青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とある~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

でない~ ~でなかった ~でなく でなく~ ~でなけれ でなけれ~ では~ でも~ でる~ ~で御座います
とある~
とい~ とう~ とうてい~ ~とうとう とうとう~ とお~ ~とおり とおり~ とかく~ ~とき

「とある~」 1441, 16ppm, 7237位

▼ とある~ (176, 12.2%)

6 である 4 だから, はこの, はこれ, はその, を見れ 3 だ, を見

2 [12件] が即ち, であります, ですが, によれ, は, は事実, は新, は禊ぎ, は脂肪分, もこの, を, を見る

1 [120件] か, から見, がかえって, がこの, がその, がそれ, がちょうど, が一ツ一ツ嘴, が何より, が僧侶, が古来, が多い, が多少, が尤も, が最も, が最初, が此話, が私, が究竟, が笑わせる, が美しい, が通っ, じゃ, だが, だよ, であった, でご, ですもの, でその, でそれ, でも, でわかる, で分る, で知られる, にかまけ, にもその, によって知られる, に出た, に對, に徴, に気がついた, はけだし, はこの間, はすなわち, はそ, はそうした, はちよ, はつまり, はどういう, はほんの, はまだ, はわれわれ, はをし, はシスター, は何, は侏舞, は儒家, は前, は劉表, は即ち, は古事記, は古事類苑, は同じ, は吾が, は唐, は墨坂, は天子, は寿詞, は尤, は尤も, は平安朝当時, は彼ら, は御, は必ずしも, は恐らく, は悪, は慶長頃, は支那, は文武天皇, は既に, は早い, は春嶽, は此, は此間, は注意, は炭焼, は玄宗, は神, は繋辭傳, は西行, は言うまでもなく, は起原, は鎌倉時代, は面白, は髢, もこれ, もつまり, も一概に, も亦, も似た, も入り口, も少し, も思い合される, も畢竟, も稲作, をおぼろげ, をがつくり, をみ, をみる, をみれ, をわいわい, をポン, を併せ考へる, を例, を思い浮べ, を押, を持ち, を消し, を私, を考え合せる

▼ とある~ (32, 2.2%)

3 の前 2 の戸口, の軒下

1 [25件] が一本, で昼飯, と家, にて百万遍, にハシゴ, に五, に入り, に寄っ, に案内, に移轉, に飯蒸, のひたひた, の冠木門, の出窓, の勝手口, の垣根, の物, の用水桶, の薄暗い, の路地, の車よせ, の門側, の門口, は化物屋敷, へこちら

▼ とある~ (30, 2.1%)

2 あれ其やうなけしかけ, 吝嗇な, 徴し, 據る, 違ひない

1 [20件] あれその, これ将, すずろに, 似た牽強, 依て, 依り一旦, 倣うて, 叔父上のみ, 吻合し, 因み七観音, 基づき中国人, 基づくと, 拠れば, 本づく, 相違ない, 看ても, 知る事, 至り義雄, 至る, 過ぎず

▼ とある~ (21, 1.5%)

5 見て 2 見たり, 見ても, 見れば 1 ひたぶるに, 何かの, 併せて, 古くインド人, 怒るに, 本拠と, 管見に, 若し日本, 見つけだし今, 那智山中読ん

▼ とある横町~ (20, 1.4%)

1 [20件] でようやく, なる賃房, にパッ, に自動車, に馬車, の土塀, の清涼飲料水, の角, の貧し, の道ばた, へ行っ, をちょっと, をはいる, を入っ, を右, を屑イ, を左, を建仁寺, を這入っ, を通りかかった

▼ とある路地~ (19, 1.3%)

6 の中 3 の奥 2 から小, の奧 1 に紅い, のあいだ, の入口, へ入っ, へ切れた, を入

▼ とある~ (18, 1.2%)

1 [18件] ある人, その状, イツイロ, 万葉集巻の, 其當を, 大要漢書地理志の, 寒冷の, 已に先人, 是れ, 柳村敏博士の, 正しからず, 此風習ある, 漢書地理志に, 白山の, 眼の, 親が, 香具師の, 鴉が

▼ とある~ (16, 1.1%)

3 は申し

1 [13件] がかつて, が云うたら, が云っ, が感心, が言いました, のいった, のこころ, の中, の感情, はいうだろう, は申しました, は答, は答えるであろう

▼ とあるもの~ (14, 1.0%)

2 では

1 [12件] がそれ, が最初, すぐに, であって, でネストル教, となっ, など最も, はけだし, は果して, は首, まず以, を長

▼ とある~ (14, 1.0%)

4 の角 2 の彼方 1 うらの, かどにちょっとした, かどに車, かどをまがった, にある, の小さな, の曲り角, へ差掛

▼ とある~ (11, 0.8%)

2 て来た 1 ている, てかよいはじめました, てきた, てくる, てみた, てゐた, て來, て行った, て行つて

▼ とある~ (9, 0.6%)

2 枝に 1 公園の, 徑, 徑の, 徑へ, 部屋の, 部屋へ, 隠れた料理屋

▼ とある部屋~ (9, 0.6%)

1 に入っ, に幾組, に突っ, のドア, の中, の内, の前, の大きな, の障子

▼ とある一軒~ (8, 0.6%)

2 の家 1 に寄つて郵便切手, の山家, の後ろ, の洒落れた, の甚だ, の長屋

▼ とある~ (8, 0.6%)

21 おげん, かれは, とうとうたいへんな, のこと, 思ひま, 訊いて

▼ とあるところ~ (7, 0.5%)

3 を見る 1 からこれ, ではわたくし, に目, の小さな

▼ とあるよう~ (7, 0.5%)

1 なの, な情勢, に一たび, に今日, に哲学, に日ごろ, に祭神

▼ とある屋敷~ (7, 0.5%)

2 の角 1 の前, の横手, の横町, の門, へ新町

▼ とある~ (7, 0.5%)

2 で馬車 1 に入りぬ, に入る, に立ち入れ, に行き着いた, へ着いた

▼ とあるその~ (6, 0.4%)

1 ことだった, ふはや, 古御堂か, 宏大壮麗な, 平和な, 通りであった

▼ とある居酒屋~ (6, 0.4%)

2 の入口 1 が見つかった, で梓山村, に入, の軒下

▼ とある~ (6, 0.4%)

1 だったが, で純次, にて, に一人, の欅, へ立ち止まった

▼ とある~ (6, 0.4%)

3 の中 1 のなか, の茂み, の蔭

▼ とある~ (6, 0.4%)

2 は皆 1 さびしい町角, で施主数名, を封じ, を照らす

▼ とある路傍~ (6, 0.4%)

2 の田 1 に思いがけなく怒, のお宮, の屋根, の民家

▼ とある農家~ (6, 0.4%)

1 に雨, の, の前, の厩, の裏手, の裏畑

▼ とあるカフェー~ (5, 0.3%)

1 にかけ, のテラス, の二階, の明るい, の裏二階

▼ とある一室~ (5, 0.3%)

1 に一年有余転地療養, の中, の戸, へのっそり, へ入っ

▼ とある曲り角~ (5, 0.3%)

2 へ来た 1 でし, を曲った, を目印

▼ とある歌諺~ (5, 0.3%)

3 又其旧辞 2 又其舊辭

▼ とある空地~ (5, 0.3%)

2 に人, に梨箱 1 に生えた

▼ とある~ (5, 0.3%)

2 の辻 1 で大学教授, の歩道, の角

▼ とある街角~ (5, 0.3%)

1 などでばたばた, の三角形, の電柱, をくる, を曲つて

▼ とある~ (4, 0.3%)

2 の上 1 の, の頂辺

▼ とある~ (4, 0.3%)

1 にも石鏃, に格子, の句, へ苦笑

▼ とある以上~ (4, 0.3%)

1 その同盟者, には何處, は仕方, は細君

▼ とある停車場~ (4, 0.3%)

2 への戻り道 1 から倫敦行き, で地方新聞

▼ とある場所~ (4, 0.3%)

1 だの御所址, で今, で解剖, にゆき

▼ とある大木~ (4, 0.3%)

2 の下 1 の朽ち, の根がた

▼ とある~ (4, 0.3%)

2 の中 1 の中腹, の麓

▼ とある山路~ (4, 0.3%)

2 を行くなりけり 1 の岩, の芝原

▼ とある料理屋~ (4, 0.3%)

2 で酒 1 の表面, を志し

▼ とある木蔭~ (4, 0.3%)

2 に腰 1 に小さな, の捨椅子

▼ とある横丁~ (4, 0.3%)

1 で強烈, で釘勘, に折れ, に這入った

▼ とある海岸~ (4, 0.3%)

1 の小祠, の洞穴, へ出ました, までくる

▼ とある~ (4, 0.3%)

21 はあるまい, はなかっ

▼ とある茶店~ (4, 0.3%)

1 で中食, で道, へ入っ, をたたき起こし

▼ とある通り~ (4, 0.3%)

1 すでに各地, であつ, である, で当時一般

▼ とある~ (4, 0.3%)

2 を曲る 1 の角, は道徳

▼ とある~ (3, 0.2%)

1 如きも, 如き余り杜撰, 如き王侯

▼ とあること~ (3, 0.2%)

1 ないこと, ないこと伴蔵, や又

▼ とあるさびしい~ (3, 0.2%)

1 屋敷町でした, 屋敷町を, 町に

▼ とある~ (3, 0.2%)

2 やない 1 やありません

▼ とあるにも~ (3, 0.2%)

1 あられずば, 師弟の, 母君の

▼ とあるのみ~ (3, 0.2%)

1 で, である, で子孫

▼ とある二階~ (3, 0.2%)

1 の全体, へ連れ込まれた, を借り

▼ とある~ (3, 0.2%)

1 が白竜魚, に御名, へ

▼ とある~ (3, 0.2%)

2 の上 1 の途中

▼ とある場合~ (3, 0.2%)

1 などと同じく, にはあまり, のクレ

▼ とある如く~ (3, 0.2%)

1 孔子は, 我々は, 支那は

▼ とある宿屋~ (3, 0.2%)

1 でお, に宿, の前

▼ とある小路~ (3, 0.2%)

1 に驚きぬ, の小暗き, を歩い

▼ とある~ (3, 0.2%)

1 の上, の角, の陰

▼ とある~ (3, 0.2%)

1 の上, の下, ぶちの

▼ とある広場~ (3, 0.2%)

1 にこれ, の古物商, を選定

▼ とある料亭~ (3, 0.2%)

1 で向い合っ, にのぼり, の別室

▼ とある旅籠屋~ (3, 0.2%)

1 にたどりつい, に入り, の一室

▼ とある~ (3, 0.2%)

1 この目, はじめて国許, 云うた

▼ とある曲角~ (3, 0.2%)

21 に最前

▼ とある有名~ (3, 0.2%)

1 な宿, な小説家, の陶詩

▼ とある~ (3, 0.2%)

2 の袂 1 の上

▼ とある洋品店~ (3, 0.2%)

1 と額縁屋, に這入っ, の前

▼ とある町角~ (3, 0.2%)

1 で妙, へ来る, を曲がる

▼ とある~ (3, 0.2%)

1 は言い, は言う, 再び救

▼ とある茶屋~ (3, 0.2%)

1 でながめ, の床几, をたのみ

▼ とある裏町~ (3, 0.2%)

2 の曲り角 1 に濁った

▼ とある~ (3, 0.2%)

1 の渠, の青い, を曲る

▼ とある記事~ (3, 0.2%)

1 が第, は漢文, を知る

▼ とある~ (3, 0.2%)

1 から山腹, で, まで来た

▼ とある酒場~ (3, 0.2%)

1 で酒, にはいっ, へ行つたの

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 堂の, 斎の

▼ とあるお寺~ (2, 0.1%)

2 の門

▼ とあるさりげ~ (2, 0.1%)

2 なきも

▼ とあるにて~ (2, 0.1%)

1 その大, 目のあたりお

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 この事, 然り

▼ とあるものなほ~ (2, 0.1%)

2 寂し

▼ とあるやう~ (2, 0.1%)

1 ですが, にかの

▼ とあるゆえ~ (2, 0.1%)

1 に早速, 認めて

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 だから, です

▼ とあるカフェ~ (2, 0.1%)

1 で二人, の前

▼ とあるネクタイ屋~ (2, 0.1%)

1 のショオウィンド, のシヨオウインド

▼ とあるホテル~ (2, 0.1%)

1 のまえ, の前

▼ とあるレストラン~ (2, 0.1%)

1 の二階, へ入りました

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 と構え, と間

▼ とある一つ~ (2, 0.1%)

1 の抽斗, の枝

▼ とある一人~ (2, 0.1%)

1 かく陳, 欺くを

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 などから推せ, を仕尽した

▼ とある人家~ (2, 0.1%)

1 の前, の高い

▼ とある信長~ (2, 0.1%)

1 の厳命, の総

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 だね, まつるは

▼ とある古い~ (2, 0.1%)

1 ビルディングの, 築地の

▼ とある商店~ (2, 0.1%)

1 の前, の看板

▼ とある四辻~ (2, 0.1%)

1 に一台, のこぢんまり

▼ とある垣根~ (2, 0.1%)

1 の野薔薇, を越えた

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 の空, は呼吸

▼ とある夜店~ (2, 0.1%)

2 の古道具屋

▼ とある大きな~ (2, 0.1%)

1 木の, 町に

▼ とある大家~ (2, 0.1%)

1 の別荘, の物好

▼ とある女性~ (2, 0.1%)

1 が染料, を促しつ

▼ とある寂しい~ (2, 0.1%)

1 木蔭に, 木蔭の

▼ とある寒村~ (2, 0.1%)

2 に住み慣れ

▼ とある小川~ (2, 0.1%)

1 の橋, の流れ

▼ とある小高い~ (2, 0.1%)

1 丘の, 岩の

▼ とある山の手~ (2, 0.1%)

2 の町

▼ とある山底~ (2, 0.1%)

2 の湯宿

▼ とある山蔭~ (2, 0.1%)

1 で粗朶, を下っ

▼ とある山道~ (2, 0.1%)

1 の曲りかど, の曲り角

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 の蔭, へ流れつきました

▼ とある巌頭~ (2, 0.1%)

1 に攀じのぼった, に攣ぢ

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 のほとり, の岸

▼ とある巨大~ (2, 0.1%)

1 な巌, な建物

▼ とある広い~ (2, 0.1%)

2 沼の

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 に入り, の棚

▼ とある店先~ (2, 0.1%)

1 で感, のショーウィンドウ

▼ とある店屋~ (2, 0.1%)

1 の前, の縁台

▼ とある座敷~ (2, 0.1%)

1 のどこ, の前

▼ とある建築~ (2, 0.1%)

2 の窓

▼ とある~ (2, 0.1%)

2 ろしい

▼ とある愛し~ (2, 0.1%)

2 みたま

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 による, を見出でた

▼ とある新道~ (2, 0.1%)

1 で小, のなか

▼ とある旅館~ (2, 0.1%)

1 にいっ, へ手荷物

▼ とある時化後~ (2, 0.1%)

2 の風

▼ とある暗がり~ (2, 0.1%)

2 の土塀

▼ とある曲路~ (2, 0.1%)

1 にさ, に差し

▼ とある木立~ (2, 0.1%)

1 のかげ, の下

▼ とある松原~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 の停車場, の傍

▼ とある枯れたる~ (2, 0.1%)

2 芝生の

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 の下, の木の下

▼ とある森影~ (2, 0.1%)

2 から青い

▼ とある森蔭~ (2, 0.1%)

1 に体, の辻堂

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 から今しがた, に身

▼ とある樹蔭~ (2, 0.1%)

1 で親子四人, に一人

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 に着く, に達すれ

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 の岸, の橋畔

▼ とある洞窟~ (2, 0.1%)

1 に太郎月子, の一つ

▼ とある淋しい~ (2, 0.1%)

1 横町を, 町だった

▼ とある漁村~ (2, 0.1%)

2 の砂丘

▼ とある澤氣~ (2, 0.1%)

1 とも同中, は鮑照

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 芋屋に, 蛤の

▼ とある牢格子~ (2, 0.1%)

1 の中, の前

▼ とある物すべて一時~ (2, 0.1%)

2 に微笑

▼ とある玄関~ (2, 0.1%)

1 で駒, の前

▼ とある珈琲店~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 が話しだした, の中

▼ とある町家~ (2, 0.1%)

1 の廂間, の軒下

▼ とある~ (2, 0.1%)

2 に葉牡丹

▼ とある病院~ (2, 0.1%)

1 にいる, の外科

▼ とある白昼麻油~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ とある看板~ (2, 0.1%)

1 のかかった, を見つけ

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 に腰, の上

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 わが戰爭, 好まば

▼ とある神社~ (2, 0.1%)

1 の庭, の杉並木

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 の下, へ投げつけた

▼ とある立のこ~ (2, 0.1%)

2 とごと

▼ とある精神病院~ (2, 0.1%)

2 へ入院

▼ とある細い~ (2, 0.1%)

1 横町の, 路地の

▼ とある船宿~ (2, 0.1%)

2 の二階

▼ とある~ (2, 0.1%)

2 のことごと

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 に祭る, の山蔭

▼ とある蒔絵もの~ (2, 0.1%)

2 の手箱

▼ とある街燈~ (2, 0.1%)

1 の柱, の油壺

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 を下った, を下つた處

▼ とある軒下~ (2, 0.1%)

1 に佇つ, に辿り着いた

▼ とある郊外~ (2, 0.1%)

1 のとある, の茅屋

▼ とある酒店~ (2, 0.1%)

1 で持参, で泥酔

▼ とある長屋~ (2, 0.1%)

1 に住ん, の二階窓

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 の前, の袖潜り

▼ とある門構え~ (2, 0.1%)

1 の前, の黒板塀

▼ とある露地~ (2, 0.1%)

1 の奥, へ運び入れた

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 が其, であります

▼ とある飲屋~ (2, 0.1%)

1 でとうとう, の奥

▼ とある飲食店~ (2, 0.1%)

1 に立ち寄っ, の内部

▼ とある駄菓子屋~ (2, 0.1%)

1 の奥, の奧

▼ とある~ (2, 0.1%)

1 窓の, 臺に

▼1* [562件]

とあるいかがはしい, とあるいかさまな, とあるいぶせき農家の, とあるうちまで一さん, とあるお家の鳥籠, とあるからは厭も, とあるきたならしい立飲屋へ, とあるきまはるので, とあるくれのこと, とあるこの位の, とあるこれではたまらない, とあるごとく単に植え, とあるささやかな漁村, とあるしじまとうごき, とあるそこだけを心, とあるそして發端は, とあるそれでございますこれ, とあるそれから書院を, とあるちょうど峠の, とあるとおりに月輪軍, とあるとおり井の底, とあるときはこんな, とあるとき久慈に訊ねた, とあるとても高い嶮, とあるなどその例, とあるにはある氣, とあるによつてその, とあるのみと云う態度, とあるのみ屋へ又, とあるばかりだが, とあるひびきなせるを, とあるほかには千葉介, とあるじいと, とあるゆうべ深川の料理屋平清, とあるゆうべ私はその, とあるわけでは, とあるわたくしの涙, とあるアイヌ部落に当時, とあるアカイア一戰士足もとよりし, とあるエタもおそらく, とあるカケロの略, とあるカフヱへはひつ, とあるカーヴへ姿, とあるキャフェで軽い, とあるギャラリーで展覧会及即売会, とあるコンクリートの塀, とあるゴミ箱の上, とあるステーションでこちら, とあるチョプスイ屋へはいっ, とあるていうの, とあるテーブルへ就きました, とあるトロイア人我か或は, とあるドアを開く, とあるバーの前, とあるビイヤホオルに入る, とあるビルディングの高い, とあるベンチのところ, とあるレヴィウ劇団にいた, とあるロッジの中, とあるロツヂの中, とある一ぜん飯屋で飲ん, とある一刀にじっと, とある一劃である, とある一句でござる, とある一名の参詣者, とある一戸で行脚托鉢, とある一文で別に, とある一方に眼, とある一日のこと, とある一日木の根ッ子をえぐった, とある一木の下に置いた, とある一村では羊飼, とある一条の短夜, とある一種異様な門構え, とある一節ずつある, とある一軒家の二階, とある一通でした, とある一間幅の露路, とある上下童まで醉, とある上杉家中に生まれた, とあるの空行, とある並木道に出, とある事件から嘉門, とある二十八は三十八, とある二通のそれ, とある人氣のない, とある人通りの少ない, とある仄闇き蔭, とあるに従って二字, とある以上これはとまっ, とある以上国家の公民, とある会社の職工, とあるだ, とある語を, とある低い崖の, とある作家が云っ, とある使命帶びわれを, とある停留場でバス, とあるの煌, とある入口に宗像研究室, とある八尋殿は構, とある八疊の前, とある八百屋の店先, とある公園のベンチ, とある公館の机, とある六月晦大祓の詞, とある六畳へのめ, とある其道をもつ, とある内心の声, とある円亭で休ん, とある円柱に影, とある写字台によって大きな, とある写真屋の横丁, とある冠木門の下, とある凹んだ小徑, とある切通しへかかつ, とある別物であらう, とある別荘らしい家, とある劇場に入り, とある勇將打ち倒せ, とある化粧品店の飾窓, とある医師が右, とある十字街へ懸った, とある十軒ばかりならんだ, とある半襟店の小さな, とあるのなか, とある原文をその, とあるの中, とある叢林の中, とある古書の記述, とある古着を並べた, とある古道具屋の店前, とある吉井勇先生の近著, とある名流を一手, とある商家の軒, とある喫茶店から鉄路, とある喫菜事魔とは菜食主義, とある四つ辻のまん中, とある四ツ辻の角, とある土橋の橋杭, とあるに着け, とある坊主の大, とある城下町の浄土真宗, とある堀割のほとり, とあるに荷, とある場末の貧しき, とあるのうしろ, とある壊れた木柵の, とあるが囁いた, とあるの夕べ, とあるわが爲換金, とある夕ぐれのこと, とある夕べが俺, とある夕何事もあらざりし, とある夕暮この家, とある夕暮羊の群, とある夕母上とフラア・マルチノ, とある夜表へでる, とある夜風もない, とある構の, とある大名小路の辻, とある大墳の蓋, とある大字のわき, とある大寺の門, とある大岩の根方, とある大川の堤, とある大樹に立てかけ, とある大言ぶりも自信満々, とある大通りにたたずん, とある天気晴朗の朝, とあるは明, とある奥まった部屋の, とあるの或, とある女生徒の綴り, とあるなるべし, とある娼家からみすぼらしい, とあるをナイフ, とある学校の片隅, とある旅籠の, とある宏壮なる邸, とある実相の角度, とあるの声, とある客間で一人, とある家生垣の前, とある宿酔の朝, とある寝台の前, とあるの裏口, とある寺院へはいっ, とある小ぐらき路次の, とある小さい書肆には, とある小さな林の, とある小家の戸口, とある小屋を見つけ, とある小屋掛けの中, とある小山の麓, とある小意気な住居, とある小料理ののれん, とある小社の中, とある小舎の前, とある小藪に頬白, とある小道で向こう, とある尻尾は出し, とある屋形船簾も卷き上げた, とある屋敷内に来かかりました, とある屋敷小路から三軒目, とある屋敷町の門, とある屋根の上, とある屋根裏に棲ん, とある屏風岩の下, とある戸の, とある山の上の森, とある山はなを曲る, とある山中に住ん, とある山宿に宿, とある山寺に一宿, とある山角に隠れた, とある山陰の杉, とある山麓に毒蛇, とある岩窟の中, とある岩角に腰, とある岩陰の穴, とある岸邊の大, とある崖際の家, とあるの上, とある工合が彼, とある巷路の奥, とある市場へ来かかった, とある幕令を手, とある幕府の重い, とある平和な夜更け, とある平坦な崖地, とある平野に来た, とあるの秋, とある幸不幸を背負っ, とある幻象の隈, とあるツぱへ集つていろいろ, とある広っぱできたない, とある床屋へはいっ, とある店前に篝, とあるのある, とあるの下, とある廊下の一角, とある建物のなか, とあるを伏せ, とあるれは, とある往還へ出る, とある待合に彼, とある得意な小, とある微分値の間, とある心持を深く, とある快楽凡そ人間世界, とあるの神明, とある思想に反逆, とある恐らくこの辺, とある愁い経験をもっ, とある意識を失はさせ, とある感覚が拡がっ, とある懇切なる紹介状, とあるを押し, とある技巧派の文学者, とある掘割の袂, とある掛け茶屋花には, とある擁心流は拳, とあるますます自, とある敗屋の前, とある教師が語った, とある文等を玩味, とある料理店の食卓, とある断崖の上, とある新聞が徹底的, とある新聞紙の記事, とある方面よりの情報, とある旅亭に落ち着いた, とある旅人が, とある旅店へ入りたる, とある旅籠の一室, とある旅行記にある, とある日コン吉とタヌ, とある日一人の男, とある日三吉は妻, とある日叔父さんは台所, とある日支度整え勘定, とある日旅の人, とある日泉太が父, とある日温厚な松村君, とある日番頭が誘い, とある日義雄はその, とある日道ばたに咲き揃っ, とある日附のゲエテ, とある明るい店で, とある星座の鍵, とある映画館へはいった, とある春着がおなじく, とある春雨の午下り, とあるなり, とある時私は以上, とある普請場の板, とある暗い廊下の, とある暗き林の, とある暮方に内裏, とあるに見え, とある書店の主人, とある書窓の奥, とある書簡をもたせ, とある最後の2, とあるのこと, とある朝一人の騎兵, とある朝漁村の男女あまた岸邊, とある朝運動場で照彦様, とあるを一本, とある木かげへ来, とある木の下に休み, とある木深い山の上の, とある木門の前, とあるに, とある本屋の傍, とある杉垣の内, とある材木小屋につれ込まれた, とある村人は久さん, とある村外れの一軒屋, とある村立共同浴場の湯氣, とある杜かげにじっと, とある東亭の中, とある東夷または夷, とあるの大木, とある松並木をとおっ, とある果敢な荷主, とあるに蝉, とある枝道を北, とある枯枝へとまつ, とある染物店へ丁稚奉公, とある柴木と一團, とある格子深々と, とある格子戸を叩きました, とあるの樹, とあるありと, とある梢哀れその空, とある森かげの小さい, とある植えこみから急, とある楽器店の前, とあるにここ, とある横街に身, とある横路地を這入った, とある横通りではじめて, とあるの樹, とある樹陰の葭簀茶屋, とある樽天王のま, とある橋廊下の上, とあるや笄, とある歌判の詞, とある武士の妻, とある段階を上つて, とあるがことごとく, とある民家の前, とある民草を, とある水荘の門, とある汚い酒店で, とあるのほとり, とある沙山陰のあばら家, とあるのほとり, とある河口を汽船, とある河岸のおでん, とある河隈へ来る, とある法曹大家は談, とある洋物店より我が, とある洋食屋へ寄った, とある活動館に入った, とある流れの高山, とある海浜にひらかれ, とあるの中, とある渡殿の勾欄, とある渡船場付近では見上ぐる, とある温泉に逗留, とある湯屋の前, とある漁師の家, とある漁船のかげ, とある濫僧をロウソウ, とある灌木の木株, とあるをたより, とあるから推す, とある無意味だと, とある牛肉屋へあ, とある牧童群羊を牧, とある牧羊者やすく羊毛一房, とある物置へ逃げ込んだ, とある物臭太郎一代記を神主, とある物語にまで拡散, とある物陰に康雄, とある状態に進む, とある狭い路地を, とある猛獣の檻, とある獵人牙白き狗, とある玉垣をめぐらした, とある田舍の小, とある田舎の水無河原, とある町裏の藪, とある病氣といふ病氣, とある白地の浴衣, とある百姓家の裏, とある百腸を巻かし, とあるで覗き, とある看護婦に云われ, とある着点からおもむろに, とある着物屋の門口, とある知人に誘われ, とあるい石垣, とある石垣の崩れ, とある破風造りの開墓, とある磁石の針, とある磯馴松の根方, とあるの杜, とある神ウーリュンポスを降り, とある神テチスをこ, とある神我を抑, とある神明トロイアを助け, とある神明傍に彼, とある神明手をのべ, とある神託を恐れ, とあるへ送込んだ, とある禁足の命, とある福慈岳に註し, とある秀吉の文字通り, とある程将門にとっては致命的, とある程度まで上, とあるの未来派, とある穢多は無論, とある空家の軒場, とある窓龕に躱, とある窪地をえて, とある立派な城, とある竹藪の崖, とある米屋の店先, とある精舎の門, とあるは早, とある素人下宿に落ちつきました, とある細道を黒い, とある網代の塀, とあるの帯, とあるにかけて小船, とある繁みのまえ, とある繩暖簾へ入, とある美しい幻像が, とある美しき衣に, とある者われに現, とある者我に冥護, とある耕作地の斜面, とある聲出で我, とあるに細く, とある胡同の家, とあるを緋鹿子, とある脈さぐるを, とあるかな, とある腰掛を択ん, とある自動電話の中, とある自然のうち, とある舞台を覗きます, とあるやかな黒髪, とある芝山の頂, とある若松屋惣七にあてた, とある若竹のさき, とある茂った下生えに, とある草むらの前, とある荒夷も物, とある荷物の中, とある菓子屋の前, とある葉裏の青う明る, とある蓮池の畔, とあるから東海道, とある薄い眉は, とある薄汚いしもた, とある薪屋のところ, とあるや器具, とある藤房の復命, とあるの繁み, とある藪かげにあっ, とある藪中の石, とある藪小路に突き入っ, とある藪蔭に荒筵一枚, とある藪蔭朝陽に温められ, とあるの毛, とある蝦夷は言うまでもなく, とある街かどまできた, とある街路の曲り角, とある袖口に入れた, とあるの空瓶屋, とある裏通りに称念寺, とある裕福な農家, とある西洋料理屋で生れ, とある見すぼらしい家の, とある角構えの格子先, とあるは確か, とあるのもの, とある谷蔭の貧しい, とある質素な墓, とある贅沢あるとある, とある赤煉瓦の恐ろしく, とある路次の内, とある路次裏に母親, とある踏切の所, とある軒先に佇ん, とある軒燈籠の白い, とある輪廓は霄, とある農民の田, とある辺りの情景, とある通り仏の最上美称, とある通り件の牝猴, とある通り初夏とはいえ, とある通り官民ともに日本, とある通り日本人から支那人, とある通り白馬は至って, とある通り馬の角, とある連なれる星の, とある運動具店へはひつ, とある道ばたにぶっ, とある道具屋で駕籠舁, とある道路の曲り目, とある邸内にもぐり込んだ, とある郵便物を見た, とある酒台にもたれ, とある重役の船客, とある野中の停車場, とあるの沢, とある鉛筆の文字, とある銀行の中, とある銘酒屋の小娘, とある門前の石段, とある門口に立つ, とある門燈の光, とある門辺に声, とある閃俄にかつ, とある陳列箱の中, とあるだまり, とある陽炎がちらりと, とあるの壁, とある隅っこと後ろ, とある隔室の中, とある雑木林の出っ鼻, とある雑色の, とある雑言を唄つて彼等, とある雑貨店に立寄った, とある雜木林の出つ, とあるの夜, とある露地一軒の前, とある露路の角, とあるを爪さき, とある青物売の女, とある静かな喫茶室, とある非常に大きな, とある頸脚がすつ, とある額縁屋の中, とある食い物屋の川沿い, とある食料品店の前, とある飾り窓に見入つて, とある饂飩屋の灯, とあるに棄てる, とある高い崖の, とある高山より肥沃, とあるはなんと, とあるが帶, とある鳥居強右衛門とやらに城中, とある麗人を, とある黄昏のこと