青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とつぜん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ところ~ ところが~ ところで~ ところどころ~ ~とっ とっ~ ~とった とった~ ~とつ とつ~
とつぜん~
~とても とても~ とにかく~ ~とめ とめ~ とも~ ~ともかく ともかく~ ともに~ ~とられ

「とつぜん~」 1050, 11ppm, 9607位

▼ とつぜん大きな~ (17, 1.6%)

4 声で 2 声を

1 [11件] こえを, しゃっくりを, 声が, 声だ, 木の下から, 波は, 猪が, 身体に, 音が, 音を, 音響と共に

▼ とつぜん~ (16, 1.5%)

1 [16件] お客さんを, ことで, ことである, さわぎ, できごと, 出現に, 命令が, 問いに, 回復, 変事に, 失踪, 妹の, 死を, 申し入れを, 襲撃には, 銃声

▼ とつぜん~ (14, 1.3%)

1 [14件] あらわれた二勇士, いった, さけんだ, どっかりと, 劇場の, 参りまして, 家を, 思考力と, 涸れ寝床, 私の, 起こりはじめた, 起るおさえられぬ激怒, 音盤が, 頭に

▼ とつぜん~ (13, 1.2%)

2 の前, の頭 1 から離れ去った, がその, に向かっ, の上, の方, の眼, の耳, をうちのめした, をよんだ

▼ とつぜんその~ (12, 1.1%)

1 [12件] すごい音, ときさっと, とき奇妙な, とき目を, とき表の, テレビジョン望遠幕の, 勤め先の, 大蜘蛛, 空席の, 耳に, 赤黒い島, 鉄の

▼ とつぜん~ (12, 1.1%)

1 [12件] の両, の咽喉, の姿, の耳, の頭裡, の顔, の鼻先, はマデリン嬢, は圧倒的, は夜, は庭, は酒気

▼ とつぜんパッ~ (10, 1.0%)

3 と電灯 1 とあかるく, とあたり, とだれ, と明るく, と自動車, と部屋, クリと

▼ とつぜんうしろ~ (9, 0.9%)

2 から声, のほう 1 からきみ, で係長, で声, に人, に蟻田博士

▼ とつぜんこの~ (8, 0.8%)

2 海底に 1 大遭難, 娘と, 機関室が, 港町の, 言葉が, 部屋の

▼ とつぜんどこ~ (8, 0.8%)

2 からともなく 1 かで, かに隠れ, からかみ, からか変, か遠く, ともしれず

▼ とつぜん~ (8, 0.8%)

1 ので咄嗟, のにすぐ, 儀事は, 叫喚が, 失踪は, 宮御所の, 真空が, 音が

▼ とつぜん~ (7, 0.7%)

2 をあげた 1 がし, がした, がしなくなり, を上げ, を青二

▼ とつぜん~ (7, 0.7%)

3 の前 1 がくらくら, に入っ, をあげ, を輝かし

▼ とつぜん~ (7, 0.7%)

4 の上 1 のうえ, の上の空, を包まれ

▼ とつぜん~ (6, 0.6%)

1 くみの, もてを, ッと, 厩の, 手紙を, 通が

▼ とつぜんおそろしい~ (6, 0.6%)

1 ことが, どなり声が, ひびきが, 危機を, 破局が, 笑い声が

▼ とつぜんかれ~ (6, 0.6%)

1 のうしろ姿, の姿, の足, は床几, は服, は立ち止まった

▼ とつぜんこんな~ (6, 0.6%)

3 ことを 1 お便り差しあげ, ところへ, ひどいめ

▼ とつぜん~ (6, 0.6%)

2 をひらい 1 をはさみました, を出しました, を切りました, を開いた

▼ とつぜんおどろき~ (5, 0.5%)

3 の声 1 のこえ, の色

▼ とつぜん博士~ (5, 0.5%)

1 が態度, に呼びかけられ, の心, は口, は身体

▼ とつぜん~ (5, 0.5%)

3 なこと 1 な品, な節まわし

▼ とつぜん彼女~ (5, 0.5%)

1 が顔, のうしろ, の悲泣, はまた, は立ち止まつ

▼ とつぜん思いがけない~ (5, 0.5%)

1 ある思念, ことが, さわぎが, 一大椿事が, 心の

▼ とつぜん現れた~ (5, 0.5%)

1 この怪飛行隊, 帆村の, 汽船は, 相手は, 若い紳士

▼ とつぜん異様~ (5, 0.5%)

1 なぶッ仆, な物音, な笑い声, な重苦し, のさけびがいんいんたる木の間

▼ とつぜん~ (5, 0.5%)

3 の前 1 のま, のまえ

▼ とつぜん~ (5, 0.5%)

3 をひるがえし 1 をうち, を刎

▼ とつぜん~ (5, 0.5%)

1 なんか出し, をあげ, をあげる, をしかめ, を真っ赤

▼ とつぜんことば~ (4, 0.4%)

2 を切っ 1 の横, をさしはさみました

▼ とつぜん~ (4, 0.4%)

1 びつくりなす, ほんまに, も帝, 驚かれること

▼ とつぜんぱっと~ (4, 0.4%)

1 いっぱいに, 明かるい光, 眩しい光線, 赤く光った

▼ とつぜん兵曹長~ (4, 0.4%)

1 からの無電, との無電連絡, の体, の怒声

▼ とつぜん右手~ (4, 0.4%)

2 のシグナル 1 で長い, の大きな

▼ とつぜん名人~ (4, 0.4%)

1 がふ, がカンカラ, が何, が吐き出す

▼ とつぜん大声~ (4, 0.4%)

21 でわめいた, で叫ん

▼ とつぜん奇妙~ (4, 0.4%)

2 なこと, な声

▼ とつぜん~ (4, 0.4%)

1 があく, がノック, が開い, の向こう

▼ とつぜん消え~ (4, 0.4%)

3 てしまった 1 てなくなっ

▼ とつぜん立ちどまっ~ (4, 0.4%)

1 て, てうしろ, てはげしく, てクルッ

▼ とつぜん背後~ (4, 0.4%)

2 から声 1 から手, から首

▼ とつぜん自分~ (4, 0.4%)

1 とおなじ, の中, の注意, の胴

▼ とつぜん~ (4, 0.4%)

1 が関節, をすべらし, をとめ, を停め

▼ とつぜんあらわれた~ (3, 0.3%)

1 ごちそうの, ぼんやりした, 千二少年

▼ とつぜんそこ~ (3, 0.3%)

1 にあいた, へもどっ, へ姿

▼ とつぜんひとり~ (3, 0.3%)

1 の大きな, の男, の骸骨

▼ とつぜんへん~ (3, 0.3%)

1 なこと, な声, になった

▼ とつぜんまるで~ (3, 0.3%)

1 お伽噺の, バイオリンの, 早がわり

▼ とつぜんむこう~ (3, 0.3%)

1 のドア, の横丁, をむい

▼ とつぜん~ (3, 0.3%)

1 の方, へのぼる, へひっぱりあげられた

▼ とつぜん伝六~ (3, 0.3%)

1 がけたたましく, にいいました, をおどろかし

▼ とつぜん~ (3, 0.3%)

1 わらいの, 噴火が, 恐惶に

▼ とつぜん天地~ (3, 0.3%)

1 はくずれん, もさ, をひっ裂く

▼ とつぜん姿~ (3, 0.3%)

2 を消した 1 をあらわす

▼ とつぜん意外~ (3, 0.3%)

1 なこと, なること, な声

▼ とつぜん新田先生~ (3, 0.3%)

1 が声, と千二少年, にあばかれ

▼ とつぜん~ (3, 0.3%)

1 が変, でも狂った, を転じよう

▼ とつぜん甲板~ (3, 0.3%)

2 の方 1 の上

▼ とつぜん~ (3, 0.3%)

1 のそ, の中, の奥

▼ とつぜん~ (3, 0.3%)

2 がしめつけられ 1 に泛

▼ とつぜんあたり~ (2, 0.2%)

1 が暗く, が火

▼ とつぜんうわ~ (2, 0.2%)

1 ッと, ーっと

▼ とつぜんかすか~ (2, 0.2%)

1 な人間, な音

▼ とつぜんこう~ (2, 0.2%)

1 いった, 言つた

▼ とつぜんここ~ (2, 0.2%)

1 で先生, へお

▼ とつぜんそれ~ (2, 0.2%)

1 に注意, を開いた

▼ とつぜんだれ~ (2, 0.2%)

1 かがうしろ, かがとんき

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

2 ほうも

▼ とつぜんとびだし~ (2, 0.2%)

1 てきた, ては怪力線

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 えらい音, ぼんと

▼ とつぜんどどどど~ (2, 0.2%)

1 とすごい, ーんと

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 だを, 青天の

▼ とつぜんはげしい~ (2, 0.2%)

1 物音が, 音が

▼ とつぜんばたばた~ (2, 0.2%)

1 とただならぬ, と逃げだしました

▼ とつぜんぱっとでんとう~ (2, 0.2%)

1 がきえ, がつい

▼ とつぜんぴかりと~ (2, 0.2%)

1 一大閃光が, 光った

▼ とつぜんふたり~ (2, 0.2%)

1 の姿, の覆面

▼ とつぜんふっ~ (2, 0.2%)

2 てわいた

▼ とつぜんまた~ (2, 0.2%)

1 声が, 砲撃が

▼ とつぜんまぶしい~ (2, 0.2%)

1 あかりに, 光を

▼ とつぜんみょう~ (2, 0.2%)

1 なこと, なひとりごと

▼ とつぜんもう~ (2, 0.2%)

1 ひとりの, れつな

▼ とつぜんわたし~ (2, 0.2%)

1 がかれ, は

▼ とつぜんわれわれ~ (2, 0.2%)

2 の前

▼ とつぜんガタン~ (2, 0.2%)

1 というはげしい, と落ちこん

▼ とつぜんガラリ~ (2, 0.2%)

1 とこう, と間

▼ とつぜんハッ~ (2, 0.2%)

1 とし, とした

▼ とつぜん一人~ (2, 0.2%)

1 のエスキモー, の男

▼ とつぜん不幸~ (2, 0.2%)

1 なこと, な事件

▼ とつぜん不思議~ (2, 0.2%)

1 なこと, な病気

▼ とつぜん俊夫君~ (2, 0.2%)

1 がこう, は口

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 の頭, は耻かしく

▼ とつぜん円い~ (2, 0.2%)

1 大きな月, 雲の

▼ とつぜん叫んだ~ (2, 0.2%)

1 ことである, のは

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 で銃声, に待たせ

▼ とつぜん大砲~ (2, 0.2%)

1 が発砲, をうった

▼ とつぜん天井~ (2, 0.2%)

1 にあらあらしい, の高

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 の中, の裏手

▼ とつぜん少年~ (2, 0.2%)

1 にお前, はぶる

▼ とつぜん左右~ (2, 0.2%)

2 の岩

▼ とつぜん怪しい~ (2, 0.2%)

1 悲鳴が, 物音が

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 の脂燭, をはなし

▼ とつぜん明智~ (2, 0.2%)

1 の背中, はアッ

▼ とつぜん明智探偵~ (2, 0.2%)

1 がささやく, がさも

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

2 の中

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 が出, を拭く

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 をふきだした, を吹いた

▼ とつぜん火星人~ (2, 0.2%)

1 の一人, の中

▼ とつぜん現われた~ (2, 0.2%)

1 怪しい相手, 恐竜の

▼ とつぜん空中~ (2, 0.2%)

1 から声, にどこ

▼ とつぜん笑いだした~ (2, 0.2%)

1 のです, のでみんなビックリ

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

2 を裂く

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 にした, をつんざく

▼ とつぜん自動車~ (2, 0.2%)

1 が停った, の行手

▼ とつぜん船内~ (2, 0.2%)

1 から爆発, で大

▼ とつぜん船長~ (2, 0.2%)

1 が叫んだ, も帆村

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

2 つた

▼ とつぜん言葉~ (2, 0.2%)

1 を切り, を止めた

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 かによびかけられた, か木戸

▼ とつぜん足もと~ (2, 0.2%)

1 がご, まで這

▼ とつぜん身近~ (2, 0.2%)

1 にひ, に人

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 がなくなっ, に沿う

▼ とつぜん電話~ (2, 0.2%)

1 がかかっ, が鳴り響いた

▼ とつぜん音楽~ (2, 0.2%)

1 が始まった, が鳴り

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 と紅蓮, にでも消された

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 をあげ, をしめられ

▼ とつぜん~ (2, 0.2%)

1 さ二メートルあまりの, 一はう

▼ とつぜん黒ん坊~ (2, 0.2%)

2 にかわった

▼1* [579件]

とつぜんああなんという, とつぜんあがりましたのにお, とつぜんあっとけたたましい叫び声, とつぜんあのとおり大, とつぜんあの急調子の, とつぜんあやしげなる, とつぜんあやしいものの, とつぜんあらはれたのでびつくり, とつぜんあらわれてこんな, とつぜんあッと小さな, とつぜんいいだした用件という, とつぜんいきおいよくドアが, とつぜんいたずらっぽい顔に, とつぜんいなくなったのだ, とつぜんいやな気持, とつぜんいらいらした口調, とつぜんうつくしい花が, とつぜんえぐるように, とつぜんえらい熱を, とつぜんおどろくべきことを, とつぜんかなり隔たった所, とつぜんかま首をもたげた, とつぜんからからと笑い出した, とつぜんかんからと笑いだす, とつぜんあが, とつぜんきゃッきゃ, とつぜんくすりと笑いだす, とつぜんぐるっとこちらを, とつぜんけたたましい声を, とつぜんけたたましく呼びたて, とつぜんけなげなこと, とつぜんこづくように, とつぜんことこと左右にからだ, とつぜんほんご, とつぜんごく近くから, とつぜんさっと身を, とつぜんしらひげ, とつぜんじつにとつぜんどこからとも, とつぜんじゃーッと, とつぜんすうーッと, とつぜんすうっと身体, とつぜんすぎ山先生の, とつぜんすぐ目の, とつぜんすごいかいぶつ, とつぜんすばらしく大きな部屋, とつぜんしん, とつぜんずばりと生き, とつぜんそういう結論を, とつぜんそこでクルッと, とつぜんそんなこといいだす, とつぜんやがのう, とつぜんたくさんの鳩, とつぜんたずねてき, とつぜんため息まじりに, とつぜんが三吉, とつぜんだだだだッだだだだ, とつぜんちょこちょこと横, とつぜんつかつかとお, とつぜんまえを, とつぜんであったわりあいに, とつぜんでしたがロッセ氏, とつぜんですが私, とつぜんでっかい声を, とつぜんとびだした怪漢の, とつぜんとび出して来た, とつぜんとまってしまった, とつぜんとんぼ組の陣形, とつぜんどうしたという, とつぜんどすんどすんと, とつぜんどっちからともつかず, とつぜんどどーンと, とつぜんなつかしい妹ミドリの, とつぜんなにに驚いた, とつぜんなんの予兆, とつぜんにあいてレエヌさん, とつぜんにせ警官が, とつぜんにせものとかわった, とつぜんにやりと笑いながら, とつぜんぬっと顔を, とつぜんのぞいていた, とつぜんはげしく閉ざされた, とつぜんばかでかい声, とつぜんばらばらとひょう, とつぜんぱっぱっぱっと頭のところ, とつぜんぁっというような声を, とつぜんひどい重みで, とつぜんひろくなって, とつぜんびっくりするよう, とつぜんぴかぴかと眩しい, とつぜんぴたりと六人め, とつぜんふしぎな事件, とつぜんふっと立ちどまって, とつぜんふとい声で, とつぜんふふふと驕慢, とつぜんへやのどこ, とつぜんほとばしるような, とつぜんぼくの前, とつぜんぼく達を呼びとめ, とつぜんぼんと音, とつぜんぽかりと, とつぜんぽろぽろと涙, とつぜんまい下りて来た, とつぜんまたもやひどい音, とつぜんまっかな色の, とつぜんまっ暗になり, とつぜんみんながいっしょ, とつぜんむくむくと起きあがった, とつぜんむずと摘みあげられた, とつぜんめぐりあつた, とつぜんものすごい水けむりがたちました, とつぜんやぶからぼう, とつぜんやぶったり急, とつぜんゆらゆらと大きく, とつぜんれいの客, とつぜんわかわかしい声に, とつぜんわきおこる惨事あるいは, とつぜんわたしたちは手, とつぜんわんわんと崖, とつぜんウサギの頭, とつぜんウフフとばかり笑いだす, とつぜんエンジンの音, とつぜんオクタンとヘザ某, とつぜんオルガ姫の声, とつぜんカスミ女史は声, とつぜんカッと眼, とつぜんカークがポン, とつぜんガチャリとき, とつぜんガチャンドシーン, とつぜんキッピイがよびつけた, とつぜんキャラコさんの頭, とつぜんクックックッとわらいだした, とつぜんクルッとこちら, とつぜんケレンコはうしろ, とつぜんゲタゲタと笑いだした, とつぜんコトエが泣きだし, とつぜんザーッという音, とつぜんシュウシュウと帯, とつぜんショーウインドウのあたり, とつぜんタルのゆれ, とつぜんダンスをやめ, とつぜんチンドン屋の列, とつぜんトラ十が帆村, とつぜんドシンと落ちる, とつぜんニューヨークへ転勤, とつぜんノールウェーの国旗, とつぜんハルクは半身, とつぜんハンスのこえ, とつぜんパイプをくわえ, とつぜんパクッと人形, とつぜんパッタリ運転がとまっ, とつぜんヒーッという絶叫, とつぜんビリリリリと呼子, とつぜんピストルの音, とつぜんピッタリととまっ, とつぜんフェジューシカがふさふさ, とつぜんフクローが大声, とつぜんフハンのほえる, とつぜんペペ王のお, とつぜんボルネオ島のサンダカン, とつぜんポケット小僧がはずんだ, とつぜんポチが台, とつぜんマヌエラが気, とつぜんムクムクと起伏, とつぜんヤリウス様がこの, とつぜんラッパは消えた, とつぜんラツールがかかえ, とつぜんロープに下っ, とつぜん一個の巨獣, とつぜん一同へお辞儀, とつぜん一方の木, とつぜん一箇の架台, とつぜん一陣の風, とつぜん一隻の潜水艦, とつぜん七年振りに時, とつぜん万雷の響, とつぜん三つの編隊, とつぜん三ノ橋のたもと, とつぜん三人に声, とつぜん三吉の腕, とつぜん三根夫は心臓, とつぜん下された綱一本, とつぜん下腹にはげしい, とつぜん不吉なノック, とつぜん中心人物の死に, とつぜん丸木が叫んだ, とつぜん主砲を鉄水母, とつぜん乙姫はその, とつぜん乱視になる, とつぜん二つに割れ, とつぜん二三人がおどろき, とつぜん二人の背後, とつぜん二十八日朝にくりのべられた, とつぜん二十面相がたまりかねた, とつぜん五百機に近い, とつぜん京都から姿, とつぜんのけはい, とつぜん人間の声, とつぜんまでとはまるで, とつぜん仏壇の横手, とつぜん仙花がはいつた, とつぜん伊勢物語の業平, とつぜん伊吹の雲, とつぜん佐々の顎, とつぜん佐伯氏が声, とつぜんをいう, とつぜん作業衣の男, とつぜん俯ッ伏した姿, とつぜんは機嫌, とつぜん停めた者が, とつぜん僚艇との連絡通信, とつぜん元帥の机上, とつぜん元気を出し, とつぜん先生は明, とつぜんのたば, とつぜん光明を失った, とつぜん六波羅検断所の白洲, とつぜん兵部少輔, とつぜん内藤駿河守のお, とつぜん凄まじい颱風が, とつぜん出合つてよかつ, とつぜん出現した硝子天井, とつぜん前哨隊の騎兵, とつぜん動きだし館の, とつぜん北山の邸, とつぜん千載一遇の機会, とつぜん卓一を有頂天, とつぜんのほう, とつぜん厚い雲に, とつぜん原因も分らず, とつぜん原子力時代がき, とつぜん参りましたらお気の, とつぜん叔父を訪ね, とつぜん受話器を外した, とつぜん古道具屋に変装, とつぜんのほう, とつぜん右門に呼びかけました, とつぜん吉野の御所, とつぜんをよんだ, とつぜん向うに小川, とつぜん向こうのすみ, とつぜん吹き倒されてしまひ, とつぜんれに, とつぜん呼びかけられて佐, とつぜん呼びとめられて立ちどまらなけれ, とつぜん咽喉仏が見える, とつぜん啜り泣きを, とつぜん喇叭が鳴り響いた, とつぜん嗚咽にむせび, とつぜん噴火したので, とつぜん四五発の銃声, とつぜん四十めんそうがわらいだした, とつぜん土蔵の土扉, とつぜんへ膝, とつぜん地球にモロー彗星, とつぜん地震が襲来, とつぜん地鳴りとともに大山, とつぜんの上, とつぜん坑道の水, とつぜん場内がそうぞうしく, とつぜんを相手, とつぜんなこと, とつぜん夢魂を醒まされた, とつぜん大きく笑いだしたかと, とつぜん大ごえをあげた, とつぜん大人になる, とつぜん大口をあい, とつぜん大地がぐらぐら, とつぜん大学教授の職, とつぜん大男のリーロフ, とつぜん大西に向, とつぜん大道具が組立てられ, とつぜん大風吹きつのって, とつぜん天眼鏡をひっこめ, とつぜん太刀川のうしろ, とつぜん奇児の哄笑みたい, とつぜん奉行小屋の柱, とつぜんは何とも, とつぜん子どもぐらいの大き, とつぜん宇津木さんを突き落しました, とつぜん安東仁雄の病床, とつぜん安楽いすにかけ, とつぜんにはねとばされ, とつぜん室内で大きな, とつぜんのうしろ, とつぜん富士男の前, とつぜん寝台からすべりおりる, とつぜん尊氏の中軍, とつぜん尋ねまいりどこぞへ, とつぜん旗を, とつぜん小さなピークの, とつぜん小林団長がみょう, とつぜん小林少年が, とつぜん小浜兵曹長がおどろいた, とつぜん小走りに走っ, とつぜん少年たちが家, とつぜん尽きたのである, とつぜん屋敷奉公にあがっ, とつぜんのよう, とつぜん島田少年がおとうさん, とつぜん嵯峨の夢窓国師, とつぜん川北先生がうわ, とつぜん左膳は大声, とつぜん市ノ瀬牧人は立ちあがる, とつぜん帆村は猛然と, とつぜんを立っ, とつぜん帰ってきた, とつぜん帰国を願った, とつぜん平手打ちでもくった, とつぜんが落ち, とつぜん床板がとび, とつぜん座がしんとなった, とつぜん庫裡の向こう, とつぜん廊下にならん, とつぜん弓彦が例, とつぜん強い光線に, とつぜん弾かれたように, とつぜん形相を一変, とつぜん彼らはひっかえした, とつぜん彼等の頭上, とつぜん後隊をふりむい, とつぜん心臓麻痺で倒れ, とつぜん思いもかけない, とつぜん怪塔の地階, とつぜん怪塔ロケットの入口, とつぜん怪物の白い, とつぜん怪物団にとりかこまれた, とつぜん怪獣が, とつぜん恋しくなる時, とつぜん恐ろしい骸骨男に, とつぜん恐怖にとらわれ, とつぜん恐竜が現われ, とつぜん悲しみにこそが二度, とつぜん惨めな男, とつぜん愉しげに笑ひだ, とつぜん意中の者同士, とつぜん懸命な力, とつぜんる新進作家, とつぜん戦艦オレンジ号の艦体, とつぜん戸倉老人が笑いだした, とつぜん房枝たちを襲った, とつぜん手紙がとどきました, とつぜん折竹が改まった, とつぜん拍手と喝采, とつぜん探偵はイス, とつぜん推参して, とつぜん故郷の門, とつぜん断崖の肌, とつぜん日本に現われ, とつぜん早口で叫んだ, とつぜん昇降階のした, とつぜん明るい光が, とつぜん昨夜の記憶, とつぜん晴天の雷鳴, とつぜん暗やみの中, とつぜん暗闇のなか, とつぜん暴風にそなえる, とつぜん本艇の無電通信機, とつぜん杜絶して, とつぜん板壁の向, とつぜん林檎の姿, とつぜん森川夫人の前, とつぜん椅子がたおれ, とつぜん横合から無遠慮, とつぜん横合いからひったくった, とつぜん横手の方, とつぜんに小さい, とつぜん樽ロケットが強力, とつぜん橋詰の口, とつぜんがやむ, とつぜん歓喜に変わっ, とつぜん止まったような, とつぜんを使っ, とつぜん歯ぎしりの音, とつぜん死にましたの, とつぜん死んだのだ, とつぜん死亡いたしました, とつぜん殴りつけてゐた, とつぜんは彼, とつぜん気分が悪く, とつぜんをうった, とつぜん水平線に黒煙, とつぜんのよう, とつぜん氷山の彼方, とつぜん江戸の中津藩奥平家, とつぜん沛然として雨, とつぜん泣いてゐる, とつぜん注意をひかれた, とつぜんを襲撃, とつぜん洞くつの奥, とつぜん浮力をうしなった, とつぜん海底の丘, とつぜん消えうせてしまった, とつぜん消えうせたように, とつぜん湧いたものでなく, とつぜん湯気の向こう, とつぜん湿った土の, とつぜん滝の前へおり, とつぜん潜水兜がぴんぴん, とつぜん激しいノスタルジアが, とつぜん濡れた手が, とつぜんが噴き出る, とつぜん為木音也はぐつと唾, とつぜんの中, とつぜん爆発したの, とつぜん父上がお, とつぜん牛乳配達は追, とつぜんの気配, とつぜん狭山は口, とつぜん猟犬フハンは二つ, とつぜん王党派の陸軍大臣イゴール・アウレスキー, とつぜん王城の中, とつぜん理由のわからぬ, とつぜん甘酒屋の店, とつぜん生々とした, とつぜん生きかえり自分で, とつぜん田楽楽器の合奏, とつぜん甲高い声を, とつぜんの陰気, とつぜん町角からヒョイ, とつぜん画面が明るく, とつぜん異人たちがさわぎだした, とつぜん疾風のごとく, とつぜん病院を解雇, とつぜん癇声をあげ, とつぜん発狂してじぶん, とつぜん白い物影が, とつぜん目前一帯の地, とつぜん義方の, とつぜん直義のうしろ, とつぜん直衣の袖ぐち, とつぜん眼ざましいほどに, とつぜん眼前にひらけ, とつぜんの集中, とつぜん矢来をやぶっ, とつぜん矢田津世子が言った, とつぜん石垣のあいだ, とつぜん石川の手, とつぜん研究室にとびこん, とつぜん破鐘のよう, とつぜん確認された意外, とつぜん秀吉は, とつぜん私たちのうしろ, とつぜん秘密警察隊の司令官ハヤブサ, とつぜん稲村勝之が寺, とつぜんから舞い下り, とつぜん空気を破っ, とつぜん空魔艦にさらわれた, とつぜん突風に狂い, とつぜんのよう, とつぜん窓硝子がパン, とつぜん立ちあがってこんな, とつぜん立ちあがると絶望, とつぜん立ちどまつて蟻の, とつぜん立って逃げよう, とつぜん竜宮へまよいこんだ, とつぜん笑いをやめ, とつぜん一の, とつぜん精神に異常, とつぜん絶息したの, とつぜん絶望的な電報, とつぜんがわ, とつぜん美しい女が, とつぜん羽ばたきをし, とつぜん耳もとでルパシカ男, とつぜん聞える足音の, とつぜん胴体からはなれ, とつぜん脳溢血に襲, とつぜんをグン, とつぜん自殺するとは, とつぜん舌打ちするよう, とつぜんから無線電話, とつぜん艦首を水面, とつぜん良人の手, とつぜん苦悶をはじめて, とつぜん荒々しい怒りの, とつぜん菊次さんには自分, とつぜん落ちてまっ暗, とつぜん落とし穴へ落ち込む, とつぜんの中, とつぜん蛾次郎のいる, とつぜん蜂矢のうしろ, とつぜんの逆流, とつぜん行くえ知れず, とつぜん行動するとき, とつぜん行手に起った, とつぜんの少女, とつぜん襲いかかって通行人ら, とつぜん見物席のうしろ, とつぜん視野に飛び込ん, とつぜん解散になつ, とつぜん言い叫んだ声もろともに, とつぜん計器に大きな, とつぜん試合場の南, とつぜん課長から声, とつぜんの失踪, とつぜん警報がなりひびいた, とつぜん警戒警報が伝えられた, とつぜん警鈴がひびき, とつぜん谷博士がこの, とつぜん豆潜水艇がぱっと, とつぜん走り出た人影が, とつぜん起った惨事だった, とつぜん起るもので, とつぜん跪いたので今度, とつぜん踊るといひだした, とつぜん躍りだすような, とつぜん躍り出した男が, とつぜん身体の中心, とつぜんをとめ, とつぜん車よせの扉, とつぜん輝いてあっ, とつぜんにしがみつい, とつぜん轟然たる銃声, とつぜん辞表を出し, とつぜん近くに汽車, とつぜん近江へ向っ, とつぜん追跡隊へ無電, とつぜん退院のゆるし, とつぜん逞しい男の, とつぜん過ぎ去って完全, とつぜん邪険な仕方, とつぜん部屋を横切, とつぜん郷里へ帰ろう, とつぜん都民をアッ, とつぜん醤油つぎを引っ, とつぜん采配をちぎれる, とつぜん重い足音が, とつぜん重大な質問, とつぜんの鱗, とつぜん針路を北, とつぜん銅鑼や長, とつぜん錯乱した, とつぜん鍵穴から眼, とつぜん長くのびたよう, とつぜん長谷部大尉がうなった, とつぜんのところ, とつぜん門内でぎやおぎやおとさわがしい音, とつぜん門外にあたって馬, とつぜん開いた穴の, とつぜん開けかすかに, とつぜんの彼方, とつぜん闘牛楽が聞え, とつぜん防音扉がばたんと, とつぜん降って湧いた, とつぜんにこもった, とつぜん隆夫が乗りこん, とつぜん階段の上, とつぜんの家, とつぜん隣りに坐っ, とつぜん雅楽頭は甲斐, とつぜん集まれをかけられ, とつぜん雨谷はおこりだしまし, とつぜんが鳴, とつぜん霊魂第十号, とつぜんのしずく, とつぜん青江の耳, とつぜん非常な眩暈, とつぜんもなく, とつぜん頓狂な声, とつぜん頭巾ががし, とつぜん頭目が肩, とつぜんからとび出す, とつぜん顔いちめんにだ, とつぜん顔一面にだ, とつぜん飛行機の爆音, とつぜん馬上の者, とつぜんけ足, とつぜん駈けだして飛びこむ, とつぜん高い女の, とつぜんふりみだした一人, とつぜん鬼塚元帥からの招電, とつぜん消えるよう, とつぜんの笑いみたい, とつぜん鯨狼が氷罅, とつぜん鳥右さんは耳, とつぜん黄金の豹, とつぜん黒井博士が立ちどまっ, とつぜん黒川記者のさけび, とつぜん龍太郎がこう