青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ところで~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~とき とき~ ときどき~ ~とく とく~ ~とこ とこ~ ~ところ ところ~ ところが~
ところで~
ところどころ~ ~とっ とっ~ ~とった とった~ ~とつ とつ~ とつぜん~ ~とても とても~

「ところで~」 6317, 68ppm, 1660位

▼ ところでその~ (443, 7.0%)

4 晩の 3 娘は, 日の

2 [25件] うちに, お前の, お琴, ときに, 三人の, 中でも, 前に, 勇太郎は, 友人が, 女の, 娘の, 寺男の, 日は, 時に, 時分に, 木枯の, 次の, 死にかけて, 男が, 私が, 窓だ, 箱は, 翌日の, 鈴を, 頃の

1 [383件] あとから, あとが, あなたの, いずれの, おくを, おとなしく遊ん, おばさんが, お友だち, お墨附, お婿さん, お孃さん, お幾, お扇, お瀧, お瀧さん, お祭りでした, かくして, かんじんな, ことが, ことは, ころに, ためよけい, つぎの, ときパラパラ, とき御, どちらにも, なかは, はしが, ひとが, ふたりに, へんの, ような, エルナニとは, カトリシズムなる, ゴムという, サイコロは, シナの, ニューギニア会社の, バーを, フィルムは, ブラーエが, プラジュニャーまたは, ボイロフの, ボーイが, ヤングは, ヴァレリイです, 一方夜の, 一流の, 三千兩の, 三日目に, 三階の, 上一人は, 上書なる, 下には, 下手人は, 下流なる, 中で, 中にも, 中今も, 中田屋が, 丸木とかいう, 主の, 主は, 主人の, 主人を, 久七て, 九つの, 争いの, 事件について, 事件の, 事務家としまして, 事実よりも, 二人は, 二十三人は, 二千五百兩が, 二千五百兩の, 二日の, 二条の, 二階の, 五人の, 亡者どもが, 亡者共が, 人々の, 人と, 人達に, 人間の, 人間生活の, 今の, 会社の, 会長という, 伯耆の, 何日目かの, 依頼について, 倩娘は, 傾城を, 僧形である, 元という, 先は, 先代七兵衛の, 八五郎が, 六根とは, 兵粮丸を, 兵部の, 内の, 内儀さんの, 内容に, 写山楼に, 別莊という, 前の, 加納屋です, 効果を, 動物が, 勝頼公, 包の, 匕首の, 十三挺の, 十人の, 原液は, 厳粛な, 収入から, 取卷, 古銭と, 名前の, 呉一郎の, 告げ口を, 周利槃特の, 唇の, 唖川歌夫という, 囚徒は, 四十面相が, 国王が, 土という, 圭吾の, 地点から, 坊ちやんが, 場合にも, 場合思惟は, 場合若し, 壁の, 変な, 夜会に, 夜半古道具屋は, 大きい音, 大箆棒, 大變, 天狗の, 太田君には, 奇徳な, 奇術の, 女どもは, 女の子って, 女は, 女学校つていふ, 妖女が, 娘が, 婆さんは, 嬰児が, 子は, 子供が, 学者の, 安樂椅子, 室の, 射的である, 導体と, 小磯扇次は, 小説という, 尻拭いは, 屏風の, 岡の, 岩田の, 島には, 島の, 左馬介光春は, 席上で, 帳面の, 平家の, 年の, 序に, 弟子の, 当日三人が, 当時政府の, 彦太郎が, 彫刻家が, 御当家, 御骨折願ひたい, 徳という, 徳川家の, 徹底的, 忠義酒屋の, 快男児です, 怪談という, 惡戯を, 懷ろ時計を, 手拭を, 手文庫を, 手紙を, 手附を, 折根岸の, 捨てがたい, 搜し, 教えが, 教室の, 散歩する, 敵の, 文化という, 文章を, 新しい方向, 新惚れ, 新礦地, 方ども, 方は, 日, 日お, 日から, 日に, 日も, 日忽ち, 日本に, 旦那の, 旦那様という, 星が, 春之助と, 春山氏は, 昨夜の, 時どんな, 時の, 時は, 時代, 時価は, 時分の, 時分治部殿よりは, 時分私が, 時刻に, 時思ひ出した, 晩つまり, 晩は, 晩主人から, 晩川見廻りの, 曲の, 曲者が, 最初は, 有力な, 朝れいの, 木を, 本気が, 杉木立の, 松尾宗匠は, 極楽とは, 構造を, 標準状態という, 権力という, 機会に, 權八は, 次によ, 次に伺いたい, 次に伺ひたい, 正木先生が, 武家が, 死亡通知の, 死人の, 死体は, 毒水禅師という, 氣で, 水槽へ, 泥棒の, 洛北岩倉村てえ, 流行病の, 浪人者の, 浮世絵の, 淑女は, 混迷を, 清吉が, 湿気や, 源氏長家, 源氏長屋に, 災難が, 無事な, 無言の, 無頓着である, 爺さんと, 片輪, 牡丹の, 犯人は, 狼は, 猶奴, 猿が, 猿の, 玄宗皇帝が, 現れ出した足, 甥は, 用と, 男も, 画師さんは, 異人館の, 白を, 白羽の, 目的の, 相手の, 眼たるや, 碁盤については, 社会と, 科學の, 秘密という, 秘密は, 秘密を, 空を, 窓が, 笹屋の, 筋という, 紙に, 紫御殿は, 細工を, 紳士には, 組織を, 結果は, 結果何を, 繩を, 老人は, 耳は, 耳を, 職務が, 聾の, 肥料だ, 肱掛け椅子が, 能静氏の, 脇差が, 自由とは, 若党, 茎が, 茶を, 蕎麥屋に, 蛇の, 要求だ, 見付けようが, 親鸞の, 記事を, 記憶の, 証拠は, 話から, 諸国の, 講習会じゃ, 變つた, 豆大黒は, 赤海亀は, 赤海龜は, 赤猪口爺は, 踏絵の, 轟氏が, 辞令を, 辺の, 辻斬の, 近づきの, 迷子札ぢや, 過去圏を, 選択てえ, 邸へ, 配置を, 里へ, 金で, 金屏風の, 金網籠に, 銀色の, 銭形平次は, 鑿は, 鑿を, 長兵衛どの, 陽虎様が, 際私は, 離れ家です, 雪の, 青年は, 青年名探偵兼脳髄学の, 面白い話, 革命思想だ, 頃から, 頃新聞といふ, 願いも, 風によって, 首は, 骨折が, 髪の, 髭だ, 鷹がなんぞ

▼ ところでこの~ (410, 6.5%)

9 ような 5 種の 4 二人の 3 二人が, 条件は, 頃は

2 [17件] ことで, ことは, たびの, ように, 二つの, 件は, 前の, 吹矢は, 家に, 家の, 感性的に, 手紙は, 手紙を, 文句を, 私が, 考察は, 酒を

1 [349件] おそるべく, お悦さん, お祖父さんの, かつらの, ことが, ころ藤九郎は, ごんごろ鐘, ざわめきと, たびは, ために, つぎつて何時の, ときの, ところ, はっきりと, へんで, へんに, ほんものの, まずいやつ, ままお, ままじゃ, やうに, ような役に立たない, わたしは, アカーキイ・アカーキエウィッチの, アパートへ, インド, エッゲの, ガスの, ガラドウは, ケチな, ザヴィエルの, シークボーイ, スコラ派は, スノードンは, ソルディーニが, ドルニエ・ワール機による, バカントラ手品や, バルーンの, パヴローヴァの, ヒレビーフゴーダンは, フランシスコ・ザヴィエルという, フランス語の, フランツ, ブルマーが, プラットは, ヘンタイセイヨクの, ホールは, マシーフから, マリイ夫人の, ラファエルや, リズムなる, リュデスハイム譚は, ルーファス・ペンベリーという, 一場の, 一節或は, 三ツの, 三世と, 三人の, 三年の, 三軒長屋二た, 上の, 不景気な, 世の中には, 世間一般の, 中の, 乳母車の, 事件の, 事実のみが, 事実を, 事情は, 二人を, 二体の, 二十一日は, 二大国の, 二階は, 五ヵ年計画なる, 人は, 人類という, 人類といふ, 仁左衛門も, 仏蘭西劇の, 伊勢屋の, 会社の, 位田職田の, 何一つ意見が, 作家が, 作者の, 例は, 修学僧侶は, 俳諧師の, 個々の, 個所は, 傷は, 先の, 全理論, 公武合体です, 六境を, 写実は, 写真でも, 写真は, 凧は, 刃物は, 創は, 力を, 勇敢なる, 包の, 北極光の, 十二組の, 印は, 原本は, 原理は, 取引は, 司馬の, 吉報を, 問題の, 問題を, 四人の, 四諦の, 回想録が, 因縁とは, 困難を, 図の, 図面です, 国では, 国府老人に対する, 地位こそ, 地球の, 地鶏は, 場合は, 場合レーニンが, 場所では, 外形と, 夜の, 夜明けまで, 大伯父は, 大衆文学とか, 大都会, 大騒ぎは, 天武も, 太平洋岸側の, 太郎坊も, 夫婦は, 奧庭の, 嫌味という, 字は, 季節の, 守り刀の, 実証的現実として, 室で, 家は, 寒さ, 対立を, 対話の, 封印は, 小波注ぎ, 峡谷の, 島には, 工場では, 布施という, 年月の, 幽霊の, 庄兵衛老に, 座談会では, 御殿の, 微速度撮影, 志村小夜子の, 恐怖の, 情報という, 戯曲を, 扉だ, 手拭に, 手紙によって, 才能に, 抵抗の, 拙者などは, 拡大中央委員会を, 指輪二三日中に, 捜索は, 探検の, 摸索は, 散々の, 敷居の, 文を, 文車は, 新しい職業, 新しい隣人, 新らしい, 新緑五月の, 旅行中は, 旅行記一巻の, 日本の, 日進堂, 昆布だ, 明治維新日本の, 時に, 時代に, 時私は, 書こそ, 書斎と, 服の, 朝この, 木村屋の, 本に, 札を, 杉戸です, 林檎の, 某国大使館では, 柳丹永の, 樫を, 機会に, 歌詞の, 正道の, 此岸から, 死亡広告主は, 死体は, 死骸は, 死骸を, 気合いは, 氷晶は, 活動は, 流刑地全体の, 深沢深には, 深海の, 演技を, 煎餅の, 燕嬢師匠, 爆発的な, 物語が, 犬結核は, 犯罪の, 狭い意味, 猿の, 玉手箱の, 現在も, 現在性こそ, 理念における, 理解の, 甥は, 田丸浩平なる, 男が, 男です, 男は, 疑団も, 疲れは, 百両は, 益軒の, 目的は, 相互依存の, 相談を, 真なる, 真相を, 眼について, 瞬間彼の, 短刀に, 石灯籠です, 石碑は, 研究所では, 硬外交, 示威運動は, 社交室に, 神尾が, 神楽師の, 秋は, 空想とか, 竜神と, 第一, 箪笥は, 籤だ, 精神は, 精神動員計画は, 紐を, 級の, 経過を, 置きっ放し, 羅針儀式の, 美しい岩魚, 老耄に, 聖ヤコボ喜左衛門さまについては, 能面が, 自動車は, 自惚れ女め, 自然的な, 般若の, 船に, 船室の, 若い船頭さん, 苦しむ神, 茶褐色の, 著者の, 蔵前という, 薩摩屋敷の, 藤崎さんは, 装置を, 裏通りは, 計算なる, 記念すべき, 証明書を, 話と, 話の, 話を, 説の, 説は, 謎々を, 警句には, 變な, 豪胆に, 費用とは, 農村工業化の, 辺では, 辺の, 辺までは, 連中が, 道場の, 道楽で, 道誉も, 遠征には, 邊で, 邸には, 邸の, 部屋には, 釦を, 長一という, 長屋は, 長屋中に, 長蛇の, 門之, 門番には, 閣下が, 阿古十郎にたいして, 隣国では, 雪の, 青年としての, 非難は, 頃なまけ, 頃に, 頃にな, 頃よく, 頃日本の, 頃美作と, 願人坊主なる, 食糧の, 騷ぎの, 高圧の, 魏土地に, 鯨が, 鳥はね, 黄いろい幽霊, 黒一色の, 鼻の

▼ ところで~ (161, 2.5%)

7 はこの 3 の方, は, はあなた, はその, は今

2 [11件] のよう, の場合, の宅, の最初, の有する, の見る, はここ, は一国, は人, は存在, は小

1 [117件] がこの, がこれから, がともかく, がやる, がフランス, が中学, が何, が何故, が作者兼舞台監督, が売上げ高, が家人, が小学校, が弁士, が捕まえた, が推理小説, が描く, が最も, が河内山, が生誕, が立ち上っ, が脈, が身体, が身體, としては個人, と八五郎, と玄卿, にとってはその, にとって好都合, にとつ, にはなん, には妙, には本名, に奇妙, のこの, のほう, のスタンプショップ, のロンドン, の今, の今日, の作った, の依頼, の収集, の執るべき, の家, の家庭, の幻灯機械, の本, の注意, の知っ, の知る, の研究, の童話, の考え, の言, の講義, の足, の部屋, の願書, の驚いた, はあれ, はいつぞや, はうっかり, はおりおり, はかく, はこうして, はこないだ君, はこれ, はじつはもう, はそういう, はその後日本, はだいたい, はちょっと, はひとり, はまだ, はもう, はアイスアックス, はアレクセイ・イヴァーノヴィチ, はシナ, はスタンダール, はスネギーレフ二等大尉, はフリーダ, は一晩中, は一體, は不用意, は不自由, は世界中, は今度, は仏蘭西, は余り, は俗物たち, は先ず, は八月下旬美濃国上保川, は古銭, は大した, は家内, は岩次郎, は年, は幸, は彼, は彼地, は日本, は欄干, は正直, は流暢, は現在, は眼, は素人漫才屋, は西北原, は読者, は金庫内, は首め, もしかし, もまた, も嘘, も大抵, も存じません, を平次

▼ ところで~ (131, 2.1%)

3 めえ, 孃さんは 2 六を, 内儀さんこの, 園を, 夏には, 孃さんには, 宅の, 新は, 銀は

1 [109件] おそれさ, かみさんも, かみさん私に, たくの, つぎの, にゆり, もんの, 主は, 今さん伊三郎は, 今には, 伊曾は, 伺いします, 住居は, 作事目付は, 兄様, 六から, 内儀さん, 内儀さんあの, 内儀さんお前さんが, 内儀さんが, 内儀さんと, 内儀さんは, 前方, 北は, 千勢が, 名前は, 君は, 品さん, 品さんこの, 夜食を, 妾の, 娘ご, 孃さん, 孃さんが, 孃さんの, 孃さんへ, 孃さん御, 孃さん明日は, 孃さん昨夜この, 孃さん若旦那が, 孃樣は, 孃樣今日一日この, 島婆さんの, 差支えなけれ, 店の, 庭に, 弓さん變な, 徳さん, 手紙に, 政は, 春の, 曾與殺しに, 染, 榮は, 樂お前の, 殿様お, 浪さんの, 燕の, 由良を, 皆と, 直が, 祝ひだ, 神さんが, 神さんは, 神さん毒は, 神樂の, 筆を, 米は, 糸の, 紺が, 紺さんこの, 組といふ, 綱と, 美乃さん, 美乃さんもう, 美乃を, 肴に, 腰元は, 艶の, 艶は, 艶様その, 芳, 芳は, 若いのに, 若は, 茂與を, 葉という, 藏前の, 袖は, 言葉は, 訊ねしたいの, 説の, 読みに, 豊だ, 身は, 遊さんの, 鈴さんが, 銀様が, 錦は, 関所の, 隣りの, 難儀を, 静殿, 靜, 靜さん, 靜ちやんは, 館の, 駒さん内々の, 鮒に

▼ ところでお前~ (123, 1.9%)

10 の方 4 はお, はその, はどう 3 はこの, はそれ 2 が此處, の話, はお勝手, はどんな, は何, は何者, は誰

1 [81件] がこ, がその, が持込ん, が昨夜, が此家, が珍し, その女角力, と僕, にいろ, にはまだ, に一つ相談, に会わない, に何, に少し, に用事, に訊いたら, に訊き, に訊く, に頼んだ, のおやじさん, のその, のつれ, の兄, の名, の子供, の狩, の生, の用事, の耳, は, はあの, はおれ, はお前, はこうして, はここ, はそこ, はその後, はそんな, はどういう, はどうして, はどっから, はなか, はなにか, はひどく, はまだ, はもう, はもう少し, は三十三間堂前, は三尺, は不二屋, は二の腕, は今朝, は何ん, は何商売, は何處, は勇気, は名主, は大層, は妾, は姉, は孫三郎親分, は御, は支那人, は日本橋, は本人, は桂庵, は權次, は此家, は此處, は烏, は相生町, は瞼, は知っ, は算盤, は辰三, は遊び人, は馬鹿, へ來, ももう, も唯, も天井裏

▼ ところであの~ (93, 1.5%)

4 山は 2 女が, 娘は, 男は, 納戸へ

1 [81件] お手紙, お時計, お樂, ことこの, ころの, ときの, ひょろ長い無心, ゾシマ長老は, ミーチェンカという, 一文だけ, 不恰好な, 中二階の, 二人の, 五芒星呪文に, 人たちには, 人形の, 仮面が, 伯母さんが, 作品は, 別荘の, 前後に, 化けものは, 國の, 壺は, 外国船に, 外輪四山の, 奥の, 女の, 女は, 女も, 女優は, 娘が, 娘さんあれを, 子が, 家屋だ, 小坊主の, 小説の, 居候は, 手紙は, 新し橋, 方々と, 方の, 方は, 日薪割を, 時あなたの, 時に, 時刻に, 時計を, 晩お, 晩の, 晩は, 晩猿の, 晩金庫には, 晩隣の, 曲者は, 林檎という, 櫛を, 死骸の, 母親の, 毒は, 気の, 猫又法印が, 男が, 男すなわち, 皆川兄妹に, 石川さんの, 聡明な, 腕前だ, 船室の, 花を, 許嫁の, 謎々の, 足音だ, 遠い山, 遺書は, 門前で, 香りが, 騷ぎの, 魔法の, 黄から, SOSの

▼ ところでもう~ (82, 1.3%)

7 一つ訊きたい 4 一つ訊き, 一つ訊く 2 一つの, 一つ今朝の, 一つ良い, 一つ訊きます, 一人の, 寝よう, 来る時分

1 [53件] おっつけかかあの, その頃, ひとつこの, ひとつの, ひとつ人間改造も, ひとつ耳よりな, わたしが, 一つ, 一つあの, 一ついま拙者が, 一つお前は, 一つこれを, 一つこんな, 一つその, 一つそれから, 一つだけ, 一つ久米野の, 一つ二つ, 一つ今度は, 一つ半, 一つ大事な, 一つ家中に, 一つ御, 一つ惡い, 一つ支配人總兵衞が, 一つ注意すべき, 一つ皆んなに, 一つ相生町の, 一つ第, 一つ総体的に, 一つ聞き, 一つ蝠女とかいふ, 一つ親分へ, 一つ證據が, 一つ變な, 一つ越後屋の, 一つ金田屋は, 一つ面白い, 一つ鼻の, 一と, 一人, 一人お, 一人やはり, 一人矢張り高橋氏の, 一人頼んだ, 一言きくがね, 一遍子供の, 亥刻, 十時に, 四時間に, 家へ, 行かなくては, 赤いお

▼ ところで~ (78, 1.2%)

4 は何 3 はその 2 と僕, は, はこういう, はこの, はどう, は誰, も知ってる

1 [57件] がもし, がやつら, が投じた, が詳しい, が電話, こんな獣, そんなふう, なぜ窓, にとつて, には成算, にやいてる, に依頼, に言おう, のいい, のその, の今日, の右, の店, の御, の性質, の方, の検出法, の用向き, の細君, の考え, の話した, はあの, はいつたい, はいま何処, はここ, はこれからどう, はさっき, はそれ, はたぶん, はちょいちょい, はどうして, はどこ, はどんな, はアナトール・フランス, はスピルディング湖, はフロイド, はヘロドトス, は一体, は今, は何主義, は何国人, は僕, は在京, は夜, は時々, は本来, は筋識喪失, は芸術派, は警部, は近頃やはり, も知ってるだらう, も知ってるだろう

▼ ところでここ~ (71, 1.1%)

5 に一つ 3 はどこ 2 でもう, で一言, にもう, に問題

1 [55件] であなた, でぜひとも, での生活ぶり, ではなに, でひょんな, でもまた, で一つ, で今一つ, で問題, で困る, で最後, で特に, で見られる, で逃げ, に, にある, にいう, にいま一つ, にかかつて, にどんな, にはその, には否定, にまた, にわたしたち, にブラブラ, に一つ問題, に一つ無理, に偶然, に別に, に到る, に又, に困った, に大変, に天下, に奇妙, に実に, に忘れ, に敵, に私たち, に考えね, に表現, に重大, に面白い, に頻繁, のお, の倅, の料理, はいったい, はどっち, はモスクワ行三等列車, は白堊系, へ来る, まではよかっ, までは誠に, まで進んだ

▼ ところでこれ~ (71, 1.1%)

2 がため, だけの事, はいったい, は大事, は好色

1 [61件] がうまく, がどうして, がなんと, がもし, が一体, が何しろ, が又, が首, こそ真, だけの実験, で用事, と似, と反対, と同じ, について古来提出, について想い起こす, には前置き, に対してはいくらか, に対して道徳, に対する, はあまりに, はいかに, はお, はお互い, ははじめ, はほぼ, はまた, はよく, は一つ, は一重, は云, は何, は僕, は全く, は別に, は単に, は古い, は外, は後で, は念, は暗合, は煎じつめれ, は番頭さん, は非常, まではその, までは相, も人, も前, も大きに, も大事, より以前, より足かけ三年前, を以前, を受け取った, を君, を引受けた, を翻訳, を見た, を見付けた, を鉄道, 迄文

▼ ところでそれ~ (60, 0.9%)

3 からどう 2 はまあ

1 [55件] からの行動, から四日, から間もなく, があまりぎりぎり, がすん, がどう, がどういう, がどうか, がどれくら, がひとつ, がひょんな, がまた, がもし, がやむをえぬ, が今日, が日本人, が済む, が遊戯, じゃあ何, とは反, と前後, と同時に, にした, についてぜひ, について何, にはちょっとした, にはどういう, には必ず, にも増し, に就い, はあなた, はいい, はお前一人, はそう, はそれ, はどこ, はどちら, はなん, は一本, は一部分, は先ず, は君, は弁護士, は忘れる, は控室, は書机, は黒い, ばかりで, までになっ, をくれた, をやる, を使う, を述べる, を鎮子, 見やがれと

▼ ところでどう~ (56, 0.9%)

6 です 3 でしょう 2 したという, しませうお, だい, だな, だね, ですこの, でせう

1 [33件] いふ譯, したい血書, したまだ, したもの, したもん, しなすった私, しろと, じゃなお, だ, だいおまえは, だいお前の, だいほんとに, だい作者は, だい十二月三十一日一月一日何か, だい恭一君君には, だおや, だこの, ださ, だったろうか, だらう, だろう, だろうわれわれ, だろう剣道, だ正直, ぢや, でしょう春画, でしょう私, ですか, ですかな, です生きた人間, で決着, なりました豊年坊主, にもならない

▼ ところで~ (52, 0.8%)

2 はここ, はこの, はこれ, は君, は陽気

1 [42件] があと, がちっと, がなん, が今日, が兜, が困ります, が日本, にした, にはもう, にもし, のいちばん攻撃, のほう, のやう, のやつ, のよう, の劇詩, の家内, の方, の考え, の試み, の部屋, は, はあなた以上, はあの, はあらゆる, はいい, はいつ, はそんな, はどう, はゴールトン, は一々, は一体, は今, は今日限り社, は妻, は容易, は早速, は若い, は質問, もお供, もこれ, をつかまえ

▼ ところであなた~ (47, 0.7%)

3 のお, はどこ 2 は小田原

1 [39件] が, がたき, がアマーリア, が僕, が僧正, が氷室, が賊, こそ一体どうして, にお願い, のイタリア語, の下宿, の作, の場合, の奥さん, の希望, の御, の方法, の東京発, の罪状, は, はいい, はいったい, はいつごろ退院, はいま, はこの, はどう, はどっち, はなん, はよく, はドクトル, はパセリ, はロシア, は今日, は大きい, は引っ越し, は数学, は東京, は私, は裁判所

▼ ところで~ (45, 0.7%)

1 [45件] がいかに, がこう, がもはや, が万事, が三年, が保留, が役場, が扉, が書い, が眼, が竈, にとって不幸, にはクンツ, にめぐり, に加えられる, のうち, のこうした, の価値, の前, の大, の扮する, の政党, の芸術家, はこの, はさっき, はさまざま, はそんな, はた, はもう, はアデライーダ・イワーノヴナ, はピストル, はルピック夫人, は久しい, は今, は今彼女, は何, は告解, は娘, は弁護士, は或, は捕り, は猫, も父, を秀吉, を追い立てる

▼ ところで~ (41, 0.6%)

2 うして, の用事

1 [37件] うした, うだい, うだい下手人, うだらうな, うだ稼業, うで, かあっし, かあった, かい, かお, かそち, かのついで, かの動機, か手がかり, か用, か用だった, か用事, か紛失物, か食う, がああ, がそんなに, が一體癪, が僕, が大, が望み, が眞, が真, でもその, にかこ, にか用事, にか變, のなか, はさて, も彼, よりもいけない, を拾つて來, を織ってる

▼ ところで~ (40, 0.6%)

2 の話

1 [38件] あの料理人, おのづか, かうして, から六代前, から考へ, この文句, じゃ自分, でもその, となれ, のうち, の主人, の品物, の政治家, の日本, の調書, はいつか, は何刻, は何時, は海, また行つて, までのやつ, まで伝えられ, まで私, まで聴取, まで読んだ, もし単に私, もし單, より十三年, アッシェンバッハが, 住んで, 何より大事, 大いに駭, 幸い山鹿, 急に, 改めて言ふん, 此処に, 泡立てた白身, 逢った

▼ ところで今日~ (37, 0.6%)

3 は少し 2 の状態

1 [32件] あのノラ, お伺い, こうしてお, この国, じゃそうした, そのうっとり, そのよう, その天主堂, という今日, といふ今日, とは違っ, のブルジョア哲学, の世界, の会合, の出来事当時, の用事, の用向き, の私たち, の騷ぎのあつた時, はいよいよ, はお前たち, はどの, はもうこ, は千種君, は大潮, は暫く, は錢形, までこれら, も存在, も安治川尻, も病院, 来たの

▼ ところで~ (37, 0.6%)

4 の方 2 のところ

1 [31件] あ真壁, が帰り, だ, にあいつ, にどんな, にはデビル・フィツシユさ, のの, の女房, の娘, の来る, の財産, はあの, はええ, はかうし, はこの, はこれからどう, はそれ, はどう, はもう, は三年前, は其の, は妙, は旅, は曲者, は蒲柳, は裏切り者, もつく, も何, も何ん, れの, を何者

▼ ところであつ~ (32, 0.5%)

253 たが 1 たから, たけれど, たと, たの

▼ ところで~ (30, 0.5%)

3 はそれつきりか 2 はこれから, は別, は變

1 [21件] だが, ちがいますけど, の續, は, はあの, はこれ, はすこし, はそういう, はそれ, はそれつ, はとかく, はまた, はもう, はもう一度, はもと, は元, は変る, は少し, は段々, をもどし, を前

▼ ところで今度~ (28, 0.4%)

2 はお前

1 [26件] のこと, の会議, の南画, の大将, の文房具屋, の欧洲戦争, の面倒, は, はあの, はお前さん, はもう, はカツレツ, は一人きり家, は人, は俺, は其女, は又吉, は失礼, は御, は数学, は旦那様, は牧田, は私, は課税, は貫六, は近所

▼ ところで~ (27, 0.4%)

3 親分 2 やはりその, 賢彌

1 [20件] あなたお, おれは, きみは, ここに, そういう劇場, その生首, わたしは, アレクセイさんヒステリイという, 一つこころからの, 今私は, 僕は, 君, 姉さん, 実際の, 小林君もう, 純ちや, 翼にも, 藤波さんいったいぜんたい, 親分近頃, 阿古十郎さんわたしだって

▼ ところで~ (26, 0.4%)

4 主人 2 主人が, 主人を

1 [18件] 両氏の, 主人この, 主人一度, 主人日曜に, 亭主, 内儀は, 女中文箱は, 子息數馬殿不慮の, 承知おき願は, 承知かも, 承知の, 用人, 用人樣, 用人樣御, 註文を, 貴殿は, 辺は, 隠居も

▼ ところで昨夜~ (25, 0.4%)

5 のこと

1 [20件] お内儀, お勢, お房, から今朝, この部屋, この騷ぎのあつた刻限, その時分外, そんなに遲, のこの, の事件, の兩國, の花火, の芸子, の藝子, はどうして, はどんな, は六ちゃん, もあの, 出がけ, 御主人

▼ ところで親分~ (25, 0.4%)

32 その娘

1 [20件] あのお蔦, お菊, が追, この窓, これからどうした, その髷切, そんなに気に入った, に御, に言, に言い付けられた, に頼まれた, の方, の見, はどう, はどうして, は三村屋, は何処, は昨夜, は醉, も一つ信心

▼ ところでこれら~ (23, 0.4%)

2 のこと, の規定

1 [19件] のプロレタリア新進作家, の事実, の二方程式, の全書, の出資, の名, の後, の方程式, の欠点, の歌, の特徴, の発展法則論, の素粒子, の芸術家, の観念, の觀念, の言葉, の諸, 順次の

▼ ところでもし~ (23, 0.4%)

2 いま私が

1 [21件] こういうこと, このリボン, この分析, この歴史的過程, これが, こんな考え, そういう焦慮, だもつと, ほんとうに, みんなが, わしを, ランプを, 吾, 大衆の, 孔子が, 彼が, 彼等が, 此の, 父が, 神様の, 私が

▼ ところで問題~ (23, 0.4%)

3 はその 2 はこの, はそれ

1 [16件] がひとたび, と云う, の性質上, の白色, の雌雄, は, はそれから, は報道, は売子, は展開, は東洋文化, は温泉, は眼, は私, は自然, は金座

▼ ところでおれ~ (20, 0.3%)

2 にその, は一体

1 [16件] が四十面相, には叔父, には妙, のよう, の感想, の決心, の顔, はいったい, はこれからどう, はそんな, はだしぬけ, はどう, はまだ, はもう, は別, も迂闊至極さ

▼ ところでこういう~ (20, 0.3%)

4 風に 2 昔の

1 [14件] ところの, ような, 女王アン時代の, 実験は, 支那学の, 現象は, 理窟が, 立派な, 美しいエルム, 聖人と, 裂帛の, 話です, 軽便な, 雪の

▼ ところでこんな~ (19, 0.3%)

2 立派な, 虐たらしい

1 [15件] ことを, ものが, ステッキなんか, 一致の, 事を, 変化は, 工合に, 暗示の, 甘いこと, 研究も, 腹を, 身体で, 辺鄙な, 金では, 長い報告書

▼ ところで~ (19, 0.3%)

10 ういふ 1 ういふ声, うきまる, うとばかりは, う聞く, う解る, のみ気, もしその, ように, 戦闘準備だ

▼ ところでお前さん~ (18, 0.3%)

2 に頼み, は

1 [14件] たつた一人, に訊ねる, に話さね, のその, はおれ, はこの, は一番, は今, は何者, は前々, は新, は昨夜, もたしなみ, も今

▼ ところでそういう~ (18, 0.3%)

1 [18件] あなたが, お上と下, お話なら, ことに, 人生的な, 人間の, 倫理学は, 僕が, 僕は, 性質の, 所知者ばかりの, 時お前なら, 時代の, 服を, 気温の, 私という, 種類の, 風に

▼ ところで日本~ (18, 0.3%)

2 の小説, へ帰っ

1 [14件] では裸婦, と唯, にはかう, に発達, の, のインテリ, の動物中, の国, の大審院, の婦人, の宿屋, の現在, の自然主義者たち, の農業

▼ ところでそこ~ (17, 0.3%)

2 にある

1 [15件] だね, な人間殿, にきれい, にどういう, には既に, にまた, にシグマ, に問題, に紅高砂家, に語られ, に誤解, は所謂御方便, までは先ず, までは判明, まで来る

▼ ところでわたし~ (16, 0.3%)

1 [16件] がおまえ, がここ, がこんなに, がすぐ, が一つ, には問題, のこの, のびっくり, はさっき, は今後, は今日, は何者, は初日, は坪田氏, は当然, は道場

▼ ところで一方~ (16, 0.3%)

1 [16件] かういふこと, から見る, この三ヵ月, において消費量, の京都, の男, の道庵先生, 公判廷な, 刑部家の, 夜の, 嫁さんは, 岩井の, 根本保枝は, 滋幹の, 甚内は, 葉末さんとしては

▼ ところで二人~ (16, 0.3%)

1 [16件] が正木, が表, が酒, とももう, のうち綱渡り, のその, の交通氏, の仲, の兄弟, の帰った, の情愛, の樂屋, の相棒, はどこ, は一緒, は追分

▼ ところで主人~ (14, 0.2%)

1 [14件] が死んだ, の其振舞い, の半, の容態, の市十郎, の徳之助, の徳次郎, の親友, の身分, の首, はその後變つた樣子, は何で, を失った, を怨ん

▼ ところで~ (14, 0.2%)

1 [14件] かに怨まれ, がいったい, がお, がやられた, が一體, が偵察, が突撃隊, でも知っ, にも何ん, に習, の持物, もがいう, もそれ, も見知り人

▼ ところで近頃~ (14, 0.2%)

5 は方 2 は身持 1 の世の中, は他, は繁, 僕の, 掛り合つて, 珍しくこの, 界隈へ

▼ ところで面白い~ (14, 0.2%)

6 のは 3 ことには 1 ことが, ことに, ことは, ことを, 事に

▼ ところでそんな~ (13, 0.2%)

3 ものを 2 ことは, 恐ろしい毒 1 ことを, 事を, 人間学の, 石を, 連中を, 金持の

▼ ところでまた~ (13, 0.2%)

2 マルクス主義は

1 [11件] おれの, ジルベールが, 先刻の, 大きな石, 安土からの, 官兵衛は, 彼は, 清い良心, 白日光耀の, 藤岡に, 見て

▼ ところでわし~ (13, 0.2%)

1 [13件] がひとつ気, がもう, が一番, が投げ捨てた, にいい, のけらい, の考え, の道, はあの, はもう, はもうじゅうつかいだから, は久しく, は最近重大

▼ ところできみ~ (12, 0.2%)

2 はおれ, はこれから 1 にちょっと, に注意, はいのち, はすこし, はネコじいさん, はヘリコプター, は今, や明智先生

▼ ところでこれから~ (12, 0.2%)

1 [12件] お話しよう, が肝要, 二本差と, 何處へ, 先どの, 先の, 先君は, 先金田屋は, 横川町の, 正式に, 自分の, 述べて

▼ ところで~ (11, 0.2%)

1 [11件] あのふう, いうと, おやおや, きみの, このほとけ, こんな物, そのお金, どんな風, 一体どうして, 喪章は, 己ぁ学問が

▼ ところでまず~ (11, 0.2%)

2 第一 1 その前, その色, 世界に, 先立って, 方程式の, 本文の, 由来記の, 私たち自身が, 第一回

▼ ところでわたくし~ (11, 0.2%)

1 [11件] がそれ, が愛し, が鮨, そう思います, のため, の家, の憂慮, はさしずめ, は千五百円, は徹頭徹尾, は或

▼ ところで何ん~ (11, 0.2%)

2 だつて 1 かを賭け, か変った, だえ, だっけ, だつけ, だつて利三郎, にも變, の用事, の話

▼ ところで~ (11, 0.2%)

1 [11件] しに, の二人組, の化物みたい, の夏川左近, の大川, の日曜日, の腕環, の話, の財布, の金, の頬

▼ ところで~ (11, 0.2%)

1 [11件] から聽, にいう, にいった, にも断った, にも書いた, に云った, に書く, に述べた如く, の会話, の家内, の食堂

▼ ところで~ (11, 0.2%)

2 二の 1 一に, 一幕は, 一次, 三の, 三等の, 二回すなわち, 五景の, 四エンジン室の, 四節には

▼ ところでいま~ (10, 0.2%)

2 その一 1 いっぱん, かりにそれ, このテーブル, この般若, の不思議, の話, 言った古, 転車台

▼ ところでちょっと~ (10, 0.2%)

1 お伺いいたします, ご相談, その本尊さま, 前にも, 売れたの, 思い出したが, 注意し, 聴きたいが, 腑に, 見方を

▼ ところでわれわれ~ (10, 0.2%)

1 が今, が額縁, の事業, の問題, の役所, の悲しき, の方, は三等, は実例, は欧米

▼ ところで下手人~ (10, 0.2%)

3 は誰 1 と言, の当り, の心當, の當, の目星, は小, は猪

▼ ところで~ (10, 0.2%)

3 に變 1 にかはつた, にかわった, に何, に何ん, に弟子, に氣, はもう

▼ ところで~ (10, 0.2%)

2 が物 1 と知りあっ, にとつて, のスパイ, の一張羅, はどこ, は何方, は部落者, 詩人吉田りん子は

▼ ところで~ (10, 0.2%)

3 る日 2 るもの 1 る一つ, る日籠, る謹厳, 日武助さんは, 時ピエルミ氏に

▼ ところで最初~ (10, 0.2%)

2 にあの 1 からこんな, から沈黙, その森田, に原因不明, に喜三郎, の使い, の所, の男

▼ ところで~ (10, 0.2%)

2 の公羊 1 の儘ぢ, の動き, の宿ぢ, の小屋, の点, の煙草入, の路地, 貴い女性

▼ ところでいったい~ (9, 0.1%)

2 なんの 1 お前たちは, きみは, この婚約, どんな事件, 僕と, 誰から, 魂とは

▼ ところでおまえ~ (9, 0.1%)

1 あのヴァラーム, がこれから, がその, とルミ, にはパン, のいわゆる, のほう, の喜び, は宝蔵院

▼ ところでかう~ (9, 0.1%)

2 いふ 1 いふ俳優は, いふ様子で, いふ焦点の, いふ私の, いふ経験は, いふ衝撃を, した甚だ

▼ ところでそう~ (9, 0.1%)

5 なると 1 だ, ときまれ, は申しまし, やって

▼ ところでよく~ (9, 0.1%)

2 考えて 1 あんなで, 世間で, 分りました, 無意識に, 組織せられた, 聞いて, 聞かれるの

▼ ところで一つ~ (9, 0.1%)

1 お聞きしたい, お聞き申したい, だけ訊きたい, の大群, 尋ねるが, 承りたいが, 考えて, 訊きたいこと, 遣つて

▼ ところで人間~ (9, 0.1%)

1 がおれたち, が青酸, というもの, に最も, のやる, の見解, の身の上, は技術的, は誰

▼ ところで今夜~ (9, 0.1%)

2 はマアそれ 1 だ, でござるが, とめて, のМ, の犠牲者, はきみ, は暴風雨

▼ ところで~ (9, 0.1%)

1 が自己, に内儀, に客, の一面, の事, の人々, の呼び掛け, の婦人作家たち, の現象

▼ ところで早速~ (9, 0.1%)

2 だが, ですが 1 だがなあ, では, われわれの, 一ぺえ献そう, 今いつた

▼ ところで私自身~ (9, 0.1%)

1 が私, はどう, はホップ, は他人, は制度, は同じ, は第, は都合上, まったく私

▼ ところで若旦那~ (9, 0.1%)

3 はお 1 あ未だ, すっかり旅, のお, の死骸, は劍術, は窓

▼ ところで貴方~ (9, 0.1%)

1 が今朝美保子さん, が算哲博士, に御, の御用, はエーテル, は昨夜, は東ゴート, は盲人, をこの

▼ ところである~ (8, 0.1%)

1 とき一人の, 事柄を, 夜賢彌, 年僕が, 必要から, 日奇妙な, 日皇帝の, 朝この

▼ ところでこいつ~ (8, 0.1%)

1 はいい, はいずれ, はたった, は大事, は是非聽, は誰, は飛んだ, をやる

▼ ところでこうした~ (8, 0.1%)

1 いっさいの, すべての, すべてを, 乱れた宴席, 傾向が, 定評などに, 理由は, 経験を

▼ ところでどういう~ (8, 0.1%)

1 ことでした, ところから, わけで, 事情の, 図柄かな, 手順から, 掘り出し物を, 風に

▼ ところで~ (8, 0.1%)

1 いま比丘尼の, おいあの, アレクセイさんおまえの, イワン神は, 与一昨夜の, 八, 旅の, 馬公

▼ ところでぼく~ (8, 0.1%)

2 は早く 1 のうしろ, のほう, の伯父さん, の考え, はきょう, は最近アメリカ

▼ ところでまだ~ (8, 0.1%)

1 その年齢, 一つお, 何んか, 君の, 時刻も, 話が, 誰にも, 驚くこと

▼ ところで~ (8, 0.1%)

1 あの番頭, この溝, この穴, これから本, その縁側, は何, 死んだ乳母, 頼んだもの

▼ ところで~ (8, 0.1%)

1 そのあくる日, その医者, その足跡, 一つ脱線する, 何が, 学校で, 彼は, 盛之

▼ ところで少し~ (8, 0.1%)

1 この方, は人なみ, ばかりの血, 疲れたらしい因って, 監視人から, 目端の, 訊き度, 訊き度いが

▼ ところで我々~ (8, 0.1%)

1 にとつ, の仲間, の問題, の心, はこの, はそれ, は仏像, は正確

▼ ところであれ~ (7, 0.1%)

1 から九年, が有名, に書い, は例, は習った, をちょうど, 以来私の

▼ ところでいつ~ (7, 0.1%)

1 そんなこと, でも用, になったら, ぼくが, までもひとり, 攻撃する, 頃から

▼ ところでかく~ (7, 0.1%)

3 のごとき 1 の如く, 云ふ, 決定する, 身命を

▼ ところでこう~ (7, 0.1%)

2 なると 1 いった事情, やって, 書きますと, 申上げ, 考えて

▼ ところでどんな~ (7, 0.1%)

2 事に 1 ことを, 天候に, 御用で, 男が, 野郎が

▼ ところでまあ~ (7, 0.1%)

2 聞いても 1 おかあさんやぎは, それを, 今日は, 仮りに, 彼らと

▼ ところで今晩~ (7, 0.1%)

2 はどう 1 はこの, は命がけ, は外, は姐さん, は百松

▼ ところで今朝~ (7, 0.1%)

1 からぼつぼつ, の寅刻, の樣子, は何處, は飛んだ, 揚げた凧, 見馴れない麻裏草履

▼ ところで先刻~ (7, 0.1%)

2 から春徳寺 1 から噂, から氣, の續, は急い, 頼んだ事

▼ ところで先生~ (7, 0.1%)

1 から受けた, にお, に一筆, の出よう, はもう, 御相談, 無いこと

▼ ところで彼女~ (7, 0.1%)

1 の器械, の家, の自尊心, はいずれ, はその後, は僕, は実に

▼ ところで~ (7, 0.1%)

1 に殘, に警察, の出し物, の問題, の方, の祭, をふりかえしり

▼ ところで~ (7, 0.1%)

1 が宣伝, とわたし, の敵, の眼, はくる, は前, は変人

▼ ところで~ (7, 0.1%)

2 の方 1 というもの, のため, の子供, は, は身だしなみ

▼ ところで番頭さん~ (7, 0.1%)

2 その狸囃子, はあの 1 お内儀さん, この剃刀, は御

▼ ところで自分~ (7, 0.1%)

1 が鰈, の国, の癖, はいくらか, はどう, は町, をきれい

▼ ところで~ (7, 0.1%)

4 なこと 1 つたこと, な泥棒, な野郎

▼ ところでいよいよ~ (6, 0.1%)

1 あの三人, きみの, その一言, 他殺でも, 父たちが, 証人の

▼ ところできょう~ (6, 0.1%)

1 の員数, はひっぱり出し, は凄い, は可笑しい, は風, 出向いて

▼ ところでこんど~ (6, 0.1%)

1 の上洛, の犯罪劇, はおまえ, はからだ, は掛け軸, 暫く草津

▼ ところですべて~ (6, 0.1%)

1 の, のドア, の人, の人類共通, の場合, の種類

▼ ところでどこ~ (6, 0.1%)

1 でそんな, と云っ, に一体, に致しましょう, へいきなさる, まで話した

▼ ところでみんな~ (6, 0.1%)

1 がみんな声楽, どうや, ならんで, はさしあたり, は口, 打ち明けて

▼ ところで不思議~ (6, 0.1%)

3 なこと 1 なるは, な事件, にも気絶

▼ ところで~ (6, 0.1%)

1 にはそれぞれ独特, の出入, の噂, はしょっ, はみな日本一, を殺さう

▼ ところで八お前~ (6, 0.1%)

1 に一つ頼み, に一つ骨, に頼み, に頼んだ, はあの, は此處

▼ ところで~ (6, 0.1%)

1 にあげた, の一節, の二つ, の二箇条, の体系, の論述

▼ ところで~ (6, 0.1%)

2 のお 1 の子, の死骸, の花世, を殺した

▼ ところで最近~ (6, 0.1%)

1 その舞踏病患者, では政府, になつて, に京助, の, のカフカ研究

▼ ところで死骸~ (6, 0.1%)

1 が出入口, の傷, の懷中, は三階, を今朝, を動かさなかつた

▼ ところで殺された~ (6, 0.1%)

2 主人の 1 お萩と, のは, 棟梁佐太郎の, 甥御

▼ ところで現在~ (6, 0.1%)

1 つかはれて, では新劇, の劇場, の苦楽座, までの新劇, 行われつつ

▼ ところで諸君~ (6, 0.1%)

1 あの条項書, にお, はこれ, は夏中なに, は青銅, もう十一時

▼ ところで~ (6, 0.1%)

1 のところ, は盜, は盜ん, を溜め, を溜める, を目当て

▼ ところであたし~ (5, 0.1%)

1 がなぜ, がみなさま, のよう, は申年生れ, は眠く

▼ ところであんた~ (5, 0.1%)

1 がそういう, はお, は私, は関西商事, んとこ

▼ ところでこちら~ (5, 0.1%)

2 はその 1 の井上, は幕, は放蕩

▼ ところでこれからどう~ (5, 0.1%)

1 したもの, しよう, するか, すれば, なさいますか

▼ ところでさて~ (5, 0.1%)

1 いよいよ実物, イワンの, 井深君は, 働くと, 首に

▼ ところでそうした~ (5, 0.1%)

1 危険な, 栄子が, 見込みが, 讃辞は, 踊り子たちは

▼ ところでです~ (5, 0.1%)

21 な, なロボフさん, わね股立

▼ ところでどうして~ (5, 0.1%)

1 これらの, 北條左母次郎と, 夜なかに, 目付けた, 逃げた

▼ ところでねえ~ (5, 0.1%)

1 君誰が, 小林君あすあたりぼくの, 己は, 潤ちゃんあんたに, 隠居さん

▼ ところでチェーホフ~ (5, 0.1%)

2 の人 1 には曾, の笑い, は本気

▼ ところでフリーダ~ (5, 0.1%)

1 が助手たち, にこれ, にとってはこれ, はこの, よく考え

▼ ところで一体~ (5, 0.1%)

1 このカテゴリー, この二人, その正常, 持主は, 駿三は

▼ ところで一番~ (5, 0.1%)

1 古く建った, 困ったの, 怪しくない, 親しいの, 近い田圃

▼ ところで仕事~ (5, 0.1%)

1 が大きけれ, に関してわれわれ, の性質, はまだ, を始めるなら

▼ ところで其の~ (5, 0.1%)

1 変な, 宴会に, 庄造が, 死人に, 親戚は

▼ ところで千兩箱~ (5, 0.1%)

1 の下敷, の山, の間, を盜つたの, を突き崩し

▼ ところで~ (5, 0.1%)

3 なこと 2 なの

▼ ところで~ (5, 0.1%)

2 の中 1 には夫, の者, や土蔵

▼ ところで~ (5, 0.1%)

1 劍といふ, 枝は, 母さんあんたは, 父さんわたしの, 馬田は

▼ ところで~ (5, 0.1%)

2 はこの 1 がそれほど, の仲間, の言う

▼ ところで師匠~ (5, 0.1%)

1 お倉, には心当り, には心當, の伜, は昨夜何處

▼ ところで彼ら~ (5, 0.1%)

1 が十二, の本城, の話, はかわいい, は多く

▼ ところで政治~ (5, 0.1%)

2 がこの 1 というもの, に於, や何

▼ ところで既に~ (5, 0.1%)

2 前に 1 いった如くカント, ラシイヌさんが, 哲學概論について

▼ ところで曲者~ (5, 0.1%)

1 は, はいよ, は何ん, は何処, は錦太郎

▼ ところで~ (5, 0.1%)

2 當に 1 當の, 街道へ, 街道を

▼ ところで~ (5, 0.1%)

2 の単, の結晶 1 の箱

▼ ところで~ (5, 0.1%)

1 に地理, の皮, の鳴, は彼女, は私達姉妹

▼ ところで相手~ (5, 0.1%)

1 がこの, が愛ちゃん, の名, はそれ, は誰

▼ ところであつし~ (4, 0.1%)

1 が旅, に用事, は旅, も急

▼ ところでいくら~ (4, 0.1%)

1 お前さんが, 天狗だ, 神様が, 質屋の

▼ ところでいざ~ (4, 0.1%)

1 その, という時, 何か, 書翰箋なり

▼ ところでいつも~ (4, 0.1%)

1 は彼, 与力あがり, 私は, 立ち消えに

▼ ところでかよう~ (4, 0.1%)

1 な小説, な高級道楽食い, に個人, に自分自身

▼ ところできのう~ (4, 0.1%)

1 の, の夜, の夜東京, は本当に

▼ ところで~ (4, 0.1%)

1 家老, 書面に, 生地は, 隠居様これから

▼ ところでさあ~ (4, 0.1%)

1 こんどは, 一つどう, 其金を, 登れ

▼ ところでさっき~ (4, 0.1%)

1 このビルディング, の続き, みて, も言った

▼ ところでそれから~ (4, 0.1%)

1 バルナバスは, 今日で, 何うし, 變つた

▼ ところでそれだけ~ (4, 0.1%)

2 の男 1 ならば, の事

▼ ところでそんなに~ (4, 0.1%)

1 元気に, 暇なら, 沢山に, 驅けて

▼ ところでわたしたち~ (4, 0.1%)

1 に手紙, はいやしい, はまだ, は何

▼ ところで下女~ (4, 0.1%)

4 のお

▼ ところで事件~ (4, 0.1%)

1 の開幕, は一度, は実際, を詳しく

▼ ところで何處~ (4, 0.1%)

1 へ俺, へ行, へ行きなさる, まで聽

▼ ところで~ (4, 0.1%)

1 にした, にふれた, に立たし, ほどの話

▼ ところで奥さん~ (4, 0.1%)

1 がど, このふさぎ, この紐, そんな男

▼ ところで御用~ (4, 0.1%)

31 と仰

▼ ところで~ (4, 0.1%)

1 の一つ, の日曜, の第, はこの

▼ ところで次に~ (4, 0.1%)

1 この厖大, この損害, 技術には, 級長さんに

▼ ところで此処~ (4, 0.1%)

2 にある 1 にたった, へ来

▼ ところで~ (4, 0.1%)

1 が売れなくなった, は相談, を書く, 干臺

▼ ところで特に~ (4, 0.1%)

2 感傷的と 1 この仙北地方, 田舎出の

▼ ところで犯人~ (4, 0.1%)

1 が逃げださぬ, の逮捕, は最初, も到底

▼ ところで貴女~ (4, 0.1%)

1 の草刈秘書, はあの, はダンネベルグ夫人, は探偵

▼ ところで錢形~ (4, 0.1%)

3 の親分 1 の親分さん

▼ ところで順慶~ (4, 0.1%)

1 が何故, が舊主, はその, も次に

▼ ところでああ~ (3, 0.0%)

1 いう無茶, いう男, して

▼ ところであと~ (3, 0.0%)

1 のご, の二つ, の二日

▼ ところであのお~ (3, 0.0%)

1 新を, 絹という, 鳥殿を

▼ ところでいい~ (3, 0.0%)

1 かいお, かいなるたけ, かい君

▼ ところでいちばん~ (3, 0.0%)

1 まえの, 初め旦那様の, 大切な

▼ ところでお前達~ (3, 0.0%)

1 と巳, はいつ, は昨夜ドコ

▼ ところでお嬢さん~ (3, 0.0%)

1 がお前, のおもり, へ絡みつく

▼ ところできみたち~ (3, 0.0%)

1 にいっ, はおれ, はぼく

▼ ところでじゃ~ (3, 0.0%)

1 おわかり, 一月九日, 約束通りに

▼ ところでその後~ (3, 0.0%)

1 だんだん調べられた, で三人揃つて, は誠に

▼ ところでその間~ (3, 0.0%)

1 にも妖女, のちょっとした, はごくしばらく

▼ ところでそれでは~ (3, 0.0%)

1 あの通信, ストライキの, 何故あなた

▼ ところでただ~ (3, 0.0%)

2 一つ何故か 1 痩せるばかり

▼ ところでたった今~ (3, 0.0%)

1 ここから, レイモンが, 急に

▼ ところでだれ~ (3, 0.0%)

1 かが別, が殺された, も彼

▼ ところでだんだん~ (3, 0.0%)

1 その方向, によく, 話が

▼ ところでつい~ (3, 0.0%)

1 さつきから, 一昨年の, 言いそそくれて

▼ ところでつかぬ~ (3, 0.0%)

2 ことを 1 事を

▼ ところでどうも~ (3, 0.0%)

1 困ったの, 訳の, 運の

▼ ところでなぜ~ (3, 0.0%)

1 この森, こんな事件, 私は

▼ ところでなんと~ (3, 0.0%)

2 いう名前 1 しても

▼ ところでひとつ~ (3, 0.0%)

1 きばって, やくそくして, 教えて

▼ ところでほか~ (3, 0.0%)

1 にもまだ, に變, の弁護士たち

▼ ところでみなさん~ (3, 0.0%)

1 のご, はこの, は憲法

▼ ところでわれわれ日本人~ (3, 0.0%)

2 はそもそも 1

▼ ところでカント~ (3, 0.0%)

1 による, に依る, は快楽

▼ ところでゲーテ~ (3, 0.0%)

1 においては人間, は, はニーブール風

▼ ところでバルナバス~ (3, 0.0%)

1 とわたし, はもちろん, は彼

▼ ところで三輪~ (3, 0.0%)

1 の兄哥, の萬七親分, の親分

▼ ところで不幸~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 にし

▼ ところで世界~ (3, 0.0%)

1 に人, の多く, の波

▼ ところで今や~ (3, 0.0%)

1 イギリス人が, 使者侮辱事件が, 精霊から

▼ ところで仏教~ (3, 0.0%)

1 ではこの, の方, の理想

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 の松太郎, の行方, はどこ

▼ ところで佛樣~ (3, 0.0%)

3

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 がつ, というその, 七日の

▼ ところで利用~ (3, 0.0%)

1 がある, がいかに, のある

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 ズボンの, 三郎は, 九郎が

▼ ところで同じ~ (3, 0.0%)

2 時刻には 1 茶汲女の

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 先生あいつは, 地主さん, 變は

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 のお, の待ち, はたった

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 御に, 御れこ, 御ツイ二三日前

▼ ところで婆さん~ (3, 0.0%)

1 のいう, の寝床, はやっぱり

▼ ところで存在~ (3, 0.0%)

2 の凡庸性 1 の交渉

▼ ところで実は~ (3, 0.0%)

1 そのつまらぬ, ですね, 今日は

▼ ところで怪しい~ (3, 0.0%)

2 のは 1 のが

▼ ところで悪魔~ (3, 0.0%)

1 の尿溜攻撃, は大抵, までが矢

▼ ところで支那~ (3, 0.0%)

1 のプロレタリアート, の古詩, の料理

▼ ところで数年前~ (3, 0.0%)

2 ある冬 1 の初夏

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 うでしたよ, かる都市, の如く

▼ ところで~ (3, 0.0%)

3 なかま

▼ ところで旦那~ (3, 0.0%)

1 お滝, は少し, は眞物

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 から衆寡敵, の看板, は西洋

▼ ところで昨夜お前~ (3, 0.0%)

1 が帰った, が橋場, は一

▼ ところで昨日~ (3, 0.0%)

1 でございますがな, のつづき, の夜

▼ ところで最も~ (3, 0.0%)

2 困る問題 1 注目すべき

▼ ところで最前~ (3, 0.0%)

1 の品, も一寸, より何

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 の世界, はまだ, は十二月

▼ ところで次郎~ (3, 0.0%)

1 にとってここ, には旅行, は不思議

▼ ところで此男~ (3, 0.0%)

2 を音 1 がまた

▼ ところで此處~ (3, 0.0%)

1 から裏, に居る, は三輪

▼ ところで爺さん~ (3, 0.0%)

1 これからどこ, は昨夜, もいつ

▼ ところで現実~ (3, 0.0%)

1 というとき, について観察, に対する種々

▼ ところで甚だ~ (3, 0.0%)

1 卑怯な, 失礼です, 遺憾に

▼ ところで用件~ (3, 0.0%)

2 は何 1

▼ ところで甲野さん~ (3, 0.0%)

1 のこの, はその, は掛け算

▼ ところで画家~ (3, 0.0%)

1 の腹, の魂, は裸足

▼ ところで番頭~ (3, 0.0%)

1 が殺される, のお前さん, の總助

▼ ところで病気~ (3, 0.0%)

1 だと, っていうの, の人

▼ ところで~ (3, 0.0%)

1 について言, について言え, を拝む

▼ ところで秀吉~ (3, 0.0%)

1 の狂気, はどう, も家康

▼ ところで私たち~ (3, 0.0%)

1 の第, はクローゼー, は勝楽寺

▼ ところで科学~ (3, 0.0%)

1 が行為, の主観, は物

▼ ところで肝心~ (3, 0.0%)

2 のその 1 の友吉

▼ ところで肝腎~ (3, 0.0%)

1 のお, の喜三郎, の白粉

▼ ところで若い~ (3, 0.0%)

1 方の, 時分は, 評論家

▼ ところで~ (3, 0.0%)

2 へ寝よう 1

▼ ところで西洋人~ (3, 0.0%)

1 がつくった, が裸体, というもの

▼ ところで親方~ (3, 0.0%)

1 その壺, は若旦那, は酒

▼ ところで~ (3, 0.0%)

2 郎の 1 郎は

▼ ところで運命~ (3, 0.0%)

1 の中, の神さま, はなんぼ

▼ ところで顎十郎~ (3, 0.0%)

3 のほう

▼ ところであまり~ (2, 0.0%)

1 念が, 頭の

▼ ところでいつの間にか~ (2, 0.0%)

1 勘右衛門の, 栄蔵は

▼ ところでいま動力的~ (2, 0.0%)

1 かつ全体的, 且つ全

▼ ところでうち~ (2, 0.0%)

1 のお, の娘たち

▼ ところでおい~ (2, 0.0%)

1 あの人殺し, そこの

▼ ところでおいら~ (2, 0.0%)

1 はいよいよ, は自分

▼ ところでおじさま~ (2, 0.0%)

1 にその, はどう

▼ ところでお前たち~ (2, 0.0%)

1 はあれ, はいったい

▼ ところでお玉~ (2, 0.0%)

1 の身許, を見世物小屋

▼ ところでかかる~ (2, 0.0%)

1 不安な, 薬草の

▼ ところでかれ~ (2, 0.0%)

1 にとって全く, の言葉

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 さまも, 君君は

▼ ところでくだん~ (2, 0.0%)

1 の招待主, の踊り

▼ ところでこうして~ (2, 0.0%)

1 地上に, 手持無沙汰を

▼ ところでこっち~ (2, 0.0%)

1 の方, も人

▼ ところでこのごろ~ (2, 0.0%)

1 の学習院, の新聞

▼ ところでこれら二つ~ (2, 0.0%)

1 の因子, の種類

▼ ところでさっそく~ (2, 0.0%)

1 丹羽昌仙に, 困るの

▼ ところでしばらく~ (2, 0.0%)

1 来ない間, 皆さまに

▼ ところですぐ~ (2, 0.0%)

1 その後で, に言っ

▼ ところですでに~ (2, 0.0%)

1 申し上げたよう, 見たごとく雲浜

▼ ところでせっかく~ (2, 0.0%)

1 ありついたこの, 御食事中無粋

▼ ところでそのうち~ (2, 0.0%)

2 誰が

▼ ところでそれなら~ (2, 0.0%)

1 あれほど, いつそ

▼ ところでそれほど~ (2, 0.0%)

2 叔母に

▼ ところでそれら~ (2, 0.0%)

1 の両親, の作家

▼ ところでたった~ (2, 0.0%)

1 一つ判らねえ, 一人が

▼ ところでだしぬけ~ (2, 0.0%)

1 に変, に新しい

▼ ところでちょい~ (2, 0.0%)

1 とここ, と頼み

▼ ところでちよ~ (2, 0.0%)

1 つと意地わる, つと聽

▼ ところででは~ (2, 0.0%)

1 プロレタリア文学は, 何故君

▼ ところでところで~ (2, 0.0%)

1 こんな一致, 君君は

▼ ところでとは~ (2, 0.0%)

2 大きく出た

▼ ところでとりあえず~ (2, 0.0%)

2 狩野家の

▼ ところでどうか~ (2, 0.0%)

1 したひょう, チェルマーシニャへ

▼ ところでどうやら~ (2, 0.0%)

1 あたしも, 寝床の

▼ ところでどの~ (2, 0.0%)

1 ような, 位の

▼ ところでなに~ (2, 0.0%)

1 よりも先, よりも厄介

▼ ところでなにゆえ~ (2, 0.0%)

2

▼ ところでなん~ (2, 0.0%)

1 ぜ油, でも旨く

▼ ところでにんじん~ (2, 0.0%)

1 は怪我, は自分

▼ ところでふと~ (2, 0.0%)

1 上から, 前を

▼ ところでほんの~ (2, 0.0%)

1 少し訊きたい, 念の

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 づ私の, ん直し

▼ ところでみゑ子~ (2, 0.0%)

1 のこと, はいつも

▼ ところでもう一度~ (2, 0.0%)

1 訊くが, 雨戸を

▼ ところでもしも~ (2, 0.0%)

1 あいつが, 希望を

▼ ところでもと~ (2, 0.0%)

1 のペーヴメント, の石

▼ ところでゆうべ~ (2, 0.0%)

1 の収穫, 御主人

▼ ところでカイ~ (2, 0.0%)

1 があれ, はあの

▼ ところでガラッ~ (2, 0.0%)

1 八, 八その

▼ ところでキャラコさん~ (2, 0.0%)

1 の本心, はやはり

▼ ところでグレ~ (2, 0.0%)

2 ゴールは

▼ ところでスミス~ (2, 0.0%)

1 がいった, が経済学

▼ ところでソヴェト~ (2, 0.0%)

1 の労働者, の生産拡張五箇年計画

▼ ところでブレーメン~ (2, 0.0%)

1 の楽隊, まではなかなか

▼ ところでペーピー~ (2, 0.0%)

2

▼ ところでライプニツ~ (2, 0.0%)

1 による, はこの

▼ ところでリヴィングストーン~ (2, 0.0%)

1 がどこ, はどう

▼ ところでレヴェズさん~ (2, 0.0%)

1 あの室, 勿論それ

▼ ところでロシア~ (2, 0.0%)

1 がチベット, の子供

▼ ところで一度~ (2, 0.0%)

1 俺は, 封を

▼ ところで一番最初~ (2, 0.0%)

2 に入られた

▼ ところで一般~ (2, 0.0%)

1 に今日, に言われる如く

▼ ところで一週間~ (2, 0.0%)

1 に五時間ぐらゐぢや, のうち日曜日

▼ ところで三日~ (2, 0.0%)

1 の間, ほどたつ

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 なる土蔵, へ入

▼ ところで久し振り~ (2, 0.0%)

2 でお前

▼ ところで久吉~ (2, 0.0%)

2 は店

▼ ところで事実~ (2, 0.0%)

1 そういう現象, を見る

▼ ところで二三日~ (2, 0.0%)

1 のうち, 預かって

▼ ところで二三日前~ (2, 0.0%)

2 の晩

▼ ところで二十面相~ (2, 0.0%)

1 の親分, はけっして

▼ ところで云う~ (2, 0.0%)

1 までもなく, 所の

▼ ところで亡くなつた~ (2, 0.0%)

1 主人に, 主人の

▼ ところで人生~ (2, 0.0%)

1 の夢, を旅路

▼ ところで今年~ (2, 0.0%)

1 になっ, は其の

▼ ところで今朝雛壇~ (2, 0.0%)

2 の片付け

▼ ところで今私~ (2, 0.0%)

2 が机

▼ ところで代価~ (2, 0.0%)

1 ですが, は

▼ ところで以上~ (2, 0.0%)

1 のよう, の兵法伝書

▼ ところで以前~ (2, 0.0%)

1 こんなこと, 怪しい文句

▼ ところで仲吉~ (2, 0.0%)

1 の持物, は三

▼ ところで伊勢屋~ (2, 0.0%)

1 は本, 新六

▼ ところで伯爵あなた~ (2, 0.0%)

1 の事件, は

▼ ところで佐渡屋~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ ところで何故~ (2, 0.0%)

1 にこの, に猫

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 の, はこ

▼ ところで作家~ (2, 0.0%)

1 のキルション, の側

▼ ところで作者~ (2, 0.0%)

1 はもちろん, はよくも

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 があの, のアレクセイ

▼ ところで偶然~ (2, 0.0%)

1 かは知らない, にもその

▼ ところで元来~ (2, 0.0%)

1 この, このわし

▼ ところで兄さん~ (2, 0.0%)

1 のお, のミーチェンカ

▼ ところで兄貴~ (2, 0.0%)

1 その三つ, その手段

▼ ところで先ず~ (2, 0.0%)

1 弁当の, 最大幸福という

▼ ところで八五郎~ (2, 0.0%)

2 の怪我

▼ ところで八俺~ (2, 0.0%)

1 はす, は近頃

▼ ところで其許~ (2, 0.0%)

1 の名, は道中松並木

▼ ところで冒頭~ (2, 0.0%)

1 に断っ, の青鞜社

▼ ところで初め~ (2, 0.0%)

1 のうち, の方

▼ ところで剣道~ (2, 0.0%)

1 の流派, は出来る

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 ある作家, の強い

▼ ところで加茂五郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 という人物, といふ人物

▼ ところで加賀~ (2, 0.0%)

1 の国, の蟹

▼ ところで助手たち~ (2, 0.0%)

1 のほう, はこの

▼ ところで労働~ (2, 0.0%)

1 が価値, において自然

▼ ところで医者~ (2, 0.0%)

1 の診断, の話

▼ ところで十三日~ (2, 0.0%)

1 は, は母

▼ ところで南極~ (2, 0.0%)

1 で調べられた, のよう

▼ ところで博士~ (2, 0.0%)

1 はいろいろ, はその

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 交換者に対しては, 雑誌に

▼ ところで君君~ (2, 0.0%)

1 の家, は自分

▼ ところで君徐々話~ (2, 0.0%)

1 を初めようぢ, を始めよう

▼ ところで君達~ (2, 0.0%)

1 はこういう, は十一世紀独逸

▼ ところで呆然~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ ところで周助~ (2, 0.0%)

1 の方, の身許

▼ ところで喧嘩~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 によれ, の趙雲

▼ ところで圓朝~ (2, 0.0%)

1 はこの, は深見家

▼ ところで地上~ (2, 0.0%)

1 ではまだ, に掘った

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 ある夜, から初秋

▼ ところで多く~ (2, 0.0%)

1 のラマ, の変名

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 といふやつ, とは何ぞ

▼ ところで大切~ (2, 0.0%)

1 なこと, の仏像

▼ ところで大変~ (2, 0.0%)

1 あつかましいお願い, よい石鹸

▼ ところで大層~ (2, 0.0%)

1 見事な, 顔色が

▼ ところで大概~ (2, 0.0%)

1 の人, の奴ら

▼ ところで大法寺~ (2, 0.0%)

1 の経蔵, の經藏

▼ ところで天然~ (2, 0.0%)

1 の場合, の樹氷

▼ ところで夫人~ (2, 0.0%)

1 あの夜貴女, の話し

▼ ところで女子~ (2, 0.0%)

1 の境遇, の病人

▼ ところで如何~ (2, 0.0%)

1 でご, です

▼ ところで学校~ (2, 0.0%)

1 からひどい, はあの

▼ ところで宗之助~ (2, 0.0%)

2 は十八

▼ ところで宗教~ (2, 0.0%)

1 は消極的, は無限

▼ ところで宗次郎~ (2, 0.0%)

1 の外, やお

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 をいう, を云う

▼ ところで~ (2, 0.0%)

2 がその

▼ ところで宮永町~ (2, 0.0%)

1 の梅, は見張っ

▼ ところで将軍家~ (2, 0.0%)

1 にまた, はこのごろ

▼ ところで小学校~ (2, 0.0%)

1 における児童, の上級生

▼ ところで小屋~ (2, 0.0%)

1 の中, の災難

▼ ところで小林君きみ~ (2, 0.0%)

1 のポケット, はまだ

▼ ところで少々~ (2, 0.0%)

1 腹が, 話が

▼ ところで履物~ (2, 0.0%)

2 はどこ

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 と私, と積んだ

▼ ところで市之助~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, は近い

▼ ところで平安朝~ (2, 0.0%)

1 といひまし, の造型

▼ ところで平次親分~ (2, 0.0%)

2 はこれ

▼ ところで幸い~ (2, 0.0%)

1 にし, 僕は

▼ ところで幸福~ (2, 0.0%)

1 というもの, な透明

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 にひとつ, に馬

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 の名前, の締

▼ ところで弁護士~ (2, 0.0%)

1 に対するあなた, はまず

▼ ところで~ (2, 0.0%)

2 まで大分時間

▼ ところで当の~ (2, 0.0%)

1 本尊の, 正成は

▼ ところで当時~ (2, 0.0%)

1 の多少, 若い作男

▼ ところで彼等~ (2, 0.0%)

1 の驚いた, はこの

▼ ところで従来~ (2, 0.0%)

1 の日本風, は北海道

▼ ところで~ (2, 0.0%)

2 というもの

▼ ところで愈々~ (2, 0.0%)

1 将来の, 昨日の

▼ ところで我輩~ (2, 0.0%)

1 が君ら, 考えて

▼ ところで戦争~ (2, 0.0%)

1 というもの, は詩

▼ ところで手代~ (2, 0.0%)

2 の佐太郎

▼ ところで手紙~ (2, 0.0%)

1 がすらすら, のこと

▼ ところで支倉君君~ (2, 0.0%)

1 はリシュリュウ機密閣, は砒食人

▼ ところで文化~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の問題

▼ ところで文学~ (2, 0.0%)

1 の思想性, はどう

▼ ところで斯様~ (2, 0.0%)

1 にし, に一人一人

▼ ところで方々~ (2, 0.0%)

1 たいそう稽古, にはもう

▼ ところで旗本~ (2, 0.0%)

1 の株, や大名

▼ ところで旦那様~ (2, 0.0%)

1 はこんな, は一体どう

▼ ところで昌造~ (2, 0.0%)

1 が日本活字創造, が最初

▼ ところで明後日~ (2, 0.0%)

1 が岩三郎, の演説会

▼ ところで明日~ (2, 0.0%)

1 はいよいよ, は家主

▼ ところで易介~ (2, 0.0%)

1 という話, には甲冑

▼ ところで春山氏~ (2, 0.0%)

1 の相続人, の遺産

▼ ところで昨夜何~ (2, 0.0%)

1 か盗られなすった, にか變

▼ ところで昨夜誰~ (2, 0.0%)

1 と誰, も出た

▼ ところで昨年~ (2, 0.0%)

1 の末, の秋

▼ ところで昭和二年~ (2, 0.0%)

1 になっ, の夏

▼ ところで更に~ (2, 0.0%)

1 また偶然, 古代支那式な

▼ ところで最後~ (2, 0.0%)

1 に一つ, に佐田やす子

▼ ところで本当に~ (2, 0.0%)

1 その孕石様, 人間らしい関係

▼ ところで~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ところで林田~ (2, 0.0%)

1 の家, の立場

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 夜寝かし, 朝の

▼ ところで極彩色~ (2, 0.0%)

2 の孔雀

▼ ところで此間二階~ (2, 0.0%)

2 の戸袋

▼ ところで歴史~ (2, 0.0%)

1 の發展, の研究

▼ ところで死んだ~ (2, 0.0%)

1 主人は, 糸子さんの

▼ ところで殺生~ (2, 0.0%)

1 をはなはだしい, を極端

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 の手助け, は百円

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 がこういう, はこの

▼ ところで~ (2, 0.0%)

2 にかかる

▼ ところで江島屋~ (2, 0.0%)

2 の跡取り

▼ ところで汽車~ (2, 0.0%)

1 が動き出す, が発つ

▼ ところで油絵芸術~ (2, 0.0%)

2 はまだ

▼ ところで法律~ (2, 0.0%)

1 というもの, はそんな

▼ ところで法水さん~ (2, 0.0%)

1 いったい本, 聴けば

▼ ところで深い~ (2, 0.0%)

2 わけが

▼ ところで温泉~ (2, 0.0%)

1 のもっ, の効き目

▼ ところで湯川さん~ (2, 0.0%)

1 のこの, の中間子理論

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 戒という, 組織な

▼ ところで熊城君君~ (2, 0.0%)

1 はよく, はババンスキイ痛点

▼ ところで父さん~ (2, 0.0%)

1 どうした, は元気

▼ ところで物事~ (2, 0.0%)

1 はそう, を隱

▼ ところで~ (2, 0.0%)

2 の臭気

▼ ところで王さま~ (2, 0.0%)

1 がたびたび, と大僧正

▼ ところで現今~ (2, 0.0%)

1 の中学卒業生, は農業技術

▼ ところで現代~ (2, 0.0%)

1 の文学, の火器

▼ ところで現代人~ (2, 0.0%)

2 の世界

▼ ところで用事~ (2, 0.0%)

2 といふの

▼ ところで番頭さんあれ~ (2, 0.0%)

2 だけの鋸引き

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 が集まっ, の衆

▼ ところで皆んな~ (2, 0.0%)

1 の居た, の手

▼ ところで盗られた~ (2, 0.0%)

1 のは, 品は

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 み溜めた, られなすつたの

▼ ところで目下~ (2, 0.0%)

1 のご, は手元

▼ ところで真名古~ (2, 0.0%)

1 が尻餅, が懐中電灯

▼ ところで私達~ (2, 0.0%)

1 の住ん, は性的経験

▼ ところで秘書~ (2, 0.0%)

2 のかた

▼ ところで突然~ (2, 0.0%)

1 ですが, に現われた

▼ ところで立派~ (2, 0.0%)

1 な教育, に生きる

▼ ところで精神~ (2, 0.0%)

1 とは自尊心, の患

▼ ところで素人~ (2, 0.0%)

1 っぽいこと, 染みたこと

▼ ところで紫錦~ (2, 0.0%)

1 にとっては江戸, よ気

▼ ところで経験~ (2, 0.0%)

1 は働く, や腕前

▼ ところで絵巻物~ (2, 0.0%)

1 の問題, は絵

▼ ところで絵画~ (2, 0.0%)

2 の価格表

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 の生物, 大将の

▼ ところで翌年~ (2, 0.0%)

1 になっ, の九月

▼ ところで考へ~ (2, 0.0%)

2 てみる

▼ ところで自動車~ (2, 0.0%)

1 のあります, はむしろ

▼ ところで自然研究者~ (2, 0.0%)

2 は器具

▼ ところで船長~ (2, 0.0%)

1 お帰り, の口

▼ ところで芝居~ (2, 0.0%)

1 の話, はどの

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 崎さん御前細工という, 樣は

▼ ところで若し~ (2, 0.0%)

1 あなたが, 進化の

▼ ところで薄墨~ (2, 0.0%)

2 が吾妻屋

▼ ところで行為~ (2, 0.0%)

1 が現在, は意識

▼ ところで衣食住~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 へまわっ, をかえし

▼ ところで親分下手人~ (2, 0.0%)

1 があるでせう, の目星

▼ ところで親父~ (2, 0.0%)

1 が顔, は自分

▼ ところで親爺~ (2, 0.0%)

1 はもう, は二

▼ ところで親鸞~ (2, 0.0%)

1 は, は拝天

▼ ところで詩人~ (2, 0.0%)

1 としての私, は運命

▼ ところで読者~ (2, 0.0%)

1 にし, の中

▼ ところで読者諸君~ (2, 0.0%)

1 はダンネベルグ, は法水

▼ ところで諏訪~ (2, 0.0%)

1 ではご, も同じ

▼ ところで貴公~ (2, 0.0%)

1 の青年振り, は

▼ ところで貴殿~ (2, 0.0%)

1 にうかがう, はどなた

▼ ところで身体~ (2, 0.0%)

1 の病, の病気

▼ ところで近代~ (2, 0.0%)

1 になっ, の堺筋

▼ ところで道誉~ (2, 0.0%)

1 が護送, はその間

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 でも飲めれ, を飲む

▼ ところで釈尊~ (2, 0.0%)

1 はこの, は人間

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 にはいつ, の味

▼ ところで銭形~ (2, 0.0%)

1 の, の親分さん

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 ですが, はなかっ

▼ ところで鑄掛屋~ (2, 0.0%)

1 の幸吉, の權次

▼ ところで長者丸~ (2, 0.0%)

2 の一件

▼ ところで閣下~ (2, 0.0%)

1 のご, はなに用

▼ ところで阿波屋~ (2, 0.0%)

2 の一行

▼ ところで非常~ (2, 0.0%)

1 に一般化, に高い

▼ ところで頼み~ (2, 0.0%)

1 といふの, と言う

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 は濡らした, を一方

▼ ところで食事~ (2, 0.0%)

1 と食事, の前

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は勿論

▼ ところで駕籠~ (2, 0.0%)

1 舁きという, 舁きの

▼ ところで驚いた~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ ところで~ (2, 0.0%)

1 の音, は頂けますまい

▼1* [2017件]

ところであいつが一人腹の中, ところであすの晩, ところであそこを見た, ところであと二つはどう, ところであなたなんだと, ところであなた方はどちら, ところであなた旅費はどう, ところであなた様と江戸, ところであらゆる錯迷を, ところでありがたいことに, ところであんたたちはどこ, ところであんたはんはどうやら, ところであんな殺しようを, ところであんまりのろくさい旅, ところでたちさんひとつ, ところでいかがですな, ところでいくつかの課題, ところでいったいどうしてなん, ところでいったん破門者に, ところでいつか何かを必要, ところでいつぞやはそれ, ところでいつたいさう, ところでいつの間に来たか, ところでいまおまえは何, ところでいまおれが使った, ところでいまじたんだ, ところでいまそれを翻訳, ところでいまぼくたちの感じ, ところでいまみなさまのお, ところでいま夫の手, ところでいま引用した, ところでいま更狼狽したの, ところでいま本当の時刻, ところでいま観世音は実に, ところでいろいろ聴きたいこと, ところでうしろ姿から察, ところでええと後, ところでおかあさんはあたしたち, ところでおかあさんやぎがお, ところでおかしなことには, ところでおそらくこう考えること, ところでおっしゃったことは, ところでおばあさんのお, ところでおばはんけったいな事, ところでおまえさんお礼もたっぷり, ところでおまえさん達は唯, ところでおまえたちのうち, ところでおよそこの世の中, ところでおれたちの仲間, ところでおれ様と来, ところでおんどりはわざわざ, ところでおん身は先, ところでお上じゃ浪人, ところでお主何者かな, ところでお代さんの一件, ところでお前お前こそ唇, ところでお前さん何者だね, ところでお前さん新らしい着物, ところでお前たち三人は兄弟三人, ところでお前パーマをかけた, ところでお前悲鳴を聞い, ところでお婆さん外に氣, ところでお嬢さん若旦那が潮来, ところでお嬢様はさだめし, ところでお嬢様三井鴻池などの身, ところでお客の一人, ところでお客様方いずれよりお越し, ところでお尋ねしたい一儀, ところでお山もご, ところでお常坊昨夜菊治は, ところでお母さんどうでしょう, ところでお母様はどう, ところでお父さんの方, ところでお玉ヶ池を荒し, ところでお祖母さんはどう, ところでお祖父さんはお前, ところでお萩の行方不知, ところでお話はまだ少し, ところでお釈迦様がかわいそう, ところでお雪ちゃんあなたの珍重, ところでお願いしたいの, ところでかうして充分, ところでかうした結果に, ところでかつて外人の, ところでかの泰軒とやら, ところでかんじんの明日, ところでがんりきの鑑定, ところでがんりきおれがこうして, ところできっとあなたは, ところできのう妻の使い, ところできのふあのミユゼエ, ところできみいまの話, ところできみたちいまの魔術, ところできゅうりはまっすぐ, ところできょうユリの左腕, ところできょう父の目, ところできょう私たちがこの, ところできょう自殺するほう, ところでくどいようだ, ところでくどくどしい苦心談, ところでくり返すやう, ところでぐっすり眠るため, ところでやつは, ところでこうしたいろんな風説や, ところでここいらまではボーイ, ところでこつちのことばかり, ところでことしの受験, ところでこどもたちはまだ, ところでこのいろんな点において, ところでこのごろ原書はインド, ところでこの間送った原稿, ところでこの間亀戸の天神様, ところでこの間馬場先を通っ, ところでこれら三つの事柄, ところでこれら山上の神, ところでこんどわしは雷, ところでこんど僕が中国, ところでこんど東京で電気試錐機, ところでこんなに早く機会, ところでこんなにもツルゲーネフの, ところでこッちの方寸は, ところでごく簡単に, ところでごらんの通り, ところでさきに幕末, ところでさしあたり一つ心配な, ところでさっきお話した宇宙艇, ところでさっきここへ来る, ところでさっきごらんのとおり家内, ところでさっきわたしがあなた, ところでさっき里の女, ところでさつきのこの, ところでさつきそこまで乗, ところでさらにくどいよう, ところでさらわれた女に, ところでざっくばらんのところ, ところでしかし人間の, ところでしかるにその信徒めら, ところですこしびっくりした, ところでせっかくこうお静か, ところでなたが, ところでそいつは伊太郎, ところでそうすると本当の, ところでそこでトン公を, ところでそちが啓之助, ところでそっちの処置, ところでそのうえ多年の, ところでその同じ時刻に, ところでその後ヴァージニア・ウルフの作品, ところでその後彼は如何, ところでその後自分は思ひ, ところでその見知らぬ男の, ところでその道がどうやら, ところでそばを味わう, ところでそれでもわたしは, ところでそれとて特別, ところでそれにしても怪訝しい, ところでそれにしてもこうして搜し, ところでそれ以上のこと, ところでそれ以前約二週間中隊, ところでそれ程物事の, ところでたしかなうわさ, ところでただいまもうした咲耶子, ところでたちまちまたエリザベス, ところでたつた一人で, ところでたとい今グレ, ところでたとえば鈴木清太郎博士の, ところでたびたび申し上げました村次郎, ところでたまたま日本の, ところでたんすはやむをえない, ところでだいぶお邪魔, ところでだんだんどうやらそうでも, ところでだんなはおや, ところでちと申かねる, ところでちゃんと養生し, ところでちよいと行つて, ところでついぞ来たこと, ところでついでのこと, ところでつかないことを, ところでつまりこれが, ところでとある小高い岩, ところでとうとう井伏君は, ところでとっさんは晩, ところでとつつあんは, ところでとぼけきった興は, ところでつちが, ところでどいつにしましょう, ところでどうしてもあれの, ところでどうぞご勝手, ところでどちらが二俵伯爵, ところでどっこいその紙入, ところでどっちかな, ところでどてらお気に入りました, ところでどなたかお, ところでなあジムお前が, ところでなおあとから, ところでなだらかに傾斜, ところでなにしろ私は, ところでなに心なく眼, ところでなんじこそただ, ところでなんだいその一大事, ところでなんぼと書い, ところでにせ物という, ところでねえさんこの夜更け, ところではいあのさ, ところではいって来た, ところではじめ泉ガレーヂへかかつ, ところではたしてさくは, ところではつかねずみ, ところでばあさんはかすみ目, ところでばかばかしいにもほどがある, ところでょろ松ちょっと, ところでひとつお願いしときますが, ところでひとつ肝心のその, ところでひとり数学によってのみ我々, ところでひょんなことからこのこなや, ところでひるねい, ところでふざけて御者, ところでふしぎなこと, ところでへぼ物理学者になる, ところでほんとうの値打ち, ところでぼしゃぼしゃと屋根瓦を, ところでぼつぼつはじめましょう, ところでぼやッと立っ, ところでまもなく晩に, ところでまるっきりそんなもの, ところでまア当分小田原行きは, ところでみなさんわしはひとつ, ところでみなさんわたしがここ, ところでみんな軽快な納まった様子, ところでむごい目に, ところでむすこがきょろきょろ, ところでめくら草紙だ, ところでめしの時間, ところで一度きく, ところでもう間もなくできあがるという, ところでもしや王仁の, ところでもちろんこうしたちがい, ところでもっとも僕らの, ところでものは相談, ところでもはや二日ばかり, ところでやしょうかな, ところでやっこさんのようす, ところでやっとこさピラム, ところでやつと周囲, ところでやや後世に, ところでゆっくりしては, ところでよいご思案, ところでようやく世間が, ところでろばはさっそく, ところでわが日本の, ところでわざわざ遠い宇治, ところでわるいことと, ところでわれわれ学生は食詰横町, ところでわれわれ東洋人の心, ところでわれわれ現代人はこの, ところでわれわれ近代の人間, ところでアタリは附きました, ところでアトスではお, ところでアムステルダムの発展, ところでアリストテレスはまた, ところでアレクセイさんいったいあなた, ところでアンジョーラとコンブフェール, ところでアンドラダはバアリイ, ところでアヴリノの, ところでイシカハやニシカハ, ところでイタリーから招, ところでイヨイヨ朝鮮内地に来ます, ところでイワンの行方, ところでインド人はチベット, ところでウイスキーの話, ところでウオツカを一杯, ところでウラニウムというやつ, ところでエセックスがなかなか, ところでエタは地方, ところでエフ氏よいよいよ, ところでエヴェレストの高, ところでオペラの統一, ところでオリザビトンが製造禁止, ところでオリヴィエはグラン・ジュールナル, ところでオレは犬, ところでカトリーヌおばさんはなかなかしっかり, ところでカラスキー氏は大して, ところでカレンが右, ところでガヤの方, ところでガラス絵はガラス, ところでガラツ八その吹矢, ところでガータロと云う, ところでガーラターは身動き, ところでギイズ公の行動, ところでギヤマンの和蘭鏡, ところでギーザはおそらく, ところでクザーヌスその他の場合, ところでクラムはまた, ところでクレエテルヤアン氏と同時に, ところでグリゴリイ・ワシーリエヴィッチはあんまり, ところでグルグルチンです, ところでゲオルクはその, ところでコニャクでも飲まん, ところでコマ五郎にきく, ところでコンナ風にし, ところでゴルチャコフはむかし, ところでゴーリキイがカザン, ところでサリヤンカの手前, ところでザバタスが一体, ところでシェストフはチェーホフ, ところでシャツなくては, ところでシュトルツ氏の家, ところでシュークリームの麻薬, ところでジイドよ君, ところでジッと持っ, ところでジムも一緒, ところでジムほんとのとこ, ところでジム己たちはこれから, ところでジョン少年は今, ところでスウェデンボルクはこの, ところでスクルージはまず, ところでステパンはこ, ところでストキが海事局, ところでストライキはその, ところでセレナ夫人その風来坊, ところでソイツが満点試験, ところでソオニャさんは, ところでソファーとか寝台, ところでソルディーニがたといどんなに, ところでソローハはさほど, ところでソローピイのお, ところでソンナ風に睡眠, ところでソヴェト同盟は五ヵ年計画, ところでタクボ・ツンバは私, ところでダネックは紅蓮峰, ところでダヴィッドが自分, ところでチビの猿若, ところでチベットではただ, ところでチラリと相手, ところでチースソフレーは玉子, ところでディレッタントはどう, ところでデモクリトスエピクロスルクレチウスはたしかに, ところでトニオは名誉領事クレエゲル, ところでトビアスが通り, ところでトラックどういう工合, ところでトルストイは彼, ところでドアには内側, ところでドウダイもう一パイ, ところでド・エスコバアルの解釈, ところでナタリイ・ケニンガムは二つ, ところでナヂェージダ・フョードロヴナはどう, ところでニイノチカのほう, ところでノズドゥリョフがどういう, ところでハリイ男爵は拍子, ところでバアリイ夫人に妹, ところでバスケットはおこった, ところでバルザックさんは技芸辞典, ところでバルトリ君の妻君, ところでパトラッシュにとってはこうして, ところでピカソは敬遠, ところでピョートル・アレクサンドロヴィッチ・ミウーソフさん今あなたが大胆, ところでピロちゃんも鮎子さん, ところでファウストの呪文, ところでファルスであるが, ところでフォイエルバッハに從, ところでフランス語だ, ところでフランス革命のあと, ところでフリイデマン氏の第, ところでブライヤァとは薔薇, ところでブルンスウィックについていう, ところでブレシントン氏をしばり上げちまっ, ところでブレフスキュ島の皇帝, ところでブロム・ボーンズはこの, ところでプカが笛, ところでプーリは文字, ところですなわち7, ところでヘンリー・ジーキルの手, ところでベルが鳴り出しました, ところでベルグソンは科學的, ところでベロヴゾーロフは, ところでホヲリの命, ところでホントに支那料理, ところでボイロフとかいう外人, ところでボクはしゃがみます, ところでボストンの牧師メー, ところでボートルレ君にもお, ところでポアイエ・ドゥロルム夫人はきわめて, ところでポケットから出た, ところでポケット君またきみ, ところでポノマレフの奴, ところでポリテクニシヤンの家庭, ところでマスロフという商人, ところでマダムの御, ところでマッチはいま, ところでマドレーヌ氏の室, ところでマユミの両親, ところでマリユスはよく, ところでマリー・ロジェエが六月二十二日, ところでマルドナーダという港, ところでマーガレットあなたの精神状態, ところでマーチの邸, ところでミウーソフさんあなたもおいで, ところでミーチカのやつ, ところでメグにかわった, ところでメーキンスが編纂, ところでメートルは二つ, ところでモリソン號のかうした, ところでモローゾフの工場, ところでモントルイュ・スュール・メールの郡, ところでモンパルナスは外部, ところでモンフェルメイュの迷信, ところでヤマトの皇室, ところでラザレフの自殺, ところでラジィゲは自分, ところでランチは二時, ところでリッケルトは眞, ところでリボンをかけ, ところでルピック氏は決心, ところでレエヌがおだやか, ところでレコードからは犯人, ところでレッド被害者として何, ところでロオペ博士はまだ, ところでロゴスとパトス, ところでロシア政府はギリシア教, ところでロンブローゾがこの, ところでローリーさんのほう, ところでワイラー氏の話, ところでヴィデの大言壮語, ところで一つ七兵衛の方, ところで一つ前の, ところで一つ目に立つ, ところで一つ種明しを致しましょう, ところで一つ考えねばらならぬこと, ところで一つ註文がある, ところで一つ話をし, ところで一つ頼みがある, ところで一九一七年の十七日, ところで一九三〇年にソヴェト同盟, ところで一九四五年八月以後民主主義化が日本, ところで一五二四年にもそれ, ところで一人の子供, ところで一伍一什をブチ, ところで一体あなたはこの, ところで一体奉行の野郎, ところで一体富士の神, ところで一口に仲よく, ところで一寢入りして, ところで一寸本署まで, ところで一層奇態に, ところで一年後に大学, ところで一式小一郎はその後, ところで一応伺って, ところで一旦僕らは, ところで一昨日の晝頃, ところで一時とはいえ, ところで一時代過ぎて, ところで一杯どうです, ところで一歩退いて, ところで一番坊ちやんのなつい, ところで一番細かな買物, ところで一番賢明で元気, ところで一緒に暮し, ところで一般人民もやはり, ところで一色さん死んだお, ところで一色道庵の娘, ところで一萬兩は大丈夫, ところで一軒は御, ところで丁度その時分, ところで万が一にもその, ところで万事正式の手続, ところで万華鏡が突然, ところでどめ, ところで三人の甚内, ところで三介どのとお, ところで三公の奴, ところで三千兩はどう, ところで三千石のお, ところで三國屋で一體誰, ところで三好とかいいました, ところで三宅さん一番バスにどなた, ところで三島氏の舞台装置, ところで三日經つたら千二百兩, ところで三次今夜おれはいろは茶屋, ところで三百兩の大金, ところで三芳君君んとこの, ところで三軒長屋の出入り, ところでから押, ところで上の山のあたり, ところで上体を動かした, ところで上流の貴婦人がた, ところで上海のその, ところで上等社会の婦人, ところで上總屋の身上, ところで下僕を起す, ところで下宿の二階, ところで下枝の方, ところで不二屋の騷ぎ, ところで不可解至極な通念, ところで不審なの, ところで不敵なこの, ところで不躾ながらお尋ね, ところで与えられたときにおいて, ところで与之助は, ところでには悪食家, ところで世の中には自分, ところで世上にはこう, ところで世中へ出, ところで世才はお, ところで両手をポケット, ところで中国人と英国, ところで中川さん我々銃猟仲間は遠方, ところで中毒を起した, ところで中盤の一手, ところで中食を取っ, ところで丸屋の主人, ところで丸田屋は俳人, ところで丹道も初め, ところで水は, ところで主人公の鼓賊, ところで主人殺しの下手人, ところで主人筑前守がお, ところで主任のとった, ところで主膳その腰抜け振り, ところで久しぶりで市, ところで久助君はきい, ところで久我さん貴女はこの, ところで久我さん過去の三事件, ところで乗務員は何名, ところで乙記者はオーバー, ところで乱雑の上, ところで乳母さん何だつて, ところで乾いた血が, ところで予て王の, ところで予見されるもの, ところで二つのこの, ところで二世紀アリウス神学派の豪僧フィリレイウス, ところで二十五六の豊満, ところで二十台の京子, ところで二十年も過ぎ, ところで二十年前の下女, ところで二十年後の今日, ところで二十日の深夜, ところで二品のその, ところで二幕目だがね, ところで二年経つと, ところで二度目の, ところで二日にお目にかかっ, ところで二日前の晩, ところで二月二日に書い, ところで二種の宝物, ところで二週間ほどたった, ところで二階へ行つて, ところで二階家を四五軒, ところで二頭の馬, ところでひに, ところで五人娘のうち, ところで五億ポンドというの, ところで五右衛門結果はどう, ところで井上最早尾栓, ところで井伏君は運, ところで井出大佐殿はまだ, ところで些か変な, ところで交換理論の原理, ところで人々は, ところで人丸左陣殿浮雲いところ, ところで人夫達や娘さん達, ところで人気者同士にはまた, ところで人間性そのものには変化, ところで人間歴史の方, ところで人類科学史上未曾有の大, ところで今これを書き, ところで今なにをしてる, ところで今わたしはあなた, ところで今世の中を見る, ところで今世界の大勢, ところで今世紀にはいっ, ところで今何の話, ところで今俺は江戸, ところで今六年生の一番, ところで今回お話し申し上げようと, ところで今回山川さんが某, ところで今回華族をはじめ種々, ところで今夕その新田殿, ところで今夜あなたは酒, ところで今夜お前さんたちがわし, ところで今夜正成は死のう, ところで今夜私はお前, ところで今夜金之助をおびき出し, ところで今宵煙術師のお, ところで今度ここを立退く, ところで今度俺は墓地, ところで今度境三造の過った, ところで今度洋画を出品, ところで今度雪の結晶, ところで今彼女はそうした, ところで今後の日本, ところで今日ソ連邦においてはこの, ところで今日ワザワザやって来たの, ところで今日久々で会つたバイロン, ところで今日墓の中, ところで今日大衆のどんな, ところで今日娘たちの好み, ところで今日朝から外, ところで今日此の席, ところで今晩ひとつこの場, ところで今晩一刻ばかり前, ところで今晩俺と一緒, ところで今朝ミーチャは茶, ところで今朝一番先に外, ところで今朝一番初めに死骸, ところで今村さんが質問, ところで今様の鈴木, ところで今河岸に沿う, ところで今蟻田博士にすれちがった, ところで介抱役はこの, ところで仏性は悉有, ところで仏頂寺お前は剣, ところで仏頂寺弥助と丸山勇仙, ところで仕官の御, ところで他人にはそんな, ところで他言を禁じる, ところで仙市さんだがね, ところでは甚だしい, ところで代議士諸君よ昨日, ところで伊八をうんと, ところで伊達かよ子の親戚, ところで休んでいる, ところで伝さんの気づきはじめた, ところでの執事, ところで伯爵で居たかったら, ところで伯父さんはあれ, ところで伸子の状態, ところで住居はどの, ところで佐々木殿先にここ, ところで佐助はあまり, ところで佐吉さんお富さん, ところで何うしようというん, ところで何だお十夜, ところで何とかできぬかな, ところで何より都合の, ところで何処まで聴いた, ところで何刻でしょう親分, ところで何奴を食っ, ところで何故か毎年この, ところで何方か紙, ところで何時かお尋ね, ところで何百万人の気にいる, ところで何等の権力, ところで作中の梅雄, ところで作品の美し, ところで作文とはこの, ところでしこの, ところで來年三十になつ, ところで侍童は私, ところで供給を定義, ところで価格は本質上正, ところで価格零における需要, ところで便乗という言葉, ところで信乃がいよいよ, ところで信長様へお, ところで信長秀吉からは将来, ところで修業のため, ところで俯向いて, ところで俳優同志は無類, ところで俺たち二人の着物, ところで俺らはお前さん, ところで俺ら約束したっけな, ところで俺達のやり口, ところで倫敦へ着いたなら, ところで健脚法の練習, ところで偽物を仕立てる, ところでに河, ところで僅かに百両, ところで僕たち旅客は宿換え, ところで僕ら数名が試食, ところで僕等の列車, ところで僕等友人数名が試食, ところで僕自身はどう, ところで儀作自身は三反歩, ところでの方, ところでの恭一, ところで兄さん下の奥さん, ところで兄哥の見込み, ところで兄哥町内の若い, ところで先代の山左衞門旦那, ところで先代訥子はその後十年以上, ところで先刻ちよつと耳, ところで先刻一人の女子, ところで先刻床下で見付けた, ところで先年以來共和政體が出, ところで先日の話, ところで先日山口栄次と呼ぶ, ところで先様アいつも人斬庖丁, ところで先生丹後先生は独身, ところで先生僕は気, ところで先生先生はどうして, ところで先生探偵では面目玉, ところで先生私はこれ, ところで先程僕が面白い, ところで先程發起人の一人, ところで光線と名付けられる, ところで克子さんが二十五日, ところで入れ替へは濟ん, ところで入れ替えは済んだ, ところで入口の戸敲き, ところで入籍の事, ところで入門料はいくら, ところで體は, ところで八こいつは水死ぢ, ところで八今から四半刻, ところで八今日は何日, ところで八住が殺された, ところで八手前が觸, ところで八月二十八日の日, ところで八松永町の三次郎, ところで八此處から淺草橋, ところで八荒坊とやらちょっと, ところで八頼み度いこと, ところで六人の女, ところで六時という時, ところで六月の予行演習, ところで六月二十六日朝のお, ところで六月五日の朝, ところで六本指の嬰児, ところで六本木の親分, ところで六波羅の検察陣, ところで共産主義というもの, ところで兵太郎君はすっかり, ところで兵隊はなかなか, ところで兵馬は千両役者, ところで其晩雨が降り, ところで其繪には柳里恭, ところで兼松ほど夢中, ところでの孔雀, ところで内儀はどうして, ところで内儀さんを殺した, ところで内地にはまだ, ところで内密に伺ひます, ところで内弟子のお, ところで内蔵助自身はどちら, ところで内部に突き入ろう, ところで冗談は冗談, ところで冨美ちゃんは室積, ところで凄い年増の, ところで几帳面に雪空, ところで凡人には分らない, ところで會つた, ところで出かける前に, ところで出刃打ちの白状, ところで刃物はどう, ところで刄物は, ところで切口の肉, ところで切支丹屋敷のお嬢さん, ところで切支丹族の三人づれ, ところで判斷の本質, ところで刻々のうち, ところで前川さん私の呼んだ, ところで前後五回の公判廷, ところで前方の声, ところで前方中央の席, ところで前段にいつた, ところで前記の新, ところで前述の琵琶湖産, ところで剛子はその, ところでの富山七之助, ところでの富山七之助, ところで力松は, ところで加島屋の後家, ところでかつた, ところで助手の木村さん, ところで助手さんはこの, ところで助手君はこの, ところで勇次郎さんは餘, ところで勘太郎の巾着, ところで勘定ですが, ところで勝負が全く, ところで勞働に於, ところで包み紙の表紙, ところで包囲は翌日, ところでの皮, ところで北京に遊ん, ところで北斎は, ところで北条美作とはどういう, ところで医師共は揃っ, ところで十一時という, ところで十三の仮名, ところで十九日づけの, ところで十二月七日に登山, ところで十八日にかけつけた, ところで十日ばかり前, ところで十月の半ごろ, ところで十種類の雲, ところで千兩の當, ところで千束町に居た, ところで千種君是非君に判断, ところで半三を突き殺した, ところで半日も経過, ところで半次さん昨夜怪我をした, ところで卑怯な真似, ところで南側の塀, ところで南条力は右, ところで単に歴史の, ところで単刀直入はやはり, ところで危険がもう既に, ところでの御, ところで厄介払いをする, ところで厚化粧で佐野松, ところで原稿料が, ところで去年の春, ところで去年のは, ところで参考のため, ところで又そうなると, ところで友人の祖父, ところで友様東西南北がわかる, ところで友田は別に, ところで友田屋これだけはどう, ところで友蔵には副業, ところで双葉さんは大袈裟, ところで反省は感覺, ところで叔母のお, ところで叔母さんはその, ところで受刑者は犬, ところで受話器の中, ところで教派の, ところで只今のお話, ところで台湾に於ける, ところで右側に黒子, ところで右衛門はお, ところで司令官はこんな, ところで吃驚されるの, ところでの岩, ところで吉三郎は何, ところで吉村といふ人物, ところで同じく開国派と, ところで同じその日の, ところで同盟休校の決議文, ところで同衾に寝た, ところでなし指, ところで向島の土産, ところで君あれはロオラ, ところで君いくつになった, ところで君たちが私, ところで君んとこの, ところで君パーマネントをかけた, ところで君先頃の神亭, ところで君兎に角何科, ところで君小生は料理番, ところで君悪夢は発狂, ところで君新聞みてるかい, ところで君病気の方, ところで君硯があったら, ところで君等の中, ところで君自由に就い, ところで君自身はどう, ところで吾人をし, ところで吾妻鏡による出産日, ところで吾輩もこの, ところで吾輩みたいな田舎活弁, ところで呂布のほう, ところで呉城の宮中, ところで告白書の中, ところで周囲への生活的関心, ところで周次郎に逢, ところで周馬お前はその, ところではよかっ, ところで味方はおおかた, ところで味覚器官そのものである舌, ところでの恩, ところで命令そのものは彼, ところで命知らずの無頼者, ところで和太郎さんのお, ところで和尚さんは百姓, ところで和尚一人の生活, ところで品右衛門爺さんを先導, ところで品物はまだ, ところでの忘れた, ところで唐招提寺になる, ところで一つ困つた, ところで商人もおそらく, ところで商売はすべて, ところで商工省の配慮, ところで喜三郎はお前, ところで喜助とお, ところで喜助頭梁は今日, ところで喧囂の最中, ところで單純觀念の由來, ところで嘗てモオリス・ラヴェルが, ところで噴煙が火口, ところで囃子の音, ところで四ツの中, ところで四五人会と云, ところで四人の実験室, ところで四人称の自我, ところで四周を包囲, ところで四月二十一日の, ところで四階には, ところで因果の概念, ところで困っている, ところで困ったことには, ところで図らずも貸主, ところで国民は流言浮説的お喋り屋, ところで国粋主義のしょうどう, ところで園長のエチガライさん, ところで圓三郎は先代, ところで圓遊の逃げた, ところで圓馬の忰, ところでに氣, ところで土屋庄三郎殿面白いこと, ところで土橋を渡る, ところで地図はどう, ところで地方に於ける, ところで坂田屋の身上, ところでつちやん, ところでにしろ, ところで法僧官が, ところで堀口君の訳した, ところで場所は店, ところで場面は瑞西サン・モリッツ, ところで塩昆布だが, ところではまだ, ところで墺国の方, ところで平爺さん, ところで壮士坊主というの, ところでのみきい, ところでな事, ところで夏川左近が海, ところで夕御飯はどう, ところで外套はひとつ, ところで外見からは解らなかった, ところで外面には多勢, ところで多喜子さんにはどう, ところで多少共にこの方面, ところで多摩結城のつい, ところで多数の大衆作家達, ところで夜光の珠, ところで夜汽車というもの, ところで夜間の警戒, ところで夢枕に立つた, ところで大事の話, ところで大国魂神社の神主, ところで大変失礼な質問, ところで大変私の頭, ところで大学の教育, ところで大学院に入る, ところで大宅氏はほん, ところで大将の右京次郎, ところで大工の鉋ダコ, ところで大巻の家, ところで大徳屋はあの, ところで大忙しなん, ところで大津しもさん, ところで大津法学士は何, ところで大浦博士だがね, ところで大澤さん皆んなを呼ん, ところで大王の今日, ところで大胆にその, ところで大衆的ならん, ところで大西君も, ところで大阪ははなはだ, ところで大鹿君からトレード, ところでと地, ところで天下を取ろう, ところで天使をひとり, ところで天保銭吉原の飛行, ところで天台大師が仏教, ところで天壇は市, ところで天子の御, ところで太守馬騰は, ところで太郎さんは, ところで太陽は此, ところでを貰った, ところで失くなつた繪圖面が, ところで奇態なこと, ところで奇抜な想像, ところで奇月を殺した, ところで奉公人や近所, ところで奥庭へ引き出され, ところで女め熟ら高利の塩梅, ところで女世帶では何彼と, ところで女中の話, ところで女房のこと, ところで女房子は, ところで女気をつける, ところで女角力というやつ, ところで好きこそ物, ところで如何なる創造も, ところで妖術の著書, ところではひどく, ところで妹さんの所, ところでの兄, ところで姉さんは平常, ところで始末の悪い, ところで姐さん矢走の渡船場, ところで姫様のお, ところでや外, ところでが茶, ところで婦人解放が革命, ところで媼さんや後, ところでを貰い, ところで嬰兒に乳, ところでに対する親, ところで子供だけがひとり, ところで子供達がよく, ところで子孫の荒木陽一郎, ところで子爵は毎朝自動車, ところで子路がその, ところで孔明という人格, ところで孝謙天皇即位の頃, ところで孤独な境地, ところで孫三郎さんは御, ところで宇和島という侍, ところで宇宙構造推論史の中, ところで守袋はあつ, ところで安心して, ところで安政三四年以後の雲浜, ところで安里はそんな, ところで完全に忘却, ところで宗教的体験の特色, ところで宗次が立ち廻つたら, ところで宛名何て書いた, ところで宜しゅうございます, ところでというもの, ところで宝蔵院漬の味, ところで実直な船員, ところで実際の成績, ところで客人はこれから, ところで家中の者, ところで家令はなに, ところで家屋が提供, ところで宿主のいいます, ところで宿屋に帰っ, ところで寅吉親分斯う暗く, ところで富倉町の殺人事件, ところで富雄に召集, ところで寝足りないために, ところで寶掘りはどう, ところでを改造, ところで寺本山平は宵, ところで寺院には似, ところで寺院側に天智天皇朝, ところで寿江子がお, ところで寿美子さん何が得意, ところで将軍様がお, ところで将門御辺, ところで尊者は静か, ところで小六殿話は別, ところで小判は, ところで小勝の名人視, ところで小夜菊は金, ところで小平太どのの内偵, ところで小座敷勿論晴れ, ところで小林君この事件, ところで小森さん君は民政党, ところで小森君今日来て, ところで小生はいま, ところで小篠どっちが好き, ところで小説を小説, ところで少年は, ところで少納言の鼓, ところでこのほか, ところで尻尾は出, ところで居場所だが, ところでけるところ, ところで屋号は何, ところで屋敷の裏庭, ところで山下氏の如く, ところで山神は, ところで山辺氏は僕, ところで山鯨のすき焼き, ところで岡田さんあんたも直子さん, ところで岩松党では吉致, ところで岩根半藏, ところでの茶屋連中, ところで島村に云わすれ, ところで島田はこの, ところで崑崙茶を飲み, ところで川手この生き, ところでの一文, ところで左京氏私は今晩ここ, ところで左右太, ところで巨椋池のあの, ところで已に仏蘭西の, ところで市村座のかえり, ところで市長の奥様, ところで師直の処罰, ところで帽子の皿, ところで幕権に資すべき, ところで幡半の婢, ところで干支の刺青, ところで馬は, ところで平中が数, ところで平安末期に起った, ところで平常お父さんを, ところで平手とはどう, ところで平次はどうして, ところで平次何處の藩, ところで平生忙しく暮し, ところで年下の方, ところで年寄りの坊さん, ところで年度内に出た, ところで年毎に鰻上り, ところでか不幸, ところで幽霊には足, ところで広場も寒く, ところで庄司家では承知, ところで庄次郎はどう, ところで床屋様わしは今日, ところで店員達の使い方, ところで座敷だが, ところでから家, ところで庭木戸は内, ところで庵主さんは鳥羽, ところで廊下から主人, ところで弁信がはじめて, ところで続いて, ところで弘法大師はこの, ところでは困った, ところで之丞殿, ところで弱虫の勘太郎, ところでのその, ところで張君はうまく, ところで強烈な擽痒, ところで彈丸は何方, ところで之助が, ところで当主の刑部, ところで当代の月江様, ところで当夜あなたが鶴, ところで当日の山車, ところで当時上州に上州円朝, ところで彫刻とは一つ, ところでのある, ところで役人の方, ところで彼奴の成敗, ところで彼氏蹲みます寒, ところで待人はなか, ところで御免を蒙っ, ところで御坊はこの, ところで御成街道の日本亭, ところで御新造に逢, ところで御新造幻の民五郎, ところで御覧の通りわたし, ところで徳三郎はどう, ところでが深まる, ところで心中にはお, ところで心當りは, ところで忍路高島ですがね, ところで志免警部があの, ところで志賀が終戦後, ところで忘れもしねえ, ところで忘却するという, ところで忠臣楠氏の銅像, ところで快楽は主観的, ところでのため, ところで思いがけなくどの部屋, ところで思ひつくま, ところで思想を発展, ところで思考については論理學, ところでに女, ところで怪力乱神を語りたがる, ところで恒川さん一つお願いがある, ところで悪くなりだすと, ところで悪党の方, ところで悲しいことには, ところで悲劇は現実, ところで悲惨なこと, ところで意地の悪い, ところで意識一般というもの, ところで憚らずに, ところで懷疑が方法的意義, ところで成行きを見, ところで我が心は, ところで我ら組合の者, ところで我邦の教育映画, ところで戦前の日本, ところで戸倉さんあなたの戦闘準備, ところで戸川は何分位邸内, ところで戸波博士を渡し, ところで戸締りは誰, ところで房州沖で喜兵衛, ところで所謂大衆文学の方, ところでを開けた, ところで手前にはだれ, ところで手前たちはみんな, ところで手塚さんその問題, ところで才蔵殿とやらいつぞや, ところで打ちとけて師匠, ところで打ち碎いた瀬戸物の, ところでてその, ところで批判する者, ところで技法の習得, ところで抗議団はそれっきり, ところで入つて, ところで押鐘津多子夫人の姿, ところで捕り縄の, ところで捨吉と間違へた兄, ところで掃除係りの古谷, ところで立柱は, ところで損害の賠償, ところで摂津まで渡る, ところで擬古文でさえあるなら, ところで擲った人は, ところで支倉君さしもの, ところで支倉君僕はいま自然, ところで支倉君最近現われた探偵小説家, ところで支倉君驚駭噴泉の踏み石, ところで支配人の專三郎, ところで支配人さんごらんのとおり, ところで支配人さんどちらへいらっしゃいます, ところで改めて相談する, ところで改札がはじまる, ところで改築したばかりの, ところで改造の本, ところで翁は, ところで放免囚徒ジャン・ヴァルジャンが数日間, ところで政元の後, ところで政友会は, ところで政治論の一群, ところで教会派の大, ところで教学とは何, ところで教師のほう, ところでというもの, ところで数寄屋普請を好む, ところで数日前に工場, ところで数負の親父, ところで数馬殿承わりたいは, ところでのおり場所, ところで文七の船, ところで文中の第, ところで文化文芸に関する賞, ところで文学作品を商品, ところで文学的月評は書く, ところで文房具はどう, ところで文書は依然として, ところで文書きの方, ところで文琳と, ところで文章の場合, ところで文芸に関係, ところで文芸春秋に丹羽氏, ところで文部大臣はこの, ところで文部省で最初先づ云, ところで斎藤先生の斯様, ところで斎藤老人や書生達, ところで料理の不味い, ところで料金だが, ところで斬れますかねこれ, ところで八郎は, ところで新しい発見の, ところで新六郎が此家, ところで新内はお, ところで新聞に出す, ところで新聞社の方, ところで新聞記者の第六感, ところで方途が絶対, ところで於通さま何しに, ところで旗太郎さん波蘭の諺, ところで既往の問題, ところで日常生活で我々, ところで日常身辺の事実, ところで日当は一日一弗, ところで日曜日といへ, ところで日本人はどう, ところで日本商工会議所会頭郷誠之助氏は或, ところで旦那さまはじめ店の人たち, ところで旦那一昨夜は大層, ところで早かれ晩かれ打合い, ところで明智先生おれはもう, ところで明智先生わしはあんた, ところで明智君には少し, ところで明智君かんじんの犯人, ところで明智君きみはまだ, ところで明治二十八年になっ, ところで明治以後政治運動と共に新しい, ところで易者も似顔かき, ところで昔大口が谷中, ところで映画館や百貨店, ところで昨今感じられて, ところで昨夜お母さんの呑んだ, ところで昨夜一番後で若旦那, ところで昨夜七時から八時, ところで昨夜二人は曲者, ところで昨夜二階に居た, ところで昨夜伊八の家, ところで昨夜判つたん, ところで昨夜外へ出た, ところで昨夜弟の宗次, ところで昨夜来ずいぶん足利殿有縁, ところで昨夜母上が死なれた, ところで昨夜火事騒ぎのあった, ところで昨夜福次郎は夜中, ところで昨夜西兩國へ船, ところで昨夜鐵砲の音, ところで昨日君があの, ところで昨日手紙あすこまで書いた, ところで昨日親分が言ひつ, ところでればかり, ところで時刻は何時, ところで時節のため, ところで晃一の嫁, ところで普通の人間, ところで曲線の傾斜, ところで誤つた六字, ところで書物に対する著者, ところで曾つての日本, ところで最初それと類推, ところで最初易介がすでに, ところで最悪のこと, ところで最近九州帝大の今中, ところで月光による自分, ところで月水金は既願人, ところで有るのかい, ところで有機的と危機的, ところで有難い事に, ところで有頂天の蛾次郎, ところで有馬屋ではどこ, ところで服装を見る, ところで望月のやつ, ところでにのぼつ, ところで木客だちは, ところで木戸を開け, ところで木挽の方, ところで木沢氏が秋川邸, ところで木津さんに逢わせよう, ところで木賃の方, ところで木造船では三百フィート, ところで未知数もまた, ところで末尾にある, ところで本所で川魚, ところで本職のロッキー, ところで本能の立場, ところで本艇は今, ところで本願は言うまでもなく, ところで机竜之助, ところで材料は, ところで村松梢風徳川夢声の御両, ところで村長といへ, ところで村長さんは私, ところで来年の春, ところで東大の物理学科, ところで東大寺炎上の悲劇, ところで東野さんさっきの俳句, ところで松本伊豆守様からが一番注文, ところで松永町の隠居, ところで松虫草は高山植物, ところで板倉屋の主人, ところで板張りの床, ところで果心居士がなにゆえ, ところで枹木子は内篇二十篇外篇五十二篇, ところで柏木の親分, ところで柳暗花明を材, ところで栗林儀作もとうとう, ところで栗栖按吉はここ, ところで校門を出, ところで桂君がそうして, ところで桂月氏のやう, ところで桂華の場合, ところで桐生のお祭好き, ところで桔梗の方, ところで桔梗様の方, ところで梅ヶ枝の手水鉢, ところで梅干の大きな, ところで梓さんだけはたいへん, ところで梟帥は何ん, ところで梯子は何處, ところで棟梁あつしの, ところでの行先, ところで椅子はまだ, ところで植村君の意欲, ところで検事局という所, ところでの方, ところで楼上へあがっ, ところで楽器というもの, ところで概念的知識は物, ところで榮三郎はお前, ところでの中, ところで標準語も読本, ところで模寫説と呼ばれる, ところでの欄干, ところで之助, ところで機関手の名前, ところで次回にオットー中佐, ところで次郎君は来, ところで歌舞伎のうち, ところで止めてしまった, ところで正像末史観の有する, ところで正木先生はそれから, ところで正治から承, ところで此二三日顏を見せなかつた, ところで此初春に里, ところで此動向なるもの, ところで此外輪山は風, ところで此奴から薬, ところで此家の住み, ところで此度の革命, ところで此悲劇の舞台, ところで此愛子の若い, ところで此方だが, ところで此時私が自分, ところで此櫛の文字, ところで此毛は何ん, ところで此短刀の持主, ところで此程許されて, ところで此空地の奥, ところで此脇差に見, ところで此花は何, ところで此辺は武家屋敷, ところで此金を現, ところで此離屋の持主, ところでの妹, ところで武男君は負傷, ところで武者所鬼王丸は神, ところで歩いてもらおう, ところで歴史家は歴史家, ところで歴史的社會的存在界を構成, ところで死体から栄光, ところで死海という海, ところで死絵は紅毛人ども, ところで残念なこと, ところでる一人, ところで殺されて見る, ところで殺害は河, ところで殿樣は何時頃, ところで母さんはどんな, ところで母上さんが見えたら, ところで母家を見せ, ところで母親のほう, ところで母里家に怪事, ところで毎年四月先生の家, ところで毎日の実際, ところで毎日戸締りをする, ところで毒蛇エロキロスは一度, ところで民主主義とはいったい, ところで民五郎は何うし, ところで民衆の意志派達, ところで民衆詩あたりでも惡, ところで気温の方, ところで気象要素といっ, ところでの習, ところでをとりまく, ところで水彩はもう, ところで水戸から膝栗毛, ところで水茶屋の方, ところで水資源のうち, ところで水道尻の太夫さん, ところで水門はどうして, ところで氷冠の厚, ところで氷柱が動力線, ところで永い間お世話に, ところで汎神論にとつて, ところで汗一杯はいい, ところで江口さんが住ん, ところで江戸のお, ところでの端, ところで決して不味くは, ところで沙翁には今一つ, ところで沢屋の主人, ところで沼間夫人は剛子, ところで法心理学者のシュテルン, ところで法王はシナ語, ところで法華寺の境内, ところで法輪寺の御堂, ところで波羅蜜とは般若波羅蜜多, ところで注意を一つ餞別, ところで注目されること, ところで泰文のほう, ところで泰治さんの奥さん, ところで泰道先生十日前に死んだ, ところで泳ぎに慣れ, ところで洋妾ときた, ところで流賊の乱, ところで浄土他力の教, ところで猿しく崩れた, ところで浅草のシャアロー, ところで浅草気分に浸り, ところで浜方でも相談, ところで浜田君と踊っ, ところで浜田君僕は聞きたい, ところで浩平はまだ, ところで浪人者の江柄三七郎, ところで浮浪の子供, ところでの底, ところで海石は驚い, ところで海蔵寺の晩鐘, ところで海賊王デルマにはもう, ところで消費組合はいつもキッ, ところで淡窓先生がこれら四千人, ところで淺田屋にはこの, ところで清吟雑夢寐得句旋已忘といふ句, ところで清国の方, ところで清太郎を怨む, ところで清掃人夫をやりたい, ところで清水の身上, ところで済まん序に, ところで済みませんがその, ところで渡辺芳助であるが, ところで測量技師さんはどこ, ところで測量技師さん私の失望, ところで測量技師さん陳情人が何, ところで源内殿にはお, ところで源助さんあの吊, ところで源吉さんツケツケ物を訊い, ところで滋幹の生母, ところで滑稽なこと, ところで滝人が最初目, ところで演劇とは書い, ところで演繹法と帰納法, ところで潜航艇に使う, ところで澆季芸術の上, ところで澤庵石を井戸, ところで火の手は上がらない, ところで火事が起こった, ところで火星と地球, ところで灯火用や電熱用, ところでのなか, ところで点描法の理論, ところで為教はその後五年目, ところで為相は母, ところで無くなつたの, ところで無論モヨ子は, ところでらば, ところで煙草を一服, ところで煙術とはどういう, ところで照ちやんもう少し, ところで熊城君指紋は, ところで熊城君死体の発光, ところで熊川忠範であるが, ところで父上もお, ところで父兄母妹にそれ, ところで父親は健康, ところでつぁん, ところでは既に, ところで牛めし一杯食ったところが, ところで牛肉の味噌吸物, ところで牡丹燈籠提げて, ところで牡兎を見付ける, ところで牧之翁の論理学, ところで物語を始める, ところで犯罪者のこういう, ところで犯行はルキーン宛, ところで犯行前には雪, ところで犯跡を調べる, ところで狭い意味の, ところで猊下あなた様に向かっ, ところで猫吉の主人, ところでがどうして, ところで玄關の上, ところでづけが, ところで王さまアトラ殿下がぜひ, ところで王冠をかぶっ, ところで班長に手, ところで現にアメリカでは, ところで現今精神的渇望だの信念, ところで現在初枝さんがそれ, ところで現在市販のもの, ところで現在日本で刊行, ところで現在流行して, ところで現在結婚とは一般, ところで現在農村に集団農場, ところで現存の民俗, ところで現状の実際, ところで理窟は第, ところで環境は私, ところで甘酒の釜, ところで甚三われわれの縁, ところで捉って, ところで生れつき勤勉で物わかり, ところで生命とはどんな, ところで生徒は頻, ところで生憎か仕合わせ, ところで生活の中, ところで生理学の術語, ところで生理的な畸形, ところで生産物の市場, ところで生産者は生産物, ところで田沼時代には天変地妖引き, ところで田郷さん見掛けたところ埃, ところで田郷さん事による, ところで田郷さん昨夜の七時前後, ところでは勇気, ところで甲板に引返し, ところで申すまでもなく, ところで町内でたった, ところで画題は, ところでの畝間, ところで畑柳夫人からは何, ところで留守中にどんな, ところで畜生今朝になっ, ところで番地はむろん, ところで番組を白眼, ところで番頭さん今朝ここを開けた, ところで番頭さん俺は斯, ところで疲れて居るだらう, ところで病状はだんだん, ところで病院は小田原病院, ところで病院一つ当り毎年どのくらい亡者, ところで登校の際, ところで白い帽子の, ところで白浪物を多く, ところで白雲が再び, ところでと百, ところで百兵衞は見えない, ところで皆さんこの言葉, ところで皆川半之丞といふの, ところで皇室の権威, ところで皇帝は何度, ところで盃事の支度, ところで盗まれた機密書類という, ところで監物が酒, ところで目下米国で最, ところで盲法師の申しわけ, ところで觀は, ところで直木も俗学的, ところで相談をしよう, ところで相談相手としては亀岡, ところで眞珠太夫のお玉, ところで眞砂町の喜三郎兄哥, ところで真一君だが, ところで真暗な野道, ところでを翻, ところで眼科に使う, ところで氷の, ところで着物を着た, ところではどこ, ところで矢代さん文学上のつまり, ところで知覺の多, ところで知識と行為, ところで知識人をこめた, ところで短銃を何, ところでと土, ところで石川島の人足寄場, ところで石段を背後, ところで石油コンロ買いませんか, ところで石畑君の作文, ところで砂漠それ自体の情熱, ところで砂糖の方, ところでなこと, ところで碩寿翁と刑部老人, ところで磯五がそう, ところで社会状態についてはその, ところで祖父はピッチーニ, ところで秀次は累進, ところで私らはまた, ところで私陰気ものであまり, ところで秋山先生の点呼, ところで秋草の浴衣, ところで稀少性と交換価値, ところで税金で頭, ところでとは, ところで種類なら幾通り, ところで稽古の始まる, ところで究竟ということ, ところで空家になった, ところで空寂と沈静, ところで穿いた草履が, ところで突きあたりの格子づくり, ところで突き飛ばしたのは, ところでと反対, ところで窩人と山, ところで向って, ところで立会の警官, ところで立札にはちゃんと, ところで立花さん今日は付合っ, ところで立花伯爵のこの, ところで立花博士亡き後は半分出資, ところでの中, ところで竹童また大役, ところでの目, ところで笞刑吏はこの, ところで笠原さんはいつごろ, ところで笠森さんに伺います, ところで箕輪町では箕輪城趾, ところでの中, ところで簡単な十七字, ところで簡堂は同じ, ところで米倉はますます, ところで米国側は欠損, ところで粂吉は濱町, ところで粂吉さんさっきから様子, ところでを常食, ところでが出来た, ところで精神状態も生理, ところで約束だよ, ところで紋也からいう, ところで納所が相違, ところで紛失ったと, ところで素晴らしいその美人, ところで累代の家老筋, ところで細君からの手紙, ところで終つてゐる, ところで経家さっそくだ, ところで経済の志士, ところで結局大騒ぎをし, ところで結局本来は全然, ところで結晶形は, ところで絵描きはこんな, ところで絶命時刻の前後, ところで經濟に關, ところで經驗とは一般, ところで国訳漢文大成の, ところで維納新心理派, ところでが切られ, ところで編笠乞食との間柄, ところで縁組を解消, ところで縄張違いの私, ところで縛りは縛っ, ところで縫箔屋の丹次, ところで繩張り違ひの, ところで繰り返して言う, ところで繰返して言う, ところで罪悪にせよ, ところではどう, ところで羊飼さへが大方, ところで美人も多かろ, ところで美佐の奴, ところで美作は同じく, ところで美智子さんがこの, ところで美濃清なら手直し, ところで義哉はどう, ところでの弟子, ところでる朝, ところで翌日の新聞紙上, ところで翌朝のこと, ところで翌朝栄蔵の家, ところで老人同士がいつ, ところで考えてみれ, ところで考えてるンだ, ところでをすまし, ところで聖書には神, ところで聞かっしゃい差配さまの, ところで聞きましたか, ところで職場の仕事, ところで職業の分化, ところでと肉, ところで肥後に会同, ところで肯定或ひ, ところでに附き纏う, ところで能楽では更に, ところでに落ちない, ところでを立てた, ところで自主性とか独創力, ところで自分免許のこの, ところで自分自身のため, ところで自己を時代, ところで自然と人間, ところで自由な波, ところで至誠神に通ず, ところで之助, ところで與三郎が殺された, ところで興行元は興行元, ところで舵手のこうして, ところでと家, ところで船乗りはそれきり, ところで船津の神保様, ところで船隊のマヌーヴァー, ところで色々とお, ところで干しを, ところで芙美子さんは幸福, ところで芥川龍之介氏は, ところででも作つて, ところで花房君どうして小柴, ところで花火が揚, ところで芳太郎の父親, ところで芸術における, ところで若様のお, ところで苦しみは私, ところで英子さん今ここで判官三郎, ところで英領インド政府と合戦, ところで茂助とやらの母御, ところで茨組と来た, ところでに提出, ところで草加屋殺しの探索, ところで荒唐無稽であるが, ところで荘一清にとっては父, ところで荷物の事, ところで莊太郎とお, ところで菊屋の身上, ところで菊屋傳右衞門は商, ところで菩薩のこと, ところで萩原氏は文学的苦労人, ところで萩野の心, ところで萬屋は何萬兩, ところで落ち込みの下, ところで落第のこと, ところで葉迦流は水遁, ところで葛飾の住居, ところでから身, ところで薔薇はいる, ところで藝者は娼妓, ところで藤波というやつ, ところで藤波さんあの物凄い, ところで藤波友衛のほう, ところで藤田さんが夜盲症, ところで蘭法のお, ところで蚊帳はどう, ところでの道, ところで蛤橋のほう, ところで蝠女と周太郎, ところで融雪の促進, ところでは, ところで蟹澤一座のお, ところでが盛ん, ところで街頭から東京市政, ところで衛兵長お前は三人, ところで表面はこの, ところで被害者の家, ところで裁判官が彼, ところで装飾灯が消える, ところで製品の価格, ところで西洋の歴史, ところで西洋美人の最, ところで見たまえ, ところで見受けたところ大将は, ところで見合いが延びた, ところで見張りを附け, ところで見落したところが, ところで規律はむろん, ところで視察には誰, ところでの敵, ところで親しく談話を, ところで親たちのおもいつきで, ところで親分これがあべこべ, ところで親分さんこれは内, ところで親分クシャミに虹, ところで親分三千兩の金, ところで親分三日ばかり米沢町, ところで親分五千兩と言, ところで親分今晩なんか仕事, ところで親分墓を掘り返した, ところで親分女はどう, ところで親分清次が何ん, ところで親分白梅屋敷に眼, ところで親分私は主人, ところで親分行つて見るの, ところで親分裏の小林, ところで親分變な話, ところで親分金を溜めた, ところで親切にそれだけ, ところで親方塩ッぱいほうのお団子をもう, ところで親方昨夜は何ん, ところで観自在菩薩が深, ところで観衆の度胆, ところで解消する場合, ところでふ迄も, ところで計算に少しく, ところで討たれた二人の, ところで詩的精神の何物, ところでもない, ところで話し始めるとなる, ところで話中鳴り物を随所, ところで誘拐の人買い, ところで誘拐団の連中, ところで読返して, ところで調査研究機関は政府, ところで諸井さんはずいぶん, ところで講演先の用, ところで警官隊が来る, ところで警視庁が死物狂い, ところで變つて居るの, ところで谷村は許し, ところで豆腐をさらに, ところで豪傑笑いの友人, ところで貨幣の紋章, ところで貴公貴公は先年来, ところで貴様はどこ, ところで資本家が無くなる, ところで賞品のほう, ところで赤い嚢を, ところで赤沢院長の屍体, ところで赤酒を呑まない, ところでを進める, ところで足利千寿王はいったいどうして, ところでに残っ, ところではわかりました, ところで路傍に立つ, ところで路地を入, ところでり出した道庵, ところで身元調査の方, ところで身分の高い, ところで身體に血, ところでの根本, ところで軍艦三笠は限り, ところで転向作家についての諸家, ところで農奴制の廃止, ところで農家ではもう, ところでのこと, ところで近ごろ思いもよらぬ, ところで近世の百面相, ところで近代文明のこの, ところで近来製法が進歩, ところで近江の人間, ところで近藤君お礼のこと, ところで逃げ出したのは, ところで逆説ではない, ところで途中湯町にも武雄, ところで連中ののほか, ところで連判状は手, ところで運座はどんな, ところで過日伊東行きの列車, ところで過飽和比というもの, ところで道学者といふもの, ところで道庵先生はどう, ところで道草ばかり食っ, ところで道順だから, ところで遠くの方, ところで遠藤さんや中村君, ところで遺産の配分, ところで遺言には日比魚, ところで遺言状がなくなれ, ところで郊外の我々, ところで郷男達はこの, ところで都会はそういう, ところで酒井さまのほう, ところで醫者は何と, ところで三は, ところで野球のやう, ところで金之助樣はこの, ところで金助どのお前に折, ところで金堂の薬師如来, ところで金属にしろ, ところで金藏はいよ, ところで金融関係も預金者側, ところで金髪の縮れた, ところで釘勘今日はぜひとも, ところで鈴木安芸守が人物論, ところでの火花, ところでがない, ところで鍛冶屋はこの, ところで鎌倉でやった, ところで鏑木清方画伯は, ところで鏡葉之助, ところでの音, ところで鐵火とは卷き, ところで鐵舟が圓朝, ところで長さんや, ところで長島若菜には長島博士, ところで長崎屋の後, ところで長老様あけっぱなし, ところで長谷川氏のその, ところで開会劈頭社大の浅沼, ところで開港数年の貿易, ところで間もなく新太郎ちやんにと, ところで関西といっ, ところで人に, ところでの御, ところで除夜の鐘はまだ, ところで階下ではいろんな, ところで隠されている, ところで隠した宝を, ところで隠語とは本来何, ところでの金兵衞, ところでした寶, ところで離れの方, ところで離屋で調べる, ところで難なく一の, ところで雨露に黒髪, ところでの降る, ところで雪五郎はどう, ところで電気の早飛脚, ところで電話のある, ところでの濃度, ところで露伴先生の, ところで露月町の親分, ところで青島市が建設, ところで青春をたのしみましょう, ところで革ひもには補充品, ところで音楽批評家はといふ, ところでふくらして, ところで頬かむりが, ところで頭山も俺, ところで頸椎は調べたろう, ところで頻りに松蟲か, ところで頼んで置いた, ところで頼母盗まれた品, ところでがヒュウヒュウ, ところで風呂敷まで焼く, ところで風間さんの遺族, ところで飛んだ災難だ, ところで飛鳥井右京次郎は一種, ところで飛鳥仏の裡, ところで食物の問題, ところで飢饉年か疫病流行, ところで首尾はどう, ところで首領明智はどこ, ところでひには, ところで馬大尽の同勢, ところで馬車の中, ところで馭者のセリファン, ところで騎西一家を説明, ところで騒ぎになった, ところで騷ぎになつた時その人數, ところで驚いてはいけない, ところで驚くことは, ところでで新聞, ところで賓如と, ところで高く高くのぼって, ところで高価であると, ところで高力左近太夫樣は今年二十七, ところで高座へ上る, ところで高木老人の話, ところで高札場へ曝した, ところで高氏の方, ところで高蔵尼とおっしゃる, ところで高見君のやりだそう, ところで鬼娘の方, ところでは眼, ところで魚住は妻, ところでは水たき, ところで鳥博士も猟夫, ところで鳥右ヱ門の坊さん, ところで鳥子が自白, ところでがいったい, ところでを飼つて, ところで鶴家あんぽん, ところで麹町九丁目の騷ぎはどうなつたんだ, ところで黄金の匂い, ところで黒旋風の影法師, ところで黒板を見る, ところで黒江氏のほう, ところで鼓楼の階段, ところでだが, ところで龍太郎さまはこれから, ところでDDTは誰, ところでH21はなに