青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ところが~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

とかく~ ~とき とき~ ときどき~ ~とく とく~ ~とこ とこ~ ~ところ ところ~
ところが~
ところで~ ところどころ~ ~とっ とっ~ ~とった とった~ ~とつ とつ~ とつぜん~ ~とても

「ところが~」 16254, 176ppm, 590位

▼ ところがその~ (1414, 8.7%)

28 うちに 23 中に 15 人は, 日は 13 日の 9 男は 8 結果は 7 人が, 晩は, 次の 6 年の, 時は 5 なかの, 夜の, 晩に, 晩の 4 つぎには, ときは, ような, 中の, 地震前日の, 家の, 日に, 時の, 男が, 返事は

3 [13件] あとで, ことは, ときです, ときまた, 中で, 十字に, 夜は, 女は, 娘は, 方は, 男の, 翌る, 翌年の

2 [71件] あとの, うちの, お医者さん, お母さんは, お邸, ころの, すぐあと, ために, つぎが, ときじつに, ときに, ときには, ときみょうな, へん麓の, 中には, 主人は, 予想が, 人の, 人間の, 人間は, 何んにも, 前に, 反対で, 国幸医学士が, 声を, 夜明方から, 女が, 娘が, 娘の, 子が, 客は, 室には, 容易な, 年は, 年も, 強い足なみ, 役人が, 彼が, 悪者の, 成功の, 時すでに, 時に, 時まで, 時分の, 村に, 村の, 次には, 歴史が, 焔の, 申込が, 秋の, 空家の, 米が, 細君は, 翌日から, 翌日の, 翌朝の, 船の, 荒物屋の, 蜘蛛の, 親の, 話は, 路の, 辺に, 途中で, 連中の, 金は, 際に, 頃は, 顔の, 香水は

1 [1029件 抜粋] あいつらの, あくる日に, あしたの, あたり私は, いかにも意味, うす暗い洗い場, うちにね, うどん屋では, おはる, おり岬, お侍さん, お女中, お嬢さんには, お嬢様と, お父上, お蝶, お通, お金は, お雪ちゃん同様の, かばんは, かんじんの, くらいの心得, ことり, こと以来は, ころに, ころブルンスウィックは, ご内意, ご牢内, じいさんの, せつなに, たった八百字, たつた, つぎの, できぐあいが, ときえらい, ときの, ときふしぎな, ときオツベルは, ときジヨバンニは, とき家康の, とき彼は, とき急に, とき操縦長が, とき積み込んだ, とき逃げだそう, とき鼠が, とちゅうで, どっちにも, のち机博士が, ばらばらな, ひよどりは, ほかの, また明くる日, むずかしい法律, ような古びない, よろこびのまっさいちゅうに, アトで, アントニオは, ウメの, カニウレの, ギリシャ彫刻を, コンクールは, ジーグフリードは, ズボラ屋も, チベットの, トゥーラの, バラバラの, プログラムの, ボネーベ式の, マッチは, ミルゴロドの, ラマは, ロパーヒン自身も, 一人さえ, 一日前に, 一瞬です, 一票は, 一週間目が, 万太郎に, 三回目の, 三月の, 上欄に, 下司根性と, 下巻と, 不毛を, 世話人という, 中から, 中一匹の, 中村警部が, 主人公は, 乱暴な, 予言が, 事件の, 事実は, 二三日前に, 二学期も, 二日後の, 五十の, 人ありのまま, 人たちの, 人に, 人形と, 人生の, 人間レコードを, 仔鹿の, 仕事は, 仕込みを, 以前の, 伝公って, 佐々木道誉ぬけぬけ, 何じ, 何分にも, 作った文化, 使いは, 使者と共に, 係長は, 俥屋の, 傍に, 兄き, 先には, 先輩は, 光春の, 入り口が, 全体は, 八等官も, 公孫, 六桁の, 具体案を, 内実が, 内容の, 処の, 出来上った, 分量を, 切手の, 判決が, 前夜の, 創造力を, 功徳によって, 労力が, 勉強の, 化物は, 十三世目に, 十五カ所の, 十文字にな, 午後母は, 半年後に, 卑劣漢で, 印象は, 危なっかしい血統, 原因と, 原稿は, 友達は, 反対に, 取り押えられたところ, 可哀, 司令艇も, 合棒は, 名指した場所, 和田静馬殿が, 咽喉に, 唐人飴は, 商人は, 問題だ, 器械に, 国は, 土匪の, 地頭代の, 城の, 場には, 塀を, 墓石を, 声が, 変った事, 夏私は, 夕方向う側からは, 多年の, 夜, 夜に, 夜も, 夜七人の, 夜中に, 夜八時ごろに, 夜岸嶽の, 夜明ける, 夜法水は, 夜白鷺橋の, 夢の, 大劇作家, 大晦日の, 大部分, 夫が, 失はれた唐櫃, 奇蹟が, 奥さまは, 奥の, 女の, 女房にも, 女賊と, 妹婿も, 委員会で, 娘さんは, 娘には, 媒酌人の, 嫌ひな坊主に, 子供が, 子供らは, 子孫の, 学生が, 安心は, 実が, 実はカルチュアー, 実叔父, 室を, 家には, 家庭へ, 家族が, 宿題を, 寓喩は, 小僧は, 小康状態は, 小説家は, 居酒屋の, 山の, 島に, 川を, 工夫の, 市政の, 席で, 席上に, 帽子が, 年にな, 年の暮れに, 幻の, 庭は, 延長で, 弟の, 張遼も, 弾を, 当時は, 徐州城へ, 御大病の, 心のずつと, 心持を, 必要が, 忰が, 恋の, 悪玉の, 悪魔の, 愚劣な, 態度が, 成分である, 戯曲を, 手はじめとして, 手紙は, 折彼等が, 拍子に, 指環の, 探検が, 掴まれぬところ, 政策の, 散薬の, 文句が, 斧を, 新しい銅像, 方の, 日, 日までもかの, 日一陣の, 日作衛は, 日千代は, 日少年は, 日曜祭日に, 日歌舞伎に, 旧領は, 明朗な, 明神の, 春は, 春頃に, 時さつと, 時ちやうど, 時でございます, 時には, 時ふとした, 時まるで, 時ホテルを, 時伝令の, 時分に, 時博物館へ, 時喝采が, 時彼は, 時思いがけない, 時死体とは, 時豹一は, 晩, 晩です, 晩どんより, 晩ボースンは, 晩彼女は, 晩挙人老爺は, 晩自分より, 晩障子が, 普賢菩薩という, 暗黒の, 最中にも, 最初の, 望みを, 朝の, 朝新橋へ, 朝臣が, 木馬が, 本朝画纂の, 村には, 果てが, 棧が, 様に, 横町の, 機を, 櫛が, 次に会うた, 次男の, 歌は, 正反対で, 此処に, 歩哨が, 歸り, 死後には, 殺された支那人, 母が, 気持も, 水たるや, 水を, 氷原が, 河は, 法王の, 泥溝は, 洋館の, 浴槽の, 涙が, 瀬戸際で, 灯は, 炉縁魚は, 熱が, 爆撃も, 父が, 爺は, 牧師さんに, 特別の, 犯人の, 猛射は, 猿沢佐介が, 玉璽は, 王樣に, 現状は, 理由については, 生活の, 生首の, 田舎といふ, 男の子は, 町の, 畜生どもは, 異様な, 痛みが, 発病と, 百足が, 直後, 相手は, 相撲は, 看護婦が, 眼が, 着物は, 瞬間四の, 矢先, 短い間, 社長が, 祖先の, 神の, 神聖な, 稱へ, 穴の, 空カンには, 竜之, 竹林堂に, 笑い声の, 第四, 策士陽虎が, 箭が, 粛然と, 約束の, 素子に, 素顔を, 細川忠利との, 終りごろさんざん, 結晶までが, 結果として, 結果彼は, 結果私の, 絶命の, 編輯者たる, 繊細な, 美しい洞穴, 群がった火, 翌々年に, 翌々日の, 翌年に, 翌日, 翌日この, 翌日また, 翌日前夜の, 翌日彼らは, 翌日早朝乗組員の, 翌日田舎の, 翌日胤栄から, 翌月大同江を, 翌朝七時に, 翌朝泊りの, 翻訳書の, 考え方が, 肝心の, 肱金の, 能役者の, 腹から, 自分まで, 興行中に, 色彩が, 芸術家は, 若い女, 若け, 苦しさ, 茶人が, 荷物を, 蒸しパン, 虫の, 蟇が, 蠅という, 行列の, 行者は, 西瓜が, 見馴れない子供, 解答は, 言ひ, 記事が, 訳は, 話が, 誇張した, 談話は, 謎は, 講演を, 警護の, 谷洗馬氏を, 豆腐が, 販売店の, 赤児は, 足跡の, 路は, 軸を, 近くの, 近所に, 返事で, 途中あの, 途中僕は, 途端に, 通知と, 遊び人は, 運命的な, 道造君の, 部屋へ, 都度番犬が, 酒だつ, 金と, 針を, 銀五郎は, 錦の, 長者は, 門の, 附近には, 際算哲様は, 隠れ家には, 隣りの, 雇人は, 電話の, 青年が, 青年は, 青葉と, 音楽は, 頃, 頃の, 頃僕は, 頃大正二三年の, 頃船の, 頼んだ奴, 願いは, 風俗如何にも, 養育院という, 首の, 駿三が, 高氏すら, 髯神主の, 鶏産むまぎわの卵を, 麦を, 點に

▼ ところがこの~ (746, 4.6%)

9 男は, 頃に, 頃は 6 頃の 4 女の, 子は, 村に 3 ことは, ような, 人は, 作品の, 場合は, 女は, 村には, 研究は, 頃では

2 [30件] おでん屋は, お爺さんの, ときさっきの, ように, 事を, 事件の, 事件は, 二つの, 人々は, 先生は, 周章て者, 城の, 女と, 娘は, 婆さんは, 家の, 寺男が, 方は, 日は, 時に, 時の, 本の, 歌の, 研究者たちは, 種の, 能ぎらいの人々について, 船は, 英国の, 詐欺師奴が, 話を

1 [614件 抜粋] あいだに, あいだスイスの, あいだ行っ, いまいましい問題, おそろしい幾日以後, おまん, お久, お嬢様見かけに, お守り札が, お客は, お屋敷, お綾, お菊, かわいい動物, がんりき先生は, きょろんきょろんがふたりともやめられないのでした, こうばく蟹, ことを, ころから, ごたごたの, さとりについては, せがれが, たった一人, たびは, たび江戸から, つむじ曲りの, とおり, とおりどこにでも, ときお日さまは, ときはからざる, とんがり長屋, なかで, なんでも, ばてれん, ふたり欲の, ほうは, ぽつんと高く, ままで, わたくしは, ウワバミ夫婦との, ウヰスキーといふ, ゲルセミウムの, サバリーが, ジャーナリストが, スポーツも, タンゴで, チベット語で, テッペンの, デブチャンは, デモクリトスに, トンカツなる, パーリー・ゾンから, ヒマワリ軒と, フィンセン灯なる, フェルナンデス等の, ブルッカアが, ブレシントンすなわち, プロレタリア文学の, ベシイ・マンディの, ベッドに, マウナ・ロア観測所は, マデレエン期に, マドロスに, ラグナグの, ルミが, レミイの, ヴァラームの, 一〇カロリーという, 一座の, 一戦は, 一杯酒の, 一般公衆の, 一週間ばかり, 三峯川も, 三月ばかり, 三角定木自分の, 上京の, 不思議な, 不意撃に, 与八の, 与左衛門の, 丸い粒子, 主人公は, 予定は, 事なかれ, 事に, 事件で, 事典では, 事実から, 二三年前偶然な, 二三日少年が, 二人が, 二店とも, 二星は, 二月一日寄手は, 二箇の, 五年間に, 井戸は, 亡父の, 人が, 人の, 人を, 人気力士が, 人達と, 今様ニーベルンゲン譚詩に, 仕事は, 他ならぬ, 令嬢が, 似絵, 作には, 作品が, 作品では, 作家の, 供述は, 俳諧の, 倶利伽羅峠は, 健全文化の, 偶然選んだ, 傷は, 元旦に, 先生には, 先生の, 先生も, 先生山と, 光電眼を通じて, 八州屋の, 八時半という, 共同相続人たるや, 兵隊は, 内乱という, 再軍備, 冷静なる, 凶は, 列車は, 初段負ける, 別離の, 前に, 前プロレタリアの, 前事務長の, 劇団の, 力又は, 動物は, 北の方へ, 十五騎の, 十六通の, 千二百円を, 千度参り, 半月余りは, 博労町の, 博士拘引後絶食十三日で, 厳しい合戦, 参右衛門夫婦の, 友吉という, 反応は, 叔父が, 古墳は, 名人挑戦対局に, 名案ジニアの, 喜作一家は, 四つの, 四人は, 図には, 国の, 圓い, 土器を, 地に, 地方に, 坊さんは, 報告から, 声は, 売るという, 変な, 夏お, 夏以来一度一度と, 夏私が, 夏高等学校の, 外にも, 夜, 大切な, 夫の, 夫は, 夫人は, 奇怪きわまる, 契約の, 奥さんの, 奥の, 女が, 女性には, 女王さまは, 奸吏共の, 好奇心が, 娘が, 娘さんが, 婆は, 婚礼衣裳が, 婦人の, 婦人講座の, 子の, 季節には, 宗七じつは, 実行組合長兵衛門の, 宣命と, 家が, 家である, 家という, 家には, 家庭の, 家政婦の, 宿へ, 寺の, 対局の, 将軍殺さるる, 小さいカブトムシ, 小人数, 小使部屋へは, 小僧氏は, 小屋としては, 小説を, 少年は, 屍体には, 山の上へ, 峠の, 峻厳に, 巣鴨の, 希望も, 師も, 平和な, 年で, 年の, 幸運の, 幽霊に, 広海屋さん, 度の, 度登場した, 座席が, 建物は, 当時に, 当然な, 形勢が, 役人の, 彼の, 彼岸ザクラが, 御家人という, 御祈祷, 忍術使いは, 応接間には, 忠助は, 怒目主義, 性格は, 怪人は, 怪物は, 恋が, 情勢な, 感情の, 慶応元年の, 憲法には, 應神仁徳兩天皇の, 戦利品搬入の, 戸棚の, 所作が, 扇歌が, 投書の, 指を, 振興されるべき, 捕手が, 捨札の, 推理には, 数年来その, 数日彼は, 文壇逸話の, 新嘗, 新官僚的中農主義, 新年に, 新時代, 新聞は, 方法で, 方言に, 旅に, 旅の, 日を, 日信州木曾の, 日吉どのだけは, 日本の, 春は, 春文学座について, 春浅草の, 春猿若, 時いままで, 時は, 時までに, 時ブリュウテンツワイク氏が, 時僕は, 時喊の, 時白髪小僧は, 時私は, 時突然, 時計屋敷の, 書は, 最後に, 月は, 有様さ, 木魚庵という, 本では, 本は, 李之, 条件が, 東洋的日本的教養なる, 松林が, 枠は, 柏村次郎は, 楽しい生活, 槙三という, 橋から, 機敏な, 歌を, 正月, 母は, 毛虫が, 氣まぐれもの, 永久運動説は, 河岸の, 法則は, 法師が, 法林道場の, 注意深い, 海鼠引きが, 淫仙先生は, 温室の, 滑稽なる, 滝は, 火ウチ袋は, 灯台は, 点で, 点において, 点其の, 烏めこちらに, 煙突の, 爛漫が, 牧師も, 物我の, 犬が, 犬は, 犬まで, 状態も, 狂態を, 獅子舞は, 獣類を, 玄輝門院の, 王子に, 生理的の, 甥が, 男が, 男の, 男も, 町でも, 町に, 町には, 町へ, 発祥の, 直接性は, 相手は, 眼で, 知情意の, 石膏像には, 碑文にさえ, 祖父ちゃんも, 祖父は, 祝宴は, 神妙な, 禿の, 私, 秋の, 秋偶然それが, 秋川一家が, 秋浪華附近の, 秋葉精なる, 立派な, 立退, 童話集は, 笠という, 第六種, 箱の, 節の, 簡単な, 糸子の, 糸筋が, 納経三十余巻の, 素ッ裸に, 結構な, 絵には, 絵描きが, 絵描きは, 綱わたり, 老人の, 老人は, 老博士, 考えに対して, 肉食国に, 背景ある, 臨時の, 自分の, 與八郎の, 船長の, 若い人々, 若者は, 茶色の, 草鞋を, 藤尾村に, 蛙は, 蜂谷重吉という, 蝶を, 表は, 表参道という, 表現は, 袋の, 裁判の, 西洋の, 言葉が, 言葉の, 言葉を, 言語伝承の, 計画は, 計算が, 証人前の, 話は, 語学と, 読経という, 誰れ, 論点によって, 論理の, 谷に, 豪儀な, 豪胆なる, 資本主義の, 贋物では, 赤味がかった, 赤旗も, 身寄りも, 辺の, 返事は, 返電が, 通り幕内には, 連中は, 過度の, 違ひ, 邊には, 部隊長は, 酒のみの, 重三郎の, 野呂が, 金庫の, 金策が, 金襴の, 釧路丸は, 鉄淵は, 鋏の, 鍛冶屋の, 鍬形五枚立の, 長持が, 門院樣は, 間にあって, 間道を, 闖入者も, 際この, 際清三は, 際突然, 隣屋敷という, 電臓を, 霜柱の, 霧函は, 青年などの, 青桐は, 面という, 面白い勾玉, 靴には, 頃あんまり, 頃たちまち, 頃と, 頃どこから, 頃にな, 頃又, 頃愛さなくなった, 頃湧玉の, 頃玉子に, 頃社務所の, 頃行っ, 頃退, 頃長男の, 頑固な, 類の, 風浪を, 食堂の, 馬の, 馬は, 髯は, 鬢長君も, 魔物は, 鰡君は, 鷄肉が, 黒い砲弾

▼ ところがそれ~ (434, 2.7%)

7 から間もなく 4 からしばらく, にもかかわらず 3 から一月, から十日, から数日, が全く, が大, と反対, は大, を聞い, を聞いた, を見る

2 [25件] からよほど, から一時間, から三日目, から二三十分, から二日, から二時間, から五六日, から十分, から半月, がいけない, がいる, がこの, がそう, がどうも, がまた, が偶然, が時代, と全く, と同じ, ならば, は彼, を発見, を聞く, を自分, を見た

1 [339件] からあなた, からだいぶ, からだんだん, からちがった, からで, からの一夜, からまだ, からまだ大して, からも私, から一, から一ヶ月, から一分間, から一年, から一年後, から一年足らず経過, から一週間, から三個月, から三十分, から三十分の後, から三四十分後, から三年, から三日, から三晩目, から二三日, から二三日後, から二三秒, から二三箇月, から二十年余り, から二年, から二年のち, から二年目, から二度三度, から二日め, から二日目, から二歩目, から五, から五年, から何十年, から八日目, から六, から六日目, から十三年, から十五分, から十年, から十日目, から半年, から四, から四五年, から少し, から幾週間, から約, があの, があまりよく, がある, があれ, があんまり, がじっさいは, がそういう, がそのまま, がそもそも, がたちまち, がたった, がちっとも, がてんで, ができる, がどうやら, がどこ, がどっち, がなされ, がねしょっ, がねメロン, がひとたび, がひどい, がほんの, がまったく, がまるで, がみな, がむなしい, がやつ, がわかった, がウェルネル・クラウス, がズボン, が一月, が一空さま, が予算, が事実, が人間, が何, が何だか, が何とか, が僕, が僕の, が先ず, が光線, が兎, が出, が出来ない, が出来なかった, が分らない, が十分, が南原杉子, が却, が却って, が又どう, が古く, が壮年期, が夜, が大切, が大変, が大笑い, が実際, が容れられる, が容易, が少し, が左様, が帝, が年々, が幾年, が弟子, が彼女, が怪しい, が意外, が月沙, が本当, が次第に, が段々, が無い, が生きる, が病みつき, が的, が皮肉, が目, が矢張り, が知れ, が知れたでしょう, が知事様, が破壊, が自ら, が自分たち, が親子夫婦, が記憶, が詐偽, が誤り, が誰, が豪家, が貴方, が逃げた, が運, が道庵, が適当, が間もなく, が露国, が非常, が面白かっ, が驚くべき, こそ最も, じゃ村, じゃ生き, じや, すらも父, すらも言わなくなった, だけで, だけでこういう, だけは如何なる, つきり, でございましょう, ですがな, ですら, でなくても, で頭, とはまた, とはまったく, とはウラハラ, とは違った, と関係, なる腰元, なん, にし, にたいしてもギンネコ号, につづい, になかなか, にはぼくひとり, には何ら, には及ばなかつたらしい, には明瞭, には歴然, には病院, には返事, には重大, にもまけない, にも及ばない, によってこの, に倅, に反し, に安心, に対して囂々, に対する賃銀, に就い, に必要, に眼, に負ける, に釣りこまれた, に関する上原稔, の舞台, は, はあやまりでありました, はあらゆる, はかんべん, はさう, はじ, はじつは, はそれ, はそれなり, はちょうちん, はどこ, はほんの, はまったく, はもの, はよく, はわし, はカイちゃん, はクリストフ, は一個三銭, は一時, は九時すぎ, は事実, は二人, は今, は修正, は偶然, は傍ら棺龕十字架, は僕, は別に, は嘘, は始つた, は宮方, は家計上宗助, は小さな, は小説, は帰る, は当の, は当人, は得手勝手, は必ず, は思いちがい, は成功, は旅行者, は日本, は昨日, は月, は極めて, は灰, は生れつき, は盗罪, は真赤, は矢張り, は礼儀, は舞台, は西洋的, は遂に, は零落, は風邪, は駄目, は高時, ばかりで, ばつかり, までであります, までになつ, もあの, もいつ, もだめ, もやっぱり, も先方, も出来かねる, も嘉門, も天上, も束の間, も見事, も駄目, よりもはるか, よりも先, よりも短い, よりズット前, より二ヶ月, より先, より十分, より少し, を, をあまり, をあんた, をいい, をさう思ひ込む, をたずね, をたより, をだし, をどう, をはく, をぼく, をまた, をもう一度, をやめた, をわずらわしく, を一々, を云っ, を俺, を偵知, を初め, を判然表現, を受け取っ, を嗅ぎつけた, を奪った, を実践, を年, を忘れ, を我々, を持っ, を更に, を気, を無事, を焼き捨てた, を狩尾君, を理解, を直に, を知っ, を知ってる, を知らず, を私, を種, を聴く, を見, を見られ, を親父, を読んだ, を追う, を非常, を頸飾りみたい, を馬超, を高, 古いやつ

▼ ところが~ (259, 1.6%)

8 はその 43 の予想, はこの

2 [19件] にはそれ, の, のよう, の今, の好き, の眼, の親父, はぎくりと, ははじめて, は不幸, は今, は何, は何とも, は全く, は子供, は性来, は散々, は毎日, は自分

1 [203件] から遠慮なく, があまり, があんた, があんな, がいくら, がこれ, がそう, がそこ, がその, がやって来る, がブルジヨア作家, が三味線, が之, が例, が八九歳, が十九歳, が十四五年前, が外出, が大阪, が女, が如何, が嫌い, が家, が想像, が捉えよう, が數日前, が日本国家, が本屋, が東京, が検挙, が気合, が秋田, が笑つた結果, が第, が考えた, が行った, が診察室, が身分, が郷里, が鎌倉, が門前, じつは講釈師, だって喰う, といたしました, としてはいいたい, としては貧乏, と一緒, と仲直り, などは隙間だらけ, など一〇年あまり, なんぞは三十, にいはせる, にとってはその, にとって幸, にはその, にはそんな, にははっきり, には一つ, には四角い, には間もなく, にも天罰, にゃあ, に思ひ, のいで, のうしろ, のきいた, のこうした, のこの, のところ, のやつ, の下宿, の世話, の予期, の代, の作品, の例, の借りた, の兄, の内, の出発, の友, の友人, の友達, の友釣り, の右, の同伴, の問い, の場合, の奥さん, の女房, の子供, の家, の家内, の家庭, の少年, の居ない, の差し当っ, の帰り, の年齢, の後, の思惑, の想像, の意図, の意圖, の愛犬, の投げた, の方, の時計, の流浪, の生まれる, の直ぐ後, の真正面, の窓, の立つ, の精進, の翻訳, の考, の考え, の胸, の芝居, の荷持, の見る, の見聞, の解する, の言葉, の評判, の説明, の頭髪, の顔, はあの, はあやまっ, はいとも, はいま, はうごけない, はこうした, はこれ, はこれから, はじつに, はそうした, はそんなに, はた, はたつた, はちょうど, はとても, はどの, はまう, はまるで, はもう, はドレミファ, はランプ, は一人, は二十日分, は二番, は京師, は人, は今そこ, は今朝, は何ん, は出, は医者, は及第, は喫驚, は大した, は大人, は字, は実, は実情, は少し, は幾度, は彼, は彼ら, は念, は息, は或, は戦争, は文, は昨年, は書けなかった, は未だ, は梟, は次, は此頃, は死ななかった, は死んだ, は浜茄, は漆, は炊い, は盥, は神近さん, は秘か, は筒, は終日監房, は翻訳, は若い, は英国留学中, は誰, は退屈, は運, は野菜党, もそう, ももとより, も明治, をむかえた

▼ ところが~ (182, 1.1%)

4 の場合 3 になっ, はこの, 見ると

2 [14件] から五年前, ではそんな, ではもう, では今, では彼, でもその, のどなり声, のよう, の若い, はその, はまた, はもう, は私, までめった

1 [141件] あらためて見る, いうた通り, いった琴, から一年, から一月, から七年前, から三十年, から三年前, から五, から五六年前, から八千年前, から六日前, から思え, から百五十年前, から考えまする, から考える, かれの, こうした僧たち, こうして小郷, こうして落ちぶれた, こそ聞い, このガンス, この手紙, こんなところ, じゃ, じゃお前, そのゴロツキ, その同じ丸っこい, その隠居さん, それでお, だって本当, では, ではこういう, ではそういう, ではそれ, ではそれら, ではたいてい, ではひかせられる, ではふつつり, ではもはや, では万事おしまい, では代理人, では北方, では女, では観念, では軽業小屋, では静夫, では静安, でも東京湾口, にわかにその, のお, のざま, のところ, のべた理屈, のパーヴェル・パーヴロヴィチさん, の世中, の僕, の巻煙草, の有様, の法王, の皇帝, の社会, の話, の運転手, は, はあたし, はいわゆる, はからずもこの, はこんなに, はさ, はさうでない, はせっかく, はそういう, はただ, はどう, はまだ, はもうそうで, は人民, は何事, は全く, は冬, は勝手, は必ずしも, は忽ち, は扉, は笑っ, は芋一つ菜一葉, は電話, は静か, ひょいと欄間, ふっと気, ふと秀吉, またそれ, までなかっ, までの充分, までの教育, までは両性間, まで人, まで日本, まで机, まで来た, まで眼, まで述べました, めずらしく火星, も申す, ようやく追いつきかけた, アリョーシャは, ウイリイの, クリストフが, クリストフは, 一人は, 一人居る, 不意に, 云った巨頭連中, 伺うと, 初めてクリストフ, 初めて貴下, 午後三時二階の, 囘加集が, 少しと, 居るこの, 急に, 怪しい艦艇, 承って, 日帰りを, 来た母, 殺された五百万, 無一物な, 睹た, 立ち去った侍, 管に, 聞いて, 見たの, 見て, 見る顔, 解った, 言った通り我輩, 言つた聯合七箇国は, 計らず君, 迄の話, 遠藤の

▼ ところがこれ~ (179, 1.1%)

5 はどう 4 がまた, に反し 3 が又

2 [12件] がため, がとんだ, がなかなか, が大, が縁, が非常, が2, でも多少, には反対, はまた, は嘘, もまた

1 [139件] がいけない, がいちばん, がうまく, がだいたい, がついに, がとても, がほとんど, がまことに, がまちがい, がやっ, がわざわい, が一番, が人, が人間, が全体, が写真, が効果, が却って, が国際問題, が埼玉, が大切, が宮様, が悪手, が意外, が果してさうかと, が歴, が民間療法, が活字, が海, が箱一つ, が絵描き, が親父, が賭博うち, が難物, じゃ疑い, だけが素人ばり, だけでアカーキイ・アカーキエウィッチ, だけの身上, だけは万国共通, っぱかりの地面, であの, では人々, では返事, で学文, で私, といふ材料, とは別に, とは正反対, と全く, と同じ, なる燕作, について古人, にはそれ, には文字, には異論, にもいろいろ, にも亀山天皇, に対しても彼女, に対して奈川渡, に対する答え, に対する説明, に答, の方, はあに, はお前, はこの, はたいへん, はたしか, はなに, はほか, はみな烏巣, はむずかしい, はもちろん, は三四年前, は二三日前, は二人, は偶然, は全く, は出願, は単に, は均窯, は変名, は大丈夫, は小田原中学, は強, は当り前, は恐らく, は本人, は極めて, は歌人, は武器, は物理学的, は神近さん, は私, は空騒ぎ, は逸れ, は過失, ばかりの短い, ほど凝った, ほど専門家, ほど煩悶, また娘たち, までの数回, までは日表, まで日本, もだめ, もやっぱり, もアニ, も亦, も何度, も全然, も八段連, も同じ, も困った, も日本人, も普通, も最近, も理窟, も生憎, も縁, も返済, も間もなく, よりもつ, より少し, をよく, をエドワード, をニュース映画, をヘブライ人, を人, を佳し, を城中, を書きました, を母, を聞く, を荷主, を蚯蚓, を読まれた, を逆, を陛下

▼ ところがどう~ (168, 1.0%)

19 でしょう 17 したこと 119 したの 8 したわけ 7 です 5 だろう 4 でしょうその, でせう 3 したもの, ですその 2 いふもの, したという, したはずみ, した事, だその, だね, だろうその, だ名高い, でしょうそう

1 [60件] いふま, いふわけ, いふ間違ひか, いふ集め, した, した動機, した天道様, した機みか, した縁, した訳, じゃ, じゃ大, すること, だあの, だいあの, だいまず, だい結果は, だお, だおれ, だこ, だこれ, だちゃんと, だったでしょう, だろうあの, だろうこの, だろう人, だろう凄い, だろう源女殿, だ彼, だ彼女, だ悪い, だ現在, だ諸君諸君, であろう彼, でございましょうこの, でございませう, でしょうあなた, でしょうあの, でしょうあれ, でしょうこの, でしょうそこ, でしょうパーシウス, でしょう一度, でしょう今, でしょう今日, でしょう向こう, でしょう彼, でしょう悧口, でしょう旅人達, でしょう私たち, でしょう鏡, ですいい, ですお天道様, ですお松さん, です実際, です私たち, でそれ, なるでしょう, にもならぬ, 調べて

▼ ところがここ~ (137, 0.8%)

8 に一つ 5 へ来 4 にまた, にもう 3 に一人, に意外 2 で, に, に又, に困った, に大, に最も, は七つ森

1 [96件] から先, から出立, がそろそろ, しばらく顔, じゃあ, でこの, でしばらく, ではからずも, ではそれ, では森, でめんどう, でもまた, でも崩潰, でも電気温床, で係長, で又, で君, で奇妙, で橋本, で気, で注意, で片山助役, で私, で話, にいる, にお, にかねて, にすべて物事, にただ, にただ一ツ在野, にただ一人, にとても, になんとも, にはこんな, にはすべて, にはたった, には主, には右, には張遼, には空気, にふたり, にやや, にアンコウ, に一ツ, に一椿事, に一群, に一陣, に下妻, に不審, に不思議, に世にも, に何等, に例外, に冀県, に凡そ, に唯一人, に善人, に困難, に大変, に天祐神助, に奇怪, に妙, に居ります, に幸い, に広い, に惨め, に政府, に桑, に物の本, に現われた, に皮肉, に突然, に聞きず, に腕, に草深い, に袋探偵, に見落し, のやつら, のヒョロクタ, の大臣, の娘, の特色, の知事さん, の道路, の陣, はだいじょうぶ, はまるっきり, はやっぱり, は一万一千五百尺, は火星, は街道筋, へあつまつ, へ人生, へ来る, も駄目, 迄書い

▼ ところが~ (133, 0.8%)

2 が今, はこの, はその, は今, は何, は急

1 [121件] から手紙, がけろりと, がだまっ, がやっと, がトゥールキン家, がバルナバス, が働い, が大変面, が奪った, が委員長, が懐, が硬い, が航海, が船長, が行く, が見とめ得た, が見捨てられた, が身体, が青年, が黙っ, と向いあっ, にとってそう, にはその, にはそれ, にはそんな, には一つ, には扶助料, にむくわれ, に恩, に食っ, のその後, のそれ程, のひきいる, のほう, の二十一, の何気なく, の偉大, の全身, の大, の方, の昔, の書く, の期待, の本国, の死後, の洋服, の父, の父親, の生活, の留守, の留守中, の盲滅法, の知力, の糺問法, の耳, の蒼白い, の行く, の行手, の見た, の論文, の足, の身, の身体, の靴音, の驚愕, は, はある, はいつも, はお, はおどりあがっ, はこれ, はこれから二度と, はすでに, はそう, はそこ, はそれ, はたいてい, はちっとも, はまだ, はまとも, はブルジョア, はポルトガル, は一向, は三十, は三日, は不思議, は井野老人, は例, は倫敦行, は初婚, は友人, は同, は同じ, は問題, は多年, は大いに, は奇襲作戦, は少し, は屋外, は巧み, は愛情, は日本, は晩年, は決して, は海, は漁師, は生まれつき至っ, は生活費, は相, は立ちどころに, は答えました, は罹災以来, は腕, は自宅あて, は金山試掘, よりもはるか, よりも先, より先, れは, れら, を葬った

▼ ところがあの~ (130, 0.8%)

9 人は 6 男は 4 娘は 2 ときは, 事件, 二人の, 二人は, 人の, 日は, 男が

1 [97件] あくびだ, うしろの, えびの, お島さん, お爺さんなかなか, お齢, ことが, ころには, とおりに, とおり戦車の, とおり掲示は, ときバスの, なかに, むこうの, チチコフには, ロボの, 主人と, 事件で, 二日とも, 人が, 人たちには, 人たちは, 人に, 人には, 人も, 兵は, 初老の, 加寿ちやんが, 十一人の, 吹き降りです, 噴水の, 四角な, 国の, 地方に, 夜九時に, 奥方ばかりは, 女の, 女は, 娘の, 婆, 子が, 子どもたちが, 子の, 子供が, 子供は, 室内には, 家では, 家の, 小高い深良屋敷, 年は, 庵室では, 憂鬱な, 手燭には, 掛矢温泉に, 揚羽は, 教会なら, 新聞記事を, 日に, 日の, 日ひそかに, 日両国の, 映画で, 時どうしても, 時の, 晩杉田の, 會計係が, 業突張の, 樹皮亭の, 気の, 源氏物語が, 漆器の, 火星人という, 犯罪は, 男の, 砂利の, 空地の, 翌朝風が, 老人は, 胡麻の, 芝居では, 親爺といふ, 足跡は, 通りこの, 連中の, 邸内の, 金が, 門を, 雨の, 雨戸には, 電灯も, 顔を, 馬の骨め打たれ, 騒ぎによって, 騒ぎの, 驢馬め厭だって, 骸骨の, 黄から

▼ ところがある~ (127, 0.8%)

15 日の 3 夜の, 年の, 晩の 2 んだ, 時この, 朝の, 朝ふと, 霜柱の

1 [93件] お蔭を, きわめて面白い, とき, ときこんな, ときひとりの, ときヴァイオレット・リオナードという, とき一助は, とき手伝い婆さんが, とき突然, ところまで, の, のかも, ひの, ように, カールは, 一日の, 人が, 人の, 偉大な, 偶然の, 夏の, 夏房州館山へ, 夕ぐれの, 夕方二人が, 夜むし暑い, 夜不思議な, 夜到頭, 夜抜荷屋の, 夜更け打ち込んだ, 夜花井母子は, 宵の, 年北上川畔の, 支那人から, 故障の, 旅の, 日こんな, 日その, 日ふい, 日べつだん, 日オサル川の, 日バイロンと, 日一人の, 日偶然の, 日勇吉は, 日地平線の, 日年ちゃんの, 日時雄は, 日木こりが, 日樊遅が, 日母ねこが, 日牛飼い, 日皆が, 日相変わらず職を, 日私が, 日金色の, 時その, 時に, 時シラオイの, 時ニューヨークで, 時召し, 時子供は, 時期が, 時村の, 時深沢は, 時美津子さんは, 時茶畠には, 晩, 晩いつも, 晩だしぬけ, 晩ふとした, 晩マリイは, 晩七時ごろ彼は, 晩便所に, 晩彼は, 晩新しい, 晩曲芸師は, 晩祝い事が, 朝, 朝つばめが, 朝ハボンスが, 朝主人は, 朝何匹もの, 朝八五郎の, 朝家の, 朝手習の, 朝私が, 朝驚くべき, 瞬間に, 納得せぬ, 農民が, 都会の, 金持ちの, 露の

▼ ところがそう~ (110, 0.7%)

18 では 9 じゃない 6 して 5 でない 4 なると, は行かない 3 はいかない 2 でないこと, でないと, でないん

1 [55件] いかねえの, いわれると, うまくは, じゃありません, じゃございません, じゃないらしいです, じゃなかった, じゃねえ, じゃ無い, じや, するため, すると, であった, であるから, できない理由, ですね, でないの, でないよ, でないらしいん, でなくそれ, でねえん, でもない, で無いらしいから, とばかりいえない, とばかりは云え, とも安心, とも思われない, と定, なったらおそらく, なる代り, はいかなかった, はいかねえ, はしない, はならぬ, はゆかず, は出来なく, は行かなかった, は行かねえ, ばかりで, ばかりも云え, もしない, も考えられない, れその, 云う意味, 分っては, 勝手元の, 思うよう, 思っては, 日本語に, 簡単に, 考えて, 考えてから, 聞いて, 行かないので, 需用の

▼ ところが~ (102, 0.6%)

2 ぬいさんは, 師匠さまの, 店の, 猫さんの, 筆さんの

1 [92件] いたわしいこと, おかみは, おちが, つ魂消たこと, ときも, ひめさま, ぼうさんだけは, みちを, むすめ, めえ, めがね違い足もとから, 主達は, 京は, 仲さんの, 侍様お祭中は, 信さんは, 兄上の, 内儀さんの, 北は, 半の, 台所口から, 君から, 味方には, 品は, 国には, 城を, 好きです, 姉さまが, 富の, 小夜の, 尻を, 師匠様なる, 幾は, 延でなくっ, 延の, 役所へ, 徳こと福竜の, 愛嬌の, 扣の, 新でない, 新は, 日さまが, 時さんの, 梅が, 榮を, 殿様ここに, 殿様たちは, 殿様に, 気の毒さまにも, 気の毒です, 気の毒にも, 水を, 清が, 瀧の, 父様は, 猫さんと, 琴に, 生憎さま僕の, 目が, 秀から, 秀との, 秀は, 秀を, 粂は, 糸さんが, 紋の, 組が, 聞き下さいましその, 舟は, 舟も, 艶という, 花も, 芳には, 萬から, 萬も, 葉の, 蝶さんの, 袖奴真に, 角さんは, 貞さんという, 通の, 邸へはと, 酒を, 銀が, 銀様は, 銀様も, 雪には, 馬の脚が, 駒ちゃんが, 高の, 高祖頭巾の, 鳥の

▼ ところが~ (98, 0.6%)

25 る日 10 る晩 7 る時, 日の 4 る夜 2 る朝, 時お

1 [41件] とき犬は, る夏, る市会議員, る年, る日私, る日隣家, る日雨天体操場, る昔, る映画, る時彼, る晩十時ごろ, る晩私, る期間, る深夜, る物識, る百貨店, る雨, 事に, 人が, 人は, 夜二三の, 年の, 日お, 日その, 日また, 日不, 日夜更け, 日庭先から, 日成瀬は, 日若, 日道綱は, 日道頓堀の, 時から, 時例の, 時夏の, 時日曜日の, 時狡猾な, 時蟒が, 晩だれか, 朝の, 秋の

▼ ところが~ (94, 0.6%)

4 はその 2 が訪問, の方, はあの, はあれ, はそんな, は今, は易者, は酒, を見る

1 [72件] あこう, から見れ, がくどくど, がその, がはいっ, がほんとに, が一しょ, が学生時代, が引っ, が彼, が表向き逮捕, が高等学校, と恋愛, なら最初, にとって好都合, には, にはこの, にはその, にはちゃんと, には解らない, に言わせる, のお蔭, のよう, の下宿, の中学, の二十円, の云った, の初め, の前, の周囲, の場合, の学校, の工場, の想像, の持ってる, の注文, の知ってる, の考, の自由詩論, の見る, の郷里, の針, の霊, はごまん, はす, はすべて化粧, はそこ, はそもそも, はそれ, はだ, はつい, はなほ作者, はまだ, はよく, はスパイ, はロシア種, は一度, は予想, は北園竜子, は奇妙, は女, は役人共, は持つ, は整頓風呂敷, は昨夜, は東京, は竹刀, は色町洋食, は静か, も寄席, を愛し, 堅くなり

▼ ところが今度~ (92, 0.6%)

4 という今度 2 かさねて, に限っ, の事件, の事変, はこの, は泥んこ, は親分

1 [74件] ある別, こそは雀, だけは政府, といふ今度, のよう, の一品, の三ばん目, の主人夫婦, の八景, の富籤, の少年, の帰国, の戦争, の欧洲戦争, の演, の無為, の熊, の網, の脱獄, の興行, の若い, の選挙, の電報, はあの, はいつ, はお, はおよそ, はさう, はその, はそれ, はどうも, はなかなか, はまた, はもう, はバター, はパイーシイ神父, はベリンダ嬢, はレッドルース, は二つ, は今雄さん, は兄さん, は半年以上, は場合, は天, は家, は小宮君, は意外, は普通民, は正反対, は母, は消防隊, は犯人, は留守, は病気, は算哲博士, は翌日, は聞得大君, は若い, は茂子, は蕎麦屋, は行け, は親方, は逆, は鉱夫たち, は開國進取, は頭蓋骨, は鳩, ばかりはまるで, ばかりは犯人, 何気なく柳田国男氏, 思いがけなく一座, 新しく開墾, 来たお, 計らずも

▼ ところがそこ~ (88, 0.5%)

2 に気, へゆく, へ行く

1 [82件] から一町, から不思議, から二三十歩, から多量, から折り返し, があいにく, が男, では一間, でも又, で一悶着, とおもう, にうつりました, にうれし, にはうす暗い, には一時, には人, には大, には幸福, には彼女, には数人, には猟, には葬い, には錐, にも一手, にも警戒兵, にゐた, にグルンドウィヒ, に一人, に僕, に先客, に大きな, に忍び返し, に明るい, に植物, に沢山, に滞在, に犯人, に若い, に行く, に開業, のお寺, の主, の主人, の家, の扉, の暖簾, の案内役, の研究所, は寺, は市場, は新築, は裾野, は静か, へ, へあなた, へいつのまにか, へお, へお前たち, へばたばた, へまた, へ他, へ坊さん, へ天, へ左京, へ来, へ来た, へ行っ, へ親父, へ足, へ迫るやい, へ這入る, へ邪魔物, までは, まで人間, まで来, まで来る, もすでに, もやがて, も怪しげ, も留守, を主人, を出よう

▼ ところが今日~ (85, 0.5%)

4 はその 2 という今日, の現実, は妙

1 [75件] ある偶然, かういふ想像, からは大江山課長, から出, から見られれ, この運転手, この頃, でこそこうして, ではさ, ではだれ, では北海道もの, では百千, では裁判, といふ今日, において民主的, になる, のよう, のわたしたち, の事件, の二時ごろ, の人々, の健全さ, の午後, の実際, の小, の小学生, の急, の政治家, の新聞, の日本, の猟官連中, の珍報, の相手, の能舞台, の近代戰, の風向き, はあいにく, はうっかり, はかなり, はからずも江戸, はこれ, はこれ十月, はごく, はじめて彼女, はそう, はそれほど, はだいぶ, はだしぬけ, はどう, はどういう, はオーケストラそっちのけ, は下, は人見, は吾, は土曜日, は実際, は少し, は微風, は折, は昼飯, は暗闇, は稽古, は遅く, ばかりはろくろく, ひっぱたいた娘っ子, まで, までいろ, までの所謂, までの新劇運動, まで今後, も張る, も案外, 出て, 思いがけないこと, 顧みれば

▼ ところが~ (78, 0.5%)

4 僕は 2 え支倉君, おかみさん, 私が, 親分

1 [66件] あのお嬢さんの, うちで, え熊城君, おじさんは, おじょうさん, お宅, お母さまたった, きみたとえば, ここの, この崇高, その人, その異人館, その百, その私たち, その結果, その自動車, それが, それを, ちょうどその, ついこの間, どうでしょう, ふしぎな, ふすきいさん, へっへっへ, まだあきらめる, やっぱり殺さなく, ゴング君お, ホーテンス君, 主観的でない, 今そのうえ, 僕が, 台湾に, 吉兵衛さんその, 同窓會に, 君僕は, 外の, 大体似たりよったりの, 大変な, 大石さんの, 大神宮様の, 天に, 川手君それは, 川瀬, 弁信さんは, 彦くん魔神は, 手塚君電気の, 新しい飼主, 日本の, 東京辺なら, 格子さきへ, 江戸へ, 真夜中さ, 研究室の, 私だ, 私は, 縁側の, 義理にも, 親分あつし, 親分それが, 記事に, 運よく, 道庵先生その, 遮水管, 面白いこと, 鬢附を, 鮎ちゃんは

▼ ところが不思議~ (71, 0.4%)

43 なこと 9 な事

1 [19件] だ, でごすて, です, で御座います, なもの, な因縁, な現象, にもこの, にもその, にもそれ, にも倍音, にも催促, にも御, に及第, に早く, はそれ限り, や四十人, や追え, を感じさせる

▼ ところが実際~ (69, 0.4%)

5 はそう 2 にそれ, は大, は彼

1 [58件] あ, いやな, から見る, その村, では, においてかかる, においては皆, において我々, において決して, にそういう, にはどこ, には臨時工, にチベット, に人間, に於, に於い, の例, の宇宙, の毎日, の点, の用語例, の話, は, はあなた, はある, はあんた, はあんまり, はさほどの, はその, はそんな, はどう, はエンジン, はピヤリー大佐, は何時何処, は全く, は労働者, は反対, は命, は喧嘩, は大概, は女, は室, は形, は日本海, は春木, は目, は舞台装置, は飛ん, われわれの, ポリモスの, 上太陽系の, 世間には, 僕の, 劇団所属の, 問題としては, 着いて, 秋濤は, 講義を通して

▼ ところがまた~ (61, 0.4%)

2 別の

1 [59件] ここへ, ことしの, この, この人たち, この博物館, この家, この月, この象, これを, そういうの, その半面, その晩遲, その竜紋賞, それとは, それにも, それは, それを, にご, ひょいとばか, ふしぎな, ふたたび同じ, オツネサンは, ドロボー君の, レーニが, 一報が, 一方では, 一面には, 不思議な, 以前の, 何か, 例の, 俳句界ほど, 八王子の, 出て, 十日も, 半刻, 反響が, 大分大きな, 奥さまに, 女性の, 妙な, 妙に, 少し間, 彼が, 彼女の, 怪塔といった, 政府の, 新しい疑問, 旅情の, 書斎に, 次男でも, 此処と, 決して従前, 現世の, 直ぐその, 知ってる通り, 私は, 里見の, 闘牛中の

▼ ところが日本~ (61, 0.4%)

2 の女, の文壇, の文学

1 [55件] から沢山, が大, ではその, ではそれ, ではそれで, ではどう, ではまだ, では喜怒哀楽, では女, では家猪, では徳川時代, では或, では昔, では西洋, では観音様, では読物, というところ, と中国, と違っ, においても天明, には, にはだんだん, には何れ, には昔, に於, に渡来土着, のある, のもの, の今日, の古風, の四季, の国家組織, の土, の女性, の家屋, の従来, の支配階級, の政治家, の文章, の映画, の武士道, の民衆, の現代, の田舎, の私小説作家, の職業野球, の芝居, の読者, の諸, の近代文学, はとみる, はなんと, は今, へ帰っ, をたっ

▼ ところがそんな~ (58, 0.4%)

4 ことは, ことを 3 ことには, ものは 2 わけには, 能ぎらいの人々の, 風に

1 [38件] ぎょうさんな, ことで, ことに, ことも, さわぎは, のが, ので無い, ひどい吹雪, ものとは, ものばかり, ものを, カフエーは, 人は, 人を, 人間が, 優しい母親, 冗談から, 処に, 単純な, 場合に, 場合における, 変竹林に, 奴に, 寺田が, 幾子が, 抽象された, 時仕事の, 潜在的な, 父親の, 結果を, 美男子では, 葉茶屋です, 話し相手が, 話を, 運動を, 野心は, 面倒な, 顔に

▼ ところが~ (56, 0.3%)

2 と私

1 [54件] が僕, が出かけ, が取り合わない, が役人, が扉, が探険, が梯子段, が注意, この, じや, その結果, それだけじゃ, という人, にはぼく, には僕, のあれ, のよう, の云う, の傑作, の兄さん, の出迎い, の名前, の場合, の手, の方, の絵, の話, は, はこの, はそう, はその, はただ, はどう, はひろ子, はまだ, はまるで, はわし, は二月, は伸子, は何, は前, は右, は彼, は日本人, は楠, は煙草屋, は犬, は金銭上, も僕, も御, やっぱり今, や東野さん, よ昔, 酷いじゃ

▼ ところがちょうど~ (54, 0.3%)

3 その時 2 その日, その頃, 十二日目今日か, 彼が

1 [43件] ある年の暮れ大みそか, い, いま一株の, うまくやれ, この個所, この日, この石器, この頃, これと, そこに, そこへ, そのころ, そのとき, その同じころ, その時分, それから, つかまえ加減, ロイドの, 三四カ月ほど, 三年以前上海へ, 五月目に, 先ほど, 十二日の, 十時過ぎ山門の, 姪浜から, 廟所の, 引汐時であった, 彼らが, 手頃な, 摂政宮殿下の, 昨夜の, 最初の, 村社の, 林氏が, 桜の, 海の, 王子が, 私が, 私の, 結婚の, 謝肉祭末日な, 谷中と, 金座の

▼ ところがそういう~ (52, 0.3%)

3 ことを 2 ように, 人たちは

1 [45件] ことに, ことは, しかけが, ときに, ふうに, むだに, ものも, わけだった, わけでありましたら, わたしの, 世間の, 事を, 事情で, 人間の, 名だけでも, 境界面が, 対立が, 広い庭, 店でも, 悲しい考え, 日本語の, 明るい晴れやか, 時間は, 武器を, 点を, 特別の, 珍しいほど, 生活は, 画面で, 研究にも, 社会に, 社会的現象を, 私にとって, 私も, 筆舌に, 美しい上等品, 訳だった, 評判が, 運動そのものが, 過去の, 道, 都会の, 重臣方が, 陰での, 集団の

▼ ところが彼女~ (52, 0.3%)

2 のこうした, の病気, はその

1 [46件] がやって来なかった, が八つ, が死に, にすれ, には堪へられる, に支配, のほう, の三味線, の弟, の心, の懐中, の死, の老いさらばえた, の見た, は, はいつ, はそう, はそんな, はそんなに, はた, はただ, はちゃんと, はひどく, はふと, はまた, はブロック, は一方, は上々, は下車, は不意, は以前, は伸子, は僕, は先刻, は夜, は学校, は怒っ, は東京, は目, は自分, は視線, は転地先, は非常, も同じ, をこの, をその

▼ ところが~ (50, 0.3%)

3 かの拍子 2 うして, かの都合

1 [43件] うしても, うだろう夫, うでしょうその, うでしょう先生, うでしょう奥さん, うも, うも八州, かである, かの粗相, かわけ, か今日, か使い古し, か先, か理由, か相談, か関係, がどう, が役に立つ, でも今年自分, でも武藏野, でも身共, ということ, という無分別, といふわけ, につけ, にもない, にもならない, のこった, の役, の心配, の手違い, の気, の病気, も出, も知らず, も知らぬ, も見えない, も記憶, や向う, や嫌ア, をいう, を云う, 思わずそういう

▼ ところがあなた~ (49, 0.3%)

2 のほう, はその, はそれ, 使えますので

1 [41件] お聞き下さいまし, がみちびいていかれるであろうところがどこなのか, この国, この日本全国, その反対, といったら, どうでしょう, には褒状, に対する場合, のお話, のこれら, の勇気, の姿, の小細工, の御, の文章, の言う, の計画, の電話, はあそこ, はいつの間にか, はここ, はご, はそういう, はただ, はともかく, ははじめ, はもうけっして, はやすやす, は一つ, は今, は慎しみ, は手紙, は私, は笑つて, は藤田さん, も少し, も調べなかった, を雇う, 大違い, 悲しいこと

▼ ところが~ (45, 0.3%)

14 ういふ 3 うした 2 う手輕, う言

1 [24件] あしまつた, う, ういつた民族的, ういふところ, ういふふう, ういふ人, ういふ村, ういふ風, うぢ, うですあれ, うでないですよ, うなると, うは, う云, う信じる, う思つて, その叔母さん, のみ面白い, ゼムリヤ号の, 今度は, 商売柄ぴかぴかきらきら, 大体あのお, 家へ, 彼奴あれで

▼ ところが~ (43, 0.3%)

4 違い 3 變な 2 違ひ

1 [34件] ありおお, かつさい, ぜい, そう歓迎された, であると, にせものさ, まちがいが, よろこびで, トンネルの, ラマは, 井筒屋が, 博士は, 哲学者もとより, 変りな, 大夫は, 家族制で, 屋根の, 山猫の, 川端には, 有りなん, 東亜戦勃発前後国内の, 毒な, 當て, 発達を, 違いだ, 違いで, 違いです, 違さ, 違ひで, 違ひであの, 違ひです, 違ひなんで, 都会で, 集経という

▼ ところが意外~ (42, 0.3%)

9 なこと 2 にもそれ, のところ

1 [29件] なほど, な人物, な出来ごと, にもこの, にもこんな, にもその, にもそれら, にもひょっくり, にも主人, にも乗心地, にも内務省, にも判決, にも叔父, にも右, にも彼, にも彼女, にも未知, にも案内, にも検事, にも死ん, にも研究所, にも突然, にも若, にも蜀軍, にも追跡, にカンタン, に駿太郎消失, のこと, の方面

▼ ところがどうも~ (40, 0.2%)

3 困ったこと 2 うるさいこと, これが, どの木, をかしい, 仕方ない

1 [27件] あっちの, あつしには, お相手, この拙者, これは, そいつが, その血圧, ただの, わからなくて, わたくしは, 今承諾, 佐々の, 困つたこと, 変な, 工合が, 彼には, 後が, 心に, 昨日は, 湿つて, 生き返る見込み, 蚤が, 行く先々, 解せねえやい何とか, 足が, 難しくってね, 馴れないので

▼ ところがやがて~ (39, 0.2%)

1 [39件] お前の, この怪物, そこへ, その一劃, その地下突撃路, その樽, その洋装娘, たき火の, のこと, はまた, ウインドの, オグデン氏は, フェリクスが, 上体を, 五六ヶ月経っ, 低い声, 全ての, 其の厳しい, 午ごろべつな, 半兵衛は, 右端の, 合流した, 後にな, 思いがけないこと, 打ち破られた門, 持帰っ, 昨晩と, 格別の, 正午頃に, 泣きやむ, 海上では, 献公の, 病気の, 自分の, 船が, 酒場には, 隣りの, 電車が, 青春や

▼ ところがそれから~ (38, 0.2%)

3 が大変 2 がたいへん, 半月ばかり, 道の

1 [29件] あとが, あとに, あとは, あなたは, がいけなかった, が妙, こっちへ, というもの, ふつかめに, ものの, よほどたっ, 一月ほどの, 一月後の, 二月たつ, 二月も, 十一月の, 半月ばかりは, 又半年, 幾何も, 引続いた, 後の, 後四五年経つ, 後藤六は, 旧正月, 暫くし, 月江と, 村内に, 物変り星移りまし, 靜子の

▼ ところが先生~ (38, 0.2%)

4 は早く 2 が, はそんな

1 [30件] から世界中, から突然, がたいへん, がインド, すぐその, たいへん怒った, どうした, のへんじ, の奥さん, の屁, の方, の梅花堂流, の眼, の言葉, はあまりに, はこう, はしばらく, はずっと, はそれ, はもう一度, は何度使い, は全く, は別に, は按吉, は赤城, みる, もそれなら, も忽, やとばかり思ってたら, 本当に酔っ

▼ ところが一方~ (37, 0.2%)

1 [37件] あけっ放し, ではさ, では四組, でトルストイ, で西洋風, において日本伝来, には, には十億ドル, には足利時代, にネブタ, に吾輩, に告白, に是, に現代, の人生観, の影, の意志, の鼠, は現職, は香潮, へ分化, ほかの, 出たらめ, 古く片, 同一の, 嘉門においても, 四人の, 坂本家を, 多鶴子の, 斎藤を, 昆虫館でも, 時代と, 源三郎は, 演劇の, 炭酸ガスは, 遊び人たちも, 郡山千冬といふ

▼ ところがもう~ (36, 0.2%)

3 一つの 2 見られませんよ

1 [31件] いけなかったの, いっぽうは, おひと方, そのあくる日, そのころ, そんな必要, ひとついけない, 一つつまらない, 一つみょうな, 一つ不思議な, 一つ大事のが, 一つ心配な, 一つ非常に, 一つ驚く, 一ツ昔から, 一人の, 一方が, 一遍行つて見, 七八人も, 三年余りにも, 両腕, 二つも, 先刻先生は, 先約ずみで, 先約ズミで, 大さわぎです, 大分日が, 御病気, 爺さんと, 荷物は, 遅くて

▼ ところが~ (36, 0.2%)

3 そのうち 2 その後に, 生憎な

1 [29件] あの晩, いろいろの, こいつを, ここに, この平凡, これこそ, しても, しばらくする, すぐに, そうなると私, その前, その愛吉, その明治末期, その翌, その記事, その譫語, むやみに, トン, 一方に, 三四分も, 三郎は, 不思議な, 先方は, 入ったの, 忽ちに鎮, 持って, 昨日今日の, 暫くする, 更に不思議

▼ ところが突然~ (36, 0.2%)

2 一つの, 彼の, 彼は, 長島は

1 [28件] あいつが, ありうべからざる事, おかみは, お呼出し, お屋敷, かの女, この秋森家, そのお, そのふたり, その瞬間, その静粛, それこそ, にこの, に私, のこと, アラビヤとは, スリは, 一匹の, 一方の, 小峯喬が, 痛いほど, 短かい痙攣的, 私らの, 草花が, 読みての, 近頃にな, 鉄也さんが, 頃合を

▼ ところが自分~ (36, 0.2%)

2 はその, は志村

1 [32件] がよわ, がニセモノ, が外國, が大学生, が謡, が飲み出し, で金, とすっかり, にある, には単に, に余計, のそれ, のまわり, のみならず, の不摂生, の二十, の召抱え, の研究所, の胸, の良心, の親達, の遊楽, の阿, の隣, の體, はいつも, はまだ, は何とも, は十二時, は夜, は小学校時代, も時折

▼ ところがそうして~ (33, 0.2%)

1 [33件] いくらしらべ, この女, しばらくの, しばらく毛, しばらく穴ぐら, しらべて, とつおいつ考え, 一度死んだ, 事件が, 二三歩門を, 二十メートルほども, 五六歩も, 今度こそはと, 何度か, 六つの, 出合う運搬夫たち, 喝采し, 四年たっ, 小六, 少し走っ, 抜差の, 森の, 歩きかけた小林君, 毎日々, 滞在三日目の, 父と, 生きたここち, 相手が, 相手を, 色々と, 色々ひねくり廻し, 見つめて, 警察が

▼ ところが事実~ (33, 0.2%)

4 はそう 2 はまったく, は全く

1 [25件] あの人, その男, その通り, そんなはず, と史実, において今日相当, は, はけっして, はこれ, はさ, はそれ, はどう, はどうもそう, はもう, はもっともっと, は一方, は今, は何, は反対, は塗, は大, は彼女, は案外, は然, は逆

▼ ところがその後~ (32, 0.2%)

4 になっ

1 [28件] が難解, こんな事, しばらくし, ずっと後, その室, その装身具, では本当に, にお, にまた, に風, のレース, の新劇人たち, は無情, ふとしたこと, へ小, もさい, もしきりに, もよく, よく注意, わが日本軍, 古堀裁判医, 同じお腹, 同じギリシャ, 多分朝鮮支那, 約一ヶ月, 間もなく小山書店主, 間もなく自分, 間もなく頭

▼ ところが二人~ (31, 0.2%)

2 の役人

1 [29件] がお立ち, が何気なく, が出っくわす, が階段, で二階, ともその, とも判断, のうち, の人間, の助手, の博士, の妾, の姉娘ども, の子供, の恋, の新, の病人, はあまり, はそんなに, ははたけ, はもともと, はやってくる, は二人, は全く, は憤つ, は突然, は童貞さま, は飛び付く, 揃って

▼ ところがいよいよ~ (30, 0.2%)

2 船が

1 [28件] あとわずか, その時, その運び, それを, となっ, となる, 一日が, 五十歳に, 仕事を, 会って, 佃は, 入学試験が, 執筆に, 夫として, 子爵夫人の, 家へ, 御飯の, 心配無用裏道の, 改札が, 最後の, 本堂の, 籤を, 結果が, 羅針盤の, 老母が, 釧路へ, 鐘が, 馬車で

▼ ところがあれ~ (29, 0.2%)

3 の父

1 [26件] からインメルタアル, がこちら, が僕, が回転, が普通, が警察, が鋸山, で安定度, のエピゴーネン, はかくす, はまるで, はみんなうそ, はもう, はインチキ, は主観, は僧侶, は大体, は横着, は私, は腕, は血, は陥ちない, も百姓, やみんな渋柿, を何で, 以来なんとなく

▼ ところがまだ~ (29, 0.2%)

2 大学生の, 越前へ

1 [25件] あるん, お父さんが, そこには, そこまで, その四人, その疲労, それだけじゃ, それで, そればかりじゃあ, そんなこと, パンを, 二つだけ, 借手が, 囲いの, 安心する, 小さな取る, 幾フィートも, 往來へ, 後日譚が, 戦わぬうち, 朝早くで, 自分の, 若いん, 若くて, 馬車に

▼ ところが最近~ (29, 0.2%)

3 になっ, に至っ

1 [23件] いいパトロン, おかしなこと, その松, その校正, その頃, ではさ, にいたっ, に上野, に到っ, に寄贈, に猟奇社, のある, のスタイル, の数年, の日本, の植物, の祝祭日法, は紀州大崎, ふとしたこと, またリンカーン, 出た第, 恐しい発見, 頻りに盗まれる

▼ ところが丁度~ (28, 0.2%)

2 その時

1 [26件] ここでした, ここに, この時, そこへ, そのとき, その一週間, その折, その日, その時分, その時君, その矢先, その豚, その頃北海道帝国大学内に, もっけの幸いに, イオンの, 僕が, 其処へ, 大使館の, 天祥丸が, 幸に, 恋人の, 我々が, 手頃な, 折よく, 玄竹に, 自分と

▼ ところが~ (28, 0.2%)

2 三に, 三の

1 [24件] 一に, 一については, 一の, 一次欧州戦争には, 一次欧州戦争勃発の, 一流の, 一版の, 一第, 一考へ, 三, 三楽章の, 三類には, 二であろう, 二の, 二十三卷を, 二次大戦は, 二番目の, 二首の, 五の, 五代第, 六倉庫の, 四斥候隊からは, 四次元の, 四階級の

▼ ところが近頃~ (27, 0.2%)

2 になつて, の東京, 妙な

1 [21件] あの秋蘭, おかしな症状, その深草, では浴客, になっ, になつ, になりまし, になる, のよう, はいくらか, はそれ, はだいぶ, はめいめい, は或, 中国の, 排英運動が, 支配人の, 知人たちの, 米墨両国の, 舶来品排斥思想が, 部落の

▼ ところが間もなく~ (27, 0.2%)

2 彼は, 泥浜は, 隣りの

1 [21件] あれは, お俊, この室, これまで, そのお返し, その水夫長, 一斉射撃の, 今日の, 伝声管が, 例の, 光子さんと, 又木の, 同じ作者, 変な, 大変な, 斯様な, 旦那は, 演舞場の, 私の, 陛下にたいして, 雷鳴が

▼ ところがこんど~ (26, 0.2%)

2 はそう

1 [24件] に限っ, のこと, のばあい, の奴, の新, の相手, の第, の鼬, はこれ, はごく, はたしか, はどうしても, はわれわれ, はコルドバ, はフランス語, は僕ひとり, は投書欄, は捨ておけない, は肱金, また最初, もだめ, も醫師加藤, 再び兵部省付き, 出す

▼ ところがふと~ (26, 0.2%)

4 気が 2 それが

1 [20件] いとこからは, このとき, イタリヤで, 仰ぐと, 何かが, 例の, 囲いの, 廁の, 彼女の, 彼女は, 新聞に, 気がついたの, 気がついて, 眼下の, 私は, 私はい, 聞けば, 聴音器に, 自分の, 見ると

▼ ところが~ (26, 0.2%)

2 にはこんな, は私

1 [22件] が隣室, だと, ってもの, というもの, と云う, にはほか, の中, の名前, の愚痴, の手首, の方, の為め, の私, の耳, はかえって, はただ, はなかなか, はカルル, は来ない, は案外, は身体, 皇の

▼ ところが相手~ (26, 0.2%)

2 の女, はそんな

1 [22件] からもはっきり, が悪かっ, という者, に接吻, の出, の古狸, の方, の返事, はお, はモルヒネ, は七十だし私, は事実坊主, は佐々, は土器, は夜鷹, は大変者, は存外, は是, は案外, は空, は答えるまえ, もさる

▼ ところがおれ~ (25, 0.2%)

2 はその, は今, は音楽

1 [19件] がさっき, がそのまま, が十七, に少し, のてのひ, のほう, の受け取った, の右掌, の腕, はあんまり, はけっして, は一時, は今日おまえ, は即日帰郷, は芸者, は親父, は違う, は頭, も急

▼ ところが世間~ (25, 0.2%)

3 の人 2 に得

1 [20件] が不景気, ではいや, ではこういう, ではリアリスチツク, というもの, にはそう, には私, に向っ, の一部, の凡俗ども, の噂, の多く, の思惑, の者, の誅求, の誰, はそう, は世間, は存外, は自分

▼ ところが人間~ (25, 0.2%)

2 というもの

1 [23件] あさましいもの, が活き, が青銅, が高尚, そうとる, でもやはり, という物質, と云う, には知情意, の心, の心態, の手足, の智力, の智能, の浅はか, の発表欲, の知恵, の足, の頭数, の高望み, はもともと, は病ん, を愛する

▼ ところが同じ~ (25, 0.2%)

2 日の

1 [23件] ような, クワルティーラに, 制度を, 天龍川も, 島でも, 巻の, 年の, 引き札に, 批評家が, 摂津の, 文化部門でも, 日に, 時に, 書には, 梅と, 気象条件霧粒直径百分の一ミリ風速毎秒, 熊野でも, 狂言を, 目的で, 眼の, 船と, 荷馬車稼業を, 郷里の

▼ ところがお前~ (24, 0.1%)

2 が八月

1 [22件] が編笠, が見落した, この御一新, とお, どんな隙間, に見せる, の中, の今, の方, の精鋭, はあいつ, はいつ, はこの, はそこ, は下, は外, は娘, は欠勤, は殆ど意識不明, は潮吹, は自由, 捨てる神

▼ ところがこんな~ (24, 0.1%)

3 ことが

1 [21件] ことに, ときにも, ところで, ふうに, ものが, ものを, やさしいところ, りっぱな, 事は, 事を, 事件が, 党派争いの, 出来損い, 場合ヤーフを, 奇妙な, 手合いが, 物を, 見かけの, 試みが, 話を, 風に

▼ ところがよく~ (24, 0.1%)

6 見ると 3 したもの, 調べて 2 考えて 1 これまでの, しらべて, じつの, みのった実, わかりかねるん, 検べて, 注意し, 知って, 知つた一筋道を, 見て

▼ ところが~ (24, 0.1%)

3 の日, の日曜日 2 の日救助係, の日虔十, の朝

1 [12件] のこと, のやう, のよう, のガリバルダ・セレナ夫人, の夕方, の幕, の時, の木, の瞬間, の瞬間法水, 兵衛の, 郎の

▼ ところがいくら~ (23, 0.1%)

3 見て 2 待っても

1 [18件] さかだちが, の広, もあります, 上手に, 勧めても, 収穫が, 呼んでも, 夢中に, 心得たって, 心配し, 掘っても, 探しても, 熱苦しくっても, 研究を, 訪ずれ, 読んで, 走らうとしても, 走ろうとしても

▼ ところがつい~ (23, 0.1%)

1 [23件] この間は, したこと, ていた, 一時間ほど, 一月ほど, 乗り替を, 二三日前に, 二三日前の, 二三日前伸子たちは, 二週間ほど, 五六分まえ, 今しがたそれについて, 今頃に, 先ごろステパニーダ・イリイニシナ・ペドリャーギナという, 先日の, 先頃鼬の, 四五日前に, 昨夜, 谷向うの, 近日田島幽, 近頃変り者に, 間違って, 隣の

▼ ところがです~ (23, 0.1%)

52

1 [16件] あの, その前, てこの, な, なきまった, なア, ね実に, ね芸術家, ね隊長, の, わ今朝お前, ネもっと, 先駆と, 東方へ, 法律上の, 読者諸君こうした

▼ ところがなかなか~ (23, 0.1%)

2 小さな梟

1 [21件] いいの, この問, この調子, その松, そんなわけ, つかないの, にこの, 僧侶も, 出て, 埒は, 寝られない, 御承知, 手に, 支那人は, 機敏で, 深呼吸ぐらいでは, 父が, 稼ぎを, 綺麗な, 貸さない, 面白かったです

▼ ところが今年~ (23, 0.1%)

2 になっ, の, の春, はその

1 [15件] で四, に限っ, の九月, の二月頃, の五月, の春あたり, の春附添, の立春, はじめて, はまだ, は剪刀, は大いに, は当, は特に, は病気

▼ ところが~ (23, 0.1%)

2 が予期

1 [21件] にはれつ, には出来なかった, にも一つ手役, のエゴイズム, の不幸, の女房, の方ぢ, の方程式, の現在, は出, は居残っ, は持っ, は橋, は毛頭, は病気, は盗ん, は社会, は退屈, は逢いたくねえ, は首, も点取虫

▼ ところが案外~ (23, 0.1%)

3 なもの

1 [20件] いい加減に, つまらなかった, である, にもそれ, にもま, にも其言, にも別, にも川上, にも正司, にも男, にも金, にも頑として, に水, のこと, みんな平気な, よ, 出来て, 快くそんなら, 成績が, 暇どって

▼ ところが~ (23, 0.1%)

2 の病院

1 [21件] の, のお嬢様, の下半期, の両者, の喫茶店, の回, の大学生, の御, の時, の書盗, の火の玉, の無, の爬虫館, の男, の自信, の船, の落英, の螢, の賢い, の道子, の頃

▼ ところが生憎~ (23, 0.1%)

2 とその, な事

1 [19件] ここは, この日, その日, と今, と入歯, と日本, と留守, と祭, と部屋, なもの, なん, にも此, に秋雨, のこと, 不漁で, 今会議の, 加藤氏が, 工場で, 私は

▼ ところがいつ~ (22, 0.1%)

4 までたっ 3 まで待っ 2 からともなく

1 [13件] からとなく, でも井戸, でも安心, ということ, どんな勘違い, になく, の場合, の時代, までおし, まで待つ, まで経っ, まで経つ, 迄も出血

▼ ところがいま~ (22, 0.1%)

1 [22件] から一年, しらべて, その朝, その袋, では種痘, とはち, にみんな, の日本, の赤インキ, は平時, ひッ, まで濃霧, まで自分たち, よく見る, 登って, 突然結婚, 見るこの, 見ると, 見るに, 見れば, 言ったよう, 高一少年

▼ ところがどうして~ (22, 0.1%)

1 [22件] あいつは, お前は, か船, この男, そこに, その石, それどころかあれ, そんな意気込み, だろうその, ところがどうして, 中, 先生に, 夢を, 奴さん大まじめで, 彼らは, 更科というかと, 百姓どもは, 私は, 筋書きが, 胡麻塩の, 跛で, 馴れて

▼ ところがわたし~ (22, 0.1%)

1 [22件] がさう, がそれ, がそんな, ときた, と並ん, には何, のこの, のしらべた, のほう, の予想, の暖, の部屋, の顔, はかねがね, はげんに, はこの, はそう, はどう, はもう一度, は何, は知らず知らず, は身

▼ ところが~ (22, 0.1%)

1 [22件] の, のがた馬車, のごとく, のロータリー除雪車, の不吉, の予告, の友人, の和蘭版地図, の因果, の山林払下げ, の新聞記者, の湖水, の空地, の精密スケジュール, の裸蝋燭, の覗き眼鏡, の超, の通り, の通り私, の鉄拐夫人, の長靴, の食堂

▼ ところがふしぎ~ (21, 0.1%)

18 なこと 1 にも戦車, に私, はそれ

▼ ところが~ (21, 0.1%)

9 なこと 3 な事 2 なもの 1 なはずみ, なもん, なん, なアンバイ, な不調和, な習慣, な船長

▼ ところが我々~ (21, 0.1%)

2 の休む

1 [19件] がここ, が普通, が直接, において送らるべき, に向っ, の一部, の作っ, の使用, の友人, の同胞国民, の夢, の習慣的, の認識, はその, はただ, はまったく, は実際, は敵, を町

▼ ところがあいにく~ (20, 0.1%)

2 なこと

1 [18件] うらなり君, お腹が, このハープ, そこに, その日, その本, とあの, とその, と煙草, にも生活, 一人の, 櫛がめつから, 母親が, 留守な, 私も, 空は, 肝心の, 自分が

▼ ところが~ (20, 0.1%)

1 [20件] めえ, 不幸が, 主人, 主人あの, 兄さんが, 城番町奉行所司代誰あっ, 奉行さまなかなかしっかり, 婦人方の, 子息が, 子息の, 安心な, 当人は, 承知の, 挨拶を, 本人と, 本人は, 維新この方時勢の, 陽光が, 隠居さまは, 鬮の

▼ ところがどこ~ (19, 0.1%)

1 [19件] かある, かに現, からともなく, かわれ目, であるか, でやった, で拾っ, で聞いた, にひそん, にもねえ, にも見つからない, にも見当たらなく, の世界, の乞食, の郡役所, までいっし, までも祟るらしい, まで本当, やら面影

▼ ところがやはり~ (19, 0.1%)

1 [19件] あの女, ジェイムズ・ミリガン氏は, 人間の, 今夜も, 何も, 刑事が, 地が, 太平洋沿岸方面にも, 川下へ, 彼等には, 書けない部分, 殿様です, 気には, 気に入った名, 浪士, 男よ, 裂地に, 駄目だった, 黙って

▼ ところが今や~ (19, 0.1%)

2 彼は

1 [17件] この自分, そのやむを得ざる, そのピストル, その縁, その誠実, それだけ, マリユスに, 世は, 入口の, 創作の, 古障子, 我々の, 方法は, 本質的でない, 自分を, 芸術に, 過度の

▼ ところが~ (19, 0.1%)

3 の一方 2 の土地, の連中

1 [12件] のご, のもの, の一面, の人々, の兆候, の半面, の国, の場合, の大学, の学問, の悪魔たち, の者

▼ ところが~ (19, 0.1%)

1 [19件] あって, かに介抱, が讀ん, でも偉く, でも少し, でも知っ, でも芝居, の予想, の答え, の顔, もあの, もおれ, もそれ, も口, も来ない, も父さん, も答, も行かなかった, も通わぬ

▼ ところがいざ~ (18, 0.1%)

1 [18件] その奥さん, という間際, となる, 入札に, 出発という, 名乘つて, 婚礼を, 建物が, 探すと, 改たまっ, 来て, 死のうとして, 目を, 立合って, 聴こうと, 自分の, 船を, 踏ん込んで

▼ ところが~ (18, 0.1%)

4 になっ

1 [14件] ちまた宋の, になつ, になつて, には其, には其祭事, に唐, に朝日, に痕跡, に稲扱器, の二人, の百磅, の電車, 漸く語感, 白河は

▼ ところがだんだん~ (17, 0.1%)

2 それが, 日が, 調べて

1 [11件] いけなくなって, と外電, と立つ, と競り, 家族が, 研究し, 硯の, 経験を, 聞きますと, 聞き出して, 進んで

▼ ところが~ (17, 0.1%)

1 [17件] とはまるで, にいった, にその, にも申す, にわし, に居た, に記した, に述べたごとく, に駈け, のと, のほう, の七百人, の場合, の晩徹夜, の竹垣, の霧粒, 触の

▼ ところが少し~ (17, 0.1%)

1 [17件] この十番, ばかりそこ, もの心づい, も見えなかった, 内幕を, 分らないん, 変な, 杞憂かも, 歩いてるうち, 水銀いろ, 行ったとき, 行つた, 註文が, 貴君の, 離れて, 面倒な, 黝い

▼ ところが彼ら~ (17, 0.1%)

2 の中

1 [15件] が実に, が研究会, が言う, と警官, にはそれ, にはなんら, のもっとも, の仰ぐ, はこの, はその, はまた, は一以, は大いに, は失敗, は海狸

▼ ところが東京~ (17, 0.1%)

1 [17件] から, からの報告, が次第に, では狂言, で出来た, で出版, とその, に大, の店, の近辺, はどう, へ出, へ国, へ帰, へ来, へ行った, も年毎

▼ ところが残念~ (17, 0.1%)

5 なこと 3 にも私 1 ながら, ながらあたし, ながらそれ, ながらどんなに, ながら昼間, ながら総理大臣, な事, にもわれわれ, にも今

▼ ところが~ (17, 0.1%)

2 はそれ

1 [15件] が急, の代, の始めました, の田舎, の言葉, は, はいきなり, はかね, はそういう, はたいてい, は今度, は大いに, は若い, は革鞄, よりの手紙

▼ ところが現在~ (17, 0.1%)

2 のよう

1 [15件] ただいまこの, ではその, ではだ, のやう, のカワセミ, のヂヤアナリズム, の人々, の仮想的事件, の劇評, の実際, の家, の日本共産党, の東京人, はいろいろ, 遂に手出し

▼ ところがしばらく~ (16, 0.1%)

8 すると 2 たつて 1 いくと, たつと, の間, 教えを, 行くと, 見ぬ間

▼ ところがすぐ~ (16, 0.1%)

4 そのあと

1 [12件] あとで, こういうふう, その後から, にわかった, に正体, またおなじ, 向うから, 手拭調べが, 眼の, 私の, 近いところ, 頭近くの

▼ ところが今夜~ (16, 0.1%)

2 という今夜, はその

1 [12件] お目, が危, その新, にかぎっ, のおれ, の出合い, はそれ, はどう, は君, は腰, は誰, ゆくりなくぶつかりました

▼ ところが偶然~ (16, 0.1%)

3 の機会

1 [13件] この売り, その蓼, というもの, なる手掛り, な思い付き, にもある, にもこの, にもその, にもアデライーダ・イワーノヴナ, にも同じその, にも彼ら, にも開業, は私たち

▼ ところが~ (16, 0.1%)

5 と時 4 おことば, 優れた山 1 は信仰上, を玩賞, を畢生

▼ ところが~ (16, 0.1%)

3 が明け 2 になっ, になる 1 おそくなれ, だかは, というやつ, に入っ, に入る, の明け方, はいっこう, はすっかり, もだんだん

▼ ところがこうした~ (15, 0.1%)

2 愉快な

1 [13件] ことが, ところでなかったら, まるで, アイタイずくめの, 一種の, 中にも, 場合花嫁に対して, 大事を, 強い女, 彼が, 徹底的な, 状態に対して, 私の

▼ ところがこのごろ~ (15, 0.1%)

5 になっ 1 いつとは, では葱, になつ, になつて, は, はおもに, は観客席, ふっと或, ようやく解っ, 造って

▼ ところがそうした~ (15, 0.1%)

2 私の

1 [13件] 事実を, 借金は, 卑怯者揃いの, 墓場の, 奴さんの, 平馬の, 最中に, 樹の, 煙草屋の, 福太郎の, 秘密が, 編輯長の, 陰惨な

▼ ところが~ (15, 0.1%)

321 この船, その, そのあやまり, その時期, な, ね, ねそこ, ねその, ね俊夫君, よ八

▼ ところが不幸~ (15, 0.1%)

5 にし 1 なこと, な事, な出来事, にもあの, にもこうした, にもこの, にもその, にもそれら, にも二人, のため

▼ ところが世の中~ (15, 0.1%)

1 [15件] がだんだん, が進ん, てえもの, にはこれ, にはどれ, にはノラリ, には上, には裁判官, のお, のめぐり, はゆ, はよく, は不思議, は妙, は御

▼ ところが~ (15, 0.1%)

2 が重い

1 [13件] が一あし, が嫁, が男の子, が突然, が聞いてる, に地獄, のオ君, の顔つき, はそう, はまだ, は十日, は母, は相変わらず

▼ ところが~ (15, 0.1%)

1 [15件] がよく, がよくよく, が見, のかたは女, の児, の明晰確乎, はあたらし, はすぐ, はそれ以上, はちら, はまるで, は大勢, は慇懃, は求め, は道

▼ ところが~ (15, 0.1%)

2 の悪い

1 [13件] が悪かっ, が良い, のよかっ, よくその, よく水晶, わるくその, わるくそれ, わるく丁度, わるく向島, わるく小鹿様, わるく長篠, 良くそこ, 良く合格

▼ ところがどういう~ (14, 0.1%)

4 ものか 2 わけか, わけで 1 ものだ, わけです, 加減であった, 次第か, 訳でしょう, 風の

▼ ところがもし~ (14, 0.1%)

1 [14件] この廊下, この青年, そういうこと, その土壇場, それが, 一朝事ある, 今年の, 今横と, 左の, 御同様, 犯人が, 著者が, 豹一が, 顔が

▼ ところがわれわれ~ (14, 0.1%)

1 [14件] が朝, のほう, の前兆, の受刑者, の國土, の方, の日常生活, の目指し, の祖先, はすべて, はそれほど, は千回骸子, は皆, は露伴先生

▼ ところが其の~ (14, 0.1%)

1 [14件] 井戸の, 凝る氣, 夜は, 娘子を, 専門家の, 後だんだん, 御総領, 時である, 晩彼奴は, 朝に, 本人が, 沈黙の, 考へが, 離婚と

▼ ところが去年~ (14, 0.1%)

2 の春

1 [12件] のある, のこと, の三月十三日, の初春, の十月, の夏, の新緑, の暮, の暮近く, の末, の秋, は母

▼ ところが~ (13, 0.1%)

2 つて, つてね 1 たくしの, つたうるほさない, つてそこは, つてそれが, つても, つてよ, つて割合に, つて職長も, ひにくと

▼ ところがあいつ~ (13, 0.1%)

2 は立派

1 [11件] の思量, の書く, の身上, はいつか古市, はとてつもない, はまん円, は人工, は家, は愚図, は變物, は骨董屋

▼ ところがこっち~ (13, 0.1%)

1 [13件] から返報, には世間体, には十五人, には向こう, には変った, の出願, の穴, の絹, はど, はもう, はもっと, は四百人, は派手

▼ ところがぼく~ (13, 0.1%)

1 [13件] から四, がこの, が事件, とのこと, には大きなし, の覺, の連想, はそれ以上, はつかまえられ, は一度, は一時, は室, は小林君

▼ ところがまるで~ (13, 0.1%)

4 追つかける 1 そこだけ, どろどろの, 嘘みたいに, 感じが, 蜂の, 西洋の, 追っかけるよう, 鉄砲玉で, 霹靂の

▼ ところがわし~ (13, 0.1%)

1 [13件] がいたずら, がその, が帰っ, の人造島, の立っ, はいくら, はけっして, は何となく, は哀れ, は地獄, は生きた, は生まれつき鼻, は科学者

▼ ところが一度~ (13, 0.1%)

2 水が

1 [11件] ある会, ある夕方, パノラマ館の, ファラデーは, 不思議な, 妻と, 山へ, 当局の, 日本人が, 此の, 画面の

▼ ところが~ (13, 0.1%)

2 が行動, は具体的 1 が来, が留守, によっては姓名, によつて, に余裕, の世話, の子, の寝しずまる, は出

▼ ところが実は~ (13, 0.1%)

1 [13件] あの小函, お恥しい, きょう私に, この理窟, この続き, これは, そうでない, ね, 今でも, 問題は, 彼の, 肝腎な, 貴子は

▼ ところが当時~ (13, 0.1%)

1 [13件] のその, の他, の僕, の動静, の情報局文化統制, の新, の海軍, の私, の貴婦人方, の野蛮, はそう, はまだ, は料亭閉鎖

▼ ところが戦争~ (13, 0.1%)

1 [13件] から戻っ, がすすむ, がすん, がはじまつ, が始まっ, が終っ, が進む, ぐらいその, このかた, といふもの, の終った, の結果, も済ん

▼ ところが昨年~ (13, 0.1%)

4 の夏 1 から今年, のごたごた, の五月, の六月, の冬, の初冬, の暮, の秋, 大地震

▼ ところが昨日~ (13, 0.1%)

2 になっ, の朝 1 と違っ, に限つて, のあの, の事件, の演説会, の疲れ, の自己, は, 行って

▼ ところがあと~ (12, 0.1%)

2 になる 1 から編集者, から見る, でご覧, でその, でよく, でわかった, で奥さん, で小泉さん, になっ, はまるで

▼ ところがそいつ~ (12, 0.1%)

1 [12件] がお, がくやしい, がただ, がまた, が古風, が失敗, が間違っ, は失敗, をふんだくった, をフン, をユダヤ人, を真面目

▼ ところがたちまち~ (12, 0.1%)

1 [12件] こういうこと, ヘルゼッゲンの, 全国から, 十数店の, 壺の, 大水が, 御悩も, 早馬が, 村重は, 清泉湧き出でた, 渭水を, 罰を

▼ ところがねえ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あなたあいつずいぶん, お蘭さん, お雪ちゃんお前の, さてという, たった一つ, ねえ君, 僕が, 其の女, 本物の, 次が, 源吉君その, 簡単に

▼ ところがまもなく~ (12, 0.1%)

1 [12件] この一孤島, そういった感情, その業界, イワンは, 一行の, 一隻を, 二・二六事件が, 北条一族たる, 家来の, 彼女は, 泣きやんで, 米飯と

▼ ところがやっぱり~ (12, 0.1%)

1 [12件] いけない, セエラの, 何も, 原は, 夜の, 天日は, 幽霊水が, 当った, 自分と, 虫が, 面白さうに笑, 駄目仕方が

▼ ところが主人~ (12, 0.1%)

1 [12件] からまあ, が来る, というもの, の彌, の方, の自信, の金藏, はちゃんと, は少し, は彼女, は恐縮, は戦災

▼ ところが博士~ (12, 0.1%)

1 [12件] が, がやりかけ, が向う, の, のいわく, の思っ, の笑い, の詰問, の講演, はこれ, は落ちつい, も亦

▼ ところが彼等~ (12, 0.1%)

1 [12件] がそれぞれ, の考, はいよいよ, はただ, はどんなに, は仏, は先, は子供, は昔ながら, は遊ん, をしばしば, 諸君子

▼ ところが日本人~ (12, 0.1%)

2 は党閥, は探偵小説 1 だと, の場合, の少く, の特色, の知識階級, の確實, はそういう, はそれでは

▼ ところが更に~ (12, 0.1%)

1 [12件] それから, われわれの, 一質點を, 七百年ほど, 不思議な, 偽札は, 去年の, 奇怪な, 悪いこと, 驚いたこと, 驚くこと, 驚くべき報知

▼ ところが~ (12, 0.1%)

8 に相違 2 のじ 1 のほか, の通り

▼ ところが驚いた~ (12, 0.1%)

6 ことに 4 ことには 1 のです, のは

▼ ところがきょう~ (11, 0.1%)

2 の夕方 1 の便り, の場合, の新聞, はあまり, はその, はどの, はスミ子ちゃん, も二時間目ころ, 催された会合

▼ ところがこういう~ (11, 0.1%)

2 場合に 1 器械を, 場合にでも, 外見上の, 歴史を, 煩雑なる, 訳だ, 話は, 風に, 風の

▼ ところがこうして~ (11, 0.1%)

1 [11件] すきが, 佐野が, 寒暑を, 憲法, 拝見した, 日本にも, 明智が, 無雑作, 瓦の, 病気が, 見ると

▼ ところがこちら~ (11, 0.1%)

1 [11件] がとまった, が二段がま, が正直, ではそう, で興味, には一向に, の御新造, の目, は本来, へやって来る, へ来

▼ ところがこれら~ (11, 0.1%)

1 [11件] の, のそう, の人々, の作, の國, の地方, の武士, の船, の色々, の長, の随筆

▼ ところがただ~ (11, 0.1%)

1 [11件] それだけ, それだけなら, の空箱, の飜譯, ひとり不安そうに, わたしは, 一つ日本を, 僕らに, 強制に, 私が, 足に

▼ ところがとうとう~ (11, 0.1%)

1 [11件] あの人たち, ある年, おっこちましたよ, その人, その念願, やりましたよ, 夏の, 夜に, 望みが, 犬は, 見つけたん

▼ ところが~ (11, 0.1%)

1 [11件] から男女, でいちばん, に, にた, にはそんな, にはたくさん, には澤山, には説明, に這入っ, ほどへ行く, 三日おい

▼ ところが~ (11, 0.1%)

1 [11件] の, の奴, の奴さくら井屋, の容態, の考え, はせっかち, はちょうど, はなか, はまだいっぱい, は麻布, をサチコ

▼ ところが~ (11, 0.1%)

9 か不幸 1 に外国人, に淳仁天皇

▼ ところが悪い~ (11, 0.1%)

4 ことは 2 ことに 1 ことには, ときには, 事には, 奴つてものは, 手紙が

▼ ところが~ (11, 0.1%)

3 が経つ 1 がたつ, が出, ならず届いた小包, の経つ, は暮れる, も暮れ, を経る, を追う

▼ ところが最初~ (11, 0.1%)

1 [11件] からそう, に手, に笑い出した, の体格試験, の山寺, の待遇ぶり, の男, の立合い, の絃, の謁見, は透明

▼ ところが段々~ (11, 0.1%)

1 [11件] あとに, と女, と知識, 其意味が, 専門化し, 文字が, 研究し, 考えて, 聞くと, 読んで, 馴染んで

▼ ところがあつ~ (10, 0.1%)

32 たの 1 たと, たやう, たよ, たり殊に, ちこつちから

▼ ところがあんまり~ (10, 0.1%)

2 一生けん命あるいた 1 うごかない人, おかあさん, さうでもな, さっき高い, 力を, 古い話, 名前が, 好くない

▼ ところがこう~ (10, 0.1%)

2 なの, やって 1 と思いこむ, ウソを, 分類し, 禿げあがって, 竹槍を, 見えても

▼ ところがちょっと~ (10, 0.1%)

1 ちがうの, ちがうよう, でも涙, 不幸にも, 似て, 問題な, 変な, 妙な, 絵心でも, 脈を

▼ ところが一人~ (10, 0.1%)

1 おそろしくでかでかと, で畳, として語る, の人間, の名, の教員, の智恵者, の男, も掏摸, や二人

▼ ところが全く~ (10, 0.1%)

1 厭な, 反対な, 多鶴子にとっては, 夜に, 宙に, 彼の, 思いがけないこと, 打つて, 滑稽な, 私にと

▼ ところが~ (10, 0.1%)

1 と左, にはカンテラ, に述べた, の中指, の如き, の次第, の浮浪, の腕, の蛇の目, の話

▼ ところが暫く~ (10, 0.1%)

4 すると 2 するうち 1 お喋りを, で絵, 見て, 触診を

▼ ところが此処~ (10, 0.1%)

1 で念, にいた, にこうした, にわらうべき, に思わぬ, に私, に考へね, に雪, は小川, は朝夕学校

▼ ところが~ (10, 0.1%)

1 がそれ, が生憎祭, にも娘, に亜砒酸, の妃, はそう, はただ, は伏目, は其の, も娘

▼ ところがいつも~ (9, 0.1%)

1 おいでの, その時刻, そんな嫁, ながら例, のよう, の爽かさ, は障子, 足らないもの, 身の

▼ ところがこれから~ (9, 0.1%)

1 お話ししよう, が本筋, はみんな天父, は岩波文庫, は違う, 一年も, 僅二里あまり離れ, 晩までに, 野暮用に

▼ ところがすっかり~ (9, 0.1%)

1 その娘さん, ぬすみだされて, ぼくに, 分譲地に, 家庭的な, 当が, 感心し, 遠藤父娘の, 開放し

▼ ところがどうしても~ (9, 0.1%)

2 忘れられない 1 この国, モッツストラッセへ, 出来ないん, 手が, 残念な, 笑いが, 鍵は

▼ ところがみんな~ (9, 0.1%)

2 はもう 1 がみんな, が驚い, はこれら, はずいぶん, はそれ, 大人しく聴い, 欲しかった

▼ ところがわが~ (9, 0.1%)

1 カザノヴァは, コペイキン大尉の, 新劇人たちは, 日本は, 牧野老, 緑川博士は, 藤波金三郎は, 銭形平次は, 鯉坂君は

▼ ところがアメリカ~ (9, 0.1%)

1 から飛行機, では大工, では最初一年生, では案外, で起った, におけるプロレタリア自身, のよう, のスモッグ, は四九万人

▼ ところがクリストフ~ (9, 0.1%)

1 が来た, と出会った, に対すると統御, の時代, の計画, はシドニー, は一般, は批評, は聖グレゴアール

▼ ところが不意~ (9, 0.1%)

1 にあの, におこつた, にこれ, にすべて, によく, にキリスト教, に一八三二年二月, に女, に彼

▼ ところが人々~ (9, 0.1%)

1 がそんなに, にさういふ, のあと, の噂, の眼, の興味, はこの, は馬, をそれとなく

▼ ところが今朝~ (9, 0.1%)

1 からその, になっ, になつて, になりまし, の五時半, の火事, は如何なる, は晝行燈, 早く常見

▼ ところが~ (9, 0.1%)

2 に立った 1 にもいつた, に大覚, に藤屋七兵衞, は唖, へ死ん, ほどのこと, 申す通り

▼ ところが先方~ (9, 0.1%)

2 にも荒神様 1 が留守, では後, に行きます, のお, の心, へいっ, も乗馬

▼ ところが~ (9, 0.1%)

1 では丁度, で案外のんびり, で物音, なる仏頂寺, にもそんな, の連中, の騒ぎ, へ出, へ出る

▼ ところが子供~ (9, 0.1%)

1 がもう, が交, が銭湯, の二群, の云った, はち, はまだ, は母, は皮肉

▼ ところが最後~ (9, 0.1%)

1 にちと, に伯爵, に問題, に近く, に開いた, の一打, の反対論, の日, の開閉器

▼ ところが果して~ (9, 0.1%)

1 トムさんの, ピストルに, 庭下駄の, 彼は, 待望の, 日本の, 池袋から, 静脈血の, 鯉が

▼ ところが私たち~ (9, 0.1%)

1 が生れる, にはその, には一方, の中, の中学, の家庭, の生活, はどんな, は一つ兵士たち

▼ ところが豹一~ (9, 0.1%)

1 に, にはそんな, の言葉, は, はしまった, はその, はまるで, は真似るべき, らしい

▼ ところが面白い~ (9, 0.1%)

3 ことには 2 ことに, のは 1 ことは, 事には

▼ ところがさすが~ (8, 0.0%)

1 に大阪, に曹操, の名, は狼王, 同地にも, 将軍だ, 尾州領だけの, 袁紹の

▼ ところがそのうち~ (8, 0.0%)

1 お釈迦様と, こういうこと, セレナ夫人の, 一つの, 一字どうしても, 一番うけた, 石像の, 竪琴の

▼ ところがひとり~ (8, 0.0%)

1 お竜, こうしてわれと, こまったの, でいくら, のお婆さん, の放免囚徒, の発明, 忠直卿という

▼ ところがほんとう~ (8, 0.0%)

1 にその, にねむっ, に因業おやじ, のこと, はその, は何一つ, は外, は彼

▼ ところがもっと~ (8, 0.0%)

2 近くに 1 ひどい連中, ふしぎな, 先が, 奇妙な, 念入りに, 神経の

▼ ところが一つ~ (8, 0.0%)

1 えらくない, だつて, の事件, の絵, の金, の高い, もない, 大いに愉快

▼ ところが三月~ (8, 0.0%)

1 になつて, になり, に入っ, の中頃近く, の二十何日, の幾日, ばかりたつ, ほどし

▼ ところが奇妙~ (8, 0.0%)

3 なこと 1 な因縁, な男, な風説, に好き, に踊り

▼ ところが奥さん~ (8, 0.0%)

1 がちゃあん, が間仕切り, のせっかく, の方, の気に入られ, はちやほや, は止せ, 流行りましたね

▼ ところが~ (8, 0.0%)

1 というもの, にはいる, に帰っ, に帰つて, に帰る, のどこ, のなか, の者

▼ ところが幸い~ (8, 0.0%)

3 なこと 1 にし, にもたった, にシナ語, に多大, に最初

▼ ところが当の~ (8, 0.0%)

1 あなたから, レエヌは, 商人ロパーヒン自身も, 彼が, 御兄様, 本人が, 相手は, 道庵先生は

▼ ところが~ (8, 0.0%)

1 からの街道, しながらと, のまま, の名, の村, の祝詞, の神, はモスクヴァ

▼ ところが母親~ (8, 0.0%)

1 お豊, たるオカミサン, でない人, で無い人, にその, はお, はそれ, は須山

▼ ところが~ (8, 0.0%)

1 の仔, の抜け穴, の舌, はきょとん, はそう, はそれ, はやはり, は一日毎

▼ ところが現代~ (8, 0.0%)

1 ではその, では安い, においてはそうした, においては国家, における芝居, の心理的探求, の新聞, の日本

▼ ところが結果~ (8, 0.0%)

1 から言っ, はいつ, はかえって, はまったく, は予想通り, は反対, は彼, は案外

▼ ところが翌日~ (8, 0.0%)

2 の朝 1 その洋服屋, になっ, の夕方服部君, の夜, の新聞, も床

▼ ところが翌朝~ (8, 0.0%)

2 になっ 1 からしとしとと, になつ, になる, は丸薬缶, 早くキーシュ, 早く主人

▼ ところが~ (8, 0.0%)

1 では何, にはとも, の中, の入口, の大, の方, は右舷, をだし

▼ ところが近代~ (8, 0.0%)

2 になっ 1 では都会, にあっ, における人間, に到っ, の動物学者, の実験生物学者

▼ ところが途中~ (8, 0.0%)

1 からそこ, から急, でマル, で大粒, で昨夜, に急, まで来る, 聳え立つ岩山

▼ ところがいつか~ (7, 0.0%)

2 大学士 1 その働ら, その支払命令, の物忘れ, は意図, 出て

▼ ところがかの~ (7, 0.0%)

1 ラブレや, 代数学者たちは, 女から, 女は, 文士は, 泰軒とか, 魚には

▼ ところがこいつ~ (7, 0.0%)

1 がいた, がいつの間にか, はそんな, は大き, は手軽, は誰, は黙っ

▼ ところがそこで~ (7, 0.0%)

2 コンマが 1 おそろしいこと, ちょっとあなた, ちょっとした争い, 二人は, 案外にも

▼ ところがそれでも~ (7, 0.0%)

1 きかずに, きょうは, ってお, まだ帰っ, まだ真, シュパッツ夫人が, 考へ

▼ ところがそれら~ (7, 0.0%)

1 の人物, の句, の噂, の森林, の水先案内, の無視, の研究

▼ ところがたった~ (7, 0.0%)

1 いま引込んだ, 一つきみたちが, 一つ例外が, 一つ返されねえ, 一人この, 一人の, 一点ひろ子の

▼ ところが一年~ (7, 0.0%)

1 たたぬうち, と二箇月, ばかりたった, ばかり経つ, ほど経っ, もたつ, 経ったらエログロ出版者たち

▼ ところが事件~ (7, 0.0%)

1 があっ, が長引い, に意味, に於, の十五日夜アリバイ, はこれ, はさらにいっそう

▼ ところが~ (7, 0.0%)

2 は同行 1 があんまり, の博士, は中止, は更に, は自分

▼ ところが友人~ (7, 0.0%)

1 のほう, はその, はやって来ない, は一向に, は知らん, は私, も実に

▼ ところが女房~ (7, 0.0%)

1 が死ぬ, となる, にとっ, のお, の奴, の話, も黙

▼ ところが~ (7, 0.0%)

2 のところ 1 の父母, を云う, を申します, を言, 朝に

▼ ところが忽ち~ (7, 0.0%)

2 百枚を 1 そういう真面目, その反動, のうち, 表で, 麓から

▼ ところが~ (7, 0.0%)

1 にすさまじい, に圧迫, に変りだした, に左方, に水, に渡邊, に用事

▼ ところが~ (7, 0.0%)

1 助は, 十郎が, 十郎の, 学説で, 教派の, 日本の, 経済政策は

▼ ところが昨夜~ (7, 0.0%)

1 いえ今朝, といふ昨夜, の出来事, の戦い, の観測, 寝られないの, 逃げて

▼ ところが~ (7, 0.0%)

1 での葬式, では大変, にこういう, には床屋, に色々, の中位, の境内

▼ ところが犯人~ (7, 0.0%)

1 がいない, にし, はいない, はそういう, はその, は信次郎, は女

▼ ところが~ (7, 0.0%)

1 が猛烈, が覚めた, にはいる, に残っ, の下, の前, も利かない

▼ ところが老人~ (7, 0.0%)

1 には何より, のいった, の泳ぎ方, はふと, はもう, は亡妻, は明

▼ ところが近年~ (7, 0.0%)

3 になっ 1 では次第, は, はその, 或人

▼ ところが非常~ (7, 0.0%)

1 な呂音, な惡筆, に健康, に微妙, に有利, に親切, に都合

▼ ところが~ (7, 0.0%)

1 にあくび, はちっともびく, はもう, は容赦, は急, を引いた, を降りれない

▼ ところがああ~ (6, 0.0%)

2 なんという 1 いう大家, いふ風に, さうさ, 書けかう書けと

▼ ところがおかしな~ (6, 0.0%)

2 もので 1 ことが, ことに, ことには, 子どもは

▼ ところがおまえ~ (6, 0.0%)

1 がかぞえ, が敵, はすべて, はまだ, は人民, は僕

▼ ところがかえって~ (6, 0.0%)

1 このほう, 侯爵などという, 僕に, 悪人ばらの, 気に入ったと, 細工が

▼ ところがさっき~ (6, 0.0%)

1 あんなこと, から見, この第, の地震, の歌, 申した通り

▼ ところがさて~ (6, 0.0%)

1 そいつが, 噂に, 大館へ, 存八と, 実際砧, 検挙し

▼ ところがさらに~ (6, 0.0%)

1 その翌日, キュッと, 意外な, 押返して, 驚くべきこと, 高くなる

▼ ところがじっさい~ (6, 0.0%)

1 においてはかれ, にはかえって, には明日, にやろう, に当っ, の彼

▼ ところがせっかく~ (6, 0.0%)

1 のその, の封書, の覚悟, 下すった, 内まで, 死肉が

▼ ところがそれほど~ (6, 0.0%)

1 の腕利き, 失望も, 婦人に, 深く刻みこまれ, 盛大を, 銭湯好きの

▼ ところがたまたま~ (6, 0.0%)

1 この偶像, 一通の, 新橋マーケットの, 耳に, 自分の, 農家の

▼ ところがとつぜん~ (6, 0.0%)

1 この大, 作業衣の, 天井の, 怪しい物音, 雨谷は, 高一

▼ ところがなん~ (6, 0.0%)

1 だって自分, でも一所, のききめ, のこたあ, のた, の返事

▼ ところがふい~ (6, 0.0%)

2 にその 1 に, に彼女, に猫, に調子

▼ ところがまず~ (6, 0.0%)

1 初めるまえに, 動かねえ目安, 最初の, 眼の, 結婚生活の, 話の

▼ ところが~ (6, 0.0%)

1 かと思いました, かも, だけに安達, で致し方, とはいえ, をわきまえ

▼ ところがわたくし~ (6, 0.0%)

1 が近, にはどう, に今, はあなた, はまだ, は偶然

▼ ところがフリーダ~ (6, 0.0%)

2 は何 1 が突然, のほう, のよう, の幸運

▼ ところが一向~ (6, 0.0%)

1 お芽出度, 受附け, 困ったよう, 差支無から, 舞台が, 足が

▼ ところが三日目~ (6, 0.0%)

1 から次第に, にこの, の午後, の昼, の晩, の暮方

▼ ところが~ (6, 0.0%)

2 から三段目 1 では別, にいった, には上, に昇る

▼ ところが~ (6, 0.0%)

2 に対してマルクス主義, に附随, に附隨

▼ ところが二日目~ (6, 0.0%)

1 かにモサ, には村役人, に一人, に死ん, の日, の算術

▼ ところが亭主~ (6, 0.0%)

2 はまるで 1 の八住, の次郎吉, はむこう, も驚き

▼ ところが伸子~ (6, 0.0%)

1 がこっち, の単純, の情熱, の方, の身体, は彼

▼ ところが何事~ (6, 0.0%)

2 ぞ無い, も合理化 1 もありません, もない

▼ ところが何時~ (6, 0.0%)

1 でもそれ, となし, までたっ, まで待つ, まで経っ, 迄待っ

▼ ところが余り~ (6, 0.0%)

1 お目出度く, 寒いので, 暑い盛り, 無い, 背の, 豪雨の

▼ ところが信長~ (6, 0.0%)

1 が二十七日, のよう, の令, は操作, は正徳寺, は義仲

▼ ところが俳優~ (6, 0.0%)

1 というもの, といふもの, に必要, の世界, の大, も旅

▼ ところが其日~ (6, 0.0%)

3 も昼 2 も晝 1 の私

▼ ところが十一月~ (6, 0.0%)

1 になっ, にはあがった, に麦, の二十九日, の末頃, の霜

▼ ところが向う~ (6, 0.0%)

1 から因縁, から来た, のもの, の方, の船, は砲艦

▼ ところが問題~ (6, 0.0%)

1 の人, の日, の足跡, はそれ, は笑っ, は評論家

▼ ところが如水~ (6, 0.0%)

2 といふ人, も執拗 1 と弾正, は碁

▼ ところが始め~ (6, 0.0%)

1 てその, てみる, て私, に連れ, はそう, は大分議論

▼ ところが家康~ (6, 0.0%)

2 ときた 1 という人, は家臣, は温和, も四十

▼ ところが将軍家~ (6, 0.0%)

2 に於い 1 には幾度, はその, はにつこり, は淋し

▼ ところが~ (6, 0.0%)

1 伝馬船から, 劍と, 劍は, 悪魔が, 染は, 艶の

▼ ところが~ (6, 0.0%)

2 が薄 1 とくりゃ, のおかげ, のそば, の上流水温

▼ ところが~ (6, 0.0%)

1 が他, が言つて, にはその, のこの, はあの, はちび

▼ ところが~ (6, 0.0%)

1 にはちやう, に戻る, のカウンター, の中, の前, らしい店

▼ ところが~ (6, 0.0%)

1 で見, に降り, の方, は板石, は蒸暑い, をくま

▼ ところが~ (6, 0.0%)

2 の前, を開け 1 のところ, はあかなかった

▼ ところが折角~ (6, 0.0%)

1 そういう虎口, のこの, の友達, の気構え, 客を, 私の

▼ ところが明治~ (6, 0.0%)

1 になっ, になつて, の日本, の末期, の末頃, も末

▼ ところが~ (6, 0.0%)

1 あって, が立つ, とする, のたつ, の鑑識, はついに

▼ ところが~ (6, 0.0%)

4 てみる 1 てゐない, て見る

▼ ところが果たして~ (6, 0.0%)

1 それは, ラサ府まで, 予想どおり事実が, 喰い付かないで, 川端に, 磐梯山が

▼ ところが次に~ (6, 0.0%)

1 クリストフが, 小夜子サンを, 徳川夢声君といふ, 来るもん, 生まれた作品, 眼を

▼ ところが次第に~ (6, 0.0%)

1 お前が, そこへ, 変な, 平次の, 爪の, 美術という

▼ ところが~ (6, 0.0%)

1 が未だ, には会えなかった, はさっそく, はどう, は無造作, は読者

▼ ところが~ (6, 0.0%)

1 が蒸発, で漬けた, の系統, の重み, はあまり, をのむ

▼ ところが法水~ (6, 0.0%)

1 に表, の諧謔, の顔, はさながら, はさも, はすぐ

▼ ところが画かき~ (6, 0.0%)

2 は削る, は平気 1 はもうすっかり, はもうすつかりよろこん

▼ ところが病気~ (6, 0.0%)

2 をする 1 がだんだん, で早, のけだもの, の話

▼ ところが祖母~ (6, 0.0%)

1 が亡くなっ, の場合, の病気, はそんな, は非常, は面白い

▼ ところが~ (6, 0.0%)

4 る日 2 る朝

▼ ところが肝腎~ (6, 0.0%)

2 の兄 1 な半兵衛, の喜八郎, の山木, の近代

▼ ところが若い~ (6, 0.0%)

1 うちに, 二人の, 奥さんは, 松陰の, 男は, 頃に

▼ ところが~ (6, 0.0%)

1 ではからずも, で会っ, にごく, に一つ, に僕, に稍高等

▼ ところが親爺~ (6, 0.0%)

1 の奴それ, の方, の腹, はこの, は二ツ返事, は貰っ

▼ ところが諸君~ (6, 0.0%)

1 が結婚, そもそも物語, の教育, はちょうど, は夜中, 困ったこと

▼ ところがあくる日~ (5, 0.0%)

1 おそる, からすぐ, の新聞, はひどい, 大へん

▼ ところがあまり~ (5, 0.0%)

1 いろんな品物, 不幸な, 晴天つづきで, 狙いが, 立派な

▼ ところがいったん~ (5, 0.0%)

1 こまかく壊した, それが, 坑道の, 無形文化財に, 通りすぎた日本機

▼ ところがいつの間にか~ (5, 0.0%)

1 その着物, それも, 三つながら, 伊田の, 其の舟

▼ ところがおいら~ (5, 0.0%)

1 が見る, くれえ, のとこ, の鼻, は怖い

▼ ところがおどろいた~ (5, 0.0%)

4 ことに 1 ことには

▼ ところがきみ~ (5, 0.0%)

1 にはまだ, の目的, はなに, ほら綱, よりすこし

▼ ところがこんなに~ (5, 0.0%)

1 なって, 夜更け, 戦争が, 破れましたし, 遠い紅海

▼ ところがその間~ (5, 0.0%)

1 にどういう, に三輪, に八百, に宮本二天, 聊か遺憾

▼ ところが~ (5, 0.0%)

2 うとう鳥 1 うとうある, うとう夜, とひ

▼ ところがたつた~ (5, 0.0%)

1 ふたつこの, 一つ今度といふ, 一つ返されねえ, 一人お母さんの, 一人の

▼ ところがだれ~ (5, 0.0%)

1 かがそれ, もお, もご, もひもじいひもじい, 一人として

▼ ところがちやう~ (5, 0.0%)

2 どその 1 どそこ, ど半ば, ど幸ひなこと

▼ ところがって~ (5, 0.0%)

1 はねとばされた, ピョコンと, 夜具の, 焚火の, 落ちて

▼ ところがとても~ (5, 0.0%)

1 たまらなくい, やりきれやしない, 仙人には, 信じて, 大阪三輪鶴の

▼ ところがどんな~ (5, 0.0%)

1 ことで, ものである, 女にも, 返事を, 都市でも

▼ ところが~ (5, 0.0%)

1 さてそこ, ついこの, オイよく, 皿へ, 阿部さんが

▼ ところがない~ (5, 0.0%)

2 であらう, でもなかっ 1 んだ

▼ ところがなお~ (5, 0.0%)

1 まだ待っ, よく検討, 城門の, 濡れ縁の, 見ると

▼ ところがなんと~ (5, 0.0%)

1 いうこと, いう態, おどろくこと, 啖呵を, 姫を

▼ ところがはからずも~ (5, 0.0%)

1 こういう機会, この正月, わたしは, 先日ある, 勝頼の

▼ ところがひどく~ (5, 0.0%)

1 元氣, 大原氏の, 客が, 急用なんて, 落胆した

▼ ところがほか~ (5, 0.0%)

1 にない, の三人, の人びと, の子供ら, の武将連

▼ ところがもの~ (5, 0.0%)

1 の二三分, の二十歩, の二枚, は順当, を知らねえ

▼ ところがアマーリア~ (5, 0.0%)

1 の場合, はその, はほんとう, はもし, は前

▼ ところがイワン~ (5, 0.0%)

1 がその, が塔, が戸口, が長椅子, はそう

▼ ところがドイツ~ (5, 0.0%)

1 からもどっ, がかつて, の旗色, の社会情勢, はブルジョア

▼ ところがヒダ~ (5, 0.0%)

1 に至っ, のマンナカ, の伝説, の国造, の地

▼ ところが一夜~ (5, 0.0%)

1 あければ, この小屋, のうち, の中, 酔っ払った青木

▼ ところが一旦~ (5, 0.0%)

2 何か 1 恋する身, 笑ひ出し, 自分の

▼ ところが一月~ (5, 0.0%)

1 すぎても, とは持つまい, ばかりたった, ばかり床, ほどする

▼ ところが一週間~ (5, 0.0%)

1 たっても, とたたない, と経たない, ほど経っ, 経つか

▼ ところが~ (5, 0.0%)

1 にゐた, に来, の部分, 梳きから, 簾

▼ ところが事態~ (5, 0.0%)

1 はただならぬ, はますます, はチューブ, は急転, は果して

▼ ところが二三日前~ (5, 0.0%)

1 ある本, から絵, になり, に郷里, の朝

▼ ところが二十面相~ (5, 0.0%)

1 が土手, が拘置所, が立ちさった, のおも, は大穴

▼ ところが人類~ (5, 0.0%)

1 のする, の多く, の威嚇, はすべて, はまた

▼ ところが今彼~ (5, 0.0%)

1 のねぼけ, の心, はパリー人, は地べた, は大洋中

▼ ところが仕事~ (5, 0.0%)

1 がだんだん, が終っ, にとりかかっ, はそれ, をすました

▼ ところが他人~ (5, 0.0%)

1 がそれ, にゃできねえ, の大事, はどう, は絶対

▼ ところが伯爵~ (5, 0.0%)

1 の人となり, の死後, の部屋, は何, は切手

▼ ところが何ぞ~ (5, 0.0%)

1 と云っ, はからん時流, 知らんあなた, 知らん新九郎, 計らん幾週間

▼ ところが信州~ (5, 0.0%)

1 では氷, といふところ, などのタナン棒, は山国, は物

▼ ところが僅か~ (5, 0.0%)

1 に五, 三号出した, 二ヶ月で, 二年ばかり, 二里ばかりの

▼ ところが僕ら~ (5, 0.0%)

1 が迷宮, と違う, の仲間, の天性, は全く

▼ ところが兄さん~ (5, 0.0%)

1 からは帰る, それだけじ, ちょうどあの, のほう, はせん

▼ ところが~ (5, 0.0%)

2 はとれない 1 に角, に角五百円, を手づかみ

▼ ところが~ (5, 0.0%)

1 てえ, てきた, て来た, て行かれなくなりました, て見る

▼ ところが反対~ (5, 0.0%)

1 ですよ, にキリスト教, に国家, に娘, は次第に

▼ ところが叔父~ (5, 0.0%)

1 からはそう, があなた, の意見, の接待, は入場券

▼ ところが古い~ (5, 0.0%)

1 ところでは, パイプである, 假名遣, 時代の, 用法に

▼ ところが困った~ (5, 0.0%)

2 ことに, ことには 1 問題が

▼ ところが~ (5, 0.0%)

2 なこと 1 なん, な男, な顔

▼ ところが多く~ (5, 0.0%)

2 の狐達 1 の場合男, の素人, の絵師

▼ ところが~ (5, 0.0%)

1 にうずく, によって判断, の中, の方, を見

▼ ところが大きな~ (5, 0.0%)

1 かもめの, サイクルホールは, 山ほど, 波が, 鯉を

▼ ところが大変~ (5, 0.0%)

21 である, な霰, にそれ

▼ ところが~ (5, 0.0%)

2 れが 1 になった, はその, は別

▼ ところが女中~ (5, 0.0%)

1 と入れ, にそう, に勘定, の話, を手

▼ ところが好事魔~ (5, 0.0%)

1 おおしせっかく, 多し, 多しで, 多しとか, 多し芝居興行

▼ ところが存外~ (5, 0.0%)

1 それが, とこりゃ, にも, 今なお, 痴人の

▼ ところが実に~ (5, 0.0%)

1 よいあんばい, 人相に, 恐ろしい不幸, 感じられる, 馬鹿気た

▼ ところが家内~ (5, 0.0%)

1 がもう一度, はまた, は売上高, は私, は長い

▼ ところが~ (5, 0.0%)

1 の忠平, の言葉, の返事, の野郎, はマーシェンカ

▼ ところが後世~ (5, 0.0%)

2 に至っ 1 になっ, になる, は其

▼ ところが思いがけない~ (5, 0.0%)

4 ことが 1 ことに

▼ ところが支倉君~ (5, 0.0%)

1 この三色刷, この出来事, その場所, その潜勢状態, ちょうどこれ

▼ ところが~ (5, 0.0%)

1 が我々, はただ, は前面, は案外, は火

▼ ところが文学~ (5, 0.0%)

1 に自意識, の仕事, の理論, の領野, は違

▼ ところが明日~ (5, 0.0%)

1 おそろしい禍い, が約束, ともいわず, になっ, の十時頃

▼ ところが昨今~ (5, 0.0%)

1 では本家本元, の日本, の暮し, は無, は珍

▼ ところが氏郷~ (5, 0.0%)

1 の手配, は一旦, は其男, は平然, も一応

▼ ところが江戸~ (5, 0.0%)

1 から連れ, になっ, に唯一軒, の政府, の町

▼ ところが江戸時代~ (5, 0.0%)

1 になる, にはこの, の一種, の滑稽文学, はそう

▼ ところが熊城君~ (5, 0.0%)

1 あるいはあの, そうして他殺, その物質構成, だいたい双生児, 元来十二宮

▼ ところが~ (5, 0.0%)

2 の方, はまた 1 は入りかわり出

▼ ところが秀吉~ (5, 0.0%)

2 が兵 1 の場合, の方, の札

▼ ところが私達~ (5, 0.0%)

1 が谷, の仮り, の指さし, の無駄, の生活

▼ ところが芝居~ (5, 0.0%)

2 の終り 1 だけは少く, の好き, の社会

▼ ところが見る~ (5, 0.0%)

1 からに奇怪, からに脊髄骨, とブル, と今日, と綺麗

▼ ところが~ (5, 0.0%)

2 計らんや 1 に親子, はからん, 図らんや

▼ ところが近世~ (5, 0.0%)

1 では十数箇処, になる, の, の新刀, また現今

▼ ところが郎女~ (5, 0.0%)

3 の答 1 の答え, の返事

▼ ところが~ (5, 0.0%)

1 のそ, の前, の扉, をはいっ, 之丞

▼ ところが~ (5, 0.0%)

2 はまもなくぱたっと 1 が沢山, のしとしと, や雪

▼ ところがいかにも~ (4, 0.0%)

1 あの時代, 二十面相らしい, 伝六らしい, 間の

▼ ところがいや~ (4, 0.0%)

1 な奴, はややっぱりもと, 私は, 私も

▼ ところがいろいろ~ (4, 0.0%)

1 な事, な事情, やって, 話を

▼ ところがうまい~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 こと通った, 具合に

▼ ところがおかしい~ (4, 0.0%)

2 ことに 1 ことには, 事には

▼ ところがおもしろい~ (4, 0.0%)

2 ことには 1 ことも, 事には

▼ ところがお前さん~ (4, 0.0%)

1 の言葉つき, はあの, はよく, は歳どん

▼ ところがかう~ (4, 0.0%)

1 いふ宿屋に, いふ心理的傾向は, いふ臭気は, いふ風に

▼ ところがかれ~ (4, 0.0%)

1 の気分, の鼻, は溝, ら監視当直の

▼ ところがこの間~ (4, 0.0%)

1 ある西洋人, その子供たち, に日本, も話した

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 しんさま容貌が, 亭主は, 番所へ, 自身で

▼ ところがしまいに~ (4, 0.0%)

1 その男, は仲間割れ, は笑っ, ぼんやりし出し

▼ ところがすべて~ (4, 0.0%)

1 が徒勞, の価値, の技術, の条件

▼ ところがそれでは~ (4, 0.0%)

1 はなして, 一つ不便が, 向うが, 明日にも

▼ ところがそれはいちめん~ (4, 0.0%)

4 黒い唐草

▼ ところがそれ以前~ (4, 0.0%)

1 にもう, にも約, に気味, に犯人

▼ ところがたしかに~ (4, 0.0%)

1 あるね, うかがわれるの, またやって来た, 驚くべき奇怪

▼ ところがつぎ~ (4, 0.0%)

1 に写真, に家族, に房子さん, の年

▼ ところがどうか~ (4, 0.0%)

1 した心, した拍子, した調子, すると

▼ ところがはじめ~ (4, 0.0%)

1 のうち誰, は仲, は大, は酒興

▼ ところがはたして~ (4, 0.0%)

1 ある晩, それが, 二つの, 彼の

▼ ところがふたり~ (4, 0.0%)

1 がそんな, が勉強部屋, の子供, の笑い声

▼ ところがふとした~ (4, 0.0%)

1 ことから, ことで, 拍子で, 機会に

▼ ところがますます~ (4, 0.0%)

1 ばかな, ふしぎな, わるくなる, 会いたくなった

▼ ところがやっと~ (4, 0.0%)

1 天気の, 暁方に, 片づけたのに, 落著ける

▼ ところがやつ~ (4, 0.0%)

1 て見, と今日あと, と着いた, はとっくに

▼ ところがよくよく~ (4, 0.0%)

1 味わって, 縁が, 考えて, 見ると

▼ ところがわが国~ (4, 0.0%)

1 の文人, の法典, の物質文化, の純文学

▼ ところがカムパネルラ~ (4, 0.0%)

4 は窓

▼ ところがチェーホフ~ (4, 0.0%)

2 の場合, はスヴォーリン

▼ ところがチベット~ (4, 0.0%)

1 ではこんな, のハーチェリン, の法王, の西北原

▼ ところがチベット人~ (4, 0.0%)

1 は一向, は五百人, は断れ, は満足

▼ ところがパリ~ (4, 0.0%)

1 につい, に住み馴れ, の一科学者, の中心

▼ ところがピストル~ (4, 0.0%)

1 が火, で自殺, の銃口, の音

▼ ところがボート~ (4, 0.0%)

4 は左舷

▼ ところが一昨日~ (4, 0.0%)

1 から続けざま, だったかと, のこと, の晩

▼ ところが一般~ (4, 0.0%)

1 にはさよう, に知識人, の家庭, も低かっ

▼ ところが二階~ (4, 0.0%)

1 から突然, のおどり, の書齋, の階段

▼ ところが五郎兵衛~ (4, 0.0%)

2 はその, は恋そのもの

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 が十分, が疲れ, の工合, はそのまま

▼ ところが元来~ (4, 0.0%)

1 これらの, 栗という, 正覚坊と, 私と

▼ ところが全然~ (4, 0.0%)

1 ダメだ, 心当りが, 期待外れで, 矛盾が

▼ ところが十二月~ (4, 0.0%)

2 の初め 1 に脂肪, の十日

▼ ところが午後~ (4, 0.0%)

1 になる, の一時半頃, の法廷, 引けて

▼ ところが却って~ (4, 0.0%)

1 よいの, わざを, 作者と, 都に

▼ ところが厄介~ (4, 0.0%)

4 なこと

▼ ところが只今~ (4, 0.0%)

1 うけたまわれば, では切らんけれ, の御, までの議論

▼ ところが君たち~ (4, 0.0%)

1 がぼく, ときたら, はこれから, はそう

▼ ところが困つた~ (4, 0.0%)

2 ことに 1 ことには, なあ

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 から山, の中, へ近づく, を出

▼ ところが夕方~ (4, 0.0%)

1 ちかくなる, になっ, になる, 戻って

▼ ところが大学~ (4, 0.0%)

1 の二年, の教授, の方, へはいっ

▼ ところが大臣~ (4, 0.0%)

1 が機嫌, というもの, はずっと, はその後ぶん擲ぐらないとかえってよく

▼ ところが太陽~ (4, 0.0%)

1 がその, の光, の洪水, は一旦

▼ ところが孔子~ (4, 0.0%)

1 の室, の答え, はあと, はただ

▼ ところが宿~ (4, 0.0%)

1 からわずか, の主人, へ帰りまし, を離れ

▼ ところが實際~ (4, 0.0%)

1 となつて, の津輕, はその, は決して

▼ ところが小林君~ (4, 0.0%)

1 ががんばれ, がそう, が先生, にはうまい

▼ ところが少年~ (4, 0.0%)

1 は, はそうした, は何, は至極

▼ ところが帆村~ (4, 0.0%)

1 の予言, の望ん, は顔, は首

▼ ところが師匠~ (4, 0.0%)

1 は, はあんな, は笑い, 笑わねえで

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 がいかない, が明け, が若い, をとる

▼ ところが弁護士~ (4, 0.0%)

1 が, はきいた, はまだ依然として, は質問

▼ ところが彼自身~ (4, 0.0%)

1 が落ちつけなかった, でやる, にあ, の生活

▼ ところが待て~ (4, 0.0%)

1 どもなんら, ど暮せ, ど暮らせ, ば海路

▼ ところが後で~ (4, 0.0%)

1 それが, 知り合, 見ると, 須山から

▼ ところが思ひ~ (4, 0.0%)

1 がけず, がけない, のほか, の他

▼ ところが我が~ (4, 0.0%)

1 コペイキン先生は, 郷田三郎は, 阿Qにおいては, 飛行将校は

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 がとどく, にはちっとも, に入れる, に取ろう

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 もよし, わるく吉岡清十郎, 悪しくその, 悪しく吹き捲く

▼ ところが支那~ (4, 0.0%)

1 ではそういう, では税, に遣る, のごく

▼ ところが支那人~ (4, 0.0%)

1 ではござりませぬ, のはう, のほう, はそれ

▼ ところが改札口~ (4, 0.0%)

4 には明るい

▼ ところが政府~ (4, 0.0%)

1 が国民, の方, の方針, の農業政策

▼ ところが新聞~ (4, 0.0%)

1 では駆, のあの, の報道, の誤植

▼ ところが時間~ (4, 0.0%)

1 が少し, にし, になる, に生き

▼ ところが~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 なぞは朝飯, 出かけなけりゃならないとき

▼ ところが木村~ (4, 0.0%)

1 はこの, はその, は対局, は自分

▼ ところが本当~ (4, 0.0%)

1 のニギリタケ, の悪党, の看板屋, を云

▼ ところが~ (4, 0.0%)

2 はその 1 の片隅, の領主

▼ ところが武蔵~ (4, 0.0%)

1 によれ, の奥, は右手, は彼方

▼ ところが殿様~ (4, 0.0%)

1 が登城, のお, のようだい, は大

▼ ところが現に~ (4, 0.0%)

1 お北, 私達が, 見た者, 間違いが

▼ ところが現実~ (4, 0.0%)

1 にはこの, はちょうど, はどう, はまさに

▼ ところが理助~ (4, 0.0%)

2 のとる, は連れ

▼ ところが田舎~ (4, 0.0%)

1 ではまず, にのこし, のほう, の子供

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 てが外れ, の彦太郎, り前, り札

▼ ところが百姓~ (4, 0.0%)

1 の家, の悲し, は, はどう

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 がくすくす, の疾走, の起ち上がった, 合格し

▼ ところが皮肉~ (4, 0.0%)

3 なこと 1 な事

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 がさめ, と鼻, の開いた, をあけ

▼ ところが神様~ (4, 0.0%)

1 が御, の罰, は歴史家, を正面

▼ ところが~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 の終り, はすべて

▼ ところが細君~ (4, 0.0%)

1 が承知, の方, は恐悦, 案外暢気

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 ジャン, 先生には, 婦人の, 蝮は

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 く母, の事, をやる, を見慣れ

▼ ところが自動車~ (4, 0.0%)

1 がこんどあちら, が事務所, にのつて, を呼ばせ

▼ ところが自然~ (4, 0.0%)

1 でない, では, というもの, の骨組

▼ ところが芸術~ (4, 0.0%)

1 というもの, にたずさわっ, の世界, はこれ

▼ ところが行っ~ (4, 0.0%)

3 てみる 1 て見る

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 から勢, は出来た, 日本の, 日本は

▼ ところが被告~ (4, 0.0%)

1 の申, はそんな, はなかなか, は頭

▼ ところが西洋~ (4, 0.0%)

1 では大臣, では東洋人, でも大戦後, の社会

▼ ところが親戚~ (4, 0.0%)

2 の人々 1 の者, もなし

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 が威勢, が居る, の右, はけろりと

▼ ところが辰夫~ (4, 0.0%)

2 は看護婦云々, は規定

▼ ところが返事~ (4, 0.0%)

1 がない, が来, のできない, はもっと

▼ ところが道三~ (4, 0.0%)

1 は意外, は案外, は落ち目, も一パイ

▼ ところが都会~ (4, 0.0%)

1 からの客, で本当に, における軽工業, の学校生活

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 という男, と喰物, のある, は貸し

▼ ところが銀行~ (4, 0.0%)

1 からは体, では盗難, や商事会社, を退職

▼ ところが長い~ (4, 0.0%)

1 病にか, 間そこに, 間探し疲れ, 間為朝に

▼ ところが~ (4, 0.0%)

3 の悪い 1 も無く

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 父さんが, 爺は, 難が, 難は

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 だこの, の中, の降っ, は表面

▼ ところが電車~ (4, 0.0%)

1 が大国町, が込ん, に乗っ, の乗替

▼ ところが~ (4, 0.0%)

1 いがい, がワカヒコとそッくり, の下, の先

▼ ところがあちら~ (3, 0.0%)

1 で父, の先生, へ行つて

▼ ところがあつし~ (3, 0.0%)

1 には皆んな言, の近く, はこの

▼ ところがあに~ (3, 0.0%)

2 はからん 1 図らんや

▼ ところがあらゆる~ (3, 0.0%)

1 ものの, オペラグラスは, 人間には

▼ ところがいきなり~ (3, 0.0%)

1 下から, 引っこ抜いて, 蹴とばされつづいて

▼ ところがいちばん~ (3, 0.0%)

1 しまいになっ, の難所, 考えるべきこと

▼ ところがいつぞや~ (3, 0.0%)

1 の黒百合, 森鴎外の, 身の上相談の

▼ ところがいつのまにか~ (3, 0.0%)

1 入口の, 婆さんは, 掃除人が

▼ ところがいわゆる~ (3, 0.0%)

1 凝った普請, 境遇の, 大衆文学などは

▼ ところがうしろ~ (3, 0.0%)

1 にカチカチカチッ, のはう, をむく

▼ ところがえらい~ (3, 0.0%)

1 人気な, 力で, 女で

▼ ところがおかみ~ (3, 0.0%)

1 にはこの, のほう, は爪立ち

▼ ところがお母さん~ (3, 0.0%)

1 が病気, が自分, の夢

▼ ところがかかる~ (3, 0.0%)

1 ことに, 社会観国家観人生観世界観は, 長文を

▼ ところがきのう~ (3, 0.0%)

1 になっ, の朝食, は生憎

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 だもの, ふは, ふ日

▼ ところがけさ~ (3, 0.0%)

1 になっ, 出るとき, 早くに

▼ ところがこつち~ (3, 0.0%)

1 ぢや, はもう, は同じ

▼ ところがごらん~ (3, 0.0%)

1 なさい, のとおり, の通り

▼ ところがさしも~ (3, 0.0%)

1 に広大, の彼, の聖オリゲネス

▼ ところがさつき~ (3, 0.0%)

1 あんなに目ざとく, から見, まで晴れき

▼ ところがじつは~ (3, 0.0%)

1 それは, なんでも, 息を

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 つかり振られて, つかり気に入りました, なおに

▼ ところがすでに~ (3, 0.0%)

1 二刻も, 如何とも, 谷口は

▼ ところがそうすると~ (3, 0.0%)

1 今度は, 妙な, 眼に

▼ ところがその道~ (3, 0.0%)

1 ならぬ恋, はどこ, はひどい

▼ ところがそれで~ (3, 0.0%)

1 ちょうど双方, 何を, 何時迄も

▼ ところがたれ~ (3, 0.0%)

1 か知らん, がその, の返辞

▼ ところがだいぶ~ (3, 0.0%)

1 好きらしい, 相手も, 経つてから

▼ ところがだしぬけ~ (3, 0.0%)

1 に彼女, に抱月氏, に縁

▼ ところがちっとも~ (3, 0.0%)

1 ない, 危ないこと, 恐ろしくない

▼ ところがところ~ (3, 0.0%)

2 ですから 1 でしょう気

▼ ところがところが~ (3, 0.0%)

1 だね, だよ, 第四斥候隊

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 つこい, つこいさ, ろぼうたちが

▼ ところがどうやら~ (3, 0.0%)

1 その女, 氷の, 近くなっ

▼ ところがどっこい~ (3, 0.0%)

2 そうは 1 こっちは

▼ ところがどの~ (3, 0.0%)

1 位探し, 控室にも, 都市も

▼ ところがどれ~ (3, 0.0%)

2 もこれ 1 ほどたっ

▼ ところがなんぞ~ (3, 0.0%)

1 計らん, 計らんそれから, 計らん狼虎

▼ ところがばか~ (3, 0.0%)

1 なりにもしょっちゅう, におれ, を云い給え

▼ ところがほんの~ (3, 0.0%)

1 一節聞えた, 一部の, 旅費だけ

▼ ところがまことに~ (3, 0.0%)

1 偶然な, 申しづらい, 稀代な

▼ ところがまさに~ (3, 0.0%)

1 この下級, この時, そのこと

▼ ところがやっ~ (3, 0.0%)

1 てみる, て見, ぱしへとへとになったってね

▼ ところがアドルム~ (3, 0.0%)

1 という催眠薬, はテキメン, は常にそう

▼ ところがオリヴィエ~ (3, 0.0%)

1 は前もって, は生活, は自分

▼ ところがカザン~ (3, 0.0%)

1 で若い, に到着, へ着い

▼ ところがクラム~ (3, 0.0%)

1 の場合, はやってこなかった, は彼

▼ ところがドア~ (3, 0.0%)

1 がパッ, はもう二度と, をひらく

▼ ところがバルナバス~ (3, 0.0%)

1 にとってはそういう, にとってはそれ, は

▼ ところがパーヴェル・パーヴロヴィチ~ (3, 0.0%)

1 はさっさと, はどう, は笑う

▼ ところがファルス~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の作者達, は全的

▼ ところがフランス人~ (3, 0.0%)

1 の考え, は文学, は知力

▼ ところがポオ~ (3, 0.0%)

2 はクロムリン 1 は第

▼ ところがマダム~ (3, 0.0%)

2 は話 1 いくら流行病

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 と晩, と朝, 昨昭和七年

▼ ところが一寸~ (3, 0.0%)

1 かきたくなりました, その例, 経って

▼ ところが一日~ (3, 0.0%)

1 の騒ぎ, 思いがけない事件, 置いて

▼ ところが一朝~ (3, 0.0%)

2 にし 1 通夜と

▼ ところが一歩~ (3, 0.0%)

1 この部屋, 踏み入れるなり, 退いて

▼ ところが一軒~ (3, 0.0%)

1 だけ屋敷, の樵夫, の縄暖簾

▼ ところが三輪~ (3, 0.0%)

3 の萬七親分

▼ ところが下女~ (3, 0.0%)

1 の方, は今, は自分

▼ ところが下手人~ (3, 0.0%)

2 の素姓 1 の疑ひ

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 が複雑, の人, の禁酒運動

▼ ところが世界~ (3, 0.0%)

1 の中, はどんなに, はまことに

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 の子, の彦右衛門, 人徳右衞門は

▼ ところが九州~ (3, 0.0%)

1 が平定, では大隅, の鬼

▼ ところが二つ~ (3, 0.0%)

1 にわれ, の不幸, の影

▼ ところが二三日~ (3, 0.0%)

1 して, すると, ですつかり輕快

▼ ところが二年~ (3, 0.0%)

1 ばかりする, ばかり前, ほど前

▼ ところが二日~ (3, 0.0%)

1 が三日, ばかりする, 立っても

▼ ところが亡くなつた~ (3, 0.0%)

3 森田武彦君といふ

▼ ところが京都~ (3, 0.0%)

1 にいる, にはよい, のどんどん

▼ ところが人生~ (3, 0.0%)

1 にはそうした, に於ける, はよく

▼ ところが今あなた~ (3, 0.0%)

1 が, に縛られ, は私

▼ ところが今回~ (3, 0.0%)

1 かねてあこがれ, の事件, は私

▼ ところが今日僕~ (3, 0.0%)

2 はふと 1 にはこの

▼ ところが令嬢~ (3, 0.0%)

2 に註文 1 はさすが

▼ ところが仲間~ (3, 0.0%)

1 でも何, でも少し, によせ

▼ ところが会社~ (3, 0.0%)

1 には勤勉, の方, はこの

▼ ところが伯父~ (3, 0.0%)

1 の上院議員, の叱り, はその

▼ ところが何しろ~ (3, 0.0%)

1 二人とも, 生れて, 防腐剤なぞ

▼ ところが何だか~ (3, 0.0%)

1 それを, 変に, 要領を

▼ ところが何と~ (3, 0.0%)

1 それが, ハヤ時間表の, 奇怪な

▼ ところが何ん~ (3, 0.0%)

1 と錢形平次, にも知らない, の薬

▼ ところが何時の間にか~ (3, 0.0%)

1 伝統の, 僕は, 彼の

▼ ところが作者~ (3, 0.0%)

1 の意, はさらに, よりも註釈者

▼ ところが信吉~ (3, 0.0%)

1 にとっては少し, の独言, はその

▼ ところが俳句~ (3, 0.0%)

1 にあっ, になります, になる

▼ ところが僕たち~ (3, 0.0%)

1 のかけ, の仲間, はいろんな

▼ ところが兄貴~ (3, 0.0%)

3 のフェリックス

▼ ところが先月~ (3, 0.0%)

1 か先々月, の事, の末

▼ ところが先頭~ (3, 0.0%)

2 の兵隊さん 1 に立った

▼ ところが光子さん~ (3, 0.0%)

1 の方, の様子前, はあの

▼ ところが入口~ (3, 0.0%)

2 から三本目 1 で誰

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 から返辞, がわ, には白刃

▼ ところが内地~ (3, 0.0%)

2 の昔 1 の形勢

▼ ところが到頭~ (3, 0.0%)

1 お着, やりましたよ, 逐倒され

▼ ところが前夜~ (3, 0.0%)

1 の合戦, 考えて, 考へて

▼ ところが~ (3, 0.0%)

2 にも限度 1 は分派

▼ ところが十時~ (3, 0.0%)

1 が十一時, に眠った, 過ぎても

▼ ところが半月~ (3, 0.0%)

1 ほどする, ほどたつ, ほど經つて

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 では嫌ひだ, はどこ, 広いお話

▼ ところが右門~ (3, 0.0%)

1 が意外, は座敷, は意外

▼ ところが同じこの~ (3, 0.0%)

1 一郭で, 事件についての, 夜の

▼ ところが哀れ~ (3, 0.0%)

1 なる事件, な鉄さん, にも木美子

▼ ところが喧嘩~ (3, 0.0%)

1 にならない, の場合, をした

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 が一転, のとおり, の通り彼女

▼ ところが四五日前~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 からめっきり

▼ ところが~ (3, 0.0%)

3 つた事には

▼ ところが土地~ (3, 0.0%)

2 の者 1 の大

▼ ところが坂田~ (3, 0.0%)

1 はこの, はその, は老齢

▼ ところが夜中~ (3, 0.0%)

1 になつて, になる, はちよ

▼ ところが大阪~ (3, 0.0%)

1 のすし屋, の新聞, は新

▼ ところが夫人~ (3, 0.0%)

1 の答え, は世にも, は左利

▼ ところが奇怪~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 にも殿

▼ ところが婆さん~ (3, 0.0%)

1 は口, は私ら, を取っちめ

▼ ところが寒い~ (3, 0.0%)

1 さかりの, のと, 中を

▼ ところが将校~ (3, 0.0%)

1 はすでに, は彼, は旅行者

▼ ところが小説~ (3, 0.0%)

1 というもの, の地, を書い

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 一つ全体の, 以上の, 問題が

▼ ところが帰っ~ (3, 0.0%)

2 てみる 1 て見る

▼ ところが幽霊~ (3, 0.0%)

1 という大, はそんな, は大

▼ ところが廊下~ (3, 0.0%)

1 でお, でかなり, を走っ

▼ ところが当人~ (3, 0.0%)

1 だけは根, の身性, 見計らうだけに

▼ ところが当日~ (3, 0.0%)

1 になつて, になる, はオーカミイナリ

▼ ところが役人~ (3, 0.0%)

1 はとかく, はやや, も生きね

▼ ところが彼奴~ (3, 0.0%)

1 はひどく, は不良青年, は何

▼ ところが從來~ (3, 0.0%)

2 の哲學者 1 の哲學

▼ ところが思い~ (3, 0.0%)

1 がのこっ, もよらず, もよらぬ

▼ ところが思いがけず~ (3, 0.0%)

1 前記の, 定刻の, 最近に

▼ ところが怪人~ (3, 0.0%)

1 がどこ, はそんな, は庭

▼ ところが悦治~ (3, 0.0%)

3 はひとりはさみ

▼ ところが~ (3, 0.0%)

2 小田原包囲の 1 我慢した

▼ ところが手紙~ (3, 0.0%)

1 は男, をあけ, を読ん

▼ ところが拙者~ (3, 0.0%)

1 には解っ, は投網, は茶碗

▼ ところが支店長代理~ (3, 0.0%)

1 はその, はちょうど, は活溌

▼ ところが政治~ (3, 0.0%)

1 がデモクラチツク, の場合, や社會組織

▼ ところが数日~ (3, 0.0%)

1 のま, の後, 経った時

▼ ところが日本海~ (3, 0.0%)

1 の沿岸, の船運, へそそぐ

▼ ところが旦那~ (3, 0.0%)

1 その狗つて, 太え, 詳しいところ

▼ ところが明智~ (3, 0.0%)

2 は何 1 がそうして

▼ ところが映画~ (3, 0.0%)

1 ではカット, となる, はこの

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 とよく, と全く, に随伴

▼ ところが普通~ (3, 0.0%)

2 の商人 1 の寒暖計

▼ ところが暫らく~ (3, 0.0%)

1 して, するうち, すると

▼ ところが書い~ (3, 0.0%)

1 てある, てみ, てゐる

▼ ところが曹操~ (3, 0.0%)

1 の計画, は門前, は高台

▼ ところが最近僕~ (3, 0.0%)

1 は偶然, は思いがけない, は若干

▼ ところが期待~ (3, 0.0%)

2 を裏切られた 1 した和解

▼ ところが木戸~ (3, 0.0%)

2 は内 1 は立った

▼ ところが未だ~ (3, 0.0%)

1 照子は, 脚を, 魏軍の

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 に向う, 當に, 當の

▼ ところが本当に~ (3, 0.0%)

1 いいところ, その順序, 今年の

▼ ところが~ (3, 0.0%)

2 の上 1 に向

▼ ところが来る~ (3, 0.0%)

1 客も, 筈に, 者が

▼ ところが東洋~ (3, 0.0%)

1 にはその, には黒子, の哲学

▼ ところが東洋人~ (3, 0.0%)

2 は自然 1 は水蒸気

▼ ところが林田~ (3, 0.0%)

1 の為, の魔術, はあの

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 はずんずん, はよろこん, は粗忽

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 から出, がいつ, の中程

▼ ところが極めて~ (3, 0.0%)

1 低い階級, 微力な, 片隅の

▼ ところが次郎~ (3, 0.0%)

1 がだしぬけ, はそんな, は別れ道

▼ ところが欧洲~ (3, 0.0%)

2 の大戦 1 の学者たち

▼ ところが歌舞伎~ (3, 0.0%)

2 や新派 1 の俳優

▼ ところが此處~ (3, 0.0%)

1 にいけない, に都合, まで來

▼ ところが歴史~ (3, 0.0%)

1 の学, の強力, は推移

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 に依る, の姿はさ, の意慾

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 がつく, をつける, 障か

▼ ところが法王~ (3, 0.0%)

1 の兄, の出られた, は少し

▼ ところが流石~ (3, 0.0%)

1 は商売柄, は彼奴, 名奉行様

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 が盛ん, にあたっ, の傍

▼ ところが火夫~ (3, 0.0%)

1 はそれ, はまったく, は何

▼ ところが無理~ (3, 0.0%)

1 にでも貰おう, もない, をし

▼ ところが父親~ (3, 0.0%)

1 のほう, は最後, は非常

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 ずきな, の美事, は当たっ

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 に来, のずつと上手, の化粧品

▼ ところが留守~ (3, 0.0%)

1 の家族, の法印, を預かる

▼ ところが百貨店~ (3, 0.0%)

1 で小店員, の支配人, を攻撃

▼ ところが皇帝~ (3, 0.0%)

1 の方, は, は有用動物

▼ ところが盗んだ~ (3, 0.0%)

1 人という, 奴が, 日本人です

▼ ところが直ぐ~ (3, 0.0%)

1 また筆, 左手の, 払い出しは

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 が成長, にでも躓いた, のもっ

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 のお, の内容, も仏

▼ ところが私の~ (3, 0.0%)

1 はそう, はちゃんと, は胆力

▼ ところが私自身~ (3, 0.0%)

1 にさ, はこれから, は悲しん

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 がいつしか, が白, 高くのぼれ

▼ ところが突如~ (3, 0.0%)

1 とし, 雹まじり, 音が

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 から金, のその, はさいわい

▼ ところが米友~ (3, 0.0%)

1 というもの, はいっこう, は海老蔵

▼ ところが約束~ (3, 0.0%)

1 の場所, の期日, ばかりで

▼ ところが紳士~ (3, 0.0%)

1 のほう, はとても, は大いに

▼ ところが結晶~ (3, 0.0%)

3 の形

▼ ところが続い~ (3, 0.0%)

1 てその, て警察自動車, て驚くべき

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 円さんは, 攻撃で, 葺替えに

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 あつて他, というもの, の下

▼ ところが翌年~ (3, 0.0%)

1 の三月, の春, の正月

▼ ところが考え~ (3, 0.0%)

1 てごらん, てみる, ても見る

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 かたむけて, のきこえない, をうたがった

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 斎先生は, 用の, 蔑と

▼ ところが自分たち~ (3, 0.0%)

1 が修業, は土間, は遠方

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 ている, てはいけない, てゐる

▼ ところが親分~ (3, 0.0%)

1 そのお, もう一つ, 面白い話

▼ ところが親父~ (3, 0.0%)

1 に暇乞, の方, はすぐ

▼ ところが親類~ (3, 0.0%)

1 に生, に生薬屋, のこと

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 がだんだん, はこれから, は未だ

▼ ところが警部~ (3, 0.0%)

1 のテオリー, の一行, の電話

▼ ところが谷博士~ (3, 0.0%)

1 の方, は何, も山形警部

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 がしめっ, が糊, を折った

▼ ところが身体~ (3, 0.0%)

1 が大きい, より煩い, をまっすぐ

▼ ところが農村~ (3, 0.0%)

1 と都会, に於ける, の人々

▼ ところが逃げ~ (3, 0.0%)

1 てゆく, て来ました, て行った

▼ ところが運命~ (3, 0.0%)

1 というもの, とでもいう, は彼

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 で一人, に迷, を間違え

▼ ところが遺憾~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 ながら西南戦争当時

▼ ところが部屋~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の者

▼ ところが都合~ (3, 0.0%)

1 のいい, の好い, よく学校帰り

▼ ところが野崎~ (3, 0.0%)

1 が同じ, の計算, はその

▼ ところが雨坊主~ (3, 0.0%)

1 が突き伏せられた, の方, はワラジ

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 と手首, に鎖, を長く

▼ ところが馬車~ (3, 0.0%)

1 の上, の光, を下りる

▼ ところが駄目~ (3, 0.0%)

1 で, です, なん

▼ ところが~ (3, 0.0%)

1 声器は, 時には, 柳なんぞが

▼ ところが鯉坂君~ (3, 0.0%)

1 が跡, の懐疑的態度, の頭脳

▼ ところがあくる~ (2, 0.0%)

1 日に, 朝店の

▼ ところがあけ~ (2, 0.0%)

1 てある, てみる

▼ ところがあすこ~ (2, 0.0%)

1 は嘉門次, へ来る

▼ ところがあそこ~ (2, 0.0%)

1 なんか襖, の坊さん

▼ ところがあたし~ (2, 0.0%)

1 は一種, は始終そう

▼ ところがあたしたち~ (2, 0.0%)

1 のほん, の受け

▼ ところがあった~ (2, 0.0%)

1 のだ, ように

▼ ところがあて~ (2, 0.0%)

1 が外れた, もなく

▼ ところがあなたの~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は非常

▼ ところがあなた様~ (2, 0.0%)

1 が潜門, は私

▼ ところがあのお~ (2, 0.0%)

1 医者様は, 継と

▼ ところがありがたい~ (2, 0.0%)

1 ことに, もんで

▼ ところがいかに~ (2, 0.0%)

1 勝ち気の, 稀代の

▼ ところがいけない~ (2, 0.0%)

1 からおかしい, と抑

▼ ところがいささか~ (2, 0.0%)

1 外人的である, 湯が

▼ ところがいっこう~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, バカだ

▼ ところがいったいどう~ (2, 0.0%)

2 したという

▼ ところがいっぽう~ (2, 0.0%)

1 ではその, 数馬どのの

▼ ところがいつの間に~ (2, 0.0%)

1 やら私, 群った

▼ ところがいま眼~ (2, 0.0%)

1 の前, をさまし

▼ ところがいま私~ (2, 0.0%)

1 が夜具, は失恋

▼ ところがいわば~ (2, 0.0%)

1 手荒な, 集合論の

▼ ところがうち~ (2, 0.0%)

1 のイリューシャ, の羊羹

▼ ところがうまく~ (2, 0.0%)

1 初江が, 泣けて

▼ ところがおお~ (2, 0.0%)

1 ごらんなさい, 汽車はと

▼ ところがおばあさん~ (2, 0.0%)

1 がもう, は犬

▼ ところがお前たち~ (2, 0.0%)

1 がきた, はせっかく

▼ ところがお松~ (2, 0.0%)

1 もまた, を悩ませた

▼ ところがお父さん~ (2, 0.0%)

1 は二年, は没落

▼ ところがお茶~ (2, 0.0%)

1 が済む, を出さう

▼ ところがお雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 にはいっこう, の不安

▼ ところがかうし~ (2, 0.0%)

1 て一緒, て自由新聞はめちや

▼ ところがかうした~ (2, 0.0%)

1 宗教団体の, 彼我相對の

▼ ところがかならず~ (2, 0.0%)

1 いるに, 手前の

▼ ところがかなり~ (2, 0.0%)

1 時期おくれ, 長い時間

▼ ところがかよう~ (2, 0.0%)

1 なイ音, に属性

▼ ところがかんじん~ (2, 0.0%)

1 な其許, の本人

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 むらたけしくんの, ようの

▼ ところがきっと~ (2, 0.0%)

1 あるん, 来る

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 やつ相当に, よい石母田外記

▼ ところがことごとく~ (2, 0.0%)

1 お大尽, 旦那の

▼ ところがことし~ (2, 0.0%)

1 の五月なかば, の秋口

▼ ところがこん~ (2, 0.0%)

2 にち

▼ ところがさき~ (2, 0.0%)

1 に読者諸氏, に述べた

▼ ところがさして~ (2, 0.0%)

1 お荷物, 困難でも

▼ ところがさる~ (2, 0.0%)

1 人の, 酒場で

▼ ところがじつ~ (2, 0.0%)

1 さいに, さいは

▼ ところがすこし~ (2, 0.0%)

1 ずつはがれ, 時経つ

▼ ところがすこぶる~ (2, 0.0%)

2 かん単で

▼ ところがそういった~ (2, 0.0%)

1 古典文学が, 風貌が

▼ ところがそうこう~ (2, 0.0%)

1 するうち, ともだえ

▼ ところがそっち~ (2, 0.0%)

1 がまだ, へも逃げられなかった

▼ ところがそのまま~ (2, 0.0%)

1 夏に, 逃げて

▼ ところがその同じ~ (2, 0.0%)

1 日の, 鼓の

▼ ところがそれだけ~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の企み

▼ ところがそれどころか~ (2, 0.0%)

1 あの日, それを

▼ ところがそれ以外~ (2, 0.0%)

1 にも胃内, の結果

▼ ところがそれ程~ (2, 0.0%)

1 いそいで, までにし

▼ ところがそんなに~ (2, 0.0%)

1 仲が, 近くに

▼ ところがたいへん~ (2, 0.0%)

1 なのよ, 熱い

▼ ところがたくさん~ (2, 0.0%)

1 あって, あつた

▼ ところがちつ~ (2, 0.0%)

1 とも減りません, とも辛味

▼ ところがちゃんと~ (2, 0.0%)

1 三十五ノットで, 見えて

▼ ところがついに~ (2, 0.0%)

1 それは, 了解した

▼ ところがつかまえられる~ (2, 0.0%)

2 鳥よりは

▼ ところがつかまへられる~ (2, 0.0%)

2 鳥よりは

▼ ところがつて行きそれ~ (2, 0.0%)

2 が踊り

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 まえがお城, まえの

▼ ところがてんで~ (2, 0.0%)

1 の個性, 見向きも

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 ございます, てきた

▼ ところができる~ (2, 0.0%)

1 ことで, ともできない

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 彼は, 隠居さんは

▼ ところがところで~ (2, 0.0%)

1 このところ, 子供だけが

▼ ところがとたんに~ (2, 0.0%)

1 かれは, 城中からも

▼ ところがどうしてどうして~ (2, 0.0%)

1 事件勃発です, 役に立たないどころ

▼ ところがどうにも~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 腑に

▼ ところがどちら~ (2, 0.0%)

1 がどう, にも私自身

▼ ところがどんなに~ (2, 0.0%)

1 やって, 平次を

▼ ところがなあ~ (2, 0.0%)

1 口で, 大将今度は

▼ ところがなかなかそう~ (2, 0.0%)

1 でない, はいかなかった

▼ ところがなぜ~ (2, 0.0%)

1 家出を, 苦しめなさるの

▼ ところがにんじん~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は狡い

▼ ところがはじめて~ (2, 0.0%)

1 床を, 気がついたよう

▼ ところがはや~ (2, 0.0%)

1 おいででは, お聞き及び

▼ ところがはやく~ (2, 0.0%)

1 もその, 一つでも

▼ ところがひと~ (2, 0.0%)

1 の世, 弾きに

▼ ところがひとつ~ (2, 0.0%)

2 も無い

▼ ところがひと月~ (2, 0.0%)

1 の上, ほどたった

▼ ところがびっくり~ (2, 0.0%)

1 したじゃ, するほど

▼ ところがほどなく~ (2, 0.0%)

1 山の, 遠州

▼ ところがほら~ (2, 0.0%)

1 そこが, 此麼ところに

▼ ところがぼくたち~ (2, 0.0%)

1 が海岸, はあやしい

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 どろこしいこと, ぬけなとき

▼ ところがまたまた~ (2, 0.0%)

1 その途中, 一年よけいに

▼ ところがまったく~ (2, 0.0%)

1 二代は, 奇態な

▼ ところがまんまと~ (2, 0.0%)

1 一杯食わした, 予想がは

▼ ところがもう一度~ (2, 0.0%)

1 伏見城へ, 出直さなきや

▼ ところがもともと~ (2, 0.0%)

1 炭素の, 雪片や

▼ ところがもとより~ (2, 0.0%)

1 丈助の, 事実でも

▼ ところがやあ~ (2, 0.0%)

1 これは, 宅助か

▼ ところがやがて少し~ (2, 0.0%)

1 ずつ両, づつ頭を

▼ ところがやり損じ~ (2, 0.0%)

1 て化けの皮, て犬

▼ ところがゆうべ~ (2, 0.0%)

1 とうとう空気男, もきょう

▼ ところがようやく~ (2, 0.0%)

1 二三日まえ, 知れた住居

▼ ところがよほど~ (2, 0.0%)

1 あるよう, 見分けにくい

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 んは

▼ ところがろう~ (2, 0.0%)

1 やの戸, やへいっ

▼ ところがアイヌ~ (2, 0.0%)

1 と上代, の住ん

▼ ところがアストン博士~ (2, 0.0%)

1 と私達, の仕事

▼ ところがアリョーシャ~ (2, 0.0%)

1 がうまく, の心

▼ ところがアンジョーラ~ (2, 0.0%)

1 の命令, は女

▼ ところがイオン~ (2, 0.0%)

1 が存在, の生理学的研究

▼ ところがイカバッド~ (2, 0.0%)

1 の切り, は敵

▼ ところがイギリス~ (2, 0.0%)

1 では恋愛論, となりゃ

▼ ところがイザ~ (2, 0.0%)

1 となつ, となる

▼ ところがオレ~ (2, 0.0%)

1 にはモウ力, はだまされない

▼ ところがカテリーナ・リヴォーヴナ~ (2, 0.0%)

1 にとっては順応, はあいにく

▼ ところがカン蛙~ (2, 0.0%)

2 は一言

▼ ところがキーシュ~ (2, 0.0%)

1 にいわれた, はぐんぐん

▼ ところがグルーシェンカ~ (2, 0.0%)

1 のところ, のほう

▼ ところがサテ~ (2, 0.0%)

1 この論文, その私

▼ ところがサラット・チャンドラ・ダース師~ (2, 0.0%)

1 がやはり, は国

▼ ところがシローテ~ (2, 0.0%)

1 のこの, は通詞

▼ ところがジナイーダ~ (2, 0.0%)

1 は猫, も口

▼ ところがジルノルマン氏~ (2, 0.0%)

1 の方, はそういう

▼ ところがソルティーニ~ (2, 0.0%)

1 はわたしたち, はポンプ

▼ ところがソヴェト~ (2, 0.0%)

1 の家族, へ参りまし

▼ ところがゾラ~ (2, 0.0%)

1 によれ, に至つて

▼ ところがチチコフ~ (2, 0.0%)

1 はその, はふと

▼ ところがテンバ~ (2, 0.0%)

1 はどうもまだ, はまた

▼ ところがトニオ~ (2, 0.0%)

2 の母

▼ ところがドミトリイ・フョードロヴィッチ~ (2, 0.0%)

1 が素寒貧, はこの

▼ ところがドレゴ~ (2, 0.0%)

1 の運, は思い懸けない

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 僕は, 早坂君俺の

▼ ところがノズドゥリョフ~ (2, 0.0%)

1 の方, は一向

▼ ところがハッキリ~ (2, 0.0%)

1 とわかりまする, 致しませぬが

▼ ところがハンドル~ (2, 0.0%)

1 はどう, を持った

▼ ところがパパ~ (2, 0.0%)

2 は一言

▼ ところがパン~ (2, 0.0%)

1 は夏, を必要量

▼ ところがフォン・コーレン~ (2, 0.0%)

1 ときたら独立独行, にとっては人間

▼ ところがフシギ~ (2, 0.0%)

1 と申しまする, なこと

▼ ところがフランス~ (2, 0.0%)

1 だと, の音楽家ら

▼ ところがホテル~ (2, 0.0%)

1 のヴェランダ, へ着い

▼ ところがホンモノ~ (2, 0.0%)

1 の大型秋田, の女優

▼ ところがマッチ~ (2, 0.0%)

1 がで, がない

▼ ところがマン~ (2, 0.0%)

1 の顔, はまるで

▼ ところがモーク~ (2, 0.0%)

1 が自分, にあっ

▼ ところがヨハンネス~ (2, 0.0%)

1 の口, はコップ

▼ ところがラクシャン~ (2, 0.0%)

2 第一子

▼ ところがラジオ~ (2, 0.0%)

1 では海底, の解説

▼ ところがリンパー先生~ (2, 0.0%)

1 はやつぱりびくともしてゐない, は見向き

▼ ところがルピック氏~ (2, 0.0%)

1 はナフキン, は逃げる

▼ ところがレヴェズさん~ (2, 0.0%)

1 そうして伸子, その解式

▼ ところがロンドン~ (2, 0.0%)

1 でロオド・ブロツクボオル, へ来

▼ ところが一ツ~ (2, 0.0%)

1 だけ目ざましく, のカゴ

▼ ところが一七九四年~ (2, 0.0%)

2 には出生

▼ ところが一九四七年~ (2, 0.0%)

1 にはこの, の春以来日本民主化

▼ ところが一向に~ (2, 0.0%)

1 つまらない人, 無趣味な

▼ ところが一時間~ (2, 0.0%)

1 ばかりした, 過ぎても

▼ ところが一条河原~ (2, 0.0%)

1 のキヨメ, の浄人

▼ ところが一枚~ (2, 0.0%)

1 の白紙, も私

▼ ところが一歩足~ (2, 0.0%)

1 を入れた, を農村

▼ ところが一生~ (2, 0.0%)

1 おそば, かかっても

▼ ところが一番~ (2, 0.0%)

1 はっきり残っ, 困るの

▼ ところが一目~ (2, 0.0%)

1 にずう, 見ると

▼ ところが一羽~ (2, 0.0%)

1 の鷺, も捕らない

▼ ところが七月~ (2, 0.0%)

1 には更に, の終り

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の池, 捕は

▼ ところが三人~ (2, 0.0%)

1 ともしきりに, の小

▼ ところが三年~ (2, 0.0%)

1 たって, をついやし

▼ ところが三時~ (2, 0.0%)

1 になっ, の時計

▼ ところが三造~ (2, 0.0%)

1 が見る, によれ

▼ ところが三郎~ (2, 0.0%)

1 のほう, は成長

▼ ところが上田~ (2, 0.0%)

1 のお, の真田昌幸

▼ ところが上陸~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ ところが下僕~ (2, 0.0%)

1 は, は吃驚

▼ ところが下手~ (2, 0.0%)

1 な料理人, の横好き

▼ ところが下男幹助~ (2, 0.0%)

2 がそれ

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 圖見る, 通俗に

▼ ところが不可~ (2, 0.0%)

1 ないこと, ないの

▼ ところが不審~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ ところが不運~ (2, 0.0%)

1 だつたこと, にも不発

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 の公

▼ ところが与八~ (2, 0.0%)

1 の働きぶり, は一向

▼ ところが並木先生~ (2, 0.0%)

1 の見解, は世間

▼ ところが中国~ (2, 0.0%)

1 の人々, は自分

▼ ところが中途~ (2, 0.0%)

1 でしどろもどろ, まで来る

▼ ところが乃公~ (2, 0.0%)

1 の國, は殺人罪

▼ ところが久我さん~ (2, 0.0%)

1 その二つ, その荒野

▼ ところが九月~ (2, 0.0%)

2 の末

▼ ところが九鬼~ (2, 0.0%)

1 の死, の死に

▼ ところが予定~ (2, 0.0%)

1 の時日, よりも数日

▼ ところが予想~ (2, 0.0%)

2 に反し

▼ ところが予期~ (2, 0.0%)

1 せざる事情, に反し

▼ ところが二カ月~ (2, 0.0%)

1 の末, ばかり経っ

▼ ところが二三~ (2, 0.0%)

1 の友人, の言葉

▼ ところが二三年前~ (2, 0.0%)

1 から分岐溝, にある

▼ ところが二三日後~ (2, 0.0%)

1 のある, よく主

▼ ところが二十五日~ (2, 0.0%)

1 の午後, の朝

▼ ところが二十六日~ (2, 0.0%)

2 の朝

▼ ところが二十日~ (2, 0.0%)

1 になっ, の日

▼ ところが二度目~ (2, 0.0%)

1 の冬, の訊問

▼ ところが二月~ (2, 0.0%)

1 のゼネスト, の末

▼ ところが二本榎~ (2, 0.0%)

2 の貸家

▼ ところが二週間~ (2, 0.0%)

1 とたたない, ほどたった

▼ ところが五ヵ年計画~ (2, 0.0%)

1 が四年, とともにこの

▼ ところが五年生~ (2, 0.0%)

2 の嘉助

▼ ところが人びと~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, は何一つ

▼ ところが人夫~ (2, 0.0%)

1 がやってき, はカンジキ

▼ ところが人家~ (2, 0.0%)

1 は一軒, は絶てなし

▼ ところが仁木~ (2, 0.0%)

1 が周囲, としては水甕

▼ ところが今それ~ (2, 0.0%)

1 がしずか, をのみこん

▼ ところが今われわれ~ (2, 0.0%)

1 の前, はパデレヴスキー

▼ ところが今僕~ (2, 0.0%)

1 がタクマ少年, の前

▼ ところが今晩~ (2, 0.0%)

1 になっ, は風

▼ ところが今目~ (2, 0.0%)

1 のさき, の前

▼ ところが今私~ (2, 0.0%)

1 の眼前, はお伽噺

▼ ところが仏教~ (2, 0.0%)

1 では死, はちょっと

▼ ところが以上~ (2, 0.0%)

1 の事柄, の十三

▼ ところが以前~ (2, 0.0%)

1 はなかなか, 知って

▼ ところが伊豆~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ ところが会員~ (2, 0.0%)

1 がしきりに, ではあった

▼ ところが会議~ (2, 0.0%)

1 の席, の決議

▼ ところが佐々~ (2, 0.0%)

1 の乗った, は自分一人

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ ところが余りに~ (2, 0.0%)

1 手筈が, 追迫

▼ ところが作品~ (2, 0.0%)

1 のうへでは私, の現実

▼ ところが例へば~ (2, 0.0%)

1 フロオベルに, 私の

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 かにハタ, の子持ち

▼ ところが俄然~ (2, 0.0%)

1 ここへ, として弥之助

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 にいう, にも死人

▼ ところが倉庫~ (2, 0.0%)

1 がまた, の中

▼ ところが倉田~ (2, 0.0%)

1 はもう, は急

▼ ところが個人~ (2, 0.0%)

1 の意識, の自我

▼ ところが個人的~ (2, 0.0%)

1 なその, に話

▼ ところが倶楽部~ (2, 0.0%)

1 へでも行く, へ行ったら

▼ ところが停車場~ (2, 0.0%)

1 から市中, にはどういう

▼ ところが僕等~ (2, 0.0%)

1 がやる, のやう

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の人間, 來この

▼ ところが元帥~ (2, 0.0%)

1 のいる, をかこむ

▼ ところが先日郷里~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ ところが先生ら~ (2, 0.0%)

1 の手, の耳

▼ ところが先生僕~ (2, 0.0%)

1 と比較, をつかまえる

▼ ところが先週~ (2, 0.0%)

1 の月曜日以来, の木曜日

▼ ところが入っ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来た

▼ ところが入院~ (2, 0.0%)

1 して, しなくっちゃ

▼ ところが全部~ (2, 0.0%)

1 を点し終った, 黒い熔岩

▼ ところが八百徳~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ ところが公卿~ (2, 0.0%)

1 の中, や薩長人ら

▼ ところが公園~ (2, 0.0%)

1 の中, の近く

▼ ところが公衆~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ところが六月~ (2, 0.0%)

1 になっ, もはじめ

▼ ところが兵士~ (2, 0.0%)

1 が汚, のほう

▼ ところが兵庫~ (2, 0.0%)

2 へ到着

▼ ところが其処~ (2, 0.0%)

1 で一層, で三十分の上

▼ ところが其奴~ (2, 0.0%)

1 がいけない, は執念深く

▼ ところが内容~ (2, 0.0%)

1 の終わり, はモリエル

▼ ところが再び~ (2, 0.0%)

1 大雪だ, 新聞に

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 というやつ, を往来中

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 さんに, 七日の

▼ ところが初め~ (2, 0.0%)

1 の一撃, の一週間

▼ ところが初めて~ (2, 0.0%)

1 私が, 私は

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の事情, の二人

▼ ところが別に~ (2, 0.0%)

1 今一つ, 大した價値

▼ ところが前述~ (2, 0.0%)

1 のよう, の現品調査

▼ ところが勝手~ (2, 0.0%)

1 でない昨日, を心得ません

▼ ところが勿論~ (2, 0.0%)

1 この事, 日本みたいに

▼ ところが北原~ (2, 0.0%)

1 はこ, はここ

▼ ところが北海道~ (2, 0.0%)

1 となる, の場合

▼ ところが医者~ (2, 0.0%)

1 のほう, の云います

▼ ところが十九世紀~ (2, 0.0%)

1 の中期, の末

▼ ところが十二時間目~ (2, 0.0%)

2 に又

▼ ところが十分~ (2, 0.0%)

1 ほどたった, 経っても

▼ ところが十勝行~ (2, 0.0%)

2 もその

▼ ところが十四郎~ (2, 0.0%)

1 と喜惣, は運

▼ ところが十年~ (2, 0.0%)

1 の約束, ほど前

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 封建的な, 左右衛門自身と

▼ ところが半年~ (2, 0.0%)

1 ぐらい前, 経つと

▼ ところが半蔵~ (2, 0.0%)

1 にはある, の順番

▼ ところが南原杉子~ (2, 0.0%)

1 の一夜, は仁科六郎

▼ ところが厚木~ (2, 0.0%)

2 から下流

▼ ところが原さん~ (2, 0.0%)

1 の前, は飯場頭

▼ ところが叔母~ (2, 0.0%)

1 にはその, は古藤

▼ ところが叔母さん~ (2, 0.0%)

1 と來, は反対

▼ ところが古く~ (2, 0.0%)

1 からの島民, さかのぼれば

▼ ところが古典~ (2, 0.0%)

1 の文章, や時代小説

▼ ところが同じく~ (2, 0.0%)

1 お艶, 書物でも

▼ ところが同様~ (2, 0.0%)

1 にまた, の話

▼ ところが呪文~ (2, 0.0%)

1 が終った, の網

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 トロッコで, 一つ花道から

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 は氷点

▼ ところが商売~ (2, 0.0%)

1 は昼間, は自分

▼ ところが嘉ッコ~ (2, 0.0%)

2 の兄さん

▼ ところが嘉助~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, のほう

▼ ところが嘉靖年間~ (2, 0.0%)

2 に倭寇

▼ ところが嘗て~ (2, 0.0%)

1 の時代, 千九百十年に

▼ ところが四五日~ (2, 0.0%)

1 たったある, たって

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 の堅く

▼ ところが地球~ (2, 0.0%)

1 のどちら側, は彼

▼ ところが城門~ (2, 0.0%)

1 のよう, へ来

▼ ところが場内~ (2, 0.0%)

1 でその, で其男

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 の両側

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の末ごろ, も過ぎ

▼ ところが夕食~ (2, 0.0%)

1 の時, の時間

▼ ところが外側~ (2, 0.0%)

1 がしめっ, は注意深く

▼ ところが多少~ (2, 0.0%)

1 の噂, 困ること

▼ ところが夜叉王~ (2, 0.0%)

1 はそれ, はゆっくり

▼ ところが夢中~ (2, 0.0%)

1 で振り, で突進

▼ ところが大いに~ (2, 0.0%)

1 悦んで, 気にいって

▼ ところが大した~ (2, 0.0%)

1 事に, 重さ

▼ ところが大人~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ ところが大寺~ (2, 0.0%)

1 から若松市, が犯罪

▼ ところが大層~ (2, 0.0%)

1 御意に, 迷惑そうな

▼ ところが大工~ (2, 0.0%)

1 が東郷, が東郷大将

▼ ところが大抵~ (2, 0.0%)

1 の人, の論文

▼ ところが大王~ (2, 0.0%)

1 は, はその

▼ ところが太郎~ (2, 0.0%)

1 にとって先生, は健全

▼ ところが失礼~ (2, 0.0%)

1 だが, ですけれども

▼ ところが奇体~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ ところが奈々子~ (2, 0.0%)

1 の小さな, の屍体

▼ ところが女達~ (2, 0.0%)

2 が裸

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 あ出し, ときたら

▼ ところが奴等~ (2, 0.0%)

1 だつて中, は僕等

▼ ところが如何なる~ (2, 0.0%)

1 わけか, 簡単なる

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 はみごと, は第

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 は又, は天邪鬼

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の夫, は筆

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の註文, は

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 が來, は妊娠

▼ ところが子息~ (2, 0.0%)

1 の実, はお爺さん

▼ ところが子沢山結局~ (2, 0.0%)

2 しまいには

▼ ところが孔明~ (2, 0.0%)

1 はすでに, を見る

▼ ところが学士~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ ところが学者~ (2, 0.0%)

1 というもの, はたいてい

▼ ところが安川久子嬢~ (2, 0.0%)

1 はピストル, は云ってる

▼ ところが宗伯老~ (2, 0.0%)

1 が亡くなられ, のかご

▼ ところが宗匠~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, はどうしても

▼ ところが宗教~ (2, 0.0%)

1 がもういっそう, といふやう

▼ ところが宝塚~ (2, 0.0%)

1 の諸, の難民

▼ ところが実行~ (2, 0.0%)

1 の愛, をし

▼ ところが実験~ (2, 0.0%)

2 の結果

▼ ところが客車~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ ところが宮本竹蔵先生~ (2, 0.0%)

1 の所説, は

▼ ところが家庭~ (2, 0.0%)

1 によっては朝食, の主婦

▼ ところが宿六~ (2, 0.0%)

2 の近作

▼ ところが宿舎~ (2, 0.0%)

1 にあてるべき, へ着く

▼ ところが富子~ (2, 0.0%)

1 がちょっと, が着物

▼ ところが富山~ (2, 0.0%)

1 に製薬者, のメーカー

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 はあった, へ移った

▼ ところが寺男~ (2, 0.0%)

1 の老母, は

▼ ところが小さな~ (2, 0.0%)

1 ボス共には, 田舎町の

▼ ところが小坊主~ (2, 0.0%)

2 ばかりが見物

▼ ところが小学校~ (2, 0.0%)

1 の教員, を卒業

▼ ところが小屋~ (2, 0.0%)

1 の入口, の持主

▼ ところが少佐~ (2, 0.0%)

1 の声, は得意げ

▼ ところが少女~ (2, 0.0%)

2 は立去らない

▼ ところが屋上~ (2, 0.0%)

1 からおばさん, へ来

▼ ところが屋敷~ (2, 0.0%)

1 に鎧, は屋敷

▼ ところが屍体~ (2, 0.0%)

1 の身元, は素足

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の中, は少し

▼ ところが山上~ (2, 0.0%)

1 には旗影, へあがっ

▼ ところが山男~ (2, 0.0%)

1 がとうとう, にはそれ

▼ ところが島村さん~ (2, 0.0%)

1 にはちっとも, の弔文

▼ ところが川口~ (2, 0.0%)

1 が, はてんで

▼ ところが川岸~ (2, 0.0%)

2 に残した

▼ ところが川端氏~ (2, 0.0%)

2

▼ ところが左様~ (2, 0.0%)

1 に外国, は問屋

▼ ところが左近~ (2, 0.0%)

1 の預金, は維新

▼ ところが市会~ (2, 0.0%)

1 では傍聴, にかかる

▼ ところが帰り~ (2, 0.0%)

1 ついて, にはやっぱり

▼ ところが帰朝~ (2, 0.0%)

1 して, のみぎり同乗

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 松屋の, 馬どのが

▼ ところが平ら~ (2, 0.0%)

2 に水

▼ ところが平二~ (2, 0.0%)

2 は人

▼ ところが平生~ (2, 0.0%)

1 ならば, は割合

▼ ところが平賀さん~ (2, 0.0%)

1 は少し, は平気

▼ ところが幾日~ (2, 0.0%)

1 たっても, となく

▼ ところが幾月~ (2, 0.0%)

1 たっても, 待つても

▼ ところが広間~ (2, 0.0%)

1 の左半分, を横切っ

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 には底, は真っ暗

▼ ところが弁信~ (2, 0.0%)

1 がいっこう, はどう

▼ ところが弁信さん~ (2, 0.0%)

1 とき, ときた

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 にし, 太郎の

▼ ところが役者~ (2, 0.0%)

1 があまり, はこっち

▼ ところが彼女ら~ (2, 0.0%)

1 の父親, は南座

▼ ところが往々~ (2, 0.0%)

1 にし, みえます

▼ ところが待つ~ (2, 0.0%)

1 ちや居られません, ている

▼ ところが後に~ (2, 0.0%)

1 その考え, なつて時計屋

▼ ところが後ろ~ (2, 0.0%)

1 からまだ, から見る

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 はあまり

▼ ところが従僕~ (2, 0.0%)

1 のほう, は全然

▼ ところが御覧~ (2, 0.0%)

1 のとおり, のとおりダイヤル

▼ ところが必ず~ (2, 0.0%)

2 何かも

▼ ところが必要~ (2, 0.0%)

1 な鎖, に迫られた

▼ ところが思う~ (2, 0.0%)

1 ほどに売れず, ように

▼ ところが思わぬ~ (2, 0.0%)

1 妨害から, 方面から

▼ ところが怪物~ (2, 0.0%)

1 のほう, は檻

▼ ところが恋愛~ (2, 0.0%)

1 による結婚, や結婚

▼ ところが恰度~ (2, 0.0%)

1 そのころ, その時

▼ ところが悩むべき~ (2, 0.0%)

2 ところにも

▼ ところが愈々~ (2, 0.0%)

1 当時小石川原町の, 最終という

▼ ところが意地~ (2, 0.0%)

1 の惡いもの, 悪く出来あがっ

▼ ところが意志~ (2, 0.0%)

1 が自由, の発達

▼ ところが愕ろ~ (2, 0.0%)

2 いたこと

▼ ところが感心~ (2, 0.0%)

1 しない者, な事

▼ ところが慌て~ (2, 0.0%)

1 ている, て福神漬

▼ ところが憎み~ (2, 0.0%)

1 については同, については同様

▼ ところが成層圏~ (2, 0.0%)

1 に近い, までとびあがっ

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 のみの悦び, の受け方

▼ ところが戦争中~ (2, 0.0%)

1 から一変, にユニバシティ

▼ ところが戦地~ (2, 0.0%)

2 へ行

▼ ところが戯曲~ (2, 0.0%)

1 が文学, ではそれ

▼ ところが扁理~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ ところが手下~ (2, 0.0%)

1 の楊醜, の男

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 いよいよ江戸, て愈々

▼ ところが持っ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て生れた

▼ ところが描かれ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ところが支倉君それ~ (2, 0.0%)

1 が僕, が+-

▼ ところが故意~ (2, 0.0%)

1 か偶然, に文法

▼ ところが敗戦~ (2, 0.0%)

1 して, と同時に

▼ ところが教師~ (2, 0.0%)

1 に対する社会, のほう

▼ ところが教育~ (2, 0.0%)

1 のある, の根本

▼ ところが文化~ (2, 0.0%)

1 の侵入, の方

▼ ところが文子~ (2, 0.0%)

1 と野々宮, にはそれ

▼ ところが斯ん~ (2, 0.0%)

1 な事, な苦痛

▼ ところが新しく~ (2, 0.0%)

1 やとい入れた, 発展し

▼ ところが新任~ (2, 0.0%)

1 の司令官, の国防

▼ ところが新鮮~ (2, 0.0%)

1 なの, な食べもの

▼ ところが日曜日~ (2, 0.0%)

1 にひとつ, の九時

▼ ところが日野~ (2, 0.0%)

1 は八千代サン, は単に

▼ ところが早く~ (2, 0.0%)

1 も一幕目, も鳥類

▼ ところが明治七年~ (2, 0.0%)

1 に小野組, の九月

▼ ところが易介~ (2, 0.0%)

1 が発見, はあの

▼ ところが昔ながら~ (2, 0.0%)

1 のわが, 赤い車輪

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 も出, 移り物

▼ ところが昨晩~ (2, 0.0%)

1 に相違, 帰りましたら父

▼ ところが時々~ (2, 0.0%)

1 尿道専門何某という, 崖裏の

▼ ところが時代~ (2, 0.0%)

1 が惡, の前後

▼ ところが晩成先生~ (2, 0.0%)

2 は多年

▼ ところが書けない~ (2, 0.0%)

1 といういわれ, となる

▼ ところが書画骨董~ (2, 0.0%)

2 に心

▼ ところが最も~ (2, 0.0%)

1 大切です, 私に

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 つても, 助貴様

▼ ところが朝之助~ (2, 0.0%)

1 の剣法, は熟考

▼ ところが朝廷~ (2, 0.0%)

1 では田沼侯, でも太政官

▼ ところが木下~ (2, 0.0%)

1 が伊香保, の生み

▼ ところが木彫り~ (2, 0.0%)

1 がこんなに, は今

▼ ところが未亡人~ (2, 0.0%)

1 は勝ち気, は被害者

▼ ところが本人~ (2, 0.0%)

1 の誠一, は一向

▼ ところが本当は~ (2, 0.0%)

1 そんなこと愚, 仲

▼ ところが本陣~ (2, 0.0%)

1 のうち, の姫路

▼ ところが村長さん~ (2, 0.0%)

1 ときたら, はこの

▼ ところが東屋氏~ (2, 0.0%)

1 は一向に, は早速

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 と枝

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 が咲く, はまだ

▼ ところが梯子~ (2, 0.0%)

1 が滑り倒れた, の中途

▼ ところが楢ノ木~ (2, 0.0%)

2 大学士

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 く極, 一部の

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 のま, の下

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 の床や手摺

▼ ところが欧州~ (2, 0.0%)

1 になる, のブルジョア哲学者達

▼ ところが正宗氏~ (2, 0.0%)

2 は所謂政治家実業家

▼ ところが正木さん~ (2, 0.0%)

1 が校長, では

▼ ところが正直~ (2, 0.0%)

1 で宜, のところシカゴ畜産組合

▼ ところが此初観~ (2, 0.0%)

2 に先行

▼ ところが此初觀~ (2, 0.0%)

2 に先行

▼ ところが此家~ (2, 0.0%)

1 の細君, へは阿佐ヶ谷神楽

▼ ところが此方~ (2, 0.0%)

1 でさう, には變

▼ ところが此歌~ (2, 0.0%)

1 などになる, には其

▼ ところが此経~ (2, 0.0%)

2 は奈良朝

▼ ところが此經~ (2, 0.0%)

2 は奈良朝

▼ ところが此頃~ (2, 0.0%)

1 になっ, はその

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の母, 振熊

▼ ところが毎日~ (2, 0.0%)

1 少しずつ, 欠かさず読む人

▼ ところが水温~ (2, 0.0%)

1 が二十四, が次第に

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 が割れ, の単

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 に近い

▼ ところが汽車~ (2, 0.0%)

1 がひくまえ, に揺られ

▼ ところが治療~ (2, 0.0%)

1 がうまく, の効

▼ ところが波斯~ (2, 0.0%)

1 の古代文学, の古代文學

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 に有難い, に残念

▼ ところが流行~ (2, 0.0%)

1 にはかやう, にはかよう

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 となる, を越え

▼ ところが海底~ (2, 0.0%)

1 は岩, は珊瑚質

▼ ところが海舟~ (2, 0.0%)

1 の親父, は悪血

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 にも別段, は早速

▼ ところが清作~ (2, 0.0%)

1 は却って, は却つて

▼ ところが清水~ (2, 0.0%)

1 は来なかった, は私

▼ ところが湖水~ (2, 0.0%)

1 の周航, の表面

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 洲だけに, 洲には

▼ ところが源一~ (2, 0.0%)

1 の新築, は来ない

▼ ところが源氏~ (2, 0.0%)

1 という人間, の天下

▼ ところが演劇~ (2, 0.0%)

1 だけはあくまでも, に於

▼ ところが火星兵団~ (2, 0.0%)

1 の連中, は怪力線

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 の大尉

▼ ところが無事~ (2, 0.0%)

1 でない, に済まねえ

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 うでない, うは

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 はくるり, は少し

▼ ところが父さん~ (2, 0.0%)

1 も母さん, を愛してる

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 は勇猛, は緒方

▼ ところが猟師~ (2, 0.0%)

1 の野郎ヒイ, は遠く

▼ ところが玄関~ (2, 0.0%)

1 に出, はピッタリ

▼ ところが王妃~ (2, 0.0%)

1 はちゃんと, は非常

▼ ところが現在わが国~ (2, 0.0%)

1 に於, に行われ

▼ ところが現存~ (2, 0.0%)

1 して, の民俗

▼ ところが甚だ~ (2, 0.0%)

1 奇妙な, 気の毒な

▼ ところが生れ~ (2, 0.0%)

2 て三ツ

▼ ところが生徒~ (2, 0.0%)

2 はこれ

▼ ところが生活~ (2, 0.0%)

1 は未来, は活

▼ ところが田鶴子~ (2, 0.0%)

1 の身辺, はいつの間に

▼ ところが男の子~ (2, 0.0%)

1 の方, は眠りこけ

▼ ところが男子~ (2, 0.0%)

1 が生まれる, はそう

▼ ところが画家~ (2, 0.0%)

1 に描かれ, のほう

▼ ところが痛快~ (2, 0.0%)

1 では, なこと

▼ ところが発狂当初辰夫~ (2, 0.0%)

2 は母

▼ ところが皆さん~ (2, 0.0%)

1 が唯今帝都, の御

▼ ところが皇后~ (2, 0.0%)

1 がことごと, は天皇

▼ ところが皮膚~ (2, 0.0%)

1 の表面, の透きとおる

▼ ところが監獄~ (2, 0.0%)

1 の塀, へはいっ

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 変らず酒場, 縁奇縁と

▼ ところが相客~ (2, 0.0%)

2 に四十五六

▼ ところが相当~ (2, 0.0%)

1 に気, の了見

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 ッ先に, 平らな

▼ ところが真名古~ (2, 0.0%)

1 だけはウッソリ, はそれでも

▼ ところが真夜中~ (2, 0.0%)

1 が過ぎ, に部屋

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 が折れた, は何と

▼ ところが短い~ (2, 0.0%)

1 夏の, 時間に

▼ ところが石田~ (2, 0.0%)

1 にはどうしても, は少し

▼ ところが社会~ (2, 0.0%)

1 に咲き出た, はなん

▼ ところが社長~ (2, 0.0%)

1 はあなた, は極力

▼ ところが祭壇~ (2, 0.0%)

1 の下, を造り

▼ ところが福富~ (2, 0.0%)

2 の教壇

▼ ところが私ら~ (2, 0.0%)

1 が渓, のよう

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 がその, の王

▼ ところが程なく~ (2, 0.0%)

1 意外な, 私たちは

▼ ところが種々~ (2, 0.0%)

1 な理由, のイズム

▼ ところが立派~ (2, 0.0%)

1 な仙人, な光

▼ ところが章三~ (2, 0.0%)

1 はその後土曜日, を見る

▼ ところが競輪~ (2, 0.0%)

1 の主催者側, は個人競技

▼ ところが笠原~ (2, 0.0%)

1 が私, の場合

▼ ところが簡単~ (2, 0.0%)

1 にそう, にその

▼ ところが精神~ (2, 0.0%)

1 のこういう, の動脈硬化的症状

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 五六丁も, 百歩ほど

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 で括った, もまた

▼ ところが素子~ (2, 0.0%)

1 が開け, は会社

▼ ところが終り~ (2, 0.0%)

1 に, に彼

▼ ところが結婚式~ (2, 0.0%)

1 が済ん, をどんな

▼ ところが統制~ (2, 0.0%)

1 になっ, の圧力

▼ ところが義雄~ (2, 0.0%)

1 の友人, の考え

▼ ところが翌朝甲田~ (2, 0.0%)

2 が出勤

▼ ところが習慣~ (2, 0.0%)

1 というもの, とは妙

▼ ところが聖人~ (2, 0.0%)

1 はそう, や英雄

▼ ところが聴衆~ (2, 0.0%)

1 の一人, はしいんと

▼ ところが職業~ (2, 0.0%)

1 とか専門, の種類

▼ ところが肉体~ (2, 0.0%)

1 の堕ちる, は現われた

▼ ところが肝心~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の御

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 が抜け, を見る

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 のなか, の極まらない

▼ ところが腹の中~ (2, 0.0%)

1 がポッカリ, は煮え

▼ ところが自分達~ (2, 0.0%)

1 は何時, は来ない

▼ ところが舞台~ (2, 0.0%)

1 では善人, に入っ

▼ ところが舶来~ (2, 0.0%)

2 の芝居

▼ ところが船中~ (2, 0.0%)

1 でイギリス人, に特に

▼ ところが船長~ (2, 0.0%)

1 がこの, はこの

▼ ところが良人~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, は私

▼ ところが芝公園~ (2, 0.0%)

1 に遊ん, の杜

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 に埋れ, は西洋

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 しこ, 夫人嫁御という

▼ ところが若旦那~ (2, 0.0%)

1 に御覧, は死んだ

▼ ところが葛巻~ (2, 0.0%)

1 の返事, は私

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 が擡げられ, を明け

▼ ところが蔵書家~ (2, 0.0%)

2 には門外不出

▼ ところが蕗屋~ (2, 0.0%)

1 はそれ以前, を訊問

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 の黄ばん

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の陽物翹然口, はおけしょう

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 がおさまらない, が知らせた

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 で真赤, はとまっ

▼ ところが行列~ (2, 0.0%)

1 を切った, を見

▼ ところが街子~ (2, 0.0%)

1 とおんなじ, にとって容易

▼ ところが被害者~ (2, 0.0%)

1 の一人, の弟

▼ ところが裁判所長~ (2, 0.0%)

1 の方, も彼

▼ ところが裏面~ (2, 0.0%)

1 はなかなか, を返し

▼ ところが見た~ (2, 0.0%)

1 とおりそれが, と思った

▼ ところが見たまえ~ (2, 0.0%)

1 あいつは, あの石

▼ ところが見事~ (2, 0.0%)

1 にこれ, やり損じて

▼ ところが親方~ (2, 0.0%)

1 が金, のあと

▼ ところが計らず~ (2, 0.0%)

1 も今, も鮮

▼ ところが試験場~ (2, 0.0%)

1 からの帰り, へ行き

▼ ところが調べ~ (2, 0.0%)

1 が終っ, てみる

▼ ところが諸国~ (2, 0.0%)

1 の武士, の郡司

▼ ところが警官~ (2, 0.0%)

1 が亢奮, に連行

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 つたこと, なこと

▼ ところが豆腐~ (2, 0.0%)

1 はなる, をただ

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 のお腹, の幸福

▼ ところが豚吉~ (2, 0.0%)

1 は今, は焼け

▼ ところが貧乏~ (2, 0.0%)

1 だってじっと, を売る

▼ ところが貴女~ (2, 0.0%)

1 はかりに, も後

▼ ところが貴方~ (2, 0.0%)

1 はそれ, はまるで

▼ ところが貴族~ (2, 0.0%)

2 が都

▼ ところが貴様~ (2, 0.0%)

1 にはそういう, の方

▼ ところが越後~ (2, 0.0%)

1 では土地, の魚沼地方

▼ ところが車掌~ (2, 0.0%)

1 が一寸, はどこ

▼ ところが軍部~ (2, 0.0%)

1 が極めて, にいわせる

▼ ところが軽い~ (2, 0.0%)

1 空気に, 色弱者に

▼ ところが近ごろ~ (2, 0.0%)

1 その古い, また

▼ ところが近づく~ (2, 0.0%)

1 にしたがっ, につれ城

▼ ところが近来~ (2, 0.0%)

1 さう, の彼

▼ ところが近江~ (2, 0.0%)

1 の国, の高島郡

▼ ところが透明人間~ (2, 0.0%)

1 のゆくえ, は苦し

▼ ところが連れ~ (2, 0.0%)

1 があります, のラマ

▼ ところが連句~ (2, 0.0%)

1 ではこれ, の最後

▼ ところが道誉~ (2, 0.0%)

1 はけらけら, は人

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の味, を五合

▼ ところが醫者~ (2, 0.0%)

1 が商, であつ

▼ ところが重吉~ (2, 0.0%)

1 はあの, はスラスラ

▼ ところが野見氏~ (2, 0.0%)

2 は黙っ

▼ ところが金持~ (2, 0.0%)

1 の息子さん, はこの

▼ ところが鈴木さん~ (2, 0.0%)

1 はうち, まあなんて

▼ ところが銀ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の仲間, は

▼ ところが長々~ (2, 0.0%)

1 と育まれ, は

▼ ところが長男~ (2, 0.0%)

1 が小学, のハフ

▼ ところが門口~ (2, 0.0%)

1 のところ, の坊さん

▼ ところが随分~ (2, 0.0%)

1 のみ出した, 迂闊な

▼ ところが隠居~ (2, 0.0%)

1 させられたら忠直卿, の葬式以来

▼ ところが隠語~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は横

▼ ところが雨戸~ (2, 0.0%)

1 が開い, には外側

▼ ところが雪子~ (2, 0.0%)

1 は平素, は来

▼ ところが青年~ (2, 0.0%)

1 というもの, は思いがけない

▼ ところが音楽~ (2, 0.0%)

1 になる, の方

▼ ところが須山~ (2, 0.0%)

1 には最近, は時々

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 の上, をイヤ

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 よりももっと, をひい

▼ ところが風船~ (2, 0.0%)

1 は声, は柔らかい

▼ ところが飛行機~ (2, 0.0%)

1 が離陸, への着氷

▼ ところが食う~ (2, 0.0%)

1 と言っ, 方は

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 は料理, を食っ

▼ ところが首領~ (2, 0.0%)

1 その磁力砲, はふい

▼ ところが駕籠~ (2, 0.0%)

1 が間違っ, を担ぎだす

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 は方々, を揉まなけれ

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 がさした

▼ ところが~ (2, 0.0%)

2 の群

▼ ところが~ (2, 0.0%)

1 はちょっと, は飛ん

▼ ところが鶴子~ (2, 0.0%)

1 のほう, はその

▼ ところが黄いろい~ (2, 0.0%)

2 幽霊は

▼ ところが黄金~ (2, 0.0%)

1 どくろ, を下さいましたろう

▼ ところが黒田~ (2, 0.0%)

2 のカサ頭

▼ ところが龍麿~ (2, 0.0%)

1 が見出した, が調べ

▼1* [4512件]

ところがああなっては人間, ところがあいてのほう, ところがあいにくいろいろ忙しかった, ところがあくまで不敵な, ところがあげられる役が, ところがあしたの事業, ところがあす発足という前, ところがあたかもそのとき騎兵隊, ところがあたし達には三人, ところがあたり前じゃない, ところがあたり荒寥人心はバラ, ところがあっしが夜網, ところがあっしたち斬られませんねえ, ところがあっしゃ成仏しません, ところがあとあしがいっ, ところがあと五分足らずでこの, ところがあと十日ほどで結婚式, ところがあなたあれはもう, ところがあなたせんだって小供, ところがあなたそれが違う, ところがあなただれも会津, ところがあなた今日もって, ところがあなた向うの足, ところがあなた方は余念, ところがあなた自身が馬鹿, ところがあなた自身台所の仕事, ところがあひるの時計屋さん, ところがあひるさんは泣い, ところがあまがえる, ところがあまりに手綱を, ところがあまりに屡々余は, ところがあまりよくもないのよ, ところがあまり力を入れすぎた, ところがあやまって唇, ところがあらかじめ仕掛けが, ところがあらわれている, ところがありそうで無い, ところがありますか, ところがあろうことか, ところがあんた役柄はいわゆる, ところがあんな子供らしい, ところがあッしの顔を, ところがよいよと, ところがいいじゃありません, ところがいいかげん引っぱってから, ところがいいかね僕は, ところがいうまでもなく, ところがいかという例外, ところがいかがでございましょう, ところがいくばくもなく, ところがいくぶんか正直, ところがいくらか気に入って, ところがいくら力を使っ, ところがいくら目をこらし, ところがいけがき, ところがいけませんよ, ところがいずれにしろ, ところがいそがしくてジャム, ところがいたのさ, ところがいたって伝六が, ところがいちいち探すまでも, ところがいちばん下のひい, ところがいちばん最後の日, ところがいちばん末の妹娘, ところがいっこうにやめない, ところがいっしょに住ん, ところがいっぺんあそこにキャンプ, ところがいつかあたしの蓄音機, ところがいつかお嬢さんが情, ところがいつか主屋迄とられる, ところがいつか竜宮界を訪れた, ところがいつか美音会の忘年会, ところがいつしか春が, ところがいつもいつも守吉は, ところがいつもしまいには自分, ところがいないんです, ところがいまだに取りに, ところがいまや事件は, ところがいま三根夫の発見, ところがいま主人の抜き出し, ところがいま呂蒙も, ところがいま問題のボゴビ, ところがいま天から降っ, ところがいま富沢は大, ところがいま彼は私, ところがいま彼女が一人, ところがいま急に熱く, ところがいま慧鶴が読ん, ところがいま模索した程度, ところがいま演劇の歴史, ところがいま目をとほし, ところがいま私たちはその, ところがいやそうでは, ところがいよいよこれから問題の, ところがいわれる方で, ところがうすい褐色, ところがうそを書いた, ところがうち一名の僧, ところがうつかり吸つた息, ところがうばは金谷長者, ところがうようよといる, ところがうら山に, ところがうんわるく今晩, ところがおかあさんが今年七十, ところがおかしくもない, ところがおきの毒さま, ところがおこったように, ところがおしおの母親は十一月, ところがおしまいにはその, ところがおしゃべりの海月, ところがおじいさんのかわいがっ, ところがおせっかいの親友, ところがおそい来るべきはずの, ところがおっ魂消たこと, ところがおっさん少々別条, ところがおできになつたん, ところがおとうさんが明智たんていじむ所, ところがおとといの晩, ところがおとなしいことは, ところがおどろきはその, ところがおなじ摂関家の, ところがおのずからちがったトピック, ところがおばちゃんにしろ, ところがおふくろの罰, ところがおまえ本当のところ, ところがおやぢはじめそれを, ところがおやおやあんなで, ところがおよそチェーホフの, ところがおら昼間は来られねえ, ところがお互いに好き, ところがお伽噺や歴史, ところがお前さんふたりがさっそく, ところがお前さん二番町の小川様, ところがお前さん方になる, ところがお前そうじゃァない, ところがお前らは五銭, ところがお前石町では親方, ところがお勝手を開けた, ところがお婆さんはその, ところがお嬢さんはちゃんと, ところがお客の中, ところがお客分の三宅軍兵衛殿, ところがお家の前, ところがお巡りさんの聞いた, ところがお座敷に姿, ところがお昼ちょっとまえ, ところがお母さまは真面目, ところがお湯に入っ, ところがお目見得に行っ, ところがお礼を云われた, ところがお祖父さんはお前, ところがお話したいの, ところがお通夜の夜, ところがかえって一段と気が, ところがかえって遥か河上から, ところがかえるはさっそく, ところがかくの如き, ところがかしこい泥棒は, ところがかしら船の, ところがかたくしめつけられて, ところがかつて基督教に, ところがかと思ふと, ところがかねがね亭主の, ところがかね合いのよう, ところがかへつておもしろく, ところがかまいたちの, ところがかゆいらしく顎, ところがからだが, ところがからだを動かしかけます, ところがかりにその人, ところがかれこれ一時間ばかり, ところがかわいそうに高氏さま, ところががけの下, ところががたがたと鳴った, ところががまんをしよう, ところががんちゃん否やに及ばず, ところががんりきの意地, ところがきかぬ老爺で, ところがきのうあたりからあの, ところがきみたちはときどき, ところがきょう夜にかけて大, ところがきわどい時に, ところがきわめて早く取り片づけ, ところがぎゃっと一声雪の中, ところがくだんの男, ところがくつは岸, ところがくどいようだ, ところがくるくると廻っ, ところがぐつすりとおやすみぢや仕方がない, ところがぐるぐるまわって, ところがけさお前が出, ところがけさ宿をお出かけ, ところがけっして無意味で, ところがこいつア一世の大, ところがここ二年前の冬, ところがここ四囲の情勢, ところがここ数代のわが家, ところがこじきはつきとばされる, ところがこちら側に向い, ところがことし一年ぶりで再会, ところがことし邊りは, ところがことによったらあの, ところがこのごろ人骨が手, ところがこのごろ近所のどの, ところがこのちょっとした対話によって, ところがこの厳然たる事実を, ところがこの同じ事は, ところがこの当の子供は, ところがこの間新蔵が来, ところがこの間私があの, ところがこれ以外のこと, ところがこんどキリスト教をしんずる, ところがこんど主人が航海中, ところがこんど伊那丸が小太郎山, ところがこんど制定される行政施行法, ところがこんど博士はいや, ところがこんなにも遠方に, ところがこッちのバラバラは, ところがごうごうごうとどこ, ところがさあなかなかさめません, ところがさいごの, ところがさいぜん街へ, ところがさいわいなお子, ところがさうかとおもふと, ところがさきごろから琵琶湖, ところがさけが多く, ところがさっきお嬢さんにお目にかかりやした, ところがさっき老婆の話, ところがさっぱり駄目だった, ところがさつき云ふこと, ところがさては味を, ところがさまざまの委員会, ところがさらにもう一つ困った, ところがさらに古くは神, ところがさらばといふ風, ところがさらりと開い, ところがさわぎはこれ, ところがまひに, ところがしかたがある, ところがしかも偶然か, ところがしからばモチイヒ, ところがしきりにせきば, ところがしだいに彼, ところがしばし沈黙の, ところがしばらくうとうととした, ところがしばらくそうして, ところがしびれ薬で参っ, ところがしぶきを立て, ところがしゃもじが, ところがじき帰って, ところがじっさいは二時間たらず, ところがじょうぶな馬車, ところがすうと扉, ところがすすけた象牙の, ところがすっぽんは逃げる, ところがすなわち山陽の, ところがすべてこれが真実, ところがすべて世の中の事, ところがすべて静かでほんの, ところがすべりおちたほどのところ, ところがすめるんだ, ところがずいぶんかわって, ところがずきんと激しく, ところがずっと隔たった徳島県, ところがずゐぶんある, ところがせかせかと空しく, ところがせんだって妙な事, ところがぜんたいモデルに, ところがそいから二, ところがそうなると書類を, ところがそうやすやすと人, ところがそこでまたあっしどもを, ところがそして百メートルほども, ところがそっとそこへ, ところがそのうえ娘が, ところがそのうちふと思いついたこと, ところがそのちょっとしたゆだ, ところがその大きな方の, ところがその後いつの程, ところがその後おれはその, ところがその後これはほんとに, ところがその後セルゲイはぱったり, ところがその後マキシモイッチがこの, ところがその後一戸を構え, ところがその後三ヵ月程経っ, ところがその後二十数年の今日, ところがその後二科会へ行っ, ところがその後何かの折, ところがその後何年かたって, ところがその後俊基が都, ところがその後信長からの長い, ところがその後僕は日本, ところがその後元宰先生に会う, ところがその後十年にもならぬ, ところがその後十日近く経っても, ところがその後千太郎はすこしも, ところがその後各人の天分, ところがその後夫人から手紙, ところがその後妻をのこし, ところがその後山田美妙斎あたりが音頭, ところがその後島崎君がある, ところがその後巴里で暫らく, ところがその後平泉の東方, ところがその後年を経, ところがその後摘草に行った, ところがその後明暦三年になる, ところがその後有賀長雄が中世哲学, ところがその後檀君を通じて私, ところがその後欧州諸国を巡遊, ところがその後河北の袁紹, ところがその後祖母の亡くなった, ところがその後私は銀座, ところがその後経過は順調, ところがその後聯盟脱退やその他, ところがその後董太師のため, ところがその後袁術から来た, ところがその後電子顕微鏡を使っ, ところがその淡々たるところが, ところがその道三秀龍様と養子, ところがその間ぎわになって子供らしく喜んで, ところがその間レヴェズの眼, ところがその間女などは一人, ところがその頃或る, ところがそばによってよく, ところがそもそも甲府の, ところがそりゃあお前どんなこと, ところがそれからまた二日置い, ところがそれきりリヴィングストーンの消息, ところがそれさへも姿, ところがそれっきりの話, ところがそれっきりいつまで経っ, ところがそれっきり弁天様の足, ところがそれっきり旅の者, ところがそれでいて又何処の, ところがそれなのに皇帝陛下は, ところがそれに君が, ところがそれ以上に顕著, ところがそれ以下の十四字, ところがそれ以来また遷都, ところがそれ以来ひと月あまり経つても, ところがそれ以来わたしがあなた, ところがそれ以来彼は芝居, ところがそれ以来青服には競輪, ところがそれ其処の柱, ところがそれ前に若, ところがそれ等の土地, ところがそんなら立派, ところがそんなにはっきりおわかりなら, ところがたいせつなたき, ところがたいした期待も, ところがたいそう草双紙が, ところがたいていは年配, ところがたえず自分の, ところがたぐいない美女, ところがたしかその年, ところがたそがれふとどこ, ところがただいま神尾喬之, ところがただ一人なお隅, ところがただ一機最後までがんばっ, ところがただ九尺の杉, ところがただ今いただいた辞令, ところがたった今不用意で, ところがたつがいきなり, ところがたといそれよりも, ところがたとえば北海道の, ところがたのみに思う, ところがたぶんその時刻, ところがたまらんほど, ところがたまらない魅力でも, ところがだめなん, ところがだんな世の中にゃまったく, ところがッとばかり, ところがちいさな時分から, ところがちかごろ風向きが, ところがちがうんです, ところがちぢらし髪や, ところがちっと見当が, ところがちと淋しいこと, ところがちゃうど十二日目, ところがちやうど二週間目のある, ところがちやうど十二日目今日か昨日, ところがちやんとこの, ところがちょッと目, ところがちようどその日, ところがちようど太平洋戦争の始まる, ところがちらとそんな, ところがや僕, ところがってはぴょこんと起きる, ところがついぞ着ぬ洋服, ところがついにあまりにも早く, ところがついにまたある日, ところがつい少し前に, ところがつい近頃私の, ところがつかまらねえんでがす, ところがつて息絶えて, ところがつて筒の口, ところがつまらない奥州の, ところがつむじ曲がりな一閑, ところがつれてやしない, ところがてつきりこの娘, ところができていたら, ところができないんだ, ところがではそれは, ところがとうとうしまいになって, ところがとうに空つ, ところがときに川上, ところがときどき一助は, ところがとちゆうふかい川, ところがとどのつまりは腕環, ところがとりこにし, ところがとりもどしたいにも大, ところがとんだことが, ところがとんでもなく意外, ところがとんびはだんだん, ところがどうしてさうぢ, ところがどうしてだんだん御覧の, ところがどうしてなかなか本庁と, ところがどうにか浜尾組の, ところがどうもそうはいき, ところがどうもはっきりしない, ところがどうもはなはだおもしろくない, ところがどうもよく見えなかったん, ところがどうもハッキリとは言えねえ, ところがどうも全く心当りが, ところがどてらの方, ところがどなたが内藤家, ところがなかなかいつもそうは行きません, ところがなさけないでは, ところがなにごともなかっ, ところがなにしろその時分, ところがなにひとつないのよ, ところがなほよく檢討, ところがなみだが, ところがなんだか金さんが, ところがなんだか一向に気が, ところがなんとすでにそこには, ところがなんとなく大友皇子的運命らしい, ところがなんともいって, ところがなんにも出て, ところがはかに, ところがにいさんはかばん, ところがにせ博士の, ところがにわかに読んでる最中, ところがねえとすりゃあ, ところがねこのほう, ところがのぞき窓の, ところがのちになっ, ところがはいって見る, ところがはずみに掛っ, ところがはたしてそうでないって, ところがはっきりした意見, ところがはつと思ふ, ところがははははこれが, ところがばかばかしいくらいのもん, ところがばりばりと音, ところがひきがえる, ところがひきつづいてとんでも, ところがひきつるやうな, ところがひさしから落ちた, ところがひじきわけが円目, ところがひとり庄屋の娘, ところがひとり後主劉禅, ところがひとり石川播磨守だけは眼, ところがひと晩そこで寝, ところがひと目見ると, ところがひどい旋風に, ところがひょうのおかげ, ところがひょんなことからその戦車, ところがひろ子と小川君, ところがびつくりしました, ところがふじ子には不平, ところがふり返つて, ところがさきから, ところがへいぜい, ところがへんなこと, ところがべつの意味, ところがべつにかわったこと, ところがほとんどそれと, ところがほどなく師直, ところがほぼ犯人の, ところがほんとに自分にも, ところがッと, ところがぼくらがふみこん, ところがちゃんとも, ところがまあそう云わずと, ところがまお聞きなせえましなるほど, ところがまぐろとかてんぷら, ところがまごまごして, ところがまさしく扉の, ところがまさ子の見え, ところがまず何よりの身上, ところがまたもやだ, ところがまた一方おめおめと, ところがまだすこし残ってる, ところがまだなかなか帰られないよ, ところがまだはっきり見透せないそれ, ところがまだハッキリ致しませぬので, ところがまちがっていた, ところがまつたく突如と, ところがまつたくもつて彼, ところがまれにしかその, ところがまわりをながめる, ところがている, ところがみごとにふられた, ところがみじかい足の, ところがみっちゃん, ところがみな折れくだけて, ところがみなさまよく御, ところがみょうなこと, ところがみるみる六十万円と, ところがみゑ子が欲しい, ところがむしろ整然たる論理形式, ところがめくりが四回位, ところがめざとい女房は, ところがもうこの一週間, ところがもうすでに二人が, ところがもうどうにも根が, ところがもう否応なしに引きずり込まれるの, ところがもくもくと動いて, ところがもしああいうこと, ところがもしもこの雪, ところがもっとも多い, ところがもっぱら女学生の, ところがもつと極端, ところがものすごくとめたの, ところがもはやその強奪, ところがもみあって幾ばく, ところがもらってくれない, ところがッと, ところがやうやく六階, ところがやがてすぐに判る, ところがやがてふたたびこの親切, ところがやがてまたしても, ところがやくざなそこいらのコソ泥どもと, ところがやすやは先生, ところがやす子は帯, ところがやつぱり大しくじり, ところがやつぱり女だと, ところがややあって, ところがやらかしたからお話, ところがやりかけのゲーム, ところがやんがて夜, ところがゆうべ向島へ行っ, ところがゆかの上, ところがその紋日, ところがよいあんばい一ツの, ところがよし清国の, ところがよその国, ところがよばれて行つた先, ところがよもやと思つて, ところがよろしいというわけ, ところがわかつてうれしい, ところがわかつたかどう, ところがわからない上にも, ところがわが家の池, ところがわけがある, ところがわざわざそのワナ, ところがわしたちの先祖, ところがわしらは道, ところがわずかに一軒, ところがわたくしどもがその, ところがわたしたちが出かける, ところがわたしどもはそう, ところがわたしひとりではできなかった, ところがわりに最近私を, ところがわれらの考え, ところがわれわれ平田門人はいずれ, ところがわれわれ役人仲間には實, ところがわれわれ役場の書類, ところがわれわれ文化人はどう, ところがアカデミイ, ところがアカサタナハマヤラワンと並べて, ところがアガーフィヤはおれ, ところがアザミさんよ俺たち, ところがアズキは主食, ところがアタシの考え, ところがアダイ署長が芝生, ところがアッコオバちゃんはえらい, ところがアドヴァンテージが墓, ところがアナマロがみちびい, ところがアニはからん, ところがアパートの方, ところがアベコベだ, ところがアラムハラドの斯, ところがアリスの死後, ところがアレを見給え, ところがアンナ黒い毛, ところがアンヌはその, ところがアンマリ見当外れでビックリ, ところがアヴリノの, ところがア行の, ところがイイナはいつのまにか, ところがイキナリガーンと, ところがイタリアの作曲家, ところがイッシーでおもしろい, ところがイヤどうも分らない, ところがイワシが何, ところがインゲボルグ・ホルムの前, ところがインドに狼, ところがウェッシントン夫人に雇われ, ところがウチの家内, ところがエゴール・サヴィチは書物, ところがエスペラントは何国, ところがエデイ・パセコが言う, ところがエドヴィナ伯爵はその, ところがエド時代のこと, ところがエピスタテスという男, ところがエミイのよろこぶ, ところがエルランガーはたいてい, ところがエレベーターはそのまま, ところがオイ頭を冷やせよ, ところがオカネ婆アはなかなか, ところがオショロコマの陸封, ところがオセロの幕下, ところがオタツは道, ところがオツベルはやっぱり, ところがオトキという妾, ところがオドラデクの笑い, ところがオホッキーは四千円, ところがオヤジはその, ところがオランダにいる, ところがオランダ商船の難破, ところがオーカミイナリはそれ, ところがカアネギーだけはそんな, ところがカストリというもの, ところがカソリックの大友宗麟, ところがカトリーヌおばさんはそれ, ところがカナリヤの夫婦, ところがカビ博士が口, ところがカムという国, ところがカヨ自身で工事, ところがカラタール氏が駅長室, ところがカラリとした, ところがカルナップによれ, ところがカレラの方, ところがカレワラのドア, ところがカンカン虫の, ところがカントでさえもやはり, ところがカーライルがその, ところがガスがいよいよ, ところがガスコははじめ, ところがガンジーが食事, ところがガンゼない子供, ところがガンパウダーは悪魔, ところがガードのむこう, ところがガーラターがこわがっ, ところがキイゼヴェッテルの, ところがキシさんのかわり, ところがキチガイジイサンのお, ところがキッコは席, ところがキッピイさんはちがう, ところがキミ僕ときたら, ところがキリーリンはいっこう, ところがキンちゃんのいった, ところがギリシアの数, ところがギリシャローマの神話, ところがギンはひたすら, ところがギンネコ号はだんだん, ところがクサヤの干, ところがクニッペルは出なかった, ところがクビの横, ところがクリーム色に塗った, ところがクレエテルヤアン氏の夫人, ところがクレルヴァルは言うなら, ところがクヴシンニコフの奴, ところがクーはさらに, ところがクーノ・フィッシェルやトレルチ, ところがグラチアは新しい, ところがグレゴールは, ところがグレーテがそんな, ところがグングンしめて, ところがグージャールは, ところがケティは意味, ところがケメトスの体, ところがケリイさんの場合, ところがコイツが一等コタエ, ところがコゼットの持っ, ところがコックのキンちゃん, ところがコップ酒には, ところがコマツナギには藍分, ところがコリーぐらい人間, ところがコンパス西施はわたし, ところがコーヒーの棒, ところがコールジュの許, ところがゴイゴロフのほう, ところがゴリラの熊蔵, ところがゴルフも麻雀, ところがゴロゴロピシャリはなかなか, ところがゴロロボフの方, ところがゴーリキイが幼年時代, ところがサア大変です, ところがサミユル博士一行の六十名, ところがサラット居士がインド, ところがサルはその, ところがサルトル氏ジンよしきた, ところがサンドイッチを半分, ところがサンフランシスコ出帆の竜田丸, ところがザヴィエルのほう, ところがシカチェ及びその, ところがシナの文化, ところがシナ人は向う見ず, ところがシャトオブリアンとか, ところがシャンマティユーがそこ, ところがシュルツに心配, ところがシューラは決して, ところがショープドッジ両案, ところがシラトリ属は夕方, ところがシートンの相当, ところがジウラ王子は年, ところがジノーヴィー・ボリースィチがセルゲイ, ところがジャガイモのほう, ところがジャン夫人の実験, ところがジョニイは外国人, ところがジロリ型の婦人, ところがステトとある, ところがステパンはその, ところがストリップの踊り子, ところがスフの足袋, ところがスペインにも異常気象, ところがスペイン人か日本人, ところがスペンサーは日本, ところがズッと近道, ところがズボンつりをはずす, ところがズーッとこちら, ところがセアアル自身もその, ところがセツ子を除い, ところがセリファンはいったい, ところがセルギウスは祈祷, ところがセントルイスへ時々, ところがゼムリヤ号の名, ところがゼントルメン以外の英語, ところがソイツは折角, ところがソクラテスはさも, ところがソネートカになる, ところがソバケーヴィッチときたら何, ところがソビエット主義が人民, ところがソビエトの場合, ところがソルディーニときたらわれわれ, ところがソルボンヌ大学の教授室, ところがソレだけの事, ところがソレルに於, ところがソンナ評判もまだ, ところがソヴェト同盟の労働者, ところがゾクゾクとうそ寒く, ところがタねずみはもうすっかり, ところがタイタイ先生は情痴作家, ところがタスケの馬, ところがタネリはもう, ところがターコール僧正さまのこと, ところがダイヤの指輪, ところがダブダブで足もと, ところがダメなん, ところがダンネベルグ様は果物, ところがダヴッドの妻, ところがダークグリーンの落ち着いた, ところがダージリンで仕掛け, ところがダーヰン氏の著, ところがチウメンに宿, ところがチエ子が六ツ, ところがチャンポン屋に回, ところがチューレは珍しく, ところがチョクチョク申しあげる方, ところがチントレットになっ, ところがチーキャブの言う, ところがツァ・ルンバは涙, ところがツイこの頃, ところがツイ二三年前のこと, ところがヅブの素人, ところがティコ・ブラーヘは彼, ところがティトレリが彼, ところがテニスが済ん, ところがテレビは二十万円, ところがテンゲーリンのテーモ・リンボチェ, ところがテーブルにすわっ, ところがディオニシアスが考え, ところがディレッタンティズムもジャーナリズム, ところがデウス右近はローマ, ところがデスデモーナをみる, ところがデストゥパーゴはていねい, ところがデパートあたりで売っ, ところがデフォーの文章, ところがデュウゼは一般的, ところがデュマ及びサルドゥウ, ところがトゥリローニーさんと私, ところがトゥロットはごうも, ところがトオサンはそれ, ところがトムがウィスコンシン大学, ところがトムさんが働き, ところがトルストイに対するチェーホフ, ところがトンダ大風呂敷, ところがトンネルをで, ところがトン子さんの根, ところがドイツ民族といふもの, ところがドイツ語で書い, ところがドクトルもそれ, ところがドシャ降りである, ところがドストエフスキイは全然, ところがドツコイそんなうまい, ところがドドの発見地, ところがドリアンが何, ところがドレッスなどをきこむ, ところがドーラギリー雪峰の山北, ところがナガレ目は平気, ところがナツと呼ぶ, ところがナポレオン着任当時のイタリア軍, ところがナーヂャが歌いだす, ところがニイノチカはひどい, ところがニューヨークへ着いたら, ところがニーナはその, ところがネズミたちは地下室, ところがノンビリさんに, ところがノースルップが推薦, ところがハカリにかかっ, ところがハチを胸, ところがハナの方, ところがハムーチャはいつ, ところがハンドバッグの中, ところがバカ聟が, ところがバスが無い, ところがバビロニアやエジプト, ところがバビロニヤには林檎, ところがバートランドの標高, ところがバーユー将軍はそんな, ところがバーンスの記述, ところがパイ軍曹もピート一等兵, ところがパウロフのこの, ところがパズルの新手, ところがパッと消えた, ところがパツュークがほんの, ところがパルポ商人の家, ところがパントムといふ酒場, ところがパンフョーロフの小説, ところがヒサの情夫, ところがヒジから手クビ, ところがヒットラーがドイツ, ところがヒホドの方, ところがヒューマニズムを紹介, ところがヒョウタンから駒, ところがヒヨツと快く, ところがヒロポンの作用, ところがビゴーはどう, ところがビュルゲルのほう, ところがビル暮しの多忙人, ところがピアノは鳴りつづけ, ところがピイプザアムは髪の毛一筋, ところがピンビタンでは午前十一時, ところがファラデーは頭, ところがファヴロールで行方, ところがフアウヌスには二つ, ところがフォーシュルヴァンはすべて, ところがフオストフ大尉に一片, ところがフトどうかした, ところがフョードル・パーヴロヴィッチをつかまえ, ところがフランス語となる, ところがフランツがわめき始めた, ところがフロラは, ところがフワリエエルと来, ところがフーラー博士の黒鷲爆撃機, ところがブッ倒おれたと, ところがブラブラして, ところがブランコ乗りはまるで, ところがブリュヌゾーの工事, ところがブルンヒルトとなる, ところがブルーノ・タウトの, ところがブル一人のらんぼう, ところがブロズキーが持っ, ところがブロックにも少なくとも, ところがブロム・ボーンズときたら恋, ところがブータンからチベット政府, ところがプラグマチズムは斯く, ところがプラットフォームにならんだむす, ところがプラトンの考えかた, ところがプリューメ街という一語, ところがプロトンとは電子, ところがプロホルの顔, ところがヘヒトは少し, ところがヘリコプターはお, ところがヘルフオウドは真, ところがヘロデの誕生日, ところがベッドのなか, ところがベラン夫人ミミはそれ, ところがベルはたちまち, ところがベーコンが薄く, ところがベーリングの埋葬地点, ところがベーリング様は翌年, ところがペナンへ来, ところがペルメルという横浜, ところがペルリやプーチヤチン, ところがペレペンジェフなんてチチコフ, ところがペンを持つ, ところがペンバ・プンツォという男, ところがペーピーは突然, ところがホイストの上手, ところがホオの葉, ところがホンコン入港の時, ところがホントの良, ところがホールの中, ところがボオイや女中, ところがボクは笑止, ところがボンヤリ白く見える, ところがポケット小僧は前, ところがポルトガル商船の方, ところがポンポン斷わる, ところがポン・トー・シュー街の高み, ところがポーセは十一月ころ, ところがマア坊はひどく, ところがマウナ・ロアの一万フィート程度以上, ところがマカールはいきなり, ところがマキシモヴィッチ氏はその, ところがマタ・アリの予報, ところがマッチ箱にはもう, ところがマテリーとエネルギー, ところがマドレーヌ氏は暖炉, ところがマニョンの所, ところがマリユスは鍵, ところがマルコポロは一二七三年, ところがマンハイムのみはそれ, ところがマヴラの奴め, ところがミウーソフさんの肚, ところがミケランゼロはその, ところがミチミは頬, ところがミヤ子の場合, ところがミルキ閣下はそんな, ところがミルクホールも一寸, ところがミンク相手の漁, ところがムクにはそれ, ところがムッソリニの場合, ところがメキネズは思いがけず, ところがメクラは本, ところがメグの顔, ところがメグリ合せは奇妙, ところがメルキオルとジャン, ところがメルボルン男はファラデー, ところがモウ一人は次, ところがモスクワへ来, ところがモトの証言, ところがモラトリアムになっ, ところがモレロが考えた, ところがモンゴリヤからし, ところがモンタージュ写真を見る, ところがモンマルトルの山の下, ところがモーツァルトは生きる, ところがモールヴィーエーはこれ, ところがヤッカイ千万なこと, ところがヤッペはちっとも, ところがヤツ子が信二, ところがヤマだ, ところがユギと讀む, ところがユリ子はその, ところがヨクヨク気を落ちつけ, ところがヨシ子ちゃんは今夜, ところがヨタというもの, ところがヨーロッパに居る, ところがライブニッツはデカルト, ところがラエーフスキイにあっ, ところがラクロの, ところがラサ市街へ着かれる, ところがラサ府では殺す, ところがラザレフの屍体, ところがラジウムが地球, ところがラニョンの字, ところがラニョン君今こそ私, ところがラマもネパール, ところがラロから婦女子, ところがリアリスティックな日本, ところがリチャーズの考え, ところがリャボーヴィチは何, ところがリリパット人の眼, ところがリンデン広場に来る, ところがリーズはもう, ところがルナアルがそれ, ところがルナンの返事, ところがルネッサンスすなわち自分, ところがルリ君にはこいつ, ところがレントゲン技術というの, ところがレヴェズさんここに僕自身, ところがレヴェズさん僕は遺言書, ところがレヴェズさん心も黒く, ところがレヴュ俳優の科白廻し, ところがレースがはじまっ, ところがレーダーには何, ところがレーニンはここ, ところがロシアのは売る, ところがロシア人になる, ところがロスタンの曲者, ところがロダンの, ところがロドスとアレキサンドリア間, ところがロメーンズは豕, ところがロンドンじゅうの家, ところがロートリンゲンのザール鉱工業地帯, ところがロード・バイロンはルッソー, ところがローマという異教国, ところがローマ帝国の全盛時代, ところがローンツリー氏がさらに, ところがワグナーに編まれ, ところがワトソン君面白いこと, ところがワラタ号は時速平均十三ノット, ところがヴァン・ダインの場合, ところがヴィデの頸, ところがヴェネチア湾を潜航中不思議, ところがヴェリチャーニノフはこの, ところがヴォルガの肥沃, ところが一々調べて, ところが一しょにおち, ところが一つ不便なこと, ところが一つ妙なこと, ところが一つ自由にならない, ところが一ばんおしまひ, ところが一マイルばかりある, ところが一丈もある, ところが一中のよう, ところが一九〇六年に参謀総長, ところが一九一一年の秋, ところが一九三〇年一つの興味, ところが一九二七年にもう一度, ところが一九二二年にモスクワ芸術座, ところが一九二二年モルトケ大将の細君, ところが一九二五年にいよいよ, ところが一九二八年の復活祭, ところが一九五〇年にはいっ, ところが一九四〇年という年, ところが一九四七年歌舞伎座でこの, ところが一九四五年一月末日神田と本郷, ところが一九四六年の下半期, ところが一二個所ある建て, ところが一二年このかた, ところが一二年前すこし気, ところが一二言で高木, ところが一五八七年九州征伐のため筑前博多, ところが一人分だけ和食, ところが一人弓子って云う, ところが一人相客がいた, ところが一代は退院後二月, ところが一体どうしたこと, ところが一八一四年頃牧師コインビャーがふと, ところが一八三一年に電磁気感応, ところが一八二三年十二月のある, ところが一八二二年に終る, ところが一八二四年の三月, ところが一八五九年以来応用され恒星, ところが一八六三年にとある, ところが一刀斎はなるほど, ところが一切の万物, ところが一利一害は免れぬ, ところが一同が目, ところが一夏彼が帰っ, ところが一夕の歓談, ところが一大混戦となり, ところが一字一字読んで, ところが一寸見がいい, ところが一帯に島, ところが一年一年経つうち, ところが一年以上ここで養った, ところが一年許り前, ところが一度こうやって, ところが一度どうしたの, ところが一度小左衛門はこの, ところが一度楡の茂み, ところが一座の御難, ところが一抱も二抱, ところが一挺は女駕籠, ところが一揆なぞになる, ところが一方そうして監視船に, ところが一方又地主神を, ところが一日たち二日たつうち, ところが一日たち二日たち三日たっても, ところが一日インドの道人, ところが一日一日と約束, ところが一日好きなだけ, ところが一日木戸がその, ところが一日花はいとなみおえ, ところが一日院長が全, ところが一日鼠が食い余し, ところが一昨年ふとしたこと, ところが一昨日頃から傷, ところが一時は先, ところが一時半ごろとても筆紙, ところが一時間十八節の船, ところが一時間半いや二時間, ところが一晩汽車にゆられ, ところが一月のはこれ, ところが一朝忽然として, ところが一本の木, ところが一条禅閤兼良は曠世, ところが一枚死絵があった, ところが一概には承服, ところが一点でもある, ところが一生懸命に骨, ところが一畝鋤きおわって, ところが一番日当りよい下枝, ところが一番最後に押し, ところが一番私がたまらなく, ところが一瞬間に互いに, ところが一種のエクスタシー, ところが一空さまの語る, ところが一章唄い切らない中, ところが一糸もまとわぬ, ところが一般世間なるもの, ところが一行の人達, ところが一足さきにお, ところが一通持つて, ところが一週間後の四十九日, ところが一郎は俄, ところが一閣の室, ところが一陣の冷, ところが丁度家の曲り角, ところが七つか八つ, ところが七人が七人, ところが七人目の女, ところが七八カ月たつと, ところが七八名の方, ところが七兵衛は存外, ところが七兵衛おやじの姿, ところが七年前に少々, ところが七時二十一分に探偵, ところが七草の日, ところが七里ヶ浜のその, ところがが一つ, ところが万人は平等, ところが万平ホテルに訪問, ところが万更世話好ばかりでやってる, ところが万歳の声, ところが万殿偶然といおう, ところが丈太郎氏は忽ち, ところが三つほど燃やし, ところが三上はそれ, ところが三世紀になる, ところが三井物産の間島さん, ところが三人共頭が黒い, ところが三代めになる, ところが三十一日だって午後, ところが三十五分も懸っ, ところが三十五歳彼の遊蕩生活, ところが三十歳くらいのころ, ところが三十秒ごとに一閃光, ところが三千万ボルトと口, ところが三原山はそう, ところが三四の者, ところが三四人で抱える, ところが三四年前からパッタリ, ところが三四日して, ところが三四日前私は無茶, ところが三四百坪ほどある, ところが三好はにわかに, ところが三年目の秋, ところが三度目にはひょうッ, ところが三文々士の方, ところが三文文士の方, ところが三日ばかりする, ところが三日めのこと, ところが三日前のこと, ところが三日月型の大きな, ところが三日間で全部, ところが三時頃だったろう, ところが三月九日すなは, ところが三月前若松屋へ奉公, ところが三木は困った, ところが三枚の莚, ところが三根夫のヘリコプター, ところが三毛猫はすぐ, ところが三沢は自分, ところが三浦始め周囲の者, ところが三番目の歌, ところが三畳からはシシド君, ところが三角山の上, ところが三角港を出た, ところが三軒の人形, ところが三重吉は是非, ところが三高もこの, ところが三高先生の一行, ところが上さんは何, ところが上下逆さまにならない, ところが上代のこと, ところが上原君は数年, ところが上州赤城山麓冬のカラッ, ところが上昇し得る距離, ところが上智大学のラウレス教授, ところが上機嫌でボール箱, ところが上田氏の迎へた後妻, ところが上簇まえの, ところが上衣を引きはぐ, ところが上記の固陋, ところが上野の交番, ところが上野驛の改札口, ところが上高地を出かける, ところが下品な話, ところが下図をかき始め, ところが下宿屋の主人, ところが下水に生血, ところが下町へ出る, ところが下界ではそのあくる, ところが下腹の白く, ところが下車して, ところが下関戦争ではさすが, ところが不仕合せにも二年目, ところが不具の人, ところが不断着のまま, ところが不明の騎士, ところが不破数馬はがぶ飲み, ところが不穏文書は主として, ところが不精の天罰, ところが不覚にもその, ところが与吉は立った, ところが与太郎のよう, ところが与次郎は顎, ところが世上に流布, ところが世上一般においては人, ところが世人はこれ, ところが世界中で一番もの, ところが世界孰れの, ところが世界連合としてはこれ, ところが世間一般が常に, ところがの街マドリッド, ところが両人が園長, ところが両手はまだ, ところが両方の電車, ところが両機は今, ところが両親はしばしば, ところが中世の間, ところが中傷のため, ところが中味が矢張り菰, ところが中国探題としてやって来た, ところが中央の文化, ところが中学生のもの, ところが中宮寺の像, ところが中村係長も明智さん, ところが中村氏は私, ところが中流社会となったら, ところが中野はそれ, ところが中頃その中, ところが串崎の船頭, ところが丸一日かかるから, ところが丸善ではこれ, ところが丸尾が机, ところが丸菊主人はい, ところが主たる神を, ところが主人丹之丞, ところが主任司祭は次, ところが主君劉璋に直言, ところが主題はさうでない, ところが乃田家の金庫, ところがが面倒, ところが久光が一々, ところが久子以外にその, ところが久左衛門の家, ところが久慈君はそれ, ところが久我が神戸, ところが久求小野と申す, ところが久米一ほどの名人, ところが久米正雄は, ところが久美子はなかなか, ところが久美子夫人の彼女, ところが久能谷のあの, ところが乍併又論理上, ところが乗り越して九段, ところが乗馬者はどういう, ところがの部類, ところが乙某に云わせる, ところが九兵衛が一行, ところが九十三歳のねばり, ところが九時近くになっ, ところが九月半ば頃大荒の海, ところが九段下へかかった, ところが九郎右衛門は病弱, ところが乳母やさん, ところが亀右衛門は, ところが亀背上の文字, ところが予審判事のほう, ところが予期以上の効果, ところが予防派の方, ところが争われない事実は, ところがは彼, ところが事件そのものは大した, ところが事体は意外, ところが事務のこと, ところが事務所にはたった, ところが事務的な直截, ところが事務長の八木稔, ところが事実上之に反対, ところが事実私は告発, ところが事情がそういう, ところが二つ目となる, ところが二の腕がはずれたです, ところが二ヶ所とも義雄, ところが二三ヵ月たつと, ところが二三人分あいて, ところが二人共顔を赤らめ, ところが二代目三代目となる, ところが二円では, ところが二匹はお客さま, ところが二十一周忌が近づいた, ところが二十三の時, ところが二十三年の洪水, ところが二十三日は土曜日, ところが二十世紀にいたっ, ところが二十五度になれ, ところが二十五頭のアザラシ群, ところが二十八日にガーゼ, ところが二十年も勤めてる, ところが二十日許りたって, ところが二十銭の折, ところが二官はヨハン, ところが二宮といふ人, ところが二少年はなに, ところが二年子のまだ, ところが二年後教会支部長ワリニャーニが巡察使, ところが二年目の春の祭, ところが二度と吾輩を, ところが二度三度の余分, ところが二度三度千早のとりで, ところが二廻も三廻, ところが二時間ばかりし, ところが二更の頃, ところが二月二十七日の夜, ところが二月二十九日は閏年, ところが二条殿の御返事, ところが二枚の扉, ところが二次会の料理屋, ところが二汁五菜は太守, ところが二科の教祖, ところが二脚の安楽椅子, ところが二葉亭の, ところが二葉亭四迷の芸術, ところが二重の石, ところが二階堂行春はやしき, ところが二首目になる, ところが二高に来, ところが于吉のす, ところが于禁の答え, ところが五ルピーくれと, ところが五六年前非常に雨, ところが五六日して, ところが五分待っても, ところが五分刈で外国, ところが五十センチぐらいで留まる, ところが五十人の学生, ところが五十名の優良工員, ところが五十日近い海, ところが五十音図による, ところが五千両を隠し場所, ところが五千人になっ, ところが五名の女給, ところが五年の議会, ところが五年目に突然, ところが五忘とてもそうチャチ, ところが五日たっても, ところが五日ごろすなわち被爆後, ところが五時ごろになる, ところが五月に這入, ところが五月十三日の空襲, ところが五月四日のきょう, ところが五本のチェリー, ところが五珠の占めた, ところが五石七石の田畑もち, ところが五葉のマツ, ところが井上さんがやって来る, ところが井伏さんはその, ところが井戸亀右衛門丞の母, ところが井田信二は名実とも, ところが井筒屋重兵衞一應驚くに, ところが些か腕に, ところが亜典の女連, ところが亡くなつた後に, ところが亡くなった森田武彦君という, ところが亡くなつたお前さんの, ところが亡妻の主張, ところが亡父正秋の知友, ところが亡者の業, ところが交っていた, ところが交易場にはシナ語, ところがの魚市場, ところが京城へ着い, ところが京屋と, ところが京染屋のお, ところが京都方にも公武合体, ところが人夫らが掘り, ところが人工雪においてはこれら, ところが人形には薄い, ところが人心はその, ところが人手があっ, ところが人日や七夕, ところが人種や民族, ところが人買の追手達, ところが人里を離れた, ところが人間どもが憎悪, ところが人間万事塞翁の馬, ところが仁吉のフトコロ, ところが今あたりは焼け野原, ところが今お粂の, ところが今おまえは彼ら, ところが今ここへ来, ところが今それらが成人, ところが今一つ狂言詞において異様, ところが今一段考へを進め, ところが今三人の好色漢, ところが今丸木の目玉, ところが今二人で扉, ところが今仮りに食物, ところが今信吉は観客, ところが今夜ここの御, ところが今夜晩の食事, ところが今夜福ずしのこと, ところが今宵めずらしくこの, ところが今宵碁敵の隠居, ところが今小沢はその, ところが今度やとい入れた船員たち, ところが今度上京して, ところが今度中村屋は少年諸君, ところが今度休暇を取っ, ところが今度命の水, ところが今度多くのもの, ところが今度寺田寅彦全集の編輯, ところが今度小宮さんに伺っ, ところが今度小樽へ出, ところが今度帰還の日, ところが今度発表された率, ところが今度風船に乗っ, ところが今彼女は身, ところが今後から見た, ところが今日これを読み返し, ところが今日これらの題目, ところが今日みさちゃんの口, ところが今日われわれの申す, ところが今日五時頃外出から帰っ, ところが今日何かそこもと, ところが今日家内が米, ところが今日寿子が弾いた, ところが今日末起ちゃん, ところが今日校門を去り行く, ところが今日自殺と決まった, ところが今日荊州はわが, ところが今日誰もかれ, ところが今明らかに無知, ところが今時の半畳屋, ところが今晩ソーニャと乳母, ところが今晩多人数の来賓, ところが今暁におよん, ところが今月になっ, ところが今朝それを試み, ところが今朝僕が起き, ところが今朝夜明けに新宿, ところが今朝家人がえさ, ところが今朝座へ出る, ところが今朝父は手拭い, ところが今朝目をさます, ところが今村の公判, ところが今武蔵様の方, ところが今源十郎はお, ところが今生活の中, ところが今自分の娘, ところが今自家独特な三段論法, ところが今芝居を観, ところが今親爺は僕一人, ところが今隆夫のたま, ところが今階段からが, ところが今鶴雄を見た, ところがはどんな, ところが仏像の眼, ところが仏法が盛ん, ところが仏蘭西の観客, ところが仏頂寺と丸山, ところが仕事つてやつがなかなか, ところが仕事着は小倉, ところが仕合せなこと, ところが他国へ来, ところが他方の場合, ところが他方問題が国防, ところが他方彼はひどく, ところが他日ルイ十八世を打ち倒せ, ところが他殺でないこと, ところが仙ちゃんが起ち上ったらしい, ところが仙台で小宮さん, ところが仙術の一つ, ところが助には, ところが代官鈴木三郎九郎重成は民心, ところが以後宮の息吹きどこ, ところが仮令これだけの, ところが仮面の方, ところがのよい, ところが仲人のかた, ところが仲介役会津の公用人, ところが伊之助には坂井屋, ところが伊太郎は財布, ところが伊東の地, ところが伊藤は今, ところが伊豆様はさすが, ところが伊達家の羲之, ところがが三日たち五日たち, ところが会おうとも会うまい, ところが会わなくなってから三年目, ところが会場の都合, ところが会津は落城, ところが会計の時, ところが会計係の報告, ところが会釈ひとつ返す奴, ところが伝六あにいとんだ眼ちげ, ところが伝来の古, ところが伯爵母堂は逐電, ところが伯爵邸は二派, ところが伯父夫婦と割下水, ところがをし, ところが伸子たちはその, ところが似せ紅矢の, ところが但馬は, ところが住民は隣接, ところが佐々木や茂木, ところが佐々爺は村一番, ところが佐五郎どの程, ところが佐伯歳男の場合, ところが佐内君はね今度モスク, ところが佐助はこの, ところが佐古にはそうした, ところが佐太郎はそれ, ところが佐野松は起き出した, ところが何かしらある些細, ところが何かと用事が, ところが何しろあまり意外な, ところが何せ器械は, ところが何となくこの村, ところが何となくいつのまにかむかうが, ところが何やらあたりが, ところが何より雑然と体を, ところが何ヵ月経っても, ところが何万枚あったって, ところが何人もいたなら, ところが何人様もお, ところが何分大納言殿は, ところが何年もたって, ところが何度行って, ところが何度ふり返っても, ところが何故に生存, ところが何日か経っ, ところが何気なく彼の, ところが何箇所もあります, ところが余り興奮したので, ところが余程確かな, ところが作中の女, ところが作家であると, ところが使用人のうち, ところが使節のつとめ, ところが使者の齎し, ところがて見る, ところが例えば最近の, ところがなれなれしくなら, ところが侍雨蛙のよう, ところが侏儒の奴, ところが係官は美事, ところが係長さんあいつには影, ところが俊成の子, ところが保一くんはあの, ところがちゃ喜んでる, ところが信ずべからざることである, ところが信之は無情冷酷, ところが信仰様式が易つて, ところが信兵衞の碁敵, ところが信子の場合, ところが信濃遷都も行幸, ところが信玄が死んだら, ところが信者となる, ところが信雄は此, ところが修善寺で病気, ところが修業をする, ところが修理はこれ, ところが俯向になつ, ところが俳優以外の人, ところが俳優舞踊家音楽の演奏家, ところが俳諧の恋, ところが俺ア笛と法螺, ところがのドミトリイ, ところが倉光さんばかりでなく, ところが倒された阿部は, ところが倫敦の領事館, ところがは結婚, ところが健三にはそれ, ところが健全な女, ところが健康は日ごと, ところが偵察の見, ところが偵察任務にある, ところが偶然下の温泉, ところが偶然高木の名前, ところが偽善者にあっ, ところが傅次郎は私, ところがへ寄っ, ところが傍若無人の怪物, ところが催眠薬をのん, ところが傳記は生れた, ところが傳説と歴史, ところが傷口を仔細, ところが働かない人が, ところが働きながら歯医者, ところが働蜂は女王, ところが僕これはあんまり, ところが僕のはまた, ところが僕一存の感じ, ところが僕達はこの, ところが僚友会で女, ところが僞善者にあ, ところがが呼びかけた, ところが僧侶が彼, ところが儂どもには課せられ, ところが允子は息子, ところが元旦に雪, ところが元来当人の幸吉, ところが元来菖蒲と言う, ところが元禄五年に至っ, ところが兄ドミトリイの姿, ところが兄弟とも成績, ところが先々月の上旬, ところが先ごろ私が入手, ところが先ほども申しました, ところが先刻はあんな, ところが先刻不用意の間, ところが先君利与さま, ところが先年の震災, ところが先年中頸城郡板倉村大字横町の何右衛門, ところが先年小説家ヴイクトオル・マルグリツトが, ところが先年流行性感冒が流行った, ところが先年筑波山の北側, ところが先日どうした, ところが先日フィルド博物館という自然科学, ところが先日何かのキッカケ, ところが先日友人の春海君ら, ところが先日山奥から死骸, ところが先日漁業組合員の魚屋, ところが先日病気で寝, ところが先日相生町の老女, ところが先日鶯が頻りに, ところが先月以来戸沢長屋のお, ところが先生こいつがどう, ところが先生それがどうも, ところが先生ひとたび意を決して, ところが先生わたくしは食わず, ところが先生シナ文字を出し, ところが先生一向稿, ところが先生例の通り独逸語, ところが先発した司馬昭, ところが先程から片里, ところが先輩諸君の訓戒, ところが先鋒の足利義清, ところが先陣争いではみごと, ところが先頃からその, ところが先頃ゴビの沙漠, ところがの中, ところが光ろうとはしなかった, ところが光枝は知らない, ところが光田さんにしろ, ところが光線伝播は直線的, ところが児戯以上の何物, ところが角さ, ところが党員が出, ところがつてき, ところが入りしなに, ところが入港が遅れ, ところが入獄の時, ところが入間郡と境, ところが氣では, ところが全国に数十万, ところが兩親の氣, ところが困つたこと, ところが八五郎兄哥と來ちや, ところが八十かいの男, ところが八合目になる, ところが八時がうち, ところが八月にはいっ, ところが八月一日無実の罪, ところが八月二日になっ, ところが八月以降はふしぎ, ところが八月六日後堀河院が崩御, ところが八木さんのほう, ところが八橋の方, ところが八百円しか持ち, ところが八雲嬢は見事, ところが公安まで来, ところが公開を禁じた, ところが六つめの符号, ところが六十三人来て, ところが六十六議会に於ける, ところが六年ののち, ところが六年前に長年, ところが六時に会った, ところが共同主催者であった女子青年団, ところが共産党の長文, ところが兵営の彼方此方, ところが兵馬の兵馬, ところが其中に精神病患者, ところが其前から世間, ところが其図に関係, ところが其後おつ, ところが其書は真実, ところが其書き方を見る, ところが其朝に限つて, ところが其等は年中, ところが其翌年から此村, ところが其蝶という男, ところが其辺はちやん, ところが其頃私の宅, ところが典獄の呉押獄, ところが典獄室にはいっ, ところが兼五郎の家, ところが兼好の理想, ところが兼子も遠山, ところが内の人は存外, ところが内儀は内儀, ところが内務省へ入った, ところが内外の事情, ところが内申制は競争試験, ところが内部の矩, ところが円山公園まで来る, ところが円材の出, ところが再三申上げた, ところが再度の長, ところが冗談言つてはこまる, ところが写実主義というもの, ところが写生文家はそんな, ところが冥王は僕, ところがの寒い, ところが冬祓へを形式視, ところが凍りつくやうな, ところが凡て雑誌に発表, ところが凡人なかなかさう行かない, ところが凶作中には彼, ところが凶行の演ぜられた, ところが出された葡萄酒が, ところが出し抜かれたんだ, ところが出た水は, ところが出仕して, ところが出刃打ちの申し立て, ところが出合い頭に数名, ところが出征すると, ところが出来がわるい, ところが出版社からは督促, ところが出版統制のよりすすんだ, ところが出獄ももう, ところが分った事が, ところが分らぬこと程, ところが分析家の腕, ところがつた毛, ところが切支丹ばかりはいけない, ところが切断されて, ところが切腹を実行, ところが切角来たの, ところが刑事が出かけ, ところが刑法において婦人, ところが刑罰も数, ところが列車が静岡, ところが初子さんは一日, ところが初対面のどういう, ところが初年兵の後藤, ところが初日でみごと失敗, ところが別に何らの感動, ところが別府が危ぶん, ところが別府司令官は直前, ところが別荘の中, ところが利子も払い, ところが利家は鐙, ところが刷り上って, ところが刺青の男, ところが刻々形勢は, ところが前々日になる, ところが前もってちょっとお断わりし, ところが前回の総, ところが前夜私が泊りました, ところが前川さんにあの, ところが前後の行きがかり上, ところが前方をながめれ, ところが前日になっ, ところが前漢の末, ところが情な奴, ところが剣光と血, ところが剥がれた割れ口を, ところが剥ぎ取った粽の, ところが割合安易に, ところが劉伶はその, ところが劉子は醒めた, ところが力まかせに後頭部, ところが力車はみんな鳴動連, ところが加納屋の店, ところが加賀の海, ところが労協の方, ところが効力がある, ところが勃凸は一切, ところがにこたえ, ところが勇一君のからだ, ところが動こうとする, ところが動向も矢張肉體的活動, ところが勘定の段, ところが勝った方は, ところが勞働組合がさういふ, ところが勧工場へ出, ところが匈奴では蘇武, ところが化け物屋敷の噂, ところが化学式には, ところが化粧品の場合, ところが北向明神は二社, ところが北国の方, ところが北条家の役人, ところが北条泰時の反対, ところが北条美作はある, ところが北極飛行がこの, ところが北野劇場となる, ところが北隣の大島諸島, ところが区切りになっ, ところがの中, ところが十メートルも進む, ところが十リラくれと, ところが十一時すぎぞろりとご, ところが十一月末のこと, ところが十三回十四回頃からロス, ところが十中の六, ところが十二の時, ところが十二三日前若樣, ところが十二日とそしてまた, ところが十二時に行っ, ところが十二月六日の晩, ところが十二神貝十郎であるが, ところが十人十種ある人, ところが十八世紀の中葉頃, ところが十八年の間, ところが十八歳になる, ところが十六人の中, ところが十六日に周防村, ところが十兵衛だここ, ところが十兵衞だ此所, ところが十勝岳でこの, ところが十年度の国家, ところが十幾歳の頭山満, ところが十数年前日清製粉工場が館林, ところが十日余り過ぎると, ところが十日たち二十日たつうち, ところが十時弥君の話, ところが十時頃だったが, ところが十月は二十日間, ところが十月四日になっ, ところが十月革命はそれから, ところが十秒もたたない, ところが十郎は学問, ところが十郎兵衛うんともす, ところが千住の小塚原, ところが千島の沖, ところが千津村も斗合田, ところが千種とよばれる, ところが千種さんそれが一向, ところが千種殿は笑う, ところが千里眼の場合, ところがも過ぎ, ところが午前一時四十分まで待たない, ところが午前九時頃になる, ところが午前十一時四十分になっ, ところが午後六時にはこの, ところが午後四時頃になっ, ところが午近くになっ, ところが半ば迄帰っ, ところが半兵衛重治はそれ, ところが半島全体が何, ところが半年先生に算盤, ところが半時間ばかりたつ, ところが半時間たち一時間たつうち, ところが半身の重い, ところが卒業まぎわになって, ところが卒業後まもなく赤木桁平君, ところが卒業後五六年迄の間, ところが卒業後今度はいよいよ, ところがは話, ところが南川友一郎巡査のうるさい, ところが南支那となる, ところが南方の暖地帯, ところが南条様相手かわれど, ところが南渓子も養軒子, ところが南禅寺でのその, ところが南端の基地, ところが単に親しさ, ところが博光氏の名刺, ところが卜斎また同じ, ところが印度王はシモン王, ところが印税を前借り, ところが危険がせまる, ところが即座にそれ, ところが厚ぼったく結び合わされた唇, ところが原君の座敷, ところが原子構造論ではさらに, ところが原田八段はこの, ところが厳密にいえ, ところが來取懸, ところが去年あすこのお父さん, ところが去年以来は苦痛, ところが参木はその, ところが又ただ空気が, ところが又もやのろしが, ところがの手紙, ところが友ちゃんはもやい, ところが友人のも渠の, ところが友田は約束通り, ところが友田君の遺骨, ところが友田喜造の一派, ところが對の, ところが反物屋の方, ところが収穫の方, ところが叔父さままあ不思議, ところが叔父さんその為, ところが取っ組んでしまったら, ところが取りも直さず, ところが取り調べてみる, ところが取得といえ, ところが取調を進める, ところが受持教員のマリ子, ところが受話機の中, ところが受驗の結果, ところが口惜しいが俺, ところが口調を自然, ところが古人の夢, ところが古今を通じて演劇, ところが古代の言語, ところが古代生活に見えた, ところが古典太平記の荒唐無稽, ところが古典平家やその他, ところが古墳に入れ, ところが古来記憶力の弱い, ところが古田が無断, ところが古賀さんの現物, ところが古里なの, ところが只今女王様の御, ところが只今X線を壁, ところがかない, ところが台所の板, ところが史上清盛ほど今日, ところが右耳と鼻, ところが司令官の流儀, ところが司令長官はおもむろに, ところが司会者が伸子たち, ところが司法省のした, ところが方面諸賢方の, ところが各党派の上, ところが各国ともに医師, ところが合せ剃刀は思ひ, ところが合作の気, ところが合図の呼子, ところがは, ところが吉本豊次はまた, ところが吉村君が私, ところが吉池は一歩宴会, ところが吉野川を舟, ところが吊上げ橋が, ところが同じその桟敷に, ところが同伴の者, ところが同勢蹴上, ところが同居の, ところが同心にした, ところが同日家中へ伝わった, ところが同棲して, ところが同級の生徒, ところが同類の者, ところが名うての豪, ところが名刺を持った, ところが名剣を持っ, ところが名古屋産の千把コキ, ところが名曲堂へ行, ところが名案がある, ところが名誉を重んずる, ところが吐月峰どころか灰吹, ところがふの, ところが向きが定まらない, ところが向こうからやって来た, ところが君あれはドイツ人, ところが君それが君, ところが君コペイキンは平気, ところが君ブルジョアはそれ以上, ところが君三年目となる, ところが君事ひとたびお金のこと, ところが君今夜に限つて, ところが君今度は家, ところが君土堤が長い, ところが君昨夜裏口から上つた時僕, ところが君林田はあれ, ところが君枝は笑わず, ところが君耳というやつ, ところが君自身との一致, ところが吝嗇な客, ところが吠えるのを, ところがう力余り, ところが吾妻川の上流, ところが吾妻橋を渡っ, ところが吾輩は面白く, ところがの宿将元老, ところが呉軍十万の圧力, ところが周囲は無風, ところが周圃は真面目, ところが周知の如く, ところが呼び出し状をもらっ, ところがもお供, ところが咄嗟に適當, ところが和主は見, ところが和卿は失礼, ところが和尚様は京都, ところが和尚泰然として平気, ところが和歌の先生, ところが和気郡の熊山, ところが和製のジュリアン・ソレル, ところが哀しい曇影の, ところが哲学者なんてもの, ところが哲学者らは言う, ところがが進みまし, ところがは水面, ところが唐七の妻女ソメ子, ところが唯単に領布を, ところが商人は国ざかいのすぐ近く, ところが商隊長は焦, ところが問答を聞い, ところが善良な主婦, ところがいちゃ, ところが喜んで下さい, ところが喜撰と申します, ところが喜田氏は何, ところが嗣いで起こった, ところが嘲笑されて, ところがってみる, ところが噛み切られたのは, ところがまされたの, ところが四五年しましてから, ところが四五年前ンで始まる, ところが四五日以前警察の大がかり, ところが四五日前一羽の紅雀, ところが四六時ちゅう眼前, ところが四割だした者, ところが四十だいとなる, ところが四十町七丁目側の石崖, ところが四半ときばかり力, ところが四合どころか全然, ところが四年ばかり前, ところが四年前のその, ところが四年生になっ, ところが四日の朝, ところが四日目にその, ところが四時迄待ちました, ところが四月も末, ところが四月一日の朝, ところが四月三十日に半日, ところが四月十一日に至っ, ところが四月号の, ところが四等ともいうべき, ところが四角い皿に, ところが四辺はたちまち, ところが団体だけに笑, ところが困っておらん, ところが図らずもこの, ところが図体の大きい, ところがは永続, ところが国史の表面, ところが国定村の忠次, ところが国家の欲する, ところが国法でソヴェト, ところが國友に, ところが國木田氏の一つ, ところがはおそらく, ところが園田さんがこの, ところが土人たちは狡猾, ところが土人達は臆病, ところが土工たちは出, ところが土方らは増上寺, ところが土曜日になっ, ところが土民から抗議, ところが土蔵の件, ところが野党側の, ところが地下にはたくさん, ところが地下十六階からはぜんぜん, ところが地下室じゃない, ところが地下道を通り, ところが地中より仏像出現, ところが地図には堂々, ところが地方の官吏, ところが地獄までは決して, ところが地球上の津々浦々, ところが地理的または歴史的, ところが地藏樣の据, ところが地震がこわし, ところがの七合目あたり, ところが坂下鶴吉が処刑, ところが坂部の顔, ところが均平の体質, ところが坊さんというもの, ところが坑内は意外, ところが坪内先生の名訳, ところが城下に木, ところが城中から見, ところが城中一方の大将, ところが牌が, ところが報いられたものは, ところが場末も大, ところが塔内に入っ, ところが塚田の方, ところが塚田自身は木村, ところがのある, ところがを越え, ところがから出, ところが増永修三は伸子, ところが増長天王を田沼山城, ところが墨子はにがい, ところが墺将ダウンが近接, ところがの尽きた, ところがわれないから, ところが壊れ易い玩具, ところが壬申の乱, ところが輪の, ところが売れない筈な, ところが売人にいい, ところが売場の支那人, ところがの底, ところが変哲なこと, ところが夏前後から街頭, ところが夏場からずつと一人きり, ところが夏川はその, ところが夕刊の劇評, ところが夕方四時ごろになっ, ところが夕方宿料を払っ, ところが夕食後わたしたち二人が伊豆山神社, ところが夕飯をすまし, ところが外国のもの, ところが外国人はすでに, ところが外国宣教師は種々, ところが外妾の方, ところが外記は, ところが多分にあった, ところが多四郎めに瞞, ところが多寡をくくっ, ところが多年茶道にある, ところが多数の兵, ところが多門の話, ところが夜ごと日ごとにぽうっと, ところが夜なかになる, ところが夜ッぴて舟で見, ところが夜一夜おれは心, ところが夜光の短刀, ところが夜来城頭に立った, ところが夜間用の小さな, ところが夢うつつの樣, ところが夢酔が悪所, ところが夥しい損傷を, ところが大々的に何, ところが大がいの獣, ところが大きいのが, ところが大きくはれ上つて, ところが大して行くわけ, ところが大久保氏は特別, ところが大事な秘密, ところが大井川の上流地方, ところが大体いつの時代, ところが大体文化部門といふの, ところが大作のこと, ところが大分長くな, ところが大切なこと, ところが大勢ゐるから, ところが大友はすでに, ところが大友君はもう二度と, ところが大学図書館などでは生徒, ところが大学時代は平凡, ところが大学生も御多分, ところが大宝寺小学校の高等科, ところが大宮車大路いずこ, ところが大寺一郎が今, ところが大将大いにふくれ, ところが大将軍忠文を初め, ところが大尉どの御覧, ところが大尽の御殿, ところが大島だけはそう, ところが大島屋のお上さん, ところが大晦日の前日, ところが大本教だの何, ところが大杉氏はあの, ところが大村純忠が財政, ところが大根をずんずん, ところが大概の男, ところが大正の今日, ところが大正八年三月の停戦, ところが大正十二年の九月一日, ところが大正十年十一月九日年に一度, ところが大泉が本職, ところが大浦種則というウスノロ先生, ところが大浦種則氏は美代子さん, ところが大漁といううち, ところが大竹中将はみごと, ところが大納言様には以前, ところが大蔵省はこれ, ところが大衆文芸が, ところが大観個展をみた, ところが大路へ出た, ところが大軍は難なく, ところが大連でも蒙, ところが大間違さ, ところが大阪ビルの六階, ところが大阪人は鯨, ところが大隊長の老, ところがなる哉, ところが天上もすでに, ところが天井にし, ところが天井裏は思ひ, ところが天候に妨げられた, ところが天女のよう, ところが天帝は恐怖, ところが天幸にも一番, ところが天気が存外, ところが天気予報だと, ところが天気模様が悪く, ところが天満同心の俵一八郎, ところが天狗もさる, ところが天皇と神, ところが天皇制の場合, ところが天罰と云う, ところが天罰覿面とはこの, ところが天草へ帰っ, ところが天華堂の店, ところが天運めぐりめぐって, ところが太り肉といはう, ところが太史慈は稀代, ところが太宰の弟子, ところが太平洋を横断, ところが太陰表面の温度, ところが夫人だいたいがトリエステ, ところが夫人貴女はそれ, ところが失恋した方, ところが失望させられたの, ところが奇賊烏啼の堅持, ところが奇蹟的なこと, ところが奉行の宣告, ところが契沖阿闍梨は古典, ところがり疲れて, ところがにいる, ところが奥さま人間つていふもの, ところが奥さんあれは高根, ところが奥さんのは発見, ところが奥様はあなた, ところが奥様今度の穴掘り, ところが奥羽でも他, ところが女たちが彼, ところが女の子だけで, ところが女中たちの記憶, ところが女史は横浜, ところが女士あてなの, ところが女形や人形使い, ところが女性の側, ところが女教師は兵士, ところが女王は碌, ところが女軽業の美人連, ところが奴さんこれだけは仕方, ところが奴さん達御覧の通り, ところが奴め稚気がある, ところが奴僕の射た, ところが奴学校を出る, ところがかつた, ところが好きなこと, ところが好色破邪顕正の落し主, ところが如何に酔っ払った, ところが如何にもその頭, ところが妖女はさすが, ところが妖女め又もや王牌入, ところが妖術の南宗派, ところが妻木君の喰い, ところが妾たちは全く, ところが姉さんがなくなる, ところが姉さん達は死ん, ところが姉妹みたいに仲好し, ところが姉娘のお, ところが始めて顎の, ところが始末におえない, ところが始終蒼い顔, ところが委任された権力, ところが委細この書面, ところが威勢よくその, ところが威嚇と挑戦, ところが威張る新聞記者は, ところがは欲張り, ところが婦人だけは不思議, ところが婦人たちはゲルタ・フォン・リンリンゲン, ところが婦人れんになる, ところが婦人作家がそういう, ところが嫁ぎ先の, ところが嫁入道具を見せる, ところがはその, ところが嫌疑を掛けた, ところが嬢次君が思い, ところがができる, ところが子どもというもの, ところが子供たち二人はどうしても, ところが子分の者, ところが子路はこの, ところがのほう, ところがを書い, ところが存八の方, ところが元天皇, ところが学園はとうに, ところが学校というもの, ところが学生のほう, ところが学者達がそれ, ところが学術が分科的, ところが学術文芸芸術とかいう類, ところが学長が替っ, ところが學校は男爵, ところが守鶴はそれ, ところが珍の, ところが安房の方, ところが安福軒はもっと, ところが安藤は此種類, ところが安藤昌益はチヤン, ところが宋以後はだ, ところが宋太郎はふるさと, ところが完全にゆかない, ところが宗ちやんがその, ところが宗三郎の眼, ところが宗助がいなくなっ, ところが宗廟や朝廷, ところが宗悦は五十, ところが宗政さまはきりりと, ところが宗春は然, ところが宗次郎は一度, ところが宗藤の家風, ところがの廩倉, ところが官撰国史はこの, ところが定刻すこし前, ところが定家たちにとっては歌, ところがい鹽梅, ところが宜しくない者, ところが宝永元年にこの, ところが実さんの能, ところが実力といっ, ところが実力といつても各人各様, ところが実情はそう, ところが実用語となる, ところが実社会の生活, ところが実際そう云う事実, ところが実際若しする気, ところがの支那名士, ところが宣命と言, ところがの方, ところが宮中にはその, ところが宮原晃一郎さんはわたし, ところが宮城広場へ出る, ところが宮廷に骨牌会, ところが宮方の赤松勢, ところが宮本先生は, ところが宮本竹蔵という先生, ところが宮様の御, ところが宮部京子事件の起る, ところが宴酣なるに, ところが家來たちは主人, ところが家賃をどうしても, ところが家鶏や豚, ところが宿主の計理士, ところが宿屋の者, ところが宿直の若僧, ところが寄宿舎で早速, ところが寄手は夜, ところが寄生木から出来た, ところが密教の行ひと, ところが富五郎が高座, ところが富士川君の注意, ところが富岡先生には, ところが富永はそんな, ところが富豪の心理, ところが寒吉は折, ところが寒川家の婚礼, ところが寛文七年の春, ところが寛文三年に至り, ところが寝るという点, ところが寝台は空, ところが寝床はからっぽ, ところが察して下さい, ところが實際山奧の湯村, ところが實際船が港, ところがを覗い, ところが寺田の両親, ところが対局がはじまつ, ところが対岸にあろう, ところが寿江子の英語, ところがをきられた, ところが封建制度というもの, ところが専務は気, ところが専売局から発見, ところが専門家側では博士, ところが将軍様なんての, ところが将軍職名は頼朝, ところが将門にはそんな, ところがも鍬, ところが尊厳なる弁護士, ところが尊王方の土方ら, ところが尋常一様の吏員, ところが尋常三年生の冬, ところが小さいイワシが, ところが小判を一枚, ところが小半次はあの, ところが小城魚太郎はとうてい, ところが小売商においてはその道, ところが小宮山氏にとつて, ところが小松が枝, ところが小林はそれ, ところが小林少年の首, ところが小林氏の熱病, ところが小次郎は両手, ところが小池からは返事, ところが小泉氏が電話, ところが小田原から熱海, ところが小田原ちょうちんは上半分, ところが小袖の紋, ところが小西屋弥九郎はそう, ところが小説虐殺の場合, ところが小谷の城中, ところが小豆島紋太夫はかつて, ところが小郷と来た, ところが小酒井氏担当の完結篇, ところが小鳥はいつ, ところが少々迷惑に, ところが少しうとうとと眠った, ところが少名毘古那神は, ところが少女歌劇で名高い, ところが少将は義興公, ところが尻餅なんかつかない, ところが尾州家ではそれ, ところが居ませんよ, ところが居ることわずか, ところが居住者の名前, ところが居士は病床, ところが居眠りをし, ところが居間にいらっしゃれ, ところが屍骸にならない, ところが属性が複雑, ところが山中に水, ところが山住いの物珍, ところが山口自身で最も, ところが山吹社中の方, ところが山城生れの生粋, ところが山姥はすぐ, ところが山嵐が君, ところが山形へ来る, ところが山木にし, ところが山本僕はこの, ところが山本先生は目, ところが山本氏の家, ところが山椒魚は珍しく, ところが山海の幾千, ところが山猫に惚れ, ところが山田信之助は林田文次, ところが山羊はどこ, ところが山越えの弥陀, ところが山門がその, ところがの話, ところが岡島先生が熱心, ところが岡田の死体, ところが岩倉は横, ところが岩手県では閉伊郡, ところが岩蔵はそれ, ところが岸内閣の手, ところが岸辺に神社, ところが岸野の御, ところがの現状, ところが島内をしらべ, ところが島田の奴, ところがの上, ところがは叫び, ところが嵐山に行っ, ところが巖ちゃんはなかなか, ところが川上糸子は十日, ところが川中島その他あらかたは, ところが川口雪蓬という有名, ところが川津は返事, ところが川田氏があまり, ところが川西の野爪ヶ原, ところが川越の近在, ところが川路から下田奉行, ところが巡査のそば, ところが工場監督は良い, ところが工藤が去る, ところがの方, ところが左中将には御, ところが左側の会社員, ところが左傳と云, ところが左内のせがれ, ところが左団次は多く, ところが左平はいつ, ところが左膳は右腕, ところが左舷で奇妙, ところが左門の推量, ところがくほれないと, ところが巧妙なる犯人, ところが巨勢博士は私, ところが差当り今目の前, ところが巴屋の旦那, ところが巴里の凱旋通, ところがでは, ところが市ノ瀬牧人は近所, ところが市村氏の親, ところが市蔵は自我, ところが市街地は僅か, ところが市長は財産家, ところが布教船では毎日, ところが布設したの, ところがは, ところがは余程, ところが師匠お前さんは相手, ところが師匠東雲師も美術部, ところが帰つて来ると, ところが帰つて夫にその, ところが帰れぬゆえ幽霊の, ところが帰化人の範多, ところが帰国以後の義貞, ところがの奥, ところが帳場で新聞, ところが縁, ところが常々著者の行動, ところが常人と異常神経, ところが常磐御前には再婚以後, ところが常陸介は大人物, ところがとびの, ところががあく, ところが幕府の政治的場面, ところが幕府瓦解とともに左近, ところが幕末になっ, ところが平和工業に利用, ところが平太のお母さん, ところが平安朝の物語, ところが平尾さんの方, ところが平常消費が, ところが平林さんの本文, ところが平林寺の人, ところが平沼がひどく, ところが平瀬家は商, ところが平然とありのままな姿, ところが平賀源内殿と来る, ところが平野側の村, ところが年一年と日, ところが年寄の癖, ところが年期があける, ところが年配だの専門, ところが年鑑は今, ところが幸いさらにまたそれ, ところが幸平が穴ウメ, ところが幸福の生活, ところが幸運な花嫁, ところが幹事は誠に, ところが幹部めいめいの感ずる, ところが幼年学校出の指導者, ところが幾何学者や哲学者, ところが幾度となく, ところが幾箇処もあつ, ところが海屋一派の, ところが広々と見通し, ところが広い世の中には, ところが広田さんはそれ, ところが庄兵衛はその, ところが庄屋のうち, ところが庄屋どのが聞き入れません, ところがの雨樋, ところが床下がほら, ところが店主の中, ところが店内で二人, ところが度々云うよう, ところが座役たちはそろそろ, ところが座敷の床の間, ところが座敷牢はこの, ところが座間一人だけはさすが, ところが庸三はあの, ところが建久の年, ところが建武の新, ところが建物の中央, ところが弁信法師はそれほど, ところが弁馬は, ところががだんだん, ところがを引きます, ところが引っ返し組は, ところが引越して一週間, ところがく平民, ところが弟たちの狡猾, ところが弟子がしづか, ところが弟様が二度目, ところが弥助の額, ところが弥次郎が答えまし, ところが張飛は肯かない, ところが強情我慢のドーブレク, ところが強盗はいわゆる, ところが弾丸は通らない, ところが弾左衛門は例, ところが当今になりまし, ところが当家の御, ところが当年十六歳の蒲生, ところが当所の領事, ところが当日房吉は女房同行, ところが当時ドイツのブルジョア哲学, ところが当時俄かの復員, ところが当時大船のステーション, ところが当時海軍の某, ところが当時社長の女, ところが当節のお方, ところが形勢はガラリ, ところが形姿威儀竝びなき一人, ところが形式的なもの, ところが形態と無私, ところが彫刻に面する, ところが彫刻家の方, ところが彼処は, ところが彼女あれですっかり, ところが彼女達が近く, ところが彼奴等あまだ, ところが彼方の左慈, ところが彼是お午時分, ところが往きにも帰り, ところが往来の多い, ところが往還の道筋, ところが待ちうけて, ところが待っても待っ, ところが後日聞くところ, ところが後日専門の医者, ところが後醍醐天皇の皇太子, ところが後閑仙七は例外, ところが徐庶その人, ところが徒党を結ん, ところが従弟の方, ところが従来の農業, ところが従来色々な人, ところが御前で敲き, ところが御岳乗鞍の尾根, ところが御新造がお, ところが御殿の人たち, ところが御返事がございません, ところが御門の方, ところが御飯を食べる, ところが微妙な心理, ところがを修めよ, ところが徳三郎さんは, ところが徳川の天下, ところが徳川家の者たち, ところが徳川時代には事実, ところが徳川氏は諸, ところが徳次はぽかんと, ところが心平さんは富士山そのもの, ところが心理遺伝のあらわれ, ところが心配したほどの, ところが必ずしも予測の, ところが忌々しいことに, ところが志賀文学では態度, ところが志賀直哉という人物, ところが志野と黄瀬戸, ところが忘れもしません, ところが忙しい時には, ところがと承知, ところが応待に現れた, ところが快く承諾し, ところがのため, ところが念仏申さるるよう, ところが山といふ, ところが思いがけもなく入っ, ところが思いがけなくここが, ところが思いきって踏み出した, ところが思はぬ方面から, ところが思想そのものには深い浅い, ところが思慮深い新聞社, ところが怠惰なお前, ところが急がしい市役所の, ところが性欲を単なる, ところが怪しからぬ奴, ところが怪し気な女, ところが怪星ガンはその, ところが怪異は夏, ところが恋してる男, ところが恐らく内部から, ところが恐ろしい殺人事件が, ところが恐ろしく日本の, ところが恒久的任務のほう, ところが恢復はずんずん, ところがをお話し, ところが恩命どころでは, ところが恭一は八月, ところが恭子などは闇, ところが息子の両親, ところが息子らは父親ら, ところが恰度その頃から葛飾, ところが恰度ラヂオで放送, ところが恰度一座が多人数, ところがえ事, ところが悪徳も時には, ところが悪運が尽きた, ところが悲しい事に, ところが情事のこと, ところが情操を本位, ところが惜しい事に, ところが惟成は, ところが惣八郎はいろいろ, ところがタンたる, ところが惨めだな, ところが惨劇のあった, ところが想像できるできないの, ところが意識を喪失, ところがいたね, ところが愚鈍だと, ところが愛すべき新月は, ところが愛国運動はこのいわゆる, ところがちが, ところが感官が荒さん, ところが感応起電機による直流高圧, ところが感情が昂, ところが慈悲といっ, ところが慈愛深き老, ところが慎重を期す, ところが慶喜が大阪城, ところが憑かれたように, ところが懇意な書肆, ところが懐かしい歌の, ところが懲りも性, ところがれない, ところが戀愛や結婚, ところが我が国では昔, ところが我国の大衆文芸, ところが我慢をすれ, ところが我等の主人公, ところが我輩や福沢先生, ところが或いは二万と, ところが戦争そのものは一人, ところが戦争前は白地, ところが戦争末期になつて, ところが戦争末期東京が空襲, ところが戦国以来はその, ところが戦後の東京, ところが戦後ここにもブーム, ところが戦後共産主義の毎日, ところが戰爭は私たち, ところがをひらい, ところが戸口のようやく, ところが戸外へ出る, ところが戸棚の下, ところが戻ってまいります, ところが所管署築地警察署では, ところが所謂鋭い声, ところが所謂社会学者の内, ところが所謂靜的實在なるもの, ところが所謂馬糞紙の箱, ところが手伝い婆さんは恐れ, ところが手分けがある, ところが手前今度は永, ところが手品師の掌, ところが手型によって立証, ところが手燭のあった, ところが手答があつ, ところが手薄と見えた, ところが手術し損なって, ところが手足をバタバタ, ところが手首にもやはり, ところが打たうとした, ところが打たれた若者は, ところが批評家は, ところが技術の進歩, ところが投票前夜に社会民衆党, ところが折々この渓奥, ところが折り悪しく鳥屋, ところが折りかえし森源から来た, ところが折れ曲った部分に, ところが折竹が含みわらい, ところが抜弁天一座の花嵐オソメ, ところが抱月氏の生存当時, ところが抵抗力の強い, ところが抹茶を飲む, ところが押しても突い, ところが拘留があけ, ところが拷問によってはいっかな, ところが拾い屋を, ところが持ち出すまでには夜, ところが持つて生れた, ところが持久戦争に陥り, ところが持余し気味, ところが持参の地図, ところがを肌, ところが指導を受ける, ところが指輪の家来, ところが振向け方で, ところが捕まえたのさ, ところが捕虜の新, ところが捷平には御, ところが掛け算の人生, ところが探偵はけっして, ところが探偵小説の作者, ところが接吻以後はどうも, ところが掩蓋固定の締め金具, ところが掴んだつもりの, ところがっさらっちまわなかったじゃ, ところが揉んでもらえ, ところが提灯の動い, ところが提督は思いの外, ところが揚州は古来美人, ところが揺籃の後ろ, ところが摂津の有馬, ところが摂津守と安国寺, ところが擬古文と言, ところが支倉君失神が下等神経, ところが支倉君眼を覆われ, ところが支那人のは違う, ところが支那製の鏡, ところが改作をし, ところが改札になる, ところが改造社は東京, ところが攻撃機編隊はあっという間に, ところが放射型のもの, ところが政元は病気, ところが政党政治家乃至ブルジョアジー, ところが政治的な意味, ところが敏プイと姿, ところが救援の軍勢, ところが敗戦当時から今日, ところが敗戰によつて恥, ところが教えた方の, ところが教会が国家, ところが教室に入っ, ところが教理には達し, ところが教訓のかわり, ところが教養があり, ところが敬語を沢山使つて, ところが数分たちまして, ところが数分の後に角助, ところが数十年経つて後にはヴォルテール, ところが数十歩の前, ところが数右衛門の浪人骨, ところが数学の本, ところが数日前の晩, ところが数日後に諸, ところが数時間空腹を先, ところが数百の聴衆, ところが数行に亙っ, ところが敵機は無残, ところが敵空襲部隊は本土, ところが敷いて貰った, ところが敷物が狭い, ところが阿は, ところが文亀二年になる, ところが文作はうっかり, ところが文公が, ところが文六さんが私, ところが文化科学では理論, ところが文壇という垣, ところが文士の書斎, ところが文字のほう, ところが文学方面に於, ところが文盲撲滅の文化運動, ところが文藝春秋で牧野さん, ところが文部省の推薦図書, ところが斉彬公からいろいろ, ところが斎藤先生が墓, ところが料理が食べ荒され, ところが料理屋というもの, ところがにま, ところが斜陽をうけ, ところが斥候の者, ところが斯様に切迫, ところが新劇のセリフ, ところが新婚後の宗久, ところが新川は威勢, ところが新年の三が日半死半生, ところが新田足利の両家, ところが新聞社へ行, ところが新茶ぐらゐ香氣がよく, ところが方々見歩いて, ところがなかま, ところが旅人の口, ところが旅籠屋の亭主, ところが旅舎がわからない, ところが旅行の約束, ところが旅行免状を持っ, ところが旅行券のやつめ, ところが旅行者は結び目, ところが旗太郎さんそこにこの, ところが日々に進み拓け, ところが日傘の男, ところが日光からのレンラク, ところが日吉の目, ところが日支間のこれ, ところが日暮れごろになる, ところが日曜の好, ところが日本人みずからのうち, ところが日本全国ではどう, ところが日本帝国の中学, ところが日本帝国主義のブルジョア, ところが日本平定の大事, ところが日本式の御, ところが日本文学の伝統, ところが日本料理という, ところが日本映画は現在, ところが日本橋の下, ところが日本歴史の非, ところが日本民族は島国, ところが日本独特のせわしく, ところが日本語の語根時代, ところが日清戦争連戦連勝軍隊万歳軍人でなければ, ところが日蓮においてはそれ, ところが日陰に入っ, ところが日露戦争が起っ, ところが日露戰爭のとき應召, ところが日露戰爭時分の事, ところが旦那あっしはね何, ところが旦那それが奴, ところが旦那方の前, ところが旦那様は一旦, ところが旧幕時代にはみんな理想的人物, ところが早川だけはタダ, ところが早苗は振り解こう, ところが昆虫泥棒はその, ところが昌仙さまあまり思うつぼ, ところが明けがた厠へ行, ところが明るくなつて, ところが明和のある, ところが明後日は私, ところが明応七年十二月の十七日, ところが明応元年になっ, ところが明智探偵はなぜ, ところが明治以後には農民一揆, ところが明治六年であったと, ところが明治十七年に初めて, ところが明治十二三年頃から機業上, ところが明治十二年の夏, ところが明治時代から今日, ところが明治末期から大正以降, ところが明治維新以後の日本, ところが明石室井水谷の三頭目, ところが明神が御, ところが明神様の帰り, ところが星尾をさがし, ところが星田の首, ところが星移り月変るうち, ところがだったの, ところが春子さんの方, ところが春山唐七の長女, ところが春木君はまだ, ところが春浪さんは僕等, ところが日本屋の, ところが昨今僕はそんな, ところが昨夜ペテルブルグスカヤ區を振り出し, ところが昨夜ポリニャークのところ, ところが昨夜娘のいう, ところが昨夜子刻から先, ところが昨夜徹夜で舞台稽古, ところが昨年十一月から雑誌, ところが昨年南米ブラジルにおいで, ところが昨年議会でやかましく, ところが昨日のはよっぽど, ところが昨日グルーシェンカの騒ぎ, ところが昨日二七日の法事, ところが昨日今日つひに, ところが昨日今日雪の上, ところが昨日日日新聞の人, ところが昨日私の机, ところが昨日自分の連れ, ところが昨日警察署へ届け出る, ところが昨日谷干城を被害地, ところが昭和七八年頃からそれ, ところが昭和中期の演劇界, ところが昭和二年頃から三年, ところが昭和十九年末空襲の気配, ところが昭和十二年末ごろから年々, ところが昭和十五年になっ, ところが昭和十年の春, ところが是非遣らなければ, ところが是非此世の中, ところが昵懇とか縁辺, ところが昼間は髪, ところが時人こぞって賞讃, ところが時代感情がそれ, ところが時信は日ごろ, ところが時刻になっ, ところが時勢は急転, ところが時計はチクタク, ところが時計屋さんは仕事, ところが時運の迅さ, ところが時運到来と申す, ところが時間すぎの食堂車, ところが時雲の早, ところが時鳥は勝手, ところがになっ, ところが晩産のため, ところが普段は4, ところが普通チベットでは年利一割五, ところが景気をつけ, ところが景鶴山は如何, ところが智恩院を出た, ところが智慧のない, ところが智者の方, ところが智能犯は彼一人, ところが暁団では田代金兵衛, ところが暁天の寒, ところが暑くて寝られん, ところがい水蒸気, ところが暗号を解い, ところが暗算が早く, ところが暗黒体に遮られ隠され, ところがの行事, ところが暫く後で発病した, ところが暫らく後で發病, ところが暫らく立てから同じ, ところがが進行, ところが曲者の曲者, ところが更にもう一歩すすん, ところが書きかけてみる, ところが書きだしてみる, ところが書き始めてみる, ところが書斎へはいっ, ところが書類の上, ところが曹操自身の馬, ところが曾良の隨行日記, ところが最もよく売れる小説, ところが最初慎みのため, ところが最初飯塚さんはお雛様, ところが最終の第, ところが最近ロンドンに疲れた, ところが最近偶然にそれ, ところが最近別の一座, ところが最近大将邸の女中, ところが最近数年の間, ところが最近文壇の指導勢力, ところが最近極洋捕鯨会社の秘書課長村田光敬氏, ところが最近様子が変っ, ところが最近機会があっ, ところが最近河野から珍しく, ところが最近百合ちゃんに吉川さんッ, ところが最近知人武田信次郎氏から高川邦子女史, ところが最近私の身, ところが會場へ行, ところが月々現われる作品, ところが月曜日に私, ところが月末になる, ところが有志たちが十, ところが朝倉家の客臣, ところが朝夜の明け, ところが朝食の膳, ところが朝飯が済む, ところが朝鮮の牛肉, ところが期日をすぎ, ところがはバッサリ, ところが木村さんが寝床, ところが木村君の返事, ところが木田は行方不明, ところが荘の, ところがのお子さま, ところが末起にとっ, ところが末造がひどく, ところが本丸小屋奥の木戸, ところが本多は, ところが本家のここ, ところが本庁でうまく, ところが本庄村の五十嵐太郎右衞門, ところが本当はさも拭き取た跡, ところが本当はそうでない, ところが本日何の音沙汰, ところが本来川幅の知れた, ところが本格の探偵小説, ところが本格物を書く, ところが本物より良く, ところが本能なるもの, ところがを開け, ところが朱買臣はその, ところが机竜之助, ところが杉代が死ぬ, ところが杉原の方, ところが材木は遠く, ところが材木商が木そのもの, ところが村上賛之丞, ところが村内一般に必ず, ところが村尾さんは私, ところが村山は安川ら, ところが村田は不慮, ところが来たという敵, ところが来年はもう, ところが東京パレスのホール, ところが東京中野局消印で, ところが東京市政でつかう, ところが東京湾ではこれ, ところが東儀与力の耳, ところが東北では或, ところが東大の神経科, ところが東大寺は群衆, ところが東海道はわけ, ところが東片町には何, ところが東都出発の数日以前, ところが松坂屋の前, ところが松本は怒りだしました, ところが松永君はいくら, ところが松田太郎左衛門の先鋒隊, ところが板倉屋は近頃, ところが枕木は炭焼竈, ところが林助から聞かされた, ところが林檎はどこ, ところが果していつの間にか鳥が, ところが果せるかなその, ところが果然その直覚, ところが架空の風守, ところがの息子, ところが柑子の実は, ところが染吉は用心, ところが染奴はどんなに, ところが柘植の家, ところが柳田先生がちよこ, ところが柳美館の番頭, ところが栄蔵の家, ところがの木立, ところが栗栖按吉が何より, ところが校友会の仕事, ところが校長は演壇, ところが校長先生はつい, ところが株主の反感, ところが株屋の方, ところが桂子の話, ところが桃山時代の屏風絵, ところが桃水との交際, ところが案じたほどのこと, ところが案ずるより産む, ところが案の定お前さんが, ところが案外さう読んだ, ところが案外そうでもな, ところが案外よく眠れたわ, ところが桑港の医師, ところが桑部は自転車, ところが桔梗家の女中, ところが桟橋で車力, ところがが泣顔, ところが梅津朔造氏がその, ところが梅田あたりの闇市場, ところが梅素さんの処, ところが梅雄について描く, ところがばかりを見あげ, ところが梨枝ちやんはそんな, ところが梨枝子と菊子, ところが梵語は辞書, ところが梶鶴雄を呼ん, ところがが小さ, ところが森口多里君, ところが森山先生の家, ところが森木国松の事件, ところが森源は白い, ところが植え付けが少なかっ, ところが植木鉢なんかに植わってる, ところが植民地へ来, ところが検事が懸命, ところが検事一行が博士, ところが検査場では誰, ところが検疫医がこれ, ところが椿岳の市価, ところがでもない, ところが楽屋が狭い, ところが楽譜一つ読めないの, ところが楽長は立っ, ところが榛の木林を出外れた, ところが榛名湖の公魚, ところが榮三郎はお, ところがが一度, ところが様々な歴史, ところが様子を見, ところが標本箱のガラス, ところが模範的な実に, ところが権三の訴え, ところが権力の野ばん, ところが権田原先生は急, ところが横田の方, ところが横隊戦術は熟練, ところが樹氷の中, ところが機械の調子, ところが機関室に帰っ, ところが機関車の小, ところがの中, ところがの歯, ところが權官に某, ところが權次は背後, ところが欝陵島から根室, ところが次ぎの瞬間, ところが次に突然現実を, ところが次に突然どうしてそんなこと, ところが次の間つきで奥, ところが次男の左馬助, ところが次郎兵衛は三日, ところが次郎君自身は僕ら, ところが欧州戦争後母も年, ところが欧米人が日本, ところが欧羅巴の大, ところがの文句, ところが歌う本人は, ところが歌舞伎芝居が好き, ところが兵衞は, ところが正午ごろ一人の農夫, ところが正吉くんのるす, ところが正味二十分たって, ところが正岡君は気づかなかった, ところが正岡子規は句解大成, ところが此らの造語, ところが此ウ列から主部, ところが此一行の文字, ところが此人にとり, ところが此兄貴至つて無精者でね, ところが此寺の門前, ところが此熊野比丘尼は注意, ところが此秣がなかなか, ところが此話には脱, ところが此諺を見る, ところが此謡ひといふもの, ところが此車賃をきめる, ところが此鉛筆はこの, ところが此間君と哲学談, ところが此間松竹座を見, ところが此頃毎夜丑三つの刻限, ところが此駅に泊り合せ, ところが武揚の家, ところが武田家の家例, ところが武者小路の, ところが武蔵独自の剣, ところがが一ツ, ところが歩きはじめて間もなく, ところがの斜, ところが歯医者はひどく, ところが歯車がつぎつぎ, ところが歳太郎はすぐ, ところが歴史的研究だけを根本義, ところが歴史的類型の設定, ところが死ぬまで隠れおおせる, ところが死んでしまった, ところが死んだ農奴は, ところが死後になつ, ところが死点と云, ところが死霊は算哲, ところが死骸の傷, ところがんど, ところが殉死を忌, ところが残っていた, ところが残りの七万人, ところが殺された奈々子の, ところが殺人者は非常, ところが殿中でわし, ところが母公としてはそれ, ところが母屋の葉巻太郎, ところが母様と私, ところが毎夜のよう, ところが毎年この山中, ところが毎日あなたがたの一人一人, ところが毎日喧嘩ばかりし, ところが毎日毎晩一つ鍋のもの, ところが毎朝通る道筋, ところがの劇, ところが毒土の混入, ところが毒消し売りの, ところが比叡子が殺人, ところが毛唐の女, ところが氏元は織田勢, ところが氏家を援, ところが民主主義文学運動というの, ところが民弥は冷静, ところが民法では無能力, ところが民衆にはこれ, ところが民部の心まち, ところが民間の習はし, ところが気がついてみる, ところが気の毒にも失敗, ところが気持が引きたてられる, ところが気紛れな秋, ところがが附い, ところが水かさは更にずんずん, ところが水上警察へきた, ところが水中から声, ところが水彦には木々彦, ところが水戸にある, ところが水曜日になっ, ところが水深二〇米の水中, ところが水源地といふやつ, ところが水牛となる, ところが水瓶の水, ところが水素の混合, ところが水素原子の重, ところが水野仙子が自身, ところが水野越前守殿が少年家老, ところが水銀と硫黄, ところが水面をとおりすぎ, ところが水音なんか聞こえませんでした, ところが氷川澄江にいた, ところが之丞, ところが永徳に限っ, ところが江の島の仕事, ところが江夏の黄祖, ところが江戸川の桜, ところが江戸川氏はいつ, ところが池上のこの, ところが池沼によってこの, ところが決しておだて, ところが決してそうでは, ところが決闘の結果同僚, ところが沖縄にも唯一个処, ところが沙翁の劇, ところが沢山ありすぎて, ところが沮授は隙, ところがの釣, ところが河井から京都, ところが河南の招討判官, ところが河原から社, ところが河流の半ば, ところが河竹の方, ところが河野は意外, ところが治りますかと言う, ところがのほとり, ところが泉浄澄にし, ところが泊り合せたお, ところがを心得, ところが法信わしの作った, ところが法務の都合, ところが法師丸は自ら戦場, ところが法廷の手続き, ところが法律は理屈, ところが法律上社会上毫もかかる, ところが法律家の中, ところが法水さんその幻, ところが法水君それが降矢木家, ところが法然と日蓮, ところが波多野洋介はこの, ところが波多野邸の門, ところが波江さんが東京, ところが泣きっ面に, ところが泣く寝るは共に, ところが泥底に棲ん, ところが泥棒は外, ところが注文の来た, ところが注文通り斜線状になっ, ところが注目に値します, ところが泰山鳴動して, ところが泰造の方, ところが洋燈の石油, ところが洋館の玄関, ところが洗濯の手, ところが津和野の津和野, ところが津志田家の嫁, ところが活動写真位完全に同じ, ところが流浪中の不品行, ところが流行作者としての生活, ところが浅原の所持, ところが浅川はお前達, ところが浅草の森下, ところが浅草小島町まできた, ところがに来, ところが浜離宮まで行かない, ところが浦島どんわしの背中, ところが浩平が成長, ところが浪人者でありますから, ところが浪士達が急, ところが浮いている, ところが海上が荒れた, ところが海口まで来, ところが海岸にある, ところが海水浴や水泳, ところが海津城から出た, ところが消えなんかしない, ところが消却法による限り, ところが消極的な方面, ところが淡谷君のうち, ところが淫らな形, ところが深刻一點張りでは恐らく, ところが深山氏は閣下, ところが深川の芭蕉庵, ところが深江村の佐治木佐右衛門, ところが混乱の理由, ところが清人はその, ところが清子を前, ところが清川はた, ところが清朝になつて古, ところが清正は他, ところが清水坂長吏は理不尽, ところが清盛と聞く, ところが済まないのは, ところが渡辺さんはどうも, ところが渡辺氏はこの, ところが温み始めた水に, ところが温度というもの, ところが温霧谷の先生, ところが港湾局にも記載, ところが渾沌はそれ, ところが湯ヶ原を通過, ところが湯殿だとは, ところが湯舟沢村のもの, ところが源三と小学, ところが源之進が余り, ところが源八さんはびやうきがなほつて, ところが源助町の道場, ところが源四郎は, ところが準備があまり, ところが滅多に手, ところが滑り落ちはじめて見る, ところが滑稽な経験, ところが滞陣はすでに, ところが漁夫達の中, ところが漁師は鰍, ところが漂流して, ところが演劇本来のさういふ性質, ところが漢奸だと, ところが漢字の使用, ところが漫談となる, ところが漱石は, ところがっとその, ところが漸く相わかりました, ところが漸次これが, ところが潤州へ来, ところが潮さんこの頃, ところが濃霧のなか, ところが瀬川先生や高柳君, ところが火の手はおろか, ところが火成岩の山塊, ところが火星人の方, ところが火鉢にいくら, ところが灯台下暗しで, ところが灰吹はない, ところが災いはこれ, ところが為事場に出ない, ところが為兼はまさに, ところが為氏は両, ところがの見えない, ところが暴にも, ところが無いといふ, ところが無二無三に斬り立てられる, ところが無住な伽藍, ところが無学の悲し, ところが無性に彼女には, ところが無情冷酷な五人, ところが無謀にもその, ところが然様はいかなかった, ところが焼けつくようで, ところが焼け跡の住居, ところがはもう, ところが煙山は君ら, ところが煙草がなくなる, ところが照ちやんの方, ところが照正様はその, ところが熊城君今度は毛, ところが熊城君僕がズバリ, ところが熊城君押鐘津多子だけにはけっしてそう, ところが熊蔵秘書が怖し, ところが熊襲は天皇, ところが熟考の結果, ところが熱い海を, ところが熱くなったり, ところが熱情は次第に, ところが燕女は親方, ところが燕嬢は千葉秀輔, ところが燕麦はすっかり, ところが爆漁と来る, ところが爆發して, ところが爆裂弾の破裂, ところがに生, ところが父兄にとつて, ところが爺平然として曰く, ところが眼を, ところが片品川の奥, ところが片方の茶碗, ところが片瀬の宿, ところが片田博士が死体, ところが片貝が十郎, ところが片足が凧, ところが牛乳を鑵, ところが牛込の神楽坂, ところが牛頭天王は祇園精舎, ところがへはいる, ところが牧田は反対, ところが物のはづみ, ところが物事がうまく, ところが物忘れをする, ところが物理の方, ところが物理的には依然として, ところが物語が一応, ところが物質の進化, ところが物音の正体, ところが特に僕には, ところが犬山を出, ところが犬達が朝, ところが犯罪学的に考え, ところが犯罪捜査のばあい, ところが犯行の時間, ところが犯行中おどろかされて, ところが狂六先生の値打, ところが狐どもは腹, ところが狙い過たず最初に, ところが狡い犬ころめ尻尾を, ところが狩尾君は遂に, ところが狩屋三郎は近頃, ところが独身者の身体, ところが独領ニューギニアの最北端, ところがは次, ところが猪八戒の方, ところがは全く, ところが太人め期限に, ところが猿ぐつわはちゃんと, ところが猿達を沈黙, ところが獅子は白熊, ところが獲物を釣り場, ところが玄二郎にいた, ところが玄喜は三十歳, ところが玄宗もまた, ところが玄竜が妙, ところが玄鶯院は珍しく, ところが率直に云っ, ところが玉太郎たちはにわかに, ところが王さまのある, ところが王允は, ところが王女は自分, ところが王政復古と開国, ところが王様がそれ, ところが玲子が三階, ところが珠緒殺しが発見, ところが天皇家が, ところが現われた女って, ところが現われ出た故人は, ところが現今の批評家ども, ところが現代日本の芝居, ところが現在あちこちで行われ, ところが現在ごらんの通り, ところが現在わたしのいわゆる, ところが現在彼の眼, ところが現在眼の前, ところが現在職業をもたなけれ, ところが現地で多年, ところが現場をいくら, ところが現場伸子の室, ところが現象と実在, ところが現象的には却って, ところが理想は一つ, ところが理論上において少し, ところが琴屋のあるじ, ところがですわ, ところが環視の中, ところが前後と, ところが甚八がさて, ところが不動一人さえ, ところが生きてい, ところが生きたものを, ところが生きてるんだ, ところが生垣に沿っ, ところが生来の不死身, ところが生殖器の形, ところが生活慾の熾, ところが生活難や虚栄心, ところが産後の経過, ところが産業革命の時代, ところが産院の方, ところがを足し, ところが用事が大切, ところが用人源伍兵衛の語調たる, ところが用明天皇推古天皇すなは, ところが田中にし, ところが田中絹代嬢の人気, ところが田山さんそれらの学者, ところが田村は台本, ところが田郷さんその婦人, ところが田郷さんこれがまた, ところが甲子太郎が一番先, ところが甲州と信州, ところが甲野さんは簡単, ところが男性の貞操, ところが男鹿の風景, ところが町人から見れ, ところが町内中の雪隠, ところが画商共は土牛, ところが画工の方, ところが画題の選択, ところが畜生に国, ところが番兵の返事, ところが番号札の数字, ところが番所のおやじ, ところが番頭さんはとうとう, ところが番頭殿ノコノコと, ところが異しいことも, ところが異人たちはそれ, ところがになつ, ところが病癖というもの, ところが病院ではその, ところが病院側でコンニャク, ところが瘤自身は中風, ところがの苦痛, ところが癒らない, ところが発掘に加, ところが発表になっ, ところが登つて見ると, ところが登場人物の方, ところが登山もスキー, ところが登記をすん, ところがと黄, ところが白井が依頼, ところが白昼誘拐かされ朝廷, ところが白木の奴, ところが白氏は台所婆, ところが白水は学校, ところが白石屋の主人, ところが白血球を調べ, ところが白雲の胸, ところが白鳳壬申の秋, ところが白黄青の三外輪, ところが百姓たちの謳歌, ところが百姓達は俺, ところが百枚の図, ところが百足虫は決してそう, ところが百里の間, ところが皆んな一度づつ, ところが皆んな一緒に駆け付けた, ところが皆變な顏, ところが皇子はご, ところが皇子さまは可愛い, ところがくちやな, ところが盗人をする, ところが盛んに釣れた, ところが盛夏の一日, ところが監獄生活の一年, ところが監督は立ち上がる, ところが監視人はただ, ところが目下のところ, ところが目出度いやうな, ところが目明の鼻介, ところが目的はプロレタリア作家, ところが目皺を寄せ, ところが直吉は校門, ところが直近所の料理店, ところが相手方はこれ, ところが相撲部など運動部, ところが相沢も家業, ところが相生町の裏通り, ところが省線電車の駅, ところが看守人たちはこの, ところが看護婦が知らせ, ところがの水上瀧太郎, ところが眞珠太夫はあの, ところが眞達は死人, ところが真に受ける奴, ところが真夏の八月, ところが真実のテーマ, ところが真珠採りとシャレ, ところが真相は他殺, ところが真鶴を過ぎる, ところが眠り薬はフラスコ, ところが眷属大人数, ところがに出, ところが眼病はよくならない, ところがていた, ところが着いたもの, ところが矢張り悄々として兎, ところが矢張加茂川の水, ところが矢野はいけ, ところがを働かし, ところが知らず識らず, ところがかい談話で, ところが石炭庫が近く, ところが研げていない, ところが破片が突きささっ, ところが硝子と絹, ところが碇氏はそう, ところが碓氷の分水嶺, ところが確かに小判, ところが確率誤差は前述, ところが磐城の国, ところが磨き終って金, ところが社会主義の民主国, ところが社会主義的な民主国, ところが社会学的に今, ところが社員は恐る恐る, ところが祝詞は平安朝, ところが神中はもう, ところが神主は面, ところが神戸の中央劇場, ところが神泉フワンはこの, ところが神社は平常, ところが神社大観などを開い, ところが神経衰弱のも一つ奥, ところが祥瑞五郎大夫は日本, ところが祷りの方法, ところがを離れ, ところがでは恐がっ, ところが禅門に入っ, ところが福岡の棲家, ところが福澤先生のお嬢さん, ところがでも暗示, ところが秀夫さんの方, ところが私たち夫婦は日曜, ところが私どもはとかく, ところが私共にはよろこびな, ところが私服の警官, ところが私自由じゃない, ところが秋山大尉は留守, ところが秋森家の双生児, ところが秋田から山形沿線, ところが秋田犬は自転車, ところがによる, ところが秘密の引越し, ところが稀薄なる空気, ところが種則が現れる, ところが種馬なんか僕, ところが稲吉は若い, ところが稻田がたで, ところが積極的な宗全, ところが積極的誤解となる, ところがの底, ところが空中に舞, ところが空地の入口, ところが空気の比熱, ところが空間時間であるが, ところが突然全く突然にキド現象, ところが窓ガラスをたたく, ところが窓一杯に張つた女郎蜘蛛, ところが窕子にその, ところが窪田が訪ね, ところが立ち上つてし, ところが立山の方, ところがなくも, ところが端敵になる, ところが竹山と川村さん, ところが竹童の信念, ところがひの, ところが笑いたいのは, ところが笠置はまもなく, ところが笹子初狩岩殿あたりの草深い, ところが筆者自身の円通, ところが筑紫へ赴任, ところがの形, ところが節ちゃんは自分, ところが篠崎判事は病人, ところが篤胤先生なぞの考えた, ところがはただいま, ところが精霊はまだじっと, ところが糸子サンの報告, ところが紀代子は豹一, ところが紀昌は一向に, ところが約束通りの浪人者, ところがに染ん, ところが紅矢はこの間, ところがは茶色, ところが純朴な村人, ところが純正な科学者, ところがの問題, ところが紙片などは中, ところが紛失した火辻, ところが素人下宿の二階, ところが素人常連のは魚, ところが素朴な訳者, ところが紡績が発達, ところが紫雲閣の主人, ところが細田屋の娘, ところがひには, ところが終列車で浜, ところが終戦直前のある, ところが終戦直後の日本, ところが終点近くになっ, ところが終電車の運転手, ところが組主任の先生, ところが組合の詮議, ところが経済は国家経済, ところが経済的に落第, ところが結ぼれた毛の, ところが結党式を終え, ところが結城さんは中, ところが結婚の日, ところが結婚後追, ところが結婚後八年にし, ところが結婚申込に来た, ところが結局は同じ, ところが給仕が追っかけ, ところが絵画はこの, ところが絵画的ということ, ところが絶対に秀頼, ところが經濟の戰爭, ところがの母, ところが維摩は右, ところが維新の廃仏毀釈, ところが維新以後四十四五年を経過, ところがはしずか, ところが綺麗で色っぽい, ところが総てを貧しき, ところがの騎士, ところが緑色のハイカラ, ところが線路の上, ところが編輯長にはそれ, ところが編集へ送られた, ところがを解かれ, ところが縛られて行く, ところがに垂直線, ところが繁華街は軒並み, ところががつて, ところが織田信忠が西下, ところがを解いた, ところがいて, ところがると, ところが纒つた金は離屋, ところがでは僕, ところが署名者の数, ところが署長のため, ところが罹災した, ところが羅馬に最も, ところがと小鳥, ところが羊羹のよう, ところが美しさを, ところが美味も美食, ところが美味いし腹, ところが美少年は一人, ところが美春は蛭, ところが美濃守殿の一件, ところが美濃清は象, ところが美術というもの, ところが群集は一, ところが義仲が美男, ところが義貞旗上げの数日前, ところが義龍は聡明, ところが羽田へ着いたら, ところが翌々日の夕, ところが翌年漂着した二隻, ところが翌日京都で誰何, ところが翌日仲介者が断り, ところが翌日侍臣が井戸, ところが翌日厩へ行つて, ところが翌日大学へ行く, ところが翌日眼を醒した, ところが翌朝出発に際し孫乾, ところが翌朝意外にも吉野, ところが翻つて抗議する側, ところが翻訳というもの, ところが老いぼれた船頭の, ところが老婆の答, ところが老子が何時, ところが老年変化が来る, ところが老母もそれ, ところが老父は家内, ところが考察をすすめる, ところが耕一は昨日, ところが耕助ははじめ, ところが耕雲斎は藤田小四郎以下三名, ところが耳順い一切, ところが耿紀は自分, ところが聖光房は心中, ところが聖天子はそれ, ところが聖徳太子様の御, ところが聖書を読む, ところが聞いてみる, ところが聞き捨てにならない, ところが聞くところに, ところが聴いている, ところが職工がストライキ, ところが職長はどうしても, ところが肉そのものには何, ところが肉体的な経験, ところが甚の, ところが肥つた女は駄夫, ところがではない, ところが肺臓の細胞, ところが背中はのっぺらぼう, ところが背後は池, ところが胎児は夫婦, ところがのポケット, ところがのある, ところが脚本では始め, ところが脱稿の間際, ところが脹れっ面をし, ところがを一本他人の, ところが腕白小僧は途方, ところが腰元部屋の入り口, ところが膨脹させて, ところが臣下の田豊, ところが臨時工の首切り, ところが自信ありし, ところが自分らの実生活, ところが自分一人の食料, ところが自己を見失う, ところが自意識の普通, ところが自殺かも知れない, ところが自殺説が変る, ところが自然主義では新た, ところが自由は革命者ら, ところが自由劇場生え抜きの作家, ところが自由寮には自治委員会, ところが自重するばかり, ところが臭いのが, ところが臺所にやアちやん, ところが興味どころでは, ところが航空船はだんだん, ところが舶来船の砲, ところがへ出, ところが船内も安心, ところが船員の二三, ところが船室は満員, ところが船渠の退け, ところが船長デ・ランダは憤慨, ところが船頭どもの申します, ところががその, ところがを出る, ところが良吉さんは不思議, ところが良雄が中学, ところが色々の事情, ところが色眼鏡というもの, ところが芝居気じゃなかった, ところが芭蕉の句, ところがからの気違い, ところが花前の評判, ところが花嫁は父, ところが花市君はいま, ところが花房は途中, ところが花泥棒に出し抜かれた, ところが芳男の部屋, ところが芳秋蘭は変名, ところが芸人たちが出番, ところが芸妓と娼妓, ところが芸術上では, ところが芸道に於, ところが若くって綺麗, ところが若しもそんな媾曳, ところが若松に来る, ところが若林の怪手腕, ところが若様は流石, ところが苦いどころか甚だ, ところが苦しんでいる, ところが苦労人といわれる, ところが苦勞したらしい彼女, ところが英語で署名, ところが茣蓙を背負い, ところが茨組の一党, ところがの花, ところが茶の間にはお, ところが茶室に懸っ, ところが茶店のまえ, ところが茶漬をかきこん, ところが茶碗の中, ところが草履が重く, ところが草山がやや平に, ところが草庵集風を最も, ところが草鞋は綺麗, ところが荘園の庵, ところが荘太玄は市長, ところが荘子は意外, ところが荷物もあらまし, ところが荼吉尼法は著聞集, ところが菅谷の考え, ところがは彼ん, ところが菊之丞は稽古, ところが菊次さんは米, ところが菊池さんの數學, ところが菩比神は下界, ところが菱沼弁護士はさ, ところが落してみる, ところが落ちである, ところが落合太平にはそれ, ところが落第したため, ところが葉子のほか, ところが葉子さんの前, ところが葉書の主, ところが著いてみる, ところが著者の考え, ところが葛岡と鰻屋, ところが葡萄酒がなくなっ, ところが董太后は預けられた, ところがの生え, ところが蒸気の速力, ところが蒼白い面が, ところが蓬莱和子の方, ところが蓬莱建介は何かと, ところが薄縁はなお, ところがのきき, ところが薬局に行つて, ところが藍丸王は旧来, ところが藤井師は, ところが藤兵衞は外, ところが藤吉ぐうともすうとも言わない, ところが藤夜叉さんの持つ, ところが藤枝の考え, ところが藤沢は存外, ところがの先生, ところが蘆葦茅草の中, ところが蘭丸は最後, ところが蘭麝のかおり, ところが虎さんなどはどこ, ところが虎井博士はこういう, ところが虎手八百の代り, ところが虎猫は急, ところが虎船長大の御, ところが虚子が面白い, ところが蛮軍は懲り, ところが蛾次郎も近ごろ, ところが蜀軍いまだ衰えずである, ところが蜂矢探偵はあえてもう一度, ところが蜂谷重吉という奇妙, ところが蜘蛛はもう, ところが蜜柑などはお, ところがは一年, ところが蝶ネクタイを結び, ところがというもの, ところが蟹江がまぐれ当り, ところが蟻田博士はそれ, ところが蠣浜橋の上, ところが血眼になっ, ところが衆皆これに和, ところが行かれなくなって, ところが行幸のお, ところが行政機構の変革, ところが行方が知れない, ところが行者か亡者, ところが行者さまはただ, ところが行者様はた, ところが街頭の昂奮性野次馬, ところが衛弘は聞く, ところが衝突の方, ところが表山は概して, ところが表情や動き, ところが表現の段, ところが表紙を開く, ところが袁紹は用い, ところがは大きく, ところが裁判の当日, ところが裁判医が死因, ところが裁判官の大, ところが裁判所は, ところがに薪, ところが裏木戸の辺り, ところが裏長屋に永住, ところが裕八郎はこれ, ところが裾野へかかっ, ところが複雑で微妙, ところが西は頗る, ところが西南戦争後土地と民権, ところが西川赤羽等と片山, ところが西暦紀元前約一四〇〇年ごろ, ところが西村はそのまま, ところが西氏の沼津, ところが西洋人の方, ところが西洋劇紹介の方面, ところが西洋歴史の時, ところが西洋画における陰影, ところが西洋諸国に於, ところが要するに箆棒です, ところが要吉という人物, ところが要求して, ところが見えている, ところが見えるのだ, ところが見す見す敗けるという, ところが見つかつたら, ところが見当らぬ日本左衛門と, ところが見当違いである, ところが見物人の席, ところが見習士官はぢ, ところが見越の松, ところが規則はそれほど, ところが規律のない, ところがが蒔絵職, ところが親分こいつはわけ, ところが親分念のため, ところが親分藤吉の親分, ところが親子の関係, ところが親指を一, ところが親爺さんは酔っ払い, ところが親玉のお気, ところが親類達の取きめ, ところが角太郎を叩い, ところが解剖の結果, ところが解釈の必要, ところがひ表, ところが言い出した弁信は, ところが言語というものそれ自身, ところが記事はそい, ところが記念の一巻, ところが記録のある, ところが訣らぬ処, ところが訪ねて行く, ところが許しを得る, ところがには遺憾, ところが註釈者の曰く, ところが証人の陳述, ところが評判にもなつ, ところが試驗場へ行き, ところが詩人たちは詩人たち, ところが詩吟はそれっきり, ところが詭謀反覆は今, ところが話している, ところが話し話し懐中鏡を, ところが話合いや事情聴取, ところが誕生日は昨年, ところが誘拐者の方, ところが語学は仰, ところが誠につまらない話, ところが説教壇の下, ところが読み出して見る, ところが読書に快楽, ところが読書子はないものねだり, ところが読書家の大半, ところが読者諸君そのとき, ところが誰のよりも数倍高価, ところが課長深井の奴, ところが調子に乗る, ところが調子はずれになっ, ところが調査の結果, ところが談ひとたび雌雄のこと, ところが談林以前の連俳, ところが請願者が一日, ところが諭吉のその, ところが諷刺は元来, ところが諸井さんは先刻, ところが諸人の議場, ところが講師の場合, ところが講座には水, ところが警官たちが立ち, ところが警察署では美人殺し, ところが議論をつくし, ところが護謨の値段, ところが讀者の私, ところが變つてゐるの, ところが谷村はあべこべ, ところがはどういう, ところが豪胆といおう, ところが貝合図と同時に, ところが貞連は意有つて, ところが負けた方の, ところが貧乏神でも神様, ところが貨車はどんどん, ところが責任を負い得ぬ, ところが貯蔵費が一ポンド, ところが貰わないね, ところが貴婦人の好み, ところが貴方様がお出で, ところが貴方襟の中, ところが貴様達夫婦がそう, ところが貴殿はそれ, ところが買い手が無けれ, ところが買手が附いた, ところがひ切れないほど, ところが賀美郡賀美村とか宇賀美, ところがは請負, ところが資本がない, ところが資本主義の経済生活, ところが賢母としての今, ところが質屋の倅, ところが賽の目はがらり, ところがと横歩き, ところが赤い背の, ところが赤インクのかぎ, ところが赤木はおれ, ところが赤毛が彼, ところが走っていった, ところが走り出そうと, ところが起久子さんの殺された, ところが越中守忠興が固く, ところが越中島の糧秣廠, ところが越前の気比神社, ところが越前守の足, ところが趙雲はその, ところが趣向としては別に, ところが足かけ四年の歳月, ところが足利氏の幕府, ところが足尾についてみる, ところが足早に歩い, ところが足跡というもの, ところが跫音が愈, ところがの一とこ, ところがの廻り, ところが身体検査で見ごと, ところが身毒ひとりは此年十七, ところが軈て十四か, ところがとの悪, ところが転石の山, ところが輸入鼠の話, ところが辛抱が仕切れなくなったでしょう, ところが農商務大臣これに答えた, ところが農夫は甚だしい, ところが農夫たちは彼女, ところが辻斬の先生, ところが込みいった図を, ところが辿りついた馮習の, ところがひの, ところがよって, ところが近くの町, ところが近く私は村長, ところが近ごろ一人のたのもしき, ところが近ごろ猫の奴, ところが近さんの話, ところが近づいたのを, ところが近代人に一番缺, ところが近作になる, ところが近年それを錦小路, ところが近年航空機がすばらしい, ところが近接すれば, ところが近時また北川桃雄君, ところが近来どこの商店, ところが近来商売が次第に, ところが近畿関東になる, ところが近頃どうも少年小説が, ところが近頃殊に編輯の, ところが追いこされたおぼえはない, ところが追いついたのであります, ところが途中幕府の討手, ところが途中洪水のため沿岸, ところが途端に父, ところが這奴め大酒, ところが通じるはずが, ところが通りかかる馬方, ところが通人もさる, ところが連中ときたらどんな, ところが連体形よりする, ところが週末になる, ところが遊びにまぎれ, ところが遊輔はそれ, ところが遊魂は必ずしも, ところが運平老そっくり, ところが運惡く組んだ, ところが運転手は急, ところが運送業者はその, ところが過去一ヶ年ほどどう, ところが道傍に二, ところが道場に満, ところが道平を診る, ところが道庵はまず, ところが道庵先生の方, ところが道心なり俗人, ところが道院から戻っ, ところが達吉を贔屓, ところが違いますね, ところが違いますいけねえこいつ, ところが違つた意味でやつぱり, ところが州は, ところが遠い北の, ところが遠くに私, ところが遠矢幸造に前借り, ところが遠藤は天鹽, ところが遠雷の音, ところが選ばれた山犬閣下は, ところが選挙の前, ところが遺族の中, ところが遺言の中身, ところが遽しい旅の, ところが避難民があと, ところが那波も樋口, ところが邪魔にこそなれ, ところが郡司の分際, ところが部下の男, ところが部落の入口, ところが部隊本部へ行, ところが郷里の那覇, ところが都会生活の机, ところが都市美に於, ところが都甲太兵衛という人物, ところが都踊となる, ところが鄭樵に至つて, ところが酋長ロロをはじめロップ島, ところが配給はそれ, ところが酒場の人, ところが酒宴の中, ところが酔えば酔う, ところが酔った人間の, ところが酬いか, ところが酸素の発見, ところがとして撮影, ところが醜女は恋, ところがの人, ところが里人たちの神, ところが右は, ところが重い瞼を, ところが重なり合って散在, ところが重味で真ん中, ところが重蔵に必死, ところが野呂はそれ, ところが野天に寢, ところが野州のある, ところが野末の森, ところが野本氏の帰省中, ところが野瀬安二郎が大工, ところが野菜はだしを吸収, ところが野郎がいじくる, ところが野郎達がお前, ところが金ときては一文, ところが金ばなれの, ところが金サンは野球, ところが金モウルの日の丸, ところが金五郎の場合, ところが金公存外騒がず, ところが金具の動く, ところが金剛石は摂氏二千度近く, ところが金子を奪, ところが金平さんどうしても聞かない, ところが金曜日の朝, ところが金棒引きどころか世間, ところが金次郎といふ男, ところが金沢八景の近く, ところが金色に光っ, ところが金菱銀行は自分, ところが金貨はたえず, ところが金魚があの, ところがは器械, ところが鈍器で殴り殺す, ところがの網, ところが鉄丸は趙雲, ところが鉄砲も大砲, ところが鉄路の場合, ところが鉄道自殺の開祖, ところが鉄馬の返答, ところが鉱毒のため, ところが銀五郎親分のほう, ところが銀平は尻ごみ, ところが銀座では彼女, ところが銀杏加藤の奥方, ところが銅像のもたらす, ところが銅六よりも面白, ところがさえある, ところが銭湯を出る, ところが錢形の親分, ところがの方, ところが鍋島家の役筋, ところがをさしこん, ところが鍵屋の伜半次郎, ところが鎌足はひき, ところがの中, ところが鐘声がある, ところが鑄掛屋の幸吉, ところが長吉もう一度お上, ところが長安の死後, ところが長崎から江戸, ところが長政公もご, ところが長期間にわたって多数, ところが長者がいくら, ところが門弟どもが勝手, ところが門松だけは二十九日, ところが門番のほう, ところが開いたり閉じ, ところが開けて見る, ところが開票の結果, ところが閑中自から, ところが間々文章の, ところが間もなくどっと床に, ところが間もなく更にそれ以上の, ところが間違ひの, ところが間違い御座いませんので, ところが間髪にもう, ところが関さんが戻, ところが関の山であらう, ところが関東じゃ目, ところが関西のネンガラ, ところがを跨いだ, ところがの空気, ところが闇夜になっ, ところが闇市でこっそり, ところが闘鶏師の仲間, ところが阪神の香櫨園, ところが防火扉の閂, ところが防風林の砂丘, ところが阿部次郎や木村荘太, ところが降伏に先立つ, ところが降雪地方では土, ところが陛下を制限, ところが払いして, ところが陣中は旗, ところが陣屋の諸, ところが陰獣では作者, ところが陰陽和合が必然, ところが陳倉の道, ところが陳列人形を仔細, ところが陳和卿はすでに, ところが陸上にもべつ, ところが陽城公が詔, ところが陽子は章三, ところが陽明先生であるが, ところが陽気なところ, ところが隆夫の実験小屋, ところが階段を降りよう, ところが階級対立が激化, ところが随時随所に坐作寝食, ところが隠れ家のさびしい, ところが隣り座敷で, ところが隣室と同じ, ところが隣家の専斎殿, ところが隣座敷の狂態たる, ところが隣村の湯舟沢, ところが鯨は, ところが雄略天皇が御, ところが集つて來た仲間, ところが雑種秋田の製造, ところが雑踏の浅草境内, ところが離散して, ところが離陸して, ところが難波駅の地下, ところが難船後はじめて陸, ところが雨宮さんはあの, ところが雨宮紅庵は伊東伴作, ところが雪影はまた, ところがが来, ところが雷鳴がもう, ところが電信の針金, ところが電信柱のところ, ところが電報為替がとどく, ところが電燈がついた, ところが電話が話中, ところが電話機消毒商会では見習期間, ところが震災後間もなく私, ところが霧積はどう, ところが露伴先生のやう, ところが露国は今, ところがまゆの, ところが青山さん吾夫の言い草, ところが青嵐の親分, ところが青木は疑った, ところが青木さんのつくった, ところが青木夫妻の親友, ところが青木繁といふ男, ところが青眼先生が引っ立てられ, ところが青草でござれ干草, ところが青菜を摘ん, ところが静かに聞い, ところがを取扱う, ところが面目次第もない, ところが革命が起った, ところが革新熱の伝染, ところがだもの, ところが音楽界の長老, ところが音次郎はあの, ところが音響の場合, ところが順ぐりにあらわれ出た, ところが須山たちと密接, ところが須磨の藤田彦三郎さん, ところが須磨子はこ, ところが須臾の間, ところが頑固な犯人たち, ところが領事はどうも, ところが頭山のヤツ, ところが頸筋にたった, ところが頼朝の憤慨, ところが頼朝旗上げのさい, ところが頼母しい, ところが頽勢の方, ところが題材の取り, ところがは尻, ところがの骨, ところが顕昭法橋の, ところが顧みて日本, ところが風むきによってその, ところが颯爽の先生, ところが飛車と角, ところが飛騨の農家, ところが飛鳥天皇は二字, ところがって考える, ところがは固, ところが食事の約束, ところが食卓について不機嫌, ところが食慾とばか, ところが食用蛙は居らんで, ところが飢えに飢え, ところが飢えたる者は, ところが飯田の奥さん, ところが飲めない私にとっては, ところが飴だまはもう, ところが養子の市十郎, ところが養源寺といえ, ところが養父でございます, ところがを単位, ところが香水売子の事件, ところが馬丁なんぞをなさる, ところが馬庭念流はそう, ところが馬鹿が利巧, ところが馬鹿囃子をお, ところが馭者はそれ, ところが駐屯して, ところが駒井はいい, ところが駒井甚三郎は内心, ところが駿三がやられた, ところが騒ぎの真最中, ところが騒動が益, ところが騾馬やら驢馬, ところが驚いちやいけない, ところが驚かされて出, ところが驚きましたよ, ところが驚くじゃあありません, ところが驚ろくよう, ところが骨相学の神髄, ところが骰子の目, ところが骸骨係自身もはじめ, ところがが惡, ところが高い金を, ところが高僧のお, ところが高尾が浪人者, ところが高木さんとき, ところが高氏は依然, ところが高田半峰が長々, ところが高畑の道筋, ところが高等学校を卒業, ところが高音はとうに, ところががない, ところがの下, ところが鬪爭本能の方, ところが鬱屈した性質, ところが鬼塚の方, ところが鬼柳の村長, ところがが軍, ところが魏伯陽は王弼以前, ところが魏軍はにわかに, ところが魔人はすこしも, ところがというの, ところが魚戸は意気悄沈, ところが魚譜による, ところが鮫洲の坂井屋, ところが鯱丸の返辞, ところがは頭, ところが鳥取県の八頭郡, ところが鳥羽法皇これを御覧, ところが鳩麦だけの飲み, ところが鳳輦が八幡, ところがの清五郎, ところが鴎外は大, ところが鵞鳥は何, ところが彌の, ところが鶴雄が女, ところが鹿子より以上, ところが鹿爪らしい戒名, ところがを持っ, ところが麹町一帯は方角, ところが麻酔の醒め, ところが黄八丈などを着, ところが黄寺の方, ところが黄山谷と来る, ところが黒くいぶって, ところが黒人は実際, ところが黒塚洋吉両氏の合計, ところが黒川記者がうち, ところが鼓楼の背後, ところがのおばけ, ところが鼠達の群, ところが睡丸, ところが龍子の聴力, ところが龍山公には世継, ところが龍田神社の所在地, ところがPWの士官