青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

とめ~ とも~ ~ともかく ともかく~ ともに~ ~とられ とられ~ ~とり とり~ ~とる
とる~
~とん とん~ とんだ~ とんでも~ ~どう どう~ どういう~ ~どうか どうか~ ~どうして

「とる~」 4375, 47ppm, 2473位

▼ とる~ (533, 12.2%)

6 すれば, 彼は 5 それが, 云う事 4 それを 3 急に, 自分の

2 [25件] いう, いうだけ, いうだけの, いって, いつて, いふの, おどさは, きいては, こんどは, すると, その下, エイと, 一突きに, 二郎太郎三郎川に, 人間の, 今度は, 例の, 器用な, 毎晩の, 物分りが, 私は, 羞恥心などは, 自然に, 誰が, 高い鼻

1 [451件] ああいふ風, あいて, あくが, あたら白い, あらふしぎ, ありける時, あれば, あわてて, いいなあ, いいね, いいん, いうけ, いうぞ, いうて, いうても, いうので, いうのに, いうほど, いうんで, いきなり夫人, いきなり庭さき, いちばん大胆, いった, いったか, いっても, いっぽうには, いつたやう, いつまた, いつまでも, いつも黙っ, いふ, いふが, いふので, いまの, いやな, おそろしい勢い, おっしゃって, お前も, お前達の, お宮は, お父さんだれでも, お由羅, お礼も, お絹, お茶と, きっと意地悪爺さん, きつくだきつい, ぎよろりと眼玉を, ぐんぐん板橋, こうしてひとり, こう言っ, ここぞとばかり, こちらへと, こっちの, ことに筋肉, この世界, この大勝禍, この女房, この時, この滑った, こよ, こよなく力強いもの, これが, これで, これも, こんな風, ごくり, さうし, さしもがん, さすがに, さすがの, さらさらと, したら今日あたり入港, しばらくの, しましょうか, しみじみと, じぶん, じゃ, じゃけん, じゃろ, すぐ, すぐこんな, すぐに, すぐ封, すぐ東京女子宝塚会, すぐ眼ざわりな者, すぐ領事館, すぐ首, すべての, する, そうして魔法, そこに, そこを, そのうえ優勢, その中, その二分, その代り, その内容, その瞬間, その翌年, その親切, その饅頭, それこそ, それで青木, それに何と, それは, たかが, ただもう, たづきありけり朝びらき小舟, だんだん声, だんだん過ぎ去, ちがった性質, つい袴, つてもとつても, つてやろ, できるだけひそか, できる限り, でしょう, です, とかく目, とかく話, どうしてもひきつれ, どうも冷え, どうも浜尾親方, どれにも, どんどん足許, どんなに長い, なかに, なると, なんか葉っぱ, なんだかみょうにしわがれた, にわかに警視庁内, ぬかすん, はるかより, ばい, ひろ子の, ふた, ふたたび真紅, ふもの, ふわつと, べっとりと, ぼけて, まずそれ, またそ, また読書, まだ磨かれ, まったく駄目, みずからすすん, みせて, むこうを, むずかしい追及, もうつづけ, もう冴子, もう彼女, もう顔, や, やがて玄徳, やすくなる, よくその, わしも, オトトと, カラーの, クルリと, サッサと, シメタ, シヤツや, スート, チーンと, テントの, トックの, トツクの, ハゲる, ピッコロミリ夫人は, ランプでも, 一人の, 一度は, 一徹に, 一房から, 一散に, 上社, 上陸せよ, 下から, 不審そうに, 不思議に, 世間の, 両手を, 主水, 久光は, 乙な, 二三の, 云いよった, 云う周囲, 云った, 云ったので, 云って, 云ってもな, 云われては, 交換手が, 今までとは, 今日は, 伝えて, 何かに, 何でも, 何も, 何んと, 傍の, 僅かばかり, 僕も, 僧も, 先が, 公爵は, 共に何處, 其は, 円味の, 再び爪牙, 再び萩, 分って, 刈りて, 判断された, 前へ, 力を, 勇敢に, 勇気を, 動くので, 勝手な, 勝見を, 北方の, 十一時すぎに, 十六に, 卑屈に, 卑弥呼に, 危いけ, 即座に, 又別, 友達が, 反物の, 取りあえず部下, 台上の, 右の, 右手の, 同時にあと, 同時に辛味, 同様です, 向うの, 命に関するという, 唐突に, 喜助には, 器用に, 四五里も, 型どおりお, 壁に, 声を, 夕方から, 夕涼みに, 夜なべしする, 夜の, 大阪町人が, 太田の, 女でも, 女は, 始めの, 子供の, 子供は, 安心した, 寒さ, 寝ても, 封は, 小さな子供, 小走りに, 尻の, 尻毛手握りむちうて, 山の, 左近将監は, 席が, 帽かむりゐる, 幡江が, 平次は, 平生とは, 年と, 庄兵衛に, 廊下を, 引返して, 当太郎, 彼が, 彼の, 彼女の, 彼女は, 彼等は, 後生気が, 必ずこの, 必ず皆食, 思いよった, 思うが, 思うがな, 思うと, 思う次第, 思えば, 思ったら御, 思って, 思ふの, 恐らくこの, 悠然と中庭, 愚痴やら, 慣れた手つき, 慰めの, 懐紙へ, 扉を, 手に, 拝むよう, 指に, 捨て所を, 放射線の, 日米戦争未来記とか, 早く言っ, 明智の, 昔の, 書類を, 最も不安, 最初召使に, 最後の, 月に, 月日が, 本物だけに, 机の, 東京から, 栓を, 格子を, 正午までは, 正面から, 此の, 死んで, 残った一団, 気が, 気忙しゅうて, 水を, 沁, 沈着を, 沓ぬぎ, 油絵よりも, 泣いて, 注意は, 浜片附き, 浦島太郎が, 海底要塞司令官の, 港の, 満足した, 滿座の, 濱口内閣が, 烈しい寒さ, 焚火の, 無精に, 焦っぽく, 爐の, 父ステツレルの, 物ごとの, 物忘れが, 物理的性質が, 生命が, 用人の, 発射, 益, 益々迷い, 益満であった, 盗講に, 相手の, 真先に, 真白い湯気, 真直ぐに, 眠るの, 着換えを, 私が, 秘密の, 突如堀田, 立ちそう, 第一, 粉々に, 絞るが, 絶望の, 緑の, 署名の, 義経は, 翅が, 老人は, 考えるな, 耳が, 聞いて, 肥料小屋へ, 胃が, 胸中ひそかに, 腹が, 舟が, 舟幽霊が, 艇員たち全部の, 芽は, 若いうち, 若いの, 若い男, 若い者, 若い衆が, 若者は, 落手が, 蒲団に, 虚空に, 襖の, 西の, 西洋のは, 見えたが, 見上げ居る子等, 言いよう, 言ふ, 言われる, 語を, 警板を, 警視庁の, 貧しい理想, 賊の, 赤い絹糸, 身を, 身体の, 辻堂の, 送話口から, 逃げるよう, 途中の, 遠出の, 邪慳に, 部長は, 配電盤の, 重そう, 鉄砲の, 鉤型に, 銀行を, 長火鉢の, 陰気な, 隠棲か, 霞わけこし, 非常に, 靴音高く, 音波の, 頭上に, 顔を, 顫える, 飛ばしに, 食物も, 飲んじゃう奴, 馬車は, 駅長も, 髪は, 鴨兒芹の, 麹町に, 黙って, 鼻を

▼ とること~ (465, 10.6%)

20 になった 13 ができる, が出来る, にした 12 ができた 11 ができなかった 10 が出来た, にし 9 ができない 8 にしました, になっ, もできる 6 がある 5 にきめた 4 ができます, が出, すらある, である, です, になつ, になり, になる 3 ができ, が上手, は出来ない, を憂し

2 [24件] ができました, ができません, ができませんでした, が出来, が出来ない, が出来なかった, が出来ました, くれえ毎日, とする, となつ, となり, なくし, にきまっ, にしよう, にする, に決定, はとても, は出来た, は出来なかった, もある, もあろう, もできた, もどう, をしなかった

1 [227件] あたわざるに, あたわざるもの, あらへんし, あり, ありしに, いろんな深, か, から朝夕, があ, があった, がうまく, ができず, ができただろう, ができたであろう, ができたろう, ができないでしょう, ができなくなっ, ができなくなった, ができよう, ができるだろう, ができれ, がとても, がなかなか, がなん, がますます, が不, が不可能, が何, が党, が出来ず, が出来たであろう, が出来たら, が出来なかつた, が出来まし, が出来るだろう, が出来れ, が分った, が判りん, が國, が多かっ, が第, が考案, が肝要, が自分, が道楽, が都民, さえもできない, さえ出来れ, さえ成功, じゃ, じゃない, だ, だけを一生, だらう, であろう, ですの, ですよ, で絶滅, としよう, とその, とである, とで一部, となった, となる, と云った, と思う, と思っ, と相成ります, なかれ, なかれと, なく一人, なしに, なしには, など, などを教, など厳重, ならば, なんてまるで, にあった, にいたします, にこの, にしたら, になつて, になりました, になるだろう, にのみ心, には成功, にまでは心, にも力, にも慣れ, にも飽い, にも高尚, によってとる, によって山田君, によって希望, によつて, によりて其の, に不服, に依, に必死, に意見, に成功, に於, に気がつかなかった, に決まった, に決めました, に話合い, に馴れ, のできた, のできなかった, のできる, のない, のもの, の出来ない, の出来る, の方, はあほらしい, はあり, はいう, はさし当り, はしない, はできなかった, はできる, はどう, はない, はなかなか, ははなはだ, はほとんど, はみんな, はむつかしい, はやむをえません, はよろしく, は何一ツ, は先, は全, は出動者, は出来ませんでした, は勿論, は厳禁, は可能, は君, は困難, は大, は実に, は容易, は彼, は恐らく, は早く, は最も, は来る, は無理, は知, は知りおった, は確か, は自分, は要するに, は難しい, ばかりをたて, まではじめられよう, もあるまい, もあれ, もしない, もずいぶん, もそり, もできず, もできない, もできません, もなき, もなく, もなりませぬ, もやめた, も亦, も出来ない, も出来なくなった, も出来ます, も出来るなら, も吾, も必ずしも, も忘れ, も易々, も極度, も為さず, も知らぬ, も自然, よりも機械, より外, をいう, をきいた, をせつに, をため, をなに, をめいじた, をやっ, をよめる, を三上, を人, を好まず, を常に, を心得る, を忘れ, を思いついた, を思いつかなかった, を恥づる, を惜しまない, を意味, を拒絶, を永い, を求め, を決めた, を発言, を知らない, を知らなかった, を私, を考え, を考える, を考へる, を自分, を要請, を覚え, を覚えた, を覚えました, を覚え出した, を許させ, を許されない, を話したげます, を辞さない, 能わず

▼ とる~ (435, 9.9%)

28 である 22149 です 8 だった, では 7 であった 6 を見 5 じゃ 4 だと, ぢや, ね, よ 3 かい, かね, さ, だから, だが, であるが, や

2 [19件] かな, かも知れない, か知りたい, が, が一枚, が当然, が普通, が癖, が目的, だそう, だつた, だろう, であります, であるから, はみんな, は主として, は僕, やが, やろ

1 [253件] あたし腹が, かいあの, かいこの, かしら, かそれとも, かと云う, かと思った, かと第, かと訊ねます, かなあ, かなに, かもしれん, かも知れん, かや, か知っ, か知ら, か貴様, があれ, がいい, がいつの間に, がいつも, がいや, がいやさ, がちょっと, がなかなか, がよい, がわからない, が一番, が一番都合, が可愛, が吹針, が大儀至極, が大目, が好き, が嫌, が小頭, が常, が平均三百何円, が平気, が役目, が待遠しくっ, が恐い, が捷径, が政治家, が文法, が本当, が正しい, が習わし, が習慣, が聞えた, が親分さんたち, が解らんの, が近い, が風習, さえ馬鹿げ, じゃありません, じゃがどういう, じゃけど, じゃけに, じゃぞ, じゃない, じゃなか, じゃなんとか, じゃろう, じゃろうか, じゃろか, たぐいであった, ださあ, だったが, だて, だという, だとは, だな, だね, だもん, だらう, だらうか, だろうかと, だろうが, だアリョーシカ, であって, でありまして, であると, であろう, であろうはたして, でした, でしょ, でしょう, でしょうか, ですか, ですかい, ですから, ですが, ですって, ですよ, ですわね, でない限り, でなくて, といったというの, とちがいます, とでわずか, とでわづかな, と同時, と夏, と少し, なら財布ぐるみ, なんかちつ, にいちばん, にさ, にじ, にちがわん, につれ次第に, にはもってこい, には一定, には一驚, には潮干, には白い, にも便利, にも都合, に一生懸命, に三年, に何, に十分資格, に困った, に大, に故障, に違い, は, はある, はあれ, はあんた, はいい, はいくら, はいけない, はいつか自分, はおいらん, はおれ一人, はお前, はかんにん, はこの, はなかなか, はなかろう, はね, はまだ, はむしろ, はむずかしい, はもはや, はやがて, はよろしい, はをかしい, は一段と, は不, は世, は人間, は何, は余りに, は俺等, は僕一人ぢ, は初めて, は前, は場所塞ぎ, は変った, は多少共に, は大きく, は大変, は大概夜, は大武功, は如何, は妖精, は実に, は幸福, は当り, は当り前, は当然, は忘れ, は手柄, は日本古来, は時に, は時間的持續, は朝飯前, は杞, は正確, は殺生, は氣性者, は泥坊, は無意味, は特別, は睡眠時間, は知, は私, は第, は簡単, は花嫁御, は菜, は解りません, は運命, は音韻, は高, まあそれ, もいい, もいかにも, もいや, もこり, もこれ, もものうい, もやむを得なかっ, もやむを得ぬ, もよし, も並み, も人, も今, も他人, も好い, も平和, も忘れ, も怪しまれ, も恐く, も止め, も気, やさかい, やつたら, やな, やろと, よそして, らしく影灯籠, をあなた, をたしかめ, をまっ, をわし, を商売, を幸い, を待っ, を御存知, を悪い, を愉快, を手つだった, を打, を発見, を眺め, を聞いた, を自分, を見かけ, を見逃がし, んです, んや, ンか, 人天理人道の, 他能も, 急要, 深慮を, 用意し, 異人, 見やはった

▼ とるよう~ (316, 7.2%)

25 に見える 12 にし 11 なこと 10 にわかる 9 に聞え 8 になった 65 に分る 4 です, にありあり, にある, になる, にはっきり, にわかっ, にわかった, に聞こえ 3 だ, になっ, によく, に聞こえる, に見え, に見えます

2 [17件] だが, であった, な事, な人, な気持, な眼つき, にみえました, にみえる, にわかつた, にわかりました, にハッキリ, に分っ, に判る, に耳, に聞える, に見えた, に見せ

1 [146件] かなりお, じゃ, じゃが, じゃけん, じゃない, じゃのう, で, である, でさっぱり, ですな, では, で美しかっ, で魚, なあの, なあんばい, ないわゆる, なおとなしい, なことア, なとても, なもん, な例, な儀, な告文, な品物, な場合, な塩梅, な子供, な心持, な恰好, な様子, な気分, な気持ち, な深い黒い, な神, な策, な証言, な頭, な鶏, にあい, にいった, にいろいろ, にいわれました, にうす, にきこえ, にしたい, にしました, にすすめました, にすばやく, にする, にその, にそれ, にたたき, につけ加えた, にとあちら, にとはかく, にと注意, にながめられた, にながめられました, になったら, になるであろう, になれ, にはいかん, には書かれ, にみえた, にものやわらか, にゆっくりゆっくり, にアリアリ, にオットー, に丁寧, に両手, に云う, に伝わっ, に伸子, に出鱈目, に分かっ, に分った, に判った, に刻々, に動かされる, に口, に吾輩, に命じた, に存外, に察し, に察しられる, に尾山城中, に師, に引, に強要, に心いっぱい, に心得, に忠告, に感じ, に感じた, に感じられる, に手筈, に指摘, に描い, に教え, に明らか, に明瞭, に映った, に書い, に望まれ, に洩れ聞い, に物語っ, に現れ, に申しました, に皆, に眺めた, に知っ, に知り分ける, に知る, に知れましょう, に私達, に秋山図, に窺われます, に考えとったらしい, に聞えた, に聞えだした, に聞えました, に聞えます, に聞え出す, に聞き取れる, に聞き知った, に聞こえぬ, に聞こえました, に肩, に見, に見えはじめた, に見えました, に見わけられた, に見渡せる, に覚え, に言い出された, に言われ, に話した, に講堂, に軽く, に近かっ, に配置, に閉じた, に陰部, に電報, に願う, 命じたこと

▼ とる~ (201, 4.6%)

2916 じゃ 13 です 10 だろう 8 だから 7 だよ 6 ですか, や 5 か, だが, だぞ, ですが 3 じゃから, じゃが, じゃない, じゃよ, ですがね, やけど 2 じゃもの, じゃろ, だっ, だと, だな, だね, でしょう, ですと, ですよ

1 [50件] かえ, か見分け, が二, が分らん, が恐う, じゃあるまい, じゃがこん, じゃがそれ, じゃがどうも, じゃが君, じゃけ, じゃせ, じゃぞ, じゃと, じゃな, じゃなかろう, じゃね, じゃろう, じゃろうか, じゃろか, じゃ無え, じや, だがな, だがなあ, だしなあ, だそれ, だったらゆうべ日本橋, だって, だでなあ, だという, だに, だわね, だナア, であります, ですかい, ですから, ですぞ, ですて, ですとさ, です床, でも, とわけ, もあった, やが, やさかい, やと熊吉, やろ, や先生, や思, や私

▼ とる~ (126, 2.9%)

9 しても 4 したがって 3 足らぬ, 違いない 2 きまって, ちがいない, 到つた, 至ったの, 至って, 足らない, 足らないと, 足らぬもの

1 [91件] いたつたの, いたつたもの, きまっとるじゃ, きまっとると, したが, すぎぬ, たいせつな, たらない, たらない数, たらない私, たらない若輩, たらぬ噂, たらぬ女, たらぬ河内, たらん, どこの, ふさは, ふさわしくない, ふるへるの, むずかしい容子, ようやく実用, 何の, 先立って, 到つたかと, 到つたの, 努力し, 及ばないこと, 及ばぬ, 反し後者, 外されたん, 委ねられて, 定まっとる, 当って, 従ひ, 急であった, 歩行も, 決まって, 特効が, 羔を, 至った, 至つてあたら, 至らない, 至りし最も, 至りたるかについては, 至るかを, 至るに, 至るは, 至るべきは, 越したこと, 足らず, 足らずと, 足らないあぶれ者, 足らないお, 足らない世間, 足らない事, 足らない人生途上, 足らない人間, 足らない問題, 足らない無意味, 足らぬつまらぬもの, 足らぬと, 足らぬひが, 足らぬまして, 足らぬものの, 足らぬ一つ, 足らぬ事, 足らぬ日常茶飯事, 足らぬ男, 足らぬ軽輩, 足らぬ駈出し記者, 足りない, 足りないけれど, 足りないもの, 足りない印象, 足りない姿, 足りぬこと, 足りぬと, 足りぬ流行思想, 足りぬ而, 足りませぬ, 足りる何ごと, 足るべき過去, 足るまい, 足るもの, 足る何, 足る女, 足る明るい, 足る書物, 違いありません, 違わんし, 随って

▼ とるもの~ (96, 2.2%)

14 もとりあえず 8 もとりあへず 7 である 4 も取りあえず 3 であるが, では 2 か, かね, だから, です, なり, を悉皆

1 [45件] かとまるで, か知らん, がある, がそなわっ, がない, が保釈, が唱導, が泥棒, が生じなかった, が皆, だ, だけにはそんなにくっきり, だて, だよ, であり前者, であるか, であるからこそ, であろうか, でこれ, でしてね, でないという, で最も, といえ, とは思われない, とわし, と予期, と仮定, と判断, なしと, なれば, は, はそれ, はわが, は黙っ, ばかりさき, もとり, もとりあへず駈けつけた, もなく, も出, も取りあへず, らしいですね, をとっ, を憎む, を途中, 多し

▼ とるため~ (93, 2.1%)

32 なの

1 [88件] か榮, だと, ちょっとした丘, ではなかっ, と見られた, なら決して, なり彦根城廓内, にあなた, にあんな, にからだ, にこの, にじ, にその, にそんな, にどうしても, にながい, になにか, にはどう, には多く, には多数, には幾遍, には戦争, には書かね, には特権階級, には私, にほったおとし, にぼこ, にもちだす, にやった, にフローレンス生れ, に一, に一足わき, に伊藤, に休んだ, に使う, に八九人, に内職, に出かけた, に勉, に包み, に堂々, に夜陰, に大乱, に大切, に奥, に奴等, に好都合, に室内, に家付き, に島津, に底石, に彼, に操縦士, に数個, に東京じゅう, に母, に洋服, に海, に火, に無器用, に甚だしく, に私, に秘密, に穴, に粗末, に耳, に腰, に薬, に行きたく, に行く, に負け, に身, に軽い, に金坑, に食堂, に鮨売, に鯨, のこの, の一つ, の二十尺, の努力, の暗号法, の法螺貝, の網, の芝居見物, の袋, の長たらしい, 直ちにジョルジュクレマンソオ街

▼ とるやう~ (89, 2.0%)

75 に聞え 4 にし 3 にその, になつ, によく 2 である, なこと, なもん, にはつきり, にわかる, に分る, に見える

1 [50件] だね, であ, です, な, なさ, なもの, なもんぢ, なら革紐, なわけ, な品物, な容子, な習慣, な近い, に, にきこえる, にさながら, にといふ言葉, にと気前, になり, になれ, にはつきり眼, にひつぱるの, にみせる, にわかつ, に不断, に事務員, に俺, に動かされる, に定められ, に居間, に思ひ出す, に教, に望まれる, に浮い, に眺められる, に知る, に窺, に聞えた, に自分, に蛾, に見, に見えた, に見る, に見渡された, に見渡される, に配置, に間近, に響い, に響きはじめた, に願

▼ とる~ (77, 1.8%)

4 いい 3 よい, 早いか 2 気の

1 [65件] あのまま, いいさ, いいよ, いざと, お前が, お前は, この俺, この年, この頃, こらてっきり, さてどんな, しかし実際, その動作, その頃, それにしても腑, それは, たつた三つ, ちょっと強い, どうして僕等, どうじゃ, どうする, どこに, なか, はやいか, また地方, まづく, むかしは, もと, や, やっぱし宗教, よその, 一つありがたい, 一向に来ん, 一年に, 今の, 今度の, 信仰も, 内へ, 前者は, 却, 如くなれども, 如くに, 如く眼前, 実は貰子, 少しは, 所謂, 手の, 時や, 書記は, 松島の, 武男さんの, 気が, 満洲, 焉んぞ知らん, 用心せん, 皆高知新聞で, 目が, 結局自分に, 綺麗方の, 自分が, 般若の, 貧乏な, 趣味と, 重力は, 風呂の

▼ とるという~ (69, 1.6%)

7 ことが 6 ことは 5 のは 3 ことを, わけで 2 ことも

1 [43件] あたりまえの, いっそう真摯, こったよ, ことであり, ことです, ことに, ことよりも, こと噂に, こと殊に, とき足が, ところに, のかい, のかね, のが, のも, ふうに, やくそく, ような, わけな, んです, 世界にも, 単純な, 奇習を, 奴隷の, 意味の, 意見が, 意識の, 技だ, 投書が, 時まで, 時前列に, 楽しみを, 目的で, 程度です, 考え方が, 船頭も, 芸当, 評判が, 話だ, 話であります, 話も, 風に, 風も

▼ とる~ (54, 1.2%)

4 になつ 3 が出来た 2 が出, が出来る, にし, になつたの

1 [39件] か其生死, がある, があろう, が久しく, が必要, さえ出来なくなった, であつ, でありますれば, ですよ, にする, になっ, になります, になる, によつて, に敏感, に極, に極めた, に決めた, に泊, の出, はい, はいい, は出来なかつた, は因藤裁判長, は得, は怪しむ, は恋愛, は是非必要, は私, は非常, ばかりにか, もできるでしょう, ものうく成りぬ, もまっしろ, も出来る, も度々, をば自分, を忘れなかった, を遠慮

▼ とる~ (52, 1.2%)

1 [52件] あるいは昆布だし, いなかの, えらいもん, おい, おぬ, おまえは, きとらんか, この新九郎, この青二才奴, これは, これまた, すこぶる心もとない, その恐ろし, その方法, そんなこと, とらないうち, とらないかという, とらぬかという, とりかえされるかという, どうかさえ, もうしばらく家兄, わからんでしょう, わしや, ッ, ドストエフスキイ式に, 主意主義を, 叩きつぶす, 否かの, 守勢を, 弓を, 引きとらないかを, 憲政会が, 打っちゃっては, 抽象的形式に, 捨てるかという, 推して, 政治家と, 樂器を, 渡すかの, 由来前進は, 知って, 知らないが, 知れたもの, 知れたもん, 知れなかつた, 知れん, 知れんさかい, 石塑を, 空想的自然に, 藝術の, 見抜いて, 誰の

▼ とるにも~ (41, 0.9%)

2 足らないこと, 足らぬこと, 足らぬもの, 足りないもの

1 [33件] たらぬ山師坊主, たらん, たりないわれわれ, また罠, 当らなかった, 生きとられん, 等しい仕, 足らないだらう, 足らないという, 足らないもの, 足らぬ, 足らぬくだらん奴, 足らぬその他大勢, 足らぬという, 足らぬところ, 足らぬよう, 足らぬコケオドシ, 足らぬ人物, 足らぬ仕事, 足らぬ傳説, 足らぬ問題, 足らぬ噂, 足らぬ夢想家, 足らぬ女, 足らぬ妄想, 足らぬ妄説, 足らぬ小城, 足らぬ我執, 足らぬ浮気心, 足らんあんな, 足りないあんな, 足りません, 銭は

▼ とるから~ (37, 0.8%)

2 である

1 [35件] あまりこまかい, あんな風, いかん, これを, こんなめ, そうだ, そのつもり, そんな事, ただ敗けない, だ, キリスト教の, 二百めーとる登る, 云ふんぢや, 六十銭に, 叶わないその, 喜んで, 夜分なあ, 姉歯も, 後から, 扱えないという, 掴み出して, 早速三停車場, 来なさると, 来んされえ, 武藤君に, 油でも, 益々こぢ, 知っとるだろうが, 知らんこと, 禅学を, 競輪禁止の, 覚えてや, 誘うて, 諸君らの, 長く視線の

▼ とるじゃ~ (31, 0.7%)

24 ないか 2 ないけ 1 いわからん, ないかね, ないですか, ないの, ア

▼ とるのに~ (30, 0.7%)

1 [30件] あまりおくれ, いいかげんに, いやに, お母さんや, これっぽ, すっかり気, その前後三四十分, どこそこの, どれほど苦労, どんなふう, なんとぎょうぎょうしい, やつめ平気の, 一ヶ月も, 下手人が, 事かきません, 何で仰せ, 何故掛ける, 僕は, 元結で, 可愛い女房, 大へん, 女は, 沢山に, 生活が, 稍困難を, 聞えるもん, 袂の, 遠い牧場, 間違ったら高島田, 骨が

▼ とる~ (28, 0.6%)

3 は剣 2 がある

1 [23件] あらば, あるならば, が多い, が床, で, なら私一人, にし, のない, の勤め, の唱, の弁, はありません, はいない, はだれ, はどんどん, はみんな, はウラ, はフシギ, は平生, は当然, は鍬, をわざわざ, を殺し

▼ とるつもり~ (27, 0.6%)

3 なの 2 だった, らしい

1 [20件] かなどとだいぶ, じゃ, だから, だったな, だに, だろうと, で, であった, であったかも, である, でこんな, でそう, では, でも, で云った, で太閤, で始めた, で急, で金, の夢

▼ とるところ~ (26, 0.6%)

3 じゃ 2 だ, もない

1 [19件] かと思うたら, がありました, がありません, がある, じゃけ, じゃったが, だすよって, ですっかり, ではない, にこそ愉快, に落ちつく, の無い, の無心論, はない, は意志, までこぎつかない, も無い, を照覧, 云うたら天井

▼ とるとき~ (23, 0.5%)

4 のアセチレンランプ

1 [19件] が来るだろう, その中, でもゼロ, でも換言, にあと足, にはたずさえ, には行動, にふいた, にもよほど, に用いた, に突, の, のよう, はいつも, は先影, は公認教, ぽうと, もこの, 笑って

▼ とる~ (21, 0.5%)

1 [21件] この直線上, その本質, など妻, には前, にも峠, に出る, に別, に奨学金, に女丈夫, のあの, の彼, の彼等, の瞳, はグラグラッ, は何, は少く, は常識, までこれ, も此, 必ず教学, 必ず旅籠銭

▼ とる~ (21, 0.5%)

2 か, になれなかった

1 [17件] か一日中尾行, がしない, がなかっ, がねえ, だな, で, で水道橋, にちがい, になり, になる, になれず, になれない, にはなれない, にもなれず, にもなれない, はない, もしませんでした

▼ とるので~ (20, 0.5%)

2 あつた

1 [18件] ああな, いつ迄, せう, そうなる, だいぶ襖, やはり地下室, 一度で, 一斉射撃と, 人々が, 初年兵は, 北は, 呼び出された, 困りもの, 多人数の, 幾度も, 早くは, 決して不公平, 船長の

▼ とるより~ (20, 0.5%)

3 他は 2 ほかに

1 [15件] うれしい, たやすくいたします, はやくどす, ほかは, 一組合員と, 仕方なかった, 先に, 増だ, 外には, 寧ろ自分, 指で, 早くいざ, 早くのしかかる, 法は, 独楽の

▼ とる~ (18, 0.4%)

1 [18件] あの窓枠, このごろじゃあ, この世が, これは, それに現, なかなか好い, ほんのおぼこ, まあ見合す, みんな知つと, 便も, 冬には, 婆さんを, 小心でも, 最う尋ね, 本当におま, 江戸末期の, 睾丸も, 義理を

▼ とるといふ~ (18, 0.4%)

2 ことは, やうな

1 [14件] ことが, ことで, ことである, ことを, 事を, 仕事を, 先の, 単純な, 名ある, 名目で, 特種な, 考へ方, 風に, 養父の

▼ とるにつれて~ (18, 0.4%)

1 [18件] いよいよ烈しく, その味, だんだんと, なかなか夜眼, ますます人, また境遇, 一種の, 人々から, 小説が, 強くなっ, 早く老衰, 樹皮が, 殊にさうな, 河辺を, 温良の, 納る, 美しくなっ, 若々しく克己的

▼ とるもん~ (18, 0.4%)

2 じゃけ, じゃけん, だから, で 1 か, ですから, ですけ, ではがゆう, でもが, で又, はたしかに, もあっ, を, をどう

▼ とるわけ~ (17, 0.4%)

4 では 3 じゃない, だ 2 でも 1 じゃある, だな, になる, にはゆかず, はない

▼ とる~ (17, 0.4%)

3 に見えた

1 [14件] な気, な煮物, に, にし, になった, になったら, になつ, になる, に出, に声, に権右衛門, に聞, に聞える, に見え

▼ とるかも~ (16, 0.4%)

3 知れん 2 知れんぞ

1 [11件] しれぬという, しれません, しれませんが, しれん, しれんいうて, 判らないし, 知れない, 知れないから, 知れませんね, 知れんが, 知れんのう

▼ とるほど~ (16, 0.4%)

1 [16件] では, でも, ほしかった, ぼくは, わるくなる, 天質を, 好き嫌いも, 彼女は, 政治に, 油が, 油の, 滋厚を, 漢学の, 生きて, 生活的な, 駄目に

▼ とる~ (16, 0.4%)

2 は誰

1 [14件] がある, がいま, が居る, じゃ, とが熱烈, なら三百人, なんぞいたんだ, のこと, のない, の処, はない, は引摺り, は構わん, ばドウ

▼ とるには~ (15, 0.3%)

1 [15件] あまりにも, すぐれて, つるませる乳汁, まだ早, ガッチリした, 何等参与, 又驚いた, 國会に, 子を, 彼の, 忍びない, 濡れ手ぬぐいを, 至芸に, 足らぬ, 適して

▼ とる~ (15, 0.3%)

3 ないか

1 [12件] さっと狙い, すぐ新しい, ないぞ, なに食わぬ, 一人起き, 力まかせに, 力任せに, 十手を, 否, 否や, 楽屋姿の, 眼を

▼ とる~ (15, 0.3%)

2 がある

1 [13件] がありません, が小頭, だが, でまだまだこれから, とてもなく淋しく, には誤解, に取っ, のところ, の流る, は俺等, を, をさす, 多うおす

▼ とる~ (15, 0.3%)

2 がまし

1 [13件] がいい, がお前, がそう, がどれほど, が得策, が更によく, が生活, が面白い, だ, ですから, でも, に自分, も多い

▼ とるだけ~ (14, 0.3%)

2 です

1 [12件] じゃ, ぢや, であって, でいくら, では, で何らかの, なの, やったいう話, 一々申し訳, 取って, 石炭を, 若く子供

▼ とる~ (14, 0.3%)

2 は火

1 [12件] おそしと, さえふるえだした, に雪, に雪ちり, のふるひ, のます鏡, は内心, もおそし, も狂う, も血みどろ, も遅し, 振を

▼ とるだけの~ (13, 0.3%)

2 ことで, ことであるなら, ことに 1 ことよ, ことを, 地べたを, 場所と, 実力を, 時間は, 経文を

▼ とるかと~ (12, 0.3%)

2 云うこと 1 いうと, いえば, 云えば, 思つた, 思つてゐる, 思はれる程, 注目し, 見れば, 言へば, 詰問揶揄された

▼ とる~ (12, 0.3%)

8 やない 1 や, やある, やらう, や可

▼ とるんぢ~ (12, 0.3%)

64 やない 1 やが, やなから

▼ とる場合~ (12, 0.3%)

2 が多い 1 でも平, にはそれ, には人間, には松葉杖, には画, には直に, の, はだいたい, は其, もある

▼ とる必要~ (12, 0.3%)

3 がある, はない 2 もない 1 があり, な行動, はないだろう, もな

▼ とるうち~ (11, 0.3%)

1 [11件] にいつしか, におでん屋, にぜひ, にはとかく, にゃなか, にやっと, に今度, に何ん, に午, に召集, に誰

▼ とるとは~ (11, 0.3%)

1 [11件] いえんじゃろ, いわなかろう, おーそれ, かけじいまだ, ばらばらと, まさか気, 思われぬと, 書いてない, 末おそろしい, 言うまいな, 限るまい

▼ とる態度~ (11, 0.3%)

2 が欠け 1 が美的受用, でいわゆる, でなければ, にあたたか, に変っ, はもう, は僕, は有夫姦, をみ

▼ とる~ (10, 0.2%)

1 かんの虫, こ奴, やれやれ, ウ, 似とるぞ, 杉村あ, 活きとるぞ, 畜生, 阿母, 魚は

▼ とると共に~ (10, 0.2%)

4 益々女 1 おのずから異性, おのづか, また戦後, 八百長だ, 内密に, 嘲魔

▼ とる~ (10, 0.2%)

2 誰が 1 いいけれど, もちろんなり, 不適不当に, 余りに勇気, 兼平一人なり, 我等の, 誰じゃ, 適当なるべし

▼ とる~ (10, 0.2%)

2 じゃ 1 じや, だのに, であつ, ですから, では, なのに, の指先, の頼朝

▼ とるとか~ (9, 0.2%)

2 歩行する 1 うけたまわって, しねえぢ, そういうボロ, で, でわたし, とらないとか, 井上君が

▼ とるなんて~ (9, 0.2%)

3 ことが 1 ことは, エのは, フィルムの, 人道に, 奇蹟だ, 相川に

▼ とるまで~ (9, 0.2%)

1 かうした性格, かけられるよう, しきりに次郎, であるが, 工場で, 私は, 膝枕チョイ, 誰でも, 預って

▼ とる方法~ (9, 0.2%)

2 がない 1 がいろいろ, がよく, ではない, としては近年, は永年, も無い, を議しはじめた

▼ とる~ (9, 0.2%)

1 だ, である, にやまふ, に文, に錯乱, に阿片, のもの, の仕業, の対句

▼ とる~ (9, 0.2%)

1 がある, でない所以, ではない, の外, はその, はない, はまず, は一つ, は途端

▼ とる~ (9, 0.2%)

4 ももの 1 で腰, にあんな, はどうも, はなし, もやはら

▼ とる~ (8, 0.2%)

1 それは, マンさんで, 孝は, 意な, 旗本大迫玄蕃の, 父う, 百姓たちの, 綱に

▼ とるけに~ (8, 0.2%)

1 この店, 今寄っ, 嘸いくつ, 大船に, 帰ろう, 心配すん, 指輪も, 早目に

▼ とるそう~ (8, 0.2%)

1 じゃ, じゃありません, じゃなあ, だ, だという, だな, な, なという

▼ とる~ (8, 0.2%)

1 だから, だし, で, である, でございますし, でよ, で子供, はとらず

▼ とる~ (7, 0.2%)

1 かれを, こういっとる, ない, 前途悠遠に, 汚れと, 男子船外に, 進んで

▼ とるやつ~ (7, 0.2%)

2 がある 1 だろう, てみろだ, は兵糧方, は縛る, をそつ

▼ とるかという~ (6, 0.1%)

1 ことが, ことであった, こととは, ことの, 肝心かなめの, 質問を

▼ とる~ (6, 0.1%)

2 うぢ 1 ういふぐあい, ういふ闘争, うだが, へ気もち

▼ とるなり~ (6, 0.1%)

1 さつ, したらいい, なんらかの方法, 大書しました, 嫁に, 蓄音機の

▼ とるばかり~ (6, 0.1%)

1 さやけきや, だ, でいつ, でなく有福, では, 前の

▼ とるほか~ (6, 0.1%)

2 なかった, はない 1 の力, は絶えず

▼ とるほどの~ (6, 0.1%)

1 ことも, 人とは, 年でも, 御寵愛ぶり, 腕が, 臆病者でも

▼ とる~ (6, 0.1%)

2 つて 1 つてそい, まあ杯に, 全く幸福者, 聞いとるよ

▼ とる~ (6, 0.1%)

2 の日 1 には必ず, に他, に汝, に直義

▼ とる~ (6, 0.1%)

3 もない 1 がない, がなかっ, はない

▼ とる習慣~ (6, 0.1%)

1 があつ, がつい, がない, であ, にち, をつける

▼ とる~ (6, 0.1%)

1 に何, のかりに, の常, の意地, もいや, も軍

▼ とるかは~ (5, 0.1%)

1 その日, 二の, 人生に, 執権の, 藝術家の

▼ とる~ (5, 0.1%)

1 えどう, おれの, ゆっくり二人, 今度は, 安心し

▼ とるけど~ (5, 0.1%)

1 そらいかん, 仲, 言文一致にゃ, 途中で, 鍍金や

▼ とるはず~ (5, 0.1%)

1 じゃがあの, じゃご存じ, だがなあ, である, の物

▼ とるひま~ (5, 0.1%)

1 がなく, に消え, の偶感偶想, もなから, もなかりけりで

▼ とるまでには~ (5, 0.1%)

1 こんな苦心, なお五重の塔, まだ時, まだ非常, 芭蕉の

▼ とるよりも~ (5, 0.1%)

2 われわれには 1 すこし多い, 他人の, 彼等とともに

▼ とる~ (5, 0.1%)

1 他の, 常と, 掏摸と, 見て, 非常に

▼ とる人間~ (5, 0.1%)

1 です, ではない, なの, になりえ, の金

▼ とる~ (5, 0.1%)

2 の事 1 の意気, は雑作, 長かった

▼ とる~ (5, 0.1%)

21 が橋, も, を授かれる

▼ とる~ (5, 0.1%)

2 に見えた 1 な作り笑, に, に聞える

▼ とる~ (5, 0.1%)

3 もとりあえず 1 はとり, もとりあへず

▼ とる~ (5, 0.1%)

2 と呼ん 1 にあった, は, はすこし

▼ とる~ (5, 0.1%)

1 だかだけを, で自分, の半分, は半分, をすっかり

▼ とるあの~ (4, 0.1%)

1 兵タイじゃ, 女二日市の, 役場の, 碌で

▼ とるこの~ (4, 0.1%)

1 えにし, ズネームという, 掟だ, 渋団扇の

▼ とるしか~ (4, 0.1%)

1 ない, ないこと, ないという, なくしかも

▼ とるまでは~ (4, 0.1%)

1 僕は, 奥様の, 決して中途, 百千万の

▼ とる仕事~ (4, 0.1%)

1 にありつこう, にむかん, をし, を毎朝

▼ とる以上~ (4, 0.1%)

1 はかれ, は好悪, は飽くまで, 当然そうなるべき

▼ とる姿~ (4, 0.1%)

2 もまた 1 が人間, を人

▼ とる~ (4, 0.1%)

1 のお上さん, の梅, はしめる, は何軒

▼ とる~ (4, 0.1%)

1 の予備, の労働, の手紙, へ行ったら

▼ とる~ (4, 0.1%)

2 にも行かなかった 1 じゃな, にも行かない

▼ とる~ (4, 0.1%)

1 だ, は思つた, をする, を勧め出した

▼ とるからと~ (3, 0.1%)

1 いうので, 言っとく, 言ふ

▼ とるかを~ (3, 0.1%)

1 決すべきである, 決せん, 考えて

▼ とるがい~ (3, 0.1%)

2 なや 1 泣いとるがい

▼ とる~ (3, 0.1%)

21 なぞ

▼ とるって~ (3, 0.1%)

1 あの酒, のは, 何です

▼ とるといった~ (3, 0.1%)

1 ところは, 塩梅でした, 風の

▼ とるとして~ (3, 0.1%)

1 お前と, 約一千光年, 見ても

▼ とるとて~ (3, 0.1%)

1 一日皆で, 妹の, 家建てる

▼ とるに従って~ (3, 0.1%)

1 情ばかり, 愈々交わり, 種々の

▼ とる~ (3, 0.1%)

1 い, いが皆で, んと

▼ とる~ (3, 0.1%)

1 か, だぜ, な学校

▼ とる一人~ (3, 0.1%)

1 となつ, には鶯, の娘

▼ とる~ (3, 0.1%)

1 から言っ, にそれ, にもこれから

▼ とる~ (3, 0.1%)

1 に泥水, は大幅, は遣りませんでした

▼ とる以外~ (3, 0.1%)

1 にはあり得ない, には全く, に仕方

▼ とる勇気~ (3, 0.1%)

1 が出ませんでした, もありません, を失うだろう

▼ とる~ (3, 0.1%)

1 惣を, 盗人, 金持だ

▼ とる~ (3, 0.1%)

1 が, だと, の背

▼ とる如く~ (3, 0.1%)

1 に分る, に見えた, に見分けられる

▼ とる意味~ (3, 0.1%)

1 である, ではなく, で曾祖父

▼ とる月給~ (3, 0.1%)

1 で二人, に応じ, の高

▼ とる比率~ (3, 0.1%)

1 で測定, に依存, を幾分

▼ とる決心~ (3, 0.1%)

1 をし, をした, をしました

▼ とる~ (3, 0.1%)

1 があつ, に, の者

▼ とる~ (3, 0.1%)

1 がよう, が証人, を苦しめ

▼ とる競走~ (3, 0.1%)

1 で一番, になりました, をいたします

▼ とる計画~ (3, 0.1%)

1 です, ではある, をねっ

▼ とる通り~ (3, 0.1%)

1 あの武男さん, ただ釣, に検事廷

▼ とるあいつ~ (2, 0.0%)

1 は他, をも生

▼ とるあなた~ (2, 0.0%)

2 ではありません

▼ とるかといふ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 質問を

▼ とるかね~ (2, 0.0%)

1 あの別荘, 男の

▼ とるかの~ (2, 0.0%)

1 やうに, 相違である

▼ とるがな~ (2, 0.0%)

1 そんでも, 大庭の

▼ とるくせ~ (2, 0.0%)

1 して, にこれ

▼ とるくらい~ (2, 0.0%)

1 ならいッそ, な程度

▼ とるくらいの~ (2, 0.0%)

1 ことだ, もので

▼ とるこの世~ (2, 0.0%)

1 のあらひざらひだ, の天女二

▼ とるこれ~ (2, 0.0%)

1 がうまく, に追

▼ とるさかい~ (2, 0.0%)

1 こんなン, 青う見えた

▼ とるそういう~ (2, 0.0%)

1 ぐあいにはどうしても行かない, ことに

▼ とるそこ~ (2, 0.0%)

1 で勝った, の兄ちゃん

▼ とるその~ (2, 0.0%)

1 女の, 日も

▼ とるだに~ (2, 0.0%)

1 ものうき日, 腹立つに

▼ とるづくし~ (2, 0.0%)

2 ではじめましよ

▼ とるとこ~ (2, 0.0%)

1 は有りゃせん, 迄は行かない

▼ とるとじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないか

▼ とるとともに~ (2, 0.0%)

1 その作品, 寒がりにな

▼ とるとに~ (2, 0.0%)

1 まだくだらん, 街燈も

▼ とるどころ~ (2, 0.0%)

1 では, の気持

▼ とるどちら~ (2, 0.0%)

1 ですね, 勝つかと

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 ひとつだ, 科学者奴が

▼ とるなど~ (2, 0.0%)

1 実にいろんな, 思慮が

▼ とるなどとは~ (2, 0.0%)

1 全く馬鹿げた, 言語道断と

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 へにもう, もなかっ

▼ とるまア~ (2, 0.0%)

1 宜い, 時には御

▼ とるやいなや~ (2, 0.0%)

1 ばらッと, 窓を

▼ とるやら~ (2, 0.0%)

1 粥を, 耳の

▼ とるよりは~ (2, 0.0%)

1 実業協会の, 村落へ

▼ とるらん~ (2, 0.0%)

1 と哀, と憐

▼ とる~ (2, 0.0%)

2 っじゅまん

▼ とるんで~ (2, 0.0%)

1 そうなれ, 物を

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 よ, よお

▼ とるコンタン~ (2, 0.0%)

1 があろう, のよう

▼ とるチャンス~ (2, 0.0%)

1 も有り得たろう, を相手

▼ とる一方~ (2, 0.0%)

1 で己, で自分

▼ とる一般旅行者~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ とる不思議~ (2, 0.0%)

2 な力

▼ とる人たち~ (2, 0.0%)

1 であるが, は橈

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 か, と大黒

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 きものか, き方法

▼ とる商売~ (2, 0.0%)

1 でしてね, なん

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 においては結婚年齢, を取

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 が泣きわめい, だけに捌け

▼ とる始末~ (2, 0.0%)

1 で, になった

▼ とる寸前~ (2, 0.0%)

1 に野草, までも事態

▼ とる工夫~ (2, 0.0%)

1 をした, を考える

▼ とる心掛~ (2, 0.0%)

2 が好き

▼ とる悪い~ (2, 0.0%)

1 奴が, 癖を

▼ とる手段~ (2, 0.0%)

1 はどこ, もある

▼ とる新聞~ (2, 0.0%)

1 に, や刷物

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 までの唯, を一日

▼ とる時刻~ (2, 0.0%)

1 だ, の千人町

▼ とる時間~ (2, 0.0%)

1 は少ない, を見出した

▼ とる来年~ (2, 0.0%)

1 の三月号, の四月頃女工

▼ とる機械~ (2, 0.0%)

1 がある, に窮

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 うら, なんで

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 の行衛不明, をもらっ

▼ とる目的~ (2, 0.0%)

2 で高い

▼ とる直覚力~ (2, 0.0%)

2 をそなえ

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 の人, 段々裸

▼ とる~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ とる箇条~ (2, 0.0%)

1 のあった, のあつ

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 であるか, へで今

▼ とる能力その他これ~ (2, 0.0%)

2 に類する

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 おもしろき勢多川, が三

▼ とる若い~ (2, 0.0%)

1 ひとは, 婦人たちによって

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 だそう, はやはり

▼ とる行動~ (2, 0.0%)

1 にしろ, をとつ

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 がありましょう, に熟達

▼ とる衣物~ (2, 0.0%)

1 までも剥, まで皆

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 がんばり通した四年間, 頑張り通すだろう

▼ とる迄は~ (2, 0.0%)

1 それ自身に, やらない

▼ とる~ (2, 0.0%)

2 は美酒

▼ とる~ (2, 0.0%)

1 がある, をし

▼1* [524件]

とるあいだぼくは双眼鏡, とるあすこいら見物, とるいかに多くの, とるいくじがなくなる, とるうまいものだ, とるおつもりでもある, とるおばさんがどうして, とるかたわら作家志願の精進, とるかなどと独りそんな, とるかに無関心, とるかによって異る, とるかよりははるかに, とるからこそわしが, とるからにほかならない, とるからには亀を, とるからのこの日附, とるくじびきときい, とるぐらいだから, とるぐらいのことは, とることこれが何より, とることさへ出, とることテーマを選ぶ, とること三百年士を養う, とること今日は実に, とること住居賃銀門司の港, とること右の如し, とること数万級各所の火災, とること日本の政体, とること母は知っ, とること海水の中, とること総て此の如くなれ, とるたるなあ, とるごとに自分, とるさえ懶き海, とるさかいに大丈夫やろう, とるさんて, とるしかもみんな無上の, とるしたしさも, とるすべを知っ, とるすら官憲の, とるえ, とるそれが愉快, とるそれそれ煙が見えとるだろう, とるそれだけの事, とるぞいの, とるぞなと母は, とるぞねそれで, とるぞよと暗に戒めた, とるたき火にちがい, とるたびに百目二百目, とるたびごとに風, とるため両手を拡げ, とるため奉仕週間を作る, とるため座敷に張り, とるため毎日蜂須賀様のお, とるため舵把りへも, とるだけが役目の, とるだけじゃつまらん, とるだけでもメレデイスジエエムスペエタア等の, とるだけにさえうるさく妨害, とるだけには技能も, とるだけは取つて, とるだけも取って, とるちいよったが, とるづど専売局にうんと, とるや, とるでんであるが, とるといへとも應接, とるというはごわせぬ, とるとおりわたしは喧嘩ぎらい, とるとおり可祝という芸名, とるとおり愛においては弱い, とるとから意気地が, とるときゼロである, とるとき我等は直ちに, とるところ鈴をふり, とるとたんに今日, とるとなお前の, とるともなく期せずし, とるとを助けるこ, とるウ, とるどころかこの儂, とるなかでお前, とるなといわれても, とるなという意味の, とるなといふふうにも, とるなとはその上, とるなどと思わんで, とるなどということは, とるにあたりては自身に, とるについても若きとき, とるにつれ前内閣, とるになさあ, とるに際し再び茶器, とるや, とるねんや, とるのみならずムニャ, とるのみが武門とも, とるはたらきが画布, とるはははっははは, とるはまことなり, とるばかりかどんな生物, とるばかりが身の, とるばかりでなかなか喉, とるばかりになって, とるばかりの傍聴席風景だった, とるばっかりだろうし, とるばっていろいろ故障, とるばんたん, とるぱんの國, とるひとが忘れ, とるひどい飯で, とるほうがよい, とるますらをのこし思ふ, とるまでという期限つきだった, とるまでに心強い女, とるまでの一年と, とるまでもない, とるみたいに見える, とるえ, とるめんでしょうその, とるもの一千人以上に及ぶ, とるもの槊を執る, とるもの潜水病にかかっ, とるもの艪を操る, とるもの蓑笠をぬぐ, とるゆえんを知らざる, とるよう部下の警官, とるよしはなかっ, とるよって構うこと, とるらむみにも行か, とるらん五月雨の空, とるわりに美味い, とるんだい君勇のやつ, とるん手を握つ, とるアンを眺めた, とるウケであった, とるガラマサの老け, とるゴンゾもある, とるタクミの手, とるてどんな, とるツモリではありません, とるテレンキューばっかりに違い, とるデニー老博士, とるドン腹を, とるハッハッハ右が, とるフランス生活のお, とるペンを握った, とる一つの形式, とる一切の行動, とる一点ばりでなく復讐的, とる一種のしかけ, とる一等運転士の声, とるである, とる下り藤の, とる丸木舟の舳, とる主人は花主, とるは捨てる, とる也飛ときは両手, とる予防方法はない, とる事それ自身の中, とる事務員や, とる事実はどうして, とる二十円は棒引き, とる五円迄は覚悟, とる五時間前だと, とる井戸へ案内, とる人夫があら, とる人衣裳をぬぐ, とる人達その他の顏, とる人間どものこと, とるよりや, とる仕掛になっ, とる代りに日頃人々, とる代り不幸にも女子, とる代わりに人間, とる以上助け助けられるに, とる以上我々は徹底的, とる任務が課され, とるなんか大笑い, とる低能組はわし, とる佐伯船長以下二十三名の船員たち, とるを見せ, とる体勢になる, とる体温の層, とる余地がなかっ, とる余裕はなかっ, とる作業を行い, とるなん, とる俸給に過ぎない, とる個々の数値, とる値段の倍以上, とるになっ, とるにより, とる傍ら徹夜までし, とる優越感に溺れる, とる高輪署の, とる元々田畑を, とる先生ですかな, とるのぬき, とる入札はその, とるは脛当, とる兵役と云う, とる其の当時の, とる冷さは熱, とる出来のええ, とるはどう, とる分量といつたら, とるの悪魔, とる別嬪をもらつ, とる利用方程式または欲望方程式, とる利用曲線または欲望曲線, とる刻限とて客引き, とる前兆ではあった, とる前述の書類, とる労働をしなけれ, とる労働者がかりる, とる勇士はない, とる十八九の娘, とる半時間ほど前, とる原因は彼, とる原理はすでに, とる原稿はほとんど, とるのない, とるの歯, とる右腕を切っ, とるじや, とる名人の域, とる名刺じゃねえ, とる向きもあった, とる君たちの中, とる唯一のもの, とる商人達は飽, とる国是としては最も, とる土藏ぢやて, とる地主のうち, とるの人, とる堅牢の美, とる場所と思い, とると球, とるはないでしょう, とる多くの書類, とる夜寒かな, とる夢二の絵, とる大きな睾丸, とる大家もなくなり, とる大道写真師もいる, とる天下なら有無, とる太鼓の音, とる女のを呼んだ, とる女子のとこ, とる女竹の藪, とる女親分も居る, とる奴等の方, とるたる, とる姿勢をとっ, とるつ子, とる婆さん弟子で昔, とる婦人のよう, とる子供の時, とる学士様な事, とる学生の白衣, とる學士樣な事, とる學者が多い, とる宇津木君君はねじけ, とる実況を見た, とる実験をやった, とるもい, とる家業の責ふさ, とる家筋は大体, とる家統は他, とる容子はない, とる対象物それが不思議, とる小林サダと私, とる山々の書類等, とる山田の筧, とる山越えに夜, とる工場労働者が十ルーブリ, とる帆村はんにそんな, とる宿して, とるもなし, とるの広い, とる年増盛りじゃがその, とる広場すなわち原, とる広場即原と解し, とる庄吉の用心, とるがイクラ, とるの面, とるがある, とるの卑劣, とるの, とるを張る, とる張苞ではない, とる当時の志, とるの頗る, とる形式が考へられ, とる形式的な方法, とるを長く, とる影響を及ぼし, とるを認めし, とる彼等の姿, とる御身に瑜伽三密, とるの相違, とる心もちの方, とる心術にかけてもなか, とる志水理学士じゃ, とる性質を持っ, とる怪しからん奴だ, とる悪党たちが横行, とる懸賞のお, とる所存じゃ, とる手もとも暗く, とる手真似をした, とる手立てがない, とる手筈になりました, とる手紙は, とる手術をきっかけ, とる才能のある, とる技術だけにかかる, とる探偵じゃ, とる政治問題が少々, とる故小身者は煮焚き, とる故御飯をば喰, とる教育者がある, とる敬虔な態度, とる敷板を上げる, とる文学者には属しない, とる療法の, とる方向を示した, とる方針を立てた, とる日本酒とビール, とるを各国, とるい向いて, とる時うしろから馬鹿力, とる時チラとお, とる時個別的因果の概念, とる時分ぢやて, とる時動機をおろそか, とる時喬彦の心, とる時手のひらに残った, とる時期に於, とる普通の型, とるを讀み, とる最も自然な, とる最中です, とる月次祭は勿論, とる有力な奴, とるをお前, とる材料も多く, とるの男, とるべに坐つ, とるが凄い, とる様子もなく, とる標準が見当らぬ, とる権利を有し, とる機能がある, とる歌螢とびかふ夕闇, とる正しき政治を, とる武者小路實篤氏はあの, とる殊勝さや, とる段取りを抜き, とる段階に這入りました, とるに板, とる比例が極めて, とる気力もなかっ, とる気持は一つ, とる気違いはたとえ, とるやらん, とる江湖川がこの, とる汽車や帆船, とるく銭, とるべとの中, とる泥棒も泥棒, とる泥沼なる, とる活眼とは心, とる海藻をのせ, とる鍋で, とる渡しとちった, とる漁師の住い, とる演芸移動本部ぢやといふ, とる潜水夫のうち, とるなどは隙, とる煙草葉の数, とるをとらせたら, とるに近づい, とる物質も運動, とる独創的な戦法, とる生活への心配り, とる産婆学校も生徒, とる用意をはじめた, とるはわしら, とる田村秋子の出現, とる由々しき冐涜と, とる男ぢやてのう, とる留守の間, とるじゃ, とる療法だが, とる美しく負けまじく, とる皆様も御存じ, とる目ろみだつた, とる相当の人々, とる相良寛十郎ではない, とる看護婦の手, とる真際までうれし, とるは火, とる神秘な形体, とる福昌号の奸闌, とる秋山家に嫁入り, とる租税と考へられ, とる程自分の性質, とる程言葉が出ない, とるはヒダ, とる種々なる様式, とる稽古を始めました, とるの片, とる空中へウンコ, とる空気は次第に, とる立派に妊娠, とる竹内栖鳳などというブル絵描き, とる笑い方をし, とる筈ぢや, とるは長期持久, とる箪笥がある, とる範囲を広く, とるも消え, とる精神的態度の如何, とる経験は中学時代, とる結合関係である, とる給仕酒を注い, とる給料はまだ, とるです, とるの毛氈, とる繊維だけの問題, とるもい, とる美人術ではなく, とるなり, とる義務は私, とる義務感とそれ, とる者足を持つ, とるを持っ, とるでいた, とるをだく, とるもたゆ, とる胸算用であった, とる能力がある, とる腕一本脛一本のもの, とるじゃ, とる自信はありませんでした, とる自身の姿, とる舵手はかわる, とるも泛, とる芸当その他やってる, とるに誠に, とる茶房てもの, とる菜園こそ, とるの前, とる藤次が朱実, とる藥品を入れた, とる處そこに殘, とるがや, とる蝦夷がうつろ舟, とる行為とみなされる, とる表現なの, とるにこそ露, とる装置のやう, とるもあるまい, とる触手のよう, とる計算にきめ, とるに行かなかった, とる試験をし, とる詩人達の性格, とる語根が主部, とる警察の一本調子, とるです, とる谷水にうち, とる賃銀は大人, とる資本の賃貸, とる資格がなくなっ, とるの活動ぶりソックリたん, とる躊躇し彼女, とる身の上としても野呂, とる軍刀が分らん, とる農奴なら一人あたり五百ルーブリ, とるはそれ一つ, とる通り中根はあの, とる通り僕自身の首がま, とる通り申立てないと, とる進藤喜平太はその, とる遊びをさせ, とる運平が氣遣はし, とる過度の批評癖, とる過程に於, とる道具を美しく, とる釉薬でありまして, とる里人の話, とる野心かもしれぬ, とる金晶及書類を小林弁護士, とる金比羅山の闘鶏場, とる金魚鉢やない, とるよりも糸, とる鋭い直観力を, とる長男鹿児島の七高, とる門構えじゃ, とる間坂上田村麿をさえ連想, とる阿呆云うて, とる限り資本制社会の存続, とるの人物, とるがなかっ, とるの呪術的演劇, とるがした, とる音頭の伴奏, とる順序があった, とるも先, とる食事である, とる飯櫃は上げ底, とる高速穿孔車輪がすこしも, とるを取る, とる魂丹かもしれず, とる魚類よりほか, とるの島曲, とる麩売なり, とる黄河との間, とる黒雲の椀, とるというの