青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~とう とう~ とうてい~ ~とうとう とうとう~ とお~ ~とおり とおり~ とかく~ ~とき
とき~
ときどき~ ~とく とく~ ~とこ とこ~ ~ところ ところ~ ところが~ ところで~ ところどころ~

「とき~」 50946, 527ppm, 181位

▼ とき~ (6192, 12.2%)

26 いつでも 21 私は 18 これを 16 私も 14 彼は, 自分の 13 それを 12 さすがに 11 それが 10 そのとき, ない, 知らず識ら 9 なかった 8 その人, それは, どうする, どうなる, ほんとうに, 僕は 7 人の, 何の, 何時でも, 彼の, 非常に

6 [14件] しなくも, すぐに, そんなこと, もうおそかっ, もう遅かっ, 一つの, 他の, 何か, 何を, 必ずその, 私が, 私の, 自然に, 誰も

5 さすがの, そこに, ないの, もうその, 人に, 何でも, 何も, 妙な, 雪が, 霧が

4 [30件] あの人, あれほど, いつも私, お前は, こっちは, これと, さう, その小さな豆, まるで鼠, もうおそい, もう夜, もう硝子, もう私, わたしは, 先の, 則ち, 川が, 彼女は, 急に, 我は, 明らかならず, 気が, 気を, 生きて, 目を, 相手の, 矢代は, 美しいそら, 雨が, 頭が

3 [78件] あの方, あんなに一生けん命, いつもその, うれしかった, おそかった, こうも, これに, これも, そうは, その方, その時, たちまちその, どうした, どうなるだろう, ほかの, もう暗く, わずかに, われは, 一種の, 一緒に, 両眼, 之を, 二人は, 人を, 仕方が, 仕方の, 例の, 俺は, 僕も, 先に, 君の, 君は, 咄嗟の, 声を, 夕方で, 夜であった, 夜も, 大変な, 大臣の, 女を, 嬉しかった, 学校の, 実際それ, 家へ, 左の, 彼らの, 彼を, 彼女が, 心の, 心も, 必ずこの, 必らず, 悪いもの, 意識が, 手に, 日本の, 春の, 是に, 暖い, 机の, 村の, 次の, 決って, 父は, 犬の, 町の, 目に, 眼を, 矢代も, 私を, 精神の, 自分は, 船の, 誰でも, 逆上し, 遅かった, 頭を, 風の

2 [369件] ああいう, あたりが, あたりは, あたりまえの, あとの, あなたの, あのとき, ありません, あれが, あれは, いいが, いいと, いい心持, いかならむ, いかなる望み, いくら理合, いって, いつもそれ, いつもの, いつも何, いつも彼, おかしかった, おなじ世界, おみの, おもしろかった, おれが, お前の, お駒, かすかなる, かなたの, かの向日葵, きっとその, きっと何, きょうは, ぐったりと, ここに, こちらも, この城, この子, こよなく愛した, これが, これは, これまでも, これ不吉の, こんどは, こんなどこ, さう云って, しきりに貯金, じかに会っ, じぶん, すでにその, そうとは, そうも, そのため, そのつもり, その人民, その代償, その力, その回転, その姿, その子自然, その年, その応答, その手, その河, その点, その運動, それで, それでも清々, それと, それに, それほどとは, それほどとも, それや, そんな静か, たいてい事実, ただひとり, ただ自分, だまって, だれでも, だれの, ちよつと, つきり, ともよは, どうします, どうしよう, どこでも, どこまでも, どの木, どんな心理, ないか, ないであろう, なるべく早く, なれた感じ, なんの, ひし, ひとりで, ひどい貧乏, ひびあかぎれに指, ほんとに厭, ほんとに嬉しかっ, ぼくは, ぼくも, ますますその, また, またいくた, またどんなに, まだ, まだしも, まだその間, まだ気, みんなが, むかし行旅を, もうあたり, もうあと, もうあの, もうお, もうこの, もうすっかり明るく, もうすでに遅かっ, もうそら, もう一ぺん, もう何, もう外, もう夜中, もう太陽, もう彼, もう後, もう既に遅かっ, もう日, もう日本, もう普通, もう死ぬ, もう父, もう自分, もう裏, もう遅く, もう銅づくり, もう長い, もとの, もとよりペン, もはや瀕死, やはり免れ, やれ, ゆらゆらと, わが国の, わしは, フィラメントは, ホッと, ムルデの, ヤソ教を, 一しょに, 一個の, 一度に, 一度も, 一揚と, 一方の, 一生懸命に, 三人の, 三分たらずである, 世にいわゆる, 世の, 両個の, 両者の, 主人は, 乞食の, 事の, 二人とも, 二人の, 二階の, 二階建てに, 人が, 人間も, 仕方ない, 他人の, 他方に, 以上の, 何と, 何んとも, 何事も, 何時でした, 何處へ, 余は, 作者の, 供も, 俺の, 借方に, 働いて, 元気が, 其が, 其中に, 其人の, 別だ, 力を, 助けて, 勢ひ, 十分進ん, 半分以上も, 半夜をや, 却って良人, 友の, 右に, 各, 同一の, 吾心, 呆れた, 和算は, 商品勘定の, 商売の, 啻に之, 四十一度に, 回転を, 國会だけで, 土曜と, 城の, 壁や, 変を, 夜が, 夜の, 夢の, 大に, 太陽は, 夫人は, 女の, 如何, 如何に, 妙に, 妹を, 始めて夜, 嬉しくて, 子供も, 学者の, 宜しく此, 実はゴム靴, 家に, 家の, 家も, 家来が, 富貴を, 小さな鳥, 小銃を, 少しは, 屋敷の, 屋根裏から, 屹度新婚の, 岩は, 巡査部長が, 左に, 常は, 帽子も, 幕府の, 引金を, 彼等は, 彼等を, 彼自身も, 徹頭徹尾推理, 心に, 心中大いに, 必ず平生, 必ず彼, 必ず手, 必然の, 怖かった, 恐かった, 恐ろしかった, 悲しかった, 悲しんだ, 懐手を, 我日本人民と, 戸を, 手紙の, 折れた骨, 政治に, 数回小回転の, 既に遅かっ, 早や, 是れ, 時間の, 晝も, 晴着の, 書斎で, 書斎に, 月の, 本人の, 本当にこれ, 東京へ, 栄子自身も, 格別の, 楽しくて, 此の, 此等の, 死を, 水が, 水の, 決して貴方, 流石に, 海の, 涙と, 渋い顔, 渦巻の, 満たされも, 満身の, 滅多に, 火事に, 無数の, 父の, 父親は, 犬は, 犬を, 獣と, 甲は, 男が, 畳の, 白ひ, 白色とは, 盤の, 目が, 目だつて, 目は, 相当に, 眼の, 眼鏡なし, 碁が, 種々の, 窓より, 第一, 筆を, 箪笥が, 純粋の, 結合せよ, 絶対に, 肝が, 脊の, 自らその, 自分が, 自分で, 自分も, 自分を, 自然の, 船に, 苗や, 苦しい, 血を, 親は, 親爺が, 誰か, 誰もが, 谷の, 貸方に, 足を, 身体の, 逍遙子が, 適合せざる, 部屋の, 金なんかと, 隣だ, 雲上飛行を, 音楽会の, 頭に, 頭の, 頼みし胸中, 顔を, 風が, 飛行機の, 餌を, 駆逐艦たちは, 髪を, 鳥と, 黙って

1 [4699件 抜粋] あ, あたしあやまっ, あなた, あの巨大, あまりアルコール, ありあり虚勢, あること, あわれ, あんまりあたり, いかなる不孝不順, いかにも小説, いけませんでした, いっしょよ, いつの間にか荒らされ, いつもそうやっ, いつも両手, いつも必ず座敷牢, いつも静止, いま天が下知る, うしろの, えてして色んな, おごそかに, おそらく無言, おなじけぶり, おほそら, およそつねに事重大, お信, お咲, お母さんも, お礼を, お雪, かけてなかったネ, かならず傷害, かなりいろいろの, かの女, かれも, きっと俺, きの, くずれた花, けっして相手, こうこうし給え, こうもりは, ことごとくその, このつえ, この二人, この味, この寺, この汽車, この邸, これだけ, ころりと, こんなもの, さして思わぬ, さびしかつ, さらに町名主以下, しました, じっとし, すぐうしろ, すぐ帰る, すずめは, すでにおそかっ, すでに夕暮れ, すでに産み落とせし, すでに高氏, すなわち精神, ずいぶん大切, ぜひお側, そうかんだった, そう書いた, そっちで, そのこれ, その一家, その人宗教者, その働き, その前景, その妻子, その序次権衡, その指, その木, その清濁, その病, その結婚, その花, その諸国, その部屋, その高下駄, それでない, それも, そんな根本的, たいへんです, たしかに美人, ただちに男らしい, ただ老人, たちまち敵, たといはかり知れぬ, たやすくこれ, ちょうど, ちょっとその, つくづくわびしく, つるに, とても不便, ともすれば説明, どうしても柴折戸, どうだろう, どうも, どこやら, どんなとき, どんな様子, ないん, なかなか知った, なにも, なるたけそちら, なんとなくうす, にわかに神, はじめから, はや宵月, ひでよし, ひどい虫持, ふたが, ふとわたくし, ほっと微笑, ほんとにいや, まあ相当, ます, まず木, またもや正面, また山, まだこの, まだローヌ川, まだ夜, まだ清次, まだ赤色灯, まったく世の中, まるで別人, みなさま御, みんな足を, むずかしいね, もういち, もうさっき, もうそれ以上, もうなん, もうクリーム, もう下船準備, もう何故か手, もう八月, もう午前二時, もう夏, もう子供, もう御, もう明, もう死ん, もう病床, もう翌日, もう西洋館ぜんたい, もう遺骸, もし私ども, もっともっとよく, もっと親しみ, やさしい声, やっぱり恋人, やむなくこいつ, ゆっくり作品, よくかんびょう, よしんばそれ, ら, わが宇宙戦隊, わざと巣, わたしたち自身の, アは, オペラ劇場の, キリストと, ゴチックまがいの, スタンドを, ゾッとした, テッジーは, バカでござん, フラフラ, ベルゾン博士が, マダ年も, モノが, ルーヴルの, 一か, 一ど, 一人の, 一切が, 一呼一吸の, 一寸休ん, 一挙し, 一時的な, 一番まともに, 一羽が, 丁巳の, 七十を, 三人同意し, 三日に, 上杉殿を, 下志津原の, 不服の, 世界に, 両度とも, 丸裸の, 九族を, 予想の, 二三日食わない, 二匹であった, 二日酔いの, 五人の, 五千メートルの, 人々も, 人形の, 人生の, 人間派を以て, 今まで, 仏壇の, 他人が, 伯父は, 体が, 何だか判らず, 何れも, 何処という, 何草にても, 作者も, 信仰の, 停車場まで, 僕たちは, 優しく涙, 兄弟同士父は, 先生の, 全く厭, 全く覚え, 全部不動産は, 公儀から, 六年生に, 其の中軍, 其處で, 内心恥ぢ, 再び四散, 凝固を, 出来るだけの, 切符内より, 別になんとも思わんじゃったけん, 別よ, 刺, 前時と, 割合永い, 動物を, 勿体ないからね, 北の, 十二三の, 十年間限り一人前百五十フラン, 千鶴子さんと, 午後早く, 単に想像, 即ち星辰, 却り, 又フラア・マルチノ, 又警報, 取り乱して, 口腹の, 可哀相な, 各藩相互, 同等と, 君見, 周囲の, 咄の, 唯そう聞いた, 喫茶店で, 四十米以上ありました, 困った, 国王大王親眤従僕助くる, 地上も, 垂柳月桂の, 塔の, 声に, 夕方おそく, 外へ, 夜だった, 夜東京を, 大いに婦人, 大きな声, 大てい一鋏, 大勢は, 大変悪い, 大斜線, 大約二千七百餘里に, 天下の, 天地間の, 天落ち地欠くる, 失敗した, 奈良の, 女子自ら櫓を, 妻たる, 始めから, 婦人の, 嬉しさ, 子供みたいに, 字は, 守りを, 宗教学の, 実によい, 実はあまり, 家ダニ容器の, 寂然として, 寝て, 寿が, 小僧さんの, 小石を, 少数の, 山から, 山腹に, 岸の上に, 工部大輔遣外副使として, 己が, 帝は, 平であった, 年がら年じゅう家の, 幽静, 庭に, 強いて, 形式美を, 彼女の, 後にその, 徑に, 御母堂奥方様, 微笑であり, 心付かなかった自身, 必ずすぐまた眠っ, 必ず出血, 必ず帰り来るべし, 必ず無, 必ず輻射, 忘れられない興奮, 忽認め, 思わぬ曲った影響, 急病負傷変災などの, 恐らく數人がかり, 息子が, 悪因悪果の, 惹かれたよう, 意識不明で, 感謝と, 憶えて, 我人これを, 戦意昂揚の, 手おくれ, 打ちこんだ歯, 持久戦争とは, 損得を, 放蕩無頼の, 数学科学と, 敵味方の, 斜な, 新八は, 既うその, 日と, 日本古史神話を, 早附木, 明智は, 是非二枚要る, 普通なら, 暗がりで, 書けませんがの, 最終の, 望遠鏡を, 期を, 末尼教も, 本體, 東京で, 板を, 柏矢町から, 格別単に, 梶は, 楽しかつ, 構想も, 歇私的里の, 此彫文と, 歩けるの, 死にたくないと, 死んで, 殆ど駈けっ, 殿様の, 毎区, 民心が, 気の毒そうに, 水の上に, 水蒸気の, 江戸から, 決して声, 河口深く, 波に, 注意する, 海から, 涙を, 深見新左衛門は, 温泉は, 満足し, 漸く宿望, 火星が, 焔を, 無用の, 焼き捨て, 父子君臣夫婦長幼の, 牢名主その他の, 物理学の, 犯すべからざる力, 猛烈な, 猶行末, 現在家庭に, 甚だしい跛行, 生の, 生産の, 田舎が, 甲者の, 男子の, 留守であった, 疲れきって, 痛いと, 白き髯, 百味の, 皮の, 目立つの, 直接に, 真っ暗であった, 真理子に, 矢代や, 知らなかったの, 砂糖黍畑の, 社会研究上に, 禍害を, 私にとって, 種々奇怪, 空語と, 童僕の, 笑顔一つ見せず, 等しく一個, 米子の, 紙の, 絞に, 縁台の, 美みなく, 習慣の, 考だに, 職業柄昌造たちには, 胡坐を, 腰巻を, 自ら割れ砕け, 自室に, 至つてこの, 船酔いなんか, 花の, 英語の, 荒波の, 葡萄の, 薄情でし, 虎の, 蠅蚋なんど群がり, 衣服を, 裾野の, 見よ此, 親子が, 計温し, 話題が, 誰しもが, 諸君より, 警察との, 貝原益軒は, 貴殿は, 赤松勢と共に, 蹶起直に, 軍法に, 迎の, 途方に, 逸作は, 過去経験しきたれる, 遠慮がちに, 郊外へ, 醤油が, 野外もしくは, 釣鐘を, 銀座の, 錨を, 長兄は, 関の, 除いて, 随分入, 隨分驚きました, 雨戸を, 電気ストーブを, 霜の, 静かに, 面白い風情, 顎骨が, 風呂場へ, 養母の, 馬脚を, 驚きましたよ, 高崎城を, 魂魄相交わり, 鳴かないに, 黒字の

▼ とき~ (5681, 11.2%)

107 なって 68 私は 41 彼は 30 私の 29 よると 27 自分の 22 なると 21 彼女は 19 それが, それを 15 私が, 限って 13 自分は 12 何か, 僕は, 彼の 11 これは 10 これを, 不意に, 始めて 9 かれは, して, 彼女の 8 そこに, それは, 例の, 君は, 彼が 7 われわれは, 二人の, 母は 6 いつでも, なれば, わたしの, 二人は, 先生は, 半七, 口を, 女の, 自分が, 至っては

5 [14件] あなたが, いいました, その家, それに, わたしは, 他の, 出て, 君の, 応じて, 於て, 早くも, 来て, 私も, 青年は

4 [37件] あなたは, あの人, あれほど, お増, ここの, さへ, そこの, であった, なっても, みんなが, われらは, 一人の, 人の, 何の, 先生から, 先生が, 先生の, 博士は, 吾, 孔明は, 帰って, 彼らは, 急に, 或る, 持って, 死んで, 父は, 父を, 男は, 眼に, 着て, 私たちは, 突如と, 美奈子は, 至りては, 言った, 身を

3 [70件] あらず, ありては, いたって, いっしょに, いつもの, いつも彼, お姫さまは, お由, かれら, きまって, こういうこと, こちらを, この家, これが, するよう, そういうもの, そう思った, そこを, それらの, どういうよう, どういうわけ, どうした, なぜか, なつた, なつたら, なんの, ひとりの, ひょろ松, わたくしは, わたしたちは, わるい遊び, アナタ, 一種の, 二つの, 人々は, 何が, 何処かで, 何時でも, 僕の, 兄が, 兄は, 半七老人, 君たちは, 咽喉の, 夫人は, 妙な, 左の, 於いても, 書いたもの, 最初に, 朝太郎は, 木の, 本を, 母を, 父が, 父親は, 玄関で, 私たちの, 老人は, 自分で, 自分も, 行って, 見えるの, 誰が, 買って, 起るもの, 足を, 身に, 際して, 頭を

2 [305件] あっては, あなたに, あなたの, あり, ありて, ある, あれが, いろいろの, おきぬは, おばあさんは, おれの, お国さん, お母さんは, お母ちや, お父さま, お父さんは, お駒, かかった, かかりました, かぎって, きみは, このよう, この人, この男, これまで, こんな荒い, さらさらと, したの, しましょう, すべての, するくせ, すること, するの, そういうこと, そういう形, そうである, そうなった, そう云った, そこには, そのこと, そのとき, その作品, その前, その咽喉, その場所, その子, その幸福, その時計, その町, その秘密, その話, それと, だれが, ちょいと, ちょっと太郎, つかうの, つくったん, つけつ, つけて, つねに欺く, できる模様, どこかで, なっては, なりぞ, なる, なるまで, なんだか得体, はかの, はじめて, はじめてそれ, ばあやは, ふいと, ふと自分, へんな, ほかの, ほんとうに, ぼくは, また私, みんなで, みんなは, もう凡て, もう既に自動車, もしもその, やってきて, やつと, ゆきに, よくやる, りっぱな, わかったこと, わたしが, われらの, アントアネットは, カーライルは, ガタリガタリと, ベートーヴェンの, ポケットの, リーズが, レーリーが, ロチスター氏は, 一人で, 一円五十銭で, 一匹の, 一同は, 三人の, 上の, 不忠不, 不興を, 中津へ, 中間の, 主人が, 主人は, 乙やん, 云う, 云うよう, 人間の, 今の, 今日は, 伯母は, 伸子が, 佐山君は, 何かの, 便利な, 俄かに, 信一郎の, 僕を, 僧の, 僧は, 元の, 兄の, 先に, 内部の, 凄いよう, 出まして, 別れた祖父母, 剛愎な, 力を, 劣らず正確, 労働を, 十分に, 厭な, 及んで, 友達に, 受けた打撃, 向うの, 吹き上げられ御殿, 呼ばれたので, 呼鈴に, 困る, 変な, 多き事情, 多くの, 多く起こる, 夜いで, 夢において, 夢の, 大きなしくじり, 大勢の, 天から, 夫として, 女が, 女は, 妹は, 妻の, 姉は, 嫂の, 子供の, 宗麟は, 室内に, 家の, 家を, 家内の, 小六は, 帆村が, 師匠は, 常に一つ, 庭の, 弄ばれて, 当たりては, 彗星が, 役に立つよう, 往来を, 後ろを, 心の, 必然に, 必要な, 惹き起されるの, 感じたと, 感じて, 感じる, 手に, 持ち出せば, 持つて, 故郷の, 敵の, 旅行者は, 日本人が, 明るく照らし出されます, 書いて, 書かれたもの, 来る, 来るん, 枕元に, 此の, 死んだ, 死んだので, 殺されお前, 母が, 母の, 比べると, 気が, 水面の, 汐が, 江戸へ, 浮んで, 深くまた, 測らずも, 無理に, 焼失した, 熱を, 父の, 父親が, 犬に, 現在の, 生ずるの, 生れて, 用ゐられる, 病人の, 病気に, 盛んに, 目が, 相手が, 相手の, 相手を, 眼を, 硝子が, 確かに, 祖母から, 神戸へも, 私たちが, 私と, 私には, 私を, 空中に, 立ってると, 笏は, 笑うの, 第一, 箱根に, 紳士の, 紺の, 経験する, 絶命する, 聞いて, 背中では, 胸の, 自分を, 至って, 至れば, 芥川に, 芥川は, 苦しい息, 草履を, 荘田と, 落して, 表の, 見せるあの, 見ましたか, 解いた菰包, 話しかけてから, 話は, 誰かに, 誰でもが, 諸君は, 護身用として, 豪雨が, 貴方は, 起るの, 路傍に, 踵の, 身体の, 車窓から, 較べて, 近所の, 酒代つくる, 鍛冶屋の, 鏡の, 閉塞隊に, 限られて, 限り非常, 限るの, 限るので, 限るよう, 隊の, 雨を, 非ず, 音が, 頭に, 頭の, 顔を, 風が, 飲食を, 魚を, 魯迅さんは, 麻裏草履を, 黒い影

1 [3992件 抜粋] ああまた, あげる声, あたかも女王, あちらからも, あと足で, あのときゃいくら礼金, あぶなくて, あやかさんは, あります, ある友人, あわてないよう, いかにすべき, いくぶんか, いたるまで, いちばん深い, いつもする, いつも右門, いのちを, うけたと, うなぎの, おげん, おそらく何, おふくろと, おもしろ半分, おれさえ, お便りだけが, お前に, お受け取りに, お小使, お手前は, お母さん今夜は, お礼を, お蕗, お駒ちゃん, かかった神経的熱病, かぎつて, かならず相殺, かりに日本, きたる内心, きまつて, くるの, けっしてこわい, こういっ, ここから, こっちは, このたび, この乞食, この勢い, この子, この尺八ゃどこへどう, この扁平, この栄光, この猿, この軽蔑, これから幸福, これらの, こんなふう, ご用向き, さすがに, さらに大きな, したやう, しばらく控, しろ, すぎない, すこしでも, すでに今日, すらすらと, すれちがった竹造, そういう機械るい, そうした景情, そこへ, そのあたり, そのはさみ, そのベル, その人物風体, その具足櫃, その声, その尾, その所得額, その時, その焔, その生涯, その箸, その視線, その農場, その音, それではついでに, それ位の, そんな色消し, たくさん写し, たった一言, ためらって, だれかに, ちょうどその, ちょうど日本, ちょっとてれた, ちらと, ついた鍵裂, つかえるよう, つくづく神, つんで, できるきれい, とおりました, とつぜん, とらえて, どういふ, どうして塩, どうという, どこから, どの位置, どんなに情けなく, どんな色, なが, なぜ今, なったの, なにかしら, なに思った, なんだ, なんでも, ぬぎ捨てて, はかろうと, はじめさんが, はじめては, はじめて役, はたして三十万石, はね, はるか下の, ひとつ何か, ひどく海, ひろ子を, ふしぎに, ふとまた, ふと故郷, ふりかへ, ほっとためいき, ほんの機勢, まず五十銭, またさらに, また今夜, まだ私, まんいち発見, むかしから, もうあんさん, もう一人, もう入浴, もがいたって, もっともよく結ばれ, やあいま, やっとその, やや重い, ようやく真夜中, よく注意, よっちゃ, よれば, わが領事, わたくしも, われわれ少数の, アルバレズに, ウソを, ガラス球に, クリストフを, コルテの, ジョンの, ゼロである, チップの, ドアは, ドーバーの, バーで, ピストルが, フランスの, プロレタリヤ階級として, ペルー名物の, マチアは, ロの, 一ばん出世し, 一刻ばかり, 一寸変, 一斉に, 一枚切手が, 一番気がついた, 一間とは, 万力の, 三尺の, 三浦老人が, 上目を, 不幸に, 世界の, 両方で, 中程から, 久しぶりで, 九郎助の, 亂した, 二人だけ, 二本挟すばかり, 云つた, 五寸の, 亡びないで, 人から, 人形に, 今から, 今戦争, 他人の, 仮名は, 伊賀の, 会場につき, 伸子は, 体が, 何は, 何時だ, 作った背広, 使うあの, 使った銅盤, 依っては, 信吉さんが, 停電だ, 備前のか, 儒教の, 兄弟君は, 先生に, 入って, 全く同じ, 公園にも, 内々に, 再び見かえる, 出かけるの, 出ないん, 出家したらしい, 出発する, 初めて, 初めて或, 初めて自分, 別れたぎりですけれど, 剃刀よりも, 劇しい, 動物試験には, 医師が, 千百の, 半分は, 博士から, 原大佐, 又もや才兵衛, 友蔵は, 叔父上それは, 受けた傷あと, 口も, 古い家, 可笑しいくらい, 吉五郎も, 同社の, 向こう三軒両隣, 吹矢で, 呻いた, 和泉屋の, 問題が, 喫まされた, 回転させた, 国分佐渡守や, 地べたに, 堤防や, 壊れて, 変わり種の, 外出し, 多く用い, 夢を, 大きく見えつ, 大勢は, 大津から, 大臣馬子の, 太夫が, 失敬し, 奥州の, 好事者の, 姉が, 始めて過去, 婦人は, 子供たちが, 子孫に, 学生千余人が, 安来節の, 実に愉快, 家に, 寂しそう, 寒い雨, 対面し, 小女の, 小蔭で, 少々風邪, 少年たちが, 居合わしたが, 山田さんから, 川原へ, 己れ, 帳場に, 年ちゃんに, 幼ない, 床に, 廖化が, 引き廻しの, 張飛の, 当の, 当然辞職, 役に立つとは, 彼を, 往き来の, 後陣を, 從者の, 微かで, 心霊専門に, 必要である, 念仏申さるる, 思い切って, 思わず顔中, 恋愛は, 悪態さえ, 意外や, 感じた, 感じるあの, 感ずる一種, 懐中電灯を, 我と感ずる, 戸口の, 手の内に, 手繰りながら, 折角皆, 拒否の, 拝啓と, 振りまく粉薬, 掌が, 掴んだもの, 支払う予定, 救民仁愛を, 敷地の, 新聞にも, 施しという, 既に射殺, 日本画材料を, 早速苅りとる, 明智探偵と, 春部が, 時計は, 暑さ, 書きし文字いま, 最も安らか, 月のものが, 朝顔の, 本能的に, 村会において, 東京で, 松前藩の, 染吉と, 格別ほかへ, 梯子の, 検事総長の, 楽隊を, 機上から, 正妻に, 死したる江戸, 死ぬるが, 歿く, 殺されたダメ・ド・ロチスター, 母親に, 比呂志君から, 気の, 水中に, 江北の, 汽笛一声を, 泉という, 泣きながら, 流して, 浮かんで, 海老名弾正君司会の, 涼しい木蔭, 渇くと, 湯を, 漱石氏は, 濡須の, 点心を, 無線器械も, 熱いお茶, 片づけて, 特に漫画, 狐が, 玄鶯院が, 現れる変体的, 理科の, 生じやすい, 生れたドイツ, 用いたと, 用ひる, 甲州の, 男ぬっく, 畑に, 病気と, 発する力, 発見され, 白日の, 盃を, 目隠しを, 相生さんが, 真っ黒な, 眠るまいと, 眼底に, 着物の, 矢代も, 硝子戸の, 示したあの, 神が, 私らの, 移住し, 穴穂部皇子は, 空襲警報が, 突然庭, 突然背面, 立合ふ, 笑うもの, 答弁を, 精神の, 紙にて, 細紙に, 絞る生血, 置いた吸いさし, 老人から, 老黄忠, 耳に, 聞かされた話, 背の, 腰かける高い, 臨時に, 自分と, 自然に, 船の, 芝居の, 芸術も, 苦しまぎれに, 茶間から, 莫邪の, 落したん, 蒼茫として, 藤波さん寝, 蜀王の, 行き場に, 袁紹は, 西湖に, 見た, 見た山上, 見る夢, 覚えた男, 観測した, 言つた, 訊ねた, 詠んだか, 話したから, 詳しい報告, 語るもの, 誰か, 課税か, 豊吉が, 貰った十両, 賊の, 起こるよう, 起って, 起る心臓, 足踏みならし, 身ぶるいし, 軽部に, 近臣は, 逃ぐる音たつ, 途方に, 造り主, 遊んだこと, 違いない, 適切な, 還って, 里見十左衛門には, 金か, 鉄作は, 長いあいだ見世物, 門番が, 関羽の, 限つてしたがる, 限る, 陶器師の, 隠し切れぬ男, 離れで, 雪之, 震えて, 青年の, 面白いこと, 頂上から, 頼んだん, 風雨蕭々として, 食いもん, 飲んだきり, 饗応役の, 駆り出された役夫, 高い屋根, 魂の, 鳴く, 黄泥溝を, 鼻で

▼ とき~ (3958, 7.8%)

179 ことを, ように 108 ような 48 やうに 44 私の 36 彼の 28 ことだ, ことである 27 ことだった 23 ことです 20 用意に 19 やうな 18 ことであった, ことは 17 ことで, 話を 16 彼女の, 癖で, 自分の 15 ことが, ほかは, 気持は 14 方が 13 こと, ために, ほうが 10 ままの 9 気持を 8 うれしさ, 僕の, 嬉しさ, 母の 7 ままに, 光景は, 女の, 父の, 私は 6 ことなど, ことに, 事を, 二人の, 彼は, 心の, 様子を, 用心に

5 [15件] ありさま, お前の, ことも, つらさ, ままで, 心持を, 恐ろしさ, 情景を, 狂言は, 用意を, 私に, 私には, 話で, 話では, 駭き

4 [25件] ことだつた, ことでした, ことと, こととして, ま, ようには, アセチレンランプが, 一つの, 事である, 光景を, 印象は, 印象を, 姿は, 姿を, 寂しさ, 心持, 思い出は, 感じ, 母親の, 美しさ, 表情を, 話が, 青年の, 顔が, 顔は

3 [49件] あなたの, あの人, うれしかった, こえを, ことだったろう, ことであります, ことや, それと, まに, まの, よういに, ようすは, わたしの, われわれの, 三人の, 事情を, 傷が, 先生の, 写真や, 千鶴子の, 声を, 子供の, 少年の, 彼女は, 心持の, 心持は, 思ひ出, 恰好を, 感じは, 感動を, 旅行の, 来るの, 模様を, 気分で, 気分では, 気持と, 用心にと, 異様な, 矢代には, 私自身の, 素子の, 記憶は, 話である, 話です, 調子で, 重吉の, 音が, 驚きの, 驚きは

2 [197件] いろいろな, おどろきを, おぼろげな, おもかげ, お情け, お祭り, お話です, お顔, かれの, くせで, げいたう, ことあの, ことその, ことでございます, ことな, ことなどが, ことなどを, ことよ, こと私がまに, ごとく, ごとし, さわやかな, すがすがしくよみがえった, すばやい動作, そのとき, その人, てっちゃ, とおりに, と同じ, なんともいえない, ねたみと, はずみで, ぼくの, まま, ままと, むっつり右門, ものです, ようすで, ようすを, ようだ, わたくしは, ジェンナーの, ミス, 一般の, 不思議な, 丸木の, 事だった, 事で, 事です, 事は, 事情が, 事情は, 井伏さんの, 人の, 仕草らしい, 伸子は, 何となく快よい, 何とも, 作である, 作者は, 倍ちかく, 僕は, 元気は, 先生は, 写真も, 写真を, 出来事である, 力に, 勢いで, 十分間で, 博士の, 印象が, 印象である, 印象では, 原因不明な, 呆然と, 唯一無二の, 問答を, 喜びは, 場合だけ, 場面, 境遇あれ, 夏の, 太宰の, 女王さまの, 如きは, 姿が, 娘の, 子だ, 子である, 実際の, 家の, 寒さ, 少女の, 山の, 希望に, 帰り路は, 強烈な, 形が, 彼と, 後姿を, 微かな, 心を, 心持ちは, 心持と, 心細さ, 怒りが, 思い出を, 恐怖が, 悲壮な, 情景が, 情景と, 感じと, 感情の, 感情は, 感想である, 感激は, 感激を, 憂悩, 我心の, 戦争に, 手ごたえに, 手の, 手紙は, 文章を, 日本は, 暗い谷, 最初の, 有様は, 服装の, 服装は, 来ること, 東野の, 楽しみを, 様子, 様子から, 様子と, 様子は, 様子や, 歌が, 歴史的さんは, 気持っ, 気持に, 津村君の, 津村君は, 海辺の, 涙が, 淋しさ, 潤んだ眼, 無邪気な, 爲めに, 状況は, 状況を, 瓦斯の, 用心を, 甲斐の, 男を, 痛みが, 相手の, 眼の, 眼は, 眼付し, 石つぶての, 秀吉の, 私たちの, 第一印象, 考えでは, 考えは, 自分が, 船の, 芥川は, 花の, 若さ, 苦しさ, 苦しみは, 苦しみを, 苦労は, 苦心を, 菜穂子の, 街の, 表情に, 表情まで, 表情や, 言葉です, 記憶を, 話だ, 足の, 躰臭を, 通りの, 道を, 選手の, 雷は, 面白さ, 音を, 顔つきに, 驚きと, 魚の

1 [2153件 抜粋] ああいう, あなたが, あのこ, あのつづみの, あの事件, あの千鶴子, あの変, あの姿, あの彼女, あの戦慄, あの浮気, あの畏, あの胴体, あの調子, あの鏡, あの飛行機, ありがたさ, あわただしい荷物, あんな優し, いつもの, いやさが, いろんな心持, うなずきと, おけいちゃん, おとなたちの, おまえの, おりうという, お力にと, お師匠はん, お手紙, お礼を, お蓮様, かたくるしさ, かほ, きみたちの, ぐらついた気もち, こころの, ことこんな, ことつまり一ヶ月以前の, ことであるらしい, ことなりし, ことばよ, ことイワンの, こと思いだし, こと気に, こと隣の, この人, この客, これ迄の, ごとく国教宗, ごぼ, さわぎと, しかえしを, しぶとさ, するどさ, その乳汁, その嬉し, その通り, それは, ただ一つ, たのもしすぎる, だっていう, つみの, とおりおり, とっとき, なさけない悲しさ, のぞきカラクリ, はっとした, ひそやかな, ひどい水圧, びっくりした, ほかずっと, ほかほとんど, ほろにがい酒, ぼく等の, ままごとの, ままボートや, みごとな, みやげ物の, めいめいの, ものに, やうなし, やるせなさ, ようすに, ようなある, よう大, わかいじ, われら何と, アカグマ国宮廷の, エミイには, オンドリの, カーライルの, クラウデには, シャーベットは, ジョウの, セリフには, ターネフは, ネルの, ハンスそっくり, ファラデーの, ボーイが, マリ子の, リンドバーグの, ロチスター氏の, 一万六千人が, 一年の, 一族方の, 一種の, 一節である, 一過失の, 三分の一も, 三宅島は, 上代人の, 下地が, 不快さと, 不親切な, 世話を, 丸石を, 主の, 主謀者が, 九州探題は, 事が, 事具に, 二人だった, 二度とも, 五三十事変の, 亭主孝行は, 人物は, 人魚の, 仙台だ, 会見では, 伴蔵が, 位は, 何か, 何とも云, 作, 作品に, 使いの, 侍女の, 信吉には, 信長が, 健三が, 僅かな, 價値を, 元気の, 光彩に, 光景とは, 入水の, 八卦見の, 兵士たちの, 具体的境遇情実を, 内容それ以後の, 写真が, 写真とが, 冠とも, 冷たい地面, 出し物を, 出来事に, 切り札最後の, 列, 初速が, 別れの, 前金, 創作は, 功も, 勘定は, 勢力に, 匂いと, 匂い親友, 千歳座は, 半分もめ, 占いは, 印象や, 危険に, 友の, 収穫時の, 叡山の, 口元の, 古雨戸, 可憐な, 各国の, 吉本の, 名, 名人は, 君の, 呼吸の, 唄が, 問題が, 喜びと, 喜びより, 嘆きは, 困難で, 土の, 圧倒される, 基礎に, 場合による, 場面を, 壁面の, 声とが, 声気の, 夏やすみには, 外崎君の, 多計代, 夢なり, 大仕懸, 大臣連の, 天にも, 太陽は, 奉行に, 女たちの, 女優の, 如きわが, 妄想は, 妻の, 姿とは, 姿態と, 婚礼は, 嬉しい心持, 子と, 子守が, 季節や, 安堵に, 官兵衛の, 宮の, 容子お, 容子案内し, 寂しい幸福, 将軍家五代綱吉, 小熊さんは, 小鳥の, 屋根下へ, 山羊髯の, 川辺みさ子は, 己の, 帆村の, 平太夫, 年齢と, 幼な, 庭土の, 弓弦の, 形でも, 役に立つもの, 彼にも, 彼を, 彼女とは, 彼等も, 得意な, 御成門が, 御油断, 御賞典カツプ, 徴候でした, 心に, 心ほど, 心得, 心得手に, 心持そういう, 心持なんかも, 心構へで, 心理的気倦る, 快, 思いを, 思い出である, 思出も, 怪我だ, 恍惚状態そのものが, 恩給が, 息づまらんばかりの, 患者の, 悦びを, 悲しい涙, 悲しみ涙は, 情景, 情緒そのものが, 想い出を, 愉快な, 愛などは, 愛情は, 感じとでは, 感じ新鮮な, 感情が, 感情をも, 感投詞は, 感銘が, 慰謝料は, 懸声みたい, 或る, 戦慄は, 房一の, 手つきを, 手助けを, 手習い朋輩と, 折れ敷けの, 拍子だ, 探題襲撃は, 摩擦の, 故朋輩, 敬語が, 料理は, 新吉の, 方で, 旗を, 日記に, 早駕籠, 時や, 景色を, 晴れ着の, 暗さ, 最も大事, 有様であった, 服装その他参考に, 朝臣輩にも, 未曾有の, 机博士の, 柚子の, 栖方の, 根深い怒り, 棗と, 楢夫の, 様子はと, 模様それに, 樣子の, 次郎兵衛の, 歌人たちから, 歓びや, 正成は, 武帝は, 死の, 殿様が, 母親ほど, 気の, 気まぐれに, 気分や, 気持しだいに, 気持ちは, 気持など, 気持次第である, 氣持に, 水煙と, 決闘眼で, 治乱が, 泉子の, 泣虫の, 流行は, 消息は, 深い感激, 清涼さは, 温度と, 満足の, 漫画はね, 火災の, 灰色空の, 為に, 無念の, 無邪気さを, 熱心と, 父とは, 物で, 物語に, 特殊な, 状景を, 狂熱の, 献立など, 王樣とか, 現象ある, 生命の, 生産力が, 用心, 用心し, 用意な, 用意の, 男たちの, 男乞食の, 疱瘡の, 癖として, 発足は, 百姓の, 皇帝は, 目に, 目的は, 相は, 相沢の, 眺望の, 着が, 着物真新しい, 知覚その, 砂場嘉訓は, 確信と, 社会主義者狩りと, 私が, 私としては, 私法規則の, 程度は, 空の, 空気や, 笑いは, 笑みは, 第一番, 答えを, 米国農務省総裁の, 約束と, 素子を, 経歴などについては, 経験な, 結晶の, 綱に, 緊張だ, 縁起を, 美しい横顔, 習慣である, 耳鳴りを, 肚だつた, 胸騒ぎが, 腹帯を, 膳の, 自分自身の, 自然と, 舌の, 船岡は, 色彩づよい記録, 芥川さんには, 花江とは, 若い糸子, 苦しみかの, 苦痛が, 莫大なる, 落ちついた足どり, 蒸し暑いこと, 薄い笑皺, 蝙蝠の, 血走ったよう, 街頭録音で, 衝撃であろう, 表情ったら, 表情も, 被告の, 要領と, 見得と, 見通しを, 覚悟の, 親子再会の, 角度が, 記事を, 記憶が, 記録, 詔に, 詞は, 話, 話とを, 話も, 誓約書という, 説話法の, 調子が, 調査の, 講義録を, 豊かな, 貴方だ, 贋百姓の, 赤ん坊が, 足もとに, 足跡である, 身ぶりと, 身構えが, 軍容は, 軽軽しい諧謔, 輪燈や, 返り忠に, 透明人間の, 速度は, 進物が, 道へと, 達ちゃんの, 選挙戦など, 都合で, 酔でない, 重量が, 金井君は, 鐘よりは, 長崎談判以來, 間は, 防禦演習を, 陳列を, 雛妓は, 雷鳴について, 青ずんだ, 非人情な, 靨沈ん, 須美子の, 顏は, 顔つきという, 顔と, 顔にも, 顔付で, 飛行士の, 食物と, 駄句である, 騒ぎは, 驚愕に, 高氏の, 魏の, 黄金豹は

▼ ときには~ (3432, 6.7%)

44 私は 25 それを 16 いつでも 15 彼は, 私の 14 自分の 12 彼の 10 これを, それが, 彼らは 7 それは, 二人の, 僕は, 彼女は, 私も 6 これは, わたしは, 人は, 村の, 私が, 自分が, 自分は 5 さすがの, ぼくは, もうその, 人間の, 家の, 悪いこと, 非常に

4 [14件] あたりは, あの人, そこに, どうする, もう自分, 今度は, 他の, 何か, 女は, 彼女の, 気を, 自分で, 誰も, 足の

3 [41件] あなたの, あなたは, お母さんは, こんなこと, さすがに, すべての, そのとき, その人, それらの, たいていは, どんな顔, なんの, もう彼女, もう日, われわれが, 三つの, 下から, 二人とも, 二人は, 人の, 何の, 例の, 僕たちは, 前に, 博士は, 君の, 外へ, 姿を, 彼らの, 心の, 必ずわたくし, 悪いもの, 或る, 日が, 涙を, 犬は, 相手の, 立派な, 立派に, 肝を, 誰しも

2 [166件] あらゆるもの, いつも私, いろいろと, いろいろの, お勘定, お島, かなり興奮, かれの, きっとお, こうして大昔, こうしよう, ここで, ことさらに, この愚鈍, この比率, この音, これが, これに, さう, すぐ脇, すでに顔一ぱい, そうで, そう云わない, そこには, そのそば, その上, その具合, その場, その延び, その甘酒屋, その男, その破壊力, その部屋, それと, それの, それも, たしかにあの, だれが, だれでも, ちゃんと, ちゃんと屋台, ちやんと, どうしても組みしかれず, どこに, どんな流れ, なかなかいい, なんでも, ほつと, ほんとうに, まずその, またその, またそれでよし, また新しい, まっすぐに, まるで恋, もうお, もうおそかっ, もうこの, もうそこ, もう三時, もう何, もう倉, もう口, もう駄目, もつと, よく自分一人, わしの, 一〇くらいに, 一合買いを, 三方の, 上山さんは, 両岸, 主人の, 之を, 二人を, 云って, 五六匹の, 今の, 他に, 何も, 僕を, 元の, 先生は, 冷たそう, 十人以上も, 口に, 吉田は, 同じよう, 君に, 地べたを, 壁を, 夜は, 大きなもの, 大将は, 大抵その, 太陽の, 夫の, 妻の, 子供の, 室内に, 家に, 宿の, 少くとも, 少しの, 左の, 常にあらわれる, 常に半ば自分自身, 庶民の, 役に, 彼等の, 彼等は, 心臓の, 必ずこの, 必ず火災, 恐ろしくて, 手の, 持って, 既に遅かっ, 早いの, 朝日屋へ, 松井田の, 松吉は, 校庭に, 正面の, 母に, 母は, 水道で, 水際から, 氷水で, 決して思惟, 洋傘を, 浦粕じ, 父の, 生きる力, 目も, 目を, 相手を, 眼に, 眼の, 眼も, 眼を, 空の, 窓の, 約束通り車を, 紙きれへ, 絶対に, 職業教育も, 胸の, 腰を, 腹を, 自分に, 自分を, 自己を, 茶器の, 草花だけが, 虚妄の, 蝙蝠を, 部屋の, 防衛力が, 電灯を, 非常な, 顎を, 顔は, 馬鹿に, 高野山上を, 黙殺し

1 [2638件 抜粋] ああなるほどお母さん, あそこの, あたしが, あたりの, あとに, あのワシントン, あまりいたしません, あらかじめ黒川, あれほど, あんなによろこん, いかなること, いくども, いささか困惑, いっそ大江, いつのまにか上, いつもきまって井筒屋, いつもついたて, いつもグリゴリイ, いつも口尻, いつも彼女, いつも示す, いつも雲山, いやじっさい, いろいろな, うまい酒, おかしい, おそらくかなり長い, おどりあがって, おやすみの, お上の, お前は, お定, お日さま, お母さんに, お芳, かういふ言葉, かかる論, かなしみの, かならずだれ, かならず新しい, かなり派手, からだは, きっとミミコ, きっと変, きっと糸, きっと髪, きまって客, きわめて巧妙, くさりが, けっして音楽, こうしろ, こう言っ, ことにうれしかっ, このはさみ, この両氏, この兄弟, この怖, この池, この筆法, この話, この邸, この長い, これさえ, こんどは, こんな穴, さすが広, さびしい笑いよう, さるの, しばらく小川, しんぼう強く, すこしは, すっかり水, すでにその, すでに夢, すでに瀕死, すでに開かれ, すべてを, ずいぶん古い, そういう後悔, そうです, そう思われた, そこらの, そのたま, そのハンケチ, その人々, その前, その命, その大, その小さなお家, その弁護, その怪放送, その次, その目, その考察, その行く, その金, その間隔, そら和尚さん, それに逆, そんなけぶり, た, たいてい家事, たくさんで, たしかに精神, ただフラフラ, ただ石神様, たぶんむかしペテロ, だれも, ちゃんと桂庵, ちょうどそれ, ちょっとこちら, つい好奇心, つくづく情けない, できるだけ淡泊, とっくにあの, どういうこと, どうしても何, どうします, どうで, どうもぼく, どこからか, どっこいそれ, どれ程, どんな人, なって, なにゆえに, なんだかひどく, なんとか気, にじの, はじめて生き, はっきり要らない, ばかばかしく仲間, ひそかに, ひどい発作, ひらめを, ふと山中, ほかに, ほとんど不可能, ほんとにうれしく, まえの, まず最初われら人間, また会える, また相談, まだ, まだにせもの, まだ小さな, まだ懸賞, まだ足, まったくの, まったく放心状態, まるでにくいかたき, まるで病み疲れた, みな彼の, みんな押し, むろんの, もうあたり, もうおそ, もうきり, もうちゃんと目, もうほんとう, もうエッゲ, もうマッチ, もう三町, もう人間, もう友田看守, もう完全, もう島抜け法印, もう待っ, もう新しく, もう沢村さん, もう牛, もう知覚, もう自由, もう遅, もう長浜, もちろん扉, もっとも効率, もてなしだ, もはやそこ, もはや歯牙, やっと荷物, やはりこんな, やはり彼, やむを得ないいま, よいこと, よくわからなかった, よく爪, よむ心, わが国は, わしに, わたしたちすべてを, われわれは, アテネの, イワンは, オルガ姫が, カントの, ギーザが, サーベルに, ジャッキーと, タカの, トップリ日が, ドアが, ノアの, バラレッジョは, フョードル・チモフェーイチが, ペペ山へは, ポーチの, マンの, モレロも, ロチスターさんは, 一切この, 一室を, 一度は, 一方を, 一時桶の, 一種の, 七隻の, 三人前に, 三四俵の, 三輪車は, 下着を, 不愉快に, 世の, 両親が, 丸くなる, 久慈は, 九時十分に, 事情は, 二人位は, 二度も, 五十七八銭に, 井の, 人さし指を, 人心の, 今にも夜, 今日は, 他人にも, 仲, 伴れ, 体裁が, 何といつ, 何べ, 何よりも, 何万という, 何時でも, 余は, 作者の, 例え其の, 保証されず, 傍に, 僕が, 先ず急, 光栄を, 入用だ, 全く悪く, 全員一致の, 共産主義者たちは, 円板ロケットは, 出向きこういう, 列車は, 別になんとも思いませんでした, 刺し違えて, 前方を, 助けて, 動いて, 十分もっとも, 千鶴子は, 印度人の, 厄介を, 友だちとでも, 叔父の, 古い索, 可愛いひとり息子, 右に, 同じ深草, 同時代, 君を, 周は, 商売は, 喧嘩支度で, 四万八千匹飼っ, 四十面相は, 困った, 困るよう, 土の, 坐つた姿勢, 堪へられない質問, 声が, 外務省の, 多少の, 夢とは, 大きなくま, 大ぜ, 大塊, 大抵の, 大概大丈夫な, 大臣會議, 天幕は, 太陽は, 奥ふかく, 女中が, 好い加減の, 妻は, 娘たちは, 子にも, 孤独で食べる, 安堵の, 宗教に, 実にばかばかしい, 実はこちら, 害の, 容易に, 寝耳に, 小さなひかり, 小林少年は, 小説が, 少し庇わなけれ, 少年の, 屈強な, 岡っ, 川上の, 巳之助は, 帯は, 常磐津の, 平常緩やか, 幹が, 幾日も, 座員でも, 弥一右衛門は, 当太郎, 彼から, 彼女が, 往来を, 御相談, 心中に, 必ずちょっと店先, 必ず一方, 必ず四つ這, 必ず扉, 必ず用件, 必ず記憶, 必らず, 忠一は, 怒っても, 思いきって, 思わず博士, 思わず苦笑, 怪塔王は, 恐しさ, 恐ろしく役に立ちます, 悪いもん, 情ないやう, 意識なし, 愛する人々, 慣性の, 懐疑主義と, 成程, 戦場や, 手持の, 抑圧なる, 押えつけ縛りあげて, 掻き痛い, 放蕩を, 数えどし十九, 文吉が, 斜に, 新道の, 旗男は, 既に葉, 日光に, 旧いもの, 明智さんに, 春雨の, 普通の, 暴漢たちは, 書留や, 最も深い, 會へる, 朝廷は, 未だ個人, 本当に鬘, 本物の, 村人は, 松江の, 株の, 桑の, 極めて平凡, 榎本君の, 機関車と, 正しいが, 死なねば, 死亡率は, 殊に賑, 殿様の, 毎朝毎夕挨拶を, 民衆と, 気の, 水面が, 汚なく, 決してもう帰らない, 汽笛を, 泣き出したいほど, 洋々たる, 浩さんは, 海蔵さんが, 涙ながらに, 温かな, 溶けて, 烏は, 無闇に, 煙草の, 牛は, 特にそういう, 狙う相手, 猫は, 理由は, 生は, 生鳥, 男から, 男三人であった, 番傘を, 病気と, 白昼にも, 百斤入りの, 皆に, 監視員が, 直接に, 眞劒だ, 眼前の, 知らなかったので, 磯崎も, 祖母は, 神棚とか, 私たちみんな一緒に, 私共が, 秒速二十メートルを, 穴から, 空気の, 窓を, 笑い声が, 箸を, 紛ふこ, 終日忙しく, 結局この, 線輪を, 縁側へ, 美しい人, 老人たちの, 耳に, 肉類よりも, 腹が, 自らさうな, 自分自身も, 自然の, 艇から, 芭蕉の, 若い娘, 茶漬に, 華やかな, 蒙古兵, 藤吉は, 衆議院の, 表へ, 裁判所は, 襟く, 見すぼらしい平凡, 角の, 記録する, 誰かを通じて, 調査の, 警察関係の, 買って, 赤に, 身を, 辻川博士は, 逆に, 連れて, 過度の, 遠くの, 避雷装置は, 郵便が, 金五郎と, 金貨は, 銀座は, 長さ九千七百尺, 門前の, 降下スピードを, 雨と, 霊魂は, 青い船, 面積を, 頭巾を, 頼みも, 風の, 食物あるいは, 館員の, 驢馬に, 髪に, 鰹節を, 黒い小型ピストル

▼ とき~ (942, 1.8%)

23 ある 20 私は 14 あった, 彼は 10 あります 8 あれば 5 あるが, そうだった, それは 4 私の

3 [13件] あって, あつた, あるだろう, あるの, あるん, この赤い, そうだ, それが, 何か, 僕は, 同じよう, 矢代は, 自分の

2 [47件] あったし, あったの, あったん, ありました, あるし, あろう, いつもじっとし, いつもの, こうだった, ここは, これと, これを, それを, ただにこにこ, ちょうどこんな, なき清十郎, のぼる位のぼっ, また手, まだこの, やはり, ギッシリアキビンの, 伸子は, 同じこと, 同断なり, 大抵は, 女と, 尚矢田津世子, 帰るとき, 微笑んで, 必要な, 所在不明で, 明白に, 最初に, 栄子とは, 父が, 目を, 着て, 私が, 美しき妖婦, 股の, 自分が, 自分は, 自分を, 自然に, 起きるとき, 酒を, 風の

1 [701件 抜粋] ああし, あくる日, あたしの, あったかも, あったそういう, あったに, あなたは, あのとき, あの小魚, あの素晴らしき, ありうるであらう, ありそういう, ありましたが, ありましょう, ありますから, ありますからね, ありますが, あり全身, あり又, あり自分, あり鼠色, あるいは百年, あるかわり, あるしねえいろいろ, あるだろうと, あるでしょうが, あると, あるとも, あるには, あるまた, あるもの, あるやうぢ, ある批評家, ある照る時, いけない, いったことば, いつかその, いつもそこ, いまいった, いやという, いられないと, うしろの, おっしゃって, おのれが, おまえの, おまんじゅう屋, およう, お前なぐった, お増, お母さん, お泣き, かかさずに, かかないわけ, かくべつなん, かの女, かれ門, きっと, きっとボリボリやっ, きゅうりの, けっして判然, こうでした, こう附けたし, ここへ, こつそり, この兄, この地方, この点, この章, この道具, こんなふう, こんな性分, ごく心, ございました, さうらしい, さきは, さっきと, しない貨物, しなかったじゃ, しばしば弾き, じつとして, じッ, ずいぶんこれ, ずんと腹, そういうお話, そうしたの, そうして外, そうであった, そうであり, そうでござんした, そうやった, そう感じた, そこには, そっとし, そのお, そのとおり, そのとき, その一つ, その人たち, その前後, その名, その地理的条件, その失敗失戦, その幼, その建物, その送別, その通り, それだった, それに, そわそわし, そんなふう, そんな事, たしかに鯨, たせて, ただもう, だまって, ちっとも涙, ちょうどそれ, ちょうど食事, ちょっとこれ, ぢつ, つくづくそう思った, てめえたち夫婦が, です縁起, とうとうやめさせ, とき妙, とき日本潜水艦, どういうもの, どうにか助かった, どっちかと, なおそれら, なお彼女, なかった, なかつたの, なかなか立派, なく棹, なく空中, なんとはなし, はぐれたとも, はずかしかった, はやくかねがね, ひき揚げにも, ひろ子と, ひろ子は, ふきげんでした, ふと気づく, ほかの, まかりまちがえば, まず何, またかう, またさうで, またしかり, またそういう, またその, また余, また修吉, また同じ, また塔上, また夢みるべきである, また独立, まだいやらし, まだが, まだ不思議, まだ伸子, まだ救護局, まだ明るい, まだ灯, まだ続い, まだ芽, まもなく雷, みんなは, めくらの, もし都合, もはや時期, やつぱり折目の, やにわに奴め, やはりあの, やはり同様, やはり彼, よい例, よくこの, よくない, わたしは, われひとり, ガードの, クラスの, クラブの, スイスは, ツケヒゲなぞは, ハッチソンにも, ハンスルといふ, パリから, ポリニャークは, マフラーの, ラジオの, レビューなど, 一人の, 一寸相談, 一度も, 一暴れし, 一生懸命暮し, 一番先に, 一行中に, 一郎は, 上に, 上野で, 不安であった, 並んで, 中から, 中核には, 久左衛門は, 久慈と, 二人し, 二人は, 二十幾年も, 二十日の, 二商品しか, 亦同じ, 京都で, 人民外交学会の, 今一つの, 今夕も, 今度の, 今度も, 今日は, 今聞かされ, 仕事の, 伊東の, 会社そのものや, 伴れ, 伸子が, 体の, 何く, 何ぞと, 何となし, 何も, 何人かから, 余の, 余り粗暴, 例によって, 例の, 便所の, 信雄の, 健やかに, 傍まで, 僅かな, 僕を, 先鋒に, 党内の, 兵隊で, 其門前なる, 内村教授から, 出迎えたお, 助かつて, 勝ちながら, 十五六の, 千鶴子に, 千鶴子を, 半元服, 危いところを, 原田は, 厭な, 参木への, 友人と, 句の, 可愛がっ, 同し, 同じその感覚, 同じでした, 同じ右, 同じ感想, 同じ落ちつき, 同國海軍長官, 同家の, 同時にごう, 同様だった, 同様に, 同結果, 名指しな, 呼び寄せて, 命あり, 噴火口から, 四人は, 四時五十八分という, 団結し, 困つた, 土台は, 塔上の, 声を, 多計代, 夜の, 夢の, 夢窓国師は, 大して表情, 大勢で, 大学法学部に, 大粒な, 大鯛, 天の, 夫にたいして, 夫婦は, 失わぬ心, 失われずに, 女中の, 姦淫する, 娘さんは, 子供が, 子供の, 孔融は, 実は一生懸命, 実際に, 室の, 家老の, 家隆が, 寝て, 寝るとき, 小便の, 小池富美子の, 小牧戦の, 小遣にも, 少年たちは, 川柳ずき, 帯刀では, 帰りの, 平静には, 度々その, 座頭の, 廊下や, 弁護人は, 強くなれ, 強壮者が, 彼たし, 彼だけに, 彼の, 彼女らしく, 従属し, 得ざりしとき, 御多分に, 心の, 心配し, 必ず連れ立たない, 応接間の, 忽ちとりのぼせ, 怒り顔を, 思って, 思わず胸, 愛嬌を, 感じたこと, 感じて, 慈悲太郎様の, 慶四郎は, 我が同胞, 我慢し切れなく, 戯に, 手の, 手を, 振り顧って, 放電の, 政府の, 故郷の, 旅行中も, 日の, 日曜に, 日満の, 早くその, 早く天皇, 早く起きあがっ, 昌造には, 春長軒は, 普通に, 普通の, 最後の, 月づき, 木戸からは, 未だ辛うじてほんの, 本郷は, 来よう, 東洋史の, 果たして同一, 柴田滅亡の, 格別深く, 極内々, 様々な, 橇の, 機が, 次の, 武松は, 歩いて, 母が, 母に, 母の, 母や, 民顕に, 気軽で, 水から, 水に, 汁の, 決して今, 泣かなかつた栄蔵, 泣けた, 清子は, 渡舟であった, 湯に, 無意識から, 然し他, 然し娘, 父としては, 父は, 猶予が, 王さまは, 瑛子は, 甥は, 男に, 留守居の, 病院からの, 盃を, 相変らずです, 眉毛一本お, 矢張り彼女に, 矢張り通しませんでした, 硬派の, 神のみ, 私たちは, 私には, 秋山は, 稽古本を, 笑いが, 笹村の, 答え渋るの, 細君は, 絶えず笑っ, 聞こえた遠い, 聡明な, 膏気の, 臨終まで, 自転車を, 良人としての, 色々の, 若松に, 苦い思い, 苦しむとき, 茫然一時は, 草掻き, 菜穂子は, 落ちついて, 葉子は, 蔵の, 蛙や, 衆理想の, 衆理想皆非, 行かれず残念, 裏でなく, 見て, 親類の, 言ったこと, 記代子は, 許さなかった, 註解に, 誰ひとり本当に, 誰一人金を, 諸君は, 變に, 財布を, 足が, 躊躇した, 軈て君, 近いであろう, 近所の, 逃亡者であり, 通った切通し, 通路は, 逢いましたし, 遊蕩する, 都の, 酒場に, 醜き龍, 醤油を, 金剛界大, 銀行の, 銀角大王の, 長裃, 閑ばかり, 関係者が, 附纏っ, 陣所を, 随分どっさりい, 随分危なう, 随行し, 集って, 雌雄の, 雨に, 雪が, 雲霧が, 静かな, 静に, 顔や, 顔見知りな, 食事を, 黄巾の, 黒川が, 鼈甲の

▼ ときから~ (936, 1.8%)

10 知って 9 私は, 見ると 6 して, 彼は, 私の 5 仲が, 彼の 4 今日まで

3 [14件] それが, だ, だと, であった, ひとの, みると, わたしは, 一緒に, 今まで, 今までに, 他の, 僕の, 急に, 私に

2 [47件] いつとは, ずっと老人, そうであった, その文章, その机, それは, である, でございます, でそれ, ぼくは, まだ半年, わたしに, クサレ目は, ゴーリキイの, 両親の, 乱暴者で, 二人は, 今日までの, 何かと, 執拗に, 女の, 女は, 姉の, 始まって, 始まる, 家出を, 小林秀雄が, 彼にとって, 彼女は, 慢性り, 放蕩者で, 既に御, 時代は, 死ぬまで, 死ぬるき, 気がついて, 気づいて, 気に, 父が, 父と, 父親の, 絶えず地上, 自分の, 自分は, 身体が, 長い間, 雨が

1 [740件 抜粋] ああいう, あおい顔を, あたしは, あたたかな, あつしも, あなたの, あの果物屋, あめ屋の, あれな, いかものが, いくたびあったであろう, いくたびとなく夢, いちどお, いっこう邪魔, いる中年, いろいろな, いろいろ手塩, いわば伯父姪, おかみさん, おじいさんに, おたがいに相手, おなじみの, おまわりさんの, おみやのようす, おれが, おれは, お前の, お姫さまには, お嫁, お父さんの, お話が, お高, かかる点, かぞえて, かつて長く, かわいそうに, きこえました, きのうから, きめて, ぎくしゃくし, くせえ, こたび, こっち敵と, このあり, このくらいか, このへん, この乞食, この井戸, この人, この婆様, この幼い, この村, この水無瀬, この物語, この質問, この車, こんどばかりは, こんなふう, しきりと, しきりに拳, しょっちゅう面倒, じゃよ, すこしおかしかっ, すこし妙, すでにこの, すでにこんな, すでにちがっ, すでに何, すでに周囲, すでに天下, すでに後嗣, すでに消耗, すなわち何らかの, すぱと歌道, すべて番狂わせに, ずっともらっ, ずっと知っ, ずぬけて, ずツ, そうだった, そうな, そがいな胆, そこに, そのつもり, その個人的生活, その子, その憤り, その気, その生きる, そんな脅え, たいていいつも自分, ただ, ただちに役所, たった三日, だが, だの, だんだん善良, だ中, ちゃんと人, つかえて, つぎつぎに, つけてたん, できて, でご, では, で養家, とても自分達, どうした, どうもから, どうもちっとおかしい, どんなにちょう, なかなかよい, にがくされ, にごって, のいんねん, のちの, はじまった, はじまったの, はじまつたとい, はや五, ひと言も, ひどい雨, びわを, ふたりが, ぶらぶらあそび, ぼくきみを, ぼくに, また二三年, まる一年, もうすでに大, もうそんなに時間, もうふけはじめ, もうふら, もう半, もう安心, もう既に始, もう栗, もう病状, もう眼, もう老人, もう腹黒い, もって, やったもの, やはり文学, やむこと, よく目, よほど僕, わしの, わしを, わたくし自分の, アナだの, アメリカの, アントアネットの, オレの, ギンネコ号は, クリスチャンである, ゴシックだの, ゴマ点の, ジャージャー流れ, ゾウが, ターザンの, フワフワと, マルクス家と, マンは, ヤッカイ者は, ラ・ベル, ロシア生活で, 一しょに, 一ヶ年半すぎ, 一七世紀の, 一人の, 一列に, 一度は, 一日たっ, 一生涯つづく, 一目こちょうを, 一緒だった, 三年の, 三年後に, 三月の, 三週間を, 上野の, 上顎に, 下谷池之端仲町の, 不思議な, 世話に, 両手が, 両者を, 中田教授の, 久慈の, 久慈や, 九年間行ない澄ました, 乾坤を, 二人が, 二人にとって, 二人には, 二十二三歳に, 二十年たっ, 二時間後の, 五年ほど, 京都趣味は, 人形が, 人間は, 人間不幸の, 今までの, 今日の, 仏門が, 仕えて, 他人も, 他殺であった, 伸子は, 住みなれた土地, 何かしら自分自身に, 何かに, 何十たびか, 何年たった, 余らに, 余り邪慳, 保が, 信州の, 俳諧が, 個人の, 僅か半, 僕は, 先生を, 光秀の, 入って, 全く別, 全力を, 八十八年まえ, 六年間も, 其那注意で, 分りきって, 別の, 利根川の, 勘づいて, 勝家の, 十一年谷村は, 十三の, 十二年この, 十四年も, 十年の, 十年余を, 十数万円の, 十数年の, 南無妙法蓮華経で, 博奕場へ, 印象に, 参謀の, 友田喜造は, 叔母の, 口を, 名前なし, 君とち, 唯の, 善鬼の, 四日目までは, 固く手, 地主の, 執権北条氏が, 変だ, 変に, 変りの, 変ること, 夜具と, 夢遊病を, 大へん仲好し, 大好きで, 大變, 大降りであった, 奇編秘籍を, 奉公し, 好ましさ, 好もしい人, 妾の, 始って, 始つた定規の, 始まったと, 始まったという, 娘の, 娘分に, 嬉しくて, 子供にはば, 子守りばかり, 存在しつづけ, 学問を, 守の, 安寿の, 安徳天皇までの, 実は人間, 実行し, 家じゅうの, 家督は, 寝るとき, 将校は, 小僧に, 小姓は, 少しずつ, 少し目, 屈辱や, 屋敷の, 屡々話された, 岸の, 川に, 常に海上, 平井山の, 幸福という, 幾多の, 引きとられて, 弱い弱いと, 当寺, 当将軍家, 彼が, 彼としては, 彼にも, 彼らは, 彼を, 彼女が, 彼女自身切っ, 彼女自身切つても, 後どんな, 後に, 後一層, 御狂言師, 心に, 心の, 心を, 忘失し, 忠利は, 怪しい仲, 恋を, 悪かった, 悪の, 情に, 惚れてたん, 愛は, 成田の, 手がけた惜しい, 手に, 手足を, 打ったり, 持ち合わせて, 持った慕, 探偵が, 携え歩いて, 政ちゃんの, 政治を, 教えられた, 教育に対する, 数えて, 数年後に, 数日の, 新しい愛執, 既に恢復, 日の目は, 日光附近の, 日本で, 日本の, 明日の, 明笛や, 曹丕の, 月に, 本を, 本好きでした, 本能的欲望の, 机を, 来て, 東京で, 果心居士に, 某物産会社, 極めて明るい, 極寒の, 欣んで, 正使の, 此通りでございます, 武ちゃんも, 歴史教授の, 死人の, 母が, 母親との, 毎夏, 毒薬で, 気ぐらいの, 気の, 気を, 氣の, 水夫に, 水腫が, 江戸隠密とは, 沁みこんで, 沢山の, 泳ぎが, 浄瑠璃の, 浜辺で, 海には, 準之助氏に, 漕いで, 瀕死の, 熊とは, 燃え上がったの, 父に, 父の, 犯人は, 猫が, 玄関番や, 玄鶯院は, 生きて, 生活の, 由良は, 由藏は, 町屋の, 畏れる心, 畳の, 病人じみ, 目上の, 直ぐ判った, 矢代に, 知ってる日雇い, 石童丸は, 硝子窓が, 社会的勤労, 神楽笛を, 秀次は, 私には, 秋田在の, 科学に, 種々の, 空模様が, 突如と, 端を, 笑いの, 算術が, 算術は, 米の, 米価は, 約三十年, 紅色に, 経験の, 絵が, 絶えず考え, 続けて, 考えつづけて, 考えて, 耳に, 耳の, 聴いて, 聾だった, 育てて, 育てれば, 腑に, 自分を, 自然に, 自然科学に対して, 舞台で, 船頭に, 色っ, 苦労を, 英語を, 蝗は, 蝗を, 褌一ツで, 見えかくれに, 見れば, 見馴れて, 親が, 親しい友達, 親父の, 解るよう, 読んだもの, 読書が, 読者の, 諸国の, 賑か, 赤ちゃんを, 起原する, 身に, 身持が, 軍務の, 輟めず, 追求しつづけ, 遊び半分でも, 道教を, 避暑旅行などを, 金の, 金魚は, 雛妓として, 震えて, 非常な, 面を, 鞍馬や, 頭が, 顔の, 顔を, 饂飩を, 馴れッ子, 鬼子母神様が, 鮎釣りに, 鳴って, 麹町に, 黄金に

▼ とき~ (803, 1.6%)

16 の心 1513 はその, は自分 10 はこの, はふと 7 の頭 6 ははじめて, は私 5 の眼, はいつも, はそれ, は思わず 4 はあなた, はふい, は妻 3 が, にはそれ, の胸, はすぐ, はもう, はやはり, は京都, は何, は何だか, は美しい

2 [73件] がさばさば, がどう, が何もかも, が喰, に向っ, に呼びかける, のうち, の個々, の口答試問, の女, の妻, の家, の思想, の手, の書いた, の腕, の身体, の頭脳, の顔, はあの, はお, はかえって, はこう, はこれ, はそこ, はそんな, はたしかに, はどの, はどんな, はなんだか, はふっと, はまた, はまだ, はノート, は一人, は三枝, は下, は不思議, は云った, は停車, は全く, は再び, は写生帳, は又, は單, は壁, は変, は女, は始め, は子供, は実に, は實, は強い, は彦山光三, は彼, は彼女, は御, は心, は怒り, は思はず, は意志, は母, は浜, は涙, は満ち溢れる, は無限, は爺さん, は特に, は男, は芥川さん, は車, をし, を指し

1 [499件] から謝っ, がいつ, がいつた, がお母さん, がお送り, がきいた, がけが, がこの, がすこし, がどんな, がひどく, がびっくり, がようやく, がサロメチール, がハッキリ, が一つ, が三四枚真正面, が不, が云, が何, が余計, が八ツ手, が口, が各々, が学校, が常に, が座, が座っ, が彼, が御飯, が心, が怒髪天, が急, が感じた, が戸口, が所持, が指摘, が書い, が東京駅, が残念, が気がついた, が湯, が物体的, が物體的, が玄関, が目, が筆, が終戦直後, が翁, が考へる, が聞い, が膝, が誰, が鍛冶橋外, が鎌倉, すぐ, すなわち思惟, だけはさき, と, としての手紙, と会っ, と同じ, と須山, にあ, にうなずいた, にきっと, にこう, にそっと, にその, にとってはじめて, にどんなに, にはお前, にはその, にはそれら, にははつ, には一種, には何となく, には大空, には常に, には氏, には生れた, には素晴, には船岡, には訴訟, にゆっくり, に云った, に受けた, に堪えがたい, に帆, に打ちあけ, に抱きついた, に最も, に火, に貯金, のあらゆる, のいろいろ, のおどろき, のかたよった, のからだ, のこころ, のこたへたの, のすぐ, のそうした, のそば, のため, のところ, の乗馬, の云った, の五年間, の体, の作家生活, の傍ら, の傲慢, の入れた, の前, の勘定, の双眼鏡, の取扱, の口, の声, の小便, の左手, の帽子, の思惟, の態度, の憂いたる, の手もと, の方, の最大, の望み, の板, の歌, の残した, の母, の気持, の氣持, の父, の片意地, の独木舟, の病身, の目, の着物, の立っ, の笑顔, の素振り, の耳許, の背後, の脇腹, の行爲, の裡, の見知らない, の視線, の親友, の親爺, の話, の調べ, の身心, の近く, の隣り, の領地, の驚愕, の魂, はああ, はあたり, はある, はいきなり, はいった, はいま, はいま私, はいみじくも, はいよいよこれから, はいろいろ, はいわば, はおかしく, はおまえ, はおれ, はお前, はかっと, はかよう, はぎょっと, はこれら, はこんな, はさ, はささくれ立った, はさては, はさもしい, はさりげ, はし, はじっと, はじつに, はす, はすぐこう, はそういう, はそぞろ, はぞっと, はたいへん, はたくさん, はただ, はたった, はちやうど君, はちょうど, はちょっと, はちょっとした, はつとめ, はときどき, はとつぜん, はどう, はどういう, はどうしても, はどこ, はどんなに, はなかなかそう, はなにか, はなんとなく, ははっきり, ははっと, ははつきり, ははるか, はひったくりたい, はひどい, はふたたび, はほうぼう, はほとほと, はほとんど, はほろほろ, はほんとう, はまず, はまだぐっすり, はまっか, はまったく, はみな, はみる, はみんな, はもし, はもっとも, はものしずか, はやっと, はやっぱり, はやめます, はやるせなかっ, はゆくりなく, はよろこび, はわが, はアッ, はイエ, はカツゼン, はクルリ, はコペンハアゲン, はストーヴ, はダイアナ, はチタ子, はビックリ, はベシー, はペン, はメントール侯, はモスクワ, は一, は一つ心配, は一切, は一寸立止つて, は一層, は一日手, は一本, は一滴, は一生親, は一種, は一種不思議, は一言, は丁度, は七葉樹, は万事, は三歳, は三田文学, は上野, は不, は不平, は不幸, は不機嫌, は中国, は二百ヤード, は云い, は人情, は人生, は仄, は今, は今度, は今日, は他, は他人, は伊東, は住む, は何とも, は何もの, は何れ, は何気なく, は余裕, は信州, は俯仰天地, は偶然, は偶然同家, は先生家, は入口, は全, は全身, は内心, は冒険的, は出会頭, は切なかっ, は別人, は十七, は十七歳, は十二人, は卑怯, は単なる, は単に, は単純, は危ふくそれ, は只, は右掌, は同行少年, は向う, は喋りたくない, は單純, は嘉代吉, は四月, は図らず, は国, は国男, は土産, は地獄, は堪えかねた, は塩, は夢, は大, は大変, は大変真面目, は大工, は天国, は太田, は奇妙, は女の子, は娘, は嬉しかっ, は子, は子ども, は孔雀, は室, は宮本武藏, は家, は寝ころん, は寺島, は少年, は屋敷, は山女魚釣, は川, は帽子, は廊下, は強く強く, は後, は心から, は心づきませんでした, は思った, は思わずぞっと, は恋愛小説, は悲し, は意外, は愕然, は感心, は憂鬱, は懇意, は我々, は或, は手, は抽象的, は持前, は数, は文学, は文学的空想, は既に, は日本伝統, は日本国民, は日本好き, は時時, は暗, は最も, は最上先生, は有難, は本能的, は東亜十ヵ国, は東洋, は柄, は楽しみ, は横顔, は欲する, は正直, は死ん, は殿下, は気がかり, は気がついた, は気がつかない, は永久, は江木邸, は決してすぐ, は汽車, は泣きました, は注意, は海上, は涙ぐましく, は滿, は無, は煙幕放出, は牧野, は犬, は狂人, は狼狽, は玉乗り, は玉音, は王, は王妃, は現実, は理由, は生籬, は町, は異様, は疲れはて, は癖, は発つまい, は発作, は皆, は目ざとく, は砂浜, は神, は私以外, は私自ら, は私自身の, は窓, は立ちあがる, は立ちどまっ, は笑, は紙型, は組織局長, は翻然, は耳許, は聴い, は胸, は腹立たしく, は自ら, は自分宛, は自動車, は自滅, は舌, は芸術的部分, は茫然, は蒲団, は藩, は覚えず, は覚醒, は親鸞聖人, は覺醒, は訊ねた, は誰, は足, は足もと, は身の丈, は近所, は迷つた靈魂, は造化, は郷里, は酔ひ, は銀玉, は陳述, は離れた, は頭, は飾り, は魂, は鶏, もこの, もはじめて, もまた, もホロリ, も三週間, も人後, も彼, も気, も遊び友達, をこんな, を仲間, を呼ん, を弱らせ, を惹きつけた, を慰め, を招ぼう, を救い, を早く, を束縛, を深く, を訪ね, を送っ, を隅田川

▼ とき~ (673, 1.3%)

19 はその 16 は自分 9 の眼, は私 8 の心 7 は, はふと, は何 6 の目, はもう 5 の胸, の足, の顔, はそこ 4 の全身, はすぐ, は一つ, は全身, は心, は思わず, は急

3 [11件] の姿, の心臓, の背後, の言葉, はいつも, はこの, はとつぜん, はなお, ははじめて, はまた, は彼女

2 [46件] がどんな, がキリスト, には手, のこと, のようす, の口, の小さな, の指, の背, の額, はおかしい, はおくび, はそう, はそれ, はちょっと, はなにか, はひ, はひどく, はまだ, はむしろ, はやはり, はようやく, はアノニム, はピアノ, はポケット, は一人, は一寸, は二人, は今, は例, は兄, は女, は嬉し, は実に, は少し, は強い, は思った, は意外, は突然, は部屋, は鉋, は電気, は馬, は驚き, は鳶, もよく

1 [406件] がいだい, がき, がそう, がその, がちょっと, がどう, がどうして, がふと, がまず, がヴェーゲラー, が一命, が一度, が一番はじめ, が一般人間性, が何だか, が全身, が友人ベエコン, が同伴, が君, が帰っ, が思い, が恐ろしく, が手, が挨拶, が放課時間, が歯, が気付いた, が洛陽, が清水寺, が煉瓦工場, が画いた, が発見, が知っ, が立っ, が義清, が薄笑い, が見た, が見つけた, が重, た, と一人, と双生児, と同じく, と吾ら, と彼女, と永い, に, について一つ, にとっては論理的, にはあの, にはそれ, にはつらい, には一抹, には自分, にむかっ, にもひとり, にノー, に会つて, に十ルーブル, に反問, に向かっ, に対する私共, に研究, に腕, に見せる, に言った, に追いついた, のあ, のうしろ, のうっ, のうなだれた, のお, のお母さん, のからだ, のきよ, のくちびる, のこころ, のすぐ, のすべて, のそば, のどん底, のなお, ののった, のみはただ死, のむかし, の一切, の主観, の人, の人道主義的, の側, の先祖, の六感, の前, の卓越, の周り, の周囲, の味方, の商売, の夫人, の如き, の妻, の存在, の家, の容貌, の幽霊, の後, の手, の才能, の拒否, の挙動, の方, の方針, の旗本, の最初, の服装, の机, の横手, の歓楽, の気持, の涙, の父親, の現在, の理智, の生活, の眉, の眉間, の眼前, の眼底, の空い, の空想, の答え, の紊, の絶望感, の經驗, の耳, の肚裡, の肩, の背すじ, の背負っ, の脳裡, の腕, の腹, の著, の行く, の行衛, の言葉そのもの, の話, の足許, の身代り, の身体, の身内, の軍艦咸臨丸, の部屋, の陳述, の靴先, の馬, の鼻孔, はあった, はあの, はあんまり, はいくら, はいたずら, はいつ, はいつの間にか, はいよいよ, はうちかけ, はおじいさん, はかすか, はぎよつとしたやうに, はこう, はここ, はさい, はさっき, はさる, はすこし, はすっくと, はすでに, はすべて, はそれら静平, はそれ以来, はそんな, はたいへん, はただ, はどう, はどうやら, はどんなに, はなぜ, はなに, はなにげなく, はなんで, はなんとも, はにやりと, ははっと, はひとりでに, はひょいと, はびっしょり, はふたたび, はふっと, はぼんやり, はまさしく, はみやげ, はもうこ, はもうすっぱり, はもう一度, はもはや, はやたら, はやっと, はやつ, はゆくりなく, はよく, はわれ, はアレクサンダー, はイェレミーアス, はイギリス軍, はゴム, はゴンドラ, はチラ, はチラリ, はトルレス, はハルク, はビール, はポルト酒, はマッチ, はミチミ, はメイエルホリド, は一日小倉, は一種神経的, は一策, は一言, は一軒, は三つ, は三十四五, は上杉, は下女, は下屋敷, は不審, は二十二, は五六間先, は今回, は他, は休み, は低い, は何げ, は何故, は何気なく, は余, は僕, は全く, は其, は再び, は再び心から, は冬, は凶暴, は初めて, は到る, は前, は力まかせ, は勸め, は卒倒, は反っ, は古めかしい, は叫んだ, は右, は同じ, は名状, は喚き立て, は声, は多少, は大いに, は大きな, は天井, は太平, は女中, は女王, は妙, は妻, は姉, は威厳, は婦人科, は室内, は家, は密使, は寢床, は寧ろ, は小説中, は少年, は屈辱, は屍体, は屡, は川縁, は己, は常, は当時宮廷, は微笑ん, は忽然と, は思ひ出した, は思ひ屈し, は悲しく, は愕きのあまり目, は愕きの声, は愚弄的, は愛人, は懐中, は戸町, は手勢, は手当, は手籠, は手足, は抗議, は故郷, は救われた, は数日来, は新, は昔, は昨日, は時計, は書物, は最後, は有力, は本当に, は梅雨空, は棺, は椅子, は横, は橋詰, は欠勤届, は此點滴, は死, は母, は泣き出した, は浪漫主義, は満足, は溶かした, は片腕, は猪, は生き, は甲斐, は町家, は疲れ, は疲れ切っ, は目, は眞, は眠る, は神様, は神田マーケット裏, は秋蘭, は空想, は空腹, は窓, は立ちすくんだ, は箱, は箸, は絶えず, は編集者ら, は翠, は肥え, は胸, は自ら, は船長, は色, は色々, は苦々し, は苦しく, は苦悩, は茂庭周防, は草履, は荒々しく, は薄い, は表現, は覚えず, は言いけり, は言った, は言っとったです, は言葉, は語気, は赤い, は足, は足もと, は踵, は躍りかかっ, は近, は逆上せん, は道化, は那須野, は長い, は附近, は雪子, は電光, は電話, は頑強, は饑, は香水, は馬上, は駅, もにこにこ, もまた, れが, れは, をあわれむ, をぐったり, を中心, を待っ, を襲っ, を見た, を迎え, 少しく我

▼ とき~ (611, 1.2%)

25 ある 23 来た 13 あった, それである 12 あると 11 あります, あるの 9 来れば 8 きた, くるの 7 あるに 6 きたの, きました, 来るの 5 あるん, きたよう, なかった, 来たの, 来るまで 4 ありました, きたん, くるでしょう, 来ること 3 あるもの, あるよう, くると, くれば, ないと, はじめてだった, 來たら, 来ますよ, 近づいて

2 [36件] あって, あっても, あつた, ありますから, あり私, あり蒸気乗りたち, あるから, あるでしょう, あるでしょうか, あるでしょうから, あるわ, あれば, あろう, きたぞ, きたと, きて, きます, くる, くるだろう, こんなに速く, その一例, それで, それであります, ないとも, まいります, 一番楽しい, 丁度こんな, 云った, 初めてであった, 多いの, 多かった, 来ても, 来る, 来るだろう, 来るでしょう, 経ってから

1 [313件] あたかも君, あったあの, あったかと, あったけれど, あっただろうと, あったでしょう, あったらその, あったろう, あってね, あつて, あやしい位費用, あらあ, あらば, ありそして, ありまして, ありましょうとも, ありますな, ありますよ, ありますわ, ありません, ありませんの, あり歌, あるかも, あるからこそ, あるが, あるけれど, あること, あるさ, あるだらうと, あるだろう, あるだろうと, あるでありましょうか, あるでしょうそう, あるでは, あるという, あるなと, あるので, あるのに, あるはず, あるや, あるよ, あるらしいの, あるらしかった, あろうし, あろうという, あろうとは, あろうはず, いいと, いいの, いかにも来た, いちばん利く, いちばん幸せだった, いちばん幸福な, いちばん念仏が, いちばん楽しい, いつの, いよいよ近づい, おこりましょうね, かかって, かれこれもう四ツ前, きたそうして, きたとしても, きたな, きたよ, きたらこれ, きたらまた, きたらみゑ子, きたら弥兵衛, きっとある, きっと来る, きつと, きても, きますから, きまって, きまつて, くるかも, くるから, くるぞ, くるぞと, くるだらうと, くるだろうが, くるだろうと, くるだろうという, くるだろうよ, くるで, くるであろう, くるに, くるもの, くるよ, この球形体, この老母, ございます, ございませうから, ござります, さいご, じき来る, すぎた, すなわち本道, その人, その逃走, たきおも, たったいちど, たつにつれて, たなびきたるに, ちかづいたと, ちょうど午, ついて, つき, ときだけに, ときどきある, ない, ないかも, ないから, ないといふ, ないとは, ないよ, ない筈, なかつた筈, なくなって, なく感情, なければ, なぜこんなに短い, なんだ, なんとも快かっ, はじまります, はじめて, はじめてであった, はじめで, はじめであった, ひとたびきたなら, ひどかった, まいりました, まいりましたらいさぎよう, まごまごと, まったく最初, ままございました, みあれ, みじかくなります, みたいと, もっとも充実, やがておとずれました, やって来た, やつて, よくございます, わたしの, われわれの, グズ弁の, サイに, マイヤーの, マルクスの, ミス, 一ばんいけなかつた, 一度来る, 一番いけない, 一番好きだ, 一番幸福だ, 一番美しく, 一等女が, 乗り込んで, 二で, 二三本あります, 二十四挺, 二度目であった, 五六本短く, 五晩そして, 交って, 交互に, 今また, 今生の, 他の, 休息の, 似て, 何であろう, 何の, 何より辛う, 作阿弥の, 俺の, 六十四歳で, 出来ずに, 出来なかったの, 出来るほど, 初めて, 初めてだった, 初めての, 初対面であった, 到来した, 勝負だ, 十九という, 十九歳である, 十八歳の, 十四挺で, 午前は, 口の, 坐ろうと, 埋まりある, 変でございます, 多い, 多かつ, 夜でない, 始めて, 実にルイ十四世, 実に母, 実はおしまい, 家出の, 容易に, 寂然と, 少なくない, 少なくないだろう, 屡々ある, 幾時ごろであった, 建てられて, 強調せられる, 彼の, 必ずある, 必ず来る, 必と, 恋しかった, 恐ろしくて, 恰も彼, 愉しい時間, 或る, 挙げられるべきであり大衆文芸的, 挙動の, 挨拶に, 掲げて, 救いの, 数回あった, 断末魔へ, 日本の, 春吉君の, 最もうつくしい, 最もよい, 最も荘厳, 最初であろう, 最初では, 有るだろう併, 望ましいが, 望ましかった, 未来だ, 来そう, 来たかの, 来たその, 来たぞ, 来たと, 来たという, 来たならば, 来たのに, 来たよう, 来たらお, 来たら底, 来たら金塊, 来たわけ, 来て, 来ないで, 来ないの, 来べ, 来ましたよ, 来ますわ, 来ませう, 来ようと, 来りゃ燃えるん, 来るか, 来るかも, 来るさ, 来るぞ, 来るだからこそ, 来るだろうそれ, 来るだろうとか, 来るって, 来るであろう, 来るとさえ, 来るとは, 来るとも, 来るに, 来るん, 果して何, 次第に近づい, 永く生殖, 流れ個性, 現われて, 現われる, 現代という, 現在で, 生理的に, 真中の, 移植には, 立って, 細々と, 経ったの, 経つうち, 給仕に, 經つた, 続きました, 美である, 自ら正しい, 自分の, 良人にとっての, 見付けて, 訪れる, 近く来, 近づいた, 近づいたか, 近づいたの, 迫つた, 遂にやつ, 遅かれ早かれかならず, 過ぎて, 遠からずあるだろう, 邪魔を, 酒を, 雨天だ, 革命の, 駈けつけて

▼ ときその~ (575, 1.1%)

5 人は, 場で 4 ときは, 人の, 男は 3 ことを, ような, 場に, 家の, 話を

2 [32件] ときの, ときを, とき受けとる, なかの, 上に, 中から, 中に, 中へ, 事を, 人たちが, 人たちの, 国の, 声を, 女の, 女は, 女を, 推想が, 日一日私は, 時こそ, 書式を, 気持を, 犬が, 男女は, 眼は, 第一, 言葉は, 貴い三四分間, 運動は, 部屋の, 顔に, 顔を, 類において

1 [474件] あたりの, あとを, いっぽうの, いりくちに, うしろから, うしろの, うしろ熔鉱炉に, うたへる, うちに, うちの, お乳母さん, お婆さんが, お父さま, かなしみの, きみょうなか細い, きら, くらいのこと, ことについて, ころには, ころオランダ遠征軍を, しおたれ工合, したから, しゅろ, すきま, そばを, たけだけしさ, ために, つかれ緊張, てっぺんから, ときある, ときから, ときその, ときでたらめ色々, ときに, ときには, とき結局君は, とき聖女ブリジツトの, とき遅く, ところで, ところどころの, どれもが, にわかに, ひとの, ひとは, ひとりの, ひなびかげん, ひやや, ふしぎな, ほうなら, ま, まえから, もつ情趣, やうな, やさしそう, カボチャの, コップを, ストレスの, テーブルの, ドアが, ボタンを, ロケット爆弾が, 一くだりを, 一つに, 一人が, 一組の, 上には, 上を, 下から, 下に, 不善を, 不安が, 不安は, 不幸な, 世代の, 世界は, 両眼, 中では, 中にこそ, 中の, 中を, 主人である, 主人の, 事件の, 二人連が, 人が, 人しか, 人なら, 人に, 人に対して, 人も, 人末期の, 人物は, 人選や, 人間は, 代わりに, 令嬢が, 会頭を, 作の, 作品が, 作品は, 作家の, 使節は, 侍女として, 俊秀な, 保守性で, 保母には, 倭寇と, 側に, 傍らに, 傴僂男が, 傾斜地一帶更に, 兄と共に, 先生に, 先頭に, 入口で, 全身に, 兩足殆ん, 八幡に, 六帖に, 兵力は, 内容づけ, 写実的成功の, 写真の, 写真は, 冷やかさようし, 凌辱者は, 出版記念会が, 列車の, 利益を, 前に, 動物の, 半を, 原因が, 原稿を, 又先, 及ばない点, 双生児の, 古代味に, 合計の, 哀れな, 唇が, 喜びを, 器械の, 国土では, 土間の, 在所を, 地に, 地方の, 坊さんに, 埃の, 基礎には, 堰に, 報知に, 場では, 壁は, 売場の, 外劃線を, 夜大, 夢は, 大きさ, 大学で, 大道易者は, 太刀で, 夫に, 夫人に, 女たちの, 女の子も, 女性は, 妻その, 妻は, 妻子等が, 姿を, 娘が, 娘さんたちの, 娘たちと, 嫁さんは, 子は, 子を, 子供たちの, 存在を, 学園長や, 学校の, 実を, 実現の, 室には, 家で, 家に, 家へ, 寫眞の, 専門家である, 對象の, 小説を, 少女は, 少年の, 尖端が, 屍を, 山に, 山麓の, 島送りの, 工場を, 巧みな, 巨人が, 巨大な, 師たる, 師匠から, 年寄は, 店で, 店の, 店は, 店先には, 弁理士へ, 弟の, 弱々しさ, 弱い影, 当座は, 形が, 影が, 役は, 得態の, 心持は, 心理は, 怒りに, 思いを, 恢復期の, 悔恨と, 悲調な, 想いを, 意味や, 意志は, 感想の, 成分に, 成就が, 成長の, 戸を, 手が, 手に, 手の, 手を, 手紙と, 批評が, 批評の, 指の, 教師が, 文化が, 文字の, 文脈の, 斑, 新政の, 方が, 方向を, 旋律の, 旧友の, 明かりが, 星を, 時すでに, 時は, 時まさに, 時まで, 時丈満ち足りた, 時代の, 時我等は, 最奥の, 未亡人たちの, 本の, 本を, 机の, 材料の, 松江の, 林が, 柔和な, 根に, 根底と, 根源の, 検事は, 検分の, 極に, 楽譜を, 様子を, 権利が, 機械に対する, 欲求は, 歌の, 歓語の, 殿様に, 殿様の, 母の, 母親といふ, 水の, 水を, 水色の, 求めに, 決定は, 河口に, 治下の, 海綿から, 海綿質の, 消息を, 深い銅色, 漁夫は, 濡れたよう, 炎の, 点が, 無力と, 無慈悲を, 燃ゆる, 父が, 父親も, 牧師館での, 物の, 状態を, 狭い室, 猟犬が, 玉村銀一君の, 現地の, 現場に, 現実の, 生地を, 生活には, 生活は, 田端へ, 由来を, 男について, 男の, 男を, 留守に, 疼痛を, 病院の, 目覚ましい美しさ, 直後の, 直覚の, 相互的な, 相談の, 相談を, 真中に, 真夜中ごろに, 眸を, 眼を, 瞋恚は, 瞬間, 瞬間に, 瞬間は, 瞬間フローラは, 瞳は, 石の, 社員は, 祈念が, 祖国も, 祖父の, 禍因を, 私の, 秘密が, 秘密の, 空の, 競争は, 笑い声の, 精神も, 精神的感動と, 精霊が, 紳士は, 絆を, 結婚の, 絵画を, 經歴に, 網戸の, 縁先き, 美は, 翌日彼は, 聞き賃, 肝煎りを, 背後で, 胸に, 胸元も, 腕が, 腕を, 自我の, 良心の, 色彩と, 芸者の, 若い女, 茶童ぶりを, 萩乃の, 薄明り, 蜀は, 血だ, 行動の, 行商人の, 行進は, 衝撃が, 表題を, 裂目を, 要求に, 覆面を, 覚りの, 覚悟を, 親たちは, 親や, 言葉から, 言葉には, 言葉の, 計算の, 訪問の, 設計の, 試験料を, 詩人の, 語勢その, 説明に, 説明を, 読者の, 誰なるや, 談判には, 議政官の, 谷あいが, 豹が, 財産家は, 貧しい寡婦, 貧しい老婆, 蹴たてる雪しぶき, 身の, 身一つが, 軍事的価値に, 転がり方, 輪は, 辺に, 返答を, 通りに, 進歩は, 進行過程が, 道ばたの, 遺書に, 部屋から, 部屋に, 部屋は, 郵便物を, 酒屋の, 重い着物, 金具が, 金塗りの, 長谷に, 閑寂優雅な, 闇の, 陸遜, 雑誌に, 雲の, 雲霧の, 露覚を, 青春は, 青空の, 面に, 響きの, 響は, 頃お前は, 頃の, 頃故, 頃羽振, 領地の, 頬には, 頬へ, 頬ッぺたは, 頭は, 頭へ, 顔には, 顔は, 飛躍に, 食糧を, 馬アル, 騎士が, 驚くべきほど, 高潔な, 髪結いさんの, 魔神を, 黒い二つ, 黒馬が, 點に, 齋莚に

▼ とき~ (390, 0.8%)

47 同じよう 25 すると 17 同じやう 7 違って 5 ちがって, 同じに, 同様に 4 おなじよう, 同じこと, 雖も 3 いうと, 同じだ, 場合で, 殆ん

2 [14件] きまって, すこしも, なって, よく似た, 今との, 同じく会社, 同じである, 同じです, 同じ姿勢, 同じ気分, 同様の, 変って, 徳行泊りの, 衆人の

1 [227件] あった, ありますよ, あること, あるん, いまとを, いもが, いわず合戦, うつて, おなじくさっとそれ, おなじで, おなじのびやかさ, おなじやう, おなじ構え, お庭, きょうとの, きょう会った, ここでは, このとき, こんなに気持, さして違った, さらに異ならざれ, されて, しまずは, す, すこしも変っ, すべてが, せねば, そして, そっくりそのままだった, そっくりそのままの, そっくりの, その人, その前後, その成長, その製作, その顔, それが, それだけちがう, ぞんじ五重, たたないうち, たたない内, ちがいこんな, ちがいずっと, ちがいは, ちがった道, ちっともかわらなかった, ちっとも変ってない, ちつとも, つまりそういう, でしゃばって, どうよう, どこも, どんなにちがう, ないとき, なった, なったの, なりぬ, なると, のっぴきならぬ, ひとつも, ひとりきりの, ほぼ同様, またそれら, また今夜, また別, まったく同じ, まるっきり考える, まるでちがっ, もう一人米子, よく似, クシャンと, ッぷりと日は, ライネル・マリア・リルケは, 一度は, 三部作に, 下りましたとき, 不明瞭な, 事情の, 二人で, 人々の, 人と, 今と, 今とでは, 今とは, 今夜で, 今度父に, 今日の, 似たよう, 似て, 何らの, 余ほどの, 傍へも, 元気な, 先生の, 全く同じ, 加奈子が, 北極付近に, 又異, 反対に, 同じかった, 同じく一斉, 同じく多数, 同じく始終物思わし, 同じく市場価格, 同じく楽しい, 同じく軽く, 同じく速やか, 同じさま, 同じだらう, 同じだろう, 同じどら, 同じには, 同じの, 同じまじめ, 同じもの悲し, 同じよ, 同じグリッフィン, 同じヘーイさん, 同じ事柄, 同じ人間, 同じ元気, 同じ光景, 同じ四角い, 同じ変化, 同じ嫌悪, 同じ彼女, 同じ心, 同じ感じ, 同じ態度, 同じ村, 同じ様子, 同じ歌, 同じ歩きぶり, 同じ気持, 同じ滞留, 同じ灰色, 同じ竿, 同じ結果, 同じ縹, 同じ美し, 同じ言葉, 同じ酸っぱい, 同じ風景, 同様あの, 同様いちずな, 同様で, 同様な, 同様まっ暗に, 同様幕臣に, 同様用いる, 同様酒の, 同程度, 同種類, 唱えられないとき, 坐って, 場合なら, 変らないと, 変らないの, 変りは, 変わらない門口, 変わりは, 夜ねむる, 夜烏鳴け, 夜間睡眠の, 大して変っ, 失意の, 姿勢が, 嫁という, 家に, 寸分たがわず, 寸分ちがわない, 寸分ちがわぬ, 寸分違っ, 寸分違つてゐない, 寸毫の, 少しちがいます, 少しも, 就寝の, 左の, 帰るとき, 彼は, 後から, 得意の, 心持が, 思うとるの, 思って, 思わず頬, 或る, 挨拶に, 数十年後とで, 日本橋の, 普通に, 村を, 来たとき, 水嵩は, 決まって, 法との, 泣いて, 渡り者の, 申すこと, 申すは, 発熱の, 白丘ダリアが, 眠って, 老い去り, 考えて, 花, 草競馬の, 藤尾みち子の, 虎の, 衆人中一人のみ, 行かぬ時, 衰えるとき, 見た方, 見なかった時, 言はれ, 變り, 起きて, 逆境に, 違いともかく, 違いますから, 違い死, 違った気持, 部屋の, 降雨の, 飛行機が, 食事を

▼ ときにも~ (372, 0.7%)

8 私は 6 彼は 3 これを, わたしは, 父は, 自分の

2 [16件] お二人, すべてこの, ときたまその, やはりこの, よく御, 使用される, 同様の, 妻子が, 彼女の, 抱いて, 母は, 母や, 私の, 貴女は, 足を, 長い道

1 [314件] あっしゃ人手, あなたは, あらゆる刑事事件, あらゆる点, あらゆる點, ありあまる力, ある教師, あれは, あわてないで, いっさい他家の, いったこと, いつもお母さま, いつもの, いまと, おおっぴらには, おきぬは, おそろしいという, おちつき, おれは, お兄いさま, お父さんを, かかわらず制し且つ, かすかに, かならず突破, かれら, きっとお父さん, きつと, きまってこれ, きわめて不合理, こうして, こだわるよう, このむす, この原本, この把手, この日, この男, この緑, この鋭い, この鏡, これまでよりも, これらの, ごくごく入用, しばしばこの, すがすがしくその, すまして, ずいぶん烈しい, ずは, そうした施政, そうするであろう, そうであった, そう思いました, そう贅沢, そのとおり, その予言, その事蹟, その側, その多く, その帰り, その後にも, その水, その男の子, その考え, その芸者, その誓い, その連れ, そよぐから, それが, それは, それらによって, それを, たしかに松やに, ただときどき, ただの, ただ一人, ただ悔い改め, だれより, ちやうど, ちょいと, つかはれて, つきまとう, つけて, ていねいに, ときを, どうかあの, どうせ逃げられねえ, どうも愚痴, どうも素振り, どこからとも, どこを, どちらの, ない何, なおその, なお眠, なめた経験, なんにも, ひそかに, ひとことも, ひとり気が, ひよい, べそを, ほんとうの, ましてふるえあがっ, まして美しき, また, また不思議, また北海道, また話し出した, まだヨーロッパ, まだ怒った, まだ感じた, まったく同じ, まるで聞えぬ, むろん彼, ものずき, やっぱり夜光人間, やっぱり男以外, やはりこちら, やはりその, やはりそれ, やはりわたし, やはり一般市民, やはり人類, やはり片方, やはり黒猫, ややもすればこの, よく, よほど助け, よろこんで, わしの, アマーリアに対して, シナ人は, スイトンゆで, ドアは, ハンター先生は, ピカリと, ファラデーは, ユタを, 一人いられる, 一度は, 一番に, 二人は, 二百個の, 京都へ, 人に, 人間の, 今の, 他人の, 似たしとやかさ, 佐渡の, 使う, 例えば, 信頼する, 傷口が, 元気よく, 元気を, 先代の, 全篇, 内々覚悟は, 出て, 出征した, 別に金貨, 前に, 前述と, 動いて, 勘定に, 匂った同じ, 北極で, 十二人の, 半分はきまつ, 南無阿弥陀仏が, 厳重に, 又こちら, 反対した, 取りみだした御, 古着屋から, 同じこと, 同じよう, 同じ二組, 同じ意味, 同じ言葉, 同じ都, 同所の, 同様に, 味わった, 命は, 和一郎さんに, 喜ぶの, 嘉吉としては, 困つた時, 埋って, 基経は, 外人の, 失われるの, 奇手を, 女という, 女の, 妙覚院の, 孔子の, 孤独で, 学者らしい, 宅へ, 宇乃には, 実家から, 富公が, 小説を, 少し不思議, 屋敷の, 岸田君の, 川べりに, 巳之助は, 強く西日, 彼の, 彼女は, 彼等は, 心の, 必ず一緒, 必ず筆, 必ず背後, 忘れられて, 思い切って, 思ったの, 怨霊怨霊と, 感じて, 憤慨した, 或る, 房一の, 手から, 手きびしく, 手は, 手帖と, 持ちこんだとき, 採用される, 数万円の, 既にひとつ, 日本に, 明らかに, 時計だけは, 晩に, 本当にいい, 村長を, 枯れて, 歓びを, 此の, 歩かせて, 死ぬ覚悟, 母親は, 気が, 気を, 決して口, 油を, 泣いて, 海の, 深く嚴肅, 清少納言の, 火を, 狂いだした, 狭い庭, 王朝の, 現存歌人で, 生蕃は, 皇后は, 着るから, 矢代は, 矢張り蛇いちごを, 知らず識ら, 禅学を, 私に, 私には, 穴穂部皇子は, 立合いまた, 第一, 筋一す, 綾衣の, 老父が, 耳に, 肘で, 胃腸病の, 胆を, 脆い石, 腰が, 自分は, 自然と, 苦り切ったま, 苦り切つたま, 苦悩に, 英国において, 行われその, 親子は, 解散を, 言葉が, 詞少な, 話が, 話したと, 貧民が, 起る, 越前の, 身に, 身輕る, 返した時, 述べたの, 通常は, 過ち得るやう, 過ち得るよう, 過去が, 配達を, 隆夫の, 随分参詣人, 音が, 音という, 饒舌で, 馭者は, 鳴く, 黙って, 龍の

▼ ときでも~ (350, 0.7%)

4 ある 3 かくれんぼを, それに, 何か, 恭一君は, 私は

2 [16件] あなたが, いっしょに, その本, ちゃんと成長, なければ, もし誰, 体を, 子供の, 彼は, 怒るとき, 液体の, 無論最後, 矢代は, 自分が, 面白いと, 頭に

1 [299件] あたたかいへや, あたりの, あの小, あの押し合い, あの白鳥, あの道化師, あまり親し, ありそう, ありません, あるし, あんなに渋った, いい考え, いそいそと, いっこうにみずから, いつしよ, いつどこ, いつもあなた, いつもやさしい, いやな, いろいろな, おきぬには, おじいさんが, おっぱいが, おなじよう, おもしろからぬ, おれは, お互, お父つぁんは, お遊さん, かげに, かれは, がたんがたんと, がまん出來や, きっとすぐ出掛け, きっと奏手, ぐったり首, けんかなど, こうであった, この中学時代, この浜松城, この種, この老いぼれ, この雪, この音, こらえこらえた怒り, これほど, ごく低い, ございまする, さいご, された, しんから, すると, そういうこと, そうであった, そうです, そうな, そのご, その中, その冷蔵鞄, その営中, その小さな唇, その緊張, その隣国, それが, それは, そんなこと, たましい, ちぐさは, ちょっとした挑発, ついその, とやかくと, どうにかし, どうも今にも懐中, どんなに長いく, ないしは一日, ないとき, ないのに, ない列車, なおその間, なお石窟, なかった, なにか用事, なにか食べ物, なんでも, なんでもかでも, にこにこし, ひとたび床, ふだんの, ふとこの, べそは, まくらもとに, また床, また温泉, また用, まだ何とかかとか, まだ千鶴子, まったく無感覚, めしの, もう強い, もう明日, もっともよく容認, やっぱり気に入ってた, やはり二, やはり同じ, よい育ち, よう眠る, よくあの, よくきゅう, よく二人きり, よく伝導, よろめき倒れそう, りっぱな, わたくし自身に対しては, わたしの, ウーウー云い, ガラガラと, コロンビーナだけは, シャッタを, ゼロである, チビ公に, ドミトリイ・フョードロヴィッチが, ナターシャは, ニコニコと, ニコニコ笑い, バラ, バラックの, 一つ使われ, 一歩でも, 一歩社長室へ, 一片の, 一瞬の, 三人は, 上手に, 上空の, 不利と, 不平の, 両側から, 二ときでも, 二人だけで, 二人は, 今お話, 以下の, 何かの, 作文の, 侵すこと, 俺は, 停留所の, 傷を, 働いた, 充分だ, 先生は, 全部は, 共通した, 内弟子時分の, 内部の, 写真を, 分相応の, 別に變, 北風が, 南が, 友人たちは, 口だけは, 同じでありました, 同じである, 君くらゐ, 周囲の, 四人ばかりしか, 図書館へ, 國民社會主義と, 地震により, 堀二つを, 外に, 多くの, 夜牀上に, 夫人と, 奇形児を, 奥さんは, 女は, 始終つきまとっ, 始終眠っ, 始終身体, 子の, 宇乃が, 守一と, 官辺よりは, 実は彼, 実は誰, 少しも, 少し下, 屁を, 帯刀と, 常に全体, 当路者が, 役に立たないこと, 彼の, 彼を, 彼女は, 彼等夫婦は, 後れたらそれだけ, 心がけは, 心は, 必ず心, 必ず机, 急に, 性質の, 悲しいとき, 憤って, 戸田は, 手毬と, 投げて, 掲載前に, 換言すれ, 敢然と割勘, 敵に, 料理の, 新しい四斗樽, 日本人は, 日本酒を, 曲者である, 東西に, 柳の, 橇は, 欠した, 武士と, 歩かなければ, 気に入った若い, 決して人, 決して本音, 決して気軽, 海を, 涙といふ, 渦巻に, 渦巻の, 無かった, 焼くとき, 爪を, 父は, 物を, 独断的の, 現に毒死, 生き運, 男らしく辛抱, 町医者の, 病気の, 病院へ, 百米レースで, 皆んないつも, 盤面を, 相手の, 眼を, 私たちには, 私たちの, 私に, 私も, 私を, 窓から, 立優った, 笑える時, 笑って, 粗野で, 絶えず先輩達, 絶えず房一, 絶えず自分, 縄を, 老人は, 聴衆が, 胴巻きの, 腰から, 自分の, 自分のから, 自分を, 自分一個の, 苦しいとき, 落ちつきはらって, 蓮見が, 行けたが, 親父は, 訊いて, 訪ねて, 話し声は, 誰かが, 諦めすてずに, 護岸工事なら, 買い上げ間際まで, 買って, 赤旗の, 通りが, 長吉は, 附き纏って, 階段の, 電流を, 電燈を, 露骨に, 鞭を, 顔いっぱいに, 飽くほど, 駈け足, 髪も, 鼻が

▼ ときそれ~ (239, 0.5%)

4 はただ 3 はもはや, を待っ

2 [15件] がどういう, がどんなに, が白い, が自然, の唯物主義的特質, は, はあらゆる, ははじめて, はひとつ, は何, は既に, は認識能力, を云いだした, を焼く, を聞く

1 [199件] が, があたかも, がいかなる, がいつか外套, がうらやましく, がし, がすでに, がすらり, がとても, がどう, がどっと, がどの, がなかつた, がはじめて, がむかし, がもう, がわたし, が丁度, が三人, が不可解, が全く, が四年前, が如何, が将来, が建設的, が必然的, が投企的視覚, が歴史, が深淵, が理解, が眞理, が窈窕, が習慣, が落ち, が雨, が頭巾, とおなじ, とともにひと, と並ん, と同時に, と対照的, にたえる, につまずい, につれ, になれ, にはまだ, に列する, に対してその, に強い, に気がつかない, に立ち会った, に足, に載っ, に連名, に遮られ, の克服, の現, の現実主義的本質, はあまりに, はありのまま, はいえない, はいけません, はかくかく, はきょう, はここ十年, はこの, はじつに, はすでに, はその, はそれ, はちやう, はちょうど, はつめたく, はとうさん, はとり, はとんでも, はどの, はどんなに, はまた, はまだ, はまちがい, はまるで, はみな, はみんな, はもうこんなに, はもはやすでに, はやはり, はゆるすべきだった, はフォイエルバッハ流, は一月六日ごろ, は丙午, は互, は伸子, は作用, は個々, は兵馬, は午後, は単に, は友情, は反省, は呪わしい, は單, は嘗て, は四月, は堪へ, は女学校卒業ごろ, は孤独, は実体概念, は小, は少なくとも, は左手, は彼, は必ず, は必然, は情欲, は感覚主義的観念論, は感覺主義的觀念論, は日本, は朝, は根本, は漢軍, は現在, は畑姉弟, は真, は社会的, は私, は紺がすり, は臥, は萌え出た, は血族, は製作, は課せられたる, は身体, は音, は響き, は黒塗, までどこ, まではついむっつり, までほとんど, までメモ, まで明るかっ, まで辛うじて, まで鳴り, をいう, をうけとった, をかまえ, をさせ, をじ, をじっと, をじつ, をすぐ, をすっかり, をそのまま, をどうにも, をぬい, をみつけた, をよろこび, を世話, を傍, を再び, を単純, を口, を叩きつぶす, を呼ん, を嘆願, を外, を大事, を奪う, を実行, を少し, を引き, を当時東京, を徒然, を慕っ, を手, を救っ, を次の間, を母親, を波, を用いる, を知らせる, を知らなかった, を素子, を肯定, を自分, を苦し, を解く, を言う, を言葉, を話しました, を読ん, を退屈, を通俗作家, を開放, を隠そう, を頼ん, を馬, 故に直接的, 見たこと

▼ ときこの~ (237, 0.5%)

3 人は 2 不可抗の, 二人の, 姉が, 家に, 方こそ, 村の, 法を, 男は, 道得おのづか, 部屋の

1 [214件] いたいけな, いまの, いんきくさい, うえの, おやじは, お守りを, くまの, くれえの, こけ猿, ことが, ことは, ことを, こまどりの, ところにおいては, ひいさ, ひとは, ふたつだ, へんも, まきば, まっくら, まなざしが, ままでは, ものは, ような, わしは, バッジの, ヒューマニズムの, ヒロポンを, ピアレスの, ホブソン大佐に, モチーフに, 一人は, 一句を, 一徹な, 三人が, 三毒の, 上段を, 世の中の, 世界の, 争議こそ, 事たちまち, 事件が, 二つの, 二人が, 交換者, 人たちは, 人らは, 人形は, 人懐し, 人間を, 何れかは, 作家の, 作者の, 作者は, 作者を, 供給を, 価格は, 像が, 八雲君は, 分裂は, 剛腹なる, 勝利の, 勝負の, 化物屋敷に, 古い方, 哲学者が, 四つの, 固執され, 土地に, 地底戦車の, 堪へ難い, 大人も, 大勢は, 奇妙な, 女の, 女もつれ, 女を, 娘が, 娘に, 娘は, 娘を, 子たちは, 子供が, 子供は, 孤独感に, 学問は, 学校に, 室の, 室内に, 家には, 家の, 寿満丸の, 小屋の, 小説の, 岡の, 平和な, 年寄つた百姓の, 幼い記憶, 幽霊船が, 広場には, 店に, 庭園の, 弟は, 形見を, 忌まわしい動物, 思いも, 急ぎ足の, 恐ろしい影, 悔いは, 意地悪小僧は, 慶次郎を, 成功は, 所有者が, 扉の, 手紙の, 折と, 摸索は, 文句を, 文学者は, 旅行で, 星の, 映画についての, 時こそ, 時ばかりは, 書物それ自体が, 木造建築の, 本の, 松風の, 梯子に, 檣を, 檻が, 武蔵が, 毛利が, 水の, 決断は, 治安警察法第, 法律家は, 波及し, 浦上の, 海老塚という, 浸酒, 渦巻に, 温室は, 激しさ, 物の, 物は, 特徴的な, 理想に, 男が, 男の, 男も, 町は, 町並みから, 界隈の, 直接行動の, 眼の, 瞬間が, 石油を, 私は, 秋の, 秘密戸を, 窓は, 節到来, 籠屋は, 紀久子さんは, 紛論に, 素人職工たちは, 細君一人永い, 群衆の, 者は, 者後に, 脳軟化症という, 自然の, 舟に, 船には, 花に, 若い娘, 董承, 蒲鉾を, 薬を, 藤岡から, 虚無的な, 蜀の, 血に, 行列は, 袴を, 見方の, 言葉には, 証文の, 証書を, 評論集に, 試合見, 谷ぞいの, 谷を, 貯蔵貨幣の, 辺に, 道を, 遺族の, 邸へ, 部屋は, 野心の, 閑寂で, 阿闍利, 陣小屋の, 陸橋の, 離座敷は, 需要を, 青い海, 青い玉, 風習も, 飛行島戦隊に, 高氏は, 黄金の, 黒地蔵が

▼ とき~ (228, 0.4%)

8 待って 4 機会に, 見はからって 3 いうの, おいて, 想像し

2 [12件] つくって, ねらって, もって, り私, 同じゅうして, 境に, 彼は, 思い出して, 思うと, 最後に, 見るなり, 逸しては

1 [179件] あげること, あげ得るであろう, いえるに, いかにせ, いかにと, いふ, うてば, おもち, ききながら, きって, きらわず立って, した一つ, して, してやったあと, すごして, すごしました, そのまま繰返, その将軍, それこそ, たのしむの, ちょっと訛った, ぢは, つくつた, つくらせたり, つくりました, つくり剰さえ, つくると, つくるよう, つくる時, つくる真似, つけこんで, どこで, ぬけたいと, ねらつて, はずしたらもう, ふりかえれば, へだてた今夜, まざまざ思い出します, みて, もつでしょうね, よぎる, りかなり, りこれ, りさ, りその, りたづねて, りの, りは, り上野, り出しぬけ, り寺院, り彼女たち, り御, り思ひつめたやう, り本, り海底, り片隅, り私たち, り空, り篩, り自ら, り訪れる奇妙, り道, り遠く, り長い, り障子, り雪, カヤノは, ドンガラと, 予想し, 云うの, 云うので, 云うもの, 今日一日の, 作った, 作って, 作る声, 使用し, 促すよう, 假に, 僕たちは, 凌いだ, 利用しよう, 刻んで, 前に, 十分に, 合せて, 境として, 外さずお, 大切に, 失おうと, 始めとして, 嫌ふお, 左右に, 引くこと, 待つ, 待つこと, 待つばかり, 待つべきで寡婦殉死, 待つほか, 待とう, 心の, 思い出した, 思い出してか, 思い出しても, 思い出す, 思い出せと, 思ひ出した, 思ひ出して, 思ふと, 思わすよう, 想い出して, 想い出す, 想像した, 想像する, 想出す, 感じて, 感心し, 慮って, 慰める愛撫, 我らは, 押してまで, 指して, 振り返ると, 探偵小説の, 措いて, 掴み出す, 書くば, 最後として, 機に, 死という, 注意深くうかがっ, 渡ろうと, 潜力と, 灌いで, 灰と, 特徴と, 狙つて黙, 生かして, 相対し, 眠るが, 知らないが, 知らなかった, 空巣狙は, 経て, 経歴した, 考えた自分, 考えて, 考えての, 自然に, 表だけ, 見しと, 見すまして, 見た, 見たいと, 見たという, 見て, 見よ, 見られるの, 見る, 見定めて, 見計らって, 計って, 記念し, 誤っては, 読み給え, 誰か, 逸して, 過ぎてからだけ, 過して, 過しました, 選ばなければ, 選んで, 限りと, 除いて, 陽春の, 頂点として, 頼りに, 頼んだ

▼ とき~ (207, 0.4%)

17 島は 5 増は, 庄は 4 光は, 日さまは 3 妃は

2 [12件] くみが, くみは, さいは, みやは, もてで, ゆみは, るいさんは, 京から, 夏さんは, 庄に, 庭石にでも, 父様が

1 [145件] あいは, かくれに, かみさんから, ききした, きみは, きゅうじを, くみには, さびしくはなくつて, さよの声が, すぎは, すゑがね, せい様は, たかは, たねが, つきあいが, にいさんたちについて, ねばりとって, のぶは, はるは, ふたりの, ふみが, へやの, めんは, ゆうは, ゆきと, ゆきは, りうは, わかりに, ユリ少し, 三婆は, 久, 久米が, 久米さんと, 互様に, 京さんの, 京さんは, 京は, 仕舞の, 会いしてから, 伺いし, 使いなすった, 兄いさまは, 兄さんの, 兄様が, 兄様の, 六は, 出しに, 出入りの, 別れした, 別れする, 別れに, 北さんにでも, 医者の, 千代は, 友達は, 君という, 君は, 咲が, 噂が, 園という, 土産に, 坊主を, 城の, 堂の, 増に, 夏ちゃんが, 妃さまが, 妙さんは, 妙の, 妙は, 姉さんが, 姉さんは, 嫁さんが, 嫁さんは, 孃さんは, 定さんは, 寿女ちゃんは, 小夜の, 尻を, 島だけは, 島に, 島の, 師匠さんの, 幸は, 庄も, 庭の, 引こみに, 引取を, 引揚げに, 役所では, 惠が, 惠はかへ, 手渡しいたさん, 暇を, 服が, 杉が, 杉の, 梨江が, 殿さま方は, 母樣が, 浦は, 涌の, 清は, 渡ししまし, 燕が, 父上から, 琴は, 町は, 百姓さんという, 百姓さんは, 目に, 相撲の, 磯は, 祝に, 秀に, 箸で, 糸さんが, 給仕する, 絹が, 縫は, 美夜ちゃんは, 臍の, 艶に, 艶や, 茂登の, 茂登は, 萱が, 蓮様の, 藤さんを, 蝶は, 訊きしたいこと, 豆を, 輝は, 辰は, 通は, 遊さんが, 酒を, 金持ちは, 金持の, 銀は, 雪の, 館に, 駒ちゃんの, 駒ちゃんは, 高の

▼ とき彼女~ (200, 0.4%)

7 の心 4 は, は自分 3 の顔色, はその

2 [21件] の, のうしろ, のイノチ, の両親, の希望, の席, の張り詰めた, の眉宇, の瞳, の視線, の頭, の顔, はおくるみ, はまだ, は低く, は何, は再び, は片方, は私, は訪問者, は非常

1 [137件] から自己, が, がみどり, が低い, が微笑んでる, が気, が永遠, が無言, が男, が窓, が自分, が言, が言った, が訊いた, とだけ出会う, に向っ, に惹かされた, のこと, のすばらしい, のそば, のほう, のほそい, のまなざし, のよう, のボート, の一人, の一家, の低い, の全, の写真, の千代紙, の夫, の左, の平常, の指先, の方, の智, の毛皮, の父, の盛名, の目, の眼, の着物, の胸, の視界, の親友, の身体, の部隊, の面影, の頭脳, の額, の髪, はいきなり, はかなり, はこう, はこういう, はこんな, はじ, はすっかり, はすでに, はそう, はそれ, はぞっと, はたくさん, はつと, はどっち, はひやかす, はふいと, はふつ, はまず, はまるで, はやにわに, はよく, はハッ, はハツ, はパルチザン, はピアノ, はメソメソ, は一同, は一度, は一種白昼夢, は一調子, は不覚, は今にも, は低い, は先立っ, は反射的, は右手, は吃驚, は呆然, は呼びとめた, は哀れ, は四郎, は声, は大胆, は女だてら, は女中部屋, は婦人雑誌, は弟, は当時, は思いきっ, は思い出した, は思はず, は思ひ, は思ひ出した, は思わず, は愕然, は或, は手紙, は更に, は歓喜, は溢, は痛ましい, は目, は真青, は眼, は神々しい, は答, は紐, は結核性脳炎, は絶望的, は胸, は芸者, は若々しい, は落着き, は言った, は言葉, は鋭い, は長い, は雷, は震え上がった, は青年たち, は驚き, は黙り込ん, も初めて, を呼んだ, を羨ましく

▼ とき自分~ (188, 0.4%)

4 の前 3 の心

2 [11件] で自分, の外套, の家, の病室, はそれ, は却って, は却つて, は子供, は愕然, を突き放し, を襲った

1 [159件] あっさりすぎる, おかみさん, からし, からふらふら, があの, がいつ, がここ, がこんなに, がそう, がそのまま, がそれ, がだ, がどんな, がむかし, がベッド, が一つ, が不義, が危く涙, が受, が叩かれ, が嘗て, が実際, が此, が生き, が病身, が知らず, が若い, が若し, でも打ち明けかかっ, でも案外, でも自分, でライスカレー, で何だかすこし, で持つ, で活字鑄造法, として第, と一緒, に, には右, に彼, に忠告, に涙, に群がりよっ, のうち, のからだ, のこと, のすむ, のその, のたま, のため, のほう, のまわり, のグリーシュトカ, の三畳, の中, の仏心, の作品, の別, の勉強部屋, の卑怯, の名前, の好ききらい, の妻, の子供たち, の左手, の年齢, の念頭, の思いつき, の惰性, の意見, の感情, の才能, の持っ, の指, の書く, の有頂天, の村, の爪先, の犠牲, の生, の生活, の目, の眷族, の眼, の眼前, の知覚, の第, の考え, の脚, の良心, の裡, の裸, の見聞, の足, の身の上, の身体, の部屋, の雨傘, の靴, の頭, の馬前, はあーあ, はさらに, はじつに, はそぞろ, はその, はそんな, はちょうど, はつれなく, はどうにか, はどの, はどんなに, はひどく, はまた, はまだ, はもう, はサーッ, はモスク, は一人, は乞食, は二十どころ, は何時も, は刃, は十二, は十分, は報酬, は季節, は家族, は幼, は彼等, は必ず, は思わず, は急い, は新城, は昨春, は暗く, は暫く, は母, は現代, は町, は祝福, は空, もあずかりたい, もその, もそれ, も一つ, も二十余年前, も共に, も高々, より六つ年上, をおそった, をこの, を夫人, を引廻, を救う, を最も, を此二人, を立て, 実に悲しき

▼ とき伸子~ (179, 0.4%)

87 はその 5 の心, は思わず, は自分 4 はそれ 3 と素子, はテーブル 2 が, はすぐ, はそういう, はそこ, は保, は自分たち

1 [127件] がおせっかい, がきいた, がずっと, がその, がそれ, がゴーリキイ, がホテル, が最初, が父, としては奮発, と伸子, にすすめ, にたいして憤慨, には二人, にふりむい, に思いがけない, に日本, に皮肉, のおも, のからだ, のすぐ, のところ, のとなり, のひとめ, の不, の体, の眼, の瞳, の視線, の重くのろい, の顔, はああ, はあて, はありのまま, はあんまり, はいたましい, はいつ, はいや, はうち, はおしゃれ, はおぼつかない, はからだ, はきまり, はさぞ, はそこで, はちらりと, はつい, はつや子, はどう, はどこ, はどんな, ははじめて, ははっきり, はひきこまれ, はひとり, はふと, はまざまざ, はまた, はまだ, はもうずっと, はやっとほっと, はやっぱり, はわざわざ, はアストージェンカ, はソヴェト社会, はドイツ銀行, はベッド, は三時間事務所, は両, は両手, は人, は体じゅう, は何と, は何心, は偶然明治四十年, は全力, は労働者, は半分, は反射的, は受け身, は古い, は台所口, は唇, は外国, は失神, は姉, は宿屋, は少年, は彼女, は待ちかね, は心ひそか, は心臓, は思わずぎゅっと, は懐し, は新しい, は明るい, は明るく, は最後, は本, は枕元, は気, は深い, は深く, は滲み出た, は漠然と, は熱心, は父, は父親, は猛烈, は相川良之介, は知らない, は素子, は苦しかっ, は蜂谷, は蜂谷良作, は衝撃, は身ぶるい, は重い, は鉄工組合, は雰囲気的, は黙っ, は黙った, もついて行った, も自分, を名, を幾日, を苦しめた

▼ ときふと~ (167, 0.3%)

4 彼は 3 彼の, 気が, 目に

2 [16件] あの紙片, こういう気, みょうな, みると, わたしは, 右門の, 彼等の, 此の, 気がついたの, 気がついて, 目を, 眼の, 私は, 耳に, 自分の, 見ると

1 [122件] あたま, あっちから, あること, おねえさまたち, おもいついて, お姫さまは, お目, かの女, この人, この尼さん, これなる, さがして, じぶん, そこへ, そのこと, その上, その土間, その手, その物, それは, それを, たかい塔, だまりこんで, なにも, なにを, またその, また目, むこうに, わたくしは, コンパスが, ゴルゴンゾラの, サンドリヨンの, ファラデーが, ポーランド人の, ムビウムや, 一本の, 三元の, 三斎の, 二疋の, 何か, 何処かから, 俊夫君が, 俺は, 傍に, 傍の, 円山公園で, 前述の, 取落とすと, 口を, 吉雄は, 名人が, 向うに, 唇は, 嘉三郎は, 図を, 国を, 在所だけは, 地方の, 塩野も, 声を, 妙な, 娘の, 家を, 寝台の, 将門は, 小ねずみ, 左の, 彼方の, 後は, 思いあたったこと, 思いだしたの, 思いついたので, 思った, 思つた, 思ひ付いたの, 急に, 悲しみを, 感じたの, 感傷的に, 戸が, 戸口が, 手に, 振り返った妹, 振り返つた妹, 掌の, 敬二の, 新聞に, 旅人は, 暖かい息, 暗い迷信的, 朝に, 木犀の, 柴栗の, 横を, 気かがりな, 気がついた, 気がついたこと, 気づいて, 洩れて, 玄関を, 理由ない, 甲斐に, 異様な, 眼を, 眼下の, 秀次の, 私に, 立ちどまりました, 考えたの, 背後に, 脚下に, 腕に, 芥川さんも, 見るとも, 見れば, 言い出した, 邪慳な, 雑沓の, 雨音の, 面白い考え, 顧みた四方, 鱒の

▼ とき~ (160, 0.3%)

4 はふと, は何 3 は, はこれ, は僕

2 [15件] がこれから, の枕許, の胃袋, の胸, の腕, の足どり, の頭上, はあれ, はその, は人間, は大きな, は姉, は病気, は窓ガラス, は自分

1 [113件] がこうした, がこの, がずっと, がたおれる, が博士, が君ン家, が失敗, が持っ, が日本人, が楽書, が見ます, が驚いた, に, にこう, には却, に起る, のところ, のシュプール, のズボン, の右手, の妻, の家, の寝首, の手, の摩擦, の服装, の母, の目, の耳, の耳もと, の脳裏, の腰, の財布, の頭, の顔, はあなた, はあの, はいくつ, はいま, はおぼえず, はおや, はお祝い, はさっき市長, はしきりに, はすこし, はすこしも, はずいぶん, はそいつ, はそれ, はちょうど, はつい, はどう, はなに, はなにか, はまた, はまだ, はまっすぐ, はまる, はもうすこし, はやっぱり, はゆくり, はようやく頗る, はハア, はハッ, はハッキリ, はプルウスト, はベラン氏, は世にも, は人並, は今, は兄, は先年, は初めて, は北海道, は十五, は博士, は君, は始め, は嬉しい, は官服, は工場, は庵主, は彼, は後, は心, は急, は探偵, は星根裏, は櫛, は次, は死んだ, は気がついた, は熱, は独り病室, は独楽, は生涯, は筆, は精神病者, は縁, は考えた, は芥川, は誰, は遂に, は酩酊, は驚い, もひやりと, も全く, をお, をおどかした, を仲人, を叩き起し, を誘つて, を豊富

▼ ときそこ~ (130, 0.3%)

5 にいた 3 には何 2 から殆ど廃墟, にある, にはその, には全く, に折衷的理論, に湧く, に自然, の養狐場

1 [106件] いら, からあらわれた, から二人連, から山づたいに誰, から後, から忍び込む, から第, から路, から静安, でこの, ではどんなに屡々, では娘たち, では彼自身, でもこの, で出会っ, で出来る, で酒, なっては, に, にあった, にいなかった, にかくれ, にこれら, にすぐ, にたっ, にどの, にはいや, にはいろいろ, にはなん, にはわずか, には九つ, には仇, には声, には弦, には所謂階級的, には日本, には最も, には相川良之介, には破滅, には若い, には随分, にもう, にゐなかつたなら, に一体どんなに, に人間的操作, に何事, に出, に参加, に咲く, に声, に奇妙, に宗教的真理, に寝, に居あわせた, に居合わせ, に幾人, に彼ら, に必ず, に感覺, に政治的変革, に新, に最も, に未だ, に気がつかなかった, に泊り合わせ, に流れ, に無限, に現, に用意, に発見, に盲目的, に相川良之介, に老婆, に達する, に面白い, に風変り, の卓子, の国境, の壁, の大きな, の庭先, の歴史, の港, の番頭さん, の石段, の秘密武器工場, の路地, はいわゆる, はもう, は楼門, は精神病院, へお隣, へとびこん, へまた, へ三吉, へ二台, へ急, へ来合せ, へ王様, へ脊, へ電話, まで深い, を大, を守っ, を迷う, を通りかけた

▼ ときまで~ (121, 0.2%)

5 黙って 3 彼は, 私は 2 しかたなく, だまって, 僕は, 随分狸

1 [102件] あなたを, あぶら汗, うしろに, おとなしくし, おとなしくぶら下がっ, おのれは, お母ア, かつて一度, けんかを, ことり, しつかりと, しまつて, すこしも, すみっこ, その忠告, その調子, それを, そんなつまらない, そんな大, つづく, ともに水, のを, ぼんやり空, まだいい, まだうす暗い, まだ目, ものなんぞ, わたしは, イギリスでは, エリーザの, オカネは, ミン平の, メグと, ロンドンに, 一箇の, 一緒に, 一部の, 不安の, 伸子は, 保育を, 全然考え, 列で, 前後三十年間ほど, 即興の, 同人雑誌など, 坐つて, 城中の, 墓の, 壁を, 声を, 夜なかそんなに度々, 女は, 存命し, 寧子は, 彼女は, 待たなければ, 待たれない, 待つん, 御奉公, 忘れて, 手なんぞ, 持続した, 放って, 教授と, 新奇な, 日本大使一行は, 明智先生からだを, 楽しいこと, 残りの, 母と, 母を, 毛頭思い, 気の, 氣が, 無事でい, 熱心に, 父の, 牧野信一の, 犠牲者を, 番頭の, 百余日の, 皇后は, 知らなかった, 知らなかつたの, 知らねえ面, 私には, 第一公式, 続いて, 考えて, 考へたこと, 胎中に, 腕環を, 自分たちお互いは, 芥川といふ, 装幀の, 見合わせる方, 見張りを, 誰も, 論理論理と, 配致せられ, 預かって, 頭の

▼ ときまた~ (116, 0.2%)

12 しても 3 点くの 2 外の, 学校の, 足あがらず

1 [95件] あのぞっと, あのほのか, あの友田喜造, いろ, うすきみ, おみや, かえって来た, くま使いの, くれたわね, こういいだされた, ことに筆耕, ご殿, ざるに, そう言った, そぞろ歩きの, その兵士, それが, それを, つづけさま, どうしてこんなに深味, どどー, ぱぱッぱぱッと, ひとりそわそわし, びつくりした, ぴくっとふるえた, ほえあった, ゆっくり, ろうかの, わたくしは, チラと, チリリリ, ドアを, ベルが, ボソボソ云う, ポケット小僧が, 一さんに, 一つの, 一つへんな, 一人の, 一本の, 一般の, 一閃し, 不憫さの, 世の中の, 中村係長が, 中門に, 主人は, 二人は, 今度は, 冷凍し, 別の, 千鶴子を, 同時に私, 呼子の, 喫みはじめた, 土手三番町に, 声が, 大木老人が, 天文学が, 尊氏は, 幹を, 建築物を, 思い出したよう, 意外な, 手を, 改めて契約, 斯くの, 新しい色, 書こうと, 有形の, 案内人は, 母親が, 汽車賃辨当代を, 火花を, 物について, 玄関の, 瘧が, 秋山紀伊守の, 空が, 笑いこけて, 胸が, 自殺によって, 蜀から, 衆言に, 親戚が, 言い合したよう, 走って, 足あがらざる, 近く戦争が, 逢うまでの, 酩酊の, 風と, 高いかし, 鶏啼く, 點く

▼ とき~ (114, 0.2%)

7 と思う, よ 4 と思っ, な 3 ぞ, という, と思った 2 からね, と山崎屋, と彼, と思いました, ね失礼, よ話しちゃおう

1 [71件] あーん, いいか, おみや, お前の, からあっち, からお, からこそいま, からずんずん, からです, からまけ, からまる, からボート, から一ノ関, から四月ごろ, から意識, から日本, から明治三年, から毎日, から用心, かるはずみし, がその後右大臣九条兼, がミカエラ役, ししょう, しひとつ, し猪, そうです, ぞいい, ぞ罪, ちやうど, ちょうどそこ, つた全校児童が, つて, つてまさか, つてジエィン, つて僕は, つて或, つて故意に, といきまい, とお, とおしの, とかはかなり, とか薬屋, とことによく, とさう思ふ, とする, とそんな, とた, とはかねがね, とも思う, と予測, と前記三谷氏, と思ふ, と感じ, と感じた, と矢代, と覚悟, なこれ, なと思いました, なア, ね, ねえ小さな, の, のにそれに, のに大, まるで今, キツネに, 伯母さんが, 僕の, 先生は, 船岡にも, 隠居は

▼ ときまつ~ (114, 0.2%)

20 てゐる 6 てゐた 4 た時, て居る 3 さ, た, たとき, たの, たやう, てゐない 2 たもの, たわけ, た場合, た戦争, てし, てゐるらしく

1 [50件] くらな, しろな, たお, たかの, たからは, たが, たと, たといふ, たので, たほどに, たよう, たらしいが, たわけじや, たわけぢ, た事, た二つ, た喜三郎, た数, た方, た法則, た福田徳三博士, た雛, て, てこれから, てしまへ, てはゐまい, ては張合, てもの, ても尚, てゐ, てゐました, てゐるらしい, て一時間ぐらゐ庭, て一番隅, て仰, て來, て四人, て外, て居た, て居ました, て居らぬ, て居り, て屋台, て床, て港, て私, て空, て結び, て表, て雨

▼ とき~ (112, 0.2%)

4 を思った 3 を考へ 2 か大きな, にか變, に駭, べん, を出しや

1 [95件] う思った, かうしろめたい, かにぎょ, かにつけ東京, かのはずみ, かの工事, かの御, かの書物, かの機, かの機会, かの理由, かの草, かの雑誌, かほか, か一つ話, か一ひねり, か中華, か人, か冷いも, か四辺, か変った, か小さな, か常識, か得体, か御, か思, か愕然, か扉, か拾っ, か新しい, か構える, か無口, か特別, か玄関先, か白絹, か直感, か知ら, か神秘的, か筋, か肯かれる, か自分, か英詩, か荷物, か迷, か運転手, か運轉手, か重い, か食べた, がいい, がその, が巧妙, が突発, が美しい, ぜか涙, ぜ手, ていいやがった, てがんばった, であったか, でもない, でも土手, という事, という人間, といふ快い, とも云われない, と上気, と思いちがい, と思った, と言った, におどろいた, にか斯, にたとえん, にもいわず, にもせん, に愕, に腹立っ, の利, の前ぶれ, の気, の疑い, の荷, の誰, の足し, も姫君, をいう, をきいた, をし, をたべた, を思, を感じた, を打明け, を本来意味, を被っ, を言おう, を認めた, 思ったかに

▼ とき~ (111, 0.2%)

14 あつた 4 でも 3 さへ 2 あつたらう, いいん, うちには, さえそう, スタンダールが, パナマに

1 [78件] あがったと, あちらも, あつたとい, あとは, あの眼, あまり広く, あらう, あれが, い, いいよ, この年少, こんなとき, ござりました, さへも, しばらくは, しばらく京, すらすでに, すらなお, すらトオサン, すら百斤二百七十円, すら諸君, そこでメンデルスゾーン, そして相棒, そのとき, その舞台びらき, それに, たしかに君, ですから今夜, どうにかなります, どこの, なし, ね, まだ絵, まったくこいつ, やはり縁, ガロフォリに, 三疋か, 三百円くらゐなりまつ, 二十分長い, 二回目は, 佃が, 何處の, 元気で, 八時間半であった, 六・九位でした, 十時間半最も, 四五百円だつた, 四十分も, 場所を, 多くの, 子供らは, 守時の, 小熊さんも, 延宝年間の, 当時, 彼は, 政治的デモクラシーの, 日本には, 森半, 江戸中で, 汽車が, 火星と, 玄関を, 田舎に, 皆の, 私が, 私は, 糺問所と, 結構じゃ, 綿の, 織田殿が, 耕雲や, 自分の, 良いと, 芝居の, 若林の, 見ると, 隨分以前の

▼ ときわたし~ (111, 0.2%)

4 はかれ 3 の心, はどんなに 2 はずいぶん, はその, は初めて, は思わず, は秋雄, は言った

1 [89件] うれしいて, があなた, があの, がうし, が居なく, が思い出した, が看病, が馬車, として櫛田ふきさん, どんなに辛かっ, どんな顔, になんと, にはわからない, に声, に言った, のあらゆる, のうなじ, のまるい, の作品集, の力, の地獄, の快い, の感懐, の手, の旦那様, の注意, の胸, の脚, の過去, はあの, はあれ, はいつも, はいよいよ, はお前さま, はきょろきょろ, はこうした, はことば, はこわく, はすずん, はそう, はそっと, はそれ, はたくさん, はたちすくん, はどう, はどうしても, ははげしい, ははじめて, はばか, はひとり, はまだ, はまだやっと, はむろん, はもうさんざ, はもしや, はやはり, はアーサ, はクレオパトラ, はハープ, は不意, は両う, は体, は何, は作家, は傍, は切ない, は判事, は在る, は大変, は強情, は弾丸, は急, は急い, は恐ろしく, は手まね, は是非, は歌, は注意, は父, は眠, は絶え, は自分, は良人, は門口, は隣り, は雲, は食堂, も会員, をイギリス

▼ ときだけ~ (110, 0.2%)

7 だった 5 である 4 であった, 青くなる 2 だ, であって, では

1 [84件] あたしは, いくらか, うたって, けんめいに, ここを, されること, さわぐ, すなわち理窟, そのとき, その周囲, それを, だそう, だつた, だよ, だ行きたいの, つかいました, であると, でいつか, できる浅い, です, でその, でその間, で生活, で蒲団, なんのかんのと, ぱっと目, ふいと, わしも, エプソム・ダウンの, チヤホヤし, フトンを, 一度外国, 上官の, 云わば, 人心地を, 仕事を, 他人を, 伍長に, 働いて, 働くピオニェール, 光源から, 切符くれます, 初めてその, 句も, 山高帽を, 川に, 帰郷すれ, 影を, 役に立たせられるため, 役に立つの, 彼女を, 御丁寧, 御出張, 念頭に, 明かりを, 楽器の, 気分が, 水浅黄の, 水銀灯は, 温順しく, 滑って, 灰皿の, 特別な, 甘くて, 甘たれ, 甲斐は, 目を, 真面目くさって, 私たちだって, 私は, 粉雪の, 職工を, 自分の, 自分は, 自分も, 自転車などは, 艶や, 許可し, 起き上るよう, 金を, 開けるだけ, 頭の, 頭を, 顔が

▼ ときよりも~ (104, 0.2%)

3 はるかに 2 強く白粉, 彼の, 激しい不安, 盛大であり, 言葉少なに

1 [91件] あるいは喜び, いっそうはっきりと, いっそうまざまざと, いっそう自由, かえって気, こつちへ, この日, この日本, さらに有害, さらに烈しい, さらに美, ずっと我がまま, ずっと朗かさ, ずっと深い, ずっと若く, なおいっそう, ねむくならない, はっきりした, ふえて, まかして, むしろ今, むしろ少し横目, もっとあわて, もっとはっきり肉眼, もっとひどい, もっとびんぼう, もっとやせ, もっと大名式, もっと悲し, もっと深く, もっと飾り立て, やせて, やはり防波堤, ズーッと, ヒュマニティーの, 一そう気を, 一つに, 一層客観性, 一層蒼い, 不意の, 二倍半高く, 二尺ぐらい, 人間の, 今の, 前に, 動揺した, 動搖した, 古く, 同じ五銭, 同情の, 変って, 大事だ, 子供に, 容易に, 寒いとき, 寒いよう, 寺に, 少しは, 左の, 帰るとき, 年上の, 幸福さうに見えた, 強く力, 後で分る, 後に, 思い出すと, 手間どるよう, 押入の, 明瞭に, 時刻は, 更に大きく, 正しく観察, 汗を, 激しく繁, 烈しい拍手, 目上の, 眠って, 着物を, 神経質に, 素面で, 組織に, 興味深そう, 芝生の, 若々しく見え, 行き逢う人, 見違えるほどの, 赤坊は, 遅く進む, 遙かの, 非常に, 顔が

▼ とき初めて~ (104, 0.2%)

2 [11件] この時代精神, そこに, わかったの, 口を, 彼の, 彼らの, 彼女は, 必要と, 気がついたよう, 知った, 知ったの

1 [82件] あの人, このまま, これは, これまで, その事実, その問題性, その固有, その娘, その相手, その障害, それが, それと, たんば, であったろう, なにが, の夏山入り, またもと, み気色, シャラントンや, ハリスは, バチバチ撃ち浴びせた, ポートラップという, 一すじの, 一斉に, 三蔵は, 上京し, 世業という, 人々は, 人に, 会いました, 出来たの, 十分なる, 可能である, 味わった, 哲學される, 在るもの, 地上の, 声を, 大橋を, 完成される, 對象と, 少女達は, 師匠との, 幼年以来身の, 廟の, 彼は, 彼女たちは, 思い知った, 感じも, 感慨を, 成立する, 我々は, 或る, 戦争を, 気がついたが, 気づいたの, 火を, 現実的に, 真紀子を, 知つた, 私の, 私は, 立ち上った老人, 老人の, 腕を, 自分の, 英語で, 英語の, 菊池寛の, 萎靡する, 行為者に, 見たの, 覚一も, 親子三人の, 読者層の, 身を, 長柄隊か, 階段の, 雷雲の, 静かに, 首を, 鬼がら焼へ

▼ ときあの~ (103, 0.2%)

4 やぐら, 人は 2 こまっちゃ, ときも, ねむの木の, 人等は, 子が, 子は, 方の, 駅の

1 [79件] いつかの, お美夜, ことが, ちょっぴりした, ときなおらず, ときには, ひとが, ひとの, へんを, ような, イギリス名画集の, ニューファウンドランド種の, 五人の, 五年間ヨーロッパの, 人が, 人の, 人を, 作を, 児さえ, 厳かな, 叔父たちの, 堀田の, 夜光人間の, 女が, 女の, 女の子の, 女主人公の, 姉ちゃんも, 娘だけが, 子にも, 実験の, 家から, 家に, 岩と, 左肋骨下の, 帆村荘六の, 幸福だっだ, 弱々しく小さく足, 微笑を, 恐ろしい考え, 手紙に, 方が, 日の, 日は, 月は, 有名な, 村の, 果物皿を, 森林の, 毛皮を, 汽車が, 沈鬱な, 泥まみれの, 激しい弾圧, 無智, 特別な, 田丸とかいう, 男が, 眞夜半の, 穴の, 空に, 結婚した, 美しい女形, 茫漠と, 草紙洗小町の, 藤蔓の, 西国巡礼の, 親様の, 言葉では, 誓約書には, 身代よりも, 近在に, 連中は, 部屋に, 部屋は, 部屋教則本ヴェートウヴェンの, 霧の, 静かな, 面長の

▼ ときより~ (97, 0.2%)

2 はるかに, まじめで, 以前の

1 [91件] あやしくも, あらわな, いくらか多い, いくらか瘠せた, いっそう烈しい, うんとうまく, おきみ, お前の, お母さん宛に, かえって十分, かの童, ぎょうてんし, さかのぼること六年前, さらに激しく, して, ずいぶんすらっとなすった, ずっと, ずっとしっかりし, ずっと切り口上, ずっと実際的, その迷信, のち同国は, はっきりと, ひかげ, ほかに, またひとしお, まるで違った, みちを, もっと前, よほどうまかっ, れんぼなされ, ズーッと, 一層強か, 一層粛, 一段と憔悴, 三倍も, 世の中を, 二倍半は, 二音程ばかり, 今の, 仕事は, 他には, 以上の, 余計自分, 又一段, 可愛らしい顔, 地味で, 執し奉れるゆえ, 堕落した, 外を, 夜なかに, 大い, 大きなそのとき, 女は, 妙に, 婦人と, 客観的な, 少しくあと, 少し興奮, 幾分の, 建増して, 弁え知るべ, 怪しくも, 數年後安政年間の, 日が, 杉本氏の, 来刹那刹那, 楽です, 狐が, 理解される, 生ずる自主的, 瘠せたよう, 目立って, 私が, 精神の, 約二十年後, 素子との, 聞き込んで, 腐れたる世界, 西班牙に, 親しさ, 豊富だ, 身の, 転んで, 辛い, 進んだ心, 遙に, 関羽張飛と, 陣に, 高山に, 髪には

▼ ときはじめて~ (96, 0.2%)

2 あの人, それが, ほんとうの, 咽喉の, 師匠が, 見たの, 高座に

1 [82件] あの漂う, いっしょに, うしろの, こいつは, このトリック, この単純, この問題, じぶん, そのいい, その名, その批評, その真面目, のこと, カヤ, カランポーの, テントの, トオサンの, ヘリコプターが, 主題の, 会ったばかり, 体験した, 何らかの信念, 兵を, 判断は, 卓一に, 口を, 可笑しな, 和一郎たちの, 唖娘は, 声上げ, 外の, 天皇が, 孤児は, 完璧に, 巨男が, 広義の, 庄三郎が, 形而上学的文学理論は, 彼の, 彼らは, 心の, 念仏の, 感じが, 憲法の, 文吉に, 新吉に, 日本へ, 月に, 本ものの, 松と, 栄三郎の, 楽屋の, 母は, 民主が, 民主的と, 気がついた, 気がついたよう, 気づいたこと, 氣が, 源朝臣の, 炬眼を, 無始以来内包, 無限に, 父の, 男の, 目の下に, 真心は, 瞬きを, 知ったの, 知ったわけ, 知る新ら, 私に, 胸苦しくなり, 自分の, 萎みました, 見た, 身に, 農家の, 連れ込まれた家, 野球の, 顏を, 魔海の

▼ ときもう~ (91, 0.2%)

3 私は 2 土神は, 彼の, 美奈子は, 舌が

1 [80件] あんたは, いいでしょう, いっぺん板戸が, いまは, いよ, およめ, じき描き終る, そいつの, そこでは, その人, その霧, とり戻しが, どこに, なみだ, ひとりの, ダメだった, テントが, フランスは, ロシア暮しに, 一つは, 一つ上の, 一どは, 一ぴきの, 一人の, 一包みも, 一寸と, 事實は, 二人の, 二分され, 五十以上です, 介錯人の, 何回めかの, 例の, 先生は, 先発の, 全軍, 前の, 北山殿へ, 午を, 地下活動を, 夜は, 大書院には, 大根河岸や, 姉さんは, 家へ, 寝て, 小屋の, 山の上へ, 帰るん, 帰る希望, 心細さ, 息子も, 日は, 昭夫が, 朝に, 死ぬ覚悟, 死んで, 母親は, 江ノ島へ, 沿海を, 泰造は, 浅吉の, 浅春の, 涙も, 牢営中は, 男を, 発車し始めた, 目付の, 直義の, 組の, 考えて, 胸に, 自分の, 自分も, 身内は, 近代の, 長いこと顏出しせん, 駄目なり, 黄昏も, 黒い素焼き

▼ ときすでに~ (89, 0.2%)

2 ひとりの, 人々の, 病人は

1 [83件] あいつは, あの人, ある一つ, かよは, このお, この不吉, この子, この水道, この狭い, ざわついて, そこの, その実, その容態, その眼顔, その胎内, その野営地帯, それの, そんなご, そんな気, エナコは, クリストフは, トムジョーンズを, バアナア街に, 一度は, 一里にわたる, 二ヶ月も, 五月の, 償われて, 元帝, 先陣へ, 全戦局, 北畠信雄は, 医学上の, 十年も, 古び朽ちて, 四十から, 国王エマニュエル三世は, 土岐家の, 城兵の, 妊娠って, 対手は, 巳の, 平和の, 当家の, 彼女たちは, 彼女の, 文次は, 日の, 日向守の, 正二位権大納言, 死を, 殺されて, 母親は, 決戦の, 法本は, 法然の, 流刑地の, 激昂し, 熱海中心街は, 玉嬌枝は, 知つたのである, 研究は, 禅宗の, 義貞は, 脈は, 自分の, 自分は, 自己の, 良人は, 薄暮であり, 蜀中を, 行ひ, 裏長屋同然の, 試驗ずみで, 貴公とは, 超個人的, 身に, 遅し矣, 道誉から, 部落を, 陽は, 音楽的歌謡の, 鯉を

▼ ときこれ~ (87, 0.2%)

2 だけの品, によつて, に反抗, はまた, は崩れる

1 [77件] がほんとう, がベエコン以外, が下, が恋愛, が楽園, が見納め, こそ泥沼, でどなた, では堪らない, では長持ち, で伊豆半島一周, で巡歴, で村, で貴女, ならこの, ならば, によって或, によって私, に呼応, に対してあちら, に打ち勝つ, に添わする, に適切, に類似, に饅頭, の親父, はいかにも, はいけない, はお, はおもしろい, はきっと, は一度, は何, は化された, は珍, は自分, は誠に, は誰, は黙視, へ近づいた, ほどわれわれ, までその, までにない, までのよう, までの幾万, までの日記, まではいつも, までは台所, まで何度, もまた, も古い, も臨時, も食事, をひいた, をひとつひとつ, をよく, を人語, を介錯, を停止, を偶然, を奇跡, を左, を彎, を抑え, を投げ掛く, を携え来た, を書き立てた, を木, を求め, を熟睡, を盡きしめ, を知った, を経験, を縮, を聞けり, を自己, を見

▼ とき突然~ (86, 0.2%)

2 その騒ぎ, 三枝が, 海の

1 [80件] あたりが, あたり一杯に, お前が, そこへ, その婦人, でありました, にある, にかれ, にも壁, にドア, に刑事, に苔, に魘される, はっとして, また例, ものすごい地震, ゲエテが, ジジが, ドドーンと, 一発の, 一行の, 中央線の, 何を, 何者とも, 僕の, 先生は, 列車は, 右隊から, 向うの, 坑が, 夢の, 大きな嚏, 大声で, 天水桶の, 寢臺から, 局内の, 屋棟の, 山の上に, 店の, 引き入れられるよう, 彼の, 彼を, 後方から, 後頭部に, 思いがけなくも, 拍手が, 敵に, 早馬に, 春が, 書類を, 最敬礼の, 本館の, 横あいから, 武器庫から, 母を, 玄関先で, 現われた思わぬ華やか, 現われて, 真紀子は, 眼も, 矢代の, 私に, 私の, 私は, 立ちあがって, 耳もとで, 自分の, 船橋で, 艦は, 襖を, 軍歌の, 造花屋の, 銭石山は, 門七が, 隣室から, 頭上から, 頭上の, 風呂場の, 首領の, 高声器

▼ ときほど~ (83, 0.2%)

3 私は, 自分の 2 人間を, 楽しいこと, 自分が, 革命に

1 [69件] いい機会, うやうやしく迎えられる, うれしいこと, うれしかった, おどろいたこと, おどろかなかったが, お遊さん, きまりの, ここの, その場, たってから, たのしいこと, はかない気, はっきりと, びっくりした, また彼, やるせなく思った, よく眠った, 三軍の, 不愉快な, 世の, 仕合せな, 他を, 信長の, 困ったこと, 執拗に, 女性の, 嬉しかった, 富山市電の, 強く心霊, 彼は, 御祈祷, 心たのし, 心細くは, 快いもの, 悲しい思い, 意義の, 戯曲的に, 持って, 文字による, 早寝早おき大切という, 明瞭で, 晴々し, 果実の, 概してこの, 毛の, 氣の, 現実感を, 甚だしい時代, 生が, 生甲斐を, 痛切に, 盗みが, 相手の, 神護の, 秋の, 美しい巴里, 聽聞した, 腹の, 自らの, 自分を, 自己の, 自然が, 身に, 門司に, 障子の, 飢えや, 骨身に, 高山植物の

▼ ときとは~ (81, 0.2%)

6 違って 4 ちがって 2 また別, まるで違った, 何もかもが, 別人の, 違う

1 [61件] いつだった, いろいろちがった, おのずとちがっ, ぎゃくに黒井博士, ご身分, たいへん違ってる, ちがいまして, ちがい遠距離, ちがうので, なった, ひどくかわっ, また違つた興奮, まったく反対, まったく異, まったく違っ, まるでちがった, まるでべつ, まるで別人, まるで工合, まるで異, まるで違う, 一時間ほどの, 人が, 全く違っ, 全く関係, 全然別, 全然運動神経, 別して旅, 又ちがいます, 又まるで, 反対に, 反対の, 大ちがい, 少し違, 少し違っ, 幾分心構え, 心内の, 打って, 打つて, 時勢も, 書物といふ, 正反対の, 段違いに, 比べものに, 激しい變, 異り, 真実味に, 眼つきまで, 精神に, 考えも, 違いよほど, 違い打ち解けた笑顔, 違い楽々, 違い特長, 違い目, 違うん, 違う考え, 違つた方の, 違て, 違ひ, 鬼門の

▼ とき~ (77, 0.2%)

4 につれられ 2 はそこ, は玄関, 広忠

1 [67件] から, からこういう, からよく, がどんな, がイギリス, が三人, が二十八歳, が入っ, が挨拶, が来, が歌一首, が死ん, が相模川, が突然, が臨終, が見, が身じろいだ, としてこの, と共にパリ, と母, と祖母, にあらずや, にすすめられ, につい, にもう, に伴われ, に死なれ, に話した, のくれた, のこの, の事務所用, の前, の実感そのもの, の手, の機嫌, の機嫌好き, の泰造, の神前, の茶わん屋捨次郎, は, はいつ, はいろいろ, はおち, はそれら, はようやく, はカンボジヤ女, は一つ, は一九世紀中, は世, は何処, は兄弟, は其夢占はず, は寝台, は志保, は槇町, は消防演習, は私, は自分, は途中, は通例, は驚喜, もママ母, を亡くし, を亡くしました, を失っ, を失った, 堅く巻きた

▼ ときどこ~ (76, 0.1%)

12 からともなく 3 か遠く 2 かでフェヤリイ, からか差出人不明

1 [57件] かからみょう, かからブルルルルル, かでしくしく, かでコトッ, かで微か, かで犬, かで短銃, かで若い, かで見た, かで酔, かで鉄砲, かで鶯, かにいる, かにゐる, かに指紋, かに身, かの夫人, かの宿, かの小, かの裏, かへいっ, かへいなくなっ, からあらわれ, からあらわれた, からか, からかおそろしい, からかぎょっと, からかたくさん, からかぶるるる, からかまったく, からかもどった, からかジョン, からか人, からか低い, からか恐ろしい, からか本物, からか異様, からか笛, からか赤ん坊, からか電話, からか黒い, かをうったらしく, かを打ったらしく, か力, か町, で目, にい, に泊まるであろう, に潜ん, に行っ, へか飛ん, へそそい, へも行けやしない, へ子供, へ葬った, までも慎重, まで押

▼ とき~ (75, 0.1%)

42 がはじめて, と温泉, の眼, の顔色, は椅子, は祈る, は突如, を愛す, を背負っ

1 [53件] が十円札, が声, が河, が清吉, が溜息, が盆, が能, が自分, のあげる, のいった, の一ばん, の声, の子供, の店員, の涼しい, の綱渡り名人, の背後, の膝, の顔, の黒い, はすこし, はそっと, はたずねた, はだ, はつれ, はどう, はにわかに, ははっきり, はやすやす, はオオ, はカンヌキ, はハッ, はビッコ, は云いました, は何やら, は前, は嫉妬, は嬉し, は必ず, は忽ち, は急い, は恐ろしい卑しい, は憎らしい, は既に, は立っ, は絶えず, は背後, は自分, は衝, は隣り, は飯場, は駕籠, も余

▼ ときなど~ (74, 0.1%)

5 私は 3 彼は 2 母は

1 [64件] いきなり三頁位先, かれは, こういう呟き, このバッジ, し給, すっかりすべすべ, そうです, その教会, その遭難現場, その騒々しい, ただ親しみ, ちょっとのび上っ, ときどき私, どうやらこの, なくて, のべつ縦横, はっきり不満, ぴんぴんいたし, ふいに, ふと彼女, むろん語学, よく船, よく袖, わたしは, われながら, エセックスが, サーシャの, トシを, ペンクは, メニュウが, 一体どういう, 一太は, 一羽の, 三四度も, 中学生の, 他人には, 合せ鏡を, 夕暮れ近くなっ, 天気好, 実に忘れ, 客席の, 将棋を, 席上の, 幾人と, 彼女は, 政宗が, 暗くし, 木の, 次男は, 浩平と, 清子は, 灯も, 父の, 真昼陛下が, 矢代は, 祖母や, 自分だけ, 菜穂子は, 裸か, 超然と, 身体の, 酔うと, 風の, 馬小屋へ

▼ とき~ (73, 0.1%)

4 がる 3 がら 2 がらあ, 工場へ, 彼が

1 [60件] あるべきを, いいぢ, うさうし, おかずの, お互, お父さんに, がるん, がれ, がれ紺屋の, けがなどを, しきを, すぐその後, そのときおさらば, それらの, なにかに, なんぼちつとばし, はり別の, べつが, よかつ, わさびの, アがって, アまた, ピアノに, ヨー涙, 一日心待ちに, 世間話を, 何が, 入れるとき, 内地から, 卒業なれた, 古琴, 右手を, 困って, 大きな獲物, 容易に, 寝てからの, 念仏ぶし, 意外の, 手おくれ, 新潟が, 明け暮れその, 春の, 普通一太, 未だ結構一夏位, 止みますよ, 流紋岩蛇紋岩が, 海を, 町外れの, 當惑した, 疱瘡の, 着いてから, 窓と, 自分の, 自然に, 茨と, 賤しか, 道平の, 非常の, 面倒な, 首を

▼ とき~ (71, 0.1%)

4 は私 2 に云, はどうしても

1 [63件] からよくそう, から貞, がいつぞや, がかぶっ, がなに, がランプ, が乳, が出迎え, が弟, が急, が来, が煮, が糠味噌, が言った, になる, に僕, に愛, に會, に死なれ, に死に訣れ, のこと, のさき, のない, の乳, の乳房, の仕度, の前, の唐突, の多, の大きい, の手, の杉代, の白く, の瞳, はあさって, はおらぬ, はけげんそう, はすでに, はその, はそんな, はたしかに, はひろ子, はふと, はまだ, は何とか, は侍僕頭, は台所, は奸婦, は娘, は子宮癌, は従順, は悲し, は根, は武運長久, は気味, は父, は辰弥, もつや子, も保, をおもう, を喪った, を失った, を見た

▼ ときこそ~ (70, 0.1%)

2 ほんとうに, 刀折れ, 本当の, 私は

1 [62件] あなたがたは, あのお, いつでも, いるもの, うんと頭, おちつかなければ, おまえは, かのヨハネ, じつは最後, すでに大坂, その人, それに, それまでの, たとえ腕ずく, とらは, ほんとに命, やつても, わたしが, わたしは, イエは, カマキリの, 人々は, 今日の, 供養も, 保護者の, 僕は, 勝頼は, 君の, 大いによかろ, 大アジア, 太平洋は, 将帥の, 小説の, 少し憤りすぎる, 布教使がたを, 庶民は, 引捕え, 彼は, 彼らの, 心ゆくまで, 掌の, 最後の, 朝鮮の, 来つれ死にゆく期, 死骸は, 母が, 気を, 潔く自分, 男性と, 百年目に, 益, 真に幽霊, 真剣にも, 知識を, 突っかい棒, 窓の, 米良は, 総兵都督, 総大将, 酎を, 雪之, 魏を

▼ とき一人~ (70, 0.1%)

6 の男 5 の女 3 の若い 2 のおじいさん, のおばあさん, の女性, の警官, はあわただしく

1 [46件] が海洋, だけぢ, だけやっつけた, だけ乗った, で尾沢, のひと, のほう, のみすぼらしい, のアーティスト, のインテリゲンツィア, のチョウダアラ, の一番, の乙女, の人かげ, の作家, の侍, の僕, の僧職, の刑事, の参謀, の同級生, の同郷生, の婦人作家, の子, の学生, の巡査, の巡礼, の役人, の悪漢, の有名, の浪人, の浪人者, の痩せた, の瘠せた, の皇子, の神さま, の粗野, の聖者, の舎人, の船員, の親, の酔漢, の雑役, の馬喰, は例, 足らざりしかば

▼ とき~ (70, 0.1%)

4 に矢代 2 にお, に眼, に私, に自分, に言葉

1 [56件] な変化, にあの, にいつも, にいま, にいや, におえい, におかしく, におこり出し, にかるく, にきまった, にこうした, にこちら, にこっち, にす, にはっきり, にばったり, にもうどうしても, にゆらゆら, にわたし, に主人, に事態, に例, に信者, に千鶴子, に可哀そう, に右, に向う, に土間, に大きな, に大門, に彼, に忘れ, に念頭, に悪魔, に悲し, に我, に持ち, に文楽, に杯, に桃子, に母, に気がついた, に瞼, に窓, に蒼白, に襖, に赤ちゃん, に足, に踊り見物, に重力, に鋭い, に鋭く, に降り出した, に顔, に風, に黙っ

▼ ときなどは~ (69, 0.1%)

2 寂しい心持, 彼女は, 思はずほう, 思わずほう, 虔十は

1 [59件] いかにもし, きっとうなされる, ずいぶんきちんとし, せっぱつまって, その強い, それが, ともすると人々, はっきりと, まさに窮鼠, まじめに, まだ元, まるで鷹, もう一つ手, もっとひどかっ, わけも, グルに, スキーで, 二日間も, 余程近く, 僕の, 全軍ひとつ, 几帳の, 則天武后親しく, 匂いが, 取り外して, 四五十匹も, 姉と, 子供が, 家の, 山男は, 彼は, 彼らの, 心づいて, 心痛の, 思ったより, 恐多い話, 支那の, 朝から, 朝客を, 東京の, 殴る蹴るという, 気持には, 永代経を, 涙ぐんでおろおろしていました, 満場大, 激流の, 焦立つ気持ち, 社會的例外だ, 箸を, 翌朝まで, 蒸し殺されそう, 誰も, 身すでに, 身体を, 雨に, 青いリボン, 飯が, 首を, 黄昏芝居の

▼ とき私たち~ (68, 0.1%)

6 の心 2 の魂, はただ, ははっきり, は他人

1 [54件] に感じられる, のうち, のこ, のこころ, の何倍, の全, の周囲, の女, の学校, の心もち, の教官, の率直, の生活, の目, の社会, の背中, の胸, の質問, はあい抱い, はいつも, はこれから, はその, はそれ, はだから, はどういう, はどうして, はどうせ, はまた, はみんな, はむこう, はもはや, はやう, はわずか, はわれ, はアイスクリーム, は一人, は今日, は作家バルザック, は偉大, は初めて, は別, は単純, は彼女, は心から, は思わず, は本当, は林, は決して, は海, は漠然と, は犠牲, は自分たち, は関係, を沈思

▼ ときかれ~ (67, 0.1%)

7 らは 2 は突然, は自分

1 [56件] がいよいよ, がかく, がどんなに, が詠んだ, といれちがい, には奇怪, のまえ, の声, の手, の母, の疲れた, の眸, の胸, の見た, の近く, の頭, の顔, はいきなり, はいま, はこれ, はせかせか, はそう, はその, はそれ, はぞう, はぱっと, はふしぎ, はまったく, はもう一度, はコツコツ, はドノバン, はマチア, は初めて, は危なく, は口, は夢想, は幾度, は当然, は徹底的, は支配人, は既に, は早く, は時折, は極度, は殆ど, は殆ど叫び, は目, は穴, は素早く, は緋鯉, は追跡発砲, は金網, もこれ, らとともに, らの, 袋探偵の

▼ とき二人~ (67, 0.1%)

2 の少年, の男, の眼

1 [61件] がもし, がもっと, がやってくる, が一様, が千早館, が幸, が背, が苦しん, が話し, だけの最も, で差し, で映画見物, で記念, で送っ, とも考え, のあと, のこと, のどちら, の不安, の位地, の体, の傍, の医師, の後, の感動, の懐ろ, の注意, の目, の立っ, の舌, の間, の頭, はかね, はすこし, はすべる, はながい, はべつべつ, はみ, はもう, はもう一度, はセント, はベッド, は一言, は丘, は久慈, は何もかも, は別に, は大きい, は岩, は帷幄, は手, は浅草, は漸, は無言, は空, は笑った, は答えた, は警笛, は辛うじて, は露台, は露臺

▼ とき~ (67, 0.1%)

3 の心 2 は, はその, は何, は自分

1 [56件] がたづ, がになわせられる, が失う, が来た, が食べる, と人, にお, によった, によまれ, に招, に接する, に聞く, に請, のきた, のこと, の動く, の垣, の声, の子, の来っこない, の機, の肩ごし, はああ, はいう, はいずれ, はきっと, はこう, はさ, はどう, はどんな, はなかなか, はひどく, はもう決して, はもはや, は不可抗, は今, は嘘, は大空, は天, は天国, は慣れ, は死, は生命, は礼拝, は私, は空, は裸, は見た, は誰, は諫め, も馬, をおそれしめ, をし, を失笑, を殺す, を訪れ

▼ ときからの~ (66, 0.1%)

4 お友達 3 私の 2 ものだ, 仲らしく

1 [55件] ことであった, ことである, この親切, ながい時間, はっきりした, ぽつ, ものだった, わたくしの, カソリックの, スタッフの, 一日の, 予定であった, 予定な, 仕つけ, 写真を, 友だちの, 友人である, 友達だ, 味の, 大和魂です, 宗教, 帝が, 彼の, 念願であった, 思い出を, 性分で, 手遊びの, 教育が, 昔馴染の, 欠勤だった, 灸の, 狂人だった, 獲物の, 皆の, 知り合いである, 知合か, 約束で, 美貌の, 自分の, 興味の, 芸仕込み, 覚悟では, 親友であった, 計画である, 許嫁は, 話などが, 話を, 貯蔵品である, 身ごなしを, 身の上話を, 遊び友だちでした, 遊び友達で, 過去と, 酒ずきだった, 酒好きで

▼ ときちょうど~ (61, 0.1%)

2 お日さま, 私の

1 [57件] うまく骸骨, おれは, お腹に, お身重, かたわらに, こんなよう, せきを, そこへ, その角, その赤い, その頃, それを, になった, はんの, ほおの, オタツと, コーヒーの, ベルが, ボール投げ, レスターの, 下の, 二三人ほどの, 二十歳であった, 俥が, 停車場の, 八歳だった, 千葉房枝は, 叔父さんが, 同じ村, 向い合った扉, 小学校の, 彼は, 待って, 待合室に, 御殿の, 扉の, 托鉢の, 日が, 日清戦争時分に, 暗い暁天, 朝の, 木橋の, 父親の, 王さまの, 節穴から, 籬の, 群集を, 裏の, 親方が, 警報に, 近くに, 迦葉, 過去現在未来なんでも, 都から, 鈴を, 門口へ, 風は

▼ ときすぐ~ (60, 0.1%)

2 に, 胸が, 鼻の

1 [54件] あとから, かれの, その手配, その理性, そばの, そばを, それを, にいえ, にそう, には腑, には舌, にわれわれ, にグイグイ, に右門, に宮内, に察し, に恋, に気, に神, オセロに, バスには, マッチを, 三脚几を, 何人かの, 保護観察という, 傍の, 分るやう, 前に, 十六夜ぢや, 友達と, 執行停止に, 宿を, 寿江子に, 島田と, 思った, 或る, 手もち, 朝日新聞に, 横で, 横に, 横手について, 歳太郎の, 気が, 水上君に, 目の, 細工人の, 考えて, 財布を, 近くで, 近くに, 近くの, 返事を, 通りの, 音次郎の

▼ とき~ (58, 0.1%)

9 んだ 6 のだ, のである 4 のです, よ 2 のでその, ば水

1 [25件] おれが, がせ, がま, さるが, ねえ, ので, のでそれら, のでだれ, のでともすれば, のでみんな, ので摂関大臣, ので気持ち, ので無遠慮, ので藤吉, のにあんな, のよ, むあみだぶつ, よいくら, よ俺, んざお前の, んざアポウッと, んであったろう, んでしょう, んです, アに

▼ ときまだ~ (53, 0.1%)

2 年若き, 廃屋の, 馴染の

1 [47件] お母さんが, こどもであった, これを, すまず, ぜんぶひらかない, そこに, その寸芽, つぎあわされていないせっこうは, はしごの, やつと, ズボンだけは, バラが, 一側用人だった, 七八名の, 三つの, 二十七だった, 二十歳に, 今も, 傷けられず, 前線に, 十五歳の, 半分も, 完成し, 宵の, 小さかった, 帰宅しなかった, 年の, 幼かった, 床に, 弱冠十九歳の, 御年, 明るかった, 本能寺の, 武士千余人は, 火が, 生れてなかったぞ, 眠い, 着いて, 羽柴方では, 若かった, 見えて, 赤坊であった, 越後甲州両, 送る者, 途惑っ, 部屋の, 雪子は

▼ とき~ (53, 0.1%)

32 にも逢

1 [48件] かあわただしく, かうしろ, かにお, かにしゃべった, かに咎められ, かに歎聲, かの足音, からともなく, か凄腕, か好み, か庭石, か彼, か芦, か見, か部屋, か門口, が, がこれ, がそれ, がそんな, がよく, が国, が思い至っ, しもそこ, だか, だっこら, でもがする, でもが醜悪, でもやる, でも感じる, でも持つ, とも知られぬ, にでもすぐ, の助力, の声, もあたり, もまだ, も二人, も正視, も気, も気がつかなかった, も見た, も見ない, も誰, やら自分, より真っ青, より眼光, れが

▼ ときどう~ (51, 0.1%)

6 したわけ 5 したの 3 したもの 2 いふ風に, したこと, したらいい, しようと, すれば

1 [27件] あっても, いふ様式, いふ生活環境, かあなた, したはずみ, した機, した機みかまんま, した調子, しようかと, するか, するかと, すること, だ, つよいかが, であったかを, でも好い, なりましょうか, なるかを, なるの, やって, 云ひ出し, 変るか, 思ったか, 思つた, 感じたかを, 答えるか, 自分で

▼ ときだった~ (50, 0.1%)

2 が, な, のかも, ので矢代

1 [42件] あのが, お梶, かある, かは記憶, からいよいよ, からコトシ, から南, から少年たち, から無理, がそれ, がまず, が一時間, が世の中, が傍, が自分, じゃない, といいます, と思います, と思う, のだろう, のである, のです, のでその, のでそんな, のでみんな, ので一度, ので南, ので塩野, ので実は, ので御, ので河上君, ので誤解, のに, ひとりが, ひょいとした, よ, わけです, わけね, んだろう, んです, んでたいへん, 玄関の

▼ ときぼく~ (49, 0.1%)

2 のお母さん, は自分

1 [45件] が, があなた, がうち, がきみ, が哀れ, が地球, が自動車, と山下君, には権力, に入り用, に尾行, の目, はあいつ, はあわて, はいい, はいつも, はおも, はおんぶ, はお客様, はこの, はすぐ, はすでに, はせっかく, はそういう, はその, はなにか, はなんと, はもう, はカシ, はネリちゃん, はモルフィネ, は人事, は兵隊, は卵, は心, は東京毎夕新聞, は白い, は誘われ, は銀色, は電人, は顔, も一句, より前, をいっしょ, をたすける

▼ とき~ (49, 0.1%)

2 と女, は, は沖, は自分

1 [41件] から近寄られ, があの, がある, がつぶやい, がわきみ, が今何処, が会話, が大声, すぐ出た, にも女, に別れ, に跡, の両手, の代り, の家, の手, の死体, の目, の頸部前面, の黒い, はいった, はいつも, はおと, はおもいきっ, はしきりに, はどんなに, はびっくり, はびっしり, はようよう, は二人, は呆れる, は唸, は気味悪い, は煙草, は牢屋, は目, は真先, は神さま, は羞恥, は脇の下, を強く

▼ ときあなた~ (47, 0.1%)

2 の噂, はぼく, は何

1 [41件] あのなか, から頼まれた, がそれ, がもしも, が大変, が天, が神, なんと云った, に話し, に黙っ, のお, のおっしゃった, のこと, の云った, の別荘, の勤める, の姿, の幔幕, の手紙, の方, の空き部屋, の胸, の船, の話, の踊った, は, はあたし, はこれから, はその, はそれ, はどう, はどうして, はひょっこり, はまだ, は待合室, は資本主義生産, へーん, も勉強, も笑っ, をおそらく少し, を探し出し

▼ ときある~ (47, 0.1%)

4 人が 2 ことを, ひは, 一つの, 種の

1 [35件] おぼろげな, お百姓, かるいおののき, ことが, ごとに, ばあい, アメリカ人から, 交響的合唱曲の, 人々は, 仲間が, 先生の, 処に, 分だけ, 和蘭船の, 商務官が, 商品の, 夜十二時過ぎ他所から, 大公が, 家の, 年摂津の, 強い思い, 日海に, 日矢代の, 日私は, 明敏な, 星が, 時は, 晩夜ぶ, 朝まったくとつぜん, 朝わたくしは, 朝子, 本屋に, 海人が, 絶望の, 金持の

▼ ときとつぜん~ (47, 0.1%)

2 音楽が

1 [45件] おそろしいこと, この娘, しらひ, すうーッ, だれかが, どこか, むこうを, ガサガサという, ドアが, 伝六が, 南の, 土蔵の, 地震が, 場内が, 外で, 大きな声, 大きな音, 大わらい, 天地は, 妾は, 室内で, 彼の, 思いがけないこと, 思いがけないさわぎ, 戦艦オレンジ号の, 扉の, 樽に, 煙の, 異様な, 石垣の, 石川の, 秀吉は, 私の, 絵が, 耳を, 自分の, 船内で, 見物席の, 足を, 車よせの, 門内で, 隣りに, 飛行機の, 鯨狼が, 黒川記者の

▼ とき先生~ (47, 0.1%)

2 から明治大正政界, がかはる, がかわるがわる, のふところ, は

1 [37件] から指, がいつも, がはいっ, がチョーク, が入口, が大学, が徹夜, が正吉, が笑われた, が自分, が逃, が雨, にもらった, に断わり, に聞いた, のおっしゃった, のお母さん, のそば, のところ, の丈, の方, の緊張, の部屋, の顔, はいきなり, はお, はそれ, はちょうど, はなに, は年子, は教壇, は目顔, は虫籠, もはるか, も出席, も生徒, 特に駕

▼ ときでは~ (46, 0.1%)

15 ない 8 なかった 4 ありません, ないと

1 [15件] ありますまいか, あるまいと, これで, ございませぬ, ないか, ないかと, ないこと, ないでしょう, ないの, なかつたかと, なく, なく一心, もはやなかっ, 何となく物, 無いさては

▼ ときいつも~ (44, 0.1%)

4 窓から 2 するよう

1 [38件] いっしょだ, かうです, かれは, ここよ, これは, こんなふう, ご厄介, そこに, そこには, その前, その要領ぢ, とちがっ, のとおり外気, のよう, の様, よりはだいぶ, ボオドレエルの, レコードを, 一種の, 伏せられた寂しい黒い, 伸子は, 冷静に, 外に, 思い出されるの, 技術的には, 教えるよう, 比較的に, 涙が, 秀吉との, 私の, 私を, 細川ガラシヤを, 置いて, 自分の, 自分一人だけが, 見上げた欅, 誰にも, 雑談の

▼ ときひろ子~ (41, 0.1%)

5 はその 2 の胸, は自分

1 [32件] から再び, がきまって, が暮し, が書く, に助けられ, に関する書類, の体, の周囲, の心, の気分, の顔つき, はざらざら, はすぐ, はそれ, はどんな, はどんなに, はよろこび, は一つ一つ, は不思議, は何とも, は学んだ, は広島, は恐怖, は我, は文学, は母, は用向き, は窓, は簡明率直, は総, は脚, は街道

▼ とき日本~ (41, 0.1%)

2 は真に

1 [39件] から数百名, がもし, がもしふたたび, が泣い, ではそれ, では俗, では全, では戦争, では東京, で儲けた, で忽ち, で生麦, におけるプロレタリア, には紙そのもの, に心酔, の中央政府, の人民, の内地, の国民, の婦人, の子供, の客商売, の心, の忍耐づよい女, の忍耐づよい農民, の捕虜, の政府, の文化, の文化人, の文学, の新聞記者, の民法, の知識人, の知識階級, の禅僧旭某氏, の資本家, の通詞たち, は最後, へ帰ろう

▼ ときだけは~ (39, 0.1%)

2 あたりが, 流石に

1 [35件] あれやめ, いって, いつも番, おとなしくなる, おのずと頭, おれも, きつねも, ざわざわと, にこりとして, ほんとうに, マギルと, ヤエちゃんを, 一体に, 一切の, 供御の, 信長も, 元気で, 口を, 唸るほど, 妙に, 小刀で, 小市民層, 少し軽躁, 彼女も, 心の, 怒る勇気, 思ひ出して, 感じたの, 日本の, 最初から, 検事に, 現代を, 真底何か, 眼を, 馬鹿に

▼ ときでさえ~ (38, 0.1%)

1 [38件] あちらに, お高祖頭巾, けがを, さもめんどうくさ, じめじめし, そうかといっただけの, その眼, それに, それほどうち, それを, たいへん気持, たえず妹, たがいに, ともかくも, なお愛してる, なぜ母, まるで子供, めしを, ハンケチは, 中途で, 侮辱に, 大多数, 彼と, 彼らは, 懸賞金は, 承認し, 持たぬ作家, 文学において, 死んだ蠅, 残酷な, 母から, 灼熱した, 無遠慮に, 聞いたこと, 自分は, 自分自身の, 運命の, 階段から

▼ とき我々~ (38, 0.1%)

3 はその 2 はここ, は物, は真実

1 [29件] が何等, が文化, に対して命令, に殘, に現, の世界, の小説, の悦び, の詩集, はこの, はしばしば, はただ, はどう, はなに, はま, はより, は三思, は初めて, は制度, は夜, は対象, は對象, は彼, は彼等, は死, は沈黙, は環境, は真理, は自分

▼ とき帆村~ (37, 0.1%)

2 の頭, は, はふと

1 [31件] が, がすぐ, がそれ, がつと, がぴょんと, が何, が岩根, が追っ, が長谷戸検事, と正太, の唇, の声, の手, の服, の脳裏, の顔面, はこの, はたずねたい, はなぜ, ははっと, はまっさきに, はツカツカ, はハッ, はメモ, は俄, は前方, は向う, は横合, は甥, は莨, は逡

▼ とき彼ら~ (37, 0.1%)

2 はいつ

1 [35件] がいずれ, がそれ, が來, が受けた, の一人, の不安, の中, の存在, の眼前, の聚落, の背中, の身分, の間, は, はこつ, はすでに, はそこ, はなにごと, ははたして, はむしょうに, はやはり, はロープ, は一滴, は再び, は合点, は夜, は大笑い, は庭, は悪, は新聞, は武門, は相手, は胸, は自分, は見た

▼ とき~ (36, 0.1%)

4 ないよ 3 ないぞ

1 [29件] あらかじめはかり, あるいは猿, いちゅうでんとうでてんじょうをてらしていた井上くんが, え賢吉少年, して, たが, ついえ公, ないから, ないでも, ないの, ないよう, ないん, ない顔, なりさっぱり, ぶとと, へりに, またはたぶん, みそり, 人生の, 何ぞそれ引き合, 入れるとき, 友人を, 帰りかに, 恥かしい, 或はその, 知りませんが, 経つと, 霊前に, 頓痴気奴

▼ ときかの~ (36, 0.1%)

11 女は 8 女の 2 偽善者の

1 [15件] たふとき, 半裸の, 地が, 地方の, 女たちは, 女には, 女を, 女人たちまち, 女神等汝あまりに, 店員が, 怪しい上臈, 怪外人は, 文福茶釜が, 民うたへる, 魂即ち

▼ ときどんな~ (36, 0.1%)

2 ことが, 気が, 気持ちが, 異常な

1 [28件] ことを, りっぱな, 光輝ある, 名を, 幼稚な, 形で, 役割を, 心持, 恰好を, 感じが, 批評を, 本が, 歌を, 気持が, 泣きッ面を, 爆薬が, 珍しい匂, 生活環境の, 用事が, 着付けだった, 着物を, 空想家が, 英語の, 討論が, 詭弁を, 身振りする, 難戦に, 顔付を

▼ とき~ (36, 0.1%)

2 三郎が, 来客と

1 [32件] あなたの, お手紙, きくよう, きっとやる, きまって盲腸, さっきの, ざっとその, しても, ないの, やるが, 二つの, 二人は, 代助, 何かに, 何が, 向うから, 外国で, 夜間なれ, 床の, 弄齋や, 彼が, 心に, 急ぐこと, 我等が, 正しき者, 理想として, 緒方の, 背後に, 般若三藏の, 藝術の, 雨が, 音響が

▼ とき~ (36, 0.1%)

3 の中, の者 2 の内, の棟

1 [26件] から顔, にある, にい, にいた, にいなかった, にいれ, にゐれ, に五六十幅, に伝えた, に居合わせ, に帰っ, に雇っ, のなか, の前, の戸, の方, の普請, の横, の諸, の近く, の近所, は潰れ, へかっ, へ立ち寄る, を去, を捨て

▼ とき彼等~ (36, 0.1%)

2 には丁度

1 [34件] がそれ, がカーテン, が前進, が帽子, の一番後, の周章て, の形而上學的探究, の愚昧, の憚り, の答, の船, は, はおしなべて, はきまっ, はどんな, はほん, はまず, はよろこび, は兩方, は始め, は彼等, は既に, は猛, は真黒, は神父, は舟, は見た, は遂に, は郁達夫, をうごかした, を救つて, を熱き, を笑, 遣日使節

▼ ときうしろ~ (35, 0.1%)

4 からいきなり 3 のほう 2 から, で

1 [24件] からじい, からポン, から保, から呼びかける, から来, から来た, から追っ, でいきなり, でがちゃんと, で石川兵庫介, で話す, にかすか, にひき添っ, に人, に棟梁, に磯五, に立っ, のベンチ, の列, の堤, の蔵宿, の襖, の階段, をふりかえっ

▼ ときそう~ (35, 0.1%)

2 さな, して, であったよう, 云った, 思った, 言って

1 [23件] いいだしたの, いたしましょう, すれば, だ私, どなるより, ぼそ, やって, 云い残して, 云うイエ, 云ったそう, 云ったとき, 云われた事, 幾つも, 思ったし, 決心した, 申しますと, 精勤し, 若くない, 見えた, 言いながら, 言った, 言ったという, 訊いて

▼ ときよく~ (35, 0.1%)

2 見ると, 隣合せに

1 [31件] おどけたとき, お気の, この子達, この道, こんなこと, その横, その顔, つれ立って, はじめすこし, わからなかった, フェジューシカが, 世間には, 伺った野原島田, 冬そこへ, 出会い知って, 唄った唄, 変化する, 師匠に, 引掻くので, 強引に, 息子の, 意味の, 晴れて, 本物の, 母の, 注意し, 父親の, 縫い違いを, 考えては, 言問橋の, 顔の

▼ ときわたくし~ (35, 0.1%)

1 [35件] がいっ, がほんのその, が彼, にその, にはわかりません, には余計, には池上, に安宅先生, のハンドバッグ, の後, の方, の臂, の親しみ, の鬚, は, はあゝ, はおく, はその, ははっと, はひどく, はふと, はまるで, はゆくりなく, は一つ, は二人, は何気なし, は六時間, は思わず, は敷居, は無人, は相馬, は葛岡, への気休め, も東京会館, を見かける

▼ とき素子~ (35, 0.1%)

4 が伸子 2 は, も伸子

1 [27件] が, がいくら, がとなり, がどうしても, がよこした, がテーブル, が何, が勉強, が歯痛, と伸子, のひろい, のタバコ, の仕事, の眼, はこの, はそっち, はその, はつと, はどうせ, はぼんやり, はクリーム色地, はモスク, は伸子, は大体, は家族もち, は最近, は皮肉

▼ とき部屋~ (35, 0.1%)

11 の中 4 の外 2 のなか

1 [18件] がとつぜん, にはいっ, にはいった, に残っ, のあちこち, のいっぽう, のうち, のどこ, のドア, の上框, の下, の入口, の向う, の向こう, の扉, の襖, の隅, へ客

▼ ときだって~ (34, 0.1%)

1 [34件] あのひと, あんなひどい, がまんし, きょうだって, この俺, これからは, ずいぶんなさけない, そうだろう, それが, ちっともおれ, どうして大した, どこかの, やさしいこと, やっぱり情死, イデオロギー的理由が, ユゥジェンヌ大公妃の, ルイ十六世を, 何んとも, 僕は, 僕らは, 別れようと, 君に, 奥の手が, 従業員は, 本当は肉屋, 歌舞伎などを, 死んだの, 水あげも, 熊の, 私は, 舳から, 醜くは, 重臣から, 黒田さんは

▼ とき~ (34, 0.1%)

6 いるから 5 いる 3 いるので

1 [20件] あなたの, いやがる, いるし, いるん, うしろの, くれると, まえと用人, まさア, ます, ゐる, ゐるから, 伊豆の山なみ夕焼くる, 干させる, 朝早く, 汲んで, 涙っぽい, 砂の, 花に, 馬の, 黒い帽子

▼ とき不意~ (34, 0.1%)

32 に前夜

1 [29件] でした, です, といつか荻窪, とそんな, と彼, にうしろ, にそこ, にドア, に一つ, に一月, に一羽, に人, に何もの, に何処, に前, に卯の花, に堂島, に天井, に奇妙, に彼, に恐れだ, に横合, に狂わし, に男, に私, に脱された, に自分, に鋭く, の驚くべき

▼ とき人間~ (34, 0.1%)

2 は, は自己

1 [30件] があまりいろいろ, が扉わく, にかなしき, にとって神, にとつて神, には名, には名誉心, には野獣的精力, にリアリティ, に保持, に捕られたなら, のことば, の不変, の事業, の息, の悲劇, の指人形, の方, の社会的, の耳, の胃袋, の行為, はさっそく, はもはや, は何, は全, は勇敢, は常に, は首, も死ぬ

▼ とき博士~ (34, 0.1%)

2

1 [32件] がこまった, がふたり, が座, が急病, が眼鏡, が言った, のいる, のそば, のとなり, のほう, の前, の右手, の姿, の持つ, の目, の足, の身長, の運命, の顔色, の顔面, はいい, はいそい, はさも, はとつぜん, はなぜ, は古墳, は大いに, は始め, は屏風岩, は急, は第, は長い

▼ とき子供~ (34, 0.1%)

1 [34件] が七厘, が不審, が死んだ, が疲れ, が病気, が荷物, ぐらい勝手, ながらにぞっと, によく, のよう, の一切, の世界, の小さな, の時分, の母, の頃, の顔, は, はその, はつれ, はなんと, はぷるぷると胴慄, はもう, は三つ, は懐, は母, は縁側, は駆け, まで見, もいれ, もなく, らしいはにかみで, をつれ, を負

▼ ときである~ (33, 0.1%)

2 ことを

1 [31件] かと思う, から, からこそわたし, からとうとう, から一定, から問題, から老師, があの, がいま, がそれ, が汽車, が芥川はちよ, けれどもその, ことは, そう書いた, ぞと凡夫, だけに, だけに先, ということ, という難問, といってる, と信じます, と甲斐, と考える, ふと思ひ出した, ような, 安禄山, 帆村が, 庭の, 野獣の, 黄昏が

▼ とき廊下~ (33, 0.1%)

3 の方 2 のむこう, の向う, をこっち

1 [24件] で, でだれ, で河田, で足音, にどやどや, にバタバタ, に多勢, に大, に立つ, に草履, に衣ずれ, に足音, のかなた, のほう, の侍女, の壁, の外, の端, の闇, へ堀内惣左衛門, をボーイ, を私, を距, を通った

▼ ときあちら~ (32, 0.1%)

2 からきみ子さん, から黒い

1 [28件] から, からかすんだ, からきちがい, からせ, からとき子さん, から勇二, から子供たち, から目, から真っ黒, から箱, から紳士ふう, が, でだれ, ではにぎやか, でカチ, で集合, に人間, に子供たち, に暗い, に立っ, のさびしい, の垣根, の婦人, の家, の岩, の道, の黒い, もどうぞ

▼ ときいきなり~ (32, 0.1%)

4 ひるまの, 前に 2 私どもは, 頭の

1 [20件] あっしの, かれは, その場, カンテラを, タネリは, ノックの, 伸子は, 僕の, 外の, 扉が, 横合から, 百草園の, 眼の, 私の, 秋田の, 自分の, 英国士官の, 貴方は, 足が, 顔を

▼ ときばかりは~ (32, 0.1%)

2 さすがに

1 [30件] うす禿, おかしいよう, お顔, くすくす苦笑い, さすがの, じつにしん, つく, ない, なんとなくうれし, にじみ出た, はげしいきょうそう, ほんとうに, もう死ぬ, わたしも, テッド隊長も, 両頬, 全身が, 必死な, 怒って, 母の, 流石の, 特別嫉妬に, 目を, 私も, 自分ほど, 船長以下舵も, 若い女子動員, 蓮の, 見て, 黙祷でなく

▼ とき入口~ (32, 0.1%)

10 の扉 5 の戸 3 のドア 2 をあがりこんだ

1 [12件] からあちこち, から力士, ががちゃり, がパッ, に置いた, のほう, のベル, のボックス, の土間, の外, の幕, の鉄扉

▼ とき~ (32, 0.1%)

8 米は 2 米の

1 [22件] いんきょ久政公の, 一身の, 主人は, 位牌を, 先代から, 先代が, 勉強ざかりを, 厄介に, 城内においては, 尊父は, 屋形さまお, 常は, 意志に, 朝廷から, 朝廷の, 継嗣入札の, 薨去の, 話したこと, 隠居さんは, 隱居樣は, 隱殿裏の, 馬車は

▼ とき我等~ (32, 0.1%)

2 の中

1 [30件] が理想, が茫漠, と同様梟, と同様梟ぢゃ, の, のその他, の哲學, の奉仕, の智慧, の生活, の瞳, の研究, の自我, の藝術, の行爲, はかの, は不知, は其處, は却つて將來, は始め, は対象, は彼, は心, は我等, は更に, は最初, は未知, は深く, は直ちに, は茲

▼ とき~ (32, 0.1%)

10 の上 3 に油 2 のほう, の中

1 [15件] がふらふら, がフラフラ, でも撫でられ, にある, に大きな, に疔, の君, の天辺, の毛, の盆の窪, の髪, を剥き出した, を垂れ, を打ち砕かれなかった, を洗う

▼ とき~ (31, 0.1%)

3 ていた, てゐた

1 [25件] さか, ぢらしい, て, ている, てお, てからは妙, てから急, てがっかり, てきた, てさすが, てじゃ, てはじめて, てばか, てびっくり, ても彼, てゐる, てゾッと, て僕等, て北海道, て呼びよせ, て外, て安心, て居ります, て心, て有頂天

▼ ときふい~ (31, 0.1%)

2 と気

1 [29件] とこんなに, とひどく, と戸, と殿, と目, と表, にうしろ, におい, におこ, にすばらしい, にどこ, にふり, にまた, にガタン, に人形, に今, に何とも, に何者, に天井, に彼, に田, に目, に瞼, に矢, に空中, に起こっ, に足, に黒雲, 打ちに

▼ ときやっと~ (31, 0.1%)

2 のこと, 声が

1 [27件] おうま, そのお, それに, のろいを, ふるえ声, またハンス, わたしは, われに, カピが, ミシシッピー船の, 二人は, 仕返しを, 其処に, 叫び声を, 安心した, 役目の, 思い出した, 手ごたえが, 時計の, 気がついた, 気がついたの, 気がついて, 気づいたの, 火を, 目を, 目的地に, 紳士の

▼ とき人々~ (31, 0.1%)

2 の心, の間

1 [27件] がクルス, が敵, が目, のうしろ, の中, の口, の心中, は, はあっと, はいたく, はかの, はさすが, はせき立っ, はその, はそのもの, はゆとり, は冷笑, は列, は声, は常に再び, は怒罵し, は方程式, は期せずし, は燃え, は皆んな, は鳴り, をかきわけ

▼ ときては~ (30, 0.1%)

1 [30件] あのとおり口達者, お手, お能がかり, そこらの, その寂寞, それは, どう野暮, ひッかき, わかったみんな, われわれ貧乏人にゃ, ゼロである, ノックバットで, 一文も, 人生の, 口汚なく, 場末も, 大変な, 女王の, 川の, 必要以上は, 日に, 楽しみも, 正に狂人, 狂暴人間の, 穏か, 立瀬が, 見当が, 近在稀れなけちん, 酔っても, 額面通りに

▼ ときにでも~ (30, 0.1%)

2 自分の, 言葉を

1 [26件] いつでも, おじいさんを, おのれの, するよう, その場所, ただその, なると, まごつくこと, ジッと, 一発うけた, 亀裂し, 人間の, 使うこと, 出来るだけ, 圃の, 実現せられる, 彼自らの, 暴力よりも, 殺害が, 決してお, 知らずに, 私たちは, 肉交の, 親類の, 金切聲で, 青木さんが

▼ とき~ (30, 0.1%)

1 [30件] あるもの, のこと, のさっき目, のさつき目, の女中, の安心, はクマナカ和尚, は亡き, は亡きわが, また第, までうつむき, までのその, までのどう, までぴちぴち, まで世話, まで彫刻的, まで明るかっ, まで泉, まで煖炉, まで監禁室, まで知らん, まで突い, まで薄暗かっ, も猶, バスを, 別れたはず, 思えば, 松の, 猶生存, 迄居た

▼ ときみんな~ (29, 0.1%)

2 はあまり, はいつ, はどんなに

1 [23件] からなんだか, がお, がした, がすべつて, が一時, が死体, そんなこと, でとった, で休ん, で揃い, といっしょ, の中, はぎょっと, はまた, はよく, は不安, は円形劇場, は命, は遊び, は顔, まだ寝, を呼べ, 居るそう

▼ ときわが~ (29, 0.1%)

2 目は

1 [27件] うちふるひし, みしもの, 一筋の, 不平が, 世の, 側を, 先鋒隊は, 前に, 勇士の, 友人帆村は, 國には, 導者, 導者我に, 岐阜本城の, 数学界は, 涙彼等の, 淑女いたく, 物を, 生涯の, 畏友吉村鉄太郎が, 立ちし背, 聖観音は, 軍配に, 郷土の, 鎌田聯隊長殿は, 魂は, 鼓動の

▼ とき~ (29, 0.1%)

2 監督が, 蝶の

1 [25件] いそぎで, テントのや, 仕合わせな, 公爵の, 喧嘩が, 地震に, 多数の, 姐御, 學に, 屋根に, 廊にあたって, 悦びで, 時計の, 机に, 津浪で, 瀞の, 産業の, 発電所は, 総督の, 通詞で, 郎女は, 雷の, 音響と, 馬揃いの, 驚愕の

▼ ときです~ (28, 0.1%)

42

1 [22件] から, からうっかり, からおとうさん, からときどき, からね, から唖娘, から四方, から大工たち, から御, から直ぐ, がそれと, が仕事, が当時京都, が高田さん, すべっこい大理石, どうぞご, もの, ビーディーバッジの, 先生が, 徳ちゃんは, 若い妖女, 鉄の

▼ ときやはり~ (28, 0.1%)

2 父の

1 [26件] あの一行, この茂樹, その経験, 世界の, 先生は, 同じ問題, 同様に, 同郷の, 塗らない口紅, 床を, 心持ち唇を, 拍手を, 日本が, 最上川も, 淡雪が, 物を, 王は, 畑や, 私の, 結婚問題が, 胴体から, 自分の, 自分は, 遲く, 雨が, 雪だ

▼ とき矢代~ (28, 0.1%)

1 [28件] が槙三, と千鶴子, と同室, にはそれ, に訊ねた, の妹, の肩, はあの, はその, はともに, はふとそう, はもう, はカソリック, はパリ, は何, は千鶴子, は急, は暫く, は最後, は桟敷, は突然, は美しい, は自分, は自然, は鋤, は階段, は首すじ, も今

▼ とき~ (28, 0.1%)

5 一の 4 一番に, 三の 3 一に 2 二の 1 一その, 一回に, 一着手として, 三回目の, 三弾を, 二に, 二号の, 二回の, 八軍の, 六時終り

▼ ときここ~ (27, 0.1%)

1 [27件] から出かけた, が如何, でした君, では一俵一円, で下拵え, で何, で書いた, で胸うち, ならよから, にあった, にい, にはナミ子, に使われ, に哀れ, に婦人部, に居た, に居合せた, に拠っ, に浅吉, に麻, の囲み, の家, の暗がり, の道路, は禅寺, へ案内, を通過

▼ ときそして~ (27, 0.1%)

1 [27件] あたしが, いかにも睦まじ, その原因, その噂, それからも, それが, それらが, どこにも, フランスの, 二人の, 健康状態の, 半年か, 右手が, 実際に, 寝床へ, 寝床へは, 彼らの, 彼女は, 恵子が, 掘りはじめてから, 旅券の, 最も日本的, 生れ変るため, 芝居から, 若いもの, 覆の, 音楽は

▼ ときちょっと~ (27, 0.1%)

2 云いよう, 眼を

1 [23件] お寄り, かわったこと, これも, そんな気, は歩けない, ふりかえって, 不安を, 不審に, 京都の, 休んで, 儀式張って, 口の, 合掌の, 変な, 妙な, 少年に, 引き入れられる, 思いを, 思い出しは, 気がついたの, 頭を, 頭上に, 風が

▼ とき~ (27, 0.1%)

2 の唇

1 [25件] がかざし, がもし, が前, が殴られ, が盗んじゃった, たる者, のあと, の写真, の同情, の実家, の手, の手相, の立場, の見, の輔佐役連中, はどこ, は一人, は俺, は分らない, は未だ, は果して, は温室咲き, も知っ, を奪い去った, を殴った

▼ とき大きな~ (27, 0.1%)

2 声で

1 [25件] おどろきが, こえで, たるが, ひびきを, ものを, 五升入の, 号令とともに, 声でも, 声を, 帽子を, 建物を, 手が, 暴風に, 木のみ, 波が, 災厄に, 虹の, 袋の, 褐色の, 電気ショベルが, 音が, 音響と共に, 魚が, 鷲が, 麦藁帽を

▼ とき始め~ (27, 0.1%)

2 て余, て気がついた

1 [23件] て, てこれ, てウント, てフランク, て一種, て他, て僕, て先刻, て別, て前屈み, て口, て声, て奥様, て悟った, て春木少年, て歓声, て目, て確実, て脈, て起っ, て酒, て長崎, て雁

▼ とき~ (27, 0.1%)

3 の中 2 から欲しい, の底

1 [20件] がぐち, がしぼられる, が働く, が動い, が胸, が進まず, が音, で牛, にはむかしサンタ, にはむかし賊寨, に叫ぶ, に閃いた, のうち, の内奥, の扉, の表皮, はいちばん緊張, はだんだん, は震, を惹かれた

▼ とき~ (27, 0.1%)

2 る新しい

1 [25件] ゆとりと, ること, るもの, る人, る人間, る区, る国営農場, る店, る悪質, る朝, る気分, る男女, る社中, る覚悟, る重大, る雑誌, る音樂雜誌, 人は, 先輩が, 日憤怒の, 日母が, 日獨逸文化研究所に, 日青木さんが, 森の, 記憶の

▼ とき玄関~ (27, 0.1%)

3 のベル, の扉 2 のほう, の呼鈴

1 [17件] から誰, が中, で, では, でベル, で一寸物, に出, に寝, に駕籠, のあたり, の大, の方, の玉砂利, の石段, へ出, へ誰, をあけたら

▼ とき~ (27, 0.1%)

3 の前 2 に見えぬ, をあけ

1 [20件] かくしと, から鼻, が見えなくなっ, が醒めた, にとまった, に涙, に見えない, の中, の眩む, をあけた, をあやか, をうしろ, をさまし, をさました, をさます, をぱちくり, をやられ, を閉じ, を青江, 交せを

▼ とき~ (27, 0.1%)

7 あがらず 2 あがらざるを, あがる

1 [16件] あがらざるゆえ, あがるゆえ, が痺れ, だまり, に怪我, に感じたるごとき, に腫物, の下, の拇指, の骨, はふわふわ, は懐中, をすべらし, を拭く, を掛ける, 取が

▼ ときこんな~ (26, 0.1%)

4 ことを 3 ことが

1 [19件] ことに, すばらしい山, つまらない雲水坊主, ぶざま, やうな, 事が, 印象が, 味で, 場合に, 大ふう, 対話を, 意見を, 柔しい, 楽しみかしらと, 注意を, 種類の, 詩を, 風な終り, 風に

▼ ときにだけ~ (26, 0.1%)

1 [26件] うたって, その文字, だが, つかう不吉, やれること, 使って, 公開されうる, 原因なんか, 城の, 奮ひ起される, 彼に, 彼の, 恐いん, 手続きだ, 本當, 様々の, 正しく取り扱われる, 気に, 生れるもの, 着る紋付, 私は, 突然あの, 話を, 論争に, 追求される, 遊び半分に

▼ とき少し~ (26, 0.1%)

2 の縁故, 尊大ぶる

1 [22件] おかしいとは, ずつ夢想, でも恐れ, のこと, の故障, の都合, ばかり気, ふら, もたじろがず, も蔽われない, も髭, 乱れた断髪, 加減が, 怒ったよう, 手を, 池上に, 浮立って, 習わりましたけれど, 離れた首都, 離れて, 霧が, 首を

▼ ときおれ~ (25, 0.0%)

2 はこの, は弱味

1 [21件] が声, が拾っ, の乗っ, の心, の方, の最初, の耳, はいろんな, はおまいをも, はぐでんぐでん, はそれ, はたしか, はたしかに, はどう, ははずかしく, は化物, は考えた, は自害, もこういう, もじつは, をとめ

▼ ときにのみ~ (25, 0.0%)

1 [25件] かぎるもの, これを, まことの, われわれは, 不落, 人々の, 人々を, 典型的に, 初めて従属, 可能である, 可能な, 善である, 善悪の, 国内販売の, 必要な, 我らの, 有意義な, 本質と, 權力が, 民衆は, 生物学的に, 真の, 知ること, 細糸の, 道徳的懐疑を

▼ とき信長~ (25, 0.0%)

2 は家康, は鷹狩

1 [21件] から拝領物, が不愍, が京都, が日吉, が河内城, にむかっ, の到底, の前, の所有, の正嗣, の策, はいきなり, はかなり, は三十四, は勝負, は叡山焼討, は多数, は惟政, は村重, は立ち上り, は良人

▼ とき~ (25, 0.0%)

2 は山

1 [23件] いふ, という一字, に一枚, に怒, に現, のあやしまざりし, の物知り, はあたかも, はさき, はその, はアダモ, は側, は卒倒, は家, は避暑, またか, またかく, よくさとる, よくその, れあらずこの, をとら, をはげます, を照らし

▼ とき夫人~ (24, 0.0%)

2 がふと, の面

1 [20件] がくり返し, が次, の右手, の夫万吉郎, の曇っ, の曇つて, の眉, はうしろ, はかう, はまたもや, はもう, はわたし, は三十三歳, は叔父, は大変, は思い出した, は思ひ出した, は館, をさら, を送っ

▼ とき~ (24, 0.0%)

2 の方, の隅

1 [20件] からどやどや, から廻った, さきで老婆, でわたし, で家族, で小鳥, にめん, に放され, のほう, のヘリコプター, の下, の向, の向こう, の松, の松の木, の沓脱ぎ, の石, をしらべ, を一巡, を照らさなけれ

▼ とき~ (24, 0.0%)

2 のかなた, の一角, の彼方

1 [18件] からこの, がほのか, が急, でからす, と海面, には白い, のあなた, の上, の色, は天河石, は暗く, へ流れた, をあおい, を仰ぐ, を擘, を裂い, を風, を飛ぶ

▼ とき~ (24, 0.0%)

3 がどう, が来ました

1 [18件] がご, がレール, が出, が吹い, が変った, が立つ, にがたつく, のよう, の荒れ狂った, はいつの間にか, はそっと, はまったく, は彼, は木の葉, は本, は頭, もない, を引い

▼ ときあたし~ (23, 0.0%)

2 は毎朝

1 [21件] がどんな, がよせよせ, が誰, この釵, ぞうっ, なら十三号車, にあの, のからだ, の前, の父, はうまい, はかたわら, はだいぶ, はコッソリ, は不, は八つ, は息, は言語, も一緒, も手伝った, も神月さん

▼ ときそんな~ (23, 0.0%)

2 ことを, 御話

1 [19件] ことは, こと仰, こと聞いた, ときでさえ, ものとられた, ものは, 不平らしく, 事なら, 事を, 手紙が, 文章を, 気が, 気もちで, 氣持ちが, 激しい文字, 話も, 貧乏人の, 質問を, 長旅の

▼ ときとして~ (23, 0.0%)

1 [23件] あまりに心痛, いかにも自分, かれは, このユダヤ, こぶしを, こんなに鉄, わかったところ一杯, 三角だった, 人々に, 倫理も, 呼ぶところ, 国家を, 大家さんに, 大木の, 幾筋かの, 形を, 性格によっては, 浮かぶかすか, 私を, 肉の, 負けるの, 資格試験は, 鷹か

▼ ときながら~ (23, 0.0%)

1 [23件] あたしの, あんた帰っ, いった, お前が, この間っ, そこから, その鼻, そんな水臭い, ふと祖母, まだ足らん, まるで他人, ユラリと, 一向やってこん, 今さら学士さん, 今更に, 僕が, 其方の, 彼は, 待つて, 握りつぶす権利, 母は, 自分いうたら, 顔を

▼ ときよりは~ (23, 0.0%)

1 [23件] いくぶん朗, お燈明, さらに肥え, すこしふっくり, ずっと気持, ずっと若く, ずっと軽く, ずっと静か, やっと十年, よほど大きく, グッと, 一層せちがらい, 倍も, 大へん気がるそう, 大分肥っ, 少しなり, 少しは, 数等楽々, 日に, 浪が, 腹が, 表情が, 賑やかである

▼ ときわたしたち~ (23, 0.0%)

2 の心

1 [21件] がそこ, がその, が小谷, だけ別に, には二十八フラン, のする, の一人, の胸, はおや, はかなりしばらく, はきみょうながあがあいうささやき声, はこれ, はどんなに, はやはり, は人間関係, は婦人, は手記そのもの, は新聞, は氷, は砂糖一つ, を驚かした

▼ ときドア~ (23, 0.0%)

3 が開い 2 のすき, のそ, の外

1 [14件] がどんどん, がはげしく, がひらかれ, がノック, が開いた, に現れた, のむこう, の下, の両側, の中, の鍵, をあけた, をすこし, を開け

▼ とき~ (23, 0.0%)

2 がつい, の側, は呆然, は毎年もと

1 [15件] が, がもう, とてめえ, のよう, のアサリ, の前, は, はハツ, は何, は初日, は和服, は実に, は泥, は荒淫逸楽, よりも少し

▼ とき少年~ (23, 0.0%)

1 [23件] がきっき, がやはり, が手頃, であった彼, のうしろ, のふんだ, の胸, の脳裏, の血潮, の身, の辻村又之助, の頭, はいままで, はこの, はなぜ, はやつ, は恐らく, は意, は疲れた, は立ち止まっ, は立ち止まつ, は竜造寺兵曹長, は足もと

▼ とき早く~ (23, 0.0%)

1 [23件] すぎれば, どしん, ねて, ふたたび民部, ませたもの, もこの, もとてもこう, もなだれ, もドア, も執, も支配人, も栃木県, も江戸, も秀, も見物, も遠縁, も障子, 七兵衛は, 実に名, 富田六段は, 桜の, 父を, 警護の

▼ とき~ (23, 0.0%)

5 がつく 3 のついた 2 がつかなかった, が変

1 [11件] が, がおつき, がかわっ, が付いたらしい, が遠く, にも止めなかった, をきかせ, をつけ, をまぎらす, を失っ, 尽くるなり

▼ とき~ (23, 0.0%)

2 にした, に映った

1 [19件] がさめた, が廻っ, が覚める, にうつった, にはいつた, に平常, に涙, に触れる, の前, は先ず, は精根, も眩, をあげる, をさました, をつけた, を掠められない, を瞑っ, を解剖台, を開い

▼ ときどんなに~ (22, 0.0%)

1 [22件] うれしかったでしょう, うれしがっ, うれしがったであろう, か子供, か皆, つよくモスクワ, びっくりしたでしょう, やさしかった, わたしは, ピオニェール小僧は, 可愛が, 学問できた, 彼は, 怒りだすこと, 恐怖に, 感じたこと, 慄いあがった, 異様に, 相川良之介が, 私は, 自分は, 醜くく卑しい心

▼ とき不思議~ (22, 0.0%)

1 [22件] な, なこと, なほど, なり城, な事, な印象, な手柄, な方法, な落下, な表情, な運命, な魔法使い, にも海, にも砂, にわずか, にフランス, に大胆, に女, に私, に美しい, に赤児, はなかろう

▼ とき~ (22, 0.0%)

2 は余

1 [20件] に向っ, の中, の馬, はこう, はこれ, はふと, はマジナイ, は下女, は今, は其の, は博士, は如何, は屡, は常に, は必然, は摂津地方, は昨夕夜半, は紗, は蛇, を知る

▼ とき同じ~ (22, 0.0%)

5 ような 4 組の

1 [13件] ように, クラスに, バスを, 場所で, 宿に, 小姓の, 平面で, 思ひを, 道の, 邸内の, 飛行場を, 食堂で, 高岡の

▼ とき~ (22, 0.0%)

2 の方, の部屋, の間

1 [16件] から一人, から下っ, から中年, から人波, から師匠, から番頭, から警官, から高級船員, で, での夫婦, ではやはり, で夕飯, のはう, の勘定台, の潜り戸, より女中来

▼ とき既に~ (22, 0.0%)

1 [22件] ある境遇, わが昌造, イギリス人ウイリアム・ニコルソンや, 二人の, 二種の, 仮りにも, 偶然の, 印度洋及び, 友達は, 垣一重隔て立っ, 小牧における, 思ったこと, 改正されるべき, 旗田氏が, 書を, 没して, 畜生道に, 縛って, 自分から, 負傷し, 辞職を, 近づいて

▼ とき母親~ (22, 0.0%)

1 [22件] がうっすり, がはいっ, がグレ, が四五里, が眼, と娘, と子供, と車夫, のお, のほう, の問題, の手紙, の目, は, はそれ, はつえ, はふと, はまだ, は娘, は立っ, もまた, を説きふせ

▼ とき~ (22, 0.0%)

2 に飛込ん, の中, の音

1 [16件] がどうどう, が増し, が船底, でシャボン, にぬれない, に向っ, に対する私, のみ場, の底, の比重, は転じ, は階段, をのませる, をやたら, を替える, を浴びる

▼ とき秀吉~ (22, 0.0%)

1 [22件] から光秀, から日本側, がいった, に侍, のよろこび, の主力, の双眸, の大軍, の後援, の方, の赤い, は, はうしろ, はかれ, はそれ, はたとえ, はふり向い, はわれ, は中国征伐, は実に, は実は, は桑名

▼ とき~ (22, 0.0%)

3 のそ, の外 2 のところ

1 [14件] からこの, から何, から入っ, から叫ぶ, から身, から顔, があい, にそっ, に院長, のし, の下, の中, の雨戸, は開放

▼ ときだれ~ (21, 0.0%)

1 [21件] かおい, かが, かがすぐ, かが池, かその, か小石, か戸, か扉, か拾っ, が言う, しも口, ぞに見とがめられた, でもばん, でも内地, のす, の口, の記憶, も本, も通らない, やらが怠屈ま, よりも心配そう

▼ とき~ (21, 0.0%)

2 ひょうか, ッた

1 [17件] ことの, ちよつと, つた者だけ, つてや, つてを, づどう, づ何事か, づ真弓の, どの外, どはそ, へうかい, へ着せ, ほ, ぼろしの, ッて, ッてら, ツてら

▼ ときまった~ (21, 0.0%)

2 わけの

1 [19件] からには地震, ことは, とき, とき父は, のです, のでその, もんじゃ, わけじゃ, 上は, 事は, 人を, 以上は, 修作が, 前に, 場合でも, 復興気分の, 時に, 用事も, 者に

▼ とき三人~ (21, 0.0%)

2 の子供たち

1 [19件] が三人, に等分, のアメリカ兵, の中一人, の力, の妃, の方, の眼, の着物, の紳士, はおもわず, はぎょ, はそのまま, はハッ, は上意討, は先, は彼, は省線電車, は背

▼ とき~ (21, 0.0%)

3 かにその, かに大きな 2 かにひやりと, かに林, かに進ん, に途方 1 かに入口, かに向う, かに艦内, かに豚, かに身体, に外, に惑

▼ とき~ (21, 0.0%)

2 の情痴

1 [19件] が, が彼, が漸, のクラス, の婚期, の恋心, の様子, の母親, の笑顔, の顔, はきっと, はぼんやり, はまだ, はまるで, は一旦, は小声, は座, は日ごろ, は訴

▼ ときお前~ (20, 0.0%)

2 のおば, はお前自身

1 [16件] がとりだした, が箱, の手, の誕生日, はその, はそれ, はどこ, は一体どうしよう, は何ん, は何處, は履い, は年弱, は火夫, は現場, を縛っ, 緩くりとっ

▼ ときにおいて~ (20, 0.0%)

1 [20件] あるいは人道, いずくんぞ専売特許, しかして今やその, すでに貿易, その籠城, たちまち一致雄, はかの, ひそかに, もし聡明, もっともはなはだしかりし, 一そう腹が, 呑滅せらるる, 唯一の, 多く徒賤より, 差し支えなき糧食輜重, 徹底させ, 成し遂げた目覚め, 極端に, 私の, 隣国と

▼ ときにゃ~ (20, 0.0%)

1 [20件] あげな, あなんぼ, あの連中, あ持っ, あ魚市場事件, お宅, しぜん, その成人, だんなは, てっきりほし, まるで先, ア知っ, 俺も, 別に所長さん, 化粧なんか, 御嶽教の, 正真正銘の, 碁を, 艀の, 食糧難で

▼ ときまでは~ (20, 0.0%)

2 なにごとも

1 [18件] あそこに, あの手拭い, たしかに, ただそこ, どうなる, まだ人間, まだ目付遠山金四郎, まるで生活, 不当に, 全然考, 少女の, 引きこもって, 彼に, 恋ごころと, 殆ど気にも, 覚えてるその, 言ったごとく陽気, 順徳天皇の

▼ ときもし~ (20, 0.0%)

1 [20件] お姉さん, この火, われらの, 万一大衆が, 人体の, 人間の, 傍に, 博士が, 原籍を, 愛の, 敵が, 気づかれたらどう, 泳げなかったら大, 産制の, 私たちが, 私たち婦人が, 私に, 約束を, 自分が, 魏の

▼ ときわれわれ~ (20, 0.0%)

2 の心

1 [18件] に協力, のほか, の合理性, の目, の祖先, はこれ, はそれ, はたしかに, はとうてい, ははるばる, は人間存在, は呆然, は彼ら純真, は決して, は深く, は異様, を取り巻い, 老保守主義者

▼ とき一緒~ (20, 0.0%)

1 [20件] にい, にいた, にうごかし, にお伴, にそこら, にその, につれ, につれて帰ろう, にやさしい, にやっと, に出かけ, に来る, に根, に紹介, に逃げた, に連れ, に道連れ, に食堂, の人, の車

▼ とき丁度~ (20, 0.0%)

2 私の

1 [18件] そこへ, なにかの, めぐり合, 信号が, 僕の, 叫喚怒号する, 四時半で, 夕飯を, 夕飯時分ふらり, 女の子の, 彼の, 心臓が, 正造は, 約束の, 良人が, 隠寮, 雲の, 鴨下ドクトル邸へ

▼ とき~ (20, 0.0%)

2 の戸

1 [18件] からの冷たい, からアタフタ, から來, から入, がそうぞうしく, で, でがらがら, ではどうんと, では男, に出, のほう, の人, の声, の廊下, の方, の者, はしきりに, へとびだし

▼ とき汽車~ (20, 0.0%)

8 はだんだん 3 のず 2 のなか 1 が俄, が東京駅, のずうつ, の窓, は全速力, は山, は野原

▼ ときあまり~ (19, 0.0%)

2 の事, の疲れ

1 [15件] あわてたので, さすっては, のおそろし, の不思議さ, の哀れさ, の思いがけな, の腹だち, もとつおいつ, 冷く, 変な見, 嬉しくてこ, 寺参りしなかつたらう, 彼女を, 遠くない, 鶉の

▼ ときそういう~ (19, 0.0%)

1 [19件] ことに, ことまで, ことを, ときだけ, ものが, 一人の, 事態を, 云いかた, 今日までの, 勇気に, 協力は, 家が, 方面の, 殻を, 無垢な, 色が, 角度を, 診断でした, 風に

▼ ときとか~ (19, 0.0%)

1 [19件] あるいはたぶん, そんなよう, だった, であつ, ばくち, またぼんやり, また夜, 夜出る, 家の, 彼女が, 愛情の, 最後に, 朝起き, 母として, 気が, 汚い宿, 病気で, 盗賊を, 見せて

▼ ときなら~ (19, 0.0%)

2 もう十疋, 私は

1 [15件] この雲, これも, そのままに, ね, ばきっと, ば兎, ば恕, べつである, もう十匹, んや, 一万ぐらいの, 少なくとも他, 店の, 第一, 面白く思えた

▼ とき以来~ (19, 0.0%)

1 [19件] あの人, かの青年士官, この二人, この部屋, ずっともちつづけ, ずっとドミトリイ, だ, ついに消え失せないあり, ですし, の収穫, の古, ふっと聞かなくなった, よくおぼえ, 一層山, 使わなかったアセチレン, 停って, 初めて母, 坐って, 斬ろうとして

▼ とき向う~ (19, 0.0%)

2 から走っ, の方

1 [15件] から, から一郎, から二十五六, から或, から或いは, から来る, から馬, にぽっちり, のつめ, の座敷, の暗がり, の気, の白い, の端, もこれ

▼ とき~ (19, 0.0%)

2 は例

1 [17件] から実父伝右衛門, がボタンホール, が看病, に起こされた, の存在, の意識, の松, の棺, の死, の見た, はぎくりと, はまさに, は尼, は彼, は自殺, もまた, も嫂

▼ とき思わず~ (19, 0.0%)

1 [19件] ああ, とりすがって, どきっと, ふり仰ぐと, もぞっと, 両手を, 二人は, 令嬢の, 俺の, 前こごみ, 力を, 外部の, 安心の, 床の, 彼は, 涙を, 私は, 身ぶるいが, 驚くほどに

▼ とき~ (19, 0.0%)

2 が開いた, の所

1 [15件] があい, がかたっ, がどんどん, がガラリ, が開い, が静か, のそ, のむこうで, の外, の裏側, の音, をあけ, をたたく, を押し, を排

▼ とき自動車~ (19, 0.0%)

3 のうしろ 2 の中, の窓

1 [12件] がとまっ, がひろえない, がキーッ, が塔, が急停車, が怪人物, が音, の硝子戸, の運転手, はゴトン, は爆音, は警察署

▼ ときあと~ (18, 0.0%)

2 に残った

1 [16件] かえって来, からしら, から川添, から来た, から渡った, から追いつい, で並べ, で気附, にのこされた, にのこった, の一年, の二つ, の皇后, の結果, へドサン, を跟

▼ ときじつに~ (18, 0.0%)

9 ふしぎな 2 おそろしいこと 1 おいしいと, おどろくべきこと, きみょうなことがおこったのです, とほう, 世界の, 思いも, 淋しい気

▼ ときただ~ (18, 0.0%)

2 いちど見た, ひとり首都の

1 [14件] それが, ちらりと顔, の大, ひとりエリーザを, ぼんやりと, ぼんやり聞い, パイーシイ主教に, 単に母, 君が, 憶いだした, 自分たちの, 苦笑した, 静かさと, 黙って

▼ ときどうして~ (18, 0.0%)

2 急に, 逃げたの

1 [14件] その爆発, わたしの, フランシーヌに, 人々は, 兵隊を, 君は, 恐龍号, 気づきえたであろうか, 漫画の, 異議を, 知識人が, 祖国の, 窓に, 自分が

▼ ときなんか~ (18, 0.0%)

1 [18件] あたしあんまり, あたし息が, かえって神経, たった一人, なく夜, まるでわからない, 僕は, 味噌汁にまで, 困って, 寂しさ, 恐ろしく調法, 書かなかったでしょうか, 松を, 椅子に, 眼を, 眼鏡を, 薬が, 詩集を

▼ ときにおいては~ (18, 0.0%)

1 [18件] その子孫, その知, ただ専制, なにが, もし何物, 一つの, 佐幕的開国家を, 優勝劣敗なる, 国家は, 尊王的の, 当時の, 必ず人生, 忽然とし, 正義い, 社会の, 腕力も, 造物主は, 道傍の

▼ ときばかり~ (18, 0.0%)

2 では

1 [16件] あた, これに, だと, でありません, でご, はいはいと, ゃお前ただ, 力を, 女は, 懐かしめる光, 所帯の, 殊さらに, 泣いて, 経つと, 親しまれる光, 飛翔し

▼ とき~ (18, 0.0%)

1 [18件] 勉強な, 図した, 図一つの, 図不審に, 図前方を, 図妾は, 図放った, 図気がつい, 図気がついた, 図綺麗な, 図考えついた, 図見る, 図誰かが, 図足の, 図頭を, 圖有島さんに, 許不, 誠意だ

▼ とき主人~ (18, 0.0%)

1 [18件] が寝ぼけ, との約束, にいいつけられ, にそう, に取り押えられ, に納める, の佐々木氏, の手, の石竹, の言いつけで, の郡長, の部屋, の隣り, の馬, は, はこの世, はふい, は最早

▼ とき~ (18, 0.0%)

2 に二, のこと

1 [14件] のところ, の一人, の全く, の全員, の吾, の国, の小さな, の州, の民族, の真実, の誰, の雇人, 巳吉は, 町の

▼ とき~ (18, 0.0%)

7 計代は 5 計代, 計代が 1 計代の

▼ とき小林君~ (18, 0.0%)

1 [18件] がうれし, が右, が怪人, が懐中電灯, のおかげ, のからだ, のまぶた, の目, の電話, はこじき少年, はこの, はそば, はなに, はびっくり, はふと, はまた, は右手, は男

▼ とき~ (18, 0.0%)

1 [18件] からあ, からあらわれた, からお, からしゃがれた, からつい, からつけ, から声, から来た見た, から登っ, から追っかけ, から随, にあたってわー, に訊問, の方, の良人, の車, を誰, 西院

▼ とき~ (18, 0.0%)

2 があやしく, が衝かれる

1 [14件] が波, せまる思い, につきあげ, にわいた思ひ, に十字, に叫んだ, に描いた, に燃し, に誓った, もはずむ, より胸, をしめつけられる思ひ, をひきしぼられる, を突かれ

▼ ときああ~ (17, 0.0%)

1 [17件] あん時許さない, いう客観的態度, いう注意, いう色, いっそ一緒, これは, してやれば, すっかり痩せ, そうだ, と言い, もっともっと豊富, 今も, 仰云, 君が, 私の, 竹村も, 聞えるの

▼ ときお母さん~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] が, がおじいさん, がそつ, が感心, が日向, が買っ, ともも子さん, にはおじいさん, のおびあげ, の看病, はあの, はた, は出, は外, もいちばん末

▼ ときこういう~ (17, 0.0%)

1 [17件] ことを, のは, 事が, 子供たちの, 情景が, 感じが, 感懐を, 所では, 手紙の, 散歩の, 特長を, 考えに, 考えの, 言葉を, 詮議だ, 話を, 雰囲気は

▼ ときさん~ (17, 0.0%)

2 の絃

1 [15件] おときさん, からえ, が僕, とおだてあげ, にお, には懲, に知らせれ, に話し, の事, の身, はいる, はなあうち, は三田さん, よりもお, 一寸來

▼ ときわし~ (17, 0.0%)

1 [17件] があれ, がおりませんでした, が窒息, にも胸, の乗っ, の商売, の目, の祖父, はおまえ, はじいさん, は不, は二つ, は愉快, は身体, は魂, も正太君, や帰る

▼ とき一つ~ (17, 0.0%)

2 の石

1 [15件] には耳順, のきゅうり, のし, の世界, の丘, の古い, の夢, の心, の文化的, の歴史, の発見, の羽, の藝術的, の詩, の雲

▼ とき一度~ (17, 0.0%)

2 あの公園, だけで

1 [13件] あるのみ, だけお, であった, でも僕, と思いまし, ならずピアノ, にワアーン, に三人, はつい, はびつくり, 拝見させ, 行ったきり, 見たこと

▼ とき~ (17, 0.0%)

1 [17件] によって何処, の, のめつた, のやき, の一物, の伯父, の助手, の団長, の土塊, の大きな, の如く朝陽, の小さい, の指, の洋犬, の理学博士先生, の調子, の金庫

▼ とき~ (17, 0.0%)

1 [17件] きは, と一緒, にすすめられ, に話し, のイワン, の六郎兵衛, の政二くん, の生活, の部屋, はつかまっ, はほん, はもう, は化物, は大きな, は笑うた, は自首, を睨む

▼ とき~ (17, 0.0%)

2 から出任せ, を開いた

1 [13件] から思わず, がひどく, に出さね, の中, へ手, までヴェール, をはさんだ, をもぐもぐ, を入れた, を利いてる, を心配, を曲げる, を開き

▼ とき~ (17, 0.0%)

1 [17件] がよく, とともにいろいろ, のしま, のヘレン, の友人, の和子, の高い, はまた, はゴソゴソ, は十歳, は妹, は思いました, は残忍, は水, は茶, も自分, や先輩たち

▼ とき持っ~ (17, 0.0%)

3 ていた 2 てきた, て出た, て来た 1 ていった, ていなかった, ておいで, て居た, て帰った, て行くだ, て行っ, て逃げられる

▼ とき~ (17, 0.0%)

32 へ上森, へ行く 1 が大き, によつて, の目録, へウイ, へ僕, へ行き, も鍋釜, をよん, 尾根が, 當の

▼ とき東京~ (17, 0.0%)

1 [17件] からお客様, から持っ, そのほか, で流行らない, で自殺, におり, にき, にをり, に於ける, のかかりつけ, の工場, の支配人, の紳士, の遊学先, は野, へ行っ, も復興

▼ とき父親~ (17, 0.0%)

1 [17件] がうしろ, が硬い, に引, に見つけられ, のところ, の伊八, の大事, の目, の鎌井重三郎, は, はただ, ははじめて, はまだ, はもう, は子供, は母親, も丁度家

▼ とき誰か~ (17, 0.0%)

2 がそこ

1 [15件] が, がこの, がその, がどんと, が傍, が戸, が扉, が来, が来た, が検挙, が私, が窺いよっ, が耳, が言った, が階段

▼ ときじゃ~ (16, 0.0%)

5 ない 3 ないか 1 ありませんぜ, あるめ, な, ないよ, ないわ, なかったかと, なかって, アご

▼ ときそっと~ (16, 0.0%)

2 その跡

1 [14件] 側へ, 囁きあって, 外から, 山腹の, 川から, 庭に, 気色を, 爪立ちを, 着物の, 窺って, 立って, 耳を, 避けようと, 鉛華の

▼ ときそば~ (16, 0.0%)

2 にいた

1 [14件] から, でこれ, でわたし, でシナロン, で見, にかしこまっ, についてい, に中村警部, の亜米利加, の車百合, へよっ, へ寄っ, を立花カツミ先生, を顔

▼ ときでした~ (16, 0.0%)

3

1 [13件] から, からねその, から小, から諭吉, から震え, がまだ, が小林君, と思います, と申しました, の, わねえ, わわたくし胸, 鉛筆が

▼ ときまず~ (16, 0.0%)

3 第一

1 [13件] からめてから, そこらを, ふたりが, 人形を, 便所の, 地下室の, 未亡人が, 次の, 清吉が, 私に, 私の, 脳裡に, 見物の

▼ ときまるで~ (16, 0.0%)

1 [16件] あいつらの, すべてを, せまい壜, 変つたのださうでございます, 女は, 子供が, 悪夢が, 悪夢裡の, 打合せて, 日本語が, 早鐘の, 明智の, 最期の, 木枯しでも, 気違ひ, 紙片には

▼ ときようやく~ (16, 0.0%)

1 [16件] お嬢さん方の, がたがたと, きたるとばかりに, この小さい, この島, まなこを, われに, 人心地に, 初更に, 彼は, 慶助が, 正体が, 正季は, 涙の, 秀吉の, 追いついたスミ枝

▼ とき二階~ (16, 0.0%)

1 [16件] から, から大柄, から女中さん, から降り, であった出来ごと, の廊下, の窓, の窓際, の笑声, の箱, の美術室, の西洋間, の遊歩廊, の部屋, へそっと, までそれ

▼ とき以外~ (16, 0.0%)

2 には決して, に焚口

1 [12件] にはない, には殆, にも鳴りませんでした, はなかなか, はなるべく, はみなそうだった, は温和, は生き, は良人, は見廻り, は頭, 泣いたこと

▼ とき~ (16, 0.0%)

3 て来た 2 ている, てゐる 1 てきた, て引っ込んだ, て来, て来る, て行けなかった, て行った, て見たら, 來上が, 逢茶屋の

▼ とき~ (16, 0.0%)

1 [16件] とは違う, と異なり, にいる, に云った, に出, に坐っ, に坐ってた, に書い, のしだら, の商家, の引潮, の悲惨, よりはいっそう, よりも凉, よりも少し, 簾の

▼ とき女中~ (16, 0.0%)

1 [16件] がおりた, がそつ, がまた, がミルク, が就職条件, が来, が結び文, が茶, が酒肴, が騒いだ, と二番目, には暇, の一人, は台所, は母親, は駅

▼ とき~ (16, 0.0%)

2 なもの

1 [14件] なこと, なひそひそ, な事実, な匂い, な噂, な弁解, な手触り, な気, な爆音, な男, な眼鏡, にあたり, にそわつい, に擬古趣味

▼ とき~ (16, 0.0%)

2 に相談, の齢, は, は横 1 のさだ子, のやつ, の下, の幸子, の眼, はそんな, は彼, は考えました

▼ とき最も~ (16, 0.0%)

1 [16件] 信用し, 先に, 単一な, 好色に, 始めに, 孤独である, 孤獨である, 年長二十六に, 強く思いだした, 強靭であり, 活動的と, 深い傷手, 深く母, 生き甲斐を, 美しく候, 鋭く現

▼ とき~ (16, 0.0%)

2 の人々, の真ん中

1 [12件] に白, の人たち, の人びと, の女房達, の小学校, の広告屋, の末風山福徳寺, の男の子たち, の若者ども, の誰か, は五月雨, を出

▼ とき~ (16, 0.0%)

2 にしみ, に飾る

1 [12件] がまえ, に合つた袷, に感ずる, の震, は自ら水, を半ば, を持ち崩した祟りで, を焼く, を起しました, を起す, を除ける, を隠し

▼ とき青年~ (16, 0.0%)

2 の意識, はこの, は再び, は車 1 がはじめて, に洩した, の姿, の懐中, の珪次, の生命性, の皮下, の精密

▼ とき~ (15, 0.0%)

3 うして 2 う言 1 あん, あんお, う教, おが, とし, へあつ, ほ子, もああ, オレアノコと, 僕らは

▼ ときたしかに~ (15, 0.0%)

2 私には

1 [13件] おれは, そうしたこと, わたしの, 下から, 二人とも, 井上の, 儂は, 女は, 家に, 真面目な, 科学小説時代の, 見た, 錠は

▼ ときであった~ (15, 0.0%)

3 と思う

1 [12件] うえに, かそれ, かも知れぬ, からその, からそれ, からです, か何れ, がこの, がその, が徒歩競争, のだ, 彼は

▼ とき~ (15, 0.0%)

1 [15件] あのとき僕, あのクリーム色, あの人, おれは, からだは, それを, ている, 世の中に, 学生に, 帰ったら卒業祝, 日本側の, 父ちゃんひどい, 皆で, 私は, 私思わず

▼ ときまたは~ (15, 0.0%)

1 [15件] しばしば夜中, そのころ, そのころルール関門, なにも, アデェルが, 他人が, 他人を, 体操の, 卵牛乳を, 山間深林の, 年祝いと, 死んだとき, 薄暮深林の, 重傷を, 野心の

▼ ときみたい~ (15, 0.0%)

1 [15件] なもの, な奇警, な女, な心持, な緊張感, な調べかた, な顔, にあんな, におこっ, にそれ, にどうも, にトントン, に彼方, に泣かす, に船

▼ ときわれ~ (15, 0.0%)

1 [15件] から信長, しらず呟いた, にかえった, はいよ, はた, はわれ, は何處, は桑, は泣きつ, は直ちに, は頬, も泣かまし, を父, 又子供, 又汝

▼ とき~ (15, 0.0%)

1 [15件] からのぼっ, から三等水兵, から上がっ, から老人, から里好, にひろい, に組, のつま戸, の往来, の方, の洋服屋, の船艙, の部屋, へぱらりと, を見る

▼ とき宗助~ (15, 0.0%)

2 に聞いた, は, はもう, は役所, は箸 1 はまた, はやはり, は先祖, は又, は矢張り女

▼ とき必ず~ (15, 0.0%)

2 迸しる言葉

1 [13件] この心, そこへも, つきものの, といっ, 偃す, 出す癖, 天から, 帰着しなけれ, 慧鶴の, 握り返すん, 汝らの, 胸に, 若い男

▼ とき~ (15, 0.0%)

1 [15件] あげなかったちゅうこった, から放した, があの, が血, ずれたポケット論語, にあったか, に台紙, に短刀, に觸, をかざし, をさかん, をとっ, をやすめ, を取っ, を打っ

▼ とき最後~ (15, 0.0%)

1 [15件] にきいた, にその, にもう一度, に久木男爵, に取って置き, に室内, に彼女, に日本, に殘, に現われ出た, に目, の, の避難者, まで一字, まで反抗

▼ とき~ (15, 0.0%)

4 の上

1 [11件] がにわかに, がむこう, にとびこん, に山, のおばあさん, のなか, の中, の方, の色, は自分, 消えし

▼ とき甲斐~ (15, 0.0%)

2 はその

1 [13件] の出し, は, はいちど館, はいつか, はそれがくびじろだとは, は出仕, は床, は庭, は彼, は手, は的場, は突然, は静か

▼ とき遠く~ (15, 0.0%)

1 [15件] からバッジ, から静か, から風, これを, しかもはつきり, でチャルメラ, で眺め, のほう, の位牌堂, の女中, の方, の空, 北の方の, 望めば, 離れたけわしい

▼ とき金五郎~ (15, 0.0%)

2 は背後

1 [13件] が身, と勝則, のむざんな姿, の家, の方, は, はマン, は催眠術, は全身, は妙, は或, は背中, をもっとも

▼ とき非常~ (15, 0.0%)

1 [15件] な激戦, な迅速さ, になつかしく, に不快, に印象, に幻想的, に微妙, に急がされた, に感動, に満足, に自分, に行き, に親し, に都合, に馴染

▼ ときすべて~ (14, 0.0%)

2 の人, はもう 1 が氷解, の人民, の党員, の商品, の悟る, の新聞, の浪花節, の真面目, よいもの, を知る

▼ ときつと~ (14, 0.0%)

1 [14件] おんなじ位立派, きて, その晩, それを, 一歩すすみます, 今の, 八卦が, 出て, 參ります, 好い結果, 思ふの, 私の, 私は, 紙の

▼ ときとしては~ (14, 0.0%)

1 [14件] もっと早く, 唖然口を, 四人も, 大いなる幸福, 大なる, 恁, 或る, 数ヶ月も, 末梢的些末事と, 潸然目を, 玩具の, 眺めて, 致し方も, 軋る

▼ ときなぜ~ (14, 0.0%)

1 [14件] かお, かしまった, か彼女, こなかったの, とも知らず, わたくしは, アフリカ土人の, 今日まで, 叫ばなかったか, 気が, 自分を, 藤沢へ, 行こうと, 返事を

▼ ときにこそ~ (14, 0.0%)

2 勝手な

1 [12件] おらが, して, たとえ一, はじめて実際の, 主従の, 例の, 夫婦情死という, 懲らしめて, 日本の, 私は, 認められるであろう, 鬱陶しい梅雨

▼ ときふたり~ (14, 0.0%)

1 [14件] でおばあさん, のあら, のうしろ, の住所姓名, の少年, の話し, の警官, の部下, はおと, はじょじょに, ははっきり, はギョッ, は悲しみ, は金剛寺門前町

▼ とき信一郎~ (14, 0.0%)

4 の心 2 と青年, の頭, は可, は夢 1 はやっと, はやつ

▼ とき千鶴子~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいよいよ, が上, が自分, はそろそろ, は下, は宿, は楽し, は槙三, は機, は欄干, は肩, は裾, も矢代たち, を振り切っ

▼ とき感じた~ (14, 0.0%)

1 [14件] あの困難, のは, ものは, やうな, ような, んだ, 不満, 奇妙な, 平一郎に対する, 死の, 水を, 痛みで, 重苦しい心持, 驚きは

▼ とき文学~ (14, 0.0%)

2 は更に

1 [12件] が文学, としての客観的, のおくれ, の仕事, の永遠性, の玄人, の現実, の発展的方向, はもう, は階級性, もブルジョア民主主義的立場, を本道

▼ とき若い~ (14, 0.0%)

1 [14件] ほうの, ものは, 世代が, 世代の, 作者が, 大将参謀が, 婦人たちは, 婦人の, 婦人作家たちは, 弁護人は, 時代的な, 漁夫が, 男が, 者や

▼ とき見た~ (14, 0.0%)

2 のだ

1 [12件] ことが, ことで, とおりを, のは, びっこの馬に, ままで, やうに, 女が, 数々の, 断崖だった, 東京駅なんか, 馬は

▼ とき階段~ (14, 0.0%)

2 の下

1 [12件] がしづか, にこと, にとんとん, に足音, のうしろ, の上, の直ぐ, の途中, をのぼっ, を誰, を踏み鳴らし, を降り

▼ とき~ (14, 0.0%)

5 之丞 1 がひどく, が降りだし, のため, のひと, の中, の坂路, の女王, はもう, 之丞以外

▼ とき電話~ (14, 0.0%)

8 のベル 1 がもう一度, が引かれ, で招びかけて, の呼びだし, の話, をかけ

▼ ときあれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] があの, が老師病臥前, だけの答, で何, にそう, はニセモノ, は下島, は何もかも, ほどきっぱり, ほどの愛情, ほどアムステルダム参加, ほど申しのこし, もこれ

▼ ときいつ~ (13, 0.0%)

1 [13件] しよに, だつて大将, でも, でもきっと, でもこさせ, でもそう, でもレオナルド・ダ・ヴィンチ, でも客, でも帰っ, でも応援, でも知る, でも経験, ともうつ

▼ ときいろいろ~ (13, 0.0%)

1 [13件] お話しいたしましょう, お話しします, と可愛, と彼, な人, な動物, の作家, の感情, の犬, の迷信談, 名簿み, 気の, 話を

▼ ときでさえも~ (13, 0.0%)

1 [13件] いらいらし, まるで威嚇, 常に動物, 常に感ずる, 彼らは, 心情が, 必ず着用, 日本の, 昨今の, 決してみな成功, 深入りを, 究極の, 自己と

▼ ときでなけれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ばならぬ, ばのまない, ばわかりません, ばハイ, ば出し, ば出来ない, ば威張られない, ば子供, ば彼ら, ば持ち出さぬ, ば決して, ば火, ば野菜

▼ ときなどに~ (13, 0.0%)

1 [13件] あれが, ことに深く, これを, そのヘッド, ちょいと, つくり舞台, どうして平気, 伸子が, 出て, 用ひた, 第一番, 縁側に, 親類朋友などが

▼ ときひとり~ (13, 0.0%)

3 の少年 1 この土地, の兵, の友, の天使, の女, の女学生, の警官, 扇谷氏だけ, 放れて, 日本の

▼ ときよき~ (13, 0.0%)

8 が云った 3 は云った 1 が彼女, を見

▼ ときわれら~ (13, 0.0%)

1 [13件] しみじみ出, のもと, の心, の捕物名人, の胸, はいまさら, はその, は制服, は取る, は如何なる, は少なから, は屡, は断じて

▼ とき~ (13, 0.0%)

1 [13件] からなにか, からペン, から四五人, から押, から書生さん, にいた, にいる, にうごめい, に居る, へ誰か, へ閉めこまれた, 支の, 郎将

▼ とき偶然~ (13, 0.0%)

1 [13件] その樹, その糸, にふとん, にもあなた, にも一行, にも二人, にも般若, に買っ, に逢い, に郷里, 判って, 生じたるに, 買った英字新聞

▼ とき天皇~ (13, 0.0%)

2 はその

1 [11件] に拝, はある, はお, はすつく, は大いに, は大和, は女鳥王, は山の上, は美濃, は近江, は高殿

▼ とき始めて~ (13, 0.0%)

2 思想に

1 [11件] この奇怪, その絵, 大極樂, 妥当なる, 川より, 感覚や, 揺れたの, 文子が, 極楽往生を, 殘る, 紡績会社の

▼ とき明智探偵~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいきなり, がいたら, がしずか, がみんな, といっしょ, と中村警部, と警官隊, のため, はふと, はまた, はニコラ博士, は宇宙怪人, は怪人二十面相

▼ とき~ (13, 0.0%)

2 の毛皮

1 [11件] のよう, の肉, の顎, はなに, はまた, はハッ, は一ぴき, は明瞭, やわたし, より劣っ, 除けの

▼ とき~ (13, 0.0%)

2 のむこう, の人々 1 かどをまがる, から三度自動車, から村, には正月, に祭礼, の居酒屋, の方, の明るい, の若者

▼ とき白い~ (13, 0.0%)

2 ものが

1 [11件] ほど青く, エプロンを, ブラウスを, 帆の, 波の, 烏を, 糞を, 絵の具を, 雲が, 飛沫を, 鶴に

▼ とき~ (13, 0.0%)

1 [13件] が一寸どう, が熱電, が知らん顔, で選ん, のお, の意見, はとても, は一様, は思はず, は緊張, 小さい活字, 投票し, 搖れ出すのに

▼ とき~ (13, 0.0%)

9 ていた 1 ていらつ, て居た, て行く, て行った

▼ とき~ (13, 0.0%)

2 にのっ

1 [11件] からおろし, がご, が急, が桶, で思った, の上, の中, の人人, の現場, を追, を預かっ

▼ とき~ (13, 0.0%)

2 を飲む

1 [11件] が飲めなく, にまじっ, に酔つて, の上, の匂, の買い置き, をのむ, を一本注文, を持て, を求めないで, を酌み交し

▼ とき重吉~ (13, 0.0%)

1 [13件] が出, のとなり, の体, の親たち, は, はあっさり, はあれ, はいきなり, はひろ子, はやはり, は決して, も来た, やその

▼ とき~ (13, 0.0%)

4 の中 2 の方 1 にきこ, に車, のうち, のところ, の前, の扉, 守る男

▼ とき~ (13, 0.0%)

1 [13件] いろを, からふきだす, が熱く, にぶつかった, の上, の黄いろ, は憤怒, をあからめ, をあげる, を合わせる, を将軍, を見合わせ, 真卿

▼ ときいま~ (12, 0.0%)

2 までだまっ 1 のいま, までよりなお, まで怪塔, まで手首, まで持ち歩いた, まで毎日, まで眠っ, まで言った, もって, を盛り

▼ ときたった~ (12, 0.0%)

2 一つの, 一人の, 一度 1 いちどだけ, であろう, 一つ時間を, 一人戦争も, 一日で, 二つの

▼ ときとて~ (12, 0.0%)

1 [12件] しばらくは, そのまま由良, その真紅, そんなに母, はっとし, 一緒に, 他人から, 千鶴子のと, 屹度屹度そなた, 矢代は, 突如と, 高々濁酒

▼ ときどういう~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことに, ものか, ように, 作用を, 契約に, 工合に, 文学を, 有様だった, 言葉を, 酷い目, 題だった, 風の

▼ ときなにか~ (12, 0.0%)

1 [12件] して, じょさいない所見, そこに, のつづきで, のはげしい, のはずみ, の奇蹟, みょうな, 一つ黒い, 云いたそう, 平べ, 超自然的

▼ ときなんと~ (12, 0.0%)

1 [12件] いうおっとり, いうケチ, いう法悦, いって, いふ靜かさ, かかんとか, したこと, つかず彼, なし家, もいわれない, も言われない, 名の

▼ ときまっ~ (12, 0.0%)

4 ている 2 くらな, てしまった 1 ています, ているなら, ても子供心, とります

▼ ときまでに~ (12, 0.0%)

1 [12件] お支度, ごはんの, せいぜい十個, そこらの, ガン星は, ズバリと, 五十二歩を, 彼は, 敵の, 決心が, 燃えて, 私を

▼ とき今度~ (12, 0.0%)

2 は兄 1 の事件, はあります, はしかし, は向う, は団丸, は或, は私, は私たち, は馬, 行ったらグリーンホテル

▼ とき何だか~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの赤い, あぶなっかしかった, いい気持, そんな風, ねばった気持ち, ほんとうに, ワケの, 厭がる, 喫驚した, 室内に, 母が, 索然たる

▼ とき何処~ (12, 0.0%)

4 からともなく 1 かの独房, からか不意, から来た, から流れ, か見覚え, か道路, に居た, よりか微か

▼ とき~ (12, 0.0%)

1 [12件] おそく電車, ぐらいは家, などつい, のしずけさ, の海, の甲板, の静けさ, の静寂, はほのぼの, はますます, は沈々, を惱ます

▼ とき老人~ (12, 0.0%)

1 [12件] が一声, が話しかけた, が髯面, なら今, ののど, の手, はあざける, はただ, は炉, は空虚, は自分, は門

▼ とき自己~ (12, 0.0%)

1 [12件] のもっ, の一身, の中, の内面的知覺, の判斷, の善, の意志, の意識, の生活, の真実, を独自, を獨自

▼ とき~ (12, 0.0%)

3 の方 1 から尾形警部, がざわついた, て座敷, に出た, に誰, のくぐり, のほう, へ出なけれ, もすぐ

▼ とき~ (12, 0.0%)

3 ていた 2 はりの 1 てい, ていなかったろう, ている, て早, て来ます, て置いた, に来し

▼ とき障子~ (12, 0.0%)

2 のかげ, の外 1 がガラリ, に血, のうち, の向う, の破れ目, をあけ, を細め, を開けよう

▼ ときあたり~ (11, 0.0%)

2 を憚 1 がパッ, にえ, に一, に聞かされた, の土手, の空気, は荒涼, を見まわし, を見廻し

▼ ときあるいは~ (11, 0.0%)

1 [11件] そういういきさつ, その以上, なにを, 先手を, 心を, 狐が, 美しいもの, 自ら失望し, 酔後東西を, 随分この, 鶏の

▼ ときおばあさん~ (11, 0.0%)

1 [11件] から昔話, がとぼとぼと, のこと, は, はあや子, はいいました, はうなずき, はしわ, はびっくり, は家, は赤

▼ とききみ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が玄関, のお, のピストル, はがま口, はカピ, は今井君, は千万, は持っ, は紙, は開かれた, もほら

▼ ときこれら~ (11, 0.0%)

1 [11件] のたくさん, のもの, の人々, の作家たち, の彫刻, の文学, の旅行者, の現象, の眼, の肥沃, を書い

▼ ときすっかり~ (11, 0.0%)

1 [11件] あたま, あてが, こぼれて, しょ気て, びっくりし, 指さきや, 昂奮した, 気を, 通して, 遠慮の, 面目を

▼ ときはっきり~ (11, 0.0%)

1 [11件] おなかが, そういう話, とうす暗く, とその, と分った, と感じた, わかったのよ, 態度を, 気づいたの, 決心が, 親達に

▼ ときへん~ (11, 0.0%)

6 なこと 1 だなあと, なこえ, なもの, なわらい, な味

▼ ときほんとう~ (11, 0.0%)

1 [11件] にかれ, にこい, にそう, に師匠, に早く, に童心, に親爺, のねうち, の二十歳, の状態, を云っ

▼ ときもはや~ (11, 0.0%)

1 [11件] かのデモーニッシュ, その人, それは, 九時を, 夜は, 完全に, 末輩ながら, 歌劇の, 演習済みです, 翁の, 老年に

▼ ときやっぱり~ (11, 0.0%)

2 嘱託の 1 ある顔, こういう風, この爺さん京橋, こんな風, 三つしきゃ刺してなかった, 奥の, 妻を, 自分の, 震動を

▼ ときよと~ (11, 0.0%)

1 [11件] あたりを, さした, さして四辺, させて, した顏つき, しながら, し又, んとして, 聴き耳, 見, 部屋を

▼ とき一同~ (11, 0.0%)

1 [11件] に, の目, の眼, の背後, の顔, はもの, は万歳, は沈黙, は階段, は飛行機, やや屈身

▼ とき~ (11, 0.0%)

1 [11件] からするする, から一本, から僕, でぷつン, に浮いた, のほう, の図引き, の方, の語, へ身, を向い

▼ とき作者~ (11, 0.0%)

1 [11件] が身辺, たるわたし, のヒューマニティー, の心理的説明, の心魂, は万難, は亢奮, は失敗, は帝, も読者, を詮索

▼ とき天井~ (11, 0.0%)

1 [11件] から吊し, が傾い, につけ, にとりつけ, に取付け, に飛ん, の土, の方, の隅, の高, を仰いだ

▼ とき~ (11, 0.0%)

2 六に 1 ツルなど, ツルは, 兼が, 劍は, 十郎は, 女郎が, 窓から, 箪笥の, 食堂の

▼ とき~ (11, 0.0%)

1 [11件] だけはパン, の五時, の八時, の士大夫, の太陽, の戸籍調べ, の早い, の膳, 早く外, 早く対山, 着いて

▼ とき~ (11, 0.0%)

1 [11件] ががん, にし, にわかる, のそば, の傍, の遠く, の附根, をつんざく, を洗われ, を澄ませ, を立てる

▼ とき背後~ (11, 0.0%)

1 [11件] から, からかれ, から二人, から名, で, でけたたましい, で支店長代理, で自動車, で馬, にいた, にエンジン

▼ とき~ (11, 0.0%)

1 [11件] あがりの, がふる, が少し, が降, が降っ, だと, にうたれた, のなか, の日, もそ, 降

▼ とき~ (11, 0.0%)

1 [11件] から降り, がクラブ, が着いた, にまたがっ, に車, の小便壺, の頸, や羊, をあたえよ, をヘーレー, を飛ばし

▼ ときおまえ~ (10, 0.0%)

2 の家 1 がへん, にいい, に一つ, のお, の愛した, はそれ, は人, は呆れた

▼ とききっと~ (10, 0.0%)

1 あなたには, やさしい親切, 伸子の, 価切る, 師匠は, 相談に, 私に, 自分の, 買って, 通らなければ

▼ ときこちら~ (10, 0.0%)

2 の人たち, を向い 1 が一分, が知っ, にぞろぞろ, の始末, の婦人, も買えなく

▼ ときさすが~ (10, 0.0%)

1 にうち, になんとなく, に好い, に悦, に涙, に陵, の帆村, の雪, は名将李広, 暢氣者の

▼ ときさっき~ (10, 0.0%)

2 からどうしても, の喧嘩 1 から二人, から帰ろう, から彼, の夏フロック, 出て, 帰って

▼ ときそれら~ (10, 0.0%)

2 の人々, の風景 1 のもの, の子, の若い, の遠く, は資本, を扉

▼ ときたちまち~ (10, 0.0%)

1 その遠い, たかい空, にし, にペリティ, に脱却, 万雷の, 友情は, 昨日の, 柱に, 野猪の

▼ ときたまたま~ (10, 0.0%)

1 それが, 二十村郷の, 伊吹山麓で, 周南で, 学堂の, 後醍醐の, 来合わせて, 生徒が, 自然哲学を, 落語家に

▼ ときつい~ (10, 0.0%)

1 てゆく, まぢかで, 不勝手, 先頃奉公に, 失礼します, 思いが, 悪いこと, 眠白様の, 自分の, 身祝いの

▼ ときという~ (10, 0.0%)

5 ものは 1 ときに, のだ, のは, ような書きだし, 工合で

▼ ときどうしても~ (10, 0.0%)

1 おかしくて, おすゑ, 一つものと, 信じられないほど, 冷静に, 床に, 気に, 洋服に, 神樣が, 自天王

▼ ときどの~ (10, 0.0%)

1 かけがねも, くらいの同情, ような, ように, 愛情が, 方面へも, 点に, 砂粒が, 科を, 道を

▼ ときなどには~ (10, 0.0%)

1 とてもやさしい, どうかする, どんなこと, 内閣は, 古幟, 彼は, 東京駅から, 看護婦さんから, 訳の, 起こり得ない

▼ ときにしか~ (10, 0.0%)

2 顔を 1 きかなかったもの, それを, つかわないって, ふたたび現われ, 何一つ話さなかった, 信じられなかった, 出て, 才能の

▼ ときにわかに~ (10, 0.0%)

1 うしろの, かよう, その子供, 一人が, 圓朝は, 大きな音, 起った半鐘, 部屋の, 雲が, 風立っ

▼ ときひどく~ (10, 0.0%)

2 やられてから, 頭を 1 よろけた, ソハソハし, 当惑を, 得意であった, 注意を, 腰を

▼ ときむこう~ (10, 0.0%)

2 から一台 1 がわ, のく, のふす, のほら, の方, の町, より戸, を見たら

▼ とき一台~ (10, 0.0%)

4 の自動車 1 のスマート, のトラック, の円タク, の外人, の立派, の高級自動車

▼ とき久助君~ (10, 0.0%)

2 は太郎左衛門 1 のすぐ, はいつも, はしみじみ, はそいつ, はもう, は徳一君, は救われた, は森医院

▼ とき今日~ (10, 0.0%)

1 あるを, が自分, の二人, の冷酷さ, の日本ら, の社会, の結婚論, の若い, は誰, も生蕃

▼ とき再び~ (10, 0.0%)

1 かの山中, この言葉, ぱッと, わが目, ロップは, 彼は, 耳を, 都に, 都へ, 顔と

▼ とき~ (10, 0.0%)

6 定は 2 定が 1 定に, 害が

▼ とき同時に~ (10, 0.0%)

2 さがって 1 たくさんの, ほかの, 三つの, 対岸の, 彼は, 復讐の, 満洲, 郁文館の

▼ とき土地~ (10, 0.0%)

2 の人 1 にいる, の小さな, の自動車, の芸者, の農民, の釣り人, を売った, を売つた

▼ とき~ (10, 0.0%)

1 すずめが, と知りあった, なき男, のある, の声, の姿全体, の心持, の我, の立派さ, を持つ

▼ とき実に~ (10, 0.0%)

1 いやな, 不意でした, 吻ツとして, 愕いた, 私は, 立派な, 笑えたわ, 衷心よりの, 複雑です, 言いよう無く

▼ とき室内~ (10, 0.0%)

1 が俄, にいなかった, には居る, に一つ十燭光, に異様, の白い, の電話器, はただ, はちょッ, へ組立て梯子

▼ とき~ (10, 0.0%)

2 の中 1 が揺れる, には杉山氏, に婆, に来合せ, のうち, のほう, の外, の火鉢

▼ とき思いがけなく~ (10, 0.0%)

1 も伸ばした, グニャリと, ドカンという, マッシヴな, 例の, 外に, 小太郎が, 椋島の, 活気づけられる, 白いひ

▼ とき手紙~ (10, 0.0%)

1 がつい, がぬれ, が来, に捺し, のおしまい, のこと一寸申, をかき, を書きます, を薩藩政庁, 書いたよと

▼ とき~ (10, 0.0%)

2 の光 1 いまだ暮れざる, が落ち, に照らされた, の光これ, の沈む, は室内, は旅店, は暮れ

▼ とき~ (10, 0.0%)

2 のよう 1 の勝負, の手, の日, の皇位, の瞬間, の講義, は亀千代家督, 弟の

▼ とき江戸~ (10, 0.0%)

1 から回向, から滞留, におら, に来, に残し, の人, の家々, へ下向, へ修行, 初下り

▼ とき~ (10, 0.0%)

2 がいかに 1 と死, の姿, は感じられず, は自己, を守る, を欲, 兒の, 命からがら潜ん

▼ とき相手~ (10, 0.0%)

1 から警戒, が斬りこんだ, のほう, の人, の兵数, の期待, の眼, はしばらく, は毬, をおどろかすまい

▼ とき祖母~ (10, 0.0%)

1 から, から聴いた, が, がそば, の目, の眼, はふん, は私, は賑やか, も母

▼ とき突如~ (10, 0.0%)

4 とし 1 ごおっという, 夜陰の, 彼は, 気狂いが, 聞いたよう, 背後から

▼ とき美奈子~ (10, 0.0%)

2 にはもう, の心, は何うに, は自分 1 は思はず, は思わず

▼ とき~ (10, 0.0%)

1 ボーイが, 令嬢は, 僧の, 兵士は, 博士は, 夫妻には, 小使が, 教授に, 紳士が, 紳士の

▼ とき自然~ (10, 0.0%)

1 その方, と思い浮べられた, と横膈膜, と闘っ, なんぞをあんなに, にかれ, にへその緒, に歩い, に目, の活動元素

▼ とき~ (10, 0.0%)

1 というもの, のよう, の御, はどんな, はどんなに, は花びら, は花弁, よりも, を吹い, を密集

▼ とき見る~ (10, 0.0%)

1 とまる, ともなし, と仏壇, と男, と臍, と荒物屋, と袖, のは, 可き, 火だ

▼ ときあらゆる~ (9, 0.0%)

1 もや, 人が, 俳優は, 凹みに, 国語の, 教養は, 武器を, 罪の, 虚無の

▼ ときいかに~ (9, 0.0%)

1 かしけむ, して, すばらしい効果, 人間の, 勇壮の, 彼が, 彼は, 急いだからと, 私たちを

▼ ときいかにも~ (9, 0.0%)

1 お祭の, こわい顔, それが, 先生らしい, 悲しく退屈そう, 敗れたる国, 教習所仕立らしい, 欲しそう, 鮮やかに

▼ ときいっしょ~ (9, 0.0%)

1 にいこう, にかえる, にきみ, に伴, に博士, に取払われ, に居た, に来た, に遊ん

▼ ときこそは~ (9, 0.0%)

1 おれは, わしが, 不肖関重之進惜しくも, 大変であった, 我々が, 正造は, 生きては, 見て, 諸君は

▼ ときさき~ (9, 0.0%)

1 から意志, にきた, にこの, にわが, に歩い, に狐塚, の俊秀, の少女, の男

▼ ときたいへん~ (9, 0.0%)

3 つまらないと 1 きげん, な事件, な騒ぎ, 気分が, 疲れて, 苦心を

▼ ときって~ (9, 0.0%)

2 悪血を 1 えば, ものは, 実に可笑しい, 懐紙で, 懐紙を, 血を, 陸へ

▼ ときでない~ (9, 0.0%)

1 から私, として彼, と使わない, と思いました, と撃たない, と考え, と聞い, と詩, 限り声は

▼ ときにあたって~ (9, 0.0%)

1 いろいろに, そのおめでとう, ただ一つ現実的, どんなに気分, 媒介の, 岩波書店は, 役人が, 真実に, 降りつづく雨

▼ ときによって~ (9, 0.0%)

2 違うから 1 お駒ちゃん, ジャズ, 一夜の, 事件に, 変化する, 大男三四人ぐらいの, 心持の

▼ ときまたもや~ (9, 0.0%)

2 ポチの 1 おそろしい咆哮, くらい影, ギョッと, 例の, 右手の, 大怪音, 銃声が

▼ とき~ (9, 0.0%)

2 しよに 1 しょにおはいりなさいな, とあし, とほり, と足, の光, は十二歳余り, ばん困る

▼ とき何ん~ (9, 0.0%)

5 だか 1 か言, だかしら, とそれ, ともたとえ

▼ とき何者~ (9, 0.0%)

2 とも知れず 1 かがい, かが往来, かき, かの力, かの手, か川上機関大尉, ともしれず

▼ とき~ (9, 0.0%)

2 本登 1 が一人, とともに心ゆく, に自殺, はともかく, はなぜ, は両手, は水栽培

▼ とき先ず~ (9, 0.0%)

1 その屋根, 初めに, 彼に, 彼の, 最初に, 目を, 考えられるの, 資産しらべ, 願うこと

▼ とき前方~ (9, 0.0%)

2 の車 1 からキラキラ, から一人, から漠々, にそれ, に注目, の暗やみ, の込み合った

▼ とき即ち~ (9, 0.0%)

2 囘顧的に 1 心が, 懶惰, 最も自ら, 東西両, 誇り嫉み怒り, 貪慾多食邪淫, 遂に光

▼ とき向こう~ (9, 0.0%)

2 の方 1 からさあっと, から一台, から来た, で三人, のドア, の河原, の白い

▼ とき~ (9, 0.0%)

2 をかけ, をそろえ 1 の写真, をのん, を励まし, 出して, 高くはげしく争う

▼ とき実は~ (9, 0.0%)

2 俺は 1 すでに多く, 万引の, 判じ物を, 床板をでも, 彼自身の, 気を, 私一つ大変な

▼ とき~ (9, 0.0%)

1 にゆき小舎, のむらさき, のよう, の茶店, の話, の象ども, の麓, は大きな, へ柴刈り

▼ とき巡査~ (9, 0.0%)

2 はもう, もすでに 1 があわて, の聲, はかれ, は通った, は頭

▼ とき必要~ (9, 0.0%)

2 なの, な物 1 でありますから, と思える, なもの, な買物, にせまられ

▼ とき房枝~ (9, 0.0%)

1 がアパート, が道, のあ, の手, はとつぜん, ははっと, は夫人, もそわそわ, も明り

▼ とき~ (9, 0.0%)

2 の光 1 がうなだれ, のごく, の下, の表面, は小さな, は西, は謙信

▼ とき~ (9, 0.0%)

1 て, てお, ておちおち, てくれた, てくれる, てくれれ, てほしい, てみる, て下

▼ とき死ん~ (9, 0.0%)

3 でしまった 1 じゃおうか, であれ, でいた, でいたら, でおれ, でみ

▼ とき~ (9, 0.0%)

1 の影, はあまり, はいたたまれない, はきっと, は一飛び, は小, は快い, は自分, は足

▼ とき漸く~ (9, 0.0%)

2 下ろされて 1 のやう, 吾れ, 将軍は, 森が, 気が, 気がついたよう, 離れた部屋

▼ とき警察~ (9, 0.0%)

2 の人々 1 からの通報, から施療, ではその, では数年前, などをよん, に踏み込まれ, の手

▼ とき~ (9, 0.0%)

1 で, で飛ばしちまった, の上, の中, の尻, はウズマサ, は動き出した, をおりた, をとめるべきだ

▼ とき途中~ (9, 0.0%)

1 からおめおめ, でお, で外国人, で廻国巡礼, で気, で花鳥, で道, で雲中, を一緒

▼ とき~ (9, 0.0%)

2 がかかっ 1 のよう, の中, の向, の向こう, はますます, を押し分け, 原警部

▼ とき~ (9, 0.0%)

3 もなく 1 がする, なくしかも, は少し, もなし, をあげる, をきい

▼ とき黒い~ (9, 0.0%)

2 東の 1 シルクハットを, 五六機の, 人影が, 影が, 怪物が, 服を, 背中が

▼ とき~ (8, 0.0%)

1 この丹下左膳, さくらどの, たくしの, ちょうど始まる, つて風が, ひを, やつの, 同じ百姓共

▼ ときいい~ (8, 0.0%)

1 あわした, 前ぶれの, 心持でしょう, 心持でない, 知れぬ羞恥, 知れぬ腹立たし, 秋虫の, 腕時計を

▼ ときお父さん~ (8, 0.0%)

2 の蛙 1 が, がき, が床, は何とか, は多く, は毎晩

▼ ときぐらい~ (8, 0.0%)

1 うれしいこと, なもの, 困ったこと, 平七は, 有名に, 私が, 私は, 胆を

▼ ときこう~ (8, 0.0%)

1 いって, たずねた, ときまつた, の鳥, 云った, 云って, 思いました, 迄がんばる

▼ ときこんど~ (8, 0.0%)

2 は彼女 1 はからす, はまっ, は今, は前, は明らか, も松次郎

▼ ときさえ~ (8, 0.0%)

3 すれば 1 あった, あるの, こないとは, そういっ, 持ち得なかった点

▼ ときすこし~ (8, 0.0%)

1 ばかりまどろん, ひらいて, まとまって, 念を, 手間を, 長く外国, 隔たったところ, 離れた小間

▼ ときすなわち~ (8, 0.0%)

1 上空が, 年号, 燕麦が, 理想の, 生命の, 真の, 神と, 西暦一七九六年の

▼ ときする~ (8, 0.0%)

5 ように 1 くせで, やうに, ような

▼ ときそのまま~ (8, 0.0%)

1 そこに, な姿, に眼, の姿, の身仕度, 右の, 新八, 芸者稼業を

▼ ときたしか~ (8, 0.0%)

2 わたしの 1 に言った, ヘルシングフォルスの, 十一ぐらいにしか, 恥ずかしさ, 永井龍男君と, 浜口君に

▼ ときちらりと~ (8, 0.0%)

1 わたくしの, 右門の, 姿を, 店先へ, 相手の, 見えたもの, 見せたあの同じ, 青い菊

▼ ときなるほど~ (8, 0.0%)

2 これは 1 これだ, これでは, そうかも, 五千年の, 僕を, 地震には

▼ ときなん~ (8, 0.0%)

3 の気 2 じらさいわい 1 とかいふお嬢さん, の憧れ, の話

▼ ときにより~ (8, 0.0%)

1 すぐれば, どんな甘露, 品物によっては, 御反省, 御門跡様, 過ぐれ, 雄弁に, 馬も

▼ ときひと~ (8, 0.0%)

1 こえ角笛, はそれ, はまったく, は家, は少く, は相手, は説得, よりちょっと

▼ ときふしぎ~ (8, 0.0%)

3 なこと 1 な光景, な微笑, な理由, な黒装束, にも少し

▼ ときほとんど~ (8, 0.0%)

1 乱暴に, 同時であった, 商人に対してさえ, 我を, 母と, 神経過敏の, 私たちは, 避けられないこと

▼ ときクリストフ~ (8, 0.0%)

1 がグラチア, の室, はくつがえされた, はオリヴィエ, はセシル, は初め, は憤激, は留守

▼ ときパッ~ (8, 0.0%)

1 とある, ときた, とぶらんこ, と二つ, と剥ぎとられた, と大きな, と手, と白煙

▼ とき一方~ (8, 0.0%)

1 からヘリウム原子弾, の人, の堤, の壁際, の旗頭, の気持, の電極, 紅葉が

▼ とき一羽~ (8, 0.0%)

1 のかわせみ, のつばめ, の名, の小鳥, の白鳥, の魚狗, の鳥, の鷲

▼ とき久慈~ (8, 0.0%)

1 と東野, に訊ねた, はこれ, は千鶴子, は急, は真紀子, は矢代, は突然

▼ とき~ (8, 0.0%)

6 助は 2 助を

▼ とき俊夫君~ (8, 0.0%)

1 がいたら, は, はとつぜん, は住職, は何, は富三, は按摩, は村

▼ とき兄さん~ (8, 0.0%)

1 からかご, がそう, に申訳, の三之助, の祐助さん, はなぐられ, は七つ, は口笛

▼ とき光秀~ (8, 0.0%)

1 に饗応, の手, はなお, は下, は初め, は憮然, は手, ももう

▼ とき全く~ (8, 0.0%)

1 それたが, の別人, ほかの, 偶然で, 同じよう, 我流の, 眠りが, 私達は

▼ とき勝平~ (8, 0.0%)

2 の心, はまた, は同伴 1 は煮えた, は煮えたぎっ

▼ とき千二~ (8, 0.0%)

1 が, のあ, のうしろ, の気持, の目, の瞼, はそば, は妙

▼ とき~ (8, 0.0%)

4 ふの 1 が泰然, ふから一列の, ふむきに, へ持っ

▼ とき和尚~ (8, 0.0%)

2 に依頼, の法衣 1 が言, が言った, は夜, は海辺

▼ とき多く~ (8, 0.0%)

3 の人 1 のレントゲン医学者, の家の子郎党, の蛇, の降, を語らぬ

▼ とき~ (8, 0.0%)

2 が止める 1 にもなりうる, の心, はいま, はすぐ, はその, は彼

▼ とき存在~ (8, 0.0%)

2 を所有 1 の實, の概念, の理由, はもちろん, は勿論, は存在

▼ とき学校~ (8, 0.0%)

2 の机 1 からぬれ, から一羽, の先生, の同僚, へ上んなかった, へ入る

▼ とき家康~ (8, 0.0%)

2 は六ツ 1 から援軍, から秀吉, か利家, のある, のまえ, は堺

▼ とき尊氏~ (8, 0.0%)

1 が, が言った, という人間, の心, はまだ, は京都, は口, へ注意

▼ とき小林少年~ (8, 0.0%)

1 が, がふと, が明智探偵, が空, といっしょ, のうしろ, はまるで, は七つ道具

▼ とき~ (8, 0.0%)

1 のやう, の二本腕, の副, の大将株, の毒矢, の足もと, の飛行機, よりも長い

▼ とき新聞~ (8, 0.0%)

1 で長い, に出ない, に記事, の山, の批評, は夫人, やをし, を畳み

▼ とき本当に~ (8, 0.0%)

1 たのしいこと, 佃だって, 広い世の中, 愛し合ったいろいろ, 知らないで, 美人だ, 行きかねなかったの, 黒ん坊を

▼ とき~ (8, 0.0%)

3 の中 1 がざわざわ, のはと, の内, へ枯れた, 半太夫

▼ とき死んだ~ (8, 0.0%)

1 がその, に相違, のです, ように, アナアキストの, 人も, 母の, 父親を

▼ とき泰造~ (8, 0.0%)

1 がいつも, がもし, が大きな, のあらわす, はその, はちょい, はちょっと, はふと

▼ とき瑠璃子~ (8, 0.0%)

2 の良心, はふと, は夢, は遉

▼ とき直ぐ~ (8, 0.0%)

2 その家 1 それを, にもははあ, に垣, ハンドルを, 自殺じゃ, 自殺ぢや

▼ とき笹村~ (8, 0.0%)

1 に念, の顔色, はお, は四畳半, は張り詰めた, は泣き出す, は笑い, は苦笑

▼ とき聞いた~ (8, 0.0%)

1 おそろしいさけび, がいま, ことが, のか, のじゃが, のを, アマゾンの, 美妙な

▼ とき~ (8, 0.0%)

2 から肩, をゆすぶり 1 につかまっ, の肉, をたたき, を並べ

▼ とき~ (8, 0.0%)

4 がゆれた 1 から大きな, があんまり, のすぐ, は小山

▼ とき~ (8, 0.0%)

2 の部屋 1 にいた, のへや, のます, の国, の年, の車室

▼ とき隣り~ (8, 0.0%)

2 の家 1 から火, に住ん, の部屋, 座敷では, 座敷に, 座敷へ

▼ ときあんた~ (7, 0.0%)

1 あのレデー, がうち, にはそう, に忘れられ, はどんな, はよいつぶれた, は未來

▼ ときあんなに~ (7, 0.0%)

1 も堅く, ようお話し申し, 気を, 無関心, 砂糖の, 衣裳に, 震えたの

▼ ときかつて~ (7, 0.0%)

1 は微光, は自分たち, 自分が, 若い単純, 行なわれた改新, 遠い他人, 食い残した品

▼ ときかねて~ (7, 0.0%)

2 の計画通り, 高廊 1 借用の, 申しあげたはず, 聞いて

▼ ときこっち~ (7, 0.0%)

1 から出かけ, から行く, が大手, じゃ五ヵ年計画, のスタンダアル, の本, へ向っ

▼ ときじっと~ (7, 0.0%)

1 して, その小鳥, 夢想に, 小山の, 甲斐の, 目を, 静かに

▼ ときたら~ (7, 0.0%)

1 さぞ黒い, それこそ, ただじゃ, どうだい, どろ, ば粗, 万事休すと

▼ ときだけの~ (7, 0.0%)

3 ことで 1 ことな, みずからの, もので, 問題では

▼ ときであり~ (7, 0.0%)

1 その頃私, それからほんの, それが, 又た, 国の, 気も, 綱吉も

▼ ときなに~ (7, 0.0%)

2 を思った 1 かしら透き通った, ほどこれ, もやる, を見たでしょう, を見つけた

▼ ときひょいと~ (7, 0.0%)

1 ばかな, モ一度利助の, 好奇心を, 彼の, 目を, 見ると, 鏡を

▼ ときほんの~ (7, 0.0%)

1 お祝, しばらくの, ぽつ, 一目であった, 十日ばかり, 短い間, 赤児で

▼ ときまでには~ (7, 0.0%)

1 このこと, ビバイチャシナイ滝川その他の, 一つも, 半時間か, 大人も, 少くとも, 次第に確立

▼ とき~ (7, 0.0%)

1 ざとじやけんにしてやる古風さを, すぐれて, ちきは, ッ, 物凄く少し, 葉で, 葉を

▼ ときオレ~ (7, 0.0%)

1 が段九郎, の目, はふと, はヒメ, は何, は日暮れ, は親方

▼ ときハッ~ (7, 0.0%)

1 とし, と思い当っ, と思う, と或, と打ち据えられた, と目, と胸

▼ ときフランス~ (7, 0.0%)

1 からロマン・ロラン, が断然, に人民戦線運動, に出征中, の放送, は来客, へ行つて

▼ とき世界~ (7, 0.0%)

2 の学者 1 に超, の随分, はひっくりかえっ, は客観, をとりまく

▼ とき両親~ (7, 0.0%)

1 がなくなった, が山, と二人, につれられ, のあきらめ, は眠っ, を失

▼ とき五人~ (7, 0.0%)

2 の侍 1 の使部, の先頭, の操縦員, の酔った, 程の人

▼ とき低い~ (7, 0.0%)

3 声で 1 人声が, 含み声が, 建物の, 竹の

▼ とき何と~ (7, 0.0%)

1 いひしか, それは, なしの, なし唐突, はなしに, 筆不精だったでしょう, 遠心力が

▼ とき何となく~ (7, 0.0%)

1 こうしては, 不愉快な, 不愉快を, 外が, 孔子の, 愉快だ, 文次は

▼ とき何時~ (7, 0.0%)

1 でもい, でもいらしつ, でも母親, でも眠る, もいらっしってた, もいらつ, も不思議

▼ とき~ (7, 0.0%)

1 からその, で傍若無人, につい, にゐた, にゐました, の人, の赤松

▼ とき~ (7, 0.0%)

2 に立っ 1 に払った, に行った, の二人, をゆく, を駈け

▼ とき~ (7, 0.0%)

1 字宙が, 欧州にわたる, 精力を, 責任を, 道否, 隊に, 露作家団体協議会クラブの

▼ とき~ (7, 0.0%)

1 な年増, な廊下, に取り立て, の人, の書類, の部屋, を惜しみ

▼ とき医者~ (7, 0.0%)

1 がいつた, が注射, にかけ, にも見せず, の玄関, を呼ん, を迎え

▼ とき卓一~ (7, 0.0%)

1 がひとり, が夜更け, が由子, の隙, はすでに, は己, よりももつ

▼ とき~ (7, 0.0%)

1 のさき, のホームラン, の中軍, の奇襲艦隊, の孫権, は二十二歳, は黄武元年

▼ とき周囲~ (7, 0.0%)

1 には無限, に何軒, の群衆, の観客, はその, はそれ, は秋

▼ とき~ (7, 0.0%)

2 の方 1 が見えませぬ, が麒麟児, しょうじゅういちねん卯月二十四日, の助け, を仰い

▼ とき~ (7, 0.0%)

1 がしん, がへえ, の克彦, の眼, の草鞋, は寝, へ言った

▼ とき子供たち~ (7, 0.0%)

1 がつい, が一番, と一緒, と膳, はもう, は考え, を抱え出す

▼ とき宿~ (7, 0.0%)

1 で鰍, の婆さん, の時計, の者, の若い, へついた, やに一人

▼ とき小さな~ (7, 0.0%)

1 すずめは, ずぼん, つ, 橋の, 青蛙を, 駅の, 魚たちは

▼ とき~ (7, 0.0%)

1 とったかっぷく, とった母夫人, とった船長, とって, とつた者, のこと, を取った

▼ とき~ (7, 0.0%)

1 の保, の勝, の吹く, の命, の神, の簡次郎, はじっと

▼ とき忽ち~ (7, 0.0%)

2 一の 1 ベルナルドオが, 又ララ, 大きな穴, 羽つきたる, 飛報あり

▼ とき怪物~ (7, 0.0%)

1 が身動き, のほう, の顔, はもう, はケラケラ, は千二, は窓

▼ とき意外~ (7, 0.0%)

1 な報道, な失策, な感, な軽, にもそれ, にも忌中, にも男

▼ とき~ (7, 0.0%)

2 もまた, も必然 1 と性欲, と犠牲, は自由

▼ とき戸口~ (7, 0.0%)

3 に人 1 には知らない, の扉, へ火事装束, までつい

▼ とき改めて~ (7, 0.0%)

1 博士に, 手段を, 案内しよう, 私共に, 絞り殺したん, 考え直すこと, 話題と

▼ とき~ (7, 0.0%)

2 十郎は 1 らしい発見, 八に, 団長の, 破の, 雑誌の

▼ とき新しい~ (7, 0.0%)

1 つれは, 大坂城, 悲歌の, 無産者文学理論が, 破局が, 躾は, 首相は

▼ とき日本人~ (7, 0.0%)

2 が誕生 1 がどうして, が四百餘州, とはまつたく, に習いました, はおどろきました

▼ とき明智~ (7, 0.0%)

1 がむこう, が目, にむかっ, の頭, はこの, はたず, は小林君

▼ とき松吉~ (7, 0.0%)

2 の口, は 1 は傍, は思はず, は思わず

▼ とき~ (7, 0.0%)

3 の中 2 の奥 1 が横あい, の家

▼ とき果して~ (7, 0.0%)

1 そのよう, その情熱, 人々は, 今日の, 怪塔王は, 恋を, 私たちの

▼ とき~ (7, 0.0%)

1 からこう, から一等運転士, から緊張, にお, に並んだ, に行く, の襖

▼ とき深い~ (7, 0.0%)

1 吐息を, 問題の, 感慨が, 沈默が, 疑問を, 興味が, 靄が

▼ とき特に~ (7, 0.0%)

1 この一味, 下賜された, 別れ話を, 平安朝文芸の, 御挨拶, 父の, 言葉を

▼ とき真に~ (7, 0.0%)

1 凄寒, 孤独に, 彼女を, 生まれて, 眠って, 確実に, 自己自身を

▼ とき若し~ (7, 0.0%)

2 テツさんの 1 はやくラ・ミーラ, や彼女, 地下室を, 私が, 私の

▼ とき西~ (7, 0.0%)

2 のぎらぎら 1 がわが, の国, の方, の空, は三十

▼ とき買っ~ (7, 0.0%)

1 ている, てくれ, てやらない, て来た, て読んだ, て送った, とかなけれ

▼ とき近く~ (7, 0.0%)

1 でふと, にゐた, に大, の支那そば, の水草, の葦, 進んだ

▼ とき~ (7, 0.0%)

2 は鼻柱 1 さ三丈とも, 忌寸奥麿, 承の, 槍の, 髄彦の

▼ とき隣室~ (7, 0.0%)

1 からの呼び声, から支店長代理, なるジエンナロ, に吹い, に小僧, の中国人, の四疊半

▼ ときあたかも~ (6, 0.0%)

1 アネモネの, 一頭の, 下の, 夢を, 物不意に, 邦原君らは

▼ ときあんな~ (6, 0.0%)

1 ことを, レアティスやれる, 乱暴を, 声を, 臭いが, 詰らないくしゃくしゃ

▼ ときあんまり~ (6, 0.0%)

1 おばあ, かの女達, なこと, 古い家, 無頼な, 許嫁の

▼ ときおかあさん~ (6, 0.0%)

1 が, が台所, が針仕事, に話しました, はどんな, はなにか

▼ ときおのずから~ (6, 0.0%)

1 出来た順序, 力の, 声に, 外国の, 微笑ましく肯ける, 細部が

▼ ときおら~ (6, 0.0%)

2 ああの, あ勘づい 1 あ先生, は見ない

▼ ときくらい~ (6, 0.0%)

1 たのしいこと, 恰好の, 深く愛し合った, 犬に対して, 腑抜けの, 驚いたこと

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 そ, 挨拶も, 注進に, 病身の, 自分の, 辺の

▼ ときさるぐつわ~ (6, 0.0%)

5 をはずし 1 をはずしました

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 ていた, て行った, まひに, ゃもじがその首環を, 渓川の, 紅すて

▼ ときしか~ (6, 0.0%)

1 し右門, し哲学, たがいに, はかないこと, 会って, 用の

▼ ときしずか~ (6, 0.0%)

1 な涙, な耳, に入口, に小間使, に斯, に立ちあがった

▼ ときしばしば~ (6, 0.0%)

2 とんでもない, 写生帳と 1 下品な言い, 海辺に

▼ ときそれから~ (6, 0.0%)

2 其処の 1 あとこれら第一線の, あの角, 朝目が, 素子が

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 うとうこの, うとう今年, うとう蒲原氏, ね, んです, 日には

▼ ときだけが~ (6, 0.0%)

1 その通り, たのしいの, ほんとうの, 幸福だった, 幸福だつた, 彼女の

▼ ときだけでも~ (6, 0.0%)

1 いくらか知識的, 七百余人と, 何か, 多少の, 自由に, 風景の

▼ ときだったら~ (6, 0.0%)

1 いまの, その鈍重, クリストフも, 家の, 理解し, 自分の

▼ ときちゃんと~ (6, 0.0%)

1 このしかけ, わたしに, 体に, 太平洋戦を, 知って, 調べて

▼ ときつや子~ (6, 0.0%)

21 がそれ, が訊いた, のがっしり, はきまり

▼ ときとの~ (6, 0.0%)

2 間に 1 あいだの, けじめが, さまが, 感覚が

▼ ときどうも~ (6, 0.0%)

1 この部屋, 似たよう, 其は, 変だ, 瑞西の, 聞きおぼえの

▼ ときどやどや~ (6, 0.0%)

2 と背広服, と足音 1 と悪漢ども, と立ち上がっ

▼ ときなぞは~ (6, 0.0%)

2 軒から 1 まつたく茫然, 力持ちだ, 横から, 私は

▼ ときなる~ (6, 0.0%)

31 だけその, による, 程何か

▼ ときにな~ (6, 0.0%)

1 そうで, つたのでございます, つて庄吉の, つて現れ, つて私の, わしは

▼ ときにばかり~ (6, 0.0%)

2 俺の 1 やって来て, 来るね, 知れるもの, 縁起を

▼ ときによっては~ (6, 0.0%)

1 こんな物分り, 光彩陸離の, 干もの, 目に, 訛言に, 麦蕎粉菓子に

▼ ときのみ~ (6, 0.0%)

1 きにく, である, ならず防御, 到達する, 夢みるもの, 差し出だし昼食

▼ ときはからずも~ (6, 0.0%)

2 かれの 1 いま出どころが, 人込みの, 先生から, 目に

▼ ときはしなくも~ (6, 0.0%)

2 名人の 1 お艶, ここに, みせた陽吉, 人相の

▼ ときはっと~ (6, 0.0%)

1 一彦が, 思いついたこと, 思った瞬間, 気が, 気がついた, 言葉を

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 おいの, ごろ自分の, さと, ゅうっと一陣の, ょッと, よいと

▼ ときふっと~ (6, 0.0%)

1 おおかめさん一族, この裳裾, アリョーシャの, 彼の, 眼が, 角度を

▼ ときほか~ (6, 0.0%)

1 の女院, の子, の者, の若い, はすっかり, 出ないもの

▼ ときまり~ (6, 0.0%)

3 が悪い 1 にいひ, はしまい, わるいよって

▼ ときみょう~ (6, 0.0%)

6 なこと

▼ ときもしくは~ (6, 0.0%)

1 何かの, 彼らの, 日中でも, 甲の, 私の, 籠の

▼ ときわき~ (6, 0.0%)

1 から思っ, から手, で見, にいたら, にいる, の廊下

▼ ときわざわざ~ (6, 0.0%)

1 ケースに, 九段下の, 出迎えて, 直させたり, 腰の, 風呂場を

▼ ときフリーダ~ (6, 0.0%)

1 が叫んだ, が窓, と二人, のかわり, は女教師, は急い

▼ ときポケット~ (6, 0.0%)

2 の中 1 からとりおとした, から四角い, から銀貨, に手

▼ ときマン~ (6, 0.0%)

1 から, から笑い, がお, の作品, の右手, はあッ

▼ とき一番~ (6, 0.0%)

2 に自分 1 ひどい目, みっともなくなっ, 悪くない, 若い一番

▼ とき~ (6, 0.0%)

2 の眼玉 1 棋士面色益々, 眼に, 箇の, 軍は

▼ とき二つ~ (6, 0.0%)

1 に分けた, に割れた, の人形, の実体, の實體, の肩

▼ とき五郎兵衛~ (6, 0.0%)

2 は五十三, は腹, は落

▼ とき京都~ (6, 0.0%)

1 に一年半滞在, の, の大きい, の美し, へ上つて土産, へ出

▼ とき会った~ (6, 0.0%)

1 がローザ, きりで, きりね, ひとです, ゴーリキイほど, ノヴィコフ・プリヴォイの

▼ とき伸子たち~ (6, 0.0%)

1 がいあわす, が川瀬たち, の乗っ, の前, の船, はメトロ

▼ とき作家~ (6, 0.0%)

1 がどうして, の人, の性根, の立場, は, らしくない作家的面

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 して, の一人, の者, の蔦王, をし, 出せられるだけ

▼ とき先方~ (6, 0.0%)

1 から何, から馬車, で實, は三人, は祀っ, も

▼ とき内地~ (6, 0.0%)

1 から台湾, と蝦夷, の感覚, の民俗, はまだ, へ帰れ

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 はだ, 七郎の, 偈を, 助は, 太夫が, 太夫は

▼ とき~ (6, 0.0%)

2 の足 1 から金兵衛, がわ, の奥歯, の手首

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 坐した, 時代の, 樣の, 町新町の, 藩の, 邸の

▼ とき四十面相~ (6, 0.0%)

1 が, のうしろ, の笑い声, の部下, はすっかり, は左

▼ とき圓朝~ (6, 0.0%)

1 の心, はこの, は台所, は穴, は護摩料, は鏡

▼ とき場内~ (6, 0.0%)

1 から遠く, がにわかに, では弁士中止, において発言, の者, の電光

▼ とき~ (6, 0.0%)

2 の中 1 ではない, に怖, の假説, を結ぶ

▼ とき太陽~ (6, 0.0%)

1 が水平線, はちょろちょろ, はふたたび, はやさしく, は西, は見る

▼ とき女房~ (6, 0.0%)

2 のお 1 じみた心, に命じ, のカツレツ, の死んだ

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 の櫛, はまだ, は分明, は手, は蒼白い, は頭

▼ とき官兵衛~ (6, 0.0%)

2 は二十 1 がすぐ, の旺ん, はその, は生れ

▼ とき~ (6, 0.0%)

2 が来 1 から金, と一緒, のあつまった, は口

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 にい, にだれかいたなら, の中, の入口, の隅, を空け

▼ とき寝床~ (6, 0.0%)

2 のなか 1 から飛上, に腹這い, の下, も抜き身

▼ とき小学校~ (6, 0.0%)

1 にはいり, の, の小使, の校長, の防空壕, へ送り迎え

▼ とき川上~ (6, 0.0%)

2 から 1 から新しい, がいいます, の丘, の方

▼ とき~ (6, 0.0%)

2 の手, の足 1 の拙詠, の頬

▼ とき巴里~ (6, 0.0%)

1 では多く, に置い, の友人, はこの, へ出, まで出かけ

▼ とき帽子~ (6, 0.0%)

2 も被らず 1 が小さ, も上衣, を脱ぎ, 忘れるなと

▼ とき当時~ (6, 0.0%)

1 の中学生, の日本人, は家系, まだ若かっ, まだ農奴, を回想

▼ とき彼女たち~ (6, 0.0%)

2 が歓声 1 のまわり, の心, の活動ぶり, はさて

▼ とき心臓~ (6, 0.0%)

1 がとまり, が妙, と腎臓, のまだ, の鼓動, はその

▼ とき怪人~ (6, 0.0%)

1 がしのびこんだ, が消えうせた, はかっと, は木立, は苦しい, をつかまえなかった

▼ とき怪塔王~ (6, 0.0%)

1 と黒人, のところ, の姿, の悲鳴, は自分, をひったて

▼ とき恐ろしい~ (6, 0.0%)

2 ことが 1 ことです, ものの, 倦怠が, 感じが

▼ とき戦争~ (6, 0.0%)

2 に出た 1 で日本, についてのこの, に出, は間接

▼ とき戸外~ (6, 0.0%)

1 で, では, では号外, で人, のしめった, の相手

▼ とき昌造~ (6, 0.0%)

1 だけがひとり戸田村, はちやう, は主任, は十五歳, は水牛, は購入

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 のまばたく, の一つ, の光, はああ, を無数, 輝ける夜

▼ とき更に~ (6, 0.0%)

1 之を, 根を, 異様な, 自分は, 誤りを, 高い本殿

▼ とき李陵~ (6, 0.0%)

1 の馬, はたまたま, はほとんど, は人間, は火影, は立上がっ

▼ とき検事~ (6, 0.0%)

1 と熊城, と署長, のうしろ, の方, はその, もふたり

▼ とき正吉~ (6, 0.0%)

2 はあっと 1 のからだ, はその, はほんとう, はカン

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 からドイツ, が, がいう, は懾然, は東北出身, は芸術至上主義

▼ とき決して~ (6, 0.0%)

2 誰にも 1 性質の, 方針を, 楽天的で, 見のがされない一つ

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 がゆゑ知らず, が出, が出た, は彼, をホロホロ, を流し

▼ とき玉太郎~ (6, 0.0%)

1 がはっと, が聞いた, はとつぜん, はポチ, は伯爵団長, は気

▼ とき病気~ (6, 0.0%)

2 ではない 1 であつ, にかかっ, にかかった, にかかりました

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 はそう, はぞっと, はついに, は一種, は半, は頬

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 であ, である, であると, なの, に孤獨, に自己自身

▼ とき着物~ (6, 0.0%)

1 で勝負, の中, の間, をぬぐ, をまくっ, を着替えよう

▼ とき~ (6, 0.0%)

2 の存在 1 から慰められる, の子孫, の智恵, は汝

▼ とき私共~ (6, 0.0%)

1 がかうし, が求める, と同盟, のしばしば, はよろこび, は自分

▼ とき結婚~ (6, 0.0%)

1 した, したドヴォルシャーク, するか, するなんて, するまでの, を申出でた

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 が痛く, などしたたか, にさげ, のあたり, のバンド, を抜かさず

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 がなぜ, にかたまった, の痛む, をかため, をたて, を切る

▼ とき舞台~ (6, 0.0%)

1 から挨拶, にいらっしゃる, の中央, の四十面相, の裏, はみごと

▼ とき~ (6, 0.0%)

3 の向う 1 があき, が開い, の外

▼ とき親戚~ (6, 0.0%)

2 の者 1 のもの, の人, の人々, の婦人雑誌

▼ とき貴方~ (6, 0.0%)

1 の小さかっ, の本, はゆとり, はユリ, は前後不覚, は鵜飼

▼ とき足音~ (6, 0.0%)

1 がし, が聞えた, のせぬ, を殺し, を聞きつけた, 烈しく庭門

▼ とき近所~ (6, 0.0%)

2 のお 1 の人, の子供, の者ども, へ出

▼ とき~ (6, 0.0%)

2 を歩き 1 で偶然, にばらまい, に迷わない, を歩い

▼ とき~ (6, 0.0%)

2 の前 1 で自分, に映すべき, の一方, をとっ

▼ とき長崎~ (6, 0.0%)

1 にきた, に寄港, に居た, の家, の支那, の真昼

▼ とき~ (6, 0.0%)

1 にすれ, に掛け, のない, のふりかた, を囘, を左右

▼ ときあいつ~ (5, 0.0%)

1 がオットー大使, は, はたしかに, はスイッチ, は手品

▼ ときいちばん~ (5, 0.0%)

1 に大功, 狡猾な, 美しく見える, 若いKO, 誰憚から

▼ ときいった~ (5, 0.0%)

1 じゃない, という父, と伝えられ, ものが, 言葉は

▼ ときいったい~ (5, 0.0%)

1 あなたは, この俺, こんなところ, それが, だれの

▼ ときいつか~ (5, 0.0%)

1 かれは, きき覚えて, のからす, もうあたり, 広い町

▼ ときいや~ (5, 0.0%)

1 がる彼, が上, な気, な顔, につんと

▼ ときうち~ (5, 0.0%)

1 がやけず, のその小さな, の中, の船, の記者

▼ ときうっかり~ (5, 0.0%)

2 して 1 として流れ弾, のぞいたり, 口を

▼ ときおじいさん~ (5, 0.0%)

1 がわたし, と山, はあめ屋, はいつか天使, はまだ

▼ ときおばさん~ (5, 0.0%)

1 がお茶, のすぐ, のとこ, の帰っ, を連れ

▼ ときおよび~ (5, 0.0%)

1 カエサルと, コンスタンティヌス大帝の, チャールズ五世の, ペロポネソスの, 睡眠より

▼ ときお母様~ (5, 0.0%)

2 は自分 1 が玄関, は, はすき

▼ ときかたわら~ (5, 0.0%)

1 でぐずつい, にいた, には腐敗, に一つ, の寝床

▼ とききゅう~ (5, 0.0%)

1 にかわった, にま, に庵主さん, に瞬き, に雑用

▼ ときさっと~ (5, 0.0%)

1 つき出した二十めんそう, とびこみました, ドアが, 腰を, 顔を

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 ぶんが, ぶんたちが, ぶんの, ぶんは, ぶんも

▼ ときそうして~ (5, 0.0%)

1 吾ら人類が, 本願寺の, 泣くが, 矢崎舎人の, 血筆帳を

▼ ときそんなに~ (5, 0.0%)

1 ひどく煩悶, 人々が, 可愛いなら, 変に, 強い印象

▼ ときだけに~ (5, 0.0%)

1 その客たち, 必要な, 早くわたし, 自分の, 親鳥の

▼ ときでなく~ (5, 0.0%)

1 てどの, ては分らぬ, ては真価, ては考えなくなる, て御免

▼ ときとうとう~ (5, 0.0%)

1 三匹とも, 二十面相の, 卒中の, 眼の, 自転車から

▼ ときとも~ (5, 0.0%)

1 ちがいひとり, ちがうん, イシカリ役所で, 何れとも, 考えて

▼ ときどちら~ (5, 0.0%)

1 かという, かの一方, からも最後, でしょうね, の顔

▼ ときなお~ (5, 0.0%)

1 マンデの, 一つの, 彼は, 毅然として, 起るの

▼ ときなき~ (5, 0.0%)

1 か, を恨み, を知らぬなるべし, 今日において, 初元結

▼ ときなく~ (5, 0.0%)

1 上昇し, 始めの, 島を, 暴風雨が, 降る雪

▼ ときなども~ (5, 0.0%)

1 その若者, なんであった, 危うく助け, 村重は, 法は

▼ ときなんだか~ (5, 0.0%)

1 こそばゆい気, 前方の, 心持の, 息子の, 白いしま

▼ ときにだって~ (5, 0.0%)

1 あったの, あとも, じかに父上, 百姓暮しで, 艇内に

▼ ときねえ~ (5, 0.0%)

1 おれも, な, よ, 綾の, 隠居の

▼ ときはも~ (5, 0.0%)

1 うかれら, うそらが, ッと, 少しで, 少し明るい

▼ ときはや~ (5, 0.0%)

1 列は, 後醍醐は, 衆僧は, 重信の, 隊の

▼ ときばったり~ (5, 0.0%)

2 で木 1 の仕事, の浮気, の融通無碍

▼ ときふたたび~ (5, 0.0%)

1 のぼって, 思いがけない援軍, 悲しそう, 田舎に, 電灯が

▼ ときふとした~ (5, 0.0%)

1 きたないふう, ことから, 出来心から, 動機で, 示唆が

▼ ときほどの~ (5, 0.0%)

2 元気は 1 勢は, 感興も, 間が

▼ ときまさに~ (5, 0.0%)

2 このこと 1 これに, 大量的に, 実現の

▼ ときまつたら~ (5, 0.0%)

1 お前の, ひとつヒッパタイテやらう, 屋根お, 急に, 錺屋の

▼ ときもっと~ (5, 0.0%)

1 大きな愕きが彼, 少年の, 巧えと, 早くおまえ, 豊かな

▼ ときやつ~ (5, 0.0%)

1 とその, と仕事, と其処, と十五歳, はたうとう

▼ ときゆっくり~ (5, 0.0%)

1 お話を, と森, 歩いて, 畑いじりし, 話すね

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 こから誰, さそうな, だかは, だれを, とんと前

▼ ときアメリカ~ (5, 0.0%)

1 が贈つた, というの, のあらゆる, の作家, の軍隊

▼ ときジョウ~ (5, 0.0%)

1 が手, が頭, にキッス, は二階, は切手

▼ ときトラ十~ (5, 0.0%)

1 が帆村, の横, はすばやく, は叫んだ, は帆村

▼ ときパリ~ (5, 0.0%)

1 でよく, で亡くなった, の久慈, の母校高等師範学校, の真中

▼ とき一時~ (5, 0.0%)

1 にしろ儲けた, に二人, に母親, はこれ, も早く

▼ とき一行~ (5, 0.0%)

1 について日本, のうち, の中, の父兄たち, を送っ

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 に最も, に純, へ出し, を去った, 之次郎

▼ とき世話~ (5, 0.0%)

2 になった 1 せしは, になるだ, を焼い

▼ とき世間~ (5, 0.0%)

1 の一部, の幽霊火, はおどろいた, は必ず, を騒がした

▼ とき両手~ (5, 0.0%)

2 を突い 1 で柄杓, をひろげる, を膝

▼ とき両方~ (5, 0.0%)

2 の手 1 のお, の人たち, の耳

▼ とき主婦~ (5, 0.0%)

1 はいつも, はお, はたしか, はニヤニヤ, は我

▼ とき乙女~ (5, 0.0%)

1 はひろ子, は相, は額, も来, も赤

▼ とき云っ~ (5, 0.0%)

1 ていた, ていらした, てみれ, て下さる, て見れ

▼ とき以上~ (5, 0.0%)

1 かも知れない, だ, にかれ, にさらにはっきり, に自分

▼ とき以来私~ (5, 0.0%)

1 はこれら, はトマト姫さま, は昼, は水風呂, は自分

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 がしゃんと, さえ自分, の下, の具合, をぐっと

▼ とき何より~ (5, 0.0%)

2 先に 1 つよい感情, 生きがいを, 自分は

▼ とき何故~ (5, 0.0%)

1 だか, にそれ, に大臣席, みんな漢文調に, 国家保安部の

▼ とき何處~ (5, 0.0%)

1 かで見た, にゐた, の船, へつて言つて, までも調和

▼ とき作品~ (5, 0.0%)

1 が古典, にあらはれる, の構成, の箇々, の美

▼ とき使う~ (5, 0.0%)

1 ような, ように, 低い腰かけ, 言葉としてしか, 針金製の

▼ とき俊寛~ (5, 0.0%)

1 の焼けた, は, はたまらない, は嬉し涙, は絶望

▼ とき兵士~ (5, 0.0%)

1 が将校, の家, は, はその, は鼻唄

▼ とき却って~ (5, 0.0%)

1 人間の, 心づいて, 気持は, 生を, 若い人々

▼ とき叔父~ (5, 0.0%)

1 が少し, が手荷物, が言った, が高々, は叫び

▼ とき受けた~ (5, 0.0%)

1 すべての, と同様, のが, 強い印象, 疵だ

▼ とき古賀~ (5, 0.0%)

1 が僕, の漠然と, の頭腦, はおそろしい, はおも

▼ とき台所~ (5, 0.0%)

1 にある, のところ, のよこの, の敷居, の方

▼ とき右手~ (5, 0.0%)

1 で袖口, にある, に平ら, の拇指, の道

▼ とき右門~ (5, 0.0%)

1 にしかられる, には忘れ, はつかつか, は姉妹たち, は東

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 がお, とすがる板切, はおんおば上, はつくづく, はまだ

▼ とき咄嗟~ (5, 0.0%)

2 に兄 1 に彼, に頭, の驚愕

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 のはじ, の端, は重ねられた, をかみしめ, を開き

▼ とき嘉十~ (5, 0.0%)

2 は栗 1 はお, はおじいさんたち, はさっき

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 なこと, な事, な恰好, な菓子, な鳴き声

▼ とき太郎~ (5, 0.0%)

1 が, の心, はいつか雪, は思いつい, は頬被り

▼ とき奇妙~ (5, 0.0%)

1 なほど, な光景, な行列, に強く, に当惑

▼ とき婆さん~ (5, 0.0%)

1 がひょいと, が云った, が燗酒, はまた, はサイ

▼ とき家出~ (5, 0.0%)

2 をした 1 した浮浪少年, をし, を思わない

▼ とき小屋~ (5, 0.0%)

1 に姿, の中, の火, の表, の隅

▼ とき小林~ (5, 0.0%)

1 のあにい, の葬儀委員長, はいった, はたちまち, ははずかし

▼ とき小浜兵曹長~ (5, 0.0%)

1 からの無電, はきりりと, はこれ, は海岸, は青江三空曹

▼ とき左手~ (5, 0.0%)

1 の丸木柱, の前, の品物, の小屋, の引つ込んだ

▼ とき左膳~ (5, 0.0%)

1 が何, と月輪, の左手, はよく, はギョッ

▼ とき巨勢博士~ (5, 0.0%)

1 がきいた, がニヤニヤ, が奇妙, が美津子, と警官たち

▼ とき常に~ (5, 0.0%)

1 かしこに, その転換, 仲介者として, 彼らの, 彼自身の

▼ とき幾人~ (5, 0.0%)

1 かで鎌倉, かの人々, が死, のかた, の少女

▼ とき座敷~ (5, 0.0%)

2 にいた 1 には足跡, のすみ, の雨戸

▼ とき彼方~ (5, 0.0%)

1 から十人, で好, の格納庫, の隊, の馬煙

▼ とき~ (5, 0.0%)

2 を押し 1 のため, をいれ, を押した

▼ とき思いがけない~ (5, 0.0%)

2 ことが 1 事件が, 声が, 感触が

▼ とき思い出した~ (5, 0.0%)

2 のは 1 だけのこと, ものであろう, ように

▼ とき悲しい~ (5, 0.0%)

1 ときでも, とき苦しい, ようでした, ような, 思いに

▼ とき拍手~ (5, 0.0%)

1 が満堂, の中, の音, を制せられない, を送った

▼ とき政府~ (5, 0.0%)

1 のこと, の忌憚, はこれら, は日本出版協会, は諭吉

▼ とき故郷~ (5, 0.0%)

1 に歸, に送った, の兄文治, の村, の松山

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 からきた, からわざわざ, から帰っ, のもの, の薬

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 や彼ら, や池, や浅草, や誰, や遅し

▼ とき明らか~ (5, 0.0%)

1 である, であろう, となるであろう, な積極性, にそう

▼ とき時々~ (5, 0.0%)

1 こ, こういう状態, クンクンと, ルネッサンスの, 愛情ぶ

▼ とき曹操~ (5, 0.0%)

1 の軍兵, はすでに, は乱軍, は何, は歯医者

▼ とき最初~ (5, 0.0%)

1 に雪, のうち, の挑戦者, の震動, 何気なさそう

▼ とき朝子~ (5, 0.0%)

1 の二つ, の心, はしずか, は異様, は電報

▼ とき~ (5, 0.0%)

2 の枝 1 のかげ, は, を枕

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 は一度, は不思議, は昨夜, は死にものぐるい, は顔

▼ とき極めて~ (5, 0.0%)

1 不思議な, 柔しい, 特殊な, 理解され, 真面目な

▼ とき~ (5, 0.0%)

2 三の 1 である, 一位三千代大夫人は, 夫人ふり姫は

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 の児孫盾, の淑女, は何故, は實, は玄徳

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 に架けた, のむこう, の向こう, の水, を散歩

▼ とき洞窟~ (5, 0.0%)

3 の中 1 の入口, の右手

▼ とき源吉~ (5, 0.0%)

1 はぐいと, はそんな, はもの, は争議, は反動

▼ とき~ (5, 0.0%)

2 脚を 1 眼の, 肱を, 脚の

▼ とき犯人~ (5, 0.0%)

1 の方, はよそ, はよほど, は室内, らしいもの

▼ とき田舎~ (5, 0.0%)

1 からの手紙, にいた, の修道院, へ帰省, へ持っ

▼ とき異様~ (5, 0.0%)

1 なにおい, なふくらみを, な震動, な響, に驚き

▼ とき病人~ (5, 0.0%)

1 が不意, でも年寄, にたべさせる, はすやすや, はふい

▼ とき病院~ (5, 0.0%)

2 を出 1 の中, の玄関, へうつす

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 であると, であるという, の人間不信, 坊は, 蒼に

▼ とき祖父~ (5, 0.0%)

1 からきいた, が兄, の摂津守忠房島原城主, は人物, は思い出した

▼ とき私ども~ (5, 0.0%)

1 の悲しい, はここ, ははっきり, は決して, は現代

▼ とき私達~ (5, 0.0%)

1 にはじめて, の前, の学校, はもう一度, は一つ

▼ とき~ (5, 0.0%)

5 の足

▼ とき竹見~ (5, 0.0%)

1 がさけんだ, がふと, にもいささか, の背後, はハルク

▼ とき細君~ (5, 0.0%)

1 が前, に, は奥, は椽, は目白

▼ とき結び~ (5, 0.0%)

1 にし, の短い, の端, は解け, を解い

▼ とき聞く~ (5, 0.0%)

1 として, に堪えない, に毎年法科大学卒業生, ものは, 時計の

▼ とき自分たち~ (5, 0.0%)

1 の文学活動, の生活, の運命, は四人, へ脅し

▼ とき良寛さん~ (5, 0.0%)

1 の心, の長, はきよろきよろ, は心, は自分

▼ とき菜穂子~ (5, 0.0%)

1 の何, はしみじみ, はその, は何, は眼

▼ とき蜂谷良作~ (5, 0.0%)

1 のぼってり, は, はいつも, は伸子, は向い

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 の小, の崖, の椿山莊, の物, の空地

▼ とき親方~ (5, 0.0%)

1 からながかっ, がお, がらん, はつくづく, はジョリクール

▼ とき言葉~ (5, 0.0%)

1 が下手, のかげ, の偽り, は此処, は象徴

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 きいてたわね, にきいた, に来, の最中, を一変

▼ とき通り~ (5, 0.0%)

1 すがった一人, にどんな, を来かかった, 合せた者, 唸りたくなる

▼ とき通りかかった~ (5, 0.0%)

1 タクシーという, タクシーの, 中年の, 人々は, 大使夫人が

▼ とき遅く~ (5, 0.0%)

2 かのとき 1 二人の, 彼の, 私は

▼ とき道夫~ (5, 0.0%)

1 が大声, の叫び声, ははっきり, は何気なく, は全身

▼ とき郷里~ (5, 0.0%)

1 から出, で, の叔母, の模様, を脱

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 のかかった, の掛つた事抔, の蔵, はほんの, を持っ

▼ とき金博士~ (5, 0.0%)

1 が傍, はへべれけ, はようやく, は嵐, は言下

▼ とき長男~ (5, 0.0%)

2 はあ 1 の和一郎, の新六郎, を産ん

▼ とき隆夫~ (5, 0.0%)

1 のうしろ, のたま, ははじめて, はふと, は父親

▼ とき階下~ (5, 0.0%)

1 から母親, で変, に一つ, の玄関, へおりた

▼ とき随分~ (5, 0.0%)

1 いろいろな, よさそう, 好い感じ, 話して, 骨を

▼ とき需要~ (5, 0.0%)

2 せられる大, せられる小 1 せられるべき

▼ とき~ (5, 0.0%)

2 だと 1 と答え, に, にわが

▼ とき静か~ (5, 0.0%)

2 に片山 1 な祈り, に云った, に答えた

▼ とき面白い~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 とか豪い, と思った, 有益な

▼ とき順吉~ (5, 0.0%)

1 が仕事, にはただ, は意外, は自分, は襟卷

▼ とき食堂~ (5, 0.0%)

2 の前 1 で上座, で茶碗類, のよう

▼ とき~ (5, 0.0%)

2 と佃煮, の味 1 を食べる

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 に囚われ, の中軍, の司馬懿仲達, の夏侯淵, はその

▼ とき~ (5, 0.0%)

1 の形, の飛ん, はがっくり, はどこ, 渡した事件

▼ ときあちこち~ (4, 0.0%)

1 に改めて, の氷山, 歩いたり, 見まわしながら

▼ ときあっち~ (4, 0.0%)

1 からやって来る, に小僧, へ一緒, へ下

▼ ときいかなる~ (4, 0.0%)

1 人間の, 死でも, 気象条件の, 立場から

▼ ときいよいよ~ (4, 0.0%)

1 においが, わかれぎわ, 味方は, 種痘の

▼ ときおかみさん~ (4, 0.0%)

1 が催促, でなく三つ目, に逢いました, の足もと

▼ ときおし~ (4, 0.0%)

4 のは

▼ ときおじさん~ (4, 0.0%)

1 が大きな, に頼む, はたばこ, は歿

▼ ときおとうさん~ (4, 0.0%)

1 がすこし, におかあさん, のなくされた, はおかあさん

▼ ときお姫さま~ (4, 0.0%)

1 の顔, はなんと, は聞き慣れた, をさらつ

▼ ときお話~ (4, 0.0%)

1 のあった, の大島, の序, 致しましょうと

▼ ときかえって~ (4, 0.0%)

1 さばさばした, 執拗な, 引っくりかえる, 残像が

▼ ときかく~ (4, 0.0%)

1 あらんと, ぎょッ, のね, の如き

▼ ときかならず~ (4, 0.0%)

1 つづいて, 左手に, 東方の, 菜ッ葉服を

▼ ときがたい~ (4, 0.0%)

1 からわが身一つ, ものと, 複雑な, 誤解の

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 げんの, さまの, ゃっとたかいさけび声を, ーんと

▼ とききり~ (4, 0.0%)

2 書いて 1 しか詩, の幻

▼ ときこいつ~ (4, 0.0%)

1 はうまく, は好い, は拔, は涙ポタポタ

▼ ときことに~ (4, 0.0%)

1 お祭り日, その醜, 騒々しかった, 魚類の

▼ ときさそり~ (4, 0.0%)

3 は斯 1 はこう

▼ ときさま~ (4, 0.0%)

1 におじぎ, のよう, の手下, の江戸

▼ ときさらに~ (4, 0.0%)

1 ひとりの, へんな, 両名, 強固に

▼ ときさる~ (4, 0.0%)

1 とりいばらが, 人が, 婦人と, 府生が

▼ ときした~ (4, 0.0%)

1 がひ, でもチャンウー, やうに, ように

▼ ときせめて~ (4, 0.0%)

1 は何, 一枚家じゅうの, 三助で, 内海さんが

▼ ときそこで~ (4, 0.0%)

1 ふと立, ドイツ皇太子の, 死にかかって, 若い女

▼ ときそれぞれ~ (4, 0.0%)

1 こぞって動員, のかたち, の文化産物, 切り込む面

▼ ときたぶん~ (4, 0.0%)

1 かような, そのへん, その死後, ようすを

▼ ときたれ~ (4, 0.0%)

1 がぱらりと, とはなく, のおも, もが菊池氏

▼ ときだつた~ (4, 0.0%)

1 がその, ね, のでわたし, んだらう

▼ ときちら~ (4, 0.0%)

1 とふたり, と横眼, と私, と見た

▼ ときついに~ (4, 0.0%)

1 たまりかねたよう, オーロラの, 法律を, 身を

▼ ときであっ~ (4, 0.0%)

1 てルネッサンス, て味方, て心がけ, て自分

▼ ときともかく~ (4, 0.0%)

1 君は, 家を, 店を, 私達は

▼ ときどうか~ (4, 0.0%)

1 したの, して, すると, ユリの

▼ ときなし~ (4, 0.0%)

2 草は 1 と断言, も

▼ ときなぞ~ (4, 0.0%)

1 たまたま私, なかつた, むしろ場内, 思わず快

▼ ときなんぞ~ (4, 0.0%)

1 お気づきの, でも, 子どもが, 彼の

▼ ときのみに~ (4, 0.0%)

2 成立つ 1 当たりて, 手を

▼ ときはるか~ (4, 0.0%)

1 あちらに, に宿舎, に生蕃, のかなた

▼ ときひどい~ (4, 0.0%)

1 ことに, 暴風に, 病気は, 神経痛の

▼ ときびっくり~ (4, 0.0%)

2 するよう 1 した, しましたよ

▼ とき~ (4, 0.0%)

3 ッと 1 ツと

▼ ときほんとに~ (4, 0.0%)

1 あきれちゃった, すまないこと, 山に, 自分は

▼ ときぼくら~ (4, 0.0%)

1 はあたたかい, はひどい, は人間, は遠く

▼ ときまっさきに~ (4, 0.0%)

1 よろこんで, 伸子の, 口に, 頭に

▼ ときまでの~ (4, 0.0%)

1 あいだに, この車内, 君の, 困苦が

▼ ときまでも~ (4, 0.0%)

1 なお土室, 座を, 持って, 黙って

▼ ときやさしい~ (4, 0.0%)

1 声で, 姉さまは, 少女は, 星は

▼ ときやみ~ (4, 0.0%)

3 の中 1 のぬけ

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 たなど, つくり話, つと實, つと鳴る

▼ ときゆい~ (4, 0.0%)

2 子が, 子は

▼ ときよとして~ (4, 0.0%)

1 其處らを, 向うを, 坐つて, 立つてたら姉

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 ば凡夫, まくわと, まくわは, 隠しが

▼ ときアリョーシャ~ (4, 0.0%)

1 とホフラーコワ夫人, はこの, は二枚, は自分

▼ ときイエ~ (4, 0.0%)

1 が母, が流石, の顔, は明らか

▼ ときイギリス~ (4, 0.0%)

1 ではルドウィッヒ・レーン, のシェフィールド, の婦人たち, へ行っ

▼ ときエミイ~ (4, 0.0%)

1 がひき, はこの, はずっと, は知らん顔

▼ ときエリーザ~ (4, 0.0%)

1 の足, はこころ, は坂, は目

▼ ときオリヴィエ~ (4, 0.0%)

1 の首, は彼女, は金銭, を眼

▼ ときカムパネルラ~ (4, 0.0%)

4

▼ ときコーヒー~ (4, 0.0%)

1 がくばられ, が運ばれ, のコップ, わかしを

▼ ときジェンナー~ (4, 0.0%)

1 の頭, はある, はこの, はぶた

▼ ときチラ~ (4, 0.0%)

1 とお, と北廂, と美和子, と見る

▼ ときハッキリ~ (4, 0.0%)

1 した目鼻立ち, と分った, と次郎吉, 私に

▼ ときベル~ (4, 0.0%)

2 が鳴りました 1 がなっ, が喧しく

▼ ときポケット小僧~ (4, 0.0%)

1 が何, が小林君, は大, は廊下

▼ ときマッチ~ (4, 0.0%)

2 だけ返し 1 で先ず, の束

▼ ときマリ子~ (4, 0.0%)

2 は兄 1 が気味, は身体

▼ ときメグ~ (4, 0.0%)

1 がいいました, は, はもう, はサリイ

▼ ときモコウ~ (4, 0.0%)

1 はあわただしく, はさけんだ, は大きな, は首

▼ とき一しょ~ (4, 0.0%)

1 にいた, にお, にそこ, に帰った

▼ とき一ぴき~ (4, 0.0%)

1 のおけら, のとんぼ, のネコ, の怪物

▼ とき一匹~ (4, 0.0%)

2 の大きな 1 の犬, の穴熊

▼ とき一寸~ (4, 0.0%)

1 さわって, それが, はい, 光りを

▼ とき一層~ (4, 0.0%)

1 強く深く現状, 惻々と, 燦き立ち, 蒼ざめたやうに見え

▼ とき一座~ (4, 0.0%)

1 が俄, のうち, のなか, の視線

▼ とき一彦~ (4, 0.0%)

1 の目, はおじさん, はとびあがっ, はふと

▼ とき一陣~ (4, 0.0%)

1 の山風, の熱気, の西風, の風来

▼ とき三吉~ (4, 0.0%)

1 と大辻, は, はどなっ, は心

▼ とき三根夫~ (4, 0.0%)

1 がとつぜん, がハイロ, はふと, は熱線

▼ とき不幸~ (4, 0.0%)

1 が始まった, と苦しみ, な元, にも兄

▼ とき中村係長~ (4, 0.0%)

1 がまちかまえ, が口, が小林少年, のほう

▼ とき二三~ (4, 0.0%)

2 の空席 1 の物好き, の軽

▼ とき二十一歳~ (4, 0.0%)

1 だったが, であった, とは云い, になった

▼ とき二十二~ (4, 0.0%)

3 であった 1 だつた

▼ とき井上君~ (4, 0.0%)

1 かノロちゃん, とノロちゃん, のおじさん, はぴったり

▼ とき仕事~ (4, 0.0%)

1 に追われ, の帰り, の忙, をこんな

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 のアメリカ時代, の凡庸さ, の所有品, は例

▼ とき何とも~ (4, 0.0%)

1 いえぬ不快, 云えず思い込んだよう, 云えない, 云はれない

▼ とき何やら~ (4, 0.0%)

1 かすかに, パット彼の, 小さな棒状, 早口に

▼ とき何事~ (4, 0.0%)

1 だろうその, にも気が付かない, によらず, も彼

▼ とき何故か~ (4, 0.0%)

1 急に, 押し殺されたよう, 母は, 疼くよう

▼ とき使った~ (4, 0.0%)

1 スキー帽の, 本物の, 紙の, 花や

▼ とき価格~ (4, 0.0%)

1 が数学的, は均衡市場価格, を引上げ, を引下げね

▼ とき先刻~ (4, 0.0%)

1 からお, の唐獅子, の男, みた自分

▼ とき全身~ (4, 0.0%)

1 に般若, の血, の血行, も顔

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 はやっぱり, は屡, 聞き賃, 馴れし

▼ とき其処~ (4, 0.0%)

1 で, で日本, に大いなる, に幼い

▼ とき内側~ (4, 0.0%)

1 からカギ, でひそひそ, の石, の窓粋

▼ とき内心~ (4, 0.0%)

2 少からず驚いた 1 その姿, はとめたく

▼ とき列車~ (4, 0.0%)

1 の中, の窓, はホーム, を乗りつぐ

▼ とき北海道~ (4, 0.0%)

1 の大学, の旭川, へ長く, まで大金

▼ とき十七~ (4, 0.0%)

2 であつ 1 であった美奈子, まだ女学生

▼ とき十五歳~ (4, 0.0%)

1 だったと, であるから, で長男昌太郎, のとき

▼ とき千恵~ (4, 0.0%)

1 の注意, の耳, は思はず, は成

▼ とき卓上電話~ (4, 0.0%)

3 のベル 1 がジリジリ

▼ とき参木~ (4, 0.0%)

1 は仰向き, は商店, は後, は河岸

▼ とき友達~ (4, 0.0%)

2 の画家 1 が言つて, をたずねる

▼ とき吉田~ (4, 0.0%)

1 がその, の感じ, はまったく, は家

▼ とき吾人~ (4, 0.0%)

1 の眼前, はこれ, は慄然, は直に

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 に無理, のところ, の奥, をさする

▼ とき四人~ (4, 0.0%)

1 がもう少し, のうち, はその, は附近

▼ とき地上~ (4, 0.0%)

1 では不吉, に残った, に転倒, の群集

▼ とき城中~ (4, 0.0%)

1 から祝家, にあった, に貯え, の重臣

▼ とき塩田大尉~ (4, 0.0%)

1 の編隊長機, はちょうど, は一彦, は一彦少年

▼ とき塩野~ (4, 0.0%)

1 だけはもう, は, はいら立たし, はすぐ

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 が揺れ, の大, の自分, は無惨

▼ とき大きく~ (4, 0.0%)

1 うなずきました, うなずくと, 肯いて, 肯き

▼ とき大学~ (4, 0.0%)

1 のアヴェロエス派, はそれ, は一ノ関, は城中

▼ とき天上~ (4, 0.0%)

2 の泉 1 では南極, の切穴

▼ とき太鼓~ (4, 0.0%)

2 の代り 1 の音, をたたい

▼ とき奥さん~ (4, 0.0%)

1 が窓, にもう, はやっと, や女中さん

▼ とき女の子~ (4, 0.0%)

1 がとりすがった, の眼, はもう, をつれ

▼ とき如何~ (4, 0.0%)

1 にあらう, にし, に思はれたであらう, に我等自身

▼ とき子供ら~ (4, 0.0%)

1 の母, はその, は恨めし, は歓呼

▼ とき家内~ (4, 0.0%)

1 の母, の者, はある, をぶん殴ろう

▼ とき寝室~ (4, 0.0%)

1 のカーテン, のドア, の扉, の机

▼ とき将軍~ (4, 0.0%)

1 の小姓, はあわ, は三十年ぶり, より

▼ とき将軍家~ (4, 0.0%)

1 から綱, は御, は私, を目

▼ とき小さい~ (4, 0.0%)

1 一つの, 女の子らしく, 手帖に, 色の

▼ とき少く~ (4, 0.0%)

1 とも云う, とも隣組, ない人, 食卓は

▼ とき少年たち~ (4, 0.0%)

1 のうち, はどんなに, はなにか, は博士

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 のある, の脚, をぴちぴち, を曲げた

▼ とき山上元~ (4, 0.0%)

1 のその, の室, はやっぱり, は英語

▼ とき山男~ (4, 0.0%)

2 はなんだか, は丸薬

▼ とき帰っ~ (4, 0.0%)

3 て来た 1 て来ない

▼ とき平一郎~ (4, 0.0%)

1 の唱歌, の背後, は, はさすが

▼ とき年ちゃん~ (4, 0.0%)

1 が, はいった, はどんなに, は自分

▼ とき幸福~ (4, 0.0%)

1 というもの, といふもの, に感じました, の質

▼ とき幸運~ (4, 0.0%)

1 にもあたし達, にも右脚, の風, は帆村

▼ とき広間~ (4, 0.0%)

1 では誰, のほう, の中, の北側

▼ とき庄吉~ (4, 0.0%)

2 には都落ち, よこれ

▼ とき後ろ~ (4, 0.0%)

1 から何, から抱き止め, の方, を通り

▼ とき志保~ (4, 0.0%)

1 がそう, は初めて, は家塾, は頭

▼ とき忘れ~ (4, 0.0%)

1 ていた, てきた, て行った, て行つた羽織

▼ とき~ (4, 0.0%)

3 ろしい 1 るべき険し

▼ とき思い~ (4, 0.0%)

2 もよらぬ 1 の外力, も及ばぬ

▼ とき~ (4, 0.0%)

3 をし 1 に破れ

▼ とき息子~ (4, 0.0%)

1 からの手紙, が母親, に光丸, のいとしい

▼ とき愕然~ (4, 0.0%)

1 として呼吸, として突っ, として驚いた, と私

▼ とき懺悔~ (4, 0.0%)

2 と祈り 1 としての語られざる, は自己

▼ とき房一~ (4, 0.0%)

1 が悦ん, はこの, はふい, は思ひ

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 かへし頂いた, その可能, よく強制疎開, 小さな控え目

▼ とき折り~ (4, 0.0%)

1 この画室, はすね, 父の, 私が

▼ とき折角~ (4, 0.0%)

1 だから, の怪塔王, 俺が, 訪ねて

▼ とき探偵~ (4, 0.0%)

1 に従事, の本当, は中村警部, は机

▼ とき新吉~ (4, 0.0%)

1 の鼻, はすみ, は人間, は出

▼ とき新子~ (4, 0.0%)

1 のため, の気持, の頬, はいった

▼ とき日記~ (4, 0.0%)

2 ものせ 1 にかう書いた, をつけ

▼ とき旦那~ (4, 0.0%)

2 が牝鶏 1 の, は火鉢

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 かに凡て, に一種, は急, 極和尚

▼ とき明瞭~ (4, 0.0%)

1 となった, な聲, に独断的, りと

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 からいはれ, からこれ, の名人意識, の金鱗湖

▼ とき暗い~ (4, 0.0%)

1 なかで, 廊下から, 烈風は, 階段の

▼ とき書いた~ (4, 0.0%)

1 ものである, 作品とは, 手紙が, 物が

▼ とき~ (4, 0.0%)

2 の上 1 という言葉, といふ言葉

▼ とき村人~ (4, 0.0%)

3 の一人 1 は皆ヒュー

▼ とき~ (4, 0.0%)

2 の老中 1 は暗然, 先輩は

▼ とき栄子~ (4, 0.0%)

2 は, は苦し

▼ とき案内者~ (4, 0.0%)

1 が, がアベード, の一人, はその

▼ とき横浜~ (4, 0.0%)

1 にいる, にき, の崩れた, へ行く

▼ とき正造~ (4, 0.0%)

1 の聴かされた, はこの, はたまたま, は会場

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 という現象, の国, は恐怖, は覚悟

▼ とき殿様~ (4, 0.0%)

1 からのいい, が武蔵, のそば, のはう

▼ とき気がつい~ (4, 0.0%)

1 て, てうしろ, てひろっ, て腕時計

▼ とき気がついた~ (4, 0.0%)

2 ことが 1 ことは, のだ

▼ とき汽船~ (4, 0.0%)

1 では大, のお, の待合室, の青い

▼ とき沢山~ (4, 0.0%)

1 いった, の小さな, の気, の美しい

▼ とき~ (4, 0.0%)

2 が何 1 にしたたる, は何と

▼ とき泣い~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, てゐる, て今度

▼ とき注意~ (4, 0.0%)

1 されて, して, しなかったろうとか, するよう

▼ とき深く~ (4, 0.0%)

1 うなだれた一人, 感動した, 根ざされたの, 胸を

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 っと彼女, っと私, っと起き, と気がついた

▼ とき激しく~ (4, 0.0%)

1 ありと, 太鼓を, 秋蘭の, 突当られて

▼ とき煙草~ (4, 0.0%)

1 の好き, の火, の灰, を吸っ

▼ とき父母~ (4, 0.0%)

1 が同時に, に伴われ, に早く, の教

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 が再び, の疱瘡, は, は何事

▼ とき由子~ (4, 0.0%)

1 が生き生き, が自ら言, が静か, の瞳

▼ とき由良~ (4, 0.0%)

2 はそこ 1 はそれでは, ももつくり

▼ とき皮肉~ (4, 0.0%)

1 なこと, な満足, を切, を切った

▼ とき直ちに~ (4, 0.0%)

1 人工心臓に, 君の, 気付くか, 自分の

▼ とき看護婦~ (4, 0.0%)

1 がベシー, のまめまめしく, はもう, は赤

▼ とき真先~ (4, 0.0%)

1 きに, にお, に旗, に送りました

▼ とき真紀子~ (4, 0.0%)

1 と逢う, に珍しく, は下, は手帖

▼ とき眼前~ (4, 0.0%)

1 にあらわれた, にたじろいだ, に死, の笹藪

▼ とき矢田津世子~ (4, 0.0%)

2 が男, は死ん

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 につま, の上, の枕, 之助

▼ とき石油~ (4, 0.0%)

3 をつかったら 1 をつかつたら

▼ とき確か~ (4, 0.0%)

1 にそこ, に締, に見定め, に鋭い

▼ とき社長~ (4, 0.0%)

1 から僕, はその, は一人, は経営者

▼ とき私ら~ (4, 0.0%)

1 の周囲, はどう, は庄左衞門, は私ら

▼ とき~ (4, 0.0%)

2 彼の 1 わたくしは, 私に

▼ とき空想~ (4, 0.0%)

2 は立派 1 の善, は霧

▼ とき立ち~ (4, 0.0%)

2 て見 1 昇る数条, 讀みしながら

▼ とき立派~ (4, 0.0%)

1 な事実, な書置き, な歌, な神

▼ とき童子~ (4, 0.0%)

1 が馳, はにやりと, は立ちどまっ, は赫

▼ とき~ (4, 0.0%)

3 ふ男 1 を含んだ

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 からとびだし, がメリ, の内, 抜け

▼ とき~ (4, 0.0%)

2 の障子 1 にむかった, の下

▼ とき美しい~ (4, 0.0%)

1 うちに, 女は, 店の, 花嫁を

▼ とき群衆~ (4, 0.0%)

1 のなか, の中, の外廓, はその後

▼ とき背中~ (4, 0.0%)

1 が汗ばんだ, にのっ, にひきずった, へおんぶ

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 からはずし, にまかせ, に絡ん, の痛く

▼ とき自ら~ (4, 0.0%)

1 のすべて, の不可解, の理性, を失っ

▼ とき自分自身~ (4, 0.0%)

1 で生存, で譯, の言葉, の運命

▼ とき自身~ (4, 0.0%)

1 でもまた, としては武器, のうけた, のうち

▼ とき船長~ (4, 0.0%)

1 がさっと, はやっと, は手, は書類箱

▼ とき良人~ (4, 0.0%)

1 がこの, に, に予言, の親

▼ とき芥川~ (4, 0.0%)

1 の, の彼女自身過去, はあの, は引き戻さう

▼ とき落ち~ (4, 0.0%)

2 て来た 1 ている, てきた枯れ

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 の建興三年, の建興六年夏五月, の町, は初めて

▼ とき蜂谷~ (4, 0.0%)

1 が伸子, と賭, には格別, の唇

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 の方, の科学者, はおびただしい赤い, を歩い

▼ とき~ (4, 0.0%)

2 兄弟の 1 の立場, 虎が

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 でもなかつた, でものり, を返した, 出した

▼ とき調理場~ (4, 0.0%)

1 ではオソバ, でゴミダメ, にはコーヒー, は無人

▼ とき諸君~ (4, 0.0%)

1 がぼく, の胃袋, は又, は夕焼

▼ とき警官たち~ (4, 0.0%)

1 にまじっ, はぞっと, はもう, をかきわける

▼ とき谷博士~ (4, 0.0%)

1 が村, に手つだえ, の前, は研究所

▼ とき谷村~ (4, 0.0%)

1 はかう, は二十七, は更に, は魂

▼ とき軽く~ (4, 0.0%)

1 博士の, 後から, 片足を, 降って

▼ とき軽部~ (4, 0.0%)

1 に話した, の使っ, はこの, をその間馬鹿

▼ とき通った~ (4, 0.0%)

1 ほこりの, 道を, 間数を, 鵞鳥の

▼ とき連れ~ (4, 0.0%)

2 て行った 1 てっ, の山口

▼ とき遂に~ (4, 0.0%)

1 ちりぢり, 保を, 検事総長の, 気付かないで

▼ とき遠い~ (4, 0.0%)

1 佗びしい山の手から, 南の, 旅行から, 陣地に

▼ とき重い~ (4, 0.0%)

2 雲が 1 口を, 機械を

▼ とき野口冨士男~ (4, 0.0%)

2 が編輯, の話

▼ とき鉄砲~ (4, 0.0%)

1 でズドン, で大鹿, で鶫, を携えた

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 いろの, の平打, の床, の腕守

▼ とき銀行~ (4, 0.0%)

1 にタンポ, の前, の通帳, の金庫

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 がかかっ, のかけられた, をかけず, をかけた

▼ とき長兄~ (4, 0.0%)

1 から午後便, がいふ, のすゝめ, は數多く

▼ とき長十郎~ (4, 0.0%)

1 に, の心, の心頭, は

▼ とき阿賀妻~ (4, 0.0%)

1 の沈んだ, の視線, はすでに, は彼

▼ とき限り~ (4, 0.0%)

1 で目的, なき興味, 再び手, 見ること

▼ とき陛下~ (4, 0.0%)

1 が逆鱗, にはなみ, のお, は彼

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 の, のなか, の信号, の切れめ

▼ とき電灯~ (4, 0.0%)

1 がぱっと, がパッ, が一度, のスイッチ

▼ とき青い~ (4, 0.0%)

1 橙の, 燐光の, 空を, 顔色の

▼ とき青木~ (4, 0.0%)

1 が直感, にささやいた, はやがて, は殿様

▼ とき音楽~ (4, 0.0%)

1 がやれたら, ということ, の如く, を奏す

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 のあたり, のほどさ, の肉, へ接吻

▼ とき驚いた~ (4, 0.0%)

1 ことに, ことには, には違い, のは

▼ とき~ (4, 0.0%)

1 に室, の真, の話, を若

▼ ときあたい~ (3, 0.0%)

2 ははあん 1 くらいある

▼ ときあっし~ (3, 0.0%)

1 がどんな, の好き, の目印

▼ ときあっちこっち~ (3, 0.0%)

1 で帰っ, で騒いだ, 同じよう

▼ ときいずれ~ (3, 0.0%)

2 をさき 1 が最も

▼ ときいたら~ (3, 0.0%)

1 ば, ほっとする, 嫌だった

▼ ときいちど~ (3, 0.0%)

1 として意見, 来て, 逢ったこと

▼ ときいっそう~ (3, 0.0%)

1 ドヤドヤと, 師匠は, 強くこすっ

▼ ときいったん~ (3, 0.0%)

1 ついた明り, 急速に, 溶けたもの

▼ ときいつのまに~ (3, 0.0%)

1 あらわれたか, ベルを, 来たもの

▼ ときいづ~ (3, 0.0%)

2 くにて 1 こに

▼ ときいる~ (3, 0.0%)

1 のか, んだって, 鼠を

▼ ときいろんな~ (3, 0.0%)

1 ことに, ことを, こと知ってる

▼ ときうやうやしく~ (3, 0.0%)

1 敬礼した, 最敬礼を, 頭を

▼ ときおそらく~ (3, 0.0%)

1 どこの, モスク, 伊達家の

▼ ときおち~ (3, 0.0%)

1 かはがたりと氣落, かは涙, かは生きた

▼ ときおや~ (3, 0.0%)

1 という表情, 洗面器を, 野間が

▼ ときお前さん~ (3, 0.0%)

1 の眼, はいくつ, は一週間あと

▼ ときお前たち~ (3, 0.0%)

2 は海岸 1 にも存分

▼ ときお湯~ (3, 0.0%)

1 から帰つて, につかっ, 持って

▼ ときお茶~ (3, 0.0%)

1 や生花, を入れ換え, を持っ

▼ ときかう~ (3, 0.0%)

1 云つてゐる, 言つてお, 言つてちよつと

▼ ときかすか~ (3, 0.0%)

1 に, にウッ, に部屋

▼ ときかなた~ (3, 0.0%)

1 から薬, の森, より来

▼ ときかに~ (3, 0.0%)

1 たくみに, 怪しい人影, 落すに

▼ ときかね~ (3, 0.0%)

2 えぞ 1 て介錯

▼ ときかも~ (3, 0.0%)

2 しれない 1 知れぬて

▼ ときくら~ (3, 0.0%)

21 ゐ僕

▼ ときけたたましい~ (3, 0.0%)

2 ベルが 1 あし音が

▼ ときけたたましく~ (3, 0.0%)

1 半鐘が, 表口から, 電話の

▼ ときげん~ (3, 0.0%)

1 のよく, よく答えた, をとる

▼ ときこころ~ (3, 0.0%)

1 のおどろき, は燃え立つ, を入れ

▼ ときこっそり~ (3, 0.0%)

1 と伝六, 海綿を, 見られたり

▼ ときさあ~ (3, 0.0%)

1 この期, 不安で堪らない, 桜の

▼ ときしかし~ (3, 0.0%)

1 ぼくは, 凡太の, 彼方には

▼ ときしかも~ (3, 0.0%)

1 すべて読者は, ひろ子の, 母自身が

▼ ときしばらく~ (3, 0.0%)

1 待たせて, 憩ひし, 躊躇は

▼ ときしみじみ~ (3, 0.0%)

1 と思う, と祈り, と静か

▼ ときしも~ (3, 0.0%)

1 あれ棒鼻, 幼児は, 羽柴筑前守秀吉は

▼ ときじつは~ (3, 0.0%)

1 その貸方, ぼくは, 信州で

▼ ときすうっ~ (3, 0.0%)

3 と霧

▼ ときすぐさま~ (3, 0.0%)

1 お答, きみの, 警察へ

▼ ときすごい~ (3, 0.0%)

1 ことが, さけび声, 勢いで

▼ ときすばやく~ (3, 0.0%)

1 かけつけて, すっときた, 犯人が

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 とで町, なたさま, は驅

▼ ときそいつ~ (3, 0.0%)

1 に出会う, は精一ぱい, をきい

▼ ときそつ~ (3, 0.0%)

1 と, と平次, と耳

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 うきん, くと, 美は

▼ ときたとえば~ (3, 0.0%)

1 五は, 全面講和の, 小さな石油ランプ

▼ ときたんばさん~ (3, 0.0%)

1 が出, はなに, はゆっくり

▼ ときだが~ (3, 0.0%)

1 導き入れたところ, 平賀甚兵の, 意外な

▼ ときだしぬけ~ (3, 0.0%)

1 にうしろ, にものすごい, に正面

▼ ときだまっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てじっと, てボオルド

▼ ときちよ~ (3, 0.0%)

1 つと風, つと黙, つぺいがなにかのことで仲間

▼ ときつかう~ (3, 0.0%)

1 アセチレン燈を, タオル, 筆と

▼ ときてんじょう~ (3, 0.0%)

1 にしかけた, のほう, の穴

▼ ときできた~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 のである

▼ ときとかく~ (3, 0.0%)

1 その焦点, わたしが, 題材の

▼ ときとが~ (3, 0.0%)

1 あります, いっしょでございました, 限りなく

▼ ときとくに~ (3, 0.0%)

1 スーツの, 女の, 微笑の

▼ ときとった~ (3, 0.0%)

2 蕈を 1 石を

▼ ときとても~ (3, 0.0%)

1 う相手, 他を, 毒棒で

▼ ときとに~ (3, 0.0%)

1 はたらく様, またやる, 之を

▼ ときとにかく~ (3, 0.0%)

1 これだけの, 卒業し, 菱川は

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 や色男振り, ろみぞから, ウウウウん

▼ ときどっか~ (3, 0.0%)

1 から, から光線, でせせら笑う

▼ ときなんかに~ (3, 0.0%)

1 人を, 会うと, 本当の

▼ ときなんかは~ (3, 0.0%)

1 よく連立っ, 自分より, 針の

▼ ときなんとか~ (3, 0.0%)

1 いうお嬢さん, いった大きな, しよう

▼ ときなんとも~ (3, 0.0%)

1 いえぬみょう, わけが, 言えぬ複雑

▼ ときにおいても~ (3, 0.0%)

1 やはりこれ, 大いに疫病, 大嵐が

▼ ときはからざる~ (3, 0.0%)

2 大人物の 1 後方から

▼ ときはげしい~ (3, 0.0%)

1 打ちかた, 談判が, 頭痛を

▼ ときはに~ (3, 0.0%)

1 あを, 浮かめ, 花ぐもりし

▼ ときばかりを~ (3, 0.0%)

1 想像し, 探すもの, 考えて

▼ ときばたばた~ (3, 0.0%)

1 とかけ, と駆けつけ, と駈け

▼ ときぱっと~ (3, 0.0%)

1 世間に, 目を, 赤インキを

▼ ときひい~ (3, 0.0%)

2 さまは 1 さまの

▼ ときひょっくり~ (3, 0.0%)

1 とだんな, とはいっ, 腕の

▼ ときふところ~ (3, 0.0%)

2 の窮乏 1 には三十二フラン

▼ ときふり~ (3, 0.0%)

1 かへって見ましたら, かへつて, 返った

▼ ときふりかえっ~ (3, 0.0%)

2 て見ましたら 1 てみる

▼ ときぼんやり~ (3, 0.0%)

1 した彼, とした, としてならん

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 ちゃりと, つぽ, つッ

▼ ときまさしく~ (3, 0.0%)

1 旧八月十五夜, 耳を, 裏の

▼ ときまつてる~ (3, 0.0%)

1 もんを, やうだ, んだ

▼ ときもっとも~ (3, 0.0%)

1 強烈な, 迅かった, 重大な

▼ ときやがて~ (3, 0.0%)

1 またもう, 又一人, 道義は

▼ ときやった~ (3, 0.0%)

1 ぞと思う, のよ, 泳ぎ自転車は

▼ ときゆくりなく~ (3, 0.0%)

1 もきあわせた, もそこ, も私

▼ ときよそ~ (3, 0.0%)

1 に嫁い, の村, の部屋

▼ ときよとと~ (3, 0.0%)

1 そこい, 四方の, 驚き惧れ

▼ ときよほど~ (3, 0.0%)

2 この青年 1 かれに

▼ ときりっぱ~ (3, 0.0%)

1 な, な洋装, な着物

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 く, しゃ, とんる

▼ ときわけ~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 も知らず

▼ ときわれ等~ (3, 0.0%)

1 の心路, はかの, は制服

▼ ときアザラシ~ (3, 0.0%)

2 の子 1 の胆

▼ ときカギ~ (3, 0.0%)

1 のこと, をかけ, をかけなかった

▼ ときギョッ~ (3, 0.0%)

1 とした, として手, とする

▼ ときゲーテ~ (3, 0.0%)

1 は, はなほ次, は私

▼ ときゴーリキイ~ (3, 0.0%)

1 の簡素さ, は祖父, は自分

▼ ときサモイレンコ~ (3, 0.0%)

1 が粗朶, のところ, は制帽

▼ ときシーン~ (3, 0.0%)

1 としずまりかえった, と静まりかえっ, と静まりかえった

▼ ときジョン~ (3, 0.0%)

1 が居間, さえい, とメグ

▼ ときジョヴァンニ~ (3, 0.0%)

2 は彼女 1 は驚い

▼ ときソッ~ (3, 0.0%)

1 とポケット, と其の, と扉

▼ ときタネリ~ (3, 0.0%)

1 のおっかさん, のお母さん, はしょんぼり

▼ ときチビ公~ (3, 0.0%)

1 はこらえられなくなっ, はたまらなくうれしかっ, は胸

▼ ときドレゴ~ (3, 0.0%)

1 は滂沱, は爺, は突然

▼ ときハルク~ (3, 0.0%)

1 が一声, はうん, は拳

▼ ときバス~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の下

▼ ときバッジ~ (3, 0.0%)

1 のう, ののこり, を悪所

▼ ときバンド~ (3, 0.0%)

2 をし 1 の音楽

▼ ときヒメ~ (3, 0.0%)

2 の声 1 の冴えわたる

▼ ときヒョイ~ (3, 0.0%)

1 とあなた, とこちら, とふりむいた

▼ ときピアノ~ (3, 0.0%)

1 に凭れ, の音, を弾いた

▼ ときヘリコプター~ (3, 0.0%)

1 がまい下っ, はもう, は戸倉老人

▼ ときベス~ (3, 0.0%)

1 が目, のこと, はうれしい

▼ ときベートーヴェン~ (3, 0.0%)

1 はいった, はその, は片隅

▼ ときホテル~ (3, 0.0%)

1 の主人, の傍, の灰皿

▼ ときボク~ (3, 0.0%)

1 は対局, もすすめられ, 一度食べた

▼ ときルグラン~ (3, 0.0%)

1 はまったく, はジュピター, は大きな

▼ ときロンドン~ (3, 0.0%)

1 から飛行機, には佐々, のホテルあて

▼ とき一回きり~ (3, 0.0%)

1 だった, であったこと, でふだん

▼ とき一太~ (3, 0.0%)

1 と母, の竹籠, はまだ

▼ とき一家~ (3, 0.0%)

1 の主, はベルリーヴ附近, を挙げ

▼ とき一本~ (3, 0.0%)

1 の白羽箭, の足徐々, の鉛筆

▼ とき一瞬~ (3, 0.0%)

1 の影, の虚無, チラリと

▼ とき一種~ (3, 0.0%)

1 の圧迫的, の弱気, 異った

▼ とき一般~ (3, 0.0%)

1 と極めて, の市民, の幸福

▼ とき一葉~ (3, 0.0%)

1 に向っ, はこう, は自分

▼ とき一郎~ (3, 0.0%)

2 は足もと 1 はさっき

▼ とき一階~ (3, 0.0%)

1 ずつに分解, の廊下, の食堂

▼ とき一體~ (3, 0.0%)

1 どういふ風, どんなこと, どんな事

▼ とき丁坊~ (3, 0.0%)

1 がいま窓, の眼, はすこし

▼ とき七十郎~ (3, 0.0%)

1 がよせ, が顔, の表情

▼ とき万一~ (3, 0.0%)

1 あれが, の僥倖, の場合

▼ とき三つ~ (3, 0.0%)

1 になります, にわかれた, も中学校

▼ とき下谷~ (3, 0.0%)

1 の, の自宅出棺, の蝋燭問屋

▼ とき下駄~ (3, 0.0%)

1 を履きかけ, を脱い, を見つけた

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の下, は一軒, は天地

▼ とき両側~ (3, 0.0%)

1 のどこ, の樹木, の波うつ

▼ とき両者~ (3, 0.0%)

1 とも幕府直参, の体, を比較

▼ とき中津~ (3, 0.0%)

1 からくろがね屋惣兵衛, から鉄屋惣兵衛, の人

▼ とき丹三郎~ (3, 0.0%)

1 が来客, が見, の眼

▼ とき主客~ (3, 0.0%)

2 の綜合 1 の使者

▼ とき久左衛門~ (3, 0.0%)

1 に下, はぴたり, はやってくる

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 が高津暢, に關, を戒

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 が老父良鉄, は独房, は若き

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 が起こった, の次第, の起こった

▼ とき二十歳~ (3, 0.0%)

1 で, でこの, のとき

▼ とき二十面相~ (3, 0.0%)

1 がニヤリ, の骸骨男, もみょう

▼ とき二日~ (3, 0.0%)

1 ばかりおい, ばかりもとお, ほど俗服

▼ とき云った~ (3, 0.0%)

1 がどう, 千鶴子の, 筈です

▼ とき五つ~ (3, 0.0%)

1 であった妹, の年, の時

▼ とき五助~ (3, 0.0%)

1 の手首, はさらに, は彦太

▼ とき井戸~ (3, 0.0%)

1 のお, の上あたり, の底

▼ とき亡くなった~ (3, 0.0%)

1 ということ, ので, 旦那に

▼ とき京太~ (3, 0.0%)

1 が出, が自分, はそれ

▼ とき人民~ (3, 0.0%)

1 の権利, は一ポンド, は目

▼ とき人生~ (3, 0.0%)

1 の便利, の最高, を又

▼ とき他方~ (3, 0.0%)

2 において現代人 1 では彼ら

▼ とき以後~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 の日本

▼ とき以来彼~ (3, 0.0%)

1 はもう, は右, は私

▼ とき体じゅう~ (3, 0.0%)

1 に押し出され, に汗, をずーっと

▼ とき何人~ (3, 0.0%)

1 かの者, が晏如, が無慙

▼ とき何度~ (3, 0.0%)

1 かあたり, かこんな, 洗うでしょう実際

▼ とき何心~ (3, 0.0%)

1 なく下駄, なく裏, なく見廻

▼ とき何気なく~ (3, 0.0%)

2 ノートに 1 康雄の

▼ とき余り~ (3, 0.0%)

1 おそいので, こまかく体, 時間が

▼ とき例えば~ (3, 0.0%)

1 作家中村武羅夫は, 害敵からの, 心ある

▼ とき便利~ (3, 0.0%)

1 だね, です, の皿

▼ とき便所~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, の戸, へ行く

▼ とき俄然~ (3, 0.0%)

2 として新天地 1 真価を

▼ とき信吉~ (3, 0.0%)

1 は, はなるほど, は急

▼ とき信玄~ (3, 0.0%)

1 がこんど, は信濃, わずか三百騎

▼ とき修吉~ (3, 0.0%)

1 が見, が誰, は人

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 がいたむ, は六センチ, 負える人

▼ とき傷ついた~ (3, 0.0%)

2 兵隊を 1 獣の

▼ とき光枝~ (3, 0.0%)

1 がふりかえっ, が感じた, の頭

▼ とき八木君~ (3, 0.0%)

1 が, が檻, には答

▼ とき其の~ (3, 0.0%)

1 卓子掛けに, 原因動機の, 歯の

▼ とき~ (3, 0.0%)

2 眥に 1 から声

▼ とき内匠頭~ (3, 0.0%)

1 が険しい, とならん, は何

▼ とき出家~ (3, 0.0%)

2 して 1 しようかと

▼ とき出迎え~ (3, 0.0%)

1 に来る, の中, もしなかった

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の鍔, を執った, を抜け

▼ とき刑事~ (3, 0.0%)

1 に伴, の一人, の左腕

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の先頭, は左, を進ん

▼ とき利根~ (3, 0.0%)

1 の水際, の河原, の親方

▼ とき助け~ (3, 0.0%)

1 てくれた, てもらった, を求めた

▼ とき勇ちゃん~ (3, 0.0%)

1 があちら, はとっくに, は足もと

▼ とき勇吉~ (3, 0.0%)

1 がそば, は一粒, は心

▼ とき勝手~ (3, 0.0%)

1 で洗ひもの, な結婚, の方

▼ とき北方~ (3, 0.0%)

1 の夜, の憂鬱, の空

▼ とき十四~ (3, 0.0%)

1 だつたん, になる, の小娘

▼ とき卑弥呼~ (3, 0.0%)

1 はひとり捕虜, は傾く, は反

▼ とき卓子~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の下

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 に面した, の方, の浦

▼ とき友人~ (3, 0.0%)

1 にいっさい, を介抱, を代表

▼ とき取次~ (3, 0.0%)

1 にで, にでた, の者

▼ とき吉郎~ (3, 0.0%)

2 がたぶん 1 があの

▼ とき同じく~ (3, 0.0%)

1 中食を, 乘れる, 執るであろう私

▼ とき同地~ (3, 0.0%)

1 の古老, の畑, の老人

▼ とき同級~ (3, 0.0%)

1 であったとか, であつ, で海軍兵学校

▼ とき同行~ (3, 0.0%)

1 の看守, の芳賀さん, の記者三名

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の如き, も無く, 探偵は

▼ とき名人~ (3, 0.0%)

3 の目

▼ とき和一郎~ (3, 0.0%)

1 は出会い, は茶碗, も小

▼ とき~ (3, 0.0%)

2 の木立 1 を指さした

▼ とき地面~ (3, 0.0%)

2 からも屋根 1 へ屈ん

▼ とき坊や~ (3, 0.0%)

1 がわめいた, はひとり, は異変

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の向う, の向こう, も建物

▼ とき塚田八段~ (3, 0.0%)

2 が第 1 が記録係

▼ とき夕方~ (3, 0.0%)

2 になる 1 からあすこ

▼ とき夜ふけ~ (3, 0.0%)

2 て一度 1 ての水

▼ とき大きい~ (3, 0.0%)

1 シャボテンの, 変化が, 握り飯を

▼ とき大人~ (3, 0.0%)

1 であったという, の目, の醜い

▼ とき大声~ (3, 0.0%)

1 で叫ぶ, で時局講話, で艇長

▼ とき大尉~ (3, 0.0%)

1 が思い出した, は小首, は私

▼ とき失敗~ (3, 0.0%)

1 して, ったと, をやった

▼ とき女中さん~ (3, 0.0%)

1 から聞いた, がはいっ, では

▼ とき女性~ (3, 0.0%)

1 のしたがって, の覚悟, はあらゆる

▼ とき女王~ (3, 0.0%)

1 はその, はひょいと, もぶるぶる

▼ とき姜維~ (3, 0.0%)

1 が蜀陣, の一手, の多感熱情

▼ とき婦人~ (3, 0.0%)

1 がそこ, がピストル, は歎息

▼ とき嬉し~ (3, 0.0%)

1 さで, さの, そうな

▼ とき孔明~ (3, 0.0%)

1 の心中, は二十七歳, は船

▼ とき学者~ (3, 0.0%)

1 と娘, の黒井博士, はこれら

▼ とき宇乃~ (3, 0.0%)

1 の清らか, は振返っ, は答えたかった

▼ とき実際~ (3, 0.0%)

1 うろたえました, に魂, 聞くところ

▼ とき家中~ (3, 0.0%)

2 の一人 1 の老若婦女子

▼ とき富士男~ (3, 0.0%)

1 はめまい, はサクラ号, は身

▼ とき寝台~ (3, 0.0%)

1 からはい出し, のまわり, の横

▼ とき小判~ (3, 0.0%)

2 にし 1 を埋め

▼ とき少しく~ (3, 0.0%)

1 冷静に, 笑う, 震いを

▼ とき少女~ (3, 0.0%)

1 がギョッ, が長, は暫し

▼ とき居た~ (3, 0.0%)

1 という場所, と云う, 男が

▼ とき屋根~ (3, 0.0%)

2 の上 1 が吹きとばされ

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 に腰かけ, に鼻, の上

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 から呼び戻せる, の上, は首府

▼ とき~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の泡だち

▼ とき左右~ (3, 0.0%)

1 から六尺棒, の石身, の者

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の力, は粗い, れの

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の横顔, は黄金, を待った

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 にこの, の下, の間

▼ とき幕府~ (3, 0.0%)

1 に召され, は和蘭通詞, へ証人

▼ とき広島~ (3, 0.0%)

1 の川原, へタイプ, を過ぎ

▼ とき庵室~ (3, 0.0%)

1 の中, の囲い, の戸口

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 から本名, との間, と無駄

▼ とき強く~ (3, 0.0%)

1 して, 感銘し, 頭に

▼ とき当の~ (3, 0.0%)

1 お姫さまが, 人戴宗は, 於通が

▼ とき当然~ (3, 0.0%)

1 にとる, 何かの, 見張りの

▼ とき往々~ (3, 0.0%)

1 全ての, 我々を, 支那の

▼ とき後方~ (3, 0.0%)

1 から一隻, が見られりゃ, にも起っ

▼ とき御飯~ (3, 0.0%)

1 たべなくなること, を召し上っ, を食べ

▼ とき心ひそか~ (3, 0.0%)

2 に日本 1 に想像

▼ とき忽然と~ (3, 0.0%)

2 して 1 彼は

▼ とき思いがけず~ (3, 0.0%)

1 に海老屋, ヤマサンから, 反対の

▼ とき思った~ (3, 0.0%)

1 のは, のを, より雪

▼ とき思はず~ (3, 0.0%)

1 つい一時間, 夏川が, 微苦笑を

▼ とき思ひ~ (3, 0.0%)

1 がけなく, きつて, もかけず

▼ とき恋愛~ (3, 0.0%)

1 の価値, はない, は独立

▼ とき恐らく~ (3, 0.0%)

1 や私, 人々は, 彼らは

▼ とき患者~ (3, 0.0%)

1 はたいてい, は二十人, は窓

▼ とき悲し~ (3, 0.0%)

1 げな, げに, さうに首を

▼ とき悲しみ~ (3, 0.0%)

1 と愛, に心, の堰

▼ とき愛する~ (3, 0.0%)

2 者の 1 イエニーが

▼ とき愛情~ (3, 0.0%)

1 というもの, のほか, はあらゆる

▼ とき感じる~ (3, 0.0%)

1 あのこれ, あの忌わしい, 安易さが

▼ とき或は~ (3, 0.0%)

1 これを, なるたけ立たない, 伊勢へ

▼ とき戸棚~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の抽出

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 に軽かっ, の怪我, をくちびる

▼ とき挨拶~ (3, 0.0%)

1 したの, のしるし, をした

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 につたわる, に零れた, を開い

▼ とき提督~ (3, 0.0%)

1 はかの, は海底, は自分

▼ とき支那~ (3, 0.0%)

1 にある, の数学史家, の方

▼ とき支配階級~ (3, 0.0%)

1 が思想, とその, は自己

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 一つ殺し, 忠宗の, 持明院の

▼ とき敏ちゃん~ (3, 0.0%)

1 はお母さん, はのき, は一人

▼ とき教授~ (3, 0.0%)

1 せられし大学, の発企, をやめ

▼ とき散歩~ (3, 0.0%)

1 して, にでかける, を許され

▼ とき数人~ (3, 0.0%)

1 の人, の友人達, の少女たち

▼ とき文字~ (3, 0.0%)

1 の話, を知らず, を覚えた

▼ とき文学者~ (3, 0.0%)

1 の座談会, はその, は既成

▼ とき新しく~ (3, 0.0%)

1 スミを, ハシに, 買つたばかりの

▼ とき新聞紙~ (3, 0.0%)

2 をまたい 1 がやぶれ

▼ とき旅行者~ (3, 0.0%)

1 のまなざし, は将校, は頭

▼ とき日蓮~ (3, 0.0%)

1 の心中, は厳然, は身延山

▼ とき早速~ (3, 0.0%)

1 呼び出しを, 帆綱を, 郵便局へ

▼ とき明るい~ (3, 0.0%)

2 光は 1 光線が

▼ とき昨夜~ (3, 0.0%)

1 のこと, の不安定, の老婆

▼ とき時間~ (3, 0.0%)

1 が永, の問題, を考える

▼ とき書かれた~ (3, 0.0%)

1 ことは, ものである, 文には

▼ とき書斎~ (3, 0.0%)

1 のまんなか, のドア, の窓

▼ とき最早~ (3, 0.0%)

1 あたりは, やわれわれ, 二十五六年も

▼ とき木の葉~ (3, 0.0%)

1 が濡れ, に小さな, の如く

▼ とき来た~ (3, 0.0%)

1 なと思ひました, のを, 以来だ

▼ とき東助~ (3, 0.0%)

1 がとつぜん, とヒトミ, は急

▼ とき林町~ (3, 0.0%)

1 から電話, の子供, へ電話

▼ とき案内人~ (3, 0.0%)

1 から一行, が突然, らしい人

▼ とき~ (3, 0.0%)

2 は栖方 1 には分らなかった

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 しみ極まる汝, なり一切苦, なり滿足

▼ とき正午~ (3, 0.0%)

3 のサイレン

▼ とき正成~ (3, 0.0%)

1 はいつも, はふたたび, は立ちどまっ

▼ とき正面~ (3, 0.0%)

1 と思われる, に何, の戸

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の家, の意味, の憲法改正

▼ とき此人~ (3, 0.0%)

2 が屹度弁解 1 は仏

▼ とき武蔵~ (3, 0.0%)

1 がふと, はすでに, は突かず

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 をくいしばっ, をつよく, を宛て

▼ とき歴史~ (3, 0.0%)

1 の二字, の根本, や小説

▼ とき死ぬ~ (3, 0.0%)

1 つもりだった, というの, マネを

▼ とき殴られる~ (3, 0.0%)

2 かと思った 1 といふ事実

▼ とき沈黙~ (3, 0.0%)

1 して, な影, にたえかねた

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 のはるか, の方, 遠くまで

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 に向った, の上流, は水脈

▼ とき波子~ (3, 0.0%)

1 はきつ, は両親, は家族

▼ とき泣いた~ (3, 0.0%)

1 が何, ことが, 顔

▼ とき泣き~ (3, 0.0%)

1 ながらおれ, ながらという風, ながら涙

▼ とき清吉~ (3, 0.0%)

1 は, はちょうど, は自分

▼ とき温室~ (3, 0.0%)

1 のそ, の壁, は一面

▼ とき滝人~ (3, 0.0%)

1 に憐情, の頭, は生暖かい

▼ とき澄江~ (3, 0.0%)

1 が第, はまだ, は思ひき

▼ とき灰色~ (3, 0.0%)

1 のシャツ, の影, の海

▼ とき照彦様~ (3, 0.0%)

21 はワーッ

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 さきでなにか, のない, を磨ぎ

▼ とき爺さん~ (3, 0.0%)

1 が問うた, の顔, は低い

▼ とき牧野信一~ (3, 0.0%)

1 から会ひたい, と中戸川吉二, の家

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の様, を申しません, を言う

▼ とき狩猟~ (3, 0.0%)

1 か何, にことよせ, の折

▼ とき独逸~ (3, 0.0%)

1 に威嚇, のヴエルヴオルン教授, の前線

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の親, 之と夫婦, 之はお松

▼ とき王さま~ (3, 0.0%)

1 がわずか, はこの, はエリーザ

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 らしくその, らしく声, らしく嬉し

▼ とき現実~ (3, 0.0%)

1 というもの, とその, と文学

▼ とき理想~ (3, 0.0%)

1 と稱, の二字, の婆さん

▼ とき生れ~ (3, 0.0%)

1 てし, てはじめて, て来る

▼ とき生命~ (3, 0.0%)

1 と思考力, を厭い, を空しく

▼ とき生徒~ (3, 0.0%)

2 の一人 1 のほう

▼ とき生活~ (3, 0.0%)

1 しなければ, の深い深い, の細部

▼ とき甲板~ (3, 0.0%)

1 でたおれた, にぞろぞろ, の方

▼ とき甲谷~ (3, 0.0%)

1 には恐るべき, は競子, もぼんやり

▼ とき男子~ (3, 0.0%)

1 が二人, と猥, はすべて出征

▼ とき男爵~ (3, 0.0%)

2 は娘 1 は矢代

▼ とき町内~ (3, 0.0%)

1 の二, の医者, の紺屋

▼ とき留守~ (3, 0.0%)

1 の台所, の間, を預かっ

▼ とき番頭~ (3, 0.0%)

1 がぬかした, が紐, は寮

▼ とき発田~ (3, 0.0%)

1 のお, のこと, はいつもきらり

▼ とき白石~ (3, 0.0%)

1 がシローテ, がヲヽランデヤノーワ, と云う

▼ とき百姓~ (3, 0.0%)

2 はこれ 1 は後悔

▼ とき皇后~ (3, 0.0%)

1 に向かっ, のお, は自ら千人

▼ とき皇帝~ (3, 0.0%)

1 が鳥, はおっしゃいました, は三千

▼ とき真弓~ (3, 0.0%)

1 は再び, は微か, は縁先

▼ とき真理~ (3, 0.0%)

1 である, とはある, の代り

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 のやう, の届く, も楯

▼ とき磯五~ (3, 0.0%)

1 がいった, が意地, を見

▼ とき~ (3, 0.0%)

2 を植えつけられた 1 は畑

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 と反対, のあいた, へも入りたい

▼ とき空中~ (3, 0.0%)

1 からきこえた, にまきちらす, の花

▼ とき立っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, て母, て煖炉前

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 な生娘, 友から, 造は

▼ とき綺麗~ (3, 0.0%)

1 な人, な声, な娘

▼ とき総監~ (3, 0.0%)

1 に答申, はなる, は警視

▼ とき群集~ (3, 0.0%)

1 のよろこび, の先頭, は一度

▼ とき考えた~ (3, 0.0%)

1 あげく自信を, のだ, 後わたしは

▼ とき聖書~ (3, 0.0%)

1 でも読まない, の講釈, を持っ

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 あり, ありて, が

▼ とき自我~ (3, 0.0%)

1 の発見, の確立, は初めて

▼ とき自殺~ (3, 0.0%)

1 しかけたん, し長英, は絶対的

▼ とき自由~ (3, 0.0%)

1 なラジオ, に訪ねられる, はいくら

▼ とき船室~ (3, 0.0%)

2 の中 1 に通ずる

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 はまったく, は海面下, は空中

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 あくまで黒く, あたかも火, と人

▼ とき芸術~ (3, 0.0%)

1 とか美徳, と科学, の使徒

▼ とき苦痛~ (3, 0.0%)

1 が起る, となる, はもう

▼ とき英語~ (3, 0.0%)

2 の先生 1 をもっ

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 に触れる, の上, も木

▼ とき藤村~ (3, 0.0%)

1 は水面, は相当, は置き物

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 が困り, が実, が知らせる

▼ とき蝋燭~ (3, 0.0%)

1 の灯, をともし, を二本

▼ とき裏庭~ (3, 0.0%)

1 でけたたましい, でこつこつ, を歩い

▼ とき見せ~ (3, 0.0%)

1 てもらった, てやろう, て貰った

▼ とき覚え~ (3, 0.0%)

1 ていらし, ている, のある

▼ とき親切~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にこう

▼ とき言った~ (3, 0.0%)

2 言葉を 1 ことは

▼ とき計らず~ (3, 0.0%)

1 もあくび, もその, も名人

▼ とき試み~ (3, 0.0%)

2 に自分 1

▼ とき詩人~ (3, 0.0%)

21 らしい楽しい

▼ とき話し~ (3, 0.0%)

2 てあげる 1 てもおそく

▼ とき読売~ (3, 0.0%)

1 の写真班, の文化部長, の曰く

▼ とき読者~ (3, 0.0%)

1 はこんな, はその, は明らか

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 将と共に, 将の, 将士の

▼ とき謙信~ (3, 0.0%)

1 の二太刀目, は単騎, 申さるるやう

▼ とき警報~ (3, 0.0%)

1 が出る, が高, の下

▼ とき警官~ (3, 0.0%)

1 がはいっ, が立ち会った, の手

▼ とき警部~ (3, 0.0%)

1 の一行, はうっかり, は双眼鏡

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 の上半身, はみんな, は西洋館

▼ とき豹一~ (3, 0.0%)

1 は七つ, は八つ, を連れ

▼ とき財産~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, の全部, もない

▼ とき貰った~ (3, 0.0%)

1 ものの価値, 厚い緞子, 金は

▼ とき賢吉少年~ (3, 0.0%)

1 が, はふと, は洞窟

▼ とき赤い~ (3, 0.0%)

1 ものを, もみぢ葉も, ラシャの

▼ とき起き~ (3, 0.0%)

1 ていた, てき, て甲板

▼ とき踊り~ (3, 0.0%)

2 の太鼓 1 の群

▼ とき躊躇~ (3, 0.0%)

1 するの, する不純, なく万歳

▼ とき身体~ (3, 0.0%)

1 が真直ぐ, のもろもろ, を拭き拭き

▼ とき軽い~ (3, 0.0%)

1 にせ, 口笛が, 口調で

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 いちども, つづき従って, 保たないほど

▼ とき返事~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, に困らない, を聞きましょう

▼ とき逸作~ (3, 0.0%)

1 が知らない, の眼, はかの

▼ とき遅し~ (3, 0.0%)

1 かのとき, 例の, 博士の

▼ とき遊び~ (3, 0.0%)

1 においで, に来, の果

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 よく帆村君, 悪く峻, 悪く柊

▼ とき運転手~ (3, 0.0%)

1 がまた, が不, が女

▼ とき運転手台~ (3, 0.0%)

2 の方 1 の後

▼ とき過っ~ (3, 0.0%)

1 てお, て左手, て指

▼ とき過去~ (3, 0.0%)

1 における彼, のプロレタリア文学運動, の閲歴

▼ とき道ばた~ (3, 0.0%)

1 で, にすわっ, に立ちすくんだ

▼ とき避難~ (3, 0.0%)

2 して 1 した向島

▼ とき酒場~ (3, 0.0%)

1 にいた, にゐあはせた, の隅

▼ とき鎌倉~ (3, 0.0%)

1 で重, の様式, の足利氏

▼ とき~ (3, 0.0%)

2 のなか 1 のお

▼ とき~ (3, 0.0%)

2 の観兵 1 に落ち

▼ とき離れ~ (3, 0.0%)

1 の円窓, の明り, を見

▼ とき電光~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 の閃

▼ とき電車~ (3, 0.0%)

1 の中, はとまった, は駅

▼ とき霊感~ (3, 0.0%)

1 があっ, があつ, やヒント

▼ とき青二~ (3, 0.0%)

1 がふしぎ, が通りかかっ, はおどろき

▼ とき須美子~ (3, 0.0%)

1 が, の顔, は黒い

▼ とき頭上~ (3, 0.0%)

1 にびっくり, の月, の鐘

▼ とき顧み~ (3, 0.0%)

1 てにこり, て彼女, て恥

▼ とき風邪~ (3, 0.0%)

1 で咳, をひいた, を引い

▼ とき食べる~ (3, 0.0%)

1 というたて前, のに, わ

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 で其の, までやって来, までやつて

▼ とき駕籠~ (3, 0.0%)

1 の中, を呼ん, 舁から息杖

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 は家, 一と, 坐に

▼ とき高い~ (3, 0.0%)

1 山に, 笑ひ, 音から

▼ とき高氏~ (3, 0.0%)

1 の後ろ, は何, は祖先

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 にとり憑, に翼, を落した

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 のにおい, の子供, の泳ぐ

▼ とき黙っ~ (3, 0.0%)

1 てお, て傍, て耳

▼ とき~ (3, 0.0%)

1 は唐突, は洞, 睡丸

▼ とき龍介~ (3, 0.0%)

1 はギョッ, は気軽, をちょっと

▼ ときあいにく~ (2, 0.0%)

1 こらえられぬほどの, 豪雨が

▼ ときあけ~ (2, 0.0%)

1 っぱなして, て入れたら

▼ ときあそこ~ (2, 0.0%)

1 の坊さん, を買っ

▼ ときあつ~ (2, 0.0%)

1 たといふ, ちへ

▼ ときあの世~ (2, 0.0%)

1 のお話, へやっ

▼ ときあまりに~ (2, 0.0%)

1 腕が, 誇大なるごとく見ゆる

▼ ときあわただしく~ (2, 0.0%)

1 入口の, 女中の

▼ ときあわて~ (2, 0.0%)

1 て抱き, て降り

▼ ときいくら~ (2, 0.0%)

1 かの荷物, 親しい仲間

▼ ときいくらか~ (2, 0.0%)

1 本格的に, 顔を

▼ ときいた~ (2, 0.0%)

1 ぞ, 風な

▼ ときいちばん下~ (2, 0.0%)

1 のひい, の神沼河耳命

▼ ときいつもこう~ (2, 0.0%)

1 兄貴顔する, 考えた

▼ ときいつも必ず~ (2, 0.0%)

1 心に, 目を

▼ ときいてた~ (2, 0.0%)

1 けどははア, ものです

▼ ときいとも~ (2, 0.0%)

1 アッサリ, 冷たい風

▼ ときいわば~ (2, 0.0%)

1 第三, 耀よい

▼ ときうお~ (2, 0.0%)

1 ーっと, ーん

▼ ときうすく~ (2, 0.0%)

2 らがりに

▼ ときうそ~ (2, 0.0%)

1 がちょうど, もかくし

▼ ときうつろ~ (2, 0.0%)

1 なのど, な気持

▼ ときうまい~ (2, 0.0%)

1 こと目を, 文句を

▼ ときうまく~ (2, 0.0%)

1 腹を, 見つけられないですん

▼ ときうる~ (2, 0.0%)

1 そう噂, はしき導者マントヴァ

▼ ときえらい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 土砂降りだった

▼ ときおい~ (2, 0.0%)

1 で下さい, はぎのこむすめは

▼ ときおお~ (2, 0.0%)

1 ぜい, やさん

▼ ときおかみ~ (2, 0.0%)

1 が, がちら

▼ ときおく~ (2, 0.0%)

1 がたは, とのさかい

▼ ときおそく~ (2, 0.0%)

1 かの碧眼, このとき

▼ ときおそろしい~ (2, 0.0%)

1 ことが, 犬の

▼ ときおっ~ (2, 0.0%)

2 かあ

▼ ときおっかけ~ (2, 0.0%)

1 て保, て楢崎佐保子

▼ ときおなじ~ (2, 0.0%)

1 ように, 一座の

▼ ときおの~ (2, 0.0%)

1 が木, が棄てられし

▼ ときおよそ~ (2, 0.0%)

1 あいきょう者, 十二歳ばかりの

▼ ときおらそれ~ (2, 0.0%)

2 までに自分

▼ ときおら増さん~ (2, 0.0%)

2 に訊い

▼ ときおり~ (2, 0.0%)

1 があっ, の訪問

▼ ときお供~ (2, 0.0%)

1 のもの, の人々

▼ ときお初~ (2, 0.0%)

1 はもう, は赤勝ち友禅

▼ ときお婆さん~ (2, 0.0%)

1 はきみ, はヴェランダ

▼ ときお宮~ (2, 0.0%)

1 の方, の背後

▼ ときお母さま~ (2, 0.0%)

1 の肩, は下

▼ ときお盆~ (2, 0.0%)

1 にお寺, にのせ

▼ ときお祖母さん~ (2, 0.0%)

1 に聞いた, の若かっ

▼ ときかい~ (2, 0.0%)

1 のなる, の間

▼ ときかえった~ (2, 0.0%)

1 とき人は, のでなかなか

▼ ときかけ~ (2, 0.0%)

1 ながらつ, 天鵞絨の

▼ ときかけた~ (2, 0.0%)

2 網な

▼ ときかなり~ (2, 0.0%)

1 アイマイな, 久しい以前

▼ ときからす~ (2, 0.0%)

1 がやってき, はすこし

▼ ときからずつと~ (2, 0.0%)

1 僕は, 續い

▼ ときからだ~ (2, 0.0%)

1 をそのまま, を半分そこ

▼ ときからは~ (2, 0.0%)

1 内側の, 大分歳月が

▼ ときからも~ (2, 0.0%)

1 うじぶんたち一団の, ひとり自分以外の

▼ ときかわいそう~ (2, 0.0%)

1 なエリーザ, もなんにも

▼ ときがたん~ (2, 0.0%)

2 と音

▼ ときがっ~ (2, 0.0%)

1 たりと音, ちゃん

▼ ときがまん~ (2, 0.0%)

1 した悲痛, なすった怒り

▼ ときがやがや~ (2, 0.0%)

1 という人, と声

▼ とききつ~ (2, 0.0%)

1 とお仙, とファルス

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 たびるる, びじろもぴたりと足を

▼ ときくらやみ~ (2, 0.0%)

1 のかなた, の中

▼ ときくるくるくるくる~ (2, 0.0%)

2 からだ

▼ ときけっして~ (2, 0.0%)

1 うまく自制, 戰爭によって

▼ ときけど~ (2, 0.0%)

1 中, 外出の

▼ ときこうした~ (2, 0.0%)

1 動揺と, 田舎の

▼ ときこうして~ (2, 0.0%)

1 一つ家に, 雨の

▼ ときここいら~ (2, 0.0%)

2 へん

▼ ときこそと~ (2, 0.0%)

1 おちつき, 思って

▼ ときこと~ (2, 0.0%)

1 んと, 遠く宝玉

▼ ときこの小さな~ (2, 0.0%)

1 子は, 部屋に

▼ ときこの間~ (2, 0.0%)

1 のよう, まで日本人

▼ ときこまどり~ (2, 0.0%)

1 がいいかげん, ははじめて

▼ ときこれから既に~ (2, 0.0%)

2 僕の

▼ ときこれ等~ (2, 0.0%)

1 の不幸, の問題

▼ ときこわい~ (2, 0.0%)

1 と思わなかった, 思いを

▼ ときこわく~ (2, 0.0%)

1 て這いたい, なっちゃった

▼ ときこわれた~ (2, 0.0%)

1 と云っ, のは

▼ ときこんなに~ (2, 0.0%)

1 美しい朝, 軟く深い

▼ ときごく~ (2, 0.0%)

1 一般的な, 遠くの

▼ ときさっそく~ (2, 0.0%)

1 文庫に, 花束を

▼ ときさっぱり~ (2, 0.0%)

1 した藍, とした

▼ ときさまざま~ (2, 0.0%)

1 な議論, の往来

▼ ときさも~ (2, 0.0%)

1 うるさげ, 大事そうに

▼ ときしん~ (2, 0.0%)

1 がり四本, ぱくは

▼ ときじいさん~ (2, 0.0%)

1 の足, は三人

▼ ときすき~ (2, 0.0%)

1 を発見, を見

▼ ときすぐもう~ (2, 0.0%)

2 一人の

▼ ときすず子~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ ときすでになにか~ (2, 0.0%)

2 あったの

▼ ときすら~ (2, 0.0%)

1 おしんで, こんな大軍

▼ ときするどい~ (2, 0.0%)

1 サイレンの, 短刀の

▼ ときずっと~ (2, 0.0%)

1 前から, 大事な

▼ ときそうした~ (2, 0.0%)

1 心に, 終局に

▼ ときそっくり~ (2, 0.0%)

1 の大した, の特別

▼ ときそのもの~ (2, 0.0%)

1 がこの, が何処

▼ ときそれでも~ (2, 0.0%)

1 お妃, と勉

▼ ときそれ等~ (2, 0.0%)

1 の葦, を敷莚

▼ ときたい~ (2, 0.0%)

1 が君, なあ

▼ ときたくさん~ (2, 0.0%)

1 のすずめ, の月人

▼ ときたけ~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ ときたけしくん~ (2, 0.0%)

1 がつく, が明智たんてい

▼ ときたびたび~ (2, 0.0%)

1 女房から, 話を

▼ ときたま~ (2, 0.0%)

1 にすれちがう, へ

▼ ときたまらない~ (2, 0.0%)

1 気が, 香気を

▼ ときたり~ (2, 0.0%)

1 して, とも時を

▼ ときだいぶ~ (2, 0.0%)

1 ようすを, 出かけてから

▼ ときだけしか~ (2, 0.0%)

1 おいでが, こえが

▼ ときだけのでも~ (2, 0.0%)

2 いいの

▼ ときだっても~ (2, 0.0%)

1 あるん, 泣くとき

▼ ときだつ~ (2, 0.0%)

1 か, て私

▼ ときだらう~ (2, 0.0%)

1 から三, 片足を

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 つともさうで, ょうどさよなきどりがなきはじめました

▼ ときちゃ~ (2, 0.0%)

1 会社だって, 食いものの

▼ ときっと~ (2, 0.0%)

1 びっくりする, 他方から

▼ ときついで~ (2, 0.0%)

2 に毛利

▼ ときつねに~ (2, 0.0%)

1 その若々しい, 高きよいこと

▼ ときつまらない~ (2, 0.0%)

1 末梢神経は, 遠慮で

▼ ときつまり~ (2, 0.0%)

1 みんなが, 自分の

▼ ときつよく~ (2, 0.0%)

1 そんな企み, なるん

▼ ときつる~ (2, 0.0%)

1 と妙, の言葉

▼ ときつれ~ (2, 0.0%)

1 のふたり, の男

▼ ときてら~ (2, 0.0%)

1 あなんにも, アハヽヽヽヽヽ

▼ ときてる~ (2, 0.0%)

1 からあんた, からね

▼ ときであろう~ (2, 0.0%)

1 とおよそ, とも直ちに

▼ ときでございました~ (2, 0.0%)

1 からアノ穴, がなくなりました

▼ ときとある~ (2, 0.0%)

1 星座の, 海岸の

▼ ときとかげ~ (2, 0.0%)

2 はやっと

▼ ときとき子~ (2, 0.0%)

1 の名, はいつも

▼ ときとたんに~ (2, 0.0%)

1 お松を, 感じたこと

▼ ときとでは~ (2, 0.0%)

1 ちがうし, まるで姿

▼ ときとばかりに~ (2, 0.0%)

1 はやしたてたので, 顔の

▼ ときとられた~ (2, 0.0%)

1 のかも, 写真の

▼ ときとる~ (2, 0.0%)

1 からの, ことに

▼ ときどおり~ (2, 0.0%)

1 にとり立てられ, の三人組

▼ ときどき~ (2, 0.0%)

1 ふと矢代, 彼は

▼ ときなかなか~ (2, 0.0%)

1 ゆたかです, 書けないところ

▼ ときなかば~ (2, 0.0%)

2 剥げた壁

▼ ときなくなった~ (2, 0.0%)

1 けれど思い出す, 姉の

▼ ときなくなられた~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ ときなつかしく~ (2, 0.0%)

1 わが目, 思つた

▼ ときなどで~ (2, 0.0%)

2 よくわかっ

▼ ときなどにも~ (2, 0.0%)

1 一葉に, 上士が

▼ ときなどの~ (2, 0.0%)

1 ほうが, 群衆雑沓は

▼ ときなどよりも~ (2, 0.0%)

1 もっと激しい, もつと

▼ ときなにげなく~ (2, 0.0%)

1 甚之助さんの, 窓から

▼ ときなはれ~ (2, 0.0%)

1 ために, 江戸で

▼ ときなりと~ (2, 0.0%)

1 いわざるを, 申すも

▼ ときなれ~ (2, 0.0%)

1 ば一回, ば隠忍

▼ ときなんかも~ (2, 0.0%)

1 ずいぶんお世話, 通り全体が

▼ ときにおいてすら~ (2, 0.0%)

1 あるいは知る, そこに

▼ ときにおいてのみ~ (2, 0.0%)

1 だから, 社会は

▼ ときにおける~ (2, 0.0%)

1 事業の, 人の

▼ ときにか~ (2, 0.0%)

1 はいさうで, 奮わん

▼ ときにかの~ (2, 0.0%)

1 女は, 川越次郎兵衛の

▼ ときにこにこ~ (2, 0.0%)

1 して, と笑った

▼ ときにすら~ (2, 0.0%)

1 一種の, 故郷の

▼ ときにと~ (2, 0.0%)

1 もうしそれ, 仰しゃったところ

▼ ときにとって~ (2, 0.0%)

1 はてがらの, 思慮ぶ

▼ ときにね~ (2, 0.0%)

1 おほ, 君グルーシェンカが

▼ ときによ~ (2, 0.0%)

1 つては, 黒田さん

▼ ときに際し~ (2, 0.0%)

1 人あり, 越前老公に

▼ ときねこ~ (2, 0.0%)

1 はあまえる, をひどい

▼ ときのっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居た

▼ ときのぶ~ (2, 0.0%)

2 なが

▼ ときのみが~ (2, 0.0%)

1 人生でない, 人生の

▼ ときはいち~ (2, 0.0%)

1 のかみ, んち

▼ ときはげしく~ (2, 0.0%)

1 ケイレンし, 争うよう

▼ ときはさ~ (2, 0.0%)

1 ほどで, ほどでない

▼ ときはしご~ (2, 0.0%)

1 が見つかっ, をのぼっ

▼ ときはじめ~ (2, 0.0%)

1 その中低音, の馬

▼ ときはずみ~ (2, 0.0%)

1 でそんな, で御輿

▼ ときはという~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ ときはね~ (2, 0.0%)

1 よく一年中, 急だった

▼ ときはの~ (2, 0.0%)

1 こ, 趣を

▼ ときはやく~ (2, 0.0%)

1 かのとき, はなを

▼ ときばかりじゃ~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ ときばっかり~ (2, 0.0%)

1 行って, 頭を

▼ ときひじょうに~ (2, 0.0%)

1 香の, 驚いた顔つき

▼ ときひそか~ (2, 0.0%)

1 に予告, に祈った

▼ ときひょっと~ (2, 0.0%)

1 向うから, 見たら反対

▼ ときびく~ (2, 0.0%)

1 っと動く, っと顔

▼ ときぴたり~ (2, 0.0%)

1 と矢代, と障子

▼ ときふう~ (2, 0.0%)

1 っと飛び出し, と息

▼ ときふた~ (2, 0.0%)

1 をとる, 晩それから

▼ ときふつ~ (2, 0.0%)

2 と思ひ出した

▼ ときふもと~ (2, 0.0%)

1 のほう, の谷川

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 きみとも, こちゃんは

▼ ときへい~ (2, 0.0%)

1 の上, の外

▼ ときべつ~ (2, 0.0%)

1 の方角, の洋服

▼ ときほっと~ (2, 0.0%)

1 した口元, 救われたよう

▼ ときまことに~ (2, 0.0%)

1 私達の, 空気が

▼ ときまさ~ (2, 0.0%)

1 は臨月, もサエ

▼ ときまさか~ (2, 0.0%)

1 と思った, 僕が

▼ ときまっ暗~ (2, 0.0%)

1 な地下道, な穴

▼ ときまひ~ (2, 0.0%)

2

▼ ときまる~ (2, 0.0%)

1 だしの, まではやつぱり

▼ ときまるできらきら~ (2, 0.0%)

2 笑った

▼ ときみずから~ (2, 0.0%)

1 が要求, 励まして

▼ ときみち~ (2, 0.0%)

2 くれば

▼ ときみつ~ (2, 0.0%)

1 は, はどうも

▼ ときみな~ (2, 0.0%)

1 が鼻, で話しあっ

▼ ときむかし~ (2, 0.0%)

1 からの賢人, さんざ使われ

▼ ときむく~ (2, 0.0%)

1 と面, 犬が

▼ ときむしろ~ (2, 0.0%)

1 ディルタイの, 澄江の

▼ ときむやみ~ (2, 0.0%)

2 に悲しく

▼ ときむろん~ (2, 0.0%)

1 安政条約による, 気は

▼ ときむんずと~ (2, 0.0%)

2 組みついた者

▼ ときもうすこし~ (2, 0.0%)

1 で先生, で回教徒

▼ ときもうちゃんと~ (2, 0.0%)

1 つかまって, 覚悟を

▼ ときもう一度~ (2, 0.0%)

1 それを, 障子が

▼ ときもう二度と~ (2, 0.0%)

2 この町

▼ ときもう少し~ (2, 0.0%)

1 ロシア語を, 経ってから

▼ ときもさ~ (2, 0.0%)

2 うだつた

▼ ときもしも~ (2, 0.0%)

1 のこと, 悪者が

▼ ときもち~ (2, 0.0%)

1 っとで呀, よく共同研究

▼ ときもと~ (2, 0.0%)

1 すわって, 借りた頸飾り

▼ ときもとより~ (2, 0.0%)

1 そこに, パンの

▼ ときもの~ (2, 0.0%)

1 が手, を云う

▼ ときもみ~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ ときやたら~ (2, 0.0%)

1 お母さんお母さんと, に失

▼ ときやっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, と

▼ ときやってき~ (2, 0.0%)

1 て亡くなった, て木

▼ ときやにわに~ (2, 0.0%)

1 左手を, 本降りに

▼ ときやめ~ (2, 0.0%)

1 て佳い, 車夫に

▼ ときやや~ (2, 0.0%)

1 明確に, 離れた松林

▼ ときやる~ (2, 0.0%)

1 ように, んだ

▼ ときやるせない~ (2, 0.0%)

2 魂の

▼ ときやれる~ (2, 0.0%)

1 のかしらと, もので

▼ ときよいしょ~ (2, 0.0%)

1 と掛声, と言っ

▼ ときよそながら~ (2, 0.0%)

1 ですが, 拝した

▼ ときよりもずつと~ (2, 0.0%)

1 深い心, 立派な

▼ ときよる~ (2, 0.0%)

2 とえ

▼ ときよろき~ (2, 0.0%)

1 よろあたり, よろして

▼ ときよん~ (2, 0.0%)

1 で如水, で来た

▼ ときりょう~ (2, 0.0%)

1 に出, のいい

▼ ときれい~ (2, 0.0%)

1 の三色, の蒼白い

▼ ときろう~ (2, 0.0%)

1 かでおとうさん, かを歩い

▼ ときわからない~ (2, 0.0%)

2

▼ ときわざと~ (2, 0.0%)

1 よろけて, 伯母さんの

▼ ときわずか~ (2, 0.0%)

1 ながら隠され, に残された

▼ ときわれ神~ (2, 0.0%)

1 に歸ら, に祈り

▼ ときアッ~ (2, 0.0%)

1 というよう, と驚く

▼ ときアッシェンバッハ~ (2, 0.0%)

1 は潟, は疲れきった

▼ ときアナウンサー~ (2, 0.0%)

1 の声, は古橋選手

▼ ときイドリス~ (2, 0.0%)

1 はいつも, はふと

▼ ときイナズマ~ (2, 0.0%)

1 が光った, に照

▼ ときインカ~ (2, 0.0%)

1 の使者, は一言

▼ ときインド~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の母

▼ ときエセックス~ (2, 0.0%)

1 は自分, は言

▼ ときエリザベス~ (2, 0.0%)

1 のその, は苦い

▼ ときエレベーター~ (2, 0.0%)

1 から顕れた, は二階

▼ ときオタツ~ (2, 0.0%)

1 が九ツ, が谷

▼ ときオツベル~ (2, 0.0%)

1 の犬, はならんだ

▼ ときオルガン~ (2, 0.0%)

1 の音, をひい

▼ ときオルガ姫~ (2, 0.0%)

1 の声, の方

▼ ときカチン~ (2, 0.0%)

1 という音, といっ

▼ ときカーキ色~ (2, 0.0%)

1 のユニフォーム, の連中

▼ ときカーテン~ (2, 0.0%)

1 の奥, の端

▼ ときガチャーン~ (2, 0.0%)

1 とガラス, と大きな

▼ ときガンマ和尚~ (2, 0.0%)

1 の声, は電気

▼ ときキリスト~ (2, 0.0%)

1 がヨハネ, はマリア

▼ ときキンタマ~ (2, 0.0%)

2 をいや

▼ ときギニヴィア~ (2, 0.0%)

1 の胸, は高殿

▼ ときクエリヨ~ (2, 0.0%)

1 は会い, は再び

▼ ときクラム~ (2, 0.0%)

1 だと, をのぞき見した

▼ ときクロポトキン~ (2, 0.0%)

1 の著作, はツルゲーネフ

▼ ときグレ~ (2, 0.0%)

1 ゴールの, ゴールは

▼ ときケンカ~ (2, 0.0%)

1 につよかっ, わかれという

▼ ときゲルダ~ (2, 0.0%)

2 は大きな

▼ ときコスモ~ (2, 0.0%)

2 とコスマ

▼ ときコップ~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ ときコツコツ~ (2, 0.0%)

1 とドア, と足音

▼ ときサッと~ (2, 0.0%)

1 ブルが, 光が

▼ ときシュミット博士~ (2, 0.0%)

1 から北極探検隊, は

▼ ときジョーヌ~ (2, 0.0%)

1 の身体, は思はず飛びあがる

▼ ときスカラ~ (2, 0.0%)

1 とも云われる, にトスカニーニ

▼ ときソヴェト同盟~ (2, 0.0%)

1 のそれら, の勤労大衆

▼ ときゾウ~ (2, 0.0%)

1 のゆく, は長い

▼ ときゾラ~ (2, 0.0%)

1 がロンドン, と親交

▼ ときダミア~ (2, 0.0%)

2 の顧客

▼ ときチラッ~ (2, 0.0%)

1 とその, と店

▼ ときテーブル~ (2, 0.0%)

1 の上, の向い側

▼ ときテーブルこれ~ (2, 0.0%)

2 に応じ

▼ ときディオニシアス~ (2, 0.0%)

1 はフィロセヌス, は友人

▼ ときデトロイト~ (2, 0.0%)

2 の銀行

▼ ときデニー博士~ (2, 0.0%)

1 がくるっ, はジグス

▼ ときトラック~ (2, 0.0%)

1 の運転手, は急

▼ ときトラムプ~ (2, 0.0%)

1 の一人占, の一人占い

▼ ときトルストイ~ (2, 0.0%)

1 がその, は不幸

▼ ときトントン~ (2, 0.0%)

1 と前, と戸

▼ ときドイツ~ (2, 0.0%)

1 にロバート, の

▼ ときドイツ語~ (2, 0.0%)

1 の教科書, の通訳

▼ ときドッ~ (2, 0.0%)

1 とまた, と燃え抜け

▼ ときドド~ (2, 0.0%)

1 の部屋, は羽目

▼ ときドノバン~ (2, 0.0%)

1 の声, は一声

▼ ときニューヨーク~ (2, 0.0%)

1 に居合せた, の郊外

▼ ときネッド~ (2, 0.0%)

1 とその, の死骸

▼ ときノック~ (2, 0.0%)

1 がした, の音

▼ ときノヴァミルスキー~ (2, 0.0%)

1 が部屋, はまったく

▼ ときハイキング用~ (2, 0.0%)

2 の尖端

▼ ときハイロ~ (2, 0.0%)

1 が横, は困った

▼ ときハヤ左手~ (2, 0.0%)

2 なる汀

▼ ときハリス~ (2, 0.0%)

1 だけは日本, はたまたま

▼ ときハワイ~ (2, 0.0%)

1 のカハナモク, のジューク・カワナモク

▼ ときハンス~ (2, 0.0%)

1 はあれこれ, は黒い

▼ ときハーモニカ~ (2, 0.0%)

1 で, の音

▼ ときパイ軍曹~ (2, 0.0%)

1 のすき, の眼

▼ ときパパ~ (2, 0.0%)

1 さえ傍, と新しく

▼ ときヒロポン~ (2, 0.0%)

1 と注射器, は元来モヒ中毒

▼ ときピカ一~ (2, 0.0%)

1 はまだ, はやや

▼ ときファラデー~ (2, 0.0%)

1 が王立協会, は小児

▼ ときフェリクス~ (2, 0.0%)

1 があまり, はその

▼ ときフト~ (2, 0.0%)

1 お文, その一つ

▼ ときフロレンス~ (2, 0.0%)

1 の周囲, は二人

▼ ときブドリ~ (2, 0.0%)

1 のおとうさんたち, は思わず

▼ ときブルさん~ (2, 0.0%)

2 の殆

▼ ときベアトリーチェ~ (2, 0.0%)

1 はおりたちぬ, はその

▼ ときベエコン~ (2, 0.0%)

1 のこの, の多角才能

▼ ときベッド~ (2, 0.0%)

1 から出, の下

▼ ときベルナルドオ~ (2, 0.0%)

1 が馬, は汝

▼ ときベルリン~ (2, 0.0%)

1 で画, に滞在中

▼ ときペレール~ (2, 0.0%)

1 のアパルトマン, の家

▼ ときホッ~ (2, 0.0%)

1 とした, と溜息

▼ ときホール~ (2, 0.0%)

1 の反対, の受け付け

▼ ときボーイ~ (2, 0.0%)

1 がその, が二人

▼ ときボート~ (2, 0.0%)

1 が浜, とランチ

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 キッと

▼ ときポオ助教授~ (2, 0.0%)

1 はロバート大佐, は椅子

▼ ときポーデル博士~ (2, 0.0%)

1 の低い, は操縦席

▼ ときマヌエラ~ (2, 0.0%)

1 は一途, は絶壁

▼ ときマヤコフスキー~ (2, 0.0%)

1 が書いた, の組織

▼ ときマレイ~ (2, 0.0%)

1 に出あった, はやっと

▼ ときミコサマ~ (2, 0.0%)

1 が舞い, は鈴

▼ ときミサ子~ (2, 0.0%)

1 は今朝, を入れ

▼ ときモグラみたい~ (2, 0.0%)

2 にヒョッコリ顔

▼ ときユリ~ (2, 0.0%)

1 はデリケート, は大蛇

▼ ときライオン~ (2, 0.0%)

1 がにん, がまた

▼ ときラエーフスキイ~ (2, 0.0%)

1 がだしぬけ, が言った

▼ ときリーズ~ (2, 0.0%)

1 は両手, は手

▼ ときルミちゃん~ (2, 0.0%)

1 はなんだか, は白

▼ ときルミ子~ (2, 0.0%)

1 がこう, が送っ

▼ ときロシア~ (2, 0.0%)

1 の十九世紀, の将校

▼ ときローリイ~ (2, 0.0%)

1 が来, はいかにも

▼ とき一々~ (2, 0.0%)

1 その懐, 人の

▼ とき一ノ関さま~ (2, 0.0%)

1 の奸知, 御自身

▼ とき一人一人~ (2, 0.0%)

1 のあどけない, の袂

▼ とき一体~ (2, 0.0%)

1 このよう, 何を

▼ とき一個~ (2, 0.0%)

1 の年紀, の腕

▼ とき一切~ (2, 0.0%)

2 の拘束力

▼ とき一応~ (2, 0.0%)

1 は彼ら, は誰

▼ とき一斉~ (2, 0.0%)

1 に兵, に灯

▼ とき一時美術史~ (2, 0.0%)

2 に熱中

▼ とき一様~ (2, 0.0%)

1 に眼, に色

▼ とき一疋~ (2, 0.0%)

1 の熊, の蟋蟀

▼ とき一瞥~ (2, 0.0%)

1 でこの, をくれた

▼ とき一等~ (2, 0.0%)

1 に乗, を取った

▼ とき一等運転士~ (2, 0.0%)

1 の知らせ, の顔

▼ とき一通~ (2, 0.0%)

1 ずつ渡し, の書状

▼ とき一頻り~ (2, 0.0%)

2 賑かな

▼ とき丁度道~ (2, 0.0%)

2 の左側

▼ とき七兵衛ら~ (2, 0.0%)

1 は昂然, を

▼ とき万国堂~ (2, 0.0%)

1 のドア, の屋根

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 でも貴女

▼ とき丈太郎氏~ (2, 0.0%)

1 の手, は中毒

▼ とき三十五歳~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ とき三十歳~ (2, 0.0%)

1 のとき, を越し

▼ とき三味線~ (2, 0.0%)

1 がば, を弾いとった

▼ とき三四郎~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, はよし子

▼ とき三島~ (2, 0.0%)

1 がまた, で書いた

▼ とき三度~ (2, 0.0%)

1 ばかり, ばかり火繩

▼ とき三木~ (2, 0.0%)

1 の城, はすぐ

▼ とき三津井~ (2, 0.0%)

2 は青ざめた

▼ とき三百年~ (2, 0.0%)

1 が一年, の潜伏信仰

▼ とき三郎~ (2, 0.0%)

1 がまず, は姉

▼ とき上原~ (2, 0.0%)

1 は二つ返事, を訪ね

▼ とき上杉謙信~ (2, 0.0%)

1 なるもの, はやはり

▼ とき上田~ (2, 0.0%)

1 が気に入った, の妻女

▼ とき上野~ (2, 0.0%)

1 が向う, の法親王

▼ とき上野駅~ (2, 0.0%)

1 で彼, をたっ

▼ とき下り~ (2, 0.0%)

1 の列車, の貨物列車

▼ とき下女~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ とき下枝さん~ (2, 0.0%)

1 が悲鳴, が戸惑った

▼ とき不便~ (2, 0.0%)

1 かとかいろいろ思案中, ね

▼ とき不審そう~ (2, 0.0%)

1 にかれ, に登

▼ とき不注意~ (2, 0.0%)

1 な園丁, にわきみ

▼ とき不用意~ (2, 0.0%)

1 に検事, に腰

▼ とき不覚~ (2, 0.0%)

1 にもまた, の涙

▼ とき世界一周唱歌~ (2, 0.0%)

2 で花

▼ とき中尉~ (2, 0.0%)

1 はおどろき, は硬い

▼ とき中山~ (2, 0.0%)

1 が叫んだ, の法華経寺

▼ とき丸木~ (2, 0.0%)

1 のからだ, は片手

▼ とき丹七~ (2, 0.0%)

1 は二十年, は早く

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の郭常, 觀主義は

▼ とき主として~ (2, 0.0%)

1 この探検, 僧侶が

▼ とき主人公~ (2, 0.0%)

1 が苦境, は大いに

▼ とき主体~ (2, 0.0%)

1 に関係付けられる, はただ

▼ とき乃公~ (2, 0.0%)

1 はさっき, はもう少し

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 之介

▼ とき予想~ (2, 0.0%)

1 したほど, のごとく

▼ とき事務室~ (2, 0.0%)

1 からけたたましい, の扉

▼ とき事務長~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, は喜び

▼ とき事態~ (2, 0.0%)

1 はそこ, はひじょうに

▼ とき二三分~ (2, 0.0%)

2 ばかり舞台

▼ とき二十七~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ とき二十八~ (2, 0.0%)

1 だ, の軽部

▼ とき二十八歳~ (2, 0.0%)

1 でした, の青年昌造

▼ とき二十六~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ とき二少年~ (2, 0.0%)

1 がいそい, は始め

▼ とき二月~ (2, 0.0%)

1 になっ, の雪

▼ とき二次元世界~ (2, 0.0%)

1 では三次元物体, では最も

▼ とき二郎~ (2, 0.0%)

1 がかたわら, はふと

▼ とき二郎ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がポケット, に上げよう

▼ とき云われた~ (2, 0.0%)

1 文学の, 点いろいろ

▼ とき五兵衛どん~ (2, 0.0%)

1 のフシギ, はなんとなく

▼ とき五郎~ (2, 0.0%)

1 がお, はあんまり

▼ とき交番~ (2, 0.0%)

1 の前, の巡査

▼ とき亭主~ (2, 0.0%)

1 は建てた, をかばっ

▼ とき人びと~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の口

▼ とき人形芝居~ (2, 0.0%)

1 がかかる, を観ました

▼ とき今朝~ (2, 0.0%)

1 は果して, 持たせて

▼ とき仏像~ (2, 0.0%)

1 の顔, はいかに

▼ とき仏教~ (2, 0.0%)

1 が渡来, の立場

▼ とき仕出し専門~ (2, 0.0%)

2 でやっ

▼ とき他人~ (2, 0.0%)

1 の子, の覗きえない

▼ とき任立政~ (2, 0.0%)

1 が陵, はさりげ

▼ とき伍長~ (2, 0.0%)

1 の飛田, はサイさん

▼ とき伝馬船~ (2, 0.0%)

1 につみこむ, を漕ぎ出し

▼ とき伯爵~ (2, 0.0%)

1 はもっと, は素子

▼ とき佐々~ (2, 0.0%)

1 の家族, は伸子

▼ とき佐八~ (2, 0.0%)

1 に会った, はそこ

▼ とき佐太郎~ (2, 0.0%)

1 はグイ, は一人

▼ とき何とか~ (2, 0.0%)

1 して, 院の

▼ とき何もの~ (2, 0.0%)

1 かの偉大, か艇首

▼ とき何所~ (2, 0.0%)

2 か見

▼ とき何物~ (2, 0.0%)

1 かの気配, をか見し

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 しその, し水

▼ とき使節~ (2, 0.0%)

1 がアムストルダム, は玉座

▼ とき使者~ (2, 0.0%)

1 をよこし, を見た

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に生れ, に生れあわせ

▼ とき侯爵~ (2, 0.0%)

1 が兜, は右手

▼ とき係り~ (2, 0.0%)

1 の女の子, の鍛冶屋

▼ とき信子~ (2, 0.0%)

1 の気質, はこめかみ

▼ とき信濃~ (2, 0.0%)

1 から来, の人某

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ とき修理賃~ (2, 0.0%)

2 を四つ

▼ とき俳優~ (2, 0.0%)

1 が出演中, としては一個

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 で荷箱, の鉢巻

▼ とき個人的~ (2, 0.0%)

1 な意識的, な限度

▼ とき倒れ~ (2, 0.0%)

1 そのままに, てしまいました

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 から口, にキット誰

▼ とき偽善者~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の如くあらざれ

▼ とき傍ら~ (2, 0.0%)

1 に寝, の盛土

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に雨, をさし

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に三十分間, に笑

▼ とき僅か~ (2, 0.0%)

1 に三十二歳, 三年後に

▼ とき僕たち~ (2, 0.0%)

1 は一錢蒸氣, は急

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 が下, は鉄鉢

▼ とき先師~ (2, 0.0%)

1 がいわれた, を招いた

▼ とき先生変~ (2, 0.0%)

2 な女

▼ とき先頭~ (2, 0.0%)

1 に駆っ, のドノバン

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 は全く, を發

▼ とき光一~ (2, 0.0%)

1 のくせ, はまじめ

▼ とき光明~ (2, 0.0%)

2 その時

▼ とき克子~ (2, 0.0%)

1 の頭, は目

▼ とき克巳~ (2, 0.0%)

2 は松吉

▼ とき兒童~ (2, 0.0%)

2 が本

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の透明板, の鉢金

▼ とき入院~ (2, 0.0%)

1 した江東外科病院, して

▼ とき全国~ (2, 0.0%)

1 の国鉄労組, の積極的

▼ とき八五郎~ (2, 0.0%)

1 の心, の職業意識

▼ とき八十助~ (2, 0.0%)

1 は呼吸, は始め

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に従う, は人物

▼ とき公園~ (2, 0.0%)

1 の小径, の樹木

▼ とき公方様~ (2, 0.0%)

2 より下された

▼ とき六十一歳~ (2, 0.0%)

1 になった, の高齢

▼ とき六郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, はすっと

▼ とき共に~ (2, 0.0%)

1 赤橋家へ, 食うべき肴

▼ とき兵隊~ (2, 0.0%)

1 はかわいらしい, を両手

▼ とき其處~ (2, 0.0%)

1 には國家, には多く

▼ とき内海~ (2, 0.0%)

1 の山々, は

▼ とき冠せられた~ (2, 0.0%)

2 近代的とは

▼ とき冬子~ (2, 0.0%)

1 でもい, の隠

▼ とき冷たい~ (2, 0.0%)

1 額へ, 風に

▼ とき凡太~ (2, 0.0%)

1 は即座, は忘れ

▼ とき出し~ (2, 0.0%)

1 てくれたら, て舐る

▼ とき出入口~ (2, 0.0%)

1 の扉, の重い

▼ とき出口~ (2, 0.0%)

1 に向かおう, の闇

▼ とき出来る~ (2, 0.0%)

1 だけで返し, ように

▼ とき出直し~ (2, 0.0%)

1 ておけ, て伺いましょう

▼ とき切っ~ (2, 0.0%)

1 てとっ, て落された

▼ とき初恋~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ とき判事~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, は被告

▼ とき別れ~ (2, 0.0%)

1 て五年前母親, にあ

▼ とき利根川畔~ (2, 0.0%)

1 の雑木林, の雑林

▼ とき前途~ (2, 0.0%)

1 に洋々, の大

▼ とき劇場~ (2, 0.0%)

1 などでわざわざ, の三階

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 をつくし, を落し

▼ とき加藤英倫~ (2, 0.0%)

2 と友達

▼ とき動物~ (2, 0.0%)

1 とともに彼ら, も植物

▼ とき勘次~ (2, 0.0%)

1 は母親, は秋三

▼ とき勝則~ (2, 0.0%)

1 が今夜, は人間

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の国, の岡

▼ とき北原武夫~ (2, 0.0%)

2 がどこ

▼ とき十一羽~ (2, 0.0%)

2 の野

▼ とき十八~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ とき十六人~ (2, 0.0%)

1 とも大便, の島生活

▼ とき十六歳~ (2, 0.0%)

1 である, で将軍家光

▼ とき十字架~ (2, 0.0%)

1 は最も, をささげ

▼ とき十左~ (2, 0.0%)

1 が辛抱, は船岡どの

▼ とき十年以上昔~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ とき十時~ (2, 0.0%)

1 が打った, が鳴った

▼ とき千円~ (2, 0.0%)

1 出さ, 当れ五百円

▼ とき午夜~ (2, 0.0%)

2 の時計

▼ とき半分~ (2, 0.0%)

1 たべて, は自分

▼ とき半年~ (2, 0.0%)

1 くらいの食いしろ, ほど暮らし

▼ とき半町~ (2, 0.0%)

2 ばかり彼方

▼ とき卓上~ (2, 0.0%)

1 から床, の電話

▼ とき南条~ (2, 0.0%)

1 といわれ, の身なり

▼ とき単なる~ (2, 0.0%)

1 意地悪から, 知り合い以上の

▼ とき単に~ (2, 0.0%)

1 それは, 私は

▼ とき印象~ (2, 0.0%)

1 から脱する, に残った

▼ とき危険~ (2, 0.0%)

1 ですから, な場所

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 がこぼれ, と白墨

▼ とき厄介~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 には埃, 大佐から

▼ とき原大佐~ (2, 0.0%)

1 から, から重大使命

▼ とき原稿~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を持つ

▼ とき参事官~ (2, 0.0%)

1 ははっきり, は一軒戸

▼ とき又は~ (2, 0.0%)

1 修行中には, 思ひがけ

▼ とき友だち~ (2, 0.0%)

1 が僕, の一人

▼ とき双眼鏡~ (2, 0.0%)

1 のたま, をはずした

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 絵の, 誦復唱し

▼ とき反対~ (2, 0.0%)

1 した男, に仏

▼ とき叔母~ (2, 0.0%)

1 が何と, と三人

▼ とき叔母さん~ (2, 0.0%)

1 がいらし, に事務員

▼ とき受けとる~ (2, 0.0%)

2 ことに

▼ とき受付~ (2, 0.0%)

1 の巡査, の方角

▼ とき受刑者~ (2, 0.0%)

1 の皮膚, はその

▼ とき口笛~ (2, 0.0%)

1 をふきたい, を吹い

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 えの, 田中さんが

▼ とき可能~ (2, 0.0%)

1 である, な全て

▼ とき号外~ (2, 0.0%)

1 の刷り, の鈴

▼ とき司会者~ (2, 0.0%)

1 の岩上順一先生, をつとめた

▼ とき司馬遷~ (2, 0.0%)

1 にはその, は几

▼ とき吉良~ (2, 0.0%)

1 とお, はわざと

▼ とき同乗~ (2, 0.0%)

2 して

▼ とき同席~ (2, 0.0%)

2 して

▼ とき向い~ (2, 0.0%)

1 のうしろ向き, の壁

▼ とき向う側~ (2, 0.0%)

1 の二階, の歩道

▼ とき君たち~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は神

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 この基地, とかノオ

▼ とき吹く~ (2, 0.0%)

1 って笑う, とその

▼ とき呆れた~ (2, 0.0%)

2 ことには

▼ とき呉用~ (2, 0.0%)

1 が口, へ向っ

▼ とき周瑜~ (2, 0.0%)

1 から先, は瘡

▼ とき周防~ (2, 0.0%)

1 のとき, は寝

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 なせりふ, 利きという

▼ とき呼ん~ (2, 0.0%)

1 でくれた, で御馳走

▼ とき和太郎さん~ (2, 0.0%)

1 がいい, は車

▼ とき咲二~ (2, 0.0%)

1 の目, はむりやり

▼ とき唐突~ (2, 0.0%)

1 な行動, に

▼ とき問題~ (2, 0.0%)

1 にされ, になる

▼ とき喇叭~ (2, 0.0%)

1 の音, の響き

▼ とき喜兵衛~ (2, 0.0%)

1 がおし, は手洗い

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 にひょっと, は暗い

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に人間, に私

▼ とき嘉吉~ (2, 0.0%)

1 には自分, は池

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 にも聞いたろう, を聞い

▼ とき四つ~ (2, 0.0%)

1 のロボット, の頭

▼ とき四郎~ (2, 0.0%)

1 の頭上, はもっと

▼ とき困る~ (2, 0.0%)

1 から余り, ぞ

▼ とき固く~ (2, 0.0%)

1 そこへ, それを

▼ とき国王~ (2, 0.0%)

1 がきた, を援

▼ とき国男さん~ (2, 0.0%)

1 がきれい, が一緒

▼ とき園井さん~ (2, 0.0%)

1 がやっと, の広

▼ とき土俵~ (2, 0.0%)

1 の上, の中央

▼ とき土居画伯~ (2, 0.0%)

1 は王仁さん, は色々

▼ とき土百姓~ (2, 0.0%)

2 の精神

▼ とき土間~ (2, 0.0%)

1 に人かげ, の卓

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 なりがした, の上

▼ とき地下室~ (2, 0.0%)

1 の一方, の入口

▼ とき地主~ (2, 0.0%)

1 が小作人, のついで

▼ とき地底~ (2, 0.0%)

1 からかすか, の水

▼ とき地球~ (2, 0.0%)

1 の北端, までひっかえす

▼ とき坂田~ (2, 0.0%)

1 はなに, は花瓶

▼ とき均衡~ (2, 0.0%)

1 が現われる, は成立

▼ とき坊ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がころん, が彼女

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の天主閣, の総

▼ とき城外~ (2, 0.0%)

1 から矢, の濠際

▼ とき場所~ (2, 0.0%)

1 が閑静, は鎌倉

▼ とき増さん~ (2, 0.0%)

2 にお供

▼ とき売っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てよい

▼ とき売る~ (2, 0.0%)

1 ときには, ようにと

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の日, は赤児

▼ とき外務省~ (2, 0.0%)

1 にいた, の辻野氏

▼ とき外国~ (2, 0.0%)

1 からの客, から軍隊

▼ とき夜番~ (2, 0.0%)

1 のじいさん, の身の上

▼ とき夢みる~ (2, 0.0%)

1 人々を, 人の

▼ とき大使~ (2, 0.0%)

1 というよう, は驚異以上

▼ とき大原~ (2, 0.0%)

1 といふ餓鬼大将株, は矢庭

▼ とき大友君~ (2, 0.0%)

1 の苦し, の話

▼ とき大吉~ (2, 0.0%)

1 がまっさきに, はきゅう

▼ とき大変~ (2, 0.0%)

1 じゃろうけん余分, よろこんで

▼ とき大将~ (2, 0.0%)

1 が腹, の頭

▼ とき大石先生~ (2, 0.0%)

1 の心, は大かた

▼ とき大衆~ (2, 0.0%)

1 の生活, の罪

▼ とき大阪~ (2, 0.0%)

1 から来た, の芸術

▼ とき大隅学士~ (2, 0.0%)

1 は不, は気がつい

▼ とき天下~ (2, 0.0%)

1 の富, はいかなる

▼ とき天国~ (2, 0.0%)

1 にそして, を見た

▼ とき太い~ (2, 0.0%)

1 蔓は, 赤鉛筆の

▼ とき太公望~ (2, 0.0%)

1 は独特, は釣糸

▼ とき太郎左衛門~ (2, 0.0%)

1 がこう, はふい

▼ とき失った~ (2, 0.0%)

1 死に場所に対する, 野性が

▼ とき奉仕~ (2, 0.0%)

1 とは畢竟, の對象

▼ とき奥方~ (2, 0.0%)

1 がたいそう, より進ぜ

▼ とき女史~ (2, 0.0%)

1 の父正一氏, は淑貞

▼ とき如何なる~ (2, 0.0%)

1 生活し, 男も

▼ とき如水~ (2, 0.0%)

1 は城下, は小倉

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 となられ, は冠

▼ とき妖女~ (2, 0.0%)

1 はあらためて, はサンドリヨン

▼ とき姉様~ (2, 0.0%)

1 の口もと, は気

▼ とき娼家~ (2, 0.0%)

2 に宿り

▼ とき婦人作家~ (2, 0.0%)

1 と答えた, はどう

▼ とき子供達~ (2, 0.0%)

1 はもう, は先

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 はやっぱり, まで雑談的

▼ とき孝之進~ (2, 0.0%)

1 はお, は二階

▼ とき学生~ (2, 0.0%)

1 はにやりと, は人生的

▼ とき孫六さん~ (2, 0.0%)

2 がこの

▼ とき安心~ (2, 0.0%)

1 して, だし

▼ とき安芸~ (2, 0.0%)

1 が咳, のうしろ

▼ とき宋江~ (2, 0.0%)

1 の眉, もまた

▼ とき完全~ (2, 0.0%)

1 にわれわれ, に絶たれ

▼ とき宏子~ (2, 0.0%)

1 はうしろ, は真心

▼ とき宗久~ (2, 0.0%)

1 がふと, はウワゴト

▼ とき宗教雑誌~ (2, 0.0%)

2 から訊かれた

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 もつ身, 持つ身

▼ とき実験室~ (2, 0.0%)

1 に来合せ, の扉

▼ とき客車~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ とき宮子~ (2, 0.0%)

1 の視線, は山口

▼ とき家々~ (2, 0.0%)

1 のかま, のチャブ台

▼ とき家政婦~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の面

▼ とき家族~ (2, 0.0%)

1 の者, をはじめ

▼ とき家系~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ とき密室~ (2, 0.0%)

1 の証明, をぬけだす

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 がるとき, さと

▼ とき寒い~ (2, 0.0%)

1 風が, 風に

▼ とき寢臺~ (2, 0.0%)

1 の長い, やら鏡臺

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に似たる, に私

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に居た, の和尚さん

▼ とき寺院~ (2, 0.0%)

1 にて見, の装飾

▼ とき寿~ (2, 0.0%)

1 がい, は心配

▼ とき封印~ (2, 0.0%)

1 された馬, をきっ

▼ とき将校~ (2, 0.0%)

1 とまったく, にとりまかれた

▼ とき将門~ (2, 0.0%)

1 が敵, は彼

▼ とき尊き~ (2, 0.0%)

1 感激は, 魂言遁る

▼ とき導師~ (2, 0.0%)

2 は震

▼ とき小使~ (2, 0.0%)

1 がベル, が書類

▼ とき小僧~ (2, 0.0%)

1 に案内, は廊下

▼ とき小六~ (2, 0.0%)

2 は腰

▼ とき小声~ (2, 0.0%)

1 で, で独語

▼ とき小寺氏~ (2, 0.0%)

2 は織田

▼ とき小平さん~ (2, 0.0%)

2 がまだ

▼ とき小枝~ (2, 0.0%)

1 の前, はもう二度と

▼ とき小泉~ (2, 0.0%)

1 はいちばん最後, はいひ

▼ とき小田~ (2, 0.0%)

1 と高橋, はまた

▼ とき小舎~ (2, 0.0%)

1 の中, の入り口

▼ とき小西行長~ (2, 0.0%)

1 が立つ, が駈けつけ

▼ とき小説~ (2, 0.0%)

1 でもかく, という文学

▼ とき小野さん~ (2, 0.0%)

1 は云った, は内玄関

▼ とき小鳥~ (2, 0.0%)

1 というもの, となりました

▼ とき少佐~ (2, 0.0%)

1 はおどろいた, は川上機関大尉

▼ とき少女たち~ (2, 0.0%)

1 が彼ら, が野

▼ とき尾崎士郎~ (2, 0.0%)

1 が妙, のところ

▼ とき居士~ (2, 0.0%)

1 が拾っ, が拾つて仕舞

▼ とき屋久島~ (2, 0.0%)

2 はどんな

▼ とき屋敷~ (2, 0.0%)

1 のう, の手入れ

▼ とき山々~ (2, 0.0%)

1 が目覚める思ひ, はすでに

▼ とき山中~ (2, 0.0%)

1 で道案内, へ薬

▼ とき山岸~ (2, 0.0%)

1 は, は笑っ

▼ とき山木~ (2, 0.0%)

1 がだしぬけ, がびっくり

▼ とき山門~ (2, 0.0%)

1 から野口春蔵, の外

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 を通った, 越して

▼ とき峯子~ (2, 0.0%)

1 が素朴, は遠方

▼ とき島田幾之進~ (2, 0.0%)

1 がセキ払い, の隠し持った

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の上, の中腹

▼ とき川田~ (2, 0.0%)

1 が新, はじれったく

▼ とき工事~ (2, 0.0%)

1 が完成, に従事

▼ とき左近~ (2, 0.0%)

1 は月村, は玉屋

▼ とき左門~ (2, 0.0%)

1 は他, は常に

▼ とき市内~ (2, 0.0%)

1 のあかるい, の一覧橋

▼ とき帆村探偵~ (2, 0.0%)

1 は一人, は部屋

▼ とき帆柱~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ とき師匠~ (2, 0.0%)

1 と一しょ, に連れられ

▼ とき師父~ (2, 0.0%)

1 はそれ, はマスト

▼ とき帰り~ (2, 0.0%)

1 ついた宿, の船

▼ とき帰る~ (2, 0.0%)

1 ことを, 時間を

▼ とき帳場~ (2, 0.0%)

1 がものかげ, の者

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 は忘, 夜燈の

▼ とき常識~ (2, 0.0%)

1 では処理, もまた

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 がパリ, のむこう

▼ とき幕面~ (2, 0.0%)

1 がぱっと, へ目

▼ とき平作~ (2, 0.0%)

1 は毎年, は警察

▼ とき平次~ (2, 0.0%)

1 の助け, は路地

▼ とき平気~ (2, 0.0%)

1 で言, で言い出しました

▼ とき平野少年~ (2, 0.0%)

1 がたずねます, はなにげなく

▼ とき幸い~ (2, 0.0%)

1 にも孔明, にも居合せた

▼ とき幸子~ (2, 0.0%)

1 は急, は留守

▼ とき幾分~ (2, 0.0%)

1 安蔵の, 誇張を

▼ とき庄吉先生~ (2, 0.0%)

2 を訪問

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の上

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 を以て今

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に達したらしく, の石粒

▼ とき店先~ (2, 0.0%)

1 で夫婦間, にて大勢

▼ とき店員~ (2, 0.0%)

1 が傍, はガラス台

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 いと思う, を失っ

▼ とき座席~ (2, 0.0%)

1 にぬっと, に例

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の外, の料理

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ とき庸三~ (2, 0.0%)

1 はちょうど, は泣面

▼ とき廉子~ (2, 0.0%)

1 が童僕, に注意

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の杉戸口, をこっち

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の屋根, へは行

▼ とき弁護士~ (2, 0.0%)

1 となっ, に茶

▼ とき引き裂い~ (2, 0.0%)

2 て捨てよう

▼ とき弥生~ (2, 0.0%)

1 はもはや, はハッ

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 がへん, 全義

▼ とき強い~ (2, 0.0%)

1 稲妻が, 風の

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 吉が, 国の

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の大小遠近, を改め

▼ とき役者~ (2, 0.0%)

1 が, の岩井紫若

▼ とき彼曰~ (2, 0.0%)

1 ひけるは, ふ

▼ とき彼自身~ (2, 0.0%)

1 が喀血, の年齢

▼ とき待っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていましょう

▼ とき後者~ (2, 0.0%)

2 が前者

▼ とき後足~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, をあげ

▼ とき後輩~ (2, 0.0%)

2 を推挙

▼ とき得たる~ (2, 0.0%)

1 思想は, 糸は

▼ とき御前~ (2, 0.0%)

1 に安倍晴明, の御

▼ とき御覧~ (2, 0.0%)

1 になったら, のごとき

▼ とき御馳走~ (2, 0.0%)

2 するとか

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 な物, 笑みの

▼ とき微か~ (2, 0.0%)

1 にふるえた, に手

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 と有能性, の重要

▼ とき徳さん~ (2, 0.0%)

1 の硬, は云った

▼ とき心配~ (2, 0.0%)

1 して, だからと

▼ とき必死~ (2, 0.0%)

1 に抵抗, の気持

▼ とき必然~ (2, 0.0%)

1 に生み出される, の結果

▼ とき忍熊王~ (2, 0.0%)

1 と伊佐比宿禰, の軍勢

▼ とき忠利~ (2, 0.0%)

1 に召し出され, はふと

▼ とき思いついた~ (2, 0.0%)

1 のでございます, ように

▼ とき思ひ出した~ (2, 0.0%)

2 やうに

▼ とき思惟~ (2, 0.0%)

2 する私自身

▼ とき急い~ (2, 0.0%)

1 でくん, で言った

▼ とき急病~ (2, 0.0%)

1 で死んだ, にか

▼ とき性欲~ (2, 0.0%)

1 が興奮, は興奮

▼ とき怪塔~ (2, 0.0%)

1 の入口, の外

▼ とき怪塔ロケット~ (2, 0.0%)

1 のびっくり, は悪い

▼ とき恐怖~ (2, 0.0%)

1 のあまり一像, の念

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 がとまる, も絶えた

▼ とき悟った~ (2, 0.0%)

1 が然し, と見え

▼ とき悟浄~ (2, 0.0%)

1 は急い, を見

▼ とき悪く~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ とき悲鳴~ (2, 0.0%)

1 があがった, と共に火薬庫全体

▼ とき惚れた~ (2, 0.0%)

1 人間の, 女を

▼ とき惣七~ (2, 0.0%)

1 は両, は証文

▼ とき惨め~ (2, 0.0%)

1 な自分, にもリスボン

▼ とき愈々~ (2, 0.0%)

1 奥の, 浮世の

▼ とき意識~ (2, 0.0%)

1 はしない, は固

▼ とき感傷~ (2, 0.0%)

2 としてあと

▼ とき感情~ (2, 0.0%)

2 の放蕩

▼ とき慌て~ (2, 0.0%)

1 て少女, て構えず

▼ とき慎一~ (2, 0.0%)

1 は, はいつも

▼ とき憎い~ (2, 0.0%)

1 ほど軽く, 奴めという

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 から右手, にし

▼ とき懐中電灯~ (2, 0.0%)

1 のまるい, の光

▼ とき成功主義~ (2, 0.0%)

2 は意味

▼ とき我が~ (2, 0.0%)

1 さし伸べたる, 日本の

▼ とき我慢~ (2, 0.0%)

1 ができなく, しきれなくなって

▼ とき我胸~ (2, 0.0%)

1 には種々, は躍りぬ

▼ とき我見~ (2, 0.0%)

2 しに

▼ とき戦慄~ (2, 0.0%)

1 が彼, が快く

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に手, をあけ

▼ とき手つだっ~ (2, 0.0%)

1 てくれた, て貰っ

▼ とき手もと~ (2, 0.0%)

1 がくるった, にあった

▼ とき批判~ (2, 0.0%)

1 の精神, はあっ

▼ とき抵抗~ (2, 0.0%)

1 に対してちょッ, の意志

▼ とき押入れ~ (2, 0.0%)

1 の真っ, へ隠れた

▼ とき持つ~ (2, 0.0%)

1 て行く, て行つた

▼ とき持参~ (2, 0.0%)

1 する第, のカメラ

▼ とき捕えられ~ (2, 0.0%)

1 て牢, 私の

▼ とき探りみ~ (2, 0.0%)

1 て顏, て顔

▼ とき描いた~ (2, 0.0%)

1 という水彩画, 理想が

▼ とき提灯~ (2, 0.0%)

1 の印, を持っ

▼ とき支配人~ (2, 0.0%)

1 の酒田, は

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 二と, 二は

▼ とき放され~ (2, 0.0%)

1 てロンドン, 人いきれの

▼ とき放し~ (2, 0.0%)

1 日本の, 犬の

▼ とき故国~ (2, 0.0%)

1 からよく, の朱欒

▼ とき故意~ (2, 0.0%)

1 と声, に軽く

▼ とき故障~ (2, 0.0%)

1 の原因, を起し

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 えっこし, を承っ

▼ とき敬二~ (2, 0.0%)

1 はいい, は胸

▼ とき数馬~ (2, 0.0%)

1 が, は草鞋

▼ とき敵味方戦死者位牌~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ とき文子~ (2, 0.0%)

1 は思はず, は殆

▼ とき文筆家~ (2, 0.0%)

1 が個人的, は自分

▼ とき新八~ (2, 0.0%)

1 は彼女, は湯島

▼ とき新聞記者~ (2, 0.0%)

1 が訪ね, の問い

▼ とき旅館~ (2, 0.0%)

1 にとまる, の下女

▼ とき日ごろ~ (2, 0.0%)

1 の教訓, 西郷に

▼ とき日中~ (2, 0.0%)

1 の昼貌, の晝貌

▼ とき日本じゅう~ (2, 0.0%)

1 に灰色, の律気

▼ とき日本女~ (2, 0.0%)

1 は窓, は軽く

▼ とき日本橋~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の寮

▼ とき旨く~ (2, 0.0%)

2 掛けられたと

▼ とき早し~ (2, 0.0%)

1 で彼, 顔色を

▼ とき早苗~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, は教師

▼ とき春夫~ (2, 0.0%)

1 がおどろい, は足

▼ とき春木~ (2, 0.0%)

1 には聞えなかった, は例

▼ とき春部~ (2, 0.0%)

1 の顔, はその

▼ とき昨日~ (2, 0.0%)

1 と変つて, までのわたしたち

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 とグリフォネ, れは

▼ とき是公~ (2, 0.0%)

1 が余, はにやにや

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 が経ちます, の王様

▼ とき時計~ (2, 0.0%)

1 が二時, をもたない

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 い自動車, し高峰

▼ とき普通~ (2, 0.0%)

1 のあり, やるよう

▼ とき暗く~ (2, 0.0%)

1 なりかけた道, なりかけて

▼ とき暗闇~ (2, 0.0%)

1 のため, の中

▼ とき暴風~ (2, 0.0%)

2 の日私

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 は一刷, よりした

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 をその, 未だ燬

▼ とき書い~ (2, 0.0%)

1 ている, て手紙

▼ とき書生~ (2, 0.0%)

1 の広田, の青木

▼ とき最もよく~ (2, 0.0%)

2 怒る

▼ とき朋輩~ (2, 0.0%)

1 の誰彼, は難船

▼ とき朝鮮~ (2, 0.0%)

1 で演じられ, の歌

▼ とき木の根~ (2, 0.0%)

1 のちかく, を枕

▼ とき木村~ (2, 0.0%)

1 が升田, は選者

▼ とき木村さん~ (2, 0.0%)

1 の門, は俊夫君

▼ とき木村助手~ (2, 0.0%)

1 がおく, がサッと

▼ とき木犀~ (2, 0.0%)

2 の匂い

▼ とき木蔭~ (2, 0.0%)

1 から二人, から別人

▼ とき未来~ (2, 0.0%)

1 の明る, はいずれ

▼ とき本堂~ (2, 0.0%)

1 の内部, の袖部屋

▼ とき本屋~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の番頭

▼ とき本邸~ (2, 0.0%)

1 にある, の応接間

▼ とき本部~ (2, 0.0%)

1 で三次, につめあわし

▼ とき杉村~ (2, 0.0%)

1 は自分, は逃げる

▼ とき村松検事~ (2, 0.0%)

1 が例, はパイプ

▼ とき来朝~ (2, 0.0%)

1 し福徳, の伴天連達

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の山, の方四五丁先

▼ とき東京市内~ (2, 0.0%)

1 で保険率, の多く

▼ とき東京駅~ (2, 0.0%)

1 でみょう, には下関発

▼ とき東野~ (2, 0.0%)

1 が足, の宿

▼ とき松前藩~ (2, 0.0%)

1 は手薄, は防備手薄

▼ とき松山さん~ (2, 0.0%)

1 が部屋, の男の子

▼ とき松葉~ (2, 0.0%)

1 で眼, はよい

▼ とき果たして~ (2, 0.0%)

1 どんな感じ, 越前守の

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 がしらさしいづる見れ, にもなく

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に書いた, の順番

▼ とき柱時計~ (2, 0.0%)

1 がそこ, が午前一時

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 之介

▼ とき桃子~ (2, 0.0%)

1 の若い, は一番単純

▼ とき案外~ (2, 0.0%)

1 な飛躍, 白い大きい手

▼ とき桑港~ (2, 0.0%)

1 で中, で検疫

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の木, の花

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ とき梅毒患者~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 からゆ, の栗鼠

▼ とき梯子~ (2, 0.0%)

1 の上, の中段

▼ とき梯子段~ (2, 0.0%)

1 から落ち, を登っ

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 のよう, は彼

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に釘, はこの

▼ とき椅子~ (2, 0.0%)

1 のふち, の上

▼ とき植木屋~ (2, 0.0%)

1 だか, はそれ

▼ とき楽屋~ (2, 0.0%)

1 にはひそひそ, へ一人

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 じるしの, をもっ

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の木, は迫った

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の皮, の間

▼ とき機体~ (2, 0.0%)

1 がスーッ, が機首

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 にかかる, の歯

▼ とき次郎吉~ (2, 0.0%)

1 はにわかに, は急

▼ とき欲望~ (2, 0.0%)

1 の打算, を欲望

▼ とき歌子~ (2, 0.0%)

1 が岩, はつぶやい

▼ とき止めよう~ (2, 0.0%)

1 かしら馬鹿, と馳せよった

▼ とき正ちゃん~ (2, 0.0%)

1 はおらなかった, はクロ

▼ とき正一君~ (2, 0.0%)

1 がとん, は恐ろしい

▼ とき正三~ (2, 0.0%)

2 は一度

▼ とき正太~ (2, 0.0%)

1 はおそろしい, はそれ

▼ とき正季~ (2, 0.0%)

1 の着到, はぞっと

▼ とき正木署長~ (2, 0.0%)

1 が検事, のところ

▼ とき正直~ (2, 0.0%)

1 なところ, に一毫

▼ とき歩い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て見たら

▼ とき死に~ (2, 0.0%)

1 かかつ, もの狂いで

▼ とき死んでしまつた~ (2, 0.0%)

1 がふとどう, のだ

▼ とき死体~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, は二つ

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ とき残り~ (2, 0.0%)

2 を隠し

▼ とき残る~ (2, 0.0%)

1 ところは, 二名の

▼ とき段々~ (2, 0.0%)

1 に下降, 女中の

▼ とき殺され~ (2, 0.0%)

1 かかつ, ていった

▼ とき殺した~ (2, 0.0%)

1 としたら, ので

▼ とき殿~ (2, 0.0%)

1 が御, も御

▼ とき殿さま~ (2, 0.0%)

1 は山国, は怒っ

▼ とき殿中~ (2, 0.0%)

1 に薫じ渡る, のお

▼ とき母娘~ (2, 0.0%)

2 かということ

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 をあおっ, をもっ

▼ とき毫も~ (2, 0.0%)

1 引き抜くが, 憤怒の

▼ とき民法~ (2, 0.0%)

1 が夫, の上

▼ とき民衆~ (2, 0.0%)

1 の歓迎ぶり, を無知

▼ とき気持~ (2, 0.0%)

1 がよかっ, のわるい

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 がつかなかつた, がつく

▼ とき水夫~ (2, 0.0%)

1 の一人, は胆

▼ とき水島~ (2, 0.0%)

2 はにこ

▼ とき水禽~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ とき水面~ (2, 0.0%)

1 にあ, にガバッ

▼ とき氷室検事~ (2, 0.0%)

1 にちょっと, の一行

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 っかき, といっしょ

▼ とき汝ら~ (2, 0.0%)

1 のうち, はわが

▼ とき池部さん~ (2, 0.0%)

2 は明るく面白

▼ とき決心~ (2, 0.0%)

1 いたしました, したよう

▼ とき汽笛~ (2, 0.0%)

1 の音, をひびかせ

▼ とき河原~ (2, 0.0%)

1 に一人, の草

▼ とき河合~ (2, 0.0%)

1 があっと, はようやく

▼ とき河村~ (2, 0.0%)

1 のおばさん, は突然

▼ とき治郎君~ (2, 0.0%)

1 のさけび, はハッ

▼ とき泊っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ とき法師丸~ (2, 0.0%)

1 の身の丈, は元服前

▼ とき法隆寺~ (2, 0.0%)

1 の建築, や藥師寺

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 にころがされ, は小さい

▼ とき泰軒~ (2, 0.0%)

1 が艪, は岸

▼ とき洋食部~ (2, 0.0%)

2 で彼

▼ とき洗礼~ (2, 0.0%)

1 をうけ, をうけました

▼ とき流し~ (2, 0.0%)

1 に出た, に坐りこん

▼ とき流れ~ (2, 0.0%)

1 ている, て行つた

▼ とき流石~ (2, 0.0%)

1 にこの, に好い

▼ とき浅瀬~ (2, 0.0%)

1 の女, の波

▼ とき浅草~ (2, 0.0%)

1 で評判, の電気館

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の方, を歩い

▼ とき浦島~ (2, 0.0%)

1 はときどき, はふと

▼ とき浮びでる~ (2, 0.0%)

2 ひとつの

▼ とき海水~ (2, 0.0%)

1 と共に外洋, にぬれた

▼ とき海軍~ (2, 0.0%)

1 の水泳教官, の若い

▼ とき海霧~ (2, 0.0%)

2 はふたたび

▼ とき海面~ (2, 0.0%)

1 におちた, に碇泊

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 ゆるとき

▼ とき消防~ (2, 0.0%)

2 の組頭

▼ とき涌谷さま~ (2, 0.0%)

1 が話された, は陸奥守お為筋

▼ とき清作~ (2, 0.0%)

2 はふい

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 は始め, は蹲んだ

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に流れ着いた, の方

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 から帰る, の底

▼ とき満場~ (2, 0.0%)

1 の観客, は殆

▼ とき源一~ (2, 0.0%)

1 は地下室, は頁

▼ とき演壇~ (2, 0.0%)

1 に立った, のうしろ

▼ とき漠然と~ (2, 0.0%)

1 またこういう, 画面の

▼ とき漢文~ (2, 0.0%)

2 の試験

▼ とき濛々~ (2, 0.0%)

1 とし, としてゐる

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 のごとき, を消す

▼ とき火の気~ (2, 0.0%)

1 のない, のない寒い

▼ とき火事~ (2, 0.0%)

1 がはじまった, にあ

▼ とき火星~ (2, 0.0%)

1 は赤く, への距離

▼ とき火薬~ (2, 0.0%)

1 が爆発, の煙

▼ とき災難~ (2, 0.0%)

2 が起こった

▼ とき為政者~ (2, 0.0%)

1 が甘言, に忠言

▼ とき烈しい~ (2, 0.0%)

1 胸さわぎ, 香料の

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 からは無, 暗にこれ等

▼ とき無心~ (2, 0.0%)

1 でいる, にゆける

▼ とき無断~ (2, 0.0%)

1 で借用, で没収

▼ とき無理~ (2, 0.0%)

1 に無い, をし

▼ とき無量~ (2, 0.0%)

2 の感

▼ とき然し~ (2, 0.0%)

1 抵抗の, 死者の

▼ とき焼跡~ (2, 0.0%)

2 は優しく

▼ とき焼香~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ とき煮だした~ (2, 0.0%)

2 鶏骨に

▼ とき熊本~ (2, 0.0%)

1 が泣い, へ来

▼ とき熱心~ (2, 0.0%)

1 なキリスト教信者, に耳

▼ とき父上~ (2, 0.0%)

1 のご, の話された

▼ とき牛丸~ (2, 0.0%)

1 が話しかけよう, はひとりごと

▼ とき牛丸君~ (2, 0.0%)

1 が誰, はあの

▼ とき独特~ (2, 0.0%)

1 ののぼせ, のゆたかさ

▼ とき狭山~ (2, 0.0%)

1 はいく, はマキリ

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 之介

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, の額

▼ とき玄徳~ (2, 0.0%)

1 にこう, は叫ばず

▼ とき珠緒さん~ (2, 0.0%)

1 は王仁, は目

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 はれた形而上學, 内閣は

▼ とき現れ~ (2, 0.0%)

1 て, てくる

▼ とき現れた~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ とき現代~ (2, 0.0%)

1 の歴史, の顔

▼ とき現在~ (2, 0.0%)

1 の母, はそれ自身過去

▼ とき理助~ (2, 0.0%)

2 は少し

▼ とき理由~ (2, 0.0%)

1 がなく, は彼

▼ とき甘い~ (2, 0.0%)

1 媚薬の, 快楽などは

▼ とき生あたたかい~ (2, 0.0%)

2 液体が

▼ とき生き~ (2, 0.0%)

1 ている, て帰っ

▼ とき生じる~ (2, 0.0%)

1 のだらう, 下品さは

▼ とき生まれ~ (2, 0.0%)

1 しより, て初めて

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 ができれ, です

▼ とき用いる~ (2, 0.0%)

1 ものであろう, 赤の

▼ とき由藏~ (2, 0.0%)

1 はこの, は子供心

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 のアネモネ, は乙

▼ とき男泣き~ (2, 0.0%)

2 に泣いちまっただ

▼ とき番人~ (2, 0.0%)

1 の隙, はあわて

▼ とき疲れた~ (2, 0.0%)

1 ように, 眼を

▼ とき疾風~ (2, 0.0%)

1 が吹い, が非常

▼ とき病棟~ (2, 0.0%)

1 のほう, の廊下

▼ とき痛切~ (2, 0.0%)

1 にシンガポール, に感じ

▼ とき痩せた~ (2, 0.0%)

1 下腹の, 自分に

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 にさわる, に障った

▼ とき発病~ (2, 0.0%)

2 して

▼ とき発見~ (2, 0.0%)

1 されたかと, して

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 いひげ, と赤

▼ とき白丘ダリア~ (2, 0.0%)

1 は先刻, は朗らか

▼ とき白旗~ (2, 0.0%)

2 の旦那

▼ とき白痴~ (2, 0.0%)

1 になった, になつたの

▼ とき百合子~ (2, 0.0%)

1 のきいた, は初めて

▼ とき皆三~ (2, 0.0%)

1 に訊ねた, の母親

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に出, のよう

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の徐々, 全く一周

▼ とき目的~ (2, 0.0%)

2 の人三十代

▼ とき盲目~ (2, 0.0%)

1 の母親, の眼

▼ とき直に~ (2, 0.0%)

1 大事を, 目を

▼ とき直接間接~ (2, 0.0%)

1 の宣伝, の宣傳

▼ とき直立~ (2, 0.0%)

2 して

▼ とき看守~ (2, 0.0%)

1 から渡された, が渡し

▼ とき真佐子~ (2, 0.0%)

1 に喰わされた, の周囲

▼ とき真暗~ (2, 0.0%)

1 だった室内, ん中

▼ とき真杉静枝~ (2, 0.0%)

2 が蜘蛛

▼ とき真言~ (2, 0.0%)

2 の僧

▼ とき眠り忘れ~ (2, 0.0%)

2 て退き

▼ とき眼鏡~ (2, 0.0%)

1 の底, をかけた

▼ とき着る~ (2, 0.0%)

1 ことに, 春らしい

▼ とき瞑想~ (2, 0.0%)

2 はもはや

▼ とき知っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておられたろう

▼ とき知った~ (2, 0.0%)

1 のだ, ように

▼ とき知らない~ (2, 0.0%)

1 土地へ, 男の

▼ とき知る~ (2, 0.0%)

2 ところなき

▼ とき知れ悟らする~ (2, 0.0%)

1 時悟らせくれ, 時悟らせ呉れ

▼ とき知性~ (2, 0.0%)

1 が裂目, の拡充

▼ とき石垣~ (2, 0.0%)

1 まで持ち去っ, や門

▼ とき石川~ (2, 0.0%)

1 と島田市蔵, は稲村

▼ とき石段~ (2, 0.0%)

1 のへん, の方

▼ とき研究室~ (2, 0.0%)

1 にはだれ, の中

▼ とき砲声~ (2, 0.0%)

1 なりと心, をきき

▼ とき神山東洋~ (2, 0.0%)

1 がきいた, が母屋

▼ とき禰宜様宮田~ (2, 0.0%)

1 のところ, は思わず

▼ とき私たち女~ (2, 0.0%)

1 の正直, の胸

▼ とき私たち婦人~ (2, 0.0%)

1 のこころ, の胸

▼ とき私事~ (2, 0.0%)

2 に悩ん

▼ とき私自身~ (2, 0.0%)

2 の恐怖

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 や, 深き木葉

▼ とき秋山宇一~ (2, 0.0%)

1 は, は記念

▼ とき種則~ (2, 0.0%)

1 がまご, はやおら

▼ とき空襲警報~ (2, 0.0%)

1 のサイレン, ははじめて

▼ とき突撃~ (2, 0.0%)

1 のとき夜, をし掛け

▼ とき窓ぎわ~ (2, 0.0%)

2 に立っ

▼ とき窪田氏~ (2, 0.0%)

1 が, がとめたい

▼ とき窮屈~ (2, 0.0%)

1 な座席, よ

▼ とき章太郎君~ (2, 0.0%)

1 がポケット, の部屋

▼ とき竹内被告~ (2, 0.0%)

1 との間, の主任弁護人

▼ とき竹童~ (2, 0.0%)

1 がふと, はピクリ

▼ とき笑っ~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけない, てしまう

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 のよう, を吹きけり

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の事実, を下

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に中食, は彼女

▼ とき米俵~ (2, 0.0%)

2 を左右

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の切れた, を引きあげ

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 のに, みがかった西

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 でこしらえた, を結んだ

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 にて造りたる, のよう

▼ とき素直~ (2, 0.0%)

1 な心, に明

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の光, の光り

▼ とき細い~ (2, 0.0%)

1 ガーゼを, 根の

▼ とき細い細い~ (2, 0.0%)

2 糸の

▼ とき細木夫人~ (2, 0.0%)

2 は自分

▼ とき組み~ (2, 0.0%)

2 しかれた旅人

▼ とき経理部~ (2, 0.0%)

2 から暗幕

▼ とき給え~ (2, 0.0%)

1 と命じた, ドウセ無料で

▼ とき給仕~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, に出た

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 にかいた, や参考品

▼ とき線路~ (2, 0.0%)

2 の遠く

▼ とき織田~ (2, 0.0%)

1 が二時間遅刻, は客席

▼ とき署長さん~ (2, 0.0%)

1 の黄金, は笑っ

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ とき老母~ (2, 0.0%)

1 に言伝, の眼

▼ とき考え~ (2, 0.0%)

1 ていた, 得らるべき

▼ とき聞い~ (2, 0.0%)

1 ていた, てはじめて

▼ とき聴いた~ (2, 0.0%)

1 おかしい話, し故国

▼ とき職人~ (2, 0.0%)

1 がいった, のいった

▼ とき職員室~ (2, 0.0%)

1 では秘密, で先生方

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 である, や刺身

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 が痒き, の皇子

▼ とき背丈~ (2, 0.0%)

2 が規定

▼ とき背広~ (2, 0.0%)

1 に着替えた, を着

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 をしぼられ, をとり

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 まで屆, を放し

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の高, をすすめた

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ とき臨検~ (2, 0.0%)

2 の警官

▼ とき臨終~ (2, 0.0%)

2 の老人

▼ とき自他~ (2, 0.0%)

1 の孰, への思いやり

▼ とき自然的~ (2, 0.0%)

2 な光

▼ とき興味~ (2, 0.0%)

1 あるヒント, がある

▼ とき舳先~ (2, 0.0%)

2 の尖った

▼ とき船員~ (2, 0.0%)

1 か戦友, は舳

▼ とき船岡~ (2, 0.0%)

1 だった, はわれわれ

▼ とき船橋~ (2, 0.0%)

1 の方, の根元

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 を喰っ, を売る

▼ とき芝生~ (2, 0.0%)

1 があっ, で皆

▼ とき花村~ (2, 0.0%)

1 が情慾, にそう

▼ とき芳爺さん~ (2, 0.0%)

2 に頼んだ

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 オヤジの, 侍は

▼ とき若松屋惣七~ (2, 0.0%)

1 が失敗, は履物

▼ とき英国~ (2, 0.0%)

1 に居た, の美術館

▼ とき英雄~ (2, 0.0%)

1 と見られた, に仕立てあげた

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の樹, を飲もう

▼ とき茶の間~ (2, 0.0%)

1 の集い, は真

▼ とき荒々しい~ (2, 0.0%)

2 雷が

▼ とき葛子~ (2, 0.0%)

1 が修吉, が答

▼ とき葛岡~ (2, 0.0%)

1 にわたくし, は花

▼ とき葛巻~ (2, 0.0%)

1 に助けられた, に電報

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 が蒼ざめて首, は憤り

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 緑の, 黒い山

▼ とき藤兵衛~ (2, 0.0%)

1 によばれ, の居間

▼ とき藤助~ (2, 0.0%)

1 が目, の提灯

▼ とき藤右衛門~ (2, 0.0%)

1 はそれ, はまったく

▼ とき藩主~ (2, 0.0%)

1 に願っ, の供

▼ とき蘇武~ (2, 0.0%)

1 の姿, は南

▼ とき虔十~ (2, 0.0%)

2 の兄さん

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 が出, が蛙

▼ とき蝙蝠~ (2, 0.0%)

1 がひらひら, の毛

▼ とき蝶子~ (2, 0.0%)

1 が芸者, は

▼ とき蟻田博士~ (2, 0.0%)

1 がしんみり, は

▼ とき行き~ (2, 0.0%)

1 そうに, 違に

▼ とき行く~ (2, 0.0%)

1 さ, のは

▼ とき行った~ (2, 0.0%)

1 きり私は, の

▼ とき行列~ (2, 0.0%)

1 が静, のなか

▼ とき表情~ (2, 0.0%)

1 が変り, を硬

▼ とき表門~ (2, 0.0%)

1 にはふたり, のほう

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に何, の先

▼ とき被告~ (2, 0.0%)

1 の罪科, は急

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 になっ, の写真

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 がからまり, のあたり

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, をかき合せる

▼ とき西洋~ (2, 0.0%)

1 のにおい, の女

▼ とき西洋人~ (2, 0.0%)

2 の夫妻

▼ とき覆面~ (2, 0.0%)

1 の曲者, をし

▼ とき見つけ~ (2, 0.0%)

1 てよっぽど, て連れ

▼ とき見よ~ (2, 0.0%)

1 と遺言, 世界の

▼ とき見れ~ (2, 0.0%)

1 ば樫, ば見る

▼ とき見送り~ (2, 0.0%)

1 に來, の船

▼ とき覚えず~ (2, 0.0%)

1 愚直な, 胸を

▼ とき親しく~ (2, 0.0%)

1 お会い給わっ, 城中で

▼ とき親子~ (2, 0.0%)

1 とその, は小ざっぱり

▼ とき観客~ (2, 0.0%)

1 はパルチザン, は少し

▼ とき記代子~ (2, 0.0%)

1 の覚悟, は部屋

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の本質, は自由

▼ とき話した~ (2, 0.0%)

1 のじゃ, のである

▼ とき誠一~ (2, 0.0%)

2 を連れ

▼ とき読者諸君~ (2, 0.0%)

1 はあっと, はきっと

▼ とき論じた~ (2, 0.0%)

2 ので

▼ とき諭吉~ (2, 0.0%)

1 は城, は生徒たち

▼ とき諸国~ (2, 0.0%)

1 の切支丹, の大名

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 が解けた, になり

▼ とき警報ベル~ (2, 0.0%)

1 がけたたましく, が鳴りやむ

▼ とき警視総監~ (2, 0.0%)

2 や精神病院長

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 な感じ, な顏

▼ とき谷中~ (2, 0.0%)

1 にきた, のお寺

▼ とき谷底~ (2, 0.0%)

1 から小屋, から魂消る

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 がとても, 消ゆる

▼ とき貞吉~ (2, 0.0%)

1 の次女, は彼

▼ とき貞盛~ (2, 0.0%)

1 との訴訟, の策

▼ とき負け~ (2, 0.0%)

1 てしまへ, てはならぬ

▼ とき買った~ (2, 0.0%)

1 が度々, 大阪新聞の

▼ とき賄賂~ (2, 0.0%)

1 をやっ, を吏員

▼ とき賑やか~ (2, 0.0%)

1 でいいとお, に高座

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 彌の, 彌は

▼ とき賭博者~ (2, 0.0%)

2

▼ とき赤ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の着, はだれ

▼ とき赤児~ (2, 0.0%)

1 は第, よりも自分

▼ とき走っ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, てお伴

▼ とき越前守~ (2, 0.0%)

1 の面, は一度

▼ とき足もと~ (2, 0.0%)

1 に立派, の階段

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の上, を横切らう

▼ とき路上~ (2, 0.0%)

1 には誰, に襤褸

▼ とき路傍~ (2, 0.0%)

1 に立っ, の松影

▼ とき路地~ (2, 0.0%)

1 の奥, の溝板

▼ とき身體~ (2, 0.0%)

1 から急, が眞

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の調子, をこわした

▼ とき車夫~ (2, 0.0%)

1 に扶, はいっせいに

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の見, 之助

▼ とき軍艦~ (2, 0.0%)

1 は探照灯, より探海灯

▼ とき輿~ (2, 0.0%)

1 の屋根, や行列

▼ とき農村~ (2, 0.0%)

1 ではどう, は実際

▼ とき農民全部~ (2, 0.0%)

2 に口分田

▼ とき迄は~ (2, 0.0%)

2 全然念頭

▼ とき返し~ (2, 0.0%)

1 てあげる, てもらえ

▼ とき追われ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ とき送っ~ (2, 0.0%)

1 て上げた, て来た

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 に鳥屋, の上

▼ とき連合国~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の日本民主化方策

▼ とき進みうる~ (2, 0.0%)

2 人は

▼ とき進ん~ (2, 0.0%)

1 でノコノコ, で艇外

▼ とき進一君~ (2, 0.0%)

1 が懐中電灯, は

▼ とき逸早く~ (2, 0.0%)

2 信長の

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 に瑠璃子

▼ とき運転手席~ (2, 0.0%)

2 から路上

▼ とき過ち~ (2, 0.0%)

1 て口, の曲り角

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 しい引越し荷物, しく用件

▼ とき道尊坊さん~ (2, 0.0%)

2 には置床

▼ とき道理~ (2, 0.0%)

2 をわきまえずし

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 かかなた, か下

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 ただしくイレネ, に対岸

▼ とき邸内~ (2, 0.0%)

1 に誰, をしばらく

▼ とき部下~ (2, 0.0%)

1 が固まっ, のやつ

▼ とき酷い~ (2, 0.0%)

1 熱病に, 目にでも

▼ とき醤油~ (2, 0.0%)

1 が染み, のなか

▼ とき重い大きい~ (2, 0.0%)

1 つちを, 槌を

▼ とき野原~ (2, 0.0%)

1 の高い, へ雨乞い

▼ とき野末~ (2, 0.0%)

1 の遠い, をはなれた

▼ とき野沢~ (2, 0.0%)

1 が語つたの, と旅

▼ とき金助~ (2, 0.0%)

1 の心持, は席

▼ とき金庫~ (2, 0.0%)

1 が動き出し, のうしろ

▼ とき金色~ (2, 0.0%)

1 のちさ, の骸骨の

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の音, をつけた

▼ とき鉄水母~ (2, 0.0%)

1 はだんだん, はどこ

▼ とき銀座~ (2, 0.0%)

1 のある, の鳩古堂

▼ とき鍛冶屋~ (2, 0.0%)

1 だった, をし

▼ とき鎖したる~ (2, 0.0%)

2 寺門の

▼ とき長い~ (2, 0.0%)

1 根が, 睫が

▼ とき長屋~ (2, 0.0%)

1 の入口, の窓

▼ とき長老~ (2, 0.0%)

1 の一歩後ろ, は誰

▼ とき門口~ (2, 0.0%)

1 でコツコツ, に男

▼ とき間違え~ (2, 0.0%)

1 てこの, て後向き

▼ とき闇太郎~ (2, 0.0%)

1 は今, は囁いた

▼ とき附近~ (2, 0.0%)

1 に住む, の林

▼ とき降った~ (2, 0.0%)

1 ネエ, 夕立の

▼ とき陰鬱~ (2, 0.0%)

1 な気持, になる

▼ とき隊長~ (2, 0.0%)

1 はにっこり, らしい艇員

▼ とき隣家~ (2, 0.0%)

1 から發, の軒下

▼ とき雅楽頭~ (2, 0.0%)

1 がその, がどう

▼ とき雑役~ (2, 0.0%)

2 の老婆

▼ とき雪子~ (2, 0.0%)

1 の姿, はいきなり

▼ とき雪崩~ (2, 0.0%)

1 が来た, のため小屋もろ

▼ とき~ (2, 0.0%)

2 の値

▼ とき電燈~ (2, 0.0%)

1 がすう, が消えた

▼ とき露子~ (2, 0.0%)

1 はいう, はじっと

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の耳, ひげ

▼ とき青く~ (2, 0.0%)

1 二十日の, 光る二つ

▼ とき青毛~ (2, 0.0%)

1 が戸口, が私

▼ とき風船玉~ (2, 0.0%)

2 は追

▼ とき飛行機~ (2, 0.0%)

1 が三機, に乗っ

▼ とき食う~ (2, 0.0%)

1 に困らない, ような

▼ とき食べた~ (2, 0.0%)

1 きりで, 表面を

▼ とき食事~ (2, 0.0%)

1 の最中, を知らすらしい

▼ とき食卓~ (2, 0.0%)

1 に対して口誦, の日本料理

▼ とき飴チョコ~ (2, 0.0%)

2 の天使

▼ とき馴染~ (2, 0.0%)

1 になった, の校書

▼ とき駐在~ (2, 0.0%)

2 の巡査

▼ とき駕籠夫~ (2, 0.0%)

2 は慌て

▼ とき駿介~ (2, 0.0%)

1 の頭, はいつ

▼ とき騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 の中, を聞きつけた

▼ とき驚く~ (2, 0.0%)

1 ばかり美麗, よりもむしろ

▼ とき高木~ (2, 0.0%)

2 の妹

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 のよう, は

▼ とき鬼頭さん~ (2, 0.0%)

1 が私, に助けられた

▼ とき魔法博士~ (2, 0.0%)

1 はこう, は白い

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 は投網, は頑健そのもの

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 の足, は羽

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 は鳴かなかった, 彌氏

▼ とき鹿~ (2, 0.0%)

2 はみな首

▼ とき麻油~ (2, 0.0%)

2 も血の気

▼ とき黄金~ (2, 0.0%)

1 どくろ, の光り

▼ とき黒き~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ とき黒井博士~ (2, 0.0%)

1 は, は岩

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 が二匹, は居りき

▼ とき~ (2, 0.0%)

1 をつき出し, を鳴らし

▼ とき鼻柱~ (2, 0.0%)

2 へ皺

▼ とき龍之介~ (2, 0.0%)

1 は何だか, は柔らかい

▼1* [7135件]

ときああ今一寸そっち向い, ときあいている, ときあいさつした, ときあいまいに立ちこめた, ときあおりで堤, ときあきらめて東京, ときあくまで知らぬ存ぜぬと, ときあくまでも真直に, ときあぐらをかい, ときあけたままに, ときあげたのだろう, ときあごの下, ときあさひは非情, ときあさ子の右腕, ときあざけられたときわが, ときあざやかに美しく, ときあすこに大きな, ときあずけたものを, ときあたいばかになった, ときあたしたちの食卓, ときあたしなにをし, ときあたし変だと, ときあたし眼をさました, ときあたし自分の身の上, ときあたふたと改札口, ときあたり一めん人間の死, ときあちらこちらに咲い, ときあっ踏み止まった踏み止まった, ときあったことも, ときあっという間もなく, ときあつい血が, ときあつしはさ, ときあつらえ向きに, ときあなの中, ときあなたさまに一日, ときあなた以外の沢山, ときあなた嚇かすからあたし, ときあなた宛にあの, ときあなた方は死, ときあにきは, ときあの大きな頭や, ときあぶみを, ときあまりによくわかる, ときあまり共に踊れり, ときあやか夫人, ときあやか様も, ときあやかさんが立っ, ときあやまって懐中, ときあやまられた政治の, ときあらはに不満, ときあらあらしいいばりくさった顔, ときあらかた無くな, ときあらためてこういった, ときあらましの予定, ときあらわに希望, ときあらわれて出版部数, ときありありと目, ときありき山の, ときありてときに, ときあわのかげ, ときあわただしい足音が, ときあわてたもんだ, ときあわてないですぐ, ときあわて出さないわけには, ときあゝといふウツロ, ときあッという間, ときいうならば香水, ときいかならんと, ときいかさま容子探りに, ときいかほど金を, ときいきおいよく戸を, ときいくつだった, ときいくばくのわづら, ときいけにえ, ときいけないと思い, ときいささかの滞り, ときいざ沖へ, ときいざりがめぐっ, ときいそいでかえり, ときいただくお約束, ときいちいち紙を破い, ときいちはやく民主主義の, ときいちばんおしまいにまわった, ときいちばん先に考えられる, ときいち早くくりの, ときいっていました, ときいっさいのさわぎ, ときいっそこのままどっか, ときいっそうはっきりして, ときいっぺんすべっとる, ときいっぽうでは明智探偵, ときいつかサラセンで逢った, ときいつか彼女は短銃, ときいつか電車のなか, ときいつぞやはじめてジャックに, ときいつたい土牛といふ, ときいつのまにか刃は, ときいつの間にか自分を, ときいつもそうなるの, ときいつも人知れず寂しい心, ときいづみ子が声, ときいて業を, ときいてなきながら, ときいとまごいの, ときいとったがやっぱり, ときいとど花草は, ときいないとき絹子の, ときいなかじいさんはすばやく, ときいぬのほえる, ときいばっていた, ときいひつけて新しい, ときいぶかしや城外, ときいまさらのやう, ときいまだ主も, ときいままで円滑に, ときいまキャリコのした, ときいまピストルか短刀, ときいま一人の人物, ときいま昏倒したとき, ときいや応なしに内面集, ときいような光, ときいろの頬, ときいろはにほ, ときいわゆる科学的態度で, ときづたかき落葉のに, ときうくつな, ときうけるものは, ときうしろ向きになっ, ときうすぐらい廊下の, ときうたひいづるに, ときうたった歌であります, ときうっすりと日, ときうっとりとし, ときうつくしい王さまの, ときうつくしきものは, ときうつりかたの, ときうどんを買っ, ときうむと唸っ, ときうららかな陽ざし, ときうるさいひっかかりに, ときうれしさは, ときうれしいときそして, ときうれしく思った, ときうろたえたのは, ときうわぎの, ときうんわるくふた, ときうんざり悲観した, ときへんえ, ときえた話の, ときえっという眼つき, ときおいしい塩せんべいの, ときおいでくださらないだろうと, ときおい満洲を, ときおおきな伸びを, ときおかあさんやぎはかわいそう, ときおかしいほど苦し, ときおかしくて堪らなかった, ときおかれている, ときおきて毛布, ときおきぬにはただ, ときおくれ毛もそのまま, ときおくれ馳せに女中, ときおさらばさらばだ, ときおしえること, ときおじさんたち首領の顔, ときおじょうちゃんが大声でさけびました, ときおじょうちゃんのお母さんと赤とんぼ, ときおせっかいなかみさん, ときおそし一丸は, ときおそのという人, ときおそろしく感じた, ときおちついたこころもちで, ときおっしゃったげにござります, ときおとよは女主人, ときおとし穴の, ときおとっつぁんはいいました, ときおどおどとし, ときおどりかかった艇員の, ときおどり込んできた, ときおどろいて素子, ときおどろいたのは, ときおどろかないように, ときおどろきの声, ときおなかの頭, ときおのおの投票を, ときおのれの武名, ときおばあさま, ときおふくろがかう, ときおぶってかけ, ときおまえ蝶子なるもの, ときおまけに相手, ときおみやげ送って, ときおむつを洗った, ときおもひもよらない, ときおもいましたでござりましょう, ときおもちゃのよう, ときおもったとおりを, ときおりうから, ときおりおり子供等に, ときおりおりいうにいわれぬ, ときおれお前んとこ, ときおれたち夫婦ですすめた, ときおんみその力, ときお仕着せは絶対, ときお側に召され, ときお前さまは若, ときお前様方を中, ときお前資本をかし, ときお勝手の方, ときお喋りしながら, ときお声掛りでサモ, ときお嬢さんの身体, ときお客の淘汰, ときお寺のかべにどんな, ときお年よりの王さま, ときお松は屹, ときお次の手, ときお父さん一度あちらへ入らつ, ときお父つぁんは独り, ときお玉はもう, ときお玉さんが近所, ときお目にかかっているだろう, ときお知らせすること, ときお礼だと, ときお腹の皮, ときお蔦はそっとガラッ, ときお蔦さんを熊, ときお返ししましよう, ときお送り下さい, ときお里は初め, ときお金のこと, ときお隣の前, ときお願いですから, ときかいた源一の, ときかえだまに, ときかかとにやけど, ときかかり合いになる, ときかさねてのお, ときかさばったかっこうで, ときかしの木の葉, ときかしら一夏大磯の, ときかたつむりを多く, ときかたやあぶないめ, ときかっこうは起きあがっ, ときかっせんに, ときかつ窓から, ときかつ子はまだ, ときかでそういうむずかしい, ときかと存じられますが, ときかならず終生刀を, ときかなり先きの通りに四つ五つ, ときかね子さんは, ときかの大いなる酒神は, ときかばさぞかし御, ときかぶっていた, ときかぶってた赤いリボン, ときかぶる経木真田の, ときかまどのあたり, ときかまわずに入れ, ときかみさんの一人, ときかみさんたちに云った, ときからかはらないと, ときからといわれて, ときからというもの月は, ときからみ合うように, ときからものの嬉しさ, ときからわづかながら, ときかりうどが, ときかれこれ悶着の, ときかれるのが, ときかわいがった黒という, ときかわき嗄れた急な, ときかわりばんこに先生, ときかんしゃく玉がはれつ, ときかんとくさんはほん, ときか細いきみょう, ときがくやから, ときがけの下, ときがたがたになっ, ときがた人力車の音, ときがちょうがうしろからそっと近づいて, ときがっかりした心持, ときがらり格子が, とききいている, とききいた伯母さんの, とききこりはあまり, とききたがつて, とききたないふうを, とききちがへ, とききっとどうかして, とききっぱりいいました, とききのうの川, とききまったのだ, とききまって合掌し, とききめられた安定に, とききょうのこと, とききょうだいは意外, とききょう色とがとけあっ, とききよとん, とききれいな方, ときぎいとお白洲の樫扉, ときぎぎぎいっーとおく, ときぎくりとした, ときぎくッと, ときぎっくりして男は機械的, ときぎっしり詰った重い, ときぎょォうう, ときぎりですが, ときぎーぃと音がし, ときくからはわれら, ときくぎづけになった, ときくぐり戸を, ときくじを引い, ときくたびれて林, ときくたびれ果てていた, ときくちびるにゆびをあててみんなに, ときくったりし, ときくまは氷山, ときくもやはえ, ときくやしさに, ときくらいの好収穫, ときくらがりの室内, ときくるしそうな, ときくるまれて行った, ときくれられるどんな物, ときくろシャツに, ときくわしい話を, ときくわしく説明します, ときくんだもの, ときぐうっと通して, ときぐずぐずして, ときぐらいではすまないの, ときぐらゐ切なかつたこと, ときぐるっとあの家, ときぐるりの心, ときぐれえついかかあにで, ときぐんやぶれきてはらきりたりときけばかなしもと言つて, ときけがでもした, ときけげんそうに二人, ときけっしていぜんのよう, ときけり是は, ときけわしくねめつけた父親, ときげんかんのほう, ときつんと音, ときこえをかけ, ときこくんと, ときこころもちよく書きたい, ときこしらえて来た, ときこしらえた大ダライ, ときこずえの下, ときこっぴどい目に, ときこつこつとドア, ときこつちでは盛ん, ときことしのメーデー, ときことづてを頼もう, ときこと面倒で片づけたの, ときこどもから青年, ときこどもたちはだ, ときこのごろじゅう毎晩五つから四つ, ときこのごろ弟子入りしたの, ときこの世は一たい, ときこの堂々たる五十銭新, ときこの見知らぬ人の, ときこばんだバルナバスは, ときこまかな雨, ときこまるもの, ときこらえきれないような, ときこりの見た, ときこれからすぐにも金づち, ときこれら幾何学や天文学, ときころころ轉んで, ときころりと叺, ときころんで起き上った, ときこわした眼鏡なおさせ, ときこわばった胸を, ときこんにやく, ときこんにゃくの舌, ときごとんと椅子, ときさいの宮, ときさいしよにいつた, ときさい驚き慌てて, ときさうな熱くした酒, ときさえも書物を, ときさがしつかれた刑事の, ときさけがたい混乱, ときさし上げて, ときさずけらるべし, ときさそってね, ときさち子さんが岡山, ときさっき奥にはいった, ときさっき高座へ上がった, ときさっさとお返事, ときさつま芋を五銭, ときさては新聞を, ときさばき風に, ときさびしくなくって, ときさむらいの, ときさもなければもう申込, ときさよなきどりは, ときさらりとあいだ, ときさわがしいおうわさ, ときさんとこは進んどる, ときさん今月の分, ときざっと掃くくらい, ときざね橘の季衡, ときしいんとなった, ときしかして五十前後は, ときしかられてその, ときしきりと伝六, ときしくんですの, ときしたしく後醍醐から, ときしたら死ぬとしてもそれ, ときしっかりした男, ときしのぎの対策, ときしまが手, ときしまったそんなこと, ときしめたと思っ, ときしょうじにボンヤリ, ときしるしをし, ときしろと云われた, ときしろくかわきあがった土堤道, ときしろくまの, ときじかに会って, ときじっくり考えようと, ときじゃあ餞別に, ときじゃけ知るまいが, ときじゃんじゃんと鳴り渡る, ときうつと, ときすいかつらも, ときすいすいと足早, ときすきとおって明るく, ときすくってくださった, ときすすみ出て, ときすずめがそれだけ, ときすっかりげっそりして, ときすでにじめじめした梅雨, ときすでにそうだ湯島, ときすばらしい発見でも, ときすべてお前さまの厄介, ときすべて液體空氣の觸覺, ときすまんとは思う, ときすみの方, ときすみれがやっと, ときすみ子さんが来た, ときすらりと進まず, ときするするとふす, ときするどく君を, ときすれば眼, ときすれすれに行き違った, ときしんと腰, ときずんずんお城, ときせいようかんの方, ときせっかちに伸子たち, ときせっせと模型飛行機を, ときぜひ実地を, ときぜんぜんこの事件, ときそうっと薄く眼, ときそう彫刻的な均斉, ときそこここに百姓, ときそこのはもう, ときそこらで人, ときそぞろに爽快, ときそちと踊, ときそちらも何と, ときそっちへ目, ときそのあらゆる差別を, ときそのうえに言う, ときそのうち帰って, ときそのものぐるひにも, ときそのものらに仕事, ときその他私らの立会い, ときその大きな青い帽子, ときその子氏職が落ちぶれ果て, ときその小さな目は, ときその当の和一が, ときその後家を口説いた, ときそもそもかれの, ときそれからまたこの驚くべき, ときそれぞれここに一夜, ときそれぞれ人は自己, ときそれぞれ力演でやっ, ときそれだけの価値, ときそれでいいもの, ときそれでは苦しくて, ときそれとなくきいて, ときそれとも気づかないで, ときそれならただ一人より, ときそれなりに瞑目, ときそれほど寒いとは, ときそれツ切り彼は, ときそれ以上を訊ねなかった, ときそれ自身また非, ときそろそろと糸, ときそろって立ちあがりました, ときそッと顔, ときぞっと水を, ときたいがいその人, ときたいそう面白いと, ときたいてい土の, ときたおれていた, ときたがいにくちばし, ときたしなめてくれる, ときたすけてくれた, ときたたく仏壇の, ときたたたたと小走り, ときたたまれたのでした, ときたたりを恐れる, ときただただはがゆさ, ときたって壱岐守に, ときたつ女が, ときたてていた, ときたてられた兵隊の, ときたとえ私たちの, ときたのしいかい, ときたのむぜ, ときたのもしさを, ときたべた雲丹の, ときたまらない恥ずかしさを, ときたまらなくなって, ときたまりかねた中村捜査係長が, ときためておいた, ときため息をし, ときたらすぐへんなふうにばかりとるんだから, ときたらだいやといふほど, ときたら負けちゃあいねえ, ときたりと打ち捨ておかれぬ大事, ときたるのそこ, ときだいこんのスカート, ときだけで三十日, ときだけにしか使われなかったけれど, ときだけにはそれが, ときだしを取る, ときだっと思います, ときだったろう手当を, ときだの夜着物を, ときだまつてボオルドに書きなぐつた, ときだまつて手を差しだしました, ときだるまや百貨店, ときだろうと思う, ときだんだん人影は, ときだ飲むさ, ときちいさい男の子の, ときちがうという代り, ときちぐさは十八, ときちっともそんなこと, ときちやんとおつ, ときちやうどはんのきの梢, ときちょうどさいわい警察に, ときちょくちょくホノルルの, ときちょんと浅黄, ときちらちらと雪, ときちらっと吉田君の, ときちらつと横目で, ときちり紙を一枚顔, ときちろちろした笹村の, ときちんとした, ときちんどん屋のす, ときつとして, ときついたように, ときつえをつい, ときつかいのもの, ときつかっていた, ときつかまっていい, ときつかまった岩が, ときつかれて森, ときつかわなかった最新式の, ときつきだしにだした, ときつきとばされたのです, ときつきまとっている, ときつぎのよう, ときつぎつぎに服毒, ときつくづく吾人の, ときつこだとい, ときつつがなく地上に, ときつつしんで拝聴しましょう, ときつづいて思いがけない, ときつづく二の, ときつて馬鹿なこと, ときつとこんなにはにかむん, ときつみかさねてあった, ときつめたい風が, ときつよに冥加, ときつり床にも必要, ときてぐす飼いの, ときてつだいにき, ときてめえヒョイとかがん, ときてんぼうだいのまん中, ときであったろうと思っ, ときであるらしいがそういう, ときであれば誰, ときでしてん, ときでしょうね, ときでたらめ色々の, ときでっかちあたま, ときでなきや出, ときでもかはること, ときといふのは, ときとうがらし, ときとうぜん日米戦争にまで, ときとかに手つだいの, ときときお湯持っ, ときとき子さんもつね子さん, ときとくべつに服, ときとけるのでまだ, ときとげとなっ, ときところどころでいい, ときとしての感じを, ときとしてもこの結婚, ときとじこめられた掘立小屋だ, ときとちつともかはらず, ときとっておさえれ, ときとっさに軽気球, ときとっぴょうしもない, ときとつじょとして洞内, ときとつぜんかなり隔たった所, ときとつぜんすぐ目の, ときとつぜんちょこちょこと横, ときとつぜんばたばたとただならぬ, ときとつぜんぱっとでんとうがつい, ときとつぜんぴかりと一大閃光が, ときとつぜんもうひとりの, ときとつぜんパッとあたり, ときとてつもないことを, ときとで大脳皮質その他の, ときとなりの書斎, ときとばかり知恵伊豆折り紙つきの, ときとびおりたのかも, ときとびついて介抱, ときとび上る程驚いた, ときとよ女は, ときとよ子が急, ときとりのぼせた彼女の, ときとりまく群衆の, ときとりもったとのこと, ときとり出された知性は, ときとるべき最も深刻, ときとんちんかんのこと, ときとんと踏みとまって, ときどうかまあ気の, ときどうしてあんなに怖い顔, ときどうせ自分は, ときどうぞよろしくね, ときどうにかならなかったもの, ときどうにもこうにもならない, ときどうもそうらしいと, ときどうも少し様子が, ときどきんとした, ときどけばいい, ときどすんと非常に, ときどっさりものを, ときどっちの勢力, ときどれもこれ, ときどれほど小さい胸, ときどんとぶつかつ, ときないじゃ, ときなおも精神を, ときなおらずに死ね, ときなかのワタ, ときなかうどとして立合, ときなかば微笑を浮かべ, ときなかるべしと思わ, ときながい弁髪は, ときながらく耳に, ときながらよそのお前, ときなき声がぱったり, ときなぐりこみをかけた, ときなしいとけなしがい, ときなし得る第一, ときなせえ冬, ときなぜそんなに落胆した, ときなぞに手を, ときなぞには洗吉さんが, ときなどから見ると, ときなどでもちょいと, ときなどにでもふともし山裾, ときなにがしという男, ときなにしろ絶好の, ときなにもかもうちあけて, ときなに気なくほか, ときなほよくみん, ときなほ殘るもの, ときなまいきとか, ときならぬ舞踏会を, ときならびにフランス大, ときなり反對, ときなりの充実を, ときなんかがそれです, ときなんかでも夜中に, ときなんぞに憑かれること, ときなんぢのもろ手, ときなんて言った, ときなんとなく左の, ときなんど繰返して, ときなんぼか骨, ときにあたりひとりわが, ときにおいてよりも彼女にとって, ときにおけるほど恐ろしいもの, ときにぎやかな家, ときにくさに, ときにこにこぞろぞろ這入って, ときにさえも消費者の, ときにせ明智の, ときにたりと残忍そうに, ときにだけは私が, ときにだに姿うつくしく, ときについて私は, ときにてもなおその, ときにというかわりに, ときにとってのいい辻占, ときにとっては非常に, ときにねえ鶫の, ときにはかへつて日本の, ときにはとみは, ときにはな鉄砲とな, ときにはのむとすぐにきく霊薬でございます, ときにはも一つ石を, ときにべもない, ときにやりと蒼白い微笑, ときにわかにぱっと窓が, ときに従って子の, ときぬいめをすこし, ときぬき出したんだ, ときぬっと門わきの, ときねえってことよ, ときねぎるのは, ときねむっていた, ときねむり薬も, ときねむるときさ, ときねんごろに, ときのがれるために, ときのけものの叫び声, ときのこつを教え, ときのこらずのお寺, ときのぞき窓の, ときのちじょくをおわすれなく, ときのっぴきならぬ義理, ときのぶ子はお, ときのめるのに何, ときのわづかな快, ときのんきな顔, ときのんびり育って, ときはかない希望を, ときはからだから, ときはがつかり致して, ときはきまつてさうだ, ときはぎょうてんいたしまして腰を, ときはくちょうたちはまっしぐら, ときはござりませなんだ, ときはさんであった, ときはじめていくらかご気分, ときはじめてにっこり笑った, ときはじめてほっとおちつき, ときはじめて何やらちらりと胸に, ときはじめ葵には現実, ときはずつと以前より, ときはたして婦人の, ときはたちにならない, ときはたと当惑した, ときはたらいた堀達之助に, ときはと思って, ときはとなつて大晦日あすこの, ときはどしっかりした, ときはな人並みの, ときはなんてあわてん坊, ときははッと, ときはめをつけ, ときはやりの時疫, ときはらからの顔, ときはるかうしろの空, ときはるか下座にひかえた, ときはるか北の方に紫色, ときはるか家の外, ときはるか沖の方, ときはるか裾野のあなた, ときはる子は千鶴子, ときはんたいの, ときばあちゃんの笑声, ときばかりもたつと, ときばけものの, ときぱたんと音がし, ときぱったり聞こえなくなって, ときひからびた白い屋根, ときひきずる跫音が, ときひきつッた, ときひきつったきりぎりすみたいだった, ときひきつめにし, ときひざを強く, ときひそとした, ときひそんでいた, ときひたいにたれ, ときひた走りに駈けた, ときひっかかりになっ, ときひでよし公, ときひとことぐれえおっしゃったっても, ときひとしお深く日本, ときひとつの忠言, ときひとつ謎がふえ, ときひとなみにお, ときひとりごとを言つて, ときひとり隣に並ん, ときひと膝乗り出した宗悦, ときひと言かふた, ときひどく悲しく思ったこと, ときひばりはあの, ときひゆつと大きい, ときひょうきんな小田くん, ときひょんな事情から, ときひよつと雷様, ときひよつくりと彼, ときひよろりと, ときひらかれた歓迎会の, ときひらひらと京弥, ときひらめきか, ときひらりかわして, ときひる間三十分か, ときひろいやみの, ときひろげて一行二行, ときひろびろとした, ときひろ子はじめ連れの子供たち, ときひろ子同様いくらか手持無沙汰, ときひろ子嬢の顔, ときびしいもんじゃけえ日本国中の山奥, ときびすをかえして先に立った, ときびっくり箱の中, ときびッしょり濡れて, ときぴかりと自分の, ときぴかりとなにか土の, ときぴっしりと打, ときぴったりと足, ときぴゅんと一箭は唸っ, ときぴんとくる考え, ときふいにじぷんの, ときふかいためいきを, ときふぐは絶味, ときふさいでいた, ときふじ子に玄関, ときふたりづれの田舎のお, ときふたり町のこども, ときふた粒まで大粒, ときふところ手をし, ときふとたいへんなこと, ときふとコトコトと何処, ときふみ荒された沼地の, ときふらと親しい, ときふらついて荷擔, ときふらふら目まいが, ときふりかえった面影が, ときふるような, ときぶらんこをとりつけた, ときぶるるるんぶるるる, ときぷんと鼻を, ときいの, ときへやの一方, ときと, ときほうぼうの友人たち, ときほか責任をもたない, ときほごすまでの力, ときほった穴の, ときほつた後で, ときほととぎす啼く青葉若葉, ときほとほと秋は, ときほとんど突然にあたかも, ときほどに強からず, ときほどには驚かなかったよう, ときほどほどにしろと, ときほども入らずやっと, ときほのかな一, ときほら榎神戸へ, ときほら穴の入り口, ときほろりと歯, ときほんとの俊一さん, ときほんとにそうだと, ときほんに泥棒は, ときほんものの明智探偵, ときぼうんぼう, ときぼうえんきょうの中, ときぼくたちはまどから, ときぼくたちふたりのあと, ときぼくはじぶんの手, ときぼけの花, ときぼろぼろになっ, ときぽうと顏, ときぽっぽっと鳩時計, ときまあれいの, ときまいよ, ときまきがすでに, ときまくらもとの雨戸, ときまさをはその, ときまざまざと自分, ときまざり込んでなくなっている, ときまして其が, ときませう五円位でしたら, ときまたいでいたら, ときまたしても少年たち, ときまたまた船員は, ときまたも座間を, ときまた下から登っ, ときまだいくらか明るさ, ときまだとやかくいって, ときまだようやく三十一歳の, ときまだ悠然と去りも, ときまだ色々試して, ときまちがえて口, ときまっさおに晴れわたった, ときまっすぐに立っ, ときまったく無表情で, ときまったなら俺の, ときまったらつぎに, ときまってるたいていの, ときまっとうに胸, ときまっ黒な濛煙, ときまつたく純真に, ときまつ枝の顔, ときまでと張りつめて, ときまともに見る, ときまどろみかける伸子は, ときまのあたり現在的に, ときまひ性のエーテルガス, ときまぶしそうに, ときまもなく朝廷の, ときまるい月は, ときまるっきり気が, ときまるや五円で帯, ときまるや否やほとんど, ときまんなかの丸い, ときぢめです, ときみごとに奪われた, ときみさおがわたし, ときみさちゃんの室, ときみすぼらしいようすを, ときみずから右門流の吟味方法, ときみずから泰軒を訊問, ときみたぎりですが目, ときみつばちが, ときみどりの世界, ときみなそこに魚介, ときみな再会すること, ときみな灰になっ, ときみのは黄バス, ときみのりはそっと, ときみまいの品, ときみよもばたばた, ときみよしのすこし, ときみんないまのこの, ときみんな席を立っ, ときみんな雨戸を締めた, ときむかし小町が都, ときむかむかとした, ときむきになり, ときむこうでジョウと, ときむしろ手をつかね, ときむす子に, ときむずかしい言葉で, ときむだになった, ときむちでうたれつゞけたあの監獄の光景, ときむっくりでっくり, ときむねがわらのむこう, ときむらむらとしてこんな, ときめいめいが自身, ときめし場に材, ときめりめりと板, ときもうはや僕の, ときもうほとんどでき上がって, ときもうまるで夢中に, ときもう全くお座敷から, ときもう既に咲二が, ときもさけとうの, ときもしそのまま寫眞に, ときもしやきみは, ときもしよくその云う, ときもずつと彼女の, ときもちろん無声映画である, ときもち棒があれ, ときもってゆく, ときもっとぐっと人を, ときもっとよく切り返して, ときもっぱらその人, ときもつてつて, ときもてる銭悉く, ときもともとキツネ型の, ときもと十番の馬場, ときもどって来た, ときもやにはに奴めに, ときもらってき, ときもらっちまわないで, ときもをひやした, ときもんのそ, ときゃあおれらが黙ってねえから, ときゃあせんからな今だって寺, ときゃいくら礼金をやる, ときゃごいっしょに相合傘とはいかが, ときゃしゃくにさわるだんなだがこういうこと, ときゃたんだ三つですんだ, ときゃつの眼, ときゃつ等の間, ときゃ玉の肌, ときやあ二度なかたい, ときやうだいと, ときやうだいだ, ときやうだいたちが故郷, ときやおら顔を, ときやかましくヤジを, ときやがって, ときやがったぜ, ときやさしそうな, ときやせんのだ, ときやって来たらきっとバス, ときやっとおずおずはいったの, ときやっとこさで, ときやっぱしあなたも, ときやつぱり可愛く私たち, ときやつぱり紅血が迸るだらう, ときやに手伝って, ときやはりそう思った, ときやはり到底親子としては, ときやぶの方, ときやも誰も, ときやられたらしく刀の, ときやわらかにしかし, ときやんごとなき御女性, ときゆかの上, ときゆかりの土地, ときゆきがけの駄賃, ときゆき子は姉, ときゆくてのやみ, ときゆづり葉のかげ, ときょうだいになりたいいうのん僕には分れへん, ときょうだいになりたかったからでござりましょう姉はあんさん, ときょうもなきたてる鵞鳥の群, ときよいこころを, ときようがない, ときようやくすこしばかりもの, ときようよう渠の, ときよう礼をいう, ときよかったと, ときよくそうだん, ときよしあの娘, ときよりか松も, ときよりの熟錬, ときよりはという意味な, ときよろけていっ, ときよろこびの余り, ときよろずやの前, ときよろよろする一人, ときよろりとした, ときよんだモウパッサンの, ときらひだつた坊さんにだ, ときらひなので砂糖, ときらんらんと睨めあっ, ときるつぼの中, ときろばのひざ, ときわあッと, ときわあわあと泣いた, ときわかったのです, ときわが家の背後, ときわが身のまわり, ときわき水は何, ときわけてもその高潮, ときわざとゆっくりカウンターの, ときわすれずに見せ, ときわたくし管長は, ときわたしたち何も薬, ときわたしクラブのクルジョーク, ときわたし気が遠く, ときわたし魔法をかけられ, ときわたつみの床, ときわっと人声, ときわらわらっと, ときわるものが, ときわれわれ艇員は全く, ときわれフエデリゴに名, ときわれ穉き物語, ときなんでも, とき痩せても, ときアえびす顏だぜ, ときアアもうダブダブ, ときアイヌ人に取材, ときアインシュタインが, ときアカイア人に祭られ, ときアケミはハッ, ときアケミさんはうかない, ときアチミアーノフには一切, ときアッシーリア人の敗れ走れる, ときアデェルが羽子, ときアトゥムの神, ときアナマロが早く, ときアパルトマンの廊下, ときアパートの四階, ときアフリカのカイロー, ときアブれて, ときアベル・ボナールが感激, ときアベ・シエスがこの, ときアポロンが茶, ときアマーリアはあの, ときアメリカ人は英語, ときアメリカ歸りの, ときアメリカ海軍軍樂隊の奏する, ときアリバイをつくる, ときアルコールと性病, ときアルトイノフはアーニャ, ときアレキサンダーがそれなら, ときアレクセイは四つ, ときアワビの中, ときアンジョーラはマブーフ, ときアントアネットは床, ときアントワープのオリムピック, ときアンドローソフは, ときアンナを通して印象, ときアンナ・カレニナの話, ときアンヌが言, ときアンリが私, ときアンリーから心付け, ときアーニャは何, ときア涙が出た, ときの一番, ときイエメンの宗教大臣, ときイエルサレムを失, ときイカバッドがひきつけられ, ときイサックがトランク, ときイノシシの子, ときイバンスがい, ときイプセンの作品, ときイリューシャを連れ, ときイワンは急, ときインガはドミトリー, ときイングラム孃が嫌, ときイングランドには文明, ときイングランド王冠がなん, ときインド軍は反撃, ときインド霊鷲山上の説教場, ときイーリス令傳へ, ときイーリス歸り去る, ときウィーンの公使館, ときウイリイがこやし, ときウェスト・ポイント陸軍士官学校の主, ときウォーレスの進歩党, ときウチに居た, ときウラル丸の船橋, ときウルフは彼女, ときウンザリした, ときウーリュンポスの高き, ときエイゼンシュタインは丁度, ときエチエネットはどんなに, ときエッフェル塔の頂上, ときエフェドリンに似た, ときエマニュエルは彼女, ときエレーナは伸子, ときエレーンは父, ときエンジンの響, ときエンゼルが来, ときエンピール銃に鉛玉, ときオツリはいらない, ときオトメがこう, ときオブスキュリチーに慄, ときオヤという顔, ときオヤどなたかいらッしゃるんですかと, ときオヤオヤこれはとすぐ, ときオヤジがオデコ, ときオヤッと思った, ときオランダから贈られた, ときオランダ國王の親, ときオランダ政府の国史編纂官, ときオリムピックの一次予選, ときオルレアン公は佛王路易十五世, ときオロシャの出先, ときオンドリは僕, ときオーリャの癖, ときカイはそんな, ときカイちゃんがわらった, ときカケガネがおり, ときカストリ社の扉, ときカゼ引くと, ときカタンとみょう, ときカッポカッ, ときカテリーナ・リヴォーヴナは悲鳴, ときカナカ人の豚小屋, ときカバンをぶら下げ, ときカピは自分, ときカフェーのやけ, ときカメが長い, ときカメラの焦点, ときカメラマンのダビット, ときカユミ助手が入っ, ときカランカランと音, ときカランポーに住む, ときカリタに隣家, ときカルクマンの顔, ときカルチエ・ラタンで久慈, ときカルルにわかった, ときカルワリオの丘, ときカレンはただ, ときカロチ教授が汗, ときカワウソの神, ときカントの第, ときカンニングはやめ, ときカンヌに旅行, ときカンバスの下, ときカーチャは目, ときガスコがにやりと, ときガソリン申告書を調べ, ときガタンという音, ときガチャンと音, ときガッドはわが, ときガラガラした声, ときガラガラガラッというおそろしい, ときガラスの扉, ときガロ爺やがやって来, ときガーンとだしぬけ, ときキイーキイーとさる, ときキクッタの目, ときキッコは向う, ときキミ子が待つ, ときキャラコさんは思わず, ときキャラメルを持っ, ときキュッキュッと雪, ときキューキュー一種の音, ときキョロキョロとあたり, ときキラキラッと陽, ときキラリ金歯の, ときキングコングをし, ときキーッという音, ときギイと門内, ときギギーッという物音, ときギクと足, ときギャッと奇声, ときギャフンとまいった, ときギヤツと來, ときギリギリと奥歯, ときギリシャ語のよう, ときギンネコ号の室内, ときクラッカーを引き合っ, ときクラブの集会, ときクリップとピン, ときクルクルと衣裳, ときクルリとまた, ときクレムリンのスパースカヤ門, ときクレーンが轟々と, ときクロムウェルが剣, ときクロード・モネのところ, ときクーボー大博士, ときグズついたよう, ときグッスリと, ときグラチアは泣き声, ときグラフィーラが今日, ときグラントはまことに, ときグリーゼルは俺, ときグルックの作品公演, ときグレージーの眼, ときケンは伯爵, ときケーは土木工事, ときケーテに初めて, ときゲエテは獨, ときゲーゲーと言っ, ときゲー・ルーサックに送った, ときコオライトというもの, ときココミミ君はすっくと, ときコステルは庭先, ときコゼットの受けた, ときコックリは足, ときコトエだけはふっと, ときコトコトすれば, ときコバルト色に朱, ときコマの王様王族, ときコムミユンは他, ときコンパをやろう, ときゴウゴウゴウと天, ときゴウッと音, ときゴクンと揺れる, ときゴリラの口, ときゴルドンが急, ときゴロゴロして, ときゴングは小林少年, ときゴンドラはまた, ときサイは鼠, ときサイマ湖上の無韻, ときサイレンがブーッ, ときサクラの男, ときサツと光, ときサト子は聞き捨て, ときサフィーとアガータ, ときサブちゃんが飛びだした, ときサブキのなか, ときサブチャンと一緒, ときサボテンはいいました, ときサマシャードという小さな, ときサラリ襖が開い, ときサラ・ネルムスという搾乳婦, ときサロモンから得た, ときサンドリヨンの教母, ときサーッと篠, ときサービス君がいった, ときザブザブと胸, ときザムザ氏は女たち, ときザンキにたえない, ときシェクスピアのところ, ときシシド君が声, ときシッポをだし, ときシノブ夫人の分身, ときシベリアへ行っ, ときシメアンも従軍, ときシメオン老人からイエズス, ときシャゴマだからと, ときシャツの袖, ときシャヴァノンへ行っ, ときシヤルル・ダンジュー己が非行, ときシュナイダーは講壇, ときシュニッツァーという金持, ときシュニツラのもの, ときシュポルク將軍が言, ときシュミット教授がなお, ときシューッという発射, ときショパンは一言, ときシラクサの城壁, ときシルクハットを冠つて, ときシロも傍, ときシローテは喜悦, ときジィドはボオドレエル, ときジウラ王子はどう, ときジェンキンスの領事裁判, ときジエンナロのいふ, ときジグザグのぼりますでも, ときジグザグ行進で熱, ときジジジーンと壁, ときジタバタするに, ときジッと考え, ときジャックを助け, ときジャックリーヌは喜び, ときジャンガラ星人たちがびっくり, ときジャングルから黒豹, ときジュスチーヌは泣きました, ときジュノオが, ときジュピターが口, ときジュリアは目, ときジョセフィンに小さい, ときジョバンニは川下, ときジヨバンニは川下, ときジルコーヴィチ氏が戞然, ときスイッチが入った, ときスウィスで捕虜, ときスウッとしずか, ときスコットランド貴族でインド駐在軍司令部, ときスタンドの下, ときスタンレー探検隊長こらへ, ときスタールツェフはふっと, ときスックと立ち上った, ときステップのわき, ときストロング船長は微笑, ときスパイを潜入, ときスマ子女史は彼女, ときスミス中尉が少将, ときスミ子の様子, ときスリッパの音, ときスープなべの見張り, ときセザンヌはあいつ, ときセシル父子ははじめて, ときセンチになる, ときセヴィニエ夫人の, ときセーラーのお客, ときゼリイを食べさせ, ときゼルビノがある, ときゼロである, ときゼ号の乗組員, ときソギ竹で突かれた, ときソバケーヴィッチは黙々, ときソラと云ってない, ときソルデルロこれに從, ときソルデルロ彼をひきよせ, ときソロドフニコフが云, ときソローキンドイツへ出かけよう, ときソヴェト側のピオニェール, ときソーッと今, ときゾッとしたの, ときゾーッとからだ, ときタイピストはどう, ときタクシーがめじ, ときタクマールといふ勇敢, ときタクマ少年は大きく, ときタッタッタッと宵闇, ときタバコふかすの, ときタムソン教授の指導, ときタラップを当直, ときタラヴェラ・デ・レイナの闘牛場, ときタンスに七ツ, ときダイアナは暫く, ときダイジェストの世論調査所, ときダイナマイトと鶴嘴, ときダタイのお, ときダダダダダと物凄い, ときダラダラ出来るだけ, ときダリヨは床, ときダルメイダは自分, ときチェチェヴィーツィンは自分, ときチップくれたわね, ときチャラピタの銃, ときチョッキのボタン, ときチヨは十六, ときチラリと目, ときチリンチリンという鈴, ときチロルへ著く, ときとこう, ときッきりだ, ときッぱりと書残して, ときッぱりと拒絶いたしました, ときツクーワはその, ときツブがある, ときツボ平のオカミサン, ときツマズイたの, ときツルリ小圓太右足を踏み滑らした, ときヅーフに反, ときティ・ルームの入口, ときテイイ事務長の身体, ときテック公爵の息女メリイ姫, ときテッド博士がガンマ和尚, ときテッド隊長が帆村, ときテニスンに似寄り, ときテバイを攻むる諸王, ときテラマイシン等一族の青カビ族, ときテントのすみ, ときテーモはファゼーロ, ときデストゥパーゴがコップ, ときデニー老博士, ときデパートの見, ときトタンにギョッ, ときトタン板の裂け目, ときトムさんの頭, ときトムスクでお父さん, ときトラが人間, ときトランプの箱, ときトルコ帽の彼, ときトロイア軍勢は密集, ときドクトルは横腹, ときドックの非常, ときドドドドドとものすごい, ときドナウが依然としてそう, ときドノバンウエップグロースの三人, ときドミトリイが不細工, ときドミトリイ・フョードロヴィッチが来た, ときドルスは輪, ときドレゴ自身がその, ときドンはいつの間にか, ときドンコドンコと, ときドンドンと外, ときドン・キホーテは何, ときドン端れの, ときナイチンゲールがクリミヤ, ときナイフを以, ときナイルの水源, ときナンガサクまで行く, ときニカノールは坂, ときニキビをつぶし, ときニキータにくっつい, ときニコラ博士がやってき, ときニコロは私, ときニッコリ笑って, ときニナール姫が突然, ときニヤリと笑った, ときニーナはなんとも, ときヌシが現, ときヌーヴィユ・ダーモンにある, ときネオンの光, ときネネムは一人, ときノウマの声, ときノブ子さんは私, ときノロちゃんと井上君, ときノロちゃんが井上君, ときノーベル賞を受けました, ときハイヨと云っ, ときハイこれは顕治, ときハイゲキしたの, ときハイドンの音楽, ときハクスターは目, ときハダカにならないだろう, ときハツキリ戯曲と小説, ときハテ見た顔, ときハムのサンドウィッチ, ときハヤブサ丸から三十メートル, ときハルビンにいた, ときハルピン虎を正当防衛, ときハルミさんは空中, ときハンカチのついた, ときハンコ屋の所在, ときハンドバッグをかかえ込み, ときハーフスピードからチョイスロー, ときハ瞬時にし, ときバクゼンとそう, ときバクレンとなる, ときバケツと雑巾, ときバサッと幣, ときバタバタと人, ときバタンと扉, ときバチェラーの養女, ときバッハの骨, ときバネで, ときバラはあわて, ときバラさん高島田でやって来る, ときバルコンに向っ, ときバルザックは殆ど淋漓, ときバルブレンのおっ, ときパアッと明るみ, ときパイプが裂け, ときパイーシイ主教が彼, ときパウロがアグリッパ王, ときパタパタ荷作りし, ときパチンと, ときパツと剥ぎとられた, ときパナマに駐在, ときパラチブスに犯され, ときパラパラと雨, ときパリヌルスの魂, ときパリーの生活, ときパリ党の方, ときパンの切れ, ときパンシオン・ソモロフの伸子, ときパン屋の店, ときヒサの面倒, ときヒシヒシ身体中が, ときヒステリックな痙攣状態, ときヒダにあった, ときヒトミが東助, ときヒモをとっ, ときヒョーヒョーと汽笛, ときヒロシがキャアーッ, ときヒンデンブルグは早速, ときビュルストナー嬢のしめきった, ときビリアードの横, ときビール箱に五つ, ときピイチクピイチクひばりの声, ときピエトロ・バグリオーニ教授は窓, ときピオニェール小僧は伸子, ときピカピカと閃光, ときピストルの音, ときピピーッと汽笛, ときピュラデス叫びて, ときピリピリして, ときピート一等兵の手, ときファシストでない大, ときファットマンの長い, ときファーネス婦人参堂などのとき, ときフィアレンサイドがつれ, ときフイリッポフに信仰談, ときフェリシタをよく, ときフォックスという英国評論家, ときフォティヌス彼のため, ときフォン・コーレンが自慢話, ときフッとまた, ときフットボールはみんな, ときフト彼は浩, ときフト源吉は立ち止つた, ときフト足をとめた, ときフト頭の傍, ときフハンは左, ときフョードル・パーヴロヴィッチがヘルツェンシュトゥベ, ときフラスコの飲みもの, ときフラフラと倒れた, ときフランケンの同国, ときフランス人名風琴手マルシャンに競演, ときフランス代表として出席, ときフランス俳優の一団, ときフランス皇帝ナポレオン・ボナパルトの荘厳, ときフランス革命によって生じた, ときフルハタはいったい, ときフレッドさんが入っ, ときフロイスは信長, ときフロイド流に性意識, ときフロシキの代, ときフロムゴリド博士をよび, ときフロムゴリド教授が伸子, ときフロラという人, ときフローラは眼前, ときフンドシ一つで見る, ときフーと云い, ときフーッと興奮, ときブエノスアイレス市の光景, ときブツッと音, ときブラ下げる盆提灯, ときブラインドがバサリ, ときブラドンも部屋, ときブランカはどんなに, ときブランコ乗りが低い, ときブリッジの蔭, ときブルジョア出版社の出版, ときブルタアニュのラ・シェネエ, ときブルブル慄える, ときブルージェは大きい, ときブレークは軽い, ときブーンという気味, ときプウル夫人の角ばつた扁平, ときプラウダにのった, ときプラートマーニオよりかの大いなる, ときプリーストリーは水銀, ときプレゼントはもう, ときプレハーノフにもお, ときプロレタリア文学がそういう, ときプーチヤチンから彼, ときプーンと高い, ときヘエ私ですと, ときヘッセ人はぱっと, ときヘミングウェー嬢の部屋, ときヘルマーは看護婦姿, ときヘーゲルに於ける, ときベアトリーチェ曰ふ, ときベズィメンスキーは云った, ときベリャーフスキイのやつ, ときベルグソンの説く, ときベルナアルさんは函館, ときベルリン大学にいた, ときベーコンはこの, ときベーブルースを見た, ときペトラルカは敢, ときペムペルも俄, ときペラーゲアの病気, ときペルリが浦賀, ときペルリ側主腦部, ときペンクの私邸, ときホトホトと入口, ときホノルルの外国人, ときホール夫人はうわ言, ときボウトがひっくりかえった, ときボナパルトよりもいっそう, ときボルシェビキは三つ, ときボンヤリ顔を見上げる, ときボーシンの中山弥志馬, ときボーリヤが出, ときボールが行ききっ, ときボーヴェエ氏は出, ときポコちゃんは重大, ときポストの向う, ときポチはまたもや, ときポッと音, ときポルトガル人の一人, ときポンとお, ときマアあの調子, ときマグダレナの殉教, ときマスタア・オブ・アーツの学位, ときマストリリは突如, ときマタンは引き出し, ときマダムは, ときマチアがわたし, ときマチガイで肥桶, ときマツの木, ときマトヴェイ・サヴィチは跳ね起き, ときマフォット夫人がレース, ときマフォット家の若, ときマブーフ氏を訪ね, ときママに見つからない, ときマヤ文化の産物, ときマリは睡眠薬, ときマリアは非常, ときマリア・グレゴーリエヴナはひどく, ときマリウチアは泣き叫びつ, ときマルタの苦しい, ときマルモ探検隊が最悪, ときマルラ秘書がクーパー, ときマークはスー, ときマートン技師のそば, ときミコトに刀, ときミシッと言っ, ときミス・ソーヤーがあなた, ときミチ子のうしろ, ときミドリちゃんが, ときミマツ曲馬団の生き残り組, ときミリガン夫人はわたしたち, ときミルキ夫人の室, ときミルキ閣下の耳底, ときメガネを落した, ときメキシコの主, ときメスを上, ときメノイチオスは警めき, ときメフェストが出, ときモオリーは, ときモスクワのクラブ, ときモハメッド軍はこの, ときモリイシャからの合図, ときモロはいった, ときモンパパ号は突如, ときモームスはまるで, ときモール博士と同僚, ときヤス子は例, ときヤミ市というところ, ときヤンキーといへ, ときヤング名誉領事から南極, ときヤーコプという名, ときユタはぼく, ときユーラスはもう, ときヨーロッパ文明諸国が今日, ときラジウムをもっ, ときラジオのニュース, ときラッサの法務局, ときラップランドの女, ときラツール氏はまだ, ときラテン語の手紙, ときラニョンは自分, ときラプラースという名だかい, ときラムネや餡パン, ときラランの悪, ときラレイはエリザベス, ときランスロットの瞳, ときリカはちよつと後, ときリストとカード, ときリッケルトが, ときリップ・ヴァン・ウィンクルの話, ときリュックを背負っ, ときリラは戸, ときリリパットの国, ときリンゴの煮た, ときリンゴ売と並ん, ときリンパー先生がいきなり, ときリンピイが頭, ときリヴァズさんあなたが戸口, ときルイズ・レイナーは随分, ときルオーがもう, ときルクレツツをためし, ときルドビコは, ときルビーの皿, ときルルは鐘つき堂, ときレオナルドがどんなに, ときレスタア夫人は入口, ときレスパネエ夫人の家, ときレスパネエ嬢の見出された, ときレッドブランチの党派, ときレディにはその, ときレデーに対する礼儀作法, ときレーニに邪魔, ときレーニングラードはその, ときレーリーが委員長, ときロシア皇帝陛下および皇族, ときロシア革命の途方, ときロスチャイルドはいつも, ときロチスター氏が前, ときロップが僕, ときロデリゴがき, ときロハ台に寝, ときロバアト・セシルと御, ときロボットはやっと, ときロランはひとり, ときロロの方, ときロロー殿下の大きな, ときロロ公爵が立ちあがり, ときロンドン市長は行列, ときロープの先, ときローマ法王が世界, ときローレンスさんがしおれ, ときワアッという騒ぎ, ときワイセンフェルス公爵の御前, ときワイルドはジイド, ときワイワイという人声, ときワシリェフスカヤは過去, ときワトソンはふと, ときワーと賑やか, ときワーッと満座, ときワーナー博士は思う, ときンナに遺言, ときヴァイオレット・リオナードという十五歳, ときヴィコント五条が一しょ, ときヴィタリスや犬, ときヴィタリス親方が言った, ときヴィヤトカの船つき場, ときヴィルジリオ我にその, ときヴィルジリオ曰ふ, ときヴェラが, ときヴェルダンは北部フランス, ときヴェールを脱ぐだろう, ときヴォルテールと哲学辞書, ときヴォローヂャがはげしく, ときっといっ, とき一〇一号は射ち止めた, とき一せいに打って出, とき一つ一つの兵, とき一つ二つあるいは事態そのもの, とき一つ二つ臨終そのままの, とき一つ變な癖, とき一ぱい飲んで, とき一ぴきのはちの力, とき一ぴきのけものがどこ, とき一ぺんこっきり, とき一むらの木, とき一キロ青豆のほした, とき一ツ杖の両端, とき一ノ関の奸知, とき一ヶ月ばかり留守, とき一七八八年以来の記録, とき一万二千里はなれた, とき一万尺の分身, とき一万石取りに匹敵, とき一丈三尺の龕塔, とき一九二四年九月十八日の夕, とき一九四一年十二月八日が来た, とき一二度それからこちら, とき一二度兄に話しかけよう, とき一二度医者が帰っ, とき一二度母と一緒, とき一二度遊びに来た, とき一人ぼっちでのこされなけれ, とき一代二代の研究, とき一体どれほどな, とき一倍の絢爛, とき一億円だかの, とき一先ずそこへ, とき一入この感, とき一八二六年十一月に書き上げた, とき一円ぐらいもっ, とき一助はまた, とき一匹犬をすて, とき一升三百円の酒, とき一叫また一叫, とき一同元の位置, とき一夜のうち, とき一夜ねたとしか思わなかった, とき一夜他の塾生, とき一天は晴れわたり, とき一字一字を実にしっかり, とき一寸下へ来る, とき一寸本で読んだ, とき一寸法師はありったけ, とき一寸話の中, とき一島国日本が彼, とき一幡さまもわづか, とき一年したの, とき一年ぶんの生活費, とき一年半ばかり伴直人, とき一度きりで別れ, とき一度アイスクリームを持つ, とき一度危篤に陥っ, とき一弾に乳下, とき一心さに充実, とき一挺の軽, とき一掃されて, とき一文の金, とき一文獅子の太鼓, とき一族兄弟の間, とき一日ここを見た, とき一日試みに二つ, とき一昨年だったか, とき一時一緒になっ, とき一時日の光, とき一時藩の上邸, とき一晩中眠らずに, とき一書を出し, とき一月などにこの, とき一服君に会いませんでした, とき一本松をながめ, とき一杯と午後勤務, とき一板二分二朱であった, とき一案を関羽, とき一段と高くなった, とき一滴もこぼさなかった, とき一片の雲, とき一生徒がその, とき一番びりだった伸子たち, とき一番むづかしさを感ずるの, とき一番先に蓄音機, とき一番困惑するの, とき一番奇妙に感じた, とき一番日当りがよく, とき一番日本へ帰りたい, とき一番最初に目, とき一番艦が左, とき一発の轟音, とき一皮の切れ, とき一瞬彼女はそれ, とき一瞬相手がバラバラ, とき一瞬間立ち止まって, とき一瞬間渓流は彼等, とき一空さまが手, とき一筆下されば, とき一糸まとわぬ彼, とき一者後方より我, とき一脈の身顫い, とき一艘の小舟, とき一葉さんに疑い, とき一見これには, とき一言で反対, とき一言彼女に彼女, とき一貫五六百匁もある, とき一足なかに踏み込み, とき一軒のご, とき一軸の仏画, とき一輛の人力車, とき一農村青年が, とき一通りならったの, とき一週間ばかり徹夜, とき一週間後のある, とき一遍行つたきり, とき一道の電光, とき一郎青年がすっと, とき一鉤の新月西天, とき一門の徒, とき一阿弥もまた, とき一隅から私, とき一震の黒雲, とき一面に黄色かっ, とき一頁にわたる大, とき一頭の青い, とき一馬という咲, とき一驚したこと, とき一齊に, ときより丙, とき丁寧なお辞儀, とき丁度一人の若い, とき丁度七歳である, とき丁度上京して, とき丁度五十歳であつ, とき丁度電話がかかっ, とき七つの鐘, とき七カ月間一言もしゃべらない, とき七ツの子供, とき七五調又はこれ, とき七兵衛が左, とき七分の入りでした, とき七分通りできあがって, とき七十二犯といふ記録保持者, とき七十余ヵ国が代表, とき七日午前一時五分だ, ときの目, とき万一艇が破損, とき万人が何より, とき万全な備え, とき万和の口, とき万国骨董商のなか, とき万国骨董商チャンフーの店, とき万年筆型の懐中電燈, とき万策窮して, とき丈人が圃, ときの弾, とき三たび江戸に出, とき三つづつ二つ三つづつ二つと戸, とき三つ四つ向うのテーブル, とき三上藩にいた, とき三人一緒のこと, とき三人全部が爪先, とき三代の才女, とき三共はオリザニン, とき三円二十銭で買った, とき三十を二つ三つ, とき三十七になつて, とき三十七歳であった, とき三十三だつた, とき三十二人の全, とき三十五六の女, とき三十代前後は手腕, とき三十幾つかになる, とき三十疋のあま, とき三千夫少年はやっと, とき三千子の眼, とき三半規管の中, とき三合配給などを公約, とき三味線堀へ出る, とき三四枚の旅日記, とき三回程檢束, とき三国山の西側, とき三塁の背後, とき三宅周太郎君がかれ, とき三尺に五尺, とき三年生は調神社, とき三度目の声, とき三斎がまた, とき三方の山岸, とき三日間徹夜でつづけた, とき三月一日なり, とき三本足と六本足, とき三根夫少年はたいへん, とき三毛が死体, とき三沢に知れない, とき三津子を護送, とき三浦の城, とき三田文学会は揃い, とき三田村技手が目, とき三石めの勝負番, とき三谷氏は現在君, とき三輪はテーブル, とき三階の縁側, とき三高はその, とき三高さんの運動員, とき上げる花火の, とき上つて來て, とき上る衣紋阪アレワイサノサと, とき上下五十銭も相違, とき上官でも部屋, とき上手な植木屋, とき上杉重房も言った, とき上流婦人が反動的, とき上海からスエズ経由ロンドン, とき上海あたりで新, とき上目黒のある, とき上級生で一緒, とき上衣をぬいだ, とき上賀茂神社の歌合, とき上野光子さんの自動車, とき上院議員は火夫, とき上顎歯列の前, とき上高地でみた, とき下っている, とき下り行くとき見られる, とき下ろした幌の, とき下一杯にひろ, とき下京も上京, とき下宿屋の娘, とき下座にいたひ, とき下枝は胆, とき下火になった, とき下谷徒士町に移り, とき下関から上陸, とき下関行急行は朝, とき不二夫君がびっくり, とき不可抗力な壁, とき不可能な企て, とき不寝番になる, とき不審の眉, とき不快の感, とき不慮の事故, とき不断おとなしい彼女, とき不機嫌にし, とき不知不識, とき不知火の期節, とき不自由に暮し, とき不謹慎にも役者, とき不離叢林兀坐不道, とき五兵衛は, とき丑尾さんが自分, とき且つ又急速, とき世上の人間共, とき世人から生, とき世尊妙幢菩薩を讃, とき世時節じゃない, とき世界劇場の見物席, とき世話人は辞, とき世話役の人, とき世間なみの感情, とき世間一通りのたしなみ, とき世間話を始め, とき丞相が羞, とき丞相府には荊州方面, とき両国橋はそれ, とき両性の問題, とき両朝一に帰した, とき両足院の易者, とき中世以来の騎士道, とき中佐の両手, とき中国共産党の革命, とき中国女学生たちのほとんど, とき中国平定後は之, とき中央公論社から出し, とき中学四年生の保, とき中学生の団員, とき中宮が白い, とき中尾という黒い, とき中年の侍, とき中性型で高貴性, とき中戸川が急, とき中村吉右衛門が門柱, とき中村座の狂言, とき中村警部はまた, とき中田教授は僕, とき中空に膜翅類, とき中谷の聞い, とき中門の外, とき中館もモスク, とき丸めて海, とき丸八の先代, とき丸太ほどもある, とき丸太ん棒が鉄, とき丸太小屋の水道, とき丸本のかた, とき丸窓だけは開い, とき主人一家が午睡, とき主任の粕谷, とき主任教授は頻りに, とき主力艦の上, とき主君信長がそれとなく, とき主将の荒木村重, とき主水すこしもさわがず, とき主観主義は不十分, とき主計之助, とき丿観が茶会, とき久しぶりに旧師, とき久し振りにその, とき久七が井戸, とき久世侯が発言, とき久作はすでに, とき久喜の宿, とき久留米開墾の爺さん, とき久美子は, とき久良伎翁夫人は, とき久須美が訪れ, とき乏しいながらも二階, とき乗って行った, とき乗った頃には, とき乗つてゐた老翁, とき乗つておいでになる, とき乗りはなし, とき乗組十三名はいきなり, とき乗組員たちはデニー博士, ときりし車, ときの百姓, とき九つになる, とき九十円払って, とき九十枚ばかりの小説, とき九太夫も見物, とき九州辺で彼岸花, とき九時を三十分, とき九郎助は悪い, とき乞食の子, とき也風雅君子東走西奔, とき乱暴に大きな, とき乱陣のなか, とき亀井勝一郎氏も解説, ときれるだけ, とき予め自分の, とき予定に入れてなかった, とき予感が全身, とき予約の倍, とき事件が起きたら, とき事務員であったサエ, とき事務所にはちょうど, とき事変になっ, とき事実上の軍権, とき事実経験され感受, とき事情ははなはだ, とき事業を支配, とき事物を素直, ときどまでうまく, とき二つながら崩れる事, とき二つポウポウポウて三つ, とき二つ目の木の葉パン, とき二・五米というレコード, とき二万ポンドの懸賞犯人, とき二三人の旅人, とき二三人席をへだて, とき二三分の間雪の高嶺, とき二三度のぼりおりしただけの, とき二三度躊躇した, とき二三度隣室の扉, とき二三度面会して, とき二三本のヘロヘロ矢, とき二三百米先の工場, とき二三間歩くにも, とき二人いっしょに写った, とき二人きりのとき私, とき二位のお, とき二児とは稍長, とき二十を充分, とき二十三人もの人間, とき二十三時三十六分であった, とき二十二円五十銭を奮発, とき二十二圓五十錢を奮發, とき二十二才の青年, とき二十五人のその, とき二十五人すずの兵隊, とき二十五歳であつ, とき二十六歳なりき, とき二十四時間の大, とき二十年前に, とき二千両の小判, とき二台のトラクター, とき二台連って疾走, とき二合位召し上りました, とき二塁手と衝突, とき二将は玄徳, とき二年居たとき, とき二年生は歓喜, とき二度もこの, とき二志以下となる, とき二次元の世界, とき二歳の姉娘, とき二百万だか, とき二粒ごはんをこぼした, とき二見雨合羽にて抜き足, とき二郎さんがメートル尺, とき二部買ってでも, とき二間とははなれ, とき于吉はそっと, ときひしれぬ悲壮, とき云々というところ, とき云いましたよ, とき云い表わされなかった微妙な, とき云わなかったことを, とき互いに出逢って, とき互に感じる魅力, とき五かいめごとに用, とき五ヵ年計画の第, とき五体にうけた, とき五六十本ばかりの針, とき五六町かたわらに江戸, とき五六間先に叫び声, とき五兵衛は畑, とき五円なにがしか取られた, とき五分はおくれ, とき五十メートルほど前, とき五十余年の久しい, とき五十八歳の彼, とき五十円ほしかった, とき五十円六十円では, とき五十嵐の奴, とき五十歳の自分, とき五千か一万, とき五千メートルの高度, とき五四歩がいけなかつた, とき五大洲は安打, とき五尺五寸ぐらいもあっ, とき五月十日攘夷期限の詔勅, とき五燭ぐらいの薄, とき五郎吉と知りあった, とき井上のお, とき井伏さんに, とき井戸掘りで渡世, とき些か言及し, とき亡き父の, とき亡びたであろうが太子, とき亡妻の忘れがたみ, とき交換における自由競争, とき交替時の直ぐ, とき享年七十歳であった, ときから前線, とき京助は腹, とき京城市外およそ一里, とき京弥が色めき立っ, とき京西に遊ん, とき京都滞陣の父, とき人ちがいをされ, とき人どおりのない広い, とき人みなは生れし, とき人事課の細谷, とき人前にてわざと, とき人力車と競走, とき人声がした, とき人工呼吸や宮本, とき人工流産を施そう, とき人工的ないかなる, とき人情の自, とき人手が足らぬ, とき人柱を立てる, とき人民戦線の如き, とき人民生活の民主的, とき人気のない, とき人波の中, とき人為の卑小さ, とき人物と同化, とき人皆この一木, とき人相のよく, とき人相見が往来, とき人知れず苦力の, とき人見さんは一同, とき人見さん矢代さん神山さんらが奮然と, とき人足が二人, とき人造人間エフ氏をお前, とき人造大理石の柱, とき人道主義的な立場, とき人里に近づいた, とき人類間の, とき人骨は粉々, とき人魚のひい, とき什物を取出し売る, とき仁和寺宮守覚法親王の仰せ, ときれた二人, ときを報いん, とき今どき山中の怪しげ, とき今どこにいる, とき今にも雷雨を, とき今一度このデルタ, とき今夜俺のいった, とき今夜村上義清が折, とき今太郎君は不思議さうに, とき今川範国が, とき今年は何, とき今後党をどう, とき今日みたいにそり, とき今日誰しも答える, とき今更のよう, とき今村は大部屋, とき今松は停車場, とき今泉はもうどんなに, とき介抱しましたが, ときを入れたる, とき仏マダガスカル航空の郵便機, とき仏具を取出し売りたる, とき仏壇がガタガタ, とき仏天青のうしろ, とき仏法はじめて入る, とき仏罰の覿面, とき仏蘭西風の女用上靴, とき入先, とき仕事場のほう, とき仕手の二人, とき仕掛を施し, とき他日お国源次郎, とき付いていた, とき付いた血だ, とき付いた返り血を, とき付けるといい, とき仙人峠で秋田, とき仙台ではと甲斐, とき仙蔵は次郎作, とき代りに捉えた, とき代り代りにシネ, とき代名詞の, とき代数がむずかしくっ, とき令ちゃんはどうか, とき令嬢が口, とき以來それまで只ぼんやり, とき以來幕府天文方において一つ, とき以前の三吉, とき以後心境に動揺, とき以後誰もガスコ氏, とき以来あれほどの御馳走, とき以来だれも関与, とき以来ひとり都会に出, とき以来ほかのすべて, とき以来サルトルさんと申せ, とき以来一変したの, とき以来二人はもう, とき以来伯爵は急, とき以来兄たちが夏休み毎, とき以来君は私, とき以来彼女のすべて, とき以来日比野の家, とき以来月日はまだ, とき以来瞼の奥, とき以来長年のあいだ, とき以来齢をとる, とき仰むいてその, とき仰山な泣き真似, ときへ入っ, とき仲介の, とき仲次郎師匠のこと, とき仲見世で買っ, とき仲間から餞別, とき仲間同志で喋らない, ときぶきや, とき伊兵衛の木刀, とき伊勢の生まれ, とき伊勢屋の旦那, とき伊吹城の鼓楼, とき伊東さまはあなた, とき伊東一族に加えられた, とき伊東在住の文士, とき伊東祐親の娘八重子, とき伊澤氏で蚊母樹, とき伊藤は久し振り, とき伊藤伝右衛門氏は筑紫, とき伊豆の大島, とき伊豆守が侍臣, とき伊賀の上野, とき伊達遠州邸, とき伊達兵部がまっさきに, とき伊達家の追手, とき伊那丸の目, とき伏勢を廻し, とき休んで行け, とき休んだものである, とき休息の時, とき会下山をかけおり, とき会場の前列, とき会議は曖昧, とき会議室の一隅, とき会長のおさえつける, とき伝吉がやった, とき伝左衛門とその, とき伝来の資財, とき伯林でこんな, とき伯爵母堂とともに別居, とき伯父は七十, とき伯父さんの仲, ときはれて, とき伴われそれから帰り, とき伴奏して, とき伶人の古楽, とき伸子たち一行がいる, ときならいい, とき位みんながお, とき位僕が愕, とき位幸福を味, とき低く唸ったが, とき佐々刑事の進ん, とき佐々爺が手, とき佐久間氏は無残, とき佐伯さんがわたし, とき佐伯船長がいった, とき佐佐木といふ男, とき佐佐木信綱先生から御, とき佐保子はきわめ, とき佐倉屋がちょっと, とき佐内さんの話し, とき佐多稲子が, とき佐山君が支店長, とき佐渡出身の斎藤兼吉, とき佐藤さんもこの, とき佐藤春夫氏の短篇探偵小説, とき佐藤氏は, とき佐野は, とき佐野家からは三百金, とき佐野鍋山三田村のよう, とき何かかんちがえを, とき何かしら昌造の性格, とき何かしら独り言を云っ, とき何げなくこの, とき何ごとが起こった, とき何でえ, とき何とも思わず今こう, とき何もかも捨てて, とき何年にも見た, とき何年ぶりかで心, とき何年間かお世話, とき何時の間にか自分を, とき何時もよりは大分手間, とき何氣なく觸, とき何等かの方法, とき余儀なくそれは, とき余分に多く, とき余江戸に遊寓, とき佛蘭西の國士, とき作文を書いた, とき作用あり, とき作者ベズィメンスキーが挨拶, とき作譜者これにて好し, とき佝僂乍ら一種の品格, とき使を遣し, とき使いの者, とき使えなかったぼく宛ての, とき使おうよ, とき使つてゐる言葉, とき使イーリスは, とき例へば煙草だ, とき侍臣をし, とき供養のため, とき価値の階級, ときは早く, とき侯爵夫人に向かっ, とき便宜上日本年紀と共に, とき便宜主義に支配, とき俊一君のおとうさん, とき俊成は皇太后宮大夫, とき俊斎はもう, とき保さん珍しくおそかった, とき保ちゃんが病床, とき保延四年和泉前司道経, とき保證して, とき信一がいいました, とき信二と目, とき信助に挨拶, とき信号手は短い, とき信夫は更に, とき信茂は柵, とき信長依存の交渉, とき信長十九である, とき信長方の軍船, とき向いたまま, とき俳壇は堕落, とき俺たちの隊, とき俺達四五人でお前, とき倉島竹二郎がヤア, とき倉庫に商品, とき倉惶として工, とき個々の作家, とき候官県の謝端, とき候所と存候, とき借りた手ぬぐいが, とき倪雲林の母, とき倫敦でライオン, ときの代理, ときにこの見知らぬ, とき偉大な予言者, とき停車場の歩廊, とき側らに声, ときに晴れ, とき偶偶に煤けたる, とき偶像の如き, とき偶然ガンディの示威運動, とき偶然三宅花圃の思い出話, とき偶然戸台さんが来合わせ, とき偶然火を発する, とき偶然目白へ来た, とき偶然老妓が以前, とき偶然金持ちでない階級, とき偽者土蜘蛛と呼ばれ, とき傀儡師が二箱, とき傍観するの, とき備前屋の前, とき催主たる久良伎翁, とき催促して, とき傭い入れた女中の, とき傲慢な心, とき傳右衞門はすぐ, とき傷だらけの体, とき働くが気, とき僕学校の帰り, とき僧服のよう, とき僧院のよう, ときが一緒, とき優しくは扱わなかった, とき優美な若い, とき優陀夷比丘又は六群比丘, とき甲州の, とき元服し帯刀宗誠, とき元老柴田勝家がある, とき兄事する一人, とき兄信康この愛弟, とき兄妹のうしろ, とき兄嫁などはぶるぶる, とき兄弟は京, とき兄弟三人がひとしく, とき兄弟分のファットマン, とき兄者は何, とき充分にその, とき充血して, とき先づまつさきに落第, とき先づ其屋根に眼, とき先づ父子相姦が禁じられる, とき先づ色の意味, とき先代がよう, とき先刻馬を, とき先夜のあの, とき先妻に死に別れ, とき先年のおも, とき先生とこまで歩い, とき先生家に束脩, とき先生自身がひどく, とき先発して, とき先輩は声, とき光丸はくるり, とき光太郎はモネ, とき光子さんがき, とき光明子として聖武天皇, とき光明寺の境内, とき光春の家臣, とき光栄ある日本, とき光永寺と云う, とき兎狩りを二, とき児ども一処に集まりいた, とき児太郎はそれ, ときについて語る, とき党員は四〇〇名, とき入って行く, とき入り口の敷居, とき入れてたべたら, とき入れた藤の, とき入れちがいに向う, とき入れるように, とき入京し某, とき入口わきの凹み, とき入庫証をもらう, とき入所して, とき全体主義国側に渡すまい, とき全裸にせられた, とき全部の箱, とき全部手ばなして又, とき兩國橋附近も直にさ, とき八五郎親分でも時々, とき八十万円ほどかすめとられ, とき八千代サンが突然こう, とき八将神を遣わし, とき八戒が俺, とき八方より無形, とき八時であったが, とき八月のゼラニウム, とき八木少年は知る, とき八田青年は顔面, とき八百円の札束, とき八角のかべの一つ, とき八郎君は真面目, とき八雲君はまだ, とき公会堂の演説会場, とき公卿列座の中, とき公園全体の人込み, とき公子は我, とき公式に借款契約, とき公然とそいつ, とき公的權力はその, とき公約しないこと, とき公綱は大いに, とき公衆の怒り, とき公言したとおり, とき公達藤原治世の征討, とき六さんは口, とき六代目が松の木, とき六十をすぎた, とき六十あまりの一徹そう, とき六十五歳でした, とき六十歳だった前, とき六十金を支払っ, とき六右衛門さんがそれ, とき六年外国に暮し, とき六時のサイレン, とき六月の月夜, とき六月衣川に釣, とき六本の槍, とき六条顕輔によって奏覧, とき六枚の肌着, とき六番目の国子, とき六祖その人, とき力する, とき共軛回転弾が活動, とき共通なの, とき兵二郎はどこ, とき兵助は早, とき兵十はふと, とき兵太郎君はクックッ, とき兵曹長の耳, とき兵部を取っ, とき兵隊さんはみんな, とき兵馬はもう, とき其二子アデランメレク, とき其儘の緑, とき其内部を窺, とき其即興詩の題, とき其場に居なかつた, とき其曲り角には塵旋風, とき其枕辺の万事, とき其法を遵行, とき其看病に実, とき其細君が閾, とき典厩は千曲川, とき典厩部下十数名が一, とき典獄は夫人, とき典膳は何, とき兼好の呼ぶ, とき兼清博士が壱越調呂旋, とき内儀と打合わせた, とき内務省図書課の方針, とき内在的なかん, とき内奥にある, とき内容には先天的, とき内庭へ伊東七十郎, とき内海さんに会われた, とき内田さんは, とき内蔵助は心, とき内輪の披露, とき内部が見える, とき内陣からも庫裡, とき内面生活のいかに, とき円明寺川の方面, とき円福寺の観音堂, とき円窓のそ, とき円筒のふた, とき写真はとうてい, ときを階, とき冬のをもち, とき冬月師はこちら, ときい月, とき冷えかけた薄暗い光, とき冷えたものか, とき冷淡な待遇, とき冷静である著述家, とき凌統はまだ, ときとしてしかも, とき凝然とした, とき凡そ十万近い党員, とき凡ての説, とき凡人といえ, とき凡骨の話, とき処女ぢやない, とき処理しなくては, ときがどこ, とき出かけてゆく, とき出かけたあとに, とき出させておいた, とき出された日本音楽からのという, とき出した私の, とき出しぬけに戸, とき出はなに躓く, とき出るものと, とき出先でその, とき出入りの商人, とき出張所の横手, とき出征するので, とき出来た病人さえ, とき出版協会の文化委員会, とき出迎えた女が, とき出雲守は顔, とき分け前が出る, とき分れた妻に, とき分教場の主任, とき切に味方の, とき切符売りの, とき切符売場で駅員, とき切迫つまって, とき切開後肝心の一週間, とき刑事さんに明智探偵事務所, とき刑事たちが家, とき刑死した同志, とき刑法の改正, とき列車内の現実, とき初めに甲谷, とき初めてなにか異常な, とき初めてまだ家中には, とき初対面の御, とき初度の英公使パークス, とき初日にあの, とき初更のちょうど, とき判断は既に, とき別に好奇心に, とき別にわざわざ選ぶとも, とき別れたきりの, とき別室の廊下, とき利己利他という観念, とき利根川の上流末風村, とき利用されるの, とき到って脚光, とき到らば三十万石, とき到底長続きは, とき到来物があった, とき制約のなか, とき刹那主義が生まれる, とき刺繍学校へ通っ, とき刺青のため, とき前もってきめられて, とき前側と左右, とき前回の巷談, とき前夜道路を横切っ, とき前年義姉を失った, とき前後に何, とき前後二度大城においてお, とき前掛を頭, とき前橋中學に入, とき前田家の徳山五兵衛, とき前田弥平氏はじっと, とき前田正名翁筆者に語り, とき前篇の執筆, とき前線では和議, とき前者はこの, とき前衛の飛行部隊, とき前足をもっ, とき前面から正, とき前額部にどっと, とき剛子は単純, ときのささやき, ときと立山, とき割にその近く, とき割れるほど大, とき割合でこぼこでしたし, とき割箸の屑, とき創立未だ日, とき劇評家と狂主人公, とき劉子はパラソル, とき劉封の軍勢, とき劉淵が平, とき劉皇叔には, とき力まけした伸子の, ときによって呉王, とき加助が言い出しました, とき加増があっ, とき加奈江は既に, とき加治家の正門中央, とき加藤嘉明に属し, とき加賀見忍剣ははじめて, とき造じいさんは, とき助けたのは, とき助手席にいた, とき助次郎の右, とき労働党は民衆, とき労働者のゼネスト権, とき勇み立って, とき勇気をふるい起こし, ときは牛, とき勉強した航海術, ときもすれ, とき動かざることあたかも, とき動物みたいな険しい, とき動産資本が以前, とき勘定を支払う, とき勘定部屋では, とき勘当された, ときは聲, とき勝三郎は涙, とき勝利を得られた, とき勝助はふと, とき勝子に向っ, とき勝家の周り, とき勝家以下みなふたたび眼, とき勝手口で下駄, とき勝敗が定まる, とき勝負できのう, とき勧めるひとが, とき勿論芸術作品の, とき化けると云う, とき化粧品だけしか買, とき化粧室で脱ぎすてる, とき北京の一新聞, とき北山は不覚, とき北山薪炭の前, とき北岸の汀, とき北斗を百遍礼拝, とき北条の手, とき北条徳川の間, とき北風が吹きつけ, とき匠人金次といふもの長府侯江戸, とき匡人それ予を如何せん, とき医学士は誓う, とき医師が, とき医薬によらずし, とき十ヶ月の大きな, とき十一人のきょうだい, とき十一工場の担当, とき十一時で時計, とき十一月號には紙數, とき十七ッて云った, とき十七才だつた, とき十七時三十分だったが, とき十万円ほどの資本, とき十三日の後, とき十九歳の五位, とき十二の一人, とき十二三になる, とき十二人の子ども, とき十二時五分前だ, とき十二月二十七日が来た, とき十二月二日一日別世界へ参入, とき十二歳になる, とき十五であった弟, とき十五位だったろう, とき十人くらいは分裂病, とき十余人の男おんな, とき十円出して, とき十分な準備, とき十四歳で音楽修業, とき十幾人かを敵, とき十数名の直, とき十方衆生はもはや, とき十月の風, とき十郎左衛門より一足, とき千三が豆腐, とき千之助は壁, とき千二少年がおどろき, とき千二百両だと, とき千代子は杉, とき千太郎は病院, とき千束町の方, とき千条に擦り切れ, とき千羽鶴の模様, とき千草さんを殺し, とき過ぎて, とき午前二時ごろであったと, とき半ば開きたる窓, とき半兵衛の胸, とき半分燒けんを, とき半平がふと, とき半月ほど前, とき半球の空あざやか, とき半襟の一本, とき卑怯な低劣さ, とき卒業式の生徒代表, とき卒讀卒解であるべき筈, ときがひっくりかえっ, とき南口付近はマニラ, とき南天の実, とき南條って家庭教師, とき南洋の一孤島, とき南緯八十度附近の大, とき南縁の鳴, とき南部の大統領, とき于の, とき単純に考えた, とき単純明白に現われ, とき単身その地, とき単身有岡城へ入り, とき博土の頭部, とき博奕場で他, とき占い者は空, とき卯木は初めて, とき印しかな, とき印度服をきた, とき危うく根こぎに, とき危ない立場に, とき危難を免, とき即座に他力, とき却って何だかわたくしの, とき却つて天日の光, とき厚い板戸は, とき厚着して, とき原っぱのむこう, とき原作の優秀, とき原因不明の伸子, とき原地人たちはいつの間にか, とき原城の跡, とき原子核を探求, とき原宿の手塚, とき原田家も柴田郡船岡, とき原稿紙の匂い, とき原籍はどこ, ときの扉, とき厨子王はこらえかね, とき厩橋侯は御, とき厳かにつめたい, とき厳密には本意気, とき去年ぐらい苦しかっ, とき参吉は, とき参政権のある, とき又四郎がさる, とき友人たちと一緒, とき友人代表として世話, とき友人川村氏のひとり彼方, とき友人某が九州, とき友医の説, とき反対派であったので, とき反射するか, とき反射的に男, とき反撥の感情, とき収入となる, とき叔父さんはもう, とき取って置く, とき取った蓋を, とき取りも直さず, とき取り上げちまえばよかっ, とき取り出すとどれ, とき取り揃へておいた, とき取り換えられた歯の, とき取り次ぎに出た, とき取り調べのこと, とき取交わしたあたしの, とき取次ぎの侍臣, とき取締りの顔, とき受けとったハガキで, とき受ける一種の, とき受け取った千六百疋の, とき受け持ちの先生, とき受影幕の映像, とき受持の先生, とき叙爵の栄, とき口惜しいとき欲しい, とき口番の侍たち, とき口舌の雄, とき古い諸宗教, とき古きスコットランドの, とき古川ロッパ君の一座, とき古河市兵衛の左右, とき古色蒼然たる桐, とき古谷局長が, とき古風なる臥床, とき句会の日, とき叩き返すこと, とき叩きつければよい, とき叫ばれるのは, とき叫びてかれ, とき叫ぶ者が, とき叫んで枕, とき召使たちが私, とき可愛がつて, とき可愛らしい中国服の, とき右京権大夫義時は御剣, とき右側のとある, とき右大臣兼実俊恵寂蓮隆信の絶讃, とき右眼の上, とき右腕をあげ, とき右舷のタンク, とき右近に書簡, とき右隊から誰, とき右馬介の眼, とき号令に従って整列, とき司令がさけんだ, とき司令塔からはまた, とき司令官に頼まれ, とき司令部にいる, とき司馬の一同, とき司馬懿にはお, とき吃りの殿様, とき各々の人たち, とき各人が百本, とき各省から集まっ, とき合わせれば百発百中, とき合図とともに五頭, とき合掌の指, とき合理性と実証性, とき吉事あり, とき吉兵衛は粗相, とき吉原もその, とき吉宗は一とき, とき吉岡ひとり我を張っ, とき吉田磯吉が見舞, とき吉田親分のところ, とき吉良上野がはいっ, とき吉野へ花見, とき吉雄は顔, とき吉雄くんが自分, とき吊り橋の上, とき同人の一人, とき同伴者作家というもの, とき同宿の人々, とき同年輩の朋友, とき同心の内藤さん, とき同情深き諸, とき同族としての態度, とき同月十六日の朝, とき同村の狩人六角牛山, とき同様なかなかのっ, とき同様旅客の中, とき同然可笑しがっ, とき同職になっ, とき同胞の躯, とき同船せるローマ教, とき名古屋の某紙, とき名案を浮かばさす, とき名誉と安全, とき吐く痰は, とき吐息をする, とき向い合って座らされる, とき向う十年の年期, とき向う脛をすりむいた, とき向井湯の直ぐ, とき向側の角, とき向島の内, とき君子は遠く, とき君長の面前, とき吸い込んだ息が, とき吸殻を捨てる, とき吹いたような, とき吹き下しの, とき吹きこむ粉雪の, とき吹きだした北東風で, とき吹き捲った大波は, とき吹き荒れたあらしの, とき吹出物して, とき吾平爺はその, とき吾等の悲哀, ときっと息, とき呀ッという間もなく, とき呂宋兵衛の前, とき呂布が, とき呂木は自分, とき呉れてやっ, とき呉氏記録係りに向い, とき呉清源必勝の局面, とき呉王は親しく, とき周さんは自分, とき周圍を見, とき周章てて間違え, とき味噌汁を吸おう, とき味方の者, とき味方同士ぶつかったの, とき呻くような, とき呼びあげられた家士やしもべの, とき呼びかけにもこたえず, とき呼び得なかった心からの, とき呼び覚まされた情熱は, とき呼吸が上, とき呼鈴が鳴っ, とき命じて作らし, とき命令下った由, とき和人とアイヌ, とき和尚さんが門, とき和蘭人から和蘭, とき和製のペニシリン, とき和邇は十巻, とき咲耶子は足, ときをならす, とき咽び泣いていた, とき咽喉のところ, とき哀れさそのものになっ, とき哀哭切歯すること, とき哲夫は胸, とき哲学者は理解, とき唐崎に記念, とき唐棧の上下, とき唐茄子の苗, とき唖娘の傍, とき一つその, とき唸りや吠え, とき商人はあい, とき商人クジミンは勿体らしく, とき問いただせばなまずみたい, とき問屋の番頭, とき喀血した, とき善ニョムさんは気がつい, とき善八は俄, とき善悪を超越, とき喜ぶでもなし, とき喜んでしまっ, とき喜兵衛たちといっしょ, とき喜春楽を舞っ, とき喝采の聲前, とき喧嘩をし, とき喪服をつけた, とき喬公という名家, とき喬彦はふと, とき営中の二ヵ所, とき嗚咽とも怒号, とき嗜欲の情, とき嘆きをもつ, とき嘆ずるように, とき嘉十はさつきのやすんだ, とき嘉村さんは, とき嘔吐を催, ときをついた, ときとした, とき囁き声で告げた, とき囁く声をも, とき囂然たる爆声, とき四か国の境, とき四分の一世紀も前, とき四十七歳であつ, とき四十九間の長, とき四十五六と見える, とき四十六であった, とき四十前後は知識, とき四十歳のとき, とき四囲の窓窓, とき四国のどこかしら, とき四家老のひとり, とき四寸ばかりの魚, とき四少年の大好き, とき四方田政孝と光秀, とき四時になる, とき四条金吾が頸, とき四番目の寝台, とき四角な顔, とき四郎さはどう, とき四郎兵衛にささやいた, とき四頭引きの馬車, とき四馬剣尺は屋根, とき回転刀はいつも, とき団員の女の子, とき団員たちは小林団長, とき団子が喉, とき団子坂の方, とき困らないための, とき困りはてた東桂さんが, とき図らずも彼, とき固唾をのん, とき固有な意味, ときの中, とき国中の材木, とき国体を発揮, とき国内的に勤労階級, とき国司の王, とき国境はやっぱり, とき国威西方に燦然, とき国手になつ, とき国旗のいかん, とき国民は役人, とき国男にたのまれ, とき国際新聞通信のそういう, とき国際親善紳士グイと身, ときの裁判所, とき國王尸羅迷伽の表, とき園主から狐, とき圓朝自らおみね, とき圓生は, ときを取り入れなかつた, とき圖書館に行, ときは汝, とき土中のその小さな, とき土人の手, とき土地整理組合のよう, とき土堤の上, とき土屋警部がためらい, とき土手の上, とき土方が一匹, とき土橋の下, とき土牛の単, とき土瓶の底, とき土産コうんと持っ, とき土産物を献じた, とき圧死した, とき地ひびきの音, とき地べたが足, とき地下戦車の蓋, とき地中にもぐった, とき地割れが閉ぢ, とき地峡をとおる, とき地底戦車が秘密, とき地球人類と同じ, とき地理学部長のルドモア・ブラウン博士, とき地蔵菩薩のおす, とき地震のとき, とき坂下から急ぎ足, とき坂本さんがニヤニヤ, とき坂本渡辺畑宮本の四人, とき坂田省吾がこんな, とき坂谷はこの, とき坊ちやんが, とき坊やんの父, とき坊主は思はず, とき坊門の棋士, とき坐ってそして, とき坪井は軽い, とき垂直線を引き落した, ときの外, とき垣根のきわ, とき城三次も傷, とき城下町全体は祭り, とき城内の空壕, とき城将三河守秀重は全, とき城郭の防備, とき城門外に於, とき術者も, とき執事役の清水団右衛門, とき執刀したの, とき執権時宗は某, とき基地に不要, とき基底の危機, とき基督教の信仰, とき基道が小さかっ, とき埼玉県へ打った, ときはぬっと, とき堀保子は皮肉, とき堀尾中川高山池田の混成山之手隊, とき堀盛なる青書生, とき堀辰雄がき, ときの外, とき堂々云って, とき堪らなくなって私, とき報せに忽ち, とき場内係の自由画, とき場合によっては寄宿舎, とき場面の厳粛さ, ときのそ, とき塚田の五二桂, とき塚田便所へ立つ, とき塞暑針は猶, ときと醤油, とき塩ガマ神社の裏参道, とき塩化鉄が溶け, とき塩素のガス, とき塩辛さの, とき塩酸亜鉛があれ, とき塹壕の兵士たち, ときの小幡仁三郎, とき塾長の諭吉, とき境内を掃除, とき境内東西五十三間南北百七十間に定め, とき墓石の上, とき増田は河口, ときの容物, とき壁ぎわのディヴァン, とき壁間の大, ときを振っ, とき壮二君の頭, とき壱岐はおなじ, とき売った植木の, とき売れない物を, とき売女どもが歌, とき売店から梅, とき売物を買っ, とき変ってはいませんでした, とき変調眼鏡を目, とき夏侯覇兄弟は, とき夏川は臆面, ときとどろきの, とき夕暮のせまった, とき夕立雲のかたまり, とき夕食前からひきつ, とき夕飯の仕度, とき夕餐の膳, とき外とうの前, とき外出先から戻っ, とき外務大臣ランタが進みで, とき外国人は中, とき外国人弟子からはおどろく, とき外套をぬぐ, とき外寇の議論, とき外見上は死ん, とき外部から私, とき外面的な觀點, とき多分かやう, とき多助が涙, とき多喜子は自分, とき多大の影響, とき多宝塔の扉, とき多少この詩形, とき多摩川の川向う, とき多額の寄附金, とき夜お婆さんがトランプ, とき夜な夜なほかの, とき夜中の寝台, とき夜光人間の首, とき夜半なお再び, とき夜櫻を見, とき夜泣きして, とき夢そのものも次第に, とき夢みざるはなにゆえ, とき夢みたように, とき夢みたいなこと, とき夢みるならばさめたる, とき夢見るような, とき夢酔は十六, とき大いに福徳を, とき大がかりにマルキシズム, とき大きさ三歳子の, とき大げさな調子, とき大して害の, とき大丈夫オレより先, とき大事な自分, とき大井広介から手紙, とき大人気ないという, とき大仏殿の上, とき大伴古麿, とき大伴黒主の相手, とき大佐はおや, とき大体五六百年以前に出来, とき大体話は山, とき大使館武官の招宴, とき大僧正は王さま, とき大分いろいろな議論, とき大功をたて, とき大勢の群衆, とき大千世界はことごとく, とき大口の借銭, とき大和の美和川, とき大和撫子の気概, とき大塚楠緒子が, とき大塚行の電車, とき大変学問にこつ, とき大変絶対的普遍的超私的, とき大寺老人が卓一, とき大寺警部の大きな, とき大層優美な, とき大山八段がいかにも, とき大岡様は泰軒, とき大工はありったけ, とき大工さんが切り捨てる, とき大平は, とき大平さんの知った, とき大志も何, とき大抵の年, とき大抵いつも階段に, とき大曲の観世, とき大月大佐の巨体, とき大木老人がき, とき大正十五年武州児玉郡大幡から嫁, とき大気飽和して, とき大江山課長が進みで, とき大洋丸であなた, とき大浦のホテル, とき大瀧の伯父, とき大王の徳, とき大男はいきなり, とき大町桂月が非国民, とき大病後では, とき大矢シヅにこの, とき大石田の友人いふ, とき大空艇は突然, とき大統領は有頂天, とき大腸カタルで死ぬ, とき大衆的な行動, とき大西は小さな, とき大谷は比較的あっさり, とき大賞堂のおく, とき大軍の手配, とき大通りの方, とき大都市の住民, とき大阪市中での出来事, とき大陸でやりました, とき大隅の脳裏, とき大隅理学士は気がついた, とき大鳥氏はあまり, とき天下一段の光明, とき天下無敵に強い, とき天使の散らせる, とき天地をふるわす, とき天子これが爲め, とき天守の千本廂, とき天幕の中, とき天平様式がまた, とき天文部からの報告, とき天来のよう, とき天正九年彼は三十六歳, とき天武天皇が生涯, とき天武帝のため, とき天民は枕許, とき天海は百六歳, とき天然を害する, とき天空高く放つ, とき天草の灘雲, とき天草志岐は罪, とき天野祐吉は額, とき太った鈴木隆助の, とき太刀川は水, とき太子もまた, とき太宗の勅命, とき太宰は生物, とき太宰さんと御, とき太平の悔恨, とき太田は思はず, とき太田姫稲荷の上, とき太郎あてにごく, とき夫婦の, とき夫婦同伴して, とき失明した, とき失神したパンシオン・ソモロフ, とき奇しき風に, とき奇術師のはや, とき奈々子の叫んだ, とき奥がたはぎょっと, とき奥深い寺の, とき奥田左衛門尉を振り向い, とき奧多摩の奧, とき奪われている, とき奮戦を見せた, とき女たちはまる, とき女だてらに机, とき女万歳師になった, とき女中たちはベッド, とき女二人の影, とき女先生は思いつい, とき女大臣はこらえかねた, とき女子薬専を中退, とき女将さんがいそいそ, とき女教師のギーザ, とき女流詩人吉田りん子は不意, とき女王さまが王女さま, とき女相撲があった, とき女看守に見はられ, とき女神を欺い, とき女自身に病的, とき女連の方, とき奴国の兵士たち, とき好くも幹事, とき好奇心に燃える, とき如何にも心外で, とき如來はくしやんと, とき妃山辺の皇女, ときったの, とき妊娠中であったが, とき妥協の緒, とき妻はたはむれ, とき妻君がきらり, とき妻母永瀬氏小田原で自動車, とき妾達はやっぱり, とき姉娘は十五, とき姉弟の駕籠, とき始めて心からその對象, とき始君は何, とき始終店へ遊び, とき姐さんはなんと, ときが頑張っ, とき委員会ではファラデー, とき姦淫の心, とき姫今は精進, とき姫路は中国攻略, とき姿勢を正し, とき威海衛で毒, とき娘さんをちら, とき娘たちも気, とき娯楽はただ, とき娯樂はただ, とき娼婦になった, ときやはもう, とき婆アが茶, とき婚約中の良人, とき婦人代議士ばかりが民主的, とき婦人作家たちは何, とき婦人民主クラブがそういう, とき婦人科の病人, とき婿さんを二人, ときは命, とき媼走り入りて薫, ときのお玉, とき嫁いだ妹に, ときは季子, とき嫌厭と憐愍, とき嫡子の劉, とき嬉しいという, とき嬉しからぬという, とき子どもの笑靨, とき子どもたちがわき, とき子供ぐらゐ勝手にする, とき子供ごころにも何かしら前途, とき子供五人のうち三人, とき子供役者を伴, とき子供心にも全身, とき子供等がまだ, とき子孫を枕頭, とき子守りをし, とき孔子は生活, とき存在そのものの無視, とき孝ちゃんの家, とき孝子夫人は執拗, とき孝養を思っ, とき季節のこと, とき季節はずれの大きな, とき季題という言葉, とき孤独は初まる, とき孤雁君と前田木城, とき学友たちは一人, とき学問としての客観的, とき学生服を着, とき学術優等品行方正のほうび, とき学術研究会議では, とき孫悟空の雲, とき孫立は馬, とき學校の先生, ときの畑, とき宇宙の雲助, とき宇宙系中で最小, とき宇治は帰っ, とき宇治川のほとり, とき宇治川先陣に有名, とき宇津谷峠で奪い取った, とき守人は邦之助, とき守宮を釘, とき安いのでぢ, とき安二郎はお, とき安否を見とどける, とき安彦氏が五尺六寸二分, とき安斎が車, とき安眠は恵まれる, とき安芸どのはその, とき安車蒲輪をもっ, とき安閑と謹慎, とき宋太郎は大阪, とき完璧にあらはれる, とき宗円は備前, とき宗務大臣ビゴー・ド・プレアムヌー氏に宛て, とき宗教史さえも無, とき宗教的な地位, とき宗教裁判で罰せられ, ときの可, とき官兵衛孝高も小姓たち, とき官能を透し, とき官船の横ッ腹, とき宙天の三日月, とき宙天一痕の月, とき定めた儀式から, とき定太郎はじ, とき定夫さんは食堂, とき定家は二十代三十代, とき定家らが選, とき定雄の頭, とき宛らに私, とき宝石のきれいさ, とき実印を忘れん, とき実地に探検, とき実家のこと, とき実川延一郎が実演, とき実感として悪, とき実演が行われた, とき実父の救い出し, とき実践はもとより, とき実隆の年甫め, とき実験がおこなわれた, とき実験者が静, とき客間のほう, とき宣教師たちも教会, とき宣誓をさせられる, とき室殿はこう, とき室生犀星は評, とき宮中へ召され, とき宮内は決して, とき宮崎市内の鉄道沿線, とき宮川はいった, とき宮本は自分, とき宮腹の主人, とき宴会に侍った, とき家じゅうのもの, とき家人は彼, とき家伝の言葉, とき家女と結婚, とき家従の射た, とき家老達から隠居, とき家風の教, とき容太郎はその, とき容色もよく, とき宿命とかいふもの, とき宿命的な魔法, とき宿場宿場でよく, とき宿銭がなく, とき寄手の使番一人, とき密書が自分, とき富三郎は十七, とき富士はどんより, とき富士山や八ヶ岳, とき富山の殿様, とき富樫の左衛門, とき寐棺が来たら, とき寒くて風邪, とき寒気のため, とき寒灯の孤座, とき寒藤先生はだらし, とき寛政の四年, とき衣を, とき寝るだよ, とき寝入っていた, とき察しの通り, とき寡婦ユウディットその郷土, とき寢室は美しい, とき實橘の季衡, とき寧ろ醜い色合, とき寧子の血, とき寫しつる畫など, ときに残った, とき寺の前を通っ, とき寺僧達が逃げ去った, とき寺田がリュウ, ときえる人, とき対岸に上つて, とき対馬守はこれ, とき寿江子にハガキ, とき封じられたすべての, とき封建社會は當時, とき専ら事に, とき専用の練習場, とき射ってやる, とき射ぬかれた四郎の, とき射殺すより, ときに暴れん, とき将来の希望, とき将校連中はなんと, とき将棋の木村十四世名人, とき将軍家定がだしぬけ, とき尊兄に憂鬱, とき尊公の革胴, とき尋常一様の暗殺者, とき尋陽県の北, とき對象の意志, とき對象的となり, とき導者岩に沿, とき小さかった大吉, とき小人のなか, とき小人たちは私, とき小作を集め, とき小使室で働き, とき小便をしよう, とき小倉は口, とき小切手で払い, とき小刻みに駈け, とき小坂村夫は日光, とき小坊主がちょこちょこ, とき小学生のひとり, とき小山いと子の心, とき小島政二郎がさて, とき小暗い外から, とき小杉少年がとびこん, とき小林くんがひとりごと, とき小林君たち三人はトキワ館, とき小林多喜二を語る, とき小林秀雄が鮒佐, とき小柄でも投げる, とき小楯をはじめ, とき小次郎の体, とき小母さんの信用ぶり, とき小池富美子の自然発生, とき小沼男爵が坂巻多門, とき小泉氏の立場, とき小泉邦録君から五十円, とき小生は前夜, とき小田さんが言いました, とき小者が呼び, とき小腰をかがめ, とき小舟の中, とき小豆を交ぜる, とき小走りに廊, とき小道に分け入る, とき小野政秀の遺, とき小野田の計画, とき小間使いが駆けこん, とき小間物屋のま, とき小鬢の毛, とき小麦または, とき弐の, とき少しよくなって, とき少なくともそれと, とき少女子の一群笑, とき少女達の中, とき少尉は地上, とき少年バッハは早く, とき少数の友, とき少量の血, とき多くの, とき尤も多く固形的なる, とき尹子の乞, とき尻内の馬喰宿, とき尾崎がこの, とき尾端を岩根, とき尾道から乗った, とき尾鰭につけた, とき局長は本, ときのこと, とき居あわせた堂上すべてから, とき居なかったから知らない, とき居合はした, とき居合せた人は, とき居合わす一同の, とき居殘りを, とき居間では児玉院長, とき屋上にのこっ, とき屋内の一室, とき屋根瓦にかじりつい, ときを乗り越え, とき屍体には屈む, とき屑屋の手, とき展望車の藍, ときば私, とき山上より望む, とき山中鹿之介幸盛, とき山原が, とき山口は金庫, とき山口淑子は体, とき山城守はいろいろ, とき山塞の中, とき山岡大夫は空舟, とき山形警部の押しこめられ, とき山本はその, とき山本宣治の血, とき山村少年のうしろ, とき山梨県吉田町の, とき山猫博士が云いました, とき山田三次がいつた, とき山蔭の出会い, とき山谷堀の方, とき山間に伏せ, とき山陽先生は京都, とき屹度三人の女, とき岡っ引きとしての文次, とき岡倉先生の仕事, とき岡山城の本丸, とき岡本に仮託, とき岡本潤に会える, とき岡田は禿げかかった, とき岡田少年が口, とき岩壁の上, とき岩戸開きの総, とき岩本先生が例, とき岩本本因坊がいかにも, とき岩波君がせめて, とき岩間にほとばしる, とき岳神の妻, ときが恋しく, とき岸壁の群衆, とき岸少尉はき, とき峨々としてそびえ立つ, とき島さんのデリケイト, とき島村は生理学, とき島田少年がおとうさん, とき島谷は, とき崇徳天皇の保延六年, とき崇高な刹那, とき崑崙山上の大火, とき崩れてしまう, ときはちよい, ときに雲掩翳, とき川上機関大尉の頭, とき川下の方, とき川内警部の足首, とき川北先生が突然, とき川向ひでも色々, とき川岸へさっき, とき川村屋金次郎といふもの, とき川田秀人が馬車, とき川端さんから戴いた, とき巡査部長のうしろ, とき工場へ入っ, とき工場労働者とはちがった, とき工夫は驚喜, とき工芸学校の先生, とき工部局の方, とき左京の常, とき左京亮は綸旨, とき左団次の楽屋, とき左枝は突然, とき左部が愁わしげ, とき左門洞のほう, とき巨人のかげ, とき巨勢三杖大夫の奉った, とき巨大に成長, とき巫女を呼ん, とき差引勘定をし, とき已に菊人形は, とき已夕陽紅を遠, とき巳之助はなぜ, とき巴屋へ押し, とき巻莨を取り出だし, ときでは市史編纂, とき市兵衛を鞭撻, とき市岡の奴, とき市役所の役人, とき市民の胸, とき市長はもっと, とき市長さんのとこ, とき市長ウィルソン氏の演説大要, とき布団の上, ときを張っ, とき帆村おじさんの心配, とき帆村荘六が例, とき希望するの, とき希臘羅馬の古典, とき師ラムネエにはまさに, とき師僧の如浄禅師, とき師匠洒落などいう, とき師泰の連れ, ときを知らせた, とき席亭が市内電車, とき帯刀の手, とき帰りがけにそれ, とき帰り支度をととのえ, とき帰国してから, とき帰宅の道, とき帰宿謹慎を命ぜられ, とき帰還した, ときの帛, とき帳場氏は怪訝, とき帳面から顔, とき常にこう云う角度, とき常任幹事は半分本気, とき常盤座の演技中, とき幕僚が部屋, とき幕閣に開國主張者, ときの木, とき干した貝が, とき平々凡々な人間, とき平さんが帰っ, とき平たいコイルの, とき平凡で小胆, とき平吉はいよいよ, とき平和を得た, とき平尾男爵は隣り, とき平戸にいた, とき平林さんはムリ, とき平民の矢代, とき平磯基地をとびだした, とき平等の親権, とき平野君はなぜ, とき平野謙が居合, とき平靖号がはからずも, とき年三十と聞いた, とき年号が, とき年四十餘とある, とき年子はどんなに, とき年少組はおどりあがっ, とき年歯わずかに, とき年紀や所在地, とき年賀にいった, とき幸ちゃんはまた, とき幸不幸あるには, とき幸徳は新宿驛, とき幹事連はファラデー, とき幼いケティは, とき幼君を守護, とき幼子我は足, とき幽霊があの世, とき幽霊船はと見れ, とき幾千里となく, とき幾度か水, とき巳はの, とき広い廊下の, とき広き両岸, とき広告屋はたいこ, とき広場をゆるがし, とき広田がまた, とき庄八は, とき庄屋の家, とき庄次郎の丸ッ, とき床の間の寒牡丹, とき床下の方, とき床几わきに控え, とき床脇の三尺, とき床間の隅, とき序幕の瓦屋, とき底水を浚, とき庖丁を持たせ, とき店内には客, とき店員先生はやっと, とき府民は目, とき度胆をぬい, ときを立っ, とき座右の楽譜, とき座員を前, とき座間は胸, とき庫裏の方, とき庭番の士, とき康子はそこ, とき廃墟と化した, とき廃石のよう, とき廊下一帯は紫, とき建つたずゐぶん, とき建安十九年十一月の冬, とき建物正面のドア, とき建築家であった父, とき建長寺も見, とき廻って歩い, とき廻廊の奥, とき弁士がカメラ, とき弁護人は刹那, とき式子内親王の仰せ, ときと矢, とき弓削は鵜飼, とき弓弦が音, とき揚げて, とき引きあげ作業を, とき引きさかれるようなさけび, とき引き残された窓布の, とき引き裂かれ泥だらけに, とき引き離されてい, とき引くのに, とき引っぱりあげる用意を, とき引出しのなか, とき引田妙源は尊氏, とき弘化元年十月蒸汽軍艦渡來のとき, とき弟たちは十五, とき弟惟長が同行, とき弱くて仕方, とき弱まった気持を, とき弱冠の忠三郎氏郷, とき張り板はからから, とき張合った母を, とき張果老が長い, ときそうな, とき強制的な結婚, とき弾かれた錨は, とき弾正は敵二人, とき当てるものです, とき当りどころが悪く, とき当家先代長次郎氏に認められ, とき当局がそれ, とき当年の交通技術, とき当座たのめるよう, とき当惑せずには, とき当時アメリカにおいて世論調査, とき当時ドクトル論文を書い, とき当時米国から帰朝, とき当選した松田解子, とき彗星出でたり, とき形態の問題, とき形骸に感覚, とき彦左ヱ門七十九歳白髪頭にトンボ, とき彰子のその, とき彰義隊は拍手喝采, ときのよう, とき役に立ったですなつっぱります, とき役に立つんだ, とき役人が来, とき役人たちはお話, とき役所の庭, とき役足のじ, とき彼はめまひと喪失, とき彼一流の辛辣, とき彼両手を揚げ, とき彼処に出, とき彼却つて我を愛せず, とき彼問ひて, とき彼女らは恋人, とき彼女同士こそ互, とき彼女等を非難, とき彼女達の感受性, とき彼奴は死ん, とき彼岡部伍長はたしかに, とき彼我の陣, とき彼放庵に逢, とき彼歌をうた, とき彼自身私に向っ, ときったの, とき往年の白樺派同人健, とき往来でおじいさん, とき往診に出, とき征夷大将軍が任命, ときのかた, とき待ちかまえてい, とき待ちきれなくなったらしい夫人が, とき待ち遠しさが, とき待ッてました, とき待合室で数名, とき後刻上等の日本酒, とき後家で赤坊, とき後日のため, とき後藤基次の下, とき後醍醐のお, とき後醍醐以下公卿あらましは捕虜, とき後陣を討っ, ときかに, とき徐光という者, とき従僕がその, とき従兄にイタズラ, とき従兄はちよつと笑つて, とき従弟の一人, とき従来の報道, とき従管長コエリョは山口, とき得た印象として, とき得体のしれない, とき得度受戒して, とき得意になっ, とき得意先のアスベスト会社, とき得石はお, ときいて, とき御両人にとって最悪, とき御座船近く用意された船, とき御簾が上がり, とき御身恋しの, とき御輿を迎, とき御返事がなかっ, とき御霊所の中, とき復一にはもっと, とき復興の資金, とき微妙な働き, とき微笑ましい弟の, とき徳川の側, とき徳川家を逐電, とき徳川幕府のご, とき徳川時代となった, とき徳次の仲間, とき徳田家からひきぬい, とき徹夜して, とき心あたりをきい, とき心ならずものわかり, とき心もち頤をひい, とき心持頭を左, とき心殘だつたの, とき心覚えに印した, とき心配そうにいそがしく, とき心配此上なかった, とき心静かな日, とき必然的なもの, とき必要以上に脚, とき忍術使いの子孫, とき志染川の畔, とき志賀氏もずいぶん, とき忘れずに銀行, とき忘れたとやらで, とき忘れることの, とき忘友子規の病, とき忙しいおまえが, とき応接室の扉, とき忠右衛門を江戸表, とき忠孝忠孝というかけ声, とき忠平の子息, とき忠明どのの太刀, とき忠直卿の人間真実, とき忠相はひとりちょっと, とき天王は, とき快くゆるして, とき快速力で走っ, とき念仏が出来ない, とき念入りなごまのはい, とき忽然渦巻の様子, とき怒って破門, とき怒った大衆の, とき怒りの底, ときつた, とき思いきった大胆な, とき思いだしてひっぱりだし, とき思いだすのは, とき思いっきり大きな腹, とき思いついて私, とき思い上がった娘の, とき思い出して下さい, とき思い出すともなく, とき思い切って呼び寄せ, とき思い切ったように, とき思い合わせた結果論では, とき思い当ったように, とき思い当るのは, とき思い知っては遅い, とき思い詰めていた, とき思い込んだ思想が, とき思つたより順さん, とき思はず怒つたものだつた, とき思はなかつたのです, とき思ひましたのでございます, とき思ひ切つてそつと, とき思わずぞっとしたの, とき思想そのものにとってはむしろ, とき急行券を買う, とき急降下中のわが, ときの神秘, とき性急に動く, とき怨めしいとも思はず, とき怪しい男が, とき怪しき映象, とき怪人物のす, とき怪人物蠅男はあの, とき怪声に向かい, とき怪獣は出, とき怪船はとつぜん, とき怪魚はクルッ, とき恋したの, とき恐るべき人物なりとして, とき恐れ気もなく, とき恐ろしく冷やかな, とき恐竜はたしかに, とき恒藤に田端, とき恢復しかかって, とき恥かしくなつて, とき恥庵の遺稿, とき抱きて, とき恩師の大, とき恭介の上, とき息せき切りながらはせつけた, とき息子さんからあなた, とき息子たちのこと, とき恰もそれを, とき恰度その時, とき恵まれた着物のみが, とき恵みということ, とき恵子に, とき悉く旧観を, とき悔んでも, とき悔悟と清祓, とき悟つたが然し, とき悟りをとき, とき悟空はそれ, とき患部附近に充血, とき悦子は携帯品, とき悩みに満ちた, とき悪戯をし, とき悪漢一味は電波, とき悪魔のお, とき悲しくはあった, とき悲しみ溢るるとき, とき悲嘆に打ちくじかれ, とき悲憤怒涙, とききに, とき悶え死ぬさきに, とき情ないやら馬鹿, とき情夫が店, とき情熱的に語る, とき深き貴婦人, とき惠端は白隱, ときい武家, とき惣兵衛ちやんが栄蔵, とき惣年寄として火消人足, とき出すべからざりし甲丁, とき愉快で得, とき意圖の美, とき意地わるく踏切, とき意地ッぱりの村があっ, とき意地悪になる, とき意欲しないで, とききも, とき愚楽老人は殿中, とき愛しき彼女が, とき愛一郎はいなかった, とき愛一郎さんがあ, とき愛人に出す, とき愛犬マルはなに, とき感じていた, とき感じさせられたのみである, とき感ずるものは, とき感嘆すべき妙案, とき感応によりて生ずる, とき感慨新たなるもの, とき感慨無量たらざる, とき感歎に声, ときえあがらず, とき慄然として戦いた, とき慈善心の有無, とき慈悲ある者, とき慈覚大師の九条, とき慌ただしく表門を, とき慌てふためくと後々, とき慣れない男は, とき慧鶴はもう, とき慧鶴青年の心, とき慰めてくれた, とき慶三は集まっ, とき慶助は顔, とき慶次郎はあんまり, とき憤を, とき憂いに閉ざされた, とき憂いよいよ深く, とき憂鬱な少女, とき憐れんで爺, ときかり様, とき憤りの血, とき憤怒でまだ, とき憲兵大尉の甘粕, とき應召したので, とき懊悩の頭, とき懐中に入れ, とき懐中電気の光り, とき懸わたされた船板から, ときする女, とき戌刻の鐘, とき成功したと, とき成就の扉, とき成瀬とよぶ, とき成瀬久馬の機転, とき成都についていた, とき成長して, とき成駒屋の部屋, とき我々人間の思慮, とき我々日本人に取っ, とき我が家へ戻らずし, とき我儘なわたし, とき我憂は忽ち, とき我曰ふ, とき我胸跳りしは, とき我血は上り, とき我輩は同院, とき戦争気分に煽られた, とき戦争行為におかれた, とき戦死した勇士, とき戦車の中, ときり斃, とき戯れていった, とき戴宗その人, とき戸倉はぐったり, とき戸塚の花, とき戸山少年が検事, とき戸泉さんの頭, とき戸田はモザイック, とき戸田伊豆守がペルリ, とき戸籍謄本と履歴書, とき戸締りに變, とき房子の眼, とき所々の将棋会, とき所得は決定額, とき所持した本, とき所有せられる量, とき所縁を得たる, とき所謂細かいところ, とき所謂外的リズムを高調, とき扁蒲畑に立ち, ときをひらいた, とき手すきとなった, とき手代の良助, とき手代頭であった嘉六, とき手伝いにつれ, とき手伝い婆さんが居間, とき手伝おうと言っ, とき手元のぼんやり, とき手切金と言, とき手前はすぐ, とき手品をやった, とき手塚がみな, とき手帳の紙, とき手桶をもっ, とき手水口を啓, とき手相見が, とき手習いをし, とき手荷物を悉皆, とき手術台の上, とき手袋をとっ, とき手許にその, とき手錠をはずし, とき手際の凄い, とき手頸のやけど, とき打ち折られた右手は, とき払いでもええ, とき払えばいい, とき托児所の庭, とき托鉢行脚に出, とき扱った人の, とき批評は生活派, とき批評家の軽, とき技術院総裁談としてわが国, とき抑えがたい怒り, とき抑えられた沈黙が, ときに, とき折りかえすように, とき折れた大根なども, とき折井刑事が私, とき折竹の顔色, とき抱いていた, とき抱きついてきた, とき押えて歩く, とき押しころしたような, とき押入の中, とき押勝の敵手, とき担当の年, とき拍子木の音, とき招壽軒主人またおばあさん, とき招寿軒主人またおばあさん, とき拝見したん, とき拝領の山風, とき拵えて行った, ときてりしもの, とき持ちよるのである, とき持仏堂の入口, とき指したのが, とき指揮をし, とき指揮者の森山, とき指摘されるべきいくつ, とき指示をうける, とき指紋さえあれ, とき按摩が笛, ときす脇差, ときいたの, とき振り向いてみた, とき振り向くとうしろ, とき振返ってお, とき捕まって後日, とき捕縛されるぢ, とき捕虜になった, とき捜査課のひと, とき捧げるのである, とき捨て台詞の, とき捨石に蹲い, とき掃き落したんでしょう, とき授けられた天書を, とき掛りの男, とき掛合いで左団次松蔦, とき掛金のかかった, とき掛額に書い, とき採決をやった, とき推理の力, とき掻き寄すれ, とき揉まれるように, とき換言すれば, ときつてゐた, とき握り飯を口, とき握合った女との, とき握手して, とき搬びこんで来たまま, とき州住吉の, とき撃ち取った羆を, とき撃つところは, とき撫院を迎, とき撮った写真が, とき撮影もし, とき撮影録音機のはいっ, とき操縦室の一同, とき操縦当番の千ちゃん山ノ井少年, とき操縦長が誰, とき擽ったく唇を, とき支店長は全く, とき支店長代理が叫んだ, とき支度ができました, とき支那人の書いた, とき支那団扇のまね, とき改まった心持で, とき改札へ渡す, とき放ちて吾ひとり, とき放射線の強, とき放送局の係り, とき政岑が, とき政府これを見, とき政枝は澄ん, とき政治や人間的理性, とき政治家の傍, とき政治家達はそんな, とき政職はこう, とき故人小勝は左, とき故国日本を想いだす, とき故郷水沢横町の山崎杢左衛門, とき敏感な若者連, ときひ玉, とき救い出されたのだ, とき救援が欲しかっ, とき敗者は悲しみ, とき教えていただいた, とき教えられたものでございます, とき教会でうたう, とき教員だと, とき教室でこの, とき教師盤上に記し, とき教法と考えられる, とき教育者になろう, とき敢えて心眼ある, とき敢行されて, とき散文の代り, とき敦子さんは足, とき敬二少年はドン助, とき敬業を同道, とき数えてみる, とき数え年の四歳, とき数個の破片, とき数学の自由性, とき数学上の意見, とき数学物理化学は丁, とき数歩先に一団, とき数理経済学は数理天文学, とき数百の顔, とき数通の手紙, とき整備兵たちはどんな, とき整列すると, とき敵機に乗っ, とき敵陣の前, とき敷居にこぼした, とき敷居際で江戸一番, とき敷石の上, とき數日前六日の晩, とき文化の問題, とき文化感覚の中, とき文士は堕落, とき文天祥の正気, とき文学報国会を脱退, とき文学精神の明る, とき文学芸者の小, とき文房堂でやはり, とき文楽が置酌ぎにしてくれたこちらの盃, とき文次は実に, とき文殊講をやり, とき文芸評論のところ, とき文藝春秋の新人号, とき文藝春秋社の, とき文部大臣をした, とき文部省関係者の間, とき斉大は家根, とき斉興がああ, とき料理人が這入, とき斥候の一人, ときは下りぬ, とき斬ってしまう, とき断じて人後に, とき断じてああいうもの, とき断って来た, とき断りとられた手綱, とき断崖の尽きた, とき断然八条流の, とき断頭場に用, とき断髪の女, とき斯く干渉する, とき新しき想ひ, とき新入生に喜屋武, とき新内流しの, とき新宿の大通り, とき新寺のお守り仏, とき新撰組は必死, とき新月なお西天, とき新聞取次店の亭主, とき新聞社から貰った, とき新進作家集としてその, ときが悪けれ, とき方向を見失い光り, とき方向探知器でその, とき方船は黒船, とき施餓鬼のため飯, とき旃毛を雪, とき旅券に記入, とき旅立ってから一年, とき旅籠の雇人たち, とき旅行して, とき旅順の戦, とき旅順口の攻撃, とき旗男は大事, とき旗章も太陽, とき既にもはや単に外国の, とき既往の権力, とき日光の柱, とき日吉が答えた, とき日向の延岡, とき日本プロレタリア作家同盟が書記長鹿地亘, とき日本人たちはこの, とき日本人イルマンの説教, とき日本文化の中, とき日本橋堀江の, とき日本潜水艦の追跡, とき日本画家の陥る, とき日本近海の海底, とき日進堂へ養子, とき日露の役, とき日食を予言, とき日食皆既に遭っ, とき旦那さまにご, とき旦那様の胸, とき塾の, とき旧藩中津で藩主, とき旧誼を思い起こし, とき早くから信長が, とき早稲田の人, とき早米の収穫, とき旭日初て明, とき昌幸は苦心, とき昌造ら購入の, とき明かなる感じは, とき明らさまに官兵衛, とき明るき空に, とき明子は寧ろ, とき明日の朝, とき明智先生といっしょ, とき明智方は彼方, とき明月の光, とき明治のよう, とき明治九年生れの兄, とき明治八年にボーニン島, とき明治四年以前の諸, とき明治大正昭和の御代, とき明治座の伊井君, とき明白になった, とき昔流の振り出し薬, とき星村薬局に使, とき映ったのは, とき映写されて, ときちゃんとしらべ, とき春さんは湯, とき春ちゃんが, とき春吉君は藤井先生, とき春木少年は胆, とき春江ちゃんの行っ, とき春海宗匠の口, とき春米側の谷, とき昭和合金の敷地, とき昭夫は生れ, とき是非立寄ると, ときになった, とき昼間行くの, とき時たまはこの, とき時刻は八日朝, とき時勢は如何, とき時子は発作, とき時期をひとしく, とき時節柄千人針の話, とき時限を報ずる, ときは白衣, とき普請奉行を勤め, とき普遍に對, とき晴れた日の, とき晴れだすのが, とき晴れわたつた空に, とき晴天だと, とき晶子はこの, ときを告げる, とき暁方の風情, ときさに, とき暑い午後の, とき暑くねえよう, ときく日, とき暗い寒い廊下に, とき暗がりの向う, とき暗やみのむこう, とき暗澹たる寂寥, とき暗示するよう, とき暫く妙に, とき暫らくはどちら, とき暮れなんとする, とき暮方ちかい曇天, とき暴れたあげく荷物の, とき暴漢がかけ上がり, とき暴行者はようやく, とき暴風雨は益々, とき曇った夜を通して, とき曖昧にし, とき曰く久しいかな, とき曲り道の, とき曲るときまた, とき書きものを, とき書きつけたのださう, とき書き直されるべきですね, とき書くことが, とき書庫の本, とき書記は, とき曹丕のうしろ, とき曹彰を迎え, とき曾我の家五郎十郎劇, とき曾根隆助がたん, とき曾祖母が一服, とき先に, とき最低限の形, とき最前から奇妙, とき最善と判断, とき最悪の点, とき最愛の女御弘徽殿, とき最近パラグアイから帰つた父, とき最近英米で素晴らしい, ときへ抵當, とき會社勤めをし, とき會見の第, とき月光をうけ, とき月経が起り, とき月給四十二円を貰った, とき有りもしない, とき有名な黒い, とき有島武郎や芥川龍之介, とき有徳の高僧, とき有用につかうでしょう, とき有頂天になった, とき有馬喜兵衛という新, ときをぬい, とき望みどほり, とき望月王仁氏殺害のとき, とき望遠鏡で東京タワー, とき朝倉は宗家, とき朝倉先生にきいた, とき朝日夕日にまっか, とき朝日新聞へ入社試験, とき朝日新聞社が撮影, とき朝貌はまだ, とき朝野は, とき期せずして凄まじい, とき朦朧とした, ときな月, とき朧ろながらも千鶴子, とき木の下の方, とき木下の母親, とき木下ハルミという美しい, とき木俣の身体, とき木場の甚, とき木山が預け, とき木戸のほう, とき木曜島に売り飛ばされる, とき木曜島近海の暗礁, とき木曾川渡しの前, とき木曾野も立ち上つた, とき木村名人が記録員, とき木村重吉が扉, とき木枕の夢, とき木霊はドキッと, とき未だ漸く六歳だ, とき未亡人のりりしい, とき未知の, とき未練がなく, とき未醒はその, とき末ッ子が辞退, とき末席の板縁, とき末延薩夫という男, とき末弟の名和, とき末森城の守将, とき末鑑といふ一巻, とき本国田野村字仮屋の虎斑竹, とき本土のカルカッタ, とき本多佐渡守は家康, とき本師キレイメンス十二世からヤアパンニア, とき本当に心から出すこと, とき本所におびただしい, とき本書の作品, とき本木を買う, とき本木姓を名, とき本木昌左衞門の養子, とき本格的な暴力団, とき本署から電話, とき本能的ないとわし, とき本船が魚雷, とき本質としては架空, とき本郷真砂町の伊沢, とき本間家へは船中, とき本隊から池上司令官, とき本願寺の大谷さん, とき札幌へ行っ, とき朱硯に袂, とき机博士は四馬剣尺, とき机竜之助, ときはこの, とき杉戸のそ, とき李恢は満身, とき李頤だけはまだ, とき杏斎先生は病家, とき杏齋先生は病家, とき材料のこと, とき材木屋のおじさん, とき村ソヴェトの大会, とき村内で大きい, とき村名主の妻, とき村境にで, とき村山喜兵衛が甲斐, とき村松さんの曰く, とき村瀬の手, とき村重は領民, とき村長さんも丁度, ときの威力, とき杜蔭に思いがけなく, とき条件をつけ給え, とき来たら泊っていらっしゃい, とき来ってわれら, とき来ればいい, とき来会者がざわめいた, とき来会者たちは聖壇, とき来合わせると石川, とき来年の四月, とき東光寺の壁, とき東太の茶ワン, とき東宝へ少女歌劇, とき東検島沖のチャイナ号, とき東洋人は自身, とき東海岸の航路, とき東照宮家康公侍臣にかたっ, とき東蔵がはいっ, とき東西洋人の入, ときの梢, とき松代から出た, とき松園氏の作品, とき松太がこんな, とき松夫はしばしば, とき松山は貴方, とき松崎の顔, とき松平伊豆守も言明, とき松平伊豆守信綱に招かれ, とき松平家の他, とき松平氏がお菓子, とき松平肥後守の手文庫, とき松年先生が, とき松本は千代子, とき松村は無造作, とき松村介石にむかっ, とき松枝さんはグッ, とき松次郎は大きな, とき松江は大きな, とき松茸の香味, とき松雪院が声, ときの上, とき板の間がめりめり, とき板戸が後方, ときをつけた, とき枕もとでしずか, とき枕二つと水さし, とき枕許をふりかえる, とき枕頭にそれ, とき林房雄がオレ, とき林檎を手, とき林檎酒に酔っぱらっ, とき林泉の孤独さ, とき林間からひょっくり, とき果さんとして果しえなかった, とき果してぱっと点灯した, とき果して全く新しい家庭, とき果せるかな殆ど目, とき果てしのない, とき果敢な人々, とき果然若衆の, とき果物がほしい, ときはその, とき枯れきったような, とき枯松葉にまみれた, とき柄本又七郎の槍, とき某さんの別荘, とき某氏に自ら身, とき柔和な顔, とき柔道をし, ときはミサ子, とき柳吉が襷がけ, とき柳田国男氏は, とき柴折戸に着物, とき柴田修理勝家はまったく, とき柴田外記が声, とき柵山南条という二等兵, ときをしゃぶっ, とき栃木県第三区, とき栄子さんに執拗, とき栄蔵のほん, とき栄養が不足, とき栖方は垂直, とき栗林氏に会った, とき校内で悲しい, とき校庭であそん, とき校長が, とき校長先生は四十歳, とき株主によって提唱, ときを束ねる, とき根っ子が低く, とき根底から変化, とき格別田鶴子を注意, とき格子戸の傍, とき格段に品くだ, とき栽培法をもくわしく, とき桂子は切実, とき桂林の帥, とき桃ちゃんもそろそろ, とき桃の節句びよりはそこはかとなく夕暮れだって春風柳水, とき桃水に相談, とき案の定あばたの, とき桐箱の紐, ときの枯枝, とき桑野はほつ, とき桔梗の方おんなみ, ときを買った, とき桟橋前の小料理屋, ときを下降, とき梁川は荘重, とき梅原の十號, とき梅朝のところ, とき梅野十伍は憎々し, とき梨花が扉, とき梶川が, とき棄てられて行く, ときの芽生, とき棟木に, とき森下トシ子ちゃんがなに, とき森山さんはいつも, とき森蘭丸はへ, とき棺桶屋に集った, とき植えさせた合歓木が, とき植ゑつけられたもの, とき検屍にやって来た, とき検査場の方, とき椿の花, とき楊博士はころ, とき楊貴妃が紅綿, とき楊阜は身, ときの影, とき楕円形がぱっと, とき楠木の手勢, とき楢夫がすばやく, とき楢夫がたうとう一つ, とき業病の苦しみ, とき業躰さんがぼく, とき極地の愛情, とき極東のどこ, とき楽師長はれい, とき楽毅は地, とき楽聖ハイドンはこの, とき楽隊が何, ときの花筒, ときの下, とき榕樹が五, とき榛名神社を参拝, とき槇子が蒼い, ときであるところ, とき標本を暖かい, とき模様を見, とき権力の側, とき横あいから前, とき横丁から走り出, とき横合いから演習, とき横尾の谷, とき横川氏の批評, とき横浜市内には火の手, とき横町から小川, とき横隔膜が週期的痙攣, とき横須賀に置いた, とき横顔がチラリ, とき樹木がいちどきに, とき樽ロケットは海中, ときをわたらない, ときを失わず, とき機械の片側調べ, とき機械場の方, とき機械工学の研究, とき機糸の枠, とき機銃のよう, とき機関の搗く, とき機関士は線路, とき機首をめぐらし, とき檜垣は何, ときの鉄棒, とき檻房で偶然太田, ときの上, とき欒書の塚, とき欠いて彫った, とき欠勤の断り, とき次々に雁, とき次に浪花節が, とき次の間でひくい, とき次兵衛一人を捕へる, とき次室には佐々, とき次男の着つけ, とき次男左京大夫には茶入, とき次第に上野が, とき次郎の愛撫, とき次郎右衛門の年歯, とき次郎左衛門は栄, とき次郎松がお, とき欣弥はあわただしく, とき欧州へ旅, とき欧米は日本, とき欲しいとき馬鹿らしい, ときちゃんと云, とき歌声を聞きつけた, とき歌子二十五存八四十二であったが, とき歌川先生が自殺, とき歓びは何, とき止まったタクシーの, とき止めてしまっ, とき正しい信仰を, とき正代はぷいと, とき正体もなかっ, とき正月は浜町, とき正氏はもう, とき正気を失っ, とき正面階段から船つき場, とき此処に居よ, とき此奴は兄さん, とき此湯にいる, とき此等のもの, とき此舟に載せられた, とき武力は実際, とき武士は踏みだした, とき武夫もお, とき武夫君はその後, とき武松はむく, とき武田信玄は太郎義信, とき武田四郎勝頼も動ぜぬ, とき武者の早い, とき武者隠しの襖, とき武藤は七, とき武麟がボス, とき歩かせられた堤という, とき歩きながらの沈黙, とき歩みを止めた, とき歩兵の密集部隊, とき歪んだ修羅と, とき歯ぎしりするよう, とき歯朶子はいった, とき歴史的社會的存在は無視, とき死なないのだろう, とき死なんとして死ぬ能わず, とき死にましたからなんにも, とき死に先立って天皇記, とき死に臨めるピラーモが, とき死んだら山の, とき死人の顔, とき死像のよう, とき死去し今, とき死因は亜砒酸中毒, とき死屍となる, とき死海の水, とき殆ど同時に私, とき殆どひとりでに改めてその華やか, とき殆ど昏睡状態の人, とき殉死した, とき殊に偉大なる, とき残っている, とき残光天を染め, とき残念でした, とき残虐きわまりなき, とき残額およびに, とき殘つた印象を纒め, とき殘酷なこと, とき殴らなければいつ, とき殺されかかったのだ, とき殺された労働者の, とき殺されるなら殺されたほうが, とき殺人犯人並びに皇帝誘拐犯人, とき殺気を和める, とき殿下より御, とき母さんがつとめ, とき母上は杖, とき母子ともに何ん, とき母屋のほう, とき母自身の口, とき母衣の者, ときにのこした, とき毎日の習慣通り封筒, とき毎日毎日地主に苦しめられ, とき毎日細君に花束, とき毎時避けるよう, とき毎晩同じ噺, とき比田のこと, ときの根, とき毛氈が足, とき毛皮を身, とき毛虫が蝶, とき毫端に泥, とき民みな武王の意, とき民主主義の方向, とき民主国の男女, とき民主的といい得ただろう, とき民族主義とは畢竟, とき民部の口, とき民間アカデミズムの擡頭, とき気づいたのだ, とき気まぐれから二三人, とき気付いたことを, とき気分をふりすてる, とき気早の拳固, とき気球は風, とき気紛れな口喧嘩, とき気違いじみたこと, とき水かさはまして, とき水ぎわへ寄っ, とき水中が急, とき水分の急激, とき水力発電するの, とき水口を通行, とき水戸は通信装置, とき水車の音, とき水辺のその, とき水道とガス, とき水道端で洗濯, とき水野越前は將軍, ときの下, とき氷ノ山や鉢伏山, とき氷塊を飛ばし, とき氷山の一角, とき永井はいくら, とき永年住みなれた画室, とき永田杢次は暖かい, とき永遠なるもの, ときだなどとは, とき汝我に注ぎ, とき汝白銀の, とき江川技師の並々, とき江戸定府とて古来江戸, とき江田源蔵広成, とき江雪斎も陪席, とき池田隊の使番二騎, とき池畔の叢, とき汲めども尽きぬ, とき決したといっ, とき決してこんなに女が, とき決つて泣くとか, とき沈みか, とき沙苑の空, とき没羽箭張清が頭, とき河そのものの石, とき河上徹太郎が何, とき河内さんへも半, とき河内介は鎧, とき河内介輝勝も則重, とき河原町でいっしょ, とき河本という小さな, とき河田が内, ときが水, とき油虫七匹ほどた, ときに入る, とき治安維持法の脅威, とき治郎はどこ, ときの上, とき沼津のこと, とき沼間の一族, とき泉子に, ときをすて, とき法印坊主しつッ, とき法外先生が言った, とき法学博士の学位, とき法水は自分, とき法然ならびにその, とき法華宗側は答弁, とき泡鳴氏はこう, とき波止場で船, とき泣かずにがまん, とき泣かない自分の, とき泣き出したがここ, とき泣くなんざあてめえが, とき泣寝入りするの, ときにまじった, とき泥土層や卑濕, とき注進があった, ときが光った, とき泰亮がたずねた, とき洋上を飛翔, とき洋服だんす, とき洋装のハイカラ美人, とき洋館の屋根, とき洗いもの一緒にやる, とき洛陽の狂畫人, ときの外, とき洞庭を過ぎた, とき洞門のなか, ときをきたない, とき津島は彼女, とき津田の傍, とき津軽海峡はおそらく, とき活動する女, とき活字や手鑄込式, とき活氣がなく, とき活躍したゴーリキイ, とき派遣の委員長, とき流れあっている, とき流れ星がひとつ, とき流弾にあたって戦死, とき流感にかかり, とき流星のごとく, とき流行の時疫, ときが四枚, とき浅い防空壕の, とき浅井に話しかけた, とき浅吉とお, とき浅草寺で佐八, とき浅草観音の五重の塔, とき浅間山のバクハツ瞬間, とき浙江の潮, とき浜崎君が突然, とき浜辺のほう, とき浜離宮へはすでに, とき浦中は五点, とき浦賀に碇泊, とき浦賀奉行がだした, ときがおこっ, とき浮き上らせてしまった, とき浮き彫はどういう, とき浮子の代わり, とき浴客ははじめて, とき浴室のドア, とき浴槽の入り口, とき海一面があわだち, とき海上光りわ, とき海中の州, とき海嘯のよう, とき海城さんは毎日八時半, とき海岸で犬, とき海岸通りには人影ひとつ, とき海底に異常, とき海浜を往来, とき海老団治と今, とき海老塚医師が背, とき海老屋の番頭, とき海蔵さんは年, とき海軍長官宛に上申書, とき海道筋に旅, とき海風が酔ひ, とき海鳥のアジサシ, とき浸している, とき消えてしまいました, とき消してしまった, とき涌谷では地境, とき涌谷領の者, とき涙ぐまずにいられません, とき涙ぐまれるほどありがたかっ, とき涙ぐんでゐました, とき涙腺から液体, とき涼しい風が, とき淇園は大, とき淋しい自己嫌悪を, とき淡いもや, とき淡谷さんは時計塔, とき淡谷君は三十分, とき淡路へ行, とき密の, とき深井は優しい, とき深刻な矛盾, とき深夜の客, とき深山の生活状態, とき深川茶漬といっ, ときのまん中, とき混雑した荷物, ときは大きな, とき清くわらひける, とき清一という, とき清三はそこ, とき清水をのん, とき清澄山を下っ, とき清純な恋, とき清造は張り, とき渓流の藪, とき渠等も亦, とき渡舟を待つ, とき渡航中船の中, とき温いセメントを, とき温泉に比べれ, ときがどこ, とき湖畔につり糸, とき湛えられている, とき湛山の役所風, とき湾内の者, とき湿りたる岩根を, ときして, とき満州あたりの移民, とき満潮に呑まれる, とき溌剌とし, とき源三郎は座敷, とき源兵衛はそれ, とき源助なる者, とき源十郎は大刀, とき源次郎はそう, とき源氏の旗色, とき門跡の, とき準之助氏は新子, とき準備して, とき溜っていた, とき溺れて死んだ, とき溺死者が両手, とき滄洲翁が息子, とき滋養に濃い, とき滑稽では, ときのひびき, とき滲み出る涙が, とき漁師町へやってきた, とき漏らしたというくま, とき演壇下の議席, とき演奏された, とき演芸中の太夫, とき演説者は, とき漢人に興味, とき漢学に全力, とき漢少年を自分, とき漢廷官人の不心得, とき漫才屋さん方に時, とき漱石は, とき潜望鏡はだんだん, とき潮汲み女のそば, とき潮騒のよう, とき澄み切った大空や, とき澄み渡った青空の, とき澄んだ朝の, ときの海, とき激しい憤りを, とき激昂のあまり, とき激浪の中, とき濃き雲の, とき濃紺の水玉, とき濠端を四五人, とき濡れていたで, とき濡れ鼠になった, とき濡縁のところ, とき瀕死の耳, とき瀬川雅夫は幾たびカチャーロフ, とき瀬戸でこし, とき火傷かほう, とき火星人の群, とき火星人たちは何, とき火気を呼んだ, とき火消装束いかめしく立ち, とき火災保険の外交員, とき火花のよう, ときの明るい, とき灰燼になっ, とき灰皿の上, ときのよう, とき炭層の表面, とき炭酸泉の温浴, とき点灯の数, とき烈しく片頬, とき烈火の中, とき烏賊の墨, ときの舞, とききつくよう, とき焚火の不, とき無事にお, とき無傷を保ち得, とき無効になった, とき無性に寺島捨吉が, とき無愛想に訊ねた, とき無慙にも解体, とき無視すること, とき無言の奈落, とき無闇に麦酒, とき無限の悲し, とき無電配電盤にぱっぱっと, とき無頓着な石, とき焼いてしまった, とき焼けて跡かた, とき焼けのこった文殊閣に, とき煉瓦の下, とき煌々と輝く, ときの間, とき煙幕を張る, とき煙突の傍ら, とき煙草屋の親父, とき煙草盆を写生, とき煙霧は風, とき照子は如才, とき煩さいと, とき熊吉はそこ, とき熊肉のすき焼き, とき熱中して, とき熱気上出すいわゆる, とき熱烈なる拍手喝采, とき燃えていた, とき燃える空と, ときけてし, とき燒跡にトタン, とき燭台の芯, とき爆弾の音, とき爆発したもの, とき爲政者が從來支那, とき父下人を召, とき父俊成は四十九歳, とき父子の間, とき父平素にたがわず, とき父政宗が死んだ, とき父男爵が世, とき父関羽の手, ときやがちょっとした, とき片手で提げる, とき片隅から小さな, とき版画をやる, とき牛丸平太郎のお父さん, とき牛頓祭という理科大学学生年中行事, とき牡丹の崩れ落ちる, とき牧場と僕, とき牧子はやつれ, とき牧野因幡守は鉄淵, とき物事が意, とき物理学教室の入口, とき物蔭で立ち聞き, とき物見山のとりで, とき物音が耳, とき物音人声跫音のやかまし, とき特別にありがたい, とき特殊飲食店を開い, とき特設の通路内, とき犠牲者は出さない, とき犬塚が云った, とき状態はどの, とき狂人のよう, とき狂犬の毒, ときの子, とき狙われはじめたことが, とき狡猾をやる, とき狩人広場から消え, とき狩犬の, とき独りでそう, とき独り声を放っ, とき独唱者の手, とき独楽のよう, とき独立な完全, とき独逸人の教師, とき猛火はもう, ときのつ, とき猟人の胸, とき猟兵ようようわが左翼, とき猟師の犬, とき猪子兵介が道三, とき猫イラズをのん, ときに似た, とき猿廻しの背中, とき獄内で立候補, とき獄死した共産主義者たち, とき獄舎の窓, とき獣使いがもはや, とき獨立な完全, とき玄以斎どのへ御, とき玄白は自分自身, とき玄蕃允もまた, とき玄関先に突立つて, とき玉井が居りゃ, とき玉井金五郎とかいう変, とき玉宝堂の事件, とき玉屋の主人, とき玉村さんが箱, とき玉汗は飯, とき玉霰飛び綿花, とき王オロデスその首級, とき王仁の屍体, とき王仁さんはもう, とき王仁三郎は現代, とき王國維がその, とき王女のひたい, とき王婆の息子, とき王子はあらためて, とき王子たちは林, とき王宮の新年, とき王政は非現, とき王様とお, とき王莽が, とき玻璃も真黒, とき珍しい低気圧, とき珍しく人形芝居がか, とき現れなければ私, とき現代文学がめぐりあう, とき現代日本語の音律上, とき現前に転, とき現在大人として日々, とき現役文壇人の誰, とき現象的にみれ, とき現金を多く, とき現金勘定の貸方, とき理解できた, とき理論的な大, とき瓦斯のマントル, とき瓦斯通路を歩かされ, ときの台, とき甘木の祇園, とき甘美に耳, とき甚だ貧窮であっ, とき甚内はまだ, とき生々しい足跡が, とき生ずる例の, とき生まれた女の子に, とき生みの母, とき生れた兎の, とき生別れした父, とき生島屋の店先, とき生徒一同は万歳, とき生来のんき者の, とき生母に悲しい, とき生活力が少し, とき生涯向上する情熱, とき生物学者たちはついに, とき生理学総論の講義, とき生理學的に若しくは, とき生産を拡張, とき生絹は笛, とき生蕃は青い, とき生駒の滝の前, とき産んだ高時, とき産着の一枚, ときの仁坊, とき用いたニスや, とき用いたる竹は, とき用人の伊吹大作, とき用心したまえ, とき用意の火消装束, とき田中派と木村派, とき田中耕太郎は罷めさせられた, とき田代と, とき田口巡査が入っ, とき田口警官が廊下, とき田沢は云つた, とき田辺侯爵は資生堂, とき田部氏が僕, とき田間に石地蔵, とき由也は茶の間, とき由兵衛はいちいち, とき由吉と千鶴子, とき由縁も江戸, とき甲州の姉, とき甲斐宗輔は五歳, とき甲斐絹のごく, とき甲比丹ブルックに再会, とき申し合わせて今夜くじ引き, とき男たちは手ばやく, とき男らしくでは, とき男主人がなんとなく, とき男女はなか, とき男山はあ, とき男性が女性, とき男湯へ入りかけ, とき男社員はさすが, とき町はずれに流れ, とき画家にとって道づれ, とき画面がパッ, とき界隈の様子, とき畏くも護良親王, ときはふと, とき畑柳夫人に化け, とき留吉は足許, とき留守番にかえっ, とき留置場から自動車, とき畢竟地方分権に, ときでお, とき番傘を真直, とき番兵は向う側, とき番台の男, とき番頭兼用人に進ん, とき畫工の手, とき異常な光, とき異色のある, ときに坐った, とき畳んだハンカチーフを, とき畳一畳ほどの巨大, とき當時在世中であつ, とき當時着のみ着, とき疑いもなく, とき疱瘡をし, とき疲れて草生, とき疲れきって物, とき疲労も何, とき疾く救護の, とき疾翔大力爾迦夷波羅夷, とき病室の光景, とき病死しましたので, とき病歿した, とき病状を聞く, とき病間では医者, とき痛くないという, とき痛感して, とき痩せたる小男の, とき痺れ藥をのまされた, とき療治の費用, とき発明した紡績機械, とき発止と打ちおろされた, とき発煙硝酸のよう, とき発行元であった日本プロレタリア文化連盟, とき発表された遺書, とき発言した, とき発足の時刻, とき登っている, とき登った谷等は, とき登れる星は, とき登場するらしい, とき白い太い長いものが, とき白丁から一合くら, とき白刃の下, とき白扇で涼風, とき白星を啣め, とき白木がふと, とき白樺の木の蔭, とき白河口のたたかい, とき白煙のよう, とき白熱した想像, とき白猪に逢い, とき白糸は徐かに面, とき白衣の人々, とき白軍が装甲列車, とき白鞘の刀, とき白鳥が頭, とき百余の門弟, とき百合の花, とき百姓どもはぎょっと, とき百姓家の離れ, とき百尺竿頭に上りつめた, とき百枚だしても, とき皆さまがフシギ, とき皆さんにキット奥様, とき皇太子を選ん, とき皇女に従った, とき皇子がやってこられる, とき皇子さまを負, とき皇子側には智尊, とき皇帝曹丕は, ときもむかぬ, とき皮一重はアルコール, とき皮肉屋になる, とき盃盤を狼藉, とき益々水嵩が, とき盗みだして型, とき盗み出してこの, とき盗んで売った, とき盗賊の入り来たった, とき監獄と云, とき監督が入っ, とき監禁室の扉, とき監視部から電話, ときに向っ, とき目の下の校舎, とき目印の揺曳, とき目撃した實際, とき目方を計る, とき目標となった, とき目礼したまま, とき盲腸のとき, とき觀の, とき直ちにこれぞ真の, とき直接信長から彼, とき直接現実の摩擦, とき直次が動けなかった, とき直義へみせた, とき相変わらずの真っ赤, とき相川の青年二, とき相川良之介は両方, とき相撲選手の桂君, とき相方とも健康, とき相談したと, とき相馬の合戦, ときの霊, とき看る人は, とき看守長の為, とき看客のうけ, とき看病夫が, とき看護婦たちがヘーイ少佐, とき真中のすけた, とき真名古は皇帝, とき真実はその, とき真実申し分のない, とき真理王国建設の情熱, とき真白い月が, とき真面目な勤労者, とき真面目くさって, とき真顔になっ, とき真黒な服装, とき元朗, とき眠ったって寝られる, とき眠りに就い, とき眠れぬままに, ときゆき眼, ときをこらし, とき眺めたならばそこ, とき着かえた観世水の, とき着きましたのでみんな, とき着せられて来た, とき着たカキ色の, とき着物類を入れ, とき着用した品, とき着衣をぬぎ, とき着陸の際, とき睡魔が損, とき睾丸炎を患った, とき瞬間絶望的なもの, とき矢代さんが何時, とき矢代君妙なこと, とき矢口が訪客, とき矢崎舎人が的場, とき矢張り義枝を差し置い, とき知つてゐる貴女, とき知らしてやろう, とき知らず知らずそうなっ, とき知らせてくれ, とき知らなかった一つの, とき知らぬ女が, とき知り合いとなった, とき知人がもたせ, とき知合の家, とき知合いになった, とき知識階級の人, とき短い冬の, とき短くかわされて, とき短距離の選手, とき石倉の身体, とき石垣山の頂上, とき石川数正がふと, とき石川淳が見舞い, とき石敷の上, とき石津というこの, とき石狩川に落ちた, とき石田は, とき石田三成は島左近, とき石田屋の人, とき石秀を知り, とき石膏の柱, とき石蒜が外来植物, とき石谷さんのその, とき石造りに改められ, ときの上, とき砂場嘉訓は山陰, とき砂山ができた, とき砂町小学校から七人三中, とき砂糖はまだ, とき研究を継続, とき砕けた小さな破片, とき砲身に孔, とき破ったのじゃ, とき破られた従来の, とき破壊を考えず, とき破局を救う, とき破損したの, とき破牢したまま, とき破産した重吉, とき破門された人間, とき破顔微笑した摩訶迦葉, とき硫酸を造ろう, とき硯友社のまだ, とき碁会所の連中, ときが蒼白, とき碑壇か何処, とき碓氷峠の陣中, ときに山, とき確認したの, とき磁石の方角, とき磁針をお, とき磯子自身ですら, とき磯崎から紹介, とき磯鵯のこ, とき社会は永続的, とき社会主義的リアリズムの課題, とき社会意識にめざめた, とき社会的批判に堪へなけれ, とき社員の感情, とき社會は突如, ときのため, とき祈った聖ジェロニモの, とき祐吉は小鳥, とき祖母ちゃんはわかった, とき祖母様三日も四日, ときに貰つた品々, とき祝すべきではない, とき祝賀の白島, とき神代直人じゃと隊長, とき神官が多勢, とき神尾はまた, とき神山進一君から箱, とき神戸の時計店, とき神月からいくらか, とき神様から, とき神武天皇が野遊び, とき神父の着, とき神田署の特高刑事, とき神童は演奏, とき神経質に窓, とき神識出入す傍人, とき祭壇に上っ, とき祭礼やなんぞで, ときをあと, ときの心, とき禅家の作法, とき福之助は皆んな, とき福井屋の二階, とき福田とれんあい, とき福田くんは焼酎, とき福田徳三とか高野岩三郎, とき福田恆存と三枝博音両氏, とき禿頭の清次郎, とき秀吉様がその, とき秀哉名人が封じ手, とき秀家はまだ, とき秀次は熱海, とき秀治たちは露骨, とき私すなはち, とき私それはそう, とき私たち一家で, とき私たち一行のうち, とき私たち人民は自ら, とき私たち内地の日本人, とき私ども全国大衆党の立候補者, とき私はずうっと, とき私方に来, とき私自身不覚にも眼, とき秋夜燈火の下, とき秋夫がお母さん手ブラ, とき秋子さんの表情, とき秋山家で一夏, とき秋田のどこ, とき秋田さんが来, とき科学の真理, とき科学そのものの描写, とき科学小説が一段と, とき科学小説時代の約束, とき科学性に堪えぬ, とき科学者は貧しく苦しく, とき秘めやかな甘美, とき秘密に話, とき秘書の今井, とき秘蔵して, とき秦州の塞上, とき秦越の客ここ, とき秩序をもっ, とき称念寺の黄楊垣, とき移動はもっ, とき程遠からぬところ, とき離れて, とき種々さまざまの, とき種則先生こう答えた, とき種痘したぎりで, とき稲子さんはさあ, とき稲茎は見ゆ, とき稻莖は見ゆ, とき稽古通詞となつ, ときにあ, とき穂積のところ, とき積み込んだ四つの, とき積荷も底荷, とき穏やかな口調, ときにあ, とき穴だらけになっちまいやしないだろう, とき究極は個人主義, とき空中魚雷を抱きたる, とき空手でボンヤリ, とき空気とすれ合っ, とき空気服が役に立たない, とき空気銃を持った, とき空洞煉瓦一枚張りの壁, とき空白だったら, とき空襲のサイレン, とき空鳴りのよう, とき穿いていた, とき突き当りそうな, とき突嗟に, とき突如バラバラと三つ四つ, とき突撃隊の連中, とき突然あたかも鎌にて, とき突然ばったりマルグリットが, とき突然ぺったりと何, とき突然ほとんど唐突に, とき突然まるで掛矢の, とき突然もう学校は, とき突返した自分, とき突飛な考え, とき窪川稲子は雑誌, とき立ちどまってだれ, とき立ち上つて外套を, とき立ち会った木村検事に, とき立ったのは, とき立つ場所へ, とき立てつけの, とき立てきった障子の, とき立てるとき, とき立て込んだ寄席の, とき立会ったのが, とき立会人にえらばれ, とき立直ればよかつ, とき立腹したのみ, とき章武元年の秋八月, とき童二如が自分, とき童女の叡智, とき童謡となる, とき竪坑の天井, ときなくも, とき竹本津太夫に見こまれ, とき竹村は和服, とき竹林の七賢人, とき竹沢村の彌, とき竹童腰なる名刀がわり, とき竹越の, とき笑ってたんだ, とき笠原にこの, とき笠原さんは捜査本部, とき笠森仙太郎と丹波丹六, とき筆者逸見氏は自分, ときがぐらり, とき筑摩川の橋, ときの中, ときへにこまつた, とき答えたがいつも, ときを抱え, ときの中, とき算博士算生をおい, とき管絃楽の下稽古, とき管輅に卜, とき箪笥でも作ろう, ときを放つ, ときくれ立った手, ときは白居易, とき築地小劇場の連中, とき築山奉盈, とき簾戸があい, ときがなく, ときと味噌, とき米何石何斗と書く, とき米友さんがいい, とき米問屋の家, とき米子が, とき米沢藩だの久留米藩, とき粂吉は心もち急ぎ足, とき粉砕したこの, ときとして心, とき粤東の地方, とき精神異常者は規則正しい, とき精神病院の塔, とき糸瓜仕立胡粉塗の象, とき紀伊は, とき紀州侯を備後町, とき紀州那智に籠っ, とき八〇カロリーを, とき約束したそう, とき紅い山火事を, とき紅子はいつの間に, とき紅琴の凛然, とき紋次郎君が猫柳, とき納屋へかけこん, とき納得しないわけ, とき納所が茶, とき紐帯を断たれ, とき紐育の某, とき純忠は大村, とき純白な乳, とき紙上に八篇, とき紙代と刷賃, とき紙入の内容, とき紙型をやき, とき紙屑を買, とき紙幣贋造団が検挙, とき級長の号令, とき紛失した小, とき素人目にも如何にも, とき素六の身体, とき素地との磁力関係, とき素足で砂, とき素迅くつぎ, とき索敵戦隊の勇士たち, とき紫外線顕微鏡でこの同じ, とき紹介状をくれた, とき紹介者が会社, とき紹印蔵主という者, ときのいろ, とき紺屋の誰か, とき紺色の幕, とき紺野老人はかけ, とき組んでゐる, とき組合さはまるいう, とき経広が御前, とき経済上の理由, とき経済上自力でやっ, とき経済学は純粋, とき経済状態は行き詰まっ, とき経済的である, とき経験すること, とき結婚記念にあの, とき結局君は最も, とき結末の所, とき結社の内部, ときへ, とき絵画がピカソ, とき絵馬堂のかげ, とき絶対的の孤独, ときのショール, とき絹子の打ちとけ, とき絹糸のよう, とき經學が昌明, とき維也納から来た, とき維摩が文殊, ときが千, とき綺羅を飾った, とき綾子が不意, とき綾衣も襖, とき緊張の絶頂, とき総ては解決, とき総代の一人, とき総督榎本氏より部下, ときの高級車, とき緑川博士はすい, とき緑鬼たちは窓, とき締切までに五日間, ときりと, とき練吉の顔, とき練紅梅の鉢巻, とき練習場で遊ん, とき縁さきにかけた, とき縁側を静, とき縁組をする, とき縫子は, とき繁夫はやつ, とき繁治さんは手, とき繋いであった, とき業仲間で, とき織田夫人が二時間, とき繰返し申しましたが, ときに生き返りたる, とき罪科の申渡し, とき置いてき, とき罰金はとられた, ときの玄関, とき署内では大急ぎ, とき罵詈それ自身は別に, とき罷めさせてもらふ, とき飼いはいった, とき羊犬が迷った, とき美しさは, とき美しい淋しい情景を, とき美しくあるとき, とき美人茶屋のグランド, とき美和子は姉, とき美女はわずか, とき美姫は百六十何名, とき美少年の明眸, とき美枝子の視線, とき美濃部などは何, とき美術室の前, とき義兄が申す, とき義勇飛行将校を志願, とき義夫は目, とき義平太はあたり, とき義政がよろこび, とき義理の父, とき義経は都, とき義貞がそれ, とき義貞自身はまた, とき羽柴の荒旗本, とき羽織半身分せしめられて, とき翌日の本, とき習った国語の, とき習慣的に蛾, とき翕如たり, とき老いぼれのガンパウダー, とき老中松平左近将監の茶会, とき老婆の衣類, とき老師は懇篤, とき老父の道平, とき老練な田楽法師, とき老臣誓詞のとき, とき考える事の, とき考えればいい, とき考へる人の, ときと争い, ときり兼ねたよう, とき耕助はまた, とき耳もとへ送られ, とき耳官はその, とき耶馬台の軍, ときずかし, とき讀した, とき聖なる碾石た, とき聖マイケルはみなぎる, とき聖ルカに入院, とき聖像の前, とき聖堂の石段, とき聖壇が設けられた, とき聖女ブリジツトの来る, とき聖水盤の血, とき聖者の身体, とき聖路加病院の十時, とき聚楽のお, とき聞いたおぼえが私, とき聞いた呻き声は, とき聞きしところと, とき聞き得ただけのこと, とき聞き得るものは, とき聯合組は今, とき聴き手自身が, とき聴力の遠く, とき聴覚の最もよく, ときにはなれ, とき職人たちは借家人, とき職人らが金槌, とき職人風情で何十両, とき職場の選びかたをてあたりばったりした方, とき職安の前, とき肉体的にまたは, とき肖像画の依頼者, とき肥つた男は声, とき肩身が狭い, ときを枕, とき育つものを, ときを病つて夭折, とき肺炎にかかった, ときの下, とき胆汁を吐きました, とき背ろ幕が落ち, とき背筋を走りぬけた, とき背面の扉, とき背骨をごく, とき胡坐になり, とき胴体も首, とき胸板のところ, とき胸甲兵らは石, とき胸腔と腹腔, ときやポキリ, ときのほう, とき脇玄関の方, とき脇腹の古い, とき脈管内に湧きたつ, とき脚気を患った, とき脱ぎすてたらしい紅絹うら, とき脱ぎ捨て給いし真白な, とき脱げた下駄を, とき脱せる歟, とき脳膜炎をわずらった, とき脳裏に電光, とき腕組みをし, とき腰元は手の甲, とき腰板を後, とき腰骨をいや, ときをひっぱっ, とき腸カタルで三人, とき腹痛が起り, とき腹話術を見た, とき腹部の異状, とき膿盆をささげ, とき臆病な伸子, とき臆病風を吹かした, ときと称する, とき臨時放送がはじまった, とき臨検隊の一同, とき臨検隊長岸少尉は舷側, ときから振作, とき自らそれをつかみ, とき自らひそかに恃, とき自ら口移しに夫人, とき自ら振作するの, とき自ら皇室を警衛, とき自ら絶ゆるの, とき自分たち母娘はこの, とき自分一人は決して, とき自分達は偉大, とき自分非常に心, とき自動的に身長, とき自国のこと, とき自家の礎, とき自己以上の境, とき自己内面の本然的要求, とき自暴になっ, とき自然そのものが形成的, とき自然それを池, とき自然主義的な筆端, とき自然科学がケプラー, とき自然間の, とき自由平等の法律, とき自身たちの文学的要素, とき自転車に乗, とき自転車屋が潰れ, とき臼井吉見氏が文芸時評, とき興安嶺は深し, ときの使, とき舖石の凸凹, ときはこばん, とき舞了つて濱主の奏し奉つた, とき舞台横の小高い, とき舞台装置にこりすぎる, とき舞台裏で例, とき舟中にあり, ときのそ, とき舷側を猿, とき船乗りだったから, とき船内にはあちこち, とき船客がひとり, とき船岡どのは私, とき船此洲に膠, とき船長室の電灯, とき船頭たちは船, とき艇体に微震, とき艇内の高, とき艇長はなぜ, ときの沈む, とき艦橋当直下士官が叫んだ, とき艦長は叫んだ, とき良い所と, とき良く手に, とき良寛様の書, とき良質の空気, とき色々で然し, とき色人とは如何なる, とき芝居を終, とき花井は捜査本部, とき花圃が大変, とき花園池で親たち, とき花売娘のよう, とき花嫁すがた, とき花子は二十, とき花崎さんの広い, とき花房が明日, とき花栄呼延灼などの弓組, とき花田の現在, とき花魁を籠, とき芳太郎は夜, とき芳男の姿, とき芸者を遠い, とき芸術上の批評, とき芸術家が出る, とき芸術家たちは其, とき芸術派の陣営, とき若くは他, とき若しくは鑑賞家が, とき若しも二人が, とき若し忽然として, とき若宮八幡宮の社前, とき若干の皮肉, とき若者がいいました, とき若者たちは艀, とき苦しいとき癪に, とき苦しまぎれに寂し, とき苦し紛れに案内, とき苦労でかしこく, とき苦戦に陥っ, ときの公使, とき英信の顔, とき英国人は箸, とき英国商船にも新しい, とき英国海軍に力, とき英国王は彼, とき英訳で読んだ, とき茂みの中, とき茂作は用意, ときの息子, とき茶だんすにつかまっ, とき茶屋の女将, とき茶絹のシャツ, とき草の根をわけ, とき草鞋がたわいなく, とき荒らくれた水夫, とき荒仕事ばかりし, とき荒波とたたかっ, とき荒涼たる自然に, とき荷もつは動かしましょう, とき荷物の中, とき荷車ひきは街道ばた, とき荷部屋へ入っ, ときは茶色, とき菅原といふ駿介, とき菅太中の養子, とき菅氏の答えた, ときを贈っ, とき菊世界という巻莨一袋, とき菊之丞が語り出した, とき菊次さんは左足, とき菊池さんが, とき菊石面になった, とき菟田首という人, とき菩提寺もない, とき華奢ですらり, とき菱本市之丞, とき菱苅はふしぎ, とき萩野三好飯田小島真水そが千住その他, とき落ちかかるマロニエの, とき落ちつきがない, とき落ちやしまいか落ちたら, とき落日の明る, とき落穴の壁, とき落第したわ, とき落胆して, とき落選したの, とき葉書を手, とき葉鶏頭の鮮, とき著書の端, とき著者にほぼ, とき著者福沢諭吉は一年十万, とき葛巻義敏と喧嘩, とき葛木は十八, とき葬具屋から棺桶, とき葬式へ行ったら, とき葭子張りの便所, とき蒔いたのが, とき蒔田は一人, とき蒙った最後の, とき蒲原魚則が突然, とき蒸気船にびっくり, とき蒼き海と, とき蒼ざめて学友に言, とき蒼桐の影, とき蒼白にかわった, とき蒼白い顔を, とき蒼茫の日なか, とき蓬髪花顔のこの, とき蔦代のいなかった, とき蔬菜の画, とき蕃族の青年, とき薄暗りの, とき薄皮の青白い, とき薄目をあいた, とき薄闇の中, とき薙刀の一本, とき薪小屋の中, ときの君, ときのため, とき薬味に用いる, とき薬師信仰は全, とき薬用石鹸を使っ, とき藤井が戻っ, とき藤井先生は机間巡視, とき藤井又右衛門が, とき藤原信頼や惟方等, とき藤吉にも縁談, とき藤尾と並び, とき藤崎さんは彰義隊, とき藤沢内蔵助は石川, とき藤田東湖と交わっ, ときの大金, とき藩侯夫人の女, とき藩吏千葉勘左衞門名主善兵衞大年寺住職龍門の三名, とき蘭医から教えられた, とき之介, とき虎之助はその, とき虎井博士が一歩, とき虎狩りに出かけ, とき虚偽が潜ん, とき虚空と大地, ときの円形, とき虹ヶ浜にまわりました, ときのよう, とき蛭氏は自分, とき蜂矢は怪しい, とき蜂矢十六は舞台, とき蜂葉はもう, とき蜂雀はまた, とき蜜柑を持っ, とき蜻蛉返りをし, ときでもたくさん, とき蝦夷開拓論をした, ときはかう, とき蟇口持って, とき蟹江四郎の顔, とき蠅男は新聞紙, ときは流さなかつた, とき血刀を提げた, とき血圧が高まり, とき血気の朋輩, とき血液内に待受け, とき血眼になっ, とき血管を切断, とき衆口おのずから一致, とき衆議院と参議院, ときをともに, とき行うところの, とき行かなかつたらいつまた行ける, とき行きたくないとひと言, とき行き着いた丘の, とき行われ一方が, とき行われた選挙で, とき行潦なが, とき行燈は消え, とき衒学的な中性女, とき街路で球, とき街頭募金の白衣, ときの藍, とき衣服を洋服屋, とき表向媒妁の, とき表方の武者, とき表札を探した, とき表現的なもの, とき表通りの方, とき衰弱の激しかっ, とき袁世凱が来, とき袁祁王は歌, とき袁紹のため, とき袋帯をほどき, ときを引い, とき袖垣をまわっ, とき被告席から涕泣, とき被害者がお湯, とき袴羽織でわざわざ, とき裁判官に近寄っ, とき裁判長は被告等, とき裂かれていた, とき装飾的になつ, とき裏口の戸, とき裏戸のがたがた, とき裏手からまた, とき裏木戸のほう, とき裏街道で悪銭, とき裏門を押し破っ, ときりが, とき補足されなければ, とき製作室の扉, とき製造せられた量, とき裾模様を着, とき褒めてやっ, とき襟足を剃れ, とき襲ってくる, とき西インドから帰っ, とき西北のほう, とき西尾書記長の後, とき西役所内にあ, とき西暦を用, とき西洋館の屋根, とき西涼の兵, とき西瓜を落し, とき西谷はまだ, とき西門南門から営中, とき垣の, とき要之助が藤次郎, とき要塞の上, とき要求される側, とき見えなくなつて, とき見えるのは, とき見え隠れにその, とき見かけだけに頼っ, とき見かけたので拙者, とき見すましていた, とき見せないでそっと, とき見せなかったポケットが, とき見せれば, とき見たらほんの毛, とき見たら巻き上っていた, とき見たら隣りの家, とき見た着ている, とき見ましたが発音, とき見出す私の, とき見合わした綾子の, とき見守っていた, とき見物の人々, とき見物せきにおそろしい, とき見物たちの耳, とき見物人はどっと, とき見物席に波, とき見落すことの, とき見覚えのある, とき見覚えた通りに, とき見馴れききなれている, とき視界に誰一人, とき視線が打, とき視覚作用は絶えず, とき視野の狭, とき覚られていた, とき覚寿と梅王, とき親しい応酬を, とき親たちの扶養, とき親もとへ着, とき親分が引受け, とき親友の夕霧, とき親四子をつれあそぶ, とき親家はもし, とき親父が上, とき親爺の頬, とき親王の寵臣某, とき親衛指揮官が役目, とき親類の言う, とき親類方に集ま, とき親鸞はそれ, とき観たという光景, とき観客席の伸子, とき観念しました, とき観戦記者として対局, とき観覧席の一隅, とき観賞者にとつて, とき觀棚より舞臺, ときのせんたく, とき解らなかったがたぶん, とき解剖医は屍体, とき解纜を知らせる, とき触って見る, とき触れる相当つよく, とき触角をぴくぴく, とき言いかわすまで杉弥どの, とき言いだすような, とき言いようのない, とき言い渡したがお市の方, とき言い知れぬ懐しさ, とき言う言葉だ, とき言っていた, とき言ってたよ, とき言わなくともよい, とき訂正した箇所, とき計器盤や無線装置, とき計理士が代り, とき訊いたら元気の, とき訓辭した校長, とき記代子さんも戻っ, とき記号は物的, とき記念のため, とき記念品としてまき上げられ, とき記念日のわけ, とき記憶の底, とき記録員の顔ぢ, とき記録文学実録文学の調子, ときかしや, とき訣れの言葉, とき訣別の宴, ときへよ蜜蜂, とき訪ねて来た, とき訪れる人の, とき許可なくして, ときが判る, ときてもらった, とき註文されたの, とき証人になっ, とき証拠の品, とき証明しました, とき評者はこれ, とき試しに和名, とき試写室でフェデ, とき試験官がやって来, とき詩的な小説, とき詮方なくお, とき詰問したのに, とき詰所の硝子窓, とき話したい衝動が, とき話しといた方が, とき話そうとして忘れ, とき話半分の三十万円, とき詳細に亘る能わざりし, とき誅奸のとき, とき認められたこれらの, とき認め得たりし, とき認識もまた, とき認識論を意味, ときれぬ, とき誘ってね, とき語らんと思へる, とき語りながら, とき語り合った二人の, とき語学の教師, とき語気にちら, とき説教節の爺さん, とき読まれた久良伎翁の, とき読めなかったところを, とき読書家にも何, とき読書慾の起る, とき誰か塔のちかく, とき誰ひとり椅子から立っ, とき課長がいつも, とき調多羅坊, とき調べたとおり外から, ときたまたま作品, とき談話の中, とき請来したの, とき諒安はからだ, とき論理學はギリシア, とき論理的思考が対象的, とき論議された, とき諸人の前, とき諸兄が酔つて, とき謙吉さんから養女, とき講中の金, とき講壇のわき, とき警告もなく, とき警官数十名に阻止, とき警戒の巡査, とき警視庁のヘリコプター, とき警鈴のひびき, とき議会開院式にお出かけ, とき議長は机, とき讀んだ記憶を, ときで鳴く, とき谷子爵は, とき谷川の森々, とき谷川徹三氏の有名, ときのはしご, とき豆和尚さんの前, ときに飜然, とき豊さんはお父さん, とき豊助にかわっ, とき豊国は蔵前, とき豊後の教会, とき豊成の子, とき豊淳な性, ときの仔, とき豪雨はしばらく, とき豫防線を張つて, ときの化け方, とき貝谷が口, とき固の, とき貞勝はそれ, とき貞明皇后さまに人, とき貢太郎老は宿, とき貨幣だと, とき貨物の音, とき貫一ははっきり, とき貯蓄奨励の意味, とき貰い受けたとき, とき貰つた妻といふもの, とき貴君のお, とき貴婦人はこちら, とき貴族の系譜, とき買いましょうと云っ, とき買つた大阪新聞の産業欄, とき買わせた菓子の, とき貸家でない自分, とき資本であり食用, とき資本主義勢力が民主的進展, とき資本主義社会で育っ, ときをふせぐ, とき賊将天草四郎時貞を討ち取っ, とき賢しい母親に, ときしかりき, とき質問した, とき質屋の株, とき賽銭箱の錠, とき品を, とき贈られたものだ, とき赤いくつが目, とき赤いちょうちんをつけ, とき赤とんぼはおじょうちゃんの, とき赤井が教室, とき赤坊が廻転, とき赤彦君は, とき赤牛がさき, とき赤衛軍の食糧運搬夫, とき赤髯は夜, とき赦されのありがた, ときとしてあわや, とき起き上って着物, とき起き上った女が, とき起ってこれ, とき起ったのが, とき起つた根府川の, とき超越したとき, とき越後の甘糟近江守, とき越後守北条仲時はもう, とき越後法師温泉にて敵方, とき越徳の主人, とき越智がいった, とき足クビのホータイ, とき足下の往来, とき足利尊氏を討て, とき足場を取りちがえ, とき足早に歩い, とき足許に踏ん, とき足首を痛め, とき跣足になっ, とき跪いて叫んだ, とき路次の入口, ときるばかりに, とき踏石から玄関, とき蹠下の民, とき蹴かえされてふたたび, とき蹴ちらした将棋の, とき躊つてたうとう, とき身ぶるいしながら, とき身体中に森, とき身体全体がヒョク, とき身体権侵害の抗告, とき身分のこと, とき身投げしようとまで, とき身辺に誰, とき車丁の荷物, とき車内なんとなく騒, とき車外説をもち, とき車燬きつつ, とき軍事成金の跳梁, とき軍勢を率い, とき軍医長が部隊長, とき軍曹が耳, とき軍歌が聞え, とき軍隊を送っ, ときを並べた, とき軒先へ傘, とき軟かい清らかな, とき軽々しい足取りが, とき軽井沢駅のあの, とき軽率に叫び声, とき軽視するが, とき載せたる蓋および, とき輸血の必要, ときがるとき, とき辛抱強く骨の, とき辰吉はおばあさん, とき辰太郎はゴム長, とき辰巳島田小夜氏ら両棋士, とき農夫たちのむれはう, とき農夫等は聲, とき農家の仕事, とき農村ソヴェトの組織, ときを見廻わす, とき辻木要之助が投げすてた, とき辻村又之助と堀内大助, とき辻永は襲われた, とき迎えに出た, とき近侍の者, とき近臣の士, とき近藤勇はふと, とき近郷の稲井瀬, とき返礼だけは出来た, ときも壕, とき迹かたもなくなる, ときひつかれ, とき追っかけて来た, とき追跡して, とき追跡隊がおいつい, とき退軍の, とき退屈だとは, とき送られた質問の, とき送りに出た, とき逃がすんじゃ, とき逃げていれ, とき逃げこもうという算段, とき逃げだすのに, とき逃げだそうとした, とき逃げようと思っ, とき逃げ場を失っ, とき逃げ廻る狡猾さと, とき逃亡を企て, ときに平泉氏, とき逆上のあげく失神, とき逆川のほとり, とき透明怪人は倉庫, とき途中いくつかの休み場所, とき途方もなく, とき這入るときに, とき通しの早, とき通りがかりの若衆, とき通りすがりの職人, とき通信係の曹長, とき通信兵がツカツカ, とき通信士の体, とき通行人とよく, とき通訳官は, とき通路に当っ, とき通風筒をひらき, とき速夫がいった, とき速水は僕, ときの女, とき連子窓がほのか, とき連座して, とき逮捕の危険, とき進少年が艇, とき進歩党が松方, とき進講して, とき逸見氏の胸中, とき遅き花にや, とき遊んだことだけは, とき運動か遊び, とき運動会の楽隊, とき運命を決める, とき運転士が声, とき過剰だったという, とき過去二三年のうち, とき過去現在未来に渉, とき過失だからとて, とき道しるべのひも, とき道傍によたか, とき道元は洛南深草, とき道具屋が直, とき道具番の男, とき道化服の男, とき道子は月, とき道弥の心, とき道彦はとびたつ, とき道後の湯町, とき道徳の普遍妥当性, とき道念というよう, とき道江は君, とき道義のタイハイ, とき道翹が奧, とき道路の方, とき道連れのある, とき達ちゃんのお, とき達吉が准尉, とき空に, とき遠き星の, とき遠山勘解由ひとりが異, とき遠慮して, とき遠方に大きな, とき遠藤博士がなにか, とき遥かな丘陵, とき適当な時期, とき適當な食物, ときは俯首流涕, とき選定されたの, とき遺憾なく出る, とき遺言して, とき遺言詐欺か何, とき避難所としてこの, ときの倪, とき那美さんと野武士, とき邦夷の表情, とき邪魔にはいった, とき邪魔ものになる, とき郡山にはり出し, とき部屋着として少しさっぱり, とき部屋靴の鈴, とき部長の連れ, とき部長刑事から命令, とき郷愁のよう, とき郷里上ノ山の小学校, ときの人びと, とき都下の新聞, とき都会へ出, とき都会人にはお茶, とき都築明はすぐ, とき鄭重に葬っ, とき酋長がふるえ, とき配布の助手, とき配役が不満, とき配給されて, とき配達夫が一通, とき酒井という若い, とき酒井老中が亀千代ぎみ, とき酒井邸の長屋, とき酒屋のかどから二十人余り, とき酒席の杯, とき酒盡きしかばマリア人々, とき酒酔いの上, ときつ払つた夏川, とき酔い泥屋滅茶滅茶先生という筆名, とき酔ってたん, とき酔っぱらいが立った, とき酔漢を引きとめず, とき酔眼モーローたるなか, ときが注ぎ込まれる, とき醜しくも取り乱したる, とき采女はすぐ, とき正裏頭, とき里子に行っ, とき重き憂ひは, とき重三郎はつれられ, とき重傷を負った, とき重力によって自ら均衡点, とき重大なる決心, とき重役のひとり, とき重盛の諫言, とき重税を課し, とき野々宮はため, とき野上君は五人, とき野上彌生子が, とき野中又五郎が戻っ, とき野口の舟, とき野口春蔵がつかつか, とき野外に数丁, とき野村にはまだ, とき野獣がのどの, とき野薔薇にひっかかった, とき野郎があっし, とき量りが悪い, とき金之助どんがゐる, とき金井が振り向い, とき金井君が便所, とき金兵衛が片, とき金剛杖は私, とき金助町の花世さん, とき金太郎は出口, とき金子を分ける, とき金持ちの子供, とき金杉の店, とき金比羅さまのお伴, とき金沢を去る, とき金貸しが商売, とき金魚売りは, とき金龍はキリキリ, ときをかりた, ときを買う, ときに行く, とき釣った八寸ばかりの, とき釣りの話, ときでぐっと, とき鈴木さんに, ときのベッド, とき鉄きゅうの上, とき鉄ごうしの中, とき鉄兜の庇, とき鉄山はいか, とき鉄柵はまた, とき鉄製のどっしり, とき鉛筆をもっ, とき鉛色の目, とき鉢伏山から氷ノ山, とき銀一君はなに, とき銀二郎のからだ, とき銀杏返しにでも結っ, とき銀色に塗った, ときをもつ, とき銃声が聞えた, とき銃庫へなだれこん, とき銃砲の音, とき銅製の鶴, とき銚子を誂え, ときを腹の中, とき鋭くあたりに, とき錯乱した破れ鐘, ときに一枚, とき鍵さしに差さった日本, とき鎌倉署の中村, ときをかう, とき鎮南将軍にしてやる, とき鎮守府将軍源頼義子義家, とき鑑識課員が現場撮影, ときの作業, とき長く話したいから, とき長三郎は俄, とき長与専斎か誰, とき長兵衛が身, とき長吉の吟味, とき長島君は思わず, とき長崎屋市兵衛に五十両, とき長崎県でいちばん, とき長府二の宮舞台のはふ, とき長弘が庄五郎, とき長持に入れ, とき長期の航海日数, とき長江の上流, とき長浜とお, とき長男海舟は十六, とき長羅は反, とき長者がつけ加え, とき長身をすっ, とき門七は, とき門内から黒い, とき門前に寺, とき門司市全体を暗黒, とき門外で見, とき門戸を開放, とき門柱のところ, とき閃きあっている, とき閃くように, とき開かれた展覧会を, とき開けてみる, とき開けた儘で, とき開けるだけそれ, とき開け放した扉越しに, とき開会はもう, とき開成山に一緒, とき閑枝の座っ, ときへ入っ, とき間にあわねえだなア, とき間違ひなくそれ, とき間違いなくそれ, とき関係のあった, とき関所へ近づい, とき関東節薄倖酒乱の天才小金井太郎, とき閣老にお, とき閣老水野越前守は, ときを跨せる, とき闇出版屋の横暴, とき闇夜の海上, とき闔府の民, とき闘牛場には砂, とき關西の郊外, とき防疫検査は峻烈, とき防空壕の土手, とき防空衣のポケット, とき防風氏が後れ, とき闍利さまは, とき阿古十郎が追いまわし, とき阿片戦争以来のシナ, とき阿部の屋敷, とき阿部弥一右衛門の家隷林左兵衛, とき阿部次郎氏の著書, とき附いて居る, とき限りおまえは死ん, とき限り時代の墳墓, とき限り自分は危なかっ, とき院外では内閣, とき院長の左右, とき陣外は急, とき陣鉦や押し太鼓, とき陥落し残った土地, とき陰惨な生活苦, ときは友, とき陶器の割れる, とき陶然とした, とき陸奥の国, ときの箭, とき陽子の胸, とき隅田川と東京港, とき隊長テッド博士はあらたまった, ときの口, とき階上階下とも寂, とき階子段のところ, とき階級の武器, とき階級的意識の低い, とき障壁の紅蓮白蓮, とき隠しておいた, とき隠居の綱宗さま, とき隠忍すべしだ, とき隣室中に不意, とき隣村から来た, とき隱者嚴遵君平を師, とき隼町に移り, ときの年, とき雄々しく闘って, とき雅子が裸, とき集まった人々の, とき集められた予備の, とき雇い人が急い, とき雑兵に使われた, とき雑然として積み重なっ, とき雑草の繁み, とき雑草園の本館, とき雑誌をやった, とき雑誌記者だと, とき離さず習んで, とき離婚がおこる, とき離間の策, とき難儀をした, とき難波橋の吾, とき難波船から救い上げた, とき難産であったため, とき難破必至と観察, とき雨水をため, とき雨谷君は寝, とき雨音はさっき, とき雪崩れに押し流され, とき雲ゆきなづみ山, とき雲林の家, とき雲間から月, とききこえぬ是, とき雷雨に逢い, とき電信柱がいう, とき電報を上げます, とき電報為替が来る, とき電子の波動性, とき電柱の陰, とき電気にうたれた, とき電氣をつけず, とき電話口に蠅男, とき震えが伸子, とき震えた蕗子の, とき震災に会い歩い, ときであり外, とき霞棚引けるとき, とき霧渓も此, ときはまた, とき露八は初めて, とき露出された腕, とき露台から明, とき露草の一茎, とき霹靂のよう, とき靈媒にも會, とき青みて迫る, とき青年たちはまだ, とき青年団員が復唱, とき青年達を給仕, とき青扇はそっと, とき青春に萌, とき青木さまが見, とき青江に冷淡さ, とき青江三空曹は自分, とき青白い仮装団は, とき青葉どきの, とき青葉見物なんぞごめん, とき青酸加里のカプセル, とき青銅を立つ, とき青鬼赤鬼が夜這い, ときに段々, とき静岡の大火, とき靜寂を破り, とき非番の者, ときにザブリ, とき面会所の窓, とき革命議会の最後の審判, とき靫負庁の法廷, ときをはい, とき靴屋の仕事, ときつぼを, とき鞍壺にたまらず落ちた, とき鞍馬の僧正谷, とき韃靼風に頭, とき頂き袋に, とき順ぐり当番でピオニェールたち, とき順八は本, とき順平は広い, とき須佐之男命, とき須利耶さまの愕ろ, とき須美子さんがちょっと, とき預っておけ, とき預ったのが, とき預金の方, とき頓狂な声, ときのあたり, とき領主は殊勝, とき領事といっしょ, とき頭巾を払っ, とき頭痛が一段と, とき頭目の怒り, とき頸輪がひどく, とき頸部の左側, とき頻々と化助, とき頻りに私に, とき頼んだ箪笥の, とき頼朝が隱, ときにクッキリ, ときの下, とき顔じゅうにヒゲ, とき顔面の表情, とき顕治は弔電, ときをかけた, とき願いの調, ときえちゃ, とき風の音がし, とき風勢はしだいに, とき風呂からあがっ, とき風呂場につづく, とき風呂敷か板片, とき風呂桶のフチ, とき風景はとまった, とき風模様はすでに, とき風波の難, とき風神の体躯, とき風船の破れる, とき風雨をつい, とき颯々と河豚, とき飄然訪れたの, とき飛びきたった銃弾, とき飛びくる弾丸を, とき飛び出そうとして, とき飛び散った炭や, とき飛び起きてすぐ, とき飛ぶように, とき飛沫は我等, とき飛行場のサービス嬢, とき飛行島は警備隊, とき飛行島内のエンジン, とき飛雨のよう, とき飛鳥の速, とき飛鳥時代本来の分, とき食べものか食後, とき食事当番で烹炊所, とき食券はとっとい, とき食後の煙草, とき食物がない, とき食用になる, とき飢渇的な面, とき飢餓と烈寒, とき飯山線の森宮の原駅, とき飯島に突かれた, とき飲まされるトンプクの, とき飲み過ぎて病気, とき飲むと, とき飲んだ覚えの, とき飽くまで知らないと, とき飾る色つけ玉子を, とき飾窓のなか, とき養女に行った, とき養父に見せた, とき養父昌左衞門はまだ, とき餓虎にその, ときの正面, とき館員が部, とき館長は貴重, とき饒舌家の傍, とき首尾よく勝ち, とき首府ロアイヤル港に於, とき首筋を撲つ, とき首領は何, とき馘首されること, とき香具師の李忠, とき香料とそだち, とき馬の足掻が何だか, とき馬一匹をも御, とき馬上六騎のほか雑兵二百余人, とき馬庭へ土着, とき馬田のほか, とき馬耳は其処, とき馬背にまたがっ, とき馬車は家, とき馬鹿らしいことを, とき馭者はつ, とき馭者台の上, とき駄夫もそれ, とき駄菓子の上, とき駄馬人夫を率い, とき駅員の前, とき駆けつけて来, とき駆けつけるのが, とき駈けて来た, ときはをのの, とき駒井はむすん, とき駒守が火, とき駒橋村においてはさらに, とき駒次郎を殺し, とき駒沢の家, ときかされた, とき駿馬無情にも, とき騎兵隊の演習戦, とき騎士は突然, とき騒々しいほど複雑, とき騒いだ自分の, とき騒がしたんだ, とき騒げば助かる, とき騒動のさなか, とき驚きのあまり, とき驚くべき一生の, とき驚ろきも, とき驚天動地の一ニュウス, とき驚異軍艦から左, とき驚癇でしばしば, とき驛傳の駝馬, とき驟雨のため, とき骸骨男はまた, とき高々と呼びたてた, とき高き山々高き, とき高く叫びました, とき高城は室, とき高声器の中, とき高射砲部隊からの報告, とき高山右近の勧誘, とき高峰はさも感じたる, とき高時の眼, とき高時以下重臣もみな, とき高樹町の実家, とき高橋の顔, とき高橋幸一が警察, とき高谷君も進み出た, とき高野勘右衛門が介錯, とき高野山や京都, ときの老, ときもじゃの顔, とき鬱蒼と木立, とき鬼どもがわし, とき鬼火のよう, とき鬼神に関する噂, とき魏勢は完全, とき魏延は, とき魔法はとけ, とき魔法使いはつえ, とき魚市場に上荷げ, とき魚戸は大きく, とき魚油灯に照らしだされた, とき鮎子は僕, とき鮎子さんは見る, とき鮫島は余程, ときかに見えつ, とき鮮明に閃きたつ, とき鮮紅に匂つて, とき鯉坂君は若し, ときは自分, とき鯨髭の弓弦, とき鯨魚の潮流, とき鰐口が答, ときもつぐみ, とき鳥取城の搦手, とき鳥右ヱ門は船, とき鳥居忠吉が, とき鳩一つ庭前の樹上, とき鳳凰の金簪, とき鳴ったのだ, とき鳴海が突然, ときの鳴く, ときは短い, ときだよと, ときは土, とき鶏鳴をきいた, とき鶴さんもぶつぶつ, とき鶴さん一寸一緒に新宿, とき鶴見の高峰, ときが三羽北, ときは水底, とき鹽梅に用, ときを完成, とき麗姫の顔, とき麝香のよう, ときは稻, とき麦城へ救い, とき麦松は黙々と, とき麦藁帽子をヒョイ, とき麹町善国寺谷に移った, とき麻糸がつき, ときなるやどり木, とき黄いろなす, とき黄人であるため, とき黄金怪人が三日月がた, とき黄金豹の子ども, ときと白, とき黒く雲の, とき黒主は, とき黒人は心, とき黒光りのする, とき黒川は無関心, とき黒木近衛師団長の検閲, とき黒檀の, とき黒田如水は秀吉, とき黒田如水壁越しに秀吉, とき黒羽二重の紋, とき黒豆のよう, とき黒闇がよも, とき默つてゐた, とき黙々塾の, とき黙つていきなり, とき黙りこくった和尚その, ときは自分等漁師, とき鼈四郎の瞼, とき鼎造にこう, とき鼓膜の中, とき鼠小僧墓所石構えの裏手, とき鼻介が十手, とき鼻先へ投げ, とき鼻唄がで, とき鼻息を荒く, とき鼻柱眉の間, とき鼻汁といっしょ, とき龍太郎が卒倒, とき龍造寺主計の歌声, ときAP通信