青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~でござる ~でし でし~ ~でした でした~ ~でしょう でしょう~ ~です です~ ~でない
でない~
~でなかった ~でなく でなく~ ~でなけれ でなけれ~ では~ でも~ でる~ ~で御座います とある~

「でない~」 14792, 160ppm, 661位

▼ でない~ (2619, 17.7%)

113 すれば 80 すると 35 云ふ 33 思って 26 思った 25 云う事 24 誰が 20 思う 18 私は 14 思ふ 13 いって 12 云うこと 11 信じて, 思つた 10 云うの, 云って, 思います, 言って, 言ふ 9 思ったの 8 主張する, 考えて, 見えて 7 するならば, わかると, 思いました, 思うの, 言うの 6 したら, わたしは, 云う, 思うて, 思つたから, 知って, 聞いて, 見える

5 [11件] いうと, いけない, したならば, なると, 同様に, 困るん, 思うと, 思えば, 思はれた, 思ふの, 話が

4 [20件] いう, いうので, いかん, いっても, いわれて, この考, 云えば, 云っても, 信ずる, 僕は, 容易に, 思い込んで, 思ったので, 思つてゐる, 思われます, 私が, 考えられて, 見て, 覚って, 駄目だ

3 [42件] いうだけ, いうだけの, いえば, いえよう, いえようか, いえるだろうか, いけないん, したところ, して, すぐに, みえる, わかって, わかれば, 主張し, 云うので, 云はれ, 云ふこ, 仕事が, 僕が, 分らない, 同じである, 同じに, 安心し, 小用が, 心得て, 思うので, 思ったから, 思われて, 思われる, 手に, 気が, 知った, 私に, 私には, 私の, 私も, 考へた, 考へて, 考へる, 解つた, 言った, 言ふこ

2 [133件] あぢすき神, あなたの, あなたは, ある, あれでも, いうならば, いうに, いえます, いえる, いえるか, いけないと, いった, いつて, いつまでも, いふこと, いふので, いわねば, おっしゃるの, お前の, お思い, お考え, きまれば, きみは, ここまで, これを, されて, したら一体, したら何, したら私, すべての, するの, するも, とんでもない, なか, なって, ほんた, ほんとうの, ぼくは, わかつたやう, わからない, わかりましたよ, わしは, われわれは, 一緒に, 上り悪い, 主張した, 云い張った, 云える, 云へ, 云へば, 云わねば, 云われれば, 人が, 人に, 今の, 仰っしゃって, 何にも, 何を, 何時まで, 信じたから, 信じること, 俺は, 充分に, 出来ない, 出来ないから, 出来ないこと, 出来ない仕事, 出来んこと, 分ったの, 受けられるもの, 同じくまた, 同じよう, 告げられると, 困ります, 固く信じ, 声が, 子供の, 孫を, 山之, 彼女は, 後が, 心を, 思いますが, 思うが, 思うこと, 思うよう, 思ったが, 思っても, 思ってるらしい, 思ひます, 悟らねば, 手が, 断言する, 書いて, 本当の, 満足できない, 源氏は, 物の, 申しあげにくう, 申すか, 目が, 睨みが, 知ったの, 知った時, 知ると, 確かに, 答えた, 美味しくありません, 考えたに, 考えられた, 考えるの, 聞くと, 自分が, 見えます, 見えるな, 見に, 見られないと, 見ると, 解って, 言うこと, 言う人, 言う証拠, 言えば, 言われて, 証明する, 話せないと, 認めて, 説いた, 説明する, 院は, 面白い芸術品, 馬琴は, 3は

1 [1491件 抜粋] ああいう, あかねえの, あきらめて, あたしかん癪持ちだ, あたしは, あなたも, あの手, あまりにも, ある優れたる, いいが, いい切る程, いい目, いうなら仙界, いうには, いえないと, いかんから, いかんな, いけないそう, いけないね, いけないらしいが, いたいめ, いちいちそれ, いったが, いつかは, いないこと, いひきれるか, いひ張つて, いふなら文芸家協会劇作家部, いふのに, いまに, いわれても, いわれること, うちの, うつかりなく, うまく受信, おいしくない, おたか, おっしゃったこと, おっしゃると, おっしゃれば, おもしろいところ, おれも, お嬢さんの, お気に, お言, かう考へたの, かえって胃, かれこれ云, きめて, くり返し言われる, けっして前, こういう二つ, こうは, このペレ, この口上, この正月号, この考え, この電波, こらへ, これから述べよう, こんなに違う, さへ, されたの, したの, したらどんなに, したらわれわれ, したら事実, したら自分, しまする, すぐには, するが, するならあれ, する一種, する時, ずっしりと, せば, そう手早く, そのこと, その有難味, その驚異, それまでを, ぞんずる, たしかに感ずる, たちまち跳ね起き, だいぶ勿体ぶっ, ちょっとその, ちょっと観測, つくづく後悔, つまり自分, できないこと, できません, とうてい見過し, とっさに, となえたから, どうしていう, どうしても優良, どうにもなら, どうも不便, どこに, どのジャーナリズム現象一つ, どんなに好い, なかなか維持, なったらそれ, なにを, なんだか改まっ, にらんで, はっきりいえない, はばかって, ぶっぱなすぞ, ほんたう, ほんもので, ぼく死に, また呟いた, まったく私たち, みえて, みずからを, みな言います, めったに出, もう他, もしもこの, やはりなんとなく余情余韻, やれないと, よい出汁, よくききとる, よく見えない, よく釣れない, わかっても, わからないところ, わからぬかも, わかりました, わかりませんでございますよ, わかるまいと, わたくしは, わたし恥かしくつてあなたと, イザと, オレの, ガソリンカーの, クリストフの, コンナ工夫は, ダメだ, チチコフは, ピッタリ来ない, ミミ族を, 一向に姿, 一寸思ひつき, 一概に却, 一般に, 一雄が, 上っては, 不可いんだ, 不満な, 世界じゅうの, 世話人の, 中, 乗客出入口の, 事務長は, 云うから, 云うと, 云うのに, 云う事実上, 云う反省, 云う様, 云う考, 云う顔, 云えない, 云ったそれら, 云ったり, 云っては, 云つた事に, 云つても, 云は, 云ふもんです, 云わせん強, 人びとは, 人形は, 人物は, 人間として, 今にきっとこの, 今も, 今度の, 仕事は, 他人に, 仮定する, 仰せられるの, 仰有, 何うし, 何しろ出帆前, 何だか難, 何ともいえない, 何んにも, 作りません, 作者が, 使へ, 保証できる, 信じたくなかったの, 信じた所, 信じますにより, 信じられるの, 信ずるの, 信用が, 傍の, 僕にも, 充分とは, 入つたやう, 入れないの, 全く球場, 公言する, 其の頃, 冒険は, 出せしません, 出来ないさ, 出来ぬこと, 刃が, 分った, 分らないが, 分り未だ, 判つた, 判れば, 判明し, 利きません, 力身込ん, 動かされ得ないという, 動きが, 十分の体でない, 半蔵らに, 却って有害, 反つて眼, 叔母が, 取引き, 取扱えぬかわり, 可哀想に, 各人は, 合點の, 同じこと, 同時にそう遠距離, 同時に永病人, 名文という, 君は, 告げても, 告白し, 味はれない, 商人たちは, 困る, 困るぜ, 困るの, 困るわ, 在留日本人の, 垂訓する, 堅く信仰, 夕飯前の, 外國から, 多分自分, 大事に, 大抵九月児, 失敗した, 奥まで, 好適とは, 存ずるの, 学問は, 学校の, 安心しない, 定助郷, 実はその, 宣言せね, 家には, 寒鯛釣りを, 小次郎らしくなくなっちゃった, 少し揚つて, 岩井半四郎の, 帆村と, 帰さないそう, 幅が, 幾度も, 廣言した, 弟御, 強情を, 彼が, 彼を, 往きか, 御気づき, 御遠慮, 心から承認, 心丈夫でございます, 必ず鳥居, 怒るの, 思いながら, 思いまして, 思い付いた, 思い懸けない事件, 思い知るよう, 思うし, 思うふう, 思う浮舟, 思えたのに, 思し召すで御座いましょう, 思ったらいつぞや, 思つたのだ, 思つてゐれ, 思て, 思はなければ, 思はれるやう, 思はれる點, 思ひましたので, 思ひ出, 思ふところが, 思ふ事, 思わせなくっちゃあ, 思わるるかも, 思われても, 思われるから, 思われるに, 思われるよう, 恁う, 悟った氏, 悟るだろうか, 惡いで, 意識する, 感じた時, 感じ始め事物, 感ぜられます, 我々は, 戻らない, 手紙かけませんでしょう, 批評され, 承知した, 承認され, 拙者にも, 持ちあげること, 捨てない, 探求し得られない, 撃たないこと, 政一, 断定し, 断念めて, 断言は, 新教から, 旅行の, 早くも, 明言し, 是に, 書けない, 最上とは, 最後の, 本を, 本能的に, 村の, 来ません, 板垣氏は, 極めた而, 止めるが, 歴史面に, 母ちやんは, 気がつくと, 気分が, 気迫が, 決してその, 決して油断, 決ると, 決心した, 泡立ちません, 深く決心, 渡されない, 湯気のけ, 滅多に君, 火星人を, 無理に, 牛丸君の, 独り語つ, 現代では, 理解される, 理論には, 生んだ子, 生活に, 田村に対し, 申すが, 男の, 疑い首, 疲労が, 発見した, 白馬も, 目だけ, 相撲に, 眠ること, 眼を, 睨んだところ, 知ったと, 知るべし, 知れる氏, 確信する, 神妙に, 私ここに, 私だって, 私へ, 私共は, 秤が, 竹山君には, 笑われても, 答えても, 結局人々は, 結論した, 練習に, 考えそれ, 考えたか, 考えたらそして, 考えます, 考えられようとも, 考えられるならば, 考えるかも, 考えるよう, 考える拍子, 考へたとも, 考へられたらうし, 考へる時, 聞いたので, 臆断し, 自分だけの, 自分ながらも, 自由に, 自覚し, 舎下げを, 良く出来ません, 芸者の, 若い志願者, 苦しい反省, 菱川ことに, 蔦が, 蜂が, 行かれない, 行けなかった, 製作できなかった, 見えますねと, 見え何処, 見え遠慮会釈, 見たが, 見た権右衛門, 見なされた, 見るの, 見破ること, 見遁, 覚つた, 親身の, 覺り, 解しにくい, 解つたのだ, 解らない酒, 解るまでは, 言いたい, 言い伝えられて, 言い張ったけれど, 言い聞かされ男, 言うと, 言う因って, 言えないのよ, 言ったじゃ, 言ったところ, 言った江漢老人, 言つたら, 言は, 言ひ切る, 言へ, 言わなければ, 言われ得るほど, 訂正する, 評し合った, 話せないこと, 認めるか, 語って, 説くの, 説諭した, 談られた, 諦らめて, 謂つたのである, 警察へ, 責任を, 貴樣, 足を, 踏んだ石, 辿りつくこと, 返事が, 透明怪人は, 通さんぞ, 通用しない, 遊ぶ気, 遣って, 酔っ払いは, 鉄板に, 開かないん, 闇の, 隔ての, 難を, 青年も, 面と, 頓と, 飛んで, 食うため, 食べない, 飯の, 首を, 駄目で, 駄目の

▼ でないこと~ (2163, 14.6%)

57 は明らか 47 は確か 35 を知っ 33 だけは確か 27 は勿論, もない 26 はよく 24 がわかる 23 はない, は誰 19 はその, はわかっ 18 はいう, を知った 15 がわかった 14 を知る 12 が分った, はお, はこの, はたしか, はもちろん, は明かである 11 は云う, をよく 10 を示し 9 がわかっ, がわかりました, が分る, はすぐ, は私, を彼, を知りました 8 がよく, だけはたしか, は, は判っ, は明瞭, を私

7 [11件] である, はあまりに, は分っ, は判り切っ, もなかっ, を信じ, を明らか, を知つて, を知り, を示す, を証明

6 がお, が判る, はありません, はこれ, は云, は前, は平次, は明白, は自分

5 [16件] が判明, では, になる, はわかりきっ, はわかる, は彼, は明, は言, もまた, を主張, を意味, を感じ, を明, を注意, を認め, を説明

4 [19件] がある, がわかり, が分かる, が明らか, が証明, だ, の証拠, はそれ, はなかっ, は半, は明かで, は言うまでもない, も知っ, を悟った, を理解, を発見, を知, を祈る, を述べ

3 [46件] があろう, がわかります, が分っ, が後, が明, だけは明らか, に就い, に気がついた, に気がつく, に気づいた, に私, はあきらか, はあなた, はあるまい, はすでに, はなかつた, はもう, はわたし, は一目, は初め, は十分, は大, は明かです, は申す, は直ぐ, は知っ, は知つて, は自明, も, もありません, もなから, も分っ, も明らか, を, をはっきり, を了解, を今, を御, を感じた, を確かめた, を示した, を自分, を自覚, を言っ, を証する, を認める

2 [123件] が, がその, がたしかめられた, がら, がわかつた, がわかるだろう, がハッキリ, が了解, が今日, が分ります, が初めて, が判った, が多い, が必要, が明白, が明瞭, が知れる, が私, が証拠立てられた, さえわかっ, だけはわかる, だけは察せられる, だけは明かです, だけは確, であるから, でも, との区別, になっ, になった, に気, に論, の証明, はあなた方, はあの, はあまり, はおおよそ, はその後, はだれ, ははじめ, はもとより, はわかります, はわかり切つ, はハッキリ, は万, は事実, は二人, は以上, は何, は余りに, は先刻, は分かる, は分り切っ, は分り過ぎ, は判つて, は半蔵, は口善悪, は同じ, は周知, は少く, は常識, は当然, は慥か, は早く, は次, は決して, は河野, は注意, は注目, は無論, は確, は確実, は私自身, は稀, は第三者, は自然的, は解っ, は言うまでもなく, は認める, は頭, は餘, もなかつた, もわかっ, も存じ, も想像, も明白, も確か, をこの, をし, をしみじみ, をすぐ, をその, をまず, をハッキリ, を伸子, を信じた, を充分, を半, を察し, を心から, を思つた, を思わせた, を思わせる, を想像, を承知, を断っ, を明白, を暗示, を望む, を深く, を熟知, を特に, を痛感, を知らない, を知るであろう, を確信, を立証, を納得, を考える, を自信, を言い, を記憶, を證據, を證明

1 [852件 抜粋] いうまでも, おびただしいもの, お清さん, から, から何, から新しい, から桃水自身, があきらか, があります, があり得よう, がいま, がこの, がこれ, がじき, がすでに, がすらり, がそれ, がはっきり, がばれた, がひけ, がますますはっきり, がやっと, がわかったら, がわかったらしく, が一目, が出, が出来る, が分かり, が分つ, が分らない, が分るだろう, が分明, が判り, が判りまし, が判るだろう, が前, が危険, が原因, が商売柄千六, が国際的, が妙子, が寝, が察せられた, が少しく, が尚, が往々, が心, が想像, が感じられよう, が描き出され, が明かである, が暁子, が最近, が朝, が此, が混同, が直ぐ, が知らるべきで, が知られよう, が知れ, が確か, が精神的, が自分, が苦痛, が解っ, が記され, が証拠, が語られ, が起こる, が起つた, が高級海員, くらいは僕, ぐらいはよく, ぐらい万々, こそ筆者, さ, さそう, さらに現代, しかし彼, そういう話, そしてただ発足, その結果, たいへん喝采, たまらぬ程, だけが分っ, だけはいっ, だけはだれ, だけはほんと, だけは一目, だけは一般に, だけは不幸中, だけは事実, だけは分っ, だけは判った, だけは恐く, だけは慥, だけは斷つて, だけは明白, だけは確かさ, だけは確実, だけは私, だけは考へね, だけは解っ, だけは誰, だけを女院, ですが, ですね, で消極, として話した, とは知り, と今後, と對應, と田舎, と解し, なくなられてから, などこの, などを指摘, などを語った, など致しまする, なん, なんか自明, についての印象, になつ, になりました, になります, にはしかた, には受入れる, には疑問, にやっと, によって打消され, によって私, によつて, に公憤, に外, に御, に本, に気付かなく, に気付きました, に浪費, に直ぐ, に祝福, に興味, に道理, に驚かされた, に驚きました, のよう, の他, の保証, の明, の有難, の決定的, の確実, の見極め, はありませんでした, はいくら, はいよいよ, はうれしかっ, はお前, はきい, はここ, はさき, はさっき, はすべて自然派, はそこ, はそれから, はたとえば, はちょっと, はとうに, はどこ, はないでしょう, ははっきり, はひと, はほん, はもともと, はもはや, はわかり, はわかり過ぎ, はイェーリング, はチャーン, は一ノ関, は一度, は一方, は万々承知, は上文, は世界, は世界周知, は予め, は五兵衛, は人, は今度わたし, は今更, は介六役者, は伸子, は何人, は例へば, は信じ, は信太, は傷口, は僕, は優秀, は先生, は八五郎, は八五郎さん, は其月, は分かっ, は分かった, は分る, は判りきった, は判りすぎる, は判ろう, は前夜, は勇まし, は動かし, は医師, は南北多く, は南部, は又, は只, は否めない, は呉, は地形, は多く, は多少, は多数, は夜鷹自身, は大して, は大体, は夫, は姿, は安川, は実, は実際, は容易, は寧ろ, は専門的, は小娘, は少しく, は幾分, は廊下, は当分, は後, は心得, は忘れ, は想像, は慥, は成り立ち, は拙者, は断わる, は明か, は明かだ, は明かであっ, は明かな, は明言, は普通, は最も, は有り得ません, は本当, は植物, は此家, は残念, は河田, は灰色, は熟知, は玄人, は甚五郎, は略, は疑, は疑う, は盆, は直感, は知る, は知れる, は知識人, は社会機構, は私共はじめ村, は素人, は経験, は羽後由利郡, は脇差, は臨時留守総理, は舊藩, は荒巻, は表情, は見, は親分, は解り, は解りきってる, は言葉, は証明, は認めなく, は読者, は論, は貧乏, は賢明, は近畿以西, は重ね, は重太郎, は金椎, は長年, は門, は隣り, は馴れた, は鳥, ばかりだった, またこの, まったくの, までは思い遣れない, むしろ殆ど彼, もある, もあるまい, もあれ, もお, もここ, もこの, もございませんでした, もちろん, もないでしょう, もはっきり, もほぼ, もむろん, もよく, もわかる, も亦, も仕合わせ, も分つ, も判ります, も判り切つ, も勿論, も大抵, も実感, も彼等, も思わせられ, も教, も明かである, も景季, も気, も無い, も無かっ, も着目, も知ってるだろう, も知らせ, も知る, も窺われる, も自ら明白, も解っ, も訣つて, やあの, やしたがって, や何, や結婚, や自己犠牲, よりもその, をあなた, をいう, をいく, をうっかり, をお, をおそらく, をかすか, をこちら, をさえ, をしきりに, をしめす, をそれ等, をたいそう, をただ, をぢ, をついに, をはじめ, をばシュトゥンプフ, をひたすら, をほか, をまた, をむしろ, をもまた, をも承認, をも致しまする, をやる, をよくよく, をケプロン, をベルリン, をヨーロッパ人, を万吉, を不, を不思議, を予め, を事実, を事實, を云ひたい, を人, を付け加え, を以てみ, を併せ, を信じる, を信じ得る, を信ぜざる, を信長, を俺, を具体的, を切望, を力, を力説, を十分知つて, を君, を告ぐれ, を固く, を奥向き, を學んだ, を実証的, を容易, を希望, を常識, を弁護, を強く, を強弁, を彼女ら, を後悔, を心得, を心私, を思, を思いあわせね, を思いだす, を思い合わせる, を思う, を思った, を思ひ, を思切り, を悟り始めました, を悦んだ, を想, を想わせられ, を感じさせた, を感じる, を感ぜしめる, を憂えなかった, を憂へなかつた, を我輩, を教, を教え, を教える, を断言, を新子, を早く, を時, を暗に, を暗黙, を最も, を望まず, を極説, を注目, を玄人, を現実, を田宮, を申し上げ, を発表, を發見, を白雲, を直ちに, を直感, を知ったらしく, を知つたの, を知らされる, を知らしめた, を知らなけれ, を知ります, を知り得る, を知るべきである, を確かめよう, を確かめる, を確言, を祈っ, を祈つた, を私自身, を経験, を考え, を考えさせられる, を考えれ, を聞かされた, を自分自身, を自得, を見, を見れ, を見定め, を覚ったらしく, を言, を言い切れる, を訴えた, を証拠立てる, を話した, を認めた, を認めました, を語らぬ, を語る, を説く, を追, を速断, 勿論である, 古い, 明かで将来, 明かな地方

▼ でない~ (806, 5.4%)

54 である 4135 だから 29 です 2219 では 13 だが 12 ですから 10 と同じ 8 かも知れない, であるから 7 であった 6 は勿論 5 かも知れぬ, が多い, だと, であるが, ですが, は自明, を見

4 [12件] か私, だろう, ですか, とがある, はこの, はその, はない, はよく, は云う, は無論, を知っ, を知った

3 [19件] かしら, かね, じゃ, だよ, だろうか, であります, ですもの, ですよ, ならば, はこれ, は分っ, は判り切っ, は明らか, は知っ, は知れ, は確か, は私, もある, を確め

2 [29件] がいい, が事実, が惜しい, が普通, が残念, だけれど, だという, だろうと, ぢや, であろうか, であろうが, でした, と云う, と同様, と等しく, に気づいた, はあの, はいう, はそういう, は何ん, は日向, は残念, は自分, も不思議, を不思議, を感じた, を知つて, を知り, を自覚

1 [344件] かあるいは, かい, かが吾, かという微妙, かとさえ考えられる, かとも考え, かと心配, かと思いました, かと案じる, かと責め, かどう, かどうも, かな, かはっきり, かは分らない, かまだ, かもしれない, かも知れませぬ, かも知れません, かよく, か假, か傍聴席, か判らなかった, か考え, か見, か説いた, か部屋ぜんたい, が, がある, がい, がうれしい, がこしらえられる, がこの, がせめて, がその, がない, がね, がまだしも, がやって来, がよい, がよかっ, がわるい, が一つ一つ胸, が一人, が一通り不動尊, が不思議, が不都合, が九太, が二つ, が伸子自身, が何だ, が先, が分っ, が分りました, が却って, が厄介, が口惜, が味, が哀れ, が地方局限文学, が堀部君, が大分, が妙, が嬉しい, が実に, が実際, が少く, が平次, が当りまえ, が当り前, が当時一般, が彼, が急, が悪, が愛嬌, が政界, が有る, が本当, が本来, が民主的, が気, が気持, が氣障, が淋し, が知れ, が知れた, が見, が訝しかっ, が通例, ぞな, だえ, だけがお前, だけが違っ, だった, だったらこれ, だつたらね, だもの, だらうか, だらうとも, だネ, だ信實, だ高篤三所蔵, であって, でありしかも, でありました, でありますから, であるか, であると, である數學的フォーミュラー, であろう官兵衛, でございました, でございましたら, でございます, でしょう, でしょうね, ですからね, ですけれども, ですね, です酒, でなくただ, でも, とあるらしい, とお, とがはなはだ, とだいたい, とで切り取る, とで去年, とどの, との二つ, との二種類, とを比較区別, と両方, と亡くなつた, と全く, と持続的, と老年, と頭, ならこんな, ならたとえ, ならどういう, ならどうしてあんなに, なら一つ君, なら何, なら文学, なら来て, なら直して, なら私たち, なら静か, には感心, には驚いた, に乗じ, に対して法螺丸, に気づい, に気づき, に気付いたらし, に驚い, は, はいま, はいわば, はお, はおもしろい, はお互い, はくちおしい, はこい, はさ, はそこ, はそれ, はたいてい, はどう, はどこ, はなかっ, はなく, はむしろ当然, はもちろん, はやま, はやむを得ない, はわかっ, はわかつ, はわかりきっ, はバカ, はビールジャ・トルダー, はベン, は一方, は一目, は丁度, は不都合, は両, は主人, は九州阿蘇付近, は事実, は京弥, は人, は今福忍氏, は仕合わせ, は体系的自由主義, は余りに, は作者, は保, は先刻不連続殺人事件, は其漢学, は分ってる, は分り切っ, は初瀬, は判つて, は判りきっ, は創作技法, は勝家, は同じ, は君子, は呼びすて, は境, は夜露, は大, は奥さん, は嬉しい, は嬉しかっ, は学問, は実に, は宵越し, は容易, は川又, は幸い, は当然, は彼, は御, は思想, は性質上, は恐らく, は悲しい, は我慢, は所謂, は教, は断わる, は明かだった, は明かである, は明白, は明瞭, は明言, は時, は本方, は殆, は無い, は現に, は現在, は睡眠, は矢, は知つて, は知りぬい, は知れきった, は知れた, は知れてる, は確, は確実, は神, は簡浄, は結構, は自然, は若党, は覚悟, は言, は言うまでもない, は言うまでもなかっ, は謎理的, は道理, は郡役所, は金, は食べ, へ咲きかかった, へ押, もあつ, もあろう, もいら, もしそんな, もその, もはっきり, もよろこん, も彦根, も心配, も泊め, も理由, も確か, も自然, も色, を, をあの, をあはれ, をいま眼, をお呼び, をかえし, をすでに, をたしかめる, をひけらかす, をまちがえ, をみんな, をゆるし, をよく, をタゴ, をモウ一度直覚, を上席, を不審, を且田舍, を了解, を勤番支配, を太田筑前守, を好く, を幸, を幸い, を思う, を恨んだ, を惜ん, を想わせます, を感じ, を技術, を敏感, を明, を明日, を望む, を殊更, を氣遣, を満腹, を漠然と, を理由, を白, を直感, を知, を知ってる, を知る, を私, を見たら, を見て取った, を見届け, を証明, を遺憾, んなら, ん分ってる, サ, 一生懸命の, 先例が, 又買える, 心やすい, 意味を, 態度が, 臣も, 馬鹿だ

▼ でないから~ (609, 4.1%)

30 である 97 です 5 して 3 これは, 私は

2 [20件] いけない人, こう云う, これを, その場, それで我々, であった, であります, では, わざと葉書, わたしは, 先方に, 功名を, 所謂る, 朝起を, 死ななくても, 残念だ, 流石に, 滅多に, 確実な, 駄目だ

1 [512件 抜粋] あの文章, あるいはそんな, あるいは処払い, あれで, あんなにかわいがられ, あんなもの, あんな事, いい, いいの, いくばくも, いけないの, いつぞやあなた, いつまでも, いつ壊れる, いつ外出, いつ死ぬ, いづれお, いづれ髮, いよいよその, いよいよもっ, いわゆる商家伝来, おそろしい綿入れ, おとなしいやう, お前さんの, お君, お遣り, かえって面白い, かかる辺土, けっしてぜいたく, こういう実景, こうして御, ここで, ここには, ここの, この, この名, この日, この時, この時代, この橋掛, この経験, これが, これも, こんな事, したがって我が, しばらく度外視, すらり引抜い, ずいぶん異存, ぜひ学生官吏等, そういうもの, そういう点, そういう要求, そうだった, そう云う, そう安く, そこでふと, そのうちどこ, そのま, そのままで, そのまま呼吸, そのまま書く, そのまま重た, そのよう, その大声, その故, その晩, その本名, その論証, それが, それだけは, それぢや, それでやり, それで湖水, それに対する, それは, それほど吟味, それを, それ程いや, そんなもの, そんな物, ただただ好奇心, ただ伝襲, たと, だと, だという, だろうか, だろうが, だろうと, だウソ, ちっともわかりませんでした, ちょっと手, ついそれ, つい隣, つて嬶が, でありそして, であろう, でございますよ, でしょう, ですよ, で私, といつて三階の, とかく言い, ともかくも, どういう風, どうかと, どうしても恕, どうしても海, どうする, どうせ駄目, どうにもしようが, どうもこれ, どうも話, どこへでも, どちらが, どんな厚着, どんな話, なお始末, なお心持, なかなか当り, なの, なのね, はたで, はっきりした, はらご, ひとりでに名, ひどく不思議, ぶらぶらと, ほしいん, まあおれ, ますます怖気, みな非人である, もう一つ役, もう一度向う, もう何もかも本当, やはりそれ丈助, やむをえない, よく下名, よく判らない, わか, わかだけに, わざと省い, われわれは, コンソメと, ゴルドンの, サッサと, ズット略する, チットモ記憶し, ハリキれない, フランシーヌ淋しい, ムキな, 一々繰返し, 一両日は, 一人旅を, 一倍元, 一倍元気が, 一切竹槍の, 一団の, 一寸怖, 一層気味が悪い, 一応被告, 一筆描き, 一考を, 万一逃げ, 三十年も, 不可だ, 世間からは, 中の, 主として直接行動, 事に, 二千兩は, 五年から, 交る, 今この, 今しばらく, 今の, 今は, 今もっ, 今再び, 今年五十四に, 今日という, 仔細ぞ, 仕合せだ, 仕方が, 仕様が, 他は, 他人の, 他日を, 他殺だ, 何かの, 何でも, 何ともそれ, 何とも云う, 何とも保証, 何にか, 何にも, 何ひとつ推察のて, 何も, 何卒両方, 余も, 作中には, 作者の, 信ずるという, 俳優達の, 倒に, 僕が, 僕は, 僧殘と, 先に, 先によって, 児が, 兵頭一力の, 其筈だ, 其調理法や, 具眼の, 冷静に, 出して, 出来ぬと, 分らないけれ共, 分らないの, 初めは, 初学の, 判らないが, 別として, 別に心配, 別れようしかるに, 到底潜り込む, 力が, 助かりますね, 勝てば, 勝手に, 十九の, 単に概, 印章も, 却って極めて露骨, 厭な, 取ってつけたようで, 受取ること, 司法大臣に, 同じ文法, 名古屋より, 向うでも, 君も, 否そう, 咎めだてする, 問題に, 困る, 困るの, 固より, 国家または, 土地に, 地味の, 多く読む, 多忙の, 多額に, 大丈夫, 大丈夫だ, 大丈夫で, 大分前に, 大師の, 大病である, 失敬しよう, 奇妙な, 好いの, 委しい事, 娘だろう, 字の, 安心し, 実際上, 室内の, 害は, 家は, 少しずつ, 少しは, 屹度無事に, 差支えといった, 帰りの, 平凡でも, 平生の, 幾らか諦め, 幾分か, 幾分賑, 序でに, 当分ほっ, 彼が, 彼等にとって, 後で独り, 御返答, 心持よい, 心掛けて, 心配しなく, 必しも, 念の, 忽ちにムキ, 怒っては, 怖くも, 思慮分別に, 恐いよ, 息が, 悪くいってる, 悲しまないで, 惡い, 我々は, 我慢し, 或いは二義的, 手すく, 打遣, 持つと, 振向いても, 擽ったいよう, 教えること, 文句の, 文学至上主義に, 文章の, 斎戒沐浴を, 斷定も, 斷言は, 日を, 早くかたづい, 早速今夜おでん屋, 昂奮の, 是れ, 是を, 是非あゝ, 暮から, 曇った日, 書かないと, 書物を, 最初の, 最大遺物という, 最後の, 最後まで, 月を, 有ること, 朝も, 朝鮮で, 本人予想以上の, 本名で, 本当の, 本質的の, 杖を, 来たからにゃ, 林田にも, 栄養補給の, 根ぼり, 根拠が, 桂木は, 椅子を, 構うまいと, 構わないと, 標本も, 標準に, 模倣でない, 横ッ面を, 機嫌を, 止した方, 止めた, 止めて, 正直で, 此三日の, 此文だけ, 此處には, 段々, 母上は, 民子が, 気分も, 水が, 水とめない, 水ハケが, 永代橋まで, 求めるもの, 汎く, 汗臭い, 決して帰らせない, 沿岸づたひに徐々に, 注意が, 泳ぎに, 流行し, 浮体の, 海の, 涙ぐましい気もち, 涙ぐましい気持, 無理も, 無論兩親, 特別の, 猪が, 猿だけを, 玄人が, 現にここ, 現在の, 現実的で, 生活改良は, 用心し, 由起さんに, 留守だ, 疑って, 疑へ, 癪に, 発音が, 發表する, 皮肉な, 直ぐ様元の, 省いて, 省略する, 真の, 真偽の, 眼の, 着実に, 知らないが, 知らん顔を, 石が, 硫黄の, 確かで, 確かな, 神妙に, 神経病又, 禹が, 秀麿は, 私に, 私も, 私や, 立前を, 第一, 第一東京, 節義を, 米友は, 紐解かずに, 累ね, 細君の, 経済の, 縉紳の, 縛ること, 纏頭などは, 罪の, 置物の, 老師読書の, 考えて, 胡瓜は, 能く, 自分の, 自分ひとつの, 自然の, 自然男の, 自然長, 自由であり, 艶の, 若しかする, 苦悩の, 茲には, 草原に, 落つるまま, 落付きも, 虚説で, 行, 行かぬが, 見るの, 親を, 親類とて, 言えないの, 註は, 詳細は, 読書は, 読者の, 誰だって, 誰でも, 誰も, 調べて, 諸君の, 買い取ること, 走るに, 軍隊の, 軒下や, 軽い竹, 近所の, 逃げるであろう懸巣, 逃出すべき, 途中で, 遂に, 違う点, 避ける, 都に, 醒める時, 金田とか, 鎌の, 長い髭, 閑斎の, 間の, 間違つてゐたら, 隨分異存も, 雑巾掛には, 面白い, 頭から, 飲まずに, 饒舌な, 馬乘り, 駄目です, 駄目よ, 駒井も, 默つて行く, 黙つて, 黙て

▼ でないという~ (575, 3.9%)

69 ことは 62 ことを 27 ことが 21 ことに 15 ような 13 事を 11 のは 8 ことの 7 ことだけは, ことも, のが 6 ことだ, 証拠が 5 ことである, 証拠は 4 ことで, のである, のです, 事は, 意味に, 風に 3 ことです, ことと, のか, 事が, 事実を, 気が, 理由で, 証拠に, 証拠には

2 [26件] こと, ことから, ことであり, ことについて, ところに, のだ, ように, 一つの, 事だけは, 事に, 処に, 印象を, 反証を, 意味では, 意味の, 点で, 点を, 理由から, 確信が, 確信を, 証拠である, 証拠も, 証拠を, 説が, 説を, 限りは

1 [203件] あかしを, いい伝え, お考え, ことかえって, ことこそ, ことさ, ことそういう, ことそして, ことだけが, ことだった, ことであっ, ことであった, ことでした, ことな, ことにおいて, ことには, ことにも, こと之を, こと以外の, たしかな, ためには, ちょうしです, ところが, ところまで, ところを, のかね, のさ, のだった, のであったら, のであろう, のでなく, のと, のなら, のも, のを, ふうに, べら棒な流行り, ものが, ものは, ものも, ものを, やつは, わけか, んなら, シルシに, メンミツな, リアリティーによって, レッキと, ワケが, 一種の, 丈の, 主張は, 主義か, 予感も, 事です, 事も, 事や, 事実である, 事実の, 事実も, 事情も, 事情を, 二つの, 人が, 人も, 仰せです, 住場所の, 何等かの, 例です, 信念も, 信念を, 俺の, 先入主で, 先生も, 処から, 剣も, 劣等感によって, 区別が, 医者の, 十分の証拠には, 単純に, 印象が, 反抗心を, 反証をも, 叱責さえも, 命題を, 噂が, 固苦しい意見, 場合と, 場合は, 場合も, 声明は, 外に, 奴は, 嫌疑を, 実証を, 小山の, 常識論は, 平生からの, 彼の, 御意見, 心証を, 恐れが, 恐ろしい感情, 意味から, 意味が, 意味で, 意味である, 意味を, 感じが, 感じを, 感情を, 感想は, 態度を, 所だけを, 所に, 掟の, 推測を, 教訓を, 断言も, 日本の, 明しを, 明らかな, 昔の, 有様であった, 有様である, 様子だった, 正信も, 気も, 気持が, 決定に, 消極的で, 潜在的な, 点が, 点だけを, 点である, 点です, 点においては, 焦燥を, 状態を, 猛烈な, 理由には, 理由は, 理由を, 理窟も, 理解それは, 生活の, 申し開き, 痣蟹の, 真実が, 真実を, 確かな, 確証は, 私の, 積極的な, 結論の, 結論は, 結論も, 線から, 考えも, 自信の, 自信も, 自覚が, 見当が, 見極めの, 見識から, 見込みが, 観念の, 言葉が, 言葉に, 言葉には, 訳を, 証人が, 証拠, 証拠じゃ, 証拠です, 証拠では, 証明としては, 証明には, 証明の, 証明は, 証明を, 評判でした, 話では, 話と, 話は, 認定を, 認識は, 説には, 説の, 説も, 説明には, 諒解が, 議論は, 通則は, 違いを, 遠慮から, 鑑定を, 限りない, 顔つきで, 顔を, 風であった, 風な

▼ でないもの~ (469, 3.2%)

49 はない 20 がある 18 はなかっ 9 はありません 8 でも 6 は無い, もある 5 として消え, との区別 4 とがある, は一つ 3 である, ですから, では, とし, とを区別, はなく

2 [22件] があった, が一つ, が多い, だと, としての世論, として説明, との二つ, と思っ, になりたい, の存在, の結婚, はこれら, は一, は何, は僕, は助, は無かっ, もあつ, を一つ, を感じ, を持っ, を私

1 [273件] および単, かという点, かと詮索, から持ち出し, から茶器, か画家, が, があったろう, があつ, がありませう, があるなら, があれ, がいくら, がいた, がいる, がかくれ, がその間, がどう, がどこ, がどれ, がない, がなけれ, がはなはだ, がふだん, がイタヤカエデ, が一万円, が世の中, が仄, が出来, が力, が反響, が多, が多数, が天下, が天下統一, が娘, が実在, が幾ら, が幾人, が形式, が後年何, が感じられ, が拍節, が有る, が本当, が染料植物, が歩く, が発見, が百姓, が直感, が神語, が空, が翻訳, が考え, が自ら, が良寛, が認められた, が読む, が銀, ただ書く, だ, だから, だけを彼, だったかも, であ, であったかも, であったの, であるかが, であること, である事, でいとも, でさえ, でした, で下, とある, という, とがあ, とがあります, とがすでに, とが自分, ときめ, としてお, となっ, となつ, となる, とに本当に, とのちがい, との判定, との対立, との差別, との形式的, との間, との関係, とはちゃんと, とはどう, とを教え, とを絶対的, と信じ得られる, と妙, と感違い, と見, と見える, と見た, と見なし, と雖, などは一つ, なの, なので, ならいくらでも, ならば, なら四十四年, にかえ, にした, にする, にそう, にだんだん, になった, になつたの, にならう, にはかれらしい, にはわりあい, には何, には少し, には或は, には正しい, には決して, には這, にまで止揚, にも筆, に他, に何かと, に変, に変っ, に変化, に変換, に就い, に於, に是非, に自然, に若い, に解っ, に載る, に造り, に還元, に零, ねえ, のない, のまま, のよう, のカモ, の中, の二つ, の問題, の如く, の差, の恩人, の悪戯, の感じ得る, の間, はあの, はあまり, はあまりに, はありませんでした, はけっして, はこの, はございませぬ, はございません, はござりませぬ, はすべて, はただ, はどこ, はどんな, はどんなに, はなかつた, はなるべく, はみんな敵, はよほど, は下, は不健全, は不正, は不要, は互いに, は人, は人間, は伊那, は何一つ, は充血, は凡て新鮮, は単に, は唯, は單衣, は塵塚, は奸, は妓, は學問, は安閑, は射影幾何学, は小額, は平民, は彼ら, は後, は恐らく, は悉く, は或, は新, は棄てず, は畑, は省み, は真実, は総てそれなり, は自分以外, は英雄, は認識, は誠, は誰某, は金, は駄目, へと転じ, までが逃げる, までもきちんと, もあっ, もいる, もわが, も出来た, も尼, も既定額, をあたかも, をいくらどう, をこの世, をこれ, をさし上げたい, をたべた, をと院, をなぜ, をはこびだす, をば一斉, をぼろ, をまでも捕え, をも結構, を一度, を与え, を主観, を作ろう, を備え, を出しかけ, を同一, を帰した, を彼等, を意味, を感じさせる, を感じたらしく, を感じつづけ, を或いは, を抽, を指す, を捜索, を教える, を書かなけれ, を橋杭, を漠然東方的, を生ん, を秀吉, を素子, を考えず, を見, を見た, を覚えた, を誤っ, を足, を通して主体, を除去, 即ち故国, 迄が時として

▼ でないよう~ (362, 2.4%)

39 な気 11 に思う 7 に思われる 6 である, です, でも, なもの, な気持, に思われた, に見える 54 だが, に, に思っ 3 だから, な声, な心地, にお, にし, になっ, に思われ, に思われます, に見えた

2 [15件] だった, であった, であるが, ですね, な, なおかしな, なこと, な人間, な心持, な話, な顔, な風, にも思われる, に思います, に聞えた

1 [189件] この名称, だったよ, だな, だにおと, だね, だわ, だ蕎麦饂飩, でありむしろ, でかつまた, でございましたが, でございましたらその, ですから, ですが, ですよ, でね, でもあっ, で妙, で結局, で証文, なあせった気持, なありさま, なお, なかっこう, なこわし方, なつながり, なところ, ななんと, なばか, なものの, なようすの, ならその, なら勿論, なフリ, な事, な事柄, な人, な何物, な兄さん, な勢い, な受けいれ方, な口ぶり, な口元, な名, な土産屋, な声音, な変, な太く, な奇妙, な女, な妙, な宗教家, な封建社会, な微笑, な心, な思い, な思いだすたび, な思い入れ, な感じ, な我が, な或, な扱い, な時, な毛糸, な気持ち, な法文, な物, な状況, な独特, な玄関, な知性人, な種類, な立派, な結婚, な美女, な芳香, な見かけ, な親身, な観, な誇り, な説明, な読書家, な部類, な面構え, な面色, な顔つき, な顔付, な首, にあいつら, にいう, にいわれ, におもいこん, にきちんと, にこき下ろされ, にさえ思われた, にしかし, にしよう, にそして, にと, にということ, にといのっ, にと祈っ, にと祈りました, にと祈る, にと絶えず, にどこ, になった, にみな, にもある, にもっと, にも伸子, にも思え, にも思われた, にも思われました, にも見えよう, にエンゼル, にチャスター, に世間, に事実, に云っ, に云った, に云われる, に交際, に仕, に伝える, に余りに, に侍, に偶然, に先方, に凄, に出来る, に切望, に厳重, に受取る, に古代シナ, に安心, に幾度, に彼, に心, に心得, に思い当られ, に思えた, に思はれ, に思わるる, に思われました, に思われるでしょう, に思召, に恰好, に感じた, に感じました, に感ぜられる, に扇, に拝察, に擬装, に書い, に書いた, に案じました, に熱く, に申し上げ, に眠らす, に睨まえ, に祈る, に私, に立て直さなけれ, に総て, に美しく, に考えられた, に考えられました, に考えられる, に聖書, に聞かせる, に落ついた, に虚栄, に見うけます, に見え, に見えます, に見え出した, に見せよう, に見受けられる, に言う, に言っ, に話題, に超越, に軽蔑, に連れ立っ, に鋳型, に願いたい, に風, ね, 働かなくとも

▼ でない~ (330, 2.2%)

4 兄公殿が, 其は 3 これは, ために, ともかくも, 何か

2 [13件] この歌, それは, それを, もう一つ目, 今日の, 何に, 名称近く, 名稱, 彼の, 暴風強雨如法の, 為に, 西洋の, 西軍に

1 [284件] あの男, あんなに一, いずれに, いわゆる丈部, おそらく平安朝, おちついた後, おりおりは, かういふ場合, かういふ雨, こういうもの, こういう平地, こういう雨, この上, この先生, この物質的技術, この白い, この話, この輝かしい, これくらいの, これといふ, これほど, これほどまでとは, これまた, これも, さうでない, さてこの, さりとて忠孝, さる種類, しかしある, しかしこれ, しかしその, しかし少なくも, しかし日本, しかし至極, すでに子安, せめて平日, そこな, そのため, そのヒナ, その中, その人, その後の, その日, その時シュワイツア夫人, その概略, その歴史性自身, その生血, その金, その靴, それから, それではこの, それにしてもソナタ, それにしても一家, それほども, たしかに自分, ただ一個, ただ世人, ただ気がかり, ただ結句, たったかた, でも近頃, とてもいい, とにかくにも, とにかく唐, とにかく形式, とにかく金銭, ともかくあの, ともかく支那, ともかく校長, なかなか蛾次郎, なにがしは, なるほどと, なんでも, なんの, のち長崎奉行所が, まずだいたい, まだ誰, もしそういう, もし前者, もとは, ものの, やはりもと, ゆえに国家, わたくしは, ウエルスの, スノウ・ボールが, ニセの, ベーリング海峡の, ホワイト島であった, ラシイヌは, 一つは, 一年中新鮮な, 一度は, 一瞬の, 万事について, 上手に, 世人を, 世間普通の, 中世の, 丸薬を, 主な, 二十人近い, 二度と私, 人の, 人類が, 今その, 今日なら, 今日は, 他とや, 仮りに, 伊勢壱志郡八太村の, 何となくりゅう, 何となく暗夜, 作者の, 作者自身は, 併し, 使つてゐる, 依然武力, 俊基が, 元亀天正, 兄上は, 先ず誰, 先君の, 兎に, 其の子, 判るかっ, 前に, 前へ, 勝蔵は, 北面の, 南と, 卜伝伊勢守などの, 原住民七分外国人三分という, 又密教, 同じ我々, 同一の, 和尚だけは, 唐の, 嗅ぎつけた部下, 坂は, 城太郎には, 城太郎にも, 堀口君が, 多くは, 多分あまり安く, 多分に, 多分一千九百二十六七年, 大体から, 大坂を, 大変美しく, 大槻如電は, 大殿が, 大體, 女の, 宅守と, 実用され, 実証も, 室町末期には, 家は, 寛文年間には, 寛永年間に, 少くも, 少しばかり, 少なくとも今, 少なくとも木綿, 巴里の, 幾百本とも, 廢れ, 引かける慣らす釣りあげると, 形勢たしかに, 彼が, 彼は, 彼女自身の, 志貴皇子の, 恐らく大田梧郎, 恐らく本当, 或いは非常, 或は又, 或は平中, 手堅い商売, 持統文武両朝に, 挽歌としての, 故なく, 故にいかに, 故に全, 故に有, 故に私語私筆, 故に讃美, 故に通用領域, 教義の, 文化の, 新に, 新規お, 新鳥越, 旅人の, 日本出版協会とか, 昔の, 映画の, 昨今は, 昼間は, 景勝第, 曰く猴は, 更にそこ, 書く気持, 最う十歳, 最も容易, 最初の, 本人は, 東京に, 松坂に, 栄次も, 栗山が, 概略は, 樹と, 此を, 此処のは, 此等によ, 気持の, 江戸ッ子の, 江戸川氏の, 沖縄諸島には, 洋學年表では, 湯に, 満洲, 濫読は, 父親は, 牛肉は, 独唱者の, 玉鋼製鋼会社以前に, 現代の, 由良の, 甲斐には, 直接日常生活に, 相手の, 真率に, 知って, 社会の, 祖父なる, 秀抜なる, 私たちには, 空中を, 筆者が, 網を, 義公の, 翌日, 腕の, 自然科学の, 致し方が, 舞台顔は, 船中の, 芸術は, 若い者, 苦しゅうあるまい, 蓋しその, 蓋し他派, 薩摩に, 藝文類聚や, 袖乞を, 西洋人が, 要するに研究, 見識が, 觀自在, 評判に, 詮議の, 諸動物中, 講釈が, 貞享元禄年間に, 貴命通り甘, 近いうち捕縛, 近まわり, 達人に対しては, 部分的に, 野球部の, 金色の, 長浜あたりと, 阿礼幡が, 附き添うた伝説, 陰気で, 雪に, 面子感情の, 類推作用はく, 風に, 食卓に, 馬吉の

▼ でない~ (296, 2.0%)

6 は明らか, を知った 5 はその, は確か 4 だけは確か, はない, はよく

3 [11件] がすぐ, がわかる, が分る, である, は彼, は明, は明かである, は私, は誰, を知る, を証明

2 [23件] がわかります, になる, はこれ, は一眼, は云, は其, は勿論, は問, は村, は無論, は申す, もうなづかれる, も亦, も確, をもっ, をよく, を信ずる, を僕, を明らか, を現す, を知, を知らせ, 見すぼらしい事

1 [183件] かも知れません, から不快, が, がお, がわかったでしょう, がわかつた, がわかりました, がわかるであろう, がハッキリ, が了解, が分ったらしく, が分つたでせう, が判明, が君自身, が思はれる, が想像, が明らか, が最初, が有る, が理解, が皆さん, が知られ, が知られる, が知れた, が立証, が自分, が茲, が解, が解りました, が訣, が証明, この分, すら判らなくなる, だけはしかと, だけはたしか, だけは争, だけは夜目, だけは天地, だけは想像, だけは明らか, だけは明白, だけは覚え, であった, でございます, で私生児, とこれ等, と思った, と深い, なの, にある, に致したい, の方, は, はあたし, はこうした, はしばしば, はすぐ, はすでに, はそれ, はたしか, はポケット大, は一八〇〇年時代, は一見, は予, は争われぬ, は人類最古, は今日, は今更ら云, は何, は僕, は充分, は共産ロシア, は写真, は分かつ, は分つ, は判る, は別項, は前, は哲学者, は大統領, は夫婦, は妾, は少く, は当然, は彼等, は後, は御, は想像, は明白, は最早, は最近, は有りません, は植物, は極, は熟知, は直ぐ, は直ちに, は知っ, は知れ, は知れき, は確実, は自然, は蕪村, は解つて, は言, は言うまでもない, は説明, は読者, は論理的, まで平, まで平気, もいろ, もない, もなかっ, もまた, もわかりましょう, も分っ, も分り, も彼, も断っ, も確かさ, も解った, も説きました, も論ぜられ, やまた, をお, をお互い, をする, をちょっと, をわし, を一つ, を主張, を享, を人, を今更, を仕合せ, を信じ, を信じたかった, を充分, を呑込, を局外者, を幸福, を御, を念頭, を思い知らせ, を思はせる, を悟ったらしい, を悲しみ, を想出し, を感, を感じさせた, を承知, を断言, を明, を暗に, を最も, を特に, を発見, を知っ, を知ったなら, を知ってる, を知つて, を確め, を確信, を示し, を示した, を祈る, を私共, を自慢, を自覚, を茲, を覚った, を覚らせられた, を言いたい, を言う, を証し, を証する, を認めなけれ, を読んでる, を読者, を読者諸君, を露, を鳥渡

▼ でないかと~ (200, 1.4%)

12 思う 8 思って 6 思いました 5 思われる, 言ふ 4 思います, 思うと, 思うの, 思はれる, 思ふ 3 思うが, 思った, 思われた, 源氏は, 考えて, 考へると 2 いうと, 云ふ, 心配し, 思ったが, 思はれるの, 思ふの, 思われるの, 思われるよう, 想はれる, 私は

1 [106件] あり, いつたらイヽエ日向, いふに, いふ気, いわれて, うれしいに, こういう風, この方案, さへ, じっと眼鏡, そっと愛一郎, ちょと, なお大きく, まあ考えた, イプセンの, 不安に, 云うよう, 云えば, 云った, 云はれ, 云ふこ, 云ふ疑ひ, 云われて, 僕は, 危ぶまれた, 場合が, 存じ上げます, 待つて, 心配されました, 心配する, 心配だった, 心配に, 思いながら, 思いましたから, 思うから, 思うがな, 思うだろう, 思うほど, 思う事, 思う理由, 思えば, 思ったから, 思ったよ, 思ったわ, 思ってネ, 思つてゾツと, 思つて思はず, 思はれるやう, 思ひます, 思ひ当ると, 思ふほど, 思ふん, 思ふ根拠, 思われます, 思われること, 思われるだけ, 思われるふし, 思われるほど, 思われるほど艶, 思われる節, 恐れる母親, 想ふ, 想像する, 想像を, 憂い合った, 案じて, 気が, 気に, 申したら, 疑いましたが, 疑い深く試し, 疑った, 疑はる, 疑われる, 私どもが, 私に, 笑ったこと, 答えた, 答へ, 羅摩の, 考えまするのでな, 考えられますが, 考えられる, 考えられる川田氏, 考えると, 考へて, 考へます, 考へられます, 考へられる, 胸を, 自分は, 見えた, 見きわめたらいい, 見当を, 言い出した, 言う気, 言ひ, 誤信した, 論じたが, 責める方, 躊躇を, 鑒識する, 顔を, 顔色の, 驚きました, 驚きまして

▼ でない限り~ (156, 1.1%)

64 は見つからなく 3 はね 2 たと, は大変危険, は生まれ, は私, より一層, 所詮いい加減

1 [131件] ああいう気取り, あまり勝手, いつも彼ら, いわゆる街路樹, おおかたの, おそらく誰, けっして土地, こういう民族性論, こうした対作家, この固く, この評判, こんな小さな奴, さうし, しかも予め, すなわち普通, そういった種類, そうだ, そう格段, そこで愉快, そのうち, そのこと, その人, その住民, その心, それであの, それ程重大, そんなに頭, そんな人間, そんな答案, そんな鳥, たいていは, たといあの, たとえ私, ちっとも醜態, つまり処女, である, できるもの, とうに徴発, どうしたら, どうしても自分, どんなもの, ね, のすべて, の畜類, はありません, はいつも, はか, はこの, はその, はそれ, はただ, はとても, はどんな, はほとんど, はまず, はもう二度と, はやや, はインテリ, はオレ, は一層, は一聯隊, は人, は何, は凡, は大方, は奉行自身, は容易, は島原, は川, は帰結, は往来, は快く, は恋愛事件, は更に, は此運命, は歸結, は殆, は淋しい, は考えられない, は自分, は自然科学, は芝居, は見つからなくなっ, は誰, は食べないですました, ふっとこいつ, まして在, めったに父, もう近代説話もの, もしくは特別, やがてじき, やはり妙, よく通る, 一寸やり, 丁度あなた, 両価値, 休まない, 何もかも打明ける, 何らかの影響, 到底自分, 単なる研究手段, 即ち悪い, 即ち歴史, 又は余程, 又は宿直, 多かれ少なかれ精神, 少くとも, 少し受取り, 常に一介, 常に対立, 常に対象, 必ずここ, 必ず敵討, 必ず案内者, 必ず男女とも, 必ず起つ, 恐らく感覚, 成立たない作, 極く, 決して止む, 決り切った話, 特に病理, 狡い者, 眠ってから, 立ちあがって, 至って, 覚えて, 言われること, 迷う者, 遅れた土地, 黙つて

▼ でないので~ (137, 0.9%)

3 あらうか 2 あつて, これらの, 仕舞には, 社会主義の

1 [126件] あつた, あなたを通じて, あらう, あんまりパッと, い, いかに打ち解けた, いつも人通り, お父さんは, かつて貞之進, がっかりし, きれいな, けぶたい, この, この野天同様, こんに, さぞ疲れたろう, ずいぶん思い切っ, せいぜい腕, せつかくの, そこに, そつと, そのため, そのままに, それ以来何かと, ただ学, たちまち東京人, つい可笑しく, つぎつぎ新築, つひ熱演, なぜか, ほんとうに, まずいろいろの, まちがえたところ, やっぱり黙っ, わかります, わずか七回, わたくしも, タマが, ファラデーの, リーロフの, 一まず, 一グラムという, 一切を, 一同が, 一向見当, 一應知つて居る, 一旦脱いだ, 三四里は, 人民が, 今も, 仕樣, 何となくつまらぬ, 何とは, 余計お, 偶然そこへ, 僕等が, 元来は, 兇行の, 入手し, 内証の, 再び車首, 助かつ, 却ってふさふさとして, 又可笑しかっ, 困るん, 外へは, 大いに恐縮, 姉は, 宵から, 家にも, 寐ても, 少し憂欝, 岩小屋を, 左内は, 左近は, 市中の, 帰ること, 床屋には, 店の, 役目上番の, 彼等の, 往来で, 心配した, 悲壮な, 我々は, 或いは彼, 拝むよう, 教授自身之を, 日が, 最初石畳の, 来年の, 楊公は, 残念である, 母家の, 気が, 気に, 泰軒先生の, 海から, 滝としての, 漁に, 炊きだしの, 相手が, 眠りに, 確かな, 私たちも, 立派な, 竜王から, 結果も, 置き去りを, 老人などの, 自分は, 莫大な, 詩人としての, 警察にも, 警部も, 起上った, 采女も, 門の, 除れた, 電車に, 頼長も, 顔を, 風を, 食堂は, 鳩山君の, 黙って

▼ でない~ (136, 0.9%)

7 どうか 5 お前の 3 それは, それを, 知らぬが 2 そのこと, どうかという, どうかを, ッて

1 [107件] あのもの靜, あれから, あんたも, いわく猫を, え, えいか, えちっと, え僞善, お互に大いに, お前が, お前は, お白洲, しかも親密, したがって許し, しらんと, すなわち講演, そうすれ, そのお, そりゃ別さ, それには, そんなこと, たしかめるには, たずねて, たとい肉, と危な, どうかが, どうかは, どうして私以外, どうして解る, なるべく固く, ひとつよく, ひと眼, ほかの, ほとんど判断, または勇気, まだ生れた, むしろ俳句, もう五, よくご存じ, れは, わからない事, わからなくなって, わかるわけ, ッ, ツて, ナマケモノである, ハッキリ知る, 一目見りゃわかる, 一目見りやわかる, 世中に, 久子, 乘込んで, 五六年兄弟同様に, 人生の, 位は, 何が, 充分に, 全くわからない, 全然その, 六年生に, 其処を, 分りそう, 単なる文章家, 君が, 否かで, 否かを, 大概分り, 女には, 実物判断という, 宮尾君の, 帰りに, 幽霊の, 役目を, 悪人かは, 斯う, 日本でも, 本人を, 柳沢と, 残忍でない, 気が, 深雪, 由紀子を, 目上か, 眼つきを, 知らない, 知らないが, 知れませぬが, 知れやしませんよ, 私には, 科学的に, 篤お, 考えて, 考へて, 若しそうと, 見せて, 見て, 見れば, 誰が, 誰にでも, 調べて, 調べれば, 譬ひ, 貴様たちなら, 貴様達なら, 辰の, 迷いは, 逢へ

▼ でない~ (136, 0.9%)

70 しても 7 きまって 4 したところ 3 しろその 2 したところが, しろ世間, 極って, 決って, 決まって, 相違ない

1 [40件] かかわらずその, きまってる, きまって居ります, してからが, しろ, しろそうやたら, しろどうせ, しろね, しろまた, しろヨーロッパ人種, しろ一種, しろ二十七カペイキ, しろ人, しろ佳一, しろ働いて, しろ大まか, しろ着々, しろ私, せよよしや, せよバイブル, せよ六蔵, せよ形, せよ従兄妹, せよ必ず, せよ歴史家, せよ漢民族, せよ私, せよ純粋, せよ至極, ちがいない, よると, 定まった様, 拘らずただ, 拘らずやはり, 拘らず事実上, 拘らず幣帛, 拘らず従来, 拘らず文字, 気がついて, 違いない

▼ でないといふ~ (129, 0.9%)

17 ことを 15 ことは 13 ことが 5 事を 4 やうな 3 ことに, 證據は 2 ことだけは, ことで, ことである, ことも, のは, 事は, 事丈けは, 話も

1 [53件] あかしを, ことお, ことだ, ことです, ことと, ことはも, ことほど, こと更に, ときは, ところに, のか, のだ, ので, のである, のです, のなら, ほのかな, やうに, わけである, 一事だけが, 一般の, 事の, 云ひ, 例の, 保證には, 印象を, 噂が, 大切な, 宣言には, 思想が, 意味, 意味である, 意見も, 感じ, 滅法の, 由子の, 答で, 結論を, 考へ方, 自分を, 見込が, 見透しを, 言ひ, 言葉が, 説が, 説の, 證據を, 證明が, 議論は, 部分の, 釋迦の, 風に, 點に

▼ でないかも~ (121, 0.8%)

19 知れない 15 しれない 11 知れぬ 8 しれないが 6 知れないが 4 知れません 3 しれぬ, しれません, 知れないと, 知れませんが 2 しれぬが, しれませんが, 知れぬが, 知れぬと, 知れぬ自然

1 [36件] しれないし, しれないという, しれないよ, しれないわ, しれなかった, しれぬと, しれぬ現在, しれぬ自分, しれませんね, しれんさ, ないもん, わからないと, わからないといふ, わからないの, わからぬけれども, わかりません, 知らずに, 知れずかかる, 知れないけれども, 知れないこれ, 知れないし, 知れないぞ, 知れないだが, 知れないという, 知れないといふ, 知れないなんぞという, 知れなかった, 知れなかつたが, 知れぬから, 知れぬので, 知れませぬが, 知れませんよ, 知れん, 知れんが, 知れんさ, 知れんと

▼ でないとは~ (116, 0.8%)

5 云えない 4 言えない, 限らない 3 いえない, 言わない, 言われない 2 いえないが, いえまい, いえ少く, いへまい, 云へ, 容易に, 誰が

1 [80件] いいきれないの, いえしかし, いえないであろう, いえないと, いえないの, いえなかった, いえません, いえ今, いえ相手, いかなるわけ, いひながら, いへしかし, いへなかつた予期, いへ毒, いわない, いわないが, いわぬ, いわれない, いわれないよ, いわれまい, おっしゃられないでしょう, かぎりません, けっして断言, こうも, このこと, この男, だれにも, どういうの, どうしても思はれない, どうしても思われない, どうして云, どうして言える, ひれないつて, 云い切らぬ方, 云えまい, 云われない, 云われません, 云わん, 保証が, 僕は, 卯女子にも, 心もとない一体, 思はれない, 思わない, 思われない, 感じて, 承知し, 支那人の, 断言は, 是より, 決して推論, 決して答えなかった, 決して言えなかった, 決められません, 決らないぜ, 申しません, 申しませんが, 申せないわけ, 申せますね, 直ぐわかつた, 知って, 知りながら, 確信できなかった, 私の, 私は, 言いだしにくかっ, 言い得まい, 言えないそういう, 言えないでしょう, 言えなかったわけ, 言えぬ, 言えぬでしょうが, 言はれまい, 言ひきれない, 言ひきれまい, 言ひきれません, 言へ, 言われなくなったの, 言われません, 誰も

▼ でないところ~ (112, 0.8%)

6 はない 5 がある 3 でね 2 があった, があるだろう, に, もある, を見せ, を見る

1 [86件] あり, からこれ, から推し, から時々, から有らゆる, から案外, から生じる, から逃げだす, が, があります, がござる, がさすが, がつい, が上等, が今日, が値打ち, が却つて都合, が在る, が多かっ, が微妙, が興味, が面白い, で, でふみきる, との差, なかなかの, にあ, にある, にい, にその, にも使う, に住みたく, に偉人, に光っ, に味, に在るらしい, に戦さ, に文学, に皆さん, に私, に純粋, に自由, のある, のどんな, の人, の制約, の区別, の土着民族, の多く, の大きな, の奇蹟, の絶対, の造形的, の違い, の金看板, の非, の風格的, はなく, は主従, は早間, は次郎, は真赤, へと却って, へもっと, へ世間並み以上, へ便宜上, へ入った, へ入りこんだ, へ割り込ん, へ暗転, へ踏込む, まで私, もあった, をいこう, をくすぐる, を今日, を思いついた, を押す, を歩かせ, を発見, を破っ, を見, を見せた, を謂ツ, 何と面白い, 非文化的

▼ でないやう~ (100, 0.7%)

8 な氣 6 な気 5 である 43 でも 2 な場合, な顔, に, に思つたの, に思ふ, に考へられる

1 [62件] でございます, ですね, でゐ, な, なおかしな, なお話, なところ, なの, なほん, なよそよそしい, なを, なアノ物語, な不思議, な与へ, な人間, な何物, な偏見, な分析, な力, な厭, な宗教家, な対人意識, な心もち, な旅館, な気安め, な氣持丈, な物足りな, な眼つき, な知性人, な詩, な錯覚, にしたら, にと祈らず, になつ, にはれ, にも思はれた, にも見える, にも話された, にやさしい, にわざ, に云, に交際, に他, に伺つた松岡曙村さん, に偶然, に全く, に出発, に彼女, に思つて, に思はれ, に思はれる, に思ひ, に思へた, に祈つた, に考へる, に自然法則, に虚榮, に見え, に見える, に見せかける, に言, 働かなくとも

▼ でない~ (92, 0.6%)

5 もある 2 との見, ならば, は恋

1 [81件] がありましょう, がいく, がヤミヨセ, が三人, が人, が住む, が好ん, が娘, が見たら, が選択, しか思いつかない, すら尚, そうでない, だもの, である, ではなかっ, でも本質的, でも物, で就中帽子, で料理好き, という区別, という条件, とが相当, とである, となる, との区別, とはごめん, とはじめ, にこうして, にされ, にとっては分配, にはおいそれと, にはなかなか, にはまるで, にはよく, には下手, には出来ない, にもよまれる, にも降っ, に好奇心, に心, に投票, のお初穗, のでも, の借り物, の咄嗟, の噂, の声, の家, の心, の恋, の数, の書, の札, の様, の神經, の間, はあっち, はこまる, はどんな, はリボン, は何とか, は信用, は凡新文化, は居ない, は思いの外, は食べ残し, までやっ, もあり, もあるでしょう, もいる, もこそあれ, も亦, も入れ, も実に, も無限, や遠く, よりも強い, を興奮, を連れ, 即ち今日

▼ でない場合~ (91, 0.6%)

6 が多い 4 がある 3 には 2 もある, も度々

1 [74件] からも見なけれ, があります, がかなりしばしば, がしばしば, がずいぶん, がはなはだ, がほんとう, がドンガラ, が存在論的, が少く, が数えられる, その事, たとえばさだ子, でも, でもたとえば, でも一時代, でも何かしら, でも作物, でも自分, でも自分達, とで実に, とによつ, との区別, にいくら, にこの, にし, にその, にはさ, にはそれ, にはね, には他, には六〇・〇五フラン, には同じ, には外, には外部, には多く, には宗教, には平均人口, には批評, には浅, には自分, には許されない, にまでも何, にまで範疇, にも度々, にも美人, に用いられる, に配偶者, のこと, の方, の記録, の鑑別, はこの, はそういう, はどう, は人間, は反, は実行, は客, は特に, は被害者, ばかりであった, もあっ, もあった, もあり, もあります, もあり得る, もまた, も世の中, も多く, も少く, も断じて, よりもその, よりも長平

▼ でないまでも~ (83, 0.6%)

2 有力な

1 [81件] あながちお, あらかじめ打合せ, お通, こういうところ, すくなくも彼, その一方, その前後, その形相, その空間, それについて, つかまえて, とかく利口, とにかくに, とにかく不幸, とにかく実現性, ひとつ面白い, まる一ヵ月, ウンと, デモクラチスムの, 一体に, 一種の, 一般社会の, 不当然, 之と, 元の, 兎に, 加賀絹能登羽二重という, 十日でも, 半額にしか, 卑劣な, 同行者の, 図書館には, 外の, 奥羽地方の, 姉さんに, 実際科学者, 家主である, 少しは, 少なくとも長い, 少なくも内心, 平和である, 強辯, 当時の, 彼は, 彼女の, 必ずしも後世, 必一度は, 我等を, 新しくて, 智恩院を, 最も有効, 有効でない, 根からの, 極めて稀, 毎月息子夫婦の, 江戸っ子は, 沈默は, 清貧を, 無くて, 犬と, 狼か, 現在の, 生きこんなに遥々, 生涯を通じて, 相応に, 社会に, 竹も, 結局は, 胆吹の, 自分の, 良酒, 若い女, 蚰蜒ぐらいには, 表面貧乏を, 親戚か, 言葉の, 賤民という, 近藤が, 送金しよう, 過度の, 里の

▼ でない~ (81, 0.5%)

4 はない 2 はすなわち, もあった

1 [73件] がある, がない, がなんで, が仏, が來, が存分, が寄合, が手当, が斯, が智, が選ばれ, さ, しか往来, だって居た, だつて, では, とがいます, との区別, との區別, との間, とは手, とを敏感, にお前, にとっても解決, にはうっかり金, にはそれ以上, には一杯, にも何, に器以上, に家督, に対して無邪気, に来い, に罪人, に逢う, のいた, のよう, の事, の為した, の目, の経験, の運命, の首, はありやしない, はその, はどこ, はなく, はほとんど, はみんな敵, は人間ぢ, は何と, は土地, は少し, は居ない, は村, は現在, は目先, は経済家, は自分, は自殺, は踏みこたえ, まだ自分自身, まで熱海, もある, もいた, もいます, も内儀, も多かろ, も或は, も聴き, をなぜあんなに, を上陸, を娘, 迄告発

▼ でない~ (75, 0.5%)

1 [75件] あきらめでない, あまり賢い, あらくれ, ある生活的, いつも同じ, おばあさんは, きっすい, これと, さう, そうしていつも, そこをこそ, そのため, それに, それにたまに, それほどの, そんなポーズ, ほかに, また人間, また周囲, また武蔵, また立証, また蜀, ょうこにはミミ族は, ょうこにひとつししに, よしお, アチヤは, シッポが, バルチック艦隊も, 一番に, 一種の, 一緒に, 且つ今, 世間から, 二人とも, 人目に, 偉くも, 再生の, 又手放し, 又明日, 又現在, 又逆, 只お前さん, 同時に恋愛, 地の, 女なんか, 学問し, 実際に, 宣伝も, 宿下りは, 小次郎自身は, 工夫に, 建設的でない, 従来の, 思索にも, 惡いこ, 感心せず, 憎むべき女, 手間が, 文学という, 新撰組も, 智者とも, 歌風の, 爺や, 片脚, 現物は, 私も, 結局沢山, 自分たちが, 自分も, 自由でなくっ, 茲に, 薄々には, 見当ちがいでも, 辛棒も, 音楽が

▼ でない証拠~ (74, 0.5%)

4 なの 3 だと, である, には私 2 です, にはそんな, はどこ, を見せる

1 [53件] がここ, だ痴情, であった, ではあるまい, でアマチュア, で彼女たち, として彼, として我国社交界, と云, なん, にこんな, にと主人張繍, にはあたし, にはがら, にはこっち, にはこの, にはこれ, にはすべて, にはためし, にはちゃんと, にはどろり, にはまだオドオド, には一面, には之, には伊兵衛, には君, には左手右足共, には椰子, には真紅, には色, には花の木, には造園術, には館, に乱髪, に広東, に店, に父, に第, に過ぎない, に間もなく, の第, はあの, はない, は彼女, は得られる, は拙者, も見しょう, をいま, をお, をつかん, を発見, を示す, を見出した

▼ でない~ (69, 0.5%)

12 だから 119 です 4 だもの 3 ですもの 2 だからな, だよ, ですか, ですから, ですが

1 [20件] じゃよ, だか, だからね, だけこまります, だけれども, だぜ, だと, だね, だようー, でございますよ, でしょう, でしょうか, ですって, ですつて, ですな, ですね, ですよ, ですリーズさん, ならモディリアニ, なら私

▼ でないのに~ (67, 0.5%)

3 気が 2 はっと胸, 不思議な, 驚かされた

1 [58件] いなくなったよ, いろいろ気, おとなしくぐったり, おどろかされますが, かうした作風, かかわらずこの, かかわらず児童, これを, そういうこと, そのまた, その伊東, その親切, たまさか箸, なぜ園井, みんなやられ, もう出来, アパルトマンは, カチャロフを, ガッカリし, 一驚を, 互の, 人を, 何の, 余り遅く, 侵略などという, 僕が, 切るの, 化身だ, 化身なんて, 原因する, 反して, 口を, 可笑しい奴, 呆れる, 多少気づいたであろう, 大体いつも, 姿の, 尾瀬沼では, 彼の, 彼等は, 拘はらずそれ, 晝日中醉うて歩い, 服装も, 東京へ, 業を, 武士らしく, 死なうとして, 無闇に, 父親が, 相違ない, 能くも足が, 自信の, 自然に, 若い玉鬘, 金を, 阿部が, 饅頭で, 駒井の

▼ でない~ (67, 0.5%)

3 もあった 2 は, も斯

1 [60件] がくる, がございましたら, が即ち, でしかも, でも不断, でも言葉, とはちっと, なので, なんぞやっぱり, にさえまじめ男, にたとえば, にのむ, にはその, にはとても, にはひ, にはみんな, には中止, には人夫, には又, には海, には淀屋, には雑役, にぺちやぺちやしやべり, にもよく, にも自分, に画いた, に耳元, に若紫, に起る, に限っ, に青白い, の事情, の君, の女性, の方, の気風, の父, はおこった, はきつ, はそう, はそっと, はちゃんと, はない, はイツデモ小間使, は世間, は丞相, は単なる, は呼ん, は失語症みたい, は怠け, は日本, は母, は炬燵, は近, は鬼畜, もあれ, も十日, も折々, も福士, を見計らっ

▼ でないため~ (59, 0.4%)

4 である 3 にその

1 [52件] かいずれ, かどうしても, か室町初期, でありまして, であると, であろう, でなく彼, とでついついそのまま, どぎつい色, に, にあれだけ後, にいずれ, にお, にお客, にこういう, にさ, にそれほど, につまり, にはそこ, にはっきり, には形而上学的仮説, には空間, には角, にむしろ, にむつかしい, にわれわれ, にリアリズム, に一度, に人々, に人間, に今日, に他, に労働者, に却つて舞台, に妙, に少し, に工場通い, に思いやり, に性格, に悲観, に或, に教育, に日本, に日本人, に概念的, に生ずる, に私共, に自分, に道, に違い, に魚, もある

▼ でない~ (52, 0.4%)

7 がいい 3 がい, が却って 2 がよい, である

1 [35件] がもの, がよろしい, が安全, が宜, が宜しい, が抱いたなら, が自分, が良い, が踊り, が願ひたい, だから, だったので, では, でも, とが二つ, と同等, と言, と連れ添っ, にベッド, に住む, の, の一方, の中尉, の人間, の女, の手, の現実, の男, の画面, の眼, はない, は中, は気持, をこの, を出す

▼ でない~ (47, 0.3%)

2 みみずなんか

1 [45件] あすこへだけ, あのお店, うそを, お前さんなんて, お前を, お母様も, お泣きでない, こうして座, さあ手, さが, そのお腹, なかなか, ひとを, また三馬, まアちゃん, セリョージャ, ツて, ムクの, 世間へ, 今では, 今己が, 位ひで済し, 何だエお前さん, 僕は, 兄哥俺は, 奧州屋の, 妙な, 寝て, 当も, 気圧だ, 火事場へ, 独り者の, 百両の, 眞實に, 私が, 私も, 紀元前二千二百年の, 耳鳴り, 莨の, 虫が, 誰か, 誰も, 面白くも, 面目が, 麻布狸穴の

▼ でないとも~ (46, 0.3%)

2 云えない, 限らぬから

1 [42件] いいかねて, いうけれど, いえる, いへぬ, いわない, いわれぬの, きめましょう, そんな事, 一寸断定, 主張する, 云い切れない, 云えます, 云える, 云つた, 云へ, 云へる, 云わなかった, 云われない, 女として, 強弁出来る, 思う, 思った, 決定されよう, 知ること, 考えた, 考えられて, 聞いたが, 聞き及びました, 自省される, 見られるが, 言いません, 言えない, 言えまい, 言える, 言わないところ, 言わないの, 言われないと, 言明する, 謂はれぬ, 限らない, 限らなかった, 限らぬし

▼ でないとしても~ (44, 0.3%)

1 [44件] あの広大, あの空想, あやしい人物, いかに不明瞭, お銀様, こういう場合, こんな時間, ごく近い, そうかと, そこに, そこは, その女人, その王土, それが, それは, とにかく人間, とにかく作家たち, もし貨物, ボーイや, ポケットに, 一層堅固, 不思議は, 両者は, 他の, 何かの, 六朝時代に, 准后の, 出版者もしくは, 只の, 地蔵尼の, 多少の, 多少或は, 学究先生が, 少くとも, 少なくとも無用, 已に李善, 彼等が, 悧巧だ, 既に祝詞, 横浜開港時に, 犯人の, 男とは, 確實に, 蓮の

▼ でない人間~ (39, 0.3%)

2 があるだろう, をソシアス

1 [35件] から通, が偉けれ, が口, くさい小説, だと, で, でもその, でも必ず, としてはっきり, との交際, との区別, との區別, との種類, ならもっと, にとってはそんな, にとっては全く, には堪らない, には生きる, には神通力, にも的確, に対する怖, に見せ, のいる, のこと, のした, の一人, の嬉し, の目, は俺たち, は即ち, は環境, は而, は表裏, も多少, 程自分

▼ でない~ (39, 0.3%)

2 の事物, の形, はない

1 [33件] がある, が見える, でもある, には蚕豆, に沈黙, のある, の事実, の単なる, の印象批評, の即ち, の岡釣, の従って, の性格, の意識, の或, の日常生活, の日本人, の日本精神, の昔, の直観, の社会的企画, の範疇, の解釈, は卑怯, は坐っ, は残らず, は無く, は皆意銭, へかうし, もある, も見える, を截, を見る

▼ でない~ (39, 0.3%)

2 の家

1 [37件] が今夜, が圧制, が態, そうしたもの, でさえ始終, ではある, といふ人間, などの判斷, にとって行動, にはこう, には不幸, には取り調べる, に何, のため, のほう, の一日分, の例, の友人, の存在理由, の父母共, の評価, の貞操, の身体, は, はいつも, はとび上る, は何ん, は其の, は別, は常識以上, は文芸, は未来, は生物学論, は絶家, は老人, は脚色, は計画

▼ でないだけに~ (35, 0.2%)

2 姿勢は

1 [33件] おれの, これという, その人, どうでも, どうなつ, なおさら, 一層, 一層お, 七拝ほど, 世間へ, 二劉時代より, 伸子について, 何んと, 偶合と, 半信半疑と, 多少そぐわぬ, 夥しい苦しさ, 大きく見せた, 実はたいへん, 少しずつ, 彼には, 心を, 感謝の, 手の, 救助船とも, 早くも, 気が, 派手で, 無統一, 粗末な, 缺點だ, 自然には, 面白い

▼ でない~ (33, 0.2%)

6 がある 2 はなくなった

1 [25件] から云, から声, か寧ろ, があります, が晶子さん, との区別, に意義, に東洋人, に生まれ, に鋭敏, の風俗, は実に, は尺地, は身震い, へあなた, へもつ, へ住み移りたく, へ当分, へ蘇生, へ通じ, もある, をいつ, を容易, を歩い, を見る

▼ でないかという~ (29, 0.2%)

4 ことは, ことを 2 ような, 気も

1 [17件] ことが, ことだけを, ことについての, 不安を, 事なら, 事は, 事を, 噂が, 噂も, 恐怖が, 気運が, 点について, 疑いが, 疑いを, 疑は, 辞が, 風に

▼ でない以上~ (27, 0.2%)

1 [27件] かれが, きっちりする, この夫唱婦和, この離婚, そうで, それに成効, たしかにこちら, どうも分り様, にここ, は, はこれ, はすなわち, はそう, はつづい, ははいっ, は何処, は何百枚, は古道具屋, は唯, は大師, は拒まない, は私, は西洋料理, 主體, 信じられない事, 却ってこの, 時には

▼ でない~ (26, 0.2%)

8 あらう 2 あらうか

1 [16件] いる時, さっきから, しよう, せう, せうか, スピリチュアルな, 内に, 家が, 家に, 心ひそかに, 急立ちます, 憂は, 手つだえよ, 此危険なる, 話を, 開始されるであろう

▼ でないとか~ (26, 0.2%)

1 [26件] あるとかいう, いふが, これは, こんな例, そういう判断, そこへ, それが, そんな人間, ひの, キリストは, 云うこと, 云う実に, 云う様, 云つて友人間にも, 何とかかとか, 原文の, 技倆等を, 文人に, 民族的闘争によって, 無論そんな, 答える, 腹を, 言つても, 論議する, 諾否の, 遠くの

▼ でない自分~ (26, 0.2%)

2 をもよく

1 [24件] から作, が忌々しく, が馬鹿みたい, だって時代, でもこう, で滿足, には日頃, に気付い, のかつて, のよく, の一生, の家, の技能, の拙, の時間, の稼業, の胸, の身の上, はどうしても, は少なくも, は憂鬱, よりももつ, をよし, を見た

▼ でないその~ (25, 0.2%)

2 言葉から

1 [23件] かげに, 一分二分は, 万一の, 三人は, 上に, 事を, 人は, 仔細を, 代り一時性の, 場の, 女は, 左の, 新聞の, 時代に, 理念を, 癖変に, 瞬間に, 耳飾りは, 苦痛同情すべし, 裏通りの, 車に, 辺の, 面持を

▼ でないかぎり~ (24, 0.2%)

1 [24件] いえた芸, いかに残忍, その人, その技芸, たがいに, とても免れる, どうもそれ, はおのずと, はすべて, はできない, はどう, は作者, は必ずそう, は成功, は所詮, は真理, は私たち, は窺う, は足, は食べ過ぎない, ほとんどかけ, また或, 多分食っ, 引き受けにくかっ

▼ でないけれども~ (24, 0.2%)

1 [24件] いかなる犠牲, お雪ちゃんは, ことばの, この地方, その山水植物等, たしか, だいたいにおいて, でも一週間, ともかく以上, もそもそ満面, やがてそういった, ヴァルカン氏を, 作意派の, 分らないから, 又新しく, 寧ろ此, 小供, 彼の, 或る, 支那研究と, 本は, 本當, 真実に, 自分が

▼ でないこの~ (23, 0.2%)

2 事が

1 [21件] まえ歌左衛門, 一心が, 一郎は, 作家の, 十太夫も, 叙述では, 古典を, 小禽の, 広い野原, 日本と, 書において, 村落では, 牢獄, 男は, 種の, 絵一種の, 老いの, 老婆の, 船で, 認識の, 遊戯である

▼ でないとして~ (23, 0.2%)

1 [23件] あるの, いさぎよく自分ら, ごく秘密, その日, それを, はねつけたの, 不賛成を, 二人は, 作品を, 其原因は, 前代祭祀の, 北原兄弟の, 却けられ, 孟達の, 学問上の, 尊氏は, 幕府講武所の, 彼としては, 戸籍面を, 昼夜兼行で, 町内有志への, 畏怖したろう, 見切りを

▼ でないのみ~ (23, 0.2%)

1 [23件] ならずある程度, ならずいたずらに, ならずかえって, ならずかえってある程度, ならずこれ, ならずその他, ならずそれら, ならずまた, ならずむしろ, ならず予定期日, ならず凡そ, ならず出世, ならず即座, ならず商売人, ならず場合, ならず天候, ならず彼ら, ならず後, ならず性来, ならず男, ならず経験, ならず道庵式, ならず長々

▼ でないわけ~ (23, 0.2%)

5 はない 3 である 2 がある, でも, にゆかない 1 がない, だ, でこうした, ですなあ, では, にいかなかった, にはゆかない, には行かない, はなし

▼ でない~ (23, 0.2%)

2 に立木

1 [21件] にこれ, にしきりに, にすぐ, にそこ, にサラリーマン, に二十五年以上, に仮に, に嫌疑, に小道具, に恐い, に恐し, に旧藩時代, に父, に現代, に美濃, に自分, に過去一年間, に震災以来, に震災以来殆ど, はこの, は尚更

▼ でない~ (21, 0.1%)

1 [21件] かわいそうである, しるこを, つとりした人たち, 人も, 人を, 体で, 信に, 医者さんさえ, 取込, 定の, 持料に, 放しよ, 日さまの, 案じ日が, 粂の, 若い天皇, 血統は, 銀は, 銀様は, 隱れ, 駒さんは

▼ でない~ (21, 0.1%)

2 の好

1 [19件] があらう, がある, が二人, さえ我, でない, と源氏, と結婚, なの, にもせよ, のひと, の人, の冷淡, の感情, の来た, の真情, は別, も人, を求め, を除いた

▼ でないからと~ (20, 0.1%)

4 いって 2 云って

1 [14件] いうこと, いうて, いうので, いうより, 云うこと, 云うばかり, 云つて日本読みに, 云つて私は, 寿江子さんが, 抗議を, 横どり, 独りぎめにきめてそれまで, 言うて, 言って

▼ でないそれ~ (20, 0.1%)

2 だのに, は人生

1 [16件] がもの, が明確, ですんだ, に, にその, には鋭い, にまだ, に字, は公有, は反省的知識, は感ぜられない, は橘曙覧, は私, よりはお近, よりは此島, を申し上げる

▼ でないばかり~ (20, 0.1%)

2 では

1 [18件] おかめ, この雲助, でなくその, でなくどうか, でなくなかなか, でなくフリートリヒ, でなく之, でなく僕, でなく切地, でなく却って, でなく却って極めて, でなく厳密, でなく政治的活動, でなく最も, でなく自然科学, でなく諸君, で必ずしも, で膃肭獣

▼ でないばかりか~ (20, 0.1%)

1 [20件] ある時, その反, シミジミと, 世を, 今度は, 却ってこの, 可なり, 夜中時どき, 大物だ, 幾多の, 彼女は, 必要で, 我々にとっては, 政治的で, 数寄風流で, 日本人としての, 正直で, 焼石のう, 腐敗した, 髪の

▼ でない~ (20, 0.1%)

4 のもの

1 [16件] のお召し物, の人, の人物, の何もの, の場合, の娘, の家, の文芸, の物体, の生徒たち, の生物, の者, の運命, の部分, の面, 筆の

▼ でないかを~ (19, 0.1%)

1 [19件] くり返して, その眉, 一考すべきである, 例示する, 分類する, 区別する, 問答によって, 明確に, 決めなければ, 痛感する, 知りたいの, 確かめて, 示すよう, 突き留め, 考へるひまさ, 聞きたいの, 説いたの, 議論するであろう, 遥かに

▼ でないだけ~ (19, 0.1%)

2 である

1 [17件] それだけ, それだけ考, だ, であった, でけっして, です, で一般, どうしても無理, なん, なんとも知れない, ましだ, まだ無, チョロリ人に, バカバカしくて, 好きな, 広くさっぱり, 気味悪かつ

▼ でない~ (18, 0.1%)

5 いました 3 いるの 1 いた, いたらく, いる, お城, また遠い, ゐた, 事よ, 居る, 居る場合, 居る爪弾

▼ でない~ (18, 0.1%)

2 が老巧

1 [16件] が白状, きつても, こんなぬらりくらり, その彼, となら, にし, のその, の両, の優れた, の父伊豆守, は, は三回目, は五日間, は人間, は自身, れさ

▼ でない~ (18, 0.1%)

1 [18件] あり, から次, がさて, が毎度, だ, だから, だと, であった, であります, でございますから, という心持, と東京, に間違えられた, の名, の言葉, の顔, への自覚, 執念深いの

▼ でない證據~ (18, 0.1%)

2 がある

1 [16件] かと思ふ, だ, といふやう, にこんな, にはこの, にはならない, に過去現在未來, のやう, はうんと, はこの, はまだ, は女乍ら萬兵衞, は日本橋, は此砂嘴, は澤山, も必要

▼ でないかは~ (17, 0.1%)

1 [17件] おた, このキンちゃん, それからの, どうでも, 仲, 別問題, 存じませぬが, 希望者が, 手に, 明瞭に, 朝倉先生自身の, 決して事物それ自身, 知らないが, 知らぬが, 科学的に, 色んな話, 見る人自身

▼ でないとき~ (17, 0.1%)

1 [17件] でさえ侮辱, でもお, にはほとんどたえず, には新道, には特に, に勃発, はいつも, はじっと, はたちまち, は作者, は庭, は彼等, は死者, は父, は遠足, は雷さま, もまた

▼ でないけれど~ (16, 0.1%)

1 [16件] ある人格者, こんなやくざ野郎, その人間, 一般に, 一間を, 入れたと, 大声で, 實際家である, 尠く, 昔は, 東京へ, 澄み切った礦泉, 知らないよりは, 結婚したらいつ, 飛び降りると, 食事を

▼ でない~ (16, 0.1%)

7 がする 4 がした 1 から病, がしました, がするなら, もした, も一層

▼ でない~ (16, 0.1%)

3 だが, はない 1 がああ, がある, だ, だったに, だと, です, のひと, の世捨人, の人々, はなかつた

▼ でないかの~ (15, 0.1%)

2 ような, ように

1 [11件] ごとき考え, ごとく, やう, やうで, やうな, ようにも, 問題と, 境めに, 如く, 如くに, 見分けが

▼ でないにも~ (14, 0.1%)

1 [14件] かかわらず世, かかわらず島, かかわらず習い, この耳, せよお, せよそれ, 係らずその, 拘はらず動, 拘はらず卓越, 拘らずその, 拘らず一定, 拘らず之, 拘らず妙, 駒井能登など

▼ でない作家~ (14, 0.1%)

2 の評論

1 [12件] がそして, が歴史, との区別, との間, にも若い, のあまり, の作品, の役に立つ, の感情, の短篇, を一人, を発見

▼ でない様子~ (14, 0.1%)

1 [14件] からそれ, から見, だった, であった, でした, で先刻, で切口上, で寝かされ, なので, に弟子, に目, の人, を感じた, を見

▼ でない~ (13, 0.1%)

2 泣くでないぞ

1 [11件] あいつは, あれほどに, っ, や, よっ, 二言と, 呼吸が, 好い子, 御老人, 森の, 頭で

▼ でないただ~ (13, 0.1%)

2 自分の

1 [11件] かれは, そういう風, ついでに云う, のたか, の兎, の漂流人, 一盞の, 嘘偽という, 大いに激昂, 消極的に, 靜かに

▼ でないはず~ (13, 0.1%)

5 はない 2 だ, であるが 1 だが, だがと, です, の当事者

▼ でない~ (13, 0.1%)

1 [13件] な只, な工合, な気, な落しばなし, にしたい, にする, にと心がけ, にと申しまし, にも思われる, に今, に思われます, に考へられ, に見せなけれ

▼ でない~ (13, 0.1%)

2 もある

1 [11件] が強く, が珍重, が雅会, で自分, にあるだろう, において武士道, にかけては, はみな, は父方, を揚げ, を穏やか

▼ でないそう~ (12, 0.1%)

2 だ, ですから, でない, な 1 だから, だが, である, ですね

▼ でないほか~ (12, 0.1%)

2 の者 1 で盗んだ, にも重大, のもつ, のマリア, の人, の女, の将, の村, の機関, の歌

▼ でない~ (12, 0.1%)

2 かほか 1 うした, うも彼奴, かなかみ, かの威, かは去年, かをさらに, かを拵, が僕, が日本, も買っ

▼ でない~ (12, 0.1%)

21 かちっとも, であらう, にこれから, にといふより, にわざわざ, に人生, に彼, に我々, に神, を以つて

▼ でない~ (12, 0.1%)

1 [12件] が前, が続きました, にこうして, にはのらくら, はそれほど, はただ, はちょうど, はない, は自分, もある, もなく, も毎日

▼ でない生活~ (12, 0.1%)

3 をし 2 のほか, の中 1 が朧げ, のだらし, の描写, はない, を續

▼ でない程度~ (12, 0.1%)

1 [12件] が好き, で, では何, にあしらっ, におけるはげし, に向っ, に四角張つ, に在来, に自然, の腰, の自然, の読み書き

▼ でない言葉~ (12, 0.1%)

1 [12件] があっ, だった, で話し, で話しかけられたら堪, との差別, のよう, の上, はほか, をばかり出しました, を使, を最後, を洩した

▼ でないお前~ (11, 0.1%)

2 が何 1 がどの, が負ける, に二人寝台, はそんな, はよい, は一体, ばかりが女, も案じ, を薄情者

▼ でないって~ (11, 0.1%)

2 ことは 1 いうの, ことが, ことまで, ことも, さわっても, ねえそう, 云ったら一番たしか, 気が, 言い張るならお

▼ でないとの~ (11, 0.1%)

1 [11件] ゴットシャルトの, 勅諚が, 尊大な, 意味, 結論に, 考えから, 考えが, 考えを, 話だつた, 迷信に, 關係も

▼ でない人々~ (11, 0.1%)

1 [11件] から近代風, が直接素朴, との間, にたいする憐れみ, にも先生, に向かっ, のうち, はこうした, は坐り, もこうして, を食う

▼ でない~ (10, 0.1%)

1 ういふ, うして, うだ, うだツ, うであるから, うでないと, う百姓, かさ成金の, 東京者に, 省作だって

▼ でないなどと~ (10, 0.1%)

1 いつた人, 下らぬ難癖, 主張する, 云うこと, 云うの, 先頭に, 全く見当はずれ, 公言される, 強情を, 思っては

▼ でないには~ (10, 0.1%)

5 きまって 3 極っ 1 相違ない, 相違なかっ

▼ でないほど~ (10, 0.1%)

1 かすかな, であつ, である, ふらふらと, ハイカラな, 今日より, 切詰めた生活, 打ち負かすこと, 時刻も, 病人は

▼ でない意味~ (10, 0.1%)

1 から発表, がふくまれ, で数学, と重量, に於, をあれこれ, をもつ, を知らない, を聞きとった, を言いあらわそう

▼ でない感じ~ (10, 0.1%)

1 がし, がした, だった, でみたされ, にうたれた, の女, はし, をうけた, を以てそれ, 思へば

▼ でない~ (10, 0.1%)

3 はない 2 を自分 1 が食べたい, に濃い, を得, を捜し出す, を破壊

▼ でないからこそ~ (9, 0.1%)

1 せめて, です, 云わば, 却って正にそうな, 技術が, 方便ぬきの, 無である, 社会制度が, 詩では

▼ でないこれ~ (9, 0.1%)

1 でないやはり何となく, で和邇, は両方, は何, は各人, は罪深い, もいけない, を活かす, を語る

▼ でないなんて~ (9, 0.1%)

1 あり得ないじゃ, いうの, いう学者, 一体どこ, 云ひ出した, 昔の, 木曾の, 考へも, 誰が

▼ でないもっと~ (9, 0.1%)

1 ごまかしの, 価値ある, 別な, 危険な, 奇抜な, 強い降り方, 悪いこと, 根本の, 面白い馘

▼ でない~ (9, 0.1%)

1 までの教育法, までもいろいろ, まで幽霊塔, アノ家老と, 一人の, 日渡と, 明確な, 華盛頓の, 迄それ

▼ でない~ (9, 0.1%)

1 が住, には到底, には真相, の朋友, の篠田, の言わん, の論文集, は是, もいろいろ

▼ でない~ (9, 0.1%)

1 というの, といふの, なんていう, の作用, の底, の或, の輝き, の関係, を書く

▼ でない普通~ (9, 0.1%)

2 の事件, の人 1 に鳥刺し, の探偵小説, の日本人, の視覚, の言葉

▼ でない理由~ (9, 0.1%)

1 から作家, がある, が明らか, によつて, の方, は単に, をもっ, を弁じ, を打ち明けた

▼ でない~ (9, 0.1%)

1 この眼, その機關, にかう, に代, に酔つたの, の夫, の距離, 三島は, 遠く隔離

▼ でないうち~ (8, 0.1%)

1 からモウ, じゃろう, だった, に一方, に新潮, に早く, のお, は大丈夫

▼ でないしかし~ (8, 0.1%)

1 なんでも, 今や命令, 其の煩悶, 少くとも, 彼らは, 爆発性の, 穏かな, 酪を

▼ でないだけは~ (8, 0.1%)

2 取柄です 1 事実だ, 事實だ, 分る, 判る, 御用に, 諒解した

▼ でないとかいう~ (8, 0.1%)

1 こと, ことああ, ごく冷淡, のは, のも, 事は, 話や, 議論が

▼ でないゆえ~ (8, 0.1%)

1 それだけほんとう, にああ, にそば, にという, に我々, に神, 大多数, 聞いても

▼ でない代り~ (8, 0.1%)

1 にそれほど, に国, に延びれ, に精神上, に至って, に随分, に隨分, まだあれ

▼ でない先生~ (8, 0.1%)

1 が打つ, てない, に勧められる, のこと, の顔, はあなた, はあの, もあった

▼ でない~ (8, 0.1%)

1 がすでに, だから, では一台, とある, とがある, にもまれ, の安全, へ行く

▼ でない~ (8, 0.1%)

2 でない血縁 1 がわざとなんだか, でないと, と思う, になる, のあだな, を生ん

▼ でない部分~ (8, 0.1%)

1 が在る, だった, といへ, とが含まれ, とをよりわけた, にだけ注ぎ続ける, に於い, を見出す

▼ でないかといふ~ (7, 0.0%)

1 ことである, ことでした, ことを, こと俗に, やうな, 懸念を, 氣が

▼ でないせい~ (7, 0.0%)

1 かそれとも, かたいして, か公園, か思いのほか, か細く, であるか, で余裕

▼ でないほう~ (7, 0.0%)

2 がいい 1 がよい, の今, の側, の手, の洋式

▼ でないまた~ (7, 0.0%)

1 世間でも, 己れ, 彼の, 深遠なる, 百姓の, 脱線沈没した, 行乞すべき

▼ でない世界~ (7, 0.0%)

2 の入口 1 が生まれ, とを区別, の中, の構成, を相手

▼ でない感情~ (7, 0.0%)

1 がある, になっ, のリズム, の波, の面, や心理, を抱い

▼ でない所以~ (7, 0.0%)

1 があり, がある, であり又, である, はそれ, を即ち, を説い

▼ でない~ (7, 0.0%)

4 とがあつ 1 とがあった, の財政, はない

▼ でない樣子~ (7, 0.0%)

4 です 1 でした, なので, も變

▼ でない状態~ (7, 0.0%)

2 だつた 1 だと, であるが, なの, にあった, に置き放し

▼ でないかとも~ (6, 0.0%)

1 思はれるの, 思われました, 思われるが, 思われるの, 考えた, 考へられるの

▼ でないそんな~ (6, 0.0%)

1 あやしいもの, ことの, 了簡方だ, 事も, 事を, 女の

▼ でないだけの~ (6, 0.0%)

1 ことさ, 事であった, 流動性が, 良人の, 違ひ, 部屋では

▼ でないでも~ (6, 0.0%)

1 いやな, ない, ないが, なかった, なしとげられるもの, 彼ツ切入らつ

▼ でない~ (6, 0.0%)

1 ありやしませんよ, がきを, そんなこと貴方, そんな区別, 世の中は, 同然で

▼ でない~ (6, 0.0%)

1 が隣, とを聞きわける, と同時に, の中, の返事, をあげた

▼ でない~ (6, 0.0%)

1 さわぎなの, 多数の, 悲報が, 詩人は, 酒を, 鏡が

▼ でない~ (6, 0.0%)

1 うっかり近づく, でも郷党, と横着, の仕業, は誰, は買物

▼ でない性質~ (6, 0.0%)

1 のある, の処, の反映, の彼女, をふくむ, を持つ

▼ でない~ (6, 0.0%)

1 るもの, る不安, る何, る名, る都市, 時期の

▼ でない時代~ (6, 0.0%)

1 となった, においてはやはり, に生まるべきでない, に生れ, に私, またそう

▼ でない本当~ (6, 0.0%)

2 だぞ 1 のこと, の原本, の批評, らしい戦時体制

▼ でない~ (6, 0.0%)

1 が矢代, が違う, でない, という奴, に少々, のもの

▼ でない気持~ (6, 0.0%)

1 がした, がする, であった, で経験, になっ, は誰

▼ でない空気~ (6, 0.0%)

1 があっ, がただよっ, だった, であった, はお, を見て取っ

▼ でない迄も~ (6, 0.0%)

1 コンダクターだけは, 例の, 割合全般的, 東洋人たる, 誰か, 謹んで

▼ でないあの~ (5, 0.0%)

1 万屋の, 人も, 妖物は, 眼と, 着物は

▼ でないとでも~ (5, 0.0%)

2 いうの 1 いふの, 云うの, 云うよう

▼ でないなどという~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 のだ, のは, 問題では

▼ でないほんとう~ (5, 0.0%)

1 だから, に自分たち, のボーイ, の人間修行, の劇場

▼ でないもん~ (5, 0.0%)

2 だから, ですから 1 ですわ

▼ でないわたし~ (5, 0.0%)

1 がとてもこんなに, が眼, に, の望む, の知っ

▼ でない人物~ (5, 0.0%)

1 が俗物, だと, でも人気, でも人氣, を出す

▼ でない何もの~ (5, 0.0%)

2 かを私 1 か, が作られ得たであらう, が作られ得たであろう

▼ でない全く~ (5, 0.0%)

1 うまいもの, の人間, 堕落した, 我らの, 新しいこと

▼ でない~ (5, 0.0%)

1 な感情的, の世界, の声, の理由, の衣料

▼ でない~ (5, 0.0%)

1 が出る, が自分, で取る, の強, の限

▼ でない~ (5, 0.0%)

1 その話, だその, の人間, の百姓町人, 殻威張を

▼ でない国民~ (5, 0.0%)

1 とが自然, にはいつも, の本心, の肉体的幸福, はない

▼ でない~ (5, 0.0%)

1 など見るでない, の, の人, の職業, へ出る

▼ でない~ (5, 0.0%)

1 に仮令暫く, の児, の生活, ばかりだつた, を救いあう

▼ でない彼女~ (5, 0.0%)

1 が上京, には水精, は一升, も軽率, を愛する

▼ でない悲し~ (5, 0.0%)

2 さに, さには 1

▼ でない手紙~ (5, 0.0%)

1 だ, などはもっとよく, をかく, を失敬, を渡す

▼ でない若い~ (5, 0.0%)

1 伸子に, 作家の, 女が, 女の, 男も

▼ でない~ (5, 0.0%)

5 が何時

▼ でない~ (5, 0.0%)

1 がこれ, がその, が見, が語る, も知つて

▼ でない身体~ (5, 0.0%)

1 な様, になっ, の悩まし, の苦痛, を抵当

▼ でない限りそれ~ (5, 0.0%)

1 が同時に, の存在, は出来ない, は客観的, は甘んじ

▼ でない限り之~ (5, 0.0%)

1 が際限, に旌表, に苦情, は退潮現象, を本当に

▼ でない~ (5, 0.0%)

1 がいなかった, して, に気, ばかりだった, をし

▼ でないあなた~ (4, 0.0%)

2 の前 1 とは思っ, は連れ

▼ でないあらゆる~ (4, 0.0%)

1 低能児あらゆる, 意味で, 花は, 要素を

▼ でないかとの~ (4, 0.0%)

1 問いに対し, 疑いを, 疑ひを, 疑問も

▼ でないくせ~ (4, 0.0%)

2 にこんな 1 に誠実, に買っ

▼ でないくらいの~ (4, 0.0%)

1 ことで, ことは, それこそ, 程度に

▼ でない~ (4, 0.0%)

3 でない 1 なた

▼ でないたしかに~ (4, 0.0%)

2 古狐である 1 あの女, 狩野探

▼ でないといった~ (4, 0.0%)

1 そうで, ふうに, ような, 風である

▼ でないと共に~ (4, 0.0%)

1 又全然, 孔明は, 純粹, 革新派である

▼ でないどころ~ (4, 0.0%)

4 では

▼ でないどころか~ (4, 0.0%)

1 こうして危, それは, 実はもがき, 極めて古い

▼ でないのみか~ (4, 0.0%)

1 また快楽, マルクス主義文学者を, 元来読み, 国の

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 ひどからう, 云うまでも, 言うも, 論を

▼ でないもう~ (4, 0.0%)

1 かなりな, こっちが, 一人は, 世の中の

▼ でないよと~ (4, 0.0%)

1 いって, 優しく言われる, 申してを, 頬を

▼ でない二つ~ (4, 0.0%)

2 でもない 1 のもの, の石ころ

▼ でない今日~ (4, 0.0%)

1 の現実, はもう, は切, も巡査

▼ でない仕事~ (4, 0.0%)

1 との見境い, に今, に努力, を神尾主膳

▼ でない作品~ (4, 0.0%)

1 である, に対して吟味, に対する要求, は単に

▼ でない動物~ (4, 0.0%)

1 だか, でもねたとえば, には到底, の形

▼ でない女性~ (4, 0.0%)

1 だから, であったに, として描い, として自分たち

▼ でない女房~ (4, 0.0%)

1 が宮, は生涯, めいた者, を引

▼ でない姿~ (4, 0.0%)

1 がかれ, の者, はない, を変え

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 でない一札, のその, もあつ, を友松

▼ でない子供~ (4, 0.0%)

1 が彼, が路地, というの, もみんなここ

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 であった, であつ, でかい, でそれ

▼ でない学生~ (4, 0.0%)

1 にさえも民主的, にはただ, に恋愛, の権益

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 両氏は, 家庭を, 愛情から, 時節がらで

▼ でない心持~ (4, 0.0%)

2 がした 1 で自分, の後

▼ でない性格~ (4, 0.0%)

1 ですが, のため, のよしあし, はたとえ

▼ でない態度~ (4, 0.0%)

1 の上, の作, をとり, をもつ

▼ でない我々~ (4, 0.0%)

1 がやったら, にもいろいろ, にわざわざ, も早計

▼ でない或は~ (4, 0.0%)

1 祝宴を, 芸術が, 芸術的な, 道徳が

▼ でない~ (4, 0.0%)

2 に内通 1 なら此, を敵

▼ でない文章~ (4, 0.0%)

2 とは何 1 であった, を読みたい

▼ でない方向~ (4, 0.0%)

2 へと歩い 1 へ話, を志し

▼ でない方法~ (4, 0.0%)

1 で國威, はあり得ない, を全く, を採用

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 をつげた, を忠告, を答, を織田家

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 ずきが, でもそれ, 當の, 目的に

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 な朝夕, な氣, に思はれる, に考へる

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 あゝ, でない, の代筆, の姿

▼ でない結婚~ (4, 0.0%)

1 して, はできない, をした, を歎

▼ でない肉体~ (4, 0.0%)

2 の真実 1 と一しょ, の持ち主

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 だ, ですわねえ, で大体, をひたすら

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 がその, だネ, であった, をする

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 の作品, は一つ, は二度と, は自分

▼ でない~ (4, 0.0%)

1 がいよいよ, で工夫, で物ごと, で考え

▼ でないあれ~ (3, 0.0%)

1 は其の, は珍味ぢ, は長火鉢

▼ でないお方~ (3, 0.0%)

1 が棒, でまた, にはある

▼ でないかしら~ (3, 0.0%)

1 いつかは, それに, 他人あてので

▼ でないかなどと~ (3, 0.0%)

2 彼は 1 語って

▼ でないくらい~ (3, 0.0%)

1 だから, なこと, なの

▼ でないこう~ (3, 0.0%)

1 せねば, なるの, 両腕

▼ でないそこ~ (3, 0.0%)

1 で思ひついた, におまえ, までに行く

▼ でないそして~ (3, 0.0%)

1 又楽天的, 少しくうるさい, 正しい理智

▼ でないぞと~ (3, 0.0%)

1 思った, 考えると, 見せる下心

▼ でないだから~ (3, 0.0%)

1 そんなワケ, 七百萬兩では, 新羅

▼ でないだけでも~ (3, 0.0%)

1 お互い多, 助かると, 高輪に

▼ でない~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ でないといふだけ~ (3, 0.0%)

1 でその, で異色, で立派

▼ でないとさえ~ (3, 0.0%)

1 思った, 思ったこと, 思われるほど

▼ でないのにと~ (3, 0.0%)

1 玉鬘は, 目が, 私は

▼ でないひと~ (3, 0.0%)

1 の乳房, もできよう, を仮に

▼ でないべつ~ (3, 0.0%)

1 な不安, な官称, な男

▼ でないほどの~ (3, 0.0%)

1 ものが, 愛しよう, 脱俗ぶり

▼ でないまま~ (3, 0.0%)

1 で散会, に相, に閑

▼ でないまア~ (3, 0.0%)

1 お待ちなさい, 妾同様の, 診て

▼ でないんで~ (3, 0.0%)

2 なか 1 せうか

▼ でない一つ~ (3, 0.0%)

1 の例, の出来事, の愚弄

▼ でない一種~ (3, 0.0%)

1 の呻, の圧迫, の状態

▼ でない世間~ (3, 0.0%)

1 の人, の多数, の眼

▼ でない主人~ (3, 0.0%)

1 でございまして, は二三日前, を持て

▼ でない事実~ (3, 0.0%)

1 が起こった, であるという, は素人

▼ でない事情~ (3, 0.0%)

1 と見, にある, をもっ

▼ でない人生~ (3, 0.0%)

1 であること, の局面, の方法

▼ でない以上それ~ (3, 0.0%)

1 はただ, は一階, は勿論

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 は唯, は確か, は飛ん

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 である, は卑近, を見

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 に運, に風, の巳巳巳

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 た一人, の美しい, 主家来

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 なんてあり, のよう, の周囲

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 でした, なの, を入

▼ でない問題~ (3, 0.0%)

1 でもなるべく, など話したくないらしく, も事実

▼ でない場所~ (3, 0.0%)

1 でその間, ではより, へ行く

▼ でない外国人~ (3, 0.0%)

1 かという目安, がいくら, はこの

▼ でない実に~ (3, 0.0%)

1 また他郷, 主家の, 恐るべきほとんど

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 の武蔵, は小銭, 呼びの

▼ でない寧ろ~ (3, 0.0%)

1 唐人の, 悦ぶべき状態, 拙な

▼ でない小説~ (3, 0.0%)

1 がある, の一つ, の明る

▼ でない小説家~ (3, 0.0%)

1 である, ですが, なんて私

▼ でない少し~ (3, 0.0%)

1 のこと, は道楽ぐらひしたつて関, 見ないと

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 が年, であった, のつや子

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 とのギャップ, を仰せつかっ, を演じ

▼ でない思想~ (3, 0.0%)

1 として自ら, はない, は思想

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 というやつ, に苦しむ, をした

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 があるなら, と興味, や憎しみ

▼ でない文士~ (3, 0.0%)

1 というもの, と一向, と二種類

▼ でない文学~ (3, 0.0%)

1 であるかという, のため, は作者

▼ でない日本国中~ (3, 0.0%)

1 の刀, の大名, 苟も書

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 から幾人, の街路, の野趣豊か

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 は面疔, れは, れまで

▼ でない時間~ (3, 0.0%)

1 がいります, ですもの, の流れかた

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 だけが好ましく, といふこと, を話

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 に, に内容, に大学

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 が唸る, のいたずら, も子馬

▼ でない現実~ (3, 0.0%)

1 だよ, の胸中図, を彼

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 しかしそこ, です, を呶

▼ でない社会~ (3, 0.0%)

1 である, に変り, はつねに

▼ でない空想~ (3, 0.0%)

1 が混, でないと, との区別

▼ でない立派~ (3, 0.0%)

1 な日本, な紳士, な身分

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 一には, 一松山への, 四階級に

▼ でない美しい~ (3, 0.0%)

1 ある咄嗟, 劇詩を, 女性を

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 とか秘密, に聞かす, を持っ

▼ でない~ (3, 0.0%)

3 たら怒るか

▼ でない芸術家~ (3, 0.0%)

1 が分らん, でないといふだけの, はあさましいあさましい

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 と形, の上, を捜す

▼ でない蒲団~ (3, 0.0%)

2 の上 1 を着よう

▼ でない表情~ (3, 0.0%)

1 が眉, を浮べ, を見せ

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 には出刃, には破, を示さぬ

▼ でない調子~ (3, 0.0%)

2 です 1 を交

▼ でない趣味~ (3, 0.0%)

1 として細君, に心, の問題

▼ でない連中~ (3, 0.0%)

1 が大勢, の中, はこんな

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 が, を木曾川, を潜り

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 についと, はそれ, は見

▼ でない関係~ (3, 0.0%)

1 でもある, になっ, も宮

▼ でない限りこれ~ (3, 0.0%)

1 は無責任, をむき, を敢行

▼ でない限り何~ (3, 0.0%)

1 かの秘密, といっ, もない

▼ でない限り自分~ (3, 0.0%)

1 に馴, はコチン, も法律的

▼ でない限り誰~ (3, 0.0%)

1 でもいくら, でも自分, も好ん

▼ でない非常~ (3, 0.0%)

1 な尊敬, に変挺, に種々

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 からチャペック, とで違, も大いに

▼ でない顔つき~ (3, 0.0%)

1 だから, の若者, を揃え

▼ でない~ (3, 0.0%)

1 である, に於, より打算

▼ でないああ~ (2, 0.0%)

1 いう殿様, また迷子

▼ でないあたりまえ~ (2, 0.0%)

1 の人々, の象

▼ でないあんまり~ (2, 0.0%)

2 泣けば

▼ でないいかなる~ (2, 0.0%)

1 客であっ, 文学が

▼ でないいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な刺激, な点

▼ でないうえ~ (2, 0.0%)

1 に使いなれない, に櫃

▼ でないおそらく~ (2, 0.0%)

1 何かの, 支那から

▼ でないおまえ~ (2, 0.0%)

1 がジャクチュウ, でも役に立つ

▼ でないお嬢様~ (2, 0.0%)

1 がいらっしゃる, にもおそろしい

▼ でないかい~ (2, 0.0%)

1 おらが, 五人までは

▼ でないかが~ (2, 0.0%)

1 わかるん, 私には

▼ でないかなどという~ (2, 0.0%)

1 疑問を, 者が

▼ でないかに~ (2, 0.0%)

1 對し, 繋って

▼ でないからって~ (2, 0.0%)

1 いうならそれ, これ位の

▼ でないからという~ (2, 0.0%)

1 のか, のが

▼ でないからとでも~ (2, 0.0%)

1 おもふ, 思ふの

▼ でないからには~ (2, 0.0%)

1 自力をだけ, 自己の

▼ でないからの~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 事

▼ でないけど~ (2, 0.0%)

1 ここを, 満寿子さんは

▼ でないここ~ (2, 0.0%)

1 にて見物, には只

▼ でないことば~ (2, 0.0%)

1 づかいの, でいろ

▼ でないことわり~ (2, 0.0%)

1 ばかりだった, を前四回

▼ でないこれら~ (2, 0.0%)

1 の人々, の稀少性

▼ でないすぐ~ (2, 0.0%)

1 に自分, 助けて

▼ でないそれで~ (2, 0.0%)

1 モウそろ, 直治が

▼ でないそれでは~ (2, 0.0%)

1 と愈々, 済まない是非

▼ でないだが~ (2, 0.0%)

1 それを, 嵐の

▼ でないだけが~ (2, 0.0%)

1 さびしいと, 恨みだ

▼ でないつて~ (2, 0.0%)

1 いふこと, いふやう

▼ でないつもり~ (2, 0.0%)

1 の自分, よその

▼ でないとい~ (2, 0.0%)

2 へる

▼ でないとかほど~ (2, 0.0%)

2 見えすいた無理難題

▼ でないとて~ (2, 0.0%)

1 大乗経を, 逐歸された

▼ でないとともに~ (2, 0.0%)

1 また後者, 客観的には

▼ でないとに~ (2, 0.0%)

1 かかわらずこの, 拘らず現在

▼ でないとばかり~ (2, 0.0%)

1 信じて, 思って

▼ でないとまで~ (2, 0.0%)

1 見做, 負おしみ

▼ でないどう~ (2, 0.0%)

1 か中止, にでもなる

▼ でないどこ~ (2, 0.0%)

1 か他, の工場

▼ でないどんな~ (2, 0.0%)

1 事である, 神秘が

▼ でないながら~ (2, 0.0%)

1 こうして通し, そのなつかし

▼ でないながらも~ (2, 0.0%)

1 それを, 私は

▼ でないなぞと~ (2, 0.0%)

1 人前で, 牧田氏も

▼ でないなと~ (2, 0.0%)

2 一安心し

▼ でないにと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 思ふと

▼ でないひろ子~ (2, 0.0%)

1 を感じさせるであろう, を道づれ

▼ でないふう~ (2, 0.0%)

1 でこの, ばかりを作っ

▼ でないほどに~ (2, 0.0%)

1 おどろきましたが, 思われてるん

▼ でないほんもの~ (2, 0.0%)

1 が取っ, の概

▼ でないまして~ (2, 0.0%)

1 家族主義の, 軍陣の

▼ でないまだ~ (2, 0.0%)

1 同一心, 考えるだけの

▼ でないまるで~ (2, 0.0%)

1 畜類, 童話の

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 づみづとした印象に, なりの

▼ でないみたい~ (2, 0.0%)

1 にふわり, に考へ

▼ でないみんな~ (2, 0.0%)

1 はだ, も陰気

▼ でないやつ~ (2, 0.0%)

1 さ, を上手

▼ でないよく~ (2, 0.0%)

1 ご存知の, それでも心

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 え, ッ

▼ でないわたくし~ (2, 0.0%)

1 にとっても全然, は慌て

▼ でないダントン~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ でないバア~ (2, 0.0%)

2 である

▼ でないパナマ帽~ (2, 0.0%)

1 をかぶっ, をかぶつ

▼ でないファース~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ でない一人~ (2, 0.0%)

1 のウルサイ人間, は冷やか

▼ でない一座~ (2, 0.0%)

1 の者, はもう

▼ でない一般人~ (2, 0.0%)

1 でも, 少くとも

▼ でない一証~ (2, 0.0%)

1 には古, は周末戦国

▼ でない一面~ (2, 0.0%)

1 でした, もあっ

▼ でない不思議~ (2, 0.0%)

1 の精霊, を現

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 には定, に自分

▼ でない世の中~ (2, 0.0%)

1 はほか, を

▼ でない世界各国~ (2, 0.0%)

1 とも皆, の都市

▼ でない事件~ (2, 0.0%)

1 がふりかかっ, が起った

▼ でない事柄~ (2, 0.0%)

1 ならどの, に關

▼ でない事物~ (2, 0.0%)

1 から区別, を吾

▼ でない人たち~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の出入り

▼ でない人類~ (2, 0.0%)

1 の幸福, の教師

▼ でない今夜~ (2, 0.0%)

1 という今夜, はわたし

▼ でない今度~ (2, 0.0%)

1 は原作, は違った

▼ でない他人~ (2, 0.0%)

1 が民衆, が発見

▼ でない代り何ん~ (2, 0.0%)

2 でも

▼ でない以上いつか~ (2, 0.0%)

1 はその, またなんとなく

▼ でない以上大衆~ (2, 0.0%)

1 がいつの間にか, の新た

▼ でない伸子~ (2, 0.0%)

1 にはひとこと, は宿

▼ でない作者~ (2, 0.0%)

1 とが考えられ, の毫も

▼ でない個所~ (2, 0.0%)

1 があっ, があった

▼ でない其の~ (2, 0.0%)

1 まま外へ, 方が

▼ でない出来事~ (2, 0.0%)

2 が起っ

▼ でない努力~ (2, 0.0%)

1 がいります, を要する

▼ でない勉強~ (2, 0.0%)

1 の意味, をまとめます

▼ でない医者~ (2, 0.0%)

1 がこの, が友人

▼ でない印度~ (2, 0.0%)

1 から起つた, には中部

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 て戸, て絶對自然的

▼ でない原因~ (2, 0.0%)

1 で紙, もある

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 宇宙の, 東京さたよりし

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 ばっかりの女, 慣れた滑らかさ

▼ でない古代~ (2, 0.0%)

1 に謡, の文献

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 年配の, 藩士も

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 で見出せ, もない

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 むしろすこぶる感服, 十人中九人までは

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 がまじっ, がまじつて

▼ でない唯一~ (2, 0.0%)

1 の例, の旅館

▼ でない商売~ (2, 0.0%)

1 の部類, をし

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 ばかり吐い, を吐く

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 の文章, はない

▼ でない多く~ (2, 0.0%)

1 の例, は信州

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 でないと, の事

▼ でない大きな~ (2, 0.0%)

1 草の, 鳥にでも

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 の恵み, へ上っ

▼ でない奇蹟~ (2, 0.0%)

1 の日, はまだ

▼ でない女たち~ (2, 0.0%)

1 よりも多額, 見るに

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 のまいった, の伊佐子

▼ でない婦たち~ (2, 0.0%)

2 もそんな

▼ でない婦人~ (2, 0.0%)

1 にはなんら, の科学者

▼ でない存在~ (2, 0.0%)

1 に対しては彼ら, もある

▼ でない学者~ (2, 0.0%)

1 と云う, の著書

▼ でない実は~ (2, 0.0%)

1 旦那が, 貴方と

▼ でない実例~ (2, 0.0%)

1 はいや, を示す

▼ でない実質的~ (2, 0.0%)

1 な御用, な意味

▼ でない実際~ (2, 0.0%)

2 に水

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 もあるでしょう, を借り

▼ でない宿~ (2, 0.0%)

2 へ皈

▼ でない対象~ (2, 0.0%)

1 との人間らしい, を念頭

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 商人へ, 妻も

▼ でない小さい~ (2, 0.0%)

1 下請工場の, 箇々の

▼ でない小さな~ (2, 0.0%)

1 先生にたいして, 船を

▼ でない少女~ (2, 0.0%)

1 がやる, の眼差し

▼ でない屈託~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 とはだいぶ, なの

▼ でない岩さん~ (2, 0.0%)

2 だけに女房

▼ でない役者~ (2, 0.0%)

1 が座元, ではなかっ

▼ でない彼等~ (2, 0.0%)

1 は恐らく, は餓死

▼ でない待遇~ (2, 0.0%)

1 に甘んじなけれ, はいつも

▼ でない微笑~ (2, 0.0%)

1 が漂いつづけたろう, はこういう

▼ でない心配~ (2, 0.0%)

1 や悲しみ, をせん

▼ でない思い~ (2, 0.0%)

1 をし, を抱かせる

▼ でない恵比寿~ (2, 0.0%)

1 がある, でも飲む

▼ でない悪い~ (2, 0.0%)

1 のは, 面も

▼ でない愛し~ (2, 0.0%)

1 みが, ようは

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 程爾, 程空気

▼ でない戯曲~ (2, 0.0%)

1 がギリシア劇, や小説

▼ でない~ (2, 0.0%)

2 は即ち

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 らしい芸術, 政体下の

▼ でない新し~ (2, 0.0%)

1 がり屋, さ健やかな

▼ でない新婦~ (2, 0.0%)

1 などは有り得ない, を伴っ

▼ でない施行~ (2, 0.0%)

1 において本然, に於い

▼ でない旅客~ (2, 0.0%)

1 からつとめ, はこの

▼ でない日本人~ (2, 0.0%)

1 が見た, であるという

▼ でない日記~ (2, 0.0%)

1 にまでもシューベルト, をよむ

▼ でない昂奮~ (2, 0.0%)

1 のかくされた, を抑

▼ でない映画~ (2, 0.0%)

1 の区別, は全部めちゃくちゃ

▼ でない時計~ (2, 0.0%)

2 をポケット

▼ でない望み~ (2, 0.0%)

1 があっ, があり

▼ でない本当に~ (2, 0.0%)

1 美しい少女, 自分の

▼ でない概念~ (2, 0.0%)

1 は, は在り得ない

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 に口, に立っ

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 かあるいは, の世

▼ でない~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ でない殊に~ (2, 0.0%)

1 天井の, 道徳などから

▼ でない毎日~ (2, 0.0%)

1 が送りたい, の生活

▼ でない気分~ (2, 0.0%)

1 が漂う, に襲われました

▼ でない気性~ (2, 0.0%)

1 がわかっ, の万吉

▼ でない気質~ (2, 0.0%)

1 の交つた子, を示し

▼ でない気配~ (2, 0.0%)

1 ですから, のある

▼ でない法則~ (2, 0.0%)

1 が見付かった, のごとき

▼ でない洋画家~ (2, 0.0%)

1 がいた, の友人

▼ でない活動的~ (2, 0.0%)

2 で無いから

▼ でない火鉢~ (2, 0.0%)

1 をしまいこんだ, を想像

▼ でない無理~ (2, 0.0%)

1 に振切っ, 無體

▼ でない犠牲~ (2, 0.0%)

1 で武田, の自

▼ でない環境~ (2, 0.0%)

1 に置かれれ, を与えたかった

▼ でない男女~ (2, 0.0%)

1 だ, には媒酌結婚

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 に対して吾人, はあったであろう

▼ でない畜生~ (2, 0.0%)

1 じゃない, だ非人

▼ でない病気~ (2, 0.0%)

1 ってそういう, のある

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 なそは, なそわそわ

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 のくばりで, の赤い

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 の威力, の芸術家

▼ でない真理~ (2, 0.0%)

1 はない, を単純

▼ でない知識~ (2, 0.0%)

1 をはたらかせる, を強いて

▼ でない硝子戸~ (2, 0.0%)

2 の本箱

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 に他, に父

▼ でない確か~ (2, 0.0%)

1 な本, に彼

▼ でない社会全体~ (2, 0.0%)

1 の事一, の精神

▼ でない秀子以下~ (2, 0.0%)

1 だ秀子, の女

▼ でない秘書~ (2, 0.0%)

1 の役目, はたとい

▼ でない種類~ (2, 0.0%)

1 の人間的美質, の質問

▼ でない空間~ (2, 0.0%)

1 つまり非, の下

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 ひを, をあげた

▼ でない範囲~ (2, 0.0%)

1 に人民, の広告法

▼ でない米友~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 日本式の, 粹の

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 の下, を拡げた

▼ でない素子~ (2, 0.0%)

1 が生活, の二十前後

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 の切, も白

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 の方, の着物

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 が人類, という

▼ でない美し~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 掏摸は, 武士が

▼ でない老人~ (2, 0.0%)

1 であった, の手

▼ でない考え~ (2, 0.0%)

1 を, を恋愛

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 の良い, をみたし

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 から御, 個の

▼ でない自然~ (2, 0.0%)

1 なうごきの, の滋味

▼ でない興味~ (2, 0.0%)

1 と期待, もうごいた

▼ でない芸術~ (2, 0.0%)

1 であると, は考えられない

▼ でない苦し~ (2, 0.0%)

1 げな, さを

▼ でない華族~ (2, 0.0%)

1 が減っ, は段々

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 から參内, があつ

▼ でない血縁~ (2, 0.0%)

2 は続い

▼ でない西洋~ (2, 0.0%)

1 でもその, においても一時

▼ でない覚悟~ (2, 0.0%)

1 のほどをみな, をしなけれ

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 でないと, をもった

▼ でない言語~ (2, 0.0%)

1 に表し得べき, の性格

▼ でない記事~ (2, 0.0%)

1 が書きつけられ, が毎日

▼ でない貧乏~ (2, 0.0%)

1 して, な作家

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 をみしり, 笑いたくなるよう

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 をかくすべき, を自由

▼ でない身の~ (2, 0.0%)

2 をのの

▼ でない身の上~ (2, 0.0%)

1 で介抱, を歎

▼ でない身體~ (2, 0.0%)

1 から精力的, な樣

▼ でない通り~ (2, 0.0%)

1 に飾り, 合わせたものの

▼ でない醫者~ (2, 0.0%)

1 が欲しい, を

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を搗く

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 はすべて, もある

▼ でない銀杏返し~ (2, 0.0%)

2 の中背

▼ でない鋼線~ (2, 0.0%)

2 ばかりでなく

▼ でない長太郎~ (2, 0.0%)

1 だけはお, だけはお許し

▼ でない限りいつ~ (2, 0.0%)

1 でも熟路, 来るかも

▼ でない限りどこ~ (2, 0.0%)

1 かにお里, にどの

▼ でない限り不可能~ (2, 0.0%)

1 であらう, である

▼ でない限り人~ (2, 0.0%)

1 が人, はそう

▼ でない限り伸子~ (2, 0.0%)

1 は儂, は自分

▼ でない限り僕~ (2, 0.0%)

1 に讀書, は腰かけない

▼ でない限り日本~ (2, 0.0%)

1 にどんな, の上流婦人

▼ でない限り男~ (2, 0.0%)

2 といふ男

▼ でない限り苦しみ~ (2, 0.0%)

2 は遊び

▼ でない限り英語~ (2, 0.0%)

2 で口

▼ でない限り路傍~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 はまたまた, は催し

▼ でない雰囲気~ (2, 0.0%)

1 に警戒心, は私

▼ でない青年~ (2, 0.0%)

1 の中納言, らしさ

▼ でない青年男女~ (2, 0.0%)

1 が自由結婚, さう

▼ でない面持~ (2, 0.0%)

1 で妙, で頷いた

▼ でない音楽~ (2, 0.0%)

1 だったけれど, や歌劇

▼ でない頭脳~ (2, 0.0%)

1 の明快, を有っ

▼ でない顏色~ (2, 0.0%)

1 でした, です

▼ でない顔色~ (2, 0.0%)

1 が些, である

▼ でない食物~ (2, 0.0%)

1 を給与, を食っ

▼ でない騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 が起っ, は去年

▼ でない~ (2, 0.0%)

2 なんてある

▼ でない~ (2, 0.0%)

1 はそう, は幾つ

▼1* [1689件]

でないあちらへ行っ, でないあっちの方, でないあまり凝り過ぎた仕事, でないあまりにすぐれた男, でないありがたさ, でないある時期には, でないあんな素晴しい, でないいいように, でないいっさいの生活態度, でないいったい狸の, でないいまに音信, でないいろんなものを, でないいわゆるエティケットでない, でないうしろを見る, でないうずを巻い, でないおくらをうまい, でないおじいさんだったの, でないおそらくはこの都下, でないおまじないがある, でないおりにはその, でないおれが一生, でないお初つぁん, でないお前さんは日の出, でないお婆さんの家, でないお嬢さんがある, でないお客にはいつも, でないお客そのものもそんな, でないお家を大事, でないお腹が減, でないお話を聞かし, でないお金を使った, でないお隠れになった, でないかいと笑って, でないかいね執拗い, でないかから今は, でないかかり人におなり, でないかぎりこれをはっきり, でないかぎりだれにもできる, でないかぎりニューギニアに雪, でないかぎりホシはまず, でないかぎり他人には傑, でないかぎり区別がつきかねる, でないかぎり卑劣極まったいい, でないかぎり国家の要請, でないかぎり大抵のもの, でないかぎり富裕でなくて, でないかぎり我慢して, でないかぎり戰爭をしたがる, でないかぎり戸外につれ出され, でないかぎり断念するには, でないかぎり日本人の習慣, でないかぎり武右衛門も争った, でないかぎり毎日毎日がちゃがちゃとそれ, でないかぎり生徒が話し終らない, でないかぎり盲人の食う, でないかぎり結局は親, でないかぎり美を離れ, でないかぎり自分の心, でないかぎり黒繻子の糸, でないかくらいはわかりますよ, でないかぐらいはちょっと考え, でないかけがえのない, でないかしらと思いました, でないかしらんそしてクロ, でないかつて見たこと, でないかといふは母の, でないかとさえ思われる, でないかとは明石が, でないかなどとも煩悶を, でないかに対して不決定, でないからかもしれない, でないからくりがある, でないからとか言って, でないからとかいうだけで賛成する, でないからなんて銅八親分の, でないがとに角翻訳である, でないきっとほかの, でないきみが活動, でないぎつしりと隙間のない, でないくらいに間口が, でないくらいは自分も, でないぐらいな分別, でないぐらいのことは, でないぐらいは昨晩の, でないけんかを売る, でないこういうことも, でないことぐらゐはモリエールも知つて, でないことしんの明る, でないことそれが歴史, でないことよう知って, でないことプログラム編成が低俗, でないこと不自由さそして平凡さ, でないこと人体に放射線, でないこと他国で生まれ揺籃, でないこと位は彼, でないこと從つて兩つの, でないこと明らかである, でないこと死の苦痛, でないこと田舎者の犯行, でないこと私の友人, でないこと自分の芸術家, でないこと西郷のごとき, でないこと近代勤労婦人発生の黎明期, でないこと過去の文学, でないこれからお前の, でないころになりました, でないこんにちの世界, でないこんなことが, でないごく有名な, でないさあ主人の, でないさうなと先, でないさようでない, でないさりとて人民は, でないしかも無経験, でないしたがって比較的静か, でないしっかりした真実味, でないしるしに着る, でないじゃないか, でないなは, でないすなわちそれに, でないそういう仕方にも, でないそれだけかえって厳粛感を, でないそれなら岡野に, でないそれに僕は, でないそれゆへヘルバルト氏, でないそれらのもの, でないぞといふやうに, でないぞはははははなにじゃまな, でないたいへん親切に, でないたくさんのほか, でないたくましい朝を, でないたしか去年で, でないたとえをこの, でないたび重なる大, でないたびごとに判断, でないたび毎に判斷, でないためいつでもなん, でないため今日まであまり, でないため体の均斉, でないため喪服は着ける, でないため迂遠な答, でないだいじょうぶぼくきっとよくやっ, でないだれも知らなかったらしい, でないちっとも精神の, でないちやんと利益, でないつくりにした, でないつくり声が鳴り返つた, でないつたつてもし二日, でないつてことまで突き, でないつて言つて, でないつながりがある, でないつまらない噂を, でないできごとが起きた, でないでは誰を, でないでぶでぶと, でないというかも知れぬ, でないというばかりでなくその, でないといふだけの話な, でないとおつし, でないとおかっさんが, でないとお悪いからそれ, でないとかいふ批評は, でないとかのために, でないとこでやれ, でないとこう言って, でないところ物に対しても主我的, でないところ経済的に民衆, でないとすらいって, でないとだけしかいわなかった, でないとだけは了解した, でないとねいつか二人の, でないともいつてゐる, でないともの笑いに, でないと迄は言へ, でない父ちゃ, でないどうかしたら二十人位, でないどちらかといえ, でないどれだけ真実, でないア, でないなお早いとて, でないなぜなら人間, でないなつかしい可憐な, でないなど言ふ, でないなどとは云えない, でないなどは理に, でないなにか素晴らしい興味, でないなんぞと言い出された時, でないなんだか冥府へでも, でないなんといふ事, でないなんとも手の, でないにつけ誰を, でないうちも, でないねえ稽古だ, でないねという講座が, でないのと云って, でないのによつて見, でないのぶなが, でないはいふまでもない, でないはじめて通るよう, でないはつきり言へませぬ, でないけもの, でないばかりに一括し, でないひでい権幕, でないふしぎと一脈, でないへんに怪談, でないほとんど先の, でないほどでせう, でないほどにまで差別観念の, でないほんとの客, でないほんの嬰児は, でないぼんやりしたおどろきの, でないづ僕は, でないまずいいけない, でないまつぴらごめんとただ, でないまでだ, でないまでに調子の, でないみなの衆ようくまご, でないみなの衆ようくまごころを以て仰ぎ奉るじゃ, でないみんな親切なの, でないむしろ大胆不敵の, でないむしろ人を服従, でないむろん嫌いで, でないめまいの発作, でないもくろみのため, でないもし移住の, でないもっともっと意義ある, でないもつともそこまで, でないものあたりまえの社会的人間, でないものそれらのいかにも, でないものどもにちと, でないものの新しさ, でないもの世渡りの道, でないもの個人主義者でないもの, でないもの全体として大衆, でないもの戦争の本質, でないもの生活品の中, でないもの等があつ, でないもの組織的なもの, でないもの而も多く, でないもの蘭や碗豆, でないもの麦に似, でないうだつた, でないやかましい方の, でないやさしくないもの分り, でないやっぱりみんなの, でないやはり私は, でないやはり何となくあの妓, でないゆえせがれじゃと申した, でないゆえんを天下, でないゆき子を見, でないようすを見, でないよそのお母さんみたい, でないよって今から, でないよへへへさこっち, でないより私には, でないよりも伸子にとっては, でないりっぱなごちそう, でないわが健康状態については, でないわざと地下へ, でないわざとらしくないちやん, でないわしだから, でないわね第一防空演習, でないわれわれ凡人に訓戒, でない彪虎に, でないアグネスは英国婦人飛行協会員, でないアパートの一室, でないアマチュアの多年, でないアメリカ大統領の書翰, でないアンポンだから, でないイギリス作家の短篇, でないイザと云え, でないインタープレターにこれ, でないインテリゲンチャの二つ, でないエナメル靴をはい, でないカッフエに入る, でないカメラに限る, でないガラクタ店である, でないキャバレー・エトワールの主人オトー・ポントス, でないギラ・コシサン夫婦はまだ, でないクラシックの精神, でないケプロンたちにふかい, でないゴルフはありえない, でないゴロツキはほか, でないゴーリキイには, でないサトリでないマコト, でないシェストフは日本文壇, でないシカシお政, でないシステムは妄想, でないシッキムの範囲内, でないシノニムに他, でないシベリアでは年出生, でないシャンパンの壜, でないシースを取り出し, でないジカな感じ, でないジョウとローリイ, でないセンジュアリズムの見本, でないソユズ・キノはごく, でないタイプになるだろう, でないタクシードを着, でないチベット人には実に, でないていうの, でないドアはたちまち, でないナなど思います, でないナプキンを腕, でないナマジ応砲などし, でないナースチャ泣いたって, でないヌケ道から出る, でないハイネの薄っぺら, でないハガキ回答が出, でないハッキリした現実, でないパパでさえああ, でないパンだと, でないブリガードでも犠牲者, でないペックされるよう, でないホオム・ライフを持っ, でないホントの事, でないボートを私, でないマコトである, でないマチネーに補助, でないマリアンナを自分たち, でないマルクスに金鉱, でないマンはなにか, でないムグラツトまで行つた, でないメリンスの綿入れ, でないモクベエが深酒, でないラザレフはあれ, でないリアリズムを感ずる, でないワケでもある, でないですもの, でない一人前の大人, でない一介の婦女子, でない一体貴様の, でない一例としてこの, でない一個の男, でない一刻が人いちばい嫌い, でない一大事業である長安, でない一女性としての自分, でない一定の組織, でない一寸そらした文学, でない一少女をしかも, でない一弗五十仙にもなる, でない一日を送りました, でない一旦名主の, でない一時の衝動, でない一時水を防ぐ, でない一本足の少女, でない一札が渡し, でない一歩を進め, でない一段も二段, でない一生会えないなんて, でない一県下一国のため, でない一瞥は却って, でない一種不思議の魔力, でない一箇の人間, でない一縣下一國の爲, でない一群が通っ, でない一般の観客, でない一般大衆は科学的精神, でない一般有識階級と称する, でない一般社会人にアッピール, でない一芸の士, でない一葉の人柄, でない一鉄だから, でない丁度平凡で, でない七兵衛が黒塚, でない七歳の子, でない万一にもこの, でない丈苦しみの多い, でない上り列車にうっかり, でない上半身をそらせ, でない上品さが漂っ, でない上朱塗の一閑張, でない上野は後, でない下宿はない, でない下手な説明, でない下駄が足, でない不健康な均衡, でない不安が新しい, でない不安定の場合, でない不自然でない釈尊, でない不自由をする, でない与吉は辻待ち, でない世にも稀なる, でない世界人は抽象, でない世界平和と民主的社会, でない乳の, でない両親をなくした, でない中国文学を知りたい, でない中学の中級生たち, でない中年の男, でない中身を伏せ, でない中途半端な和服, でない丹頂のお, でない主君にちょっと, でない主婦の若い, でない久しくおいでに, でない九段が二人, でない乳房を与え, でない了解心理學などということ, でない予言はない, でない事々日々に追われ通し, でない事丈は誰, でない事實に關, でない事等の基礎知識, でない二人の男女, でない二人遊びの時, でない二十七名の教授連, でない二十世紀の科学的文明国民, でない二十両というお金, でない二十二萬圓の金, でない二年生同様にさびしく, でない二等が手頃, でない二等車ですから, でない五匁玉の煙草包, でない交遊のほど, でない交際があるらしい, でない亭主は名代, でない人々みな眼をみはった, でない人なかの世間, でない人ウヌボレの強い, でない人以外には度重なる, でない人女の所謂, でない人妻のあの, でない人情の弱点, でない人望と人柄, でない人民の愚, でない人民生活の破壊力, でない人民的な生産様式, でない人気商売の女, でない人足を入れ, でない人身であるため, でない人達が書いた, でない人間界の夜明け, でない仁術中の仁術, でない今に風も, でない今僕が新, でない今年は妹, でない今日彼が一日, でない今私がいい, でないでない, でない仔細はそれ, でない仕事机さえあったら, でない代え玉だろうと, でない代り一種の洒脱さ, でない代り口前と男前, でない代り退屈はしない, でない代り鮮やかな愛らしい, でない代わり一度握っ, でない以上これも止む, でない以上ひとつざっくばらんにブツ, でない以上フィルムにし, でない以上フロイドを連想, でない以上人間の可能性, でない以上今夜のお前, でない以上仲の好い, でない以上何の証明, でない以上何事かなけれ, でない以上何方が勝つた, でない以上公平は保てない, でない以上凡ての夫, でない以上四段のミダル, でない以上嫌いだと, でない以上対手かたの条件, でない以上川島へ帰っ, でない以上彼は労働者, でない以上愛憎を感じる, でない以上我は我, でない以上戦争の終った, でない以上日本近代劇は断じて, でない以上検視は至極, でない以上生命には別条, でない以上矢張り内心不安であり空虚, でない以上自分たちの精神生活, でない以上舊主へ不忠, でない以上論理的に首尾一貫, でない以上辛抱だってし切れない, でない伏線で自己宣伝, でない休息が伝わっ, でない会合的の興味, でない会計上からし, でない伝さんはいつ, でない伝統の理解, でない伯母のかかり, でない伴侶を与える, でないである, でない低い程度に, でない佐々の家, でないだから, でない体操の教師, でない体臭を放っ, でない何とかして, でない何れ仔細あって, でない何事もテキパキ, でない何人からも求められない, でない何処の小説欄, でない何方かといへ, でない何者かが軍人, でない余輩進化學者は決して, でないといふもの, でない佛教では人間, でない使者の勤め, でない例へば呼吸を, でない侍従の君, でない供養の心もち, でないで, でないに生きる, でないに一献, でない信念の強, でない信長を洛中, でないをその, でないがうまく, でない個人はなく, でないを吹きかけられ, でない偏執性を現, でない偏狭な所, でないの事, でない偶然的でない自然力, でない傍聴者が少し, でない傾斜甲板のうえ, でない僕一個の自発的, でないだと, でないを改めて, でない兄さんを連れ込んだ, でない兇暴な意志, でない先ず婆を, でない先日来の出来事, でない先輩で東京, でないを認めず, でない光景ですから, でない克己がいる, でない入訳を囁こう, でない全体どうも近衛様, でない全身でぶつかっ, でない八〇〇〇〇〇から徴集, でない八木君は幽霊, でない公爵の勝つ, でない公達が婿, でない六三郎はなんとなく, でない六条にはすぐさま, でない共同生活を十三年, でない共産党や共産党員, でないをなぞつて, でない其上大佐と約束, でない其人民を放逐, でない其場に臨ん, でない其眼の光, でない具体的な奴, でない内奥の理由, でない内海のゆ, でない円く頬なども, でない冒険物語や科学書, でない写真であるだけに, でない冠蔵の人形, でないや誨, でない凄惨さが感じられる, でない凡庸作者がいたずら, でない処女嶋の椰子, でない出來榮か僕, でない出入りの夫婦, でない出処はある, でない出席であつ, でない出版をし, でない出鱈目のイニシアル, でないでやわらかく, でない分化と綜合, でない分子との内部的対立, でない切口上で厳し, でない切実なもの, でない切手がはられ, でない初めは無論, でない初心な少年, でない判断が出来る, でない別個のもの, でない利己的でない人間, でない制度が望ましい, でない刺戟思考の刺戟, でない景を, でない創刊号を送り出した, でない創造的でない, でないがあ, でない力そのものだと, でない力学的に論じた, でない加代子さんの心底, でない助力をあなた, でない勉強家であるという, でない動機でその, でない勘次へ忽ちに, でない勢力が生まれた, でない勤勉だと, でない勿体振った言い方, でない北国の寺, でない医学博士は医者, でない医学士は之, でない十七席を重ね, でない十割以上も飲み喰いし, でない十銭の原価, でない千代子との世にも, でない千倍になりましょう, でない瓦の, でない半生を送る, でない卑しさが, でない協力ということ, でない単純一徹な金吾, でない単語かと思つて, でない博士の放送, でない危険は充分, でない即ち教法を, でない即興歌のより集り, でない却って変り種が, でない厚紙の表紙, でない原始の土, でない原始生命が充実, でない原野にもいくら, でないへの偉人傑士誰, でない古い史觀による, でない古典の作品, でない古山お酉, でない古河市兵衛の我慾, でない古風なもの, でないを取上げ, でない可笑しさ, でない各種の能力, でない合法的なもの, でない同じ友だちの, でない同人雑誌尊重の論, でない同様の犯行, でない名前がさずけられる, でない含蓄的の場合, でない吾輩が前文, でない命題を否定, でない和尚さんは数珠, でない咲二について親, でない哲学が今日, でない唐代の代, でない啓蒙活動の素材, でない善い方の, でない喧嘩だ, でない喫茶店なぞで, でない営みとを区別, でない嘴翼でない翼, でないは立つ, でないり付いたり, でない器具であった, でない器械としてなら, でない噴火を數回, でない嚴正に語意, でない囚人がそれだけ, でない四五日も私, でない四五桂の場合, でない四十位の一婦人, でない四国では町中, でない四方八方から群がっ, でない因子の総, でない困難があり, でない図太い山賊で, でない図画の時間, でない固有の構造, でない国々へばかり廻され, でない国太郎にはすべて, でない国民歌謡で流行唄, でない国王は皆, でない国語が一定, でない国際的関係とその, でない國家の利害, でない圏外にでもいる, でない土民兵もたくさん, でない土砂も吹きつけ, でない圧力がとッさ, でない圭角は現れ, でない地主は親, でない地位に縛り付け, でない地方の人たち, でない地方侍の出世, でない地質学も心得, でない地面が四角く, でない坊さんがいる, でない坊主でない, でないはある, でない執心のほどをお, でない執念深くてあきらめ, でない執着もある, でない堀口兵部大輔も居山, でない堅いやつを, でない場合以上のこの, でない場合普通その名前, でない場合自分は公表, でない境涯ではある, でない境遇のため, でないにあんまり, でない変てこな猫, でないの七夕, でない夕方には彼, でない外交機密を漏した, でない外套を着た, でない外発的である, でない緒子は, でない多少眺の, でない多数の人々, でない夜叉であるから, でない大かた長脇差では無い, でない大きいものが, でない大人よりはいい, でない大分大人になった, でない大勢で悪口, でない大学がソヴェト, でない大将に愛されなくなる, でない大月玄蕃汝ごときあぶれ者, でない大杉に最後, でない大津の宮, でない大衆の居る, でない大言壮語が多, でない大迫玄蕃年功というわけ, でない大金ががぜん, でない天候だつたが, でない天壇に及ばない, でない天性の情熱, でない天魔にでも魅入られた, でないだのに, でない夫婦夫からは冷, でない夫親で無い親, でない奇怪さでした, でない奇抜な話, でない奉行の人たち, でない契りをお, でない契機の観察, でない女らしさの, でない女中が來, でない女中さんが言, でない女房らは悲しみ, でない女房四五人をお, でないはない, でないをめ, でない妻争い伝説歌の一つ, でない妻夫でない夫, でない姉さんも妹さん, でない始末である, でないと下品, でない姓名の下, でないの意見, でない婆さんがタッタ一人, でない婢女でご, でない婿などにし, でないの私, でない嫉妬の念, でない学問はなぐさみ, でない学問概念を最も, でない学生たちの気分, でない學者の閑事業位, でない宇宙に真理, でない安楽の生涯, でない安達ヶ原の納戸, でないの時代, でない宗教家の問題, でない宗次郎は眞物, でない宗蔵や商売一つ, でない定食の客, でない実によく穿って, でない実現性は充分, でない実用の装飾, でない実績を見せ, でない実行に現れる, でない実践は高々, でない客観的事情についての正直, でない客馴じみでない妓, でない宣伝でも矢張り広告性, でない室内靴であること, でないも往々, でない家主のだよ, でない家柄のよい, でない容姿を備え, でない宿屋まで突止められ, でない密教の高僧, でない富士もそう, でない富士男は毎日, でない寒中の玉子, でない寛大さについて私, でない實力と金, でない實踐的な人物, でない対立物に転化, でない対話はガラス戸, でない専門家の云い, でない将来性としてはこれ, でない小さい卑しい詭計が, でない小僧の生活, でない小娘のわたくし, でない小林氏ほどの才能, でない小母がいる, でない小説読者の精神, でない小鳥が來, でない少なくとも落車に, でない少年の感情, でない少数の政治家, でない尠くも二人以上の人, でない居心地のよい, でない屍体を弄びはじめた, でないの娘, でない山そのものの富士山, でない山の幸は其の, でない山吹色黒みのある, でない崇高な非, でないしいもの, でないとを知る, でない工夫があった, でないればとて, でない市中をひとり, でない市井人の死貌, でない市木さんのこと, でない市民乗客といったよう, でない帝国の軍艦, でない帝國大學, でない帰国後の景蔵, でない干渉相手の器量, でない平和的な佐々, でない平日でも看客, でない平次も十手, でない年増のに替わっ, でない幸いが私, でない幸福者果報者であること, でない幻影でない今夜, でない幾らかの複雑さ, でない幾筋かある, でない広元入道さまは, でないの上, でないがある, でない廃物である, でない建物ではある, でない弁信さんの取越し, でない引用の固有名詞, でない弟子なの, でない弱々しいものであった, でない弱力と呼んだ, でないひて, でない強いて言われると, でない強慾でない, でない弾き手を連想, でない弾性に就い, でない当り触りが宜いと, でない当世人士の趣味, でない当時はなはだ実行, でない当節まして田舎, でないで見, でない影響を与えられました, でない彼方へ行きなさい, でない彼自身の胸, でない往々にし, でない後天的でない本質的, でない従つて魅力に乏しい, でない従来の支那, でない御供を残し, でない御存知の通り, でない御家人の子弟, でない御新造は奉公, でない御歳暮や中元, でない心そのもので対, でない心づくしをはッきり, でない心地がした, でない心境が現れる, でない心情を情けなく, でない心持さへ入れ, でない心持ちを知らす, でない心持自分のため, でない心掛けだ, でない必ずしも龍智阿闍梨を, でないらしい彼方, でない忠次のため, でない忠通はたしかにそう, でない快活なる武村兵曹, でない忽ちむつく, でない思いやり骨惜しみない扶, でない思い出がお, でない思い切りのわるい, でない思惟と情熱, でない思想信頼は, でない思索力は, でない急ぎといっ, でないの願い, でない怨恨の器, でない怪人ガスコだった, でない怪美人秀子までも虎, でない恋愛の仕方, でない恐しい美し, でない恐らく幾星霜を, でない恐ろしさが, でない恵みならば, でない悠々さがある, でない患者たちは行き, でないむべき, でない悪人でない事, でない悪党とキチガイ, でない悲劇の中, でない情けない私に, でない情熱が感じられ, でない愈々其の様, でない意図をその, でない意識は連続, でない愛好者が見, でない感傷的な青年, でない感動に打たれたらしく, でない感受性が現, でない感謝が見える, でない憎しみも持っ, でないの成行, でない我々同志が敵, でない我が鉄砲玉に, でない我儘と贅澤, でない我先に爭, でない我国体を心配, でない我執をすてた, でない我等の思想, でないだし, でない戦いに勝利, でない戦争の狂熱最高度, でない戦時体制が単なる, でない戸籍面の煤, でない所有品だ, でない所為もあろう, でない手っ取り早く言えば, でない手つきで棒, でない手先の者, でない手塚もいろいろ, でない手術なんかはしない, でない才能を現実, でない棄って, でない批判を集中, でない批評は殆, でない技術をそれぞれ, でない技術奥さん芸でない技術, でないも乃公, でない抜き衣紋にし, でない抽象作用の間接, でない拍手が与えられた, でないを固め, でない探偵小説を発表, でない探偵小説家で園田黒虹, でない描寫からの, でない支那人にとってはその, でない支那學は昔, でない放送はすぐさま, でない政治上に就, でない政治的な頭脳, でない故必然虚弱になる, でないを説いた, でない散文的な私, でない文化の形, でない文学的価値のある, でない文学的表象は美しい, でない文学者から区別, でない文学芸術もある, でない文献学主義は和辻哲郎博士, でない斉興の声, でない斎宮の女御, でない斯く人心の, でない新しいものを, でない新しき恋を, でない新妻を少将, でない新定律詩派の所謂, でない新聞記者の手, でない新谷格之介, でない新造が来, でない方面の熱情, でないなどをした, でない旅館に案内, でない旅館業を営ん, でない日常になっ, でない日本は歐洲, でない日本中にこの, でない日本犬に似, でない技術家乃至, でない旧い助手が, でないさは, でない早く死ねば, でない昂奮剤のせい, でない昌造に影響, でない明りにてらされ, でない明るい間の, でない明るいすがすがしい気配が, でない明晩の子, でない明白な証拠, でない明知という武器, でない昔馴染に送られ, でないや星団, でない昨日あすこの亭主, でない時俺たちは誰, でない時処はどこ, でない時勢であるから, でない時子供や妻, でない時尋常の場合, でない時日にやってくる, でない時期にも歌, でない智慧材能あるもの, でない暖かさが, でない暗黒な血, でない暫く父母に, でない曲線式のを使え, でない更衣などは多く, でない書籍の供給所, でない最初の証拠, でない最大の理由, でない最愛しの, でない月々の俸給, でない有情の心琴, でない有様である, でない有様曲者はどこ, でない有難さ, でない朋輩の死, でないかでない, でないの中, でない朝倉男爵は通人, でない朝夕の動き, でないでない有情, でない木綿越中の素裸, でない未知の社会活動, でない本場のお座附, でない本来の意味, でない本田を卑屈, でない本職の畫家, でない本質に立たず, でない本質的な力, でない村方百姓の中, でない条理も立っ, でない東夷と云, でない東寄りの南風, でない林助は伝馬, でない柚木の見知らぬ, でない柵外に去れ, でないをもっ, でない格好だと, でない梅花香の汚, でない梅野博士が亡くなられた, でないを持った, でない椅子の上, でない検視の費用, でないのよう, でない楔形文字を使った, でない極々些細の, でないが幾つ, でない楽屋の作者部屋, でない構造なの, でない標準などいう, でない樣相があらう, でない権田は此, でない権田時介も驚いた, でない機会がありましたら, でない機械で変形, でない欠陥に気づいた, でないの側, でない歌歌ふ歌, でない歌調が当時, でない理は, でない正しい行いは, でない正に本物である, でない正成のその, でない正確さで勘定, でないの地方, でない此世かも知れぬ, でない此名は彼, でない此屋敷の現状, でない此意思といふもの, でない此方で頼む, でない此獸は泥土, でない武人にはめずらしい, でない武者小路さんらしさ, でない歴史とともに前進, でない死者の非情さ, でないには私, でない殿様の頭, でない比喩を使っ, でない毛皮の外套, でない毛皮外套を初めて, でない毛髪悉く逆立った, でない民主的芸術の前途, でない気の毒さである, でない気持当時の学生生活, でない気質淡白さある子供, でない気違いだよ, でないで心配, でないに映る, でない水紅より淡い, でない永久の夫婦, でない永遠といふ奴, でない汚い下駄は, でない江戸に名代, でない決して容易な, でない沈澱物が残っ, でない沈静がただよっ, でない況んや前記, でないの義, でない法師であって, でない法律を政治, でない法水はあの, でないを恐れた, でない泣き方もいろいろ, でない泥棒スリそのほか何, でない注文ならば, でない泰造の気分, でない洋書を読む, でない洗練されたもの, でない津山町の近所, でない浅井の家, でない浅薄である, でない浅香の懸, でない浪人なぞと往来, でないの景色, でない海水旅館へ泊りました, でない海道という海道, でないの温度, でない深い情交であった, でない深刻な課題, でない深刻さをも示し, でない深度と非, でない清新の美, でない清正幼名虎之助に頓着, でない清水にまいた, でない温室と花畑, でない湯屋も然, でない満足の姿, でないに会つて, でない激しさであった, でない激情でない興奮, でない濃い御親戚関係, でない灌漑用の水, でないへ寄っ, でない為うっ血して, でない為具体的にし, でない為方だ, でない無産大衆のため, でない無限の大, でないらば, でない然しとにかく戦争, でない煙草の煙, でない熱意を感じる, でない熱気に蒸した, でない燐火である, でない爛熟が感じられる, でないかも知れない, でない父子供のよう, でない父母から譲られた, でない父親が, でない輪な, でない牛裂の極刑, でない牛込全体をどうしても, でない物品のゴタゴタ, でない物體である, でない特殊な愛, でない犯人がこれ, でないひの, でない独逸人に出逢っ, でない猜疑心によるもの, でないもかわいがりました, でない猿めの打撲傷, でない獄門でない牛裂, でないならば, でないり宗教, でない玄妙観の魏法師, でない玄耳さんの事故泰山, でない玄蕃があたら, でない玄関で下駄, でない玉鬘は思っ, でない王様の名, でない王道つまり神の道, でない玻璃の爲め, でない珍しい存在だ, でない現に直接に, でない現今の活字本, でない現実性とは実に, でない現象でございます, でない理想をかかげる, でない理論はそれだけ, でない瓊子を抱い, でないの息子, でない生れつきであったの, でない生命の犠牲, でない生母が付き添っ, でない生活力がみがき出され, でないが間断, でないの村, でない申し子の姫, でない男の子が一人, でない男らしく帰らう, でない男兒が生れ居る, でないだと, でない町人風情のかり, でない画人の風戯, でない畏怖の表情, でない異常の光, でない異様な感じ, でない疑いを起さない, でない疲れは肉体, でない疲れかたで経過, でないに罹る, でないでも狂言全体の, でない白い被いの, でない白樺薪をたく, でない白真剣の立ち廻り, でない白衣を着た, でない白銀時代となり, でない百城の前, でない皆支那からの輸入, でない皇女に即した, でない皮膚の色, でないになる, でない盗人です, でない盗賊に身, でない盛岡駅の機関庫さ, でない監禁不用患者の散歩場, でない目的のため, でない目附をし, でない直接の感傷, でない直接さです, でない直接間接に鉱山, でない相手だな, でない相澤樣を落馬, でない省吾までもめづらしく, でないをし, でない眞摯で無い眞面目, でない真に貴婦人の, でない真剣さも閃い, でない真実と呼び得る, でない真実愛敬のある, でない真心だ, でない真率な深い, でない真理性とを区別, でない真面目に女子, でないもよく, でない眼力による, でない眼尻の下, でない睡眠のある, でない矢五太夫の態度, でない知己の外国人, でない知的なフランス人, でないや玩ぶべき, でないを愛する, でない砂丘へ登つた, でない研究を民間会社, でない研究所や学校, でないは張つた顔, でない社会性とによって忠実, でない社会現象であるとも, でない社寺側と船上山, でない祖先たちの計り, でない祖国という言葉, でないを祖先, でない神官は任意辞職, でない神経の穂, でない神経性な不安, でない神経質の男, でない禁廷の中, でない禁酒致しおる重三郎, でない禰宜様が助け上げた, でない禰宜様宮田だとても, でない秀綱卿の怨念この世, でない私たち少年にもその, でない私娼を撲滅, でない私立大学の理事, でない私達にそんな, でない秋声の, でない科学はなかっ, でない科目を削る, でない秘密ならば, でない秘書たちと両者, でない稗搗節を教え, でない積りと見える, でない積極的分子が自発的, でないかでない, でない突貫するの, でない窮屈なこういう, でない竈下炭焼であるが, でない立体的な生々しい, でない立場に生き, でない笑みを浮べた, でない筆蹟の中, でない筋肉脳髄の力, でない筒抜けでは決して, でない策略のある, でない箇所とを御, でない算数を教え, でない箱根の嶮阻, でない簡単正当な二, でない簡古さがあっ, でない精神をもたなけれ, でない精神的に茶の湯, でない精神的打撃をうけた, でない紀州に於ける, でない約束事としか思われません, でない素人目にもすぐ, でない素直でない頭, でない素質が解つて, でない細君にも人形, でない結婚生活でない共同生活, でない結果をそう, でない結果古代を論ずる, でないでも随分, でないはよく, でない絵かきのアトリエ, でない絵描きです, でない絶体絶命の悲しみ, でない絶好の叙述, でない絹ものと同じ, でない絹綾綿老いた女たち, でない綱手の顔, でない綴字に, でない綺麗な娘, でない綿羊の伝命, でない緊張につつまれ, でない軍の, でないの色, でない練習室なので, でないを貰つたの, でない纏頭の品, でないのはなはだ, でない美声とは珍重, でない群れ魚ですから, でない群生活の時代, でない群盗の横行, でない義侠の血, でない義淨三藏の求法高僧傳, でない義理がある, でない習慣がついた, でないつまり恋, でない翼蹼でない蹼, でない老いたる父母, でない老体であったが, でない老師は逃げおくれ, でない老眼の見, でない老若男女の姿, でない者オカタとは謂わず, でない者浪費者のため, でない者達も米, でないもアルファベット, でないだと, でない職業とはいい, でない職業婦人は別, でない肥料だなん, でない肩上がりの文字, でない背中がこちら, でない背広に中, でないを離れた, でないの持主, でない腕力でも負け, でない腹の中にもたくさん, でない自ら十分信じたこと, でない自信を持つ, でない自分きりの, でない自分たちの意趣遺恨, でない自分一身の利害, でない自分等夫婦の一生, でない自分自身すら心, でない自動車が二台, でない自叙伝的小説の主人公, でない自己を証し立てたい, でない自己嘲笑はよし, でない自然さがあるらしく, でない自然力は必ず斯く, でない自然石でもただ, でない自由でないと, でない自発的な愛, でない至極面白い気風, でない臺所仕事をし, でない興奮でないただ, でない舊藩主はもちろん, でない良人にとっては決して, でない良心だけが, でない良心的な部分, でないをなした, でない色々な災難, でないなの, でないに違い, でない芸者である, でない芸術的要求を満, でない芸術的酒場である, でない苛酷なの, でない若し死に嫌忌, でない苦しい生活の, でない苦労をし, でない苦勞ばなしや苦心, でない苦慮孝心を聞く, でない英雄のなき, でない荒々しい力が, でない菊人形と云え, でない菊次さんはながく, でない萩原氏の考, でない葉中に日光, でない葉子は文学雑誌記者, でない著述とはどういう, でない蒲原氏がやう, でない蓮月焼の一つ, でない薄い所とでは, でない薙刀などがある, でない薪雑棒棒千切れで二人, でないが実に, でない藤吉郎も思わず, でない藤次郎には之以上, でないの場合, でない藩士の入門願, でない虚無でない, でないの首, でない蜂谷はだまっ, でないが眼, でない行き方ですから, でない行動の場合, でない行為か何, でない衝動をうけた, でない表現に対するところ, でない表面の理由, でないであったの, でないのぞきふう, でない裏切者の汚名, でない裏御門のすみ, でない裏金剛にあたる, でない西洋人が實地, でない見幕です, でない見解にアッサリ万事, でない規定を以て或, でない視線のなか, でない覚禅房は刀槍, でない親切気のあった, でない観察や観測, でない観念は一つ, でない解説があっ, でないだと, でない記事事実をはっきり, でない記録を隠す, でないなの, でない設備の一室, でない許りか圧迫感をもつ, でない証左とし, でない証跡は幾つ, でない詩人と同棲, でない詩人たちはそれ, でない話対手のよう, でない誓言をとり, でない誘惑の手, でない説明は一切, でない説郛でさ, でない読者に多く, でない諸人の施行, でない諸君は大衆, でない講釈の大, でないには破, でないですわねえ, でない議会をはじめ誰, でない議員もボス化, でない議決になつた所, でない議論でありました, でない谷川氏は漱石, でない象牙の長, でない財嚢から高価, でない貧弱な賃銀, でない責任があります, でない貴人に対して礼儀, でない貴公のよう, でない貴方の跡目相続, でない貴族らしい人達, でない貴様ア感心な事, でない彌は, でない賢明なやり方, でないしい勤め奉公, でないとみえ, でない質朴のところ, でない賭博に相違, でない贔屓なの, でない足どりで往来, でない足跡もある, でない跡部は荻野等三人, でない跫音でトントン, でない路上の落し物, でない蹼足でない足, でない身勝手なもの, でないに召され, でない輿へわずか, でない農民まで道づれ, でない農民生活を示す, でない辺鄙な海村, でない近所組合の人, でない近頃は早, でない逃亡は作品, でない通い路の途絶え, でない通俗的な疳癪, でない連句中の附句, でない連歌師宗祇であるが, でない遊牧民は湖上, でない運動の中, でない運命を持っ, でない過程を経, でない道徳的にもあるいは, でない道楽どころでは, でない道理がある, でない道筋であったこの, でない達筆で年齢, でない違いがある, でない遠いさきの, でない遠回りして, でないであった, でない部下はいらない, でない部門の科学, でない郵便ができた, でないが酪, でない酸素が已に, でない醫者さんも立派, でない釈尊の意, でない里子として, でない重々しいところが, でない重大危険が内部的, でない重苦しい夜の, でない重荷を幾分, でない野暮な優し, でない金のか, でない金銭を多額, でない鉄則だつた, でない鉄手あたり次第にひろっ, でないは通用, でないさを, でない鋭い感覚に, でないでひらく, でない長々御厄介様, でない長男があった, でない開墾費もある, でない開業医がさういふ, でない閭巷の小人, でない闘いのはて, でない限りいませっかく天, でない限りかくも大きな, でない限りそれ以上続ける必要, でない限りひと晩でも参詣, でない限りアマチュア芸だし, でない限りインチキであるという, でない限りコスモは見た, でない限り一と目, でない限り一つ事をそう, でない限り一切これに関係, でない限り不意打ちは行わない, でない限り主観相互間の便宜的, でない限り事に従事, でない限り互の接触, でない限り人民の習慣, でない限り人目をひかない, でない限り人間に向っ, でない限り今日にもなお, でない限り他の者, でない限り他人から呑, でない限り以前に表わした, でない限り体験も出来ない, でない限り何人の目, でない限り何等かの条件, でない限り価値は常に, でない限り俗人である限り, でない限り俳句の翻訳, でない限り公式表現そのものによって蔽いかくされ, でない限り内にある, でない限り凡ての観客, でない限り卑劣極まつた, でない限り原稿紙上に足跡, でない限り厳密に云え, でない限り合点のゆかね, でない限り同種の病人, でない限り否定し得ないところ, でない限り唯物論でない限り, でない限り問題はひとりでに, でない限り土地はますます, でない限り多くの職人たち, でない限り娯楽は生活意識, でない限り媒介の契機, でない限り子供は子供達, でない限り存在の実践的, でない限り学校の先生, でない限り実験と検証, でない限り家元として保護, でない限り容易には海外, でない限り局長級の呼び出し, でない限り山薬もまた, でない限り床の間の置物, でない限り彼女の家, でない限り提灯だけが一つ, でない限り政治上の科学的, でない限り文化の自殺, でない限り文芸家の多く, でない限り日が暮れる, でない限り映写技師は別室, でない限り普通の病死, でない限り有利であること, でない限り本当の支配者, でない限り杖を使わない, でない限り歴史的價値をもたない, でない限り歴史的運動を段階, でない限り死ぬるまで, でない限り殆ど言葉を交さない, でない限り母たるもの, でない限り毎夜の例, でない限り毎日店に出勤, でない限り気をゆるした, でない限り気分が苛, でない限り気持のもち方ひとつ, でない限り温泉はなく, でない限り現実の集中的, でない限り発禁になり, でない限り科学的精神なるもの, でない限り稍ともすれ, でない限り粛正選挙は大いに, でない限り結婚まで生存, でない限り腕力でなければ, でない限り腹を立てる, でない限り膝小僧を露出, でない限り自体さうした, でない限り船へ来る, でない限り花聟の家, でない限り裏門から出ませんで, でない限り視力が利かなくなる, でない限り親藩といえ, でない限り解釈は実際, でない限り話がある, でない限り話術のリズム, でない限り誰かが来っ, でない限り論文提出について逡巡, でない限り資本の利潤, でない限り赤ん坊の鼻, でない限り逆に学生, でない限り道庵に対してこの, でない限り量だけで, でない限り風下に向かう, でない限り髪の毛をさかだてる, でない限り鶏の鳴く, でない陽気な声, でない階級に生れ, でない隠し語であった, でない隣家の児, でない隨つて基督の母, でない隨分在位十八年の間, でない隨神の國, でない集合体のあなた方, でない雌性に対しては決して, でない雑多の動機, でない雑種ですと, でない雑誌はある, でない難病者が乞食, でないなの, でない電報ばかりである, でない霊妙な暖か味, でない露店商人がいる, でない青々とした, でない青く変な, でない青みのうち, でない静かな所, でない非凡の犬, でない非常時に舞踏会, でない面倒なこと, でない面倒くさくて, でない面影はなかっ, でない面白さであろう, でないをはい, でないのボリューム, でないがある, でない響きが海, でないがあった, でない領主が上, でない領民までが歯, でないを突き出します, でないを動かし, でない頬被したの, でない頼山陽なども甚だ, でないがゐなかつた, でない顔付になっ, でないき声, でないに度々利一郎, でない風当りのひどい, でない飜譯といふもの, でない食事がつづいた, でないひ娘, でない餘程能く出來, でないのいななき, でない駒井は, でない駿太郎が黙つ, でない騒ぎ方でございます多分, でない骨折である, でない髀肉の歎, でない高原であれば, でない高札にもまた, でない高氏の方, でない高笑い愉快な足どり, でないの仕業, でない魂魄をひょいと, でない魅力のある, でない魔物なんてこの, でないとを見分ける, でない鳥居を描く, でない鴻山や一八郎, でない黒い夜だ, でない鼓動とは殆ど常, でないならむざとは, でないをヒクヒク