青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「て~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つれ~ づ~ ~づか づか~ づく~ ~づけ づけ~ づつ~ ~づら づら~
て~
てえ~ てた~ てない~ ~てる てる~ てんで~ ~で で~ ~であっ であっ~

「て~」 1312, 13ppm, 8685位

▼ て~ (539, 41.1%)

24 くれ 13 ごらん 9 ごらんなさい 6 くれたまえ 4 あげるわ, くれよ, て, てて, やるから, 御覧, 頂戴 3 あげよう, くれたの, くれないか, やる

2 [29件] いいよ, いつも空虚, いて, おくん, くださいまし, くれたま, くれませんか, くれる, くれるよう, くれ給え, ごらん今に, ご覧, ててと, どうして除けねえだ, もしやう, やるよ, やろう, 下さると, 下すって, 何や, 兄さんが, 内の, 口を, 呉れ, 呉れる人, 御覧なさい, 手を, 私に, 赤電車に

1 [389件] あげましょうか, あげますから, あげるよ, あげるわよ, あれ口先だけの, あんたは, あんた躾は, あんよ, い, いいの, いいん, いた, いたが, いただいたの, いったい平常は, いつもろうじ, いつ死ぬ, いても, いや馬鹿気, いよく, いるじゃ, いると, いるらしかったが, いる癖, いる農民, いわないの, うつれる, うまそう, ええだ, おおいて, おかしいの, おかしいもん, おかみさん, おくれよ, おくれよ誰, おまわり, おやが, おやの, おやは, おれの, お医者はん, お友達, お梅どん, お給仕, かいって, ください, くれおれたち, くれしばらく, くれた, くれたって, くれたまえひと, くれたまえ失敬, くれたらええ, くれた親, くれても, くれと, くれという, くれない, くれないかね, くれはりますやろなあ, くれましたもう, くれまして, くれますね, くれりゃいい, くれりゃア, くれるか, くれるだろうに, くれるだろうね, くれるとは, くれるなら, くれるなら結婚, くれるもん, くれるわよ, くれるん, くれる人, くれる筈, くれる綿貫, くれれば, くれジム, くれ僕, くれ好い, くれ悲しんで, こっちの, この日, こまるよ, これで, ごさま, ごらんあの, ごらんいまに, ごらんどうして, ごらんよ, さもらふ, しまつ, しイ, じめついて, すこしも, すまなかったね, すりへ, ずいぶんガンガンやった, そして活溌, そとへ, そのため, そのまた, その喧嘩, その夜, その時, それから私, それが, それで, それで一, それで大便, それにこの, そんなこと, ちゃんと知ってる, ちょっとも, つい忘れ, つい行きそびれちゃっ, つまりその間, てても, ててを, どういう風, どうしていっしょ, どうしても声, どうして泳いだ, どうする, どうとかも, どうにも手, どうも可笑しい, どこも, なかなかそんな, なんで稼いでる, ほしいな, まず最初, まるで犬ころ, みなはれ, みましょうか, みろと, みんなが, もうこれ以上オドシ, もう今頃, もう何, もらいたいね, もらいます, もらう, もらうでも, もらうの, もらべ, やった, やったの, やっぱし春子さん, やつてよ, やらず, やりましたよ, やりましょうか, やるじゃ, やるだよ, やるの, やる馬, やれ, やろうか, やろ寝たふり, よい, よいか, よかった, よくって, よくよく芸, よく見えなかった, よければ, よせば, れいれいしいに, わざとそんな, わざと僕, ゐる小説, ケンビキが, コソコソ相談, コーガン炎にでも, ハラハラしました, マルガリイダ婆さんの, 一人で, 一年三ヶ月の, 一方で, 一日も, 上げようか, 上の, 下さい, 下さいと, 下さいませんか, 下さいませんかね, 下さい生きて, 下さるの, 下さるよう, 下さるん, 下さる方, 下町を, 不可ん, 両人とも, 中なぞ, 二つの, 二ヶ月前に, 人でも, 人に, 人頼ん, 仇名まで, 今から, 今日の, 今日までの, 今日死ぬ, 仲間の, 何か, 何かに, 何ぞ事さい, 何だか普通, 何でも, 何と, 何にも, 俯向い, 俺を, 働かせるだろうなにしろ, 僕なら, 僕も, 僕暗記し, 入れんもの, 出そう, 出て, 出来るだけ, 分ったでしょう, 別に仕様, 制動機を, 十年過, 半分覚め, 原稿が, 双方で, 取れないん, 口も, 口利い, 口惜しいとも, 古人大兄を, 呉れお, 呉れそこ, 呉れたらあたい, 呉れて, 呉れなきゃあ, 呉れや, 呉れる, 呉れるって, 呉れるね, 呉れるM子, 呉れ給, 告別の, 和歌を, 嘘にも, 困って, 困るん, 壁を, 外の, 夜の, 夢を, 大丈夫よ, 天気も, 夫は, 夫や, 妻が, 娘の, 娘を, 嬉しいよと, 寝られるどこ, 封を, 少しも, 尻尾は, 帰るところ, 平気やの, 座布団を, 張合が, 待って, 後悔を, 後日に, 御呉れやはった, 御覧あの, 御覧よ, 御覧わたしと, 御覧今に, 怖い女, 悪いこと, 懐中より, 我々の, 我儘を, 抱起す, 指の, 新世話物, 日頃宇野が, 旨く女, 旨く往かなかった, 昇に, 暮さば, 暮すは, 暮らそと, 替玉に, 月光を, 月落ちかかる, 朝床の, 梯子段を, 棄て置いちゃ, 構わないよ, 欲しいいう, 欲しいう, 歌作る, 此処を, 死にましたので, 気の毒で, 気を, 水の, 汽車が, 油断した, 済みませんでした, 炭団一つきりしか, 無し児という, 無し子を, 無理に, 片端から, 版権登録の, 生きてるの, 甲板に, 盗賊みたいね, 眠る時間, 眼を, 着物を, 知らないうち, 知らんふり, 私いっぺんに, 私が, 私より, 突進し, 節子の, 結構でございます, 結構です, 置くの, 腹が, 腹を, 自分が, 自分だけ, 自分の, 船の, 芥川が, 若しもの, 蔭で, 薬完全に, 血が, 裏口が, 見ようか, 見世物師や, 言った, 話してた芥川, 誰ぞに, 誰に, 謂わないの, 謝罪ッた, 貰いたいね, 貰いてえ, 貰たら, 貰って, 貰わにゃ, 貴方はん梯子が, 買いに, 貸して, 起揚ッて, 足がかりも, 身を, 車を, 迎えに, 避けたはずみ, 邪魔を, 陸へ, 際限が, 隠しては, 電車で, 頂戴ねえ, 顔を, 風の, 飛起き, 食べるよう, 食慾ちょっと, 飲まされしませんの, 首に, 駄目よ, 駈出して, 魯八は, 鯉の, 鰹節みたいな, 鼻歌で

▼ てても~ (104, 7.9%)

3 仕方が 2 いいわ, 気持が

1 [97件] あたし絶対に, あとを, あれだけは, あんたよりや, あんた東京, あんまり下らない, いいから, いいけど, いいだろう, いいでしょう, いいと, いいね, いいの, いいよ, いいん, いい女房, いい気持ち, いけないから, いわねえん, おんなじこと, きっとやりくり, この町, しようねえ, じぶん, そのとおり, その人, それは, ちゃんと分ってる, ちょうどええ, つまらないから, つまらないと, どことなく他, はあ落ち, はじまらない, はじまらないから, ほんとに立派, めったに酔わん, もとあ, よろしいでしょう, らちが, わかりますよって, われわれが, われわれは, ニースまで, バイロンの, 一向に出, 一寸昇降, 人を, 仕様が, 仕樣, 何だか温か, 何に, 倦きなかった, 僕に, 全小姐, 分るん, 別に不都合, 力は, 勝ってても, 危っかしい, 厭に, 君は, 小児の, 小憤れ, 巧いものは, 平気だった, 建物には, 張りきつ, 心で, 心持が, 怪しくなっ, 悪い奴, 挨拶も, 旦那は, 月謝を, 櫛は, 正五時, 歩けますよ, 気が, 沢山です, 淋しく感じない, 為に, 無駄です, 燃えるよう, 用心は, 矢つ, 碁を, 笑は, 肺病患者が, 自分に, 自分の, 芝居は, 誰が, 身体が, 身體が, 酒ぐらいは, 面白くない

▼ て~ (76, 5.8%)

3 にその, に書く 2

1 [68件] いくばくも, いふ, かれは, かれら, しばし泳ぎける, たふとき, ちに, ち失望, ち悔ゆ, ち読むべきもの, つくりたるなり, とあらぬ, とがれる鋒, にこそ告ぐべけれ, にさ, にはその, には咯血, にまた, に其治術, に原書, に善, に堆積, に士農工商, に太子, に夫, に存する, に屡, に登美毘古, に真田下知, に聖経, に肉, に親子, に言, に釣, に隨, の心, の月, の沙汰, の練磨, はわが, は人, は口, は家, は病, は竹藪, は頭, も倶, も年年, も源叔父, も舞台, ようよう言いだし, をも見ず, 一層目, 何やらん, 内治派, 再び雄々しき, 去る者, 始めて, 始めて秘蔵, 常に黄檗山, 悟るすがた, 打連れて, 次第に中心, 眠られず, 種々しめやか, 行うよう, 還ります時, 間もなく百歳位

▼ てちゃ~ (62, 4.7%)

3 いけない, いけません 2 いけないよ, だめだ, ばれるよ, アいけない, アいけません, 窮屈じゃ

1 [44件] あとで, あぶないわ, いけないぜ, いけないと, いけないな, いけないね, いけねえぜ, いけませんとど, いや弟子, しょうがない, それは, まづい, まにあわないよ, もったいない, わからねえん, んが, んは, ァ大選手, アいけ, アとても, アやりきれませんや, アフンヅカマるでしょう, ア済まない, ア遅い, ア酒が, ダメだ, 今に, 仕方が, 分からぬ, 分らないじゃ, 判らん, 埓が, 大変だ, 往っちまう, 気の, 沽券に, 焼け死にます早く, 甚五みたいに, 螫られ, 親分の, 負われないじゃ, 足が, 退屈です, 都会は

▼ て~ (19, 1.4%)

2 なるの

1 [17件] こと笑い, して, してを, しようという, なって, なってから, ならないが, なりました, ほふ柿の木, ほふ焼, やあらむ風も, 一様に, 出ました, 召されるから, 囁くと, 引っ張られて, 雑木林に

▼ て~ (18, 1.4%)

2 へ, ア二人で

1 [14件] それが, なにさ, へくれれ, へこれ, へわが, へわれ, へ劇, へ彼, へ恐れ, へ愧ら, へ疎まれし, へ鳴く, やぐ, 自分の

▼ て~ (18, 1.4%)

2 五年たちて

1 [16件] あらむ, いやはります, えも, おはする, おわする, われを, 一個點頭有司に, 不審げに, 何, 打笑む, 此日頻, 浮世の, 涙がちに, 燕王先ず, 病みつきて, 詞も

▼ て~ (16, 1.2%)

2 えっとても

1 [14件] あたいお, あっと思った, あなたは, お姉さん, この島, これの, ぢふせ, ふだんおだやかな, フラフラと, 一緒に, 出来ても, 片づけるから, 自分が, 逃げ出したり

▼ て~ (16, 1.2%)

2 の不足, を喰ひな, を売り 1 しれる人, とらせつ, につまずく, に動ぜぬ, の焼, は今, を乞, を出さぬ, を書, を考えさせる

▼ てては~ (13, 1.0%)

1 [13件] いけない, いつまで, しようがない, それだけの, それを, とてもくたびれ, ろくな事, わかんね, 何て, 分らないから, 生きては, 見っとも, 釣られるの

▼ て~ (12, 0.9%)

1 [12件] あつて他, いないの, いないん, なく放っ, また小さな, 困りますだから, 大きい一本, 女の, 暗い顔, 滝とも, 行はれた, 順次に

▼ て~ (12, 0.9%)

1 [12件] のめぐりをはるを待ち, の亂, の人木像, の幕吏中, の政事家, の短く, の過, を消す, を済, を測る, を送り, 立たず我等

▼ て~ (11, 0.8%)

3 ぬりの 2 を覗き 1 ぐらいの農民, なる書, にある, の松茸, を検, 高き頭靜

▼ て~ (9, 0.7%)

3 をなす 2 をなすべく 1 をなさん, をなすべき, を謀らん, 起らば

▼ てその~ (8, 0.6%)

1 あいだだけ, 下で, 位の, 姿を, 成行を, 男の, 程度で, 金吾と

▼ てちゃあ~ (8, 0.6%)

1 いけねえ, ゆだっちゃう, 何にも, 困るじゃあ, 埒が, 心配せず, 見わけられないよ, 食べられませんから

▼ てよりは~ (8, 0.6%)

1 わが稚き, 二頭の, 好みて, 既に一方, 朝夕の, 正午の, 身を, 長崎なる

▼ て~ (6, 0.5%)

1 呉れ使い残り, 呉れ其, 宅に, 掃除も, 梅どん枕許いやって来, 百姓ア

▼ ててを~ (5, 0.4%)

1 ひろげて, ふつて, 上げて, 切りますよ, 道案内に

▼ てながら~ (5, 0.4%)

1 あのざま, それでも世話, へて, 一体何時に, 芳さんも

▼ てには~ (5, 0.4%)

2 あらずと 1 あらずただ, ふたかかえ, 穴が

▼ て~ (5, 0.4%)

2 うばうたれども 1 かならずその, 好けむ, 気吹戸に

▼ て~ (5, 0.4%)

1 かしくつて, ぬけて, みはって, らず, りますあの

▼ て~ (5, 0.4%)

1 に入る, に入るなり, に入るべし, に存する, に導き坐

▼ てそれ~ (4, 0.3%)

1 が一種, が六畳, じゃ今日様, を思い出した

▼ ててと~ (4, 0.3%)

2 彼は 1 云う唄, 云う歌

▼ てにも~ (4, 0.3%)

3 火が 1 灯が

▼ てから~ (3, 0.2%)

1 よく御存じ, 次の間の, 裏の

▼ て~ (3, 0.2%)

1 が歓心, をかこみ, を見き

▼ て~ (3, 0.2%)

1 延ばし同じ, 焼いたらつよい, 知って

▼ て~ (3, 0.2%)

1 一字一字墨色を, 御容貌, 母君は

▼ て~ (3, 0.2%)

1 がるる, じく, たも

▼ てもの~ (3, 0.2%)

1 の哀れ, を初めて, を言う

▼ て一方~ (3, 0.2%)

1 に数倍, の將, より礼

▼ て~ (3, 0.2%)

1 すったの, すったわ, へ下

▼ て~ (3, 0.2%)

1 にありし, に移住, に類

▼ て其の~ (3, 0.2%)

1 戸を, 所へ, 痩せた凋びた手

▼ て頂戴~ (3, 0.2%)

3

▼ てあの~ (2, 0.2%)

2 方を

▼ てこと~ (2, 0.2%)

1 さらに云々, さらに束縛

▼ てこんな~ (2, 0.2%)

1 事に, 体で

▼ てさし~ (2, 0.2%)

1 上げたの, 上る月

▼ てての~ (2, 0.2%)

1 ことだ, ひら

▼ て~ (2, 0.2%)

1 つかに, つちと

▼ てどう~ (2, 0.2%)

1 したろうって, するの

▼ てどうしても~ (2, 0.2%)

1 その了簡, 今日じゅうに

▼ てにや~ (2, 0.2%)

1 お蘭, 本月初旬横濱

▼ てほう~ (2, 0.2%)

2

▼ てもと~ (2, 0.2%)

2 な思

▼ てよりも~ (2, 0.2%)

1 大に, 既に少なくとも四十年一万四千六百日

▼ て~ (2, 0.2%)

1 すぐ帰っ, 陽子さん笑われる

▼ て~ (2, 0.2%)

1 かの話, をし

▼ て~ (2, 0.2%)

1 が切れる, の調子

▼ て後ベアトリーチェ~ (2, 0.2%)

1 と共に第, はダンテ

▼ て後我~ (2, 0.2%)

1 は此等, は異

▼ て方物す可~ (2, 0.2%)

2 からず

▼ て~ (2, 0.2%)

1 あらずして, 暑し

▼ て~ (2, 0.2%)

1 というもの, の癖

▼ て留守~ (2, 0.2%)

1 だった, だったの

▼ て限り~ (2, 0.2%)

1 なき苦痛, なし

▼1* [238件]

あちらのある, てあんたが見えないだろう, てあんな奴に, てうちを出た, てお出でたぞな, てお嬢さんを甚, てかぎりなし, てがいを生じ, てがらを立てました, てきりしまの温泉, てことに信州の, てこの中へ, てこれを直義, てこれ位のこと, てころろうつくしき田蛙, てこんなにおそくなった, てひて, てすりにもたれ, てぜひいるもの, てそこ覗いて, てその後手紙をよこし, てそれで悪い気もち, てそォだて, てたいした月給を, てたとえば私の, てちょいとする, てちょうどよい都合, てちょっとも兄ちゃん, てつつと移りて, てつどへる鳩, ててからに親の, ててだのあんよだの, ててて大変で, ててなんて聞いてたが, ててに木の実, ててはと云われて, ててもどもなんね, てときにいましいづる, てとても厭な, てどうしてだか, てどたり横倒れ, てどの店にも, てどれと言, て江湖, てなにもかもみたり, てなんだかへんだ, てねんごろに, てのちに初めて, てむかって, てへどが出そう, てほかの事, てまあ何ち, てまことに困るって, てまだそんだけでも, てまばゆさう, てもろて, てもんだが, てよう入る者, てよく手ぶらで, てびをるに人の, てだ, てんで角力に, てドアへ忍び寄る, てニワトリは脇の下, てベルリンにいる, てボンヤリ立って, てモウ張裂けさ, て一しょにサンドウィッチ, て一人残らず生きて, て一應現場を見, て一日それをつけ, て一生に一度, て下品なもの, て主張する独自, てった, て事務的に芝居, て事勿れ主義に傾いてる, て人生はどう, て今一度湯にあッ, て今度はぴよこんとお時儀, て以下なぐり筆, て会話がくる, てをこわす, て何とも云えない良い, ての事件, て便所いまで一緒, てを医者, てで嵐, て其処からずっと, て其所からずつとやつ, て別になんにもいう気, て利子をとる, て脚二つで, て千登世に突掛, て卒中でひっくりかえっ, て受取つた, て右門のその, て呼吸を塞ぐ, て四年も前, て土壁の土台, てにぴったり, てでなけりゃ外, てくしました, て好い帳面だ, て妙子さん見て, ての肩先, て姿がすらッ, て実は今さっき, て実習もさんざん, て客観的に自己批判, てへ帰る, て小波さんが書く, ての姿, て帰りがおそ, て年代順に載せ, てのよう, てや妹, て弾丸籠めをし, てのその, て彼処から十時, て後あるじがいふ, て後しめやかに頷き, て後そこへ幣, て後ちの力は鱸, て後イエルサレムとエマオ, て後グイード・ダ・モンテフェルトロの魂, て後チェンタウロは煮ゆる, て後ティスベまづか, て後テマン人エリパズに言い, て後ヨブ再びその, て後ルツジェーリ乃ち伯の罪状, て後三重名古屋を經, て後云ひ出せること, て後人世あり恋愛, て後体も手, て後僅に数日, て後僅かに半月, て後兩詩人まづ地獄圈外, て後其声を味, て後凡そ二十分われらも發足, て後向になり, て後君は淡路町, て後吟咏の法式厳然, て後國を傾くる, て後妻のお, て後婬女われかく多勢, て後寒山の詩, て後小山は独り, て後岩倉山の抜場見分, て後左すれば, て後彼曰ひけるは, て後息をわが, て後挙を図りた, て後敵の死者, て後晩涼を追, て後最初の, て後机に対す, て後村人らにその, て後永楽十年十一月自序を附し, て後涙を流し, て後漢書の, て後然ることあり或は, て後神の嘘入れ給, て後神気快からず, て後税法整理案其他の日程, て後空知川沿岸の地図, て後維盛卿は瀧口, て後老爺の子, て後脚至って長く, て後訊問所に引き出され, て後詩人等第七, て後貫一は彼, て後輪によりか, て後邊に至れ, て後雪国の故郷, て後静かに汁, て覽, て御覧になったら, て御覧あない云うて, て悪けりゃこう立ったら, て懸命に声, て我々が, て狭くよう, て所置を錯, て所謂国民性を描け, て所謂拮据二十余年改刪補正幾回か稿, て所謂舊套時代に屬, て所謂道教の起る, てを伸したら届き, て手足抜けるよう, て承知をしとき, てはない, て政府の職業紹介所, て方外に遊び, て方物を貢, て暮しがついた, てが明い, て檢討しようと, て此処は一体, て歯がゆくて相手, て母さんの食べる, て民主ヅラをひけらかす, てのきかぬ, てに不自由, て永井君特有の笑, て済まなんだ, て滿足だと, て無いであらう, て甲板から海中, て留置場の御, てきに, ての間, て石切橋の傍, て秀子を逃がした, てへ金, て立派な仕事, て聖画を買わせる, てが使えねえ, てが立つ, て自分の安, て芥川に話し, て若し戻つて, て英吉利の病院, てを出す, て蒐集して, てい廻って, ての脛, て説明するだけの, てとくな, て貴方何考へてるだべさ, てかし, て赤い舌を, て遠くから黙っ, てのこと, て青龍刀を構え直し, て面白かつた, て風呂に入る, てを持っ