青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つねに~ ~つまらない つまらない~ つまらぬ~ つまり~ つめ~ ~つもり つもり~ つる~ ~つれ
つれ~
づ~ ~づか づか~ づく~ ~づけ づけ~ づつ~ ~づら づら~ て~

「つれ~」 6439, 64ppm, 1786位

▼ つれ~ (5433, 84.4%)

215 行って 204 いって 138 来て 98 きて 56 行った 50 いきました 39 って, 来た 35 來た 32 來て 30 来ました 29 來ました 28 来たの 27 帰って 26 きたの 24 行つた 22 来い, 行きました 21 いった, きた, ゆく, 来る 20 きました, 出て 19 いた, 行くこと 17 いつて, 來る, 行かれて, 行くの 16 いくの, 行かれた, 行ったの 15 行く, 行つ 14 くるの, 行くと, 行け 12 こい, 歩いて, 私の 10 いくこと, おいで, やって来た, やつて, ゆくこと 9 いかれるの, こられたの, ゆくの, 外へ 8 いかれました, いつた, いる, 山へ, 来たり, 来るの, 自分の, 行こうと, 逃げて 7 きたん, はいって, もどって, ゆきました, 来たん, 来るよう, 江戸へ

6 [11件] いくと, おいでに, きても, ここへ, ゆくと, 入って, 来いと, 来ると, 行かれました, 行けと, 行ったが

5 [22件] いかれたの, いくよう, いけ, いるの, かけつけて, くる, くること, くるよう, この家, すぐに, そこへ, まいりました, 参りました, 帰るん, 日本へ, 来なければ, 立って, 行かれたの, 行くん, 行った時, 西の, 遊びに

4 [32件] いく, いこうと, いこうという, いったの, いってね, いっても, きたまえ, くると, だん, やってきたの, ゆかれた, ゆくつもり, カムパネルラの, 京都へ, 來い, 入った, 山の, 帰った, 帰りました, 引返して, 彼の, 戻って, 散歩に, 来たこと, 来られたり, 歩くの, 流れて, 自動車で, 行かれるの, 行こう, 起って, 飛んで

3 [73件] いかせました, いかなければ, いかれるか, いそいで, いったり, いってよ, いつしか我家, いらっしゃい, お城, かえる, きます, この場, こられた, こられました, それに, つた, つて, どこかへ, まいれ, やってきた, やってきて, ゆかれて, ゆかれました, ゆきたい, ゐるの, 二人の, 來られた, 僕の, 入りました, 前の, 夜の, 大いそぎ, 家に, 家の, 帰ると, 庭を, 彼は, 来いという, 来たから, 来たと, 来たとき, 来た人, 来ましたよ, 来ますから, 来ようと, 来られたの, 来られて, 来るが, 来るん, 来れば, 森の, 泊りに, 海岸へ, 行かないの, 行かなければ, 行かれる, 行き, 行きます, 行くか, 行くから, 行くという, 行くので, 行くよう, 行けば, 行こうという, 行ったり, 行っては, 行っても, 行つてやる, 表へ, 見物に, 買い物に, 近所の

2 [251件] あがった, あがって, あき地, あなたの, あり, あるいは斜め, いかないの, いきそこ, いきます, いくが, いくという, いくよ, いくん, いた子供, いっしょに, いったと, いったん, いっては, いては, いました, います, いらっしゃるん, いらつし, いること, いろ, おかえりに, お家へ, かえってきました, かえりました, きたこと, きたと, きたとき, きたのよ, きな, きましたが, くるから, くるが, くれば, こいよ, ここに, こさせました, こちらへ, こられたん, こられる前, これへ, こんか, そこらの, そこを, そつと, その家, その晩駒形, それから, それが, それを, だいぶ山奥, つてし, つてやらう, てっちゃ, どこへ, どこへでも, はじめてお, もう一度湯島, ゆかれるの, ゆきなさいと, ゆきましょう, ゆきます, ゆくが, ゆくそう, ゆくという, ゆくん, ゆけ, ようやくその, らッし, ゐた, ゐる, ザザッと, ッて, ツた, ツて, ドヤドヤと, プランタンへ, 一同の, 一種の, 一緒に, 一足先に, 下総の, 二人きりで, 二人は, 二階の, 京へ, 京都に, 人々は, 何か, 來ます, 來られ, 元の, 公園行きを, 冷, 出かけた, 出かけて, 出かけました, 出づ, 出ました, 出る, 出奔し, 出掛けた, 別の, 別室へ, 動いて, 勝手に, 南仏へ, 去る, 参りましたが, 参りましょう, 参れ, 又時雨, 同勢は, 地下道へ, 堂々と, 変って, 外出する, 大ぜ, 大島へ, 大森の, 実家の, 家を, 居るんでね, 岩の, 川へ, 工場の, 市場へ, 市川の, 帰ったの, 帰ったん, 帰つた, 帰つて来た, 帰ります, 帰れ, 帰ろうと, 後から, 得も, 微かに, 必然起るべく, 思い出した, 戻つて來, 散歩し, 旅に, 旅を, 日暮里の, 日本に, 日本の, 星迎へ, 朝の, 来させました, 来たか, 来たが, 来たそうだが, 来たので, 来たわけ, 来た何もの, 来た折, 来た時, 来た由, 来た若い, 来ても, 来ましょう, 来られた, 来られたが, 来られた時, 来られてから, 来られる, 来るだろう, 来るもの, 来るやう, 来るわけ, 来る方, 来給え, 東京へ, 板倉屋へ, 林町へ, 根岸の, 横町の, 歩いてる, 水の, 汗少し, 洞穴の, 深々と, 温泉なぞ, 熱海へ, 熱海まで, 片寄せられて, 町の, 町を, 皆川半之丞の, 矢田津世子が, 石原の, 神田の, 私たちは, 箱根の, 箱根へ, 自動車に, 船を, 良人の, 蔵へ, 行かぬか, 行かれたところ, 行かれたん, 行きたいと, 行き渡ること, 行き箪笥, 行くかも, 行くぞ, 行くつもり, 行くのに, 行くよ, 行く気, 行く途中, 行けって, 行けない, 行ったとき, 行ったもの, 行ったん, 行つたのは, 行つて, 行つてやらう, 行つて寢か, 行て, 街へ, 街頭に, 訪ねて, 誰も, 豪遊し, 踊りはじめた, 逃去り, 這入って, 道を, 邸内の, 部屋の, 里へ, 野原に, 鈴ヶ森に, 銀座の, 長崎を, 降りて, 階上へ, 雪解に, 青山へ, 順礼に, 飲み歩き河上, 駈けつけて, 黒木売

1 [2701件 抜粋] あがっては, あたふたと, あなた帰っ, あらわれました, あるく位, ある海岸, いい匂い, いかなくては, いかれたこと, いかれないの, いかれるが, いきいきなり, いきたずねた, いきましょう, いくあやしい, いくとき, いくまで, いく日, いけば, いざ出立, いたが, いた女の子, いた男, いったあと, いったんでしょう, いった風, いつの, いない, いませんわ, いよいよ深く, いらっしゃいよ, いるので, いる姿, いる様子, いろいろな, うかがいましたよ, えび茶や, おこる衣ずれ, おでかけ, おのずからあるいは, おりて, お二人様, お出でなさい, お家の, お手傳ひがし, お芳, かえった, かえりおかあさん, かえるぜ, かごの, かれたの, きたそう, きたまでは, きたり, きたゾウ使い, きた二号艇, きた孫娘, きた替え玉, きた病人, きた馬, きなよ, きみの, くだって, くまでは, くるとき, くるひつよう, くる先, ぐるりと, こいとの, こちらの, こつちに, このうち, この主義, この大野城, この庭園, この甲府, この軍, こようとして, こられたならなるほど, これに対する, ごえい, さっさと角, しかもいかなる, しばらく京都, すぐこっちへかえってくるようにと命令, すぐ近く, すての, ずるっ, そこからほど, そっと潜水艇, そのまま水分, その夜, その座, その眉, その首, それ等の, ただちに熱海, ちょいちょいと, ちらちらと, つてもら, つて呉れろ, とある春着, とぶとは, どうぞ江戸, どこへと, どっと雪, なつかしい匂い, ねどこに, はいつて, ひそやかな, ひと月餘り, びっこ引い, ふるさとも, ほかの, まいった兵, まいるの, ます, まず関羽, また味噌屋, また村, まっくら, まるで体内, みんなは, めでたく都, もどっちゃ, やって, やって来ましたが, ゆかずには, ゆかれたが, ゆかれること, ゆかれ家, ゆきお, ゆきなさる, ゆき大きな, ゆくか, ゆくとか, ゆくよ, ゆく何商売, ゆく約束, ゆこ, ゆりながら, ようやく炎天, よく才能, りっぱな, わざわざ讃岐, ゐた人, ゐるだけ, アイ・シャドウと, エジプト室へ, ガリラヤの, ケムブリッジを, ジリジリと, タヌキ屋へ, トニオ・クレエゲルの, ドアの, ノッソリと, フランスフランダアスそして, ブルジョア婦人雑誌業者間の, ポコポコと, マルクス夫妻は, モンソウ公園の, ロビンソンの, 一つ一つ青い, 一人を, 一寸散歩, 一度国に, 一日外を, 一行は, 七時の, 三丁目先きの名代の, 三月の, 上られて, 上段へ, 下女の, 不愉快である, 丘づたいに多摩河原を, 中津へ, 之を, 乗込む, 二つの, 二人連の, 互い違いに, 亡き母, 人達は, 今夜側面から, 今裏門の, 伊豆の, 会し法華, 伸子の, 佐藤さんの, 何となく私, 何處か, 來たんだらう, 侍女三人出づ, 信雄が, 傾いた甲板, 先へ, 入つて, 八丁堀の, 公衆も, 其家に, 再びあちら, 再婚した, 出かけたあと, 出かける積り, 出たまま倅, 出むかえに, 出張しました, 出発し, 初日に, 前後から, 割込んで, 動かされおしゃます踊り, 北海道へ, 十四五を, 半蔵らの, 参ったに, 参りました姉, 参るの, 又一つ, 叔父を, 合流した, 同居する, 君の, 呼吸するた, 唱ひ出したる, 四天王寺へ, 団子坂下を, 国越え, 土浦の, 地底の, 城下いちめんに, 城門の, 変れば, 夕涼みといった, 外遊した, 夜ミモサに, 大きな建物, 大坂城, 大川に, 大町から, 大股に, 大賞堂へ, 太物の, 夾山に, 奥筋の, 如法の, 姫路病院に, 学校へ, 実際生活, 宮本武蔵を, 家へ, 家族の, 寒松院の, 将門は, 小梅の, 小鳥が, 少し変わる, 居る女, 山に, 山利さ, 山芝の, 岡附近の, 島五六郎と, 川下の, 差支えございますまいか, 市子は, 帰ったものの, 帰らなきゃ妹, 帰りたい, 帰るかも, 帰るべき乗物, 帰れるけれども, 帰還した, 平次が, 広々と, 店の, 廻って, 当然より, 彼を, 往くこと, 徐々になされる, 御台所の, 心に, 志岐に, 思い浮ぶ, 急激に, 悠歩し, 慶応へ, 我も, 戻った時, 扇子を, 手術を, 拝ませに, 捜し求めて, 揺れる, 摩耶の, 攻めよせて, 教室には, 敵中に, 料理店を, 新しい文学, 新九郎を, 新野城に, 旅行中と, 日曜には, 早々退散, 明るい新しい品物, 昨日の, 時々容易, 晩餐を, 暮しの, 書生は, 最早や, 未明の, 本所へ, 村から, 来いとど, 来たあの, 来たとの, 来たみたい, 来たらよう, 来た五万, 来た女工達, 来た後陣, 来た男衆, 来た親切, 来ないの, 来などは, 来ましたよう, 来やが, 来られたか, 来られた小さい, 来られ九日, 来るからって, 来るには, 来る事, 来る足音, 東宮の, 板の間を, 柳橋の, 格子は, 桑も, 森へ, 楼へ, 次の, 次第に手, 歌う男女たち, 歩いたが, 歩いてやらにゃ, 歩くと, 歸つたのは, 歸ります, 段々弱く, 毎日おおびらに, 気温も, 水軍の, 江戸や, 江陵へ, 河原の, 波だちわたり, 泥の, 浅草の, 浮かび上がって, 消えうせた, 清風寨の, 温泉に, 満場胡蝶の, 漸, 潮の, 火蛇の, 無限に, 燒け, 片づけの, 物見遊山に, 狭間の, 玄関に, 現れた, 甚三は, 田舎に, 町へ, 疾駆し, 登って, 皆な, 益々被い, 相談に, 着, 神前に, 禅の, 私を, 移り変わりつつ, 窓際から, 立会人格で, 笠原さんの, 箱根まで, 約束通りに, 絶えず其上, 練兵場に, 置いて, 聞える琴歌, 胸胴全体そして, 腰越の, 自分が, 自室に, 自由に, 舟遊山を, 芝居でも, 芹沢が, 若紫の, 草の, 菓子箱を, 葛城山の, 薬草を, 行かうと, 行かせましたが, 行かなかった場合, 行かれごろりと, 行かれたよう, 行かれた恐ろしかっ, 行かれましたとき, 行かれ久子, 行きそこで, 行きたい心, 行きて, 行きましょう, 行きよごれた佛壇, 行き当分, 行き生きながら, 行くその, 行くども, 行くもの, 行くんで, 行く外, 行く氣, 行く黒馬車, 行けるよう, 行ったこと, 行ったらアアちゃん, 行った神楽阪裏, 行ってネ, 行つた人々と共に, 行つた霊魂の, 行つてそれから, 行つてやりたい, 行つて体を, 行つて沢山な, 行つて裏表の, 行つて金や, 裏の, 見に, 視察に, 言ひかへる, 調所が, 警視庁に, 谷川へ, 豪雨が, 貸家を, 赤茶けた蝋燭, 起こって, 趣向を, 踊りま, 躍り上り, 車を, 軽く柔, 近くなっ, 追い慕って, 送ると, 逃げのびた帝, 逃げ今, 通りかかりました, 速力的に, 遊んで, 遠い町, 遠く翠, 郷里へ, 酒をのみに, 野山を, 釜屋の, 銀町の, 長崎へ, 門を, 間道を, 附近の, 陸に, 隠れ家の, 雛太は, 雲の, 青白き一団, 革命化し, 顕れたの, 飛び廻る蠅, 食堂へ, 香炉を, 馬車で, 駈け降りて, 駿河を, 驅落する, 髪の毛が, 麓を, 黙々帰っ

▼ つれ~ (121, 1.9%)

7 男は 4 男が 2 人は, 女が, 娘に, 小娘に, 方は, 男に, 男を, 雛星は

1 [94件] いたすほど, お嬢さんは, お武家さん, ことで, した世話女房, した中高, した云いかた, した今, した写真, した娘, した富美子, した尖つたやう, した易者, した様子, した若い, した駄菓子屋, ひそんだ中年, ふたりが, ふたりを, ままいつの間にか, もの, ものと, ものも, やうに, ような, デルミッドが, 一人とが, 二人と, 亡者から, 人か, 人と, 人数から, 侍に, 六部は, 友と, 古妻, 商人は, 大人を, 夫人が, 女, 女たちは, 女に, 女の, 女の子チェックの, 女は, 女も, 女を, 娘が, 娘たちは, 娘と, 婦ども, 婦人の, 家内が, 影も, 影を, 従僕に, 手も, 持ったいが, 方が, 方へ, 杯を, 桃色の, 案内では, 武士が, 母を, 派手で, 浪路は, 漸蔵主, 犬を, 猟夫の, 獵夫の, 男と, 男迷惑そうに, 番だ, 疵みたいに, 白人に, 結び髪を, 者が, 者たちを, 者に, 者へ, 背の, 若い画家, 若侍, 若松屋惣七, 見えない子供, 見えるの, 見える夫人, 見える顔, 訴が, 赭熊の, 跡が, 金ちやんが, 関係も

▼ つれ~ (104, 1.6%)

4 欠くる 3 彼は 2 数万の, 新なり, 甥なる子の, 音に

1 [89件] あけても, あすは, あはれ, あふる, いつも級中, いとくち, いまだ高利貸, こたび, さきに, さぞ有, さばかりの, すな, すなわち消, その人いふ事, それらやう, たちまち毒, たぶさ, つぐ鷺, やがて全部, よきもの, よし良人, アヌンチヤタの, コチラが, 一斗入りの, 一花開き, 云ひぬ, 人言しげし, 今はたと, 今サヴェーナ, 今復別, 何分宜敷, 供物と, 優しい芽, 兎難必ず, 再び帰り来らず, 勧賞を, 十五日ばかりの, 即ち巨桶中, 又起り来る, 問題は, 喉乾き, 天つ, 夫れ, 孤兒を, 客は, 建てられた家, 得三は, 心は, 心弱く顧, 必ず棄, 怪物また, 手前が, 救わるべきをと, 數多の, 早くいなむ, 春なき, 李は, 松野例に, 欠けると, 殺しつとて, 波は, 湊川溶, 白馬乳を, 直ちにこれ, 絶壁に, 缺げる, 船は, 花にも, 英語は, 薄暗きを, 虧くる, 袖こそ, 袖こそに, 見ゆるもの, 誰人も, 議官の, 賤しき奴も, 賭は, 足は, 足袋を, 路は, 身が, 身も, 雪中に, 青淵なす, 音のみし, 顔の, 風吹く, 高帽腕車は

▼ つれだって~ (65, 1.0%)

2 出て, 家を, 帰って

1 [59件] あらかた毎日, あるきます, おナツ, じぶん, せまい階段, ときには集会, はるばる因幡, また月光, やってきた, やってきました, やってきまして, ケンシントン・ガーデンの, サン・ラザールに, ドイツ銀行へ, パリから, 中学校に, 五階まで, 人通りの, 仕事に, 伸子が, 伸子たちの, 伸子は, 入って, 出かけた, 出かけて, 出かけも, 出かけること, 加納家を, 千住を, 口々に, 右馬允貞盛を, 執筆禁止か, 大臣室を, 姉妹は, 彼女たちを, 押して, 散歩し, 日本人クラブへ, 月宮に, 有馬の, 木戸から, 松波博士の, 歩いて, 演説会場に, 玄関を, 甲板へ, 石に, 秋の, 羽生の, 行った, 西の, 訪ねて, 訪問した, 遠い国, 金剛寺坂の, 電車の, 館長室を, 髪結いに, 魔法博士の

▼ つれ~ (65, 1.0%)

14 なって 3 来たの 2 なったの, なりました, なりましたが

1 [42件] いった母親, おいてきぼりを, おくれまいとして, きて, ついて, なったおじょうさん, なったこと, なったとだけ, なったよう, なった若い, なっても, なつた, なつて, ならないで, ならぬの, なりいま赤間ガ関, なりその, なりたいの, なりたり, なりましたわね, なりましょうか, なり昔, なること, なるなどとは, なる形式, なれないばかりか, 再び海岸, 振向いて, 来たけれど, 来たって, 来ましたよ, 来ます, 来れば, 申しましたこれ, 脆くも, 行かれましたこと, 行つた, 行つてゐる, 見えるぢ, 誘われて, 離れた片方, 飛んで

▼ つれ~ (40, 0.6%)

4 して 2 あって, ほ

1 [32件] あったか, あったから, あったが, ありましたり, ある, あるが, あるの, いたの, おこった, したけれども, つれです, できて, ない, なくて, なくなったし, やっと際立っ, 二人いた, 云ったのに, 今手もと, 來ます, 却つてかげを, 向うの, 摘んで, 現れて, 行われて, 見えた, 見えたやう, 見えるばかり, 見えるよう, 言って, 雨傘から, 鮮かな

▼ つれ~ (38, 0.6%)

1 [38件] こ, この工事, この時買, さてその, その他の, その聲, ふさひ, まだ其人, むざとは文も, よしそれ, わが事, 一月の, 何事をも, 入る方, 其聲の, 其青銅を, 命を, 夜ぞ, 学問の, 學問の, 實はまだこ, 山の, 彼君の, 心に, 心には, 忘れたり, 明日を, 未だ然るべき, 某いまだ, 檀那は, 猶さびしさ, 眺むる空は, 肉を, 腰は, 見も, 許可を, 進歩の, 馭者は

▼ つれ~ (23, 0.4%)

2 して

1 [21件] あったけれど, ありません, いなさらないの, なかった, まだかと, もう二三日前, もう間, 二三間は, 何処へ, 四国の, 女子でない, 或る, 東京の, 毛利一樹という, 番地と, 福田瑞村なり, 笑ったが, 老婆の, 見えるが, 迷惑だろう, 道づれとして

▼ つれ~ (19, 0.3%)

4 ひの, ひは

1 [11件] ひ, ひが, ひがねえ, ひであつ, ひでございます, ひです, ひとは, ひに, ひには, ひに対しても, ひまたは

▼ つれ~ (17, 0.3%)

2 て見事俺

1 [15件] て, ていったい, ている, てお, てかえりたい, てかつ, てきた, てこの, てもいい, てよそ, て介抱, て充分, て来る, ながら歩い, ゃるまん覚えけり

▼ つれども~ (17, 0.3%)

1 [17件] え中てず, かかるにこそ, その内, その嫡妻須世理毘賣, それなら, 名聞を, 夜の, 宗虎が, 度らん由無, 彼れ, 急に, 未だ一たび, 梵士竜王の, 目も, 聞入申さず, 貴き道人, 霞棚引き

▼ つれ~ (15, 0.2%)

2 どれと

1 [13件] ござんせぬに, せずに, どれとの, ない, ないむしろ, ないん, ない四十がらみ, なくぼんやり, なく一羽, 國の, 堅理なりと, 大分気に, 見えるが

▼ つれたり~ (12, 0.2%)

3 して 1 つや子を, ひっぱられたり, 何か, 友達と, 左脚の, 箱屋と, 腕が, 自分で, 赤ん坊を

▼ つれ~ (11, 0.2%)

1 [11件] させるの, した顏, 出し抜くの, 待って, 搜し, 經驗し, 見せて, 言うか, 起して, 追うて, 驚かそうと

▼ つれ~ (10, 0.2%)

2 いっしょに 1 なった男, みえる他, 引き寄せ給, 洽くとつ國びとにのらまくす, 言ふ, 詔り直せ, 顔を, 髻斬

▼ つれての~ (9, 0.1%)

1 おまいり, このこと, 参内の, 旅は, 旅行は, 物価高にじりりじりり, 買い物の, 道中も, 関西行の

▼ つれ~ (8, 0.1%)

2 事が, 向きだ 1 こんだなし, のだ, 仕事だ, 商売だ

▼ つれする~ (8, 0.1%)

2 ようにと, 隙も 1 かもしれません, ことさえ, ことに, ことを

▼ つれてかへ~ (8, 0.1%)

1 つたので, つた上私と, つて, つてね, つてもらはう, つて可愛, つて小鳥の, つて来ました

▼ つれては~ (8, 0.1%)

2 いつて, 奥山や 1 すきを, デパートヘ, 歩けぬ, 通りにくい

▼ つれても~ (8, 0.1%)

1 なお危険, らは, 恐ろしゅう思われます, 故意か, 氷河は, 沖縄の, 行ったが, 非常に

▼ つれ申し~ (8, 0.1%)

2 て来た 1 ている, てたちのく, て帰ります, て海岸, て穢れ払い, て院

▼ つれした~ (7, 0.1%)

1 その風情, ところも, やうな, わけです, 女, 妹夫婦だの, 顔を

▼ つれながら~ (6, 0.1%)

1 七八人の, 九月二十四日ダブリンを, 云って, 同じ池, 漁夫たちは, 葡萄摘みの

▼ つれ出し~ (6, 0.1%)

1 たりする, にくる, に庫裏, に来る, に苦心, 或時

▼ つれ込んだ~ (6, 0.1%)

3 のは 1 ものだらう, 下地は, 事に

▼ つれ~ (5, 0.1%)

1 して, じゃよ, である事, をし, をつれ

▼ つれ申す~ (5, 0.1%)

1 ことに, ことは, とき兄者は, のが, ほどのこと

▼ つれ込み~ (5, 0.1%)

2 不義の 1 か何, が文珠屋, 骸に

▼ つれその~ (4, 0.1%)

1 すぢ, ゆへは, 山は, 日ただちに

▼ つれだった~ (4, 0.1%)

1 という, 三人も, 兵士が, 泰造が

▼ つれ~ (4, 0.1%)

1 ゆっくり歩きたかった, 文殊と, 歩いて, 飛び出したが

▼ つれにな~ (4, 0.1%)

1 つておい, つてひどく, つて仙台の, つて森の

▼ つれ~ (4, 0.1%)

31 り少女彼ら

▼ つれ~ (4, 0.1%)

3 ひの 1 がお手伝い

▼ つれ~ (4, 0.1%)

1 て家, ひには, ひを, ふ人

▼ つれ添う~ (4, 0.1%)

1 て八年, て内儀さん, 妻の, 身に

▼ つれさえ~ (3, 0.0%)

1 して, しなければ, 見えます

▼ つれさん~ (3, 0.0%)

1 がた, は, を露

▼ つれしよう~ (3, 0.0%)

1 かと思います, という話, としてあそこ

▼ つれ~ (3, 0.0%)

3 ふて子供

▼ つれたち~ (3, 0.0%)

1 てペーレーデース・アキリュウス, て元, の喋る

▼ つれてを~ (3, 0.0%)

1 どりつ, どれば, り

▼ つれとは~ (3, 0.0%)

1 さっきから, 余りにも, 君の

▼ つれ戻し~ (3, 0.0%)

1 てやる, て夏, 先の

▼ つれ~ (3, 0.0%)

1 り己, るべき任, るやう

▼ つれ添っ~ (3, 0.0%)

1 てからも血, て来た, て来られた

▼ つれ~ (3, 0.0%)

1 だぞ, というの, に乗る

▼ つれ申しました~ (3, 0.0%)

1 が雨, ところ道に, のも

▼ つれお迎え~ (2, 0.0%)

1 にとこれ, に駈け向った

▼ つれしましょう~ (2, 0.0%)

1 かね, と云っ

▼ つれ~ (2, 0.0%)

1 と言つて, ね

▼ つれてか~ (2, 0.0%)

1 へりました, へる

▼ つれである~ (2, 0.0%)

1 ことは, と訊く

▼ つれ~ (2, 0.0%)

2 ほし未だ

▼ つれなさいまし~ (2, 0.0%)

1 ては, よ

▼ つればか~ (2, 0.0%)

1 くる, くる世

▼ つれびき~ (2, 0.0%)

1 でないという, をし

▼ つれわが~ (2, 0.0%)

1 おもひ, 魂は

▼ つれ~ (2, 0.0%)

1 お君, をつれ

▼ つれ子供~ (2, 0.0%)

1 のオシメ, をつれ

▼ つれ~ (2, 0.0%)

1 最期以前に, 陣の

▼ つれ戻され~ (2, 0.0%)

1 て根本, 又出る

▼ つれ~ (2, 0.0%)

1 つだひに, には槍

▼ つれ~ (2, 0.0%)

1 が見えなく, もお召

▼ つれ添った~ (2, 0.0%)

1 夫の, 女房の

▼ つれ生涯~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ つれ申し上げ~ (2, 0.0%)

1 て御, て禊

▼ つれ申そう~ (2, 0.0%)

1 かと云っ, と主人重治様

▼ つれ立っ~ (2, 0.0%)

1 て台所, て帰っ

▼ つれ込まれ~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, て以来

▼ つれ込まれた~ (2, 0.0%)

1 のを, 時どんな

▼ つれ~ (2, 0.0%)

2 ほでり

▼1* [236件]

つれあがり夕方また, つれあくる日の, つれあそばしほっこくへおく, つれあとは自由行動, つれあらば拙者, つれはまも, つれお抱えの医者, つれへりたり, つれかしこにては思出さる, つれかとも思われる大島, つれかへつたら人々, つれきたらんわび玉へ, つれぐいと唾を, つれえり道, つれつそり, つれここへ様子, つれこしや誰, つれこれよりは孤寂, つれこんがらの前後, つれさえも見えず芝居, つれさきに兜兒, つれさまですかね, つれさる不義非情の, つれしたら等話しました, つれしました紹介しましょう, つれしろって, つれそうでないこと, つれそのうち三名は, つれたくさんの羊, つれたち野みちゆくけ, つれちゃ柳町と, つれつれの友, つれづれとつくばふ鹿のいく, つれづれにうたたねをしている人がある, つれてからだを, つれてさえくれば, つれてと気兼ねを, つれてやしないかしら, つれてよりもより度々男たち, つれでございますから仔細, つれです快よく, つれでないことを, つれといふわけで, つれとぞ宣ひける, つれとを追い越した, つれどもなのめにて, つれども一片の至情ここ, つれども二人の思ひ, つれども背後に指す, つれなさいますほうが, つれなされて清洲, つれなしと見つる, つれなほざりなき胸, つれならまだいくら, つれなんか来やしないん, つれについて何も, つれにてもふくにて, つれに対すると客に, つればこそ君が, つれふし歌後生願ひの, つれぶし南紀大和路札うちて, つれのいたわり, つれまた各, つれまわしてあの, つれまわられてい, つれみずから立って, つれその時彼, つれもうしてあの, つれもうしますので, つれもとの家, つれもどられると死刑, つれもどりまた外敵, つれもどることに, つれやがて階下へ, つれゆうべとは道, つれより我々共, つれる, つれらしい侍が, つれアメリカの商人体, つれケーブルで山, つれ甚だ当時ハ, つれパイプとともに散策, つれ一方の将, つれ三人で駅, つれ三越から届けさせた, つれ上海に向け, つれ堅如聚沫の, つれ歯を, つれ二人つれて, つれ二台の自動車, つれ亭主の行方, つれ仁平を案内, つれに至り, つれの信者たち, つれ会堂の所有品, つれ何処へ行く, つれ作事奉行筒井伊賀守の家臣, つれ作男の友さん, つれでかえる, つれ候人ニてハ, つれ候人数を御, つれ傘打ちつぼめし女, つれ僧正谷から百足虫腹, つれの命, つれつては, つれ今日は, つれ共此方の御, つれ再びわが家へ, つれそうと, つれ出されシュリアを, つれ出されたとしたら, つれ出されたらこまりますが, つれ出されました果ては, つれ出しましたがまだ, つれ出府の道中, つれ出張中の捜査本部, つれ劉虞の所, つれ十三四町も南, つれの方, つれ博多駐在を命ぜられた, つれ合戦前日の夜, つれ同士で相談, つれ吏務検察として赴いた, つれに棄てられ, つれ吾がこの苦を, つれ喘息で困難, つれ四人づれで今, つれ土地を求め, つれ土浦へむかっ, つれ城外へ出, つれ堂々たる使節の, つれ夕闇をつい, つれ外すまじと勇み立て進み寄れ, つれさわぎで, つれ大切なもの, つれ大勢の男ども手々, つれ宮の下へ行った, つれ宮中の出入, つれ家康の陣, つれ小舟にのっ, つれ巨男は広い広い, つれ師直を先鋒, つれ帰されたのだ, つれ帰りこれまで, つれ帰り下さる方が, つれ弾きてえしがねえ, つれ彼等に対する全, つれ戸塚へまわっ, つれ戻したという剛毅, つれ提灯持を先, つれ数百人が一団, つれの王座, つれ昏迷狼狽の雪崩れ, つれ上層の, つれ来りし証は, つれへ進んだ, つれ東北の出邸, つれ東南の出邸, つれ果てて帰っ, つれ果てました夫は, つれで, つれ歩いて見世物, つれ歸らうと, つれ活動写真を見, つれ添いの病気, つれ渡辺町の公園, つれの家, つれ災難をうけた, つれ無言の疾走, つれ煙突掃除を余計, つれ物種器什を船, つれ犬山のほう, つれ狩猟に出た, つれ王丸という冠者, つれの寶玉, つれ申したのでご, つれ申したいのです, つれ申しますといったのさ, つれ申し上げるくらいを断然, つれ申すべく早々に, つれ申せと言, つれ皈らんと蓑, つれ盆栽会を見物, つれ直ちにおいで下さる, つれ真先に西城県, つれ矢立と紙, つれ石段を降り来り, つれ祝家荘の苦戦, つれ祭礼の日, つれ移住した, つれ立ち男の子は, つれ立ち交る人影, つれ笑いでね, つれ米国の兵士, つれ紀州へ旅立った, つれ紅緒の草履, つれ美人陣を作っ, つれのあたり, つれ自分を突き出し, つれ自身土塀をこえ, つれがもつれ, つれ蜜柑の大きな, つれ行かれるのを, つれ行き勤奉公とやらん, つれ行くつもり, つれ西北の兜銜山, つれにと吾, つれ観音様へお参り, つれ諸国の兵法家, つれと谷, つれ貧道弟子杵屋佐吉が裏, つれのかくれ, つれ転地をした, つれ込めばよかつ, つれ処の, つれ近き村に, つれ近くの湯野浜海岸, つれ返されたら大へん, つれ逃來りし譯ゆゑ敢, つれ途中から道, つれ途中ローソクマッチの類, つれ逸早く筑波を, つれ遊ばして下さいませ, つれ遊ばしたのは, つれ遊ばすか, つれ遭難の後病弱, つれ鎌倉入りの途中, つれのま, つれいとう存じ, つれ風雨に乗じ, つれ馬二頭ひいて, つれに乗っ, つれ高価な葉巻, つれ高輪から細川家, つれ魏延と瓦口関, つれに鳴く