青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「であります~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~であった であった~ ~であったろう ~であり であり~ ~でありまし でありまし~ ~でありました ~でありましょう ~であります
であります~
~である である~ ~であれ であれ~ ~であろう であろう~ ~でき でき~ ~できた できた~

「であります~」 4119, 41ppm, 2843位

▼ であります~ (2277, 55.3%)

61 これは 42 それは 40 それが 32 私は 19 私の 16 それを 14 これを 13 これが, これも 12 その中, 併し 10 さう, しかしその, それに, 此の, 私が 9 兎に 7 それと 6 これに, これらの, それも, 今では, 今は, 日本では 5 しかしそれ, そういうよう, そのうち, それには, 今日の, 自分の

4 [13件] こ, ここに, この人, しかしこの, その時, それにも, 今日では, 今日は, 他の, 前に, 彼の, 普通の, 非常に

3 [30件] あれは, ここで, ここでは, この時代, これからは, これなら, これには, しかしこれ, そういうもの, その, そのとき, それだけ, それらの, た, 之は, 人の, 人間の, 唐の, 実際に, 実際は, 實は, 当時の, 或る, 日本の, 昔は, 是は, 最後に, 漢の, 私も, 龍麿は

2 [82件] いずれに, いまは, ここの, ここは, この, このよう, この仕事, この句, この場合, これこそ, これと, これなども, これまた, さてこれ, さてそれ, しかしいくら, しかもその, せっかくの, そういうふう, そうでない, そこが, そのうろたへ, そのほか, その前, その原因, その実, その男, その間に, その際, それから, それについて, それより, それよりも, とにかく今, どうかする, もう一つ, もとは, われわれが, われわれは, ザヴィエルは, 世の中は, 之と, 之を, 事実は, 京都の, 人が, 今の, 今度は, 仕事が, 他方では, 何でも, 全くこの, 其の外, 初めに, 品川弥二郎は, 問屋を, 国民の, 実はこの, 少しも, 已に肌寒い, 御承知, 念の, 惜しいこと, 我々の, 支那では, 日本は, 春の, 時には, 次の, 此等の, 歴史の, 海の, 狸が, 猶一つ, 福井までには, 私たちの, 私どもは, 私には, 西洋の, 赤裸々の, 足利の, 雪難之

1 [1565件 抜粋] ああ之, あながち空想, あなた様は, あの人, あまりおかしい, あるいはこんな, あるが, ある芸妓, あれにも, いかにも雅趣, いざという, いつたい希望, いま決闘も, いわゆるエタ, お互にもう, お母さんが, お銀様, かかる努力, かねてこの, くまの, こういう世の中, こう考える, このあいだ, このひねくれ, このホーチ, この三千, この中, この六条, この句意, この国学院, この宗派, この彫工会, この情景, この教父, この日本紀, この朝, この模範村, この清盛, この疑問, この種, この絵, この聲, この辺一帯, この青磁, この骨, これから先, これだけは, これに対し, これまでの, これを通じては, こんなところ, ご容赦, さうい, さすがの, さて中葉期, さて唯, さて雪, しかしお母さん, しかしそういう, しかしながら天然, しかしまた人, しかしもっと, しかし今, しかし俳句, しかし変化, しかし日本, しかし正木博士, しかし私, しかし若林博士, しかし開元, しかもなお科学, しばしば大変, すでに御, すべて一分間の, せめて家丈, そういうとき, そういう時, そうした穿鑿, そうそうあの, そうまで, そこで日本文化, そして大体, そのうち特別, そのかえり, そのため時としては, そのわり, そのバラモン, その一方, その中尉, その他の, その先人, その卷頭, その場合, その夫人, その容貌, その差別待遇, その当時他, その後チベットという, その新, その昔, その本, その歩き出した, その涅槃像, その理論, その社会, その素焼, その經籍志, その考え, その色, その表面, その論点, その遺物, その銅器, その間岩波茂雄氏の, その青銅, その風態, その首, その魏, それからこんど, それから漸く, それだけの, それでいて枯枝, それではそういう, それでもそれぞれ, それでも俳句, それで以, それとて, それにしてもこの, それにしても何, それによっても, それほど力, それ以外に, たしかに傲慢, ただそれ, ただ不思議, ただ委員, ただ残念, ただ金田, たとえば私, ちょうどその, つまりこの, つまるところは, とうとうそこ, とにかく天平写経, ともかく禮, とりわけ彼, どうかいたす, どうしてそういう, どうしても幾ら努力, どうもさっき, どうも今日, どう思います, どこへ, なおその, なかでも最も多く, なかなか要領, なにしろまだ日本, なほ石棺の, はじめから, はなしの, ひとたび難船, ほんとうは, まあ筆, まさに馬琴, まず彼ら, まそういう, またそれ, また同時に, また白色, まだそれ, まだ充分, まったくでございます, まァそんな, もう一つ近畿地方, もう少し現代的, もしそれ, もし不幸, もっとぎゅうぎゅう苦しく, もとの, もはや落鮎, やはり暗黒, ゆうべ使った, よく調べ, われわれから, ア行の, インドでは, インド学者の, ケネディ博士と, ザヴィエルの, スペクトルの, ニッポン人は, バルザックは, フランシスコ・ザヴィエルは, マノール・ランドと, ラという, 一つは, 一万年の, 一体この, 一向要領, 一國の, 一度学校, 一方国民, 一旦他国, 一杯いかが, 一般人民から, 丁度このごろ解析概論, 七兵衛は, 万葉仮名では, 三日に, 不幸な, 与八は, 中で, 中亜の, 中心は, 丹後の, 主な, 之に対して, 事情まことに, 二葉亭主人の, 五郎には, 些と, 人は, 人文の, 人間といふ, 仁心を, 今も, 今度の, 今持っ, 今日日本に, 今日迄, 今申した, 仏教中の, 他に, 仮名として, 会長は, 何せ醸造元, 何よりも, 何事に, 何分空氣, 何故に, 余りお, 余程良い, 作者の, 例えば東亜, 例へば大衆小説, 例へば食, 信用の, 俳諧連歌の, 倶舎, 儂で, 元來日本, 先づ人なり, 先づ金剛智三藏の, 先程申しました, 八代から, 共に身分, 其の中, 其の内, 其の大要, 其の時, 其の為, 其の頃, 其内容は, 其古注, 其大きい, 其悲惨なる, 其次の, 兼良は, 内部に, 凡そ死刑, 出汁には, 到底フランス人, 前の, 前申したごとく, 劉, 勿論前, 十五に, 南側に, 単にその, 印度の, 去来の, 又其宇宙觀, 反で, 口頭ばかり, 古羅馬建築, 只今の, 可懷, 各位の, 同じく近代劇運動, 同年配以上, 同時に自然科学者, 名分上の, 吾, 唐以前並に, 唯學問, 問題と, 回顧した, 土地に, 在来の, 地方文化運動は, 堅い豆腐, 外国から, 多くの, 大体に, 大変な, 大正二年の, 天子としては, 太守の, 夫等の, 奈良朝の, 女房コンスタンチェひとりその, 如意を, 始め題を, 子供も, 季題は, 安芸の, 実にこの, 実はそれら, 実は左様, 実は解剖, 実際には, 客人の, 密陀絵という, 寝台の, 小亞細亞, 小櫻姫, 少しは, 尚今回, 屋根の, 岡崎氏は, 工藝といふ, 巧く, 常に溌剌, 平家の, 年四十に, 幸にも, 幾度かの, 弥次郎は, 当地においては, 当直将校には, 形に, 彼ら自身としては, 後にな, 後醍醐天皇の, 御勘弁, 御窮屈, 徳川時代には, 思想対策といふ, 怪しい方, 恰度仏教の, 情ない事, 意識的に, 慾には, 我慢しなけれ, 戦争の, 手機や, 手腕から, 折柄小生を, 支那でも, 支那人から, 政府から, 文学者の, 文鏡祕府論と, 斯く申しまする, 新田氏が, 日本に, 日本語に, 早く転職, 明律の, 明治以来ことに, 昔から, 昔も, 是れ, 時には水晶, 普通淡い, 智識階級は, 更に内容的, 書名だけ, 最初は, 最近この, 最近は, 木更衣とも, 本人は, 材料は, 東北の, 東洋全, 果してご, 果して崔融, 某蕎麦屋, 校正などに, 桓武帝の, 概して婦人, 様という, 樵談治要の, 次いで私共, 次第に徳川時代, 此の分類の, 此も, 此二つの, 此処であります, 此機會に, 此透織, 武蔵野が, 死ぬ時, 残念にも, 段々細かい, 毎年立春の, 民間では, 汁物では, 池月と, 決してそれ, 決して当, 洪範五行傳などの, 浪士と, 満州人は, 漢學の, 無意識的な, 然し插画, 然も, 爺さんの, 牙彫, 物音の, 特に子, 独り加賀の, 王鳴, 現代は, 現在において, 現実的には, 理論上からは, 産業は, 異つたこと, 発掘した, 盃盤と, 真の, 石斧の, 神父と, 私だけは, 私に, 私自身を, 突然にかよう, 第一, 第四, 糖尿に, 細々しい所, 結局それは, 結局話が, 続いて, 繁雑に, 羅馬人は, 群衆の, 而かも, 職域の, 背中を, 腕を, 自分は, 自由結婚と, 色々政治上, 芸術と, 苗場などは, 若し大師, 苦行なども, 茂之助は, 茶に, 蕎麦の, 處で, 西北岸には, 要するに或, 見本品を, 親房には, 言語は, 説いて, 貧に, 貴兄も, 貿易の, 農業以外の, 近年上海に, 近藤の, 近頃に, 逃げなどは, 進んだ土俗學, 遣唐使などが, 都会に, 酔いも, 金剛智三藏が, 鉄道で, 錦旗そのものも, 長次郎の, 間接の, 陶器としては, 雨に, 青磁が, 面倒だ, 面白いこと, 順序の, 頼って, 饑饉の, 馬来, 高句麗の, 鳥の, 鼻という

▼ でありますから~ (1139, 27.7%)

29 して 15 私は 11 これは 8 これを, それを, 私の 7 さう, 私も 5 それは, 他の, 非常に 4 この点, その点, 容易に, 是は, 此の 3 これが, これも, そういうこと, そこに, その頃, それが, 之を

2 [45件] いろいろな, お話の, お雪, ここには, これで, これに, これによって, そういうふう, そこを, そのこと, その声色, その時, その辺, それで, た, どこまでも, まずこの, まったく真, まつたく眞, もし神, やはり, ロシアの, 之に, 今は, 今も, 何か, 何とかし, 何を, 例えば子供, 其の時, 前に, 前の, 同じ語, 国家の, 大切に, 当時の, 徳川時代の, 時々ふとした, 私が, 私達が, 舅姑に, 話も, 誠にがらん, 諸賢の, 黒ッぽい

1 [900件 抜粋] あたかも文学博士, あの人, あらかじめ御, あらゆる人類, いかにも凄く物淋しい, いかに吉田内閣, いくら遠乗り, いずれ殿下, いずれ裁判所, いつ何時気候, いやしくも人, いわば, いわゆる物心一如, おしらべ, お互いに, お國, お目付, お話と, かやはえが, がたがたがた, こういう人, ここで, ここでも, ここに, こっちでも, このさわぎ, このよう, この両, この主潮流, この二道, この例, この墓地, この昭和, この時, この注意, この理想, この窯, この線一つ, この考え, この議場, この近在, この部分, この革命革令, この駆逐艦乗組員一同, これから厳寒, これこそ, これほど, これらに, これらの, これ位の, これ綱紀の, さうし, しかたが, したがって仏師, じつは私, すぐ判ります, すらすらと, ぜいたくを, ぜひが, そういう商人, そういう有様, そうした思し召し, そこでまた荷物, そこで大変, その, そのつもり, そのままで, その一方, その二人, その国, その天然, その当座, その後は, その忠孝一本, その方向, その気, その渇望, その美し, その考証, その製法, その趣味, その身体, その道の, その間に, その霊跡, その高, それでは一寸, それでエタ, それで唯今, それで私, それに, それも, そんな物, たくさんの, ただ今お話, ただ音, だん, ちょうど強迫観念, ちょっとこ, ちょっと裏山, ついには, てんで美人画, できるだけの, できるだけ子供, とても人智, とにかくぼつぼつと, どうかその, どうか諸君方, どうしてもこれ, どうぞ一つ, どうも仕方, どこの, どちらも, どの程度, どんな場合, なおさらそうなる, なかなかおいそれとは, なにかにつけ, なにとぞ聖, なろうこと, ほとんど何, ほんとうの, まあここ, まう一遍, まことに調子, ますます賤視, まず理想, まだ知名, まづこ, まるで野原, みなさんは, もうかれこれ二十年, もしそれら, もしもすべて, もし夫, もし将来, もし諸君, もちろんそういう, もっといい, もともと多く, やはり樂器, よい人物, ようすを, よく叔父さん, よそから, よほどご, わかりませぬが, わたくしの, われとわが身, われわれは, オスチアを, ギシギシミシミシ, ツネが, テエブルや, ヒトミさんも, フランス革命が, 一々取上げ, 一つ御, 一切経は, 一宗を, 一寸其の, 一層驚異, 一度倒れる, 一応不明, 一時は, 一概には, 一見離縁, 三千六百切に, 不孝であります, 不幸にも, 世に, 世界に, 世界無比の, 世間では, 主人なる, 之は, 事件に, 二人の, 二種類の, 亡命に際しては, 人と, 人類は, 今から, 今からは, 今どっちへ, 今までの, 今俄, 今度は, 今日この, 今日では, 今日の, 今日ネパール国王の, 今日農民文化を, 今晩は, 今木神といふ, 仏教の, 仏法という, 仕事の, 仕方が, 以前から, 仮令小生, 会員の, 何かに, 何かを, 何の, 何事に, 何處の, 余も, 余り節倹, 作行として, 例えば遠方, 信用が, 値の, 値段も, 元右衞門, 先づギリシヤ人の, 先方へ, 児童に, 全く困りきっ, 全力を, 公羊派に, 其の人, 其の当時往来, 其の最後, 其前面に, 其後中世に, 具体的な, 内容を, 冬の, 分化の, 前後の, 創立の, 加藤の, 労力を, 勘八は, 勢い悪, 医学や, 十惡と, 千金万金に, 即ち一年間祖先, 即ち唐, 厳密な, 受け取る必要, 古い寺, 古墳を, 右記録が, 各自の, 同じ屋敷内, 同姓である, 名前だけ, 向うの, 吾, 吾輩が, 咎むべきで, 唯だ, 唯物論者は, 問題は, 喋々申しませぬ, 喜舎場朝賢翁の, 四季の, 国王に, 圏外に, 土器の, 土地の, 土産物の, 売捌く先, 壻たる, 外國の, 多くの, 多少例外, 多年恋着し, 大兄も, 大変窮屈でございましたろう, 大政翼賛会文化部は, 夫婦は, 失礼な, 女が, 奴婢で, 妾等は, 嫁の, 子供が, 孝中の, 学校の, 安心し, 定めて, 実はラサ, 実例を, 実際は, 実際上それ, 家族の, 寔に, 将来ともに, 小さいもの, 小増は, 少々捨鉢, 尚家, 山の, 山本氏の, 山高さんの, 左母二郎の, 師匠自ら製作する, 常に今, 幾分重く, 店の, 建築内部の, 強ひ, 彼の, 彼らにとっては, 往来の, 後醍醐天皇は, 徒刑二年半で, 御一読, 御参考, 御命令, 必しも, 必然上手物な, 忠平や, 思わず筆, 急いで, 恐らく富永, 情操文学は, 愛についての, 我々凡人は, 我が国では, 或は顔, 戦争は, 手が, 手前ら雑談を, 技術も, 持ち味を, 據ない, 支那の, 支那語を, 教えて, 文化の, 文法上の, 料理する, 料理は, 断じてそれ, 日中から, 日本にとって, 日本人の, 日本独特の, 早い方, 早くから朝鮮, 旱魃という, 明治以前の, 昔においても, 昔の, 智の, 暗夜に, 更に美しい, 最期を, 服従しました, 本当に鑑賞, 本来なら, 杖九十に, 東洋の, 案内者を, 梵語を, 極く, 極めて通俗, 横着な, 次に申す, 欧羅巴の, 正不正の, 此苦樂の, 歴史時代の, 歴史的思想の, 殊に左樣, 殿下の, 母に対しても, 比較的慎重, 民藝は, 氣持ちも, 永く仕事, 汚さないよう, 決してない, 決して先生, 決して助かり, 決して迷う, 沖の, 泉も, 法華経が, 浅草の, 清河が, 漢文の, 漫り, 濶達な, 無論忠義, 無遠慮に, 父も, 父母が, 牛刀を, 物の, 特に新派劇, 特に立秋, 班田に, 現にそれ, 理智の, 甚だ失礼, 生活そのものも, 用の, 甲を, 甲辰の, 男たちが, 町を, 略します, 當時の, 発表された, 発車しました, 白雲は, 皆さん応分の, 皆同じ, 目的の, 相当利益, 真実に, 瞬間瞬間の, 矢張り單に, 短気を, 石の, 社会的地位が, 祖五郎は, 祝言には, 神武天皇が, 私たちは, 私に, 私思う, 科学の, 空間が, 端近くかけ, 第三段, 等位の, 箕島仙波京山の, 篩に, 系統的に, 結婚の, 結果其物も, 続々研究, 総売上げ, 総督府は, 美味しいにも, 老人は, 老若男女山川草木豚も, 考えようでは, 聡明な, 肉刑と, 自ら開拓し, 自分が, 自分も, 自慢する, 自然丈夫でなけれ, 至つて古臭い, 至真至善至美に, 芳賀博士が, 芸術的な, 蕎麦粉の, 衆とは, 街の, 被同情者, 覚えて, 親を, 言は, 言葉も, 言語の, 誤りに, 誰にも, 調和の, 諸君が, 警視庁の, 責任感の, 貴方が, 賤しい, 起上り雪洞を, 踏み外して, 辛抱の, 近代の, 近畿地方とは, 近畿地方に, 運賃等は, 道徳も, 違った文字, 遠ざかるより, 遠慮の, 邦人が, 都合十四萬であります, 間違の, 陶器芸術なども, 陽が, 雑誌を, 雪山とは, 非常なる, 飜譯者の, 食いぶちだけは, 餘程困難な, 馬来の, 驚くの, 高村家の, 魯頌などと, 鹿爪らしく

▼ でありますけれども~ (179, 4.3%)

3 それを, 私の 2 これは, さう, それが, それは, 今は, 併し, 私は

1 [159件] ありがち, こういう笑い, ここでは, ここも, このなか, この仮名, この小説, この言葉, これが, これまた, ご両親, さて實際, しかしこれ, しかしその, しかしそれ, しかし今日, しかし個人, すくなくとも三十, そういう予備知識, そういう信仰, そのお話し, そのたび, その中, その他の, その元, その執る, その当時, その征夷, その徹底, その性格, その性質, その拇指, その文明, その方法, その時分, その期間内半年, その間に, それかと, それだけで, それだけの, それでも先生, それにしても三十あまり, ついお, とにかく人, とにかく今, どうも婦人, またそれ, また一方, また一面, まだどこ, よく考え, われわれが, われわれ文学に, アメリカが, インドでは, インドには, クロムウェルが, ザヴィエルが, ネパール人は, 一ぺん法則を, 一方には, 一旦文語, 一般の, 七兵衛の, 上古の, 世に謂, 主として北欧, 之を, 事実だ, 五十名の, 五十音図は, 今この, 今日は, 仮名としては, 何せ絶壁, 何分希臘, 余りに細かい, 俳句に, 元来よい, 兄の, 兎に, 其の種類, 其の謂, 其後にな, 分量は, 前線の, 印刷物として, 又縁起譚, 収穫それ自身が, 同時にまた, 国語の, 大きいと, 大して面白い, 大乗は, 大体において, 大体科学という, 大体能を, 大抵は, 学問的に, 學者に, 富永が, 實際想像も, 實際應仁の, 専門的な, 少くとも, 左傳に, 弘法大師全集を, 必ずしも道具, 恐らく何, 愛と, 或る, 支那では, 教授方とか, 數學にも, 料理の, 日本人が, 早瀬が, 昔の, 是は, 有ること, 材料は, 槍を, 権道から, 歡喜の, 正味の, 此の, 此人の, 此第二の, 武張つたものと, 段々後に, 比較的若い, 決して斯, 犬の, 真三郎, 神の, 私が, 私なんかの, 私には, 私も, 私を, 突飛でも, 米友の, 結局それは, 聞く人, 胸囲は, 能ふ, 自分では, 茲は, 華盛頓は, 蕎麦よりは, 見物の, 諸国相対峙し, 趣味と, 途中が, 運動の, 鄭樵のよりは, 駄洒落の, 黒ずんだ茶色, 龍麿の

▼ であります~ (52, 1.3%)

2 また逆, 諸賢も

1 [48件] いま自ら購ひ求め, かつそんな, かつは, そうこうする, その上, その後わたしが, その時代, その表現, それにみんな, それに何, なお又先生, なほ北方の, またあなた, またいわば, またそう, またその, またそれだけ, また同時に, また文明, また料理, また湿度, また結婚, また美しい, 且又非常に, 人数も, 何れに, 何を, 叙述と, 周囲の, 森蔭や, 武器も, 消えたと, 特に国内, 直接興味が, 着物とても全く, 社内で, 神は, 私から, 私自身の, 第一彼, 荷主さんだけが, 西北の, 要はその, 言うまでもなくたいそう, 賢明な, 質も, 青年と, 食物の

▼ であります~ (46, 1.1%)

2 云って, 私は, 言って, 随分の

1 [38件] いう, いうならば, いうの, いった, いつて, いふの, おせい様, この事件, そうは, その男僧, それは, どんなやかましい, はっきりかれ, やつた, 中尉は, 云うと, 又一種別様, 同時に常識以上, 同様に, 大きに寛ぐでございます, 彼女は, 断わりたいくらいに, 矢張り支那在, 祖父の, 答えたと, 答えると, 答えるの, 答えれば, 答へる, 自然言語の, 若殿の, 草木が, 言い切って, 言う, 言うの, 諧謔した, 農鳥岳の, 革命に

▼ でありますので~ (35, 0.8%)

2 私は

1 [33件] いまさら他宗, さすが物質文明, その人, その訳, それに, それを, とりあえず私, なにかに, ほんとうなら, 一層それ, 久しい前, 今日御, 分を, 別に名, 単に街, 宅の, 家督を, 尊者は, 御承知, 恐らく墓碑, 文芸方面は, 日本に, 最も優秀, 最初の, 最初は, 朝鮮の, 無電を, 特にその, 私が, 私の, 草が, 蝶を, 非常に

▼ でありますけれど~ (24, 0.6%)

1 [24件] あれで, お松としては, お豊, そのほか, その意, その行なう, それでお, それを, なかんずく国際競技, もちよ, 一つには, 仔細あ, 僕は, 大人の, 学者だ, 当のマアセル, 春が, 最後に, 正しくは, 白衣に, 盛んに, 私は, 駒井は, 鶏は

▼ でありますのに~ (14, 0.3%)

1 [14件] いかにツァーラン, こういう違い, この棺桶, これを, そのおちきった, ついにその, どういうもの, どこを, 今の, 夜の, 小浜兵曹長からの, 此の, 面白い歴史, 龍麿は

▼ であります~ (11, 0.3%)

1 [11件] これが, こんどの, その愛憫, それとも死ん, それとも農商務相, 今日まで, 勝手に, 明朝は, 知らどちら, 知りませぬが, 軍曹どの

▼ でありますこれ~ (10, 0.2%)

1 と同, などはガラス, に対して何, はペルシャ, は何人, は勿論, は我々, は詰り, を以て敵, 迄ずっと

▼ でありますその~ (9, 0.2%)

1 バターと, 中日本, 事は, 想像に, 會合で, 版木を, 牧場と, 町の, 絵としての

▼ であります~ (7, 0.2%)

3 ういふ 2 うして 1 ういふ祈願, すれば

▼ でありますという~ (7, 0.2%)

2 ような 1 あの軍隊式, ことを, たよりない, 意味を, 鼓舞を

▼ でありますとか~ (7, 0.2%)

1 あるいは推古仏, こういうなか, 何やらである, 尊いもの, 或は種々, 祖先以来の, 身近な

▼ でありますそれ~ (6, 0.1%)

1 が凡て, だけをお, ですから, に比べる, は, は誰

▼ でありますよう~ (6, 0.1%)

41 で誰, に何

▼ でありますこの~ (5, 0.1%)

1 お侍, 種の, 輪廻の, 辺を, 頃の

▼ でありますそれで~ (5, 0.1%)

1 之は, 延暦の, 描くべき順序, 暫らくの, 此の

▼ であります~ (5, 0.1%)

1 か或いは又, じゃ, はこの, を今, を置き

▼ であります其の~ (5, 0.1%)

1 學問を, 度毎に, 本は, 行と, 行者

▼ であります~ (5, 0.1%)

1 が何, はそれ, は先年伯林, は創業以来支店, を除名

▼ でありますこと~ (4, 0.1%)

1 か, がまた, のあかし, は諸君

▼ でありますそして~ (4, 0.1%)

1 そこに, その王政復古, 応用され, 銘々の

▼ であります~ (4, 0.1%)

2 れは 1 に就, れからは

▼ であります~ (4, 0.1%)

1 の將棊, の思想, の第, は有名

▼ であります~ (3, 0.1%)

1 化粧中は, 蝶は, 見知り置かれまし

▼ でありますそう~ (3, 0.1%)

1 で, で小野小町, 考えるより

▼ であります~ (3, 0.1%)

1 尚詳しく, 彼の, 無根水を

▼ でありますゆえ~ (3, 0.1%)

1 なまじ逢う, ふとこういう, 段々様子

▼ であります例へば~ (3, 0.1%)

2 石塔でも 1 婚禮は

▼ であります~ (3, 0.1%)

1 にもいつた如く, に專門, 年来屡次登攀

▼ であります~ (3, 0.1%)

1 伯林圖書館に, 全く前, 逃れる気もち

▼ であります~ (3, 0.1%)

2 れから 1 から後

▼ であります殊に~ (3, 0.1%)

1 個人の, 命を, 易緯といふ

▼ であります~ (3, 0.1%)

3 して

▼ でありますあなた~ (2, 0.0%)

1 の最初, はルソオ

▼ でありますあるいは~ (2, 0.0%)

1 長崎あたりへ, 風景中の

▼ でありますいや~ (2, 0.0%)

1 人が, 變つて行つたので

▼ でありますここ~ (2, 0.0%)

1 において昔, に近代

▼ でありますしかも~ (2, 0.0%)

2 ありたいもの

▼ でありますじゃ~ (2, 0.0%)

1 あの偉大, なぜならそれ

▼ であります~ (2, 0.0%)

1 いお, わらわが

▼ でありますだけに~ (2, 0.0%)

1 このよう, この弥次郎

▼ でありますとは~ (2, 0.0%)

1 いえたしかに, いへたしかに

▼ であります~ (2, 0.0%)

1 そういった気分, 怪からん

▼ でありますなんて~ (2, 0.0%)

1 ことを, 吹聴出来る

▼ でありますまた~ (2, 0.0%)

1 この一面, 本人は

▼ でありますもし~ (2, 0.0%)

1 今日, 私の

▼ でありますもの~ (2, 0.0%)

1 か正気, ならば

▼ でありますやう~ (2, 0.0%)

2

▼ であります~ (2, 0.0%)

1 恐入りますな, 社会主義とは

▼ であります~ (2, 0.0%)

1 に先祖, に然るべき

▼ であります事実~ (2, 0.0%)

1 からは遠い, から出発

▼ であります~ (2, 0.0%)

1 の苦行者, 墓所に

▼ であります印度~ (2, 0.0%)

1 では何れ, におきましては王家

▼ であります婦人~ (2, 0.0%)

1 は男, は覚悟

▼ であります~ (2, 0.0%)

1 がこの, が十三号

▼ であります~ (2, 0.0%)

1 小さい合口, 最も慥か

▼ であります立山~ (2, 0.0%)

1 に居り, の高

▼ であります米國~ (2, 0.0%)

1 では餘, へ私

▼1* [169件]

でありますあの一言で, でありますある程度までは度胸, でありますお礼をおっしゃられ, でありますかぎり人間の精神, でありますからこそかような, でありますからと云ふと, でありますからも早や, でありますがとにもかくにも, でありますがはからいという, でありますこちらからお金, でありますことにおなじ道, でありますこれから見渡す処, でありますこれ以上は証明, であります答弁は, でありますさきほど十八名が, でありますしたがって芸術が, でありますすでに世界においては, でありますそういう風に, でありますそこが日本, でありますそこで七月十二日私は, でありますそして又人の, でありますその他モティフは西洋, でありますそれから前に, でありますただ諸君に, でありますために燦然, でありますだけそれだけに雄々しい, でありますところから, でありますところでガラス絵は, でありますどうか其點を, でありますどんなものも, でありますなどと余計な, でありますなるほど豊島氏は, でありますなんかと赤くなっ, でありますかかわらず今日, でありますにも拘わらず大体, であります一日遊びに, でありますのうと云って, でありますほんとうに無代進呈, でありますまたたとえば最後において, でありますまだこの女, でありますむかし太陽系の理論, でありますものあちらもゆうに, でありますゆえここぞとばかり口幅ったく, でありますゆえ濱田へ上っ, でありますゆえ誰も見たがります, でありますよく見て, でありますアメリカものの活動写真, でありますシヴアに大切, でありますブルプロを越えた, であります一人で二つ名, であります一番初めて其の, であります三十五年にはもう, であります不肖何ごともわきまえない, であります九頭の鯨, でありますはたしか, でありますの心, であります人力を加え, であります仕方がありません, であります以上は, であります以上作為のない, であります以上調和のとれる, であります但しこれも, であります何んといっ, であります何故に苦行, であります佛教に此, であります併し乍ら斯う, であります偶然大阪の平野町, であります來暦といふ, でありますに角印度, であります八卦であります人, であります其故は此人, であります其時分まで天主教, であります其關係と云, であります兼吉と彼, でありますから, であります処戸外へは水, であります勿論私は, であります即ち花園天皇は, であります學者の, であります同時にそれは, であります吝嗇な人, であります唯どういふ事, であります嘗て人と, であります国家にはそれほど, であります国運衰退のとき, であります墨色判断であります八卦, であります夏秋蚕の如き, であります多くは申しませぬ, であります大功と云, であります大師がより, であります如何でございます貴下, であります學生は一人, であります宗教といい, であります家中の者, であります將來に對, であります斯う, でありますては恐入った, であります市営建造物というの, であります狭の, であります平民は何, であります幾何學にある, であります弁信が背のび, であります後世では他, であります従って製作品には, であります従つて之等の旧, であります從來宗祖大師の降誕會, でありますが戦く, であります必然の勢, であります思わず識らず, であります恩愛の情, であります四十日經つた所で, であります應仁の亂, であります我國の支那學者, であります支那の事, であります支那文化に洗練, であります新たなる征服者, であります日本の興福寺, でありますは色々, であります次の間からおよそ, であります此人は應仁, であります此方も心配, であります殊に近頃印度が, でありますと妹, であります民衆の意志, であります水神様が水, であります水銀の八十個, であります決して唐に, であります油絵は八号位い, であります源次郎はずっと, であります濡場と云, であります然しながらわたくしは, であります熟睡して, であります独楽だから, であります獨逸は御, であります玄奘が印度, であります理想の国, であります申し訳もありません, であります画風は全く, であります皆自動車で通れます, であります矢張り支那學者であるから, であります私共の祖先, であります私自身さえ何, であります種子物の類, であります一馬鹿に, であります粉末絵具は自然粉, であります終りってやつ, であります絵具ののびもよろしい, でありますがない, であります義淨の入寂, であります翌朝身支度をし, であります肱掛窓で谷川, であります自由な美術, であります若しさう, でありますに御, であります薄氷色の白き, であります行手の両国橋, であります西暦七百十三年でありますが, であります西洋人が支那文字, であります覚者であります, であります誠に活溌な, であります調といふの, であります證據は御, であります赤い表紙の, であります足輕即ち武士以下, であります過去に於, であります間もなく水が, でありますに並ぶ, でありますは正当防禦, でありますを描い