青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ところ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

とおり~ とかく~ ~とき とき~ ときどき~ ~とく とく~ ~とこ とこ~ ~ところ
ところ~
ところが~ ところで~ ところどころ~ ~とっ とっ~ ~とった とった~ ~とつ とつ~ とつぜん~

「ところ~」 104020, 1077ppm, 78位

▼ ところ~ (14231, 13.7%)

572 よると 327 よれば 271 ある 201 立って 142 あるの 112 来て 96 あった 79 して 68 住んで 51 あると 47 依ると, 行って 44 あらず 41 あって, あつた, 依れば 40 いて, よりますと 38 坐って 37 置いて 34 一人の 33 いるの, 出て 32 何か 30 なると, 立つて 29 彼の 27 人間の, 身を 26 腰を 25 なって 24 あるもの 22 来ると, 隠れて 21 いたの, 持って, 落ちて 20 あります, 手を 19 いる 18 あったの, いた, 帰って 17 妙味が 16 あるという, あるよう, 在る, 日本の, 目を, 突っ立っ, 自分の 15 あるが, あるので, 存在する, 飛んで 14 いって, いると, ついて, 一つの, 私の 13 ありました, この句, 待って, 心を, 於て, 来た, 私は, 連れて

12 [12件] いつまでも, いるん, きて, じっとし, 一種の, 女の, 寄って, 意味が, 拠ると, 残って, 腰かけて, 集まって

11 [13件] あること, かかって, すわって, 人の, 依りますと, 向って, 在るの, 寝て, 残して, 真の, 眼を, 隠して, 面白味が

10 したがって, ゆく, ゐて, 来ました, 止まって, 特色が, 遊びに

9 [13件] あり, あるから, おいでに, とどまって, 佇んで, 咲いて, 妙な, 彼女の, 成立する, 手が, 文学の, 至って, 行くと

8 [25件] あるん, いても, かくれて, かたまって, つれて, まごまごし, もって, ゐるの, 人が, 今日の, 作者の, 停滞し, 働いて, 出た, 原因が, 存する, 建って, 彼等の, 手の, 氣が, 腰掛けて, 興味が, 行く, 足を, 集めて

7 [24件] あったと, あつて, あるはず, いるか, ぐずぐずし, しゃがんで, 一人で, 一本の, 例の, 価値が, 入れて, 在って, 在ると, 多少の, 家を, 拠れば, 持つて, 文化の, 暮して, 私たちの, 穴が, 訪ねて, 集って, 顔を

6 [33件] あるやう, あるらしい, いたん, いらつし, うずくまって, やつて, ゐた, 三人の, 二つの, 來て, 來る, 依って, 倒れて, 居るの, 居る八五郎, 座を, 我々は, 戻って, 横に, 水が, 泊って, 潜んで, 現れて, 現代の, 生えて, 相違ない, 穴を, 立った, 自己の, 興味を, 転がって, 静かに, 頭を

5 [56件] あったので, あらざれば, あるかも, いたので, いては, いること, いるので, いるもの, いるよう, うろついて, かくして, かけて, きました, くると, これも, すべての, それが, ちがいない, とまって, のぼって, ひそんで, やって来て, よりて, ゐたの, ゐると, 並んで, 二人の, 人を, 住むの, 何を, 來た, 僕は, 力を, 口を, 変な, 多くの, 存するの, 居て, 居ると, 巣を, 席を, 手紙を, 本当の, 来たの, 海の, 真実の, 立ちどまって, 繋いで, 腰掛けながら, 行けば, 行った, 行つた, 起因し, 長居は, 陣取って, 預けて

4 [108件] あったこと, あったもの, あっては, あなたの, あるかという, あるでしょう, あるよ, ある物, ある筈, いたが, いたれば, いたれり, いつまで, いらっしゃるん, いるから, いるという, かがんで, したいと, その人, その家, それを, つとめて, なければ, なりますと, なる, もどって, やってきました, やって来た, よる, マゴマゴし, 世話に, 両手を, 二本の, 佇立んで, 位置し, 何かの, 何の, 使われて, 僕の, 光って, 入って, 出して, 出ました, 出入りする, 厄介に, 味が, 問題が, 在った, 坐った, 坐つて, 奉公し, 存するから, 家が, 宿を, 寢て, 小説の, 居たの, 居る, 山越し像の, 彼を, 従うて, 従えば, 心が, 思いも, 意外な, 掛けて, 政治の, 散らばって, 於いて, 時代の, 書いて, 根を, 棲んで, 横たわって, 次の, 歴史の, 気がついた, 気の, 気を, 無理が, 現在の, 生活の, 着いて, 私が, 立ち止って, 立ち止まって, 立ったまま, 立派な, 第一, 習合せられ, 胡坐を, 膝を, 至れば, 船を, 若い女, 落着い, 落着く, 誰か, 起って, 躑躅の, 通って, 進んで, 鉄の, 長居を, 開かれて, 雪が, 非ず, 顏を

3 [202件] ああいう, あったか, あったらしい, あてて, あらずして, あらずと, あらわれて, ありそう, ありますが, あるか, あるそう, あるのに, あるわけ, ある彼, ある自分, いくらも, いたこと, いつでも, いるのよ, いるはず, いる人, いれば, いろいろの, おいで, おおぜ, おじいさんと, おれの, お猫さん, きた, きたとき, きれいな, こうし, この人, この男, ころがって, さ, しがみついて, しようと, じっと立っ, じつとして, すえて, すんで, そこに, その本質, それに, たくさんの, たたずんで, つけて, つけ込んで, とめて, なかった, ならんで, なりました, なんの, ひっかかって, ひとりの, まっ白な, もう一つ, もう一人, われわれの, アメリカの, クッションを, ポカリと, 一と, 一疋の, 三四人の, 不思議な, 並べて, 人家が, 人影が, 人生の, 人間が, 人類の, 今は, 今度の, 住むところ, 住むよう, 何が, 何ともいえぬ, 個性の, 値打ちが, 先生の, 入つて, 出かけて, 出ると, 出入し, 出入する, 勝手に, 古代の, 向かって, 君の, 問題の, 在るもの, 境界を, 大きな原因, 大きな岩, 大きな穴, 大勢の, 奇妙な, 子供の, 存し, 存すること, 存するもの, 存在し, 客の, 寝っころがって, 小型の, 就て, 居ります, 居るん, 居る人, 岩の, 巡査が, 座って, 廻る, 引越して, 引込んで, 当時の, 形が, 彼が, 彼女が, 往って, 従ひ, 從へば, 悲劇が, 愛嬌が, 感情を, 或る, 戻つて, 持ち込んで, 揃えて, 散在し, 文学が, 日本人の, 日本的な, 来るの, 栽え, 横は, 樫の, 欠点が, 止めて, 歴史を, 死の, 毛が, 氏の, 水の, 注意を, 浮んで, 火が, 無限の, 父の, 物を, 特徴が, 独りで, 独特の, 現われて, 現代人の, 生きて, 生じて, 生まれて, 生命が, 白い花, 相談に, 着いた, 磯五が, 秘密の, 移って, 窓が, 立たせて, 立つと, 納って, 綺麗な, 罪が, 置いた, 置いては, 興味と, 芸術の, 茶の, 落ちついて, 落付い, 落着いた, 著いた, 血が, 行われて, 見えた, 見えて, 見える, 見られた, 見ること, 触れて, 認められるであろう, 近づいて, 逃げて, 逗留し, 道徳が, 違いない, 隱し, 隱れ, 非ざる, 非常に, 預けられて, 頑丈な

2 [698件 抜粋] あったから, あったに, あったヘロイン, あっても, あなたがたの, あの一団, あの途方, あらざること, あらざるを, あらじ, あらず人, あらず電気, あらゆる瞬間, ありありと, ありその, ありそれ, ありて, ありますよ, あり綱, あるお寺, あるさ, あるし, あるだろう, あるといふ, あるならば, あるに, あるべきはず, あるんで, ある一つ, ある下宿, ある云々, ある停車場, ある家, ある家々, ある小さい, ある岬, ある扉, ある窓, ある蒲団, ある話, あれば, いくつも, いたとき, いたもの, いたれるとき, いた女, いた方, いつもの, いつも腕, いてさえ, いながら, いは, いようとは, いるあなた, いるかという, いるより, いるらしい, いる人たち, いる気, いる者, うようよし, うろ, おくの, お一人, お前の, お爺さんと, お送りに, かえって来た, かくされて, かくしてある, からんで, かれら, がんばって, きますと, きまって, この事件, この作家, この問題, この態度, この集, こんな好い, こんもりと, さしかかりました, さも興味, したがえば, しては, しまって, じつと, すっかり新しい, する必要, その位置, その原因, その意味, それの, たくさんある, たった一人, たって, たまって, でなければ住まない, とじこめられて, とどまつ, とどまるよう, とまりたり, どうして工場, どこか, なつた, なつて, なめ跡が, のぼりまもなく, はさんで, はまって, はやくも, ひきつけられて, ひらいて, ぴか, ふいと, ふつうの, へたり, ぽっかりと, まかして, まるで葡萄, もつて, もとの, やって来ると, やはり同じ, よりますれば, わが国現代文化の, ゐたいやう, アクセントを, キチンと, ゲーテの, トグロを, トトと, ブイが, ブラ下が, レーリーの, 一台の, 一寸では, 一条の, 一番輝い, 一緒に, 一軒の, 七兵衛が, 下宿し, 不幸が, 不意に, 両者の, 丸テーブルが, 事を, 二つばかり, 二人は, 人工衛星を, 人間を, 今まで, 任して, 任せて, 伸子の, 似て, 住もうと, 住んでは, 住居を, 何し, 何という, 何も, 何んか, 何物かを, 作者自身が, 使われても, 來ようと, 依っても, 便乗し, 俳句の, 俺の, 借りに, 値打が, 停まって, 偶然の, 僅かの, 兄弟は, 入れられて, 入聟, 八五郎の, 出かける, 出たので, 出來, 出入りし, 到達する, 刷りこんで, 刻々の, 力瘤を, 勘を, 医療の, 半身を, 卓子が, 印を, 原因の, 取りつけて, 召集令状が, 司馬家の, 吊って, 同じやう, 同じ餌, 同居し, 向つて, 味方が, 困って, 固有の, 在ったこと, 在るという, 在る石, 坐ると, 堂守の, 墨で, 多い, 大變, 大阪の, 奉公なんか, 奉公に, 女が, 妙に, 子供を, 存在の, 学生生活の, 安置した, 宙ぶらりんに, 実在し, 宴会が, 寄せあつめた, 寄せて, 尊厳が, 導いて, 小さい穴, 小屋を, 小説が, 少しばかり, 少しも, 尽きて, 居たん, 居りたいと, 居る弟, 居辛く, 屋敷を, 川が, 川の, 巨大な, 差して, 差違が, 帰るの, 帰着する, 幾らも, 広場が, 康子と, 引っ込んで, 張りめぐらした, 強さ, 当って, 当つた月, 彳んで, 彷徨し, 彼らの, 彼女を, 彼等は, 従いて, 従って, 從ひ, 御案内, 御注目, 怖れ, 性質の, 悔いを, 悩むまいと, 意味を, 意外にも, 愚図愚図し, 感じた, 感動する, 感心し, 懸けて, 懸って, 懸つて, 成功の, 我を, 我慢を, 戦いを, 戸口が, 手ぬかりが, 手拭を, 投げ出されて, 投り出し, 投り込ん, 押しつけて, 押入り漢方, 持ち上げた, 捨てたの, 据えて, 据えられて, 據る, 散在する, 敵の, 新らしい, 新聞雑誌の, 方針が, 明らかに, 昔の, 映画の, 最初の, 最後の, 木の, 本領が, 来か, 来たやう, 来たよう, 来てから, 来るよう, 杭州の, 柿の, 根ざして, 桜の, 棒が, 棒立ちに, 検校の, 止つてゐる, 歩哨に, 殆ん, 殉じ時に, 毒塚が, 比して, 気がついたもの, 氣の, 水溜りが, 求めるまでも, 汲場ポンプが, 汽車が, 泊ったの, 泊つて居る, 流れが, 流れて, 浮いて, 深い興味, 温泉の, 満ちて, 源を, 漂って, 漸く作家, 灰を, 煙は, 煤びた額が, 燻って, 物が, 犯人の, 独特な, 狸の, 現出し, 生れたの, 生命を, 生活が, 生活し, 産する, 男と, 留って, 番を, 疎開跡の, 病人が, 発明が, 登って, 皇室の, 皺が, 盲目的な, 相違が, 真理の, 着きました, 着眼し, 知性の, 確かに, 礎石が, 私と, 移されて, 積んで, 突っ立った, 突っ立ってる, 突つ立つた, 突如と, 突然目, 立ちました, 立ちよ, 立てかけて, 筍が, 築いて, 糸を, 納まつ, 納まるもの, 紛れも, 素人の, 紫色の, 細い流, 細かく群, 繁茂し, 繋累なき, 置いたまま, 置きました, 置き換えられて, 美が, 美しいもの, 群を, 群生し, 翁の, 耳を, 耳傾けられた, 聞きに, 背を, 脚を, 自ら結実する, 自分が, 自分を, 自動車を, 自叙伝の, 自由は, 自覚の, 舟が, 花を, 茶道の, 落っこちて, 落着した, 薄暗い洋燈, 蜘蛛の, 血を, 行かしめその, 行き住まらん, 行き柵, 行き着きました, 行くこと, 行くよう, 行く気, 行こう, 行つてその, 行儀よく, 表附, 裏門の, 西鶴の, 見出された, 親の, 言葉あり, 記して, 話が, 調和が, 謂わば, 貼って, 貼られて, 賊の, 赤い電燈, 起こった, 趣味を, 蹲まり何やら, 身上が, 轉が, 迎えた, 近代主義の, 返して, 迷って, 通うて, 通じて, 運んだの, 道が, 道の, 達した, 達したと, 達して, 達しない, 達する, 部屋が, 部屋を, 重心が, 重点を, 金を, 鉄棒の, 銀公の, 鍵穴が, 降りて, 限って, 陣を, 陸が, 隙間が, 雁字がらめに, 集つて居た, 雇人は, 離屋の, 電話を, 青い薄, 青山ありだ, 預けられた, 頬杖を, 頭が, 食事を, 香ひ, 馴れて, 馴れない平次, 駆けて, 高い橋, 鹿の, 黒の

1 [7209件 抜粋] ○州屋の, あたいを, あったろうし, あった長い, あて軒さき, あの娘, あらうといふ, あらずです, あらず美, ありうる地盤, あります人間, あり無人, あるお, あるだけに, あるなり, あるらしかつ, あるヴァン・ブラント氏, ある共通, ある外套, ある市川町, ある故, ある椅子, ある発電所, ある自然運動学校, ある野, あれでございましょう, いいところ, いかばかり特色, いずれも, いたという, いたり, いた奴, いったいなごやかさ, いつも扉, いなくて, いよいよ志丈, いらっしゃるの, いるからと, いるて, いる二人, いる時, いる誰, うごめいて, うまみが, おかあさんの, おさまるべしもし, おとどけ, おられるとは, おゐ, お力借ろう, お気が, お神, お銀, かえって深い, かくしその, かける人手, かならず次, かわいくて, きっぱりした, くっつけた古い, こ, こしら, この事件最大, この学, この書, この物語, この雪, これと, こんなシヤン, こんな飲んだくれ, さして, さらに人知れず, したが, しばらくと, しゃがんでいてどうするんだい, じっと立った, すぐ発芽, すりきずを, そういう人間, その, その人たち, その娘, その技術, その特色, その衣物, それぞれさし, そんな注文, たぐまって, たてること, たむろを, ちゃんといる, ちょっとした小, ちりばめられて, つけこんで, つッ, とじ込められ正気, とびこんで, どうしてあんな, どこの, ないとも, なったよう, ならったもの, なんといったら, ねて, はいり出す, はねこの, ひそかな, ひとりでに出来あがった, ひょろりと伸びた, ふはり, ぶら下って, ほら穴が, ぼんやり立つ, まことの, また大いに, また總門, まつ屋の, みれば, もう一つ別, もちよ, ものぐさじいさんが, やってきたの, やはりバラック, ゆきだおれ, よい水, よさ, よるならただ, わざと置い, ゐたあの, ゐます, ゐる人間ぢ, アルス婦人叢書の, ウィスキーが, カンナ島という, コルシカの, ジョン, ゾウが, ツルガ博士と, ナースチャの, バラバラ死体, フヨルドが, プールが, ポエトリーは, マユミさんの, ヨハネという, レーニンの, 一つ黒子の, 一介の, 一宇の, 一島ある, 一時寄偶する, 一気にこれ, 一編の, 一連の, 万葉集の, 三味線に, 三角点あり, 下げとくん, 下水工事の, 不破の, 並んだ米連艦隊, 丸山ありだ, 乗物を, 二つはめ込みの, 二十余人の, 二葉亭氏の, 五列を, 人格が, 人間探求の, 今年十六の, 仕事場を, 仰々しく吹聴, 伊太利人の, 伴ひ入りし, 低い灌木の間, 住み戦災, 住んだ, 何だかあっけない, 何年も, 作者が, 來り, 係る, 修業の, 倚凭った, 停って, 傷跡の, 優れたもの, 光つた眼が, 入り浸つて, 入念に, 八畳ほどの, 其の人, 円陣を, 凭せかけられて, 出す金, 出るには, 出来る渦, 切符を, 到着した, 剣付き鉄砲を, 助手の, 勤めたこと, 十三屋という, 半日も, 危険が, 原始の, 参候し, 反して, 取り出しおもしろく, 古調の, 合せて, 同じ思い, 名だけを, 向かうの, 周囲半, 咽喉も, 商売の, 囚人の, 固っ, 土牛といふ, 在り発生, 在る寺, 地球と, 坐り巻紙, 埋もれて, 報告かたがた相談に, 境涯を, 変化が, 多く用いられ, 夢の, 大きく茂った, 大きな巣, 大きな炉, 大きな軽い, 大の, 大失敗, 大豆が, 天変地異が, 太郎が, 女らしさ, 妙理が, 威嚇の, 嫁に, 存するか, 安住し, 定着し, 実在性を, 家に, 寂が, 寄食し, 寝ること, 寺の, 小さい二階家, 小さく, 小さな家, 小さな芽, 小学校が, 小窓, 少し残っ, 就職を, 居った, 居よう, 居る変, 居据わり, 届けて, 山女魚釣り独特の, 岸本の, 川に, 差しかかると, 帰したもの, 常套が, 平等思想が, 庁が, 店頭に, 建物が, 引き取った, 引っ張り出すと, 引返すと, 彌次馬心理を, 彫塑や, 往きて, 待ってるの, 従つて矩を, 從ひみ, 御首, 必ずしも芸術, 応ずの, 思い深い, 急所が, 恐れと, 悲劇らしい, 意を, 感の, 憶良の, 戦さが, 戻り残り, 手塚さん市川苺を, 打ふし居たま, 抛りだして, 押し込め今, 拠る, 指の, 捨て, 掛け茶屋, 掲げた五册, 支えの, 故郷の, 数千の, 敵意の, 文学に, 新しい朝鮮人部落, 新らしく切られた, 新鮮味が, 日坂峠という, 日本語の, 明るいかがや, 映つたり, 暫く坐つ, 書けるよう, 最も鮮やか, 朝倉先生の, 未熟さが, 本陣が, 村落や, 来たれるまで, 来ましたよ, 来る女客, 松虫草が, 枝も, 柿の木が, 根本的に, 桶屋さんが, 植えますと, 極度あるべからず, 横へ, 櫓置き, 止まつて, 正夫は, 歩哨を, 死が, 段々と, 比べて, 気がついて, 気が付きます, 水屋が, 永居は, 汲揚ポンプが, 沢山の, 泊つて一と, 泊るといふ, 注意せね, 活きて, 浅間神社を, 海部直という, 深い感興, 清作は, 温根湯温泉という, 満更の, 滞在し, 潜み隠れて, 濃くこの, 灸でも, 無数の, 煙の, 熱情を, 牛を, 犯罪は, 狭山の, 獨り, 珍らしく, 現代的特徴を, 瓶の, 生じる, 生れるの, 田が, 男の, 番頭和助の, 疆外に, 痩せた人, 発田が, 白いもの, 白く咲い, 白鳳の, 盛衰を, 盲目の, 看到らむとするには試驗, 真黒に, 着て, 知人が, 磔刑柱が, 神変夢想流の, 私達は, 移して, 空気抜け, 突ツ立ち, 立たされた苦味, 立ちふさがってるんだい, 立ち塞がりました, 立ち止まりました, 立ってるな, 立つ警戒, 立戻っ, 笑い得る, 籐椅子を, 糠と, 紐で, 細い髪房, 結びついたもん, 絶対の, 縁付いて, 缺けて, 置かれるよう, 置くよりも, 群がって, 考え及ぼすの, 職務上の, 背景としての, 腰かけました, 自働電話函, 自然科学の, 舞台が, 艶めいたい, 芸者といふ, 苦しむ, 茫乎と, 荒廃の, 落ちこんだらしくさ, 落ちつく底, 落着きという, 蒔いて, 虎が, 蜂起し, 行かなければ, 行きわたって, 行き龍, 行ったとき, 行つて一種真面目な, 街の, 襟を, 見いだされても, 見かけられます, 見られる, 見出したの, 親しみを, 観照は, 触れること, 訪れた深沢, 詩界の, 認められる関係, 誤謬が, 諸君の, 豹なんか, 賢い人, 赤い線, 走って, 起こるもの, 足の, 踏みとどまって, 車井戸の, 軽くも, 辰吉という, 近づいたの, 返すと, 追懐の, 逆上に, 通ひ始め, 進む外, 運んで, 達します, 遺って, 配達され, 重畳する, 金屏風が, 釣り下げて, 銀の, 鎮座ましまし, 長く住まつ, 開いて, 間馬川という, 限っては, 陸奥宗光外交が, 隠れた, 隱した, 集めたら成, 集中する, 雷大に, 青々として, 静かな, 響きわたって, 頸圏が, 飛び出して, 食器棚を, 首相と, 駄菓子屋が, 騎馬の, 高手の, 鮨の, 麗人お, 黒い土, 黒蟻の

▼ ところ~ (13863, 13.3%)

462 行って 313 来て 206 持って 131 いって 125 連れて 121 出て 100 遊びに 84 来ると 83 飛んで 75 行った 70 帰って 65 戻って 62 行くと 56 出かけて 52 出た 51 来たの 49 もって 45 来た 43 つれて, 相談に 42 手紙を 40 行くの 39 走って 38 持つて 37 きて 35 行きました, 行く, 訪ねて 34 くると, 電話を 31 お嫁, もどって, 來て 30 とんで 28 出ると, 手を 27 やって, やつて, 入って 25 送って 24 やって来た, やって来て, 不意に 23 ゆく, 行くこと 22 來た, 顔を 21 來る, 立って 20 挨拶に 19 いった, 一人の, 忍んで, 知らせて 18 行くん, 行ったの, 飛び込んで 17 寄って, 届けて, 逃げて, 金を 16 嫁に, 尋ねて, 来るの, 置いて, 行つた 15 手の, 落ちて, 行こうと, 近づいて, 運んで 14 やってきて, やって来たの, 出ました, 姿を, 押しかけて, 歩いて, 目を, 眼を, 行けば, 飛込んで 13 おいでに, やってきた, 急に, 来たん, 案内し, 行こう, 駈けつけて 12 いきました, きた, よって, 出して, 来ました, 私が 11 いつて, きたの, 人を, 何か, 例の, 出かけた, 気が, 知らせに, 腰を, 行つ

10 [16件] おいて, かけて, きました, はいって, やってきました, 使いに, 使いを, 入れて, 八五郎が, 出入りする, 折よく, 氣が, 話しに, 身を, 電話が, 頼みに

9 [24件] おいで, かけつけて, それを, ついて, やって来ました, ゆくと, ゆくの, 上って, 下りて, 何し, 出入りし, 坐って, 女の, 女中が, 御案内, 急いで, 或る, 来ては, 樹明君が, 気がついた, 移って, 表の, 通って, 顏を

8 いくの, 使を, 出れば, 母が, 私は, 行くが, 行ったん

7 [17件] もつて, 出掛けて, 原稿を, 外から, 奉公に, 引返して, 彼の, 戻つて, 来たとき, 登って, 自分の, 行つてお, 表から, 進んで, 集って, 頭の, 駆けて

6 [39件] いく道, お帰り, かけつけました, たずねて, ゆきました, よこして, よった, 一緒に, 下女が, 主人が, 二人の, 便りを, 入り込んで, 呼ばれて, 呼んで, 宿の, 戻った, 暇乞いに, 来たもの, 泊りに, 父が, 眼が, 私の, 突然に, 茶を, 行き, 行きます, 行ったが, 行ったこと, 誰が, 走つて, 車を, 近づいた, 降りて, 隠して, 電話の, 駈けつけた, 駈けて, 駈け込んで

5 [65件] あがる, あそびに, いくこと, いくと, いらっしゃい, いらっしゃいな, いらつし, お出でに, お届け, お礼に, くること, このよう, だしぬけに, とびこんで, どこからか, ひとりの, ふいに, また一人, やって来る, 丁度に, 二人で, 今度の, 他の, 伴れ, 佃が, 借りに, 八五郎は, 出かけました, 出たの, 出入し, 半七, 参りました, 向って, 君が, 帰ると, 平次と, 引き返して, 彼が, 彼は, 往って, 扉を, 持ち込んで, 捨てて, 来たこと, 来ても, 来るよう, 来るん, 気を, 泊って, 着いた, 礼に, 私を, 稽古に, 行かなければ, 行かねば, 行きましょう, 行つてゐる, 見舞に, 訴えて, 足を, 返して, 酒を, 電報を, 頭を, 飛びこんで

4 [96件] あが, あがって, いくよう, いこうと, いらして, お前が, お嫁入り, お客様が, お気が, お稽古, お絹, お角, お邪魔, お銀様, お雪, でかけて, のこのこ出かけ, はいり込んで, ひっぱって, ふらりと, まいって, また, やつた, 主人の, 今日は, 伝わって, 伺って, 僕が, 兄が, 入つて, 出る, 口を, 向うから, 坐った, 報告を, 娘の, 娘を, 嫁いで, 嫁入, 届いた, 巣を, 帰った, 弟子入りを, 忍び込んで, 思いも, 急いだ, 息を, 手が, 折も, 押掛けて, 指を, 書いて, 来い, 来たと, 来ること, 来るもの, 案内しよう, 沈んで, 泊った, 泊めて, 泊る, 物を, 登ると, 移りました, 立ったまま, 自分から, 自分を, 落着いた, 落着く, 行かうか, 行きその, 行きたい, 行きな, 行きなさい, 行こうという, 行ったとき, 行ったり, 行っても, 行つてし, 行つて見よう, 行つて見る, 訊きに, 話が, 走った, 轉げ込む, 近所の, 逃げこんで, 這入って, 遣って, 電報が, 預けて, 飛びました, 馳け, 駆けつけた, 駆けつけて, 駈けこんで

3 [209件] あてて, あとから, あなたが, あの女, ある日, いら, いらっしゃるの, おまえを, お前の, お客が, お寄り, お手紙, お松が, お民, お茶を, かえって, かえってきた, かかると, かくして, かくれたの, ききに, くるよう, ここに, こちらへ, この笠, この話, この頃, これも, ご案内, さしかかって, さっきから, その女, それが, だれか, ちよつと, でた, でて, とどけて, とまって, どこか, どこへでも, どやどやと, ぬうと, ひよこり, まいりました, やってきたん, やって来ると, ゆきます, ゆくこと, ゆけば, よく遊び, よこしたの, よばれて, よる, わたしを, ガラッ八, ガラツ八の, ドッと, ハガキを, フラリと, 一人で, 一枚の, 三人の, 乗りこんで, 乗り込んで, 今は, 今度は, 何かの, 何の, 何も, 使ひ, 俺を, 先生が, 出たとき, 出るの, 出入する, 出向いて, 前の, 力瘤を, 動いて, 勝手に, 参って, 参ります, 參りました, 君の, 君は, 噂の, 四五人の, 囮鮎を, 売りに, 大急ぎに, 女が, 女中の, 妙な, 嫁く, 嫁入りする, 子供を, 客が, 寄った, 導いて, 屆けて, 帰つて来た, 帰りました, 帰るの, 帰る気, 廊下を, 引きずって, 引っぱって, 引っ張って, 引っ越して, 引取る, 当てて, 彼女が, 後から, 後ろから, 心を, 意外にも, 戻つて來, 戻るの, 手傳ひ, 手紙が, 手紙で, 押流され, 持ちこんで, 持参した, 放して, 早馬が, 本陣が, 来いと, 来たという, 来た時, 来てから, 来なかったの, 来る気, 東京から, 此の, 水を, 江戸の, 泊ると, 泣いて, 注進に, 流れて, 無理に, 玄関で, 玄関に, 現れて, 町から, 碁を, 移して, 移った, 給仕が, 続いて, 繁, 聞きに, 能く, 若い女, 落して, 落ちた, 落ちのびて, 落ち込んで, 落着い, 蜀の, 行かうと, 行かんと, 行きますわ, 行き彼, 行くという, 行くに, 行くには, 行くので, 行くより, 行く前, 行く気, 行く積り, 行く途中, 行け, 行けないと, 行けるの, 行ったって, 行ったら, 行っては, 行つて見, 襖の, 見舞いに, 訪れて, 話を, 誰かが, 越して, 跳んで, 転げ込んで, 近づきました, 追いやって, 送られて, 逃げ込んだ, 通りかかったの, 運ばれて, 運よく, 部屋を, 長い手紙, 隠れて, 集めて, 雪の, 電話し, 電話したら, 電話で, 静かに, 預けること, 首へ, 首を

2 [652件 抜粋] あいさつに, あいつが, あがろうと, あぐらを, あたかもかの, あちらの, あてがって, あなたと, あの泥棒, いかせて, いかないの, いきなりお, いきます, いこう, いつもの, いらっしゃったの, いれて, うしろから, うしろの, おいでなさる, おせい様, おせき, おつれ, おもむいた, おれが, お作りに, お使い, お光, お出でなすった, お出なさい, お前は, お吉, お嬢さんが, お帰りなさい, お手伝いには, お見え, お詫びに, お越しに, お金の, お隅, お隣の, かえって来, かかって, かけつけた, かけつけましたが, かけよりました, かけ込んで, かの女, きたという, きた時, きては, こっちが, このまま, このリカルド・ガリバルジ君, この報告, この騒動, ころがりこんだ, こんどは, こんな文章, こんな話, ご挨拶, さらにお, さらに溝口家, しのびよって, しばらく行っ, すうっと, すぐ行っ, そこへ, そのお, そのこと, その朝, そんなこと, そんな事, たったひとり, たのみに, ちょうど婢さん, ちょっとお, ぢつと, つづいて, であった, です, でると, とってかえした, どうした, どこからとも, なぞ行く, なにし, なんか, のぼること, のりこんで, ひょっこり帰っ, ぶらさげて, へんな, またこの, また折, まねかれて, まわしたり, まわって, みんなが, やたらに, やった, やった平次, やってきたとき, やってくると, やって来たん, やって来ては, やって来るの, やりたいもの, ゆけと, ゆけるの, よく話し, よこしたなあ, よめに, よると, コーヒーを, サッと入れた, チョコチョコと, ホンモノの, 一匹の, 一方の, 一目散に, 一面に, 上から, 上がって, 上りました, 下から, 不斷, 世は, 世話を, 久し振りで, 事件が, 二三日うちに, 二階から, 云って, 人の, 今の, 今また, 今日も, 仕事の, 仕事を, 会いに, 伜の, 伝六が, 伺候する, 何う, 何を, 使に, 使者に, 來いと, 來てから, 催促に, 僅か半年, 働きに, 僕の, 僕を, 兄の, 兄貴の, 先方から, 先生と, 入った, 入らつして, 入り浸って, 入れ直して, 再び女房, 出かける, 出した, 出た時, 出よう, 出るって, 出る道, 別々に, 別れを, 利助の, 割り込んで, 勝手口から, 勤めて, 十人の, 卑屈な, 厄介に, 参りますと, 又し, 又その, 友だちが, 友人が, 取りに, 只今と, 吊された大, 同じ運座, 同情し, 同情を, 君を, 呉の, 呼びだして, 呼び寄せて, 呼んだ, 和助は, 唾を, 問題の, 地取りを, 坐つて, 埋めて, 報告し, 報告に, 変な, 外の, 外れて, 大手の, 天なる, 失礼でございます, 奥から, 女中と, 妹の, 威勢よく, 婿に, 嫁ぐこと, 嫁入る, 字を, 家の, 宿を, 寄つて, 寄つてみよう, 寄る, 寄ると, 寒月君が, 小使が, 小僧の, 屈み, 届けた, 屑金物の, 席を, 帰つ, 帰つて行く, 帰れ, 幇間の, 平次得意の, 平気で, 年賀状を, 廊下に, 廊下の, 廻されて, 廻したの, 廻って, 引きだされて, 引張って, 引移っ, 弟が, 強いて, 強い力, 当てがった, 彼も, 彼を, 彼女の, 彼方の, 待ちに, 後に, 後園の, 後添いに, 御出, 御注進, 心易き, 忍びこんだ, 忍び大病人, 戸惑いを, 戻して, 戻ったの, 投げこんだ, 投り込んだ, 抱いて, 押かけ, 押し掛けて, 招いて, 招かれて, 持ち出して, 持出したん, 持運んで, 掃除が, 支店長が, 放送局の, 断わりに, 新たに, 新太郎の, 新聞と, 旅行し, 日光が, 日本の, 昇って, 映って, 時計が, 曲者が, 曳かれて, 書斎の, 最初の, 月に, 木村という, 木隠, 村の, 来たお客さん, 来たが, 来たので, 来たよ, 来た事, 来なくなった, 来なくなって, 来なければ, 来ましたが, 来られた, 来りて, 来る, 来るやう, 来る前, 来る手紙, 来れば, 染五郎が, 柳が, 案内した, 案内します, 案内を, 椅子を, 次の, 欣んで, 武者振りつく, 歩みよって, 歩みよると, 歩み寄って, 歩み寄ると, 歸つたのは, 歸つて來た, 死骸を, 毛利と, 気がついたぞ, 気がついて, 泊まりに, 泊り込んで, 泣きついて, 派遣される, 海外から, 漁師が, 潜り込んで, 濡れ滴りて, 無心を, 父の, 片手を, 物見の, 犬の, 現れたの, 理を, 生れて, 生活の, 用が, 男が, 留守を, 病院の, 白雲が, 眼星を, 着いて, 知らせること, 知世子が, 私たちが, 私と, 移転した, 突如と, 立ちよって, 立つて, 立てて, 竜之, 筒袖を, 素子が, 絵葉書を, 縁付いて, 縛りつけて, 置いた, 置きばなし, 置くこと, 置くの, 背中を, 脇差を, 脱線し, 腰掛けた, 自分が, 自分も, 舟の, 英語を, 荷物を, 落ちこんで, 落ちついて, 落ちる筈, 落下傘で, 薬を, 行かう, 行かずに, 行かないよう, 行かれたの, 行きお, 行きさえ, 行きそれ, 行きそれから, 行きたいから, 行きたいん, 行きたくも, 行きますから, 行き合せ, 行くから, 行くそう, 行くつもり, 行くといふ, 行くとか, 行くにも, 行くまで, 行くもの, 行くよ, 行くわ, 行く予定, 行く事, 行く約束, 行けないの, 行こうかと, 行こうじゃ, 行ったと, 行ったので, 行っちゃ, 行つたと, 行つて, 行つてしらべ, 行つてみ, 行つても, 行つてゐた, 行つて少し, 行つて樣子を, 行つて死んだ, 行つて泊る, 行つて見ます, 表に, 裏の, 裏口へ, 襖が, 見せに, 親方が, 触られたよう, 触れて, 言って, 誰か, 談判に, 警視庁の, 貴殿が, 赤と, 走り寄り, 踏み込んで, 踏込むかも, 踏込んだ平次, 転げこんで, 轉げ込ん, 辰男は, 迎えの, 近よって, 迫って, 迷って, 送つて, 逃げこんだもの, 逃げ込んで, 這って, 這ひ, 通ふ, 逢いに, 運ばねば, 運んだ, 遣つて, 部下の, 酒が, 酒屋の, 野だ, 野猪よりも, 野菜を, 金策に, 長蔵さんが, 門の, 閉じこめて, 階子段に, 隣の, 隣室へ, 集まった, 集まって, 電報, 面を, 音を, 預けお, 頼んで, 顔色を, 風が, 風太郎が, 飛込んだ平次, 食事に, 飲みに, 馳けて, 駆けつけました, 駆けつけると, 駆けよった, 駈けつけると, 駈け付けたの, 駈け戻って, 騒ぎを

1 [6558件 抜粋] ああいえ, あがるには, あたかも父, あてるいろいろ, あの又蔵, あの椿三千麿, あまり通は, ある日曜日, あんないする, いかないでは, いきつかないと, いきましょう, いくから, いそがねば, いったので, いつ現れた, いらしつたの, いらっしゃるよりも, うす暗いしげみ, うッそり, おかしなでんわ, おさまったよう, おつきの, おまえの, およめ, おヨメ, お俊, お前さまを, お夏, お客様の, お徳, お母さんは, お知らせ下さい, お行き, お越し下さいまし, お通しし, お願, かえった, かくしたもの, かけつけます, かけ出して, かつぎ込みましたが, からかいに, きたこと, きみが, くつつい, ぐしょ濡れに, こうし, ここへ, こな, このたびオナラ成仏, この女, この檄, この鉄砲組, これから, こんどの, こんな騒ぎ, さいぜんの, さしかかったの, さらしものに, しかるべき庵, しのびこんで, しんばり棒を, すばやく注射, せっかくこうして, そこらに, そっと隠し, その住職, その木戸, その藪, それでも庵, そーっと, たてかけたベッド, たれも, ちくりと触れる巧まざる, ちょうどそういう, ちょうど打合せ, ちょこちょこ縁側先, ついた翌日, つぎは, つれこまれたの, でしゃばって, とても一人, とまりがけ, どうして踏み込ん, どつ, ながながと, なにかに, なりと, にげ帰って, ねじこむの, のぼりたがる癖, はいり込んだの, はじめてやって来た, ばあやが, ひさが, ひとり遊びを, ひょっこり顔, ふすま, ぶすッ, ぷーんと異, ぽたりと, またお, またもや, また印袢天, また忽然と, また浴室, まつしぐら, みしみしと, むりやりに, もう一度帰っ, もちろん聞えた, もどると, やったやっぱり, やってくるん, やって来ないで, やつと, やり自分, ゆうゆうと, ゆきサヴォイ, ゆくについては, ゆこう里見, よくも栽, よこしやがった, よりかかる, わが素人探偵戸針康雄, わざわざよく来, わたしが, イソイソと, カンテラが, グワラグワラと, ゴロリと, ジリジリと, ゼドリンを, テレーズが, ドヤドヤと, ノソノソ出, バラさんが, ビールを, プッチーニが, ポカリと, マ来, ヤーロ親分が, ロープの, 一五六四年八月半ばに, 一夫が, 一方は, 一歩近づいた, 一艘の, 丁度お前, 丁度流し, 三人は, 三沢氏来三人で, 上ったの, 上方から, 下二母上, 世に, 中原中也が, 主膳が, 事は, 二三日逗留し, 二尺四方ばかりの, 二里の, 五年の, 人は, 今しがた追い出された, 今引越, 今盗った, 仲居の, 伸子と, 住むつもり, 何でお出で, 何心なく, 作句の, 使者など, 來ます, 俄然外部, 個人の, 傳手を, 先ず咲, 先鋒の, 入り大, 入れたもの, 入れ違い, 全然意想外, 六時の, 内弟子に, 再縁でも, 出かけたもの, 出かけるのに, 出したもの, 出しゃ張る, 出たら十時ごろ, 出てるの, 出ようと, 出るには, 出向いたらどうか, 出掛けようかな, 分けて, 到達すべき, 剣閣から, 助け舟を, 勝負に, 北原賢次が, 十六歳の, 半ば穴小屋の, 単に茶, 去年も, 参りもう, 又お, 又旬報, 叔父が, 受話器に, 合い図, 同行の, 向うもの, 呂竹さんが, 呼びだされたの, 唐紙が, 喧嘩を, 四時半ていう, 土地を, 坐り込んで, 堂々と, 塚田が, 夕方に, 夜の, 夜遊びに, 大事な, 大工の, 大變, 太いだいこん, 女は, 如才なく, 姫の, 嫁が, 子を, 安川嬢が, 客あり, 宿で, 寄らないほう, 寄る氣, 寛喜元年の, 寺から, 導いた, 小川さんは, 少しばかり, 居候に, 届きました, 届けても, 山の, 岡本弘が, 巣く, 差し出した, 帯を, 帰らなければ, 帰るさ, 幕を, 平次の, 幸い婆さん, 床が, 座蒲団を, 廻つたこと, 引きずり込んで, 引き返した, 引つ張つて行つて, 引越したのねと, 弘法大師が, 張持つ, 当てはまる文字, 影身に, 往き合せたこと, 待伏せし, 徐州の, 御機嫌伺いに, 御自身, 徳山が, 忘れずに, 思いがけない昨日, 思ひも, 急転直下する, 息も, 意味なく, 懺悔にでも, 戸口から, 戻ること, 手拭を, 投げこみました, 投込んだ, 披露の, 押しかけると, 押し掛けては, 担ぎこんだ, 持ち去って, 持参しなけれ, 挨拶ま, 掘つたので, 提げて, 支那の, 教へて, 数字を, 料理人が, 新患, 旅立ちしなくては, 日名子氏が, 早くつれ, 明智探偵が, 昨日は, 時々お, 普通の, 暴れ込まれせっかく, 書物を, 最近ぼつぼつ, 朝風呂を, 本を, 杖を, 来たいの, 来たもん, 来た人たち, 来た注文, 来なくても, 来やがった, 来るくらいの, 来るルウス, 来る柄, 来給えつい, 板倉さんが, 柱に, 案の定七人, 案内につれて, 植込みの, 権現様なんか, 樹明君来庵すぐ, 次兄が, 歩きよって, 歯ぎしりかみ, 歸られない, 殺人鬼が, 毎日話を, 気がついたねえ, 水が, 江戸は, 沙漠が, 泉水の, 泊まるの, 泊るから, 泣き込んだの, 流れついたか, 浮浪民や, 清君を, 源七は, 漂着した, 火を, 無遠慮に, 片づいて, 牧夫が, 犬屋が, 玉が, 現われたかを, 甚だ恐縮, 生産物を, 田原と, 申出で給え, 留守中に, 病友光岡良二来る, 登れば, 百姓一揆が, 目見えに, 相變ら, 真直に, 着きました, 知った人さん, 石川五右衛門様が, 磯五と, 神経痛が, 秘密の, 移りたいと, 穂高ゆきの, 突として, 突然呼び懸けられた, 突進し, 立ちながら, 立ち退くこと, 立寄りまして, 竹中十兵衞が, 節子が, 約二百俵, 素人ふうに, 結びつける必要, 線香を, 繼母が, 置きいざ, 署長が, 翅の, 聞慣れた, 脅迫状を, 自分だけ, 臼井が, 舟を, 芝居に, 苅田さん来何だか, 茶店の, 莫大な, 落ちついたよう, 落ち込もうとは, 著くまでは, 薄暗い窓, 虎七が, 蟹行本を, 行かせるもの, 行かれます, 行きたいといふ, 行きたくなる, 行きひどい, 行きますし, 行き代り, 行き始めると, 行き私たち, 行くお, 行くどころか, 行く天, 行く道, 行けるはず, 行っただけ, 行ったら海, 行った相, 行つたのだ, 行つてて, 行つて二人だけの, 行つて悪い, 行つて燕女が, 行つて羊羹色の, 行つて飮み直さなく, 袁紹から, 西岡の, 見相, 親父は, 言つて來い, 訪問できる, 評判の, 誘いましたね, 諸君が, 讒者の, 買物かたがた見物に, 赤橋守時も, 走り女, 越したいと, 踊りや, 車ごとお, 輿入れいたしました, 辿り着くころ, 近づいたとき, 近寄らせないよう, 迷い込んで, 追いやったよう, 送ったら丁寧, 送り出しながら, 逃が, 逃げ出して, 逃れた水, 通いつめて, 通つた, 通る有野村, 連れだして, 連絡し, 運の, 道誉の, 遠方で, 避暑に, 郷士風の, 重ねて, 金ぴかの, 釣針で, 鎧櫃の, 閉じこめられた哀れ, 間瀬孫九郎と, 降りました, 陽に, 隠れるだろうか, 集つて来る, 雨宮青年を, 電燈が, 霊魂なる, 非常に, 響かない鐘, 頬かむりを, 願い込みました, 飛びかゝつて絞め殺し, 飛び込み殴り付けて, 食いつく, 首から, 馬買いに, 駆けつけるため, 駆け降りた, 駈けつけるなり, 駈け込んだ, 骨休めに, 魔が, 麩の, 黒羽二重に

▼ ところ~ (11434, 11.0%)

201 あつた 70 それは 61 それが 53 何の 49 私は 47 仕方が 39 それを 36 自分の 33 何を 32 彼は 31 私の 28 あらう 23 ござります, なんの, 誰も 22 どうなる 21 何か 18 何も 17 急に 15 せう, ね, 人の, 彼の 14 何に, 僕は, 少しも 13 あつて, お目, そんなこと, 一人の, 僕の, 生きて, 遊んで 12 これは, どうにも, なにを, 今の, 今は, 女の 11 それに, 仕様が, 何んの, 働いて, 彼女は, 待って, 知れたもの 10 さ, どうにもなる, 二人の, 見ると 9 ござりました, そこに, なにも, 何が, 例の, 手を, 日本の, 私が, 私たちは

8 [17件] これを, その人, どうしよう, まごまごし, やって, 一つの, 他の, 伸子は, 何にも, 平次は, 彼女の, 止って, 腹を, 自分は, 見て, 誰が, 酒を

7 [22件] そんなもの, だ, 不思議は, 二人は, 人間は, 今度は, 仕樣, 君は, 女は, 始まらない, 容易に, 御馳走に, 所詮は, 手に, 無駄だ, 現在の, 相手が, 私には, 終って, 自分が, 話を, 顔を

6 [15件] あなたの, お目にかかりました, これが, これらの, しかたが, そこの, その日, 人間が, 何うにも, 家の, 小婢, 少しの, 私達は, 第一, 足を

5 [34件] あなたと, お前と, ここで, これに, その時分, たいしたこと, どうする, やつて, わたしの, ピタリと, 一緒に, 三人の, 不意に, 人間の, 何んにも, 俺は, 多くの, 当時の, 彼等は, 息を, 村の, 煙草を, 相手に, 眼の, 私に, 私を, 終りに, 肝心の, 自動車を, 逢った, 道は, 郎女は, 金の, 降りて

4 [67件] あなたは, あらうと, おれは, お前に, お眼, ここに, この人, これも, そこには, そこは, それも, そんな事, でも, どうで, どうにもなりません, な, なにしてる, なんでも, ふと見る, ものを, わたしは, われわれは, タカが, マゴマゴし, 一種の, 世の中は, 今日の, 仕事を, 仕方の, 休んで, 会った, 何でも, 働くの, 僕が, 初まら, 土地の, 大した役, 幕に, 役にも, 彼に, 彼には, 彼女を, 彼岸の, 或る, 日が, 昔の, 暮すの, 木を, 本を, 次の, 気を, 水の, 物に, 男は, 目に, 相手は, 真の, 眼を, 立ち止った, 結果は, 肝腎の, 言うても, 話の, 車を, 電車と, 頭を, 馬を

3 [160件] あつたの, あつたらう, あなたに, あらうか, いきなり, いずれも, いつまで, いつもの, いろ, おれが, お前さんの, お鳥, かすかに, かの女, こ, ここは, こちと, こっちの, このお, この女, この雨, これと, これには, これまた, こんなこと, すぐに, すし, すってね, せうが, そこが, そこへ, その夜, その本, その金, その頃, それだけで, それだけの, それで, それと, だれも, どうなろう, どうにも仕様, どれだけ, どれほどの, なんにも, はたらいて, ばったりと, ひそかに, ひとりで, ひどく濃く, ふいに, ほんとうの, やるん, よく見る, われわれの, テーブルに, 一人で, 一夜の, 上の, 中から, 二階から, 人が, 人に, 人は, 人を, 今まで, 仕方も, 仕様も, 会ったの, 伸子が, 何し, 余計な, 使って, 俗に, 俥を, 俺が, 俺の, 僕には, 光って, 出て, 切れて, 別れて, 助かりました, 叔父は, 右に, 命だけは, 命を, 埒は, 夜が, 夜を, 大したこと, 失敗し, 女が, 妻は, 始まらぬ, 孤独な, 実際の, 寺の, 山は, 左に, 平次が, 彼を, 彼女には, 彼等の, 御政道, 御目, 思いがけない人, 意外の, 早くも, 暇を, 暮した, 暮して, 書いて, 月に, 本当の, 止った, 止めて, 正太は, 気が, 氣の, 決してその, 油を, 滅多に, 無駄な, 父の, 物を, 生活し, 男の, 眼が, 確かに, 私も, 立ちどまって, 立ちどまりました, 立派な, 笑って, 紫の, 聞えた, 自然の, 自由に, 自転車に, 致し方は, 船は, 茶を, 見たの, 見物し, 親の, 親分は, 話して, 路傍に, 身を, 身分が, 述べて, 逃げて, 逢引し, 金を, 雨の, 静かに, 飲んで, 首を, 高が

2 [647件 抜粋] ああいう, あたら一月, あの人, あの姫, あの騒ぎ, あばれて, あらねば, ある人, あれだけの, あれは, あれほどの, あんなこと, いいん, いい気持, いざという, いっしょに, いつでも, いまごろは, いろいろな, うろうろし, うろついて, おさまって, おしまひ, おせい様, おそらく何, おべん, おれの, お主, お判り, お前は, お前を, お吉さん, お手, お目にかかります, お目にかかるなんて, お見出し, お身, お雪ちゃんの, お高, がす, ぐずぐずし, けさの, げしょう, こうまで, ここでは, ここには, このよう, この場合, この旅行, この男, この通り, こればかりは, これまで, こんな好き, ござりまする, ごとごとと, しようが, しようがねえ, しんしんと, じっくりと, すっと行き過ぎ, ずばりと, せうか, そのなか, その上, その不正確, その中, その他の, その動作, その姿, その手, その数, その枝, その煙, その細君, その結果, それからは, それだけ, それで大きな, それによって, それより, ただ錦, たった一人, だしぬけに, ついこの, つかえて, つかまえて, とがめ立てするわけ, とぐろを, とった写真, とても意, とまった, とまって, とめると, どうした, どうせろくな, どうにかなる, どうにもなり, どうもその, どこからか, どこが, どこにも, どこへ, どしん, なにが, なにしてるだ, なんに, はござりませぬ, ぱたりと, ひとりの, ぴたりと, ほかの, ほんとに猫, ぼんやりし, また御馳走, まだ財産, まるで小さな, まんまと鬼, むこうから, むこうの, むだな, もう一つ, もう二十歳, もう後の祭り, もう遅い, もって, ゆっくりお話, ゆつくり, わしの, わたくしの, わたしが, アメリカの, オロオロする, カッポ酒, カルルは, コソ, スキーを, チョイと, ブレーキを, プーシュキンを, マルクス主義に, ムダだろう, ワアッ, 一つに, 一寸面白い, 一方は, 一日の, 一日も, 一笑に, 一軒の, 一間幅の, 三人は, 三島屋の, 上下に, 下りて, 下手人は, 下等な, 不思議で, 不思議な, 両方の, 中には, 主人の, 主君大場石見の, 之を, 事を, 二人ある, 二人し, 二人とも, 二階正面の, 五十歩百歩の, 人々の, 今でも, 今までの, 今も, 仏像などを, 他に, 他人の, 会いました, 会いましたね, 会ったね, 会ったもの, 会って, 伸, 伸子の, 低くうめく, 何うし, 何かの, 何かを, 何と, 何時の, 何程の, 依怙地に, 俺や, 停めて, 傘を, 僅かばかりの, 僕としては, 元々です, 元の, 先頭の, 光線を, 其を, 其処の, 分岐する, 切って, 切られて, 列が, 別に差支, 前に, 前の, 剛直な, 勉強する, 北側の, 十兩と, 半蔵の, 博士が, 及ばぬこと, 収まって, 口に, 口を, 右手の, 各自の, 同じこと, 向ふ, 君が, 君に, 君には, 味方の, 呼び生けられるわけ, 咳払いが, 嘱託を, 困ったの, 墨田川の, 声を, 変りは, 夏の, 夕飯の, 外の, 多寡が, 夜おそく, 夜の, 大きな二歳, 大きな穴, 大きな顔, 大したもの, 大した事, 大した変り, 大した損害, 大事ない, 大勢の, 天日の, 夫が, 夫の, 夫人は, 奇妙な, 女中と, 始まらないの, 娘の, 娘二人に, 娘御, 婆さんの, 子供たちの, 子供に, 子供を, 存分に, 安心し, 実は私, 実は貞, 家も, 家を, 家内の, 将来の, 小さくなっ, 小さな枝, 少しでも, 少しばかり, 尻っ, 岸本は, 川が, 川の, 左側に, 己が, 己の, 帽子を, 幸子は, 店を, 弁当を, 引かれるとき, 当分落ちつく, 役に立ては, 彼らが, 彼等を, 後から, 後に, 徒らに, 御紹介, 微かな, 徳さんの, 心静かに, 怖ろ, 思いも, 急速に, 悪事を, 惜しくは, 想い起して, 愚図, 感心し, 態, 戦争の, 戦争を, 房なあ, 所詮むだ, 手の, 手ブラで, 手前の, 手紙以上の, 承知する, 拷問は, 持前の, 挫折し, 掛るもの, 放擲すべきで, 文句を, 新聞を, 日を, 日頃の, 明日の, 映画は, 昼食すら, 時代の, 時間を, 晩酌を, 暮らして, 曲者は, 最初の, 月が, 木村の, 本人が, 杉田は, 東照宮御, 林の, 根が, 植木鋏で, 橋の, 此の, 此處から, 死にたくは, 死ぬの, 死んだ者, 殺されて, 母親は, 気がついて, 気焔を, 水を, 水垢を, 永い間, 泊めて, 泣いて, 泣けば, 浦島さんは, 浦粕町の, 浮気を, 消えて, 涙を, 渓谷が, 満足な, 漸と, 激しい匂い, 火を, 焚火を, 無益じゃ, 無益だ, 無駄です, 父親を, 牢屋の, 物笑いに, 犬と, 犬の, 犯人の, 独りぐらしを, 狹い, 現代文学の, 甘い具合, 生れたの, 生れて, 生命を, 生活の, 申しますと, 男を, 町の, 皺たるみ, 目が, 目を, 眺めて, 着物を, 確かな, 礼を, 秀吉は, 私たちの, 私自身も, 突破し, 立ち止まった, 立って, 立停った, 筆を, 米友の, 精, 紹介され, 終った, 組み合わせたまま, 結局は, 結晶の, 締め綺麗, 練習を, 縄を, 繰返して, 美しく見えた, 考えて, 考へて, 耳目に, 聞いて, 聞き覚えの, 背の, 自分も, 自慢に, 自身の, 致し方も, 良い方, 花を, 花合せを, 芸術は, 草の, 菓子の, 蒼白く痩せた, 虎の, 蠅の, 行きどまりに, 行儀よく, 裾風一つ立てる, 要するに準備, 要領よく, 言って, 言ひ, 計らずも, 許宣を, 証拠が, 証拠の, 詩の, 詮ない, 話が, 話すの, 語られて, 誰かが, 誰でも, 誰に, 諸行無常老少不定と, 豹一は, 貝を, 足ぶみし, 跫音が, 路が, 車は, 辛抱が, 辛抱し, 辛抱する, 迷って, 迷惑を, 追い付きません, 追手の, 逃げられたか, 途中に, 造り酒屋の, 道端に, 遠方の, 酔いつぶれて, 野暮な, 金が, 金五郎が, 針仕事を, 銀子は, 銀座や, 長女と, 間に, 降されて, 降りた, 除數の, 階段を, 難を, 雪の, 電車に, 靜かに, 面を, 音の, 飛躍し, 食いつないで, 食糧問題が, 飯を, 飼って, 馬鹿に, 3に

1 [7552件 抜粋] ああこう, あげる人, あだ, あなたどう, あの弾丸, あべこべに, あり得る幸福, あんた, いいの, いかにも景色, いくらでも効果的, いただいた松の木, いったとおりあごひげ, いつも気, いまは, いろいろと, うぐいすが, うまい字, えらい音, おさえたが, おだてあげて, おまさに, おりるの, お前さんが, お媽さん, お手柄, お江戸, お目にかかりやすが, お綱さん, お話に, かうしたごみごみ, かして, かほど莫大, がちゃがちゃと, きっと勝つ, くぎりを, ぐつたりと睡り込ん, げしょう三十九, こうしてお, ここが, ことに京城, この人嫌, この子供づれ, この春, この猛犬, この郡, これからじき, これら現地で, こんな家, こんな際, ごとごと云っ, さあそれ, さてどこ, さ畑, しかも心, しばらく心, しょせん助かる, じゃア, すぐ壁, すでにこの, すれ違, せう古い, そういう美感, そう安く, そしてその, そのうち, そのものとしての, その代り, その地位, その年, その情趣, その楫, その直径, その説明, その青い, そりや, それでも追い越し, それ以上の, そんな奴等, たいした手柄, たかだか受け皿, たたずんだまま, たった八人, だほん, ちっとも楽しい, ちょっとしたレヴァー, ちょっと立ち止まっ, つぎには, であった, ところ久しい, とても婆芸者, とまりそれ以上, とんだ役に立つ, どうして霧粒, どうせ沢山, どうなっ, どうもね, どだいもう苦, どんなこと, なおる病人, なぜその, ならじゃ, なんにも楽しみ, ね八百屋, はござりませぬが, はじめたっ, はてんご, ぱつたり出くわした, ひとびと, ひょっとし, ぴったり合わさっ, ふとうしろ, ぶち壊す資本主義, へんな, ほんとうに, ぼんぼん時計が, まさかそんな, またこう, また別れた, また逢える, まだ地, まとを, みずから鋤鍬を, むきなおった自分, もういけない, もう一度同行, もう調べ尽くした, もし頭骨, もともと工場, やっかいに, やっぱりそういう, やはり光線, やめて, ゆっくりお, ようやく立て直す, よく解る, らくに聞き取れる, わが神社, わたしら働く, イエの, オーレンカには, キビッキビッ夜鳥が, クロクロ島の, ゴルカを, ジュウタン爆撃以上には, セルゲイは, チベット人は, トーマス, ハトロン紙の, ヒイヒイ泣いてるこた, フツと, プールと, ボタンを, ミチミに, ヤンが, レーニンの, 一つ振舞っ, 一人じゃ, 一先その, 一命だけは, 一寸見た, 一揉み, 一晩でも, 一機が, 一町歩売り, 一間半に, 七十二の, 三つ目の, 三千に, 三時頃から, 上りはじめた火の手, 下らぬ悩み, 不恰好に, 世の中から, 両側に, 中絶し, 主客一緒に, 九十九折の, 事実に, 二人きりで, 二千兩といふ, 二階へ, 互ひ, 五週間からに, 人口を, 人相といふ, 人類の, 今ちょうど, 今夜は, 今更どうなる, 仏様を, 仙二郎が, 仲間に, 会いますね, 会ったもん, 伸子たちは, 何しろ小さい, 何にか, 何一つ自分, 何十人の, 余は, 作品を, 例によって, 信用され, 個人経営の, 偶然この, 僅かに, 優れた頭脳, 充分に, 先生にゃ, 全く別, 全然誇張, 公明正大に, 其の頬, 内職し, 凄味は, 出あひました, 出合って, 出逢った, 切つた, 初めて無人島, 別に不都合, 別に金, 別段役にも, 到底成就, 剪って, 加山良造はた, 動いて, 勝金は, 十ばかりの, 十分なる, 千兩箱ぢや, 半吉, 南向きの, 危険な, 原稿料には, 又次の, 取りあげて, 口へ, 叫ぶと, 各人は, 同じ汽車, 名も, 君この, 呉服橋を, 呼吸づい, 品を, 善福寺川を, 喰べ, 囁いた時, 四百十九貫三百二十八匁を, 土が, 地震が, 垣のぞき, 場内の, 変な, 多いの, 夜鳥が, 大きな城, 大した応援, 大して恐悦, 大体は, 大川の, 大謀網を, 天井裏で, 天風の, 失敗って, 女ごころの, 好い意味, 妥協は, 始まった燃焼, 始まるまい, 婆が, 嫌悪の, 学生の, 安南絵, 実につまらない, 実験機械を, 家庭教師など, 富沢先生に, 實際景色を, 将軍は, 小さな朝飯, 小山嬢は, 小説本来の, 少女は, 屋形船の, 山本で, 崖から, 差したる問題, 市川氏の, 帰途の, 平兵衛と, 年上の, 広小路の, 康子は, 廻わ, 引っぱった, 弱い人達, 強飯では, 当面の, 彼みたいな, 待たされてから, 後で怨ん, 従妹に, 御宗旨, 御飯を, 心臓を, 忙しい用事, 思いがけなく決心, 思う存分手足, 急行列車が, 怪我は, 恐ろしくは, 悲しみ悶えた, 意味ない, 慌てると, 成長し, 或いはこの, 所詮助かる, 手っとり早く, 手柄でも, 打ち殺して, 折合が, 拙者を, 振って, 探されて, 握った掌, 撚を, 放送者の, 敗敵を, 数日し, 文学が, 断りを, 新聞で, 旅店へ, 日常にも, 旧いブルジョア, 明朝までという, 昼間買っ, 時節柄この, 暗にほのめかし, 曳綱の, 最上の, 月賦払の, 朝敵に, 未知の, 本気にな, 村役場の, 松の, 果てしが, 校長以下教員は, 案内し, 棒立ちに, 概括し, 横溢し, 歌って, 止むなく腐り水, 此の際丸く, 武蔵野とは, 死ぬより, 死者の, 殺られるとき, 毎日血みどろな, 気の毒だ, 水掛論に, 江戸中の, 決して彼, 汽船は, 泊つた旅籠屋ああ, 泣けました泣けて, 活きようと, 浪人姿の, 涙などを, 清掃を, 温泉の, 滑つてしまはずに, 澤木君が, 炎天干, 無意味でござる, 無限の, 煉瓦亭といふ, 父上や, 物の, 犇めいて, 狭い木戸, 玄関で, 珍らしい, 甚だ之, 生れましたが, 生涯賤民で, 田代は, 男や, 番犬を, 痩せ我慢を, 登山者の, 百姓仕事の, 皇帝に, 目的に, 相棒の, 真紀子と, 矢張り強い, 知的な, 破損を, 磯村に, 神田には, 私共で, 種切れに, 突然下, 立ち停って, 立ち話を, 第四人目, 米価は, 紀元前四世紀以来人知が, 素性を, 終り佃, 結局, 結局私達が, 続けさま, 縁側に, 罪人を, 義雄は, 而し, 聞えたので, 職人の, 肺病の, 腕立てし, 自分には, 自然に, 船へ, 芋は, 芸術の, 若き日, 苦情が, 茶席へ, 菊次さんは, 落合おうという, 蓄音機なんか, 蘭燈の, 行きあ, 行手に, 表の, 製造が, 要するにそれ, 見た天使, 見られるという, 見当が, 覚明殿には, 角三が, 言った, 診察の, 話したいん, 話題は, 読むと, 誰一人疑う, 諸君は, 變死人が, 貴様それが, 質屋の, 走りだした, 足早に, 踏み止まったの, 身體一つの, 転んで, 辰之助さんの, 近藤と, 追っ付いたん, 逃げだしても, 通じなければ, 逢いましたな, 逢つた, 遊びよった, 過ごしそういう, 達せられたこと, 遲く, 酸苦を, 野暮と, 金輪際拝める, 銭形平次の, 長つたらしく, 開き招待, 間違いが, 防ぐこと, 降ろしたらそのまま, 随い, 集徒雷起が起こっ, 電灯の, 露独の, 面倒臭いからと, 音楽ほど, 頸を, 風呂敷包を, 食える筈, 飲み水, 馬琴よりも, 駄菓子屋の, 驕慢な, 髪は, 鳴ったじゃ, 麻繩を

▼ ところ~ (9653, 9.3%)

886 見ると 210 みると 141 見て 103 見れば 78 見せて 66 もって 46 歩いて 32 見ても 29 持って 28 通って 26 聞いて 25 見たこと 22 お目, 後ろから, 知らず, 選んで 21 みれば, 知って 20 知らなかった 18 聞くと 17 見つけて 16 無理に, 私は 15 知らない, 見た, 見ますと 14 お邪魔, 不意に, 人に, 想像し, 見つめて, 見るに, 読んで 13 上から, 彼は, 御覧に, 探して, 見せた 12 描いて, 狙って, 見たと, 訪ねて 11 後から, 指して, 示して, 述べて 10 教えて, 書いて, 眺めて, 見たの, 誰かに 9 つかまえて, ねらって, 出て, 助けて, 考えて, 見たん, 通り越して 8 いって, 云うと, 急に, 知らないの, 自分の, 買って, 逆に, 開いて, 飛んで

7 [17件] あるいて, たずねて, やって, 取って, 明らかに, 横から, 求めて, 私が, 綜合し, 見ました, 見られて, 見ること, 見届けて, 言えば, 調べて, 走って, 黙って

6 [26件] いうと, えらんで, みて, みますと, もつて, 下から, 他に, 何度も, 出して, 反対に, 夢に, 失った人間, 彼女は, 押えて, 指さした, 指しながら, 異にし, 目撃した, 知らぬ, 背後から, 見せつけて, 見た者, 見ては, 見に, 言って, 訪ねました

5 [37件] うろついて, お前に, これも, ついて, ひとに, まわって, みても, やられたん, グッと, 三輪の, 云えば, 人が, 択んで, 持つて, 指で, 捜して, 歩くの, 気の毒だ, 異にする, 発見した, 知らずに, 確かに, 私の, 突いて, 綜合する, 繰返して, 聞けば, 見せると, 見たいと, 見たが, 見た人, 見るの, 見付けて, 見定めて, 覗いて, 説明し, 離れて

4 [61件] いえば, うしろから, おさえて, かいて, きいて, ここに, ごらんに, そのままに, ちょいと, つかんで, とんで, のぞいて, みせて, みるて, 一と, 一に, 丁寧に, 今日は, 例の, 写真に, 十分に, 叩いて, 外から, 失って, 好んで, 子供に, 察して, 察する, 尋ねて, 左へ, 巧みに, 廻って, 心に, 思うと, 手で, 折よく, 描いたもの, 正直に, 氣の, 溯上, 現わし, 発見する, 相手が, 私に, 考えれば, 聞かせて, 行って, 見せるの, 見たので, 見た事, 見るよう, 見聞し, 見計って, 見計らって, 言ふ, 読むと, 誰か, 述べた, 述べると, 通り過ぎて, 飛び出して

3 [129件] あちこちと, えて, お前が, お助け, お眼, かの女, ぐるぐると, さして, しっかりと, しらべて, じつと, すぐに, すみませんでした, ちらと, ついた, つくった, つくって, つまんで, どうぞ, ぬけて, ひろげまっ黒, ほかの, ぼくは, みせた, やられたと, やられたに, やられたの, やられたもの, よく考え, わざ, 一人で, 一人の, 中心に, 二人が, 二階から, 云って, 仔細に, 他人に, 伸子は, 何か, 僕に, 僕は, 先に, 写して, 出てから, 前から, 助かった, 助けられたと, 多分に, 多勢の, 実地に, 少しばかり, 帆村は, 平次に, 彷徨し, 彼女に, 彼等は, 待ち受けて, 待って, 得て, 御苦労でした, 忘れて, 急いで, 想像する, 我慢し, 抜けて, 拝見した, 拭いて, 指摘し, 捕えられた, 探しに, 探って, 掴まえて, 掴んで, 描いた絵, 撫でて, 救って, 日本の, 早くも, 根っこに, 毛利の, 注意し, 済みません, 率直に, 申します, 発揮し, 発揮する, 白状する, 皆さんに, 目あてに, 目がけて, 省いて, 眺めたり, 眺めるよう, 知らざるに, 知らなかったの, 示した, 素直に, 考うる, 考えると, 脇差で, 行ったり, 補って, 見せたつもり, 見せたの, 見せては, 見せようと, 見せる, 見せれば, 見たよ, 見たらさぞかし, 見たり, 見つけたもの, 見つけると, 見はからって, 見よう, 見られるの, 見るて, 見ろ, 見付けたの, 見込んで, 言は, 訪ねようと, 話して, 警官に, 辿って, 通った, 通越し, 選って

2 [499件] あげれば, あなたさまと, あなたの, あなたは, あの人, あらわして, あるきなさい, あるくん, いう, いうとね, いうの, いくども, いった, いつでも, うろうろし, おし気, おそれて, おれの, おれは, お上の, お倉, お前の, お助けくだされ, お妨げ, お引き留め申しまし, お教え, お気の毒, お氣, お知らせしたい, お聞かせなすっ, お話します, お通り, お隣の, お雪, かいたの, かえって来た, かなりの, かれは, きかせて, きくと, きけば, くりかえして, ここの, ここまで, こしらえて, こしらえなくては, この眼, これに, ごらんなさい, ご覧に, しばって, じっと見, すぐにも, すこしいきます, そこに, そつと, その, その日, その男, その足, それには, たくさん持っ, たしかに見た, たしかめて, たたいた, だしぬけに, ちよつと, ちらっと見た, とって, ともにし, どうも, ながめますと, なでて, なにしろあの, にらみつけて, ぬけると, のぞきこんで, のぞきながら, のぼって, はじめから, はっきりと, ひとつ, ひとつこの, ひよい, ひらいて, ぴったりと, ぶらついて, まざまざと, まっすぐに, まん, みつかりでも, みつけたの, みつけて, みつけました, みつけましたので, みつけると, みとどけなければ, みました, むやみに, めがけて, もう一つ, やってきました, やつと, やられたら, やられたらしく斑, ようこそ, よく分っ, よく知っ, よく見, よく見る, よろこぶ, よろしくお願い, よんで, わけて, わざと, わざわざ来た, ウロウロし, ゴーリキイに, ズバズバ言う, チラと, パリの, 一寸だけ, 一度も, 丁度御, 三人前に, 三年生の, 下って, 下の, 下女の, 両手で, 中心として, 丹念に, 主人に, 主人の, 二丁ひっぱっ, 二人で, 二人に, 二人の, 云う, 云うん, 今から, 今の, 今は, 今まで, 今宵は, 今度は, 付け入って, 何でも, 何とも申し兼ねます, 何の, 何者とも, 傍で, 僕が, 兄に, 充たすこと, 免れたこと, 兎に, 全部当っ, 兵馬は, 具えて, 写生した, 写生する, 凝視めて, 出ると, 切りぬけて, 切りは, 切ると, 刑吏と, 初めて見た, 刺し何, 剃刀で, 削ったもん, 削除し, 前に, 助かったが, 助かって, 助けられて, 動くこと, 匕首で, 千代子に, 半七, 博士は, 占有し, 叔父が, 受けて, 右へ, 君が, 君に, 君の, 含まないもの, 含んで, 告ぐること, 告白する, 告白すれ, 呼び起こされた, 嗅いで, 図に, 圧しつけたり, 大きく眼, 大勢し, 大手を, 大目付に, 天皇の, 失うて, 失うどころか, 失つた人間だ, 失つてゐる, 好きな, 妖かしの, 学んで, 実際に, 尋ぬれ, 小説に, 少しも, 山へ, 平気で, 幸いに, 幾度も, 庇から, 引っこぬいて, 張, 往っ, 往來し, 往来を, 待ちうけて, 待構え, 御報告, 御指名, 御苦労だ, 御起し, 忌憚なく, 忘れるの, 思いついた, 思いの, 思ひ, 思ふと, 恐縮です, 想像した, 感じて, 手に, 手も, 手練の, 打ち明けて, 打って, 抑えて, 折重なって, 抜いて, 披露し, 押して, 押へ, 押へて, 拝見し, 拝見する, 持つと, 指さして, 指さしました, 指し, 指した, 指すの, 指の, 指先で, 捜す, 掌で, 探さなければ, 探すと, 探すの, 掻いて, 掻きながら, 掻くよう, 描写した, 揚げたの, 撮らせたもの, 救われたの, 救われて, 敢て, 散歩し, 敵に, 旅行し, 明かに, 時々は, 曲者に, 書きました, 書くの, 最も完全, 有って, 村の, 来て, 案内し, 極めるが, 横合から, 橋の, 次の, 歩いた, 歩きつづけて, 歩くこと, 歩くと, 歩くよう, 母に, 比べて, 毛唐に, 水の, 汲んで, 済みません御免, 漕いで, 無言の, 爪で, 父に, 父は, 片山は, 片手で, 特別に, 狙ったの, 狙ったやり口, 現して, 現は, 理解し, 理解した, 理解する, 甚だ恐縮, 用いて, 申しますと, 申しますると, 申し上げて, 申し上げます, 申上げます, 男は, 発揮した, 発見され, 発見された, 発見し, 登って, 登ると, 白木の, 目ざして, 目に, 相手に, 看破した, 眺めた, 眼がけて, 眼の, 知ってるの, 知らさないで, 知らざるなり, 知らずして, 知らずという, 知らず煩瑣哲学, 知らないで, 知らないという, 知らないもの, 知らなかったと, 知りません, 知ること, 知るべし, 研究し, 示す, 私たちは, 穴に, 空から, 突いたつもり, 突きとめて, 突き上げたと, 突き飛ばすと, 突留め, 窺って, 第一, 簡単に, 米友が, 約言すれ, 紹介する, 絞め殺して, 縛られたの, 縛れ, 繩拔けを, 繰り返して, 老人に, 考えた, 聞かして, 聞きますと, 聞くこと, 聞くに, 聴いて, 能く, 自分で, 舞いある, 虚心坦懐に, 蟲の, 行きつ戻りつして, 見かけて, 見すまして, 見せたいの, 見せたかったの, 見せたもの, 見せつけられちゃ, 見せつけられて, 見せまいと, 見せました, 見せようて, 見せられるの, 見せるが, 見たいの, 見ただけでも, 見たとか, 見たとも, 見たま, 見たまえ, 見た近所, 見つかつて, 見つかると, 見つけたん, 見つけられたと, 見つけられ懲罰, 見なければ, 見なはりやしたと, 見は, 見ましたが, 見ましたがね, 見ますると, 見まわして, 見られたと, 見られたの, 見られたので, 見られたら私自身, 見られた以上, 見られると, 見る, 見るとね, 見付かって, 見付けられお, 見出しがたい, 見出して, 見出すこと, 見学した, 見定めようと, 見届けたの, 見届けると, 見損, 見物させ, 見物したい, 見物に, 見計らっては, 覗き見した男, 覘った, 覚って, 親分が, 親父に, 観ようと, 言ふと, 言へば, 言葉の, 訪問し, 詠んだの, 試釣すべきだ, 詮索した, 話そうと, 詳に, 誇示した, 読売新聞の, 誰が, 誰も, 諒と, 識らず, 豹一は, 起されたので, 起して, 越えて, 越して, 足を, 路地の, 近所の, 逃がして, 逃げ出そうと, 這いまわって, 通つて行つた, 通らなければ, 通らねば, 通りかかると, 通りすぎて, 通りまして, 通る時, 通過する, 進んで, 運よく, 過ぎて, 遠くから, 選んだの, 邪魔された, 釘勘が, 釣ると, 長い間, 附け加えて, 隣りの, 雇人の, 露骨に, 青草を, 頭で, 飛びかかって, 飛びとびに, 首を, 鳥沢の

1 [5192件 抜粋] ≪助人≫と, あけ夕方七時, あなたが, あふれた色ッ, ある関聯, いうはず, いきなり斬り倒された, いこうとしても, いちいち手, いつもかつ, いまでも, うちで, うまくあらわし, えらびながら, おくみち, おっとりと, おみせ, おろされるの, お出でを, お助け下され, お孃さん, お手渡し, お父さんに, お聴き, お見受けする, お起こし申し, お願いに, かえって他, かくしてはしゃぎ廻っ, かねて網, きかして, きの, くりかえし探したの, ぐるぐる, けっして逃さなかった, こうどたばたと, こさへて, こづき廻すこと, この大事, こまかく図, こんなご, ごろうじろ, さかしいお, さしてゐた, さてはこの, さらうなどと, しがらきの, しっかり握っ, しらず, じっと気, すかさず泰軒, すぐ網, すっかり父, すみません, そういう旅行, そっと見た, その仕込んだ, その小説, その金, た, ただ一目, たぶんこれ, ちゃんと知っ, ちょっと指, ついふつつか, つかれて, つけて, てくてく歩い, でも皆様がた, とったもの, とりあげ賞め, どうすてる, どこに, なおし隙間, なさい, なにか知ら, なんど見ました, のがれたわけ, のぞくの, はからずも通りかかった, はっきり聞きたい, ばっさりとつ, ひとすじ大きく, ひとまず見合わせた, ひろげた, ふき, ぶらぶらし, ほうほうの, ぼんやりめくっ, またばらされたらしい, また無数, まぬかれて, まんまと私, みせるの, みちゃ, みましたよ, むきに, もうすこし悠々と, もう一応とくと見直し, もちっと, もとに, やっとこらえ, やめること, やられた筈, やれ, よくいらっしゃいました, よく九十九折, よく知つて, よく覚える, よみなおして, よんだり, わざと笑っ, わしの, わたしだ, ィヤーと, カルメン夫人の, キリキリと, グリゴリイに, コツンと, ズケズケやります, チャンと, テントや, ハタハタ叩い, パンに, ピストルの, ブラブラしてる, ヤットコで, 一そうの, 一つ伺え, 一人歩きを, 一寸ばかり, 一度は, 一斤だ, 一本世話を, 一突きに, 一足飛びに, 万太郎が, 三倍ほどに, 三町ばかり, 上手に, 下帯で, 世間が, 丸移しに, 主張する, 九年早め, 事務所兼用に, 二三十間先から, 二俵で, 二時間くらゐ, 云い出した, 五人の, 五郎次郎は, 人は, 今も, 今汝心して, 他方に, 以つて自他を, 伝い伝って, 伺って, 体認心証し, 何となし, 余り露骨, 保存し, 俺し, 偶然通りすがっ, 優星学の, 先へ, 先生は, 全力で, 六時まで, 再思三考に, 写真にて, 凧絲を, 出拔, 切りとったり, 列を, 利用し, 刺して, 削除しなけれ, 加えたよう, 助けられあなた, 動かぬかなめ, 化け猫だ, 十時間で, 半紙二枚だけ, 危うく体, 厳粛に, 参考にまでと, 友誼上いろいろ, 取り囲んで, 取捉, 古い逆, 叩き起すも, 右手に, 同僚に, 君黙っ, 告げしに, 味わせられきっ, 呼立て, 問わば, 喜助は, 囃子物に, 団十郎は, 圧して, 埋めるよう, 境に, 変え得るはず, 夜明けまでに, 大きく広く無限, 大体の, 大木魚の, 大門口, 失いたり, 失った僕, 失つて訴へて, 失礼致しました, 女煙術師に, 妙に, 婆どのは, 子供達は, 守って, 定めるの, 家人に, 密偵の, 射たれたもの, 尋ねあてて, 小半刻も, 少しばかりの, 少し残し, 尖端を, 山口は, 左から, 布團まで, 幕府の, 幽かな, 底から, 廻ると, 引きとめなかつたみたい, 引っぱった, 引払って, 強く掲げ, 当時流行の, 彼ら多くは, 待受けて, 得さしめぬ, 得ようと, 御用と, 御覧, 復習した, 心得たる人, 忘れては, 怒らない, 思いも, 思ひ付き得なかつた, 性質から, 悉く陳べける, 想像しない, 感じられないのよ, 慈悲の, 成るべく削らないで, 手さぐりで, 手探りはじめる, 打ち明ける, 抄記し, 折りまげるよう, 抜き浴びせに, 抱き左, 押しまくって, 押付けて, 拝見しろ, 拾いあげたと, 指ざし, 指差し, 捉えて, 捕えられたので, 捕まつた, 捜し出すの, 掌ほどの, 採用し, 探しても, 探った, 推察する, 掻く, 描かうと, 換えず即座, 揺り起こされたり, 撃たなければ, 撮ったの, 擦り始めた, 攻撃しよう, 救つて辛くも, 教えろよ, 数町の, 斬りまして, 斷, 旦那が, 明かるく, 是正し, 暗に非難, 更にもう一階上, 書きたいと, 最も明るく, 有するゆえ, 望みつつ, 机竜之, 松次郎が, 桔梗ヶ池の, 椽側から, 概すれ, 樹へ, 歌ったの, 此方から, 歩きなさるの, 歪めずに, 残るくま, 殺されました, 毎日御足労で, 気取って, 求めば, 汲めば, 沢山に, 注意した, 洩らして, 消したり, 済まなかった, 測るよう, 滅茶苦茶に, 潜って, 無くしては, 無理な, 照らして, 爺さんの, 物色した, 犬達に, 狙つてヒヨイと, 猩々緋の, 王妃の, 生きるか, 生活の, 申しあげるがの, 申し上げますよ, 申立てましたら, 略説した, 當つて見る, 発見しました, 白い雲, 皮帯で, 目ざさず大きく, 目的に, 相当行った, 真っ逆様, 眺めるなんて, 矢代は, 知らざるありさ, 知らざれば, 知らずもし, 知らず惜しみ, 知らないし, 知らない諸, 知らぬ御馳走, 知りしきりに, 知る, 石を, 碧いう, 示さざるべからず, 示すテクニック, 私や, 稽古場に, 突かれそれ, 突きすぎる, 突き洞, 突然で, 立証する, 第二回目, 策によって, 精密に, 紙面に, 紹介できない, 絞められたと, 続けて, 総合する, 織田殿の, 繹ぬる, 翻した, 考ふれ, 聖天樣とも, 聞かんとも, 聞くうち, 聴きますと, 背景に, 臆面なく, 自分は, 興が, 船員の, 芸術が, 荒い足音, 蔽い隠すと, 蜂屋源之進の, 行うだけの, 行っては, 衝こう, 補い支那文字, 褒めること, 要約する, 見かけたの, 見すえて, 見せたかったから, 見せたらどう, 見せつけられたから, 見せないこと, 見せなければ, 見せもの, 見せること, 見せ故郷, 見たかという, 見たなんて, 見たら八十八夜, 見た試し, 見つけさえ, 見つけられたひとり, 見つけ出した, 見つれ, 見とどけたので, 見ねば, 見よ, 見られたよう, 見りゃたしかに, 見るん, 見んや, 見付けられでも, 見出し得ない, 見届けたいと, 見抜かれたもの, 見物が, 見送って, 覗き見して, 覚せざること, 解して, 言い出し, 言つたのに, 言わせようと, 討たれるやら, 訪ねたもの, 訪れないと, 訳も, 話さした, 詳細に, 語りて, 説きたい, 読み出したところ, 誰にも, 調査中です, 謹まざるべからず, 讀んで, 買ったの, 贅六に, 起こした立場茶屋, 起し一緒, 足軽組の, 踏石に, 車庫に, 軽部に, 辞退し, 近廻りし, 述べること, 追ん, 逃げ出したこと, 逐一聞き終り, 通ったら日本, 通りかかったの, 通りながら, 通り抜けた, 通るもの, 通俗な, 逞しゅうせざるゆえんのものはただ過去, 遊び廻っ, 過去に, 達すべし, 選つて, 選ぶべきである, 避けるよう, 部下一同に, 里の, 野郎とばかり, 錨繩を, 門衛に, 阻止し得べく, 陳ずべし, 隠さぬなどと, 離れずに, 雪子にも, 静観する, 順を, 顕微鏡で, 飛ぶなあ, 飛込んだ平次, 馳せめぐりたり, 騙討ちみたい, 高輪で, 黄蝶が

▼ ところ~ (8766, 8.4%)

884 ある 425 あった 372 あって 254 あるの 219 あります 205 ない 159 あると 135 あつた 116 なかった 112 あるよう 87 あるから 80 あつて 72 あるん 69 あるので 60 あるが 55 多い 54 なければ 53 ないの 50 ありました 42 あったの 37 ないから 33 多かった 32 あるよ, ある日 31 あるもの 30 ありません, あれば, 出て 28 あったと, ないと 27 なくて 26 あるかも 25 あったから, あったが 21 あるね, なかつた 20 あったので, ありますね, 面白い 19 ありますが 18 あるでしょう, あろう, 非常に 17 あったり, あっても, ないので, 出来て, 多いの, 無い 16 ありは, ありますから, あること, あるという 15 あったよう, ないよう, 見える, 驚いたこと 14 あるか, あるに, ないでも, 見えて 13 ありそれ, あるとは, あるわ 12 ありますよ, あるけれども, あるそう, あるため, 少しも 11 あるかと, あるやう, あるわけ, ございます, ないで, なくては, 残って, 無かった 10 あってね, ありそう, ありその, あるし, あるぞ, あるだろう, ある時, 見えた 9 あったに, ありますか, あるな, い, ないん, なくなって, 多いと

8 [13件] あったもの, ありまして, あるじゃ, あるらしい, おあり, できて, ないという, 一つも, 多かつ, 有る, 来て, 気に, 面白いの

7 あっては, ありまた, あるけれど, あるのに, 何も, 描かれて, 無いでも, 私の, 違って

6 [15件] あったか, あったかも, ありさ, ありましょう, あるでは, たくさんある, ないが, ないだろう, なくまた, なくも, 似て, 全くない, 描いて, 欠けて, 目に

5 [26件] あったという, あつたら, ありましたね, あるぜ, あるには, あるわね, あればこそ, いいの, だね, どこに, どこにも, ないため, わからない, 困ったこと, 多くて, 多分に, 大きい, 好きな, 妙だ, 少くない, 書いて, 沢山ある, 無いの, 無くなって, 私には, 見えるの

4 [54件] あったし, あったよ, あらう, ありこれ, ありそこ, ありましたが, ありましてね, あるかね, あるせい, あるそこ, あるだけ, あるだろうと, あるであろう, あるといふ, あるとか, あるはず, あるゆえ, あるんで, あろうか, あろうと, あろうとは, いい, うつって, かいて, ございまして, だ, ないせい, ないであろう, ないとは, ないな, ないなら, なかったなら, ほかに, みえた, よろしい, ミジンも, 人間の, 何の, 出來, 大きいの, 妙に, 少ない, 少なくない, 少なくなかった, 急に, 感心だ, 有って, 有るから, 有るの, 無ければ, 生じて, 私は, 見えない, 見えました

3 [76件] あったらしい, あったん, あっての, あらうとは, あらわれて, ありましたので, ありましたよ, ありませんでした, あり人, あるからと, あるだけに, あるだらう, あるぢ, あるって, あるでせう, あるならば, あるんぢ, ある日彼, ある癖, いいか, いいん, いくらも, おかしいの, おもしろい, お気に, ございました, ございますから, そこに, それは, たくさんあった, ついて, ないでありましょう, なかつたの, なかなか面白い, なくなった, はっきりしない, みえる, わかって, ネウチな, 上等な, 今の, 作者の, 到底駄目, 図らずも, 多いが, 多いもの, 多いやう, 大いにある, 大に, 好きだ, 好きで, 少しでも, 少なかった, 帰って, 彼の, 彼女の, 彼等の, 日本の, 書かれて, 有りました, 此の, 気に入った, 浮んで, 無かつ, 無くて, 現れて, 画いて, 眼に, 見えます, 見たいん, 見られるの, 開いて, 開かれて, 間違って, 随分と, 面白いと

2 [243件] あったけれど, あったこと, あったとも, あったな, あったのね, あったもん, あったらお, あったらそこ, あったろうと, あつたり, あらうと, あり, ありありと, ありしかも, ありそうして, ありと, ありながら, ありましたから, ありましたけれども, ありますそして, ありますの, ありますので, ありませんから, あり何, あり小作り, あり彼, あり従って, あり必ず, あり私, あり自分, あるからさ, あるからな, あるだろうか, あるであらう, あるでしょうか, あるところ, あるならおれ, あるならこれこれ, あるならそれ, あるねえ, あるのみ, あるもん, あるらしく, あるわい, あるわよ, ある人, ある人々, ある冬, ある年, ある日クリストフ, ある樣子, ある為, ある筈, ある霧, あれの, いいね, いいよう, うかがわれる, えれえ, おかしいん, おれの, お愛嬌, こっちの, この世界, この人, この句, この話, ございましたやう, ございません, しようがない, すこぶる多い, そこの, その人, その奇怪, その生命, できるの, とりも, どこかに, ないし, ないじゃ, ないほど, ないもの, ないわ, ない代り, ない以上, なかつたので, なかなか多い, なく, なくその, なくちゃ, なくって, なくとも, なくな, なくなつ, なくなる, なくむしろ, なく全く, なく濃厚, なく頭, なさそう, はげて, はっきりと, はなはだ多い, へんに, またいかにも, まるでない, みえます, むくむくと, よい, よいの, よかった, よくわからない, よく見える, わからないん, わからなかった, わしの, わたしの, わりにない, 一つある, 一寸と, 一層深く, 一般の, 三四郎の, 不思議じゃ, 不思議である, 不破の, 世間の, 中, 人生の, 今も, 今日の, 他の, 何でも, 何とも, 何物である, 例の, 値打な, 先ず画い, 先生の, 全然ない, 全然なく, 処々に, 出来る, 別に, 到る処, 剥脱し, 勝れて, 即ち散, 却て, 君に, 君の, 味噌な, 困った事, 困ること, 在るの, 変だ, 変って, 多々あります, 多いかも, 多いから, 多いし, 多いだろう, 多いという, 多い方, 多くあった, 多くあります, 多くなった, 多くなつ, 多少あった, 多少ある, 大きかった, 大である, 嬉しい, 少し薄い, 少なくは, 幸いに, 弱そう, 彼には, 御座いますね, 微塵も, 必要だ, 惚れた弱味, 感じられた, 感じられます, 我々の, 所々に, 手前の, 折れて, 撮られて, 旨いの, 昔の, 有った, 有つた, 有つて, 有りますよ, 有るとも, 有るので, 有るよ, 有るん, 有ッ, 本当でしょう, 本当の, 欲しい, 正直だ, 此男の, 添って, 濡れて, 無いから, 無いで, 無いと, 無いとは, 焼けるよう, 特色です, 理想らしい, 生ずる, 生活の, 画面に, 皆無で, 益, 知って, 知りたいという, 知りたくて, 穴に, 自分で, 自分に, 自分の, 薄明である, 行って, 見えたり, 見え透いて, 見たいの, 見つかったから, 見られるよう, 豪い, 貴女に, 足りないの, 露骨に, 面白いん, 面白かった, 面白くしかも, 驚くべきこと, 魅力な, 鼠くさい

1 [2745件 抜粋] あいきょう, あったかと, あったけれども, あったっけ, あったね, あったらしいが, あったらともかく, あったら構わないから, あったろうとまでは, あった故, あってようございます, あつてか, あの場所, あやしい三人, ありい, ありいろいろ, ありこういう, ありさらに, ありすっぽ, ありそのもの, ありなにか, ありましたっけ, ありましょうか, ありますからね, ありますそんなに, ありますのよ, ありますんで, あります様子, ありゃしないよ, ありやしなかつたかい, あり一般, あり事件, あり人物, あり例, あり具体的, あり厭味, あり塩飽王, あり子供たち, あり小さい, あり底意, あり悧巧, あり我儘一杯, あり新しい, あり正月ごろ発表, あり江戸, あり父, あり目つき, あり等しく, あり草鞋がけ, あり謙遜, あり開放的, あるある, あるかい, あるかの, あるからの, あるこの, あるそして, あるつて, あるでしょうちょっと, あるでの, あるとき, あるどうも, あるならそち, あるなら送つて行つて, あるのでネ, あるまい, あるやら, あるらしいと, あるらしかった, あるらしくそれ, あるらしく博士, あるらしく感ぜられた, あるらしく見えた, あるヘマ, ある世間, ある付人, ある作家たち, ある土壇場, ある女, ある新宿, ある日シャロット姫, ある日登勢, ある時一人, ある次第, ある福田平八郎, ある西洋撫子, ある鉱物フェルグソニート, あれで, あろうはず, いいあんばい, いいだろう, いい南洲, いかにも自然, いくらかずつ, いく分鼻, いちばん確かであっ, いつもある, いやに, いわば日本文学, うつりだした, うまく満足, おありでしょう, おかしいこと, おどろいたこと, おもしろいじゃ, お勢, お有りでございましょう, お見上げ申した, かい, かえって事実譚, かなり道庵扱い, きて, きわめて多い, こうなっ, ことに目, この制度, この異人さん, この辺, これ以上の, こんど来た, ございましてね, ございますが, ございませぬ, ござるが, さうでなかつた, さっそく癒, しみじみと, すきだ, すこぶるおかしい, すっかり飛び, すなわち私, すり切れた一雙, そうです, そこへ, その坊さんびっくり, その方法, その部屋, それであっ, そんなに面白い, たうとう, ただ拝見, たのもしい, だいぶはげ, だらんとゆるん, だ何たる, ちっとも声, ちょうど美味本位, ちょっと明晰, つの, つれて, できたって, できますから, とてもい, とりえだ, どうしても瞭然, どうであった, どうもそう自由, どう見, どのあたり, ないか, ないからとて, ないぢ, ないど, ないまま, ないんでね, ない拙者, ない正しい思想, なおさら不審, なかったろうか, なかつたらしくつま, なかなかよう, なかなか貸し, なくそれに, なくどちら, なくなったのみ, なくなり一人旅, なくなると, なくば, なくセーヌ河, なく修辞的, なく力づよく清新, なく婀娜, なく時に, なく簡単, なく里下がり, なんとなく目, ねえん, はたして目的, はなはだ多かっ, ひどい有様, ひどく痛い, ふくれ返ったどす黒い, ほとんどなく, ほんのり明るく, まあ当時, まずわれわれ, また不思議, また特徴, まだあった, まだ他, まだ波止場, まったく浪漫派, まるで一軒立ち, みえすぐ, みせて, むだかも, もう気に入らなくなったら, もっともである, やっぱり日本犬, やられた時, よいと, ようやくわかっ, よくわかった, よく分つた, よく見分けられた, わかったん, わからねえ, わかりましねえ, わかるかも, わずかに, イギリスだ, ガスか, クレオパトラよ, サッパリ判明しなかった, チベットの, ディレッタントの, ドウセ今夜は, ヒマラヤ山で, ブックエンドを, ボーッと, メダカに, レゾン・デテール, 一カ所ある, 一ヶ所残つてゐる, 一切蔵経は, 一字一行にも, 一層いい, 一枚あります, 一番いい, 一番よく, 一箇所あった, 一部分白く, 丁度煎じ薬, 万人に, 三角岳だ, 下って, 不快だ, 不思議に, 世間な, 中華民国婦人によって, 主力と, 乙だ, 事實は, 二ヵ所ある, 二十五両で, 云々と, 五カ所ある, 些ない, 人間に, 今更いっ, 仕方も, 伝えられたとも, 住みよく, 何です, 何となく好い, 何よりの, 余の, 俄然爆発, 修正される, 値打ちだ, 偉いと, 僻んで, 元日の, 光悦の, 全く気持, 全然そ, 共産主義という, 其眞物に, 冷えて, 出るの, 出来たし, 出来ます決して, 出来其処, 分ったよう, 分らないの, 分るだろうにと, 分相応だろう, 到底勝, 前の, 動くん, 十日も, 印象的な, 即ち住所, 即座に, 却つて可哀さう, 又いかにも, 又興味津々, 可なり, 可愛らしくて, 合うよう, 同一な, 吾輩には, 哲学に, 喜ばしいだが, 四里の, 固定し, 在ったよう, 地下から, 壮観です, 変りますとね, 外苑から, 多いといふ, 多いよう, 多かるべき, 多くかわり, 多くどうか, 多くニイチエ, 多く意外, 多く蒙っ, 多すぎる, 大いに存在, 大きいでしょう, 大きすぎ, 大二郎は, 大切であります, 大変拙い, 大工の, 天人は, 奇妙です, 女だ, 好かつた, 好意を, 妙なり, 嬉しかつ, 安いの, 定つたら, 実に深かっ, 家の, 寂心の, 小さい塔, 少いと, 少からぬ, 少くないらしい, 少しく欠け, 少しゆるい, 少し損じてる, 少なくないであろう, 少許, 山の, 岬で, 川だ, 幼い, 府関の, 強味な, 彼を, 得も, 御座ります, 心の, 必ず死ぬ, 怖いんで, 怪しからん, 悉く現実, 悲しいこと, 想われる, 感じられる, 感服する, 我ながら, 打身内攻し, 押すな, 揺すぶりかえされて, 数知れずあります, 新座敷, 旅, 旧人を, 早速引き受け, 昔は, 時代の, 更に, 書生時代の, 最後で, 有ったと, 有りましたから, 有るかナ, 有るべくも, 有難いもの, 未だ消えず, 本来の, 杖突い, 板囲いに, 案ずるよりは, 案外自分, 楽でしょう, 欠けてる人形, 欲い, 止まったばかり, 死んだ嵯峨上皇, 残つてゐ, 段に, 比較的高い, 気に入ったよ, 気に入らないわけ, 気の, 水面で, 沙翁の, 法華経に, 洋館に, 浮世とは, 涙の, 港だ, 滅り込ん, 潜んで, 無いかな, 無いんで, 無くなったので, 無く笑, 無性に嬉しい, 熱いかを, 父さまの, 特色である, 狭い廊下, 現れかつ, 理解できかねた, 甚だ多かっ, 生命であります, 男児運動場であった, 異なつ, 病人の, 痛くて, 登りかけて, 百両下の, 盛り上って, 目立って, 直感される, 真に近い, 知らないと, 知れる, 破けた, 祖母は, 私たちの, 私を, 積極的に, 窓わくに, 竜之, 簡単な, 素敵に, 結構でございます, 綿切れし, 美しく光っ, 聊か憫然, 肉感派の, 胸に, 自分を, 自然だ, 良い, 茂十郎さんかも, 菓子屋である, 葡の, 衆生が, 表はれ, 複数で, 見いだせないで, 見えないてので, 見えぬであらう, 見えると, 見えわが国文化, 見たい, 見つからぬので, 見られた, 見られる, 見る人, 見付からないであろう, 見透かされて, 解れたん, 詰まらない偶然, 誠によく染まる, 誰だって, 豐平川で, 赤人の, 足りな, 身上です, 軍人時代に, 退かぬ子, 連日の, 違うだけ, 遠景に, 酢と, 重荷の, 長くきれ込んだ, 間もなく死んだ, 随分多い, 震動し, 非凡な, 面白かろう, 頗る不鮮明, 飛んで, 駄目な, 驚いた事, 魅力だ, 麗水孤雁最も, 黒ずんで

▼ ところ~ (7647, 7.4%)

209 ものは 137 ものを 107 ものである 71 ものが 52 あるの 39 ものに, 或る 26 一つの 25 ある人 23 もので, 真の 21 ものだ 20 あるもの, もの, 多くの 19 ものなり 18 ものの, 方が 17 ものと, ように, 人間の 16 すべての 15 一種の 14 ある女, ある男 13 ものであった, 他の 12 一切の 11 あること, ある人間, ある娘, ものも, 私の 10 ことを, 彼の 9 あるよう, 不思議な, 例の 8 ある人物, ないの, ないよう, 一の, 土を, 彼は, 日本の, 物を 7 ものであります, ものより, 多いもの, 種々の, 者は 6 ある声, ないもの, ものあり, 人が, 人の, 唯一の, 自分の

5 [17件] ある, あるこの, ある奴, それらの, ものその, ものであり, ものな, もの知らず, ような, 事は, 人でなけれ, 別の, 左側に, 成績を, 特殊な, 由, 神の

4 [45件] あったの, ある彼, ある方, ある顔, いろいろの, お品さん, その人, ない男, ほうが, ものすなわち, ものだった, ものであっ, ものです, ものなれ, ものについて, ものには, ものをば, もの即ち, 一人の, 二つの, 人々は, 人は, 人間が, 人間性の, 仕方で, 何物も, 原因を, 多かった, 大なる, 完全性の, 少しも, 尾張の, 左手に, 彼らの, 彼を, 性質を, 最後の, 深さ, 無数の, 真理を, 私自身は, 第二, 者を, 芋は, 觀念は

3 [76件] あった人, あつた, ある事, ある女性, ある少年, ある年増, ある点, ある若者, お宗旨, すべてを, そしてそれ, それは, ない心持, ひとつの, ものから, ものでありました, ものでなけれ, ものによって, もろもろの, やうに, ようだ, われわれの, ツァ・ルンバという, 一個の, 上に, 下に, 事に, 人々である, 人々に, 人々の, 人である, 人を, 今日の, 例で, 先生に, 問題は, 地で, 壁に, 壁の, 女の, 娘の, 宗教は, 山の, 山を, 幸福な, 彼女の, 微塵も, 愛国の, 教育の, 教育を, 正面に, 永遠の, 油絵の, 現実の, 生活が, 神は, 神を, 窓を, 精神を, 結果は, 自分を, 自然の, 自然を, 被造物, 西洋の, 親父は, 観念は, 觀念が, 言葉である, 道に, 道は, 雪の, 非常に, 面白さ, 高さ, 魂の

2 [410件] あなたの, あの, あるお, あるのに, ある人柄, ある作品, ある子, ある子供, ある彼女, ある歌, ある母, ある気分, ある眼, ある私, ある絵, ある話, ある青年, あれだ, いかなるもの, いかなる他, いわゆる八〇年代, お銀様, かなりな, かの不, かの私自身, ことである, こととて, ことは, ことも, この世の, この存在, この想像, この神, これも, これらすべての, これらの, ごとくん, ごとし, さう, すくない, その詩, それを, たった一つ, つき当り, ないこと, ないため, ない云い, ない人物, ない単なる, ない女, ない姿, ない極めて, ものある, ものこそ, ものこれを, ものでした, ものにのみ, ものに対して, もの多くは, もの是也, やうです, アパートに, イデアは, カーテンを, ショクタクで, タイプの, ベルリンの, リズムが, 一つでありました, 一は, 一切が, 一句は, 一役を, 一箇の, 一談話者兼一批判者, 一通の, 一部を, 一間の, 一隊の, 三段論法である, 不幸な, 不破の, 世にも珍, 世代の, 世界, 世界である, 世界に, 世界は, 丘の, 主義目的が, 主観と, 九鬼の, 事の, 事を, 事件であっ, 事実な, 事情に, 事業を, 二人の, 二重の, 人々が, 人々も, 人たちも, 人だ, 人で, 人体の, 人民の, 人物な, 人物を, 人間を, 人類の, 人魚の, 仕事である, 仕事に, 仕事世の中に, 仕方は, 伊吹山の, 会社の, 佐伯屋という, 何物をも, 何等かの, 作品である, 作家の, 個々の, 優越性も, 先生である, 先生の, 光の, 光景を, 入口に, 全く特定, 八五郎兄哥か, 内にも, 内容を, 判斷である, 判決が, 前提は, 前記の, 力である, 力と, 力という, 力に, 力の, 力は, 力を, 効果の, 動揺の, 勝手な, 半分の, 南山で, 印象は, 原の, 原因が, 原因は, 原型とも, 原理である, 友人たちが, 収容所を, 古本屋を, 可憐なる, 同一の, 名を, 品物は, 四季の, 四階は, 固有性を, 土臭を, 基礎工事であり, 壁を, 多いこと, 多いの, 多少とも, 多数の, 夢から, 夢についての, 大いなる母親, 大衆の, 天地の, 天然という, 太吉が, 女が, 女を, 如し, 姐さんは, 姐さんを, 姿を, 媒介の, 子を, 子分衆が, 存する, 孤児院の, 宇宙の, 完全な, 完全性を, 実の, 実体である, 実験体である, 家族には, 宿命の, 宿命的な, 寄席の, 富を, 少女に, 山河が, 巨大な, 差は, 平家は, 平民との, 幼な, 幽閑, 庭である, 庭には, 廊下の, 当時の, 形も, 彼が, 彼ら自身の, 御設計, 心から, 必然の, 思惟する, 思想に, 悟性の, 悟性をも, 惣領, 想像の, 意味は, 意志を, 意識の, 意識を, 感じは, 感情である, 感覚, 態度である, 我々自身が, 我であり, 所々に, 所謂, 描写は, 教示を, 教育は, 敵, 文化を, 文学を, 文明の, 文章を, 斯る, 新しき現象, 新たな, 方に, 方へ, 方角とに, 日常性, 明日から, 明晰で, 昔の, 暗さ, 書は, 書を, 書生を, 最も信頼, 最初の, 最大の, 有るもの, 木は, 本性の, 机の, 杖で, 杖を, 松の, 柳の, 根拠を, 椅子に, 樅の, 歌は, 歴史の, 死なる, 残って, 毛が, 毛を, 毫もない, 氏の, 氣の, 水が, 水垢が, 水溜りに, 海の, 液体と, 深刻な, 無いの, 無數, 煙では, 父を, 物は, 特別の, 特筆すべき, 独立の, 珍貴, 現代の, 現実を, 現實, 理由について, 環境的な, 生命を, 生物である, 生産および, 生雲塔, 男が, 町, 病人は, 療養所の, 皮が, 目的は, 石を, 砂や, 破れほうけた, 神が, 神に, 私が, 私とは, 私を, 稀れな, 穴を, 究極の, 空気を, 窮迫に, 第一, 第四人称, 米友が, 精神の, 糟みたいな, 経書類の, 結果について, 結果を, 結論は, 絵が, 美貌の, 老婢に, 老学者, 考えは, 者が, 者に, 者の, 職業の, 肉, 腕立てに, 自らが, 自然現象の, 興味を, 舊いものを, 芸術の, 芸術的な, 若いもの, 葉を, 著述は, 藝術も, 虚無と, 蛸は, 街, 衝動的な, 表現の, 複雑極まりなき, 見えない, 見えるの, 規定以外の, 親類に, 観念が, 観念について, 観念よりも, 観念を, 觀念について, 觀念よりも, 角に, 記憶や, 証明が, 詩でなけれ, 詩人の, 認識と, 警察部長の, 象を, 財産の, 貧乏人である, 質料の, 越権専横の, 路傍に, 身体を, 近代の, 連想の, 過去の, 道を, 部分が, 部厚, 部落の, 野の, 金は, 銃猟仲間の, 間には, 関係の, 闇と, 隣人の, 静かな, 面白い味, 革命的思想を, 音楽を, 順番は, 頭手足及び, 風の, 驚駭と, 高尚なる, 高貴な

1 [5056件 抜粋] ЦКФОТО, あった方, あの三人, あの小さな流れ, あの毒, あの苛苛, あの香氣, あらゆる手段, あるこうした, あるまで, あるディレッタント, ある中年, ある俳人, ある匂い, ある大将, ある容貌, ある彼ら, ある懐かしい, ある昔, ある気持, ある甥, ある筈, ある英字新聞, ある谷, ある飛騨, いかにも息苦しい, いや現在, いわゆる問答的学問, うまいもの, おせんの, お台場, お嬢様な, お歌会, お若い, かげを, かの小松葉子, かの腹切り, こころ, こと忘れる, この對立, この男, これこそ, ご命令, しきたりとしての, すこしも速力, すまし方, そしてその, そのフランス批評, その場, その浅い, その顏, それゆえその, たわごとを, つぶやきと, と, どろどろした, ないお, ないなだらか, ないインテリゲント, ない二代, ない倦怠, ない同, ない子供, ない恐慌, ない暖かさ, ない浮世, ない私, ない若者, ない適度, なくも, はたして, ひさ子ちゃん病院の, ほかには, また然, もとの, ものそして, ものとの, もののみ, ものモン, もの壊走兵を, もの未だ, もの飛び, ような見, わが二つ, アドルフの, イデオロギーは, エンツジアスト, キッカケとして, ゲーテや, シャツを, スケッチを, タイクン政府通訳官福沢諭吉氏は, チユウリツプで, トルストイの, ナロードニキ達は, バンピール, ピュロー公は, プラグマチズムの, ペンキが, マナサルワ湖の, モナドも, ラサ府の, レオナルド・ダ・ヴィンチが, ヴォードヴィルでは, 一党一派を, 一大地域の, 一市民であり, 一点非の, 一般について, 一見平凡, 一部分は, 三々五々の, 三階は, 下僕を, 不健康, 不平等従属更に, 不覚なり, 世界観や, 中国古代の, 主人が, 主題は, 乳牛が, 事例な, 事柄僧侶の, 二度書きには, 五字が, 人々ひとしく, 人であった, 人情紙ノ, 人生の, 人間に, 人類も, 今日市川と, 仏道, 仕儀と, 代理の, 伊藤伯を, 伝統の, 何かの, 余の, 作家にと, 例えば株券, 俗に, 修行や, 倍音を, 備わった薫, 僧侶が, 充分な, 先驗哲學, 党派は, 全雰囲気, 八兄哥じゃ, 共存同胞の, 兵馬を, 内外矛盾した, 冷酷険峻の, 出家の, 刃には, 判断すなわち, 利潤は, 前大蔵大臣, 力だ, 努力なき, 動作の, 勝手口に, 北叟笑そいつを, 十三卷の, 半ば客観的の, 単に可能的, 厚ぼったい男もの, 又東洋, 反抗の, 叔父さんに, 古今東西の, 句を, 司権者を, 合戦ぢや, 同情を, 名古屋から, 名釜, 否定の, 呼吸を, 品で, 唯一無二の, 善悪という, 單行本として, 四人の, 囲炉裏ば, 国に, 国法を, 土人祭司バタチカンであった, 圧力の, 地点が, 型の, 堂塔幾千万宇という, 塵毛とを, 墨色なる, 壺が, 外絶て, 多くは, 大いなる推移其物, 大きな網, 大塔, 大寺で, 大気中における, 大衍求一術, 大金を, 天才作家によって, 奇特の, 奥様を, 女中さんは, 女髪剣, 如くなりしか, 妖怪である, 妻の, 姦悪の, 娘たちの, 嫌味も, 子女の, 学問として, 学者は, 安宅先生は, 宗祇の, 実に莫大, 実業家が, 客観的なり, 家の, 家柄相応の, 富士崇拝教の, 實感が, 寿福栄華を, 小さい方, 小作人の, 小庭, 小都会, 少なかった, 居城であり, 山そのものを, 山水を, 岡の, 峠を, 工人が, 己れ, 帽を, 平民思想とかを, 年齢を, 幽霊に, 底の, 庚申青面金剛像に, 廻国風の, 張り込みを, 強靱なる, 形において, 形式を, 影響結果を, 彼自身の, 從つて存在する, 御打ち合わせ, 微塵の, 心力の, 必然性を, 思惟の, 思想知らず, 怪しくも, 恐るべき魔術, 恩澤は, 悪習とも, 悲しむべき世間人, 情熱です, 意味が, 愛, 愛鈍けれ, 感動の, 慢心和尚という, 憐愍を, 成功だった, 戦争的準備の, 所以, 手だ, 手箱や, 技術の, 抽象と, 掃除は, 支配および, 政治的な, 教育者ならびに, 数学的考察は, 文を, 文意は, 料理が, 新しい機構, 新派劇の, 方じゃ, 方鍼を, 日本, 日本文化の, 日蓮の, 明という, 昔なつかしい, 時間上の, 景勝はよ, 暗らさ, 書一巻を, 書風の, 最低級浅, 有らゆる染物, 有形の, 朦朧たる, 未來若く, 本官は, 本願寺所有の, 束縛が, 東洋的な, 林に, 柔く, 核心は, 根本の, 桂子の, 森蔭に, 極めて一般的, 楽屋格子は, 模樣は, 樫が, 橋の, 次から, 正に人間学的, 武者絵の, 死を, 殘し, 毛利氏は, 民族的差別が, 気持が, 水の, 氷の, 汎神論と, 沈痛な, 河岸に, 法の, 波は, 活動と, 浪漫主義的傾向の, 海草の, 深いそして, 温い情, 溝が, 演劇舞踊の, 火事が, 烏帽子直垂の, 無い想像, 無の, 無明と, 焼け鉄管に, 父親として, 物件に, 物我今皆これを, 物語を, 特徴である, 犬の, 狐狸談も, 猪牙に, 玄関の, 現代人は, 現象が, 理想に, 甚だ複雑, 生れで, 生活なく, 生産関係の, 田沼時代でも, 男女は, 町町の, 異人さんいつお産です, 疲れを, 発明能力を, 百姓でございます, 目的を, 直説法, 省かれたよう, 真を, 真言を, 矢継早の, 知識は, 石塔みかげ石字なし, 破けて, 社会一般の, 祈祷であり, 神で, 神的な, 福の, 私自身には, 秘境が, 税額を, 穏かな, 空間及び, 窮乏の, 競争相手として, 筋肉の, 簡単に, 精神が, 紅梅の, 純粋仏教の, 素直さによって, 細胞独特の, 結び目に, 絵の, 網を, 編集の, 織田信長の, 美しい山, 美平という, 習ひか, 者である, 聯合艦隊が, 肉体の, 背後的な, 脚韻セジュウル・フィックス綴音又は, 臆説に, 自己の, 自然労働の, 舊いものは, 色彩だ, 芭蕉を, 芸妓とが, 芸術家的, 若い者十兵衛, 英国の, 茶色布張の, 荏原屋敷の, 菰田邸につれて, 葡萄酒の, 蕎麦パンを, 薬師寺東塔は, 蘆の, 蛇縄麻の, 衆生済度の, 行爲または, 衝動や, 裏山で, 複雜微妙極みなき, 要領を, 見える襦袢, 親友信者の, 觀念も, 言語の, 証言を, 詩数百篇固, 認識は, 説類同する, 諸原因, 諸点だった, 講演は, 谷の, 財務員という, 貧乏人の, 貴婦人の, 賊首何千さらに, 赤土の, 趣味を, 践祚大嘗祭の, 軍艦軍艦と, 辛子漬で, 近衛帝を, 通信機だ, 運命の, 過程である, 道ばたに, 道庵風采は, 違いは, 邪道的暴論者流の, 都会的音響は, 醜悪な, 重役ぐらい, 野菜は, 金十万円の, 金銭及び, 鉄則と, 銭糧は, 鎮将と, 長髄彦, 関白秀吉の, 陰謀であった, 階級の, 隣接教区を, 雑詩の, 雪舟は, 電胎法である, 霊魂論を, 非人や, 面白い仕事, 韻文とは, 顔を, 風土や, 風聞もつ, 飯綱権現の, 首府に, 駒が, 髑髏が, 高慢と, 魔女パウチである, 鶏が

▼ ところ~ (6264, 6.0%)

195 ない 96 なかった 69 ないの 54 少しも 53 ありません 25 ないと 24 あるが 23 ないが 20 ないかと 18 なかつた 17 ないか, 無い 14 一つも 13 非常に 12 ありますが, ある, さすがに, どう見, どこにも 11 ありませんでした, ないん, 私の 9 あつて, ございません, ないから, ないよう, 何も, 見えなかった 8 あっても, なくて, ミジンも, 私が, 自分の 7 どこまでも, どこも, ないはず, 他に, 彼の, 微塵も, 流石に

6 [13件] あったが, あるけれども, あるに, いやだ, これらの, どこか, ないで, なくなって, 人の, 山の, 日本の, 無いの, 誰も

5 [26件] ありませんか, あるまい, いうまでも, いつでも, こうだった, ここに, これを, そこに, それが, た, どうだ, ないかね, ないし, ないじゃ, 今は, 今日の, 何と, 何の, 出て, 多分に, 大目に, 手を, 次の, 無いと, 無かった, 見えない

4 [40件] あったけれども, あつた, ありませんが, あるけれど, あるの, いわずと, こうだ, こうである, ことごとに, この町, これだけ, どうで, どこだ, どこだろう, どこでしょう, どこに, どこの, ないけれども, ないだろう, ないもの, ないやう, ないわけ, なんでも, ねえん, ほかに, みじんも, よかった, よく分らない, 今の, 分って, 同じだ, 君の, 天下の, 彼が, 彼は, 村の, 無いか, 自分でも, 見たこと, 誰にも

3 [72件] あなたも, あまりお, ありますまい, ありませんよ, あると, いくらも, いずれも, お前の, ここだ, ここで, ここの, この辺, せまくて, そうでない, それは, たいへんに, ただその, ちつとも, どうだった, どこでも, どんなところ, ないかしら, ないかなあ, ないだろうか, ないでありましょう, ないであろう, ないでしょう, ないよ, ないわ, なか, なかつたが, なかつたの, なかろう, なく, なくただ, なるほど, ほとんどなかっ, ものの, よく見えます, わずかに, 一刻も, 一種の, 一軒も, 不思議な, 人間の, 仕方が, 似て, 何か, 何である, 何でも, 例の, 前述の, 勘弁し, 十分に, 同じよう, 實に, 少くとも, 彼らの, 意外な, 感心な, 文学の, 昔から, 昔の, 殆どない, 殆ん, 水が, 水の, 海の, 無い筈, 私には, 私にも, 金が

2 [263件] あったけれど, あったに, ありそう, ありますまいか, ありませんけれど, あるだろう, あるね, あるまいかと, あるもの, あんたも, いかがです, いかにもその, いかにも童話詩人, おのづか, お前達の, かうである, くりぬいて, こ, こいつを, こうであった, ここと, ここは, こちらへ, こっちの, このまま, このよう, この主人公, この点, この窓, これが, これで, ございませんかしら, さう, ざらに, すこしも, すつかり, すべて解けた, すらりと, そうで, それだけの, それと, それも, それより, それらの, たあいない, たいしたこと, たくさんあります, ただいかなる, ただこれ, ただ神, ちっともない, ちよつと, とりも, どうか, どうしよう, どうだろう, どうでしょう, どうなる, どこな, どっちが, ないそう, ないだらうか, ないぢ, ないという, ないらしい, なからう, なきなり, なくな, なく私, なにも, なんとも, ねえか, ねえじゃ, はっきりしない, はっきりと, はてしなくつづいた, ほんた, まだごく少数, まだ軽い, むろんの, もう鮎, やはり今, やはり僕, ゆるして, よくわかりません, わかりませんね, わかるよう, わしが, わたくしにも, わたくしの, わたしにも, イヤだ, スキーを, 一つ, 一つの, 一ツも, 一層興味, 一点も, 一面の, 丁度その, 三つ森山の, 上から, 不思議に, 不思議にも, 不明である, 不明です, 世界に, 二三日の, 二階の, 云わば, 京橋木挽町に, 人格の, 今も, 他なし, 他の, 他人の, 以上の, 仲, 伝六の, 何う, 何かと, 何処でも, 何処にも, 例えばパリ, 俺は, 僅かに, 僕の, 僕を, 元の, 充分賢, 先生の, 八丁堀の, 円満な, 冬の, 分らない, 前の, 北側で, 半農半漁の, 南側の, 厭だ, 又違, 友人の, 受付の, 各個人, 同じこと, 名に, 名の, 君は, 唯だ, 問題の, 地球の, 大きかった, 大丈夫だ, 大勢で, 太平洋の, 女に, 女の, 女は, 女や, 好かなかったから, 娘の, 宗教の, 家の, 察して, 少い, 少し都合, 山猫の, 川を, 左の, 平常の, 幾度と, 弱々しい出戻り, 彼女が, 彼女の, 御免を, 恰で, 手で, 手前の, 敏感な, 日の, 日本には, 早稲田の, 易筮の, 春の, 是れ, 曲者だ, 有卦に, 棹で, 権勢でも, 正気の, 此の, 歴史の, 氏の, 民必ず, 民衆の, 気が, 気分である, 江戸の, 池に, 河馬の, 浅瀬で, 無いやう, 無かつ, 無くな, 無事だ, 物を, 物質と, 獄中で, 現代の, 現在の, 現在のみ, 甚だ雄大, 男の, 異る, 相変らず, 真の, 真実だ, 矢張り, 知らない, 確かに, 社会の, 私にとっては, 私は, 稀に, 立派に, 竹の, 第一, 精, 結局同じ, 結構である, 絵の, 絵画の, 肩から, 腫物の, 自分たちの, 自己の, 芸者と, 若旦那が, 荒蕪を, 藤村の, 血が, 西口の, 西洋の, 見えません, 見て, 見当が, 見逃して, 親父だけ, 話の, 誰が, 近代の, 通り越して, 道徳の, 道理に, 道理上すでに, 酒の, 金平糖が, 間違って, 雪の, 電子の, 首を, 馬籠の, 馬鹿に

1 [4280件 抜粋] あいつは, あそこでは, あちらが, あって, あの得, あまり歩いた, あらかたわかる, ありながら, ありませんから, ありません思い出しても, あるいは勝っ, あるまいここら, あるわけ, あれで, あんた郊外でん, いい家来, いかにも大黒頭巾, いかに小, いけないって, いちいちわたし, いったん断わりたい, いつも気立て, いと嶮, いよいよなくなっ, うっかり飛び込ん, おおむねずっと以前, おのれを, およそ認められる, お前ぢや, お山開き, お眼鏡に, お行方, お辞儀を, かえって面白く, かなり峻厳, がらんと, きっと試験, くだものや, こういう不滅, ここだけ, こしらえて, このなか, この二十五日, この前山, この大河原村, この尾張, この機, この線, この飛行島, これこれの, これ又, ございませぬが, ござらぬよ, さきに, さすがの, さながら焔, しかしいろいろ, すぐ浴舍, すっかり書き直した, すなわち墓, すべて断わり, ずいぶん強, せまくるしい感じ, そういう安直, そうとしか, そこで, そのこと自体, その中核, その古典的, その実地的, その意気, その最も, その発達, その自由, その通り, そもそもの, それとして, それ以上わるい, そんな小径, たいへん遠い, たしかにパリジェンヌ, たしかに気, ただの, ただ仔鷲, ただ年, ただ目まぐるしい, ただ驚愕, たとい無意識的, だめです, ちゃんとご存じ, ちょうど戦勝記念博物館, ちょっとおかしい, ちょっと薙刀, つきり, つまり教授, とてもかぞえきれないでしょう, とにかく自ら, どう, どうか勘忍, どうしてもあの, どうしても燒, どうぞ悪しからず御免, どうも, どうも用意周到, どこでございましょう, どちらでございましょう, どんなだったい, ないくら, ないただ, ないですか, ないのに, ない全然, なおす, なかつたさ, なかなかすさまじい, なかなか立派, なくからだつき, なくひどく, なく今日, なく案外, なく顔, なぜ手, なみなみの, なんだか小さい, なんとも云えません, ねえでやしょう, はたしていくばくか, ひかえて, ひとま, ひどく親切そう, べら棒に, ほとんど月, ほんとうの, ぼんやりと, まことにすさまじい, まさにあれ, まずこの間, まず甲州, また別, まだはっきり申せない, まだ何ん, まだ正月, まったく偽りであった, まるでわたくし, まるで火の粉, まるで鞭, みなこれを, みんなねえさんに, みんな探しました, むしろルナアル, めったにない, もうちゃんと何方, もう三ヶ月, もしも女の子, もっとずっと向う, もとの, やって, やつぱりさすが, やはり如何, やはり秀吉, やや汎神論的, よき死処, よく判る, よく行っ, よろしいが, わからないが, わかりませんよって, わたしには, アカシヤが, アメリカだ, エーその, カーテンの, クロワッセ生涯の, スウィスに, セルロイドを, ヂドに, ドコな, ニイチェが, バラックだ, ピストルです, ペテルブルグに, ミメヨキ男を, レミヤを, 一々ご, 一つ残らず思い出す, 一ヶ所も, 一切の, 一寸想像, 一応うなづかれる, 一段五畝なんぞ, 一箇所も, 一輪しか, 七面鳥に, 三十分に, 上の, 上述赤帽の, 不必要, 与謝野晶子でも, 世界劇場の, 中仙道を, 丹色が, 主観の, 九州という, 争われないもの, 二三問いただし, 二度三度よん, 云われませんが, 五里進み, 人さまの, 人影少き, 人間精神の, 今では, 今日い, 仏教の, 他諸論派, 休日です, 住人の, 何うだ, 何であります, 何となく毒々しい, 何らかの方法, 何八景彼八景と, 何刻だったろう, 何様かの, 余りこだわっ, 作家と, 俗に, 信濃の, 借金ばかり, 働くため, 僧堂教育な, 充分に, 先生が, 光秀が, 全くどこ, 全く無理, 全国民, 全部引き揚げ, 六十四五間掘れ, 其の名, 具體と, 冬は, 凶器を, 分からぬが, 分りかねます何しろ, 切抜けたよう, 別である, 別紙に, 割に, 力づよく私の, 勝った側, 北口に, 十何日か, 千差万別です, 南洋あたりの, 単に阿波, 即ち節義, 去ると, 取りのぞくこと, 古市加十が, 可なり, 司令官室であった, 同じく貴族院議員水野錬太郎氏, 同一事, 向かない, 呼吸を, 唯物論者が, 噴火口の, 国々至る, 土崩れを, 地上三百キロメートルの, 埋ずもれた巨宝, 基盤と, 墨, 変って, 外来から, 多く女子供などが, 大いによい, 大きな杉, 大した貫祿, 大体こういう, 大変な, 大抵の, 大正年間十五年の, 大規模, 天元術であっ, 太宰さんの, 奥多摩の, 女よりも, 奴が, 如何なる方法, 如何にも若々しかっ, 姿の, 嫌味です, 存じませぬ, 学説の, 完全に, 実にうまく, 実に噂, 実に見るべきである, 実際それ, 家内を, 寂しかろう, 察しられますが, 専政独裁圧迫等々である, 小作りな, 小東門内, 小高い丘, 少からずある, 少しすく, 尤もじゃ, 居士は, 山ばかり, 岡本綺堂先生の, 工藝が, 巷や, 帰られい, 常陸さんと, 平和のみ, 年こそ, 幾度でも, 広く左手, 庭の, 弁膜不全の, 張扇から, 当番に, 彼らを, 往来を, 後者が, 得たよう, 御目, 徹頭徹尾我国, 必ずしも平穏, 必要が, 思出が, 恐らくかうである, 恐ろしいほどの, 悪いところ, 愉快じゃ, 愛によって, 感心に, 我が夫, 或いは白く, 手がかりが, 押して, 拙者一人で, 捕魚, 擬いもない, 政治的乃至, 数十間の, 文学作品としての, 新入や, 既に中性的, 日本アルプスの, 日清豆粕会社で, 明かに, 明瞭で, 星でござんす, 昼の, 普通である, 曲の, 書き足りないの, 最早寒く, 有り得ない, 朦朧として, 未だ嘗てにんじんの, 本隊へ, 東京中に, 東西古今を通じて, 柳営だ, 桁を, 森林である, 概ね個人, 次第にほの暗う, 正しいであろう, 正月でも, 歩けば, 死魔の, 残しとくん, 母と, 民間における, 気楽な, 水神に, 求心的である, 決して少なく, 河内平野では, 注目に, 浅く潮, 浮氷の, 消散し, 深く聞い, 温泉宿から, 源家と, 濡れ輝く, 灰色に, 無いじゃ, 無かったろう, 無理にも, 然し気の毒ゆえ, 煙草を, 片々たる, 物寂び, 特殊な, 狸一疋くらいに, 王さまからの, 現状の, 甚しく抜け, 生れるとき, 生物の, 由緒ある, 男囚が, 画面の, 疊一枚ほど, 痛ましくやつれ, 百姓どもが, 皆失せ, 皆目わからない, 目に, 直次の, 真に新しい, 真理の, 矢代さんの, 知らなかつた, 知れきったこと, 破れた筵, 社交的な, 神仙家金丹家臭い, 神田の, 私たちを, 穏便に, 窓その, 立派であった, 第九天, 節々人に, 粗末な, 素通りしよう, 結局ここより, 絶対安全な, 纔に, 美智子の, 老中御用都屋に, 聲これを, 能登守の, 臀の, 自分としても, 自我の, 自由, 至極道理, 色々の, 花の, 苦労しなかった, 菜が, 薄い橙色, 蛸そっくり, 衡り, 被害の, 西洋に, 要害山の, 見えなかったが, 見せたくなかったの, 見なかったよう, 見られは, 見当らないのでね, 親の, 言わば全体, 試験の, 誇張でなく, 誤って, 調べて, 講義の, 谷町九丁目の, 貴族的で, 贔屓目にも, 身を, 辛抱する, 逆に, 通人の, 遂にメタフィジック, 道理であった, 遠慮なく叱っ, 重に, 釘づけ, 錦州からも, 長谷であった, 関り知らず, 陰暗く, 雑多である, 雪国だ, 電話で, 静かです, 面白いところ, 音楽である, 頼むよ, 風流を, 飽くまで富者, 馬牛羊その, 骨壺を, 高角山の, 鴉の, 黒い皮

▼ ところから~ (3787, 3.6%)

44 見ると 41 出て 36 来て 30 して 16 考えると, 見て 13 これを, 来るの 12 それを, 察する, 帰って, 急に, 考えて 11 私は, 自分の 10 推して 9 みると, 彼の, 見ても, 見れば 8 來て, 出発し, 声を, 生れて 7 人呼ん, 出発した, 始まって, 聞えて 6 きて, すべては, その名, 來る, 出発する, 外へ, 推すと, 生じて, 自然に, 起ったもの

5 [14件] さう, それは, みても, 人が, 人間の, 判断する, 来たの, 来る, 生じたもの, 生ずる, 眺めて, 考へると, 見えた, 起って

4 [28件] こっちへ, この名, それが, もどって, トマトの, 伸子を, 借りて, 入って, 出たもの, 出發, 刀を, 女の, 始まる, 彼は, 想像する, 我々は, 或る, 持って, 新らた, 来たもの, 歩いて, 自然と, 落ちて, 見えて, 覗いて, 話が, 遠いところ, 離れて

3 [35件] いつと, かすかに, すれば, それも, はいって, はじまる, みて, みれば, 云っても, 何か, 何も, 俗に, 内部を, 右へ, 土器を, 声が, 始まるの, 子供の, 子分の, 左へ, 庭の, 彼女は, 手を, 日本人が, 来るので, 火が, 物の, 生ずるの, 目を, 考えても, 血が, 起るの, 足が, 返事が, 逆に

2 [212件] あのへん, あの人, あらゆる形成作用, あるところ, いつとは, いろ, おっこちるよう, お松の, お柳, きっと次郎, くる, ここで, こっちを, この交渉, この山, これは, これも, これらの, さうし, しても, すすんで, すっぽりと, すべての, そういう名, そこを, その様子, その筋, その金, つけられたの, つなみ, つれて, では, でも, なるべく名, はじまって, ひそかに, みますと, もって, ものの, やって来るよう, よく見える, わたしの, わたしは, デカダンスが, ノロ勘と, パンフレットの, 一つの, 一つは, 一と, 一歩進んだ, 一生病院に, 一種の, 三日僕射といふ, 下が, 下に, 下の, 下へ, 下りて, 中の, 事が, 二人の, 二人は, 云い出したらいい, 云うと, 人々は, 人生は, 人間自身も, 今は, 低い方, 何かから, 何となく人, 使いが, 來た, 例の, 便りが, 傳へ, 僅かの, 僕の, 全然新, 出たの, 出た名, 出入りする, 出版せられた, 切れて, 判断し, 十分に, 即ち虚無, 右に, 右の, 呼ばれて, 呼ぶの, 呼んで, 問題が, 夜の, 大正七年の, 太い棒, 始って, 始まったの, 始まります, 始まるという, 始めて, 始めなければ, 娘さんの, 子供や, 家に, 容易に, 察して, 察しても, 山の, 岩鯛の, 左手の, 弁信の, 引き返して, 当時は, 彼に, 彼女の, 後には, 思いついて, 我々の, 或はそんな, 戦ひが, 戻って, 手に, 手紙を, 撮影した, 新に, 日本で, 書いて, 書かれて, 来た, 来た名, 東京の, 根を, 次の, 此の, 段, 毎日考へ, 水を, 波の, 海岸の, 淡路島が, 混合が, 漕ぎ戻らせ今, 火の手が, 火を, 父が, 犯人が, 猫の, 現われて, 生じた, 生れたの, 生れるの, 生物と, 町人の, 発して, 発射した, 発足し, 眺めた, 石灯籠の, 私の, 私を, 突き落し, 立ち上って, 答えた, 粗末な, 習慣が, 習慣によって, 老婦人, 考へても, 聞いて, 聞こえて, 聴く歌声, 腐りはじめて, 腹心の, 自分自身の, 色々と, 芝居は, 落ちたところ, 葉子が, 蛇は, 見えなかったこと, 見たの, 見ますと, 見下すと, 覗いたり, 言えば, 誕生した, 読んで, 誰かが, 誰が, 豆腐売りで, 貰って, 起った間違い, 起つて, 起るもの, 足を, 近づく事, 逃げ出して, 通知が, 違って, 金を, 釘抜藤吉という, 間もなく村中, 階下を, 青桐の, 頭を, 顔を, 風とともに, 飛んで, 飛降りるん, 首を, 鶏を

1 [2619件 抜粋] あ, あたりが, あの娘, ある僅少, いい学者, いきおいよくふきだし, いくら借りた, いっそ方面, いつしよ, いとも軽々と浮い, いま大道を, うまそう, おこるブルジョア民主的, おつねに, おもちゃの, お千代, お妙, お暇, お葉さん, お輿入, お高, かうして, かぎりも, かづらと, きく, きたん, くるこの, くる誤作, こういうこと, こういう情緒, こうして水, こけ猿, こちらへ, こつそり, このよう, この侍, この家, この方面, この種, この近代伝説, これに対して, こんな有力, ごくごく両家, さしこんで, さっそく盗賊, ざわざわと, しばらくそれ, すぐつれ出し, すこしさびしい, すると, ずっと大鋸屑, そういう一種, そういう渾名, そう呼ばれ, そこへ, そつと, そのままで, その内面, その地方, その対象, その思い, その材木, その発展, その統御, その転身, その防禦, それぞれ家を, それら古, そんなに遠い, たしかに茶色, だいぶ位地, だれが, だ中, ちょうど六人目, ちょん切られた, ついつい声, つかえて, つぶやいた, ていねいに, です, で恰度燒, とどけられて, とろろ昆布もずくが, どうしても近臣, どこかの, ないところ, なにかに, なん, にわかに花々しい, のぞいたらば, のっそりと, はじまったの, はじまるべきで体験談, はずれて, ひきか, ひとり手に, ひろつて, ふと門, へだたって, ほんとうに, ぼんやり光が, またこれ, また一つドア, また松島, まっさ, まゐつた, むげに, めいめい云う, もう夏, もっと沈潜, もろくも, やって来た小, やらなくては, ゆくゆくは, よく人, よく被っ, わざわざ暗い, わたくしも, アルバートへ, エタと, オートバイを, ガラス湯という, サッと一道, ジリジリと, タイルで, ハガキ仕事が, ヒョイヒョイと, プルウストの, ペタルを, モン・ブラン通りの, 一つに, 一二枚ずつ, 一寸ばかり, 一時洛西高雄に, 一歩も, 一番露骨な, 一般に, 七八箇所も, 三人で, 三日月形の, 上がった, 下げられた膳, 下廻りや, 不意打ちを, 与八は, 並みは, 丸正に, 之と, 事物を, 二人とも, 二方面の, 二階へ, 互いは, 五十恰好の, 五条の, 井戸の, 人力車の, 人間が, 今も, 今昔の, 仕事を, 付いたよう, 伊豆さまの, 伯爵家の, 低いところ, 何かの, 何となく面伏, 何人か, 余生は, 例年の, 侵入し, 借りたの, 僕が, 兄も, 先には, 光を, 入りこむん, 全く質, 全部は, 公事訴訟一つも, 六兵衛と, 其の名, 内地へ, 出して, 出た事, 出た郷土, 出るかと, 出る雑誌, 出発しよう, 出立を, 分れ出でた枝同士, 切り放して, 切符を, 判断すれ, 前に, 割りだされたの, 劇文学に, 助郷村, 動かないで, 匂いを, 十人ばかり, 十歩ほどの, 千駄萱といった, 半紙一帖ぐらいを, 博徒仲間で, 即興的に, 却つてあと, 去りかねました, 又右, 叔母さんに, 取りかかったが, 取出して, 古事記伝には, 右手の, 同じよう, 名前まで, 君侯に, 吾妻橋の, 呼び出しを, 和泉屋を, 唾を, 噂が, 四十ぐらいにしか, 四百メートルほど, 図らず松永氏, 土間づたいに広い, 地上までは, 地蔵の, 城内新築の, 壯年の, 夏場は, 多くの, 夜中に, 夢中で, 大を, 大型の, 大混乱, 天下の, 太田が, 奢侈に, 女の子は, 好い工合, 始まった, 始まり五〇マイル, 始めた, 始めよう, 姿を, 婦人部へ, 子飼いの, 完全に, 客から, 家の, 家康の, 密会した, 察すれ, 射して, 小包を, 小説家にも, 少しゆ, 少し錆びた, 屡々誘, 山人の, 岩倉少将, 川下へ, 左様な, 帰りを, 帰納し, 平素から, 幼いおり, 幾多の, 庭へ, 引き出して, 引揚げ, 強制され, 彫刻は, 往年泥棒と, 得たもの, 御使, 御用の, 徳川の, 必然的に, 思いがけない招待, 思い付いた役者, 思つてゐる, 思想感情の, 恐らくその, 悩みは, 愁嘆場に, 愛して, 成績が, 或いは遠い, 房枝が, 手づめの, 手織縞の, 投身する, 招きます, 拾いあげた針, 振顧つて, 採った氷, 推しますと, 提灯を, 攀じ登って, 政府も, 数隻の, 文晁先生にも, 斜向うの, 新しい探求, 新らしい, 旗本仲間でも, 日本を, 旧い屋敷, 明らかである, 明日の, 春米村に, 時にはお, 景気の, 暗黒が, 更に数日, 書ける時, 最初に, 有名な, 朝飯の, 本人が, 村じゅう総出で, 来たが, 来たハガキ, 来ちゃ, 来てを, 来ると, 来る感慨, 東洋諸, 枕と, 校長室を, 案外落ちついた, 棒を, 樹林の, 次第に二つ, 此處へ, 殊にあの, 殿上人の, 母方の, 毎日の, 民衆を, 水晶が, 求められる, 没義道に, 注意深く辿っ, 洩れた取り沙汰, 流れ出た黒い, 浦島といふ, 消えて, 渦に, 湧き出て, 溢れて, 漏れて, 漸く小, 火急の, 無いところ, 無理無体に, 熱海では, 片づけて, 物を, 特に義貞, 狩るという, 玉という, 現れたの, 現代日本の, 生じたこと, 生じた考えかた, 生じる大きな, 生じる錯誤, 生ずる認識, 生まれて, 生命の, 用心棒に, 由来した, 男の子が, 當分の, 痛み出して, 発するので, 発生し, 發し, 白潟母衣の, 皮屋皮坊皮太茶筅御坊鉢屋簓説教者博士など, 盗み出して, 目静かに, 相当の, 看視, 眞つ, 真紅の, 眼を, 知れて, 研究室の, 祖母が, 福慈岳神としての, 私生児として, 科学の, 稲生の, 突いて, 突如と, 立ち直, 第三版以後, 紀州四国九州上方地方に, 索道が, 紹介した, 結果する, 絶えず滴, 緑を, 纏めて, 義憤を, 考えましても, 聞いた, 聞きこんだの, 胸毛が, 自分では, 自尊心が, 自然主水へ, 自然賄賂を, 至急無電, 色々な, 花の, 芸術は, 若い者, 茶屋を, 荷もつを, 落ちくぼんだ, 落ちた子供, 落っこったんだい, 蒲団だけを, 薪を, 蜜柑を, 衣食に, 裁かるるに, 要求する, 見えるに, 見おろすこと, 見てさ, 見ること, 見下した, 見始めて, 見通しに, 親しみが, 観察し, 言っても, 許されないの, 話して, 説き初めて, 誰か来や, 諸人は, 議論が, 豆腐賣りで, 買い取ったもの, 起きて, 起こる誤り, 起った地名, 起つた行過ぎでありませう, 起る一種, 起る誤り, 跳び下り, 身に, 車軸の, 近いうち, 迷って, 逃げだしたと, 逃げ去って, 途切れ途切れに, 通りすがりには, 通称戴院長と, 遂に織部, 道場を, 遠い, 遠く離れる, 邪神淫祠が, 醸された雰囲気, 金に, 鉄甲を, 銭占屋は, 鎌倉ぶし, 長唄の, 関西風に, 陰気な, 随分縁談, 集まって, 雨が, 電光状に, 電話掛けてる, 霊魂は, 青く透き, 面を, 順に寫眞, 顎なんか, 飛びおりる事, 飛び込みは, 食堂に, 養子を, 馳走という, 駕籠を, 鬼臉児と, 麥で, 黒駒の

▼ ところ~ (2612, 2.5%)

202 ある 93 あった 86 あるが 77 あるの 58 ない 54 あって 42 なかった 38 あつた 37 あります 34 あるよう 29 ありません 25 あるし, あれば 22 あろうに 20 あると 19 あったが, あるん, ないの 18 ありました 16 あるから 15 ないで, ないので 12 あるので 11 あったの, あり 10 あつて, あるけれど, あるでしょう, ないが, なければ 9 ないし, ないよう, 無い 8 ありますが, あるには, なくて 7 あったので, ありましたが, ありまた, あるけれども, あるわけ, あろうが, なくは 6 あったり, ありますから, あるかも, あるという, なかつた 5 あるもの, あろう, あろうと, ないと, なかつたの, 無かった

4 [14件] ありますね, あるそう, あるだろうと, あるでしょうが, あるでせうが, あるよ, あるらしい, ないのに, ない身の上, なくただ, 一つの, 似て, 出て, 面白い

3 [35件] あったよう, あってね, ありそう, ありその, ありましょう, ありますし, ありますので, あるけど, あるさ, あるね, あるもん, あるわ, あるんで, ございません, ないから, ないこの, ないん, なく, なくなって, なく私, なし, 一部分は, 多かった, 少くない, 有った, 無いの, 無いやう, 無いわけ, 無からうで, 狭に, 見えなかった, 見える, 見た, 見て, 見ました

2 [82件] あったし, あったため, あったろう, あらうし, あらず, ありながら, ありは, ありますからね, ありますけれど, ありませんが, ありませんでした, ありゃしない, あり私, あるかと, あるぜ, あるだろうが, あるでしょうし, あるなあ, ある人, ある平凡, ある樣, ある私, ございまして, ございませんでした, ございません婿, そうよ, ないこと, ないです, ないという, ないばかりか, ないほど, ないもの, ないゆがめられた, ないらしい, ないらしく, ない始末, ない親子, ない風, なかつたが, なくその, なくなった, なく何, なく暁方近く, なく本郷, なく私たち, なく話し, わかって, 三十分五十分を, 今では, 今は, 何も, 充分に, 友情も, 同じでした, 多かつ, 多かれ浮世, 多分に, 実はこの, 少しは, 尠なく, 怯んだところ, 持って, 有る, 朝と, 淵だ, 無いが, 無いで, 無かつ, 無く御, 無明の, 特に人好き, 甚だ多い, 知らなかった, 私の, 見えて, 見えないと, 見たこと, 見ないところ, 見当らず逝春, 買って, 非常に, 面白いと

1 [1080件 抜粋] あったかして, あったけど, あったけれども, あったであろう, あったには, あったよ, あったチャンドラ, あった男, あってよ, あまり遠から, あらざりき, ありおのずから, ありがち, ありことに, ありこんな, ありして, ありそして, ありそのうえ, ありそれに, ありだいたい, ありなかなか, ありぬべし, ありましたね, ありましょうし, ありますな, ありますのよと, ありますゆえ, ありますん, あります一時一人, ありませぬ, ありませんし, ありませんね, ありゃしません, ありやと, ありよじられて, ありモヤの, あり人工樹脂, あり令嬢, あり倨傲, あり加, あり又は, あり声, あり安い, あり山, あり悪い, あり暫く, あり月日, あり気むづかしい母親一人, あり甚だ, あり竹籔, あり腹の中, あり自己, あり衣裳, あり話, あり青草, あるい, あるかの, あるがね, あるしなあ, あるすなわち, あるだらうなどとも, あるだろうさ, あるだろうねえ, あるであろうが, あるでしょうおとなしく, あるでしょうと, あるでせうし, あるでは, あるどこ, あるなし, あるなり, あるばい, あるべし然, あるやう, あるらしいから, あるらしいね, あるらしく見えたが, あるボクチン, あるンぢ, ある人物, ある今度, ある先生, ある可愛い, ある始末, ある娘, ある性質, ある東京, ある男, ある目, ある紅庵, ある苦労人, ある訳, ある足らないところ, あれども, あろうけれど, あろうし, あろうという, あわれである, いいが, いかにもあの, いくつか, いまでは, いまは, いるわけ, いろいろわかり, いわゆる研究, うまくわたった, おこるの, おじゃりませんなんだゆえ, おもしろかろう, お出ましに, お有, お知らせしない, お聞き申し, かなりあります, かまわずに, きまってい, ぐさりと, けっしてあさから, こういうところ, このあたり, この建物, これあり, ごくわ, ございました御, ございましょうが, ございますからねえ, ございませんお, ございませんよう, ござんすまいからね, さし損ねること, さぞよい, さまざまで, しかるべくお, しらず名, すくない, すこしの, すべて忘れる, せまくぎっちりと, そうしたい, そこじゃて, そこの, そのほか, そのまま偶然虫, その人生, その原因, その木場, それが, それに, それよ, それを, ただ一人薫が, たまには, だいぶ軟か, ちょっと, できいろいろ, できて, でて, ところでございましょう, とりすてかねたのね, とんだ立派, どっさりあっ, ないあゝ, ないかも, ないけれど, ないせい, ないだろうと, ないつもり, ないふつう, ないまでに, ないゆえ, ないわけ, ないホーム, ない人, ない人間, ない今浦島, ない修羅地獄, ない国王陛下, ない帙入, ない弱い人間, ない愛国者, ない扱帶, ない普通, ない母, ない満足げ, ない程, ない自然, ない醜怪, ない青年, なかつたけれど, なかつた樣子, なかなか好ましい, なかなか愛らしく, なかりしなり, なくあの, なくいつ, なくきれい, なくさしたる, なくさらけ出す, なくすべて, なくただちに, なくちぎつた, なくって, なくひたすら, なくやつ, なくゆるゆる, なくわたくし, なくキチン, なくマザマザ, なく一目散随徳寺, なく三十年, なく事実, なく会社, なく元, なく全, なく円陣, なく口もと, なく同じ, なく喋りつづけて, なく大将, なく安心, なく山陽, なく引, なく引つ掛けた, なく徒ら, なく思い詰めた, なく悠々, なく愛する, なく断言, なく暗黒, なく毎晩, なく水際立つたる, なく混戦, なく済ました, なく満々, なく獣, なく発表, なく皆きれい, なく眉, なく立ちつづけ, なく美しく横たわっ, なく自分自身, なく若い身上, なく見えます, なく親愛, なく言下, なく赤樫蛤刃, なく野菊, なく顔, なく黄金ゆえ, なさそう, なし北条氏, なんとなく威厳, ねじ切って, ばくち, ふかく観, ほとんど皆夫婦, ほぼ伺う, ほぼ同様, まことに好い, またその, またそれ, また乙, また同所, また正に, まだ多い, まちがいなく行きうる, まんざら嘘, みえなくは, みな万物の, みょうにあらたまっ, みんなより, もう一度念入り, やっぱりその, やや平らめ, よいので, よかった, よくわかっ, よく聞き, よろしくない, わからない, わかりませんでしたが, わるいで, ゐるところ, ソヴェトらしい, フランスと, ユーモアも, ロンドンを, 一向面白くなし, 一方では, 一特色だった, 一面に, 丈夫そうな, 不思議だ, 両脚も, 主人としての, 予後の, 二磅のと, 亦, 亦單, 亦斯, 亦絶対, 京都警護の, 人並じゃ, 今の, 今日では, 他よりは, 体面を, 何ものかで, 何軒か, 俳句として, 傍から, 元和から, 入れてない, 全体の, 全部つい, 凡手でなく, 出張中で, 出来て, 出来ました, 出来ますから, 分らない, 割合に, 助からんかも, 勿論国体, 単なる実写的, 去年の, 取り片づけて, 可愛らしく思われました, 同じこった, 同じであるらしく思へた, 同じに, 同工異曲と, 同様に, 呂布と, 呼吸が, 在るけれども, 増しました, 変哲の, 多い, 多いのに, 多くある, 多く拝見, 多大です, 多少あるでしょう, 多少真実, 大きかった, 大ぶん, 大体それに, 大同小異に, 大方は, 女として, 女性的な, 好いね, 妻に, 嬉しい関ヶ原, 存分に, 定まらず国々, 宝塚の, 実はもう, 家族を, 寺ばかり, 少いで, 少うし, 少からずある, 少くなく, 少なくないであろう, 少なくは, 尠なから, 尤だ, 居士の, 帰順朝貢仮, 平次には, 広々と, 当時の, 彼の, 往々ありました, 後には, 得るところ, 心にくい, 応へ, 急には, 意味ふかい, 感じて, 感じ易い, 手に, 持つ女, 挑むよう, 探偵する, 描いて, 文学の, 文明思想の, 日やけ酒や, 日向的な, 明らかに, 昔の, 春のや, 有った人, 有つて, 有るでしょう, 有るので, 望まれたが, 東京と, 案外な, 歯痒ゆそう, 残って, 母には, 気に, 水に, 決して偶然, 汽車の, 派手やかさも, 浦和の, 海軍の, 減ずるところ, 満地, 漱石の, 瀬田の, 無いから, 無いさかい, 無いと, 無いよりは, 無い代り, 無きのみ, 無くなった, 無く久留米絣, 無く其功, 無く堂々, 無く戸締り, 無く自然, 無く良人將監殿, 無ければ, 無理が, 牛が, 玉虫色に, 現実の, 甚八の, 男女の, 皆一致, 眼に, 知らさないという, 知らずといった, 知らない爺, 知れて, 破られたところ, 磨かれて, 私たちに, 種々雑多, 立派だ, 筆あとを, 結へ, 絵に, 絶望的に, 美しいは, 羞かしい, 考えさせる, 肉などは, 背面から, 腰ばっかり, 自らまた, 至らぬところ, 茅野さんの, 要するに叡山, 見うけなかったの, 見えずはなし, 見えず嘲笑, 見えないでは, 見えないので, 見えない記代子, 見えぬが, 見えません, 見えれば, 見せたいといふ, 見せなかった, 見せられた, 見たかったし, 見られたに, 見出さなかった, 見当らなくて, 見逃がして, 親愛よ, 解つた敬坊万歳どなたも, 訪ねて, 話には, 誠実な, 足を, 身共ばかりには, 追, 通り過ぎ竜王村, 道理だ, 違います, 金, 鋭さも, 面白いな, 面白かった, 頑固な, 頭の, 飛んだ掛り合ひで迷惑, 骸骨踊の, 黒い皮

▼ ところまで~ (2461, 2.4%)

107 行って 100 来て 75 来ると 27 いって 26 出て 25 行くと 24 送って, 進んで 23 くると 21 歩いて 15 きて 14 持って, 行った 13 来た 12 連れて 10 ついて, やって 9 来たとき, 来ました, 行かなければ, 飛んで 8 おりて, 聞えて, 話が, 近づいて 6 もどって, 上って, 出かけて, 戻って, 来たの, 来た時, 来ますと, 行こうと, 走って 5 はいって, ゆくと, 一緒に, 漕ぎつけて, 落ちて, 行くこと, 行ったが, 読んで, 迫って

4 [27件] きた, するという, つれて, やって来ました, 來る, 垂れて, 堕ちて, 押して, 来た時分, 流れて, 漕ぎつけた, 私を, 考えて, 行かずに, 行かねば, 行きついて, 行く, 行くの, 行くん, 行けば, 行ったの, 行つた, 見て, 迎えに, 追いつめて, 逃げて, 運んで

3 [38件] あげて, いくの, おいでに, きました, のびて, やってきました, やって来た, 一人で, 下りて, 伸びて, 來た, 動いて, 右側の, 帰って, 往って, 急いで, 手を, 気が, 気を, 氣が, 泥の, 漕ぎつけたの, 無事に, 登って, 自分の, 行きますよ, 行き着いて, 行つてゐる, 行つて見る, 行屆きます, 見と, 見届けて, 触れて, 辿りついた, 達して, 降りて, 駈けて, 高まって

2 [128件] あとを, ある, ある格子, いくと, いっしょに, いった, いったとき, いったの, いったんだ, いつた良, きたとき, くる, こぎつけた, こぎつけました, この柴, たどりつきました, つづいて, とびあがって, とびあがるよう, にげのびて, のぞきこみました, のぼって, はって, ひびいて, やってくると, やって来たの, やって来た時, やって来て, やって来ると, やつて, やりたいの, やりましょう, やると, よく見える, 上げて, 下ったので, 下って, 両手を, 人を, 似て, 作家が, 入って, 入つて行, 出た, 到達した, 及んで, 口を, 姿を, 引張って, 引張り寄せる事, 引返して, 当時の, 心持が, 息せき切って, 手に, 押し寄せて, 散歩し, 旅を, 昇って, 時代が, 来かかると, 来たが, 来たと, 来たところ, 来ても, 水に, 汲みに, 深入りした, 漕ぎつけるのに, 漕ぎ付けたん, 発展し, 発達し, 相談に, 知って, 知らせて, 私は, 突きと, 細かに, 耕して, 聞えた, 至って, 行かう, 行きこれ, 行きました, 行きます, 行くうち, 行くか, 行くだろう, 行くより, 行け, 行けるところ, 行こう, 行ったと, 行っては, 行つ, 行つてゐた, 見透します, 視線を, 訪ねて, 話は, 話を, 誰か, 走つて, 足を, 辿って, 辿りついたが, 辿り着いたの, 近づいたとき, 近づいてから, 追いつめられて, 追ひつめられ, 這って, 通じて, 進み出て, 進めば, 進んだの, 進展し, 進歩し, 運ぶの, 道連れに, 達しました, 頭を, 頼まれて, 飛躍します, 馬を, 駆けて, 駈けつけて, 駈けようと

1 [1276件 抜粋] あかくし, あげゆツくり, あっさりした, あてがって, あの岬, あるこう, あるん, いい当てては, いかない前, いきましょう, いくこと, いくには, いったが, いったん行き着い, いっぱいに, いつのまにかことごとく土, いらっしゃいますと, うずめながら, おかえりに, おくると, おちて, おなじだ, おわかり, お参りを, お弟子さん, お行き, お話した, かえって一服, かえりますと, かけつけたとき, かごが, かついで, きこえた, きこえるはず, きたり, きてを, きれいに, くるつと, ぐるっとまわっ, こう斬り下げられました, こぎつけたという, ことが, この一身, この川, この考え, この遊び, これから同道, これを, こんなだらし, さがって, さぐり入って, さつさ, してないという, しのんで, しゃべって, すすみ寄った, すっかり押し開かれ, すなわちその, すゝんだ, せりつめて, そして室一杯, そっくりな, そつくりか, その枝, その背, それが, たぐって, ただよって, たどりついたジャン, たどりつくこと, たどり着いた, たどり着きながら, たれて, だらりと, ちょっと女の子, ついて行くの, つきぬけるん, つづけて, てく, でて, でひとまず, とどくという, どうにかこうにか, なかなか表現, なの, のこらずおぼえこん, のって, のぼったが, のぼれるかと, はい, はっきり前進, はっきり覚え, ひいいて, ひきかえす決心, ひっ返さなければ, ひと飛び, ぴょこぴょこ跳ん, ぶった切って, ぶらっと, まいったかえりふいと, まいりますと, まくること, まだ行っ, みんなの, むき出しに, もう一遍, もち越し, ものわかり, やったん, やってきて, やって来たもの, やっと漕ぎ付けた, やらなければ, やるので, ゆかないうち, ゆかれるの, ゆきついては, ゆきましたならば, ゆくよう, ゆっくり行くべき, よく気, よく透徹, よじ登ったり, わかって, わざわざ出かけ, わっし, サケの, ダイナミックに, テーマは, ハーケンが, 一しょでした, 一と, 一年間で, 一気に見る, 一里ほどの, 三段に, 上がると, 上つて来た, 上りまして, 上る人, 上気せた, 下りきって, 下りますと, 丘を, 乗って, 乗り出して, 二人で, 二人曳の, 交渉を, 人種の, 伝わって, 伸そうという, 似せやがるよ, 似てたらやりきれない, 低まって, 何歩ある, 使に, 來て, 供を, 傷ついた体, 僕を, 入つて, 入つて來, 入り込んで, 具体的であり, 円天井の, 出かけたん, 出かけました, 出たいもの, 出ながら, 出世した, 出品者は, 出迎えた母親, 分っても, 切詰める, 判つたのでした, 判明した, 到達し, 到達は, 前の, 努めつくして, 勝手に, 単に推理力, 参りました, 又のぼる, 反動的に, 取りに, 右の, 同じく伝統, 向こうの, 呑み込めないかも, 問題に, 四方から, 圧迫する, 垂れ下がって, 埋ると, 堕と, 墮ち, 壜の, 夜店が, 大人しくつい, 大迂回, 存分に, 完成し, 実行された, 寄つて來杉村を, 密教の, 専門家の, 小川の, 少しの, 届いて, 届く声, 岸に, 差出した, 幾度と, 引いて, 引きずって, 引き下がって, 引き入れられて, 引っこみそこにも, 引っぱり堕して, 引つ張つて行つたの, 引上げる, 引摺り込み, 張つた自然の, 当てずっぽ, 彼女に, 彼女を, 往けるかな, 後さがりした, 御出, 復習し, 心を, 忍んで, 怒ったブリキヤ, 恋々と, 感情の, 成熟し, 成長した, 我等進める, 戦って, 戻らねば, 戻ろうと, 手荷物を, 打ち明けるか, 折れて, 押しすすめた諸, 押しつめられた, 押しひろげて, 押しやられさうに, 押し上げて, 押し詰め合って, 担ぎ出して, 拡張も, 持ち上げて, 挙げて, 捲り上げると, 掃き寄せて, 掘りぬいて, 掛けわたして, 探り出すという, 接近し, 描かれないでも, 搬ばれた, 教えて, 散歩, 数ヤード歩い, 数町ほどの, 旅する, 日本の, 日本里数の, 昇り詰めなければ, 時々来, 曳いて, 書いて, 月夜だ, 朝勤めに, 村, 来かかりました, 来たけれども, 来たとき扉, 来たので, 来たら丁度, 来たん, 来た話, 来てるもん, 来ますとね, 来ること, 来るん, 案内しました, 梢が, 槽の, 正さ目, 歩いては, 歩きました, 歩こう, 歩を, 死骸を, 残る隈, 毎朝運ん, 気軽に, 汗だくで, 沈めながら, 波が, 流されて, 流星球の, 海嘯の, 消費され, 深くつかまれ, 深入りする, 測ったこと, 溯って, 滑って, 漕ぎつけたところ, 漕ぎつけた時, 漕ぎつけましてん, 漕ぎ付け, 濁水滔々たる, 焼けたとき, 煩悩までは, 燃え拡がらなければ, 父親似, 現し得たもの, 現実の, 生産の, 用事を, 発達を, 登れさ, 發展する, 皆さんを, 目当に, 眼が, 知らせちゃ, 砂に, 示してこそ, 禄を, 私が, 空が, 突きとめるため, 突き留められては, 突止めましたよ, 突進した, 立って, 競りあげたが, 粉雪が, 精神を, 組立たない, 続くと, 縁が, 考えが, 考えたつもり, 考えるよりは, 聞いて, 聞える程, 聞くと, 職業的にも, 脇目も, 腕が, 自主的に, 自分は, 自転車を, 臼杵先生のな, 舞い上って, 舞い戻るより, 船橋の, 茂って, 落ちこむはず, 落っこちて, 蒼きな, 血が, 血痕が, 行かないうち, 行かないの, 行かなかったの, 行かなくては, 行かぬうち, 行きその, 行きたいが, 行きついたかと, 行きついた良寛様, 行きつかないうち, 行きねえな, 行き付くの, 行き切らないで, 行き尽くした人, 行き届く, 行き着かなければ, 行き肩, 行き農夫, 行くそれ一つ, 行くつもり, 行くとき, 行く世, 行く暇, 行けと, 行けるであろう, 行こうかしら, 行こうとして, 行ったとしても, 行ったらもどりは, 行ったら意外, 行った医師, 行った風景, 行っても, 行つたの, 行つてそこで, 行つてちらりと, 行つて帰つて来る, 行つて萬苦を, 行つて貰ひたい, 被さるもの, 裂かれて, 裏表とも, 見きはめられて, 見当を, 見極めると, 見送つて行, 見送る, 見通してるよう, 覗きに, 觀察し, 言って, 記憶し, 話しあったの, 話しましたが, 誘いに, 読みすゝん, 読んだら胸, 調べたよ, 譲歩させた, 豊田を, 貰いに, 走せつけた三人, 走らせて, 超えるという, 踏みこんで, 身どもの, 車を, 辷りこむと, 辿りついた竜, 辿りつけたもん, 辿り着いた, 近づいたその, 近づかせて, 近づくの, 近寄らないうち, 迫りながら, 迸った天然自然, 追いかけたかと, 追いつめたん, 追いつめるの, 追い行き名, 追い込んで, 追っかけて, 追求した, 退って, 送つて來, 送らせて, 逃げられやしない, 逃れて, 逆立ちで, 這いこむこと, 這い登って, 這入りこむの, 通って, 連れ戻ったの, 進みしが, 進みつつ, 進み得たという, 進んだ, 進んでは, 逼迫し, 道綱は, 達する, 遠っ走りした, 遣わしいかよう, 酒を, 鉄瓶を, 長く撫で下ろした, 開陳し, 降り加減, 随い, 雪之, 静かに, 響いた, 風呂を, 飛び上って, 飛躍し, 食いつこうじゃ, 馳け, 駆けつけたとき, 駆け足で, 駈けつけると, 駈出した, 騰って, 高いところ, 高めて, 高められよう, 鮮やかに, 麻素子さんに

▼ ところでは~ (2101, 2.0%)

134 ない 37 なかった 28 ありません 16 ないの 14 あるが, ないか 12 ないと 10 それは 9 ないが 8 私の 7 ございません, それが 6 ありませんでした 5 あなたの, あなたは, あるまいか, ないだろうか, なかろうか, 彼は, 御座りませんでした, 非常に 4 ありませぬ, あるし, これは, 一度も, 何も, 昔は

3 [23件] ありませんから, ありませんよ, あるまい, この娘, どこの, ないかと, ないので, ないよう, なかつたが, なくて, 一般に, 二人の, 今の, 何が, 十分に, 娘の, 彼らは, 彼等は, 海の, 無い, 無いと, 父は, 私は

2 [79件] あなたがたの, あの人, あまり収穫, ありますが, ありませんが, あるけれど, あれは, お園, この上, この中, この人たち, この男, この蘇川峡, これだけの, これらの, ございませんが, さう, するな, そういうわけ, そこに, そんな事, どこでも, ないかしら, ないから, ないし, ないで, ないであろう, ないでしょうか, ないという, ないん, なかつた, もう何, マルセル・プルウストの, 一方では, 三十二歳より, 世界の, 人民が, 今度の, 他の, 何かの, 何だか頼り, 何の, 何んにも, 僕の, 別にそんな, 北岩倉の, 博士は, 可なりに, 右の, 各々の, 地球からの, 太陽の, 女の, 如来が, 子供が, 客に, 幅が, 役に, 彼の, 彼女は, 後に, 御座いません, 御養子, 徳さんには, 必ずこの, 手を, 招ぜられて, 敵の, 日本の, 有るが, 樫の, 櫂を, 浮木を, 絵かきの, 自分を, 西洋料理を, 評価できる, 話が, 通用しない

1 [1508件 抜粋] ああいう, あちらでも, あなたが, あなた様を, あのマサちゃん, あの名主, あの将軍家, あの方, あの赤耀館, あまり成功, ありかつ, ありました, ありますまい, ありませんからね, ありません昨日, あるだろうがね, ある夜, あれも, あんたに, いかに互いに相, いずれが, いつもあんまり口, いつも背伸び, いまは, いわは, おい禿頭, おかな, おくさん, おそらくただ, おたがいにあんまり近づかない, おもてなしも, お姉さん, お紋, お貞さん, お雪さんも, かえってほんもの, かならずかれ, かの女, きっと共産党, くつろいだ気持, けっしてない, ここが, このお座敷, このほう, この佛, この到達, この女, この岡田君, この提案, この映画, この最古, この村, この犯人, この矛盾, この習慣, この茶店, この辺り, この静か, これが, これなら, これら恒星の, こんどは, ございましょうが, ございませんあなた様, ございませんところ, ござらぬぞ, ござれど, さしたる饗応, さは, すぐ二人, すっかり元気, すべてに, すべて失敗する, ぜんぜん失敗, そういう風, そうでない, そこには, そのころ, そのよう, その二人, その原因, その夫妻, その当時, その拉し, その机竜, その解釈, その遊び, そりゃア, それに, それら深い, そろそろ平気, そんなご利益, そんな様子, そんな贅沢, ただぎゅうぎゅう, ただ従来他, たとい多少他, たぶんその, だれも, ちともうしかねます, ちょうど茶, つねに男子, とかく長屋式, とにかく便所, ともかく監視人たち, どうしてこんなに御子さん達, どうじゃ, どうにも手, どうも人生, どうやらそれ, どこにも, どしどし出来る, どなたにも, どんなにで, どんな者, ないかな, ないこの, ないとは, ないのに, ないらしい, ない俯, ない少くとも, ない目, なおさらさえ, なかったであろう, なかつたで, なかなか固く, ながらく外国, なくただ, なくまた, なく何ん, なく強い, なく洋服屋, なしに, なにかいい, なにを, なんとも, なんらの, はじめから, ひとりとして, ひどく無造作, ほととぎすの, ほんとうに, まことに余計, まずない, まず神, まだあまりよくわかっ, まだそれほどでも, まだどんな, まだわたしたち, まだ動かされますまい, まだ歴史性, まだ興行成績, まつりの, みんなよく, むかしは, もうそろそろ蘇州庵, もう有名, もっとチョコチョコ, もはや学問上, もはや長く, やはり物, やらなかった, よく御馳走, よほど偉い, わざと目, わたくしも, アネサが, ウェーブを, エセックス伯が, カイモク判りませぬ, ギリシャ人は, コーツと, シュテッヘという, スムーズに, ソヴェト同盟の, ツチハリに, ノベツ停電する, フランクリンが, ブリリアントな, プロレタリア文学発育の, ベルリンの, ペルメルは, メニューインの, ヤーフほど, 一つに, 一センチの, 一九一〇年ごろの, 一口に, 一席ぶとう, 一度小判, 一晩の, 一村で, 一生懸命にとり, 一緒だ, 丁度大きな, 万兩息子の, 三万円を, 三十な, 三百目四百目の, 下の, 不幸な, 不都合の, 世界で, 両膝, 中毒らしい, 主観も, 九州の, 二た, 二三年も, 二十人も, 二度と気, 五六頭に, 五年も, 人々は, 人を, 人工の, 人為的逆上は, 人間の, 今から, 今までに, 今年も, 今朝は, 今私たちの, 会えない連中, 似たよう, 体を, 何だかこんな, 何となく城, 何にも, 何人かの, 作者の, 例へばイプセン, 便所が, 俄に, 信長殿という, 俺の, 働きだけを, 元校長, 先の, 先祖からの, 光らないの, 全く不, 全く支那趣味, 全く自由, 全然ちがった, 全車台, 公平に, 六月の, 内山さんに, 出るやう, 分らないが, 判らない, 別に何事, 別所信濃様が, 前に, 副業の, 勢を, 北氷洋の, 十一時から, 十四五日も, 卓布や, 南原杉子の, 危険な, 双方共異状は, 叔父は, 口銭は, 古風な, 同じだから, 同氏の, 名誉教授という, 君は, 否であろう, 呼吸器の, 哲学者には, 喝采さえ, 回顧する, 国民が, 地位が, 地球から, 堀の, 売れっ子でない, 外套に, 多く散, 夜会が, 大いにバクロ雑誌, 大して苦, 大体そこに, 大台ヶ原の, 大抵遊びつくし, 大概教師の, 大河が, 天に, 天下平静御岳の, 天文学者が, 太陽が, 夫は, 奇妙な, 奥さんが, 女中二人に, 女王は, 妹が, 姉さんの, 娘や, 子供たちも, 学問ばかり, 安全の, 宜麦, 実際万事元, 容赦も, 富が, 寿女は, 尊氏は, 小学の, 小規模に, 少しも, 屋根の, 川筋が, 工合が, 常にそれ, 年に, 幸い後顧, 幾らずつ, 引力が, 弱々しく邪魔, 当将軍家, 形も, 彼からも, 彼らに対して, 待合芸者結束し, 従来文学作品の, 御器量, 御座いませぬ, 御者は, 必ずしもさうだ, 必要だ, 快く犬, 急激な, 恐らく彼ら, 感嘆した, 戦争によって, 手当も, 折から, 接触し, 政党の, 文学は, 新入會員等は, 新聞記者などは, 既に昔, 日本人の, 日頃荒木どのの, 明らかに, 明科製材所へ, 映画の, 春琴女の, 時代物が, 景気に, 最早ほか, 有つたらう, 有頂天に, 木々彦が, 未だ方向, 本家と, 本来きわめて, 杜を, 東北の, 校長が, 格別疾いとも, 森於菟の, 楮の, 次郎兵衛は, 歌なし, 此方は, 武蔵塚も, 殆どいつも男, 残念ながら, 毎秒五六十メートル, 氏は, 民謡なんか, 水草が, 永久に, 永遠不滅の, 決していい, 決して全, 決して座, 法医学の, 泣かなかった, 津田君と, 浪人者か, 海藻どころか, 涙を, 深さ, 清掃が, 湯は, 溺死だろう, 潮の, 火星人の, 烏啼は, 無いし, 無事で暮らさせ, 父親の, 牧師が, 物を, 特に危険性, 犬の, 現在の, 甚だ困難, 生き馬の, 生残り, 生理は, 田舎よりも, 男の, 異変が, 當時養父も, 発句である, 白に, 皮膚感覚と, 監督も, 相手に, 真の, 真黒です, 確かに, 神楽坂お, 福羽美静税所敦子小池直子松の門三艸子橘東世子松波資之小出粲中村秋香賀古鶴所与謝野寛同, 秀陳の, 移住民や, 種則が, 窓を, 竹藪の, 第三者には, 箱根や, 紀元前一世紀の, 純然たる, 紙に, 細胞とか, 結局教科書を, 緑鬼ミミ族は, 美術は, 聞えなかったの, 肌が, 膃肭獣の, 自分にも, 自由労働者たちが, 興津鯛を, 色んな事件, 花輪の, 芸術的には, 若い支那婦人, 若し鴨田, 荒田さんが, 萬葉集土佐國風土記琴歌譜等に, 蓋の, 蜀軍の, 血は, 袖山富吉さん, 見えねえはず, 見掛けに, 解らない, 計算は, 証拠と, 話して, 誰が, 誰よりも, 謝金という, 讀みきれないか, 貞徳の, 貴体, 超自然的, 足袋と, 軟かいもの, 辛うじて良識, 農村の, 退くこと, 通常よりも, 遠い親類, 都の, 重吉を, 鈴川様は, 鋸屑の, 長く定住, 長谷川如是閑氏が, 間違いも, 関東一の, 隠居所の, 雪は, 雷の, 震動の, 音の, 頑強に, 頭の, 風守さまに, 食堂の, 首途の, 駄目だ, 髻の, 魚も, 鯨の, 鳴らないの, 鶴さん又, 鷄を

▼ ところ~ (1473, 1.4%)

104563524 という, と思う 2218 から 17 と思っ 16 がそれ 15 ということ 12 がこの 10 からね, つたのです 8 そうだ, といっ, と思いました, わ 7 からな, と思います, と聞い, なあ 6 がそこ, がその, が今日, ぞ, と云っ, と云った, と思った, と言った 5 からそれ, が今, ぜ, つた, つたのだ, といふ, と思ふ, と言う

4 [11件] からその, がね, が実は, が里, そうです, つたと, つたの, と云う, と告げた, と私, と言っ

3 [20件] からお前, からこの, がお前, がここ, がこれ, が僕, が実, し, そうである, そうでございます, つたで, つたので, つたのよ, と, というの, といつ, と思ひます, と言い, と言いました, のに

2 [67件] からいくらか, からいつも, からこれ, からこれから, からすぐ, からたまりません, からついで, からなる, からのう, から今, から何, から子供, から手前, から早く, から非常, があの, がいま, がおれ, がそう, がそういう, がそれでは, がそんな, がもう, が今年, が今度, が何, が余, が君達, が実際, が彼, が曲者, が私, が話, しまた, し不便, そうで, それだけは, それも, それを, っけ, つたのである, つたのに, とある, という話, とか, とのこと, と云, と云つて, と口々, と弁解, と思, と思い, と思い込ん, と感じました, と申します, と答えた, と自慢, と話しました, と説明, ねえ, のが, のに誰, のを, ネ, 仮にも, 何も, 左様です

1 [724件 抜粋] あそこに, あな, あの建具屋, あ孫八, おっつけこれ, おれも, お前よい, か, かそれ, かつ伏蔵もと, かということ, からあなた, からあの, からいま, からうわさ, からおいそれとなんにも, からお互い, からこ, からここ, からさすが, からしかた, からしっかり, からそう, からそういう, からそれだけ, からそんなに, からたちまち, からちっと, からつい, からである, からといっ, からと早々, からと此方, からと言った, からと進められた, からどう, からどうか, からね同じ, からま, からまず, からやむをえない, からやれ, からよく, からよっく, からわけ, からわざわざ, からわたし, からわりに, からネ浮子釣, から一例, から一寸, から一般に, から丁度, から三十一日, から三十分, から上着, から下り, から人, から人力, から人間, から仕方, から伴, から先生, から全速力, から内部, から出, から動く, から十三日, から半蔵, から可笑しい, から君, から大いに, から大した, から大学, から大概, から夫婦もの, から女連, から婦人たち, から宗助, から宵の口, から少々, から少年, から左門, から彼女, から御, から心配, から情け, から意気投合, から我国, から抜書きし, から料理, から日清談判, から日頃, から最初, から朝, から汝, から滅多, から片, から私, から私たち数名, から精しい, から縦走, から自動車, から若し, から茶漬け, から蛇飯, から蟲, から見かえり, から見つけられた, から話し, から走っ, から軽々しく, から辛抱, から那波氏, から金さん, から離れたくない, から飛降り, から食べさせ, か判明, か早く, があつし, があなた, があり過ぎ, があんまり, がいま彼, がいや, がええ, がお互い胸, がお前さん, がこういう, がこんな, がさあ, がさすが, がしばらく, がすべて, がせめて, がそうした, がそつちの用意, がそれどころ, がちょうど, がつまらない, がところが, がとまつた, がとんだ, がと思っ, がどう, がどういう, がどこ, がなかなか, がなん, がなんびと, がひとつ, がまずまず, がまま, がまんざら, がもし, がゆるゆる, がわかるだろう, がわし, がトルコ人, がヤブレカブレぐらゐで人間気前, がルミ子, が一, が一方, が一日三百トン位, が万一, が中田最高裁長官, が事実, が二, が二個以上, が五十度, が人っ子一人それ, が今ここ, が今更, が以下同君談話, が会談, が何しろ, が何で, が余りに, が余沢, が俺, が先頭, が其方, が冒頭, が冷たい, が友人, が同時に, が唖, が善さん, が因果, が売れない, が奕, が女巡礼, が子, が安楽安心, が寄席音曲, が寢, が小, が少し, が山, が島歸, が崖, が当家, が彼ら, が彼女, が念, が悪い, が或, が折角, が文学, が新, が日本自体, が旧交, が昔, が時田先生, が本, が椅子, が此時分, が泰軒, が流石, が海岸, が漢詩, が無論, が特別, が現実, が男, が當家, が目, が目下当地, が真, が磔刑, が科学, が米, が糟谷, が結局, が縁類, が習う, が自殺, が蚊帳, が蛇, が要は, が言葉, が警視庁令, が貴方, が賢い, が選り, が酔っ, が銭, が鐵砲足輕, が革命前, が須臾, が風, が食堂, が黒い, けちゅうに, けどお誘い, けど世の中, けれどあの, けれどまだ, けれどもこれ, けれどもエロサービス, けれども全部, けれども八百屋, けれども尤も, けれど一, けれど向う, けれど場代, けれど石道, けれど途中, ここの, ことの, これから復, こんなところ, さあ一杯, しそれから又, しぬれ, し全部, し出来れ, し吾, し呂, し実家, し広い, し武蔵, し空地, し精悍西涼兵, ぜたつた, そういう空家, そうでございまし, そうでし, そうですね御存じ, そっと門, それより, ぞや, だが袴野, つけ, つたいひ, つたから, つたが, つただいぶ, つただけに, つただの, つたのが, つたのさ, つたまた, つた山が, つてある, つてさ, つて年中粉煙草ばかりが, つて覚え, つて関はず入, といいます, というおよそ, というややこしい, というよう, というん, というニュース, という意見, という攻撃, という文句, という理由, という知らせ, という錦小路, という間抜け, といえるであろう, といった, といふ人, といふ新, といわぬ, とお, とおかしく, とおもった, とおれ, とかそういった, とかそんな, とかなん, とかをつくづく, とか私, とか耕作機械, とか虫同士, ときいた, とこたえた, とざつとかういふ話, とし, とすぐ, とすれ, とぞんじ, とだんだん, とつくづく, とにかくもう少し探検, とにらん, との事, との理由, とはっと, とは今夜, とは思われない, とは知らなかつた, とばかり思っ, とひどい, ともつと, とも云い足した, とよみ, とリイ, と一月中, と仰有る, と伝えられ, と信じます, と僕, と内々, と吹聴, と告げ, と奇妙, と奥, と子供, と存じます, と平然, と床几, と思いこもう, と思い直した, と思うた, と思ってる, と思つて, と思つて馬鹿, と思はない, と思われる, と感じさせよう, と感じた, と教, と敬坊, と松さん, と案内, と氣, と犬, と申しまし, と申す, と立札, と笑つて, と答, と考えた, と考へ, と聞かされた, と聞く, と聲, と船頭衆, と見ね, と見極め, と覚え, と言, と言いふらしたら, と言つた, と言つて, と言訳, と評判, と誤解, どうしても捕まえ, どうだ, ない, なここ, なといふ思ひ, なとそれら, なとは馬春堂, なと思い, なと思っ, なと思つたの, など, などと慰めた, などと書い, なんていった, なア, な硯, ねその, ねなんていっ, ねオホホホ, ね十七姫, ね見えるだろう, の, のにそれ, のにと思っ, のに家, のに蝙蝠傘, まああまり悲観, まあ一つ, みんなに, みんな申上げ, もの, ものとても, もんだ, もんとれる, ゆっくり二人, よすぐ, よといっ, よ大きい大きい, よ彼等, よ思った, クサった, セットは, ツた, ツて, 一つ遣わそう, 万一あの, 三本目の, 京都から, 今は, 他人の, 伯父の, 何しろ望み, 俺には, 勾坂甚内神妙に, 十両の, 君は, 嘘と, 妙青寺山門下の, 子供でも, 小さな才, 島原を, 己たちみんなのな, 愚圖, 折角年ごろ思い立っ, 日本人が, 早く来なさい, 条件を, 此処で, 決して機嫌, 畜生め, 白状せい, 皮を, 盲目なら, 私が, 私は, 竜いわくそれを, 第三冊, 美津お前また, 脇差が, 腕が, 観念し, 觀念し, 誰に, 赤くなりたく, 金さえ, 金太兄哥も, 難船の

▼ ところ~ (995, 1.0%)

59 なって 27 なった 15 なりて 13 なる 9 いえば, なつた 8 いうと, なつて 7 なったが, 一致し, 同じよう, 見えて 6 なりました, なれり 5 ある, なりその, 思う 4 なったの, なると, みえて, 云えば, 人の, 思って, 思われます, 悪いところ, 見える 3 いっては, いふ, されて, して, なりぬ, なろう, 言えば, 言ふと

2 [45件] あきらめて, いい, いう, いうので, いうよりは, す, そうでない, ないところ, ならずに, ならなかった, ならなかったか, ならなかったが, なり, なりまして, なり彼, なり遂に, なること, なるであろうか, なるのみ, なるを, なれりと, なれるが, まるで違っ, みえる, よく似, 云って, 人間の, 低いところ, 何の, 及ぶべからざるところ, 同じである, 多少の, 底抜けの, 思います, 想像する, 手を, 比べて, 異る, 私が, 考えて, 考えられて, 聞いて, 観念し, 認められ大体, 重複する

1 [642件 抜粋] あって, あなたの, あまりに隔たっ, あり, あり更に, あるが, ある目立たない, あれば, いいその, いいたしかに, いいどこ, いいひょっとしたら, いい一等, いい全体, いい実になんとも, いい寝ぼけ眼, いい相当, いい立派, いい頤, いい髪の毛, いうより, いえよう, いおうか, いったら寒, いっちゃ, いって, いっても, いつては, いふよりも, いへる言葉, いやな, いやまず, いろいろな, いわず連結器, いわるる, うそと, うつり合って, おそいところ, おもしろくない, おもわれる, お気が, お里の, かくべつ変った, かつ私, かわいい声, ここの, この二つ, この日頃, さがしまわって, さしもの, さっそく三味線, した, したら最も, しとやかに, じつに如実, すされど, すべきならむ, するため, するとき, ずるい, せむ, せり其神殿, その反対, その手, その次, その者, それから, それから百姓家, それに, たいして違い, ちがい気, ちがった所, ちっとも変化, ちょっとかま, ちょっともち, てなかった, どこか, どっちが, どれほど符合, なさん日, なすを, なったこと, なったため, なったらしかった, なったら味方, なった為, なった苦い, ならざらん, ならざりしが, ならざりし頃, ならず, ならずあえなく, ならずして, ならずたとへ, ならずとも, ならずや, ならずわざわざ, ならず使番たち, ならず大勢, ならず未だに, ならず水野, ならず逆鱗, ならず面目, ならなかったの, ならなかつたかも, ならなかつたもの, ならぬところ, ならぬの, ならんこと, ならんと, なりいささか, なりき, なりことごとく, なりことに, なりさらに, なりしならん, なりしは, なりしも, なりし頃, なりそして, なりそれ, なりても, なりましたが, なりましたので, なりましょう, なりません, なりやがて, なりややもすれば, なりより, なりラプンツェル, なり一, なり一族, なり三僧, なり争覇, なり事, なり今, なり前古, なり南兵, なり又, なり同, なり大正十三年二月二十一日溘焉, なり奄美大島, なり学士, なり宰相ダリヂール, なり家, なり居し人, なり川島, なり幾分, なり廃せられて, なり引き取られて, なり政論社会, なり次々, なり毛虫, なり清水さん, なり現在, なり畏く, なり當時齊彬公樣, なり茶, なり茶の湯, なり西洋学者中, なり資朝, なり間もなく, なるかと, なるし, なるであろう, なるに, なるの, なるべき素質, なるまいと, なるゆえん, なるアルベルト, なる多し, なる後, なれば, なれり洋服, なれるもの, なれる知るべし, にらんで, ひとり合点も, ひどい矛盾, ひどく人間離れ, ぴたりと, ほとんど変わり, ほぼ同じ, またいまひとつ, まったく合致, まったく符合, みえ歓声, みえ水音, ものの, もまれないところ, よくない, よほどようす, よわいところ, わからないところ, わざと渋面, わたしの, カタログ室とは, カラーの, スレスレで, ハムブルな, プーチヤチンが, マリー・ロジェエという, 一つの, 一俵ずつ, 一寸違っ, 一思案した, 一抹の, 一様ならず, 一致した, 一致する, 下びたところ, 与えら, 世の中の, 世界中を, 両方を, 両方有っ, 九十度ほど, 二つの, 云いその, 云いどことなく, 云いまた, 云いやがった, 云うべし, 云えぬところ, 云える, 云えるだろう, 云ったらまア, 云ったら隆ちゃん, 云っては, 云っても, 云ふ, 云ふたので, 云へば, 云わず真赤, 人とを, 今日の, 仕へ, 伝えら, 伝えられる, 伝え阿波藍, 伸子が, 伺って, 位に, 余り離れない, 侵略の, 信じて, 信じます, 信じる, 党の, 入まじった男, 全く光, 全く符合, 全く違った, 共通した, 冷たいところ, 出來損, 出来る, 分った, 別々な, 到らぬところ, 前渡金を, 割合に, 十間ばかりの, 午前の, 単純に, 反対であった, 反対の, 口唇の, 只管支那街らしい, 合一せん, 合点し, 合致しない, 同じだ, 同じです, 同じとみえ, 同じもの, 同じ方向, 同じ考, 同一の, 名を, 向う前, 向き合って, 味方が, 唐詩選に, 四ヵ月に, 困らないところ, 場合と, 壁一枚を, 変ったこと, 変へて, 変わり二条, 多すぎる, 多少重複, 夜は, 大差は, 大騒ぎを, 奥には, 好な, 妄想し, 妙に, 姓名は, 存候え, 定めたよう, 定めて, 家具の, 寸分の, 寸分も, 寸分違わなかった, 尋常に, 小さい個人会社, 小さい畠, 居間とが, 岩の, 常に衝突, 帽子の, 彼の, 彼等の, 後醍醐の, 心づいただけの, 心の, 心得ます, 思いながら, 思いますが, 思いますもし, 思い境遇, 思うが, 思う先方, 思ったか, 思ったから, 思つてまだ, 思つてゐ, 思つてゐた, 思わなくなりは, 思われない, 思われました, 思われる, 思われるの, 思召し, 思考される, 悟ったと, 悲哀を, 惡いところとが, 想像し, 感じたまま, 感傷的な, 成った, 我との, 手心を, 拝察さ, 指さして, 挨拶を, 捕物さばきの, 接近し, 撞着する, 支那人が, 故人に, 敢て, 方向を, 旅店の, 既に孔夫子, 日常の, 昇って, 春夏秋冬に, 時代や, 暮靄の, 更に違い, 書かれて, 書き現, 本心の, 梅幸さんの, 極めて照明, 横浜の, 此の, 歩みまわった, 歩道までの, 残忍な, 殺人罪を, 毛の, 気を, 気象の, 気高いところ, 求めるところ, 法王が, 深きところ, 深く慚愧, 温いところ, 為るその, 無雜作, 照し合せた, 物質の, 狭いところ, 猶太宗教神話, 理想主義殆ど, 理窟も, 理解される, 甚内は, 田舎らしい, 申しちと, 申しましても, 申す以外, 異った, 異なること, 異なるは, 異口同音な, 當らぬ, 病気で, 盆の, 目された, 目の, 直ぐ受取られました, 相同じ, 相違する, 真反対, 眼を, 知って, 知らないところ, 短いところ, 私の, 符合する, 符合せり, 篠薮の, 粘り強さ, 粘り白い, 素朴な, 老いたるは, 聞いたところ, 聞きしゆゑ代地, 聞きましたゆえ, 聞く, 聞くが, 聞けど, 背とに, 腹を, 臓物の, 自分たちの, 自然で, 致されねば, 致しましても, 色情に対して, 荻野山中あたりと, 蔭に, 見えた, 見えまだ, 見えるのね, 見え五升釜, 見え寝台, 見え摺鉢, 見え机, 見え糠, 見え郊外遠く, 見え長い, 見え青地, 見たら差支, 見て, 見るべきであろう, 見限り, 覚しいまた, 覚しい腿, 覚しく茶色, 覚悟いたし, 覚悟せよ, 覚悟を, 親身の, 觀察が, 角の, 言いましてもね, 言ったからとて, 言ったらば, 言っては, 言っても, 設計図と, 説くシバ神崇拝, 読んで, 調和し, 諸大将相賀, 警察なんぞの, 豊かな, 躍起に, 軽くお, 近代の, 連続し, 遊行上人の, 違いまして, 違うので, 違って, 違つた苔や, 違は, 野州の, 開拓団の, 関係が, 関係し, 随分心, 隙を, 電灯線に, 額にも, 魏延は, 鰹船の, 黄緑色の, 龍を

▼ ところには~ (843, 0.8%)

6 いって 5 ない 4 ないの, まだまだ小さな, 何か, 存在しない 3 いろいろな, 女が

2 [43件] ある, あるが, あるもん, いろんな仲間, きっとその, きつと, さっきの, その土地, そんな叔母さん, どこにでも, どこにも, なくて, なるほど蒲団, カタに, バイブルは, 一人の, 一刻も, 一種の, 人間が, 人間に, 低い堤, 何も, 何処にも, 厚い肉, 如何なるもの, 定つて古蹟, 巨大な, 常に男, 必然に, 手が, 断じてない, 日に, 昔の, 有るもの, 朱欄曲, 栗鼠の, 用心の, 神棚も, 美しい水, 誰も, 近よらない, 階下に, 青い立派

1 [724件 抜粋] あかあかと, あたりの, あらざるか, あらざるべし, あらゆる生きた, ありふれた動かない人形, あり過ぎるよう, あるという, ある特別, あんな毒藥, いうまでも, いくらかの, いたくない, いつた強盜, いつでも, いつもムク犬, いつも一方, いつも気ぜわしい, いつも重大, いないので, いよいよ多く, いられなかったほど, いわゆる流言蜚語, うすいかげ, おちつきなし, おてつ牡丹餅, おのずから一定, おのずから堅固, おられません, おられませんから, おれと, お俊, お前さんの, お房, お歌さんと, お淺, お花畑が, お鉄牡丹餅, かならず丹波, かならず器物, かならず魚, かなりたくさん, きっと河獺, きびしい人間, くまの, ぐるりと, こういう作戦, こうやっ, ここ二三年お客が, ことごとく音楽, この界隈, さらになまめかしい, しかし人, すべての, すべて草木が, ずいぶん惚れる, そういう日常, そこに, そのけがれ, そのよう, その林, その高, それでも赤松, それと, たくさんあった, たくさんでき, たずねて, ただ凝固, ただ次の, ただ破壊, たった一つ, たよりない, だれが, ちつとも, ちょっとした, てんで興味, とがった骨, とてもつとまらない, どういうもの, どこへでも, どんなこと, どんなもの, ないよう, ないん, なかった, なかなかごまかし, なくなつ, なく地上, なく特定, なごやかな笑声が, なさ, なにが, なれて, ひつて, ひとつも, ほとんどいない, まいりません, またお, また陸, また非常, まだいっぱい残っ, まだいつ, まだたてがみ, まだ九〇〇, まだ柴家, まだ樹木, まだ非常, むしろ稀薄, めりめりと, もう僕, もう田螺, もはや悔, もはや救い, やはり夜前, やはり進歩的, ゆきません, よくこうした, よく火山灰, よく窕子, わしが, わたしに, わたしは, ゐられないから, アザが, カビが, ガラスが, キリスト以前の, クリストの, クリストフから, サンムトリの, ジャズが, チミリャーゼフの, テレビジョン送, バカが, パンが, ヒマラヤ部落の, プーシュキンの, ポイント, ミサ子が, ミジンも, ラヂオが, ルパーレフカという, ワザ, 一つとびきり, 一二間の, 一俵の, 一切喙を, 一匹の, 一時も, 一点一画の, 一点血の, 三つに, 三人の, 三百諸侯それに, 上半身を, 下女が, 中村捜査係長の, 丸太を, 之を, 事実も, 二つの, 二人ねる, 二張の, 二艘の, 五体十体やや, 五本の, 五通には, 些細なる, 人から, 人と, 人らしい, 人気が, 人気は, 人立が, 人語の, 人間の, 今でも, 今もっ, 伝説は, 伸子が, 何が, 何でもある, 何時でも, 何物か, 何等かの, 何處にも, 作家としての, 係官の, 保の, 信用し, 全くこれ, 六人子が, 六条壮介ひとりと, 六畳間にも, 冬の, 冷たい清水, 切断された, 初夏の, 別な, 別荘も, 動揺転換は, 勿体ないよう, 十二人来る, 単なる観察, 厳然たる一つ, 取り立て未了の, 古いコキュウ, 古い木造, 古い池, 合歓木や, 同情も, 君の, 味方の, 和歌は, 喇叭の, 喜びを, 四十万は, 国民としての, 地上には, 地下水の, 型の, 埃を, 埋まつて, 変な, 外国人が, 大きなたらい, 大きな傷, 大きな紅宝石, 大きな襞, 大きな鉄門, 大人の, 大体飼っ, 大勢の, 太公望が, 太陽の, 奇妙な, 女給が, 好きに, 如何に豪逸, 妻の, 姑つまり, 姪の, 娘らしい, 実に臆病, 室も, 家を, 家庭教師の, 家臣団も, 容易ならぬ, 寒氣が, 實に, 寿司中華料理しるこ焼鳥焼, 小さい加特力, 小さい子供, 小さな子虎, 小さな穴, 少しも, 居なくなるだろうと, 屋根の, 山々や, 山くじらを, 山路だけ, 屹度湯沸が, 岩に, 岩魚が, 帝の, 常に協団, 常盤會の, 年が, 役人たちが, 彼の, 彼女の, 従うけれども, 従姉の, 心臓の, 必ず, 必ずまた, 必ず一匹, 必ず客観, 必ず川, 必ず従い, 必ず火, 必ず特殊, 必ず秩序, 必ず義, 必ず葡萄棚, 必ず血, 必らず, 必らず執る, 思いきり溜飲, 悪い狐, 感情が, 我々の, 我慢出来ない, 手に, 手を, 手拭を, 探さない別, 數人の, 文字が, 文明の, 新しい一箇, 新世界, 新聞が, 日本の, 昔もう, 昔信心堅固の, 暴風に, 更にその, 書棚が, 有り過ぎるほど, 朝早くから, 木を, 木曾福島の, 未だ真, 未決の, 本陣らしい, 来ないの, 来なかった, 杭を, 東は, 東京市, 東京毎日新聞社の, 板で, 板戸が, 柳の, 根拠が, 梅の, 椹が, 極めて強い, 樹木が, 樺は, 次の, 止めてない, 正式には, 正真正銘の, 死刑執行人の, 残って, 殘つてゐなかつた, 毎晩の, 氣持よい, 水田あり, 汚い垢, 決して参らない, 決して理想, 決して達しないであろう, 沢山あっ, 河が, 泊れや, 波浪平衡浮標という, 浄元大姉と, 消息子を, 深い掘り, 温か味が, 溝の, 滅多に, 火が, 無いよ, 無さ, 無駄な, 煙草屋の, 父が, 物も, 特別の, 犠牲者を, 猶蚊, 獅子頭や, 玄也が, 王様しか, 珍らしい, 瓦の, 生き物という, 生憎石が, 生活の, 男や, 町屋も, 畑が, 異国人にも, 疾うに冷め切った, 癒しがたい淋し, 白と, 白墨で, 白木の, 百姓たちが, 皆敷い, 盜人の, 相当の, 真実感心した, 矢を, 知識も, 石よりも, 確かに, 私が, 私達は, 種々の, 突然糊本千四郎, 窓は, 立派に, 竜の, 第三, 第二版, 米友としては, 紅蓮洞氏が, 紙幣を, 紛れ込んで, 紡績工場の, 細かい字, 絞首台と, 絶えず誰, 絶対の, 総てみな読まれる, 緑色の, 置くこと, 羊歯が, 美い, 老練な, 考えさせられるもの, 聞えず, 聞馴れぬ, 肌色と, 肥えふと, 脅迫などは, 自動式では, 舟人辭み, 良い盤, 良心は, 芸術も, 苔が, 若い母, 若え, 若井兼三郎外山長蔵金田兼次郎三河屋幸三郎などという, 茄子苗は, 荒廃の, 菓子折などを, 葭や, 薙刀が, 薪が, 藤村の, 藻が, 蜥蜴が, 蝦夷が, 蠅という, 行かないで, 行けない, 衰弱や, 製作所の, 西洋人が, 見えざりき, 見出されない, 見当らず両人, 誰かの, 變な, 豐かな, 豹だ, 賢さ, 赤ちゃけた焼灰ばかりが, 赤インクで, 赤鉛筆で, 起らない, 跪いて, 軟なる, 農家や, 農民作家なる, 辻ヶ谷と, 通人だ, 通例は, 遊びしか, 道は, 道徳も, 達雄の, 違背し, 遠いもの, 適当の, 金の, 金や, 鈎の, 錦の, 長居は, 降り給, 陽気な, 隅っこに, 集まって, 雪下などが, 青い馬, 青草で, 非常に, 風情ある, 飛んで, 馬も, 馬鹿に, 高い大きな, 高校の, 高級船員らしい, 鳳仙花が, 鴨が, 黄緑な, 黄色い木苺, 黒い風呂敷, 黒つ, Sが

▼ ところ~ (838, 0.8%)

159 んだ 115 んです 77 のだ, のです 48 のである 4719 のよ 16 ので 12 のであった 8 んでございます 7 のさ, のであります, んでしょう 6 のだった, のでしょう, んだろう, んで, んの 5 のか 4 のだろう, のでした, のね, ンです 3 のかも, のだつた, のでご, ので二人

2 [14件] のであ, のであなた, のであろう, のでこの, のでございます, のですぐ, のでその, のでそれ, ので一層, のに, のにそんな, んじゃ, ンか, ンだ

1 [148件] けれど自, ざァ, のお, のかしら, のかな, のかね, のかは, のかネ, のこの, のその, のだらう, のであたし, のであらう, のでい, のでおとなしく, のでおまえさん, のでお客, のでこれ, のでさして, のですぐさま, のでぜひ, のでそれで, のでそんな, のでちょうど, のでつい, のでつめたい, のでどんな, のではるまい, のでびっくり, のでまだ, のでもう, のでカーッ, のでツイ, のでフースー, のでボオイ, のでラウデンデライン, のでリーズ, ので一升, ので一同, ので一度, ので一日, ので一枚, ので三四郎, ので世間的, ので人, ので今度, ので今日, ので何, ので十九, ので十時, ので博士, ので周子, ので周章狼狽, ので堀田, ので多く, ので妹, ので嬉しい, ので居所不明, ので屋根, ので平気, ので彼, ので彼女, ので彼等, ので思ひ, ので所感, ので教師, ので時計, ので林, ので梅雪入道, ので権, ので機, ので歩み, ので江戸, ので沼, ので深山大沢, ので湯治, ので無理, ので然, ので生, ので甲府, ので百合子, ので皆, ので直ちに, ので私, ので窓, ので芝田さん, ので花, ので蒋欽, ので袁紹, ので裏, ので製陶, ので襖戸, ので谷中, ので酒造り, ので風呂, のと彼女, のにこうして, のにひとり, のに今, のに何故か, のに前かけ, のに妙, のに相州さま, のに継職, のに遠慮, のね階下, のほら, のまあ, のよさっき, のよその, のよちゃんと, のよでき上れ, のよねえ, のよオ, のよ何, のよ開いた, のを, の二階, の私, の而, もんか, もんです, もン, んざあまるで, んざとんと, んざまさに, んざアこりゃ, んざアすごい, んざアできれ, んざセーヌ河の, んざ天晴れなお, んざ牛込浄源寺の, んざ通り越し, んじ, んだい, んぢや, んでげす, んでござん, んでした, んでしよう, んでその, んでどうして, んで直ぐ, んで話し, んにも, ンで, ンでございます, 街衢に

▼ ところです~ (584, 0.6%)

89452319 から 1710 な, の 65 かな, がどうぞ 4 からね, がこの, がね, ねえ 3 かね, からその, があなた, がこれ, がその, けれど, なあ, もの, ネ

2 [31件] からお, からそれ, からなん, からまだ, からもう, からよく, からブラブラ, から何, から我々, から蚊, から邸, か今日, があれ, がそれ, がそれでも, がどこ, が今, が何, が実は, が御, が時節柄物騒, が銀座, けど, こと, すみません, ぜ, それが, って, よ御新造, わね, 文学者なんて

1 [250件] あなたは, お寒く, お察し, かい, かそれとも, からあるいは, からあんな, からい, からおいしい, からお伴, からお松, からお松さん, からかえって, からこう, からこういう, からここ, からことに, からこの, からさあ, からすぐ, からそこ, からそのまま, からそれゆえ, からただ, からちょっと, からどうしても, からなかなか, からなにか, からなア, からねと答える, からね先生, からもし, からよろこん, からわざわざ, からわざわざ長々, から一議, から万一, から万端, から三軒, から乱暴, から二人, から人樣, から他, から仮り, から何もかも, から俊夫君, から僕, から全部, から共産党, から別に, から喜ん, から四月, から堀, から声, から小金, から少々, から後, から性急, から手持無沙汰, から拙者, から早速, から書き出し, から木棉畑, から村, から案内, から潜水夫たち, から無理, から申しあげます, から相手, から眼, から箱ぬき, から蛇, から西, から謹んで, から辛抱, から途中, から銀行, から鎌倉, から間違い, から隠れ, から雪見, から非常, から音, から風通し, から骨休め, か片, があした, があそこ, があちき, があと一, があの, がいかが, がいずれ, がいま, がうち, がええ, がかかる, がここ, がここら, がこんど, がさすが, がじつはころころ, がすぐ, がすでに, がせめて, がそう, がただ, がだれ, がどうも, がな, がねあれ, がね僕, がほか, がまあ, がまだ, がもう, がもしそう, がゆっくり, がわれわれ町人, がシャーロック, がチンピラ諸君, がチーキャブ, がドイツ語, が一服, が一馬さん, が丈吉君, が三枚橋, が二三人, が五百八十三頁, が今店, が何ん, が先頃, が別所君, が周囲, が大事, が奥, が奧, が安心, が実, が実際, が寮, が尠くも十五, が山の上, が幸, が当日安川さん, が日本語, が昔, が最後, が朝廟, が木材, が業腹, が殘念乍ら, が沖縄, が泣きたい, が清川, が犬, が現に, が盗られた, が眺望, が老人, が自分, が警官, が金銭, が鉄砲, が門口, が青年, が顔, が駄目, けどお上, けれどそう, けれども, けれどもそれだけ, けれどもどんな, けれどももし, けれども一人, けれども一寸, けれども見上ぐる, けれど今夜, けれど外, けれど心, けれど折, けれど明治四十四年, この世は, これは, し吹矢, し私, し私たち, し設備, その一家, その手, その聞く, ぞ, ちとお話し, ちょうどいい, て, という, といつ, といふ訣, とお答え, とさ, とポスター一つ, と人々, と市川君, と申し上げた, と畑, と興奮, と言う, と言っ, と話した, なそこ, な早く, ねと挨拶, ね秋山さん, のよ, もう軍, ものによっては, ものね, ものねえ, もの行けない, よこっち, よこのごろ, よといふ, よ親分, わい, わという意味, わネエ, をつ, ネエ, 一休みやらかし, 七十郎は, 今ね, 今も, 例えば, 兄さんに, 古いやつ, 咲枝も, 天下を, 早く来, 曇天ね, 決してソワ, 淋しいの, 湯どころ茶どころ孤独の, 煙草が, 私などには, 私は, 私も, 自分の, 親分, 貴方も, 高木博士は

▼ ところである~ (440, 0.4%)

14 がこの 13 と思う 11 がその 106 がしかし, と思います 5 がこれ, ということ 4 からここ, がそれ, が彼, という 3 かどう, かも知れません, から, からこれ, が特に, と私, のを

2 [16件] から私, がここ, がさすが, がそこ, が日本, が旧, が生憎, ことが, ことも, ことを, と, と同時に, と思われる, にもかかわらず, んだ, 事を

1 [301件] かつまり, かという理由, かと思う, かもしれぬ, かもその, かも知れん, からいい, からいろいろ, からこの, からそれ, からである, からです, からとにかく, からまず, からまアお, からスタート, から一, から不思議, から今度, から凡夫, から別に, から勤行, から博士, から各自, から問題劇, から地, から大切, から恐怖, から日本文学, から明春, から昼食, から景時, から望氣, から果して, から正確, から死, から水, から水資源, から潮, から焼く, から燃焼, から独裁横暴, から生きた, から直ちに, から素肌, から自分ひとり, から虫一匹, から行き届いた, から言う, から軍備競争, から運搬, から過分, から遠慮なく, から里数その他, かを知る, か伸子たち, か皆目, か知りたかった, があいにく, がいかに, がいづれ, がお, がこういう, がことし, がこれから, がこれら, がご, がしかも, がその後, がその後わたくし, がそれでいて, がそれでは, がそれではまた, がそれら, がそれ以上, がただ, がため, がちょっとした, がところで, がとにかく, がどっこい, がなお, がなかには, がなにしろ, がほとんど, がほんとう, がまさか, がます, がまだ, がもし, がも一人, がわれら, がわれわれ局外者, がウィレム, がザル, がニュートン, がハーバード大学出版部, がベートーヴェン, が一人, が一口, が一応, が一歩, が一行, が一通り順, が七日夕刻, が九郎歿後, が事件, が事実, が今, が今や, が今夜, が今日, が以上, が佐夜具, が何, が余等, が併, が個人, が倫理学, が僕自身, が儒家, が児童期, が全身コチコチ, が其合戦, が列国間, が別して, が前々, が前者, が動, が千人, が危難, が即ち, が古人, が各, が同時に, が呉海軍工廠, が呉用, が四隣, が土地, が変, が大王十年間, が天女, が太子, が孔明, が学園, が少々, が少し, が岸田, が帰宅, が平さん, が年暮いっぱい, が幸い, が当時独逸軍令部, が彼女, が恩師, が我輩, が戦争, が扨植福, が折, が探偵小説, が故, が新, が日本アルプス地方, が昔, が最近京都大学, が有名, が朧ろ, が本篇, が正像, が残念, が法律, が流石忽然と, が海辺, が深く, が激突, が瀬戸内海, が生憎いろいろ, が由来, が画, が破鏡, が神社, が私, が私たち, が秋田県由利郡, が税務官, が第, が筆者, が精神的, が結婚, が腹, が自分, が芸道, が苔虫類, が蜂, が貝, が軍人, が近来流行, が造物者, が道教, が鑿, が間に合いかねる, が體, くらいな, けれどもかりに, けれどもそ, けれどもその, けれどもノウノウ, けれども一方, けれども何, けれども和算, けれども大井君, けれども現在, けれども私, けれども親たち, ことによって, ことは, この一事, こんな結構, しかたがた真一, しさ, し寛治氏, し皆さん, し私, ためだろう, ために, だけに真面目, というの, という強い, という考, という説, といっ, とこういう, としてもそれ, とつくづく, とでも考えたら, とは云え, とほんとう, と主張, と久助君, と云った, と信じまし, と信ずる, と共にまた, と告げた, と告白, と命婦, と思われた, と思われます, と書いた, と見え, と見た, と言っ, と言つて, と記し, と説明, と謂わね, と陳弁, なと思った, にし, に相違, のでわたくし, ので唯, のと, のに, のにいま, のにこの, のは, のも, ばかりで, また然様, ゆえここに, ゆえとうてい, よしそれ, わい, わけでしょう, イヤ当然, プロでも, 一応は, 上高地が, 二流三流どころの, 人は, 今後は, 北の, 又然, 双方共無理の, 堂宇を, 如何に, 子供漫画が, 実にその, 常人の, 待合で, 思いを, 文字通りに, 方が, 日叔母の, 日本政府は, 母が, 相な, 若い殿上人, 酒は, 雨の

▼ ところだった~ (397, 0.4%)

3025 のです 16 のである 12 が, のだ, んだ 10 ね, んです 6 がその 5 ので, のでしょう, わ 4 かも知れない, な, のに 3 から, からである, がそれ, ぜ, のよ

2 [17件] か, からその, からです, がこの, がそこ, が今日, が彼, が次郎, じゃない, そうだ, そうで, といった, に, に違い, の, のでした, ので彼

1 [188件] ある非常, かえ, かなあと少し, かも知れぬ, からおのれ, からさ, からそう, からそこ, からだ, からついで, からと言っ, からぷいと, からもろく, から大正八年, から工合, から言句, から酷く, があわて, がいそい, がうまく, がおばあさん, がじっと, がそのまま, がたいへん, がちら, がとにかく, がなまじい, がにわか, がね, がはっと, がふしぎ, がふと, がまだ, がアア, がスタールツェフ, がダリア嬢たち, が一月, が万事, が三吉, が三月下旬京見物, が与八, が二人, が今, が今年十二月, が全員, が内官, が加世子, が奇妙, が奥まった, が寂寥, が小寺政職, が居士, が左手, が彼女, が後, が忠右衛門, が急, が恭一, が惜しい, が明子, が案の定, が殿下, が甲斐, が目, が眼, が知らせ, が私, が突然, が竹造, が節, が自分, が虎船長, が親方, が豊総監, が辛うじて, が都合, けど, けどまだ, けれども金三郎, けれど確か, ことも, しまた, し市木さん, じゃねえ, そうである, そう彼, ぞ, ぞと吼えまわった, と, という, とおっしゃった, とかどこどこ, とのこと, と云いました, と今, と存じ, と思います, と思う, と気がつい, と申し, と申します, と答える, と見える, と言った, と非常, などと, なんておっしゃる, なんて仰有っ, なア, にちがい, に相違, ねあんな, ねエ浪さん, のかしら, のが, のだろう, のであれ, のであろう, のであわて, のでいきおい, のでいきなり, のでこういう, のでこうして, のでこんな, のでございます, のでさっそく, のですっかり, のでその, のでそのまま, のでそれ, のでたちまち, のではにかみ, のでひ, のでひょっと, のでまだ, のでハッ, のでロリー氏, ので二人, ので今し方, ので今日, ので厄払い, ので味わう, ので増田, ので少し, ので彼女, ので思わずにっこり, ので愉快, ので折角, ので文雄, ので早速, ので格別驚き, ので次郎, ので江崎, ので白い, ので皆, ので眼, ので研究上, ので突然, ので臨時ニュース, ので若しも, ので若松屋惣七, ので随, ので電話, のにこれ, のにどうして, のを, ほんとにほんとに, ものを, もんだ, ろうが, わい, わけてもお, わけである, わけです, わねえ, んだろ, んで, んでしょう, 危い, 嘘も, 娘の, 少年が, 微細な, 時の, 田丸主, 男を, 襤褸の, 過去の

▼ ところなく~ (349, 0.3%)

12 して

2 [16件] ありのままに, た, ギャングの, 一と, 主張する, 尻餅を, 手配し, 描かれて, 映画の, 最後まで, 水の, 法を, 発揮し, 見て, 語って, 食物の

1 [305件] あらは, あらゆるもの, いたずらに, いっこう目立たぬ, かえって国司, きかせよ, くさりつ, こうべを, このよう, この友, この地球, これらの, これを, さが, さぐりまわったの, しかも彼等, しらべあげました, すっかりさすがの, すなお, ずかずかと, そういう美し, そう言っ, そのこれ, そのまま森, その上, その栓, その死する, その真相, それにて, それみづか, それらの, ただちに点茶, ただもう, ただ問われた, ぢかに, ついで往生, ついに身, てね, てはかなうまい, て家, て貧弱, ともに在らざる, ともに戦わざる, ともに触れざる, ながめて, なんの, のみほす, はつきりと, ばたと, ば将来, ふるまって, ふれようとして, ほかの, まッ, もって, やつて, やれよ, よろこびも, わが一身, わずか六時間, んば, ソヴェト同盟について, ヅブ濡れにな, トスカネリの, フワフワフワと, ブチまけられた, 七兵衛に, 万事を, 万木森然, 万民腹を, 上まで, 下男と, 世話を, 世間の, 両足から, 主税の, 事を, 事件は, 二人の, 云い得る, 京伝自身の, 人目を, 人間の, 今や先生畢生, 他にも, 仮定を, 伊之, 伝える術, 何の, 使った, 例の, 供給し, 停車場の, 備えて, 傳へる, 兄の, 八房に, 八重を, 公務に, 共に, 具備し, 分るの, 刻明に, 剣に, 升田は, 占領し, 厳刑重罰を, 参陣した, 取亂, 受けたるところ, 古学主義の, 叱責した, 右手の, 合理化し, 否と, 吸収され, 呂音で, 告げて, 告げられて, 味わって, 呼吸づけ, 唯だ, 唱えだしたの, 善事を, 四方を, 回想の, 図に, 国際間に, 報告され, 塔の, 外界から, 多くの, 大胆に, 天外万里の, 奥の, 女性が, 好きに, 姓名を, 委員を, 学び取ろうと, 学生服に, 安心し, 実利は, 少しの, 尾上に, 展開し, 帰って, 幣帛を, 平次に, 平次の, 当代道庵の, 当時の, 彼に従って, 彼の, 彼女の, 心事を, 怪人集団の, 悪化し, 愚かで, 感じた, 我れ, 或る, 手に, 手を, 打ち明けて, 打明けられる機会, 批判し, 批判の, 承認しよう, 押し切られ局後, 押入を, 捜索しました, 捧げるつもり, 描いた, 描き出されます, 描き出すこと, 摘発し, 文字に, 断言した, 新十郎, 日々東京に, 日記に, 旧態そのまま, 明なる如くなりき, 明敏に, 明示し, 明言し, 春風駘蕩で, 時間の, 暴露し, 更に, 更に大いなる, 書いた, 書いたの, 有形の, 望遠鏡で, 次の, 次代の, 欧州において, 正確に, 母に, 毫も精神異常, 気軽に, 注意が, 流動する, 浦上教会全滅の, 浴びせたの, 涙を, 清算され, 温泉場の, 漲って, 澳門へ, 濡れて, 濡れてを, 無差別平等, 無言の, 焼かれて, 焼き払った, 熟考を, 物語に, 現われて, 生彼に, 生活を, 用いられて, 用意を, 申せば, 男性の, 発揮された, 発揮した, 発表された, 直ちに兵, 直ちに艦上, 眞つ, 真っ直ぐ御簾の, 眠るよう, 知り尽して, 知るところ, 破れた波蘭服, 碌々として, 確信ゆるがず, 確認し, 祖先が, 私を, 立つ川浪, 第一号室, 筆を, 答えた, 籠城の, 紀昌に, 紅の, 純真に, 終るところ, 経験の, 考えぬきしかも, 聞かざるところ, 自己を, 自己批判し, 自由に, 自由の, 良心ある, 落付けよう, 血管の, 表門の, 見るを, 言うの, 言って, 言つて了ひました, 訊問され続けた, 話して, 話し終わったとき, 話すが, 認めるところ, 語った, 語ったの, 語られ歌, 説明した, 読み上げた, 誰にでも, 調べたの, 調べましたが, 調査しつくされ, 調練の, 談笑できる, 賄うの, 迎えて, 近世世話物の, 述べた, 追い返されて, 退散しなけれ, 造りおえ, 進み出て, 進むべき道, 進もうと, 遂に皇覚寺, 金五郎の, 釣りを, 鉞を, 闘争する, 闡説し, 露呈し, 額の, 飛びまわりたいという, 食べられるの, 高められ遍在, 黙々として

▼ ところでも~ (325, 0.3%)

12 ある 11 あるの 6 ない 5 あつた, あるし 4 あった, なかった 3 あったの

2 [22件] あったので, あらうか, あらうと, ありました, あります, ありまた, あるか, あるが, あるまいが, あるよう, あるん, あろうが, い, いちど呑む, その話, ないよう, 住むところ, 想像し, 聞えること, 見せて, 足の, 鮎は

1 [231件] あったろうが, あって, あなたなら飛び越せない, あなたは, あらかた察しられる, あらはに, ありは, ありましたらちょっと, ありますがね, ありますので, ありません, ありませんから, ありゃしませんでしたかい, ありゃ逃がしっこ, ありや, ありやあ, あり一, あり幕末, あり誇り, あるかと, あるかな, あるかの, あるから, あること, あるだか, あるらしくその, あるんぢ, あれと, あれば, いい, いいから, いいで, いいわ, いい天文学者, いくらかご, いろいろ議論, おお自動車, お嫁さん, お目, かまわぬと, かれの, この黒虎毛, こられる小型潜水艇, これで, これを, ございませうか, さっぱり何, しそう, そうなん, そこに, そのほか, その弟, そらで知つて, それが, それは, そんなに淋しい, つまりあれ, できて, できると, どうしてもごみごみ, どんどん飛ばし, どんなに不知案内, ないから, ないこの, ないし, ないと, ないのに, ないん, なお凍らない, なくことに, なくまた, なければ, なさそう, なし, なしいくら, なんでも, ねえから, ねえの, はっきり見える, ほんのわずか, まだススキ, まだ見た, まはれ, みなさんの, もうパリ, もう一目, もしあすこ, もっと下, やつと, やはりより多く, やはり白い, やはり興味, よくとべる, よく会っ, よく眠れた, よく纏まっ, よければ, わかりますが, わたしの, アラカタ想像が, オメカケが, キャベツ, シェパード犬の, スウィッチを, ハッキリ視える, ブクブクウを, 一人の, 一立方センチの, 一言触れ, 三メートルくらゐ, 三尺ぐらいしか, 二丈ぐらいと, 二度目を, 云つた, 人の, 人前で, 人手が, 今お子さんは, 今暁の, 仕入部主任, 他の, 伊藤整の, 会って, 佐々木道誉の, 何かと入費, 何でも, 使用人の, 保健婦が, 僅かな, 先ず吻ッ, 六メートルの, 六十尋の, 千個程度は, 召上れ, 名誉教授には, 君の, 呂宋兵衛の, 咄は, 四百五十メートルぐらいの, 国際婦人デーの, 地面が, 夜の, 大使館では, 天明時代の, 奴ら遊びに, 如何にもリモジン, 孝明天皇は, 定枝は, 少しも, 底まで, 弾いて, 彼は, 必要に, 悉皆は, 抱き止めれば, 捨てがたい, 推測される, 搗きたて, 散って, 明らかであります, 映画では, 春の, 春早々甲斐の, 書くが, 最近藏書の, 有ろうか, 朝は, 正しく行いうる, 歩いて, 歩かねば, 死なないで, 毎年の, 水が, 水そのものの, 水滴は, 江戸墨堤の, 決して全部, 治者と, 海面上四メートルぐらい, 演つてゐるだらう, 無いけれど, 無かった, 無斷, 犬は, 男は, 発見した, 百万人ちかい, 目が, 直ぐ見える, 着換えの, 着換への, 知って, 私は, 窺われた, 結構でございます, 聞いた, 聞かせて, 職場職場は, 自身の, 自転車に, 芸の, 藻の, 行って, 西紀前, 見せたが, 見ようと, 見られたよう, 見ること, 見るさ, 見逃さない, 親方と, 言つた通り私が, 言及した, 訪ねて, 語ったよう, 警察でも, 警察部長の, 責任を, 贈つて, 辷りが, 述べたが, 述べたよう, 通れるし, 野菜スープが, 鈴木さんは, 銅貨の, 随分色々, 雪舟の, 頸に, 食うよう, 鼻唄を

▼ ところへは~ (295, 0.3%)

4 どこへでも 3 出て, 嫁に, 帰って, 訪ねて 2 ときおり女文字, どうしても行けない, 更に一里半, 来なかったが, 歸らない, 毎日の, 行かなかった, 行きたくない, 行きたくねえ, 行って

1 [259件] あなたが, あまりたずね, あまり凝っ, あまり怜悧, あらわれなかったから, あんまり行かない, いかなかったよ, いきたくは, いくらお父さん, いこうと, いったんだ, いつも水筒, いつ行っ, いろんな人達, うんと集まり, おいて, おはこびになりませんように, お屋敷, お薄と, お角, きっと永く, きょうか, ぐうたらな, こうして出入り, こっそりと, こつちから, こないだろうか, こないで, この狂態, この男, こんなこと, さつき使ひ, ずっと届き, ぜひ自分, そのうち, その用事, ただの, だれも, ちかよれませんでした, ちっとばかり, ちっとも来, ちと行き, ついて, つい二三日前, つとめて自分代り, つれて, ときどき夢殿村, ときどき小説, とどかない, とにかくわたし, どういったら, どうせみんな, どうも, どう行きます, どこも, どんどん早足, どんな満ら, なかなかき, なにか便り, なにか頻々, ひとりも, ひりこんだ, ほかにも, ほかの, ほんとうに, まいりませぬと, またぢ, まだまだ行かねえ, まだ天子様, みなふれ, みんないっ, みんな電話を, もうどんな, もうピン, やってこないの, やってこようと, よくあめ屋, よく会社, よほど道程, わざと主人, わたらぬこと, カアマイクル氏が, パパだつ, プッつり話し, ポンビキの, モウコンモウコン, 一人の, 一度だけは, 一緒に, 中に, 乗り物で, 二度とお出で, 二度と休む, 二日も, 云って, 些っとも, 会の, 伺わない約束, 何うし, 何が, 何しろ電話一つ, 何処へ, 何処へでも, 來ない, 來なかつた, 俊恵や, 兄からも, 入れなかつた, 入れませんや, 入れられない, 全部小判を, 八方から, 出かけたろうの, 出ませんでした, 出やがらない, 出られませんもの, 十七日の, 半リットルずつの, 参りません, 参りませんから, 参拾円も, 及ばないよう, 各党の, 同家から, 四五日も, 地方新聞が, 夜分漢学の, 大岡越前守の, 大抵分け, 失敗を, 女人は, 妻籠の, 姿を, 学校の, 実にしばしば遊び, 宮吉という, 家内に, 寄らない, 寄りつきも, 尋ねて, 山を, 巣を, 帰りも, 帰れないの, 幸か, 幾人でも, 度々の, 度々戸籍調ら, 廻つて, 引っ込んで, 彼女の, 心配で, 必ずなれなれしく, 必ず僕, 必ず出された, 必ず附い, 戻りませんよ, 戻るだろうと, 戻れず前進, 所きらわず, 手を, 投げなかった, 持ち込むなと, 断じて帰りません, 早馬が, 明日行きます, 時々仲間, 時おり特別, 曝しとうない, 月に, 未知の, 来ずみずから一ノ関, 来て, 来ない, 来ないつもり, 来ないで, 来ないの, 来なかった, 来なかったし, 来ませんからね, 来るな, 来るわよ, 来る筈, 来れないん, 来客も, 案内状が, 櫛の, 正月が, 武士を, 歩いて, 残らず人, 毎年反, 毎日新聞記者が, 永久に, 決して隠し, 消息の, 滅多に, 炭火を, 無暗に, 特に世話, 独往邁進着々, 生きてる間, 生れて, 用意の, 田舎の, 留まらないわけ, 皆に, 皿に, 相談ごとに, 知らせて, 知れると, 礼ごころまでの, 私二度と, 立ち寄って, 糸も, 置いて, 聞きとれなかつた, 聞こえません, 聴え, 自分も, 自身で, 色々な, 芝田樣と, 行かずに, 行かなかったらしいが, 行かなかつたの, 行かねえ, 行かれませぬ, 行きそう, 行きその, 行きたくありません死ぬならば, 行きたくないと, 行きたくない気持, 行きません, 行けないの, 見向きも, 誘いの, 足ぶみした, 轉げ込まない, 近いうち, 近づかなかつた, 近寄りません, 送らないという, 這入れるもの, 達しない, 部落の, 金という, 金之助が, 随分いろいろ, 電報が, 電報を, 面を, 預けられないから, 顔を, 馬鹿は, 驚くべきほど, 鸚鵡が, 麦を, 黒犬が

▼ ところにも~ (289, 0.3%)

4 あるの 3 ある, 残って, 目を, 私は, 遊びに

2 [23件] あつた, あらわれて, あること, あるそれで, あると, お便りを, こんな世界, ないで, ツクシンボウの, 世の, 人間の, 他の, 共同の, 悩みから, 悩むまいと, 来たの, 来て, 現われて, 理窟は, 発見される, 言って, 赤い条, 送って

1 [224件] あった, あの人, ありが, ありしこと, ありました, あるわけ, あるわね, ある快活さ, いいたより, いたの, いって, いろいろな, いろいろむずかしい, おじさん畑が, おのずから一種, おもんさん, お参りに, お金が, かかわって, かく壞, かの女, ぎっしり家, こういう心理, こういう薬, この人, この土地, この家, この静寂, これらの, こんなもの, ございましょうが, しや, その先, その袷, その迸, そりゃ一理, たくさんの, たくさん生え, たしかに人, つぎが, とにかく尺八, どこか, どんな魚, ないの, ないらしい, なお人, なって, なるの, なんにもなくなっちまった, なんの, のぼりました, まざまざと, また俵, まだまだ足りない, まったく何, まるで球, もうじき赤ん坊, やつぱり脱け, よく反映, よるけど, ゐて, カトリック僧の, クラガリ八町という, パチンコ屋が, プルウストの, ユーロウプと, 一つあった, 一つの, 一つ次の, 一両と, 一兩と, 一册も, 一原因が, 一寸寄る, 一層伸子, 一時ピネロの, 一理は, 一種の, 一軒屋, 三畳が, 世界が, 中央政府として, 亦一種, 亦意味, 亦興味, 人を, 今度の, 今日の, 伸子たちは, 体の, 何だか伸子, 何とも云えず, 何も, 何時までも, 何處と, 作り得るの, 作者の, 使うし, 先祖以来わしどもは, 共有地の, 出たろう, 出て, 出るもの, 出会わねば, 初演の, 別莊, 割り込ましたの, 助け舟を, 労働者, 動揺が, 原因が, 原因を, 古い世, 各々一家, 同じ文字, 味が, 在つたの, 夫婦生活の, 娘が, 存在し, 存在する, 寄ったん, 尚且つ, 居にくく, 居憎く, 巡査が, 巣を, 平然と坐りこん, 店員の, 強いて安居, 役には, 役立って, 彼の, 必然が, 必然性も, 応用する, 恵送せられ, 患者が, 悪いところ, 悪型つて, 意気味が, 我が泉先生, 或る, 政治は, 日本人は, 旧い格式, 春に, 時の, 暴露され, 書くべき通信, 月が, 有名な, 朝鮮の, 来れるかなと, 根ざして, 楽しみまた, 歌曰とか, 歌舞伎劇の, 歴然とうかがわれ, 殘つてゐる, 気がつくよう, 永い経験, 漢時代の, 狸の, 現れて, 現われ私, 現代の, 理由が, 生れて, 用意が, 町が, 町の, 癌が, 白い輪, 砂利が, 確かに, 神鑒の, 禅家の, 私の, 秋川の, 移って, 穴が, 空が, 窺はれる, 立ち寄って, 耕した畠, 脚本家などの, 至って, 芥川の, 落ちて, 落ちてるのねえ, 虚偽が, 行かれぬでございましょうわたくし, 行乞の, 表れて, 袁紹の, 複雑な, 見えて, 見せるもの, 観衆の, 触れて, 言葉という, 計らず日本, 計画的な, 詩が, 認められるであろう, 謎を, 警官が, 走ってるね, 近いし, 送附され, 遠方の, 遥かに, 都会らしい, 銭という, 長崎的特殊性が, 隱れ, 難破船から, 雪の, 電灯が, 霧の, 領主の, 馴れ何と, 黙りこくって

▼ ところその~ (208, 0.2%)

4 ような, 人の, 男が 3 人は 2 ほうは, 伽羅に, 像が, 大部分, 日は, 日も, 月は, 自信を

1 [177件] あたりは, お侍さん, お医者さん, お姉さん, お立寄り, お話の, お話を, かまぼこの, かみさんは, くらいの事, ずーっと先, せいせいした, たけだ, ときだけの, へん一帯の, スリが, ドイツ汽船の, ピストルは, 一冊を, 七人は, 万吉が, 三人衆の, 三宅夜御, 上人も, 下に, 不幸や, 両人は, 中から, 中に, 主人の, 人が, 仏像しか, 件で, 任に, 作品の, 借主が, 傍に, 儀なら, 先祖の, 児と, 前に, 前の, 前夜突然, 力は, 力量は, 動作は, 及ぼすところ, 友達は, 叢を, 名をすら, 名残りの, 土の, 土人を, 土地を, 地下室は, 地図は, 夜すぐ, 夜も, 大きさ, 大家は, 奥さまが, 女の, 女中は, 女客文金の, 女房にも, 婦人は, 子は, 宇宙塵は, 安らかさが, 安んずるところ, 家々, 家で, 家を, 密林荘の, 寝台の, 対象は, 小使い, 席上で, 帰り道かなんか, 年の, 店を, 店員は, 庶子の, 建て付け, 弟子が, 当時は, 後ろに, 志だけ, 急速な, 悪者どもが, 惧れる, 感情の, 戦場は, 手を, 手前が, 手足では, 折とは, 按摩が, 推察する, 文学的価値に, 方と, 方も, 旅僧を, 時ばかりは, 時までは, 晩は, 晩例の, 本箱の, 林檎を, 核心を, 次にまだもえきらない, 次の, 正体が, 死して, 気の, 水は, 水差と, 求むるところ, 沼田という, 海底超人は, 源女は, 濫費は, 炎の, 父が, 牧師先生自身なかなか, 猿廻しめは, 現実には, 由事つぶさに, 男の, 男は, 目に, 目的は, 瞬間慘酷だ, 矢悉く, 確証は, 示さんと, 祟は, 穴が, 竪坑へ, 結果とんでもない, 網に, 美妙ほとんど, 美色持操人界絶え, 翌日草の, 者の, 者は, 花が, 裂傷は, 製作スピードは, 西洋諸国が, 見方考え方等皆現代式の, 言渡を, 記事を, 詩は, 詩を, 話は, 語原が, 議論に, 變形の, 足跡を, 踪跡は, 身体で, 辺の, 辺デリケートで, 途中不動院で, 通りな, 連れの, 遠祖が, 選択は, 都度手の, 錠は, 門は, 門側に, 青白い彫刻, 音が, 鶏血草の, 黒煙り

▼ ところであった~ (187, 0.2%)

7 がその 4 がそれ, のだ, のである 3 か, がこの, そうで, のを

2 [13件] が, がこれ, がそこ, がその後, がそれでも, がまだ, が突然, ことが, そうだ, ぞ, という, のだろう, ので彼

1 [130件] かとおもう, かと思う, かも知れなかった, かも知れぬ, からそれ, からで, からであります, からどんな, から今日, から作者, から偶然, から徳川氏, から早速, から物価, から自分, かヘクター, がいろいろ, がうしろ, がここ, がしかし, がそれから, がそれだけ, がただ, がと, がどういう, がなん, がなんだか, がまったく, がもう, がわたし, がナアニどっち, がピサロ, がヴィタリス, が一斉, が三毛, が二女王とも, が元来, が先日, が入っ, が又, が問題, が大, が女房, が已む, が帆村, が平伏, が幸, が幸い, が彼, が御方, が急, が懸命, が放りだし, が本能的, が水流, が無理, が由平, が病気, が私, が等身大, が聞く, が聴衆, が自動車, が舟, が花子, が荘園, が解せぬ, が返事, が逆境, が間もなく, が青木, けれども橘町, けれども田舎, ことは, ことや, ことを, しまた, それを, つもりである, とあと, ということ, といよいよ, とはうろ覚え, とは先ず, とは自分, とも笑わせる, と云った, と実隆, と思います, と思う, と私, と糟谷, と考えます, と聞いた, と言い, と語り聞かせた, どうして今, な, にしろ, には疑無い, に相違, に違い, の, のか, のが, のでこの, のです, のですっかり, のでちょうど, のでみんな, のでもう, のでヘルマン, ので両方, ので妙, ので彼女, ので早速, ので途中電車, のにたいして, ゆえこの, よ, ように, よくお前さん, わい, ジイドは, 人影は, 位だ, 先刻首を, 喃, 為に, 訳を

▼ ところでした~ (179, 0.2%)

4698 がその 764 から, がこの 3 がそれ

2 [11件] かねえ, からこの, からそこら, があまり, がそこ, がやっと, が二人, が平次, が曲者, ちょうど宜しゅう, の

1 [70件] あの銀, かもう一度, からおねえ, からお松, からかえって, からくだん, からす, からそこで, からためし, からよくかえって, からわいわい, からわけ, から一同, から先生, から八時すぎ電話, から於ゆう, から気, から油断, から漂浪, から為朝, から確, が, があたり, がさすが, がしかし, がしかるに, がそれだけ, がびつくり, がもちろん, がフト気, が丁度, が七十三尺八寸, が下, が不思議, が何氣, が十戸, が夕闇, が天, が折, が橋, が正しい, が私, が笑, が紅矢, が蟠り, が財布, けれどまだ, けれども感心, これは, しわざわざ, そしたら今, と云った, なわたしら, ねんけど東京方面, ね親分, のでミンチン先生, ので丁度, ので二人, ので名人, ので小田刑事, のと媚びた, のにところが, もし犯人, よそれでも, よ危ない, よ夜更け, ッて, 井戸は, 今日は, 由です

▼ ところへも~ (177, 0.2%)

5 遊びに 2 寄って, 忍び込むの, 押掛女房が, 押込んで, 持って, 挨拶に, 立ち寄って, 自分の, 訪ねて, 變な

1 [152件] あなたの, あらわれたの, あれなり得う行かないで, いっしょに, いっぺん行っ, おとうさんの, お呼び出し, お嫁, お寄り, お詣り, かかれず貧乏, くぐり込みました, ぐずり込んで, こうして御, この国全体, これからう, ごく稀, すぐさま知らせ, その由, その相談, それと, だいぶ送っ, ちょっと挨拶, ちょっと行きました, とかく御無沙汰がち, ときどき伺っ, ときどき若い, どうかする, なまなましい血, はいりますが, まだ来てない, みんなが, もちろん出かけ, やって来た, やはりかまわない, よく行っ, わたしなら行きます, ソヴェト政府を, ネネから, ロシヤの, 一寸からか, 一寸立寄っ, 一度突撃, 一緒に, 一部送っ, 上つてみたいまつりごとにも, 主膳から, 二三学生が, 二三度たずね, 二人が, 今晩も, 仏蘭西語で, 代筆で, 仮名書きの, 伺います, 何度か, 余りお立ち寄り, 使を, 來た, 便りが, 働きに, 出かけて, 出ずに, 出て, 出られず見て, 出仕なさらず, 出掛けて, 出這入りを, 分けに, 化けて, 参りました, 參りました, 召集令が, 各種の, 報らせ, 多分そんな, 夥しい忠告, 姫君についての, 寄らなければ, 屆いた, 届く, 帰らないさ, 度々たずね, 廻って, 廻るだらう, 当りに, 当分行け, 往つた, 御恩返し, 御挨拶, 御無沙汰を, 御自分, 懺悔を, 戻って, 戻られない, 手紙を, 押し掛けて, 接觸する, 提灯が, 握手を, 新規な, 早飛状, 時々は, 時々未見, 暇乞いに, 書いて, 會いに, 来た, 来たこと, 来たの, 来て, 来られなかったお前, 深いところ, 火急出仕の, 無心に, 現われる, 町の, 百両とどけ, 知らせが, 知らせたと, 知れて, 立ち寄るの, 立寄つて, 聞えて, 肉を, 色町から, 行かれないから, 行かれますまいと, 行きたいと, 行きたくありませんホン, 行くで, 行けないで, 行けないでしょう, 行けないんでね, 行けぬ, 行けぬわい, 行けまいと, 行けるだろう, 行こうとは, 行った, 行って, 行つと, 訪問の, 調べに, 貰つた物でも, 送った, 金を, 頒けて, 顏を, 顔を, 顔出しを, 飛んで

▼ ところまでは~ (171, 0.2%)

7 行って 3 ついて 2 届かない, 考えて, 行かなかった, 行きませんでしたけれども

1 [153件] あの日, いかないで, いかなかった, いかなかつた, いかなかつたが, いきつくこと, いくたの, いってるの, およそ百五十間, かろうじて聞こえ, この主人, こられないで, これからどの, すぐな, そこから, その上, その線, それでもまだうっすら, たしかにこの, たしかに拙者, たぶん抵抗, だれも, ちっとも声, ちょっと当人, ついに進展, とどかないに, とどかぬせい, どのよう, なかなかいきやしない, なかなかゆかぬらしい, にぎやかな, はっきり聞え, ふれられて, まずまず大過, まだなかなかです, めつたに, やっとこぎつける, ゆかないに, ゆくでしょうから, よかった, わからない, わからなかつたけれど, ホンの, 一同黙々, 一里位は, 上出来だった, 上出来であった, 上出来でございました, 乗らうと, 乗ろうと, 人通りが, 何れ位だつ, 先に, 出来得ると, 分って, 分らないが, 別な, 到達しない, 北原稲雄が, 十メートルぐらい, 参りませなん, 参りませんか, 噂は, 大体誰しも, 大遼遠, 実にうまく, 実にわかっ, 実に尋常, 容易に, 届かないの, 届きません, 引き負い, 必ず行きついた, 手がと, 推進的な, 敏感でなかった, 新進を, 日本で, 明治生まれの, 書き切れず二月号, 本当に出来る, 来たこと, 歩いても, 歩かなければ, 残念ながら, 気まずい衝突, 決して進ん, 混ぜない, 滅多に, 漕ぎつけました, 漕ぎつけるが, 漕ぎつけ難い, 畑続きの, 登る事, 百メートルほど, 皮膚も, 知らないけれど, 確実なれ, 突き入らない, 突き止めた, 笑って, 笑つてゐない, 第一版, 第五版, 経験ずみな, 絶対に, 総領事や, 聞えないほど, 聞かないで, 自分の, 蒲鉾は, 行かない, 行かないが, 行かなかったが, 行かなかったけれど, 行かなかったの, 行かねえん, 行かるるであろうか, 行きませんでした, 行き切りたいと, 行くが, 行くこと, 行くと, 行けないで, 行けること, 行こうという, 行ってなかったらしいが, 行つ, 行つては, 行つて見なく, 行て, 行る, 見なかったが, 覚えて, 解する事, 言葉は, 詮議の, 誰にでも, 調べて, 近所の, 追及せず, 逃げて, 通るまい, 進まず, 進んで, 進歩し, 達しない, 達するが, 避くべからざる, 鑑賞が, 間違ひあるまい, 露地を, 馬鹿に

▼ ところ~ (159, 0.2%)

3 油小路藪小路ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅうりん丸し 2 顎の

1 [154件] あっちこっちさがし, うすい所, うるさいところ, うわさや, おへん, お住いに, お恭ちゃん, こちらへ, さかいもし, すべて, そのぐるり, その傲慢, それから酒壜, たくさんの, ちょいちょいと, とにかくどこ, どこか, どろんこの, なあ京都, なかなかいい, ねん, はては水夫竹見, ひとりぎめの, ひどい難儀, べっとりと, ほかでは, ほかの, ほんの用事, またその, またセワード総領事, また悪い, また欠点, まんじゅうを, もう鎌倉, ろうでは, オッチョコチョイの, ガロオンの, キャフェの, サイダーか, シャーロック, 一茶の, 下の, 下ぶくれ, 不合理, 不正確, 久内が, 乳母車に, 何かで, 何でも, 八五郎が, 出たら目, 判じにくい, 勿体ぶって, 卑下する, 又愛, 反物を, 口べたで, 古くて, 土地によって, 壊れて, 変色した, 大きな蝦蟆, 大抵の, 大海の, 大石医院などへ, 天然に, 奔湍の, 奔端の, 女たちが, 女の, 好古堂, 妻や, 宣伝めいた, 尻の, 山林の, 島田と, 庭の, 往来で, 急な, 悪戯ッ児らしい, 感ずるところ, 態度の, 或は近く, 手足の, 支那婦人らしい, 教会の, 文芸批評を, 明瞭に, 暗いところ, 最近朝日新聞社へ, 月世界へ, 有りけん繁き, 来る道, 松坂屋などを, 板の, 枯れ樹立, 桶の, 梢を, 楽しい夕食, 欠伸を, 欠点が, 正面から, 歪んだところ, 殺されたもの, 気の, 水が, 汽罐車の, 法隆寺, 浴室なんかも, 海の, 湘南に, 物凄いところ, 狩猟の, 玉突き場で, 甲板を, 疲れて, 目のあたりが, 着飾って, 祐三さんの, 私の, 積極性を, 端っこの, 粋な, 紅葉の, 細かいほそい横書き, 羊が, 義の, 職工の, 股の, 腰の, 腰元を, 萎けたところは, 葡萄棚, 藻の, 裾の, 話に, 語法の, 誤字なども, 足の, 身の, 辛いところ, 込み入ったところ, 追いつめられたけ, 部屋の, 鋭い目つき, 間違ったところ, 間違つた, 階上の, 障子の, 青黒い水, 靴の, 額の, 顔より, 顔を

▼ ところじゃ~ (142, 0.1%)

14 ない 8 ないか 6 ありませんか, ないん 4 おいや, よ 3 ありません 2 ございませんか, な, ないかと, ないですか, ないの, ないのよ, ねえか, ねえの, アない, 有りませんか

1 [77件] あなたは, ありますまいか, ありませんかね, ありませんよ, ありませんわ, あるまい, あるまいと, あるまいむしろ, あるめ, いい考え, うっかりした, うるさいから, お父さんの, けんど, この辺, ございません, ござんせんか, そうな, そう思オ, そこで一番, その三百五十ヤール, そりゃ女, それが, ただ御前, だから車屋, で, とてもお, ないあんな, ないかね, ないかよ, ないからね, ないぜ, ないぞ, ないと, ないとも, ないね, ないよ, ないらしいよ, ないわ, ないわし, なかったん, なかろう, なしそれ, なにかだいぶと, ねえだよ, ねえ君, また別, まだ大人, ろくろくごちそう, トマトを, 上段の, 乾草どもが, 作造さんに, 取り返そうとして, 君は, 問屋場が, 大戦さが, 学生達が, 家中を, 小芳, 慈悲ぶ, 早う打ち殺し, 木綿ものだって, 構わず御身, 汽車で, 無いん, 版籍奉還という, 現代の, 私よりゃ, 藩が, 買いだしから, 迚も, 違いませんが, 鈴川の, 隅田べり千鳥ガ淵の, 随分, 駅へ

▼ ところなど~ (135, 0.1%)

2 すべては, ミジンも, 好きであった, 少しも, 自分に, 見せて, 見ると

1 [121件] あったよう, あって, あつた, ありません, あること, あるの, いいメロドラマ, いかにも新興, いかにも昔, いつも写す, いづれも, いまの, おれと, お小夜, かくて, からりと, さすがに, すでに一個, せめてい, そっと垣間見, その朗らか, それと頷かれました, どこにも, ないの, ないので, なかなか天晴れ, なほ子は, なるほど生徒, ひとつも, ぼんやりと, まことになつかしく, また信玄一流, むしろ憫然, もさうだらうと, もしこれ, やっぱり少し気取っ, やつぱり西洋の, よく心得た, アッパレな, アッパレ千万という, エレガントと, ヒューメンな, 一々こまか, 一つも, 一寸ほろりと, 一方は, 一枚二枚と, 五六カット進む, 人の, 今の, 仲, 何か, 何とはなし, 何も, 何んとかいふ, 何處かの, 兄の, 公の, 凄いぞ, 初めは, 勝夫武士とこぢつけない, 印象的な, 向うの, 大いに面白う, 大に, 大器の, 女に, 女史も, 好きな, 好意が, 如何にも古風, 嫌味に, 実によかっ, 実によく, 実に乙女, 実に面白い, 小生が, 少年時代の, 平気で, 弥之助も, 当時に, 彼の, 恥かしげ, 悉く我法典延期戦, 感心した, 或感じ, 所謂中世紀君主の, 描写の, 放送したく, 日本に, 景色も, 有るに, 本当にハムレット, 正に理想的, 死んだ夫人さん, 殆ん, 殊にである, 決して思い出せない, 沢田屋そっくり, 注意すべく, 物凄いよう, 独逸流の, 畫い, 目の, 相変わらずの, 知れたもの, 結婚したら, 線路の, 至つて平凡な, 若干削っ, 苦し紛れとは, 落着いた, 見て, 見られない, 見る人, 赤い間, 近頃御府内, 青果氏の, 非常に, 面白いもの, 頗る人

▼ ところこの~ (133, 0.1%)

2 ような, 事件の, 二つの

1 [127件] あたりには, あたりの, あべこべ砲の, お飼場うち, くらいの実験, ことが, たびの, たび江北が, とおり紛失し, ときに, まま二人居る, キャゼリン嬢なぞに, ゴイゴロフは, ボスは, ポスターの, 一行動も, 上も, 世の中では, 両方の, 中へ, 事件については, 事件を, 二つが, 二人の, 二人姉妹は, 二悪人は, 二絃琴の, 井戸の, 京都の, 亭主が, 人が, 人は, 人泣かぬ, 仕事では, 信雄も, 儘では, 先生は, 初夏の, 制御台を, 前の, 劇団の, 厚い凍, 国の, 土地には, 城中の, 外の, 女の, 女は, 娘は, 家には, 家康が, 宿屋には, 小田原に, 席上に, 店の, 店を, 御返事の, 手紙類を, 捕虜は, 故郷こそ, 数日来なんにも, 文章は, 新聞記事も, 日は, 日本猿を, 春ごろから, 是非得失は, 時ぐらい, 末娘が, 林檎だけが, 武家の, 毒物が, 水汲男は, 法を, 浴室は, 物語の, 物語は, 物語を, 犯罪事件について, 狐めは, 町の, 盆あたりから, 直方地方は, 神は, 私こそ, 私であった, 私は, 種の, 積算温度計は, 節に, 節は, 精神充満し, 紙屑買の, 紙片が, 縒糸みた, 美人の, 老人善人とは, 芝居を, 荒原の, 荒廃あるによつ, 藪に, 解釈も, 証明書は, 話で, 足袋は, 辺で, 辺にて, 辺の, 近辺に, 追憶を, 通り斬れました, 連中は, 道すじを, 道は, 部屋が, 酒盃を, 金庫室には, 長兵衛一身を, 隅には, 電話機は, 青年には, 非常に, 頃ずっと, 頃に, 風流を, 騒ぎと, 高力が

▼ ところある~ (132, 0.1%)

4 の, ものの 3 がごとし, もののごとく

2 [11件] が如き, が如く, が為, による, はその, は人, もこれ, ものの如く, ように, んです, 可し

1 [96件] か, かしら, かしらこの, かなき, かのよう, か屈強, がごとき, がごとく感ぜり, がゆえに, が不幸, が如し, ことを, こと既に, と見え, なきなり, なし, など竜, なりと, なり然, なァ, にあらず, にはあらず, にもせよ, にも係らず, によりて, に似, に違い, のかい, のである, のです, のよ, の言, はなんぞや, ははなはだ, は中世, は全く, は其, は必然, は戸口, は明らか, ばっかしじゃ, もその, もその間, もの, ものらしく, もまた, もをかし, も反り, も懼, も教育, も自然, や疑い, ゆえんである, わけな, をいなめない, をもってその, をもってなり, をもって医家, をもって御, をもって政論上, を免, を免れず, を咎め給う, を怪しみ, を想起, を疑, を知らぬ, を知り, を私, を自覚, を見, を見ず, を見る, を覺ゆ, 一か, 人の, 仕事を, 可から, 夕方戻っ, 夜ありき, 息吹きは, 態度を, 我々は, 新鮮な, 日あの, 日ふとした, 日奥医師が, 日撥で, 日森の, 日殿様に, 日算術の, 日興の, 沈黙の, 由なる, 肌合な, 能はず知らず

▼ ところだけ~ (128, 0.1%)

4 では 3 穴を 2 くりぬいて, だ, 泳いで, 穴が, 紫色に, 見て, 話せ

1 [107件] あって, あなが, いふと, うす桃色, えぐりとったよう, おきき, きれいに, ぐるっと穢れ, さえぎり白い, すかしに, すこしすき, それから後一首, それも, だぞ, だった, だろう, ちょうど歯, ちょっとよく洗っ, ちょっと前, つけて, であった, であるが, できらきら, でしか, です, ですが, でまん中, で三磅, で全体, で紅い, とって, どうしても, どうしても思う, どうやら埃, なら三フラン, まず取りわける, やっと歩道, やや声, 一つ負, 一陣の, 三角の, 二間ばかりも, 低くなっ, 余計に, 作曲し, 僅かに, 克明に, 切ったの, 切り抜いた大きな, 勇気見るべき, 取つたといふ, 合わせて, 四角に, 売って, 妙に, 安っぽいメリンス, 少し残しました, 幌の, 影に, 後景が, 拭けば, 掻, 旧態を, 明けられて, 明るい, 明るいという, 明るい台所, 昔の, 暗誦し, 残って, 毛が, 水が, 泥あとの, 海上が, 消えたよう, 燈火が, 申しあげますけど, 白くなつ, 白く残ってるだろう, 真似て, 真似るの, 真似を, 石と, 破り取って, 紫の, 綜合し, 肌の, 背骨が, 脊骨が, 色が, 苔が, 見えるの, 言えば, 赤みが, 赤茶けた色, 軽い流砂, 透澄る, 通って, 遠目に, 選んで, 間どり, 霧が, 頷きつつも, 食べて, 黒くて, 黒く四角くくぎっ, 黒く塗っ

▼ ところ~ (118, 0.1%)

2 と神, の心, はこの, はその, はそれ, はただ, は二年位, は兄貴, は彼

1 [100件] がおかげさま, がこんな, がレエヌ, が入りました, が六月十九日, が城, が社会人, すら眉, だってそう, だって苦労, なども原子爆弾, にとつ, にどう, にはこの, にはそれ, にはとても, にはどうもよく, にはまだ, にはよく, にはわかりかねる, には何, には君, には実は, には此, にもはっきり, に不快, のあ, のこの, の一ばん, の一人娘, の一家, の助力, の名, の名前, の周囲, の子供, の店, の後, の憧れよ, の手許, の推理, の本意, の発明, の眼, の考, の耳, の若い, の血相, の配偶小倉嘉門, はあれ, はあんな, はいくつ, はうまく, はすこし, はすべて, はそれら, はそんなに, はたとえ, はとうてい, はどんなに, はなお, はなにもの, はほとんど, はほんとに, はまだ, はもう, はルミ, は一ヵ月, は一篇, は一葉女史, は人, は今, は仏像, は仮面, は何, は何ん, は先駆者, は大きな, は少数, は巌流島, は帆村, は忘, は昨夜あいつ, は此, は無言, は私, は立派, は絶望, は誰, は連日外出, は長年, は非常, は龍代, もこの, もこれ, もそんなに, も同感, も子路, も老練, も長い

▼ ところなら~ (106, 0.1%)

7 んや 5 どこへでも 4 んと 3 んか 2 どこでも, ばどこ, む, 廻り廻っ

1 [79件] あなただって, あなたは, あぶないなと, いいでしょう, いくらかまし, いつか読んだ, お前の, お寺が, これでも, ざるを, たとい火, とてもおもしろい, と思った, どういう処, どう間違っ, どこへ, どこへだって, どの人間, なおさらに, ねど世に, ばお, ばかまわない, ばこの, ばそれ, ばどうも, ばどんな, ばはっはっ, ば何かしら, ば冬, ば夏, ば大抵, ば摘ん, ば母, ば永住, ば海, ば百発百中, ば私, ば誰, まあそれでも, まだしもそれ, む幸い, よかろう, よろしうござんしょう, わたしも, んとて, んに, んも, 一刻も, 一生は, 今からでも, 今の, 今夜ホテルへ, 仕出しも, 何とかなり, 何処だって, 何処だつ, 僕だけ, 別に差支え, 地獄の, 地球の, 大して邪魔, 安心だ, 少し腹, 平凡な, 幾千里遠い, 悪所通いと, 死体が, 母親の, 潟だの, 猫の, 百人でも, 直ぐなおしてやる, 私の, 結局こまなく, 自分の, 誰だって, 這奴は, 遠慮が, 高い足代

▼ ところより~ (104, 0.1%)

3 之を 2 して, その方, 右に, 推すに, 貯蔵庫, 起つて

1 [89件] あまりかけ離れた, いづるよし, うへに, おのづか, お変りが, かかるもの, しずかな, すっと内, すれば, ずっと弱い, その倍, その遠く, その長所, それに, ほかに, ほかには, やはり子供たち, アリナ夫人が, オサキとも, 一尺ばかり, 一段高い, 一里茶屋に, 上, 上に, 上は, 下少, 下手の, 下方わが, 下流に, 両方へ, 乱暴を, 五六メートル高い, 仁王門に, 今戸に, 低かる, 何か, 來ぬ, 來る, 全体として, 出で, 各戸に, 四文安い, 外に, 外には, 多分前夜何処, 大では, 子供が, 射す光明, 小天地想と, 少し静か, 山を, 左に, 幽霊と, 折れて, 推定する, 政治の, 文学専心という, 日本一太郎を, 日本最古の, 来たり, 権も, 注げ, 火の手が, 片付くべし, 生じ交叉線, 生ずるの, 生まんがため, 矢の, 約十町, 胴切に, 腕の, 莫大の, 蜘蛛の, 見れば, 言を, 論ずれば, 起こった考え, 起こる, 起って, 起るという, 近き木立, 道理の, 遙か, 遠く離さん, 遠見の, 雨の, 霧の, 頭を, 首を

▼ ところそれ~ (101, 0.1%)

2 なん, は, は自分

1 [95件] あるため, から一年後, から五, から四五頁後, から数年, から浅間山, から間もなく, があたし, があなた, がうまく, がことごとく, がしら, がはいらなかった, がトマさん, が一番, が世の中, が二回, が二種類, が仕事, が全く, が大いに, が当然, が彼, が意外, が漸く, が町家, が素, こそ真, こそ誂え, しかない, だけが僕, だけである, つきり, で少し, ならば, についてはほとんど, にふさ, にも関, に剋, に就い, に正面, はこれから, はただに, はどう, はどういう, はやはり, はウェルズ, は一定, は一足十四円, は中田, は何年, は南蛮, は唖, は実際何とも, は容易, は工場長, は平たい, は平凡, は怪しい, は我々射手, は日, は明治, は毎日, は河豚, は無い, は牧野一人, は石亀, は竹馬, は綺麗, は脱脂綿, は薬, は被衣, は見かけ, は逆, は過ぎ去, は雑誌, は頂上, までに小三郎, まで表面, もほとんど, も何, も兵部, も故障, をおれ自身, をこの, をどう, を一, を傳, を書く, を村, を検出, を申し上げ, を発見, を聞いた, を退治

▼ ところあり~ (92, 0.1%)

42 げな, げに

1 [84件] ああやはり, げにて, この機, この点, さっぱりせず, しかと驚かる, すなわち改めて, そうに, そこが, その周圍, その後一転し, たまには, たり, たり心屈し体, てかえって, てかかかる, てかこれ, てこの, てこれ, てその, てのこと, て全く, て加, て奉職中蓄得, て始め, て実に, て庇護, て日本人, て泛濫, て渇, て火星人隊発見, て私立, て終に, て視力, て黒水晶, て黙々, といえ, といひし, とこそいうべけれ, としても多かれ少なかれ, との事実, との記事, と云, と知るべし, と考えた, と認め, と雖, などと語らう, ひそかに, またアイルランド, やいかん, 一つ欲しい, 一大勇猛心を, 一番自分の, 云々, 京都で, 今度は, 作品の, 例えば, 即ち絶大, 又同じ, 又機微, 又秋萩, 地心を, 大いにうれしかっ, 如何し, 当時日本の, 彼の, 忽ち又, 我等かしこに, 或は全く, 故に大, 文学に, 最初の, 気に, 満月でなく, 潜渓先生が, 私の, 空を, 自ら進ん, 諸友, 長沼守明一人を, 雑兵かと, 馬琴に

▼ ところなき~ (89, 0.1%)

4 にあらず 2 がごとく, にあらね, のみならず, をもっ, を得ず

1 [75件] あさ, あたわざるところ, がご, がごとし, がゆえに, が如し, が故に, なり, なりと, にあらずや, にしも, にしも非, に惑い, に慢心, に至る, に至れり, に非, はこの, は彼自ら, は美, ほどに惑乱, までに押しつめた, までに発達, ものであった, もの故, よう思われ, を信ず, を得ない, を我世, を示した, を第, を見れ, を責むるや, 人間だ, 人間です, 僕は, 典型的な, 動き, 勝豊は, 名乗りを, 名描写, 境地である, 大失敗, 孝養の, 安全さで, 忠臣孝子貞女を, 思いの, 恨みを, 感想文を, 日本人の, 梶自身の, 歓待を, 正義の, 此の, 民と, 気品を, 溺れようである, 点において, 無作法の, 無尽蔵の, 物と, 特色, 発展の, 純一なる, 美を, 者へは, 能は, 能はず, 虐待を, 行者武松を, 言葉の, 資格を, 身分を, 阿修羅の, 雷の

▼ ところからは~ (84, 0.1%)

2 三日に, 十歩二十歩心もとなく, 木の

1 [78件] いただき下さらねえ時, お清書なぞ, お米, かなりの, しゅうしゅうと, すっかりその, せいぜい十日分, せっせと使い, そのうねり, その人々, その人たち, それが, それは, ちょうど右, つまりここ, どこか, なれたくなかつたので, ひとかたまりの, まだ二町, もつと, やはり衝立, よく見えぬ, 一つ一つが, 一望千里の, 三四町離れ, 三尺も, 三間たっぷり, 二つの, 井川の, 何でもとる, 何の, 冷, 出なかった, 叔母の, 可成, 右手に, 呼びに, 坂を, 女の, 家数に, 将門の, 小判は, 少し遠, 平らな, 恰度その, 斜めな, 時たまそこ, 更に下, 横から, 正面に, 水が, 決して高い, 沢山の, 灯の, 煙突は, 生きた実感, 生れないといふ, 畳の, 笛つづみ, 細君が, 絶対に, 縁の, 聞えなくなった, 花は, 衝立に, 裏の, 見えないが, 見えない仕切板, 見えない反対, 見えなかったが, 見えなかった何, 見えなくなって, 触角の, 近いうち, 近よれない, 遠くにしか, 遠ざかり胸, 頻りにお

▼ ところなれ~ (84, 0.1%)

4 ばその 3 どもその, ばなり 2 ばこ, ばただ

1 [70件] どここ, どこの, どしか言い, どしょせん, どもここ, どもこの, どもまた, ども一種, ども世の中, ども世事転遷, ども人々, ども今, ども今これ, ども何者, ども剣山, ども吾, ども哲学的, ども天寿, ども如何せん, ども学生, ども実は, ども川, ども当時外国人, ども政事, ども榎本氏, ども死後, ども美, ど一しょ, ど再生祭, ど吉次, ど山, ど幸, ど憾む, ど救, ど身, ど風邪ごこちゆえ, ば, ばいちいち, ばかく, ばこの, ばこれ, ばすべて理想, ばめ, ばわれわれ, ばアリギエーリ家, ば世, ば予, ば今, ば今これ, ば以後改心, ば余, ば個物, ば只, ば学生諸氏, ば小生, ば当時文弱, ば従つて趣味, ば拭い, ば日本, ば樹木, ば此間, ば汝, ば漁獲, ば私, ば秩父, ば芝区, ば見渡す, ば謹んで, ば身, ば辞儀

▼ ところなどは~ (83, 0.1%)

2 内部が, 少しも, 或は人工的

1 [77件] あっぱれ豪気な, いかにも沈着, いま湖水から, いよいよ彼, いよいよ怪しい, おおよそ封ぜられ, かえって捨て, げんげ草とともに, これらの, さながら少年天使, さらにこまかく美しく, すこぶる頼もしい, そう涼しい, その一例, その公平無私, たまらなくよい, とても男性, どうしてもその, どうしても眼, どうもやつぱり名古屋式, どう見, どこにも, なおさら罪, なかった, なかなか利口, なかなか隅, まったくその, むしろ明るい, よく描け, よしあしは, ガラッ八, 一ぱいになつてゐた, 一起一仆ことごとく, 人造人間でなけれ, 人間の, 何樣見, 余りにその, 余り小さい, 全く始末, 古陶, 味な, 嘘詐の, 土匪でも, 多分の, 大学教授とでも, 大抵篶竹, 宛然たる, 実に謙遜, 実に頭, 巧みに, 微塵も, 性こり, 成程, 戦闘機が, 抜け目が, 持つて, 改訂版の, 斯んな, 本当に面白い, 極楽の, 決してあの, 決して人, 現代風俗画として, 皮肉でなく, 私に, 私は, 絵にも, 腹の, 自分の, 自然の, 落着い, 衛門督に, 袋の, 見たこと, 見られなかった, 貞徳時代の, 貴重な

▼ ところだろう~ (82, 0.1%)

8 と思う 76 と思っ 54 か, よ 2 があたし, て, と思います, なあ

1 [40件] から津波, から親分, か当時, か重い, が, がさりとて, がしかし, がつづい, がともかく, がね, が伸子, が僕, が深夜雨, が現代, けれども相手, しまた, じゃあねえか, じゃない, と, とすなわち, となん, となんだか, とは思っ, とわたくし, と云われ, と思い, と思いました, と思った, と思われます, と想像, と源氏, と私, どうだい, な人, ね朝鮮, まさしくこれ, 景気は, 毛唐は, 猪之の, 若い女

▼ ところ~ (78, 0.1%)

53 あらむ 2 あるので, 久しぶりで, 知らないが, 知りませんが

1 [62件] あらんと, あるいはもう少し, あるいは後白河法皇, あると, おおかた使用, きつつ, これが, これは, ご存じ, しらん, じつはそち, じゃすぐ, ぜんぜんわからなかった, そしてそこ, その徹底, その折, ちょっと判断, ちょっと見当, とにかくそう称され, どうか, どこか, なぞの, はたまた, はれば, またどこ, または温泉地, わからないくらいの, わかりませんが, わが官吏市場, わたくしは, 不安でない, 世間では, 京子の, 何かを, 何も, 分るだろう, 場所さえ, 實見し, 少し遅かっ, 御存じでございます, 悪いところ, 故郷とは, 数冊の, 汗が, 熱いの, 父なき, 田舎の, 瘢痕の, 白ペンキを, 知って, 知らず思ひ入れば, 知らない, 終焉の, 自分の, 菩薩捨身の, 見えないもん, 見え透いて, 見て, 誰か, 鉤の, 銀座の, 黒衣の

▼ ところ~ (77, 0.1%)

3 は今 2 の宿命的, は何, もまた

1 [68件] がもうちやん, がもっぱら, が一流, が本, が足もと, など真に, にあら, にその, についてはほとんど, にはこの, にはたった, にははっきり, に對, のばかばかしい, のハルトマン, の不, の予算, の家, の忠烈, の思い出, の最も, の横着, の気に入らなかった, の物悋, の生活力, の瘠せた, の記憶, の身の上話, の隠遁的, は, はいきなり, はいったい, はこの, はこれ, はしばらく, はすでに, はそれほど, はだれ, はぢろぢろ彼女, はみんな, はわれわれ日本, はハンス, はヴェリチャーニノフ, は傍, は印度支那, は将門, は川場, は幼, は憤然, は才智, は日本, は有罪, は極端, は正直そう, は武士, は涼しい, は無, は理論的, は百姓, は相, は神戸, は私, は絵, は自分, は良心的, は軍中, は電話, は非

▼ ところであり~ (76, 0.1%)

2 また実際, 人出の, 初めて青

1 [70件] かつ毎月多く, かの畫家, これ以下は, さえすれ, したがって海, そしてこの, そして一つ, そして現在, そして理論, そして疑い, そして着陸場, そのため, その後の, その桟敷, その目的, その返事, それから漸く, それが, それに, それは, ただ夢, どうしてもそうし, またそれ, また同時に, また時として, また鰊, もしくは開帳, もしまた, われながら, 一年ほど, 一種の, 人情として, 人生の, 今の, 今又, 他人の, 任に, 健康な, 其角の, 初から, 区域の, 又此, 古来から, 古来からの, 同一人, 唐の, 好きな, 実験室は, 宿と, 山梁も, 常識的世論が, 彼は, 従って何より, 從つて私によ, 投票前夜の, 本人が, 欠点とも, 次から, 歴史的必然です, 海岸へ, 現に判例, 白昼ホールダップが, 米友としては, 精神病院へ, 総じて経済過程, 義貞は, 而も, 能芸術の, 賞めつ放し, 道庵の

▼ ところであろう~ (74, 0.1%)

86 と思う 2 が, がその, がそれ, が昔, が私, と思われる, と氷

1 [46件] かそこ, かと浅い, かと私, か湖, がそこ, がとくに, がな, がなにしろ, がひとつ意地, が三十四五, が人心, が他, が元禄人, が前, が反対, が女, が実に, が我, が旋頭歌, が時代, が親切, ことを, しそれ, て, とおかまい, とつね, とは思い, とまたは, ともまた, とも思う, と今, と俗事役, と出血, と判断, と彼, と思っ, と思った, と思われます, と考えられる, と言った, と重, な, に検校, はずが, 事を, 鳩が

▼ ところこれ~ (72, 0.1%)

3 を人 2 がまた, を要するに

1 [65件] がさまざま, がやまぬ, が中性子宿酔, が今, が令, が律, が最大, が泰軒先生独特, が甚だ, が自分, が芝居, こそ蓮胤日頃あこがれ, だけが一縷, でもちッ, でも昔日, で赤い, という手がかり, と云つて心, なく候え, ならと, に塗れぬ, に当る, に答え, ね, はあたらしい, はあまりに, はいくらでも, はうるさい, はたいそう, はどこ, はひどく, はまた, はまったく, は個人, は北海, は十年, は如何にも, は小出氏, は彼, は普通, は決して, は清正在世, は近代, は金井, までと同じ, までのお, までの取次衆, まで四十二円, まで病気, もまた, も二分, も成瀬門下, も痩せ, も芝居, も首, をこそハルトマン, をヨーロッパ人, を一括, を利益, を天, を帝, を心, を性, を耳, を行

▼ ところでございます~ (66, 0.1%)

1153 から, がどうぞ, ね 2 か, がもと, どうかお

1 [35件] あなた方なら, からね, から御, か私共, がいつお帰り, がかえり, がこの, がただいま, がつかい, がな, が今晩, が前, が女御さん方, が小三郎, が歩, この次, し今, な, なあ, なにぶんよろしく, ねえ笠鉾, ね水, の, のに, もの, よここ, よ田舎女, わ, わい, テナことを, 如何ようとも, 御迷惑, 心置きなく, 新屋を, 物臭太郎で

▼ ところでしょう~ (66, 0.1%)

11953 がお 2 かな, から

1 [34件] かけさ, からこの, から妾たち, から拝艦, か私共, があれ, がこの, がこれ, がしかしまた, がとも, がな, がない, がね, が与八さん, が教授, が曲者, が洗い髪, が目鬘, が藤太, けれどもいったん, さ, し三浦行男, それが, と答えた, なうれい, なアー, のない, よ, ナ, 九時台は, 今でも, 守山未亡人という, 左に, 気が

▼ ところだけを~ (62, 0.1%)

3 見て, 読んで

1 [56件] あたしに, あなた方に, かぶせ手袋, かみ切りはい, くりぬいたありさま, ちよつと, つ, つまみだして, ほの, まともに, みじかくかい, よって, ナイフで, 享楽する, 伝えるの, 偏しない, 先生の, 切離して, 唯一の, 堰きわけ淀んだ方, 増長させ, 失敬し, 女に, 妻に, 学んで, 尻の, 巻いて, 布が, 御話し, 抉って, 抜かして, 描いたの, 改革し, 放送せい, 日本在来の, 書き写して, 本能の, 残して, 残りなく, 物語るの, 真似たよう, 知って, 確かに, 見たもん, 見れば, 訂正の, 記者の, 賞めた, 述べて, 選るの, 避けて, 金色の, 除いては, 隠して, 願いたい, 食べた

▼ ところだけが~ (61, 0.1%)

4 くりぬいて 2 不思議に, 取柄だった

1 [53件] あいて, うすぼんやり, かすかに, こう一度, こちらからでもは, この肉体, それぞれの, はつきりと, ぴか, ふたの, イブセン流な, 三つの, 三角がたに, 亀な, 値打な, 切り靡けたやう, 取柄な, 好きという, 娘に, 少し出, 山家ざむらいには, 平和な, 平次の, 念入に, 惠まれすぎる, 感じられて, 懐しく残つて, 様々の, 歯が, 残った, 気に, 瑣末的な, 生ひ茂り, 白くて, 白くなった, 目に, 目には, 真実である, 眼に, 砂で, 私に, 空白に, 草も, 褐色に, 西洋らしい, 見えるから, 赤く明るくなる, 赤く電, 電灯で, 静かだ, 魔物が, 黒くな, 黒く結痂

▼ ところ~ (60, 0.1%)

2 互ひ, 聞きに

1 [56件] ききゆるし下され, くにどんだけが, ことばに, ぬいさんは, ぬしは, めえ, めに, やすいこと, わかり下さるでしょう, 一人の, 万が, 丈夫さうで, 三枝は, 二人の, 二方の, 仲間さんだ, 体も, 使い下さるお許し, 侍に, 元気で, 兄さまが, 兄さまに, 公卿さまを, 公卿様にも, 六の, 医師か, 十夜の, 千絵様は, 園の, 大名の, 姉さま達は, 小づかい, 居間の, 師, 帰りに, 年齢は, 房の, 手柔らかに, 父さまは, 目に, 米坊は, 紅殿と, 絹が, 絹の, 聞かせたまわるまいか, 萬が, 蘭さんは, 見うけ, 見こぼしなすって, 調べくだせえまし, 身は, 長が, 雛に, 飯に, 馴染の, 駒の

▼ ところへでも~ (60, 0.1%)

8 行って 2 持って, 行くか, 遊びに

1 [46件] あがって, いらし, お出でに, お出で下さる, お嫁, ころがりこんで, ご案内, しけ込むだろうと, はいって, はいれる, ひっかかるよう, 入つて, 入浸るん, 写真など, 参りましょう, 嫁いで, 工面に, 廻航する, 引越して, 戻つて保養, 打っ倒れるの, 押しかけて, 持つて, 放して, 歩いて, 歸つた, 深夜を, 牛を, 納まる気, 行くよう, 行けるン, 行こうかなどと, 行ったらあるいは, 行ったらどう, 行つ, 行つて歸つて來る, 行つて見よう, 行つて詳しく, 行つて遊ん, 訪ねて, 訪れて, 轉げ込んだ, 逃げて, 連れて, 頸を, 頼って

▼ ところばかり~ (59, 0.1%)

4 見て 2 では, 読んで

1 [51件] ある完全, こつこつと, そろえて, だ, だから, だった, ですから, でなくいい, でも, でやめて, でよほど, で水入らず, で耳, で面白い, なの, なので, まだ誰, まねるよう, みみずばれ, サ, 一生覗い, 両方で, 亀井戸の, 似るもの, 出て, 君たちに, 嗅ぎ廻つて, 塗って, 好んで, 子に, 思い出されるの, 思い出され残念, 思ひ出され残念, 拾って, 持つて, 探して, 撰って, 攻めて, 歩いて, 沢山有っ, 潮の, 目に, 眼に, 眼について, 知って, 縄で, 縛って, 美しく見える, 耳に, 選んで, 食べて

▼ ところへと~ (59, 0.1%)

2 帰って, 行つた

1 [55件] いいたいが, いそぐ跫音, いっさんにかけ, いって, いつか仰し, かれ等, しまわれて, つとと, でるまで, ひき返した, もたせて, 上って, 丑松は, 云つて引つ, 云ふ, 住みたがるのに, 入って, 再嫁し, 出かけた, 勤務を, 却って希望, 又八は, 向って, 嫁いで, 室を, 家を, 強い力, 思うて, 思って, 思つて小包を, 急いで, 急変的に, 怪しい外出, 息を, 憐れに, 択って, 押し出しつつ, 探りすすん, 梅田映画劇場へ, 正成は, 歩いて, 目ざさなくては, 移つた, 答えたそう, 花子の, 茶菓子を, 落ち込んで, 行つて子供は, 西川夫人の, 言って, 走つた, 走つて行つて, 踏み出させて, 近寄つて, 電報を

▼ ところかも~ (57, 0.1%)

17 知れない 5 知れないね, 知れぬ 4 知れないと 3 知れぬが 2 しれない, 知れないが, 知れません

1 [17件] しらんよ, しれないね, しれないよ, しれなかったが, しれねえが, しれませんが, しれませんね, しれん, わからない, わからぬ, 分らなかったの, 知って, 知れないけれども, 知れないのに, 知れぬと, 知れませぬ, 知れませんが

▼ ところとは~ (57, 0.1%)

2 ならない, ならなかった, 違って

1 [51件] あっても, いい思いつき, いえあの, いえ今, いえ果然, かなり相違, これらの, するなり, ちがう, ちがって, どこかと, ならないと, ならなかつた, ならぬ, はなはだ違っ, もしも生命, もとより同一, 一致しない, 予期し, 云へ, 何うし, 何と, 余程趣, 余程趣き, 全然反対, 再三聞い, 反対側へ, 反對, 同じ側, 同じ点, 大した相違, 大分ちがいます, 大分話の, 大変に, 女と, 少しく違う, 思えずこの, 思って, 思はなかつた, 打って, 極めて異, 決して, 目と, 相当に, 知りながらも, 聞いて, 見えないほど, 道ゆきぶりの, 違うの, 非常に, 餘程違つて見える

▼ ところでない~ (55, 0.1%)

32 ことが

1 [50件] かと思う, かと思っ, かも知れぬ, から知らん顔, から馬乘, がしかし, がその, がとに角翻訳, が作者自身, が翌日, ことを, し二人, し宿下り, それには, という, という叱責, という決定, といふこと, とこで, ところへ, との考え, と不安, と兵馬, と同じく, と平気, と思, と思え, と思った, と思つて, と淋し, と独り語, と現れない, と考える, と苦しむ, と葦, と言う, と言った, と辞退, などと公言, のだ, ので一旦, ので楊公, よ, ような, ように, 供養の, 我先に, 暗黒な, 通り合わせた, 限り杖を

▼ ところによって~ (55, 0.1%)

3 見れば

1 [52件] いかなる増加, おのおの峻峭, おのずから知られたであろう, おのずから知られる, おのずと会得, ここに, これらの, さらにそれ, すみやかに, その人柄, その本質, ほぼこれ, みるに, よく分っ, わかるであろう, アララットは, タッタ一粒の, 事件の, 人民を, 何ら打撃, 内から, 別の, 勝手に, 名が, 名を, 吾人は, 呉一郎の, 壮大な, 外を, 多くの, 山を, 推定は, 既にアラカタ理解, 日本の, 明かりを, 明らかである, 明日から, 朧気ながら, 検討する, 現在天晴れ, 生命を, 甲州いもだの, 異う, 私は, 考えまわし, 見ると, 見る時, 違いが, 違いますあちら, 釘勘から, 非常な, 靴字引その他を

▼ ところまだ~ (55, 0.1%)

4 らに

1 [51件] あの人, おれの, その娘, その時分, その行方, そんな本, だれも, つきつめて, できないやう, どこへも, ほんの一寸, らの, わしらの, 三十以下の, 不明です, 世間には, 二人の, 五六人です, 五十そこそこの, 人情味が, 何も, 初々しい世話女房, 十二時前とばかり, 四十を, 四十四五にしか, 夏負けしない, 大丈夫である, 大変若い, 妻女山そのものは, 子供みたいな, 定かで, 尚早に, 意識不明です, 愛情よりも, 感じること, 担がれたん, 未定です, 村岡の, 枯草ばかりの, 消息不明な, 燻り残って, 生きて, 確められ, 純正な, 若いらしい, 表現されず, 見つかって, 見ぬ山水, 見付かって, 誰も, 謎です

▼ ところあっ~ (54, 0.1%)

52 てこの

1 [47件] てあの, てあれこれ, てかよう, てこういう, てそれで, てで, てにわかに, てのこと, ての偽作, ても晩, てルゾン号, て万事農, て云々, て人為的形式的, て仲間一人, て僅か, て写し代金何円, て切り付けた, て初め, て剣法, て又, て哀れ, て姫路, て家, て川渡り, て当所, て御, て支那農民, て故郷汝南, て文学, て月明, て棟梁風, て横浜, て武装, て燕王, て特別研究室, て直接, て筆, て自重, て茶人, て見, て豊後守, て近頃, て面白う, て面白し, て飄然, て鼓

▼ ところそこ~ (53, 0.1%)

2 に何, に悲哀

1 [49件] から急, が仏性現前, が当時, が第, が要, でも噂, で思いがけなく, にいる, にこの, につまり, にはポスト, には川, には技巧, には生, には運慶, にふらふら, にも兵, にわれら, に充実, に出, に努力, に大酔, に尊い, に山路愛山君, に幸福, に悲劇, に憂鬱, に歓喜, に漲る, ね, のおばあさん, の宮林, の老, の芸者衆, の道, の食客, はがらんどう, は四方, は多勢, は物心一如, は葛藤, へ突然, へ行く, まで来, も知っ, よりほか, を伊勢路, を自分, んとこ

▼ ところであっ~ (53, 0.1%)

5 てその 2 てこれ

1 [46件] たりし, て, てある, ていい, ていつもいつも, てことに, てこの, てこれら, てその間, てつまり五か年, てまた, てまだ, てみれ, てむしろ, てもし, てもよい, ても大人君子, ても差支, てキリスト教, てロレンソ, て且つ, て世, て両々対比, て事実, て今度ウィルメット, て其の, て単に, て国民, て彼, て彼ら, て我儘, て或, て日本, て日清日露, て次郎兵衛, て殊に, て氏, て生物学, て発令室, て私, て結婚, て行ったら, て言うまでもなく, て諸国, て邸, て酩酊者自身

▼ ところという~ (50, 0.0%)

9 のは 4 ことに 2 のも, ものは, ような, わけでした

1 [29件] お望み, ことであった, ことでた, ことなり, その絵, ときでした, のが, のだろう, のはな, ふうに, わけです, 不敵な, 印象深し, 命題を, 寂しさ, 意味だ, 意味も, 感さえ, 感じかたほんとうに, 感銘深し, 最初からの, 標準で, 気が, 気味の, 点が, 言葉を, 評価の, 遠寺晩鐘図, 風だった

▼ ところを以て~ (50, 0.0%)

14 見れば 13 すれば 8 見ると 3 して

1 [12件] いへば, すると, 一首を, 吾人は, 尽きたるに, 文明の, 断ずれば, 日本の, 知られざること, 自分の, 自由の, 返礼しよう

▼ ところ~ (49, 0.0%)

13 やない 6 や, やありません 4 やが 2 やから, やのう

1 [16件] やあんた方, やきず, やございません, やずいぶん, やぢ, やよ, やア, や大々的, や寺本山平, や専ら, や御座いません, や無い, や白米, や蜥蜴, や見せしめ, や豊島町

▼ ところ~ (49, 0.0%)

3 うも 2 か舳

1 [44件] かある, かしきりに, かの芝居, かやっ, かヨクヨク肚, か今日, か出張, か子細, か非常, があった, が突発, だっておれ, でもあつく, とも判らん, と云っ, になっ, にも無く, にも知らない, のやくに, のゆえ, のよう, の変哲, の外傷, の奇, の当, の思想, の甲斐, の變, の辺, もかくべつ, もない, もなし, も不自由, も変り, も変化, も異常, も疑わしい, も知つて, も返答, わが殿, をいう, をどう, を考えてる, んでしたっけ

▼ ところだつた~ (47, 0.0%)

3 んだ 2 のでそれ, よ, んです

1 [38件] がいやいや, がうつ, がそれ, がやつ, がザポロージェ人たち, が先年, が問, が大勢, が御, が敷金, しツイ先刻, ぞ, ので, のでこれ, のでそんな, のでちようど, のでほんとに, のでまた, のでニナール姫, のでネル, ので丁度, ので三田, ので不, ので多分, ので富岡, ので寧ろ, ので彼, ので必ず, ので憎, ので極めて, ので皆, ので躊躇, もんだ, よそれでは, よウ, わ矢ツ張りあたし, んだらう, んで

▼ ところなんか~ (47, 0.0%)

1 [47件] ありは, ありませんワ, ありゃしないと, ありゃしないの, ありやしない, あり得るでしょう, いいじゃ, いろいろ影響, うまいと, かかなくっても, かかれちゃ, きまって, たいへんよく似, どうでも, なかった, なくて, はね逆, ひとつだって, ひどいもの, ぼくの, まあ厭, まあ自分, まだ書い, まるでまるであなた, まるで円, もうおしまい, コレンバカリも, 人に, 何だか変, 何時の間に見つけた, 十七味調唐辛子調で, 危険じゃ, 危険ぢや, 大胆と, 始めから, 実に凄い, 少しだって, 彼女に, 日本そっくりな, 汚ら, 滅法早い, 考えただけでも, 聞かなくっても, 見られませんよ, 見るほう, 面白いじゃ, 面白いぢ

▼ ところにて~ (47, 0.0%)

2 かく思ひ定められしなり, 候

1 [43件] あえなき最期, あたりに, きゃーという, この山, これを, さらに詳らか, その縁平らか, ちょっと暇乞い, やわらかき椅子, アルバと, カイーナアンテノーラトロメアジュデッカの, ゼントゥッカと, 一人の, 三人相あうべし, 人民の, 光を, 其性を, 写しました, 凡そ観音, 前町の, 口々に, 合へ, 図らずこの, 城は, 大いにローマ, 寒し七時半, 寿の, 左右両側各, 己一人の, 思ひ起し, 東より, 東海岸よく, 正味七八石乃至, 毎日曜修養, 特に注目, 百両包を, 相違も, 秩父と, 立止まる, 親, 貧乏が, 軟き, 雪渓を

▼ ところさえ~ (46, 0.0%)

3 あります, ある, あるの, あれば 2 あった, あって, ある顔, うかがわれる, なければ

1 [24件] あったが, ありそう, ありました, ありますね, ありやい, あるよう, ある人, ある顔立ち, うかがわれた, ないなら, わかれば, 出て, 出来た頃, 出来て, 対象を, 感ぜられます, 深く問わない, 無い, 無人の, 考え直して, 見せ不機嫌, 見たこと, 見られる, 見届ければ

▼ ところなる~ (44, 0.0%)

2 か, がこれ, に相違

1 [38件] かが不明, がこの, がその, がそのいわゆる, がなかんずく, が八犬伝弓張月, が如く, が引っ越し, が故に, が自然, が近ごろ応用心理学, ことは, ぞ, ぞ我が, にあらず, にその, に悲しい, に憾む, に目科, に逍遙子, はこれ, もこの, ものも, もアイルランド, も真教, より見れ, を, をいへり, をもってこれ, をもってなり, を信ずる, を奈何, を忘れ, 上古, 世に, 事を, 境に, 道を

▼ ところにまで~ (43, 0.0%)

2 到達する

1 [41件] きて, ふれたもの, むせっぽい, やがて高まる, やってきて, ゆき得たとしても, 勝手な, 四方から, 図々しく押しかけ, 女は, 女や, 引っぱって, 影響し, 影響する, 心を, 成ろうと, 手が, 押しよせて, 持って, 昇華され, 李の, 此處に, 歪を, 残つて来, 水田を, 私達は, 立至って, 自然を, 行きついて, 行って, 追いつめた針目博士, 送りとどけて, 連想しない, 進められて, 達したとき, 達したらしかった, 達せん, 長く暗く重くそして, 響き伝わって, 駈け落ち同様, 驀地に

▼ ところ自分~ (42, 0.0%)

2 はこの, は近頃

1 [38件] がどうして, がまる, が越後, が飲みたかった, だから, で自分, で見当, にはそれ, には最も, にもこれ, にもまだよく, に着纏っ, のこの, のほう, の今後, の力, の召し, の君臨, の国, の弱気, の心, の眼病, の秘書官, の組下, の語, の選択, は, はあのお, ははきち, は久保田君, は唯もう, は面白い, への怨み, を完, を欺かない, を見, を除い, 面白いと

▼ ところ~ (42, 0.0%)

2 来て

1 [40件] こぎつけたが, こぎつけて, そんなに不成績, だと, でした, でしょうか, ひきつれました, まだ宏子, やって, ゆき現在, ゆけませんでした, よく似, わかりそう, 一年間位やらせる, 丈夫に, 下げて, 下りた, 取って, 君の, 味は, 常識は, 思いめぐらして, 推察されない, 明るく見え, 来た, 来た時, 殘らず聞え, 理論的に, 突き進んで, 立ちかえって, 育って, 自分を, 行くこと, 行くと, 行って, 行つた, 行つてゐる, 辿りつけないの, 退いて, 首尾よく

▼ ところからも~ (41, 0.0%)

5 来て 2 よく認められた

1 [34件] あるたけ, いろいろの, おのずから知られる, かなり念, きて, この庭, せり出した, つづいて, やってきました, よく手紙, よく見えた, バケツや, 一種の, 再び姿, 出て, 労働者に, 同行し, 小判が, 推測し得る, 明らかだろう, 来ると, 来るの, 来巴里, 深夜に, 生じて, 知られる, 短歌は, 私の, 続々あつまっ, 見のがせないこと, 覗われる, 説明される, 賛成だ, 運搬作業に

▼ ところだけは~ (39, 0.0%)

1 [39件] あるの, いくらか, きちんときまらなけれ, それでも言っ, ぬかして, のこして, はっきり見える, ふざけたい盛り, ほぼ闇, ぼんやりと, 一向子供, 上手に, 今日の, 似て, 出来ましたえ, 利用する, 取柄でしょう, 執事にも, 大いに買おう, 大津屋で, 守って, 少し義家, 感心でございます, 成るべく漏れなくお伝え, 折々池, 旨かった, 熾んに, 特別日光が, 目つけたい, 立派な, 見えましたが, 見遁, 親方は, 親父と, 読者諸君は, 買って, 違うという, 銅な, 間に

▼ ところなし~ (38, 0.0%)

2 とする

1 [36件] か, かわれ, さ, そのわが家, だ, だなと, ぢや, でした, です, と, とあれ, というもその, といえ, といは, といはむ, といふ形而上論, との古, との疑い, とは先生, とまで考え, とまで考へ, と云, と云っ, と悟らるるであろう, と焼きつけられ, と自信, と見, と言, などとその, に保, に単なる, に帰る, 只この, 汝らゆき, 然れ, 犬

▼ ところによるに~ (38, 0.0%)

2 この法, その動く

1 [34件] ある人, かくの, この辺り, そのいわゆる妖怪, その信徒, その流行, コックリとは, コックリの, スイスにては, フットボールは, ポジティビストの, ヤソ教の, 一千十三名の, 一夜の, 二様の, 今より, 南米を, 同じく礼拝, 同国下田港近辺は, 夜半に, 大阪府下にては, 学者よりは, 学術宗教その, 当地は, 当日は, 怪声の, 意向または, 日本の, 旧教徒一億八千五百万人, 晴雨年齢の, 本年は, 猫憑き, 西洋に, 近来米国にては

▼ ところにおいて~ (35, 0.0%)

2 眺めて

1 [33件] あります, ある, ある机, おなじこと, お話しする, お話する, かえって妖怪, この注目, そのあ, ただにその, であった, とくに完璧, みては, 俳句界中第, 初めて成立, 即ち複雑, 四国遍路の, 大なる, 意外の, 折からの, 最もよく學ばれ得る, 様子が, 毫も上世, 神仏を, 芸術家は, 行わるるの, 行われた光景, 見るべし, 見出されるの, 語ること, 過去および, 雄渾なる, 高雅なる

▼ ところなり~ (34, 0.0%)

2 ければ

1 [32件] あな蛇足を, かくて, この事以下處, さらに学資, しかしまだ, しなるべし, しに, しばらくの, どこへ, またはもっと, ダンテこ, 三上山蜈蚣あるべし, 云々, 云々この, 井戸の, 今宜しく, 友人諸君の, 吾等人類を, 城側は, 天下皆喜び, 宜なる, 山田の, 心を以て, 昨日の, 然るに彼, 王滝村にて, 砲撃云々は, 硫黄の, 組合の, 自由論派の, 計畫, 食料付で

▼ ところあれ~ (33, 0.0%)

2 ばこれ, ばなり, ば左

1 [27件] だけの住居, だけの美人, どもこれ, どもまた, ども一国, ど教師的, の病気, はやや, は勿論, は君, は朝鮮人, は質問, ばこ, ばしばらく, ばその, ばたとい現に, ばなるべし, ばわが, ば到底, ば従来, ば救, ば自分, ば速, ば青く, ば魔道, もこれ, やこれ

▼ ところ~ (33, 0.0%)

4 へある 2 ういふ, なア八, へあつ

1 [23件] あっしゃあ, あの旧式政治家, ういふ仕事, ういふ兼業, う云, う思つて, お前とは, だしぬけに, と答えた, どうして安, はなく, へあります, へ出, へ少く, へ發揮, ツン出るでねえ, 上ったと, 君の, 夢中に, 宿屋の, 知らせに, 程には彼, 行くん

▼ ところまた~ (33, 0.0%)

2 デハルといふ

1 [31件] あとから, かくの, このたび, これからみ, の一枚, もって, よほど注意, 一つの, 一杯今度は, 一番わかり, 五百枚の, 例の, 可憐なる, 右方の, 如何ともすべからず, 封建的財産に, 将来掲げる, 手の, 手術を, 故なき, 機体の, 甲陽鎮撫隊の, 社会に対しても, 自ら経験せる, 自分よりも, 自力尊重の, 衆民の, 諸君も, 走るところ, 通詞側にも, 頭痛が

▼ ところらしく~ (33, 0.0%)

1 [33件] いつも寝起き, おまけに, さすがに, そのお客, その手前, てびら, ほおに, ゆるやかな, クマザサの, スタンドから, バイブルも, 二布一枚で, 住職や, 作りは, 先生たちが, 入口が, 八十本の, 即ち帝国大学, 唯おかしい, 啓吉は, 屋根の, 左掌の, 広くしん閑, 彼女も, 従者に, 手拭を, 海藻が, 狼の, 獅噛の, 白くぼんやり, 石の, 窓の, 荷物を

▼ ところ~ (33, 0.0%)

3 は君, は自分 2 はまだ

1 [25件] がどっと, が僕, だけの身代り, などはその, にし, にとってはあの, には見当, にも判らない, に脱走, の病気, の病氣, はああ, はこんな, はそれ, はそれ以上, ははじめ文芸春秋, は一片, は人並み, は僕, は飜訳, は骨牌, も君, らしい老人, を悩ます, 知りません

▼ ところあたり~ (30, 0.0%)

1 [30件] からきょう, からそろそろ, から後悔, から抜けだした, から讀み始めた, から谷, がいわゆる, が穏当, だったかも, であろうと, でおし, でパッ, において烈しい, には今日, に一つ, に一向, に一寸, に乙女, に執念, に安全, に行つて, はいま, は壁体, は追剥, へちょっと, へ出る, へ押しかけ, へ来, へ片手, まで来

▼ ところあの~ (30, 0.0%)

1 [30件] お代さんが, ところの, 五人の, 人たちは, 古い二階, 女の, 女め強情に, 娘なんぞに, 少年の, 少年嬢次より, 幸吉の, 弁護士が, 急斜面しかも, 恐ろしいブロム・ボーンズ, 惨酷, 手紙に, 折いやに, 未練執着の, 清吉という, 烏は, 結論は, 絵が, 聖書を, 膝掛けは, 船へ, 辺か, 辺は, 近所, 道具類を, 鎹横丁の

▼ ところそんな~ (30, 0.0%)

3 ことを 2 ことは, ものは, 風で, 風に

1 [19件] あては, きれいな, ところが, ところは, やうな, ような, 事を, 人は, 仕事は, 兇暴な, 女と, 小癪な, 度胸の, 様子は, 樣子は, 気が, 筈は, 苦しい眞, 資本も

▼ ところなどを~ (30, 0.0%)

6 見ると

1 [24件] とおった, とって, みせて, みて, みると, 択んだよう, 指した, 描いたの, 時々私, 歩いた, 決して見ませんでした, 沼へ, 眺めて, 綜合し, 繰り返して, 芥川は, 見かけること, 見た, 見られたらとうてい, 見れば, 読むと, 近々に, 遊行し, 重出し

▼ ところに従って~ (29, 0.0%)

5 矩を

1 [24件] いえば, このプラン, この意味, その任務, まず西北, やはり進行, ヘリコプターから, 一人の, 一場の, 丁度この, 任意に, 低いところ, 信頼し, 友誼関係を, 差支あるまい, 帳場に, 形式的に, 推察すれ, 田鍋課長が, 着々成功, 自由な, 自由に, 行こうという, 頑張るばかり

▼ ところへまで~ (29, 0.0%)

2 連れて

1 [27件] はいりこんで, リャクが, 今日本, 体を, 全人的, 出て, 反射的に, 寄せて, 思いを, 或心持, 押しつめられ死, 文学が, 昨夜の, 来たの, 来て, 毒酒を, 流れて, 漕ぎつけたの, 私は, 行くのに, 行ったの, 變に, 近づいた二人, 迷いやすい, 進んだこと, 陥りは, 電報を

▼ ところ~ (29, 0.0%)

1 [29件] から五十年前, から数え, その機会, でもあの, でもまだ, となっ, なお巍然, にては御, の石文村, の私, の雑誌, はお化け, はさびしく, はた, は教会, また重なる, まだ教育局長, までに政治力, まで敵, まで震え, もって, もやっぱり, 外出し, 急いで, 戰端を, 申したよう, 神仙の, 見るところ, 迄姿

▼ ところにこそ~ (28, 0.0%)

2 あるの, 彼が, 真の

1 [22件] あるだろう, あると, かかって, このたび, その意義, むしろ好感, 人の, 人間としての, 人間の, 住いたい, 作者山本氏の, 児童の, 却ってこの, 婦人通信員のね, 学窓の, 恋の, 愉快は, 文学の, 民主主義の, 現代の, 罪が, 表現される

▼ ところよりも~ (28, 0.0%)

1 [28件] うたれた, こうして捕われ, この養生所, その話, つと面白い, なおいっぱい, はるかに, ふと何気なく, またもつ, むしろ家庭, むしろ浅い, むしろ罹災者あて, ズット古く, ミルトンや, 倍以上ひろかっ, 優れたもの, 優秀な, 味は, 多いであろう, 夜は, 此家の, 灯が, 生徒は, 私の, 紛う方, 遙か, 隠れて, 靴の

▼ ところらしい~ (28, 0.0%)

4 のです 2 よ, 商人風の

1 [20件] からきっと, が, がそれ, がそれ以上, がそんな, がヨシナリ君, が僕, が洪先生, ごちゃ, ともいう, ので何, のを, ようです, 人家の, 八阪も, 冗談が, 大胆な, 幸治が, 様子です, 氣が

▼ ところ~ (28, 0.0%)

2 なるもの

1 [26件] かったわけ, そう釣れた, である, なりとされ, なりと信じ, なるに, なるを, なる人物, なれば, に喜ぶべし, 出来大, 喜びだった, 地主には, 多数の, 失態を, 得意だ, 東京の, 森林大, 楓子油の, 歓迎ウシコンシンでは, 病院の, 菩薩の, 評判で, 評判と, 迷惑さ, 體長慶太神宮御

▼ ところあなた~ (27, 0.0%)

2 のお

1 [25件] あ変, からお話, が顔, という方, のご, のギリギリ, の戀愛病, の肉体, の見こみ, は, はいっこう, はここ, はこの, はひょうきん, はまだ, はやっと, は世間, は好い, は実に, は御, は現在, は男, は自殺干与容疑, も御, を通してより

▼ ところかと~ (26, 0.0%)

5 思って 3 思います

1 [18件] いうと, お伺い, お思ひ, 八木少年は, 内々想像, 存じます, 尋ねる, 思うた, 思うたらみんな, 思った, 思ったが, 思つて一度, 思つて私達も, 思ひまして, 思われます, 疑われるばかり, 聞かれたら知らないと, 至極アッサリ

▼ ところとして~ (26, 0.0%)

3 知られて

1 [23件] この場合, ぞんざいに, つくられたの, なほ將來に, 事を, 佳ならざる, 信長の, 半固有名詞風, 可ならざる, 存在し, 家主から, 居ります, 常にその, 得られざるは, 悲しく忘れられない, 最も可, 本郷の, 楽園が, 深く反省, 無住の, 読まれなければ, 誰知らぬ, 顔出しを

▼ ところまでも~ (25, 0.0%)

2 探ねて

1 [23件] おおいかぶさって, きびしく響い, その当時, のびたの, やって来たかと, 乗り入れて, 入つて, 入り込んで, 出かけて, 包まれて, 収穫され, 古いが, 届かないほどの, 引張って, 来て, 正確に, 注意した, 洲が, 生い茂り海岸, 行かなかった次第, 身を, 震えた, 響き渡って

▼ ところだけに~ (24, 0.0%)

5 心得の

1 [19件] ある訣, おどりが, そこには, みがきあげて, 世間の, 五つの, 何だか異様, 光を, 多鶴子の, 家の, 生い茂った灌木, 真黒に, 眼を, 自分の, 良水が, 視点を, 限ったもの, 限られ舐めないところ, 駒を

▼ ところでなけれ~ (24, 0.0%)

4 ばいけない, ばならない, ばならぬ

1 [12件] ばいや, ばその, ばない, ばならず, ばなりません, ばほんとう, ばよく, ば人, ば仕事, ば少し, ば母, ば足

▼ ところとか~ (24, 0.0%)

2 僕の, 近いところ, 陶器なら

1 [18件] お腹の, その結果, そんな夢, ちょうどご, つぼけ, で私, 世間から, 夢の, 思ふべきが, 或いは竹, 日本風の, 東軍西軍の, 浮彫で, 物足りないところ, 聞きぬ, 警察へ, 銀河の, 食べものと

▼ ところどう~ (24, 0.0%)

2 考えても

1 [22件] か助ける, さがしても, したって, したの, したもの, したらいい, したわけ, した拍子, しましょうね, しようも, じゃ, だったの, ぢやらう, であった戦, でもよい, なって, なるか, にもならない, 感違いした, 考へても, 見ても, 訂正も

▼ ところもう~ (24, 0.0%)

1 [24件] きのうとか, すりへって, そのとたん, どこから, どこへ, なし, イケない, 一遍取り次い, 七十を, 三昼夜しか, 九日間しか, 二時間しか, 二月も, 住み古し, 何も, 八方塞つて遣繰, 冗談ごとでは, 出願が, 十枚目だ, 土地に, 大変な, 法定期限は, 疲れて, 百万弗の

▼ ところわたし~ (24, 0.0%)

1 [24件] がいる, がドコ, だけの推理, だって, なぞはそれ, にいわせれ, にとってはあの, には一向に, には要領, のこと, の初心, の勝ち, の想像, の目, の知っ, の話, の頭, はお, はぎょっと, はこう, は一度, は何, は覚悟, は鶏小屋

▼ ところ必ず~ (24, 0.0%)

1 [24件] この点, そのよう, ついて, つきまとうもの, どちらかへ, エクスタシイが, 二者侍立し, 人民の, 人間の, 利益あり, 夜光の, 太陽の, 好奇の, 宣撫の, 影の, 戦争が, 確実に, 自然との, 行われざるなく, 被搾取者, 見えない供, 郷寺もしくは, 降り掛かる偶然, 雨を

▼ ところただ~ (23, 0.0%)

2 一つの

1 [21件] かかりあいに, そのこと一つ, それだけ, それだけの, にうち凹め, の具足師, の博奕打ち, の監視人, もう卑屈, 両派に, 冬夏二季の, 外国を, 大きく見開かれ, 天と, 宿の, 新しい大きな, 暗黒の, 概略に, 珍妙な, 蛸が, 赤裸の

▼ ところ少し~ (23, 0.0%)

2 もない

1 [21件] おもしろくない, その, て電車, とせず, の間, はヴェーラ・イオーシフォヴナ, ばかり色めき立つ, ひもじい目, もありません, もなし, もわかりません, も悲し, も損, も濃淡, も親, わきに, 以前から, 唐突に, 色の, 足踏みを, 険の

▼ ところ~ (23, 0.0%)

2 手紙に

1 [21件] 先代一閑斎殿或, 先生も, 名前の, 垢付の, 寛大な, 当主の, 承知にて, 月番家老黒田大和殿から, 注文の, 渾家御, 病中ながら, 苦勞樣でした, 覚えの, 許容なし, 貴殿首を, 辛抱なさっ, 辺も, 隔意無く, 隠居松向寺殿は, 養生かなわせられず, 鷹野の

▼ ところからの~ (22, 0.0%)

2 伝来である

1 [20件] お帰りがけ, かえり路, ことで, びあがつて奥深い, もので, ように, サボなんか, 事で, 人間が, 反射像によって, 名称で, 帰りがけなどに, 手落ちであろう, 推定であろう, 水くみでも, 美と, 賞讚と, 身もだえ訴えの, 迎への, 通信以来この

▼ ところであります~ (22, 0.0%)

1 [22件] からこれ, からそうして, からその, からまったく, からまつたく, から旱魃, から最期, から老人, から職業, がいま, がかの, がこの, がその, がただ, が事情, が口, が拙者, が果して, が貴兄, ことにおなじ, ということ, なるほど豊島氏

▼ ところどこ~ (22, 0.0%)

1 [22件] かおから, かのお嬢さん, かの一隅, かへお出まし, か執拗そう, がそういう, がどう, でもいい, でもそこ, でも不便, でも開業, にいたしましょう, にもあらず, にもない, にも同じ, にも有す, の支店, の海, へいっ, へ問い合わせたら, もかしこ, も変っ

▼ ところない~ (22, 0.0%)

2 かしら

1 [20件] から唐辛子, し一室, じゃない, ために, だけ楽しく, つもりだ, ところかまわず, までにし, ものであった, ようです, ような, わけです, わけには, 一ト色である, 丈うんと, 佐佐木博士に, 大欠伸, 女に, 生活という, 群

▼ ところなども~ (22, 0.0%)

2 よく似

1 [20件] あった, あるが, まだ覚え, やはりどうしても女らしい, よく大, 人を, 何か, 到るところ, 土地馴れない, 宣伝部長としては, 微妙で, 日本固有の, 港町の, 私は, 私らは, 自然である, 見える, 見せた, 通算し, 頗る趣

▼ ところあらん~ (21, 0.0%)

8 とす 4 とする 2 とし, や 1 ことを, と期する, と欲す, と請い, など言

▼ ところここ~ (21, 0.0%)

2 は大

1 [19件] から近い, が最も, しばらくの, だけで, では多く, では訴訟当事者たち, でぷつりと電波, で前, には貧しく, に住ん, に先陣, に朝倉家, に横浜市長, に鍔競合, のごとき, のみか城, は人, は全く, は医療部

▼ ところなぞは~ (21, 0.0%)

2 いささかも

1 [19件] なかなか一筋縄, もうすこしウマ, オースタリヤあたりの, 一ぱい, 三吉の, 上草履でも, 人間が, 何という, 内容として, 墨が, 大に, 少し物, 御寺, 書生ばかりで, 正にそうとしか, 正に鬼神, 殊にそうであった, 眼を, 絵を

▼ ところによっては~ (21, 0.0%)

1 [21件] しゃがまなければ, へべれけに, ヤソの, レイラボッチとも, 三日に, 世間話に, 二台も, 先住の, 六時間も, 少しの, 山を, 往来の, 指定区域という, 民間で, 海の, 腥風血雨, 蝟集まっ, 行われて, 袖を, 野原の, 非常な

▼ ところをも~ (21, 0.0%)

1 [21件] よく知らない, 多少なり, 彼女らは, 念頭に, 或る, 潜り忍んで, 究め武蔵禰乃乎美禰, 究明しかねる, 考へた, 聞き知りもはや, 街道を, 見せたまわずや, 見せて, 見せ玉はず, 見逃せなかつた, 訪ねずに, 訪れた, 詞章もて, 誰も, 踏み切って, 通り過ぎなければ

▼ ところ~ (21, 0.0%)

2 の位置

1 [19件] から話し, が今, そういふ, にはお, に理解, のほか, の理想, の負け, の身体, の體驗, はかなり, はずいぶん, はまだ, は女, は温順さうに, は聊か, は肯定狂, は道具類, も知

▼ ところでの~ (20, 0.0%)

1 [20件] ことだった, クリスマス, 大敗藤本鉄石の, 安心土台の, 御菓子, 心ゆくばかりの, 恐ろしい場面, 成功の, 暮しに, 楽しい反覆, 物性の, 生活を, 生活術という, 自分の, 評判は, 話だ, 講演, 辛い苦しい血, 通信を, 革命的な

▼ ところとも~ (20, 0.0%)

1 [20件] あり今, いえも, そういう教, だいたい似, ちがう, なって, ならなかった, なるが, 一晩遊ん, 一致する, 云える, 同じわけ, 思いませんでした, 思ひませんでした, 思へなかつた, 思われぬ廃屋, 知らずそのまま, 知らずに, 聞く, 解せられる

▼ ところとを~ (20, 0.0%)

1 [20件] あらゆる点, くわしく教える, このごろことに, すべてこの, どういふ, よく現し, 与えて, 了察せられん, 代る, 取りましたそれから, 得たもの, 持って, 板に, 痛い程, 知ろう, 窺わしめて, 考えるならいかに, 見た, 見ても, 話した

▼ ところなかなか~ (20, 0.0%)

1 [20件] うしろに, そんな呑気, の機微, の紆余曲折, むつかしいよう, りっぱな, 上等な, 両者の, 人間の, 努力である, 大した歴史, 小癪だ, 形式的で, 御意見, 油断が, 稽古を, 老練家の, 許しそう, 面白い, 面白く感じました

▼ ところとが~ (19, 0.0%)

2 あった, 方々に

1 [15件] ある, あるに, ある様, ある筈, いろいろに, ここの, この小さい, できて, なんとなく気, 不思議に, 妙に, 必ずあ, 或は世間, 符節を, 鬼ごっこでも

▼ ところにでも~ (19, 0.0%)

1 [19件] あるん, いくつか, いる蝦蟇, ごろ付かせ, つれて, なつて, なるだろう, はまって, 住めるのに, 何時でも, 寄って, 嵐の, 潜んで, 生活し, 相撲を, 行かうよ, 行って, 遊びに, 飛びあがって

▼ ところいかにも~ (18, 0.0%)

1 [18件] とって, 何国の, 古風である, 女です, 實直さう, 恰幅の, 愛すべき動物, 正介, 神秘的な, 素子らしく, 耳を, 自信あり, 艶に, 芸道の, 賤民らしく, 酔陶然の, 雑然と, 頑丈な

▼ ところでなく~ (18, 0.0%)

1 [18件] あちらに, ありがたいという, ただきく, ちゃ体, てはこの, ては美しい, ては認めさせず, ては魚, ても普通, てよかっ, とも摂津, もっと大きな, 何事も, 反対側の, 後ろは, 必ず屋根, 早く真如, 都会へ

▼ ところにては~ (18, 0.0%)

1 [18件] この方角, この薔薇, その人, なお後人, また, 交易条約御, 人間は, 人間一生中最上の, 初代長光の, 品物なども, 天の, 妖怪に, 家相家に, 彼の, 数間高い, 料理などは, 是等の, 美しきアウローラ

▼ ところばかりを~ (18, 0.0%)

3 見て

1 [15件] うろうろし, とらえて, どうどうめぐりし, にげまわるの, まねるため, 取り入れて, 味は, 學びと, 往っ, 次々と, 狙ふ, 生命と, 続けて, 通って, 選んで

▼ ところほど~ (18, 0.0%)

4 星が

1 [14件] あります, おそろしいの, たくさんは, よく発達, 仕事が, 光が, 圧力高く, 実はその, 得意を, 損が, 暮しやすい, 案外面白く, 蛍が, 見付け易い

▼ ところ~ (18, 0.0%)

2 は必ず

1 [16件] がその, だという, というもの, などには近, の不幸, の亡魂さまざま, の力, の姿, の客, の幸福, の首筋, はびっくり, は兵馬, は容姿, は男数, は血ばしった

▼ ところあら~ (17, 0.0%)

3 むと願望する 2

1 [12件] くれの, しむべしと, ばこれ, ば之, ば天之, ば著者, ば願わくは, むとす, むとせしを, むと云々, むを, む梅樹の

▼ ところきらわず~ (17, 0.0%)

2 オナラを

1 [15件] がさつな, げんこつを, その深い, に乱打, ばったりたおれ, めったやたら, 下に, 不調法を, 天から, 妖舞し, 恋の, 火を, 火傷を, 発作する, 金網に

▼ ところでし~ (17, 0.0%)

3 てね

1 [14件] くじつては, て, てお人好し, てきっと, てこの, てそれ, てちょっと, てな, てなア, てねその, て例えば, て村長さん, て矢張り其処, やうが

▼ ところとの~ (17, 0.0%)

1 [17件] あいだに, あったこと, ことで, さまの, ちがいでしょう, つなぎめの, つり合いがほどほど, 両方に, 中間くらいの, 中間に, 境で, 差が, 往復の, 見境いがはっきり, 距離を, 間に, 間には

▼ ところにより~ (17, 0.0%)

2 ますると

1 [15件] これの, これを, その能力, どうやら維新, どころを, わずかに, 人身売買を, 俗によって, 呼び名が, 哲学と, 明らかなる如く, 時によって, 暗黄褐色, 暴行を, 雨

▼ ところ即ち~ (17, 0.0%)

1 [17件] これが, そこに, フランスの, 一なり, 世界の, 傷口, 国是と, 天にて, 尊きもの, 故郷の, 方向を, 是なり, 母家の, 生活そのものの, 粗密相接する, 臍, 身を

▼ ところだけでも~ (16, 0.0%)

1 [16件] この辺, ずいぶんおもしろい, だいぶ違っ, できるだけ, 三四冊あり, 三四册あり, 人間の, 彼の, 掃きよせて, 用意し, 答えて, 見て, 講義しなけれ, 路地には, 開いて, 随分僕

▼ ところによ~ (16, 0.0%)

4 つては 2 つて急がず騒がず 1 つてほ, つても, つて判斷する, つて存在する, つて略ぼ察せられる, つて疑ふ, つて私の, つて立ち枯れの, つて芽を, つて読者は

▼ ところをと~ (16, 0.0%)

4 覓めて 2 思って 1 いうので, いかにも鼻持ち, こつちは, 云って, 思ひ牛込若松町, 拾ひ, 焦っても, 見廻わ, 見廻わすと, 覚めて

▼ ところ実に~ (16, 0.0%)

1 [16件] かくの, 一理あり, 他の, 微妙で, 懦夫怯夫を, 浮世離れの, 深い価値, 測量すべからざる, 濃厚な, 物外の, 畏るべく, 落ち着いた男, 虚しからざる, 錚, 面目なき, 順序あり

▼ ところ彼女~ (16, 0.0%)

2 は十六歳

1 [14件] が私, にき, の方, の虹, はきっぱり, はどうしても, はまさに, はまだ, は前, は去年, は夫, は旧, は自分, は返事

▼ ところ~ (16, 0.0%)

1 [16件] と内通, なきその, なき小, なき快勝, なく康囘, なく欧州全体, なし, なしじゃ, なしで, なしです, なしという, に対するに多く, の張飛, の要塞, はあるまい, は見た

▼ ところ~ (16, 0.0%)

2 がつけた

1 [14件] かわたし, か見, が殺した, でしょうか, でもおそらく, でもない, のため, もゐない, も円光, も客, も知っ, も私, やら庭, よりも書生

▼ ところへの~ (15, 0.0%)

2 お手紙

1 [13件] お客様です, こ, このこと, して, そりと, そりの, まざまざと, 健全な, 客である, 往復この, 悲しさ, 直接訪問客が, 頻々な

▼ ところ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あなたが, あんまりべたべたやる, おそば, ここを, さそうに, なもし, もういい, ゆっくりなすっ, ゆつくりなす, パリは, 伯父さんも, 何だか落つ, 喃吉田の, 少しは, 引越さない

▼ ところよりは~ (15, 0.0%)

1 [15件] ぐつと視界が, こころもち前へ, ことに昔, ずっと一段, ずっと信頼, ちょっと東, やはり愛嬌, よほどはっきりし, 三十間も, 中和な, 可成り, 少しく四五倍, 少しひろく遠い, 温かいに, 高く豊富

▼ ところ無く~ (15, 0.0%)

1 [15件] その雲, たべて, はっきりと, 作した, 吾が滿足, 四方の, 我らに, 描き尽されました, 明白に, 春の, 松杉の, 為すところ, 用意を, 白しける, 遊びます

▼ ところ非常~ (15, 0.0%)

1 [15件] なセンセーション, な好, にはつきり, にタッチング, に先生, に多く, に平静, に早く, に様式化, に気, に気楽, に消費面, に興味, に貧しい, に遠く

▼ ところじゃあ~ (14, 0.0%)

1 [14件] あいつと, あのふたり, おゆうさん, お前さんが, お福, ここらに, しようがねえ, ないこんな, ないさ, ないだろうか, ないと, なかった, まあこんな, 一向に手がかり

▼ ところだって~ (14, 0.0%)

1 [14件] あの通り, あるん, いうの, おとうさん感心してる, かえって迷惑そう, この頃, そうでしょう, 中気に, 平凡だろう, 年中粉煙草ばかりが, 橋本以外にも, 泥沼の, 起きただろう, 鬼ばっかり

▼ ところって~ (14, 0.0%)

2 どこ

1 [12件] ありゃしない, そう急, どこかなあ, どこな, どっちの, どんなところ, のは, ほかに, ドコです, 今ここに, 地下室な, 言う気

▼ ところでございました~ (14, 0.0%)

3 がわたくし 21 か誰, が, があべこべ, それを, なあ, ね, ので私, のにまことに, よ閣下

▼ ところなりと~ (14, 0.0%)

3 いう, いえども, いふ 2 いへども 1 言われたが, 説を, 雖われ往い

▼ ところなんぞは~ (14, 0.0%)

1 [14件] からん重, どのくらい, ないはず, なかった, よほど積極主義, ドウ見, 不埒千万だ, 伊勢古市で, 我ながら, 火炎背負った, 男なら, 見向きも, 誰が, 飛ぶ鳥

▼ ところまことに~ (14, 0.0%)

1 [14件] すみませんが, やむを得ないもの, 可憐で, 地味な, 好人物らしい, 御苦労千万也, 明かに, 根は, 残念でも, 深く批評家, 濃澹, 老大国, 賭博器なり, 驚歎すべき

▼ ところまるで~ (14, 0.0%)

1 [14件] あやふやです, その実在性, わが身の, 三人一しょに, 乞食同然の, 人間の, 十三四の, 女としか, 火事でも, 直観にしか, 草木も, 薬の, 面白くな, 鼠の

▼ ところ多く~ (14, 0.0%)

1 [14件] あり, あり心づくこと, しかも日本, して, の人, の武将, は粗, は自, は霜頭, 井戸水を, 人間観に, 十兵衛の, 是非を, 読んだ

▼ ところ意外~ (14, 0.0%)

1 [14件] なお方, なお越し, なほどに, にもヨーロッパ一流, にも一平, にも奥まった, にも寝床, にも彼, にも意外, にも流産, にも誰一人, の大漁, の椿事出来, も意外

▼ ところ日本~ (14, 0.0%)

1 [14件] が負け, では全く, で処分, において法律, にとって一番重要, にない, になく, に於, に現代劇, のどこ, の人心, の前, の地震, の過去

▼ ところからでも~ (13, 0.0%)

1 [13件] いいという, アロハ氏の, 三四里ぐらいは, 三国一の, 仕入れて, 墜落する, 平気で, 御機嫌伺いを, 映画なる, 結構です, 船や, 見えますね, 見下ろすよう

▼ ところそう~ (13, 0.0%)

1 [13件] かそう, かよい, して, するの, するより, だった, だ十内, でしょ, なん, ね, 思いましたよ, 気遣いせぬもの, 頷くだけの

▼ ところだの~ (13, 0.0%)

1 [13件] おかみさんが, スキーに, ビーブ・ダニエルの, 三人一列の, 上衣に, 大蛇が, 天下晴れ, 小児に, 小悪, 憤然たる, 曲って, 羽織の, 蝋燭の

▼ ところだらう~ (13, 0.0%)

32 と思ふ 1 が, がごく, がとにかく, けれどヨーロツパ, と思はれる, 万座は, 個展なども, 誰か

▼ ところどうも~ (13, 0.0%)

1 [13件] あとの, お徳, この辺, そんな風, 健全とは, 大事な, 寛永寺別院の, 御婦人, 日本人の, 済みませんね, 滝壺からは, 近寄るその, 青江物じゃ

▼ ところどの~ (13, 0.0%)

2 女も

1 [11件] くらいでしょう, くらいな, ような, テーブルの, 外人の, 新聞紙も, 方角からに, 村, 百姓も, 部屋を, 鵞鳥だった

▼ ところなどが~ (13, 0.0%)

1 [13件] あった, あるため, いい気もち, どうも気, みられた, 今の, 写りました, 写真に, 如何にもイギリス, 新聞を, 書いて, 相俟, 草案には

▼ ところにのみ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ある, あると, あるので, その怒り, 向ふ, 存在する, 成立する, 現われ得たの, 真価が, 眺めて, 見られる現象, 起こったらしい, 運命の

▼ ところやはり~ (13, 0.0%)

1 [13件] いずれにも, 先ほどの, 単なる理想, 変な, 外科手術で, 大分御, 大変面白う, 狭いところ, 理論の, 神隠しな, 自然の, 讃岐の, 駐在巡査の

▼ ところわれわれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] がお, がわれわれ, にとつ, の周囲, の大義, の目, はなに, は万有, は光明皇后施浴, は彼女たち, は感情, は決定論, は衣食住

▼ ところ~ (13, 0.0%)

1 [13件] あり人, がいくら, が見たら, にちやほや, にはわからぬ, のうわさ, の心, の愁, の許さざる, はのがれられない, はマドレーヌ氏, も亦, 無きところ

▼ ところ~ (13, 0.0%)

4 売りの 3 の荷 1 が冷めちゃう, の御, の成, はおまけ, やの小僧, を流しこん

▼ ところ~ (13, 0.0%)

5 の中 1 が苦しい, にはこれ, には変わった, のある, のどこ, も人, らしいもの, を廻っ

▼ ところ相手~ (13, 0.0%)

1 [13件] が二人, が無く, が自分, に引きずられ, の教師, は, はやはり, は一人, は其許自身, は大炊, は實際, は顔色, をたおし

▼ ところこそ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あいつの, あるが, かえって一番味, この策謀, すめら, その護摩壇, まさに秘密, 利休にも, 十九年以前に, 生けるしるし, 見なかったが, 見られて

▼ ところじゃが~ (12, 0.0%)

1 [12件] あせんか, お前が, ことによる, この男, そんなに有害, つい昨日摂津, 戦場の, 東京に, 船の, 誰であろう, 赤桝の, KKという

▼ ところなぞ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ありゃしない, いかにもうま, から鐚一文, このかみさん, じつに鬼気, じゃ四文銭, そっくりじゃ, つくづく礼儀, のぞいて, まるでもう一人前, 望んで, 熨斗目麻裃を

▼ ところなんて~ (12, 0.0%)

2 あるもの 1 あるの, ある筈, ただの, ないの, ないよ, ないわよ, ないん, もう日本, 寸法じゃ, 肉が

▼ ところについて~ (12, 0.0%)

1 [12件] だった, はっきり述べ, まいれば, 一般の, 一言し, 固定した見, 曲つて行つた, 概略を, 緩慢な, 考えつつ, 見ても, 見るに

▼ ところわし~ (12, 0.0%)

1 [12件] と顔渕, にはまだ, の留守中, の考え, はあまり, はデルマ, は君, は唯, は彼女, は自分, もまだようやく, も一頃

▼ ところ一つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] しかなかっ, には夫, の小屋, の岡, の理想, の紙袋, の著しい, もありません, もご, もない, も思想, も見当らない

▼ ところ今度~ (12, 0.0%)

1 [12件] お館, かえってお, だけは見逃す, どうやら軍兵, の, のよう, の災難, ははいっ, は別, は村正, は直ぐ, 行って

▼ ところ全く~ (12, 0.0%)

1 [12件] 不明である, 判らないという, 同じな, 圧倒され, 數の, 未知数である, 無意味に, 疲れ果てた六十歳, 眼中に, 確定し, 落ち着き払って, 面白い

▼ ところ別に~ (12, 0.0%)

1 [12件] これという, わかりたいとも, 僕には, 名案も, 変りは, 大きな仕事, 必要も, 意地の, 敵と, 處分の, 變つた樣子は, 身体の

▼ ところ~ (12, 0.0%)

1 [12件] 〇・一斤減る, しても, すぎました処, そのあと, ひとつ酒の, ひどく出征, クラブで, 主人公お, 如何なるを, 文明史の, 面白い, 飛行機に関して

▼ ところ多き~ (12, 0.0%)

2 を以て採 1 に至り, に過, に過ぎずや, は, ものより, を全く, を恥ぢ, を率直, 者です, 部分的概括に

▼ ところ幸い~ (12, 0.0%)

2 にし 1 にその, にも真犯人, によい, に畳, 今日は, 今申した, 君は, 本人が, 聴許され, 自分から

▼ ところ極めて~ (12, 0.0%)

2 浅薄な 1 ハイカラな, 多き, 大である, 大なる, 安っぽい品, 少なし, 簡単明瞭な, 緩慢に, 観易から, 遅々として

▼ ところ~ (12, 0.0%)

1 [12件] 一に, 一報を, 一学期の, 一放送を, 一日目だけ, 一番の, 一矢が, 一等を, 一級に, 二の, 二流の, 八獄と

▼ ところちょうど~ (11, 0.0%)

1 [11件] この合戦, そのころ, そのころ今里保育園, その日, その満願, またああ, 今自分の, 只今お話が, 夏の, 彼岸の, 昨晩ルーアンの

▼ ところつまり~ (11, 0.0%)

1 [11件] その別莊, サンドウィッチで, 出島と, 女性としての, 居酒屋であった, 彼の, 彼女らを, 浄化された, 火事が, 警察部長だの, 豹一は

▼ ところなどに~ (11, 0.0%)

1 [11件] いくぶんか, すこし手入れ, その本質, なると, のぼって, ほんとに底, 動かされます, 如何にもその, 幾分か, 探偵小説の, 水鶏が

▼ ところまでしか~ (11, 0.0%)

2 ない 1 ありません, とどかない, ゆきませんから, 助言を, 水に, 膨らんで, 覚えて, 証明し, 適用されない

▼ ところ今日~ (11, 0.0%)

1 [11件] おぬしが, では若年寄, となった, になっ, になりました, の朝, の講演, はこの, はしきりに, は合力, 遺つて

▼ ところ~ (11, 0.0%)

1 [11件] によって姐, によって荒唐無稽, のダッタン女, の仏蘭西人, の南条力, の問題, の巨船グロリア号, の毒物, の物数奇連中, の男, の銅

▼ ところ先生~ (11, 0.0%)

1 [11件] が心配, と話, なら, におかせられ, の云はる, の方一目, の面, はあれ, はお前, はよく, はよほど

▼ ところ同じ~ (11, 0.0%)

2 ような 1 からざる, からずして, きとき, ことの, 家中に, 意味で, 時計の, 目的一つの, 辺から

▼ ところ大いに~ (11, 0.0%)

1 [11件] さばけて, なおす必要, よかろう, よし, 仏説に, 余を, 効果が, 吟賞する, 弱って, 浩然の, 雅趣あり

▼ ところ~ (11, 0.0%)

2 奔し 1 にあんな, にえ, にそれ, に何やら, に具合, に地球, に御, に新しい, の御

▼ ところ果して~ (11, 0.0%)

1 [11件] この島, その通り, 一つの, 三階の, 今度は, 彼は, 施灸巡業を, 死後十五分過ぎ, 真名古は, 鉛を, 鋼索の

▼ ところ甚だ~ (11, 0.0%)

3 浅薄な 1 多かつ, 多きを, 少からざる, 志操堅固な, 懇切である, 結構だ, 遠いの, 高遠なる

▼ ところ~ (10, 0.0%)

1 ってかこの, ってか故意, ってか日本橋長谷川町, ってか自信, つたで, つてな, つて作つた名称でも, つて出家し, つて遣る, 逃がして

▼ ところあまり~ (10, 0.0%)

1 それに, 不思議な, 世間なみの, 偉そう, 先端的でない, 勤めば, 狭きをもって, 興味が, 順調な進み, 風采の

▼ ところありし~ (10, 0.0%)

1 がごとき, がその, が我, が是, と雖, なり, による, を悔み, 故田中正平博士, 然る

▼ ところかえって~ (10, 0.0%)

1 いい保養, お為め, から養っ, その真率偽り, 大に, 病気が, 真心を, 興多く, 饗応の, 高雅蒼

▼ ところたちまち~ (10, 0.0%)

1 そこは, に美しい, ミルキの, 一山の, 反宮方, 国論が, 地を, 平家の, 御宥免, 眼が

▼ ところにか~ (10, 0.0%)

1 ある, かつてゐる, チラついて, ーっと, 人道を, 偶然露出され, 正義を, 突当りて, 筆を, 身を

▼ ところばかりが~ (10, 0.0%)

1 あるの, お目, 世の中でない, 人の, 外に, 彼女の, 想出として, 板の, 目立つせい, 眼について

▼ ところまでの~ (10, 0.0%)

1 写真記録表などが, 努力を, 心の, 現実性で, 結論が, 自分への, 茨の, 警告前文を, 距離の, 間が

▼ ところよく~ (10, 0.0%)

2 ないところ 1 お眼, お訪ね下された, は判らない, わが心, 似て, 分らない, 吸うよう, 覚えて

▼ ところ人間~ (10, 0.0%)

1 だけは他, と神, についてその, のべつ幕, の住む, の普遍的愚, の生物的, はそんなに, は閑適, 臭い筈

▼ ところ~ (10, 0.0%)

1 にこれ, に求めざるべし, の僧, の多く, の女優, の女給たち, の木, の演劇, の類似, アや

▼ ところ~ (10, 0.0%)

2 には少し, の欲しい, の負け 1 の身, は孫行者, は死, は青年

▼ ところ~ (10, 0.0%)

1 で一番巧, のほう, の好み, の姿, の甚三郎, の申します, の長兵衛, は手かげん, は渋い, ばっかりよ女

▼ ところ~ (10, 0.0%)

2 同じけれ 1 化合し, 同じ, 変らず二人, 師あり, 拠れる, 當裕福らしい, 當長い, 邇き

▼ ところ~ (10, 0.0%)

2 にあらざる, にあらず 1 うつぎ, が咲い, の匂ふところ, はなけれ, はなん, も葉

▼ ところあつ~ (9, 0.0%)

1 たあつ, たか, たかに, てわざと, て僧籍, て常陸, て突然, て群馬県, て酒

▼ ところいずれ~ (9, 0.0%)

1 の国, も, もよき, も二十七八, も同じ, も大小, も歌子, も立派, も西洋

▼ ところ~ (9, 0.0%)

1 ざりませぬ, 助力くださりまし, 危難を, 外出にて, 承知の, 独身の, 禁制の, 老師の, 高名の

▼ ところそういう~ (9, 0.0%)

1 けっしんを, ガサガサバタバタでは, 人物だ, 味は, 所の, 明徹さ, 点で, 訳なら, 趣が

▼ ところたしかに~ (9, 0.0%)

1 ほかにも, 中には, 出が, 彼の, 承知した, 海岸の, 登場人物の, 米作農家が, 薩摩人らしい

▼ ところとても~ (9, 0.0%)

1 おいしいという, なかった, なく気がかり, なく私, 娘の, 弱そう, 忙しい, 相談に, 苦しいのよ

▼ ところどうやら~ (9, 0.0%)

1 これは, もと内陣, 下総なまり, 例の, 怪物の, 海上の, 生きつづけて, 私の, 養女の

▼ ところなかっ~ (9, 0.0%)

41 たか, たぞ, たの, た人, た勇猛心

▼ ところに従い~ (9, 0.0%)

1 一塊の, 事を, 僕としては, 君主の, 巨勢博士を, 日本大衆党全国労農大衆党社会大衆党と, 日本沿海の, 東西の, 現実に

▼ ところ~ (9, 0.0%)

2 あすこは 1 あすこを, あそこへ, うちの, これから先, だからヒステリー, みんな水が, 膝づめのところそれが

▼ ところわずか~ (9, 0.0%)

1 となった, な隙間, に一円, に一杯, に三十分, に二日間, のこと, 五百騎しかし, 八町歩だった

▼ ところわたくし~ (9, 0.0%)

1 が言う, に, に註文, の父母, の身体, はその, はとても, は店, も独身

▼ ところをば~ (9, 0.0%)

1 キキの, 今の, 先づ刀もて, 包まで, 必ずベルナルドオ, 既にいひぬ, 昨日と, 機を, 神明の

▼ ところ何と~ (9, 0.0%)

2 面白いでしょう 1 なし読ん, 云うか, 前田犬千代から, 微妙でしょう, 活, 考えさせるでしょう, 言はれ

▼ ところ博士~ (9, 0.0%)

1 にとって不利, の助手, はしから, はす, はそれ, ははじめて, は先刻, は学校, は無能力者

▼ ところ~ (9, 0.0%)

2 あり水 1 がかすん, と山, のあなた, の中, の物, を下りた, 深く樹

▼ ところ~ (9, 0.0%)

1 から人, から従け, から追っかけ, のもの, の天下, の者, へ辷り, を慕っ, ブオンデルモンティこの

▼ ところ~ (9, 0.0%)

1 つれて, と答える, 君を, 寒いしめっぽい, 御免, 悦びながら, 折々よっ, 水の, 船問屋に

▼ ところ~ (9, 0.0%)

1 というの, の名前, の胎内, の話, はこうした, はそのまま, もすっぽかし, もゆうべ, よりほか

▼ ところ~ (9, 0.0%)

1 と眼, につく, に見え, の凄い, の可愛らしい, の活きた, をつけ, をつけねえ, をとぢ

▼ ところ面白い~ (9, 0.0%)

2 でしょう 1 くらゐ, ことね, ぢや, という事, と思った, ものです, わね

▼ ところあった~ (8, 0.0%)

2 がこの 1 か自身米国近海, というの, のか, のさ, のである, のは

▼ ところおれ~ (8, 0.0%)

1 の方, はお, は唄, は少々, は有り難, は話す, も足, を城外

▼ ところかまわず~ (8, 0.0%)

1 こてこてぬりつけました, そのへん, に走っ, ベタベタと, 大きな塚穴, 大納言を, 網を, 酒と

▼ ところこう~ (8, 0.0%)

1 いうて, いって, しか思えない, なるん, やって, 啖呵を, 気むずかしそう, 考えるの

▼ ところすなわち~ (8, 0.0%)

2 脂肪の 1 その法, よく野老, 仏, 浅いところ, 燃焼の, 雨が

▼ ところすら~ (8, 0.0%)

2 ある 1 あった, あるの, ない空っ下手, わからないよう, 別々であっ, 通り越して

▼ ところつい~ (8, 0.0%)

2 最近友人が 1 そこに, そのま, その人, 五六日前の, 先ごろ山東河北の, 先刻おそろしい

▼ ところでありました~ (8, 0.0%)

1 からさしあげる, から米友, がこの, が将軍継承問題, が小浜兵曹長, が神尾, けれどその, ので怪塔王

▼ ところどうしても~ (8, 0.0%)

1 これが, 中流以下の, 五十前後六十を, 必要である, 恐怖では, 感ぜられない状態, 明治四十年式の, 脇の

▼ ところなんぞ~ (8, 0.0%)

1 お話に, まつたく関係, よくまァ, 微塵も, 消える筈, 知らん漢, 計らん長安, 読んで

▼ ところにだけ~ (8, 0.0%)

1 ハチマキさせれ, 一枚残った, 凝り集っ, 在ったので, 大事がられた, 死の, 無花果の, 行きたいと

▼ ところはなはだ~ (8, 0.0%)

1 不安定だ, 大であります, 少ない, 御苦労, 心細いよう, 柔和に, 狭く諺, 貧弱な

▼ ところやがて~ (8, 0.0%)

1 のこと曹操, 人類は, 家康から, 朝食の, 熟れ柿, 調べて, 諸国から, 諸葛瑾

▼ ところ一人~ (8, 0.0%)

1 でてくてく, につき四円, の芸者, の英人, の門弟, は急病, もない, も逃げません

▼ ところ~ (8, 0.0%)

1 勉強な, 図うしろを, 図僕は, 図此の間飯島の, 在中もしかして, 眞面目が, 確な, 許葷酒入山門といふ

▼ ところ二人~ (8, 0.0%)

1 がわざわざ, とももう, ともビックリ, とも腸, の関係, はある, はどう, ばかり当

▼ ところ以上~ (8, 0.0%)

1 となるであろう, には出でる, に出でぬ, に増加, に明, に深く, に聡明, を産

▼ ところ何とも~ (8, 0.0%)

1 なくても, 云えない, 云えぬ明治, 仕方が, 動けそう, 弁明の, 見当が, 重苦しい人生

▼ ところ単に~ (8, 0.0%)

1 伝記を, 呪文に, 形式上に, 景行天皇の, 消極的の, 生活に, 諸君の, 願書の

▼ ところ子供~ (8, 0.0%)

2 の手 1 が真白い, のない, のよう, らしい感じ, らしく自然, を描い

▼ ところ少く~ (8, 0.0%)

2 なかった 1 とも三つ, ないで, ないの, なかったが, なかつた, 久く

▼ ところ~ (8, 0.0%)

2 は大分 1 が一間半, と石, に青みどろ, の中, の音, をお

▼ ところ自信~ (8, 0.0%)

3 がない 2 なく且つ 1 と常識, はない, はなかっ

▼ ところ~ (8, 0.0%)

1 て, ていたら, ても伸子, て来た, て貰い, なあれ蛇, めぐりありきて, 當が

▼ ところ迄は~ (8, 0.0%)

1 うつとり, こぎつけようと, やり果した, 上出来であった, 分って, 堪えて, 新鮮だ, 行って

▼ ところあまりに~ (7, 0.0%)

1 も神経質, 伏写が, 厳格に, 唐突と, 少いの, 薄く経済的, 込み入った計算

▼ ところお前~ (7, 0.0%)

1 の心, の方, の義理, はこの, は何日, は俺, を自由

▼ ところかれ~ (7, 0.0%)

2 らは 1 が変人, の情緒, はぼく, らの, ら意外にも

▼ ところこんな~ (7, 0.0%)

1 おとなし作り, ものは, わしみたいな, 奴は, 心持ちを, 江戸ッ子の, 風に

▼ ところさえも~ (7, 0.0%)

2 ある 1 ありげ, なかった, なくなり仕方, 判らなくなった, 少くない

▼ ところしか~ (7, 0.0%)

1 あがらない, いって, おぼえて, ない, 想像に, 拾い出さないの, 見当らない

▼ ところでありまし~ (7, 0.0%)

1 てこれ, てまた, てもちろん充分, て抽象的分析, て流汗リンリ, て産婦, て粗食

▼ ところでと~ (7, 0.0%)

1 うなづいて, くやまれたが, わざとまじめ, 彦太郎が, 思はずいひたくて, 私は, 遠慮された

▼ ところとては~ (7, 0.0%)

2 ございません 1 ないけれど, ないひさ, ない大, 無けれど, 猶更にあらぬ

▼ ところどういう~ (7, 0.0%)

2 ことに 1 いきさつが, ものか, ものだったろう, わけか, 人であった

▼ ところどんな~ (7, 0.0%)

1 ことで, つもりも, ですか, ような, 人間でも, 美人かも, 顔だ

▼ ところなぞを~ (7, 0.0%)

2 見ると 1 そうお前さま, 同業に, 目に, 見ただけでも, 見たらほか

▼ ところなどでは~ (7, 0.0%)

1 それが, 人が, 元首を, 彼は, 指を, 見にくいわけ, 試掘の

▼ ところへなんぞ~ (7, 0.0%)

1 いらつし, お沙汰, 来る気, 決していらっしゃる, 行くが, 行く道, 行ったば

▼ ところまでが~ (7, 0.0%)

1 いやに, よく見える, ネルの, 事実である, 問題に, 市街地の, 白くなっ

▼ ところまでには~ (7, 0.0%)

1 だいぶ間, どうしても降りきれない, なかなか到達, なかなか行っ, 月日が, 至つて居らぬ, 至らずに

▼ ところまでを~ (7, 0.0%)

1 あてる, お雪ちゃんは, どうかし, 口語りに, 描き来った, 書いて, 示すもの

▼ ところやら~ (7, 0.0%)

1 あまり忙しい, その儀式, 一歩進め, 同情の, 憂の, 玉乗りの, 走馬燈の

▼ ところゆえ~ (7, 0.0%)

1 その後或, 今文三, 大勢は, 気を, 私の, 自分の, 諸将

▼ ところ~ (7, 0.0%)

2 すぢ 1 と月, と眼慶子, と通り掃除, の山, は山上

▼ ところ僅か~ (7, 0.0%)

2 に三つ 1 になった, に二十円, に余輩, に百振り, 二年で

▼ ところ嫌わず~ (7, 0.0%)

1 チクチクやる, 南京虫の, 手あたり次第に, 放尿も, 緑青の, 老女を, 茶色がかった

▼ ところ~ (7, 0.0%)

3 からず 1 からざら, くない, くなかつた, なからず

▼ ところ~ (7, 0.0%)

2 か不幸 1 にし, にみな健康, にも雨, に追いつきました, ひにも

▼ ところ~ (7, 0.0%)

2 る折 1 る日, る時, 場所で, 日の, 頃から

▼ ところ早速~ (7, 0.0%)

1 その別嬪, にお, に小僧, の頓智, 主人は, 御承引くだ, 承知という

▼ ところ果たして~ (7, 0.0%)

1 その中, ただの, 仏間を, 藤田さんは, 賀相殿には, 頭蓋骨を, 黴くさい

▼ ところ案外~ (7, 0.0%)

1 あたって, その度数, にも余, に買手, 少数です, 軽いもの, 高い値

▼ ところ~ (7, 0.0%)

1 に在り, の奥様, の男貯金, の騒ぎ, は寿詞, れ位呑気, んなと

▼ ところ~ (7, 0.0%)

1 に話す, の命, の饑, は何人, は刺客, も武士, よく心

▼ ところ決して~ (7, 0.0%)

1 それには, ばかには, ひと通りでは, 信ずべからざるなり, 單なる, 少くありません, 楽観的な

▼ ところ狭い~ (7, 0.0%)

1 のに, までならべられ, までにいろいろ, までにそなえ, までに並べ, までに散らかった, まで並ん

▼ ところああ~ (6, 0.0%)

1 いうところ, いう通俗作家, ここにおいて, ちゃんが, ちゃんや, は言った

▼ ところあるべき~ (6, 0.0%)

1 はずなる, は自然, も拙者, や, 理は, 者どもを

▼ ところいつ~ (6, 0.0%)

1 だって心配, になく, になっ, 伺えるか, 当家へ, 来たって

▼ ところいや~ (6, 0.0%)

1 ぐっすりと, になっ, に売れ, に汚れた, に神経過敏, 案内したい

▼ ところいろいろ~ (6, 0.0%)

1 と印象, と面白く, な学説, な話, の事情, 忘られぬ

▼ ところかく~ (6, 0.0%)

2 の如き 1 いうあたし, ては謀逆, のごとく, 大いなる幸

▼ ところかの~ (6, 0.0%)

1 下宿する, 古塚, 地底を, 女に, 顔つきで, 顔つきの

▼ ところことごとく~ (6, 0.0%)

2 思量に 1 いまより, その眼, 破壊す, 純白な

▼ ところそして~ (6, 0.0%)

1 その鬼, 愛を, 男は, 近くに, 郷里に, 非条理

▼ ところそれから~ (6, 0.0%)

1 あとが, もって, セ, マルクシズムの, 先の, 講談調で

▼ ところだけの~ (6, 0.0%)

1 お銀, ごく大, 問題でなく, 感心を, 正体で, 頁を

▼ ところだらけ~ (6, 0.0%)

1 だ, だけれど, だよ, である, なの, な男

▼ ところでございましょう~ (6, 0.0%)

1 お諦め下さいまし, か, これから二つ三つ私, ね, や, 時も

▼ ところでなかった~ (6, 0.0%)

1 から, からでありましょう, がおそらく, ことが, とも言わるる, のだ

▼ ところとて~ (6, 0.0%)

1 ひとたび目指したる, 之無く, 意外に, 早速の, 看過され, 藁で

▼ ところどっち~ (6, 0.0%)

2 ともわからない 1 かにお, がほんとう, ともつかない, もまあ

▼ ところなけれ~ (6, 0.0%)

21 ばとお, ばならぬ, ば文章險怪, ば根

▼ ところにな~ (6, 0.0%)

1 つてし, つてゐた, つて居ります, つて来た, つて来ます, ア

▼ ところのみを~ (6, 0.0%)

1 まねて, 備忘録位の, 是と, 正しと, 見て, 頼みて

▼ ところぼく~ (6, 0.0%)

1 にも本当, の家, はあいつ, はほんとう, は鴎, も悪かっ

▼ ところ~ (6, 0.0%)

1 だら, づ五十がらみの, づ大体に, はりには, んだら, んだら摘ん

▼ ところまず~ (6, 0.0%)

1 お味方, そこだ, その心配, 今晩は, 心配の, 珍

▼ ところまったく~ (6, 0.0%)

1 トンマな, 姿が, 從順な, 意外にも, 私も, 自己の

▼ ところみな~ (6, 0.0%)

1 ことごとく両者, しかり, どうどうたる, 不成功, 其の無, 善く言行

▼ ところもし~ (6, 0.0%)

1 あのお袖, それが, 夕雲の, 案内者が, 母の, 私の

▼ ところやっと~ (6, 0.0%)

1 う剣法, のこと, 分った, 十二か, 歩いて, 片言が

▼ ところやや~ (6, 0.0%)

1 人目を, 固い目, 大きな小鳥籠, 時を, 焦心りだした, 精神病を

▼ ところ一度~ (6, 0.0%)

1 は御, も悪い, も意地悪, も面白い, 何処へか, 新聞にまで

▼ ところ一番~ (6, 0.0%)

2 怪しいの 1 やつれ, 大きな見事, 情けなうございます, 気に入ったの

▼ ところ主人~ (6, 0.0%)

1 が出, の大蔵, の所浜次郎氏, はこれ, は六十前後, は少し

▼ ところ今朝~ (6, 0.0%)

1 お手紙, から客足, にい, になっ, に及び, 気がついて

▼ ところ以前~ (6, 0.0%)

1 と少し, のこと, の高橋, は最下等, も今, よりも美しく

▼ ところ何事~ (6, 0.0%)

1 か成ら, ぞ, にでも関係, によらず, によれ, もなかっ

▼ ところ何物~ (6, 0.0%)

21 か力, ぞと斯く, なるや, をも貫く

▼ ところ先方~ (6, 0.0%)

1 ではその, でも快く, の申す, はそれでも, は少し, もまた

▼ ところ多かっ~ (6, 0.0%)

3 たの 2 たこと 1

▼ ところ大変~ (6, 0.0%)

1 だと, なやつ, な反対, によろこん, に面白い, 蒼いじゃ

▼ ところ~ (6, 0.0%)

1 なりき, なるも, 六正勝の, 機転の, 流れの, 資本の

▼ ところ~ (6, 0.0%)

2 の手これ 1 のごとし, の側, の端, の足

▼ ところ彼ら~ (6, 0.0%)

1 の出生地, の思想, の行動, はリーロフ以上, は何, は自分たち

▼ ところ彼等~ (6, 0.0%)

1 の一年間, の大, の芝居, は表面的, もみな善良, も生活

▼ ところ~ (6, 0.0%)

1 が重かっ, なき台風, なき颱風, のうち, の底, はいっこう

▼ ところ悉く~ (6, 0.0%)

1 これに, みな自己に, 事實なる, 其動物の, 其源に, 細かに

▼ ところ~ (6, 0.0%)

2 も足 1 に入り, に取っ, はない, を突

▼ ところ~ (6, 0.0%)

1 に地金, に天保銭, に山, に色付い, に黝, の禿頭

▼ ところ~ (6, 0.0%)

2 に於い 1 についてここ, にて敵味方, に候, はにはかに

▼ ところ~ (6, 0.0%)

1 がおけます, が気, のきかぬ, のせい, の利きたる思ひ, 拙さ

▼ ところ~ (6, 0.0%)

1 が見えない, につく, にとまった覚えござらぬ, に立ち, に見える, を開き

▼ ところ興味~ (6, 0.0%)

1 あり, ある民主社会, がある, ふかし, をもちました, 浅からず

▼ ところ遂に~ (6, 0.0%)

1 その室, ふみ子の, 世を, 兄も, 出版され, 変態性慾の

▼ ところ~ (6, 0.0%)

1 の尽き, よくゴム長靴, わるく小諸町, わるく最後, わるく非常識, を天

▼ ところ随分~ (6, 0.0%)

1 いろいろな, さけて, やくに, 見当違いであった, 開けて, 面白いの

▼ ところ~ (6, 0.0%)

1 からは五つ, から爪, が丁度, とか美くし, のぬけた, の中

▼ ところお前さん~ (5, 0.0%)

2 のところ 1 はまだ, も男, より外

▼ ところかな~ (5, 0.0%)

2 しかしまあ 1 そいつが, それとも腹, ハハハハハハ

▼ ところこいつ~ (5, 0.0%)

1 がとても, が今一ばん, は言, また気, を追及

▼ ところこれ以上~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 に発展, のもの, はやむを得ない

▼ ところさすが~ (5, 0.0%)

1 とおもう, に婆, の忠相, は理, 董卓も

▼ ところしばらく~ (5, 0.0%)

1 たって, やって来ないなあ, ポーデル博士に, 免れて, 姿を

▼ ところすぐ~ (5, 0.0%)

1 その前, 感づいて, 掛かった, 木戸の, 頂上へ

▼ ところすっかり~ (5, 0.0%)

1 嬉しがっ, 洗って, 男を, 秘結し, 自信を

▼ ところせまく~ (5, 0.0%)

2 ならんで 1 並べて, 立ちならんで, 鉢だの

▼ ところそれだけ~ (5, 0.0%)

1 うかがえば, です, ですよ, のもの, の費用

▼ ところそれら~ (5, 0.0%)

1 と思い合わせる, の女房, の種種, の詩, は大きい

▼ ところたまたま~ (5, 0.0%)

2 にし 1 その年, 及ぶこと, 御通輦

▼ ところだいぶ~ (5, 0.0%)

1 つづきました, タイプライタアの, 時刻も, 脅迫の, 驚いて

▼ ところだけで~ (5, 0.0%)

1 かいて, 七所借りし, 厳重な, 好いから, 察しると

▼ ところだけはと~ (5, 0.0%)

4 強ひ 1 強いて

▼ ところついに~ (5, 0.0%)

1 切実なる, 変態性慾中に, 絶息いたし, 観念した, 鑑識を

▼ ところであったろう~ (5, 0.0%)

1 がこれ, がわたし, が卓子, と想像, に

▼ ところでさえ~ (5, 0.0%)

1 あった, ある, 八月に, 分らないの, 自由に

▼ ところででも~ (5, 0.0%)

1 いかなる時, うつらうつらと, かかれて, よまれるべきもの, 居睡を

▼ ところといふ~ (5, 0.0%)

2 のは 1 ので, のを, 所あり

▼ ところなりし~ (5, 0.0%)

1 が予, が徳川政府, が軽薄, を, を天鈿女

▼ ところなん~ (5, 0.0%)

1 だってそう, の子細, の手がかり, の発見, の鳥

▼ ところなんかは~ (5, 0.0%)

1 まるで絵, やっぱりあざやか, 少々馬鹿, 發育ざかりの, 素晴らしいもん

▼ ところなんと~ (5, 0.0%)

2 かして 1 おどろくでは, その店, 緒方先生の

▼ ところにおいては~ (5, 0.0%)

1 あぶないじゃ, 四十年前の, 変通の, 差別的の, 綿衣ほど

▼ ところにかけ~ (5, 0.0%)

1 おりて, この辺, 寄った, 集った, 順助は

▼ ところにしか~ (5, 0.0%)

1 ありっこない, ないと, ないの, 止らず止ったところ, 空想出来ない

▼ ところによる~ (5, 0.0%)

1 ときは, のだ, ので, 氣候の, 氣候や

▼ ところふと~ (5, 0.0%)

1 たれかが, 彼の, 担架にて, 珍らしい, 鏡を

▼ ところほんの~ (5, 0.0%)

2 少しでも 1 三つばかりの, 近くまで, 附け足しで

▼ ところまあ~ (5, 0.0%)

2 そんな感じ 1 そこい, 嫉ける, 漫然たる行楽

▼ ところまでに~ (5, 0.0%)

1 気がつかなかった, 漕ぎつけて, 発達し, 至ったとき, 達して

▼ ところやっぱり~ (5, 0.0%)

1 けちくさい, 気味が, 畜生の, 百姓めなかなかどうして, 高かった

▼ ところわが~ (5, 0.0%)

1 一族の, 国民は, 愛憎を, 手を, 日本の

▼ ところ三人~ (5, 0.0%)

1 が三人共不在, して, の例外, は誰, も並ん

▼ ところ~ (5, 0.0%)

1 からのぞいた, にあり, の御, の目, は国

▼ ところ不可能~ (5, 0.0%)

2 です 1 でありまた, である, であるが

▼ ところ何だか~ (5, 0.0%)

1 わかるよう, 哀れで, 大分本気らしい, 役者の, 港小唄でも

▼ ところ何ん~ (5, 0.0%)

2 の變化 1 と驚く, にも困りません, の異状

▼ ところ信長~ (5, 0.0%)

1 という主体, の側, は, はうなずい, は大きな

▼ ところ其處~ (5, 0.0%)

1 には乞食, には作者, には傲, には小さく, の生活

▼ ところ孔明~ (5, 0.0%)

1 のやつ, の意中, は実に, は悧巧者, は祁山

▼ ところ少なく~ (5, 0.0%)

2 ない 1 ないの, なかった, 戦い疲れ

▼ ところ忽ち~ (5, 0.0%)

1 振り倒されて, 秀吉の, 秩序壞亂として, 起こる喧嘩出入り, 高座下

▼ ところ我々~ (5, 0.0%)

1 が癩問題, にはさっぱり, のあいだ, の根の国思想, は絶対

▼ ところ普通~ (5, 0.0%)

1 で行く, のステッキ, の如何にも, の意味, の金魚

▼ ところ最初~ (5, 0.0%)

1 に彼女, の手触り, の機会, の裡, は飽くまで

▼ ところ~ (5, 0.0%)

1 が更, にあらざる, にあらず, に二万, の晩

▼ ところ有る~ (5, 0.0%)

1 が如く, もので無けれ, も話中, 為に, 者と

▼ ところ~ (5, 0.0%)

1 にたがわず, に相違, のごとく, のじ, のとおり

▼ ところ無き~ (5, 0.0%)

1 にあらず, に至る, までに細部, を知り, 也

▼ ところ無し~ (5, 0.0%)

2 とはまた 1 た, で, と世に

▼ ところ~ (5, 0.0%)

1 この歌, その行く, はすっかり, 云わずには, 真淵訓

▼ ところ突然~ (5, 0.0%)

1 くだらぬこと, 勘兵衛め拙者に, 杖を, 火星人の, 発作を

▼ ところ立派~ (5, 0.0%)

1 では, なお, な体格, な紳士, な証文

▼ ところ結局~ (5, 0.0%)

1 あらゆる知識的, こういう訳, そういう疑い, は恐ろしい, は矢張り主義

▼ ところ自由~ (5, 0.0%)

3 あり 1 ありと, がある

▼ ところ~ (5, 0.0%)

1 がめ, けむりこれ, で書いた, の廻り, を吸

▼ ところ~ (5, 0.0%)

1 に聞いた, の意味, の纏まらぬ, はまだ, をつけよう

▼ ところ途中~ (5, 0.0%)

1 である大池, でお, でそこ, でとうとう, で平氏

▼ ところ~ (5, 0.0%)

1 にまよっ, はお, もなき, を取り違え, を知ろう

▼ ところあそこ~ (4, 0.0%)

1 がこの, とても綺麗, の裏山, へ行く

▼ ところあたし~ (4, 0.0%)

1 なんぞとても, にはさっぱり, の指さき, もこんな

▼ ところあに~ (4, 0.0%)

3 はからん 1 様よりの

▼ ところあらしめ~ (4, 0.0%)

31 んと

▼ ところあるいは~ (4, 0.0%)

1 この意義, 凹みに, 望まれて, 貧賤なる

▼ ところあるべし~ (4, 0.0%)

1 と, との勧め, と信ずるなり, 之に

▼ ところあるらしく~ (4, 0.0%)

1 かたい決意, 僕に対し, 容易に, 幼明の

▼ ところあんた~ (4, 0.0%)

1 がどうしても, の方, はやっぱり, は人間

▼ ところあんまり~ (4, 0.0%)

1 平凡で, 得に, 雲霧が, 飛んでも

▼ ところいかに~ (4, 0.0%)

1 不可能に, 無邪気な, 生きるか, 自分の

▼ ところいつも~ (4, 0.0%)

1 とこの, とは違っ, の品, 役人に

▼ ところおのずから~ (4, 0.0%)

1 他の, 凜, 彼ら以上の, 薫風の

▼ ところかとも~ (4, 0.0%)

2 思ったが 1 思ったり, 思はれるが

▼ ところからだけ~ (4, 0.0%)

1 うす明, たずねて, 見て, 誤解が

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 さまは, と成ら, まつとる, りょう好し

▼ ところきわめて~ (4, 0.0%)

1 多きが, 素朴にしか, 質朴な, 麁鹵に

▼ ところぐらい~ (4, 0.0%)

1 あってよ, こしらえて, だろうから, 設けられないこと

▼ ところこうした~ (4, 0.0%)

1 事業も, 切りつめた生活, 自分の, 試みでも

▼ ところこと~ (4, 0.0%)

3 もあろう 1 のほか

▼ ところことに~ (4, 0.0%)

1 うつくし, その地, 依ると, 壮快を

▼ ところこの間~ (4, 0.0%)

1 から河原, のお, 或る, 新しいオペラ

▼ ところこれから~ (4, 0.0%)

1 母親をか, 羽柴の, 述べようと, 遙

▼ ところこんど~ (4, 0.0%)

3 はその 1 の件

▼ ところさっそく~ (4, 0.0%)

1 おいで下さっ, 叔父さんは, 宗家から, 幕府方に

▼ ところすこし~ (4, 0.0%)

1 のこりました, 困って, 寂しいの, 持て余して

▼ ところすべて~ (4, 0.0%)

1 が異, の物, を白状, を苦しめる

▼ ところそこで~ (4, 0.0%)

1 きわめて興味, まけて, 急に, 陸へ

▼ ところそれで~ (4, 0.0%)

1 こちらの, じゅうぶんだ, よいだろう, ようやくお

▼ ところたった~ (4, 0.0%)

1 ひとことあなたに, 一人だ, 一人の, 十名しか

▼ ところだったろう~ (4, 0.0%)

1 か, が, がすっかり, とあと

▼ ところちょっと~ (4, 0.0%)

1 お勝手もと不都合と, 当時の, 見こみが, 見たら中学生

▼ ところでこそ~ (4, 0.0%)

1 休めたいなど, 所謂世界的な, 男女共学が, 結ばれて

▼ ところでございまし~ (4, 0.0%)

1 て, てその, てそれに, てとにかく

▼ ところでござん~ (4, 0.0%)

21 すが, すの

▼ ところでだけ~ (4, 0.0%)

1 動いて, 正確な, 物凄く藍色, 評価され

▼ ところなぞへ~ (4, 0.0%)

1 おいつめられて, 上つて, 帰つて行かれよう, 行って

▼ ところなるほど~ (4, 0.0%)

1 この立派, 本の, 聞きしに, 虫食いの

▼ ところにばかり~ (4, 0.0%)

1 いるの, 出かけた, 眼を, 転ってる

▼ ところにゃ~ (4, 0.0%)

1 あらゆるでん, あるもん, いろんな者, 古着屋は

▼ ところにや~ (4, 0.0%)

2 アおれの 1 あらん後世, まゆり

▼ ところによっても~ (4, 0.0%)

1 あやか, このオヤジ, ほぼ分りましょう, 貿易の

▼ ところにわかに~ (4, 0.0%)

1 ドイツ皇后から, 四方が, 土州兵の, 痔瘻とも

▼ ところのみ~ (4, 0.0%)

1 である, でも, ならむや, 妻し

▼ ところはね~ (4, 0.0%)

1 チョロチョロと, 可愛い奥さん, 小さいうち, 研究所の

▼ ところばかりに~ (4, 0.0%)

1 いたお, 目を, 立って, 興味を

▼ ところへか~ (4, 0.0%)

1 あんか, はり番こに, へりました, へるとは

▼ ところへだけは~ (4, 0.0%)

1 お嫁, 何か, 出て, 配り物

▼ ところへという~ (4, 0.0%)

2 あんばいに 1 ふうに, ような

▼ ところへなど~ (4, 0.0%)

1 行かなかったに, 行かれませぬ, 行くこと, 行くと

▼ ところへより~ (4, 0.0%)

1 モヤ父上への, 本送り出し, 池本さんと, 遠藤さんの

▼ ところまたは~ (4, 0.0%)

1 やす子の, 百姓が, 重役様の, 陳ぶるところ

▼ ところまでと~ (4, 0.0%)

1 いうと, 吃つて切符, 思って, 言いつつ

▼ ところみんな~ (4, 0.0%)

1 お米, からすっかり, が, 実にゆったりと

▼ ところよい~ (4, 0.0%)

1 妻と, 恋愛と, 石が, 色に

▼ ところをでも~ (4, 0.0%)

1 不意に, 歩いて, 見つめるよう, 追い斬りに

▼ ところアメリカ~ (4, 0.0%)

1 の二円, の感情, の清教徒婦人, は日本民族

▼ ところ一向~ (4, 0.0%)

1 わからずいよいよ, 不実と, 僕には, 気が

▼ ところ一寸~ (4, 0.0%)

1 お話した, 一息つきまし, 海に, 見えたが

▼ ところ一日~ (4, 0.0%)

1 となつた, に数回, に立て, もよう

▼ ところ三十~ (4, 0.0%)

1 ぐらいな貴公子, にも見える, ばかりあった, を二つ三つ

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 から加十, の小舟, も無邪気, 吏たちに

▼ ところ不意~ (4, 0.0%)

1 と赤児, に一時, に五百人, に思いきった

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 れに, を人間, を知る, を造化

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 は全く, は全然, は案外, より根性

▼ ところ以外~ (4, 0.0%)

1 では決して, に三十分寄り道, のむしろ, はほとんどありのまま

▼ ところ余り~ (4, 0.0%)

1 にも少, 久しく人, 旨くは, 良い顔

▼ ところ先ず~ (4, 0.0%)

1 三十五六, 何んの, 大きな大きな海苔まき, 日本としては

▼ ところ全然~ (4, 0.0%)

1 別物に, 問題に, 知らない, 類いの

▼ ところ其処~ (4, 0.0%)

1 には乞食, にへん, に同, は仏間

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 な意味, にたいして心配, に変わった, に見せる

▼ ところ十指~ (4, 0.0%)

1 にあまる, のたとえ, の指さす, の指す

▼ ところ千代~ (4, 0.0%)

1 に男, の薄, まで, までお

▼ ところ古い~ (4, 0.0%)

1 木版みたいな, 模型の, 物よりも, 都の

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 の報告, の死刑執行, の金子, は夢

▼ ところ多し~ (4, 0.0%)

1 お夏, こ, とわれ, 又仮に

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 に入り, のスケート場, の間, は則

▼ ところ失礼~ (4, 0.0%)

1 といっ, ながらあまり, ながらこの, ながらハムレットさま

▼ ところ如何にも~ (4, 0.0%)

1 お前を, 尖端的である, 帝政独逸時代の, 見すぼらしい僧侶

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 なん, な間取り, にギリシア式, に弱々しい

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 が死んだ, の聟, はたしかに, は病人

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 はおいし, は一向, は小半日, も伜

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 が居る, はその, は上着, は俄

▼ ところ少々~ (4, 0.0%)

1 御難つづき, 腑に, 迷った, 長くする

▼ ところ少なから~ (4, 0.0%)

1 ず, ずその, ずと, ず彼

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 を失えり, 春来一時流行せし, 瀬戸の, 院は

▼ ところ当人~ (4, 0.0%)

1 においても段々, もその, も大層, も涙

▼ ところ~ (4, 0.0%)

2 を落し 1 になっ, 親しかも

▼ ところ快く~ (4, 0.0%)

1 引受けて, 御承諾, 承知し, 面談説明案内を

▼ ところ思い~ (4, 0.0%)

1 しよりも, もかけないこぎゃん, もよらず, もよらぬ

▼ ところ思いがけなく~ (4, 0.0%)

1 もその, もゆびさきが, 改正憲法の, 錦の

▼ ところ思わず~ (4, 0.0%)

1 人を, 大笑いしました, 心を, 赤くなった

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 ながら見とれる, にあり, に明かならざる, の望み

▼ ところ或いは~ (4, 0.0%)

1 その中, もっとずっとのし, 人通りの, 味方の

▼ ところ或は~ (4, 0.0%)

1 其人には, 藩中の, 間違って, 黙って

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 からのご, よく分部殿, を見, 悪しく革命戦争

▼ ところ~ (4, 0.0%)

2 に新 1 のもと, もない

▼ ところ曹操~ (4, 0.0%)

1 がいう, と内通, はあなた, は之

▼ ところ最も~ (4, 0.0%)

1 人間生活に, 多い論拠, 深刻なる, 理想的という

▼ ところ果せる~ (4, 0.0%)

2 かなその 1 かな今暁午前四時二十分ごろ, かな私

▼ ところ止む~ (4, 0.0%)

3 を得ない 1 を得ざる

▼ ところ殆ど~ (4, 0.0%)

1 ないね, モノトナスな, 不可能と, 門並同じ

▼ ところ深く~ (4, 0.0%)

1 且つ遠き, 学ぶところ, 掘られて, 近くは

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 が申しまし, の里, は十一年前, は馬籠

▼ ところ父親~ (4, 0.0%)

1 がさっそく, のたま, の唸り声, は学問

▼ ところ由来~ (4, 0.0%)

1 久しと, 古しと, 多しと, 深しと

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 のない, の人, を往く, を歩い

▼ ところ秀吉~ (4, 0.0%)

1 の第, はその, はわれわれ土着, も従わざる

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 好い人間, 好きであった, 経て, 馬糞や

▼ ところ~ (4, 0.0%)

2 の外, も雨戸

▼ ところ綺麗~ (4, 0.0%)

1 で才走って, で才走つて, な若い, に痕かた

▼ ところ自然~ (4, 0.0%)

1 にし, にその, のパノラマ館, の兵路

▼ ところ若い~ (4, 0.0%)

1 人たちだ, 人の, 女の, 芸人には

▼ ところ見る~ (4, 0.0%)

1 と彼, まに, もの, 間に

▼ ところ見当~ (4, 0.0%)

1 がつかない, がつきかねる, がつきません, をつけなく

▼ ところ覚え~ (4, 0.0%)

1 ちゃいねえ, ていらっしゃいましょう, ていらっしゃる, ていらっしゃるでしょう

▼ ところ誠に~ (4, 0.0%)

1 ある時代, いいにおい, 図り知るべからざるもの, 有難うございます

▼ ところ貴様~ (4, 0.0%)

1 の方, はこの, はただ, は取る

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 のかまえ, のまわり, の安全, をおどらせ

▼ ところ~ (4, 0.0%)

1 と女, よりもあの, を出せ, を飲ん

▼ ところ青山~ (4, 0.0%)

1 ありつてわけ, ありである, ありと, ありどこ

▼ ところあけ~ (3, 0.0%)

2 おきて 1 てご覧

▼ ところあすこ~ (3, 0.0%)

1 は薩摩屋敷, へお, もすっかり

▼ ところあっし~ (3, 0.0%)

1 に下, の罪, もその

▼ ところあなた様~ (3, 0.0%)

1 が気絶, のお越し, の御

▼ ところあります~ (3, 0.0%)

21 が作品

▼ ところあんな~ (3, 0.0%)

1 ものには, 物は, 芝居は

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 そういう騒ぎ, の, 収う

▼ ところいかなる~ (3, 0.0%)

1 不利の, 精神の, 間違いを

▼ ところいきなり~ (3, 0.0%)

1 器械の, 後ろから, 足を

▼ ところいたる~ (3, 0.0%)

1 ところかんばしから, 所で, 時に

▼ ところいってき~ (3, 0.0%)

21 なよ

▼ ところいま~ (3, 0.0%)

1 はすでに, 申しあげたよう, 申した不可解

▼ ところいよいよ~ (3, 0.0%)

1 俗に, 多ければ, 大量に

▼ ところいわゆる~ (3, 0.0%)

1 三十後家は, 心境的な, 曲玉の

▼ ところおでこ~ (3, 0.0%)

2 で鼻 1 の飛びで

▼ ところお待ち~ (3, 0.0%)

1 を願いたい, 下さいまし, 下さいませせめて

▼ ところかならず~ (3, 0.0%)

1 小人の, 本陣も, 驚愕あり

▼ ところかなり~ (3, 0.0%)

1 ほっそりと, 大きい湖水, 気を

▼ ところかは~ (3, 0.0%)

1 三ツ児でも, 判らないけれども, 富岡は

▼ ところがね~ (3, 0.0%)

1 うちだ, うちな, 尼奥様は

▼ ところきょう~ (3, 0.0%)

1 という日, のよう, の頬

▼ ところきら~ (3, 0.0%)

1 はず命中する, はず日本人が, はず身を

▼ ところけだし~ (3, 0.0%)

1 ほんとだらう, 僕を, 高遠に

▼ ところごく~ (3, 0.0%)

1 りっぱな, 困って, 整った顔立

▼ ところしかし~ (3, 0.0%)

1 大男や, 日頃の, 私たちには

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 ぶんにも, やない, や大家

▼ ところじゃった~ (3, 0.0%)

1 がええ, とある, よ

▼ ところじゃと~ (3, 0.0%)

1 心ある, 思うが, 答えた

▼ ところじゃねえ~ (3, 0.0%)

1 お前ほどの, だんなの, 女護が島を

▼ ところすこぶる~ (3, 0.0%)

1 多方面に, 大なる, 深くその

▼ ところずっと~ (3, 0.0%)

1 半死半生の, 女を, 補助椅子売切れである

▼ ところそうした~ (3, 0.0%)

1 ところの, 先輩の, 自分の

▼ ところそのまま~ (3, 0.0%)

1 におのずと, に生かし, 召しつれて

▼ ところその後~ (3, 0.0%)

1 に親戚, に起った, やはり楠木氏

▼ ところそれでは~ (3, 0.0%)

1 再應, 希望閣としては, 旗を

▼ ところそれ以上~ (3, 0.0%)

1 には何ん, の事, の説明

▼ ところそれ等~ (3, 0.0%)

1 がひどく, が映画, をよく

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 かの知れた, ぎつすなはち凍りたるらし, ツた

▼ ところたいへん~ (3, 0.0%)

1 かわった, 優勢であります, 大袈裟で

▼ ところたる~ (3, 0.0%)

1 のみならず, の日, を以て之

▼ ところだったら~ (3, 0.0%)

1 少しは, 晴天を, 確かに

▼ ところだんだん~ (3, 0.0%)

1 殿にも, 熱が, 疎遠に

▼ ところちと~ (3, 0.0%)

1 不便だ, 変哲が, 脚気の

▼ ところちゃんと~ (3, 0.0%)

1 月の, 答が, 飼って

▼ ところであったらしく~ (3, 0.0%)

1 今も, 百済人, 芋の

▼ ところでありましょう~ (3, 0.0%)

21 と書い

▼ ところでござった~ (3, 0.0%)

1 が菖蒲, の, よの

▼ ところでござる~ (3, 0.0%)

21

▼ ところでしたら~ (3, 0.0%)

1 一ヵ月の, 一生を, 三年ぐらい

▼ ところでばかり~ (3, 0.0%)

1 お目, 見て, 踊って

▼ ところでへ~ (3, 0.0%)

1 エ, ッへ, ツ

▼ ところといった~ (3, 0.0%)

1 んでしょう, 構えである, 風に

▼ ところところ~ (3, 0.0%)

1 から温泉, の産物, を選ん

▼ ところとな~ (3, 0.0%)

2 つてゐます 1 つてゐた

▼ ところとにかく~ (3, 0.0%)

1 ウスッペラで, 逢うて, 高級を

▼ ところどちら~ (3, 0.0%)

1 とも言, へも行きたくない, もミュウズ

▼ ところどれ~ (3, 0.0%)

1 もこれ, も皆, も考えられ

▼ ところなから~ (3, 0.0%)

2 ずや 1

▼ ところなんぞも~ (3, 0.0%)

1 大変お上手に, 毛唐だ, 調子が

▼ ところにじっ~ (3, 0.0%)

1 としてはいなかった, としてはいられねえ, として少年

▼ ところにと~ (3, 0.0%)

1 むれば, 思われる爆撃, 言つて翌日は

▼ ところねえ~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 のか

▼ ところはからずも~ (3, 0.0%)

1 きょうあの, 斯んな, 近頃の

▼ ところはしなくも~ (3, 0.0%)

1 このいれ, 彼女の, 身一つで

▼ ところはっきり~ (3, 0.0%)

2 して 1 しないけれども

▼ ところはや~ (3, 0.0%)

1 ぐら下の, の嗜好, ッぱり年だけの

▼ ところひと~ (3, 0.0%)

1 なすりするほどの, に譲る, の家

▼ ところひどく~ (3, 0.0%)

1 不器用な, 神経の, 神経質に

▼ ところへだけ~ (3, 0.0%)

1 スープが, ネクタイの, 参って

▼ ところへなんか~ (3, 0.0%)

2 行くわけ 1 行かれるわね

▼ ところへのたり~ (3, 0.0%)

2 着いたの 1 ついて

▼ ところまさに~ (3, 0.0%)

1 今年は, 心平さんな, 描ける龍

▼ ところまでという~ (3, 0.0%)

1 ことは, のが, わけにも

▼ ところまでや~ (3, 0.0%)

1 つて來た, つて來ました, つて見ろ

▼ ところもつ~ (3, 0.0%)

1 て生れた, と原始的, と右

▼ ところもはや~ (3, 0.0%)

2 夕闇に 1 検死相済み埋葬せし

▼ ところようやく~ (3, 0.0%)

1 こやつ, のこと, 月世界の

▼ ところよし~ (3, 0.0%)

1 ありたりとも, と云う, わるしと

▼ ところらしいです~ (3, 0.0%)

21

▼ ところわざわざ~ (3, 0.0%)

1 ありがとうございます, のお, 呼びだて

▼ ところわれ~ (3, 0.0%)

1 には不利, に返った, はこの

▼ ところをもって~ (3, 0.0%)

1 推論する, 推論すれ, 融和の

▼ ところアラビヤ~ (3, 0.0%)

3 の沙漠

▼ ところエリス~ (3, 0.0%)

1 に希望, を有罪, を犯人

▼ ところテーブル~ (3, 0.0%)

2 の上 1 に向っ

▼ ところフランス~ (3, 0.0%)

1 では共産政府, の総理大臣, は国外

▼ ところ一切~ (3, 0.0%)

1 の摩訶不思議, の贈遺, 余さず書き綴るもの

▼ ところ一同~ (3, 0.0%)

1 の後ろ上方, はいつ, 大喜び

▼ ところ一面~ (3, 0.0%)

1 が真白, に平坦, に焔

▼ ところ万事~ (3, 0.0%)

1 その通り, はただ, ひどい有様

▼ ところ三浦さん~ (3, 0.0%)

1 はケロッと, はハッキリ, は兼松さん

▼ ところ不幸~ (3, 0.0%)

1 にし, にもその, にも牙

▼ ところ不思議~ (3, 0.0%)

1 だと, な出没, や去る

▼ ところ不明~ (3, 0.0%)

2 です 1 である

▼ ところ不覚~ (3, 0.0%)

2 にも少々 1 をとる

▼ ところ二つ~ (3, 0.0%)

1 の大, の蒲団, は合致

▼ ところ五人~ (3, 0.0%)

1 か, でございます, のもの

▼ ところ京都~ (3, 0.0%)

1 に似てる, の清盛入道, へ旅行

▼ ところ人生~ (3, 0.0%)

1 にいかなる, に暖いところ, の意義

▼ ところ仏壇~ (3, 0.0%)

2 の下 1 といふもの

▼ ところ仕事~ (3, 0.0%)

1 が少々, が嵩ん, の多い

▼ ところ低く~ (3, 0.0%)

1 して, んば, 朱と

▼ ところ何ら~ (3, 0.0%)

1 の感謝拂, の疑念, 遜色が

▼ ところ何者~ (3, 0.0%)

1 かによって掏, とも知れず, の死体

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 がこの, が此篇, も犬

▼ ところ例へば~ (3, 0.0%)

1 人物の, 芝三田の, 齊の

▼ ところ信ずべき~ (3, 0.0%)

1 ふし在り, 価値が, 資料が

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 で申す, においで, に食事

▼ ところ其の~ (3, 0.0%)

1 うちに, 新規約, 眼に

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 に人, に立ち得る, の晩

▼ ところ勝負~ (3, 0.0%)

1 で結構, で買っ, の感

▼ ところ午後~ (3, 0.0%)

1 から翌日中雨, つれ立って, になっ

▼ ところ厚く~ (3, 0.0%)

1 天下の, 感謝いたします, 自らは

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 だわ, な顏一つ, な顔

▼ ところ及び~ (3, 0.0%)

1 僧院の, 日常も, 最後の

▼ ところ友人~ (3, 0.0%)

1 から細君, に知己, は淋しい

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 えの, 實が, 陶磁は

▼ ところ台所~ (3, 0.0%)

1 にいる, のどこ, の下

▼ ところ同様~ (3, 0.0%)

1 にし, の被告みたい, 格別ぜいたく

▼ ところ四十四分~ (3, 0.0%)

1 であつ, でこの, といふ時間

▼ ところ図らず~ (3, 0.0%)

1 あの皿, もその, も心得違い

▼ ところ多い~ (3, 0.0%)

1 この自分, のである, わけです

▼ ところ多から~ (3, 0.0%)

1 ざりしは, ざるを, ずジニヤス

▼ ところ大きな~ (3, 0.0%)

1 コブを, 文化の, 酒だるの

▼ ところ大した~ (3, 0.0%)

1 きりやうで, ことを, 傷では

▼ ところ大丈夫~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, でしょう

▼ ところ大分~ (3, 0.0%)

1 ご機嫌, ご風流, へばっ

▼ ところ天屋~ (3, 0.0%)

2 の小僧 1 の幟

▼ ところ天皇~ (3, 0.0%)

1 はいとも, はすでに, はその

▼ ところ女房~ (3, 0.0%)

1 が云った, のヤツ, も子供

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 と弟妹, の愛, は

▼ ところ実は~ (3, 0.0%)

1 堂を, 推して, 雄材大略なり

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 があり, にこれ, は之

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 ありてねうは, では正しく, の和尚

▼ ところ小さな~ (3, 0.0%)

1 女の子の, 猪口を, 築山が

▼ ところ小屋~ (3, 0.0%)

2 から十町 1 の前

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 にはすでに, には直ちに, のお

▼ ところ常に~ (3, 0.0%)

1 その近く, 増加力は, 敵方に

▼ ところ幾日~ (3, 0.0%)

1 かの糧, かはほとんど, もない

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 がそれ, の予言, はこれ

▼ ところ御覧~ (3, 0.0%)

1 になりたい, になる, のご

▼ ところ怪しい~ (3, 0.0%)

1 人影も, 女猿廻しめ, 者に

▼ ところ我が~ (3, 0.0%)

1 希望の, 新に, 最後をか

▼ ところ政治~ (3, 0.0%)

1 の相談, や社会経済, や社會經濟

▼ ところ故に~ (3, 0.0%)

1 エホバより, ヘラクレス人間に, 毎も

▼ ところ数年~ (3, 0.0%)

2 は定まる 1 の間

▼ ところ既に~ (3, 0.0%)

1 久しく根深いもの, 武芸に, 私は

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 から日本, の人, の伏波将軍

▼ ところ暫く~ (3, 0.0%)

1 この首, の間, 日誌を

▼ ところ最近~ (3, 0.0%)

1 に至っ, 少し呼吸器, 果して日興

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 おそくなっ, から少し, になる

▼ ところ本当に~ (3, 0.0%)

1 お大切, そんな風, 武田麟太郎が

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 の人たち, の庄屋どん, までの半分道

▼ ところ柔和~ (3, 0.0%)

1 で賢しげ, なうち, らしいの

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 なところ, な奉公, 之軒氏

▼ ところ江戸中~ (3, 0.0%)

2 で一番 1 の瓦

▼ ところ汽車~ (3, 0.0%)

1 に寝台, をもっ, を降りたら

▼ ところ沢山~ (3, 0.0%)

1 あるの, の毛髪, わかって

▼ ところ深い~ (3, 0.0%)

1 ところに, と思います, 竹林の

▼ ところ漸く~ (3, 0.0%)

1 何年か, 安心したらしい, 時節が

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 がまだ, であっためるの, を有

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 からしめる, かりければ, 之賢女

▼ ところ無い~ (3, 0.0%)

1 やうに, わけであった, 所サッサと

▼ ところ無事~ (3, 0.0%)

1 だ, です, ですまして

▼ ところ無邪気~ (3, 0.0%)

1 だ, ないたずら, な野心

▼ ところ~ (3, 0.0%)

2 れども 1 らば

▼ ところ特に~ (3, 0.0%)

1 あの胸毛, 一命を, 展覧会の

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 が桟橋, だけさ, の他

▼ ところ狭く~ (3, 0.0%)

1 散らばって, 眠って, 繁り合いて

▼ ところ狭し~ (3, 0.0%)

1 とおかれ, と唐紙, と独り

▼ ところ~ (3, 0.0%)

3 によっては二十両

▼ ところ生命~ (3, 0.0%)

2 には別条 1 と平安

▼ ところ田舎~ (3, 0.0%)

1 の人たち, の兄, まはり

▼ ところ番地~ (3, 0.0%)

1 も認められ, を告げ, を教え

▼ ところ病勢~ (3, 0.0%)

2 はもうかなり 1 は急激

▼ ところ白い~ (3, 0.0%)

1 壁と, 糸が, 象牙の

▼ ところ相当~ (3, 0.0%)

1 な好人物, に品格, やかましくて

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 く心, なこと, にあり

▼ ところ種々~ (3, 0.0%)

1 である, の事件, の疑問

▼ ところ翌日~ (3, 0.0%)

2 は熱 1 になる

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 先生の, 将軍の, 画伯も

▼ ところ芝居~ (3, 0.0%)

1 では家橘, とは思はれず, の世界

▼ ところ草木~ (3, 0.0%)

1 の生える, もみな朱, も枯れる

▼ ところ行く~ (3, 0.0%)

1 さ来る, ところ, ところすべて人物月旦はなやかである

▼ ところ計らず~ (3, 0.0%)

1 もその, もガスコン, も斯ん

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 官など, 殿方は, 賤長幼の

▼ ところ貴方~ (3, 0.0%)

1 の仰, は帆村氏, は窃

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 の五万, はとる, はまちがっ

▼ ところ近ごろ~ (3, 0.0%)

1 この古城, の御, やっと米

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 である, に言え, 回転だった

▼ ところ運命~ (3, 0.0%)

1 の執拗さ, の束縛, の神様

▼ ところ~ (3, 0.0%)

1 には歌, の計画, も十有五

▼ ところ長い~ (3, 0.0%)

1 お邪魔, のを, 間動物性の

▼ ところ陣十郎~ (3, 0.0%)

1 に見付けられ, のため, は無数

▼ ところ~ (3, 0.0%)

2 にあたって青葉 1 に乾したら

▼ ところあい~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ところあいにく~ (2, 0.0%)

1 当の岩田君, 院長は

▼ ところあくまで~ (2, 0.0%)

1 なごやかさだ, 私は

▼ ところあくる~ (2, 0.0%)

1 廿三日の, 日に

▼ ところあさ子~ (2, 0.0%)

2 が足

▼ ところあせらぬ~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ ところあっち~ (2, 0.0%)

1 やこっち, を詮議

▼ ところあと~ (2, 0.0%)

1 からやって来, が水

▼ ところあらしむる~ (2, 0.0%)

1 に至れり, は政教上

▼ ところあらしめよう~ (2, 0.0%)

1 とした, と意欲

▼ ところあらず~ (2, 0.0%)

1 と言, 予は

▼ ところあらわし~ (2, 0.0%)

1 とは一体, の式

▼ ところあろう~ (2, 0.0%)

1 ことか, はずなく

▼ ところいい~ (2, 0.0%)

1 かしら, にくいけれど

▼ ところいかん~ (2, 0.0%)

1 ともする, とも忍び

▼ ところいくら~ (2, 0.0%)

1 かはあの, 考えても

▼ ところいづれ~ (2, 0.0%)

1 もつつましい, も普通

▼ ところいま自分~ (2, 0.0%)

2 の腰かけ

▼ ところいろんな~ (2, 0.0%)

1 ぎょうさんな, てくだ

▼ ところえらく~ (2, 0.0%)

1 しかられた, 老けて

▼ ところおまえ~ (2, 0.0%)

1 が可哀そう, は何

▼ ところおり~ (2, 0.0%)

1 から三名, から乳母

▼ ところおん瞼~ (2, 0.0%)

2 がだいぶん

▼ ところお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 とも奥さん, に好かれる

▼ ところかう~ (2, 0.0%)

1 いふ手合が, まで煮だし

▼ ところかしらと~ (2, 0.0%)

1 いう気, うたぐって

▼ ところからこそ~ (2, 0.0%)

1 変って, 身は

▼ ところからさえ~ (2, 0.0%)

1 かかわって, 町家なら

▼ ところからす~ (2, 0.0%)

1 きみを, ーと

▼ ところからだって~ (2, 0.0%)

1 入って, 見えるさ

▼ ところからのみ~ (2, 0.0%)

1 生じ得る誤解, 起り得るもの

▼ ところかりに~ (2, 0.0%)

1 もご, も士分

▼ ところがき~ (2, 0.0%)

1 は西大久保四〇五, をお知らせ

▼ ところがち~ (2, 0.0%)

1 がつて, つとも

▼ ところがんりき~ (2, 0.0%)

1 すっかり有卦, はその

▼ ところきのう~ (2, 0.0%)

1 から季節はずれ, とあす

▼ ところぐらいしか~ (2, 0.0%)

1 あがって, ない

▼ ところけさ~ (2, 0.0%)

1 は何時, ほどお達し

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 はいかに, はそも

▼ ところこういう~ (2, 0.0%)

1 ことを, 返辞を

▼ ところこっち~ (2, 0.0%)

1 は出来, へ乗り

▼ ところこれ等~ (2, 0.0%)

1 の地方, は私

▼ ところござっ~ (2, 0.0%)

1 てこの, て至急

▼ ところご覧~ (2, 0.0%)

1 なせえ, なせえましよ

▼ ところさあ~ (2, 0.0%)

1 あれは, 遠慮なくいらっしゃい

▼ ところさして~ (2, 0.0%)

1 ご病中, 危険などが

▼ ところさっぱり~ (2, 0.0%)

1 何も, 訪問を

▼ ところさては~ (2, 0.0%)

1 そこもとが, 滑稽瓢逸を

▼ ところさらに~ (2, 0.0%)

1 悪罵を, 趣を

▼ ところしかも~ (2, 0.0%)

1 それを, 洒堂凡兆らも

▼ ところしずか~ (2, 0.0%)

1 なの, な様子

▼ ところしっかり~ (2, 0.0%)

1 した体躯つき, と手

▼ ところじゃろ~ (2, 0.0%)

1 な, のう

▼ ところじゃァ~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, ない立派

▼ ところずいぶん~ (2, 0.0%)

1 前から, 重そう

▼ ところせいぜい~ (2, 0.0%)

1 こんなところ, 美食を

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 なたは, なたひとり

▼ ところそっくり~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ ところその他~ (2, 0.0%)

1 の船客たち, 面白い

▼ ところそれほど~ (2, 0.0%)

1 丈夫そうにも, 大切な

▼ ところそんなに~ (2, 0.0%)

1 いい景色, かからない

▼ ところたいして~ (2, 0.0%)

1 お目, 重要で

▼ ところたいそう~ (2, 0.0%)

1 お丈夫そう, 評判が

▼ ところたたい~ (2, 0.0%)

1 てもだめ, てよく

▼ ところただいま~ (2, 0.0%)

1 新田の, 見れば

▼ ところだいぶん~ (2, 0.0%)

1 活溌で, 衰弱し

▼ ところださうでございます~ (2, 0.0%)

1 からねえ, ね

▼ ところださうです~ (2, 0.0%)

1 からちよッ, けど若い

▼ ところだす~ (2, 0.0%)

1 な, よって

▼ ところだすっこん~ (2, 0.0%)

2 でやがれ

▼ ところだったらしい~ (2, 0.0%)

1 がいよいよ, のでさっそく

▼ ところだれ~ (2, 0.0%)

1 にもわからない, 一人アザラシを

▼ ところちっとも~ (2, 0.0%)

1 訳の, 金に

▼ ところちよ~ (2, 0.0%)

1 つとお客, つと詩的

▼ ところぢやつ~ (2, 0.0%)

2

▼ ところつて~ (2, 0.0%)

1 いふの, 淋しいわ

▼ ところつとめて~ (2, 0.0%)

2 虚飾を

▼ ところづら~ (2, 0.0%)

1 ませが, 日向に

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 まえの, 巧く

▼ ところてんぐさ~ (2, 0.0%)

1 が干し, 干す男煌々

▼ ところであるなら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば決して

▼ ところでかう~ (2, 0.0%)

1 して, 書いて

▼ ところでから~ (2, 0.0%)

1 だが, だと

▼ ところでき~ (2, 0.0%)

1 てみる, ゃつなかなか考える

▼ ところでさえも~ (2, 0.0%)

1 一本は, 文学研究会は

▼ ところでしか~ (2, 0.0%)

1 作られて, 慰められないほど

▼ ところでという~ (2, 0.0%)

1 のは, 顧慮と

▼ ところで御座いまし~ (2, 0.0%)

1 たけに, てそれに

▼ ところで御座います~ (2, 0.0%)

1 から暫く, よ

▼ ところとうとう~ (2, 0.0%)

1 撃ち倒したの, 袴を

▼ ところとしては~ (2, 0.0%)

1 全く調和, 尾張の

▼ ところとに~ (2, 0.0%)

1 小亀特有, 本箱が

▼ ところともかく~ (2, 0.0%)

1 体は, 家中の

▼ ところとりとめ~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ ところどなた~ (2, 0.0%)

1 かは知らぬ, も

▼ ところなかりし~ (2, 0.0%)

1 ことを, ため端艇快走船船舶など

▼ ところなぞも~ (2, 0.0%)

1 ありました, まだ来た

▼ ところなどで~ (2, 0.0%)

1 不圖, 平気で

▼ ところなどでも~ (2, 0.0%)

1 何でも, 肩の

▼ ところなどと~ (2, 0.0%)

1 いって, 同じ味わい

▼ ところなどの~ (2, 0.0%)

1 美しいの, 雨は

▼ ところなどへ~ (2, 0.0%)

1 ちツ, 行きたくなくなった

▼ ところなにか~ (2, 0.0%)

1 変ったこと, 暗い影

▼ ところならず~ (2, 0.0%)

1 余は, 強ひ

▼ ところならぬ~ (2, 0.0%)

1 をよく, をよくよく

▼ ところなりという~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものあり

▼ ところなんかで~ (2, 0.0%)

1 もう解決, 一休みし

▼ ところなんぞに~ (2, 0.0%)

1 いかにもいい, うかびあがって

▼ ところなんだか~ (2, 0.0%)

1 へんな, 変な

▼ ところなんとも~ (2, 0.0%)

1 いえないが, いえないほど

▼ ところにかけて~ (2, 0.0%)

1 そして接吻, その不安定

▼ ところにが~ (2, 0.0%)

1 あっと重い, つしり

▼ ところにの~ (2, 0.0%)

1 ぼつた, ぼつて

▼ ところにまでも~ (2, 0.0%)

1 浸されて, 運んで

▼ ところによるも~ (2, 0.0%)

1 共に末法, 同地方

▼ ところに対し~ (2, 0.0%)

2 迅速に

▼ ところに対して~ (2, 0.0%)

1 きつと, 多大の

▼ ところのね~ (2, 0.0%)

1 え女, え親子

▼ ところのも~ (2, 0.0%)

2 一人の

▼ ところはからず~ (2, 0.0%)

1 明二十三日御, 極秘の

▼ ところはじめて~ (2, 0.0%)

1 でしょう, 見て

▼ ところはたして~ (2, 0.0%)

1 町奉行手附き, 道子を

▼ ところはと~ (2, 0.0%)

1 もし火, 珍らしがっ

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 お憐, 見て

▼ ところばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないの, ねえか

▼ ところばかりの~ (2, 0.0%)

1 屋上制限という, 遺書を

▼ ところばっかり~ (2, 0.0%)

1 でどこ, 見て

▼ ところひどい~ (2, 0.0%)

1 ものねえ, 天候な

▼ ところふい~ (2, 0.0%)

1 っとこの, に私

▼ ところふたり~ (2, 0.0%)

1 のガン人, の重臣

▼ ところふやけ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ところへかへ~ (2, 0.0%)

1 つてかくれ, つて来ました

▼ ところへこそ~ (2, 0.0%)

1 どろ, はじめて浮気

▼ ところへさえ~ (2, 0.0%)

1 ざえとした声が, 出られないの

▼ ところへだって~ (2, 0.0%)

1 しのびこむよ, そんな人

▼ ところへね~ (2, 0.0%)

1 ちょっと, 今朝お

▼ ところへばかり~ (2, 0.0%)

1 ササリ込ん, 落ちて

▼ ところへまでは~ (2, 0.0%)

1 まいりませぬが, まだいっ

▼ ところへ迄~ (2, 0.0%)

1 来て, 母親としての

▼ ところべつに~ (2, 0.0%)

1 大したこと, 悪い所

▼ ところほか~ (2, 0.0%)

1 にあまり, に方法

▼ ところほんとう~ (2, 0.0%)

1 につまらぬ, の意味

▼ ところまたまた~ (2, 0.0%)

1 大兵を, 将軍の

▼ ところまだなんとも~ (2, 0.0%)

1 いえない, 申しあげられませぬ

▼ ところまだまだ~ (2, 0.0%)

1 その研究, 萬葉に

▼ ところまだ少し~ (2, 0.0%)

1 の手がかり, 不安が

▼ ところまでで~ (2, 0.0%)

1 地価に, 縁が

▼ ところまる~ (2, 0.0%)

1 つきり型, つ切り

▼ ところまるっきり~ (2, 0.0%)

1 むだに, 分らない

▼ ところみたい~ (2, 0.0%)

1 な反応, にあんまり

▼ ところむしろ~ (2, 0.0%)

1 愧ずる, 驚くべき多様多彩

▼ ところもう少し~ (2, 0.0%)

1 はロシア人, 心的な

▼ ところもがなと~ (2, 0.0%)

1 一度は, 見廻しながら

▼ ところもの~ (2, 0.0%)

1 に正面, の貝池

▼ ところやつ~ (2, 0.0%)

1 たぜ, は木

▼ ところゆるん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でぬかっ

▼ ところよん~ (2, 0.0%)

1 でみたら, で何だか

▼ ところをよ~ (2, 0.0%)

1 え先生, ける樣

▼ ところをを~ (2, 0.0%)

1 かしくない, しへ

▼ ところスエ子~ (2, 0.0%)

1 がなかなか, だってああ

▼ ところタジタジ~ (2, 0.0%)

1 と来た, と退

▼ ところナポレオン~ (2, 0.0%)

1 が同じ, のポケット

▼ ところバケツ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ところパンパン~ (2, 0.0%)

1 とふたり, と見分け

▼ ところフランス人~ (2, 0.0%)

1 にはちがい, よりも外国人

▼ ところヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 のよい, の小説

▼ ところ一斗桝~ (2, 0.0%)

2 くらいの桶一杯分

▼ ところ一方~ (2, 0.0%)

1 は丘, は完全

▼ ところ一本~ (2, 0.0%)

1 の矢, も的

▼ ところ一滴~ (2, 0.0%)

1 の血, も酒

▼ ところ一般~ (2, 0.0%)

1 に必要, の人

▼ ところ一處~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ ところ一見~ (2, 0.0%)

1 女性的の, 水蛭の

▼ ところ一週間~ (2, 0.0%)

1 ほど経っ, も前

▼ ところ一道~ (2, 0.0%)

1 の光, の白光闇

▼ ところ丁度~ (2, 0.0%)

1 周氏が, 版画で

▼ ところ万生~ (2, 0.0%)

2 の望む

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ ところ三平~ (2, 0.0%)

1 はお, は梅吉

▼ ところ上品~ (2, 0.0%)

1 で女一通り, な小さな

▼ ところ下宿~ (2, 0.0%)

1 であるん, の子

▼ ところ世間~ (2, 0.0%)

1 の匂い, の表面

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の向う側, の裾

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 となり, の竹内某

▼ ところ乞食~ (2, 0.0%)

1 あらざるはなし, の群れ

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 が喋々, は実に

▼ ところ予定~ (2, 0.0%)

1 の時刻, の汽車

▼ ところ二十七八~ (2, 0.0%)

2 どうかしたら

▼ ところ二十九~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ ところ二度~ (2, 0.0%)

1 ばかり続け, や三度顔

▼ ところ二度と~ (2, 0.0%)

1 來る, 来るもん

▼ ところ二日~ (2, 0.0%)

1 の日, も三日

▼ ところ五十歳~ (2, 0.0%)

1 から六十歳, ぐらいのおそろしい

▼ ところ些か~ (2, 0.0%)

1 もない, 芸当です

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 た斯, 多々あらん

▼ ところ亭主~ (2, 0.0%)

1 が申す, は若い

▼ ところ人気~ (2, 0.0%)

1 のあった, の焦点

▼ ところ人物~ (2, 0.0%)

1 のファンテジイ, は感心

▼ ところ今や~ (2, 0.0%)

1 僅かに, 出師の

▼ ところ今日先生~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ ところ仲間~ (2, 0.0%)

1 に舌, のうち

▼ ところ伸子~ (2, 0.0%)

1 が伸子, には藤原威夫

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 で止りました, 迄第

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 林淡く, 気圧の

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 がいくつ, を粉

▼ ところ何とか~ (2, 0.0%)

1 なるだろう, 都合を

▼ ところ何もかも~ (2, 0.0%)

1 が昏迷, 私の

▼ ところ何やら~ (2, 0.0%)

1 魔の, 黒く蹲

▼ ところ何処~ (2, 0.0%)

1 にもい, に繃帯

▼ ところ何等~ (2, 0.0%)

1 の有難味, 変った点

▼ ところ余りに~ (2, 0.0%)

1 健康すぎる, 大きくその

▼ ところ信ずる~ (2, 0.0%)

1 ところに対して, ところは

▼ ところ信一郎~ (2, 0.0%)

2 の知人

▼ ところ信吉~ (2, 0.0%)

1 にとってこの, は人

▼ ところ偉い~ (2, 0.0%)

1 ところが, ロシア人で

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 は何處, は殆ど

▼ ところ僕たち~ (2, 0.0%)

1 の心配, ばかりだ

▼ ところ優しい~ (2, 0.0%)

1 武家という, 絵も

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 來馬籠は, 将伯顔の

▼ ところ元来~ (2, 0.0%)

1 嶮岨の, 経済難の

▼ ところ充分~ (2, 0.0%)

1 に心得, 成功する見透し

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 人類を, 存在を

▼ ところ公儀~ (2, 0.0%)

2 よりは一紙半銭

▼ ところ内地~ (2, 0.0%)

1 から行った, にある

▼ ところ冥途~ (2, 0.0%)

2 もかく

▼ ところ冷たい~ (2, 0.0%)

1 ところを, ビールを

▼ ところ凡夫~ (2, 0.0%)

1 だからなあ, の悲願

▼ ところ判明~ (2, 0.0%)

1 いたしません, せず

▼ ところ労働者~ (2, 0.0%)

1 が多勢, はそういう

▼ ところ勿論~ (2, 0.0%)

1 ありますけれど, と大きく

▼ ところ区々~ (2, 0.0%)

2 ではある

▼ ところ医者~ (2, 0.0%)

1 か弁護士, もこんな

▼ ところ十分~ (2, 0.0%)

1 にお, に打ち込ん

▼ ところ十間~ (2, 0.0%)

1 と走らない, のあなた

▼ ところ千坪~ (2, 0.0%)

2 ほどのひろ

▼ ところ半年~ (2, 0.0%)

1 にもならぬでしよう, ばかりというもの

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 本営と, 脂身である

▼ ところ却って~ (2, 0.0%)

1 いい折, 医家の

▼ ところ双方~ (2, 0.0%)

1 のため, の剣士

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 へ入れ, を歪め

▼ ところ古く~ (2, 0.0%)

1 から社会民主党, から開かれ

▼ ところ右手~ (2, 0.0%)

1 の山裾, はすっかり

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 寺みな独立に, 隊一段備えに

▼ ところ同人~ (2, 0.0%)

1 は病室, は驚愕

▼ ところ名前~ (2, 0.0%)

1 はどう, を聞い

▼ ところ向う~ (2, 0.0%)

2 が止む

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 と答えざる, ジイーッと

▼ ところ吾人~ (2, 0.0%)

1 が通信, のまったく

▼ ところ吾輩~ (2, 0.0%)

1 の力, は犬

▼ ところ品物~ (2, 0.0%)

1 は大きな, を持ち逃げ

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 一つ

▼ ところ唯一~ (2, 0.0%)

1 の手掛り, の檀家

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 から手

▼ ところ四十~ (2, 0.0%)

1 近い好い男, 近い年頃

▼ ところ四十七八立派~ (2, 0.0%)

2 な白鼠

▼ ところ土曜~ (2, 0.0%)

1 から日曜, までだ

▼ ところ土間~ (2, 0.0%)

1 にも門口, に位置

▼ ところ地上~ (2, 0.0%)

1 との無電通信, との通信連絡

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の大手, はまだ

▼ ところ変れ~ (2, 0.0%)

1 ば品, ば手ざわり

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 ならぬあなたさま, へ出

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 かつたし, かりしが

▼ ところ多けれ~ (2, 0.0%)

1 どもこれ, ば巧拙両

▼ ところ大将~ (2, 0.0%)

1 が頬杖, は日本人

▼ ところ大抵~ (2, 0.0%)

1 の者, 僕よりは

▼ ところ天下~ (2, 0.0%)

2 に敵

▼ ところ天下万人以上~ (2, 0.0%)

2 に秀吉自身

▼ ところ天子~ (2, 0.0%)

1 には直ちに, を奉戴

▼ ところ天然~ (2, 0.0%)

1 の彩色, の障壁

▼ ところ太閤~ (2, 0.0%)

2 にはお

▼ ところ太陽~ (2, 0.0%)

1 の照らす, の直射熱

▼ ところ夫婦~ (2, 0.0%)

2 のつながり

▼ ところ奥さま~ (2, 0.0%)

1 に逢え, の立場

▼ ところ女共~ (2, 0.0%)

1 は疑, は疑わし

▼ ところ好人物~ (2, 0.0%)

1 なの, らしいが

▼ ところ如何~ (2, 0.0%)

1 に隠し, をば詳らか

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 と舞坂トメ子さん, の機嫌

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 まで生む, 按摩は

▼ ところ存在~ (2, 0.0%)

1 しやしないん, を認められ

▼ ところ季節柄河豚料理一点張り~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 むべし, 律詩の

▼ ところ定めず~ (2, 0.0%)

1 武蔵野を, 漂泊する

▼ ところ実家~ (2, 0.0%)

2 へ帰っ

▼ ところ室内~ (2, 0.0%)

1 には誰, に雪子

▼ ところ容易~ (2, 0.0%)

1 にその, に予知

▼ ところ宿~ (2, 0.0%)

1 のため, の人たち

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 よりはなはだしき

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 くなかつた, しと

▼ ところ小さい~ (2, 0.0%)

1 のが, 教授連の

▼ ところ小生~ (2, 0.0%)

1 の到着, の蛇足

▼ ところ少き~ (2, 0.0%)

1 のみ, はもちろん

▼ ところ山女魚~ (2, 0.0%)

1 が素晴らしく, や岩魚釣り

▼ ところ山河~ (2, 0.0%)

1 よしと, よしとは

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の上, を越え

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 っぷちで, は痩せ

▼ ところ工事~ (2, 0.0%)

1 となる, 終って

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 加えて

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の苦しみ, は法螺吹き

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 とその, に怒られ

▼ ところ幕府~ (2, 0.0%)

1 から内命, のお

▼ ところ平凡~ (2, 0.0%)

1 でただ, な事件

▼ ところ年上~ (2, 0.0%)

2 の女性

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 海屋も, 海屋万々歳

▼ ところ広く~ (2, 0.0%)

1 かつ大きい, 田夫野人も

▼ ところ庫裡浴室玄関~ (2, 0.0%)

1 まであるは, まで或は

▼ ところ庭草~ (2, 0.0%)

2 の高きみじかき

▼ ところ当時~ (2, 0.0%)

1 の, の値段

▼ ところ彼奴~ (2, 0.0%)

1 なかなか芝居気, の生い立ち

▼ ところ後者~ (2, 0.0%)

1 の方, 即ち所謂高級神話

▼ ところ従来~ (2, 0.0%)

1 の, の造船工学

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 がほ, たりと背後

▼ ところ心あたり~ (2, 0.0%)

1 がある, もありません

▼ ところ心配~ (2, 0.0%)

1 はありません, はあるまい

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 しも, しも悉く

▼ ところ必ずしも~ (2, 0.0%)

1 偶然とのみは, 妄漫ならざる

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 そうな, ろしい

▼ ところ急激~ (2, 0.0%)

1 な車体, に膨脹

▼ ところ悪い~ (2, 0.0%)

1 ことは, ところの

▼ ところ悪運~ (2, 0.0%)

1 とでも申すべき, 尽きた百年目

▼ ところ惚気~ (2, 0.0%)

1 られて, を聞かされ

▼ ところ意見~ (2, 0.0%)

1 は二, は二つ

▼ ところ感ずる~ (2, 0.0%)

1 ところが, ところを

▼ ところ戦後~ (2, 0.0%)

2 には九州一ヶ国

▼ ところ戰爭~ (2, 0.0%)

1 にはならないです, の時期

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 がしまっ, の内側

▼ ところ戸棚~ (2, 0.0%)

1 の敷紙, の隅

▼ ところ抜け目~ (2, 0.0%)

1 なく四方八方, のない

▼ ところ抱きとっ~ (2, 0.0%)

2 ておく

▼ ところ支那~ (2, 0.0%)

1 の好み, の文化

▼ ところ教え~ (2, 0.0%)

1 て頂戴, を乞いたい

▼ ところ教育~ (2, 0.0%)

1 のとどまる, は個人

▼ ところ数日~ (2, 0.0%)

1 して, の暇

▼ ところ文楽~ (2, 0.0%)

1 の真, はもう

▼ ところ文章~ (2, 0.0%)

1 が少し, の始めごと

▼ ところ新聞~ (2, 0.0%)

1 に載った, の報道

▼ ところ方丈~ (2, 0.0%)

2 思しめし

▼ ところ早く~ (2, 0.0%)

1 も事, も凡物

▼ ところ早晩平民主義~ (2, 0.0%)

2 をもっ

▼ ところ明日~ (2, 0.0%)

1 の昼飯, 改めて持参

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の垂, は消

▼ ところ昨夜~ (2, 0.0%)

1 の初め, は宵

▼ ところ昨年~ (2, 0.0%)

1 になっ, の暮

▼ ところ昨日~ (2, 0.0%)

1 からで, の原稿

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の如くなれ, れ

▼ ところ暑く~ (2, 0.0%)

1 その蕩揺, その蕩搖

▼ ところ更に~ (2, 0.0%)

1 入江を, 効目は

▼ ところ最後~ (2, 0.0%)

1 に至っ, までなかなか

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 と土人万年雪, 之近来

▼ ところ有り~ (2, 0.0%)

1 て如此, とも覚えざるなりき

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 當に, 街道筋にも

▼ ところ本人~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の頭

▼ ところ本当~ (2, 0.0%)

1 なの, の雪

▼ ところ本物~ (2, 0.0%)

1 の雪, をだし

▼ ところ本郷~ (2, 0.0%)

1 にはまだ, に対してことごとく

▼ ところ村人~ (2, 0.0%)

1 の多く, の數

▼ ところ東京~ (2, 0.0%)

1 なる吾妻橋, の庚申講

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 も同じ, を出し

▼ ところ格別~ (2, 0.0%)

1 あった方, のお

▼ ところ案内~ (2, 0.0%)

1 して, の者

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の花, 咲き明る

▼ ところ梧桐~ (2, 0.0%)

2 の影

▼ ところ楼門~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ところ構わず~ (2, 0.0%)

1 張りたおした, 扉などへ

▼ ところ様々~ (2, 0.0%)

1 にくりひろげられ, の感想

▼ ところ樋口~ (2, 0.0%)

1 がゐない, のプライヴェート室

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 でひらいた, に散らばっ

▼ ところ樫尾~ (2, 0.0%)

1 は暫く, は遂に

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 ありて, もない

▼ ところ欄干~ (2, 0.0%)

1 をこう, を斯

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の世代, の樣

▼ ところ欲する~ (2, 0.0%)

1 ところは, ところ総べてに

▼ ところ欲求~ (2, 0.0%)

2 するところ

▼ ところ正に~ (2, 0.0%)

1 その神学, 太祖の

▼ ところ正面~ (2, 0.0%)

2 に赤い

▼ ところ歴史~ (2, 0.0%)

1 は繰り返さない, を動かす

▼ ところ殿~ (2, 0.0%)

1 の御, はこんど

▼ ところ母親~ (2, 0.0%)

1 が玄関, は別に何とも

▼ ところ比較的~ (2, 0.0%)

1 好意を, 無風帯に

▼ ところ水中~ (2, 0.0%)

1 にや, より光りたる

▼ ところ江戸~ (2, 0.0%)

1 へ参っ, より六十六里

▼ ところ決潰~ (2, 0.0%)

2 せむか城

▼ ところ法然~ (2, 0.0%)

1 が, が堂

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 や下水

▼ ところ流れ~ (2, 0.0%)

1 が八筋, を挾ん

▼ ところ浅草~ (2, 0.0%)

1 で正札, は浅草

▼ ところ浪人~ (2, 0.0%)

1 のよう, らしいの

▼ ところ海底超人~ (2, 0.0%)

1 の通過, は英国

▼ ところ海苔~ (2, 0.0%)

2 漉き小屋

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 が出, もろいところ

▼ ところ清潔~ (2, 0.0%)

1 な白い, になつ

▼ ところ済みません~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 洲へでも, 洲経として

▼ ところ満足~ (2, 0.0%)

1 な出来栄, に達せられた

▼ ところ無くし~ (2, 0.0%)

1 て其の, て空き迷

▼ ところ無理~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ ところ無用~ (2, 0.0%)

1 な邪魔, の努力

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 今東海道, 今諸大名

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 をつけ, 附けなきゃと

▼ ところ特別~ (2, 0.0%)

1 な願い, の許可

▼ ところ特殊~ (2, 0.0%)

2 な場合

▼ ところ狭き~ (2, 0.0%)

1 までうめき声, まで長々

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 わさんとして, 實に

▼ ところ現代~ (2, 0.0%)

1 のロシア, の日本

▼ ところ現在~ (2, 0.0%)

1 の殿上人, の生活

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 寧の, 寧は

▼ ところ甚だしく~ (2, 0.0%)

1 俗書で, 浮世の

▼ ところ生れ~ (2, 0.0%)

2 てはじめて

▼ ところ生死~ (2, 0.0%)

1 も不明, 之卷

▼ ところ生活~ (2, 0.0%)

1 と研究, の敗残者

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 船よりも

▼ ところ異状~ (2, 0.0%)

1 はありません, はある

▼ ところ疑い~ (2, 0.0%)

1 もない, を容

▼ ところ疑問~ (2, 0.0%)

1 である, の点

▼ ところ病気~ (2, 0.0%)

1 のため, らしいが

▼ ところ痩せぎす~ (2, 0.0%)

1 のよう, の洋服

▼ ところ百五十坪~ (2, 0.0%)

1 だけを借り受けた, を年賦

▼ ところ皆様~ (2, 0.0%)

1 にお世話, には奈何

▼ ところ皆目~ (2, 0.0%)

1 わからない, 分らねえので

▼ ところ真剣~ (2, 0.0%)

1 に働きたい, に結婚

▼ ところ真名古~ (2, 0.0%)

1 のこの, はひどく

▼ ところ矛盾~ (2, 0.0%)

1 が面白く, に見える

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 張りおせい

▼ ところ知っ~ (2, 0.0%)

1 てい, てらっしゃる

▼ ところ知らない~ (2, 0.0%)

1 でせう, わ

▼ ところ知る~ (2, 0.0%)

1 可き, 由が

▼ ところ知盛憤然~ (2, 0.0%)

2 として四姓

▼ ところ短刀~ (2, 0.0%)

1 のある, を握つた

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 とそっくり, の巻

▼ ところ石段~ (2, 0.0%)

1 のところ, を昇降

▼ ところ砂漠~ (2, 0.0%)

1 ばかりで求むる, ばかりのところ

▼ ところ破る~ (2, 0.0%)

1 は, は彼

▼ ところ社会~ (2, 0.0%)

2 の端役

▼ ところ社長~ (2, 0.0%)

1 が見つけ, にあたる人

▼ ところ秀林院様~ (2, 0.0%)

1 の御意, は御返事

▼ ところ私たち~ (2, 0.0%)

1 の生活, は級友

▼ ところ空想~ (2, 0.0%)

1 ですがね, の世界

▼ ところ空虚~ (2, 0.0%)

1 たるを, なのに

▼ ところ突如~ (2, 0.0%)

1 とし, 五百の

▼ ところ竹光~ (2, 0.0%)

2 を着物

▼ ところ筆先~ (2, 0.0%)

2 の遊び

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 に注意, を下る

▼ ところ管輅~ (2, 0.0%)

1 がいう, は言下

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を喰

▼ ところ素子~ (2, 0.0%)

1 には科学博物館, のいう

▼ ところ絶対~ (2, 0.0%)

1 にもうからない, の平和

▼ ところ総べて~ (2, 0.0%)

1 に己, を化石

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 は言下, もまた

▼ ところ老人~ (2, 0.0%)

1 は, は即座

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 して, も実に

▼ ところ聊か~ (2, 0.0%)

1 がさつな, 過労の

▼ ところ聞いた~ (2, 0.0%)

2 ところつとめて

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の厚い, をすくめ

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 がすーっ, がドキドキ

▼ ところ脂肪~ (2, 0.0%)

2 が焼け

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 から其他界, から微風

▼ ところ自己~ (2, 0.0%)

1 の生, の生ける

▼ ところ至極~ (2, 0.0%)

1 平凡人である, 手軽に

▼ ところ良人~ (2, 0.0%)

1 の世間, もあろう

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 が雜つて, の対置

▼ ところ芸術家~ (2, 0.0%)

2 は大金持ち

▼ ところ若々しい~ (2, 0.0%)

1 様子では, 独断的な

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の実, を薙ぐ

▼ ところ落ち~ (2, 0.0%)

2 てい

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 之助, 未だ悉く黄

▼ ところ著しく~ (2, 0.0%)

1 不平家, 作用が

▼ ところ虚妄~ (2, 0.0%)

1 の父, の説

▼ ところ行っ~ (2, 0.0%)

1 てき, て帰っ

▼ ところ衣服~ (2, 0.0%)

1 の質感, を着た

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 がひらい, には勅命尊

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 のうち, 隣りの

▼ ところ要するに~ (2, 0.0%)

1 この身一個, 好きで

▼ ところ見え~ (2, 0.0%)

1 この高き, 通らない程

▼ ところ見かけ~ (2, 0.0%)

1 だけかなら, とちがっ

▼ ところ見せ~ (2, 0.0%)

1 てくれた, て呉れない

▼ ところ見た~ (2, 0.0%)

1 いね, んだ

▼ ところ見られた~ (2, 0.0%)

1 ために, といつ

▼ ところ見知らぬ~ (2, 0.0%)

2 人から

▼ ところ観客~ (2, 0.0%)

2 は一斉

▼ ところ観念~ (2, 0.0%)

1 で光景, はし

▼ ところ解決~ (2, 0.0%)

1 された形, されて

▼ ところ言う~ (2, 0.0%)

1 ところついに, ところは

▼ ところ言葉~ (2, 0.0%)

1 の意味, を見

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 らんや, 畫した

▼ ところ説く~ (2, 0.0%)

1 ところは, ところ信ずる

▼ ところ読ん~ (2, 0.0%)

1 で拍案, で面白い

▼ ところ諸君~ (2, 0.0%)

1 の中, は人間

▼ ところ警察部長~ (2, 0.0%)

1 が一番好き, のところ

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 に神, 寡し

▼ ところ貴君~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ところ貴殿~ (2, 0.0%)

1 には一個任侠, には正義

▼ ところ赤ガミ~ (2, 0.0%)

2 が来ない

▼ ところ走る~ (2, 0.0%)

2 とき両方の

▼ ところ走過せ~ (2, 0.0%)

2

▼ ところ赴く~ (2, 0.0%)

1 客観的な, 点に

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の裏, をお

▼ ところ身体~ (2, 0.0%)

1 の工合, は別

▼ ところ軍部~ (2, 0.0%)

1 との関係, は天才的

▼ ところ辛い~ (2, 0.0%)

1 処で, 処であった

▼ ところ迄が~ (2, 0.0%)

1 前回, 吉田松陰の

▼ ところ迄も~ (2, 0.0%)

1 切りこんで, 行って

▼ ところ近来~ (2, 0.0%)

1 すこしく深き, 誠に頼もしき

▼ ところ迷惑~ (2, 0.0%)

1 しごくと, なん

▼ ところ連れ~ (2, 0.0%)

1 て来い, のうち

▼ ところ過去~ (2, 0.0%)

1 にそういう, の非

▼ ところ道哲~ (2, 0.0%)

2 の寺

▼ ところ道筋~ (2, 0.0%)

1 と同じ, に斯様

▼ ところ遠慮~ (2, 0.0%)

1 して, のない

▼ ところ邸内~ (2, 0.0%)

1 にはピストル, に忍びこん

▼ ところ部屋~ (2, 0.0%)

1 が小さい, はがらん洞

▼ ところ郵便局~ (2, 0.0%)

1 にはちゃんと, の手ちがい

▼ ところ重々~ (2, 0.0%)

1 ありがたき御, 御尤も

▼ ところ重ね~ (2, 0.0%)

1 て日本, て某氏

▼ ところ重大~ (2, 0.0%)

1 な変化, な発見

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 に処女無し, に青草無し

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 が少し, の圏囲内

▼ ところ金五郎~ (2, 0.0%)

1 は, は心内

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 なる天門堂, の馬埴馬

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 の袋

▼ ところ開い~ (2, 0.0%)

1 てい, ていました

▼ ところ間違い~ (2, 0.0%)

1 なきを, のない

▼ ところ関羽~ (2, 0.0%)

1 は, は虎の子

▼ ところ隣家~ (2, 0.0%)

1 から火, の筆職人

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 がいた, は啼けり

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の降っ, 故のばし

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 にお, の降っ

▼ ところ雪子~ (2, 0.0%)

1 はちょうど, は役に立っ

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 がぽっと, の焼く

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の為, はまだ

▼ ところ青侍~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ところ静か~ (2, 0.0%)

1 だが, な眠り

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の打ちどころ, 文化的な

▼ ところ頼む~ (2, 0.0%)

2

▼ ところ顔幅~ (2, 0.0%)

2 が広く

▼ ところ願う~ (2, 0.0%)

1 てもなき, ところ何事か

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 のたより, の王

▼ ところ風邪~ (2, 0.0%)

1 をお, をひい

▼ ところ飛ん~ (2, 0.0%)

1 でいっ, で行

▼ ところ飛石~ (2, 0.0%)

2 の画趣

▼ ところ餓鬼~ (2, 0.0%)

1 のよう, の寄合い

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 はいつ, をかしげ

▼ ところ~ (2, 0.0%)

2 は別に

▼ ところ驚いた~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことには

▼ ところ驚くべき~ (2, 0.0%)

2 大量な

▼ ところ鶴見~ (2, 0.0%)

1 ははじめ, は吹田さん

▼ ところ~ (2, 0.0%)

1 の奥, の表現

▼1* [3822件]

ところ〇・二グラムの亜砒酸, ところあいそづかしだおい師匠, ところあいつとはいつ, ところあお見逃し下せえ, ところあきらかならず註釋者曰, ところあたかもきょうは, ところあたしいやだわ, ところあちこちでかけちがっ, ところあったならさらに申し分, ところあと二た月, ところあと四五日分しかない, ところあと四時間となった, ところあなたさへその, ところあなた丈ですああ, ところあなた三度やり直しても, ところあのお屋敷から, ところあばたの野郎, ところあぶない芸当です, ところあまったところを, ところあまりびっくりして, ところあまり好きぢやございませんでした, ところあやしいのは, ところあやしき女人居合わせ, ところあらざるなり故にこの世, ところあらざるべからずと深く, ところあらしめたがクウルトリイヌ, ところあらずしからば自ら保守, ところあらぬ濡衣を, ところあらねど巧, ところあらゆる機会において, ところありがたからざる場所, ところありけん佯り, ところありしかど里方, ところありですから, ところありとみしは, ところありともせむかし, ところあり安んずるところあり, ところあり得ないという実際, ところあるごとく人未だ, ところあるごとく思うものなれ, ところあるじはね起きて, ところあるだろうがひとえに, ところあるなれば今日, ところあるべく余輩の, ところあるらしい口調で, ところあるらしく立っていた, ところあるらしく考え込んでいた, ところある如く極めて平静, ところあれたちがうまく, ところあれ以上水はいらない, ところあわび蠣などいう, ところあんたはんもまんざら, ところあんまり真に迫って, ところいうたら表情が, ところいかほど呼んでも, ところいくらか訊いて, ところいくらでも売物, ところいく分誇張ある, ところいこう気を, ところいさして, ところいささか他より, ところいざ御案内者, ところいじらしいみたいです, ところいぜん疎開し, ところいそがなく, ところいそがしくて駄目, ところいたずらの方, ところいちいちためいきまじり, ところいちおう養生所へ, ところいちばんの問題, ところいちばん敏感な部分, ところいちまつの殺気, ところいってくれ, ところいっこうお聞き入れ, ところいっさいの嫌疑, ところいったい何を, ところいっちょうらに, ところいつかこんな皮膚病, ところいつか道に迷いまし, ところいつしか純文学の, ところいつの間にか逃げ失せて, ところいづこにも, ところいとうら若い大将, ところいとめずらかに覚え, ところいまあなたの耳, ところいまだご若年, ところいまだに自家内心の, ところいま東洋はあげ, ところいや先に天上, ところいるつもりの, ところいわばあたしの, ところい突っ込んで体, ところうむと, ところうう家の, ところうしろにぴったり, ところうたがいだけです, ところうちの菅谷, ところうつくしき宮殿, ところうまくない, ところうるさくて閉口, ところうれしいことに, ところえたいの知れない, ところえんえんと涯, ところおいたはお, ところおいでなさいましよ, ところおいらもまだ, ところおおむねは, ところおかしいことに, ところおかしな嚊を, ところおかみさんが妻権母権, ところおきのどくじゃ, ところおごる平家を, ところおさえている, ところおしたくして, ところおしたくなせえまし, ところおじちゃんにおめにかかるべき, ところおせい以外の, ところおそらく諸君の, ところおそろしく下手くそだ, ところおたがいに理解し合い尊重, ところおとなしく何か, ところおなかすかして, ところおなじく輕快に, ところおのづから一幀, ところおのれ伊兵衛と申す, ところおふくろさんの顔, ところおやじまんざらで, ところおろかな言い繕い, ところおろそかならぬもの, ところお下げ渡しが願いたい, ところお仙と二人随徳寺, ところお供えのお, ところお出ましなせえ, ところお前さんたちは浪花節, ところお前彼等が行い, ところお呼びだて, ところお嬢様は途中, ところお客には大, ところお客さまはどなた, ところお年若のよう, ところお手前達はわずか, ところお手数をかけまし, ところお母さんから悪, ところお父さんには何ん, ところお玉さんは単純, ところお目にかかることが, ところお祭前の風景, ところお答え遊ばされるには, ところお許しをうけ, ところかいたらうちは, ところかういふことには, ところかかって五郎吉一家, ところかかる結果を, ところかが出て, ところかぎつけな, ところかくさずそのあかし, ところかけ違って, ところかけねのない, ところかしは手, ところかしこに自然, ところかしこまってい, ところかしら深いところ, ところかしらんそれにしてもこれら, ところかずかずのふしぎ, ところかたまって蠢, ところかためそこねたところてんよ, ところかちぐり残りけれ, ところかつ遠路にも, ところかつて熊掌料理を, ところかで戦争行為が, ところかなと云った, ところかなんかでにこにこ, ところかねて私, ところかねて令徳の, ところかまわずがらッ八を, ところかまわず投げ出されている, ところかまわず撒きちらされ花瓶の, ところかまわず植えればいいっ, ところからかへつて行つた, ところからしか期待し得ない, ところからじゃ届きゃしないわ, ところからだのどこ, ところからという声が, ところからといふ声が, ところからばかり写されて, ところからわづか上, ところかわれば品, ところかを自然に, ところかんじんのお, ところかんばしからぬへま, ところがかへつて僕などには, ところがさつぱり痛くも, ところがちょうつがいでひらくようになっていて食事をさせる, ところがちょうどそないなってる時に, ところがっかりする, ところがな御寮人も, ところがなよそのお客様, ところがよかないか, ところがよとして, ところがらをとみに, ところがら動かそうとしない, ところがら生れて来る, ところがら風のよう, ところがをかしいでは, ところききすぎててもなく, ところきき合わせたらマアどう, ところきっちりさっき日本女が, ところきまりをつけよう, ところきゅうくつじゃない, ところきょう熱海にて書信, ところきらわずつき刺さッた, ところきらわずはびこっています, ところきらわず噛みついてしもう, ところきらわず生えていた, ところきらわず突き刺さってさながら, ところきらわず続けさまに, ところきりっと体が, ところきれいに剃り落とし, ところくそ面白くも, ところくだらないちょっとしたところ, ところくらいだろう, ところくらいは常温に, ところぐずぐずして, ところぐっと深くなっ, ところぐらいにしか残存し, ところぐらいのものだった, ところぐらいまで教会スラブ語から, ところぐらゐなものだ噂に聞け, ところぐらゐ居候心持のいい, ところけつして, ところこうして村の, ところここらへんでしたかしらん, ところここ以上のを食った, ところこしらえた次第です, ところこじんまりとした, ところこのごろは白き, ところこのごろそちこち新聞, ところこのごろ火星兵たちは人間, ところこのほどその父, ところこの世の一切, ところこの方達も加えまし, ところこの間うち気にし, ところこの間うち雨がふった, ところこりゃ単に役人, ところこれらの子供たち, ところこれら国外からの智的侵入者, ところころげたところ起きあがった, ところこわれかかつたような, ところこんど偶然の機会, ところこんなになったと, ところこんなにも寂しいところ, ところございますがあんな, ところございませんのね, ところごった返してい, ところごらんの程度, ところさお前とは少し, ところさきにお, ところさきごろ裾野の猟人, ところさしずめ目下に, ところさしたる好味, ところさし出がましい, ところさっきまでの横着, ところさっき三十分あまりかかって, ところさっき落付いて, ところさっとつぶてを, ところさながら狂女の, ところさなど無礼の, ところさほど金に, ところさまで優秀な, ところさむらいの, ところさればぞ初, ところさわったら耳の, ところさんざ歩き廻った末, ところさんざん見て, ところざらに見られる, ところやがさきみだれ, ところしいて郷土を, ところしおらしいところやさしい, ところしきゃけえてねえがきょうのふた, ところしたくをしたら, ところしたたか水を飲ませられ, ところしっかと足を, ところしどろな悪, ところしょうばい両親, ところしょっちゅう手で, ところしらぬ憤ろしさは, ところしりっぱしょりでもやりなよ, ところしるき譽の, ところじっさいは三四千騎か, ところじっと臥て, ところじつに大口様は, ところじゃあがあせんか, ところじゃってのんびり手足, ところじゃに誰なと, ところじゃによってお墓, ところじゃろうが, ところじやないや, ところじゅうから水, ところすくないあわただし, ところすくなからずあっけない, ところすくなくして, ところすくなくとも我々に, ところすぐさま宇宙線レンズで, ところすでに卯木夫婦は, ところすべて人物月旦はなやかである, ところすべて文明国の顰, ところすべて理論以前の屁理屈, ところすべて私業に過ぎない, ところすべて言つた通りでしたから, ところすりゃぜひお目にかかりたい, ところうつと, ところずうっと不眠, ところずつと店に, ところずゐぶんよく, ところせいろんは, ところせきまでつらなり, ところせく雛人形と, ところせく列べる店に, ところせっせと書けば, ところせまきまでにならん, ところせんねん小谷らくじょうのみぎり, ところぜひとも試合に, ところぜんぜん身に, ところそいつが人間, ところそこここに五人七人, ところそちらもお, ところそっとして, ところそのうちにわかぎみ御, ところその他いろいろな点, ところその間を茸狩, ところそりゃあ病気が流行った, ところそれぞれ違った角度, ところそれっきり物音が致しません, ところそれ以上怪塔王の死, ところそんならなお, ところそんなふうに考えれば, ところぞといひぬ, ところぞとの事なりき, ところたいがいはコーヒー一杯, ところたがいにひどく, ところたしかとすれ, ところたじたじたじと, ところただ一個所だけであっ, ところただ事とも覚え候わず, ところたちまちよくなったので, ところたとい千万あるも, ところたのもしく心地よく話して, ところためらつたところ, ところたらずんばあらず, ところたり永楽帝の, ところたれかが, ところだが昔フォンタン全部が, ところだけによってもこの死骸, ところだけへ眼を, ところだけを以て見ても, ところださうだが生き物の, ところださうでなるほど左, ところだし抜いて, ところだったら貸してくれ, ところだった落ちるうちに, ところだつてあるでせう, ところだつたさうで, ところだつたら俺達も, ところだつたわよ, ところだなまかねふかしたのかね, ところだにあらざるべしと, ところだぶだぶして, ところだらけですがともかく, ところだろうときよきが, ところだんなの耳, ところだ帰るだけの乗車賃, ところだ掘り起こした土は, ところだ死んではならぬ, ところだ行け行け異人館へ, ところだ許してやる, ところちっちゃなマリヤ・ゲラーシモヴナが, ところちやうど合ふたり叶ふたり, ところちょいと逢っ, ところちょッと新しい, ところちよいときまり, ところちらりと目の, ところつかんだところだけで, ところつき当りは, ところつきあっていただかなけれ, ところつき離して自分, ところつけるものない, ところつて云つた方がい, ところつねにかくの, ところつねにひとりでに明るく華やか, ところつまらぬ奴じゃ, ところつまり上のあの, ところてつだっておく, ところてめえは官, ところてんぐさ取る, ところてんじゃあるめえし出しかけ, ところてんで問題に, ところであったら私などは, ところであったらしいが今, ところであったるぞ, ところでありなすべからざるところである, ところであり従って私, ところであり誤ってその, ところであるべき所の, ところであるべきだのになぜ, ところであるらしくここまでは, ところである傾いた家並も, ところであろう草臥れてぐったり, ところでうッそりし, ところでかッという, ところでかくてこそ人類, ところでかへつて二人とも, ところでからに話の, ところできることなら, ところでこぼこして, ところでございまするが土地不案内, ところでございませうな, ところでござればあなた, ところでござろうな, ところでござんしたよ, ところでしまいのもう, ところですつぽかせ, ところですではいけない, ところです思わないところで, ところでたなおろし, ところでてがら顔に, ところでとはいかにも悠長, ところでない死ぬには及びません, ところでない死んだ男の, ところでなかったらお角親方, ところでなかろうかと思われる, ところでなくったって喧嘩, ところでなくなったドイツを, ところでなくなりはしないだろう, ところでなんて本当に東京, ところでのみ役に立つ, ところでばかりの早起きが, ところでべこが, ところでもなかりそう, ところでもの結果である, ところでもを闇打ちに, ところでやむにやまれぬ, ところでやすはこれ, ところで御座るの, ところで無いと思案, ところとあるものすぐ, ところといは, ところというもはたして真実, ところとおもひ, ところとかいうような, ところとかがあつて, ところとかと云ふ, ところとかというように, ところとかに手術の, ところとかを巡査に, ところときまつて, ところときまつたの, ところとぎれとぎれにきいた, ところところ道もなき, ところとしてしか使いみち, ところとしての家庭と, ところとつぜん背後から, ところとではちがいの, ところとによっては身の, ところとのみ心得方位, ところとをさえ改れ, ところとんと顔も, ところと共に父の, ところどいつの手足, ところどうかしたいと, ところどうして立派な, ところどうしてどうしていざ書いて, ところどうしてなかなか子供では, ところどうぞお立退き, ところどうもすこし詩よりも, ところどうもそうらしいん, ところどうもまだあなたの, ところどうもグラグラで駄目, ところどうやらだいぶ気障, ところどころにチラチラ, ところどぜうと, ところどっか重役風なところ, ところどれ一つとして腐った, ところどんなに急いでも, ところなおくわしく言え, ところなかりしも, ところなかつたらうかを私, ところなかる可らず, ところながくてせいぜい, ところながらわれは, ところなき声なき声をさながら, ところなくなったと思った, ところなくむなしく北陸へ, ところなく大きく開いた吉五郎, ところなく深い篁へ, ところなく深く之を, ところなく空しくあの猿, ところなく黒い髯も, ところなされた報告は, ところなぞがございますよ, ところなぞをも指して, ところなどから見ると, ところなどとも思った, ところなどにはまだ緑, ところなどへも雑誌社の, ところなにほどの抗, ところなにかふっと笑っては, ところなにさま尊氏の, ところなにしろその子, ところなにぶん先君の, ところならかえても好い, ところならねば世, ところならわかるが, ところなら乗っ切れぬことも, ところなら入れるはずで, ところなら知らずたしかに屋, ところなら行こうと思え, ところなら飛び越せるつもりだ, ところなりけるが鬮, ところなりしかども今日また, ところなりつひには東西, ところなりというも知識学問の, ところなりとてすでに軍, ところなりとはおやじ大きい, ところなりへ遠足する, ところなりや否や, ところなるされば信仰, ところなるべきか, ところなるべくまた敢, ところなるやという, ところなんかが間違いなく, ところなんかじゃないわ, ところなんかへ飛んで, ところなんかも映つたぜ, ところなんかを歩いてる人たち, ところなんじの知る, ところなんぞが見られるもの, ところなんぞをみると, ところなんでそのよう, ところなんとか辛棒する, ところなんにもしないで, ところなんぼか骨ッ節, ところにおいても大丈夫だ, ところにおきましてお紋, ところにかがまって, ところにかけてをらず, ところにかの女を, ところにから井戸が, ところにくづをるゝ幕下る, ところにさえひっかかりを, ところにすら見つける, ところにずつと永く居る, ところにだけは従って, ところにつき出されたま, ところにつことゑみ, ところにてもすべての, ところにといった二重の, ところにとのさまも, ところにどつところがりおちました, ところににはとりの, ところにねうちが, ところにもなかまたちは, ところによつちややく, ところにわづかな興味, ところにわかアラスデルと呼ばれた, ところにをりますので, ところに対しては全く見, ところねえさんの立場, ところのが現在は, ところのせゐかあの, ところのちッともない, ところのでやれると, ところのという意で, ところのといふ言葉が, ところのとかいう意味の, ところのばかりですよ, ところのびのびとした, ところのぶなが, ところのほどの人が, ところのみがある, ところはいつたい何処, ところはかういふところ, ところはきまつてゐ, ところはくらい海底の, ところはござりませなんだか, ところはござりませぬがたった, ところはさもよい, ところはしっている, ところはしなく職屋敷の, ところはじめはむさぼる, ところはじめ一通り貪る眼, ところはずゐぶん, ところはたなから落ち来, ところはてなそれは, ところはなしをつける, ところはなはだしい空想である, ところはの話よ, ところはのみの巣の, ところはもうわづか, ところはものそのもの本来の, ところばかに気, ところばかし選つて會ひ, ところばかりから出来上ってるよう, ところばかりじゃァないほう, ところばかりで仕事を, ところばかりへ入り浸りに, ところばっかしじゃ, ところばったは噛み煙草, ところぱつたり其足音が聞えなく, ところッぱりだこや, ところひいて世運, ところひさもいつか, ところひっこ抜いて嚇し, ところひつこみがち, ところひとつ助けると, ところひとりが急所, ところひとり男が足らない, ところひと息つくほか, ところひと目に実直, ところひと頃よりは心身, ところひどく黄いろく萎びた夫, ところびっくりするほどの, ところびりびりと風, ところーむと怖, ところふしだらの至, ところふたところといふ, ところふだんと変らず, ところふっと或る, ところふつうにつとめ, ところぶらりとお出かけに, ところぷつんと絶えて, ところぷんと煙硝口火の, ところへからかひに, ところへからのタクシーを, ところへしゃげた耳で, ところへすらも達して, ところへぞッと, ところへだけでも各製薬業者, ところへだけなりと折角だ, ところへてまえ方, ところへであらう主命, ところへではなく町, ところへでもをり, ところへといったような, ところへとよが, ところへなんて行くと, ところへにが手が, ところへはと首を, ところへへいきで, ところへほどたたぬま, ところへまはつて, ところへよぢ上り, ところへ迄も到達する, ところべつにさうした, ところほくほくして, ところほとんど三日置き, ところほどなくひでよし, ところほぼ武士と, ところほんとの動機, ところほんとにヤッちゃった, ところぼうと虚脱, ところぼく自身が直接道江, ところまかせといったいい加減, ところまがいもなく, ところまごうかたなし, ところましてや夜, ところますます困難に, ところまだいっこうに分って, ところまだきのこの, ところまだそれほどにもない, ところまだはっきりしたこと, ところまだよくは分っ, ところまだ全く無垢な, ところまでさえ行けません, ところまでずつと抜けて, ところまでなどと言う必要, ところまでのたりついて行って, ところまでよりしまらぬ襖子, ところまもなく仏頂寺丸山その他二人の, ところまア別人に, ところ空は, ところみがきたがってるところを, ところみこしをあげ, ところみじんもない, ところみないずれも親切, ところみなみな御前, ところみな一つだった, ところみな国元不安の動揺, ところみな軌を一にして, ところみな難所折所いざという, ところみにくいところを, ところみると印刷, ところみんな口の利き, ところみんな慾ですね, ところむき出しになっ, ところむっつりの右門, ところむつかしい思想の, ところむらさき色で光る, ところむりやりに馬, ところむろん相応に, ところめちゃめちゃに破れた, ところめったに破られる, ところめらめらと焼け失せ, ところもうしみじみ不幸な, ところもうどうすること, ところもう一度逢うこと, ところもう大して借金を, ところもござりませぬのに皆目, ところもしやと思いついた, ところもちよつと, ところもちろん人間など, ところもっと先まで, ところもとは聞きなれないね, ところもともとがしろうと, ところやがてより広くより, ところやさしいところ, ところやしつっこいところが, ところやせている, ところやってしまう, ところやったが物, ところやっぱりなかなか眠れなかった, ところやはりさにあら, ところやはりどことなく艶かしく年ごろの, ところやはりもういなかったそう, ところやはり最も悲しいこと, ところやぶら小路藪柑子パイポパイポパイポの, ところやむをえぬ現象で, ところやめちまえよ, ところやらうな, ところやらせて見い, ところやらを単に客観的, ところゆうべ初太郎がそこ, ところゆえ天寿これまでとお, ところゆっくり話を, ところゆとりがない, ところゆるゆる相手を, ところゆゑわれら如きの, ところようようこん日拝まして, ところよかろうよかろ, ところよけいなこと, ところよすつもりで, ところよそへ預け, ところよねは暫らく, ところよのい, ところよほどの人数, ところよりもも少し下流, ところよろしいんです, ところらしかつた, ところらしく吐く息が, ところらしく黙ってうつむい, ところわかって面白い, ところわからないのです, ところわからんのです, ところわが国映画批評家の一考, ところわざとらしくないひかえ目, ところわたくし良人の申します, ところわっしは, ところわるいところ全, ところわるくあるまいと, ところわれわれ地球の人間, ところわれわれ裁判官はいくら, ところをてもなく追放, ところをというそんな情ない, ところをなどと言う, ところをね改造し, ところをねんいりに, ところをのみおのれに, ところをまで夢に, ところをめぐっていつまで, ところをやッと, ところをナ白い着物, ところねえ在りっ, ところアア人の主たる, ところアイナイアース第四隊, ところアイナイアース勇にし, ところアカイア軍中誰人も, ところアクティブだ, ところアスクレピオス生める息, ところアプレゲールという言葉, ところアメリカ船にて江戸表, ところアランベエル商会はその, ところイクラありゃい, ところイタリア号の一隊, ところイヤよ, ところイヤハヤ夜の海岸通り, ところウィルソン大統領の懐刀, ところウナギのよう, ところウーリュンポスに行かん, ところエプロンだけしかつけ, ところエレベーターの綱条, ところオシラ遊びなり雛祭り, ところオランダの汽船, ところオルチー夫人のサー・パーシー・ブレークネー, ところカイミアラと闘う, ところカタラーノ等表に公平, ところカットしなくては, ところカヌーがもう, ところカヤノはつる, ところカーライルはただちに, ところガラリとようす, ところガン人はわれわれ, ところキチェンが一つ, ところキンが出, ところキ印に近い, ところギヨツとした, ところクルクルとひとりでに, ところゲルハルト・ハウプトマンは, ところコエリョは航路危険, ところコチコチに踏みかためられた, ところコンスタンチノープル府にある, ところコンフェッチを包んだ, ところサギぐらいのもの, ところサクラまであっけ, ところサムとぼく, ところサルトルは胆略, ところサン・セルジュを越す, ところサ御料地のあそこ, ところザックバランに言え, ところシカゴ畜産組合がこの, ところシッカリして, ところシャトーフ妻シャトーフの虐殺その他, ところシャビエルの息, ところシローテは通詞, ところジエリコの首長トロメオ, ところジューヴェぐらいどの, ところスコールに惱, ところスッカリ信用を失っ, ところストックにし, ところズッと将棋, ところズット麓の方, ところズバと鬼歯, ところセッティングを四本, ところセン風をまき起し, ところソメちやんに露出, ところソヴェトで一年, ところソヴェトアジとしての欠点, ところタイプライティングのもの, ところダラニ風だが, ところダンスじゃなく, ところダールダニエー・トロイアの, ところチャンと船, ところチョークでもなすりつけた, ところてどこ, ところて僕, ところテムポなしで, ところデカダンなところ, ところトラのかげ, ところトランクが月, ところトンチンカンはペンさん, ところトンネルの向う側, ところドアは開いた, ところドクトルで片, ところドレエブして, ところナポリもクリン, ところニコニコと能, ところネオンは消えた, ところネルロはそう, ところノボさんが稽古, ところノリとタネガキ, ところノーヅツなる奇形化石, ところハタチね, ところハッキリしないから, ところハハハ姉御愚鈍い奴, ところハーキュリーズは親切, ところハーモニーの勉強, ところハヽヽ姉御愚鈍い奴, ところバカではない, ところバターは消しゴム, ところバッハ生前の肖像, ところバリカン大当りである, ところバンドの幅, ところパタパタ風を, ところパツタリと筆, ところパリへ行っ, ところパンと魚, ところパンクして, ところヒダのワサミ, ところヒツトラー・ユーゲントは驚い, ところビロードを敷きつめた, ところビールなどをとる, ところピチピチして, ところフェツカが, ところフト分量を誤つ, ところフランス風印象あり, ところブルーノ・ワルターがウィーン・フィルハーモニック管弦団, ところブレーン公演を完全, ところプチなウクライナ人, ところプライベートの生活, ところヘザアの花, ところベッドの頭, ところベラン氏の姿, ところベンジンをとく, ところペストが流行, ところペチカ委員め気でも変, ところペン先の広告看板, ところホッとした, ところボート一隻浮んで, ところポリュクセーノス第四將, ところポルザ協会の会員, ところポンポンとたたい, ところポーと黄色く, ところポーニンはそれなら, ところマンダラに毛, ところミウーソフも熱心, ところミサ子は姉夫婦, ところミッドウェーの海戦, ところミュゼエの証言, ところムンムンすること, ところメッヂイが次ぎ, ところメリー号の乗組員, ところモオリーがやっ, ところモラルや理論, ところモンペとしてはきゃしゃ, ところヤソ教は欧米諸国, ところユニオンよりもソサエティ, ところヨタモノじゃなく, ところリアリズムにおいていくらか, ところリコメーデースの強き友, ところリズミカルでいい, ところリット少将は大, ところリューマチ性の熱, ところリリシズムの横溢, ところレオポール三世がどう, ところレナール夫人と恋愛関係, ところレビゾールに皆, ところロカフに属する, ところロザリヨと称する, ところロロとルル, ところローラつたら君達, ところヴェリチャーニノフもよく, ところ一つ缺くれば, ところ一ぺんで私, ところ一メートルぐらいのごく, ところ一丁が五十銭, ところ一九一四年ロンドンのアルバート, ところ一二年の先, ところ一二歩のところ, ところ一人柳営お抱えの洋医, ところ一人者である, ところ一人舞台として無, ところ一休みの後河原, ところ一体に桑, ところ一個の老翁, ところ一円ばかり下っ, ところ一刀のもと, ところ一分だよ, ところ一分あまりであった, ところ一列にイスラエル, ところ一千年たちました, ところ一句あるべくして, ところ一合熱くだ, ところ一向に効目が, ところ一団の旗本たち, ところ一寸一ト息吐きまして, ところ一寸上品な若, ところ一寸勢ひ込んだので, ところ一層フランス人の, ところ一帯が湖, ところ一年が二年, ところ一戦一退のみを, ところ一揆の方, ところ一日七八十足しかできない, ところ一旦は尋ね出された, ところ一時だと, ところ一晩きりだ, ところ一望皚々の急, ところ一朝夕の事, ところ一本道をゆきました, ところ一朱はおろか, ところ一杯で書い, ところ一枚の白紙, ところ一様にあらず, ところ一潮毎に葉数, ところ一理あるに, ところ一番大気の清浄, ところ一番望みのある, ところ一番気になる, ところ一番目鼻のつい, ところ一畳の間違い, ところ一癖ありそう, ところ一種の嫉妬, ところ一緒にはいません, ところ一羽五十哥づつで引き取る, ところ一般価格を一クヲタア, ところ一行中の須川氏, ところ一言のもと, ところ一貴婦人からけれども, ところ一足も歩, ところ一軒の家, ところ一軒位でしょう, ところ一軒家も同然, ところ一轍なり, ところ一通の封, ところ一週日もない, ところ七八九年前の毎, ところ七八歳から十五六歳, ところ七十四ヶ所に及ぶ, ところ七斤に満ち, ところ七日の夕方, ところ七日市河原のグランド, ところ七時半頃に着, ところ七月はじめの宿居, ところ七月二日藤島の燈明寺畷, ところ七月五日といふことに, ところ万々のこと, ところ万丈の血, ところ万事吉報ゆえ一日も早く, ところ万更自信がなく, ところ万目一手みなもってその, ところ万葉にも吉備酒, ところ三つにはいう, ところ三つ輪のお, ところ三ところ小菊模様の更紗, ところ三ヶ所あって, ところ三ヶ日は夜目, ところ三万円と致し, ところ三万石に増され, ところ三十がらみであるが, ところ三十五円ぐらいという, ところ三十五反の真帆, ところ三十人もの嬖妾, ところ三十前後と云っ, ところ三十前後道樂者によく, ところ三十才を過ぎた, ところ三十日に直させ, ところ三十歳くらいの英国人, ところ三十過ぎにも見えます, ところ三十銭私が間違えた, ところ三千万円キッカリ, ところ三千口のうち, ところ三四カットやると, ところ三回目は序カット, ところ三大別本あり, ところ三尺も動く, ところ三幕目に行っ, ところ三年待てと, ところ三年以上の生徒, ところ三度目になる, ところ三斎一味に敵意, ところ三日から五日, ところ三時間ばかりの間, ところ三月だわね, ところ三本しか見えない, ところ三条あり, ところ三浦の先生, ところ三百六十五万円なり, ところ三百日目に三穂, ところ三箇は伯耆守, ところ三角原は焼打騒動, ところ三銭までに勉強, ところ三間半四方の小さい, ところ三間間口を二間, ところ上と下とをとっちがえ, ところ上下八里にまたがる, ところ上図のごとく, ところ上坂横山の二人, ところ上役のお, ところ上毛三碑といっ, ところ上流貴婦人の洪水, ところ上皇にはいささか, ところ上陸して, ところ下加茂の茶荘, ところ下坂川で四百六十目, ところ下屋敷でべつだん, ところ下座の三味線, ところ下手に平衡, ところ下手人をお, ところ下級船員たちが恐竜, ところ下谷の旦那, ところ下駄の跡, ところ不便なところ, ところ不具者のよう, ところ不十分な仕事, ところ不可解だ, ところ不問に付し, ところ不如意一層で, ところ不安で身動き, ところ不届き至極の鬼王丸め, ところ不快にお, ところ不案内の蛮地, ところ不治ですからね, ところ不穏なうごきが, ところ不義理な借金, ところ不自然なところ, ところ不要なもの, ところの公, ところ与次郎の話, ところ丑松は純粋, ところ丑次郎には登れ, ところ且つは再三, ところ世にも不可思議な, ところ世の中に絵, ところ世俗の生活, ところ世智にたけない, ところ世界各国は社会主義国, ところ世間並みの庄屋, ところ丘陵峙つの概, ところ丞相のご, ところ天狗大, ところ両人の関係, ところ並作品の現実, ところ中国の首都, ところ中斎がそれ, ところ中根がトチ, ところ中野のところ, ところで失敗, ところ丸坊主の原, ところ丸橋忠彌の, ところ丸橋忠弥の召捕, ところ丸鳥で百匁七十銭程度, ところ丹永は軽い, ところ丹波千丈岳の強盗酒顛童子, ところ丹羽五ろざえもんのじょうどのお廊下において秀吉公, ところ主上に供奉, ところ主君のため, ところ主家に対する背任行為, ところ主従のきずな, ところ振の, ところ久しいだけ門なみ, ところ久しくして, ところ久しぶりに尋ね, ところ久保自身は最も, ところ久濶を叙す, ところ久野さんが指, ところ乏しいという, ところ乗りかかった船で, ところ乗りかけた船で, ところ乗るわけには, ところ九分九厘まで自殺, ところ九時までなんとも, ところ乞食めが潜り込ん, ところ乞食童子一人我等の跡, ところ乱闘となり, ところ乱雑であるが, ところ乳白釉の上, ところ亀千代をもって家督, ところ亀山天皇の御, ところ予報資料不足のため推定, ところ予想以上に市民, ところ予期したよう, ところ予期以上の成功, ところ予期通りそれが旨く, ところ予約して, ところ事ついでに素ッ首, ところ事実であること, ところ事態を解, ところた月, ところ二ところむき出しになっ, ところ二カットでアガリ, ところ二ヶ月ほどし, ところ二丁仕立てろ, ところ二万円の利子, ところ二三カットして, ところ二三カ月もし, ところ二三ヶ月からだの工合, ところ二三日つづいたさまざま, ところ二三日前にみすぼらしい, ところ二人分で率, ところ二個処ある, ところ二億あると, ところ二分や一兩, ところ二匹とも乞食, ところ二十ばかりつまん, ところ二十一二の気品, ところ二十一匹かと存ぜられまする, ところ二十三日二十六日二十八日づけの, ところ二十二くらいの年格好, ところ二十五六かとも思われる, ところ二十五名です, ところ二十代に見える, ところ二十八九容姿端麗の美婦, ところ二十八日だったか, ところ二十六文しか残っ, ところ二十分ほどです, ところ二十四か五, ところ二十四五の溌剌, ところ二十四五雲隠才蔵, ところ二十日間ばかりを朝晩秘書, ところ二声か三声, ところ二年ぐらい支え, ところ二斤ほどこってり, ところ二春まで続け, ところ二月生まれの十九, ところ二本の足, ところ二本ブリッジになります, ところ二条為世の手, ところ二気と魂魄, ところ二畳だけが主人, ところ二百五十貫といふやう, ところ二百人も集まっ, ところ二百部となっ, ところ二目の勝ち, ところ二群のもの, ところ二見ヶ浦のあたり, ところ二途から出, ところ二郎右衛門は笑っ, ところ二里三里蘆とともに榮, ところ二階まで坐, ところ云々と聞い, ところ云うたら天井に, ところ互に異同が, ところ互角の勝負, ところ五ヶ月後には十五円, ところ五万石馬印をもゆるし賜わり, ところ五人扶持ぐらいな御, ところ五六丁を過ぎ, ところ五六人見つけねえん, ところ五六個ほど註文申込, ところ五六本すすったん, ところ五六百年以前の作品, ところ五分しかない, ところ五十ルーブリにしときましょう, ところ五十両の金, ところ五十二日目に船底, ところ五十代はかわらず, ところ五十前後のでっぷり, ところ五十年ばかりの間, ところ五十幾つ形振構わず小金, ところ五十日めごろから出, ところ五回以上鳴るところ, ところ五大堂は寂び, ところ五尺とねえ, ところ五左衞門が死ん, ところ五年以上も京太, ところ五彩の燈, ところ五時間おくれた, ところ五月になる, ところ五百弗程の負債出来奮闘真最中, ところ五間だがそれ, ところ五頭の馬, ところ井の頭池の水, ところ京宝劇場今日初日で夕五時半, ところ人々はこの, ところ人つくりをり, ところ人ッ子一人いない深夜, ところ人体の釣り合い, ところ人力で之, ところ人口実測の誤り, ところ人員増加でここ, ところ人工流産を施すべき, ところ人影の一つ, ところ人民が急, ところ人民たちが炊い, ところ人民領土及び最高一般, ところ人生的な意味, ところ人間主義の小説界, ところ人間享楽の茶碗, ところ人類の住, ところ人類学会の方, ところ人麿が出る, ところ仁和寺長屋などもみな, ところ今ごろ探したとて, ところ今さら御中止, ところ今しがた駈けつけまして, ところ今しがた熱海から帰っ, ところ今し方てまえ, ところ今に駒鳴峠の, ところ今一つは眼, ところ今作者の周囲, ところ今先を, ところ今古識鑑八巻あり, ところ今回はからずも友人, ところ今回心を決しまし, ところ今夕酉の下刻, ところ今夜にいたりまし, ところ今夜七時から芸術座, ところ今夜例によってみんな, ところ今宵になっ, ところ今年の東, ところ今度省作が深田, ところ今日五名して, ところ今日宿望を果し, ところ今日本屋であなた, ところ今朝未明に熱田, ところ今頃はきっと, ところ仏教の愚痴, ところ仏語のシユウ・ア・ラ・クレエム, ところ仏道修業の用具, ところ仕事旅費そのほか, ところ仕度をし, ところ仕方もない, ところ仕留めて置こう, ところ他人の製作, ところ他国の浪人, ところ付近の国民学校, ところ仙丈岳に二個, ところ代官町へいつか, ところ代役を轟, ところ代金はお下げ, ところ令嬢嫁し博士, ところての他, ところ以てのほかなお, ところ以ての外なる味, ところ以下は前, ところ以来ねんごろ, ところ仮りに水, ところ仰せの如く, ところ仲間同士で異論, ところ伊太夫の怖, ところ休み茶屋お土産物屋, ところ休暇で工合, ところ会員の一人, ところ会心の作, ところ会田がかつて, ところ会社側も負けじ, ところは腹痛, ところ伜新之助も唯今, ところ伝八郎の槍, ところ伝兵衛とやらのねぐら, ところ伯父さまにはすこやか, ところというもの, ところ伸子さんに会った, ところておいでる, ところは目明し, ところ但馬様から拒絶, ところ位知つてゐますよ, ところ住吉のところ, ところ佐用姫と俊寛, ところ何かと取り込み今晩, ところ何さま遠方の客, ところ何せい衆和, ところ何ぞ計らん如月, ところ何たることじゃ, ところ何だかあまり好いて, ところ何もかも忌な夢, ところ何もかも苦もなく, ところ何れも豪華, ところ何人をも退けし, ところ何分にも望み, ところ何卒何卒お察し, ところ何卒平にゆるして, ところ何年とはっきり, ところ何年経過か算, ところ何所にか求め, ところ何故かと謂う, ところ何時の間にやらお, ところ何處にも傷, ところ余り価値の無, ところ余り立派な馬, ところ余り良好な地点, ところ余り評論もかきたくありません, ところ作家として云え, ところ作戦思うよう, ところ作業は常に, ところ作者はこうして, ところ作行とは, ところ佳香を放てり, ところ使うの, ところ例えば零下八度とか, ところも人, ところ価格の統制, ところ便宜がよろしい, ところ係員のロシア人, ところに大患, ところ俊亮からはあっさり, ところ保平は口, ところ保証の限り, ところ信玄入京のあて, ところ信秀は, ところ俺らは失望, ところは腹痛, ところ倉田家の全員, ところ個人的な事件, ところ倒れている, ところ倫理的資質に於い, ところに眞, ところ倶楽部劇としてよく, ところ偉人としての風貌, ところ偏頗生ずるは, ところ停止的であると, ところ健康そうであったが, ところ健気さはうれしい, ところ偶然ある患者, ところ偶然二人きりだし二人, ところ偶然昨年の春, ところ偶然武蔵と禅門, ところ備後守が腹, ところふべしああ, ところ傳説に曰, ところ僅か一時間となった, ところ僅か二時間となった, ところ僕らにした, ところ僕自身の阿呆面, ところ優美では, ところ儲かっちょります, ところ元気のいい, ところ兄貴が病気, ところ兇漢は午前三時過ぎ, ところ先手を打たれ, ところ先日セットに行った, ところ先日不意に航空郵便, ところ先決問題でしてね, ところ先輩に対する礼, ところ先頃川越の秋元但馬守, ところは強く, ところ光悦が困った, ところ免許ぐらいしかるに, ところを海, ところ入りかわり立ちかわり, ところ入り乱れて無茶苦茶, ところ入札の結果, ところ入賞作としてこれ, ところ全体が暗く, ところ全国すべて同じこと, ところ全部で四十六舎, ところ八五郎の報告, ところ八個所の痕, ところ八十名は超え, ところ八州の勇猛, ところ八方に人々, ところ八日マッカーサアの東京進駐, ところ八時に起き, ところ八百屋はこれ, ところ八郎はそれ, ところ八鎮の太守, ところ公使館ではターネフ, ところ公務の忙し, ところ公平無私に農民, ところ六つぐらいの大き, ところ六ヶ月期間の借金, ところ六人と見つもり, ところ六十近いやう, ところ六十五六の品, ところ六十歳になっ, ところ六十歳以上の人口, ところ六日は吉良どの, ところ六条判官行重は上覧, ところ六角の灯籠, ところ共犯だという, ところ共産主義に対抗, ところ兵隊のやう, ところ兵革の必要, ところ兵馬とは十分, ところ其下に又, ところ其働きぶりが母親, ところ其処等の樹木, ところ其次の夜, ところ其男女をし, ところ其言を信じなかつた, ところ其詩骨の成る, ところ内外の誤解, ところ内容とか形式, ところ内政財務の吏, ところ内裏の方, ところ内部的にも対外的, ところ円満な結果, ところ写実主義の離脱, ところ冷笑の多き, ところ冷靜で平常, ところ凄い田舎だ, ところ凄味は十分, ところ凄惨を極めて, ところ凡そ船舶の, ところ凡そ次のよう, ところ凡ての外界, ところ凡俗の容易, ところ処桑畠がまじつて, ところてこない, ところ出てるうへにいたいいたい, ところ出でてその, ところ出る場所ごとに, ところ出勤は二日一日きり, ところ出来たから私, ところ出来ないそうで, ところ出来なくてもしよう, ところ出来ぬ話であります, ところ出来合が寸法, ところ出血の量, ところ出題者が出題者, ところは無銘, ところ刀十手槍のたぐい, ところ刀影わずか七, ところ刀鎗の血, ところ分っていない, ところ分らなくなってゐる, ところ分別ありげ, ところ分布図を手, ところ切支丹であろうと, ところ切開すること, ところは, ところがずーっと, ところ霜ほどな, ところ初めから断られ, ところ初めてのこと, ところ初め不思議がって, ところ初夜を過ごした, ところ初日のせい, ところでも何, ところ別にどうという, ところ別段に際立つ, ところ利子を取る, ところ利己主義に終わる, ところ利発なところ, ところ到って興, ところ到底目鼻も, ところ剃り落しても剃り落し, ところ則重の名作, ところ前川の如き, ところ前掲の如き, ところ前進といふ言葉, ところ剣佩馬蹄の響き, ところ剣技は左衛門, ところ剪定の意, ところがいい, ところ創作は生活, ところ劇的光景の幕, ところ劉辟がいう, ところ力学メカニズムは単に, ところ力負けがし, ところ功名心には冷淡, ところ加藤という古く, ところ助かる方の, ところ助けのもっとも, ところ助太刀と共々, ところ助手にそれぞれ変化, ところ努力しようと, ところ効くか効かぬ, ところ効目があった, ところ勇ましくずばずばッ, ところ勇士らの, ところ勇躍して, ところ勉学はやめられません, ところ動いたとも位置, ところ動かないものとして, ところ動物園で調べる, ところ勝っている, ところ勝入の人物, ところ勝手の知れない, ところ勝手口に通ずる, ところ勢いいかんとも, ところ勢力の感ずる, ところ勤めでもこの, ところ勤めてるんでしょ, ところ勤め人の生態, ところ勤労者的リアリズムという程度, ところ勤行の響き, ところ満ホテル, ところ北側化粧台の前, ところ北原ミユキは店, ところ北多摩の山, ところか十一, ところ十一年二月二十七日に至り, ところ十万以上の兵力, ところ十九か二十歳, ところ十九世紀の隅っこ, ところ十二三の幼, ところ十二年十月男二人とも出立, ところ十二階の下, ところ十五六くらゐには, ところ十五分間だ, ところ十五年以前在庫の鉛六千貫, ところ十人余りの一団, ところ十八日にツゴウニテカエリ一九ヒトナル電報, ところ十六七の小娘, ところ十回以上鳴るところ, ところ十字街頭の見聞, ところ十手の指す, ところ十数名のよから, ところ十日ほど所在, ところ十目の見る, ところ十郎蔵人私のむほん, ところ十里四方にも及び, ところ十間橋の船宿, ところ千ジンの功, ところ千万無量の面白, ところ千二は別に, ところ千年は経つまい, ところ午前十一時までかかった, ところ午前十一時ごろ余は未知, ところ半ば客観的に叙したる, ところ半信半疑の真中, ところ半分は成功, ところ卑怯にも矢部殿, ところ卒然としてその, ところ卓氏遺書五十巻予未だ目, ところから再, ところ南条を的, ところ南緯四十三度以南に猛烈, ところ単一な幻象, ところ博労や博徒, ところ博士ひとりが住ん, ところ博徒の輩, ところ博文館からは何とも, ところ博物館と寺院, ところ印度は九州, ところ危機に立っ, ところ危険はない, ところ危險がられて, ところ却つてお薬, ところはひとつ, ところ原田甲斐が逆臣, ところ原町田という所, ところ定から, ところ去る二日の, ところ去年の暮あたり, ところ去年四月改元になった, ところ去承応二年六丸殿は, ところ参内の帰途, ところ又四郎は, ところ及それを夫, ところを作り逢う, ところ双月流の投入, ところ反対に二ツ眼, ところ叔母さまにも叔父, ところつても, ところ取片づけるように, ところ受け取ってくださりゃ, ところ受け口の気味, ところ受け渡しが要領, ところ受付に少年, ところ古りし霊廟, ところ古島のて, ところ古風なシルクハット, ところにあらざる, ところっ切り災い, ところわづか, ところ只今がお初, ところならざるは, ところ可笑しいわねだって, ところ可笑しくて見, ところの上, ところ台座の方, ところ叱られなかつたので僕, ところ史家の間, ところ右側のグループ, ところ右大臣など, ところ右源次が殺され, ところ右門のため, ところ号外の鈴, ところ各々同じから, ところ各自趣向を異に, ところ合致すべき一点, ところの地, ところ吉之助の體力, ところ吉例となった, ところ吉凶なかばすと, ところ吉岡清十郎その人, ところ入道の, ところ同じその奥山で, ところ同一の目的, ところ同体に落つべき, ところ同心二人まで深, ところ同氏も原本, ところある奴ら, ところ名将の器, ところ名張山という現実, ところ名案皆無です, ところ向う鉢巻三味線入りで車座, ところ向きを変える, ところ向こう側の離座敷, ところ君主のない, ところ君達のやう, ところ吹かれ吹かれぬ小竹あらぬなき, ところ吹けば倒れる, ところ呂布も深く, ところ呆然自失するばかり, ところの国, ところ呉中長鳴鶏, ところ呑氣にそんな, ところ周圍はいくらか, ところ周家を出, ところ周瑜の死, ところが非常, ところ味方にもない, ところ味覚に通じた, ところ呼び出し板を持ち歩く, ところ呼び立てて御免, ところ命松丸はそれ, ところ咀嚼に使う, ところ和田喜兵衛が笑っ, ところ和郎がものわかり, ところせるよう, ところ哀音惻々として一, ところもえらく, ところ唐山の風俗, ところ唯今申上げました, ところ唯物論の誤謬, ところ商利を約束, ところ商売のじゃま, ところ商売人があっ, ところ問屋の仕, ところ問題はさ, ところ啖呵も切れない, ところ善しとかや, ところ善光寺からあんな, ところ善良そうで子供, ところ喧嘩の相手, ところ喰ったと書きゃ, ところ嘆息をなされ, ところ嘉門は不在, ところだと, ところ嘘一つ吐けないやう, ところ器量のある, ところ囚人にコーヒー, ところ四カ年にわたって行方不明, ところ四カ所で火, ところ四五ヶ所を選び, ところ四五坪ぐらいのもの, ところ四五尋から十尋以内, ところ四五日は飲食, ところ四五時間もあれ, ところ四体を労, ところ四十前後大家の主人, ところ四十恰好の男, ところ四千円で頂きまする, ところ四時この旗, ところ四時間ばかりの間, ところ四月一日夕刻から急, ところ四月九日に第, ところ四条畷に向った, ところ四百名たらずです, ところ四角にのした, ところ困っている, ところ困る人じゃあ, ところ困難である, ところより一, ところ固有のもの, ところ国内産のもの, ところ国力の不足, ところ国境線は甚, ところ国外追放の処分, ところ国家としてはやむをえない, ところ国府津を思いつい, ところ国府老人が死ね, ところ国民の向, ところ国法の定, ところ国老に就任, ところ国許の意見, ところ國王の子, ところ圓生を宗家, ところ圓面のめぐり, ところをいじっ, ところ土人の娘, ところ土佐の政府, ところ土佐絵などによく, ところ土州兵のため, ところ土産はまだ, ところ土耳古帝, ところ土龍の作業場, ところ在外同胞の間, ところ地上五十メートルの大, ところ均等で等, ところ坊さんのお, ところ坊主頭が五, ところ坐するものは, ところ坦々たるところ, ところ坪井川の源, ところがありません, ところ城中の不平分子, ところ城兵の士気, ところ城太郎は地獄, ところ城将葛岡監物が案外, ところ執念深きに過ぎ, ところ執拗に出版, ところ執着なるところ等, ところ埼玉で厄介, ところ堂々とし, ところに柳, ところ報告はとどい, ところ場ちがいに胸部, ところに足, ところ塀際で男女, ところってい, ところ塗ってしまわない, ところ塩山家で貯金, ところ塩物売る店, ところ境遇的な感じ方, ところなりと光, ところ増大して, ところ墨屋敷へ火, ところ墨色の差, ところの高節清操, ところ士族の商法, ところ士馬の声, ところ売ってしまい, ところ売れゆきが, ところ売春婦らしい女, ところなところ, ところ変った様子も, ところ変われば品, ところ変化のつけよう, ところ夕方近くなって, ところ外側のところ, ところ外傷はなかっ, ところ外道の世の中, ところ外部的の精神, ところ多々ある, ところ多く古い日本の, ところ多く暑さ厳しき, ところ多分にあり, ところ多大である, ところ多少腕白だった, ところ多忙な仕事, ところ多摩墓地に似た, ところ多数の生徒, ところ多田の神社, ところ多賀ちゃんのお, ところ夜々月の出, ところ夜半に渡し場, ところ夜目には見え, ところね, ところ夢中に狐, ところ夥多の人物老若男女, ところ大きい規範で, ところ大きかった, ところ大きく必然に, ところ大きな或ものを, ところ大してよくもないグラジオラス, ところ大乗気で却って, ところ大人しそうだ, ところ大体異存がない, ところ大入り叶わざるなきが, ところ大分のっぺりと致し, ところ大分前の話, ところ大切にされ, ところ大勢は藍子さま, ところ大原君のいう, ところ大吉の卦, ところ大和の鼠, ところ大和守はこれ, ところ大坂伏見京堺の牢, ところ大変ユーモラスに, ところ大学教授の大学教授, ところ大層面白い, ところ大店の者, ところ大概ストア流だと, ところ大概私の予想通り, ところ大樹関東へ帰府, ところ大沼が湛え, ところ大津に宿っ, ところ大海の始まる, ところ大瀧の叔母, ところ大王はずっと, ところ大目付溝口豊後守が飼い馴らし, ところ大砲の弾, ところ大竜出版社は平凡, ところ大統領はいや, ところ大蔵省の倉, ところ大西洋を, ところ大観先生はそれでは, ところ大賀殿にも非常, ところ大連を起点, ところ大隅学士も年齢, ところ大雨が降った, ところ大騒ぎだが, ところ天上にも天下, ところ天性は彼女自身, ところ天気悪しきため, ところ天然ウラニウムといっ, ところ天璋院様の何, ところ天草の女, ところ太功記十段目尼ヶ崎の段, ところ太夫チョとインコウ, ところ太子は一度, ところ太平とは申し, ところ太平洋の赤道直下, ところは実は, ところ夫人は須田町, ところ夫婦仲はどんな, ところ奇巌をあら, ところ奇態ではござりませぬ, ところ奇石怪巌しかも絶壁千百丈, ところ奈良にある, ところ奈良井の大蔵一家, ところ奈良朝当時の註釈, ところ奈辺にある, ところ奉行がそれ, ところ奥山どのがその, ところ奥様のお, ところ奥野信太郎さんから電話, ところで何だか, ところ女の子をその, ところ女らしい嫉妬を, ところ女中に手, ところ女中たちはあの, ところ女優としてはむしろ, ところ女優志願の洋装女, ところ女囚だけの刑務所, ところ女心はわからぬ, ところ女湯とある, ところ女猿廻しには逃げられました, ところ女色と酒, ところ女車掌が金切り声, ところはそれ, ところ奴らと官辺, ところ晴だ, ところ好し我は, ところ好もしいところが, ところ好んで酒, ところ好感をもっ, ところ好転しかけて, ところ如何なる国際列車も, ところ如何にもよく切れさ, ところ妥協し難い, ところ姉さんは兄さん, ところの内, ところ御が, ところは藪, ところ姫君様にも夙に, ところ姿をみせない, ところやは明日, ところ婚約などできません, ところ婦人の文化資質, ところ嫌つてゐたらしい, ところ嫌わず張りついて精, ところ嫌わず斬りさいなまれている, ところ嫌わず起るものだ, ところ嫌わず踊るからついに, ところ嫌わず踏みつけるその形相, ところ嫌わず飲んでは寝, ところ嬉しかつた, ところ嬰児のよう, ところ子供たちは先刻, ところ子宮の内壁, ところ子柄もわるく, ところ存じませんの, ところ存外のおろか者, ところ季節的な行事, ところ学ぶところ決して, ところ学問的意識にぶつつかる, ところ学校の給仕, ところ学校病院教会など開化, ところ学生達は非常, ところ孫兵衛は留守, ところれも, ところ安南の知識, ところ安土は照入梅, ところ安木節大に流行, ところ完全な焼け跡, ところ官吏は必ず, ところ官営工場監督官のところ, ところ定まれるがゆゑにあらず, ところ宛電報を打つ, ところ宝さがしだ, ところを除い, ところ実にぞっとするよう, ところ実収高は五千石, ところ実松源次郎氏の変死, ところ実証なり, ところ実隆の大内家, ところ宣府の上谷, ところ宣教師らしい, ところ室町の山城屋, ところ室町時代の, ところ宮方ご謀反内通者, ところ宮様はお, ところ宮澤賢治の故郷花巻の, ところ家中に於, ところ家人に一蹴, ところ家人何も言わず, ところ家内はさっと, ところ家出人だの急死人, ところ家康はすこし, ところ家持の至り, ところ家紋のつい, ところ家驢の原種, ところ容易く一万円貸し, ところ容積の問題, ところ宿禰の弟, ところ宿酔幻聴に悩む, ところ寄るとさわる, ところ寄手の十重, ところ富力のある, ところさの, ところ寒い故ボールドに, ところ寒くつて眠られる, ところ寒天のよう, ところ寒山拾得の出来損, ところ寒菊の花, ところ寛大ぶって, ところ寛永一四年島原征伐の事有, ところ寛永十八年妙解院殿存じ寄らざる御, ところ寝所とみられる, ところ寝過してしまった, ところ寧ろ甚だ多かるべき, ところ寫實的な芭蕉, ところ寸分たがわずあてたと, ところ寿司屋ばかりの食べ物横丁, ところ寿命が縮まる, ところ寿江子は五日, ところ封建制度を廃し, ところ専念回向するところ, ところ射撃手である, ところ将軍さまがたいそう, ところ将軍家に於い, ところ尊氏すでに狩野河, ところ尊王論国体論は生気, ところ小ざっぱりした身装, ところ小作りで華奢, ところ小便無用花の山, ところ小児のごとく, ところ小四郎はどう, ところ小学校が一番重大, ところ小学生にも負ける, ところ小指に怪我, ところ小林氏はある, ところ小柄ながらがっしり, ところ小次郎は起き上がり, ところ小生意気で憎たらしく, ところ小異を顧みる, ところ小膝を叩かれ, ところ小菊模様の更紗, ところ小説が毛虫, ところ小酒井不木氏の, ところ小高い丘の, ところ小鷹さんに診せたら, ところてれの, ところ少い自分の, ところ少からず, ところ少ない師走の, ところ少なかったかも, ところ少なきものに, ところ少年は, ところ少年修理工岡部一郎と地下戦車, ところ尽きたり, ところ尾張浪人吉岡勝兵衛とのみ申され, ところ尾根を一つ, ところ局地的なるところ, ところ局長の上, ところ居るところが, ところ居士は即座, ところ屈託も何, ところ山の手だけで, ところ山僧達は代る代る, ところ山内閣下から轟, ところ山口に二ヶ所, ところ山地などではそれぞれ天然, ところ山岡頭巾で顔, ところ山岳地方の大雨, ところ山岸しさ, ところ山茶の生える, ところ山谷の匂い口中, ところ山路に迷い, ところ山間の一大楽土, ところ山陽第一, ところ岡安も春ちゃん, ところ岩形氏の死状, ところのてっぺん, ところ島さんはにやっと, ところ島崎氏の若々しい, ところ島木氏の不満, ところ峻峭相連なって, ところ峻峭相連らなつて, ところ崋山は, ところ崩れた跡は, ところ崩壊して, ところ嵯峨帝は御, ところ巌流島は彦島, ところ川勝との喧嘩等, ところ巡礼の子, ところ巣鴨監獄が三犯以上, ところ工事終つて潅漑の便利, ところ工合がわるく, ところ工場のため, ところ工場主はそういう, ところ工藝の意義, ところ左様な意味, ところ巨人金庫の腹の中, ところ巫女の千賀子, ところ差引の損得, ところ差当り十数台のベット, ところ己ぁいい事をし, ところ已むに已まれ, ところ巴里仕立の美術家, ところの話題, ところ巻末に一百, ところ巻込みの太い, ところ市十郎さまはそんな, ところ市民のごちそう, ところ帆村は, ところ希うところそのまま, ところ帝徳の欠如, ところ帝都は昨夜, ところ師匠の紋也, ところ師直はその, ところを変, ところ席上にはさっぱり, ところ帰って見たら, ところ帰り際になっ, ところ帰る家が, ところ帰航しようと, ところの日, ところ常に共にあるもの, ところ常に必ずしも人を, ところ常人でな, ところ常識の及ばざる, ところ常陸の信太郡, ところ幅三四間白くこまかき砂地, ところ平八は海賊, ところ平和そのものである, ところ平均した厚, ところ平坦な楽, ところ平家方の畠山重忠, ところ平木中佐の影響, ところ平次といへ, ところ平民社界の或, ところ平然と肉片を, ところ平田篤胤に比, ところ平野という料理屋, ところの頃, ところ年々隆起を続け, ところ年ごとに伐る, ところ年下らしい男, ところ年五十に及ん, ところ年老いた伯父は, ところ年齢のころ, ところ幸子はそれほど, ところ幸村の矢, ところ幸運にも宝石, ところ幽谷断崖巌崛洞門その広狭深浅誰, ところ幽邃なる道眼, ところ幾ら出せるの, ところ幾多の峰頭, ところ幾度となってる, ところ幾晩目かに無, ところ幾月となく, ところ幾枚か紛失, ところ幾許もなかっ, ところ広い部屋へ, ところ広島への途中汽車中, ところ床下を探検, ところ店員側は何, ところ座するものは, ところ座長幹部俳優ともなりますれ, ところでの騒ぎ, ところ庭先から出, ところ庶民は好感, ところ康熙四十年に意, ところ庸三の手, ところ廃する問題は, ところ廊下等順に攻め, ところ廢祠あり, ところ建築法令に抵触, ところ弁当をお, ところ弁護士たちのところ, ところ弓削組へ顔, ところ引きつけて, ところ引きつづいて帰り, ところ引きわかれにし, ところ引ッ剥がした著, ところ引上げると, ところ引返してもらつ, ところ弛く大きくカーブを, ところ弥兵衛の外, ところつて, ところ弱々しい身体だ, ところ張り切って固く, ところ張飛も尾羽打, ところ強くわが殿, ところ強制疎開の家屋破壊, ところ強敵ばかりで, ところ当人同志の意, ところ当今浮世絵の名人, ところ当初の三四回, ところ当所の知事兼道, ところ当日さしつかえが, ところ当時六十五石の扶助米, ところ当然敵も, ところ当節はこちら, ところはま, ところ形塩尻のごとき, ところ形式は説話的, ところ役所へなんか, ところ役柄が入れ違っ, ところ役者の足りない, ところ彼女らは私, ところ彼奴妻恋坂の峰丹波, ところ彼独特な, ところ彼等怪人集団の勢力, ところ往々にし, ところ往來の人, ところ待ち伏せされて, ところ後でその隣り, ところ後にあのいや, ところ後半戦に至つて, ところ後方の味方, ところ後日将軍となった, ところ後顧には何, ところ従って教授などが, ところ従前善法浄行の報い, ところ御前この者, ところ御存じでしょう最初, ところ御料林を見分, ところ御機嫌よくお許し, ところ御用なしだ, ところ御苦労で済まんな, ところ御苦労さまです, ところ御足労で, ところ御難という程, ところ御飯たべる板の間, ところ微かなる虫, ところ微妙なもの, ところ徳川勢ひき寄せて, ところ徳永直氏のもう, ところ徴税代弁人のところ, ところ徹夜仕事ですでに, ところ心ゆくまで清掃, ところ心地よいほどきれい, ところ心持で宜いと, ところ心理を物的証拠, ところ心細いにゃ違, ところ心臓部に五十分以上, ところ必ずしもことごとく信ずべきもの, ところ必ずしも同じくはあるまい, ところ必ずや全身の, ところ必らず救, ところ必死の防衛, ところ必然になんらかの, ところ必要はない, ところ忍耐づよいところそれ等を私, ところを同じ, ところ志貴子の進退掛引, ところ忙しい男な, ところへたり, ところ忠右どのの容態, ところ忠平としては紫陽花, ところ豁な, ところ快楽ありと, ところ怒りっぽい様子, ところ思いあたる記事が, ところ思いがけずも火星人一人, ところ思いがけない御子の, ところ思いこんだ調子確乎さ立派な, ところ思いのほかな辰巳, ところ思いやりいたわりも大きく, ところ思い出される論点の, ところ思い当るふしが, ところ思うところ言う, ところ思ったより見事, ところ思ひきや憤然, ところ思ひやりいたはりも, ところ思ふことが, ところ思想のある, ところ怨親の二つながら, ところ怪塔王にさとられ, ところ恋人が昨日屋敷, ところ恋愛は自然, ところ龍号は, ところ恐らく彼の, ところ恐れ入りな, ところ恐れ入りますけど, ところ恐縮でした, ところ恢復の見込み, ところ恨み重なる三太夫汝の, ところを仇, ところかも両手両足, ところ恰も裃を, ところ悌二がそれ, ところ悍気のつよい, ところ患者あるべき道理, ところ悦子と云う, ところ悧口でなくて, ところ悩嫉心を以て毎日三時, ところ沢荒川赤石聖上河内が, ところ悪臭が鼻, ところ悲しまる, ところ悲しいところそこも, ところ悲しく何度も, ところ悲劇にもあれ, ところ悲哀とも苦痛, ところへてゐる, ところ情報は入らない, ところ情況は甚だ, ところ惜しくも松江の, ところいことは, ところ惨劇の跡, ところはぬ, ところ想ふところを活字, ところ愉快である, ところに従わず, ところ意味の不明瞭, ところ意味深遠である, ところ意地で見せつけ, ところ意地汚く酒を, ところ意気銷沈して, ところ愚僧の様子, ところ愚身が信心, ところにそむかない, ところ愛一郎さんとは一週間, ところ愛媛県の内務部長, ところ愛嬌があつ, ところ愛憎起り愛憎, ところ愛鷹の麓, ところ感じたところを, ところ感じられ心持よかっ, ところ感動に似た, ところ感心した, ところ感情表現が顔面表情, ところへる人, ところ慢性の気管支, ところ慰められてをらん, ところ張りそう, ところ憎いほどいなせ, ところに省作, ところ懐中の名刺, ところ引きの, ところ懺悔がある, ところ程めづらし, ところ成るほど眼, ところ成就せざるなし, ところ我すべてこれをな, ところ我なほ曰はむ今, ところ我慢や対面, ところ我説を曲げず, ところ戦々兢々たるもの, ところ戦争中に外国穀物, ところ戦争防止平和運動の文書的展開, ところ戦後信平氏の弟, ところ戦時色を見る, ところ戰地からの繪葉書, ところり口, ところ戸山ヶ原位のもの, ところ房江にはせいいつ, ところ所々に炭坑, ところ所労のため, ところ所勞の爲果, ところ所詮不可能である, ところ所謂革新派と見, ところ手がかりは指紋, ところ手前が遅ればせ, ところ手前達は宝物, ところ手品使い初歩の忍術, ところ手狭なの, ところ手紙に取り立て, ところ手足の負傷, ところ棄って, ところ打ち當つる, ところ払いという, ところ払つて買つた小馬, ところ払暁から紙, ところ技師はその, ところ技術がまだ大いに, ところ技術的課題でありしたがってかくして, ところ抉られたやうに, ところ抔当時にあり, ところ抔當時に在り, ところ抗議をうちこむ, ところ折柄洋上には密雲, ところ折返して左, ところ折返し飛来した彼, ところ抜かりだらけな, ところはいない, ところ抱擁するところそこ, ところ押えず頭を, ところ押し寄せ来るこそ却って, ところ拒絶られやむを得ず, ところ拙きところにおいて, ところ拙者は想像, ところ拝見させて, ところ拝謁仰せつけられ忝なく, ところ持病の心臓病, ところの觸, ところ指導するところ, ところ按察使の資賢, ところ捕物小説というもの, ところ捜査本部の見通し, ところ掠奪暴行威令は行, ところ接近の見込み, ところ描いて貰いましょう, ところ描かれてゆく, ところ換言すれば, ところ損どころの話, ところ切られて, ところ摘んだんでさあ, ところ撒水車の重い, ところ攘夷の節刀, ところ支那料理法の憲法, ところ改めて千八十五石と, ところ改革でないもの, ところ攻略わずか一ヵ月足らず, ところ政務の中枢, ところ政府ではこの, ところ政治的にはいろいろ, ところ故障が起った, ところ敗れた例し, ところ敗退六月十四日独軍パリに入城, ところへられる, ところ教える人に, ところ教会の方, ところ教養も豊か, ところて強く, ところ散見して, ところ敬遠して, ところ数ヵ月の彼, ところ数ヶ月会はない, ところ数年間は執拗, ところ数日前正確に申, ところ数枚撮る, ところ敵勢草木のごとく靡き伏し, ところ敵方の情勢, ところ敵軍四方を取り, ところ敷地全体にちらばっ, ところ文中に, ところ文化生活の理想, ところ文化的目的と芸術的目的, ところ文句の附けよう, ところ文字に拠らない, ところ文学サークルは多種多様, ところ文学的であ, ところ文学者としてさう, ところ文学談にもあり, ところ文武両道について又, ところ文芸的なるところ, ところ文荷さいどのがたちまち, ところ文部省の規則, ところ斎藤は技術, ところ斑らになつた, ところ料らずもその, ところ料理は塩辛い, ところ料理女の息子, ところ料理屋の激増, ところ斜谷方面には何ら, ところ断崖だらけで上陸, ところ斯くも御, ところ斯般の妙趣, ところ新しい意味での, ところ新人が旧人, ところ新子が前川さん, ところ新田先生もこの, ところ新田殿にはひと足先, ところ新種であったので, ところ新興宗教だとしても, ところ方々歩いて, ところ方一尺ばかりを除き, ところ方面を替る, ところ摺れした面構え, ところ旅宿にては大騒ぎ, ところ旅情童心とかく道, ところ旅行中一週間ほど後, ところ旅行先の女, ところ旅行嫌ひの, ところ旅順要港部司令官黒井将軍より来示, ところひらめき剣槍, ところ旗本どもに親, ところ既定の方針, ところ日夜の郷往, ところ日常の彼, ところ日月の照す所, ところ日本一葉村家かむっつり, ところ日本主義をとり, ところ日本内地からやつ, ところ日本国民は恵王陵, ところ日本機は全部, ところ日本武尊の焼津, ところ日本画壇では福田, ところ旧い新嘗祭すなわち, ところ旧式だけれど, ところ旧教は英国宗, ところや先刻, ところ早晩此世界にも大, ところ旭日昇天の概, ところ昂奮した作者, ところ昌造らの勉強, ところ明らかなりと, ところ明るいのは, ところ明るきものあり, ところ明日午前中に行ける, ところ明治になっ, ところ明治三年に御, ところ明治中世に柳, ところ明治以来の祝祭日, ところ明治天皇の十六歳, ところ明白な説明, ところ昔海だった証左, ところ星霜九年過ぎ去りて, ところの初め, ところ春夏秋にかけてその, ところ春琴女の三回忌, ところ春風タイトウとして人心, ところ昨今これに身請, ところ昨夜来の猛, ところ昨日青山の親族, ところ昼寝して, ところ昼間係長の小田氏, ところすでに遅かっ, ところ時代之を受け, ところ時勢に鬱勃, ところ時計がおくれた, ところ時重の答え, ところ晩飯を食, ところ普通民の地位以下, ところを写し, ところとか雨, ところをもらいてえ, ところ暇乞がすっかり, ところ暖みのあるところ, ところ緑色の, ところ暗いところと, ところ暗がりに目, ところ暫らく謎に住, ところ暮しの心配, ところ曇って風, ところ曖昧なところ, ところ曠野くらやみの焼跡みたい, ところ曲目は何, ところ曲線の形, ところだ, ところ書いている, ところ書きを読む, ところ書く以前も, ところ書くべき事がらが, ところ書けそうも, ところ書記たちのところ, ところ替えしてやはり, ところ勇士, ところ最上清人が帰京, ところ最前は別々, ところ最前案内を頼みました, ところ最大の興味, ところ最早や昔日, ところ最近学士院で和辻君, ところ最近日本へ帰っ, ところ月々出すの, ところ月三回の外, ところ月日がたっ, ところ月給はとっ, ところ月輪一刀流月輪軍之助の道場, ところ有っても無く, ところ有った有った凄いよう, ところ有らう筈なく, ところ服装が違う, ところ服裝のため, ところかな朝陽, ところ朗らかな朝陽, ところ朝日将軍の墓, ところ朝雲高くそびゆる富岳, ところ期待以上の成功, ところなりとも, ところは切られ, ところ木の根に腰かけ, ところ木原店の木原亭, ところ木曜日だが, ところ木曽へお, ところ木曾の郡長, ところ木材を盛, ところ木柱一株をたつ, ところ木版彫刻今日でいへ, ところ木犀の花香人, ところ木立が濃く, ところ木賃宿ばかりの思い出, ところ未だ見当の, ところ未定であると, ところ未熟者ではござりました, ところ未醒ほどの写実力, ところ本人自体が無力, ところ本家では瀬越, ところ本日又最愛, ところ本日井上嘉門ともども木曽へ向かっ, ところ本来この不可思議, ところ本格物は書けない, ところ本邦ではじめて, ところ本音だろうそれ, ところを外し, ところ朱雀野の真只中, ところ机竜之助, ところ朽ちていた, ところ杉田にとっては生きる, ところ李楽がいつわっ, ところ村井長庵ばかに忙しく, ところ村落あれば, ところ村里にはこうして, ところ村重の強がり, ところ束脩もおさめた, ところてもよい, ところ来ずわたしが, ところ来てるのかも, ところ来ないんです, ところ来年早々第, ところ東京ビルだけで崩れる, ところ東京以上とは申しかねる, ところ東作の夢中遊行, ところ東山を打, ところ東洋人中には私, ところ東部が中心, ところ東野のよう, ところ松向寺殿御遺骸は八代, ところ松山という家, ところ松藏が一番, ところ果たせるかな城壁, ところ枝ぶり面白く海, ところかも知れない, ところ柄糸は煮, ところ方面からの, ところ染吉の朱盆, ところ柘榴のごとく, ところや梁, ところやという, ところ柳江亭は連夜木戸打止め, ところの破壊, ところ柿崎道場は予想, ところ柿沼とよく, ところと云う, ところ栖鳳池の西側, ところ栗原宿の博徒, ところ格服の良い, ところ案の定ある日, ところ案内者も今回, ところがちらりほらり, ところ棉唐もろこし白菜など作つて, ところ森下雨村氏から返事, ところを以て用, ところ植物はそうとう, ところ椿の落ちる, ところ楊陵も蜀, ところ極端な破壊思想, ところ楽しい散歩場所が, ところ楽しまずんばまた, ところ楽屋から火, ところ概ね卑近に, ところ榮養も良く, ところ構はず寝たの, ところ構はず建て列ねられて, ところ槐多では, ところ権現様も湯の島, ところ横須賀の百姓家, ところの棒切れ, ところ樹下にきちんと, ところ樹明君大出来, ところ橋本氏には昭和十一年文展, ところ機械の接続, ところ機械工場の職工長, ところ欠点も弱点, ところ次にはヨッちやん, ところ次第に乱行が, ところばしげ, ところ欧弗同盟軍の方, ところのよしあし, ところ止まる勿れ, ところ正し彼等は, ところ正しいであろう, ところ正しからざるところ, ところ正しくば汝, ところ正体がわからない, ところ正季さまがお, ところ正成らしいやり方, ところ正月から盆, ところ正直に言つて, ところ正直者らしゅうは, ところ正真正銘な首縊り, ところ正義はあなた, ところ此処にこう, ところ此夢を他, ところ此方のお, ところ此笏にかけ曰, ところ此等の婦人たち, ところ此處だけだ, ところ此邸の, ところ武力を含ん, ところ武士の面目, ところ武家奉公をし, ところ武者修行はまだ, ところ武運拙くし, ところ歩いたってしょうが, ところ歩きやはりましょう, ところ歩むべきところが, ところの根, ところ歴々である, ところ歴々徴すべくまた, ところ歴史的評価が定まった, ところるに, ところとともにこの, ところ死ねるに違い, ところ死中自ら活あるを, ところ死後に日数, ところ死者は死者, ところ死顏には殆, ところ殆どハルビンに限られ, ところ殆ど計り知るべからざる事, ところのほか, ところ殊に印形と, ところ残りの穴, ところ残念ながらその, ところ残虐きはまり韓民, ところ段々補充し, ところ殺されてはいなかった, ところ殺伐でもなく, ところ殿下も斜め, ところ殿樣ほどのお, ところ毀してしまへ, ところ母うえが着せ, ところ毎年五十万円なれば, ところ毎年夏になる, ところ毎日ぽかぽか温かく, ところ毎日一度は行つて, ところ毎日何をやっ, ところ毎日夕刻から来, ところ毎日閑役一あるきして, ところ毎晩精進揚三つ買って, ところ毒々しいところは, ところ比沼のうなゐ, ところ毫末の疑い, ところの音楽的天分, ところ氏政が一杯, ところ氏郷が自ら, ところ氏郷自身先陣より後陣, ところはそれ, ところ民主国側へも枢軸国側, ところ民族の優秀, ところ民衆はあんな, ところ民間の妖怪, ところ気にいりの座頭, ところ気に入りましたね, ところ気の毒だけど, ところ気乗りがしない, ところ気付かないことは, ところ気候の好い, ところ気受けが好かつた, ところ気息奄々としてゐた, ところ気立てと言い, ところ気違いはまさしく, ところ水口の描写, ところ水戸様石置き場の空屋敷, ところ水源地に近い, ところ水火を踏ん, ところ水田數歩にし, ところ水辺の草, ところ水鏡先生には拙者, ところ水際立ったできだった, ところの中, ところ氷冠の縁, ところ永い過去の, ところ永らく熱海へ, ところ永年御懇旨, ところ永遠なるもの, ところ求めたところで, ところ求められざるなし, ところ江戸両国の曲独楽, ところ江戸洲崎へ行く, ところ江戸表へ何, ところの中, ところ決まってまた, ところ決意に似た, ところ決断するところ, ところ決然たるところ, ところ沈黙に等しい, ところ没趣味である, ところの中, ところ油断をし, ところ泉津側と波浮側, ところはご, ところ法医学の取り扱う, ところ法師は泡, ところ法廷もこの, ところのあいだ, ところ泣く文学には, ところ泥田のやう, ところ泥鰌は底, ところ注目に価する, ところが出た, ところの東西, ところ洗われない物も, ところ洞窟の怪老人, ところ津々浦々は決して, ところ津田さんのこんな, ところ洩らしてくださる, ところ活動写真館の壁, ところ派手でハイカラ, ところ流れる汗を, ところ流星のよう, ところ流石は後, ところ流行した遊覧客, ところ浅瀬があっ, ところ浅間の北の方, ところの倉庫, ところ打つかなた, ところ浪漫的なところ, ところ浮きあがったような, ところ浴室の窓, ところ海抜五百六十三メートル八八のあたり, ところ海軍傳習所傳習係通譯よりものち, ところ海面下百メートルの地点, ところ液体は一定, ところ液體に比し, ところ淋しい顔立で, ところ淡々と書き進めた, ところ淡い陽射しが, ところさを, ところ深かったので, ところ深夜忽然とし, ところ深夜灯火も消えた, ところ清姫であって, ところ清水坂に歌, ところ清高は四十前後, ところ渋ったところ毒々しい, ところ渓川が生じ, ところ減退した, ところ渡りに船, ところ渡世の方, ところを巻い, ところ温かきものあり, ところ温和そうなセレナ夫人, ところ温柔の女性, ところ温泉いたるところ, ところ温泉だらけですから, ところ測ったところを, ところの漁夫ら, ところだ湯, ところ湿気無き能わず火ある, ところ満員に近く, ところ溜った熔岩の, ところ溝川が縦横, ところ溪河に流れ, ところ滅びんとする, ところ滑稽で面白い, ところ滔々として破らざる, ところのよう, ところ漁船の多く, ところ演出慾をそ, ところ演劇全体の価値, ところ演習まだ大した, ところ漠然として空, ところ漫歩逍遥によし, ところ潜むところを, ところ激して飛瀑, ところ激しく移り動い, ところ濃厚さと全的, ところ濠州に最, ところ濠洲黄金狂時代の申し子, ところ濠端まで来, ところ瀟洒たる貴公子, ところ火の手である, ところ火事になりかかった, ところ火急に督促, ところ火星のボート, ところ火星人の気持, ところ火星兵団では金属, ところ火熨斗を持っ, ところ火葬国についての話, ところが少し, ところなどすえ, ところ烈々たる熱情, ところ烈しいところが, ところ烏合の衆, ところ烏帽子折りであろう, ところ烏帽子岩と獅子岩, ところ烟筒空を衝い, ところ焔これにともなふごとく, ところ無からしめたのも, ところ無事世田ヶ谷の家, ところ無心そうに范志清, ところ無惨にもゴノコツケン, ところ無慮五十万俵の, ところ無数の傷, ところ無法とや言わん, ところ無理やりに待合, ところ無縁なところ, ところ無能です, ところ無類の肉類好き, ところ煌々と無数, ところ煎じつめたところが, ところの如く, ところ煙管の雨, ところ煙草專賣局の規則, ところ煙草盆には埃及煙草, ところ煬帝は東夷, ところはこの, ところのあり, ところ熱中出来たところ, ところ熱心に宗教, ところ燈火の点いてない, ところ燦爛の, ところ爆弾の形, ところ爆発し過ぎたと, ところ父上はそれでは, ところ父上様には悪い, ところ父安房守から柳生宗矩様, ところ父親九兵衛が老後, ところの方, ところ片づけて沖合い, ところと人, ところ牝犬を追う, ところ牢獄でウォツカ, ところに対しても主我的, ところ物分りの悪い, ところ物好きな人, ところ物理学はなんら, ところ物理学化学生理学の領域, ところ物産にめぐまれた, ところ物質にも精神, ところ物足りなかった, ところ物騒の傾向, ところ犬千代は矢, ところ狂人となり果て, ところ狐氏大女, ところ狙うことさえ, ところ狙撃したところ, ところ独楽に細工, ところ狭霧立ちこむるあの, ところに, ところに縁, ところ猿廻しめに邂逅, ところ猿殿一躍炭薪奉行, ところ玄徳が答える, ところ玄蕃儀持病さし起り試合大儀の様子ゆえ, ところ玉島川及び松浦川, ところは大, ところ王侯の威, ところ王様はもう, ところ珍しくて調子, ところ珠子はそれ, ところ現にわっしと, ところ現れている, ところ現代人の悲劇, ところ現在カタログはなく, ところ現場の指紋, ところ現場交代で四交代, ところ現金は無くなっ, ところの当然, ところ理義如何に高く, ところ理解できるが, ところ瑞雲院様その頃, ところ甚大な一大業績, ところは自, ところ生きるせんすべを, ところ生きるべきところは, ところ生き残れる我ら同志中尉の, ところ生存を競ふ, ところ生酔いだ, ところ産科医の云う, ところ用事を片づけ, ところ用捨の事, ところ田中がまたすぐ, ところ田中さんは頭, ところ田丸の娘たち, ところ田山白雲も主人役, ところ田打ちを始める, ところ田舍者らしいのに, ところ田舎廻りの曲馬団員, ところ由起さんの作品, ところ甲乙なしに, ところ甲州の富士, ところ甲州有野村富士と白根, ところ甲州街道筋の生れ, ところ甲必丹のカランス殿, ところ甲板に出, ところ甲野がね, ところ申さば金枝玉葉, ところ申しわけないの, ところ申分なしと, ところ町家にし, ところ畏まったとすぐ, ところもなく, ところ留まる勿れ, ところ留守にし, ところ番号を間違え, ところ異なればその, ところ異国船神奈川沖へ乗り入れ候, ところ異常はなかっ, ところを見つめ, ところ畳一枚敷ぐらいの所, ところ當人たちは意外, ところ疑うならばお呼び, ところ疲れきって痛々しい, ところに罹っ, ところ病人が二人, ところ病床についていまし, ところ病院にはいっ, ところ痛しかゆしである, ところ痛ましきかぎり, ところ痩せた色艶の, ところ痩せつぽちのさ, ところ瘴癘の気, ところ療養ついにその, ところ発して言辞, ところ発見者の営業主任, ところ登場人物たる某, ところ白い美しい女の, ところ白塗り憂鬱である手足, ところ白布の外, ところ白木の棺, ところ白状すると, ところ白紙だろうと, ところ白龍天に跳, ところ百万だ, ところ百二十坪ばかりを借りる, ところ百五十機ぐらいはいる, ところ百人の指す, ところ百円を投じ, ところ百匁四円五十銭とられたには, ところ百合の芽出むと, ところ百姓が述べる, ところ百姓たちは元気そう, ところ百禽集まるで自然, ところ百穂君か芋銭君, ところ百聞万犬の実, ところ百難の城中, ところ皆々様おそろいますます御, ところ皆七人を驚かさざる, ところ皆誰も帽子, ところ皇帝におかれ, ところ益々ソヴェト生活そのものの, ところし詩壇, ところ盗まれたそうで, ところ盗人に相違, ところ盛装をした, ところ監房の中, ところ監獄の薄暗い, ところ目さきを, ところ目付かりましたよ, ところ目明しだの, ところ目星がつき, ところ目標が明かでない, ところ目的地に到らずし, ところ目立って野犬, ところ目立った美人とは, ところ目賀野がびっくり, ところ目録はドイツ語, ところ直し用心に, ところ直しますから宥, ところ直ちに審問が, ところ直に筆に, ところ直接指揮して, ところ直義の責任, ところ直覚のよう, ところ相すまんな, ところ相対論的量子力学は行き詰り, ところ省作の家, ところ眉毛が毛虫, ところ眉目秀麗のお客さま, ところ看板その他に英語, ところ看病人が無い, ところならば, ところ真ごころこめて, ところ真に迫りて, ところ真ん中のブランコ, ところ真中は五重の塔, ところ真似でしょう, ところ真先に反対, ところ真昼のよう, ところ真直慶応へ来る, ところ真綿でそっと, ところ眠くなりました, ところ眠りすぎて出かけられず, ところ輝の, ところ眩しいほど立派, ところを放て, ところ眼つきのとらえ, ところ眼ッかち鼻, ところ眼前に拡がっ, ところ眼鏡をかけた肥った, ところ着々功を, ところ着くとその, ところ睦まじく互いにそっくり似合っ, ところ瞑目静思する処ろ, ところ瞬時にし, ところに蘇る, ところ矢張此所で朱, ところ矢田の百姓, ところ知つてなさる, ところ知らずや今, ところ知らない思ひをした, ところ知るべきなりという, ところ知力の世界, ところ短気な猛攻, ところ石仏の彫り, ところ石山からひどく, ところ石川組程度の輸送能力, ところ石楠花のつめたい, ところ石油がギラギラ, ところ石油びたしになっ, ところ石田守衛が僕, ところ石磐を採出す, ところ砂礫の間, ところ砕けざる魔境は, ところ破竹の勢い, ところに身体, ところ確信がなかつた, ところ確定して, ところ磯五という大きな, ところ社ファの大, ところ社会関係がなかなか, ところ祝賀のポスター, ところ神主にはなりたくない, ところ神功皇后は仲哀, ところ神君上杉景勝を討たせ給う, ところ神妙に木, ところ神明町の車庫裏, ところ神月は死んだ, ところ神楽坂のカッフエ, ところ神様が公平, ところ神父様が先生, ところ神秘であっては, ところ神聖な人間つて云, ところ神谷は駅, ところ神通変化は測量, ところ禁圧して, ところ福寿草が咲きかけで, ところ禿げしてはなはだ, ところ秀忠の棺, ところ私どもの家, ところ私一人ですもの, ところ私共なんぞはそれ, ところ私自身にはハッキリ, ところ私達の理想, ところの風, ところ秋川ぐらいのもん, ところ秋色の池, ところ科学的のポオズ, ところ科学者らしくなく, ところ秘怪は信仰, ところ秘書たちのところ, ところ移動して, ところ稍はにかみ屋であるらしいが, ところ稍百名許を得た, ところ種蒔人三人背をかがめ, ところ稲ちゃんのところ, ところ稲子さんのところ, ところ稼いでそれから, ところ穢き振る舞い行の, ところの中, ところを背負, ところ空々で空, ところ空中を飛ん, ところ空振りさせられた, ところ空気の通ずる, ところ空気中に睡眠薬, ところ空洞を生ぜしめた, ところ空漠として煙, ところ突きとめて, ところ突然ガックリと頭, ところ窪んだところに, ところ立ってん, ところ立ったところが随時随所, ところ立ててあり, ところ立会の警官, ところ立会人二人が入っ, ところ竜王も懾伏, ところ章子の浅黒い, ところでもふみあけた, ところ竪縞の通し合羽, ところ竹中半兵衛の長子久作之, ところ竹橋の角, ところ笑話めいて, ところ笛吹川はどこ, ところ第一線的地域にいる, ところや箆, ところ筆者もこの, ところ等類同の個条, ところ筋違橋外と和泉橋, ところは一つ, ところ答えてくれた, ところ答える者が, ところ答弁は見つかり, ところをば放っ, ところの蓋, ところ節穴らしいの, ところ築地小劇場の自信, ところ築城建築設計発明彫刻絵画など, ところの周囲, ところ簡単であり探偵小説, ところに近づい, ところ籠渡しのなくなった, ところ米倉山に続き, ところ米友はそこ, ところ米子に行つて, ところ米穀が溢れ, ところな道楽肌, ところ粗大な風體, ところ精巧そうな時計, ところ精神があり, ところ精細的美を解したる, ところ出ずとの, ところ糞詰りで屁, ところ糸杉がきっちり, ところ紀伊様によって邪魔, ところ四十何年間を, ところの紋付, ところ紋也の右腕, ところ紋兵衛の駕籠, ところ純白な花片, ところ紙帳が落ち, ところ紛紜を恐れ, ところ素っ頓狂にとび出し, ところ素人なればこそ, ところ素人目とは云い, ところ素晴らしいため自由に, ところ素晴らしく数多く釣れた, ところ素直に帰っ, ところ細い道だった, ところ紳士は慇懃, ところ紹巴が, ところ終ったのが, ところ終に二つ三つ食われ, ところ終戦後上京して, ところ終身忘れずと, ところ組代など大変, ところの中, ところ経俊は一笑, ところ経済的に民衆, ところ結局それが心, ところ結局意志の問題, ところ結局最初のタッタ一粒, ところ結局石油に結核菌, ところ結果は歴々, ところ絞め殺されたらしく頸に, ところ絨毯の上, ところ統制という響, ところ絶対平和を持する, ところ絶対禁物のよう, ところ絶望のあまりに, ところ絹坊は日光浴, ところ綿羊誤って, ところ総督が非常, ところ線路の故障, ところ締めあげておしまい, ところ編物かと思われる, ところ編集子の一人, ところ編集長の小笹氏, ところ緩んだように, ところの下, ところじて, ところ織物のよう, ところ織部正が江戸要害説, ところ繰り返すようだ, ところ署長さんにもその, ところ羅馬の円形闘技場, ところ羊仙はほんとに, ところを造り出す, ところ美しい友情の, ところ美人ではない, ところ美少年のよう, ところ美食にまるっきり, ところ義理の悪い, ところ羽鳥の叔父, ところ翌晩倍のお客, ところ老中に対してはあの, ところ老儒者には警護, ところ考えまわして, ところ考え得る唯一の, ところ考へてとても, ところ耕地よりも牧場, ところを聾, ところ聖徳太子様には, ところ聞き役さぼくは話し相手, ところ聞くところ最早, ところ聯絡のない, ところ聴くところによって, ところ聴力は少し, ところ職人どもも手不足, ところ職人渡世でもし, ところづきと, ところ肉付きのよい, ところ肉体上の勇気, ところ肉屋のみよちやん, ところ肥って陽, ところ肩さきにや, ところ胃袋をチョイ, ところを潰しました, ところの低い, ところ背丈の巨大, ところのヨサ, ところ脅かされつづけでかわいそうに, ところ脚本を読み, ところ腕一本落して, ところがいたく, ところがへっ, ところのお, ところ臂力衆に勝れ, ところ臆病なところ, ところ臓腑が瓦斯, ところ臨むところ時代之を, ところ自ら高く持, ところ自らそれぞれ自分の胸, ところ自他の差別, ところ自分МХАТにあきたらぬ, ところ自分一人のこと, ところ自分同情がもてる, ところ自動操縦装置を切り, ところ自動車不足から此, ところ自慢から, ところ自殺せられた令孃, ところ至大至剛ほとんど天地, ところ致しかたありません, ところ興味索然としてし, ところ舒情的なところ, ところ舞踏会あらざるはなし, ところの上り下り, ところ船宿料亭多しと, ところ船底をコンクリート, ところ船長は徹底的, ところ船頭の取次, ところ色々な生活, ところ色彩は独仏混淆, ところ色恋に心, ところ色男の資格, ところ花々しい勝ち方を, ところ花前はほとんど, ところ花束の中, ところ芸者としては今, ところも大分, ところ苔むす礎のみが, ところ公卿の, ところ若い女らしいものが, ところ若しそれが, ところ若しも私が, ところ若君のよろこび, ところ若干ぞと問え, ところ若年の身, ところ若松屋の若者, ところ苦労人ですから, ところが葺い, ところ英国がその, ところ英国人であるが, ところ英才がおっ, ところ英男苅田さんのところ, ところ茂っている, ところ茅野雄も浪江, ところ茨海狐小学校では一体, ところに存せずん, ところの花, ところ茶人の量, ところ茶碗に東西相, ところ草原のはて, ところ草地に池, ところ草肥え泉甘し, ところ荊州の旧臣中, ところ荒れた岩だらけの, ところ荒野の中, ところ荘司無礼にも返辞, ところ荘子はその, ところ莫大なるは, ところ菊池さんはふ, ところにはのべつ, ところ華やげるところ利発な, ところ華嚴の瀧, ところ華麗な応接間, ところ萩之進というやつ, ところ萬事は彼, ところ萬延元年アメリカへ日本使節, ところ落下傘で無事, ところ落人めいた芝居気, ところ落合の町, ところ落寞たる感が場, ところ落胆は深かっ, ところ明ならず, ところ葡萄酒の味, ところ葬式に使う, ところ古の, ところ蒲団をまくられ, ところ蒲郡は冬, ところ蒹葭堂を訪, ところ蒼竜池の臥竜橋, ところ蓋し之に, ところ蓋し未だ十の, ところ蓴菜のよう, ところ蔀半四郎が一番, ところ蔡夫人蔡瑁などの勢力, ところの生える, ところ蕎麦だけで, ところ薄きが故, ところ薄葉の蛍, ところ薦延数時間ようやく十時真近, ところ薩長の軍隊, ところ薫風にひるがえっ, ところというの, ところの咲く, ところ藤一郎は何時の間にか, ところ藤原京あたりから眺めた, ところ藤吉はすぐ, ところ蘆荻の間, ところ蘇生致しまして, ところ蘭丸の心痛, ところ蘭医の薬草, ところ虐政の始まる, ところ虚栄心の特効薬, ところのなく, ところ虫干しでもおせんたくで, ところが食う, ところ臭いので, ところの大敗, ところ蜀全軍の八倍, ところ蜀軍が馳, ところの槍, ところ蝶子さん私は私, ところ融通の利かない, ところ蟇口をもつ, ところ血壓も一八〇, ところ血気にはやっ, ところ血色も肉, ところは恐れ, ところ行きたくばともかく, ところ行つて見ると, ところ行われざるなく脳髄, ところ行信僧都や鑑真和上, ところ行方不明のよし, ところ行李と金, ところ行軍を始めよう, ところ衛生の規則, ところ表向き大講会奉行所まで参加, ところを頭, ところ袋探偵の買った, ところを着, ところ裏切りという言葉, ところ補充しました, ところで掃木, ところ複雑な何, ところ襯衣の釦, ところ西北の奥域, ところ西岡という若い, ところ西日代というの, ところ西洋人のよう, ところ西班牙式の禮裝, ところ要塞へ借り, ところ要領を得ない, ところ覇業万歳の基, ところ見えるものは, ところ見かけるところ以前よりも, ところ見せたのです, ところ見せつけらても, ところ見たがる無礼者メッ, ところ見たらもと生れ月, ところ見つけられたりし, ところ見ないからひろげ, ところ見ゆるが如くまた見えぬ, ところ見りゃあこの, ところ見ればまるで, ところ見事な煽り, ところ見届けたればこそこれ, ところ見廻したり, ところ見当らざるなき有様, ところ見当らぬそうで, ところ見残したところも, ところ見物させて, ところ見舞に来る, ところ視察して, ところ覘いをつけ, ところ覘違はず右の肩, ところ親方の三七郎, ところ観念論と唯物論, ところ観照に終始, ところの菊屋, ところ解らないの, ところ触るるところ相, ところ言下に傲然, ところ言葉つきの卑下, ところ討ち取ってござる, ところ討って取られた, ところ記憶して, ところりだつた, ところ許婚の若い, ところ訴えるところに, ところとはなにか, ところ詩壇は自由詩, ところ詭計を用いざる, ところ詮方もなき, ところ詰所の人, ところ話して呉れない, ところ話しかける必要が, ところ話す張合も, ところ話相手のない, ところ該方面には人, ところかでない, ところ詳細に皆, ところ誇張なん, ところ誘拐して, ところ誠実なれば, ところ誠意をもっ, ところ誤りのない, ところ誤聞と相, ところ誤解でした, ところ読者の記憶, ところ読者諸君はやむなく, ところ誰々だ旗本, ところ誰か一人が全部, ところ課長としては何等, ところ調査係とは体, ところ論じるところ種々である, ところ論ずるところの, ところ将の, ところ諸事粗略なきよう, ところ諸君わたしはずいぶん, ところ諸国の武門, ところ諸種の機械, ところのまま, ところ講談は板, ところ謡曲や幸若, ところつときたい, ところ警告は予言的, ところ警戒に警戒, ところ警視庁の防犯課, ところ譬えば糸を, ところ讃歎がある, ところの姿, ところ象牙で出来た, ところ豪家の一人, ところ豹一はいっぺんに, ところ貝殻のやう, ところ負債もない, ところ財力の上, ところ財宝衣服飲食種々の物, ところ貧しそうで, ところ貧しいけれど平和, ところ貧しくはなる, ところ貧乏といふもの, ところ貧窮組の先達, ところ責任を果さね, ところ貴下の御, ところ貴女の御, ところ貴女様は武家, ところ貴族の方, ところ貴様京の地, ところ買いものをし, ところ買い求めて呆れ, ところ買って上げたがっ, ところ買つて貰つた切符には, ところ買わないという, ところ貸しておく, ところ出しが, ところ資源がゆたか, ところ資盛が車, ところそうで, ところ賢明なはず, ところ賤民の主たる, ところ質素な四階建て, ところの鈴, ところ赤い辻堂の, ところ赤坂の方, ところ赤旗が流れ, ところ赤格子九郎右衛門だという, ところ赤石山系や木曾山脈, ところ赭岩壁立して, ところ走り出してまもなく, ところ起きてとっとと, ところ起きあがったところと, ところ越前と近江, ところ趙直は非常, ところ足場の一つ, ところ足許が危い, ところ跛行をひい, ところ路地の小, ところ路用から湯治, ところ踊っている, ところ身上をあかしたくない, ところ身共の手, ところ身持がわるく, ところの本営, ところ軍師孔明には必ず, ところ軍帽も服, ところ軍隊と民衆, ところがつて, ところ転戦また転戦, ところ輕薄なところ, ところ輸送路の建設, ところじて, ところ農夫が群れ集る, ところ農村の問題, ところ農民自らより他, ところ辷ったり曲っ, ところにいる, ところ辻永は私, ところ辻野君は, ところ迄しか分って, ところ迄の修業の, ところ近き村ある, ところ近くで, ところ近代人の父, ところ近代句としても之等, ところ近在から誘拐, ところ近年は諸家様, ところ近年将門は思い上がっ, ところ近時特に我が, ところ近来すべてといっ, ところ近来生らの相, ところ近来輦轂の下, ところ近衛内閣万歳である誰, ところ近頃ふとその臭, ところ返さなくてはならない, ところ返答に窮す, ところ返電が来, ところ追い詰められた苦しまぎれに, ところ追い追い猴も, ところ逃げてしまう, ところ逃げないとたいへん, ところ逃げ出しおって行方不明, ところ逃亡して, ところ途中遽に号令, ところ通りの形, ところ通用口があい, ところ通行の妨害, ところ造作もなく, ところ造化の作, ところ造幣寮開設後追, ところ造糞機たるに止まらん, ところ造船工廠の先端, ところ連山垣墻のごとく, ところ連日遅くまで, ところ連日爆撃という形, ところ遉一代の巨人, ところ運悪くせまい河口, ところ運転手の方, ところ過半想像的の文字, ところ過日衆人の中, ところ過誤につき贖罪金三円七十五銭, ところ道ばたにころがっ, ところ道庵からいえ, ところ道庵先生のハイキング, ところ道案内をし, ところ道楽あるいは装飾, ところ道誉は家臣, ところ達士も往々, ところ達者そうだね, ところ違はずばディーテ, ところかに面白かっ, ところ遠い彼岸の, ところ遠きアリユベイ彼の, ところ遠くして, ところ遠浅のあたり, ところ遠火の上, ところ適当な救治策, ところに入る, ところ選り好みしようにもほか, ところ還って来る, ところ邦産は三種, ところ郊外の家, ところ郡奉行はひそか, ところ部分的な民心, ところ郷里から至急, ところの騒乱, ところ配給制度になっ, ところ配置は平面的, ところ酒器やら膳, ところ酷工面して, ところ醜きまでにあらわ, ところ釈然としてお互い, ところさは, ところ重い重いと頗る, ところ重き負傷に, ところ重き負傷に惱, ところ重力のない, ところ重吉のそういう, ところ重荷に困る, ところ野口はクロ, ところ野心のある, ところ野槌の大き, ところ野火の焔, ところ野球場の片, ところ野郎ばかりの道中, ところ金剛先生は次, ところ金博士のあの, ところ金吾は万太郎, ところ金吾中納言の松尾山, ところ金杉橋を渡る, ところ金沢の援兵, ところ金火箸見たよう, ところ金箔を置いた, ところ金色燦爛とした, ところ金融非常措置の発表, ところの蓋, ところ針中野というところ, ところ釣りをし, ところをふり, ところ鈴木君は金田君, ところ鉄砲玉のはじけた, ところ鉄道工事風景が興味ふか, ところ鉢裏に於, ところがあります, ところ銀座の記念塔, ところ銃創を印し, ところ銃隊は早速, ところ銭九銭米二合だけなり, ところ銭形平次三百八十三編も第, ところ鍛冶屋の兄弟, ところ長唄と踊り, ところ長崎の市, ところ長崎といへども曾てなし, ところ長州様蒸気船二艘まいり石火矢打ち掛け, ところ長柄の錐, ところ長知公も翁, ところ長篇四五種八犬伝の雄大, ところ門閥も高い, ところ開かれている, ところ開港地のチヤブ屋, ところ開門して, ところ閑静で全然, ところも無く, ところ間違って主人, ところ関ヶ原くずれの, ところ関聯するところ, ところも消え, ところ阮東はそのまま, ところ阿Qが坐った, ところ附近海上に一艘, ところ降参する, ところ陛下は右手, ところ院主上人はまた, ところ院長の診断, ところ陣屋のよう, ところのところ, ところ陰気なくらい, ところが背後, ところ陸橋あり, ところ陽気のため, ところのところ, ところ隅々のくらみ, ところ隆盛泰然として, ところ随所皆彫刻, ところさえあれ, ところ隠しても隠し切れぬ, ところ隠居はしばらく, ところはあ, ところ隣りの部屋, ところ隣りあった気もちの, ところ隨分不便な場所, ところ隱居の御蔭, ところという感じ, ところ集まるところ気拙, ところ集団農場の托児所, ところ雑木林があり, ところ雑沓の道, ところ雑誌が出, ところ雑貨屋が来た, ところ離れてみ, ところ難渋な点, ところ雲飛は間もなく, ところの鳴らぬ, ところ電話ボックスの中以来, ところ電車がない, ところ需要が少い, ところ震災後商売も次第に, ところ露帝アレキサンダー一世は大体承諾, ところ青い蕾を, ところ青山百人町に鈴木, ところ青山青空愉快な人間, ところ青州城ッてえの, ところ青年のよう, ところ青年子女蝟集して, ところ青年学生はこの, ところ青年班全員五名そのうち顔, ところ青息吐息青菜に塩, ところ青江三空曹の体, ところ青面金剛はどうも, ところ面倒だと, ところ面白かった, ところ面白くガンジーの, ところ面積は二百坪, ところ音楽を入れ, ところ音楽浴には国楽, ところ音楽美術にあ, ところ音羽が逃げ出した, ところ頂上火口の赭, ところ頃日名家の墨跡, ところ頑丈な身体, ところ頑固な妄信そのもの, ところと文意, ところ頗る異同あり, ところ領事館へは行かない, ところ頭上一杯に飛びまくつてゐる蝙蝠, ところ頭目らしき真っ先, ところ頻吹かざるなし, ところ頼みにはならぬ, ところ頼母に踏まれ, ところ顕微鏡下に現れた, ところわくば, ところ顯著でないため, ところ風呂へ入っ, ところ風眼と判り, ところ風船がつい, ところ風邪ごこちだった, ところ風邪ひきで白髪, ところ風采も堂々, ところ風雪ひどく汽車不通, ところ風雲の依っ, ところ風馬牛であった, ところ飛び出したらどうじゃ, ところ飛行機の型, ところ飛騨の方, ところ飜訳の生理, ところ飜訳家の肩, ところ食い過ぎていた, ところ食って味覚, ところ食べてさ, ところ食らわせて置い, ところ食料と飲料水, ところ食物は予期, ところ飽迄も淺草, ところ養父は親友, ところをもっ, ところ首筋から背, ところ馬大尽が山城屋, ところ馬超がつねに, ところ馬込の木賃, ところ馬鹿にされた, ところ駄目です, ところ駅吏が言う, ところ駒ヶ岳の絶巓, ところ駒井をし, ところ騒動は追追, ところ驚く可き, ところ驚くべし一尾の, ところ髀肉の嘆, ところ廊の, ところ高々四五枚の, ところ高いところへ, ところ高くんば, ところ高ければなり, ところ高射砲陣地がある, ところをもひしぎ, ところ鬼王丸は笑い, ところが露わに, ところ魏軍江北の陣地, ところを洗っ, ところ魚たちがその, ところ魚雷が一本, ところも鱈, ところ鮮人と見られ, ところ鯉幟吹流しがへんぽん, ところ鯛まぐろさわら等, ところ鳥渡六ヶ敷いんだけれど, ところ鴎一羽浮んで, ところ舞い遊ぶところ, ところを逃がし, ところ鷹野の狩装い, ところ鹿之介, ところ鹿の子まだら, ところ麹町一番町英国公使館の土塀, ところの波, ところ黄色の衣, ところ黄金の形, ところんぼ, ところ黒井中将に教えられ, ところ鼠賊猟奇の輩, ところ鼻持ちならず, ところ鼻筋の通った