青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でしょう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~でございました ~でございましょう ~でございます でございます~ ~でござる ~でし でし~ ~でした でした~ ~でしょう
でしょう~
~です です~ ~でない でない~ ~でなかった ~でなく でなく~ ~でなけれ でなけれ~ では~

「でしょう~」 6926, 75ppm, 1504位

▼ でしょう~ (1573, 22.7%)

33 私は 23 それは 20 それが 18 私の 13 それを 7 これは, わたしは, 今は, 僕は 6 その頃, それよりも, 今の 5 あなたが, わたくしは 4 あなたの, ここでは, しかしその, そういうこと, そこが, ない, わたしの, 私も

3 [12件] あれは, これも, そうで, そうでない, それに, 今度の, 彼の, 日本の, 昔の, 昔は, 私が, 私に

2 [58件] あたしは, あなたは, あなた様が, あの人, いずれも, おなかの, お互に, お由, ここの, このため, この場合, この頃, しかしあの, しかしこの, しかしそれ, しかし私, しかし私たち, そこは, そのため, その代り, その時, それには, そんなこと, とにかくその, ともかくも, どうした, どれも, どんな石, ないから, ないの, ないのよ, ないん, ほんとうに, ほんのちょっと, わしは, キミちゃんが, ダイヤモンドの, ネエ, 一つは, 人の, 人間が, 今では, 今晩は, 何分にも, 兎に, 取分けて, 実はこの, 心の, 恋に, 悪いこと, 日に, 日本人は, 此の, 気の, 江戸時代の, 私と, 私には, 私のは

1 [1226件 抜粋] ああ, ああし, あいにく当日深夜, あたしこんな, あちらの, あったらどう, あなただった, あなたへ, あのフランス, あの函, あの巨大, あの文章, あの本所, あの目, あの船, あの観光団, あまり気, ある学校, あれから, あれの, あんなもの, いきなり飛込ん, いったい何者, いつの, いつも達者, いまここには, いま申しました, いよいよそれ, うちでは, おかしら, おのずから眼界, お兄様, お前さんが, お席, お引取り, お断わりする, お熱, お留, お答えに, お蝶, お話よりも, お預り, かく人情本, かの娘たち, かりにその, がまんし, きゅうには, きょうまで, こ, こいつは, こうした例, こうしていよいよ, こうして諸君, こうなる, ここに, こちらは, こちら気兼ねの, ことしの, ことわりきれなくて, このとおり安全, このむす, この前二人, この問題, この場合お前さん, この帆村, この時骸骨, この為替切り, この裏, この邸, この間手紙で, この騒ぎ, これからお, これで, これには, こんどは, こんな事, こんな場所, こんな都, さ, さてこう, さッ, しかしまた駄目, しかしもうまったく, しかし人間, しかし八朔, しかし商人, しかし真理, しかもそこ, しもたや, すぐあなた, すこしくらく, すべて偉大で, ずいぶん大きい, ぜひお嬢さん, そういうもの, そういう取り, そういう手段, そうかと, そうした怖, そうは, そう思わせる, そっとし, そのき, そのようす, そのランデヴウ, その中, その他何, その傍ら銅, その勇太郎, その女, その救助, その時私, その目的, その知っ, その表現, その講義録, その逆, その間に, その馬鹿野郎, それからと, それすら, それだけの, それで, それでもお祈り, それでもまだ, それでも尚且つ, それでも気味, それでも親, それなら絵, それにしてもなんて, それにしても場合, それらの, そんなおり, そんなに早く, そんな不人情, そんな気, たしかにまとも, ただそんなふうに, ただ当時, たった今ようやく酔線, たとえば熊谷直実, たまの, だが貴方, だんだん事面倒, ちっとばかり, ちょうどそれ, ついに力尽き, つぎの, でもぜひ, でもまだ, でも私, とても増築費全部, とにかくゴッソリ, とにかく忙しく, ともかくそれ, ともかく命, どういう, どういうふう, どうかあしからずね, どうか時々は, どうしてどうして貴下, どうしても思い切れない, どうせ行く, どうぞわたし, どうもこんな, どうも不運, どうも処世上, どうも腑, どっちに, どんなご馳走, ないさかい, ないもん, なかった, なく会, なにしろそれ, なにしろ主人, なにしろ若い, なにも, なんしろ, なんの, ひきつづいて, ひょっとし, ふたりの, ふと今, ぼくの, まあいたわっ, まあ一寸読ん, まあ天理教, まことに都合, まさかあの大, まずひととおり, まず浄祓式, またひとつ交際, また当座, まだ帰国, まったくは, まア一杯, みんなそのまま, むしろ傍系, もうしばらくご, もう一人, もう今夜限り, もう少々がまん, もしかする, もしも身体, もともといえ, やがて玄徳公, やっぱり初め, やはり大切, やめに, よく覚え, よって, わたくしどもが, わたくしの, わたしにとっては, わっし, エロチックって, キューリー夫妻は, シャツその他の, ジッと, セエラは, タデアイと, テオドリッヒの, ドコまでも, ニンシンなさっ, バラバラで, ピストル事件は, ホメロスに, ポローニヤスその, ヴァイオリンの, 一つお話しましょう, 一体は, 一寸一つ, 一尺五寸ぐらいの, 一度銀簪, 一方の, 一番轢殺事故を, 一般に, 七スーしか, 万太郎は, 三十一年前に, 三造は, 上海の, 下谷の, 与える位, 世間一般の, 中には, 中村君が, 丸多の, 主任という, 事実は, 事実僕は, 二三年前と, 二十七人連判状の, 井上さんと, 人は, 人間に, 人間は, 今そう, 今云う, 今夜も, 今日と, 今日のみは, 仏教の, 他の, 仮名の, 伯母は, 何が, 何しろちゃんと証人, 何しろ行列, 何に, 何もかも薄っぺら, 何んで, 何処ぞ, 何分両親はじめ, 何年来も, 余りに間違い, 作としては, 保護者という, 俳優の, 傍で, 僕に, 僕はね, 僕を, 兄さんは, 全く二週間, 全く根本的, 八幡様も, 其の波瀾, 其処が, 其赤さんを, 出発を, 初めから, 前に, 勇二は, 勉強の, 北は, 医者は, 博士こそ, 博奕打は, 又同時に, 叔父は, 吉良の, 同時に恢復, 君にだけは, 周囲の, 問罪の, 四角な, 固定される, 地勢上下へ, 地震に, 堅い観念, 場所が, 声が, 夏暑い, 夙に女房, 夜の, 夜会の, 大テント, 大人だ, 大浦先生の, 大番頭, 天道の, 夫は, 奥山の, 女の, 女性の, 始終そうやっ, 子どもたちが, 宇宙は, 安心の, 実に乱暴, 実はその, 実は世間, 実は博士, 実は自分, 実際から, 実際に, 実際今朝, 客観的に, 家には, 家庭に, 寧ろそれ, 寿江子さんたら, 小手を, 小林君も, 少し変っ, 少し贅沢, 尚それ, 山へ, 山本始と, 岩蔵は, 帰京の, 幸か, 庄屋の, 府中の, 弁天堂で, 当の利助, 当時は, 彼女の, 彼等は, 御免なさい, 心だけは, 必ずや遠から, 念の, 思いやりの, 思うまま, 恐れて, 悲観させられます, 愛宕山に, 慈悲善根の, 手の, 手洗鉢の, 折に, 折入っ, 拱廊の, 捕手の, 提灯に, 政府の, 教授が, 数学では, 斎藤賢道君今は, 日々の, 日本と, 日本共産党は, 明日の, 明治三十九年六月歌舞伎座で, 映画の, 昨夜あたしと, 是れ, 暁子が, 最初から, 木綿の, 本山の, 本当はたった一ヶ所, 来年は, 東京は, 松を, 柿丘秋郎殺害犯人として, 根本的の, 榛の, 正直の, 此頃は, 死骸の, 残った問題, 段々日を, 殺人の, 母に, 母親が, 毒薬入の, 気を, 江戸に, 江戸時代には, 活きた蠅, 浅吉という, 源七どんに, 滝大, 無口でい, 無理な, 然しほんとに, 燈籠の, 父親の, 犯罪を, 現代の, 理性必ずしも, 甚五の, 生き生きと, 生来鈍愚, 生活の, 町内付合だ, 病気まで, 監獄では, 直るまでには, 真実目的の, 眠らせて, 石村証券の, 祖母や, 私からも, 私たちの, 私だって, 私にとって, 私に対しては, 税金では, 立ちあがること, 竜濤寺という, 箇々の, 米斎君も, 素姓の, 結婚の, 結果は, 続いて, 署まで, 美しい上, 老年に, 職人衆には, 腕も, 自分の, 自発的に, 興味本位の, 船頭の, 花の, 苗木の, 苦笑ものだろう, 茂兵衛や, 落語家には, 蒐集癖は, 藤吉は, 虫眼鏡で, 要するに関羽, 見て, 見合いを, 親父も, 許して, 誰れ, 貴女の, 賢い白, 赤帽の, 近年夫人が, 近頃では, 近頃心痛, 進歩した, 運命です, 配給の, 重なる, 金は, 金庫から, 鈴子夫人が, 長い月日, 間違いの, 雅子さんが, 雑草園という, 青木という, 非常に, 題は, 飛んで, 飲酒の, 馬鹿に, 髪の, 鳥渡署まで, 黒の

▼ でしょう~ (671, 9.7%)

12 親分 7 知ら, 私は 4 それが, それとも, 私の 3 何か

2 [26件] あとから, あなたが, あなたは, いやそう, え母様, この, これは, それとも左, それとも私, それとも誰, それは, そんなこと, どうか, どうでしょう, まるでわたくし, もしお, わたしは, ナア, 今も, 先生, 平次は, 旦那, 私が, 自分の, 草の, 金の

1 [578件 抜粋] ああいう, ああはたして然, あきれたもの, あすこから, あなうれし, あなたに, あなた様の, あのひと, あの人相, あの凡庸, あの婦人, あの方, あの時, あの鯉, あばれまわる怪塔王, あぶないもの, あやしいと, あるいは, あるいは事業, あるいは失礼, あるいは立ち合っ, あれから, あれでも, あんなにおしゃべり, あ雲雀, いかにも賢, いくらか眠った, いっこう行方, いつか夜中勉強し, いつまでも, いつも蹴とばされ, いな, いましがた, いまでも, いやに, うたがわしい, うまく行け, え, え生き延びられるでしょう, おいでに, おかしいです, おきせの, おとなでしょう, おねえさん, お上さん, お会いし, お医者, お品, お姉さま, お掃除, お松さんでしょう, お母さんの, お気付きに, お菊, お調べ下さい, お願いです, がくがく総身, きょう食堂の, くれぐれお, けさは, こういう寒空, こうやっ, こう灯, ここが, ここに, こちらの, こちらは, このあたり前, この山, この恐怖, この月, この沼, この無上, この護摩堂, この間うち, この間の, これだけ, これでも, これほどの, こんどは, こんならちゃくちゃのない風潮, しかしこの, しかし我々, しかもまた手術, しんぱいで, すなわちこれら, ずっとずっと昔, そうかも, そうした物, そうしてかつて, そうして二人, そうでなかった, そうとしか, そう御, そう思っ, そこが, そしてどんなに, そして全部, そのいとけない, そのクリムスビー, その両立, その劇薬, その性質, その愚か, その時, その死気, その異様, その秘密, その身体, それから先, それから配偶, それでもどうやら, それともあの, それともおとうさん, それともこの, それともその後, それともただピオニェール, それともぼんやり, それともまた文字どおり, それともクラム, それともダイヤモンド, それともリス, それとも二つ, それとも人間, それとも他殺, それとも何処, それとも全体, それとも君主, それとも届かない, それとも心, それとも怨み, それとも慾心, それとも景色自体, それとも歌, それとも死んだ, それとも母, それとも気候, それとも癲癇的発作, それとも童子, それとも自分, それとも開成山, それならそれ以上, それに, それにしてもあまり, それにしても可哀そう, それを, そんなだいそれたこと, そんな工合, たいへんややこしく, ただあの, ただ今から, たとえばゴ, たとえ恋文, たまが, たまには, だから流行歌, だまされると, ちょっとお尋ね, つきぬけないリアリスム, つむじ風は, でも午後, でも玄関, でも雪子, とても口, とにかくほんの, とにかく小型, とにかく日, ともかくこれ, ともかくそっち, どうお, どうかしら, どうした, どうして私たち, どうぞこれ, どうぞ教え, どうな, どうも俊夫君, どこか, どこでも, どこに, どなた, どんなふう, ないもの, なんだか頭, なんでも, にせ物, にわかに行く, ねえ, ねえあなた, ねえおばさま, はたで, はなはだ覚束, はなやかな, ばらばらに, ひそかに, ひとつ殿様の, ふとこの, ふと人, ぼくにとって, ぼくは, まあ多く, まあ焼け跡見物, まさしくそこ, または無心, または環境, またむずか, またフォーマ, また楽しみ, まだふところ, まだ袷, まるで滑石, みたい気が, みんな佐吉さんに, みんな立派な, もういよいよ駄目, もうそろそろ夜, もうない, もう一度よくよみかえし, もう一度外, もう一度診, もう些, もう割合おそかっ, もう過ぎましたろう, もしかしたら, もしかする, もしそうだったら, もし地獄, もし御, もはや他, やがて旨, よかったら, よくお, よく合っ, より悪く, わたしちっとも, アメリカ映画その他外国映画の, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, カイは, ガラッ八, ギャングについて, シャツが, タオルなんか, チラチラは, ドイツ領事が, ドストイェフスキーバルザック特に, ドルイドたちは, ネエ, ネエでも, ネエ父様なんか, ヘエ, ホラあの, ポケットナイフで, ママ, メタボリン上っ, ラジオの, リアリストと, 一人で, 一体まあ立会人, 一寸伺います, 一度お, 丈夫な, 三また, 三郎は, 不幸に, 世の中には, 中の, 中華料理屋の, 乾分も, 云々, 云うて, 井上様, 人情に, 人生の, 今夜は, 今度田端の, 今日は, 今日本の, 何かに, 何だか自分, 何となく彼, 何に, 何の, 何処からか, 余吾之, 併し, 俗人の, 僕の, 先の, 先年は, 兎も, 全く冗談半分, 六衛生学は, 其とも, 写真は, 創作であっ, 加奈子さんじゃ, 助役は, 勉強の, 午から, 卑しげ, 単なる虚伝, 博士, 去年私が, 又実によく, 右手に, 味方でしょう, 命令な, 和綴の, 善悪理屈を, 善良な, 喧嘩は, 四方には, 四谷辺で, 地方産業が, 坊主を, 型ばかりに, 声よ, 変な, 夜中な, 夜中の, 夢を, 大叔父という, 大変失礼しました, 大変粋でした, 大将様から, 大男は, 大納言は, 天竺でしょう, 太政入道清盛も, 奥方の, 奥方様, 女にだって, 女王さんを, 妾ァ, 嬉しいの, 子どもでしょう, 官邸に, 実の, 宮本初子わるく, 将軍家側衆の, 小さくて, 小慧, 小林さだ子と, 少し西洋玩具, 山上で, 岩本さんという, 帆村が, 平べ, 平民なんかに, 年十五六の, 幾らロマンチスト的に, 弟は, 当方の, 彼ら自体が, 彼女の, 御一考, 御差支, 御当人, 御送り, 必ず楽観, 応接室へは, 忠弘は, 思いがけなくざ, 急に, 恐ろしい美貌, 息づまるよう, 悪魔でしょう, 悲しみに, 悲しんで, 意想外の, 或は知らず, 打割った, 敦子奥様には, 文字どおりほかへは, 斯う, 日本の, 日本左衛門を, 昨日の, 昭和七年頃, 昼も, 昼間は, 書生さんも, 月人たちは, 木々の, 木霊が, 松原の, 梅は, 森の, 正夫と, 此の, 此方様にも, 死は, 死んでるの, 殺されたん, 母の, 泉子が, 法律家の, 波紋は, 海でしょう, 海の, 海を, 渡船が, 漂白硝子器に, 漆屋という, 潰しましょうか, 瀬越さんの, 無条件降伏の, 無躾, 父は, 爾来しばしば帝位, 物の, 特別に, 狐の, 猿でしょう, 王朝式と, 現在でしょう, 甘えて, 生埋, 甲野さんは, 男は, 病人が, 痩せた小柄, 痩せて, 皮肉な, 目的でしょう, 真暗三方という, 眼が, 知らまあ, 祖父は, 神様, 禁忌が, 私たちとは, 私たちは, 私には, 私にも, 私も, 私共とは, 私帰りたい, 私補助罪に, 私頭の, 空虚な, 突然うしろ, 突然良人, 竹でしょう, 竿を, 笑止千万です, 続かないでしょうか, 背が, 腹では, 自分が, 自分では, 自分を, 良人については, 色の, 若い三味線, 若い美しい御, 英語が, 荷物が, 莞爾と, 虚栄という, 蠅の, 衝突さして, 見合いと, 見物船の, 親分お, 親分そんな, 言いようも, 許して, 詐欺愚鈍卑劣漢と, 誰か, 誰が, 赤い火, 近時琉装を, 近頃林野取締法, 送りましょうね, 通りませんでしたろうか, 運を, 遠国に, 里春は, 金が, 金は, 銭形の, 錚, 鏤骨の, 閉店の, 開拓使が, 院の, 階段から, 雪は, 非常に, 面白いみ, 頬の, 風も, 風景が, 食べ物は, 馬鹿に, 鬼でしょう, 黒しか, 黒みがかった朱, 黒髪堂の

▼ でしょう~ (491, 7.1%)

79 思います 28 思って 18 云って 10 思いますが 9 思われます 7 いうと, いって, 云った, 言って 6 いった, 思うの, 言った 5 云う, 云うの, 存じます, 思う, 思うわ 4 思いました, 答えた 3 云うと, 思うけれど, 思うん, 笑いながら, 言うと, 訊くと 2 いいます, 答えて, 聞いた, 聞くと, 言う, 賛成し

1 [238件] あたしが, あの時, あらかじめ頼ん, いいながら, いいますと, いうには, いうので, いえば, いったこと, いったの, いったり, いったん, いろいろ指図, いわれたには, うっかり口を, おきき, おっしゃいました, おっしゃって, お上さんは, お六, お勢さん, お嬢さんは, お嬢様と, お言い, お返事, きいたら不思議そう, きめつける, きめつけると, こちらの, こちらへ, ささやきましたの, すすめたと, すみません, その人, その墓, その巡査, その見本, そんな莫迦みたい, たしかめますと, たずねる事, ただもう, たのしみです, ちらと, つつましく答える, どちら附かず, なお, ひとり言, ふッ, まず書, まるで雲, まア好意ずく, やり込めるから, わざわざ尋ねた, わたし思う, チョット不思議, ニヤリと, ミドリは, 一時は, 七輪から, 三歎いたします, 不思議に, 不満相に, 串談の, 主婦が, 事もなげに, 云いそえるの, 云いたくなります, 云いながら, 云いますから, 云い棄てて, 云うが, 云うこと, 云うだけ, 云うん, 云う言葉, 云う話, 云えば, 云ったから, 云ったこと, 云っただけ, 云ったという, 云ったん, 云った女中, 云われた位, 云われて, 云われると, 仰っしゃいますが, 仰云いましたの, 仰言, 仰言って, 余は, 僕の, 僕へ, 先に, 出した, 力を, 医者も, 取りなして, 取做, 可恐し, 吃驚しました, 合点せい, 囁くよう, 図々しく頼ん, 大変文鳥に, 女王は, 妻が, 妻は, 妻や, 威張って, 娘たちが, 存じますが, 存じますの, 家で, 察します, 察しられます, 尋ねたから, 尋ねたが, 尋ねた男, 尋ねると, 張り合いです, 強めたので, 彼は, 彼女が, 彼女は, 御信頼, 忠告し, 忠告した, 念を, 思いながら, 思いましたから, 思いましたわ, 思いましてね, 思いますから, 思いますけれど, 思いますけれども, 思いますこういう, 思いますそして, 思いますほんとに, 思いますよ, 思います自分, 思い出して, 思うですが, 思うのよ, 思ったのに, 思ってたわ, 思ってね, 思われて, 思われますから, 手詰の, 教える気, 断わられ私, 星野さんまで, 有難くない, 期待されます, 本人は, 栄さんと, 校長が, 正夫は, 正直に, 母は, 毎日お, 気に, 沼田さんが, 無心に, 無理に, 特別に, 猫撫声を, 申しあげるより, 申して, 申しました, 申しましたので, 申上げた, 皆さんが, 相手に, 私が, 私は, 私よりは, 立ち上り伸子, 笑いました, 笑うもん, 笑う職員, 笑って, 答えたが, 答えたら都築さんびっくり, 答えると, 答えるの, 答え別に, 約束した, 紹介された, 繰り返した, 罵った, 考えついたので, 考えて, 考えます, 考えますが, 聞いたら虚子, 聞いたら霽, 聞いて, 聞きなおすと, 聞くから, 腕を, 自分の, 芳子は, 若々しく頼み, 茶の間へ, 衣子に, 親切に, 言いかけるほか, 言いそれ, 言いました, 言いますと, 言い置いて, 言うから, 言うつもり, 言うの, 言うよう, 言うん, 言えば, 言ったそう, 言っても, 言ました, 言われた, 言われたの, 言われて, 言われました, 訊いたら何, 訊いて, 詰問する, 誘ったら深田久弥, 説くの, 誰か, 賛意を, 運転手が, 野原さんと, 須利耶の, 頼もしく思われます, 頼んだの

▼ でしょうから~ (297, 4.3%)

4 それは, それを, 私が, 私の 3 その時, それまで, 私は 2 あたしが, これが, これで, その点, 当分は, 御安心, 自分の

1 [258件] あたしの, あちらの, あとで, あなたに, あなたも, あの塀, あまり無茶, ありのままの, あれは, あんたは, いいけれども, いいますが, いい加減, いくら金が, いつか私達も, いつまでも, いまの, いろいろ考え, うっかり手, おしあわせ, おばさまいらしてようございました, お上り, お二人様, お休み, お俊ちゃん, お嬢様今度は, お家も, お才, お睡りなさいませ, お礼の, お詣り, お話し, お話も, お誘いは, お返しします, お餌, かえってほか, かんじんの, きょういただい, きょう日が, くわしくは, けっしてその, こうした男, ここいらで, ここに, ことしは, この, このくらい, この報告, この持主, この村, この機会, この角材, この間から, この際, これから昨年, これまでより, これも, これ又, こんどは, こんな余計, こんな景色, こんな見えすいた, ごく簡単, ごぞんじ, ご自由, さすがに, さぞお, さぞ御, しばらくしたい, じっくりと, すこし横, せめてその, ぜひ宮様の, ぜひ訪ね, そういうちいさい, そうしたら, そうなると妾, そう簡単, そこで弩, そこに, そこの, その後の, その辺, それが, それだけの, それではあまり, それほど心配, それまでに, それらの, そろそろ先, そんなつもり, そんなところ, そんな気の毒, ただ, たまにお, だしぬけに, つまり種則さんは, できるだけ慰め, では今日, とてもそんな, とにかくお, とりも, どうかその, どうぞあしからずと, どうぞ御, どうぞ直ぐ, なにも, にせものと, ひとつ小話に, ふるいつくよう, ほとんど無意味, まあここ, まあ注意, まずお, まずそれ, まずなるべく短, まちがいは, もうここら, もう一遍, もう何, もしかしたら買える, もしどなた, もっとあと, やはり避けた, ゆめ, よかった, わたしたちの, ケチな, ネー, 一しょに, 一つや, 一人二人の, 一千万ぐらいは, 一寸御, 一寸行っ, 一応智恵, 一手は, 一概には, 一緒に, 三越へ, 主人に, 二十分位と, 二階の, 今お湯, 今は, 今夜の, 今夜は, 今様仙人が, 代って, 伺わないわけ, 何も, 何事も, 何処か, 余計な, 例え表現上, 僕の, 僕は, 出し抜けに, 加十さんの, 半焼か, 厄介な, 又ことし発病, 又仮令, 反対者は, 名前が, 君たちの, 坊ちゃんで, 夕方迄には, 外で, 多分ご存じ, 夜通し話した, 妾そんな, 妾たちの, 委しいこと, 子供に, 安心です, 宜しかったら, 宮様が, 家に, 射ちたくなる筈, 少くとも, 島田も, 差閊え, 帰りに, 平気で, 座敷の, 当座でも, 御遠慮, 心配は, 思いがけない役に立つ, 思いついたらまた, 急には, 悠々の, 懲らしめの, 手紙で, 打ちあけて, 拝艦などと, 日光の, 早くなれ, 早く帰京, 早く湯, 明日で, 明日の, 明日は, 最後に, 来月の, 根本的に, 機会は, 止しに, 正しい数, 殺人行為を, 毒酒を, 毛布が, 水棲魚人も, 汽車の, 沈み切って, 温くし, 申し上げるまでも, 申上げます, 皆さん遠慮しない, 相手の, 私たちこういう, 私たちは, 私たち何に, 私も, 立会で, 笑われないよう, 米友さんそのまま, 緩くりし, 罹災等の, 美しい方, 自由を, 若いお, 若し贋物, 若旦那の, 藤江いない, 虚偽では, 行きましょうか, 行って, 見はり, 話を, 詳しくは, 誰か, 買います, 貸して, 逃げるわ, 道の, 遠慮なく話し, 遠慮致します, 遠藤が, 都合が, 隙を, 隠居所の, 非常時局の, 面と, 風呂へ, 鹿鳴

▼ でしょう~ (229, 3.3%)

6 それに 3 あなたの 2 あなたが, そのほか, またそれ, もって, 妾も

1 [210件] あああなた, あたし達も, あとは, あなたのは, あなた迄も, あの人, あるいはズロース一枚, あんなにご, いついつまでも, いつも野山, いろいろな, いわば力ずく, うまいもの, うまくいっ, おまけに, お売り, お母さんは, お父さま, かかるお金, きっとそんなに考え, きっと口, こう見た, こちらの, こっちと, この前野原, ご用も, したがってまた先方, すべてを, そういう風, そうしたら, そうでなく, そのうえ今, そのため, その井戸, その他の, その石, それが, それで, それならティトレリ, それにあの, それにまた私, それに後, それは, それらの, そんなに弱っ, そんな事, ただそれっきり, ただ落し金, たった三十分のあいだ, たといわたしたち, たびたび御足労, たぶん彼ら, だれでも, だんだん苦しく, ちょっと大儀, でも貧乏, とても永く, どうやったら, なかなかすらりとは, なにかの, なるべくその, なるほどひど, なんだか張り合い, ふに, ほかにも, ほんとうに, ぼくも, またあなた, またいま, またそうした, またその, またそれ以下, またたとい, またちょっとした, または遊びごと, またほか, またグルグル, また一つ, また人, また商売, また失敗, また少し, また心臓, また毎日土, また理想, また畏多い, また私, また穂積重遠博士, また酒飲み, また顧み, もしも覚え, もし私, もし覚え, もちろん永久, やっぱり東京, やはり作者, わざわざお, わしとしても, わたくしから, わたくしが, ハイアも, ハンドルを, 一度から, 一日も, 一緒に, 三浦行男としては, 人間に, 今も, 今夜は, 仕事に, 他の, 何か, 何も, 作者として, 健一だけでも, 僕に, 其は, 其他何だか, 冷たくも, 凡てを, 出来るだけ, 出版一般が, 匿しきれる, 又いい, 又おのずから, 又その, 又味方, 又斯, 又村, 又現実, 又皆さん, 品夫も, 四人の, 国宝的な, 場合によっては, 外の, 多くの, 多分現場, 大阪へ, 失礼な, 女の, 女中部屋の, 妹さんは, 姉さんも, 婦人は, 子供達に, 実際きょうあたり, 家が, 家の, 家へ, 将棋の, 小説は, 少ないところ, 年も, 弟を, 彼は, 待って, 従って純益, 従来の, 手洗いへも, 手順を, 政子に, 文士劇でも, 文学で, 文科の, 旅は, 柳の, 案外早く, 様式の, 殊に狂人, 民主的な, 気づいては, 永久に, 江波博士の, 決して外, 注文します, 洋食支那食が, 湿度計の, 熱の, 父の, 特別の, 猫には, 生きてるなら三年此来便り, 生きてる気, 生活という, 甲李の, 相談の, 社会事情の, 空腹の, 空襲と, 第一, 第一ここ, 素知らぬ顔, 罪の, 而も, 腹の, 自分から, 自分が, 行けば, 行って, 詳しいこと, 誰も, 諸国の, 警察でも, 警察に, 逃げるには, 遊びに, 酒に, 鎌倉表も, 頓死など

▼ でしょう~ (224, 3.2%)

6 きっと 3 あなたは, 親分 2 お兄様, お嬢さん, この子, それに, 真個に, 私は

1 [200件] あたしが, あちこち訊い, あなた, あなたからも, あのお婆さん, あの人, あの仔猫, あの仲通り, あの佐, あの湯島天神, あの男, ありそう, あんた, あんまり外聞, いくらヨーロッパ, いやん, うちのは, えと信子, え虚無僧さん, おじさまの, おなかは, およみ, お内儀さん, お前の, お嬢さんが, お察し, お持ちだ, お母さま, お父さんが, お爺さん, お角力さん, きっといつきかれ, きっと喜ん, きっと私, きのうの, きょうは, こういうところ, ここの, こちらで, こちらへ, この三十年, この人間たち, この方, この間は, これは, こんなお方, こんな処, ごく近日, ごめんください, さもなければわたしたち干物, さもなければ二月初旬, しかしこれ, しかしそれ位, しかし大まかさ, すぐ帰る, せっかくベルリン, そういうもの, そういう心持, そういえ, そうしたら東京, そうです, そこに, そこへ, そしてきっと, そしてさぞ, そしてその, そしてわたし, そして締まり, そちらへ, そちらも, その水圧嵐, その男, それでも生き, それともそう, それを, たのしみです, たぶん, たよりの, だからお母さま一人, だけどどうか, でもそう, でももう, どうしてあんなにすぐわかった, どこか, ねえあなた, ひとりだ, ひどく白粉, ふっとそんな, ほんとうに, まあ, まだです, もうじき水, もしや, やっぱり, やっぱりエライ人, やはり脚色, よくわからない, よし悪くっ, わたしが, わたしなんぞも, わたしは, アドリーヌさん, サッカレーが, タンゲイすべから, ピエタの, ホホホホ, ボクさん, 一寸笑えます, 三度三度食堂には, 世界中で, 乗り越すこと, 二十七八日と, 些か中学生風, 人間の, 人間精神の, 今お燗, 今じゃ, 今の, 今朝が, 何だか大変, 余程かしら, 余計な, 併し, 倉地さん, 僕の, 先生あの, 全くそれ, 内儀さん, 初めの, 剣道を, 功徳に, 勿論明日わたし, 又そちら, 又誰, 友さんそっちは, 可哀想に, 呉, 困ったもの, 地を, 大写, 大層お, 太郎が, 太郎さん, 妙な, 嫁の, 子供も, 宅でも, 宮様は, 小さい町, 小父さん, 山田の, 山脈のむ, 幼児の, 店は, 弁信さんお前さんの, 御存じ, 悪い奴, 折角の, 改造文庫は, 新しく縫っ, 新団長, 明日でも, 昔物語の, 春に, 未着です, 本当に, 来年に, 東助さん, 松の, 板と, 気づかずおっしゃった二言, 法則を, 温泉の, 潜戸の, 濤の, 熱い甘露, 狐や, 現実観察に, 病院らしく, 目, 相当上っ, 私が, 私の, 私も, 稽古の, 紙は, 緑郎夫妻は, 肩の, 腰を, 苦しい事, 苦笑し, 行けたら大いに, 親類に, 零下何度ぐらいに, 非道い殺され, 頭が, 食事に, 馴れませんこ, 骨が, 魚どもには

▼ でしょうけれど~ (120, 1.7%)

4 私は 3 がまんし 2 しかしその, それも

1 [109件] ああいう, ああし, あたしは, あなたが, あなた方は, あのでたらめ, あの人, あの懸命, あの男, あの花魁の, あれで, あんなにまで, あんまりです, いつお目に, いつもみんな, お母さまが, かりに割引, ここで, ここに, こちらでは, このあたり, このころ, これからあたし, ごらんなさい, そういう打算, そういう訳, そのうちこの, その時代, その程度, その言葉丈けが, そばに, それかって, それだけにまた内部, それに, それは, それを, そんなこと, ただ漠然と, だいたいは, とてもあの, とにかくこの, とにかく一ばん, ともかくわたくし, どうした, どうぞ悪く, どんな風俗, なにしろ問題, なんといっ, ほんとに, ほんとにいくらかやせた, ほんとに家, ほんに思え, まあこの, また美しい, もう大半, もう銀座, わざわざそれ, わたしたちは, わたしは, トンちゃん, 一寸起し, 一年ばかり, 一時九州の, 三造の, 今お二人, 今は, 今時こんな, 他の, 以前は, 位を, 何だか変, 僕には, 僕は, 全く予期, 助けられて, 北原は, 困って, 多くの, 好きな, 実にチベット, 幕だ, 幼い私, 当人は, 御用は, 急に, 早くこの, 昔から, 暇さえ, 暫く御, 暫らくこの, 書き加えるの, 本家が, 毎晩見, 煎じつめると, 知らない国, 私が, 私と, 私には, 私にも, 私の, 私も, 私共では, 習おうとは, 肝腎の, 起きられるよう, 辛棒し, 里へ, 鏡には, 高木君は

▼ でしょう~ (91, 1.3%)

2 の体, はあなた, はあの, はそういう, は恐ろしく, もこの

1 [79件] あ向う, があなた, がいつかあなた, がここ, がどうか, がやった, が何, が出家, が悪意, が折角, が昨年, が若し, だっても頑是, だって駭然, ちっとも知りませんでした, とし, にはそれ, には少し, には心, には金, にもなにか, にもよく, にも分りません, に天華, に目礼, のいう, のふだん羽織, のクレバネット, の一番, の云う, の問, の声, の宅, の恐れ, の愛用薬, の懇意, の方, の知人, の胸, の言う, の閉口ぶり, は, はその, はでも, はとても, はどう, ははじめて, はほんとう, はもう, はもとより, はフッ, は余り, は全く, は公高, は前, は又, は反射的, は大変, は実に, は彼, は最う, は痛感, は知りたい, は自分, は荷牛, は許されましょう, は通り, ほんとにつまらないつまらない, まで, もきょう, もこんな, もま, も奥様時分, も聴いた, より年, をどう, を乗せた, 凄いわ, 知らないけれども

▼ でしょうその~ (79, 1.1%)

2 人が, 友達の

1 [75件] うちに, うつらうつらの, お内儀さん, お客さまは, お手, お金を, くさりが, くらいのあきらめ, こと考える, ころは, ご上人様, とき私が, とたんに, どろぼう, はずだ, ばかばかしい一口話, ぶたれるの, ほかどっさり, ほか馬は, ような, わたしの, シムソンと, 上山道へ, 与力は, 中で, 人たちの, 人は, 伊那踊りです, 供述に, 効果を, 口から, 夥しい子守宮, 妹さんが, 小さい男の子, 年の, 心持は, 意味でも, 手の, 新発意は, 方, 方が, 方ね, 方の, 日に, 昔ながらと, 時から, 時に, 時分に, 朝も, 棺桶ようの, 滔々ぶりに, 濡れた草, 点が, 点で, 玄徳が, 理想を, 男の, 男は, 町にも, 真白な, 碁の, 米友の, 美人は, 者へ, 船からは, 花は, 著者は, 薩摩と, 誇りの, 車掌が, 近所に, 遺産と, 金属板の, 雪の下にだけ, 頃から

▼ でしょうそれ~ (76, 1.1%)

3 ならば 2 が慈悲

1 [71件] いじょうは, がこの, がし, がたのしみ, がみんな預金, がわたし, がテニス, が今晩あたり, が何, が僕, が叶わず, が大地, が時々, が気がかり, が遅かっ, じゃあ, じゃア私, でさえ筑紫, でなくてさえ, でなくとも, でなければ, では詰らない, と同じ, にくらべる, にはよくよく, に付い, に児, に比べる, に違い, に阿, は, はそれ, はそれ程, はたしかに, はどんな, はねほんとに, はわたし, は人, は写真, は屍骸, は御, は本当に, は気持, は聖賢, は自分, は軽蔑, ばかりでなく, も, もザラ, も仕方, も束の間, も規定, も駒井, よね, よりか次, をあたい, をいきなり, をいちいちああ, をお前さん, をここ, をそう, をわざわざ, を一概に, を仰っしゃっ, を使っ, を六時間, を夢, を抑える, を破裂, を私たち, を黙っ

▼ でしょうあの~ (74, 1.1%)

5 人は 3 男は 2 人が, 女の, 男が

1 [60件] うらぶれ部屋, おさむ, お夏さん, お御足, お邸, くじらの, くらい美, ことあなたは, ときあなたへ, ときは, ときわたしの, ひとを, ままじゃ, ネスクーチヌィ公園の, 中です, 主意を, 人, 人たちの, 人です, 人なら, 先生の, 半分位でも, 右の, 右側に, 向うの, 奥さんは, 女です, 子の, 家です, 小っぽ, 尼さんは, 市長の, 怪物は, 我儘で, 方今, 日本人の, 時だって, 時代としては, 時吉原で, 時御, 有名な, 桶屋さんに, 母と, 火事の, 灸点は, 牧師さんが, 甘酸ぱい女, 舟の, 若いひと, 薬の, 調子よ, 辺が, 通りの, 通り強烈に, 通り肌の, 鉄道ホテルの, 音楽を, 頑固な, 騒は, 騒動でさ

▼ でしょうけれども~ (71, 1.0%)

2 それは

1 [69件] あれは, いかに聡明, いくら親しい, いったん厚木, いまに, おしずか, おッ母さん, お願いし, こう押, この円屋根, この現代, これで, これは, しかしたとえば民主主義, しかし貴方がた, ずっと古くから, せめて形, そういう役人, その場合日本, その当然, その御, その文学, その罪, その言う, その運動, それが, それ以外に, つい失念, とにかく私, なるべくやさしく, ね今度, もう少しどうかしたら, やっぱりこの, やはり自分, よく兄さん, わたくしにも, わたくしは, わたしという, スルメ二枚が, リボンを, 一般私たちの, 七日ばかり, 世の中が, 京都の, 何しろ病傷兵, 何しろ碌, 何卒くれぐれも風邪, 例によって, 兵士に, 初めは, 嘘は, 多勢に, 夢でも, 少しそこ, 差当り困る, 彼らは, 或る, 手紙を, 暫くの, 本来が, 欧米の, 永い月日, 相手が, 真相が, 私が, 私達には, 署長は, 聞く人, 載せられ方

▼ でしょうかと~ (61, 0.9%)

2 おっしゃいますか, 云う催促, 真面目な, 聞いた

1 [53件] あう人ごと, あんまりいかめしい, おっしゃるの, お月様, きいたらば, こう思います, この御, こんなこと, しきりにきく, そういうこと, そう思いまし, それを, たずねて, つけ加えた, ひとに, また念, また神様, クイックシルヴァに, 不安げに, 云うの, 云うより, 云うん, 先生に, 叔母に, 同じこと, 呟いた, 問いました, 尋ねました, 尋ねましたらロージン, 必死に, 思います, 思ったの, 恐る恐る伺い, 感情の, 校長が, 案内の, 瀬越の, 申すこと, 皇帝に, 相談を, 私を, 管輅の, 考えながら, 聞いて, 聞きますと, 聞く声, 芸術の, 苦労に, 訊いて, 訊くと, 語って, 質問した, 顔つきを

▼ でしょう~ (57, 0.8%)

2 品は

1 [55件] かみさん, かわいらしいお, さけで, つな, もての, やりなさい, よしなさいよ, 上がりと, 世継ぎ願いの, 任せ下さいますか, 使いなさいと, 医者様は, 取次の, 可愛いいこと, 品が, 品さんどうか, 品さんほどの, 園は, 墓には, 夏さんは, 大切に, 大名でこそ, 姉さまは, 姉様は, 嫁さんへは, 察し下さい, 察し申し上げます, 師匠さま今度の, 忙しいの, 怒りには, 手間は, 才は, 探しを, 敏は, 月様の, 柳という, 椀の, 武家さんの, 気の毒でした, 気の毒な, 父上様の, 父様, 父様あんなに, 父様と, 父様は, 登和さん, 聞下さい, 蝶さんの, 角さんも, 角の, 諏訪様が, 這入りに, 酒が, 銀様の, 鶴の

▼ でしょうこの~ (52, 0.8%)

2 人は, 頃は

1 [48件] あたりは, おすすめに, お姫さまが, お手紙, お方, お砂糖, かたは, しんとして, ような, パントウッフル, 一件が, 事を, 二日の, 人の, 出来事を, 分じゃ, 判断は, 前探査, 半歳か, 呪いが, 国で, 外を, 奇蹟に, 子, 実験動物は, 室は, 手紙は, 暮に, 村において, 点だけは, 田舎家の, 町では, 白骨を, 目鼻立ち殿様に, 私です, 私と, 私は, 綱を, 老人と, 見地から, 謀は, 辺の, 閑さは, 頃に, 頃の, 頃わたしは, 頃又, 風呂敷が

▼ でしょうけど~ (47, 0.7%)

3 あたしの

1 [44件] あたいお, あたしたち横須賀な, あたしは, あちきは, いまあ, おことわり, おつき合い, お父様, こ, ここへ, このまま, これで, これを, しかし祖父さん, そんなにお, ちょっとあれ, でもあなた, でも二人, でも眠られぬ, まったく神山東洋氏, アイネス嬢, デマを, 一日中の, 何だか極り, 光子さんは, 地方なんか, 実は向う, 実際は, 小説などに, 柚子怖がらず, 残されたあたし, 泣き声を, 男の, 百本もの, 神月と, 私は, 私達の, 自分で, 自分の, 誤解される, 誰だって, 誰も, 遺品を, 飯島の

▼ でしょう~ (46, 0.7%)

3 屹度

1 [43件] あああいや, あの三郎様, あの方, がそれ, きっとねえ, これは, しっかりし, そいつを, そいで, そうし, その霧, たかが雑貨店, ちょっと現代風, なあにあれは, なにしろあの, なにしろ強か, なにしろ私, なまけものだ, ねえ, はあ, はじめの, ふびんな, ほかの, よくは, 今晩は, 何しろそれ, 先生, 凄いとも, 刃物で, 口から, 口では, 天女から, 思いきって, 昔の, 池から, 決闘などは, 流行社会の, 片耳ない, 石原の, 神田川だって, 私は, 色が, 親分

▼ でしょう~ (40, 0.6%)

9

1 [31件] あなた, あなたが, あの時青山さん, あの獲物, あんまりあの, うれい顔, お嬢さんの, こちらなんかには, この花嫁花婿, こんなこと, ごく頭, その男, それから薬師寺, それで, だ何, どうせ大した, なかなかきわどい, なかなか理性的, ようが, わたくしも, アそうすると, アー, テッド博士, ヴラジーミル・ペトローヴィチ, 五六人それとも, 何でも, 併し, 勿論, 園田さん, 林は, 雪舟その他一二を

▼ でしょうそう~ (35, 0.5%)

2 して, じゃなくっ, では, なれば, 云って

1 [25件] あつかっても, いって, したらこれ, してこそ, じゃありません, じゃない, じゃなく, でございますか, でしょうと, でしょうとも, ですとも, でないと, でなくたって, でなくちゃ, でもしなけれ, なの, やって, 云われましても, 思う, 思えば, 思って, 皆云っ, 私に, 考えて, 覚えて

▼ でしょうわたし~ (34, 0.5%)

1 [34件] がここ, がこんな, が傍, が自宅, が見, だってこれ, だって張店, でなければ, という女, とし, ならば, になんぞ用, にはあの, にはよく, にはわからない, のこころ, の名, の掌, の親類, の雇人, の面, の頼み, はそう, はそんな, はまだ, は弁信さん, は怖くっ, は毎日, は父, まだ恨み足りない, もそれ, も不幸, を頼ん, 淋しくなる

▼ でしょう~ (33, 0.5%)

1 [33件] いっこう気, お品物, お疲れ, ここへ, この仕事, これだけの, これを, すこしもこわれません, そうなる, その金満家, それを, そんな勇敢, たとえ都, つれないあの, どうぞお, なぜこの, ひどい, ほんとににくらしい, よく手紙, 今頃御, 利口な, 却って指, 彼は, 手向いを, 早くあけよう, 時にこの, 母は, 毎日お, 気が, 神仏という, 私から, 自分だけ, 見物は

▼ でしょうあなた~ (32, 0.5%)

5 のお

1 [27件] がいらし, がさっき, がちゃあん, その菊子さん, どうでしょう, なまじいあの, には, にもうすこし, に病気, に祝福, のよう, の体, の耳, の雷相当, は, はお山, はこの, はその, はそんな, はね, は御, は生, は身勝手, は黙っ, ほどの方, を大変, を深く

▼ でしょうこれ~ (32, 0.5%)

2 は, は見る

1 [28件] がね殿様, が昔, が源十, が跛足, でしょう, では不在証明, で御飯, というの, なら, はあなた, はいったい, はさっきそちら, はどう, はねモウセンゴケ, はほんとう, はコツ, は何, は先生, は千秋, は即ち, は私, は肥った, は部数, までに二度, も呻き, も御, を私, を読ん

▼ でしょうあれ~ (29, 0.4%)

3

1 [26件] からまだ, がたいへん, がなくなった, がまア, が一日, が清月楼, でいい, でもうすっかり, ならありますとも, はあぶない, はずっと, はもと, はパーマース・シップ, は不思議, は信用, は南京豆, は殺人的, は毛虫, ほど泰平雍和, もゆう, も区別, よりもこの, をお, をしっかり, を愛用, 本当ね

▼ でしょうだから~ (29, 0.4%)

2 晩に

1 [27件] あっしも, あなたは, お会い, お前は, このひと, この作文, こんどは, すこしは, その石, つまりは, ね, 亀田の, 会う必要, 何だかごたごたに, 初め目が, 化けられたら何時, 受け取る権利, 変な, 子供だ, 小説は, 後ろの, 私, 私は, 蛇だって, 雨が, 面白いわね, 駄目よ

▼ でしょうという~ (29, 0.4%)

2 ことに, ような

1 [25件] ことだった, ことで, ことでした, ことも, ときは, ところから, ところに, のおじさまあたいも, のである, のです, のは, ふうに, キュリー夫人の, プチュンの, 千谷さんに, 問いを, 問題に, 家主の, 挨拶を, 気分が, 答である, 者も, 返事です, 類である, 風の

▼ でしょうそして~ (27, 0.4%)

2 それは

1 [25件] あなたがたは, あなたは, かわゆいでしょう, こんな風, そういう話, そのまま音沙汰, その原子, その水, その男, それが, それなら, ほうにん, ブランカが, 一方に, 原子爆撃僕たちにとっては, 彼の, 文学です, 時々そっと横, 男らしく私, 私どもに, 羽子を, 行って, 雷でしょう, 頭の, 麻の

▼ でしょうとも~ (23, 0.3%)

1 [23件] あなたには, いいお, お前さんは, そういちいち鬼, それが, それです, どうせあっし, どこかの, もうすっかり春, シュピネルさん, 云った, 何か, 思います, 思いますが, 思いますけれど, 昨夜からの, 書いて, 神前に, 私だって, 私は, 貴女の, 貴女は, 連歌の

▼ でしょう~ (22, 0.3%)

1 [22件] あの木挽小屋, おっしゃったこと, では勝次郎, でも人気, になおし, のお, の世間, の人, は, はまだ少し, は惜しい, までお, までになかっ, まで耐ら, まで青あお, まで静か, 下らない噂, 光ったの, 着いたの, 石粉を, 見ると, 通ったって

▼ でしょうねえ~ (21, 0.3%)

1 [21件] い, そうじゃ, そうでしょう, そう思わない, なんだかむかむか, ほんとに, また悪友, クンツ, フレッド, 上手でしょう, 二十五ルーブリぐらい, 何でも, 太夫さん親方さん今そこで, 心中でしょう, 悪いわ, 東助さん, 私が, 艇長, 親方さんどう, 雄々しい良人, 雷鳴には

▼ でしょう~ (21, 0.3%)

1 [21件] うなすった, かあったら, かお, かささやき合っ, かそれ, かの象徴, かまた, かまっか, か互に, か御, か気, か細かい, すこぶる別嬪, てうれしい, でしょう, でも望み通り, と云っ, の匂い, の関係, はともあれ, もおっしゃらず

▼ でしょう~ (19, 0.3%)

1 [19件] がペン, が会社, が坊さん, でさえそんな, と貴様, にはわからん, のすぐ, のよう, の傷, の出産届, の心, の心持, の社, はその, はそんな, はまた, は知らん振り, もこんなに, 踊りたくなったと

▼ でしょうかね~ (17, 0.2%)

1 [17件] えったっ, それともお互い, ついこんな, もし房州通い, わかりませんよ, ダーシェンカ, ホシの, 全くわかりません, 大丈夫な, 宗門の, 弟も, 明日の, 無暗に, 皆さん, 神様, 罪も, 親分

▼ でしょうそんな~ (17, 0.2%)

2 ことは

1 [15件] ことの, ことを, こと私たちには, せせこましいりょうけん, もんじゃ, ような, わけで, んです, 家で, 引込思案を, 心持に, 恥かしい, 悪口を, 無茶を, 筈は

▼ でしょうもう~ (16, 0.2%)

1 [16件] おやすみなさい私, お出来, お夕食, 一人は, 一歩で, 何年も, 十分すぎよ, 安心なさい, 日が, 書きもの, 浜地と, 発田さんの, 目が, 私に, 貴下は, 買って

▼ でしょうしかし~ (15, 0.2%)

1 [15件] おそく花, かれら, これは, そのじりじり, それは, たしかにあれ, もう大丈夫, 一時に, 僕の, 吉屋信子なんか, 大川では, 特長は, 生活の, 神経は, 色彩は

▼ でしょう~ (15, 0.2%)

1 [15件] 一しょに, 上りなさい, 主人の, 便殿なども, 姉さまは, 安心なさい, 教訓によって, 様子を, 気の毒さまね, 異存は, 病気は, 祖父さんが, 老女様でしょう, 自分が, 近所なら

▼ でしょうこんな~ (14, 0.2%)

1 [14件] いい室, ことを, のが, のは, わたくしに, 小さい人, 弱い体, 方とは, 日には, 星は, 朝, 標語を, 穢い恰好, 脆弱い女一人

▼ でしょうでも~ (13, 0.2%)

2 私は

1 [11件] きょうは, これなら, しかたが, ずるいん, その裾, それより, それ以上とか, みんなは, キスする, 万一私, 十一時迄ね

▼ でしょうねと~ (13, 0.2%)

1 [13件] おもむろに口, そう云う, 云い出した伸子, 云って, 他人事みたい, 尋ねて, 彼が, 曖昧な, 疑う余地, 目から, 聞いた, 貞之助が, 頭上から

▼ でしょう~ (12, 0.2%)

2 は私 1 が何れ, のタチバナ, の仕業, の新造, の目, は, は何故, は子供, は手, を囲ん

▼ でしょうがね~ (11, 0.2%)

1 [11件] あの近所, これは, さあそう, そいつへ, それによって, 三十にも, 五六年前に, 何か, 只の, 夜汽車は, 私なんざあもう

▼ でしょうこう~ (11, 0.2%)

2 やって 1 いったよう, いった道中, して, なん, 云う処, 小股の, 指の, 見えても, 長くなっ

▼ でしょうここ~ (11, 0.2%)

1 [11件] でも一, にきめよう, にこういう, に集まっ, の人, の大使館, は, は僕, は樹木, へ, へいらっしゃる

▼ でしょうまだ~ (10, 0.1%)

1 あとが, つきませんまさか, 一年半から, 一番鶏なんて, 一般の, 何かに, 十二時には, 妙味を, 生き返る見込み, 紛々と

▼ でしょうそこ~ (9, 0.1%)

1 からまた, に, には二匹, の床, は二階, は明る, までの道楽気, まで送っ, をきい

▼ でしょうって~ (9, 0.1%)

1 そう言っときました, 云ったでしょう, 云ったら, 云われれば, 書いて, 目白へ, 私たちきいたでしょう, 言うのに, 首を

▼ でしょうとか~ (8, 0.1%)

1 いけませんとか, いろいろ芹川さん, やがてお, 何とかまあ答える, 慰めの, 自分でも, 言うの, 誠に以

▼ でしょうもし~ (8, 0.1%)

2 私が 1 いいん, よめたら面白い, ホクロとれ, 何か, 俺が, 来て

▼ でしょう~ (8, 0.1%)

1 どうぞこっち, まともに, キットかんべんし, 左様なら, 帰っちゃ, 後生だ, 来たって, 虎は

▼ でしょうあんな~ (7, 0.1%)

1 ことばかり, よい趣味, 処, 変な, 嫌な, 無邪気な, 酒の

▼ でしょうあんなに~ (7, 0.1%)

2 光って 1 なっても, 仲よしだった, 太陽が, 波が, 落着いた

▼ でしょういい~ (7, 0.1%)

1 ですわねえ, よう, わそん, わねえ, 人の, 焔を, 茶碗一つ焼く

▼ でしょう~ (7, 0.1%)

1 もっともです, 一しょに, 上人様と, 奉行職から, 心労も, 愛嬢を, 挨拶ね

▼ でしょうそういう~ (7, 0.1%)

1 ことも, とき少く, ので, 女だって, 美しさ, 表現は, 部分追

▼ でしょうだって~ (7, 0.1%)

1 あれで, どんな仕事, 二階は, 四五日前から, 宵の, 父が, 獣は

▼ でしょうなんて~ (7, 0.1%)

1 あっさり撃退, あんまり思, ことを, ずるいん, そう言います, アラはずかしい, 醜いでしょう

▼ でしょうのに~ (7, 0.1%)

1 お気の毒, お銀様, たまたま坊ちゃん, どうなすった, 相談も, 私とても, 運八の

▼ でしょう~ (7, 0.1%)

21 てそう, てそれ, てね, て大屋さん, て寝坊

▼ でしょう~ (7, 0.1%)

1 がちがい, が乗りまし, のせい, のつよい, の知れない, をつけ, をつける

▼ でしょう自分~ (7, 0.1%)

1 が一睡, では気がつかない, で食べる, にとっても, に向っ, の一生, の望ん

▼ でしょう貴方~ (7, 0.1%)

1 がカバン, この妓, などは才智, には是, の来た, もっと私, をへこませる

▼ でしょうああ~ (6, 0.1%)

1 いうこと, いうメカニカル, いう工合, うっとりし, そうです, マルコが

▼ でしょうかという~ (6, 0.1%)

1 ことです, のが, のであった, 意味が, 意味を, 質問を

▼ でしょうきっと~ (6, 0.1%)

1 そうしてお, その池田屋さん, 林さんの, 誰にも, 通な, 隠して

▼ でしょうそうして~ (6, 0.1%)

1 あかチャンの, あなたは, いつごろ出かけ, また沈むでしょう, 持物を, 身なりを

▼ でしょうそれで~ (6, 0.1%)

1 そのたび, 僕は, 妾売った, 小説家だの, 極まりが, 自分の

▼ でしょうただ~ (6, 0.1%)

1 さえ, どうか穏やか, どうしたら生める, 木で, 賢い作品, 顔を

▼ でしょう~ (6, 0.1%)

1 には親切, の見放した, を入, を馬鹿, 去り時, 斬り健吉

▼ でしょう今日~ (6, 0.1%)

1 でもう, の流行, はご, は一つ, は十二月二十八日, は開放

▼ でしょう~ (6, 0.1%)

2 のもの 1 にいれ, の礼, は, へ往きゃ

▼ でしょう少し~ (6, 0.1%)

1 はあの, は身体, やって, 声が, 御仲間入り, 狐顔で

▼ でしょう早く~ (6, 0.1%)

1 お休みなさい, この不吉, して, も大振り, やすみましょう, 召上れ

▼ でしょうあたし~ (5, 0.1%)

1 がいなく, ってこんな, ですよ, は幸福, 嬉しいわ

▼ でしょううち~ (5, 0.1%)

1 には私一人, の柿, の火, の門, へ遊び

▼ でしょうからね~ (5, 0.1%)

1 だがそれ, まあ諦める, 横から, 正餐が, 踊りと

▼ でしょうさあ~ (5, 0.1%)

1 あたいが, いい子, いらっしゃい, 大変みんな滅茶苦茶に, 早くいらっしゃい

▼ でしょうそれに~ (5, 0.1%)

1 あの方, イワン兄さんだって, 同商売忌敵, 私などと, 近頃よく四万四万

▼ でしょうちょい~ (5, 0.1%)

1 と, とそこら, との間, と待っ, と放します

▼ でしょうつい~ (5, 0.1%)

2 私は 1 前を, 犠牲に, 鼻の

▼ でしょうですから~ (5, 0.1%)

1 あたしここから, ここへ, 今年は, 目録つくれない, 私は

▼ でしょうところが~ (5, 0.1%)

1 おきの, その御大病, どうして私, 女って, 花は

▼ でしょうとても~ (5, 0.1%)

1 お登和さん, だめです, 小国作家の, 居つくもの, 幽邃の

▼ でしょうとにかく~ (5, 0.1%)

1 多く不足, 女の, 婚約者に, 弾くという, 生活は

▼ でしょうどうせ~ (5, 0.1%)

2 当節の 1 あなただっても, 一週間ばかり, 本当の

▼ でしょうどうぞ~ (5, 0.1%)

1 うまい工夫, おかえりを, お願いです, その顔, 御心配

▼ でしょうどうも~ (5, 0.1%)

1 お辞儀の, この辺, 人じゃ, 惨めな, 此の

▼ でしょうどんな~ (5, 0.1%)

1 品を, 悪いヴァイオリン, 立派な, 苦杯を, 身の

▼ でしょうなと~ (5, 0.1%)

1 ウヌボレの, 念を, 私の, 聞きたくて, 聞くと

▼ でしょうほら~ (5, 0.1%)

1 あの生簀, ねここ, へんなお, 日清戦争の, 足で

▼ でしょうほんとに~ (5, 0.1%)

1 あれこそ, かわいいこと, 好いこと, 眼の, 自分の

▼ でしょうよく~ (5, 0.1%)

1 これだけ, わかんの, 中野や, 口笛を, 合本と

▼ でしょう今夜~ (5, 0.1%)

1 の騒ぎ, はここ, は僕, は十六日, は藤屋

▼ でしょう今度~ (5, 0.1%)

1 の事件, はまた, は全体そう, は戻っ, は老松

▼ でしょう先生~ (5, 0.1%)

1 この娘, の事, 子曰, 至極妙策, 食うもの

▼ でしょう~ (5, 0.1%)

1 だから, に反し, に外, や是, よりは何故直に

▼ でしょう~ (5, 0.1%)

21 が見えない, をつぶっ, を白黒

▼ でしょう私たち~ (5, 0.1%)

1 の考えかた, はその, は何, は泳ぎ, は皆

▼ でしょう~ (5, 0.1%)

1 かこの, だか, でしょう御, にでもやさしく, も助け

▼ でしょう~ (5, 0.1%)

1 から水, にかぶさる, はうつろ, を下げる, を擡げた

▼ でしょうあたい~ (4, 0.1%)

1 とムク, のこと, の言う, も見

▼ でしょうあなた様~ (4, 0.1%)

1 なんぞは立派, には妾, に成代, の御

▼ でしょうあんた~ (4, 0.1%)

1 がた, だって, と彦太郎, はね

▼ でしょうあんまり~ (4, 0.1%)

1 人間見た, 残念で, 物数いわれません, 話させると

▼ でしょういつも~ (4, 0.1%)

1 こんなでいらっしゃる, の足音, の部屋, 肩だ

▼ でしょうかしら~ (4, 0.1%)

1 しかし能, 株の, 私が, 華月堂という

▼ でしょうかとか~ (4, 0.1%)

1 そうでしょう, そんなもん, 答えるだけ, 答えるん

▼ でしょうからと~ (4, 0.1%)

1 さも感心, そう貞之助, 思われまして, 直ぐ引っ込め

▼ でしょうこういう~ (4, 0.1%)

1 のは, 日常の, 歴史の, 軍人教育者実業家などが

▼ でしょうこと~ (4, 0.1%)

2 なしに 1 なし再び, をくり返しくり返し

▼ でしょうこりゃ~ (4, 0.1%)

1 アそうでしょう, 少く見えた, 死んだ魂, 江戸の

▼ でしょうこれから~ (4, 0.1%)

1 およみ, 一つ私を, 官庫の, 殿様の

▼ でしょうちょっと~ (4, 0.1%)

1 あれみたよう, 寄って, 片膝, 立ちつくしたが

▼ でしょうとは~ (4, 0.1%)

1 云ったが, 思いますが, 情ない十兵衛, 誰にも

▼ でしょうなどと~ (4, 0.1%)

1 云うの, 仰有り変, 夫人得意であった, 書いて

▼ でしょうまあ~ (4, 0.1%)

1 お徳さん, ようこそ, 天気が, 当分はという

▼ でしょうまた~ (4, 0.1%)

1 のところ, 砂土が, 葬式一切の, 追

▼ でしょうやっぱり~ (4, 0.1%)

1 お母さんの, お芳, 何町の, 風邪も

▼ でしょうよと~ (4, 0.1%)

1 云って, 店の, 答えて, 言って

▼ でしょう二人~ (4, 0.1%)

1 でね, には同郷, はとうとう, 小さい女の子

▼ でしょう即ち~ (4, 0.1%)

2 月は 1 此一本は, 血を

▼ でしょう~ (4, 0.1%)

1 ですね, に今年, に腕達者, ね

▼ でしょう~ (4, 0.1%)

1 と一緒, のため, は大して, 除けの

▼ でしょう御免~ (4, 0.1%)

3 なさい 1 なさいね

▼ でしょう日本~ (4, 0.1%)

1 が勝つでしょう, のこと日本, のもの, の切手

▼ でしょう~ (4, 0.1%)

1 からの伝説, の人, はこんな, 馴染みてえので

▼ でしょう~ (4, 0.1%)

1 はいかが, はずっと, もない, 出ますか

▼ でしょう~ (4, 0.1%)

1 だって猫, はあの, は項, もいるでしょう

▼ でしょう貴君~ (4, 0.1%)

1 がご存じ, だって貴君, はそこ, は自尊心

▼ でしょう~ (4, 0.1%)

1 が好き, が降ったら, になり, にぬれ

▼ でしょうあすこ~ (3, 0.0%)

1 からこっち, のどこ, の左側

▼ でしょういくら~ (3, 0.0%)

1 ユリは, 貴夫だって, 遊んで

▼ でしょういつ~ (3, 0.0%)

1 でも引っ越し, になく, までも湿

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 へへへへ貴方, 御覧に, 政子さん

▼ でしょうおなか~ (3, 0.0%)

1 でくたびれ, の方, は揉まれた

▼ でしょうお父さん~ (3, 0.0%)

1 は知っ, もお母さん, やお母さん

▼ でしょうお雪ちゃん~ (3, 0.0%)

1 とよく, に教える, のする

▼ でしょうかって~ (3, 0.0%)

1 それを, 他の, 聞いて

▼ でしょうかねえ~ (3, 0.0%)

1 あの何とか, 先生さまあ, 胸が

▼ でしょうかも~ (3, 0.0%)

1 ないもん, 一つつき込ん, 一人の

▼ でしょうがと~ (3, 0.0%)

1 いって, 挨拶せざる, 自分に

▼ でしょうきっとそう~ (3, 0.0%)

2 です 1 だあなた

▼ でしょうけども~ (3, 0.0%)

1 この間此浦塩を, 心の, 辛棒し

▼ でしょうこんど~ (3, 0.0%)

1 はどこ, よくなったら, 起きた時

▼ でしょうこんなに~ (3, 0.0%)

1 ほかほかと, 多くの, 太いん

▼ でしょうそこで~ (3, 0.0%)

1 山に, 私が, 自分たちが

▼ でしょうそちら~ (3, 0.0%)

1 に重点, は, よりは食物

▼ でしょうそれなら~ (3, 0.0%)

1 一番安全です, 何遍も, 貴様は

▼ でしょうそんなに~ (3, 0.0%)

1 御本, 素気なく, 謙遜る

▼ でしょうたしかに~ (3, 0.0%)

1 そのはず, 落ちたはず, 見直したもう

▼ でしょうだんだん~ (3, 0.0%)

1 岩が, 時代が, 曲って

▼ でしょうちょうど~ (3, 0.0%)

1 わたしたちに, 右腕の, 橋が

▼ でしょうでは~ (3, 0.0%)

1 どうかお, もう日, 何とあれ

▼ でしょうとの~ (3, 0.0%)

1 こと, ことです, 言葉に

▼ でしょうどんなに~ (3, 0.0%)

21 模型を

▼ でしょうなあ~ (3, 0.0%)

1 この子, こんな物, 戦に

▼ でしょうなにしろまだ~ (3, 0.0%)

2 十九か 1 お若い

▼ でしょうなん~ (3, 0.0%)

1 しろあの, だいそんな, の罪

▼ でしょうなんだか~ (3, 0.0%)

1 あなたが, 仔細らしく, 遠い旅

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 へいまさら, へへへ, エ

▼ でしょうぼく~ (3, 0.0%)

1 にできない, はその間, をやらし

▼ でしょうまるで~ (3, 0.0%)

1 小説そっくり, 生きて, 見当が

▼ でしょうもの~ (3, 0.0%)

1 に順序, ね, を今更

▼ でしょう一人~ (3, 0.0%)

1 じゃ露地, の方, の男

▼ でしょう両方~ (3, 0.0%)

1 の腕, の親御さんたち, へくち

▼ でしょう何しろ~ (3, 0.0%)

1 半之丞は, 私は, 話が

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 の, の浜田, の男

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 に角, に角一休み成, もすれ

▼ でしょう全く~ (3, 0.0%)

1 お可哀想, ないの, 見えなくなりました

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 いつか行っ, 御悪い, 本当にのぞき

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 い気味, い気味だ, 恐い裾長

▼ でしょう可哀そう~ (3, 0.0%)

1 でございますの, な一心さ, に

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 ならぬ大原さん, の光, へ出る

▼ でしょう大きな~ (3, 0.0%)

1 桶に, 石が, 鍋が

▼ でしょう大丈夫~ (3, 0.0%)

1 ですか, ですよ, よ

▼ でしょう失礼~ (3, 0.0%)

1 します, じゃありません, ですが

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 にしげしげ, に大きな, に飛び起き

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 をかし, を読ん, 月末のが

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 がいれ, がまばら, の丸殿

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 と男, はどこ, ばっかり上

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 一に, 一書房の, 二が

▼ でしょう蜘蛛~ (3, 0.0%)

1 が畳, の血, は手

▼ でしょう随分~ (3, 0.0%)

1 何だ, 智慧の, 珍らしいでしょう

▼ でしょう~ (3, 0.0%)

1 が変, の色, はむら

▼ でしょうあいつ~ (2, 0.0%)

1 あ一筋, だけを下船

▼ でしょうあそこ~ (2, 0.0%)

1 からで, よ

▼ でしょうあと~ (2, 0.0%)

1 は皆健在, は草履

▼ でしょうある~ (2, 0.0%)

1 夜私は, 種の

▼ でしょういきなり~ (2, 0.0%)

1 あのネフスキイ通り, 大きな鎌首

▼ でしょういくらか~ (2, 0.0%)

1 せかれて, 長くひっぱる

▼ でしょういったい~ (2, 0.0%)

1 独り者なんて, 誰でもが

▼ でしょういつぞや~ (2, 0.0%)

1 あなたが, 白馬ヶ岳の

▼ でしょういま~ (2, 0.0%)

1 の末広, までの明るい青い

▼ でしょういや~ (2, 0.0%)

1 余り過ぎて, 冗談でなく

▼ でしょうおじいさん~ (2, 0.0%)

1 どうなすった, はおりよう

▼ でしょうおばさん~ (2, 0.0%)

1 の方, はあの

▼ でしょうお客様~ (2, 0.0%)

1 がみんなサロン, も宿

▼ でしょうお母さん~ (2, 0.0%)

1 におねがい, のお

▼ でしょうかえって~ (2, 0.0%)

1 この通り, 私が

▼ でしょうかな~ (2, 0.0%)

1 ア, 親分さん

▼ でしょうかなと~ (2, 0.0%)

1 云って, 自答

▼ でしょうかなどと~ (2, 0.0%)

1 云った, 自分ながら

▼ でしょうかに~ (2, 0.0%)

2

▼ でしょうかわいそう~ (2, 0.0%)

1 といえ, に

▼ でしょうかを~ (2, 0.0%)

1 母に, 聞いた時

▼ でしょうがねえ~ (2, 0.0%)

1 その中, 今の

▼ でしょうきょう~ (2, 0.0%)

1 は久しぶり, は見事

▼ でしょうけれどもね~ (2, 0.0%)

1 僕らは, 雪一条土塀と

▼ でしょうこっち~ (2, 0.0%)

1 の都合, もいくらか

▼ でしょうこのごろ~ (2, 0.0%)

1 になっ, は金

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 アどうぞ, ア今日は

▼ でしょうさき~ (2, 0.0%)

1 に帰った, へ行っ

▼ でしょうしばらく~ (2, 0.0%)

1 すると, 返辞も

▼ でしょうすぐ~ (2, 0.0%)

1 何か, 外は

▼ でしょうすこし~ (2, 0.0%)

1 はお, 深くて

▼ でしょうそっくり~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ でしょうその後~ (2, 0.0%)

1 で家, はなんだか

▼ でしょうそら~ (2, 0.0%)

1 あのチチコフ, 幽霊が

▼ でしょうそりゃ~ (2, 0.0%)

1 アおかしい, 不足税を

▼ でしょうそれから~ (2, 0.0%)

1 お延さん, 武男が

▼ でしょうそれとも~ (2, 0.0%)

1 そとのは, 大森

▼ でしょうそれほど~ (2, 0.0%)

1 の, 強いの

▼ でしょうだが~ (2, 0.0%)

1 その自分, 今は

▼ でしょうちゃんと~ (2, 0.0%)

1 したそして, 来て

▼ でしょうつまり~ (2, 0.0%)

1 植物と, 欺かれるの

▼ でしょうどう~ (2, 0.0%)

1 しようも, 考えても

▼ でしょうどうして~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 金魚の

▼ でしょうなぜ~ (2, 0.0%)

1 ですか, なら

▼ でしょうなぜなら~ (2, 0.0%)

1 中国の, 私は

▼ でしょうなど~ (2, 0.0%)

1 いうを, 傍の

▼ でしょうなに~ (2, 0.0%)

1 よりの証拠, 言って

▼ でしょうなんと~ (2, 0.0%)

1 いう知識, いう腹立ち

▼ でしょうにわかに~ (2, 0.0%)

1 ハンドルを, 表の

▼ でしょうねエ~ (2, 0.0%)

1 あたしも, キット

▼ でしょうひとり~ (2, 0.0%)

1 でさびしく, の暴徒

▼ でしょうひどく~ (2, 0.0%)

1 反感を, 変ったこと

▼ でしょうほか~ (2, 0.0%)

1 の人, の雌雄

▼ でしょうほんとう~ (2, 0.0%)

1 に違いません, は豪傑

▼ でしょうまず~ (2, 0.0%)

1 こういうふう, 熱いお茶

▼ でしょうやがて~ (2, 0.0%)

1 全快し, 私には

▼ でしょうよう~ (2, 0.0%)

1 ございました, ございますか

▼ でしょうよしんば~ (2, 0.0%)

1 登る人, 苦痛一杯でも

▼ でしょうよそ~ (2, 0.0%)

1 のお, の知らない

▼ でしょうりっぱ~ (2, 0.0%)

1 なイス, な美しい

▼ でしょうわたしたち~ (2, 0.0%)

1 の身の上, 知って

▼ でしょうホント~ (2, 0.0%)

2

▼ でしょう一寸~ (2, 0.0%)

1 ほかに, 叡山参詣は

▼ でしょう一度~ (2, 0.0%)

1 お見, に狼狽

▼ でしょう一方~ (2, 0.0%)

1 の林, は天真爛漫

▼ でしょう一緒~ (2, 0.0%)

1 にわたし, に往きたい

▼ でしょう丁度~ (2, 0.0%)

1 ああ言った, その位

▼ でしょう不思議~ (2, 0.0%)

1 でしょう, と思った

▼ でしょう不意~ (2, 0.0%)

1 に来, に自分

▼ でしょう世間~ (2, 0.0%)

1 にこんな, の人ッ

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 を目, 房から

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 は何, れは

▼ でしょう五時~ (2, 0.0%)

1 から涌谷, なら何時もぽかんと

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 っとも智恵, とは精分

▼ でしょう人生~ (2, 0.0%)

1 にはどっさり, は嘘

▼ でしょう人間~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の生活

▼ でしょう今年~ (2, 0.0%)

1 の夏, は

▼ でしょう今朝~ (2, 0.0%)

1 は, までグッ

▼ でしょう伊之助さん~ (2, 0.0%)

1 あの禰宜さま, こんなところ

▼ でしょう何とか~ (2, 0.0%)

1 あなたと, して

▼ でしょう何ん~ (2, 0.0%)

1 か心当り, のこだわり

▼ でしょう何故~ (2, 0.0%)

1 なら彼, なら書籍

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 だと, のため

▼ でしょう先方~ (2, 0.0%)

1 でもし, は

▼ でしょう全然~ (2, 0.0%)

1 密閉された, 裸に

▼ でしょう其所~ (2, 0.0%)

1 に, のところ

▼ でしょう初め~ (2, 0.0%)

1 のうち, 何だか嬉し

▼ でしょう利口~ (2, 0.0%)

1 だと, は悧口

▼ でしょう勿論~ (2, 0.0%)

1 山村は, 雌も

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 神道って, 綿打直

▼ でしょう同じ~ (2, 0.0%)

1 名前です, 毛細管の

▼ でしょう向こう~ (2, 0.0%)

1 のお, のまがり

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 がいろんな, はこれ

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 が明ける, になろう

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 年増に, 文学という

▼ でしょう太刀~ (2, 0.0%)

1 と虎鋏, は勿論

▼ でしょう奥さん~ (2, 0.0%)

1 お登和さん, ですが

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 の力, 逃げられましょうか

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 の病気, は私

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 を生, を産む

▼ でしょう子供~ (2, 0.0%)

1 がいたずら, を生み

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 では先日, に居りまし

▼ でしょう実に~ (2, 0.0%)

1 お気の毒さま, 面白うげす

▼ でしょう実際~ (2, 0.0%)

1 は半分半分, 膏汗も

▼ でしょう宿~ (2, 0.0%)

1 の男ふたり, へは電話

▼ でしょう小説~ (2, 0.0%)

1 でないから, をお

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 のよう, の主

▼ でしょう当然~ (2, 0.0%)

1 マラルメの, 来るべきこと

▼ でしょう心配~ (2, 0.0%)

1 で最う, はありますまい

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 にゃ念, のため

▼ でしょう怖い~ (2, 0.0%)

1 ことね, わわたし

▼ でしょう怪しい~ (2, 0.0%)

1 って事, のは

▼ でしょう悠々~ (2, 0.0%)

1 たり千里, として陣屋

▼ でしょう支那~ (2, 0.0%)

1 などでも夢, の美人

▼ でしょう旦那~ (2, 0.0%)

1 は, 出たらきっと

▼ でしょう昨日~ (2, 0.0%)

1 は大変, までの瑪瑙

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 は何, は外

▼ でしょう時々~ (2, 0.0%)

1 ああこれ私, 立止まっ

▼ でしょう暫く~ (2, 0.0%)

1 して, 待って

▼ でしょう本当に~ (2, 0.0%)

1 ひどいわ, 恐ろしい

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 はなく, をうたっ

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 の通りゴタ, の通り無事

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 は早く, は閉じた

▼ でしょう歴史~ (2, 0.0%)

1 の喰い, の大

▼ でしょう気の毒~ (2, 0.0%)

1 な夫, に

▼ でしょう気味~ (2, 0.0%)

1 がわるく, のわるい

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 っぷちでうつ伏せ, の黒

▼ でしょう火事~ (2, 0.0%)

1 でも有りゃ, は家

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 して, でしょう尊敬

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 のなか, をぱちくり

▼ でしょう真実~ (2, 0.0%)

1 だろうと, に宗蔵

▼ でしょう立派~ (2, 0.0%)

1 な伽藍, な紳士

▼ でしょう素より~ (2, 0.0%)

1 夏子の, 現場も

▼ でしょう綺麗~ (2, 0.0%)

1 な, ね

▼ でしょう罪人~ (2, 0.0%)

1 として縛られる, ならざるもの

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 の交わり, の油

▼ でしょう肉体~ (2, 0.0%)

1 に対してだって谷崎, のよろこび

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 で渡る, は知らぬ

▼ でしょう若し~ (2, 0.0%)

1 何うし, 彼が

▼ でしょう苦痛~ (2, 0.0%)

1 の表情, を軽んずる

▼ でしょう貴女~ (2, 0.0%)

1 なんかハイカラさん, は先刻承諾

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 がある, のある

▼ でしょう銭形~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 の中, の向こう

▼ でしょう電信柱~ (2, 0.0%)

1 に倚, に寄り掛かっ

▼ でしょう~ (2, 0.0%)

1 がなく, の唸り

▼ でしょう馬鹿~ (2, 0.0%)

1 と言い, ねえ王様

▼ でしょう高い~ (2, 0.0%)

1 ところに, ところの

▼1* [1161件]

でしょう〆切なんて, でしょうたくしの, でしょうあいにく私たちが, でしょうあしたの晩月, でしょうあっしにはまるで, でしょうあっちへ行く, でしょうあっちこっちで吠え廻っ, でしょうあっという間もなく, でしょうあっと言う間に二少女は, でしょうあと二百八十枚ぐらいあります, でしょうあながち小鹿様の, でしょうあなたたちの直系, でしょうあなたわたくしを離別, でしょうあぶないものです, でしょうあまりおどかさないで, でしょうありのままのお話, でしょうあんな大きな鳥は, でしょうあんまりこうやって, でしょうあゝお気の毒な, でしょういかようにも愚僧, でしょういくに尋ねる, でしょういくつぐらいに見えました, でしょういくとおりもの家並, でしょういくら罪ある者, でしょういずれにせよ, でしょういっそ金沢を, でしょういつかえるったって, でしょういつのまにのぼったか, でしょういつの間にか姿を, でしょういま鼻寺を出た, でしょういろんな国々では, でしょううそをつく, でしょううとうととし, でしょううまい物などは, でしょううまくいかなくても, でしょうええいまでも, でしょうおいしいおいしいぶどう酒が, でしょうおいらは旅, でしょうおかあさんこの女, でしょうおかけなさいましお腹, でしょうおかげでまんまと, でしょうおかしいじゃない, でしょうおかみさんとのこと, でしょうおし迫って, でしょうおじさまに厭, でしょうおじさん何か悪い, でしょうおとといの晩, でしょうおとなにお話, でしょうおとなしく聞いて, でしょうおばあさんどんなにし, でしょうおばさまが呼ん, でしょうおばさまキスしましょう, でしょうおばさん帰りが遅い, でしょうおまえさんは楠木正季さま, でしょうおまけに酔っ, でしょうおもしろそうね, でしょうおやじは東京, でしょうおれはまだ, でしょうお上さんがまだ, でしょうお供はそれ, でしょうお先に失礼し, でしょうお前の言う, でしょうお前さんはお, でしょうお姫様がナギナタ, でしょうお客様たちが寝, でしょうお待ちなさいまし旅籠, でしょうお松はその, でしょうお母さん今度の山林事件, でしょうお気に入ったら, でしょうお湯を煮たて, でしょうお父さんお母さんの職業, でしょうお直婆さん, でしょうかかあいそう, でしょうかしらときくと, でしょうかしらん頭痛が, でしょうかじかではない, でしょうかすかに虫, でしょうかてような, でしょうかといったところ一言の, でしょうかとは何事であろう, でしょうかとも思って, でしょうかなあこんな静か, でしょうかねと聞くの, でしょうからということでした, でしょうがいかがしましょう, でしょうがかべ紙は, でしょうがぞべぞべしたア・ラ・モード, でしょうがてまえにも, でしょうがとかと妙に, でしょうがなあんたは, でしょうがなと私は, でしょうがはッは, でしょうがもすこし御, でしょうがネといいたげな目つき, でしょうきのうからちょいちょい, でしょうきのう以来あのあたり, でしょうきのう庭になげすてた, でしょうきまりわるいという, でしょうきょう一日あなたは私, でしょうきりがない, でしょうきれいな人, でしょうくいしん棒の, でしょうくやしいぐらいね, でしょうくらいに思わずには, でしょうくらやみの, でしょうけさね宅, でしょうけどとに角此ま, でしょうけどねえホントに, でしょうけれどさひどいわ, でしょうけれどただ一つどうしても, でしょうけれどねやっぱりあの, でしょうけれどもねというとき彼の, でしょうけれどもやッぱりそうは出来ない, でしょうこいつ願ったり, でしょうこうした関係に, でしょうこうして廣介の, でしょうここ一二日は, でしょうこじきのなき, でしょうこちらは丁度, でしょうこちらさまなどが五百, でしょうことに最近は, でしょうこの間の事件, でしょうこの間お母さんからスタンド, でしょうこの間僕が送った, でしょうこの間明石さんに行った, でしょうこまかいものばかり, でしょうこまこまして, でしょうこりゃあ南蛮の, でしょうこれおじさまの仕業, でしょうこわいと思いました, でしょうこんど福井へおいで, でしょうごく俗情に, でしょうさきほど部屋で, でしょうさし当っては, でしょうさしあたりお困りなら, でしょうさぞつかれが, でしょうさぞさぞ眠ること, でしょうさっきの石, でしょうさっきあなたと話し, でしょうさながら翡翠の, でしょうさよなら米友さん, でしょうさらりとした, でしょうざっと二万呎も, でしょうしきりに欠伸など, でしょうしたしたという, でしょうしんから神経, でしょうじきに死ん, でしょうじっくり腰を, でしょうじつにりっぱな, でしょうじゃいけません, でしょうががき, でしょうすたすた五里も, でしょうすなわちたこに, でしょうすらりとゆけ, でしょうするとお砂糖, でしょうずいぶん可愛がっ, でしょうずっと大スロープ, でしょうせっかくここで, でしょうせめてあの帯揚, でしょうせわしいんだ, でしょうせんだってうち評判のよかっ, でしょうぜひ友さんに, でしょうぜひぜひ僕を, でしょうそうしたらその人たち, でしょうそうするとねお, でしょうそうそうなのね, でしょうそのうえにピシリ, でしょうそのまま御行の, でしょうその間私が心から, でしょうその頃石見国美濃郡に高橋魯庵, でしょうそれだけ成功し, でしょうそれっきりお父さんというの, でしょうそれではもしや旦那, でしょうそれでも梅は, でしょうそれゆえ女性に対した, でしょうそれらのいきさつ, でしょうそれ以来は生れ変った, でしょうぞっと致しますわ, でしょうたいしたことは, でしょうたった一度だけ, でしょうたった今鐘の, でしょうたとい同じ知識, でしょうたとえ事情が, でしょうたぶんこのわたし, でしょうだいぶ席が, でしょうだけど二人には, でしょうだけれども間夫が, でしょうだれの手紙, でしょうちっとは水心, でしょうちっともおごらなくちゃ, でしょうちゃりんと, でしょうつまらないこと考えない, でしょうつまり二階では, でしょうつやといい, でしょう云や, でしょう奥さんが, でしょうですがそんな論理的遊戯, でしょうとある人の, でしょうといったきりだった, でしょうとうとうこの先生, でしょうときどきマンドリンなど, でしょうとくに作家として, でしょうところもあろう, でしょうところが実はこれは, でしょうところであの人たち, でしょうとしか申上られません, でしょうとに角余吾之, でしょうともかく見せて, でしょうともといった, でしょうとりあえずこのお金, でしょうどうか教えて, でしょうどうしても取り消せと, でしょうどうして何となしいら, でしょうどこへ消え, でしょうどちらからいらした, でしょうどっちへ行きました, でしょうどなたも最初, でしょうどんなにかこたえ, でしょうなあと言ったらその, でしょうなおいけないのよ, でしょうなかなか寝苦しいでしょう, でしょうなにか用事でも, でしょうなにしろ人数が, でしょうなんとかなりますめ, でしょうなんとなく暗いもの, でしょうなんぼわたしが, でしょうにいさんがまるで, でしょうにっこりすると, でしょうにねそうじゃ, でしょうねえさん此処へお出で, でしょうねえと申すと, でしょうねというわけな, でしょうねねわかったでしょう, でしょうねエと案内人に, でしょうないよう, でしょうのどを白い, でしょうはいとお, でしょうはたしてこれが, でしょうはだしにお, でしょうはっきり正直に, でしょうばいができる, でしょうひとのこと, でしょうひとつこの事件, でしょうひとつあっしと一しょ, でしょうひとりでに動くの, でしょうふたりで辻駕籠, でしょうふだんならば, でしょうふっと思って, でしょうぷりっとした体で溌溂, でしょうぷんと来た処, でしょうへへへと笑いや, でしょうぺこぺこになっ, でしょうほほほ, でしょうほほほほほ, でしょうほらほらなんだかすう, でしょうほんとに暫くでしたから, でしょうほんの一週間ばかり, でしょうまあずっと帰ろう, でしょうまあそんなにしなくっても, でしょうまあどんなに恐ろしいこと, でしょうまして今では, でしょうましておたがいに今日まで, でしょうまだすっかりきまったわけ, でしょうまだまだ夜と, でしょうまったく家内の, でしょうまったく少しも, でしょうまわりは築山, でしょうまん丸な月, でしょうまア緩り, でしょうまアああやって, でしょうまアお上り下さい, でしょうみな元気らしいわ, でしょうみんなひと通り私へ小当り, でしょうむっくりはね起きて, でしょうむやみな恋, でしょうめッたやたら, でしょうもうかれこれそんな時分, でしょうもうこの頃, でしょうもうちっと経つと, でしょうもう一度戦雲の, でしょうもしか反古と, でしょうもしやと再び, でしょうもし当然な心, でしょうもっと柔かくとも, でしょうもっとも謙遜な, でしょうものものしい風景を, でしょうやがてもう一度眼を, でしょうやっぱりそうでしょういい, でしょうやはりいくぶん劣って, でしょうゆうべは秋刀魚, でしょうゆうべあまりおそくなった, でしょうゆえしばしあちら, でしょうよい事が, でしょうようよう這って, でしょうよし誰か, でしょうよろしく願います, でしょうよろよろと立ち上りました, でしょうわがこの恐れるところ, でしょうわしゃつくづくこの, でしょうわたくしのよう, でしょうわたしこの間あっちの建物, でしょうわたしゃお前さんのその, でしょうわたしシュウタイなんていう, でしょうわたし共平凡な力量, でしょうわれら愛誦詩の作者, でしょうみせて, でしょうアタピンを毎日, でしょうアンナ・リヴォーヴナやマリア・セルゲエヴナ, でしょうエリコの城, でしょうエリザベートが説明, でしょうエ何所へ隠し, でしょうオホホそれならお, でしょうカミサンなんざ鼠, でしょうガタガタたいへん騒がしく, でしょうキット馬鹿な人, でしょうキンが出, でしょうクリスマスと来る, でしょうクリスマス万歳の仲間, でしょうグラグラ揺れるではござりませぬか, でしょうグラリと二階, でしょうケチな野郎, でしょうゲーテの, でしょうコツコツと重苦しい, でしょうサンサーンスやバッハ, でしょうシェリーの研究, でしょうシベリヤが革命騒ぎ, でしょうジーナは声, でしょうストレイチーは個人, でしょうスミスさん僕の忠告, でしょうスラリとし, でしょうスルスルと硝子戸, でしょうセメントぐらい自由, でしょうソコで色々, でしょうソリャ成程近衛様, でしょうチカチカしたもの, でしょうチラッと俊斎様, でしょうツイ人間の浅まし, でしょうツイ日頃にもなく, でしょうテナルディエの所, でしょうトラック用道路です, でしょうキリと, でしょうドクトルまだ隠居, でしょうナニ実際の, でしょうニュウヨウク座のヒルガード, でしょうニーチェとはどういう, でしょうネそうでしょうオホホホ, でしょうネエこの頃, でしょうネエどんなにか, でしょうネエ男でもありましょう, でしょうネ私は変, でしょうハーモニカの伴奏, でしょうバキチは笑っ, でしょうバルザックは世界, でしょうパーシウスが自分一人, でしょうピョンピョンはねろよ, でしょうブチまけるよう, でしょうブランコと呼吸, でしょうペガッサスは帰っ, でしょうホラ御覧なさい, でしょうポツンとし, でしょうポンメルシーさん私の生涯, でしょうマドレエヌは僕, でしょうマリユス私を見, でしょうマルセーユなんかじゃ, でしょうミウーソフさんわしは口, でしょうミハイロフ通りへ, でしょうムクが落着, でしょうユリの縞, でしょうリンデンバームのメロディ, でしょうレンガやガラスだらけ, でしょうロックの時代, でしょうヴァン・ゴッホの絵, でしょうヴィクトル私たちがいっしょ, でしょう一つ御賞翫, でしょう一つ僕の杯, でしょう一ツ考えて, でしょう一代ならず宮方, でしょう一体どれだけ目方, でしょう一体私を狙う, でしょう一刻を争う, でしょう一向効果が, でしょう一年めは駄目, でしょう一所に付合っ, でしょう一昼夜のうち, でしょう一月ぐらい待ちましょう, でしょう一月位は好い, でしょう一枚の葉書, でしょう一点似た釘, でしょう一眠りして, でしょう一瞬の後, でしょう一説に由る, でしょう一軒置いて, でしょう一銭のマッチ, でしょう一雨でしん, でしょう丁度二尾の鰻, でしょう七さんは, でしょう七十歳を越し, でしょう七時四十分までにモンパルナス, でしょう万一娘に, でしょう三ツに分て, でしょう三之丞は唯もうおろおろ, でしょう三井寺の鐘, でしょう三人は思わず, でしょう三吉さん最早旦那, でしょう三四ヵ月前に種々, でしょう三年前浅間山の噴火口, でしょう三方四方慶たいこと, でしょうしたの, でしょう上下を著, でしょう上手の作った, でしょう上海あたりからのもの, でしょう上野から北海道, でしょう上野駅に近い, でしょうに抜穴, でしょう下作にしろ, でしょう下宿料が月, でしょう下手な追分節, でしょう下男の与次郎, でしょう不味い紅茶が, でしょう不破数馬の件, でしょう不自由な思い, でしょう不良青年は奥さん, でしょう与八さんを, でしょう与力この態, でしょう世の中にはずいぶん, でしょう両国にもいる, でしょう両手の指, でしょう久し振りに臥龍梅, でしょう久我さん実体は死滅, でしょう九州の広瀬淡窓, でしょう九時台はなかなか, でしょう二つ揃って, でしょう二三人ゴロゴロし, でしょう二十年もたった, でしょう二巻以下お送りしましょうか, でしょう二月だかに, でしょう二本の毛, でしょう二枚折の屏風, でしょう二週間目に入り, でしょう二階へ荷物, でしょう五六人の男, でしょう五六年前から国, でしょう五分十分が, でしょう五勺の菜種, でしょう五十貫近いもの, でしょう五月のへぼ胡瓜, でしょう五稜廓政府の出来, でしょう京姫の意, でしょう京都の騒動, でしょう人一倍あの子, でしょう人並はずれ, でしょう人手をかり, でしょう今別になっ, でしょう今夜わたくし共よりひと足さき, でしょう今夜わたしをお前さん, でしょう今年一ぱい貴方のお側, でしょう今度のはあれ, でしょう今日じゅうに登記, でしょう今晩御馳走しますからね, でしょう今更取り返しは, でしょう今月の一枚, でしょう仔犬の泣き声, でしょう仕方がありません, でしょう仕様のない, でしょう以上ザッと話しました, でしょう以前のよう, でしょう仮に達雄さんが, でしょう仮りにそう, でしょう仮面を被せる, でしょう仲人を立てる, でしょう伊勢の古市, でしょう伊太郎は二十一, でしょう伯父の牧山男爵, でしょう但し個性的である, でしょう佐太郎の奴, でしょう何しろもう十月の, でしょう何だか下手に, でしょう何ともいって, でしょう何人がよこした, でしょう何処から這入っ, でしょう何方が勝たで, でしょう何時も滴るよう, でしょう何者かが人, でしょう余り勝手な, でしょうしナニ, でしょう例えばそんな話, でしょう依然としてぎごちなく, でしょう侯爵おいや, でしょう信長がそれ, でしょうのこの, でしょう借金じゃない, でしょう偉大なる暗闇, でしょう偶然に名乗った, でしょうまで天井, でしょうに顔, でしょう兄さんも, でしょう兄上には, でしょう兄妹の間, でしょう先ず第一, でしょう先ずそう思います, でしょう先代の子爵, でしょう先生僕は漆雕開君, でしょう先生書生の暮し, でしょう全体の動き, でしょう八上を叩く, でしょう八木沢さんになんと, でしょう八王子の方, でしょう兵部卿の宮, でしょう其の様な, でしょう其会社のまあ, でしょう其処に席, でしょう其泣て居る, でしょう其等の事, でしょう内密のお話, でしょう円いものと, でしょう冗談はよした, でしょう冷水は毒, でしょう冷静な落ちついた人, でしょう出世は出来ましょう, でしょう出征前とはまるで, でしょう刑事さん僕は知っとる, でしょう初めての経験, でしょう初め一寸で一旦, でしょう初め田舎からみっちり, でしょう初秋らしくか, でしょう別に何とも, でしょうから何, でしょう前日は夕方一寸みぞ, でしょう創世記というもの, でしょう創作方法としてわかり, でしょう加奈子さん教えて, でしょう勇気とそういう, でしょう動悸が早く, でしょう動物のとも人間の, でしょう勿論まだ事件の, でしょう化膿はしませんでしょう, でしょう北極でさえも現代, でしょう医科を卒, でしょう十七と言う, でしょう十五の春, でしょう十余畳も敷ける, でしょう千両箱は三つ, でしょう千人の子供, でしょう千代というの, でしょう千魂塚と書い, でしょう午後四時にはつい, でしょう半日ばかり開成山, でしょう卒業したでしょうけれども, でしょう南那珂郡福島という地, でしょう単純なやつ, でしょう博士の耳, でしょう厚木の親分, でしょう原田さん貴方はそれ, でしょう友人はそれ, でしょう双方とも, でしょう反面に不可能, でしょう叔母は半, でしょうが少し, でしょう古来支那に孔子出, でしょう古銭と鍵, でしょう可愛いワネお, でしょう合理主義は何, でしょう吉田先生は, でしょう吉良上野様のおや, でしょう同地宿屋の亭主, でしょうを言っ, でしょう名前さえその, でしょう向うはここ, でしょう君これが相当, でしょう周囲などには驚きません, でしょう和一郎さんが離れまい, でしょう和尚さんからいいつけられ, でしょう問題は, でしょう四五人の男, でしょう四五日かして, でしょう四五月前後ならば, でしょう四十幾つかに見られ, でしょう四方を見る, でしょう四方八方へ, でしょう四畳半の茶室, でしょう四畳半以上もあるでしょう, でしょうは来月初旬, でしょう国民はそれ, でしょう地平のこと, でしょう坊さんの講義, でしょう埋葬には立ち会いませんでした, でしょう城太さんの気持, でしょう堂々と郵便箱, でしょう堪忍なさいよ, でしょう場面的に, でしょう塚本のこと, でしょうのところ, でしょうはすれ, でしょう変装して, でしょう夕立を持っ, でしょう外国では, でしょう外土地のあたし, でしょう多い小家の, でしょう夥しい御馳走が, でしょう大いに自負し, でしょう大きいので続け, でしょう大きくない本, でしょう大した事に, でしょう大丈夫毛虫は追, でしょう大勢の画家たち, でしょう大変おつかれ, でしょう大変元気がありません, でしょう大変見事なもの, でしょう大学の制帽, でしょう大抵一年に一度位い, でしょう大谷千尋も覆面, でしょうを焦, でしょう天狗様の方, でしょう太い円柱が, でしょう太夫様へいいつけ, でしょう夫人貴女はこの, でしょう奈良の博物館, でしょう奥さん私の願い, でしょう奥方はおいで, でしょう女だてらに山かん, でしょう女房が一服, でしょう好く肖て, でしょうとよく, でしょう妹さんは違います, でしょうはいつの間にか, でしょう姉さんは間, でしょう娘二人いて, でしょう婆さんが私, でしょう婦人は天窓, でしょうになっちまう, でしょう学校に友達, でしょう学者がそれ, でしょう守山未亡人という顔, でしょう安心して, でしょう宗教はどう, でしょう官能の性質, でしょうをふわふわ, でしょう宝石らしいもの, でしょう実にはっきりして, でしょうのくち, でしょう宵子でなくっちゃ, でしょう容態でもわるく, でしょう容易にわかる, でしょう宿帳の田沢, でしょう宿直当番になった, でしょう富ちゃんは, でしょう富士子さんに松ちゃん, でしょうさも, でしょう寝しなにお, でしょう尊攘ということ, でしょう尊敬を得る, でしょう父様, でしょう小さい時から, でしょう小ぢんまりした可愛らしい, でしょう小学校のラジオ, でしょう小母さん乳を呑ん, でしょう小町塚でしょう, でしょう少くとも著者, でしょう少なくとも首から, でしょう尤もあとの, でしょう届け出はする, でしょう屹度もうあたし, でしょう入坊, でしょう岩切から真直ぐ, でしょう岩見が忍び込んだ, でしょうはいつしか, でしょうですからね, でしょうの下, でしょう嵐山は早い, でしょうもすぐ, でしょう川俣踏絵たらいうダンサー, でしょうに社, でしょう左側の, でしょう左様いう方, でしょう差当りの不足, でしょう市十郎さまは, でしょう市街の夜更け, でしょう布良のあま, でしょう帝国主義者は数多, でしょう師匠この名前, でしょう帰りが遅い, でしょう日頃から, でしょう帽子が, でしょう平次はその, でしょう平気だわ, でしょう平熱つづきだのに, でしょう平田先生の学問, でしょうの, でしょう年増の二人, でしょう幸四郎が, でしょう幽霊の正体, でしょう幽霊藻を, でしょう幾箱燐寸を抱え込ん, でしょう庄吉この仇, でしょうが抜けた, でしょう度々ストライキし, でしょう座禅をする, でしょう弁天町に居た, でしょう弁護士のところ, でしょう弱い弱いで可, でしょう強風暴風に堪える, でしょう弾力が, でしょう当人の方, でしょう当用日記にはこういう, でしょうはやっぱり, でしょう役者になる, でしょう彼処で種々, でしょう彼女が形式, でしょう彼方此方を叩き廻っ, でしょうをつけた, でしょう後にまた養子, でしょう後生だから, でしょう後頭部の生えぎわ, でしょう従軍の願い, でしょう御前などはこれから, でしょう御多忙のところ, でしょう御苦労ながら頼みます, でしょうなき御輿部屋, でしょう心づくしというもの, でしょう心密かに私, でしょう心持がまるで, でしょう心痛と懊悩, でしょう心臓の上, でしょう必ずそうなるに, でしょう思いも寄らぬ, でしょう思う存分探させて, でしょう思召しは, でしょう恋しい人の, でしょう恐い夢を, でしょう恢復は中, でしょう息子さんだとか, でしょう恰度お墓, でしょう恰度わたくしが結婚, でしょう悚然として未だに, でしょう悧口じゃありません, でしょう悪くなければ, でしょう悪意あって, でしょう悪魔峠か夜叉峠, でしょう情ないわねえ, でしょう惜しいことです, でしょう愛誦の詩, でしょう感じのよく, でしょう感謝に堪えませぬ, でしょう憎らしい憎らしいと思い, でしょうる種, でしょうは閉まった, でしょう戸外は, でしょう所詮叶わないと, でしょうが半分, でしょう手全体ではない, でしょう手紙の内容, でしょう手近のところ, でしょう才能だの賢, でしょう承諾したの, でしょう折返し今年の夏, でしょう拳固を懐, でしょう拳銃は, でしょう指一本の運動, でしょう指環の彫刻, でしょうに灰, でしょう探偵がすなわち, でしょう提灯をさげた, でしょう提燈の火, でしょう支那音と註し, でしょう改めて先生は, でしょう教養の高い, でしょう数日前拙者の寓居, でしょう整理しなくては, でしょうは纔, でしょう文学は苦しん, でしょう文芸雑誌は相, でしょう料理屋ですもの, でしょうう云う, でしょう斯様な事, でしょう八に対する, でしょう新しい変りは, でしょう旅人達は食卓, でしょうう情婦, でしょう日本橋の伊吹, でしょう日比谷公園の方, でしょう旦那さまがノッポ, でしょうをふくませ, でしょう早々に退却, でしょう早坂さん三月十三日という, でしょう早速ですが, でしょう昆虫のこと, でしょう明日に繰り上げ, でしょう明日郡山駅で切符, でしょう昔ベルリンで父, でしょう昔者の私, でしょうは二十億年, でしょう春泉へ行っ, でしょう春画などと云う, でしょう昨夜の紛失物, でしょう昨夜窪川さんにもしらせ, でしょう昨年の冬, でしょう昨日あれほど賑うた見世物小屋, でしょう昨日私がコゼット, でしょう是非御一緒, でしょう結ったら, でしょうの経つ, でしょう暑くるしくあるまいとも, でしょう暮田さん沢家のお, でしょう更に待つよう, でしょう最初にあたし, でしょう最後にその, でしょう月命日だから, でしょう月夜の晩, でしょう月日も堂寺, でしょう朝倉先生それでは先生, でしょう朝顔ばかりが朝, でしょう朝飯にで, でしょうの香, でしょう木曽へ出掛け, でしょう未来というもの, でしょう本州の北海岸, でしょう本当の事, でしょう本当についここに, でしょう本当にどうしたでしょう, でしょう本物のお化け, でしょう本郷の帝大, でしょう朱文字の提燈, でしょう之助, でしょう材料は近辺, でしょうか何, でしょう東京生活よりお客, でしょう東海道は, でしょう松坂屋の前, でしょう松島さんをあの, でしょう松本の藤江正明老人, でしょう松若さんがそっと, でしょう松茸の西洋料理, でしょう林崎甚助先生などにもさよう, でしょうは, でしょう柔かくはあっ, でしょう柘榴のよう, でしょう格子が無気味, でしょう桃子はいい, でしょう案山子として使用, でしょうの下, でしょう梅ちゃんも隅, でしょうのよう, でしょうの中, でしょう森代議士のつくった, でしょう横浜まで伸し, でしょうが, でしょう樽みたいだけれど, でしょうの上, でしょう機嫌をそこねる, でしょう次郎はふと, でしょう歓迎でもない, でしょう正子はどう, でしょう此所いら, でしょう此様な箱, でしょう殊にアノ咒語を, でしょう残雪のまばら, でしょう殿様はこの, でしょう母屋へ移る, でしょう毎晩出かけるの, でしょう毘沙門岳の方, でしょう気味悪く震えて, でしょう気病のよう, でしょう気軽に行っ, でしょう水郷は好い, でしょう江南の戦況, でしょう江戸中大騒ぎ, でしょう江戸名題の豪族, でしょうの畔, でしょう決して名士好みの, でしょう決して二度と戻りっこない変りかた, でしょう汽車は智頭, でしょう河豚は美味い, でしょうの真, でしょう法被を著, でしょうを吐かせる, でしょうを知らない, でしょう津軽の海, でしょうの早い, でしょう流行作家たちですから, でしょう浅草田圃の太郎様, でしょう浜子でなければ, でしょうのそこ, でしょう海風にさらされ, でしょう涌谷さまや松山さま, でしょういッ, でしょう清潔な卓布, でしょう清葉さんの長襦袢, でしょう温かい陽に, でしょう満足なお, でしょうはもう, でしょう火勢はいよいよ, でしょう火種ばかりよくっ, でしょうのある, でしょう炬燵で温めた, でしょう無理はない, でしょう無論買うだけの, でしょう照子さん来るかしら, でしょう熊沢ではありますまい, でしょう爪先にすっかり, でしょうはわたし, でしょう父さんにだかれ, でしょうはもうもう, でしょうの言いよう, でしょう物騒なこと, でしょう狂人でしょうか, でしょう狐猿も死に, でしょうは腹鼓, でしょうが化けた, でしょう猿轡を噛まされ, でしょう王女はふと, でしょう王妃さまあたしをお笑い, でしょうらしい遊戯, でしょう珍しく鳥の, でしょう現にこの船, でしょう環状星雲ですよ, でしょう生みの親も大事, でしょう生物的な脅迫, でしょう生田さんなら久しく, でしょうがあったら, でしょう用心をする, でしょう田染行きは, でしょう田舎へ地所, でしょう田郷さん混乱した色彩, でしょう甲州屋のなあちゃん, でしょう甲府へおいで, でしょう町役場の兵事係, でしょうの隅, でしょう番町の駒井能登守, でしょう異存はございません, でしょうへ額, でしょう病気というの, でしょうに触る, でしょう発作的に焦燥ぎ, でしょうと紫, でしょう白い布を, でしょう白桃と緋桃, でしょう白犬と来た, でしょう百何十里も運ん, でしょうの努力, でしょう皆さん間違いはありゃしますまい, でしょう皆様が兄弟, でしょう監視やら帰宅, でしょう目笊を一つ, でしょう目黒の尼, でしょう相合舟で夜もすがら, でしょう看板でオド, でしょう看護婦が附, でしょう看護婦さんがいます, でしょうの規則, でしょう暗くなりました, でしょう真っ蒼な, でしょう真っ黒で激情的, でしょう真に輝くばかりの, でしょう真個に此処, でしょう真実罪を犯さぬ, でしょう着物とか髪形, でしょう督郵様もいかに, でしょうの皮, でしょう矢庭にそれ, でしょうが水, でしょう石像も自然, でしょう石垣の端, でしょう破壊と創造, でしょう硝子戸がびりびり, でしょう確かに三倍, でしょうの審, でしょう神様の代表者, でしょう福田恆存君の訳, でしょう秀吉が居城, でしょう秀子とても今, でしょう私それが皆んな大嫌い, でしょう私どもの町, でしょう私ン許のも同一, でしょう私心配だわ, でしょう秋ちゃんが遊び, でしょう科学よりも文学, でしょうに浮い, でしょう空色と白, でしょう空電信柱雀樹の梢, でしょう穿物を脱いだ, でしょう突然に顔色, でしょうへよっ, でしょう之助, でしょう竹生島へ近づいた, でしょう竹裏館の別業, でしょう笑い草ですが, でしょうを胸, でしょう算哲様は御, でしょうの中, でしょうの余裕, でしょう米友さんに頼ん, でしょう粟粒疹熱ってあなた, でしょう紅茶半斤へ砂糖, でしょう素晴しいわ, でしょう紹介所では今, でしょう結局何のこと, でしょう結構なこって, でしょうの着物, でしょうの先生, でしょう絵草紙屋をなすった, でしょう継母ふさは富三, でしょう継続だん, でしょう続け様にトボケ, でしょう綜合雑誌についてのこと, でしょう総理府のあの, でしょうで縛られた, でしょう縄付ではなかっ, でしょう繁代の前歯, でしょうだ, でしょう置敷居で間, でしょう署名にもちがった, でしょう署長さん国事犯の書生, でしょう美しい優しい方じゃ, でしょう美味を美, でしょう義侠的に彼, でしょう義理のある, でしょう翌日ちいちゃいおばちゃん, でしょう老いたるも若き, でしょうの下, でしょうにらくに, でしょう胃腸がとても, でしょう胡瓜のきざんだ, でしょう胴中のところ, でしょう脇息に凭れ, でしょうも立ちましょう, でしょう自分たちが人間, でしょう自業自得だと, でしょう致命的な不安, でしょう興味はあるでしょう, でしょう舞踊家春日野ゆかりは自宅応接間, でしょう芝居がはねた, でしょう若旦那は, でしょう若様はたしか, でしょう苦しそうに, でしょう苦しい下燃え, でしょう英国の兵隊, でしょう英語の出来た, でしょう茂太郎を可愛がり過ぎた, でしょう華奢な胸, でしょう落着いて, でしょう葉緑体をもった, でしょう葛岡は闇, でしょう薄墨華魁のこと, でしょう薩摩藩の情勢, でしょう虎狩に連れ, でしょう蚊帳を吊った, でしょうは木, でしょう蝋燭あって, でしょう蝙蝠安を今様, でしょう血圧のこと, でしょう行き方は洒落, でしょう衣食のため, でしょうに赤十字, でしょう被害者に, でしょうとか障子, でしょう西洋人臭く見せよう, でしょうがやかましくっ, でしょう親分あんな白粉焼, でしょう親分あっしには少し, でしょう親分さんが来, でしょう親分それよりどうして, でしょう親分誰がそんな, でしょう言種が癪, でしょう言葉がわからない, でしょう記録も色々, でしょう評判の胴着, でしょう試験の得点, でしょう説明がいらぬ, でしょう誰かが扉, でしょう諭吉はバタバタ, でしょう警察や検事局, でしょう之助, でしょう豊田正子がいる, でしょう老も, でしょう貴下はやっぱり, でしょう貴方此毛は実は, でしょう貴殿の御, でしょう賛成ですなんて, でしょう赤坊だって丸い, でしょう越前守のやった, でしょうを悪く, でしょうのお, でしょう身体が半分以上, でしょうの中, でしょう車寄せの破風, でしょう軍鶏屋の鳥亀, でしょう辞世の和歌, でしょう近国はみんな城主, でしょう近道を選ん, でしょう近頃は私, でしょう退校になるでしょう, でしょう途中には部落, でしょう這奴の嗜虐, でしょう進化の途, でしょう運動会は毎年いつ, でしょう運悪くそれを, でしょう過日谷屋が持っ, でしょう道ばたの丸い, でしょう道庵の言う, でしょう道服はいか, でしょう達也さえいなけれ, でしょう達弥はむき, でしょうかな本丸, でしょう遠い方の, でしょう遠慮なしに, でしょう遥か下の街道, でしょう遺書の書出し, でしょう避暑地だけあっ, でしょう郡会のお, でしょう部屋の中, でしょう都電の停留場, でしょう酔ッぱらッちまって, でしょう酷く私を, でしょう重くて, でしょう重三郎の伏鐘組, でしょう野宿にした, でしょうのつかい, でしょうを五百円, でしょう長い板べ, でしょう長くてさぞ, でしょう長吉は度々, でしょうから外, でしょう門並その辺, でしょう間食で生命, でしょう関所を通る, でしょう閣竜英の改革, でしょう阿弥陀街道の外れ, でしょう阿波屋の, でしょう階段をトコトコ, でしょうの方, でしょう雪割草がこんなに, でしょう雪模様の空, でしょう電話して, でしょうの中, でしょう露だらけですから, でしょう青い顔を, でしょう青味がかった白, でしょう面白いわねえ, でしょう面白くもない, でしょうだって年, でしょう順調ですか, でしょうを押えた, でしょう頼母木市長がどこ, でしょう頽廃にも赴けず, でしょう飲食いした勘定, でしょうと胴, でしょう首領わっし, でしょう香蔵さん大平峠あたりは雪, でしょう馬小屋でたしかに, でしょう馬籠でも年, でしょう駄賃を稼ぐ, でしょう駆け出しの新聞記者, でしょうの肉, でしょう高瀬君今度塾へ御, でしょうだけ綺麗, でしょう鬱金の財布, でしょうも網, でしょうがたべる, でしょうかに晴れた, でしょう黄色いナラの, でしょう鼻息が白く