青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「です~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~でございます でございます~ ~でござる ~でし でし~ ~でした でした~ ~でしょう でしょう~ ~です
です~
~でない でない~ ~でなかった ~でなく でなく~ ~でなけれ でなけれ~ では~ でも~ でる~

「です~」 69949, 724ppm, 123位

▼ です~ (22987, 32.9%)

273 それは 240 これは 228 それが 216 私は 137 それを 109 私の 106 あなたは 84 その時 73 これが 71 これも 63 それも 61 あなたの 57 私が 51 僕は 50 今は 46 今日は, 何か 45 あれは, それに 42 これを 41 その中 40 今の 39 どうした 35 そのうち, 今では 34 平次は 32 それには 31 私には 30 さすがに, そんなこと 29 あなたが, この頃, 不思議な, 彼は 28 どうでしょう 27 ここに, さう 26 この時, その頃, 今度は, 私も 25 そのとき, 僕の 24 彼の 23 きょうは, その日, 併し, 自分の 22 あとで, しかしその, 日本の 21 それよりも, 昔は 19 この人, わたしは, 平次の, 急に 18 そこに, 今度の, 先生の 17 その代り, それから, なんでも, 何を, 家の 16 あの人, いまは, しかしこれ, そこへ, 何の, 兎も, 妙な, 昔の, 相手が 15 ここで, しかしそれ, そうする, その前, どうです, どこか, 中には, 兎に, 女の, 誰も 14 そこは, そのお, それで, 人間の, 何んと, 何分にも, 例の, 此の 13 こ, このこと, この辺, さてその, それと, そんなもの, どうで, どんなもの, わたくしは, 私を 12 これには, こんなこと, そこが, 主人の, 今と, 私に

11 [23件] あれを, ここの, ここは, この場合, この方, この男, そこには, その人, それにも, それらの, 人間は, 今も, 他の, 僕が, 僕には, 如何でしょう, 實は, 或る, 残念ながら, 男の, 私と, 近頃は, 非常に

10 [28件] あの方, いずれに, こいつは, こちらの, これで, これに, しかし, すると, そんな事, た, ちよつと, どうかしら, なか, ほかの, 今日の, 何でも, 何に, 去年の, 妙に, 実際は, 後の, 御主人, 御承知, 斯う, 本当の, 父は, 自分は, 貴方は

9 [26件] あなたも, あれが, いつまで, うちの, ここでは, ここへ, この, こんどの, しかし僕, その上, その男, ちょいと, どうか, ほかに, 一と, 不思議に, 今でも, 今に, 今夜は, 兄の, 彼女は, 本人は, 母は, 父の, 私たちは, 考えて

8 [38件] あとの, あまりの, お宅, このごろは, このとき, これからは, こんどは, こんなの, しかしこの, そこを, そのため, そのなか, その当時, その間に, ともかくも, どこに, 一人の, 不幸に, 今まで, 今年は, 何うし, 何も, 先生は, 八五郎は, 前に, 前にも, 子供の, 幸ひ, 念の, 日本では, 来て, 根が, 気の, 聞いて, 肝腎の, 自分が, 色の, 貴方の

7 [59件] ああいう, あなたに, あなた方は, ある日, いろいろの, こいつが, こうなっ, この娘, さてそれ, しかし私, そういうこと, そうかと, その, そのあいだ, そのこと, そのころ, そのほか, その声, その夜, その方, その晩, どういうもの, どこにも, どこの, なにを, ほんとうに, ほんとうの, ぼくは, もしお, わたしの, 中は, 事件の, 事実は, 人の, 仕方が, 何う, 何んの, 兄さんは, 博士は, 可哀そうに, 君は, 商賣, 奥様の, 娘の, 実を, 当時は, 彼が, 後に, 惜しいこと, 旦那は, 是は, 最後に, 最後の, 相手は, 立派な, 途中で, 連れの, 部屋の, 金が

6 [47件] あいつの, あの女, あの時, いかがです, お父様, この家, この際, そうです, そうは, その意味, その途中, だれも, どうもそれ, どこへ, ふだんから, まだその, もうこの, よく見る, わたくしも, わたしが, ナア, 二人は, 人を, 今から, 今までの, 今年の, 仕事が, 他人の, 以前は, 何かの, 外に, 女は, 姉の, 少しも, 山の, 幸いに, 御覧の, 昨夜は, 普通の, 母が, 現在の, 田舎の, 見て, 話が, 話の, 誰が, 貴女は

5 [89件] あとは, あなたと, あなたを, あの娘, ある時, い, いか, いざと, お言葉, こうなる, ここにも, この事件, この二人, この日, これという, さていよいよ, しかし右門, しかもその, そいつが, そうで, そこの, そちらは, そない, その内容, その折, その時分, その理由, その結果, その辺, それから先, それから後, それじゃあ, それでも私, それについて, それらは, ついその, でも私, どうかする, どうぞ, みんなが, もう一つ, わたくしが, わたくしの, わっし, イギリスの, ガラッ八, 一つには, 中, 之は, 人に, 今日では, 何が, 何処へ, 兄は, 先に, 前の, 場合が, 夫に, 夫の, 夫は, 奥さんは, 妻は, 実際の, 家を, 少くとも, 帰って, 平次が, 平次に, 平次には, 平次も, 当人は, 当時の, 後には, 成程, 昔から, 最近は, 月の, 次の, 母親が, 然しそれ, 町の, 眼の, 私たちが, 私としては, 美しさ, 若い時, 親分, 誰の, 非常な

4 [168件] ああした, あいては, あそこの, あなたには, あの子, あれから, いずれも, いまの, いろ, お望み, お父さんは, お目, お角, お酒, お銀様, お顔, お駒, からだの, きょうの, こいつの, こういうこと, ここでも, こちらに, こちらは, ことによる, このお, このまま, この仕事, この先生, この女, この物語, この話, この部屋, これこそ, これでは, これまでの, こんな事, ごらんなさい, ご承知, さうし, しかしそこ, すぐに, そいつは, そういうもの, そうし, そこまで, そのか, その大, その話, その間にも, それだ, それでもその, それでもやはり, それという, それまで, それより, そんなの, そんなら, だんなは, ちょうどその, ちよいと, ついでに, どういふ, どうしてもあなた, どうしましょう, どうもうまく, どうもそんな, どこかに, どこから, どちらも, どなたです, どんなこと, なにぶんにも, なんの, ほんとうです, ほんとうは, またその, もうその, もしその, もとは, ゆうべは, わたくしには, わたしには, フランスの, 一つの, 一方の, 一緒に, 中に, 主人が, 人は, 人間が, 今日も, 今晩は, 今朝の, 今朝は, 以前の, 伜の, 何にも, 何處か, 俳優の, 僕を, 元は, 兄を, 先方の, 先生に, 入つて構, 入口の, 八五郎が, 困ったこと, 困つたこと, 土地の, 夜が, 夜の, 大勢の, 大変な, 妹の, 妾は, 姉に, 子供が, 実の, 実はその, 実はわたくし, 実際に, 宿の, 少しは, 少しばかり, 左の, 平次と, 年を, 幸か, 店の, 当人の, 彼女が, 御病気, 日が, 日本人は, 明日は, 明智探偵は, 明治に, 明治の, 時には, 時による, 時間が, 書いて, 水を, 父親の, 物を, 猫の, 男は, 町内の, 皆さんは, 真実です, 確かに, 私どもは, 私のは, 私達の, 自分で, 自然に, 芝居の, 血の, 貴女が, 近頃では, 金を, 鉄の, 雨戸は, 頭の, 顏の, 魂の

3 [364件] あたしは, あちらでは, あなたから, あなた方が, あの中, あの男, あまり長く, あれでは, あれも, あんたは, いかがでございましょう, いかがでしょう, いまから, いろいろな, おいくつ, お互いに, お六, お前さんも, お名前, お嬢さま, お嬢さん, お嬢さんは, お定, お柳, お父さんの, お目にかかって, お米さん, お靜, かうして, きのうの, けれども私, こちらでは, こっちは, このへん, このよう, この前, この国, この度, この後, この御, この春, この時代, この時分, この点, この間の, これだけ, これでも, これなども, これまで, こんなもの, しかしこういう, しかし女, しからば, しばらくする, しまいには, すべての, そうだ, そうでも, そうも, そう云う, そこから, そこらに, そのかわり, そのま, そのよう, その一つ, その一人, その事, その人たち, その人達, その他の, その先, その内, その友人, その外, その子, その家, その年, その後は, その後も, その気持, その私, その言葉, その部屋, その際, それからは, それだけ, それつ, それでもまだ, それでも自分, それとても, それなら, それにしても今, それに対して, それよりは, それらしい, それらを, それ以上に, そんな噂, そんな場合, ただちょっと, ただ私, たった一つ, だん, だんだん調べ, ちょうど私, ちょっとお, ちょッと, ぢや, ですから私, でもわたくし, とう, とてもそんな, とにかくその, どうしても, どうもお, どうもふしぎ, どうも仕方, どうも様子, どうも私, どう云う, どこかの, どこで, どこまで, どちらかと, どちらへ, どなたも, どの位, どれも, なにぶんの, なにも, なんしろ, なんという, なんに, ねえ, はじめは, ひとつその, ふしぎな, ふたりの, ふとしたこと, ふと気, ほんとです, ほんとは, まあお, まあその, みょうな, むかしは, もうあの, もう何, やって, やっぱり悪い, よく考え, よく調べ, わしは, わたくし共の, われわれは, インドの, ラサ府では, 一つだけ, 一人で, 一体どういう, 一寸来, 一年前に, 一度は, 一方は, 一種の, 一般に, 三年ほど, 三輪の, 上の, 不意に, 世の中に, 世の中の, 世間の, 世間は, 両方とも, 中へ, 主人は, 主人を, 事実です, 二人とも, 二人に, 二人の, 二年前に, 今夜の, 今日のは, 今朝に, 仮りに, 仲, 伯爵の, 何うも, 何しろあの, 何しろこの, 何と, 何よりも, 何処か, 何處に, 信之は, 先生が, 先頃の, 光子さんは, 八五郎には, 六三郎は, 其の時, 其の頃, 其處へ, 別所君は, 前々から, 動物の, 十日ほど, 叔父は, 只今は, 可なり, 可哀想に, 右の, 向うで, 君が, 咄嗟の, 商売の, 問題が, 四十面相は, 四方の, 変な, 外の, 夜に, 夜中に, 大抵は, 夫れ, 奥さんが, 奥さんの, 女が, 女房の, 如何です, 如何に, 妻も, 妾の, 始めは, 実は, 実はこの, 実は私, 客が, 家が, 家は, 家中の, 家内が, 小博奕, 小林君の, 小林君は, 小説の, 少しお, 少しずつ, 崖の, 川の, 平安朝の, 年の, 幸に, 幾らでも, 弟が, 彼らは, 彼女の, 彼等は, 御子息, 思いも, 思ひの, 悪いこと, 悲しいこと, 我々の, 戦争が, 房州の, 手に, 拙者は, 持って, 敵の, 新夫人, 日本に, 日本には, 春の, 昨日の, 時が, 普通には, 曲者の, 曲者を, 最初の, 最近の, 本当でしょう, 本当です, 机に, 正直の, 此は, 此處から, 此處の, 武家の, 死の, 殺されたの, 気が, 気の毒な, 氣の, 流石に, 清吉は, 灯が, 無類の, 然しこれ, 犬は, 生きて, 生憎と, 略式に, 病人の, 病気の, 目の, 相変らず, 相憎, 相手の, 知って, 私たちの, 私共が, 私共には, 私達は, 稼業の, 竜之, 第一, 義兄の, 老先生, 肝心の, 自分も, 色が, 色白の, 若くて, 若旦那の, 蒙古人, 西洋人は, 見たところ, 親に, 親の, 親分さん, 親父が, 親父は, 言ふ, 言葉には, 話を, 誰か, 誰かが, 調子が, 諭吉は, 貴女の, 貴方も, 貴郎, 足に, 身體は, 近ごろは, 逆に, 運が, 運悪く, 都合の, 酒は, 銀座の, 長さ, 顔は, 風が, 餘り, 馬の, 駄目です, 駒井は, 驚いたこと, 黙って

2 [1257件 抜粋] あいつが, あがって, あっしは, あなただけは, あなた御, あなた様を, あのころ, あの仲間, あの大, あの晩, あの調子, ありよう, ある用事, いうこと, いかが, いずれ又, いったいそれ, いつぞや明神下, いつに, いつもこの, いまいった, いま目の, いま見る, いわれて, うちに, おかく, おととい頃から, お兄様, お友達, お君, お夏, お姫さまは, お孃さん, お幾歳, お断りしませう, お母さまが, お気に, お父さま, お町, お福, お茶でも, お葉, お話の, お金には, お關, お願いいたします, けっしてそんな, こいつも, こういう場合, こうなれ, ここから, ここよりは, ここらは, こちらから, こっちに, このお話, この上, この二つ, この分, この夏, この客, この御新造, この晩, この村, この穴, この者, この賭, これ, これだけに, これなる, これらの, こんな人間, こんな時, ごよう, ご存じの, さすがは, さっきから, さて私, しかしあの, しかしそういう, しかしもう, しかし何, しかし御, しかるにその, じっとし, じぶん, すつかり, そういう事情, そういっ, そうと, そうなれ, そこにも, そのあたり, そのそ, そののち, そのへん, そのトタン, その主人公, その仕事, その代り新吉岩松, その兄, その四, その土地, その娘さん, その子供, その川, その庭, その手, その早い, その次, その火, その為, その相手, その瞬間, その者, その表, その長い, その雇人達, その顔, その點, それからずっと, それから内地, それすら, それだけに財産, それだって, それでは人目, それでもなんだか, それでも人, それでも折目, それでも案外, それでも鋸, それにしてもあんまり, それにしても半, それについては, それほどに, そんなようす, そんな習慣, ただいま, ただ一つ, たった一人, だいたいの, だめでした, ちかごろは, ちょっと見る, つい店, でもあなた, でもこれ, でも自分, ところがこの, とにかくに, ともかくそれ, どういうわけ, どうかした, どうしてあの, どうしてそんな, どうしてもそんな, どうぞこちら, どうなる, どうもあなた, どうもその, どうも悪い, どうも近頃, どう考え, どこです, どっちへ, どんなふう, どんな御用, なにかに, なにしろ大, なに好い, なるほどその, ぬかるみへ, ひとりで, ひょっとし, ふいと, ふと少年, ほんとうを, ぼくの, まあそこ, まずその, またお, まだこんな, まだ御, まだ来ない, まちがって, もうお, もう仕方, もう戸, もう農民作家, もしこれ, もし奥様, もし途方, やう, やがてそれ, やはりその, やはり竹藪, よく注意, よく聞い, わけてもこの, わたくしと, わたし見た, ウチの, ジャン, ナオミの, ヘルンは, ポケットには, メンデレーエフの, ロッテナム夫人が, 一万年は, 一人は, 一体誰, 一口に, 一寸今, 一年間の, 一度持っ, 一方から, 一昨日笹野新三郎から, 一片の, 一箇所生垣が, 丁度今日, 三人が, 三年も, 三条の, 上がり込んで, 上野の, 不図, 不思議にも, 与八は, 世の, 世界に, 両女史, 主人に, 之が, 事件は, 事実を, 二三日前城中御, 二人ともに, 二十面相は, 二度ほど, 五月の, 井上君は, 人が, 人殺しの, 今こうして, 今じゃ, 今とな, 今回は, 今御客, 今日まで, 今朝この, 今貴君方, 仕舞には, 会って, 伯母の, 体が, 何たる幸い, 何となく艶, 何んで, 何分手前共, 何年に, 何遍も, 作者の, 俗に, 俵屋の, 偶然にも, 傷は, 元の, 元服は, 元気で, 兄さんたちは, 充分美しい, 先代と, 先方は, 先程も, 光線の, 全く変, 八五郎に, 六助と, 其の火鉢, 其処には, 内儀さんは, 内匠は, 前から, 前生の, 加賀の, 勘太郎は, 医者の, 十余年前に, 半面血潮に, 却, 又自作, 叔父の, 口が, 只今では, 同時にその, 名前を, 吾妻屋の, 和田倉門外の, 唯一つ, 商人の, 嘘だ, 四方が, 図らずも, 坂の, 塾長に, 声の, 夏の, 夜と共に, 夜は, 大丈夫でしょう, 大事に, 大名方の, 大学へ, 天は, 天野君は, 夫人の, 失礼です, 奪られた, 女房が, 好きな, 妹と, 姉さんが, 学校で, 安之助の, 実にお, 実はお, 家へ, 家庭の, 小柄で, 少しばかりの, 少し考, 少年の, 山本の, 島へ, 川面は, 布袋屋の, 幸いにも, 広重の, 庭の, 引窓が, 弟子の, 当人としては, 彫辰, 彼奴は, 待って, 後添, 御存知です, 御用は, 御覽, 徳川時代に, 心の, 心持は, 急な, 怪我を, 恐ろしい八幡, 悪気は, 意味は, 意外にも, 或時, 所で, 手は, 手堅いうち, 折目の, 掴みどころの, 揉事や, 数学では, 文化の, 斯んな, 新助, 新聞社でも, 旅籠の, 日本で, 日本人の, 旦那さんの, 早く配偶, 明智の, 明治後期は, 昨夜の, 昨年の, 昼の, 時節柄物騒と, 普通に, 暇が, 書画屋などには, 最初は, 月給は, 朝廷の, 本を, 本町小町と, 村の, 東京に, 東京へ, 柄が, 柳屋は, 案外な, 案外にも, 機会が, 次郎が, 正直一途の, 此夏は, 此日女は, 武家の子が, 歯を, 死んで, 残念です, 残念にも, 母親は, 気分は, 江戸の, 江戸時代の, 決してそうで, 油紅白粉から, 浪人と, 海舟という, 満洲, 滅茶, 無口で, 煙草を, 牢屋の, 物に, 特別の, 犯人は, 現代の, 生なら, 用心棒とも, 男つ, 異様な, 病院へ, 皆さんに, 相当の, 真暗な, 知らない人, 石炭の, 神様は, 私たちから, 私にも, 私自身の, 秋の, 秩序立て, 空は, 突つ込んだ, 箱の, 米友が, 素知らぬ顏, 結婚し, 絶対に, 網を, 義兄荻野左仲の, 職人と, 背の, 腕の, 腹立ち紛れ, 自分だけ, 自動車は, 舅に, 色白で, 芥川さんの, 若旦那は, 茶を, 薪木を, 蘆庵の, 表や, 裏には, 見るからに, 見れば, 親が, 解剖の, 許嫁の, 詳しいこと, 誰にも, 警察の, 貴君は, 貴嬢, 越して, 路が, 身体が, 身體を, 近くに, 逃げて, 通って, 遺憾ながら, 都合が, 重兵衛, 重要な, 金持の, 鈴は, 鎌倉署の, 長い間, 間違いの, 陛下は, 隣りの, 雨が, 電車で, 震災の, 頭は, 顏を, 顔を, 養子の, 駄目でした, 騷ぎに

1 [12709件 抜粋] ああし, あくる日も, あたしの, あと十何年不意に, あなたほど, あのこ, あの児, あの放火, あの獣物連中, あの馬, あまり平気, あるいは外線, ある朝, あんたそりゃあいけません, あんまりやさしい, いかにもあの, いくつだ, いざ買い占める, いっこうに御利益, いつお伺いし, いつの間にか消えちゃっ, いづれゆつくりとまた, いまも, いや下地, いわば文壇進歩党, うれしい方, おことわり, おとなしい子, およそ従業員, お住所, お友だち, お定さん, お役に立つ, お槙, お父さん氏の, お義母さん, お許しねが, お雪ちゃんにとっては, かえってよく治った, かねて頼朝公, きのう不知哉丸さまの, けさに, こういう嫉妬, こうして無事, ここへも, こどもの, このたび, このボルジョリ, この人足, この問題, この完全, この心, この暗号, この汽車, この甲府, この脚本, この語, この隊長, こりゃ何, これとても, これ等は, こんな事件, こんな青, さあどうぞ, さして厭世的, さてあと, さて容易, さもなければ解散, しかしあんな, しかしだんだん, しかし一面, しかし同時に, しかし本当はごく, しかし金ほしさ, しばらくは, じつに恐ろしいいみ, すぐいらっしゃいます, すすむにつれて, すると巡査, せめてドチラ, そういうよう, そういう男, そうした野蛮, そう祈っ, そしてこの, そのうしろ, そのききめ, そのとき印度服, そのまま行方, そのペンキ, その両方, その代り小屋頭, その僧, その功用, その嗅覚, その天津神, その害, その平仄, その後ラサ府で, その感歎, その明, その最も, その汗, その犧牲, その皇后樣, その竹生島参詣, その肉, その薄暗い, その諸, その運命論, その隙間, その麓, それからめそめそ, それだけにまた, それでいっこう, それでは徳義上, それでもどこ, それでも交代, それでも山狩り, それでも片鱗, それでも観客, それとてもいろいろ, それにしてもまア, それに日本, それ以上は, そんなと, そんな小説, たいていの, たしかに甲府入墨, ただスエズ, ただ御返事, たとい品夫, たまたま精神病院, だんだん悪戯, ちょうどお, ちょっとした物, ちょっと簡単, ついなんだか, つぎから, つらい身の上, でもない, でも毎年, とうとう兄さん, ところがあの, とても来, とにかく左膳, ともかく一言, とりわけ生理学, どうかなさった, どうしてはなす, どうしても開け, どうせひどく, どうでしたろう, どうもこう忙しく, どうもわからない, どうも商人, どうも気に入らない, どうも通りかかっ, どこへとも, どなた様でございました, どんな夢, なお両, なかなか目鼻, なにか外, なにしろ二人, なにしろ横浜, なのに一流, なんかしら, なんだって, にわかにあなた, はたきを, ひとつおねがいが, ひどく埃, ふつくりした, ほとんど詰, ぼく達が, まあ寒, まさかお, まずご, またのこのこ, また考え, まだ一時間, まだ希有, まだ船長さんたち, まったく手がかり, まるでむら, みなさんひょっとしたら, むかしも, もういっぽう, もうやりきれません, もう僕, もう箱根, もう雨, もしやほんとう, もし男, もっと手短, もと大蔵省辺, やがて紅, やっぱり人間, やつぱり読む, やはり同じ, やはり良い, ゆっくり休ん, よくよくでなく, よく聞きとれませんでした, よろしゅう御座いましょう, わけの, わたしから, われわれ三名も, アメリカや, イワン君の, カンガルーの, ケプラーが, シェクスピアの, スミ子ちゃんには, ダーウィンにとっては, デストゥパーゴは, ニイチェの, バカだ, ファバントゥーの, ホウものが, ポーの, ヤクは, ロウで, 一から, 一ヵ月経っ, 一体伊達君が, 一定の, 一度こうなっ, 一所懸命に, 一本差す, 一管の, 丁年未満だ, 万事ちっと, 三四日過ぎる, 三高さんも, 下手ながら, 不愛想, 世界中の, 中佐の, 丸木と, 之も, 争議中は, 二つで, 二代目の, 二度とそれ, 二間ぐれえ, 五時間ばかり, 京都で, 人柄に, 仁賢天皇の, 今どこにも, 今夜こちらで, 今度みなさん方の, 今日という, 今更仕様, 今私共の, 仕舞って, 以来船岡どのの, 伊香保で, 住持様は, 何しろ事件, 何しろ耳, 何だか親しみ, 何と急, 何んな, 何分所轄署, 何時に, 余程面くらった, 來て, 信玄の, 偽善者を, 僕にはど, 兄さんから, 先ず素性, 先方様の, 先達樣が, 全く無駄, 兩親が, 六十の, 其の実は, 其後も, 兼吉が, 冬の, 出品者の, 初こう, 利子が, 劍槍兩道にも, 動けないで, 勿論私, 十二号の, 十時半よりは, 半日や, 単行本が, 去年なくなりました, 叔母さんちよつと, 古くなっ, 可愛さうに, 同じお, 同時に職業的, 向島で, 和泉屋の, 唯簡單, 喜ぶの, 四十を, 図面を, 土曜日の, 堀江まで, 増田は, 夏に, 多分そうした, 夜中あけはなし, 大きければ, 大人にも, 大変痛ん, 大方南京蟲の, 大阪へ, 天神下の, 失礼しました, 奥様, 女らしい女, 女神の, 妹が, 委しい番地, 嬉しくね, 学問は, 安政二年お, 実に実に賊, 実はペンペン草, 実は皆, 実際千村君, 家中で, 富士男さんどうか, 専門書以外は, 小屋を, 小田さんも, 少しかおり, 少し薬, 屋根が, 山登りにかけては, 川原湯温泉の, 布置も, 常陸山に, 年うえ女に, 幼い内親王, 府中へ, 引ッ返す, 当てに, 当時ジューヴェは, 彼との, 後で考える, 御二人, 御容態, 御相談, 御難儀, 必ず気絶, 思いがけぬ御, 急性腸胃加答児という, 恐らく彼女, 恰度その, 情理を, 慶元, 我儘息子らしい, 戰爭後に, 手伝つて呉れない, 才氣走つてお, 折屈み, 拝見し, 探しに, 政府の, 敬愛する, 文学において, 斯くの, 新豆, 日向国高鍋の, 日蔭の, 旦那樣は, 明日調べ, 昔気質です, 昨日から, 時々は, 時めく流行医者, 暁け, 更に, 最初からの, 月代は, 期待に, 本人が, 本日は, 材木屋の, 東洋の, 柄の, 根から徳川家, 棺桶の, 横浜で, 次に訪れた, 正月は, 此女に, 此辺は, 死に際に, 殊に仁愛, 殿下は, 毎日毎日の, 気楽で, 永太郎も, 決して上述, 河合さんと, 泣いてなんぞ, 浅五郎, 海軍砲としては, 渡し守甚兵衛と, 演説家は, 火水の, 無理強いに, 然しすべて, 熱が, 片足が, 特にお, 犯人当ての, 猿楽では, 現今は, 甚だ僕, 生得気むずかしく, 用便が, 申し上げたいの, 界隈切っ, 疑を, 瘤の, 百餘宇の, 皮肉に, 目立った踊り子, 相變ら, 真夜中にな, 瞼に, 短い浴衣, 社で, 神月さんと, 私あのお, 私一人を, 秘曲を, 窓の, 第一回, 簡單に, 約八百頁, 細い電線みたい, 結局は, 絹物でも, 羅門塔十郎は, 翌朝から, 聞き込みと, 肝腎な, 脚だの, 臣が, 自由自在な, 航空中に, 芝居や, 若いお, 若夫人, 茶坊主が, 菓子屋の, 蔵前の, 藩兵が, 血を, 表に, 裴宣, 要するに可能, 見渡す限り, 親切で思ひやり, 訊いて, 話も, 誰一人娘を, 譲つておくんなさい, 貴下は, 賀古氏の, 走る方, 身に, 転入の, 近年他国の, 追, 通りかかった先生, 道人は, 遠見には, 酒も, 量高の, 釘勘親方とは, 鋏で, 長安は, 間もなくある, 閣下もうそろそろ, 隆ちゃんたちのれる, 雇人や, 震災で, 面倒くさいから, 頭には, 願人坊主は, 食道楽が, 馬耕といふ, 高くて, 魔法の, 鶴も

▼ ですから~ (18890, 27.0%)

245 私は 102 私の 94 それを 87 これは 69 私も 62 私が 55 それは 49 それが 47 自分の 39 僕は 35 これを 33 仕方が, 何か 32 それに, わたしは 31 あなたの 28 誰も 27 その時 24 わたくしは, 何も 23 そのつもり 22 あなたが, すぐに, どうする, 御安心 21 そんなこと 19 あなたも, ここで, その点, 今の, 僕も 18 あなたは, これも, それで, 今度は, 非常に 17 これが, どうか, わたしの, 家の 16 あなたに, あの人, こんなこと, さすがの, 今日は, 何を, 日本の 15 これで, それも, わたしも, 僕の, 急に, 普通の 14 ここに, たまりません, 何う, 何でも, 気を 13 さう, どうぞ御, わたくしも, 二人は, 他の, 僕が 12 こちらの, これには, そこに, だれも, どうぞ, 今は, 何の, 先生の, 少しも, 竜之

11 [14件] そこへ, つい, どこの, わたしが, 一緒に, 兵馬は, 安心し, 彼が, 急いで, 直ぐに, 私たちは, 私に, 誰が, 誰にも

10 [11件] この際, ともかくも, ほかの, 人間の, 今度の, 女の, 妾は, 容易に, 村の, 米友も, 貴方の

9 [20件] いつでも, こ, して, そのお, その中, その人, その辺, そんな事, どうした, どこに, わたくしの, 二人の, 人の, 何事も, 外から, 彼は, 御心配, 此の, 誰でも, 黙って

8 [22件] ああいう, お松は, お銀様, ここには, ここへ, これに, そういうこと, そのおつもり, その上, その方, ほんとうに, ほんとうの, 助けて, 困って, 彼の, 昔の, 無理に, 私を, 米友が, 自分が, 誰の, 間違ひ

7 [35件] あたくし, お絹, お角, お雪, ことによる, このこと, この上, この人, この国, この次, この点, これからは, すべての, それと, どこか, どこへ, なにも, びっくりし, ほかに, 主人の, 人が, 人に, 何かの, 大抵の, 我々は, 手の, 本来なら, 気が, 私達は, 米友は, 聞いて, 見て, 貴方が, 頭の, 駒井は

6 [52件] あたりは, あとは, あれを, いざと, いそいで, お父様, お雪ちゃんが, ここでは, ここは, このまま, じっとし, そこから, そこの, そこを, その, そのくらいの, そのこと, その晩, その頃, それだけは, どうかし, どうか御, どうぞお, どうでも, どうもその, なんでも, 一時は, 三人の, 世間の, 二人とも, 今から, 今では, 何とかし, 先生は, 右の, 堪忍し, 外に, 子供の, 小林君は, 少しは, 待って, 思い切って, 本当の, 止むを, 気に, 海の, 私には, 結局は, 置いて, 自分も, 許して, 迂濶

5 [69件] あたしの, あとの, あなたと, いつまでも, いやに, お家の, お角さん, きょうは, こうなる, この事件, この時, これだけ, これと, こんどは, しかたが, しまいには, そこには, そこは, そちらへ, その間に, ちよつと, どうぞその, ねえ, みなさんは, わけは, わたくしが, わっし, 一と, 三人は, 中, 中の, 主人は, 人を, 今すぐ, 今でも, 今まで, 今夜の, 今夜は, 仕方なし, 何が, 兎も, 別に, 喜んで, 土地の, 多分その, 夜の, 大の, 女は, 已むを, 彼等は, 心の, 念の, 拙者は, 次の, 江戸中の, 決して御, 滅多に, 無理も, 父は, 特別に, 立派な, 考えて, 自分で, 自然と, 誰か, 足を, 途中で, 道庵も, 間違いは

4 [139件] あとで, あなた方は, あの女, おとう, お互いに, お帰り, お目, お雪ちゃんは, ここまで, ここを, こちらへ, このお, この家, この手紙, この機会, この男, この辺, これからの, これでは, これまでの, ごらんなさい, ご心配, さあたいへん, じぶん, そういう場合, そこい, そこまで, そのうち, そのため, そのとき, そのよう, その声, その女, その御, その日, その時分, それから, それこそ, そんなもの, ちょいと, ついその, ついでに, どうかお, どうかこの, どうしたら, どこかに, どこへでも, どこまで, どんなこと, なんの, ひとりで, ふたりは, ぼくは, みんなは, もうお, もう大丈夫, もつと, よくは, よく覚え, チベットの, ネエ, 一家の, 一日の, 一生懸命に, 万一の, 不破の, 中には, 主人が, 主人を, 事に, 二人で, 云わば, 人々は, 人間が, 今までの, 今より, 今日の, 今日も, 今晩でない, 仕事は, 仕方ありません, 何にも, 兵馬も, 其処に, 前の, 勝手に, 勢ひ, 外の, 外へ, 夜は, 大へん, 大丈夫です, 大事な, 失礼いたします, 失礼します, 女を, 子供を, 学校の, 宵に, 家に, 家は, 帰って, 彼女の, 忘れて, 怪塔王は, 悦んで, 手が, 昔から, 朝から, 母は, 汽車は, 油断は, 烏の, 父も, 猶更, 男は, 白雲も, 眼の, 神尾も, 私と, 窓の, 立って, 自然に, 茂太郎が, 茂太郎は, 虔十は, 蟹江は, 血の, 話して, 貴女の, 貴嬢, 貴方は, 身を, 連れて, 部屋の, 金を, 隣の, 非常な, 駄目です

3 [287件] あたしが, あたしは, あとを, あなたからも, あなたを, あなた様の, あの子, あの方, あの男, あれに, いい気, いくらか, いけません, いずれに, いつまで, いろいろな, うちの, おかみさん, おじいさんは, お互, お互に, お困り, お宅, お蝶, お話が, お話を, お豊, お金を, お風呂, かなりの, こいつは, こういうこと, ここの, こちらも, この, このよう, この前, この室, この方, この深夜, この通り, これからお, これからも, これから先, これだけの, これにも, これほど, これらの, こんな事, しかたなし, ぜひお, そいつを, そういうもの, そういつ, そう云う, そこで私, そっとし, そのままに, その前, その夜, その子, その家, その後の, その積り, その苦心, その話, その通り, それだけでも, それです, それで私, それなら, それには, それらの, それらを, そんなところ, そんな大, そんな話, そんな風, ただもう, だまって, つい口, つい御無沙汰, つい遅く, ですから, どうかしたら, どうかする, どうで, どうも仕方, どこかへ, どこで, どこへも, なか, なにを, はっきりした, はっきりは, ひょっとする, ほんものの, ぼくが, まあお, まあその, まさかそれ, まじめに, まちがいありません, みんなが, むやみに, もういい, もうだいじょうぶ, もう何, もしお, もしやと, もし私, もちろんそれ, ものを, ゆだ, ゆっくりし, ゆつくり, ようございます, よくお, よく知っ, よろこんで, トオサンも, ホントの, 一つの, 一人で, 一刻も, 一同が, 一度は, 一種の, 一般に, 七兵衛が, 不思議です, 与八は, 中に, 中へ, 事が, 二つの, 二人が, 二人も, 二階の, 人間に, 人間を, 今後の, 仕事の, 仕方なく, 他人の, 仮りに, 元気を, 兄は, 兎に, 八丁堀の, 其時は, 出て, 出来るだけ, 刀を, 博士は, 参詣の, 口を, 同行の, 周囲の, 四人の, 困るん, 変に, 夜が, 夜に, 大事に, 大急ぎで, 大概の, 奥様は, 奥様も, 女が, 妙に, 妻の, 始末が, 娘の, 娘は, 子供らの, 家から, 家へ, 家族の, 容易じゃ, 宿の, 寺の, 小さい太郎, 小説の, 少くとも, 岡っ, 平次も, 弁信が, 彼らの, 彼を, 彼女は, 御無理, 御用心, 御覧なさい, 御遠慮, 思いきって, 怨みを, 怪人は, 息子の, 我々の, 折角の, 持って, 支那の, 政府の, 政治家に, 日に, 旦那の, 早く行っ, 昨夜の, 是は, 是非とも, 昼の, 昼間は, 最初の, 気の, 水の, 水は, 水を, 涙を, 済みませんが, 父の, 牛の, 特にこの, 特別の, 現在の, 田舎の, 町の, 町内の, 白雲が, 皆さんが, 皆さんに, 皆さんの, 皆さんは, 目を, 相当の, 相手に, 眼を, 知つてゐた, 確かな, 祖母の, 私から, 私たちの, 私でも, 私一人で, 素直に, 結婚は, 美の, 胸が, 能く, 腹が, 自分では, 船が, 船を, 色々の, 苦も, 荷物を, 見たところ, 見物人が, 親の, 親子の, 話に, 誰に, 諭吉は, 警察の, 警察も, 足の, 辛抱し, 近所の, 近頃は, 迚も, 道庵が, 道庵先生が, 道庵先生も, 遠慮する, 邪魔を, 野呂は, 金の, 間が, 静かに, 音の, 頭を, 顔は, 風の, 飛んだ失礼, 馬が, 馬の, 驚いたの

2 [1111件 抜粋] ああし, あしからず, あっしは, あてには, あなたがたは, あなたにも, あのよう, あの暗い, あまりお, あまり気, ありふれたもの, ある日, あれだけ, あんなもの, い, いいでしょう, いくら名, いくら怪人, いくら考え, いずれも, いっそ世間, いつの, いづれそんな, いまさら何, いやでも, うっかりし, おあし, おあにいさま, おとうさんが, おまけに, およしなさい, お三人, お出, お化けに, お墓, お嬢さんの, お寄り, お察し, お届け, お手紙, お望み, お松を, お気を, お留守, お竹, お経, お艶さん, お話し申しましょう, お調べ, お近さん, お雪ちゃんの, かないません, がんりきの, きっとあの, きょうも, こいつの, こうする, このごろは, このへん, この三四年間, この位, この娘, この恩, この春, この言葉, こまかいこと, これだけは, これまた, これらは, こんなふう, ごいっしょ, さしもに, さつきの, じつにふしぎ, すつかり, ずいぶんと, ぜひなく, そういう事情, そういう人たち, そうし, そうなる, そう沢山, そこでこの, そつと, そのほう, そのまま打っちゃっ, そのヤク, その代り, その土地, その大き, その年, その当座, その意味, その敵, その時分私, その気持, その燐光, その研究, その被害, その賑やか, その金, それじゃ, それだけの, それでお, それでもお, それに対して, それまでに, それよりも, そんな, そんなにお, そんな時, たいしたもの, たしかな, ただそれ, たとへ, ためしに, だれにも, ちっとは, ちつとも, ちょっとの, ちよいと, ちんれつ室には, ついお, つい御, つまり私, ではこれ, とうとうこんな, とてもこっち, どうかご, どうか悪く, どうしてそんな, どうしよう, どうぞこの, どうぞ私, どうです, どうにもしかた, どうにも仕方, どうもこれ, どこかの, どこにも, どんなお, どんな人間, なおさらです, なにかの, なんです, なんとし, なア, はっきりとは, ひとり自ら憚られた, ふたりの, ふつうの, ぼくの, まことに天下, また, またすばらしい, またもう一度, まだその, まっ黒な, まるで夢, まわりは, みんなから, みんなに, みんな血を, むにゃむにゃやる, めったに見つかる, もうご, もう少しご, もう昨日あたり, もしこれ, もしやという, もとは, やって, やはり僕, やむをえません, よく, よくよくの, よく気, よく知つて, よして, よその, わしは, わたしに, われながら, ケチな, チベットに, テーブルの, ナオミが, ビルマの, フラフラと, ホッと, ポケット小僧は, ユリの, 一たまり, 一も, 一口に, 一寸でも, 一層の, 一座の, 一応の, 一方に, 一旦は, 一石を, 一通りの, 丁度いい, 七尺は, 万事が, 三人が, 三度の, 三郎は, 上の, 下の, 下手に, 不思議な, 与八が, 世の中は, 世界中どこへでも, 世話を, 中村警部も, 乳母が, 二三日お, 二人に, 二十面相の, 五郎兵衛は, 人も, 人間も, 今までは, 今年は, 今度また, 今日から, 今更の, 今朝の, 仕事が, 他から, 他へは, 以て, 仮面を, 仲の, 伜が, 似て, 佐山君が, 何と, 何とも申せません, 何事かと, 何卒御, 何時までも, 便所を, 個人の, 傘が, 傷でも, 兄さんは, 充分御, 先生も, 光風霽月と, 入念に, 全く今, 兵馬が, 其所へ, 内側から, 出るの, 別に害意, 別の, 到るところ, 勝手が, 勿論その, 医者が, 千住では, 単純な, 即座に, 厭だつた, 召使ひ, 同じ道, 向うで, 君君と, 唯だ, 嘘か, 嘘ぢや, 困ります, 國会は, 堅気の, 場所は, 変な, 外は, 多分私, 夢を, 大がかりな, 大したもの, 大ぜ, 大変です, 大変に, 大将早速, 大抵お, 大鳥氏は, 天気が, 太刀や, 夫が, 失礼いたしました, 失禮です, 女も, 女中の, 女房の, 妾の, 姉が, 委細を, 威張って, 婆やに, 嬉しくって, 安心です, 宜しゅうございます, 宮廷の, 密乎逃げ出し, 寝て, 封建時代に, 小さなみそさざいども, 小林君の, 少しの, 少し位, 少し月末, 少年たちは, 屋根裏に, 左の, 市中は, 帰りは, 幕が, 平次に, 平次は, 年は, 幸福に, 店へ, 廊下に, 廊下の, 引き廻しの, 当てには, 当時の, 当然の, 彼に, 彼らは, 彼等が, 往来の, 後は, 後を, 御ゆっくり, 御承知, 御紹介, 御遠慮なく, 心が, 心配しない, 心配で, 心配は, 思ったより, 急には, 息が, 悪い事, 悪く思わない, 感心な, 戸を, 手がかりは, 手を, 捨てて, 探偵の, 改めてそこ, 教えて, 斯う, 新蔵は, 日本は, 日本を, 旦那が, 明日にも, 昔と, 昨日は, 是非お, 時々は, 時の, 最初は, 木と, 本当に今, 本當, 杜子春は, 果して肇さん, 植惣の, 此処で, 歩いて, 殆ん, 母も, 毒を, 民藝館は, 気の毒な, 水が, 水銀の, 決して冗談, 決して間違い, 河内屋へ, 油断し, 洞窟の, 深いこと, 満二月, 滅茶, 無心な, 無理な, 父が, 物を, 犬も, 犯人の, 狐や, 猫の, 生きて, 生徒の, 田舎に, 申し上げますが, 町には, 留守を, 疑いは, 病人には, 病院へ, 皆さんも, 皆の, 皆様は, 目ざといの, 相当に, 相手の, 真の, 真面目に, 知って, 碌に, 社の, 祖母は, 神田の, 私たちが, 私だけ, 私より, 私共も, 空へ, 第一, 笹野新三郎も, 米友の, 結局晩酌と, 絶対に, 縁側や, 繁昌する, 老人の, 考えれば, 腕は, 自から, 自分にも, 自殺に, 自然私も, 舟を, 若い者, 若主人, 茂太郎の, 薩張分りません, 蚊が, 衆生の, 行つて見ました, 西洋の, 見たいと, 見れば, 覚えて, 言葉の, 詮議の, 詳しい話, 誤解し, 誰かが, 諦めが, 警官たちは, 豚吉は, 貧しい調度, 貴方と, 賊の, 距離が, 身の, 身体は, 近所に, 近隣の, 逃げだすこと, 逃げるん, 逆に, 道という, 道は, 道中は, 遠慮の, 遠藤は, 部屋に, 酒を, 金が, 鉄の, 鐚が, 阿部さんは, 随分繁忙, 隣組の, 面倒な, 頂戴し, 顔も, 風が, 飛びつくよう, 驚きは, 驚きますよ, 骨も, 魔法の, 麻裃を, 黒く濡れ

1 [11726件 抜粋] ああいった, あしかけ, あたし智恵子さんだけに, あとには, あなた引く, あのマドロス, あの患者, あの間, あまり荒立てる, ある時近所, あんなに幸福, いいかげんな, いかにやぶ, いくらか廻り, いくら焦っ, いずれ一応は, いっさい簡素を, いつお出でた, いつもそこ, いは, いま申し上げた, いよいよ面白く, いろんな話, うす暗い廊下, うまい工合, おいしくは, おくれるばかり, おそくても, おたがいのす, おばあ, おやめ, お伴を, お医者さん, お婆さんが, お寝みなすっ, お抜き, お母さまには, お父さんや, お紛れ, お訪ねし, お送りした, お願いします, かえって冗談, かつぐ方, からすの, きくも, きっと思い切る, きわめて仕事, けんかに, こういっ, こうなったら逃げる, こちらでは, ことに楽隊, このとき, この不思議, この図, この年, この暑い, この獅子, この範囲, この車, こぼれる筈, これから歌舞伎, これらについても, こんなところ, こんな意地, ごく呑気, さあおまえ, さすが目貫, さっそく合格, さらに嫌, したがってあなた, しばらく放つ, じっさいしゃくにさわった, すぐさま須永, すこしでも, すっかりよろこん, すると, ずっとちがいます, せめて何, ぜひ診, そういう立場, そうだ, そう思われる, そこでニュートン自身, そっと通し, そのさわぎ, そのまま女, その一, その人達, その全体, その古文書, その子孫連中, その後一月と, その扱帯, その暑, その気味, その真下, その翌年, その袋, その通り実行, その靴あと, そりゃ見, それであの, それで今日, それで獣, それより, そんなに勉強, そんな処, そんな誤解, たくさんには, ただ今かぎり, たちまちつかまっ, たとい不平, たとえ怪人, たまらなくなっ, だれが, ちゃんと承知, ちょっとうまく, ちょっと行っ, ついつい仏, つい十日あまり, つい近間, つまらない気, てんで艇長, でもまるで, とき, とてもほんとう, とても駄目, ともかく応接室, どうかお許し, どうか成都, どうしてもヌケ道, どうせどっち, どうぞちょっとここ, どうぞ挨拶, どうにかその, どうも出不精, どこにでも, どの一片, どんなに不便, どんな怪物, どんな間違い, なかなかええ, なかなか耳, なにかに, なるべくそういう, なんだか信号, なんにも気が付かなかった, ねえ奧さん, はっきり見えません, ひとつ先生自身呉へ, ひばりに, ふたりで, へい, ほとんど禽獣, ほんの茶漬け, まあど, まあ堪忍, まかり間違っても, まさか殺す, まして若い, まず異, また内乱, まだまだ時計, まだ悲観, まったく逃げ道, まるで私, みや子に, みんな蒼く, むつかしいです, めったな, もうすこしおとなしく, もうオヤメ, もう前, もう少し何とかすれ, もう私, もしかく, もし一寸法師, もし神尾, もっと広い, もりへ, やっぱり女学校, やはり三百万, やめたいと, ゆっくり御, よくいろんな, よく又, よく門, よほどきもの, よんどころ, わざと気, わたくしどもに, わたしに対しても, アドバルーンが, ウマが, ガラスの, サアッサアッと, スクリーンの, ゾウは, ツァンニー・ケンボは, トテシャンだ, ネパール種族は, パンパチパチが, ブラブラ行っ, ボーイでも, ムダに, ライムが, ワットは, 一とつ一生懸命にな, 一体なに, 一学も, 一年であります, 一応あやまらし, 一方は, 一月は, 一片の, 一議に, 丁度小説, 万一三吉さん, 丈夫さうに成りました, 三日四日経つ, 上等なお, 不出来にばかり, 不破に関しては, 世間一般には, 丸め込むに, 九時まで, 事実との, 二十メートルに, 二言とも, 五円ばかり, 京と, 人工アメーバと, 人通りが, 今さら源氏, 今回の, 今度も, 今日また, 今朝結った, 仕方も, 仮令帰っ, 休暇中は, 似た所, 何かよほどの, 何となし, 何れは, 何卒お, 何気なくその, 余事を, 作家の, 保守思想に, 倫敦へ, 働く婦人, 兄さんの, 先ず中身, 先日あゝ, 入院し, 全く生れ, 全集出版の, 六三郎とも, 其の持つ, 其点では, 内輪だけで, 凱旋いたします, 出来るだけは, 分りやすく, 判然とは, 別に重い, 前回の, 助からなかったの, 動物も, 勿論恋愛, 医師は, 十日ばかり, 南の, 即金なら, 又来年, 叔父が, 口で, 叫び声が, 右に, 同じよう, 名前だけ, 吹き出して, 和睦の, 商売上の, 喰って, 四日程前に, 国事は, 圧迫が, 埃溜にでも, 場所が, 変人同士で, 外来の, 多少苦しい, 夜業が, 大がいは, 大に, 大分に, 大変身軽に, 大方そこ, 大雨が, 太刀山にも, 失礼が, 奥の, 女性という, 如何に高い, 姉さんが, 娘でない, 子どもでは, 孝平にも, 學問で, 完全でない, 実に不思議, 実は何, 室の, 家庭関係と, 寒くなったら, 寺も, 尋常三年には, 小学校時代には, 小田原の, 少しいい, 少し手, 尚更それ, 屋根裏の, 山猫を, 工場労働者が, 布巾の, 帰れるには, 平家琵琶は, 幸ちゃんにも, 幾等でも, 度し難いです, 引き止めて, 強ひ, 当局に, 当然非人, 彼所に, 後家さんは, 御仲人様, 御存分, 御殿の, 御覧に, 心でさえ, 必ずその, 応用が, 思いきり古い, 急場の, 恐くって, 恥ずかしい, 悪右衛門, 愈よ, 感情が, 懲らしめを, 或いはもう, 戸棚へ, 手数が, 技術的な, 拘置所でも, 捨て, 撃鉄を, 故郷の, 敵味方の, 断然絶交, 新聞にも, 旅先で, 日曜にかけて, 早いところ二十, 早く起き, 明日あたり何か, 明治四十五年までには, 昨夜は, 昼遊びの, 時に番号, 智恵を, 暫時に, 書くだけは, 月も, 期せずし, 本人を, 本当は気楽, 来たん, 松平家へ, 某困難, 桃の節句の, 極めて好条件, 様子が, 次に述べる, 正気を, 武器戦車囚人車など, 死人に, 殺人犯人によっては, 毎日いっしょに, 比較的罪, 気位ばかり, 水仕事や, 江鳥屋さんからは, 決して片々的片手間仕事, 沢山遣る, 法王それ自身の, 津雲さんに, 海で, 深夜闃寂として, 湯呑で, 漸, 無いので, 無論一所懸命, 照彦さんの, 父様は, 物堅い屋敷, 犬は, 猿でも, 玲子は, 理論的には, 生命がけ, 田の, 申しますが, 男弟子に, 番頭さんが, 疑念の, 癒りましょう, 百万円だけ, 皆も, 目の, 直接これについて, 真実の, 瞳を, 石川組の, 神の, 私あ, 私なんか, 私少々, 科目を, 空気を, 笑わせます, 簡単に, 紙も, 結婚の, 絶えずザブリザブリ, 繰返すよう, 義足の, 考える必要, 職域を, 背恰好は, 腕も, 自分まで, 自然人間や, 自身から, 船員の, 花盛りで, 若し一家族, 茂太郎だ, 菖蒲杜若が, 薄々は, 蘆管の, 行かして, 衣類の, 裸おんぶであっ, 見つからないで, 見物を, 親類母屋の, 訊いて, 詰らん事, 説明は, 調査も, 議論に, 貫一さん既往の, 買ふ, 赤ん坊に, 踏みやぶるに, 轟が, 近所で, 逃げること, 逢ってさえ, 運河の, 道徳主義と, 選ぶべき配偶者, 都は, 醜婦として, 金座の, 鈴売り, 鍵を, 門と, 間違いが, 階下へ, 随分気味が悪い, 隨分な, 雪でも, 霰粒一つでも, 面黒い, 額で, 風通しをも, 食物が, 馬方も, 駒井も, 骸骨紳士が, 魚の, 鷹狩を

▼ です~ (3878, 5.5%)

213142 親分 111 それは 39 私は 24 これは 21 あなたは, あれは, 先生 18 僕は 13 旦那 12 あなたの, どうです 11 それじゃ, ぢや, ッ, 私も 10 それとも, わたしは 9 私が, 私に, 私の 8 それを, そんなら, ア, 知りませんが 7 あなた, あなたが, あの人, お嬢さん, そうです, それが, ツて 6 え親分, おかみさん, お父さん, 今日は, 女です, 親分は

5 [14件] あ, その人, どうか, もう, ッて, 何か, 何です, 先生は, 博士, 存じませんが, 知ら, 私には, 貴女は, 阿母さん

4 [30件] あの男, あれが, お前さんは, お宅, お家は, お母さん, この頃, これが, さうです, そこに, そこは, それぢや, それとも鷺, それも, そんなこと, そんな事, でん, どこへ, ほんとに, ツ, 人間の, 今でも, 今の, 僕が, 僕の, 其れ, 君は, 気分は, 私を, 自分の

3 [39件] あいつは, あなたも, ありがとう, あれも, ここの, さっきから, さア, じゃ, そいつは, それで, それともお, それに, でんど, どうも有難う, ぼくは, まだ, んね, ネー, 一体, 之は, 人が, 今のは, 今日も, 伯爵, 何う, 僕に, 冗談じゃ, 叔父さん, 変な, 失礼しました, 急に, 旦那さま, 此の, 聞いて, 若旦那, 親分さん, 親方, 誰です, 貴方の

2 [184件] あたしには, あっしは, あとで, あなたとは, あなたに, あのひと, あの娘, あの日, あの時, あの音, ありがたう, あれなら, あれを, いったい, ええ, えこれ, えそれ, おやすい, お国, お妹さん, お嬢様, お手紙, お次は, お町, お祖母さん, お部屋, お顔, かう云, きっと方丈, ここでは, ここは, ここへ, ここを, こちらは, このごろは, この中, この場合, この男, この辺, これで, さう, しばらくしげしげジョバンニ, じゃあ, じゃもう, ずいぶんお, せっかくの, そうな, そちらで, そのこと, その後, その重大警告, そりゃ大変, そりや, それじゃあ, それでどこ, それでは, それではまたお, それでは僕, それでは私, それでは空知太, それとも左, それとも誰, それなら私, それや, そんなに鯉, そんな胸中ひそか, たいさんに, たしか淡路, ただお, ちっとも知らなかった, ではすぐ, では失礼, では御, では見, でも私, とんでもない, どこで, どなたか, どれ, ないん, なにしろ場末, なんの, びっくりしました, まあ着いたら尋ね, まだです, もうずっと前, もう始末, もう戌刻半, もつと, やっこに, わたくしには, イワン, サ, ナア, ネエ, ヒトミさん, ポーデル先生, モウパッサンとか, リウマチの, 一人で, 一体これ, 三面の, 下手人は, 云って, 人の, 今夜の, 今愛国婦人会, 今晩は, 今迄, 会社の, 何の, 何を, 僕には, 先生が, 先生も, 兎も, 其, 其方が, 出入りの, 原田さん, 君の, 否です, 喃, 四には, 困りましたね, 失礼です, 女の, 好いです, 妙だ, 子供は, 少しも, 少し待っ, 弁信さん, 御存じない, 御宅, 御想像, 怎も, 性が, 成程, 拙者は, 教えて, 日本では, 昨晩頻りに, 未来に, 本当です, 本当の, 此夏は, 気の, 気分が, 水に, 水道橋まで, 決闘し, 涙に, 然し草鞋, 男の, 男神です, 皆さん, 相模屋の, 確かに, 神崎愛三郎, 神経が, 私し, 私で, 結構です, 能く, 自分では, 芥川が, 苦しみと, 見て, 覚えが, 言って, 誰か, 貴下が, 貴方は, 路は, 身体の, 近頃は, 連れて, 道は, 錢形の, 鎖骨という, 風葉の, 飛んでも, 高嶺の

1 [2348件 抜粋] ああ, あいかわらず法螺, あざけって, あたしに, あてを, あなたこそ, あなた御存じでしょう, あのあすこ, あのね, あの事, あの大きな鳥, あの子, あの川, あの棧敷, あの瓔珞, あの谷, あの駆逐艦, あやか, ありが, ありゃ豪傑, あれにも, あんな不消化, あんな奴ツ, あゝさ, いいえあたし, いい方たち, いきなり戸, いくら遠足, いずれ考え, いったいなに, いつから, いつももの思, いまその, いやそれなら, いや妙, いらっしゃらないん, うまいです, ええそりゃ, えお見, えその, えもし, え平一郎さん, え本当, え神田, おうどん, おしのさん, おっしゃって, おとむらいです, おひとり, おやおや, お仕事, お入りなさい, お友達, お大切, お嬢さんです, お客は, お師匠さま, お庭, お手伝いさんとか, お次さん, お父さま, お父さんも, お考え中, お英さん, お逢いしたい, お顔色, かかあ, かわいそうじゃ, きのうの, けれども, こいつを, こう三人別, こう気味, ここらから, こっちは, このお方, この一つ家, この内, この國, この年月, この本, この状, この間などは, こりや, これだけは, これも, こんなに人間, こんな小, こんな立派, ご冗談, さあ, さきは, さっぱりわからない, さるさんなにか, しかるにどうしてよそ, しみじみ世の中, じゃあ大急ぎ, じゃすぐ, じゃそのうち, じゃ一つ頂戴, じゃ見, すこし戴きましょう, すみませんが, ずいぶんふざけてる, せっかく仲よくし, そういうお, そうしていただけれ, そうして頂けれ, そうだ, そう言っ, そこへ, そして伊沢, そのいろいろ, そのお話, そのほか, その人造人間エフ氏, その味, その山, その恋人, その水, その私, その聖書, その話, その金, そやなかったら, そりゃどうも, そりゃ結構, それから二月, それだけお, それではあと, それではもう, それでは孰, それで彼話, それともあの, それともほか, それともマドモアゼル, それとも京都, それとも別物, それとも否認, それとも女王エリザベス, それとも平家, それとも御, それとも東京, それとも王位, それとも石刷り, それとも車外, それとも雑司ヶ谷, それなら早く, それ位なら, そんなだつたら, そんなによい, そんなふうによけい, そんな山, そんな風, たくさん飼った, ただ休養, たとへば官吏, だいじに, だって僕, ちっとも気, ちょっとついで, ちょっと講釈, つかれて, つまり平康頼, でしょうこの, ではあなた, ではぜひ, ではちよ, では一度, では外国人, では私, でもねエ, でも滝, とうとう結核菌, とにかくこれ, どういう事件, どうか話し, どうして縛らない, どうぞいう, どうもいつも餓鬼共, どうも失禮, どうゆきます, どこです, どちらへ, どのお, どんな事, なかなか肥ってる, なに好い, なるほどそれ, なんだか禅みたい, なんとか手だて, ねえ旨い, はたしてこの, ひとつお, ひどく混ん, ふかい事情, へいぜ, ほんとにわけ, ほんとに見えます, まあ, まあそんな, まあ歌, まず, または物好き, また精神的, まだいろ, まだちっとお, まったく有耶無耶, まるで恥づかしい, みんなが, めいめい勝手に, もうすこし小さい, もう始まった, もう満, もし人間, もっと早く, もんくでも, やっぱりずっと順によう, やめましょう, ゆつくり, よくその, よく考え, よろしいです, わからないで, わたしなんぞ, わたしも, わっし, アイネス嬢, アレはずつと, アーンと, イヤな, エクタの, エポニーヌ, キュウです, サチ子さん, シンガポールから, ジッと, ダイアナあの, トニオ・クレエゲルさん, ナマズの, ネネは, ハハハ今日の, パリの, ピアノ組曲, ヘツヘどちらの, ホホホホ, ママ, モシモシモシモシあッ切っ, ヤロスラフさん, ラザルスさん, ワーナー博士, 一つも, 一つ買っ, 一円で, 一寸番地, 一度試し, 一献, 一言に, 三だけの, 三日なら, 三百五十石の, 上を, 下さらないん, 世には, 中学校で, 丸山君も, 主人は, 乗物と, 二三日遊ん, 二時です, 些とも, 人殺, 人間も, 今こそ, 今ま, 今日の, 今頃, 伊能先生の, 伝之助叔父さんは, 位言いかねない, 何うも, 何だか訝しい, 何処へ, 何様へ, 余り怖い怖い, 余計見たくなる, 保姆さん, 倶に, 傳之, 僕もちよ, 僕野村です, 兄は, 先刻新宿で, 免官です, 八ヶ岳よりも, 兵を, 其保証人といふ, 冷で, 分かりました, 刑務所や, 前に, 前川と, 助からないねえ, 動いても, 北見博士, 十年近くもの, 博士に, 原田さん伊達家六十万石の, 参っては, 叔父上は, 可懐, 台湾は, 同じ畜類, 否応なく, 品川は, 商売が, 嘸お, 困りましたな, 國友が, 地神の, 坊やと, 売れるに, 夜です, 大きな尻尾, 大丈夫です, 大勢一緒じゃ, 大変とは, 大屋さんお, 大島の, 大槻さんが, 天保六年の, 夫人まだ, 奈何な, 奥さんも, 女でいらっしゃる, 奴淫売の, 妻です, 始めまして, 婦に, 子供たちを, 學校を, 定めし豪い, 実はこれから, 家から, 家へ, 寒いくらい, 将軍, 小娘までが, 小田君だって, 少しでも, 少し醉つて, 履歴より, 峯吉は, 川口に, 差支なかっ, 師匠でも, 幸助なら, 幾島です, 弟さんが, 弱って, 彼所は, 御冷遇, 御存知ない, 御思案, 御用は, 御苦労様, 徴収の, 心配な, 忘れるほど, 思召し, 恁う, 恩田さんに, 悪い方, 愛人です, 應です, 或は満員, 手前どもには, 折角です, 掛りさ, 支那にも, 文明協会ので, 新吉さんの, 旅の, 日本橋なれ, 旦那は, 早くあかり, 早く掴, 早速宅, 明神様の, 昨日あわて, 昨日午後ふい, 時代は, 暫くお, 月並と, 有難い仕合せ, 木曾さん, 本当に, 本船には, 村雨です, 来ましょうそれ, 東北です, 棄てたん, 業は, 構いません, 檜木樣, 此方は, 武者修行で, 歸る, 母さんです, 毘沙門前の, 気永の, 沖さん青年が, 泊めて, 流石になあ, 深川です, 測量技師さん, 火事は, 無地もので, 焼け出されなすっ, 爾し, 特別も, 猶篤と高輪田さん, 理由が, 甚だ簡單, 田山先生, 男です, 病気なんか, 痛むの, 百パーセントどころじゃ, 皆毛皮裏の, 盲目相応の, 相成るべくは, 眠ったまま右, 知らないが, 知れませんが, 神主様心配は, 秀子と, 私どもでは, 私等は, 移植です, 第一相手, 米友さんわたくしは, 紅い酒, 紫の, 結構でございます, 縛って, 義兄さん, 考えて, 聴かせて, 胸三寸それは, 自分じゃ, 舞台の, 艇長, 花房君, 若しそうなら, 草が, 萬吉を, 蒼い鬼火, 薩張分りません, 蘭竹なんぞ, 蟇を, 行って, 西洋には, 見た目では, 親分ほどの, 解りました, 訳も, 誤解です, 課長, 警察へも, 貴公の, 貴官, 買占めて, 贋物と, 身体を, 軽い柔らか, 近頃の, 遅いじゃ, 遜さん, 遠慮なく仰しゃい, 郷党の, 酒飲みが, 野武士の, 金銀の, 長州征伐の, 間が, 阿母さま, 陶器一つで, 隨分イヤな, 雑司ヶ谷に, 震えて, 非常の, 頂いて, 顔は, 食物商売に, 馬喰町の, 驚いたこと, 鳥籠は, 麦の, 黒繻子と

▼ です~ (2910, 4.2%)

227 親分 26 私は 18 あなたは, 旦那 17 先生 15 私の, 親分さん 13 それを, 私が 12 それは, 僕は 10 そんなこと, 奥さん 9 きっと, ほんとうに 8 あなたの, いいです, これは, ウ, 今日は, 誰が 7 そうです, そんな, 僕の 6 お母さん, ッ, 女の, 自分の 5 あなた, あなたが, この人, それに, それも, わたしは, 何も, 御新造, 私も

4 [14件] あたしは, あの子, お父さん, これでも, そうな, そんな事, まったく, もう, ツ, リザベタさん, 人間は, 今は, 屹度, 私に

3 [44件] あなたに, あのね, あの人, あの方, あるん, あれが, い, おかみさん, お前さんが, お前の, お嬢さん, これが, そうし, そのくせ, そのため, その女, それだけの, だんな, ほんとに, もつと, わたしたちは, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, スルと, 何を, 僕が, 僕に, 先生は, 叔父さん, 君, 女は, 子供の, 我々は, 旦那さま, 旦那の, 来て, 気を, 源様, 男の, 私には, 親分どうして, 誰も, 諸君, 阿母さん, 非常に

2 [169件] あすこには, あつしは, あの, あのお, あの男, あの辺, ありますから, あれから, あれは, いくらか明るい, いくら注ぎ込ん, いやになる, うちの, ええ, おせい様, おばさん, お兄さん, お光, お前さん, お前さんに, お前は, お崎, お父さま, お百姓, きっとそうです, こいつを, ここへ, このごろは, このへん, この娘, この山, この男, これで, これです, こんなこと, こんな人出, ご主人, さう, ざくざくに, そうお, そのこと, その上裏表, その音, それが, それだけは, それです, だから, ちょいと, ちょっと行っ, ちよいと, つ, でもあの, どうです, なんだかお伽話, ねえ野村さん, ふたりで, へんに, ほかの, ほほほ, ぼくの, ぼくも, また私達, まだお, まだ亭主, まだ何, わたしが, わたしの, アノ考へ, ウだ, オ, オホホホホ, ッて, ハハハハ, ハヴローニヤ・ニキーフォロヴナ, パーウェル・イワーノヴィッチ, ママ, 三日以内に, 世間の, 事務です, 二人とも, 二階の, 人の, 今の, 今も, 今日も, 何です, 何でも, 何にも, 僕たちは, 僕達も, 兄さん, 入場券に, 冷えると, 分って, 動く道路, 叔母の, 召しあがれますか, 向うの, 命を, 嘘だ, 嘘です, 大丈夫です, 大江山さん, 夫だ, 奥様, 富山さん, 小母さん, 屹度施かけ, 師匠, 彼の, 御新造その大きな, 扉は, 新鳥越町, 日本の, 日本へ, 旦那様, 早いもの, 早く, 早く婚礼, 本当に, 村長さん, 柄には, 死ねば, 決して怪しい, 河原の, 浦島さん, 浪人と, 狼が, 生れてから, 皆さん, 祖母さん, 祝言は, 私です, 私を, 私達の, 私達は, 第一, 細君と, 肩揚の, 自分は, 船長, 菱餅が, 行って, 見て, 親元に, 親分さん私を, 親分の, 親分も, 親分不思議な, 親分十年も, 親分叔父の, 親分私が, 親分自殺した, 親分足止めは, 親方の, 課長さん, 貴下, 貴方が, 赤裏に, 過日否, 金で, 錢形の, 閣下, 隣が, 非道な, 頭が, 頭痛が, 首を, 馬鹿馬鹿しい

1 [1822件 抜粋] ああいう, ああ暑い, あすこが, あそこまで, あたしも, あっしの, あとは, あなたみたいに, あなた事務所へ, あのかたは教育, あのやくざ野郎, あの亡くなつた, あの助平爺いがお萩, あの奥様, あの正太, あの痛み, あの調子, あの雪, ありゃ, あれぢや, あれより, あんた, あんたは, あんなこと, あんな優し, あんな綺麗, あんまり貴方, あゝ云, いい男, いくら職業, いったいどうなすった, いつも, いつも銅鍛冶, いまの, いやに, いるん, いろんな道具, いんや, うちの人でしょう, え, ええ何, えんりょしなくても, おじさん, おつ, おばあさんだ, おまへは, お互様, お内儀さん, お前さんは, お品さん, お城, お嬢さんの, お宝の, お寝, お松様今この, お止めなさい, お母さんも, お母様は, お気を, お父様, お祖父様, お聞き, お転婆で, お銀さん, お隣り, きっと波江さん, けさの, けれども全体, こういう晩, ここからは, ここに, こちらは, この, このお子さん, このごろじゃ, この倒れた, この旗, この直訴状, この辺, この間順ちゃん, この鶴, これ, これから直ぐ, これじゃ, これや, こんなにいためつけられ, こんな場合, こんな汚い, こんな真似, ごめんです, さあ, さぞ立派, さっき僕が, しかしいった, しかし笹村, しつかりと, じゃあ一つ, すぐに, すっかり仲直り, ずッ, そういう一人, そうに, そこでわたし, そこへ, そしてお嬢様, そのお, そのね, そのままに, その子, その心理, その時, その橋, その痛い, そやつが, そりゃあ柿の木泥棒とか, それからお前さん, それから斯, それだけが, それでなけれ, それにマリヤ, それに千兩, それね, それをね, そんなにからかいなすっ, そんなもの, そんな保証人, そんな死に, そんな物, そんな馬鹿, ただ奥さん, たとえばあの, たのまれも, だからこの, だから協力, だから都会生活, だがどんなに, だって勝山, だれも, ちゃぶ, ちょっと御覧, ついて, つてに, つまらないもの, ですから, でなきゃ手, でもこうして鐚一文貰, でも大丈夫, とけませんかね, とっつかまえると, とにかく代物, どうかお嬢さん, どうしてお前さん, どうしませう, どうぞまあそれ, どうでも, どうも御, どこかへ, どっちみち話, なあにチョット, なぜなら, なにせとても申し分, なんだ, なんでも, にんじん坊ちゃん, ねえさんは, ねえ奥さん世の中, ばかだ, ひどく身體, びっくりします, へへへ, ほとんど駈, ほらずっと, ほんた, ほんとによく来, ほんのいまし, まああたし, まあもう少し進ん, まさか梁, またなに, また垣, まだ, まったくその, まるっきり崩れ, まアそんな, まア縹緻, みんな戦争の, もうこうなれ, もうちょッ, もう何もかも一切過去, もう好い加減, もう港外, もしかして人, もちろん, もっともプレドポスィロフ, やっぱり人間, ゆつくり召しあがれ, よく考え, よその, わたくしが, わたし, わたしです, わっし, アノ狐猿に, アレは, アレクセイ・イヴァーノヴィチ今日は, イワン, エリザヴェータ・ウォロベイって, オホ, オ戸山ヶ原の, クリスマスの, クールフェーラックさん, サアお, ジエィン立派な, チヨツ親を, デモ若し, ナアニお金なんか, ハイ, ハムレットさまあなたに, パーヴェル・パーヴロヴィチ, ブリュウテンツワイクさん, ペエテルゼンさん, ホラ先だって上野公園の, マッタク, マリーナ・イワーノヴナよく, マーガレット, ミハイル, レストラン・ボアソンと, ローゼンの, 一人あります, 一人は, 一体, 一年前に, 一応取調べ, 一本手前までしか, 一週間程, 一體あの, 万一そんな, 三十を, 三部屋ぶんの, 上流社會出の, 下坂です, 下谷の, 不思議な, 世間で, 中村の, 主人の, 九十八円ぐらい, 二つの, 二人で, 二十位で, 五たびか, 人も, 人様の, 人間には, 今から, 今ごろこれが, 今に何, 今までは, 今夜は, 今急病人, 今日引越し, 今晩の, 今頃まで, 仙さんは, 伊豆屋の, 会社へ, 何うし, 何し, 何ぼ, 何んだって, 何処か, 何処の, 何所に, 俊三は, 健二郎どの一人の, 偶然僕が, 僕には, 元木の, 先あ, 先生こっちも, 先生わたしは, 先生何うし, 全くどうにもなりません, 全く苦し, 六十三ださう, 内側に, 出せませんねえ, 切符を, 別に, 前の, 勧めは, 北原さん, 十三世紀の, 十八に, 半年分払う, 厭です, 叔母さんあなたが, 受合ったら何, 只は, 吃度, 同じな, 向うへ, 吹雪でも, 品がね, 喧嘩は, 四十の, 地方に, 坊っちゃん, 坊や勉強する, 堪忍し, 外に, 多分飮みつ, 大いに論じた, 大丈夫との, 大友瀬左衛門も, 大師様へ, 大菩薩峠には, 天命です, 夫に, 失礼じゃ, 奥さん騎手って, 奥樣鍵は, 女という, 好かれない人, 妻に, 姉さんは, 姪なんか, 子供は, 宅は, 実にどうもすばらしい, 宿は, 寄りつくところ, 小判で, 小松だから, 小田原の, 少しどっさりある, 少し海岸, 尤もお, 尤も十七, 尤も金之助, 山県さんとか, 岡惚れを, 左様なら, 帰りが, 年増盛りの, 幸ひまだ, 店の, 弟が, 当時うちに, 彼れ, 彼所は, 御主人, 御挨拶, 御覧に, 心を, 心配なさらなく, 恋女房といふ, 悧巧で, 意見した, 慣れて, 成程, 所天が, 手紙も, 掘って, 敵手が, 新太郎君は, 新聞は, 日も, 旦那や, 旦那洛陽船と, 早く來, 早く言え, 昔, 昨夜の, 昨晩は, 時々石, 暗くな, 最初は, 月の, 本人が, 本当につまらない, 本当に旦那, 村は, 来年は, 松の, 根が, 梶原源左衞門と, 榎本さんは, 橘寺形の, 正真正銘親分の, 此処の, 此方寄りの, 此間明神下の, 死は, 殺し手が, 殿様, 母さん今度は, 毎日, 毎朝お, 気の毒じゃ, 水橋に, 江戸で, 池田村の, 汽車はと, 法水さんやっと, 泥棒, 津田といふ, 清水の, 灯を, 照彦様は, 燗の, 父親が, 牛乳だけ, 特に其の, 現代の, 甘いやう, 用が, 申し込んだ一万円, 男妾を, 病氣な, 癒りっ, 皆んな言つ, 盲人の, 相当大物, 着のみ着のままで, 知らせて, 神様に, 秀英さんと, 私から, 私だって, 私どもが, 私斯様嬉しい, 稽古の, 突然, 笑談です, 篠田さんの, 紀念の, 紙幣で, 細君が, 綺麗で隠や, 繁代さんは, 義仲寺は, 耕牧舎の, 肝要な, 脅迫じゃ, 自分でも, 船頭は, 色氣違ひ, 芸妓の, 若い女, 若旦那, 葉子さんです, 藤次さま, 行っては, 西国巡礼に, 親せきの, 親分あつし, 親分さん近頃の, 親分三千両, 親分小判が, 親分旦那が, 親分相手は, 親分阿倍川町の, 親方のは, 角力を, 許して, 誰かの, 諸君が, 證據が, 貧乏臭い, 貴女の, 貴方, 貴方病人を, 赤ん坊を, 足利の, 身体の, 近所ばかり, 遅いし, 達磨さんの, 酒が, 野原の, 鈴子さんこの, 銭形の, 長谷の, 間違いありません, 間違つても, 院長様, 隠れて, 集つたのは, 電車切符一枚と, 青木さん, 非番でした, 頭なんて, 額に, 馬の, 馬鹿という, 馴れると, 骨の, 鯛を, 黒雲五人男と

▼ です~ (1559, 2.2%)

60 親分 16 これは 15 私は 12 それは 10 あれは, 僕は 8 あなたは 7 きっと, 何か 6 あれを, それを, 先生 5 それが, 私の 4 あなたが, ここに, それに, 今の, 女の

3 [11件] あの女, あんたは, こいつは, そこを, そのこと, ながねん, 人間の, 何んだ, 僕が, 僕の, 私も

2 [71件] あなた, あなたから, あなたの, あの方, あの時分, あれから, あれが, あんなに綺麗, あんな綺麗, いけませんかね, いま戦争を, え旦那, おいくつ, お孃さん, お母さん, こうしてもう, ここへ, これが, さあ小山さん, すこしください, すつかり, そこへ, その上, それから, そんなこと, たる一日かな, でもまだ, ところがあいつ, なかなか, わたしが, わたしは, エアさん, ジエィン, ハヽヽヽ, 一方は, 云々, 人の, 今日は, 何う, 何に, 僕も, 先生は, 十銭とは, 博士は, 叔母さん, 吉川君, 問題は, 嫌らしい, 実に理想的, 少くとも, 帆村さん, 庭石の, 彼女が, 悪い道, 我々の, 所謂ふう病の, 日本の, 旦那, 測量技師さん, 確かに, 私が, 私を, 考えて, 自分が, 自分で, 親分さん, 貴女と, 貴方の, 貴方は, 金銭次第だ, 非常に

1 [1191件 抜粋] ああこら仕方, あいつは, あすこの, あたいは, あっさりと, あつしは, あなたさえ, あなたに, あなたも, あなた御, あのこと, あのまわり, あの心掛, あの条件, あの真面目そう, ありがたい, ありゃ梅玉, あれだけの, あれの, あんまりカタギ, いいかげんな, いい国, いい犬, いくさなんて, いくら許し, いつかは, いつまでも, いつも頭, いま割が, いやな, いや私, いろいろ宗教人, いろんなこと, うらやましいこと, ええ坊ちゃん, ええ自分, えとさも, え先生, え新吉さん, え親分, おかげで, おかみさん, おじさんとね, おた, おならを, おまえの, おやおや丈夫, おれの, お二人, お前には, お叱り, お奉行様, お客さまに, お引っ越し, お疲れ, お秀, お袋など, お雪ちゃんあなたの, お風呂, かかる論, きつと, きのうは, けれど私, こう, こういう科学自身, こう云う, ここいらに, こたつででも, こちらは, ことにこの, このとき, この二三年, この土手, この家, この次, この煙突, この豪華箱, この通り釘, こまった事, こりゃいい, これで, これに, これむッと, こんな原っぱ, こんな細い, こんぶの, さうし, しかしあなた, しかしとにかく, しかし人生, しかし私, しからば, じゃ, じゃ今日, すぐ帰れるなら参りませう, すでに芭蕉, すると, せいぜい五分, せっかくおっしゃっ, せめてお, そいつは, そういう事, そういえ, そうする, そう大して高い, そう言われる, そこが, そしてあの, そしてその, そして大変, そして自殺, そのお, そのたび, そのひたすら, その一時間半, その前, その問題, その幸福, その昔, その時何, その細君, その責任, それからまた自分, それから自棄, それで, それではどうも, それでは何時の間に, それで私, それも, そんなにいい, そんなに遠い, そんな事, たいへんな, たしか八時半ごろ, ただの, たとえば今日追悼会, だから父親, だがコロンブス, ちょうどそれ, ちょうど今, ちよつと, つて云ふよ, つまり会下山, てるてる坊主, ですから, ですが, ではあなた, ではこの, でも本当, とうさん, とてもたまらない, どうかさうしたい, どうかする, どうかなった, どうしてまた, どうせ旅, どうぞよろしく, どうでしょう, どうもお, どこでした, どちらかと, どなたが, どれ拝見しましょう, どんな失敬, なんでしょう, なんでも, なんにも, ねえ姉さん, のろまで, はじめてわかりました, ひとしきり縦横, ひどいやつ, ひどく怯えなけれ, ひゃッ, ふしぎな, ほとんど当て, ほんとうは, ほんとにわざ, まあこういう, まあどうしてそんな, まさか夢, まずあなた, まず布哇, またそれ, また當時, まだ時間, まるで夢, まァその, みつとも, もうお, もうじき, もう一人, もう二, もしあの, もしかしての, もつと, もはや昔, やっと気, やっぱり肉料理, やはりあなた, ようござんす, よくそう思います, よくよくの, よし勝利, よろよろし, わたしたちだって, わたしなんぞも, われわれが, ゑと, アノ顔は, アメリカから, エスペラントの, オヤジを, クルリと, サロン的詩人であった, シチューでも, ジャック, ダーウィンが, ツルゲーネフは, ナゼなぜ, ハッハッハッ, ハハ, ブラマンジという, ブーンブーンという, ホホホホホ, ポンメルシーさんあなたは, メリケン粉一升へ, モー帰り, リザベタさん, レバーと, ン下から, 一と, 一人その, 一体, 一体どう云う, 一円八十銭で, 一口に, 一日の, 一時日本全土を, 一貫目より, 丁度船長, 三十五だ, 三尺柄の, 三時半に, 三眺めの, 下手人は, 与力なんてもの, 世話が, 中で, 中川君, 乃武江の, 九十九里は, 事あの, 二十人前で, 二千両払わず, 二枚も, 五代の, 五千円なんて, 些と, 人が, 人生を, 今お話, 今のだけで, 今娘が, 今更びっくり, 仕度は, 位は, 佐吉親分, 何が, 何だかあの, 何でございます, 何と, 何といふ, 何も, 余りくたびれたら, 作品の, 例へばこんな, 値段に, 僕, 僕としては, 僕にも, 僕等は, 先ず三十五銭, 先刻まで, 先日僕も, 先生に, 先生やめ, 全くあの, 全くなんともいえない, 全然おきざり, 六十を, 兵部卿の, 円山応挙などに, 出て, 刀一本大の, 別にすぐそば, 前肢は, 加世子さんずっと, 十一月ごろの, 十日が, 半紙を, 危険危険, 厭です, 友太郎さんは, 叔父さんそれは, 可哀相な, 可愛いじゃ, 司教の, 同じ事, 同時代人, 名古屋の, 君の, 品物よりも, 善悪は, 喰わせて, 団十郎様が, 土浦の, 地水火風の, 地球は, 塔の, 壁には, 外は, 夜露が, 大いに敬意, 大丈夫です, 大体この, 大切に, 大変です, 大澤樣, 天井裏を, 太夫い, 夫婦の, 奥さんは, 女が, 好いです, 妹は, 姉さんは, 子供の, 学問を, 宅には, 安政六年の, 宙に, 実に素晴, 実は僕自身, 実は昨夜, 家のは, 家賃の, 寢る, 小さく人, 小説作家の, 少しは, 尤もあの, 尤も近頃, 山越えは, 峨山和尚は, 巨人も, 差支が, 年々二千五百万ドルからの, 年上の, 年少な, 廉潔な, 弁信さんの, 当座は, 役者の, 往っても, 御存じだった, 御朱印付きの, 御紹介, 忽ちだ, 息をの, 悟空が, 憎み恨み呪うこと, 我々としては, 手を, 折角あなた, 持ち前い, 救農工事は, 敵の, 文ちやん, 文春の, 斬られた曲者, 新聞に, 既に衝突, 日本に, 旧約の, 早く帰っ, 明日公判が, 昔の, 昨日も, 時々嫌がらせ, 普通の, 曲者は, 最初いった, 月世界旅行という, 有難う, 望外な, 朝日や, 本所でなけれ, 本當, 村瀬さんが, 来年は, 松井小, 柱の, 梶原は, 楽しみ一つ, 正太君いまお話を, 此方の, 殿様の, 気を, 江戸あたりから, 決してある, 法然と, 洋画で, 海の, 涙まじり, 測量した, 満月の, 無茶と, 然う, 煙草の, 熱狂家です, 狆か, 獲れましたかね, 珈琲も, 現代は, 現在の, 田中君は, 男は, 町内の, 略字で, 疑いも, 癪に, 白いところ, 皆さんの, 直せば, 相闘え, 知って, 砲兵工廠も, 神の, 福島の, 私どもの, 私に, 私昨夜家の, 秋山さん, 科学は, 秦の, 究竟かう, 端から, 米友さんに, 素足の, 細い渡り板, 経済的法則を, 絶えず腹内, 羅馬の, 美人薄命という, 老婆は, 耳が, 胃の腑が, 背中が, 腰越といふ, 自分のも, 色は, 芸術家という, 荊妻の, 薩摩芋なら, 行つて小僧を, 衒學といつても, 裳は, 見に, 覚えて, 親分に, 親類義絶, 詰らない婆, 認めるとか, 誰か間に, 警察へ, 赤いインキ, 足を, 這ひ上がる, 道は, 遠くで, 酒は, 金曜日には, 長谷戸さん, 阿古長さん, 隊長, 雉の, 雨も, 電光石火て, 靄霧を, 静子さんより, 鞘は, 頭が, 風の, 飛んでも, 飲むの, 首を, 髪が, 鳥羽伏見あたりで, 麹町です

▼ ですけれど~ (1437, 2.1%)

24 私は 17 それは 11 それが, 私の 10 あなたは 7 僕は 6 今日は 5 あの人, それも, それを, わたしは 4 あたしは, あなたが, きょうは, これは, 私が, 私には

3 [13件] あたくし, あなたには, あの子, あれも, いまは, ここの, その時, なんでも, ほかの, 今夜は, 何の, 彼女は, 非常に

2 [52件] ああいう, あなたに, あなたの, あの方, あの時, あれを, いつまでも, お加減, きいて, この人, この通, この頃, こんなこと, そのうち, その反省, その方, それまで, たうとう, とても頭, どうした, どこに, なんです, ほんとうに, わたくしの, わたしが, 二三日前誰だ, 人の, 人間は, 今の, 今は, 今も, 今度の, 他の, 体は, 何も, 何を, 変な, 外から, 家に, 弟は, 手紙で, 無理に, 父が, 父に, 筆を, 誰か, 貴方が, 貴方の, 貴方は, 途中が, 那, 院長が

1 [1164件 抜粋] ああし, あいにくその, あたいの, あたしたちの, あたしには, あたし自分の, あなたさえ, あなたも, あのビール箱, あの娘, あの実は, あの晩, あの熱情, あの畸形児, あまりお, あまりひと, あまり遅く, あれから, あれで, あんなしつこい, あんな男, あんまり煩さ, いくら気持, いつお爺ちゃ, いつまで, いつも最初, いまとっても, いまパリー中の, いやひどい, いろいろの, うっかりした, おあがんなさい, おかみさん, おそらく斎藤, おつ, おふくろさんは, お内儀さん, お前さんは, お咳, お好き, お家が, お寿女さん, お殿様, お清, お父, お目にかかった最初, お粒さん, お絹, お話し中で, お酒, かいこがないの, かかったって, きっとこの, くらや, こうしていつも, こうして挿す, こうして笠, ここへ, こないだ兄さん, このかた, この二三日, この側衛的任務, この御, この男, この稼業, この警官たち, この鳥, これからも, これから先, これこそ, これで, これも, こんなになる, こんな不思議, こんな晩, ごらんの, ご不浄の, さあなん, しかしこれ, しかしホント, しかし又, しかし断念, しかし貴方, しかも全然, じつはこの, すぐに, すこし弱っ, すっかり見ました, せいぜい一時間半, せめて子供, そういう事, そういう噂, そういう生活, そうしたらわたし, そうなる, そうばかり, そう早く, そこは, そのお金, そのにいさん, そのわり, その世界人類, その中尉, その代わり, その前, その女中, その後に, その心持ち, その朝, その点, その瞬間, その色, それからは, それだけにかえって, それっきり皆を, それでは労力, それでもあなた以上, それでもともかく, それでも今, それでも妙, それでも着物, それでも遠く, それともまだ, それならいくら後, それには, それよりは, そんなです, そんなに辛くもなく, そんなばか, そんなもの, そんな念, そんな風, たしかご, ただはずかしめられたる, ただ夫, たとえ奥さん, だからといって義理, だんだん悲しく, ちっともそんな, ちと薬, ちょっとあちら, ちょっとこれから外出, つまらない事, つまり企画, でもお, でもまるで, でもわたくし, でも事実, でも眼, でも雪, とうとう私, とにかく僕, とにかく親鸞, どうしてかうあり, どうしてもお許し, どうしても同一, どうしても立往生, どうして紙, どうせこちら, どうぞね, どうでしょう, どうもこのごろ, どうも余り誤り過ぎ, どうも様子, どう考え, どことなく好いた, どこへ, どのよう, どれも, なかなかしっかりした, なぜ, なぜか, なぜだ, なんだかそれ, なんだか勉強, ねえ奥さま, ひとさまが, ひどくなった, ほかに, ほんとうの, ほんとを, まああなた, まあ今, まあ自分, まあ辛抱, まさかに大家, まずその, また行ける, まだこんなに急, まだできあがっ, まだまだね, まだ十五, まだ急, まだ私, まれだろう, まアやつぱり, みんなは, もうすっかり無くなっ, もうまるでそんな, もう一ヶ月, もう人, もう大分夜, もう実に何処, もう永い, もしお, もしもこれ, もし万事それ, もっとつき進めた, もやもやと, やっぱりいけない, やつぱりさ, やつぱり元気を, やはり嫌, やはり無駄, ゆうべから, よく流行りまし, わかりは, わたくしこれでも, わたくしは, わたしたちの, わたしなどは, わたしの, わたし一人でも, わっし, われわれが, アレクセイさんわたしは, インドゆきは, ガラス玉が, トントンと, ハサミを, ブリッグスさんは, 一つは, 一体どこ, 一寸門前, 一日か, 一昨日以来頭が, 一般に, 一郎が, 一體どう, 万策尽きました, 下町の, 不思議な, 与助は, 両親が, 中央政府への, 中学を, 主人は, 事柄が, 二人の, 二週間余を, 云えなかっ, 人に, 人界の, 人間の, 今しがたお山へ, 今では, 今に, 今まで, 今団長が, 今年は, 今日じゃ, 仔細が, 他には, 仲, 伺ったらいけないでしょうかしら, 何あに, 何が, 何しろ雲, 何だかす, 何だかホカ, 何だか氣, 何だか解りゃしません, 何でも, 何にも, 何んだ, 何分不案内, 何百年の, 余り又, 作ること, 使い方が, 例えば暗闇, 俗語の, 偶然同じ, 優しい先生, 兄の, 先に, 先生には, 先程の, 兎も, 全く雪, 全部で, 兵馬には, 其舎へ, 凄絶な, 分りませんでした, 初めて出, 別段深い, 前に, 加藤君と, 勝気で, 医家も, 十八歳から, 半年ばかり, 南条様や, 去年の, 又考え直せ, 叔母さまの, 取れないから, 口だけが, 可恐い, 同級生の, 向うにも, 君は, 命がけで, 和子達は, 唯この, 喰べ, 因果と, 坊っちゃんその, 夜が, 夜勤は, 大丈夫よ, 大原さんが, 大次郎様この, 天井裏の, 夫の, 奥様にだけは, 女が, 好きと, 妙な, 妾あなたと, 姐さんは, 娘に, 婦長さんは, 学生だろう, 安里だ, 実にチベット文法, 実は去年, 実は昨日, 実は私, 実際には, 家庭の, 小石川台町に, 少しは, 少しも, 少し考える, 少許羽, 川上糸子さんが, 左の, 市場の, 帰る途中, 平安朝の, 年も, 幼いもの, 広く調べ, 廣介の, 弥生の, 当座の, 彼は, 彼等は, 往来じゃ, 御主人, 御無理, 御酒一合が, 心が, 忠実な, 思いようでは, 思う様に, 思想としては, 悪くまれる, 情ないッ, 態, 我儘な, 戦なんぞに, 所謂輩出した, 手前方では, 扨その, 指一本という, 改つた言ひ, 文字そのものを, 新しいの, 新興独逸の, 旦那さんは, 早朝の, 明治四十四年の, 昨夜の, 時々変, 時間の, 晩に, 最初妾たちが, 最後の, 有合せの, 朝顔を, 未だ未だやつぱり浮気, 本当に一生懸命, 本来の, 本郷には, 柳容堂の, 正直な, 此の, 此処ぢや, 段々考え, 殿さまは, 殿様が, 水門を, 永いこと丸髷, 江戸中の, 決してさう, 汽車は, 河野は, 泣かせられるくせ, 流石に, 淋しい所, 淋しさ, 火を, 無職で, 然うも参りません, 煮るやう, 熾ったから, 父さんが, 犯人は, 玄人は, 王様にまで, 生て, 生憎そんな, 田舎がい, 男に, 畑を, 病気という, 百合さんは, 皆さんの, 皆様子を, 直に夢, 相手の, 真逆, 確かに, 確実に, 秀子さん茲に, 私だって, 私にも, 私以外に, 私教え, 科学の, 種々都合, 立つこと, 竜之, 笠間先生は, 米友を, 約束した, 細かいもの, 経過は, 結局どちらの, 編輯長が, 美しい大和魂, 義母は, 考へてるの, 自分の, 自分らと, 與太郎は, 良人という, 良人以上に, 花束の, 若し其, 若し強, 茶屋女を, 薄毛が, 蛇に, 行者の, 見に, 見当りませんでしたわ, 親と, 訣る, 話に, 課長から, 負けて, 貴下も, 貴女は, 貴方たちは, 賀茂より, 足の, 身體の, 辛棒し, 近所ず, 途中で, 遂に懐しい, 運転手は, 適当の, 里へ, 野良犬に, 金ゆゑで両個が, 銘も, 鍬を, 関井は, 雄猫, 難事件と, 青い蒲団, 食ひものが, 駄目な, 高が, 鬼の

▼ ですけれども~ (1008, 1.4%)

14 これは 13 それは 11 私は 10 それを 9 それが, わたしは 8 私の 5 ここに, 今は, 私が 4 この頃, わたしには, 明るいとこ, 非常に 3 あの方, ここの, この場合, これが, これを, さう, そこは, それらは, 鳩が

2 [50件] あなたが, あなたは, あの人, あんまり悲しい, お決め, お腹が, お菊さん, ここでは, これも, そういうこと, その事, その前, その時, それだ, それだけは, それとても, そんなの, どうしても死んだ, どうも兄, ばからしい, まあ若い, やはりこの, わたしが, わたしの, アノ方が, 人間の, 今の, 仲, 僕は, 兎に, 前は, 君はまる, 大抵は, 川の, 彼の, 御存じの, 恭一は, 恰度その, 我々は, 時間が, 普通の, 本当の, 東京で, 此の, 毎日同じ, 知らないの, 竜之, 自分の, 誰も, 面の

1 [776件 抜粋] ああいう, あいにくその, あいにく御, あえて耳, あたくし, あたしそっと, あとから, あなたとしては, あなたに, あの人足輩, あの折, あの時, あの通り山村さん, あの飛, あまりに亮, あまり馴, ある人, ある大名, あんなど, あんな親切, あんまり大げさ, いかに天才, いくつかの, いざ御家, いずれに, いつも突然で, いまなら, いろいろな, うすうす心, おかみさん, おはじめて, お内, お君さん, お嬢様, お松様よしんば, お母さんにも, お祖父さんに, お聞入れ, お角, お閑, お雛様を, かう言, かえってその, かりに非難, かわいそうでございます, きめたって, きょうは, こうして見た, こうなっ, ここで, このおみやげ, この位連続, この坊ちゃん, この声, この白川郷, この短い, この行路, この話し, この途中ハイキング, こまかい事, これからナクタン, これでは, これまで, こんなにお, こんな世の中, こんな迫った, こんな馬鹿, さうかといつ, さて孵卵器, しかしこれ, しかしそれにしても非常, しかしだからといって母国, しかし何, しかし大勢, しかし少く, しかし消化器, すぐお, すっかり疑い, すっかり覚え込む, せめて, そういう場所, そうし, そうすれ, そう行かなけれ, そこの, そこまで, そこを, そのありがたい, そのまえ, そのモオゼ, その上, その中, その他け, その他の, その例, その反省, その女, その実, その小さな火, その性質, その戒律, その日, その時私, その浅, その演説, その用向, その知恵, その被りもの, その角, その言葉, その賑やかさ, その返辞, その間放出した, その霊跡, その風説, そりや, それじゃ, それすらも, それぢや, それでもおじさん, それでも世界, それでも決して, それでも相当, それでも芸術化, それで糊口, それにしても凄まじい, それについて, それも, そんな事, そんな心配, そんな手, そんな風, たしかに蒙, ただ一カ所, たった一度, だんだん溪流, ちっともよく, ちょうどレブロース, ちょっと家, ついにその, ついバット, できないこと, でもわりあい, ところは, とたんに無能力, とにかくラサ, とにかく或, とにかく日本, ともかく自分, とりようでは, どうか気楽, どうした, どうしてどうしてそんな, どうしても好ちゃん, どうしても起きる, どうにか足, どうもあなた, どうもそれでも, どうも容姿, どうも関係, どう云う, どんどん仲間, どんな悪人, どんな紋, なあに云わ, なあに本来当人酔興の, なかなか綺麗, なかなか親切, なるほど伺え, なんだか世間, なんだか言え, なんにも知らん振り, ひとつ是非これは, ぴしり, ほんと申します, まあわたくし, まあ大抵出ない, まさか戸外, またその, また危険, また幾分, また考え直し, また触れ, まだよくその, まだ持っ, まだ調べ, まるで一人天下, まるで反応, もうチベット, もう五六年, もう夜明, もう少し大事, もしあなた, もしかして父, もしこの, もし徒歩, もっと山奥, やっぱり主人公, やつぱり芝居が, やはり一旦は, やはり世間, らぢお, わからないこと, わが捕物名人, わざわざ自分, わたくしと, わたくしの, わたくしは, わたしも, われわれの, シュウル式の, スープが, チベットは, チベット教育は, ドコまでも, モー一層, ラサ府で, 一ことも, 一つ教会の, 一人で, 一寸お, 一度こういう, 一応その, 一応虫麻呂, 一旦人, 一流の, 一般には, 一見し, 丁度今, 丁度東京, 三分の一程度は, 三好十郎の, 三日の, 下等の, 不幸に, 与八と, 与八の, 世の中は, 両方ともに, 中は, 九時まで, 予算が, 事実それほど, 事実百姓の, 二三度試験し, 二人は, 二日の, 五六軒廻っ, 人事の, 人心の, 人種として, 今度は, 今日のは, 今日御, 今晩は, 仕事の, 他の, 代価が, 何う, 何か, 何だかそんな, 何だか変ぢ, 何だか遠く, 何です, 何と言つて, 何分お母さん, 余り細か, 作りかたには, 信じても, 俳優は, 個人の, 元来怖気, 兄さんも, 先方の, 先生が, 先生より, 先生わたくしには, 先生殺し, 先程お話に, 先頃の, 全く文学, 公署でも, 兵馬には, 其人の, 内地へ, 刀には, 別に意趣遺恨, 到頭待ち切れない, 前々からの, 前大蔵大臣, 前申す, 副級長, 十二三日は, 十五錢程買つたのです, 十仙に, 半気違い, 原料は, 叔母さんという, 叔父は, 吉岡どのは, 品物は, 商売の, 四国の, 四藩の, 夏過ぎ, 夕方に, 多分娘たち, 多分貴, 大体三つの, 大分に, 大切な, 大抵財産, 大時計の, 大谷さんに, 天性の, 奥さまは, 女だって, 女の, 妹は, 子供たちとても, 学生時代に, 宅が, 実際その, 実際に, 実際今度, 客の, 客間食堂は, 家に, 家庭の, 容貌や, 實際蒙, 小さいトランク, 小さな無, 少しよりは, 少し馴れる, 山ふところは, 岸は, 川を, 差支えで, 差支が, 平凡な, 平生は, 幸いに, 幸い今, 広い家, 広島に, 弁信さんわたしには, 弱ったには, 当り前の, 役者が, 役者の, 彼らは, 御免下さい, 心もとないもん, 忌み言葉, 急に, 悲しいかな, 惚れられるつら, 意味は, 感性を, 我慢にも, 我邦で, 手紙を, 打ち明ける機会, 折々上品, 折角そういう, 持つべからざる人, 捕まってからの, 掛つて居る, 改めてある, 日本人が, 日本民族の, 旨く纏ら, 早く上がろう, 明日の, 是れ, 時々変, 書いて, 最初に, 最後まで, 朝の, 木戸は, 未だに達者, 本位構わないでしょう, 本当に見る, 来客の, 柳田平治は, 根本は, 案内者を, 構いません, 歌と, 武張った家柄, 歳は, 死後の, 殊にインド辺り, 殊に白壁, 段々御, 母は, 水を, 決して悪い, 治癒す, 浅草の, 浜田が, 海の, 深さ, 滅多な, 無事で, 然し辛い苦しい, 燕も, 物足りない思い, 特に農奴, 猫の, 猿を, 王族という, 田舎の, 申しあげましょう, 百里足らずです, 皆が, 直ぐにわたくし, 看護婦でも, 眷族共は, 矢張り雲が, 石に, 石田治部少, 礼の, 神主様, 私この, 私たちの, 私にとっては, 私にも, 私共には, 競馬場の, 笑うもの, 粉食に, 純太郎, 紙より, 結婚の, 結果は, 繰返して, 美味しい味, 聞かなきゃならない事, 聞くだけは, 肉類の, 胆吹へ, 能登守の, 腰掛けさせて, 膃肭臍は, 自然の, 色々曰く, 花も, 苛いわ, 英領インド政府が, 茂太郎は, 茂太郎も, 血が, 行つてもむだ, 要するに義務心, 要らない廻り路, 見上ぐるところ, 見上げるばかりに, 覚えて, 親と, 解る気, 話の, 読む方, 誰か, 誰にも, 責められたからとて, 貴女が, 貴方と, 貴方嬰児は, 足立さんが, 身体が, 身内の, 身體が, 辛抱できる, 近頃殆ど, 返事が, 迷って, 速くし, 道中宮社祠の, 適度に, 還すの, 醤油と, 野に, 銃砲店に, 長さ, 随分むずかしい, 雁や, 面白いこと, 面白い遊び, 音色は, 顔だけは, 風向きが, 飢えて, 餘計な, 馬鹿が, 馴れて, 騎虎の, 高山では

▼ です~ (1008, 1.4%)

18 云って 17 いって, 言って 14 いう, 云う, 云った 12 答えた 10 言った 8 答えて, 言ふ 76 いうと, 云うの, 教えて, 答えると, 答へ, 聞いて, 聞くと 5 いった, 云ふ, 私は, 答へる, 言う 4 いいました, おみや, 云いながら, 云うた, 云つた

3 [12件] いうて, いうので, いつて, いふの, え, さあ, 云うと, 云うよう, 云われて, 彼は, 言つた, 訊くと

2 [57件] ある, いいに, いうのに, いふ, いふと, いふので, おっしゃいました, これは, その人, にこりとも, やや錯乱, わたしが, 三千代は, 下女が, 主人が, 云おうと, 云っては, 代助, 備前が, 僕は, 同室の, 嘘を, 囁やく様, 報せて, 声を, 娘も, 心に, 思う, 手仕事は, 教えられた, 教へて, 書いて, 来るの, 案内が, 正直に, 気軽に, 涙を, 熱心に, 看護婦は, 知らせたなり, 私が, 私許り詰りません, 答えながら, 答えました, 答える, 答えるの, 聞けば, 言うと, 言うの, 言おうと, 言はれた, 言へば, 言われた, 話した, 話して, 話すと, 遠慮がちに

1 [632件 抜粋] あっさり断られ, あのウ, あの世の, あの人, あやうく聞こう, あやめは, あわてて, いいたげに, いいですが, いいの, いうか, いうから, いうだけ, いうの, いうんで, いかにも淋し, いくらいくら, いくら尋ね, いったので, いったもの, いったらそん, いつた, いつたの, いつたやう, いはれたの, いはれて, いひわけ, いふ者が, いやに, いわぬばかりの, いわれて, いわれれば, うなづいて, え幾程, え酷い, おかみさん, おかみは, おくみ, おしょさん, おたね, おふみ, お世辞, お云, お伝えくださいませ, お前達に, お客を, お断りする, お正月五日間ぐらい, お蒲団, お言, お雪, かういひました, かかれて, からかい半分の, かれは, きくと, きっと間違い, きつと, きょうわざわざ, けたたましい声, こう申します, ここに, こたえるはず, この際, こぼし勝ち, これだけの, さ, しずかに, しづかに, すぐに, すまして, そういったの, そう云っ, そう仰しゃっ, そう言っ, そこへ, そのかた, そのつど乳人, その方法書, その活用語尾, その言葉, その足跡, それから順, それが, それさえ, そんだけ, たいていの, たずねた, たずねるの, たたえられて, ちょっとおれ, ついそう云っ, ついひとさま, つまらぬこと, つまりませんから, とてもそれでは, どういう路順, どうもこちら, どんなにゆっくりと, どんな影, なぜか, はっきり云い切る, ひどく叱られた, ひどく大袈裟, ほかの, また問います, まだ取柄, まだ眠り, もう偃松帯, もう運転手, やった, やつたら, やるよう, よしその, れいの, わめき立てた, サッサッと, サ兄なんぞは, スイッチを, タッタ一言の, トースト十セントハムエッグ三十セントそれに, ネーあの, ネーその, ネー花子は, ハンスが, ピタリと, フレて, モジモジし, モット低く, ワン, 一々出はいりする, 一刻も, 一割か, 一升から, 一升に, 一本の, 一段です, 一羽四十銭五羽で, 一言の, 一馬が, 一齊に, 三時を, 下の, 世間でも, 中心に, 丹三郎は, 主婦から, 主観的に, 久さんの, 久助が, 乳人は, 二十九です, 二本です, 二遍も, 云いさして, 云いますから, 云い度いが, 云うかと, 云うだろう, 云うに, 云うにや, 云う返事, 云ったが, 云ったけれど, 云ったと, 云ったので, 云ったもの, 云ったらひどくむっと, 云ったら僕, 云ったり, 云ったわけ, 云ったん, 云った風, 云つてそれを, 云つても, 云つて路上で, 云ても, 云はれ, 云ひ, 云わぬばかりに, 云われた時, 云われると, 交渉を, 人々に, 人の, 人は, 人中へ, 今年は, 今頃は, 以前あれほど, 仰有れば, 会うかも, 伺ったら, 低く呟い, 佐治さんが, 何処が, 何源は, 何番でも, 何遍と, 促が, 保証づきで持つ, 信助が, 僅か原稿用紙三枚半, 僕の, 元禄時代の, 兄に, 全くた, 到底出来ません, 前置きし, 劉の, 労働運動らしい, 勧説し, 十右衛門が, 千五百円の, 千谷さんは, 卑劣極まる, 南さんに, 博士に, 却って肺動脈, 又し, 又五郎は, 反問した, 受け合ったにも, 口ごもりながら, 口で, 口では, 叫びながら, 叫んだ, 叫んで, 召し上がるもの, 各自が, 同時にそれ, 名のり心底から, 名乗ること, 向う側の, 向を, 吾妻橋から, 告げた, 告られ, 告白し, 告白すべきであろう, 呟くよう, 呼んで, 問いました, 問い掛けた, 問うた, 喜んでも, 囁きその, 四国から, 塚田新, 外の, 外山さんが, 夜中でない, 夢声が, 大きい声, 大きい男, 大声に, 大変でございました, 大宣伝, 大抵どんな, 天丼を, 夫を, 奥様が, 女が, 女房は, 好きという, 妙に, 婚約の, 孝助が, 學ばざる仁義, 宇乃が, 家の, 家内から, 家庭の, 宿の, 富田さんが, 寒中の, 対えた, 尋ねたが, 尋ねて, 尋ねると, 小女子魚, 小間使ひか, 尻を, 居直って, 山の上はずつと, 島から, 差出したの, 差出したを, 差出した品, 市川君は, 店の, 弁信に, 弁解か, 引返さうと, 当惑し, 彦太郎が, 彼が, 徳泉閣主人旧, 必ず断ります, 必死に, 念を, 思わず云って, 恨めしさうに, 恰度馬の足の, 悲鳴を, 慳貪に, 戸部の, 手短かに, 抗弁した, 指さし, 指さした山高帽, 指し示され一歩, 放送し, 教えられる, 断った, 断って, 断わられるだろう, 斯う, 斯様な, 新八は, 日頃の, 明らかに, 明了, 明白に, 明確に, 時間が, 替り目の, 朝までに, 本心かきしたためた, 来たあたい, 来年に, 松島さんは, 案内の, 森田に, 楼婢に, 歓迎の, 武太さんは, 殊勝らしく言っ, 殊更言, 母に, 気の毒な, 決して本もの, 注意し, 注進する, 洋剣を, 活栓の, 湯げの, 満寿子さんが, 滅法矢鱈, 無理に, 片眼, 牛が, 物事の, 狂乱の, 申しあげたらそれ, 申しあげると, 申しましたらちょっと, 申し上げたじゃ, 申し上げたぢ, 申し上げたん, 申し上げましたら格別, 申せば, 申上げたい, 申上げよう, 申上げる, 畑の, 畳の, 痛くない, 白い紙包, 白状する, 百字書けれ, 直ぐに同意, 相手に, 相談した, 看板も, 真顔で, 眼を, 磯屋五兵衛も, 祟られること, 私ちっとも, 私の, 穿ったよう, 突き込む, 突然聞いた, 笑いながら, 笑って, 笑つた, 答えたが, 答えたまでの, 答えたら苦笑, 答えたり, 答えた時, 答えましたところ, 答えました此, 答えますと, 答えること, 答える許, 答へて, 約七カイリ, 紹介する, 紹介せられる, 絶叫し, 耳打ちを, 聞いた折, 聞かされて, 聞かなければ, 聞かれると, 聞く, 聞けるよう, 聴いたら浩一, 肩を, 肯定せざる, 腕も, 臆面も, 自分を, 自己紹介なさった, 自慢の, 自然片方の, 興奮し, 若い娘, 若井氏へ, 茶屋奉公の, 蚊の, 見えません, 見事に, 言い, 言いさえ, 言いそれ, 言いたかったが, 言いながら, 言いに, 言いにくく, 言い張って, 言うであろう, 言ったため, 言ったって, 言ったの, 言った人, 言った以上, 言った奴, 言ってから, 言つ, 言つてかたく, 言つてから, 言つてし, 言つてどこまでも, 言つてゐた, 言つてゐました, 言つて雛を, 言はれ, 言ひたい, 言や, 言わなければ, 言われた時, 言われるたび, 言わんばかりの, 言下に, 訊いたの, 訊いて, 訊きたくなる, 訴えて, 訴え悲嘆, 話したこと, 話しますと, 誓ひ, 語りそして, 説き明かして, 説明した, 説明する, 誰にとも, 謂った, 豎牛が, 貞之助は, 賛成した, 質素な, 跪いて, 身体に, 軽く打ち消した, 農民作家が, 返事を, 述べたそう, 追放令を, 遠慮した, 郊外線に, 重々不届き至極だ, 鈴木の, 降された時, 離室に, 静に, 靜に, 頭も, 頷いて, 頼んで, 額の, 馬の足を, 駐在の, 高原の, 高笑いを, 鼻の

▼ ですもの~ (901, 1.3%)

33765 ねえ 1264 どんな事 3 どんなこと, な, ねその

2 [28件] いざと, いつそ極端, お好き, お目, お組, そしてあなた, それにあなた, そんな隙, だから, だからあの, つまらないわ, ですから, でも口惜しい, でも私, と叫んだ, どうしてえい, なあ, ねそして, ねそれ, ねわたし, ねエ, ね考え, もしあなた, 及ぶだけ, 当然だ, 怨んでなんか, 死んで, 緩り

1 [412件] ああくるしかっ, ああ暑い, あたくし, あの下手人, あの子, あの甘い, あやしいやつ, あら白い, あんなに小さく, あんまりおそく, あんまり苛, あァ云われ, いいと, いいわと, いきれくさ, いくらお, いくらばか, いくらむっつり屋, いくら長々と, いつも私, いひ寄つた男, う水車, ええ本当, えらい進歩, おいそれとい, おかしいわね, おなつかしい, おやお従者さん, お互, お互に, お分り, お勝手, お君, お小遣, お師匠さん, お年寄, お引っ越し, お怨み, お気の毒様, お苦, お蝶さん, お袖さん, お酒, かうして, かえって又, きっと承知, きっと眼, くさばか, くたびれちゃった, くやしゅうて, くるまなんて, こつちで, ことにお子様, ことに越後屋, このま, このまま, この上, こむわけ, これからは, これから見れ, こわいでしょう, こんなひどい, こんな処, こんな場所, さぞお, しかし私, しかたが, しかもこんな小さな, じきに, じゃさよなら, すぐに, すっかり私, ずゐぶんい, せめて仏様, せめて佛樣, そういっ, そうおっしゃり, そうしつこく, そうしてあんなに, そうしてこんな, そうじゃ, そうすると番頭さん, そうでしょ, そう分らない, そしてその, そして何処, そのかた, そのくらい, そのため, その二人, その償い, その意気, その文夫さん, その方, その時, その来年, その点, その翌朝, その通り, そりゃどう, そりゃみんな前川さん, そりゃ行こう, それから脱ぎ捨てた, それでいてなかなか, それでやっと, それで又, それとも他, それにあの, それにお, そろ, そんなうれし, そんなこと, そんなことあなた, そんなみだら, そんな事, そんな他人行儀, そんな化物, そんな御, そんな馬鹿, た, ただこのごろ, ただ不思議, たとい世間, たとえばあなた, だからこんど, だから慌て, ちっとも残り惜, ちつたア, ちつと, ちつともかは, ちょうど大観音, って, つかまつてなど, つまらないこと, つまらなかろう, つまり苦労性, つらいです, つれて, でもあんた, でもち, でもどしゃ降り, でもね, でも寝, でも盃, でも風采, でも驚きました, で私, と, という, というよう, という心持, といった途端, とこう, とアンリエット, と云, と云っ, と云つた強氣, と云ふん, と信子, と御作さん, と独り, と言, と逆襲, どうし, どうした, どうしてもひいき目, どうして一家族四人, どうして泣かない, どうして病人, どうして眠れましょう, どうして食べる, どうしよう, どうする, どうぞ一日, どうぞ堪忍, どうにかいい, どう考, どう考へた, どつさり, どんなに可愛く, どんなに早く, どんな下心, どんな結婚, なお更, なかつたん, なかなか許せない, なかよく相合いがさ, なくなったら随分, なんでお金, なんで樹, なア, によっては三倍以上, ねあした大童, ねあの, ねある, ねいう, ねいつ, ねいつも, ねいろいろ, ねえおとなしく, ねえかわいそう, ねえそい, ねえでも, ねえテコナ, ねえ咲ちゃん, ねえ夢, ねえ御, ねえ私, ねえ負けたく, ねお, ねお年, ねそう, ねそれに, ねだから, ねと, ねばり気, ねもう, ねわたしたち, ねわたし前, ねアタタカナラザルヲエンヤ, ね人間, ね仕方, ね全く, ね六畳三畳, ね可笑しい, ね問題, ね困る, ね国男, ね土台, ね堪忍, ね大切, ね女性, ね御, ね文学上, ね本来, ね本質, ね母, ね無理, ね眼頭, ね組立てる, ね蒼い, ね行く, ね鷺, のぼせあがって, ひどいねえ, ほほほ, ほほほほ, ほら又, ほんとに困った, ほんとに大丈夫, ほんとよ, まあ御免, まさかそんな, まさか猟師, まして音楽, まず第, まだ, まだ何, まるで姉妹, みっともないわね, もうお, もうわかい, もう今ごろ, もう天真, もう少し待たなけりゃ, もう尼, もしも私, もったいないこと, もつと, やすい祝儀, やっぱり才能, ようやくホット, よくおぼえ, よほど上ったでしょう, わかる私, をまして, をアノ源さま, を私, を言う, ネそんなに, ネ二郎さん, ネ其, バカバカしいわ, フックリ, ヲ, ヲ多少, ヲ巫山戯, 一体兄さん, 丁度いい, 二度とお目にかかっ, 今さらどうにも, 今さらどう張りかえよう, 今さら逃げる, 今に母, 仮令僅, 仮令罪, 何とか色, 何とも云えません, 余りぱっとなさらない, 余程狡猾, 例えば私, 働くの, 全く, 冷えるの当り前, 出直しましょうと, 分けて, 判るでせう, 助かる道理, 又気, 取りつくしま, 可懐さ, 可懷さ, 同じ二人, 吹き出すたび, 唄いますわ, 喋ってたじゃ, 喜ばないで, 困りゃあし, 堪りませんわね, 売られては, 売ると, 多分私, 大へん, 大變, 好い法師さん, 好い絵, 安いん, 実は, 小ぐまさんは, 少しくら, 少し位, 少し醉つて, 尤もお目にかかっ, 帰っても, 常に人間, 御病気, 御談, 御近所, 御酔興, 御養子, 思ひきつて, 恐いの, 悦んで, 悪いこと, 悪くお, 愛くるしいのよ, 成るよう, 打ちつけに, 打ちとけて, 抜け出す暇, 拵えようと, 捜して, 断つもの, 早く私, 暗いから, 暫く位, 本当に, 本当にどうにだって, 本当に可愛, 本当に来, 本当に苦しい, 本當, 来るもん, 死んだ積り, 殺されて, 気味が悪いわ, 永い冬ごもり, 永く役に立つ, 活きてるよう, 消そうたって, 深いこと, 無いこと, 疲れる程, 痛いなんて, 痛くて, 皆味方, 直にかへ, 直に行っ, 知って, 知らない人, 知らない者, 知らぬま, 祝ったくらいじゃあ, 細, 考えてばかり, 聞く方, 良いも, 落したの, 行けないという, 行って, 見て, 言って, 許して, 詳しいこと, 負けるに, 貸して, 軽々しく嫉妬, 辛くて, 追いつけやしませんわ, 逃げて, 酔ったあと, 重くて, 長い一生, 開いて, 降るほど, 随分だ, 隠れて, 難有, 馬鹿らしくって, 驚いちゃって, 驚くじゃ, 黙って

▼ です~ (840, 1.2%)

44 それに 9 私の 7 私も 4 おまけに, それが, それも, それを, なければ, 私は 3 あの人, またその, 他の, 第一

2 [28件] お仕事, お勝手へ, ここに, そうでない, その時, それにあの, それにね, それらの, そんなもの, どうかしなく, わたくしも, マダムは, 今の, 何の, 厭に, 土地の, 大学一高の, 定吉も, 御主人, 旦那も, 普通の, 相当の, 矢張風呂敷を, 自分の, 語学も, 誰が, 食って, 首領の

1 [688件 抜粋] ああし, あい手は, あそこで, あちらは, あなたは, あなた様が, あなた様がたの, あの夫婦, あの子, あの満員, あの通り, あばれよう, あまり永く, あるいは御飯, ある意味, あれこれの, あれで, あれとも, あわてても, あんなに堅く, いくらか, いささか義, いずれは, いったいこんな, いっぽうの, いつたいこんな, いよいよ泣かう, いろいろ考えあぐみました, おうたさん, おくびょうだけれどもすばしっこいのとだれにも, おそのさんが, おとといお宅に, おとなりの, おもしろいしごと, お嫁, お嬢さま, お照, お父さんは, お礼銭の, かえって熱い, かえって磯崎, かえりみても, からだも, くさりかたびらは, ここは, こころ残りなく, こちらこそ, こっちも, ことにあの, ことによる, この上, この事件, この先, この厭, この子, この過酸化水素キュカンバー, これからだって, これから更に大, これから村, これから私, これも, これ以上に, こんなにそれ, さもなければどうしても, しかもだいぶ, しかもスタア, しよこと, すこし気, するヒマ, ずいぶん歩きました, ずいぶん無駄, せめて一度, そういう風, そうかと, そうすれ, そうでなく, そこに, そこの, そしてその, そとには, そのう, そのうち, そのころ, そのため, そのほか, そのやみ, そのマント, その上これ, その上二人, その人々, その前, その同人たち, その日, その本, その次, その答え, その苦しみ, その話, その頃, それから, それから亀, それから今, それだ, それでは当人, それにお, それにここ, それにその, それにひょっとしたら, それによく, それによしんば, それに一人, それに清三君, それに私, それに竜太郎, それまでに, それより, そんなに急, そんなわる, そんな事, たいそう狼狽, たかが一ドル, たくさんの, だいたいあの, だしぬけに, だれに, ちっともお, ついその, ついでにそういう, てんじょうも, どうかいま, どうしよう, どうせ遲, どうにかこうにか, どうもわかりません, どうも此奴, なおちょいちょい, なかみ, なにしろ国土, なんです, なんでも, ばかばかしい話, ひと晩ふた, ひょっとお, びっくりし, ふさふさした, ほかにも, ほんとうに, ほんとにどうして彼, まさか大, ましてやお, まして二十数年前, まして近頃, またあすこ, またあなた方, またあの, またここ, またそれ, またちゃんと, またまだ, また僕, また助け船, また大きい, また家風, また彼ら, また手頃, また拱廊, また最初, また話, また調べ, また陣中, また非常, また鼓上蚤, まだ土用波, まだ母, まったく私, まもなくさわぎ, みんなほんとうの, めったに庭先, もう大船, もう起訴, もしその, もし支倉, もちろん借り手, もともと良人, やたらに, やっぱりこういう, やっぱり絵, やはり坊ちゃん, よし飯焚, よほど注意, わたくしたちは, わたしは, わたしも, アデェルにと, カントは, クマさんが, クラムも, ショーランドの, スタンデンドブーフは, スパセニアは, セルや, ダイヤモンドは, ダーネー君は, ツキアイが, ニュートンが, ハニの, パンの, ヒントを, ビルディングが, マックスウェル・アンダーソンも, 一ちゃんで, 一つは, 一人の, 一人息子も, 一刻も, 一度遣っ, 一彦少年も, 一方例, 一生懸命倒れ, 一番救われる, 一週に, 丁度さいわい, 三杯酢に, 下では, 不二夫君は, 中学校の, 中途で, 主人を, 事件の, 事務室の, 事實そんな, 事柄が, 事績も, 二三日経て, 二人の, 二年ばかり, 云々そんな, 五つばかり, 井上さんも, 亡夫が, 人が, 人間としての, 今こ, 今なら, 今度父と, 今後どう, 今思え, 今日から, 今日も, 仕事が, 仕事も, 他に, 伸子も, 住宅が, 何うせ焼い, 何かの, 何に, 何よりも, 何より結構, 何んな, 作者という, 倉地さんとは, 偉大な, 僕の, 僕ひとり, 八方美人は, 公園は, 六助は, 冬坡は, 別に御, 前生の, 創世記の, 勉強の, 勤めには, 十個ばかり, 千恵は, 南瓜や, 単純にも, 参ります, 又こんな, 又すぐ, 又それ, 又事実そう, 又危険, 又時には, 又金, 同じ寺, 同じ意味, 名を, 吹矢の, 味も, 呼びましょうか, 咄嗟に, 和製の, 唐草格子の, 器械が, 困って, 売って, 変な, 夏だ, 外には, 多くの, 夜中に, 大して気がかり, 大乗的に, 大体四十二度以上の, 天狗は, 太子殿下も, 失礼します, 奉公人にまで, 奥様も, 女の, 妹は, 娘さんたちの, 娘の, 嫁に, 子供に, 学校の, 安い品, 安全で, 実は悲しく, 実際に, 客商売の, 家には, 富士の, 寿が, 小姑根性という, 小林君が, 小林君も, 少しも, 少年助手の, 尚お, 山櫻が, 峠まで, 左京は, 常識的に, 平常は, 度々の, 庭の, 弁当を, 弟の, 弟は, 彌太, 当分は, 彼の, 彼等も, 後々の, 後には, 御婦人, 御承知, 心配なく, 心配は, 患者も, 或いは閣下, 房枝さんも, 所持金まで, 支倉さんは, 教えるの, 散歩も, 敬吉どんは, 数は, 新劇は, 新陳代謝も, 旅の, 日記帳だ, 旦那は, 旧司令官, 旧弊で, 早川さんの, 明日は, 昔の, 是非とも, 時候は, 時勢をも, 暇も, 書物展望版の, 最後まで, 服が, 服装も, 末の, 末娘として, 本人に, 本人も, 本年に, 本当に医者, 本街道, 東京では, 校友会の, 根は, 桟の, 検事側でも, 検車区の, 楊松へも, 横浜にも, 殊にこの, 殊に斎藤先生, 殊に生活, 母は, 母一人子一人誰も, 毒薬の, 毛布の, 池だけ, 沢山の, 法律は, 洗いざらしの, 浪の, 清さんは, 清治が, 清治だ, 火は, 無学の, 無我夢中で, 無手です, 無理な, 熊谷の, 父さんも, 父祖の, 片方は, 牛の, 牛肉の, 物置部屋に, 独龍岡そのものも, 玄徳様の, 玉子も, 現に今日, 田を, 田舎の, 申し訳ない, 男と, 男乞食は, 盗難を, 目白の, 直き, 眞物の, 真実と, 石油を, 社殿の, 祖父も, 禁厭も, 福を, 私が, 私たちには, 私たちは, 私とは, 私どもは, 私に, 私を, 私一人で, 私達は, 稼ぎ人に, 立派な, 笑ふこ, 第一長椅子, 米の, 素ば, 細かな, 結婚などという, 線路に, 締り位破っ, 織味, 罹災し, 老来まだこんな, 肉類の, 育ちだつ, 胸中の, 自分で, 自然の, 致しますから, 興味が, 色は, 花代といった, 若し屏風, 苺なぞを, 草心尼さま母子も, 薬の, 親切で, 角田という, 言は, 評判が, 詩は, 豆は, 貴君さえ, 貴方も, 足利織物の, 路地を, 近くは, 逢ったこと, 達ちゃんの, 金も, 銀行にも, 閉口し切つ, 間違いが, 附近に, 隣家は, 面談を, 頭を, 食はれた, 魏定国も, 鮒尾とか, 鼻まで

▼ ですけど~ (674, 1.0%)

7 私の 6 それは, 私は 4 あたくし, あの人, これは, それが, そんなこと, 私が 3 きょうは, そのお, なんです, 誰も

2 [39件] あたしが, あたしは, あなたの, あなたも, あの方, いまは, お体, お春お嬢さん, お母さまが, お母さんも, お金が, このごろは, この節, こんなもの, そいでも, そこは, そない, それを, なんでも, わたしは, 今は, 仕方が, 何だか世間, 先生に, 先生の, 光子さんの, 晩餐を, 朝に, 本郷の, 汽車が, 生活費と, 私だって, 私には, 私も, 私奈何した, 葉も, 計略が, 貴方の, 雨も

1 [541件 抜粋] あすに, あたしなんぞ, あたしみなの, あたし何だか, あなたが, あなたに, あなたには, あなた死んだ, あのテオバルト, あの中, あの女, あの役, あの生徒, あの男, あれは, あれを, あんさん蒔岡はんの, あんたの, あんな人格者みたい, あんな形, あんまりお腹, あんまり心配, いいかげんに, いいの, いったい有明荘, いって, いつでも, いまさら佛樣, いまちょッと, いやそ, おいくつ, おしのび下さいませ, おしまいの, お上ん, お嬢様今に, お子様に, お家の, お役, お悪い, お慈悲, お父さま, お父さんの, お花, お見舞, お話し, かうして, きっと何, きっと太宰さん, きのうあんまり, きのうっ, きょうあなたを, きょう臼杵先生が, ここに, ここまで, ここん, こちらへ, こちら何キロ二十二三貫でしょう, こっちへ, ことによる, このなか, この二室, この家, この山車, この時, この着物, この頃, こらしめるだけで, これから, こればかりは, これを, こんどニューギニアから, こんなかげ, こんなとき, こんなに二人, こんな話, ごめんなさい, ご用は, さあほか, さう, さうし, さつきお出かけに, しかし自分たち, しばらくは, じゃァ, じれつたい, すこしは, せっかくです, そいから, そいじゃ, そういう, そうなる, そう言いとおし, そしてなんと, そっちから, そのあわれな, そのいつも, そのうち, そのため, そのとき庭, そのま, そのよう, そのコンクリート市会議員, そのコンタン, そのハンカチ, その中, その国, その方, その方面, その日, その時, その短剣, その辛い, その魂, そら不思議, そりああの, それでもいい加減, それでも駄目, それで内田君, それについての, それまで, それより, それ聞い, そんなよう, そんなら, そんな事, そんな人, そんな差し迫った, そンな, たいていは, たくさん飲みすぎ, ただ女, たったそこ一軒, たてこんで, たのもしいよう, だからさうな, だめでしょう, だめです, だれか, ちかごろ郊外, ちょうどお, ちょうど私, ちょっとここ, ちょっとばかり, ちょっと直った, つい, ついお, ついとっち, ついどうも, つるべの, てんからない, てんで歯, できるだけは, でも, でもあの, でもお, でも何, でも兄, でも先生わたし, でも妙, でも実行, でも愛人, でも聞えた, とうに母, とても人相, とても駄目, とにかく主人, とにかく先生, とにかく花江さん, どう, どういうもの, どうかしら, どうした, どうしたら, どうしてそれ, どうしても, どうしてもほか, どうしても動か, どうしても寄つ, どうしても来る, どうしても私, どうしてタマセ, どうせ筏師, どうぞもうよろしゅう, どうぞわたくし, どうだって, どうでしょう, どうもあたし, どうもうまく, どうも気, どこか, どのみちこの, どんなふう, どんな御, なにが, なんしろ, なんだか煮え切らない, なんだか知らん, なんて云う, なんでしたら, なんとなく大望, なんぼ厚かましい, にこにこし, ねえあの, ひと口には, ふふふいえ, ぶらさげて, ほうりますよ, ほかに, ほんたう, ほんとうね, ほんとに辱, ほんまの, まさかにそんな, またあと, またよく, また幸福, また考えよう, まだまだ仕事, まだ悪人, まだ戻つ, まだ戻れない, まっさおに, まるでそうとしか, みなさんの, みんな忙が, もうこんな, もうもう男, もう一歩考, もう世間, もう売る, もう姿, もう手遅れ, もう私, もう船, もしお, もし対策, もどりたいん, も一度, やがて日, やっとの, やはり, やはり乳癌, ゆうべも, ゆうべボク疲れちゃっ, よく女中たち, よく憶え, よしましたの, れいの, わたくしの, わたしだけに, アノ顏ぢや, ウワの, エスさまは, ガラトィンスキイの, シンから, スリップや, ツイ, ツイ言いそびれ, トミ子さんにだけ, ネエ, ハネる, バタバタし, ファウストが, ヘタで, マサカの, マダム, ミルクよりか, ルリの, ローリイが, 一体幾ら, 一応は, 一時は, 丁度お, 丁度香港, 三十女は, 下は, 不思議な, 不思議にも, 世間では, 事情を, 二人だけで, 二人は, 二千四百で, 二度目のこそは, 人が, 人様の, 人目が, 今だって, 今ちょっと, 今夜は, 今日は, 今日用事が, 今晩は, 今朝起きたら, 今迄, 仕事の, 他の, 仲, 伯父が, 何しろ内田君, 何だかホカ, 何だか不安, 何だか小母さん, 何でこんな, 何とかかとか, 何と思つて, 何も, 何時誰と, 併し, 使って, 僕が, 僕は, 僕も, 兄が, 兄さんは, 兄は, 先生いったい, 先生その, 先生と, 先生一しょに, 入口から, 八住が, 兵隊さんは, 出たらあたし, 別れて, 創作なんか, 加十さんから, 勝負は, 千田さんは, 千田さんホームシックに, 博多を, 可厭, 吉川先生が, 吉川先生の, 噂に, 四十か, 壁が, 変です, 夜学の, 大丈夫です, 大切な, 女中の, 女學校時代の, 女車掌に, 如何に, 妻たる, 妾は, 妾ソレと, 姉さんには, 姉は, 嬢次様は, 学士でも, 定夫さんの, 実はね, 実際は, 家は, 家計が, 寛げるかと, 小説や, 屍体を, 屹と, 市内で, 師匠まだ, 帰って, 平らかな, 年頃の, 広島の, 庇ったり, 底の, 弁内さんいます, 弟は, 当分間代は, 御主人, 御懇意, 念の, 急に, 戦争は, 戦争中に, 戦災で, 折角お, 故伯爵, 教頭先生が, 文字力の, 文面の, 断ったら陰, 斯う, 新米の, 旗太郎さん仮りに, 日頃は, 昔っ, 昔の, 時計だけは, 書かずに, 朝御飯まで, 木津さんコンパス長う, 本当に失礼, 梶原という, 構いませぬ, 横田さんから, 欧洲戦争の, 此人は, 此度の, 此處で, 歩いたこと, 歳は, 死にたくて, 死んで, 殊による, 母が, 毎月二日か, 気に, 気分まかせ, 水原先生に, 河へ, 法水さん私あの, 津島様の, 海が, 海岸から, 深水さんと, 温いものの, 父と, 父の, 父は, 片時も, 物みなが, 犬が, 独りで, 王様の, 現在の, 生きて, 生れ月日の, 用意し, 田沢の, 男も, 白鷹先生の, 相手が, 相沢の, 真暗な, 眠るの, 矛盾が, 知らない人たち, 知らない方, 私あんまり, 私どう, 私どもが, 私ども母娘は, 私まだ, 私を, 私切り出しが, 私時々, 純情少女の, 素直です, 結城は, 絵かきが, 絶対に, 編輯長の, 美緒の, 羽織と, 肉附き, 背中に, 自宅へ, 自殺した, 自然さうな, 色々と, 若い者, 若しあなた, 要するに一生, 要するに上手, 見たところ, 見たところハタチ, 記代子さんが, 話で, 調べるなら入って, 貴方が, 貴方は, 貴方ホントに, 起き上ろとしても, 輸出禁止の, 近頃忍術使, 送って, 途中で, 造幣局へ, 連合国も, 邪魔は, 金田といふ, 銀行なんか, 間も, 間もなくお祖父さん, 阪急の, 降り積る雪, 雲井先生の, 面白かった, 須野が, 頭から, 風間の, 香櫨園だけは, 馴れると, 駄目でしょう, 駅に, 魂は

▼ です~ (558, 0.8%)

1116 あれを 5 これは 4 あれが, 先生, 私は 3 それが, それを, アと

2 [22件] あんたは, これなら, さう, しかし旨い, それは, ついでだ, もう三十分, もう遅い, アこの, アー, 一人で, 世の中は, 今度は, 商売忙しい, 奥さん, 御互に, 硝子戸を, 私の, 結局漬物の, 結構です, 綺麗な, 譬へ

1 [371件] ああん, あいつを, あそこの, あたかも, あなた, あなたの, あなたや, あなたを, あの, あのそこら, あの中, あの今大阪市中, あの位, あの先生, あの小松, あの肺病, あるいはそれ, あれだ, あれで, あれの, あれは, あんな所, あんな道化芝居, あんまり尻ッ腰, あー, いただきましょう, いったいこりゃ, いまお話の, いろんな手紙, うむ私, うん, おやお隣町内, およそ世の中, お値段, お前さん彼方へ, お国もの, お國, お嬢様本当でございます, お楽しみ, お綱さん, お連れ, かねて崇拝, かまいませんね, きっとこの, きまった俸給, くたばったに, こう, こういう時代, こうして真上, こう申し, ここに, ここの, ここは, このうち, このお, この二つ, この作者, この分, この際, こりゃ驚いた, これから下, これが, これだけの, これで, こんなこと, さうし, しかも彼, して, じっさい, すっかり話し終えた, せんだって団栗の, ぜひどうぞお足, そういうこと, そういえ, そうしてその, そうすれ, そこへ, そのほか, その内部, その博士, その時分, その晩, その正月, その消滅, その襟あて, それぢや, それでも今晩, それで自由劇場, それとも預かり, それに, そんなこと, たしかに僕等, たしか從五位, たまには, だいぶんありましょう, ちょっと開け, ちょッと, つっぱりますからね, とど助さん, どういう男, どうした, どうしてブレイン, どうぞ願いたい, どうも, どこで, どこに, なれども, なんてやつ, はっはっは, ほな心, ほな私, ほんとの, まあお, まあどうにかやっ, まだはっきりこうと, まづ女, まるでおきな, まア折角, むしろ盗った, もう少し手, もう移民問題, もしあなた, もっともあの, やっぱり庵室, やつぱり文学だけを, ゆつくりした, よくよく考え, わかって, わしも, わたしが, わたしなぞ, わるく感情的, んの, アお茶を, アこれだけの, アされ, アそう, アそれじゃ, アちょっと, アとにかく, アどうも, アなど, アなどと, アへえ, アハハ, アハハハハ, アハヽヽヽア私も, ア世の中の, ア主義でない, ア今も, ア四条から, ア夜ヴェランダで, ア奥さん, ア妙に, ア幕が, ア微塵積って, ア昔の, ア然し, ア男が, ア男は, ア皆さん, ア私共の, ア空気を, ア納屋穿き, ア西洋という, ア軍刀なら斬れる, ア金三十四両二分と, イザと, エヘヽヽ表を, ゴーッと, セリー酒を, ソヨソヨと, ソーンダイクさん, チトお気ばらし, ツマリ, テムプル先生あれは, ノールウェーの, ハイカラにばかり, フガフガ英国の, ヘヽヽ是は, ムニャムニャムニャ, レンズの, ロボフさん, ロローさん, ヴァランタンさんは, 一々僕, 一つは, 一体人間, 一台献納しよう, 一茶の, 一言も, 三輪ちゃんの, 上人様が, 世を, 中の, 九九八十一人の, 事々しく花子, 事務上から, 二十余艘すべて藁と, 二月の, 人が, 人を, 人生から, 今は, 今夜は, 今貴方が, 仰っしゃる通り北京楼以上, 何う, 何だつて, 何です, 佳い景色, 傍聴に, 僕が, 僕は, 僕も, 僕等が, 兄妹の, 先づ雪でも, 先生なにから, 先生の, 冗に, 出過, 前の, 十年と, 千束屋か, 原田さん, 同時に男, 吾輩などは, 周囲の, 唐詩選に, 唯の, 困ったこと, 困つたこと, 圓朝は, 土居画伯は, 地の, 地価が, 埋めて, 変った事, 外に, 外敵も, 夜分は, 大きいと, 大丈夫まっ, 大川へ, 夫から, 夫婦関係もときわどい, 奥さんも, 女という, 女中は, 如水は, 妓なる, 婆芸者の, 子供達は, 宇津木さんの, 官員さんは, 宜しゅうございます, 実はこちら, 実はこの, 実は昨日林田, 実は私, 実は面白い, 実際, 小人が, 小林, 小次郎さんは, 小竜, 小説家に, 少しこの, 山道で, 島が, 市長さん, 廓が, 引っ返して, 当人から, 彼の, 征服を, 後で貴女, 御参考, 御子息, 御閑, 徹夜で, 恐しいじゃ, 愛嬌の, 我国古代の, 或いはナポレオン, 戦争で, 拜見に, 拝見に, 捕方に, 撫て, 新聞記者に, 日帰りです, 日本の, 日本人の, 旦那, 早く云, 昔から, 昔の, 是は, 時々小作人, 時々非常, 時に博士, 本部へ, 果して今, 正直そうな, 殊更あなた, 母上, 毛髪一本靴から, 気狂いという, 池の, 河竹新七さんでも, 洋服と, 満洲, 煙草屋から, 犯罪の, 玉太郎の, 生きて, 生物は, 登録すれ, 皆さんお, 目下お, 矢張り外から, 石女の, 社の, 福井の, 私が, 私も, 空が, 絵は, 繁昌する, 考えて, 背の, 自分の, 自分も, 自動車の, 自然に, 芸術的に, 若しアヽー何, 若様は, 荷物も, 薪木なら, 藤波さん, 蠅の, 見たこと, 見たばかり, 解剖の, 解剖學者といふ, 誠心を, 誰方の, 諸君, 貴下方, 貴方の, 貴方は, 買った当時中, 赤外線男という, 足利の, 踏留まつた, 軽部君は, 通り過, 遠くから, 遺憾極, 野布袋という, 鎧屋さんまだ, 長崎で, 陸地を, 雲助が, 頑固な吃, 風が, 黒く漆, 鼻を

▼ ですがね~ (431, 0.6%)

6 親分 4 あれは, 僕は 3 あなたは, これが, それが, 私は

2 [15件] ああやっ, いまは, こ, これは, す, そいつが, それに一週間, それを, そんなこと, まず戦争, 今でも, 内々武家方や, 私の, 誰も, 貴君の

1 [375件] あいにくお, あいにくだ, あいにく今夜, あす定期検閲な, あそこへ, あっしどもの, あっしゃあ, あつしが, あとうとう, あなたという, あなた方には, あね, あの事業, あの島原, あぶらやさん, ありゃア加代姫, ある日, ある時, あれから, あれで, あんなおそろしい, あんまりだ, いいです, いくら払え, いざ役所, いっこう当, いって, いつか行っ, いつも籠, いまさっき現に, いやどうも, え貴, おっ母さん, おまえさんも, お内儀さん, お前さんの, お国, お嬢さんが, お屋敷, お庇, お心あたり, お絹, お聞きなさい, お茶の, お金が, がんりきという, ぎらぎら燃える, ぐさりと, こいつは, こうした軽蔑, こうして御, こうする, こうどうも畳, ここに, こちらに, こっちじゃ, ことによる, こないだは, このいえ, このごろじゅうから, このひと, この交互関係, この先, この前, この家ゃあき家, この胸椎, この路, これで, これでは, これでも, これも, これを, こんなところ, こんな奴, こん夜豆腐屋らが, さあ何, さあ口裏, さう, しかしあなた, しかしかの, しかしその, しかしどこ, しかしもう, しかしわりに, しかしわれわれ, しかし大いに, しかし平凡, しかし能くまア, しばらくする, しばらく思案, じつは私, すぐお出で, すこしばかり, すこし探し, すみませんが, する事, ぜひ親分, そういう女, そう云, そこから, そして子守唄, そのうち, そのく, そのこと, そのままお足, その先, その掃部山, その方, その時ブロマイド, その甲斐絹, その男, その老人, その船, その身, その顔, その高み, それだ, それでおしまい, それでも昔, それで内田君, それで皆さん, それに, それよりも, そんなに弱々しく, そん中に, たしかにこの, ただあの, ただじゃ, ただね, だんなには, ちっとこの, ちょうどあなた, ちょっとご, ちよい, ちよつと, つい二三日前, つき合って, つまり要点, ではどんな, でも作家, で私, ところがそれ, ところがね, ところが今, とにかく子供, どうした, どうしてあなた, どうしても娘, どうして大きい, どうして掴まった, どうする, どうです, どうもあやしい, どうもその, どうもまるで手応, どうも作者, どうも斯, どうも日数, どうも米, どうも編輯長, どうやらあれ, どこの, どちらだって, どんなに私, なかなか粋, なにも, なんでも, なんといっ, のちに, ほほほ, ほんとにあいつ, ほんにね, ぼくも, まあどうかなるだろう, まあどうでしょう, まあ早く, まず僕, また小屋, また落第, まゆも, もうお前, もう一年以上, もう帰っ, やたらむたらあるもんか, よしんば何事, わたしこそ, わたしは, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, イ今日は, カステラに, ゼンマイ珈琲つてある, ナーニ夜道は, バルチザンの, パツュークさん, フフ水へ, マーケットに, モシモシえ, リザベタさん僕の, ロヴィーサさん何か, ヱ, 一人土間で, 一体どういう, 一向當, 一寸聞い, 一日に, 七十郎は, 三十位の, 三輪ちゃん, 中でもみんな, 中味が, 主人は, 久木さんは, 二十五六年も, 井筒屋の, 人生という, 人間は, 今あなたは, 今から, 今し方寝る, 今は, 今僕が, 今年は, 今日或, 似て, 何しろあちら, 何しろこれ, 何だかいけ好かない, 何ていう, 何処此処と, 例えば河馬, 僕の, 元は, 兄さん儲け口, 先だってぜひぜひ, 先月中あなた山刈と, 兎に, 兎も, 全体物事という, 内へ, 内攻性は, 出入を, 分りますか, 初めに, 別に大した, 劉高も, 勘兵衞と, 勤めの, 勿論百年, 十七でした, 十日の, 博士の, 去年の, 只煩っ, 可なり, 向うの, 君は, 呼びに, 呼んで, 四十の, 困まったよう, 困りました, 場所は, 変わり者を, 大人の, 大体下絵だけは, 大名ほどの, 大麦で, 女房たちまで, 如何で, 宅は, 安里さんこれや, 実によく中ります, 実は神楽師, 家が, 寒い日, 實は, 寺本さん, 対岸の, 小判の, 小林の, 少々御, 尤も事件, 尾州から, 島村さんという, 川へ, 平気です, 年を, 弁護士で, 引啣え, 弱りました弱ったとも, 後者の, 御主人, 御前様どうも, 心願も, 必定瀬川君は, 念が, 思い上がって, 慰安旅行の, 手網が, 折を, 振り向いても, 掌が, 斎木さんあなたは, 旦那は, 早く出まし, 昔は, 是れ, 是非親分に, 晴子という, 暇に, 暗い中二階, 未だ一度, 本当でしょう, 松緑を, 栄という, 森先生の, 検べて, 極めて割, 横顔を, 樹の, 橋から, 此の, 此時は, 殺されて, 洲崎へ, 淋しくて, 滑稽な, 瀬川君は, 無口で, 特に鶯谷, 理想の, 理窟は, 生命が, 用心の, 畳の, 病院へ, 白い指さき, 百合ちゃんは, 相手が, 真面目に, 石垣が, 私が, 私も, 私ゃとても, 笑い事じゃ, 箔屋町の, 綱田屋から, 締切りだ, 肚の, 自分で, 若い頃, 藤枝先生は, 裸麦の, 要するに社会, 誘惑された, 諸所方々を, 護送され, 赤さんが, 跡取りの, 身内に, 途中で, 遊ばしと, 遊ばしといちゃ, 運送屋を, 都合が, 里の, 野郎めただの, 銀行としては, 門の, 階下で, 餘計な, 駅の, 験べて, 驚いたの, 鳥渡お待ち下さい

▼ ですかと~ (430, 0.6%)

10 きくと 8 聞いて, 訊いた 7 云って, 聞くと 5 いって, 尋ねると, 答えた, 訊くと 4 きいた, 聞いた 3 いうと, きいて, 彦太郎は, 私は, 言って, 訊いて, 訊かうとして

2 [27件] いらざる口, きくから, なすが, 云いますと, 云うと, 反問される, 反問し, 問うと, 家の, 尋ねた, 尋ねて, 尋ねますと, 小さな窓, 彼女は, 眞面目に, 空とぼけた, 聞きに, 聞き返した事, 聞くから, 聞くこと, 言う, 言つて, 言ふ, 訊こうとして, 訊ねたり, 質問し, 驚いて

1 [287件] あなたに, あの人, いいながら, いひたる時花子, いふが, いふと, いわれるの, おうかがいを, おたずね, お前さんを, お尋ねに, お尋ね申した, お聞き, お聞き申し, お蔦の, お訊き, お訊きします, かき廻されたので, かさねて, きいたらそこ, きいたら汽車, きいたん, きいた位, きいた時, きかれたこと, きかれるたび, ききました, ききましたらそう, きき久能, きく, きくわけ, きくん, きくシャクレ, くり返したら, こっそり心配そう, こないいふ, すまして, すんでの, そのま, それから紙一面, たずねたの, たずねて, たずねました, たずねましたそう, ただ一口いった, つき放して, びっくりしたら, ぼくは, やさしく聞い, よく訊く, れいの, わざと立ち留っ, わたしは, アッサリ呑みこんでしまつた, ヒトラーの, ブツブツこぼし, 一人が, 一所に, 三郎に, 下げて, 下手に, 不思議さうに訊ねる, 中から, 乃公は, 事務長の, 二三度聞き返した, 云いかけて, 云いました, 云い出して, 云う, 云うから, 云うの, 云う様, 云える, 云おうとして, 云った, 云ったきり, 云ったぎり何, 云ったとき, 云ったら二時間, 云つ, 云つた, 云つたのみで, 云つた心持ちで, 云つた表情で, 云つてた, 云ふ, 云ふと, 他人に, 伊沢が, 伺いを, 伺った, 何か, 何んという, 何度きい, 何気なく問われ, 信助が, 倉島君が, 先生が, 八田青年が, 八田青年は, 出て, 力なくいい, 又たずねた, 友田は, 反問する, 反対した, 叱するが, 叱られおまけ, 合点する, 呟いただけで, 問いかけた, 問うた, 問うの, 問う刻限, 問う文徴明, 問ね, 問ふ, 問われた, 問われて, 問われても, 問返した音, 囁き返す, 執拗に, 声を, 大きな声, 失敬な, 失礼をも, 女が, 女中さんに, 婢が, 寺田は, 尋く, 尋ねたらええ, 尋ねたらお前さん, 尋ねたら先生, 尋ねたら重吉, 尋ねたり, 尋ねました, 尋ねましたら五月三十一日, 尋ねられたの, 尋ねるから, 尋ねるので, 小声で, 少しきつい, 少し案外の, 少女が, 山根さんは, 川北先生が, 常談など, 引っ返すわけ, 引込んでは, 念を, 怪訝顔なる, 惣左衛門が, 愚痴を, 愛想よく, 慾ばった質問を, 挑発った, 政子は, 時間を, 書生は, 木崎の, 来る, 楠に, 様子を, 正直に, 気軽に, 浪之, 無造作に, 煮え切らぬこと, 物の, 玄関まで, 現われた時, 生徒に, 申すの, 男は, 皆から, 皮肉に, 相手に, 真面目に, 矢崎舎人が, 神さんが, 私が, 私に, 穏かに, 突っ慳貪, 笑って, 笑つて訊かれる, 答えたが, 答えるほか, 答へ, 簡単な, 簡單な, 紅唇を, 細君は, 罵り騒ぎあの, 老人は, 聞いたもの, 聞いたらええ, 聞いたらその, 聞いたらなに, 聞いたら人, 聞いたら何でも, 聞いたら値段, 聞いたら私, 聞いた事, 聞いた時, 聞いても, 聞かれた, 聞かれたが, 聞かれたそう, 聞かれたら早速, 聞かれた時, 聞かれて, 聞かれると, 聞かれるので, 聞かれれば, 聞きかえされて, 聞きその, 聞きながら, 聞きはじめた, 聞き直しましたが, 聞き直しましたね, 聞き糺したくて, 聞き返した, 聞き返したら相生さん, 聞き返すと, 聞く, 聞くが, 聞く事, 聴くと, 胸躍らせ, 腰を, 自分が, 船客の, 船長に, 芸妓は, 観音経は, 言いつつ, 言い出した, 言うじゃ, 言うと, 言った, 言ったので, 言は, 言はれた, 言ひ出した, 言わなければ, 言われたので, 言わんばかりの, 訊いたら青年, 訊いた時, 訊かれたとき, 訊かれて, 訊かれては, 訊かれでも, 訊きましたらあれ, 訊きますから, 訊きますと, 訊き相手, 訊き返したの, 訊き返すと, 訊き返すより, 訊く, 訊くの, 訊くひと, 訊く人, 訊ねたところ, 訊ねて, 訊ねますと, 訊ねられる事, 訊ねると, 詮索がましからぬ, 話が, 話しかけられた, 誘った, 誘ひに, 誰が, 質問した, 軽く答えた, 逃げ腰で, 野だ, 隼人が, 青年は, 静かに, 飛び立つ思ひで

▼ ですからね~ (317, 0.5%)

4 そして始終, 私が, 私は 3 わたくしたちに, 何か, 何しろ 2 あっちの, あの人, お出迎, それに, わたくしも, 困って, 挨拶を, 私逃げ, 近所の

1 [278件] ああいう, あそこは, あたしこう, あっしが, あなたに, あなたの, あなた日のべ, あのとおり, あの中, あの可哀そう, あの塚, あの時, あんな男, あんな蜜柑箱みたい, あんまり聞かせる, あんまり苛, いくらも, いざよいの, いちど山東街道へ, いつか足袋を, いつの間にか根太, いつもの, いよいよという, いろいろ行き届かぬ, うじうじ嬌態, おそらくこの, おやめなさい, およしなさい, お亡くなり, お勤め, お気の毒さま, お願いします, かういふ御仁, かなはんです, かなや, かなり長い, けれど今, こういうこと, こう見え, この, このまま, この世に, この五月, この山城, これが, これぎり貰わない, これだけは, これでは, これも, こんなこと, こんな底まめ, ご念までも, さっぱりした, しかも相当, しかも若い, したがって女, しつかりしなければ, じゃ, すぐに, すすめ人が, そうかも, そうし, そうした人, そうじゃ, そうです, そつち, そのため, その子, その思い出, その頃, そらこんど, それが, それこそ, それだ, それでこうして第, それでさ, それにどこ, それを, そろそろ帽子, そんな冷めたい, そんな厳然たる史実, そんな身軽, そんな関係, そん時は, ぞっとします, ただむやみ, ただ今では, たまりません, だから私, だがあなた, だつて, ついおくれ, つい実行, でもし, でもわかりました, とてもお前さん, とても執念深くっ, とても駄目, とにかく, とにかく借し, どういう訳, どうした, どうせ碌, どうぞ少しばかり, どうぞ此方ら, どうです, どうもしよう, どこに, どんな手, どんな美人, なにも, なんといっ, ひとつこんどこそ, ひとつルノアルと, ひとつ火を, ひょっとする, ほかの, ほんのお, ましてあなた, まして本当, また機嫌, また直, まったく, まったく子供だましみたい, ままに, みんなにも, もう何, もう前, もう忌, もう石川さん, もう間違い, もし後でお, もし芸術, やはりこの, やむを得ず僕ひとり, ゆめゆめそういう, よくよく注意, よく気, よっちゃ, よろしく頼まざる, わかったでしょう, わかりっこありませんよ, わたくしが, わたしほんとに, アレクセイ・イヴァーノヴィチおっ, イ, シュピネルさん, ジノヴィエフと, ハッキリは, ハツハハ飲み助は, ハハ, ヘヘ, ホホ, ボクらは, ミソを, レイバーンさん, 一向決心, 一時文壇で, 上手に, 乳母やに, 二十人ばかりの, 云つてる, 五千円の, 五千石の, 五時頃花屋から, 人間なんて, 今あなたに, 今でも, 今に上方, 今夜もし, 今床屋, 今度お前が, 今日においては, 今日は, 今時行火を, 仕事は, 代役だ, 任して, 何だかダメ, 何とかこれから予防策, 何の, 何も, 僅に, 僕に, 僕は, 兄って, 先生には, 先生は, 全く仕方, 冗談じゃ, 到頭鯨, 却て, 叔母様, 口を, 右大将は, 向うの, 唖でも, 嘘が, 嘲るよう, 国が, 国越しを, 大いに智力, 大きな声, 大きな犬, 大したこと, 大隅君だって, 夫婦の, 女の, 奴さん, 姉さんの, 婦女が, 宇津木さんこうして, 宜いです, 帰って, 年頃にも, 廻りくどい, 彼は, 彼女が, 御不便, 御両親, 御親切, 心配しない, 思う様に, 急に, 悪いと, 惡いと, 放っちゃ, 整列や, 早速飛び込ん, 時にや, 景気を, 朋輩から, 来ッこ, 東山夫人として, 歌舞伎の, 殊にこれ, 殊に技術, 殿様には, 気が, 水を, 泣いては, 無理も, 照吉さんのは, 猶更私, 現代の, 甘いこと, 申しますがね, 男も, 痛快な, 相みた, 私なども, 私なんか, 私も, 稀にゃ, 結局物思いを, 継はぎ, 腹を, 自分ながら, 自分の, 証拠が, 調べるだけ, 豪勢な, 負けた時, 貴官, 買わずと, 軍夫に, 近頃の, 追放しなく, 道を, 都合が, 酔いだって, 酔って, 随分役に立つ, 雌の, 頼むと, 顔を, 馬鹿さねえ, 魚類において

▼ です~ (289, 0.4%)

74 の家, はもう 3 です, はこの, はその, はそれ

2 [20件] が, がこの, が山根, が幸福, しも初, の所, の眼, の考, はすこし, はすんで, はそんな, はやめ様, は何, は山根, は彼, は死ん, は私, は自分, も, も電車

1 [222件] から礼, がああ, がお世話, がこれ, がその, がちっと, がヘン, が不, が享けた恥, が今, が倫敦, が刃傷, が利口者, が十位, が占師, が古道具屋, が君, が命, が山西時次, が引込む, が彼, が往, が怖がる, が悪, が持っ, が文壇, が斯, が春の, が発明, が若い, が行, が行乞, が貴方, が逆上, しの, しは, しも是, し一人, だけにはかう, という男, とし, と一緒, と交代, と共に栄華長生, なぞも弓, などにとって大きい美し, などには, にくふう, にしろ, にどう, にはお, にはよく, にはわかりません, には不可解, には勇気, に一つ, に抵抗, に栄養, に構わず, に気に入らない, に自分, に賛成, に随, の, のいう, のこと, のしわざだということをお, のよう, のレンズいじり, の今, の何, の前, の参つて, の取押さ, の堪へ得る, の外, の大事, の大好き, の天眼通, の子供, の居る, の授かり, の描いた, の文章, の方, の未来, の母, の父親, の物語, の犬, の申す, の留守, の知っ, の立ち去る, の見解, の調査, の身分, の近き, の金, の頭, はあなた, はあの, はいま, はおどろきました, はお寺, はさまよう, はすべて私, はずっと, はそのまま, はそれでも, はそれほど, はちょっと, はどうして, はどんどん, はばか, はひどい, はひどく, はまた, はシンガポール, はネそんな, は一人此, は一体小兼, は一心に, は丁度九十九人, は上意討, は世間, は人, は今, は他, は仲間, は会社員, は來, は侯, は先代, は先日来, は入口, は全く, は其処, は再度, は初め, は初め山木君, は剣, は口許, は名論卓説, は商売道具, は國史家, は基督教, は夢, は女, は始め, は嫌, は実は, は富める, は寝, は小説家, は幅, は当地, は役所, は後, は御覧, は心, は性懲り, は怪しから, は情人ぢ, は愛憎, は捕縛, は政友会, は断言, は既, は日本製絨会社, は星, は是非, は暫く, は未だ, は東京, は松谷秀子, は校友会, は権利, は欲しい, は歯, は死にません, は毎夜, は気, は湯河, は特に, は疲れ, は疾, は知事, は確, は終日終夜, は翌日, は聞い, は胡散, は脅迫, は行く, は見, は賀川豊彦, は鍵, は驚きました, もすっかり, もそう, も何, も其の, も出来る, も出来得る, も即座, も厚意, も同じ, も天井裏, も数々兼吉, も早く, も暫く, も最早, も驚い, を情婦, を欺, を牢, を苦しめない, を追い払え, を追っ払います, ァ, 今十分

▼ ですって~ (277, 0.4%)

23 さあ 5 それは 4

2 [13件] あの人, お秀さん, きき合わせたら五円, そしたら番台, それが, それこそ, それを, そんな事, ところが楽屋, 云えば, 何を, 気丈な, 駄目

1 [219件] あきれるじゃ, あたしあの, あたし話さなかった, あなたが, あなたに, あなたは, あのおやじ, あの男, あまり高い, ありがたい名, あれは, あんな人たち, いいえ, いいえあの, いい声, いけませんワ, いったいどういう, いったいどこ, いつの間に, いつまで, いまに, いや決して, おおどうして, おっしゃったの, おっしゃるの, おやおやそれ, お家には, お手伝いを, お母さまに, お雪ちゃん, かよなら, こたまだ, このあたし, この上, これでも, ごいっしょ, ご自分, さっきから, じゃあたし, じゃぶじゃぶと, そいつを, そいで, そういうキカイ, そうしたところ, そうでしょう, そう言った, そしたら満州, そしてその, そのくせ私, その中, その日, その相談, その話, その部屋, そりゃ何で, それから, それじゃ, それでその, それで夜, それで当分薬局, それで篠崎君, それまで, それも, それ以来奥様は, そんなこと, そんなばかげた, そんな乱暴, そんな暴論, そんな筈, そんな話, そんな馬鹿げた, たいへんねえ, だから明日, ちょっとその, でなきゃどんなに, でもちゃんと, でも御, どうかそれ, どうして分った, どうせ高い, どこが, どんぐりが, なにが, なるほど, びっくりし, へえ若旦那, ほめて, ほんとうな, ほんとうに, まあ, まあいや, まあおかしい, まあかわいそう, まあよかっ, まあわたし, まあ本当に, まさか, まだ分らない, まだ若い, まア, もう, もうすっかり元気, もうずっと前, もうむずかしい, やっぱりトラ十, よう, よかった, よろしいいただきましょう, わたしは, アレクセイさん今この, サア, ジャンさんです, ハッハッハッハハハ, フフン, ヘロインみたいな, ベッシュタインの, モデルが, モリナーレの, 三か, 三毛を, 云う訳, 云っても, 井上さんと, 今でも, 今夜も, 今朝木見さんの, 伯父さん, 佐世男が, 何の, 何も, 健ちゃんも, 冗談じゃ, 凄いもん, 刑事さんの, 十文の, 原田さん貴方は, 君一所に, 夜が, 太閤さんを, 奥様が, 女ばかり, 婆さんが, 実に不便, 家庭の, 寒くなりました, 師匠, 平気で, 御前と, 怪しいわね, 愉快でしょう, 政子さんホホホホだ, 文士って, 断って, 日曜だったら, 日本が, 日本橋の, 明日に, 暑くて, 書いて, 本年から, 本当, 本当にねえ, 本当に困っ, 本当はうみどんぼ, 条件的に, 止めたん, 正木信三です, 死んだの, 水泳なんか, 水道です, 河童の, 点火し, 爺さんに, 田圃の, 申し上げてるじゃ, 男と, 番頭の, 皆さんに, 皆な, 確かに, 私が, 私にゃ, 私は, 罰の, 義一さん男って, 聞いたって, 聞いたら奥さん, 聞いたん, 肺結核で, 腎臓を, 自分で, 自分では, 莫迦らしい, 華族だって, 西沢宮木みんな驢馬, 親分, 親類の, 訊いたの, 訊いたら当るかと, 訊くと, 証文を, 誰かに, 誰からの, 警察でも, 警察の, 警察へ, 貴方, 貴方いまお, 赤帽には, 蹴込へ, 迷惑でしょう, 連れられて, 進め止れ右, 陋巷に, 面白い言い方, 頭から, 飲み直したいから, 驚いて, 鬼の

▼ ですそれ~ (270, 0.4%)

534 に違い, は親分 3

2 [18件] から, がどう, が今, が未だ, だから, であるから, です, ですよ, とあの, というの, にちがいありますまい, について少し, は今, は全く, は私, また姉さん, を見, を言つたの

1 [170件] からまだ, から三日目, から菱沼さん, があに, があの, がいい, がいまぼく, がお, がお萩, がここ, がこんな, がすぐ, がすなわち, がだんだん, がどんな, がわたし, が世の中, が二日, が何, が先, が合成, が彼ら, が悲しい, が感じられ, が我々, が數億, が最初, が歴史, が漸, が私, が義務, が老人, が自主, が途中, が逗留中, こそ今, こそ仏教, じゃ狒々, だ, だけで, だのに, つきり, でい, ですから, です何, です警部さん, で注文, で見つかろう, とし, と同じ, と財産, ならば, に, にかかわらずかれ, についた, につけ, にどの, にはこの, には並大抵, には唯, にもかかわらず, にも敵, によって私, にわけ, にコニャク, に一案, に不足, に今日, に反し, に叔父さん, に台所, に女中, に往く, に急, に旦那, に病棟以外, に白山, に相違, に眼, に祝さん, に第, に綱, に薬物室の, に間違, に驚い, はお父さん, はこの, はたつた, はつまり, はなに者, はぼくら, はまるで, はもう, はわかる, はわたし, はカトリック教, はゴム, はダイヤモンド, は不良少年, は世尊寺, は乱暴, は仕方, は何, は何故, は僕, は初め, は医科, は友愛, は多く, は幸福, は式, は徳育, は恩, は教え, は晶子女史, は本当, は此世, は気, は爺親, は現在, は真実, は確, は確か, は言, は誰, は貴方, は通俗, ばかりで, まで僕, まで私, もすっかり, も午前, も参考, も愉しく, も默つて, よか豹ぼん, より私, を, をあなた, をあなた様, をいわない, をお雪ちゃん, をその, をたずね, をとっこ, をとやかく, をね, をやらない, をわたし, を世間, を全く, を十分, を子供, を寸志, を度々, を征服, を求め, を知っ, を確實, を考える, を聞い, を聞く, を臨終, を見る, を親爺, を貴方, を面白, を面目, 故私, 見たか

▼ です~ (219, 0.3%)

532 あたくし, あんな蛇捉, いい御, ねえ, 先生, 奥さま, 奥様の, 私の, 私は, 貴郎

1 [191件] あたし刑事さんにも, あたし愛される, あなたが, あなたこれが, あなたには, あなたの, あなたは, あなた他の, あの日, あれ厭, あんな奴, あんまりです, いつでも, いらつし, ええそう, おかしいのね, おばさまそんなに, おばさんそんなに, お供します, お大尽さま, お嫂さま, お嬢様, お宜し, お庭, お急ぎ, お揶揄い, お熱, お綺麗, きっとそうです, きつと, きみの, きわめて美しい, この噴水, この春, これぢや, こんな身体, ごらんなさい, ご夫人, さうでなけれ, しかもあの, そうです, そうらしい, そして煩っ, その時, それが, それです, それは, それより, そんなこと, そんな唄, ただそれ, たとへ, だから妾, ちっとも踊り, ちょっとあの, ちょっと失礼, つい近い, つたので, でもほんとう, ところがあなた, どうぞなに, どう見た, どこへ, なにせこんな, なにもかも, ねえディイ, ねえ先生, ばかげたこと, ひどい方, ふとした機会, ほほほほ, ほらあの, ほんとに, ほんとにおっしゃる, ほんとに困っ, ほんとに境さん, またきっと, まだ私, まるで白墨みたい, まアまア, みんな幸福に, みんな旦那様の, めっと, もう御覧, もう私, もちろん私, よう, よう旦那, わたくしも, わたし, わたしが, わたしの, わたしまで, わたしも, エレン姫の, オホホホ, シュピネルさん, ネエ, ネエそう, ネエろくで, ネエ毎日毎日ろくに, ネエ私なんか, ハハハハハ, パーヴェル・アンドレーイチ, ホラごらん遊ばせ, ママ, 三つや, 三面記事や, 世の中の, 二人とも, 今は, 今年こそは, 今朝お前が, 今頃おいでに, 仕方が, 以前は, 伸子さんたら, 似合の, 償いを, 全くばかげた, 其夜からという, 冗談おっしゃっ, 創口が, 十五六日頃じゃあ, 原田さんとしても, 命を, 嚇か, 声が, 大きな声, 奥さんが, 女が, 女とか, 女の, 女将さん, 妾は, 小母さんあ, 小県さん, 少しばかり, 少佐, 尾道じゅうで, 幾ら山里に, 後生です, 御病気, 恐ろしいこと, 愛して, 新聞社ち, 明智さんと, 昼間の, 暇つぶしが, 本当の, 本気でなく, 森さんの, 正真正銘の, 残念です, 殿方と, 洟を, 活版やで, 淀君さんです, 無意味な, 生きるつて, 生捕りに, 男の, 男のね, 直ぐ刑事問題, 相手が, 眞暗, 真暗だ, 眼鏡も, 禅尼さま, 私ちゃんと, 私を, 老嬢秘話を, 考えること, 胃の, 胸の, 自分の, 艇長さん, 良人に, 苦しむばかし, 蒼蠅くっ, 行って, 詩人は, 詰り彼, 誰だって, 貴下, 貴方, 貴方が, 貴方の, 足の, 遊び遊びし, 飛騨の

▼ です~ (211, 0.3%)

8 んに 4 や, んで 3 じゃ

2 [12件] い, お父様, これ, それは, だで, ほ, シュピネルさん, リード伯母さま, 一緒に, 宅が, 患者に, 有喜子は

1 [168件] ああし, あたくし, あっちい行っ, あっちい行って, あなたに, あなたの, あのオセロ, あの人, あの侏儒, あんた, あんまり我が, いいん, いい人, いい言葉, いちどぜひ, いつたい, お姉様, お嫂さん, お母さん, お話という, お金も, お食事, お魚, かまいません, この下, この方, この旱, こんどとか, ごめんなさいね, すみませんが, せめてお, そいで, そしたらすぐ, そして, そしては, そしてまだ, そしてカッ, そのうち, そのとき, その中, その顔, それでこの, それでちょっと, それでなるべく, それも, それを, それ落し話, そんなこと, ただお, ただそれ, だ, だい, だから, だから外国人, ですから, でも妙, といっ, ときめつけ, と云っ, と姉, と言, どうしてか, どうしてこの, どうして酒井さま, どうぞお, どうぞここ, どうぞ宜敷く, なぜいけません, なぜその, なら何故, は三月, ほかには, ほしいなら, ほんとにお, ほんとにまるで現, まさか兄妹, またそれ, まるで色, まア嬉しい, もうあれ, もし私, ゆうべなんか, わたしが, わたしの, ん, ウ, ウこちら何メートルハア, ギリシャ人, コックさん, スタール夫人は, フェアファックス夫人, フランス語の, ロチスターさん, ロバァト, ン, 世話だけでも, 世話料だけでも, 乳母やの, 云へ, 今いらつ, 今の, 会津様の, 何のと, 値打が, 兄の, 先生, 入かわり相談, 入って, 北海道の, 去年の, 叔父さん, 取り返しが, 噂という, 場合は, 場合も, 大変な, 夫以外の, 失礼です, 奥さまは, 女中です, 富ちゃん, 小さい時分, 小次郎さん, 小母さん, 山の, 山車の, 幾度廻れる, 店前だの, 当日は, 後で少し横, 悧口そうな, 惡いこ, 曰く正義は, 最初から, 最初はね, 柿が, 此の, 武雄が, 火傷が, 田舍に, 男に, 私, 私たち, 私には, 私の, 私も, 私を, 私何んだ, 私真実一路です, 素晴しく, 紫の, 美男子で, 聞くこと, 舟木は, 葉子と, 補助の, 話して, 誓です, 誓の, 語幹に, 貴嬢, 連れ込みのね, 金吾さんが, 針で, 随分見, 随分長い, 雨が, 風が

▼ ですその~ (210, 0.3%)

4 野郎は 3 うちに, ために, ような, 下手人は, 人と, 方の

2 [12件] ことです, とおりです, 人が, 人は, 前に, 口の, 吉野の, 女は, 時は, 男は, 花, 顔は

1 [164件] あとへ, あなたの, うちには, お幾, お心づもり, お心もち, お提灯, お艶ちゃん, お雪ちゃんという, お願いという, くせ人間に, くせ粗雑な, くらいにし, くらいのこと, ことは, たずねる人, ためには, ため禊を, ときに, ときは, ときふりかえった, とき女は, ところだけが, どちらが, なかに, ひまに, ほうが, ほかに, ほかの, まんま後びっしゃりにずるッか, やうな, やられるよう, アフラ・ベーンという, デュモンさんという, バッブラッブ何とか, 一家は, 三度目の, 上, 上童謡には, 下準備, 中で, 丸木隊という, 主命に, 事を, 二人は, 五人の, 人に, 人の, 今度あの, 仕度の, 代り今度お, 代り隣国の, 位置の, 内には, 刑事, 前の, 加藤四家の, 勲章こそは, 卵のく, 古風さ閑寂さ古い, 名画という, 唯一の, 国政に, 土地を, 坂を, 坊さんも, 堤防を, 変な, 大河です, 大饑饉, 失礼は, 娘は, 婆さんの, 安全と, 実例として, 実例は, 客は, 家は, 容子は, 少年は, 尺八を, 川は, 帯を, 当時は, 御報告, 忘れ物は, 怖ろ, 思いつかれたこと, 息子も, 惡者は, 意味から, 感じを, 感情に, 手を, 技術に, 拍子に, 摘発する, 擦り傷かすり, 文金の, 方が, 日の, 日は, 時, 時そして, 時だけは, 時に, 時リーゼンシュトックさんに, 時以来二人は, 時分, 時女房が, 時戸を, 時突然, 材料も, 案山子に, 概要の, 様式を, 次には, 次に人類, 毛を, 点に, 点にかけて, 点は, 点やはりのんびり, 点わたしに, 燈で, 玉は, 玉を, 現実の, 生きものという, 生活を, 看病を, 突っころばしは, 第二, 精神を, 約束が, 結果の, 結果私は, 絵は, 絶頂には, 繃帯は, 罠は, 羊皮の, 翌日まだ, 聞くところ, 肉なんか, 肉なんかずつと, 花の, 若いお, 苦しい中, 藤吉郎殿には, 角度に, 訳を, 足が, 車掌が, 辺で, 辺に, 辺へ, 通りです, 野球狂とか, 金は, 關東へ, 音痴メンタルと, 頼みの, 風船は

▼ ですとも~ (190, 0.3%)

6 そうです, 私は 3 さうです, 親分 2 お出でなさい, やくざ者です, 世界の, 夫の, 小作りで, 日本は, 確かに, 私の, 遊びに

1 [154件] ああいう, あなたには, あなた方に, あのとき, ありゃ実際, あれは, あんたの, あんまりうろたえた, いくらだって, いくら二十面相でも, いや先あ, いよいよもっ, うっかりする, おでかけ, お古い, お孃さん, お父さん七郎丸の, お美しい, けだしあたり, こ, この一坪館, この通り何事, こんなに暗く, しみったれは, ぜひうかがいたい, そこを, そして世間, そそのかされたん, そのお, その人達, その副, その気の毒, それから今, それだけあれ, それに, それには, それは, それも, それを, だからその, だから今日, つまりこの, どこに, どっちに, なかなかの, なんでも, なんで幼かっ, ほかに, ほんとうです, ほんとにね, まったくあの, まったくです, むろんそうです, むろんです, もう地上, もう私, もっと卑近, もともと悪い, イワン, グヰンは, セント, ノボセあがりはじめる, ヒトミさん, モウいまに, 一度ぐらゐお, 一日だって, 三浦和田畠山なんぞと, 世界ぢゅうに, 事実です, 二十万円と, 今に眼, 今度は, 何しろ日本, 作る以上, 僕かて, 僕は, 元々は, 先方は, 先生迂闊には, 其所を, 冬にな, 出鱈目じゃ, 力いっぱいに, 力が, 千恵は, 古金買ひ, 可愛いん, 君ひとつこの, 呼んで, 唄の, 困りますよ, 地下五百メートルの, 基礎教育を, 大いに妙, 大丈夫なりません, 大変な, 大妙, 奥様, 女に, 女共も, 女出入りが, 妖物です, 姉妹の, 娘さんと, 娘の, 守りてえと, 実際男分, 少し酔ってる, 帰らなくつたつて, 庵主さんは, 弔いは, 往きましょう, 御案内, 御老人, 我々は, 教えて, 旦那が, 昔は, 昨夜つい, 是さえ, 是ほど, 本当です, 札幌一の, 村長さん, 松下一郎って, 果し合いの, 桜も, 正しい存在, 正にそうな, 此耳で, 殺らないほう, 殿樣現に, 江戸が, 潤ちゃんなんか, 爾だ, 玉子の, 當人も, 盛んに, 私という, 私も, 私子供の, 答へ, 考えが, 聴いたの, 行きませう, 行って, 行暮れました旅, 見て, 言いたくお, 言った, 言葉などを, 誰だって, 貴君は, 院長さま

▼ ですねえ~ (162, 0.2%)

3 ほんとに 2 あなたも, とど助さん, ほほほ, 今日の, 今日は, 先生, 其, 私も, 貴女には

1 [141件] あい子や, あなたが, あなたは, あのまんじゅう笠, あのマリヤ・グリゴーリエヴナ, あの親方さん, あんなの, あんな字, いいです, いやに, うちの, ええボーヴェー出身, おや貴方, お互い様に, お侍さん, お入んなさいまし, お嬢さん, お宅, お松さんあたいは, お母さん, お母さんは, お母さんも, お蕎麥, かうして, きっと, ここいらに, こちらは, こないだ朝鮮問題を, これほどの, こんどの, しかし何で, そうでしょう, そう云われ, その上, そりゃア, それから, それから顔, そんなら, そんな事, ちょっとその, なぜ, なにかいわく, なんにも, はい, はじめは, ひとりで, まあちょくちょく, まず二百万円, また驚く, まだあの, まったく, まったく平気, まるきりがっかりしない, まアお母さん, みなさん海岸へ, みんなの, めの, もう, やつぱしそんなものがついてるんだと幾らか, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, イデオロギイ的に, ドタバタと, フシギな, 一口に, 一年に, 一日よん, 三年も, 二時間半位はか, 人と, 人は, 今夜の, 何て, 僕の, 僕は, 兄さんには, 先の, 先生わっ, 医者の, 叔父さん, 各会社, 同じ日, 向うの, 君そこは, 和子さんお, 四郎さんは, 夢ばっかりは, 娯楽味を, 存じません, 宜う, 家へ, 尊敬してる, 少うし, 少しまわれ, 広告が, 彼様に, 御政さん, 恟りします, 悪いこと, 我々も, 教養ある, 旦那様, 時代が, 朝から, 此の, 残るところ, 母様, 江戸で, 決して松谷秀子, 火星の, 現在自分の, 甲野さん, 男の, 病気に, 私なども, 私の, 第一, 締木に, 美少女が, 考えましょうよ, 自分が, 自分で, 自分は, 船べりで, 船室と, 船舷で, 若だんな, 行って, 表を, 見せて, 親分, 誰と, 貴郎, 赭黒い, 走つて, 邪険な, 酷いッ, 金博士, 金田の, 電気って, 首を, 馬鹿な

▼ ですこの~ (158, 0.2%)

3 場所が, 頃の 2 たびの, 二人は, 分なら, 方が, 男は, 辺で, 辺の

1 [138件] いっしょうけんめい, うたた寝は, うちの, くらい, くらいならわかります, くらいの威嚇, とおり, とおりな, とおり縛られ, とし, なだらかな, へんで, まだカラダ, ままお, ままで, ままに, まま御, まま行っ, ように, ダイヤは, ネクタイ, 一つに, 一瞬の, 三楽斎が, 上は, 不二の, 不景気には, 事件には, 二つの, 人たちに, 人たちは, 人は, 人生の, 会場の, 作爺さんは, 信仰上の, 傑作は, 僕とは, 僕を, 兄さんは, 公園へは, 六号室に, 冬は, 分では, 別荘を, 前の, 化け物屋敷の, 司令室は, 地図は, 城趾へ, 壁には, 変った道行, 大三治さん, 大任は, 大磐石, 大荷物, 天罰は, 始末は, 娘の, 子が, 子は, 小室全体が, 小屋お気に, 山の, 島の, 平々凡々たる, 式で, 忙が, 感謝の, 成功は, 抵抗の, 料理の, 方を, 時また, 時候には, 書物が, 月の, 服装は, 机の, 村には, 案は, 植木鉢一つで, 機械は, 気分の, 汽車で, 熊の, 牧歌的な, 環玉枝が, 申し出には, 男が, 町人という, 皮膚は, 盃で, 眼で, 眼を, 瞑かな, 矛盾が, 石を, 福井の, 私どもの, 私に, 窓から, 立体分解とか, 童貞の, 端数の, 筆力の, 精神を, 紫は, 線より, 縄を, 考えは, 者をも, 色は, 藍の, 西湖の, 規模だけは, 話は, 辺から, 通り, 通りだ, 通りです, 道は, 道場を, 道理が, 道路の, 邊の, 金を, 銅版画は, 頃, 頃では, 頃は, 頃何と, 頭の, 風は, 食堂は, 騷ぎは, 高いところ, 黒めが

▼ です~ (152, 0.2%)

4 孃さん

2 [11件] かみさん, はひり下さい, ひとつ, 入りに, 内儀さん, 分りです, 察し下さい, 察し申すです, 挽きあそばせ, 父っ, 駒を

1 [126件] いよさんです, かみさんそういった, さっしもうしまする, さよが, せい様誰の, たがい, つれあい様に対しまして, であい下さい狼藉, はじめて, みのさん, やりお, ゆるしが, よしなさいよと, よしなります, りうさんが, わかりかな, わかりでしょう晋太郎, わかりに, スマさん, スマさんいっそ, 一つ召し, 一人です, 二人は, 互にあまり考へない, 互に力, 仙人は, 会いして, 会いすれば, 供させ, 入りなさい, 内儀さんは, 内儀さんも, 内儀さん御, 写真なども, 分りに, 前方が, 加減は, 勘定は, 千代さんも, 半の, 受取り下さい, 口に, 名前は, 国に, 城の, 声は, 夏さんは, 大切に, 大名の, 妙です, 妹さんの, 姉さん, 姉さんこの, 姉さんは, 姉さんまだちょっと, 姉様慾から, 嫁さんの, 孃さまに, 孃さんこれは, 孃さん恥かしい, 安くお, 寒くなる, 寒くも, 察しは, 寢みなさい, 工合は, 差支えなかったら彼方, 帰りに, 役人たちは, 得意さまです, 心が, 忘れかも, 手を, 掛りに, 支度は, 新ちゃんは, 月さまが, 末さん, 末さんこの, 武家さん, 武家でも, 殿様へ, 民さん妻籠も, 浦の, 澄ましで, 父さま, 父様の, 父様痛い, 申しつけに, 百姓が, 禁じには, 福なんて, 移しに, 粥を, 精進にて, 紺の, 紺は, 綾さんの, 美夜, 考えが, 聞きくださるで, 聞きなさいますか, 聞きの, 花さん, 荷物を, 蘭さん男は, 蝶さま, 蝶は, 見舞に, 解りでしょう, 解りでしょうそれで, 言葉の, 言葉通りか, 試みなさいませ, 話しましょう, 豊さんそこへ, 迎いに, 返事は, 返事丈なら, 通です, 銀様の, 銀様は, 雪という, 願です, 願ひだから, 駒に

▼ です~ (149, 0.2%)

48 親分 3 この家 2 あれだけ, ちょいと, 殺されるの, 雷門前で

1 [90件] あいつは, あっしが, あの侍, あの娘, あの男, あんたの, いい徴候, いかにだんな, いくら叔父, ええ親方, え無体, お公卿さん, お前さんの, お店, けさつぶした, この事, この伯爵, この男, ご老体, さっきトラ十の, しかし私, そいつは, その中, その合成ゴム, そりゃア, そりや, それが, それこそ, それにお前さん, だんな, だんなに, ちよいと, どうです, ねえ親分, まああと, もう貴方, もつたい, やい皆, わしなら, イヤな, エこんな, ミウーソフさん, ヴァシーリイ・セルゲーイチ, 一方が, 三十四五の, 今じゃ, 伏魔殿み, 何しろあの, 何故なりゃ, 先生, 先生変な, 先生気味の, 北原君なんぞも, 千兩箱を, 外に, 大牢の, 天井へ, 夫も, 奥さん御, 少しやつれ, 屑屋は, 御承知, 戯談ぢや, 旦那, 杉本さん校長さんが, 板囲いについて, 林冲さま, 染てから, 根こぎで, 死んで, 殺すの, 殺すわけ, 気でも, 泊りは, 火事を, 白髪を, 相手は, 私の, 若旦那, 若旦那の, 行って, 行つて見ませう, 親分さ, 親分どうも, 親分十年も, 逆立ちを, 遊びに, 野郎の, 顔を, 風教視察という

▼ ですよと~ (145, 0.2%)

6 云って 4 いう, 云った 3 云う, 婢が 2 いって, いふの, 云うの, 云つた, 叫んだ, 我が妻, 言った

1 [111件] あらかじめ教えられ, いいかげんな, いい張って, いうきり, いうと, いったの, いっても, いつて, いふ, いふので, いわないばかりに, いわぬばかりに, おっしゃったじゃ, おどかす, くどくど教えこむ, こちらから, こちらを, この間も, すげなく答えるだろう, ひどいもの, ほとんど火, またの, ニコニコでした, ニヤニヤし, 一人で, 一言云った, 並べたてて, 云いたかった, 云い笑って, 云うと, 云う声, 云ったがね, 云ったそう, 云ったら, 云ったら息はず, 云った風, 云つた時さ, 云つてゐる, 云つて雨の, 云ふ, 云われたそう, 云われて, 仕方な, 促すこと, 傍から, 内から, 取次ぐよう, 口に, 口を, 圓タクのが, 壁に, 声に, 声を, 大声で, 女は, 女中がい, 女中さんは, 尻尾が, 平助が, 彼女は, 得意だった, 思ひがけ, 文造は, 断わる訳, 日に, 暗に諷した, 朋輩にでも, 木村名人は, 母に, 母は, 沈惟敬は, 泣きながら, 注意され, 注意したら, 注意します, 注意する, 澄まして, 煙草の, 産婆が, 知らして, 私が, 私は, 笑いながら, 笑って, 笑つて答へる, 答えたの, 箱や, 簡単に, 罐づめを袋に, 老夫婦, 自分は, 親方は, 言いました, 言うと, 言ったの, 言った通り, 言って, 言つた, 言つて畠山御, 言ふ, 言わんばかりの, 言外に, 訪問客が, 誇って, 説明した, 誰に, 赤瀬が, 返事を, 隣家の, 顔を, 饅頭ぐっと

▼ ですそう~ (132, 0.2%)

71 です 3 すれば, ですムシュウ, 思って 2 しませんと, でしょう, ですあの, ですよ, では, なん, に違い

1 [38件] いって, お立ちに, して, する方, だとも, でございますか, ですこれ, ですしかし, ですその, ですそれ, ですたしかに, ですと, ですという, ですとも, ですね, ですほんとう, ですもう, です人間, です弁信様, です植物, です私, です見えました, でないです, なの, なるはず, はなりません, は思い, わたしが, 云い合ってるうち, 云う訳, 大したこと, 思います生理, 無暗に, 聞いて, 致そうじゃ, 解ると, 言いまして, 言うん

▼ ですつて~ (127, 0.2%)

963 ねえ 2 ねチヤン, ね吉野, よ

1 [22件] ねあの, ねこ, ねすると, ねそれ, ねウフ, ね勿論, ね好い, ね家, ね實, ね惜しい, ね手數の, ね本, ね母さん, ね毎日, ね無, ね然, ね聞いた, の, へえ, ネ今度露西亜, ネ雛妓, 聞いたつて

▼ ですかね~ (112, 0.2%)

65 親分 3 私は 2 それは, パーヴェル・イヴァーヌィチ, 新しい文明, 道理で

1 [90件] あいつあ, あなたさへ, あなただって, あのおばあさん, あれが, あんな人懐, あんまり薄情, え, えと感心, えと真面目くさっ, え二三回, おかみさん, お母さんの, お若さん, こ, ここに, このメバル号, この頃, これは, こんなお, こんなお手伝い, さあお正月様, さつ, そいつは, そういうこと, そのとき, その程度, その結果, それでは高価, そんなバカ, そんな人, ふらふらとして, へえ, へんな, もう随分おばあさん, やつぱり自分で, わしの, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチわたしが, ジエィン, モー葡萄が, ヱ, 不審の, 久方ぶりに, 二十八つていふ, 他の, 仮埋葬, 何とか家とか, 何事にも, 併しどつち, 偉い露西亜, 兄さんが, 其の嬉しい, 再婚の, 台所の, 名刺を, 名古屋へ, 女の子です, 姓じゃね, 島流しにでも, 悪いジャム, 旦那, 昼も, 時計屋へ, 月の, 此間は, 此頃は, 殺しますかね, 泥坊とか, 甚だ無, 病院に, 相沢さんが, 私ちっとも, 私には, 私にも, 私も, 背の, 蛇だ, 蛾は, 蝶々が, 見番は, 覚えて, 親分さん, 親分の, 説明を, 貧乏人は, 阿母さん, 電です, 非常に, 高さん方中国の, 黒焼屋の

▼ ですあの~ (107, 0.2%)

5 人は 4 人が, 女は 3 立派な 2 お嬢様の, 人の

1 [87件] うちです, おかみさんが, おじいさん涙を, おぢ, お公卿様, お君さん, お嬢さんだけは, お客に, きちが, この間お話し, すくすくと刺, まだ二十, ような, ように, 中に, 中には, 二人は, 人こそ, 人たちは, 人です, 人でなくっ, 人な, 人を, 件は, 伝法肌の, 位利口な, 侯爵, 児は, 卒塔婆に, 名の, 喜多村さんが, 器具は, 大劇場, 大和尚さまの, 威勢の, 子の, 子は, 子供は, 学校の, 寶石を, 寺では, 小説を, 少しの, 尺八の, 山の, 帽子に, 年増の, 弁信なる, 御器量, 悪い猫, 手は, 按摩の, 方は, 時お, 時僕は, 時刀を, 柔道を, 格好は, 様を, 水の, 清らかな, 煙の, 煙草の, 爺さん, 物音は, 犬に, 獣は, 男が, 男です, 男の, 男は, 男も, 競技に, 者が, 船が, 若い方, 若け, 若旦那の, 謡は, 連中は, 雑誌売場です, 音は, 頃, 頃の, 餅より, 骨折を, 黒犬だけには

▼ です~ (107, 0.2%)

7214 てね 3 てさ 2 て母様

1 [16件] かりおびやかされた彼, かり気, かり片, てそう, てそんなに, てねエ, てばよ焦れ, てネ, て一疋百圓, て云う, て大変, て私, て逢阪下, て阿, といっ, とんで

▼ です~ (106, 0.2%)

74 の部屋, は貴女 3 です, は実に 2 の詩, はあなた, はいつも, はそんな, は今, は厭, は敢, は用事, は非常

1 [67件] があの, がぎょっと, がこんなに, がもうしばらく, が何, が囲炉裏, が姉さん, が始めた, が弁天, が悪い, が殺した, が綿貫自身, が胸, だって知ってるです, と同じ, なん, にとつて, には, にはそれ, にはわからん, に万一, のいる, のこと, のぬかりな, の一念ひとたび, の修行, の女房, の家, の方, の様, の汚い, の職務的良心, の芝居, の言う, の話, の説, はあの, はここ, はこの, はこんど姉上, はその, はほんとに, はもう, はオックスフオード, は今朝, は何, は何時, は孫子楚, は寺田まさ子さん, は岡本君, は幻聴だらけ, は彼, は斯, は此, は母, は皇甫姓, は英国人, は警視庁, は貴方, は貴殿, は軍艦, もう少し唄, もやっぱり, も今, も故郷, を助け, を失った

▼ ですかい~ (100, 0.1%)

22 親分 3 だんなは 2 それは, だんな, もう一つ

1 [69件] あっしに, あのお, あのぶ, あの連中, あれは, ええ, おいでなさる, おじいちゃん, お勢, お安く, お美夜, きみは, こんなになっ, じゃすまされ, その丑, その大, それで, それでは片恋, それともこっち, それとも両国, それほどの, そんな御, ぞえ, だんなだんなは, だんなの, だんなも, ぢや, の, ひどく, やっぱりあの御, わっしゃ, パーヴェル・イワーノヴィッチ, ミウーソフさん, 一丁です, 万事もう, 人は, 今から, 何もかもその, 僕の, 兄貴だ, 向は, 声が, 女です, 奴を, 姐さん忘れ物と, 小さい者, 小せい声, 屑屋です, 工場で, 帽子を, 御用の, 教師なら, 旦那, 水城の, 済まねえな, 父上, 眼に, 船長, 船長二度と, 親分さん, 親分それは, 親分ははははは, 親方ア, 負って, 貴方の, 近頃来なすった, 阿爺どの, 騒動の, 鼻欠け地蔵の

▼ ですこれ~ (98, 0.1%)

122 が, で失礼, はちょっとした

1 [80件] がどうも多少, がなけれ, がもう少し, がもしかりに, が一番, が七月十八日, が奇, が書生, が最後, が正銘, こそ天来, さえあれ, だけに手, つばかしの, で, でお, です, ですこれ, では御, では竹生島, でもない, でもまだ, でわかります, でわたし, で僕, で宜いと, で角度, で驚きません, ならば, ならよい, なら大丈夫, なら替え玉, に対して真, に心当たり, はいい, はいろいろ, はお気, はと変, はまあ, はアイヌ仲間, はフランス語, はラジウム鉱泉, は一体, は一種異様, は中将, は公主, は六十二万石安堵, は宗教上, は尤も十一時以後, は後で, は憑きもの, は戦争, は本来, は本質, は正直, は當人, は疑う, は確か, は縁起, は誰, は道理, は陰気, は面白い, は駒鳥さん, ばかりは, ばかりは誰, ほどお, まではいつも, もお, も知りません, も私, やあ, をこんなに, を公開状形式, を宗教的芸術表現, を御, を最後, を読ん, 即ち農村, 読んで

▼ ですねと~ (97, 0.1%)

5 云って 3 言って 2 云う話, 云った, 会話を, 私は

1 [81件] いった, いったこと, いって, いっても, いわれました, おっしゃいました, お秋さん, お見舞い, きくと, すこしも疑わず, その素人, ほめましたら開墾中, よくいわれる, よくそう云われた, よろこんで, 一言方向を, 中村武羅夫氏が, 久能の, 云いました, 云いましたが, 云い白い, 云うもの, 云ったなり物, 云ったの, 云った迎い, 云ってた位, 云つ, 云つた, 云つたさうです, 云つて又, 云ひます, 云ふところだつた, 云ふも, 仰った, 何気なく言う, 例の, 十日ほど, 友が, 同情される, 姉が, 婦の, 実際から, 思います, 感動の, 感心し, 挨拶したら, 断つた, 案内の, 機関助士に, 止めを, 汗を, 沢田は, 無遠慮に, 無雑作, 狂女を, 相手を, 私が, 突然言っ, 笑った, 笑って, 答えた, 答へ, 細君が, 聞くと, 言い出した, 言うかわり, 言うの, 言った, 言ったこと, 言つて拒絶した, 言はれる, 言ふ, 言われたそう, 言われて, 訊くと, 訝しそう, 話して, 貞之進の, 賞めた, 野だ, 高橋が

▼ ですあなた~ (96, 0.1%)

112 のお, はそういう, はたしかに, はちっとも, はどなた, はもう, は何, は非常

1 [69件] から言っ, がいけない, がいま, がここ, がこの, がた, がです, がわたくし, が国老, が寝, が獅子, が私, が良い, こそどうして, じゃありません, としてはもう少し, とはいい, と御, なら十五円, にはお母さま, にも似合わない, に一口, のお話し, のぜんぶ, のほか, の仰っし, の分, の召使, の場合, の娘, の家, の御, の心, の日蓮観, の旦那様, の村, の生命, の言う, はいつ, はいつも, はいや, はお父さん, はこうして, はご存じ, はそうした, はたかが, はどう, はどうして, はどんな, はまだ, はよく, はキリスト, はネネ, は夢, は大方, は新橋, は旅, は私, は美しく, は英雄, は見かけない, も, もついで, もと私, も事情, も柳子, も降りられる, をここ, を恋すれ

▼ ですのに~ (85, 0.1%)

2 どんな人, 指は

1 [81件] あなたの, あなた様は, あの日, あれから, いま映った, おまけに, お姫様は, お母ちや, お父さんのは, このごろは, この不釣合, この女, さは, すぐお, ずっと私, そこだけが, そのうえ時間, そのお, そのくらい, そのとき, そのトーストパン, それが, ちょいちょいお, ちよっと, ところが旦那様, どういう訳, どうしてその, どうしてどこ, どうして私, どうして高氏, どうぞし, なぜこんな, なぜその, ほんとうに, まだ春, やつぱりそれで, わたしは, ナスターシャさんと, パンも, 一向表面, 一方は, 三年待とう, 九五の, 二ヶ月も, 今夜大きな, 何う, 何で, 何も, 何を, 何故一家, 何故厭, 冷い, 切手を, 呉に, 夜に, 妻に, 導びきと, 情けなくなっ, 意外な, 意識は, 愚衲には, 早いもの, 昨夜に, 智恵子の, 殊に大, 母は, 気前を, 父は, 爺つあん, 眼鏡を, 矢代の, 知らないで, 私に, 私は, 紙本の, 自分の, 若しそんな, 貴君の, 貴方は, 達也様は, 阿闍利さま

▼ です~ (80, 0.1%)

5 です 3 うぞ, か御 2 うか, うしても, か理由, でもない

1 [61件] うした, うしましょう, うせ帰るん, うで, うも何だ, うも日本, か, かそれとも, かとしか言えない, かのお, かの主観的理由, かの思い違い, かわれわれ, か事情, か些, か其, か夢, か弱い, か急, か旨い, か是, か罪, か至急, か見つかりました, がいい, が幸せ, が心要, が成功, しに, でしたっけ, でしたらこの, です急, です泥棒, でも, でもいい, でもプラトー, でも未だ, でも私し, でも雑誌, という素晴, といふメイキャップ, といふ男, と感謝, ならチョイ, ならチヨイ, なりと, にし, の何, の御用, の料理, もそれ, も六, も知らない, も面倒, よりも, をお, をしでかしなさる, を恐れましょう, を買っ, んかしら, 有最少

▼ です~ (79, 0.1%)

2118 だの 7 だが 5 だこと 4 だので 3 だもの, だん 2 だから, だと

1 [14件] だじゃ, だそう, だぞ, だとでも, だのに, だのになあ, だよう, だら私, だら蟇, だろう, だわけ, だ樣, だ私, では

▼ ですからと~ (72, 0.1%)

7 云って 4 いって 2 にべも

1 [59件] あはれや, いうて, いったと, おっしゃる, おみや, お世辞, お前は, お断りを, こうと, ことわった, こぼす若い, そう言う, それこそ, まるで兄, やから追い下ろされた, 一応宥め, 万事に, 云い返事, 云うこと, 云う嬌, 云ったらその, 云っても, 云つていつも, 云て, 云ので, 仰有って, 何度も, 再三たのむ, 又し, 口の, 嘘を, 夏休みで, 平気で, 平気な, 平氣, 慰められて, 拝むやう, 断った, 毎に, 済ましてはを, 爺さんと, 申し上げといたわ, 申込みました, 私が, 笑って, 答えると, 答えるもの, 自ら寝, 花子は, 袂を, 言いながら, 言うん, 言って, 言つたと, 言葉は, 語った, 道家は, 隆夫たちを, 電話を

▼ ですという~ (67, 0.1%)

5 ように 4 のは 3 のはね 2 ような, んだ

1 [51件] お答え私は, お訊ねでした, こと, ことが, ことで, ことである, ことを, た不気味, ところまでは, ところを, のだ, のだろう, のである, のです, はがきが, ほめ言葉, ような整った, わけで, わけです, んです, ダーシャの, バラさんの, マネージャが, ヴェリチャーニノフの, 一言で, 事の, 事を, 以外の, 土地での, 声とともに, 女の, 女中の, 平然たる答弁, 意味な, 意味の, 手紙を, 案内人の, 生活は, 程の, 笑い話, 答え, 答えであった, 答であった, 表現に, 解答は, 言葉を, 話だ, 返事, 返事であった, 顔を, 風だった

▼ ですそして~ (66, 0.1%)

2 僕は, 私は, 私を

1 [60件] あたい甘ったれる, あなたの, いま我々の, いよいよ網, うしろに, ぐいぐいと, この樂みの源, この頃, これは, こんなに不, すっかり前金, ずっと, そのまま後, その人びと, それが, それは, それへ, それ秘密の, どんな生き, はそれ, ひょいと抓ん, もうどんな, もう立派, わざとつかまえられた, われわれの, 今後の, 何といふ, 何処から, 危険だ, 参考に, 失礼です, 奉公し, 實に, 川の, 巣鴨の, 御智慧, 必要な, 思いっきり才能, 扉へ, 握り緊めて, 昼は, 様々の, 樋口一葉の, 權藏其人を以て, 正義の, 此方の, 準備の, 火は, 皆んなの, 私どもは, 私の, 紳士としての, 結局の, 肱が, 行乞も, 表現は, 鍵の, 電産の, 領主は, 風邪で

▼ ですからな~ (60, 0.1%)

132 この上, 無論私

1 [43件] あはは, あれで, あれは, え, これは, しかしあなた, しかし人, しかし儂ども, しかし長い, その甘鯛仕掛, それから信貴山縁起, それで實, それで私, ただの, ついその, つまり宣伝, どうもこれからは, ながいお世話, びっくりし, ふッ, ほんとうに, また阪井, もう, アー, ア詩的労働と, 今度間違う, 今度間違ふと, 何うも, 僅かに, 夫人人が, 女が, 将門とは, 役得という, 御心配, 書斉の, 朝から, 此の世を, 無闇に, 真物なら, 絶対に, 職業的科学的に, 誰だって, 養生所へ

▼ です~ (59, 0.1%)

3

1 [56件] いろんな人, お客の, から一緒, こうしてなに, このおかみさん, じゃあの, すぐほんの, そのわけ, だに一つ話, ではもう, では上田, では地下一般, でもはっきり, でもやはり, でよろしい, となっ, なら宜し, に出, ねあの, の, のよう, の人, の女, の巾着ッ切, の所私, の拝領, の時節, の社会, の話, はこの, はすたりました, はとりあえず, はもう, はジエィン, は何所, までそんな, までにない, までのところ, までの事, までの人, までの国家, までの材料, までの罪, まで何百ツ, まで随分, ま始めて, もいった, も困った, 思うと, 急に, 申し上げた話, 申上げた, 話した渡辺, 話した渡邊, 迄のこと, 迄は

▼ ですわたし~ (56, 0.1%)

1 [56件] がいっ, がここ, がつい, が云った, が傍, が好きこのん, が家, が弱い, が死ぬ, が縫っ, が訊く, が許しません, です, と一緒, などはもう, につかまえられ, にはさつ, のいた, のこと, の作ろう, の先生, の心意気, の手, の方, の理想国, の着物, の部屋, はあの, はいつも, はお嬢様, はさきほど, はさっき, はそれ, はちっとも, はまあ, はみなさん, はパリ, はヤマ, は世界中, は信じます, は困っ, は尾張, は幸福, は極めて, は気の毒, は茶色, も前, も大, も弁信さん, も意気地, も竹杖仕込み, を, を一つ役者, を呼びとめた, を斬ろう, を水

▼ ですがと~ (53, 0.1%)

3 若い男, 言って 2 いって, わたしは, 云う, 云って, 前置

1 [37件] あとから, いったの, いひ出す, いふと, いふの, うせつの, うどそこで, そういうたら, ポマードで, 三浦にだけは, 丹三郎は, 云いながら, 云い周ちゃん, 云うと, 云うやら, 云う話, 尋ねると, 彼は, 意外な, 押し売りに, 斷つた, 早速, 正直に, 渡辺さんに, 相槌を, 答えたとき, 答えたん, 考えて, 言いますと, 言った, 言つて取出した, 言ひ, 話すならば, 退っ引きならぬ, 酒まで, 長篇を, 防火改修の

▼ ですなあ~ (53, 0.1%)

1 [53件] ああそう, あんたはん, え, お宅, この道, この鳥籠, これも, ご覧なさい, しかし私, そういえ, そうじゃ, そう大きな, そのこと, それから, それも, だなんて, どうも, どちらに, まあ僕, もう, わしや, クレルヴァル君, ドウモ, フーそと, ワツハヽヽ, 人数は, 人生は, 今夜は, 今日は, 僕の, 兄貴の, 判事さん僕は, 同じく詩, 国家が, 大掃除, 女で, 小米の, 崖の, 息を, 最後に, 炸裂しません, 百姓共, 私も, 私家内を, 考えて, 親方, 貴方がたの, 貴方の, 身の, 車が, 農村でも, 過失罪に, 頭の

▼ ですもう~ (53, 0.1%)

2 一月ばかり, 疾う

1 [49件] あなたは, あなたも, おやめあそばせ, ここまで, ここらで, さつきまで, じきサナトリアムに, それと, それ以上聞く, たくさんだ, だめです, もって, よございます, わたしこれから, わたしは, 一二日したら出ましょう, 一本この, 一献, 一言だって, 一言だつ, 一遍考え, 七十幾つとも, 三年に, 九ツに, 二十年も, 今宵は, 今日だって, 十年あまりむこう, 可いに, 商工業方面志望で, 夏が, 大丈夫, 大丈夫故, 寢ようか, 帰ろうじゃ, 後は, 御挨拶, 打開け, 日が, 昨年の, 来ます, 澤山です, 身邊あちこちの, 軍に, 酒は, 食べられませんと, 驚きませんですけれども, 髪の毛は, 黎明で

▼ ですわね~ (51, 0.1%)

2

1 [49件] あたしも, あなただって, あなたには, あなた方は, あの時, えお師匠さん, えきっと, えと言, え弓子, え毎日人, おじさん蝶々や, お息子さん, お母さまが, お母さんに, この分, さうだ, そういった理解, そのお, それが, でも何, とにかくあの, みな子さん, わたしときどき, トンと, 三人前に, 三年も, 三本腕方式は, 世界じゅう, 代々かう, 先生が, 医学の, 天華とでも, 好いた人, 娘の, 子供の, 旦那様は, 春です, 横浜の, 残らず職人, 畑尾さんの, 眼を, 私達ぢや, 而も, 股立を, 自分で, 英語なんか, 萩原氏, 見とどけて, 貴方の

▼ ですしかし~ (46, 0.1%)

2 これは, 私が, 私は

1 [40件] いくら僕たち, いずれは, この人たち, この寝, この表現, これで, そうたいして面倒, そこで, そのかい, その代り僕達, その割り, その興味, それ等は, ほかの, まア男, もうあれ達, わが子を, われわれ六人も, ママさんこの, 丈夫な, 世界に, 五年たて, 今の, 今回の, 何より恐ろしい, 六十年代の, 北条氏時代の, 卒業せず, 危ぶむこと, 夜に, 女は, 実際は, 暫く器械, 減っても, 皆の, 船岡どのは, 覗きこんだ, 諸君は, 面白い若者, 頭の

▼ です~ (46, 0.1%)

2 一緒に, 主人, 心配には, 承知の, 気分は, 燗は

1 [34件] わかりに, 分りに, 厭でなきゃ, 夫人です, 子息の, 宅の, 安心なさい, 家来です, 家老と, 容姿なら, 察し下さい, 帰りに, 帰りにな, 恩に, 意見は, 感想は, 承知だろう, 承知でも, 承知なら聞かし, 推察の, 景氣は, 満足です, 無礼至極ではござりません, 用心ください, 用意を, 疲れでなけれ, 笑ひ, 継嗣を, 老人方, 通知の, 間に合いますか, 隠居さん旦那に, 隠居の, 隱居私は

▼ ですこと~ (44, 0.1%)

188 ねえ 2 よ, ネ

1 [14件] あの厭, いい配合, お気の毒, この春, その橋, と云った, どうしてあの, などとしきりにもぐもぐ, ねた, ねまあ, ねエ, ねエ是, ねエ私, ほほほ

▼ ですあれ~ (41, 0.1%)

32 をぐるっと

1 [36件] からのち, から二月, から間もなく, がお, がさむ, がなかなか, がみんな写生, がわたし, が実に, が拙者, が真に, が離縁, が飛天夜叉, くらいの石, じゃ厭, です, です日の丸, で何, にも早く, のため, はあなた, はあれ, はと云いかける, はエビ, は人, は例, は傑作, は先生, は十日, は向う, は嘘, は学校, は此処, は武田信玄公, は河野, ほど船待

▼ ですかな~ (40, 0.1%)

102 家が

1 [28件] あのリーザ, あの先生, あれで, あんたと, お嬢さんたちは, その, その次, その霊, それとも本物, それも, どこかへ, ひどいもん, まあそうでしょう, わしは, んです, アじゃ, アー, ア実に, ア死んだ, 予防医学なんかの, 作成した, 僕アどうも, 先生, 死が, 法水さん貴方が, 真実です, 足を, 較べもの

▼ ですもの私~ (39, 0.1%)

5 はもう 2 はどんなに

1 [32件] かって, がその, がそんな, が御飯粒, だけがあなた, だって逢いたい, などまだ, なんかを手, にはそうした, には子供, に待合せ, に絶えず, のため, のもの, の家, の敵, の母, はきっと, はちつ, はびっくり, は一, は二度, は始終, は憎い, は辛う, ほんとに節, ももう少し何とか, も偶, も負けん, 怖かった, 悲しくてね, 本当に自分

▼ ですそんな~ (36, 0.1%)

3 いい事, 事を 2 ことは, ことを, 名を, 顔を

1 [22件] こと, ことお, ことも, こと光ちゃん私に, ときこの, ところへ, のは, はずは, ものが, やからの, ヤヤコシイ技術即ち, 事あれしません, 人です, 御遠慮, 惡い, 方から, 暢気な, 水臭い人, 無理な, 理屈は, 言い分は, 頓狂な

▼ ですなと~ (35, 0.1%)

3 言ふ 2 いう, いつて, 云った, 嘆声を, 私は

1 [22件] いきなり云われた, いつた, すたすたと, よい加減, アッサリ言った, 世辭に, 主人は, 云う, 云ふ, 口を, 同感し, 四条通りで, 変な, 如水は, 川辺さん云ふ, 新しそう, 末弘は, 登は, 答えると, 調子を, 野だ, 驚いた顔

▼ です~ (35, 0.1%)

2 は決して

1 [33件] が仏蘭西, が平生, が秀子, が表面, が青年, です, の, の人, の唯一, の娘, の実兄, の性, の此, の酔ぱらっている侍, はその, はそれだけ, はもう, はカバン, はハッ, は両手, は例, は全然, は其の, は叔父さん, は専門家, は普通, は私, は通例, は過日来, は釘勘, れは, を討たん, 若し養母

▼ ですここ~ (34, 0.0%)

3 です 2

1 [29件] から眺め, がジイド, が小塚原, でごらん, で荒ら, なら寧ろ, におい, にかいた, に一つ, に一人, に居たい, に私, に蠅, に雨やみ, のコーヒー, の叔父さん, の名, はルノアール翁, は暑い, は長浜, へ一つ, へ来, へ来た, へ来る, までお話, まで筒, も段々, より逃げ場, を往

▼ です~ (33, 0.0%)

2 え, っ

1 [29件] あとに, おまえさんの, お蓮様, お静か, かならずその, ことにお, これが, そしてそれ, それは, だが一辺, っくり, ォ, ダリア君, ッ, ムダな, 何事です, 出火でござる, 宮廷の, 少しは, 御主人, 敵の, 暢, 真白な, 私の, 羽柴どのの, 自分の, 諸君, 貴方は, 隊長殿

▼ ですんで~ (33, 0.0%)

2 しまう, しまうこと, しまった

1 [27件] いて, いのちを, いる, いるが, いるだけの, いるの, いるので, いるよう, いる入り割り, いる林さん, うれしいわね, しまうかも, しまうの, しまえば, しまったから, しまったけど, よかった, よかっちょ, ゐた内, ゐる間, 三学期に, 今度は, 仕舞ひます, 内田さん芥川さん互に, 結構でした, 行く, 行くだろう此

▼ ですだから~ (32, 0.0%)

2 東京に

1 [30件] あすこに, あなたに, あなたの, あの眠り音波, お嬢さんも, その以外, その化学式, その花片, それで, わたしも, 一篇の, 久兵衛なんぞの, 二た, 二つな, 人を, 今でも, 余り好きで, 僕は, 安心な, 彼が, 怒らないで, 感情は, 放水路を, 書物は, 私し, 私の, 私は, 私も, 誰も, 餘計に

▼ ですよって~ (32, 0.0%)

2 私は

1 [30件] あんな所女三人, いずれ家から, いッ, えらい評判, お役に立つ, そないしられ, ちょっと姉さん, なにを, にお伴, また改めて, わたしの, 云い返すん, 云うに, 云われたんで, 云われて, 光子さんと, 光子さんも, 嘘いわん, 夏は, 布団敷いてる, 性質や, 正面から, 毎日ほど, 着物着換えてる, 知らせて, 私という, 腹も, 自動車だの, 覚悟は, 言うん

▼ です~ (31, 0.0%)

5 親分

1 [26件] いつもの, お前さんは, ここらで, このごろは, こんな桟敷, その中間, その森ン中, ひどく不規則, ぼんやりし, りっぱな, 何ぞある, 何と, 何故, 何時もの, 兵隊さんお, 大将は, 少しや, 旦那, 旦那ご, 此女は, 此處ぢや, 私も, 箒, 腐つた物, 自殺, 親方とか

▼ ですってね~ (31, 0.0%)

2 私が

1 [29件] あなた, あなたから, あの異人館, いけませんねエ, お目出度う, ここんところ, この二三年来, これは, そう, そこへ, それでつまり今夜, それは, まず仏様, 例えば歩く, 場合が, 小栗様は, 岩本の, 悪い人たち, 手数の, 本当に親分さん, 気を, 男衆かと, 相手は, 知らなかったのに, 米友さん見なかった, 聞きましたわ, 茶碗で, 親分さん, 面白いこと

▼ です貴方~ (31, 0.0%)

1 [31件] が確か, が秀子, ではない, とてもやはりそうでしょう, とても猶且然, と私, に反し, に逢え, のやう, の作品, の制作上, の為, の目的, はいまだかつて, はなに, は先ア大変, は巴里, は探偵, は未, は爺, は直ぐ, は真に, は石炭, は誰方, もよく, も一度, も序, も往, を初め大概, を恨んだ, を私

▼ ですけども~ (30, 0.0%)

1 [30件] あんだけの, いくらか, けっして倫理的, この手紙, この雨, しかしそこ, ぜひお願い, その時, もうまるで生きてる, ゴンクール様, 何う, 何うし, 何か, 何と言, 先生, 夕方から, 女車掌になんか, 心が, 氣が, 犯罪精神病理学者の, 私が, 私それと, 私等は, 私馬鹿正直な, 自分は, 行先は, 解らない事, 詳しいこと, 誰にも, 貴下の

▼ ですがな~ (29, 0.0%)

42 併し

1 [23件] あれは, お昼すぎごろに, これが, ぜひご, そのこと, その為め, その爲め, ほんまに, やっぱり本当に忘れ, やつぱり本, わしの, わしは, わっち, アはつはつはつは, ア血気の, 一緒に, 先生, 実は世間, 弦之, 昨夜此方へ, 近所合壁親類中の, 通るには, 都合さ悪けれ

▼ ですけどね~ (29, 0.0%)

1 [29件] あたくし, あたしこちらへ, あのほか, お互いに, お嬢様に, ここに, これを, ご都合, そいつはね, そこへ, その音, それよりは, それを, たいがいペタペタやられ, とにかく長, なんだかあんまり内輪, まだ東京, アベコベに, 一軒きりしか, 下の句でなく, 何せ帝都座, 何でも, 唾で, 奥さんこい, 私魚屋つ, 萬事を, 谷の, 買って, 金吾さんは

▼ ですどう~ (29, 0.0%)

3 です私 2 したの, したん, です

1 [20件] かその, かどう, か一緒, か助勢, したこと, したらいい, でしょうこの, ですいっしょ, ですと, ですどう, です一緒, でせう, でも今夜, とも勝手, なるん, にでもお, やって, 君に, 致しましょう, 言ったら巧

▼ ですのよ~ (29, 0.0%)

2 平一郎さん, 私が

1 [25件] あたしなんかは, あなた, あなたの, あの人, あの人たち, あんな嫌い, いいん, このかた, この方, そして同じ, そして永久, それが, それを, だってまだ, ちょうど私, ところがその, みんな, もう片言, わたしの, アレクセイ・フョードロヴィッチさん, 一年だって, 來ようと, 安心し, 小母さん, 明日の

▼ です~ (29, 0.0%)

2 あれを, あんな目, そいつは, 源ちゃんは

1 [21件] これには, それを, どうかお, どうした, もっと大事, オホホホ, ハイなるほど, 一体どうしたら, 人が, 今から, 今年の, 他地方, 博士, 口には, 夫は, 姐さん, 旦那こんな, 犯人が, 話しませんか, 随分別嬪, 電胎法による

▼ ですので~ (28, 0.0%)

2 こうして雪, そのお話, 御迷惑, 私は

1 [20件] いい加減に, おかみさんが, お一人, ここに, こちらは, このお, それまで, ちょっと気まずく, つい敷居, つくづく私, どうか, キング, ヨシちゃんに, 主人が, 優雅も, 夜でも, 従って自分, 病後の, 私が, 老い先の

▼ です~ (28, 0.0%)

193 てさ 2 てネ 1 かり眼, てね, てね顏, てネ貴

▼ ですいや~ (27, 0.0%)

5 です

1 [22件] これは, ですあなた, ですそん, ですそんな, です旧, です死んでも, です私, どうしても一杯, なこと, なら決して, に考えこん, ね, もうまったくたいした, ローマも, 一様に, 串戯じゃ, 僕が, 勤めに, 本当にひどい, 無職業, 石橋と, 聞いても

▼ ですいい~ (26, 0.0%)

3 んです 2 です

1 [21件] お医者さん, かナと思った, でしょう, でしょうなどと, ですか, ですこちら, ですよ, です早く, です構わないから, ひとが, ものを, や不思議, 乳を, 坊ちゃんです, 往生です, 景色じゃ, 機嫌に, 目が, 相手が, 縁談が, 身體だろう

▼ ですかって~ (26, 0.0%)

1 [26件] あたし何度も, あなたは, いうと, いって, きいたの, きいてるん, きかれたって, きく, そりゃしつこく, ほんとに災難, わたしも, 云うとね, 云ったらおじさん, 他人の, 君, 平気で, 御前の, 振向かれたとき, 水島さんが, 私が, 私は, 私を, 聞いて, 聞きに, 聞くん, 追っかけたん

▼ です~ (26, 0.0%)

7 うです 4 うして 2 う云, ような

1 [11件] うきまつ, うすれ, うでが, うですその, うですとも, う小声, う有るべき, この場, さぞんぶん, 何う, 連れて

▼ ですそれで~ (26, 0.0%)

1 [26件] あたし母を, あなたも, あんなばか, からだを, ぐっと食いこむ, この青い, どうかする, どうかそんな, まあ才丸ぢ, 二階が, 今年は, 僕の, 国々を, 子供たちが, 実あ大急ぎ, 家へ, 昌泰といふ, 柿崎さんが, 父が, 皆に, 私が, 私たちに, 第一, 腰掛を, 若し其, 駄目なら

▼ ですどうか~ (26, 0.0%)

2 しましたか, 今度は, 許して

1 [20件] いますぐ, おかまいなさらない, お手, お手紙, これより, ご心配, したら薄々, その刃物, なにも, ひとつ頼みます, 伴れ, 僕の, 御よろこび下さい, 御助勢, 御容赦, 心を, 忘れて, 目付役へ, 私を, 軽躁な

▼ ですつまり~ (25, 0.0%)

1 [25件] あなたと, きょう一日は, それで, なぶり殺しな, ほんとに死んだ, ゲスで, サクラです, 人情に, 人生の, 婦人委員会という, 寒暖計という, 斯うなんで, 時勢よりも, 月の, 死んで, 毎度お話し申す, 浮気娘が, 海の, 漠然として, 無明長夜の, 男女の, 相州伝で, 胎生五ヶ月で, 自分は, 色を

▼ です貴女~ (25, 0.0%)

2 こそ, と僕, の良心, の見る, は何時

1 [15件] が裁判, だっておよそ, と虎之助さん, にもやがて, に問え, のため, の様, の答え一つ, の胸, の芸, の貞操, の髪, の髮, は, は一体

▼ ですからねえ~ (24, 0.0%)

1 [24件] あれで, いくら田舎, いずれどこ, これだけの, これは, こんな事, そうする, それに, つい二三日前, どこか, なには, まるで桁ちがい, もと私の, やっぱり, コンパスを, 一寸でも, 今でこそ, 係官を, 僕は, 却つてお, 可愛いらしい, 大抵の, 新らしい, 虚像を

▼ ですとさ~ (24, 0.0%)

1 [24件] あははははは, あんな男, いい気味, いくらおごらし, お嬢様, お湯へ, そうして今晩, そうして草の根, そこを, それが, ほんとに穴, 人が, 会社の, 何の, 勧業課長さん下役を, 姉さん御覧なすっ, 川村が, 支庁の, 本館が, 淫売奴の, 火の玉の, 私も, 越前の, 鶏の

▼ です~ (23, 0.0%)

3 ほんとうに 2 私は

1 [18件] あのハーモニカ, お互さま, そいで, そうなっ, だから若し, だッ, どっから見, ほんまに, もしそれ, 世の中に, 何時までも, 先から, 皆が, 神様は, 結構でなく, 貴女に, 貴方の, 貴方頭何とも

▼ です~ (23, 0.0%)

2 を殺す, を生れた

1 [19件] が人, が怪, が日光, です, ではありません, に好かれる, に罪, の一生, の世話, の家, の悪, の許し, はかりそめに, は恋, は病気, を一室, を怨む, を斬り, を殺し

▼ ですかねえ~ (22, 0.0%)

2 親分, 越前屋を

1 [18件] ああわがまま, おつかねえ, この, これでも, すると, それほどとも, なかなかむつかしい, ほかならぬ, 今時の, 十文字に, 失礼ながら, 年は, 御病人, 気圧が, 江戸に, 私も, 草履より, 誰かが

▼ ですそこ~ (22, 0.0%)

2 です, にいる

1 [18件] で云い, で死ん, には家, には心配, に一間間, に万太郎, に白骨, の土地, の小, の門札, は全く, へあなた, へお便り, へ弘さん, へ裏木戸, へ車掌, を確, を釣る

▼ です~ (22, 0.0%)

2

1 [20件] あの首, おられないん, こう申し, この金, そこの, そのかわり, その石, っね, なるほどあなた, まえが, まえは, もう済んだ, や, わたしも, プロレタリア解放の, 何しろ此, 得ると, 町の, 第二, 言うの

▼ です~ (22, 0.0%)

3 だから

1 [19件] から又, が老人, でこそ清い, ですから, でも若し, で其人差指, なら其丸, はアラビアン・ナイト, は同業, は後で, は根, は知りましたれ, は私, も到頭, も彼, れでも, れを, 故に今日, 故に此事

▼ です自分~ (22, 0.0%)

2 の身

1 [20件] が手, でおっつけ, でさえ悪い, でも物, で一層, で理想, と一緒, に真に, の努力, の女房, の好き, の家, の心, の性根, の方, の聟, の自信, の首, の髪の毛, は稼ぎ

▼ ですさかい~ (21, 0.0%)

1 [21件] お互に, かんにんし, こっちも, こらへ, それが, ちつと, なかなかええ, ほんまの, まさか世間, またし, 二度とふたたびそんな, 何時に, 出て, 初めは, 十一時半前には, 娘さんの, 疑がい, 私から, 綿貫の, 訴えて, 面白半分

▼ ですまた~ (21, 0.0%)

1 [21件] あなたです, こないだから, そうたいした, そんなところ, そんな不愉快, 他国へ, 僕の, 决し, 動こうと, 将来もさう, 悪いこと, 悲しいこと, 戯るる, 昔し, 汲取りに, 洞窟へでも, 湯は, 番頭や, 私は, 貴方が, 貴方と

▼ ですものそれ~ (21, 0.0%)

2 はね, は無理, よりか私

1 [15件] が当然, こそただ, だのに, にもう, に兄さん, に私, に鈴木さん, は, はそう, は当り前, もツイ昨日, を, をちゃんと, を夫婦, を紛らそう

▼ です少し~ (21, 0.0%)

4 おあがりなさい 2 その辺

1 [15件] いいと, こんな歌, でも秀子, でも私, はお気, は当りました, は胃, ばかりの原稿料, も安心, も知らなかった, 持って, 背中でも, 風でも, 飮つて來ました, 飲つて来ました

▼ です~ (21, 0.0%)

2 の個人主義

1 [19件] があやかし, に二人, の, のまま, の一錢, の三人以外, の両派, の六號室, の品, の壁, の夏子, の子, の宇之助さん, の様, の滅亡, の蓋, の薬, の長三, の雑誌

▼ ですそうして~ (19, 0.0%)

2 今の

1 [17件] おやんなさい, お前の, こうクルクルと, わたしも, 二十七歳まで, 加藤清正の, 吹いて, 岸から, 後進に, 悉く単独, 日本に, 時々は, 海を, 矢張り本を, 自分が, 静かな, 頭の

▼ ですただ~ (19, 0.0%)

1 [19件] あなたの, の傷, の轢逃げ事件, まだ疲れ, ものでない, 一つの, 一日じゅうきまって, 不愉快な, 兄さんに, 懸命です, 戦争さえ, 時代の, 水道ガスの, 江戸へ, 私には, 私を, 私一人です, 筋肉労働として, 農学士で

▼ です実に~ (19, 0.0%)

1 [19件] きれいじゃ, 不快です, 不思議です, 二十数件と, 厚かましい願い, 大事件, 大切な, 奇麗な, 怖ろ, 怪しからん奴, 気色に, 涼しい風, 痛烈に, 結構です, 這麼意外な, 鋭く内的, 雲を, 静です, 驚ろきます

▼ ですけれどね~ (17, 0.0%)

1 [17件] いろいろな, きっとそうだ, この人, しかし僕, とにかくとうとうその, どこと, なにかわるい, へこたれちゃった, わざと置いとく, フランスの, 一生懸命に, 何に, 困つた事, 実は私, 擦り切れるなん, 私は, 電車の

▼ ですそれから~ (17, 0.0%)

1 [17件] お嬢さんの, お父様, これが, さきは, 丈夫でいる, 人形と, 又此, 可厭, 右へ, 姉さん, 当家の, 後は, 癪に, 翌日ホラあの, 老人は, 花甘藍と, 野苺は

▼ ですですから~ (17, 0.0%)

1 [17件] お客は, お紺, こ, その積り, もう十年, 仏頂寺に, 僕の, 初物の, 娯樂の, 少しでも, 捻を, 無論誰, 生れ附の, 私が, 私は, 野良着の, 雷が

▼ ですといふ~ (17, 0.0%)

3 お前の, 困つた人 2 やうな 1 のと, のは, まことにあ, やうに, 以外の, 様子で, 程度に, 答で, 訣です

▼ ですわたくし~ (17, 0.0%)

2 はわたくし

1 [15件] がやはり, が安藤, などはどうせ, に物, はただ, はもう, は人, は幸福, は本当, は毎日, は隠居, もうこういう, も武男君, ようやくわかりました, をつかっ

▼ です~ (17, 0.0%)

3 ねえ, よ 2 の起り 1 ある時, が分れ, という, による, ね, ねえと云った, ねえどう, ねエ, 其の令嬢

▼ です~ (17, 0.0%)

1 [17件] が愛する, が眼, が許し, が誘惑, では岡本かの子, にとっては容貌, にね, に一生, に限る, のため, のひとたちお召, の姉, の生きる, の風上, は殺さない, も決して, を相手

▼ です~ (17, 0.0%)

2 れは

1 [15件] から先, が失くなっ, が悪事, が硯友社創立, が運, だけとはいう, だけの違い, だけ打ち明ける, でも未だ, で沢山, なる若者, は道理, ばかりは主戦論者, へお, までも折々

▼ です決して~ (17, 0.0%)

1 [17件] と公然, ねんごろ, ジーキル博士では, ソワつかない, 当人の, 怪しいもの, 怪しいもんぢ, 悪いよう, 無礼じゃ, 珍らしい, 皆さんの, 短気な, 貴女へ, 道理にも, 避暑地なぞ, 鉄と, 鬼では

▼ です~ (17, 0.0%)

2 にです

1 [15件] か門番, がはじめ, が何ん, が君, が火, が見た, だってそう, だって嫁, だって知っ, です, ですか, にも煩, の名誉, も言わない, を送る

▼ ですあんまり~ (16, 0.0%)

5 です 4 ですあんまり 2 じゃありません 1 つづけると, ねたましいほど, 不思議な, 強く人, 月が

▼ ですこれから~ (16, 0.0%)

2 もあの

1 [14件] ご一緒, どこかで, の事, は手, また直ぐ, ウチへ, 中の島を, 先また, 再出発, 北へと, 見ると, 越前の, 食べはじめたら底なし, 飯でも

▼ ですどこ~ (16, 0.0%)

1 [16件] かその, かに疾患, かの茶屋, からでも突い, からほうり込まれた, か欠点, ぞよい, です, でも, にあります, にどう, の国, へ送りつけよう, も他, も同じ, も大変

▼ ですもん~ (16, 0.0%)

61 こんな人ごみ, どうでも, どうならう, ね, ねえ, ねえ近松物, ふふ, 一緒に, 九月の, 美くしい

▼ ですよという~ (16, 0.0%)

2 ことを, ように

1 [12件] のであった, ような, わけです, 女の, 平凡な, 意味の, 意志を, 態度にも, 投書も, 菊太郎の, 言葉を, 風に

▼ ですわねえ~ (16, 0.0%)

3 あらまあそらの 2 あれあんなに

1 [11件] あの子, おじいさん, その人, まったくです, ダフさん, 余程離れた, 可哀そうだ, 当分の, 気分でも, 當分の, 餘程離れた

▼ です~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの格子, お武家さま, この牛君, ご両人で, そこに, どうです, へんてこです, 万事平等友愛牛であろう, 九分どおり実証の, 何か, 其真実の, 動坂さん, 牛と, 私は, 脚気衝心です, 頭の

▼ です先生~ (16, 0.0%)

1 [16件] お寢坊, お心持, お怪我, が大きな, たしかに火影, だって同じ, と呼ん, どうぞ悪しからず, の崇拝者, はあまり, は決して, まア何, もうお, もお, 何故いけません, 出かけますか

▼ です全く~ (16, 0.0%)

2 の餓鬼

1 [14件] すばらしいこと, ないん, ばかばかしいのよ, 不幸に, 僕は, 冤罪です, 大した, 天使です, 宛無しだった, 油断の, 爾です, 自然な, 見つけもの, 非人間的

▼ ですがネ~ (15, 0.0%)

2 親分

1 [13件] あの土橋, あの金貨, すこし注文, その藤六, そらこの, つい面白い, つまり三谷氏, テレビ放送には, 今日は, 先生に, 手前が, 梅子, 江戸で

▼ です~ (15, 0.0%)

51 えあの, えとても, えまアおめでとうござんす, え人物, こらえて, ふの, ーど, 今つねを, 近いうち, 静かに

▼ ですこんな~ (15, 0.0%)

2 ことなら

1 [13件] ことを, ものは, 不逞の, 仕事を, 家, 家には, 座敷牢へ, 手紙を, 無人島では, 経過は, 調子では, 足袋なんぞ, 風に

▼ です~ (15, 0.0%)

1 [15件] おれたちも, この頃, そこで, はじめから, まん, 一応は, 俺は, 早速いま, 栄子さんは, 死の, 生命がけ, 米を, 罪名は, 自分に, 鑑査の

▼ ですどうぞ~ (15, 0.0%)

1 [15件] お下り, お引, こちらへ, ごひいき, ご遠慮なく, 一言言わせ, 何奴か, 御了解, 御受納, 思う存分, 早く道, 本当の, 涌谷さまにも, 申上げた, 遊びに

▼ ですどんな~ (15, 0.0%)

2 ことが

1 [13件] ことでも, ところでしょう, ものでしょう, 作品が, 六ヶ敷い, 悪魔詩人の, 意味でも, 手品な, 望みな, 用事でも, 策略が, 野心な, 静かな

▼ ですまして~ (15, 0.0%)

5 ゐた 2 ゐて 1 ゐたつけ, 人間の, 先の, 居て, 来ました, 生きて, 置くという, 餓えたる犬

▼ です今日~ (15, 0.0%)

2 に限っ

1 [13件] から村, に至, の性格, の長野新聞, はお, はそれで, は一つ, は大, は来ない, は私, は素敵, は見物, も左

▼ です其の~ (15, 0.0%)

1 [15件] お連れ, のち果たして, ダッジの, 下に, 人は, 代りイヤ生え際が, 往復の, 心は, 時権田は, 様な, 機を, 約束を, 証拠には, 証拠を, 通りに

▼ です~ (15, 0.0%)

3

1 [12件] が此樣, と日出雄少年, なんぞは兵隊, に逢わない, の仰有る, の専門, の方, はそう, は教室, は聴きます, も何, を思え

▼ です~ (15, 0.0%)

2 です, ですよ

1 [11件] だと, ですもう, です和尚さま, です夏子, でないに, でなければ, とは知らず, と思っ, に相違, のやう, よりほか

▼ です~ (15, 0.0%)

1 [15件] 一あそこには, 一に, 一僕たちが, 一僕の, 一女の, 一巻は, 一待合とか, 一日招待日に, 一此罪人を, 一番人が, 一相手方の, 一船に, 一蛙の, 九期まで, 二は

▼ ですけれどもね~ (14, 0.0%)

2 す, 唯何だかお父さん 1 いつでも, そうしない, でも私, 与八さん一人で, 中でも事務長, 半襟の, 年上の, 絵の, 葉子さんあなたの, 薬と

▼ ですでも~ (14, 0.0%)

1 [14件] おそのという, そういうもの, それは, それより, つづけて, ね私, よかった, バラを, 世間から, 僕は, 明日どう, 私は, 私達が, 船頭さんこの

▼ です本当に~ (14, 0.0%)

1 [14件] あなたの, おっしゃるとおり, よかった, 一皿の, 君は, 嬉しいと, 御免下さい, 御存じない, 快く死ね, 日本の, 楽よ, 私の, 貴方は, 駄目

▼ ですああ~ (13, 0.0%)

2 口惜しい

1 [11件] いう人間, いう足袋, この病院, して, だけどドミトリイ兄さん, なると, もう一口もの, ん薬, 云う状態, 先生の, 水が

▼ ですがねえ~ (13, 0.0%)

1 [13件] あんまり度々で, ええおなか, この頃, そう言っ, その陸郎, そんな人達, どうした, なにか真剣, ハヽヽヽ, 今は, 何です, 少し, 村長さん

▼ ですなどと~ (13, 0.0%)

1 [13件] いわれると, よけいな, 云いましたそれ, 今更云う, 勝手な, 書いて, 本に全くない, 清綱さまも, 申せば, 社会に, 答え又, 言われたの, 訊いたん

▼ ですもし~ (13, 0.0%)

1 [13件] およみ, お宿, どこかの, よかったら, わたしが, 上意と, 人違だったら, 人違だつたら, 例の, 信に, 危険な, 強いて, 行けるとして

▼ です早く~ (13, 0.0%)

2 お通しし, 来て 1 おやりなさい, お帰りなさい, お茶を, そちらへ, 云って, 死にましょう夜, 舟の, 舟を, 追い出して

▼ ですかという~ (12, 0.0%)

5 ような 1 ときやっぱり, のだった, ふうに, 言葉が, 質問と, 質問歌劇, 顔を

▼ ですすると~ (12, 0.0%)

3 老人は 1 あつちこつ, ちょうど隧道, オッカサンが, 一方は, 何と殺され, 先生が, 私の, 絵に, 遠くから

▼ ですとは~ (12, 0.0%)

1 [12件] いいきれないよ, おどろきました, もう云, もう云わぬ, 何んだ, 出られませんから, 前にも, 妙な申し, 安岡君の, 答える訳, 言ひ得なかつた, 開業医は

▼ ですまだ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いい口, かよって, きれいな, 任せられませんか, 使者に, 太夫の, 奥山に, 実行にまでは, 発疹しきらない, 着物も, 話は, 遠くへは

▼ ですものあなた~ (12, 0.0%)

1 [12件] がお, がどん, って人, なんかこそ腰, に捨てられ, の前, の御, はきっと, は御存じ, もそれ, も一つ奮発, を横

▼ ですわと~ (12, 0.0%)

1 [12件] いい合う婦人たち, いうでしょうね, いつかジーナの, ちょいと堅い, ほめて, 云って, 南原杉子は, 私が, 膠も, 言つてゐた, 軽い口, 逢う人ごと

▼ です一緒~ (12, 0.0%)

3 に散歩 1 に, にこの, にしません, にパン, に帰りましょう, に来, に茶, に行きません, に踊ろう

▼ です丁度~ (12, 0.0%)

1 [12件] あなたが, いいと, いい機会, この柱, 一寸法師そのまま, 今の, 南北朝の, 国会開設が, 時計が, 気の, 鎖骨の, 電気が

▼ です然し~ (12, 0.0%)

1 [12件] この問, です, どこへ, 僕の, 僕は, 六十年代の, 労多く, 十一月に, 吾等は, 天も, 私は, 面白い若者

▼ ですあたし~ (11, 0.0%)

2 です, ですあたし 1 おっ母さん, その松さん, ちょっといっ, のこと, のほう, の観測, は

▼ ですからなあ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの外国人, あんな気楽, いやあなた, いやその, しつかりせんとお, ワハツハツハ, 全く, 好意ある, 御心配, 癇癪もちで, 身を

▼ ですそういう~ (11, 0.0%)

1 [11件] お前は, ことで, のです, やからは, 不当利得を, 人の, 和らいだ気持, 展開そのものが, 楽しみを, 自分の, 趣意に

▼ ですなんて~ (11, 0.0%)

2 そんなこと 1 なぜそう仰有る, ひとか, 其様な, 失敬じゃ, 恩にも, 皆に, 言ふ, 誰だって, 長い土手

▼ ですもの誰~ (11, 0.0%)

2 が何と 1 か来, だって, だってそれ, だって姫様, だって酔興, にも言, のこと, のせゐでも, も母ちゃん

▼ です一度~ (11, 0.0%)

2 字を 1 もお目にかかりませんでした, も見た, 塗った色彩, 往ツて, 放送し, 故郷の, 直せば, 行って, 見物し

▼ です人間~ (11, 0.0%)

1 [11件] が動き出した, じゃありません, なんて一つ, にとりつく, に信用, の生殖, の骨髄, はこの, は住ん, は決して, 大きいもの

▼ です~ (11, 0.0%)

2 人が 1 ひは, る, る人, る分量, る家, る年, る旅行家, る日私, る薬剤

▼ です秀子~ (11, 0.0%)

1 [11件] が即ち, に聞き合わせた, のする, の命, の生え際, の髪, は昨今身, は本来私, は権田時介, は真, も後で

▼ です若し~ (11, 0.0%)

1 [11件] ここに, 其の時, 左も, 強いて, 悪人が, 松本等の, 社会党が, 私に, 私の, 秘密造船所の, 谷間田の

▼ ですしかも~ (10, 0.0%)

1 このよう, このビードロ, その戸, その隅々, ですテーブル, 一昨晩, 三日迄, 政党の, 渋を, 私の

▼ ですとか~ (10, 0.0%)

1 い, または渋く, 云った由, 今度の, 今日大阪入りの, 何とか云, 何とか吾, 断って, 明後日が, 済みませんとか

▼ ですどうして~ (10, 0.0%)

1 こんなこと, こんなふう, そういうもの, また今頃, 二階などへ, 僕じゃ, 心配な, 急いで, 我々の, 親分が

▼ ですねんけど~ (10, 0.0%)

1 そいでも, それより, そんな厚かましい, 一ぺん間違いあっ, 三月や, 光子さんは, 宝塚と, 眼エの, 絵エと, 途中に

▼ ですのね~ (10, 0.0%)

1 あなたの, いい煙草, きっと, そのとおり, それを, ロチスターさま, 可恐い, 小妻さん, 思想犯じゃ, 里では

▼ ですぼく~ (10, 0.0%)

1 が同行, には, にも少し, にも眼, は, はからの防火槽, は一婦人, は此処, もお父さん, もずいぶん

▼ ですよく~ (10, 0.0%)

2 わかって 1 ある地方, この絵, そこまで, わかりました, 御存知です, 心がけましょう, 見えませんか, 見れば

▼ です~ (10, 0.0%)

3 れは 1 と与, には別に, にもかかわらず, れから, れで僕, れを, れ程

▼ です大変~ (10, 0.0%)

4 です 1 です助けて, です奥様, です救けて, な事, な証拠, な賑

▼ です~ (10, 0.0%)

2 です妾, はありとあらゆる, も自分 1 です, は寝かせ, も先刻, も赤い

▼ です実は~ (10, 0.0%)

1 お廉, それが, 四本握っ, 拙者も, 烏金丸と, 私も, 罪人の, 茶など, 誰も, 貴女の

▼ です~ (10, 0.0%)

1 にも母, のいう, のしかた, の利己心, の地内, の病氣, は五十, は宣徳府, も母, や母

▼ ですとの~ (9, 0.0%)

3 こと 1 ことで, 知らせと共に, 答え, 答えである, 答えの, 返事だ

▼ ですどうせ~ (9, 0.0%)

2 馬鹿な 1 あいつらあとで, 同じこと, 外の, 夫婦に, 悪くなる, 裏路な, 食べなければ

▼ ですどうも~ (9, 0.0%)

1 いいの, すみません, そういう気, その歌, やつたらしい, 固くてと, 大変に, 着物の, 私の

▼ ですねエ~ (9, 0.0%)

1 お少さい, それは, どうした, どんなに喜びましょう, アタシが, 全く別天地, 桜井様のは, 自分では, 赤ッぽい

▼ ですほんとに~ (9, 0.0%)

2 厭な 1 おかげで, お氣, ご親切様, どこに, 妾は, 御免なさい, 親切です

▼ ですまあ~ (9, 0.0%)

1 いって, この空俵, ご一服唯今お茶, 一ぷくどう, 一口召上って, 十銭から, 口あけの, 普通の, 聞いて

▼ です~ (9, 0.0%)

1 あす知事の, かし借りの, も逢引, 人の, 何か, 便りあり, 洞窟へでも, 私の, 貴方が

▼ です尤も~ (9, 0.0%)

2 これは 1 あれこれ折に, この輝く, 下男の, 会員に, 八丁堀から, 本人の, 私は

▼ です~ (9, 0.0%)

1 から, からよく, から医者, しの, とはてんで, のこと, の殿上人, は女優, は立派

▼ ですうち~ (8, 0.0%)

2 の殿さま 1 です, でのお話, にそういう, の前, は極端, は臨時費

▼ ですお願い~ (8, 0.0%)

1 でございます, です, ですから, ですと, です前非, です私, というの, 申しますどうか

▼ ですかなどと~ (8, 0.0%)

1 ききかえしは, まじめくさった聞き方, めんどうな, 云うと, 云った, 云ふと, 何の, 剛強に

▼ ですこう~ (8, 0.0%)

1 あけて, いったからとて, するん, です, なると, やって, 云う小説, 私へ

▼ ですこういう~ (8, 0.0%)

1 お使, きッかけ, 事情では, 時が, 生活の, 男な, 言葉の, 鈎で

▼ です~ (8, 0.0%)

1 もっともです, 一緒に, 主人が, 主人に, 休息で, 相談に, 納得が, 自身でも

▼ ですじゃ~ (8, 0.0%)

1 あなたも, いずれ, こっちを, それも, ないよ, わからない, 一体なぜ, 君と

▼ ですすぐ~ (8, 0.0%)

1 お見え, そばに, です今, にいっ, に自分, 戻つて, 送局, 願います

▼ ですちょうど~ (8, 0.0%)

1 いい時, この室, よい都合, 五年前です, 僕の, 十年ぶりで, 大晦日の, 私は

▼ ですちょっと~ (8, 0.0%)

2 来て 1 おもしろいと, この類, その辺, だけ拳銃, 悪戯を, 見物に

▼ ですなん~ (8, 0.0%)

2 だと, です 1 でも縮, でも連れ子, のこと, のたのしみ

▼ ですほんとう~ (8, 0.0%)

1 に, にいや, に嬉しゅう, に手, に私, に老, に長崎, の犯人

▼ ですみんな~ (8, 0.0%)

1 いらっしゃい, がじ, がドノ, こうして一つ棟, の人, 善い人たち, 書くもの, 返して

▼ ですもの仕方~ (8, 0.0%)

6 がない 1 ありませんわ, がありません

▼ です~ (8, 0.0%)

2 し此 1 し, しそれ, し一歩, し今, し横着者, し私

▼ です拙者~ (8, 0.0%)

1 が済まない, が留守, こそあなた, に於, のよう, の名, はあの, は旅

▼ です~ (8, 0.0%)

1 です, ですよ, には例, に化けた, のこっち, のやう, も女, より恐らく

▼ ですある~ (7, 0.0%)

2 ものは 1 のです, 日の, 植物の, 特定の, 肺病研究所に

▼ ですいま~ (7, 0.0%)

1 が一番本, の犬, までにこの, 召し上りませんか, 考えると, 言ったプラトー, 詳しいこと

▼ ですええ~ (7, 0.0%)

1 こつちは, このむじな長屋, どうかよろしくええ, 刑事さんに, 拵らえ, 近所では, 醉っ

▼ ですかしら~ (7, 0.0%)

1 ああそう, どうも廻っ, なんだか頭, 今日いらつ, 判です, 別に誰, 私の

▼ ですからねと~ (7, 0.0%)

1 あんまり馬鹿, いったこと, その腫れた, 指ざした, 答えると, 言った事, 野だ

▼ ですことに~ (7, 0.0%)

1 あの沖田総司様, よったら今日, よると, 夜分は, 御身分, 文三の, 石井さんは

▼ ですごらん~ (7, 0.0%)

2 なさい 1 なさいあの大きな, なさい享保小判, なさい今, なさい町, の通り

▼ ですそいつ~ (7, 0.0%)

31 が僕, のいう, の云う, はピエエル君

▼ ですそこで~ (7, 0.0%)

1 あの淫奔娘, さくの, 一杯やり, 先日の, 安心を, 我々は, 親分を

▼ ですそれに~ (7, 0.0%)

2 私は 1 このあたり, そこには, もう一つ, 又八年以前, 実に利口

▼ ですたいへん~ (7, 0.0%)

2 です起きて 1 です, です神様, なこと, な繁昌, 腹が

▼ ですたしかに~ (7, 0.0%)

1 それが, 人違いな, 引受けました, 或る, 父は, 見覚えの, 違って

▼ です~ (7, 0.0%)

31 つとして, やて, やない, をひい

▼ ですでは~ (7, 0.0%)

1 そういう評, どうも気, 一週間後に, 其の風呂敷, 又あした, 御免を, 済まされぬだらう

▼ ですなに~ (7, 0.0%)

2 酷くは 1 お訊き, しに, もありません, も山木様, よりもそれ

▼ ですひとつ~ (7, 0.0%)

1 あの近景, きかして, この京都, ごいっしょ, そのへん, その上高地, 乗って

▼ ですほか~ (7, 0.0%)

2 の者 1 に希望, に策, に買わなけりゃ, の母子, の鐘

▼ ですまったく~ (7, 0.0%)

1 おかしいじゃ, お美しい, お耳, ここは, なんで, の酔興, 恋人の

▼ ですまるで~ (7, 0.0%)

1 不断の, 動物みたいです, 私が, 草の, 豪族の, 輪転機の, 道中かせぎ

▼ ですもの何~ (7, 0.0%)

1 うして, かお, か考え, して, と云っ, にも別に, の心

▼ です何しろ~ (7, 0.0%)

1 あなた様は, 倫敦に, 司法省が, 嫌がらせと, 島田の, 此の, 筆子は

▼ です何故~ (7, 0.0%)

1 です, と仰有れ, ならその, ならはるか, なら父, 姉さん貴, 死んだの

▼ です~ (7, 0.0%)

1 い出てから, に交代, に何, に罪人, の二本, の人, の慾

▼ です失礼~ (7, 0.0%)

21 しますから, じゃありません, ですが, ながら貴, な事

▼ です我々~ (7, 0.0%)

1 で一団体, の中, の家庭, の職務, の頭, はこの, は決しておたがいに

▼ です明日~ (7, 0.0%)

2 からタカヂヤスターゼ 1 どうなる, にでも, はもう, は仙台石巻, 買って

▼ です~ (7, 0.0%)

4 して 1 すれば, とも知らず, と気

▼ です相手~ (7, 0.0%)

2 の占有 1 が女, が松島様, の方, の男, は

▼ です~ (7, 0.0%)

2 がおかしい 1 から, から尻, の毛, ばっかりの人間, もこまかい

▼ ですあいつ~ (6, 0.0%)

3 です 1 は, は天性, は素人

▼ ですいくら~ (6, 0.0%)

1 あの川ンとこ, こんなし, 奇術が, 炭を, 生きたからとて, 言っても

▼ ですお父さん~ (6, 0.0%)

1 が支那風, の魂, はぼく, は助け, は天下国家, を殺した

▼ ですかつて~ (6, 0.0%)

1 お聞き, 云へ, 僕は, 婦長さんが, 申しました所, 誰が

▼ ですかなと~ (6, 0.0%)

1 云いながら, 云う, 云った, 尋ねたもの, 皆田は, 訊いた

▼ ですからという~ (6, 0.0%)

3 ような 1 一句は, 意味で, 気持は

▼ ですからも~ (6, 0.0%)

1 すこし丁重, 一つ術を, 少し, 少しゆっくりし, 少し御, 少し我慢

▼ ですくつ~ (6, 0.0%)

1 てでも二人, て居る, て左, て池, て飮ん, て飲ん

▼ ですこちら~ (6, 0.0%)

1 です, ですよ, に隙, の欧羅巴, へいらっしゃい, へおかけ

▼ ですそりゃ~ (6, 0.0%)

1 そうと, もう用心深, ア何方でも, ア実際, 彼の, 見て

▼ ですそれでも~ (6, 0.0%)

1 う今, 一番達者な, 未だ経済, 来られないと, 私は, 老人は

▼ ですたった~ (6, 0.0%)

1 一人でも, 一人の, 一年間だけ, 一滴の, 三十回自動車へ, 十七の

▼ ですといった~ (6, 0.0%)

1 ことが, その後或, とき今日の, ふうに, ように, 調子だった

▼ ですところが~ (6, 0.0%)

1 あなたは, その晩, どうもそうは, わたしと, 乳母や, 東洋人は

▼ ですなぜ~ (6, 0.0%)

1 ってばその, ならば, なら全然, 悪き人, 死んだの, 石炭が

▼ ですもっとも~ (6, 0.0%)

1 ですざっと, めくると, 八丁堀から, 勘弁ならぬ, 唯今は, 理由は

▼ ですもの妾~ (6, 0.0%)

2 かねてから貴君, なんかとつく 1 に贈っ, はあなた様

▼ です一人~ (6, 0.0%)

1 だけのあ, で順々, の役人, は死に, は茫然, 残らず通る

▼ です~ (6, 0.0%)

2 が死ん 1 にあった, にはす, にゐる, は空っぽ

▼ です~ (6, 0.0%)

1 が為, で見, に対しても貴女, は前, は実際, は臆病

▼ です二人~ (6, 0.0%)

1 で書きませう, で泳ぎました, という人々, の献身, の肩代り, はそこ

▼ です今夜~ (6, 0.0%)

1 が越せます, その分, にかぎっ, はあなた, は一, は試験

▼ です何ん~ (6, 0.0%)

3 でも 1 です, とかし, とも申しわけ

▼ です~ (6, 0.0%)

1 と芸妓, はといえ, は武士, より強, より此儘維持, 來蝦夷と

▼ です兄さん~ (6, 0.0%)

1 にだけ危険, に是非, の老, は怒っ, は怒ってる, は歸ら

▼ です~ (6, 0.0%)

2 旦那 1 チブス, 日本の, 泥棒の, 體の

▼ です大丈夫~ (6, 0.0%)

2 です, ですから 1 ごまかせますよ, だという

▼ です好い~ (6, 0.0%)

1 ですなあ, ンじゃ, 匂いでしょう, 心持でしょう, 看護婦さんで, 花でしょう

▼ です~ (6, 0.0%)

1 がひょっこり, ですと, というの, に向っ, の形, を預ってる

▼ です~ (6, 0.0%)

2 に親類 1 ですか, の中, へいらし, をお

▼ です~ (6, 0.0%)

1 がこの, がその, が何とか, が後, が監獄, は

▼ です~ (6, 0.0%)

1 だけが少し, です, にかけ, にとって調べ, に入れた, に職

▼ です既に~ (6, 0.0%)

1 三国一の, 天然の, 悪い事, 独楽が, 石器が, 記録した

▼ です日本~ (6, 0.0%)

1 のよう, の代表者, の古い, の将校, の懐鉄砲, の馬琴

▼ です東京~ (6, 0.0%)

1 からまいりました, から手紙, ですか, でのよう, の方, も余り

▼ です~ (6, 0.0%)

1 で結構, にでもハマろう, の浸入, は無, も節約, を幾つ

▼ です~ (6, 0.0%)

2 が燃えつきます 1 です, の口, は愛, は燃え続け

▼ です~ (6, 0.0%)

1 うすると, うです, うです少し, も婚礼, も渋, 云ふ

▼ です~ (6, 0.0%)

1 に, にあれです, にそう, に今, に私たち, に芽張り柳

▼ です立派~ (6, 0.0%)

1 ですねえ, なもの, な冤罪, な燈籠, な生き方, な色男

▼ です~ (6, 0.0%)

3 が氷山 1 から上がっ, の統制上, は沖

▼ です親分~ (6, 0.0%)

1 あツ, さう, の前, は, 良い女, 追つ

▼ です面白い~ (6, 0.0%)

2 話といふ 1 でしょう, ですか, 位肥る, 文章熱の

▼ です駄目~ (6, 0.0%)

5 です 1 ですこの

▼ ですあんた~ (5, 0.0%)

1 と嬉し, と急, のお母さん, のてです, はちっと

▼ ですあんな~ (5, 0.0%)

1 かぼ, ことも, 人は, 奴ら, 酔つ

▼ ですいっしょ~ (5, 0.0%)

1 にしません, にやりたまえ, に散歩, に歩きません, に行っ

▼ ですいつも~ (5, 0.0%)

1 は息, 例へばわたし自身, 庭へ, 感じること乍ら, 素見大勢

▼ ですお気~ (5, 0.0%)

3 に召しました 1 に入った, に障ったら

▼ ですかといふ~ (5, 0.0%)

1 ことだ, 問が, 聲が, 質問な, 電話が

▼ ですかとか~ (5, 0.0%)

1 云って, 云つてゐる, 何とか盛ん, 嫌いです, 言ったきり

▼ ですかなんて~ (5, 0.0%)

1 残念な, 田舎の, 笑って, 笑われるが, 訊いて

▼ ですかよ~ (5, 0.0%)

1 あごは, いわく子細これあり, この朗らかさ, だんな, ねえ

▼ ですがて~ (5, 0.0%)

1 まえから, まえが, まえども, まえの, まえは

▼ ですきょう~ (5, 0.0%)

1 から私, の午後, は多賀さん, は本当に, 笑って

▼ ですこうして~ (5, 0.0%)

1 うるさく上人, 幾度も, 昔と, 私が, 私は

▼ ですすこし~ (5, 0.0%)

2 林の 1 ですが, ばかり金, 強すぎます

▼ ですそちら~ (5, 0.0%)

1 に行く, のマローズ, はきっと, へ行っ, もお

▼ ですたしか~ (5, 0.0%)

2 潮来あたりの 1 あの中, あれが, な方法

▼ ですたとえ~ (5, 0.0%)

1 この後, その価格, 一万石でも, 五町十町と, 教唆された

▼ ですどなた~ (5, 0.0%)

1 かお, ですなに, のおっしゃる, も, をお呼び

▼ ですなかなか~ (5, 0.0%)

1 あざやかな, いい茶がま, 利巧な, 汗に, 面白い

▼ ですなという~ (5, 0.0%)

2 つまらぬ話 1 のは, 固着観念を, 彼の

▼ ですなんと~ (5, 0.0%)

2 かして 1 いう人, いったって, いつたつ

▼ ですほんの~ (5, 0.0%)

1 一寸の, 一目見れ, 切れっぱしでものこっているかぎり, 煙草二三服も, 道連れに

▼ ですみなさん~ (5, 0.0%)

21 なにもかも実におもしろく, もご存じ, もそういう

▼ ですもちろん~ (5, 0.0%)

1 こんなこと, そのほか, ですしかし, みん, 人に

▼ ですもっと~ (5, 0.0%)

1 声を, 文学の, 烈しいんで, 真面目な, 近づいて

▼ ですものあたし~ (5, 0.0%)

1 あのとき, どうなる, やります, 御挨拶, 笑っちゃったん

▼ ですもの人~ (5, 0.0%)

1 が悪い, なんか殺す, に揉, のため, の同意

▼ ですもの貴方~ (5, 0.0%)

1 から催促, が訳, が譯, とても仔細, なん

▼ ですやがて~ (5, 0.0%)

1 これが, はあなた自身, 亡びますよ, 彼が, 彼女と

▼ ですよう~ (5, 0.0%)

1 だ, ちょいと, と叫んだ, と大きな, 引っ張っちゃあ

▼ ですよね~ (5, 0.0%)

1 いいです, ふだんは, むったふりしていたんだつまらない, バルシクこの, 窕子さん

▼ ですネエ~ (5, 0.0%)

1 お戯謔, よく来ました, 歩くの, 聞いて, 落ついて

▼ です一体~ (5, 0.0%)

1 この町, これを, その笛, にかう有る, 我々に対して

▼ です今に~ (5, 0.0%)

1 それよりは, 僕も, 寒くなります, 私が, 達者で

▼ です今度~ (5, 0.0%)

1 の茶話会, はあなた, は一号室, は直, も耕平

▼ です~ (5, 0.0%)

21 の一件, の唐辛子, を徳川氏

▼ です~ (5, 0.0%)

1 あつらい, のさ, のそうした, の技倆, は何

▼ です勿論~ (5, 0.0%)

1 ぐたぐたな, こんな滑稽, 彼の, 彼女は, 此の

▼ です~ (5, 0.0%)

1 はあげませぬ, はお, をいっ, を替えた, を聞く

▼ です多分~ (5, 0.0%)

1 この變事, それを, は警察, 人間は, 首は

▼ です~ (5, 0.0%)

3 です 1 ということ, らしいこと

▼ です子供~ (5, 0.0%)

2 の時 1 です, のくせ, のこと

▼ です少く~ (5, 0.0%)

1 とも, ともうち, ともそう, ともペン, とも一ヵ月

▼ です~ (5, 0.0%)

1 が改, が若く, とった亭主, は明け, も三十一

▼ です彼女~ (5, 0.0%)

1 には何, の名前, の悪口, は, はやさしく

▼ です彼等~ (5, 0.0%)

1 が強者, と雖, はまだ, は徳, は法律

▼ です恐らく~ (5, 0.0%)

1 これだけでも, こんな言葉, それは, サンテヴルモンは, 日比谷公園の

▼ です支那~ (5, 0.0%)

1 のもの, の女, の山水画, の文章, の近海

▼ です散歩~ (5, 0.0%)

2 しませんか 1 にお, に出ましょう, は

▼ です最う~ (5, 0.0%)

1 一つ不思議な, 悉皆分りました, 此の, 貴方は, 迷いが

▼ です本当~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 です薬屋, の力, の生活

▼ です殊に~ (5, 0.0%)

1 不幸の, 夏は, 大茶人, 彼程に, 頭へ

▼ です~ (5, 0.0%)

1 が見えましょう, だって限り, の中, の水, は戯

▼ です然るに~ (5, 0.0%)

1 三十五年堤防が, 姉さん世間の, 成人する, 諸君僕は, 髪の毛に

▼ です皆さん~ (5, 0.0%)

1 が心配, の前, も, 大きな声, 決して手荒

▼ です~ (5, 0.0%)

1 が見えない, の色, の見えない, の見える, を覚まさせる

▼ です神様~ (5, 0.0%)

1 から下さる, が私, でもなけれ, の代り, はもう

▼ です綺麗~ (5, 0.0%)

1 でしょう, で悧巧, なもの, な花, に死ぬ

▼ です~ (4, 0.0%)

1 あの苦い, たったでしょう, ッハハハありがとうご, ッハヽヽありがたう

▼ ですあちら~ (4, 0.0%)

1 で一緒, にいる, へい, へ往きましょう

▼ ですあなた方~ (4, 0.0%)

1 はそう, は侵入者, は平和, は農

▼ ですいつか~ (4, 0.0%)

1 この恨み, の話, もそんな, 話しましたわ

▼ ですお嬢さん~ (4, 0.0%)

1 は, はよそ, は気違い, を等

▼ ですかいと~ (4, 0.0%)

1 ぬかしたんでね, 来る, 聞いて, 通りか

▼ ですかじゃ~ (4, 0.0%)

1 ありません美濃, ない, ないほんとに, ないよ

▼ ですかとは~ (4, 0.0%)

1 いって, よく人, 引き取ること, 申しましたが

▼ ですかは~ (4, 0.0%)

2 御挨拶 1 はあ, 少し恐れ入りました

▼ ですからか~ (4, 0.0%)

1 あいい, あさまどうぞ, ういふところ, はいさうです

▼ ですがなあ~ (4, 0.0%)

21 あつち, さうし

▼ ですきっと~ (4, 0.0%)

1 あります, また頭領, ジルベールは, 忘れないで

▼ ですけに~ (4, 0.0%)

1 いよいよ不思議, 浪の, 立派という, 置いて

▼ ですけれどと~ (4, 0.0%)

1 いって, 云いそう, 自分の, 言ふ

▼ ですこっち~ (4, 0.0%)

2 です 1 が空い, へ来る気づかい

▼ ですしね~ (4, 0.0%)

1 え, くらしに, せっかく皆, 土台

▼ ですすばらしい~ (4, 0.0%)

1 では, 名前では, 発明でしょう, 金もうけじゃあ

▼ ですせっかく~ (4, 0.0%)

1 だからお, ですけど, 丹精し, 吉川の

▼ ですぜひ~ (4, 0.0%)

1 それを, 伺いましょう, 聞かせて, 船岡に

▼ です~ (4, 0.0%)

1 そんな, ないし, なた達, やけど

▼ ですそしてまた~ (4, 0.0%)

1 お老嬢さま, 女を, 私どもの, 精神の

▼ ですそんなに~ (4, 0.0%)

1 ひとりで, 人を, 煙を, 非難する

▼ ですぞと~ (4, 0.0%)

1 しきりにいう, よく言った, 教へて, 言つてへ

▼ ですだが~ (4, 0.0%)

1 いくら待っ, ヴィデさんだけは, 甲賀谷へ, 野淵君の

▼ ですどういう~ (4, 0.0%)

1 わけだ, わけな, 理由が, 部署に

▼ ですどうしても~ (4, 0.0%)

1 僕には, 生きては, 聴いて, 肥料に

▼ ですどうぞよろしく~ (4, 0.0%)

2 と中村 1 お引き廻し, お願いいたします

▼ ですどちら~ (4, 0.0%)

1 にし, もかなり, もわたし, も自分

▼ ですどんなに~ (4, 0.0%)

1 あなたを, その愛情, ふけるか, 違うか

▼ ですなあと~ (4, 0.0%)

1 いつたブツ, いつて, 云った, 少し進まない

▼ ですなお~ (4, 0.0%)

1 で日常, な愛慕, に下, 困ったの

▼ です~ (4, 0.0%)

1 ィ, 今は, 先立つて, 思はず聲

▼ ですねー~ (4, 0.0%)

1 お多福豆を, 品数の, 私どもでは, 誰か

▼ です~ (4, 0.0%)

1 いかんよ, ひどかろう, 其夜からといふ, 情ない

▼ ですひとり~ (4, 0.0%)

1 で行っ, の少女, の敗北者, は男

▼ です~ (4, 0.0%)

3 りと 1 りすぽ

▼ ですまさか~ (4, 0.0%)

1 そんなこと, とは思います, 東京へ, 筆子の

▼ ですもしも~ (4, 0.0%)

1 御家を, 本音が, 笑ふ, 雲が

▼ ですものしかた~ (4, 0.0%)

4 がない

▼ ですものなん~ (4, 0.0%)

1 でもし, の不平, の不足, の遠慮

▼ ですもの嘘~ (4, 0.0%)

2 だったなんて 1 ではない, 吐きに

▼ ですもの女~ (4, 0.0%)

2 は男 1 なら誰, のそういう

▼ ですもの男~ (4, 0.0%)

1 と格別, のため, の力男, の方

▼ ですよい~ (4, 0.0%)

1 お買物, 出来です, 収穫が, 意味の

▼ ですよとは~ (4, 0.0%)

1 しかし婆さん, 云うものの, 言つても, 言は

▼ ですよも~ (4, 0.0%)

1 いちど開け, すこし休ん, ねえもん, 少しごちそう

▼ です~ (4, 0.0%)

1 つかわれる, つホホホホ, 二遍繰り返した, 思い出しては

▼ です一つ~ (4, 0.0%)

1 お眼, のマンネリズム, の社会問題, は純粋

▼ です三人~ (4, 0.0%)

1 です五人, とも政治, ながら名前, の人間

▼ です下手人~ (4, 0.0%)

4

▼ です世間~ (4, 0.0%)

1 では彼, では数千年, に滅多, の医者

▼ です今朝~ (4, 0.0%)

2 出たつ限 1 の八時, までほん

▼ です仕事~ (4, 0.0%)

1 が見つかりました, は捗取ります, へではない, をし

▼ です伴田~ (4, 0.0%)

4 からです

▼ です何より~ (4, 0.0%)

1 のお願い, 先に, 前に, 頑是ない

▼ です何処~ (4, 0.0%)

1 か悪い, でも構わない, の世界, へです

▼ です先刻~ (4, 0.0%)

1 おっしゃった事, の怪我人, も申しました, 既に貴方

▼ です先方~ (4, 0.0%)

1 から待っ, から待つ, は大変, は非常

▼ です~ (4, 0.0%)

1 でしょう, といふ奴, に角停車場, も角

▼ です叔父~ (4, 0.0%)

1 があんな, は丸部朝夫, は只管, を毒害

▼ です同じ~ (4, 0.0%)

1 ことなら, 悠々と, 歩くにも, 茫う

▼ です土地~ (4, 0.0%)

1 が肥え, が豊か, に対する愛着, に生れた

▼ です奥さん~ (4, 0.0%)

1 この猫, この長, ちょっとした諧音, に七里

▼ です~ (4, 0.0%)

1 が生き, は尾張, を助け, を殺した

▼ です実際~ (4, 0.0%)

1 おもしろかった, はこうして, はビフテキ, 関係は

▼ です~ (4, 0.0%)

1 が怒っ, が眠つて, へ逃がし, を見る

▼ です~ (4, 0.0%)

1 から後, に聞い, の折, の記念

▼ です御存じ~ (4, 0.0%)

1 ですか, ならば, の通り, の通り私

▼ です御覧~ (4, 0.0%)

1 なさい, なさい藤野, のよう, の通りヨボヨボ

▼ です~ (4, 0.0%)

21 にお, 病人でも

▼ です悪い~ (4, 0.0%)

1 のは, 女には, 奴が, 日本が

▼ です~ (4, 0.0%)

1 ういう, ういふ, うして, うなれば

▼ です新聞~ (4, 0.0%)

1 には余程, には大抵, や雑誌, や雜誌

▼ です旦那~ (4, 0.0%)

1 お好き, これから潮来, は御, は沢田屋

▼ です昨日~ (4, 0.0%)

1 のお, は, も, や今日

▼ です正直~ (4, 0.0%)

1 に蜘蛛, のところ, のところそれ, の話

▼ です残念~ (4, 0.0%)

2 ながら 1 ですよ, なこと

▼ です母さん~ (4, 0.0%)

1 と, の遠縁, は, はわたし

▼ です~ (4, 0.0%)

1 が注, になる, にも留めね, 永くお

▼ です~ (4, 0.0%)

1 です犬, に噛まれた, の畜生女房, は食べる

▼ です生活~ (4, 0.0%)

1 と本, のつつまし, を乱脈, を描い

▼ です私たち~ (4, 0.0%)

1 としてやはり, の間, はこれから, は日

▼ です私達~ (4, 0.0%)

1 が向う, しもじ, はその, を

▼ です~ (4, 0.0%)

1 に居れ, は未だ, は穢い, までは私

▼ です~ (4, 0.0%)

2 が荒れる 1 に包まれた, の落ち

▼ です~ (4, 0.0%)

2 嬢の 1 娘が, 郎の

▼ です貴下~ (4, 0.0%)

21 のため, の五十三人目

▼ です貴君~ (4, 0.0%)

2 に対する言伝 1 は, も不幸

▼ です長く~ (4, 0.0%)

1 お使えなる, なりますから, 煮るもの, 米国に

▼ です~ (4, 0.0%)

2 が篠 1 が止まなく, の音

▼ です青木君~ (4, 0.0%)

2 の意志, の言伝

▼ ですあそこ~ (3, 0.0%)

2 で働い 1 の方

▼ ですあと~ (3, 0.0%)

1 についてたより, はあなた, は寿限無

▼ ですあまり~ (3, 0.0%)

1 つまらない, 気の毒な, 無用心で

▼ ですいっそ~ (3, 0.0%)

1 ここへ, この地上, の事

▼ ですいったい~ (3, 0.0%)

1 お前は, なんの, 犯人は

▼ ですいろいろ~ (3, 0.0%)

1 なこと, の点, 有難うじゃ

▼ ですうすう~ (3, 0.0%)

1 ねむる, 息を, 通りぬけ

▼ ですうまい~ (3, 0.0%)

1 もんでございまし, 仕掛けでしょう, 工夫で

▼ ですうまく~ (3, 0.0%)

1 書きます, 結べますかな, 行きそう

▼ ですおそらく~ (3, 0.0%)

1 先生も, 誰よりも, 驚かぬ人

▼ ですおまけ~ (3, 0.0%)

1 に安い, に幸運, に打ちのめされた

▼ ですおよそ~ (3, 0.0%)

1 今日くらい, 四諦十二因縁の, 自分の

▼ ですお嬢様~ (3, 0.0%)

1 はお, へ, を何処

▼ ですかねへ~ (3, 0.0%)

1 エー, ツ, ツへ

▼ ですかの~ (3, 0.0%)

1 どうしなさった, またいっしょ, 一大事は

▼ ですからとて~ (3, 0.0%)

3 提燈を

▼ ですかネ~ (3, 0.0%)

1 おかげ様で, とても元, 侍は

▼ ですがという~ (3, 0.0%)

1 ことだった, ことであった, のは

▼ ですがねと~ (3, 0.0%)

1 いったが, いふの, 興覚めな

▼ ですがへ~ (3, 0.0%)

21 びはだいきらいでした

▼ ですがを~ (3, 0.0%)

1 かしいなあ, かしいの, なさるの

▼ ですこいつ~ (3, 0.0%)

2 が私 1

▼ ですこのごろ~ (3, 0.0%)

1 の虎鮫, は, は寺小屋

▼ ですこんど~ (3, 0.0%)

1 の船, はそれ以来, は井田先生

▼ ですこんなに~ (3, 0.0%)

1 ふさ, 夜更に, 暢気に

▼ ですさあお~ (3, 0.0%)

2 持ちなさい傘 1 聞かせ下さい

▼ ですすっかり~ (3, 0.0%)

1 乾きましたから, 人を, 晴れて

▼ ですすべて~ (3, 0.0%)

1 が, に堪へ, 本國政府

▼ ですずっと~ (3, 0.0%)

1 以前, 前に, 身分が

▼ ですぜと~ (3, 0.0%)

1 云ったらそれでも, 伝えて, 言う

▼ ですその後~ (3, 0.0%)

1 は, も色々, 御無事

▼ ですそら~ (3, 0.0%)

1 あの若く, あの辺, はひろびろ

▼ ですそれだけ~ (3, 0.0%)

2 です 1 は私

▼ ですたとえば~ (3, 0.0%)

1 このかりに, です女, 貴方が

▼ ですだれ~ (3, 0.0%)

1 が困る, は巻い, も

▼ ですちゃんと~ (3, 0.0%)

1 おっしゃい, きまって, 当ったでしょう

▼ ですちょい~ (3, 0.0%)

1 とこの, とこんな, と頭

▼ ですってよ~ (3, 0.0%)

2 あんまり人 1 あの方

▼ ですつい~ (3, 0.0%)

1 この夏印度, そこへ, 近頃近所の

▼ ですつと~ (3, 0.0%)

1 切つてそれから, 胸が, 顔をよ

▼ ですところで~ (3, 0.0%)

1 二度目の, 昨日手紙あすこまで, 水彩は

▼ ですとだけ~ (3, 0.0%)

1 おっしゃれば, 言った, 言つた

▼ ですとても~ (3, 0.0%)

1 先生なんかには, 私には, 親切な

▼ ですともかく~ (3, 0.0%)

1 もその, も多少, 大湖

▼ ですとんと~ (3, 0.0%)

2 真暗な 1 沈んだ

▼ ですねえと~ (3, 0.0%)

1 いはれて, 下宿のを, 目を

▼ ですねという~ (3, 0.0%)

1 ような, 言葉そのものが, 野口の

▼ ですねとか~ (3, 0.0%)

1 いいお, 云うよう, 何とか云っ

▼ です~ (3, 0.0%)

1 い飯, しっこ, ッてん

▼ ですひどく~ (3, 0.0%)

1 氣味が, 苛いらしたおちつかない, 馬鹿でも

▼ ですまさに~ (3, 0.0%)

1 仰っしゃるとおりです, 天地の, 溢れんと

▼ ですまず~ (3, 0.0%)

1 ねとあり, 二通に, 欧羅巴という

▼ ですまア~ (3, 0.0%)

1 お茶を, 一杯, 何と言

▼ です~ (3, 0.0%)

1 ないもん, ねえもん, 一

▼ ですものどこ~ (3, 0.0%)

1 が乳, にでもある, のどう

▼ ですもの世間~ (3, 0.0%)

1 がその, では何ん, の人

▼ ですもの二人~ (3, 0.0%)

2 も三人 1 で三冊

▼ ですもの今度~ (3, 0.0%)

1 こそは妊娠, はそう, は私仇

▼ ですもの口~ (3, 0.0%)

1 が早い, ばかり強, を利く

▼ ですもの命~ (3, 0.0%)

2 より惜しい 1 までも狙われ

▼ ですもの家~ (3, 0.0%)

1 にばかり居る, へ幾日, へ飛び込む

▼ ですもの斯~ (3, 0.0%)

1 うして, うやっ, うやつ

▼ ですもの町内~ (3, 0.0%)

1 の独り者, の獨, の若い

▼ ですよとて~ (3, 0.0%)

3 母の

▼ ですよなどと~ (3, 0.0%)

1 しきりに説明, 云われると, 話して

▼ ですよへ~ (3, 0.0%)

1 エ, ッへ, ツへ

▼ ですわい~ (3, 0.0%)

1 このよう, とにかくな, 皆さん

▼ ですわれわれ~ (3, 0.0%)

1 としましてはこの, は一人一人, は生活

▼ ですネと~ (3, 0.0%)

1 云って, 云わなきゃならない, 既に言おう

▼ ですネー~ (3, 0.0%)

1 たいへん遠慮, と君子, 又し

▼ です一刻~ (3, 0.0%)

3 も早く

▼ です一枚~ (3, 0.0%)

1 お書きなさい, 着ようじゃ, 脱いじゃ

▼ です三年~ (3, 0.0%)

2 も前 1 ばかりやりました

▼ です~ (3, 0.0%)

3 と御

▼ です京都~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, のみぞろ, の町奉行

▼ です人生~ (3, 0.0%)

1 のあらゆる, の不可解, へ向っ

▼ です今年~ (3, 0.0%)

3 の渡り鳥

▼ です~ (3, 0.0%)

1 の人, の方, の日

▼ です何だか~ (3, 0.0%)

1 うらやましいやう, ひどく苛立ってる, 私の

▼ です例えば~ (3, 0.0%)

1 余り変てこ, 空全体を, 育ちが

▼ です~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 は党外

▼ です全体~ (3, 0.0%)

1 としてそう, のお話, まア何

▼ です其処~ (3, 0.0%)

1 ですそれ, ですと, に子供等

▼ です初め~ (3, 0.0%)

1 から終り, は四番, は自分

▼ です~ (3, 0.0%)

1 のある, の限り, を以て来る

▼ です即ち~ (3, 0.0%)

1 此の, 私は, 諸君は

▼ です叔父さん~ (3, 0.0%)

1 の御, へ此, へ贋電報

▼ です~ (3, 0.0%)

1 を利く, を開きません, を開け

▼ です~ (3, 0.0%)

1 えは, 井戸を, 來何百年來成り

▼ です~ (3, 0.0%)

1 だ当時黄金, だ御, 話して

▼ です~ (3, 0.0%)

1 に戸締り, 其の中, 当人が

▼ です~ (3, 0.0%)

2 が柔 1 が人間

▼ です基督~ (3, 0.0%)

1 が道破, と云, のこと

▼ です~ (3, 0.0%)

1 じゃありません, な言葉, に真面目くさった

▼ です夏子~ (3, 0.0%)

1 が牢, の口許, の重い

▼ です~ (3, 0.0%)

1 が眠, の明けん, は雨戸

▼ です~ (3, 0.0%)

1 から降っ, の裁判, は碧

▼ です~ (3, 0.0%)

1 がです, が居ない, にもなれず

▼ です姉さん~ (3, 0.0%)

1 お悦さん, は少し, は私

▼ です巡査~ (3, 0.0%)

1 にも分らぬ, は三百人, は僕

▼ です~ (3, 0.0%)

1 でしましょう, の山間, の腕

▼ です弁信さん~ (3, 0.0%)

1 が来た, それでは当分こちら, は一人

▼ です従って~ (3, 0.0%)

1 この蒸気船, ガラス絵は, 神楽師と

▼ です~ (3, 0.0%)

1 に厚み, の眼, の静

▼ です心配~ (3, 0.0%)

1 して, なし気, なの

▼ です必ず~ (3, 0.0%)

1 あの子, わたくしの, 一点の

▼ です~ (3, 0.0%)

2 のため 1 の為

▼ です~ (3, 0.0%)

2 は暴君 1 をも厭っ

▼ です~ (3, 0.0%)

2 はもう 1 を閉めない

▼ です手紙~ (3, 0.0%)

1 だと, でも再三, を上げ

▼ です~ (3, 0.0%)

1 さぞ立派, 何んと, 右大将家は

▼ です故に~ (3, 0.0%)

1 一薬草です, 僕は, 山吹には

▼ です文学者~ (3, 0.0%)

1 なんて云, なんて云う, は飽くまでも

▼ です斯く~ (3, 0.0%)

1 まで厚く, 云えば, 云ふ

▼ です~ (3, 0.0%)

2 生活の 1 夫人を

▼ です日本人~ (3, 0.0%)

1 です, の血液, は米

▼ です~ (3, 0.0%)

1 だもん, の情, は桜

▼ です昨夜~ (3, 0.0%)

1 のこと, はお, は兎

▼ です昨年~ (3, 0.0%)

1 に比し, の夏, の春

▼ です是非~ (3, 0.0%)

1 とも悪人, 行きましょうねえ, 行きませうねえ

▼ です景気~ (3, 0.0%)

3

▼ です最も~ (3, 0.0%)

1 一般的な, 同情すべき, 馬鹿な

▼ です~ (3, 0.0%)

1 が落ちました, にとって話せない, に十円

▼ です~ (3, 0.0%)

1 は六時ごろ目, 磨り始めて, 降って

▼ です~ (3, 0.0%)

1 をかく, を読む, 當に

▼ です植村~ (3, 0.0%)

3 も可

▼ です此処~ (3, 0.0%)

1 から四里, ですか, も居

▼ です江戸~ (3, 0.0%)

1 にいた, のあの, の親分

▼ です泥棒~ (3, 0.0%)

2 ですか 1 が入りました

▼ です無理~ (3, 0.0%)

1 というもの, な力攻め, もありません

▼ です~ (3, 0.0%)

1 に居ね, に居る, の中

▼ です犯人~ (3, 0.0%)

1 の掌, はお嬢様, は決して

▼ です現に~ (3, 0.0%)

1 今ま, 松島様が, 私の

▼ です田舎~ (3, 0.0%)

1 の学校, の祭, へ来る

▼ です~ (3, 0.0%)

1 の小屋, の方, の裏

▼ です畢竟~ (3, 0.0%)

2 僕自身にも 1 売捌

▼ です~ (3, 0.0%)

1 が悪くっ, が見える, の前

▼ です~ (3, 0.0%)

1 ですへん, は矢張り貴君, を投げる

▼ です~ (3, 0.0%)

1 の見, や佛, よ聖降誕祭

▼ です私の~ (3, 0.0%)

1 です, に相違, を上げます

▼ です米友さん~ (3, 0.0%)

1 の心持一つ, の胸, 悪くなく思っ

▼ です素敵~ (3, 0.0%)

2 な場所 1 に面白い

▼ です結婚~ (3, 0.0%)

1 というもの, という目的, を許し

▼ です結構~ (3, 0.0%)

2 です 1 すぎるくらい

▼ です~ (3, 0.0%)

1 先生こいつあ, 爺さん, 鶏の

▼ です~ (3, 0.0%)

1 かも是, して, も如何

▼ です~ (3, 0.0%)

1 は古い, よめさん, を販

▼ です芸術家~ (3, 0.0%)

1 が変, です, としての

▼ です若い~ (3, 0.0%)

1 妖女が, 娘には, 時分などと

▼ です~ (3, 0.0%)

1 が効いた, までもです, も飲ませました

▼ です~ (3, 0.0%)

1 には電車, に看板, へ出

▼ です詳しく~ (3, 0.0%)

1 おっしゃって, 仰しやつ, 説き明かして

▼ です警官~ (3, 0.0%)

1 がそれ, や憲兵, や探偵

▼ です達ちゃん~ (3, 0.0%)

1 の御, より頭脳, ポロポロ汗

▼ です静か~ (3, 0.0%)

1 に, に死なせ, に生き

▼ です非常~ (3, 0.0%)

2 に人並 1 に僕

▼ です~ (3, 0.0%)

1 があります, が吹け, が大引前

▼ です~ (3, 0.0%)

1 の乾かした, の山, 売りの

▼ ですあたりまえ~ (2, 0.0%)

1 の子供, の水

▼ ですあの世~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ ですあんな大きな~ (2, 0.0%)

1 泉水が, 蜂が

▼ ですあゝ~ (2, 0.0%)

1 云う女人, 余り酷う

▼ ですいかが~ (2, 0.0%)

1 でしょうか, ですあなた

▼ ですいかに~ (2, 0.0%)

1 仰せでも, 珍らしき

▼ ですいかにも~ (2, 0.0%)

1 あのかた, 女らしい可憐

▼ ですいつ~ (2, 0.0%)

1 までもこの, までも帰っ

▼ ですいよいよ~ (2, 0.0%)

1 ですな, 自分は

▼ ですいわんや~ (2, 0.0%)

1 その実力, 結婚生活者に

▼ ですおかしい~ (2, 0.0%)

2 じゃない

▼ ですおなか~ (2, 0.0%)

1 がすかない, が破れる

▼ ですお前~ (2, 0.0%)

1 の看病, は

▼ ですお前さん~ (2, 0.0%)

1 は, は別

▼ ですお待ち~ (2, 0.0%)

1 いたして, して

▼ ですお松さん~ (2, 0.0%)

1 そらごらん, もう一ぺん

▼ ですお母さん~ (2, 0.0%)

1 のお話, も

▼ ですお蔭~ (2, 0.0%)

1 で家内中順々, で私

▼ ですかいな~ (2, 0.0%)

1 あれを, 解りま

▼ ですかえって~ (2, 0.0%)

1 哀れむべき男, 虫を

▼ ですかとだけ~ (2, 0.0%)

2 で切れて

▼ ですかとでも~ (2, 0.0%)

1 いうの, たずねられたならば

▼ ですかとも~ (2, 0.0%)

1 聞き返さなかった, 聞き難い

▼ ですかなあ~ (2, 0.0%)

1 あんたは, これは

▼ ですかなで~ (2, 0.0%)

2 押し通して

▼ ですかねと~ (2, 0.0%)

1 云ったよう, 訊ねると

▼ ですかへ~ (2, 0.0%)

1 エ, ツ御

▼ ですかも~ (2, 0.0%)

1 あるもん, ないじゃ

▼ ですかやと~ (2, 0.0%)

1 向こうから, 大きな事務卓

▼ ですからけ~ (2, 0.0%)

1 だもの, ふは

▼ ですからって~ (2, 0.0%)

1 あんな所, 泰然として

▼ ですからて~ (2, 0.0%)

1 まえにも, まが

▼ ですからなどと~ (2, 0.0%)

1 一人合點で, 少しは

▼ ですからねえと~ (2, 0.0%)

1 呟いて, 答えたそう

▼ ですからねという~ (2, 0.0%)

1 のです, 意味の

▼ ですからへ~ (2, 0.0%)

1 エ確かな, エ見舞も

▼ ですがか~ (2, 0.0%)

1 やうな, 様に

▼ ですがから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ ですがた~ (2, 0.0%)

1 を消した, を消す

▼ ですがって~ (2, 0.0%)

1 そうおっしゃった, 私の

▼ ですがなと~ (2, 0.0%)

1 主婦は, 長者は

▼ ですがの~ (2, 0.0%)

1 イ, 実を

▼ ですがわ~ (2, 0.0%)

1 ざとふさったような姿勢だった, つし

▼ ですきのう~ (2, 0.0%)

1 もね, より倍

▼ ですけどさ~ (2, 0.0%)

1 お宅, 二三年前の

▼ ですけれどねえ~ (2, 0.0%)

1 お母さまだって, その勉強

▼ ですけれどもな~ (2, 0.0%)

1 老者は, 職務です

▼ ですこの間~ (2, 0.0%)

1 から伺, に処し

▼ ですこりゃ~ (2, 0.0%)

1 人を, 意味も

▼ ですさあ~ (2, 0.0%)

1 どうぞ, どうぞお

▼ ですさあ御~ (2, 0.0%)

1 上がんなさいと, 用心なさい

▼ ですさっき~ (2, 0.0%)

1 初めて妙泉寺, 申したとおり

▼ ですしかしながら~ (2, 0.0%)

1 僕たちにとっては, 実際には

▼ ですしばらく~ (2, 0.0%)

1 といっ, はかれの

▼ ですすごい~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, でしょう

▼ ですせめて~ (2, 0.0%)

1 今の, 満足致される

▼ ですそうすると~ (2, 0.0%)

1 つきあたり, マア思いがけなく

▼ ですそもそも~ (2, 0.0%)

1 この村, 防火扉の

▼ ですそれなのに~ (2, 0.0%)

1 私が, 絶えずこんな

▼ ですそろそろ~ (2, 0.0%)

1 お休み, 来年あたりは

▼ ですだけれども~ (2, 0.0%)

1 わたしは, 可愛いいとしいと

▼ ですだって~ (2, 0.0%)

1 ここに, 私いやな

▼ ですちと~ (2, 0.0%)

1 お話しなさいまし, 御出かけなすっ

▼ ですちょっとした~ (2, 0.0%)

1 きっかけさえ, 手品です

▼ ですってさ~ (2, 0.0%)

1 男一人は, 色は

▼ ですとうとう~ (2, 0.0%)

1 三晩とも, 大椿事

▼ ですところ~ (2, 0.0%)

1 によって甲州いも, もあろう

▼ ですともと~ (2, 0.0%)

1 答えられたので, 答える

▼ ですともね~ (2, 0.0%)

1 わしあ, 若様只今照が

▼ ですなど~ (2, 0.0%)

1 すこし異様, のすとは

▼ ですなにか~ (2, 0.0%)

1 御用です, 私の

▼ ですなるほど~ (2, 0.0%)

2 五郎兵衛の

▼ ですねなどと~ (2, 0.0%)

1 言いつつ, 言われるの

▼ ですねェ~ (2, 0.0%)

1 でいま, 真実に

▼ ですのと~ (2, 0.0%)

1 いうの, 睨みつけると

▼ ですのねえ~ (2, 0.0%)

1 あなた神父様御存じな, 叔父さん

▼ ですはあ~ (2, 0.0%)

1 あけがらすといつて, ではちょっと

▼ ですはじめ~ (2, 0.0%)

1 の頃, はごまかし

▼ ですはっきり~ (2, 0.0%)

1 とは, と調和

▼ ですばか~ (2, 0.0%)

1 で子持ち, に此処

▼ ですぱっと~ (2, 0.0%)

1 いやア, 切って

▼ ですへん~ (2, 0.0%)

1 だがな, な石

▼ です~ (2, 0.0%)

1 えな, ッて

▼ ですまさしく~ (2, 0.0%)

1 立法者な, 豊さんの

▼ ですまだこれから~ (2, 0.0%)

2 本を

▼ です~ (2, 0.0%)

1 からすみまで, さうな気

▼ ですむしろ~ (2, 0.0%)

1 反対の, 詩という

▼ ですむし夜着~ (2, 0.0%)

2 にも風呂敷

▼ ですもう少し~ (2, 0.0%)

1 事が, 変った人間社会

▼ ですものあした~ (2, 0.0%)

2 早く入れ

▼ ですものあれ~ (2, 0.0%)

1 がゲヂゲヂ, で立派

▼ ですものお菓子~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ですものここ~ (2, 0.0%)

1 で少なくも, もテーブル

▼ ですものこっち~ (2, 0.0%)

1 だって的, のすみ

▼ ですものこれ~ (2, 0.0%)

1 くらいな, なんかはもっともっと

▼ ですものみんな~ (2, 0.0%)

1 いつもあんなに威勢, 遣い切って

▼ ですものもと~ (2, 0.0%)

1 のま, の巣

▼ ですものわたし~ (2, 0.0%)

1 の身体, 怖くな

▼ ですもの今日~ (2, 0.0%)

1 こそは逃がしません, はこれ以上

▼ ですもの何ん~ (2, 0.0%)

1 なもの, にも見えなかつた

▼ ですもの何時~ (2, 0.0%)

1 だってお腹, 死ぬか

▼ ですもの何百人~ (2, 0.0%)

1 に逢, に逢った

▼ ですもの何處~ (2, 0.0%)

1 で怨み, にでもある

▼ ですもの妹~ (2, 0.0%)

1 の私, の部屋

▼ ですもの平気~ (2, 0.0%)

1 でしょう, よ

▼ ですもの幻~ (2, 0.0%)

2 の民五郎

▼ ですもの政男さん~ (2, 0.0%)

2 だつて

▼ ですもの敵情~ (2, 0.0%)

2 を探る

▼ ですもの無理~ (2, 0.0%)

1 はありません, もない

▼ ですもの犬~ (2, 0.0%)

1 がいけない, さえ手

▼ ですもの私達~ (2, 0.0%)

1 には休戦, は驚かず

▼ ですもの腹~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ ですもの道~ (2, 0.0%)

1 の可, は悪し

▼ ですもの間~ (2, 0.0%)

1 の悪, の惡

▼ です~ (2, 0.0%)

2 ろか

▼ ですやっぱり~ (2, 0.0%)

1 いけませんか, 手前の

▼ ですやつら~ (2, 0.0%)

1 に慈悲心, の丸木舟

▼ ですやはり~ (2, 0.0%)

1 尾張の, 砂糖が

▼ ですやや~ (2, 0.0%)

1 つよい匂, どッ

▼ ですゆうべ~ (2, 0.0%)

1 もけさ, もその

▼ ですよかっ~ (2, 0.0%)

1 たら, たらこれから少し

▼ ですよし~ (2, 0.0%)

1 それに, 一時は

▼ ですよそ~ (2, 0.0%)

1 から持っ, へ出

▼ ですよとか~ (2, 0.0%)

1 お世辞, へつお前さん

▼ ですよとの~ (2, 0.0%)

1 ことだった, 追加が

▼ ですよほど~ (2, 0.0%)

1 なれて, 悪いです

▼ ですわが~ (2, 0.0%)

1 心への, 父の

▼ ですわっ~ (2, 0.0%)

2 しの

▼ ですわねえと~ (2, 0.0%)

1 あっちで, いいつつ

▼ ですわねと~ (2, 0.0%)

1 思う, 言うと

▼ ですわよ~ (2, 0.0%)

1 きっと, ウ

▼ ですアメリカ~ (2, 0.0%)

1 の水兵, を廻られます

▼ ですイヤ~ (2, 0.0%)

1 な雲, もう大笑い

▼ ですサア~ (2, 0.0%)

1 先ず此, 其の神様

▼ ですナと~ (2, 0.0%)

1 私が, 言ったらそりゃいゝでせう

▼ ですヨハン~ (2, 0.0%)

1 です, のそば

▼ ですロシア~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリアート, の小説

▼ です~ (2, 0.0%)

1 と晩, も二

▼ です一句~ (2, 0.0%)

1 出ましたぜ, 浮びませんか

▼ です一寸~ (2, 0.0%)

1 立って, 道具立てが

▼ です一旦~ (2, 0.0%)

1 婦人の, 色素が

▼ です一般~ (2, 0.0%)

1 の評, はその

▼ です三月~ (2, 0.0%)

1 でしょうか, でせう

▼ です上野~ (2, 0.0%)

1 の美術館, へ虎

▼ です~ (2, 0.0%)

1 の弟妹たち, ばかり見廻し

▼ です不思議~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, でしょう

▼ です不朽~ (2, 0.0%)

2 です

▼ です~ (2, 0.0%)

1 に生き, を厭う

▼ です世の中~ (2, 0.0%)

1 というもの, に生き

▼ です両方~ (2, 0.0%)

1 とも誰か, の親

▼ です主人~ (2, 0.0%)

1 にさう, は知らぬ

▼ です乱暴~ (2, 0.0%)

2 です

▼ です二度~ (2, 0.0%)

1 ばかり, までの敗北

▼ です~ (2, 0.0%)

1 つて, やはる

▼ です云つて~ (2, 0.0%)

1 ください, ください場所

▼ です井崎~ (2, 0.0%)

2 の旦那

▼ です~ (2, 0.0%)

2 けて下さいます

▼ です人々~ (2, 0.0%)

1 はやはり, は猶

▼ です人嫌い~ (2, 0.0%)

2 でね

▼ です人物~ (2, 0.0%)

1 が, は

▼ です今の~ (2, 0.0%)

1 がなども返りでねえ, は

▼ です今僕~ (2, 0.0%)

1 がこんな, の云った

▼ です今家~ (2, 0.0%)

2 におりましょう

▼ です今時~ (2, 0.0%)

1 の代用安絵具, の百姓

▼ です今月~ (2, 0.0%)

1 のお礼, の狂言

▼ です以前~ (2, 0.0%)

1 の彼女, も以下

▼ です~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, のよわい

▼ です何だ~ (2, 0.0%)

1 つて日本銀行総裁といふ, つて貴方こんな大きな

▼ です何で~ (2, 0.0%)

1 先生を, 此様贅沢が

▼ です何とも~ (2, 0.0%)

2 言へ

▼ です何もかも~ (2, 0.0%)

1 が進歩, 駄目です

▼ です何日~ (2, 0.0%)

1 でもち, においで

▼ です何時~ (2, 0.0%)

1 でも宜しい, にどこ

▼ です何時も~ (2, 0.0%)

1 十時頃に, 新らしい

▼ です余り~ (2, 0.0%)

1 な陰口, 月並で

▼ です佳い~ (2, 0.0%)

1 景色です, 詩だ

▼ です個人~ (2, 0.0%)

1 の権利, は個人

▼ です借金~ (2, 0.0%)

1 と云, の高

▼ です偉い~ (2, 0.0%)

1 でしょう署長さん, でせう

▼ です僕たち~ (2, 0.0%)

1 はこれから, は一般に

▼ です僕等~ (2, 0.0%)

1 と一緒, はこれ

▼ です元気~ (2, 0.0%)

1 になっ, はいい

▼ です~ (2, 0.0%)

1 が夜業, の菊次郎

▼ です~ (2, 0.0%)

1 のお客様, は

▼ です先ず~ (2, 0.0%)

1 今通っ, 其処を

▼ です先日~ (2, 0.0%)

1 はシャトル, も

▼ です八さん~ (2, 0.0%)

1 の行方, の言う

▼ です其中~ (2, 0.0%)

1 でヘイ此一本, に命

▼ です其所~ (2, 0.0%)

1 から所天, へ不意

▼ です其時~ (2, 0.0%)

1 は累卵, 若し彼

▼ です其頃~ (2, 0.0%)

1 は商売, は石橋雨香

▼ です~ (2, 0.0%)

1 に入, へ内

▼ です~ (2, 0.0%)

1 になる, の長

▼ です~ (2, 0.0%)

2 の鞘

▼ です初枝さん~ (2, 0.0%)

1 の昨今, もそう

▼ です~ (2, 0.0%)

1 刻です, 異教徒諸氏そうでしょう

▼ です剣術~ (2, 0.0%)

1 の先生, より以外

▼ です勉強~ (2, 0.0%)

1 して, の疲れ

▼ です医者~ (2, 0.0%)

1 は槌, を呼ぶ

▼ です十分~ (2, 0.0%)

1 とたたない, になに

▼ です危険~ (2, 0.0%)

1 です, ですから

▼ です却って~ (2, 0.0%)

1 こっち, このほう

▼ です原田さん~ (2, 0.0%)

1 そんなふう, だが

▼ です友人~ (2, 0.0%)

1 としてこれ以上, のハミルトンさん

▼ です友達~ (2, 0.0%)

1 になりましょう, もいる

▼ です古い~ (2, 0.0%)

1 やつは, ビードロ絵には

▼ です~ (2, 0.0%)

1 い加減な, う御座います貴様

▼ です可哀そう~ (2, 0.0%)

1 です, に

▼ です~ (2, 0.0%)

1 の浪人姿, の腕

▼ です吉田~ (2, 0.0%)

1 がどう, はもはや既に

▼ です同様~ (2, 0.0%)

1 に僕たち, の事情

▼ です向こう~ (2, 0.0%)

1 に見える, の林

▼ です向島~ (2, 0.0%)

1 で初めて, へ一枚

▼ です~ (2, 0.0%)

1 お種, すでに来

▼ です~ (2, 0.0%)

1 の大, を投げ出し

▼ です咒語~ (2, 0.0%)

1 に有る, の意味

▼ です唐臼~ (2, 0.0%)

2 を踏む

▼ です喃函館みたい~ (2, 0.0%)

2 な俗界

▼ です喧嘩~ (2, 0.0%)

1 すること, なんて何

▼ です~ (2, 0.0%)

1 で考へた, で金港堂

▼ です国境~ (2, 0.0%)

1 からはもうずうつ, ですか

▼ です堪忍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ です~ (2, 0.0%)

1 さうだ, です

▼ です~ (2, 0.0%)

1 は会話, を放

▼ です大した~ (2, 0.0%)

1 ことは, もんでしょう

▼ です大阪~ (2, 0.0%)

1 の御, の戦

▼ です太い~ (2, 0.0%)

2 奴だ

▼ です奥様~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, が大変

▼ です~ (2, 0.0%)

1 な動機, な顔

▼ です~ (2, 0.0%)

1 です, はここ

▼ です始終~ (2, 0.0%)

2 いろ

▼ です婆さん~ (2, 0.0%)

1 とは貴, は古ぼけた

▼ です~ (2, 0.0%)

1 っても幸福, にやるやらぬ

▼ です~ (2, 0.0%)

1 が止ま, 熊とは

▼ です子供達~ (2, 0.0%)

1 が住ん, にとって如何なる

▼ です学校~ (2, 0.0%)

1 の用, を退学

▼ です安心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ です宝石~ (2, 0.0%)

1 かなん, なども小さい

▼ です実行~ (2, 0.0%)

1 するという, はしませんでした

▼ です家族~ (2, 0.0%)

1 の健康診断, はお

▼ です宿~ (2, 0.0%)

1 は何とか, をとり損ね

▼ です山田~ (2, 0.0%)

1 は既に, は細字

▼ です広い~ (2, 0.0%)

1 世の中に, 世界に

▼ です広島~ (2, 0.0%)

2

▼ です~ (2, 0.0%)

1 いんだ慕, に入った

▼ です当時~ (2, 0.0%)

1 の心理, は実に

▼ です当然~ (2, 0.0%)

2 です

▼ です~ (2, 0.0%)

1 と作用, のいい

▼ です彼処~ (2, 0.0%)

1 に居る, に此

▼ です彼奴~ (2, 0.0%)

1 の家, は最初

▼ です彼方~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ です後で~ (2, 0.0%)

1 気が, 聞くと

▼ です後生~ (2, 0.0%)

1 です, ですから

▼ です忙しい~ (2, 0.0%)

1 ですか, 用の

▼ です恋愛~ (2, 0.0%)

1 と関係, についての御

▼ です恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 因果を, 陥穽な

▼ です~ (2, 0.0%)

1 がつまっ, をきらした

▼ です悪く~ (2, 0.0%)

1 ないで, 思わないで

▼ です悪魔~ (2, 0.0%)

1 が私, でございますその

▼ です悲鳴~ (2, 0.0%)

1 と罵りわめく, も及ばず

▼ です~ (2, 0.0%)

1 いことは, くない

▼ です愉快~ (2, 0.0%)

2 じゃありません

▼ です愚か~ (2, 0.0%)

1 なこと, なやつ

▼ です我輩~ (2, 0.0%)

1 の指, はクローヂヤス

▼ です或は~ (2, 0.0%)

1 出版しなかった, 昔し

▼ です教会~ (2, 0.0%)

1 の皆様, の言

▼ です教育~ (2, 0.0%)

1 に音楽, もフランス人

▼ です文章~ (2, 0.0%)

1 で嚇し, を書く

▼ です新しい~ (2, 0.0%)

1 の, 思想を

▼ です新た~ (2, 0.0%)

1 なる征服者, に出資

▼ です~ (2, 0.0%)

1 のお客さん, の絵かき

▼ です日本一~ (2, 0.0%)

1 ですよ, のき

▼ です日蓮~ (2, 0.0%)

1 が朝廷貴紳, にもったいらしい

▼ です旨く~ (2, 0.0%)

2 行きましたかと

▼ です早い~ (2, 0.0%)

1 でせう, 夏のは

▼ です~ (2, 0.0%)

1 に住む, は見えず

▼ です昨晩~ (2, 0.0%)

1 からこう, なんぞはごらん

▼ です智者哲人~ (2, 0.0%)

1 もしくは思想家, 若しくは思想家

▼ です暖かい~ (2, 0.0%)

2 内に

▼ です暫く~ (2, 0.0%)

1 はかう, 来なかったが

▼ です曹邱~ (2, 0.0%)

1 が季布, です

▼ です最初~ (2, 0.0%)

1 で言明, にその

▼ です最後~ (2, 0.0%)

1 に赤い, まで信念

▼ です月給~ (2, 0.0%)

1 がふっとぶ, をもらっ

▼ です有難い~ (2, 0.0%)

1 ことに, 事に

▼ です未練~ (2, 0.0%)

1 です今さら, も残さず

▼ です本署~ (2, 0.0%)

1 へ御, へ電話

▼ です東洋~ (2, 0.0%)

1 の人, の方々

▼ です松原~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ です梅子さん~ (2, 0.0%)

1 の結婚談, も御

▼ です極々~ (2, 0.0%)

1 下等の, 度の

▼ です~ (2, 0.0%)

1 の世, は口許

▼ です次に~ (2, 0.0%)

1 は額, 暗い影

▼ です此人~ (2, 0.0%)

1 は本郷春木町, は杉浦氏

▼ です此方~ (2, 0.0%)

1 から短銃, におれ

▼ です此處~ (2, 0.0%)

1 です, ですか

▼ です~ (2, 0.0%)

1 というもの, は暫く

▼ です死骸~ (2, 0.0%)

1 ですか, と為っ

▼ です殿さま~ (2, 0.0%)

1 はどこ, はまだ

▼ です~ (2, 0.0%)

1 でないこの, は知りません

▼ です~ (2, 0.0%)

1 に成れ, をかく

▼ です河合さん~ (2, 0.0%)

1 そう閉じ籠っ, 近頃さっぱりダンス

▼ です法律上~ (2, 0.0%)

1 の罰, 逃れるに

▼ です法然~ (2, 0.0%)

1 と日蓮, は慈愛溢

▼ です~ (2, 0.0%)

1 が出, を拭いた

▼ です深く~ (2, 0.0%)

1 お気にかけ, 気に

▼ です潔く~ (2, 0.0%)

2 お別れ

▼ です澤山~ (2, 0.0%)

2 です

▼ です火事~ (2, 0.0%)

1 です, ですって

▼ です~ (2, 0.0%)

1 の皮切, は

▼ です~ (2, 0.0%)

1 記名投票にでも, 雑作の

▼ です無論~ (2, 0.0%)

1 其等の, 弦之

▼ です父さん~ (2, 0.0%)

1 の如き, はそれ

▼ です~ (2, 0.0%)

1 が分らない, を言っ

▼ です特に~ (2, 0.0%)

1 イラン語の, 先生に

▼ です~ (2, 0.0%)

1 です今, の害

▼ です~ (2, 0.0%)

1 狒は, 狒や

▼ です玉子~ (2, 0.0%)

1 もトリ, をゆで

▼ です珈琲~ (2, 0.0%)

1 は水, を一杯

▼ です現在~ (2, 0.0%)

1 ではこの, もうそうな

▼ です生意気~ (2, 0.0%)

1 だと, です行過ぎて

▼ です町内~ (2, 0.0%)

1 のお, の同勢

▼ です疲れ~ (2, 0.0%)

2 果てた足

▼ です病気~ (2, 0.0%)

1 しなかった頃, は老年

▼ です痛み~ (2, 0.0%)

1 さえなくなれ, はなさいません

▼ です~ (2, 0.0%)

1 にさ, に触った

▼ です白樺~ (2, 0.0%)

2 の皮

▼ です皆さん私~ (2, 0.0%)

1 が今, の村

▼ です目下~ (2, 0.0%)

1 のところ, は人手

▼ です目明き~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ です直ぐ~ (2, 0.0%)

1 お願, 私行っ

▼ です~ (2, 0.0%)

1 変らずやって, 変らず御

▼ です真に~ (2, 0.0%)

1 一大工の, 愛想を

▼ です真犯人~ (2, 0.0%)

1 はと言いだす, はもっと

▼ です真白~ (2, 0.0%)

1 な十七人, の真白

▼ です着物~ (2, 0.0%)

1 は十枚, をください

▼ です確か~ (2, 0.0%)

1 に人間, に英雄

▼ です秀吉~ (2, 0.0%)

2 の受売り

▼ です私ども~ (2, 0.0%)

1 のお金, はあなた

▼ です私一人~ (2, 0.0%)

1 ですから, 其の声

▼ です~ (2, 0.0%)

1 になっ, の夜長

▼ です秘書~ (2, 0.0%)

1 として助手, のかた

▼ です突然~ (2, 0.0%)

1 人の, 伺ひまして

▼ です~ (2, 0.0%)

1 のカーテン, の外

▼ です笑靨~ (2, 0.0%)

1 さえ電気針, をなくし

▼ です~ (2, 0.0%)

1 といま, と言っ

▼ です簡単~ (2, 0.0%)

1 に荒筋, に許されましょう

▼ です米友~ (2, 0.0%)

1 として皮, の頭

▼ です系統~ (2, 0.0%)

1 のもの, の語

▼ です素人~ (2, 0.0%)

1 の時分, は気

▼ です素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 市です, 建物でしょう

▼ です紳士~ (2, 0.0%)

1 のため, の心

▼ です結局~ (2, 0.0%)

1 は世界, 大きさ

▼ です総て~ (2, 0.0%)

1 のいい, の見方

▼ です縁起~ (2, 0.0%)

1 でもない, を祝っ

▼ です~ (2, 0.0%)

1 はあの, もない

▼ です美しい~ (2, 0.0%)

1 アルダナ, 夫人が

▼ です~ (2, 0.0%)

1 では聞えぬ, にとまった

▼ です職業~ (2, 0.0%)

1 でほんのちょっとした, などは捨て

▼ です~ (2, 0.0%)

2 つてるの

▼ です~ (2, 0.0%)

1 に腹, はあなた

▼ です~ (2, 0.0%)

1 にも毛布, をつい

▼ です自動車~ (2, 0.0%)

1 の頭灯, もいや

▼ です自殺~ (2, 0.0%)

1 なんて事, を

▼ です自然~ (2, 0.0%)

1 にその, の和み

▼ です良い~ (2, 0.0%)

1 もんの, 男の

▼ です色彩~ (2, 0.0%)

1 の種別, の記憶

▼ です花川戸~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ です芸術~ (2, 0.0%)

1 と科学, に対する大きな

▼ です落着~ (2, 0.0%)

1 いて, くでしょう

▼ です蒸気~ (2, 0.0%)

1 が発明, が走り

▼ です~ (2, 0.0%)

1 です虫, になりました

▼ です~ (2, 0.0%)

1 です三疋, です蛇

▼ です~ (2, 0.0%)

1 をさ, を縫っ

▼ です西洋~ (2, 0.0%)

1 の人, の文明開化

▼ です要するに~ (2, 0.0%)

1 力の, 新詩社一派

▼ です覚悟~ (2, 0.0%)

2 はし

▼ です~ (2, 0.0%)

1 の権力, 兄弟に

▼ です親分それ~ (2, 0.0%)

2

▼ です親切~ (2, 0.0%)

1 で気前, な人々

▼ です~ (2, 0.0%)

1 あない, のわかった

▼ です評判~ (2, 0.0%)

1 は, はいい

▼ です諸君~ (2, 0.0%)

1 ご異議, は彼

▼ です負傷者~ (2, 0.0%)

2 でもある

▼ です~ (2, 0.0%)

1 です, の方

▼ です超大~ (2, 0.0%)

1 巨人によって, 巨人の

▼ です身体~ (2, 0.0%)

1 でもわるい, もわるし

▼ です軍兵~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ です農場~ (2, 0.0%)

2 の仕事

▼ です近い~ (2, 0.0%)

1 ところに, ところにゃ

▼ です近頃~ (2, 0.0%)

1 は, 世間を

▼ です~ (2, 0.0%)

1 です運, といふより

▼ です遠い~ (2, 0.0%)

1 のです, んです

▼ です遠慮~ (2, 0.0%)

2 はいらない

▼ です選挙~ (2, 0.0%)

1 がすんだら, などの時分

▼ です遺恨~ (2, 0.0%)

1 とせね, に相違

▼ です重い~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ です~ (2, 0.0%)

1 で思案, のこと

▼ です金蔵~ (2, 0.0%)

1 がこうして, の奴

▼ です~ (2, 0.0%)

1 の檻, を掘り出し

▼ です錢形~ (2, 0.0%)

1 の親分, の親分さん

▼ です鎧櫃~ (2, 0.0%)

1 の中, の蓋

▼ です~ (2, 0.0%)

1 の音, も何

▼ です~ (2, 0.0%)

1 は近い, を隔てる

▼ です~ (2, 0.0%)

1 でなければ, の飛行

▼ です青山君君~ (2, 0.0%)

1 も役不足, も新

▼ です青魚~ (2, 0.0%)

2 といっしょ

▼ です~ (2, 0.0%)

2 にふり注ぐ

▼ です顔色~ (2, 0.0%)

1 も悪い, も真赤

▼ です~ (2, 0.0%)

1 がです, の手綱

▼ です馬券~ (2, 0.0%)

2 はと人

▼ です~ (2, 0.0%)

1 です, の一千二百三十四番

▼ です黒い~ (2, 0.0%)

1 幌の, 影は

▼1* [2778件]

です□□□□□□□□□□□□□、もしお, ですあいつらは, ですあいつ等にもいずれきっと, ですあくまで自分の, ですあすこの方, ですあたいが山, ですあたしたちはお, ですあたらしく眼を, ですあっしはお, ですあっちへ行っ, ですあっちこっち歩いて, ですあつしは氣, ですあながちに悪, ですあなたたちがゆく, ですあなたみたいに反響, ですあなた様などの御, ですあにきなら一, ですあばた将軍とすぐ, ですあべこべになっちゃった, ですあら変だ, ですありがとう私です, ですあれごらんなさい心中者, ですあんたがたにはわかっ, ですあんなに寝ちゃ, ですあゝ有難うございます有難う, ですらしたら私, ですいいえ弁信さんの, ですいいかげんにかんがえた, ですいかんとなれ, ですいきなりですよ, ですいくら土や日あたり, ですいく通りも本, ですいさくさ, ですいずれ次郎さんには, ですいちいちひとに, ですいちどに両方から, ですいちど三谷氏を訪ね, ですいっさいをざんげ, ですいつかお願いしました脚本, ですいつか自動車が顛覆, ですいつごろ就任ですか, ですいつぞや目録欲しい, ですいつもいつも編物ばかり, ですいともうれしい事, ですいまあれほど気, ですいまだに不思議に, ですいま共食いの話, ですいま四阿のところ, ですいま殿様は船, ですいま私の住まつ, ですいやしくも飲もうと, ですいや実はその, ですいらっしゃい私一人ですから, ですいろんな人が, ですいわば苦しまぎれです, ですいわゆる大陸文学という, ですうたそのもののまじり, ですうちのはあの, ですうちの人です, ですうるさくたって, ですうるさくってしょうが, ですえいまアお前さん, ですええおしのさんは, ですえお珊さんが, ですえと羽を, ですおいらんを五本, ですおおかた部屋が, ですおしゃべりさんが王妃, ですおじいさんもう一杯, ですおじさんそれではあんまり, ですおじさん与八さんにはわたくし, ですおじさん人様から頼まれ, ですおせっかいなこと, ですおとなしい正直な, ですおばあさま, ですおばさん元金が利息, ですおふくろばかり, ですおむつがあの, ですおもしろいでしょう, ですおやじ様漆桶の考え, ですお上さんもう一人誰, ですお代さんと下女, ですお伴します, ですお前さんそこへわたし, ですお前さん人の家, ですお前のでなければ, ですお天道様はムダ, ですお婆さん寸分違わねえ同, ですお嬢さん恥かしいとは, ですお客は, ですお寺の鐘, ですお年よりがい, ですお正月に十二月号, ですお母さん私を二本差, ですお母様が呼ん, ですお父さんひとつ須藤さんの喉, ですお礼はいくらでも, ですお祖母さん恭一がああ, ですお腰を揉む, ですお許し下さいませ, ですお詫びもしたい, ですお話はゆ, ですお転婆でございましょう, ですお迎えの駕, ですお雪さんが足立屋, ですお雪ちゃんの故郷, ですお願いお願いでございます訴人, ですかいという挨拶で, ですかいとはまたなんて, ですかいはッは, ですかいへエ三年越しの, ですかかあさま, ですかからすさん, ですかが単に世話, ですかく申す, ですかしらと訊いた, ですかしらん僕も, ですかずつとおひとり, ですかたくて, ですかたじけない贈物です, ですかつて頻りに聞きますの, ですかでお受け, ですかでは可厭, ですかといったです, ですかとだけで切れて, ですかとに角紫色の, ですかとのお答, ですかなぞと知らぬが, ですかなど情無い, ですかなどとは尋ね難く, ですかなりのもの, ですかねえもないもん, ですかねというような, ですかねといふ嘲りの, ですかねエへエ, ですかねー章魚を, ですかよねちょっと聞こえねえ, ですからからだが, ですからがつかりなさいましたの, ですからさう兄弟, ですからずつと楽になる, ですからぞッと, ですからだも顔, ですからととおして呉れなきゃ, ですからなどといふ心持でない, ですからなんてッた, ですからにはいいです, ですからねとかいいと, ですからねとまで言った, ですからねへツへ, ですからはづみをくらつてあぶなく, ですからははあロケット爆弾, ですからほどのいい燗, ですからわざとにそないいうてやりましてん, ですからをかしな, ですからナ左様なら, ですかりにですよ, ですかわいいねこでしょう, ですかんない, ですかナ酒を, ですがかどを曲がった近道伝い, ですがかへって讀む人, ですがが賊の, ですがけふは, ですがとか何とかちよ, ですがとは言えあの, ですがなど車掌は, ですがにィ, ですがねえと私の, ですがねへいまぐれもの, ですがねやにわとまた変, ですがねェ先生は, ですがもくじを, ですがよウ此の間やつと, ですがネともいい足した, ですきくだけです, ですきっと本当にそういうききめ, ですきのうあらまししらべたところ, ですきまりの悪い, ですきょう歯医者が手間どっ, ですびじろには誰も, ですぐそれとわかるみかどの模糊たる影, ですぐつかまつて今は又, ですぐにけりをつけてしまうけれども食物を浪費, ですぐによろこんだり絶望して, ですぐよびにやったんですが松井博士は日曜, ですぐらいだったら私, ですぐらいは聞いて, ですけがは重い, ですけっこうです, ですけっして非難じゃ, ですけどとつても, ですけどとはなんだい妙な, ですけどなんぞそんな気エ, ですけどなんて言っちゃ, ですけどねえ私も, ですけれどさうして, ですけれどなア, ですけれどもと一人が, ですけれどもとてみずむがなかつたら, ですけれどもなあとにかく全く私, ですけれどもねえ内海だからといって, ですけれどよつ程, ですけんなア, ですけんで是非敵ば, ですよい一夜, ですこうしたほのぼのと, ですこうずらりっと肴, ですことここで見, ですことしはうち, ですことばではいっ, ですこと何んか私, ですこと叔父さんによく, ですこと本統に可愛い, ですこと清さんも海, ですこの世はまだまだ, ですこほろぎはそれ, ですこら女, ですこれからどうしようという, ですこれしきのこと, ですこれぢや余り, ですこれどころじゃありません, ですこれらは人間業, ですこれわたしが五年生, ですこれ如何ですと, ですこわいろだけ, ですこんなふうにね, ですこんな大きな墓を, ですごく古代めいた, ですご免なさりませ, ですご存じのよう, ですさいぜん摘み取って, ですさいわいここから, ですさかいに大まけ, ですさきほどそんな相談, ですさささあ取つ, ですさっさとふれば, ですさっそく画稿に, ですさとうナシですしね, ですさびしくないこと, ですさむらいという, ですさようです, ですさる集りの, ですざっと見積っても, ですざつくばらんにご相談しようぢ, ですざまあみやがれ, ですしたがって自分以外に, ですしつこいようです, ですしといって, ですしょうがなかったもの, ですじかに召上っ, ですじきまた帰っ, ですじゃあちょっと飯, ですじゃまた晩にでも, ですすかさず一首の, ですすっきりした白痴, ですすっと消え際, ですすべっこい大理石の, ですすべてお家のため, ですすみませんがちょっと, ですずいぶん椿油と, ですずつと廻つてここへ, ですずばりと思い, ですずーっとこのまま子供達, ですせいけつがなに, ですせいせいしたで, ですせめてそれだけ聞かして, ですぜといった言葉に, ですぜなどと喰は, ですぜのほんとうに, ですぜへッ, ですそうそうすげない素振り, ですそしたら手紙が, ですそっとお嬢さんに, ですそつちの大變, ですそのある人といふ, ですそのうえそのお嬢さん, ですそのうえずいぶんお世話に, ですそのままの上, ですその後手の傷, ですその後選挙がすん, ですその間の事情, ですそりゃあまったくです, ですそれからまた街道で, ですそれきりの人, ですそれではきょう中には, ですそれでもなお事務が, ですそれと何か, ですそれとも夜通し寝なかった, ですそれほど嬉しがっ, ですそれ以上求める必要, ですそれ位ひの, ですそんならいや, ですぞのい, ですたいして気に, ですたいていの罪, ですたくさんの電信柱, ですたくさん仕事があった, ですたしかにそうですお, ですたった今計った時, ですたまにはこっち, ですたまにそれ以上を, ですだからだからその人, ですだけど貧乏人が, ですだめです, ですだんな腹の底, ですちかごろ君側の, ですちっと上って, ですちやうど其時, ですちやんと三十三名, ですちょと好い, ですちよつと見物, ですちよいとまあ, ですちようど病後だとは, ですっきりもし, ですってと云ったその, ですってとさえ云ったの, ですってねえ私が, ですってねえって久能徳の, ですってねと娘の, ですってのにあの半鐘, ですってば異人さん, ですってをれを, ですっとぬぐわせつつ, ですついてはもっとよく調べた, ですつくづくそうわかりました猛獣毒蛇, ですつた紙入の中, ですつた金がいまこ, ですつてお父さんも大抵, ですつて佗しい話, ですつまらない歌反古な, ですつまり一方だけに恋愛, ですつまり道を悟る, ですつまるところはね, ですつよくたのしく不屈に, ですつるさんの評論集, ですつるつるのつるつる, ですてとそのお婆さん, ですては起ち上って, ですですがね天下, ですですけれど此処では, ですでたらめとは言い, ですでなければ歴史です, ですとある教師が, ですといともアッサリ, ですとうしろから吃り, ですときにはたまらないくらいに, ですとくべつに好き, ですとさえ云えば, ですとっくりお目, ですとて最うソレ, ですとてもよくやる, ですとにかく困りました, ですとにかくもう一度二階へ, ですとね兄弟なんかは, ですとねね十滴ずつ, ですとのといふやうな, ですともさ何も, ですとよはゆたかという, ですとネ御尤様, ですッか, ですどうか夜もすがらでも, ですどうぞもう一度だけ助け, ですどこぞにいる, ですどだいあなたは, ですどの病気にも, ですどれ僕にも読ませ, ですどんどん連れて, ですなあってなあの笑わない, ですなあとの言葉に, ですなければよ, ですなさけ用捨もなく, ですなぜなら僕は, ですなって云ったん, ですなつ子さんは二十四, ですなとのことです, ですなどといふアコギな, ですなどとはいうわけ, ですななどという声が, ですなにがしとかいう高家, ですなにしろね鶫, ですなほにやつ, ですなまじ薄髯, ですなめらかだったの, ですなるべく淡くサラサラ, ですなんだかいやな, ですなんだか少し夢を, ですなんにもないん, ですなァお身体, ですにぎやかですねえ, ですにもかかわらず今日, ですねえさんは, ですねって笑うん, ですねといったような, ですねといふ野口の, ですねとでも云って, ですねなど言ふ, ですねなんてのんびり言っ, ですねへエ, ですねも暫く見合, ですねん何でその, ですねんのためつりたての, ですのねって何です, ですのよという風体だった, ですのをぢさま, ですはい私しです私, ですはじめ横にそれから, ですばってん割り箸と引っ, ですぱりすぱり煙草, ですひじょうに残念です, ですひところよりも, ですひとつみなさんで庭, ですひとつ一しょに行っ, ですひどい集注でしょう, ですひょっこり青山さんが, ですひょろひょろ歩いては, ですふうのわるい, ですふうむそれで, ですふたりでやっ, ですふだん一緒に暮し, ですふと忘れて, ですぶつぶつに縄, ですいこの, ですへえ何う, ですべってころころと, ですぺねと訊く, ですぺりと撫でて, ですほらごらんなさい, ですほんとです, ですぼくたちはこの, ですぼくたち四人は少年, ですぼくらはたばこ, ですぽんぽんする絵, です待って, ですまあざっとした通り一ぺん, ですまあちょっと上って, ですましなの, ですまずずっとそのあくる日, ですまたは神秘的に, ですまだまだ取返しの, ですまだよほどありますか, ですまちがつて, ですまわりの上り道, ですまァ默つて聞き, ですみつともない, ですみんな嘘っ八, ですみんな家の者同様, ですみんな殿さまが好き, ですむあてがついていたにもかかわらずいっそナターリヤ・ヴァシーリエヴナ, ですむかしといつ, ですむかしらんといろいろ, ですむかし支那に顔回, ですむしもちろん僕, ですむしハイヤーで飛ばせ, ですむし春子のこと, ですむし水の中, ですむし電化をすれ, ですむじゃろうがこのわし, ですむということはぜったいになかったのみならず急な坂, ですむならあんなひと帰って, ですむのぢやないかとも思はれます, ですむのではないかといふやうな氣がし, ですむのはまだいいが相手によっては二度三度, ですむほどな作品でも書けたら, ですむものがあつて初演の時の, ですむようにしたい心だった, ですむようにとおもっている日本のすべて, ですむようにむやみに髯を伸ばし, ですむろんのこと, ですもういいかげんでよし, ですもういくらか肌寒くなった, ですもうすぐ寝ます, ですもうそろそろ英仏を, ですもうそんなには, ですもうどうして良いかと, ですもう少しゆっくり読みましょうか, ですもしかすると, ですもしそうして, ですもじゃもじゃどころなもん, ですもっともまああの方, ですもつとも近頃は, ですもとの仕, ですもともとあいつも, ですもとよりすべての, ですものあいつはずいぶん, ですものあたいがいなくなったら, ですものあたりで, ですものあっちの隅, ですものあとはなに, ですものあべこべに私達, ですものあれ位のこと, ですものあんたたちの考える, ですものいっしょに行っ, ですものいまのお, ですものうたを聞い, ですものうちは物, ですものうつかり二人, ですものおじさまがそんなに, ですものお世話も何, ですものお前さんどんな間違, ですものお嬢さんの逆立ち, ですものお嬢様は別段, ですものお守りから何, ですものお母さんが, ですものお気には入らないでしょう, ですものお父さんばツ, ですものお話にならない, ですものお金をつかひ果したら, ですものきょうはどうか, ですものこちらから御, ですものことし位はのんびり, ですものこの間逢ふ前, ですものこれくらゐ身, ですものこれぢゃあ誰だってできる, ですものこれ荵摺ですよ, ですものころびばてれんの娘ですもの, ですものご免だなんて, ですものしようがないわ, ですものそこへ三つ, ですものそつと人殺し, ですものそりや梅子さん, ですものそれ以外に仕事, ですものぢきに, ですものつる一本だって持ちあげる, ですものねえさんがぬけたら, ですものはじめからその, ですものひと月たったらいらっしてね, ですものびっくりして, ですものびつくりするぢ, ですものへたなこと, ですものほのかにでもお話し, ですものむやみな叱言, ですものゆみちゃん何を言ってん, ですものりっぱな娘, ですものわたくしみんな知つて居るの, ですものわたし何んと言っ, ですものわら人形に針, ですものイトコ同志なんて問題, ですものウ私よつ, ですものタダゴトじゃア, ですものニコチン中毒ぐらいは訳, ですものネエこれ貴方の, ですものネー春の御, ですものハハハハハ大いそ, ですものハムレットに責任, ですものバーッてそんな, ですものホヽヽヽヽということ, ですものボクにはなん, ですものマヽが決して, ですものロヴィーサだってよく, ですもの一と目, ですもの一しょに住めるなら, ですもの一ヶ月働いて, ですもの一月と思った, ですもの一様には往きません, ですもの一部屋へ三人, ですもの三ツばかりの児, ですもの下が, ですもの下界の花, ですもの不思議なほど, ですもの両方とも, ですもの丸ビルの歯医者さん, ですもの主人はそんな, ですもの二三日は休み, ですもの二度や三度, ですもの五左衞門を殺す, ですもの人間の働盛, ですもの今朝だってあなた, ですもの他の人, ですもの仲違い位はあります, ですもの伯父さんを殺す, ですもの住所も判らない, ですもの体を大事, ですもの体裁が悪い, ですもの何うして白髪, ですもの何人だつて狂人, ですもの何千何万という大勢, ですもの何方だって, ですもの余所へ心, ですもの僕驚いちゃったや, ですもの儂は名札, ですもの元気でなくちや, ですもの兄さんがお, ですもの先生ほんとに困ります, ですもの先生一雄はきっと, ですもの八千円なら安い, ですもの其で斯, ですもの其ヤ女の身, ですもの其処には充分, ですもの其處から持出した, ですもの内にどんな, ですもの内側からでも外側, ですもの冬の真っ盛り, ですもの前から合圖, ですもの加之に目方, ですもの助かりつこ, ですもの勘平さんだって間違いっこありません, ですもの勘辨して, ですもの危いわ, ですもの原因はみんな私, ですもの厭だろうじゃ, ですもの去年の暮, ですもの叔父の圧制, ですもの可哀そうですよ, ですもの可哀想じゃない, ですもの吃驚したろう, ですもの名刺があるだろう見せ, ですもの唯の怖い, ですもの因果ね, ですもの図書館位行きますよ, ですもの土地の人, ですもの地面をはふ, ですもの坊さんだけでも五人, ですもの坊ちゃんにちっとも, ですもの坊やが起きる, ですもの夏の真昼, ですもの夕方私が締めた, ですもの多勢からヤイヤイ言, ですもの夜カーテンを閉め忘れた, ですもの大将さんが同情, ですもの大臣だって大将, ですもの大野田の殿樣, ですもの太鼓判おして保証, ですもの夫婦は遠く, ですもの奥さんのお, ですもの娘の理想, ですもの嫁入り前に極, ですもの子供なン, ですもの定見とか何とか, ですもの宮内さんにはこ, ですもの家中の者, ですもの容易に自殺, ですもの富山のかみさんたち, ですもの小田刑事がいまさら, ですもの小豆洗ともいう, ですもの少いめではある, ですもの属官が皆, ですもの島の役人, ですもの川の瀬, ですもの差向いてきい, ですもの巴里の兄さん, ですもの幸内にくれ, ですもの幾人もあったでしょう, ですもの幾度も大きく, ですもの座敷の中, ですもの庭まで来た, ですもの当り前だわ, ですもの当分ここに遊ん, ですもの形も態, ですもの御免なさいよ, ですもの心配すること, ですもの怠惰者を愉快, ですもの恩人でなくッ, ですもの惡い筈, ですもの意味という点, ですもの愛吉おばさんはそりゃ, ですもの感謝こそすれ, ですもの慾得づくでお世話, ですもの懐手でぬッ, ですもの我々がお嬢様, ですもの手数だなどという, ですもの折さえありゃ, ですもの拔け出す, ですもの掌から, ですもの提灯は持たない, ですもの敏行さんも賢ちゃん, ですもの旦那は覚悟, ですもの明日早く起き, ですもの昨日は私, ですもの時々刻々の親, ですもの朝遅くまで, ですもの木村にどんな, ですもの未来をもつた, ですもの本質的にね, ですもの札つきの不良, ですもの松島さん見たいな, ですもの根本的でないの, ですもの様子なんぞに介意, ですもの此上は私, ですもの此頃中の私, ですもの歸つて來ないの, ですもの殿方はあて, ですもの母さんつたら直ぐ, ですもの気ちがいがどんな, ですもの気まぐれにも程, ですもの気持をくさらせ, ですもの気質がよく, ですもの氣になつて, ですもの水だつて大, ですもの永久に牢剛, ですもの沢庵さんと来たひ, ですもの深山さんと間, ですもの清さまどうしてこの, ですもの清ちゃんこんどの午, ですもの湯疲れがした, ですもの溝泥も血, ですもの漁夫としてこれ, ですもの照吉さんは芸者, ですもの父さんは暖簾, ですもの爺穢くなる, ですもの犯人さえ来, ですもの王の権力, ですもの生やさしい苦労, ですもの當人は誰, ですもの痴にしてる, ですもの白痴でも当然, ですもの皆其様な薄情, ですもの相手の男, ですもの眞似ようたつて, ですもの眼の前, ですもの着換えるの, ですもの矢張り虫の知らせ, ですもの確に私, ですもの確かに, ですもの私きまりが悪い, ですもの私たちだけじゃ行かれ, ですもの私ゆつくり考えて, ですもの私一人の力, ですもの私厭になつ, ですもの私耻づかしくて, ですもの素直に斬られもしましょう, ですもの縁は切れ, ですもの耳を塞い, ですもの自分は年, ですもの自動車の一つ, ですもの自由自在の術, ですもの與茂吉さんだつて, ですもの舞台どころですか, ですもの色は照ります, ですもの色文なんか人, ですもの芸妓に意気地, ですもの苦労してる気持ち, ですもの装束は皆んな主人, ですもの裏山の方, ですもの貴君とご, ですもの貴女からもそう, ですもの足で障子, ですもの路は悪し, ですもの身体中ぞくぞくして, ですもの身請をし, ですもの道理のある, ですもの遠慮なしに, ですもの遺言同様の願い, ですもの都合のいい, ですもの酒屋へなんぞお, ですもの長男だけがソツクリ相続, ですもの間違いなんかありません, ですもの間違つて落ちたと, ですもの陳宮がどうして, ですもの隨分諸方からお話, ですもの電車にのっ, ですもの霞をのん, ですもの頸飾だの時計, ですもの顏なんか見られやしません, ですもの風がなく, ですもの風向き一転するや, ですもの風景の好き, ですもの飛でもない, ですもの駄目だったのよ, ですもの鬼のやう, ですもの鼓ばかりで, ですもみぢを御, ですももを灼いてる, ですやすつぽい, ですやつはなんて肥っ, ですやつぱりうそじや, ですやんちゃな若様, ですゆえいつかお読み, ですゆえたいがいのところ, ですゆき子です, ですゆずをとった, ですよしんば穴の, ですよといった自慢は, ですよとでも云いたげに, ですよなど物語る, ですよなどとでも言うもの, ですよなんて云って, ですよねえ体も, ですよねエそうな, ですよははい, ですよははははとおかしくも, ですよもやよその, ですよよーっく覚えるん, ですよろしいか, ですれいの茶壺, ですろうと云う, ですろくでなしめが, ですわが家の系図, ですわきの枝, ですわけが, ですわざわざ天井に, ですわしらはこの, ですわたしたちがここ, ですわたし妙子です, ですわでも見られると, ですわという意味だった, ですわねエ其様した, ですわよと言って, ですわれとわが, ですわヨホッホッホ, ですんでよござんした, ですアアどうしよう, ですアイヌ達よお前達, ですアクを取っ, ですアナタは其半数, ですアノ御方の槍, ですアノ日影色の着物, ですアルセーヌ・ルパンです, ですアルバトロスもいます, ですアルブュフェクス侯爵です, ですアレを読ん, ですアレクセイ・イヴァーノヴィチさんあなたとの御, ですアレクセイ・イヴァーノヴィチそれよか何, ですアレサンドロですが, ですア夜も碌, ですイギリスかアメリカあたり, ですイタリーのですから, ですイバンスさんあなたもどうか, ですイヤ失礼しました, ですイヤ是は話, ですイヤ智恵子ばかりじゃない, ですイワノフです, ですウ現行犯で立小便位, です何故親友, ですエアさんこんなに何時, ですエクゾチシズム以上のロマンス, ですエッゲです, ですエドワァドさまは, ですエライ男ですと, ですオウドゥウはああ, ですオリザニンもちゃんとよく, ですオリジナリテもクソ, ですオルガさんこんどの支那, ですカフェーの女, ですカンニングで試験, ですカンヤヒャウ問題もいよいよ, ですガサガサと荒く, ですガラあきです, ですガラス戸をあける, ですガーラターです, ですキチンと着席, ですキリスト教なん, ですキリスト様は妾, ですクリスチャンだから, ですケズレーの料理, ですケニなかなか人物, ですケレドモあなたはご, ですケンの小, ですココアです, ですコレは最う, ですゴルドン君ドノバン君みんなきいて, ですと君子, ですサア之を取りたい, ですサア何うか, ですサア此の様, ですサカナという字, ですサクラ号が海, ですサヤ立てるの, ですサービスといっ, ですシベリア鉄道から私, ですジエィンあなたの愛, ですジッとして煙草, ですスチューです, ですスティヴンはついに, ですスノウによれ, ですスノコをでも, ですスルとあれ, ですスーッと楽, ですズット大きな目, ですズット奥へお, ですセルゲイです, ですセルベン号の船長, ですゼ日清戦争とは少, ですソバ組合のキヤク, ですソレ奇妙でしょう二本, ですソヴェトの指導的任務, ですソーンダイクさん詳しいでしょう, ですと辺り, ですタレーランなんか, ですダイヤモンドほど高価, ですダンです, ですチベット最上等の羊毛, ですチャペックのあの, ですチョッキのかくし, ですチョビ安を, ですチヨツトむづかしい注文ですがね, ですツとつツ立つた, ですツ矢張りお玉が殺され, ですテーブルの上, ですトキ子さんに三人, ですトラックが抵当, ですトロッコの土, ですドコの国, ですドルフュスのときブルージェ, ですドロ棒も二度, ですナア今喞筒, ですナア一年ばかりも居たら帰る, ですナア蟾蜍は, ですナオミさんに鎌倉行き, ですナニ未だ逃げ, ですナニ秀子が無事, ですナニ私とし, ですニコルさんとやら何とか, ですネエあれからもうざっと, ですネエそりゃあおどろくほど, ですネエほんとうに背中, ですネエ仲がよく, ですネエ娘の様, ですネエ学校がいそがしかっ, ですネエ寝坊したんで, ですネネは大勢, ですネーお前さん何をそんなにぼんやり, ですネーよそへ行, ですネー今もよっぽど, ですネー柿がそりゃあ, ですネー母親さん他人の収入, ですハイ全く皆様, ですハイラルには朝十時頃, ですハイ確に支那人, ですハイ貴女が茲, ですハッキリおぼえて, ですハーモニカの伴奏, ですバスの通り, ですバラツクの大藏省復興局, ですパリの真中, ですヒヤカシじゃありません, ですビジテリアン月報の主筆, ですビーディーバッジのききめ, ですフト鉦叩きがないてる, ですフロオマンさんてんでお話, ですプラットフォームの上, ですプラトン・アレクセエヰツチユさん最近の通信, ですプランという, ですプルターク先生はそこ, ですヘッドライトが明, ですベスが家, ですベッドを四畳半, ですベーカーさん有難うダイヤ, ですペーテル一族の者, ですホラね, ですホンの手ほどき, ですホントは皆さん, ですホームズさんふいに, ですボートルレです, ですボールへいった, ですポオロと共に僕, ですマグノリアの木, ですマサ子も可哀想, ですマジョリカの焼物, ですマッキンレーは, ですママの知らぬ, ですマリアが今日, ですマリーテレーズ別荘ってん, ですマルセ・モネス事務所へまいろう, ですミシス・ロチスターです, ですミリヤアドもうそんなでいて, ですミーチャは, ですムクが眼, ですモシお登和さん, ですモシ丸部さん貴方は本統, ですモロー彗星もだいぶん, ですモーターをとめる, ですヤツガレ自身が元来, ですヤモウ先刻も横須賀, ですユリの花, です面白うござん, ですヨーロッパもアメリカ, ですラフハエルのマドンナ, ですランプの影, ですリザベタさんけしからんことです憤慨, ですリーズさん秘密な悲しみ, ですルビーはあの, ですレムブラントの芸術的生涯, ですレルモントフも出る, ですレヴェズさんしかし貴方, ですロシア人が来, ですワイ私はもう, ですワネエほんとうに, ですヴィタスなど島田, ですすー, ですーんと一遍もち, ですーイすーイ, です一そう結構ですよ, です一つあなたもお, です一ついっしょに出かけ, です一つオルノーコでも書い, です一つ二つ三つ四つあります, です一つ楽屋へ行つて御覧, です一つ江戸住と改正, です一つ社会を風靡, です一つ融通して, です一ぱいというよう, です一キログラムは鰯, です一キログラム六セントです一キログラム, です一ツも大勢, です一ツ両雄並び立とうでは, です一人若手で実力, です一休みやらかして, です一夜のお, です一層悪いわね, です一年たあいはれませんわし, です一年三百六十五日この工合, です一年前に其志, です一応おいで下さらん, です一方的に, です一日に百句位, です一日どこかで清遊, です一昨夜は紺, です一昨日は雪, です一昨日終会後校舎の周囲, です一時ドウかと気, です一時間ものを書く, です一本は最早, です一梃の駕籠, です一歩海辺へ出る, です一片の肉塊, です一生懸命になります, です一番重くて, です一発だけ撃っ, です一秒でさえも, です一般にその通り, です一般的な動物的, です一角じゃあ, です一言に尽したなら, です一遍逢って, です一遍逢つて御覽, です一部だけでも仕遂げた, です一里半には近い, です一銭のです, です一間位の堀, です一雄が学校, です一體下手人は, です丁度十三の歳, です丁稚の品吉ぢ, です七兵衛親爺はいま, です七十郎はここ, です七四番のよう, です七宝寺の花祭り, です七輪の火, です万一殺されないに, です万事お父様, です万事わたしが引受けました, ですの短い, です三ツ胴に土壇払い, です三ヶ月の地方旅行, です三十二で恋, です三十五年勤続したあげく, です三十兩の小判, です三十六七歳の良人たち, です三号の二番館, です三四郎の仕事, です三島譲と云, です三島讓と云います, です三杯目の水, です三毛が庭, です三河屋がその, です三百代言のこと, ですには上, です上り屋敷の駅, です上下おしなべて飲みます, です上官機関銃をあびせかけ, です上意とはいったい, です上村君この方, です上海にいる, です上策と申す, です下着までこれ, です斷は, です不具の亭主, です不当なる判決, です不浄な人間, です不潔物の始末なんざ人間なみ, です不覚を仕りました, です不道徳なる負債, です与吉の野郎, です世俗的に, です世界の魚, です世間並みの風俗思想, です中傷です, です中学の方, です中段に鉄架, ですつきり書生, です丸善がつい, です丹三郎はそう, です丹頂のお, です働輪の, です主人信玄公の御諚, です主人彦四郎の善根癖, です主従の仲, です久々野の方, です久劫に消えぬ, です久子さんという人, です乍併今日の青年, です乙竹です, です九一度ね, です九歳の年, です乳母や, ですに口, です予防のため出入, です事ネエ部屋でさっきっ, です事実上は問題, です事此方のは頭, です事裸体の美人, です二つも三つ, です二の橋か一本松, です二ツで十四銭, です二三とも借り, です二三分間だと, です二三日前たしかに見た, です二人ともに気, です二人一緒にわし, です二人共非常に美しい, です二十九日三十日と箱根, です二十二年の十月発行, です二十年あまり戯曲を書い, です二十年先ではおそらく, です二度添とは, です二日の間, です二時四十五分ですから, です二時間のうち, です二郎さん僕の予言, です二重の刺戟みたい, です二階にもその, です五つの会社, です五人ですな, です五人六人と雑魚寝, です五円のは, です五分玉としての価値, です五十前後でございます, です五十年輩の分別者, です五十銭奮発して, です五升袋へ詰めた, です五年はたっぷり, です五月の文章世界, です五月雨時の午後四時ごろ, です些少にしろ, です亭主には棄てられ, です人並はずれの我ままもの, です人情がない, です人懐っこい人々です, です人手があれ, です人民は久しい, です人民たちは門, です人的資源と労働力, です人造ゴムの製法, です人造人間です, です人間生活というもの, です人間関係の最深, です人類相愛せよと, です今ここに女性, です今さらそんなこと, です今ひと奮発です, です今われわれが食べた, です今ナオミさんを一番自由, です今マアシュ・エンドにゐ, です今一つ發展しちやア, です今井兼平の塚, です今君がその, です今夜暇だつたら僕, です今夜此の通りアノ室, です今宵のうち, です今度パラオへ行っ, です今後も同様, です今日お話を為る, です今日一人の罪人, です今晩は収穫, です今晩あたり多分帰京, です今私は死ぬ, です今雷の劫, です今頃は如何, です今頃楊枝なぞを銜え込ん, です介抱は私, です仏国革命の血, です仕合せです, です仕様のない, です他人に對, です他愛ないもの, です他日貴方も痴情, です仙台へゆき着くまえ, です仙波です, です仮に眼を, です伊兵衛さんの口ぶり, です伊勢丹もやはり, です伊皿子の仙太郎親方, ですはどこ, です伝八さんは電気, です伝公が血, です伝染の遺伝, です伯楽になっ, です伯父さんをゆるし, です小さい局, です佐世保へ行つて, です体格良女学校は優等, です何と云つたら, です何とか動かないはず, です何事も前世, です何人がそんな, です何代か前, です何十万という人間, です何十代というもの, です何卒御自愛, です何屋ですかね, です何年も何年, です何所に居ました, です何故もっと早く訪ね, です何等の卑劣, です何者ですか, です何遍も何遍, です余所へは遊び, です余程正確なる, です余興の第, です余計な事, です佛門へ入, です作りごとのやう, です作品は, です作家がそこ, です使いをやっ, です例へば悪魔が, ですの事, です依頼者は既に, です俊ちゃんその後眼の方, です俗物ですけれども, です信仰をする, です修業中の行脚, です修治はあなた, です修行が足りない, です俳句方面にもこういう, ですにもありやす, ですは八銭, です倫敦の御, です偉大でさえ, です停車場へ迎え, です健胃剤を蕗の薹, です偽善という, です偽筆の署名, です傍流の中, ですは痛みます, ですな雪, です僅か二千九百圓の, です僕ぁたしかにお父さん, です僕それが聞きたく, です僕のですよ, です元帥彼らにその, です兄さんぼくにやらし, です兄さん大層まア年, です兄さん病人があつ, です兄さん立派でしょ, です充分に, です先々是で厄介, です先づ三百を欠けた, です先ア其の様, です先ア彼の様, です先代の主人, です先入主をいだい, です先刻後の伊勢町, です先方さんのこと, です先日来二百余名の被害民, です先生らには, です先生新選組は小, です先生旅籠生活も御, です先生達困つて, です先生靴の修繕位, です先週の火曜日, です先駆ととなえる, です光ちゃん待って, です兜町の方, です毛や, です全体此の様, です兩替屋下谷組の組頭, です八ヵ月の予定, です八五郎は盃, です八個の電子, です公主は巾, です公園の花, です公開状といふ公衆性, です六月にはたかちゃん, です六秒もかかっ, です六郎左衛門殿が御, です兵馬に他, です其うちで屡々, です其勳章こそは骨, です其奴がお, です其故私は自分, です其理由はいろいろ, です其発明さえ無けりゃ, です其説明は先ず, です其邊でお, です其頃世間に持, です其頃学習院が類焼, です兼吉の言, です内地やニューヨーク, です内村君あなたは, です内部からは何うに, です再び貴方が, です冒険に出掛けません, です写し物は何, です写真ですか, です冤罪です, ですかな手, です出戻りで良い, です出所に紛れ, です出来の具合, です出来ばえは, です出発のとき, です出雲の加賀浦, です出頭しなければ, です分化の径路, です切符を買いましょう, ですあきないだお, です初め御内室を離別, です初物です, です初耳ですもちろん, です判事さんだって僕, です別に居りません, です別項に掲げ, です別項西川生の廃村, です刮目して, です到頭私は, です則天武后を淫乱, です前名は柳園, です前期と後期, です前科ある事, です前線の様子, です前線座見ませんか, です前非を悔い, です剣道で, です劇関係の, です劉璋の家中, です加減が悪い, です加藤へ寄ります, です加藤さんに被, です加藤様に被, です加藤清正の産湯, です加賀山宏子って, です助けに来, です助勢して, です勇ちゃんは学校, です動物でも植物, です動物質か植物質, です勘弁して, です勘当されても, です勘辨して, ですの初めて, です勝手といっ, です勤め口はいくらでも, です勤人なんてもの, です勤王にも幕府, です勿論はっきりは分らない, です鳴さん, です北の方の高山, です北君ま黙つ, です北斎の女, です北海の砂丘, です北輝男です, です匹夫野人の如く, ですは能, です十一月後のでなくては, です十七人でした, です十五分前ですよ, です十人が十人, です十六七の頃, です十六年の十二月九日以来, です十字架はもう, です十年も前, です十時までには床, です十本入り六銭の, です十津川の一戦, です千古に通ずる, です千葉へ電話, です千里も離れ, です午前ならば, です午後の茶, です七先生が, です半幅帯をチョコナン, です南さんと仰しゃる, です南条君その巨根, です南江堂の本, です単なる一本の, です博士殺しの犯人, です博士邸の一番, です印刷所などにやはり, ですい危い, です危く怪しく美しい人, です危ないのは, です危なくなったら私, です危篤だと, ですを生しやす, です原図もこの, です原書は誠に, です原水爆のよう, ですに御, です厳寒に氷, です去年だって同じ, です参考のため, です友さんは憎みはじめたら, です叔母さん近い内帝劇, です取分け既に拘引と, です口外すれば, です口笛を吹く, です口辺に漂う, です古人よりも山水そのもの, です古今独歩の名人, です古本屋に, です古額は案外, です只今一キロばかり行き過ぎました, です只今南京豆のお, です可哀想に, です司令官に向っ, です各国政府の政策, です合せ物は離れ, です合作ですね, です吉岡ですよ, です吉岡書籍店が引受け, です吉野村から移られ, です同志諸君読者諸君に於, です同情があります, です同業の少い商売, です同胞兄弟です僕, です名刺も何, です名器の尊い, です名家の絵, です名誉にも道理, です合つて, です向うが雀, です向山の玉兎庵, です君たちの心配, です君たちヤマ族が見, です君一つやりませんか, です君子です, です君達の居る, です吸入器と並ん, です吹雪です, ですに仕えません, です呉俊陞さんの奥さん, です周りがあの, です味ひたいと願つた禁制, です呵々大笑的, です和子さん僕の新しい, です和尚の力量, です和尚さまそれは嘘, です和尚さん御一緒, です咲枝も丁度, です咲耶さんです, です哀しいことです, です哲学でもなけれ, です哲學でも, です唯一寸の間來, です唯今のお茶, です唱歌なんか歌っ, です商売は蜘蛛, です問題は, です善い人の, です善良そうです, ですべて見なすった, です営養士の資格, です嘘ぢやありません, です囚人の手, です四五十回は続いたらう, です四五年もやれ, です四人ともおし, です四分の一などと変てこ, です四十分ほど前, です四十幾歳の屈強, です四更の頃, です四辺の食卓, です四階へ上れ, です因縁の教え, です図書館でよん, ですより単に, です国分寺とおなじ, です国外へ急, です国家が教会, です国男テクシーになる, です土地っ子ではありません, です土堤を乗り越そう, です土手下に車, です土足でっ, です圧迫ではない, ですの生物キノコ風, です地代と利子, です地図で見れ, です地方の政党幹事, です地獄です一秒, です地球壊滅の日, です地球文明が飛散, ですを下りよう, です坂東には野, です坊ちゃんいよいよ驚いたでしょう, です坊ちやんと遊ん, ですの小さい, です城内の, です埼玉県から来た, です場合に依っ, です場所に合わし, ですのてっぺん, です墳墓の地, です士農は工商, です壮健です, です壮快なもの, です壯健です, です夕陽を一パイ, です外国へ行っ, です外部からも見えない, です多少彼では, です多賀ちゃんと富ちゃん, です夜仕事をする, です夜分は塔, ですを追, です夥しく歯の, です大いに優待した, です大きいお孃さん, です大きな鳴動であり, です大人の方, です大人がたのお, です大佐閣下も餘程前, です大使閣下おわかりです, です大分前ぢ, です大分醉つてゐたといふ, です大分集まつて, です大切なもの, です大勢の前, です大原さんが洋行, です大名の子孫, です大和尚なればこそ, です大変妙だった嫁, です大変毒です私, です大変神経に薬, です大変結構です, です大層面白さ, です大工なんで, です大急ぎで, です大抵お分り, です大方臭い飯, です大昔はこの, です大木を惜しげ, です大村さんは震災当時焼死, です大概のこと, です大正二年の卒業, です大江山を追われた, です大洞の伯父, です大理石の味, です大豆の葉, です大通寺の境内, です大門までお, です天下を取る, です天候はいずれ, です天地の大, です天子様に参る, です天才ですね, です天狗からもらった, です太兵衛に代っ, です太古といわない, です太夫さんから何, です太郎もおそらく, です太郎さん驚いたでしょう, です太陽の黒点, です夫ヘルメルの傍, です夫位の見込, です失敬じゃア, です失礼ぢやありません, ですの軍勢, です奈々ちゃんが池, です奈々ちやんが池, です奥さんこれであの, です奥さん東京にいた, です女優の, です女優デイトリッヒ型とでもいふべきでせう, です女学校出たらつとめながら, です女将さん当りますか, です女房が一人, です女親がそりゃ, です奴らが首, です奴等は姿, です好きだと, です好し又紙入, です如何です甚だ, です如此譯故第三, です妹さんが盗人, です妻籠の方, です姉さんこれが六人め, です姉上が留まる, です姉様の顔, です始めて大連に, です姿は動かない, です威勢が可, です娘たちがいる, です婢達は何, です婦人方がよく, です子供二人とああ, です子孫のため, です学問の方, です学生時代の石橋, ですの家内, です安いもんでしょう, です安く負けて, です安宅さんみたところ, です宗教です, です宗祖樣と仰, です宗舟先生この温泉気分, です官員さまだって人間, ですうが, です宜いと截然有仰つ, です宜しくない, ですのところ, です実にどうもそんな遠い, です実はそれで私も, です実収といえ, です実業家が起っ, です実際あんまりです, です宮本がなにか, です家内だけなれ, です家庭と子供, です家柄ですそれ, ですの両親, です富資が年々増殖, ですかし, ですさで, です寒いどころで, です寓話は即ち, です寛永二年の昔, です寝台もある, です寝坊の親玉, です寝床低いそれだけ, ですに徹底, です寧ろ其心ばせの, です寧ろ大いに自慢し, です審問官やエズイタ思想, です審査員の問題点, です審理委員会がここ, です向ったこの, です対手のひと, です寿平次さん君の意見, です寿江子みたいに気, です寿江子一人留守い, です将来に大きな, です尊敬すべき一人, です山田庄左衛門が, です小乗とは小さい, です小倉組の方, です小坂というところ, です小娘のお松, です小屋はザラ峠, です小山から水戸線, です小店員は重傷, です小林君は不二夫, です小栗さんは十一時前, です小栗風葉は此, です小母様私はその, です小生は三田, です小田先生本田の気持, です小田原勢もえらかっ, です小石川青柳町お夏さん, です小説家になる, です小諸藩から焼失人, です小面の憎い, です許御, です少々如何です, です少い人がいそいそ, です少なくとも我々は, ですに火, ですに尾, です居処を聞い, です居所だけでも報告, です居間の中, です屋上へ行っ, です屍体の焼けた, です屡々アノ塔へ, です山ノ井です, です山河内という華族, です山神化して, です山陽はすべて, です山鳥のほう, ですと, です岡本君だから僕, ですですこの, ですが小さく, です島田へ行く, です島道子といえ, です崖崩れのあるまえ, です崩れ口の畦, です巡礼しても, です巣鴨の宮仲, です工合は, です工場の中, です工部局の老獪さ, です左様なら, です左樣でございますよ, です左樣吾等が無上, ですいもんじゃ, です差支なかつたら夕飯, です布団の両端, です布袋和尚に縁, です帆村です, です希臘でも地水火風, ですはつい, ですをしっかり, です常夏の花, ですをめく, です幕府を敵, です平凡だけれどもね, です平地に波瀾, です平次も兼吉, です平田伍三郎の伯父, です平田先生の本, です年上の男, です年度を御, です年月が返らぬ, です幸い供の, です幸ひだつたん, です幸福な悲愁, です幸私はそれ, です里子さん顔色も, です幽霊などは出や致しません, です幾世紀に幾度, です幾晩も徹夜, です幾歳になっ, です幾等探偵が熱心, ですさだけは, です広くもあらぬ, です広間の入口, です床の間には, ですまで味い, です座敷に坐り, ですを案内, です康子リードされて, です廊下のまがり角, です建前のお祝い, です弁信さんこれでもまだ, です弁信様の言われる, です弁天通りと羽衣町, ですは, です強くなった証拠, です強大両国の実力, です強盗をする, です分家の, です当年の, です当座の凌ぎ, です当時英学にかけてはその, です当派の中, です形勢は, です役人に追われ, です役所でのあした, です役者もあれ, です彼女彼女のため, です彼奴めとは誰, です彼奴等をあんなに, です彼弟は, です彼所に敷い, です彼様いふ御, です彼様乱暴しようとは, です後日ご当家, です後継者として, ですて崇敬, です御不浄の構造, です御存知のとおり, です御汁よろしかったら, です御飯も食べない, です微動もしません, です微熱出して, です徳さんの, です徳ちゃんはいつも, です徳川家康の幼名竹千代, です徳義的に卑怯, です徳間峠の時, です心臓が停っ, です必竟人が神様, です必要な日用, です志保は珍, ですですか, です忠孝の士, ですよくあしらっ, です思い違いではありません, です思わずあっと声を, です怠惰を, です性質から云え, です怪い運命です, です怪我がある, です恐るべきだ, です恐れながら何とぞこの, です恐ろしく不きりやう, です恐縮です, ですを掻かし, です恥さらしなん, です恥ずかしかったわ, ですに着ます, です恰好なところ, です恰度子供の時わたし達, です恰度映画のよう, です悪口計りきいて, です悪女大姉のこと, です悪魔みたいです, です悲しみの中, です情けです恩, です情炎の獣, です惜しいものです, です惨憺たるもの, です惨澹たるもの, ですに介さぬ, です意味がわかっ, です意地わるい方, です意外な所, です意志表現の形式, です意気なお方, ですいたやう, です愚図愚図して, です愛しきお嬢さん, です感想は, です慈覚大師直伝智証大師相承の日本, ですに覚つて, ですと云, です憎らしいお方もうすっかり, です憐れ深い, です憚りさま有難う, です憤慨すべきこと, です憲兵隊などへ呼び出し, ですの中, ですまけること, です懺悔をし, です戀愛を非常, です程そんな, ですは将来巡査, です我々のは恥かしく, です我が手に, です我ままでネー, です我夫私の顔, です我等は節約, です或いは其のとき彼, ですをさせたら, です戦さは無常, です戦争見物は, です戦災に逢っ, です戸山ヶ原その他がある, です所天が何所, です所有権の神聖, です手前の妻, です手品もやれ, です批評的の題名, です承知しました, です技術徴用で会社, です折々は, です折角お出でなすった, です押入の中, です拝見しましょう, ですまったら命, です授業はめったに, です掏摸です, です採決を願, です探偵の千人, です搾取して, です改造といふ, ですのす, です政宗はなかなか, です故郷の小, です救助米が多少, です教授連がすっかり, です教頭これからあの, ですて貴下, です散々泣きくたびれて, です数万の観衆, です数寄屋町の雁八さん, です数日御厄介, です整理して, ですの大軍, です敵打ちの厳禁, です數週前に東京監獄, です之丞, です文学上の理論, です文彦です, です文章そのものが或, です文部大臣あなたの管下, です断食をお, です斯様に奸夫騒ぎ, です斯樣な譯, です新聞屋にでも之, です新規にお, です方角が分りません, です施療の停止, です旅行はただ, ですがよく, です日の丸を出す, です日中ではあぶない, です日本国中にどれ, です日本文学が前進, です日本画家の, です日本製の風景画, です日本軍隊の威信, です日頃のたしなみ, です旦那えい処へ来, です旦那さまも御, です旦那それを何処, です旦那負けときますぜ, です円は, です旧い制度です, です旨いでしょう, です早く早く上がって, ですなる法律, です明らかに三日熱, です明るさです, です明後日団子坂へ菊見, です明日検査して, です明朝から新, です昔大友の皇子, です昔江州の小川村, です映画俳優です, です春山氏は古銭, です昨夜九時すぎに来た, です昨夜今朝とまだ, です昨夜彼は心臓破裂, です昨日ここへくる, です昨日ダイヤを求める, です昨日天長節に来, です昨日雪子ちゃんにも一寸, です昭和十四年十月十四日の, です是非浜までお, です是非紹介して, ですから大雪, です昼夜ともその, です昼間見たら鼠色, ですは正当, です時々やって来る頼母, です時代が悪く, です時勢も若い, です時期を, です時節ということ, です時節がら農民おどしの, ですまできっと, です晩熟しました, です晩餐に招かれ, です普請場でまちがい, です普通の酔いかた, です景色も見ない, です晶子君なども少, です智恵子は私, ですの折, です暑い折には, です暑くはなかっ, です暑気払いに大変, です暗夜の遠, です暫らく私に任せ, です曇天ね曇天, です更生と言っ, ですもまだ, です書物の自由, です書記課へきい, です書類に判, です最愛の妻, です最早疾くの昔時, です最近大変面白いこと, です月夜でしゃれ, です月見御殿の拝見, です有明荘の門前, です有松屋の婆さん, ですで窮屈, です服装一切会社から出, ですかです, です朝倉先生今の意見, です朝飯が済, です木内君は何故, です木戸が, です木村にはそんな, です木村先生はうち, です未だ一本この, です本人もその, です本分です, です本来自然に出, です本気でそう, です本統に先, です本陣庄屋それに組頭, ですい袴, ですの前, です机その他本棚も, ですの駐在秘書, です村井は或, です東京さ稼ぎに行, です東京三省郁文などききました, です東方へ付く, です東西六里南北三里二十七町と云つて, です東野さんまだあなた, です東風さん近頃は傑作, です松島が負傷, です松村は確か, です松江に参りまし, です松谷秀子の名前, です林さんに一つ案内, です林さんわけがない, です林冲ですっ, です林崎明神というの, です林黛玉は, ですにはありません, です染色体です動物, です柔らかい土の, です柳生の庄, です柵初枝と, です柿崎さんは怒る, です校正の出る, です株式会社でも何, です根本的の手段, です案内料は, です梅ちゃんが心中, です梅子はもう, です棕櫚に似た, です植物ですじゃ, です検分のほう, です検屍の結果, です検査官は彼, ですや山吹, です業さらしなんですまあ, です好い酒, です概して大もの, ですやしない, です標準といいます, ですに並ん, です横浜から, です樹木などは葉, ですが一つ, です橋本氏よ幸, です橋桁でも落ちた, です機会もない, です檀那何を賭けます, です次の間へ運ん, です次女の潮子さん, です次郎は野槍, ですし涙, です欧羅巴では, です欲情を押える, です正しく考え廻したの, です正体なく寝, です正太さん一年ばかりの間, です正季にご, です正木先生は実に, です正確にそして, です正面には山屋敷預り, です此事件では茲, です此勝負は明日, です此度躓いたら, です此所を行つて, です此服装は笑, です此汽車で神戸, です此癖は決して, です此罪人は頭, です此青柳家の家督, です此静かな夜, です此靜かな夜, です此頃軟文学の好, です武力です, です武家時代のこと, です歩き易い距離, です歯並びなども其の, です歴史を怖, ですりの, です死に際に其の, です死人の室, です殊勝に存じます, です残忍な奴, です段々承はれば, です殺人と掠奪, です殺人女輪田お夏, です殺人者と話した, です殺気を帯びた, です殿下から何, です殿様私は三月二十一日, です母さまいつそ, です母たちが, です母一人子一人でこれ, です母様がね, です母親そっくりです, ですも今夜, です毎年お父上, です毎度のこと, です毎日地球のラジオニュース, です毎日鋳物工場での労働, です毎月壱回の発行, ですのある, です比喩は廃, ですの様, です毛唐のくせ, です毛皮を用意, です毛筋の大小, ですが氏, です民衆を代表, です気分は, です気持の標準, です気晴るるとき, です気根が続かなく, です氣味が惡, です氣樂でせう, です水晶ではわれます, です水筒か何, です永遠に, ですの多い, ですない所, ですは何, です江戸表から, ですのふち, です池水に月, です決心をお, です汽車が通っ, です沢山の中, です沢庵さんお武士様, です油断からです, です油絵描きです, です沿線はこわされ, です泊り客というわけ, ですがある, です法律に依らない, です法水さん機智や飄逸, です泰子という, です泰平郷ではない, です泰軒先生は, です洋物部の損害, です洋画の裸婦, です津村さんなんでしたらこいつ, です津田君にはあれ, ですです, です流行というの, です流行性の, です浅いえんじ色, です浅山一伝流も林崎甚助, です浅草の観音さま, ですの方, です浣腸して, です浪々のお, です消毒剤の払底, です消防署へという電話, です消音式で無, です淋しいのは, です深井です, です深山ですが, です深川のお, です清作の膝, です清浄です明る, です渋谷駅前で引っぱられた, です渡辺の老女さん, です湖岸の町, ですも風呂場, です湯どころ茶どころ孤独の旅人, です湯家って, です湯島学校へ, です湿気は実に, です満州へ送る, です満更の乞食, です満月が皎, です源三郎は, です溜りに溜った, です溜息を吐い, です溝上時代には草花, です滝尾のし, です濃いこっくりした, です濡れ衣です, です瀬川です, です瀬川君僕の三助, です瀬越さん御本人, ですは點, です灯火を持っ, です灰色空がすこし, ですないの, です無い事は, です無下にどうこう, です無事です, です無実です, です無意味に鳩, です無意識誘惑なの, です無益ですいくら, です出されが, です煙草が吸えるなら, です煙草入を持て居ない, です煙草色の帆, ですはさがりました, です熱いのを, です熱心に心配, ですを熱く, です燧火を一つ, です爪先が冷える, です父親の不義, です爽快な男, です爾来ですよ, です片っ端から子供, です片一方しかない, ですと薯, です牛込辺でしたろう, です牧太郎です, です物事は勇気, です物好きなやう, です物臭太郎がこう, です物質の共有, です犯罪と云う, です狂人は御覧, です狂気という, です狐色の毛皮, です独楽は唯, ですでさえもそんな, です更その, ですの一番禁物, です猿ヶ馬場を出はずれる, です獸物です, です玄徳と共に新野, です玄心斎も大八, です玉子さんの家, です玉島の円通寺, です玉菊のあの, です玖珂の迫口, です珈琲茶碗で飲む, です珍しいことな, です珍しく幾干, ですの証拠, です現在それが片一方, です現実に対して同じ, です現実的利害による関係, です環さんは, ですたれ小僧, です甚だ失礼であります, です甚だしきは茲, ですと死, です生まれ出ようと, です生みの母, です生れ代りたくは, です生涯愛などを説かぬ, です生涯貴方を度外, です用事なしで, です用心もするです, です用意して, です用箋の紙, です田地の方, です田山先生などはウスノロ, です田山君この辺, です田村君あの歌澤, です田舍へ來, です甲州へは帰れ, です甲斐の国, です甲斐めの乱心, です男の子だから, ですという畑, です畑さんへ知らせ, です留守番に置いた, です畜生です犬, ですでいかなけれ, です番地はなく, です番頭さん泣くな, です異国の思想, です異派席の連中, です當分こつちへ, です疑わしくば篤と, ですを癒す, です病棟も床板, です病的ですが, です痛いですと, です痛うござえましたろう, です痺れを切らし, です癡翁を除い, です発育には, です白い骨という, です白兎は心配さうに愛ちやん, です白状すると, です白痴留吉は何, です白石どのおとりなし下さらぬ, です白虎山にはもう, です白金です, です白骨にい, です白鷺かね五位鷺かね, です白鷺鶉鷭鶺鴒皆な我々, です百二十幾つかです, です百二十萬圓掛ければ, です百人が百人, です百声万音は律呂, です百姓の感情, です皆さんここでは家, です皆さんケネディ博士はこう, です皆さん一つ降りて, です皆さん今晩は, です皆さん切角出して, です皆さん気を揃え, です皆さん無邪気な加藤家, です皆さん爆撃でもされ, です皆さん知つてゐますか, です皆んな銘々のこと, です皆様尾崎君もあんなに, です監禁室にあてた, です目つきは悪い, です目下ゴム長を見つけ, です目釘の穴, です臣に, です直ぐに私は, です直情です, です直接に之, です相川さん明智なんかお払い箱, です相当長く門口, です相模の国, ですつ暗, です眞白な十七人, です真中から先, です真剣です, です真如絶対だけなら, です真白いワンピースを, です真直に白状, です真直ぐに引張れ, です真赤に燒, です矛盾が, です矢張り一人と一人, です矢張僕に相違, です矢張最初はお母さん, ですぬ人, です知人が酒屋, です短篇の方, です石川五郎が被害者, です石田方から奥方様, です石部の宿, です砂山を越え, です研究的態度を審査席上, です破格なお, ですに書いた, です社会党なんぞどうせ, です祕傳を遣りました, です祖先は遠, です神さまに誓います, です神サマとして動く, です神主様は覚え, です神様今日の煙筒, です神様火事ですたいへん, です禅家が家, です禽獣でも, です秀イヤ春子嬢の潔白, です秀子嬢の髪の毛, です秀抜な作家, です私たち五六人の信者どうし, です私はじぶんのお金, です私一ヶのこと, です私共が勝手, です私立小學です, です私自身は須弥山, です私荒尾です, です私達夫婦と一緒, です科学の三つ, です科学者が, です秒速にすれ, です秘伝を遣りました, です秩父天童谷で会った, です稻妻がいくら, です積極にか消極, です穎上の徐庶, です穴水から, ですの色, です空々しいと云, です空気や湿度, です空気中にはそれ, です突如とし, です窮余の策, です窮屈だからな, です端正で苦惱, です端渓ですと, です競馬場へ入っ, です竹生島へ参ります, です笠森さんは私, ですはからっぺたでも, ですが詰まれ, です箒星の天女, です篠田さんに教会放逐, ですも魚, です米町の先陣, です粗菓だが, です紀念式にも昨夜, です約束は消滅, です紅い筋の, です紅茶を御馳走, です納得が行ったでしょう, ですを解い, です純潔です必ず, です純然たる水呑百姓, です純粋な水銀, です純金ばかりで, です紙数ばかりのこと, です素人さんがお, です素人探偵は駄目, です紫外線写真で貴方, です細いのは, です細身の匕首, です終身です, です結局公判廷での態度, ですをやっ, です絶えず苦しんで, です絶大の愛, です絶対にいけません, です絶滅です本当, です継母さんがわたし, です維新の始, ですのせい, です綺羅子さん今度のフォックス, です総監これでもまだ, です緑色に見えるでしょう, です練兵館の仕込み, です縁側に腰, です縦しや前科者, です縫助さん出て, です縫物もし, です縱令穴の中, です縹緻じまんで頭, です繁夫です, です繁青年が魔王, です織元でひき合わぬ, です織田信長が本能寺, ですだ, です罰金を貰う, です署長さんのお, ですですそして, です美感に衝, です美智子艶子といふ名前, です美枝子ですよ, です美郎さんと承りました, です習慣の眼, です翻訳はいったい, です老人は旨い, です老女さんは何時, です考えがきまったら, です耳学問が肥え, です聖地を恢復, ですいて, です肉体の疲労, です肥後の熊本, です肥料を多く, です肥料配合や何, ですから胸, です胆吹夜登りといっ, です胆石病です, です背がかりです, です背中から腰, ですのうち, です能率はまだ, です脂肪質な女, ですけ出, です脳波操縦です恐らく, です腑甲斐なき此身, ですの力, です低く小, です腰越あたりの奴等, です腹の中では早く, ですが来ました, です臘燭をつけ, です自信をもっ, です自動冐險鐵車の設計, です自害するなんて, です自然現象のおどろくべき, です自白いたします代り, です至急正面玄関へ, です至極有難い事, です興味ありますか, ですは心, です舟木を見, です船岡どのは酒好き, です良人は美事家, です良心に恥じたくなかった, ですの黒い, です芝居なんていふ, です花嫁花婿と言つて, です花見にかけてだから, です花魁がおま, ですも可, です芸者衆の処, です芸術犯とも呼びませう, です苗代は枯れません, です樣に, です若しも何びとかの, です若旦那いかがです蝶子さん, です若旦那田崎君の名義, です若旦那私の云う, です沙弥先生も, です苦いです私, です英学なん, です茂太郎がわたし, ですでも召しあがったら, です茶見世を出したら, ですをわけ, です荷風はうまく, ですを売っ, です菓子のやう, です華やかに祝っ, です華厳滝へ投げた, です菰田の隣, ですの天井, です萩乃さまの美し, です萩原の家, です付いて, です落ち附いたいい, です葉巻は, です葭簾張りのスキ間, です蒔岡さん此処はなかなか, です薄弱なもの, です薪屋にはちょうど, です薬味も取っ, です薬屋の借り, です薬草も変じ, です藁紙のそまつ, です藤吉がその, です藤村がやっと, です藤波さんあなたもひとつ, です藤波さん烏凧にしるし, です藤野の生命, です藩閥政府の未, です藻西の外, です藻西太郎より外, です蘆屋は暖かい, です蘊蓄ということ, です蘭学は古い, です虎井夫人と申します, です虎穴に入らずん, ですと思え, です虚偽です, ですでもハタ, ですが泳い, です蜘蛛を育て, です蝶さんここに是非一番君, です血みどろです, です血路として客観的, です行つて見ませう八重さん, ですは寒, です衣子さんから私, です表玄関はぴかぴか, です被害者の容態, です裏店のお, ですが畚, です西洋人には色, です西洋床の親方, です西班牙の神秘派, です之貴様, です見かけによらずしやん, です見当の違つて, です見物はすみました, です見込みは, です規則正しく早くねて, です覚者であること, です親分六郎を縛った, です親分謎は解けた, です親分鎌いたち, です親方いけますか, です親玉でした, です覺悟はし, です角野ですか, です解放というの, です言種は前, です言論の自由, です畫は, です討手が掛けられます, です記念の建物一つ, です訴訟は五年間, です証拠はじゅうぶん, です証書を取っ, です試合でもある, ですもまだ, です詩人とは直感, です詳しいことは, です誓紙は伊東新左衛門, です誠に有難う存じます, です誤解です, です読者諸君こうした一家, です読者諸君一つ戦ひませうか, です誰方もよく, です課長さんあの舞台横, です調和と統一, です調里です不浄, です論理に叶った, です諸君ビックリしたかね, です諸君メロンを食べ, です諸君一石にし, です諸君今夜は, です警察じゃ, です警視総監に無理, です警部さん問題はその, です譬えば真直な, です議事堂ですと, です議長の云, です豊臣が諸侯, です豚かいなんて, です豪傑蝦蟇の膏, です貧しい按摩の, です貧乏の方, です貧乏徳利でせう, です貴女大丈夫ですか, です貴島さんは, です貴所方も皆, です貴族と富豪, です貴様の目下, です貴殿にし, です買收と云, です賀川さん一つその空中文化村, です賃仕事で暮し, です賢明なる人, ですがちがう, です質実剛健思想堅固天晴れ天下無双, です贈与契約書とかがあつ, です赤瀬さんはお, です赤瀬さんあなたのは片腕, です赤銅作りの脇差, です赤銅色に陽, です赤髯が薬用, です赤鰯のやう, です起床て見る, ですの痛風, ですのお, ですであ, ですも世, です身受けをされたら, です躯じゅうが勇みたちます, です車掌はうなづい, ですがまだ, です軍人を愛する, です軍服のまま, です軍用ビスケットの製造, です軍艦淡路は帝国海軍, です軽く見積もっても, です輪田夏子へ一切, です辛抱比べではてんで, です辛棒が出来ます, です辰三ですよ, です農奴を一人, です農村出の学生, です農民の苦しみ, です農芸に大, です辻斬りです, です來益, です近々看板を, です近くは安倍首将, です近くお送りしましょう, です近所で, です近郊で, です返事を為, です返歌をせね, です毛と, です通例の顔, です逞しき野性なんかという, です乾が, です連合国が勝った, です遂に見つけたから, です遅いんです, です遅くなつて, です運命です可, ですのまん中, です道さんイヤ丸部さん何にも要らぬ, です道具屋が, です道場へ引かれ, です道時が何, です道樂者の自分, です達ちゃん伍長になる, ですかのかなた, です遠慮なく然うお, です那云ふ状態, です邪法国を迷わす, です郁太郎をつれ, ですという字, です部屋で伺いましょう, です酋長の妻, ですが悪い, です酒中別人です, です里見さんあなたの所, です機関銃で, ですの薊, です野布袋です良い, です野菊のよう, です野菜もどうやら, です野郎ばかり五人, です金持ちです, です金方になっ, です金椎さんも苦い, です金輪際というところ, です金銭ででも済む, です金高は三百両, ですが逆, ですをやる, です鉄瓶の口, です銀太は裸, です銀子さん何卒私, です銀河ともいいます, です銃後奉公の, です鍵穴からは, です鎮台の一員, です鏡台よりも, です鏡花ですよ, です鐘撞堂新道の相模屋, です右衛門さんという, です長三は塔, です長州俊姫様の嫁入り, です長左衛門の伜, です長戸さんこの景気, です長浜の岸, です長男でございます, です長襦袢たらまあ, です之丞, です門人の一人, です閉口なの, です開拓の仕事, です閑山先生は聞えたる, です間歇遺伝の恐ろし, です間諜です, です間違ありませんよ, です間違いなしです, ですの境, です阿部さん私は正直者, です陛下よ, です陰徳というもの, です階下に預け, です随分困難だ, です隕石でございます, です隠れも何, です隠忍です, です雄二はいい, です雄弁です, ですならば, です雑誌は六月, です雜誌のはう, です離座敷の中, です電気で以, です電燈もない, です電線です, です電車ですか, です需要の, です霞ヶ浦のなど, です露西亜人の息子, です青幇や紅幇, です青色ダイヤのホープ, です非人という身分, です非常時に当っ, ですはみんな, です面白くもない, です革命当時どの女, ですをぬがされる, ですも何, です音楽にも例, です頂上の立身, です頂戴して, です順々にこれ, です順礼に報謝, ですの骨, ですを見る, です願書はこれ, ですのない, です風呂の煙, です風呂敷から血, です風邪ふせぎに, です風間さん貴方からも御願, です飛躍する積り, です飛騨の高山, です食料品は囮, ですりに, です首尾は, です香椎六郎は驚い, です駒井さん断然あいつ, です駒井さんあなたの理想, です駒井甚三郎の胸, です駒井船長むしろこの, です駒込へ, です駕籠屋はもうかります, ですの卵, です騷ぎが始まる, です驚ろいたでしょう, です骨折甲斐があつ, ですが日本, です高い山から, です高価ですしかし, です高城さんは何ん, です高山に着いたなら, です高木博士は御存じ, です高等学校の時, です高輪田さん此の令嬢, です高野の眞言, ですの性質, ですや仮面, ですり合いでも, です鬼貫の句, ですがさした, です魔法の力, です魔法博士の手なみ, です魚介と塩梅, です魚見小屋ッてえな, ですの頭, です鴨緑江大捷の前触れ, です鵞鳥だから, です麦酒です, です麻酔剤です, です黄色いねば, です赤くなった, です龍山公のお子様, です龍馬の都々逸