青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~とこ とこ~ ~ところ ところ~ ところが~ ところで~ ところどころ~ ~とっ とっ~ ~とった
とった~
~とつ とつ~ とつぜん~ ~とても とても~ とにかく~ ~とめ とめ~ とも~ ~ともかく

「とった~」 1920, 21ppm, 5547位

▼ とった~ (209, 10.9%)

28 である 15 です 12106 では 5 だが 4 だった, であるが 3 だと, だろうか, であった

2 [15件] か彼女, がある, さ, じゃが, だという, だよ, だろう, であると, であろう, であろうか, でしょう, ですが, は, はあなた, はこの

1 [86件] かさえ明らか, かしらん, かその, かね, かね過失, かもしれない, かもしれません, か与えられた, か枝, か私, か肩, か言う, か頬杖, があちこち, があった, がそもそも, がもうとっぷり, が上方下り, が今, が引退, が慶応三年十二月二十三日, が豊臣秀吉, が間違い, じゃ, じゃね, じゃ舟, だけれど, だそう, だったが, だっていい, だっていろんな, だろう狸穴, であって, でありましょう, であります, であろうが, であろうと, でございました, でした, でしたが, ですって, でなければ, とあの, とが同じ, とちがう, とはまるで, に拘らず, はいい, はいかなる, はおかしい, はおれ, はかく, はかれこれ, はさすが, はそれ, はどの, はわかりません, はわたし, は代々木荘, は俺, は公園裏, は嗅煙草, は夜長ヒメ, は専ら, は木綿, は束の間, は美代子夫人, は蕃地, は鈴木先生, は間髪, も, もあれ, も二度と, も意味, も束の間, や, やろか, やわ, や武将, をそんな, をとうどう, をわたしゃビクトリヤ, を手始め, を見, を見た, を見たら

▼ とったもの~ (88, 4.6%)

9 である 4 だ, だと, です 3 では 2 か, だから, であった, でした, と見えます

1 [54件] いいかえると, かいま, かつかつか, かと鬼六, か女房, か小, か釣った, がいい, がけだし, が六倍, が多い, が最も, だが, だった, だったこと, だろう, であらね, でありこれら, でありそうして, であり労働, であろう, であろうが, であろうとも, でがす, でしたから, でなかったの, でれい, でサボタージュ, で伊達家, で天候, で宗教会議, で彼, で政治, で文学雑誌, といわね, と噂, と思われます, と思われる, と見える, なあ, にはおとる, に他, に違い, のところ, のよう, はきっと, はない, は一つ, は多く, は後, もあった, をおいそれと, を殺し, 無様式

▼ とった~ (67, 3.5%)

146 じゃ 5 です 4 じゃが 32 か, ですもの, やろ

1 [29件] が, じゃあなかっ, じゃありません, じゃい, じゃけど, じゃで, じゃない, じゃよ, じゃろうが, だか, だから, だそう, だで, だよ, ですか, ですから, ですが, ですなあ, ですね, ですネ, はあ, は黒い, もある, やけど, やしイ, やろ無言, やわ, をなめ, を見た云う

▼ とった~ (66, 3.4%)

2 それも, それを, 彼の

1 [60件] あのオチニ, この引茶, この時, この間みたいに, こら正しく, これも, こんどは, しかしお, しかし元気, しかし孔子, すぐ折竹, その口, その後仏軍の, その臨終, その訳, それが, それには, それは, ちょっと留守, とうとう一生, とにかくも, どうもお前たち, どだい君, なおおびただしい, なお胸, べつにかわった, もちろんこれ, もとよりウソ, やはり彼女, やはり確か, よいか, わからんも, イタリア人は, 一すくい, 今度は, 出て, 初まった, 半七, 厚木の, 古くて, 呉清源は, 坊主だった, 寄手は, 房枝は, 敗戦の, 敵わ, 最後まで, 服は, 机の, 杉狂児と, 病勢は, 眼が, 私の, 秋子さんは, 絵の, 肩を, 舟は, 言葉を, 部屋が, 高氏は

▼ とったよう~ (58, 3.0%)

3 に見える 2 だった, に穴, に老け

1 [49件] だ, だから, である, でしたが, ですわ, なすさまじい, なところ, ななんとも, なふう, なよろこびを, な丁字形, な声, な大, な工合, な形跡, な態度, な様子, な狭い, な行動, な輪郭, な顔, な風景, にいっとき, におれ, にすぐ, にでかでか, になっ, によろこびました, によろこんだ, にキチン, にワッ, に同じ, に吹聴, に大声, に嬉しかっ, に岩窟, に思いました, に思っ, に思った, に手, に改造, に有頂天, に此事, に耄けた, に胸, に見えた, に見えはじめた, に青ざめ, に高い

▼ とったこと~ (55, 2.9%)

4 がある, にし 2 のない, は五百, も忘れ

1 [41件] いわんと, か, から見, があっ, があった, があります, がご, がございました, がない, がよく, が分かれ, だけだった, だし, であった, でも, で一層, と思われる, になっ, になる, に対し信玄, に当時, に苦悶, のある, はある, はすでに, はもとより, は余り, は前, は異例, もある, もなかっ, もなけれ, も否定, をこれから, をわたし, を思い出しました, を思い起こした, を白状, を知らない, を謝, 知っとる

▼ とった~ (50, 2.6%)

2 いう, ですよ, 思うと

1 [44件] あったが, いうか, いうが, いうほど, いうよりは, いって, おもわないわけ, きいたこと, きこえては, されて, しましょうか, じゃもの, じゃろ, すれば, ですか, なると, みえるのう, みえ喘ぎ喘ぎ叫んだ, みゆる, 云う, 云うの, 云ったね, 云っても, 云われたん, 同じよう, 同じ気持, 同じ職業, 夢の, 彼女は, 思うの, 思うん, 思えば, 思って, 思ふと, 思われるの, 悦んで, 申しましたの, 知ると, 考え日, 自分で, 見えて, 見える, 見ても, 見る間

▼ とった~ (41, 2.1%)

5 の声 4 の人 3 のひと

1 [29件] から, が, がいる, が二人, が何, が出, が取次, が日当り, が浜, が腹這い, だった, ですら, でも自分たち, と向きあっ, な, にちがい, には目, に何, に歌心, の一団, の人たち, の底意地, の方, の自分, の長い, の顔, も佇ん, を二人, を左右

▼ とった~ (29, 1.5%)

2 はそこ

1 [27件] がたずね, が一人, が伴, が噴水, が回数券, が多勢, が植木, が鳥, だけはみんな, だろうと, であると, で笛, とそれ, と壮, と結婚, の中, の声, の姿, はいいました, はとても, はふりむい, はわらいました, はエキモス, はランプ, は前, は独りごと, 若い男

▼ とったので~ (28, 1.5%)

1 [28件] いい加減な, いつもこうして, お湯に, ござりまする, ちょいと, ついどう忘れ, つかれた, ひいき客の, ふたりも, もう皆満腹, りっぱな, わざわざロンドン, フランスの, 一九〇四年, 上着を, 今度は, 会稽城の, 伝六は, 僕達の, 同じ卦, 咄嗟に, 大きな苔, 大満員, 彼は, 息子が, 疲れきって, 私は, 隠居した

▼ とったから~ (25, 1.3%)

3 である 2 すは

1 [20件] お槙, しばらくたって放, すぐ棺, だよ, でした, でしょう, で事実, もう疳癪, 一夏を, 一番金に, 万全の, 今度は, 当分どう, 我慢が, 最近研究に, 来年は, 法事が, 私が, 見破りましたが, 金を

▼ とったという~ (23, 1.2%)

2 ことです, ことは, 老人が

1 [17件] ことで, ことに, ことについては, のだ, んです, レントゲンの, 事実が, 事情も, 件は, 写真や, 友達の, 噂が, 理由で, 記事であった, 話が, 話を, 驚きと

▼ とった写真~ (22, 1.1%)

1 [22件] か千二, が, がある, が入っ, この手紙, だった, だったが, であった, にも空洞, に掏摸, の一つ, の中, もって, やその, を, をお, を現像, を見る, を送っ, を重吉, 届きましたが, 来ました

▼ とった~ (18, 0.9%)

3 ちがいない 2 過ぎない

1 [13件] したところ, しても, しろその, しろ岩波書店, しろ或は, すぎない, すぎないの, すぎなかったの, ちがいなかった, 相違ない, 相違ねえ, 過ぎないん, 違いなかった

▼ とった~ (18, 0.9%)

1 [18件] がそう, がようやく, が結核, ずら, だけあっ, だそう, だった, だと, です, でもかけ, なんかは, にはまだ, のほう, の中, の話, ばかりそれ, もいっしょ, をちゃんと

▼ とった~ (17, 0.9%)

3 わからないそして

1 [14件] お調べ, このとき速水, その機, とらないか, ふいと, よかれあしかれてんで, わからん, 何じゃろ, 内陣の, 分らないよう, 又はぐうぜん, 恐れ入って, 気楽な, 知らんけど

▼ とったところ~ (17, 0.9%)

3 じゃ 2

1 [12件] が私, だった, であんな, でいつ, でがん, でしょせん, によりまする, の形, は新式, へ, をみる, を見

▼ とった~ (17, 0.9%)

3 がいい

1 [14件] から見れ, がええ, がかえって, がよい, がよかっ, が奇麗, が答えました, すなわち浅岡了介, の先輩, の子供等, の海員たち, はカラマゾフ兄弟, は七兵衛, は籐椅子

▼ とった~ (16, 0.8%)

1 [16件] お由羅, さえ畢竟, すでにその, であった, とめどなく涙, にがらり, には我, に湯川さん, に用いた, のこと, の事, の形, はじめて知っ, は一通り, は東京, は若い

▼ とった態度~ (12, 0.6%)

1 [12件] が, が不自然, というの, についてもきっと, に頗る, は女, は果して, は注目, をかくさず, を思いかえす, を説明, を賞讃

▼ とったその~ (11, 0.6%)

1 [11件] 人に, 女だ, 容貌で, 岩より, 態度は, 手は, 日から, 日に, 晩に, 生活を, 男は

▼ とった~ (11, 0.6%)

1 [11件] があるらしい, がその, にはどうしても, に子ども, はその, は何, は何ん, は少し, は附い, は駄目, ばかりの家

▼ とったがん~ (9, 0.5%)

1 が彼ら, が歎息, じょうな男, にとってこの, は, はいいました, はみんな, は若い, を冒険

▼ とったのに~ (9, 0.5%)

1 いつ出, お京, どういうもん, よくよく驚いた, 今度は, 友田が, 毎晩こっそり, 違いない, 釜山の

▼ とったもん~ (9, 0.5%)

4 じゃけ 21 ちゅうことは, で, ですから

▼ とった~ (9, 0.5%)

1 であったらこんな, でおしり, にあまり, に分かれる, は一度, や馬, を引き, を引き出し, を持っ

▼ とった~ (8, 0.4%)

1 おかみでした, おかみは, かっぱの, げんが, 種は, 篠は, 蓮様, 雪の

▼ とったとき~ (8, 0.4%)

1 さすがに, にはもう, に朦朧, の匂い, は, はそちら, はその, もがさがさ

▼ とった~ (8, 0.4%)

1 がこの, のひとみ, の叔父, の菊花石, はすぐ, は実, は次代, は消音ピストル

▼ とった~ (8, 0.4%)

1 がまだ, が嫁さん, と若い, にかわっ, のこと, の態度, は何ん, よりずっと

▼ とった~ (8, 0.4%)

1 のほか, は勉, は幸い, は残らず, もおおかた, を出しあわせ, を払っ, を貰った

▼ とったお母さん~ (7, 0.4%)

1 がかわいそう, がどんなに, と二人きり, にこう, のお, は隣, も私

▼ とったかと~ (7, 0.4%)

3 思うと 1 いうと, 思いますね, 思いますよ, 思った

▼ とったほう~ (7, 0.4%)

1 がいい, がてっとり, がよかろ, が真っ黒, には奉行, の婦人, はだいぶ

▼ とった~ (7, 0.4%)

2 がある 1 でしょう, はありません, はなかっ, は一度, をきい

▼ とった女中~ (7, 0.4%)

1 が一人細目, に内緒, はいっ, はご, はそれ, は弾奏, をおく

▼ とった婦人~ (7, 0.4%)

1 があった, がひとり, が駈け, であったが, と若い, はその, や若い

▼ とった支那人~ (7, 0.4%)

1 に歎願, の人力車夫, はこう, は怒った, は歎息, は気の毒そう, へ話しかけた

▼ とった河童~ (7, 0.4%)

1 が一匹, どころか頭, の頭, はあまり, はこう, は僕, は水

▼ とったそう~ (6, 0.3%)

42 である

▼ とったため~ (6, 0.3%)

1 しがないん, だった, だと, なの, に三人, に年

▼ とっただけ~ (6, 0.3%)

1 だった, であり数字嫌い, ですよ, でべつに, でショック, で旅装束

▼ とったわけ~ (6, 0.3%)

2 です 1 だ, だが, である, ね

▼ とった一人~ (6, 0.3%)

1 が川, であった, の婆さん, の小男, の母, の若い

▼ とった人たち~ (6, 0.3%)

1 がいかにも, がテルソン銀行, が諸君, の所作, はきっと, はなるほど

▼ とった母親~ (6, 0.3%)

1 がまだ, が某, が聖書, にもう, の薬代, もあった

▼ とった自分~ (6, 0.3%)

3 の態度 1 である, の写真, の親指

▼ とったかも~ (5, 0.3%)

1 知れない, 知れない貞奴自身, 知れません, 知れんなあ, 知れんねえ

▼ とったけど~ (5, 0.3%)

1 おれは, なにか変った, むかしどおりの, 人間は, 美しいこと

▼ とったせい~ (5, 0.3%)

1 かしきりに, かとも思います, か皺, だな, で尿

▼ とったばかり~ (5, 0.3%)

1 だけど, だった, でしたから, でなく近代音楽全体, 青々と

▼ とったまま~ (5, 0.3%)

1 かけて, じっとテーブル, すこし考え, ついて行く, 立ちすくんで

▼ とったんで~ (5, 0.3%)

1 げすって, すぐつかまえました, ただ土, 昔の, 見舞いが

▼ とった~ (5, 0.3%)

1 で, で正門, に何分, に改めて, はすぐ

▼ とった人々~ (5, 0.3%)

1 でもやはり, にはまた, はそれ, はまず, また弟

▼ とった~ (5, 0.3%)

1 ですぐ, でふい, に一つ, も釈迦, やがて彼

▼ とった漁師~ (5, 0.3%)

1 がとも, がモーター, が答えました, にこの, にむかっ

▼ とった~ (5, 0.3%)

1 が窓, とやさしい, のこと, は自分, も泣いた

▼ とった看護婦~ (5, 0.3%)

1 があった, が憂鬱, の顔, は夜, は部屋

▼ とった~ (5, 0.3%)

1 がその, に心配, の顔, はいそいそ, ははたして

▼ とったあと~ (4, 0.2%)

1 から生える, に現れた, の大豆, の歯齦

▼ とったおかあさん~ (4, 0.2%)

1 はすこし, はぶいぶい, は豆, を今

▼ とったばかりの~ (4, 0.2%)

1 参政権を, 木内の, 白人の, 養女の

▼ とった処置~ (4, 0.2%)

1 が思い出せない, は後々, は腑, をみ

▼ とった~ (4, 0.2%)

1 が筍, に導かれ, に言いつけ, は崔

▼ とった~ (4, 0.2%)

2 亭主が 1 主人の, 人でも

▼ とった手段~ (4, 0.2%)

1 に対してぼく, のこと, の誤り, はやっぱり

▼ とった方法~ (4, 0.2%)

1 が賢明, と見るべきであろう, はいわゆる, は全く

▼ とった~ (4, 0.2%)

1 な声, な気, に思われる, に消え去った

▼ とった父親~ (4, 0.2%)

1 がつれ, が危害, だけとなりました, や母親

▼ とった~ (4, 0.2%)

2 をそこら, を持たせられ

▼ とったあの~ (3, 0.2%)

1 ときに, 夷人と, 輝きを

▼ とったうぐいす~ (3, 0.2%)

1 がしずか, に餌, を別

▼ とったお祖父さん~ (3, 0.2%)

2 だったという 1 のこと

▼ とったかの~ (3, 0.2%)

2 ように 1 ごとく

▼ とったかは~ (3, 0.2%)

1 はっきりしない, 全く私, 知らないが

▼ とったけれど~ (3, 0.2%)

1 ほんとは, 世界中の, 彼は

▼ とった~ (3, 0.2%)

1 またお昼, 明治二十四年に, 震災にも

▼ とったそして~ (3, 0.2%)

1 からだ, 大へん貧乏, 黄色く乾涸びた

▼ とったたか~ (3, 0.2%)

1 でありました, とは話, はいいました

▼ とったって~ (3, 0.2%)

1 ことその, ひとごとでは, 二等を

▼ とったとしても~ (3, 0.2%)

1 ひる頃, 朝倉先生と, 芸者の

▼ とったほど~ (3, 0.2%)

1 であるから, 善い事, 無智

▼ とった~ (3, 0.2%)

1 が赤く, のす, の態度

▼ とった叔父~ (3, 0.2%)

1 がある, や叔母, を訪問

▼ とった~ (3, 0.2%)

1 たかに, だいを, 神楽の

▼ とった奥さん~ (3, 0.2%)

1 が, と二人, は奥さん

▼ とった女房~ (3, 0.2%)

1 が粉雪, の一人, を持った

▼ とった彼女~ (3, 0.2%)

1 がお, が私達, は何

▼ とった按摩~ (3, 0.2%)

1 がありました, がやっぱり, はたいへん

▼ とった映画~ (3, 0.2%)

1 のよう, の如く, はニューヨーク

▼ とった~ (3, 0.2%)

1 と北風, になる, 樵りの

▼ とった杵柄~ (3, 0.2%)

1 でそんな, に都鳥, の源二郎爺

▼ とった白髪~ (3, 0.2%)

1 のまじった, の脊, をつけ

▼ とった祖母さん~ (3, 0.2%)

1 だけを弟, なぞを慰めよう, にいろいろ

▼ とった~ (3, 0.2%)

3 を石

▼ とったあいつ~ (2, 0.1%)

2 の鞄

▼ とったおっ~ (2, 0.1%)

1 とせいの, 母さんが

▼ とったおばあさん~ (2, 0.1%)

1 がおられる, が出

▼ とったお爺さん~ (2, 0.1%)

1 がきちんと, なん

▼ とったお金~ (2, 0.1%)

1 はそう, を持った

▼ とったかし~ (2, 0.1%)

2 の木

▼ とったかという~ (2, 0.1%)

1 ことから, ことは

▼ とったきねづか~ (2, 0.1%)

1 さ, にてまえ

▼ とったくせ~ (2, 0.1%)

2

▼ とったくらい~ (2, 0.1%)

2 与るぞ

▼ とったこの~ (2, 0.1%)

1 百姓の, 頃では

▼ とったじゃ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ とっただけの~ (2, 0.1%)

1 割で, 近代小説という

▼ とったとか~ (2, 0.1%)

1 友田の, 申します

▼ とったとして~ (2, 0.1%)

1 そこに, 人員を

▼ とったとも~ (2, 0.1%)

1 僕には, 思えるし

▼ とったなんて~ (2, 0.1%)

1 うそだ, 云われると

▼ とったひと~ (2, 0.1%)

1 でない限り, のため

▼ とったワイシャツ~ (2, 0.1%)

1 の上, の姿

▼ とった一枚~ (2, 0.1%)

1 ずつのキャベジ, の紙片

▼ とった下男~ (2, 0.1%)

1 の声, を一人

▼ とった乳母~ (2, 0.1%)

1 が主人, の肩

▼ とった亭主~ (2, 0.1%)

1 というの, はよく

▼ とった会社員~ (2, 0.1%)

1 がふしんらしくいう, はそう

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 がドン, や山

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 が一人, が大きな

▼ とった助広~ (2, 0.1%)

1 の一刀, の短刀

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 だと, なので

▼ とった土地~ (2, 0.1%)

1 の有志たち, を分け合える

▼ とった場合~ (2, 0.1%)

1 にでも何と, にはすべてサイミン術

▼ とった太刀~ (2, 0.1%)

1 へふと, や陣羽織

▼ とった夫婦~ (2, 0.1%)

1 が腰かけ, である父

▼ とった女たち~ (2, 0.1%)

1 が記憶, で親切

▼ とった女教師~ (2, 0.1%)

1 から不安, はこういう

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 が最初, の塩漬

▼ とった子供~ (2, 0.1%)

1 なの, なのに

▼ とった小さな~ (2, 0.1%)

1 女を, 禿頭が

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 太夫は, 青眼も

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 いかにも棗, に通る

▼ とった忠相~ (2, 0.1%)

1 はおそるおそる, はそっと

▼ とった早乙女主水~ (2, 0.1%)

2 之介

▼ とった様子~ (2, 0.1%)

1 でそう, で憤然

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 になった, にはなれない

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 でいつも, で背中

▼ とった百姓~ (2, 0.1%)

1 でありました, は下

▼ とった盲目~ (2, 0.1%)

2 の女

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 をあっさり, を又

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 じゃ, だ

▼ とった紳士~ (2, 0.1%)

1 があった, がぬっと

▼ とった船長~ (2, 0.1%)

1 はいつのまにか, をながめました

▼ とった行動~ (2, 0.1%)

1 はじつに, は恐ろしい

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 をのこし, を食べさせ

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 だ, であること

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 でありながら, では

▼ とった農夫~ (2, 0.1%)

1 から聞いた, のお婆さん

▼ とった~ (2, 0.1%)

1 にはいつ, の皺

▼1* [546件]

とったと言う, とったあいきょう者を先頭, とったあと白金を分離, とったあなたと小さな, とったあなた様がこんな, とったいやにいろ, とったいろいろの教訓, とったいわゆるスローモーションの, とったうえそれではすぐ, とったうえひととおり邸内の人々, とったえらい先生について, とったおかげでうちの人, とったおかみさんでしょう, とったおじいさんみたいな人, とったおばあさん半蔵のところ, とったおふくろもある, とったお婆さんのみです, とったお客さんが来, とったお母様はじめ妹御も心配, とったかあさんのにわとりみたい, とったかいの, とったかすの鶏, とったかっぷくのいい, とったかみさんが二通, とったからとて決して罪, とったからのことであろう, とったからは二人は, とったがとなつかしんだが, とったがもいちど念の, とったぐらいのものだった, とったらいの, とったけれども戦争する, とったけん可哀そうに, とったこと佗しいから, とったこと師弥五郎先生に対してもなん, とったこれは実に, とったこれらの貯蓄, とったごろつきでありながら, とったさかいお祖父, とったしわだらけの身体, とったそうしてチビ公に, とったそこもとをよく, とったその血, とったぞと号きちらす, とったぞなマルガレート, とっただけじゃないですか, とっただけは草が, とったついでに云え, とったつぎのクラモウ, とったつもりであった, とった間に, とったといふことに, とったとかいう報告を, とったときセシル父子ははじめて, とったとき二人とも考え, とったとき彼にはあの, とったとき江戸に残し, とったところいの, とったところ一同の後ろ上方, とったとて其処から, とったとでもいうふう, とったとのことであった, とったとらはらんらん, とったなあそんなちっぽけ, とったなあとそう思った, とったなと思うと, とったなどということは, とったなめらかな白, とったになあ方角でも, とったには私も, とったにもせよそれ, とったねこがこんなに, とった伝六, とったはさみは若い, とったはずだと, とったあやと, とったばあさんがしゅもく杖, とったばって予算総会に, とったほどのものだった, とったまだ知らなかったこと, とったまま唇をひらかないほほえみ, とったまま水をけっ, とったまま粉にしない, とったまま首領に云った, とったまりもねえ, とったもう一人の, とったものロバこそは天国, とったもの女の夫, とったもの股引に草鞋がけ, とったばん人が, とったやり方などよりはよっぽど, とったその血, とったよう眉間にも血, とったより遙かに, とったわたしの父, とったわれらの名人, とったアカツキ共産諸国の協力, とったアザラシのよう, とったウインの喜び, とったオールはとかく, とったカツサンドがある, とったカリケチュア化したナンセンス, とったガンパウダーのやせほそった, とったクリスチャンの様, とったゲエルのドルイド僧, とったコックが煙草, とったゴーリキイが彼, とったサケを料理, とったサモイレンコが台所, とったセキストン伯爵にいたっ, とったセセッション風の部屋, とったダーメに花, とったニュートンの方則, とったバッグの皿, とったヒスイの簪, とったピンカートンは, とったフィルムがいつ, とったブル気分を帯び, とったボーイじゃなかったです, とったラップランドの女, とったルンペン風の男, とったルートであって, とったロシア人で古物商, とった一ぴきの大きな, とった一二枚の写真, とった一個の鍵, とった一元的解釈に対してメーリング, とった一同は次, とった一同頓みには, とった一方でこんな, とった一番の宝, とった一種の形式, とった一種異様なグロテスク, とった一等賞の記念, とった一羽の鳩, とった一葉の素描, とった一行の中, とった七兵衛は難なく, とった三百両や和蘭陀カルタ, とった三角の眼, とった上さんと若い, とった上波がつまり, とった上看守に同じ, とった上等の方, とった不思議な態度, とった不覚はそち, とった不面目をそそごう, とった両様の態度, とった中年増の女房さん, とった主婦で乱れた, とった乞食の女ども, とった乞食音楽師は古びた, とった乾児たちは, とった事務員の一人, とった二親は自分達, とった亜米利加渡来の楽劇, とった人物に選ばれ, とった人達の戯, とった人間です, とった仁助は弁内, とった仏像の傷口, とった仏蘭西の婦人, とった代償として青い, とった以上の悦び, とった以上伊賀へ帰れ, とった仲間だけであった, とった企業者の流動資金, とった与るぞ, とった体操の教師, とった作品を書い, とった作者のため, とった侍女達からおもしろい, とった係長があらわれた, とった俊夫君は次, とった俗悪さに過ぎない, とった修験者は昼, とった偉い人な, とった催し物でした, とった傷跡だの, とった僧侶が多勢, とった先生で一週, とった公人の鳶頭, とった共同便所があり, とった兵隊さんがあちら, とった円座の上, とった刺身で箸, とった前髪のあまり, とったによるもの, とった功労のある, とった助産婦さえもそう, とった勘定もここ, とった包囲態勢に対してはもはや, とった化けものというの, とった北条美作はなだめる, とった医者のさしだす, とった十年間の平均, とった千世子は, とった七の, とった半分熟したトマト, とった単調な姿, とった博労のいった, とった反映であるか, とった古いたちの, とった古書生だった, とった召使にまかせ, とった召使いが途方, とった可愛らしい写真を, とった右門がわざと, とった司祭を私, とったや神近, とった周章狼狽のあり, とった和定食に梅干, とった哀れながん, とった品物じゃと申す, とった商人であった, とった善良な伯父さん, とった喘息の薬, とった四人だった, とった四角の体, とった四頭のうち, とったを後, とった土人に, とった土間の片隅, とった地主であること, とった場合それを止めよ, とった壮健そうな婦, とった売笑婦らしい女, とった夕雲がむらむら, とった多くの紙幣, とった大きい犬と, とった大きなかしの, とった大尉は一彦, とった大月玄蕃はさすが, とった大根を見つめ, とった大石先生はじっと, とった大石軍曹もようよう, とった天野という先生, とった奉公人は何処, とった奥野の狩, とった女どもにかこまれ, とった女らしい複雑さが, とった女らしく親切に, とった女中さんあのひと, とった女中頭が真白, とった女先生からその, とった女子供はいずれ, とった女工が隣室, とった女房らをお, とった女達が鍬, とった奴隷のニイス, とった妖刀濡れ燕と, とった妖女がひとり, とったは, とった姿をワンカット出演, とったが何, とった婦公のは実に, とったは餅, とっただけは山駕籠, とった学者と思った, とった安定なの, とったからうけた, とった宮川茅野雄は立ち向かう, とったの女性たち, とった家屋を明け渡し, とった家庭法律顧問のよう, とった家来でした, とった家鴨がやって来ました, とった家鴨さんに上手, とった寄附金募集の手段, とった寺男が手, とった寺男閼伽桶と樒, とった父さん, とった小使が一人, とった小使夫婦をあんなに, とった小判はどこ, とった小役人の息子, とった小笹の枝, とった小説が印象, とった小間使お種, とった少なからぬ苦悶, とった少年がいた, とった尼さんです, とったをば屁, とった屈強の若, とった屋台車を置い, とった山県紋也は, とった岩石が天空, とった川田が毛布, とった巡礼が一人, とった左側に打たれた, とった左膳は長居, とった巫女が白い, とった師匠の舞台, とった年齢を思いまし, とったにはけいこ弓, とった廷臣たちは蒼く, とった強盗犯人と手紙, とった役者が最も, とった彼らであった, とった後僕は座蒲団, とった後新吉とリサ, とった後洗面の用意, とった従姉の顔, とった心持が母様, とった思想をしか認容, とった悲しみに似, とった意識や観念, とった戦況を按じ, とった手前に対しても, とった手柄の船, とった抜き身の一刀, とった指紋がうまく, とった支配人もよびよせ, とった政党の意見, とったか昔, とった教授は, とった散文詩のよう, とった文学は段々, とった文芸や哲学, とった新聞にはまちがい, とった旅人として立っ, とった早状を一読, とったを一朝, とった時分だよ, とった時月丸が, とった時私たちの下, とった時間のうち一部, とった曲線に出, とった曲馬師は堅い, とった書記も居なけれ, とった曹操自身であった, とった最初である, とった有名なクレマンソー, とったと冕, とった木ぐつ屋がありました, とった夫で, とった本篇においてはなお, とったづかだからねえ, とった板の間には障子, とった枇杷刀のミネ, とった枕元で死顔, とった柄元を心もち, とった柴田方攻軍の秘帖, とった栄三郎もう何, とった栄吉も放らつ, とった桑島先生を深く, とった桔梗を一茎手, とったなん, とった概数はサア・フランシス・ディヴェルヌワ氏, とった様々の形, とった標品を送られた, とった模様はない, とった権六は思わず, とった権力をもう二度と, とったの皮, とった檜皮色の着物, とった次位の医官, とった次席訓導だった, とった次第です, とった歌子指の逆手, とった歓びを感じた, とったはそれ, とった正法攻撃隊の進路, とった正直な家僕, とったの花, とった武子さんのはい, とった武田信玄のよう, とった歴史小説はもはや, とった残りの晒し, とった殿様はその, とった母夫人のいかめしい, とった母様を養う, とった毛皮をかけ, とった気圧変化と九時十分頃, とった水夫なんぞに負ける, とった永楽銭が一枚, とった江戸女だよ, とったを中心, とった池田軍のくばり, とった法制の先生, とった泰軒はやにわに, とった洋食三品で食事, とった浪人の顔, とった消費者の流動資金, とったをまぜ, とった火野葦平が三百枚, とった灰色の羽, とったにおいて彼, とった無愛想があった, とった煖炉の温度, とった煙草の葉め, とった熟練な男, とった父母は京, とった父親治明博士のたま, とった牝猫と若い, とった牧夫が住ん, とった牧師さまは, とった牧羊者のよう, とったや死んだ, とった特殊な見解, とったはあるまい, とった犬小屋みたいな感じ, とった狂想曲もう一つ, とった猫背の測量技師, とった太人の, とった獲物の中, とった玄竜は洋服, とった玉槍の穂先, とった理由もお, とった琥珀の吸口, とった甚吉が戦争, とった生きのいい, とった生き物だった, とった産婆さんは自転車, とった男たちがそれ, とった男女の美し, とった画室のよう, とった画工たちと交際, とったが今, とった疎開者らがそれ, とった病犬であろう, とったまでその, とった痩せぎすな真面目そう, とった百姓がわらすべをおり, とったっか, とった直ぐ後とか体, とったの未来, とった真ん中の空所, とった真面目ないい, とった眩しい光輝に, とった眼鏡の男, とった短い教訓話だけ, とった石飛礫ピューッと敵, とった神代直人じゃ, とった神経質な純潔, とったと云う, とった私一人のこって, とった程度のよう, とったの中, とった笛袋から抜い, とったは唯一, とったにより, とった糸杉の匂い, とった紋切型の処置, とった下町型の, とったの上, とった紫雲が靉靆, とった経験があった, とった結果九月五日の病院, とった給仕は素子, とったのシャツ, とった美しい女たちが, とった美貌な女, とった美麻奈姫は静か, とった老人の顔, とった老翁たちの眼光, とった老舗なん, とった聖書を伸子, とったの高い, とったの半ば, とったの曲った, とった自国の資本家, とった自我の自由, とった船頭の舟, とった色あざやかな縮緬, とった芝居今あっとるの, とった花川戸の親分, とった芸者二三人ずつかたまっ, とった若武者の旅姿, とった英軍は匆々本国, とった茂太郎はやっぱり, とった荷物をかついだ, とった菊池半助, とった蔓薔薇に恒例的, とった藤吉気易に上り込んだ, とった蘭花の黒緞子, とった蝸牛を焼い, とった行く手の先, とった行為が重大性, とったに入れ, とった覚えはない, とった親たちは亡くなった, とった親爺が舵, とった親類のいかにも, とった記事ということ, とった記念の意味, とった記者の修養講話, とった記者団はそこで, とった設計図を惜し, とった課員がいた, とった論理の精緻, とった謂れなの, とった警官もそれぞれ, とった財布に十両, とった赤い上着を, とった越前守中をのぞいた, とった身軽さで椅子, とった軍部の兇悪, とった農夫たちは鞣皮, とった農民がその, とった連中にとってこそ信仰, とった道筋はこの, とった選択であると, とったばかり飲ん, とった野良姿のまま, とった野袴のひざ, とった野馬がやっ, とった金持で独身, とった鉄筋コンクリートの平家造り, とった銘刀で腕, とった闇夜の底, とった阿片の, とった陣刀を脇差, とった除糞人をも弟子, とった集団農場員が若い, とった雇女と暮し, とった雑仕婦の一人, とった雑魚をその, とった雨蛙は気, とった青い着物を, とった静かな音, とった非常時的な波, とった革命が描かれなけれ, とった靴みたいにぴったり, とった韃靼人であった, とったというもの, とったがかかっ, とった額越しにこちら, とった香水をびん, とった騒動なあ, とった高雅な風貌, とったの琴手, とった魔薬を悪用, とったをご馳走, とったなの, とったはみんな, とった鴛鴦さん二人をたいへん, とっただ, とった鹿は肉, とった黄忠の陣, とった黄色い絨毯が, とった黒い雲が, とった黒くまと馬二, とった黙阿弥のし, とったをみんな, とったなんかをこの