青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「づら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つれ つれ~ づ~ ~づか づか~ づく~ ~づけ づけ~ づつ~ ~づら
づら~
て~ てえ~ てた~ てない~ ~てる てる~ てんで~ ~で で~ ~であっ

「づら~」 1078, 11ppm, 10074位

▼ づら~ (202, 18.7%)

3 言はせる 2 なる, ふふむ, ふる雪, 人を, 咲いて, 寒うし, 汝も, 細紋を, 音を

1 [181件] おのが, かき乱した, きれい好きで, こ, さす日, さびしいの, したがって, して, しては, してやられたんで, しらじらと, じめじめした, その備, その文字面, その清光, ためら, ちりまぎれつつ, とびついたであろうが, なげきかなしむこと, なつた, なりぬべき物, なりもこそ, なり頬, もがけば, やすみ居らむ, わびを, イライラし, ケガヅの, 不能者たる, 乱伐するなかれ, 乾くばかり, 事實を, 人か, 人物を, 他席他郷, 伐り出す前, 体が, 佶屈の, 停止, 其數の, 冒涜する, 出ると, 分き吹かれつつ, 分けつる路, 切齒する, 力なく, 力むる人, 午後四時といふ, 双方が, 古い小さな, 右往左往し, 右顧左眄し, 吠えて, 吸ったり, 吸つては, 吹く, 吹く微風, 吾とる, 吾を, 唄うて, 嗅がせるやう, 嘆き悲し, 嘆き悲しむ, 嘆くの, 國事に, 土に, 垂れさ, 場所塞ぎを, 多きが, 多く男性, 夜を, 大地の, 子供の, 子供を, 完全の, 官位を, 小さい肩掛袋, 小さな人影, 少年老い易き, 屑屋に, 彈奏し, 彼の, 御祓済し, 心身を, 思ひたのめて, 思ひ驕りし事, 我の, 打ちむかふ, 押して, 持てあつかはれて, 搖いで見える, 放浪し, 散りぬ, 散りまぎれつつ, 旧弊を, 明し暮す, 時勢を, 書いたの, 書く藝術, 望洋の, 朽ちん身, 朽損じ, 来て, 果てん我身, 梢の, 概念の, 欲せしところ, 歸り, 水の, 汝棄つべき, 沈みゆく, 泥糞を, 消果て, 涙な, 混乱した, 滅尽し, 点々と, 為すよし, 烈しき今日, 無效, 無用の, 煮詰まる鍋, 熱狂する, 燃えて, 父親である, 狼狽しく, 玩弄品の, 用ふべき, 疲れて, 皮を, 目を, 真昼の, 種類多く, 空を, 空坎を, 突き出した首尾, 突ツついた, 突進し, 窓の, 笑む, 紙魚の, 経ぬ, 経歴し, 置くべき儀, 耳より, 腹が, 膿が, 花を, 苦しんで, 華美に, 落ちまする, 落つる景, 見えたり, 見すぐ, 見慣れたもの, 解って, 言うるは, 言ひ, 論理の, 諧謔を, 警笛を, 賣卜者, 近く食卓を, 過ぎに, 過ぎゆきて, 過すは, 過去の, 金めつきの, 鋭く対照, 長き日, 閉ぢこもるべく, 青っ, 青春の, 響いて, 響く, 骨を, 鳥など, 鳥の, 黒文字を, 黙々と記入, 齢を

▼ づら~ (175, 16.2%)

28 して 4 下げて 3 眺めて 2 されて, したもの, しようたって, するな, する時, ずうっと, 撫でて, 消ゆ

1 [124件] おどかすだけの, かくな, かくなよ, かすめたので, くねくねした, ぐいと川, こすりつけた, こすりつけられ的, こするゆゑ御免, こするよう, こづきながら, さげて, さげながら, さらすまいと, しずかに, したいの, したこと, したの, したり, したん, した二人, した人間, しちや, しちやいかん, しっかと取った, しながらも, しに, しました, し合, し度, すり寄せて, するとか, するの, するので, するやう, するんぢ, する人間, する奴, する男, する程音楽家, する積り, する鼠, ずうつと, その舟, たたき飛沫, ならべて, なんにも, ぬっと差し入れる, はじめたと, はじめるの, ひけらかしたり, ひつぱたかれるようにハッ, ひと眼, ふるえあがらすには, みつかつ, みつめて, みると, やりだして, やるには, わたる寒風, アヒルの, メカクシの, 一そうまずい, 上に, 上へ, 中学時代の, 佐伯が, 作って, 前足の, 匐って, 取って, 取り馬, 叱り留めつ, 合は, 否やと, 吹く左右, 吹く風, 地面に, 射貫いた時, 川なりに, 引かき合ったり, 引寄せた, 急に, 持って, 捉まえ, 掠めて, 描くの, 摺って, 撫でたほど, 撫でながら, 撫でる, 撫で牛, 撫で苦く, 斜かいに, 星明りに, 朱実は, 松の木へ, 染めて, 横ぎり庄内川の, 歩きながら, 殴れ, 渡り来て, 火の, 疊へ, 目の, 突き出して, 結うた可愛らしい, 考へ, 考へ出したの, 衝かれたの, 装って, 見たやう, 見た時, 見つつ, 見るて, 見ると, 覗いた, 誤魔化して, 赤くし, 越えて, 蹴破って, 飛ぶ禽, 騒ぐ砂, 高履

▼ づら~ (58, 5.4%)

6 しさ 3 されて 2 私は

1 [47件] うらうらと, お止, さざ波だに, さる, されまいとして, されること, される心, ざりしは, しい, しいので, しいばかり, しい夏, しい實務, しい気, しい雑木林, しきこと, しき病室の, しき重荷の, しくな, しくゆき子, しければ, しささ, したの, して, しても, しない大丈夫, す一手, せずに, ちやうど, つては, できるぢ, なかつた丈, なれ風, めずらしい凪ぎです, やわらかな, るるあまりから, 不可ません, 乳の, 先生の, 斯んな, 明るくなっ, 水銀の, 直せないと, 真すぐ, 眼に, 細君の, 静かで

▼ づら~ (52, 4.8%)

2 悪い人, 消費高との

1 [48件] あと, だん, だんなが, つもりで, よきが, よく合, 一つだ, 一間余も, 上で, 不揃ひな點, 効果を, 周囲一尺四方ぐらいの, 夕あかり先ゆく, 子供たちは, 宿, 少し禿, 居候に, 山ざくら化し, 工作船が, 弟は, 彫刻家独逸人の, 御機嫌, 撓むまで, 文字を, 景気は, 景色に対して, 朴訥漢北劍が, 残雪が, 涯しなくつづく, 深切ずくめ言ぐさが, 爺, 物憂そう, 男が, 白雪の, 皺を, 目が, 空気は, 罰金に, 老人でした, 裏を, 調子が, 論も, 豪の, 赤ら顔, 限りを, 風吹き, 風吹きかはる, 首を

▼ づら~ (39, 3.6%)

32 て目的, の, は

1 [30件] その餘病, ていと, てゐける, て一たび, て徳応寺, て疲れ, にいつ, によく, の怖, の簑, の胸, はない, はわが, は憐, ゆゑ店も, を, をした, を止め, を癒さ, 世々に, 付候は, 医療の, 哭のみし, 国力を, 多き此世, 多く盜賊, 多ければ, 我が立たせれ, 既にお, 苦き乳

▼ づら~ (23, 2.1%)

1 [23件] あるもん, うちん中, おかしいと, さう云, つて居る, ぬうっとのぞいた, ひ, ひどいからと, よく利くだろう, 他の, 何寺へは, 出来るの, 北へ, 左右に, 戸外を, 果てしも, 水を, 滑稽だ, 煙管を, 薄黒く, 要らぬ差出た才覚, 過ぎて, 闇の

▼ づら~ (22, 2.0%)

7 と並んだ 2 と並ん

1 [13件] とならべ, とならん, と其処, と出, と列ん, と十冊近く, と懸つた, と暖いもの, と燈籠, と皿一面, と見, と連れ, 室を

▼ づら~ (21, 1.9%)

2 てゐる

1 [19件] たり, てあんな, てづる, てゆきます, てゆく, てゐれ, て一応, て俺, て劇文学本来, て心, て思ひ, て来た, て由子, て私, て自身, て行った, て行つて, 友に, 旺盛な

▼ づら~ (20, 1.9%)

1 [20件] あらうが, がた, こんな事, しかわからなかった, そこを, それが, はない, ぴよ, 一種の, 三田の, 其巖丈な, 地面を, 引き出して, 急き立てて, 本を, 歌ふ, 溝の, 示されて, 買ったり, 通用する

▼ づら~ (19, 1.8%)

2 仔猫の

1 [17件] 仕切直しばかりを, 反抗心といふ, 名聞心を, 女神の, 御方の, 心から, 懷疑と, 放言で, 文字が, 気持だ, 涙に, 神樣である, 蠱惑が, 酒飮みの友達が, 酒飲みの, 雀や, 風が

▼ づら~ (19, 1.8%)

2 海の

1 [17件] うち秀吉は, という即興, ばかりなり, ほどに古, 事なかれ, 人惡寒を, 何によりて, 友を, 場合に, 宵の, 桑畑, 程の, 紅葉は, 色とか, 足もとに, 風の, 駐在所

▼ づら~ (18, 1.7%)

2 窓あけ

1 [16件] くっきり締, なりて, 下郎の, 云うの, 前肢とを, 勘定を, 区別する, 問ふ, 捨鉢を, 斷念めて, 樽を, 泥んこに, 知れましたが, 足許を, 距離に, 關聯し

▼ づら~ (14, 1.3%)

4 児の 1 ぽいが, 兒らしい, 子が, 子だ, 子でした, 子な, 子に, 子らしい, 気と, 気の

▼ づら~ (12, 1.1%)

1 [12件] こすりつけながら, どなほ, のばしましたが, ダアンと, 向けて, 師匠の, 手枕を, 打つかりそう, 押し出されたの, 持って, 書き入れた, 青い蛇

▼ づらつて~ (10, 0.9%)

1 あるくの, いふと, はゐられなかつた, ゐた, ゐたとの, ゐたので, ゐます, ゐること, をる, 居りまして

▼ づら~ (10, 0.9%)

3 喜い, 薪やの 2 意地悪の 1 海の, 海も

▼ づら好き~ (10, 0.9%)

2 の梟 1 なおと, なその, な人間, な女, な妖女たち, な子供達, な野鼠, の軽い

▼ づら~ (10, 0.9%)

1 が一人, だよ, である, といふわけ, と烟管, のマリ, の一人, の不義者, の鏡, は番人

▼ づら~ (8, 0.7%)

1 しないだらう, するもの, のどかなれ, まじっては, 動く舟, 生き上って, 相当に, 身戦いを

▼ づら盛り~ (7, 0.6%)

2 の小学校一二年生ぐらゐの女 1 のよく, の小僧さん, の悪太郎共, の汚, の男の子

▼ づら~ (6, 0.6%)

1 が満, つたが, といふ, と云つて, と思ふ, ねえ

▼ づら書き~ (6, 0.6%)

2 をし 1 でせう, なので, のやう, の痕

▼ づらかつ~ (5, 0.5%)

31 たこと, たハイネ

▼ づらしく~ (5, 0.5%)

1 ない, 便りが, 日影あたたか, 血の気が, 雪が

▼ づらそう~ (5, 0.5%)

21 にし, にはした, に眺め

▼ づらには~ (5, 0.5%)

1 ちやうど, とり, 人声ひとつ聞えず, 灰いろ, 狭霧が

▼ づらもの~ (5, 0.5%)

1 だ, である, でした, でも, のせゐであるかが

▼ づられる~ (5, 0.5%)

2 やうに 1 かたちで, ことが, ばかりの冷寒

▼ づらかく~ (4, 0.4%)

2 な, なよ

▼ づらだけ~ (4, 0.4%)

2 では 1 だと, 出した様子

▼ づらども~ (4, 0.4%)

3 が大砲 1

▼ づら~ (4, 0.4%)

3 に釣られた 1 がひと

▼ づら~ (4, 0.4%)

1 が殘, になりな, にはあらずや, のやう

▼ づら~ (3, 0.3%)

1 がね, してやがるこれから, な

▼ づらかに~ (3, 0.3%)

1 かなしかりし, 覚え候, 覺え

▼ づら~ (3, 0.3%)

1 やぎにささと, や同, 寝ずは

▼ づらしい~ (3, 0.3%)

1 一天澄渡つた明月で, 位に, 物語とで

▼ づらする~ (3, 0.3%)

1 ど, なよ, もの多

▼ づら~ (3, 0.3%)

1 にゐる, 服も, 神謀鬼策蛇の

▼ づらせよ~ (3, 0.3%)

3 となり

▼ づらでも~ (3, 0.3%)

1 あつた, して, 構ひ

▼ づらなる~ (3, 0.3%)

1 健康を, 夏期講習会もしくは, 骨折せし

▼ づらひた~ (3, 0.3%)

3 まふ

▼ づられた~ (3, 0.3%)

1 やうに, 形で, 髮が

▼ づらツ子~ (3, 0.3%)

1 か鼠, が子供会, らしく叫びました

▼ づら咲き~ (3, 0.3%)

2 にけり 1 にける

▼ づら描き~ (3, 0.3%)

1 が始まつた, をし, を始める

▼ づら~ (2, 0.2%)

1 或は不良少年, 村瀬は

▼ づらかざし~ (2, 0.2%)

1 て, の花

▼ づらごと~ (2, 0.2%)

1 だが, ではない

▼ づらさうな~ (2, 0.2%)

1 光が, 顔で

▼ づらさげ~ (2, 0.2%)

1 てへえ, て村

▼ づらされ~ (2, 0.2%)

2 て口

▼ づらしき稲~ (2, 0.2%)

2 なりとて領主

▼ づら~ (2, 0.2%)

1 な, 天地の

▼ づらだけを~ (2, 0.2%)

2 残して

▼ づらです~ (2, 0.2%)

1 もの, よ

▼ づらなれ~ (2, 0.2%)

1 ばある, ばなり

▼ づらぬや~ (2, 0.2%)

1 は手, は胸

▼ づら~ (2, 0.2%)

2 ばならぬ

▼ づらはし人~ (2, 0.2%)

2 にこそよれ

▼ づらはを~ (2, 0.2%)

2 りふし

▼ づらひあれ~ (2, 0.2%)

1 ば昼, ば晝

▼ づらひした~ (2, 0.2%)

2 つて知らない

▼ づらひと~ (2, 0.2%)

1 はわが, 称へて

▼ づらひな~ (2, 0.2%)

1 からん, さらず候

▼ づらふこ~ (2, 0.2%)

1 となき, ともなく

▼ づらへる~ (2, 0.2%)

1 胸の, 鶴の

▼ づらむ大海~ (2, 0.2%)

2

▼ づらめ慾~ (2, 0.2%)

2 に気

▼ づら~ (2, 0.2%)

1 して, な

▼ づら一めん~ (2, 0.2%)

1 を轟轟, 真ッ

▼ づら一帯~ (2, 0.2%)

2 早くも

▼ づら子たち~ (2, 0.2%)

1 とは次第に, にとりまかれ

▼ づら小僧~ (2, 0.2%)

1 の映画, らしく笑つて

▼ づら~ (2, 0.2%)

1 から処女, が

▼ づら止め~ (2, 0.2%)

1 て呉ろ, で呉ろ

▼ づら~ (2, 0.2%)

1 かむ君, へ知らず

▼ づら行き~ (2, 0.2%)

2 けむ今

▼ づら~ (2, 0.2%)

1 といふの, も交ぜた

▼1* [159件]

づらあがりの語気, づらあしても二枚監札, づらあそこに行ってる, づらあひるめもうゆるさない, づらありと思は, づらかしらと彼等は, づらかと思つてその, づらがきでみすぼらしい, づらがはやつた, づらさうに見えて, づらさうにガーガーと大きな, づらさうに云つた, づらさうに笑ひころげて, づらさうに肩をすぼませた, づらされたやうに, づらされたらえらい迷惑, づらさバーの面白く, づらしからねば強, づらしき人名は御, づらしき初声に血の気, づらしき竜胆の蕾, づらしき雪の珠, づらしまれまれながら, づらせぬ様に, づらそれは河, づらそれからポーラを, づらゆること, づらだけで作品を, づらだけでの男女平等や, づらだけでも山更に, づらだけの意味は, づらだの道徳だの, づらだらうかとは長い, づらや, づらった女は, づらつたであらう, づらつたすつかり指, づらつた上の孫, づらつた左の肋膜, づらつた末三年前に死んだ, づらつてころりと死ぬ, づらつて一席弁じるサルトル先生, づらつて何百何千語の註釈, づらつて來た, づらつて去年亡くなつて, づらつて寢てる時, づらという句は, づらとから思ひついた方法, づらとの面目問題でございます, づらとを見くらべながら, づらないことにも, づらなど戦陣振りも, づらなりし少年の, づらなんだらう, づらなんてつて腰を, づらな阿魔つ, づらにくい小言幸兵衞のも, づらにこましやくれた, づらにてちらと, づらにもやが, づら丈夫の, づらのすさびの, づらの二寸を隔て, づらはさなければ, づらはしいくらゐだが, づらはしかつた, づらはし地を汚した, づらはし東屋のま, づらはし袖にお, づらはつたが, づらはれたので住吉明神, づらばかりであつ, づらひありてしばらく, づらひあることを, づらひいふ事お, づらひかこれうらぶれ, づらひくるしみの, づらひける折柄偶, づらひければ知り, づらひされないで靜, づらひたる人は, づらひでもし, づらひなく志遠く, づらひぬおぼろごこちの, づらひましたけれどもそれ, づらひもなし, づらひより避れ理路, づらふとも, づらぶしのた, づらへえさつき帰つちまつ, づらへか黒船きゆる, づらべぞ留守もる, づらまじめな態度, づらませがおどろ, づらみたいなこと, づらものめが人殺し, づららしい微笑を, づらをとンがらかした, づらやとばかり, づらんやうに彼, づらん趣あるは, づらてるの, づらツ児ねえ, づらツ兒の雀たち, づらせんと, づら一ぱいの凍, づら一面を見渡される, づらに知られ, づらだらうと, づら傳吉殿に此伯母, づらのやう, づら入れて新しき, づら反らし角低め来る, づら取りて京, づらで母, づら垣根に淋し, づらとのこと, づらの手, づら寒し月はかが, づら山の端に朗, づら布巾を以て頭, づら引かばぬるぬる, づらに見え, づら思ひのほか, づらさが, づら憎いはなし, づら憎くなるの, づら憎げにいどみかかりました, づら戸口や調度, づら承知おとなしく健康, づら掻いて居る, づら掻くなよ, づら揃えて一番, づらに照るあきらめられず, づら日向に枯れぬ, づらの赤き, づら榜げば, づらが起りました, づらたるもの, づらは荒れ, づらの姉川五郎, づらに鞭, づら真平だよ, づら笑みて愛, づらも食った, づらゆること, づら絶えてもやまじ行く, づら者奴は却つて, づら者奴鐘が鳴る, づら臥一念かたまりて, づら臥何ごとぞ飽くまで, づら花びし草朝鮮朝顔などの種子, づら落ち葉を何, づら行方知らずも, づら豆グリンピース等であつ, づらみ, づらの二字, づら之助, づら黒み風來るなり