青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「づつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つもり~ つる~ ~つれ つれ~ づ~ ~づか づか~ づく~ ~づけ づけ~
づつ~
~づら づら~ て~ てえ~ てた~ てない~ ~てる てる~ てんで~ ~で

「づつ~」 1194, 12ppm, 9192位

▼ づつ~ (70, 5.9%)

3 値段でも 2 附添夫が

1 [65件] お客をか, カンカン踊り, タイピストを, ループが, 人間が, 介添人が, 仕切に, 代議士を, 値段を, 公演を, 分け前を, 創作です, 半紙を, 問題を, 因念を, 均整を, 増俸を, 変化を, 寄進に, 小さな窓, 弾丸が, 往ぬるを, 往復ぐらゐ當り, 御合力米, 御手當, 御祝儀, 心付し, 怪我は, 懷ろ紙へ, 房にな, 改良を, 散財だ, 料理を, 晩酌を, 月賦で, 服用を, 束に, 板戸に, 柿の, 椿と, 水が, 液を, 清光を, 火酒も, 牛乳を, 物持に, 生徒の, 田地について, 相違は, 経糸二つの, 華工の, 観世音を, 觀世音を, 誤算が, 豆を, 足軽を, 通行税を, 部屋な, 部落が, 酒を, 錢を, 錢儲は, 響遠ざかり, 食ひ, 香奠を

▼ づつ~ (32, 2.7%)

1 [32件] この塔, そいつに, ヒヤリと, 世間見ずな, 來ました, 來ますだ, 入つて, 出ましたよ, 動いて, 取らなければ, 嘗め申し候, 小用に, 居續, 必ず何, 拔け, 持てなかつたわけ, 歩けるやう, 江戸中から, 泊りがけに, 深めて, 生き延びようといふ, 皆んな立ちました, 着物が, 自分の, 覗いて, 貯へも, 足袋や, 身に, 送る約束, 違て, 青に, 青臭い妓樓

▼ づつ~ (19, 1.6%)

2 朝ごとに

1 [17件] 一つに, 人望ま, 分けて, 刻んで, 啼いたに, 平げて, 持ちて, 歌は, 此の, 求める, 用意せしめ, 聖書の, 與へ, 請ふ, 贈りしゆゑ九助, 載せ紫御殿, 輸入せりと

▼ づつ~ (11, 0.9%)

2 曲り何百丈 1 かう極, しときますべ, ほとんどを, 今日は, 分ちこれ, 割り当て有無, 拝み続けだぞ, 書いたもの, 生活の

▼ づつ持つ~ (11, 0.9%)

1 [11件] ては先づ寢床, ても九人, てゐます, てゐる, て参る, て居, て居た, て来い, て歩いた, て歸つて, て牧野さん

▼ づつ少し~ (10, 0.8%)

2 づつ鼻から 1 づつそのおさへをはねのけてゐた, づつそれを貼りつける, づつなけなしの精力を, づつ人間は, づつ仕事を, づつ口で, づつ大きく, づつ引い

▼ づつ大きく~ (9, 0.8%)

6 なつて 1 して, なる, なるに

▼ づつ~ (6, 0.5%)

1 に迫る, の兵士, の方, の耳, は脅かされ, を信用

▼ づつ~ (5, 0.4%)

1 儲けたの, 出して, 取つて, 時々持つ, 讀まれて

▼ づつ並べ~ (5, 0.4%)

1 たりし, たり七字づつ, て五行, て卓, て菓物帖

▼ づつ~ (5, 0.4%)

1 て共同, て来, て来る, て穴掘り, て行く

▼ づつ出し~ (5, 0.4%)

1 てのぞき, てみた, てゐる, て吹かし, て添

▼ づつ動い~ (5, 0.4%)

2 て行く 1 て喰, て猛悪, て行きました

▼ づつ~ (5, 0.4%)

1 にとつ, に取, に取る, に手, をつない

▼ づつ~ (5, 0.4%)

4 ふことに 1

▼ づつ~ (4, 0.3%)

1 喰ひ入る, 宜い, 思ひ思ひの, 苔か

▼ づつ~ (4, 0.3%)

1 の方, へ, へあ, へ上

▼ づつ~ (4, 0.3%)

1 つてあります, つては, つて後退りに, に御

▼ づつ~ (4, 0.3%)

2 へし 1 つて, へて行く

▼ づつ消え~ (4, 0.3%)

1 ていつ, て行, て行きます, て行く

▼ づつ~ (4, 0.3%)

1 ひし旨言立, ひましたから, ひ居ながら, ふもの

▼ づつ~ (4, 0.3%)

1 から金塊, をふり, をもたげる, を抬げ

▼ づつしか~ (3, 0.3%)

1 出ないもの, 進まぬ, 達して

▼ づつその~ (3, 0.3%)

1 中心を, 事が, 度に

▼ づつ~ (3, 0.3%)

1 が皆んな, と見, ん

▼ づつ仕事~ (3, 0.3%)

1 のあと, をし, をすすめ

▼ づつ~ (3, 0.3%)

1 の肺, の視野, を慰め

▼ づつ動かし~ (3, 0.3%)

1 てゆく, てゐ, て目

▼ づつ動く~ (3, 0.3%)

1 ので二時, やうで, を覚える

▼ づつ~ (3, 0.3%)

1 で掻き, に入れた, へ入れ

▼ づつ叩く~ (3, 0.3%)

3 人と

▼ づつ呼ん~ (3, 0.3%)

2 で來 1 で人

▼ づつ変つて~ (3, 0.3%)

1 ゐた, ゐる, ゐる人間

▼ づつ~ (3, 0.3%)

1 に額, へ落した, を嘗めない

▼ づつ~ (3, 0.3%)

1 政務を, 用金を, 肴代金一朱と

▼ づつ~ (3, 0.3%)

1 かし, き出しては, き取ること

▼ づつ書い~ (3, 0.3%)

1 ています, て清書, て見よう

▼ づつ書き~ (3, 0.3%)

3 すすめて

▼ づつ溜め~ (3, 0.3%)

1 て來, て居る, て行く

▼ づつ立つ~ (3, 0.3%)

1 て見ろ, 埃が, 立て行く

▼ づつ自分~ (3, 0.3%)

1 の慈悲善根, の気持, を持てあまし

▼ づつ良く~ (3, 0.3%)

1 なつて, なる, なる特別

▼ づつ~ (3, 0.3%)

1 つて, へられ, りかけて

▼ づつ~ (3, 0.3%)

1 つたもの, ひに, ひますよ

▼ づつ~ (3, 0.3%)

2 を引く 1 を進ませ

▼ づつ~ (3, 0.3%)

1 ふが, ふとして, ふの

▼ づつ食べ~ (3, 0.3%)

1 ても二ヶ月間, て次ぎ, ながら

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 まいの, 百などは

▼ づつこれ~ (2, 0.2%)

1 で一杯, で胸

▼ づつただ~ (2, 0.2%)

1 で上げる, 津幡秀子だけが

▼ づつでも~ (2, 0.2%)

1 近づいて, 運び込んだ

▼ づつ丁寧~ (2, 0.2%)

1 に數, に讀ん

▼ づつ三つ~ (2, 0.2%)

1 叩くんださうです, 叩く暗

▼ づつ下流~ (2, 0.2%)

1 に向つた方, へ下り

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 を刊行, を循環崇拝

▼ づつ二つ~ (2, 0.2%)

1 と戸, 叩くこと

▼ づつ二人~ (2, 0.2%)

1 に送っ, に送つ

▼ づつ五位~ (2, 0.2%)

1 の心, の骨

▼ づつ人間~ (2, 0.2%)

1 の足あと, は人間

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 なり, は自分

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 はつて, へてあるで

▼ づつ克明~ (2, 0.2%)

1 に壜, に書き込むだ

▼ づつ入れ~ (2, 0.2%)

1 ておきました, て待つ

▼ づつ分け~ (2, 0.2%)

2 てやる

▼ づつ分けた~ (2, 0.2%)

1 のである, んです

▼ づつ分明~ (2, 0.2%)

2 になつ

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 に出た, へ置き

▼ づつ取り~ (2, 0.2%)

1 て堀切橋, 妻が

▼ づつ取り出し~ (2, 0.2%)

1 てはいや, ては恵ん

▼ づつ吸つて~ (2, 0.2%)

1 ぼんやりくらし, ゐた

▼ づつ呑む~ (2, 0.2%)

1 と肌, のを

▼ づつ変化~ (2, 0.2%)

1 が現れ, して

▼ づつ多く~ (2, 0.2%)

1 なつて, なると

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 のゐない, の眼

▼ づつ小さな~ (2, 0.2%)

1 山を, 築山が

▼ づつ小出し~ (2, 0.2%)

1 にし, にそれ

▼ づつ~ (2, 0.2%)

2 許づつ退歩を

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 にはつきり, は吃る

▼ づつ彼等~ (2, 0.2%)

1 の本体, は何

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 もどりを, 退るので

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 が冷え, が動搖

▼ づつ心細く~ (2, 0.2%)

1 なつて, なつて來

▼ づつ意識~ (2, 0.2%)

1 が変, を恢復

▼ づつ或は~ (2, 0.2%)

1 七字づつ行列させ, 交互に

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 つて, ひ込んでも

▼ づつ折る~ (2, 0.2%)

2 やうに

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 でも突, の数

▼ づつ提げ~ (2, 0.2%)

1 て, てはいる

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 へて手, へて貰つて

▼ づつ散つ~ (2, 0.2%)

1 てしまふ, てゐる

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 発見の, 鳥越の

▼ づつ最後~ (2, 0.2%)

1 の破綻, の足掻き

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 の列, はつて

▼ づつ此處~ (2, 0.2%)

1 へよこす, へ呼び入れ

▼ づつ歩い~ (2, 0.2%)

1 てゆく, てゐる

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 にそまつ, の意識

▼ づつ殖え~ (2, 0.2%)

2 て行く

▼ づつ気持ち~ (2, 0.2%)

1 がほぐれ, が明るく

▼ づつ燃え~ (2, 0.2%)

1 てゐた, て来た

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 はれて, 實の

▼ づつ生活~ (2, 0.2%)

1 が辛く, の道

▼ づつ産む~ (2, 0.2%)

1 とそれで, とみんな

▼ づつ用意~ (2, 0.2%)

1 された, して

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 と女, の膳

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 を覺, を通した

▼ づつ~ (2, 0.2%)

2 をくぎつて

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 がはいつ, の中

▼ づつ積む~ (2, 0.2%)

2 と雖

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 からひきあげました, をあけ

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 が剥がされ, に包

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 にし, を作り

▼ づつ経験~ (2, 0.2%)

1 が積み重なつ, しはじめたの

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 へ出され, を押出し

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 の上, を父

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 が変, を直し

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 を插, を訪ね

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 に包んだ, へ包ん

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 つたやう, ふ

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 へて来た, へて行け

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 をし, をする

▼ づつ身体~ (2, 0.2%)

1 の向き, を扉

▼ づつ退歩~ (2, 0.2%)

2 をする

▼ づつ送つ~ (2, 0.2%)

1 てくれる, てほしい

▼ づつ連れ~ (2, 0.2%)

1 て來, て表裏

▼ づつ~ (2, 0.2%)

1 つて, の廻る

▼ づつ重ね直し~ (2, 0.2%)

2 てゐる

▼ づつ集め~ (2, 0.2%)

1 て置く, て貯金組合

▼ づつ離れ~ (2, 0.2%)

1 てたちまち, て腰かけ

▼ づつ飛降り~ (2, 0.2%)

1 て來, て平次

▼ づつ餘分~ (2, 0.2%)

1 にただ, に植ゑつ

▼ づつ~ (2, 0.2%)

2 から出す

▼1* [720件]

づつお金にし, づつかうして制服, づつそうさ鎮守さん, づつつとづつ, づつちぎつて捨てる, づつりぢ, づつつまり十畳には七人位, づつ下さいよ, づつ引き取ると, づつですが怪我, づつにはほしかたまった, づつばかりの宿料を, づつうけるの, づつみんなで考へ, づつもう歸つて行く, づつつくりかまどの, づつわしから真珠, づつわたしと妹, づつゐざりよつて二人, づつオルガンを弾く, づつスカートに時間, づつトランクを待合所, づつドイツ文學の講義, づつハッキリと意識, づつバラツクが建つ, づつバラバラに書き散らされた, づつブラ下げて, づつボーボー吹き出すガス, づつポタリと落ち, づつリルケの上, づつヴエランダに出, づつ一つづつ流れて, づつ一塊になつて歸つて來, づつ一尺づつだん, づつ一年も續, づつ一座の空気, づつ一息に駈け上るらしい, づつ一日に都合八合, づつ一日三囘服用すると, づつ一日代りとし, づつ一緒に弾, づつ一通りそれが濟むと, づつ七日間で指し, づつどにかへさう, づつ三つづつ叩くと, づつ三つづつ三つ四方は靜, づつ三つ二つづつ三つ叩くんださうです, づつ三つ四方は靜, づつ三ツ別々に揃つて, づつ三季に渡され, づつ三尺足らずの竹, づつ三段にわけ, づつ上のを讀ん, づつつて, づつ下げて向う側, づつ下し置れる樣拙者ども, づつ下りはじめて丁度, づつ下女と下男, づつへ同様, づつ与へて兄, づつ与へるやう, づつ両側に番兵, づつ両方へ立ち分れ, づつ並んでゐ, づつ中心になり, づつ中指と薬指, づつ丹念に, づつ乗組んでゐる, づつ九十九里浜の真亀納屋, づつ乱して置く, づつ予言して, づつ二つ三つづつ二つと戸, づつ二つ小石で戸, づつ二づつまたは三づつ圈をいで, づつ二側に並べ, づつ二十四号機にはやはり, づつ二度叩くん, づつ二日で勝負, づつ二杯飲む, づつ五人に分け, づつ五十人の芸妓, づつ五本まで來, づつに明, づつ人心地が出, づつ今後漏れなく出席, づつ仕送つてゐた, づつの一部, づつ付けてやる, づつ任意に選びとられた, づつ伐つて伐つた, づつ伐り出す割に, づつ伸びてゆく, づつ位置を変, づつ位身のま, づつ低い藁家が, づつ低くなつて, づつ住んでゐた, づつを痺れさせ始め, づつかをする, づつ何処かへ向け, づつ何遍生き延びて, づつつて, づつ作らして頂かう, づつ作らせほかの, づつ作るといふこと, づつし確実, づつる, づつへた, づつ倒されて次, づつ請る, づつ借り受けたるのみにて洗, づつを受けとりました, づつ傾いてゐる, づつ僕等の前, づつ儲けますのでございます, づつきに, づつ先生がたの洋風料理, づつ先立ちけるが彼, づつを増し, づつ光明に向, づつ光線が薄らい, づつつて居れ, づつ入ると少し, づつ兩度の差加金, づつ兩方に別れ, づつ六千円ぐらゐならば親たちもどうにか, づつ其外鷄等格別膏氣之なきもの, づつ内證物など買, づつ内部へ内部, づつ凶作に見舞, づつ凹んで薄く, づつ出し合ひ鳥, づつ出し合つて疊の上, づつ出すともする, づつ出せと言つて, づつ出でて答, づつ出ることにな, づつ出來るやう, づつ分けるぞ, づつ分られ始めて来た, づつ分割して, づつ分宿をし, づつ切りきざんで, づつ切り上げてその, づつ切り取つては, づつ列べたらざつと四哩の, づつ初瀬にもわかつ, づつ判つて来たのよ, づつ判りかけて来た, づつ判りかけたのも, づつにさせ, づつ刺された痕が, づつ削つてゆく, づつ剥いて何, づつ剥げて行く, づつ創作を發表, づつ加減して, づつ勉強し出してを, づつ動かし見るに是, づつ動悸が激しく, づつ勘定して, づつはせて, づつ區切つてはつ, づつの財布, づつ十一本も參, づつ去つていつた, づつる故, づつ反芻しながら, づつ取つて下さいません, づつ取られ煙草が, づつ取るので, づつ取寄せてそれ, づつ取引するよりも, づつ受け入れの準備, づつ受け持つことに, づつ受納せしと, づつ叩いて開けよう, づつと左, づつ講ず, づつ各自の前, づつ合点できる, づつ同宿者におせつたいした, づつ吐き出してゐる, づつ向きあつて行儀, づつの友人間, づつひ込んで, づつ吹いて過ぎる, づつ吹き出すのであつ, づつ吹き消されて行く, づつ呉ますから私, づつ呉れても可, づつ呉れることに, づつ呑ませあらん限りの, づつ呑んでゐた, づつ呑合し者は今さら, づつふの, づつ呼び醒ましたのだ, づつ呼出して見ました, づつ呼吸して, づつ和歌をお作り, づつ咲くものだ, づつ喘息病みの, づつ喚び醒まされる波の, づつひ違, づつ噛みわけるやうな, づつ囚人がゐ, づつ四丁目へ行つて見てくれ, づつ四季ある, づつ四方に分れ, づつ四本折つて見せました, づつ四組にわかれた, づつ四角に竝, づつ回復して, づつ団子をたべました, づつ固まつて居た, づつをいで, づつにまみれ, づつ土橋の側, づつ在るがまま, づつ埋めると言, づつ報告を持つ, づつ塊つて立話しを, づつ塊つて腰をおろし, づつの横, づつ増えてゆく, づつ増えるたびに, づつ増さなければいけない, づつ増額する事, づつ売ってゐる, づつ売つて居ります, づつ売れたり原子爆弾, づつへ納めはじめた, づつ夕空に舞つて, づつへ出ました, づつ外界に對, づつが白みかけ, づつ變を, づつ大屋が在っ, づつ天朝より恩賜, づつつた, づつ失はれて行, づつ失神して, づつ奉差上候, づつひ去るべく候, づつ奮んで行きました, づつな風, づつの結婚, づつ妹弟の子, づつ姿を現し, づつ嫌惡の心, づつ子供等の前, づつ子孫のため, づつ学校へ持つ, づつ學資を貰, づつ安くして, づつ実在の人物, づつ実用化されるよう, づつ室内を歩く, づつの外廻り, づつ家族制度の弛緩, づつ家路を辿つた, づつ寄贈した事, づつ寄附金を集め, づつ寢酒を召し上がります, づつ寸法を變, づつを切, づつ對比して, づつ小金も出, づつも通し, づつ展望される, づつをおり, づつ巡るとし, づつ左右に歩き, づつ左樣ならを, づつ帳消しにどう, づつ常に肩を, づつを取る, づつ広くなつて, づつ度々來る, づつを外しました, づつを造り, づつ延ばして行く, づつ延び拡がつて行く, づつ式場近く進み, づつ引いて居ります, づつ引きてそのうち, づつ引き剥って見た, づつ引つかけて水道橋, づつ引拔半分禿頭頂にし, づつ弱り候て, づつ張番をし, づつて差上, づつ当ったとしてもドス, づつ形成して, づつ往復して, づつに入り, づつ得意さうに説明をする, づつ御馳走をする, づつ微動する齲齒, づつ必要の盜汗, づつ怒つたやうな, づつ怒りを交, づつろしい, づつ思い出してみ, づつ恐ろしいことが, づつ恢復しました, づつを吹き, づつ悲劇的な性質, づつ情愛が籠つて, づつへる唇, づつ成るべく患者の, づつ成共拂はねば, づつ我々に配, づつ戸口に立つ, づつの隙間, づつ手づかみて来る, づつ手代へ五十兩, づつ手鹽皿に取り分けた, づつ打ち連れて宿, づつ打込んである, づつ払暁朝八時十二時入相夜の十時, づつ投書すると, づつ折り燻べるよりも比較的, づつへてき, づつ押されて來, づつ抽斗のついた, づつ拙者が時々, づつ拝受のほか, づつひ出して, づつ持ちよつて飛行機, づつ持ってその, づつ持てば持てない, づつ持上げて来る, づつ指し分けになつ, づつつて見, づつ振分髪の恋慕びと, づつまへ, づつ掘られてゐた, づつ掘り進んで来る, づつ探し拾つたか, づつ接吻をしてやる, づつ掻いてはその, づつ提供する, づつ插繪が入, づつ揺れる籃, づついでねち, づつ摘み取りそれを, づつ支払ふこと, づつ支給して, づつ改造して, づつ教頭に宛て, づつ散らばつてゐる, づつ整理されつつ, づつ文身したん, づつ料理を出す, づつ斬り殺しに, づつ新しく學んで, づつ旅姿をした, づつを暮らした, づつ日本風に酒, づつ早く年を, づつ明るんで來, づつくなり, づつがたち, づつ晴れて来た, づつ晴れ晴れとして来る, づつい日かげ, づつ暗い卑屈な, づつ暮れていつた, づつが展開, づつ曵き船に, づつ直す, づつ書かせるんだ, づつ書きつづけそのうち, づつ服用すると, づつはある, づつからはね下り, づつでは読んだ, づつ本格のお, づつに向, づつ東京から來, づつ東兩國の方, づつ柄杓で抄つて, づつ根気よく攻め続け, づつ終ると, づつ植つてゐる, づつ植わつてゐ, づつ樣子を見, づつ樹林のなか, づつ欠かさずにやつ, づつに黒塗, づつ次第に巡儀, づつ氣付い, づつ歩いたんだ, づつ歩くとしよう, づつ歩行珍しき若者, づつを抜く, づつ歯痛にも似, づつ死體の側, づつへて行く, づつるであらう, づつ段々と下り, づつ毎年御奉納有, づつ毎晩お床, づつは一, づつになる, づつ気分が落着き, づつ気紛れでは, づつの中, づつ水嵩を増す, づつ水蒸気になつて, づつの上, づつ永代御寄附, づつにそまつ, づつの中心, づつ決つた日に舞, づつ汽車に乘つたほか, づつ沈んで来た, づつ洗つて見るが, づつ洗濯物を竿, づつ活路か開け, づつ流れてゆく, づつ浮き上つて, づつ浮き出てくる, づつ浮んで来た, づつ浸透して, づつ消えうせてゆく, づつさを, づつ深入りして, づつへて上げる, づつ清めて行く, づつつた, づつ減つていつても, づつ渡しあひてしのぎ, づつの小さい, づつへ投げ棄て, づつ溶かしてゆく, づつ溶けてゐる, づつ滑らすやうに, づつ滲み出るのだ, づつ滲染が出, づつ滿腔の光り, づつ漏洩すること, づつ濃度を加, づつにくべられた, づつになる, づつ炊く方が, づつ炊事場に行, づつ無理にお, づつ無頼漢になる, づつ焼く其焼株より, づつて食べ, づつが殖え, づつ燃え上らせてその, づつ爪先き上り, づつ附いて, づつ片言でしや, づつ牛乳を註文, づつ牢屋掛りへ金二分づつ, づつ聞きを, づつ現さうとして有, づつ現れて来, づつ琵琶法師の藤村性禅氏, づつ甜めるやうな, づつ生きる人が, づつ生れ初めて居た, づつ甦るのである, づつゐて, づつ男女の手, づつ男手で拵, づつの門, づつつたひびき, づつ異状が現, づつ発達し決して, づつ發展して, づつ發行のこと, づつ白絹をめく, づつ百合の根, づつつた, づつ盜つて行くん, づつ直してゐる, づつ相対する地点, づつ相對して, づつ相手をし, づつ相談して, づつ相讓りその, づつ相違があつ, づつ相部屋するので, づつ眞田の紋, づつ着いてゐた, づつ睡ってゐる, づつ睡つてゐる, づつ研究会が持たれる, づつ破つてゆく, づつ社会主義的に解決, づつ社費で豫約, づつ祝儀を下す, づつ福岡市民の頭, づつの暮, づつ並べられた窓, づつ穀物乾物類を商, づつ積み重ねて行き, づつ突き出てゐた, づつにはふり込ん, づつ立ちなほつてきさうである, づつ立ち去るとその, づつ立て續けに呑みほす, づつ箪笥に平仮名, づつ篠子の前, づつと鞄, づつを振ひ落し, づつな場所, づつ精読しながら, づつ納めて置い, づつ素戔嗚より先, づつ細くなつて, づつ細竹につけ, づつ組んでたいてい, づつ結節が無く, づつ紡ぎを, づつ經めぐつてゐたけれどよく晴れた, づつ綴じた忰の, づつ綻びてまいりました, づつ緩む樣なれ, づつ縮むやうな, づつ縮尻を重ね, づつで編ん, づつ繪葉書を出し, づつ繰りほぐしてゆけ, づつ繰り下げることに, づついで, づつ纏めて本, づつ纏めればいい, づつ置いてある, づつ置いたので御座います, づつ羨望の情, づつ習字ばかりやらされ, づつて歩行, づつ肥満して, づつ背中に負う, づつ背負つて新宿迄くる, づつを組む, づつ腰高の菓子臺, づつ自信が持てる, づつへて死ぬ, づつ與吉の笊, づつひ込んで, づつ舞臺がまはつて, づつに移つた, づつ船員が一ヶ月, づつに腰かけ, づつ花やかな空気, づつ芽ぶき赤らんでゐる, づつを植ゑて, づつ苦痛を訴, づつ茂みや花園, づつをはさみぬ, づつを買, づつ茶箪子に似た, づつをとつて, づつ荒さんで来た, づつ荷物をおろした, づつ落葉を掻い, づつの先, づつ葉柄の先, づつ蒔かれてある, づつ蒸発する, づつで編ん, づつ薄らいで漸く, づつ薄暗い梯子を, づつ薔薇と百合, づつへ燃えうつり出した, づつ藤蔓の裂いた, づつを買, づつ行列させて, づつ行水をしなけれ, づつ表側を上, づつ表面に現, づつ成下, づつひみると, づつ裏切るやうな, づつ褒美を出す, づつ西へ歩く, づつ見えなくなつた, づつ見えるやうに, づつ見つめてゐる, づつ見ゆるなりとぞ, づつ見張りをつける, づつ見舞に歸, づつ規則正しく伸びて, づつて廻つて, づつえ醫者, づつ解けて行く, づつ記入して, づつ記憶が薄れかけ, づつ誇張が加, づつ誘ひ出しの, づつ誘拐して, づつ読めるやうに, づつ読んで聞かせる, づつ読書すること, づつ誰かが蹲つて, づつ調べて行きました, づつ調べる氣に, づつ調合なし極細末, づつ證據物件を拾, づつ變つて居た, づつ讓歩したので, づつ負けても差支, づつ負ぶさつて帰つて来た, づつ貢いで居た, づつ貰つて來て遣る, づつ貰つて帶を買, づつ貴女方の顔, づつ買って戴きました, づつ買つてやらう, づつうて丸三年, づつ賣る金とで, づつ賣れるお狐さま, づつ贈呈した, づつを變, づつが立った, づつ足場を求め, づつより麻上下, づつ跡箱二ツ是も同, づつ路上に投, づつ踏みこんでいつ, づつ踏んで二階, づつの痕, づつに積ん, づつ車上に積込まれ, づつ載せてゐるつ, づつ載せた細りとした, づつ載りし人なり, づつになつて, づつ近頃で安井, づつ濟致し, づつ返すやうに, づつ返却して, づつひ抜けて, づつ送らなければならない, づつ透明な空, づつ這入つてゐ, づつつた, づつ通つて外來患者を診察, づつ通つて行つた, づつ進んでゐた, づつ運んで江戸, づつ違つてゐたや, づつれさす即ち, づつ部長を勤める, づつ都合十日間二萬五千圓で賣り込まう, づつ鄭重な辭令, づつけて, づつ配布されるの, づつ配置して, づつが注がれた, づつ酔ひはすさまじく, づつ重ねたやうな, づつ金銭のあつかひ, づつ釣れるのでもう, づついろに, づつの中, づつ長棒の駕籠, づつ開いて座中, づつ開かんとする, づつ開く全く緑盤, づつ開けかかり男は, づつ開墾の仕事, づつ附けてやる, づつ附けたのである, づつ附添その跡, づつ附與される, づつつてゐた, づつ降りはじめて野尻, づつ陣列を造つて靜, づつ陰影を許し与へ, づつ陰気な影, づつ陸地の方, づつ隔てたところに, づつ集つては小貝川, づつ集まるのが, づつ雑詠に載る, づつの中, づつ雨雲にこもり, づつへてくる, づつ静かに其処, づつ面白い所を, づつの中, づつもなし, づつを返し, づつ頂いてそれ, づつ頂きますと言つて, づつ頂戴被仰, づつ預りて商, づつを歪め, づつ上がるやう, づつ飛び上がるやうに, づつ飛び越えて矢, づつ飛上がつて二階, づつ食べることに, づつ食べ物をわけ, づつ食べ直すものの, づつ食事を與, づつぬ日, づつ飮むと云つてそれを濟, づつ飮むのを樂しみ, づつ飯つぎの物, づつ飲むやうな, づつ飲んで梯子酒, づつひて, づつはせて, づつをふり, づつ馴れて手助, づつ騒々しくなり時々, づつ高いところと, づつ髪の毛が顕れだした, づつを投げ出す, づつ鳴って居る, づつ龍吐水を備