青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でなく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~でした でした~ ~でしょう でしょう~ ~です です~ ~でない でない~ ~でなかった ~でなく
でなく~
~でなけれ でなけれ~ では~ でも~ でる~ ~で御座います とある~ とい~ とう~ とうてい~

「でなく~」 15133, 163ppm, 638位

▼ でなく~ (1585, 10.5%)

62 何であろう 23 さへ 18 なんであろう 16 何であらう 15 よかった, 何でしょう 12 他の 11 何だ 10 なんで 8 何か, 誰が 7 何である 6 どうする, 一つの, 何だろう, 誰である 5 それは, 人間の, 何です, 自分の, 語の 4 なんだろう, なんでしょう, まあよかっ, もつと, 他人の, 誰でしょう

3 [16件] せえ, それが, どこに, どこまでも, ほかの, よいと, 一種の, 中に, 人に, 他人が, 何が, 何んであろう, 別の, 却て, 弓削新発意の, 生活の

2 [69件] いいから, お前の, かなり本質的, ここに, その存在論的, それを, どうしよう, どこかの, どこから, なんだ, なんでありましょう, なんでありませう, むしろ確率論的, ホツと, 一本の, 人が, 人の, 人生の, 人間を, 人間全体に, 人類を, 他殺である, 何かの, 何だらう, 何であった, 何であったろう, 何でありましょう, 何と, 何の, 何んだ, 作ること, 例の, 信念でなけれ, 個別的な, 印半纏を, 口に, 名は, 君が, 唯序, 客観的な, 幸せだ, 弓削新, 形成される, 形成である, 形成作用であり, 形成的な, 愛と, 我々を, 文学の, 普通の, 期待である, 期待の, 木の, 死せる, 特殊的な, 生きて, 相方の, 私の, 自分が, 自分とは, 行為である, 見る人, 記号である, 誰だ, 誰の, 貧乏が, 近いもの, 郷里或は, 鑑賞的である

1 [1121件 抜粋] ああ都合, あたたかくなりはじめた, あのよう, あの槍, あの浅吉さん, あらゆる日本, あるいは王子, ある女, ある程度までは, あれほど, あんなうなり, い, いいでしょう, いいといふ, いいん, いかに悲痛, いったい現れ, いつも統制, いやなら, いわゆるトモ, お, おめ, おんつぁん自身, お前は, お君, お延, お気の毒さま, かえって不幸, かえって斎藤家, かえって貧賤, かならずその, きみの, このな, この実社会, この志賀, この活劇, これが, これは, こんなこと, こんなになった, こんなに長い, ごく普通, される側, しかもそれ, しかも父, じゃなん, すばらしい小説家, すみ子も, そいつ, そして張魯, そのやう, そのザラ, その人見廣介, その原因, その御, その欠点, その社会的習俗, その良人, その頃, それどころか狙い, それ自体証人な, そんなら, そんな長い, たくさんな, ただただ必死, ただ双方, ただ静か, だれが, だれよりも, つまらないこと, できましょうか, どうかしたら, どうしてこの, どうしてわたくし, どうして出来る, どうして小説, どうして育て上げられよう, どうなる, どこまで, どろゑい人生, どんな二人, ならないあの, ならないもの, なるべく自分一人きり, なんである, はかように, ひたすらみずみずしい, ひょっこり畑, ほかに, ほんとうは, まあよ, また別, まだしもよ, まづ, みんなの, むしろその, むしろ双方共, むしろ天武帝, むしろ文字, むしろ精神, むしろ高次倍音, もう一つ別, もう少し気, もしあなた, もし美紅, もっと数え切れない, もっと高い, ものの, やつ, やはり作者自身, やはり田舎びた, やはり道, やるもの, よかったでしょう, よろしい, よろしいと, わたしが, わたしの, アメリカより, イギリスや, ウイスキーを, ウドンでした, カリ神が, ガマ六が, シャインバールな, スターである, セミに, タイプに, ツマリ自分の, ハッキリと, ヒデンである, ベデカの, ポグレキウォの, マンホールへ, メッシヤとして, リオナルド・ダ・ヴィンチであった, リヨカンである, レブンという, 一人な, 一大夫の, 一定段階の, 一層現実, 一方に, 一種異様なる, 一箇の, 一般の, 三人位は, 上乗の, 下車した, 不得要領の, 世に容れられる, 世辞では, 世間一般の, 中国人が, 主人といふ, 九月三十日から, 事実である, 事実に, 事実上問題の, 事實である, 二つの, 二捨三入で, 云わば, 五七五である, 五拾円か五百円の, 亭主で, 人を, 人格上の, 人道的平和運動の, 今ごろあれは, 今回の, 今猶, 仕合せ, 仕合せその, 他に, 他人に, 会場だ, 伝えぬ種類, 体当りの, 何じゃ, 何だか真剣, 何であります, 何でお前さん, 何でそうも, 何で毎晩, 何とか取り計らっ, 何に, 何よりでした, 何んで, 何んでしょう, 何人の, 何物だろう, 何物でも, 作品の, 作者自身を, 価値でなけれ, 保健的意義から, 俺な, 個人を, 偶然な, 偶然第三者から, 元来富裕, 先験的な, 兎角優れぬ, 入江の, 全く失われた, 全く違った, 全裸の, 六部であった, 其作物と, 其頃, 内容だ, 円い石塊, 冷静に, 切って, 別な, 利右衞門と, 加藤でなけれ, 勉強を, 動物でありました, 勝造だ, 北田という, 半双だ, 単なるセンセーショナル・ノヴェル, 単に思惟活動, 単に精神的, 即今無だ, 却って一つ, 却って国民的, 却って明白, 却つて湯浅半月氏で, 卻て, 原始的な, 友人だ, 取引き, 只飜訳, 叱るの, 合理的な, 同一物, 同時に思考, 名古屋で, 否定の, 命の, 哥沢温習会の, 喜介であった, 四十近い, 固定的な, 土としての, 在郷軍人だ, 地面の, 声である, 変へ, 外出した, 外形やや, 多少支那文化, 大人の, 大和の, 大抵そうある, 大蛇だった, 奥の, 女が, 女である, 女でも, 女子も, 好いといふ, 如何なるもの, 妊娠五カ月六カ月程度の, 嬰児を, 子供に, 孝平か, 学事掛りを, 安楽いすや, 完全な, 宗教上その, 定家が, 宝石商の, 実に優秀, 実は私, 実行家である, 家名という, 實に, 寧ろ非常, 寺本さんに, 専ら智力, 小さな雛形, 小僧っ子な, 小林椿岳である, 小説家である, 少なくとも乞食, 山田美妙であった, 崖下の, 左手です, 巾着の, 帝大出だ, 常鏡, 年中あっちが, 幸せであった, 幼い子供, 幾分固くるしい, 広告と, 式の, 弱者が, 当事者である, 形である, 彼らが, 彼等こそ, 彼自身が, 往来に, 徳化の, 徹頭徹尾資本家, 心に, 心を, 心細かった, 必ず一つ, 思惟乃至, 性質的である, 恋愛前の, 悪かった, 意味である, 愛国を, 愛情だったら, 感性的な, 慕わせる, 成り出者, 我日本のみに, 或読或耕, 批評家だ, 抛挿, 探険隊員の, 改名する, 救いを, 教育精神の, 文壇の, 断片の, 斯波氏の, 旅人であった, 日常的で, 明るい日, 明示だ, 映すべき素材, 昨日だった, 時々皮膚, 時間が, 暗い方面, 更に先方, 曹操だった, 朝夕お, 木村さんであろう, 本当にもしも私, 本当に褒めた, 朱実という, 村の, 東京だったなら, 東海道, 果して何, 染物を, 柳田さんだった, 棒ぎれや電球や, 様子が, 模写され, 権利の, 権力争奪問題の, 機会好く, 機械に, 欧羅巴で, 正にその, 正木署長だったら, 武士の, 死人を, 殺しで, 氣儘に, 永遠に, 汝から, 沈没船に, 波間の, 流水相光を, 涙が, 済みました, 渋い意気, 源氏は, 漸進主義者で, 無戒, 無気味な, 無道徳, 燃ゆる, 父の, 物が, 特に文学, 特殊な, 犯人が, 狐だった, 狼だ, 猿造猿公である, 獣だ, 玩具だ, 現代語で, 現実に, 現実的で, 甘草欲し, 生かされて, 生徒と, 男に, 画布に, 疝気の, 病気の, 病猪だ, 発明である, 白髪の, 皮肉な, 目的であります, 直接に, 相当な, 相手を, 真剣に, 真実困っ, 真正の, 矢張り奇怪な, 知つてゐる, 石や, 社会と, 社会部長と, 祭礼の, 私ひとりの, 秋で, 立枯病である, 第二義以下の, 米友でありました, 精神的快楽である, 純粋な, 素人の, 紫がかった, 結核性の, 絶対的な, 緑色だ, 美点である, 翻訳は, 聖く, 胸を, 自ら戦い取るべき, 自分で, 自分自身が, 自尊の, 自己解脱でなけれ, 自然的故郷浮動的な, 良いの, 花萼から, 芸術品である, 芸術家としての, 若い女, 苺の, 茶の, 荒れ果てた士族町, 菊人形が, 葉を, 蒙古, 薄暮を, 藤吉であった, 虚栄心に, 虚構の, 蚕食的である, 行動についての, 表通りに, 見るもの, 親や, 観念的な, 話に, 説教が, 誰か, 誰だろう, 誰であるべき, 誰に, 誰れ, 謀叛人の, 豆腐屋が, 賑やかで, 赫灼たる, 車だ, 載せるほう, 迂闊に, 近ごろ流行する, 過去に, 酒を, 重大な, 野沢であり, 野球の, 鉛か, 長崎で, 間違いない, 陪観の, 隅田川へ, 雨に, 霧な, 静粛を, 面白く無い, 飽きの, 饂飩粉か, 駕降りの, 鬼火に, 麦を, 黄金ばかり

▼ でなくては~ (1397, 9.2%)

266 ならぬ 157 ならない 37 なりません 33 ならぬと 28 ならないの 24 ならぬという, なるまい 15 ならないと 14 ならなかった 11 いけない, ならぬの 10 ならないという 8 ならない筈 7 いけないの 6 いけないと, だめだ, ならぬ筈 5 なりますまい, 私は, 駄目な 4 いかん, いけないという, いけません, できないこと, ならないこと, ならぬよう, ならん, ならんの, なりませぬ, 出来ぬ事 3 いけませんの, ならないそれ, ならないのに, ならなかったの, 値打が, 出来ないこと, 夜も, 家に, 気が, 面白くない

2 [49件] あれだけの, いけないよ, いけない筈, いやな, この実験, できないよう, できない芸当, ならず又, ならないだろう, ならないでしょう, ならないはず, ならないもの, ならないよう, ならないわけ, ならない様, ならなかったから, ならなかったであろう, ならなくなって, ならぬが, ならぬこと, ならぬだろう, ならぬもの, ならぬ事, なるまいと, ほんとうに, 出來, 出来ないの, 出来ません, 多くの, 存在の, 学校帰りの, 彼れ, 料理は, 此病気は, 此病氣は, 活動を, 滅多に, 無責任の, 真の, 私の, 私も, 第一, 美味くない, 見ること, 解し難い, 解りかねる心持, 運び出せない, 駄目, 駄目だ

1 [551件 抜粋] あしらい兼ねる, あっさく空気の, あてに, あのやう, あの丈夫, あの暗号, あの老爺, あの若い, あり得ないと, あんなに恐しく出来る, あんな不, あんな黄色い, いい健全, いい得られないこと, いかに名高い, いかぬ, いかぬそれ, いかんとか, いかんよ, いくまい福島金一郎氏, いけずシャーロック, いけないこと, いけないなど, いけないはず, いけないもの, いけないをと, いけない夜, いけない大阪, いけない贋物, いけなかったの, いけませんねえ, いけませんので, いつまで, いやじゃと, うっかり口も, うまく走れない, おいてけぼりを, おのおのの, おもしろくも, お似合いには, お父さんの, お腹を, かうは, かかえること, かなうまい, かなわぬところ, かなわん, けっして起こっ, こうしたしみじみ, こう揺れる, ここへ, こっちとらは, こなせない, このかべを, この点, この硬度, この蔵, この鐘, これを, こんなとき, こんなところ, こんなに人格的, こんなはや, こんな所, こんな詞, ございませんよ, すなわち十丈, すべては, そういう精進三昧, そう云う, そして内面, そして或, その仕上げ, その価値, その恋, その感じ, その真髄, その立方, その解決, それほど目, そんなこと, そんなに見ごと, だから, ちょっと出来ない, つとまらぬ, つまらないわ, できない, できないから, できないの, できぬよう, できませんが, できん芸当, とうてい出来ない, とくこと, とても出来ない, とても我慢, とても氏, とても理解, とても知れず, どうしてもお, どうしても二人, どうしても足, どうしても面白く, どんな学者, ない事, ない様, なかなか解り, なく自分, ならずあっち, ならずその, ならずそれ, ならずつまり, ならずダヴィド, ならず同時に, ならず従って, ならず文芸家, ならず普通世, ならず武人, ならず氣象學者, ならず立法者, ならないこう, ならないし, ならないそこ, ならないであろう, ならないといふ, ならないとて, ならないので, ならないん, ならないイデオロギー, ならない喜, ならない感じ, ならない社会, ならなかったそして, ならなかったらもう, ならなかったろう, ならなかつた, ならなかつたが, ならなかつたで, ならなかつたまた, ならなくなる, ならなくなるん, ならなく出来て, ならぬから, ならぬだろうと, ならぬであろうとさえ, ならぬとかは, ならぬとまで, ならぬと共に, ならぬ以上, ならぬ処, ならぬ即ち, ならぬ樣, ならぬ証拠, ならぬ認識, ならぬ道理, ならんかも, ならんと, ならんといふ, ならんのに, ならんはず, なりませんから, なりませんが, なるまいという, はこべなかったの, ひびかすこと, ほかに, ほとんどやらないです, ほんとうの, みられませんが, もって, もてないわ, やれなかったろう, よくあるまい, わからないこと, わからない嬉し, わからぬ筈, わたくしは, われわれを, アタシの, カテゴリー論の, コンセールに, サヴェジ・チーなんて, ダメな, 一世に, 一人で, 一国の, 上がり降り, 不便だ, 不可ません, 不可ん, 不適当, 不都合だ, 事へ, 二度とくりかえし, 云えない, 云えない深, 云えません, 人前に, 人間として, 人間も, 会わないと, 何でも, 何も, 作物を, 作者にとって, 使えないはなはだ, 信ずるに, 信用しない, 俳句論を, 優劣は, 元の, 入れない, 全く出来ない, 公けの, 出せないもの, 出せない偉大, 出て, 出ないの, 出ない碧さ, 出ぬと, 出られぬの, 出掛けて, 出来さうに, 出来ない, 出来ないと, 出来ないもの, 出来ない仕事, 出来ない結方, 出来ない離れ業, 出来なかった仕事, 出来ぬ, 出来まい, 出来得ない事, 分からないこと, 分らない課題, 分らなくなるの, 分らぬ, 分らぬ自分, 分るもの, 判らない, 判らぬ, 到る能, 到底お, 到底ここ, 到底この, 到底何處, 到底出来, 到底堪へられぬ, 制度も, 勘定が, 勝手に, 勝負を, 勤めないと, 協は, 厭き足らなく思う, 厳格に, 友達という, 口が, 可け, 叶わぬこと, 君は, 呑まぬの, 味方に, 咲きませんの, 咲きませんのよ, 哲学は, 商買は, 啼かぬ, 喜ばれぬ程, 営業が, 困ります船, 困ると, 困るという, 困るの, 困るよう, 図星を, 固より, 国家や, 國民一般に, 園芸など, 堤に, 売らないと, 売らない由, 夜に, 大きな身代, 大太平洋, 大阪弁が, 夫と, 失敗する, 安じられない, 完全な, 実は保養, 実験は, 家には, 家の, 容易に, 少くとも, 山の, 帰られないで, 帰れない, 役に立ちませんよ, 彼と, 彼にとって, 彼様なに揃ひ, 得られない, 得られない趣, 徹底的でない, 思いも, 思い出して, 怺えられぬ, 恋愛では, 恐竜が, 恢復が, 想ひ到らぬ, 想像し, 想像の, 想像出来る, 愉快でない, 感心は, 成り立たない, 成り立ちそう, 成功しない, 批評し, 承知できない, 択べません, 拾われぬ, 持合せない, 捕へられないもの, 採れないそう, 教場へ, 教育者では, 散歩に, 散歩は, 文学が, 文學者に, 料理という, 新時代, 日本は, 日本語には, 明かりの, 書けないと, 書けないという, 書けないところ, 書けないひどい, 書けないよう, 書けない美, 最早現代, 望めないやう, 朝の, 本当には, 本当の, 本格的の, 本當, 来られないからと, 来られないと, 松板を, 栄えないであろうと, 栄螺を, 歌としての, 此為事は, 歩かれないの, 歩かれぬ, 歩けなかった, 死なぬどうしても, 死んで, 残されて, 母の, 決して活ける, 決められないもの, 法律家たる, 活気ある, 浪は, 浮ばれないぞ, 済まなくなる, 渡られない, 無意味な, 無智, 無理であった, 物の, 犯罪者の, 現はせない, 生じて, 生じないだろう, 生の, 生れず社会的, 生命が, 産まれない, 用いぬ物, 申し上げられぬと, 男とも, 男の, 画家でない, 発せぬ室, 発生し得ない, 発達し得ない, 登山に, 真に安, 真に文化, 真価を, 真面目な, 着かぬそう, 知り得られないこと, 知るまい, 砂漠は, 研究せなかつた, 確実とは, 祝福を, 神様を, 納まらない野呂, 納まらぬ田村, 納り, 結婚せぬ, 結局われわれは, 縁組も, 繰り返されぬ程, 美しい樹木, 美味いものひとつ, 考えつけないこと, 考えつけないよう, 考えなくなること, 考え得られず現代人, 考へも, 聞かせる人, 聞けぬ様, 聽かんと, 育たぬもの, 能などは, 能わぬ使命, 脚本一つ通らない, 自分の, 自己を, 舞台上の, 苦労とは, 行い得ないもの, 行い難い, 行かない, 行われません依って, 褒めない, 見えぬ樺, 見えません, 見っとも, 見て, 見られない, 見られないまた, 見られないよう, 見られない風景, 見られぬ, 見られぬ特色, 親しめぬ材料, 解らぬこの, 解らぬ点, 解るまい, 言えぬよう, 言はれない, 言ふ, 言葉によ, 訪ねられないだろう, 訪問する, 許せないと, 詞から, 話しばい, 話せないよう, 話にも, 認めさせず認めたと, 認められずそのもの, 説けない史實, 謀り難い, 貰わんと, 起こるまい, 起らない, 起らないですよ, 起り得ないはず, 趣が, 身が, 身を, 辨識し, 追い付かないが, 退屈でしょう, 逆上家, 通じない特別, 逢えないよう, 達せられぬ境涯, 遠い旅, 選択の, 都合が, 釈けない, 金に, 釣れないといふ, 釣合は, 開かないの, 雪が, 靡かない, 順吉には, 頼もしくない, 馬飼風情いかに, 駄目で, 駄目である, 駄目です, 駄目と, 魚も

▼ でなくても~ (633, 4.2%)

7 誰でも 5 い, 私は 4 いいから, いいの, いいわけ, それは, よい, 旅においては, 村なかの 3 いいん, 今の, 彼は, 構は, 経文の

2 [19件] いいじゃ, ここで, こっちは, だ, だね, よろしい, 之を, 俗に, 家の, 少くも, 心の, 汽車自動車飛行機は, 經文の, 老人の, 英語だけは, 評判の, 誰も, 顔の, 魂が

1 [535件 抜粋] あきる太平洋, あたりまえの, あなたは, あの愛嬌, あふれさうに, あまりよく思われ, あまり不愉快, あまり想像, いい, いいが, いいこと, いいと, いいとまで, いいので, いいはず, いいもう, いいもの, いいや, いいよ, いい二つ, いい二十銭, いい僕, いずれは, いつの, いつも書き, いつ何時, ええ神様, おそば, お口, お天気, お嫁さん, お待ち申し, お通, お関, かうなれば, かかる場面, こういう場, こういう朝, こういう純粋, こう云う, このごろの, このごろは, この不意うち, この冬, この坊や, この場合, この場合十俵, この子供, この年表, この浜屋, この火事, これだけの, これに, こんなお, こんなおそろしい, こんなところ, さいぜんからの, さう, しかるべき系統, すぐ眉, すべての, ずいぶん嫉妬, せんだって日比谷で, そういったよう, そうした時刻, そうでござんすね, そうな, そうなります, そこから, そこそこ一流, そこに, その主要成分, その以前, その声, その役者, その末流末派, その澄みきった, それが, それだけの, そんな氣, たくさん御覧なされ, たといインド人, たとえば議院新築落成式, たまに, たまにちょいちょい私達, たまらないでしょう, だれであっ, だれでも, できるが, ですが, とうてい尋常一様, とても天国, とにかく何, どこか, どつち, どんなこと, なかなか強い, なり立つ処, なんだか一種, なんという, なんとやさしい, ひとたびここ, へまする, ほかに, ほんのお客様方, ぽちや, まずこう云う, まだ明るい, まったくありうる, もうすこし福々しい, もし旦那様, もっと小さな, もともと非常, やはりこれ, やはり出来る, やむを得ない場合, やれお, よいが, よいし, よいだろう, よい事, よい所, よい誰, よかった, よかろう, よく石, よく話す, よさそう, よほど勾配, よろしいぞ, よろしいの, よろしい最もよく, よろしかろうかと, わたしは, アカデミックな, センセイ細君は, チチコフに, ハチ切れ, バラバラに, パヽは, ヒューマニティーを, ヒユーマニズムといふ, ビクビクし, ピストルでも, ピンに, ファッシズムは, フィルムの, フリードリヒの, ブック・レヴューの, ヘタな, ミクロン程度の, ユーモア時代が, ロボットもしくは, 一つの, 一向かまはん, 一向かまわんです, 一点に, 一般からは, 一般に, 一語一語の, 一部の, 万事休すと, 万人これを, 三本で, 三楽を, 上方語と, 上述の, 下女が, 下手人と, 下手人は, 下船し, 下車後に, 不安と, 不安心で, 不愉快な, 不見目, 丑寅さんの, 世の中とは, 丘の, 両方で, 中央から, 中波程度の, 主人は, 乏しかった, 二枚でも, 亡くなった人, 人の, 人中へ, 人目につき, 人間と, 人間にも, 人間の, 今度の, 他に, 他の, 他人でも, 他人の, 伸子の, 似たり, 体の, 何か, 何かの, 何でも, 何といつ, 何人でも, 何千萬分の, 傾向が, 僅に, 元来人間, 元来年, 兄は, 先ず彼, 先づかう, 先刻から, 入らずに, 全国を通して, 兵馬は, 其の知りたがり聞きたがる, 其存在の, 冬の, 冷たい眼, 凝縮の, 分ること, 前代から, 労働組合員は, 勅勘の, 十九世紀の, 十二分に, 十五分ぐらい, 半ば意識的に, 単衣, 即ち国民, 又かと, 又啓蒙, 双葉は, 古い言葉, 可い, 可いんだ, 可なり接近, 同じこと, 同じ様, 同門の, 名称や, 君でも, 味方である, 唖然と, 善良の, 嘗てはき, 四角でも, 図に, 土地に, 地上に, 地蔵には, 執務時間が, 場所場所で, 墓石一基に, 売れる画, 外を, 多事多端な, 多少こんな, 夜中寝, 夜具という, 大きな眼, 大して柔和, 大丈夫だ, 大抵の, 大概退け時には, 天井の, 天井裏は, 天候不順の, 太陽の, 失業地獄の, 女史ほどの, 女性の, 女性ホルモンの, 好いの, 好物として, 妙な, 妻から, 姑の, 婦人は, 嫁入りの, 子どもの, 子供が, 子供でも, 子供の, 季題自身を, 宜い, 実父の, 寛十郎には, 小さいお, 小さい母, 少い髪, 少し豊か, 少ない分, 少なくとも宗教的心情, 尠く, 山路を, 山間の, 左樣見えます, 差当好い, 布団の, 帰って, 常識の, 平常から, 平気という, 年が, 広島で, 彼と, 彼には, 彼へは, 彼奴等は, 彼等は, 往く先々, 御家人, 御苦労の, 心を, 心得て, 心理的には, 心苦しいの, 必ず礼儀, 必死の, 思いつきそう, 思えば, 恭一と, 息を, 悪い翻訳, 悲観する, 慰めの, 憎きもの, 我々は, 或は上総, 折々が, 持つこと, 損得なし, 攻めあぐんで, 文学にも, 文芸評論は, 新しい人, 新聞が, 既にいくら, 日本における, 日本にも, 日本人は, 明日なり, 明日は, 昭和七年頃から, 時々は, 普通に, 普通の, 景色の, 晴れが, 晴れる日, 暑くて, 最近ひどく, 朝から, 朝鮮の, 木, 未開人は, 札幌に, 東京で, 東国の, 東西の, 案じて, 検事と, 構わないさ, 構わぬが, 正行を, 此の, 死線が, 殿様は, 母は, 沈むの, 海道筋の, 淋しい屋敷町, 深夜何万という, 済むのぢやないかと初めて, 漬物樽の, 濃紅姫, 火事場は, 無知な, 煩雑な, 牡鹿山の, 特殊部落の, 犯人寺内説を, 狭い曲りくねった, 狭い此道, 狭い露地, 現に我々, 現代の, 現在これでも, 現在の, 現実の, 生まれつき小胆, 男は, 疑って, 疲れ切つて, 病弱の, 発作の, 直ちに彼, 眞似, 真に将来, 知能分子は, 研究を, 研究所員に, 神下しと, 神仏の, 私が, 私一日中叱られ, 秋な, 科学の, 穀物を, 空気が, 窮屈な, 立ち居が, 精, 細君の, 経済学や, 結婚し, 結構これ, 結構だ, 統計方法は, 美くしい, 翌朝起き, 老母の, 考え方が, 聴きますよ, 職業そのもの, 育つと, 肺病で, 胆吹は, 背後に, 脅喝詐欺の, 膳立を, 自分たちの, 自分に, 自分は, 自分はじめみんなが, 自分等も, 自然こういう, 自然に, 自由でない, 興味を, 色々の, 色は, 若し一つ二つ, 草の, 華族一代制と, 藁で, 虚言を, 表通りでなく, 袋の, 見て, 見張りには, 言々句々縦横無尽に, 読むで, 誰が, 誰しも, 誰だって, 誰にでも, 誰に対しても, 諸君の, 警察の, 負け惜しみの, 資本による, 賢明なる, 質の, 足利家という, 身に, 身分の, 軍艦は, 近ごろの, 通り神又は, 逢えたもの, 運の, 過勞, 遠いところ, 適当な, 部屋が, 酒代なんて, 重い病気, 金属の, 釘が, 鉄人, 長くは, 闇の, 陛下は, 陽気な, 隨分と, 非常に, 飛躍的の, 餓死する, 首は, 鬱憤に, 鯨類の, 鳴くの, 鶏は, 黒くなった, 黒眼勝の, 黙つて

▼ でなくとも~ (493, 3.3%)

4 法悦は, 詩句は 3 よい, 私の

2 [17件] これに, これは, これを, さうし, そこい, よいかも, よいと, よろしい, 人の, 何か, 兎に, 可なり, 多くの, 少くとも, 田中屋の, 立派に, 近視眼の

1 [445件] ああいう, ああすれ, あっしは, あなたの, あのよう, あのマルセーユ, あの現場, あば, あまりに長く, ある程度までは, ある集会, あれで, いいすぐ, いいという, いいわ, いい発行人, いずれの, いつでも, いま自分が, うつくしいおく, おいらゆんべから, およそ人, お百姓, お綱, お蝶, お銀, かういふ風, かうした美しい, かくも, かなり目に, かの女, かれは, かんかんに, きこえるよ, こういうもの, こういう人生, こういう地位, ここ連日の, ことごとに, こと毎に, このあいだ, このまま戸棚, このよう, この元旦, この国, この場合, この家, この属, この森, この浅田, この種類, この行進, この閉扉, これからますます空中, これぐらいの, これほどの, これらの, こんなちいさなこと, こんなに速く, こんな例, こんな病, ごまかされそう, さうだ, さっぱりと, さまで可, じっさいは千度, すくなくとも私, せめて万人, せめて預金者ら, そうな, その一世紀, その一部, その悲惨, その時誰か, その階級, それからそれ, それに, それは, そんな御, た, たいていは, たしかに影, たとえば日本語, たとえ半分, だれが, ちさで, ついに人, つい晩酌, できると, どうせ御返事, どちらかと, どのよう, どの婦人, なにかや, なるだけ, なんでも, なんとなく入学, ひとりの, ふとそんな, ほぼ全体, また別, また大きな, また小作農, また暴虐, また難, まだ知っ, まもなく千鶴子, もうこの, もう少し役人, もう直, やつと, やはり山寺, やはり農家, よいお茶, よいの, よいので, よい人氣, よかった, よかろう, よく写象, よその, より確実, よろしいから, よろしいです, よろしいの, われわれこの, われわれの, ウマでも, チョット乗った, ツシという, デッサンは, バカな, ベッドは, 一つの, 一人の, 一体探訪という, 一年に, 一度に, 一日の, 一日も, 一時をも, 一時的の, 一門の, 丁度いま自分, 七日や, 上古の, 不潔な, 不良少女の, 不都合な, 世の, 中根氏の, 丹波氏の, 久しい後, 乳牛が, 予め, 事実上屍体を, 二日の, 五十両にでも, 五十銭の, 五右衛門の, 京都などは, 人に, 人並の, 人間として, 人間以上の, 今なら, 今の, 今年の, 今日なら, 他に, 他の, 他巳吉, 付近で, 任意に, 何だか少々薄, 何も, 何んとか, 何処かに, 何故昨夜鏝, 何物にか, 何等か, 作者として, 例へ, 俯し, 僕の, 僕は, 僧を, 先ず主我的, 先の, 先生あなたと, 先生が, 光の, 六尺でも, 共謀と, 刑事なり, 判って, 到底その, 北条の, 十二月二十五日には, 十年来住みなれ, 十里二十里へ, 単に, 単に異性, 危きに, 参覲交替などで, 又と, 口からも, 右とか, 右平は, 同じ性質, 吾, 咎めること, 問題と, 四国九州の, 國の, 地体が, 堂々と, 塩原の, 壞れ, 外から, 外へ, 外へさえ, 外出する, 多少でも, 多少心得, 多神教國には, 夢中に, 大いに疑われます, 大きな過誤, 大人でも, 大多数, 大奥以外の, 大崩壊, 大抵は, 大概の, 天神さまに, 女は, 女房を, 女給を, 好きな, 好きぬいた, 好奇の, 好感の, 妨げと, 嫁ぐという, 子どもらは, 子供でさえ, 季題を, 安らかでくつろい, 宜しいこれ, 害は, 家康は, 家長の, 容易に, 察せられること, 対局中に, 将軍職という, 少くも, 少しは, 少し外国, 少なくとも感謝, 少なくもロダン, 少なくも丸善, 届けること, 岡でも, 幕間なる, 平生が, 幽門は, 幾つと, 延びて, 建築家や, 当然に, 彼の, 彼らは, 彼女の, 彼女を, 彼等の, 後暗い金, 御新造さん位の, 徳川幕府に, 心に, 心持の, 心配し, 必ずお, 思いだすと, 思ひだすと, 急に, 恋する人, 恋は, 恋愛詞章なら, 想像いたされる, 愛という, 感傷的に, 或著しい, 戰爭の, 所望せられる, 手に, 手前の, 抒情気分を, 拘留中の, 持って, 挑撥的には, 挑発的に, 握飯でも, 摂津の, 政江の, 斎川水は, 斯ん, 新茶には, 日常生活を, 明らかに, 明日という, 昔は, 時間が, 晴れて, 月の, 有限な, 朝鮮の, 木曾の, 本年と, 村人は, 桃源郷の, 桔梗様に, 梅の, 極く, 構は, 次々と, 欲しかった, 此心持は, 此樣な, 此邊の, 此間に, 歴々の, 死にます見れば, 母方の, 氏の, 民衆には, 気心の, 水は, 汽車汽船飛行機工場田地すべて身近な, 法外な, 注意すべき, 流行には, 温泉情緒などは, 濕つ, 無邪気すぎ, 然う, 煙草屋の, 熱いピリリ, 父や, 父親は, 特別に, 狭苦しい経験, 現実に, 甘えツ子の, 生きの, 生れつき発音が, 生徒会員で, 生活の, 男が, 男としての, 男爵で, 町中に, 當の, 病人に, 痩公卿の, 癪に, 白ソースでも, 監督し, 眩惑の, 着飾って, 短か, 確実な, 磯ばた, 神代の, 秀吉を, 私が, 稀に, 窓は, 笹村は, 簡単な, 米友でなけれ, 精神病とか, 組合の, 結構でし, 絶交を, 編輯長は, 美少女の, 聴戯には, 肌身は, 腹を, 自分は, 自己の, 自殺の, 自然に, 舞台の, 良心ある, 色々の, 芸術化する, 若い人たち, 草か, 莫大な, 著作の, 行はれ, 装は, 見とれる程, 親を, 言ほ, 詰らないと, 話題に, 誰か, 誰であろう, 誰でも, 誰にも, 謡曲が, 豹一は, 貧乏な, 貧弱な, 貴様は, 貸席など, 赤穂の, 身の上話しなら, 辰之助の, 農家の, 迷わない者, 逃げやしねえじゃ, 逃げ出さなければ, 逃げ出すでしょう, 連中も, 都会の, 長い長い, 院内で, 陰鬱な, 随分人目, 雲雀が, 頻りと, 顔を, 食物に対する, 驚くべき不注意, 骨が, 高い梯子, 高声に, 鶏を, 鼻緒の, 鼻翼や

▼ でなくその~ (360, 2.4%)

4 ような, 上に, 人の

2 [21件] ことが, ために, ときの, 中に, 中には, 人を, 周囲に, 国々の, 実体の, 度が, 弟であったろう, 当時の, 手紙が, 時に, 時の, 時代の, 点で, 男が, 眼は, 行方不明に, 頃の

1 [306件] あくどさ, あとの, うちに, お気持, くずれた火山形, ことに, ことによって, ころ聞えたる, ぜんたいの, ときこそは, ときにおいては, ときは, なかの, ほかに, ほかの, まえから, まわりを, よい相談相手, ように, より具体的, サンスクリツトの, フォルムも, メカニズムが, 一党にも, 一家を, 一日の, 一本気の, 一般的性質を, 一部だけを, 上その, 上つひ, 上にも, 上へ, 上カタロニア語で, 上味も, 上大事な, 上正直で, 上短命で, 上自由に, 下に, 世界性格において, 両脇, 両親や, 乾物屋の, 事の, 事実を, 人体に, 人口は, 人情の, 人柄も, 人物が, 人間にも, 人間的関心自身を, 仏教の, 仕事は, 以前に, 伝統精神の, 作家の, 作者である, 作者の, 作者自身を, 価値は, 俳優が, 健康も, 傾向にも, 僅かの, 全身が, 全身の, 六七倍と, 内に, 内奥に, 出来事から, 出発点である, 分析し, 前に, 前の, 前代の, 力も, 加工によって, 勢力は, 半鐘の, 厄介物の, 友だちまでが, 友人にとっても, 反動として, 反対の, 反面に, 口上の, 古家も, 史論には, 各, 合同に, 名は, 周囲にも, 周囲の, 周囲も, 周囲をも, 周辺の, 周辺数米に, 商法の, 器用さに, 国すら, 国の, 地点まで, 坊さんに, 型は, 場その, 場には, 境遇も, 声調に, 変化の, 多くは, 多方面な, 夜の, 大多数, 大女, 大學, 女みずからが, 女子の, 女御として, 好い色, 姉は, 姿は, 姿態や, 子の, 子供を通じて, 存在そのものの, 学力においても, 学識の, 學派の, 実践的帰結によって, 実験室で, 客観性に関して, 容姿の, 対象に関する, 対象性を, 小劇場, 小心さを, 席で, 年の, 年齢に, 幻影を, 底に, 延長でも, 建造物は, 弥縫に, 当時とは, 形体の, 形式が, 形態にも, 後半世紀の, 後方に, 心にも, 心も, 心情は, 心栄えに, 必要について, 必要をさえ, 念仏に, 意味で, 意志は, 意欲間の, 態度の, 成長期の, 所在の, 扉が, 手は, 手働四輪車と, 持主は, 探檢, 掲載事項の, 描きかた, 描くところ, 操作が, 故障箇所の, 数も, 数式の, 文学の, 文章は, 斜向いの, 方向に, 日が, 日に, 日は, 日以来それ迄は, 日本人の, 旧悪に, 時刻に, 時節に, 晩の, 朝は, 棲息する, 様な, 樣子にも, 横向きに, 横顔全体に, 樹幹の, 次に, 次席で, 比較によって, 水は, 永久的生命の, 治療が, 洗汁までが, 流儀の, 焔の, 熱意から, 爆発の, 父の, 特殊部門を, 生活と, 生涯と, 男の, 男まさりな, 画評や, 画題によって, 画風の, 白いフッ, 白い影, 百五十騎ことごとく, 目も, 目的の, 直ぐあと, 真ん中と, 眼が, 眼の, 瞬間の, 石の, 砥石の, 禍が, 秘密を, 穏かな, 窓は, 精神生活においても, 素質に, 結果は, 結論に, 絵を, 織ったきもの, 置き換えの, 美しい手, 翌日の, 老人の, 老武士, 考えを, 者自体の, 肉体と, 肌ざわりもぜんたいの, 背が, 背後に, 背後の, 脊が, 自主的な, 良知良能に, 花粉の, 華々しい薄, 蝋燭が, 蝦蟆を, 行為的瞬間において, 表現形式の, 襟化粧と, 見識に, 観衆の, 言い方が, 言葉から, 言葉も, 言葉もしくは, 証拠に, 証拠を, 詠ぜなければ, 話し方も, 話を, 警察の, 豆も, 財産の, 貸金を, 足どりには, 身代は, 身体までが, 身扮が, 身振りや, 身長き, 辺には, 逆に, 部落の, 鋒先を, 附近に, 附近一帯に, 限り評論家では, 陰影は, 隣の, 電撃的な, 露台の, 露臺の, 音の, 音は, 音階に, 頂きの, 順序を, 顔は, 風俗が, 飛躍の, 馬と, 驕りじゃ, 骨を, 魂さえ

▼ でなくまた~ (229, 1.5%)

4 それは 3 これらの, 或る, 自分の 2 そのうち, 一般に, 人文的な, 実に秋, 我が記憶, 招くこと, 特にその, 私が, 聴き得る者

1 [198件] あつた, いわゆる環境, おそらくしばしば偶然, かくの, これら二つの, これら二商品が, これを, さうし, しても, そうする, そう真面目, そのかい, そのこと, その中央, その代わり彼, その力, その名前, その多数, その天然林, その富, その少額, その工事, その武器, その理知, その結果, その長, それが, それによって, それらの, それ自身において, ただ今申, できるだけ慎重, のちのち自分が, はなはだよくこれ, ひとつ生がいに, ほとんどすべて, ほとんど皺, みなさんの, もちろんすべて, も大変, よく釣合, より平等, エタでも, シナのみに, ジャン, チベット政府からも, ベルリンの, 一つの, 一の, 一体なら, 万葉集最後の, 下等の, 不合理であり, 不忠な, 不親切な, 世界について, 乾雲を, 人々が, 人と, 人間に, 仕事の, 他から, 他を, 代議士は, 低価格, 侮辱された, 個人が, 倫理性が, 倫理的であり, 偉大である, 傍に, 兄としての, 児童相手の, 全く形式的, 兵法の, 其を, 内面的に, 分子の, 到るところ言葉, 労働なる, 単なるソフィスト, 単に客観的, 単に汝, 単に聞かれた, 各個々, 同じ新聞雑誌, 同時にある, 同時に太陽, 同時に女性全体, 同時に過程, 哲學者に, 商品, 商業的富の, 單に, 四元術を, 地用, 増加し行く, 士族の, 多産的でなかった, 天井から, 婦人の, 嫌悪の, 実に彼, 実に我等, 実に死刑, 実地が, 実際にも, 宮古にも, 将士も, 帰って, 幸い出来た, 弥助よりも, 張が, 強圧的な, 彼の, 彼ら以外に, 彼自身の, 彼自身をも, 従来多年の, 必ずしも西洋, 必然的に, 情意的な, 意味は, 我々が, 或物, 敵意ある, 新芸術, 旧固定資本, 明治時代に, 昔日の, 時間に, 暫らく島人の, 最も著しく, 朝幕の, 朦朧と, 本心の, 極度に, 楽しいから, 次の, 正しく認識, 残酷でない, 毒分が, 気分が, 治安工作の, 波斯の, 海つ, 消費の, 燃え出したの, 特に彼, 状態更に, 独り日本ばかりの, 珍らしく, 生活してる, 生活的利害存在および, 生産する, 生産資本化流通においても, 男性に対する, 真偽の, 真理の, 短いから, 社会上の, 社会生活本来の, 社会的な, 科學の, 穀物が, 結局においては, 美徳ででも, 肉体的な, 自分さえ, 自分で, 自分一人で, 自分自身をも, 至って危険, 致命的で, 花に, 荘一清は, 著しく誇張, 蒔繪や, 藤村自身が, 言われる筋, 証明という, 語らずには, 語り得る者, 賃銭を, 辰吉を, 農民を, 込み入った情事, 迂遠の, 近いころ急, 迷庵の, 過ぎ去った時代, 過度にも, 遙かに, 遠くその, 遥かに, 風俗に関する, 鳥などよりも, 黄道面に対して

▼ でなくちゃ~ (166, 1.1%)

9 駄目だ 6 いけない 4 いけないん, だめだ 3 いかん, ならねえ, アいけ, 駄目な 2 いかんぞ, いや, だめな, ならない, なりません, アいけねえ, 出て

1 [117件] あなたの, いいまゆ, いかんと, いかんね, いかんのだ, いかんよ, いかんヨ, いくらあばた, いけないって, いけないと, いけないよ, いけないわ, いけないッ, いけねえ, いけませんな, いやだ, うつらないな, うまいもの, お金儲け, さっぱり駄目, その仕事, その実験, そんないい, たしかな, だれに, できない仕事, できない芸当, できねえ隠し芸, とても出来ん, ならないからな, ならないこと, ならないし, ならないって, ならないと, ならないね, ならないわけ, ならないん, ならない月, ならなかった, ならぬ, ならねえところ, ならねえはず, ならん, ならんと, ならんという, ならんな, なりませんね, なりませんのよ, わからない, わたしたちどう, ァいけ, ァすべて, ア, アいけませんや, アこんな, アって, アできません, アウソです, アダメな, アダメらしい, ア仁義礼智信は, ア分りゃしねえ, ア危くて, ア夜も, ア寝たきりの, ア本当の, ア碁は, ア納まり, ア至り得ざる, ア返事の, ア面白く, スッパリ止める, 体の, 何にも, 僕には, 僕等みたいな思い切った, 入れませんし, 出来ない, 出来ない事, 出来ない仕事, 出来ない芸当, 分らんお嬢さん, 判断が, 判断の, 勤まらない, 勤まらねえ, 厭だ, 厭金彦とか, 困るぜ, 困ると, 子供は, 帰って, 帰れないん, 役者に, 御免蒙る, 手に, 敵陣へは, 文学者として, 日本の, 書けないん, 本当の, 正式の, 気に入らない人, 渡せんちゅう訳, 相手は, 聞かれない話, 言えやしないわ, 詩も, 賞められた, 通用しない, 通用せん, 都合わるい, 金が, 駄目だろう, 駄目です, 駄目ね, 駄目よ

▼ でなく~ (129, 0.9%)

3 深い美 2 これより, 口語詩に対して, 只今諄々と, 器は, 容易に, 選ぶという

1 [114件] あさ, あれだけの, いったい何, いつそ, おれも, お氣, このうごめく, この幕, これへ, これを, しふと, すぐ露見, その列, その玩弄品, その神, そんな暴言, たいそうも, たとへば右, だ, だれかの, ちかごろ急, とうてい味, とくに俳句, なしえない妙術, ならぬ十時, のぞいては, ぶ器用, みども, むしろ工藝, むしろ憎悪, もう少しの, もう少し間, もっともっと年, ゆくすえ禁門, れんであれ, わしは, パンが, ミルクホールが, ラオチャンドは, 一局まいれ, 一献さし上げる, 下句の, 世間を, 事大的に, 今日は, 伊吹の, 何うし, 何だ, 何の, 個性が, 倖いだ, 充分な, 全然出直し, 八荒坊を, 其の摸倣, 其目的として, 初発患者の, 初發患者, 召上っ, 吉で, 大方は, 天下の, 女は, 宮廷の, 富有は, 少しおやすみ, 尠く, 引取つ, 彼の, 後から, 御感情, 御直書, 恐らく後, 恐らく此, 悪かん, 折入っ, 桃割れ銀杏返しの, 死人の, 残本, 民衆の, 火薬を, 生命を, 甥であろう, 真に経済的価値, 真実の, 知って, 知り得ない地名, 私を, 美しき工藝, 美は, 肝腎の, 自分を, 自身冥土まで, 舅や, 茶も, 茸狩り蕨採りまア, 行くこと, 見られない現象, 見られない美し, 見られぬ美, 見知り越しらしい, 許されなかつた, 試みる者, 誰だろう, 貴重視せられなくなった, 買い得たとは, 買わないの, 質屋奉公どっちに, 踊の, 軍の, 阿翁, 雨夜の, 食ひ, 魚河岸にも

▼ でなくむしろ~ (117, 0.8%)

2 [14件] あらゆる徳, あらゆる情念, 主観的, 人生そのものの, 存在論的意味において, 小説の, 幸福そのものが, 情念が, 文学に, 死の, 神話として, 精神の, 過程が, 非常に

1 [89件] おとなによって, この意識, これ等の, その中, その反, その実在性, その實, その雑誌, それに, それには, それは, それを, インに, ディアノイア即ち, プラトン以上に, 一座を, 一時の, 不快の, 不確実, 不確實, 不評だった, 主観の, 仕事の, 全無産階級, 全物質的生活, 内攻性を, 凄い言葉, 出来るだけ, 判然と, 劇的な, 卓一への, 双方から, 反対である, 單に, 妖怪の, 存在し得ない, 存在について, 孤独の, 孤獨の, 完全に, 實用向きに, 強かれ弱かれすでに, 当らないと, 当惑した, 彼が, 彼は, 必然である, 感心な, 感情的, 我々は, 或る, 敵視し, 日本人の, 暗鬱な, 本能は, 根本的には, 機械的に, 気が, 永遠の, 汝であり, 汝の, 清々し, 現代の, 環境プラス主体に対して, 病気として, 相補わね, 社会的実践的な, 社会的政治的活動と, 私の, 空想という, 臣下の, 自慢の, 自暴自棄的の, 自然に, 自然研究が, 良心的な, 行政区劃的対立と, 觀念の, 計らずその, 記号である, 身体によって, 逆である, 重信の, 青年を, 音楽において, 音樂において, 飽気に, 駭然と, 鷹の

▼ でなくそれ~ (114, 0.8%)

3 はまた 2 が男, と同時に, は私, を実行

1 [103件] からの刻一刻, が, がいかにも, がきっかけ, がため, がむしろ, がよろこび, が一つ, が他, が可能, が基, が基く, が巧, が常に, が往々, が恐竜, が戀患ひと, が文化, が生活, が真実, が社会, が私, が終っ, が自分, が身, こそいろいろ, だけで済め, で黙っ, とは全く, と全く, と理性的, にある, にたよる, についてゐる, には深い, によって何, に予定, に係り合った, に対して同情, に対する考察, に絡まる, に設堡工事, に部落, の噴出口, の存在それ自身, の背景, はそこ, は不自然, は又, は多く, は尤も, は故意, は普通, は本当, は現下, は私怨, まで苦しみ, まで見る, も既に, よりも寧ろ, よりも理論水準, を, をおだてた, をつくる, をなおす, をひとつ, をまた, をよし, を上廻っ, を乾溜, を云っ, を享楽, を助くる, を叙する, を増幅, を好む, を家, を店座敷, を意識, を感ずる, を持ち出し, を推理, を教える, を極端, を機会, を止める, を現代, を理解, を発表, を礫, を耨, を聞いた, を聽, を自身, を芸術家, を表現, を見つめ, を超えた, を迎える, を過ぎ, を開ける, を顧慮, を黒

▼ でなく自分~ (112, 0.7%)

3 の心 2 が命綱, で自分, の事, の勉強, の思想, の方, も彼

1 [95件] がある, がしん, がそれ, がわざわざ, が人並, が何, が十二歳, が問, が大佐, が自, でないと, ではそれ, でもその, で作り, で喉, で生き, で言いとく, としてもずいぶん, としても甚だ, にはわからない, には更に, にもはつきり, にも云い聞かせる, にも批評, にも確, に刀, に対する感恩, のうしろ, のお, のお腹, のからだ, のこと, のせめて, のため, のところ, のコンヴエンシヨナル, の一家, の一生, の人相, の今日, の仕事, の作, の使, の内親王, の内部的変化, の力, の勤め, の命, の宝, の家, の屬, の感情, の手, の抱い, の拵, の暗愚, の書いた, の欲望, の正体, の独唱会, の生活, の男, の発狂, の興味, の血液, の身, の身の上, の身長, の通っ, の頬, の體驗, の魂, はお, はそれ, は知りたく思った, は自分, までが物件, もこの, もそう, もその, もそれ, もまた, もゆっくり, も相成るべく, も笑い, も聴かされ, も負傷, をも併せ, をも非常, を一人, を低く小さい, を包ん, を叱る, を打った, を語る

▼ でなくこの~ (111, 0.7%)

2 柳の, 距離自体が

1 [107件] お敏, ことは, さい佐渡の, さい東宮, たいして食欲, ときほど, カットが, 三人の, 三月程の, 上の, 下の, 丸の内の, 乱世に, 事が, 事件に, 事件の, 二つの, 二三日は, 二人が, 人にまで, 人のは, 仕事を, 先輩までも, 出来事は, 列車が, 前の, 力を, 十一月九日の, 十三に, 同志の, 地の, 地方へ, 場合おのずと, 墓からは, 夜の, 奈良井屋の, 女の子たちの, 女中の, 子が, 実在そのものの, 家に, 寒い夜更け, 寶典から, 専門家によっても, 小獣に, 少年の, 市の, 店先じゃ, 引揚げの, 意味で, 感情を, 成就社から, 戦後に, 手紙で, 投身者の, 文案を, 新しい文化, 方法を, 日正月神の, 時には, 時代には, 時代の, 時代は, 書の, 村に, 村へ, 様子を, 歌の, 法会に, 激戦には, 点に, 点もう一度, 点飽くまでも, 無邪気な, 牧場にも, 獣の, 生活力の, 男が, 町内の, 祝賀に, 私に, 米友をも, 結合を, 統制そのものが, 聖者を, 興業そのものが, 舞人の, 苦しさ, 西涼に, 親しみやすい, 評論集全巻の, 試練時代の, 認識の, 赤児の, 道を, 部屋に, 都会の, 長い航海中, 関係を, 際さらに一段と, 需要転換は, 青年に, 頃に, 頃は, 頃月に, 頃著しく, 顔は

▼ でなく~ (86, 0.6%)

3 のこと 2 の作品, の全身, の方, の記憶

1 [75件] かに恐れた, がいくら, がいや, がこう, がこういう, がこの, がそこ, がその, が三つ, が両方, が吃驚, が文学, が私, が誰, だってあなた, とあなた, という若気, とナオミ, と一つ, と同じ, と宇宙, にいま, にはこのごろ, にはしごく, にはひろ子, にはよう, に対する一種, に尾崎秀実, のこの, のそれら, のため, のところ, の一生, の上, の事, の人生, の仲間, の傍, の周囲, の女, の女房, の守護霊, の専門, の小説, の年季中, の心, の教室, の生い立ち, の知っ, の精神修養, の著書, の詩風, の足, の過去数十年間, はいつか誰, はここ, はどうせ, はへん, は人, は今度, は凡て, は到底, は実際, は彼女, は此処, は私, は自分の, もどうやら, もよろこん, も一人, も本当に, も精一杯, を取りまく, を待ち受け, を教え

▼ でなく~ (77, 0.5%)

2 の全身, の実, の頭, はこの

1 [69件] が不覚, が共産主義者, が外祖父, が生命, が眞, が真に, が自分, とし, と対, にいわせれ, には手, には青春, に代るべく, に感じた, の一万余兵, の与えた, の人間, の仕事, の他, の住む, の体, の俳句自体, の処女詩集, の去った, の友達, の周囲, の奇妙, の実母ミネ, の心, の思想, の性格, の性質, の抱懐, の擁す, の方, の理想, の甘にがい, の立場, の精神, の細君, の美し, の羽織, の者, の肩, の著述, の虚, の記憶, の詩, の躰, はその, はまた, は一人前, は一切和服嫌ひで, は主観的, は二三日前, は何, は寧ろ, は川一筋, は数戸, は新, は明日, は更に, は発明, は私, もまた, も今, も信玄, をし, を啓發

▼ でなくてさえ~ (68, 0.4%)

1 [68件] いいの, いい加減仏様, いい加減怖気, いい気持, いわゆる青春, お若く, このごろは, こんな大家, ご嫌疑中, たまらないこの, びくびくもの, みんなは, むし暑い晩, ややもすれば役人, やれ局長, ムシャクシャし, 一語一語に, 且那は, 世を, 世間は, 人には, 人を, 人心極度に, 伝吉との, 何をか, 俺と, 健康を, 儀右衛門は, 兄様の, 兇暴な, 先程から, 切符切りで, 十分腹を, 味方の, 喘ぎ喘ぎ駈けて, 困窮疲労の, 大公儀, 大地が, 山門勢の, 常始終, 強慾な, 彼らは, 御丈夫, 忙しく店, 忠実すぎる, 斉彬公を, 日光に, 昨今とがり切っ, 時々西洋, 時刻は, 曹家の, 此節は, 気の, 況して年, 玉井さんと, 留守の, 白い眼, 目の, 石原のも, 美しい魅力, 義貞には, 花火の, 茅野雄にとっては, 荒くれ男数人を, 豪毅一徹清廉潔白の, 財産を, 近頃は, 食うや

▼ でなく~ (67, 0.4%)

3 の目的 2 か自分, よりもまず, よりもまた

1 [58件] かこう, かしら未知, かそれ, かにつけ, かの化身, かの暗示, かの理由, かの脈絡, かもっと, かを隔て, かリズム, か人間, か余程, か信心, か儀式, か全身, か剥き出し, か創意, か印象, か怪しから, か文化, か最初, か最愛, か果, か檀家, か激しく, か物, か特別, か用件, か由緒, か相当, か砕き詰めたら, か簡単, か縋る, か莫迦莫迦, か超越的, がゆえに, だが, でもない, でも忠実, でも無い, でも舶来, とし, とも言わない, と思っ, の音, も書く, も知らぬ, も買つて來, よりもその, よりもま, よりも先, よりも私, を思っ, を意欲, を為すべき, を言, を言いかけ

▼ でなく却って~ (65, 0.4%)

4 主観的 2 それによって, 物の

1 [57件] いわゆる世界, その一致, その全, その全体, その反復, その本質, それから後, それが, それは, それ自身抽象的である, みっともないほとんど, ピュロンが, 一つに, 一定の, 一種の, 下品と, 主体を, 主観の, 事情を, 人目を, 人間が, 人間の, 他の, 個々の, 判断が, 存在である, 形は, 必然的な, 意味と, 憤怒に, 朝倉先生に, 期待という, 本当の, 此を, 歴史において, 歴史的な, 気楽そうに, 汝は, 法則例えば, 深みを, 物理的意味を, 現実の, 現実的な, 環境プラス主体に対して, 真理である, 知識の, 空漠たる, 経験を, 経験的な, 自分自身の, 自己が, 自己の, 芸術的意味を, 表現的な, 超越的意味を, 身体の, 過去現在未来が

▼ でなく~ (64, 0.4%)

2 の座敷

1 [62件] からも亡者, からも退屈顔, にい, にもこれ, にもっと, にも多く, にも染物原料, に二人, に多く, に大いなる, に重大, のいずれ, のお方, のざわめき, のもの, の一般, の一面, の乗客, の二, の人, の人びと, の仕事, の修業, の印度人, の友, の友人たち, の友誼団体, の同, の同僚たち, の名山霊嶽, の哲學, の四, の土地, の地方, の多く, の学問, の客観, の幾多, の店, の心理, の方, の有名, の様々, の生徒, の生物, の者すべて, の舎人, の色調, の誰, の誰かしら, の財貨, の邑, の部屋, の部落, の里人, の食料品, より融通, を錯乱, を顧, 地方の, 己をも, 殺されたの

▼ でなくただ~ (56, 0.4%)

2 その芸術, 出版者の, 現実を

1 [50件] うろうろし, おどかして, きくだけの, この哀れ, これが, その場合主観, その活動, その苦悩, その諸, どやどやと, の世間話, の男, ぼんやりと, まだときどきビュルゲル, ハスの, 一人おっ, 一人の, 世人の, 人間的衝動を, 何となく好感, 優しいしおらしい嘆息, 可愛がっ, 国家の, 境遇上の, 大局論として, 女ばかり, 好ましさ, 妥協的に, 小さい時, 徒らに, 意味だけを, 慣らしたけ, 戦争の, 技が, 投与という, 日本人が, 期待を, 機械みたいに, 為に, 無暗に, 私が, 義務から, 自分の, 蓆の, 言葉の, 説明の, 講中の, 道を, 金銭ずくで, 静的芸術としての

▼ でなく~ (55, 0.4%)

2 人類学の, 先生御, 学者や, 採集の

1 [47件] その敷衍, その衝動, それを, たえず自ら, た論ずるの自由, も大, スピノーザの, マサツと, 一つの, 一種の, 不空三藏, 世界文学中に, 事件の, 今云った, 今言った, 何等の, 余り安心し, 先験的な, 前述の, 化粧法が, 南蠻を, 単純で, 営業上の, 多く古版の, 如何にも消極的, 宗教の, 建設の, 支那人の, 文弱でない, 既成政党の, 日本の, 日本人ばかり, 機械論的な, 水を, 海神のみ, 無意味でも, 無暗に, 煤煙と, 直接に, 直線的でない, 社会的存在であり, 紫に, 自由律の, 著者自身の, 震災後に, 非存在, 鼻水でなく

▼ でなくつて~ (54, 0.4%)

3 もいい 2 も, もい, もなん, よかつ

1 [43件] いいの, こんな畜生, さ, どうしてあんなに血道, どうしてお母さま, なんで, は, はあ, はいくら, はと呼吸, はならない, は何, は厭, は来る, は殿上, は苗, は読ませなかつた, は通じない, は黄色い, もあの, もえ, もよろしい, もわたし, も一日, も一生, も僕, も夜, も構, も此方, も殆, も父, も狭い, も硝子戸, も誰, も買つて, も食物, 一層の, 例へば大した, 全然洋風, 好かつ, 好かつたわねえ, 直助, 続々と

▼ でなくこれ~ (52, 0.3%)

3 に反し 2 を絶滅

1 [47件] がおよそ, が定家, が私, では柳吉, にはなんだか, にも聴き, に働きかけ, に対しては単に, に対する一般的, に対する愛憎, に没頭, はどうしても, はほとんど, はほんとう, はま, はまったく, はよろしく, は世界, は多少, は想像力, は手軽, は手輕, は特に, は籐椅子, は脅かす, ほど道具幕, また眼鏡, までの教育者, まで尊氏, まで幾人, まで日本, も亦, も仏, も決して, より他, をいかに, を上演, を人間, を娯楽, を敵, を活かす, を深く, を神田, を萬一, を認めない, を讒者, を銀行

▼ でなく同時に~ (52, 0.3%)

3 一般的な 2 またこれら, また私, 客観的な

1 [43件] おれの, かの女, その技術, それが, それ自身が, またあらゆる, また眞理, また真理, また自身, また連歌, 主観的である, 人類的である, 作家でも, 作用させる, 倫理の, 先験的な, 内在的である, 又一つ, 受動的な, 同先生, 外國の, 強大なる, 彼らは, 母親であった, 民衆又は, 沿道諸国鎮撫の, 深刻な, 無学な, 無知な, 環境から, 異人であった, 異性の, 種々と, 自己を, 自己自身に, 製版の, 討幕を, 詩人としての, 超越的である, 遠い昔, 開いたもの, 集合的な, 非常に

▼ でなく~ (48, 0.3%)

3 なりに 2 静の

1 [43件] たがい, つし, つ母樣, ほどかな靜かな力, 世辞でなく, 互が, 互に注意, 互の, 京の, 光さんも, 光と, 内儀さんに, 医者なら, 千絵様で, 咲の, 園の, 土産まで, 女中がたも, 妹様の, 姑さんの, 嫁さんと, 嬢さまも, 屋敷の, 師匠さまも, 常を, 思いなすった, 料理は, 杉が, 涌が, 清の, 琴も, 由の, 由羅殿でなく, 祖母娘を, 神さんたちが, 福まで, 萬でない, 蝶の, 袖でなく, 酒を, 金持でも, 雛さんにも, 雪も

▼ でなく人間~ (48, 0.3%)

2 の声

1 [46件] がこの, が問題, が科学, その物, でいられたら, としての一切, としてもでき上がっ, としても至幸至福, として公, として段, として芸術家, として論じた, として風当り, と社会, による自然, に客体, に対する技術, のもっ, のもの, の世界, の主観的, の交通範囲, の人間, の仕業, の仲間, の住む, の全, の力以上, の単なる, の子供, の心, の性格, の感情, の最も, の歩行, の生活, の真実, の精神力, の血, の道徳的努力, の餌, はその, は幸福, は誰, もやがて, を不幸

▼ でなくかえって~ (46, 0.3%)

1 [46件] きて, このはなし, この原因, この大戦, その血管, それが, それらの, ただ精神, たち勝るかも, またカント, エルトマンが, シュナイデルの, 一つの, 両者を, 信用を, 千種赤松の, 反対に, 同志の, 善い思想, 善という, 夫婦間に, 孜々として, 実践的である, 尊氏は, 市場が, 愉快だった, 我々の, 手数の, 日常的世界が, 死についての, 民衆の, 現代科学に, 社会主義経済が, 私が, 耐久的な, 聴き手, 背致し, 自分が, 自分の, 自己の, 行為は, 表現の, 資本主義社会そのものの, 逆に, 邪魔物であります, 部分的でなけれ

▼ でなく~ (43, 0.3%)

6 ちゃア 2 たって

1 [35件] ちゃあ, ちゃあ不可, ちゃあ歯切, ちゃあ面白く, ちゃいけない, ちゃいや, ちゃからだ, ちゃア然, ちゃ元, ちゃ出来ない, ちゃ当節, ちゃ色男, ちゃ英雄, てお, てこの, てさ, てさい, てさえこう, てさえ今日, てさえ先達, てさえ熱, てさ貴女, てその, てそんな, てはお, ては一生, ては肖りません, ては酌, てもさ, てもまる, ても宜しい, ても私商売, てサ, て紛紜日, て顔色

▼ でなくもっと~ (41, 0.3%)

1 [41件] いい事, いろいろの, きみの, くだけた世話, ちがった別, 一般に, 中皇命, 何か, 具体的な, 内奥的な, 営養食治療食的な, 多かった, 大きく堅固, 大きな動機, 天然に, 奥の, 好人物的なる, 実質的に, 小さな子供, 広いところ, 広い意味, 広くて, 広くもっと, 強い物, 彼女の, 後の, 心に, 恐ろしい切実, 早く消え, 有力な, 根底的な, 深いところ, 深い関係, 直接当面の, 絶対的な, 自然な, 自身の, 複雑な, 親たちの, 身近な, 高貴な

▼ でなく~ (39, 0.3%)

7 つてゐる 2 つたと, つたのを, つてゐた, つて來る, つて来た, ツたんだ

1 [20件] つた, つたから, つたそれほど, つたといふ, つたのだ, つたので, つたのは, つた半面には, つた後期王朝にも, つた父の, つた男そして, つた証拠には, つた證據には, つてからは, つてゐるせゐ, つて乞食に, つて了ふ, つて來た, つて小, つて普通の

▼ でなく更に~ (38, 0.3%)

2 彼れ, 進んで

1 [34件] これを, すぐれた意味, すすんで, その意識, その毎日, それは, それ以上に, それ等の, ただ革命, また先天的後天的, また労働, また滅多, また物體的本性, また私, アラスカまで, カナダライの, 一時的な, 人口増加率は, 他の, 兇行直前の, 分量においても, 多く当の, 宇宙の, 広く深い潜在意識, 彼の, 機械に, 毎世紀, 粗生生産物, 自分に, 自餘, 読者自身の, 貴金属の, 逆に, 進み得ない方向

▼ でなく~ (36, 0.2%)

4 の底 2 のやさし, の問題, もまた, をも身

1 [24件] ある男子, でこれ, でも嘘, で泣い, にはぢ, のす, の中, の作用, の弱い, の故郷, の方, の溢れる, の目, の苦しみ, の飢餓, までいかにも, までがすっかり, までが中途半端, までさう, もやさしく, も憂い, も美しい, を戦かし, 迄がその

▼ でなく実際~ (35, 0.2%)

1 [35件] この面白, その責任者, ために, にまた, にも吠, にも彼, にやりはじめた, に世間, に仕事, に六十, に士族, に広東, に彼, に感ぜられた, に木村さん, に狐狸, に立体的, に誰, のよう, の事実, の国語, の本意, の生活, はもっと, 其意義を, 口に, 咒語と, 寺から, 方面における, 暗かった, 物理的にも, 生活を, 的に, 身体まで, 難問である

▼ でなくほか~ (34, 0.2%)

1 [34件] からも入門, にいろいろもっと, にこの, にもっと, にも二, にも人影, にも大勢, にも好意, にも猶, にも誰, に四五人, に彼女, のおとな, のたくさん, の人たち, の名, の女, の如何なる, の婦人, の子供たち, の方, の時, の深山, の理由, の生徒, の男, の看護卒, の神人, の立見連, の童子, の細君連, の記録, の雑誌, ひの

▼ でなく~ (32, 0.2%)

1 [32件] あわてて, から思え, でも吉原, においてなお, に働かず, の名, の樣, の物, の青い大きい, は以前, は党, は外交, また二人, までおとなしかっ, までの学徒, までの疲労, までわたし, まで人間, まで其處, まで敷い, まで私, まで自分, まで運動場, もその, も国民, も巷, 伝わって, 挙げた四事件, 書きたいなに, 迄とまるで, 迄にない, 迄はそれほど

▼ でなくあの~ (31, 0.2%)

2 ような, 頃の

1 [27件] あらしから, ころの, 中間の, 人に, 人を, 北園竜子さえ, 原稿が, 女も, 女王の, 妖怪氣分も, 山男を, 店が, 弱虫の, 思いがけない雷雨, 恐ろしい, 日あの, 映画は, 時に, 時代, 本居翁, 櫛田神社の, 水引屋の, 畜生ども枕を, 蕗の, 野趣を, 長詩全体, 頃では

▼ でなくそこ~ (31, 0.2%)

2 には何

1 [29件] いら, から直接間接, でもここ, に, にある, にいた, にのみ所謂, にのみ本当, には, にはやはり, には一つ, には三十七年, には嘗て, には常に, には長い, に住む, に何, に働い, に哲学, に娘, に旅客, に画因, に盛られた, に見え, の百姓, へ前, へ夜行, へ提げ, を目星

▼ でなくなつ~ (31, 0.2%)

134 たやう 3 てしまふ 2 たが 1 たため伯母さん, たと, たとき, たのに, たもの, た以上, た江南文三君, ている, てしまう

▼ でなく一般~ (30, 0.2%)

2 に綜合的, の人々

1 [26件] からは讃美, が将門天魔説, に, についてこんなに, にまだ, にもあった, にものごと, に事物, に傾向文学, に問題, に女性, に平均, に思想動員, に文化, に普遍, に東洋, に極めて, に読まれ, に酒, の修行者, の問題, の定評, の愛好者, の日本人, の芸術家, の讀者

▼ でなく~ (30, 0.2%)

2 にやる, も行うた

1 [26件] からの傳聞, が囲った, が見, が違, が風波, と物, にもいけない, に会いたくなくなった, に因っ, に目潰し, に詫びなけれ, の何倍, の心, の思惑, の様, の碁, の縁談, の難し, はかく, は自己, もこの, をし, を介した, を化けし, を愛する, を殺した

▼ でなく~ (28, 0.2%)

2 のいふ

1 [26件] かの作為, かの持ち家, がそれ, がまだ, が素性, しもが格闘, だってそう, だってその, だって驚きます, でもこの, でもその, でもでしょう, でも感ずる, でも知る, にもおそらく, にもどうも, にも分る, にも見当, にも話しませんでした, の用事, もが馬鹿, もひとしく, も云う, も本気, も知らんです, も認め

▼ でなく日本~ (27, 0.2%)

1 [27件] から素質, でも諸国, にはない, にも産, に於ける, のきょう, の一部, の亜細亜協会, の侍, の全体, の国, の国際性, の多く, の大, の民主主義, の民主化, の民族, の社会, の稲穂, の芝居, の詩, の詩人, の諸, の進歩, の領土, へ渡っ, 自から

▼ でなくすべて~ (26, 0.2%)

2 のもの

1 [24件] が宮崎, にうつろ, によい, に於, に於い, の人生, の場合, の外国暮し, の学術, の感触, の文化, の文教, の欲望, の死, の点, の物価, の知識, の精神的文化, の縁談, の罹災者, の職場, の芸術, の貨物, は国民

▼ でなく~ (26, 0.2%)

2 て人間, て意志, て歴史そのもの

1 [20件] て, てその, てそれら, てただ, てつねに, て一, て一定, て先, て兩者, て客觀的歴史的, て實踐的, て市場, て恰もまさに, て未來, て永遠, て経験そのもの, て絶えず, て自分, て資本主義社會そのもの, て過程的

▼ でなく寧ろ~ (26, 0.2%)

1 [26件] あなたが, この事業, この方, その傳統的慣習, その反対, その志, ゲーテが, 体現的な, 佶屈とも, 光榮である, 取持ちさ, 右際勝りである, 妥協的である, 宗教的に, 展望的に, 廃頽的な, 彼女が, 悲しさ, 標準語を, 潜在情勢と, 現在の, 祖先と, 自然的な, 興味をも, 道徳問題として, 金を

▼ でなく~ (25, 0.2%)

4 ない 2 なかった

1 [19件] あったし, あまり夫婦仲, あり, あれ遠く, これが, ともあれ何, ないこと, ないという, ないよう, なかつた, なかつたが, ウヌが, 出這入りする工夫, 寄せ手は, 少し具体的, 思われる, 無いという, 私は, 誰しも

▼ でなく自然~ (25, 0.2%)

2 なの

1 [23件] から学ぶ, なる水, にこの, にほのか, に人, に何, に出る, に形づくられる, に忠実, に背く, に許される, のまま, の土, の心, の感じ, の栄光, の理法, の美, の美的情緒, の要求, の趣, を人間化, を征服

▼ でなくちや~ (24, 0.2%)

2 ならない, ならない筈, ならん筈

1 [18件] いけないかね, いけないけれども, いけないん, と言, ならないと, ならん, やれないの, よくない, わからんよ, 出来ない事, 出来ない芸, 可かん, 困りますよ, 帰りませんの, 役に立たぬでな, 得られません, 泣いて, 行けやしない

▼ でなく彼女~ (24, 0.2%)

2 の自尊心

1 [22件] には不用, のこころよい, のほ, の一座, の姿, の指, の生涯, の相手, の肌膚, の若, の複雑, の話, の貞操, の顔, はさ, はもう, は晴れやか, は言う, も忘れ, も自分, をそういう, を素っ裸

▼ でなく全く~ (23, 0.2%)

2 リズム的に

1 [21件] それも, マテリーと, 全国的の, 刈田の, 娘時代の, 将棋さしと, 己れ, 恐ろしい程, 想像も, 推定に, 此の, 母に, 為さんと, 相対的に, 真実に, 眼を, 縁も, 自分の, 薬を, 鉱業者の, 骨董品に対する

▼ でなくある~ (22, 0.1%)

2 点で

1 [20件] ときなど, ときは, 一人の, 世にもすばらしい, 優しさ, 地点へ, 多少風変り, 大道の, 夫婦が, 意味に, 意味においては, 所の, 日高氏の, 時は, 時間を, 民族は, 漫談名家の, 知的水準を, 距離を, 邑落と

▼ でなくそういう~ (22, 0.1%)

1 [22件] ことに, ところまで, ものが, ものとして, ように, 一日は, 一部に, 人々によって, 俳優の, 利かん気, 唐突な, 境地に, 平凡な, 打算や, 機会を, 良人を, 行為は, 言葉に対して, 言葉自身が, 財政上の, 運動そのものに, 風な

▼ でなくどこ~ (22, 0.1%)

2 までも他

1 [20件] かとぼけ, かの軍艦, からでも生じる, か公益, か心, か顔ちがい, にも腰かけられる, にも馴染, の芝居, の驛, へおいで, へか売り込む, へ行っ, まで, までもまじめ, までも人間, までも妹達, までも論理的, まで小説, まで登っ

▼ でなく~ (22, 0.1%)

1 [22件] が聟さん, が進ん, としての自由, と女, なら, なん, にかけてもそう, にそんな, にとっても思いがけない, に対して義務, の人, の作家, の度胸, の弱味, の紫, の脚, の落語家, は夫, は寒, も女, も男, を攫ッ

▼ でなくあらゆる~ (21, 0.1%)

1 [21件] ものに, 一切な, 人間にとっての, 友情が, 場合に, 場合の, 女の, 微細にわたって, 文化の, 方面で, 方面に, 段階の, 浮世の, 点で, 熱情が, 生物には, 直観が, 種類の, 美徳技能智識を, 芸術の, 階級の

▼ でなくさらに~ (20, 0.1%)

1 [20件] その毎日, その身, それらの, また物体的本性, また私, 兵庫の, 反伎楽面的, 土を, 土地の, 平助を, 床を, 強める術, 新しい事実, 日本を, 理論的に, 生きた姿, 相手にも, 社会的生活の, 進んで, 進んでは

▼ でなく実は~ (20, 0.1%)

3 私も

1 [17件] この心ばえ, この研究全体, それよりも, やはり初期万葉びと, 三人分の, 先生も, 公儀の, 却って政治, 女中の, 市井で, 後で島村, 後宮の, 戸籍に, 拘薩羅国, 日の, 最大限の, 期待しなかつた

▼ でなく~ (20, 0.1%)

5 一に

1 [15件] 一, 一こんなで, 一その, 一塩焼きに, 一幕の, 一年目の, 一材料も, 一楠正成という, 一段の, 一物に, 一第, 一財産が, 二に, 二の, 四の

▼ でなくやはり~ (19, 0.1%)

1 [19件] 一年を, 一方に, 主観的な, 五ヵ年計画第, 其時代の, 古銭癖が, 大山祇神が, 山の, 我々の, 文学の, 書く方, 玉川電車の, 男一匹として, 當時流行の, 盲の, 禁廷に, 競技の, 育てて, 薄黄色く

▼ でなく我々~ (19, 0.1%)

2 が歴史, の共同

1 [15件] がその, が人生, が判斷, のすべて, の今, の内, の外部, の目, の目的, の知識, の祖先, の身体, はただ, はまた, は現

▼ でなく~ (19, 0.1%)

4 の人

1 [15件] からそれ, から使, から女, に遡れ, のよう, の偉い, の欧羅巴人, の殿様, の落語家, の裕福, の豚吉, はこんな, はエタ部落, は普通, は清

▼ でなくいろいろ~ (18, 0.1%)

1 [18件] ききただして, とお, なもの, な事情, な戸外ゲーム, な方法, な方面, な木, のうるさい, の品, の推理, の文字, の物差し, 日本の, 珍しい携帯糧食, 美しい熱帯, 複雑な, 違った文字

▼ でなくそして~ (18, 0.1%)

2 他人の, 前者の, 極めて多く, 知性の 1 それと, また苦しんだ, 不誠実で, 何でありたい, 右足が, 地質が, 増加または, 婆さんが, 直接と, 記録簿の

▼ でなくたって~ (18, 0.1%)

2 折角川の

1 [16件] いいじゃ, いいよ, いくらでもさし, いま時は, だいたい裁判所, もうこの, もしも君子, ウィーン社会民主党は, ヘタバッちまいます, 元金に, 凸レンズの, 大丈夫と, 実際そうじゃ, 手の, 裏口から, 阿呆陀羅経だって

▼ でなく~ (18, 0.1%)

1 [18件] がここ, などは名, にだってまんざら, にとっても一種, にとつて, のよう, の心, の態度ひとつ, はほんとう, は主人, は信じ, は小児, は新劇協会, は相手, は貴女, は間もなく, も人, をも苦しめる

▼ でなく~ (18, 0.1%)

2 の形

1 [16件] から考へる, と人, と物, に關係, に附帯, の中, の実体的本質, の実質, の考え方, の言える, の音響, をほんとに, を作る, を誓, を調べ, を辯證法的

▼ でなく現実~ (17, 0.1%)

1 [17件] から遠い, がその, にこれ, に如何なる, に神, の, の上, の世界そのもの, の中, の人間, の充たされない, の問題, の存在そのもの, の掛声, の星, の自己, の要求そのもの

▼ でなくそんな~ (16, 0.1%)

1 [16件] ことを, ものは, 事を, 人々が, 人たちを, 商人が, 噂が, 圧制的な, 坩堝の, 大袈裟な, 奴は, 得体の, 描写は, 興味が, 風なら, 風に

▼ でなく~ (16, 0.1%)

2 にもいう

1 [14件] からそう, からめいめい, からも横, にいうた, にもお話, に評釈, に述べた, の家, の川, の舞台, の花, よりもいっそう, 久の, 九年の

▼ でなく同じ~ (16, 0.1%)

1 [16件] ちょうの, ひとりについて, ような, 下町の, 人間の, 問題に, 国語に, 岩手県の, 村に, 様に, 法規が, 街道筋の, 言語においても, 賤民同士の, 隊士でも, 頃に

▼ でなく恐らく~ (16, 0.1%)

1 [16件] そのシャアシャア, ブウルジュアの, 劇場の, 唯一の, 夕顔亭の, 東京に, 此前にも, 猫の, 皆さんの, 私の, 細君に, 自分自身に, 自分自身の, 蕗子を, 親らしい, 諏訪湖から

▼ でなくそう~ (15, 0.1%)

1 [15件] ある事, いいながら, いって, かといつ, くりかえした, させられて, ずかは, であってこそ, であること, なの, 云う人達, 思った, 愕いた, 見えたかも, 高くなく

▼ でなく多く~ (15, 0.1%)

5 の人 2 の青年 1 の堅忍, の妻, の家庭, の校友諸君, の民族, の記事, は政治, は見えすいた

▼ でなく実に~ (15, 0.1%)

2 多才多能で

1 [13件] いろいろな, この婆さん, その精神上, は分析, は却って, ヘーゲルの, 不気味な, 僕の, 古今の, 文学と, 最良の, 符秦の, 精神によ

▼ でなく~ (15, 0.1%)

1 [15件] から歩い, が貧乏, と家, にい, の, のひとたち, のもの, のシキタリみたい, の入口, の手助け, の者, の裏, までも震動, も相当, や地面

▼ でなくすでに~ (14, 0.1%)

2 知性的な, 精神である 1 下田の, 二三度も, 出戦, 判断的であり, 北京の, 師冬にまで, 末期相を, 歴史的な, 潛在的に, 遠征を

▼ でなくてはと~ (14, 0.1%)

2 考えたから, 言ふ 1 おもった, 云って, 何年か, 思うよう, 思ふ, 思われる, 拒絶した, 望むらしい熱意, 決めて, 言うよう

▼ でなくよく~ (14, 0.1%)

1 [14件] いろんな人, うつって, そこに, ゆくの, 注意し, 生きよと, 考えて, 腑に, 視ると, 詩美の, 話の, 調和し, 郷党に, 風月を

▼ でなく一つ~ (14, 0.1%)

1 [14件] だけはまとめた, であ, には婆, の, の全体的, の哲学説, の哲學説, の大, の現象, の社會力, の量, はこの, はそれ, は節子

▼ でなく一種~ (14, 0.1%)

1 [14件] の内職, の国際人, の妙, の嫉妬, の宗派的気分, の式典, の心理劇, の息苦し, の符徴, の腰抜け, の自責, の遭難談, の風変り, の驚異

▼ でなく今日~ (14, 0.1%)

2 の日本

1 [12件] これから鎌倉, ではいざ, でも私, においても深い, に於, のよう, の人間, の研究, の私たち, の言葉, の読者, まで一人

▼ でなく他人~ (14, 0.1%)

1 [14件] が借り, には理解, の世界, の事, の好意, の姿, の容貌, の暴挙, の深い, の為, の病氣, の陰謀, をその, を羨み妬む

▼ でなく~ (14, 0.1%)

2 世界の, 軍の, 道に 1 き種族, プロレタリアートの, ヨーロッパに, ロシアの, 人格を, 国民を, 民衆の, 軍を

▼ でなく~ (14, 0.1%)

1 [14件] 一人を, 一語御, 予言まで, 伴も, 家中の, 幽居, 当人も, 承知の, 本人の, 自分が, 自分の, 自分も, 自身で, 自身にも

▼ でなく~ (14, 0.1%)

1 [14件] から祖父, から貰つて, が療養所, と母, なる公保, に連れられ, のない, の伊豆守, の家, の目, の遺した, は附き, やお, を亡くした

▼ でなく社会~ (14, 0.1%)

2 のため

1 [12件] がかう, において生産, にし, にも重大, に対する技術, に遺し, の状態, の観, もまた, や文化, をつくっ, を個人

▼ でなく自己~ (14, 0.1%)

2 の心

1 [12件] が, がそれ, が全く, が自己, の全部, の性情, の感官, の本然, の自己, の身体, への反省, を拡大

▼ でなく~ (13, 0.1%)

3 うした 2 ういふ 1 あんたから, ういつた, う云つてやつ, つぱりした一室, へあれ, へ痩せ切っ, よく勉強, 時間は

▼ でなくちゃあ~ (13, 0.1%)

2 いけない

1 [11件] ありがたくない, あんな気, ここへは, だめな, やれないです, 将軍様に, 巡礼が, 意味を, 済まないわ, 理解って, 駄目だ

▼ でなくどうか~ (13, 0.1%)

9 すると 2 して 1 したら八五郎, 御同席

▼ でなくほんとう~ (13, 0.1%)

2 の心

1 [11件] であるよう, にふと, にコレラ, に心から, に琵琶, に聞く, に自ら, の事, の同情, の生きた, の財源

▼ でなくもう~ (13, 0.1%)

3 一人の 1 きまりまとまり, ひとつ彼の, 一つの, 一ぺん四ツ目に, 一ぺん通り庭を, 一人誰かの, 二つあった, 二三枚ずつ, 六十以上の, 長いこと自分

▼ でなく世界~ (13, 0.1%)

1 [13件] から喚び起される, のあらゆる, のファシズム的傾向, の一物, の人民, の人類, の人類すべて, の到る, の国々, の文学史上, の歴史, の誰, の賃銀

▼ でなく~ (13, 0.1%)

1 [13件] からで, からも有名, から拾っ, から見た, なる呼び掛け, に出る, に現われた, に行く, のお湯, の廊下, の用, へ出, より攻めず

▼ でなく~ (13, 0.1%)

1 [13件] が年頃, であるわたし, のこと, の家, の朝枝, の生命, は一時, は生き, をも見る, を嫁けた先, を家, を殺す, を自分

▼ でなく当時~ (13, 0.1%)

1 [13件] の世界文化, の京都, の人民, の人皆, の心, の文化, の異色, の若い, の貧乏, の隠者層, の風習, は力次第, 既に作家

▼ でなく本当に~ (13, 0.1%)

1 [13件] ある現象, この世に, 在る事, 寄越すの, 小説らしく, 心底から, 日本を, 泣いてる真似, 生活に, 畳を, 自分の, 闘う者, 陽子は

▼ でなく~ (12, 0.1%)

2 ないから, なかった 1 ありませんさ, ない, ないが, ないの, ない制限, なかつた, なかつたが, 切支丹では

▼ でなくみんな~ (12, 0.1%)

1 [12件] からのけ者, がこういう, がそう, が力, が悪い, が眼, に, には気づい, のブラボオ, の心, の者, も強い

▼ でなく常に~ (12, 0.1%)

1 [12件] そうした気持, 一年足らず伸びゆく, 下から, 不安と, 人間本来の, 元康は, 動き常に, 必要事である, 感謝の, 新生活創始, 気に, 肉親の

▼ でなく~ (12, 0.1%)

2 る程度 1 ること, る処, る大, る希望, る建築雑誌, る日, る時期, る有力者, る論文, 家でのみ

▼ でなく~ (12, 0.1%)

3 も女 1 でも子供, と女ひと組づつ, にほんとう, の作家, の方, の方たち, の生き, の知人, や女

▼ でなく過去~ (12, 0.1%)

2 の一生 1 が提供, のこと, の偉人, の幼, の秘密いっさい, の記憶, は過去, も滅ぼされ, を常に, を追

▼ でなくなお~ (11, 0.1%)

1 [11件] おりおり浜, くさぐさ, それから, よく瞳, 下等動物と, 哲学をも, 大きくされた, 少なくとも二つ, 相場の, 自分には, 馬鹿げた非難

▼ でなくもし~ (11, 0.1%)

2 トルストイに 1 この半兵衛, この時, 兵部の, 増援の, 植込みを, 泥青色であったら, 私が, 自ら真に, 自分の

▼ でなくわたし~ (11, 0.1%)

1 [11件] がこれ, という男, として創作方法, に復讐, の心, の未来, はその, はコンプレックス, は先月坪田譲治氏, は風, 誓って

▼ でなく~ (11, 0.1%)

2 方面に 1 メンバーの, 丁目それぞれ手前の, 人物の, 単位の, 地方とも, 地方の, 方面の, 有力紙は, 流派の

▼ でなく周囲~ (11, 0.1%)

2 の家々 1 からもその, にある, に何, の人たち, の空気, の者, の背景達, の自然そのもの, を顧みる

▼ でなく子供~ (11, 0.1%)

2 をなくし 1 にあてがう, のころ, のとき, の友だち, の本能, の頃, は生まれ, までがそれ, を助ける

▼ でなく普通~ (11, 0.1%)

1 [11件] に強い, の人, の単行本, の往来, の故郷, の文章, の白扇, の硝子壜, の談話, の音, よりも利巧

▼ でなく~ (11, 0.1%)

1 [11件] から外, でもこんな, にい, のなか, の万福寺, の人達, の大人たち, の子供ら, の御, の近所, の駐在所

▼ でなく若い~ (11, 0.1%)

1 [11件] おかみさんが, 人などの, 女と, 娘等の, 彼等の, 時分から, 獅子手づか, 男であるらしい, 男の, 者の, 者達にも

▼ でなく非常~ (11, 0.1%)

1 [11件] な名文, な快楽, な經綸, にユックリ, に世間, に先, に大きな, に広い, に怒っ, に滑稽, に親しみぶ

▼ でなくここ~ (10, 0.1%)

1 ではこの, でまた, でも彼, とは全然, にはやはり, に立っ, の客殿, の家, の陣地, は国境

▼ でなくなにか~ (10, 0.1%)

2 の土産 1 お通, もつと, 得意げな, 思いつめたこと, 急病の, 怪しむべき点, 荷物が, 透きとおったものの

▼ でなく世間~ (10, 0.1%)

1 からはあまり, では他, に対しても申訳, に無頓着, のひと, の人々, の人気, の毒, の評判, へ出

▼ でなく事実~ (10, 0.1%)

3 である 1 であつ, として実感, においても易介, に近い, また親房, や現象, を覆っ

▼ でなく二人~ (10, 0.1%)

1 がその, の心, の言葉, の間, は宏子, は組みあっ, や三人, よったこと, 連だった, 連だつた

▼ でなく単なる~ (10, 0.1%)

1 会話の, 実景の, 属性事として, 己惚れであっても, 戯作者娯楽文学作者だ, 文字の, 物に, 自殺が, 関係でも, 関係乃至

▼ でなく単に~ (10, 0.1%)

1 この歌, その一つ, その臭味, 一種の, 実証的である, 実践からの, 心理的な, 知識として, 社会的地位において, 良人として

▼ でなく~ (10, 0.1%)

2 から追 1 から壁, になっ, に出た, に見る, に訃音, の場合, の金兵衛ら, 踵部には

▼ でなく支那~ (10, 0.1%)

1 が負ける, では漢字, には何, にも昔, に起つた, のみでなく, の大, の家屋, の民衆, やインド

▼ でなく最も~ (10, 0.1%)

1 強い虎, 必然的な, 怖ろ, 正しくかつ, 決定的な, 貧しい人々, 遠隔した, 重要な, 鋭敏なる, 高い清い恋

▼ でなく~ (10, 0.1%)

1 である自分一人, としての仕事, とそれ, とクリストフ, にさえある, のいつくしみ, のいわゆる, の様子, までが肩身, もあれ

▼ でなく現在~ (10, 0.1%)

1 お兼ちゃん, でない, においても金箔付, に於, のこと, のわれわれ, の日本陶器, の観客層, 見られるよう, 見るとおり木乃伊みたい

▼ でなく~ (10, 0.1%)

1 にそれ, にベエコン, に下, に対象, に尻, に彼等, に文壇, に旧作, に最も, に真理

▼ でなくあるいは~ (9, 0.1%)

1 この石, これが, その反響, 入り交り, 口中に, 心の, 恋の, 文官であり, 美しい点

▼ でなくしかも~ (9, 0.1%)

2 全く私 1 こんな弱い, やさしみ, われわれ日本人は, 一たびその, 法水の, 細致に, 自分に対しては

▼ でなくずっと~ (9, 0.1%)

2 以前から 1 後の, 昔未だ, 清らかに, 真実に, 西北の, 遠い昔, 髯は

▼ でなくその他~ (9, 0.1%)

1 にこの, のあらゆる, の事業, の人間, の凡て, の勝負, の抵抗論者, の方, の若草

▼ でなくその後~ (9, 0.1%)

1 おひ, で警官たち, と雖, の状態, は他, も時々ちゃんと, も着物, も終生, を追って

▼ でなくそれぞれ~ (9, 0.1%)

2 において特殊的 1 に危懼, の人物, の個性, の愛情, の時代, の段階, の葉

▼ でなく一切~ (9, 0.1%)

1 のパン, の事物, の女, の存在, の感性的, の男女, の芸, の都会的享楽, の面会

▼ でなく~ (9, 0.1%)

1 がうつろ, でうめき声, にははつきり不信, には京, には分別盛り, には気, に含まれ, の水, 講義を

▼ でなく作者~ (9, 0.1%)

1 が自ら幼時, が自分, にもわかっ, の人格, の人生, の技巧, の物, の身, ははじめ

▼ でなく反対~ (9, 0.1%)

1 にその, にソルティーニ, に僕, に刺客, に彼, に彼等, に更に, に生活, に非合理的

▼ でなく~ (9, 0.1%)

1 に目的, 出来でした, 唐の, 斧を, 港湾の, 真面目に, 膽で, 行幸やら, 變な

▼ でなく存在~ (9, 0.1%)

2 して 1 が意識, するであろうもの, でありこの, である, に対して初めて, に関わる, の見方

▼ でなく~ (9, 0.1%)

1 によく, に差別的博愛, に成敗, に現在, は東方亞細亞, は私, は葱嶺, は西暦紀元, は雄

▼ でなく既に~ (9, 0.1%)

2 他の 1 すべてを, そこに, 世に, 光子は, 死をも, 死病に, 結婚生活に

▼ でなく自分自身~ (9, 0.1%)

2 の心 1 で木魚, に対しての張気, に対するもの, の気, の良心, を味, を味つて

▼ でなく身体~ (9, 0.1%)

2 の方, を具えた 1 と脚, の具合, の養生, も心, を裂い

▼ でなく近所~ (9, 0.1%)

2 の人 1 に住む, の交際, の住宅, の住居, の村, の籬, の籬落

▼ でなく~ (9, 0.1%)

1 から, から老い, が混乱, で雀躍, の中, へ足, をまろめ, を上げ, を働かせ

▼ でなく~ (9, 0.1%)

1 だち身なり, と首筋, に斑点, の扇, までが真白, まで隠した, もなんだか, を合わす, を見合う

▼ でなくおそらく~ (8, 0.1%)

1 ひとりで, ソヴェトの, 人類の, 外國には, 後世の, 新しい時代, 源氏物語の, 為家の

▼ でなくかなり~ (8, 0.1%)

1 かず, なところ, の重, 以前から, 巧みな, 本心から, 知識的な, 身上を

▼ でなくどんな~ (8, 0.1%)

1 ものにも, 人物に, 人間が, 厳罰に, 場合でも, 小さい霧粒, 犠牲を, 食物が

▼ でなくやがて~ (8, 0.1%)

1 のぼりの, はフランス, は将軍職, 二人は, 北軍船舶を, 終戦に, 自分が, 西草深へ

▼ でなく以前~ (8, 0.1%)

3 にはもつ 1 にはもっと屡, の学校, の旅行, の自分, は山向う

▼ でなく先生~ (8, 0.1%)

2 の脳 1 からその, と親しく, の場合, の歯齦, の紹介, をつけねらっ

▼ でなく内容~ (8, 0.1%)

1 と形式, の一部, の上, の方, の論理, までキタナイの, をも綜合的, を内

▼ でなく~ (8, 0.1%)

1 七は, 七も, 七らの, 世紀後本木昌造が, 円形で, 圓形の, 強制的に, 瓦の

▼ でなく~ (8, 0.1%)

1 が五月のぼり, にした, に出し, のききよう, も利け, も巧, をきかない, を利き合う

▼ でなく~ (8, 0.1%)

1 この娘, そちこち, だ一種, だ云い度, わかつたやう, 肩へ, 貴方と, 過敏なる

▼ でなく大きな~ (8, 0.1%)

1 処小さな, 双眼鏡を, 大臣までも, 役所には, 火の玉と, 紙入れ非常に, 繪も, 者に対しても

▼ でなく大人~ (8, 0.1%)

2 でも感服 1 でさえひやっ, になり, のしかも, の方たち, までもその, まで爭つて呼びとめては買

▼ でなく広く~ (8, 0.1%)

1 ドイツ精神史の, 世間を, 全世界, 天下に, 小市民, 欧米諸国に対しても, 自分の, 農村にも

▼ でなく必ず~ (8, 0.1%)

2 仮面を 1 うてると, どこかで, 一体と, 二三人の, 合格しよう, 屋根の

▼ でなく思想~ (8, 0.1%)

1 が人間社会, が飽くまでも, その物, の上, の取扱, の取扱い, の鑵詰, をもっ

▼ でなく時には~ (8, 0.1%)

1 偶然的な, 其生活の, 唐蜀黍を, 川向うへ, 平温をずつと, 橿鳥の, 神楽坂へ, 自己の

▼ でなく真に~ (8, 0.1%)

1 外なる, 戦ふ国民, 死者の, 燃える力, 献げきった, 理屈を, 生活的な, 神品たる

▼ でなく~ (8, 0.1%)

1 と眼, にみえない, のあたり, のまわり, の前, の球, は洋中, もふさい

▼ でなく~ (8, 0.1%)

1 がなけれ, であり実, にも負けない, の色, も同じ, や石, を見たい, を見る

▼ でなく虚無~ (8, 0.1%)

2 である, でもなく, と混合, はむしろ

▼ でなく長い~ (8, 0.1%)

1 こと彼女の, 年月の, 時を, 朱羅宇の, 画壇生活の, 間埃の, 間自分に, 黒マントの

▼ でなくあなた~ (7, 0.0%)

1 から説得, が私, のよう, の奥様, の御, の科学的言辞, は余りに

▼ でなくいつも~ (7, 0.0%)

1 その儘, その手荷物, のごとく, 中腰に, 反軍の, 彼自身の, 欲深げな

▼ でなくこれから~ (7, 0.0%)

1 の一年間, の文学, の新しい, は毎日, もいくら, 後いつまで, 数学は

▼ でなくやや~ (7, 0.0%)

1 これを, もする, キャソリック的に, 動悸が, 悪性の, 晩年に, 硬い感じ

▼ でなく一人~ (7, 0.0%)

1 で行く, の人間, の作家, の侵入者, の女工さん, の子供, の負傷者

▼ でなく三人~ (7, 0.0%)

1 でビール, の女, の妃, の娘ら, の小娘, の店員たち, までも殺した

▼ でなく何だか~ (7, 0.0%)

2 悄気て 1 いやに, お痩せ, ぞくりとこはく, 借り物らしい, 深い御

▼ でなく何となく~ (7, 0.0%)

1 ひろ, 一時の, 主君から, 家康の, 私の, 賭仕合の, 重苦しい気持

▼ でなく全体~ (7, 0.0%)

1 としてとりこまれ, としての生活態度, にわたって自然, に於, の人格, の人間, をも混乱

▼ でなく~ (7, 0.0%)

1 が労務, に対しても会わせる, の召使たち, の新, はよい, も証明, を涜

▼ でなく~ (7, 0.0%)

2 なる關係 1 なる娯樂, にその, に好き, に常識, に男性的

▼ でなく外国~ (7, 0.0%)

1 でも文壇, でも飛行機, の文学, の旅, の言葉, の詩, へいっ

▼ でなく~ (7, 0.0%)

1 なる女, に対して私, に対する濃厚, の犠牲, は夫, も園子, を抱擁

▼ でなく~ (7, 0.0%)

1 のうえ, のよう, の中, の中腹, の火, の猟師, や水

▼ でなく彼ら~ (7, 0.0%)

1 がそれぞれ, が搬出, に対しては天罰, の生活そのもの, の目的, は不具, を害する

▼ でなく彼自身~ (7, 0.0%)

1 があこがれ, のため, の心身, の理想, の自尊心, の華奢好み, も深更

▼ でなく~ (7, 0.0%)

1 おくれに, で撫し, にもできた, に掛け, の樽, も脚, も頭

▼ でなく日常~ (7, 0.0%)

1 の平安, の時務, の生活, の生活感情, の言葉, の間, はどう

▼ でなく~ (7, 0.0%)

1 の上, の事件, の北辺, の心, の教科書, の時, は寧

▼ でなく歴史的~ (7, 0.0%)

2 なもの, に形成 1 であると, に発見, に言い換える

▼ でなく民衆~ (7, 0.0%)

1 との日常的接触, の声望, の好むべき, の福祉, の表情, の要求, を自身

▼ でなく~ (7, 0.0%)

1 のかなた, の漁場, の竿釣, は断崖, へ飛びこん, まで降り, を越え

▼ でなく~ (7, 0.0%)

2 の者, 実在の 1 その下, の分かり切った, も耳

▼ でなく~ (7, 0.0%)

1 と考へられた, に対しての物忌み, の祟, の許し, を中, を守り, を招き降した

▼ でなく自分たち~ (7, 0.0%)

1 に対して被, のこと, の居ります, の衣紋, の運, は満足, も彼ら

▼ でなく近頃~ (7, 0.0%)

1 こういう非難, の汚職議員, はお, はつい, は外神田, は次第に, は與茂吉さん

▼ でなくおよそ~ (6, 0.0%)

1 たくさんな, 今の, 大義に, 戦国の, 舟出入りの, 飜訳という

▼ でなくこういう~ (6, 0.0%)

1 ふうに, 前に, 年中行事の, 洞窟は, 話を, 風である

▼ でなくこんな~ (6, 0.0%)

1 お化けの, きれいな, 事を, 何處の, 完全な, 山水を

▼ でなくそれら~ (6, 0.0%)

2 のなか 1 に付設, のもの, の人達, はむしろ

▼ でなくそれ自身~ (6, 0.0%)

1 すでに歴史的, すでに表現的, の仕方, の価値, の意味, 又一つ

▼ でなくたしかに~ (6, 0.0%)

1 或る, 毒薬を, 片貝の, 犯人の, 狐の, 痕跡を

▼ でなくどうも~ (6, 0.0%)

1 この役, ポリサックム・ピソカルピウムて, 僕の, 兵庫を, 大都会, 獣の

▼ でなくどの~ (6, 0.0%)

1 作品も, 作家や, 児童に対しても, 実際問題, 新聞のも, 雑誌へ

▼ でなくひいては~ (6, 0.0%)

1 中央の, 師の, 歩兵隊全部の, 組じゅうの, 胃中の, 貴国の

▼ でなくまだ~ (6, 0.0%)

1 その頃, 一度も, 五十代の, 印象の, 小半時も, 織田信長が

▼ でなくよそ~ (6, 0.0%)

2 の娘 1 ではよく, の国々, の宿屋, の男

▼ でなく一般的~ (6, 0.0%)

2 なもの 1 にも同情, に不定, に借家, に知られ

▼ でなく~ (6, 0.0%)

1 には確か, に対しても不忠, のパイプ党, の劇評家諸氏, はあげ, を観る

▼ でなく主人~ (6, 0.0%)

1 と召使, の余り, の注意, の自分, の遠縁, は紋服袴

▼ でなく~ (6, 0.0%)

1 とは別に, を世界的, を出来る, を社会科学, を絶対的, を罵詈

▼ でなく人々~ (6, 0.0%)

1 の個人的, の手本, の行為, は荒廃, もなんだか, もまた

▼ でなく信長~ (6, 0.0%)

1 からそれ, の一弟子, の心, の衆臣, は, は妹聟

▼ でなく危険~ (6, 0.0%)

1 あるを, な思想, もまた, も亦, や恐怖, を冒し

▼ でなく~ (6, 0.0%)

2 の奥 1 に述べた, の耳, の胸, や左

▼ でなく国民~ (6, 0.0%)

1 その日, として自尊, となり, の一人, の自主的創造力, は前線躍進

▼ でなく天下~ (6, 0.0%)

2 の多数 1 が, の大事, の大勢, の衆目

▼ でなく~ (6, 0.0%)

1 なレーヨン, な嫉妬, な話, にチヤホヤ, に恐ろしく, に高氏

▼ でなく学校~ (6, 0.0%)

1 と研究所, に何, の教科目その他, の方, の校風全体, の組織

▼ でなく彼等~ (6, 0.0%)

1 に類似, の持つ, は世にも, は皆背, をし, 幼いもの

▼ でなく従って~ (6, 0.0%)

1 そのはたらきかた, それだけ進歩, 人が, 宗教的意識の, 歴史の, 自然の

▼ でなく心から~ (6, 0.0%)

1 その企て, の興味, 御前の, 心へ, 槍の, 私を

▼ でなく感情~ (6, 0.0%)

1 だけでもこの, であるが, と生活, によって主観的, の上, の温かい

▼ でなく時に~ (6, 0.0%)

1 うるささを, はこの, はロスタン, は噛みつい, 本物を, 証人等に

▼ でなく~ (6, 0.0%)

1 にも走れる, に入っ, の木蔭, はば, へまわっ, を向いた

▼ でなく正に~ (6, 0.0%)

1 ジャーナリスティックに, 千鈞の, 反動的な, 弁証法によって, 樹として, 過程の

▼ でなく~ (6, 0.0%)

1 がくるっ, にか, にはかかる, に染まぬ, の利いた, も心

▼ でなく江戸~ (6, 0.0%)

1 からわざわざ, との交通, にいた, にも人気, をさし, 総攻撃

▼ でなく現に~ (6, 0.0%)

1 その場, それを, わたくしも, 不完全な, 今も, 高度に

▼ でなく~ (6, 0.0%)

1 からもそれら, にもわかる, の上, も診察, をとぢ, を驚かす

▼ でなく直接~ (6, 0.0%)

1 その陣営, に中心, に逢いたい, の意味, の殺害, 各家庭

▼ でなく~ (6, 0.0%)

2 の絶対 1 の人間, の修辞学, の芸術家, 撃である

▼ でなく真実~ (6, 0.0%)

2 らしさ 1 の共感, の天狗, はストーン, を述べる

▼ でなく真理~ (6, 0.0%)

1 であるから, という形容詞, に向っ, の公明正大, は時, をもとめ

▼ でなく真面目~ (6, 0.0%)

1 な問題, な歌いぶり, にこの, にさう, にそう, に働かう

▼ でなく~ (6, 0.0%)

1 でつく, でなく森, で打たれ, に魂, のちっとも, を積み重ねた

▼ でなく立派~ (6, 0.0%)

1 な美術品, な車体, な青年勇士, な饗宴, にその, に大名

▼ でなく精神的~ (6, 0.0%)

1 にも, にもいろいろ, にもそう, にも襲いかかっ, に観, に觀

▼ でなく絶えず~ (6, 0.0%)

3 喜助の 1 新たに, 自分を, 蜀自体の

▼ でなく美術~ (6, 0.0%)

2 に理解 1 さえも官僚統制, の鑑賞, をさ, を愛する

▼ でなく~ (6, 0.0%)

1 で聞い, で聞く, にした, に聞える, に訴える, も首

▼ でなく自身~ (6, 0.0%)

1 が何, のうち, の姿, の目ざす, の立場, もよけい

▼ でなく途中~ (6, 0.0%)

1 がまったく, でないと, で支流, の一歩一歩, の様々, は渺茫

▼ でなく音楽~ (6, 0.0%)

1 が好き, にも絵, に内面的, の鼻持ち, は時間的, や芸術

▼ でなく~ (6, 0.0%)

1 にすら飾り, に乗った, に救われた, を名, を屋内, を走らせ

▼ でなくあれ~ (5, 0.0%)

1 ほどにも明瞭, ほどの大獄, ほど身, を使っ, 以来たいがいな

▼ でなくいかにも~ (5, 0.0%)

1 たのしみそう, みすぼらしい見世物, 人なつっこそう, 惨めに, 手の

▼ でなくいつ~ (5, 0.0%)

1 だってあなた, でもまた, でも人, でも奇抜, の日

▼ でなくいわば~ (5, 0.0%)

1 うすあじ, 夷子講の, 或る, 欲のみ, 烏合の

▼ でなくおまえ~ (5, 0.0%)

1 にも同じ, までがこんな, をなぐる, をも幸福, を愛する

▼ でなくここら~ (5, 0.0%)

2 には同好 1 でも山椒, に黒, は寺

▼ でなくこちら~ (5, 0.0%)

1 で希望, に通し, の男, は陸, も同格

▼ でなくこんど~ (5, 0.0%)

1 のこと, はソビエト, はビイル, は病人, は青い

▼ でなくしたがって~ (5, 0.0%)

1 この日, メシと, 個人の, 捨閉擱抛と, 農村にも

▼ でなくすぐ~ (5, 0.0%)

1 喉を, 快くおなり, 思い立って, 持ちうる習性, 此裏の

▼ でなくたとえ~ (5, 0.0%)

1 それが, 山野の, 楽しかった, 母が, 9であっ

▼ でなくたとえば~ (5, 0.0%)

1 それらの, 多くの, 法然親鸞日蓮道元といった, 貴人の, 鶉の

▼ でなくたまたま~ (5, 0.0%)

2 特別な 1 上がったの, 当年の, 衷心より

▼ でなくつねに~ (5, 0.0%)

2 注意深く節度 1 個別的な, 在るところ, 現実へ

▼ でなくつまり~ (5, 0.0%)

1 は仕方, は墾田奨励, 常に常識的, 疲れの, 結句の

▼ でなくてさえも~ (5, 0.0%)

1 その家庭, 品右衛門爺さんに, 夏には, 近頃は, 雲は

▼ でなく~ (5, 0.0%)

1 くいの, 云う意, 申して, 見える, 言おうじゃあ

▼ でなくひとつ~ (5, 0.0%)

1 には彼, のもの, のゼネレーション, の信仰, の束縛

▼ でなくほんとに~ (5, 0.0%)

1 じぶん, その頃, 何を, 母として, 科学的に

▼ でなくまったく~ (5, 0.0%)

1 それも, 年取った芸者, 心細くなっ, 敵の, 服装にも

▼ でなくより~ (5, 0.0%)

1 一般的な, 以上国民自体の, 悪いこと, 歴史や, 高く高くと

▼ でなくわれわれ~ (5, 0.0%)

1 の住む, の心, の社会, の総意, を女らしき

▼ でなくイギリス~ (5, 0.0%)

1 においてもこの, に対抗, のよう, のブルジョア, の凡俗

▼ でなくフランス~ (5, 0.0%)

1 から帰っ, の国民, の士官達, の民衆, の芝居

▼ でなく主体~ (5, 0.0%)

2 である 1 に対する関係, に関係, の真理

▼ でなく事件~ (5, 0.0%)

1 が発生, の原因, の性質, の核心, の真相

▼ でなく今度~ (5, 0.0%)

2 は念入り 1 はあべこべ, は浜田, は逆

▼ でなく何等~ (5, 0.0%)

1 かの意味, かの数理的法則, かの理由, か記号的, そんな表現

▼ でなく作家~ (5, 0.0%)

1 である, でもある, の口, の観察, をどんなに

▼ でなく例えば~ (5, 0.0%)

1 バルザックや, 女らしさ, 当時ニージュニイで, 自然科学の, 諷刺小説

▼ でなく~ (5, 0.0%)

2 の社会的位置 1 が俺, はお前, を狙つた和蘭渡り

▼ でなく個人~ (5, 0.0%)

1 としてあなた, としてそっと, においてもそう, にもつ, はまた

▼ でなく内部~ (5, 0.0%)

1 からの樣式, のもの, の心理, の思考, をのぞく

▼ でなく~ (5, 0.0%)

1 な室, な所, の人, の力, の厭味

▼ でなく別に~ (5, 0.0%)

1 なお人, 弁証法的段階にまで, 或筋, 海に, 自分の

▼ でなく国家~ (5, 0.0%)

2 のため 1 と民族, の利益, の生産能力

▼ でなく~ (5, 0.0%)

1 から生え, が馬鹿, に砕け, の凸凹, の煙り

▼ でなく土地~ (5, 0.0%)

1 のもの, の売り物, の売物, の料理店, を拓い

▼ でなく多少~ (5, 0.0%)

1 とも偶然, の借金, の経験, 熟語としての, 規則的に

▼ でなく客観的~ (5, 0.0%)

1 であること, なもの, なもの超越的, な命令, にどこ

▼ でなく家中~ (5, 0.0%)

4 の者 1 の誰彼

▼ でなく家族~ (5, 0.0%)

1 あつかいの, にさえも余り, のため, の人々, の方々

▼ でなく小さな~ (5, 0.0%)

1 一寸した, 汽船は, 穴に, 赤ん坊も, 銅貨を

▼ でなく小説~ (5, 0.0%)

1 が現実, だったらいくらでも, の批評, の読者側, も作る

▼ でなく幕府~ (5, 0.0%)

1 でも私, の人選, の御家人, は自分, も他

▼ でなく我が~ (5, 0.0%)

2 里遙かに, 里遥かに 1 國民の

▼ でなく~ (5, 0.0%)

2 の甘言 1 が微弱, に会し, の家来

▼ でなく文学~ (5, 0.0%)

1 のそ, の上, の世界, の問題, をも混乱

▼ でなく日本人~ (5, 0.0%)

1 でも能, の体, の物, は何度, は元来論理思想

▼ でなく~ (5, 0.0%)

1 に三日目, の前半, もまた, も昇つた, を数え

▼ でなく殊に~ (5, 0.0%)

1 この東京, その盛ん, 中学生徒の, 子供が, 当時水戸が

▼ でなく~ (5, 0.0%)

1 でなく火, に油, の中, は浅く, 弾きや

▼ でなく永久~ (5, 0.0%)

1 に効果, に政治的方便, に若く美しい, の夫婦, の現存

▼ でなく無意識~ (5, 0.0%)

1 にでも自ら恃むところがあるためにこそ, にもせよ, に口, に抱きつい, に誇張

▼ でなく特に~ (5, 0.0%)

1 この概念, 今そういう, 彼の, 政府の, 護法と

▼ でなく~ (5, 0.0%)

2 が鼠 1 でなく鼠, にも馴れ, は蝙蝠

▼ でなく生活~ (5, 0.0%)

1 に理念, のいろいろ, のうち, の保証, の基本

▼ でなく相当~ (5, 0.0%)

1 に多く, の建築費, 幽界の, 打合せが, 深刻な

▼ でなく~ (5, 0.0%)

1 が粗野, に味, の中, の保存, の繊維

▼ でなく自由~ (5, 0.0%)

1 とは何, なお, に成長, に戸外, の契約

▼ でなく自身たち~ (5, 0.0%)

5 も田

▼ でなく舞台~ (5, 0.0%)

1 といふもの, に出る, の上, の人物, を立て

▼ でなく若人ら~ (5, 0.0%)

4 の言 1 の言う

▼ でなく~ (5, 0.0%)

1 は, はば平次, ひ換, ふ人, へるほどの

▼ でなく言葉~ (5, 0.0%)

1 に対する意識そのもの, の一つ一つ, の体裁, もつくらう, も父さん

▼ でなく諸君~ (5, 0.0%)

1 に物, の功績, の同胞, の心, は確

▼ でなく遠く~ (5, 0.0%)

1 の人たち, は布哇, は房総, 聞き伝えて, 離れた国中

▼ でなく~ (5, 0.0%)

1 のかかる, のため, の魚, を使う, を守らなく

▼ でなくあまり~ (4, 0.0%)

1 きれいでも, の緊張, 気分の, 水菓子を

▼ でなくいわゆる~ (4, 0.0%)

1 旧制度崩壊, 相嘗, 西洋に, 誰言う

▼ でなくうち~ (4, 0.0%)

2 からは戸, の女中

▼ でなくかへ~ (4, 0.0%)

1 つてこの, つてただ, つて反, つて私が

▼ でなくこうして~ (4, 0.0%)

1 おやしき, 実際に, 木戸さんにまで, 編集された

▼ でなくことに~ (4, 0.0%)

1 この地方, それだけ, 訊問において, 郊外は

▼ でなくしばしば~ (4, 0.0%)

1 それを, 激痛が, 自分でも, 通告を

▼ でなくしまいに~ (4, 0.0%)

1 はかれ, は変, は山の手, は自分

▼ でなくしん~ (4, 0.0%)

1 からいとしく, から楽し, せつなおじいさん, のしん

▼ でなくそうした~ (4, 0.0%)

1 死骸を, 気持を, 深淵に, 貴人の

▼ でなくそこら~ (4, 0.0%)

1 で売ってる仕, にある, の地面, の歩兵銃

▼ でなくたいてい~ (4, 0.0%)

1 それらの, の先生, 満州の, 滿洲の

▼ でなくちょっと~ (4, 0.0%)

1 お身体, ゆかたがけといった, わけが, 置いて

▼ でなくどう~ (4, 0.0%)

1 すること, でも, 公平に, 見ても

▼ でなくほとんど~ (4, 0.0%)

2 すべての 1 全国的に, 殺人的な

▼ でなくほん~ (4, 0.0%)

1 たうで, たうに, たうに国民, との粟

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 つたうな, づは, ん圓, ッ先に

▼ でなくまさに~ (4, 0.0%)

1 その反対, 学問の, 支配階級な, 現在が

▼ でなくみな~ (4, 0.0%)

1 そう思っ, で一篇, 何らかの口実, 疑った

▼ でなくわたくし~ (4, 0.0%)

1 には耽美主義そのもの, の証文, はまだ, は彼

▼ でなくカムパネルラ~ (4, 0.0%)

4 はその

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 てはお, てはできない, て妻, の音

▼ でなくツちや~ (4, 0.0%)

1 あお帰り, あ事, ならねえ, 曳かれねえ風

▼ でなくヨーロッパ~ (4, 0.0%)

1 でも石器時代, のどこ, の博物館, の神学者

▼ でなく一体~ (4, 0.0%)

1 でもよい, に満, の成績, 中村氏は

▼ でなく一個~ (4, 0.0%)

2 の人間 1 の世界的理想, の輸入品

▼ でなく一応~ (4, 0.0%)

2 の理論 1 の料理人, 兵を

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 から突き落された, のヘッド, の伏見屋, の温室

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 公正への, 拘束の, 確実な, 確實な

▼ でなく両方~ (4, 0.0%)

1 の兄, の力, の手, の胸

▼ でなく人生~ (4, 0.0%)

1 と云う, と文学, のさまざま, のすべて

▼ でなく今夜~ (4, 0.0%)

1 のすべて, の折角, は不愉快, も確か

▼ でなく伸子~ (4, 0.0%)

1 と素子, にとっても重大, にはそこ, の身

▼ でなく何事~ (4, 0.0%)

1 か彼方, もない, も両極, も合理的方法

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 に還っ, は他, は赤, より好い

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 の太郎, の泉太, まで汚される, もまた

▼ でなく充分~ (4, 0.0%)

1 な分析, に信, に研究, 考えた上

▼ でなく全身~ (4, 0.0%)

1 ことごとく疲労, に生気, の工合, の運動

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 からも働く, に経験, へ呼び入れ, 亦不可得

▼ でなく凡て~ (4, 0.0%)

2 の事 1 の研究的発見, はつねに

▼ でなく初め~ (4, 0.0%)

1 からの調書, からド・レ・ミ, から困難, のほど

▼ でなく即ち~ (4, 0.0%)

1 京都の, 何等本来, 自然に, 解剖の

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 時代の, 時代への, 樣の, 牲共食で

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 かるいという, に樹, の上, を這う

▼ でなく地上~ (4, 0.0%)

1 のあらゆる, のすべて, の酸鼻そのもの, を匍

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 が夜毎, でなく, に現れた, を白日

▼ でなく大いに~ (4, 0.0%)

1 こっちも, 学び得た旅, 理由の, 過失を

▼ でなく大抵~ (4, 0.0%)

1 の作家, はひっそり, は三国伝来, 高閣に

▼ でなく女性~ (4, 0.0%)

1 としての己, の非力, の顔そのもの, も男性

▼ でなく実行~ (4, 0.0%)

1 するという, である, として何等, もはっきり

▼ でなく少し~ (4, 0.0%)

1 も物, も美しく, わきの, 泥などの

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 で顔, の方, の突き当たり, の者

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 い社會, い野原, く世上, く人類

▼ でなく後世~ (4, 0.0%)

1 になつて, にも實行, の歴史, の變改

▼ でなく悪魔~ (4, 0.0%)

1 がそれほど, のよう, の事, の考え方

▼ でなく或いは~ (4, 0.0%)

1 とだけでちょっと, もとこの, 反対党の, 山から

▼ でなく所々~ (4, 0.0%)

1 で踊り, にわが, に出た, の辻口

▼ でなく手紙~ (4, 0.0%)

2 や日記 1 で欲しい, をくれ

▼ でなく技術~ (4, 0.0%)

1 で勝負, の一応, の中, の意味

▼ でなく文化~ (4, 0.0%)

1 であるやう, であるよう, に関する各, を擁護

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 に鐸, 作家の, 時代の, 鋳の

▼ でなく新しい~ (4, 0.0%)

1 のが, 墓が, 文化の, 文学行動の

▼ でなく日常生活~ (4, 0.0%)

1 でもする, のなか, の平凡事中, の現実

▼ でなく日本語~ (4, 0.0%)

1 であった, であつ, としても生きない, の

▼ でなく早く~ (4, 0.0%)

1 も駕, 成人に, 真如涅槃の, 腐敗し

▼ でなく時々~ (4, 0.0%)

1 はねえ, は私宅, 破裂する, 紛れ込んで

▼ でなく時代~ (4, 0.0%)

1 が史, と共に, の複雑, も風俗

▼ でなく東京~ (4, 0.0%)

2 の客 1 から, で地方人

▼ でなく極めて~ (4, 0.0%)

2 不安定で 1 小心冷酷の, 真面目な

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 から次, の世代, の事, の軍

▼ でなく次第に~ (4, 0.0%)

1 大儀相に, 悪化し, 立派に, 進んで

▼ でなく此方~ (4, 0.0%)

1 から逢, の不明, の卑劣, の気分

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 とは徒ら, の原因, の為, もどんな

▼ でなく殆ど~ (4, 0.0%)

1 全県下, 凡ての, 彼を, 社会一般の

▼ でなく父親~ (4, 0.0%)

1 の吉川機関手, の技倆, の耳, をも軽

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 の為, もよく, も死, を持ちきたった

▼ でなく生来~ (4, 0.0%)

2 が歯質 1 社交的でなかった, 社交的でなかつた

▼ でなく番頭~ (4, 0.0%)

1 から冷淡, から小僧, であつ, の勘三郎

▼ でなく相手~ (4, 0.0%)

1 の人, の女性, をいいこめ, をし

▼ でなく真剣~ (4, 0.0%)

1 に嫌がっ, に痛切, に肚, に腕組み

▼ でなく着物~ (4, 0.0%)

1 なども眼, の胸, や道具, をも剥い

▼ でなく科学~ (4, 0.0%)

1 の専門家, の成果, の発達, の精神

▼ でなく種々~ (4, 0.0%)

2 の獣 1 な人々, 教訓と

▼ でなく第三者~ (4, 0.0%)

1 として話, に対した, のもの, の眼

▼ でなく肉体的~ (4, 0.0%)

2 にも稀代 1 な好奇心, 乃至精神的

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 に横たえた, に縄, の周囲, の後ろ

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 が空く, の方, をきめた, を裂き

▼ でなく自殺~ (4, 0.0%)

1 して, すること, です, とすれ

▼ でなく芝居~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 に脚色, の真似事

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 がだくだく, に染みた, の手形, を吐く

▼ でなく西洋~ (4, 0.0%)

1 でも支那, の文芸, の管絃楽, 諸國

▼ でなく貴君~ (4, 0.0%)

2 が一緒, に対する誰

▼ でなく趣味~ (4, 0.0%)

1 からも相当, とか余技, としてむか, を解する

▼ でなく~ (4, 0.0%)

2 に沁みる 1 がつまる, に染みる

▼ でなく部下~ (4, 0.0%)

1 の警官連, はみな, を見殺し, 諸将軍連

▼ でなく都会~ (4, 0.0%)

1 の街路, の街路そのもの, の通有性, へ行っ

▼ でなく~ (4, 0.0%)

1 だけで, の肴, の脂, も好き

▼ でなく~ (4, 0.0%)

2 も開けず 1 から前庭, の外

▼ でなく~ (4, 0.0%)

2 の形 1 によって木, の泳ぐ

▼ でなくあたし~ (3, 0.0%)

1 が本当に, の短い, をそこ

▼ でなくいくらか~ (3, 0.0%)

1 固い表情, 夫半蔵をも, 違ったもの

▼ でなくいま~ (3, 0.0%)

1 では店, の育児, 尚父

▼ でなくいや~ (3, 0.0%)

1 それも, そんなもの, な思い

▼ でなくいやしくも~ (3, 0.0%)

1 公民権を, 日本人に, 詩的精神の

▼ でなくいろんな~ (3, 0.0%)

1 事件が, 工場でも, 意味にも

▼ でなくお前~ (3, 0.0%)

1 に直に, の人智, の配偶

▼ でなくかかる~ (3, 0.0%)

1 分割は, 多趾, 行為そのもの自己そのものの

▼ でなくかく~ (3, 0.0%)

1 の如き, までに信任, 死ぬこと

▼ でなくかつ~ (3, 0.0%)

1 はそれ, 後に, 比較的に

▼ でなくかつて~ (3, 0.0%)

1 この海, は浄人, 林下に

▼ でなくかの~ (3, 0.0%)

1 ゴシック建築の, 女が, 磯之丞の

▼ でなくこう~ (3, 0.0%)

1 すれば, 言う若人, 面と

▼ でなくこっち~ (3, 0.0%)

1 から行こう, が庇わなけれ, を睨ん

▼ でなくこれら~ (3, 0.0%)

1 の原子電子, の善男善女, の諸仏

▼ でなくさて~ (3, 0.0%)

2 路地内に 1 さうし

▼ でなくさんざん~ (3, 0.0%)

1 に悪口, 侮辱を, 蹴られたり

▼ でなくそうして~ (3, 0.0%)

1 なかなかの, 制作され, 耕地を

▼ でなくそれで~ (3, 0.0%)

1 一時的に, 世間の, 手拍子を

▼ でなくちや駄目~ (3, 0.0%)

1 だ, だらう, でがす自分

▼ でなくちょうど~ (3, 0.0%)

1 そこへ, 来合わせて, 頃合の

▼ でなくてよ~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ でなくどうしても~ (3, 0.0%)

1 その統一, 中へ, 今度は

▼ でなくなんと~ (3, 0.0%)

1 かして, はなしに, 三つ目へ

▼ でなくまあ~ (3, 0.0%)

2 たとへば荒くれ 1 儲けさせて

▼ でなくまして~ (3, 0.0%)

1 今夜の, 原始的な, 見栄から

▼ でなくめいめい~ (3, 0.0%)

1 がいつ, が内心, の悩み

▼ でなくやっぱり~ (3, 0.0%)

1 あのスケッチどおり, 木村だろう, 生きて

▼ でなくわが~ (3, 0.0%)

1 少年連盟の, 蜀は, 魂の

▼ でなくわけても~ (3, 0.0%)

1 奉公人, 検事には, 終戦後は

▼ でなくわざと~ (3, 0.0%)

1 横へ, 私に, 紫雲英草を

▼ でなくシューマン~ (3, 0.0%)

1 にとっては魅力, は一生, は二つ

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 と月, に余, の觀念

▼ でなく一つ一つ~ (3, 0.0%)

1 と読み深め, の生きた, の音韻

▼ でなく一方~ (3, 0.0%)

1 さう, に人形, は敵

▼ でなく一時~ (3, 0.0%)

1 の拵え気焔, の方便, の旅行者

▼ でなく万事~ (3, 0.0%)

1 が浮つい, につけ, に技巧

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 からも余儀なく, の仁王堂, の樹林地帯

▼ でなく不幸~ (3, 0.0%)

1 なもの, なる後者, の女

▼ でなく不思議~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 な人相

▼ でなく世の中~ (3, 0.0%)

1 がさう, には見たい, の人たち皆

▼ でなく世上~ (3, 0.0%)

1 のため, の武士, へも敵味方

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 のあぐら, 傍に, 脇には

▼ でなく両者~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, の間, を統一

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 の不在, を辱, 體が

▼ でなく主として~ (3, 0.0%)

1 内より, 感情の, 無神論の

▼ でなく主観~ (3, 0.0%)

2 に於ける 1 の感情

▼ でなく~ (3, 0.0%)

2 に教師 1 かつて虫類

▼ でなく二つ~ (3, 0.0%)

1 が交, になった, の血

▼ でなく互に~ (3, 0.0%)

1 一生を, 化学成分を, 気拙く

▼ でなく人格~ (3, 0.0%)

1 である, として取扱え, に対する侮蔑

▼ でなく人民~ (3, 0.0%)

1 にむかっ, のうち, の文化

▼ でなく今後~ (3, 0.0%)

1 も亦, も愛人, も注意

▼ でなく仕事~ (3, 0.0%)

1 である何, に仕え, の意味

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 せば, の仏蘭西, の迎合主義

▼ でなく僕自身~ (3, 0.0%)

1 からも遠く, が一番, の気持

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 が離れぬ, には多く, の女房

▼ でなく全然~ (3, 0.0%)

1 そんなこと, 文字を, 自分の

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 にし, をとつ, 大きな身體

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 でも少し, でも少しく, は雪どけ

▼ でなく判断~ (3, 0.0%)

1 である, には肯定, の当

▼ でなく前者~ (3, 0.0%)

1 がこの, には概して, よりも後者

▼ でなく勿論~ (3, 0.0%)

1 ウィルソンの, 殺意が, 直接社外の

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 に当る, の国境, の奥羽

▼ でなく十分~ (3, 0.0%)

1 に実力, に浪漫的, の経験

▼ でなく半分~ (3, 0.0%)

1 たべて, は人形, まだ江戸

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 つてムッ, 對に, 對の

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 の俳風, 來傳統の, 合羽に

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 なり広く, なり突, 成り発送止め

▼ でなく同情~ (3, 0.0%)

1 ある同, と人気, を寄せ

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 がいい, が崩れず, 好く本筋

▼ でなく哲学~ (3, 0.0%)

1 とは何ぞ, の如く, 乃至科学

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 とか悪, とか惡, の一種

▼ でなく場合~ (3, 0.0%)

1 によっては喀血, によっては法律上, によれ

▼ でなく多分~ (3, 0.0%)

1 はカラウス, 彼の, 誰よりも

▼ でなく多勢~ (3, 0.0%)

1 の人, の合唱, の女中

▼ でなく多数~ (3, 0.0%)

2 の人 1 を占めた

▼ でなく大きい~ (3, 0.0%)

2 葉にも 1 人生に

▼ でなく大きく~ (3, 0.0%)

1 なつて, 日本人全体としての, 腕で

▼ でなく大勢~ (3, 0.0%)

2 の人間 1 で行こう

▼ でなく大学~ (3, 0.0%)

1 に入れ, の教授, を出なかった

▼ でなく大阪~ (3, 0.0%)

1 からも来る, という土地, のあの

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 といふ擬制的, に来り, に順

▼ でなく天皇~ (3, 0.0%)

1 そのひと, の手, の神聖

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 のためら, の卯吉, の趣味

▼ でなく夫婦~ (3, 0.0%)

1 というよう, となれ, を危機

▼ でなく如何なる~ (3, 0.0%)

1 好意に対しても, 戦敗国民も, 運動にも

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 になに, にも久しく, までが姉

▼ でなく学生~ (3, 0.0%)

1 に対しても非常, の実習, の必要品いっさい

▼ でなく学者~ (3, 0.0%)

1 としての彼, も器械, らしさ

▼ でなく完全~ (3, 0.0%)

1 でない歌, でも, に溶け合っ

▼ でなく宗教的~ (3, 0.0%)

2 な敬虔 1 な意味

▼ でなく宿~ (3, 0.0%)

1 の者, へ戻っ, も特に

▼ でなく対象~ (3, 0.0%)

1 から云っ, が脆く, が複雑

▼ でなく専ら~ (3, 0.0%)

1 人事である, 四隅の, 村内の

▼ でなく尊氏~ (3, 0.0%)

1 のいつも, のよう, はその

▼ でなく希望~ (3, 0.0%)

1 されること, の生活, をもっ

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 には当面, の眼光, までが関心

▼ でなく~ (3, 0.0%)

2 か不幸 1 ひに

▼ でなく幸い~ (3, 0.0%)

1 にここ, にし, 董相国には

▼ でなく~ (3, 0.0%)

2 は伸びる 1 の芯

▼ でなく幾らか~ (3, 0.0%)

1 誤解も, 霞んで, 鼠が

▼ でなく幾分~ (3, 0.0%)

1 か毒質, の敬意, の現

▼ でなく幾多~ (3, 0.0%)

1 の古書, の場合, の有名

▼ でなく広い~ (3, 0.0%)

1 世の中に, 意味の, 野原の

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 にでもつい, の置物, を歩き廻る

▼ でなく庶民~ (3, 0.0%)

1 の中, の慰楽, の評判

▼ でなく廊下~ (3, 0.0%)

1 の方, へ飛び出した, を走る

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 のヴォルフガング, の一郎, の秘事

▼ でなく弟子~ (3, 0.0%)

1 が罪悪, の説いた, を使い

▼ でなく当人~ (3, 0.0%)

1 こそ思慮, としても中途, も自分

▼ でなく形式~ (3, 0.0%)

1 で差上げる, に求められね, の統一

▼ でなく往々~ (3, 0.0%)

2 にし 1 有害で

▼ でなく後ろ~ (3, 0.0%)

1 だった, にかこった, は土蔵

▼ でなく徒歩~ (3, 0.0%)

1 でやって来, で行く, の人

▼ でなく従つて~ (3, 0.0%)

1 この問題, そのはたらきかた, 余程の

▼ でなく従来~ (3, 0.0%)

1 の概念, もああ, よく知られ

▼ でなく心理的~ (3, 0.0%)

1 でも, なので, また精神的

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 のかたき, の情熱, は成り立つ

▼ でなく恐らくは~ (3, 0.0%)

1 櫓の, 粉雪を, 誰にも

▼ でなく意識~ (3, 0.0%)

1 あっての, する所そこ, の対象

▼ でなく我我~ (3, 0.0%)

1 の詩, は詩想それ自身, は音樂の

▼ でなく戦争~ (3, 0.0%)

1 です, の全般, の責任者

▼ でなく~ (3, 0.0%)

2 とつい 1 殿

▼ でなく教養~ (3, 0.0%)

1 という観念, の高い, や娯楽

▼ でなく~ (3, 0.0%)

2 を経 1 に増し

▼ でなく明日~ (3, 0.0%)

1 の演劇, へ何, 若しも

▼ でなく明治時代~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 の寄席

▼ でなく昼間~ (3, 0.0%)

1 でもそこら, もそう, も休んだ

▼ でなく時どき~ (3, 0.0%)

1 にたずね, は行っ, 悲観的な

▼ でなく時計~ (3, 0.0%)

2 やノート 1 と名

▼ でなく時間~ (3, 0.0%)

1 でいうなら, を好む, を知る

▼ でなく最初~ (3, 0.0%)

1 から名前沢山, から土地, の願書

▼ でなく有害~ (3, 0.0%)

1 だ, なもの, な滑稽さ

▼ でなく~ (3, 0.0%)

2 の約束 1 には諾威

▼ でなく本来~ (3, 0.0%)

1 この種, の実践, は二叉

▼ でなく材料~ (3, 0.0%)

1 が素晴らしい, と養分, の蒐集研究

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 が正直, の分量, を払

▼ でなく様々~ (3, 0.0%)

2 な骨格 1 の点

▼ でなく様子~ (3, 0.0%)

1 が妙, に佐野, も幾分

▼ でなく~ (3, 0.0%)

2 の袂 1 の下

▼ でなく武蔵~ (3, 0.0%)

1 のよう, の手, はまた

▼ でなく歴史~ (3, 0.0%)

1 の全部, や経済史, 全體

▼ でなく母親~ (3, 0.0%)

1 に対して気まずい, の形見, は若い

▼ でなく気分~ (3, 0.0%)

1 が現, だから, の悪い

▼ でなく永く~ (3, 0.0%)

1 世の, 外国で, 戦争が

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 から南, の周囲, の鱒

▼ でなく特殊~ (3, 0.0%)

1 のうち, の場合, の構成

▼ でなく独立~ (3, 0.0%)

1 した一ト幕もの, して, の命題

▼ でなく率直~ (3, 0.0%)

3 なる事實

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 はれた, 實である, 實的で

▼ でなく現代~ (3, 0.0%)

1 にあっ, の世界, の流行小唄

▼ でなく現象~ (3, 0.0%)

1 のある, は実在, を精察

▼ でなく理解~ (3, 0.0%)

1 されねば, するの, というもの

▼ でなく田舎~ (3, 0.0%)

1 からはこん, の原っぱ, の百姓

▼ でなく男子~ (3, 0.0%)

1 の方, の貞操, ほどの報酬

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 の気分, へ買い物, を徘徊

▼ でなく異様~ (3, 0.0%)

1 な大, な煤け方, にあて

▼ でなく當時~ (3, 0.0%)

1 の人, の歐洲人, の詩壇

▼ でなく皮肉~ (3, 0.0%)

1 から出, でなくまして, のやう

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 に患者, に本質的, に餘儀

▼ でなく知識~ (3, 0.0%)

1 が実際, としての臆説, は経験

▼ でなく確か~ (3, 0.0%)

1 に本人, に生死, に真物

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 にも厚い, を欠く, を行う

▼ でなく私たち~ (3, 0.0%)

1 に生き, の心, は当

▼ でなく私ども~ (3, 0.0%)

1 の生れた, は家庭内, は山肌

▼ でなく私共~ (3, 0.0%)

1 の斯, の特別, を呪う

▼ でなく私自身~ (3, 0.0%)

1 でせめて, の内部生活, も供え物

▼ でなく科学的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 な面

▼ でなく突然~ (3, 0.0%)

1 この世からまで, 感ずること, 新たな

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 の礼, の跡, も芯

▼ でなく節子~ (3, 0.0%)

1 にまでその, にも話し聞かせた, の身

▼ でなく精神~ (3, 0.0%)

1 と身體, の衛生, の衞生

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 に学問, 日本式の, 粹を

▼ でなく純粋~ (3, 0.0%)

1 にピアノ, に客観的, を求めるなら

▼ でなく細君~ (3, 0.0%)

1 に代筆, に真相, もあり

▼ でなく経験~ (3, 0.0%)

1 に即し, に帰つて, に関係付けられなけれ

▼ でなく絵画~ (3, 0.0%)

1 に彫刻, に於, や彫刻

▼ でなく総じて~ (3, 0.0%)

1 徳川鎖国主義以前の, 戦国初頭から, 甲州勢の

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 がなめらか, の色, を出し

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 で観ろ, の問題, をきめた

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 が低い, にも臂, の痛み

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 と胸, の底, まで切裂かれ

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 と云, も強かっ, を惜しむ

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 が白い, も浅黒く, をあなどる

▼ でなく色々~ (3, 0.0%)

1 な印象, な新聞, な興味

▼ でなく芸術~ (3, 0.0%)

1 の上, の批判, の理解

▼ でなく表現的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 な世界

▼ でなく表象~ (3, 0.0%)

1 にとっては認識, の結合, を以てせられる

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 とよく, の代, も大事金

▼ でなく親しみ~ (3, 0.0%)

1 を出す, を増させる, 深く面白いもの

▼ でなく親たち~ (3, 0.0%)

1 にはいたっ, まで家, も信じ

▼ でなく認識~ (3, 0.0%)

1 された物そのもの, するため, でも思想

▼ でなく諸国~ (3, 0.0%)

1 とも今日, の大名, をめぐって杖

▼ でなく警察~ (3, 0.0%)

1 では例えば, の妨害, は少し

▼ でなく讀者~ (3, 0.0%)

1 のもつ, もまた, も質問

▼ でなく質的~ (3, 0.0%)

1 な精神的, にもう, に転化

▼ でなく~ (3, 0.0%)

2 個人的な 1 写実錯覚的な

▼ でなく超越的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 な本質

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 である, も胴, を仮

▼ でなく農業~ (3, 0.0%)

1 と商業, の純, はできません

▼ でなく遠い~ (3, 0.0%)

1 ところからも, 将来の, 昔は

▼ でなく量的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 に引きもどされ従っ

▼ でなく陣中~ (3, 0.0%)

2 にも暦日 1 に於い

▼ でなく障子~ (3, 0.0%)

2 は内 1 を隔てた

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 の庭, の方, の部屋

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 だった, に添っ, の恋

▼ でなく青年~ (3, 0.0%)

2 に対して不快 1 までいや

▼ でなく~ (3, 0.0%)

2 をあからめ 1 の辺眼

▼ でなく~ (3, 0.0%)

1 にまかれ, のある, の吹き荒れた

▼ でなく風采~ (3, 0.0%)

1 が立派, が高雅, も地位

▼ でなくああ~ (2, 0.0%)

1 いう標, いふ書きなぐり

▼ でなくあたり前~ (2, 0.0%)

1 の劇, の風

▼ でなくあちら~ (2, 0.0%)

1 にある, に宏大

▼ でなくあっさり~ (2, 0.0%)

1 という方針, とほ

▼ でなくあっち~ (2, 0.0%)

1 のほう, へ行っ

▼ でなくあと~ (2, 0.0%)

1 からきく, で下手人

▼ でなくあなた方~ (2, 0.0%)

1 のこと, の前

▼ でなくあべこべ~ (2, 0.0%)

1 に浅ましい, に背後

▼ でなくあんた~ (2, 0.0%)

1 に納得, をあこがれ

▼ でなくいい~ (2, 0.0%)

1 でございましょう, 声を

▼ でなくいかに~ (2, 0.0%)

1 しても, 彼が

▼ でなくいずれ~ (2, 0.0%)

1 だれかが, の間道

▼ でなくいよいよ~ (2, 0.0%)

1 家庭円満の, 降参しなけれ

▼ でなくうしろ~ (2, 0.0%)

1 からやられた, の本箱

▼ でなくうっかり~ (2, 0.0%)

1 申し出ると, 遊び過し

▼ でなくうつ~ (2, 0.0%)

1 かり交渉, そみの

▼ でなくうまく~ (2, 0.0%)

1 ない鳥, 火花を

▼ でなくうれしい~ (2, 0.0%)

1 お手紙, ような

▼ でなくおの~ (2, 0.0%)

1 が同胞, が敵

▼ でなくおのおの~ (2, 0.0%)

1 その下, 進んで

▼ でなくおのずから~ (2, 0.0%)

1 その日常生活, なるにじみ出た味

▼ でなくお互い~ (2, 0.0%)

1 に顔, 生きて

▼ でなくお父さん~ (2, 0.0%)

1 にはたいへん, のご

▼ でなくお返し~ (2, 0.0%)

2 しなければ

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 はいさうな, やくや

▼ でなくかえってつねに~ (2, 0.0%)

1 現在的なる, 発展の

▼ でなくから~ (2, 0.0%)

1 だが, だ全体

▼ でなくきつ~ (2, 0.0%)

1 と何, と生田葵君

▼ でなくきわめて~ (2, 0.0%)

1 手近い, 自然な

▼ でなくこうした~ (2, 0.0%)

1 古い事, 貯蓄者が

▼ でなくこの世~ (2, 0.0%)

1 にふたり, を離れる

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 恩を, 自分の

▼ でなくさながら~ (2, 0.0%)

1 永世の, 真実として

▼ でなくさりとて~ (2, 0.0%)

1 プロレタリア文学が, 飛び出して

▼ でなくしきりに~ (2, 0.0%)

1 主将の, 勝子の

▼ でなくしばらく~ (2, 0.0%)

1 そこに, その静か

▼ でなくじっさい~ (2, 0.0%)

1 に自分, 僕が

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 ッかり, 直な

▼ でなくせいぜい~ (2, 0.0%)

1 僅かな, 彼等は

▼ でなくせめて~ (2, 0.0%)

1 は政治家, は馬鈴薯

▼ でなくその間~ (2, 0.0%)

1 にはもう, に又

▼ でなくそれから~ (2, 0.0%)

1 後に, 直ぐに

▼ でなくそれに~ (2, 0.0%)

1 なんらかの意味, 馬籠は

▼ でなくそれ以前~ (2, 0.0%)

1 に文学, の民主的人生

▼ でなくそれ以外~ (2, 0.0%)

1 には不可能, に一種重要

▼ でなくそれ自体~ (2, 0.0%)

1 が軍備, の中

▼ でなくただただ~ (2, 0.0%)

1 不平の, 出世の

▼ でなくただ外~ (2, 0.0%)

2 から見

▼ でなくたちまち~ (2, 0.0%)

1 上を, 策動者の

▼ でなくたった~ (2, 0.0%)

1 一つの, 一つ残った

▼ でなくたとい~ (2, 0.0%)

1 市長が, 衆人の

▼ でなくたぶん~ (2, 0.0%)

1 そのころ, 庄吉は

▼ でなくだれ~ (2, 0.0%)

1 でももし, も同様

▼ でなくだんだん~ (2, 0.0%)

1 その様子, に陰った

▼ でなくちゃと~ (2, 0.0%)

1 思って, 言いましてね

▼ でなくちやん~ (2, 0.0%)

1 と名将, と文章

▼ でなくちや張合~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ でなくちや駄~ (2, 0.0%)

2 目だつたん

▼ でなくつい~ (2, 0.0%)

1 今しがた途方も, 手が

▼ でなくてんで~ (2, 0.0%)

1 人の, 私をば

▼ でなくときには~ (2, 0.0%)

1 一種の, 自分を

▼ でなくともかく~ (2, 0.0%)

2 も自分

▼ でなくどうやら~ (2, 0.0%)

1 我々自身も, 諸方に

▼ でなくどんなに~ (2, 0.0%)

1 探し廻っても, 食物が

▼ でなくなおも~ (2, 0.0%)

1 お爺さんに, その光る

▼ でなくなかなか~ (2, 0.0%)

1 さうざら, ぬけめ

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 おのずから馥郁, もっともっと複雑

▼ でなくばと~ (2, 0.0%)

2 鳶人足が

▼ でなくひとえに~ (2, 0.0%)

1 そんな境地, 芸術としての

▼ でなくひとたび~ (2, 0.0%)

1 戦禍に, 東廻選手によって

▼ でなくひとり~ (2, 0.0%)

1 の人間, 淋しく廊下

▼ でなくひろ子~ (2, 0.0%)

1 はこころもち, は重吉

▼ でなくふと~ (2, 0.0%)

1 気づくと, 赭く

▼ でなくへん~ (2, 0.0%)

1 に云い, に淡い

▼ でなくべつに~ (2, 0.0%)

1 山陽道から, 行動を

▼ でなくほん物~ (2, 0.0%)

1 のドイツ将校, の独逸将校

▼ でなくぼく~ (2, 0.0%)

1 や小林君, をおこらせる

▼ でなくましてや~ (2, 0.0%)

1 わたし一人の, 人を

▼ でなくますます~ (2, 0.0%)

1 増加し, 大なる

▼ でなくまず~ (2, 0.0%)

1 家が, 文化諸

▼ でなくまる~ (2, 0.0%)

1 つきり反対, 二年ここに

▼ でなくまるで~ (2, 0.0%)

1 新しい内容, 親子喧嘩でも

▼ でなくむしろ一見~ (2, 0.0%)

2 無秩序に

▼ でなくむしろ既に~ (2, 0.0%)

2 精神の

▼ でなくもちろん~ (2, 0.0%)

1 イワイとは, 自宅の

▼ でなくもっぱら~ (2, 0.0%)

1 このオセッカイ, 官兵衛孝高の

▼ でなくもと~ (2, 0.0%)

1 からの家族, 同じ流れ

▼ でなくもともと~ (2, 0.0%)

1 わからないの, 酒乱で

▼ でなくもの~ (2, 0.0%)

1 におびえる, によって上る

▼ でなくもはや~ (2, 0.0%)

1 卓一に, 自分の

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 だれでも, つて以て

▼ でなくよし~ (2, 0.0%)

1 可能である, 蝕まれ腐つたもの

▼ でなくわれわれ日本人~ (2, 0.0%)

1 の舌, を二つ

▼ でなくアジア~ (2, 0.0%)

1 にもありました, の平和

▼ でなくアマーリア~ (2, 0.0%)

1 には慣れ, を見た

▼ でなくイタリヤ~ (2, 0.0%)

1 のポムペイ, のポンペイ

▼ でなくインド~ (2, 0.0%)

1 からも直接, のもの

▼ でなくキリスト~ (2, 0.0%)

1 の汝等己, を理解

▼ でなくクリストフ~ (2, 0.0%)

1 が聞いた, が非常

▼ でなくスラスラ~ (2, 0.0%)

2 と淀み

▼ でなくタイピスト~ (2, 0.0%)

1 にとっては娯楽, にとつて

▼ でなくタイプ~ (2, 0.0%)

2 は個性

▼ でなくツイ家~ (2, 0.0%)

2 を外

▼ でなくテーマ~ (2, 0.0%)

1 をはっきり, をはつきり

▼ でなくフリーダ~ (2, 0.0%)

1 のこと, のほう

▼ でなくプロレタリア文学~ (2, 0.0%)

1 の公式主義, の若き

▼ でなくラジオ~ (2, 0.0%)

1 によって広められ, を通じてほとんど

▼ でなく一々~ (2, 0.0%)

1 制度的に, 地名を

▼ でなく一世~ (2, 0.0%)

1 を翔け去った, を風靡

▼ でなく一列一体~ (2, 0.0%)

2 に筆誅

▼ でなく一同~ (2, 0.0%)

1 が意外, の安心

▼ でなく一寸~ (2, 0.0%)

1 した発見, 独特な

▼ でなく一度~ (2, 0.0%)

1 お産を, は生命

▼ でなく一日~ (2, 0.0%)

1 か二日, に八十回

▼ でなく一生けん命~ (2, 0.0%)

2 その辺

▼ でなく一葉~ (2, 0.0%)

1 の若い, をひきつけた

▼ でなく一面~ (2, 0.0%)

1 の唐黍畠, より云え

▼ でなく丁寧~ (2, 0.0%)

1 にし, に又

▼ でなく丈夫~ (2, 0.0%)

1 なまめ, な人間

▼ でなく三上~ (2, 0.0%)

1 にも気に入っ, も福井

▼ でなく三之助~ (2, 0.0%)

2 を忍び返し

▼ でなく三成~ (2, 0.0%)

2 がその

▼ でなく三津子さん~ (2, 0.0%)

1 の顔, もその

▼ でなく下手~ (2, 0.0%)

2 な写実

▼ でなく不死~ (2, 0.0%)

1 で不滅, の薬物

▼ でなく且つ~ (2, 0.0%)

1 その作品, 中年の

▼ でなく世情~ (2, 0.0%)

1 に疎い, を知る

▼ でなく世界各地~ (2, 0.0%)

1 のさまざま, の人

▼ でなく両性~ (2, 0.0%)

1 の相剋, の関係

▼ でなく両親~ (2, 0.0%)

1 がやっと, の離婚

▼ でなく丹精~ (2, 0.0%)

1 でもない, をながめる

▼ でなく主婦~ (2, 0.0%)

1 のいいつけ, をお

▼ でなく久し振り~ (2, 0.0%)

1 で姉弟, に枕

▼ でなく九州~ (2, 0.0%)

1 からも北海道, に妻子

▼ でなく九条家~ (2, 0.0%)

1 の家長, や西園寺家

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 による, に触れ

▼ でなく事實~ (2, 0.0%)

1 であらせたい, はかうだ

▼ でなく事情~ (2, 0.0%)

1 によっては年々経常費, を知り

▼ でなく二三年~ (2, 0.0%)

1 ののち, ほどい

▼ でなく二本差~ (2, 0.0%)

2 して

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 つて, ふので

▼ でなく互いに~ (2, 0.0%)

1 互いが, 相関係

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 此の, 漢学の

▼ でなく京都~ (2, 0.0%)

1 の人, の方

▼ でなく人妻~ (2, 0.0%)

2 をも採用

▼ でなく人間社会~ (2, 0.0%)

1 に即し, の歴史

▼ でなく人類~ (2, 0.0%)

1 のもつ, の歴史的経験

▼ でなく仏教~ (2, 0.0%)

1 においても同然, の寂滅

▼ でなく仏蘭西~ (2, 0.0%)

1 に少し, の旅

▼ でなく他国~ (2, 0.0%)

1 の人, への聞え

▼ でなく他方~ (2, 0.0%)

1 では私たち, 話す人自身

▼ でなく他者~ (2, 0.0%)

1 を創設, を顯

▼ でなく仮名~ (2, 0.0%)

1 としても区別, も全く

▼ でなく仲間~ (2, 0.0%)

1 の三人, の者

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 にもこれ以上, 宣する意義

▼ でなく体験~ (2, 0.0%)

1 する事, としてあらはれ

▼ でなく何と~ (2, 0.0%)

1 はなしに, やら意味

▼ でなく何もかも~ (2, 0.0%)

1 承知し, 秀衡様へ

▼ でなく何やら~ (2, 0.0%)

1 人が, 訳の

▼ でなく何ん~ (2, 0.0%)

1 だか, の仕合せ

▼ でなく何処~ (2, 0.0%)

1 の国, までも過去

▼ でなく何時~ (2, 0.0%)

1 でも水道, でも血気壮

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 が言う, も泣いた

▼ でなく俗衆~ (2, 0.0%)

1 であり極端, を啓蒙

▼ でなく保守的~ (2, 0.0%)

1 である, な型の

▼ でなく信濃~ (2, 0.0%)

1 そだちの, ノ入道

▼ でなく偶然~ (2, 0.0%)

1 に起った, の結果

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 に居る, の小松

▼ でなく儀式~ (2, 0.0%)

1 が結婚, のとき

▼ でなく元々~ (2, 0.0%)

1 その相手, そんなもの

▼ でなく先方~ (2, 0.0%)

1 の後詰, の研究

▼ でなく克巳~ (2, 0.0%)

1 までがいっしょ, までがいつ

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 のもの, の名誉

▼ でなく共通~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ でなく其の~ (2, 0.0%)

1 いひ澱んだこと, 人の

▼ でなく其處~ (2, 0.0%)

1 には無, に一錢

▼ でなく其詩~ (2, 0.0%)

2 に好ん

▼ でなく具体的~ (2, 0.0%)

1 な数字, にいろいろ

▼ でなく内容的~ (2, 0.0%)

1 にも亦, にも大分

▼ でなく再び~ (2, 0.0%)

1 古愛蘭, 夫婦に

▼ でなく冷たい~ (2, 0.0%)

1 乍ら底の, 針が

▼ でなく初老~ (2, 0.0%)

1 にかかる, の年齢

▼ でなく制度~ (2, 0.0%)

2 の変革

▼ でなく前年~ (2, 0.0%)

1 から天候, の五月

▼ でなく前進~ (2, 0.0%)

1 させたいと, するラクダ

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 でなく宇宙, に狂った

▼ でなく勝平~ (2, 0.0%)

1 に取, に取っ

▼ でなく却つてそれ~ (2, 0.0%)

1 は永久, を望み

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 つぱ, も亦

▼ でなく厳密~ (2, 0.0%)

1 な計算, には一種

▼ でなく友人~ (2, 0.0%)

1 としてお話, と親しむ

▼ でなく双方~ (2, 0.0%)

1 が主名, に缺點

▼ でなく反省~ (2, 0.0%)

1 によつて意識, を経た

▼ でなく古い~ (2, 0.0%)

1 仏画や, 絵の

▼ でなく古く~ (2, 0.0%)

1 からの友情, から御息所

▼ でなく古代~ (2, 0.0%)

1 の支那語, を考へる

▼ でなく古語~ (2, 0.0%)

2 としてある

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 を従, を隔て

▼ でなく台所~ (2, 0.0%)

1 の壁, をあずかる

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 に実, 探偵の

▼ でなく向う~ (2, 0.0%)

1 に光つて, の女

▼ でなく君たち~ (2, 0.0%)

1 さえその, も皆

▼ でなく君子~ (2, 0.0%)

1 までも嬉し, を祖母

▼ でなく否定~ (2, 0.0%)

1 できないの, の否定

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 に使, の大将徐盛

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 まで動い, を下

▼ でなく唯一~ (2, 0.0%)

2 の指南車

▼ でなく商人~ (2, 0.0%)

1 なんてもの, にとっても必要

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 と真, らしくなって

▼ でなく器物~ (2, 0.0%)

1 がその, の包含

▼ でなく四つ~ (2, 0.0%)

1 あるべきもの, 這いに

▼ でなく四角~ (2, 0.0%)

1 であり何週間, なもの

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 と国, を出た

▼ でなく國民~ (2, 0.0%)

1 としても何等, の支持

▼ でなく在来~ (2, 0.0%)

1 の漢方医, の職業

▼ でなく地方~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ でなく地獄~ (2, 0.0%)

1 にいたる, もまた

▼ でなく坊主~ (2, 0.0%)

1 ならぬた, には鮹好き

▼ でなく基底~ (2, 0.0%)

1 として問題, として場所

▼ でなく堅気~ (2, 0.0%)

1 な道理, の商人

▼ でなく場所的自覚~ (2, 0.0%)

1 であると, である哲学

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 に写っ, も啼く

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 なあぶくが, を知らせ

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 は蚊, まで一緒

▼ でなく夕方~ (2, 0.0%)

1 あける, 疲れて

▼ でなく夕顔~ (2, 0.0%)

2 の棚

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 はお, も白

▼ でなく大き~ (2, 0.0%)

2 さも

▼ でなく大手~ (2, 0.0%)

1 の門外五, を振っ

▼ でなく大陸~ (2, 0.0%)

1 というもの, の方

▼ でなく天子~ (2, 0.0%)

1 の言行, をはじめ巫女たち

▼ でなく天気~ (2, 0.0%)

1 が両者, が大分

▼ でなく天然~ (2, 0.0%)

1 の味, の背景

▼ でなく太陽~ (2, 0.0%)

1 が身, の光

▼ でなく夫人~ (2, 0.0%)

1 の親しい, の顏

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 にも媚びない, の座敷

▼ でなく奥さん~ (2, 0.0%)

1 の胸, までが本当にそう

▼ でなく女中~ (2, 0.0%)

1 なら女中, のお

▼ でなく女学校~ (2, 0.0%)

1 のとき, も二つ

▼ でなく奴隷~ (2, 0.0%)

1 としての女, として男

▼ でなく如何に~ (2, 0.0%)

1 残酷に, 真面目に

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 もまだ, や妹

▼ でなく娯楽~ (2, 0.0%)

1 というの, というもの

▼ でなく婆さん~ (2, 0.0%)

1 の許可, の頑固さ

▼ でなく婦人~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリア作家, の母性

▼ でなく子孫~ (2, 0.0%)

1 が今に, の爲め

▼ でなく学問~ (2, 0.0%)

1 もせね, を求める

▼ でなく実在~ (2, 0.0%)

1 し得るの, する意識

▼ でなく実感~ (2, 0.0%)

1 でたしかに, より得来った

▼ でなく実現~ (2, 0.0%)

1 されて, すること

▼ でなく実質的~ (2, 0.0%)

1 に云っ, に力行

▼ でなく客観~ (2, 0.0%)

1 に媒介, を我が

▼ でなく宮中~ (2, 0.0%)

1 にまで隠然たる, の人たち

▼ でなく宮廷神~ (2, 0.0%)

2 と天子

▼ でなく家屋~ (2, 0.0%)

1 の雨樋, 全體

▼ でなく家族的~ (2, 0.0%)

1 なの, の朗さ

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 が出来, をふやす

▼ でなく實際~ (2, 0.0%)

1 においてその, に凍傷

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 との因縁, の屋根

▼ でなく將來~ (2, 0.0%)

1 と過去, に於ける

▼ でなく尋常~ (2, 0.0%)

1 ならぬ熱情, の兎

▼ でなく少しく~ (2, 0.0%)

1 わけ前, 気味の

▼ でなく屹度~ (2, 0.0%)

2 大跨

▼ でなく工場~ (2, 0.0%)

1 の煙突, はそれ自身

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 のこめかみ, の拇指

▼ でなく左様~ (2, 0.0%)

1 な死によう, に緊張

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 とも仰がれ, の自

▼ でなく平常~ (2, 0.0%)

1 の勤めぶり, の衛生状態

▼ でなく年配~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の長平たち

▼ でなく幸福~ (2, 0.0%)

1 であっても, な友人

▼ でなく幾つ~ (2, 0.0%)

1 かの絵, かの能力

▼ でなく幾人~ (2, 0.0%)

1 もあります, もその

▼ でなく~ (2, 0.0%)

2 いては

▼ でなく引用~ (2, 0.0%)

1 の文, の誤った

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 さの, ひて

▼ でなく強い~ (2, 0.0%)

1 て曖昧, 圧迫は

▼ でなく当夜~ (2, 0.0%)

1 から御方, の結婚式

▼ でなく役所~ (2, 0.0%)

1 からもどの, でもどこ

▼ でなく役者~ (2, 0.0%)

1 になったら, になりたがっ

▼ でなく彼女たち~ (2, 0.0%)

1 の意識的分子, は日本内地

▼ でなく往来~ (2, 0.0%)

1 でもその, に立った

▼ でなく徒ら~ (2, 0.0%)

1 に読者, に鉱業条例

▼ でなく從來~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の太閤傳

▼ でなく微笑~ (2, 0.0%)

2 しながら

▼ でなく必然~ (2, 0.0%)

1 です, になっ

▼ でなく~ (2, 0.0%)

2 ろしい

▼ でなく思い~ (2, 0.0%)

1 も寄らぬ, 浮べたり

▼ でなく思考~ (2, 0.0%)

1 の体系, の問題

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 にどこ, に一人

▼ でなく性格~ (2, 0.0%)

1 や気質, をも描きたい

▼ でなく怪しく~ (2, 0.0%)

1 思はれて, 思われて

▼ でなく悠々~ (2, 0.0%)

1 として伝統, と語るべき

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 女性の, 眼は

▼ でなく悪い~ (2, 0.0%)

1 本を, 潮から

▼ でなく情実~ (2, 0.0%)

2 で学問

▼ でなく情意~ (2, 0.0%)

1 の協同, の燃焼

▼ でなく想像~ (2, 0.0%)

1 が向, に木立

▼ でなく感じ~ (2, 0.0%)

1 のよい, の問題

▼ でなく感慨~ (2, 0.0%)

1 が籠っ, を強いられる

▼ でなく感銘~ (2, 0.0%)

2 でない

▼ でなく成績~ (2, 0.0%)

1 が大変, もあまり

▼ でなく或は~ (2, 0.0%)

1 妹でなかった, 恋の

▼ でなく戯曲~ (2, 0.0%)

1 のみに必要, を書く

▼ でなく手先~ (2, 0.0%)

1 が不, も今夜ここ

▼ でなく才能~ (2, 0.0%)

1 のある, の能力

▼ でなく打算~ (2, 0.0%)

2 の原則

▼ でなく批評~ (2, 0.0%)

1 の精神, は凡て

▼ でなく折々~ (2, 0.0%)

1 は不消化物, 庫裡で

▼ でなく折角~ (2, 0.0%)

1 君の, 稼ぎ溜め

▼ でなく指紋~ (2, 0.0%)

1 までもしらべました, までも同じ

▼ でなく掃除~ (2, 0.0%)

1 しっぱなし, でもあと

▼ でなく探偵小説~ (2, 0.0%)

1 というもの, の範疇

▼ でなく接続点~ (2, 0.0%)

2 であり常に

▼ でなく提灯~ (2, 0.0%)

1 の火, を持っ

▼ でなく数度~ (2, 0.0%)

1 の, もその

▼ でなく文字通り~ (2, 0.0%)

1 に浮い, の意味

▼ でなく料理~ (2, 0.0%)

1 が趣味, も食べられた

▼ でなく新しく~ (2, 0.0%)

1 服従した, 籠に

▼ でなく新た~ (2, 0.0%)

1 に五十人, に計

▼ でなく方々~ (2, 0.0%)

1 から同じ, の穴

▼ でなく方言~ (2, 0.0%)

1 は他, 必ずしも滑稽

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 にでた, の人

▼ でなく日頃~ (2, 0.0%)

1 から玄蕃允, の嫉妬

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 の正月, 教派の

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 や書面, や眼

▼ でなく明るい~ (2, 0.0%)

1 洋燈の, 電燈の

▼ でなく明治維新~ (2, 0.0%)

1 の大業, の時

▼ でなく明瞭~ (2, 0.0%)

1 に余分, に強く

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 と遊ぶ, も雲

▼ でなく星辰~ (2, 0.0%)

2 の影法師

▼ でなく映画~ (2, 0.0%)

1 のカメラ, の製作

▼ でなく昨今~ (2, 0.0%)

1 では中流, では文化統制

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 からも皆, が根の国

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 でも陰った, の明る

▼ でなく時として~ (2, 0.0%)

1 相手を, 護送中などに

▼ でなく時刻~ (2, 0.0%)

1 で数えあげられ, もちがう

▼ でなく時宗~ (2, 0.0%)

1 にもある, の仲間

▼ でなく~ (2, 0.0%)

2 さえあれ

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 もあの, も晩年

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 しや, 外翼に

▼ でなく朝廷~ (2, 0.0%)

1 に対する訴願, の中

▼ でなく木村~ (2, 0.0%)

1 の下宿, の事

▼ でなく未来~ (2, 0.0%)

1 に対する配慮, のこと

▼ でなく本人~ (2, 0.0%)

1 の耳, は恐ろしい

▼ でなく本当~ (2, 0.0%)

1 の医者, の赤い

▼ でなく本当に心から~ (2, 0.0%)

2 感激し

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 から円形, も小原

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 で囲っ, の外部

▼ でなく植物~ (2, 0.0%)

1 としてでなく, の花

▼ でなく検事~ (2, 0.0%)

1 と熊城, も熊城

▼ でなく構想力~ (2, 0.0%)

1 に属し, に屬

▼ でなく機会~ (2, 0.0%)

1 さえあれ, をつかん

▼ でなく機械~ (2, 0.0%)

1 として, のため

▼ でなく橿鳥~ (2, 0.0%)

2 の美しい

▼ でなく欧米~ (2, 0.0%)

1 にもあった, を通じての最も

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 がもはや, の家

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 と不正, 物の

▼ でなく正しい~ (2, 0.0%)

1 人間としての, 仏法の

▼ でなく正体~ (2, 0.0%)

1 を見届ける, を見破られた

▼ でなく正直~ (2, 0.0%)

1 な判断, に通信

▼ でなく歴史上~ (2, 0.0%)

1 から見, の問題

▼ でなく死体~ (2, 0.0%)

1 が着, を繞

▼ でなく死後~ (2, 0.0%)

1 の先, も亦

▼ でなく~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ でなく母性~ (2, 0.0%)

1 と交渉, も貴重

▼ でなく毎日仕事場~ (2, 0.0%)

1 へいかね, へ行かね

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 の作品, の留守中

▼ でなく気の毒~ (2, 0.0%)

1 ながら見殺し, に思う

▼ でなく永い~ (2, 0.0%)

1 歴史と, 間気に

▼ でなく永久的~ (2, 0.0%)

2 な建築

▼ でなく永年~ (2, 0.0%)

1 にわたって極めて, の妻子

▼ でなく氾濫~ (2, 0.0%)

1 すること, する大量

▼ でなく法律~ (2, 0.0%)

2 を道具

▼ でなく活字~ (2, 0.0%)

1 で読まれる, として読ん

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 に塩, の漁村

▼ でなく浜辺~ (2, 0.0%)

2 に揚げられ

▼ でなく~ (2, 0.0%)

2 墨を以て

▼ でなく深い~ (2, 0.0%)

1 心を, 港を

▼ でなく清新~ (2, 0.0%)

1 な油画, な油畫

▼ でなく清浄潔白~ (2, 0.0%)

2 なお前

▼ でなく渠自身~ (2, 0.0%)

2 に注がれ

▼ でなく湖水~ (2, 0.0%)

1 の傍, の東南

▼ でなく湘南各地~ (2, 0.0%)

2 の別荘

▼ でなく満場~ (2, 0.0%)

1 の客, の観客

▼ でなく源氏~ (2, 0.0%)

1 の君, の姫君

▼ でなく演奏~ (2, 0.0%)

1 がいかにも, も悪く

▼ でなく演芸~ (2, 0.0%)

1 といふ方面, に活動写真

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 でないよう, の中

▼ でなく火事~ (2, 0.0%)

1 といふ全く, の時

▼ でなく火薬庫~ (2, 0.0%)

2 の哨兵

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 は千グラム, 政府主義の

▼ でなく無理~ (2, 0.0%)

1 に頼ん, はない

▼ でなく無知~ (2, 0.0%)

1 が常に, に馴らされ

▼ でなく無論~ (2, 0.0%)

1 そういう理由, そこには

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 は何者, や鹿

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 が出, に悶え

▼ でなく父さん~ (2, 0.0%)

1 の田舍, をも辱

▼ でなく父母~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 があまり, の左近

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 がつく, 袖の

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 の背, は馬

▼ でなく特殊的~ (2, 0.0%)

1 であると共に, に限定

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 の智能, の遠吠え

▼ でなく狂気~ (2, 0.0%)

2 であまり

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 でなく豹, も人家

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 に似, 之松親分

▼ でなく玄関~ (2, 0.0%)

1 の扉, の方

▼ でなく現在日本~ (2, 0.0%)

2 の大衆

▼ でなく現実的~ (2, 0.0%)

1 な考慮, に歴史的

▼ でなく理念~ (2, 0.0%)

1 でたどる, のうえ

▼ でなく理想~ (2, 0.0%)

1 が其処, というべき

▼ でなく環境~ (2, 0.0%)

1 から喚び起される, と利害

▼ でなく甘い~ (2, 0.0%)

1 のと, 通俗劇で

▼ でなく甚だ~ (2, 0.0%)

1 感じの, 純潔な

▼ でなく生存~ (2, 0.0%)

1 のため, の信条

▼ でなく生理的~ (2, 0.0%)

1 にも疲労, に出来

▼ でなく生産的創造的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ でなく白刃~ (2, 0.0%)

2 を提げた

▼ でなく益々~ (2, 0.0%)

1 兇暴を, 富み榮

▼ でなく直ちに~ (2, 0.0%)

1 心の, 球燈を

▼ でなく直観~ (2, 0.0%)

1 に与えられた, に制約

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 がけわしく, の跡

▼ でなく矢田友之助~ (2, 0.0%)

2 が台所

▼ でなく知性~ (2, 0.0%)

1 に属する, に屬

▼ でなく知的~ (2, 0.0%)

1 でなくそして, な

▼ でなく研究~ (2, 0.0%)

1 の指導者, の結果

▼ でなく硝子製~ (2, 0.0%)

2 の眼玉

▼ でなく社会的~ (2, 0.0%)

1 にも問題, に悪

▼ でなく社會~ (2, 0.0%)

1 からも不貞不孝, に於

▼ でなく神経的~ (2, 0.0%)

1 なもの, にも決して

▼ でなく秀吉~ (2, 0.0%)

1 が生れ, はそれ

▼ でなく私等~ (2, 0.0%)

2 の耳

▼ でなく私達~ (2, 0.0%)

1 の實際生活, の間

▼ でなく積極的~ (2, 0.0%)

1 なるもの, にこまかく

▼ でなく穏やか~ (2, 0.0%)

1 に御, に見

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ でなく空間的~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 で編んだ, の葉先

▼ でなく米友~ (2, 0.0%)

1 の声, の眼

▼ でなく精神的方面~ (2, 0.0%)

1 にもそう, を閑却

▼ でなく紆餘曲折端睨すべ~ (2, 0.0%)

2 からざる中

▼ でなく素直~ (2, 0.0%)

1 で当り前, な心

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 には僧侶, には投

▼ でなく経営~ (2, 0.0%)

1 でなく専ら, の実利性そのもの

▼ でなく経済的~ (2, 0.0%)

1 にも益々, の戦い

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 などでももう少し, の組織

▼ でなく絶対~ (2, 0.0%)

1 にこれ, の呼声

▼ でなく絶對者~ (2, 0.0%)

1 でなく絶對者, 若くは

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 ての事, べての點

▼ でなく織田家~ (2, 0.0%)

1 において自分以上, の外戚

▼ でなく美術家~ (2, 0.0%)

1 でない散文的, は美術家

▼ でなく翌年~ (2, 0.0%)

1 の作物, 或は翌々年

▼ でなく老い~ (2, 0.0%)

1 たる劇作家, も近い

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 して, も更に

▼ でなく聊か~ (2, 0.0%)

1 感情の, 補足を

▼ でなく肉親~ (2, 0.0%)

1 の弟達, の親

▼ でなく~ (2, 0.0%)

2 から腕

▼ でなく~ (2, 0.0%)

2 から上

▼ でなく能力~ (2, 0.0%)

2 として獲得

▼ でなく脂光~ (2, 0.0%)

2 にぬらつい

▼ でなく自ら~ (2, 0.0%)

1 その渦中, の富士山

▼ でなく至極~ (2, 0.0%)

1 国際公法的に, 平気な

▼ でなく色彩~ (2, 0.0%)

1 にかけても日, に人

▼ でなく芝居気~ (2, 0.0%)

2 がなく

▼ でなく芭蕉~ (2, 0.0%)

1 の心, の風流

▼ でなく芸者~ (2, 0.0%)

1 として平常, に対して自分

▼ でなく芸術それ自体~ (2, 0.0%)

1 のため, の部門

▼ でなく芸術家~ (2, 0.0%)

1 でもなく, としての心構え

▼ でなく英国~ (2, 0.0%)

1 にたいする米国当年, の一五・六

▼ でなく荘田~ (2, 0.0%)

2 の逆襲的嘲弄

▼ でなく荘田夫人~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ でなく葬式~ (2, 0.0%)

2 に行け

▼ でなく蒿蹊~ (2, 0.0%)

2 がまさしく

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 桃色の, 羅の

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 で走っ, も枯草

▼ でなく蝋燭~ (2, 0.0%)

1 のついた, の火

▼ でなく行儀見習~ (2, 0.0%)

2 のため朝

▼ でなく行為~ (2, 0.0%)

2 するとは

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 でいた, にも大勢

▼ でなく表現~ (2, 0.0%)

1 すること, と理解

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 へ廻っ, をかい

▼ でなく西洋人~ (2, 0.0%)

1 にとつて, も同じ

▼ でなく親し~ (2, 0.0%)

2 げに

▼ でなく記述~ (2, 0.0%)

1 するに, するのみ

▼ でなく記録~ (2, 0.0%)

1 に無い, や書翰中

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 ともなり, を作るで

▼ でなく詩人~ (2, 0.0%)

1 としては古今, にとっての

▼ でなく読者~ (2, 0.0%)

1 としての自分たち, は更に

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 大名の, 生産物の

▼ でなく象徴的~ (2, 0.0%)

1 な聯想, な連想

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 でなく人間, も出る

▼ でなく貴女自身~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ でなく赤い~ (2, 0.0%)

1 花でも, 鉢巻を

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 に迷い, を歩い

▼ でなく軽く~ (2, 0.0%)

1 て都合, 常識的に

▼ でなく運動~ (2, 0.0%)

1 しない, をする

▼ でなく道徳~ (2, 0.0%)

1 にも真理, を体現

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 からさし, に生れた

▼ でなく酒造家~ (2, 0.0%)

2 としても最も

▼ でなく野原~ (2, 0.0%)

1 に生え, や田圃

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 によってはじめて, の鍛

▼ でなく銅色~ (2, 0.0%)

2 である

▼ でなく鋭い~ (2, 0.0%)

1 感力で, 牙と

▼ でなく鎌倉時代~ (2, 0.0%)

1 では彼ら, においてはかなり

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 の現象, は何處

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 さ四五フィート深, さ四五寸の

▼ でなく長く~ (2, 0.0%)

1 とどこおって, 引いた苦し

▼ でなく長崎~ (2, 0.0%)

1 にいる, の諏訪

▼ でなく附近~ (2, 0.0%)

1 に立ち並ん, の敵

▼ でなく随分~ (2, 0.0%)

1 日数を, 男の

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 の消滅時季, を枝

▼ でなく電車~ (2, 0.0%)

1 の窓, の響き

▼ でなく震災~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 文学が, 転向で

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 だましいと, と向っ

▼ でなく風俗取締り~ (2, 0.0%)

2 にも関係

▼ でなく食べもの~ (2, 0.0%)

1 は食べられる, もずっと

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 臺の, 賓如は

▼ でなく魚屋~ (2, 0.0%)

1 が一般市民, が人家

▼ でなく~ (2, 0.0%)

1 でなく虫, のよう

▼ でなく麦酒~ (2, 0.0%)

2 でも葡萄酒

▼ でなく黄色~ (2, 0.0%)

1 に變, に赤

▼1* [3849件]

でなく○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○、滝人はまるで, でなくあいつのあすこ, でなくあくまでも客観的な, でなくあしたの予定, でなくあたかも機械が, でなくあたし達にも解る, でなくあたりまへの, でなくあなたがたの祖父母, でなくあなた様のもの, でなくあなた自身もそう, でなくあまりにすらすら書けるという, でなくあらはに刑事, でなくあらわに刑事, でなくありがたいという感じ, でなくある程度思ひつき, でなくあれもってこいこれもって, でなくあんな薄手の, でなくあんなに軽い戯談, でなくあんまり皆が, でなくいかなる目的に, でなくいきなりに声, でなくいくつもの陰影, でなくいじめ只さえ弱った, でなくいそがしい見習い水夫の, でなくいたく罰するが, でなくいっそう多くの, でなくいったん長老に, でなくいつか来た三人, でなくいつかあなたを不幸, でなくいつか私自身のかなしみ, でなくいつぞやの雪, でなくいつのまにか生きた宝もの, でなくいとど頼母しく思し召され, でなくいまにも火が, でなくいまやソビエト, でなくいやいやながら信長も, でなくうちの人の眼, でなくうふふと笑っ, でなくうぶな子供, でなくうまいくせに, でなくうるさい幼な, でなくうろ覚えなら知って, でなくうらうぼしである, でなくおおぜい, でなくおおげさに言え, でなくおおようだったら私, でなくおじいさんのひょっとこ, でなくおじさんが今, でなくおそらくは他の, でなくおそろしいマクベス夫人ばかり, でなくおだやかな毎日, でなくおっとりした人柄, でなくおとくいからも, でなくおとうさんに孝心, でなくおなかの大きい, でなくおなじように, でなくおなじ業を持った, でなくおねがいするわ, でなくおまけに有る, でなくおもしろいものが, でなくおれの事, でなくおろおろ声で, でなくお上の御, でなくお前たちの顔, でなくお呼びできます, でなくお国ぶりまでも窺わせ, でなくお嬢さんもこれから, でなくお嬢様があんな, でなくお子様がたにも, でなくお客の中, でなくお母さまはランチ, でなくお母さんやお, でなくお気に入る, でなくお礼のため, でなくお祝いの言葉, でなくお節はそれ, でなくお茶の勲爵士, でなくお蔭で罪, でなくお話を聴きたい, でなくお里をも変えた, でなくお金がかかる, でなくお願いして, でなくかえって全く矛盾する, でなくかえって最も必要な, でなくかさからいっ, でなくかたちのうえ, でなくかならず二人以上の, でなくかならずしも価値ある, でなくかねて実用的価値をも, でなくかへって低い位置, でなくからだのところどころ, でなくかりにもし, でなくかわいそうだった, でなくかわいらしく挨拶を, でなくわの, でなくきっと喜ぶ家, でなくきびしい屋敷の, でなくきまりよく床, でなくきみの部下, でなくきょうもさっき, でなくきょうここへきた, でなくきょう孫権が大敗, でなくこの灌木, でなくこいつは愉快, でなくこころもさまよう, でなくことごとく烏天狗であった, でなくことさらに自家, でなくこの間来たクルト, でなくこの間紅矢兄様が王宮, でなくこまかいご注意, でなくこめかみも額ぎわも丸み, でなくこりゃあ私の, でなくこれぞという, でなくこんなに重い具足櫃, でなくごく利己的である, でなくごめんを被ろう, でなくごろ玉にし, でなくさあちゃんやおよっちゃんもさぞ, でなくさうなつたこと, でなくさすがに美女, でなくさっきの言葉, でなくさびしおりの, でなくさまざまな失策, でなくさらにともかく上級および, でなくさらに実際的に, でなくさんか集, でなくしかるに哲学の, でなくしじゅうそれから, でなくしたたかになぐられ, でなくしだいに視力さえも, でなくしっかりした志, でなくしもうたやでも, でなくじっと死体を, でなくじつに傲慢無礼な, でなくすこしは他, でなくすこぶる不快に, でなくすさまじい響を, でなくすっかりその者, でなくすなわち自然に, でなくすべからくそれを, でなくすべて人間を殺す, でなくすべて受身でなく可愛らし, でなくすべて彼女に不愉快, でなくすべて教育ある子女, でなくすべて毎日の仕事, でなくすべて芸術家というもの, でなくすらつとした, でなくずいぶん余裕の, でなくずうずうしく行ったであろう, でなくずつと前髮, でなくせっかく見出した確証, でなくせわしくなって, でなくなたの, でなくそこそこにすませ, でなくそこはかとない清潔さを, でなくそしてまた遍路も, でなくそちらこちら家の中, でなくそっくりそのまま神に, でなくそっとお目にかかった方, でなくそのうえにさまざま, でなくそのまま定着し, でなくその同じファン意識が, でなくその後この世に生れ出た, でなくその後亜米利加の軍艦, でなくその道に関した, でなくそばの湯呑, でなくそもそも主体である, でなくそれぞれ他に換える, でなくそれでいて芯から, でなくそれと相並ん, でなくそれどころかおしまいには, でなくそれゆえもっとたやすく, でなくそれ以上に出る, でなくそれ以来一種形容の出来ない, でなくそれ以来馬の脚音を聞く, でなくそれ故にこそ如何, でなくそれ者あがりの, でなくそれ自ら定形詩になるであろう, でなくそれ自身常識につらなる, でなくそんならまた, でなくたいがいな仕事, でなくたいして幸福で, でなくたいへん自由主義者で, でなくたえず事務上の, でなくたかが一疋の, でなくたかだかブルジョアジーを, でなくたくさんの動物, でなくたけのこと, でなくただ一本のヴァイオリン, でなくただ上御一人, でなくただ中の君, でなくただ事を起こす, でなくただ目だって異様, でなくたつ子さんとの送別会, でなくたびたびやって, でなくたまには木樵, でなくためにその, でなくたわわのがほしい, でなくだいたい観照生活という, でなくだいぶ模様の, でなくちいさなたにし, でなくちゃというような, でなくちゃねさもない, でなくちゃねえと言い亭主, でなくちやいかんのだ水平社, でなくちやいやなん, でなくちやお茶を出さない, でなくちやお金が殘ら, でなくちや出來ない事, でなくちや厭だと, でなくちや呑気に楽しめません, でなくちや商売になりません, でなくちや歸りませんの, でなくちや話がまづいからね, でなくちょっとした盗みなどを, でなくちよつとした, でなくってなんだろう, でなくついでに前の, でなくついでにまたあの, でなくついには不, でなくつぎつぎでも裏, でなくつたつていいん, でなくつたつて遁げ出せば, でなくつた事をずつと遲, でなくつていろいろなプロデューサー, でなくつてさへ何ぞ, でなくつてほんとの馬, でなくつて一つの有機體, でなくつて一時にそんな, でなくつて何ぢやらう, でなくつて千田君なんかの意見, でなくつて場合が許すなら, でなくつて水だ, でなくつて父であつ, でなくつて自分の眼球, でなくつて自己の為め, でなくつて誰が御, でなくつねにそうあるべきであるという, でなくつばめの声, でなくてか私は, でなくてかへつて慰安される, でなくてからだご, でなくてすらあの際涯, でなくてすらも荒れて, でなくてのときも, でなくてはの感が, でなくてはものの云われる意味, でなくてもよかつたでせう, でなくできるだけ方々の, でなくといつて大男總身に智惠, でなくとうてい習得し, でなくとうとう人間そのものを, でなくとうに四年前, でなくときによる, でなくときどき親しい友人達, でなくとことんまで苦しん, でなくとてもできなかった, でなくとにかく彼女の, でなくともするとからだ, でなくとりわけ一国の, でなくどういう工合か, でなくどうしてこちらの, でなくどうしてなかなか堅実な, でなくどことなく新しい時代, でなくどちらかと云え, でなくどっさりの人, でなくどなたに対してもあなた, でなくどれもこれ, でなくなかには今は, でなくなぜか直義, でなくなつかしそうに, でなくなによりの頼み, でなくなにかさうなる約束, でなくなにしろ熊の, でなくなにものからも強いられない, でなくなまじつかでいけないと, でなくなるべく近作を, でなくなんの話, でなくなんだかいきが, でなくなんとか自分を, でなくなんとなく感じられるといふ, でなくなんらかやや, でなくなん杯も飯, でなくほは, でなくねこがぜいたく, でなくは, でなくのちには啄木, でなくのりとの名称, でなくはじめからの関係, でなくはじめモンパルナスで一二度食事, でなくはだしになっ, でなくはっきりした自分, でなくはつきり言へば, でなくはや今日ほど, でなくはやくその部落, でなくばいたけだかに, でなくばという名ざし, でなくひしとつかまれて, でなくひとを一緒, でなくひとつわれわれにも納得, でなくひとまず帰朝と, でなくひどく死を, でなくひょろ長い雑草が, でなくひろい知識人の, でなくひろびろとした, でなくぴかぴか光って, でなくぴったりと生活, でなくふさふさとのばした, でなくふたりは花, でなくふだんはそう, でなくふんだんな光りと, でなくぶつ切りの飴, でなくへやの外, でなくべつな旅商人, でなくほぼ成るに, でなくほんとにそう思いますわ, でなくほんの底を, でなくぼくら日本に生きる, でなくまあせいぜい鼠いろ, でなくまことに愚かしく不潔, でなくまことによく燃える木, でなくまさか発見者が, でなくまさかの時には, でなくまじめに娘, でなくまずまず香気が, でなくまたは都会人に, でなくまたも敷居の, でなくまだ沢山あるに, でなくまっ向敵の, でなくまつたけも二, でなくまわりに大黒様, でなくまんじりともせず, でなくょうにおたがいの目を, でなくみずからも語り得る, でなくみずから志士と許し, でなくみっちりと重, でなくみなたしかな侍, でなくみな根がたのま, でなくみな根がたのまわり, でなくみんなお前の行く末, でなくみんな志呂足の信者, でなくを書く, でなくむかしからの習慣, でなくむさ苦しくすらもあった, でなくむしろさういふ, でなくむしろしばしば悲劇的な, でなくむしろまったく他の, でなくむしろ書き足りて, でなくむしろ概してその反対, でなくむしろ物の中, でなくむしろ病氣として體驗, でなくむじなの声が時々, でなくむずかしくて今, でなくむつかしいながら自分, でなくむやみに歩い, でなくもう一層美しさ, でなくもう少し恐怖と, でなくもっともっと自分を, でなくもつと廣, でなくものごとを表現, でなくやうやく眞中, でなくやかましい頑固な, でなくやすみどのの皇子, でなくやはりまだどこかに, でなくややもすれば行き詰まりの, でなくやり方にある, でなくゆっくりとしかも, でなくよい醫者が, でなくようになりました, でなくよこしまな恋, でなくよみの所属, でなくより一層精神的な, でなくよわいものの, でなくりっぱなご, でなくづか一年九箇月余, でなくわが子とも思い, でなくわが子他人の子, でなくわが身のまわり, でなくわけのわからぬ, でなくわざとつい通りの, でなくわざとぼんやり何かを, でなくわざとらしくもない, でなくわざわざ桶川まで, でなくわしの兄弟, でなくわたしたちに手紙, でなくわたしら皆のもの, でなくわたし自身が, でなくわらは其者, でなくわら人形のからだ, でなくわるい流行を, でなくわれからする, でなくわれらにとっても決して, でなくわれわれインテリゲンチャの属性, でなくわれわれ後生をし, でなくわれわれ自身をも遂に真に, でなくアカハタも前衛, でなくアッシジのフランシス, でなくアフリカのセネガル地方, でなくアメリカの兵隊さん, でなくアメリカその他世界各國, でなくアメリカ人一般の生活様式, でなくアルゴスミレツスメガラなどにも類似, でなくイタコまたはモリコ, でなくイタチだった, でなくイタリー全国におけるいかなる, でなくイデオロギー上甚しき相違がある, でなくイデヤの真, でなくイワノヴォ・ヴォズネセンスクにもロストフ, でなくインスピレーションともいう, でなくインテリ自身を中心, でなくインド教徒でこの, でなくウインブルトンの庭球, でなくウクライナ出身の詩人, でなくウソの詩, でなくウッカリ赤軍の中, でなくエゾタヌキやエゾテン, でなくエチエネットやアルキシー, でなくエディンバラで開かれよう, でなくオペラやコンサート, でなくオミヨツケだったの, でなくオランダの中立, でなくオランダ語を話す, でなくオン大の尾崎紅葉, でなくオーケストラもなにもかも, でなくカイベツの出盛り, でなくカイロはまた, でなくカサルスを盟主, でなくカゼをひい, でなくカニミソにおいてはそういう, でなくカントの如き, でなくカードと連絡, でなくガクッと首, でなくガソリンも食う, でなくガラス玉であるところ, でなくキキンの郷里, でなくキザでなく初々しい, でなくキビキビした多少, でなくキミ子の生活, でなくキントトだってたまねぎ, でなくギクシャクしたもの, でなくギザの数, でなくギリシアは幾何型, でなくクールノーの, でなくコケツトとしても不満足, でなくコップの一件, でなくコワそうな, でなくコーヒーココア洋菓子食パンも添え, でなくゴツゴツした持ち前, でなくゴーリキイにだけは会いたい, でなくサア我々は今, でなくサスはがんらい, でなくサテいつ聞いても, でなくサト子の直感, でなくサンスクリット語の経文, でなくサークルの人々そのもの, でなくシチェードリンのむずかしい, でなくシナ英国間の貿易, でなくジッとして皆, でなくジャーナリズムにとってはアカデミー, でなくジュウヴェの如き, でなくジョウとよんだ, でなくスエ子ヒステリーのよう, でなくステキに面白い, でなくステージへ出, でなくストーヴにあの, でなくスペイン遠征軍の司令権, でなくセミクジラの三倍, でなくソシアリストは共通, でなくソムマース夫妻の指紋, でなくソヴェト同盟でだし, でなくソヴェート・ロシア内のすべて, でなくゾッとする様, でなくタオルのよう, でなくチパーンの刑場, でなくッちゃならねえ, でなくツギナ磐城の相馬, でなくデモーニッシュなもの, でなくドイツ本国でも発行部数, でなくドイツ等においても同様, でなくドイツ風の手堅い, でなくドコまでもシロウト, でなくドライサアの現実, でなくナオミ自身も, でなくナチス哲学の部分品, でなくナポレオンはこの, でなくニセモノを承知, でなくノーシントーとカスリ傷, でなくハボマイ諸島の西端島貝殻島, でなくハンカチ自体でも直ぐ, でなくバアトン一流のもの, でなくバイロンからもゲエテ, でなくバルナバスの思いつき, でなくパトスの中, でなくパパがこう, でなくパラオ本島各地の信仰, でなくヒステリックである, でなくヒマラヤ山中にも沢山, でなくヒマ人だから, でなくビールがつい, でなくピアノの奏楽, でなくピッタリと一致, でなくピンクいろぐらゐのびんばふなのだらう, でなくピープルとともに神, でなくファシストになりたくない, でなくファッツの妻, でなくファラデーの所, でなくファラデー自身の講演, でなくフィードレルのいった如く, でなくフラウといつ, でなくフランス中産階級の生活, でなくフランス国民の全体, でなくフリートリヒの治下, でなくブラジルのか, でなくブリアンの政府, でなくブルジョア・インテリゲンツィア作家たちの心持, でなくブルジョア社会科学とプロレタリア的社会科学, でなくヘルジンゲエルの方角, でなくヘーゲル哲学全体に於ける, でなくベスファミーリヌイにならなく, でなくベダイ人の癖, でなくベトベトに濡れ, でなくベートーヴェンやワグナー, でなくホツホツホツホツホウと幾つ, でなくホロベツでもムロラン, でなくホンモノの斜陽族, でなくマア坊の放心状態みたい, でなくマグレガーなの, でなくマサチューセッツの農科大学, でなくマザアなんてぬいとりし, でなくマタ・アリを殿下, でなくマッシイブであること, でなくマッフまでもらっ, でなくマニラ遠征を企て, でなくマヤコフスキーが死ぬ, でなくマリアのこういう, でなくマルは未だ, でなくマルクス・エンゲルスの根本思想, でなくマルクス主義文学理論の陣営内, でなくマルクス主義文學理論の陣營内, でなくミュトスである, でなくミルやシヂウィック, でなくメイエルホリドの若い, でなくメチャメチャに壊れた, でなくメリンスの目, でなくメンバー全体がふざけ, でなくモクモクと盛り, でなくモダンなため, でなくモンターク嬢がひとつ, でなくヤコブもヨハネ, でなくラクロに近似, でなくリアリストである証拠, でなくリモオジュを流れる, でなくルソーのよう, でなくルナアル流の, でなくレーニと商人, でなくレーニンスターリン等を神格化, でなくロクマクでも子宮病, でなくロケット弾のよう, でなくロシアの自由主義的素人道楽, でなくロンドンの動物園, でなくローマ字で小説, でなくワグナーの楽劇, でなくヴィッテチェックなどはシューベルト, でなく一さい人と会う, でなく一つ目に対して三つ, でなく一ツ先の元, でなく一ヶ所以上に関係, でなく一九二〇年にウクライナ, でなく一二のチーム, でなく一人一人の生徒, でなく一人昌造だけであつ, でなく一作者の脚本, でなく一冊ごとに一枚一枚, でなく一再ならず入会, でなく一切趣味のない, でなく一卓の諸氏, でなく一国の文化, でなく一国以上において短期間, でなく一天下にさす, でなく一定の色, でなく一家の私, でなく一家一族の不幸, でなく一居住者の愛著, でなく一屋一代の慣習, でなく一層多くの, でなく一座の者, でなく一文の小作料, でなく一族の間, でなく一族兄弟の顔, でなく一族末輩にいたる, でなく一旦傷つけられただけに, でなく一朝の変, でなく一本の木, でなく一村のを集め, でなく一村全部と言, でなく一杯の茶, でなく一枚が何万枚, でなく一歩その前, でなく一歩一歩に働く, でなく一波また一波, でなく一生の間, でなく一町位ゐの, でなく一番乗りの功, でなく一皿の量, でなく一目で全体, でなく一種ほこりをもつた, でなく一種好色的なずる, でなく一種嫌悪の面持, でなく一種心の頼り, でなく一種異様な人間, でなく一種重厚な美, でなく一般にこの髪, でなく一般人の通路, でなく一般公衆のため, でなく一般庶民と同じ, でなく一般心理現象中で他, でなく一般温血動物から人間, でなく一藩の大名, でなく一言の断り, でなく一通の書面, でなく一通りは古典, でなく一週間前からこの, でなく一部の観客, でなく一部分は人でなし, でなく一里は六町単位, でなく一面ロテイ・レニエ・ドオデエが抒情, でなく七カ月という勘定, でなく七七二一〇〇〇となる, でなく七之助は気, でなく七人の腰元, でなく七月になる, でなく万事万端浮世の事, でなく万次郎を婿, でなく万聖節に行われる, でなく三つの異, でなく三つ目の化けもの, でなく三代集を指す, でなく三八分の一であろうと, でなく三十を越え, でなく三十二三の立派, でなく三十年来の寒気, でなく三味線ひきにもなった, でなく三味線引きのお, でなく三四人宛の別室, でなく三四日前から少し, でなく三四本飲むと, でなく三国峠の権, でなく三大学の僧侶, でなく三好秀次の家来, でなく三宅侯の邸内, でなく三尺帶が勘三郎の, でなく三島の家, でなく三崎に居る, でなく三日に一度, でなく三晩も四晩, でなく三木雄は次ぎ, でなく三河の宝飯郡, でなく三略の文句, でなく三番叟の起原, でなく三道のどこ, でなく三間五間あるいはそれ以上, でなく上使を呉, でなく上古以来の歌, でなく上品で心, でなく上奏するの, でなく上尾宿からは茶屋女, でなく上層の気象状態, でなく上手に切, でなく上方で作られた, でなく上泉塚原以後柳生家の中興石舟斎, でなく上流の女房生活, でなく上海だけにも数十軒, でなく上演脚本の内容自身, でなく上玉が容易, でなく上級船員の間, でなく上衣の外套, でなく上部はそっけ, でなく下司ではいけない, でなく下向きに見, でなく下女のお, でなく下宿人一同も俄, でなく下層建築と上層建築, でなく下層階級自身も一日, でなく下方の桑畑, でなく下痢をも伴い, でなく下級生からも非常, でなく下級船員からさえもその, でなく下総の千葉介, でなく下駄の無い, でなく不便でもあつ, でなく不倶戴天の仇敵, でなく不具者にも子, でなく不動の姿勢, でなく不可解でなく生命そのもの, でなく不器用だといふ, でなく不当利得を常態, でなく不得意である, でなく不得要領のま, でなく不快な思い, でなく不断の熱心, でなく不潔を包容, でなく不破の関守氏, でなく不義の相手, でなく不肖が先帝, でなく不逞でもなく, でなく与四郎の妻, でなく丑刻詣りが, でなく且好案内者を伴わなかった, でなく且都會じみた柄, でなく世にも珍らしい, でなく世の中全体がどんなに, でなく世人すべてから冷眼視, でなく世尊という人, でなく世態もまた, でなく世界中の人間, でなく世界中どこでも同じ, でなく世界全体にとっての重大, でなく世界唯一の優強國, でなく世界文学の眺望, でなく世界的な言葉, でなく世界資本主義の新しい, でなく世界開闢の前, でなく世良半次郎という友だち, でなく世間じゅうで知っ, でなく世間一般の口, でなく世間並でなくな, でなく世間人の如く生活, でなく丙午の年, でなく両国の川べり, でなく両手両足に及んだ, でなく両棲類か爬虫頚, でなく並大抵のもの, でなく並木通りからまた, でなく中でも一番接近し, でなく中世日本の戯曲劇, でなく中国や満州, でなく中国経略の前途, でなく中国風の浴槽, でなく中堅層の人たち全体, でなく中央の内藤修理, でなく中央ヨウロッパ特に獨逸, でなく中央亜細亜の荒, でなく中心そのもの主體性實在性そのもの, でなく中村屋の家具什器等々, でなく中毒に対する臓器特異性, でなく中江と村尾, でなく中等社会および下等中, でなく中納言の姿, でなく中軸や書出し, でなく中農の決定的多数, でなく中途の高, でなく中野は望遠鏡, でなく中隊位となった, でなく丸切り思ひ遣りと, でなく丸太でも渡れるだらう, でなく丸彫りの人形, でなく丹党の武士, でなく丹波の梅迫, でなく丹羽滝川その他諸家の列, でなく丹道の背景, でなく主人公の心持, でなく主人自作の文章, でなく主体性と創造性, でなく主体的なもの, でなく主体的存在の真理, でなく主体的自覚によって知られる, でなく主催国としての責任, でなく主婦生活の殆ど一生, でなく主張のため, でなく主役ハムレットを演ずる, でなく主要街路の建築表面, でなく主観的で偏頗, でなく主部が動詞的, でなく主食の代用, でなく久々で鳴る, でなく久しい間ちょうど, でなく久しぶりで一人, でなく乗組の大勢, でなく乗組船員をごまかし, でなく九三年は苛酷, でなく九州東北にまでわたっ, でなくをよろこび, でなく乱脈なさむ, でなく乱闘乱戦さながら野獣群, でなく乳臭さが, でなく乾児たちへも順々, でなく予て噂の, でなく予審判事のところ, でなく予約金一円を入れ, でなく予言者らしい突飛, でなく事がらは忘れ, でなく事務局の同僚, でなく事実それに相違, でなく事実上の研究, でなく事実上淡島屋を別, でなく事実問題として重大, でなく事実彼らは依然, でなく事実歴史的にその, でなく事実犯罪そのものの数, でなくと三, でなく二カ所にも三カ所, でなく二ヵ所にも三ヵ所, でなく二七であると, でなく二万五六千はかぞえられる, でなく二三七七三五である, でなく二三日経つと, でなく二三週間後にはその, でなく二個の人間, でなく二十世紀の舞臺, でなく二十年已来の所信, でなく二十歳をかなり, でなく二十歳近くの者, でなく二十歳頃から唯一, でなく二十銭のスープ, でなく二十面相の部下, でなく二千五百万以下となる, でなく二年以上勤続した者, でなく二年近くも見なかった, でなく二度目になっ, でなく二役ともやった, でなく二時間ばかり相手, でなく二本足のも, でなく二歳に成る, でなく二者の関係, でなく二足三足とあるき出す, でなく二階が仕事場, でなく云つて聞かせても, でなく五ヵ月の相違, でなく五体がひとりでに, でなく五六人が手紙, でなく五円儲かったという, でなく五十二万八千ドルでロンドン, でなく五年のほとんど, でなく五日初日といふの, でなく五月の節句, でなく五歳になる, でなく五里霧中の新, でなく五風十雨の亜類, でなく井上さんまで私, でなく井上嘉門に捧げた, でなく井上氏や松村氏, でなく井出家の問題, でなく井谷に催促, でなくの音響, でなく亜米利加でタタキ, でなく亡父から引き, でなく交わり迄を断とう, でなく京都方にあった, でなく亭主の六兵衛, でなく人がらもなかなか, でなく人世から苦労, でなく人事でこみ, でなく人口が過度, でなく人形の腹, でなく人心を引入れる, でなく人攫いということ, でなく人智と誠, でなく人格的で情誼的, でなく人格的技術がある, でなく人民文化委員会芸術部コム・アカデミイの芸術部, でなく人気などもなかなか, でなく人為的に仮り, でなく人物と一緒, でなく人物觀の對象, でなく人生いっさいのこと, でなく人生一般の見方, でなく人生呪咀でもない, でなく人生問題が包まれ, でなく人生習練の心, でなく人蝟りも, でなく人通りがごく, でなく人違いでなく何, でなく人間そのものである, でなく人間上のもの, でなく人間性一般の大, でなく人間扱いにし, でなく人間教育の上, でなく人間生活の歴史的動向, でなく人間界もまた, でなく人間的主體, でなく人間的価値を表面的, でなく人間的行為の性質, でなく人間精神そのものの本質, でなく人類一般に共通, でなく人類友人伴侶及び強き, でなく人類総がかりになっ, でなく人體の一部分, でなく人麿や西行, でなく仇敵の如く, でなく今に晋ちゃんご, でなく今にも暮れようと, でなく今回は内容的, でなく今川家の参謀, でなく今年は私, でなく今後いろいろな負担, でなく今日ヴィクトーリアンという言葉そのもの, でなく今日農村の事情, でなく今晩の泊る, でなく今朝机に向ったら, でなく仏具のなか, でなく仏性が成仏, でなく仏様からも卑怯者, でなく他方それがすべて, でなく他方我々自身が自由, でなく仙台市民こぞって邪心, でなく代々この地方, でなく代々蓄積した富, でなく代りに食う, でなく以上のよう, でなく以後何十年への生命, でなく以後豊臣家の援護, でなく以来彼我の交通, でなくよい父娘, でなく仲哀天皇の御世, でなく仲裁のかたち, でなく任意自由にさうありたい, でなく伊太利珊瑚の生地, でなく伊田そのひと, でなく伊織もまた, でなく伊賀甲賀の奥, でなく伊達一藩にはこの, でなく伍助の赤犬, でなく会主の青蛙堂主人, でなく会社の人たち, でなく会社員にとっては娯楽, でなく伝六は力, でなく伝蔵もまた, でなく伝記上の一個人, でなく伯母までが言葉, でなく伯父さんの所, でなく伸びあがって, でなく伽藍の配置, でなくの親しい, でなく但馬境から赤穂, でなく低廉でなければ, でなく住宅問題消費組合の問題, でなく佐々成政も移りゆく, でなく佐竹原の興業物飲食店一般, でなく佐藤春夫に, でなくについても健康, でなく体じゅうが熱, でなく何ぞ他の, でなく何だか始終私達に, でなく何でそんな妙, でなく何ら特別の, でなく何らかの力, でなく何一つ買っても, でなく何人となく, でなく何十人もの男女, でなく何印の何品, でなく何品でも中村屋, でなく何年目かには名題下, でなく何度も繰り返し, でなく何故減俸という, でなく何故かそれは, でなく何時の間にやら圖, でなく何物も成つたの, でなく何百多い時, でなく余り散らかり過ぎて, でなく余り度々も行つて, でなく余儀なき運命と, でなく余蘊なくリアル, でなく余裕のない, でなく余計に寒い, でなく佛教をつきぬけた, でなく佛蘭西の方, でなく作中人物たちの生活, でなく作全体に非常, でなく作家たちはよく, でなく作家同盟が一九三一年, でなく作家組合の事務所, でなく作用があっ, でなく作用的存在でありラシュリエ, でなく作者自身にとっても驚くべき, でなく使いのひとり, でなく使用した兇器, でなく使途を考え, でなく來年の發展策, でなく例へば外出の, でなく例外ないほど, でなく侏儒であつ, でなく依然たる布施經濟, でなく依然として夏休み前の, でなく便利のため, でなくやおふくろ, でなく俗情にそむい, でなくの心, でなく保平に嫁い, でなく保自身自分のうけとり, でなく保護と云, でなくと学, でなく信太の森, でなく信念の対象, でなく信玄の頭脳, でなく信者としても熱心, でなくで嫂, でなく修辞学の論理, でなく修道院の中, でなく俳優並びに演出家, でなく倉庫から店, でなく倉田支配人の指図, でなくを没入, でなく個々の将士, でなく個々別々に発生, でなく個人的な志想, でなく個別住宅である故, でなく個別的なそれ, でなく倫理も哲学, でなく倫理的及び衛生的, でなく倭詩というべき, でなく倶楽部の代金, でなく偉大な軍事予算, でなく停電だつた, でなく健吉くんにも令嬢, でなく側女だという, でなく側面の小さい, でなく攻の, でなく偽者もまじっ, でなくれたもの, でなく傑いものばかりを選り抜く, でなく傾斜の多い, でなく僅か一室の, でなく働きも充分, でなく僚艇八隻にも伝達, でなく僧侶の勢力, でなく僧院に男, でなく僭越な事, でなく僻地における教師生活, でなく儒者であると, でなく優品をも収得, でなく優強者とし, でなく優秀な数学教師, でなく優美に類型化, でなく元成を自分, でなく元来進歩ということ, でなく元気な姿, でなく元田肇翁の生まれた, でなく元禄の足らぬ, でなく兄さんになっ, でなく兄夫婦の耳, でなく先ず会を, でなく先づ耳へ次いで, でなく先刻からいっしょ, でなく先刻盤得尼の手紙, でなく先天的みたいに武将, でなく先年その妹, でなく先生自身の立場, でなく先祖からの家, でなく先頭に立っ, でなくは客, でなく光明界を出さなけれ, でなく光秀は真, でなく光秀そのものが自然, でなく光線にあり, でなく兎唇瘰癧その他いろいろ下等, でなく児童作家にし, でなくの計画, でなく党内部の者, でなく入院したやう, でなく全くそう思われたらしいの, でなく全体何を言った, でなく全体此話の主要人物, でなく全区の大, でなく全国からコンニャク, でなく全国各地の数学, でなく全市の各, でなく全般に於, でなく全身骨を抜かれた, でなく全部的に包含, でなく全集水区域に積, でなく兩傍に堆く, でなく八丁四方に居る, でなく八丁堀のお, でなく八人の隊員, でなく八月十八日にはさらに, でなく八王子市を三時間余, でなく八重山の方, でなく公共的な表現的, でなく公卿に連なる, でなく公卿衆の中, でなく公式の高等女官, でなく公憤であるという, でなく公明な批判的, でなく六カ月以上一定の地, でなく六位級に置かれ, でなく六千万人ことごとく肉食仲間, でなく六波羅放免の眼, でなく共に世界的に, でなく共同生活態の連関, でなく共棲を続ける, でなく共済会で出す, でなくの正しき, でなく兵児帯を緩く, でなく兵制改正役方任廃に就い, でなく兵粮丸などを研究, でなく兵部の眼, でなく其中に叙事部分, でなく其人の生存中, でなく其容貌が丸, でなく其弟の蘭皐, でなく其文勢筆致をも写さね, でなく其時ふッ, でなく其根がもと, でなく其根芽つながつて, でなく其死体がゆるがぬ, でなく其素質に沿う, でなく其親近の人, でなく其道義感と文学, でなく其頃ではもう, でなく具體的なる全, でなく典雅なうち, でなく兼子と一緒, でなく内の人の眼, でなく内儀でなければ, でなく内在的なもの, でなく内地にもある, でなく内容手法ともにもつ, でなく内政上のいみ, でなく内的な問題, でなく内面から彼, でなく内面的に結び付い, でなく円形の盤, でなく円心の詭計, でなく円本出版屋の手段, でなく円環的であるという, でなく再建の生活, でなく冒險家でもない, でなく冗談に動物, でなく冗談半分とはいい, でなく写実の地道, でなく写実万能の弊, でなく写生の句, でなく写真は本人, でなく冬期の祭日, でなくんやりした, でなくじい音だった, でなく凡て夜露は悪い, でなく凡て酒の上, でなく凡俗も機会, でなく凡庸な民衆, でなく女らしさ, でなく凧合戦をする, でなく出し抜けにこの, でなく出来上ったもの, でなく出来事においても経験, でなく出版資本主義の商業政策, でなく刃物でなく注射, でなく分家の人たち, でなく切りそがれたそれら, でなく切り石の中, でなく切れぎれに記憶像, でなく切地の縞目, でなく切妻と称し, でなく切支丹の用語, でなく切腹を仰せつかる, でなく切花を硝子罎, でなく刊行の仕事そのもの, でなく刑罰として罪人, でなく列国が同時に, でなく列車が顛覆, でなく初々しいピヤニストの, でなく初恋の雪子, でなく初犯の奴, でなく判断力までがくらまされ, でなく別個のより, でなく別号がある, でなく別居して, でなく別邸のお, でなく別離の意, でなく利害を離れた, でなく利根亮輔その人全体, でなく利潤の源泉, でなく到頭死去りました, でなく制作の立場, でなく刺戟に充ちた, でなく刻々僕らの, でなく前々代からの襲用, でなく前代未聞の事件, でなく前後を忘れ, でなく前後べつべつに附い, でなく前後左右から不規則, でなく前日の稽古, でなく前身は全く, でなく前述の立体六花, でなくを道, でなく剣道もじまん, でなく割に淡い味, でなく割によく寫る, でなく割合に自然, でなく割引に割引, でなく創作でなくなるの, でなく創意であ, でなく創造的綜合である, でなく劇壇新機運, でなく劇文学当面の問題, でなく力ずくでもぎ取った, でなく力学や熱力学, でなく功利主義道徳も矢張り道徳, でなく加害者も被害者, でなく加賀屋の店, でなく努力の生活, でなく労働の賃銀, でなく労働組合のよう, でなく労働者も商人, でなく効果の時間的永続性, でなく勇奮猛闘汗みどろにかかっ, でなく勇敢にお, でなく勇気と親愛, でなく勇自身が工場づとめよりは, でなく勉強したいと, でなくもすれ, でなく動力線を猿, でなく動物も植物, でなく動物植物鉱物の三王国, でなく動詞にも再び, でなく勘三郎でなきや, でなく勝山に結っ, でなく勝手口の方, でなく勝重の母親, でなく勝頼からの主命, でなく勤労婦人として自分, でなく勤労者の妻, でなく勾欄も斗拱, でなく包括的に考えられね, でなく化け物でない限り, でなく化学的のもの, でなく化物の首, でなく北国の鉛色, でなく北朝系の花園天皇, でなく北海道も一帯, でなく北畠親房の, でなく匹夫の勇, でなく医者の看板, でなく医院の庭, でなく十一月になった, でなく十三日間の通行, でなく十五里の区域内, でなく十分娯楽としての要素, でなく十四五日から学校, でなく十字形をなした, でなく十字架を負う, でなく十年前までは兄弟同様, でなく十方を通貫, でなく十露盤も教え, でなく千二百年のあいだ, でなく千代の命日, でなく千代乃さんのこと, でなく千代子自身に重い, でなく千代田城の御, でなく千葉房枝の名誉, でなく午後になっ, でなく半焼に終りました, でなく半蔵が留守宅, でなく卑しいことよ, でなく卑劣の横着, でなく卑劣邪悪です, でなく卒倒しさうに, でなく卒業後のこと, でなく卒業生もまた, でなく卓子は桃花心木製, でなく卓越した女性, でなく協会と取的, でなく協力者となり得ます, でなく南天竺であつ, でなく南岸にも火災, でなく南方の高雄, でなく南方ぜんたいの人間, でなく単数で, でなく単語として, でなく博士が残した, でなく博奕のこと, でなく博物館にゐる, でなく卞彬は羊性淫, でなく占いもたいそう, でなく印刷出版の面目, でなく印度人の中, でなく印度産の毒蛇コブラ, でなく即刻即座の反響, でなく却って同時に対象そのものが, でなく却って大いに焚きつけて, でなく却って極めて示唆に, でなく却って真に内から, でなく却つて現實的, でなく却つてこれを肯定, でなく却つてロッツェがプラトン, でなく却つて一種の焦燥, でなく却つて下品となり, でなく却つて作中の人物, でなく却つて俳優の優れた, でなく却つて偶然的な事實的, でなく却つて其覺悟を堅め, でなく却つて印象があやふや, でなく却つて奴隷を養, でなく却つて姑息な独りよがり, でなく却つて存在論的な, でなく却つて形のない, でなく却つて思惟はこれ, でなく却つて控へ目とさ, でなく却つて期待といふ如き, でなく却つて村の意味, でなく却つて立場の最大, でなく却つて運動と變化, でなくを産みつけた, でなく厚ぼったい匂や, でなく厚味も豊か, でなく原っぱへ入る, でなく原子爆弾が我が国, でなく参謀本部の勤務, でなく又八が見えない, でなく又村の葬式, でなく及川にあった, でなく友さん以外の人, でなく友人達も暗, でなく友人関係の同人, でなく友情においても誠意, でなく友松もこの, でなく友達の胸, でなく双方ともに以前, でなく反対側の壁ぎわ, でなく反感を持つ, でなく反抗的な調子, でなく取巻きの原武太夫以下, でなく取材の多, でなく受動的であると, でなく受持の組, でなく受話機を耳, でなく叙述的である, でなく口調を面白く, でなく口頭や推参, でなく古人未蹈, でなく古典のもった, でなく古典文芸の鑑賞, でなく古市加十であると, でなく古府中の奥村, でなく古来人間が馬, でなくそういった気分, でなく只やっぱりああ云う人, でなく只管或物, でなく召使らに対しても宗冬, でなく可哀そうであります, でなく可愛らしげが, でなく史実上の註考, でなく右門です, でなく各人の必要, でなく各国の共産党, でなく各戸とも主人, でなく各所に自由, でなく各自が勝手, でなく合掌した, でなく合理的に説明, でなく吉例の触れ太鼓, でなく吉凶さまざまの事件, でなく吉助までも手, でなく吉原病院のそば, でなく吉岡が, でなく吉田内閣や三田村氏, でなく吉野ノ執行, でなく同じくすでに港に, でなく同中に異, でなく同体である, でなく同僚などというの, でなく同国人には勿論, でなく同国人吉田若狭守位清という者, でなく同好の士, でなく同年兵のほとんど, でなく同役は今みんな, でなく同志の獄, でなく同情的では, でなく同級生であった, でなく同行の者, でなく名古屋の家中衆, でなく名字帯刀御免の郷士, でなく名聞の爲, でなく名誉な仕事, でなく名誉心や好奇心, でなく名高い宝石蒐集家の, でなく吏員の全部, でなく向うさまからでございます, でなく向う側の人々, でなく向後何年の間, でなく君ら自身の良心, でなく君公の忠利, でなく含嗽をやたら, でなく含蓄ある意味, でなく吸血の屍体, でなく吹込みも新しく, でなくっと安らか, でなく吾が日本民族を, でなく吾人は彼等, でなく呂布の意中, でなく呉葉もそ, でなく呉軍全体は破竹, でなく周倉が亭, でなく周公の作, でなく周子にも一日, でなく周時代には諸侯, でなく味方うちの, でなくが助かりたい, でなく和彩だつた, でなく和歌の道, でなく和泉屋の総, でなくの婆様, でなく咽喉で味わう, でなく品川の河童天王, でなく品性や品行, でなく品物の使い道, でなく品質で測る, でなく哲学的科学自身がすでに, でなく哲学者として研究, でなく哲學は哲學史, でなく唐天竺から南蠻, でなく唐時代から同, でなく唐西域印度ペルシャ東ローマあたりの品物, でなく唯一点だが, でなく唯漠然と名の, でなく唯金が大切, でなく商取引の約束, でなく商品券と云, でなく商売物の煙草, でなく商売用の椅子, でなく商工省あたりの官吏, でなく商店の者, でなく商業組合乃至同業組合, でなく商魂商策においても似た, でなく啻に困窮に, でなく善い気で, でなく善光寺辰でした, でなくからも胸, でなく営業歌手の技巧, でなくきな, でなくの祭, でなく嘱望されて, でなくによれ, でなく器用にしゃべった, でなく囁き声やら赤ん坊, でなく四人に見えた, でなく四十年前の人間, でなく四囲の情勢, でなく四川茶や杭州茶, でなく四方八方に森, でなく四方海をめぐらす, でなく四日の間躊躇, でなく四月を意味, でなく四本普通になっ, でなく四海の共, でなく四面も八面, でなく四音であるの, でなく団体と団体, でなく団欒の興, でなく団菊の死, でなく困苦欠乏に堪へる, でなく困難な道, でなくりの, でなく固い石を, でなく国じゅうの人, でなく国そのものの富強その他物質的方面, でなく国内に於ける, でなく国土の広大, でなく国境いにおいて斬殺, でなく国家一般の鉱業, でなく国民大衆の勤労, でなく国民生活の一切, でなく国民自身の不快, でなく国訛りの, でなく国語の正確, でなく國史を通じてあらゆる, でなく國家的に組織, でなく國家社會黨からも共和黨, でなく國訛りの, でなくみを, でなくのある, でなく土器作りの雑戸, でなく土産にと言っ, でなく土肥実平の家来, でなく土藏の間, でなくパリその他の, でなく在京在国の武家仲間, でなく圭一郎は縱令, でなく地下の蹴鞠, でなく地主軍需生産者旧軍人, でなく地域の関係, でなく地所全体を貸し, でなく地面からも地熱, でなくでよごれ, でなく埋葬の手続き, でなく城介がそれ, でなく城内七百の強者ばら, でなく基督の仁, でなく堂々たる貴族の, でなく堂上風にも向かぬ, でなくにはいわゆる, でなく堺氏自身後者にある, でなくもその, でなく塩味だと, でなく境遇から来た, でなく墨染欝金の奇, でなく墨汁に近い, でなく壁画に描かれた, でなく壇ノ浦あたりからと思つたの, でなく士分の者, でなくが舅, でなく変死であったので, でなく夏川さんの身許, でなく夕月の頃, でなく夕闇のやや, でなく外人は集会, でなく外国人相手をもする, でなく外國語教授の持つ, でなく外界と全く, でなく外的からも之, でなく外見から判断, でなく外見まじめな勤番侍, でなく外部的な事情, でなくと一, でなく多からぬ違, でなく多元論なん, でなく多少ともに自分を, でなく多年の労作, でなく多情の面, でなく多情多感な青年剣客法月弦, でなく多聞丸にまといつかれる, でなく夜中でなく月, でなく夜光の短刀, でなく夜具布団なら田舎, でなく夜更けの方, でなく夜陰に乗じ, でなく夢中になっ, でなく大して怜悧でなく, でなく大串取木, でなく大人達の世界, でなく大体には古く, でなく大切な大切, でなく大化革新の主, でなく大名も廃藩置県, でなく大和めぐりを, でなく大塚さんは自分自身, でなく大塩との会見, でなく大宮在から出, でなく大将軍のこと, でなく大小となく, でなく大小三十余の地獄, でなく大山のおやじ, でなく大崎を過ぎる, でなく大川内伊万里有田三地を通じ, でなく大師以前のインド人, でなく大庭という奴, でなく大戦を前, でなく大抵現金と有価証券, でなく大方これが, でなく大望を抱い, でなく大概の方, でなく大榎の梢, でなく大様で少しも, でなく大河の名前, でなく大洋丸そのものも引きあげる, でなく大盗になつ, でなく大石家の老, でなく大納言のお, でなく大葉だそれでも, でなく大衆の間, でなく大袈裟に云, でなく大西洋岸にあつ, でなく大赦は行なわれる, でなく大門構え玄関附そういった武家風, でなく天上にある, でなく天下収攬の具, でなく天井板を動かす, でなく天井裏と氣, でなく天人でない, でなく天分にもよる, でなく天命的な生活, でなく天地の神祇, でなく天性の彼, でなく天才の殿堂, でなく天路のこと, でなく太一の父親, でなく太守のご, でなく夫人自身が自らさ, でなく失敗ると, でなく夷蛮の熱地, でなく奇抜なところ, でなく奈良朝の末, でなく奈良朝頃からすでに, でなく奉公に来た, でなく奉公ずれのした, でなく奉行所関係の役人たち, でなく奥州の天地, でなく奥様ばかりを蝶花, でなく奥深いところが, でなく奥行が深い, でなく奧州の者, でなく奧樣の御, でなく女一通りの学問, でなく女中たちがその, でなく女優の死骸, でなく女子の専門学校, でなく女房お蘭, でなく女湯へ行っ, でなく女達が男, でなく好きな酒, でなく好き者と醜き, でなく好くも悪く, でなく好事家の為め, でなく好奇心をお, でなく好悪は論外, でなく好感を持つ, でなく如何に多く, でなく如才のない, でなく如法の戒律, でなく妄想であること, でなく妖怪は本質, でなく妖精が出, でなく妙義も荒船, でなく妥当の領域, でなく妻子の幸福, でなく妻籠の方, でなく妻籠なじみの得右衛門, でなく妻籠脇本陣の主人, でなくはどう, でなく姉上の身, でなく始めからただ, でなく始終逆らうよう, でなく姥ごとの方, でなく姫山の西方, でなく姿は屈み, でなく娘さんの生活感情, でなく娘子が其時石見, でなく娯樂といふの, でなくまで自分, でなく婆さんそのものも甚だ, でなく婦人そのものの社会的自覚, でなく婦人向の気, でなく婦人問題についても系統, でなく媒介されたもの, でなく媒介結婚がいい, でなくまで彼女, でなく嫌味になる, でなく嫌悪さえし, でなくの高, でなく子々孫々のため, でなく子供たちや孫, でなく子供独得の変, でなく子供等にも聞かせる, でなく子供自身の幸福, でなく子女をし, でなく子規居士から漱石氏, でなく孔子およびその, でなく孔明なども実に, でなく存外柔和だ, でなく季節の関係, でなく季題という重大, でなくにも通じ, でなく学内の暴力団, でなく学問医術伎楽散楽美術工芸みんな寺院を通っ, でなく学校中の生徒, でなく学校内の教員生徒, でなく学校経営といふ財政的, でなく学生一般のもの, でなく学者間の言, でなく学識もある, でなくの為定, でなく孫井筒屋の息子, でなくれの, でなく學問を求める, でなく學問的な意味, でなく學者が其知識慾, でなく宇内いたる所, でなく宇和島殿と共に閣老, でなく宇宙の不思議, でなく宇宙艇を保護, でなく宇都宮の粂次郎, でなく守護霊であること, でなく安いコーヒーを, でなく安らかな満足感, でなく安川も自分, でなく安政三年以後はさらに, でなく安永のそれ, でなく安泰が安泰, でなく宋代の歴史経済, でなく宗庵は性来理財, でなく宗教も道徳, でなく宗教家でないでも, でなく宗教音楽史上の一大巨峰, でなく宗盛の所行, でなく宗祖弘法大師に對, でなく官人の群衆, でなく官僚と民衆, でなく官憲の保護, でなく官物官金の配當, でなく官軍の士風そのもの, でなく禅や, でなく定紋入りの提灯, でなく定食と云, でなく宛て字を日本新聞, でなく宜しく敬語の, でなくとも花, でなくを云う, でなく実体に附帯, でなく実例をあげよう, でなく実地を見聞, でなく実業家の実業家, でなく実生活の上, でなく実用の上, でなく実質的存在を持っ, でなく実践であると, でなく実践的な人間的感性的活動, でなく実隆はまた, でなく実際そうであって, でなく実験室内の机, でなく実験的に色々, でなく実験者の観念, でなくが多く, でなく客人の駒, でなく客神に対して心, でなく客観的即物主義の詩人, でなく客觀的實在世界の形相, でなく宣伝のため, でなく宣伝用に無料, でなく宣言書を載せた, でなくの調度, でなく宮内大臣にだって信用, でなくに先だつ, でなく宴会の時, でなく宵祭りを祝うべき, でなく家々の軒, でなく家中一般の軍学, でなく家全体が小さい, でなく家内の人, でなく家屋税に就い, でなく家庭和楽のすすめ合い, でなく家庭教師でなくなった二人, でなく家康の脳裡, でなく家持自身の手記, でなく家族中に原因, でなく家臣たちも誰ひとり, でなく容易でなく多く, でなく容色や品, でなく宿命的な呪われた芸術家, でなく宿屋が並んだ, でなく寂莫とした, でなく寄席にか, でなく寄附寄進から施, でなく寄附者の浄財, でなく密かにはずいぶん, でなく密貿易をする, でなく富力智力殊に道徳, でなく富士男君の私用, でなく寛容は義務, でなく寛政より文政, でなく寝室で催眠薬, でなく寝床の上, でなく實踐的な問題, でなく實驗から行つて自由, でなく薄雪物語, でなく寧ろもともと或る, でなく寧ろ真にロシヤの, でなくにいる, でなくの夫人, でなく対人的殊に異性, でなく対手はどう, でなく対面して, でなく寿詞によつて, でなく封建的な親子, でなく専門の科学者自身, でなく専門家たちが自明, でなくとしての義経, でなく将来を含め, でなく将軍が京都, でなく将門の叔父水守, でなく專らそれ自身において基礎, でなく專任の巡査數十名, でなく尊氏帷幕の老, でなく對象が我々, でなく県の, でなく小さい物を, でなく小児についても精密, でなく小学校の生徒, でなく小屋一パイの見物, でなく小林君たちのもぐりこんだ, でなく小母さんは貫ちやん, でなく小汚ないその, でなく小犬でよかっ, でなく小粒らしく小さい, でなく小萩に対しても詞, でなく小諸から二人, でなく小鳥の声, でなく小鳥たちも前, でなく少々実の, でなく少くとも作家, でなく少なくとも三百年ほど, でなく少年だましいの, でなく少年助手の小林, でなく少年探偵団員ぜんぶを同じ, でなく少数武士の権力争い, でなく幾分の, でなく尚さら斬り巻, でなく就職難に病ん, でなくの皮硬化, でなくが夜ふけ, でなくなりの者, でなく居合の呼吸, でなく屈強の男子, でなく屋内屋外の広い, でなく屋敷中の者, でなく屋敷内に竹林, でなく屋根の上, でなくを完全, でなく屡々平凡な, でなく山の手の方, でなく山の手端ばし, でなく山の神となつ, でなく山三郎の氣, でなく山右衛門の殺された, でなく山右衞門の殺された, でなく山吹に流水, でなく山国の趣, でなく山城の愛宕, でなく山岳文学のため, でなく山川風物も人情, でなく山東地方の古い, でなく山田はほか, でなく山盛一ぱいのせて, でなく山窩の或, でなく山陰山陽から四国, でなく山陽は耶馬渓, でなく山陽北陸地方には国司, でなく山麓の丘, でなく岡場所やけころへ握り拳, でなく岡本のお, でなくの無い, でなく岩吉は山人, でなく岩松でなく自分, でなく岩沼さま寺池さまつづいては, でなく岩石のもある, でなく岸田さん自身もさういふ, でなく岸田君は一作ごと, でなくで与市, でなく島津義弘や黒田長政, でなく崖先に余地, でなく崩壞せる土砂, でなくから吹く, でなく川それ自身の栄華, でなく川中島は元, でなく工人全体をも嚇, でなく左右の足, でなく左右後方へも気, でなく左母次郎でなくお, でなく巨万の遺産, でなく巨人と言, でなく巫倡の業, でなく巫女を言, でなく已むを得ず, でなくの声, でなくの中心, でなく市ノ瀬にも聞かせ, でなく市ノ瀬牧人の方, でなく市中に宿泊, でなく市十郎が死ん, でなく市村座の三月興行, でなく市街は丸裸, でなく帆船時代には存在, でなく帰国の日以来, でなく帰朝以来ただの一度, でなく帰路の物騒, でなくの赤, でなく常世神を迎, でなく常識に比し, でなく帽子が酒, でなく幕府反対の側, でなく幕府自体が抱い, でなく幡随院の境内, でなく平一郎の純, でなく平七までが姿, でなく平地からは白山岳, でなく平坦地にある, でなく平安朝の末期, でなく平時でも引っ提げ, でなく平次の方, でなく平生常にその, でなく平素世間から侮られ, でなく平野君ごとき思索家, でなく平面です, でなくも取らなけれ, でなく年々訪れたまう神の島, でなく年ごろの伜, でなく年増でなく下司, でなく年寄りの雑役夫, でなく年来復員局では, でなく年賀状も来なくなりました, でなくな子, でなく幼い頃は, でなく幼児教育にもどんなに, でなく幼少の頃大阪, でなく幽界からはるばる, でなく幽霊を見, でなく幾らでも取り, でなく幾代も幾代, でなく幾区画にも分れ, でなく幾千万年でも長生き, でなく幾家族もが留守, でなく幾年かの修業, でなく幾度も行つて, でなく幾筋もあり得る, でなく広々とした, でなく広東地方でも青蛙神, でなく広汎なる立場, でなく広義の恋愛歌, でなく広重の夢, でなく庇護をも切に, でなく店先で彼女, でなく店員の身体, でなく府下一斉に行われ, でなくの過ぎた, でなく度量を広く, でなく座中は俄, でなく座敷の内, でなく座興の添え, でなくの土, でなく庭球でも柔道, でなく庭石も垣根, でなく康囘貪婪飽くなく天位, でなくである, でなく延びひろがり繁る意味, でなく延徳元年実隆が権大納言, でなく建築は純, でなく建設にある, でなく弁信さんだから, でなく引越しより自分達, でなく弱々しく悲しそうに, でなく張り抜きにした, でなく強いて乗ろうと, でなく強くてどんな, でなく強制は強制, でなく強盗だけにちょっと, でなく当てにし, でなく当り前の愉快, でなく当人同士の夫婦仲, でなく当代最高の文化人, でなく当初から相互融, でなく当年の社会激動, でなく当方が不注意, でなく当日は一しょ, でなく当時ざらにあった, でなく当時朝鮮半島は新, でなく当時狂人となつ, でなく当時荘園一般の例, でなく当為に関わる, でなく当然のこと, でなく当面には恋愛, でなくも色, でなく形成されるもの, でなく形成作用の一つ, でなく形成作用的ということ, でなく形相を実在, でなく形而上学的の意味, でなく彦右衛門も他, でなく彫刻でなくまた, でなく彫工会が出品, でなく役人同志が互いに, でなく役者たちを弁護, でなく彼伴蔵日頃厄介になっ, でなく彼女自身がその, でなく彼女自身お話をする, でなく彼奴お得意, でなく彼方此方に一団一団, でなく彼等二人に対して不快, でなく彼等文筆者流のグループ, でなく彼等江戸ッ子からヒント, でなく彼等自身が既に, でなく彼自らが獣臭, でなく往来人はいちいち, でなく服せられるもの, でなく待機して, でなく後に誰が, でなく後れ咲か返り, でなく後天的な習性, でなく後年由井正雪一味のむほん, でなく後日の彼, でなく後来文学としてとり, でなく後者は前者, でなく後醍醐と尊氏, でなく従つて真の魅力, でなく従前の能力, でなく従属的なもの, でなく従来会津と共に幕府, でなく従来縄張りの争い, でなく得意の玉突, でなく從つて當事の男女, でなく御供なんかも一寸, でなく御子もございませんでした, でなく御方も早, でなく御朱印の傅次郎, でなく御者が毎, でなく御膳つきで食事, でなく御陵衛士という新しい, でなく御領内の民百姓, でなく御飯から拵える, でなく復帰出来るだろう, でなく復讐的な気持, でなく微かにずっと, でなく微弱な重, でなく徳川を売っ, でなく徳川三百年の治世中, でなく徳川時代の山陽道筋, でなく徳川様のお歴々, でなく徳川氏の直属, でなく徳性涵養人格養成と云, でなく徳育を施す, でなく徳行の方面, でなく徴兵の一件, でなく徹頭徹尾実地の, でなく心あたりの就職, でなく心そのものを無視, でなく心もちのニュアンス, でなく心理学上の事, でなく心細くばかり思っ, でなく心胆のもの, でなく心象の想念, でなく心配よ, でなく心魂を恍かす, でなくしも価値, でなく必ずしも彼は, でなく必らず私, でなく必死の懸命, でなく必然的にそれ, でなく忍耐の忍, でなくだけは五朝, でなく応接室にかけ, でなく忠右衛門のため, でなく忠直卿の自尊心, でなく忠臣だと, でなく快楽に酔ひ, でなく念流の殆ど全部, でなく怜悧でなくたいして, でなく思いがけないことまでも, でなく思わずそういつた位, でなく思惟においてある, でなく思想感情意志などをも含めた, でなく思想的にかの, でなく思慕すべき一切, でなく急ぎ私共の, でなく急用で出かける, でなく性欲の対象, でなく性生活そのものについての理解, でなく怪奇小説であったため, でなく怪我人に附, でなく怪物たちのいっ, でなく怪談全般に就い, でなく恋仲で一しょ, でなく恋愛のため, でなく恐らく最早や二度と, でなく恐怖もそこ, でなく恩人の家, でなく息苦しくなって, でなく悉く皆深邃の, でなく悟道に関する問題, でなく悪く疑えば, でなく悪人だが, でなく悪性の労働者, でなく悲観厭世の暗い, でなく情熱の浪費, でなく情緒の構成そのもの, でなく惑星と惑星, でなく惜む心持があるで, でなく惣髪にし, でなく愉快だ, でなく意味としての気分, でなく意地わるくさっき, でなく意義の分化, でなく意義変化した為, でなく意見を加え, でなく意識内容もまた, でなくもなく, でなく愛し又尊ん, でなく愛子の結婚, でなく愛宕も鞍馬, でなく愛情にも飢え, でなく愛用する平たい, でなく感動すべき事実, でなく感性的な直, でなく感情的なもの, でなく感覚と情操, でなく慈父のよう, でなく慰めと薬, でなく慰藉までも見出した, でなく憂鬱にそう, でなく憎悪をさえ, でなく憎悪敵意野望などの燃え上る, でなく懊悩と焦躁, でなく懐中に二円, でなく懐古園からお, でなく懐疑から論理, でなく懷疑から論理, でなく程斯, でなく成立せしめる被害者, でなく成算もなけれ, でなく我々のと同じ, でなく我が家の大広間, でなく我が身にそえ, でなく我と汝である, でなく我国の牛馬, でなく我國では支那, でなく我我自身の場合, でなく我親そのままな, でなく或いはまた自己の, でなくに老巧, でなく戦いに当る, でなく戦争中もっとも戦争協力, でなく戦争名分の上, でなく戦争煽動のため, でなく戦半ばにし, でなく戦国の諸, でなく戦後の生活, でなく戦時下の増産計画, でなく戦時中の疲労, でなく戦術にかけても大, でなく戦闘から戦闘, でなく戯曲作家の群, でなく所有欲よりすべて, でなく所詮はまが, でなく所謂純文芸, でなく所謂お忍び的行為が全然, でなく所謂教育ある人士, でなく所謂登山家でなく冒險家, でなく所謂美名に隠れ, でなく所謂職業話術家のなす, でなく扇屋の内緒, でなく手下の者, でなく手代の佐吉, でなく手古奈の一擧一動, でなく手工に関した, でなく手当り次第に投げ附けた, でなく手脚の爪, でなく手蔓のある, でなく手製の箱, でなく手触りででも分りました, でなく手間もそれだけ, でなく才子でなくといつて大男總身, でなく才華玉の如き, でなく扮装せる政壇演説, でなくはれる, でなく批判的意志がなく, でなく批評家当人自身さえそう, でなく技巧と内容, でなく技巧的にもひどく, でなく抄本であること, でなく把手を捻っ, でなく投機使する気持ち, でなく朽ちた古卒都婆, でなく抵当流れになった, でなく抵当物は地面, でなく押入も手文庫, でなく拍子を取り, でなく拒絶につけたし, でなく拘束し制約, でなく藩を, でなく拙者を狙う, でなく拳固で突いた, でなく持続的な現象, でなくの使い方, でなく指物屋を呼ん, でなくうべきところ, でなく捕物帳にもすぐれた, でなく捜査方針の擾乱, でなく授業が行われる, でなく掛け替えのない, でなく掛算割算の応用問題, でなく探偵の様, でなく探検隊員全部の上, でなく描線は一筆一筆慎重, でなく揚子江の流域, でなく揶揄われたに, でなくです, でなく摂氏の零下四度, でなく摂津の荒木村重, でなく摂津河内和泉の野, でなく支笏湖でも摩周湖, でなく支那人にもよく, でなく支那全土に亙, でなく支那製に傚, でなく改良主義者であり急進主義者, でなく改良党の盟主薩藩, でなく攻撃の武器, でなく放棄って置く, でなく政一は自分, でなく政事向にも廉, でなく政務官の復活, でなく政府の御用, でなく政治外交軍事のため, でなく政治家風の才子肌, でなく政治思想史上にも社会思想史上, でなく政治理論から政治的, でなく政治的な意味, でなく政治的方面にも実業的方面, でなく政治的活動であっては, でなく政治闘争の諸, でなく政策経済交通あらゆる部門, でなく政職以下の者, でなく故人の妹, でなく故実旧制はみな, でなく故意に自分, でなく敗滅の底, でなく教会のなか, でなく教会付属学校の図書室, でなく教学からは増, でなく教室全体がその後, でなく教授と学生, でなく教諭に対する復讐, でなく散弾の展開度, でなく散文にも同様, でなく散文的精神であると, でなく知れぬ写生図, でなく数々の櫓, でなく数十億の人類, でなく数寄の生活, でなく数年ののち, でなく数滴のウィスキイ, でなく数百両の負債, でなく数百数千の人, でなく数種の書物, でなく敵国中心の空中襲撃, でなく敵役の人物, でなく文化団体は凡, でなく文化文政から天保以後, でなく文化水準を高める, でなく文化的な面, でなく文化科学をも含む, でなく文化部の仕事, でなく文壇へのデビユ, でなく文字と文字, でなく文学そのものが変質, でなく文学一般に関係, でなく文学上の学問, でなく文学批評そのものに新た, でなく文学的作品と呼ばれ得る, でなく文学的業績が乏しい, でなく文学者自身のうち, でなく文学者間にも以前, でなく文樣に依, でなく文献的な価値, でなく文章の勢ひと, でなく文章そのものがまるで, でなく文章自体の真実, でなく文華の面, でなく文藝上の制作, でなく文覚でも西行, でなく文調の関係, でなく斎藤下野の答え, でなく断然不幸そうに, でなく斯く申す大, でなく新しい美しい両性生活を, でなく新しきもの特殊的なる, でなく新免家の侍たち, でなく新参で控え目がち, でなく新宿銀座のほう, でなく新派も同様, でなく新派俳優のある, でなく新築祝の設備, でなく新聞紙の如き, でなく新聞記事の夏枯れ季節, でなく新賀も梅本, でなく方便にもならない, でなく方法乃至論理, でなく方法的に組織的, でなく旅さきの妻, でなく旅人の優れた, でなく旅絵師の澹山, でなく既成勢力の吉岡一門, でなく既成政党の本質的, でなく既醒すでに醒むですかな, でなく日々当然に, でなく日ごろから秀次, でなく日南でなく土, でなく日向の山中, でなく日夜の現実, でなく日射風気温自重経過時間などによっても著しく異, でなく日常私生活にもあらわれ, でなく日曜日だけに限っ, でなく日本そのものの敗北, でなく日本中幾万の人, でなく日本人一般が実際, でなく日本人全体に迷惑, でなく日本人的思索が十分加味, でなく日本側の奇襲, でなく日本国中のどこ, でなく日本国中夜のこと, でなく日本大使館にまで毎日毎日綺麗, でなく日本字の読み書き, でなく日本文学を海外, でなく日本料理というもの, でなく日本新劇否現代文学, でなく日本海からの凜烈, でなく日本現代の演劇, でなく日本画家が写生画, でなく日本的にし, でなく日本精神と儒教, でなく日本紀の如き, でなく日本自ら一度その, でなく日露戦争前までは血気, でなく日露戦争後急速に日本, でなく日頃他人の虚, でなく日頃父のこと, でなく旧人といえ, でなく旧弊で頑固, でなく早朝に見かけた, でなく早期埋葬防止装置の所在, でなく早馬できた諜者, でなくが出掛かる, でなく旱魃冷害水害による凶作, でなく昆布は確, でなく明和五年となつ, でなく明律でも到る, でなく明晰な洞察力, でなく明白にそして, でなく昔海だった処, でなく昔渇仰した理想, でなく星そのものが球形, でなく春夏秋冬を通して徹宵, でなく春大人は野, でなく春蒔の小, でなく春風について起こし得る, でなく昨年の正月, でなく昨日まで百姓, でなくの順位, でなく時々あっと思うよう, でなく時おりは長歌, でなく時代精神の推移, でなく時局下の士気振興, でなく時折は安土, でなく時親はそう, でなく時間的存在そのものも創造, でなく晝間の殘月, でなくにゃ少し, でなく晩年の秀吉, でなく普段の訪問, でなく普請の石材木, でなく普通人が歩く, でなく普通民にまで肉食, でなく普遍によつて, でなく普遍妥当的であるという, でなく普遍的なもの, でなく普遍的必然的なもの, でなく晴天の日, でなく智恵もすぐれ, でなく智慮才謀にかけても断然, でなく暗い面も, でなく暗然ともしたもの, でなく暗黒の空間, でなく暫く滞在したい, でなく暴横無恥な政党, でなく曖昧極まるもの, でなく曲線的の船底頭巾, でなく曲者は男體, でなく曳網に興味, でなく更に更に驚くべき事, でなくも能くしたらしい, でなく書きに書い, でなく書中の記述, でなく書付けや印形, でなく書信のやりとり, でなく書出し中軸立女形座頭という風, でなく書物で読んだ, でなく書画を見, でなく書院の廊, でなく最寄りの数ヶ町村, でなく最小限の興行日数, でなく最早や彼, でなく最近では働く, でなく會社員にとつて, でなく月夜は月, でなくがたい人, でなく有力な方々, でなく有効でない, でなく有村の苦笑, でなく有松からの出迎人, でなく有機的に統一, でなく有福な家, でなく有能性の問題, でなく朋子が指図, でなく服従するなら互に, でなく服從的でないといふ, でなく服色一様でない土民兵, でなく服部治郎左衛門と卯木, でなくの麾下, でなくまずして, でなく眩しいが, でなく朝命ですら, でなく朝臣のうち, でなく朝鮮満洲, でなく朝鮮人だって油断, でなく朝鮮臺灣大連などの支部, でなく期待したよう, でなくを刳, でなく木の根まで掘つ, でなく木の葉づくと, でなく木下組の小隊そのもの, でなく木刀を取り, でなく木曜会には何, でなく木曾谷一帯の大, でなく木棺にいれ, でなく木炭と同様, でなく木綿の生地, でなく未熟な俳優, でなく未開半開人も驚くべき, でなく末端の尖り, でなくが少数, でなく本当にこんなに愉快を, でなく本当は又きまった, でなく本格ものは何事, でなく本気になっ, でなく本義どほり, でなく本能的に反射的, でなく本船曳き船共にいっぱい, でなく本質においても真, でなく朱丹はその, でなく朱実にもそう, でなく杉山毛欅楢桂橡カラ松などの木材, でなく杉野や岡本, でなくがかの, でなく李如松は怒っ, でなく李白だの其の, でなく村中の重立つた, でなく村人たちも眠り, でなく村長に対してもいい, でなく村長以下のあらゆる, でなくも炭焼, でなく来年三月はいろいろ, でなく東京弁に馴致, でなく東京放送局の画期的, でなく東京駅も淋しい, でなく東国の野人, でなく東大寺造立供養記による, でなく東宝は, でなく東山道に於, でなく東方の大陸, でなく東洋に非常, でなく東洋日本の一角, でなく東洋風の絵虚事, でなく東発の方, でなく東西両京, でなく松五郎は破れ畳, でなく松平大膳太夫ならびに長門守, でなく松平局長も二三日前, でなく松本は田口, でなく松花堂と彼, でなく松雲をも変え, でなくをもっ, でなく板前からの宛てがい, でなく板張りにし, でなくは近来彼, でなく枕橋の二ツ, でなく枕詞に使った, でなく林檎の落ちる, でなくだい, でなく枯枝や藁屑, でなくも半分, でなく柔らかに比喩, でなくの葉, でなく柿沼に魅せられ, でなく之丞, でなく栄養上からもよい, でなく校庭でランニング, でなく根本を云え, でなく根本的に詩そのもの, でなく根限りの力, でなく格好も年頃, でなく桃色のランプ, でなくの先, でなくと掛金, でなくの壁, でなく森羅万象の姿, でなくの中, でなく椅子が働き, でなく椙原品と云, でなく検察の事務, でなく検察庁や警察, でなく椿餠梨蜜柑などが箱, でなく楠公という本尊, でなく業績がゲーテ, でなく打明けて, でなく楽しい冬である, でなく楽屋で踊り子, でなく楽界善所を通り越し, でなく概して皇室そだち, でなく構成であるという, でなく構成上次の, でなく構成的なところ, でなくをとっ, でなく標本の写生, でなく標本台や実験机, でなく模造品だけれど, でなく権力者の府, でなく横向きのもの, でなく横目使いにそれ, でなく樹上に夜, でなく樹姿風致もよい, でなくも白丁, でなく橋下の船, でなく機運が皆, でなく檜枝岐にも自動車, でなく欄外にはその, でなく權利に於, でなく次には心, でなく次郎という一個, でなく欧洲の学者, でなく欲想である, でなく欽明天皇の御世, でなく歌留多にも歌舞伎, でなく歓びでさえもある, でなく正しくは西北, でなく正季の手, でなく正式なる軍令, でなく正月の消防出初式, でなく正真正銘の夫婦, でなく正確に, でなく正規的な月次会, でなく正造の顔, でなく正雪まがいの惣髪, でなく正面からその, でなく此ら其の場限り, でなく此世にはおい, でなく此事を頭, でなく此処へ集まっ, でなく此夏は自分, でなく此奴まだ眩暈, でなく此時は讀書人, でなく此處からよく, でなく武士たちはしばしば, でなく武家屋敷の者共, でなく武家政治の本拠, でなく武州忍のご, でなく歩道はがらん, でなく歴世の公家, でなく歴代の教師, でなく歴史時代において奥羽, でなく歴史的社會的存在に關, でなく死人のにおい, でなく死体ひとつひきあげること, でなく死刑される当の, でなく殆ど目にあまる, でなく残忍でないの, でなく残念だなんて, でなく殖林木材利用等の知識, でなく殘念ながら世界, でなくの違い, でなく段々気が, でなく殺人的気魄を放射, でなく殺害の行われた, でなく殿御上府, でなくくと, でなく母以下森兄弟一門の今や, でなく母胎の命, でなく母里太兵衛も栗山善助, でなく母音の相違, でなく毎日きまった距離, でなく毎日いらいらさせられるばかり, でなく毎日コクメイに日記, でなく毎日毎日手入れをし, でなく毎日電車の中, でなく毒消し部落の村役場, でなく毒物で殺した, でなく比喩でなく彼, でなく毛布羽織などと同列, でなく民事及び刑事, でなく民力の實, でなく民族の中, でなく民族的である, でなく民族的伝説や歴史, でなく民衆的の通俗性, でなく民間説話の記録, でなく気力そのものとして孫娘, でなく気持の上, でなく気楽なお, でなく気楽そうにうなり, でなく気温水蒸気供給度水蒸気の温度, でなく気稟はまだ, でなく気質の絶対的, でなく気質上の所有, でなく気質的に, でなく気骨のある, でなくの弱い, でなく氣分によれ, でなく氣取りのない, でなく氣持ちから讀む, でなく水温の低い, でなく水瓶も手桶, でなく水甕も手桶, でなく水色に青く, でなく水質が悪い, でなく氷冠をつくっ, でなく氷河関係の学者, でなく永遠の芝居, でなく汁物までがそう, でなくく日本, でなくを特別, でなく汚職のカラクリ自体, でなく江乙の語, でなく江北一帯もまったく, でなく江戸っ子肌の勝気, でなく江戸内一帯静かであろう, でなく江戸城内の味方, でなく江戸高輪東禅寺にある, でなく決して毒薬など, でなく決行の勇気, でなく沈痛の響, でなく沈黙のうち, でなく沖縄本島の村, でなく沢山あります, でなく河原の砂, でなく河原町全体この懶, でなく治国を第, でなく沼津の留守宅, でなく沿線一帯の地価, でなく法善寺のぬしであり, でなく法律上でも夫, でなく波動の中心, でなく波斯語系の民族, でなく波江さんからまで軽蔑, でなく泥濘に足, でなく泥面子や古, でなく注射で無いと, でなく注意しなければ, でなく洋画家の余技, でなく洋食の店, でなく洋髪でした, でなく洛中洛外が炊煙, でなく洛内の市民, でなく洞院ノ実, でなく洪正敏でなければ, でなく洪水のある, でなく活動であると, でなく活歴嫌いの観客, でなくでなく遠方, でなく流離する職団, でなく浄瑠璃でなく我親, でなくの女, でなく浦路は, でなく浩平が身のほど, でなく浪人の多賀小三郎, でなく浪次で無いと, でなく浮気もとんと, でなく浴衣にも趣味, でなく海亀を使うた, でなく海山の色, でなく海岸島嶼に離れ, でなく海産物はすべて, でなく海胆海鼠烏賊及びある, でなく消化もたいへん, でなく消極的な方面, でなく消費の面, でなく消防吏員や保険会社, でなくの出る, でなく淑女たる資格, でなく深々と旅寝, でなく深く傷みやがて, でなく深刻に切断, でなく深窓に育っ, でなく深雪の身体, でなく清水でさえも五マイル, でなく清澄な小川, でなく清葉さんに出, でなく清音に読ん, でなく渋柿園涙香弦斎というよう, でなく温かき心を, でなく温情的に与へられたる, でなく湖岸の全, でなく湖畔の旅館, でなく起る力, でなく湧出する原油, でなくも飲ませ, でなく湯わかしがいたむ, でなくであり入江, でなく洲の, でなく満州支那までも進出, でなく漁法によっても味, でなく漂白して, でなく漆黒の翼, でなく演出者青山さんほか出演俳優諸君に感謝, でなく演劇として幼稚, でなく演劇史的な観点, でなく演劇改良会の後身, でなく演劇自体が他, でなく演劇芸術というもの, でなく演芸化し詞章, でなく漠然としてゐた, でなく漢籍詩文の素読, でなく漢詩などと共になかなか, でなく漱石のあらゆる, でなく漸くのこと, でなく潜在意識の世界, でなく潜航艇も出来た, でなく潮流によって支配, でなく澄江に結婚, でなく澎湃として洪水, でなくみました, でなく灰色の重圧, でなくの煙, でなく炊事一切を別, でなくとしての憎い, でなく無事な顔, でなく無可先生自身も, でなく無声映画でも利用, でなく無機物の写真器械, でなく無益な労働, でなく無知文盲なる貧民階級, でなく無碍自在に神仏, でなく無謀でなく人智, でなく無軌道は無軌道, でなく無辜の良民, でなく無造作にできる, でなく無邪気な子供, でなく無限の拡がり, でなく無限軌道をそなえ, でなく無頼漢の脅迫, でなく無駄をしない, でなく無駄書きのよう, でなく焼直しという, でなく煙管の吸口, でなく煙草にくらべれ, でなく煙草入もいたむ, でなく熱かった, でなく熱情だった, でなく熱海へ行く, でなく燕曰幽州齊曰營州といふ樣, でなく燧石だとか, でなく父上のおる, でなく父祖四代にわたって三公, でなく片親を失った, でなく版行の方法, でなく牛乳で煮, でなく牛肉でも牛, でなく牛車だった, でなくもあっ, でなく牡丹に唐獅子, でなく牡鹿山の落城, でなくを脱, でなく牢人の境界, でなく牢役人の大半, でなく牧歌的な詩趣, でなく物ごしが上品, でなく物事の本性, でなく物凄いお岩, でなく物処について言, でなく物堅い僕の, でなく物好きな一部, でなく物理学というもの, でなく物置として沢庵樽, でなく物質上にもまた, でなく物質的根柢を離れ, でなく物類を列叙, でなく特に少し寒い日, でなく特定の二三, でなく特殊演劇保存という見地, でなくが月, でなく犯人がいる, でなく犯罪の現場, でなく犯罪者仲間でも評判, でなく狗賓さんに隠された, でなく独特な愛情, でなく独稽古には最も, でなく独行でなかったこと, でなく独身でおいで, でなくというもの, でなく狼藉の手口, でなく狼藉者があったら, でなく訓練によって, でなくを買出し, でなく獣油灯でなく化学的, でなく玄奘だの玄證, でなく玄徳に会っ, でなく玉堂翁のかく一木一草, でなく王妃さまをこっそり, でなく王子の顔, でなく王政復古を迎えた, でなく王者らしい礼, でなく王莽といふもの, でなく珍しい層雲が, でなく珍しく伝統的な, でなく現にこうして, でなく現世一代の間, でなく現世時代に関係, でなく現代人に取り, でなく現代式外国風の洋傘, でなく現代社會の全般, でなく現在其処にい, でなく現在大宮人の野遊, でなく現在幸福に暮らし, でなく現地へ行っ, でなく現場を我々, でなく現実上のそれ, でなく現実政治家の基本的, でなくの當否, でなく理念的な悦び, でなく理性的であって, でなく甚だしく世界の, でなく生れ合わせたという, でなく生れつきの発明, でなく生れ付き頭が悪い, でなく生前吉左衛門の目, でなく生命そのものの力, でなく生国も紀州, でなく生年も安永七年, でなく生年月日や歿年等, でなく生徒にとってもいい, でなく生憎なこと, でなく生成し消滅, でなく生活そのものであつ, でなく生活指導部青年部などもさ, でなく生活目的という, でなく生物としてでなく, でなく生産であり出来上, でなく生産器具そのものに對, でなく生産過剰からも来る, でなく生計の援助, でなく生身の体, でなく生長といふ意味, でなく生霊棚に供えられた, でなく産所のうち, でなくゐた蒸溜水, でなく用心さえし, でなく用心堅固で良く, でなく田丸の方, でなく田圃側に葉, でなく田百でよい, でなく田舎風で野暮, でなく田船を漕ぐ, でなく甲州屋の親たち, でなく甲斐武士には共通, でなく申し訳であったと, でなく男の子も, でなく男女を通じて共に, でなく男女共通あるいは男, でなく男女関係の場合, でなく男女青年諸君の身自ら, でなく男子自身に係り, でなく男性が両性感情, でなく町人百姓のあいだ, でなく町人間の借用証文, でなく町会の仕事, でなく町内婦人会や街頭, でなく画家がやりたい, でなく画面の推移, でなく画題に対する新しい, でなくの作物, でなく畑作まで処分, でなく畜生までがだる, でなく番人もその, でなく異国主義的見方としての写実性, でなく異状性格や心理, でなく疑わしいけれどもしかも, でなく疲れもあった, でなくを付けられ, でなく疾病から来, でなく病弱の蒼, でなく病気がいよいよ, でなく病的にまた, でなく痙攣的なピクピク, でなく瘤派の連中, でなく発句も脇句, でなく発田や発田, でなく発表のニュース, でなく登山または観光, でなく發明者としての蔡倫, でなく白い夕星の, でなく白くもない, でなく白っぽく光りが, でなく白内障になっ, でなく白妙岩の上からは赤沢, でなく白昼かっと日, でなく白樺派の偶像, でなく白耳義公使が北京郊外, でなく白花石楠花である, でなく白衣の人, でなく白髪小僧様が妾, でなく白鳳的な美し, でなく百年千年の後, でなく皆さんの家々, でなく皆そうです, でなく皆それぞれ膳箱を一つ, でなく皆んなが便利, でなく皆紙に書い, でなく皆自己の氣質, でなく皇子一流の精厳, でなく皇居はしばしば, でなくを剥く, でなくその物, でなくはまた, でなく盗人の方, でなく盛子の胸, でなく盛衰記やその他, でなく目前の怯懦, でなく目敏い新聞記者連に, でなく目星しいところ, でなく目的ではない, でなく目黒の嫂, でなく芳の, でなく直感的なるが, でなく直接自分と関係, でなく直線的であり非人情的, でなく直義対尊氏の兄弟喧嘩, でなく直観的なもの, でなく相互にそう, でなく相互依存の関係, でなく相互扶助の精神, でなく相場によっては又, でなく相対的なもの, でなく相川良之介自身孤独な知的焦躁, でなく相応に広大, でなく相本位的に同一, でなく相貌までを含めた, でなく看護のため, でなく県内の有力者, でなく眞實私はこの, でなく眞心の籠つた金, でなく眞理の要求, でなく真似し得ないもの, でなく真偽の問題, でなく真光寺の内, でなく真実労賃に労働者, でなく真実妹聟の長政殿, でなく真実平一郎を天野, でなく真実無二の生活, でなく真実私はこの, でなく真底からあなた, でなく真心修羅を焚, でなく真摯な人間, でなく真正に揺り潰し, でなく真物であるという, でなく真珠ではもちろん, でなく真顔で云う, でなく眩惑されたり, でなく眼前の大, でなく睫毛がまくれこん, でなく瞑想の投影, でなく瞬目微笑弾指棒喝等人間の表現手段, でなくが爛々, でなく矢代にも同様, でなく矢張り味も色, でなく矢張り色々な所, でなく矢張學術的研究をする, でなく知事宛にもなっ, でなく知恵をも捨て, でなく知能の多少, でなく知覚が張りきっ, でなく知識階級のあいだ, でなく短冊に対して優に, でなく短刀か匕首, でなく石井の親類, でなく石塊がごろ, でなく石山寺の宝蔵, でなく石川に見えた, でなく石川さまを殺した, でなく石川治氏についても云, でなく石油のバクー市, でなく石炭を掘りだす, でなく石長媛を同じ, でなく研究会へ下さる, でなく研究心に富んだ, でなく研究的態度につき審査員会, でなく破片にはいろいろ, でなく硬直な論客, でなくも重要, でなく磯五もお, でなく礦物の標本, でなく礼之進の靴, でなく礼儀正しい候文, でなく礼拝の対象, でなく社会上の大, でなく社会事業家としても相当, でなく社会党左派そのものの内部, でなく社会全体のより健全, でなく社会情勢と一致, でなく社会意識の大義, でなく社会教育としての図書館, でなく社会的必要を満たす, でなく社会的意義が大きい, でなく社会的現実の錯綜, でなく社会的立場であり世界的立場, でなく社会的経験の結果, でなく社会科学もである, でなく祖国否天賦の大, でなく祖母さんや岸本, でなく神そのものであるか, でなく神仙です, でなく神仙家は又, でなく神入り来つた事, でなく神子田初枝, でなく神崎や朝田, でなく神月の子, でなく神様が目, でなく神田つ子, でなく神田下谷淺草へかけ, でなく神経の方, でなく神経質であつ, でなく神語の威霊, でなく神霊を収める, でなく祭りの時, でなく祭典的な催し, でなく祭壇を設け, でなく禁中でも朝臣一般, でなく禁酒の監視役, でなく禅的な心境, でなく福島県の開成山, でなく福島県岩手県等でこれから, でなくれた魂, でなく秀次の家来, でなく私たち全体を茶化し皮肉る, でなく私たち生徒が何, でなく私人としてヤミ, でなく私人的な気もち, でなく私個人の用意, でなく私娼屋經營者側に取, でなく私小説の私, でなく私木としての所有, でなく私本然の坐でなけれ, でなく私法さえもその, でなくが見事, でなく秋田や山形, でなく秋田犬に対して彼, でなく秋至り十五夜を迎, でなく科学的世界像に媒介, でなく科学的根拠に特に, でなく科学的精神であると, でなく科学者としてキュリー夫妻, でなく科學博物館や美術, でなく科學的研究の根本資料, でなく程度の低い, でなくともすれ, でなく種類においても大判小判, でなく稽古の時, でなく積極性をしめす, でなくな高尚, でなく穴馬の町民, でなく空想である, でなく空手の掴み合いであるらしかった, でなく空論ではありませんでした, でなく突差に化けもの, でなくが自分, でなく立ちどころに骨肉同士相食む, でなく立ち木を以て直ちに, でなく立体的波動的であるが, でなく立腹の涙, でなく之助, でなくを少し, でなく端っこの方, でなく競争者達も残念乍ら彼, でなく競走の当然, でなく競輪自体の性格, でなくを振っ, でなく笑つて見て, でなく笑顔さへ見せる, でなく筆者自身も自分, でなく筆者自身後段の, でなく等量でなければ, でなくのくみたて, でなく筋道を通す, でなく筑前藩も協力, でなく筑紫だの志摩, でなくへた, でなく答解が幾通り, でなくの最も, でなく箆棒に前途, でなくで撫でれ, でなく管絃の道, でなく箱根の山, でなくを使う, でなく節奏のある, でなく篆書以前の文字, でなく築地の方, でなく篤胤の武学本論, でなく簡単なのに, でなく簡潔な筋, でなくになつた, でなく米国兵は実によく, でなく粗雑な石畳, でなくを家々, でなく精神上の伴侶, でなく精神力も多少, でなく精神界をも支配, でなく精神病や神経病, でなく精神的営養物となる, でなく精神肉体両方のあらゆる, でなく糸子の持っ, でなく約束通りあなたに手紙, でなくとむらさき, でなく紋付の羽織, でなく紋切型の文体, でなく納戸の方, でなく純然たる自分, でなく純真の心, でなく本梵文, でなく紙入れ印籠脇差なども派手やか, でなく紙草や羊皮紙, でなく紛々たる議論, でなく紛れもない, でなく紛失物もなく, でなく素子に映る, でなく素性のわからぬ, でなく素敵もない, でなく素晴らしいでしょう, でなく細かくなって, でなく細工して, でなく細長とか小, でなく紳士にも学生, でなく紹介状を手, でなく紺房の十手, でなく終にあらゆるもの, でなく終身徒刑です, でなく組じゅう一統の難儀, でなく組下の与力衆, でなく組合または部落総体, でなく組曲として, でなく経済の国民的統一, でなく経済上その他のこと, でなく経済原則破壊風教破壊たる非, でなく経験的なもの, でなく結句が, でなく結婚した当座, でなく結局ずるずると, でなく結局本当の物, でなく結局男子自身に取っ, でなく結論の邪魔, でなく絞殺による他殺事件, でなく絡佩裳である, でなく絵画的な効果, でなく絵絹を引き裂く, でなく絶対的価値宗教的価値である, でなく絶對的なる感覺論者, でなく絶版にもなっ, でなく維新以来の明治, でなく綺麗なもの, でなくの鼓, でなく総ての罹災者, でなく緑色の小袖, でなく線模様を用いる, でなく練習をつみ, でなくに敷物, でなく縁側の隅, でなくについ, でなく縦断的にも亦, でなく繊細すぎること, でなく繋辞としての存在, でなく織物業という浮草家業, でなくいて, でなくを謝せ, でなくのよう, でなくわしく, でなく美術的といふ, でなく群生して, でなく群臣の拜賀, でなく群衆それ自身であると, でなく群集そのものがまた, でなくを練り, でなく義伝公以来歴代の太守, でなく義元の頭脳, でなく義経の屋島急襲, でなく翻然ご当家, でなく翻訳そのものの日本文化, でなく翼賛会全体に関係, でなく教師の, でなく老中へまで及ん, でなく老人と子供, でなく老年になつて, でなく老獪の点, でなくへしませる, でなく聖者さえこの, でなく聯隊の者, でなく職務の軽重広狭, でなくでなくば, でなく肇国の精神, でなく肉体的感覚的な要請, でなく肉慾という想念, でなく肉身の親, でなく肉體の肌合, でなく肋骨がメリメリ, でなくの方, でなく股肱の臣, でなく肩幅も広く, でなく胃中へ水, でなく胃腸の悪い, でなく胆力で見とどけ, でなく胸部が甲冑, でなく能力的なもの, でなく脂粉の園, でなく脚部は抜ける, でなくのあたり, でなくも特別, でなく腹一杯食べると, でなく腹立たしさ厭さ憎らし, でなく腹部にも腰, でなくさえも切る, でなく臆測でなく早, でなくが君, でなく臣下として扱いはじめた, でなく自ずと心持から, でなく自ら原始の人間, でなく自ら執筆された経, でなく自ら教育をし, でなく自ら騾の一種, でなく自体における存在, でなく自分たち四人づれの日本人以外, でなく自分らも皆, でなく自分一個の意見, でなく自分独特のく, でなく自動車や自転車, でなく自己意識が同時に, でなく自然科学の弁証法, でなく自然科学上の述作, でなく自然科学者の研究的態度そのもの, でなく自由住宅の時代, でなく自由平等の理想, でなく自由自体に古い, でなく自由詩は却つて, でなく自発的或いは自律的, でなく自給自足の精神, でなく自覚的に知る, でなく臭い物は, でなく臭気の淡い, でなく至って古くからの必然的要素, でなく至つて金放れが, でなくへられたもの, でなく興味のある, でなく興奮して, でなく舊來の制度, でなく舊建物のま, でなくの理想, でなく舞台そのものから, でなく舞台芸術家らしい特殊, でなく舞台裏から迄見守る, でなく舞妓の質問, でなく舶来の古物, でなくから艫, でなく船そのものをも一切国産, でなく船中の誰, でなく船体につく, でなく良人の父, でなく良妻にも賢母, でなく良妻賢母の, でなく色合もどっち, でなく色情で, でなく芥川氏が数篇, でなくから参ってる, でなく花圃に蒔かれた, でなく花崗岩には縁, でなく花時に行った, でなく花鳥や龍, でなく芸子ほどに地味, でなく芸熱心の故に, でなく芸術上の美的理性, でなく芸術品として出来上った, でなく芸術本来の精神, でなく芸術界に於ける, でなく芸術的創作と享受, でなく芸術的生産の立場, でなく芸術的良心すらも持っ, でなく芸術的認識道徳的認識という言葉, でなく芸道万般みな然り, でなく苗字帯刀御免の郷士, でなく苛酷でなく自然, でなく苟も自分の, でなく若旦那風の角帯, でなく若殿よりの内使, でなく若気の一端, でなく苦々しい非難を, でなく苦味さへ加はつ, でなく苦悩と自信, でなく苦悶の表情, でなく英訳で読める, でなく英雄中の英雄, でなく茂ちゃんも連れ, でなく茂つてゐた, でなくが短くっ, でなく茨城県の或, でなくでは又, でなく茶の間にいた, でなくでなく石, でなく草の根で拵える, でなく草光保治の内部, でなく草木染で出す, でなく草莽の間, でなく荒々しくその青年, でなく荒浪の打ち寄せる, でなくはあっ, でなく莫大な富源, でなく菊千代の生活, でなく菊池寛の場合, でなくの葉, でなく菱川重信という立派, でなくの舎塾, でなく萩原小坂を経, でなく萬一人に見とがめられ, でなく落伍者の後裔, でなく落着いた計量, でなく落語というもの, でなくや実, でなく葉子のよう, でなく著者と読者, でなく著者自身と著者, でなく著述の源流, でなく董卓誅殺の時, でなくひの, でなく蓼科山脈の方, でなく蔵原が日本, でなく薄い板片れでつくつた, でなく薄手さえ負わされ, でなく薩藩その他までが自ら黒船, でなく薩長等がみだりに, でなく薬局の前, でなくやその他, でなく藤吉がだんだん, でなく藤波の持っ, でなく藩政上からも信長, でなく蘇州民衆の立場, でなく蘭学書生の為め, でなく蘭学者としても立派, でなく虎徹は元, でなくでなくどうも, でなくく里恵, でなく蛸類中貝蛸オシメエ・トレモクトプス等諸属, でなくを横, でなく蜀全体の重大, でなく蜀呉の人々, でなく蜂谷と伸子, でなく蜂須賀家の藩史, でなく蝉表という下駄, でなく蟄居中の高氏, でなくでなく幸, でなく衆人の眼前, でなくへる, でなく行きなり木, でなく行き当りばつたりに語, でなく行く末の事, でなく行政及び司法部, でなく行政商業等の文科的方面, でなく行路の為, でなく術者の手, でなくの辻, でなく街上そのものに溢れ, でなく街頭で飲んだ, でなく衣冠を着け, でなく衣笠どのの眼, でなく衣紋が滅茶, でなく表向きは妻帯, でなく表現的形成的でなければ, でなく表面がざらざら, でなく表面幕府の徴税使, でなくにも大した, でなくを背負い, でなく袖子が人形, でなく造物の, でなく被告に対して殺人, でなく被害民があっ, でなく被害者でない者, でなく裁判をしよう, でなく裁判所が忘れる, でなく装甲等による防禦, でなく裏口も閉めきられ, でなく裏山には駒鳥, でなく裏門をこし, でなく裝束を變, でなくでいらっしゃい, でなく製糸等の産業, でなく製鋼その他は国際カルテル, でなく製鑵部などの職工, でなくを用いる, でなく褐色に似, でなく西へ行く, でなく西北に進み, でなく西山は剽軽, でなく西洋かぶれの候の, でなく西洋そのものに魅力, でなく西田という人, でなく西藏のみでなく, でなく要するに金という, でなく要約して, でなく要素間の関係そのもの, でなく見方によっては電子, でなく見物でもなく, でなく規定の一つ, でなく視覚に訴える, でなく覗き眼鏡の影, でなく親分の名前, でなく親切な様子, でなく親戚の人, でなく親房は剣, でなく親族つきあひ, でなく親類の女, でなく観察を以て方法, でなく観念的ないし象徴的, でなく観照によって客観, でなく観照それ自体が主観的, でなく角屋までもくつ, でなく解脱して, でなく解釈しようと, でなく言語の如き, でなく記憶に相当, でなく訴訟も無罪宣告, でなく証明の厳密, でなく詐術を弄, でなく評判の伝説娘子, でなく評論の場合, でなく詠歎的な助詞, でなく試練的ね, でなく試験が近づい, でなく詩歌の作者, でなく詩的内容までが限定, でなくを聞い, でなく話題に上せ, でなく誘拐された少年少女, でなく語争ひが, でなく語尾を伴つた用言, でなくのこと, でなく誠吉にもそれ, でなく誤謬だ, でなく説明的であろうと, でなく誰か五六人ぐらい誘っ, でなく調査が大切, でなく調理までをする, でなく諄々と説い, でなく談話の材料, でなく諏訪方の不意, でなく論理は現実, でなく論理的実証的に事物, でなく諸人ひとしくその, でなく諸侯はまだ, でなく諸処に討死, でなく諸国どこの領土, でなく諸方を探し歩いた, でなく諸般の事項, でなく諸道に通じます, でなくはゆる, でなく講中一同が迷惑, でなく講武所雇いの, でなくの中, でなく警察当局者の記憶, でなく警視庁のうできき, でなく譬喩と主題, でなく譲吉は衣類, でなく變化の可能性, でなく谷中から来る, でなく豊かに暮, でなく豊富な急流, でなく豊芥子も訪ね, でなく豐富な文字, でなく豚吉が右側, でなく象徴が純, でなく象牙はヘブリウ, でなく豪傑で大, でなく豫言者らしい突飛, でなく貞子必しも貞女, でなく負け惜しみでなくわたし, でなく貧しい劉家の, でなく貧乏な軽, でなく貨幣で貸付, でなく貨物輸送に耐えうる, でなく貯金どころかあべこべ, でなく賤貧富の, でなく貴い時間を, でなく貴下の小説, でなく貴公子の顔, でなく貴国の為, でなく貴国一般の国民, でなく貴女の清浄, でなく貴方のお, でなく貴族的でなく丈夫, でなく貴村を訪問, でなく貴紳豪族の従者, でなく貸座敷も大半, でなく貸金の抵当, でなく費用の嵩む, でなく質両替油渡世のほう, でなく質朴の感, でなく贅沢では, でなく贋造貨幣犯人の一番むづかしい使用法, でなく贋金であっても, でなくにし, でなく赤ん坊のこと, でなく赤味のある, でなく赤松は煙草, でなく起居動作も粗野, でなく起工以来まだ一年, でなく超越的価値であると, でなく超越的意味をもつ, でなく超越的本質をも從つて, でなく越後口への進発, でなく越後表の歩役, でなくは前々, でなく趣味的文化的修養さえもやった, でなく足もとの草, でなく足下に開ける, でなく足元をさ, でなく足利の一子, でなく足拍子をふみ鳴らした, でなくが仕様, でなく路傍の藪, でなく路地の中, でなくの跡, でなく身中に内在, でなく身体ぐるみで斬りかかった, でなく身体中すっかりたたき直し, でなく身分が低い, でなく身心清掃のため, でなく身銭を切っ, でなくの動く, でなく車中の客, でなく車掌として重大, でなく軍事的知識と見聞, でなく軍人がその, でなく軍学にも達し, でなく軍帽烏帽子陣笠あるいは鉄兜, でなく軍歌を歌つて我家, でなく軍部なのよと, でなく軍関係強制疎開罹災者で一杯, でなく軍隊も出るらしかった, でなく軍需生産等の動い, でなく軍需関係の化学的部門, でなく軒下に佇む, でなく軒燈はあっ, でなくい皮膚, でなく転調の名人, でなく軽便実用を主, でなく輝子にもそれ, でなく辞書一冊持って, でなく辰蔵でないと, でなく農家の負, でなく農家増産の一方法, でなく農業化学や地質学等, でなく農民には飢餓, でなく農漁村の更正, でなく辺りの諸, でなく込みで値, でなく迂闊に恋人, でなくへに行く, でなく近い将来に, でなく近くの麹町辺, でなく近く自分の身, でなく近ごろは夜, でなく近代音楽全体をねらってる, でなく近刊の詩集, でなく近子自身も認め, でなく近年は支那, でなく近所隣までも此, でなく近日にも, でなく近江輿地志略二十二の如き, でなく近畿では処々, でなく近郷近国いずれもこの, でなく返事もしない, でなく退屈なため, でなく逃げ路や抜け, でなく逍遥軒は勝頼, でなく這般文福和尚渋茶にあらぬ, でなく通俗な市街図, でなく速くお出しッ, でなく造り酒屋の一般, でなく造山力を有する, でなく造花である, でなく連れのお, でなく連体か, でなく連想を忌ん, でなく連歌師としては兼載, でなく連絡さえが成功, でなく連続調子でのびのび, でなく進化的である, でなく進歩しなければ, でなく遂に彼等も, でなく遊びつけの日本橋, でなく遊戯であらね, でなく運動そのものが一方, でなく運命の不幸, でなく運転手の蕗屋, でなく遍在でもある, でなくぐる七年の, でなく過去三世紀にもわたっ, でなく過去現在未来の空, でなく過失に堕ち, でなく過程が方法, でなくをけなされた, でなく道子一人を殺した, でなく道徳教である, でなく道徳的な闘争, でなく道楽なの, でなく道楽者の名, でなく道江に対する判断, でなく道路でさえ陽春, でなく遠く九州の海岸防禦, でなく遠廻しに触られ, でなく遠方の森, でなく遠足のとき, でなく遠近の山野, でなく適当な犠牲, でなく選挙が済め, でなくかに拡がった, でなく避暑の旅, でなく避穀法として凶作飢饉, でなく避難者であること, でなく邑人に好意, でなく郊外の骨董商, でなく部曲制度がわりに, でなく郵便切手日用雑貨からソーダ水, でなく郷土に祖國, でなく郷土的実際の, でなく都下屈指の商店, でなく都会人の一般文化的, でなく都市を構成, でなくでも十三, でなく酒場でなければ, でなく酒宴となっ, でなく酒屋の主人, でなく酒板の下, でなく酩酊のため, でなく采女は美女, でなく釈台を前, でなくにもたくさん, でなく二郎さんを, でなく重い病苦を, でなく重太郎は現場, でなく重点的に重要文化問題, でなく重罪裁判の問題, でなく重荷が人, でなく野口はあの, でなく野水も確か, でなく野氷の極限, でなく野犬を防ぐ, でなく野猪既に泥中, でなく野菜も作っ, でなく金力であがなった, でなく金助が当日金龍山下, でなく金持の学生, でなく金持ちに対してまで恵み, でなく金泥のふす, でなく金色に光っ, でなく金融資本段階に於, でなく金銀をも渡した, でなく金銭のこと, でなく釜屋から厨房, でなく針金で綴じる, でなく釣りでも将棋, でなく釣台の上, でなく鈍重で粗雑, でなく鉄工場からは響き, でなく鉄砲と手榴弾, でなく鉱山物産の見込ゆたか, でなく鉱毒関係の青年, でなく鉱物界からのもの, でなく銀座を散歩, でなく銅鉱でしかも, でなく鋭利細密な観察, でなくにかえた, でなく錠剤を用いるなら, でなくや灸, でなく鎌倉へくだる, でなく鎌足のこと, でなく鎧兜を着けた, でなく鎮魂の為, でなく鏑木さんに, でなくの裏, でなくの厚板, でなく鐵砲をもつた, でなく長大に加, でなく長寿にもあった, でなく長州薩州紀州藤堂備前土佐諸藩, でなく長左衛門が仕置, でなく長年のあいだ切符, でなく長老制度の採用, でなく長者が賢, でなく長谷川先生自身に私, でなく長門の赤間ヶ関, でなく門下から門下, でなく開国説を公卿間, でなく開帳縁日を押廻つた, でなくに空気層, でなく間接なもの, でなく間接的なもの, でなく間近な遊山, でなく間違ひが, でなく間髪を過れ, でなく関係概念において思惟, でなく関心と愛, でなく関所の通り手形, でなく関直彦氏や塚原渋柿園氏, でなく闇屋になっ, でなく阪神地方の大都市周辺, でなく防風林までも切り, でなく阻害作用さえ見られる, でなく阿蘇少弐, でなく阿部さんの眼, でなく院宣なる物, でなく陣十郎の眼, でなくの敵, でなく陰暦の十一月, でなく陶器を見, でなく陸上にも諸種, でなく陸地に投, でなく陸軍が女, でなく陽性のもの, でなく陽気に子供, でなく階段に立っ, でなく階級としての一社会層, でなく階級的な意味, でなく随意に自由, でなく障子硝子の窓ぐち, でなく隠居と同時に, でなく隣人のため, でなく隣家伏見屋二代目のすぐ, でなく隣村まで出かけ, でなくを梅, でなく集団の創作, でなく集約的であって, でなく雇人制度を実行, でなく雑文だつたの, でなく雑沓を分け, でなく雑賀党熊野衆高野山などの法城, でなく雜誌などの本箱, でなく離屋に籠った, でなく難しいながらも自分, でなくを吸った, でなく雨戸は間違い, でなく雨水小便涙湯酒などまでも広く, でなく雪だるまのよう, でなく雪国全体のもの, でなく雪崩を打っ, でなく電力がダム建設, でなく電報でだ, でなく霞亭は自ら, でなく霧社はまた, でなくも混, でなくの置いた, でなく靈驗あらたかなる温泉, でなく青く塗られた天井, でなく青唐辛をいぶした, でなく青山の親戚, でなく青州の節度使賀徳倹, でなく青春の花形, でなく青木との交情, でなく青森市に持つ, でなく青森県の産業組合党設立準備, でなく青竜二郎のため, でなく静かに笑い出す, でなく静物でもなん, でなく非凡の才能, でなく非合理な悩み, でなく面白いことには, でなく面白く書けるけれど, でなく革新派でないと共に, でなくと鞍, でなくの中, でなく鞭撻に語気, でなくを娯むものとしているのもそれゆえである, でなく音律以外の言語的要素, でなく音樂でも俗歌, でなく音譜の類, でなく韻文だから, でなく須磨子の持つた, でなく預金者らの金, でなく領下の雑人, でなくがしびれる, でなく頭全部からもやや, でなく頭脳の働き, でなく頭脳錬磨のあらゆる, でなく頼朝もそこ, でなく頼長は誇り顔, でなく題材の出所, でなく顔面表情も自殺者特有, でなく顕現するん, でなく願人坊主ささら, でなく類概念が客観的, でなく風俗習慣が出, でなく風守の居室そのもの, でなく風流そのものでなく全く, でなく風防林までも切り, でなく風雅も解し, でなく風雨の変, でなく飛沫いたの, でなく飛行機の進歩, でなく食匙蛇響尾蛇蝮蛇の毒, でなく食物の不充分, でなく食糧に窮する, でなく養子と姪, でなく養鶏の経験, でなくに食いつく, でなく餓えとたたかい, でなく館内の設備, でなくのつけ根, でなくの唐櫃, でなく香炉を通じて郷家, でなく馬の背越の彼方側, でなく馬場要自身も馬場姓, でなく馬庭念流が今, でなく馬籠旧本陣, でなく駄菓子屋や氷屋, でなく駅売りの粗悪, でなくの駈, でなく駒下駄に響く, でなく駒井の殿様, でなく駒井さんと二人, でなく駿河守殿は生粋, でなく騒動の中, でなく驚嘆して, でなく驢馬事件のため, でなくも折れず, でなく骨董癖の一種, でなく高い精神の, でなく高力家の捜索, でなく高坂三伝として君, でなく高時の行状, でなく高砂の尉, でなくまでやはり, でなく髪切りに出逢った, でなくの毛, でなく髯籠の形, でなく鬢髪おののくよう, でなくを退治, でなく魂魄とからだ, でなくを撃滅, でなく魏軍の豊か, でなく魔術を一番沢山知つて, でなくの国, でなくの闘争性, でなく鮎子の上海行, でなくや鮫, でなくだという, でなく鮭鱒と共に国際的, でなくにも名, でなくの色, でなく鳥仏師が国宝, でなく鳥獣昆虫その他すべての, でなく鳥羽伏見あっちこっちの空, でなく鳳輦だった, でなくでも卵, でなく鶏ちゃんにも柳ちゃん, でなく鶏どももコプラ, でなくは自ら, でなくも飛ん, でなくを殺した, でなく鷄卵と砂糖, でなく鷓鴣がどっち, でなく鹽原全体に拡がり, でなくや中腹, でなく黄金にも準ずべき, でなく黄門様のお, でなくまでゐなくし, でなく黒い服の, でなくでないと, でなく鼻屋であつ, でなく鼻持ちならぬキザ, でなく鼻音を帯びた, でなく齟齬が原因, でなく之助, でなく龍馬が来ね