青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

でございます~ ~でござる ~でし でし~ ~でした でした~ ~でしょう でしょう~ ~です です~
でた~
~でない でない~ ~でなかった でなかった~ ~でなく でなく~ ~でなけれ でなけれ~ では~ でも~

「でた~」 1011, 10ppm, 10673位

▼ でた~ (175, 17.3%)

24 である 10 だ, では 8 です 43 だった, であった, は 2 さ, であるから, ですから, ははじめて, を汝ア, を見, を見た

1 [96件] かしら, かも知れない, か余り口, か意表外, か気分, がもう, が塩, が居た, が幾分, が次, が真砂町, が身分証明, ださうである, だそして, だったら即座, だろう, だろうか, であります, であろうが, でございます, ですからね, ですが, などを買っ, にちがいありません, にはちがい, に対して木村, に驚いた, に驚かぬ, はかれこれ, はこの, はそこ, はその, はそのまま, はそれ, はてっきり, はぼく, はもちろん, はオレ, はゴルドン, はトボトボ, はヒダ, は一座, は三郎冠者盛綱, は下, は今村, は例, は偶然, は兄弟, は六時頃, は初, は別人, は前, は十時半, は土方歳三, は多分, は大, は天魔太郎, は始め, は寛政九年十八歳, は平手政秀, は弥助, は当り前, は思慮, は施餓鬼, は是非, は朝, は木曜会員, は果報, は梅雪入道, は死ぬ, は漢医方, は然るべき, は甘藷, は相当, は真っ黒, は神尾, は若い, は象, は身, は鉄砲方, もそんな, もまことに, も実は, も実力, も智, も決して, も無理, も食べる, を法然, を注文, を混ぜ, を知っ, を茂太郎, を買った, を駒井, んであります

▼ でたもの~ (70, 6.9%)

8 である 3 ですから, では, らしい 2 であるが

1 [51件] かそれ, かとも思われます, かも知れない, か清麻呂自身, があっ, があった, があります, がある, が多く, だから, だそう, だと, だろうと, で, であった, であらね, でありましょう, であります, であるかは, であるかも, であること, でございますから, です, でないこと, でなければ, で彼, で母方, で草津, で要するに, とした, としてまた, とすれ, とは違, とは違う, と思う, と思ふ, と思われるです, と見ね, と認定, なんだか判然, にせよ, に違い, のよう, はちりぢ, はみんな身, は十三人, は塩田, は翡翠, も多く, も少く, らしいこれ

▼ でた~ (39, 3.9%)

1 [39件] ええ, お前は, こうした別離, これは, これを, しかし私, すぐ駅, そうヒョッ, そこで金谷先生, その堪忍, その夕方, その花, それと, ためである, てれくさくて, とたんにおどろい, なにぶんひろい, まッ, もとより家康, ハリスは, パターは, 全く不評, 切り通しを, 勿論彼, 女の, 富子の, 巨勢博士が, 彼は, 待って, 急に, 悪事には, 敗れ香取流, 木津の, 泥濘った, 煙草の, 爲伊賀伊勢志摩の, 芥川は, 諦らめわるく, 豪傑でも

▼ でた~ (26, 2.6%)

3 いう 2 すれば

1 [21件] いって, いっても, いわないで, おもうと, し明治三年, する類, ひ温泉, へるならさしづめ, みえて, わらハれ, 両手を, 云うこと, 云つても, 云ふ, 否とを, 思うと, 思った, 思われるの, 殆ど同時に江戸, 解す可, 言っても

▼ でたこと~ (24, 2.4%)

3 がない 2 があった, がある

1 [17件] ある, があっ, があったでしょう, こそ忘れ, であった, であります, であるか, で他, なんてありやしない, についてだった, の思いきり, はあの, はありません, はごぜ, は皆さん, は重ね重ね, は間違い

▼ でた~ (23, 2.3%)

1 [23件] からきっと, からそう, が本統, だけは平伏悄然モーロー, であつ, でその, でまもなく, なんてお, におった, には切れ, には富士, には腦, に例, に用, のほか, の光景, はすでに, は少なから, は母, は決して, よりは余程, よりは餘程, 間もなく著述

▼ でたうとう~ (22, 2.2%)

1 [22件] そこを, そつと, そのままにな, その禮, ひとり奉公に, 出なかつたの, 十三年, 十二時近くな, 堪へ切れず残念, 少しづつあるき, 斯んな, 昨夜なんかは, 母猿を, 気絶を, 泣きだして, 海老床も, 清盛が, 目が, 私たちの, 腰を, 起き上つて, 露顯した

▼ でた~ (20, 2.0%)

42 でしょう, ねんに用意

1 [12件] じゃ勿体なくっ, だから, だけれど, だな, だね, だよ, でしょうね, ですか, ですの, な, なあさぞ, ねんには読みました

▼ でたとき~ (17, 1.7%)

2 だった, のこと

1 [13件] かならず終生刀, その師, にはとっくに, にはや, には四十人, にばあや, にも自分, に久保田万太郎さん, はどこ, はまた, はナガレ目訪問, は手ブラ, ふいに

▼ でたところ~ (15, 1.5%)

1 [15件] が墓地, でその, で伸子たち, で母親, とうとう撃ち倒した, にこれ, にちょっと, の名古屋, の松林, へ偶然, へ声, へ校長さん, よりもふと, をようやく, を見

▼ でたので~ (15, 1.5%)

1 [15件] あつた, お綱, お金は, さてなに, それとは, ようやく一縷, ビックリし, 周章てた, 大方の, 嬉しくも, 左部は, 急に, 目的を, 程なく落着, 龍太郎や

▼ でたという~ (13, 1.3%)

3 ことは 1 これは, ような, わけ, わけな, 事は, 伝説である, 無名氏の, 花木花草は, 荒波に, 話が

▼ でたよう~ (13, 1.3%)

1 [13件] だ, です, な出来事, な望遠鏡, な陽, な顔つき, な鮮やか, にあたかも, になった, に眼, に記憶, に達子, に鳰鳥

▼ でた~ (9, 0.9%)

2 りき 1 え, てこてに, どうか, りき平生アヌンチヤタが, 分らない, 同志の, 知らぬが

▼ でたから~ (9, 0.9%)

1 ここに, この氏, これを, じゃ, であります, である, でしょう, 友だちは, 相手が

▼ でたいくつ~ (7, 0.7%)

3 して 1 だ, でたまりませんでした, でならない, なもの

▼ でたばかりの~ (7, 0.7%)

1 こんな美し, ところだった, 彼は, 無学者, 若さ, 青年学徒小柄で, 鬼少尉だ

▼ でた~ (6, 0.6%)

2 むれて 1 つい昨日, 伝右殿と, 慶安元年板, 文醜

▼ でた言葉~ (6, 0.6%)

1 だったけれど, であること, であろう, であろうが, による生き方, はをそらく

▼ でたがい~ (5, 0.5%)

1 につながりあっ, にぶつかり合う, に役, に顔, の顔

▼ でたといふ~ (5, 0.5%)

1 お越, ものか, 古い歌, 滑稽な, 男に

▼ でた~ (5, 0.5%)

2 相違ない 1 すぎません, 就いては, 感ぜられる

▼ でたばかり~ (5, 0.5%)

1 だった鷺太郎, であるが, です, でやがて, で定価五銭

▼ でたやう~ (5, 0.5%)

1 な恰好, な懐しい, な気配, な美し, に云つて

▼ でた幾日~ (5, 0.5%)

5 の後

▼ でた~ (5, 0.5%)

1 があつ, というの, なん, の名前, は玉村さん

▼ でた~ (5, 0.5%)

1 が七千人, であるならば, はありませんでした, はない, もあった

▼ でたかと~ (4, 0.4%)

1 いうと, 思うと, 思へば, 淋しかった

▼ でたそう~ (4, 0.4%)

21 です, ですよ

▼ でたのに~ (4, 0.4%)

1 いつまで, たいそう腹, メルシメルシって, 牛乳を

▼ でた~ (4, 0.4%)

1 丁度送っ, 万世迄, 十時頃まで, 小新に

▼ でた~ (4, 0.4%)

1 があった, のあらわれた, もあり, もない

▼ でた~ (4, 0.4%)

1 がいい, がラク, が賢い, だが

▼ でた~ (4, 0.4%)

2 隠龍太郎 1 の眞下, の真下

▼ でたかも~ (3, 0.3%)

1 しれなかった, 知れぬという, 知んねえが

▼ でたその~ (3, 0.3%)

1 二本の, 夜は, 足で

▼ でたついで~ (3, 0.3%)

1 だから, に星野家, に訊い

▼ でた~ (3, 0.3%)

2 たどと 1 たど

▼ でた~ (3, 0.3%)

1 おろしなんぞ, そんぢや, 化物ども

▼ でたサビ~ (3, 0.3%)

1 だ, である, で拙

▼ でた~ (3, 0.3%)

2 が赤い 1 ですが

▼ でた~ (3, 0.3%)

1 ができ, に与えられた, へ帰る

▼ でた~ (3, 0.3%)

1 があつ, に較べ, の姿

▼ でた瞬間~ (3, 0.3%)

1 からもはや, にコウノトリ, に今

▼ でた~ (3, 0.3%)

2 だと 1 でそれ

▼ でたあと~ (2, 0.2%)

1 でひとり, カラッポ

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 千代に, 銀様は

▼ でたかを~ (2, 0.2%)

1 く, とことんまで

▼ でたけれども~ (2, 0.2%)

1 お大切, 型が

▼ でたことば~ (2, 0.2%)

1 であったかも, で日蓮宗

▼ でたこの~ (2, 0.2%)

1 小さい家, 心の

▼ でたこれ~ (2, 0.2%)

2 こそ大根

▼ でたころ~ (2, 0.2%)

1 であった, はお日様

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 二日目は, 新人時代には

▼ でたため~ (2, 0.2%)

1 であつ, で笹枝一家

▼ でたとこ勝負~ (2, 0.2%)

2 の破壊性

▼ でたのみに~ (2, 0.2%)

1 ならない, 行くかも

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 はず月落ち星の, まずッ

▼ でたものの~ (2, 0.2%)

1 余りに興奮, 後裔だ

▼ でたもん~ (2, 0.2%)

2 でまつさき

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 善哉, 雪祭の

▼ でたわけ~ (2, 0.2%)

1 だらうその, だろう

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 た一日, た一週間

▼ でたランチ~ (2, 0.2%)

2 が沖

▼ でた一人~ (2, 0.2%)

1 の幼児, の手弱女

▼ でた二人~ (2, 0.2%)

1 の壮士, は澁茶

▼ でた五人~ (2, 0.2%)

2 の亡者

▼ でた人物~ (2, 0.2%)

1 がある, である

▼ でた人間~ (2, 0.2%)

1 である, の頭

▼ でた以上~ (2, 0.2%)

1 はこの, は恋愛

▼ でた児供~ (2, 0.2%)

2 のやう

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 であって, である

▼ でた女性~ (2, 0.2%)

1 の健やか, は呂昇

▼ でた始末~ (2, 0.2%)

1 である, で亮作

▼ でた少年たち~ (2, 0.2%)

1 だけが七人, だけを七時

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 にそう, の方

▼ でた時分~ (2, 0.2%)

1 が繊, には文太郎

▼ でた末京都~ (2, 0.2%)

2 に上り

▼ でた本能~ (2, 0.2%)

2 の芽

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 とも蘖, を折り

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 であります, や根氣

▼ でた程度~ (2, 0.2%)

1 であったが, の若い

▼ でた結果~ (2, 0.2%)

1 であった, でもなん

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 の透き, は蒐

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 はその, はたとえ

▼ でた~ (2, 0.2%)

1 が, にはお

▼1* [312件]

でたあの草の, でたあれはなんとか, でたいい気な憂ひが, でたいぶよくなった, でたびし日より, でたうえでの話, でたうわさである師範生徒, でたかが知れてるし, でたかの思が, でたからには余にも, でたきりですからな, でたけどあのひとたち, でたこと深夜に男, でたしと舅姑また, でたしわが山, でたじゃないの, でたそうしてぴたりと, でたそこには焼きくい, でたそして真剣な, でたそれからその足, でたなし, でただけでジイサン, でただけのことであった, でたつてから幾月, でたづなをしっかり押へ, でたづねていつたらあの下駄, でたづねてみますとじつさい, でたづねてゐる聲がし, でたづねて水月山円通寺跡の丘, でたづねると良人と儂, でたあらうと, でたでもないのに, でたといった筈だ, でたとおもふと, でたとか親が, でたときお姫さまの顔, でたときこのごろ弟子入りしたの, でたときアザラシの胆, でたときメガネを落した, でたとき同席して, でたとき呀ッという間もなく, でたとき坂田省吾がこんな, でたとき彼の胸, でたとき彼女は不覚, でたとき林房雄がオレ, でたとき正午のサイレン, でたとき病人にたべさせる, でたとき遠くのほう, でたとこまかせ気まぐれ, でたとのこと頗る, でたとは云え自身法王, でたとへどう縺れよう, でたどこかで踊る, でたなんて惨めでしょう, でたなんとなく戦場へでも, でたにしを煮る, でたについてはそこに, でたには驚いたろう, でたにも拘らず私, でたちやんに, でたのちいま事務所で疵口, でたのよだから, でたひとつの完成, でたふたふと音, でたぼくの顔, でたまさかのようには, でたまでである, でたまでは威勢が, でたまひて勿躰, でたまひ式部官に名, でたまひ後つ殿戸, でたまま消息を絶っ, でたまま音信不通になっ, でたむつ神を勤め上げ, でたる言に過ぎず, でたる説なるが, でたろうがの, でたさいわいに, でたんぢやない, でたイネ帝国の万々歳, でたサルトルはまず, でたソーンダイクがつれ, でたた一人, でたツぷり顏を洗, でたノーソフが不意, でたマコトだよ, でたマドロス君の言い分, でたレンブラントの絵画以後, でたですよ, でた一九四六年の春, でた一二ヶ月は便り, でた一個の麗人, でた一同三羽烏の大矢内修理, でた一座のマネージャー, でた一本二本雨の後, でた一言があたかも, でた一語は沈痛, でた一首という, でた丈助の女房, でた三つの説, でた三人の男, でた三種の小, でた下草さえある, でた両人は互いにしばし, でた僧は, でた乾鰯船にはい, でたの宿, でたもある, でた交番の赤ランプ, でた人像に夢みる思ひ, でた人名が筆, でた人蔘をすり鉢, でたの先生達, でた代診の若い, でた仮名書きの和本, でた伊那丸はけんめい, でた伊那丸主従が大津, でた休屋の宿, でたほど時間, でた作品に限られ, でた作文の結果, でた侍たちは長追い, でた俗伝らしい, でたの花, でた全く無理の, でた六十人の鉱山, でた兵馬は身, でた出版物です, でた路に, でた動機はその, でた半井本に比すべきで, でた友人ベルグソンの, でた友達てえの, でた龍が, でた碁盤とは, でた古木もない, でた吉田光由は洛西嵯峨, でた同じ泉の, でた名称である, でた唯一の人物, でた唯一無二の自分, でた唾液を持てあまし, でた商人体の男, でた回教徒の文明, でた国定忠次や鼠小僧, でたは奥さん, でたももし, でた文化には, でた大きな枝の, でた大島通ひの, でた大島通いの橘丸, でた天才達の労作, でた女中のスミ子, でた女中たちはとっくに, でた女乗物は左京, でた女房が彼女, でた妾たちでこれ, でたの中, でた子どもらとに投げ, でた子供たちは大きい, でた宇治山田の米友, でた宇津木兵馬は飛騨, でた宋槧本には劣つて, でた助が, でた家康はそう, でた尋常に勝負, でた海老の, でた小さい角を, でた小兵の人物, でた尾張宗春水主町まで歩い, でた山内一豊の妻, でた山崎譲は両国橋, でた山県紋也はまず, でたのコンクリート, でた布団の穴, でたを胸高, でた幽霊が, でた廣介はある, でた当分のこと, でた形跡もなく, でたはいつ, でた意見では, でた応対にお松, でた怒りでしたけれども, でた怪漢は上り, でたを小気味よく, でた悪漢のよう, でた情人あ誰, でたを小, でた拾得物だとして, でた故に畏れ崇められて, でた文句の変化, でた新しい人生の, でた新撰組の壮士四十余名, でた新種のはやり, でた新鮮さに伊沢, でた明治十○年といふその, でた時お前は象牙細工, でた時ほんとうに何とも, でた時中空に月, でた時法然は自分, でた暮しをなされ, でたの光, でた書店である, でた最初の客, でた木彫りの蒼龍, でたで山田吉彦氏訳, でた机竜之助, でた村井長庵はちょうど, でた松平越前の屋敷, でた林平は無期停学, でた枝同士でもしばしば, でた枯木のあたり, でたにヌツ, でたに鮮, でたの木, でた正造は俥夫, でた殺人であるから, でたさえ蒸発, でた池田吉之助君は東大出身, でた油汗をソッ, でた泰軒居士長屋じゅうへひびきわたる, でた流派は多い, でた淨土宗の布教僧, でた深紅の絶巓, でた清水の底, でた漁師に向っ, でた灰色の視野, でた煙草の灰, でた熔岩の流れ, でたのよう, でたで笹枝一家, でた爽かさが大気, でた物語なの, でたと猿, でた猛虎のごとく, でた獅子王の腹, でた珠玉のやう, でた珠緒はビク, でた理由を抗弁, でた用意かも知れません, でた田甫の彼方, でた画期的な作品, でた留守だつた, でた装の, でた痕跡のある, でた白雲は同行, でたを赤剥け, でた盲目の怪人, でた相良十吉であったが, でた真黒な豪犬, でたで伸子, でた神戸のお客様, でた空宣伝に乗っ, でた之助, でたを吹きとばす, でた符牒らしい, でた精神的な芽, でたもなく, でた総髪の男, でた編笠の侍, でたのごとく, でた群衆が雨, でた老人の魔物, でた腕白どもが運動場, でたが浮いた, でた自信の程, でた自然の態度, でた芥川のその, でたを河, でた萩乃が夢遊病者, でた蜘蛛たちは天井, でた西川正休危険身辺に逼, でた覚えはない, でた角座敷の六畳, でた記事であったが, でた記憶が殘つて, でたがまじっ, でた謙信は善光寺, でた警戒のため, でた警視庁へもでた, でた豊頬の肥った, でた買主のもと, でた赤児の産湯, でた趣向であった, でた路上ですが, でた述懷の歌, でた途端に彼, でた通りだが, でた道庵先生の姿, でた部落が今, でた野村は木戸, でた釘抜藤吉先日来の富五郎, でた鉄斎サッと顔色, でた錆災難とアキラメル精神, でた長所が見え, でた長編講談はみな演者, でたの時間, でたに自分, でた雑誌屋の店頭, でた青年は私服憲兵, でた青鬼の樣, でた頃手さぐりしながら, でた額こめかみにいつも, でただけであった, でたにむかっ, でた駒井甚三郎は次に, でたのやう, でたのやう, でたやさん, でた黒い岩も, でたの彫りもの