青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「どうして~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~とん とん~ とんだ~ とんでも~ ~どう どう~ どういう~ ~どうか どうか~ ~どうして
どうして~
~どうしても どうしても~ どうせ~ どうぞ~ どうにか~ どうにも~ ~どうも どうも~ どうやら~ どおり~

「どうして~」 15305, 165ppm, 633位

▼ どうしてそんな~ (648, 4.2%)

95 ことを 66 ことが 38 事を 26 事が 16 ことに 10 ものを 9 気に 7 ところに, 事に, 風に 4 ことは, ことまで, ものが, 所へ 3 こと, こと知っ, ものじゃ, んじゃ, 事まで, 処に, 気味の, 物を

2 [30件] ことおっしゃる, ことで, ことの, ことへの, ことをと, こと知ってる, こと言う, たくさんの, ところへ, ふうに, ふうを, ものに, 事お, 事で, 単純な, 場所へ, 変な, 女の, 心の, 本が, 氣に, 病気に, 細工を, 荒つ, 處に, 話を, 音が, 顔を, 馬鹿な, 高いところ

1 [267件] あたい達の, あぶないこと, あぶなッ, いい条件, いくじなし, おむずかり, お人, お心持, お方が, お気に, お考え, お薬, お身なり, お金が, お金持, がらにも, けがを, こという, ことおっしゃいます, こときく, ことぐらい, ことご, ことご存じ, ことする, ことなさる, こと云ひ出した, こと云ふ, こと云ふだ, こと今更, こと私に, こと聞く, こと訊く, こはい, こまかいこと, ごろ付きの, だろうねえ, つまらないこと, とてもだめ, とんでもない, どころじゃ, なの, なん, においが, のが, はずが, ばかな, ばか者に, ひそかな, ひやっこい様子, ふしぎな, へんな, ほんとうに, ぼちぼち読み直し, まっ黒な, むちやをするのです, もので, もの燃す, よゆう, わけに, わけも, ウマイことを, チョロッケに, ヘマを, ユダヤ人根性を, 三人の, 上手が, 下らない事, 不似合, 不必要, 不思議な, 不祥な, 不親切な, 不都合な, 世捨て人の, 乱暴な, 乱暴を, 事ぐらい, 事ご存知でしょう, 事の, 事ばかり, 事わかります, 事云えるだろう, 事思う, 事言う, 人が, 人の, 人を, 人間が, 人間の, 人間ばかり, 作品を, 俄に, 信仰を, 傷痕が, 元気が, 先が, 先の, 光栄を, 入らざる真似, 公園の, 内輪話まで, 冷たい心, 処で, 分らない事, 判り切ったこと, 勝手な, 勿体振った, 危ないところ, 厭な, 厭らしい, 口が, 古い帽子, 名ま, 名を, 名前を, 商売を, 問題が, 嘘ッぱちを, 噂が, 器用な, 場所に, 声が, 声で, 夢中に, 大それた, 大事な, 大切に, 大洪水, 大金を, 天井に, 失業の, 姿に, 姿の, 安ッ, 将来を, 尼寺へ, 山の, 平気な, 年寄じみた考へ, 広言が, 御寝所などで, 御病気, 御馳走に, 循環論的な, 心持に, 心細いこと, 心配に, 必要が, 思いきった事, 急に, 急変が, 怪事が, 怪我を, 怪物が, 恐ろしいこと, 恥かしい, 悪いところ, 悪口云ふ, 悲しいこと, 意気地なし, 意気込みは, 愚かしい事, 愚に, 感じを, 態度を, 成行に, 所に, 所へまで, 所まで, 所を, 手の, 手を, 手品を, 手数の, 打合せが, 故障が, 散文的な, 断定が, 早変りが, 明快な, 時間が, 時間に, 時間を, 暇が, 暇は, 本を, 東京へ, 権能が, 死に方, 残酷な, 気が, 気にな, 気持が, 気持に, 気持の, 決心を, 浅ましい心, 浅ましい恥知らず, 灰だらけの, 無慈悲な, 無茶な, 父とは, 物が, 特権を, 生温いこと, 異常な, 病気が, 病氣に, 白状を, 目に, 眼が, 眼で, 眼鏡かけん, 私の, 秋田の, 秘密な, 空想に, 突飛な, 立派な, 簡單に, 索漠と, 細かい味, 細かな, 結婚を, 綺麗な, 群盗どもに, 考えに, 脚で, 自分に, 莫迦気た, 薄情な, 行為を, 見當, 見込みの, 言を, 話が, 詳しい事, 語に, 誤解が, 説が, 負傷者を, 貴婦人に, 質問を, 贋物が, 軍人に, 輝かしい笑い, 迅く, 遠いところ, 遠い處, 遠くで, 遠くに, 重い靴, 金が, 閑が, 間違いが, 陰気な, 隠し事を, 電気に対して, 非文化的行動, 額に, 首形が, 馬鹿げたふり, 馬鹿げた懸念, 馬鹿野郎が, 馬鹿馬鹿しいこと, 魔が, 魔法の

▼ どうしてこんな~ (561, 3.7%)

53 ところへ 49 ところに 24 ことに, 所に 15 ものを, 所へ 14 ことを 13 ものが 9 ことが 6 事に, 風に 5 事が, 処に 4 目に 3 変な, 手紙を, 物を, 間違いを, 顔つきに

2 [20件] いたずらを, きれいな, ことで, なの, にいい, 乱暴な, 事を, 人が, 処へ, 古いきのこ, 商売を, 夜更に, 奇体な, 山の, 山中に, 澄んだ御, 辺鄙な, 間違いが, 電信柱に, 顏つきに

1 [264件] あさましい気狂い, いい国, いい若武者, いい音, いたづら, いのちの, いやな, おれの, お告げが, お料理知つてん, お災難, かと自分, かよわい二人, きたならしい物, ことがと, ことにな, ことばかり, ことまで, こわい事, すごい大金, すばらしい漢, すばらしい狩, それとは, だらう, だらうと, だらしの, ちっぽけな, つまらない事, つまらない考え, つらい目, とき人は, とこに, とこへ, ところから, ところが, ところの, ところを, ところ御存知, なん, のであろう, はずが, ばかな, ひどいこと, ひどい事, ひどい失敗, ひどい所, ひどい目, ふうに, ふうにばかり, ふしぎな, へまを, まずい運命, むしりとりたい草, めに, めんどうな, もので, よい場所, よい心境, りっぱな, んだらう, バカ, ペテンに, 下劣な, 不仕合せな, 不貞な, 事件が, 事件に, 人の, 人を, 人形を, 人間に, 仕打ちを, 伝説が, 体不相応な, 余分の, 信頼を, 元気でしのげる, 光景が, 六波羅密牒が, 具合に, 内意を, 写真を, 冷たいシベリア, 冷やッこい, 冷淡な, 処で, 処を, 分り切ったこと, 力が, 化物みたいな, 古い内輪話, 可哀そうな, 名宝が, 名幅, 品を, 国に, 土地に, 地下まで, 地底から, 地底に, 地底の, 地底ふかい, 場合に, 声なき声を, 変りかたを, 変り者が, 外科室を, 多くの, 夜中に, 夜道に, 夜露の, 夢を, 大工場, 大悲劇, 大戦争, 大椿事, 大火に, 大胆な, 大金を, 奇異な, 奥まで, 奥庭まで, 妹が, 姿に, 娘が, 娘を, 子供を, 実が, 家が, 家に, 家を, 寒い晩, 小さいの, 小片が, 屋根上から, 山おく, 山家へ, 島に, 嶮しい, 工合の, 巧い, 広告を, 店ばかり, 弱々しい表情, 形相と, 彫刻が, 得体の, 御住い, 心に, 心持ちに, 怖い夢, 思想が, 怪我を, 怪物が, 恐ろしいもの, 恰好を, 悲しいこと, 悲哀の, 情感の, 意見に, 愚物に, 戦場の, 所で, 所を, 扮装を, 掛声を, 文化の, 文字を, 斑紋が, 方へ, 明るい芝, 明白な, 時に, 時代な, 時刻を, 時間に, 晩に, 智慧が, 暗いところ, 暗い道, 有様に, 末の, 林の, 案内状を, 欠陥の, 気に, 気味の, 水が, 決心が, 洞の, 浅ましい姿, 涙の, 淋しいところ, 深い地底, 深夜に, 災難に, 無惨な, 煉瓦ばっかり, 物が, 狂人に, 珈琲の, 珠玉を, 田舎へ, 男が, 男に, 町が, 盛装まで, 盤が, 真暗な, 眼に, 矛盾が, 短っ, 石の, 破目, 神に, 秘練の, 稀有の, 空井戸みたいな, 童が, 笛師が, 簡単な, 粗相を, 精巧な, 細君を, 結論が, 縁に, 繃帯を, 繪を, 美しい箱, 老人の, 考えが, 職業を, 臆病者に, 船の, 色が, 若い女, 草双紙を, 荒っぽい剣侠肌, 衒学的な, 表情を, 要領を, 見え透いた事, 訳が, 谷が, 貧しい, 貧しい家, 辛抱が, 近づきがたい, 道場が, 遠いところ, 遠い処, 酷たらしい, 重荷が, 重量の, 長足の, 際どい話, 顔を, 馬鹿げたこと, 馬鹿な, 騒ぎに, 驚くべき無法, 高い木, 高空に, 魔法の

▼ どうしてそれ~ (387, 2.5%)

3217 を知っ 10 がわかる 8 がお 6 が, がわかります, を知, を知った 5 が分ります, を御存じ, を親分 4 が分った, が分る, が判った, をご存じ 3 がし, がわかった, がわかつた, が分かった, が判る, をお, を今

2 [17件] があなた, があの, ができた, がわかりました, が不可能, が分かる, が分りました, が悪い, が解る, をお前, をご存知, をもとめたら, を信じる, を手, を知ってる, を知つて, を飲んだ

1 [210件] から, からさき, から利益, があい, がいけない, がいささか, がお前, がかく, がきみ, がこんな, がさ, がすっかり, がそう, ができましょう, ができよう, がなされた, がまちがっ, がわかつ, がわかつたでし, が下劣, が不幸, が不当, が不満足, が不自然, が偉い, が光栄, が分つ, が判, が判りましょう, が判ります, が前, が又, が反対, が君, が吹ける, が壊れる, が女々しい, が好かれず, が娘, が学者, が小堀, が平家, が幻覚, が建てられない, が彼, が得られましょう, が志賀屋, が忘, が思い出せなかった, が悲しい, が打たれましょう, が拒まれよう, が捨てられよう, が改めて, が日本, が暴露, が書けなかつた, が最も, が月夜, が松山, が母, が汚点, が河童, が法律, が父, が生じた, が知られよう, が罪, が美しく, が自分, が芸術的, が藝術家たち, が見分けられよう, が覚えられない, が解, が解つた, が解らない, が言い出せなかつた, が読み下せよう, が責められよう, が醜悪, が金, が鎌, が露助, が面白い, が馬鹿げ, が黒沼, くらいな, こそ正確, じゃナカナカ骨, だけの力, だけの胆力, だと, で悪かっ, で斯, で生き, と共に私, と分かった, と判った, と同じ, と眼, にいま, についてもの, に乗り, に従わね, に応えなかった, に描いた, に気がつかなかったろう, に気づいた, に気づかなかった, に気づかなかつた, に氣, に目, に追い付く, に黙, の仕上げ, はみんな, は自然, ばかりの目的, までにおなり, までに真実貴方, までのこと, やこれ, をあなた様, をかくそう, をきりぬける, をご, をしなかった, をだれ, をぬすみだす, をはじめたら, をほどいたら, をもっと, をやりえた, をやりとげたら, をッ, を一馬さん, を仕終せる, を僕, を先生, を公然, を区別, を去勢, を取り除く, を受け取り, を君, を喜ぶ, を四年前, を地獄, を堂々, を外, を好かず, を学ぶ, を完全, を引き出し, を彼, を御存知, を忘れ, を忘れた, を怖, を思い止った, を思ひ得, を感じた, を我慢, を戸籍, を折る, を拒む, を持っ, を指, を振りほどいたら, を捨てろ, を探し, を早く, を梨琴, を殺し, を気, を発表, を発見, を真似る, を知つたの, を知らず, を知らせ, を知り得た, を知る, を知れ, を笑, を笑う, を精しく, を糾弾, を純粋, を考え, を聞かず, を聞き出された, を聞き出した, を落とさなかったろう, を蔑視, を見せ, を見出した, を見逃そう, を親, を親分さん, を解決, を許すべき, を証明, を貴殿, を運び, を郵便箱, を防ぎ, を隠しとった, を黙視

▼ どうして~ (379, 2.5%)

15 わからない 9 わからなかった, 分らない, 分らなかった 8 見つからなかった 5 わからないの, 判らない, 知らないと 4 あがられないで, わからないん, 判らなかった, 眠られない, 見つからない 3 やらなければ, 分らないの, 取らなければ, 帰らなければ, 見つからなかったの, 見付からなかった, 見当らないの, 解らなかった, 起らないの

2 [24件] つかまらない, ならなかった, わからないこと, わからなかったの, わからなかつた, わからぬ, 分からないの, 分らなかったこと, 判らなかつた, 判らぬ人名二, 判らん, 取らない, 受取らないので, 堪らなかった, 帰らないと, 眠られなかつた, 見つからないで, 見付からない, 見付からないの, 見付からないので, 解らない, 解らないの, 解らないん, 通らねば

1 [219件] あがらないの, あたらぬ時, いいよらん, いびらなければ, うけとらず元, だまらない, つかまらないい, つかまらないん, つくらなければ, できあがらぬ自分, とまらないの, とまらぬの, とまらねえん, とらなかった, とらなければ, ならざるを, ならなかったか, ならなかつた, はいらない, はいらないか, ふら, まとまらない時, まとまらなかった, みあたらない, みつからなくて, やらせたくなかったら殺せばい, やらせなかった, やらないなら私, やらなくては, やられないよ, やらんか, わからせねば, わからないから, わからないし, わからないでございますよ, わからないと, わからないという, わからないので, わからないもの, わからない不思議, わからない場合, わからない大きな, わからない謎, わからなかったと, わからなかったので, わからなかったもの, わからなかった昔, わからなかつた筈, わからなかつた絞る樣, わからぬの, わからぬばたばた, わからぬ上, 上がらない, 上がらないの, 上がられるよう, 上らない, 上らなかったん, 下らんので, 値切らなければ, 入らない, 入らなければ, 入らんの, 分からない, 分からぬので, 分らず持てあまして, 分らないで, 分らないよ, 分らない一つ, 分らない全く, 分らない凡夫, 分らなかったの, 分らなかつたせゐだ, 分らなければ, 分らんかった, 分らん君等, 切られた予算, 判らず桐, 判らないたった, 判らないだろうと, 判らないらしいの, 判らなかったん, 判らなかつたらジヤンケン, 判らぬ, 判らぬこと, 判らぬと, 剃らさうと, 助からないなんて, 助からなかったそう, 助からん, 去らないに, 去らないの, 去らなかったが, 取らないと, 取らないの, 取らないので, 取らなけりゃ承知, 受けとらない, 受け取らないん, 受取らない, 受取らないで, 受取らないと, 受取らなかつたので, 受取らなければ, 受取らねえ, 受取られませんでした, 坐らずグー, 売らないと, 売らなくって, 寄らずには, 帰らないつて云, 帰らないつもり, 帰らないで, 帰らないので, 帰らなかったという, 帰らなくっちゃあ, 帰らぬと, 帰らぬといふ, 帰らねえという, 帰られないの, 帰られないん, 帰らんといった, 廻らないもの, 弱らず鈍る事, 怒らずには, 思いあたらない, 思い当らない, 悟らなければ, 懸らない, 成らざるを, 戻らない, 戻らぬな, 挙らないばかり, 捕まらないのよ, 捕まらなかったの, 捕まらなかつた, 捕らない鼠, 掴まらなくなり一年, 掴まらなくなり一年ぐらゐ彷徨, 断らねば, 止まらなかった, 止まらなかつた, 残らなくちゃ, 気に入らない, 治らず先達樣, 治らないから, 治らなかった, 治らぬ, 渡らなければ, 生き返らないで, 生き返らないので, 留まらない, 登らずには, 登らずんば, 直らなかつた, 眠らなかったとき, 眠られないで, 眠られない飲まないと, 眠られなかつたの, 眠られなく夫人, 眠られぬ, 眠られません, 睡らないから, 知らない女, 知らなくては, 知らぬと, 立ち止まらずには, 縛られること, 繋がらないで, 被らなけれゃいけないと, 要らないという, 見あたらぬ, 見つからないですつかり困つて, 見つからないで弱って, 見つからないの, 見つからないん, 見つからない困つたこと, 見つからなかったじゃ, 見つからなかった場合, 見つからなくなって, 見つからぬ, 見つからねえ, 見つからねえの, 見付からないから, 見付からないと, 見付からなかつたで, 見当たらない, 見当たらなかったが, 見当たらぬ, 見当らない, 見当らないという, 見当らない図書館, 見当らなかったん, 解らせること, 解らないと, 解らないので, 解らないんで, 解らない不作法, 解らなかったの, 解らなかったので, 解らなかつたので, 解らなくなって, 解らねえ, 解らねえ川波勝彌, 譲られぬところ, 起こらざるを, 起らないので, 起らないらしい, 起らなかった, 起られなくなるの, 足らないの, 這入らないの, 通らない障壁, 通らなくちゃ, 通らなければ, 遣らなか, 鎮まらないで, 鎮まらないと, 閉まらず陶器質, 黙らなきゃならないよう

▼ どうしてこの~ (378, 2.5%)

18 ような 13 ように 4 男が 3 ままに, やうに, 二人が, 人は, 家を, 部屋の

2 [27件] ことが, ことは, ことを, よさ, 人が, 人に, 人の, 人を, 土地へ, 報復を, 壺が, 大事な, 女が, 娘は, 子は, 子供は, 家の, 山の, 御所まで, 愛すべき滑稽, 時に, 時まで, 様に, 環出来だの, 男は, 辺どころじゃ, 部屋へ

1 [271件] あたりまで, あぶない立ちば, いいにわとり, うえないほど, うすいさかずき, お人形さん, お堂, お礼を, お艶, お邸, かえ, かわいそうな, ご状筥, じいは, せちがらい世の中, ところ急に, なやみの, はば, ひと月を, ひろい世界, ふき矢を, ふたりの, ままいられる, ままじっと, まますぐ, ままで, ままゆるし, まま家庭の, まま父親を, むぎわら帽子が, もぐらもちに, やうな, ようにまで, ようにも, エネルギーを, カンヌキを, キリストや, ナイフに, ヘリコプターに, ボルク号の, ロケットが, 一区劃のみに, 一家立派に, 一筋だけ, 七十以上の, 上海まで, 不幸な, 世の中で, 世の中に, 中で, 中に, 丸太が, 事件が, 事件に, 事件を, 事態を, 二つに, 二つの, 二つを, 二三日, 二人は, 二人を, 京都へ, 人々が, 人たちは, 人目に, 人穴は, 人間が, 伊賀の, 作なんか, 作家が, 侵入者の, 保守を, 俳諧の, 俺が, 俺だけは, 儘芝居へなんて, 先運の, 兼好の, 前の, 創造的精力の, 劇場の, 北歐の, 南瓜が, 同心を, 名が, 名批評, 呉城の, 咄嗟に, 哀れな, 国へ, 土地の, 地下室から, 地方には, 城を, 場を, 場合川越し人足が, 境界に, 墓地へ, 声は, 壺を, 多数の, 夜中に, 夜更けに, 夢よりも, 大坪樣の, 大学に, 大恩, 大男の, 大臣が, 好機会を, 娘っ子江戸者だけに, 娘を, 子が, 子供らは, 宝石ば, 実験が, 室が, 室の, 室内で, 宮廷陰謀の, 家が, 家に, 宿屋が, 富を, 寒いのに, 寝室から, 小さいぼく, 小供, 小僧の, 小母ちゃん, 小説には, 少女が, 少年が, 少年にだけ, 山が, 山を, 山中へ, 島の, 島へ, 左膳の, 市を, 平次の, 年に, 年寄りを, 広書院, 怖ろ, 急場を, 恋仇を, 息づかいが, 感情を, 手紙を, 文明の, 文明世界へ, 日光には, 明らさまな, 春は, 時一枚の, 時計は, 時鶴屋へ, 曠野の, 曲線を, 書物を, 有馬も, 本が, 本命馬を, 村へ, 村広し, 東海の, 松原の, 森の, 森へ, 森を, 楽しい工場, 横丁へ, 武蔵野の, 死體が, 比は, 気もちを, 気持の, 水瀬が, 水田へ, 江戸表へ, 汽車に, 河の, 洋品部が, 海の, 海洋を, 溝の, 濃い霧, 災難が, 災難を, 狛家代々の, 獲物を, 現在に, 甲府へ, 男の, 町は, 町へ, 町を, 画の, 真夜中, 石の, 石地蔵を, 秀吉とて, 私が, 私など, 私に, 私は, 秘密を, 穴から, 答が, 節の, 節は, 籠を, 紐育富豪の, 純な, 細いかよわい咽, 絨毯が, 絨氈を, 絶壁を, 縁も, 罪も, 置き手紙を, 美しい景色, 老人の, 老骨の, 者どもを, 舟が, 船が, 船を, 苦い自分, 荒地を, 衆生を, 複雑な, 詔を, 話が, 話を, 超人間, 超自然, 踊り狂う, 車に, 辰巳でも, 辺に, 辺の, 辺は, 辺を, 連中が, 連中は, 遅くに, 邸へ, 部屋を, 都市が, 重囲を, 重態の, 釘勘の, 鈴川の, 鉄板の, 鉄格子の, 鉛筆が, 鎧櫃の, 階から, 際そんな, 際工面したら, 青年の, 青年達の, 頃は, 首が, 馬を, 鶏が, 黒い上衣

▼ どうしていい~ (338, 2.2%)

48 かわからない 34 のか 30 か分らない 26 か分らなかった 19 かわからなかった 17 かわからなくなっ 9 か判らなかった 6 かわからなくなる 5 か分らなくなった, か見当 4 かわからず, か分からなくなっ, か分らなくなっ, か解らなかった, か途方, んだ 3 かさっぱり, かどう, かわかんない, か分からない, か判らない, か思案, か自分

2 [18件] かおれ, かそれ, かにも, かも分らなかった, かわからなく, かわからなくなった, かわからなくなります, かわからぬ, か分からなかった, か分らなく, か分りません, か判らなくなった, か差し, か解, か解らない, か訳, のやら, やら分らない

1 [58件] かお, かこども, かさえ分らない, かさばき, かしばらく, かちっとも, かとお, かと思う, かと途方, かどういう, かに迷い出した, かもわからなかった, かよく, かわからないで, かわからなかったであろう, かわからなくなっちゃっ, かわからなくなっちゃった, かわからねえ, かわからん, かわかりません, かわかりませんでした, かわかりゃしない, かわたし, か二人, か全く, か分からなかつた, か分かりませんでした, か分らず, か分らなくなります, か分らなくなる, か分らぬ, か分りませんでした, か分んない, か判らなくなっ, か判らなくなりました, か困っ, か困った, か困りきっ, か困る, か始末, か当惑, か心, か急, か為方, か知りません, か知れない, か自分自身, か薩張り, か路頭, がんだ, ところが, の, のかさえ, やらわたし, やら困っ, んでしょう, 女か, 恋愛や

▼ どうしてあの~ (262, 1.7%)

16 ような 11 ように 7 人が 6 人は, 男は 3 人と, 人に, 人を, 女が, 女は, 時に

2 [15件] お方が, 事件を, 人の, 個人の, 奔放な, 女に, 娘が, 指紋が, 方に, 方は, 曲者が, 河童を, 男が, 男を, 鶴が

1 [168件] うつとりする, お方は, すいかの, すさまじい火, ときあんなに, ときお, ときおも, とき急な, とき私は, どうろ, ひとと, まま家に, まま自分の, やうに, ような取る, スレッカラシが, ファウスト博士に, ロップが, 下手人を, 主人公は, 二人を, 人々は, 人たちが, 人には, 人形に, 作品は, 例幣使なぞが, 偉大な, 優しい兄さん, 優しき善き父, 光化門を, 冷血無比な, 別当は, 勝気な, 十分の一の, 半蔵が, 厳重な, 可愛らしい細君, 和歌を, 品物が, 四人を, 塔を, 大捷を, 天候を, 女と, 女などと, 女の, 女を, 女学生が, 女高山の, 妓は, 娘は, 娘ばかり, 娘を, 子が, 子の, 子は, 子供たちは, 子供は, 子供を, 孔明が, 実験室の, 家具一つ持たない, 寂しい裏街, 密閉された, 尊い仙洞御所, 小さな竹の子, 小男が, 小説が, 少しもじっ, 尼さんと, 山ん, 山猫が, 島を, 崖の, 崖を, 常木鴻山が, 年に, 店が, 座敷牢の, 御母さん, 怪しい婆, 扉を, 手紙が, 手紙の, 折加藤兄弟の, 抜路や, 文字が, 方の, 旅の, 日すべてを, 時いつしよ, 時おれたちは, 時は, 時もっと, 時代に, 時代の, 時分の, 時分は, 時助かったろう, 時彼女の, 時曼陀羅を, 時道に, 晩兩國を, 晩国府津なんぞへ, 晩盜み出した, 曲馬団が, 有名な, 様な, 樣な, 橋の, 武骨そうな, 死因に, 海図を, 瀬戸際に, 火星兵を, 爺さん今頃に, 独楽を, 田舎人ばかりの, 男に, 画の, 目前の, 短い間, 磯五という, 神秘的な, 穴から, 継子に, 老人は, 聖書を, 肥つた主人の, 腐れ家が, 致命的な, 舷の, 苦力は, 華雄ほど, 虹が, 蟹が, 表札を, 親じ, 詩人は, 警官が, 豪傑肌の, 貧乏政府に, 贅沢を, 跛者の, 車の, 辺は, 連中とともに, 連中の, 運転手が, 道を, 重囲を, 野郎が, 鎖を, 鎧通しを, 隊長が, 難を, 電臓を, 震える小鳥, 頃の, 頃好きだ, 顔で, 首が, 高原地へ, 高麗村の, 鬼玄蕃という, 魔海に, 鶏が

▼ どうしてこんなに~ (226, 1.5%)

4 ひとりさびしい 3 きれいに

2 [18件] いつまでも, おそくたずね, おそくなった, おれの, お早く, たくさんの, たくさん戸が, なったの, 不安な, 愛して, 気が, 涙もろい, 男を, 私と, 簡単に, 胸騒ぎが, 自分を, 親切に

1 [183件] あくびが, あちらの, いぢめ, いろいろな, うつかりし, うまく将棋, うわべの, おいしいの, おかわり, おそかった, おそくまで, おちつきはらって, おとなしくやさしくし, お人形, お早, きれいな, くりかえすん, ここの, さびしいの, だか, だらしなく, なったかは, なったろう僕, なったん, なるの, ねむくなる, のした, ひどく焼かれた, まごついてばかり, みんなが, ものが, ゆれて, わたしの, イヤな, ガランと, キューキューやる, ケチくさく, ヌルリと, ネズミが, バタが, 一個の, 上手に, 不仕合せな, 主客転倒の, 乱れるだろう, 人が, 人の, 人間が, 人間を, 仁慈深かろ, 今に, 仕合わせ者でしょう, 仲が, 何もかもが, 切ったん, 力強い美しいひ, 動物の, 厚かましく図々しいの, 厚顔無恥な, 向日葵ばかり, 呑気そうに, 執拗に, 執拗ものな, 変っちゃったん, 多く飼っ, 夜鳥の, 大きな声, 大事に, 大勢の, 女へ, 寂しい人, 富貴に, 小鳥が, 平然として, 弱いん, 御子さん達が, 御懇意, 怒るの, 思い出が, 急に, 恋しいかと, 悪魔と, 悲しいもの, 情が, 惚れ込んだもの, 意気地が, 愚かな, 憐れに, 我がま, 手間を, 掘って, 早かった, 早く, 早くお, 早くくれた, 早く家, 早く帰つて, 早く戸, 早く来, 早く来た, 早く東京, 早く足, 昏い, 時間を, 暗いの, 暗くな, 柄の, 欠点なく, 止まって, 残酷な, 気の, 江戸訛が, 沢山な, 沢山の, 泣かれるの, 派手に, 涼しくなった, 深い穴, 深味も, 潔いもの, 激しくゆられ, 激して, 火を, 無名の, 無造作に, 無邪気な, 狂って, 甘苦い香, 生きた女, 用意が, 田舎くさい, 白々しくお, 皆から, 皆の, 目立つの, 眠ること, 矛盾した, 立派な, 細かく見て取られた, 綱と, 綺麗な, 美くし, 美しく仕合せ, 美しく見える, 羞しく感じる, 腐敗し, 臆病な, 芝居の, 苦しそう, 苦しまなければ, 苦労の, 落ちぶれて, 薄情な, 賢こげ, 足早に, 身体が, 迷ツた, 通り道も, 遅いの, 遅く, 遅くなった, 遅くなる, 遅く帰っ, 違うの, 違った感じ, 適合したであろう, 酔ったの, 酷い飽く, 野郎言葉に, 長い戦争, 長い間, 降るので, 限りも, 雲脂が, 面白いの, 頼りない, 養えるもの, 馴, 騒ぎを, 高くなっ, 高くなる, 髪が, 黒くなった

▼ どうしてあんな~ (191, 1.2%)

15 ことを 10 ところに 7 ことが 4 ことに, 所へ 3 ところへ, 事が, 事を, 所に, 高いところ 2 とこまで, ものが, ものを, 恐ろしいこと, 恐ろしい男, 手紙を, 馬鹿な

1 [122件] うまく書ける, おとなしいいつ, お優しい, お駒, かげが, ことまで, すれっから, たてものが, だつたらうと, だろう苦労, でしょう, ですかねえ, とこへ, ところで, ところにから, のだろう, のを, ばかな, ひょうげたもの, ぶざま, まねを, ものに, やつが, やつに, やつを, らんぼうな, ウォロベイなんて, ヌラヌラした, ノート・ブツクなどを, 一定の, 上の, 予言を, 事に, 人けの, 人を, 人間に, 介抱が, 何知らぬ, 危い, 古い服, 喧嘩に, 堅いもの, 夢を, 大きい声, 大男に, 大胆な, 大軍が, 太いの, 失敗を, 女の, 女を, 女男みたいな, 奴が, 奴を, 好いお, 娘が, 安定の, 対話に, 巨き, 店が, 引っくりかえされる, 心持ちに, 思いを, 思い切ったまね, 急な, 恰好で, 悪い奴, 悪い病気, 意地の, 意地悪な, 所が, 手ごめ同様な, 手当ては, 敏捷な, 時に, 柔軟な, 正義心の, 歩き方, 気が, 気に, 気味の, 気持ちに, 気持に, 気障, 気障な, 河の, 浮氣つ, 淫魔僧正どころの, 無智, 牛屋な, 物が, 物狂おしい真似, 狂人じみた, 獣が, 男が, 病気が, 痩ツぽ, 真似を, 眼を, 眼鏡の, 着物なんて, 石を, 秘密を, 種が, 空中乱舞が, 立憲政体の, 老人を, 考えに, 聲が, 船で, 芝居じみた, 苦しい目, 見る影, 謡曲なんか, 近附き, 遺恨相撲に, 酷たらしい, 非常識な, 風に, 風を, 高い山, 鶴の

▼ どうしてそんなに~ (186, 1.2%)

4 泣いて 3 急に 2 たくさんの, 傷ましく散り果てたの, 淋しそう, 祟るん, 赤いの

1 [169件] あつくした, あの人, いそいで, いろ, いろんなもの, おなり遊ばした, おへり, おまえさんの, お人, お口, お哭き, お急ぎ, お洒落する, お痩せだ, かしこいの, かゆがる, こだわるん, こわばった顔, こんな所, ご存じな, さわぐの, して, しょげて, せっかちな, その子, たくさん弁護士が, たやすく捕まっ, たよりない, だいじなもの, なったもん, のろいの, のろくさやってる, はやく知れた, ひがみが, ひどいこと, ひねくれて, びつくりした, ふとってる, ふるえるの, まであたし, まであの, まで思う, やかましく言い出した, よい子, わからんの, をとなしい, コワく成りました, セメントを, 人が, 人の, 人気が, 仲が, 仲がい, 低いん, 何か, 何も, 信用された, 健康な, 働くこと, 僕が, 僕を, 優くい, 光井さんの, 冷いの, 古く刊行法, 吃驚なさる, 善いとばかり, 嚏を, 坊主どもの, 外へばかり, 大人しいの, 大勢の, 大根おろしを, 失笑す, 奇麗, 子供の, 小さくな, 山岸さんを, 差入れが, 平気で, 平生と, 年じゅう女おんなって, 引っこめるの, 強いん, 御立腹, 御馳走が, 心が, 心易く, 心細い事, 念入りに, 怖いの, 急な, 怨むの, 恐ろしかった, 恥も, 息張って, 悪戯する, 悲しそう, 悲しむか, 意地わるく, 手間が, 故郷の, 早く分った, 早く叔父, 早く売切れた, 早く帰れた, 早く成つたらう, 暇が, 楽しかった, 機微に, 死にたいの, 気が, 気に, 気を, 氣に, 汚いの, 沈んで, 泣くの, 淋しがる, 滞在された, 無暗に, 熱が, 片輪, 物が, 現実の, 用事が, 疑問の, 疲れて, 痩せて, 瘠せたん, 瘠せて, 知らないふり, 私に, 私の, 空想する, 立派な, 笑ってばかり, 節子の, 純潔な, 素敵だ, 結婚が, 老博士, 考えるん, 腹が, 自分を, 苦心する, 蒼い顏, 言い繕うの, 評判に, 調子が, 諏訪藩に, 貴島に, 貴島の, 軽いの, 遅くなった, 遅く帰った, 鄭重に, 酔つたの, 重いだろう, 野獣などの, 金が, 金持に, 長くなる, 零落た, 震えて, 頸が, 首を, 高いの, 黙つてるの

▼ どうして~ (186, 1.2%)

5 の心 4 の手, はこの 3 がそれ, のよう, はこんなに, はそれ

2 [14件] がそんな, が上人, にそんな, に出来ましょう, に時, のところ, の事, はあの, はその, はそれら, は今, や秋辺, をあんなに, をそんなに

1 [133件] があなた, があの, があんな, がきまり, がここ, がこの, がこんな, がさう, がすべて, がその, がそんなに, がゆく, が一緒, が今日先生, が伯爵, が偽, が嫌い, が山, が御用, が手, が日本左衛門, が歩ける, が死に, が殺される, が生涯, が眠られる, が知っ, が見ず知らず, この頃, だけがこんなに, だけをひとり, とあなた, という人間, などが近づけましょう, などの口, に, にこう, にこんなに, にできよう, にのみ洩らした, にはそれ, には不思議, には二人, にばかり頭, にわかる, にドイツ語, に会う, に会っ, に出来よう, に出来るだろう, に呼びかけた, に悪い, に捨てられる, に探せるでしょう, に止める, に知らせる, に知れよう, に苦境, のいった, のお母さん, のこと, のこの, のそういう, のそんな, のホント, の利己心, の名前, の夢, の妻, の家, の屋敷, の御, の心持, の思っ, の悪口, の愛, の感興, の所, の旅行, の正体, の気まぐれ, の父, の眼, の赤ちゃん, の足, の音楽, はあえて, はあんな, はいま, はお, はおかみさん, はお前, はかう, はこう, はこれ, はこんな, はそんな, はっきり今, はどう, はまた, は事態, は人殺し, は前, は外, は彼, は彼女, は此様, は生き, は組み合, は行け, は食わず嫌い, ばかりがじっと, ばかりがコンナ身体, へ手紙, をいじめる, をいつも, をご存じ, をそう, をそれ, を一時間, を嘘つき, を嬲, を御存じ, を棄てる, を河野さん, を満足, を物置部屋, を知ってる, を見つけ出された, を見付けられよう, を識, を貰, 唄えます

▼ どうしてここ~ (185, 1.2%)

2220 へ来た 8 にいる, へ来 5 がわかった, へはいっ 4 に, にいた, へやってきた 3 にある, へは, へ来る 2 に居る, の家, はこんなに, へこられた, へやって来た, まで来た

1 [84件] から逃げ出す, から逃げ出そう, がお, がわかりました, でお話し, で幻, にいった, にいなさる, にいらっしゃいます, にいらっしゃる, にお, におい, におった, にお出で, にき, にきなすった, にこんなに, にだけあっ, になぞ来る, には小説, にゐる, にッ, に住ん, に入っ, に在る, に大寺, に寝, に居らん, に懸け, に来た, に止まり得よう, に死ん, に生まれ, に発展, に置く, に至りし, に辻番, のパン, の論理, は湯, へいらした, へいらっしった, へえ, へお, へきたん, へきなすった, へくるだろう, へこう, へこない, へひとり, へもどった, へ伊那丸さま, へ先まわり, へ入れられた, へ戻っ, へ持ちこむ, へ持ち出した, へ持っ, へ来なされた, へ来なすった, へ来ました, へ来られた, へ来合せた, へ落とされた, へ降りた, までお出で, まできた, までやって来たろう, まで堕落, まで売り, まで御座った, まで持っ, まで運ばれ, まで運ん, を, をお, をこうして, をにげる, を出ます, を切りぬけたら, を嗅ぎ付けただらう, を脱, を通り合わせる, を降る

▼ どうしてその~ (185, 1.2%)

20 ような 10 ように 4 人が 3 ことを, 人を, 男が, 顔を 2 ようなお, 事を, 御藤さん, 手紙が, 日の, 石の, 美しさ, 金を

1 [123件] あい子さんと, あとへ, うしへ, おくさ, お夏さん, お清, お父さんの, ことが, ことまで, ご推察, とき怪人を, とき泣き, ま, まんまに, やうな, ようにばかり, わかりやすく, エネルギーを, セルが, チャ・ゴエに, デツサンを, ノヴォデビーチェことわっ, パイプを, ムビウムを, 一言を, 人たちに, 人の, 仏を, 仕事を, 僧の, 儘竦ん, 償いを, 先が, 先を, 全部の, 再現に, 写真が, 勉強を, 原稿を, 名を, 唖男に, 域に, 夥しい人間, 大移動, 女が, 女には, 女の, 婦人の, 子供らしい, 密室から, 小心さを, 強さ, 役を, 御縫さん, 必要が, 惨事が, 愛するもの, 戦争に対する, 手が, 折日向守が, 敗戦などという, 方が, 方たちの, 方は, 方法で, 方面に, 日が, 日を, 時すぐ, 時そう, 時そこに, 時そんな, 時まで, 時分この, 時分じゃからと, 時大阪城の, 本体を, 様な, 歓迎の, 段じゃ, 殺人を, 毎日の, 液体を, 熱情に, 爆発が, 生命の, 生長と, 画の, 痛みを, 白い浴衣, 目を, 目黒に, 眼を, 種の, 結構な, 緑色の, 美しい爪, 義務が, 肥料の, 背中を, 背広だの, 脅威から, 自覚と, 興行が, 荷物が, 蜜に, 行詰りを, 要素の, 証拠を, 話も, 貨幣だけを, 辺に, 連中が, 部屋へ, 重態が, 関係を, 青年が, 青年に, 頃一緒に, 頭巾が, 馬車だって, 鯉の, 鱗を

▼ どうしてこう~ (173, 1.1%)

6 なん 3 なったか, なの 2 なったの, まで自分

1 [157件] いく地, いちいち名を, いつまで, いつまでも, いやな, いやらしい見えすいた, うれしくなれる, おとなしく絹雨, おまえの, おれは, おろかな, かねえいま, この森, だろう, つよい信頼, なつたの, なると, なるの, はげしい神経衰弱, へまを, まずいん, まで, までだれ, までになった, まで似, まで戦争, まで虐げられ, まで運命論的, まで酷い, むら気で, めちゃくちゃに, も, もあの, もお, もちがう, もねばりづよき, もよく, もスチューピッド, も人生, も分裂, も大, も女, も嫉妬, も小型, も恵まれ, も悲しい, も情けない, も情ない, も慌しい, も新鮮, も易々, も武者修行, も無残, も疑う, も神秘, も私, も苦しまなけれ, も落ちつく, も落魄れなさった, も辛苦, も都合, も鈍感, も鎮まり返っ, わしも, シンセリティーの, シンビ眼が, スシ屋が, テレ性な, デコボコに, ポカつく, ヤイヤイ言うだろう, 一つな, 一晩の, 二人の, 云う事, 云う憂鬱, 云う結果, 人通りが, 仕事仕事, 低能な, 何を, 俄に, 俺は, 儲からないの, 先生と, 冷たいの, 冷淡な, 出来損いが, 別々な, 十何人も, 卑屈な, 反目し合う, 坂と, 大勢連れ, 奇抜な, 女に, 女同志, 妙な, 家の, 寒く感じる, 寛大に, 寝坊だろう, 小さなこと, 年がら年じゅう貧乏な, 幸福な, 弱くなった, 御飯が, 急に, 意久地なくおとなしい, 意地が, 意気地が, 愚の, 愚劣な, 掘れるか, 描けるだろうと, 敵が, 早くお, 早く自分, 様子が, 殺し合いが, 毛唐は, 気に, 気分が, 涙が, 涙もろく, 渇くの, 煩しいもんでしょう, 熱意が, 物の, 病気が, 痛むの, 痩せて, 真面目に, 私は, 結びついたの, 老人の, 自己が, 色が, 荒く粗末, 詳しく覚え, 迅速だった, 逆らって, 道に, 遠いこころ, 重大に, 長く我慢, 長びくん, 陸地の, 青いもの, 青葉の, 頻繁に, 顔色が, 風通しが, 食いちがうの, 馬鹿な, 鳴き声だけが, 黙って

▼ どうして~ (172, 1.1%)

7 わかりに 5 分りに 3 亡くなりに, 手に

2 [12件] やめに, 吉を, 園の, 宅の, 店へ, 暮しに, 死に, 母あ, 父様は, 知りに, 葉と, 解りに

1 [130件] あげしようという, あしを, かしらに, かみさんも, けいこなさらない, たくの, てまえ, とげなさります, なくし, ぬしは, みよの, め, めえ, わかりだったん, わかりですか, 下しに, 二人を, 互にわからなかつた, 亡くなり遊ばしたと, 仕事を, 企てなさりましょう, 会い出来ないかという, 住居が, 偉いお, 兄様に, 光さんの, 兼を, 内儀さんと, 内儀さんを, 出し申す, 出に, 出来に, 分かりに, 分りあった, 分りかの, 別れに, 千に, 千代さんが, 千代や, 半を, 厨子の, 取次し, 受けに, 品さんに, 国は, 女郎に, 妹御を, 姉さまを, 姉様が, 姿が, 嫁さんを, 孃さまは, 宅では, 安くない, 富は, 寝みに, 察しに, 局に, 居で, 島と, 師匠さまが, 師匠さまは, 帰し申す, 常を, 延の, 心に, 怪我が, 恨みなんぞ, 感づきなすったの, 戻りなされた, 手紙などを, 手飼いの, 拵えなすった, 拵えに, 持ちなされるな, 持ちに, 斬りに, 暮らしなされた, 暮らしに, 書斎に, 杉は, 来な, 次第書などという, 止め申さぬ, 殿様は, 民という, 水を, 濱が, 煮なさいます, 燗を, 父うさんを, 父さまの, 父さまは, 父様が, 申訳を, 疑りに, 白粉を, 目に, 眼に, 米の, 粂が, 粂と共に, 粂なんて, 経文などを, 絹が, 考えに, 耳に, 聞かせ出来ようなどと, 聞かせ申すこと, 若い御, 葉さんを, 薬やなんぞを, 蝶が, 解りでございますな, 言葉どおりに, 許の, 詫し, 貞さんが, 返事を, 退がりに, 通いに, 通りいたしましょう, 遊びに, 酬いしたらよい, 銀様という, 銀様を, 関夫婦も, 頭の, 風呂沸かさない, 黙り遊ばし

▼ どうしてまた~ (167, 1.1%)

6 それが, そんなこと 4 急に 3 このよう, それを, 今日は 2 そんなになる, そんなもの

1 [138件] ああいう, あすこから, あなたがたの, あのお山, あのよう, あの草鞋, あんだけ, あんなこと, あんなだいそれたまね, あんなにみんな, あんなに食いつい, あんな者, おしゃべりしたことをかぎつけやがったんでしょうね, おじさんたちが, お侍, お前さんは, お前さんを, お敏, お江戸, けがなど, こいつが, こうお腹, このだ, この夜中, この夜更け, こんなところ, こんなに汚らしい, こんな処, こんな所, こんな石, こんな趣意不明, こんな風, さう, そいつを, そうてきぱきと, そうなった, そうぴしぴしと, そう作太郎, そう思う, そう急, そう早く, そなた, そのよう, その仔猫, その同じ古い, その姿, そんな, そんなころ, そんなにお前さん, そんなにたくさん金, そんなになった, そんなに厭われた, そんなに恋しく, そんなむごい, そんなよけい, そんな乱暴, そんな事, そんな大, そんな姿, そんな怖い, そんな愚かしい, そんな時刻, そんな気, そんな狐, そんな真似, そんな風, だれから, だれが, だんなが, つれなくする, どこへ, どこまで, なんで, なんの, よその, わざわざ一人旅, わしの, ー, 七年も, 不良少年なんて, 久助君は, 二十石の, 二杯も, 人を, 今じ, 今宵は, 今時分信濃の, 今頃, 分つたの, 受取りなどが, 吉沢が, 君が, 君は, 夢中に, 奥さんに, 弥太一様が, 彼女にと, 御令嬢, 忘れて, 怪塔の, 意地を, 手前が, 日本の, 早く私, 昔の, 東京に, 此から, 死ぬ気, 死んだん, 殿には, 毎晩仏頂寺の, 毛唐は, 清へなど, 満洲, 瀬川君は, 無線電信機を, 片輪, 物ずき, 犬なんかが, 生きて, 監獄なんかに, 私の, 私は, 考えたの, 肺炎などに, 若旦那は, 苦界と, 荒稼ぎを, 見ないうち, 誰によって, 豚が, 貴方が, 貴族だ, 身を, 郷里の, 金だ, 長年懇意に, 食法が

▼ どうしてどうして~ (156, 1.0%)

3 そんなこと 2 この辺どころ, こんな澄んだ, 彼は

1 [147件] あっしの, あの人, あの山猫, あの鬼玄蕃, あれで, いちばん後から, おお見る, おそろしい厳重, おまえらに, お出し, お前なんぞに, お姫様の, お死, かま猫は, ここへは, この人, この土地, この大事, この釘勘, この鈴川, これあ, これです, これにゃ, こればかりは, こんなこと, さように, その手, それで, それどころかかえって, それは, そればかりの, それ所か, そんじよそこ, そんなお, そんなもの, そんなわけ, そんな厭, そんな気味, ただ仇, だ, だい, ちやんと, とんでもございません, とんでもない, とブルンブルン, なか, のろまどころで, ほかの, みんな血まなこの, よ, わけなし, わしじゃとて, わたくしなどは, オバーを, カトリックの, ゴパックは, パーウェル・イワーノヴィッチ, プリューシキンなんぞの, ルイ十四世大王の, 一と, 一枚絵にさえ, 一歩日本国を, 一生涯かかっ, 一筋縄で, 一筋繩で, 上方にも, 事件勃発です, 人間では, 人間業じゃねえ, 今も, 今度は, 今時の, 他に, 伊賀流の, 体術の, 先生なにが, 動かばこそ, 勘の, 北の, 口に, 可なら, 喧々囂々たるさわぎだった, 坊やの, 外柔内剛です, 夢は, 大した智惠者, 子供を, 孫六じしん, 安達の, 宗三が, 宗俊など, 小児の, 少なくない, 山の手一帯の, 幻とは, 役に立たないどころ, 待てるもん, 忘れ去れるもの, 我々の, 我輩程, 手馴れたもの, 敵意どころか, 松倉山の, 正直で, 油断が, 油断は, 温泉宿の, 無駄どころか, 爆弾が, 犬だけは, 現今の, 生まれつきあっしゃ駆けまわるの, 田辺君の, 男同士の, 畜生め女の, 癒る, 皆んなは, 社会は, 私には, 私達に, 立派な, 竜之, 笑はせる, 答は, 紋也という, 素晴しく, 素晴らしいもの, 聴耳を, 藝術など, 行くもん, 裏は, 見ら, 親子喧嘩, 解るもの, 貧乏する, 貴下は, 返すこと, 追い付けそう, 逃げようたつて, 途中の, 邦訳で, 酔つてなんぞ, 釘づけ, 難癖を, 零下の, 雷ぐらいで, 鳥取の

▼ どうしてそう~ (154, 1.0%)

5 なん 4 なったの, なの, 急に 3 思うの 2 いえるか, じゃありません, でないと, なったかは, 僕が, 僕を, 変な, 泣くん, 酷い事

1 [116件] あなた様は, いい気, いい気になんか, いうかは, いつまでも, いろんなこと, うまくやった, うまく行く, おいらを, おそくなった, お前は, お思いなさる, お眠い, お隣り, かしらとふっと, かってな, かと云うなら, かと考える, ぐず, こずんで, さくを, しつこく手, して, しないの, しなかったの, しゅんで, じゃなかった, ぞうさ, たやすく言える, だろう, つまらないこと, でたらめな, でねえ, と知った, なったか, なったかと, なったん, なる, なるかを, なるとか, なるの, なるん, はできます, はならなかった, は問屋, までムリ, まで突きつめ, まで金助町, まむしが, みんな人にばっかり, もにわかに, わからないん, ジタバタする, ズボラな, ミーチャが, リンピイの, ロマンティストに, 一度に, 一言の, 下品な, 不機嫌な, 二人に, 云うこと, 云う気分, 云う疑い, 他の, 仰有, 佐伯君贔屓に, 儀礼が, 凹まされてるか, 出嫌い, 名づけられたか, 困るね, 堅く堅く自分, 変らずに, 多分に, 嫌うの, 孔明を, 安く売っ, 安心し, 家が, 寄って, 底抜けに, 引っこん, 弱いん, 強情を, 彼の, 御ひがみなされる, 心得て, 思う, 性急な, 悪魔の, 意地を, 愚図な, 憎まずには, 成績が, 方々の, 早く九州, 早急に, 有名に, 期待に, 松木の, 毎日川へばかり, 気丈な, 疑うの, 疑り深い, 移りぎなんだろう, 簡単に, 素気なく, 見えるん, 覚えたか, 軽忽, 酒癖が, 鑑定なさる, 長いぞ, 骨惜しみを

▼ どうしてあんなに~ (136, 0.9%)

3 なったん 2 わからずやにな, 伸子を, 易々と, 騒ぐの

1 [125件] いい子, いい感じ, おいしい実, おこったの, お逃げ, お面, かはつたの, ことばを, すてたん, すまして, たくさん果物の, でけ, なったン, なるの, のどの, はにかみ屋な, ばかに, ひっきりなし, むやみに, めじろも, もよく, も似, も顫, よそよそしい席, りっぱな, わたしは, ピョンピョン駆け出す, 不思議な, 並んでるん, 人間の, 仲の, 健康であらう, 光るん, 出来が, 取り乱したの, 口が, 口を, 味が, 執念深いん, 堅いの, 壊れたでしょうあれ, 変つ, 変りなさったか, 大きいの, 大きい眼玉, 子供を, 子供達が, 小説が, 嶮しい, 弱かった, 弱虫で, 強いの, 強情を, 御気, 御癇癪, 怒ったんだい, 怖い顔, 悪鬼の, 憂鬱な, 手のひらを, 政党政党って, 旨く船中, 暗かつ, 根こそげ, 殺風景な, 気が, 気強い事, 沢山に, 沢山の, 泣いた, 泣いたの, 泣くかと, 浮き浮きと, 海の, 温順しかった, 湯が, 熱心に, 物を, 物知りだった, 狐を, 猪之, 甚しい, 礼儀を, 私を, 穴に, 紅や, 綺麗な, 美しいの, 美しいん, 聞き訳, 脆くも, 色々に, 色っぽくできる, 若いそれ, 苦しんだかと, 蒼くなった, 血道が, 衣類ばかり, 裏表の, 見えたの, 講釈を, 議論の, 赤くて, 赤くにごってる, 近くなっ, 近くなつたり, 逃げ回ったん, 遑てて, 違うもん, 違ふ, 遠くまで, 酔ったの, 酔つたの, 醜いの, 野暮臭くそうして, 長くかかっ, 長く水, 青いの, 顔を, 顔色を, 騷ぐのか, 驚いたの, 驚いて, 骨が, 黒くなる

▼ どうしてこれ~ (126, 0.8%)

3 に気がつかなかった, を, をお 2 が, が喜ばしい, が喜劇, へは, へ来た, ほどまでに自分

1 [105件] あ空想どころ, があなた様, がおれ, がかかっ, がき, がこう, がこの, がそんなに, がわからない, が二人, が二十世紀, が今日, が他, が友, が地底, が夢, が失恋, が弟, が必要, が思い切れましょう, が恥じない, が打明けられましょう, が放せましょう, が教授, が暗号, が気付かなかったろう, が無事, が片手落ち, が王様, が登れない, が食べられます, だけには書けやしない, だけのこと, だけのもの, だけの事業, だけの光線, だけの漢字, だけの金, だけの餅, だけの騒ぎ, だけ僕, だけ重要, だって今頃, っぽっ, ですよ, ではたんと, で旅, で江戸, で食つて, に, にゃア複雑ん, に気がつかず, に気付かなかった, は一なん, は相当, は長州征伐どころ, ばかしはあげられます, ばかりは決して, へ, へお越し, へはござった, へ戻っ, へ戻った, へ来られました, へ見えられた, ほどこたえる, ほどのふしぎ, ほどの執着, ほどの知恵, ほどまでに人, ほどまでに親しい, ほどまでよく, までいじめ, までにする, まで自分, まで起こらなかったろう, まで辿りついた, も敵方, や大した, をおまえ, をきんぎよさうなぞと云, をこの, をもと通り, を一見, を切り出した, を削った, を取返す, を古島雛, を地面, を忘れ, を手, を持っ, を推論, を日本語, を日本軍, を止むる, を自営, を見おとそう, を見のがそう, を見逃がし, を解く, を間違え, を防ぐべき, を隠した, を隱

▼ どうして~ (108, 0.7%)

86 かわからない, ね 5 かその, か知らない 4 かそれ, かひどく 3 かよく, か私, か自分 2 え, かそんな, か九鬼, か僕, か突然, と, といぶかる, な

1 [45件] かあたし, かいよいよ, かお前, かお家, かこの, かつい, かでは, かなかなか, かね, かは彼女, かまあ, かまた, かわかる, かわたし, かわたしたち, か伸子, か分らない, か判らない, か前, か君, か大浦, か好き, か彼女, か急, か日本, か書けない, か次郎ちゃん, か死ねませんでした, か淋しい, か漠然と, か皮膚病, か知りません, か紋服, か素子, か耳, か聴衆, か茶, がこの, そう思わない, つて, と聞い, よ, よいや, よモモコ, んべな

▼ どうして自分~ (105, 0.7%)

5 はこんな 3 がこんな, のよう 2 があの, が負ける, で笊, の心, は一人

1 [84件] からこの, がああ, があらかじめ, があんな, がここ, がこれ, がその, がつばめ, が今, が床, が廢嫡, が活き, が海中, が見間違った, が起きた, だけがその, だけ僕, でラジオ機械, で分らない, なんか描いた, にたいする彼女, に止める, のからだ, のした, のなか, のねる, のみいつ, のみが孤児, のみじめ, のやう, の一生, の上, の亭主, の仕事, の作家, の信用, の兄弟, の初め, の力, の在, の夫, の妹, の妻, の宅, の家, の恋, の手, の星, の極, の歌曲, の洋杖, の父, の生き, の生んだ, の生涯, の疑惑, の病気, の神経, の秘密, の身の上, の過去, の隣人, の魂, はあう, はあの, はこう, はこの, はこれ, はこんなに, はさっき首, は今, は妻, は立派, は素直, は馬, より先, より大きな, をおびき出した, を危く, を捜し, を枉げました, を知っ, を見込んだ, を訪ね

▼ どうしてあなた~ (100, 0.7%)

7 は私 6 はそんな 5 はそんなに 4 はあんな 3 はその 2 がこんな, にわかりましょう, のところ, の家, はここ, はそう, は知ってる, を悪い

1 [59件] がこう, がそう, がそれ, がた, がもっと, がわたし, が出る, が度々, が悪い, が独り言, そんなにお, そんな眼, だけ帰っ, と通信, などが書ける, なんて言う, におかれ, にそれ, にわかりました, に対してあたし, に心, に暖いもの, に遇った, のお, のこと, の所, の音楽, はあたし, はあなた, はあの, はこの, はこの方たち, はこんな, はそうすぐ, はそれ, はそんなにいつもいつも, はどこ, はまるで, はわたし, はアレクセイ・イヴァーノヴィチ, はチェルマーシニャ, は丸木, は今夜おいで, は声, は大きな, は少し, は意地, は斯ん, は未醒, は発見, は自白, は遠い, よりずっと, をお, をからかう, をこんなに, を知る, を立たした, 打ち明けた御

▼ どうしてよい~ (100, 0.7%)

12 かわからない 11 のか 5 か分らない, のやら 3 かわからず, かわからなくなる 2 かまるで, かわからなくなっ, か分からず, か分からぬ, か分らなかった, か分りませぬ, か困っ, か途方, やら多勢, やら途方

1 [41件] か, かさっぱり, かちょっと, かということ, かと途方, かどこ, かに困, かまったく, かもわからず, かわからなくなり, かわからなくなりました, かわからぬ, かわかりませぬ, かわかりません, かわたし, かサッパリ, か分らなかつた, か分らなくさせた, か分らなくなる, か分るまい, か判らない, か判断, か実に, か私, か考, か考える, か解らず, か解らなかった, か解らなくなった, か訳, のだ, はずが, ものか, やらすくなから, やらわからない, やらわからなくなりました, やら分らない, やら死ん, やら殆ど途方, 気持に, 芸術が

▼ どうして~ (97, 0.6%)

6 はそれ 43 はそう

2 [13件] が, にわかった, のうち, はあの, はこの, はこんなに, はそこ, はそんな, はそんなに, はカラダ, は女, は知っ, は私

1 [58件] があんな, がそう, がそんな, がそんなに, が日本, が時子, が疑われず, が電話, そんなにいい, とおれ, とした, と一緒, と僕, には明日, には気に入らん, には脣, に分る, に判る, に対する忌, のおく, のお父さん, のところ, のやう, のよう, のオデコ, の両親, の命, の家, の手, はあんな, はこちら, はさう, はその, はまた, は三万円, は人物, は今夜, は会わせたがる, は僕, は君, は左, は彼, は応召, は死刑, は毎日会, は知, は知つたの, は笑える, は自分, は認めよう, は食事, は馬鹿, は骨牌, まあ来, よく物, を愛さない, を真犯人, 青い色

▼ どうしてです~ (86, 0.6%)

6195 かね 2 って 1 かあなた, か弁信さん, か気持ち, か道, どうして僕, な, ね, のどうして, のなぜ

▼ どうして~ (84, 0.5%)

3 がそんな 2 がここ, にそんな, はその, は今

1 [73件] あるを, がこんな, がそこ, がその, がそんなに, がそんなふうに, がわざわざ, がチョイチョイ伊東, がモヒ中毒, が其所, が別館, が妻, が急, が拙者, が昂奮, が正門, が毛利軍, が池, が生き, が画, が知り得たろう, が私, が科学的方法論, が自分, が見出す, が音楽, だけが異説, と来, に向, のポケット, の今, の作, の如き, の所, の赤子, の陣容, はあんなに, はいるだろう, はかくそう, はここ, はこんなに, はさっき, はそう, はそこ, はそれ, はそれら, はそんな, はそんなに, はなかなか, はまた, はまるで, は伸子, は初め, は同じ, は失敗, は帰っ, は彼ら, は彼等, は忘れ去る, は村, は滑稽, は私, は胴締, は自ら, は農家, ほどの人物, もまた, をクリストフ, を助ける, を従卒, を救いあげよう, を説きつける, を逸する

▼ どうして~ (82, 0.5%)

6 はこんなに 2 が, に興味, のお母さん, は僕, をそんなに

1 [66件] があの, がここ, がその, がそんな, が怒つた, が抱く, が最近風邪, が朝枝, が此處, が知った, が船, が迂闊, じゃいけない, だけが生きた, だけ逃げられましょう, とみ, と何等, にだけ次郎なん, にできよう, にできるだろう, に向, に対してアンナ失敬, に感謝, に指名, に登る, に目, に直接, に糸, に驚い, のしかけた, のところ, の云う, の人間, の力, の名, の周囲, の家, の居どころ, の居処, の心理表出摸索劇, の性格, の意志, の状態, の祖母, の顔, の魂, はあれ, はあんな, はいつも, はいやらしい, はここ, はこんな, はパリ, はヒルシュ, は一体こんなに, は原子爆弾, は斯, は身, をこんな, をこんなに, をメルキオル, を信用, を犯人, を理解, を追払おう, 行けるだろう

▼ どうして~ (78, 0.5%)

3 わからないが 2 やうに, 宿の, 急に, 私は

1 [67件] あんな知合い, いつのま, おなじお, きょうは, このごろは, しらん, そうした快活, それが, ちょいちょい街燈, どんな手紙, なぜ今日, みんな無くし, よくこれ, わからない, わからないの, わからぬが, わけの, わたくしは, プツと, 今度は, 俊乗に, 其頃から, 内儀さんが, 分らないが, 分らなかつた, 別れて, 去年の, 外れたん, 多くの, 大変な, 大阪に, 妾にも, 姿を, 婚姻の, 学校からの, 宝蔵破りの, 彼だけは, 彼は, 往来に, 後見の, 忿つてはたきを, 思ひ出された, 抜け出して, 最近左腕を, 毎晩黙っ, 水が, 生れつきたいへん, 知って, 知ってるかい, 知ら, 知らないけれど, 知らないけれ共, 知らんが, 紛れ込んだ, 自分は, 船で, 若けえお, 落ち込みましたところが, 解らないが, 話し出さずに, 載って, 逃げました, 逃げ出して, 通らなかった, 酷く白く成つた, 非常に, 駈けても

▼ どうしてああ~ (74, 0.5%)

2 いうこと, だろう, 単純な

1 [68件] いうむつかしい, いうもの, いう事, いう妙, いう所, いう指令, いう素振り, いう行列, いう風, いふつまらない, かと思う, きれいに, さっぱりと, した大きな, そそっかしいの, だろう打ち見たところ, ちょろっと, なめたよう, なん, ばかげたこと, まで知りたがった, まで開発, もあっさり, も不思議, も小説, も揃い, も気, も虚偽, よい声, ウマく, ヤツレたり, レディーライクでない, 云う無頼漢, 云う調子, 動かないで, 勝手な, 卑劣な, 喧嘩した, 変化した, 大きく引き延ばさなけれ, 寝られるん, 屡々楠, 帰りが, 強いの, 彼奴らを, 急に, 恰好が, 慾張りな, 憎悪を, 揃いも, 日本着物を, 普通の, 来るやつ, 満足に, 澄まされるかな, 熱心に, 病気ばっかり, 真赤に, 硬く見えた, 苦しむかね, 西班牙人が, 言われて, 誰彼なし, 赤いの, 身の, 野心が, 鈍い色彩, 音も

▼ どうしてお前~ (72, 0.5%)

5 はそんな 4 はそれ 3 にそれ 2 はおれ, はここ

1 [56件] あの神尾様, えは, が, がこれ, がそんなに, こんなところ, こんな所, そう云う, そんなこと, そんなに来る, そんなに花魁, そんなユックリ, なかなかシッカリモノ, なんぞに手伝っ, にお, におれ, に付き纏った, に岩井, に憧れない, に敢, のからだ, のところ, の他, の兄, の心, の方, の智慧, の部屋, はああ, はあんな, はお, はこんな, はこんなに, はさ, はその, はそんなに, はそんなにいつも, はわからない, は伊那, は地獄, は大道, は御存じ, は持っ, は探った, は来, は来られた, は病院, は私, は肉, は見える, は読んだ, は静か, もやる, 出かけないんだい, 助かったの, 持ってるの

▼ どうして~ (64, 0.4%)

36 に入れた 4 にはいった, に入れる 2 離すこと

1 [18件] あげね, にいれた, にいれました, に入, に入れ, に入れたろう, に入れました, に入れられた, に入れられました, をつけ, を休めなけれ, を切った, を切ったら宣い, を握れましょう, を束ね, を絶った, を退け, 離して

▼ どうして生き~ (64, 0.4%)

6 ている, て行く 4 ていた 3 ていい, ていられよう, てきた 2 ておれる, てゐられる, て行っ, て行ったら

1 [31件] て, てい, ていかれる, ていけ, ていける, ていこう, ていったら, ていられる, ていれられる, てここ, てゆかう, てゆかれる, てゆく, てゆけ, てゆける, てゆけるでしょう, てゆこう, てよい, てゐられませう, てゐる, て動い, て居たい, て居られましょう, て行かう, て行かうてんだ, て行かれよう, て行かれる, て行くだろう, て行ける, て行つて, どうして人なみ

▼ どうしてって~ (63, 0.4%)

6 ことは 2 来ようと

1 [55件] ああ云う, あきれた子, あたしは, あなた, あの今月四日, あまりふしぎ, おまえくらい, お前, お前あの, お松さんほんとうに, お祖母さんは, ことも, そうじゃァ, その方, そりゃあ君, ただ, ただいじめ, つまりそれ, なによ, はじめっ, ほかに, ほら君, まだ分らぬ, 事も, 事情が, 云って, 何んと, 僕そんな, 兄さん分かってる, 入り口から, 出せないよ, 別にわけ, 別段の, 友愛塾は, 右の, 君わからん, 君君は, 失礼です, 奥では, 家の, 恥ずかしいの, 本堂で, 来やう, 東京には, 気が, 火鉢の, 用が, 私は, 素振りが, 藤井の, 言えばね, 負けること, 逢いに, 風力計が, 馬鹿な

▼ どうしてなかなか~ (62, 0.4%)

2 立派で

1 [60件] いい子, お神楽どころ, お立派, こって, このお, この位, こんなくらいの, そのよう, それどころじゃ, そんなありふれた, そんなどころ, そんな事, たっしゃぞろいにはちがいなかったが, にぎやかな, のわがまま, の人物, の器量, の大した, の奴, の御, の才女, の曲者, の苦戦, の衣裳もち, の頑固女, ばかに, もって, ようすの, われわれくろうと目には, 一朝一夕に, 一週間も, 侮り難い, 偉いん, 冷えるという, 勢力の, 困難きわまる, 堅実な, 子供では, 容易ならぬ, 抜けそう, 本庁と, 本物の, 根岸へ, 楽じゃ, 気が, 満員なんか, 無雑作, 糸竹の, 美い, 美しい子, 美少年だ, 虚栄心が, 見て, 貴方は, 賑やかな, 賞められませぬ, 足が, 逸物と, 適切だ, 隅には

▼ どうしてゐる~ (61, 0.4%)

4 の, のか 3 か, んだ, んだらう 2 かしら, でせう, のかさ, のだらう, のであらう

1 [34件] かしらとユウコフ, かしらんつて, かそれ, かといふこと, かと問, かと問うた, かと心配, かと思つて, かと思ふ, かと白石, かと質, かなあ, かなぜ, かなどと思ふ, かね, かは彼, かを, か分らない, か知らない, か見, ことか, ことかと, ことだらう, であらう, と云, と問うた, と思つてお出で, のかね, のやら, やらさ, らむ, んだろ, んだろう, んでせう

▼ どうして~ (60, 0.4%)

3 になっ, までそれ 2 の自分, の身, までそこ

1 [48件] あんなこと, からこんなに何もかも, から東南, こそ自身, こんなになっ, こんな大胆, そんなこと, そんな事, のやう, の世, の今, の夫, の女, の日本, まで, までああ, まであれ, まであんなに, までおいで, までここん, までこの, までその, までそんな, までに土俗人種学, までの日, までよく, まで呼ばなかった, まで天, まで手, まで気がつかなかった, まで気がつかなかったろう, まで気づかなかった, まで汝, まで知っ, まで立候補, まで自分, まで行, まで見逃し, まで誰, もいう, 云は, 他の, 休養などを, 急に, 生きて, 迄, 迄あの, 迄忘れられなかった

▼ どうして死んだ~ (54, 0.4%)

13 のか 5 んだ 4 か, のだ 3 のだろう 2 の, のです, んでしょう, んです

1 [17件] かその, かということ, かと言う, かもわからねえ死に, か冠蔵, か知ってる, っけな御, のかと, のだらう, のであろう, のでせう, の病気, んだろう, 人間と, 相手方も, 農奴など, 農奴なんか

▼ どうして知っ~ (48, 0.3%)

26 ている 9 ていた 2 て居る

1 [11件] ていたろう, ていよう, ておい, ておいで, てじゃ, てなさる, てらッ, てゐます, て居りましょう, て御座る, て来た

▼ どうしてわたし~ (46, 0.3%)

4 はわたし 2 がこの, の言う, は足音, をお

1 [34件] が, がお前さん, がここ, がわざと, が人間, が孤独, が白骨, が知っ, こんなところ, こんなにあなた, とこういう, なんかを, なんぞに好奇心, にこんなに, にです, には今, のいる, のところ, ののぞむ, のほう, の会いたい, の名, の名前, の家, の心, の父親, はかれ, はそんなに, をあの, をご存じ, をそんなに, をたすけ, を尋ねる, を探すでしょう

▼ どうしてあれ~ (44, 0.3%)

2 だけの大, は安い

1 [40件] があか, がそんな, が忘れられる, だけの人数, だけの出血, だけの品位, だけの糞度胸, だけの荷物, だけの詩篇, でいい, で大金, で素晴らしい, で解読, に眼, は壁, は孔子以上, は立派, は華厳宗, ほどに暴威, ほどのもの, ほどの深, ほどの面罵, ほどまでに燃えあがっ, ほど執着, ほど美しく, ほど美味しかっ, ほど複雑, ほど金, ほど露骨, や娘, を下さろう, を取ろう, を御存じ, を忘れよう, を打つた, を持っ, を撃滅, を生かし, 程宮廷, 程貧乏

▼ どうして来た~ (44, 0.3%)

7 のか 5 のだ 4 のです, んだ 3 の, のかと, んです

1 [15件] かがよく, かその, かと訊いた, かと集まっ, かと驚い, かゲッソリ, か机竜, ことか, ことが, と云われました, と聞いた, と貴公, ものか, ものやら, 人とも

▼ どうして~ (43, 0.3%)

1411 んです 6 のか 2 のかは, のよ 1 あんたどうして, のおばさん, のさ, のだらう, のだろう, のアンドレ, の小, の覚一

▼ どうしてかう~ (39, 0.3%)

1 [39件] いふ事実を, いふ問題が, いふ型の, いふ役目を, いふ深海に, いふ状態の, いふ現象が, いふ結果に, いふ裏町に, いふ豐かな, いふ風に, なつた, なん, まで卓一, まで通じ, も今, も夕暮, も夜, も小さい見苦しい, も弱く, も後れる, も真実, わけが, 世の中の, 亭主運が, 人の, 人間と, 叙述的な, 唄が, 宿六運が, 常に堂々と, 後にな, 意気地が, 暗い家, 梨枝子ばかりを, 言ふ, 違ふかと, 鉛の, 風が

▼ どうしてそういう~ (39, 0.3%)

3 ことが 2 ことに, ことを, ように

1 [30件] のかと, ものが, ものを, ような, モメントにおいて, 不思議の, 乱暴な, 事に, 事を, 人が, 人達が, 光景が, 境遇が, 山尼の, 性質が, 方, 方でしょう, 方法を, 民心の, 気に, 気持に, 激しいちがい, 目に, 窮境に, 経営が, 結果に, 誤解が, 間違いが, 風に, 風景が

▼ どうして~ (38, 0.2%)

2 の愛, の運命

1 [34件] がいねえで, が亡くな, が住み始めた, が欲し, が生き得よう, が疑い得る, が這入つたらう, というもの, と仏, に与えられよう, に夢, に愛される, に打ち開ける, に爪弾きされる, に金, に顔向け, のこと, のゐない, の住む, の心, の耳目, の顔, はかう, はこの, はこんな, はみな一人, は不死, は其程, は登る, を感化, を教える, を正しく, を殺す, を裁く

▼ どうしていた~ (37, 0.2%)

7 のか 4 のだ 3 かそれ 2 か, かという, の

1 [17件] え, かということ, かと云う, かと訊く, かね, かまた, かを見る, か桂庵, ことであろう, この物騒がしい, っけかなあ, と時雄, ね, のかしらん, のだろう, のでしょう, のです

▼ どうして居る~ (36, 0.2%)

5 んだ 3 のだろう 2 のか, んです

1 [24件] かと思う, かと思わず, かと毎日お前, かな, かね, かはははオドチャ, かをも知る, か一々, か何, か分りません, か待ちかね, か旦那, か浜田, か知らない, か聽, ことか, ことで, って己ア金, と云われた, のだい, のであらう, やら, んだろう, んでしょう

▼ どうして~ (35, 0.2%)

7 ういふ 2 うぢ, う思ふ

1 [24件] ああ奥さん, ういたづら, うえに, うお節介, うしない, うなるかを, うなるの, う云, う兄さん, う出, う呑込ん, う器用, う度々, う思はれる, う斷定, う気持, う泣く, う老成, う血縁, う言, う通称, う頑固ぢ, お師匠様, まで武家奉公

▼ どうして人間~ (35, 0.2%)

2 になる, の頭, の首

1 [29件] がそんなに, がはいっ, が住む, が堕落, が戦争, が鷲, ではございません, と小鳥, にとつ, にはかう, に存在, に禍, の住む, の力, の幻想, の手, の無力, の生きる, の眼, の群れ, の背中, はいつも, はかく, はこう, はこの, は動物, は喫茶店, は護る, を滅ぼさぬ

▼ どうして~ (34, 0.2%)

2 あんなおとなしい, そんな所, 人間に, 悪魔などと

1 [26件] あなたは, あんたは, いくら芝居, いつのまに似, お前さんは, このおそく, このやう, こんなおみやげ, こんなヘマ, こんな日, こんな穢い, そのよう, そんなこと, そんな事, そんな呑気, そんな生活, そんな言葉, 今まで, 今度に, 何時頃から, 値段, 坑内で, 手なんぞ, 数右衛門が, 病気に, 金どんの

▼ どうしておれ~ (33, 0.2%)

3 はこう

1 [30件] があんな, がここ, が不思議, が出す, が大地, が女みたい, が探っ, が金, にできる, にばかり災難, に相談, に知らせ, に黙っ, のここ, のこと, の女房, の家, の居所, の愛犬, の氏素姓, の球, の頭, はこういう, はこんなに, は不幸, は今夜, は生きられるだろう, ばかり蛆虫, をこんな, をこんなに

▼ どうして~ (33, 0.2%)

4 いって

1 [29件] いえば, いってネ, いふと, いふに, いわれると, おっしゃいましても, おっしゃったって, さすが御, たのみそれ, どこおりなく通っ, ブルンブルンと, 一々聞い, 一時は, 云うに, 働きさ, 再び問返した, 問はれれ, 外人が, 梶が, 申して, 申しますに, 私に, 綱雄は, 聞かれると, 聞きわけるほどの, 聞き返すの, 言うて, 言う事, 鉄舟に

▼ どうしてそこ~ (32, 0.2%)

2 にいた, に気がつかない, に気がつかなかった, へ気

1 [24件] いら, にいなかった, にすわっ, には, にはいっ, には世にも, に再現, に埋け, に抜, に気がつかなかったろう, に気がつかなかつたらう, に気楽, に疑い, に皇都, に立てない, に転がっ, のところ, へ登っ, へ行かない, へ行き合わせました, までお, までで, まで仔細, まで探り出した

▼ どうして好い~ (31, 0.2%)

6 のか 3 か分からない, か解らない 2 か分らなかった, やら機嫌

1 [15件] かと云, かわからない, か分からず, か分からなくなった, か分かりません, か分らない, か判らない, か十歳, か方角, か知らぬ, か解らない困, か解らなかった, か解らなく, か迷ってる, やら途方

▼ どうして彼女~ (31, 0.2%)

1 [31件] がこの, がその, が好まない, が怠, が春一, が私, が第, が謂わ, と喧嘩, と識, についての此, に対してこんなに, に気付かなかった, に泥, に近寄ろう, のこと, のツバメ, の傍, の力, の周囲, の夫, の態度, の胸, の遺書, の顔, はあんなに, はそうした, をあたためる, をさまさせる, を一人, を引き上げられよう

▼ どうして今日~ (29, 0.2%)

3 のよう

1 [26件] だけの蓄積, に限っ, の彼, の日, の結果, は, はかれ程, はこう, はこんなに, はと久子, は斯, は真ちゃん, までおいで, までこの, までひとり, まで会わなかった, まで問題, まで御, まで思い出さなかった, まで生き, まで生き永らえ, まで知れなかった, まで私, まで誰, まで隠岐, 迄俺

▼ どうして~ (28, 0.2%)

5 にそんな 32 にその, にそんなに

1 [16件] にあの, にあんなに, にいらん, におっしゃる, にこんな, にさ, にそう, に予, に参られた, に可笑し, に変化, に大, に年, に深く, に犬死, に自分

▼ どうしてどこ~ (27, 0.2%)

2 に, に之

1 [23件] からお, からこんな, からこんなに, からそれ, から入っ, から連れ, が君, で, であんな, でお, でも吠えられる, で己, で知った, におい, にもない, に居る, に残っ, の何者, へゆく, へハマる, へ行っ, へ運び去った, へ預け

▼ どうして~ (27, 0.2%)

2 が毎晩家, はこう

1 [23件] が, がここ, がそれ, が世, が嫌い, が江戸, だってこと, と鼓賊, にしない, の体, の名, の死ぬ, の腹, の身の上, はこの, はまた, はもっと, は斯ん, は死なね, は自分, をこんな, をこんなに, を振り捨て

▼ どうして~ (25, 0.2%)

2 がひそん, が私

1 [21件] が入られよう, が花田, ってやつ, というもの, という奴, とわかつた, とわかる, と限る, などがこんな, に医学博士, に渡した, に生れた, の心, の手紙, の業績全般, の死顔, の肉体, はおれ, はこう, はすべて, はそんなに

▼ どうして暮し~ (25, 0.2%)

5 ている 3 ていい 2 てゆく, てゆける, て行く

1 [11件] ていた, ていったら, ているだろう, ているでしょう, ておられる, てゆけ, てゐた, てゐる, てゐるだらう, て居る, て行かれる

▼ どうしてまあ~ (24, 0.2%)

2 そんなこと, 今日は, 大へん, 殺されたん

1 [16件] お前は, こっちの, このごろの, こんなところ, こんな北極, こんな手近, そんな無理, わざわざおいでくだすったのでしょう, 今日の, 伯父は, 兄弟喧嘩を, 友さんこの, 手前どもで, 見るがい, 関守の, 髪上げなんぞにまで

▼ どうしてやろう~ (24, 0.2%)

102 かと思いました

1 [12件] かしら, かと, かと思いつめる, かと思っ, かと思案, かと考えました, かな, か知ら, という親切心, とかこう, と思う, と言う

▼ どうして出来る~ (24, 0.2%)

4 ものか 2 かと云, か詳しく, のか

1 [14件] かそれに, かという研究, かといえ, かと質問, かなどという問題, かは明らか, かを顧みる, か分らない, ね, ものかと, ものかね, ものじゃ, もんか, もんです

▼ どうしておまえ~ (23, 0.2%)

5 はそんな 2 はそんなに

1 [16件] が共謀, だけ眼, なぞをわが子, のもの, の世話, の発作, はここ, はこの, はこれ, はこんな, はその, はまた, はもの, は弱い, は明日発作, を殺せる

▼ どうして~ (22, 0.1%)

5 て来た 3 てきた, て行った, 來た 1 ていった, てしまった, て來, て来たろう, て来る, て行かない, 來る, 來上つた

▼ どうしてこういう~ (21, 0.1%)

4 ことを

1 [17件] お計らい, とき死なない, ようなし, 予期も, 人間性の, 動詞が, 婦人が, 家から, 寂しくも, 工合に, 料理を, 新しい恋, 様式が, 空間的認識の, 芸術家たちが, 豊かな, 風な

▼ どうして~ (21, 0.1%)

3 の男

1 [18件] のポール, の不思議, の中, の人, の儘, の危険, の女, の娘, の子, の少年, の屋敷, の屋根, の山, の時, の棚, の様, の被告, れだけ

▼ どうして殺された~ (21, 0.1%)

7 のか 2

1 [12件] かあつし, かということ, かも知らない, かをよく, か全く, か半日玉ちやん, か唯一, か母屋, か誰, のでしょう, んでしょう, 男の

▼ どうしていらっしゃる~ (20, 0.1%)

4 かしら 32 かと心配, かと思っ 1 か, かしらと思った, かとこちら, か御存知, か知る, と云う, のかと, のだろう, やら

▼ どうして~ (19, 0.1%)

3 のため

1 [16件] かあった, か頼みこん, が判っ, が原因, といわれ, の因果, の為, の血, べん, も見, も言わない, をし, を喋っ, を捕える, を書いたら, を考へ

▼ どうして此処~ (19, 0.1%)

4

1 [15件] さ来た, にいる, にかれ, にこの, に有る, に来, に来る, に立掛け, の座敷, へは, へはいった, へ来た, へ来てる, へ気が付かなかった, を逃げ出さなきゃならない

▼ どうして~ (19, 0.1%)

7 がつかなかった

1 [12件] がつかない, がつく, が変, にかかる, にかけた, にかける, になる, に染まぬ, に要らん, の迷い, を失った, 障なの

▼ どうして貴方~ (19, 0.1%)

2 はあの, はそんなに, は私, まだ手

1 [11件] おひとり, この節, なんぞに分る, に汲ん, に逢う, の作品, は, はこれ, はそれ, はそんなにまあ, は虎

▼ どうしてお前さん~ (18, 0.1%)

2 はそう

1 [16件] あんな真似, こそ剣道, そんなもの, なんかがここ, なんざ学者, には, のその, はあの, はお, はそれ, はそんな, はそんなに, は此家, は知つて, 働かないんだい, 来ました

▼ どうしてでしょう~ (18, 0.1%)

92 かとおっしゃいます, ね 1 かねつい, か先生, きっとその, 今年の, 私は

▼ どうして悪い~ (18, 0.1%)

4 ことが 2 のです, んだ 1 か, ことでない, と思わなかった, の, のだろう, のであろう, のよ, の思案, んだろう, んです

▼ どうしてあたし~ (17, 0.1%)

2 に知らせ

1 [15件] が知っ, こんなこと, にこんなに, に教え, のそば, のよう, の名前, の子供, の赤い, はあんな, はこんなに, をこんな, を忘れ, を死なし, を美人

▼ どうしてくれよう~ (17, 0.1%)

4

1 [13件] かって, かと思い思い, かと思案, かと残忍, かと殺伐, かと考え, かと迷っ, という狂暴, としばらく, とその, とちら, と憤怒, 水を

▼ どうして~ (17, 0.1%)

8 せう 3 もない 1 ござりまする, しようねえ, すっ, せうね, せうねえ, も筋

▼ どうして下さる~ (17, 0.1%)

93 のです 2 おつもりな 1 んで, んです, 御思案

▼ どうして彼ら~ (17, 0.1%)

1 [17件] がこれ, が富裕, が救われない, と懇意, にできる, によって優れた, の住家, の名, の稀, の鑑賞, の音楽, はあんな, は何, は社会, は躊躇, をそれほど, を憐れまず

▼ どうして持っ~ (17, 0.1%)

3 て来た 2 ている, て行こう, て行った 1 ていた, て出た, て帰ったでしょう, て帰ったら, て来ない, て来られます, て歩く, て行く

▼ どうして日本~ (17, 0.1%)

1 [17件] がこれ, じゃ舶来, とアルゼンチン, にばかり出現, にゐる, に五, に参りました, に戻っ, に発達, の偽札, の新聞, の社会生活, はややもすれば, へ來, へ渡っ, まで動かしたら, 全国民

▼ どうして知った~ (17, 0.1%)

3 ものか 2 か, のか, のだ 1 かと押し返し, か毎年大阪, というの, の, のだろう, のであろう, のでしょう, のです

▼ どうしてあんた~ (16, 0.1%)

2 はこんな

1 [14件] そんなに身体, そんな工合, のよう, の手, はこの, はそう, はそうけちけち, はそんなに, は何, は憎まない, は此, は毎晩遊び, を泊めなくっ, 此の

▼ どうして~ (16, 0.1%)

1 [16件] かから紹介, から御身, がこの, が何, が言い切る, が連れ, にもわかる, にも疑われぬ, に伝八, に殺された, に訴, の手, もが止めない, もそれ, も他, も気がつかぬ

▼ どうしていつ~ (15, 0.1%)

2 までもこんな

1 [13件] こっちへ, しよに, それ程大, そ寛闊な, でも傘, までもいる, までもこう, までもまあ, までも世間並, までも日毎夜毎, までも葉子, までも食事, 迄も暮れない

▼ どうしてもっと~ (15, 0.1%)

3 愉快に 2 他の 1 おもしろい話, デパートメントを, 前に, 十分に, 早くうかばなかった, 早く気, 早く考えおよぼさなかった, 積極的に, 穏当に, 細かく見聞

▼ どうしてわかった~ (15, 0.1%)

4 んです 32 んだ, んだい 1 かというの, のだ, のだい, のであろう

▼ どうしてわかる~ (15, 0.1%)

3 んだい 2 か, の, んです 1 かという疑問, かといへ, って, のか, ものか, モモちゃんに

▼ どうしてわし~ (15, 0.1%)

1 [15件] がここ, がそんな, が侍, が天井裏, が戻りませう, が船長, じゃとて父親, に勝つ, のうち, の名, の子, の家, は武芸, より先, を漢

▼ どうしてわたくし~ (15, 0.1%)

2 があの, がそんな, に声 1 がこの, がこれ, がみんな, などは何うに, にはこう, には話し, のむさくるしい, は, はさうな

▼ どうして先生~ (15, 0.1%)

2 のよう

1 [13件] あの日, が, が相談, にはそんな, に分らねえ, に申, のいう, の気象, の門, はああなんだろう, はあの, はお供, を殺そう

▼ どうして子供~ (15, 0.1%)

1 [15件] ができない, がない, が出来ない, が安産, が家, が生れなかつた, なんか出来た, なんてもの, にはわからん, にはわからんで, の幸福, まであつ, を捨て, を育て, を連れ

▼ どうして御存じ~ (15, 0.1%)

4 で, ですか 3 なの 1 かね, でございますまだ, でしたの, になつ

▼ どうして暮らし~ (15, 0.1%)

4 ている 2 ているだろう, てきた 1 ていた, ています, ていらっしゃいます, てゆかれるでしょう, てゆけた, てゆけましょう, て行く

▼ どうして~ (14, 0.1%)

3 て, らッし 1 ぎりす紳士という, ていい, てもかまわぬ, ても差支え, ても無事, ながらにそうずばずば, らしったって, らッしゃいます

▼ どうしてみんな~ (14, 0.1%)

1 [14件] があの, がこう, こんなに困る, そう怒る, で気, に食べ物, の目, はこう, はそういう, をつれ, 出来上ってから, 揃わないの, 行かないん, 黙って

▼ どうして二人~ (14, 0.1%)

1 [14件] がいつ, が一時間, でこ, で出歩いた, とも助かる, にとって大切, に嫌疑, に訊き正す, の赤ん坊, はいつも, はこの, は仲, は喧嘩, を孔雀

▼ どうして分った~ (14, 0.1%)

3 のです, んでしょう 21 かね, のか, のでしょう, のよ, んだ, んだろう

▼ どうして~ (14, 0.1%)

3 うも 2 んなに 1 うして, うな, うなんだろうかしら, うもお, う怠惰, う日, う時々, かる大, かる際

▼ どうして生活~ (14, 0.1%)

3 をする 2 して, までを共に 1 してるん, しようという, のため, のボート, の資, や品性, を保っ

▼ どうしておる~ (13, 0.1%)

521 ことぞ, その磯五, の, のだ, やら, 神経だ

▼ どうしてぼく~ (13, 0.1%)

4 がなんにも 1 が, がここ, ときみ, なら黙って, につらく, の顔, はあの, はこの, はこんなに

▼ どうして一人~ (13, 0.1%)

1 [13件] だけここ, だけこんな, だけ脱, でいった, でここ, でで, でやられよう, で来られる, で此処, になつて, の死屍, の頑迷, 残されたの

▼ どうして出来た~ (13, 0.1%)

3 のか 2 ものか 1 か, かこれ, かそんな, かという事, かと問われ, かを想像, のだ, んだ

▼ どうして~ (13, 0.1%)

2 一統を, 承知です, 承知な 1 亭主もたなかった, 先祖清正公の, 当家の, 心配な, 愛子を, 案内なさらなかった, 玄関先き

▼ どうして殺した~ (13, 0.1%)

3 のか 2 んだ, んです 1 かが解り, か所持品, でせう, のだ, んでせう, 時盗らなかった

▼ どうしてまだ~ (12, 0.1%)

2 僕は 1 いやな, お前, かれが, そんな時, 一人でも, 二三日は, 五里も, 屈強な, 帰って, 結婚なさらない

▼ どうして起った~ (12, 0.1%)

31 かということ, かと聞く, かを他, かを知る, のか, のかと, のであろう, のでしょう, んだ

▼ どうして逃げた~ (12, 0.1%)

1 [12件] かいっこう, かなあ, かまるっきり, かわからない, か他, か少し, か知っ, と云, のか, のかね, のでしょう, んだ

▼ どうして食っ~ (12, 0.1%)

2 ている, て行く 1 ていく, ていた, ておられる, てもいい, てゆく, て行きゃ, て行ける, て行っ

▼ どうしてだろう~ (11, 0.1%)

21 いつももう浮いた, かと不思議, こんなはず, その三味線, と思っ, と考えます, どうしておら, な, 婚礼なんて

▼ どうしてできた~ (11, 0.1%)

3 のか 2 ものか 1 か, かその, かに感動, かを説明, のじゃ, ものである

▼ どうしてという~ (11, 0.1%)

4 ことは 3 ことも 1 のは, わけも, 手順をも, 理由も

▼ どうしてもつ~ (11, 0.1%)

2 と早く 1 ていふ, てお, て云, と可愛, と堂々, と妥協, と愉快, と極道, と話

▼ どうしてやっ~ (11, 0.1%)

3 て行く 2 てゆく 1 ていく, ていけます, ていけよう, てゆけるだろう, てよい, て見なかった

▼ どうして~ (11, 0.1%)

1 [11件] があんな, が助かっ, が行けます, が読み得た, こんなに淋しい, になんぞ遣れる, に死んだ, の居場所, の所, を欺, を知っ

▼ どうして彼等~ (11, 0.1%)

1 [11件] がそういう, が皆ここ, が船, にとつて, に歌, に理解, の怒り, はあの, はこの, は雪, を馴らし

▼ どうして犯人~ (11, 0.1%)

1 [11件] がソンナ, が分かった, が奪った, が猶, だったと, としての動機, と分りました, どころか, は忍びこむ, をつきとめ, をつきとめた

▼ どうして~ (11, 0.1%)

2 そんなに女 1 あんなお, あんなに愉快, あんなに愉快そう, がそろい, が平然と, はいつ, わかり切ったお, わかり切つたお説教, 笑うんで

▼ どうして~ (11, 0.1%)

2 つてるね, つてるの, つてるん 1 がその, つたろう, つたんだい, つてる, つてるんだい

▼ どうして知れた~ (11, 0.1%)

4 のか 3 んだろう 1 かな, か童たち, のだろう, ものか

▼ どうして立派~ (11, 0.1%)

2 なもの 1 でないと, なお, な一人前, な口, な手腕, な物, な紳士, な西班牙人, な路

▼ どうして結婚~ (11, 0.1%)

2 しないの 1 して, しなかったかという, すること, なんぞした, なんてこと, なんてした, の申出, はだめ, をしなかつた

▼ どうしておいで~ (10, 0.1%)

2 だったの 1 だえ, だか, だッ, でございます, でしょうか, になりました, になる, になるだろう

▼ どうしてそち~ (10, 0.1%)

1 が手, が持っ, にそれ, のみが知っ, のよう, の師, は左様, は彼女, は鯨, を知つて

▼ どうしてそれほど~ (10, 0.1%)

2 重大な 1 つまらなそう, の若, までに猫, 今朝の, 俺に, 彼女は, 楽に, 餓え渇いた

▼ どうしてできる~ (10, 0.1%)

1 か, かこれ, かそれに, かということ, かという点, かを顧みる, のか, のじゃ, ものか, ものだろう

▼ どうしてやる~ (10, 0.1%)

2 かな, のか 1 かこれ, にもやり, ものか, 力も, 氣に, 訳にも

▼ どうしてゐるだらう~ (10, 0.1%)

41 かとは考へなかつた, かと想, かね, か新, たしかもう二十四五, と云

▼ どうしてコンナ~ (10, 0.1%)

2 に非道 1 に可笑しい, に成, に早く, に突然, に綺麗サッパリ, に色んな, 恐ろしい, 恐ろしい無茶

▼ どうして一緒~ (10, 0.1%)

1 にいる, になった, にならない, になる, になれない, になろう, にやらない, に帰る, に来なかった, に行けよう

▼ どうして云え~ (10, 0.1%)

10 よう

▼ どうして大した~ (10, 0.1%)

1 ことな, ねうち, ものだ, ものな, もんだ, もんだった, 家柄だ, 智惠者だ, 殺し文句です, 結構な

▼ どうして~ (10, 0.1%)

2 の中 1 でする, には男の子, の奴, の者, へ入れなかつた, へ行かない, まで帰った, を脱

▼ どうして突然~ (10, 0.1%)

1 あんなこと, こんな話, そんなこと, にたずね, にとたずねる, ポンプでも, 京都へなど, 引越しを, 彼の, 測量技師は

▼ どうして親分~ (10, 0.1%)

3 はそれ 1 がそれ, にそんな, はそんな, はもぐり込んだ, は与之助, は私, は與

▼ どうしてある~ (9, 0.1%)

2 ものか 1 な, ね, のだろう, ものだけより, もので, ものでございます, 人は

▼ どうしていま~ (9, 0.1%)

1 こんな親しい, では間抜け, のうち, の儘, まで, までお母さん, まで報せなかった, まで手紙, まで知られなかったろう

▼ どうしていられる~ (9, 0.1%)

1 かと思っ, か教え, ことだろう, ことやら, の, のか, のかしら, んです, 事かと

▼ どうしてかく~ (9, 0.1%)

1 の如く, までに躊躇, まで誠実, も多額, も忠義, も急激, も私, も美, も美しい

▼ どうしてこれら~ (9, 0.1%)

2 の人たち 1 の人物, の作品, の労苦, の勇士達, の原因, の天体, はのこる

▼ どうして~ (9, 0.1%)

1 そんなこと, そんなそんなこと, とへもちだされた, なたの, なたは, なたを, なた拙者, なた推量, ねえなこと

▼ どうして世の中~ (9, 0.1%)

1 がこう, にこんな, にはこうさ, にはどこ, に正月, に生き, をいとわしく, を渡る, を渡れ

▼ どうして~ (9, 0.1%)

1 えるか, えるだろう, えるのよ, えるもの, えるん, はれよう, ひ得ること, へない, へませう

▼ どうして分る~ (9, 0.1%)

321 のだ, のです, んだろう, ムルタ

▼ どうして同じ~ (9, 0.1%)

1 ところに, ような, ように, 名で, 店で, 所へ, 手と, 本質の, 様に

▼ どうして呉れる~ (9, 0.1%)

2 んだ 1 かと云うだろう, かと問う, つもりな, と叫ぶ, どうして呉れる, のか, のだ

▼ どうして~ (9, 0.1%)

1 からあの, から見えね, の人, の人々, の人形, ばかり眺め, へなんか, へ出た, へ行く

▼ どうして居た~ (9, 0.1%)

4 んだ 21 かよく, か此, って私

▼ どうして早く~ (9, 0.1%)

1 このこと, して, 切りださない, 取片づけて, 帰ったの, 持つて, 来て, 逃げ出さなかったの, 銀座へ

▼ どうして~ (9, 0.1%)

1 あちやん, が, が死んだ, に別れ, の女性, の衣裳部屋, はあんなに, をなだめる, を眼

▼ どうして~ (9, 0.1%)

1 がまた, のなか, の中, の冒険, の方, へつづい, へ乗り出し, へ出た, へ流れ

▼ どうして~ (9, 0.1%)

1 がない, が覚めた, と鼻, に映る, に見えた, に見えぬ, に黥, の覚める, をつぶした

▼ どうして知ってる~ (9, 0.1%)

32 んだ 1 のお前, のか, のかしら, んだい

▼ どうして笑う~ (9, 0.1%)

2 んです 1 かとはた, かと人, どころかまだ, どころかむしろ, のよ, んだい, んでがす

▼ どうして行く~ (9, 0.1%)

2 ことが 1 え不明, つもりだ, のじゃ, のだろう, もんけ, 積だ, 積りだ

▼ どうしてあいつ~ (8, 0.1%)

1 と關係, に近づいた, のあと, のあの, はあんなに, は一度そう, は一筋縄, を籠絡

▼ どうしてあゝ~ (8, 0.1%)

1 いふ文体, して, 執つこく, 大事に, 物質的な, 簡単に, 赤いの, 酒ばかり

▼ どうしていつも~ (8, 0.1%)

1 ああ極端, いっしょに, そして何, なれないだろう, の習慣, 其処に, 同じ夢, 女性の

▼ どうしてかかる~ (8, 0.1%)

2 権威が 1 場合に, 屈辱を, 気高い娘, 穴が, 美が, 連中と

▼ どうしてかと~ (8, 0.1%)

2 聞くと 1 いうと, 云うと, 尋ねて, 打ち向う鏡, 聞いて, 言うと

▼ どうして~ (8, 0.1%)

1 ぞんじそんなに, ぞんじで, 存知なされた, 持参なさいます, 浪人なされました, 病氣どころぢや, 講演中うつむい, 領主たる

▼ どうしてたっ~ (8, 0.1%)

3 てあなた 1 てお前様, てそれ, て夜, て男らしく, て秘密

▼ どうしてもう~ (8, 0.1%)

1 かう人, ひといき, トラムプを, 一つの, 二年にも, 御存じな, 手も, 遅いの

▼ どうしてゐた~ (8, 0.1%)

3 んだ 21 かと問うた, かなだめ, まふと

▼ どうして今夜~ (8, 0.1%)

2 にかぎっ 1 と, の事, はこない, は寝ねえ, またあの, もここ

▼ どうして判る~ (8, 0.1%)

4 んだ 2 もんです 1 のかい, んです

▼ どうして~ (8, 0.1%)

1 がお, が無い, が無くなった, に一本, に含ませた, へ出し, へ出す, を利いた

▼ どうして~ (8, 0.1%)

1 いか解らなかった, いか解らなくなっ, いか解らなく成る, いか解りません, いか解りませんでした, いか途方に, いんだか, ならん哉

▼ どうして左様~ (8, 0.1%)

2 なこと 1 あんたは, なところ, な事, な値, な稼業, な蛮地

▼ どうして~ (8, 0.1%)

2 は己 1 が苦心, にとってうっとり, に海図, の同行, は生き, を知っ

▼ どうして~ (8, 0.1%)

1 うもの, が現われたろう, と出会い, ながらさる者, に捕まらなかった, の侍, の旗艦, を逃した

▼ どうして~ (8, 0.1%)

1 が男, ってみんな, とは違う, と解った, のひとたち, のまね, の縁, は好し

▼ どうして発見~ (8, 0.1%)

2 したかと 1 されるだろうか, されるの, したかを, して, しようかと, し自覚

▼ どうして知る~ (8, 0.1%)

1 か, かいいかえる, かその, かといいます, ことが, のか, はずが, ように

▼ どうして私達~ (8, 0.1%)

2 はかう 1 がそう, にだけはお, に取っ, は妙, は我々, をこんな

▼ どうして解る~ (8, 0.1%)

2 の, んで 1 のだ, ものじゃあねえ, んだ, 同じよう

▼ どうして~ (8, 0.1%)

1 と玉, の事, の工面, をくっ, をつくっ, をつくった, をはらう, を手

▼ どうしてあすこ~ (7, 0.0%)

3 からいっぺんに 1 からいつぺん, に小田切大使, へ駈けつけ, を脱

▼ どうしていや~ (7, 0.0%)

3 なの 2 なん 1 な黄色, に思いましょう

▼ どうしていらつ~ (7, 0.0%)

4 しやる 1 しつて, しやいます, しやらない

▼ どうしてお金~ (7, 0.0%)

1 がいる, なんかやった, にし, のある, を失, を得たら, 払わせなかったの

▼ どうしてこちら~ (7, 0.0%)

1 があの, ではこれ, で小僧さん, のこと, のこの, の分析力, へばかり足

▼ どうしてすぐ~ (7, 0.0%)

1 あたり前の, でなければ, にでも彼, に知らせ, に起きない, 思い出しましたか, 敷島ガレーヂが

▼ どうしてどう~ (7, 0.0%)

2 やって 1 しようも, なったん, なって, なるの, 使おうと

▼ どうしてなん~ (7, 0.0%)

3 だろう 1 だ, だどうして, で御座いますよ, の希望

▼ どうしてはいっ~ (7, 0.0%)

3 てきた 1 ていた, てくる, て参りました, て行く

▼ どうしてわれわれ~ (7, 0.0%)

2 を不 1 が自身, が黙っ, にできる, の不, は建てられるだろう

▼ どうして~ (7, 0.0%)

31 てお前, てわけ, て君, て鍵

▼ どうして主人~ (7, 0.0%)

1 には彼, に打明けなかつた, の倭文子, の御, の心中, の死体, の蒐集

▼ どうして人々~ (7, 0.0%)

1 がそれ, はここ, はとかく, は人間, は多く, は敗け, は生き

▼ どうして今頃~ (7, 0.0%)

2 こんな所 1 こんなところ, そんなところ, 御出かけです, 御経, 現われたの

▼ どうして~ (7, 0.0%)

1 との交渉, に動物園, に見つかる, のこと, の人, の子, の悪魔

▼ どうして~ (7, 0.0%)

5 だけの女子 1 ですんで, れが

▼ どうして出た~ (7, 0.0%)

2 のだ 1 かさえ解れ, かと聞かれた, てだ, ものか, 金だ

▼ どうして可能~ (7, 0.0%)

2 だったの 1 だろう, でございましょう, にした, にな, になった

▼ どうして多く~ (7, 0.0%)

2 を産み 1 のもの, の国々, の客, を作り, を描く

▼ どうして~ (7, 0.0%)

1 ちがいだ, へんな, 怪我などを, 悪党よ, 變な, 金庫を, 鏡に

▼ どうして~ (7, 0.0%)

1 えで, が斯様, のこと, の家, の着物, の離れ, を数

▼ どうして学校~ (7, 0.0%)

1 で, の先生, の図画, へゆく, へ来なかつた, へ行かれん, を休んだ

▼ どうして帰っ~ (7, 0.0%)

4 てきた 2 て来ない 1 ていらした

▼ どうして~ (7, 0.0%)

1 が通じた, の中, の均衡, の解決, はあれ, をしめつける, を動かさず

▼ どうして怪我~ (7, 0.0%)

7 をした

▼ どうして拙者~ (7, 0.0%)

1 がここ, が知っ, などにわかる, につれなく, に実, の名, の身

▼ どうして斯ん~ (7, 0.0%)

4 なところ 1 なこと, な小, な細かい

▼ どうして昨夜~ (7, 0.0%)

1 のうち, のよう, の出来事, はあんな, はこの, は来なかった, は黙っ

▼ どうして本当~ (7, 0.0%)

3 のこと 1 の平和, の心, の解放, らしいと

▼ どうして江戸~ (7, 0.0%)

1 が書ける, でない, なの, の女子, へ出る, へ帰ります, もずんと

▼ どうして行った~ (7, 0.0%)

2 のか, のだろう 1 のかは, のです, んだろう

▼ どうして~ (7, 0.0%)

1 ていられよう, ている, ても駄目, てゐる, らるる, わけが, 違いでなかった

▼ どうして起こった~ (7, 0.0%)

1 かここ, か知る, か言っ, か詳しく, のか, のだろう, のです

▼ どうして起る~ (7, 0.0%)

1 か, かぐらいのこと, かと聞く, のかと, のかを, ものだろう, ように

▼ どうしてあそこ~ (6, 0.0%)

1 でばかり遊ぶ, で気, で牧場, にあんな, へ置去り, まで行きました

▼ どうしておら~ (6, 0.0%)

1 が伝六, こんなアホ, のお, のよう, の帰らない, るるかな

▼ どうしてかれ~ (6, 0.0%)

1 がわたし, が犬, に対抗, のいう, はミリガン夫人, もまた

▼ どうしてござろう~ (6, 0.0%)

41 ぞと一層, やらさ

▼ どうしてただ~ (6, 0.0%)

1 ではあげられない, の乞食, の取り, 一人で, 仇が, 押しまくられて

▼ どうしてとる~ (6, 0.0%)

4 んです 1 か, かと云え

▼ どうしてない~ (6, 0.0%)

1 かということ, ことが, ことを, ている, などといえます, んでしょう

▼ どうしてやつ~ (6, 0.0%)

1 たかと, てよい, てゐる, て行ける, はああ, は大

▼ どうしてやめた~ (6, 0.0%)

2 のか 1 のかい, ん, んだろう, んです

▼ どうして今時分~ (6, 0.0%)

4 こんなところ 1 まで運慶, 来られたんだい

▼ どうして~ (6, 0.0%)

1 に分っ, に切符, に死なれましょう, のこと, へ届けられよう, へ来

▼ どうして~ (6, 0.0%)

2 つたか 1 つたんだ, つてどうして, つて何うし, つて何を

▼ どうして助かった~ (6, 0.0%)

1 か, かというの, かと云え, か知らぬ, のです, んだ

▼ どうして~ (6, 0.0%)

1 だと, なの, なんぞを吐きます, なんぞを申しましょう, を言, を言う

▼ どうして困る~ (6, 0.0%)

2 んです 1 な, なんてことに, のか, ような

▼ どうして好き~ (6, 0.0%)

2 になった 1 かと問われる, じゃない, なの, な女

▼ どうして彼奴~ (6, 0.0%)

2 は自分 1 がそんな, が死霊, のこと, は蹌踉

▼ どうして忘れる~ (6, 0.0%)

5 ことが 1 もんか

▼ どうして~ (6, 0.0%)

1 ただア, ておりました, てくれた, てくれない, て下さらない, て呉れず

▼ どうして来ない~ (6, 0.0%)

2 のだろう 1 かとわし, かと叫ぶ, の, んだ

▼ どうして死ぬ~ (6, 0.0%)

2 気に 1 ことなんか, のが, のでございましょう, ものか

▼ どうして特に~ (6, 0.0%)

1 この, テーヌを, 僕が, 厳島文化財の, 月明の, 此処に

▼ どうして知つて~ (6, 0.0%)

3 ゐるの 1 て, ゐるので, ゐるん

▼ どうして私たち~ (6, 0.0%)

2 がこの 1 にこんなに, のところ, の世紀, は浮世

▼ どうして良い~ (6, 0.0%)

4 のか 1 かと思う, か分らない

▼ どうして貴女~ (6, 0.0%)

2 はここ, は僕 1 がパーク旅館, が高代

▼ どうして貴様~ (6, 0.0%)

1 のよう, は, はそう, はまた, は掻, 知って

▼ どうして黙っ~ (6, 0.0%)

1 ていられよう, てなんか出, てばかりいる, てらっしゃる, て手, て行かない

▼ どうして~ (5, 0.0%)

2 たくしが 1 たくし, だにさ, ア夫婦中が

▼ どうしてあなた様~ (5, 0.0%)

1 おひとり, だけがお, にお気づき, はそれ, ほどのお方

▼ どうしていやがる~ (5, 0.0%)

41 んだ

▼ どうしていらっしゃるだろう~ (5, 0.0%)

21 か, と, と思われます

▼ どうしてうち~ (5, 0.0%)

1 の中, の兄さん, の内儀さん, は斯, 立てられたかも

▼ どうしております~ (5, 0.0%)

31 ことやら, やら和田峠

▼ どうしてお父さん~ (5, 0.0%)

1 があの, に分った, はお母さん, はそんな, は来ない

▼ どうしてかよう~ (5, 0.0%)

1 な仮名, な形, におもてなし, に二重, に自己

▼ どうしてきょう~ (5, 0.0%)

1 になる, の日, はこう, はそんな, は喰

▼ どうしてこうして~ (5, 0.0%)

1 いられるもの, とそれ, と微細, 居るの, 江戸に

▼ どうしてここら~ (5, 0.0%)

3 を歩い 1 の衆, を徘徊

▼ どうしてこんなにも~ (5, 0.0%)

1 むずかしいの, 堂々たる相, 消えずに, 身体が, 重苦しいもの

▼ どうしてこんな大きな~ (5, 0.0%)

1 ばけもの, ものが, 岩を, 樽に, 長靴を

▼ どうしてご存知~ (5, 0.0%)

2 かな 1 です, なの, なん

▼ どうしてさう~ (5, 0.0%)

1 いふやさしい, いふ事が, いふ音が, がたがた鳴る, ひとりつきり呑気

▼ どうしてじっと~ (5, 0.0%)

4 して 1 させて

▼ どうしてすべて~ (5, 0.0%)

1 が自然, のこと, の秘密, の若い, の馬

▼ どうしてひとり~ (5, 0.0%)

1 で日本中, で馬, の将門, ぽっちな, 死ねませう

▼ どうしてわかつた~ (5, 0.0%)

21 のだ, んで, んです

▼ どうしてわからない~ (5, 0.0%)

2 のでせう 1 のかと, んだらう, んでせう

▼ どうしてわたしたち~ (5, 0.0%)

1 がこんな, が彼, の先祖, の家, は自分等

▼ どうして一日~ (5, 0.0%)

2 のうち 1 に三度々々, の生活, を過ごし

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 が神代, が見, な処, を他人, を傍観

▼ どうして人生~ (5, 0.0%)

1 が何もの, が明るい, が終る, の日々, は暗い

▼ どうして今度~ (5, 0.0%)

1 に限っ, の事件, はまた, は出ない, は妙め

▼ どうして仕事~ (5, 0.0%)

2 ができない 1 が取り止め, もない, を続け

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 が助かった, が折った, にわかった, の機嫌, の腹立たしい

▼ どうして再び~ (5, 0.0%)

1 あの吹き, ヤス子の, 江戸川の, 通ること, 馬に

▼ どうして出る~ (5, 0.0%)

1 ことが, つもりだ, のだろう, のです, 金で

▼ どうして出来~ (5, 0.0%)

2 てどうして 1 てゐる, て来た, どんな性質

▼ どうして判った~ (5, 0.0%)

2 のか, のかね 1

▼ どうして半蔵~ (5, 0.0%)

1 がこんな, がこんなに, としては笑い事どころ, のよう, の方

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 がそんなに, が急, が逃げ, の病気, は平気

▼ どうして姿~ (5, 0.0%)

1 が見えない, が見えなくなった, を見せない, を隠し, を隠した

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 一里も, 十郎は, 染が, 秀さんを, 銀の

▼ どうして居られる~ (5, 0.0%)

1 か, かとたづ, かのう, か師匠, ことやら

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 がある, の中, へなんて其, を渡ったらう, を越した

▼ どうして平和~ (5, 0.0%)

2 を齎 1 な工藝, に役立ちまする, の防壁

▼ どうして平気~ (5, 0.0%)

1 でいられよう, でおられましょう, でその, でそんな, なの

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 は取, をとらない, をはっきり, を取らない, を取ろう

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 が嫌, の宗次, の源三郎, はそれ以上奥, をあんな

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 に伝わり得たであろう, へひける, へ戻っ, を追って, 添えなど

▼ どうして御存知~ (5, 0.0%)

1 か蕗, でいられます, です, ですか, になつたん

▼ どうして想像~ (5, 0.0%)

1 ができたろう, するもの, できよう, できるでしょう, 出来ましょう

▼ どうして拵える~ (5, 0.0%)

2 のだ 1 かも解し得ない, の, のです

▼ どうして支那~ (5, 0.0%)

2 の作品, の感情 1 の帝王

▼ どうして文学~ (5, 0.0%)

1 ではこの, という人間らしい, などという暗い, の才能, を志した

▼ どうして斯様~ (5, 0.0%)

1 なこと, なに, な女, な特典, な目

▼ どうして~ (5, 0.0%)

2 を送る 1 をくらし, を暮し, を送っ

▼ どうして明日~ (5, 0.0%)

1 と決め, にする, になれ, のこと, を知る

▼ どうして来なかった~ (5, 0.0%)

1 の, のだ, のです, もうすぐやって来るだろう, んだい

▼ どうして死ん~ (5, 0.0%)

1 でいた, でいる, でしまう, でも名前, で又

▼ どうして油断~ (5, 0.0%)

2 も隙 1 が出来ぬ, は出来ねえ, もすき

▼ どうして生きる~ (5, 0.0%)

21 ことが, のだ, よす

▼ どうして知らない~ (5, 0.0%)

1 か, わけが, 人を, 訳が, 間に

▼ どうして~ (5, 0.0%)

3 をとぶ 1 の肺臓, はあんなに

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 がひとり, が出された, にいたせ, の中, を棄てた

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 に孝行, の前, の所, を棄てる, を責める

▼ どうして記憶~ (5, 0.0%)

1 から脱落, すること, するの, を取り戻し得た, を復活

▼ どうして説明~ (5, 0.0%)

1 が出, したらよい, する事, 出来ないかと, 出来ようぞ

▼ どうして連れ~ (5, 0.0%)

1 てくる, てこよう, て來, て帰った, て来られた

▼ どうして~ (5, 0.0%)

2 がれた 1 がれよう, れたか, れて

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 が飲める, と聞く, のうま, も強い, を飲みだした

▼ どうして~ (5, 0.0%)

2 之丞 1 があんなに, と氷, を衝い

▼ どうして食べ~ (5, 0.0%)

1 ていける, てゆかれる, てゆけよう, て行ける, て行けるだろう

▼ どうして~ (5, 0.0%)

2 を食, を食ふか 1 を食わない

▼ どうして~ (5, 0.0%)

1 がそう, が通える, に乗っ, は沈んだろう, を誘拐

▼ どうしてあげる~ (4, 0.0%)

3 ことも 1

▼ どうしていたんだ~ (4, 0.0%)

21 かまるで, 昨日は

▼ どうしていっしょ~ (4, 0.0%)

1 にこなかった, になった, に免職, に暮らせるでしょう

▼ どうしていつのまに~ (4, 0.0%)

1 ここまで, こんなところ, こんな事, やってきたの

▼ どうしていまごろ~ (4, 0.0%)

2 あんな崖 1 お帰りなさった, 賢吉君を

▼ どうしています~ (4, 0.0%)

1 か, かさ, か多分, な

▼ どうしておかしい~ (4, 0.0%)

21 のか, のです

▼ どうしてお前たち~ (4, 0.0%)

2 はわからない 1 は利休, は泣い

▼ どうしてきた~ (4, 0.0%)

1 かわからない, のか, の何, んだ

▼ どうしてこっち~ (4, 0.0%)

1 にき, の名, の支社, へお

▼ どうしてこれから~ (4, 0.0%)

1 が本当, ウンと, 去んで寝られっけに, 食べて

▼ どうしてこれ程~ (4, 0.0%)

1 な人, の力, までに自分, 厖大な

▼ どうしてさうな~ (4, 0.0%)

2 んだらう, んで

▼ どうしてさよう~ (4, 0.0%)

1 なこと, にご, に端, に近藤

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 てある, てはならない, ゃべれもするのをだまっておとなしそうに見せ, やう様も

▼ どうしてしかし~ (4, 0.0%)

1 あの人, この人, そんな大きな男, 私が

▼ どうしてする~ (4, 0.0%)

1 かということ, つもりな, の, ものだ

▼ どうしてそれどころか~ (4, 0.0%)

1 あれは, いささかの, かえって暗合, サンドリヨンは

▼ どうしてそれら~ (4, 0.0%)

1 のうごき, の人, の最も, の鳥

▼ どうして~ (4, 0.0%)

31 のよ一体

▼ どうしてだって~ (4, 0.0%)

1 いいじゃ, このくろう, 女という, 弁信さんは

▼ どうしてだらう~ (4, 0.0%)

1 あれを, か, ときい, と思ひましたら

▼ どうしてついた~ (4, 0.0%)

1 かね, か君, か存じません, か少し

▼ どうしてつくる~ (4, 0.0%)

1 か, か知らなかった, といふ胸算, のでしょう

▼ どうしてできない~ (4, 0.0%)

2 んだ 1 のか, んでしょう

▼ どうしてどんな~ (4, 0.0%)

1 ところで, 事な, 人でも, 理由で

▼ どうしてなぜ~ (4, 0.0%)

1 さわっちゃ, せがれ達が, 出来たとは, 敷かせて

▼ どうしてなった~ (4, 0.0%)

1 かといえ, のだろう, のです, んだ

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 づ江と, ても三次元世界, ても大, ても落着

▼ どうしてもう少し~ (4, 0.0%)

1 寛大に, 私や, 細かく動き, 自然に

▼ どうしてもさう~ (4, 0.0%)

1 づう, としか思へなかつた, は祈り得られない, 言ひ切れぬ

▼ どうしてやった~ (4, 0.0%)

1 かと思った, かと訊いてる, か匕首, のだ

▼ どうしてよそ~ (4, 0.0%)

1 から註文, の人間, の女, へいつた

▼ どうしてらッ~ (4, 0.0%)

2 しゃるの 1 しゃる, しゃるかしら

▼ どうしてわが~ (4, 0.0%)

1 ワセダ大学の, 名を, 当局は, 道庵先生が

▼ どうしてわるい~ (4, 0.0%)

1 か, の, のかね, んです

▼ どうしてフランス~ (4, 0.0%)

1 と日本, にはいった, に行ったでしょう, は敗れた

▼ どうして一つ~ (4, 0.0%)

1 の力, の界方位, の胸, はしあわせ

▼ どうして下手人~ (4, 0.0%)

1 がお, が入, が入った, が女

▼ どうして不幸~ (4, 0.0%)

1 が根絶, といいきれるだろう, なるジョリクール氏, に沈まなく

▼ どうして不意~ (4, 0.0%)

2 にここ 1 に折返し, に来た

▼ どうして世間~ (4, 0.0%)

1 から承認, であんなに, に知られる, はこんな

▼ どうして他人~ (4, 0.0%)

1 の生命, の顔, を従える, を愛しましょう

▼ どうして何処~ (4, 0.0%)

2 に消費 1 からそんな, にゐる

▼ どうして何時~ (4, 0.0%)

2 までもうまく 1 もかう, 迄も過去

▼ どうして作る~ (4, 0.0%)

1 かと問う, か途方, のか, もので

▼ どうして保存~ (4, 0.0%)

1 されて, して, するの, せられたかと

▼ どうして~ (4, 0.0%)

2 の場所 1 どおりに, の人間

▼ どうして兄さん~ (4, 0.0%)

1 に頼まない, は, はこの, 敷かないの

▼ どうして出ない~ (4, 0.0%)

2 んでしょう 1 の, んだろう

▼ どうして出来よう~ (4, 0.0%)

21 あくまで進め, 道理が

▼ どうして分かる~ (4, 0.0%)

1 ね, のかと, もんです, んです

▼ どうして問題~ (4, 0.0%)

2 になる 1 なん, をもつ

▼ どうして喧嘩~ (4, 0.0%)

2 をした 1 ができねえ, になった

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 が亡びない, が亡びましょう, を持っ, を治める

▼ どうして奥さん~ (4, 0.0%)

1 が大変, と放れ, は私, をお

▼ どうして宜いか~ (4, 0.0%)

2 わかりません 1 わからず唯, 分らないほど

▼ どうして容易~ (4, 0.0%)

1 なこと, なもの, ならぬ飛躍性, にあなどり

▼ どうして小説~ (4, 0.0%)

1 が書け, が書けよう, なんか書ける, を書かせる

▼ どうして少し~ (4, 0.0%)

2 の隙 1 お掘り, ばかり散歩

▼ どうして工面~ (4, 0.0%)

2 したもの 1 が出, して

▼ どうして帰る~ (4, 0.0%)

1 ことが, のか, のよ, 事が

▼ どうして忘れ~ (4, 0.0%)

1 ていい, ていた, ている, などいたす

▼ どうして我々~ (4, 0.0%)

1 がこの, が真似る, の力, の考え

▼ どうして手紙~ (4, 0.0%)

1 などはあげたら, なんかくれた, を出す, を渡せる

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 などし, の僧, の日, へなどお

▼ どうして日本人~ (4, 0.0%)

1 がその, がもっと, はこの, はそういう

▼ どうして日本語~ (4, 0.0%)

2 を知っ 1 なんかそんなに, をおしえる

▼ どうして暮す~ (4, 0.0%)

1 かを決定, か此処, の, のも

▼ どうして最初~ (4, 0.0%)

1 にとにかく, に崔諒, の, の日

▼ どうして最後~ (4, 0.0%)

1 にこの, にはひと, に右, まで狂わない

▼ どうして此方~ (4, 0.0%)

2 の女学校 1 に誘, を識つて

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 が何, に至りし, をもっ, を招き寄せよう

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 がなくなった, が漏った, に不自由, をわたった

▼ どうして泣い~ (4, 0.0%)

3 ている 1 てゐる

▼ どうして泣く~ (4, 0.0%)

2 のです 1 の, んです

▼ どうして満足~ (4, 0.0%)

1 な滑降, にその, に働き, 出来る乎

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 實と, 政府主義者に, 給金かと, 関心で

▼ どうして無事~ (4, 0.0%)

1 だったん, にお, に帰っ, に行かれよう

▼ どうして現在~ (4, 0.0%)

1 の, の母, まで画壇, 養って

▼ どうして生じ~ (4, 0.0%)

2 て來 1 て来た, て来るだろう

▼ どうして直接~ (4, 0.0%)

2 に思う 1 に表現, の証拠

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 がさめた, がついた, が覚めた, をさます

▼ どうして知り~ (4, 0.0%)

1 あつた, あひな, もせぬ, 合ひ

▼ どうして知り合い~ (4, 0.0%)

2 になった 1 なの, になっ

▼ どうして神様~ (4, 0.0%)

1 が女, にお, に仲, の御

▼ どうして立て~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てゆく, て行ったろう

▼ どうして考える~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことを, のだ, のであろう

▼ どうして聞き出した~ (4, 0.0%)

1 かさえ大きな, かその, か会津, のか

▼ どうして自分達~ (4, 0.0%)

1 がおかれた, でその, の幸福, はただ

▼ どうして荷物~ (4, 0.0%)

2 を運ぶ 1 を包む, を逆様

▼ どうして警察~ (4, 0.0%)

1 で自白, に云わなかつた, のくせ, の奴等

▼ どうして起こる~ (4, 0.0%)

1 か, かと聞く, かはわからない, のでしょう

▼ どうして軽蔑~ (4, 0.0%)

1 が出来る, しない人, できるん, のきっかけ

▼ どうして逃げ~ (4, 0.0%)

1 たりなんかする, てきたんだい, どこへ, やうかと

▼ どうして逃げる~ (4, 0.0%)

21 のだ, んだ

▼ どうして逃げ去る~ (4, 0.0%)

4 ことが

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 にはいった, のある, をまがる, を語らない

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 の丞相, の人, の内, へ

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 が見られる, の色, も性格, を上げる

▼ どうして食つて~ (4, 0.0%)

2 行けるん 1 行くか, 行けるの

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 にえさ, のよう, は, を絵画

▼ どうして~ (4, 0.0%)

1 つて, つてなけれ, つてやらん, つて呑み込ん

▼ どうしてあっし~ (3, 0.0%)

1 と解った, の中村行き, の目

▼ どうしてあなたがた~ (3, 0.0%)

2 はそんな 1 は客

▼ どうしてあのお~ (3, 0.0%)

1 墨附と, 盃を, 粂を

▼ どうしてあんな大きな~ (3, 0.0%)

1 不釣合な, 箱に, 鋭い目

▼ どうしていえる~ (3, 0.0%)

1 かと反対, の, ものか

▼ どうしていった~ (3, 0.0%)

1 かとにかく, かと思っ, のだい

▼ どうしていなくなった~ (3, 0.0%)

1 の, のだろう, んだ

▼ どうしているであろう~ (3, 0.0%)

21 かを考えた

▼ どうしてええ~ (3, 0.0%)

1 かもうへえ, かわからねえ, か分らん

▼ どうしておいら~ (3, 0.0%)

1 がここ, が男らしく, が若旦那

▼ どうしておまえさん~ (3, 0.0%)

2 はそんなに 1 は産まれ変わった

▼ どうしておられる~ (3, 0.0%)

1 か私, な, やら

▼ どうしておれたち~ (3, 0.0%)

1 の国, はんたいがわ, は百万長者

▼ どうしてお嬢様~ (3, 0.0%)

1 のお, はあの, はそれ

▼ どうしてお家~ (3, 0.0%)

1 に帰らない, へお, を見捨て遊ばす

▼ どうしてお礼~ (3, 0.0%)

1 をし, をしたら, を申しあげたら

▼ どうしてこうよく~ (3, 0.0%)

1 ご存じな, 色が, 走れるか

▼ どうしてこのごろ~ (3, 0.0%)

1 お金持, こうむだ目, はうっとりとろり

▼ どうしてこの間~ (3, 0.0%)

2 まではあんなに 1 に誰

▼ どうしてこん~ (3, 0.0%)

1 にちのヨーロッパ, にちの人民, にちの若松屋惣七

▼ どうしてこんど~ (3, 0.0%)

1 の爆発, はこの, は山

▼ どうしてこんなによく~ (3, 0.0%)

2 知って 1 お像

▼ どうしてこんなに沢山~ (3, 0.0%)

1 いるん, 血を, 鶴さんへ

▼ どうしてござる~ (3, 0.0%)

1 か拙者共, な, やら

▼ どうしてしまつた~ (3, 0.0%)

1 ことで, のだらう, んです

▼ どうしてずっと~ (3, 0.0%)

1 家ばかりに, 若い美しい水, 離れた寝台

▼ どうしてそのまま~ (3, 0.0%)

1 に凋ん, に見, 捨てられましょう

▼ どうしてその間~ (3, 0.0%)

1 から歴史的關係, この子供等, の心配

▼ どうしてそれだけ~ (3, 0.0%)

1 あれば, のこと, の大

▼ どうしてそれどころ~ (3, 0.0%)

3 では

▼ どうしてでも~ (3, 0.0%)

1 さっきハッチの, 定子を, 私に

▼ どうしてとなり~ (3, 0.0%)

1 につけた, のお, の人たち

▼ どうしてとんでも~ (3, 0.0%)

2 ない 1 ございませんこと

▼ どうしてどういう~ (3, 0.0%)

1 ふうに, 了見で, 事から

▼ どうしてどの~ (3, 0.0%)

2 ように 1 作品も

▼ どうしてなくした~ (3, 0.0%)

1 かよく, の, のか

▼ どうしてなさる~ (3, 0.0%)

2 のです 1 かな

▼ どうしてにわかに~ (3, 0.0%)

1 京都へ, 大胆不敵な, 立ち帰って

▼ どうしてのめのめ~ (3, 0.0%)

1 とお, とこの, 日本へ

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 いかぬとは, いけないかを, いつて

▼ どうしてばか~ (3, 0.0%)

2 になった 1 正直か

▼ どうしてほか~ (3, 0.0%)

1 のやつ, の方, の鳥

▼ どうして~ (3, 0.0%)

2 ことの 1 たって皆

▼ どうしてみな~ (3, 0.0%)

1 があんなに, がそんなに, 酔っ払うん

▼ どうしてみよう~ (3, 0.0%)

1 というの, という主動的, もなかっ

▼ どうしてもじっ~ (3, 0.0%)

1 としておれない, としてはいられません, として居られず

▼ どうしてもと~ (3, 0.0%)

1 のほう, の村, の美し

▼ どうしてももう~ (3, 0.0%)

1 たいした感興, もととは, 自分の

▼ どうしてゆく~ (3, 0.0%)

1 か, ことが, ことも

▼ どうしてよく~ (3, 0.0%)

1 おまえは, するか, 覚えて

▼ どうしてわざわざ~ (3, 0.0%)

1 そんな一時限り, 出て, 返して

▼ どうしてオリヴィエ~ (3, 0.0%)

1 がもっ, がやはり, のほう

▼ どうしてコンナ処~ (3, 0.0%)

1 に, に立ち佇まっ, まで来

▼ どうしてソンナ~ (3, 0.0%)

1 にしぶとい, に執拗, に過

▼ どうしてダメ~ (3, 0.0%)

1 だ, なの, になつたん

▼ どうしてボク~ (3, 0.0%)

1 に盗ませる, をつれ, を重役

▼ どうしてマア~ (3, 0.0%)

1 お妙ちゃん, この伊平屋列島, 助かんなさったと

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 といふ, と月, と通り調べ

▼ どうして一たい~ (3, 0.0%)

2 生きて 1 知り合って

▼ どうして一度~ (3, 0.0%)

1 に三本, に運び得た, もくださらなかった

▼ どうして一筋縄~ (3, 0.0%)

1 でいける, ではいかぬ, にも二筋縄

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 からガーゼ, へおりた, へ落ちない

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 の液体, へ入っ, アさんの

▼ どうして二度と~ (3, 0.0%)

1 やる気は, 信じるよう, 逢わずに

▼ どうして京都~ (3, 0.0%)

1 と江戸, に帰れん, へ行かれましょう

▼ どうして今朝~ (3, 0.0%)

1 になっ, はこんなに, ほどのあの

▼ どうして使う~ (3, 0.0%)

1 のだ, べえて, ものだろう

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 たらうかに, ないかと, ないの

▼ どうして信じる~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 事が

▼ どうして俺ら~ (3, 0.0%)

1 がここ, はこんなに, へ返し

▼ どうして其の~ (3, 0.0%)

1 場に, 考へを, 魔手から

▼ どうして其処~ (3, 0.0%)

1 から脱出, に気がつかなかったろう, まで僕

▼ どうして分らない~ (3, 0.0%)

2 のかしら 1 のだろう

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 に言わなかった, のよう, の奥さん

▼ どうして~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ どうして助け~ (3, 0.0%)

1 てやろう, に来ない, に行かない

▼ どうして助けた~ (3, 0.0%)

1 かということ, のかね, のでしょう

▼ どうして動く~ (3, 0.0%)

1 かということ, かを調べる, のだらう

▼ どうして動物~ (3, 0.0%)

1 だの植物, に物, を害する

▼ どうして十日~ (3, 0.0%)

1 にうち, にそちら, や二十日

▼ どうして博士~ (3, 0.0%)

1 に財産, はご存知, は往来

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 がらないの, なら厭嫌ひなら嫌ひで嫂さま, になりかけた

▼ どうして向う~ (3, 0.0%)

1 がこう, の気位, をやめた

▼ どうして君たち~ (3, 0.0%)

2 はそんなに 1 があの

▼ どうして外国~ (3, 0.0%)

1 のもの, へなど来, へなんか

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 のあけない, はきまっ, もの干し

▼ どうして大変~ (3, 0.0%)

1 だ, なセンセーション, な作業

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 の命, へ昇っ, へ登れる

▼ どうして夫人~ (3, 0.0%)

1 が心, を出し抜いた, を説得

▼ どうして夫婦~ (3, 0.0%)

1 ともナカ, のよう, の関係

▼ どうして妹さん~ (3, 0.0%)

2 には不快 1 にそんなに

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 が自分, の傍, の所

▼ どうして安心~ (3, 0.0%)

1 がなる, して, なの

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 の娘さん, をとる, 用品に

▼ どうして小石川~ (3, 0.0%)

1 という見当, といふ見, と吉祥寺

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 がこの, や林, を離れる

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 の成人たち, の成人達, をのがれる

▼ どうして工場~ (3, 0.0%)

2 なんか建てる 1 の中

▼ どうして帰った~ (3, 0.0%)

1 え, か壁ぎわ, のだ

▼ どうして帰らない~ (3, 0.0%)

1 のか, んだ, んだろう

▼ どうして幼い~ (3, 0.0%)

2 凡太郎が 1 日こんな

▼ どうして当時~ (3, 0.0%)

1 の昂奮, 最も社会, 未だ電車

▼ どうして彼様~ (3, 0.0%)

1 な広い, な手合, な教師

▼ どうして怒る~ (3, 0.0%)

1 の, んだ, んだい

▼ どうして恐怖~ (3, 0.0%)

1 と嫉妬, に変る, を引き起こした

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 ができましょう, が出来る, をし

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 付いたん, 付いて, 付くこと

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 ながらここ, に吉凶, ま

▼ どうして戦争~ (3, 0.0%)

1 がひきおこされた, するン, はし

▼ どうして戯作者~ (3, 0.0%)

2 の厳か 1 なんぞと懇意

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 とめ得られようぞ, 克てよう, 合すの

▼ どうして拵えます~ (3, 0.0%)

21 かという

▼ どうして教育~ (3, 0.0%)

1 して, の本質, や宗教

▼ どうして断言~ (3, 0.0%)

1 すること, 出来ましょう, 出来よう

▼ どうして旦那~ (3, 0.0%)

1 が黄金, に長兵衛, の妾

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 に取り返さう, のゆきかた, のよう

▼ どうして時間~ (3, 0.0%)

1 がわかる, をお, をすごした

▼ どうして暮さう~ (3, 0.0%)

1 かと暫時考, かな, てん

▼ どうして書けた~ (3, 0.0%)

1 か, のか, のだろう

▼ どうして来る~ (3, 0.0%)

1 と思う, んです, 人を

▼ どうして機械~ (3, 0.0%)

2 が作り得よう 1 を回す

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 のよう, の法王, へ動歩

▼ どうして~ (3, 0.0%)

2 覺坊は 1 覺坊を

▼ どうして此所~ (3, 0.0%)

1 へいらした, へ来た, へ来たらう

▼ どうして歩い~ (3, 0.0%)

1 てくる, て来た, て行ける

▼ どうして死んだら~ (3, 0.0%)

2 よいか 1 よかろう

▼ どうして殺され~ (3, 0.0%)

1 かけなすつた, ていた, てしまった

▼ どうして殺される~ (3, 0.0%)

1 に至った, のだ, 前の

▼ どうして殺す~ (3, 0.0%)

2 気に 1 なんて

▼ どうして母さん~ (3, 0.0%)

1 がこんなに, と呼ばなけれ, 泣くので

▼ どうして民衆~ (3, 0.0%)

1 が知識, の生命, の精神

▼ どうして気がついた~ (3, 0.0%)

1 か話し, のか, ものでしょう

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 が此処, の手, はそれ

▼ どうして決して~ (3, 0.0%)

1 そういうもの, そんな豪傑, 端倪する

▼ どうして汽車~ (3, 0.0%)

1 が動く, に揺られ, に間に合わぬ

▼ どうして泣いた~ (3, 0.0%)

1 の, のか, んです

▼ どうして消え~ (3, 0.0%)

2 てしまった 1 てなくなった

▼ どうして消えた~ (3, 0.0%)

1 かというなぞ, んだ, 馬鹿な

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 が出る, なしに, なんか零す

▼ どうして~ (3, 0.0%)

2 がよく 1 が起こった

▼ どうして無理~ (3, 0.0%)

1 なさる, に断らなかつた, に行かせる

▼ どうして片腕~ (3, 0.0%)

2 がなくなる 1 が無い

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 が一時十五分ごろ寺, だけは大した, をなおした

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 と娘, なもの, に言葉

▼ どうして王様~ (3, 0.0%)

1 だと, ではいけない, を犯人

▼ どうして現れ~ (3, 0.0%)

2 て来る 1 て来た

▼ どうして甘い~ (3, 0.0%)

1 ことばひとつかける, ものであろう, 滴を

▼ どうして生れ~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 てきた

▼ どうして生れた~ (3, 0.0%)

1 かそれ, かは第, んだろう

▼ どうして用意~ (3, 0.0%)

1 したらいい, したん, する気

▼ どうして疑う~ (3, 0.0%)

1 ことが, 事が, 気に

▼ どうして発生~ (3, 0.0%)

1 したか, したかという, したかを

▼ どうして登る~ (3, 0.0%)

1 かという点, というの, 人も

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 の下手人, の坐禅, の工藝

▼ どうして知つたの~ (3, 0.0%)

21 かね

▼ どうして知られた~ (3, 0.0%)

3 のです

▼ どうして知ろう~ (3, 0.0%)

1 と彼, 況してそういう, 繁子や

▼ どうして秀吉~ (3, 0.0%)

1 がそう, が急, ほどな

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 でないと, に耳, の方

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 はざゐられぬか, はせるどころか, ひさ

▼ どうして笑っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てなんかいられる, てみせなき

▼ どうして素晴らしい~ (3, 0.0%)

1 もので, 人物で, 名人だった

▼ どうして縛らない~ (3, 0.0%)

1 かと口惜し, んで, んです

▼ どうして置い~ (3, 0.0%)

1 てきた, て行かれる, て行く

▼ どうして置く~ (3, 0.0%)

1 かというはなし, わけが, んだろう

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 がある, の普遍化, へのよい

▼ どうして自殺~ (3, 0.0%)

2 したの 1 と考えるでしょう

▼ どうして自由~ (3, 0.0%)

1 が存在, になりおった, に巡遊

▼ どうして若い~ (3, 0.0%)

1 女に, 幾千・幾万の, 時の

▼ どうして行かなかった~ (3, 0.0%)

21 んだろう

▼ どうして行け~ (3, 0.0%)

3 ばいい

▼ どうして見た~ (3, 0.0%)

21 ところで

▼ どうして見る~ (3, 0.0%)

1 かという説, ことが, どころか人脚

▼ どうして解った~ (3, 0.0%)

1 か, のだ, のです

▼ どうして言える~ (3, 0.0%)

2 のだろう 1

▼ どうして討つ~ (3, 0.0%)

1 か, ことが, 気かと

▼ どうして証明~ (3, 0.0%)

1 され得るかという, するか, なさいますか

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 なんか有る, は本筋, を聞いた

▼ どうして話し~ (3, 0.0%)

1 てくれなかった, て呉れない, の合間

▼ どうして貧乏~ (3, 0.0%)

1 するばかり, なもの, をする

▼ どうして貴下~ (3, 0.0%)

1 が殺せましょう, さよう, は科学者

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 に降りかかった, を立てる, を護り得よう

▼ どうして返す~ (3, 0.0%)

1 ことで, の, んです

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 ひ出さなかつたん, ん出た, 駆けないの

▼ どうして這入った~ (3, 0.0%)

1 か, のだろう, んだ

▼ どうして造る~ (3, 0.0%)

21 かと云え

▼ どうして過ごし~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, てゆく

▼ どうして長い~ (3, 0.0%)

1 こと宅へ, 眠りから, 間世人を

▼ どうして長く~ (3, 0.0%)

1 宇治などへ, 家へ, 身を

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 がな, が抜けてる, を

▼ どうして隆夫~ (3, 0.0%)

1 がそんな, が変り, が癒

▼ どうして飛ぶ~ (3, 0.0%)

1 か, のだらう, 小鳥泳ぐ

▼ どうして飛ん~ (3, 0.0%)

1 できた, でもなく, で来た

▼ どうして食う~ (3, 0.0%)

1 のであろう, ん, んだ

▼ どうして食べる~ (3, 0.0%)

1 かぐらいちょっと, か知っ, の

▼ どうして~ (3, 0.0%)

1 がなくなった, にした, を縊

▼ どうして駄目~ (3, 0.0%)

1 なの, なんで, になった

▼ どうして鬼神~ (3, 0.0%)

1 につかえる, に仕える, の徳

▼ どうしてあと~ (2, 0.0%)

1 の四十ルーブル, を慕

▼ どうしてあなたたち~ (2, 0.0%)

1 いきなりよそ, が幸福

▼ どうしてあまい~ (2, 0.0%)

1 のかと, のです

▼ どうしてあれら~ (2, 0.0%)

1 はなく, を放し

▼ どうしていくら~ (2, 0.0%)

1 稼いでも, 頼まれたって

▼ どうしていったい~ (2, 0.0%)

1 そういう事, 何を

▼ どうしていったら~ (2, 0.0%)

1 いいか, よいでしょう

▼ どうしていなさる~ (2, 0.0%)

1 の, んでしょう

▼ どうしていよう~ (2, 0.0%)

1 と一向, と風

▼ どうしていらっしゃいます~ (2, 0.0%)

2

▼ どうしていらっしゃるでしょう~ (2, 0.0%)

1 か御, 御様子

▼ どうしていられます~ (2, 0.0%)

1 かね, ことやら

▼ どうしてうまく~ (2, 0.0%)

1 笛が, 解決する

▼ どうしてえい~ (2, 0.0%)

1 やらわからない, やら判らない

▼ どうしておいしい~ (2, 0.0%)

1 のだ, ものが

▼ どうしておこった~ (2, 0.0%)

1 のだろう, のでしょう

▼ どうしておじさん~ (2, 0.0%)

1 そんなにきょろきょろ, は僕

▼ どうしておそかっ~ (2, 0.0%)

1 たの, たん

▼ どうしておっ~ (2, 0.0%)

1 かあ, 母あ

▼ どうしておとなしく~ (2, 0.0%)

1 して, などし

▼ どうしておとり~ (2, 0.0%)

1 なしを, にならない

▼ どうしておのれ~ (2, 0.0%)

1 の三歳二歳一歳, を認められよう

▼ どうしておばさん~ (2, 0.0%)

1 はそんな, 未だナカナカ

▼ どうしておま~ (2, 0.0%)

1 への足, へはそんな

▼ どうしておめおめ~ (2, 0.0%)

1 と故人, 米国三界に

▼ どうしておられます~ (2, 0.0%)

1 か, やら

▼ どうしておろそか~ (2, 0.0%)

1 な労力, に致されましょう

▼ どうしてお前さま~ (2, 0.0%)

1 あんな家, は値段

▼ どうしてお母さま~ (2, 0.0%)

1 が姉さま, はお

▼ どうしてかういふ~ (2, 0.0%)

1 ことに, 靜かな

▼ どうしてかえって~ (2, 0.0%)

1 来たの, 苦労は

▼ どうしてかくし~ (2, 0.0%)

1 ている, 戸を

▼ どうしてかこ~ (2, 0.0%)

1 の原っぱ, の女

▼ どうしてかなう~ (2, 0.0%)

1 ものか, 道理は

▼ どうしてかの~ (2, 0.0%)

1 女は, 立派な

▼ どうしてかは~ (2, 0.0%)

1 君の, 私には

▼ どうしてかようだろう~ (2, 0.0%)

1 かと思う, とあんじられた

▼ どうしてかよわい~ (2, 0.0%)

1 小娘が, 赤ん坊は

▼ どうしてきっと~ (2, 0.0%)

1 女が, 来ること

▼ どうしてきみ~ (2, 0.0%)

1 はそんなにいつも, は役人

▼ どうしてきめる~ (2, 0.0%)

1 かとの問, のです

▼ どうしてくださる~ (2, 0.0%)

1 といっ, の

▼ どうしてくらし~ (2, 0.0%)

1 ていた, を立てる

▼ どうしてくらす~ (2, 0.0%)

1 かかんが, も一生

▼ どうしてくれ~ (2, 0.0%)

1 といいたくない, といふ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 ふの

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 なんだか, ンな

▼ どうしてこの世~ (2, 0.0%)

1 に生れ, の人

▼ どうしてこんなにまた~ (2, 0.0%)

1 弱ったの, 悪くおなり

▼ どうしてこんな小さな~ (2, 0.0%)

1 写真を, 穴から

▼ どうしてご存じ~ (2, 0.0%)

1 あるの, か

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 ぶんで, やない

▼ どうしてすっかり~ (2, 0.0%)

1 本格だ, 遁れきる

▼ どうしてそいつ~ (2, 0.0%)

1 に気がつかなかった, を

▼ どうしてそいつら~ (2, 0.0%)

1 と戦わね, はあの

▼ どうしてその後~ (2, 0.0%)

1 の歌, の生命

▼ どうしてそれ程~ (2, 0.0%)

2 多くの

▼ どうしてそんなにぐずぐず~ (2, 0.0%)

2 してるん

▼ どうしてそんなによく~ (2, 0.0%)

1 知ってるん, 知つて居る

▼ どうしてただ今~ (2, 0.0%)

1 のよう, までその

▼ どうしてたべる~ (2, 0.0%)

1 かおれたち, のかしらと

▼ どうしてたん~ (2, 0.0%)

2

▼ どうしてだい~ (2, 0.0%)

1 おかしいね, 面白いじゃァ

▼ どうしてだった~ (2, 0.0%)

1 かな, んでしょう

▼ どうしてだったろう~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ どうしてだまっ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃる, てこらえ

▼ どうしてだめ~ (2, 0.0%)

1 なので, になった

▼ どうしてちゃんと~ (2, 0.0%)

1 いの, した人

▼ どうしてちょっと~ (2, 0.0%)

1 やそっと, 逢ったもの

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 つとして, つとしてを

▼ どうしてつい~ (2, 0.0%)

1 さっきは, て来た

▼ どうしてつかまった~ (2, 0.0%)

1 かということ, 時に

▼ どうしてつて~ (2, 0.0%)

1 そんなこと別, 面白くない

▼ どうしてつて君~ (2, 0.0%)

1 が家出, にしてやられた

▼ どうしてつまらない~ (2, 0.0%)

1 ことを, のさ

▼ どうしてつらい~ (2, 0.0%)

1 どころか甚だ, めを

▼ どうしてであろう~ (2, 0.0%)

1 か, 悲しくも

▼ どうしてでございます~ (2, 0.0%)

1 の, イヤな

▼ どうしてとても~ (2, 0.0%)

1 太って, 始めてとは

▼ どうしてどうしてなかなか~ (2, 0.0%)

1 満員なんか, 隅には

▼ どうしてどうしても~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ どうしてどうして決して~ (2, 0.0%)

1 そういうもの, 端倪する

▼ どうしてなお~ (2, 0.0%)

1 いくつも, 酷薄で

▼ どうしてなく~ (2, 0.0%)

2 てもすませる

▼ どうしてなくなった~ (2, 0.0%)

1 んだろう, 証書の

▼ どうしてなれない~ (2, 0.0%)

1 のか, のかと

▼ どうしてなんと~ (2, 0.0%)

1 やら, 思って

▼ どうしてぬけだす~ (2, 0.0%)

1 ことが, の

▼ どうしてはいった~ (2, 0.0%)

1 かとおっしゃる, のか

▼ どうしてはいる~ (2, 0.0%)

1 ことが, んだ

▼ どうしてひらく~ (2, 0.0%)

1 ことが, のか

▼ どうしてふたり~ (2, 0.0%)

1 ともここ, になる

▼ どうしてほとんど~ (2, 0.0%)

1 ただ甘美, 下僚同然の

▼ どうしてぼくたち~ (2, 0.0%)

1 は自由, をこんな

▼ どうしてまあすぐ~ (2, 0.0%)

1 飛べましょう, 飛べませう

▼ どうしてまあそんなに~ (2, 0.0%)

1 祟るん, 私の

▼ どうしてまずい~ (2, 0.0%)

2 というんだい

▼ どうしてまたそん~ (2, 0.0%)

2

▼ どうしてまだまだ~ (2, 0.0%)

1 この子, 何も

▼ どうしてまつさき~ (2, 0.0%)

1 に思わん, に静岡

▼ どうしてまア~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, つかみつくこと

▼ どうしてもう一度~ (2, 0.0%)

1 なりと, 行きたくなったの

▼ どうしてもさういふ~ (2, 0.0%)

1 名前を, 言葉を

▼ どうしてもっ~ (2, 0.0%)

1 ている, ときの

▼ どうしてもの~ (2, 0.0%)

1 にしたろう, を言った

▼ どうしてやら~ (2, 0.0%)

1 ちやんと, ふと水さし

▼ どうしてやり~ (2, 0.0%)

1 もしない, ようも

▼ どうしてよう~ (2, 0.0%)

1 いなこと, てん

▼ どうしてよかろ~ (2, 0.0%)

1 うと, う彼女ら

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 つし

▼ どうしてりっぱ~ (2, 0.0%)

1 な口, な大山

▼ どうしてろう~ (2, 0.0%)

2 やの戸

▼ どうしてわかっ~ (2, 0.0%)

1 ていらした, ている

▼ どうしてわざと~ (2, 0.0%)

1 という, 曲りくねらすの

▼ どうしてわたし達~ (2, 0.0%)

1 の隠れ家, は夕食抜き

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 らつ

▼ どうしてゐます~ (2, 0.0%)

1 か, か無事

▼ どうしてゐるであらう~ (2, 0.0%)

1 かとしみじみ, みな散り散りと

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 ばさま, られる

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 の, 乗気

▼ どうしてアメリカ~ (2, 0.0%)

1 が日本開国, へお

▼ どうしてクラム~ (2, 0.0%)

1 の同意, はあの

▼ どうしてクリストフ~ (2, 0.0%)

1 に心, はそれ

▼ どうしてグレ~ (2, 0.0%)

1 ゴールが, ゴールだって

▼ どうしてケダモノ~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ どうしてコレラ~ (2, 0.0%)

1 ですか, なの

▼ どうしてスリ~ (2, 0.0%)

2 替える事

▼ どうしてソンナ事~ (2, 0.0%)

1 に気付き得よう, をお

▼ どうしてチチコフ~ (2, 0.0%)

1 という男, に諷刺的

▼ どうしてボン~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, が生きかえっ

▼ どうしてマリユス~ (2, 0.0%)

1 という名, なん

▼ どうしてメリー号~ (2, 0.0%)

1 からほうりだされた, から脱出

▼ どうして一体~ (2, 0.0%)

1 この写真, そんなこと

▼ どうして一匹~ (2, 0.0%)

1 だっていやしません, の畜生

▼ どうして一年~ (2, 0.0%)

1 のうち, も訪れなかつた

▼ どうして三つ~ (2, 0.0%)

1 なんて言う, の精進揚

▼ どうして三人~ (2, 0.0%)

1 が一しょ, で双生児

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 へ遁, ぼれたん

▼ どうして上手~ (2, 0.0%)

1 でと, なもの

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 必要でありましょう, 覺にも

▼ どうして不朽~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ どうして不自然~ (2, 0.0%)

1 なしこり, なの

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 に出る, を呪い

▼ どうして世上~ (2, 0.0%)

1 にある, に擴

▼ どうして世渡り~ (2, 0.0%)

1 をし, をしよう

▼ どうして世界中~ (2, 0.0%)

1 の人間, の滅びる

▼ どうして世話~ (2, 0.0%)

1 なおやじ, になんかなる

▼ どうして両者~ (2, 0.0%)

1 の区別, をもっ

▼ どうして両親~ (2, 0.0%)

1 に顔, を見つけよう

▼ どうして丸い~ (2, 0.0%)

1 すじが, ものが

▼ どうして丸木~ (2, 0.0%)

1 のそば, のところ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 の危急, の書簡

▼ どうして予期~ (2, 0.0%)

1 し得なかつたであらうか, すること

▼ どうして予知~ (2, 0.0%)

1 しなかったかと, すること

▼ どうして二つ~ (2, 0.0%)

1 に斬っ, の道

▼ どうして二階~ (2, 0.0%)

1 などへ, へ持つ

▼ どうして云っ~ (2, 0.0%)

1 てやらなかった, て呉れない

▼ どうして五十~ (2, 0.0%)

1 とまとまった, を越えた

▼ どうして五郎蔵~ (2, 0.0%)

1 の乾児二人, の手

▼ どうして亡き~ (2, 0.0%)

2 者に

▼ どうして人樣~ (2, 0.0%)

1 にやられる, の物

▼ どうして人殺し~ (2, 0.0%)

1 ができよう, だと

▼ どうして今ごろ~ (2, 0.0%)

2 こんなところ

▼ どうして以前人間~ (2, 0.0%)

1 だったの, だつたの

▼ どうして伊丹~ (2, 0.0%)

2 の城中

▼ どうして会社~ (2, 0.0%)

1 から脱, の方

▼ どうして伸子~ (2, 0.0%)

1 が失神, にわかる

▼ どうして住める~ (2, 0.0%)

1 のです, ものだろう

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 よく追い払おう, を直す

▼ どうして何故~ (2, 0.0%)

1 に夢, に黒頭

▼ どうして作られる~ (2, 0.0%)

1 かという実際, か発電所

▼ どうして使~ (2, 0.0%)

1 つたもの, ふの

▼ どうして使っ~ (2, 0.0%)

1 ていい, てしまった

▼ どうして供養~ (2, 0.0%)

1 して, になる

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 にさう, にそんな

▼ どうして俊夫君~ (2, 0.0%)

1 が木村博士, が水銀石英灯

▼ どうして保証~ (2, 0.0%)

2 出来ましょう

▼ どうして俳優~ (2, 0.0%)

1 の社会的地位, を志望

▼ どうして俳句~ (2, 0.0%)

1 ができよう, だけにとどまりえよう

▼ どうして俺たち~ (2, 0.0%)

1 のところ, の顔

▼ どうして俺達~ (2, 0.0%)

1 の忍び込んだ, ばっかりコンナ

▼ どうして借りた~ (2, 0.0%)

2 金を

▼ どうして偉い~ (2, 0.0%)

1 か, の

▼ どうして健全~ (2, 0.0%)

1 となる, なる国民

▼ どうして僕等~ (2, 0.0%)

1 に対してはまるで, のよう

▼ どうして僕達~ (2, 0.0%)

1 の目, を出し抜い

▼ どうして僧侶~ (2, 0.0%)

1 というもの, の身分

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 ひましやう, へるの

▼ どうして元気~ (2, 0.0%)

1 な人, よく嬉しくならない

▼ どうして兄上~ (2, 0.0%)

1 の頭, はそんなに

▼ どうして先方~ (2, 0.0%)

1 から追っかけ, の話す

▼ どうして入っ~ (2, 0.0%)

1 てどうして, て来たろう

▼ どうして入った~ (2, 0.0%)

1 か又, んだ

▼ どうして入る~ (2, 0.0%)

1 ことが, のか

▼ どうして入れ替った~ (2, 0.0%)

2 かさすが

▼ どうして全然~ (2, 0.0%)

1 差別が, 無くなること

▼ どうして六神丸~ (2, 0.0%)

1 にならなかったろう, にならなかつたらう

▼ どうして其女~ (2, 0.0%)

1 が自分, もなかなか

▼ どうして其様~ (2, 0.0%)

1 な悪戯, な馬鹿らしい

▼ どうして其處~ (2, 0.0%)

1 に立入らね, へ加茂

▼ どうして冗談~ (2, 0.0%)

1 じゃない, なもん

▼ どうして凌ぐ~ (2, 0.0%)

1 かこれ, かと思はれる

▼ どうして凍死~ (2, 0.0%)

1 するよう, せずに

▼ どうして凶器~ (2, 0.0%)

2 を持出した

▼ どうして刃物~ (2, 0.0%)

1 がある, を持っ

▼ どうして分らん~ (2, 0.0%)

2 のだろう

▼ どうして分りました~ (2, 0.0%)

2

▼ どうして初江~ (2, 0.0%)

1 が木沢氏, にヴェロナール

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 な名, 問題です

▼ どうして別れた~ (2, 0.0%)

1 のだらう, のよ云つて

▼ どうして加十~ (2, 0.0%)

1 は皇帝, もなかなか

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 の言い草, はよし

▼ どうして半蔵さん~ (2, 0.0%)

1 はああ, は見えない

▼ どうして友情~ (2, 0.0%)

2 が保たれよう

▼ どうして叔父さん~ (2, 0.0%)

1 があの, の死んだ

▼ どうして取る~ (2, 0.0%)

1 かという一つ, のでございましょう

▼ どうして古い~ (2, 0.0%)

1 土焼の, 帽子を

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 上ったの, 上りますか

▼ どうして可愛い~ (2, 0.0%)

1 お前を, 奴です

▼ どうして台所~ (2, 0.0%)

1 ではああ, にうつぶし

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 のらないかと, を与える

▼ どうして君彼~ (2, 0.0%)

1 が, の女

▼ どうして否む~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ どうして呉れます~ (2, 0.0%)

2

▼ どうして告別式~ (2, 0.0%)

1 にきた, に来た

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 をつない, をとりとめた

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 は知れません, へるもの

▼ どうして商売~ (2, 0.0%)

1 など始められん, になる

▼ どうして善い~ (2, 0.0%)

1 か分らない, やら分らざりし

▼ どうして喪服~ (2, 0.0%)

2 だけ質屋

▼ どうして嗅ぎつけ~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ どうして嗅ぎ付けた~ (2, 0.0%)

1 ものか, んだ

▼ どうして噴出~ (2, 0.0%)

1 さずに, して

▼ どうして地球~ (2, 0.0%)

1 は圓, へやってきた

▼ どうして坪内先生~ (2, 0.0%)

1 が小説, にお

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 があらゆる, を出た

▼ どうして堂々たる~ (2, 0.0%)

1 ものであった, 紳士である

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 を掛けない, を立てない

▼ どうして売る~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 なの, になった

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 だからと, はこんなに

▼ どうして外国人~ (2, 0.0%)

1 のお, はこんな

▼ どうして夜なか~ (2, 0.0%)

1 に家, に鵞鳥

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 はまだ, を捕え

▼ どうして大事~ (2, 0.0%)

2 なお守り

▼ どうして大人~ (2, 0.0%)

1 にはこんなに, の人

▼ どうして大切~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ どうして天使~ (2, 0.0%)

1 のお, のよう

▼ どうして女房~ (2, 0.0%)

1 というもの, を持たない

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 のナイフ, はこの

▼ どうして姉さん~ (2, 0.0%)

1 に連れ, のむね

▼ どうして始まった~ (2, 0.0%)

1 か, かが考えられる

▼ どうして始末~ (2, 0.0%)

1 しても, をし

▼ どうして姙娠~ (2, 0.0%)

1 したの, なすったん

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 という肉親, といふ肉親

▼ どうして姫君~ (2, 0.0%)

1 にお, を知っ

▼ どうして婚礼~ (2, 0.0%)

1 の中, の席

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 なの, やにおなり

▼ どうして嫌い~ (2, 0.0%)

1 なの, なん

▼ どうして嬉し~ (2, 0.0%)

1 がって, さで

▼ どうして子ども~ (2, 0.0%)

1 がかどわかされた, だけがいい

▼ どうして学んだ~ (2, 0.0%)

1 か, かこの

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 んじ

▼ どうして安い~ (2, 0.0%)

1 かと言う, んです

▼ どうして安らか~ (2, 0.0%)

1 な器物, にねる

▼ どうして安閑~ (2, 0.0%)

1 とできましょう, と今

▼ どうして実現~ (2, 0.0%)

1 されなかつたの, しよう

▼ どうして家族~ (2, 0.0%)

1 を生かす, を養う

▼ どうして宿~ (2, 0.0%)

1 の外, を借る

▼ どうして宿命~ (2, 0.0%)

1 ですか, のめぐりあふ暦數

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 たりなんぞした, ていた

▼ どうして寝た~ (2, 0.0%)

1 のか, ふりしてた

▼ どうして寝床~ (2, 0.0%)

1 にぬくぬく, にはいつた

▼ どうして小柴~ (2, 0.0%)

2 が犯人

▼ どうして尻尾~ (2, 0.0%)

1 にけが, をつかませる

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 などがいる, になった

▼ どうして尾行~ (2, 0.0%)

1 なすったの, もしない

▼ どうして居ります~ (2, 0.0%)

1 か, ことやら

▼ どうして届ける~ (2, 0.0%)

1 つもりな, のだい

▼ どうして屍体~ (2, 0.0%)

1 をすてない, を灰

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 のあたり, を造り

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 い調子, くのがれたもの

▼ どうして師匠~ (2, 0.0%)

1 が捕まる, は他

▼ どうして幕府~ (2, 0.0%)

1 から譴責, がかく

▼ どうして幸福~ (2, 0.0%)

1 だと, になる

▼ どうして幼児~ (2, 0.0%)

1 がわかりましょう, にほんとう

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 の中, らしいところ

▼ どうして弁護士~ (2, 0.0%)

1 ができたろう, をだまし

▼ どうして引上げ~ (2, 0.0%)

1 させたもの, られたの

▼ どうして当家~ (2, 0.0%)

1 の先代, の厄介

▼ どうして役に立たない~ (2, 0.0%)

1 どころじゃ, のだ

▼ どうして往く~ (2, 0.0%)

2 積だ

▼ どうして後々~ (2, 0.0%)

1 にも何, は咳

▼ どうして得られた~ (2, 0.0%)

1 かということ, かといふこと

▼ どうして得られる~ (2, 0.0%)

1 か, ものか

▼ どうして御飯~ (2, 0.0%)

1 や何, をたべない

▼ どうして復讐~ (2, 0.0%)

1 が出来よう, できるの

▼ どうして心安く~ (2, 0.0%)

1 なったの, なりましたか

▼ どうして必要~ (2, 0.0%)

1 でなかろうぞ, なの

▼ どうして忍び込んだ~ (2, 0.0%)

1 かということ, んだろう

▼ どうして忘れた~ (2, 0.0%)

1 の, のかと

▼ どうして忘れられよう~ (2, 0.0%)

2

▼ どうして思いだせなかった~ (2, 0.0%)

1 のかしら, のだろう

▼ どうして思いついた~ (2, 0.0%)

1 かフシギ, のだろう

▼ どうして思う~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事を

▼ どうして悲しまず~ (2, 0.0%)

1 にいられよう, におられよう

▼ どうして悲しみ~ (2, 0.0%)

1 など, の踊り

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 いでせう, くない

▼ どうして意味~ (2, 0.0%)

1 が有る, をひっぱり出す

▼ どうして意地悪~ (2, 0.0%)

1 よ可笑し, をする

▼ どうして憎まない~ (2, 0.0%)

1 のかね, んです

▼ どうして我慢~ (2, 0.0%)

1 できるでしょう, できるの

▼ どうして我輩~ (2, 0.0%)

1 の作物, 程熱心

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 効果を, 效果を

▼ どうして戯作三昧~ (2, 0.0%)

2 の心境

▼ どうして戯曲~ (2, 0.0%)

1 の仕事, を書かなく

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 の向, を開いた

▼ どうして手前~ (2, 0.0%)

1 などがそんな, なんぞ足もと

▼ どうして抜け出した~ (2, 0.0%)

1 かがわからない, か今

▼ どうして抜け出す~ (2, 0.0%)

1 ことが, 積りであろう

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 け出した

▼ どうして拵えた~ (2, 0.0%)

1 か一つ, ものか

▼ どうして探り出した~ (2, 0.0%)

1 か始め, んか

▼ どうして撮った~ (2, 0.0%)

1 のです, ものか

▼ どうして救う~ (2, 0.0%)

1 という方法, のでしょう

▼ どうして敵意~ (2, 0.0%)

1 どころか好意精一杯, を挟む

▼ どうして文学者~ (2, 0.0%)

1 である男, になる

▼ どうして料理人~ (2, 0.0%)

1 なんかのご, を雇わない

▼ どうして斬られた~ (2, 0.0%)

1 のか, んだ

▼ どうして旅行~ (2, 0.0%)

1 じゃない, する

▼ どうして日々~ (2, 0.0%)

1 をお, を送っ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 が当人, を

▼ どうして時々ああ~ (2, 0.0%)

1 して, 云う風

▼ どうして普通~ (2, 0.0%)

1 で当選, の人

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 を取る, を告げよう

▼ どうして暮した~ (2, 0.0%)

1 か, ものだらう

▼ どうして暮らそう~ (2, 0.0%)

1 かと思った, か俺

▼ どうして書く~ (2, 0.0%)

1 か知らない, 気に

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ どうして本名~ (2, 0.0%)

1 を知っ, を知られた

▼ どうして本気~ (2, 0.0%)

1 に耳, のこと

▼ どうして本物~ (2, 0.0%)

1 と間違える, の通り

▼ どうして本身~ (2, 0.0%)

1 に変った, の刀

▼ どうして札つき~ (2, 0.0%)

1 だと, の愚連隊

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 で持つ, へ入れた

▼ どうして来なかつた~ (2, 0.0%)

2

▼ どうして果されるであろう~ (2, 0.0%)

2

▼ どうして染吉~ (2, 0.0%)

1 が燈心, の朱盆

▼ どうして植木屋~ (2, 0.0%)

2 になぞ化け

▼ どうして楮幣~ (2, 0.0%)

2 がいけねえ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 じゃありませんでした, なもの

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 がかけられよう, の下

▼ どうして次第に~ (2, 0.0%)

1 改められなかったか, 波動を

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 されて, したらいい

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 をお, をつくる

▼ どうして正しい~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 工藝を

▼ どうして正直~ (2, 0.0%)

1 であっさり, に言えない

▼ どうして此僕~ (2, 0.0%)

2 にそんな

▼ どうして此様~ (2, 0.0%)

1 な処, な雌

▼ どうして此線香~ (2, 0.0%)

2 を濡らさず

▼ どうして此處~ (2, 0.0%)

1 で働らくよう, へ氣

▼ どうして歩く~ (2, 0.0%)

1 か, んだらう

▼ どうして水車~ (2, 0.0%)

1 をつかわない, を利用

▼ どうして永遠~ (2, 0.0%)

2 な平和

▼ どうして求める~ (2, 0.0%)

1 ことが, のだ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 の中, を渡りやがる

▼ どうして活き~ (2, 0.0%)

1 ておい, て戻られた

▼ どうして浪人~ (2, 0.0%)

1 したか, したの

▼ どうして海岸~ (2, 0.0%)

1 なぞを歩く, の冒険

▼ どうして渡る~ (2, 0.0%)

1 どころの, んです

▼ どうして渦巻~ (2, 0.0%)

1 のすぐ, の直

▼ どうして潜り込んだ~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ どうして火星~ (2, 0.0%)

1 へやつ, へ行く

▼ どうして火星人~ (2, 0.0%)

1 は地球, を攻め

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 がいじめ, に逢いたい

▼ どうして無い~ (2, 0.0%)

1 ものか, ん

▼ どうして無学~ (2, 0.0%)

2 な工人たち

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ どうして煙草~ (2, 0.0%)

1 のみになった, は何で

▼ どうして爆弾~ (2, 0.0%)

1 が落ちる, を作った

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 がそんな, に逢われるでしょう

▼ どうして父さん~ (2, 0.0%)

1 はあんな, は僕

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 などへぶち込まれなすった, を脱

▼ どうして犯した~ (2, 0.0%)

1 かと問, かと問え

▼ どうして独り~ (2, 0.0%)

1 で歩い, で生活

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 に乳育さ, のよう

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 があんな, を捕えたら

▼ どうして玄徳~ (2, 0.0%)

1 だけにはそう, などという人

▼ どうして王君~ (2, 0.0%)

1 と識合い, の怒り

▼ どうして現代~ (2, 0.0%)

1 においてこの, の歓喜

▼ どうして現実~ (2, 0.0%)

1 にリエ, はこんな

▼ どうして理想~ (2, 0.0%)

1 なぞが立てられる, や自由

▼ どうして生きかえる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ものか

▼ どうして生きた~ (2, 0.0%)

1 のか, 地理教授力の

▼ どうして生きられる~ (2, 0.0%)

1 かそいつ, んだ

▼ どうして生ずる~ (2, 0.0%)

1 かという, かどう

▼ どうして生まれ~ (2, 0.0%)

1 ておいで, どこから

▼ どうして生れる~ (2, 0.0%)

1 か知らず, んや

▼ どうして生命~ (2, 0.0%)

1 の安全, の草

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 がある, のおれ

▼ どうして男子~ (2, 0.0%)

1 が存在, と同等

▼ どうして疑い~ (2, 0.0%)

1 なんか生まれる, を起こさず

▼ どうして病人~ (2, 0.0%)

1 の力, の夫

▼ どうして発展~ (2, 0.0%)

1 したか, したかと

▼ どうして白く~ (2, 0.0%)

1 なったかと, ならなければ

▼ どうして百姓~ (2, 0.0%)

1 に了解, の立つ瀬

▼ どうして直し~ (2, 0.0%)

2 てくれられる

▼ どうして着物~ (2, 0.0%)

1 のまま, を濡らした

▼ どうして知識人~ (2, 0.0%)

1 が知識人, の勇気

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 の様

▼ どうして確か~ (2, 0.0%)

1 だってこと, りと

▼ どうして社会~ (2, 0.0%)

1 は私達, を教

▼ どうして祖母~ (2, 0.0%)

1 にこんな, の笑顔

▼ どうして秀子~ (2, 0.0%)

1 を助け得る, を自分

▼ どうして私共~ (2, 0.0%)

1 の喋る, の芸術

▼ どうして空気~ (2, 0.0%)

1 が晴々, のない

▼ どうして突き止めた~ (2, 0.0%)

2 ものか

▼ どうして突破~ (2, 0.0%)

1 したか, して

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 之助, 之助さん

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 一次ヨーロッパ大戦後の, 一部と

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 が出た, はますます

▼ どうして簡単~ (2, 0.0%)

1 な二, に煮えない

▼ どうして精密~ (2, 0.0%)

1 な知識, に描き出す

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 ちやんは

▼ どうして素子~ (2, 0.0%)

1 はロシア, は顔

▼ どうして素直~ (2, 0.0%)

1 にうけいれない, に金

▼ どうして素足~ (2, 0.0%)

1 でここ, で茲

▼ どうして結構~ (2, 0.0%)

1 なもの, な御

▼ どうして給料~ (2, 0.0%)

1 が違, が違う

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 をはずし, を掛けた

▼ どうして縛らなかつた~ (2, 0.0%)

1 んで, んです

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 など犯せる, を贖わせよう

▼ どうして罷めた~ (2, 0.0%)

1 の, のかね

▼ どうして美しい~ (2, 0.0%)

1 お綾, などと人々

▼ どうして美しく~ (2, 0.0%)

1 なければ, 地上に

▼ どうして義務~ (2, 0.0%)

2 を負

▼ どうして翁草~ (2, 0.0%)

1 というの, と云います

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 ゆるの, 先生の

▼ どうして考え~ (2, 0.0%)

1 てみる, ても考え

▼ どうして考えられよう~ (2, 0.0%)

2

▼ どうして考え出した~ (2, 0.0%)

1 かということ, のでしょう

▼ どうして聞いた~ (2, 0.0%)

1 ものか, んだい

▼ どうして聞える~ (2, 0.0%)

1 のか, ものです

▼ どうして育て~ (2, 0.0%)

1 てよい, て行こう

▼ どうして育てる~ (2, 0.0%)

1 かにかかっ, んだ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 け出す, 出せるの

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 のはる, をこしらえ

▼ どうして自分たち~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリア文学, の親分

▼ どうして自分一人~ (2, 0.0%)

1 がいじめられなけれ, で考へごと

▼ どうして自分自身~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, の存在

▼ どうして興味~ (2, 0.0%)

1 が感じられるであろう, をもち得た

▼ どうして舞台~ (2, 0.0%)

1 へお, をやめた

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 などになった, などになつ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 り込んだか

▼ どうして蝶々~ (2, 0.0%)

2 が飛ん

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 で血, の象徴

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 つたらい, つたらいい

▼ どうして行かう~ (2, 0.0%)

1 かと思案, といふ

▼ どうして行方不明~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 の科学者, へ出た

▼ どうして衝突~ (2, 0.0%)

1 をした, をと驚かれ候わん

▼ どうして表面~ (2, 0.0%)

1 は大, まですき通っ

▼ どうして被害者~ (2, 0.0%)

1 の前額部, ははいっ

▼ どうして西洋~ (2, 0.0%)

1 と接触, と違つた形

▼ どうして見える~ (2, 0.0%)

1 のでしょう, んだ

▼ どうして見ない~ (2, 0.0%)

1 ですむ, んだ

▼ どうして見当~ (2, 0.0%)

1 をつけよう, を付けなすった

▼ どうして覚えた~ (2, 0.0%)

1 の, のだ

▼ どうして親父~ (2, 0.0%)

1 が急死, をこまらした

▼ どうして親類~ (2, 0.0%)

1 が見舞われる, どころか定宿

▼ どうして解く~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 つて, へなかつた

▼ どうして言う~ (2, 0.0%)

1 ことを, 必要が

▼ どうして言っ~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけない, てくれなかった

▼ どうして試験~ (2, 0.0%)

1 するかと, に通過

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 が人, が作れよう

▼ どうして誘拐~ (2, 0.0%)

1 いたしましょう, して

▼ どうして読む~ (2, 0.0%)

1 のか, 人に

▼ どうして諸君~ (2, 0.0%)

1 にわかろう, のまえ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 だけを頼り, を読み

▼ どうして警官~ (2, 0.0%)

1 が先生, の服

▼ どうして豚さん~ (2, 0.0%)

1 はきば, はそんな

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 辺は, 郎には

▼ どうして貴方がた~ (2, 0.0%)

2 に近づく

▼ どうして買わない~ (2, 0.0%)

1 ことが, の

▼ どうして起き~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃらない, てうち

▼ どうして起っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て来た

▼ どうして越前守様~ (2, 0.0%)

1 のお, は死ななけれ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 が曲る, を浮かし

▼ どうして近づく~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことさえ

▼ どうして送る~ (2, 0.0%)

1 か, のか

▼ どうして逃げだす~ (2, 0.0%)

1 かというの, のかしら

▼ どうして逃げない~ (2, 0.0%)

1 と分かる, の

▼ どうして逃げ出した~ (2, 0.0%)

1 か, かそれ

▼ どうして途中~ (2, 0.0%)

1 でやっつけちまわない, のひどい

▼ どうして這入っ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来る

▼ どうして通過~ (2, 0.0%)

1 させないの, して

▼ どうして逮捕~ (2, 0.0%)

1 されなかったか, なんかされ

▼ どうして進歩~ (2, 0.0%)

1 がある, の線

▼ どうして遅く~ (2, 0.0%)

1 なったかなどと, なったの

▼ どうして遅れた~ (2, 0.0%)

1 かと後で, のか

▼ どうして遊ん~ (2, 0.0%)

2 でいられる

▼ どうして遊んでる~ (2, 0.0%)

1 かなと思う, かなと思ふ

▼ どうして運ん~ (2, 0.0%)

1 で好い, で来た

▼ どうして過し~ (2, 0.0%)

1 て居る, どうしてこれ

▼ どうして過した~ (2, 0.0%)

1 かこれ, のか

▼ どうして過したら~ (2, 0.0%)

1 よかったろう, よかろう

▼ どうして遠い~ (2, 0.0%)

1 ところを, 入り口まで

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 にただ, にわし

▼ どうして重い~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 塗棒の

▼ どうして金魚~ (2, 0.0%)

1 の事, はみんな

▼ どうして釘勘~ (2, 0.0%)

1 が自分, のおじさん

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 を集めた

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 の型, を持出した

▼ どうして鑑別~ (2, 0.0%)

1 が付きましょう, ます

▼ どうして長男~ (2, 0.0%)

1 の良寛さん, を皇太子

▼ どうして開け~ (2, 0.0%)

1 てくれない, て来るだろう

▼ どうして開ける~ (2, 0.0%)

1 ことが, のだ

▼ どうして間違えた~ (2, 0.0%)

1 かという, のかと

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 父さんは, 麼手際よい

▼ どうして陳列室~ (2, 0.0%)

1 へはいった, へはいる

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 におけるもん, へはおけない

▼ どうして階段~ (2, 0.0%)

1 の上, を降りた

▼ どうして隠した~ (2, 0.0%)

1 というの, んだい

▼ どうして集める~ (2, 0.0%)

1 かと訊ねられ, んだ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 にうかんだ, を打っつけた

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 つたらい, ひ尽せるだらう

▼ どうして食べた~ (2, 0.0%)

1 かも分らぬ, の

▼ どうして食べたら~ (2, 0.0%)

1 いいの, よかったろう

▼ どうして食物~ (2, 0.0%)

1 を施し, を美味く

▼ どうして館林様~ (2, 0.0%)

1 が今夜, が知った

▼ どうして馬鹿~ (2, 0.0%)

1 なの, にならない

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 えもん, すぎると

▼ どうして高い~ (2, 0.0%)

1 堅固な, 家賃を

▼ どうして高氏~ (2, 0.0%)

1 の三河, を御存じ

▼ どうして~ (2, 0.0%)

1 が好き, になったろう

▼ どうして鳩舎~ (2, 0.0%)

1 のある, を突

▼ どうして鳴かない~ (2, 0.0%)

2 のかと

▼ どうして麻酔剤~ (2, 0.0%)

1 をおかけ, を使わなかったでしょう

▼ どうして黙ってる~ (2, 0.0%)

1 の, のかしら

▼ どうして~ (2, 0.0%)

2 をあげる

▼1* [3538件]

どうしてああ無分別に, どうしてあいておる, どうしてあいたのかを, どうしてあからさまに話し, どうしてあがらないの, どうしてあきらめ得たかを怪しんだ, どうしてあくせくしなければ, どうしてあけたか全く, どうしてあけたらいいの, どうしてあけるの, どうしてあけるだろうなんてひやかし, どうしてあげようも, どうしてあさっては家主, どうしてあさ子が良雄, どうしてあすはパン屋, どうしてあそびましょうネー千代が, どうしてあたいのゐる, どうしてあたしたちは今日, どうしてあたしハズに向う, どうしてあたし達は気, どうしてあちらから歩武, どうしてあっし達の耳, どうしてあったのかしら, どうしてあったかどころの, どうしてあつたか, どうしてあと何年経てば, どうしてあなたさまのお, どうしてあなたそれがあたしの, どうしてあなたつていふ方をぞんじあげた, どうしてあなた今どきのお嬢さん, どうしてあなた私も今日, どうしてあの老医学者を, どうしてあはれむべきもの, どうしてあべこべにお婆さん, どうしてあやしむほどのこと, どうしてあらかじめわかって, どうしてあらわれないときめる, どうしてありかの方角, どうしてありうるのです, どうしてありましょうか, どうしてあり得ようか, どうしてあり得るのであろう, どうしてあるだろうか, どうしてある定まった結果に, どうしてあれらのことを, どうしてあろう一緒に, どうしてあんたここへ来た, どうしてあんた方みたいな人, どうしてあんた病気だなんて, どうしてあんなにあっさり伸子を, どうしてあんなにしょっちゅう黄金の, どうしてあんなにすぐわかったの, どうしてあんなにたらふくたべるの, どうしてあんなにどうどうめぐりをしていなければならなかったでしょう, どうしてあんなにイライラしたい, どうしてあんなにノロノロ歩いて, どうしてあんなに何とも云えない, どうしてあんなに色々のこと, どうしてあんなふうになるん, どうしてあんな小さな虫が, どうしてあゝ御無理を, どうしていうことが, どうしていえた義理でしょう, どうしていえないことが, どうしていかなる作家も, どうしていかんのぢ, どうしていきなりここへ, どうしていけねえんだ, どうしていさぎよく死なぬの, どうしていざ書いて, どうしていたずらなどでありましょう, どうしていたらいいの, どうしていたんですか, どうしていちいち解釈を, どうしていちずに集まっ, どうしていちど幕軍の手, どうしていちばん後からお, どうしていっぱいになる, どうしていついらしつたのこ, どうしていつごろからこちら様, どうしていつどこからこの, どうしていつの間に習得した, どうしていつもこんなに固いの, どうしていなさるだろうかと思いました, どうしていふことが, どうしていまごろここへやってきた, どうしていまごろタローがひとり, どうしていましたか, どうしていまだに人に, どうしていままでわたしに, どうしていま時分お帰りなさった, どうしていやるか, どうしていよいよ盛んに, どうしていらっしゃらないのよ, どうしていらっしゃらなかったのでございましょう, どうしていられたのでございましょう, どうしていられるだろうと思う, どうしているにや, どうしているかと宇治, どうしていろいろな複雑, どうしていわゆるおとぎ話必ず, どうしてうしなったかその, どうしてうそでもい, どうしてうたわずに居られよう, どうしてうちの人になる, どうしてうつるかというわけ, どうしてうまい物を, どうしてうらぎったりする, どうしてうらなったらいいの, どうしてうろうろして, どうしてうろついている, どうしてえおとつ, どうしておいでなすった, どうしておお見るも, どうしておかしかろう, どうしておくさんを, どうしておくるかということ, どうしておくれなはるの, どうしておくれたのかしら, どうしておくれだえ, どうしておこるかわからぬ, どうしておしまひなさる, どうしておじの仕業, どうしておじ様は官員様, どうしておすのか, どうしておせんが地味, どうしておそろしい厳重な, どうしておだやかになれる, どうしておちたものか, どうしておちつかなくなったのでしょう, どうしておとうさんはこんなに, どうしておとすかね, どうしておばあさんだって三吉, どうしておまえたちはこんな, どうしておまえひとりでこんな, どうしておまえらにこれ, どうしておまえ一人が男, どうしておめでたいのか, どうしておもしろいのか, どうしておもしろくあそぼうか, どうしておもちゃなんかじゃありません, どうしておよそ一人の, どうしておられるだろうとそれ, どうしておらんのか, どうしておれゃ女に生まれ, どうしておろすことが, どうしておろせるものか, どうしておんなしなんだらう, どうしてお互いに見つけ出す, どうしてお供の人, どうしてお出でなすったの, どうしてお前さんそれを手, どうしてお前さんたちは要る, どうしてお前さん夜稼ぎなんか働い, どうしてお前さん私の名, どうしてお前さん粂どんは其様, どうしてお前それを知っ, どうしてお前たち二人あらためてここ, どうしてお前たち兵隊でないもの, どうしてお前なんざとても脚下, どうしてお前此方の着物, どうしてお前鷲の子, どうしてお副菜を, どうしてお化けだと, どうしてお呼び出来なかったの, どうしてお姫様の, どうしてお嬢さんがいなくなった, どうしてお嬢さん貴女はどうして, どうしてお客さんの足ゃ, どうしてお客樣が一人, どうしてお寺どころかい, どうしてお年をとった, どうしてお座敷へ置い, どうしてお歌が地蔵, どうしてお母さんから手紙, どうしてお気に召しました, どうしてお湯をやった, どうしてお父さんのもお, どうしてお爺さんそのわけ, どうしてお知らせすること, どうしてお笑い遊ばすので, どうしてお萩を殺す, どうしてお許しを得る, どうしてお話にならなかった, どうしてお越しになった, どうしてお返しできるかしら, どうしてお過ごしなされたの, どうしてかいとう乱麻を, どうしてかうありもしない, どうしてかうしたものを, どうしてかうなるかは不思議, どうしてかう勝つたり負け, どうしてかう掘れるかわかります, どうしてかう描けるだらうと思ひます, どうしてかお鎌の婆さん, どうしてかくれている, どうしてかさがない, どうしてかしらこの絵, どうしてかつては夫婦, どうしてかね僕にも, どうしてかばってやったら, どうしてかばん持たして, どうしてかへつていかれよう, どうしてかほどまでに違った, どうしてかま猫は, どうしてかゆくなったの, どうしてかよいますかね, どうしてからだを, どうしてからすが植えた, どうしてからだこそ小さくっ, どうしてかわりを家, どうしてか程優れた娘, どうしてあるか, どうしてさま, どうしてききとりにいつた, どうしてきくのイブカさん, どうしてきたるべき第二十一世紀, どうしてきばなんか持っ, どうしてきまったともなく, どうしてきまったろうか, どうしてきまるかということ, どうしてきらうのでしょう, どうしてきわどい消息を, どうしてはしく書いた, どうしてくぐりぬけられるものか, どうしてくすぶり蟄居し, どうしてくださりますえ, どうしてくださいという, どうしてくだらなく平凡な, どうしてくちばしを折られた, どうしてくつ屋でもこれ, どうしてくまなぞがはいりこんだ, どうしてくりゃるつもりじゃ, どうしてくれたとね, どうしてくれなくても訳さ, どうしてくれると大分過激, どうしてぐずぐずしてるの, どうしてぐちがいえましょう, どうしてけがや病, どうしてけろりと忘れて, どうしてこいだけ借りた, どうしてこいつがもてあまし, どうしてこういう荒涼たる生活に, どうしてこういつも同じな, どうしてこうした数奇な, どうしてこうちゃんとわかれて, どうしてこう突然に失敬, どうしてこき使われている, どうしてこすつもりな, どうしてこたえますよ, どうしてこだわるのだろう, どうしてこっちゃい, どうしてこねえに話, どうしてこのごろ詩をお, どうしてこれネーブルって言う, どうしてこれ等の人間精神, どうしてころがってきた, どうしてこわしたの, どうしてこんだァ九一金, どうしてこんなにどっさり水が, どうしてこんなにはっきり思い出すこと, どうしてこんなに仲よくなったの, どうしてこんなに平然と安心しき, どうしてございますものです, どうしてご飯を食べ, どうしてさうかと考へる前, どうしてさがしだすかの相談, どうしてさがすのだ, どうしてさだ子を沈黙, どうしてさっき常吉はそれ, どうしてさと笑いわけ, どうしてさまよっている, どうしてさよならを云, どうしてさらつたか, どうしてしかられたの, どうしてしっかりして, どうしてしつかりしていらつ, どうしてしでかされようかとは誰人, どうしてしないの, どうしてしなかったのだろう, どうしてしのいで來, どうしてしのびこんだのか, どうしてしばしば足利勢の, どうしてしばらくの間, どうしてしまいにこの見知らぬ歩道, どうしてしょうがないもの, どうしてしるさずにおかれよう, どうしてじいさんはそれ, どうしてじゃないこと, どうしてじゃまになんかなる, どうしてすきに結っ, どうしてすげない拒絶が, どうしてすてられたのか, どうしてすばらしいものだ, どうしてすみ子の所, どうしてすんだんだい, どうしてずいぶんな罪作り, どうしてずうずうしく召使に, どうしてそうきっぱりと言いきる, どうしてそうこっそり帰って, どうしてそうしたことを, どうしてそうすぐ気を, どうしてそうやすやすと市街, どうしてそうペコペコするん, どうしてそう楽々と遁世, どうしてそう突然に狩猟, どうしてそげに矢代さんとこ, どうしてそげな事が, どうしてそこどころまで手, どうしてそこらに転がっ, どうしてそしてどの範囲, どうしてそちらへお出かけ, どうしてそっちをしない, どうしてその後飽きもしない, どうしてそらでひける, どうしてそれからあの場所, どうしてそれっきり他所へお, どうしてそれつぱかしの暇も, どうしてそれで怖くない, どうしてそれと御鑑定, どうしてそれどこじゃない, どうしてそれ以外の事, どうしてそれ所か礼, どうしてそれ等の食物, どうしてそんならいま, どうしてそんじよそこい, どうしてそんなにいつもセンチメンタルに, どうしてそんなにじりじりと暑く, どうしてそんなににわかに帰京なさる, どうしてそんなにぷりぷり腹を, どうしてそんなにまだ力も, どうしてそんなにハッキリと覚え, どうしてそんなに始終お苦しい, どうしてそんなに沢山いたかと, どうしてそんなふうに考えられるかね, どうしてそンな厭, どうしてうさなく, どうしてたかいといっ, どうしてたか内におら, どうしてたくさんなもの, どうしてたつて主人, どうしてたつた一つの, どうしてたのしまずにいがみ合い, どうしてたのもしい心も, どうしてたべなかったの, どうしてたましいは, どうしてたまるのでしょう, どうしてたよりがない, どうしてだましたらいいでしょう, どうしてだれが私, どうしてだんだん御覧の, どうしてだんなはあの, どうしてゅうて, どうしてちうて, どうしてちかづきになつ, どうしてちゃっかり俗な, どうしてちやんとわかる, どうしてちょうが飛ん, どうしてつかはうとソロ, どうしてつかまえたかきじ毛, どうしてつかまえられたものじゃろう, どうしてつかまえることが, どうしてつかまへたらよいで, どうしてつかむかという, どうしてつかめるのでしょう, どうしてつきとめたか, どうしてつくのだ, どうしてつくったのだ, どうしてつちつたつて俺ら, どうしてつてやつぱり方々に雇, どうしてつて來ようとした, どうしてつて増田さんそこがつい, どうしてつて貴方の言, どうしてつながっている, どうしてつばめが自分, どうしてつぶしたらよいか, どうしてつぶれたかとか足, どうしてつまらんどころです, どうしてつり鐘とちょうちん, どうしてつれていく, どうしてつれだしたかそれ, どうしてであるか, どうしてできただろうか, どうしてできたろうと思い, どうしてできようしかしこれ, どうしてできるであろうか, どうしてでございましょうか, どうしてでつかいと解つた, どうしてとうさんの爪, どうしてとおりぬけたのです, どうしてとかどういうわけ, どうしてとかく初めじぶくる, どうしてとくのでしょう, どうしてところがどうして, どうしてとつたもの, どうしてとつぜん黒ん坊に, どうしてとてもとてもそんな数, どうしてとは水くさい, どうしてとりにこない, どうしてとりかえたかというの, どうしてとれちゃったの, どうしてどうしていざ書いて, どうしてどうしていったい何を, どうしてどうしていよいよ盛んに, どうしてどうしてかえって苦労は, どうしてどうしてこれからが本当, どうしてどうしてそうは問屋, どうしてどうしてとても太って, どうしてどうしてどんなに差上げても, どうしてどうしてまあ見るがい, どうしてどうしてまだお前, どうしてどうしてもっとおもしろい話, どうしてどうして一向に凹まされなんぞは, どうしてどうして二度とやる気は, どうしてどうして全くもう大変だ, どうしてどうして大いに後悔する, どうしてどうして滅多にそんなこと, どうしてどくろ島っていうの, どうしてどちらから歩み寄っ, どうしてどっしりとした, どうしてどれもこれ, どうしてどんなに差上げても, どうしてなおしたとおっしゃられる, どうしてなかなかきちんとした家庭, どうしてなかなかしっかり掴んで, どうしてなかなかたいへんな美人, どうしてなかなかまんざらの法螺, どうしてなかなかよくおやじの, どうしてなかなか結構もんだ, どうしてながれて行かう, どうしてながれ行かうとする, どうしてなさいましたの, どうしてなしとげられるでしょうね, どうしてなすったの, どうしてなつけたものか, どうしてなどと考えること, どうしてなにもかもかう退屈, どうしてなにもかもこう退屈な, どうしてなにもかもわずかなうち, どうしてにげさること, どうしてにげだしたものかと, どうしてにげるどころで, どうしてにげ出そうかと考えた, どうしてにごしてよい, どうしてにせ切符を, どうしてにやついてるの, どうしてにんじんなんてお呼び, どうしてにんにくを喰わない, どうしてぬけだしたの, どうしてぬけ出したのだろう, どうしてぬすみだそうというの, どうしてぬりかえることが, どうしてお前さん驚いた, どうしてねぼけるもんか, どうしてねむるのか, どうしてねらったらいいか, どうしてねられないの, どうしてこと熱沙の, どうしてのがれるつもりでしょう, どうしてのこったかたった, どうしてののしるのか, どうしてのびのびした文化, どうしてのぼったんだろう, どうしてのぼれるか知ら, どうしてのろまどころでは, どうしてのんきらしく, どうしてはいりこむことが, どうしてはいりこんだものか, どうしてはこびさること, どうしてはじめッからそんな, どうしてはたの者, どうしてはっきりわかるほどの, どうしてはめないんだ, どうしてはやくこのこと, どうしてはらそうか, どうしてひざまずくの, どうしてひっさらおうというん, どうしてひっぱたかねえだね, どうしてひととおりやふた, どうしてひとり漢中に残っ, どうしてひと言そういっ, どうしてひと言挨拶をしなかつたらう, どうしてひなんなさらない, どうしてひねり出すか, どうしてびくびくするんだい, どうしてびっくりするの, どうしてびんぼう人がやわらか, どうしてふしはたしか, どうしてふたつの分権, どうしてふところ手をし, どうしてふみが来た, どうしてふらふらとこんな, どうしてふるえてるの, どうしてぶとう会へ, どうしてえらねえん, どうしてほどく気な, どうしてほんたうの事, どうしてほんとうに彼ら, どうしてほんとにおもしろかった, どうしてほんものよりはずっと, どうしてまあこうも自分, どうしてまあこんなに不意に, どうしてまあわざわざあんな莫迦げたもの, どうしてまかなえるんだ, どうしてまさにここに, どうしてまずあなたは, どうしてまたそやつの, どうしてまだなかなかに達者, どうしてまともでない公爵, どうしてままをここ, どうしてまるでさっさと別れたこと, どうしてみいちゃんだの吉公, どうしてみずから批判をくだす, どうしてみたところで, どうしてみなさんソヴェトへ行こう, どうしてみのりさん分かって, どうしてみるつもりな, どうしてみんなあそこへ集まる, どうしてみんなあたし達のところ, どうしてみんな血まなこの一生懸命, どうしてむくろに, どうしてむつ達の入る, どうしてむづかしいのかといふ, どうしてむろんわたしの, どうしてめったに離す, どうしてめでたいような, どうしてもうけたかということ, どうしてもうこんなに白髪が, どうしてもう沢山頂いて, どうしてもさう信じられるんでございます, どうしてもさう思ふことは, どうしてもさう書かずにはゐられなく, どうしてもしがみ附い, どうしてもそとだから, どうしてもちのいい, どうしてもったいないのだ, どうしてもって云うわけ, どうしてもってるのかを, どうしてもとみちゃんに, どうしてもどろぼう猫の, どうしてもらったってしょうが, どうしてもらったのです, どうしてもれたのか, どうしてッつける, どうしてやすを殺す, どうしてやすやすと認められよう, どうしてやったらいいの, どうしてやってきたんだ, どうしてやってくるんだろう, どうしてやってこないのだろう, どうしてやって来てどうして, どうしてやって来なかったんだ, どうしてやっぱり千ちゃんだ, どうしてやどかりにこんないろんな, どうしてやめるのかしら, どうしてやらかすのか, どうしてやらずにいられよう, どうしてやらなければいけない, どうしてやりましょうか, どうしてゆうれいの, どうしてゆかないのかと, どうしてゆかんの, どうしてゆけるか教え, どうしてゆこうと苦労, どうしてゆめにもおもわない, どうしてゆりかさんのこと, どうしてゆるしてやれる, どうしてよおめえ, どうしてよくもこれだけ, どうしてよけい空腹に, どうしてよしたの, どうしてよじ昇ることが, どうしてよりつけるもの, どうしてよりによって重吉は, どうしてよろしいかわからない, どうしてりゅう宮へわたろう, どうしてれんらくするんだい, どうしてわからなかったのでしょう, どうしてわかりの悪い, どうしてわかりますか, どうしてわが身はこの, どうしてわけなしだ, どうしてわしゃこうも, どうしてわしらは遠く, どうしてわずかの間, どうしてわたくしたちばかりそんな, どうしてわたくし風情が古, どうしてわたしどもがここ, どうしてわたし等が破る, どうしてわっしが, どうしてわれもわれ, どうしてわれらの前, どうしてわれわれ役人仲間はかう, どうしてゐたつて飢渇, どうしてゐたらいいの, どうしてゐられるか, どうしてゐるだらふと思, どうしてアア捨鉢に変っ, どうしてアジサイになる, どうしてアダリーが知っ, どうしてアマチュアの身分, どうしてアマーリアのやり, どうしてアメノウズメは舞い, どうしてアメリカ人に日本, どうしてアララットは富士山, どうしてアンコがつくれる, どうしてインテリゲンチアの生活解剖, どうしてインドへやって来た, どうしてウルフの希望, どうしてウロンスキーさん知ってるの, どうしてエイゼンシュテインのお, どうしてエスパーニャの聖者, どうしてエミリーに会えるだろう, どうしてエライ景気だわい, どうしてエリスのやつ, どうしてエレヂイなの, どうしてオソメが天狗様, どうしてオバーを一つ, どうしてカイちゃんをつかまえた, どうしてカケガネがかかっ, どうしてカトリックの信者, どうしてカトリック的だと, どうしてカムポスと一勝負, どうしてカンニングというか, どうしてカークとこんな, どうしてカールが妻イエニー, どうしてガマ六の旦那, どうしてキャタストロフがきた, どうしてキャッチする, どうしてキャプテン独りで出られた, どうしてキュリー夫人はラジウム, どうしてキリストにもっと, どうしてギルちやんぼくたち, どうしてクジュウというの, どうしてクリスチャンになった, どうしてクリークのなか, どうしてグラスのこわれた, どうしてグレーって男, どうしてケレンコが, どうしてケーベル博士は大学, どうしてゲンたちにはわかる, どうしてコンナ事を改まっ, どうしてコンナ巨大な平凡児, どうしてコーヒーの中, どうしてゴパックはあんな, どうしてサムぐらい真面目, どうしてサルスベリと訓むんですか, どうしてサンバイサンというよう, どうしてシトのこと三間, どうしてシベリアへ兵隊, どうしてシャツ一枚になっ, どうしてシュテッヘなもの, どうしてジャーナリズムとは少数, どうしてスキーの下手, どうしてステパン・ミハイロヴィチのこと, どうしてスメール教授はどう, どうしてズウフラなんぞを持っ, どうしてズッパリと何故, どうしてズブ濡れに濡れた, どうしてソルティーニがそんな, どうしてソレが又, どうしてソンな気持, どうしてソンナ事実をお, どうしてソンナ奇抜な商売, どうしてソヴェト市民の一部, どうしてソヴェト文壇の空気, どうしてゾウを盗みだされた, どうしてタマセの王系, どうしてダシコフが彼, どうしてダンチョン氏は土人, どうしてを略し, どうしてチェリーのよう, どうしてチャンコロになる, どうしてチュウてそれ, どうしてて皆, どうしてツノダのこと, どうしてツマランかということ, どうしてテオバルトの生還, どうしてテン太郎がそれ, どうしてトランプをしない, どうしてドイツの同盟者, どうしてドリスコルのうち, どうしてドーブレクの日常生活, どうしてナオミが知っ, どうしてナカナカ苦しい時, どうしてナカナカ骨が折れる, どうしてナルモヴが工兵隊, どうしてニッポンへやって来る, どうしてニューラがそんなに, どうしてネネムの胸, どうしてノンビリさんと, どうしてハダカなん, どうしてハプスブルグ家の宮廷陰謀, どうしてハルナックの事, どうしてバカでない道理, どうしてバッテンつづきで, どうしてバルザックはその, どうしてバンとした, どうしてバーユー将軍が雲, どうしてパツュークは肉入団子, どうしてパノラマ島を見捨てる, どうしてパンにありつく, どうしてパンシヨンに二週間, どうしてビザンティンについての色々, どうしてビレラフォンが翼, どうしてピアニストにならなかった, どうしてピアノひけるって, どうしてピストルでうちあい, どうしてピンカートンの求婚, どうしてファシズムまでも行き, どうしてフォスコロの嗜血癖, どうしてフォーデングブリッジから来た, どうしてフランシーヌに冷静, どうしてフリージアの根, どうしてフリーダは彼ら, どうしてフール・スピードで駛ら, どうしてブイの中, どうしてブルンスウィックがソルディーニ, どうしてブレインが庭, どうしてブレーデの森, どうしてプリューシキンなんぞの売りつける, どうしてプロレタリアの画家, どうしてプロレタリア作家と自分等, どうしてプロレタリア文学運動の中, どうしてヘンゼルにあぶら, どうしてベコのりき, どうしてベズィメンスキーの, どうしてベニイ住宅になった, どうしてベートーヴェンだから, どうしてホスゲン瓦斯などにやられた, どうしてホテルに自分, どうしてボオトを手, どうしてボルネオなんかにこの, どうしてボートと頭蓋骨, どうしてポケットの中, どうしてポシャリポシャリと浅い, どうしてマイダスだって眼鏡, どうしてマイダス王が年取っ, どうしてマカーガー峡谷のこと, どうしてマジメにきい, どうしてマドレーヌ氏がはいっ, どうしてミコサマともあろう, どうしてミスタ・クロダ・サヤマに渡しました, どうしてミミ族に知られない, どうしてミュウズの情人ども, どうしてムクをつれ, どうしてムザムザあたしが破る, どうしてムビウムを採る, どうしてメッセージの内容, どうしてモルヒネなんか嚥む気, どうしてヤクザの破, どうしてラマダン月の間断食, どうしてラルフ・スミスの親類, どうしてリンピイが, どうしてルイ十四世大王の寵遇, どうしてルクリュ家を訪問, どうしてルグナンシェと私, どうしてルリさんはワンピース, どうしてレエヌをあんな, どうしてレオナルド・ダ・ヴィンチやダンテ, どうしてレビューの男達, どうしてレヴェズが犯人, どうしてレールを腐らし, どうしてロシア人を殺し, どうしてロジックになっ, どうしてワーリカが不, どうしてヴァイオリンがある, どうしてヴァニチーがこんなに, どうしてヴェランダなんぞもつい, どうして一々鍵を, どうして一しょに来なかった, どうして一ちゃんなんかだって泉ちゃん, どうして一丈もある, どうして一三八〇年位も前, どうして一人あたり五百ルーブリぐらい差上げない, どうして一人きり戸締まりを見, どうして一人ぽっちにされてる, どうして一個半個の目明し, どうして一冊店頭にで, どうして一刀の下, どうして一刻も早く, どうして一向に凹まされなんぞは, どうして一回の音信, どうして一国の文明, どうして一夜を明し, どうして一寸入っても, どうして一年以上も続いた, どうして一年間も伊丹, どうして一廻どころか, どうして一彦ひとりが怪塔, どうして一応は文学, どうして一揆に加わらなかった, どうして一方にはこんな, どうして一旦興奮し, どうして一昨年と昨年, どうして一時にあいた, どうして一時間でもいられる, どうして一晩のうち, どうして一朝に滅亡, どうして一枚絵にさえ出た, どうして一様に交じらないでしょう, どうして一機はどう, どうして一歩日本国を出, どうして一民衆が生活, どうして一泊しなかったの, どうして一派の達人, どうして一流を興す, どうして一生涯かかっても, どうして一生貧乏なさったの, どうして一番小ひ, どうして一番さきに駈け付けた, どうして一番上に着た, どうして一目瞭然理性がそれ, どうして一筋の刀, どうして一筋繩でゆく, どうして一般にアッピイル, どうして一見の人, どうして一見物人を引きつける, どうして一言もいひ, どうして一言相談して, どうして一面識もない, どうして七つ道具なの, どうして七八歳の子供, どうして七歳や八歳, どうして三たび以後の韻律, どうして三万メートルの高空, どうして三分の一やること, どうして三十ヶ所もある, どうして三十万の人々, どうして三十何年も我慢, どうして三十郎のため, どうして三味線をお, どうして三娘ということ, どうして三家の一, どうして三年前のお正月, どうして三本ともけっこう, どうして三浦がクイクイ, どうして三甚の手, どうして三田先生おとなしく引っ, どうして三百両という大金, どうして三百人という兵, どうして上がれますか, どうして上げましょうぞいなこの, どうして上げようというの, どうして上げることも, どうして上ったかと尋ねた, どうして上代にそういう, どうして上方にもなかなか, どうして下りたかが疑問, どうして下れるか自分, どうして下向いては, どうして下男どもはあんなに, どうして下界のやつばら, どうして下谷で人殺し, どうして不可ないこと, どうして不吉な考え, どうして不在証明なんてそんな, どうして不幸どころでは, どうして不忠の臣, どうして不服だと, どうして不死の霊魂, どうして不自由な身体, どうして次右衛門, どうして与八さんどう考えた, どうして世界観念へ同, どうして世間知らずの生娘, どうして両人の血統, どうして並み並みの強情さ, どうして並み足でゆっくり, どうして中世代では醜い, どうして中井の手, どうして中学校の先生, どうして中庸を得る, どうして中毒が起った, どうして中納言までが懇切, どうして中途から弁舌, どうして丸太小屋を出なさった, どうして丸田屋の夏別荘, どうして丹後守がそんな, どうして主催者側の一人, どうして主君を無, どうして主張し得るの, どうして主税やあやめ, どうして久しぶりの良人, どうして久助の名, どうして久慈にばかり手紙, どうして久我の声, どうして乗らないの, どうして乗り切らねばならなかった, どうして乗り切るか, どうして乗る人も, どうして九両三分二朱だ, どうして九州在国の豪族たち, どうして九月から家, どうして九里丸や小出君, どうして乱心したかは, どうして乱暴だ, どうして乾草小舎に錠, どうして乾雲が貴様, どうして達したか, どうして予想すること, どうしての序, どうして事件勃発です, どうして事務を処理, どうして事実はそんな, どうして事態をよく, どうして事業がでける, どうしてになる, どうして二ツが関係, どうして二ルーブリ十五分に出す, どうして二円余る, どうして二十七なの, どうして二十三日の晩, どうして二十九日の夜, どうして二十面相をやっつける, どうして二度目の夢, どうして二日十日とこの, どうして二時間ぐらいで日本語, どうして二晩か三晩, どうして二百両から上, どうして二羽ともやっつけなかった, どうして二重の手間, どうして二食分ぐらいの弁当, どうして云い訳を, どうして云うことが, どうして云えましょうか, どうして云えますか, どうして互によく調和し, どうして五人のもの, どうして五十兩といふ大金, どうして五年間も学校, どうして五月五日なん, どうして井戸から出, どうして井戸側をよじ登れる, どうして井深君にそんな, どうして些細のこと, どうして亜米利加三界まで行った, どうしてされたかと, どうして亡くなったか, どうして亡びずにいられる, どうして交っていた, どうして交わるよすががありましょう, どうして京助を毒殺, どうして京都大学を早く, どうして人なみな女, どうして人人が橋, どうして人形にかわっ, どうして人猿達が遙拝, どうして人目につかず, どうして人知れずに運搬, どうして人質にし, どうして人間業じゃねえ, どうして人間灰が出来る, どうしてのよう, どうして仇敵を討たず, どうして今になつて, どうして今世紀におけるオーストリア, どうして今中谷助役の手, どうして今夜彼女を置き去り, どうして今大人になっ, どうして今宵のよう, どうして今川家の館, どうして今川義元や斎藤道三, どうして今年はこんなに, どうして今度斯う云う, どうして今彼に浮かん, どうして今日これへは, どうして今日唯今でもまだ, どうして今日大衆の進歩的, どうして今時の仮装, どうして今時高利貸したッ, どうして今更そんな事, どうして今更手が退ける, どうして今眼の前, どうして今頃我家へ帰っ, どうして今頃通用するの, どうして仏徒の礼拝堂, どうして仏独よりも先, どうして仏蘭西へ行かない, どうして仕合せでないと, どうして仕合わせまでが消え, どうして他国の文化, どうして付けたね, どうして首を, どうして代ったのかと, どうして代りになる, どうして令嬢やアルベール, どうしてがよく, どうして仲直りをした, どうして伊予灘の寒風, どうして伊織と会えなかったろう, どうして伊藤に忠告, どうして伊賀流の忍び, どうして伊達家の手, どうして伊那丸さまが, どうして伏兵でない筈, どうして伏鐘という, どうして休んだね, どうしての名, どうして会いましたか, どうして会うのか, どうして会えるんだい, どうして会わされようか, どうして会わなかったのさ, どうして会得できるかと, どうしての死骸, どうして伝つたのか伝来, どうして伝へ得るか, どうして伝わっている, どうして伝六に近づいた, どうして伝達したらよい, どうして伯父が観破出来なかった, どうして伴者はくる, どうして但馬さんは怒る, どうして但馬どのとお, どうして低能どころでは, どうして住んでいたろう, どうして佐野松の部屋, どうして体術の名人, どうして何となしいら, どうして何もかもかう呆気なく, どうして何もかもよく御存じでいらっしゃる, どうして何人が察し得よう, どうして作ったのか, どうして作ったらいいの, どうして作つたかといふこと, どうして作らせることが, どうして作られたのだろう, どうして作り着物を, どうして作れたかという点, どうして作れると思っ, どうして作品の中, どうして作家たちが初期, どうして作者は花村, どうして作衛に住所, どうして作阿弥どのがここ, どうして佳い悪いがわかる, どうして使ったらいいだろう, どうして使用するの, どうして例へば今朝私共が, どうして例外であるはず, どうして例幣使のこと, どうして侮辱などと考えなさる, どうして侵入したで, どうして俗悪なこの, どうしてはもっと, どうして保たれたか, どうして保つてゐられない, どうして保護されるだらうか, どうして保障する事, どうして信じてゐられよう, どうして信じなかつたのだらう, どうして信じられたものぢや, どうして信じられようか, どうして信じられるものか, どうして信州の白骨, どうして信心ごころが起ったろう, どうして信玄は飯綱, どうして信用がおけよう, どうして信雄を取りもどす, どうして信頼できるという, どうして修理はそれほど, どうして修道院の中, どうして修養するか, どうして俳味豊かな名刹, どうして倉地をもう一度, どうして借るものだ, どうして借款なぞ申込む, どうして倭文子を殺した, どうして偉大な民族, どうして健坊をチャイ, どうして健康な部分, どうして偽物が忍びこみ, どうして備わっている, どうして傲慢な態度, どうして傳七郎でないと, どうして傳六に近づいた, どうして付いたこの, どうして傷つけたのでございましょう, どうして僅かに浜, どうして働いてゆく, どうして働くンだ, どうして僕らは賢, どうして僕等四人だけが気, どうして僧体にならなけれ, どうして優れた劇評家や, どうして優秀なもん, どうして允子の自分, どうして兄様十一月でさえ一月, どうして先生なにがなん, どうして先生私の方, どうして先祖に顔, どうしての耳, どうして兎の毛がよい, どうして児供等を安心, どうしてが彼, どうして兜蟲がかやう, どうして入らっしゃらなかったのか, どうして入らっしゃるかと大, どうして入らっしゃるだろうかと思いやった, どうして入らつしやいます, どうして入らないんです, どうして入り切れるもんじゃ, どうして入り込んで来た, どうして入れといたんだ, どうして入れかえたかが問題, どうして入れたか小判, どうして入れようぞ, どうして入れるもんかい, どうして入手するかで, どうして入水したかと, どうして入谷の寮, どうして全く風馬牛たる, どうして全くもう大変だ, どうして全廃する事, どうして全線的な観点, どうして八ツも年下, どうして八尺が五尺, どうして八重の締り, どうして八重子が嫌がる, どうして公務員法案だけは通し, どうして公卿の行房, どうして公卿たちにそんな, どうして公園の雀, どうして公平に記事, どうして六兵衞と重, どうして六十七なんてなっただ, どうして六頭もの馬, どうして公の, どうして共犯者が無い, どうして兵隊を手, どうして其んな怖し, どうして其処らに徘徊, どうして其方はそんな, どうして其智識を得る, どうして其等の相聞歌, どうして其那に水, どうして其那ことが出来る, どうして其馬車に腰, どうしてを飛び出し, どうして内の人はああ, どうして内乱なんかが, どうして内側に破片, どうして内部的對立を單, どうして円く納る, どうして円盤にとじこめられた, どうして冬祭りと言, どうして冴えている, どうして冷凍になんかする, どうして准后が覚一母子, どうして凌いだものか, どうして処刑をうけた, どうして処理できたの, どうして出かけないのだ, どうして出してやらう, どうして出したのかと, どうして出たらいいか, どうして出ねえかよ, どうして出るだろうと思う, どうして出入するよう, どうして出帆したか, どうして出掛けて来なかつた, どうして出来ないと云, どうして出来ますか, どうして出来ませうやと答, どうして出来上ったのだろう, どうして出来上るかという, どうして出版する運び, どうして出遭う事じゃ, どうして出雲地方が死, どうして出鱈目なんか仰有る, どうしてなどが御, どうしてを向けられよう, どうして刄物をし, どうして分かったのか, どうして分かつたのだ, どうして分からせようと云, どうして分ったろうと言う, どうして分らぬのか, どうして分りますか, どうして分身の術, どうして切ったものか, どうして切り拔けて, どうして切り抜けて夫, どうして切り開いて行く, どうして切れたかまた, どうして切符を手, どうしてね退けた, どうして初めから嬢次様, どうして判って, どうして判つたか言つて, どうして判つたつて聞いたら彼, どうして判つたのかしら, どうして判りっこが, どうして判斷すれば, どうして別けるね俗, どうして別れんで居る, どうして別れうるものかと, どうして別れなければならない, どうして別れるように, どうして別れ話が持ち上がった, どうして利己心が強い, どうして制することが, どうして刺したのでせう, どうして刺し殺してやらなかつた, どうして刻々にその, どうして剃ったものか, どうして剃ることが, どうして前夜の犯人, どうして前日からお, どうして前橋の大阪屋, どうして前歯に金, どうして前進が出来よう, どうして前非を後悔, どうして剣術遣いじゃア飯ア, どうして創作家になる, どうして創造があり得る, どうして劇化や上映, どうして劉皇叔にはこの, どうしてのある, どうして加えられたかはわからない, どうして加われるものか, どうして加害者の形跡, どうして加賀まで長, どうして助けようかそれ, どうして助けりゃいいん, どうして助けるのかなと, どうして労働への喜悦, どうして労働者の服, どうして勇気を漏らそう, どうしてが或は, どうして動いている, どうして動かばこそ, どうして動かせたか見当, どうして動けない私が, どうして動けるものかね, どうして動こうとしない, どうして勘弁がなる, どうして勝てるものか, どうして勝れた人物であり, どうして勝利者なもの, どうして勝手に一人, どうして勝目がある, どうして勝負が決まる, どうしてがこんな, どうして勿体ないお師匠さん, どうして化け物を見た, どうして化物だ, どうしての新地, どうして北村だけを縛っ, どうして北條左母次郎と分つた, どうして北海道はなかなか, どうして区別出来よう, どうして医者は, どうして十万人の集団単位, どうして十二尺あまりもある, どうして十五の少女, どうして十何年がやって来られた, どうして十分の一税になさいません, どうして十四としてはし, どうして十四通りに使えます, どうして十歳くらゐで, どうして十石の武士, どうして十秒ぐらいで走った, どうして千五百年前に絹, どうして千代重さんはそんなに, どうして千鶴子の純潔さ, どうして千鶴子さんと結婚, どうして午後面会を許す, どうして纒が, どうして半井ぐらいの男性, どうして半人なり一人, どうして半人前の秀才, どうして半兵衛重治の死, どうして半年も一年, どうして卑怯なの, どうして南洋の豚, どうして南米なんかへ行, どうして単なる線の, どうして単独で海, どうして単身東洋の空, どうして占いの答え, どうして卯木さまがここ, どうして印ばんてんなんか召す, どうして印度の赤ん坊, どうして印気を使わず, どうして印籠なぞをお前さんたち, どうして危ういと云う, どうして危ないの, どうして危急に迫った, どうして危難をまぬかれた, どうして卸したらいいだろう, どうして厄介払いしたか, どうして原口君や馬越君, どうして原始的顕現として新, どうしての中, どうして厭伏をし, どうしてましい茶屋, どうして去んで寝られっけえ, どうして去年の夏, どうして参らずにおられよう, どうしてと遊ん, どうして友吉ていう人, どうして友達になりました, どうして反射したの, どうして反抗できるもの, どうして反目したかという, どうして反駁が出来なかった, どうして叔母さまはいつも, どうして叔母君にそっくり, どうして取って来られる, どうして取ったか人知れず, どうして取られたのであろう, どうして取りおろしたんで, どうして取りましたものか, どうして取りもどしていい, どうして取り上げたもので, どうして取り直したものだろう, どうして取り返すな, どうして取り違ったのか, どうして取上げられましょうか, どうして受かる筈の, どうして受けないのか, どうして受けるもんか, どうして受け取って下さらぬ, どうして受刑者が吐き気, どうして受取りが書けます, どうして口まめらしいもの, どうして口喧嘩などになった, どうして歌に, どうして古本屋の人達, どうして古泉堂の古書, どうして古物の義, どうして古狸の老, どうして古賀と児島, どうしてが光らう, どうしての字, どうして召使たちはあんなに, どうして可哀相だという, どうして可愛がられずにいられよう, どうして可愛がることと, どうして可笑しいか, どうして台辞なんか間違えた, どうして叱ったのだ, どうして司令官はこんな, どうして中隊の, どうして合うものかとさえ, どうして合力をし, どうして合図致しましょう, どうして吉川を知っ, どうして性質の, どうして同国人である隊長さん, どうして同宿の友, どうして同居すること, どうして同情しなかったか, どうして同意しなかったかと, どうして同文といい得よう, どうして名前を云っ, どうして名古屋に戻っ, どうして名題の悪, どうして吐酒石酸を使用, どうしてふを, どうして向かねえんだい, どうして向こうの泥孔, どうして向上さすべきかという, どうして君これは聞き捨て, どうして君それを, どうして君らをそんなに, どうして君アおれのその, どうして君ッてもの, どうして君一人がこの, どうして君其様な真似, どうして君子の名, どうして吟詠のため, どうして吠えますの, どうして否定出来よう, どうして吸えるんだ, どうして吾儕が来た, どうしてに勝つ, どうして呉れとは要求, どうして呉れようと云う, どうして呉れるだね, どうしてはこってり, どうして味方の滅亡, どうして呼んでもこなかった, どうして呼吸がつづい, どうして命がけにならない, どうして和服を着ない, どうして和算を修めた, どうして咲かれたのかと, どうして咲二にそう, どうして咲耶子がここ, どうして哲学なんかに縁, どうしてがなくなる, どうして唯一の真, どうして唯者じゃあるまい, どうして商業化して, どうして問屋さんのぱりぱり, どうして問屋場のもの, どうして善さんを吉里さん, どうして善兵衛の仕業, どうして善昌の居どこ, どうして喜ばずにおれる, どうして喜んで聞く, どうして喜捨をする, どうして喧々囂々たるさわぎだった, どうしてがそんなに, どうしてべよう, どうして喰えない婆さんです, どうして喰える代物じゃねえ, どうして喰っている, どうして嗅ぎつけずにゐよう, どうして嗅ぎつけたか吉川さん, どうして嗅ぎつけやがったのだろう, どうして嗅ぎつけるのか, どうして嘉助のこと, どうしての運命等, どうして四つの場合, どうして四五十年の間, どうして四十になっ, どうして四十哩も走らなかった, どうして四十面相のじゃま, どうして四四之金といふかといへ, どうして四月まで待てよう, どうして四階や三階, どうして回数券なんか要る, どうして因幡守様が寧子, どうして囲みを破っ, どうして図書館などを作る, どうして国学に心, どうして国学者の夢, どうして国家の政治, どうして国民に知らしめよう, どうして国民教育の名, どうしてを治め, どうして園絵殿と言われ, どうしてを掘る, どうして土人になんか, どうして土地を開放, どうして土地問題の解決, どうして土臭い故郷の, どうして在るのやら, どうして地上にとび出した, どうして地下に葬った, どうして地下十六階を逃げだし, どうして地下室へいった, どうして地球的に荒っぽい, どうして地球語をおぼえた, どうして地表に生命, どうして坊やの髪の毛一筋, どうして坐っている, どうして坐視して, どうして坑夫より下等, どうしてを越した, どうして埋められていた, どうして城下が二里四方, どうして城介はパビナール中毒, どうして執念く付き, どうして基経に仕へる, どうして堕落するよう, どうして堪えられるか不思議, どうして堪るものか, どうして報いたものだろう, どうして報身報土の極楽世界, どうして場中一番の名作, どうしてを入れない, どうして墜ちたのか, どうしての前, どうして壊したんだ, どうして士族じゃありません, どうして壮二の名, どうして売られたかその, どうして売りに出した, どうして売り物になる, どうして売れないんでしょう, どうして変えるのだろう, どうして変ったと云う, どうして変わるんだ, どうして変人なん, どうして変死をとげた, どうして夏がらんとした, どうして夏川さんや私, どうして夕方死んだから, どうして外したかそれ, どうして外側から下した, どうして外廓にひび, どうして外柔内剛です, どうして外部から鉄砲, どうして多人数を集めます, どうして多少の感慨, どうして多数の人, どうして夜中しかもこんな, どうして夜光の短刀, どうして夜明け前に家, どうして夜歩きをなすった, どうして大いに後悔する, どうして大きいものです, どうして大丈夫ですか, どうして大佐が殺された, どうして大原が性交不能, どうして大学を卒業, どうして大学生とどう, どうして大将は聞き分けた, どうして大当りですよ, どうして大森どころじゃない, どうして大業の基, どうして大槻という奴, どうして大河にもらした, どうして大病の真者, どうして大目附へ訴, どうして大空へ脱, どうして大笑いなん, どうして大胆にも決定的, どうして大臣に観測, どうして大谷さんはあんなに, どうして大谷君はやみ屋, どうして大鐘が動い, どうして大阪市長になられた, どうして天南が嫌つたの, どうして天才でないこと, どうして天明七年の飢饉, どうして天明三年の大, どうして天華堂を疑っ, どうして天道様が罰, どうして太陽はこう, どうして失くなったんです, どうして失敗ったの, どうして失敗らない工夫, どうして失望しないで, どうして失踪したと, どうして奇面城をせめる, どうして奈保子の死, どうして奈落の幡江, どうして奉公したいの, どうして奎吉がそんな, どうして奥様のよう, どうしての縁側, どうして奪ったかわからない, どうして女中頭はああ, どうして女坂染吉とやらが出した, どうして女子の犠牲, どうして女性のため, どうして女神様ともお姫様, どうして奴さん大まじめで, どうして奴俺が此処, どうして好い加減な返事, どうして好かんとじゃ, どうして好く余裕を, どうして好奇にこんな, どうして好都合でしたの, どうして妄念を止める, どうしてに忘れられない, どうして妨げたらよかろう, どうして妻君の身体, どうして妻子眷属の身体, どうして姉さまのこと, どうして姉上貴女の許, どうして姦通の罪, どうして姫さまのお, どうしてを叔母, どうして娘たちの心, どうしてあさん, どうして婆様を試しましょう, どうして婦人が昇降機, どうしてにゆく, どうして嫁さんを貰わない, どうしてのない, どうして子供たちに条理, どうして子守を追っかけてる, どうしてが明い, どうして孔子が, どうして孔明ほどな, どうして存在したかを, どうして学校じゅうの者, どうして学校出のちゃきちゃき, どうしてをあんな, どうして孫六じしんが, どうして孫兵衛の髷, どうして孫火庭は漢青年, どうして學校をやめる, どうして學生さんが警官, どうして學用品の代, どうしてがこんな, どうして宇治へのお, どうして守られなければならない, どうして安く売ること, どうして安達の黒塚, どうして宗三があっけ, どうして宗俊など足もと, どうして宗太さまの力, どうして宗教画として必要, どうして定まるものか, どうしてに成りましょう, どうしていのか, どうして宜しいのか, どうして宝石を盗み, どうして実物になる, どうして実績を挙げ得ない, どうして実際の作物, どうしてをとる, どうして客僧には左様, どうしての蜂, どうして室内に送り込まれた, どうしてだけは還幸, どうしての終, どうして家出なんかした, どうして家族制度を維持, どうして家賃の高下, どうして容貌と云い, どうして容赦するもの, どうして宿命的な色彩, どうして宿場の改革, どうして宿賃が払えん, どうして寂寞たらざる, どうしての世, どうして寄宿舎に帰った, どうしてを切った, どうして密航者を, どうして密集部落となり, どうして寒月の名, どうして寝るのだろう, どうして寝台の布団, どうして察知するの, どうして現させるか, どうしてにし, どうして寺内氏の口癖, どうして対世の中となる, どうして対手になれよう, どうして対抗しようという, どうして封建性からの脱却, どうして専介といっしょ, どうして射している, どうして射殺されるの, どうして将軍はそんな, どうして将門に追, どうして尊ぶべき美しさ, どうして尊敬できるでしょう, どうして尋ねるんだ, どうして尋ね当てたのであろう, どうして小さい子供を, どうして小倉で暮し, どうして小僧を殺した, どうして小児のよう, どうして小国とはいえ, どうして小太郎山から四百, どうして小屋を拔, どうして小島へ, どうして小幡家の内弟子, どうして小杉さんが未醒号, どうして小林君をかくし, どうして小柳に目串, どうして小樽くんだりまで行っ, どうして小母さまを背負い出す, どうして小生らが微, どうして小説家がほんと, どうして少なくないので, どうして少なくともその深淵, どうして少年少女の時代, どうして少年少女達のため, どうして就けるものです, どうして尼さんになんかし, どうして尼寺などへ売られましょう, どうして尾越だけはあんなに, どうして尿意など催した, どうして局長なもん, どうして居つたかと, どうして居られましょう一所に, どうして居りましょうルアーブルから, どうして居るだらうと思つて, どうして居るだろうか頓, どうして居着くものです, どうして屋敷の屋根, どうして屋根の上, どうして屏風なんてこと, どうして展開して, どうして屠殺肉食の事, どうして山の手一帯の土地家屋, どうして山ノ井千ちゃんを救った, どうして山岸主税がこんな, どうしてとおから, どうしてのよう, どうして岸本さんでは, どうして島山の顔, どうして島幾太郎を大谷千尋, どうして島田がそう, どうして崋山の贋物, どうして巌窟王でも三銃士, どうして川上から川口, どうして川上機関大尉がここ, どうして川手さんの埋められ, どうして川辺みさ子は自分, どうして左側かね, どうして左樣にわれわれ, どうして左腕を出さない, どうして左舷のメインタンク, どうして巨万の富, どうして巨船ゼムリヤ号が発狂, どうして差しあげたものでしょう, どうして差上げたらよろしいの, どうして市街地は斯, どうして市長にせられた, どうして帆村のこと, どうして師匠助六が知ろう, どうしてをしない, どうして帰り去つることが, どうして帰れることやら, どうして帳場に届けられた, どうして常に彼と, どうして常時僕らの方, どうして常木鴻山がこの, どうして常識過ぎるくらい, どうして平兵衛が堕, どうして平凡どころでは, どうして平家が九州経略, どうして平家方があんな, どうして平次と知, どうして平氏の眷族たち, どうして平然としていられよう, どうして平生と違った, どうして平賀様には奥様, どうして年中雪の, どうして幸内がこの, どうしてとは思われない, どうして幼虫は繭, どうして幽霊となれよう, どうして幾千と居, どうして幾日も幾日, どうして広がったものか, どうして広告もしてない, どうして広岡先生のよう, どうして広島までいつしよ, どうしての中, どうして座敷へは来なかった, どうして廃めたの, どうして廃物どころじゃない, どうして建っている, どうして建てたのだろう, どうして建てるんです, どうして建設が出来る, どうしてわって, どうして廻すか, どうして廻転すんだい, どうして廿日になつ, どうして弁信一人ぐらいがつこう, どうして弓子はチーズ, どうして引きあげるかと見, どうして引きとめることが, どうして引き揚げるのかと, どうして引張ったかということ, どうして引止めようともしない, どうして引返そうとはしなかった, どうして弘前の城下町, どうして弥八が今更, どうしてつてゐる, どうして弱っている, どうして強いんです, どうして強かった, どうして弾くかと聞いた, どうして八が, どうして彌太郎を縛らなかつた, どうして彌生はそれ, どうしてを写し, どうしてのよう, どうして役不足どころでは, どうして役所へなんぞ行つて, どうして彼ひとりが落ちた, どうして彼ら以上に要求, どうして彼丈の決心, どうして彼位に腹黒い, どうして彼処に這入る, どうして彼女たちがわらわれね, どうして彼女一人でやって来た, どうして彼女等はあの, どうして彼奴らはあなた様, どうして彼娘がこの, どうして彼時は, どうして彼等自身で運び出す, どうして彼自身きわめて具体的, どうしてって還る, どうして待っていない, どうして待つ気に, どうして待てるもんか, どうして後世の人たち, どうして後代の人々, どうして後生を助かる, どうして後者の作家ら, どうして後輩がだまっ, どうして後退りなんかする, どうして徒弟制が絶滅, どうして従いて往けましょう, どうして従兄なんかに生れ, どうして家を, どうして得たか, どうして得たらいいの, どうして得ようかまた, どうして徘徊うて, どうして御内室を離別, どうして御前には, どうして御家人竹が下手人, どうして御布施を戴く, どうして御座らうやら今さら, どうして御座ろうものやら, どうして御新造は大きな, どうして御新造さんの凄腕, どうして御方がこの, どうして御殿の中, どうして御身のあの, どうして復興祭が平和祭, どうして微細な関係, どうして心がらだ, どうして心づかずにいた, どうして心中したん, どうして心細がる必要, どうして心配なの, どうして心酔してるか, どうして必ず次にはより, どうして忍ばねばならなかった, どうして忍び込むかと云う, どうして忍んで来た, どうして忍男の殿, どうしてられ様, どうして忘れえましょうぞ, どうして忘れ切っていた, どうして忘れ去れるもので, どうして応えなかったのだろう, どうして応接間へ御, どうして忠平の義務心, どうして忠相がこの, どうしてろしくなかった, どうして怖いのだ, どうして出せないん, どうして思いきって来た, どうして思いきった身辺の, どうして思いしらせるのでしょう, どうして思いつくんだ, どうして思い付いたかと云います, どうして思い出したのでございます, どうして思い出すのだろう, どうして思い切れませんのでございましょう, どうして思い浮べたのか, どうして思い直してもう, どうして思えようか, どうして思ってもみよう, どうして思ったより出来, どうして思ひついたかお, どうして思わないの, どうして急いで来ない, どうして急ぐ必要が, どうして急所をにぎっ, どうして急激に変化, どうして怨んでなる, どうして怪人と力, どうして怪塔から抜けだした, どうして怪電波のとん, どうしてうせせこましい, どうしてだの愛, どうして恋愛を作り出す, どうして恋愛曲線を作る, どうして恋敵を除き得る, どうして龍号に, どうして恐くないこと, どうして恐れげもなく, どうして恐れ入るもんか, どうして恐竜とたたかう, どうして恥ずかしいことな, どうして恨まないんです, どうしてをかえそう, どうして恩人なの, どうして息子を探せ, どうして息子さんのところ, どうして悉くが贋物, どうして悔悟したら宜, どうして悦ばせたらいいかと, どうしてるいでしょう, どうして悪くなったの, どうして悪人といえよう, どうして悪病をただ, どうして悪者がお, どうして悲しんではいけない, どうして悲鳴を上げなかった, どうして惡者共は碁, どうして惣兵衛ちやんはもつ, どうして意外な被害, どうしてに於い, どうして愛さないでいられましょう, どうして愛しなつかしむこと, どうして愛することが, どうして愛人を所有, どうして感じずにいた, どうして感じなかったことが, どうして感じようぞ, どうして感ずるように, どうして感ぜずにいられよう, どうして感ぜられないかという気, どうして感づいたんだ, どうして感づくはずが, どうして感心な馬, どうして感慨なしに, どうして感謝などと言う, どうして慌てずにいられよう, どうして慰むべきであろうかと考え, どうして慰めてよい, どうして憎まずにいられましょう, どうして憎み苦しめられようかという感情, どうして憎むことなど, どうして憎めましょうか, どうして憎んでゐる, どうして憑かれておいで, どうして憧憬の心, どうして憶えてなどゐる, どうして懇意になった, どうして懲役にやられた, どうして懲罰とか贖罪, どうして成りましょうぞ, どうして成り立ったかを考え, どうして成り立ったであろうか, どうして成仏出来るか, どうして成就しない事, どうして成立したかという, どうして我々百姓の争議, どうして我子を誘拐, どうして戦いを決せね, どうして戦うか, どうして戦地へなど行く, どうして戦女とでも云いたげな, どうして戦慄しないで, どうして戯談なの, どうして戰爭しなければ, どうして戸口を指す, どうして戻つて来ない, どうして戻つたかは覚えない, どうして手あてをした, どうして手がかりになります, どうして手前らが自動車, どうして手提革包を拾った, どうして手渡したものか, どうして手術をする, どうして手錠を嵌められる, どうして手附なんて仰っし, どうして手馴れたものだ, どうして打ち明けなければいられない, どうして打つつもりだい, どうして打算以外に自分, どうして払いましょう一文も, どうして払えるものです, どうして払おうかという心配, どうして払って下さるだ, どうして技師を殺害, どうして抛棄するよう, どうして抜いて切合った, どうして抜けたろうか, どうして抜けでたのか, どうして抱えてゆけましょう, どうして抵抗すること, どうして押入れに天皇陛下, どうして拙者共の筆, どうして拭おうかを必死, どうして拭きとったものか, どうしてへたんだい, どうして持たせて差し上げ, どうして持ちかえったのか, どうして持ちこんだり運びだし, どうして持ちつづけるのだろう, どうして持ち出されたのか, どうして持ち出したろうと不審, どうして持ち込んだか一升徳利, どうして持つだろうかと, どうして持出したんです, どうして按摩の笛, どうして振り事でも所作, どうして振動が継続, どうして捕えようかと話し合った, どうして捕えられたのであろう, どうして捕ったんでしょう, どうして捕っつかめえることが, どうして捕まえようというの, どうして捕まったか, どうして捕るか, どうして捜しだしたものか, どうして捜しだすのかね, どうして捜し出して再会, どうして捜し出したものかと, どうして捜すか, どうして捜索隊を出さず, どうして捨てがたい惣菜, どうして捨てたもんじゃ, どうして捨て去ることが, どうして捨吉はああ, どうしてぢむける, どうして捩じあけたものか, どうして捻出すべきかという, どうして排中律の証明等等, どうして掘れたのか, どうして掛かり合いにならず, どうして掠めてきた, どうして掠奪われた, どうして採鉱されて, どうして探したらいいだろう, どうして探し出したか深川, どうして探し出すの, どうして探せるわけが, どうして探り出そう誰から, どうして探るんだい, どうして探偵したんだい, どうして接近なさる気, どうして推摩居士は三階, どうして掲載されたこと, どうして掴まった手は, どうして揃いも揃っ, どうして描いたか, どうして描き出すことが, どうして描けばよい, どうして握らせて置かれよう, どうして握る事が, どうして摺り替へたと, どうして撃たないのだ, どうして撃てるものか, どうして撫でてやる気, どうして攀ぢ登らうかと, どうして支那人だけが這入る, どうして支那全土を席捲, どうして支那豚はそんなに, どうして改めてはいる工夫, どうして放っておいた, どうして政友会かな, どうして政夫さんよか年, どうして政子の胸, どうして政府の物, どうして政治的認識ぬきで題材, どうして故国に姿, どうして故意を疑いましょう, どうして故郷へ帰らなけれ, どうして救いを求めなかった, どうして救い出されたかを思い出せ, どうして救おうかなんか考えず, どうして救って行こう, どうして敗れずにゐられよう, どうして敗れたかを理解, どうして教えてはいけない, どうして教室を騒がした, どうして教育者がつとまるべきだろう, どうして散文でかかれた, どうして散文的に解る, どうして数千円の値打ち, どうして数百万年も固有, どうして敵地を突破, どうしてというりっぱ, どうして文化などを生む, どうして文字を覚えた, どうして文学ノートを書かない, どうして文学創造の能力, どうして文明開化の現代, どうして文通をすれ, どうして斎藤道三様と子, どうして斜坑を歩い, どうしてつたのか, どうして斬ったのか, どうして斬られるような, どうして断たれることが, どうして断定出来るであろう, どうして断腸草の名, どうして斯樣な人, どうして政府の, どうして新しく明るい文化を, どうして新九郎はここ, どうして新年にウドン, どうして新手の潜水遊撃隊, どうして新旧の激しい, どうして新聞に鼻, どうして新聞社の方, どうして新聞記者が知っ, どうして新調するなんて, どうして新造には髭, どうして新高さんが妾, どうしてえず神, どうして方向を定められよう, どうして方角をきめたら, どうして旅人を親切, どうして旅商人風情がその, どうして旅立ちをする, どうして旅行者自身の精神, どうしてを持っ, どうして日常に用い得よう, どうして日常生活ではいつも, どうして日本左衛門の手下, どうして日本帝国がどうか, どうして日本橋の家, どうして日本的なもの, どうして日本美術協会のある, どうして日蔭が高級席, どうして旦那ご存知で, どうして旦那様が, どうして旦那様旦那様の前, どうして主人の, どうして旧いものおくれた, どうして旧態に返し, どうして旨くはゆかなかった, どうして昂然とよろこべる, どうして昆布を取る, どうして昇汞を手, どうしての染附, どうして明けるのか, どうして明智さんが, どうして明白な条理, どうしてやすと, どうして易々と甘んじ, どうして易介がここ, どうして昔人の鑑賞, どうしての光, どうして星山さんがそんなに, どうして星野さんがあんな, どうして春さんこんな所, どうして春子さんをここ, どうして春木少年はこの, どうして昼日中歩いて, どうして平大臣, どうして時々お説教, どうして時代との交渉, どうして時勢後れどころじゃない, どうしてまでくらす, どうして普遍的に必然的, どうして景色を詠む, どうして智恵子を犯人, どうして智惠子樣を誘つて, どうして暗くなったの, どうして暗誦が出来る, どうして暢気らしく夢, どうして暮したであろう彼女は, どうして暮してるかご, どうして暮すだろうどうしてその, どうして暮せている, どうして暮そうかと思っ, どうして暮らしたらいいだろう, どうして暮らすのか, どうして暴れたものか, どうして曝す事が, どうして更科というかという, どうして書いたかという, どうして書いたらうといふ, どうして書かずにおこう, どうして書かなくなったのだろう, どうして書きたいのだ, どうして書き記すことが, どうして書けという, どうして書けないのだ, どうして書店にさらされ, どうして書斎の金庫, どうして書生さんが死んだ, どうして曹仁の兵符, どうして曹操の空巣, どうして曹操以上にあなた, どうして會社に行かない, どうして月島から掘り出される, どうして月経が起る, どうして有りうるのだらう, どうして有り付く事が, どうして有限の人間, どうしてになる, どうして朝夕の御, どうして朝廷をそう, どうして朝飯を食べた, どうして朝鮮なぞへ行く, どうして朝鮮人の血, どうして木の葉がそんなに, どうして木曾を通った, どうして木村事務官がこれ, どうして木村重吉を見出す, どうして未だ未だこれから出来ますよ, どうして未来が見られる, どうして未知の不愉快, どうして末起の義父さま, どうしてを造る, どうして本ものとなったら, どうして本人をし, どうして本格でげす, どうして本船に乗せない, どうして本道へ出た, どうして杉夫がこんな, どうして村田が死にました, どうして村長はこんな, どうして杣道まで詳しく, どうして来たろうと思う, どうして来なくなったの, どうして来ねえんだい, どうして来ようかと苦心, どうして来られないの, どうして来られるものか, どうして東宮が御所, どうして東條の家族, どうして東海坊の世話方, どうして松倉山の木, どうして松山に来た, どうして松田抔へそんな, どうして松雲がそんな, どうして板倉屋に戻る, どうして林蔵と猪, どうして果たそうか, どうして果てしもなく, どうして果実を収穫, どうして果物の砂糖漬, どうしてに結びつけ, どうして枯れた麦藁が, どうして柘植の家, どうしてをうった, どうして柳生家に身, どうして柿沼と同じ, どうして栄三郎へ操, どうしてをぬいた, どうして校長がそれ, どうしてなんかにまた, どうして根本のこと, どうして之介, どうして格子から取りたかった, どうして格子戸を開けたら, どうして案じもせず, どうして桔梗様はこの, どうして桶屋なんかに行った, どうして梁楷があの, どうしてでも動か, どうしての実, どうして梅組にはいりこんだ, どうして梶原という役, どうして棒小屋沢のよう, どうして森虎が犯人, どうして植木師などの中, どうしてべよう, どうして検事に先生, どうして検事さんはこんなに, どうして検束すると, どうして検閲官はこの, どうして検非違使などに捕まったろう, どうして椰子の木, どうして極まるか, どうして楽しく自由に, どうして楽しませてやったら, どうしてひつけて, どうして構成するか, どうして樊城など攻め取れよう, どうして樟さんであ, どうして権兵衛さんが狐, どうして横沢氏はこんなに, どうして横田の手許, どうしてなの, どうして橋場へ歸, どうして橋本は行, どうして機智も謀才, どうして機械工業ばかり手, どうして機械的作品が美, どうして檜木一本でもばか, どうしてからで, どうしてを両手, どうしてのかげ, どうして欠けたのか, どうして次々にいや, どうして次兵衛が見逃さう, どうして次郎がそんなに, どうして次郎ちゃんがそんなに, どうして欧羅巴の人々, どうして歌ったり飛ん, どうして止さないんです, どうして止したんだ, どうして止せないんです, どうして止まるどころか押えれ, どうして止めたの, どうして止めることが, どうして正しき美が, どうして正作が暮らし, どうして正成と共にここ, どうして正雪の書画, どうして正面からの戦, どうして此人が妾, どうして此処ところに住ん, どうして此奴がこんな, どうして此奴め気を失っ, どうして此小僧がそれ, どうして此度はそう, どうして此様所へ来た, どうして此男ぢやない, どうして此訴を起した, どうして此語が出来た, どうして此那に早く, どうして武右衛門さんは相手, どうして武士の私, どうして武田さんの新しい, どうして武蔵さんを捕まえます, どうして武門になど生れたろう, どうして歩いたかわからない, どうして歩けないの, どうして歩けますか, どうして歩道をみんな, どうして歯科散が, どうして歳どんお前のよう, どうしてれますそれ, どうして歸らないの, どうして死ななかったのだろう, どうして死ななければならない, どうして死なねばならなくなった, どうして死なねえんだ, どうして死にたくなったのかと, どうして死に損なったのか, どうして死ぬであろうか, どうして死ねないのだろう, どうして死のうなんてした, どうして死ンだン, どうして死人がでる, どうして死体をひと目, どうして死後の生活, どうして死際にそんな, どうして残っていた, どうして残つてゐたの, どうして残念といわれましょう, どうして残虐な気持, どうして殖えたのだ, どうして殘つてゐたの, どうして殴り合いになった, どうして殺さないんです, どうして殺しに行く, どうして殺しましたかしら, どうして殺せようと一度, どうして殺ったもんでしょう, どうして殺るもんか, どうして殺人の証拠, どうして殺人罪を犯す, どうして殺人鬼の正体, どうして殿下は今日, どうして殿様だってあの, どうして母家に一緒, どうして母親を責められよう, どうして夏脳炎の, どうして毎日会はない, どうして毎日散歩して, どうして毎日日を送つ, どうして毎晩こんな家, どうして毎朝おなじところ, どうしてを平気, どうして毒殺して, どうして毒物が面白い, どうして毒瓦斯なんかあるでしょう, どうして毒薬を手, どうして比較出来るもの, どうしてが抜け, どうして毛虫共は見つけ出すだらう, どうしての信望, どうして民さんは死んだ, どうして民藝に呼びかけない, どうして民間の説話, どうして気がついたろうとお, どうして気が付かなかったろうと不審, どうして気づかれずに自分, どうして気づきえたであろうか, どうして気どられたものか, どうして気に入らないんだ, どうして気の毒なの, どうして気付かなかったのであろう, どうして気付かなかったろうかと怪しまれる, どうして気兼ねせねば, どうして気味などわるかろ, どうして気安いことが, どうして気恥しい思いも, どうして気掛りになり得よう, どうしてが付きなす, どうして水戸家との關係, どうして水戸浪士の生命, どうして水族館なの, どうして水沢まで持っ, どうして水浴をする, どうして水色木綿の働き着, どうして水谷がそれ, どうして水音もたてず, どうして水馬に長け, どうしての島, どうして氷山がこんな, どうして永い間治らない, どうして永劫だなんて, どうして汚濁を排する, どうして汝らを迎, どうして汝りや櫛なんぞ取らつた, どうして江ノ島で海, どうして江戸随一じゃ, どうしての水, どうして池鯉鮒の御, どうして決するであろうか, どうして決めますかナ, どうして決めるんだ, どうして決心をする, どうして決戦をされる, どうして沈めるかどうして, どうして沈欝なる通夜, どうして沈着いたもの, どうして沢子がそう, どうして沢屋を殺す, どうして沢山の中, どうして沢庵さんの眼, どうして河中へ小舟, どうして河村を殺害, どうして河村さんをこんな, どうして河竹にあんな, どうして沸かすんだい, どうして治めにくいところ, どうして治れるもんか, どうして治三郎は明後日, どうして治六を連れ, どうしての底, どうして泊ったりなんかした, どうして法外な高い, どうして法廷にはまだ, どうして法科に転じた, どうして波沼兄弟ばかりがあと, どうして泣かずに居られよう, どうして泣かないでいられましょう, どうして泣きたくなるのです, どうして泣き出したかは村, どうしてのついた掘り, どうして泰軒といっしょ, どうして泳いだの, どうして泳ぎ着いたのか, どうして洋服きないの, どうして洋画などへ入った, どうして洒落てるよ, どうして津軽の国, どうして洩れたのか, どうして流れゆかうとする, どうして浅井の若, どうして浅井家の老臣, どうして浅草で辛抱, どうして浅野主従のため, どうして浩さんの事, どうして浪漫派になっ, どうして浪花節聴かないの, どうして浮いている, どうして浮き出してきた, どうして浮ばれるんだ, どうして浮気なんかする, どうして海ン中へ放り込む, どうして海底超人が論じられよう, どうして海蛇たちの毒手, どうして海鳥が死んだ, どうして失せて, どうして消えうせたのでしょう, どうして消え失せてしまった, どうして消しとめなかったの, どうして消費したかには, どうして淋しがらずに, どうして淑女にこの, どうして淡島様が雛祭り, どうして淡路の産所, どうして淫蕩の女, どうして大な, どうして深奥どころの話, どうして深山のところ, どうして清子という名, どうして清澄村の茂太郎, どうして渋谷まで着き, どうして渡したのか, どうして渡ったかこれ, どうして渡つて来たので, どうして渡瀬さんは酒, どうして温泉宿の勝手口, どうして測定すれば, どうして湖水を渡れよう, どうして湯殿へ行っ, どうして湿れて来た, どうして源之助も殺され, どうして源兵衛が今, どうして源右衛門と源三郎, どうして源氏の耳, どうして溜めしやら廿年, どうして溶けあってゆけるだろう, どうして溺れ死んだかそれ, どうして滅亡したかは, どうして滅多に客, どうして滅多にそんなこと, どうして滑ったのか, どうしてまで行かれます, どうして漂着した民族, どうして漏れたかということ, どうして演ぜられている, どうして演説を終った, どうして漫画のよう, どうして潜って行かれましょう, どうして潜伏して, どうして潤いがあせ, どうしてがえらく, どうして瀧三郎が痣, どうして火事なんかひき, どうして火山だけに興味, どうして火星語を話せる, どうして火花が出る, どうしての数, どうして炎症をおこした, どうして無くなつたものかと, どうして無実と解った, どうして無意味なはず, どうして無数の生命, どうして無断家出になつちやいかんの, どうして無気力で趣味, どうして無難に三河, どうして無駄だ, どうして無駄どころか, どうして焼け残ったか, どうして焼け残つたかといふ, どうして焼夷弾を消さなかった, どうして煙ぐらゐ砂漠で風, どうして煤煙防止の宣伝, どうしてなんか彫る, どうしてがある, どうして熱帯生活に興味, どうして熱意を持っ, どうして上らずに, どうして燈火をつけん, どうして爆発がおこった, どうして父楽翁の駕籠, どうして爺さんや婆さん, どうして片付けていい, どうして片付けられるか, どうして片山さんが私, どうして片手落ちの異見, どうして片方の目, どうして片目になる, どうしてを手, どうして牛乳だけがこう, どうして牛女がどこ, どうして牢屋へはいった, どうして物ごとをある, どうして物真似だってこと, どうして物覚えが悪い, どうして特別に早く, どうして犬千代が知ったろう, どうして犯されるものか, どうして犯す気に, どうして狂うたものやら, どうして狂ったのであろう, どうして狂人みて, どうして狂人扱いをされ, どうしてになど化かされた, どうして狐さんはあゝ, どうしてひを, どうして独りぼっちなの, どうして独りぼっち置き去りにされる, どうして独り旅なぞにおいで, どうして独力で生活, どうして猟官熱やくが, どうして猿廻しなどに身, どうして獲たものである, どうして玄関を出た, どうしてを取る, どうして玉井とわたし, どうして玉屋ばかりじゃない, どうして玉川上水なんかへ来た, どうして王妃さまにお詫び, どうして王王妃は叛軍共, どうして玻璃窓の旦那, どうしてわすの, どうして現れたんだ, どうして現われてこよう, どうして現下の烈しい, どうして現今のお, どうして現代教育の本義, どうして現在友愛塾におおいかぶさっ, どうして現在自分の子, どうして理解できるでしょう, どうして瓦斯が洩れた, どうして生えたんだろう, どうして生かして助けた, どうして生きなければならない, どうして生きのびてゆける, どうして生きようといふ根気, どうして生きられて, どうして生き抜こうかと考え, どうして生き永らえていられよう, どうして生じたか, どうして生じないだらうとは自信出來, どうして生じるのか, どうして生じ得たのであろう, どうして生まれつきあっしゃ駆けまわるのが, どうして生み出す事が, どうして生れなくなったのでしょう, どうして生徒がそういう, どうして生活全部の責任, どうして生涯のうち, どうして生計を立て, どうして用いられなかったかという理由, どうして用いるかと云う, どうして用心させて, どうして田舎へいく, どうして田舎娘だなんて, どうして田辺君のよう, どうして甲冑を着た, どうして甲府へ来た, どうして甲斐に手, どうして男たちが考えた, どうして男勝りと言われる, どうして男同士の勝負ごと, どうして町方のもの, どうして画けたかよく, どうして画家の専有物, どうして留置場などへ来なす, どうして畜生め女の声, どうして番場町へ帰りません, どうして番頭の肥田, どうして異人の方, どうして異人館へおいで, どうして異国大王の賢使, どうしててにする, どうして畿内の武士, どうして疎略に考えよう, どうして疑わずにこんな, どうして疑われようか, どうして疲れないかと思う, どうして病いを癒す, どうして病気になった, どうして療治しようという, どうして癇癪玉だの直接行動, どうしてるどころか, どうして癒したとお, どうして癩患者がそんなに, どうして発射する, どうして発心なさること, どうして発掘出来るの, どうして発火したの, どうして発狂したの, どうして発表すること, どうして発覚するもの, どうして発達するいわれ, どうして登ったのです, どうして登れるものか, どうして登坂先生をのけもの, どうして登美子だけが何時, どうして白いのかと, どうして白丘は出, どうして白扇がおれ, どうして白米がある, どうして白金が土瓶, どうして白鳥号に乗っ, どうしてや二百, どうして百世の下, どうして百姓どもは気, どうして百花楼にいる, どうして皆んなは自分, どうして皆元のよう, どうして皆度のある, どうして皆書物をよむ, どうして皇后の美し, どうして皇室の統治, どうして皇帝に間違われた, どうして盗ったかという, どうして盗まれそうだ, どうして盗まれなさったのでございます, どうして盗みだすことが, どうして盗む気だ, どうして盗んだか君たち, どうして監獄に, どうして目上の者, どうして目付けたな, どうして目的を達するだろう, どうして盲目になった, どうしての心理, どうして直ぐ逃げなかったん, どうして直そうかと, どうして直ちに分ったの, どうして直るどころか段々, どうして直轄地の代官, どうしてわかる, どうして相互の意志, どうして相撲が取れる, どうして相率て堕落, どうして相良さんのため, どうして相識になっ, どうして省作に伝わらず, どうして看破したか, どうして看過がす訳, どうして県知事が強盗, どうして真夏の欧州航路, どうして真夜中に来た, どうして真実が生れ出ましょう, どうして真珠の御殿, どうして真直職業紹介所へ行かなかった, どうして真鍮と金, どうして眠ってしまった, どうして眠り病が出来る, どうして眠白が敬四郎どの, どうして眺めていられよう, どうして眼だまを突き破られた, どうして着いたかそれ, どうして着るのか, どうして睨らんどるん, どうして矛盾しないん, どうして矢代が突然, どうして矢島君たちに周さん, どうして知ってたの, どうして知つたかお品はお, どうして知つてらつし, どうして知らせてくれなかった, どうして知らせたものかと, どうして知らせたらいいでしょう, どうして知らぬ人々から, どうして知られるように, どうして知りあったかそんな, どうして知りましたか, どうして知りやったのじゃ, どうして知り合ったものか, どうして知るであろうか, どうして知れてしまった, どうして知れなかったのでございましょう, どうして知れますかな, どうして短い時間に, どうして短刀を胸, どうして矯正するかという, どうして石川さんを知つてら, どうして石川光明氏と交, どうして石川屋權右衞門夫婦を殺した, どうして石炭みたいに無口, どうして石黒のよう, どうして砂糖がとけず, どうして研究室を去る, どうして破ったか, どうして破れたのか, どうして破れ目があり, どうして破談になすつた, どうして確保しないの, どうして確実な扶助, どうして確言できよう, どうして磁気を持っ, どうして磔刑の日, どうしてなんぞ遣っ, どうして礼拝されます, どうして礼服を着, どうして社会主義を, どうして祖国のため, どうして祖母さんは悟, どうしてと呼ん, どうして神徳を落さない, どうして神明の社, どうして神社へこなかった, どうして神聖サムラヒ族の顔, どうして福々しい身の上に, どうして福井の眼, どうして秀岡氏がそんな, どうして秀次の家来, どうして秀郷がこの, どうして私ここにゐる, どうして私どもなんぞお, どうして私一人で暗く, どうして私一箇の思案, どうして私以外の人, どうして私立探偵なんかやとった, どうして私自身を誤り, どうして私風情が御, どうしてになる, どうして秋川駿三を恨ん, どうして秋田山形の農家, どうして秘密の隠語, どうして秦啓源の心, どうして秩序立て調和, どうして稼ぎ出せないとも限らない, どうして稼げるだろうか, どうしてを開ける, どうして空しく出来たろうかと, どうして空中へ放りあげられた, どうして空中楼閣なんだい, どうして空屋敷などというの, どうして突くかどこ, どうして立ちあがれるものか, どうして立ち行きましょうぞ, どうして立ったかはまだ, どうして立て得られるものか, どうして立会いの役人, どうして立憲政治が旨く, どうして立至った場合なら, どうして立証するの, どうして立身するか, どうして竜太郎がそれ, どうして竜宮という言葉, どうして童子をお, どうしてのよ, どうして笑えるのだ, どうして笑はずに居られる, どうして笑ひごとどころ, どうして笑わないの, どうして笠神博士の手, どうして第一ホテルのロビイ, どうして笹木を捕える, どうして筋書きがそう, どうして算哲以外の人物, どうして算哲博士はあの, どうしての中, どうして節ちゃんにも仕事, どうしての中, どうしてを越えた, どうしてや芋, どうして米友さんそんなこと, どうして粉屋にそれ, どうして粗忽者どころか雷怯子, どうして精神は子供, どうして精霊だという, どうして糞喰へなんて云, どうして糸子をソッ, どうして系圖のこと, どうして約束通り来なかったの, どうして紅屋の先代, どうして紅玉がそんな, どうして紋也という男, どうして紋日の虎, どうして納屋などに火, どうして納得させること, どうして純粋な清い, どうしての階段, どうして紛れ込んでいた, どうして紛れ込んだか一挺, どうして紛失したか, どうして素人にそんな, どうして素人衆にし, どうして素敵なん, どうして素晴しく御上達, どうして素通りできる, どうして紫錦さんの居場所, どうして細君を見つける, どうして終りを取る, どうして終戦後ひと思い, どうして組合には反対, どうして組合せ文字を知った, どうして組織された労働者, どうして経営者や会計部, どうして結びがついた, どうして結びつけて考へる, どうして結婚資金までを出すだろう, どうして統計が, どうして絵画に関心, どうして続々と出, どうして続きを歌わない, どうして維持するの, どうしてをかける, どうして線路まで行った, どうして締めあげるんです, どうして締めるか, どうしてを抜けた, どうして繁ちゃんの暴れ方, どうして織るか誰, どうして織田信長ともあろう, どうして繰り返す意を, どうしてなんぞいつ, どうして置いたか不思議, どうして置き忘れたか新調, どうして置放しに, どうして美しさにおいて, どうして美枝子に話せましょう, どうして美禰子の上, どうして美醜の二, どうして義元の子, どうして羽生村なんぞへ来た, どうして翌朝疲れを覚える, どうして習得したの, どうして老いたりと称し, どうして老人には私, どうして老兄のお, どうして老練なドン・ジュアン, どうして考えおとしたのか, どうして考えようとしない, どうして考えられぬ場合だ, どうしてして, どうしてったもん, どうして耐えしのぶことが, どうして耶蘇ということ, どうして聞伝えたか, どうしてえて来た, どうして聴耳を立てず, どうしてばかりでゐられよう, どうして肉体をささえる, どうしてから解いた, どうして入れるもん, どうして育つんです, どうして育つでしょうそれに, どうして育てたらいいか, どうしての身, どうしての高い, どうして胎児自身に伝わっ, どうして胡琴をひい, どうして胡麻化すかと見, どうして胡麻塩の三分刈, どうしてがドキドキ, どうして脅迫状の事, どうして脇差をさし, どうしてがとまっ, どうして脱したらいいか, どうして脱することが, どうして脱獄したの, どうして脳裡から離れ去る, どうしてから離れない, どうして腕っこきですよ, どうして腹の中に居られた, どうして膽力が鍛, どうして臨終の時, どうして臨賀まで行かれましょう, どうして自ら痛い目, どうして自分ひとり溺死したかと, どうして自力でもっ, どうして自害でないと, どうして自然に鳴った, どうして自発的に受けいれ得たろう, どうして自覚ある人格者, どうして自身たちの文学, どうして自身其毒にあたらぬだらう, どうして自転車が走れる, どうして臭いんでしょう, どうして舂くのかと, どうして舞踏會へ行く, どうしてを持つ, どうしてをひいた, どうして船乗りだと, どうして船医が急, どうして船底から水, どうして船長が悪業, どうしてを安全, どうして良人に接し, どうして良心の苛責, どうして良質の牛乳, どうして色めきたたずにいられましょう, どうして色彩的効果によつて舞台, どうしてが食える, どうして芝居をする, どうして芝居気がございます, どうして芥川の住所, どうして芭蕉を知, どうしてはかく, どうして花タデの名, どうして花嫁姿の彼女, どうして芸人になった, どうして芸者になった, どうして芸術をやろう, どうして芸術品が一般, どうして芸術家として立つ, どうして芸術座はアンナ・カレーニナ, どうしてが出ない, どうして芽出度いのだ, どうして苅るものかと, どうして若くて綺麗, どうして若宮さんがそんな, どうして若宮君の死んだ, どうして若旦那様のお, どうして苦しがって, どうして苦しみであり楽しみ, どうして苦しむことを, どうして苦しんでまでし, どうして苦痛を与える, どうして茂吉が殺される, どうして茉莉の所, どうして草原のそよぎ, どうして草屋根のあの, どうして荒尾を御存じ, どうして菊村の娘, どうして菜の花と關聯, どうして菲才玄徳ごときに, どうして萩乃がここ, どうして付いて, どうして落ちたかと云う, どうして落ちついてねむる, どうして落つこちない, どうして落城しないかと, どうして葉子がこんなに, どうして物を, どうして著者エルンスト・オッペルト氏を往年, どうして葡萄酒を飲まず, どうしてへられた, どうして蓄財なんかとても, どうして蓉子に復讐, どうして蓬莱建介とああなった, どうしての中, どうして褐色の, どうして薄々にも宮方, どうして薔薇や紫陽花, どうしてをスリ, どうしての中, どうして藝術など出, どうして藤枝がこう, どうして藤次郎に目, どうして藪さんは来, どうして虱たかりの城太さんなんど, どうして虹野さんが呉さん, どうしてがいる, どうして蚯蚓なん, どうして蛛網の上, どうして蛭田博士や殿村, どうして蛮女の顔, どうしての陣中, どうして蜂須賀党と道三秀龍, どうして蜘蛛が賞め, どうして蝶子おまえにこれ, どうして融和すべきかを, どうしてがこう沢山, どうして蠅男に殺される, どうして行かなくっちゃならない, どうして行かなければならない, どうして行かれるものです, どうして行らつし, どうして行われるかそいつ, どうして行乞なんか出来る, どうして行方が知れない, どうして衣食する積り, どうしての戸, どうして袁術から兵, どうして袋さなんぞ入, どうして入らなかったの, どうしてなんかはい, どうして裁判其他の費用, どうしてはそんな, どうして裏側の雪, どうして補われるかということ, どうして補給するか, どうしてで来た, どうして西の方, どうして西国九州から来, どうして西洋剃刀の刃, どうして西洋館がある, どうして覆そうと云う, どうして覆面の男, どうして見いだせるか, どうして見えないのか, どうして見えなかったのよ, どうして見えなくなったかその, どうして見えぬか, どうして見えようぞ, どうして見すてることが, どうして見ずしらずの他人, どうして見せるか, どうして見つかりましたか, どうして見つけたものか, どうして見つけ出せないわけが, どうして見ぬかなかっ, どうして見やぶることが, どうして見ようもない, どうして見る見るはきだめの, どうして見下げたところなんか, どうして見付けたか, どうして見付けるのでございます, どうして見出したかという, どうして見出せばいい, どうして見失うことが, どうして見抜けないのか, どうして見染めたのか, どうして見極めをつけた, どうして見残して帰れる, どうして見破ることが, どうして見過ごすことが, どうして見違えるもんです, どうして見間違うなんてこと, どうして規定は規定, どうして覚えてゐる, どうして親しい気もちで, どうして親しくなったかという, どうして親分さんはそれ, どうして親心としては同じ, どうして親方がこう, どうしてえてゐる, どうしての数, どうして角助なんかのいう, どうして角太郎の大小, どうしてつた, どうして解いたのか, どうして解けないのだろう, どうして解つたのだらう, どうして解らないのかな, どうして解りどうして感じられよう, どうして解剖などということ, どうして解放ができましょう, どうして解脱するか, どうして解釋して, どうして言い合せたように, どうして言い開いたらよいか, どうして言えますか女, どうして言えようと考える, どうして言ったかそれ, どうして言わないんだろう, どうして言文一致などといふやう, どうして言葉に言い, どうして言論で世間, どうして計ることが, どうして討ち平げる, どうして討ちとったものか, どうして討ち果たす気に, どうして記憶喪失症になった, どうして訪ねたものだろう, どうして訪れてくれない, どうして許されるそんなこと, どうして許すことが, どうして許せるかに存する, どうして訴えたらいいだろう, どうして診察されよか, どうして評判がいい, どうして試合をしたら, どうして詩経を学ぼう, どうして話せるものです, どうして話どころでなかった積, どうしてくそんな, どうして詳しく書けるだろう, どうして認めたがらないと思う, どうして認定したの, どうして誓約どおり今日ここへ来る, どうして誘き出されたかまるで, どうして誘ったのでしょう, どうして誘ひ出したんです, どうして誘惑をお, どうして誠三郎を斬った, どうして読まず知らずに居る, どうして読めたか, どうして読者をた, どうして誹謗し得られよう, どうして調べたか四国, どうして調べ革のそば, どうして調停したら好かろ, どうして調和して, どうして調度が少ない, どうして調節をつける, どうして請取たと, どうして論理をそこ, どうして諦めさしたものだろう, どうして諫められないの, どうして諸公と並ん, どうして謀叛人でしょうか, どうして講談また落語, どうして謝るんだろう, どうして謹さん私はこんな, どうしてっている, どうして識つてゐるの, どうして警視庁の捜査課長, どうして譲れるものか, どうして護らうと思ふ, どうしてなん, どうして谷川の水, どうして豆潜水艇の中, どうして豊竹屋が, どうして豪いですよ, どうして貞世はこんなに, どうして負かし得るかといふ工夫, どうして負けたか教え, どうして負けるのか, どうして財布の紐, どうして貫一さんどうした, どうして貫太をなだめ, どうして貫禄のある, どうして責任を以て開いた, どうして責任者は気がつかない, どうしてっておけます, どうしてはうと, どうして貰いたいというの, どうして貴きが上, どうして貴くなければ, どうして貴僧摺抜けられよう突離, どうして貴君はその, どうして貴島は黒田, どうして貴方ここいらは皆狸, どうして貴方大事を抱え, どうして貴方様をこ, どうして貴様達のため, どうして貴殿のところ, どうして買い整えるかといいます, どうして買うように, どうして買えるんだ, どうして買おうかだのいろんな, どうして買ってきた, どうして買ったかわたし, どうして貸してくれる, どうしてが入った, どうして賢い人たちの, どうして賢二のかえ, どうして賢二君をさらっ, どうして賣られたかその, どうして贋金を持っ, どうして赤いのと, どうして赤ん坊が育てられませう, どうして赤鶴さまそんなお, どうして走り行くかを弁じ得ぬ, どうして走るか, どうして起きるかと言います, どうして起き上ったかどこ, どうして起こってきた, どうして起されたか, どうして起つたかといふ, どうして起り得るのだろう, どうして越えたのか, どうして越したらいいの, どうして越すだろうとさえ云う, どうして越そうかと気, どうして越前どのには, どうしてという姓, どうして趙雲がこれ, どうして趣味の慾, どうしてでめっかち, どうして跛足になった, どうしてと三味線, どうして踊らうとなさらない, どうして踊子なんかになった, どうして踏み踰える, どうして踏み込んでゆく, どうしてをそう, どうして身まわりの物, どうして身動き一つせずに, どうして身持になった, どうして身近に蘇っ, どうして車輪は鉄棒, どうして軍師にはこの, どうして軍隊手牒を首, どうして軽井沢から帰っ, どうして載せてくれない, どうして辛抱しなかったの, どうして辞退いたしましょう, どうして農民の工藝, どうして農民文学の暗, どうして辻褄を合せた, どうして辿ったのか, どうして迂遠で悪, どうしてへてくれるだらう, どうして衞三藐院の, どうして近付いたか知らない, どうして近付きになった, どうして近代人のちゃきちゃき, どうして近業の言う, どうして近江屋へこんな, どうして近頃の青年, どうして返して好い, どうして返事を受取った, どうして迷って出, どうして追いつきましたやら不思議, どうして追い付けそうも, どうして追い出すかの問題, どうして追い払われるんです, どうして追憶を慈しむ, どうして追手の任, どうして追求なさらなかったの, どうして退屈などと云う, どうして退治しようかと, どうして送り届けるかを考える, どうして出すこと, どうして逃がしたのです, どうして逃げおおせられたものか, どうして逃げだしてくる, どうして逃げだそうかと考え, どうして逃げなきゃならぬのか, どうして逃げようたつて駄目, どうして逃げようつたつて逃げられ, どうして逃げられたのだ, どうして逃げられたらう身一つなら, どうして逃げられるのだ, どうして逃げ出すんです, どうして逃そうかと松坂屋, どうしてにこの, どうして逆上せたこれは, どうして途中下車したか, どうして途方もない, どうして這い出したものか, どうして這入るかと思う, どうして這入れるものか, どうして通って来た, どうして通りへ出た, どうして通りすぎたのでしょう, どうして通るつもりだ, どうして通わせようかということ, どうして通学するか, どうして逝去られたの, どうして造ったかを詳しく, どうして造られ誰が, どうして造るべきか甜瓜, どうして造船所が売屋, どうしてはなかつた, どうして逢ったか話, どうして連れだそうかと色々, どうして連れもどさないんだ, どうして連想されるの, どうして逸早くそれを, どうして遁げ出したの, どうして遂げることが, どうして遂げ得られようかと考えさせる, どうして遅いんで, どうしてはなかつたらう, どうして遊ばないんだ, どうして遊ぶかゆっくり, どうしてがいい, どうして運び出されたのかも, どうして運び出したかそしてまた, どうして運び出すことが, どうして運ぶことに, どうして運んだのでせう, どうして運否天賦なんだい, どうして運命の深い, どうして過ごされたぞ, どうして過ごしてるとお, どうして過さうか, どうして過そうかとただ, どうして過去の民藝品, どうして道中のいり, どうして道庵がここ, どうして達雄さんのよう, どうして遠く英国に, どうして遠大な希望, どうして遠征から身, どうして遠眼鏡を知らない, どうして遠近無差別黒白平等, どうしてべい, どうして遣って行かれる, どうして遣る訳にも, どうして遭難したと, どうして遷都しなければ, どうして選ぶのです, どうして選り抜いたか採り, どうして遺憾に思わず, どうして避けて好い, どうして避けようかと気, どうして避けられましょうか, どうして避けるかの策略, どうして避病院を拔, どうして那古屋が保とう, どうして邦原君の避難さき, どうして邦訳で読んだ, どうして邪ケンになる, どうしての勝手, どうして邸内にな, どうして部屋の中, どうして部落の連中, どうして都合がよい, どうして都督には今日, どうして酒井さまが命びろいをなすったのですか, どうして酒井侯は知った, どうして酔つてなんぞゐる, どうして酔わぬのじゃ, どうして酔狂どころの騒ぎ, どうして酬いたらよいか, どうしてへなんぞ下りる, どうして重三郎が惡者, どうして重吉に話しきれるだろう, どうして重要な研究題目, どうして野原を歩き廻れよう, どうして野辺山の方, どうして野郎の代り, どうして金一郎様はお, どうして金儲けとなる, どうして金子を先, どうして金平さんが, どうして金座の烏凧, どうして金庫の合鍵, どうして金持になった, どうして金方ジェンキンスについて書こう, どうして金箱の中, どうして金鍔次兵衛と呼ばれた, どうしてづけに, どうして釣るもの, どうしてなぞを落し, どうして釧路丸なんかに乗り込ん, どうして鈴慕がどうして, どうして鉄砲を向ける, どうしてがない, どうして銀五郎とご, どうして銀行へ行けましょう, どうして銅銭会員は悲鳴呶号, どうして鋳掛屋が今朝, どうして錢形の親分, どうして錯雑した街路, どうして錯雑顛倒して, どうして録音するかという, どうして鍋久から暇, どうして鎌倉へは通じない, どうして鎌倉脱走の冒険, どうしてが鳴った, どうして鐘楼へ現われた, どうしてが俵, どうしての方, どうして長く逞しい尻尾を, どうして長太郎一人を下手人, どうして長持の中, どうしての砂利道, どうして閉めたのか, どうして開いたのでしょう, どうして開いてるのです, どうして開かないのだろう, どうして開かれたのです, どうして開くものやら, どうして間淵と夫婦, どうして間違ったのか, どうして間違ふかと云, どうして関取に別れた, どうして関羽と聯絡, どうして防いでゐられよう, どうして防いだらいいだろう, どうして防ぎきれようか, どうして防ぐか, どうして防げないのかしら, どうして阿波へつれ, どうして阿片窟で知った, どうして附けられたか, どうして附着して, どうして降りて来る, どうして降りたらいいか, どうして降るかという研究, どうして陣十郎と主水さん, どうして除けねえだ毛唐は, どうして除外されなければ, どうして陰謀を破られた, どうして陶磁器ならびに漆器, どうして隆氏の世話, どうしてへ帰らない, どうして階下の人, どうして階級性がない, どうして隠されてゐる, どうして隠れたのが, どうして隠れ場所が見つかろう, どうして隠居を殺した, どうしてのお, どうして雀部や私, どうしての首, どうして集めたものか, どうして雌牛を買う, どうして離れっ切りに, どうして離れられようという村民, どうして離れればこそ, どうして離屋に入, どうして離籍されたか, どうして難癖をつける, どうして雪子ちゃんやこいさん, どうして雪子学士は姿, どうして雲雀は海, どうして零下の四十度, どうしてぐらいで明ける, どうして電話くれない, どうして電話番号を知った, どうしてにかくれる, どうして霧粒が依然として, どうして露助に分らん, どうして露命を繋い, どうして露路へ逃げ込んだ, どうして青いかと云, どうして青年が仁科, どうして静かに掃除, どうして静めえられる自分の, どうして静寂な素直, どうして靜夫樣と御, どうして思索的な, どうして非凡な犯罪, どうしてを取った, どうして面白がるの, どうして面白いものか, どうして面白くないの, どうして靴屋のおじさん, どうしてぐらいな, どうしてもなく, どうして響くかと人, どうしてよく届かない, どうして順助だけだった, どうして須美子さんが自分, どうして頑固な父, どうして領事くらいは敵わんよう, どうして頤のはづれたのを, どうして頼みになるであろう, どうして頼む事が, どうして頼めないなんていう, どうして頼んだらいいだろう, どうして頼山陽を悩ませた, どうして頼政がそういう, どうしてへるの, どうしてに吠え, どうして風呂ばかりは立てない, どうして飛び乗つてゐた, どうして飛び越すのかと, どうして飛んだ噺だ, どうして飛行島占領などというでっかい, どうして食いつくつもりだい, どうして食いつないで行け, どうして食いもののこと, どうして食えばいい, どうして食えるかなんてそういう, どうして食おうと困じ果て, どうして食ったとか中国, どうして食つたと云, どうして食つて行つたらよい, どうして食つて行つてるかすら, どうして食べないのだい, どうして食べるべきであるとかいうよう, どうして食事をさせ, どうして飯坂あたりの夜ごと日ごと, どうして飯田の商人, どうして飲まされる機会に, どうして飲みたいんです, どうして飲むのか, どうして飲めないのだろう, どうして飲めるんだい, どうして売りなどが, どうしてはれたであらうか, どうして養いましょう今もらっ, どうして養生訓がかけただろう, どうしてを探し得る, どうして馬喰をやめたでしょう, どうして馬鹿どころでは, どうして馭者か馬丁, どうして馴れております, どうして駄荷にしなかった, どうして駿太郎をやつ, どうして騙して金, どうして驚かずに居られましょう, どうして驚ろいたの, どうして骨太のお, どうして骨身にからみつき, どうして高価いの, どうして高時が手ばなし, どうして高橋らの手, どうして高知や瀬戸内海地方, どうして高角砲が命中, どうしての中, どうして鬱積せずに, どうしてがカバン, どうして鬼門の方角, どうして魚類に一つ, どうして鮫洲の金造, どうしてに塩, どうしてがいる, どうして鳥取の夏牡蠣, どうして鳥類のよう, どうして鳰鳥はあれ, どうして鳴らされたか, どうして鳴らずにいられよう, どうして鳴らないんでしょう, どうしての声, どうして鶏小屋に生きられましょう, どうして鶏血草がそこ, どうして鶯笛なんか吹く, どうしてが鳴いた, どうして鶴子のところ, どうして鷺流が滅び, どうして麗人族が同意, どうして麗姫のこと, どうして黄金とウシ, どうして黒旋風が嗅ぎつけ, どうして黒柿の長手, どうして黙ってたのどうして, どうして黙つてゐる, どうして黛子姉さんをお, どうしてをこの, どうして鼠取りが御飯, どうして鼠頭魚を知っ, どうしてなしでいられましょう, どうしてなんで, どうしてS子と一緒