青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

とにかく~ ~とめ とめ~ とも~ ~ともかく ともかく~ ともに~ ~とられ とられ~ ~とり
とり~
~とる とる~ ~とん とん~ とんだ~ とんでも~ ~どう どう~ どういう~ ~どうか

「とり~」 4453, 48ppm, 2425位

▼ とり~ (500, 11.2%)

14 行って 12 来て 11 行った 8 行くの, 行つた 6 きて, 来る, 行きました, 行くこと 5 ゆくの, 来たの 4 なって, 來た, 行くと 3 ゆくと, 出かけました, 行く

2 [27件] いくため, いって, いつて, きたの, せめられ子供, なつた, やって, ゆくこと, 入って, 出たきり, 出掛けた, 台所へ, 奥へ, 寮の, 帰って, 来た, 来たが, 来たって, 来たところ, 来るの, 来るよう, 行く時, 行こうと, 行ったこと, 行ったり, 行った時, 走らなければ

1 [338件] あがって, いかせなくても, いかれる, いきました, いきましょうか, いく, いくの, いくよう, いく懐剣, いく相談, いったこと, いったの, いったら, いったら琵琶, いった女中, いつたとき, いつたり, いら, いらしたの, いらっした時, いらっしゃるし, うき身, おいで, おいでに, おしたて, おやり, おらも, おりた, お豊さん, かえります, かえるの, かかった, かかって, かかる, かかるよう, かにを, きた, きたが, きたこと, きたのよ, きたもの, きたわけ, きた五万円, きた奴, きた時, きましたが, きよった, くる, くるかも, くるだろう, くるつもり, くるの, くるよう, くる女, くる男, けりまこと死, ける, こいと, こないの, この山, さし上, させられた, さつきの, した, して, しても, しようか, しようと, すぎなかったの, せがれを, そこまで, その身, たかちゃんが, ついて, つかうもち, つかったおじょうさん, でかけた, でかけたわけ, でかけた坊主, でかけた男, でかけるん, となりの, なつたら, ならずまた, なられたばかり, なりました, なりません, なるだから, なると, なるなれば, なるやう, なれませんでしたか, ぬいもの, はいりました, ひつかけ, ふとつた老人, まいりましたの, まいりまして, まいり候ところ, まかせた安易, まわり午後じゅう, やってきたの, やってくるの, やって来たの, やって来る筈, やつた, やつて, やと, やらせられた話, やりけるに, やりて, やりました, やりましょう, やり大辻, やる, やるやら, やるトマト, やる向こう, ゆききのう二十六日, ゆきました, ゆきましょう, ゆきます出すの, ゆく, ゆくとき, ゆくよ, ゆく伸子, ゆく時, ゆく船, ゆけなかったの, ゆけるとお, よこしたり, ろくな人間, わざわざ紀伊国, カテリーナ・リヴォーヴナを, キツネが, レストランへ, 上つて行つた, 上京した, 下って, 下りて, 事務室の, 事務所へ, 五六匹の, 他念の, 使つたのです, 使ひ, 使用する, 來て, 來ました, 來る, 働く姿, 僧正谷を, 入った, 入らうと, 入られて, 入りこんだもの, 入ろうと, 出かけその, 出かけた, 出かけたが, 出かけたっけ, 出かけたの, 出かけて, 出かけながら, 出かける, 出かけ面白く, 出たお爺さん漁師, 出たこと, 出られるやう, 別の, 化粧室に, 医者の, 厨の, 去った彼, 参ったり, 参られますから, 参りました, 参りますから, 吉田さんの, 吉蔵が, 外国から, 奧の, 定めたん, 室を, 寄り添, 小屋に, 小淘綾, 小田原へ, 山に, 山を, 帯を, 帰つた, 帰つたの, 帰ると, 帰るとしても, 座敷に, 往かに, 往く時私, 往った, 往つたと, 忙しいくび, 戻った, 押しよせるは, 探りみるべく, 放二, 日参させ, 日野まで, 書生さんは, 来いその, 来いと, 来えへんの, 来ず, 来たという, 来たとり, 来たに, 来たので, 来たもの, 来たよう, 来たら今, 来たん, 来た犬, 来た記者たち, 来た鳥, 来ない, 来ないが, 来ないという, 来ました, 来ません, 来るかも, 来るから, 来るが, 来るぞ, 来るつもり, 来ると, 来るという, 来る百円, 来る看護婦, 来る若い, 東の, 東片町に, 森まで, 歩く時間, 江戸城へ, 池に, 河や, 泳いで, 泳ぎわたるガルーダ, 海士が, 渡りましたところ, 湯島一丁目まで, 物置へ, 独りで, 率いられて, 現れた不思議, 田圃へ, 畑の, 登った, 相馬山に, 私は, 立ちました, 立ったまま, 立った大矢捜査主任, 立って, 立てようという, 立とうと, 縁さきに, 置いて, 膝を, 舞台に, 舟に, 若い青年, 行かないかと, 行かねば, 行が, 行き, 行きかけて, 行きすぐ, 行きたいと, 行きたいのに, 行きますからね, 行きませんよ, 行き何十匹, 行くから, 行くとき, 行くところ, 行くどて, 行くにも, 行くので, 行くん, 行く元気, 行く口実, 行く名画, 行く風, 行けば, 行ったついで, 行ったはず, 行ったまま, 行ったもの, 行ったらとうもろこし, 行ったらはり出し, 行ったら七時半, 行ったら僕, 行ったら同様, 行った帰り, 行った物, 行った男, 行った老婆, 行った途中, 行っても, 行つた女でございます, 行つた帰りに, 行つた時に, 行つた話に, 行つてウィスキー二本と, 行つて呆れ, 行つて花合戦を, 警察へ, 負けて, 走らせた者, 走らせ予定, 返つて, 這入る, 通ふ, 過ぎなかったこと, 遺つた, 里子を, 降りた, 階下の, 階下へ, 風呂場へ, 飛び込んで, 飛んで, 食われたん, 食堂へ, 駅の, 駈けだして, 駈けだす, 駈け出して

▼ とり~ (394, 8.8%)

9 眼を 8 濡れて 5 暖かく感じさせ, 眺めて 4 して, 塔の, 夜露に 3 した, する, なつて, 目を

2 [30件] あたま, お互に, したうるほひが, した感触, した感觸, した気分, した空氣, その眼, ながれこむ, ぬれた猫柳, ふくらんで, まりない, まりの, まりは, 一つ反動を, 云った, 交驩し, 幽かな, 戸を, 朝露に, 水に, 水気を, 耳を, 苔の, 落着いた, 重みを, 間どり, 静まつ, 音が, 額に

1 [283件] あたりへ, あの山, あの青空, いい気持, いろんな方がく, うつくしく, うるんだ眼, かすめて, ききとれたもの, けんかを, この御, さすもの, させたま, させて, させられること, させるやう, さびしいいろ, したやり方, したよう, したり, したるところ, したアトモスフェア, した一種, した上句, した六月, した口調, した古風, した声, した大, した婦, した小春, した幽愁, した心, した心持, した情愛, した手触り, した暮靄, した曇り日, した気持, した氣分, した水気, した深い, した湿り, した火山灰質, した片足, した盃, した目つき, した眼, した眼付, した粘液質, した脂汗, した血, した襦袢, した貴女, した静寂, しちや, しめつた大地, しめりの, し時に, することさ, するやう, する時, せい, そのとき, そのよごれた, その光景, その底, その歌, その空, その美しい, それを, たつた草, たまりました, ついて, ついてる焦げ色, つき当り格子戸, つめたいもの, とりかこみ, なすり付けて, なったからには, なったの, なって, なにものかの, なりながら, なり中津藩, なり前, なり右, なる, なるの, まりなき, まるで一生涯, みつめるやう, みとれて, みぬ秋, むることの出來る, めの, もう一枚羽織, もち出し, ハンモツクの, 一つ揺れた, 一面青苔に, 下から, 乳を, 乾いた庭, 云う五十歳, 云ふ, 京都風で, 人の, 人肌の, 今は, 今までの, 今浮き, 余念を, 傍から, 先から, 光つてゐました, 其の靄, 冷たく動い, 冷めたかつた, 動いた, 動く, 匂つてゐる, 包んで, 化粧されたる, 厚味を, 又漠然と, 口を, 口論ばかり, 叩くもの, 同じぐあいに, 吐き出されて, 執念ぶ, 夜気に, 夢見るやう, 居眠りで, 居着くところ, 居睡を, 幸福さうな, 床に, 床板につき, 影を, 彼女の, 心に, 心にも, 心の, 心を, 手に, 押へ, 拍子にか, 拍子を, 拡がつて, 掌を, 揺れぎしぎし, 揺れた, 日が, 月を, 朝の, 朝日を, 朝露の, 木の間木の間に, 来て, 松も, 枝を, 染み出るの, 桃の, 案外に, 歩を, 水けを, 水氣に, 汗ばみ其處, 汗ばんだ彈力, 汗ばんで, 汗を, 沁みでたやう, 沈んで, 沖合に, 油じんで, 沾んで, 浜朝顔の, 浸み出て, 涙ぐまさうと, 淋しい街道, 湿つて, 湿気を, 滲み出た不気味, 漂つて来る, 潤ひ, 濃い雲, 濃く石鹸, 濕つた悲嘆が, 濕ほす, 濡らして, 濡れ, 濡れさ, 濡れた花房, 濡れにじん, 牛肉の, 物音が, 珠玉の, 盲い, 真黄色, 眠りゐし夫, 眺められる径二尺, 眼に, 睡たさうな, 睡り入, 祭壇の, 私の, 素肌迄, 縺れ合つて, 置いて, 羨望的に, 聞いて, 聞きとれるの, 肌に, 腫れて, 膏油や, 自分の, 花瓶とを, 草や, 萎へ, 落ちたの, 落ちついた灰, 落ちついて, 落ちつづけた, 落ついて, 落付い, 落付いた, 落着払つて, 著心地がよ, 藍いろ, 血が, 袖へ, 見あげて, 見て, 見とれて, 見入つた, 見入つてゐる, 見入る風, 見守つて, 見惚れて, 見開いて, 視線を, 話しつづけた, 調子づいて, 警部の, 赤の, 赤黝い, 身に, 車体が, 軒の, 転す, 遠くに, 遠くへ, 酔うて, 酔った心地, 重く暗い水面, 野村に, 長い階段, 閃いて, 闇に, 降りだして, 雨が, 雲を, 零れて, 霑つてゐました, 露, 露に, 青い植物, 青藍の, 音を, 頤髯一面な, 額や, 顏を, 飄逸な, 首を, 香油を, 駄馬の, 駕を, 鳴る, 鳴る単音, 黒髪を, 鼠の

▼ とり~ (392, 8.8%)

13 直さずこの 8 直さずその, 直さず日本 6 なおさず 5 なおさずこの, なおさずその 4 直さず, 直さず彼 3 なおさずあの, 直さず又, 直さず問題, 直さず意識, 直さず文学, 直さず有, 直さず私, 直さず第

2 [17件] なおさず彼, なおさず彼女, なおさず私, なおさず自身, なおさず貴方, 直さずお, 直さずそういう, 直さずそれ, 直さずと, 直さずカント, 直さず一つ, 直さず主人, 直さず今日, 直さず彼自身, 直さず歴史的運動, 直さず片, 直さず自分

1 [281件] あへず, しないで, しなけ, し言明, せずに, せず座席, せで, つけて, なおさずいずれ, なおさずお, なおさずお前, なおさずこれ, なおさずそれ, なおさずやつら, なおさずゆたか, なおさずより, なおさずわたくし, なおさずわたし, なおさずわたしたち, なおさずわれら勤労大衆, なおさずわれわれ, なおさずイワン, なおさずカント, なおさずクニットリンゲン, なおさずジャーナリズム, なおさずソヴェト社会, なおさずベルリン, なおさずヨーロッパ, なおさずルナチャルスキー, なおさず一家, なおさず一生, なおさず世界平和, なおさず乃公, なおさず予定, なおさず五百石, なおさず人民, なおさず人生, なおさず人間そのもの, なおさず作者, なおさず俳句, なおさず働く人々, なおさず儀右衛門, なおさず先生, なおさず全, なおさず内容, なおさず前進, なおさず労働, なおさず化膿, なおさず双方, なおさず和歌, なおさず嘗て, なおさず国難, なおさず地球そのもの, なおさず地球文明, なおさず外見, なおさず大, なおさず天職, なおさず妾, なおさず婦人, なおさず家庭, なおさず家族制度, なおさず帆村探偵, なおさず平民, なおさず幸運, なおさず広汎, なおさず当時, なおさず御, なおさず徳子, なおさず我先覚, なおさず手足, なおさず文学, なおさず日本, なおさず日本政府, なおさず時候, なおさず書庫, なおさず死, なおさず殺人者, なおさず母, なおさず治外法権, なおさず犯人, なおさず現場, なおさず現実, なおさず現実世界, なおさず理性, なおさず生きたよい, なおさず生きた夫, なおさず生涯, なおさず男, なおさず盗むこと, なおさず神, なおさず私自身, なおさず臣, なおさず自分, なおさず良寛様, なおさず芸術, なおさず西洋, なおさず解放, なおさず農民, なおさず過去, なおさず都会, なおさず鏡, なおさず階級社会, なおさず電気, なおさず風土, なおさず高座, なおさず黙つて飯, はいつた, ゆすりと, 參らず, 始めた, 来て, 来なければ, 無しサイン, 直おさず, 直さずあたし, 直さずあなた, 直さずあらゆる, 直さずうた, 直さずこれら行進, 直さずそこ, 直さずそれだけ, 直さずに, 直さずのろ自身, 直さずわし, 直さずわたし, 直さずイデオロギー, 直さずケンタウロイ, 直さずファッショ, 直さずフリッシュアイゼン・ケーラー, 直さずブルジョア哲学, 直さずブルジョア独裁, 直さずプチ・ショウズ, 直さずプロレタリア作家, 直さずプロレタリア文化運動, 直さずリッケルト, 直さず一般生物学自身, 直さず丁, 直さず世界平和, 直さず世界自身, 直さず二句, 直さず人間精神, 直さず今, 直さず仏陀世尊, 直さず他, 直さず作家自身, 直さず信念, 直さず個人, 直さず個人的論理, 直さず停留所, 直さず先程, 直さず全, 直さず全く, 直さず其學風, 直さず其神, 直さず内容そのもの, 直さず出来たて, 直さず判断, 直さず割烹, 直さず動いて, 直さず十九世紀後半, 直さず却って, 直さず只一点, 直さず同時に, 直さず吾, 直さず哲学, 直さず商品概念, 直さず四十年前, 直さず因縁, 直さず固有, 直さず国民生活, 直さず在来芸術, 直さず塩, 直さず大, 直さず大祓式, 直さず夫, 直さず女性, 直さず妾自身, 直さず始め, 直さず孔雀王経, 直さず存在, 直さず存在者, 直さず宗教, 直さず官女, 直さず実証, 直さず客観的観照, 直さず家庭, 直さず富みについても, 直さず常に, 直さず幾何学, 直さず幾何学的座標, 直さず弁証法, 直さず弁証法的, 直さず彼女, 直さず彼等, 直さず後者, 直さず後醍醐帝, 直さず従来, 直さず御坊, 直さず心理的, 直さず我々人間, 直さず批判主義, 直さず技術, 直さず政治上, 直さず文学的範疇, 直さず文筆上, 直さず料理, 直さず新聞, 直さず方法, 直さず日本全国, 直さず日本文学, 直さず旧, 直さず最高, 直さず未知, 直さず本来之, 直さず校長さん, 直さず次, 直さず正成, 直さず正統, 直さず歴史的時間, 直さず歴史研究, 直さず母, 直さず氏, 直さず民主, 直さず津田, 直さず漠然と, 直さず物理学的, 直さず物質, 直さず現に, 直さず現在, 直さず理解, 直さず理論的, 直さず環境, 直さず生, 直さず生きて, 直さず生活, 直さず生物, 直さず田, 直さず画家福田平八郎, 直さず痴情, 直さず直ちに, 直さず直観, 直さず直観形式, 直さず相対主義, 直さず真心, 直さず真理, 直さず矛盾, 直さず社会学的, 直さず社会的, 直さず神, 直さず私たち, 直さず私たちすべて, 直さず科学的精神, 直さず穀神, 直さず空間, 直さず空間表象, 直さず立場, 直さず精神的, 直さず純粋直観, 直さず職人性, 直さず自然哲学, 直さず自然科学, 直さず自身, 直さず般若, 直さず若かっ, 直さず茲, 直さず菩薩, 直さず藷, 直さず虚偽, 直さず西洋思想, 直さず解釈学, 直さず言霊亀板面, 直さず計量, 直さず認識論, 直さず論理的構成, 直さず貴様, 直さず質料的, 直さず軍隊的組織, 直さず近衛内閣, 直さず順次, 直さず魯西亞人, 餘りほめた話し

▼ とり~ (313, 7.0%)

4 行く人 3 それは, 胸に

2 [13件] この上, なげかむ, 一の, 何よりも, 信仰の, 前に, 居ずま, 我を, 此等の, 濃染, 真実の, 行きて, 重大な

1 [277件] ああいふ事, あいはげむべきなり, あえて軽々しく, あつめて, あまりに鋭敏, いづれか, いひけるは, いましは, いよ, おもて, おもむろに立て, かけがえの, かさ, かざしつらく, かれら, かんのう, くれたり, この仲裁講和協会, これは, これほどの, これを, こんなし, こんな冥加至極, さすがに, すてたり, すべて空なり, その二, その政略, それが, たまわれと, つくれる型, ともに上る, どれ丈の, どんなにも, はなはだ引き立たぬ, ひしいで, ひとか, ふくめば, まことに意外, またこれ, またも恥づべき, また例刻, また暫し, みだりに花鳥, みづからこれ, むしろ有害無益, もろ, や, ゆく子, わが名, わが唇, わりくだけるなりけり, われかつて, われに, ゐたり, アートレ, クリストに, コオーン目がけ, ヂュウスの, 一二滴を, 一大事でございます, 一大事件と, 一方には, 一篇の, 下に, 並びなき大, 五月雨わ, 亡児真一に, 亭主にか, 人に, 他人には, 体育養生の, 何か, 何よりの, 何より困難, 何より身, 何より難, 何等の, 信じたてまつらんとも, 信心に, 像を, 價値の, 兵船の, 兵車を, 其思想を, 其戰車, 再過去, 分け入る山, 切っても, 前韻, 勞働の, 勢猛く, 包むと, 即ち解脱, 却て, 名とな, 呪文を, 味甚だ, 善かるべし, 嘆かな, 嘆かむ, 四方より, 土に, 地に, 地上生活の, 墓を, 壘上高く, 夏の, 大々的障害である, 大道を, 奮ひ, 嫌うべきもの, 孔雀の, 学ぶべきところ, 実用的価値を, 寛ろぎぬ, 實に, 幸福な, 幾分でも, 引き上げ, 引き出されしよう, 引き立つれば, 彼に, 彼の, 徐々として, 得意と, 得意な, 心の, 必要欠くべからざる, 思を, 思出多い, 恐悦の, 恥ずべきこと, 愛の, 愛女の, 懷中し, 我が, 我が北の方, 我が朝餉, 我に, 投げて, 折れ慕利延, 折れ慕利延これ, 持ち撃ちたまひ, 放たず衆, 放ちに, 敵陣の, 文學は, 斯うし, 新たなる, 昔と, 晴れの, 曰ける, 書きたる文, 最も不運, 最も恐るべき, 最も理想的, 最も痛切, 最大の, 最後の, 望外の, 朝の, 木枯の, 来たり, 来む, 来れ, 棚に, 正に意外中, 正に誂向き, 歩かせば, 歩まん, 死なりし, 死者來れ, 母子もろとも, 汝は, 汝ら屠るべし, 泣く人, 注ぎて, 注意せね, 活物を, 消えうせぬ, 漸く五人, 濃霧の, 焚くらむ栗, 無上の, 片唾, 特に興味, 独り静に, 甚だ高, 甲板を, 申すほか, 異なる秘蔵大事, 発達す, 盟ひ, 相撲かな, 盾を, 真に有難い, 着物の, 石などへ, 示しつつ, 秤れ, 種々な, 窺ふ, 竈馬の, 竹を, 笑らぐ赤ら頬夕餉盛る, 第一, 筆を, 精神的再生を, 糸の, 結局, 絶好の, 職に, 脇に, 脱走し, 膚軟らかく, 自ら吾型を, 自ら責むるの, 至高の, 興味の, 舞台へ, 船の, 色明きに, 花かげに, 茄子を, 草紙と, 菜飯たかする, 菜飯たたかす, 落すは, 血を, 行くまで, 見たきやう, 見たるが, 見る, 見るに, 見れば, 見小間使い, 見送の, 親しかりし, 言句を, 記憶力を, 詫言申せし, 財源の, 貴重の, 赤く野火, 身に, 身を, 軽く銀椀, 農業する, 逃げつ, 透かしぬ, 連日大, 進まんこと, 進みぬ, 進み出で, 進み行き, 進む, 過去五年の, 酒を, 重要な, 重要に, 金を, 釣魚の, 随分一難事, 障害と, 隨へ, 零である, 静かに, 非常なる, 鞭つ, 風に, 食し遂に, 食ひ, 食べる, 鹿島灘上に, 麦は, 黒き胡蝶

▼ とりながら~ (191, 4.3%)

4 見て 3 何か, 言った, 青い粘土 2 出て, 目を, 私を, 虎之

1 [170件] あかりの, あさひは, あるひ, いきなり医者, いぶかしさうに, いよいよ飴, うろつき廻り新聞, おれたちの, お話を, かけつけ二人, きれいな, くるりくるりと, こういう御託宣, こうしてそれでも歩, こう云っ, ここの, この拳, これ等の, ごく不規則, ごく静か, しかも絶えず, しきりにじれ, じっとそこ, すぐその, すすむん, そうした浮世, そこの, その実, その茶碗, たたいて, だんだん早く, つい忘せ, つかず離れずって, なお名ごり惜しげ, はいらなければ, ふっと視線, ふと博士, ぶっきらぼうに, ぶつきら, もううす青い, やらなくては, やらねば, わざとさわがぬ, われぞ, ウットリとして, コンクリートの, サクリサクリ, サト子の, スイ, ノーマ号の, フランスの, モレロは, 一口飲ん, 一台の, 一同と, 一枚を, 不敵にも, 世間話に, 両脚を, 久我の, 二言三言の, 云った, 京謡を, 以上の, 何ちふ, 側に, 兄と, 先に, 出すの, 切りに, 別の, 前進した, 危なさ, 参ったであろうが, 取り巻いて, 古本みたいな, 叫んだ, 名まえ, 土間に, 声を, 大きく歪曲, 室の, 宮女たちに, 家の, 寝乱れ髪の, 小ごえで, 小屋へ, 尚女中, 山を, 座を, 彼女に, 怪しげに, 愉快な, 意気を, 感きわまった, 戻つて, 手綱を, 探検団の, 支隊, 斯んな, 新十郎, 時々自分, 暫くは, 木之, 果してあなた, 案内や, 椎の, 極めて平凡, 次から, 歌いはじめました, 歌ひはじめました, 此方に, 歩行するじゃろう, 母の, 民部に, 沢山の, 洲股の, 海舟は, 深い憐れみ, 無邪気に, 父の, 玄関に, 甲高な, 畑の, 直参旗本早乙女主水之, 眺望に, 礼を, 秦は, 立ちあがって, 笑うん, 第三金時丸, 答える, 節おもしろく, 細い足, 綱渡りの, 翌日の, 肩を, 脱出する, 腰を, 臥床の, 茶の間を, 菩提樹の, 衆生の, 行列し, 観るもの, 言いました, 読みはじめた, 読む, 読んだり, 諸国の, 謡うが, 貞淑な, 赤い可愛いかっこう, 越後の, 近づいて, 返事を, 這入って, 這入つて, 逼ひ廻らせ, 運動も, 部屋の, 重なる, 金五郎は, 陽氣に, 隅の, 飛ぶ, 飛ぼうと, 飲水を, 馬車の, 鼻唄を

▼ とり~ (163, 3.7%)

3 ような, 中に, 小さな窓 2 ことを, こゑ, 吹雪の, 底に, 海と, 煤けた櫺子

1 [142件] あしに, あし巨大な, あみを, あるさ, あるまばゆい, あるシャツ, ある人情味, ある着物, いち歳の, うたを, え, おかみさん, お婆さんは, お武家衆, お母さんは, お礼に, かんて, きえゆけば, きびしさ, くせに, しない島, たまご, ために, ついた赤い, ところへ, はなしを, はねを, ひな, まち, まちに, ようです, れふし, エンジンを, ガラスの, サムライかも, トサカの, ドレスも, モオニング・コートを, 上に, 下拵え, 下窓, 世界に, 人たちが, 仕業でない, 何百倍も, 冷たい鉄棒, 加勢を, 卵が, 句も, 名づくし故, 名を, 名人が, 名人と, 唄は, 噂は, 坊ちゃ, 声自慢が, 大会や, 大親分, 天窓が, 天窓には, 女の, 如き心, 子供達に, 子孫だ, 安価に, 射撃練習中だ, 小船の, 小説を, 少年を, 山師に, 市こっちは, 帰りだ, 庄左衛門と, 底掻き, 後から, 後見も, 息子なんかの, 息子は, 手か, 手巾で, 文字を, 文言は, 料理を, 方を, 日には, 日の, 日扨も, 木乃伊に, 板に, 格子が, 棒が, 極限であった, 横窓が, 歌川先生には, 武士の, 池という, 浜或いは, 浦里の, 海, 海という, 海に, 独楽を, 珠に, 男だ, 男は, 癖に, 監督を, 目的で, 矢がすり見たる, 稽古を, 窓から, 窓が, 童に, 競争を, 経験が, 練習を, 群, 翁が, 若君, 苦心も, 荷馬車の, 行進と, 角を, 言いわけ役, 言葉を, 詰襟服普通の, 話が, 話を, 豆まきの, 足に, 転と, 軽業に, 辻びらを, 酒も, 鉄格子を, 面倒さ, 音も, 額を, 飛鳥の, 飛鳥壮夫が, 鼻唄を

▼ とりては~ (79, 1.8%)

2 すこぶる好都合, 多少の, 実に有難い, 狐疑し

1 [71件] おそらく自明的, かくおも, かくおもい, かなり重大, かのネッツーノ, この一言, この上, この予報, この摂, まことに何より安息所, まことに厄介, まむと, みづいろ, めでたいという, もともと精神, よほど珍しかっ, わが王, サガレン以北シベリヤの, ユウモアを, 一々びっくり, 一の, 一粒一粒の, 不慮の, 予が, 事実上か, 何となくうるさく情なけれ, 保守主義の, 偶然なる, 僧堂教育の, 優なら, 半生の, 危険人物であった, 又なく親しき, 名誉の, 多く得難い, 多大の, 夜半の, 実に絶大, 実隆の, 幾分漠然たる, 愛ほど, 敵国の, 是非とも, 是非祗候すべき, 時とともに, 普通の, 最初の, 極めて漠然たる, 歌が, 此が, 殆ど天与, 永遠の, 無差別, 無用である, 父と, 猛烈の, 用あらず, 神が, 罪であった, 耕作も, 至極もっとも, 虚無が, 衣脱, 衣脱ぎかえ, 誠に願う, 逆境に, 遊ぶこと, 郊外の, 金錢は, 饒舌, 鬼に

▼ とり~ (66, 1.5%)

7 して 2 やって, ラ, 願います

1 [53件] いつたもの, かけたとき, さけて, させられました, した, したすばらしく, しただぶだぶ, した幕, した覚え, すすめた方, するおばあさん, するとき, する他, する女, する娘たち, せねば, たくらんだ結果, つくるの, つけた男, つとめて, つれて, とり上げる気, なさいます, ほめちぎって, ほんた, もうしつくるほどに, やりだしたの, やり子, 仕よう, 仰ぎたく, 何百倍も, 先生もっ, 冬籠, 多く耳, 失うたの, 始め平ら, 悸し, 持って, 持つて, 業と, 殺しねんごろ, 物色し, 知らずに, 見えすかせて, 見せて, 言はせ, 買つて來て, 起しおどろかせては, 頼むからな, 願いましょうか, 食うつもり, 食べそこ, 食べに

▼ とり~ (54, 1.2%)

6 えっこ 5 ぶと 4 ぶとの 2 かつてゐた, かつて見た, ぶとは, へすすべ, へた, へる

1 [27件] えっこしました, えっこすれ, かつた, かつて私, さしつ, それさえ, それでなけれ, ぬる鎧, ひ, ぶとなど, ぶとなどという, ぶとみやまおだまきしきん, ぶとや, ぶとを, ぶと此家の, へすこと, へす勇気, へす氣, へたほんたう, へられ, へられたどちら, へること, へるため, へるとき, へるわけ, ァえした, 何かで

▼ とり~ (49, 1.1%)

3 ミイラに 2 する, どうした, 鴨緑江の

1 [40件] あった, あったから, あるから, あるよう, あわて, お日さま, しない, そんなこと, てぬかも, とんで, ないから, ないという, ない親類, なかった, なくあづま, ひ, ひなど, らし, 一羽すん, 住まうよう, 出来たの, 割込んで, 大へん, 失った家, 奨励された, 好物で, 専門の, 小屋入りする, 座布団の, 木乃伊に, 来表, 林町から, 玉子を, 目を, 終れば, 近頃自分, 開いたが, 集まって, 鳴きだした, 鳴きめじろ

▼ とりなし~ (45, 1.0%)

2 であった, なども手堅く

1 [41件] か神, が目, だ, だった, でいま, でお上, でござった, でどうやら, でやがて, で信長, で叡山, で巴里, で座, で彼, で後, で房吉夫婦, で謹慎, で高貞, といい, とはひろ子, とは不調和, などは巧み, などもあっ, なども御前, のせい, のつもり, のほどを, の儀, の分別, はかならず, は極, もござりましたろうけれども, もさる, も不思議, を, をかね, をした, をすがっ, をみせた, を仰ぎたい, 申すべし

▼ とり~ (44, 1.0%)

1 [44件] いふまでも, いらば, うれしくて, おほきいこ, こういった, しきり, しないからさ, しないと, しないという, しないん, しなかったろうが, しません, せぬ, せぬぞ, たいへんびつくり, たいへんよろこん, づしてゐたので電車で, づして袋を, づし暫く, なてる恥づべき虐, なれきって, みんな目を, むかしから, よい女, ッは, 一番に, 偶然の, 先日から, 出来ません, 千本桜にも, 又きのう娘, 取り高が, 大変かたかっ, 太鼓打ちや, 娘に, 得意でない, 海です, 父の, 生憎非常, 神, 肺でも, 草履とり, 蛤っ, 長い赤い脚

▼ とりかへ~ (41, 0.9%)

8 しの 5 して 2 しが, した, したい, しては

1 [20件] さうとして, さしたり, したいやう, したさ, したぞと, したの, したるが, した樣, した証拠, しつ, しに, しのつか, しのつかな, しました, しを, せ, た, たかと, たらば, られる

▼ とりとして~ (36, 0.8%)

6 ゐた 2 ゐると, 静まつ, 靜まつ

1 [24件] うちの, うれては, よく僕, ゐたお, ゐたが, ゐて, ゐるかを, 人の, 何でもおごる, 余計に, 名画の, 嬉しさ, 富岡の, 居ては, 居りますが, 居る, 折々何とも形容, 日を, 明けゆく空, 氣味が, 立つて, 粘る, 落ちつけられた, 螢に

▼ とり早く~ (34, 0.8%)

1 [34件] いへば, おびき出して, ごそくさい, しないと, その人別, てユカイ, て安全, て確実, と思っ, むかふ岸, もあれ, サヤの, マンマと, 一人前の, 下手人の, 云えば, 仕事を, 具体的な, 売れるもの, 外側から, 抜きとる実力, 明白と, 本筋を, 楽を, 演れる, 現金稼ぎを, 申せば, 納得し, 結着を, 見合いを, 話したらどう, 調査し, 談じこん, 野郎を

▼ とりその~ (33, 0.7%)

1 [33件] うちに, ためその, ために, とき祖母も, ほかに, ほか四十余名の, ポケットを, 一節を, 中央を, 人が, 力の, 地面へ, 壺を, 席へ, 態度は, 教師は, 方の, 望みを, 期間は, 杖を, 次の, 水甕の, 父の, 牙や, 生涯囚人として, 病院へ, 目方たのしむ, 結び目を, 翌日からは, 胸に, 言, 長を, 顔を

▼ とりさん~ (30, 0.7%)

5 と, は 2

1 [18件] いったい海, があひるさん, がくらい, がみえなくなりました, が砂遊び, とあひるさん, というよう, とにはとりさん, と二人, にいひました, にこのごろ, のお家, のお母さん, はいひました, はちびちび, はなかよし, はのんきもの, もひよつこさん

▼ とりした~ (28, 0.6%)

2 やうな, 気持で, 目を

1 [22件] しかし軽い, だらだら雨, のは, ふりを, 上ぐつをはいた王さまが, 人の, 人物の, 味が, 唇を, 壁かけの, 外光が, 女で, 少しの, 恋歌などに, 晩でした, 皮膚の, 眼つきで, 肌大きい, 蛤がね, 表情で, 語調で, 顔を

▼ とり返し~ (27, 0.6%)

8 のつかぬ 5 のつかない 3 がつかぬ 2 がつかない, はつかぬ 1 がつかなく, にやって来た, に参った, に来られる, に来る, もせず, 命ぜられたまま

▼ とりそれ~ (26, 0.6%)

1 [26件] から美しい, から間もなく, がにわかに, が募っ, が基準, にくるまり, にぺたと膝, に一心不乱, に主取り, に応じ, に自分, に血, に道誉自身, よりもなほ, をいきなり, をこの, をそのまま, をたたき, を下段, を十圓紙幣, を擬し, を柿, を確固, を私, を符, を自分

▼ とりつつ~ (26, 0.6%)

1 [26件] あったので, ありこの, あるか, あること, あるに, あるの, ある上官, ある四人, ある点, かえりつら, それが, へんな, 一二三一二三何遍と, 何か, 実は心理的骨格, 待つて, 我は, 果てた後, 槽の, 渦巻の, 灯を, 現実には, 進む様, 階級の, 飛鳥の, 黙々たること半時間あまり

▼ とり~ (25, 0.6%)

4 てゐた, てゐる 2 て居る

1 [15件] たり, て, ていた, ていつ, てくれよう, てし, てゐたつ, て了, て何だか, て明るい, て暫らく, て漆喰, て目, て窓, 踝まで

▼ とりもな~ (21, 0.5%)

4 ほさずその 2 ほさず

1 [15件] ほさずす, ほさず一般支那人, ほさず二洲, ほさず奇蹟, ほさず彼, ほさず心, ほさず文法, ほさず樹木, ほさず現在, ほさず私, ほさず科挙, ほさず終止法, ほさず身, ほさず電気, ほさず鳶

▼ とりかは~ (19, 0.4%)

2 し, して, すの

1 [13件] され, された, された言葉, される恋愛問答, したたつたそれ, した女, した記念品, し昨日, し結婚式, すすこし, すだけで, すを, す行為

▼ とり~ (17, 0.4%)

3 はれて, ひについて 2 ひ方 1 はれたの, はれる様, ひに, ひにな, ひは, ひを, ふの, ふ様, ふ神女

▼ とりあつ~ (15, 0.3%)

4 かつた

1 [11件] かつてゐる, てくれ, てくれない, てくれなかつた, てくれませんでした, てさかん, てゐる, て光, て幸福, て水の上, て闇

▼ とりよう~ (15, 0.3%)

4 がない 2 がありません 1 だ, だって知ってる, だと, でせっかく, では二様, によってはどう, によっては苦味, のない, はない

▼ とりそして~ (14, 0.3%)

2 ここで, それが 1 それは, それを, 一般に, 世俗の, 仕事を, 神さまの, 私を, 脈を, 言った, 階級的中立の

▼ とりにくい~ (13, 0.3%)

3 ような 2 ことを, のである, ほどの低い 1 この地方, 声で, 声を, 男だ

▼ とり~ (13, 0.3%)

2 ぐらの下に, けど今こっち 1 がるん, へんのや, ま, りす, 与太話よりも, 何かで, 占方を, 朝から, 河遊びに

▼ とりかた~ (12, 0.3%)

1 [12件] がうまい, がなかなか, などまずい, には近頃特に, に大した, に近代人, の明確性, はい, もわからず, をならべ, を教え, を教える

▼ とりそれから~ (11, 0.2%)

3 まる一年間 1 お祝, バスで, 報効義会の, 将棋を, 拡充し, 皆で, 肥料配給申告書を, 自動車で

▼ とりても~ (11, 0.2%)

1 [11件] そは, はては學校, よし, わが文学, 一の, 不可解なる, 些か御, 好箇, 攻撃的態度を, 甚だ危險, 面白く味方

▼ とり~ (11, 0.2%)

3 はなかつた 2 はない 1 すれば, ずに, つたこと, つたまま小川, ひぢ, ひ酔つた声

▼ とり自分~ (11, 0.2%)

1 [11件] が人, が切る, が食っ, とこの, のそば, ののむ, の坐, の悲しみ, の意見, の服, の胸

▼ とり~ (10, 0.2%)

1 この船, 名称も, 国策に, 大分議論を, 廿五歳の, 御奉公, 怪しげな, 捕った人, 結局なにも, 誰への

▼ とりぽとりと~ (10, 0.2%)

1 ウエーヴされた, 一つ, 一つずつ, 垂れしたたっ, 投げ入れた, 汗の, 流れたの, 涙を, 絶え絶えに, 血の

▼ とりかかる~ (9, 0.2%)

5 前に 1 まえに, 前には, 前二人で, 次第です

▼ とりこれ~ (9, 0.2%)

1 によりて得る, は何より, は案外, は蟹, をできるだけ, を次, を水車, を深川オペラ劇場主人, を防がん

▼ とりそこ~ (9, 0.2%)

2 なって 1 からお茶の水, からぶらぶら, から電話, なったり, なった個所, には妃, の椅子

▼ とり~ (9, 0.2%)

3 んね 1 どろいこと, はしだ, へと言つて, へんします, へんので, んねん

▼ とりまた~ (9, 0.2%)

1 如何に, 形式的にも, 昇って, 武備に, 水や, 特殊的には, 職工たちが, 髭も, 魏にとっては

▼ とりもち~ (9, 0.2%)

2 で小早川隆景, をし 1 が陽気, なんぞをいたした, にとまっ, は又, をした

▼ とり沙汰~ (9, 0.2%)

4 を迎 1 うるさく一村, でございますよ, でだけ語らし, までつぎつぎ, を迎えた

▼ とり~ (9, 0.2%)

2 はれた国民的祝典 1 はしめた, はれた, はれる, はれるので, ひました処, ふの, ふ時

▼ とり~ (9, 0.2%)

1 へさうであり, へだ, へてぎろつとして, へてしまつ, へてゐた, へて居る, へて江戸将軍, へとなり, へられた

▼ とりたて~ (8, 0.2%)

1 と心, にも故障, のお, の新しい青い, の林檎, の独活, はきびしい, を任せられ

▼ とり~ (8, 0.2%)

1 から猛, か全く, が僕これ, が時勢, つてほうきだ, と聞い, と言い, わよ

▼ とりつき~ (8, 0.2%)

2 の一軒家 1 か四月下旬, である, にさしかかる, になりました, にまた, の宿

▼ とり合つて~ (8, 0.2%)

2 歩いてるの 1 そろ, は呉れまい, ゐた彼女, 慌て, 楽しさ, 歩き出したところ

▼ とり早い~ (8, 0.2%)

1 ことは, しある, では, ところが, のが, もんだ, ような, 随筆を

▼ とり~ (7, 0.2%)

2 へすれ 1 うした, うして, たを, ん, んよ

▼ とり~ (7, 0.2%)

2 ほした, ほして 1 かむ, はれ, わを

▼ とり~ (7, 0.2%)

1 やいんだ, やかつ, やくかどわかすには, やく示す手段, やく私, やく表したらしいの, やく身

▼ とり~ (7, 0.2%)

1 と現実, なら描いても, に乗せ, のよう, もある, を人民, を描い

▼ とり~ (7, 0.2%)

1 がねえ, つけて, のついた, の志願者, をとり, を作ってる, を寄せ

▼ とり止め~ (7, 0.2%)

3 もない 1 がなく, となり, のない, の高札

▼ とり~ (7, 0.2%)

2 された, されたやう, されて 1 された叔父

▼ とり~ (6, 0.1%)

1 ぐる, つてゐた, つて喧嘩を, つて生き得る, はない, へず御

▼ とりいばら~ (6, 0.1%)

1 がにわかにすこし, が滑り, が緑色, にひっかけられ, の中, の滑

▼ とりうち帽~ (6, 0.1%)

2 をかぶり 1 もとっ, をとられた, をふかく, をま

▼ とり~ (6, 0.1%)

1 さへる, 味方も, 耳を, 艶の, 芝居や, 葉を

▼ とりごと~ (6, 0.1%)

5 りと 1 り叩かれるの

▼ とりしかも~ (6, 0.1%)

1 その半分, それは, それも, 反国家的, 木曾地方の, 落胆せず

▼ とりての~ (6, 0.1%)

1 ない親類, 予報の, 御計策, 意氣な, 禁物は, 見え応へたり

▼ とり~ (6, 0.1%)

2 たらこと婆 1 とり, とりいつ, とりそれ, とり青

▼ とりら子~ (6, 0.1%)

2 の姿 1 に呼びかけた, に就い, の名前, の間

▼ とり~ (6, 0.1%)

1 でとる, で首, のところ, のハンドル, をつくる, をまわし

▼ とり~ (6, 0.1%)

2 を忌む 1 がはじまる, だよ, によっていや, を書こう

▼ とりかへて~ (5, 0.1%)

1 しまふぞ, みたつて, 下さいませんか, 育てた子供, 著る

▼ とり~ (5, 0.1%)

2 へ吊し, へ妻 1 へて人蔘

▼ とりながらも~ (5, 0.1%)

1 そして彼女, まことに冷汗三斗, 八百円の, 大衆の, 隅田の

▼ とりもの~ (5, 0.1%)

1 じゃ商売人, の中肉, の成功, の枝, の腰元

▼ とり去る~ (5, 0.1%)

4 ことが 1 ところを

▼ とり合せ~ (5, 0.1%)

1 がいとも, でありふれた, にしろ, の間, や日常瑣事

▼ とり~ (5, 0.1%)

1 だけ出さない, まで小さい, も立てず, をそろへ, を揃え

▼ とり~ (5, 0.1%)

1 だと, と二人, に捨てられた, の養女, は箪笥

▼ とり~ (5, 0.1%)

1 でおでん三皿鮭, で一本コップ酒, はこれ, へ宿, もやたら

▼ とり~ (5, 0.1%)

4 者は 1 所へは

▼ とり扱い~ (5, 0.1%)

1 について種々, は全く, をみ, を受け, を蒙る

▼ とり~ (5, 0.1%)

2 へず 1 えず太宰さん, えず持参, えず話題

▼ とり~ (5, 0.1%)

1 と交際, に筆誅, の激しき, を訪問, 最も深き

▼ とり~ (5, 0.1%)

1 に挨拶, はソーダ水, は冷たい, も釣られ, をしたがえ

▼ とり立て~ (5, 0.1%)

1 ていうほどのこと, ていうよう, にせつかれた, の魚, を天ぷら

▼ とり~ (5, 0.1%)

1 がゾロゾロ, が出始め, ではない, のいう, のよう

▼ とりじゃ~ (4, 0.1%)

1 けんど, ないし, ないもん, ア後楽園へ

▼ とりとも~ (4, 0.1%)

1 此を, 音が, 音の, 音を

▼ とりどころ~ (4, 0.1%)

1 なき男, なり, もあります, もない

▼ とりには~ (4, 0.1%)

2 いって 1 白か, 重宝し

▼ とりひき~ (4, 0.1%)

1 などもしない, の相談, はその, をはじめる

▼ とりまき~ (4, 0.1%)

2 の陣笠 1 が一流, でかつぎあげ

▼ とりより~ (4, 0.1%)

1 不利である, 有利である, 有利ならしめる, 有用たり

▼ とり入れ~ (4, 0.1%)

1 とお, の済んだ, の配給, をすまし

▼ とり大会~ (4, 0.1%)

1 がはじまった, の光景, の参加員たち, をしたい

▼ とり息子~ (4, 0.1%)

1 が戦死, たるまだ, だ, としての和一郎

▼ とり~ (4, 0.1%)

1 いて, き犬神, き道, くよ

▼ とり捲いた~ (4, 0.1%)

4 一群れが

▼ とり更に~ (4, 0.1%)

1 ゴナア教授の, 中央に, 全体一日総量を, 祝詞の

▼ とり~ (4, 0.1%)

1 がとても, じゃ, をつくる, を三十一首くら

▼ とり~ (4, 0.1%)

1 がにじん, になつ, をおかき, をかい

▼ とりかく~ (3, 0.1%)

2 起ちましぬ 1 て天下

▼ とりかつ~ (3, 0.1%)

2 奢侈や 1 感情的であった

▼ とりする~ (3, 0.1%)

2 事が 1 やうな

▼ とりたま~ (3, 0.1%)

1 いけん, ふも訝しく, へ

▼ とりという~ (3, 0.1%)

1 事いかがと, 死の, 重苦しい

▼ とりなど~ (3, 0.1%)

1 がらくたが, して, なさらなかって

▼ とりもう~ (3, 0.1%)

1 一人のを, 一眠りしよう, 用が

▼ とり二人~ (3, 0.1%)

1 でわけ, で生ぬるい, の女中

▼ とり出だし~ (3, 0.1%)

2 何とはなし 1 て食

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 そっと出, 夕食前に, 清き流

▼ とり合わせ~ (3, 0.1%)

1 がいい, が美しく, で作中

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 みながら, み中, んで向う

▼ とり外套~ (3, 0.1%)

1 をぬい, を脱ぎ, を脱ぐ

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 に持ちかえ, の足, へ分岐

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 いと仰, く思ふ, をこし

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 のくじびき, の方, をかならず

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 に渡し, はやつ, は一書

▼ とり彼女~ (3, 0.1%)

1 の眉, はキャメルフォウド, を座席

▼ とり急ぎ~ (3, 0.1%)

1 あらあら申上候かしく, したため, 第一次憲法草案

▼ とり或いは~ (3, 0.1%)

1 文学修業的な, 自分が, 調査的な

▼ とり戻し~ (3, 0.1%)

1 が力, などに似, の先決問題

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 へてしまはう, へまた, へられた

▼ とり撃退~ (3, 0.1%)

1 に快, はお, を地上随一

▼ とり最も~ (3, 0.1%)

1 悲しき睦言, 有利に, 重要なる

▼ とり椿~ (3, 0.1%)

2 だつた 1 が雨

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 がわるかっ, など賣り, も買つてやつ

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 に向っ, に血, を買

▼ とり線香~ (3, 0.1%)

1 もなく, をいぶす, を用

▼ とり~ (3, 0.1%)

2 をそぎ 1 をとる

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 にだきしめ, をさい, をたたき

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 と船頭, を引い, を操り

▼ とり蔀戸~ (3, 0.1%)

3 ごしに

▼ とり~ (3, 0.1%)

2 がつい 1 になっ

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 がつけ, をしよう, を嗅ぎ当て

▼ とり足とり~ (3, 0.1%)

1 ズルズルと, 引きずりこんで, 連れて

▼ とり難い~ (3, 0.1%)

1 あの静か, 口調で, 呼声を

▼ とり静か~ (3, 0.1%)

1 では, に刀, に敵

▼ とり~ (3, 0.1%)

1 のしわ, をふき手, を緊張

▼ とりある~ (2, 0.0%)

1 時は, 罪を

▼ とりいきなり~ (2, 0.0%)

1 じぶん, 声の

▼ とりうち帽子~ (2, 0.0%)

1 をかぶった, をふかく

▼ とりうどん~ (2, 0.0%)

1 をとっ, をとつて別杯

▼ とりおや~ (2, 0.0%)

1 ととりこ, を中心

▼ とりおれ~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ とりお前~ (2, 0.0%)

2 にとう

▼ とりかご~ (2, 0.0%)

1 は急, をいただい

▼ とりかへても~ (2, 0.0%)

1 ダメ枕の, 亭主は

▼ とりがてに~ (2, 0.0%)

1 あたらしきかも, すも

▼ とりくみ~ (2, 0.0%)

1 の間, を行っ

▼ とりぐさ~ (2, 0.0%)

1 とか呼ん, の奴

▼ とりこう~ (2, 0.0%)

1 すぎるところ, になっ

▼ とりこの~ (2, 0.0%)

1 物高き, 菓子を

▼ とりこれら~ (2, 0.0%)

1 でそれぞれ, をもっ

▼ とりさえ~ (2, 0.0%)

1 したら兵隊, すれば

▼ とりさらに~ (2, 0.0%)

1 主治医を, 少数の

▼ とりしすぎた~ (2, 0.0%)

1 のも, やうである

▼ とりすぐ~ (2, 0.0%)

1 出かける, 洗い薬を

▼ とりそう~ (2, 0.0%)

1 にした, もない

▼ とりそこで~ (2, 0.0%)

1 提灯の, 重要な

▼ とりそれで~ (2, 0.0%)

1 机に, 綿入れを

▼ とりっぱなし~ (2, 0.0%)

1 でオイチニ, にし

▼ とりつけ~ (2, 0.0%)

1 の店, を防ぐ

▼ とりつぶし~ (2, 0.0%)

1 か所, の厄

▼ とりです~ (2, 0.0%)

1 が女, しその

▼ とりといふ~ (2, 0.0%)

1 ことに, 鳥岩のうへに

▼ とりとを~ (2, 0.0%)

1 両手に, 別に

▼ とりなく~ (2, 0.0%)

1 こゑす, 愚かな

▼ とりなどの~ (2, 0.0%)

1 ような, 卸問屋である

▼ とりにく~ (2, 0.0%)

1 かつた, そうに

▼ とりにな~ (2, 0.0%)

1 つて, つて水掛論に

▼ とりひっそり~ (2, 0.0%)

2 した離れ

▼ とりひと~ (2, 0.0%)

1 のなれ, びとの

▼ とりぼく~ (2, 0.0%)

1 に意味, の横

▼ とりまだ~ (2, 0.0%)

2 足もとの

▼ とりまっ~ (2, 0.0%)

2

▼ とりまで~ (2, 0.0%)

1 して, ならべて

▼ とりまんが~ (2, 0.0%)

1 ことに昼, な

▼ とりむし~ (2, 0.0%)

2 と言

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 が多く, にでもならなけれ

▼ とりもっと~ (2, 0.0%)

1 凝り固まると, 年長の

▼ とりやへ~ (2, 0.0%)

1 はいった, やるからと

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 さりゆ, の半ば

▼ とりゆっくり~ (2, 0.0%)

1 しなければ, とさっき

▼ とりわたくし~ (2, 0.0%)

1 ともいいなずけ, をば再縁

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 せんと, できるこった

▼ とり一人~ (2, 0.0%)

2 は前

▼ とり主義~ (2, 0.0%)

1 になっ, に対する批判

▼ とり乍ら~ (2, 0.0%)

1 ねる, よみましょう

▼ とり乙姫~ (2, 0.0%)

2 のあと

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 したやう, した顏

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 はされる, へ

▼ とり人びと~ (2, 0.0%)

1 が彼, の上

▼ とり人間~ (2, 0.0%)

1 の技巧, の畸形児

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 もなほそこ, 机の

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 の蕃社, を軽侮

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 か茶, の加減

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 り, れ

▼ とり公方~ (2, 0.0%)

1 を殺し, を殺した

▼ とり内部~ (2, 0.0%)

1 にむかひ, に向かっ

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 で桃谷, という構え

▼ とり初めて~ (2, 0.0%)

1 から五年目, 宮御所の

▼ とり~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ とり去っ~ (2, 0.0%)

1 てただ, てみた

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 にくは, をあけ

▼ とり右手~ (2, 0.0%)

1 で兵頭, の棒

▼ とり同時に~ (2, 0.0%)

1 云って, 或る

▼ とり名札~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ とり囲み~ (2, 0.0%)

1 にかか, 引き締めて

▼ とり圍む青垣山~ (2, 0.0%)

2 ではこの

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 で, でた枝

▼ とり~ (2, 0.0%)

2 した家

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 は卓, を寒

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 さわぎでした, 睡一

▼ とり大きな~ (2, 0.0%)

1 声で, 積極的利益であっ

▼ とり大急ぎ~ (2, 0.0%)

2 で停車場

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 は自ら, を仰い

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 なって, なわず生きようと

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 の板縁, は笠置

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 一時間公園の, 羊を

▼ とり小屋~ (2, 0.0%)

1 があった, に泊った

▼ とり左手~ (2, 0.0%)

1 に羂索, に酒盃

▼ とり巻かれ~ (2, 0.0%)

1 ている, てひどい

▼ とり市場~ (2, 0.0%)

2 において運動

▼ とり弁護士~ (2, 0.0%)

1 がそれ, はときどき

▼ とり強盗~ (2, 0.0%)

2 は日まし

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 のため, はどこ

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 のうち, の弱く

▼ とり或は~ (2, 0.0%)

1 大將, 水鏡し

▼ とり手足~ (2, 0.0%)

1 のなわ, の細引き

▼ とり持ち~ (2, 0.0%)

1 でありましたが, をし

▼ とり旅先~ (2, 0.0%)

2 などから母親

▼ とり易い~ (2, 0.0%)

1 のは, 落付いた

▼ とり時に~ (2, 0.0%)

1 は互に, 宗教から

▼ とり望見~ (2, 0.0%)

2 して

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 から優勢, の水

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 によっては彼女, の境内

▼ とり正確~ (2, 0.0%)

2 には百数十年

▼ とり歩行~ (2, 0.0%)

1 し感覚, し感覺

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 なむと, をおそれ

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 でも姉, は反対

▼ とり気力~ (2, 0.0%)

1 がすでに, がなくなり

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 にや, を呑み

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 が付い, をぬぐひ

▼ とり浮いた~ (2, 0.0%)

1 刃渡り六七寸の, 刄渡り六七寸の

▼ とり~ (2, 0.0%)

2 とうつ

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 の汗, ふな

▼ とり生活~ (2, 0.0%)

1 の干渉, の波浪

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 上げるやう, 上げるよう

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 から相手, は包み

▼ とり留め~ (2, 0.0%)

1 のない, もなく

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 と言う, の外

▼ とり秀吉~ (2, 0.0%)

2 と対等

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 から逃げ出す, の一つ

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 一に, 四位の

▼ とり糧道~ (2, 0.0%)

2 を絶つ

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 さぬ賢者, したる思ひの

▼ とり組み~ (2, 0.0%)

1 つつ全く, 更に他

▼ とり組み自身~ (2, 0.0%)

1 の文体, の矛盾

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 でやってる, を入れ

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 がまがり, をかがめ

▼ とり~ (2, 0.0%)

2 睦まじく飯

▼ とり~ (2, 0.0%)

2 のべや

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 に飛び下り, はほ

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 に變ずる, をたたかわせ

▼ とり荷役~ (2, 0.0%)

1 である, の真似

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 を与, を売る

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 がつく, を探し

▼ とり~ (2, 0.0%)

2 をかけ

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 のなわ, をとっ

▼ とり野郎~ (2, 0.0%)

1 だなんて, もし貴様

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 にぬれ, も立罩め

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 光りするほど, 柿が

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 を引き上げ, を逆さま

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 ふ初め, 附いて

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 はむ, はむや

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 にふれる, を横

▼ とり~ (2, 0.0%)

1 やを見, をたべ

▼1* [886件]

とりあがりの猿面, とりあたら一両二分の金を, とりあつかひには多少, とりあてに十一日, とりあとを見ず, とりあるいはさかなを, とりあれかこれ, とりいい立姿を, とりいかにもりこう, とりいつ咲いたの, とりいつもの家, とりいでぬにせ, とりいと残忍なる, とりいま帰って, とりいま一度繰り返して, とりいろいろの蓋, とりうちで笹藪, とりうちぼうしをかぶっ, とりうなぎの頭, とりうれしいことも, とりうんと食った, とりえなばかりで, とりおいてきぼりにし, とりおもむろにのどを, とりおんちやんおや, とりおんちゃんおやとり, とりお嬢様にお嬢様, とりお寺から或, とりお断り申し候, とりお松の方, とりお金を作った, とりかえっこした話を, とりかえっこしようかね, とりかえっこするの, とりかくして自然科學的で, とりかくようになった, とりかく様になつ, とりかざし内外の宮, とりかたがただったのに, とりかたがた米を貰い, とりかたずけをし, とりかた船づくりの方法, とりかた衣服のつくり, とりかへては出歩いて, とりかめの牧場当番, とりから射し込んだ陽, とりかわって急, とりがたいところも, とりがたし更に進ん, とりがちであつ, とりきき入つて, とりきれいな砂浜, とりくるりとその, とりぐいぐいと納屋, とりこうして最初の, とりことりと, とりことに気圧の, とりこもりし島原の, とりとり歩き出した, とりさあ大きいので, とりさうにしたほど, とりさうに肥つた主人が二人, とりさえもあきらめきって, とりさげを主張, とりさすがに笑えなくなっ, とりさせたのです, とりさっそく一切経を, とりさつてしまつ, とりさて船を, とりさまです, とりさよならを告げた, とりざたをきい, とりざま床をめがけ, とりざま相手をつきとばした, とりしかつめらしくそのにおい, とりしきりに困って, とりした冷めたい空気が, とりした濡れたような, とりしっかり握った, とりしてなくて小説, とりしてる時なんぞは, とりしばしば朋輩や, とりしわがより, とりじっくり揉ませる, とりじっと静かに, とりじつに天来の, とりすこしも周囲の, とりすなわちまず事実, とりせつなき思入にて, とりそうしていやに, とりそしてまたぽとり, とりそちらで眠る, とりそのうえ外国まで, とりそのまま案内も, とりその後左の方, とりその間腰かけへかけ, とりそれぞれを合計, とりそれなりに貰っ, とりそれらの鳩, とりそろへた, とりそんなのが, とりために身戮, とりだけしらべたの, とりだけがあいかわらず舵, とりだけには用心せね, とりだった藤吉郎は, とりだまも, とりちげえるよう, とりちょうど応援に, とりっていうんだ, とりついでに僕, とりつかつかと舞台, とりつくづく眺めて, とりつけまゆげをはがし, とりつつんでからく, とりつばさならぶも, とりていねいな口調, とりてから王立協会内を, とりてだに見ず, とりてとこしへに, とりてばかりでなくすべて, とりてものかくより, とりでしかない, とりでもおどかして, とりとおさまつた, とりとからこんな風, とりときに掛声, とりときには人里へ, とりところかまわず大納言, とりとともに評判であっ, とりとの評判取りし, とりとまらない事を, とりともすればその必死, とりとりの噂, とりどういう有様に, とりどうかすると, とりどもが集っ, とりないたれば, とりなおできるならば, とりなかなか羽振りも, とりながらはひらなければ, とりなどではないの, とりなどに去つて, とりなどはどうかと, とりなどを買って, とりなにをやつ, とりなり玉の, とりなりの乱れた容子, とりなりも右の, とりなんか問題に, とりにくい鋭い叫び声を, とりにくかった, とりにくくなること, とりにだけきたよう, とりにだけは行って, とりにでもめぐり会った時, とりにと行ったり, とりにとて出かけわたし, とりになど行って, とりになんか行きませんよ, とりにばっかりアくせくしてる, とりにゃ可笑, とりにや邪魔にこそ, とりによりクラマールへ, とりに対しては何かで, とりはからひませうか, とりはじめにはこの, とりばかりとは気がつかない, とりひそかに墓場, とりひとりのこし, とりぴいぴいと吹き, とりふうをきります, とりふたたび退場, とりふつうの水濠, とりふとい方の, とりふりだし, とりぶりではなかつた, とりぷっと煙をはきだし, とり山谷に, とりほそ長い一片の, とりほどよく受けつかわしつし, とりほんの上っ面の, とりぼろぼろの着物, とりまかなっている, とりまことに力強くまた, とりまさあねそ, とりまさに珍重に, とりまたは真実でない, とりまっしゃろ, とりまでもするよう, とりまとまりのない, とりまなこを見はる, とりまるで天然の, とりみそ汁にて食する, とりむすこをなくした, とりめがねをはね落とし, とりもののせいぞろいです, とりもはやみえなくなった戸口, とりもも引ときもの, とりゃせんだろうがわしは嘘, とりやうでは, とりやがて集めた米, とりやがてグッスリと, とりやすいと言われ, とりやすくするため, とりやはだからあきらか, とりやへはひつた, とりゅういんがさがったような気がしました, とりゆき子はもう, とりよいかもしれません, とりようやくスロープ緩き, とりよう一つじゃねい, とりよそひ, とりよりは人生に対して, とりよれよれになった, とりよろしく今日では, とりらしい円窓が, とりれいの抜け目, とりわかりほふこふ致し候て, とりわが手中にて, とりわさびを溶い, とりわざと津島を, とりわたしの希望, とりをかぶとの, とりアフリカの海岸, とりアメリカも北方鉄道, とりアラスカ金の大きな, とりもつ縁かいな, とりイギリス中の新聞, とりウィンチにもたれ, とりエンジンを全開, とりオストージェンカへおい, とりオレが必死, とりカブトをかぶり, とりカンテラに照らし, とりゲイコ二三呼びか, とりコートを脱い, とりゴンサカに出よう, とりシャツを開け, とりスピッツベルゲンの西海岸, とりソッと抜き出した, とりダンスをはじめ, とりチャンタンの高原, とりドウスルドウスルと連発, とりニッコリとささやいた, とりネッケルの比率, とりバカみたいに敬, とりビーカーへ移し, とりビームをはずした, とりピペットをフラスコ, とりピョンと肩, とりフオクとる間, とりボーイだの隣り, とりマイクを通して店内, とりマントもつひぞこの, とりメルボルン人はメルボルン, とりラジウムエマナチオンになり, とりリエの下腹, とりレーンコートでモーニング姿, とりローン河にては鱒, とり一休みした船頭たち, とり一八三〇年から四八年, とり一同が口, とり一夜中飲まず喰わずの, とり一大事とすぐ, とり一字一畫の微, とり一年の盛時, とり一挙に事, とり一時中房温泉発急なる登り, とり一本を山猫博士, とり一矢をつがえ, とり一般國民には多く, とり一隊は敵, とり七人の子供たち, とり万全を期し, とり三時間程は十八節, とり三木と称した, とり三番目の宿場, とり上ぐることを得べき, とり上手を知らない, とり上気して, とり上着をとっ, とりの二隅, とり下巻に於, とり下腹部を半分, とり届至極にも, とり不倶戴天の父, とり不当な高価, とり不意の活字, とりを立て直す, とり世界のありとあらゆる, とり世話して, とり両手をかけ, とり中尉の願い, とり中川によって下っ, とり中身を小さい, とり中野で銃口, とり丸刈りにさせた, とり丸太づくりの集会所, とり主観の混淆, とり久し振りに学校, とりを學界, とり乍らそばへ引, とり乍ら一言云っただけ, とり乍ら室内を見廻し, とり乍ら水師のそば, とり九ツにお, とり九時五十分発の汽車, とり九時前に身体, とり乱してゐる, とり乱した感情を, とりの池, とり二年目の春, とり二階で床, とり五丁目六丁目七丁目あともみない, とり五本の指, とり五黄土星大駅土, とり井戸端で五つ, とり交わしがあっ, とり京都へ向った, とりの噂, とり人工鼓膜にあてた, とり人造人間の胴中, とり人間的であるため, とり今のはその, とり今度はガラス, とり仕切ってこちら, とり他方では有効, とりへるの, とり仲間づきあいを大いに, とりに開け, とり低き山稜に, とり住民に対する平均結婚比率, とり何らかの奨励制度が, とり何時までもコン, とり何気なくかの蝶, とり來つたとみる, とり來つた態度につき辯明, とり侯ことなど有, とり便をあつめ, とり保險會社の診査醫, とり信雄に向っ, とりて昨日, とりの主君, とり傾聴して, とりの得意, とりの子, とりになした, とり先ざきの楽しみ, とり先ず家の, とり先綱をとっ, とりの淡い, とり児等を扇げ, とり全身の節々, とり八方へ延び, とりを点呼, とり其方法に添, とり具合は極めて, とり内々真相をスパイ, とり円いちっと平, とり写真を張りつけ, とりのない, とりで, とり出づる古ごろも, とり出入口の方, とりき日本, とり初めの日の本, とり初代大統領にディミトロフ, とり刻々わが海底要塞, とり関白基房を, とりをふるふ, とりをこめ, とり助右衛門の妻, とり勅語を聴く, とり動物を殺さない, とりよく私, とり勤労報国隊の方, とり勿論洋風で, とりへ向っ, とり十七日の朝, とり十日初日にする, とり千二に見せた, とり午後さらに憲政党本部, とり半ば鼻であしらう, とり卒業式に大統領, とりの粉胡椒, とり卓上の衣類, とり単に数の, とり即興をなぐり書き, とりかけて, とり原田甲斐の館, とり厳格に過ぎる, とり又は職業官爵等の, とり友人間のわずか, とり反乱をなす, とり叔父にその, とり古今東西にわたって文芸, とり申あの, とり隊毎に, とり合つたが普段英語, とり合つて何か感, とり合つて散歩ながらに家, とり合つて鳥になつ, とり合図を待つ, とり合戦のた, とり吉岡家の表, とり吉野川の上流, とり同志川口浩徳永橋本貴司などが引致, とり名物になっ, とり向うへ見まわっ, とり吸入一回やる, とりの外郭, とり呼応して, とり和んで泣い, とり和解して, とり品評めするにぞ, とりはう, とりのない, とり四つの窓, とり四日目に再び, とり囲んでいる, とり圍んだ時, とり土間に藁, とり地下道を急い, とりを下る, とり城下町へ店, とりに, とり場合によっては嫉妬, とり塗らばかよけん, とりの頂き, とりから根, とり墓標を書かれる, とりうらさびし旅, とり夕浜には貝, とり夕食もとも, とり夕飯をおそく, とり多数の小, とり夜明けの晩, とり夜路山路のきらい, とり大いに防禦工事を, とり大事そうな仮面, とり大坂帰城も何となく, とり大変立派だという, とり女中をよんだ, とり女学校時代よく弾い, とり如何に動い, とり如才なきお, とり如水はわざと, とりは荻刈り, とりは岸上, とり姜維の母, とり子供等をみんな, とり安川めがけて, とり安等々も昔, とり官兵衛にも料紙, とり定食には卓上電灯, とりを捨て, とり客観が超越的, とり客觀は又, とり室内へ入れ, とり宮廷その他の諸, とり寄せ重苦しい宿酔, とり寒中の筍, とり専門だ, とり小さい会社なども, とり小径伝いに一散, とり小腰を屈め, とり小説の影響, とり小路も新しく, とり少女等の玩具, とりが下, とり居眠りでもし, とり居間に引い, とり屋さんとまた, とり岩手八日町に一日, とり川並足海峠のあたり, とり川柳といふやう, とり川波かけ衣ぬれに, とり工新の影響, とり左ひじを高く, とりの巾, とりあげて, とりく民, とり帰りに寒く, とり帰国しては, とり帰宅するという, とり常識をまもっ, とりのあくまで, とりよりもまた, とり広く全動物界, とり広小路から末広町, とり広瀬の渡し, とり廻わした寺, とり引証をする, とり弟子とならん, とりづけられて, とり形見の手型, とり役それも呂宋兵衛, とりからは一人, とり後ではッ, とり後室町幕府成立の日, とり後者を廓大, とり從來貴族の道具, とり思慮も, とり心臓をつぶし, とり思いも及ばない, とり思う存分に私腹, とり急ぎお答えまで, とり急所を押え, とり怪塔の上, とり悠然と車臺に, とり悪いからな気の毒, とり愈々戦火は, とり愉しむのが, とり感慨無量に瞳, とり懐中物を一ツ一ツ畳, とり戦闘準備にうつれ, とり戰馬御するは, とりなきこと, とり所謂海外出稼の天草女, とり所謂開化期の文化, とり手ッ甲を外し, とり手切れをもらっ, とり手堅い商法から, とり手拭をとっ, とりはれて, とり払つただだつ広い, とり払つて曇り硝子, とり扱いかたひどく用心, とり扱い私小説を中核, とり扱つて居はすまい, とり扱ひものを持つ, とりもあら, とりをする, とり持ち役でもし, とりをしゃぶった, とり指環がまがっ, とり指紋がつく, とり挙ぐる棟梁は此家長, とり掌中に円め, とり換えに行った, とりってゐた, とり支給される宿泊料, とり支那を現代化, とり放題だったん, とり放題領内のいい, とり政争者を手玉, とり教育もある, とり散らかしております, とり散らかした穢ねえ, とりの戦艦隊, とり斂められずに, とり文句である, とり文句風に言う, とり文明人であること, とり一の, とり新しく愛して, とり新鮮な空気, とり新鮮味が衰, とりの話, とり旅立ち萬惡し女色, とりと刻, とり日本の近代文学, とり早くっていい, とり明るい電灯を, とりから帆船航海者, とりであります, とり春秋列国のなか, とり昨夜書きかけて, とりはさぞ, とりの悪政, とり時には話も, とりはさぞ, とりになる, とり曲節を持つ, とり曲解すること, とりえて, とり最上と思われる, とり最後に胃癌, とり最期まで闘っ, とり最終戦争時代の社会指導精神, とり有合せの江戸川紙, とりを外出着, とりに登る, とり未来の大, とりを手, とり本朝二十不孝の番附, とり村医高橋金六を呼ん, とり東京まで持っ, とり果物もおごっ, とりに手, とり柿衣をあらためて, とり梶原に向, とりつべきは, とりをさす, とりの尻, とり椀茶碗皿小皿というよう, とり楊子にけずり, とりの枯葉, とりは鹿島根, とり極めて不利である, とりに坐った, とり模写をし, とりになっ, とり横町へはいっ, とり次いですべての, とり次に中身が, とり次郎にかじ, とりシ方仕, とり武器をとっ, とり歩いてゐる, とりにあてる, とり殊に周さんなどは, とり残りそして生々しく, とり殿が何, とり母親と悌二, とり毎日毎日風雨ニマケズこれを執拗, とり民族の自立的, とりになった, とり気息を正し, とり水戸邸の手前, とり水指として使, とり水田を興し, とり永世秀頼への忠勤, とりを吸う, とり決して都合の, とり波間とスレスレ, とり注意深く規則的に, とり派出させて, とり浪曼主義の立場, とりと瀬, とり清さんの身, とりを浴び, とり湯川の谷, とり湯殿の流し, とり湯河原中佐の憐愍, とり滝ツボや深い, とり滝人の企て, とり濕ツて井戸, とりして, とりの神, とり火箸を外, とり焼酎でも商, とり熄めた, とり片倉清次郎の住所, とり片手で天女, とり物信仰から發達, とり物語のかぐ, とり犀川の方, とり猿奴にてがら, とり玄関の柱, とり玉子に挨拶, とりとなり, とり生涯人知れぬ不快, とり用便をし, とり甲府へついた, とり申さんと云, とり異性の人格, とり當時義士が莽, とり白い薬を, とり白きソースを, とり白井喬二氏に一枚七円, とり白河の上流, とり白雲は駒井, とり百足の指物, とりになった, とり皮膚があさ黒く, とりがとろとろ, とり目白へかえりました, とり目蓋をひっくりかえし, とり直之の首, とり直径一マイル以上もある, とり眉渓近い第一線, とり眞物の髭, とり真に肉を, とり真中ごろを開き, とり真理の標準, とりをふさい, とり着物など見立て, とり睦じいようなそう, とり知事数名の更迭, とりをすてた, とり確かインドシナあたりまでは, とり祕密に常に, とり祝言があった, とり神意を牽引, とり神童といわれた, とり種子として売る, とりを束ねる, とりからの観察, とり立体鏡の原理, とり立派な屋敷, とり竦んで仕舞つたの, とり竿を撓ませ, とりは何一つ, とり籌子夫人について各地遊説, とりそのほか, とり籠手を取り, とり粉毛筆紙挟み殆ど使用に堪へ, とり一ト月を, とり紗帛で甕, とり素顔を見せました, とり細い血走った眼, とり終り写真も撮し終った, とり組みかたをし, とり組合の文化部, とりをとら, とり経済的な事情, とりへる縄葛, とりへる攻撃的, とりを見, とり絶対に致命的, とり經驗を重ねる, とりの衣, とり綾之助なら綾之助, とり綿をとっ, とり締り各駅でヤミ買い, とり縋られた途端に, とりつけた, とり縱糸の上, とり繁殖の道, とりふ間, とり繕ろッた気色, とりなどは壁, とり美しい仏印の, とり美術品のある, とり美顔水の藍色, とり羽柴と申す, とりる日, とり翌日は一徳, とり翌晩は藤沢あたり, とり翌朝早めに宿, とり老弱者に余り物, とりだった, とりを誘われ, とり聖なる言葉にて, とり肉叉をとつて話, とり肌着一枚にした, とりを捉, とり肩入れをし, とり脂湿りのする, とりをかぞえた, とりどりされて, とり当の鎖, とりけられて, とりをのばし, とりをさき, とり臓物を味噌, とり臓腑はぬきだし, とり自ら敗北を待っ, とり自分達はしふとしふと, とり自己嫌悪を深めさせた, とり自然とああ, とり去れば, とり色彩のある, とり芳野の花, とり英文のアナウンス, とりをついで, とりを刈り, とり荷馬車を引い, とり菓物をおごっ, とり萎靡した形, とり落したる名刺, とり落し失神したよう, とり落付きこまかく心, とり落着かせ知らぬ間, とり葦刈りいにしへ思はむ, とり摘み, とり藁靴はい, とり蘆田屋敷の裏門, とり蚊帳を釣つて, とり蜀兵は葭萌関, とりのふところ手, とりとも言つて, とり蜘蛛は三段飛, とり血圧を低める, とり街路の狭く, とりの鼠, とり袋づつみにしてしまおうと作戦は怠り, とり襷がけおっ取り, とり見入つてゐたが, とり見入りながらそれ, とり見出しに現金, とり親爺はそれ, とり話海のライオン, とり説明出来ない複雑, とり読書をし, とり読本を持った, とりか見えない, とり調とたけ高調, とり調べをうけ, とり諸共となぜ, とり豆腐やの笛, とり貝杓子とろろ昆布に伊勢海老, とり賃銀をたくさん, とりふなれば, とり赤坂まへ, とり赤黒く染まつて, とり越し祭りである, とり越し苦勞ほどつまらない, とり足とり木賃宿の奥, とり足袋をぬいだ, とり足軽は足軽, とり跫音を盗ん, とり身みずから政事を行わん, とりの上, とり追剥のたぐい, とり退治に熊, とり逃がした怪人物を, とり逆上たよう, とりがした, とり遊戯とおよそそれだけ, とり運動部員としても活躍, とり道具を入れた, とり遠い過去の, とり遥かの高み, とり遺憾であるに, とり部落まで引きずっ, とり部隊は隊長, とりには先年, とりを煮, とり醇朴に近づき, とりのさばき, とりへ出, とり重い木の, とりに引く, とり金吾さんは家, とり銀貨と銅貨, とり鍬うちふりて, とりをとっ, とりも暇々, とり長井新九郎と改名, とり長文な書状, とり門灯の光, とり阿部は声, とり附いてゐる, とりは山奥, とり階下へ降りた, とり階段を上る, とりって作品, とり隠語の紙, とり集団の美, とり集団化を阻害, とりぜ目紙, とり雑草の苅り, とり雑誌の締め切り日, とりを含ん, とり雨戸をしめきった隣り, とりの夜, とりが垂れた, とり深き草, とり青い露が, とり青山の家, とり青年逆境の頃, とり静電気の作用, とり非常に重苦しく, とりをくるむ, とり面映ゆいことで, とり革嚢を持っ, とりをぬぎ, とりをくった, とり須磨から明石, とり領巾とりかけて, とりの汗, とり風呂敷包を解き, とり飛行機隊が追跡, とり飾りだと, とりに空車, とり馬上ニて見廻り, とり高らにあげ, とり高声念仏をはじめ行道, とりにさし, とり髪の毛も大方, とりの真ん中あたり, とりを出し, とりになった, とりは糸, とり鳥肌立って, とり鳴きてほのぼの, とり鹿の子結びのお, とり麻雀二荘三時になった, とり黄金丸の真向, とり黒シャツとズボン, とりのさき, とり龍宮までも探, とり龍泉寺附近でふたたび