青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

です~ ~でない でない~ ~でなかった ~でなく でなく~ ~でなけれ でなけれ~ では~ でも~
でる~
~で御座います とある~ とい~ ~とう とう~ とうてい~ ~とうとう とうとう~ とお~ ~とおり

「でる~」 3124, 32ppm, 3616位

▼ でる~ (440, 14.1%)

17 か, を見 1615 である 13 では 10 です, を見る 8 だった 6 でした, を見た 5 さ, ですか, ですよ 4 ですから, でも 3 かい, かな, かも知れない, か生きてる, じゃない, だから, だらう, は, はこの

2 [27件] かね, か分らない, が僕, が多い, が常, が聞こえる, が面白い, だよ, だらうか, だろ, だろうと, であるが, でしょう, ですが, ですね, とおなじ, はあれ, はいい, はその, は新吉, は私, は誰, もある, をよく, を知ってる, を秀吉, 昨夜の

1 [218件] あつた, かうっとり, かさっぱり, かしら, かそういう, かただ, かとも思われる, かと思っ, かと波江さん, かどちら, かなもし, かな騙されてる, かみずから, かもしれない, かもしれなかった, かも知れません, かわれわれ, かゐない, かを知らなかった, か分らず, か分らなかった, か分らなくなる, か分りません, か口, か怒ってる, か悲, か歩いてる, か濁ってる, か然し, か知ら, か私, か胸, か自分, か血, か見当, があつ, があります, がいい, がいちばん, がこの, がそれ, がたのしく, がはっきり, がやはり, がよい, がわか, が丁度, が何より, が分っ, が可愛い, が好き, が妙, が感じられる, が我, が方角, が昔, が時々, が甚だ, が聞えない, が聞こえた, が華奢, が見, が見え, が見えた, が見られた, が見られる, が誇り, が貧しい, が辛い, けえ, ぞ, だあの, だか, だからと, だからなあ, だが, だきみ, だし, だそいつ, だそう, だぞ, だと, だという, だといふ, だもの, だろう, だろうとか, ぢや, であった, であろうか, でございましょうか, でしょうか, ですって, ですもの, でないこと, とおんなじ, とその, とそれ, と一しょ, と二つ, と何しろ, と同じ, と残雪, と皿, なんぞ直したら, になぜ, には閉口, に一人, に驚かされた, はあたし一人, はいかにも, はうらなり, はお, はおれひとり, はお客, はそう, はただ, はだめ, はなに, はまず, はもっと, はバカ, は一興, は事實, は何より, は何人, は侘しい, は初め, は君, は君許, は善兵衛, は地上, は大和魂, は実際, は岩橋, は工場, は当り前, は悪い, は本人, は歴史, は白雲, は百害, は目黒, は秋, は第, は自覚, は辛い, は達子, は選挙, は雑誌, へ四方, みんな歳暮で, もあっ, もあわれである, もあわれであれ, もいい, ももったいない, も一法, も今, も八割, も古風, も塩竈, も好い, も我が, も智慧, も見た, も面白かろ, やつたら, や阿波, よりは麻酔, を, をいい, をいう, をうち, をうれし, をお, をお互い, をこつ, をたえる, をどう, をまつ, をクリストフ, を察し, を彼女, を待っ, を悟る, を悲し, を感じ, を感じた, を掘りだし, を有難, を楽しむ, を煩わしい, を珍し, を知った, を知りました, を私, を羨ましく, を聞いた, を見せよう, を見たら, を見ました, を認めた, を身体, を邪魔, を靄越し, を面白, を鬼, んか, んです, んを, フェージャ, 原義は, 向う岸の, 恐い大, 時が, 樣な, 第一義で

▼ でる~ (311, 10.0%)

3 いふこと

2 [13件] その日, 彼は, 思って, 恐怖の, 暫く沈黙, 歩きながらも, 牛は, 由子は, 聞いて, 臆病者で, 見える, 言ふ, 面白いん

1 [282件] あとは, いうじゃ, いうだけの, いうのに, いうよりも, いきなり暗闇, いって, いってたが, いふから, いまも, いま泣いた, うすぐらいろう, うちの, うちへ, うるさいもの, うるさい処, お前は, お加代さま, お嬢さんは, お清, ここに, この大きな部屋, この本, この谷村博士邸, さきに, さすがに, さっきの, さっそく裏, したは, したらどんな, したら窓越し, しよう, すぐぐらぐら眠り, すぐさま前述, すぐそば, すぐ三方, すぐ前橋教会, すぐ軍備, すし久来る, すると, すれば, せっかちだ, そう見境, そこで妹, そこには, そのうちやつ, その中, その半分ぼく, その迷, それに五千, たちまち見物人, ちょうど通りかかった, つげた, つまり淪落, てんでなっ, とつぜん吹き倒され, どうも人間, どんなになる, なって, なっては, なにひとついひ得ず, にわかに怖しく, ねむくなり, のっそりと, はりさけるよう, ふいに, ふとした情慾, ぶつかるよう, ぶん殴られる怖, へんな, ぼんやり聞かされた, まっくら, まっ暗です, まもなく一月寺, まもなく婆さん, まるでフォーム, みえて, みずから思っ, みんなが, みんな死に, みんな穴を, むやみに, もうなんだか取りつく, もう夕映え, もう安心, もう白痴, もとの, やたらに, ようよう人間, よけり, よけりゃよし悪けりゃ悪しで, より外悉, わかってるその, わたしだって, アスファルトの, アッと, オツネは, オレの, グッタリと, コン, サルトルは, スコアは, ダンス場が, ドアの, ナンキン袋に, ニコニコし, ニセモノだ, ヒポコンデリーの, ムラムラと, 一つの, 一ヶ月マグロなら, 一九二七年度の, 一人が, 一種の, 一通の, 七人の, 万人を, 三味線の, 三輪山を, 下に, 不思議な, 世にもけざやか, 世の中が, 乗りそこなうこと, 二九太は, 云うの, 云うよ, 云うんでも, 云う事, 云はれた, 云ふ, 云われ事実, 人が, 今しも, 今度は, 佐々警部補が, 何が, 何という, 例の, 便所が, 信濃川の, 僕なんか, 先ず深呼吸, 先刻の, 全く同じ, 全員にわかに, 六天山塞の, 其処へ, 出逢頭, 分ると, 前を, 北の方の, 十一名に, 半平と, 危っかしい, 吐息を, 告げる, 国民学芸部の, 坊主の, 埋立地が, 外には, 夜だつた, 大悦び, 大概五時の, 大至急円タク, 奥の, 女たちも, 女の, 女子は, 妙に, 実は私, 実際の, 小僧は, 小犬の, 小野は, 山づたひに隣字へ, 峰には, 平次の, 平野が, 幹線に, 彼らは, 彼女が, 心配し, 心配する, 必ず御所, 思いますが, 思うよう, 思ったに, 思ってるの, 思っときなさい, 思つたら, 思ふの, 思ふやう, 思われるほど, 恰も青空, 悪いさかえ, 感服し, 或る, 折から, 折角昔, 教師から, 新聞社の, 早くも, 明日は, 星が, 木村重吉に, 林が, 桃代の, 殆ん, 毒が, 氏家と, 河岸に, 治らないよ, 泣いて, 流連帰る, 海岸の, 涙を, 清が, 激しい雷雨, 火の手が, 煙草と, 猛烈な, 男の, 番所からは, 目の, 目付かつて, 私が, 私の, 私は, 私はた, 私を, 粽の, 絵の, 考えては, 考えること, 耳を, 聞いた時, 自信が, 自分でも, 色ッポクない, 萎黄病の, 葛子が, 虎之, 見ても, 言いなすったがね, 言い冷やか, 言うけど, 言うたの, 言うべきだ, 言った, 言ったよう, 言った事実, 言って, 言や, 言われて, 言われる者, 記代子は, 誰にも, 赤ん坊なみ全然, 走って, 身体ごとさらふ, 軽蔑されてる, 通りを, 連嶺の, 道の, 野村の, 金語楼の, 銀座へ, 鍋釜バケツから, 間もなく発禁, 雨は, 雪の, 電通の, 静かに, 頭が, 頭の, 飛迫控の, 食べ物みんな口ん, 騒々しいかも, 麻の, 黙つて後, 黙り込んだ

▼ でる~ (194, 6.2%)

4712 ですよ 11 だよ, です 9 じゃない 8 だから 7 だな, でしょう 5 だぜ, ですから 4 だか, だもの 3 だと, だろう, ですか

2 [13件] だからね, だが, だそう, だとよ, だなあ, だね, だろ, だわ, ですからね, ですって, ですね, ですもの, は一生武家奉公

1 [29件] かねそれどころか, じゃ, じゃあねえか, じゃあねえや, じゃありません, じゃなかろう, じゃねえ, じゃ気, だうじ虫, だぞ, だつて云, だてめえ, だねえ, だやって, だらうと, だろう知ってるよ, だわが輩一人, だネ, だ愛してなんぞ, でございますよ, ですうち, ですすぐ, ですつて, です物好き, です貴女, でね, やおま, やない, やもん

▼ でるよう~ (125, 4.0%)

9 だった 7 な気 4 だったが, になった, に見えた 3 じゃない, なもの 2 だから, だが, でしたが, でも, なこと, なもん, な声, な様子, に思われる

1 [73件] じゃあ結局駄目, じゃ心細い, すだ, すだから, だ, だぜ, だな, だね, で, であった, でありました, でしかも, でした, ですが, ですね, では, なあっさり, なそう, なそれでいて, なはげしい, なひと, なふう, なん, な努力, な匂い, な唸りかた, な始末, な小説, な文学修業, な気持, な滑らか, な滑稽, な猛, な男, な眩暈, な眼眸, な矛盾, な秋, な緊張, な肌目, な試合, な話し方, な調子, な軽薄, な青臭い, な頬, な顔付, に, にさえ見えた, にし, にできる, になっ, になってる, になりました, になりやした, になる, になれ, にまちがい, にみえた, にも見える, に九度八分, に出た, に彼, に彼女, に思う, に思われた, に感ずる, に春, に畝, に見え, に見えない, に見える, に身動き

▼ でること~ (116, 3.7%)

5 がある 4 があった 3 ができず, ができた, にした, もあった

2 [11件] ができなかった, ができなくなった, ができません, ができませんでした, が多く, になった, になります, のない, はできない, もあれ, を感じた

1 [73件] か, がありました, がお, ができない, ができる, ができるであろう, がない, がわからない, が出, が出来た, が多い, が多かっ, が明, しばし, だけで, だけは分る, だった, であった, でしょうよ, と思っ, なんか知り, にきめた, になってる, になつ, になつたの, になりました, になる, には気づかなかった, のできない, のほか, の出来る, はできなかった, はできませんでした, はどれ, はねえだらう, はわかつ, はわずか, は一方, は事実, は別に, は無論, は知つて, は確か, もあります, もある, もできる, も出, も出けん, も始終, も見た, も話し, やらと弥吉, よりも蓮, をあまり, をお許し, をしばし, をゆるされました, をわし, を一寸, を信じ, を妙庵先生, を希, を彼, を怖, を控え, を知っ, を知ってる, を知らした, を知り, を考え, を見つける, を許されず, を願うた

▼ でる~ (50, 1.6%)

3 もある 2 がある, が一人, はない, は無

1 [39件] あ誰, があったら, があつ, があるだらう, がなくなった, が数か月間, が無い, が続出, が近頃, さえありました, だし, では, とか何ん, としてはできる, にたいしてその, にとってはごく, にとってはそれら, にとっては生, にふさわしい, の心當, は, はあまり, はこの, はそういう, はないだらう, は一人, は即, は毎, は毎日, は澤山, は無え, は町内, は遊び, もあった, もあり, もありました, もありません, もおります, を見る

▼ でるうち~ (48, 1.5%)

2 に外部, に彼

1 [44件] かたつ, が花, にいつか東, にいろんな, にその, にそんな, についウトウト, にねむく, には屹度社中, にひとり, にふい, にへん, にわたし, にクリストフ, にコゼット, にジプさん, にツツガ虫, にフハン, に不味, に中毒, に体中, に何時しか, に光子, に前, に勉強, に周平, に変, に夜, に彼女, に思い出した, に悲しい, に慢心, に時間, に気持, に沢子, に皮, に睡けがさし, に知らず知らず, に英国人, に酔ってる, に頭, はこう, ァこっち, 開いた口

▼ でるもの~ (48, 1.5%)

2 か, かといふ考, がありませんでした, だ, だから, だと, では, はなかっ, らしい

1 [30件] がある, だからという, だつたら重役, であつ, である, ですか, ですから, とうぬぼれ, と信じ, と思ひ込ん, と期待, ならたしかに, なら警察, のよう, はある, はいくら, はさ, はどうにも, はない, はみんな荷物, はグリム, は一人, は多い, は愛着, は極めて, よ, を少し, を文字, 泣かれたらどう, 濁ってるもの

▼ でるから~ (46, 1.5%)

2 仲吉は, 大きい鞄

1 [42件] うっかり手出ゃならねえやな, うるさくない, おやめ, すばやく目方, すべてつごう, だと, だとの, ちらちら顔, である, では, で料理, で病人, とても辛し, どうにか能役者, なの, みんな歩く, もう酔い, オイ按摩さん金を, バカげた話, 三下か, 上がって, 不思議さ, 仕事の, 口で, 君たちゆっくり, 困るねえ, 壁隣の, 大丈夫かと, 始末に, 威丈高に, 怖しい, 早く行け, 横から, 滞りなく, 直き, 知らずに, 私だって, 緋鯉に, 聞いて, 腕は, 許して, 途中気を

▼ でる~ (41, 1.3%)

5 いい 2 ようだった, 怠け出したら一日主婦, 息, 早いか

1 [28件] あるに, あんなこと, いいわな, このま, その側, それほどの, どっちみちそんな, なにか気, やうやく, ようである, バイキンみ, フロイドは, 一体どんな, 一皮剥いで, 人が, 厚くって, 可い, 土台書けてない, 子どもには, 密林が, 拳で, 昔は, 朝鮮蜂は, 牛には, 病気な, 祖父が, 自分が, 面白がる

▼ でるところ~ (40, 1.3%)

3 なん, を見る 2 であった

1 [32件] が描い, さえあります, だ, だった, だの大蛇, でもま, でテーブル, に人気, に少し, に来た, のあの, のもの, の音楽, はなにか, へ, へで, へでかけ, へぶつ, へもっ, へポン公, へ内山, へ師団長, や乳母車, よ, を庭師, を描い, を泰軒先生, を濡れた, を艶子さん, を見かけた, を見た, 甚だ多

▼ でる~ (40, 1.3%)

3 が通りかかりました 2 で野見長次, はたま

1 [33件] があります, がある, がいるであろう, が人違い, が昨日昼, が果して, さえあった, じゃない, だとか, だの逢いたがってる, だろうと, でした, ですかと, で祖父, には珍, のこと, のやう, のよう, の室, の気持, の真似, の膝, の身体, の顔, は, はありません, はあるまい, はみんな, は少い, は彼, は私, もいなかった, を愛し

▼ でる~ (36, 1.2%)

2 それを, 知らないが

1 [32件] お楽しみ, して, それは, どういうふう, どうか, どんな生活, はっきり知らない, または腹, よくわからない, よく分っ, よく考え, よく覚え, わからない, 他党, 何が, 内の, 出ないか, 分ったもん, 分らん, 分りませんでしたが, 判然しない, 御存じない, 心配し, 搾られてるか, 教えて, 敵の, 止ってるかは, 浮わ, 相手方の, 知れやしない, 遠くに, 鼻緒の

▼ でる~ (36, 1.2%)

2 だった, に意見

1 [32件] から生き, がある, ご一しょ, その虚しい, だのはからざる, であった, ではない, でも多, でも朝, と場合, と村, など私, なん, に, には争われぬ, には京都, には和らい, にも, にも少年クリストフ, に癪, の方, の父, はいつもそう, はほぼ, はまだ, は何もかも, は必ず, は怒ってる, は歓楽, もある, よりも飮, よりも飲ん

▼ でるという~ (35, 1.1%)

3 ことは 2 ことで, ことを, のは

1 [26件] うわさも, おもわぬこと, ことが, ことであった, ことと, ことに, それを, ので, のです, のを, ような, ように, 事に, 事も, 噂で, 噂な, 情報を, 歴史が, 気味が, 気持転じ, 理由で, 知らせ, 考えを, 自覚を, 訳な, 隅田公園へ

▼ でるので~ (34, 1.1%)

1 [34件] あつた, あつて, おれは, げすから, こちらも, ずっとよくなった, せうか, もう二三言云, やや食い, よく見ます, ポオを, 余計機嫌, 先月は, 光一は, 呑込み顔で, 咽喉から, 嘆いて, 嘆いてを, 太郎には, 奢りに, 寒うて, 山根さんは, 日本女は, 是非面倒, 暫くし, 私は, 立てたまま, 萎縮してる, 評判の, 話にも, 読む小説, 身にも, 身内の, 防空壕の

▼ でるじゃ~ (29, 0.9%)

12 ないか 5 ありませんか 4 ないの, ねえか 1 ござんせんか, ないかと, ないかな, ないかの

▼ でるやう~ (28, 0.9%)

2 だ, な気, に見える

1 [22件] だぜ, でした, です, な, なの, な危, な始末, な弱虫ぢ, な恰好, な木村, な気持, な氣持, な鋭い, にその, になつ, になる, に上気, に光る, に室中, に思はれた, に組織運営, に袴

▼ でる~ (22, 0.7%)

7 違いない 5 相違ない 1 すぎなかった, ちがいない, でられない蛾次郎, なつて, なること, 對し, 連れて, 違いなかろ, 違ひありません, 違ひ無い

▼ でるかと~ (19, 0.6%)

5 思われた 4 思うと 1 あの長, いかけや, ふしぎに, ビクビクし, 問うて, 尋ねた, 思はれました, 思われるほど, 思われる声, 驚ろいた

▼ でるとき~ (17, 0.5%)

2 にふと

1 [15件] いひつけて, が, だったら家, ちょうど朝, にきまつ, にはこの, には主人, には必ず, には鈴川一座, にも富公, に中津, の侍女, はだれ, は私, は街

▼ でるわけ~ (17, 0.5%)

4 では 2 はない

1 [11件] じゃあるまい, じゃない, じゃア, だった, だね, でも, ないな, にもいかない, にもゆかず, はありません, もなし

▼ でる~ (17, 0.5%)

2 を見附けました

1 [15件] から遠く, そういう極めて, だけあっ, だと, には違, はいくら, は別に, は樟脳, へゆく, へ女共, もある, も何, をじっと, をみる, を澄子

▼ でるかも~ (16, 0.5%)

2 知れない, 知れません

1 [12件] しれないから, しれないわ, しれんに, 知れないお婆さん, 知れないが, 知れないけど, 知れなかった, 知れぬ, 知れませんが, 知れませんよ, 知れん, 知れんに

▼ でるその~ (15, 0.5%)

1 [15件] やさしい顔, 下蔭, 古い町, 好々爺を, 室で, 家へ, 明快さには, 枕木を, 様子が, 熱狂的信念の, 美しい樹木, 若々しい顔, 葉が, 角の, 馬車は

▼ でるのに~ (15, 0.5%)

1 [15件] そんなに何, セーターに, 一体何, 三ヶ月も, 何もかも茶, 力を, 君ばかり, 君許り, 外に, 少しも, 早速それ, 等しかった, 罪だ, 蝿は, 身体の

▼ でる~ (15, 0.5%)

2 にお定

1 [13件] といふもの, にえらい, にぼく, に他, に何, に合ふから, に神, に配役, はあなた, は孤独, は私, は近寄れない, もねえ

▼ でる~ (14, 0.4%)

2 というの

1 [12件] がいた, がどこ, が来, で一人, にはばからず語る, に言いました, の例, の肩, の顔, はそこ, は二人, や煙草

▼ でるそう~ (13, 0.4%)

51 じぁないけ, である, です, ですあんた, ですぜ, ですぞ, な, なね

▼ でるだけ~ (13, 0.4%)

1 [13件] だった, だよ, でさ, でした, です, でまだ, で中天, で何, で日本人, で異状, で雀, ならいい, なん

▼ でるかの~ (12, 0.4%)

5 ようだった 4 ように 1 やうで, 場に, 観さえ

▼ でる様子~ (12, 0.4%)

4 だった 1 だから, だったと, でもあった, になっ, はさらに, は少し, もない, もなかっ

▼ でる~ (12, 0.4%)

4 がない 2 はない 1 だ, だそう, である, ないじゃ, の山, もなかっ

▼ でる~ (11, 0.4%)

7 やない 3 やありません 1 やア

▼ でる~ (11, 0.4%)

1 [11件] からあいてた, からこう, で, にある, にもうそう, にキッピイ, に作家, に特別誰, に誰か人, に長平, のよう

▼ でる~ (11, 0.4%)

2 がいい 1 がいくら可, がやはり, がよっぽど, がズッ, がノンキ, ですよ, は何しろ, へ歩い, へ牛

▼ でるとは~ (10, 0.3%)

1 いえアルコール中毒, きまって, このこと, みずから認め, フシギじゃ, 思ったさ, 思わなかった, 慌てた話, 気が, 面白いと

▼ でるほど~ (10, 0.3%)

1 うまい酒, うれしいけれど, うれしくは, 固い握手, 嬉しく思ひました, 有難いの, 温泉に, 自然に, 言ひ, 金を

▼ でる~ (9, 0.3%)

1 いちばん驚異に, それに, たくの, ろばらよ, 中, 寺とは, 片野さんは, 稲荷町の, 第一

▼ でるつもり~ (9, 0.3%)

3 です 1 か, だが, でおります, でした, ですからね, で荷づくり

▼ でるもん~ (9, 0.3%)

2 だ, だから, ですから 1 か, で世間, を黙っ

▼ でる~ (8, 0.3%)

1 で一杯, で賭博場, にひょっと, に一つ, に万緑叢中紅一点, に少し, に私達, の兄

▼ でる~ (8, 0.3%)

1 が, が戦災, でご, の下, の羽目, はそういう, は少し, を見つけ

▼ でる彼女~ (8, 0.3%)

1 から少し, に片, の姿, の後ろ姿, の心, の手, の肉体, を前

▼ でるといふ~ (7, 0.2%)

2 次第です 1 のです, 伝説が, 其の徹底, 誕生様式を, 魔法使の

▼ でるまで~ (7, 0.2%)

1 くふ, 協力する, 待てと, 殆ん, 自発的説明を, 雨中に, 黙々と歩い

▼ でるんぢ~ (7, 0.2%)

5 やない 1 やねえか, や退屈

▼ でる子供~ (7, 0.2%)

1 がなみ木, の叫び声, の心, は二つ三つ, らしい指, をいじめ, を見る

▼ でる~ (7, 0.2%)

1 がし, がした, がする, になつ, になる, にもなれない, はなくなっ

▼ でるせい~ (6, 0.2%)

1 かこない, か上, か世間, か屋根, か空, で早く暗く

▼ でるたび~ (6, 0.2%)

1 いつもする, に, にいく, に必ず, に波子, に負けた

▼ でるはず~ (6, 0.2%)

1 だが, の幸福, の福岡直行便, はありません, はない, もない

▼ でるばかり~ (6, 0.2%)

2 だった 1 だ, であった, である, で仕様

▼ でる人々~ (6, 0.2%)

1 そうした人間像, にたいして幻覚的, に隔てられ, の方, の間, の隙間

▼ でる人たち~ (6, 0.2%)

1 であること, には決して, のほとんど, は実に, は拳固, をこそ気の毒

▼ でる大きな~ (6, 0.2%)

1 梱の, 浮彫の, 瞳を, 薄い口, 蛙や, 贅沢な

▼ でる~ (6, 0.2%)

1 がある, がいる, が怖, だと, はいない, は誰

▼ でる姿~ (6, 0.2%)

1 はすでに, は多少, は夜, やひそか, を眺める, を見た

▼ でる必要~ (6, 0.2%)

2 がある 1 なん, に迫られ, のない, はない

▼ でる最中~ (6, 0.2%)

1 だったが, に不思議, に夜, に家来, に彼, 見つけたよう

▼ でる~ (6, 0.2%)

1 が確か, ではない, と反対, を変え, を真に, を逃げ出した

▼ でるあの~ (5, 0.2%)

1 公園に, 惨めな, 星とも, 男の, 石でございます

▼ でるこの~ (5, 0.2%)

1 ぶどう酒は, 借室, 家の, 島にも, 身体は

▼ でるころ~ (5, 0.2%)

1 そろそろ茶, つまり冬, なのに, には日, はここ

▼ でる~ (5, 0.2%)

2 うだ, うだとか 1 うだから

▼ でる~ (5, 0.2%)

2 をし, 番を 1 をしなけれ

▼ でるとか~ (5, 0.2%)

1 あの村, お役御免, 或は二人, 死ぬと, 生きてるとか

▼ でる~ (5, 0.2%)

2 いつも達者 1 あゝ羨し, ア, 勿体ね

▼ でる~ (5, 0.2%)

1 あそこじゃ, うそじゃ, すぐ御飯, ちょっと奥, つて

▼ でるんで~ (5, 0.2%)

2 せう 1 さあね, 外聞が, 安心した

▼ でる古い~ (5, 0.2%)

1 のの, 日本家屋の, 林に, 鉄棒の, 静寂な

▼ でる~ (5, 0.2%)

2 じゃない 1 でないと, はすんだ, はまだまだ

▼ でる~ (5, 0.2%)

1 がうんとあらあ, がない, が多かっ, はめつたに, をお

▼ でる~ (5, 0.2%)

1 だ, ですな, な人, な静子, に

▼ でる~ (5, 0.2%)

1 だ, な朝, な靜子, に, に離れなかつた

▼ でるある~ (4, 0.1%)

1 古本屋の, 家族の, 悲しい名状, 種の

▼ でるくせ~ (4, 0.1%)

2 に威張る 1 に梁山泊, に逃げ出しやがった

▼ でる~ (4, 0.1%)

1 お前か, 大将が, 忰は, 煮えてるぜ

▼ でる~ (4, 0.1%)

1 ここのは, なし, のんでるぞ, キツネに

▼ でるって~ (4, 0.1%)

1 えなあ, のは, んじゃ, 噂だ

▼ でるとこ~ (4, 0.1%)

1 あるねん, は何者, へで, を撮す

▼ でるなんて~ (4, 0.1%)

2 思わないでね 1 変テコです, 百姓の

▼ でるボール~ (4, 0.1%)

3 を海 1 をなげこんだ

▼ でる~ (4, 0.1%)

1 があれ, は世界, は出来ません, は暴

▼ でる二人~ (4, 0.1%)

1 の方, の肉体, の顔, はお前

▼ でる人家~ (4, 0.1%)

1 の石材, の軒ごと, の高い, は二つ

▼ でる場所~ (4, 0.1%)

1 だで, でもない, の方, も多い

▼ でる~ (4, 0.1%)

1 がぶっつける, が亀, で答えた, はただ

▼ でる多く~ (4, 0.1%)

1 の人々, の兄弟姉妹, の椋鳥, の頭

▼ でる~ (4, 0.1%)

1 が山火事, が残っ, をたくさん, を三つ

▼ でる~ (4, 0.1%)

1 が更め, が羞, のもっとも, を此度

▼ でる~ (4, 0.1%)

1 がよけい, が布団越し, が押し, をさい

▼ でる~ (4, 0.1%)

2 はない 1 があります, を三四丁

▼ でる~ (4, 0.1%)

3 もない 1 に皿

▼ でるかは~ (3, 0.1%)

1 わからなかったが, 神さましか, 茲に

▼ でるかを~ (3, 0.1%)

1 ごらんなさい, 彼女は, 知らなかった

▼ でるくら~ (3, 0.1%)

1 ゐ, ゐぢ, ゐである

▼ でるそれら~ (3, 0.1%)

1 の人家, の巨大, の花

▼ でるため~ (3, 0.1%)

1 にそれ, には必然その道, には時間

▼ でるだけの~ (3, 0.1%)

1 ことだ, ことであったらしい, 彼女は

▼ でるとの~ (3, 0.1%)

1 ことだった, ことで, ことに

▼ でるとも~ (3, 0.1%)

1 お心, 言える, 言える夫人

▼ でるなと~ (3, 0.1%)

1 わかる, 思つたつけが, 気味が悪かった

▼ でるには~ (3, 0.1%)

1 かなり死んでる, そろそろ持っ, なかなかお金

▼ でるのよ~ (3, 0.1%)

1 はる子さんは, もうなに, 私あんまり

▼ でる~ (3, 0.1%)

1 まれる, 母胎を, 苦手らしく

▼ でるみたい~ (3, 0.1%)

1 だ, に楽, ね

▼ でるやつ~ (3, 0.1%)

1 が有る, が着物越し, はくそ

▼ でる一人~ (3, 0.1%)

1 の女, の婦人, の賢者

▼ でる二つ~ (3, 0.1%)

2 の大きな 1 の国

▼ でる人間~ (3, 0.1%)

1 だってクサル, とが認められた, には比較

▼ でる余地~ (3, 0.1%)

2 がない 1 はない

▼ でる~ (3, 0.1%)

1 が描い, を介抱, を御覧

▼ でる友だち~ (3, 0.1%)

1 が居, にきまり, の家

▼ でる同じ~ (3, 0.1%)

1 形の, 船に, 被害者に

▼ でる~ (3, 0.1%)

1 が言った, のこと, の顔

▼ でる子供たち~ (3, 0.1%)

1 だった, に聞えない, の方

▼ でる~ (3, 0.1%)

1 の方, の罪, は戦い

▼ でる敏子~ (3, 0.1%)

1 の横顔, の眼付, の顔

▼ でる樣子~ (3, 0.1%)

21 もなかつた

▼ でる気持~ (3, 0.1%)

1 が許されない, にもならなかつた, ァ鯱鉾立

▼ でる~ (3, 0.1%)

1 はそッ, も防げ, を短く

▼ でる者ら~ (3, 0.1%)

1 の芸術, を妨げ, を急き立て

▼ でる自分~ (3, 0.1%)

1 の傷, の姿, の娘

▼ でる連中~ (3, 0.1%)

1 から選出, の中, の道徳的関心

▼ でる~ (3, 0.1%)

1 がある, でした, を装い

▼ でるあたり~ (2, 0.1%)

1 がどうも, ではちょうど

▼ でるうち此方~ (2, 0.1%)

2 の此

▼ でるかさえ~ (2, 0.1%)

1 たしかめられないほど, 知らなかった

▼ でるかさえも~ (2, 0.1%)

1 よく知らなかった, 知らなかった

▼ でるかという~ (2, 0.1%)

1 ことが, 肚だ

▼ でるかなと~ (2, 0.1%)

1 思う, 思ふ

▼ でるからと~ (2, 0.1%)

2 言つて御供水を

▼ でるがい~ (2, 0.1%)

1 なや, ねむりは

▼ でるくらい~ (2, 0.1%)

1 だった, ならよ

▼ でるけれど~ (2, 0.1%)

1 ほんとは, まるで見当

▼ でるけれども~ (2, 0.1%)

1 善い宝物, 時間は

▼ でるごと~ (2, 0.1%)

1 に私, に耳

▼ でるさかい~ (2, 0.1%)

1 どこぞ外の, 是非承知し

▼ でるすべて~ (2, 0.1%)

1 の人, の人々

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 せう, せう直し

▼ でるとたん~ (2, 0.1%)

1 にニッコリ, に檻

▼ でるどういう~ (2, 0.1%)

1 人か, 男か

▼ でるなあ~ (2, 0.1%)

1 そりゃ茶, 黒百合という

▼ でるなぞ~ (2, 0.1%)

1 というの, と言ひだ

▼ でるにも~ (2, 0.1%)

1 なんの, 当らず

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 いまきみの, だんだん活字

▼ でるひとつ~ (2, 0.1%)

2 の顔

▼ でるほう~ (2, 0.1%)

1 がまし, をふりむい

▼ でるまでは~ (2, 0.1%)

1 医者にも, 用の

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 同じこと, 天下の

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 もの, 諸君は

▼ でるより~ (2, 0.1%)

1 ないね, 人の

▼ でる~ (2, 0.1%)

2

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 でるわ, アレ何で

▼ でるわけぢ~ (2, 0.1%)

1 やない, やねえ

▼ でるわたし~ (2, 0.1%)

1 の寂寥, は知らないで

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 思はせる様, 有せざるなり

▼ でるアパート~ (2, 0.1%)

1 の前, の春日荘

▼ でるクリストフ~ (2, 0.1%)

1 とオリヴィエ, を鏡

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 だけど, だよ

▼ でる世界~ (2, 0.1%)

1 の二, はサタン

▼ でる事柄~ (2, 0.1%)

1 を推測, を言っ

▼ でる人物~ (2, 0.1%)

1 だ, の人間

▼ でる仙人~ (2, 0.1%)

1 なんていう, なんていふ

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 で幾代, に朋子

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 に日, に書物

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 をますます, を享

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 が少し, はない

▼ でる周囲~ (2, 0.1%)

1 に子供たち, の人家

▼ でる始末~ (2, 0.1%)

1 だ, でさあ

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 の種, を鉄門越し

▼ でる子供達~ (2, 0.1%)

2 ですよ

▼ でる家族~ (2, 0.1%)

1 の祖父, も多く

▼ でる尾鰭~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼ でる広い~ (2, 0.1%)

1 大きな愛情, 大きな硝子窓

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 に属し, のお

▼ でる彼ら~ (2, 0.1%)

1 はわれわれ, は生水

▼ でる微笑~ (2, 0.1%)

1 が如何にも, をおし殺し

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 の思い, をあたかも

▼ でる心配~ (2, 0.1%)

1 がない, はない

▼ でる恐ろしい~ (2, 0.1%)

1 ジョンドレットまた, 幽霊が

▼ でる恰好~ (2, 0.1%)

1 だよ, をこしらえる

▼ でる憐れ~ (2, 0.1%)

1 な小さな, な青年ら

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 がふるえる, を根本

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 の人数, はなかっ

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 展開は, 銘仙の

▼ でる新しい~ (2, 0.1%)

1 人間を, 生物は

▼ でる日傭取土方人足~ (2, 0.1%)

2 それから三味線

▼ でる書物~ (2, 0.1%)

1 は神田, を覘

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 の声, の様子

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 のちり, を青江

▼ でる洞穴~ (2, 0.1%)

1 など恐ろしい, へも入りました

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 があれ, の雫

▼ でる温泉~ (2, 0.1%)

1 と云う, を利用

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 があった, がありました

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 にあたい, に寒

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 がいつ, が鋭い

▼ でる群集~ (2, 0.1%)

1 の不安定さ, を見

▼ でる若い~ (2, 0.1%)

1 女の, 靴職の

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 であった, のよう

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 で褐色, の中

▼ でる見栄坊~ (2, 0.1%)

1 だった, なの

▼ でる見物人~ (2, 0.1%)

1 からたくさん, がいつ

▼ でる親子~ (2, 0.1%)

1 だから, なんかまあ

▼ でる親戚~ (2, 0.1%)

1 のひと, の一家

▼ でる進歩的精神~ (2, 0.1%)

2 はこの

▼ でる部屋~ (2, 0.1%)

1 を見る, を覗い

▼ でる部落~ (2, 0.1%)

1 があり, にすぎない

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 の含有量, 何で俺

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 のよう, の面

▼ でる間道~ (2, 0.1%)

1 がある, なども充分

▼ でる限り~ (2, 0.1%)

1 は必ず, は穴狙い

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 に達した, まで上がっ

▼ でる隙間~ (2, 0.1%)

1 もない, もなく

▼ でる雑誌~ (2, 0.1%)

2 などは大いに

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 のよう, の肌

▼ でる~ (2, 0.1%)

1 の中, を見た

▼1* [561件]

でるわれな, でるあいつなんか怖, でるあまりに多くの, でるあらゆる思念が, でるあんたの氣持, でる軽い痛み, でるいろいろな物, でるいろんな皿を, でるいわゆる優秀者どもであった, でるうち彼は淋しい, でるうつかりすると, でる北山が, でる人です, でるおりには現に, でるおれがばか, でるおれたちは早く, でるお上さんは家, でるお喋り坊主から今晩, でるかが知りたくなった, でるかとさえ思われるくらい, でるかなり低い防寨, でるかな物荒物野菜などは鬼, でるかまでくわしくきいた, でるからってとてもその, でるからなどと終列車で, でるからに外ならない, でるがら自分だけは意地, でるきりで感情, でるきれいな顔, でるぐらいならこの, でるけど科学の, でることぢやない, でること奈々ちやんや, でるこれを力, でる亭主の, でるしかし根が, でるぜって云うからね, でるその大きな四輪馬車の, でるそれら一連の山岳, でるぞといって, でるぞなもし, でるただ一句で, でるため木見家の裏手, でるだけに単なる学生, でるだけよだから安心, でるだれとも交際, でるつていふの, でるつてぢやない, でるつらい思いを, でるえと, でるといった恰好だった, でるときカギをかけなかった, でるときバクゼンとそう, でるときピカ一はまだ, でるとき主人にそう, でるとき伸子と素子, でるとき婆アが茶, でるとき我等は我等, でるとき私は廊下, でるとき穂積のところ, でるとき馬にまたがっ, でるところ大将が頬杖, でるとさ長いと, でるとさえ思われたの, でるとて暫しの, でるとでも思って, でるとともに何時の間にか吹きはじめ, でるどこから見, でるどころじゃない, でるどころかいままで, でるどの車も, でるなんざあ気の利かねえ, でるなんざアあまりお前ひどいぢ, でるに際して深く期した, でるねえ氣取つたつて駄目だ, でるのにわざとゆつくりおつりを数え, でるのみだった, でるのよと足を, でるはてめんような, でるばかりにでもなって, でるひとあちらに住んでる, でるひとり者の花, でるほかには詮方無し, でるほどの事で, でるほのかなばら, でるぼんやりでもなん, でるぼろしの, でるまでにはぎとられ山人大, でるまでには行きませんでしたよ, でるまでにもずいぶん手間どっ, でるまでねきみは, でるまでのところに, でるままにその, でるみどりのお, でるもの数組を見かけた, でるやっと這って, でるやつらをしかりとばし, でるゆえんを今, でるゆとりをもっ, でるよって文学中毒起してん, でるよりはましです, でるよりも云って, でるなむ, でるんざいますと, でるアーダの生あたたかい, でるオモムキがある, でるオルガニストのクレブス, でるクールフェーラック追いつめられてる少年, でるグラチアの半, でるグルズスキーが撫で肩, でるシャガレ声の一ツ, でるシャブラン少佐に願っ, でるジョンドレットというあわれな, でるスレートぶきの, でるセキもなかっ, でるチビコは風邪, でるチュウことも決して, でるて叱られ, でるドアを内, でるパパとママ, でるパリー人を君, でるフランスの敏才, でるブリキ屋が室, でるプーシュキンの頭, でるヘラクレス神アリストファネスに目, でるベドゥインは概して, でるベリーの公妃, でるペンでしまいに, でるボートは大, でるポプラの繁つた砂丘, でるマブーフという爺さん, でるミルハがいっしょ, でるメタン瓦斯の泡, でるモドキを大国主命, でるユダヤ人らのフランス感情, でるリュシアン・レヴィー・クールの蒼白い, でるかたまりの, でる一つの死体, でる一個白面の少年, でる一同の後ろ, でる一小島に過ぎない, でる一方で二年目, でる一方あちらこちらでは既に, でる一日だった, でる一種の大きな, でる一羽の鵞鳥, でる一脈とは何ら, でる一途であつ, でる三人の者, でる三味線に合わせ, でるに前夜, でる上院王の馬車, でるのとこ, でる不気味な猫, でる不都合な形, でるを霜氷, でる丘陵の青い, でる両手裂けたりっぱ, でる丸の内のオフィス街, でる二匹の山羊, でる五十銭の弁当, でる人垣をじろりと, でる人形は欲しく, でる人影は見えない, でるだもの, でる代りに新, でる代表的人物の中, でる以上は例へば, でる以上國務大臣もじ, でる仲間の鴉, でる伯父夫婦の店, でる低い川岸と, でるかを一心に, でる作者の心理, でる侍衆を十人以上, でる供待の間, でる依子の小さな, でる便利のため, でる傍ら小遣取りに小説, でる傾向がある, でる僕のからだ, でる兄さんの気組, でる兄息子様でおいでまつ, でるに帯, でる先生だから, でる八重子にはへん, でる公孫樹に足, でる六階からは他, でる兵士や民兵, でる兵隊がまあどう, でる内山昌二という画家, でるしい夜気, でるにはちっとも, でる刑事事件もない, でるの中, でる看板圓太の, でる刻限だと, でる労働者らの方, でる勇気がわき起っ, でる動きはうつ, でる十間ぐらい歩いた, でる刻ほど, でる半身魔眼を見張っ, でる卓子の一つ, でるな顔, でる召使だ, でる可愛いい口元に, でる右手の方, でる司教の静か, でる各階無数のガラス窓, でる吉村篤史の眼, でるも知らない, でる名前なん, でる向こう側の行列, でる吾妻川の上方, でるくらいで, でる和やかな春, でる和服の下半身, でる和洋雑多な書籍, でる和田呂宋兵衛がきのう箱根, でる哀傷の人生, でる哀愁の如き, でる品物だ, でるを相, でる四十四五の年配, でるに自治, でる国土の肉体的, でる土地を買った, でる土管は内径, でる土間があり, でる土間それに続い, でる場合には不正, でる士官を刺し殺した, でる机を, でる大勢の人, でる大原女が散りこぼし, でる大工職のひと, でる大木と社殿, でる大空の色, でる天然の気品, でる天界の理想国, でる失望の色, でるの深く, でる女中の声, でる女人がありまし, でる女商人の群れ, でる女達の丁度, でる奴等は金, でる奴粂吉の惡戲, でる奴隷にはよい, でる好戦的な外交, でる妊婦の朧ろ, でるとか妹, でる姉さんが, でる始末芝居もへったくれ, でる姐さんを聘, でる娘さんじゃア, でる孤独な魂たち, でる安藤繁太といふ奴, でる実在説は一切眉唾物, でる家々は多く, でる家庭はあまり, でる宿屋それから其後ろ, でる富有な女, でる小さな人家は, でる小娘のよう, でる小山山裾の竹林, でる小説の中, でる尼僧にたいして一種, でる屈辱をせめて, でる山雲のよう, でる岩陰にかたまっ, でるや誰, でる島村さんの身体, でるに清水, でる巨大な猫, でる平和な時計, でるの若い, でる幽霊のよう, でる茫たる, でる広場にはいろんな, でる広間だった, でるに熔岩, でる廊下の境目, でる役者は舞台, でる彼等の多く, でるから木陰, でる心持もなかなか, でる思想を植えつけね, でる思考のこの, でる性質のもの, でる悲しみ牧師やユダヤ人, でる悲壮な熱意, でる情想の主題, でる想念の数々, でる感情もあった, でる感慨を歌, でる懇意な女, でるる, でるを叩いた, でる手合計しで, でる手続きを取らせ, でる掘割と寂しい, でる故人を攻撃, でる教会は戦慄, でる文學中での特に, でる新鮮な牧場, でる方面へ出かけ, でる旅人のよう, でる日本人はございません, でる日露戦争に勝つ, でるを告げた, でるの季, でる時ぢやありません, でる時まことの生, でる時アどうだ, でる時一団のフランス俳優, でる時代に生きてる, でる時刻は夕方, でる時十七八歳の商店員, でる時女中達まで皆, でる時室生君がやつ, でる時期であっても, でる時私がそれ, でる時茂太郎は笛, でる時計にもし, でるには一人, でるにその, でる暗夜におおわれ, でるを横目, でる書類入れ鞄をかかえた, でる最中二度ばかりも停電, でる最終列車に後部車掌, でるがでる, でる有様白そうび, でる有様等詳細に観察, でる期間に次代, でる木更津船の形, でる未踏地がある, でるは必ず, でる本能的な反感, でるに入, でるは打たれる, でる東洋人の力, でるやお, でるの古木, でるのよう, でる受け網, でる棕櫚竹の一本, でるの前, でるの間, でるがある, でる模様ですよ, でるへドッカ, でる機会はある, でるの枝, でる次第です, でるを黙させ, でる正夫の着物, でる正直な家族馬車, でる武田の姿, でる死体だ, でる母親の日本髪, でる母親たちがいる, でる民族においてはそれ, でる気分が漂っ, でるがした, でる水一つは口, でる水面に森影, でるは祈祷, でるの縁, でる汽車だこんな, でる沈黙の中, でる沖合まで海, でる油これがよい, でる油煙はば, でるのなか, でる波止場の階段, でる洋封筒を手, でる洟汁とこみあげる, でる流れのほとり野うばら, でる清らかな河原, でる清水を布, でるの表面, でる漁師の子たち, でる澤山の機械, でるは笠松, でる火鉢は何処, でるにあった, でる無意味な憎しみ, でる無謀なヴォードヴィル作者サルドゥー流, でるがでる, でる父さんと母さん, でる父親が二週間, でるもよい, でる牡丹の蕾, でる牧場また村, でる牧師らに彼, でる物すごい庭の, でる物の怪ではあるまい, でる物凄い堰の, でるのよう, でる狙撃戦列兵や街路, でる狭い石畳の, でる狼団といふえらい, でる猟犬のよう, でるは無神論者, でる猫柳の芽, でる獰猛なオセロ風, でる生つばがわく, でる生者がある, でるのもの, でる由僕ってもの, でる男クリストフからなぐり倒された, でる男女の姿, でる町猫が人間, でる病人がその, でる痛みをうけた, でる発知川と川場川, でる百姓らを憎悪, でるは絶えず, でる盲者等は, でる相手に意見, でる真中にただ, でる真白な美しい, でる眼付を見て取った, でる瞬間にたおれる, でるを見はり, でる知らせである, でるのため, でる石畳の広い, でる社会がはたして, でる祈祷所がある, でる祖母だつた, でる神秘を恐れた, でる神秘的な感じ, でる移住民の奥さん達, でる積りなん, でるを知っ, でる穴狙いにかぎる, でるにそ, でる空気が横町, でる窮民たちである, でる競輪場だと, でる竹童もきょう, でる筆先に歌, でるという噂, でるはない, でるは僅か, でる米兵の足, でる米国で名うて, でるは, でるをほか, でる純潔な燃えたった真裸, でる紙屋でトルーイヨー, でる紙片を分類, でる細やかな髪の毛, でるを描い, でる総ての化粧品, でる美しい入江を, でる美妙な指, でるがあった, でるがあつ, でる習慣でした, でるへもなかつた, でる者どもがかって, でる聴衆をもなぐりつけた, でる肉体は厚ぼったく重々しく, でるなどを久七, でるや張りきってる, でる能力のある, でる舗石を自然, でるはありません, でるはない, でる色白の顔, でる若者の姿, でる茂みの向う, でるの花, でる菊千代の足先, でる明るみに, でる薄明の境, でるはオナカ, でる藁屋のなか, でる蚊絣の着物, でるだ, でるのやう, でる蜘蛛の糸, でるが物, でるの縦列, でる街角へ行った, でる街路がみごと, でる衣裳であるから, でる西洋人らに日本, でる見世物小屋の前, でる見込みがあったら, でる親戚一同のうち, でるのところ, でる言葉は聴く, でるでは, でる証拠だと, でる詩人の霊感, でるじゃ新九郎様, でる話声だった, でる読者に対して一足飛び, でる讃礼の声, でる豪気な男, でる赤塗りの鳥居, でる趣きがある, でる迄には四日も, でる近代の人々, でる途中の小川, でる遅生れの小雀, でる道理大きく言え, でる遺族のなか, でるをヨ, でる酒場などへは足ぶみ, でる酢クリームをかけた, でる醇良な汁, でる金入を着物越し, でる金持の考古学者, でる金策に苦しみはじめた, でる金網をつき破った, でる金脈だとばかり, でる金色の輻射線, でる銀座裏にネオンサイン, でるをこわす, でる鐵管の栓, でる門内のあき, でる間それを読ん, でる間他人の室内, でる間室の扉, でる関所札をあげ, でる隠密な嫌悪, でるのすべて, でる電燈の光, でる電車も何もかも, でるの中, でる青森の山々, でる静かな街路, でる静安な眼, でる静寂の中, でるに涙, でるを反らし, でる顔つきを見, でる風景には微笑ましい, でる飲屋があった, でるをき, でる餉台で皆, でるをみはった, でるだってあの大きな, でる馬車が絶えま, でる高い天井幾つかの, でる高木君はあなた, でる高砂社の玄関先, でる魔性のもの, でるは深い, でる鮮血が自分, でるを見た, でる黄色い霧の, でる黒塗りの四角, でる黒血の中