッケンスを, デカダンと, ナポレオンに, ビザンチン式モザイックの, ミロの, ユーモアを, リュックを, 一つの, 丁寧な, 不可解な, 不如意な, 不安の, 不自然に, 乳くさい, 予期し, 仄かな, 仇めい, 伝法な, 信用しない, 信長に, 元気の, 先に, 公式的に, 公爵に, 典雅で, 内儀さんに, 冒しがたき, 切りに, 初夏の, 勝れぬよう, 千里の, 卑屈で, 又太郎高氏, 反動的な, 古びた紙ばり, 呑気な, 品の, 団十郎の, 国貞うつし, 垢ぬけし過ぎた, 場末臭い, 変った, 変ったふし, 変って, 変つ, 変に, 大容, 大新聞, 奇妙な, 姿を, 子供の, 安心し切れない, 安閑と, 家の, 容子も, 寂しい横顔, 寒く重たい軒, 小品文めいた, 少年らしい, 島田の, 崇高な, 嵩張って, 常人と, 建築模型の, 弱い笑声, 形が, 影が, 後ろめたいもの, 御軽薄, 微かに, 心の, 心配そうな, 忍男に, 急に, 急処, 恋の, 悪人らしい, 憐憫を, 捉えどころ, 撲って, 擽ったく余り空想的, 文化的な, 既に老い, 日本の, 春めいたもの, 春らしく, 曖昧な, 歎息の, 気が, 気に, 決定り, 注意し, 漱石の, 父に, 父の, 物々しい光景, 物腰には, 物足らな, 物足らぬ, 物騒がしく駈け廻っ, 独特の, 用意と, 男性的で, 疑わしくこれ, 痩せこけた源次, 皮肉の, 真剣な, 神経質に, 福相な, 私の, 穴居人の, 空気軟ぐは, 緑掛かった, 耳あたらしい, 聞いたこと, 肩の, 腑に, 自主的に, 自嘲を, 艶かしい, 若く見える, 荒い, 落ちついて, 落ちつかずいやらしい, 落ちつきが, 落ちつきはらった, 落付か, 落着いた, 行ってしも, 覇気を, 見おぼえが, 見たよう, 見どころある, 見覚えが, 見覚えの, 解放された, 謙遜めいた, 謡曲らしく, 變つて來て, 超現実的, 身に, 軽々しく落ちつき, 軽蔑され, 道誉の, 違う, 違って, 遠くで, 遠くに, 遠慮がちな, 都の, 都会ふうに, 酔態が, 醒めきらぬ心, 錯覚的な, 闇の, 除き切れずに, 陰険に, 雲中白鶴の, 面ざし, 面影を, 顔が, 風に, 風雨と, 饒かな

▼ どことも~ (237, 0.6%)

6 なく姿 4 なく飛ん 3 なく消え, なく行っ, なく逃げ

2 [16件] しれずはこびさられて, しれずゆくえ, なく, なく旅, なく立ち去った, なく立ち去って, なく連れ, なく逸れ, なく遠く, なく飛び去った, なしに, 想像が, 知らず走つたと, 知れず姿, 知れず立ち去って, 知れぬ所

1 [186件] いわず昼間, いわれない大ら, かまわず身, しれずあかぬけして, しれずあの, しれずす, しれずたちさって, しれずつれさられたの, しれずと, しれずとまりました, しれずとんで, しれずびっくり, しれず持ちさられて, しれず立ち, しれず走って, しれず走りさ, しれず逃げさって, しれず運ばれて, しれず飛んで, しれない海, しれない深, しれぬまっ, しれぬ広い, しれぬ建物, ちがって, つかずうち, ないが, ないすべて, ない有明, ない球突塲, ない秋晴れ, なくあるが, なくいっ, なくうすけむり, なくさまよいだし, なくざっと, なくするどきところ, なくその, なくた, なくつれ, なくどうやら, なくぷんと, なくぽつぽつ, なくまっ, なくやさしい涙, なくゆ, なくわれがち, なくガラン, なくバラバラ, なく人々, なく人声, なく出歩い, なく前方, なく半ば, なく哀れ, なく噴き現れ, なく地上, なく変, なく奥床しい別, なく宵闇, なく屋敷, なく嵐気, なく引, なく当年, なく得々, なく心, なく指さした, なく掻き消え, なく散り拡がって, なく日本人, なく本当, なく歩い, なく浮かれた, なく消え去って, なく消え失せ, なく漂いだした, なく漂っ, なく瀬, なく町, なく眠つて, なく眺め, なく立, なく立ち去っ, なく立ち去ったの, なく立ち去った様子, なく立ち去りました, なく立ち去ろう, なく老い, なく聞えた, なく聞える, なく芥子, なく落ち, なく蝿, なく血まみれ, なく行く, なく行つて, なく行つて了, なく裏山, なく見詰め, なく覚える, なく走りだしたの, なく走り出した, なく起つ, なく逐電, なく遊び歩く, なく闇, なく陰鬱, なく陽, なく陽気, なく雪, なく零落, なく頁, なく飛び去, なく飛び去っ, なく飛び去る, なく香, なく駈け, なく駈け出し, なく駈け去った, なく鳴動, わからないたった, わからない海岸, わからぬ雉子, 云えずその, 云えない, 交渉は, 分らぬ, 当ても, 指定してなかった, 断定は, 知らず姿, 知らず彷徨, 知らず聞え出した, 知らず迷い込んだ塩, 知らず逃げ失せたの, 知らず運んで, 知らず駆けだして, 知らない, 知らないで, 知らない海岸, 知らない港, 知らぬ空, 知らぬ街路, 知れず, 知れずあの, 知れずそこ, 知れずたちさって, 知れずとびさ, 知れずどこ, 知れずふきながされるよう, 知れず変った, 知れず尺八, 知れず流れる支那人, 知れず消え失せて, 知れず翔け去ったの, 知れず行って, 知れず走りさる, 知れず走り去った, 知れず走り去って, 知れず逃げさって, 知れず逃げだして, 知れず逃げて, 知れず逃げ出して, 知れず闇, 知れず飛び去って, 知れず飛び去つたといふ, 知れない国, 知れない川, 知れない手, 知れない藪, 知れない野末, 知れなかった, 知れぬところ, 知れぬとは, 知れぬ体じゅう, 知れぬ場末, 知れぬ山間, 知れぬ漁村, 知れぬ相手, 知れぬ遠い, 知れぬ隠秘, 続いて, 行き先ゃいわねえようでしたがここを, 見えぬ火元, 覚えない大溝, 電話が

▼ どこにでも~ (207, 0.5%)

8 あるの 7 ある 4 いる 3 あって, あるもの, あるやう, いるよう, 転がって

2 [11件] あった, あつた, あるん, ある住, いて, いるの, いるもの, からだ一面に, ゐる, 居る, 通用する

1 [151件] あったが, あった陳腐さ, あて嵌まる, あのぶ, あらゆる形, ありそう, ありどこ, あります, ありますよ, あり夢, あり私製, あるが, あること, あるさ, あるそしてまた, あるであろうい, あるでしょう, あるという, あるとは, あるならまあ, あるのに, ある一番, ある例, ある型, ある手練手管, ある普通, ある東京, いた, いって, います, いますそして, いられる, いること, いるクロプイ, いる仲良し, いる噂好き, いる普通, いる青年, おこること, おる, お前さんの, かくせる, かくれがを, かくれるところ, かしこにでも, ころがって, ごろごろし, ご縁, ざらに, しまって, すこしずつ, たくさんいます, たくさんいる, ただ詩, ついて, ついて行くという, ついて行くの, つくられるよう, はめこんで, またいつ, みられるかも, やってきます, ゆくよ, よくある, りっぱな, クラムを, ゴロ, パイプが, 一人や, 一本や, 主人が, 人を, 他人の, 任意に, 似たり, 住む権利, 何かの, 何方連山と, 全身入る, 出かける, 出そうもの, 出現し, 動きます, 口が, 可哀そうな, 同時に遍在, 咲いて, 在る賑やか, 地球の, 地面や, 坐ったところ, 売って, 売ってるでしょう, 奉公する, 子供が, 安住できる, 寝た, 寝て, 寝る何, 居て, 居るが, 居るし, 居ると, 平氣, 庭内に, 引ツ込ん, 彼は, 得られる物, 慰安を, 新しい生活, 明光が, 来て, 松の, 案内し, 横に, 気な, 汝らの, 沢山あった, 波に, 現われなん, 現われる, 生き甲斐が, 盛り場という, 神秘の, 罪を, 落ちのびられるよう, 行きあうよう, 行きたいところ, 行き喜捨, 見かけるもの, 見られた, 見られるあの, 見られること, 見られるしずか, 見受ける, 誰の, 起りがちであった, 起るお家騒動, 身を, 追い使われて, 這入り込んで, 通用し, 通用します, 避暑地と, 金が, 金銀が, 開らかれ, 開業出来る, 間に合うし, 領土を, 顔を

▼ どこからも~ (178, 0.4%)

11 出て 8 返辞が 4 返事の 3 何の, 見えは 2 人の, 知識を, 聞えなかった, 見えなかった, 返事が, 響いて

1 [137件] あの歯ぎしり, あの港, あやしいもの, あらわれて, うまれません, おれのだ, お米, お金の, かかって, ここからも, この問, ご番所, その片鱗, それらしい, つかめなかった, でなかった, なかった, なんらの, はいって, はいり込むすき, ひびかない, わっと, ガミガミ催促, ボンの, 一人も, 一文だって, 一片の, 一銭も, 上らなかった, 仕事を, 何も, 何一つお, 使者らしい, 便りが, 光線が, 光線の, 入ること, 出ない, 出られぬわけ, 出るあて, 出るところ, 出入が, 切り離されて, 制止されなかった, 反対意見は, 呼びかけられて, 咎められる心配, 富士山が, 射さなかった, 射して, 導くこと, 尻宮の, 川の, 左内の, 干渉の, 愛嬌が, 感じられない, 手を, 捻出の, 撮れるよう, 救いは, 救ひ, 文句の, 文夫の, 日が, 日の, 明瞭な, 曲者の, 札束は, 来てえしまへんぜ, 来なかった, 来信が, 死骸を, 水音さえ, 決して行かれない, 注進を, 消滅し, 爆発の, 現れて, 現れなかった, 現れませんでした, 生じて, 生れる余地, 発しては, 発見されなかった, 発見されませんでした, 発言する, 目当ての, 直射光線の, 眺められるその, 眼に, 空気の, 空氣の, 突込まれない, 窺うこと, 立ちませんでした, 答える者, 耳に, 聞えて, 聞き入られるほど, 聞こえては, 自分には, 色よい, 苦情が, 苦情は, 薄紅色, 血などの, 血の, 補助されなかった, 見いだすこと, 見いだせない輝かしい, 見えて, 見えない, 見えないこと, 見えないところ, 見えぬつもり, 見られる恐れ, 見出すこと, 解く糸口, 証明出来ない, 豹は, 走って, 起らなかった, 足場の, 返事は, 返辞は, 追い出されたん, 送金が, 逃げだすみち, 逃げること, 逃げ出したけ, 遁が, 金が, 青い烟, 食糧を, 駿河台の, 鳥の

▼ どこそこ~ (129, 0.3%)

6 の家 4 の何 3 の店 2 で見かけた, にこういう, に生れ, のうなぎ, のお, の仕事場, の女, の嫁とり

1 [100件] からある, から立, がこの, だった, であの, ですが, ではいくら, では合戦, では箱, では雷公, でよく, でトチッ, で人, で会, で会おう, で何, で何ん, で喝采, で国, で拾ひま, で落合いましょう, で逢おう, と私, と言う, なら相談, にある, にいい, にいました, にお住い, にその, には桜花, に住ん, に何票, に初雪, に忍び込ん, に応挙, に旅, に来, に立っ, に行っ, に近頃, に集合, のおっ, のお婆さん, のお嬢さん, のてんぷら, のなに, のラマ, の乞食, の人也, の修験者, の倉庫, の城, の奥さん, の子供, の宝, の宿, の宿屋, の寺, の山間, の川の, の市, の晩餐, の梅, の次男, の海, の牧場, の犬, の科学, の華族さん, の藩士, の誰々, の誰か, の警察, の貧乏人, の雨戸, は千鳥, は國語, は山吹, は戰國策, は米, へいくら, へいった, へいつ, へリンカ, へ使い, へ出かけよう, へ旅行, へ自分, へ行きたい, へ行く, へ進軍, へ遠足, へ金何円, へ金百万円, までの足数, まで来, まで来い, を奪取, を発った

▼ どこ~ (118, 0.3%)

2916 んです 11 のでしょう, んだろう 8 のだ 6 のか, のです 4 んだ, んでしょう 2 のかしら, のだろう, のでございましょう, のでございます

1 [15件] ぃも, と好き, のかしら家, のかと, のかね, のかも, のさ, のだらう, のであろう, の兄さん, の家, の行く, んだらう, んで, んでございます

▼ どこです~ (114, 0.3%)

6975 親分 2 かい, ね

1 [29件] かい阿, かお客様, かちょっと, かときいた, かときく, かと訊く, かどう, かどこ, かな, かなんだか, かなんて訊い, かね, かねえ, か何, か東北, か武蔵様, か火事, がもう, そして奉公, と, どこです, どこに, などと訊いた, のいい, のお, よって, わたしの, 所は, 親分それは

▼ どこかを~ (107, 0.2%)

2 みつめて, 小突かれたよう, 少しかすられたらしい, 突かれたよう, 見つめて

1 [97件] いつまで, うったと, うったらしくいた, うろうろし, うろついて, うろついてるの, おしました, おびやかすよう, くいやぶって, くすぐつて, ぐるぐるまわっ, こわし何, さかさに, さまよって, じっとみつめ, そう強く, その赤い, た, たずねられるん, つかまえた, つかむと, つかんで, つねったらしいの, つねつ, つねられたの, どんどん駈け, ひっぱって, ひっぱるよう, みっしみ, やられたん, グッと, 一巡し, 乗り廻したに, 傷つけたのに, 傷つけて, 凝視する, 凝視めて, 出たその, 出歩いて, 切開されなすつた, 労る, 夜の, 女の, 実際に, 少しばかり, 岩で, 強く打っ, 彷徨う, 必ず掻きむしられる, 思い出させます, 思い出そうと, 恐れるもの, 愛して, 打ったらしく起きあがる力, 抉られるよう, 折つてしまはずに, 抜けて, 押すと, 拝む真似, 指して, 指環の, 探せば, 掴もうと, 擽ぐられたが, 放浪し, 斬られて, 時鳥が, 暫く散歩, 機敏に, 歩いて, 流す虚無僧, 漠然とながめ, 痛めは, 真似ようと, 睨まえて, 瞶めて, 突き刺されたよう, 突き刺す毒, 突き破って, 突破した, 粗羅紗, 縫い通されたの, 自身の, 薙ぎられ, 行く水, 行く馬蹄, 見つめずには, 見つめ話し手, 見てるよう, 見るよう, 見詰めて, 走ッ, 転々し, 軽く突いた, 遊び歩いて, 鄭重に, 金槌で

▼ どこまでが~ (91, 0.2%)

4 嘘か 3 事実で, 本当で 2 ほんとうで, ほんとか, 嘘な, 実生活の, 本当だ, 真実で, 真実な, 真面目で, 真面目な

1 [63件] うそかは, ほっそりとして, ほんとうな, ほんとうの, ほんとだ, デモクリトスエピクロスの, 事実であった, 事實か, 仰いだ力, 何某の, 作戦地域として, 信頼し, 俺の, 健全であり, 公的な, 典型的な, 冗談だ, 分って, 化物な, 善くつて, 夢だ, 夢な, 実用品, 小説的人物である, 彼の, 惡いんだ, 成効である, 手段で, 昔話か, 本当である, 本当にあった, 本文か, 本来の, 本気で, 本當, 柘植の, 母の, 物識りの, 玩弄品である, 現実で, 現実として, 生活な, 真か, 真実か, 真実である, 社会乃至, 科学であり, 空涙か, 紙の, 素人で, 膝の, 自分の, 自然の, 芝居で, 芸術で, 藤井の, 言論の, 記憶で, 買い手かは, 身分相應で, 迷信だ, 遊戯である, 道具屋で

▼ どこかしら~ (88, 0.2%)

2 にある, キミ子に, 不自然が, 似て, 歪められて, 罪人と

1 [76件] あたらしい入口, いつもとは, かなり似た, から人声, きっと障子, きやしやな, この人, その美し, それが, だいぶ似た, ちがって, でその, でつながり, でゆるせぬ反撥, でゴンドラ, でバッタリ, で墜落, で抑, で白痴, で私, で衝突, で誤魔化さず, にかくれ, には一日, には戦があった, にゴールド, に奔放, に必ず, に悪い, に投げだされ, に持つ, に漂つて, に籠ってる, に繋い, に血, に関聯, に青春, ひえびえと, ぴつたりと入, へ一突き刺し, ほんのりと, ソフィストケイトし, ルノアルと, ルノアルの, 一つの, 一寸でも, 不安の, 不自然でも, 不自然な, 亀さんが, 僕に, 少し物足りない寂しい, 日本を, 明哲保身を, 東京付近に, 油斷の, 物足りなさ, 異様な, 病人らしい, 病気な, 痛いん, 痛むらしい体, 神の, 精が, 脳貧血に, 自信が, 見覚えが, 身体の, 違ったところ, 違ったもの, 違った感じ, 遠い遠いお, 金属性の, 食い違うところ, 食ひ, 馬が

▼ どこかから~ (82, 0.2%)

4 だが 2 バリカンを, 手紙は, 逃げて

1 [72件] お剰, かお持ちに, きこえて, きみの, これを, そっと僕, その大伏樋, だでも, だれかが, なにかが, なにかの, にせ札, はいって, ひぐま, ひとりでにガマ口, ほと, また鴉, みみずの, みょうな, もらった高価, もらって, やってきて, わらい声, ターザンの, チャリンチャリンと, ブルルルルル, ライトでも, 一枚の, 不意に, 不相変, 主人が, 人の, 何とかした, 僕の, 光が, 剩り, 妾腹の, 少しばかりの, 引張つて, 怪人団の, 懶そう, 戻って, 持って, 捜し出して, 整えて, 整へて, 文字ばんの, 新しく自分, 新藁, 桃子の, 歌を, 死体が, 民族問題が, 水が, 湧いて, 牽制される, 現れ出て, 用意し, 男ぶりの, 種を, 聞こえて, 菊の, 蓄電器を, 覘つてゐる, 貰って, 買って, 起こって, 送つて, 這入って, 這入つて, 適当な, 鶏が

▼ どこやらに~ (80, 0.2%)

3 ある, 残って 2 無理が, 腑に

1 [70件] あった, おかしみさえ, おりますか, この世の, その力, それ者の, たたえて, ただの, ただよって, つたえられても, ながれては, なくも, のこれる風情, ひがみ者, ふに, まだ二葉亭四迷, 一風変った, 人に, 人を, 住んで, 備わって, 出品した, 南蛮の, 去りやらぬ一抹, 吹いて, 和やかな, 奇妙なうなり, 奉公し, 婀娜な, 嬉しさ, 小気味よきところ, 小豆が, 年を, 幼な, 彼にたいする, 急に, 悪魔の, 愛嬌が, 押付けたもの, 是波霜太様とて, 朝の, 杭打つ, 極端な, 水, 水の, 浮気の, 清雅縹渺として, 湿りを, 潜んで, 然し親し, 犬の, 犯し難い, 狡さ, 生娘らしい, 用達して, 甲州なまりらしい, 白っぽい気, 神の, 紀州家の, 聞ゆる如く, 腹の, 落し胤も, 落ちた名人, 薄すらと, 見憶えが, 親しみの, 足らぬ筆, 長閑な, 隠しても, 面影が

▼ どこへやら~ (77, 0.2%)

2 今度は, 急に

1 [73件] あたりは, あの罪業, あらぬ飾物, いまは, おびえきって, きりぎりすの, ここばかりは, この瓦斯, これなら, これ一本が, そのよう, その場, たえられないほど, ただ血眼, だ, ふっ飛んで, ほとんど泣かん, またいつも, まるで主人, まるで人, みいらの, もぐり込んで, グッタリと, ヒヨタヒヨタ坐つ, ペンペは, ホールは, マノンの, 一人相撲を, 下唇, 与吉は, 云いあわせたよう, 五人揃っ, 五六町韋駄天走りに, 今は, 今までの, 仲間に, 全然ダラシ, 全身俄に, 去って, 喪失し, 地球の, 声を, 大喜び, 大声な, 好奇心で, 姿を, 少しばかり, 屠所の, 常明寺から, 座席の, 引越しといふ, 張少年は, 急にから, 新たに, 暫くの, 更けるほど, 消しとん, 涙を, 潮気を, 焼酎は, 目玉を, 石子は, 背中に, 至極おだやか, 行きよつた, 行って, 行つ, 行つてしまつ, 行つてしまつたのを, 走って, 身に, 駈出すつもり, 鹿子の

▼ どこよりも~ (72, 0.2%)

2 低くそこ

1 [70件] あそこが, いちばんうつくしかっ, いちばん安い, かかる小, ここは, こちらへ, ことに猛烈, ずっともの凄い, せわしく借り, その碧さ, なつかしい国, はやく肥後, はるかに, ふるい力, まず藤壺, まっ先にきれい, まづ故郷, やかましいと, よく纏っ, よろしい, ボーイの, 一番あの, 一番よい, 一番美しく, 一番腐り, 交通不便な, 低いせい, 先ず祇園町, 先にと, 多いこと, 安く勉強, 家庭から, 寄食者つまり, 小勝に, 展望の, 強く圧迫, 手軽く粗末, 日本の, 早く, 早く夜, 早く蒸気機関, 暑さ, 暗く陰欝, 最も戦場, 来らざりしやと, 桂子の, 氣樂だ, 流行る伊沢, 海の, 涼しい風, 清水だった, 癩院は, 盛大な, 監視し, 真っ先に, 知って, 私の, 私は, 空気が, 経済事情が, 落付い, 蒼い水, 見事な, 遠かった, 離れて, 雪が, 頻繁だ, 風が, 風景の, 高いん

▼ どこ~ (70, 0.2%)

2 お悪い, 無心の, 近いところ

1 [64件] おかげんで, お大名屋敷, お目障り, お芝居, お邸奉公, こでございます, このあたり, この街角, この辺, こは, しかるべき宿, そこらで, そこらへ, ほかに, ほかにも, よい湯治場, よろしいところ, わずらって, 一室へ, 二三時間で, 他の, 他へ, 会席にでも, 其辺に, 出なすったか, 切られて, 古城の, 向こうの, 咲いてる所, 商人の, 大店, 大阪で, 宿屋へでも, 廻り道を, 急用でも, 悪いと, 押しかけ客, 捜して, 旅に, 横穴へでも, 死所を, 深い山奥, 湯治へでも, 田舎で, 田舎城の, 病気にも, 痛みは, 私の, 空いた所, 自身番の, 行くんかい, 話の, 近くの, 近所へ, 追手の, 遊びに, 遊び場の, 遠いところ, 遠くへでも, 里の, 野山へ, 長旅へ, 静かな, 頼る所

▼ どこからでも~ (69, 0.2%)

3 いいから 2 来い, 見える

1 [62件] あたって, いい, いかやう, いらっしゃいという, かかって, こいっ, この山塞, この野原, その赤い, そんなに遠く, はっきり見える, ほぐれて, 下りて, 入りこんで, 入れますが, 出て, 出入りが, 切り込んで, 十分観賞に, 存分に, 岐阜城の, 平気で, 引き返そうと, 御覧と, 手紙は, 打ちこんで, 打電し, 投げられるよう, 持って, 指摘できる, 掛かって, 探偵事務所と, 攻めて, 料理しなさい, 時が, 望まれる, 来いだ, 来たまえ, 構わない気, 横になと, 水の, 沸, 源一の, 生じるわけ, 目立つ屋敷地, 目立つ白地, 相手に, 空気が, 空襲できる, 突いて, 見えるこの, 見えるでしょう, 見えるもの, 見えるやう, 見えるよう, 見られる様, 見わけられるよう, 見分けの, 見張って, 越せないこと, 選んで, 雨が

▼ どこにか~ (66, 0.2%)

5 隠れて 3 姿を 2 潜んで, 相当の, 隠して

1 [52件] あの爺, あるだろうよ, あるでしょうと, ある民衆, ある顔, あッて, いのちの, ただよって, みんな飛ん, テントの, 一種の, 不安な, 人の, 休んで, 俤が, 写真仕掛けでも, 冷たい秋風, 凜然と, 去って, 品格も, 大きな腕, 天下晴れ, 小粋, 少なからぬ, 年増だけしか, 引か, 心の, 思召の, 愛敬ある, 持ち行かれしもの, 故障が, 昇る路, 春を, 気の, 狐でも, 生きて, 立ち去って, 笑えないもの, 総括すべき, 萌すので, 落城の, 落着の, 行って, 見いだそうと, 路草を, 踪跡を, 身を, 雄大の, 雇はれたい, 雪に, 飛び去って, 飛んで

▼ どこかが~ (57, 0.1%)

2 こわれて

1 [55件] あると, おそろしい力, きっと廻りきれません, しきりにむず痒く, それでも満足, ちぐはぐな, どうかなる, どうにか変形, ひっ千, ひどく痛む, まちがって, やぶれて, キュッと, ジーンと, タルに, ピイピイと, ポーッと, 今そこに, 似て, 変調子に, 少しきつく, 工合わるく, 引きはがされるよう, 引き千, 引っかかったり, 急に, 悪いと, 悪くなっ, 揺られる気, 故障し, 故障らしく, 本能的に, 汗ばんだ, 消滅し, 淋しかった, 漆の, 無理な, 熱くなった, 片輪, 狂い出しそう, 疼くよう, 痛いよう, 痛む時, 痺れたのね, 真実の, 絶えず茎, 老人に, 胎内に, 薄くなりでも, 違つてゐなく, 酒臭い, 開いて, 震えて, 鳴る音, 麻痺れ

▼ どこという~ (57, 0.1%)

7 あても 6 ことも, 当ても, 的も 4 ことなし, ことは 2 ことを, 当も, 確かな

1 [18件] きまったあて, ことなく, ところも, ので, ように, 事なく, 事も, 嫌いなく, 定めもござりませぬ, 当ては, 欠点も, 特徴も, 目あても, 目的が, 目的も, 窓も, 置きどころ, 見さかいも

▼ どこででも~ (56, 0.1%)

2 出して, 寒そう

1 [52件] いいから, きイちゃん, くりひろげられる, そうだ, そうな, つねづね肌身, どんなの, ねらい打ちに, はじまって, やっぱりまだ巨人, やります, ボートルレを, 主張する, 云われて, 人は, 仕事が, 何事にでも, 作れる, 使用する, 働きました, 僕が, 売って, 女は, 実際に, 宿主か, 寝る泰軒, 彼は, 彼らは, 得られたもの, 意の, 我々が, 暮すこと, 気分が, 決して事件, 独居し, 生えて, 眠り戦闘, 眠れるの, 私が, 立ち止まって, 簡単に, 聞く事, 行われた, 見られるよう, 見受ける数本, 評判に, 調法がられました, 車を, 野宿が, 食べられるという, 食事を, 食物と

▼ どこへとも~ (54, 0.1%)

3 なく姿, なく飛び去っ 2 なく落ち, なく行っ

1 [44件] お行方, なくいつ, なくただ, なくの, なく出, なく去って, なく去つて, なく去ッ, なく喚びかける, なく城, なく帰って, なく帰つて, なく急ぎ, なく揮発, なく歩きだしました, なく歩みだし, なく消え, なく消え去つた, なく立ち去った, なく立ち去って, なく立去って, なく素張, なく脱走, なく舞っ, なく落ち去った, なく行く, なく走り去った, なく逃げ去っ, なく逃げ失せ, なく通っ, なく連れ, なく雲, なく鞭, なく飛ん, なく駈け, なく駈け去, なく駈け去った, なんの, 仰言いませんでした, 無く行っ, 知らず錨, 知れぬ旅, 行こう, 訊くひま

▼ どこ~ (48, 0.1%)

2 も行, 行かっしゃる, 行く, 行ったって, 行って, 行つた

1 [36件] あまり行ぐなッて, いく, かぶっ, から買った, か行く云う, か行っ, か連れ, だって立派, でもおい, でもけづがれ, でも行けた, まで松埃, もおらどこさ, も一生どこさ, も置く, も行かねえ, アへ, 婿に, 嫁に, 引っ張り込んで, 手紙やりで, 持って, 放ろったもん, 来い, 来いてば, 来るッ, 空手で, 行きなさるかね, 行くだよ, 行くと, 行くの, 行たかい, 行つたの, 赤ずきんちゃん, 逃げあがつたつ, 金を

▼ どこかには~ (45, 0.1%)

1 [45件] あるに, あるの, ある正直さ, いうが, いって, いつもほか, いるところ, お墓, お祖母さんに対する, この明るい, この鎌倉, その人, たえず弱い, はや九日, まだ消え残っ, わが身を, イザという, 上流婦人らしい, 不安の, 人に, 人声が, 兼好の, 前身の, 可惜, 奇怪な, 実母の, 少し大人気, 希望を, 常より, 年寄り独特の, 当時の, 怪我か, 持たれて, 数千ポンドの, 月が, 月の, 未に, 死の, 残忍な, 生きたいと, 病床に, 絶えず見失った, 義務として, 茫然と, 雲雀の

▼ どこかと~ (43, 0.1%)

4 いうと 2 ぼけたよう, ぼけて, 球の, 道通る

1 [31件] いう, いうに, いえば, いって, いつたらそれ, きくから, しつっこく千代乃, そんな契約, たづねた, ながめまわしたとき, ほいとほい, ほつたこと, ぼけたところ, ぼけた悠々, また訊ねた, 云うくらい, 問うと, 問はれた, 尋ねて, 思うと, 思って, 戦いを, 探チ, 海の, 聞いた, 聞いて, 聞いても, 聞きますと, 聞くと, 見当も, 訊ねて

▼ どこからが~ (43, 0.1%)

2 夢で, 神話化せられ

1 [39件] うそか, こしらえたん, すなほ, その後の, ほんとな, ルクレチウスの, 事実で, 個人攻撃に, 制約される, 制約であり, 哲学, 嘘だ, 夢であっ, 夢な, 常軌の, 形式であり, 思想だ, 戦争で, 本当だ, 本当な, 植物である, 深夜の, 狂言で, 狎れ合いかという, 玄人か, 私の, 私的な, 空想だ, 空間であり, 空間でない, 笑談な, 紙の, 罪の, 職業人と, 自分の, 西鶴の, 越権的警察機能である, 間違つてゐる, 鼻ぞ

▼ どこだって~ (41, 0.1%)

6 いいじゃ 2 そうだ

1 [33件] い, いい, いいわ, いいん, おなじよ, お米, かまいませんわ, かまうかい, かまうもん, こうなりゃ, こうなる, しきりに聞く, だいじょうぶでしょう, もうみんな, 今日初めて, 出させて, 出来ますよ, 同じだい, 同じなら, 同じわけ, 大事に, 好いじゃ, 朝から, 構わない, 目上の, 知って, 聞きますから, 貸すわ, 送って, 通じる, 違ったらどう, 阿蘇町さ, 餌が

▼ どこからと~ (40, 0.1%)

2 なく聞え

1 [38件] いえば, いって, なく, なくうなり, なくお, なくきこえる, なくころころ, なくさっと, なくそれ, なくたくさん, なくぱたりぱたり, なくやってき, なくやつ, なくソヨソヨ, なく一人, なく万歳, なく人, なく単調, なく寛かな風, なく懐かしいお母様, なく敵, なく槍, なく沸きあがった, なく法水, なく無言, なく白竜, なく皇帝, なく砂, なく耳, なく肉, なく起こった, なく隙, なく集っ, なく電話, なく飛ん, なく鼠, なしに, 知れずその

▼ どこやらで~ (39, 0.1%)

2 水の, 虫の, 雁の

1 [33件] うその, お目にかかったよう, からからからという, ひぐらしの, ヒソヒソ話, 呟く声, 声が, 子供の, 新内を, 牛が, 犬の, 狐の, 猫の, 猿の, 琴の, 聞えた, 聞えたが, 聞こえた, 聲が, 芸者を, 落として, 虫が, 赤児の, 釘を, 鉄砲の, 鉦たたき, 騾馬の, 鳩の, 鴉なく, 鴉の, 鶏が, 鶯の, 鷄の

▼ どこだろう~ (37, 0.1%)

93 ねえ 2 ここは, な

1 [21件] いったい, かと一寸, かと千ちゃん, かフランス, がちっとも, しかし某大, とあたり, という話, といっこう, と方々, と考え, と考えた, と薄暮, と見廻わす, なあ, なんにもねえや, なんの, ね, ハコネです, 一番近く, 北へ

▼ どこ迄も~ (37, 0.1%)

2 どこ迄も, 歩みとうございますもの, 追っかけて

1 [31件] あけっぱなし, くぐり抜こう, この旦那, この盲青年, それで, ふくよかに, ふみしめて, デリカを, 一人決めの, 一元より, 上つて行く, 冷然と, 助けるには, 只道楽, 喧嘩腰で, 外国迄も, 夢中で, 引きずるやう, 心得たから, 真直に, 真面目に, 確然と, 社会の, 統一審理を, 聖護院に, 自分の, 自然の, 苦まねば, 追い詰めて, 運の, 電車に

▼ どこじゃ~ (34, 0.1%)

5 ない 2 ありません, ないどこ, アない, アねえ

1 [21件] ありませんからね, ありませんとも, かんがん様の, その人, その男女, どこじゃ, な, ないって, ないの, ないまだまだ, ないもの, ないわ, ないん, ない南, ない菜食, ろか, アご, 火元は, 無いぞや, 病間は, 聞きたいもの

▼ どこ~ (31, 0.1%)

2 ただしばし, 余を

1 [27件] いと小さき, この節かえって, これに, こんなこと, たしかな, どうと, どう悪い, どこに, なにがしの, まったく知らねえ, カザールまたは, 何の, 公卿の, 嵌ってたが, 廣, 役人の, 我が知る, 日本演劇の, 未だ少しの, 杜撰なる, 某の, 汝の, 特り, 知つてゐる, 硬骨の, 習ひなり, 誰それの

▼ どこ~ (30, 0.1%)

5 行っても 2 でも

1 [23件] いっても, アルプスの, 一つの, 事実な, 伸びて, 何時間という, 其を, 剃って, 周囲の, 変化する, 安らかに, 完全な, 正しいか, 続いて, 落ちゆくの, 落ちるか, 行きても, 行くか, 行ったとか, 行つても, 話を, 雪の, 馬鹿だらう

▼ どこである~ (29, 0.1%)

72 のか

1 [20件] かかつて, かご, かそれ, かそんな, かということ, かという見当, かと白石, かと瞬間それ, かと訊く, かも知らない, かわかりませんでした, かをさとり得ない, かを知ろう, かを確かめなけれ, かを確めよう, か分らない, か知っ, か解らない, と私, どうしてここ

▼ どこかでは~ (28, 0.1%)

1 [28件] この有様, そんな生活, たしかに小, つい甘え, ふと正成, むしろ期待, もう不吉, もう分, わあっと, 一日お, 刀鍛冶の, 宏子自身の, 彼にも, 恐らく震え上がっ, 感じられて, 戦いが, 打消しえない潔癖, 既に雨, 河童祭りが, 満足しきれない, 潮鳴りが, 祖母と, 群犬の, 見たよう, 見事な, 迷われて, 遠雷鳴, 鶯が

▼ どこどこ~ (26, 0.1%)

2 へ行く, までも悪因悪果

1 [22件] からとつぶやく, から続いだ, でございますの, に発生, に貸金, の囚人, へくま, へでも僕, までもかけ, までも制限, までも御, までも成就, までも掘じくり立てよう, までも浅ましい, までも深刻, までも温柔, までも辛抱, までも防がなく, を狙っ, 継いだどこ, 続いだ, 迄も追い詰め

▼ どこへと~ (24, 0.1%)

3 なく飛ん 2 いって, なく去っ, なく飛び去っ

1 [15件] いふあても, いふ事, なくかけ出し, なく消え, なく立ち去りました, なく走っ, 云ふこ, 問えば, 指さむ, 暗愁, 目的地を, 若党が, 見当は, 言つてま, 訊ねると

▼ どこやらの~ (22, 0.1%)

2 邸から

1 [20件] お長屋, サボテンさんみたいに, 家で, 寺で, 寺の, 市の, 後家様で, 時計台で, 樹頭に, 汽笛の, 溝池で, 片田舎の, 番頭といふ, 疎開先から, 病人を, 百姓が, 美術学校に, 詩人の, 赤い法衣, 黒い法衣

▼ どこかお~ (21, 0.0%)

6 悪いの 4 悪いん

1 [11件] からだ, わるいの, 強いところ, 悪い, 悪いそう, 悪いとか, 悪いところ, 悪いよう, 悪くない, 痛いの, 苦しくって

▼ どこでしょう~ (21, 0.0%)

131 あの音楽, かその, かと考え, かもしか, そこを, ときいたら, ほんとに好い, 親分

▼ どことは~ (21, 0.0%)

9 なしに

1 [12件] かぎらずに, なく一面, なく人品骨柄, なく全, なく深夜, なく物, なく神, なし幸福, なし泥斎, 云えない, 明らかに, 知らぬ荒草離

▼ どこおりなく~ (20, 0.0%)

2 学校に

1 [18件] 元に, 兄に, 加賀屋へ, 千両の, 取引を, 女房に, 婚礼が, 御昼食, 成就し, 父の, 由兵衛の, 祝言の, 税金を, 跡目を, 進行する, 金百両を, 開陳いたします, 雑司ヶ谷まで

▼ どこだった~ (19, 0.0%)

2 かしら, かなあ

1 [15件] かと聞かれた, かどこ, かなあ電池, かねもう, かの本, かはもっと, かよく, かを知らせなけれ, か一寸, か忘れた, か思い出せない, の, のかな, のでしょう, んだ

▼ どこにだって~ (19, 0.0%)

1 [19件] あなたの, ありすぎるぐらい, ありは, ある, あること, あるじゃ, あるもの, あるよ, いる, ころがって, ついて, なかろうが, ねるよ, ヒニン薬を, 悪戯っ子は, 戸口は, 日本中に, 沢山生え, 警戒兵は

▼ どこ吹く~ (18, 0.0%)

5 風と 2 風かという, 風で, 風といった 1 風お, 風かで, 風かと, 風という, 風まつた, 風まるで, 風バクゲキなどは

▼ どこでした~ (17, 0.0%)

4 かね 2 かな

1 [11件] か, かちょっと, っけ, っけあの, つけ, つけ通りがかりに, と問う, ね, の, のか, 悪いの

▼ どこへなと~ (16, 0.0%)

2 勝手に

1 [14件] いらっしゃい, お連れ, お遣りなされ, ご案内, 参るでご, 参ろうぞ, 安全な, 御使い, 御案内さッ, 翁に, 行くで, 行って, 行つて乞食でも, 陣場を

▼ どこまででも~ (16, 0.0%)

4 行きますぜ 3 行ける筈 1 ついて, 偉大に, 真直に, 行かれる, 行く, 行けるでは, 行けるはず, 行って, 飛んで

▼ どこへだって~ (15, 0.0%)

1 [15件] いいじゃ, 出かけるだろうさ, 出られるん, 大丈夫だ, 嫁に, 拙者は, 現れるさ, 相応の, 行きたいと, 行きますがね, 行くこと, 行くよ, 行くん, 這入りこんで, 飛んで

▼ どこ~ (14, 0.0%)

2 らで, らに 1 でも行っ, なと遠い, らか, らかなあ, らである, らであろう, らまでが, らを, ら歩い, 行つたあ

▼ どこより~ (14, 0.0%)

1 [14件] 先ず帰れ, 先に, 前に, 好きな, 彼は, 早くひろがっ, 来た, 来たり, 来たる, 来るか, 来ると, 水を, 烈しかった, 計算したる

▼ どこにおいても~ (13, 0.0%)

1 [13件] これらの, 人民の, 兄弟であり, 兄弟である, 地代を, 孤立した, 必然的に, 普通人が, 極めて大, 欲しいもの, 生産費によって, 異論の, 経験しなかった

▼ どこであった~ (12, 0.0%)

1 [12件] かいくら, かが判っ, かしら, かそれ, かと史蹟, かは不明, かを忘れた, か私, か裏町, か青砥自身, ということ, とも思い出す

▼ どこであろう~ (12, 0.0%)

41 かと機械, が丸木艇, といたる, とつい, とまたいつであろう, と嫌う, と最も, と私

▼ どこにおいて~ (12, 0.0%)

6 あるの 1 あつた, あると, いいかも, いました, であろうとも, 暮して

▼ どこへという~ (12, 0.0%)

2 あても 1 あての, あては, ことまで, ことも, のは, ような, わけも, 宛も, 当ては, 当ても

▼ どこもかも~ (12, 0.0%)

1 [12件] まだまったく丈夫, みんな寝, み渡すかぎりガラ空き, よく悪い, 凍てついて, 切っちまって, 噛み試みて, 少しぬ, 白, 見つかりそう, 触れるところ, 違反ばっかり

▼ どこって~ (11, 0.0%)

1 [11件] あなたリベッツの, おちつく先, どこでも, ほらあすこ, 何んで, 別に, 当は, 日本堤界隈さ, 熊本さ, 組合とは, 自分の

▼ どこには~ (10, 0.0%)

5 いって 1 いるつもり, いるの, まだ遠く遠く, アケビの, 山の芋が

▼ どこまでだって~ (10, 0.0%)

3 行ける切符 2 追って 1 お前さんに, こうなりゃ, ついて, ついて行きますからね, 頑ばる

▼ どこかは~ (9, 0.0%)

1 いつも目, いるところ, いれるところ, すっぱで, つきり, 古戦場と, 暴風雨だらう, 知らなかったが, 知れずこの

▼ どこ~ (9, 0.0%)

2 あれしません, おまへん 1 あらへん, あれへん, な, よう知り, らちと

▼ どこ~ (9, 0.0%)

2 行って 1 お行きやす, でもぼんぼん, 行くの, 行くん, 行ったかて, 連れて, 預けられても

▼ どこ一つ~ (9, 0.0%)

1 として忘れ, として患者, にも狂い, も云ってなかった, 困っても, 洗う気色, 見る気, 違ったところ, 隠そうと

▼ どこかにも~ (8, 0.0%)

1 ぐっているにちげえあるめえ, それが, そんなところ, ひょっとしたらある, オカサマゴッチョという, 伏在し, 敦盛の, 来て

▼ どこからの~ (8, 0.0%)

1 お手紙, その後, 上使だ, 人です, 帰りだ, 帰り途か, 手紙じ, 経済的統制か

▼ どこ~ (8, 0.0%)

4 やない 31 やさす

▼ どこでございましょう~ (8, 0.0%)

1 あなた様は, か, かなあ, という質問, な, なあ, 何という, 白骨で

▼ どこでは~ (8, 0.0%)

1 ありませんでしたから, ございませぬ脊骨, どんなの, ないの, ないん, 和唐内の, 米の, 自来也

▼ どこ~ (8, 0.0%)

2 な風 1 でしょうね, です, とこが, どの新, な工合, な愉快

▼ どこ行く~ (8, 0.0%)

51 か, でア, のって

▼ どこだい~ (7, 0.0%)

1 お品さん, きいて, その家, そんなこと, という, とお, まあ此

▼ どこまでの~ (7, 0.0%)

2 ことを 1 びるかわからない, ものだ, 森林は, 用意を, 通行手形を

▼ どこだつた~ (6, 0.0%)

1 かしらどこ, かわかりません, か忘れた, か歩い, か第, か覚え

▼ どことかの~ (6, 0.0%)

1 お嬢さんの, 人の, 大金持, 後家さんを, 監獄に, 間の

▼ どこまでを~ (6, 0.0%)

1 いうか, したがうと, 書くかという, 言うか, 言うかと, 識り抜い

▼ どこやらから~ (6, 0.0%)

2 娑婆の 1 ピシピシプツプツと, 地下戦車の, 春が, 男女の

▼ どこやらへ~ (6, 0.0%)

1 姿を, 寄進し, 行升て, 連れて, 遣わされたよう, 駆けた

▼ どこかにおいて~ (5, 0.0%)

1 あるいは脳髄そのもの, あるに, あるひ, この天樹院, この法律

▼ どこかへか~ (5, 0.0%)

2 消えて 1 出て, 消え失せて, 立ち去った

▼ どこかも~ (5, 0.0%)

1 うああいう, そっと大人び, つと静か, ツと, 知れない空間

▼ どこでございます~ (5, 0.0%)

1 え, おじさん, か存じません, の, もうこの

▼ どこといふ~ (5, 0.0%)

2 ことなし 1 ことは, 目的が, 難は

▼ どことて~ (5, 0.0%)

1 あても, 今時分起き, 似通う所, 取りつくとこ, 空襲の

▼ どこほり~ (5, 0.0%)

2 ひむが 1 なくや, なく婚礼, なく行

▼ どこまでという~ (5, 0.0%)

1 きまりを, ような, 境界は, 定めは, 確と

▼ どこかしらの~ (4, 0.0%)

1 お大尽, もう一人, ん気な, 戦場で

▼ どこかという~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 ことを, のが

▼ どこここ~ (4, 0.0%)

2 なしに 1 と申さず, の官立大学

▼ どこでか~ (4, 0.0%)

1 分れて, 立ち話の, 落として, 見たこと

▼ どこでだって~ (4, 0.0%)

1 じゃまに, どこへ, わかるわ, 暮せる

▼ どこでです~ (4, 0.0%)

4

▼ どこでなく~ (4, 0.0%)

4 カムパネルラは

▼ どことか~ (4, 0.0%)

1 では, で何とか, で木津さん, 云つてました

▼ どこなり~ (4, 0.0%)

1 とお, とおお, と君, と探し当て

▼ どこなんだか~ (4, 0.0%)

1 こっちには, ね, はやく教えたまえ, 見当が

▼ どこまでか~ (4, 0.0%)

1 いくと, へる, 一緒に, 知れねえが

▼ どこやらが~ (4, 0.0%)

1 むずむずし, 確かに, 肖て, 通れなくなって

▼ どこやらと~ (4, 0.0%)

1 おつ, ズバリと, 合図を, 知らぬよう

▼ どこ~ (4, 0.0%)

2 にある 1 が蔭, になっ

▼ どこ一点~ (4, 0.0%)

1 にも愁い, の狂い, もない, 怪しむかども

▼ どこ迄が~ (4, 0.0%)

1 ほんとうだ, 動物で, 嘘だ, 真実で

▼ どこいく~ (3, 0.0%)

21 のよ

▼ どこいらだろう~ (3, 0.0%)

3

▼ どこい行った~ (3, 0.0%)

1 かね, の, のかしら

▼ どこかしこ~ (3, 0.0%)

2 となく 1 が鳴り出します

▼ どこかな~ (3, 0.0%)

1 いかないかと, のだった, 送って

▼ どこかにか~ (3, 0.0%)

1 あるほど, 去って, 苦闘の

▼ どこかまで~ (3, 0.0%)

1 友子さんを, 行けばと, 行って

▼ どこからい~ (3, 0.0%)

2 らしたの 1 らしたん

▼ どこからかは~ (3, 0.0%)

1 いって, いりこんだの, ちの子を

▼ どこからかも~ (3, 0.0%)

2 どって 1 どったから

▼ どこからは~ (3, 0.0%)

2 いるの 1 いこんで

▼ どこでござる~ (3, 0.0%)

1 か, かな手前, な

▼ どこでと~ (3, 0.0%)

1 云ってね, 押を, 突っ込んで

▼ どこでもが~ (3, 0.0%)

1 この頃, コンコンと, 垢で

▼ どことかに~ (3, 0.0%)

1 妾を, 着物は, 自分に

▼ どこなた~ (3, 0.0%)

1 には未練, にイフィダマス, は聞き咎めた

▼ どこについて~ (3, 0.0%)

1 おいでなさいやす, たんです, ゐたの

▼ どこにても~ (3, 0.0%)

1 お汗, 味方は, 四方の

▼ どこにと~ (3, 0.0%)

1 いうと, 一々行先, 空飛ぶ

▼ どこ~ (3, 0.0%)

1 見たつて, 見て, 通って

▼ どこほる~ (3, 0.0%)

1 からと云つて, 事なく, 聖堂の

▼ どこまでと~ (3, 0.0%)

1 なく運ばれ, 云う区切り, 申しませう

▼ どこもが~ (3, 0.0%)

2 ひかるん 1 丸くなる

▼ どこやらを~ (3, 0.0%)

1 咬まれし体, 注視し, 飾るため

▼ どこ~ (3, 0.0%)

1 でもねえ, 行くだよ, 行って

▼ どこ吹いた~ (3, 0.0%)

2 風かといった 1 風かと

▼ どこい行く~ (2, 0.0%)

1 といっ, の

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 か姿, 行くの

▼ どこおりなく運ばれ~ (2, 0.0%)

1 て玄庵先生, て黒沼

▼ どこかう~ (2, 0.0%)

1 はの空, は滑り

▼ どこかしらと~ (2, 0.0%)

1 クルクル見まわし, 思いました

▼ どこかち~ (2, 0.0%)

1 がつて, ょっとおいきやしたんどすか

▼ どこかでも~ (2, 0.0%)

1 とめて, 言つたが

▼ どこかにて~ (2, 0.0%)

1 いるし, いるの

▼ どこかへの~ (2, 0.0%)

1 つらあて, 道順を

▼ どこかよほど~ (2, 0.0%)

1 しょげて, 遠くの

▼ どこじやい~ (2, 0.0%)

2

▼ どこそこで~ (2, 0.0%)

1 おききやしたら, ごり

▼ どこだいここ~ (2, 0.0%)

2

▼ どこだつたらう~ (2, 0.0%)

1 いつの, とにかくこんなにはつきり記憶

▼ どこちら~ (2, 0.0%)

1 に登つて來, を向い

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 ておら土佐節, てこた

▼ どこでござろう~ (2, 0.0%)

2

▼ どこでござん~ (2, 0.0%)

1 す, すかね

▼ どこでし~ (2, 0.0%)

2 てきた

▼ どこでもという~ (2, 0.0%)

1 わけでない, 意味を

▼ どことかで~ (2, 0.0%)

1 捕まったとか, 近江商人に

▼ どことかへ~ (2, 0.0%)

1 お参りに, 天麩羅を

▼ どことに~ (2, 0.0%)

1 地下道が, 落とすつもり

▼ どことの~ (2, 0.0%)

1 うしとやか, 連絡も

▼ どこどこどこ~ (2, 0.0%)

1 から続いだ, でございますの

▼ どこどす~ (2, 0.0%)

1 か, の

▼ どこどんどこ~ (2, 0.0%)

1 すっどんどん, と鳴る

▼ どこにかけても~ (2, 0.0%)

1 構いません, 開いた脚

▼ どこにど~ (2, 0.0%)

2 ないして

▼ どこにより~ (2, 0.0%)

1 どころを, 正確な

▼ どこにを~ (2, 0.0%)

1 つて何を, るの

▼ どこふく風~ (2, 0.0%)

1 かというようす, とおちつきはらっ

▼ どこへで~ (2, 0.0%)

2 もつれて

▼ どこへとて~ (2, 0.0%)

1 奥は, 当ても

▼ どこへの~ (2, 0.0%)

1 宣戦布告だ, 旅の

▼ どこまでとも~ (2, 0.0%)

1 しらず広がり葦間, なく飛ばせる

▼ どこよりか~ (2, 0.0%)

1 一塊の, 鉄槌を

▼ どころ水~ (2, 0.0%)

1 がかれきっ, はこい

▼ どこをか~ (2, 0.0%)

1 泊まりあるい, 眺めたまま

▼ どこをも~ (2, 0.0%)

1 別荘の, 改める余地

▼ どこイ行き~ (2, 0.0%)

1 よったか, よってん

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 だ, だつて肩

▼ どこ~ (2, 0.0%)

2 の部屋

▼ どこ探し~ (2, 0.0%)

1 てもかすり, てもゐない

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 つたて, つたんだい

▼ どこ行き~ (2, 0.0%)

1 かね, でン

▼ どこ~ (2, 0.0%)

1 なの, のもの

▼ どこ迄でも~ (2, 0.0%)

2 行けるの

▼1* [256件]

どこいじゃって行けん, どこいつたな, どこいも行きやしないよ, どこいらでしょうね, どこい行きあが, どこい行きなさったとかいな, どこい行っても国際語, どこい行ってたの, どこ言つた, どこうっている, どこうろついてたんや, どこ国は, どこおかしい所ッて, どこおりなきように, どこおりなくやっていけた, どこおりなく呉れてちっとも, どこおりなく掘り出すことが, どこおりなく描きあがってその, どこおりなく流れてゆく, どこおりなく演じ終わりましたとぞんじます, どこおりなく終えたアカグマ最高行政官の, どこおりなく終ってある, どこおりなく終わってわたし, どこおりなく終わることを, どこおりなく行き渡って今夜ここ, どこおりなく許されたがあと, どこおりなく通ってゆく, どこおりなく運んでみんな, どこおりなく食っていれ, どこお前見なかったかい, どこかいの, どこかいくさしたらか, どこかかたまらないところ, どこかかの墓穴に, どこかかへつて頼りなかつた, どこかからか往還を, どこかぐあいが, どこかこはばる, どこかこわれているらしい, どこかこんごの, どこかしつくりした空氣, どこかすみっこに, どこかだの詮索する, どこかつやけの, どこかでのやうに, どこかとも思へる方角, どこかなのねお国, どこかにつき忘れて, どこかにてはいるが, どこかにとほくある, どこかにはというよりも, どこかねえ谷中の, どこかのやしきの, どこかへでも来たの, どこかへと思いますが, どこかへとだけしか言えない, どこかへとて片側は, どこかまぬけのよう, どこかもの優しい寂しさ, どこからかしら少年は, どこからかてのひら, どこからかで屹度招い, どこからかと取上げて, どこからかのお帰り, どこからかやーどうも, どこからしゃめん臭い, どこからだって何か, どこからでもさういふ, どこからでもはいつて, どこからということなく, どこからといふことなく, どこからとでもなくこの, どこからにしても, どこからみたつて昔なじみ, どこからもわつといつ, どこからよこいたん, どこからをしたがわざると, どこか村の夜祭, どこがってお聴き, どこがといっちゃあ, どこがべたい, どこがよどこが, どこがらでも来た, どこがをかしいの, どここの危急を, どこさえ与えられず働き後, どこさって, どこさも行くつて云つて, どこさよ一人一人よ, どこてゐた, どこしたと満足, どこじゃなどもその一つ, どこじゃのおぬ, どこじゃろかい, どこすっどんどん, どこはその, どこそこゆきの切符, どこそこ品位の有る, どこそこ趣味といふこと, どこそこ通と名, どこそのつぎには, どこそれはあそこ, どこへない, どこだいお前たちの家, どこだいそれは, どこだい今の爆撃, どこだい健ちゃん知ってる, どこだい場所は, どこだい父親はいない, どこだい生まれはあの, どこだい縄張り荒しか, どこだい菱屋のだよ, どこだい酒は, どこだけ細くあけ, どこだったでしょうか, どこだらうと聞い, どこだ寝かすのは, どこゅうことがあるかい, どこぢゃないどこでも勝手, どこぢやあなくつて, どこたってべら棒め, どこつてかけた所, どこつてことなしに, どこつてそいつは想像, どこつて別に休む, どこものが, どこであっても私, どこでありましたかよく, どこでから聞いたの, どこでござんしょうねえ, どこでしやうといつた, どこでって料理屋は, どこでということなく, どこでともなく虫, どこでないひでい, どこでなくなったのか, どこでねえつて, どこでの生活に, どこでぶッくらけえっ, どこでもじゃありませんその, どこでもと云っても, どこでもの海岸の, どこでもやつてゐません, どこでよりもピリーニの, どこといった目当ても, どこといつてあてのある, どことかから掘り出されたと, どことかとどことかとへ, どことかとへよって, どことかまでの船の, どことで芸妓の, どことでも話が, どことのう温い様, どことへその密書, どこともかく芥子の, どこともに大同小異の, どことも無しにこんな, どことを伝えて, どこどこ聯隊長何のなにがし, どこどの街角という, どこどは人間です, どこどんどんと楽屋, どこどんのちゃんちきりんと叩いて, どこなえてお出で, どこなとお捜しくだされませ, どこなり云って往け, どこにおいてかといえば, どこにぞいや, どこにって泣通した, どこにとて取りつくもの, どこにともなくおわび, どこにまでも息子の, どこにもをりません, どこひとを, どこ会社へ, どこのでもない, どこのともちょっと違う, どこのなよびたる衣, どこのなんてえ者, どこのねえ内, どこばかしの顔寄せで, どこひしき時は, どこひとつとして狂っ, どこひとつ自分とは似, どこひとつ角ばったところのない, どこひょっとこめ, どこへかへ心が, どこへってそれが, どこへでもかの女を, どこへな取り捨てろ, どこへはそっちより, どこへばおこなひ, どこへまで工場を, どこへやらという天気であります, どこほり声無きは, どこまでかはこちらに, どこまでにもしろ無一文, どこまでは一応根拠, どこまでへ着かなければ, どこまでもだにのように, どこまでもと言いたい気分, どこまでもという血相で, どこまでものぼつて, どこまでやつていつ, どこても艀, どこむらが反った, どこやらにて当時幅利きの, どこやらには何やら気まり, どこやらのみ下しにくい, どこどこ, どこよりきれえなとこな, どこよりとなく石, どこよりともなく誰, どこ我に, どこれなきに至り, どこん所が悪い, どこイ行つて来たん, どこたって, どこッちの方が境, どこ一つ体に悪い, どこ一つ姫君は劣っ, どこ一つ故障のない素晴らしい, どこ一軒起きて, どこ一軒商売をし, どこ一軒灯りの洩れ, どこ何お茶お茶どこへお茶, どこ八百屋はどこ, どこ出来であるか, どこ受付はと尋ね, どこ名産の羊羹, どこ嘯いて左様, どこで頭, どこ工場は, どこはどこ, どこ捜したってあるまい, どこへて, どこ明日はどこ, どこくなく, どこ暗くのう世間, どこの嬢様, どこ次にはどこ, どこ歩いてるのか, どこの名, どこ継いだどこ続いだ, どこ置いで俺, どこ聯隊長何のなにがし, どこ華厳の滝, どこ行っちょった, どこてあるく, どこ見たってものの, どこ親たちはどう, どこ迄の得分だったでしょう, どこ迄もやはらかい, どこ逃げ出した罰で, どこひでて, どこ吹くか