青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「づけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つもり~ つり~ つる~ ~つれ つれ~ づ~ ~づか づか~ づく~ ~づけ
づけ~
づつ~ ~づら づら~ て~ てえ~ てた~ てない~ ~てる てる~ てんで~

「づけ~」 1722, 17ppm, 6862位

▼ づけ~ (404, 23.5%)

64 して 63 なって 20 されて 16 されたよう 15 なった 8 した, なつて 7 なったよう 5 された, なつた, なる 4 されたやう, なると 3 したの, するよう

2 [14件] されたまま, されるの, したよう, しようと, するという, せし一輛, なったとき, なったまま, なってるの, なつてる, なりました, なり桟橋, よし, 致しますから

1 [146件] ある, あるとか, きりりと上帯, させようと, され, されこれ, されずに, されその, されそれに, されたそして, されたの, されたる烙印, された主, された人種, された厚い, された安吉, された形, された手足, された汽船, された箱, されちや, されても, されなにか, されました, されるという, されるまでに, されるよう, され大男, され自分, しそして, したいと, したが, しただけの, したとき, したに, したまま, したまま私, したもの, したら, したる, した新しい, した暗い, した栓, した箇所, した自動車, しちまつてあら, しっかりのめ, しては, しに, しましたねえ, しようとでも, しウキ下七尺, し容易, し標準語, すぎない, する, すること, するだけで, するです, すると, するなんて, するん, する価値, する客, する岸壁, する気持, する水, する金槌, せられて, たってるので, だまされ二人, なされたので, なったその, なったと, なったところ, なったばかり, なったものの, なった別荘, なった小屋, なった彼, なった数軒, なった時, なった目, なった音蔵, なってから, なつたま, なつたら, なつたらしい, ならず陸尺, ならぬ理由, なりかけた, なりこれ, なり上屋, なり又, なり寝間, なり揚げもの, なり明智, なり皆, なり運転手, なるかも, なるやう, なるよう, なる頃, なろうと, ふれて, まぎらされて, サラダ菜を, 一本つけさせよう, 一杯, 並んで, 何か, 余念が, 八百八町を, 出たん, 切放れ, 呼ぶだろう, 呼ぶ奴, 呼んだ, 噛らなく, 埋ずめ, 屋根裏高き, 従属する, 心も, 成つた汽車は, 或る, 手も, 掻き立てられた愛慾, 於ける一般的価値, 於て, 書きこんで, 極めてある, 止るべきでは, 溶ける, 澄まして, 病気の, 眼を, 着手される, 秘書を, 終らざるを, 終るだろう, 縛りました, 腕組を, 負いまして, 車で, 遣つて歸, 集中され

▼ づけ~ (294, 17.1%)

15 いた 10 ゐた 4 いる, ゐるの 3 いるよう, 来た, 行けば

2 [16件] あつた, いたの, いること, いるの, いるもの, くれました, くれますからね, くれる, ゐたので, ゐること, 呉れるもの, 平氣, 引込ますと, 最初の, 秋の, 飲んだり

1 [220件] あったり, あなたが, ある, あるの, あるン, ある私, ある筈ぢ, ある舞踊家, ある衣類, ある首飾り, いくところ, いたかも, いたが, いた一方, いた月光, いた機関銃, いた母親, いった, いなければ, いましたが, います, いるか, いるかという, いるかも, いるから, いるすべて, いると, いるという, いるところ, いるに, いるばかり, いるふう, いるものの, いるん, いるコンドチェーレ, いる不断, いる世阿弥, いる丘陵, いる人々, いる列車, いる南フランス, いる土居三津子, いる息ぐるしい, いる感動, いる最大, いる母性, いる若い, いる間, おき別に, おく, おられるの, お武家, きた, きたド, きた小説, くるし, くれた, くれたか, くれた小遣い銭, くれた輝かしい, くれない品物, くれなんて, くれましたこと, くれるという, くれるの, くれるので, くれるよう, この詮索好き, されて, しくしくと, しまった, しまったの, しまつ, その区別, その裏面, それで以, それで自分, それらしい, それを, たつた独り, のせられるうち, ひとところへ, ほつと, みたが, みるの, やっては, やっとそれ, やつた, ゆくところ, ゆくわけ, よく二年, よりよく立ち入っ, ゐたおみ, ゐたころ, ゐたの, ゐたのに, ゐたもの, ゐた調教師, ゐましたか, ゐられるものぢ, ゐる, ゐるかは, ゐるが, ゐるところ, ゐるとの, ゐるので, ゐるもの, ゐる定, ゐる手腕, ゐる浅瀬, ゐる淺瀬, トレ・ジャンテイを, ブリジツトと, マア一寸まっ, 一つの, 一門引き連れ, 一門引連れ, 下さいまし, 下さること, 下すった, 世の, 了った, 二つ三つ殴った, 云った, 今その, 今は, 会社へ, 体力から, 入党させた, 出る, 初穂と, 初穂という, 力説する, 区別し, 呶鳴っ, 呶鳴られた, 夢に, 居た鉄瓶, 居ます, 居られるが, 展開した, 往々ある, 得意を, 心構えを, 或いは関係, 擦りながら, 新京, 日の, 旦那の, 明るめて, 書いて, 書斎の, 本を, 来たよう, 来たわね, 来たん, 来た生活習慣, 来た訳, 来緊張, 東京景物詩と, 案内した, 水浴の, 汗ばむまで, 浴びせかけた, 混同しないであろう, 玉の, 理解しなけれ, 理解しよう, 理解する, 白馬義従と, 窮極の, 終った, 統一する, 置いた, 置いたので, 置いたもの, 置いて, 考えない処, 考えられる, 考えられるべきもの, 考へたり, 考察する, 興味を, 荷物を, 虎に, 行かなければ, 行く, 行くうち, 行くこと, 行くべき順序, 行こうと, 行ったか, 行った詩, 行つた詩の, 行なわれるには, 行燈を, 袴に, 見た, 見たい, 見ようか, 見る丈, 見る合言葉, 見得, 見聞感動した, 言えば, 言つた, 詩の, 語りはじめたの, 貰いました, 貰った, 貰ひます, 軽く二, 述べ出した, 金花という, 釣り手を, 障子に, 雨支度を, 飲む山, 驛の, 鳥打ちを

▼ づけ~ (285, 16.6%)

114 お手紙 6 お手紙着 4 お手紙けさ, はかなき, ように, 手紙着 3 手紙が 2 ある拍節, なかに, 下に, 姿だ, 手紙を, 手紙来, 纏頭と, 花環こ, 身の

1 [128件] あとやさき, あるその, あるもの, いいところ, うちには, おとの, おはがき, お手紙きょう, お手紙しん, お手紙一日, お手紙今朝, お手紙前後, お手紙十三日, お手紙十八日, お手紙呉, お手紙土曜, くだものだの, このお, さかなサクラ号から, さとれば, しかたを, したくを, そちらの, たよりあり, ていは, はつい, は又, ほうは, ほかの, ままだった, ままに, やれる私, オリーヴの, ゴロゴロ第, 一端も, 一端を, 上に, 上には, 不可能な, 仕事が, 仕事に, 仕事は, 仕方も, 代りに, 写実的な, 処置は, 分から, 分と, 効目に, 半ばは, 厚くて, 問題でも, 困難さを, 壺に, 夕飯, 外電を, 多少にまで, 夫に, 奇形児である, 如何によって, 寝棺に, 封印を, 布, 序を, 店の, 後彼らは, 御尊書, 御相談, 御馳走に, 微妙さと, 必要が, 感じは, 感激も, 手紙, 手紙でございます, 手紙については, 手紙は, 手紙六日に, 手紙第, 振袖は, 文を, 方向や, 方法が, 李桃梨まるめろ, 果物の, 柔らかさ, 梱に, 標本から, 標本が, 次です, 物資を, 瓜など, 百足を, 真似を, 確かさ力強, 第一, 第一信, 第三信, 箱であった, 粕に, 結晶した, 絢爛な, 給仕を, 能力, 蓋が, 薄葉鉄の, 薑の, 蜜柑箱の, 蠑, 話を, 豪雨の, 赤キャベジを, 跡を, 車夫は, 道中を, 部分を, 音が, 順序な, 順序を, 風習が, 風習は, 飯を, 首の, 駕籠を, 骨董品を, 高きひくきを, 魚で, 魚の

▼ づけ~ (155, 9.0%)

11 して 4 した 3 すること, 与えて

2 [11件] すする音, するといふ, するよう, もたらして, 与えること, 帳場なり, 腹いっぱい食いたい, 行った, 見ると, 頂きまして, 頼んだり

1 [112件] あげましょう, いいに, いたしました, うすくし, おいたまま, かいて, さへ, されざるを, されて, したが, したがるの, したそう, したの, したり, した限り, してやる, しどろもどろに, しや, すると, する時, すれば, たのんで, たべいと, たべたっちゃんたち, たべて, たべるたのし, たべるまでは, たべ達ちゃん二階, つけたん, とび越して, ながしこみはじめました, なすべき任務, ならって, みくらべて, めしあがられまして, やらないと, ゆっくりとっ, 一匹おみやげに, 下すった, 予告する, 二三杯大急ぎで, 交わした, 伝えた, 伝えて, 先ず与え, 制約しなけれ, 受けずそば, 合せても, 吸ひこみた, 呼びお前, 帯びた構成, 度外し, 強く主張, 得たと, 御覽, 忘れた場合, 忘れた時, 忘れまいな, 思い出した, 我から, 手伝ったり, 招く, 持たずには, 持って, 掲げて, 支える健全, 数へ, 施した問題, 是認する, 書いて, 書きぼんやり, 樂む其の, 欠いた場合, 欠くゆえ, 母から, 求めようと, 濱へ, 為た, 申さう, 直ちにその, 神さびた境内, 私に, 置いたところ, 置くの, 老人達に, 行なう, 見た往来, 見つけるという, 見ろ, 見出したと, 見出すこと, 記入し, 試みたこと, 試みたの, 試みるには, 誰から, 買いはしら, 避けこなし, 間違えて, 難有, 頂きましたし, 頂きます, 頂戴し, 頂戴致しました, 頼まう, 頼むこと, 頼もうかね, 頼んで, 食って, 食べさせて, 食べもう, 食ッち

▼ づけ~ (75, 4.4%)

4 は, や 3 に, にをる 2 たと, を, を思はしめた

1 [55件] うしてさ, え覚束, が破られる, したしさ, しめやかさ, それも, だ, だつた, で, である, であるい, とが融け, にあ, にうかぶ, にかへる, にひたり, にひたる, に居り, に心, に鳥, の, のかぎり, のつもる, の誰, はある, はきみあけぼの, はこほろぎのとぶ, はに, はわが, は嵐, は晴れ, は死ぬる, は白い, は青木の実, は青栗, へも見出す, まさりけるこの, むなしさ, やよき, や黍, れるの, れる音, をた, をたた, をのぼる, をよぶ, をわびしき, を声, を木, を這う, を雨, 一句たちまち, 山の, 嵐の, 竹の子みんな竹に

▼ づけ~ (62, 3.6%)

4 して 2 マルクスに, 食べて

1 [54件] あったの, あったん, あって, あまり定型的, ありましたの, ある, あるため, きまって, きまろうという, ここで, そうだった, その中心問題, それの, それ故, だいぶ要る, つづきよい, できた, なかった, なければ, まちまちである, わけも, 一応無意味, 不愉快だ, 二つの, 仮説である, 入って, 入れて, 入用な, 出来て, 出来ますかね, 出来れば, 即ち哲学, 可能と, 始まってたね, 実際微妙, 少しでも, 当日その, 御座いましたよ, 方法論としての, 明らかに, 明言され, 書いて, 無役, 用意され, 発見される, 研究方法として, 科学的公式を, 端から, 終わって, 続けて, 解釈される, 認められる, 足りないの, 食べたいと

▼ づけ~ (46, 2.7%)

2 余が

1 [44件] おのずから科学, こういうところ, こうだ, この大, この際危険, しないじゃ, しないだろうか, それが, ただ個別化, つまる処事物, できあがる, どのよう, なかった, なくって, また最後, むずかしいという, もうすん, やれずその, 一般には, 之に, 今の, 価値関係づけ, 先ず始め, 初めから, 可能でない, 問題でなく, 大変いろいろ, 寧ろ理想主義的, 常に, 幾年もの, 後期印象派の, 或いはこの, 極く, 無論カント, 父の, 當時の, 白い鴎, 科学的概念を, 第二段, 絶えず上眼, 美学的に, 著しく死相, 豊満であり, 長くつづいた

▼ づけ~ (26, 1.5%)

2 なって

1 [24件] したこと, する, そばが, なった組合, なりそして, なりましたが, なる, 三日づけ, 云ったよう, 云つ, 云つた, 体系づけ, 口を, 呼ばれて, 命令された, 夢との, 大衆自身が, 差される事, 目張りッこで, 科学の, 言つた, 訊いた程, 配達された, 香気の

▼ づけ~ (23, 1.3%)

1 [23件] あつた, いかにも非理性的, いつもの, お呼びに, かき込んだり, ぐわッぐわッと, よばれること, よんで, 伸子が, 作品化した, 受諾した, 召しあがって, 呼ばれたこと, 呼びあうが, 呼び彼ら, 呼ぶよう, 呼んで, 度々ユリ子, 恋愛の, 診療の, 認めること, 近頃外した, 長火鉢の

▼ づけたり~ (14, 0.8%)

2 して, する事 1 しない要するに必ずしも, する, すること, するの, する態度, すれば, 体系づけ, 批判し, 無心さを, 風貌を

▼ づけ~ (14, 0.8%)

1 [14件] うまくいつ, きかずサウンド, したの, そこそこに, できるぞ, ひと苦労, 亦必ず, 亦時代, 元の, 出来るでしょうが, 出来監獄, 多分その, 省いて, 頂戴いたしました

▼ づけ~ (9, 0.5%)

2 尾花が, 華やぎし 1 よい, をば, 人を, 目に, 直ぐ起き上る

▼ づけにな~ (8, 0.5%)

3 つてゐた 1 つてし, つてもが, つてゐます, つて居, つて居られた

▼ づけ~ (8, 0.5%)

1 下肢に, 分析やらを, 登録, 穴か, 草の, 詩人などに, 進歩観が, 香料とか

▼ づけては~ (7, 0.4%)

1 いけない, いないだろうか, ゐない, ゐるが, 届けて, 悪いか, 白昼得物を

▼ づけても~ (7, 0.4%)

1 いました, して, 俺を, 往かるるならん, 眠れないとき, 血の, 言うこと

▼ づけという~ (7, 0.4%)

1 のを, ものだ, 新しい関係, 規定だけが, 規定は, 規定を, 選択の

▼ づけもの~ (7, 0.4%)

1 がご, でも, にし, はづくし, をする, を云ふから, を終つたあと

▼ づけさよ~ (5, 0.3%)

2 秋づき 1 熊笹の, 蛙啼く, 重なりて

▼ づけには~ (5, 0.3%)

1 ならずハシケ, ならない, 実に驚くべき, 独特の, 網床めく

▼ づけにも~ (5, 0.3%)

3 されないでは 1 その感じ, 似たもの

▼ づけその~ (4, 0.2%)

1 世界から, 独立不羈の, 理論を, 論理的前提ないしは

▼ づけとして~ (4, 0.2%)

1 唄はれた, 奏任官待遇を, 持ち出すもの, 用いた

▼ づけとは~ (4, 0.2%)

1 この事, どんなものだい, 必ずしも権利, 歴史家にとって

▼ づけながら~ (4, 0.2%)

1 どんな男, 出て, 更に間近く, 村口多鶴子は

▼ づけにでも~ (4, 0.2%)

1 されたかの, されたよう, して, なったくらい

▼ づけよう~ (4, 0.2%)

1 ではない, としておられるらしい, としてもなおらなかった, としてわざわざ

▼ づけ~ (4, 0.2%)

1 るべきもの, るべき根気, るる意味, るる筈

▼ づけ~ (3, 0.2%)

1 があっ, はござりましねえとも, をにこり

▼ づけそれ~ (3, 0.2%)

1 からある, と思想, によってその

▼ づけなど~ (3, 0.2%)

1 させたくない, なんとなく野趣, 出しねぎらって

▼ づけやう~ (3, 0.2%)

2 とする 1 とするで

▼ づけをか~ (3, 0.2%)

2 ッこん 1 ッこみだした

▼ づけ~ (3, 0.2%)

2 とし 1 と託宣

▼ づけいよいよ~ (2, 0.1%)

1 軽妙に, 輕妙に

▼ づけ~ (2, 0.1%)

1 手紙が, 手紙を

▼ づけくも~ (2, 0.1%)

2 畏き相

▼ づけざま~ (2, 0.1%)

1 にお辞儀, にはどう

▼ づけしか~ (2, 0.1%)

1 その内容, 持って

▼ づけそう~ (2, 0.1%)

1 な世間, な態度

▼ づけそして~ (2, 0.1%)

1 それは, 娘の

▼ づけだけ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ づけだって~ (2, 0.1%)

2 何だって

▼ づけてと~ (2, 0.1%)

1 何気なくうち, 何氣なく

▼ づけでも~ (2, 0.1%)

1 ういつぱい, 十枚や

▼ づけとを~ (2, 0.1%)

1 感じないわけ, 持って

▼ づけなし~ (2, 0.1%)

1 にただ, に決定的

▼ づけなどに~ (2, 0.1%)

1 喜ばれる, 若干の

▼ づけなども~ (2, 0.1%)

1 ご心配, 恐ろしく力強い

▼ づけなどを~ (2, 0.1%)

1 売り歩くの, 見れば

▼ づけにまで~ (2, 0.1%)

1 溯ること, 高め且つ

▼ づけによって~ (2, 0.1%)

1 一つの, 理解しよう

▼ づけばを~ (2, 0.1%)

2 ばな

▼ づけ~ (2, 0.1%)

1 白菅の, 頬白の

▼ づけむ君~ (2, 0.1%)

2 が面

▼ づけを以て~ (2, 0.1%)

1 最も中心的, 歴史学的概念構成の

▼ づけ~ (2, 0.1%)

1 その中立性, 実験する

▼ づけ構造~ (2, 0.1%)

2 づけるもの

▼ づけ秩序~ (2, 0.1%)

2 立て訓練

▼ づけ~ (2, 0.1%)

1 ふ, へ

▼ づけ胡瓜~ (2, 0.1%)

1 だのイクラ, とリンゴ

▼ づけ過分~ (2, 0.1%)

1 にござる, に存じます

▼1* [154件]

づけあざやかなれども, づけあつて朝, づけあらゆる反対を, づけいやな事, づけいろいろ取り沙汰を, づけえなせえやすな, づけおだやかで無駄, づけあめの, づけかくして表現より, づけかしと念じ, づけかたというもの, づけかたく凍りて, づけかつその言伝え, づけからはじまる日本平民新聞, づけかりにし, づけきりで自分, づけここで死ぬ, づけこそ歴史記述の, づけこの特徴の, づけさえないんで, づけさきから子供, づけさしめやかさにある, づけさまに軒, づけさやすらかさ, づけざま三日よ, づけただまっしぐらの, づけたりなどしや, づけだけで彫刻が, づけだけによっては歴史科学的概念構成の, づけって何です, づけてなどはいなかったのに, づけての上の, づけてをいた, づけではなくして, づけとしては初めの, づけとで組立てること, づけ草の, づけなどがある, づけなどといふ類ひ, づけなどとして正に恐るべき, づけなどの仕事に, づけなどはし玉, づけなんぞにしや, づけなんぞは吹きはらふ, づけにおいては我々は, づけにこそ今日の, づけについての形態説の, づけによつて歌は, づけによってもとらえられないところ, づけによる範囲でも, づけに対する関心によって, づけはじめましてござります, づけへの御返事, づけほど馬鹿げた常識, づけゐらせん, づけまた将士を, づけまでちゃんと明記, づけまでをとは申しませんそう, づけみたいにそこ, づけよってみずからの, づけわが邦の, づけをも受け取ること, づけを通じて現在に, づけガラス瓶に封じこん, づけキャベツ日曜日の水っぽい, づけサーラサラでえ, づけプラムがアモンド, づけすったの, づけ両手でその, づけふと僕, づけ今やつと否定, づけて其の, づけ以後に於, づけ価値づけるため, づけひぬ, づけ僧徒の列座, づけ内容づけるとき, づけ出ず入らずになにがし, づけ北天竺に仏法, づけ十六日の朝東京, づけ又は擁護する, づけ大事起らば, づけお蝶, づけ客観的な描破力, づけにささやき, づけ小切手を渡される, づけ少女を自分, づけが永年胸, づけ注文の, づけ御座候御手紙, づけ微細な面, づけ心靈の存在, づけのう存ずる, づけ思想的基礎づけの, づけ性格づける, づけ意味づけること, づけ握るや, づけ拙けれど人々, づけ支那で謂ふところ, づけ文体の新鮮, づけ文化の健全, づけの流れる, づけ方向を決める, づけ時にはその, づけ書名状態をかきこむ, づけ有難う存じます, づけ松むらその姿, づけ根據づけ關係, づけ武士を思想, づけぶくれが, づけをかく, づけづけ狂歌, づけ焼けのこつた, づけゆる星眸, づけ狂歌のよう, づけ玉菜の瓶, づけ現在はドイツ, づけ理論的論理学の原理, づけ生長する内, づけうまく大いに, づけ磐石の錘, づけに近い, づけは怖, づけ競爭者達が私, づけ十七信着, づけ組立ての外観, づけ組織して, づけ美しい柔らかなうねり, づけ胡瓜卵キャベジ肉殆ど何, づけから下肢, づけ自分を何とか, づけのころ, づけ芸者であると, づけ芸道との外, づけ茶碗まで付い, づけ蓬餠香煎かき餠などであった, づけ見物の者, づけ解決して, づけふ, づけ請求でその, づけを政教, づけ豊かにし, づけ貯蔵個所なるもの, づけ構いさ, づけうござった, づけ通りに歴史, づけを呑め, づけ關係づけの, づけ限定された用例, づけ障子を明け放つ, づけをふる, づけの最後, づけをもつ, づけを買っ