青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~でなかった ~でなく でなく~ ~でなけれ でなけれ~ では~ でも~ でる~ ~で御座います とある~
とい~
とう~ とうてい~ ~とうとう とうとう~ とお~ ~とおり とおり~ とかく~ ~とき とき~

「とい~」 3123, 34ppm, 3477位

▼ とい~ (847, 27.1%)

48 くれ 45 下さい 11 くれ給え 10 頂戴 9 おくん, くれと, 下さいよ, 呉れ 8 おくれ 76 くれよ 5 ください, くんねえ 4 くんな, もらおう, やって, やるから, 下さいな

3 [18件] いいの, くださいよ, くれたまえ, くれないかね, くれれば, くれん, その男, やった, やったの, やりました, やる, やれ, やろう, 下さいね, 呉れた, 呉れと, 呉れよ, 貰いたいと

2 [37件] あげましょう, あっちこっち行っ, いいかしら, いいん, いる, いるの, えな, おくれよ, おやり, お呉れ, きかせた, くれえ, くれね, この男, ごらん, しまいました, しまったかも, それに, ちょうだい, ふろしきを, みては, みますと, みよう, みると, みれば, もらいましょう, やっても, やらえ, やれと, 下さいまし, 下されば, 後の, 着物を, 自分は, 見て, 貰はんと, 貰ひ

1 [518件 抜粋] あくを, あけっぱなし, あげたいけど, あげなさいよ, あげま, あげますから, あげよう, あげる, あげるから, あげるからね, あげると, あとあと, あとで, あとは, あらかじめ使い, あらかじめ定め, あります, ある, ある丸盆, ある逆立った髪, あんたが, あんなこと, あーん, い, いいじゃ, いいと, いいもの, いいや, いかれたが, いきなり後, いきました, いくの, いけば, いざ倒れた, いじめるン, いた, いただかなければ, いただきたい, いただきたいと, いただきたいん, いただきましょうね, いただけ, いつか折り, いまだに責任, いらっしゃいと, いるうち, いるが, いると, いるところ, いるよう, いるん, うまそう, ええの, おあげ, おおぜ, おかうとお, おくれかまわないから, おくれすこし, おくれね, おくれやす, おくれやすと, おくれよねえ, おくれナイトメヤさん, おくれ久しぶり, おこうと, おまけに, おめ, おもはゆげ, おやんなさい, おれの, お菓子まで, お訪ね, かってに, きかせたが, きかせる, きゅうを, くさらしちゃったの, くださいあまり, くださいまし後で, くださいますね, くださらんか, くっだいよ, くらっしゃいよ, くれお前みたい, くれそう, くれその, くれた, くれたお礼, くれたか, くれたね, くれたの, くれたま, くれたまい, くれたまえと, くれたまえクリストフ, くれたらええ, くれたり, くれた人, くれないか, くれないかねえ, くれないの, くれました, くれますが, くれませんか, くれりゃいい, くれりゃ夜中, くれるな, くれるの, くれるもの, くれるよう, くれる約束, くれマニラ, くれ僕, くれ実に, くれ給い, くれ部屋, くれ頼むぜ, くんないか, くんろ, ぐるぐると, こんどは, ごくり, ごらんなさい, ごらんなさる, ごらん本当だ, さっさと出, さんざんに, しきりに右翼, しばらく会所, しぶしぶ連れられ, しまうかも, しまうからね, しまうよう, しまえば, じゅうたんを, すぐその, すぐ彼方向き, すこし休ませ, すてに, そいつに, そいで, そうして元気, そこの, そこらじゅうを, そちらの, そのうち, その一ばん下, その二, その女房, その底, その木材, その物欲しそう, その間アに, それから, それからあんな, それから仙台, それが, それで, それでもまだ, それも, それを, そんないやがらせ, ただで, ちよう, つかあせ, つなぎ合わせ, つなを, とどめを, どうし, どうしてけが, どうする, どうも, どこぞへ, どない, ぬったの, ぬった青, ねころぶ, のけた, のめ, ひざに, ふたたび蘇生, ふりました, べつの, ほしい, ほしいぐずぐず, ほしいという, ほんまに, またあと, またビール, また煙草, まだ雨, まっくら, まん, みせて, みた, みて, みましょう, みんなに, もうあなた, もう二十日, もう行く, もらいたい, もらいたいが, もらいたいね, もらいたいわ, もらいてえ, もらえま, もらえませんか, もらおうか, もらって, もらはうか, やったが, やったくれえなん, やったところ, やったらいなくなって, やったらまた, やったら手伝うどころか, やったり, やっとくれ, やつて, やにわに一矢, やらうかしらん, やらうぢ, やらうと, やらうよ, やらなきゃならんし, やらなけりゃ, やりたまえ, やりなさいよ, やります, やるからと, やるからね, やるけ, やること, やるで, やるとでも, やる者, やれ思いまして, やろうじゃ, やろうよ, やろさ, ゆくぞな, ゆこうと, ゆっくり撲ろう, ようすを, よお蓮ちゃん, よからう, よそへ, わたしは, ゐない, ゐる, ゐるところ, んか, イザという, オクメンも, サッと箱, タダで, チョイと, ネジリハチマキで, ハダカに, ハッと, ピンを, フウワリと, フタを, ベンチを, ボースンに, ポケットは, モンタージュするらしい, リンゴを, 一たん体を, 一人で, 一家の, 一度も, 三十分と, 上げたの, 上げても, 上げてよ, 上げましょう, 上げましょう電話料二十銭, 上げます, 上げような, 上げる, 上げるわ, 上下から, 下さいすぐ, 下さいたのみますよ, 下さいって, 下さいという, 下さいどうぞ, 下さいましお盆, 下さいましね, 下さいますと, 下さらんか, 下さるだろう, 下さるに, 下され, 下すっても, 下せえ, 下に, 下ろして, 下甲板, 世田谷区の, 主旨を, 乳のみ, 亀田の, 争議ん, 事務所い寄っ, 二人が, 二人で, 二人の, 二階い上っ, 五十嵐て, 人口呼吸を, 人殺しが, 仇も, 今度は, 今日から, 今日は, 今時分まで, 今晩伴れ, 今現にこんなふうに, 仏頂面を, 仕事は, 仕立て直す, 伊藤松雄の, 休憩し, 何を, 何故よそ, 俺が, 俺の, 僕の, 共同闘争に, 出かけてばかり, 出がけ, 出て, 出港と, 勝手に, 勿論今, 北のや, 北枕に, 半蔵の, 取出したの, 只で, 右手の, 右脚の, 呉れいざ, 呉れたい, 呉れたらどれほど, 呉れはっきり, 呉れること, 呉れ給え, 呉れ給えな, 命を, 地面の, 夕方持っ, 外套を, 太い錨索, 太ももを, 子供の, 子供らに, 子供達を, 学校でも, 宜かった, 家へ, 家宝にでも, 寝こんで, 寝仕度, 寝室の, 寝巻き, 小川の, 居るが, 差押えでも, 帰って, 平気で, 引き寄せた, 待って, 御亭主, 御覧, 御覧いくら, 思わず, 手に, 手を, 手塚を, 拡げられて, 捕まえたん, 捕まりゃもう, 据えられた暑い, 授けた, 損は, 支那人に, 放して, 散歩に, 数十里陣を, 斬る奴, 新聞の, 新聞社と, 日刊四ページに, 早く骨, 明智探偵を, 春まで, 昼の, 時計の, 月末には, 服を, 本当の, 来なさい, 来月お, 東電本社へ, 棄てるん, 検めたが, 楽しみに, 楽しむの, 樋の, 欠席アホかいな, 欲しいわ, 歌舞伎座の, 毎朝自身で, 洞まで, 浴室を, 渡されたの, 熟んだとも, 牛酪なぞに, 珈琲一杯で, 男まげ, 監督に, 直ぐ帰っ, 相手の, 着て, 着物借っ, 私の, 窪みに, 立ち上った, 立って, 竜介の, 競馬の, 箱の, 紙に, 結婚したら放っ, 罰は, 老人を, 聞かせた, 背中の, 胸に, 胸当の, 脇窓を, 自分たちの, 自分だけは, 艦の, 芽出たい, 荷物を, 落下傘で, 虎の子を, 虫が, 行って, 行つた青物も, 見せて, 見せも, 見たらやはり, 見たら誰, 見給, 訪問, 謂わば, 謝罪する, 警察なんかに, 貰いたいこと, 貰いたいの, 貰いたいん, 貰いたかったん, 貰い度いと, 貰うこと, 貰うよう, 貰えば, 貰おう, 貰は, 貰わないと, 貰わな損や, 貴女の, 赤児を, 走つて行つて, 踊らせるの, 身代りに, 逃げうせそれっきり, 遠くへ, 遣るの, 酒の, 酒を, 鉄梯子を, 間の, 間違いはねえ, 頂けば, 頂戴と, 頂戴ね, 頂戴後生だ, 顫える, 飛行機で, 食べた事, 食事旅へ, 飲む, 飲んで, 鷲の

▼ といつて~ (709, 22.7%)

35 もよい 21 もい 17 もいい 10 もよから 7 もそれ, も過言 6 もその, ゐる 5 も, も宜, ゐた

4 [11件] はいつも, は何, は笑, もこの, もこれ, もまだ, もよかつ, も今, も別に, も差支, も必ずしも

3 [11件] もどこ, ももう, も可, も大, も大した, も時代, も決して, も無論, ゐるの, をります, 出て

2 [37件] すた, はいけない, はお, はこの, はまた, は一本, は其丈, は別に, は国民読本, は少し, は無い, は莞爾, もあまり, もお, もよろしい, も五時過ぎ, も今日, も伯, も何, も僅か, も僕, も元, も単に, も唯六七枚, も年, も此, も然るべき, も狭い, も狹, も田舎, も知れた, も私, も赤い, わるければ, 勧めたこと, 居る手合, 見せた

1 [434件] あたくし, あの魔法使, あんまりむき, あゝいふ門, いい気, いい程, いきなりそれ, いきなり口, いきなり基本, いろんな話, お, お仏壇, お品, お目, お願, からかつ, からかはれ, からの謙虚, から流れ, このお婆さん, このたび, この原因, この外交官, この少年, この空間, こぼしたが, これから一歩, その二, その人達, その仕組み, その子, その言葉, その限り, たが, たこと, たしなめたもの, ついて, てんで相手, とびしさつた, どかりと, なついて, につこりした, につこりと, にや, にやりと笑つた, ね, ね丁度, ね古宮, のめり相, の読書, は, はいひすぎる, はいひすぎるだらう, はいひつくせない, はうそ, はお前たち, はこれ一つ, はすこし, はたつた, はつ, はどう, はどこ, はどん, はない, はなかつた, はならん, はべつだん, はほんの, はもう, はもてない, はわづか, はゐる, はシツレイ, は一つ, は一尾, は一文, は三田一人, は些, は今彼, は何一つ, は何一つ手, は余りに, は出ない, は唯一人, は大袈裟, は夫婦, は失礼, は失禮, は子供, は学校, は引つ掻く, は悪い, は惡いが, は持ち, は持つ, は振らぬ, は散銭一つ, は朝, は東京, は横, は殆ど, は満, は火鉢代り, は無, は私, は私一人, は美しい, は臥せる, は語弊, は誰一人, は變, は近所, は部屋, は長い, は飮, は飲む, ぶつけた, ほめた, またオオル・ドウウヴル, また眼, また菜, まづ最初, もあたり, もあたり前, もあなた, もある, もあんな, もいまこと, もいらぬ, もいろいろ, もう家, もかつて, もかなり, もきつ, もここ, もこちら, もこんなに, もさし, もじやもじやした髭, もす, もすべて, もずつと中国寄り, もそこ, もた, もちよ, もつい, もつまらない, もところどころ, もとる, もどうか, もどの, もなかつた, もなに, もなほ言葉, もまだまだ, もまるで, もみんな, ももちろん, ももつ, ももと, ももやつ, もややもすれば, もよき, もカロリン諸島, もゲルト, もノールウェイ, もバス, もフトコロ, も一世紀ぐらゐしかたつていないが, も一分, も一方, も一番, も一軒, も七時, も三十六見附, も上, も上下卑賤, も中宮寺, も主, も主人, も九月, も事務員, も二十七人, も二圓位, も二重顎, も五十銭, も五日, も五足, も人眼, も仁三郎, も仕方, も他人の, も佐賀, も佛國人, も便宜上, も個人的接触, も僅, も僕自身, も元々, も入, も全然, も全部, も六七歳, も六尺, も其研究, も其處, も分るまい, も勿論, も勿論まだ, も北國, も北陸道, も十五軒, も十日足らず, も十時半, も十秒以下, も十銭, も千恵, も午前三時頃, も半日陽, も南国, も却つて, も古人, も古格, も句作, も各人各様, も同時に, も名ばかり, も和蘭語, も哲學, も單, も四五軒, も四日, も土地, も外, も夜目, も大きな, も大分, も大家, も大時代, も大過, も太子, も女, も好い, も始め一寸, も子供, も宜しい, も實, も将来, も小さな, も小学校, も山, も島民, も嶺太郎, も巣鴨一番, も差掛, も巴里, も帝劇, も常識, も平凡, も平面, も広う, も店先, も度重なる, も庭木戸, も往来, も後見, も徳川時代, も恋愛, も恥かしく, も息子, も悲痛, も懲罰, も技法, も文藝家, も新聞代位, も既に, も日中, も日常, も日本, も明治, も春, も普通, も書いた, も月, も有明海, も有閑マダム, も本, も本人, も本物, も材料, も東京附近, も東海坊, も松, も格別, も梅雨空, も極めて, も此家, も此程, も殆ど辯證法一點張り, も水, も水戸學, も沓掛, も沢山, も河, も河原寄り, も浅草橋, も浴衣, も浴衣一枚肌着一枚, も淋しい, も清潔, も温泉, も漸く, も点火, も片方, も物質的生産, も特に, も特別何病, も狹いも, も現在, も現在われわれ, も現実, も生活ぶり, も甲田さん, も発作, も百枚足らず, も目刺, も相当, も眼, も矢張り限度, も石鹸, も私の, も秋, も筋, も節季, も範圍, も米倉, も籾, も精, も純粋, も絶対的, も美術考古博物館, も聞かず, も胎土, も腰, も自慢の, も良い, も色々, も色々国, も英独仏露米伊等, も茶, も薄べり, も薪, も解け, も言, も詮, も誇張, も誰, も豚, も週間, も遺失物, も重, も野, も野菜料理, も金貸し, も銘木, も長男, も随分, も隨分, も隨分澤山, も雨, も雷神, も面識, も頭, も首, も駅員, も高い, やはり月, よければ, わざわざ色彩, ゐた話, ゐます, ゐるが, をかしけれ, をりました, をる, 丸い背中, 低くお, 倒れたり, 入れて, 別に上り湯, 別れたの, 叩きつけて, 堅く口止め, 大きな口, 居たのに, 居て, 居ましたよ, 居る, 居るうち, 差上げて, 怖い顔, 悪くなつた, 慰めますと, 抓み方, 揉み分けながら, 敢然, 新しく色揚, 書きとめて, 極つたやう, 止めるの, 正兵衞, 決して現, 泣きだしたら番頭, 甘い菊, 硬つ, 程なくなく, 立ちすくむと, 立つた, 立去つた, 羽ばたきしてたらお, 親しく夜, 赤い襦袢, 赤く塗つた, 追ひ, 追ひ掛け, 逃げて, 長い竹竿, 長く支那, 隣りを, 頼むの, 食べるもの, 驚いて, 鳴いたと, 黙つて

▼ といへる~ (289, 9.3%)

8 なり 4 ものは 3 のである, は何心, は洋銀

2 [24件] か, かもしれない, かも知れない, が如き, に出る, のだ, のです, のも, はこれ, は即ち, は寺院, は靜, もの, もので, ものである, やうな, 不思議の, 五所紋付黒木綿の, 名は, 國名の, 奉答文中の, 流行語を, 者なり, 詩の

1 [220件] あたりに, いと長々しき雑報, かい, かとお, か人, があり, がある, がかうした, がこの, がまた, が戸口, が水, が物語りける, が訪, が飛び, ことあり, こと物に, こと聖書に, さすがにをか, しかしそれ, しかと指し, しなほさら, その歌人, であらう, とき我よく, とし, と同じく, と思つて, と思ふ, にあらずや, については諸説, にて死す, には適すれ, によれる, に似, に似た, に到る, に因み, に基づき, に應, に據, に至り, に連れし, ので, のであります, のは, はいと, はいまだ, はおもしろし, はこ, はこの, はその, はその後皇帝, はた, はわが, はエウフラテス河畔, はシュヴァーベン家, は上之島, は上之關, は世, は並びに, は中元, は九六行, は五行, は亦, は仲正, は假定, は凡三千石高, は凡拾万両, は十二宮, は古き, は嗚呼, は地, は地獄, は大阪, は寺内河竹新七, は幕府, は彼, は性来義気, は或は, は抑, は朝鮮, は東, は滿月, は甚しき相違, は羅馬, は薫子, は西岸, は親愛, は詩材文體, は豈, は静, ほどの若, ほど落ちついた, もす, もた, ものなる, ものに, ものわが家に, ものを, もの中橋の, もの元, もの哉, もの年紀廿一二, もの有る, もの湖水埋立の, もの苛責の, もの詩を, も同, も同じく, も大方, も智慧, も未来, も皆是氣, も筑紫, やうに, を以て夙に, を執ら, を引けり, を思ひ, を紹介せり, キリストの, モスカを, ラチオの, ローマ人にて, 一向, 一大, 一種女性の, 一般の, 万葉などに, 中古の, 事が, 事を, 二語共に, 人が, 人なりき, 人は, 人命令を, 会議組織の, 位な, 位置に, 侍妾の, 俗界の, 俗諺も, 停車場の, 僧に, 僧院あり, 処あり, 処に, 利根の, 前提より, 劇作家が, 劇場五十あまりは, 力逞ましき, 勧業場は, 千住道にか, 原因は, 古の, 名譽, 名高き店, 唐のみか, 唐人同じく, 固より, 場合も, 大人作矣五色氤, 女鹿を, 妾あり, 山崖の, 島有, 川柳点も, 希望は, 御幣擔ぎの, 怨氣の, 怪異が, 情夫が, 所にて, 旗下人の, 早稲田出身の, 書に, 會議組織の, 月は, 歌多く, 水茶屋店先の, 水行十日は, 煙に, 特種の, 独立展は, 町を, 百姓は, 盲目の, 福音の, 程なる, 米倉の, 緑に, 罪人の, 罵詈の, 者, 者よ, 者ダンテと, 船大将を, 芝居を, 菊氣は, 蘭氣は, 言葉, 言葉には, 言葉の, 言葉を, 記述は, 許りか優つてゐ, 諢名を, 諺古より, 通りである, 郷里の, 醫人精しく, 金柯初めて, 金比羅神社寂しき, 金陵の, 長い賦, 類は, 馬ムーサイに

▼ とい~ (277, 8.9%)

15417 よう 10 ないこと 5 ばいへる 4 りと 3 ます, ませう, やう 2 ど雪, ないが, ぬ, ばいへ, ばいへるだらう, ば可のか

1 [66件] いかで祖廟, さう, じつは自分, その意味, どうけがたし, どこの, どながく, ど今, ど仕事, ど児等, ど四十, ど夕影, ど大凡, ど大抵, ど幾度, ど強, ど心, ど昔, ど枝, ど海中, ど窈窕, ど覚めぬれ, ど語れ語れ, ない, ないだらう, ないの, ないほど, ないほどの, ない奇体, ば, ばあてには, ばい, ばいつ, ばかしこ, ばから, ばこの, ばに, ばを, ば名はい, ば後にも, ば紙一枚でも, ば難だ, ば顔ぢゆう, ほら此處, ますね, ません, まつかい, よう国立児童出版所の, よう芋銭の, りとぞ, る極めて, バ金の, 共この, 共みち, 共みな, 共無, 其實腸には, 其源は, 同じ色, 對相對逍遙は, 思ひあ, 我乃ち命ぜられし如く, 遊びの, 雖之を, 靴を, 鹿児じ

▼ といへども~ (65, 2.1%)

2 人の, 雨露しのぐ

1 [61件] いまだ完全, かくいふ, かれは, こころよく笑, これは, これ畢竟, した人, すめら, その中, その家世, その画風, その間既に多少, そは, ただその, とにかく歌川派, なほ感情なき, まこと, みづから一家, われらに, 万物未だ尽く, 人を, 今日の, 信長の, 個人逍遙は, 八月の, 内心は, 到底唯一つ, 前述したる, 勝利を, 単にこれ, 喜雨到る, 夜臥す, 大体の, 大正の, 天に, 天明の, 就中夏月の, 山村の, 幸に, 彼は, 後年鳥居清長らの, 心は, 我説かん, 昔の, 更に不, 曾てなし, 未だ全く罪, 毎日サンダウの, 決してそれ, 決して一派一流, 無学無, 白き肌, 看る人, 移行く, 紅ほのか, 苦と, 西洋の, 解剖の, 路傍の, 近来に, 金銭に

▼ とい~ (57, 1.8%)

5 いる 4 いました, いるの 2 しまって, もらって, 私が

1 [38件] いいから, います, いらっしゃれば, いるうち, いるであろう, いる内儀, いる恰好, おもしろい映画, きっとそうし, きに, さうし, じゃ, つかみかかる対象, なさい, なさいまし, なさい呼んだ芸妓, なさるん, ほしいまま, また草, やすいう, ゐたの, ゐると, ゐるやう, ゐる奴, ゐる私, コースチャ帰っとい, シャツに, ルミ, 二十五ルーブリと, 人の, 学校に, 手で, 早く, 暗いからな, 来た米, 武力による, 秣場へ, 阿呆んだら

▼ とい~ (50, 1.6%)

3 まくのみ, るるに 2 ないばかりに, なくに, むか是, むや

1 [36件] ざらむは, してやるから, しろの, せた, せたるロレンツオ, せまいとの, でもしるき, なければ, なで足, ねばい, ばいへ, ばおこられ, ば弁護もやしたまはむ, ひ入ま, まくに, まくを, ましを, まほし, むかこれ, むかなれど, むがために一新語を, むとするに至れる, むとせしにこれも, むはいとなん影護かるべき, むもおもしろや, むも可なり, ゆる営利, ゆる瞑想家, るるほどの, るる円卓子, るる松原, るる男, るる身, るる近代, 洋館の, 篤信者で

▼ といへり~ (28, 0.9%)

2 多くの, 是恐らくは

1 [24件] いか, かの老, げに萬, ここに, この怒り, されど意志, その襁褓, まことに是, われ又, ジャンチオットの, 一二八二年の, 云々, 即ち太陽, 屋の, 我よく, 我等すな, 扨斯て, 故に今, 此辺り田に, 汝の, 汝トスカーナ人なら, 爾者此草当山のみ, 秋分以降夜は, 面相殊には

▼ といはむ~ (24, 0.8%)

3 のみ 2 と欲す, のみ案ずる, のみ試

1 [15件] か, ことこれも, こと尋常の, とする, はいとも, は勝手, は古, も亦, よりは寧ろ, よりは寺, よりは平和, よりは廣, よりは立言, 聲も, 鯉ぞ

▼ といても~ (23, 0.7%)

2 いいね, いいの, いいん

1 [17件] いい, いいさ, いいと, いいよ, ええぞ, よいの, 仕様が, 仕樣, 何時の間にか抜け, 商業の, 差支い, 思いを, 早速明日, 気がかりや, 飛んで, 馬は, 駄目だろう

▼ とい~ (18, 0.6%)

1 [18件] ある人間, つろうて, ように, わが子から, 上では, 中に, 中へ, 娘なんか, 子供は, 後輩を, 意味を, 意義, 本なんか, 樣な, 物としか, 自分が, 角枕を, 貴様から

▼ といはず~ (18, 0.6%)

4 やも 2 と, や 1 といつ, とは傑作, に, にお話, に何とか, に何本幾値, に大, に文學, に波, に雪

▼ といつた~ (16, 0.5%)

3 はうが

1 [13件] お行儀, からだ, そうした楽しみ, そして静か, その一言, ところがこれ, は其の, わあといつて笑, 恐ろしい豪傑, 相變ら, 短い詩, 薄暗い長屋, 近寄りがたい

▼ といはん~ (14, 0.4%)

2 には彼

1 [12件] こそ更に, とする, にす, のみ, の直接, は歴史, もその, も事, も理, よりはあたかも, よりはむしろ, よりも寧ろ

▼ といつたの~ (13, 0.4%)

2 もその

1 [11件] である, はおす, はさ, はその, はそれだけ, はつまり, は其, は実際, は面白い, もファーブル, も要するに

▼ とい~ (13, 0.4%)

1 [13件] ここより, つまりあれ, アあっしが, ア泣く, 一人前わしは, 古顔の, 味な, 味の, 土一升金一升という, 天智天皇の, 或る, 新らしくなり成れる, 源五巻きという

▼ といえり~ (11, 0.4%)

1 [11件] この神, この魅わせつる, さて山神, その状豚, とあっ, みさご, 二人は, 忠は, 普通に, 虎の, 誠なる

▼ といちゃ~ (10, 0.3%)

1 いかんばい, いけないと, いけないよ, ア寒, ア物騒だ, 危ないぜ, 場所を, 差引零じゃ, 忘れるの, 邪魔っけだ

▼ といつて差支~ (10, 0.3%)

3 へない 2 ないの, へあるまい 1 ない, はない, はなから

▼ といてから~ (10, 0.3%)

1 でないと, やっとどうにか六カ月, わざわざやって来, ポストの, 傍の, 殴るの, 聞こうじゃ, 自分捨てられたら, 舟を, 難民の

▼ とい~ (9, 0.3%)

1 あったので, あっては, あるばかりに, ござんす, なくって, ねえほう, 名を, 少くなっ, 栗に

▼ といたり~ (9, 0.3%)

3 して 1 いつもほったらかした, お話を, するん, 全国の, 束ねたり, 髪の毛を

▼ といつた風~ (9, 0.3%)

1 だ, であ, にいづれ, になるだらう, にみんな清正, にも受けとれる, に唯, の人, の元気

▼ といはば~ (9, 0.3%)

2 明治十五年以後の 1 いふべき, いふべし, このみますなる御, われ自ら答ふる, 事私の, 品格のみを, 此巻の

▼ といだり~ (7, 0.2%)

1 して, すると, するところ, 小豆を, 干物を, 枝を, 火を

▼ とい~ (7, 0.2%)

1 くれ, くれッ, まを, 云わねば, 厳かに, 淋しげ, 潔よく

▼ といへば~ (7, 0.2%)

1 この梧桐, その後の, それに, ほんの出来合い, 無論ふだん着, 白井樣でも, 開港場

▼ とい~ (7, 0.2%)

2 へあり, へをすれ 1 へつつ二足三足, へて云, へむ

▼ といわるべき~ (7, 0.2%)

2 ものは 1 ほどの者, ものが, ものでありましょう, ものまでが, 時間の

▼ といつて笑~ (6, 0.2%)

2 ひながら 1 つてるので, はれたの, ひつけた何とも, ふ

▼ といひま~ (6, 0.2%)

3 するまあ, する男の子

▼ とい~ (6, 0.2%)

1 つたって, つれ昏迷狼狽, どうにかしなけれ, ひとまた, またいで, 振り捨て一刻

▼ とい~ (6, 0.2%)

1 たところ, たん, た村, つべきだよ, てこれ, て早く

▼ とい~ (5, 0.2%)

1 けさせました, らしい, らしい気, らしくな, らしくなる

▼ といはずし~ (5, 0.2%)

1 て, てわれ, て侮りし, て江戸, て鬚とい

▼ といひける~ (5, 0.2%)

1 ことの, 人は, 所に, 終りの, 間に

▼ といふう~ (5, 0.2%)

2 はさ 1 はさも, はさも全然, をの肉

▼ といふた~ (5, 0.2%)

2 も我 1 も我まま, 処で, 通りナデシコは

▼ といへど~ (5, 0.2%)

1 かなしいかな, さぬるふす, ゆふ, 一滴一沫より, 暮陰にこそ

▼ とい~ (5, 0.2%)

2 ても君, て僕 1 つべし

▼ といつてさ~ (4, 0.1%)

2 つさと 1 つさとは, へづつてゐる

▼ といつて今~ (4, 0.1%)

3 も下 1 のお祖母さん

▼ といつて涙~ (4, 0.1%)

1 だか, でよごれた, をこぼした, を流したさうです

▼ といつて私~ (4, 0.1%)

1 の顏, はきよとり, は子供, を椽先

▼ といつて諾~ (4, 0.1%)

2 かない, かなかつた

▼ といては~ (4, 0.1%)

1 いけないん, いけませんか, だかで, また保土ヶ谷

▼ といでと~ (4, 0.1%)

1 いって, 云うのに, 秀一は, 言いたかったが

▼ といひけれ~ (4, 0.1%)

21 ばぬ, ば王

▼ といやみ~ (4, 0.1%)

1 だけじゃない, ったらしくいいた, で見, をいった

▼ といえりし~ (3, 0.1%)

1 を子, 渠の, 間浮世の

▼ といずく~ (3, 0.1%)

1 かへ行ける, からともなく, へかこの

▼ といつた類~ (3, 0.1%)

2 ひの 1 でいかにも

▼ といつていつか~ (3, 0.1%)

1 なあやまらない, なきか, な承知

▼ といつてちよ~ (3, 0.1%)

2 つかいを 1 つと笑つて

▼ といつて人~ (3, 0.1%)

1 なつつ, の眼, をおどかす

▼ といつて伯母さん~ (3, 0.1%)

2 はアタフタ 1

▼ といつて手~ (3, 0.1%)

1 をあげた, をはなした, を執る

▼ といつて挨拶~ (3, 0.1%)

2 した 1 をかはした

▼ といつて良寛さん~ (3, 0.1%)

1 が下手, は始めて, は船

▼ といでも~ (3, 0.1%)

1 そう切れません, つたって, よく切れなかった

▼ といへるだらう~ (3, 0.1%)

3

▼ というつわもの~ (2, 0.1%)

1 でした, をお召

▼ といぢくり~ (2, 0.1%)

2 まは

▼ といぢめ~ (2, 0.1%)

1 てやつ, る

▼ といってな~ (2, 0.1%)

1 家康公が, 義理いある

▼ といつた家~ (2, 0.1%)

1 です, をみつけ

▼ といつた性~ (2, 0.1%)

1 の大名, の女

▼ といつた所~ (2, 0.1%)

1 が唯, にその

▼ といつた様~ (2, 0.1%)

1 に聞えた, に自分

▼ といつて二人~ (2, 0.1%)

1 とも帰し, の関係

▼ といつて二階~ (2, 0.1%)

1 へあ, へいつ

▼ といつて例~ (2, 0.1%)

1 の古, の車

▼ といつて僕~ (2, 0.1%)

1 はこんな, は決して

▼ といつて別~ (2, 0.1%)

1 にやり方, に昂奮

▼ といつて勧誘員~ (2, 0.1%)

1 は保険率, は戯けた

▼ といつて名前~ (2, 0.1%)

1 のこと, を売る

▼ といつて和尚さん~ (2, 0.1%)

1 は眠い, は谷

▼ といつて家~ (2, 0.1%)

1 の芸, へ寄せつけ

▼ といつて帰つて~ (2, 0.1%)

1 いつたまことに, 来た

▼ といつて村~ (2, 0.1%)

1 の人, の人達

▼ といつて此儘何~ (2, 0.1%)

2 も言はず

▼ といつて現在~ (2, 0.1%)

1 の新, の眞鍋

▼ といつて目~ (2, 0.1%)

1 の中, をこすりこすり

▼ といつて笑つて~ (2, 0.1%)

1 ゐたさ, 行き過ぎるの

▼ といつて足~ (2, 0.1%)

1 をかかへこみました, をはやく

▼ といつて頭~ (2, 0.1%)

1 をさげる, を青青

▼ といつて顔~ (2, 0.1%)

1 をおさへ, をつきだす

▼ といてよ~ (2, 0.1%)

1 大将は, 当分

▼ といとも~ (2, 0.1%)

1 アッサリ答えた, 簡單に

▼ とい~ (2, 0.1%)

1 びかりがみえたかと思う, びかりする

▼ とい~ (2, 0.1%)

1 かかって, ならないで

▼ といはじ~ (2, 0.1%)

1 の決心, もの妹

▼ といはつ~ (2, 0.1%)

1 しやる, しやるわい

▼ といへとも~ (2, 0.1%)

1 使命を, 應接の

▼ といへりされ~ (2, 0.1%)

1 ばみ, ばピッカルダ

▼ といへるであらう~ (2, 0.1%)

1 か, しかし世間

▼ といへるなりし~ (2, 0.1%)

1 とか, よし

▼ といへる如く~ (2, 0.1%)

1 この長, 圓く

▼ といまでも~ (2, 0.1%)

1 わたしの, 感心し

▼ といもの~ (2, 0.1%)

1 だ, ような

▼ といやる~ (2, 0.1%)

1 か, かえ

▼ といらし~ (2, 0.1%)

1 つたぢや, て下さいました

▼ とい~ (2, 0.1%)

1 ではあつ, の世界

▼1* [335件]

といいまへン, というたわれ歌の, というちきしょう本当に, というふぜい, というぶきみな笛鳴りは, といえり云々と, といお方ぢやけど, といお礼と思わなけれ, といかも知れないが, といからは滝津瀬と, といかを会得できなかった, といきり切って, といぎりすは昔からその, といくらいつても, といしだいとを描い, といしぶみとが, といちゃあこの先, といている, といつたそれは痛々しく, といつた君に僕, といつた婦人はもう, といつた式のもの, といつた後した後, といつた意地の惡, といつた投げやりの無責任さ, といつた方がよい, といつた東洋的雰囲気は一見, といつた滑稽ものを歌ひだ, といつた相で, といつた程度の玩具, といつた種類の聞書, といつた話が伝はつ, といつた身體を有する, といつてあてのある, といつてあらましを教, といつておばあさんは長年, といつてお父さんは笑, といつてお袋は少し, といつてこれが浸み透つた, といつてさだ子にもう, といつてそばへいつた, といつてそれだから, といつてそれ以上に何, といつてだれにも歴史小説, といつてぢつとして, といつてとつてつけた, といつてどこからかひとつ, といつてなにも強, といつてひつこんだ, といつてひとつたたくまね, といつてぶつかつてそこで, といつてむだ費いもしない, といつてわたしは朝潮, といつてオイオイと声, といつてオールを執つた, といつてドオデエの顔, といつてドングリの如く, といつてナイフまで持つ, といつてランプを机, といつてヱロチツクぢやない, といつて一つ下の十七歳, といつて一人の武士, といつて一文もない, といつて一枚一枚めくつて, といつて三つ違である, といつて三度も呼び, といつて三階の部屋, といつて三體の本尊, といつて下駄箱から下駄, といつて不平をいふ, といつて世の中を搖, といつて二十五番室の若い, といつて二十歳少し病身, といつて二百七十餘年間南北兩つに, といつて二足三足退いて, といつて五六人人だかりのする, といつて五圓あづかつたので, といつて五年も十年, といつて人さまにお話し, といつて人傳てに僕, といつて今更なんでも出来る, といつて何処にも行く, といつて何等かの山, といつて余を見た, といつて傍らに首, といつて僕等の職業, といつて價を選ばない, といつて先へ寐, といつて入学を許し, といつて六ヶ敷い顏, といつて内々喧嘩の心積り, といつて内田氏は件, といつて力を入れ, といつて十八姉のお, といつて十杯以上も強, といつて反物を渡し, といつて古戦場を指した, といつて同情する人, といつて名を附ける, といつて噛る, といつて四半刻ほど見廻, といつて四川に於ける, といつて国では小身, といつて埃だらけあぶらだらけ汗だらけ, といつて外から店, といつて大男總身に智惠, といつて大阪人に附物, といつて奥へ引込み, といつて女に求めた, といつて女中の前, といつて妥当でなければ, といつて婚礼帰りのほろ酔ひ, といつて嫁さんは相手, といつて子供の鑑識眼, といつて子供たちは伯母さん, といつて孫悟空のやう, といつて學校にも通つて, といつて宇宙の或, といつて定期刊行物の定価, といつて室も無, といつて寄つてきたので, といつて寐間へつれ, といつて寝台の上, といつて小遣錢をくれ, といつて少年の受けた, といつて屋の棟, といつて差し支へはありません, といつて帯のあ, といつて平気な顔, といつて幸徳は気の毒さうに躊躇, といつて幻聴では勿論, といつて床にはいつた, といつて庭から去, といつて引揚げられた, といつて弟はふりむいた, といつて弟子の顔, といつて彼は元来九州, といつて御馳走があつ, といつて徳富蘇峰氏や胡瓜, といつて心あるもの, といつて息をはづませながら跟, といつて惡ければ, といつて感に堪へた, といつて手先へ柔, といつて手綱を強く, といつて手錠編笠の姿, といつて拵へて貰, といつて按摩して, といつて掌面に静か, といつて教へられた, といつて教員室へはひつ, といつて教壇に立つた, といつて数椀食べて, といつて文学に全然, といつて新太郎ちやんはすたすた, といつて旅商人は破けた, といつて日本の家庭, といつて書画に巧, といつて最後に甲板, といつて松さんはしばらく, といつて柔しみなどは目, といつて栄蔵は家, といつて樹明君に叱られる, といつて次の室, といつて歌はずに居られなかつたら, といつて歎きましたが, といつて此まで決して, といつて此時涙を拭, といつて死を企てる, といつて母は又, といつて毎年つれて, といつて比田村に来られた, といつて気の毒がつ, といつて氣の毒, といつて水に潜る, といつて洋杖の倒れる, といつて浅草と下谷, といつて消費者がなけれ, といつて煙草も何, といつて牛を拵, といつて状箱のやう, といつて独り議論したツ, といつて猫の町, といつて瓠を一つ, といつて男の頼み, といつて画房を出た, といつて番頭は去つた, といつて白玉椿の実, といつて百万麻克おいて, といつて百圓札をだし, といつて皿にのせ, といつて石を兄弟扱, といつて硯を棚, といつて神が存在, といつて私達は何, といつて笑つたがその, といつて笑つたことを思ひだした, といつて笑顔をなすつた, といつて紙袋をとりあげた, といつて結城ひろ子は屈託, といつて縁先へ飛ん, といつて繁太を帰した, といつて耳の穴, といつて肩書の処, といつて胸の深, といつて脇を向き, といつて腰を下す, といつて自分は火鉢, といつて自殺はしたくない, といつて船暈はたまらない, といつて花市君より上級, といつて苺のジヤム, といつて表から行く, といつて袂をつかませ, といつて袋戸棚から日本酒, といつて言はずにゐれ, といつて言葉をきつ, といつて語弊があるなら, といつて説卦の説き, といつて読本を私, といつて讀者を意識, といつて象の前, といつて買つて來たのよ, といつて賞めたてました, といつて足もとのわるい, といつて軍律上さう, といつて輪からぬけだした, といつて近頃の流行宗教, といつて返事を出した, といつて返却せずもともと, といつて逐電した汽車, といつて通信をのぞいたら, といつて酒保へ連れ, といつて金華糖のかけら, といつて門を入る, といつて青二才下男に仕立つて, といつて食はなかつた, といつて饒舌なの, といつて馬に乗つた, といつまでもいいつづける, といづくの辺土の, といづれの業にも相, といづれまされりおきつ島もり, といていうてるの, といてと頼んどいたのに, といてね晩の, といであると言, といでよどんなところ, といという今日の, といといふ事, といとして妻と, とい寝を, といどころがなくなり, といながれている, といなとの差別ある, といなとは別として, といなみにいひ, といねつたるみたれども, といねむりだけで, といのでモンペは, といはず二人は皆理想, といはんす事なら, といはん事其人を差別, といひいでがたき結髪, といひかくれば己ひとり, といひたるもおも, といふうはさがある, といふか党のといふか方針, といふきはどい, といふとし果敢なく別れて, といふりゆうとした, といへた所が凡庸, といへりけるうた, といへり怒れるフィレンツェの, といへり眠れるはその, といへるくるわの茶屋, といへるごとく一種の, といへるでしよ, といへるなら欧洲あたりの, といへる如きも陽數, といへる狭まき観察に, といへる還つて九霄に, といへればある, といまた大変珍らしい, といまではそう呼ん, といやあ真ッ二つだ, といやみらしく云つたが, といやもう大した勢, といよいよ嘲弄, といようなことば, といようすをしました, といよと子供らは, といらくさの茂み, といらしつて下さいまし, といらッしゃる, といら草とが茂っ, といんで貰ふ, といッしょに二本, といッたんだもの, といッぱ東都名題の名人づくり金造独楽, とい一般民衆と接触, とい主人公です, とい事実であった, とい人間を時候後れ, とい兼吉の老母, とい古刹もある, とい名家の手, といのよう, とい品物がだれ, とい報酬なの, とい大神をお迎え, とい女神が二人姿, といの下, とい寄りさやら, といふかかる, とい式典と二者だいたい, とい弔いをしなけれ, といに奉仕, とい感じを起した, とい文芸上の作物, とい望みを起した, とい汽笛の声, といを流した, とい直るような, といと涙, とい観念を傷つけられた, とい言葉の連続, とい諸国の神, とい警告をし, とい身分の人, とい返礼をした, とい迷信家の巧, とい電話かけといて, とい靈氣を湛, といひを