青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でした~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

できる~ できるだけ~ ~でございました ~でございましょう ~でございます でございます~ ~でござる ~でし でし~ ~でした
でした~
~でしょう でしょう~ ~です です~ でた~ ~でない でない~ ~でなかった でなかった~ ~でなく

「でした~」 10213, 101ppm, 1077位

▼ でした~ (5034, 49.3%)

56 私は 39 それが 36 それは 28 これは 26 今は 25 その時 21 そのうち 20 私が 18 それを 16 それも, 私の 14 彼は 13 あとで, その日 12 これが, その頃 11 何か 10 そのとき, それから 9 さすがに, それよりも, 今では, 平次の, 平次は, 自分の 8 この頃, どうした, 今度は, 彼の 7 この時, しかしその, その中, それに, それにも, 後には

6 [14件] いまは, こんどは, すぐに, そこの, そのなか, わたくしは, わたしは, 中には, 主人の, 今日は, 何を, 次の, 母が, 誰も

5 [30件] あなたが, あなたの, ここで, ここに, このごろは, この通り, そこに, その人, その代り, その内, その夜, それでも私, それと, それには, なんでも, ほかに, もうその, やがて, やがてその, わたしの, 不意に, 二人は, 今に, 何でも, 併し, 俊夫君は, 彼女の, 急に, 折よく, 母は

4 [33件] きょうは, これには, これも, しかし右門, しかし私, そのお, そのほか, その時分, それでも素直, た, ともかくも, ほかの, まもなくみんな, フトした, 一人の, 不思議に, 二人の, 今から, 今夜は, 今度のは, 今日の, 僕は, 別に, 右門は, 平次に, 後に, 心の, 暫くし, 根が, 父は, 眼を, 私には, 翌る

3 [71件] ある日, ある時, あれは, おかあさんの, こちらは, この上, この人, この森, この辺, こんなこと, しかしこの, そこは, そのころ, その前, その言葉, その辺, それからは, それつ, それでもさすが, そんなこと, たうとう, たった一つ, だん, ちょうどその, どういうわけ, ぼくは, やがて又, やがて決心, ややあっ, よく見る, セエラは, 一方の, 不思議な, 中年から, 二三年前に, 二人とも, 人から, 今と, 今の, 今年は, 今朝は, 伝六が, 何う, 何の, 偶, 兎に, 兎にも, 兎も, 女は, 実はその, 家の, 小林君が, 小林君は, 小林少年は, 幸ひ, 日が, 最後に, 江戸の, 無理に, 父親の, 目の, 私たちが, 私に, 私も, 翌朝に, 能く, 自分は, 諭吉は, 近頃は, 間もなく, 非常に

2 [287件] ああいう, あせっても, あたりの, あの事, あの方, あの頃, あれが, あれに, あんまりベゴ石, あんまり御, あんまり詮議, いつまでも, おどろいたものの, おりんは, お医者, お医者さん, お富, お年玉の, お梶さん, お父さま, お父さんは, お白洲, お紺, お菊, お金は, かいつまんで, くどくも, ここでは, ここでも, ここの, こちらが, この先生, この声, この家, この日, この確り, これに, これを, さう, さすが年, さっきから, さてその, さて実際, さればこそ, しかしこういう, しかしそれ, しかし今, しかるにその, しばらくし, すると右門, そうかと, そうなる, そこが, そこには, そこへ, そちらの, そのお金, そのままに, その一面, その外, その女, その実, その家, その少年, その後お母さまご, その後も, その母親, その真ん中, その翌年, その翌朝, その間に, その際, その顔, そばに, それさえ, それでもこれ, それでもその, それでも夢, それでも彼等, それでも林, それでも鳶頭, それとともに, それより, それらの, そんな蓄財癖, たった一人, だのに, ちょうどこの, ちょうどそこ, ちょっと教室, でも散々, どういうもの, どうしてもそれ, どうも野原, どうやら人気, どう云, どんなこと, なかでもいちばん下, なにを, ひと月ほども, ふとその, ほんとうは, ほんのそう, ぼんやり月, まだ気, まだ目見得中, まわりに, みんなが, もうそれ, やがてお, やがてそれ, やがてどちら, やがて乾方, やがて何, やがて外科, やがて往来, やがて気, やっと我慢, やっぱり土神, やはり私, よくよく高い, よく見, より江は, わたくしが, わたくしの, わなわなと, ジョウが, セエラに, ナオミは, ニールスは, 一つの, 一人は, 一代に, 一昨日帰っ, 三人が, 三十幾人の, 下女の, 不二夫君は, 不意と, 中頃から, 事実は, 二三年前東海道を, 二疋は, 二階へ, 今ぢや, 今でも, 今も, 今日という, 今日のは, 今晩は, 今更それ, 今考え, 仕合せと, 他の, 体が, 何ぶんひまに, 何人にも, 何分にも, 何故お, 俄かに, 俗に, 修学旅行以外には, 先生は, 八時から, 其の時, 内外から, 刀を, 力自慢の, 厚化粧に, 去年の, 取紛れて, 同時にまた, 困ったこと, 執念の, 声が, 夕方から, 夕方に, 外国では, 夜更に, 大分お, 天は, 天野君の, 夫の, 女が, 妙に, 妾は, 娘の, 婆あ, 家には, 家主が, 家内も, 少しの, 少しも, 少女は, 山が, 山之, 島原の, 川の, 平次と, 年頃に, 幸に, 幹は, 広島へ, 店に, 強か者の, 当主に, 当時の, 当時は, 彼が, 彼等は, 待遇は, 御人柄, 御承知, 忘れも, 念の, 怒って, 性根も, 惜しい事, 想像し, 手を, 放埒で, 日曜には, 日本の, 明日は, 昨夜は, 曲者は, 朝早く, 本人の, 来て, 東京は, 橋の, 次第に猛烈, 武家と, 歪んだ兄, 死ぬる, 残念な, 毎日の, 毎晩の, 気の, 洋行された, 溝口屋鐘五郎の, 無事に, 無口で, 百舌は, 皆が, 目を, 相変らず, 相手が, 短命で, 私としては, 私などには, 私にと, 私を, 私千早先生が, 私達の, 簡単に, 粗末な, 結局わたくしの, 網も, 肝腎の, 腹の, 自分が, 自然暖簾を, 船の, 行方不明に, 親の, 親分が, 親同士, 解剖の, 言葉の, 話が, 財布の, 路が, 踊りは, 蹄の, 近寄って, 近所の, 途中から, 通夜僧が, 頬冠り, 顔は, 顔を, 風が, 骨董屋は, 高木銀次郎の, 鹿どもの, 鼻と

1 [3357件 抜粋] ああこの, あくる日, あちらへ, あなたにも, あのぼってり, あの名高い, あの晩, あの青い美しい, あまりびつくり, ある恐し, ある朝僕, あれほどの, あんまり不意, あんまり思う, いえば, いかにも奇怪至極, いくら高く, いずれに, いったいどっち, いつのまにやら, いつもお産, いぶかしいの, いま評判の, いらないの, いろいろ観察, ええ総裁, おきいち, おしや, おとが, おばあさんどうしが, お互いに, お前さんが, お媒酌人, お岩様, お染, お滝, お蔭で, お訪ねし, お醫者, かけつけて, かねての, きいたらかたき, くわしいこと, けたたましく言い叫びました, こういうこと, こうして母, ここへ, こっち側の, この, このじい, この一件以来, この侍女, この土地, この子, この時さ, この模型, この王, この節, この計略, この間にも, こりや, これから面白く, こんどこそ, ご主人, さいわい魔人, さしあたりうち, さてお雪ちゃん, さて提灯, さらに二人, さんざんこちら, しかしいま学徒海鷲, しかしじっと, しかしそんな, しかしまもなく, しかし一方, しかし主, しかし名人右門, しかし少し, しかし物事, しかし逐一, しかもそれ, しかるに殿, じっと見, すぐうしろ, すぐ近く, すつかり, すみずみが, ずっときつ, そいつに対する, そういった時, そうなるとモウ問題, そちらで, そのうちだんだん昵懇, そのえらい, そのころ私, そのままなにごと, そのる, その一言一言, その代り一ぺん, その何代目, その半年, その同じ彼, その場, その奥座敷, その川岸, その後の, その後数年経っ, その或日, その新年式, その時山崎氏, その最後, その梢, その気味, その眞實性, その秘策, その芸風, その記事, その部員, その雨, その騒ぎ, それからすこし, それから私達, それだけに反, それっきり帰っ, それでいて教えられる, それでもお, それでもたまに, それでもひとり, それでもフランネル, それでも井田さん, それでも土蔵, それでも嫌, それでも彼, それでも朝飯, それでも満足, それでも良人, それでロマノフ, それにしてもまだ, それの, それ以来一層, そんな子供, そんな風, たいへんよくにて, たしかに違います, ただそれだけ, ただ妻, たちまちその, ためしに, だんだんハッキリし, だんだん真剣, ちょっと今宵, ついにその, つかつかと, つて菜の花に, でっくり, でもそこ, でもミンチン先生, でも父さん, とうとう生まれた, ところがその, とにかくこれ, とにかく右門, ともあれ聖天の河ッ童穴以来, とりあえず, どうかする, どうしても駄目, どうにかかう, どうもまっとう, どうも少しやり損ないました, どうも辻自動車, どこか, どッ, なぜ私, なにしろ声, なにぶん不自由, なんです, にわかにが, はっきりと, ひとりの, ひよい, ふたりの, ふと机, へびは, ほんのちょっと, まあ云え, まことに不意, まさしく彼, また凡そ, まだそれでも, まだ奥さん, まもなくお, まもなく命じた, まるで復活祭, みな喜ん, むすめ, もうすっかり暗く, もう一人, もう寝, もう落, もちろんあなた, もはや疑う, やがてそろそろと, やがてはっきりした, やがてわたくし, やがて一人, やがて向こう, やがて思い出した, やがて正気, やがて聖餐祭, やがて髪長彦, やっと一つパン屑, やっと落ち付い, やはりそうでした, やはり夜ふけ, やはり歌劇, やや寝苦しかっ, ようやくこの, よくよく怪塔王, よく覚え, りっぱな, わたしたちは, アトリエの, イヨイヨ押詰まった, カラスたちは, キーシュは, ショックの, スピード違反の, ソンな, ツイ近所の, ニールスの, パストゥールは, ベスが, ミンチン先生は, ユダヤ国の, ルルは, 一たい今日まで, 一人美少年が, 一八七〇年に, 一回ならず, 一度は, 一昨年夏水死し, 一月はじめ雅叙園に, 一番温和しいようでした, 一郎は, 丁度あの, 七本の, 三人共申し合わせた, 三日目の, 三郎さんは, 下に, 不幸にも, 中でも竹内さん, 中等教員の, 主に, 久助さんは, 事務長の, 二人が, 二千両の, 二日目には, 五体の, 五月に, 亡くなつた, 人々の, 人気の, 人間の, 今や同氏, 今度ルール地方に, 今朝の, 仕事に, 令嬢の, 伊太夫は, 伝六という, 佐太郎は, 何しろその, 何です, 何も, 何分あの, 余りひどく, 例の, 修行と, 僕には, 兄さんは, 先ず毎日, 先生が, 八丁堀から, 八日は, 六年生にも, 其の理由, 内儀の, 出迎えられたマダム, 判読する, 別段それ以上, 前の, 勇夫兄さまだけは, 北マラアストランド街の, 十五夜の, 十時ごろ連隊に, 午後から, 単に噂, 印象深いもの, 又思い出し, 叔父さんの, 口惜しがる, 只今では, 右の, 同君から, 同時に放胆, 名人の, 周囲の, 唯今とは, 喉の, 四つ, 四半ときばかりも, 困つたこと, 坪谷は, 売られた方, 夕方窓を, 多勢人が, 夢の, 大きな部屋, 大体の, 大店の, 大酒呑み, 太つ, 奈良朝の, 女の, 女流数学者として, 姿恰好が, 子供たちが, 子細あっ, 学校の, 宜いあん, 実はそう, 実際は, 家具などは, 宿の, 対処の, 小さな凹面鏡, 小太郎を, 小規模であった, 少し浮氣, 少年たちの, 山中の, 島後の, 市街の, 帯は, 平尾氏は, 年の暮れの, 年頃にな, 幸いにも, 幸運にも, 店の, 庵の, 引越して, 当時二段の, 役人たちは, 彼等の, 後は, 御家庭, 御気分, 御警固さんたち, 心が, 必要が, 忠敬は, 思いのほかに, 思想は, 性根に, 息子の, 惚れ拔, 愚助は, 慧眼右門には, 或日女, 戰爭の, 手も, 折も, 振り返って, 支那の, 数年後には, 文字の, 新吉は, 旅人から, 旦那様は, 明智にも, 明治学院へ, 春は, 昼の, 時雨女史は, 暗いところ, 更にモットモット不思議, 最初から, 朝から, 木下君は, 本当に正業, 村でも, 東京へ, 林美雲が, 栄吉か, 案ずるよりも, 椎の木にとっては, 檢屍が, 次第にその, 正坊, 此場合は, 此頃大分直っ, 死体は, 段々馴れ, 毎日仲よく, 気が, 気質は, 池崎の, 決して拵え事, 河野の, 浅野の, 海辺へでも, 淺野の, 湯川秀樹君の, 滝尾どのが, 澪の, 炉に, 無事高等二年に, 然しクリスマス, 照国の, 父の, 特別な, 独り黙っ, 王子は, 生命にも, 田舎じゃ, 町人の, 番頭としての, 白いコンクリート, 目, 直ちに消し, 真に突然でありました, 矢張いけませんでした, 知らん顔し, 確かな, 禿げちよろけ, 私どもが, 私自身にと, 突然四五人, 競争者らしい, 篠田様の, 紅茶に, 絵も, 練れた人物, 繰返して, 翌年五月に, 聞いて, 背丈けが当り前の, 脱兎の, 自慢なら, 船頭に, 芝増上寺の, 若い女, 茜が, 藩主備後守は, 蟹江は, 袖を, 要するに, 見兼ねて, 覚悟した, 親類達の, 訳を, 読者の, 諦めたよう, 警戒する, 財産を, 賀古氏は, 踏んで, 身分が, 車の, 近く, 近火が, 近頃伊太郎, 途中名古屋の, 遂に私, 運動以外の, 道案内の, 遲くまで, 酔って, 野心と, 金持の, 錢形平次の, 長坂丹後守の, 間もなくブルックリン, 間を, 陽が, 随分楽, 雪の, 電話を, 青鼠色の, 頑固過ぎ, 額に, 食べられるもの, 駆けだして, 高笑いは, 魚は, 鳴海司郎思わず, 黒子の

▼ でしたから~ (1956, 19.2%)

73 右門は 21 私は 18 右門の 14 右門も 12 伝六が 11 伝六は 10 それを 9 伝六の, 名人の 7 それが, 右門が 6 これは, なんじょう右門の, 今度は, 伝六も, 名人が, 早くも 5 ここに, わたくしは, 当然の, 私も 4 いかな, これでは, さすがの, だまって, どうかし, わたしは, 何か, 退屈男の

3 [25件] あっけに, お君, こうなる, すぐその, すぐに, そこらは, それだけでも, それに, それは, ふたりの, むろんの, わたしたちは, 二人の, 二人は, 今から, 何も, 例の, 変な, 急いで, 海の, 私の, 自分の, 誰も, 鳴り屋の, 黙って

2 [96件] あいきょう者が, あなたは, いつもの, いぶかしく思っ, いぶかって, うろたえて, おこり上戸, お店, お角, お雪, これで, これには, これも, さっそくに, しまいには, すっかり有頂天, すらすら読みました, そういうこと, そこに, その晩, それには, たいていの, ただもう, だんだん私たち, ちょいと, ちょっと右門, つい, である, とうとう伝六, ともかくも, なんじょう名人の, なんの, のぞいて, はてなと, ほんとうに, むすめ, もうそれ, もみの, わたくしの, ジャックは, 一同が, 一時は, 不意に, 主人は, 事の, 事件の, 今の, 今夜は, 仕方が, 仕方なし, 何かは, 何事も, 僕が, 兵馬は, 兵馬も, 取る手, 吉野山へ, 同時に右門, 大丈夫それで, 山へ, 当時の, 彼の, 彼は, 念の, 急に, 手に, 手も, 揚げ屋, 早いもの, 早速と, 明日の, 是非も, 時を, 普通の, 最初の, 村の, 杜子春は, 東福寺の, 毎日の, 気の, 無理も, 疲れも, 私が, 空は, 米友は, 聞くや, 自分で, 誰か, 誰が, 赤子の, 退屈男は, 集まったもの, 雨が, 雨の, 雲や, 非常に

1 [1410件 抜粋] あいさつは, あかりを, あっしが, あとに, あのなだらか, あの音吉, あひるさんの, あまり惡, あわてて, あんなふう, いううち, いかでわれら, いかにも不審, いきなり揚げ, いくら探した, いざ中学校, いちばん美しい, いっその, いつでも, いつもこういう, いつもながらに, いぶかりながらも, いま泣いた, いよいよいで, いよいよ屋, いよいよ犯人, いよいよ重荷, いろいろに, いわゆる, うれしいと, えこ, おかしいとは, おしゃべり屋が, おどろいたの, おまえに, およそ人, お互, お休み, お化粧, お午餐, お城, お嫁さん, お家の, お手数です, お時計, お祝いにも, お苦しかろ, お退け, お銀様, お雪ちゃんは, かえっておと, かまわずに, かれの, かわいそうに, がらがらいう, きくや, きっと仕合せ, ぎょうてんした, ぎょッ, くだんの, こういういたずら, こういう船倉, ここにおいて, こちこちに, こっちへ, ことごとくもう上, このあんばい, この一件, この場, この画, この秋あすこ, この蝋燭, この障子, これに対して, こわきに, ごく近く, ご恩, さすが物, さっそく問い, さてはと, ざまを, しからばとばかり, したがってその, しばらくバルコン, じゃの, すぐにどや, すぐ願書, すこしむてっぽうすぎました, すこし溯っ, すっくと熊, すべてが, すわ大事出来, ずいぶんお, せっかくこれ, せっかく持っ, ぜひ御, そうして足蹴, そう不, そこでひろい, そこには, そこまで, そっとつばさ, そのお, そのとおり, そのままに, その一人息子, その前景気, その夕涼み, その拘束, その時分, その桂, その河中, その秘密, その談判, その責任, その醜男, その頃, そもなん, それしか, それだけたれ, それで私, それなりきられ, それほど気, それよりも, それ落した, そんなにビックリ, そんなに無作法, そんな山, ただちにかぎ, ただちに駕籠, ただぶつきら棒, ただ量を, たとえ五代将軍, たぶんそれ, ためしに, だから真実, ちっとも死人, ちょうどそこのかぶき門, ちょっとばかり, ちらりとその, ついいぶかし, ついそこら, ついだまっ, ついわらい出し, つい失礼, てっきり三河屋, できるだけやさしい, とう, とうとうねずみ, とうとう助かりませんでした, とうとう弥三郎, どうあっ, どうかとは, どうしておろそか, どうもその, どこでも, どなたです, どれぐらい, どんなに弱い, どんな藪, なにか間違い, なにげなく右門, なにとてくし, なんじょうあわてない, にげだしは, にせ金, ぬうっと静か, のんびりした, はっとなった, はやあれ, ばあさんの, ひとには, ひと目見る, ひどいこみようでした, びッくりした, ふたりが, ふとん, べつに交際, ほっとした, ほんとに一頃, まあお話し, まことにどうもはや胸, まことに春先, まさかと, ますますいぶかし, まず最初, またお株, またたくま, まだお, まだはっきりと, まだ虚無僧姿, まったくもう右門, まったく物, まもなくできあがりました, まる二週間, みつばちのいう, みんなプッと, むやみに, むろんまだどういう, もうおばけ, もうこうなる, もうしめた, もうよ, もう一度柳, もう人間, もう呼ばれ, もう長居, もしとし子さん, もし二人, もちろん八万人, もとより満場, やさきが, やっぱり歩い, やはり宮様, やめなければ, ゆでだこの, ようございます, ようやく気, ようやく納まりかかった, よくよく見る, よく聴い, よほど弾, わいわい連, わずかの, わたしも, アトリエの, カーテン, キッコの, シナ人の, タクシーを, トムさんは, ネネムの, ビックリし, マージの, ヨハンネスを, 一切外出しない, 一同は, 一向に何, 一生懸命に, 一瞬の, 一雄が, 七人まえ, 万事に, 三年いる, 世界じゅうの, 両手では, 中は, 中身や, 主従三人お昼すぎから, 九月の, 予期しなかった, 事務長の, 二三四と, 二人で, 二回分あった, 五十年位の, 人が, 人目に, 人違いなどは, 今ぞ, 今度のを, 仕方ありません, 仙次の, 休むと, 伝六熊仲の, 何かと思う, 何ご用かと, 何の, 何もかも一人で, 余り西洋風, 侍女に, 俥で, 偃松を, 僕も, 兄貴の, 先ず中川さん, 先方唯一の, 先生は, 兎さんの, 八時すぎ電話で, 公休日には, 兵部の, 冬に, 出がけ, 出鱈目の, 分りませんね, 初めは, 初霜, 別に何, 前例には, 勉強する, 勧められるがま, 区内では, 千恵は, 卵を, 又者, 反対なさった, 口では, 古風な, 台所の, 右門もぞ, 同じ村, 同情の, 名人は, 向こうへ, 吾が名, 咲枝が, 嚇と, 回天動地の, 図題も, 坊さんは, 塔の, 夏に, 外人にも, 多分お, 多助に, 多少躊躇, 夜中に, 大久保甚十郎一家は, 大変筋の, 大御新造, 太鼓を, 失禮し, 女の子を, 妻の, 始終を, 娘は, 嬢の, 学校へ, 宜しかった, 宵の, 家の, 家人, 寄った事, 将軍家ご, 小十郎, 小鳥たちや, 少いながらも, 少しも, 少し立入れ, 少年にとっては, 居合わした, 屋根裏と, 差し当り原稿, 帰りつくと, 年の, 座に, 弓師六郎左衛門はたして, 引上げて, 当人には, 形が, 彼に, 彼女に, 彼女自身の, 後で私, 後家さんも, 御夫婦, 御遠慮, 心で, 心当たりの, 心配し, 怖, 思いの外に, 思わぬ珍事出来, 怪我を, 恥ずかしかった, 悪怯, 悲鳴を, 慄え, 成るべくそれ, 我儘に, 或は主人, 手頃な, 押えて, 振り向きも, 撥落が, 故郷の, 敬四郎はむ, 新年には, 於ゆうの, 早起き自慢の, 早速主治医先生, 早速行っ, 明知の, 時代後れで, 時間を, 暗い森, 書家とか, 最早私達, 未だ御岳, 本石町まで, 東京へ, 東山から, 柳橋で, 案内も, 機械を, 止めて, 此処で, 武家の, 殿の, 母親は, 気が, 気早な, 水の, 江戸に, 油断を, 洋画の, 浜町へ, 海に, 深夜眠い, 濱町へ, 灯の, 無我夢中ながら, 無論それ, 無論嫖客, 爺さんは, 物議を, 犬公方初め場内一統の, 独りで, 珍しく主客, 甚兵衛は, 男まえ, 町内で, 畜生ながらも, 発見する, 白雲が, 百年の, 盗坊の, 直に応じ, 相当親しく, 相続税は, 真打で, 矢張りくれる, 知らない人, 碌な, 礼を, 私たちからの, 私にとっては, 種善院様其他の, 突如現われた, 笑う者, 米友が, 結局この, 継母の, 老人が, 耕一は, 聞くとも, 腰に, 自分だけ, 自然そんな, 自然家中の, 船の, 芝居が, 若い女性, 若者の, 茶店の, 荘一清と, 蒲団を, 藤井の, 行き届いたお世話, 西北五里許に, 見たもの, 見物の, 見物人は, 親方に, 訴えの, 詩を, 誰かが, 諭吉の, 變な, 負けずに, 責任観念も, 賢明に, 路は, 身代金を, 身長は, 退屈男に, 通りがかりながら, 道庵が, 遠くから, 遠慮されました, 部屋の, 野呂式論理に, 鈍いよう, 鋭い一喝, 長火鉢の, 間もなく息, 随分古い, 雀が, 震災の, 青ひ, 面々は, 額を, 飛鳥の, 香港に, 駄目だった, 驚いたの, 高橋の, 髪長彦の, 鳥渡御様子を

▼ でした~ (341, 3.3%)

1413 それは 8 知ら 4 私も 3 私には, 私の, 私は

2 [18件] お怪我, お由良婆さま, さっきは, その女, ちょうどその, どうぞ, どうでした, なんでも, わたしも, 人に, 何かの, 僕も, 妙な, 御所の, 怎も, 父が, 私が, 道理で

1 [257件] ああ困った, あと送っ, あなたが, あなたも, あの方, あの日, あの赤馬, あの辺, あの銅, あまりに悲しく, あるお寺, ある人, ある日, ある温泉場, あんまりよくお, いうこと, いちどお目にかかりました, いちばん後まで, いっこう存じません, いったいどうしてそんな, いつぞや伺った, いつもお, うちで, ええもん, え今晩, おとう, およみ, お傍, お名, お姫様これは, お孃さん, お暑かっ, お母さまが, お父さん, お蝶さん, お雪ちゃんは, けれど何, ここを, この石垣, こまどりさんの, これは, さあこうして, さっきから, しかしお, しれません, すこしもおぼえ, すっかり持っ, ずっと前, そうでした, そうでも, そこの, そして今, そして日, その二つ, その内, その軍, そりゃどうも, そりや, それこそ, それで, それでおよそ, それではなかなか, それでは石川さん, それともまぬ, それとも三度, それとも蔵, それまでに, それを, たいへんな, ちょっと変った, ちょっと教え, ついこの, では私, では静か, とにかくその, ともかく夕方, とんだ災難, どうか後, どうしても時日, どうぞこちら, どうです, どうなさった, なるほどこりゃああなた, なんだかなん, ひどい時化, ひどく大きい本, ふいと, ふとこちら, ほほほほ, まあよかっ, またその, また秋, まだその, まだよく存じません, もう一度話し, もう七年, もう忘れました, やっぱり, やはり, やはりお話, やまぶきへ, よくこの, よくまあ, よくも, よく仰しゃ, わたしと, わたしほんの, アメリカの, アンタは, エルジンという, ハハハ, ヒダの, マッチ箱に, ロオタリイ倶楽部での, 一円札です, 一寸よっ, 一度丸髷, 一度私, 一石打ちおろす, 丁度よかっ, 七番の, 三周忌でした, 三男でした, 上京し, 下宿人の, 丞相が, 主上のみ, 九州の, 事変前など, 二の, 些とも, 京都御所の, 人の, 人生紙芝居の, 今は, 仰しやつ, 伝六を, 何, 何か, 何でも, 何処へ, 何年前でした, 何處へ, 倉, 僕が, 僕は, 全く記憶, 六畳一間に, 其所まで, 出て, 分りませんか, 別に骨, 十二月号でした, 十六頁でした, 千坂様の, 卯辰山の, 友人の, 叔父さんは, 古い袴, 名は, 否な, 回向院へ, 地鳴りでなけれ, 壁懸, 多分九つ, 夜分に, 大鹿君を, 失礼, 奥さん, 女の, 定価が, 寒雪先生東海道名代の, 小伝馬町から, 小女郎, 少しも, 山の上の, 岩崎の, 幸田露伴氏が, 彼の, 彼方の, 御作を, 御注文, 御神籤, 御苑内で, 念の, 思い違いでは, 急に, 成功を, 或る, 手が, 手を, 承りたい, 拙者が, 支那の, 文久三年か, 新橋演舞場の, 日は, 昨夜お嬢様の, 暗いのに, 書きつけでしたか, 最愛の, 朝の, 朝日の, 東京に, 東京の, 東助君ヒトミさん, 松本の, 棕梠でした, 次郎作が, 正夫が, 歯が, 殿方の, 母が, 注進注進, 爾とは, 狸穴と, 猟は, 獣という, 生理学と, 男でした, 皮は, 盗みを, 矢張り, 知らんいちど神戸, 知りません, 知れませんが, 私たちの, 私今に, 秋でした, 突然奥方, 筑前の, 箪笥を, 米国の, 米斎君が, 納めさせて, 結構な, 緒方氏が, 能登でした, 自分は, 自分も, 西洋の, 記憶に, 誰が, 豊頬黒瞳まめまめしく, 貴女でした, 貴女は, 鐘撞堂新道という, 開いて, 開橋式の, 院長に, 雨の, 雪の, 靜岡の, 飛んだ災難, 馬車が, 鮎が, 鼠色で

▼ でしたので~ (303, 3.0%)

14 私は 4 その店 3 二人は, 右門は, 私も 2 その方, その話, はじめは, ふたりは, 三疋とも, 名人も, 年の, 文展時代の, 私たちは

1 [258件] あきらめずに, あの話, あわてて, いそいで, いったんは, いつもお, いよいよ銀座, いろいろな, おかずも, おしゃれも, おとうさんが, おりから, お客さんが, お待ちし, お母さまに, お母様は, お知らせする, かたがた来年の, かわりに, こっちから, このたくらみ, このたび, このとき, このブレーキンゲ, この吉沢先生, この山間, この旅行, この梅雨, この点, こんなところ, こんなによい, こんな事, こんな物, ささいなる, さっそくはしご, しかもレミヤ, しまいには, しまったと, しゅろ, すぐに, すぐぬぐ, せめてきつねつき, せめて一, そうと, そのまま警視庁, その婆さん, その方面, その煩悩, その絵, それさえも, それではと, それに, それを, そろそろ懐中, そんなことば, そんな分別, たいていの, たいてい読んだ, ただあなた方, ただ私共, たぶん暑気, たまらない程, ちゅうちょなく, ついそれ, ついたまま, つい申し上げる, つひ御返事, とりあえずこの, どう間違った, どこまでも, なお胸いっぱい感謝, なんの, ねえちゃん, のっそり立ち上がる, はっきりと, はなはだ御, ひょっとしたらわたし, ほかの, ほっと安心, まことにどうも笑止千万, まず私, またの名を, また同じ, また御, また私, まだちっと時刻, まだ人, まづ毛布, みんな東京の, むろんの, めずらしがっ, もうここら, もしお断り, もしかしたら, もっと深刻, ゆうべ消防の, ゆたかな, よく食事, よし子等の, アネサの, カムレッシ王女殿下が, カリスフォド氏も, セエラは, ツイうっかり, パーシウスを, ビックリし, ミンチン先生の, メグは, ロッティの, 一度師匠, 一滴ずつの, 一礼する, 丁度手許, 上野の, 下田の, 不幸とは, 両親に, 中学の, 主人奥田氏の, 主従は, 二合の, 人々は, 今度は, 今言つたロッス少佐, 仕方なし, 仲間に, 伝六は, 住居も, 佐渡行きの, 何も, 余計に, 僕は, 兄は, 全く安心, 全く無邪気, 内部の, 円タクを, 医者から, 十兵衛に, 千恵は, 卑怯に, 卵の, 又同じ, 又解った, 右門参着と, 吃驚し, 吉野山に, 同じ御殿, 名まえ, 名人は, 吏員達の, 命は, 壁辰は, 外国の, 多分台湾館, 夜は, 夜蔭に, 大いそぎ, 大いばり, 大屋敷の, 大杉さんに, 大流行, 大理石を, 天皇が, 天皇は, 失礼な, 妾の, 婆さんは, 子どもの, 子の, 子供心に, 学校の, 客は, 容赦なく, 寝ぼけながら, 小田刑事の, 少し心配, 巻を, 幾分か, 弟や, 彼女は, 御文, 心配し, 応分の, 思わずこんな, 恐らくこの, 恐怖する, 情の, 懺悔聴聞僧が, 手間損だった, 指し図が, 放し飼いでした, 斎藤先生も, 新宿の, 新聞に, 早く御, 時々あの, 暇さえ, 書き残します, 朝飯の, 板場と, 櫻の, 次長は, 歌集稿本を, 殆ど財産, 殆ど默つて折口さん達, 母が, 母は, 汽車を, 法一は, 父の, 父も, 物に, 物心が, 犬崎から, 玉ねぎさんは, 生来肝, 町人は, 百姓達はを, 皇后は, 盗人たちは, 目の, 磯五さんも, 社長は, 私から, 私たちの, 私だけ, 私どもも, 私の, 私達は, 立って, 箪笥の, 約束どおり参った, 綱を, 綴り方, 総領事の, 聞くや, 育てるのに, 臨時吏員生活も, 自分も, 自分より, 菊次さんは, 袷を, 裏へ, 見聞と, 覚明は, 読むには, 誰も, 警固の, 辰と, 道, 量見, 銀貨を, 附焼刃でした, 電話は, 非常に, 馬車の, 黙つて何事

▼ でしたけれど~ (232, 2.3%)

4 私は 3 あとで, それが

2 [11件] あなたの, いよいよ死ん, お辞儀を, その時, それだ, それよりも, 今は, 何か, 父の, 私が, 自分の

1 [200件] あきらめないで, あたしはずかしく, あつい日, あのあらし, あのかたは御覧, あの人, あの方, あの日, あまりに大袈裟, いきなり上野, いずれの, いちだ, いつか村人は, いつしか二人, いま僕は, いま眼の, いろいろな, うるさくあたし, お松としては, お米, お銀様, お鯉さん, かく俊敏, かなしいこと, きっとその, きょうは, こうしてお嬢様, この日, この病気, この節, この足跡, この頃, これが, さあ船, さう, さて大森, さりとて誰ひとり顔, すべての, そうして湖畔亭, そこが, そこには, そのとき, そのひとたち, そのよう, その下, その後モスクヴァへ, その後私共が, その悪戯, その数, その若い, その赤ん坊, その顔色, それでいてこの, それでも命, それでも憎めない, それでも立っ, それでも飛ん, それと, それは, ただあの, ただうれし, ただその, ただひとつ, だんだんそんな, ちっとも恐く, とう, とき, なにしろ家, なんだかあて, なんだか十三四, ひとたび病棟, ひとり耳の, ひどくわたし, ほんとうに, まことにり, まさかと, またたいそう, また存外, まだあたり, まだその, むっと咽, むりに, もう前, もし床, もし父, やや暫くという, やや深い, わたくしは, わたしが, わたしは, オウムは, プラトーは, ベルナアルさんが, モンペを, ワザと, 三年めには, 上へ, 不思議に, 中なる, 中の, 乙の, 九ツの, 乳母の, 事の, 人並みと, 人間よりは, 今と, 今回實地を, 今夜が, 今度のは, 今度は, 今更どうにも, 他の, 以前から, 伯母が, 何だかいい, 何でも, 修道院の, 僕たちが, 兄の, 其日の, 切れて, 別に何者, 前にも, 前ほど, 勇三郎さんの, 却って客, 取り急いで, 吉川さんの, 和歌の, 四囲は, 声が, 大きなの, 大変な, 大屋根, 女では, 女どもが, 好事魔多し, 子供の, 実はこの, 尋常としては, 小林君は, 小腋, 幸いに, 幸か, 弁信が, 強いところ, 当人に, 彼は, 後で分りました, 後に, 後にな, 御顔, 念の, 感心な, 打ったり, 折角あなた, 新子さんの, 早くお知らせ, 昼過ぎに, 朱文自身が, 正覚坊と, 歩いて, 歳暮と, 殿さまは, 沼津で, 洋子から, 然し父, 爭はれない, 牢に, 物の, 生れてから, 田宮さんから, 病気に, 相手が, 確かに, 神仏二道の, 神尾も, 私の, 私部屋へ, 空は, 綺麗な, 義姉は, 義家は, 老人を, 自分で, 芹川さんは, 要するにさきほど総代, 貴女の, 赤ちゃんは, 身体も, 退引, 酒癖が, 長上衣だ, 長兄の, 間に, 顔へ, 館長や, 馬の, 駒井甚三郎は

▼ でした~ (211, 2.1%)

5 それに 3 それも, カムパネルラは, 私も 2 おまけに, またその, また自分, わたしも, 今のは, 天の川も, 御大身, 第一

1 [181件] あまりくさい, あるいはそこで交叉, いつか冬の, いまあ, いよいよ息, いろいろな, うすい衣, えっちらおっちらの, おいでに, おそらくほんとう, お噂, お持ち, お詣り, お隣り, お雪ちゃんの, かねて御, このまま, ご近所, さらにまちがい, しかもキシさん, じぶんたち, すっかり心, ずっと幸福, ずっと後, そしてたしかに, そのうえに, そのうえ私, そのうち, そのこと, そのほか, その上, その嘆願, その婦人, その屋根, その若, その頃取締り, それから何, それにその, それにそんなに, それに私たち, それは, ただ不安, ちょうど新出先生, てんでわらう, といつて表から, どうかする, どこの, はかり売の, ほとんど朝, まことにたのしく, まさに城, ましてそういう, まして心, またあの, またこの, またこれ, またそんな, またたくさん, またなく, またデストゥパーゴ, また三百年前, また不可能, また共に, また別, また別に, また彼等, また決して, また老母, また船岡どの, みんなで, ものごし, やはり名案, ゆっくりおめにかかる, ゆつくりおめにかかる, わがままを, わざわざお, わしと, わたしには, ビルディングの, 一里も, 三月新, 不本意, 乗客も, 五十幾つかの, 今や帰り, 佐竹さんも, 何の, 何処へ, 作者の, 俸給も, 償うわけ, 八月の, 六ヶ敷い, 切身に, 初対面でも, 又さ, 又地下, 又気取られる, 古墳の, 同情も, 向うも, 唐沢の, 土師清二氏の, 外にも, 外交官でも, 夢だ, 奇術にばかり, 奥さんだって, 女は, 妻の, 娘に, 学校から, 学校を, 安宅先生が, 宮様の, 宮様も, 家内中の, 少しく清潔, 山道は, 岡安さんは, 平田の, 年も, 当時お, 役所や, 彼も, 彼等の, 後の, 御自分, 復員し, 愛されえない自分, 探偵という, 既に実行, 明日からの, 映画を, 時には外泊, 未亡人恒子さんの, 末の, 村の, 来るとき, 森は, 次には, 殊に経済的, 母には, 父が, 父さんが, 番頭や, 目に, 直接の, 知ろうとも, 社内に, 私だ, 私どもが, 私の, 私は, 第一折角, 築地の, 終りの, 羽左衛門の, 羽根が, 自分も, 自然に, 薬瓶は, 角は, 読んで, 誰か, 誰も, 谷村さんはめつ, 豐田さんの, 財務に, 賃銭だって, 賊の, 足の, 近所に, 遂, 運動場の, 降りたの, 雪も, 面倒臭くなったら, 面倒臭くなつたら, 食卓を, 馬の

▼ でしたけれども~ (172, 1.7%)

2 およそ見当, それが, 私の, 米山は, 聞えたの

1 [162件] あなた方と, あのお, あの時分, あゝいふ, い, いまの, いままで, いま考え直し, いよいよ出来上っ, いよいよ立っ, うららかな日が, お正月でも, お角, お雪ちゃんには, きれいさっぱり, こうして兄さん, こうして静か, こうして馬, ここで, ここに, このごろ怖, この場合, この頃, これから先, これが, これは, しかし実は幽か, しょせん黙っ, すぐに, そういう腐敗, そのなつかし, その一行, その凄, その刀, その後誰とも, その気配, その溝, その石, その翌日, その若い, その蟻, その裏, その話, その間に, それだけにどこ, それでもそこ, それでも誰, それを, ついあなた, つもって, とき, とにかく追いすがっ, どうしてもそれでは, まず打たれる, またそこ, また立っ, まだその, むつ達と, もう萎れ, やっぱり折助, よくばり, わたし自分の, ソプラノの, パラチブスに, ローズには, 一つだけ, 一別以来の, 一方では, 一生片, 一石も, 一粒残らず, 与八のは, 主膳は, 二人には, 二人は, 二度目に, 二晩続け, 二間ほどの, 人並以上に, 人間が, 今の, 今は, 今までの, 今度のは, 今申した, 仲, 何しろひょろひょろする, 何しろ冬, 何だか少しずつ, 何時でも, 保子さんと, 全くここ, 其私に, 再応失望せしめた, 単純な, 同時に又, 向うへ, 多勢に, 大体において, 大原さんは, 大方狸穴の, 大東亜戦争, 天然自然の, 女という, 娘として, 宅の, 将軍家にと, 小森の, 幸いに, 彼は, 彼等は, 後から, 心から親しむ, 性来の, 恐らくその, 感心に, 所在な, 投げられた相手, 早速お, 昨日は, 最う萎れ, 有り得ない動物, 本社の, 横合いから, 母を, 氣前の, 水の, 火鉢には, 琴坐, 番頭が, 白雲に対しては, 眼が, 眼を, 矢張貴方に, 神様のみ, 私が, 私にと, 私は, 算哲様の, 米友の, 臨湖の, 自分の, 自分も, 至って静か, 船に, 色は, 芝園橋で, 表の, 見れば, 親しい間柄, 言うだけは, 認められた金椎, 誰か, 貧乏だった, 身の上を, 追, 途中で, 酒興に, 醒めた宇津木兵馬, 闇夜である, 頭の, 鷲でなけれ

▼ でした~ (133, 1.3%)

14 親分 2 あんな結構, お通夜と, まったく, 三輪の, 生一本で, 親分お, 親分さん, 辰刻, 長距離電話の

1 [101件] あっしも, あなたが, あの部屋, あれが, あんなに言, いきなり欄干, いやな, うまく行きました, ええ私, おや, お蝶さん, お話の, お銀様, けれど弁, こいつは, こんなにはか, しかし, じつに才物, その作, それでも運, それで貴方, ただスメルジャコフ, でも, どうも不思議, どうも狂人, どんなはじ, なるほどそんな, ふいと, ほんとうに, また何処, みんないそがしい, むろん, よく入, よく入った, エアさん, タシか, 一と, 一人は, 中田という, 九月の, 亡くなつた後, 人に, 仕事も, 何しろこいつア大変, 何しろ柳屋, 何だかその, 何處か, 兄さんは, 先生, 南部桐, 危ないと, 原田さん, 叔母さん, 右左から, 坊ちゃんの, 執達吏が, 外交問題が, 夜更けに, 大店の, 妾の, 実はその, 実は此, 実際に, 小料理屋の, 尤も橋詰, 山木さんの, 師匠, 御新さんを, 必要だ, 手拭に, 救い方, 早く来れ, 母が, 氣の, 氣ばかり, 泥だらけの, 深い饅頭笠, 物音の, 王様, 生れて, 男っ振りが, 番頭さんが, 盲目地の, 社会党の, 窓から, 第一, 肝臟, 色の, 薄暗くて, 血統なんか, 見張りが, 親方の, 解散した, 誰か, 貴女の, 路が, 踊り子には, 身扮は, 近ごろの, 金の, 頻りに百合子

▼ でした~ (119, 1.2%)

6 親分 3 旦那, 私は 2 あなたは, お孃さん, お濠, す, もうお, 早くお, 疲れ休め

1 [93件] ああわかりました, あつしなら, あなたの, あの広場, あの時, あの薬, あれから, あれが, あれは, あんな月, い, えとて, えと長い, お互様, お客さん, お父さんの, お邸, きゃッ, けがが, けがは, けっこうです, これから男女共学, これは, こんなに逃げた, ご一緒, さう, さっき電話を, そうでした, そう仰有った, そしていささか, その時代, その次, それから雲の上, それでマネージャ, たしか, ちょっと, つまり今, でも傷, どうして二つ, どうもお, まどうぞ, まア過ぎた, むろん, もう豊臣家, もっぱらそういう, よく知つて, わしの, わたしは, ガードラー砂州の, ジエィンさ, ヨーロッパ的規模に, ヱ何だか, 一寸拜, 下で, 京城大学です, 何かしら, 何とかいう, 兎も, 八五郎から, 十九日に, 博士, 同じところ, 嘸ぞ, 夕顔の, 大堀の, 奇麗な, 姉さんの, 姉の, 姦通を, 寄せ書きした, 小森屋さん, 幾つです, 弁護士は, 御内儀, 御内儀さん, 御存じの, 御飯が, 惜しいこと, 折角おいで, 掴まえたの, 日曜は, 昨年の, 暖かくて, 海岸です, 渡邊君帰ろう, 生かして, 私の, 米三さんは, 色々御, 若旦那, 虎に, 詳しい事, 顔色が

▼ でした~ (111, 1.1%)

8 では 7 です 3 か, だから

2 [11件] が後, さ, じゃ, じゃない, だ, である, でしたが, でしょう, ですね, を落第, んで

1 [68件] かが分からぬ, かは訣ら, かも知れない, かわたくし, か式, か知りたがった, か髯, があいにく, が一方, が今, が何より, が八月, が夏祭り, が悪い, が残り多く, が積もり積もっ, が解, けれど, ことに藝者衆, この辺, じゃありません, そして私, そのうち, その兄弟, それに何時, だからね, だが, だったろう, だと, だとは, だらうと, であった, であったが, であります, であろうがと, であろうと, でございます, でした, でしょうつい, ですが, とてもきれい, とで至って, ともかくスミス, と私, なにせ主人, に間違えた, は, はあの, はかへす, はぼく, もうほんとう, やろ, をいとしく, をもったいない, をソコーリスキー, を何, アヽ此処の, ドリアンなんて, 今も, 勝手な, 勝負は, 土が, 御病気, 御病氣, 心細くて, 東京の, 私の, 貴女に

▼ でした~ (88, 0.9%)

5 思います 3 云った, 思うと 2 いう, ネーだけれども, 答へ, 言うの, 言って

1 [67件] あやまる, いうから, いかにも実直さうに, いつたの, おっしゃりながら, おてが, おなかが, お云い, お母さんに, しんみり述懐, すれば, まあそう申し伝えます, やつぱり煮え切らない, ハッキリ申, 丁寧に, 云いますので, 云う, 云うが, 云う言葉, 云えば, 云って, 云は, 云ふ, 云わせたいと, 何の, 兄さんは, 兄の, 公署の, 同じよう, 問う獅ども, 声を, 婆さんの, 尋ねた, 幾度も, 後に, 思えば, 思えます, 思って, 思われたの, 思召し, 懐しそう, 担ぎだして, 新聞社の, 来るお話, 申さるるか, 申しましたが, 礼の, 礼を, 答えた, 答えたなら貴方がた, 答えました, 答へて, 答へる, 規矩男は, 言い傍聴人, 言うところ, 言え, 言ったな, 言った言葉, 言つて溜息を, 言は, 言ひ切つた, 言ふ, 詫言を, 謝って, 謝まっ, 達弥は

▼ でしたのに~ (73, 0.7%)

2 それも, 説教は

1 [69件] あたりには, あなたが, いきなり先日, お待たせし, お母様ばかりは, きょうという, ここへ, この言葉, これを, ごく物静か, せっかくの, その女房, その車夫, それから, それでもどう, それなる, それを, つい今, でもお, ところが少し, どうした, どうしてあんなになった, どうしてもその, どうして今日, どうぞないしょ, なにし, にくにくしいブルドッグ, へやべやを, まとめて, もうぐでりんは私, ようひとりの, アア私は, イヤひでえ, ベルナアルさんが, 一人として, 一匹の, 今ごろお出で, 今は, 今までの, 今日は, 六月三日将軍家が, 危険を, 取りかえしの, 后の, 唾液の, 売卜者の, 如何した, 少将さんは, 御休養, 御往生, 御酒気, 忘れて, 恐ろしいこと, 恥ずかしくて, 惜しい事, 明日は, 朝ちょっと, 本当にうれし, 栖鳳先生は, 気の毒な, 私は, 突然召集, 緒方氏は, 脣が, 話しおわったいま, 貴女は, 近頃は, 過ぎなかつたで, 違いない

▼ でしたこと~ (58, 0.6%)

8 では 32 がある, が男性, であった, なの

1 [39件] か, かそれ, かまたは, か浮気, がどうやら少し, がなん, が口惜しく, が悪い, が振り, が残念, が遺憾, だったが, だとしても, だな, だらうが, であつ, でありませんから, ですから, ですが, でも, としておきたい, として万一, とはしなかった, と判っ, ならば, のため, の爲, はじ, は皆, は見残した, もあなた, もない, も却って, も悪い, をここ, を思ひ出し, を考え, を誰, を頻りに

▼ でした~ (42, 0.4%)

112 旦那

1 [29件] あつはつ, いいえさっき差配, えいあんばいであった, ええ覚え, おはいりなさい, お代に, お案じ, じつに印象的, そうそう院展, それで, それとももう, どうです, どちらから, まだお, よほど傷めつけられた, わたしらは, グレゴリさん, 君は, 大河平一郎という, 宜しくどうぞちとこれから出懸けんけれ, 帰りがけに, 御新造, 心当りは, 案外少, 歸り, 漸, 私の, 親分, 長話を

▼ でしたけど~ (41, 0.4%)

2 やっぱり心, 今になつ

1 [37件] あまり遅い, あれは, あわてて, あんなに綺麗, いろいろ為め, お続き, このかた, この少女, この頃, さあ, その手紙, その日イ, それと, たしかにヴィデさん, どうぞどっさりあがっ, ねえモミハラさん, やっぱり肺, やりきれない感じ, 不斷着, 今日の, 何せその, 何だか急, 余まり口惜しかっ, 先月の, 光子さん連れ, 別にそんな, 四十か, 女運転手が, 弟は, 御食事中, 思い切って, 東京駅で, 死んで, 母は, 父と, 私の, 私は

▼ でしたもの~ (36, 0.4%)

104 でしたから 3 ですから

1 [19件] あの人, かと云, だ, だから, だった, だつた, だと, で, である, と見れ, なあ, ねえ, ね気むずかしい, を, を書く, を民子, ネ, 今ぢ, 大した苦痛

▼ でした~ (31, 0.3%)

1 [31件] がこんな, が前, が參, が悪, が時計, が起きます, が身持, こそ寝ぼけ, とつばめ, などの少し, のよう, の喜び, の継母, はお, はおとつい, はすでに, はただ, はまだ, はもっと, は仕事場, は何心, は例, は六蔵, は十四五, は原田甲斐, は彼, は男, は私たち, は長い, は風景写生, を一日一

▼ でした~ (27, 0.3%)

3 だが 2 じゃない, でなければ, では

1 [18件] かどうも, か一寸考, が親たち, が訣, だ, だから, だって, でも, で何処, で昨夜兄貴, ながら見, にしろ, の報, も反対, を不埒, を右, を君, を軽く

▼ でした~ (25, 0.2%)

2 ほんとに

1 [23件] あたし, あの徳利, おとなに, お着替え, しかも大変, そんなこと, ところが叔父さま, どうかする, どの本, ねえ, はじめは, もう五時間, わたくし胸の, オホホホホホホ, リヴァズさん, 主人は, 円い黒い頭, 堪忍し, 夢を, 棚みたいな, 私は, 育てかた, 花が

▼ でしたねえ~ (23, 0.2%)

2 平次親分よく

1 [21件] あなた無理も, あの時叔母さん, お父さん, お蝶さん, こう少し淋し, こんな色男, さあどうぞ, さよなら, みなさま, みんなが, もういちど, 十八や, 君ちゃんには, 唯貴方, 姉さんとでも, 左膳の, 日の, 殺生な, 誰も, 随分待ったでしょう, 黒川君

▼ でしたがね~ (22, 0.2%)

1 [22件] この春あたり, これは, その男, それで, ちょうど日頃, でハシ, まもなくまた, やっぱりゆうべ本所四ツ目, やはりゆうべ, わざわざ前ぶれ, ビックリしやした, 一人が, 何ぶん死体が, 先生の, 其れ, 医者に, 学校に, 小石川の, 惜しい事, 本当の, 私は, 要するに実感

▼ でしたそれ~ (22, 0.2%)

1 [22件] から斬り, が, があなた, がいま, が進歩, だのに, とはことなる, ならば, に, には色々, は, はいい, は何故か, は高等, までは散髪屋, も時々, を一時, を妨げた, を小屋, を感, を無理矢理, 故父

▼ でしたよう~ (21, 0.2%)

2 にその

1 [19件] です, ですが, な仮り, な気, な私, にずたずた, にも又, にも思われ, にゆるゆる, に不恰好, に席, に彼, に思い, に思い込ませられ, に思われ, に梃子, に父, に襟巻, に見せかけ

▼ でしたかと~ (20, 0.2%)

5 思うと 3 思ふと

1 [12件] いって, ききました, 云った, 側へ, 城下の, 引込むよう, 思ひますけど, 殿様が, 真白な, 聞きました, 言ふ, 訊かれたので

▼ でしたその~ (20, 0.2%)

1 [20件] あなたを, こと皆, ころの, ときの, 中で, 事それ自身ばかり, 前日空襲が, 女が, 婦人の, 当時その, 時ちやんと, 時の, 時分は, 時母親は, 気持が, 男は, 程度であった, 術が, 途端に, 髪の

▼ でした~ (16, 0.2%)

1 [16件] ひげさん, ゆるし下さい, 互にどんなに憎み, 体いかがでしょう, 作さんは, 君さんの, 君様は, 夏さんは, 引き取り願って, 気の毒です, 消息を, 祭りの, 米, 約束の, 聞かせ下さい, 銚子を

▼ でしたっけ~ (16, 0.2%)

2 毎日新聞へ

1 [14件] あの乗換駅, お嬢さんが, かねそれ, があっし, がどこ, がね, それを, でもそれ, 何だ, 大通の, 法科, 確か歯の, 窓から, 細田民樹か

▼ でした~ (16, 0.2%)

9 せう 4 せうか 1 せうに, せうね, 帰れるの

▼ でしたそう~ (15, 0.1%)

7 です 2 ですが 1 で, でございます, でした, ですからね, で十四歳, 云えば

▼ でしたあの~ (14, 0.1%)

3 人は

1 [11件] いたずらから, 卑屈な, 地方で, 女子だけは, 子の, 尺八の, 時は, 晩の, 銀は, 頃は, 駅から

▼ でしたそして~ (14, 0.1%)

1 [14件] そのカンテラ, その日, みんなと, やうやく, やっぱり, ジョン, 十時を, 午後の, 声を, 婆さん鶏は, 彼女の, 愛する故, 毎日の, 海風の

▼ でしたつけ~ (14, 0.1%)

52 ねえ, ナ初 1 でもそれぢやあ, な, ね古山さん, ね古山さん先刻, ね美しい

▼ でしたかな~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] あれは, お縄, もう日, もちろん宗教家, アハハハハハ, ファバントゥー君, 一字忘れちゃった, 月の, 松本君, 車中に, 鈴木商店が

▼ でした~ (11, 0.1%)

4 じゃない 1 じゃございません, ですかい, ですがね, ですけど, ですよ, でなければ, でも

▼ でしたかね~ (10, 0.1%)

1 そのちょっかい, その男, そんなこと, なんでも, 刑事が, 去年の, 君の, 外出から, 我々は, 明後日が

▼ でしたからね~ (9, 0.1%)

1 あれじゃ, えほんとう, おやじは, くわしくは, しぜん稽古事, その上, それであなた, まだね, 文部省でも

▼ でしたという~ (9, 0.1%)

1 ことを, のは, ような, わけで, 不始末, 事だけを, 口上で, 家の, 簡単な謝り

▼ でした~ (9, 0.1%)

2 にも存じません 1 うか, うでも, か感じる, でも秋, に使う, はしませんでした, をし

▼ でしたがネ~ (8, 0.1%)

1 お掻頭, この頃, どうも大体, 余り徒然, 僕は, 基督の, 昨日です, 此家へ

▼ でしたこの~ (8, 0.1%)

1 位気性が, 位気性がさつぱりとしてゐますから, 夏山岳会の, 大釜を, 松浦君明治学院を, 甲冑を, 辺の, 雌鶏は

▼ でしたやう~ (8, 0.1%)

1 なもの, な冷静, な手, な深呼吸, な細い, にかな, に異邦, に鏡

▼ でした~ (8, 0.1%)

1 あまり悪く, さアお上, だけど目, 佐々君, 先生大丈夫です, 此方が, 深井さん御, 貴方の

▼ でしたたか~ (7, 0.1%)

1 にけとばしました, に呑んだ, に嘔, に水, に肩, に飮, 撲られた上

▼ でしたわね~ (7, 0.1%)

1 せっかく三つ, なぜもっと早く, ジャンさん, 昨夜の, 海老塚さん, 自分の, 訊かないと

▼ でした仕事~ (7, 0.1%)

1 がたった, である, なん, に難癖, をもし, を扱い, を話し

▼ でした~ (7, 0.1%)

1 が平時, の心, はあなた, はあの, は久ぶり, は余り, は八時頃

▼ でしたあなた~ (6, 0.1%)

1 がその, にお話, にはお, には弟, に言われる, のお

▼ でしたかしら~ (6, 0.1%)

1 うちへ, お勤め, お友達, お客様の, 何んだ, 奥さまが

▼ でしたところ~ (6, 0.1%)

2 へ僅か 1 が逸早く, に跼んで, へ昨日仲働き, 或頃

▼ でした~ (6, 0.1%)

3 違いない 1 ひきつづき今日, 御病気, 相違ない

▼ でした~ (6, 0.1%)

2 けね 1 けうむ, けさっぱり, けなア, て

▼ でしたがと~ (5, 0.0%)

1 たちまち二十五年来, ちょうど仁王門, ほくから, 見て, 質問を

▼ でしたしかし~ (5, 0.0%)

1 いまは, バッタたちは, マアどんな, 其は, 私は

▼ でしたでも~ (5, 0.0%)

1 そんなに仲, 会って, 其の中, 窓越しに, 越後の

▼ でしたろう~ (5, 0.0%)

21 にねえ, に恐ろしい古い, は詩人

▼ でしたわねえ~ (5, 0.0%)

2 けどほん 1 お髯, さっきは, 母さま

▼ でしたあれ~ (4, 0.0%)

1 から順八さん, が剣, には怖, は

▼ でしたこれ~ (4, 0.0%)

2 は五郎兵衛 1 はもう, は文字

▼ でしたさかい~ (4, 0.0%)

1 だんだん利用, 出鱈目も, 自分で, 電話かけ

▼ でしたそういう~ (4, 0.0%)

1 みち子の, 仕儀に, 感動が, 紙が

▼ でしたそんな~ (4, 0.0%)

1 ことで, はなしを, 工合, 浅はかな

▼ でしたため~ (4, 0.0%)

2 たもの 1 さらに印章, 遅れて

▼ でしたっけか~ (4, 0.0%)

1 先忠一さんが, 白い大, 私が, 行願寺の

▼ でしたって~ (4, 0.0%)

1 お二人, お詫びを, もうお, 白羽二重の

▼ でしたといふ~ (4, 0.0%)

3 嘘を 1 文句の

▼ でしたなあ~ (4, 0.0%)

1 もう女学校卒業, 私なんか, 貴方等の, 針目博士

▼ でしたのね~ (4, 0.0%)

1 よほど, 今晩一ばんだけの, 冬子さん, 失礼いたしました

▼ でしたまた~ (4, 0.0%)

1 判然した, 明晩の, 明晩も, 正当な

▼ でしたもん~ (4, 0.0%)

2 ですから 1 で, な

▼ でしたわたし~ (4, 0.0%)

1 が歌, が毎晩, にそんな, はもう

▼ でした~ (4, 0.0%)

21 けね, けねえ

▼ でした今日~ (4, 0.0%)

1 が開帳, の演説, はまあ, は山

▼ でした~ (4, 0.0%)

1 には一人, に藤, のよう, の伊右衛門

▼ でしたいま~ (3, 0.0%)

1 でもお, にまた, の二

▼ でしたかい~ (3, 0.0%)

1 そうでした, その一人, よくおいでた

▼ でしたかに~ (3, 0.0%)

1 会場内の, 詩聖の, 起ったもの

▼ でしたがねえ~ (3, 0.0%)

1 あなた頭痛が, ええかなり, 其将校の

▼ でしたけども~ (3, 0.0%)

1 ちょうど毅一さん, 旗太郎様が, 此方に

▼ でした~ (3, 0.0%)

2 うして 1

▼ でしたさあ~ (3, 0.0%)

1 お伴いたしましょう, どうか, どこに

▼ でしたしかしながら~ (3, 0.0%)

1 これは, 日本でも, 胸いっぱいに

▼ でしたすると~ (3, 0.0%)

1 不思議な, 昨年の, 村中の

▼ でしたそれから~ (3, 0.0%)

1 篁村翁が, 義一が, 頭の

▼ でしたそれだけ~ (3, 0.0%)

1 のこと, の説, 評判者でした

▼ でしたちょうど~ (3, 0.0%)

2 宜しゅうございました 1 お伽噺か

▼ でしたっけね~ (3, 0.0%)

1 あの斯, そら川柳, 書き手は

▼ でしたでは~ (3, 0.0%)

2 本日は 1 その先

▼ でしたとて~ (3, 0.0%)

3 下を

▼ でしたもう~ (3, 0.0%)

1 お眼, ちょッと, 床に

▼ でした~ (3, 0.0%)

1 ないか, ないの, ッぱり彼女でした

▼ でしたよって~ (3, 0.0%)

1 暫くの, 最初は, 毎日

▼ でしたよと~ (3, 0.0%)

1 云うの, 云った, 答えただけ

▼ でしたわけ~ (3, 0.0%)

2 では 1 じゃねえ

▼ でしたわたくし~ (3, 0.0%)

1 のよう, の身体, はいつぞや

▼ でした写生図~ (3, 0.0%)

2 である 1 を申訳

▼ でした勿論~ (3, 0.0%)

1 そちらは, それだけの, 私が

▼ でした~ (3, 0.0%)

1 亡くなりに, 亡くなりにな, 舎弟

▼ でした愛ちやん~ (3, 0.0%)

1 は又, は所在, は暫く

▼ でした~ (3, 0.0%)

1 ごかし, というの, の胸

▼ でした~ (3, 0.0%)

1 が岸, の上, はあっ

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 きつさ, ね

▼ でしたああ~ (2, 0.0%)

1 それを, 本人は

▼ でしたある~ (2, 0.0%)

1 ときこの, 夕方私が

▼ でしたうち~ (2, 0.0%)

1 にもうこんなに, の茂太郎

▼ でしたかという~ (2, 0.0%)

1 ところを, ような

▼ でしたかねえ~ (2, 0.0%)

1 僕は, 私は

▼ でしたかも~ (2, 0.0%)

1 何かへ, 知れません

▼ でしたからと~ (2, 0.0%)

1 したならば, するならば

▼ でしたがな~ (2, 0.0%)

1 その方, 其処を

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 んに, ンが

▼ でしたじゃ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ でしたそこ~ (2, 0.0%)

1 がその, へ行く

▼ でしたそれに~ (2, 0.0%)

1 百人余りの, 私は

▼ でしたただ~ (2, 0.0%)

1 セッカチに, 一様に

▼ でしたとも~ (2, 0.0%)

1 ある, お松としては

▼ でしたどうして~ (2, 0.0%)

1 いつごろから, 彼は

▼ でしたどうしても~ (2, 0.0%)

1 ほかの, 妻に

▼ でしたなぜ~ (2, 0.0%)

1 ですか, といへ

▼ でしたなどと~ (2, 0.0%)

1 言う, 言ふ

▼ でしたなんて~ (2, 0.0%)

2 間抜けた

▼ でしたねと~ (2, 0.0%)

1 保姆が, 訊いてから

▼ でしたねへとて~ (2, 0.0%)

2 面しろさ

▼ でしたのう~ (2, 0.0%)

1 船は, 飲み水ほしさ

▼ でしたのうと~ (2, 0.0%)

2 兄が

▼ でしたのと~ (2, 0.0%)

1 媚びた眼, 聞くから

▼ でしたのよ~ (2, 0.0%)

1 ずいぶんよく寝, でもなおも

▼ でしたほんとに~ (2, 0.0%)

1 ぞつと, 賞めて

▼ でしたもし~ (2, 0.0%)

1 犯人が, 酋長が

▼ でしたトムさん~ (2, 0.0%)

1 の家, はまた

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 とっとっと, ほんとうに

▼ でした中将姫~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 までの話, も

▼ でした今晩~ (2, 0.0%)

1 のお, は能

▼ でした仕業~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, ではなかつた

▼ でした何故~ (2, 0.0%)

1 なら私達, なら美術批評家

▼ でした~ (2, 0.0%)

2 しそれ

▼ でした先刻~ (2, 0.0%)

1 からそれ, でした昼飯

▼ でした八五郎~ (2, 0.0%)

1 は隣, も思はず

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 れで私, れは

▼ でした凡て~ (2, 0.0%)

2 を犠牲

▼ でした吾家~ (2, 0.0%)

1 の珈琲, の蔵

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 で, に類

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 三郎が, 變な

▼ でした太郎~ (2, 0.0%)

1 が成長, はマ

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 かとて無駄使, が全く

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 が出, は南

▼ でした実は~ (2, 0.0%)

1 昨年の, 柏原から

▼ でした寝室~ (2, 0.0%)

1 の模様, を出る

▼ でした尤も~ (2, 0.0%)

1 少し我儘, 揃つて風邪を

▼ でした彼女~ (2, 0.0%)

1 は与えられた, は実に

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 程其の, 程是

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 る点, 日一人の

▼ でした手拭~ (2, 0.0%)

2 をブラ

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 の風, へなど出ない

▼ でした早く~ (2, 0.0%)

1 も平次, 解散する

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 なもの, な様子

▼ でした欠伸~ (2, 0.0%)

2 の数

▼ でした演説~ (2, 0.0%)

1 に, に於い

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 が僕, は私

▼ でした由松~ (2, 0.0%)

2 は先生

▼ でした病人~ (2, 0.0%)

1 がありまし, にまた

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 なが, の人

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 はどこ, は彼女等

▼ でした自分~ (2, 0.0%)

1 が一人ぼっち, のこと

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 の出る, の氣

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 でないから, では

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 でしたもの, による

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 もわたし, も外

▼ でした長屋~ (2, 0.0%)

2 の天井裏

▼ でした雄二~ (2, 0.0%)

1 の兄, は教室

▼ でした非常~ (2, 0.0%)

1 に絵, に親密

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 には浅黄, のある

▼ でした~ (2, 0.0%)

1 と云ったら, も覚え

▼ でした高く~ (2, 0.0%)

1 挙げた指, 澄み上つた空

▼1* [474件]

でしたあそこでは毎年, でしたあっしは相手, でしたあっち切って, でしたあつしはよく, でしたあなた様に気, でしたありがたうござりまする, でしたありがとうござりますると, でしたあんまり怖いので, でしたいざとなる, でしたいつかわが一族, でしたいつものよう, でしたいま私の前, でしたいやその節, でしたいろいろなこと, でしたうまく削れましたか, でしたうれしくって夢, でしたおっ母さん, でしたお松どのという存在, でしたお母様は食慾, でしたお湯熱くなかったです, でしたかいね何処で, でしたかが十万ポンドの, でしたかってねそしてそのまま, でしたかねながらみ取り, でしたかの物理学者が, でしたかはつきり, でしたからかたいへんかなしく, でしたからがこの時, でしたからずつと前や, でしたからなと其の人達, でしたからに組の, でしたからねえかはりばんこに, でしたからのーと, でしたかれこれちょうど一年に, でしたかをいちいち思い出す, でしたかナ汽車に, でしたがかべをそこだけ, でしたがしかス何, でしたがって昔の, でしたがといふ娘さんの, でしたがとにもかくにも, でしたがとも角も, でしたがなあ確かに, でしたがはだの色は, でしたがほど経て, でしたがもひとつの, でしたがやにわとうしろに, でしたきっと私などには, でしたきりであると, でしたくして来ました, でしたくせに, でしたくどくは云わない, でしたくらいのことは, でしたけどねなんでも敏ちゃん, でしたけれどね私初めから, でしたこいつの隠密, でしたこと四十何度とか云, でしたこと堪忍して, でしたこと私の象牙, でしたこと逃げなんかする, でした陪食の, でしたしかも私は, でしたしねきょうの, でしたしや信濃路の, でしたしゅうした甲斐, でしたすぐにあり合わす, でしたすり傷のよう, でしたずいぶんうまくやった, でしたずっと以前から, でしたせいですか, でした私あ, でしたそうして貪慾で, でしたそこで悪魔は, でしたそしたら今たべ, でしたそのうちみんな歌を, でしたそのまま朝飯も, でしたそれで莫大な, でしたそれではまあ親方, でしたそれにしてもあまり長滯在に, でしたえ私, でしたたくさんの家来, でしたたしかに片腕だった, でしたただ人の気, でしたたましいが, でしたため残念なこと, でしただから私は, でしたちよつと近所, でしたや, でしたっけが青い眼, でしたっけと答えたぎりである, でしたっけねえ始て, でしたっけナ山本さんと, でしたつけ市ノ瀬さんねそう, でしたつけ窓から顔, でしたつけ記念祭つていふの, でしたつけ通りがかりに一軒, でしたつてね, でしたつて云やア, でしたとおりを葉子, でしたとか失礼しました, でしたとかいふところを, でしたときだ, でしたところがわたしは, でしたところ女の子をその, でしたところ風邪をお, でしたとだけ言って, でしたとは言わずに, でしたどうやって, でしたどういうわけな, でしたどうかお大切, でしたどうかよくお休み下さい, でしたどうせしみじみと話, でしたどうぞ御ゆるし下さいまし, でしたどうも普通の, でしたどこへ行きました, でしたなどとは答えたくない, でしたなみたいていの, でしたなんにも知らない, でしたなんか買えて, でしたなんとなく可哀そうに, でしたねえと仕立屋は, でしたねなどと通人の, でしたねんけど東京方面では, でしたのちの加賀百万石, でしたのでねホホホ, でしたのでへエ, でしたのにねきて, でしたのねえ狹い, でしたこの中, でしたはい実は一図, でしたはては大きな声, でしたばかりでなく何, でしたふと私は, でしたへんな話, でしたほしが少し, でしたほんの家内だけの, でしたぼくのよう, でしたぼろぼろの服, でしたいし事も, でしたまだ女を, でしたまだたしかに一人闇から, でしたままでよかろ, でしたまるであなたそっくり, でしたみずからたがやして, でしたみんな樫の木, でした一度欄干, でしたもう決してしませんあなた, でしたもとの生活, でしたものの病気の, でしたものほんとうに死ん, でしたもの日本人なんか相手, でしたやがて発揚状態に, でしたゆえ手前共もいぶかし, でしたよい若人たちでした, でしたよそのとき, でしたらん間になにやら, でしたわねってチャンと, でしたんぢや御座いません, でしたんでっか, でしたアイヌ達の先祖, でしたウェーブはのび, でしたエドワァドさまがあの, でしたガラッ八が, でしたキャンキャン鳴くの, でしたジョウががっかり, でしたタクシーにのっ, でしたチャラピタはそれ, でしたツイぞ側, でしたドイツ製の, でしたネエ少しかお, でしたネエあしたは日曜, でしたネエ貴方のいらっしゃる, でしたハルピンにはめ, でしたブランシュ・イングラムのやう, でしたブンブンが, でしたマクドーナルドさんが横浜, でしたメグとジョウ, でしたヨネー誰れも, でしたじゃねえ, でしたヴァイオリニストでした, でした一冊の本, でした一寸跳び上つて上, でした一年ちかくも, でした一時間おすみ, でした一種の白痴, でした一通りよめば, でした万端のとりさばき, でした万葉集一巻あれば, でした三十六よ今夜, でした三日見ぬ間, でしたに毛皮, でした上意というひと言, でした下女のお, でした下手人はつかまりました, でした下駄ばき, でした図附近に, でした両方で, でした中国文学研究会の仕事, でした主人の後家さん, でした九人の小, でした九時から, でした事ぢやない, でした事務所へ社長, でした事義一さんあなた御飯はまだ, でした二人は台風, でした二尺になつ, でした二時間も待たせ, でした二条殿へお, でした二百円呉れました, でした二軒ばかりできいた, でした二階で變, でした五人目が少し, でした井戸は九段下, でした京都のこのごろ, でしたがこの, でした人っ子ひとりおりませんでしたよ, でした今年になっ, でした仏堂の装飾, でした仏頂寺を嫌い, でした仲間の漁師, でしただ打ち殺しても, でした何がなし暇さえ, でした何でも蕗子が, でした何よりです, でした何んか非常, でした何処かの一寸, でした何時の間にまいりましたか, でした使者が手紙, でしたによって長火鉢, でした供述を重んずる, でした俤橋海晏寺や滝の川, でしたを通った, でしたのよう, でしたを聴い, でした先生は夏期休業, でした公爵夫人は中央, でした其以前に一年有余二高, でした其処へ丁度, でした其故その詞, でした其故半時間か其所, でした其故愛ちやんは思ひ切つ, でした其時の御, でした其頃博文館が大和錦, でした其頃巌谷は独逸協会学校, でした再び駈け戻つて來, でした出来のいい, でした出版の事, でした判事さんのお, でした別にあぶないこと, でした別れの意味, でした刺繍なのよ, でしたにお, でした前後のこと, でしたけに私, でした医師大場連斎の手紙, でした十八年前の話, でした十時頃僕は表町, でした千種さん矢張り他殺でしょう, でした卑怯な私, でした即ち妾を, でした独特の, でした友人が死んだ, でした叔父さんの言, でしたそれを, でした可哀相に愛ちやん, でした可愛いい子供が, でした合い鍵を右, でした同情でありませんでした, でした同郷の秀才, でしたとの話, でした四人だけ討取れ, でした団子坂は, でした土方の親類, でしたを蔽う, でした坊さんはよく, でした城北大学といえ, でしたともどっち, でしたな音, でした夕立ちが白く, でした多分夜会の, でした大きに左様で, でした大急ぎで着, でした大橋門蔵という人, でした大膳坊の野郎何, でした失礼だが, でした奥さまのお, でした奥さんを誘惑, でした女の子をなくしまし, でした女児でしたがね, でしたやなんか, でした婦人の言葉, でしたに精巧, でした子供は見つかりました, でした学生や一般, でした生生活, でした學問好きで働き, でした安積は, でした実に雨は, でした実家の身分, でしたへ持っ, でした家中で身分, でしたに不思議, でした小田原は, でした小田原城にし, でした小田君は心から, でした小雪の降り始めた, でした少し淋しみ, でした少年は庭, でした屹度殘らず間違, でした左手は見えました, でした市兵衞町の後家, でした市民識者の輿論, でした師匠の文字花, でした常盤御前は貞女, でした平次と八五郎, でしたは十九, でした支所は, でした当時トウブチにいた, でしたは患者, でした後家さんや浅, でした得体の知れない, でした御免なさい, でした御存じの方, でした御家新おそれいりました, でした御寝になってる, でしたを慰めたく存じ, でした心理試験の結果, でした怪我ならば, でした恥ずかしい気が, でした恨めしさが, でした恰も生理的な, でした悪いのは, でした悲惨という, でしたが少し, でした戦争で死んだ, でしたがしまっ, でした所業は消えやしない, でしたにもった, でした手前が其の, でした手紙は始終, でした手間代は抜き, でした打越さんは男, でしたいて, でした拙者の友人, でした振舞や後, でした散髪頭で遣っ, でした料理が運ばれ, でした新年の初, でしたがい, でした明日がたのしみです, でしたの汚名, でした昨と今とは, でしたが前, でした昼飯を食べる, でしたの仕度, でした最早妾の, でしたに乗じ, でした有難い事だ, でした當に, でした本人は, でした本当の吹雪, でした本来は悪い, でした本統に一命, でしたは大きい, でした染模様になる, でした検温器を病人, でしたに兩袖, でした権次をかき退ける, でした樺太の方, でした權藏のこと, でした歌集も刊行, でした正直で親切, でした此時などは実に, でした母親はしんぱい, でしたも来れ, でした毎年秋がくる, でした毎日毎日主人のかへり, でした気の毒でした, でした決して日づけ, でした決心が付く, でした河田と私, でした流石に検査官, でした海抜一二四四・二メートルの俚称三国ヶ山, でした無精になつ, でした無論その顔, でしたかし彼女, でした父さん堪忍して, でした父親は心, でした現実のこせこせ, でした生活と今, でしたです, でした由紀子の遺言, でした町内にずいぶん, でした白石書記生が帰京, でした直ぐに私も, でした直次郎の野郎, でしたと鼻, でしたつ暗, でした眞個に知らず, でした矢ッ張ぶる, でした矢張り御宿へ伺つて模写, でした矢張上村君の亜米利加風, でした石盤に何, でした硝子盆の中, でした確かにあの, でした秋刀魚が水, でした種々の不思議, でした稽古の成果, でしたの口, でした立聞きではありません, でした竜吉さんの最期, でした策略だったの, でした篁村翁が読売新聞社, でした米沢藩の兵, でした素朴な身扮, でした経験は生涯, でした結婚は破れました, でした美人でそう, でしたは世俗, でした考え事はすべて, でした聖坂へはいま, でした臨終のとき, でした自分自身を知りませんでした, でした良久して, でしたの褪せた, でした芝居の玉手, でした若い綺麗な, でした若し何事に, でした苦心惨澹して, でしたの露, でした草鞋の顔, でした荷車はぎいぎいとゆれ, でした蒼白い品の, でした藤色の, でしたです虫, でしたのひしめき合いです, でした西洋から来た, でした親友に米山保三郎, でした親子三人でポイ, でした観行院様にお前, でした誰かが歩い, でした調で書い, でした諸君ぼくの大罪, でした警官があの, でした警察のほう, でした貴方御苦労でしたな, でした賞めてやっ, でした路地の中, でした身支度をし, でしたとのこと, でした近代学者の冷笑, でした通りをいった, でした連れがあった, でした遊蕩児であった, でした遠藤主膳の気組, でしたにも健康, でした鈴慕の音, でした鉛筆が俄, でしたに何, でした間違ひは, でした附近一帯は戦争, でした見ではじめて, でした雌鶏たちの目もと, でした雑誌も既に, でしたがひどかっ, でした青年が云った, でしたが貴方, でした風下の雨戸, でしたはたいへん, でした駄目でした, でした騷ぎの後, でした鶏たちはお腹, でしたの尻尾, でした。福槌の切席