青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つて~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つたら~ つち~ ~つづい つづい~ つづき~ ~つづく つづく~ ~つづけ つづけ~ ~つて
つて~
~つてる つてる~ ~つて來 ~つと つと~ ~つとめ つとめ~ つねに~ ~つまらない つまらない~

「つて~」 188178, 1867ppm, 43位

▼ つてゐる~ (14008, 7.4%)

483 のだ 388 のである 320 のを 306 のは 288 んだ 252 やうな 247 のです 218 やうに 200 のが 149 のか 144 うちに 142 ので 124 ことを 117 といふ 103 んです 100 のであつ 85 ことが 83 ことは 75 のに 68 ものは 67 のだらう 66 と云, 間に 656460 やうで 55 のも 52 かも知れない 50 ものが 47 やうだ 4645 ぢや, 筈だ 44 からである 43 のだつた 42 でせう 39 かのやう, ことも, のよ 38 だけで, に違 36 から, 中に 35 のかも 34 と, んぢや 33 ところへ, のであらう 32 事を 30 が, ものだ, 人が 29 と言, のでした 28 ことに 27 からだ, がその 26 ことで 25 がそれ 24 人の 23 さうだ, ものである 22 のと, やうである, やうです, わ, わけで, 事が 21 と思ふ, のでせう, ものも, 間は 20 かどう, だけだ, ところが, ところを, 人も, 者は 19 ことである, のぢ, のであります, ものと, 事は, 方が 18 ために, に過ぎない, ね, のかと, ばかりで, 人は 17 のでございます, もので, 筈の, 自分の 16 だけである, ものの, やうだつた 15 ところに, にち, んだらう, 樣子です 14 ことだらう, ぞ, ところだ, とすれ, と彼, と思つて, もの, 私は 13 かと思ふ, くせに, ところは 12 がこれ, さうです, と思はれる, な, のさ, やうにも

11 [12件] かい, かも知れぬ, こと, とその, とそれ, とは云, のかしら, のに違, 内に, 者が, 者の, 限りの

10 [20件] かね, が私, だけであつ, だけのこと, ところの, に相違, のでその, ものな, ものを, んでせう, 人に, 女の, 時に, 男が, 私の, 筈である, 筈です, 筈な, 筈は, 者も

9 かといふこと, がこの, ことだ, ぜ, だけだつた, といふやう, と云つて, のでそれ, 事に, 人々の

8 [22件] からで, からな, が實, ことしか, つもりで, といふ風, ところで, とやがて, のに氣, ばかりでなく, ものです, わけぢや, ンだ, 事も, 二人の, 彼の, 彼は, 所へ, 時の, 男の, 癖に, 限りでは

7 [24件] うちは, かと云, かも知れません, からです, し, とほり, とまた, と思, と私, と見え, にし, にすぎない, のかい, のであ, ので私, のなら, わけな, んで, 上に, 或る, 時でも, 樣な, 母の, 男は

6 [27件] かしら, かといふ, かもしれない, くらゐ, しそれ, といつ, といふ意味, ところから, とも, と思ひます, のかな, のかね, ので彼, 一つの, 事だ, 事で, 人間が, 位の, 奴が, 家の, 彼等の, 所は, 様な, 様に, 樣に, 良心を, 間の

5 [42件] かこの, がまだ, がやがて, が今, が彼, ことなどを, ことの, さ, さう, さうである, しまた, それを, だけな, つもりだ, つもりである, であらう, といふ話, ところも, とのこと, と言つて, にも拘らず, のださうだ, のに気, はずは, ばかりだ, ばかりだつた, ばかりである, ものに, やうでした, ように, わね, 一人の, 人達の, 人間の, 僕の, 姿は, 子供を, 時には, 森の, 樣子で, 此の, 筈も

4 [78件] かそれ, かな, か知らない, か知れない, がしかし, がそれでも, がそんな, が人, が僕, が其, が自分, ことか, ことと, ことな, ことや, それは, だけの事, つて, といふ事実, といふ人, ときに, ところである, とそこ, と同時に, と見, のでなく, ので気, のに私, のね, のや, はずだ, ばかり, まに, ものか, ものなら, ものには, やうにしか, ゆき子の, より他, わけです, わけには, ンで, 一匹の, 人々も, 人間を, 仕事の, 以上は, 処から, 処も, 女が, 如くも, 姿を, 少女の, 幻術師の, 所が, 所の, 所を, 時は, 時計を, 最中に, 様だ, 様子だつた, 様子は, 様子を, 樣子だ, 樣子でした, 此二つの, 水の, 海の, 町の, 程の, 筈が, 範囲では, 者を, 聲が, 自分を, 長い光り, 頃から

3 [161件] おれの, お光, かの女, かも知れなかつた, からいけない, からその, からそれ, からそんな, からね, から今, から面白い, かゐない, か否, があれ, がこ, がさ, がでも, がどう, がなか, が多分, が好い, が実は, が故に, が芥川, きりで, くらゐだ, けれど, けれどどうも, けれどもそれ, ことだつた, ことには, これは, さまは, さまを, しする, だけでした, だけです, つもりな, といつた, といふ感じ, ところでは, とさ, とするなら, とでも, とみえる, とも云, と今度, と何, と又, と同じ, と思う, と思ひ, と急, と突然, と答, と聞いた, など, にせよ, にはゐる, にも係, に拘らず, のさへ, のだい, のでお, のでさ, のでなけれ, ので今, ので何, ので僕, ので女, ので或, のにそれ, のには, のにも, はずである, ま, ものだつた, ものとが, やうでございます, わけだ, わけであります, わけである, わけは, わよ, ンです, 一人である, 丈で, 中で, 中を, 事の, 二つの, 二三の, 人々は, 人たちは, 人だ, 人だつた, 人なら, 人には, 人達が, 人達は, 人達を, 人間は, 今の, 他の, 先生の, 力を, 叢の, 場合が, 場合は, 場合も, 声が, 夢を, 夫人の, 女は, 娘を, 子供の, 帥の, 形が, 心の, 息子の, 所では, 所に, 振りを, 日本の, 時で, 時と, 時などは, 暇に, 暇は, 有様は, 様子で, 様子である, 樣子である, 水を, 煙草の, 男だ, 男で, 石の, 私も, 私を, 秋の, 窓の, 筈だつた, 筈で, 耳の, 自分は, 芥川の, 處は, 言葉が, 誰れ, 赤ん坊の, 通りで, 通りに, 連中が, 間から, 限りは, 頃には, 頃の, 頭を, 顔を, 風に

2 [469件] あの亭主持ち, いくつかの, お文, お神樂, かぎりの, かこれ, かその, かそれとも, かつて, かである, かといふ問題, かと言, かに見える, かの如く, かの樣, かもしれません, からあれ, からお, からお前, からこの, からさ, からそれで, からであらう, からであります, からなん, からまた, からもう, から三日, から掘る, から案外, から私, から自分, から若い, かわからない, かんさんは, か何, か疑問, か私, がい, がお, がしかも, がそれほど, がそれら, がつい, がなかなか, がまあ, が主人, が何, が兎, が別に, が又, が名前, が宜, が実際, が宿, が小心, が既に, が日本人, が早く, が昔, が時々, が本, が此, が生き, が芝居, が降り, くらゐであります, くらゐです, けど, けれどきつ, けれどそれ, けれども, けれどもお客, ことくらゐ, ことその, ことだけを, ことであり, ことであります, ことでした, ことです, ことにな, ことにも, こと自体が, この女, この界隈, この陰鬱, これも, これ等の, さまが, しこの, しもつ, し私, その年八月二十五日, その眼, それが, それでは, それに, ためか, ためで, だから自分, だけでも何かしら安心, だけの人, つもりは, といつか十二時, といつのまにか, といふだけで, といふなら, といふ事態, といふ形, といよいよ, とお, とおも, とかその, とか或は, ときなどは, とこの, とこれ, ところだつた, ところです, ところな, ところなど, ところには, ところまで, としたなら, としたら, とすぐ, とすこし, とする, とつい, とでも申しませう, とはい, とはどうしても, とは思つて, とは思へない, とは言, とふと, とも見えなかつた, と不意, と人々, と何となく, と何ん, と例, と信じた, と僕, と口, と嘘, と夜, と大間違ひだ, と夫, と夫人, と奇怪, と女, と家, と彼女, と思へた, と我々, と或, と母, と考へる, と聽, と自分, と若い, と見える, と見る, と言つた, と言ふから, と話, と話された, と語, と車夫, と風邪, ならい, には違, にもか, にも拘はらず, に極, のかしらと, のかとばかり, のかを, のじ, のだつたら, のであの, のでありませう, のでいつも, のでございまする, のでさつき, のでそれで, のでちよ, のでつい, のでなんだか, のでよく, ので一つ, ので中, ので何だか, ので其の, ので別に, ので又, ので反感, ので夫人, ので時々, ので男, ので硯好き, のとでは, のにその, のにわざわざ, のに何, のに何故, のに十七, のに対して, のに彼, のに男, のまで, のみである, のみな, のをも, のジエィン, の私, はずの, はづ, ばかりでございます, ばかりな, ひまに, ほどな, ほどの子供, ほど猫好き, まで, みたいな, もう一つ, ものから, ものであります, ものとも, ものの封書, ものや, ものらしい, もの即ち, もんです, や, やうでございました, やつぱり亭主に, ような, よりも生きる, より外, わけでも, わけにも, んか, んださうです, んでね, んや, ツて, 丈けの, 丈に, 上を, 下腹の, 中から, 中にも, 中は, 中へ, 主の, 主人は, 乞食の, 乞食らの, 乞食達を, 事だらう, 事である, 事と, 事などが, 事実である, 事物は, 二等室の, 二階の, 五歳の, 人々が, 人とを, 人を, 人物か, 人達に, 人間で, 人間です, 人間ばかり, 仕事だ, 仲だつた, 位だ, 位です, 何といふ, 例を, 俺は, 傍で, 傾きが, 兄の, 入口の, 共通な, 其灰を, 処だ, 処で, 処は, 初夏の, 勝平の, 北海道の, 卵の, 古今集や, 向きが, 向も, 君の, 味瓜の, 問題である, 国は, 土蔵の, 城は, 塔の, 塵つ, 声を, 多くの, 太陽の, 奥の, 女だ, 女で, 女である, 女等の, 奴の, 姿が, 姿とも, 姿勢が, 子の, 子供たちの, 子供と, 子供な, 室は, 室内, 家で, 容子も, 小鳥の, 小鳥を, 少年の, 山内に, 島の, 平次には, 庄造は, 彼が, 彼を, 彼女, 彼女を, 彼女等の, 心を, 感が, 所と, 所も, 手を, 支部長を, 文字を, 方は, 昨日も, 時その, 時にでも, 時刻では, 書画は, 最中だつた, 最後の, 札幌の, 村の, 松の, 松原家の, 森に, 様が, 様である, 様にも, 様子が, 樣子, 橘仙氏は, 次第であります, 次第である, 次第です, 歌を, 此境地から, 母は, 母を, 母親にも, 母親は, 氏神様の, 気が, 水兵達の, 水車の, 水車場の, 火の, 点である, 無数の, 父の, 父は, 物は, 犬が, 状態が, 生命である, 甥の, 男, 男だつた, 男な, 男性の, 當時の, 瞼さへ, 石膏の, 神の, 神楽の, 私が, 私その, 私である, 程に, 窕子を, 立派な, 緑の, 縁談が, 美奈子の, 老婆彼女は, 者さへ, 者な, 者なら, 者に, 者のみが, 職員室を, 自分に, 自動車の, 芥川が, 蔦の, 處に, 蜂の, 袋を, 裏の, 言葉である, 言葉に, 言葉は, 言葉を, 訣だ, 訣では, 訳で, 話だ, 誰かの, 貫一を, 赤土の, 赤帽, 通り, 連中の, 道の, 道を, 部分の, 釜の, 鎖を, 門柱と, 間だけ, 間へ, 間を, 限りでも, 限りまさしく, 隙に, 雨の, 雪の, 雪を, 電柱の, 電燈の, 青い水, 青年で, 面の, 音が, 頃で, 頭が, 顏を, 顔では, 風だつた, 風は, 鳥の, 鶴の, 點が

1 [4614件 抜粋] あいつの, あなたの, あの機械, あの金堂, あれも, いとも簡單, うちが, うち夜なかから, うるさい意気好み, おんみの殘すその, お君, お百, お道, かが解る, かする, かと, かと思はれる, かねも, かは読者自ら, かも知れず, からいかに, からこそ苦しむ, からだらう, からと言つて, からね今, から一致, から内, から大丈夫, から市村, から或は, から案内, から省略, から貴い, から7, かを注意, かを表すべく, か僕, か尋ね, か知ら, か筋道, か間違つて, がかうし, がそいつ, がそん, がなかにも, がほか, がらがらを, が一つ, が三年前江戸, が今度, が例, が其処, が初, が南, が唯, が夕方, が女たち, が小春, が張, が教養, が月明り, が此処, が殊に, が為め, が由緒因縁, が秀吉, が翁, が蒟蒻粉, が調べ, が遂に, が降灰, が麓, くらゐなら, けれどそれら, けれども内容, けれども自分, けれど買, ことでありました, ことはね, こと言葉は, この名優, この道路, さお前, しかしそれ, しします, しまだ, し他人, し廣, し楽, し自由, すべつてころん, そしてそれ, その, その入口, その指, その肉体, その頃の, ぞうきんを, だけがせめて, だけで何, だけにひと事, だけに興味, だけの範囲, だらしなく, でもそんな, といはれる, といふだけでも私, といふわけ合ひで, といふ小説本, といふ氣持, といふ考へ, といへ, とかボ, とき, ときには, とき誰か, ところぢや, ところほど, とした, とちやう, となる, とは夢にも, とは気づかれぬおもむきで, とふしぎ, ともつかぬ, とわたし, とトラック, と下手, と人間, と何時, と先生, と別離, と向う, と坂の下, と大震災つて言, と室, と川筋, と御家, と恐らく, と折, と書かれ, と案外, と清二, と由子, と直前, と稱, と義雄, と脱肛, と菊次さん, と見えます, と言つた噂, と豈, と間違ひも, と顏役, どころか日露戦争, なあちら, なと思ふだらう, など折々, にあんな, にやア, に拘はらず, ねええ, のかとも, のであたり, のでおれ, のでその間, のでつかむ, のでなかなか, のでやがて, ので一寸見違, ので九月號, ので会, ので光線, ので勿論, ので場所, ので大抵いつも, ので帳場, ので思ふ, ので暴れる, ので椿山, ので水底, ので熱苦しい, ので百, ので私共, ので若しさ, ので親戚, ので遂に, ので隠し, のどす, のにかう, のになん, のに今年, のに地震, のに彼ら, のに社, のはい, のやら, の意, はずなり, ばかりどうしても, ひとよ, ほか目標に, ほどまた, ほんたう, までなん, もう春, ものでなく, もののど, もの若干を, やうな冷めたい, よいな, よりし, より早く, わけか, われわれが, んで大, アイヌの, オクゲサマで, ガラツ八は, コブラ・カベラといふ, スゲの, ダイヤモンドを, トラホームぢや, ビラ辰つくる, ブルジユワが, ボートを, リラの, 一き, 一味の, 一方のは, 一老人に, 七つに, 丈わ, 三幕物の, 下谷西町の, 世界など, 中いつか松竹座前の, 丸帯が, 乏しいペン先, 亀を, 事でほ無い, 事務所主任粕谷の, 事細君の, 二階家に, 人々で, 人たち全部を, 人とは, 人物を, 人間も, 仏間で, 以上彼等は, 仲間にや, 位な, 佐渡は, 何物かに, 作家が, 例と, 俺自身が, 僅かの, 兄弟で, 光景を, 八疊の, 兵隊さんは, 内何処だ, 冬木が, 凹地について, 前に, 加へ, 勝彦と, 医者で, 千態万状の, 博士に, 友達の, 古いよぼ, 古仏, 台所口から, 名の, 吾家の, 哀れさ, 唯一人の, 団体展覧会が, 国頭郡の, 土地な, 地方, 坂東甚五郎, 堀割は, 場合に, 場面が, 壁を, 夕映の, 外着物に, 大きな問題, 大二郎と, 大料理店, 大海人, 大釜を, 太郎は, 奥州も, 女中で, 女達とは, 妹と, 姪の, 姿や, 娘達で, 子を, 季節の, 孫四郎を, 官人の, 宵, 家屋や, 宿場町だ, 實が, 封建的な, 小作地についてだけ, 小村が, 小襖, 屋形船に, 山園屋上の, 岡田の, 峽間の, 巡査が, 市ヶ谷の, 帰途は, 平次は, 幽かな, 店が, 庭鳥の, 弟への, 形には, 彼も, 彼處では, 御機嫌取りの, 心持を, 恐ろしい物音, 悦び, 愉しい旋風, 感覺に, 我々にと, 戯曲の, 所ばかり, 手合である, 拇指の, 支那街を, 教会の, 数多の, 文次郎は, 新聞紙を, 方へ, 日に, 日脚に, 明暗, 是は, 時だけの, 時なぞは, 時代である, 時思ひ, 時自分の, 景色が, 曲者が, 最中で, 有様でした, 朝風に, 木柵に, 本官連中に, 村人は, 松並木が, 枕もとの, 柄の, 栄之, 梅雨空, 棺も, 極端に, 模範的夫婦である, 樣子を, 樹木の, 次第では, 此脅迫は, 母が, 毛虫の, 気持を, 氣持も, 汁液の, 河や, 洋館と, 浜野といふ, 海岸の, 深い微笑, 湯檜曾といふ, 滝尾の, 瀧浪と, 点から, 為に, 煙に, 爪先を, 父親が, 物から, 物語を, 状勢だ, 王の, 理由は, 瓢箪の, 生籬の, 由, 男さへ, 男も, 画家は, 留置場に, 病院の, 白い湯気, 白菊の, 直吉には, 看護婦を, 眼だ, 瞬間を, 矢先如何で, 石垣の, 磯馴の, 神, 私まで, 程です, 積りで, 空気は, 競馬だ, 筈ね, 節ま, 簑虫にと, 紅の, 細引を, 継母の, 縁側に, 美しい白髮, 群衆心理は, 老人と, 者から, 者なる, 聲で, 能力を, 自分には, 自身の, 船の, 良人も, 芥川を, 花模樣が, 若い女, 若しそれら, 苧屑の, 菜切庖丁や, 葉は, 藁屋根の, 處でした, 蜜蜂は, 蟻の, 表情で, 製造主任なる, 親は, 言葉だ, 訣に, 訳にも, 詞を, 読者も, 講釈師は, 豆も, 貴い陶器, 足駄に, 車へ, 辰男に, 迷信や, 通りモルモン宗の, 通り船成金の, 逸子にも, 道路が, 部下, 部分より, 酒場だつた, 重吉の, 金が, 鉄の, 鋭さで, 鐘声に, 間あつし, 間にも, 間小六は, 阪西が, 限り此の, 隠者階級には, 離室の, 電気灯の, 青年からの, 響きを, 頃ひと, 題材などは, 風が, 風景, 餘裕が, 駅の, 體を, 魚の, 鳶頭の, 鶯が, 黒雲が

▼ つて~ (9533, 5.1%)

318110 それは 57 よい 49 構は 42 いい 41 好い, 宜い 39 私は 30 可い 28 それが, それを, よからう 22 かまは, 仕方が, 彼は 21 なくても, 容易に, 自分の 20 差支へ 19 さう, よいの, 私の 17 いいと, らは, 僕は, 少しも 16 差支ない, 過言では 15 彼の 14 これは, 行つても 13 いいん, た, 何も 12 いいの, よいと, よろしい, ゐた, 俺は, 構ひません 11 いいで, らへ, 出て, 自分は, 誰も 10 中, 出來, 日本の 9 よいやう, 今の, 何か, 同じ事, 女の, 此の, 無くても, 照つても, 駄目だ

8 [13件] え, なか, 何の, 僕の, 多くは, 大したこと, 好いと, 好いん, 好い位, 好からう, 彼女は, 本當, 関は

7 [16件] いいから, いいくら, いいよ, さうし, しかたが, すぐに, もつと, よいで, らひたい, 人の, 他の, 口を, 好いよ, 無駄だ, 返事を, 駄目な

6 [17件] これが, これを, よくは, ゐたの, ゐないの, 何でも, 何んにも, 可いと, 同じやう, 好いの, 彼が, 殆ん, 生きて, 私が, 私には, 非常に, 面白くない

5 [35件] あの人, いいかも, いいね, いいやう, その人, ないこと, よいだらう, わたしは, ゐるの, 人が, 仕樣, 何う, 何にも, 其を, 大抵は, 好いが, 好いで, 好さ, 宜いでせう, 宜う, 宜しい, 實は, 彼等は, 心に, 心は, 昔の, 洗つても, 無理だ, 皆昔の, 私に, 立派な, 見た, 邪魔に, 間違ひ, 頭の

4 [66件] あつけない, あなたの, いいが, いいのよ, いいほどの, いいわよ, うそでは, おのづか, お互に, お前の, かまひません, そんなこと, ちつとも, なくつて, ほかの, まだ二十代, まだ梭, よい程, ゐたが, ゐなかつた, ゐられないやう, 不承知だ, 主人の, 今日の, 作り出せるもの, 作者の, 例の, 僕には, 先方は, 先生の, 其とは, 内容が, 切れない, 口も, 同じこと, 同じ若い, 外に, 大事おま, 大變, 大體, 好いやう, 好いわ, 好い程, 娘の, 宜いが, 宜いで, 尚ほ, 帰つて来なかつた, 掘つて, 春の, 氏貴い, 無いと, 自分が, 若かつ, 茜と, 見ないで, 誰にも, 身の, 追つて, 過言でない, 都合が, 長く健やか, 関ひません, 降つて, 雨の, 黙つて

3 [141件] あなたは, あの男, いいかい, いいぢ, いいです, いいといふ, いいな, いくらか, うん, お前には, お力が, お酒, きつと, ここから, こつちが, この, これだけは, すべての, そこから, そこには, その中, その通り, それから, それから先, ちよつと, ぢも, どつて, ならぬからとて, なんにも, ふだんの, まだ私, みて, めつたに, よいが, よいほどの, よいよう, よい作物, よい筈, よくまた, よささうな, よろしいの, ゐたし, ゐないし, ゐなかつたの, ゐませんでした, ゐるし, 一緒に, 不思議は, 之を, 京都の, 人に, 人は, 仕事が, 何うし, 何んの, 何処かに, 何時までも, 俺の, 兎に, 八五郎の, 其は, 其方への, 冬の, 前に, 却, 取殺すぞ, 可, 可いわ, 可なる, 同じだ, 吾, 夜は, 大丈夫だ, 大事な, 女が, 奴隷の, 妻の, 娘は, 子が, 子供の, 宜からう, 家の, 左に, 差支へは, 差支無い, 平次は, 平気だ, 彼女が, 後に, 心が, 怕から, 恥かしくない, 恥しくない, 惜しくない, 惡る, 慧心僧都の, 支那の, 敢て, 文句は, 是れ, 最初の, 最少し, 村の, 東京の, 槍が, 此は, 此方で, 毎日の, 気に, 氣が, 汲んで, 無駄な, 父の, 物を, 盡きない, 直ぐに, 相変らず, 相手は, 矢つ, 笑つても, 第一, 義理の, 聽か, 自分で, 藤原の, 行きちが, 見るが, 見ること, 覗かれて, 親父は, 誰か, 誰れ, 變り, 返す事, 追つ付かない, 金が, 金戒光明寺のは, 間に, 青い壁, 風が, 駄目である

2 [514件 抜粋] あ, あたりは, あたり前の, あなたが, あなたに, あなたには, あの利根川, あの女, あの頃, ある時期, いいけれど, いいさ, いいぜ, いいだらう, いいほど, いいもの, いいわけ, いい人, いい程, いい筈, いざと, いつかな, いろ, うお, おもてなしも, おんなじだ, お前さへ, お前は, お孃さん, お末, お父さんは, お爺さんの, かなりの, かの竹林, ききませんよ, きりが, こ, こちらの, このお爺さん, この時分, この根本規準, この眼前, この私, これからは, これだけの, これでは, これと, これも, これらの, こんな好い, さうだ, さうである, さう云, さしつかへ, さすがに, しやう, しようがない, しらじらしくいつ, じつと, そこに, そこは, その先, その実, その家, その日一日ぢ, その流行, その種, そりや, それすら, それぞれの, それだけ, それに, それには, それはい, それまで, それらが, それらしい, そんなもの, そんな事, そんな見た, たつた一人, だれも, ちやんと, つと美しい, つと食物, どうにも, どうにもなり, どこか, どこにも, どこまで, なからう, なぜか, なほかつ, なんでも, ほかに, また, また失敗, まだ, まだあの, まだお, まだその, まだ充分, まだ口, まだ抜け切れない, まだ生き, まだ若い, まづ, もう三十近く, やはりその, やまなかつた, やれるし, よいか, よいから, よいくら, よいといふ, よいので, よいほど, よい様, ようござんす, よくた, よくつて, よさそう, よぼよぼの, よろしいと, よろしいわ, らつては, らふつて, らふつもり, らへば, わかる, わたしの, ゐない, ゐないので, ゐないのに, ゐないやう, ゐませんよ, ゐる, ゐ一昨年, シャボンで, ゾツと, ダメ, チャンと, ドリアンは, ハッキリした, 一つとして, 一と, 一個の, 一向差支, 一文の, 一町に, 一種の, 万葉集に, 上の, 不仕合せな, 不思議な, 不思議の, 不服は, 世の中に, 世界の, 世間の, 中身は, 乃至は, 事実の, 二人の, 二年や, 二階の, 亦同, 人々は, 人を, 人間にと, 今から, 今では, 今は, 今まで, 今までの, 今日は, 今日まで, 仔細は, 仕方の, 他人に, 他人の, 他巳吉, 伯の, 何であ, 何と云つて, 何んで, 何んと, 何処にも, 何時でも, 余の, 作者が, 來は, 信吾が, 個々の, 値打には, 倫理の, 偉くは, 僕が, 元の, 元より, 充分に, 兇暴な, 先生は, 兎角私, 入つて, 全體, 八五郎は, 其の人, 其れ, 其疑を, 其處には, 出鱈目な, 切れねえ縁, 初めの, 別々に, 別に過ぎ去つた, 別に面倒, 別に面白い, 到底他人, 前方には, 力が, 厭は, 去年の, 又其蓄, 叔父の, 叩いても, 可いか, 可いが, 可いわね, 可い位, 可え, 可えつ, 可かつ, 可さ, 可なりに, 叱かられは, 右から, 右手を, 同人雜誌作家にと, 同樣, 君の, 君は, 君等は, 呉れませう表, 周囲の, 唯上方, 商賣, 善い, 善いと, 喚いても, 喜ばしいこと, 單に, 喰べて, 嘘では, 嚇しても, 四五日も, 因縁の, 困るから, 困るし, 困るよ, 埒が, 外の, 外へ, 多くの, 夜にな, 夢は, 大きな眼, 大した事, 大丈夫です, 大刷校正, 太子の, 女は, 女狂ひ, 好いかと, 好いから, 好いくら, 好いけどね, 好いぢ, 好いね, 好いのよ, 好い時分, 好う御座ん, 好かつたのに, 好くない, 好くは, 如何に, 妙に, 嫁に, 子として, 子供つ, 子供は, 安いもの, 宜いか, 宜いや, 宜かつ, 宜しいが, 宜しいと, 宜しい位, 客間の, 害は, 家出を, 宿賃を, 寒いに, 實際に, 小さい町, 少くとも, 少しの, 少しは, 少し相違, 居た, 居ない, 居ない男, 居られず立つても, 居られないので, 居られません, 居るかと, 山は, 山内さんを, 巖ばかり, 差し支, 差支なかつた, 帰して, 帰らない, 平凡な, 平氣, 平生の, 庄兵衞は, 庭は, 引つ張つて, 当時余が, 彼には, 彼れ, 彼奴は, 彼等の, 彼等を, 彼自身の, 御米, 徳川時代の, 心の, 必しも, 必要な, 恐ろしい怖ろ, 悪魔の, 悲しいこと, 我慢し, 或る, 戻つて來, 手が, 払つても, 承知しない, 指に, 支那人の, 敵の, 文学としては, 斎き姫, 斯う, 新室の, 斷てぬ, 日に, 日本では, 昔から, 書くこと, 最後の, 木かげ, 本の, 本人に, 来て, 松が, 栄えねば, 根本の, 格別御, 構はねえ, 欠けて, 歌は, 止まなかつた, 此方は, 此等の, 此組の, 此詩集は, 歸つて來ない, 歸らず, 歸らない, 死にやしない, 段々が, 母は, 母親は, 気を, 氣の, 水が, 水は, 水を, 決してその, 決して傷, 決して力, 決して私, 泣いても, 浦島は, 渡りに, 温情ある, 準備の, 滅んでは, 無いの, 無理かも, 無理である, 無論貧, 物の, 狭いもの, 猶踊り, 現はれた, 瓦の, 生命の, 甲斐が, 男の, 町方の, 白状せぬ, 白痴の, 相手を, 真女形, 眼に, 知ること, 知れたもの, 福を, 私と, 私にと, 空しかつ, 筋の, 箒の, 精神を, 素直な, 給料を, 続いた, 綺麗だ, 習慣を, 考へられる, 自分さへ, 自分では, 自分とは, 自分を, 自由に, 船が, 船は, 良いと, 苦しんだ, 茶は, 落ちませんね, 落着い, 蘭軒は, 西洋の, 要領を, 見たが, 見たり, 見なければ, 見世物の, 見逃すこと, 覺えて, 解つ, 解るの, 触つて, 觸つても, 言は, 言ひ過ぎで, 言ふ, 詰らぬ事, 誇張では, 誤りでは, 譬へ, 貰へ, 買つ, 赤い布片, 足りないの, 蹴つて, 身に, 身を, 返事も, 遅くは, 道義心から, 酒の, 酒は, 重要な, 野の, 銚子を, 開けて, 階級対立を, 雪が, 雪の, 零度近い, 青年は, 頑として不可, 顏を, 顔を, 餘り, 饑じう, 馬鹿と, 駄目ださうです, 駄目だつた, 駄目で, 駄目です, 駄目よ, 鯛と, 齋き

1 [5888件 抜粋] ああ云, あたしは, あながち無謀, あの帽子, あまり多い, あります, あれには, あんな調子, いいからだ, いいなどと, いい役, いかにさう, いくら金を, いつもそ, いまことさらに, いらぬと, うけ合, うりら子と, おいしいわよ, おつつかない, おわかり, お前達は, お尋ねなさらない, お直さん丈, お金を, かうした瞳, かの, きかなかつた, くつぐつたい笑ひである, こたつも, このたび, この井戸, この妹, この松葉, この組, この赤ん坊, これだけ, こんなに長い, さういふこと, さう思ふなあ, さても, しみが, すぐ判る, すばらしい近代的, そして夜, そのま, その人間的実在, その同じ級, その寺男, その心持, その早蕨, その為事, その種類程度, その行為, その連中, それでもまだまだ, それほどお, それ以来信太妻伝説の, そんな家, ただの, たつぷり金, だめだ, ぢつと, つてゐた, つと掘下げ, つまらぬと, でないもの, ともに最も深い, どうしても動かず, どうしよう, どうも妻, どこを, どんな微か, なお両国橋, なきに, なほ名義だけは, ならないこと, なんとなく頭, のらなくても, ひつくりか, ふしぎは, ほしく無い, ほんの二三人, まあそれくら, まさか旅先, また幾変遷, まだほろ, まだ二十八, まだ劇中, まだ失敬, まだ旧態, まだ秋, まだ言, まだ飽き足りない, まれびとの, みんなが, むつつりと, もうと, もう別段振り返つ, もう本心, もてあまして, もはや如是我説, やつぱり赤痢や, やはり同じ, やはり活字, やらぬもの, よいくらい, よい位, よい雑誌, よく民間, よし牽引力, よろしい投げられる, らひたいね, わかつてる, わかるといふ, ゐたさ, ゐないで, ゐやう, ゐるだらうし, オペラ・コミツクです, コザツクの, タイルの, ヌラリクラリと, ヒンヅタメルマホメダン波斯人錫崙土人其他種種に, ホンの, モトムは, 一つも, 一人立ちは, 一向ない, 一定の, 一度其の, 一日彼が, 一枚の, 一番の, 一軒の, 七月にな, 三十臺の, 三萬兩の, 下から, 下駄屋さんへ, 不幸と, 不時の, 世界全, 中宮寺の, 主義から, 九十にな, 予に, 二つの, 二十三に, 二本差などには, 五代目の, 五十銭や, 井戸水の, 亭主に, 人權は, 人類が, 今後は, 仕合せだ, 他家の, 伊勢屋忠右衞門の, 低能児みた, 何だかがらん, 何れ丈け, 何処に, 何樣一とか, 佛國人は, 使つても, 例外だらう, 信じちや, 俳諧報国に, 健やかに, 僕にだけは, 償ひ, 元来南国, 先づ皆吉一人の, 免れること, 全く淡々, 兩方の, 六十そこ, 其と, 其中へ, 其実半分以上は, 其研究の, 内儀を, 冬にな, 出すべき手紙, 出版物檢閲の, 分りますが, 切れない作中人物, 切れぬ親, 判つて貰へ, 別にビルディング, 別に變つた空氣, 利益は, 到底滿足, 前線と, 劍道が, 動くもの, 勵むでもなく怠るで, 北海の, 十四では, 十秒以下では, 午前の, 半農, 危うく胸, 厭だつた, 又思ひ返す, 反つくり, 取り捲きの, 口へは, 古河の, 可や, 右の, 同じで, 同じ樣, 同氏の, 向うの, 吹いても, 周子は, 咲いて, 唯六七枚帶も, 喜ぶべきこと, 四五軒に, 団扇を, 固定以前には, 團體によ, 地方の, 城府を, 場馴れた, 変らなかつた, 外より, 夜だ, 大きなもの, 大した人数, 大して驚かない, 大事ない, 大変やかまし, 大時代である, 大過なから, 天地が, 夫も, 奧の, 女人である, 好いし, 好い一目, 好い筈, 好んですよ, 始め一寸した, 婆さんは, 子の, 学校に, 安い玉, 安心ならない, 宜いと云, 宜しうございませう, 実際一人, 家主から, 宿題ばかり, 寝かされて, 實質的には, 将来は, 小刻みに, 小説には, 少しやつ, 少女に対する, 尚乾し, 尚舞台顔, 居ないといふ, 居られなかつたので, 山の, 屹度起き, 川幅は, 差つ, 己は, 帰つて来る, 常に一種, 平凡で, 平面では, 幸だつた, 広いが, 店續きの薄暗い, 建物と, 弾丸の, 役人は, 彼方には, 後から, 得ら, 御法に, 徳川時代, 心臓の, 必ずその, 必要以上の, 忽ちふくらん, 思はないでも, 怨なんか, 恋愛などよりも, 恕すべきである, 悟るを, 悪物喰, 惡くない, 意識的に, 感性の, 慾張りな, 成功する, 我慢しな, 戦争本来の, 所詮働く, 手紙の, 承知する, 押し込められた蒸気, 持たねえと, 振ふことは, 探偵小説の, 支那に, 放しませんよ, 救世的の, 敵ぢや, 文學者では, 断じて冒頭, 新聞の, 既に敬称, 日本だ, 早くも, 明らかである, 昔からの, 是等の, 時男さんは, 智慧も, 暗紫色を, 書中に, 最大の, 有明海だ, 木蔭に, 未だ彼, 本因坊の, 杉原紙か, 来るもの, 東支鉄道一年の, 果してその, 柔かである, 桂子は, 森ばかり, 極く, 構はんの, 横臥晝寢等を, 欲しいやう, 止めること, 此だけは, 此処と, 此樣な, 武家の, 歸る, 死絵の, 殺されたの, 母子の, 比較的慘劇, 氣持がよ, 永久に, 決してしまらなかつた, 決して同僚, 決して後悔, 決して監獄, 決して馬鹿, 沸かし湯で, 法律は, 流れて, 消えちやう, 深切の, 温みが, 溝へ, 漸進は, 濟むんだわね, 烈しく父, 無傷な, 無論獨身者, 然し知らない, 照子は, 父は, 特にこの, 独身時代が, 猶俗意, 獨り, 珍重される, 理屈は, 甚だ不幸, 生きること, 生活ぶりが, 田圃に, 申譯しなけれ, 町の, 畢竟ジヤアナリスト兼詩人, 當時は, 疵も, 登れませんでしたが, 百五十兩下では, 皆多少, 目だつと, 直ぐまた, 直訳手法に, 真実な, 眠れねえこと, 瞑り切れないもの, 矢張り川村曼舟氏の, 矢張其通り何も, 知らず識ら, 知るべきである, 砂だらけ御汁と, 確かい, 祈祷の, 神格としては, 私のは, 科擧を, 空に, 窕子の, 立てなくな, 第一流, 節操が, 精巧な, 紙上だけ, 結婚する, 結局水掛論だ, 絵の, 綻びず固く, 繊細で, 羊頭塾華やかなりし, 羽が, 考へたり, 聞かない, 聴かないで, 肉食を, 胎土が, 脱がれぬので, 腹を, 自分一人の, 自殺などは, 興味の, 色々の, 芸術的見地から, 若し降り, 英文の, 荒れたる驛路, 落ちるものぢ, 蕗が, 藤原奠都の, 蜜蝋が, 行きさ, 行違ふ, 褒める者, 見おろすやう, 見た火箸, 見られない型, 見當, 親類中こんなに, 解らないの, 解決の, 訴へ, 詰らなかつた, 語尾に, 誰の, 論難に, 議論を, 豫想は, 貧乏する, 貴方は, 賀すべきこと, 赤塚樣は, 足らぬと, 足りません, 軍で, 辰巳の, 返らぬ昔, 退屈以上の, 通用しないだらう, 遅いで, 道教に, 遠くの, 遺失物を, 都合上勝手よろしき, 重くて, 金六の, 銘木や, 長く続いた, 間違ひもなく, 院内で, 障子に, 隱居同, 雨は, 電線の, 青脹れ, 面白い, 音楽家に, 顏が, 風俗習慣が, 食物が, 餘程お, 馴染みを, 驚かない積り, 高座は, 鯛といふ, 黄色い菜の花

▼ つて~ (6952, 3.7%)

63 いけない 60 ゐなかつた 59 ゐるが 52 ならない 50 ゐない 48 ならぬ 31 いけません 30 ならぬと 26 ゐないの 24 それは, ゐたが 22 ならないと 21 それが 20 非常に 18 ならないの 17 大変だ 16 一つの 15 困る 14 いけないと, 居るが 13 それを, なりません, 仕方が, 何も, 居なかつたの 12 ひつて, ゐないで, 何の 11 いけないよ, いつて, ゐないと, ゐません, 彼の, 殆ん, 自分の 10 いけないの, さう, つきり, どうする, ゐなかつたの, 他の, 實に, 居りません, 来なかつた, 駄目だ 9 いけませんよ, ゐた, 何でも, 來なかつた, 如何です, 居ません 8 なか, ならぬこと, ゐないが, 可け, 困ります, 少しも, 居ない, 居なかつた, 此の, 私の 7 ゐられなかつた, ゐる, 出て, 厭よ, 單に, 大事な, 珍らしい, 私も, 非常な, 餘り

6 [15件] これは, それも, た, ならないもの, ゐたけれど, ゐないか, ゐるけれど, 何う, 唯一の, 困りますよ, 大變, 容易に, 居られない, 笑ひ, 見たが

5 [19件] いけないから, すべての, どうで, どうです, どうでも, ならないから, ならない事, もつと, ゐたけれども, ゐたの, 今の, 何か, 何にも, 居ないの, 居りますが, 思ひがけ, 氣の, 濟ま, 行つた

4 [52件] いかん, いけないぞ, くれまいかと, これが, しやいで, それこそ, それらの, そんなこと, ならないこと, ならないん, ならぬといふ, ならぬもの, ゐませんが, ゐるもの, ゐるん, 一切の, 不思議な, 中, 來た, 困ると, 堪へがたい, 多少の, 大和の, 容易ならぬ, 居た, 居ても, 居られません, 居るけれど, 巧みに, 彼に, 彼は, 心驚く, 手の, 手を, 来ません, 東京の, 此上も, 河内の, 父の, 現在の, 生れて, 申分の, 確かに, 私は, 私めらが, 私を, 精一杯の, 肉縁は, 語弊が, 踏み迷, 里方から, 骨を

3 [120件] あなたの, いけないので, かなは, くれまいか, こ, この上, こんで, さうし, しまひ, すべてが, そこに, その, そんな事, ぢめて, どうだ, ならないさ, ならぬ事, ならんぞ, みるが, もう仕方, ゐたものの, ゐないから, ゐない筈, ゐなかつたが, ゐまい, ゐましたが, ゐられないの, ゐるけれども, ゐるの, ゐるものの, 一と, 一人も, 一文も, 一時も, 一番の, 下さいません, 下さらないの, 不可ない, 不思議に, 之を, 人の, 人を, 人間の, 今度の, 今日の, 何うかと, 何うし, 何よりの, 何よりも, 來ない, 來ません, 再太宰府, 却て, 原田の, 又火, 呉れないだらうか, 呉れまいかと, 唯東, 困るだらうじや, 困るでは, 地球の, 夫れ, 失礼だ, 如何で, 如何でございませう, 家の, 小説は, 居ないが, 居ないで, 居られぬ, 左程の, 後の, 徒らに, 御迷惑, 思ひ出, 急に, 悪いかも, 悪いと, 所謂, 敵は, 日本の, 時が, 最後の, 本當, 来ないの, 此を, 武家の, 死は, 気が, 消えて, 無い表向き, 無上の, 猶更, 生きて, 眼を, 私には, 種々の, 第二, 置いたが, 考へ, 自分と, 自分も, 自己を, 致命的な, 興味が, 色々面倒, 行けないよ, 言はれぬ, 話して, 誰か, 誰も, 變だ, 迷惑な, 都合がよ, 酒は, 重要な, 面白くない, 面白くなく見える, 駄目です, 駟馬も

2 [371件] あとで, あの家, いか, いかに誇張, いかんと, いかんよ, いけないといふ, いけないのよ, いたが, いつた, いつまでも, いても, いない, いないから, いらつし, いろいろと, おもしろくない, お前が, お品, お孃樣, お終ひだ, かくの, くれぬ, くれまい, こなかつた, この, この点, こらへ, これこそ, これを, これ以上の, さうである, さきへ, しませんよ, しまはなかつた, ずいぶん久しい, せめてもの, せよ, その事, その力, その時, その理想, その表現, その魅力, それぞれの, それどころで, それに, それの, それらは, そんなもの, ちつと, つねに浮かぬ, つまらない, つもる, とてもそんな, どうあ, どうか, どうかと, どうにも仕方, どうもならん, どんなもの, ない, ないの, なし, ならないが, ならないといふ, ならないので, ならない場所, ならない年齢, ならない筈, ならぬが, ならぬぞ, ならぬとは, ならぬの, なりませんが, なんだ, なんにも, はじめての, ひる前, ぶく, ほんにどうで, みたが, みましたが, もう一刻, もう何ん, もう何間, もう駄目, やつた, やつて, ゆく, ゆつくり, ら, ゐても, ゐないだらう, ゐないので, ゐないのに, ゐないまでも, ゐないやう, ゐないよ, ゐない積り, ゐなかつたし, ゐなかつたので, ゐなくつて, ゐますが, ゐますがね, ゐませんでした, ゐませんよ, ゐら, ゐられないといふ, ゐられなかつたの, ゐられぬ, ゐられません, ゐるから, ペコペコ頭, 一つも, 一代の, 一方これ, 一本も, 一杯飲ん, 一生に, 一種不可思議な, 一苦勞である, 一言の, 三段程の, 下さらぬか, 不可い, 不可ません, 不都合な, 世の中の, 世界の, 中の, 主人の, 之が, 云ふ, 些と, 人に, 人間も, 今でも, 仏壇の, 他に, 仰天狂喜し, 伊香保は, 何と, 何ものにも, 何より大切, 何を, 何んにも, 何時も, 作者の, 來り, 來る, 停まり, 傍の, 僅に, 先づ短い, 先づ第, 入れするの, 全く何, 全く意味, 全世界, 其は, 其丈で, 其樣な, 其限だ, 再び前途, 凡てが, 出來, 分に, 別に大した, 危険です, 危險な, 卷烟草の, 厄介な, 厭, 厭です, 可なり, 叶は, 各の, 吉野も, 同じこと, 呉か, 呉れるな, 唯の, 喧嘩ばかし, 嘘だ, 困りますが, 困るけれど, 困ること, 困るので, 困るよ, 固より, 国民読本と, 堪らないと, 壜に, 夙に大, 夜具と, 夢の, 大きな問題, 大したこと, 大してその, 大事の, 大事件, 大先輩, 大切な, 失敬だ, 女性の, 女房は, 女教師の, 如何かと, 如何と, 如何に, 妻は, 娯樂である, 娯樂でなく, 存在が, 存在の, 存在は, 実に絶大, 宰相たる, 實在, 寧ろ生活, 少くとも, 居たの, 居たものの, 居な, 居ないのに, 居なかつたで, 居ますが, 居ませんでした, 居られなかつた, 居りましたが, 居りませんでした, 居るけれども, 居るの, 居れども, 山の, 左の, 常になき, 平凡な, 平次の, 幾度か, 幾度も, 店の, 庭に, 強ち, 当然の, 彼が, 彼女は, 必しも, 必然的に, 思出せない, 思想の, 思案に, 悪いの, 惡いと, 惡るい事かと, 愁らから, 愈, 意外で, 意識は, 我慢の, 或る, 或時, 房の, 手も, 政治は, 政治的必要に, 救ひ, 文学の, 文學は, 斯の, 新らしい, 斷れ, 旅籠屋を, 日に, 日本では, 明らかに, 昔の, 昔を, 是れ, 時々恁, 晝は, 最も必要, 最も感慨, 最早や, 有害な, 有数の, 来たものの, 来ない, 校歌に, 校長を, 棺の, 様々な, 橋の, 次かと, 此方を, 此等の, 母に, 毎日, 氏の, 永久に, 汗を, 決して, 決して良い, 流石に, 涙さへ, 溜らぬ斯, 無意味な, 無論思, 無遠慮に, 父と, 特殊の, 猫の, 猿秀呼り, 珍らしく, 現代の, 理想の, 甚, 生死の, 生活の, 皆仄かな, 益, 相當, 眞に, 眞理は, 眞白な, 確に, 神が, 神聖な, 私が, 籠の, 精神の, 絶えて, 繊維を, 纎維を, 義理の, 腐れた屋根, 腹を, 自分が, 自分は, 自己の, 致命的である, 花を, 藝術に, 衆に, 袂を, 見たもの, 見たものの, 見る眼, 親に, 言葉を, 詩が, 詰らない, 誠に心外, 誰でも, 誰れ, 迚も, 逐ひ, 過去の, 郷に, 醒めても, 長い間, 随分の, 際限が, 隨分つらい, 隨分白人の, 隴を, 駄目だらう, 駄目よ, 魂送りの, 鳥を

1 [4351件 抜粋] あ, あちらの, あの世へ, あの芸術的厳粛味, あまりに露骨, あらゆる豫知, あるけれども, あれ程, あゝ遊び, いかに長く, いくらか鬱陶し, いけないが, いけないわ, いけない或は, いけませんそれとも, いた, いつたが, いつも絶対, いはない, いまだ十分, いらつしたやう, うそに, おきて, おしまひである, おもて, お前を, お染, お躰, かういふ具合, かせう, からだを, くる, くれましたが, ことに牛, この二階, この名, この後, この物, この種, この醜い, こまる私, これア気の毒だ, こんな涙, さすがに, しぐれる, しやぶり毟つて, すぐ食, すべてにおいて, そこへ, その人望, その国法, その師エピクテータス, その手段, その無, その自分, その金, そもそも, それだけしき, それによ, そんなこと位, そんな用意, たしかに一夕, ただ一枚, たつた一つ, たまらぬ, ちよつと, つきり顏, つまらんから, とてもこの, どうかといふ, どうにもなりません, どれでもが, ないくら, なくては, なつかしくやるせない思ひ, ならずそれ, ならないのに, ならない別, ならない鑛毒, ならぬ又, ならぬ自分, なりませんよ, なんらの, はじめてで, ひとしほ, ひまは, ふり落つる涙, ほんとに辛く苦しい, まことにすまない, まことに結構, まず皇太子, また奧, また飛びつく, まだ語弊, まるでいたん, まるで犬ころ, みな黒地に, むしろ落語, もうこうなれ, もうやめよう, もう古びたる, もう殆ど宿命的, もう遠慮, もはやそれ, もはや苦痛以上, やはり女, やや色魔, ゆだり気味, よし浴場, わからないこと, わたしの, ゐさうに, ゐないけれど, ゐないといふ, ゐないン, ゐなかつたつもり, ゐなかつた筈, ゐましたがね, ゐませんからね, ゐません惡いもの, ゐられないん, ゐるしかし, カンジが, シツレイか, ッはと, ノートし, プロレタリヤは, ユニクの, 一々英字, 一九の, 一句一句の, 一寸始末, 一日中での, 一片の, 一番大切で, 一緒に, 一転換の, 三人で, 三崎へ, 三百兩位の, 下さらないと, 不健康な, 不可といふ, 不思議の, 世態人情の, 丸で, 主義や, 乾し, 二つながらどちら, 二十年前の, 云ふまで, 亡くなつた祖父, 人心の, 人間に, 今もつ, 今年はじめて, 介意つてゐられない, 仕遂げられないから, 仲, 何うです, 何だかすまない, 何もかもてんで分かり, 何んの, 何処の, 何時までも, 何等特殊, 余りにも, 余程急い, 作品も, 來て, 侮り難い, 俺に, 健氣に, 僕は, 兄弟とは, 先づ潤一郎の, 先生の, 克服し, 入浴と, 全く勝手, 全く恐入るべき, 全く縁, 全然これ, 公家武家の, 其の人實, 其今日の, 其浄土を, 具體的であり, 凍つた海, 出來過ぎ, 分裂的に, 初め本康宗円に, 別になく, 到底容易く, 前章で, 加集にも, 動かし得ないでも, 勵まし, 勿體ない, 十代續いた, 十月十八日に, 午前午後の, 単純に, 即ち福, 却つて窕子の, 厳重に, 又戻つ, 友次郎兄哥の, 叔母で, 口を, 古典として, 可也皮肉, 可笑しいが, 史蹟と, 同じい, 同一である, 名目養子も, 君らに, 吾人の, 呉れまいかといふ, 呑み下した, 命とりの, 唇を, 唯彼等, 商売仇である, 啼いて, 嘗て既往, 困りますからね, 困るな, 国権を, 土間から, 坂の, 堪へられぬもの, 墨汁に, 売り込みに, 外より, 多くの, 夜光の, 大いに空虚, 大きな提言, 大乘佛教, 大威嚇, 大海人, 大阪中で, 天才的と, 夫, 失禮だ, 奉仕と, 女房を, 如何し, 妊婦と, 妾の, 嫁入, 嬉敷も, 学問が, 宇宙そのものを, 官より, 実に意外, 実在性の, 家中の, 宿六たる, 寝ると, 寧ろ低額, 寧ろ近作, 将軍の, 小卓子, 少し不遜, 少し迷惑, 居けれ共, 居ない只, 居ますよ, 居らずこぼれた白粉, 居られないし, 居られまい, 居りませんよ, 屈託ない, 山頂を, 工合が, 己れ, 常に祭礼, 平和國家の, 年七十以上, 幸ひだつたと, 幾分なりとも, 店主も, 廻つて歩く, 弟でも, 当太郎, 形式的に, 彼女等は, 後日の, 得難きアルペン, 御病気, 徹男に, 心苦しい思ひ, 必ず昔, 忘れること, 思うつぼでした, 恐しいが, 恐ろしい一時期, 恰化石の, 悩ましく朗らか, 悲しむべくまた, 惡いかも, 惡書で, 意外にも, 感慨に, 慰藉と, 成らぬ, 我がもの, 或は忠平, 戰士が, 手が, 手箱から, 技巧は, 投げ取つて, 拠ろなく何くれ, 挽き下ろし伸上つて, 掏摸れ, 摺つては, 政府も, 散銭一つ持つてない, 文学を, 斯う, 新鮮な, 旅が, 既に謂, 日本式で, 早くも, 昔ゆかしい, 是は, 昼間から, 時時聲, 暗示でなく, 更に懐疑, 曾て, 最も石刻, 最大の, 最早自明, 會員を, 有難い金, 朝来る, 未だ適, 本当にただ, 机にばかり, 来なかつたけれど, 東京から, 根でも, 棋士としての, 極めて脆い, 概念でない, 櫻の, 歐洲に, 止め度も, 此の世は, 此先どう, 此處まで, 歸り, 死んだ八十郎殿, 殆ど仇敵にも, 殆ど透, 殊更にも, 毎月の, 民子は, 気骨の, 永く浮世絵研究書中, 江戸長唄は, 決して徒爾, 決して遠い, 泣き締めては, 流れたの, 海へ, 消ゆる, 深刻な, 湖全, 準備の, 演出家の, 澤木君を, 火鉢代りで, 無いけれど, 無學, 無理酒を, 然く, 熊や, 物は, 特にこの, 犯人捕縛以上の, 猶更不案内, 玄宗皇帝の, 珍しいこと, 現存の, 甚だその, 甚だ悲しむべき, 生きた心持, 生命を, 生産行爲, 甲乙兩説共に, 男女を, 畫師も, 疑ふ働き, 痛快でない, 發展は, 白色かと, 皆を, 益田好次同様豊臣の, 直ちに利用, 直觀, 眞實だ, 真実である, 眼に, 矢張面白く, 矯飾に, 社会思想的に, 神慮の, 祭礼の, 私たちが, 私自身で, 程經てからでも, 空へ, 立ち留り, 立直しが, 笑つて踊つ, 第一番, 精神は, 紛失する, 結婚以前の, 絶好の, 緩くり寝, 纏ひついた, 置くまいといふ, 美しい縞リスの, 老若男女共に, 聊か変, 肉体的に, 胸部を, 腹切道具だ, 自分からは, 自己欺瞞で, 自然沙汰止みにも, 自體, 臺紙を, 舞台監督者の, 良教師で, 芝居見物に, 芸術家は, 若旦那が, 英語で, 菜の, 蒲團の, 虚心し, 行きたくなしされば, 行けないですが, 表現そのものが, 要するに五月蠅, 見つ, 見返しに, 観たくも, 言ひ過ぎだらう, 許さるる底, 詩よりも, 誂へ, 説明する, 誰一人ありませんでした, 謹んで, 豹の, 資本は, 趣味である, 身魂ともに, 辛らい事の, 近路, 退けられきびしくはげしい, 進まなかつた, 過剰金の, 道理を, 遺憾ながら, 郷音で, 酷く駄目, 重要である, 金銀財宝などは, 錢形平次の, 長年月, 開幕劇を, 閥族の, 際限も, 隨分返し, 難解な, 青また, 面倒な, 音の, 頭が, 顔淵の, 飛んだ耻, 飮み, 饂飩を, 駄目畑の, 驚いたこと, 高かつ, 魅力ある, 鹽を, 黒また

▼ つてゐた~ (6742, 3.6%)

311 のだ 272 のである 133 のです 103 んだ 81 のを 73 のは 7260 ことを 58 のが 54 のであつ 51 ことが 49 のか 48 ので 47 がその 43 がやがて 4241 んです 38 からである 37 ことは, のだつた 35 さうだ, のであらう 34 のだらう 32 がそれ 30 やうに 29 と云 27 といふ 26 かも知れない 25 から, に違 24 ものだ 23 やうな 21 もので, わ 20 であらう 19 が今, ことも, といふこと, 私は 1817 からだ, のでございます, ので私, のよ 16 のでその, ものである, 事が, 時の 15 ことに, のでした, やうである 14 さうである, と思ふ, ものが, 方が 13 か, がこの, が私, ぢや, のかも, のであります, のでせう, のに 12 さうです, ところな, のも 11 からで, が彼, でせう, ところで, に相違, ね, ものと, ものを 10 がお, がそれでも, つけ, といふの, ところへ, 彼の, 筈だ 9 がさ, が暫く, ことで, といふ事, としたら, ものです, わけで, 筈である

8 [12件] が或, さう, ために, ところだ, のさ, のでそれ, もの, やうです, 人が, 彼は, 眼を, 私の

7 [17件] からその, からであらう, がこれ, がまだ, が彼女, けれど, ことだらう, と言, にし, のかと, ものだつた, やうで, 事は, 二人の, 男が, 筈の, 自分の

6 [18件] がしかし, がふと, がもう, こと, ことか, といふ話, と思はれる, な, にち, のぢ, ばかりでなく, ものか, んぢや, 一人の, 人である, 日には, 為に, 間に

5 [31件] かと思ふ, かのやう, かも知れぬ, からな, がいつの間にか, がすぐ, がそんな, が何, が僕, が夜, が急, しそれ, ぜ, ぞ, ところに, ところを, と見え, のにその, わけである, わよ, んだらう, んで, んでせう, 事を, 彼女の, 或る, 昔の, 時に, 男は, 考へが, 頃の

4 [39件] かそれ, かどう, からだつた, がどうも, がやつ, が不意, が君, が実は, が突然, が自分, が話, が間もなく, くせに, ことである, しその, しまた, し又, つけが, と, ときの, と見える, にも拘らず, のでこの, のでこれ, のと, ものは, ものらしい, やうでございます, 上に, 事で, 事でございます, 事に, 人は, 夫人の, 彼女は, 樣子です, 私が, 私を, 筈です

3 [93件] お前が, かと云, かね, かもしれない, からでございませう, か否, があの, がある, がかう, がそこ, がそのうち, がどう, がやはり, がよく, が不, が二人, が他, が又, が大, が実際, が少し, が時々, が然し, が父, が軈て, くらゐだ, ことの, し私, それが, それは, といふやう, ときに, ところから, ところが, ところだつた, ところの, とする, とすれ, と云つて, にも拘はらず, に過ぎない, のかい, のかしら, のかな, のかね, のでありました, のでございませう, のでさ, のでま, のでもう, ので父, ので自分, のに今, のに違, ものも, やうだ, やうだつ, わけです, 一人が, 人々は, 人間の, 僕の, 僕は, 家の, 山の, 彼が, 彼を, 後で, 後に, 所だ, 所へ, 折から, 時で, 時な, 時は, 時代が, 時代の, 様だ, 男だ, 男の, 當時の, 矢先に, 空が, 筈な, 者が, 自分は, 自分を, 色の, 芥川の, 言葉を, 頃だつた, 頃で, 頃には

2 [265件] おしげは, お蔭で, かそれとも, かといふ, かとお, かも知れません, からそれだけ, からです, からといつ, からなので, からの事, から何, から本能寺, から私, から私たち, かわからない, か知れない, があれ, があんなに, がいま, がこつち, がさて, がし, がすると, がその間, がそれぢ, がそれら, がだんだん, がとう, がとうとう, がなるほど, がふつ, が一度, が二年, が何だか, が何ん, が何故か, が何時, が何時の間にか, が例, が其處, が内儀, が再び, が別に, が別段, が去年, が夕方近く, が夕食, が太平, が妻, が姉, が娘, が婦人, が左, が彼等, が後に, が心, が手品師, が斯, が朝, が末, が本, が樽野, が此, が此頃, が母親, が水, が漸, が特別, が相, が相手, が神戸, が藪, が誰, が近頃, が部屋, が鉈, が長い, が阿, けれどそれ, けれどまさか, けれども, けれどもう, けれどもそれでも, けれど今日, ことと, ことな, し, しかし俺, し彼女, そこの, そこへ, そして彼, それを, だけであつ, でもあらう, といはれ, といふわけ, といへる, とおも, ときだつた, ところがその, ところさ, ところでした, ところ二十九の, としか思はれない, とした, とでも言, とのこと, と同時に, と思, と思ひます, と聞い, と言つて, などとはこけおどかし, なんて段, にした, にしろ, にも関, のださうだ, のださうでございます, のであり, のでかう, のでそこ, のでそれほど, のでどんな, のでゆき子, のでわたくし, ので丑之助, ので二人, ので何, ので又, ので咲子, ので墓, ので實, ので彼, ので斯, ので書き慣れ, ので横着, ので渠, ので溝, ので父親, ので畳, ので陰気, ので顔, のにそれ, のにまた, のに気, のに過ぎない, ほどで, ま, もんだ, やうでした, より立派, わけだ, わけぢや, エミリアンが, フロラが, ンです, 一本の, 一羽の, 三毛だの, 三輪の, 下つ, 主人の, 事だ, 事と, 事など, 事の, 事も, 二人が, 京子は, 人だ, 人に, 人も, 人達が, 人達は, 仙薬の, 代助, 位だつた, 侍は, 信州の, 俥の, 俺の, 僅かな, 先生が, 其処の, 吉野が, 吉野は, 場所に, 大きな壺, 女が, 女と, 女は, 女らしい感情, 女を, 姪の, 子供が, 寛政の, 席に, 庄造は, 庭には, 彼では, 彼等は, 後の, 心は, 所で, 所には, 手袋の, 文芸の, 新家の, 日本の, 昌作は, 春の, 時, 時から, 時とは, 時には, 時も, 時代です, 期間が, 村の, 楽しい家庭, 様に, 樣な, 樣子で, 歌の, 母親は, 気持が, 温泉は, 為で, 爲に, 父の, 父は, 物を, 男でございます, 矢先だつた, 砂が, 福子は, 私には, 程だつた, 空二は, 筆を, 群衆の, 義男は, 自分が, 船は, 良寛さんは, 處な, 裕佐は, 話の, 連中が, 連中は, 郷里の, 酒を, 間の, 雀の, 霧が, 青年が, 青木さんが, 頃ある, 頃から, 頃である, 頃は, 頃私の

1 [2545件 抜粋] あごひげが, あとは, あの冷静, あの烈しい, ある安らか, おた, お兼, お化けが, お客たちも, お美代, かが窺, かそして, かと愈々, かの感, かも知れなかつた, からかへつて周囲, からすぐ, からとてどう, からどうも, からね, からよく, から中程, から今別, から其, から升田, から多分, から実弾, から幼, から此, から聽, から裸體像, から顔, かを云々, かボンボン時計, か千兩二千兩, があい, があゝ, がいつも一気に, がうち, がお天道様, がきのふ, がこれぢ, がす, がそして, がそれさ, がそんな或, がだが, がどうか, がどの, がなかなか, がね久しく, がふい, がほんとう, がまさかほんとに, がもしも, がやがてパタリ, がわたくし, がコンドーム, が一両日前彼, が一年足らず, が一番余計者, が三つ, が下, が主家, が二十二日目, が人形, が今朝, が伊庭, が余り, が俄, が傳記, が兎, が其儘其處, が列車, が加藤, が原稿, が君等, が咄, が四月, が夏, が多分, が大磯駅, が女, が子供達, が客, が寝返り, が岡本, が平安, が幾ら心, が御札所, が思ひ切つた, が意地悪, が折々, が敵, が既, が時, が書, が村瀬, が機關學校, が此冬致仕, が歩かう, が毎日, が求めもとめ, が波, が游牧記, が煙草, が独照, が生憎, が病人, が白鳥氏, が真, が矢張り, が祖母, が秘書役, が終に, が編笠, が胸, が若旦那, が蜂, が製板工業, が豫定通り出發, が貴, が身体, が道理, が里子, が間もなく轟々と, が雲, が頭, が養母, が黄いろい, ぐでりんの手紙に, けど又, けれどた, けれどもいつの間にか, けれども丹前, けれども定子, けれども昨夜, けれども男, けれど他, けれど晴代, けれど私, ことだから, ことなども, こと従つて運動の, この二升庵, この書物, これは, ころ同じ, さうで, さる寺, しさ, しめやかな, し二十年, し十日, し少し, し意地, し此頃宇治, し理科用, し蔭, し靜岡, せめてもの, そして枯葉, その中, その家, その後悔, それぞれの, それほど冬, ためかも, だけだ, だけにいま, だけの金, つけがね, つて, つまり俳優, といふし, といふガスマントル, といふ事実, といふ時代, といふ與七, とか, とき, とき私は, ところが少し, ところが間もなく, ところ不, ところ父親の, としても, とそれ, とはいへ, とは申せ, とみえる, と云ふよ, と想像, と考へられます, と見る, などと云, にはち, にも係らず, に拘らず, のこんな, のであ, のでうろ, のでかうし, のでこんど, のでそんな, のでどこぞ, のでまだ, のでフロオマン, ので一寸, ので世, ので今川氏, ので代り, ので偶然泊り合, ので兩肩, ので内密, ので制作, ので同船, ので変, ので奴豆腐, ので実にしばしば, ので岔水君, ので彼女等, ので御座います, ので意外, ので持主, ので普通, ので東京, ので洋服, ので無念無想的, ので病院, ので知事, ので私等, ので腰越, ので表向, ので速達, ので首筋, のにお父さん, のにそれさ, のにと思ひました, のにひき, のにカラッ, のに何時の間に, のに夏, のに己, のに急, のに松江, のに相, のね, のみで, のらしい, はずの, ばかりの鳥, ひとりものの, ほどだ, ほどののびやかさ, ほんとうは, ままに, ものでありました, ものに, ものらしく, やうた, ようで, よりも近く, わけでも, わたしの, わ此頃, んだろ, アレキサンダーの, オレンヂ色の, グラスの, ゴルフ服の, スケート, デカタンの, ネットと, ピカソの, ブラツセルの, マリアを, レニンは, ンで, 一切の, 一種の, 七人の, 三千代は, 上田とは, 不忍池, 世間の, 中の, 中村, 乗客たちは, 事件の, 二三の, 二十五六の, 五十位の, 亞麻色に, 人々の, 人です, 人差指をも, 人達, 人間達は, 代用小學が, 伊三郎が, 伯父は, 体操教師も, 佛蘭西アルプスの, 信長は, 傍らに, 元氣, 光代は, 八九人の, 兵卒が, 内臟も, 処な, 利章は, 創作は, 助手の, 勞働者は, 北越雪譜の, 千代子は, 博信堂といふ, 友だちの, 古い思ひ, 可哀, 君だ, 和尚が, 哥薩克の, 唯物論なぞと, 囚はれ, 国々と, 土師部族の, 場所である, 塩沢丹三郎と, 外套は, 大きな圍爐裏, 大島の, 大統領は, 太田は, 女な, 女性が, 奴が, 妙齢の, 妻子や, 婉や, 子守が, 学生たちが, 客が, 家財道具を, 寒い夜氣, 寶石の, 小切手を, 小指の, 小説を, 属官は, 岩吉が, 川本氏である, 希望を, 平山助次郎大阪から, 平次間もなく, 年少の, 幼友達の, 座敷から, 弟に, 彼か, 彼等である, 後背中を, 心が, 息子の, 悲哀さへ, 愛宕下を, 我身の, 戯曲家の, 所は, 手を, 手紙なんぞが, 折柄一丁目から, 支那人連は, 断崖に, 新羅山人題畫詩集, 方は, 日本婦人として, 映像が, 時でなく, 時一大事と, 時以来の, 時分には, 時彼は, 時私達が, 時革命家等は, 暁方の, 書状の, 曾つての, 會社づとめの單調無味に, 木曜會の, 机の, 来客は, 松ぼくり, 某氏が, 栗毛の, 梶原可, 様な, 樣である, 樽野の, 欣之介は, 武さんの, 母の, 母親と, 氏の, 氣力を, 水の, 江東小学校は, 活動女優今日の, 海を, 滝は, 為である, 爲めである, 爺いさん, 犬が, 獅子の, 生活を, 田丸浩平は, 由であり, 男よ, 男畫かき志望で, 畳の, 癖に, 白髪頭が, 相撲がきは, 矛盾だらけな, 知識は, 社会的位置に対する, 神経病科の, 秀吉も, 私までが, 程です, 空氣が, 筈だらう, 範圍で, 紙片を, 細民は, 緑雨は, 罪悪の, 群が, 老婆の, 者たちは, 者共を, 胴籃が, 腕の, 自分に, 舶來の, 芥川と, 芸妓達も, 若い詩人たち, 茶呑茶碗の, 荘田は, 菊池君は, 薄墨といふ, 處で, 虚飾の, 蜘蛛の, 蟇口を, 表情が, 襖から, 見覚えの, 言葉に, 訳け, 試演會は, 語学放浪の, 譲は, 財布に, 赤い襷, 跡へ, 躑躅も, 軍治はかへ, 通りあの, 通り大勢の, 連中も, 部分だけを, 郵便局長は, 野性が, 鈍い銀色, 鎧櫃も, 長い間, 門野は, 間毎日留守を, 阿片中毒の, 雀を, 雑誌の, 雨は, 雲雀は, 青年の, 静かな, 頃と, 頃太田水穗さんの, 頃縁結びから, 顏だ, 風が, 馨は, 駿介が, 鬼倉も, 鷄介が, 黒木の

▼ つて~ (6338, 3.4%)

1070394 たの 307305 ました 284 ると 229 るの 86 たので 74 た時 6160 てゐる 56 たが 49 ること 45 たと 43 るやう 40 たもの 39 たこと 34 たやう, ます 33 ましたよ 31 てゐた 29 るので 26 ない, るから 24 るん 23 たといふ, なかつた 22 て居る, ましたが 20 れば 18 たから, ますよ, るが 17 たん 16 い, てくれた, るもの 15 たところ, た八五郎, てそれ, るまで 14 たお 13 たか 12 たばかり, ますから, るよ, る樣 11 た事, てくれ, てその, て私, ないの, なければ, るに, る事 10 た所, て見る, ないと, ませう, ません, るかも 9 たとき, たばかりの, た人, てお, て下さい, ますと, るで, る時 8 たな, たよ, た樣子, て居ります, ないので, ますが, るといふ, る筈, る者 7 いつて, たかと, たに, た樣, て自分, ましたの, る人, る頃 6 たらしい, たりする, た者, て呉れ, ないこと, るだらう, るぢ, る所

5 [23件] いよ, たけれど, たその, たのに, たのよ, た女, た平次, た處, た駿介, てこの, てし, てそこ, て二人, て呉れた, て貰, なかつたの, ましたから, られた, るか, るかと, るところ, るわ, る足音

4 [26件] たこれ, たぞ, たつて, たとは, たもん, たよう, たガラツ八, た呉葉, た弟, た男, た私, た頃, てすぐ, て居た, て居つた, ないん, まして, ませんよ, るからと, るがい, るには, るや, るよう, るわけ, る氣, る男

3 [62件] さうなもの, さうな氣, たかの, たさ, たし, たぜ, たため, たでは, たとか, たわけ, た今, た態度, た船, ている, てくれない, てさ, てとう, ての報告, てまた, て主人, て人, て今, て何, て何時も, て其, て又, て土間, て寢, て床, て店, て彼, て後, て急, ないうち, ないで, ないやう, なくちや, はしない, ましたので, られて, られる, るさ, るし, るだらうと, るであらう, るとき, るにつれて, るのに, るまでは, るんで, る人達, る外, る女, る彼, る感じ, る日, る樣子, る迄は, る途中, る間, る音, る風

2 [166件] あが, いといふ, いと云, いと命ずる, たあと, たかといふ, たこの, たぢ, たとの, たとも, たならば, たね, たねえ, たよく, たらうと, たらきツ, たらどう, たら宜, たら散々, たら私, たりした, たんで, たツ, たナ, た一人, た下, た不安, た二人, た人々, た人波, た人達, た人間, た仲間, た僧たち, た娘, た家職, た小さい, た文吾, た方, た東, た氣配, た汽船, た源太郎, た爲, た物, た當座, た筈, た自分, た花, た荷物, た路, た身狹乳母, た道, た部屋, た雜誌, た雨, た風, た風習, た駒平, つから, てあげます, ていた, ていつた, ていふ, てこれ, てしまふ, てそれから, てちよ, てつい, てどう, ては藕絲, てひしと, てみんな, てもう, てもこれ, ても家庭, てやる, てやれ, てるん, てゐました, てゐます, てゐるらしい, て一, て一寸, て下さらぬ, て下す, て人間, て僕, て前, て博士, て呉れる, て坐, て夕方, て大, て平次, て御, て憚り, て日本, て暫く, て殊に, て水, て洗滌, て皆, て皺一つ, て私達, て秋, て義雄, て部屋, て醫者, て間もなく, て難波, て頂戴, な, ないかい, ないといふ, ない以前, なかつたから, なかつたので, ぬ, ぬ源さん, ねえ, ましたね, ますぜ, ませんでした, やがつて, やがる, やがれ, られては, られました, られます, られるか, るお, るからさう思ひな, るからね, るす, るぜ, るため, るつもり, るとか, るとは, るなり, るにも, るばかり, るひよめき, るほど, るほどの, るまでの, るらしい影, る即ち, る場合, る夏, る夫, る度, る彌次馬, る方, る時都合, る水, る畏し, る神樣, る秋, る空, る道, る金, る電車, る髮, れる所以

1 [1462件 抜粋] あんすから, いとお, いと云つて來, いと言ふんぢ, い好い, い藥, う爺, おづおづした眼, さうだ, さうであるから, さうな形, さうな秋, さうな音樂, させますわ, ず主人, ず年中, たあたり, たい雜誌, たお初さん, たかして, たかな, たかれの, たさうで, たじゆんは, たそう, ただけで, たついで, たつてよ, たであらうが, たといつて, たといふばかり, たとしても, たとでも, たにも, たはず, たばかしよ, たふうぢ, たものかす, たやや, たらう, たらかの, たらしいこと, たらしい文句, たらしい綴, たらしい鉢植, たらしく勝手, たらよく, たら何と, たら其時, たら好い, たら暫らく上方, たら用意, たら聽, たり始終, たわけぢ, たわね, たシンガポール, たナスタシヤム, たハム, たモールス, た一合, た丁度, た三人, た三月兎, た上, た主人, た之, た五七五七七, た人垣, た以上, た但馬守, た使, た倉賀屋, た僞首, た兄, た兩手, た内弟子, た勇太郎, た十二三, た即ち, た友人, た和蘭渡り, た四五羽, た圭一郎, た夏繪, た多, た大きい, た大石さん, た太田, た奧, た奴, た妹仕立物, た子供, た存在, た定吉, た寺西家, た小判, た少年, た岸, た市子, た年寄つた船乘, た廣太郎, た彌次馬, た御, た怪し, た愛蘭, た支那, た文治, た新城町, た是, た晩, た木綿縞, た机, た東京, た根氣, た樟腦, た櫟林, た武家, た氣, た河原礫, た法律, た深い, た火傷, た熟して, た爺さん, た猶, た獸, た現在, た田村義雄, た町奴, た番頭, た百姓, た眸, た瞬間, た福原君, た程, た粗末, た素人, た群れ, た老, た而, た自分たち, た舳, た茶器, た菓子, た葉, た藥罐, た血, た親子, た言, た許多, た譯, た貸, た足跡, た近所, た道會議員, た醉つて, た里芋, た金米糖, た長, た雁, た雨戸, た青年, た順吉, た風變, た食料品, た駕籠, た鰯, た鹽原太助, だしたもの, つこないだらうあゝ, てあたり, てあらゆる, ていくつ, ていつの間にか, ています, てうつむい, ておい, ておく, ており, てお客さん, てお爺さん, てからいろ, てからただ, てからでも獨歩, てからは劍淵村, てからは碁會所, てからもう, てからもよく, てから一寸逢, てから別れる, てから夏, てから森口, てから生憎, てから腰, てから雲雀, てかんた, てくれる, てこ, てこまめ, てこんな, てさえをどなつた, てしつ, てする, てそそくさ, てそれから又, てた, てたと, てぢ, てなか, てなほそこ, てならなかつた, てねカマ, てはいけない, てはなりません, ては一册持ち行き, ては勝手, ては木片, ては甲板, ては足もと, ては魔法, てひよろ, てほ, てまんじりと, ても, てもろくに, ても入れる, ても彼, ても氣性, ても直ぐ, ても自分, ても過ぎた, てやつ, てゆ, てよ御馳走, てる位, てわづかな, てをる, てアルビオン, てエレン, てキア, てズット後, てテント, てハリー, てマノール・ハウス, てヨーク, て一寸目, て一緒, て一部自作, て七輪, て上げる, て下さらない, て不意, て中庭, て予, て二弗, て五年, て井筒屋, て今日, て仕方, て伊八さん, て何本, て例, て僕たち, て兄貴, て入れた, て其時, て列車, て勝手, て十日, て午後, て叔母, て右, て吾妻屋, て呉れん, て囁く, て國語, て地球, て夕飯, て大分夜更, て天若日子, て女, て子供, て宗三郎, て家族, て寫眞, て小坊主, て居り, て屋根傳, て岬, て帆船, て常世, て座敷, て張り, て往來, て後醍醐天皇, て復店, て心配, て性, て悉く, て我等, て戸口, て折つて, て掌, て放し, て早く, て昨日, て晩餐, て書く, て木戸, て杉, て杖一百, て梅吉, て樺太, て此數百年間, て死したる, て殆ど絶望的, て母屋, て水鐵砲, て決定的, て浦富海岸, て渠, て濡れ縁, て火鉢, て熱い, て爐, て物, て珍, て甘える, て申しました, て畢, て登美子, て目の玉, て相談, て睨み合う, て知り, て祕書, て窓, て竹筒, て終日, て縁起物, て置い, て聞く, て背後, て腰, て臼, て苦, て葉, て表, て西大久保, て見知らぬ, て親しく, て貰つた, て貰ひたい, て足, て身代り, て遊樂, て邪魔, て金, て鏡, て階段口, て雨, て面白, て頻, て食べよう, て餅, て駐車場, て骨身, て麗, て鼻面, とい, とる田圃, ないから, ないそれ, ないだらう, ないとの, ないね, ないらしい, ない今一人, ない小池, ない淺薄, ない話, なかつたとも, なかつたら瞑すべしわたくし, ながら, ながら私達, なきア, なけや, なさる, なすつた時, なよ, ぬ前, はせぬ, べき場合, まいか, ましたぜ, ましたところ, ました何故, ました新吉郎, ましてな, まして自分, ますの, まする歸, ます八五郎, ませうと, ませう犬養さん, もしねえ, やした, やはつ, よつて一體何, られ, られたきり, られたのに, られた日, られてから, られなかつた, られるだらう, られるわけ, り臨んで, るお金, るかな, ることア, るしくみにな, るそれ, るだけ, るだろうか, るつまり, ると共に, るな, るなり先づ最初, るなり敷居際, るね, るべき災難, るまでに, るやろおもた, るらしいの, るんぢ, るサボア少女等, るボール, る一臺, る上, る久六, る亭主, る伊太郎, る使者, る光, る凉, る前, る南風, る夕闇, る夜氣, る太陽, る好意, る嫌惡, る存在, る定, る小, る岡田丸, る市村, る常客, る彼ら, る恐れ, る我慢, る抑制, る支那, る斑ら, る星, る時勢, る時間, る月明り, る朝風, る松太郎, る毎, る求愛者たち, る炭, る狹, る田地, る相, る祖母イヴォンヌ, る稻妻, る笹, る者達, る自, る與吉, る若い, る蓋し, る見あげるやう, る諸, る譯, る路, る迄の, る連絡船, る道者, る重苦しい, る金星, る響, る黄金, ればい, れりやア, んき

▼ つて居る~ (3376, 1.8%)

104 のは 89 のである 75 のです 57 のだ 56 のを 53 のが 50 んだ 46 のか 3430 やうな 26 ぢや 25 のであります 24 やうに 23 のも 22 のでした 21 筈だ 20 と云, んです 19 ことを, 樣子です 18 ことは, ものが 17 うちに, が, といふ, ので 15 のでせう, やうで 14 ところを, と言, のであつ 13 かも知れない, ことが, ものは, ものも, やうだ 12 に違, のであらう 11 ものと, 人が 10 ことで, でせう, 者が, 間に 9 か, と 8 ことに, ことも, ぜ, のに, ものだ, やうです, 者の, 者は, 間は 7 ところへ, のかも, もので, 樣子でした

6 [13件] から, ことです, と思ふ, にし, のだらう, ものである, やうである, んで, 事は, 事を, 内に, 所の, 筈な

5 [15件] かそれ, かと云, かも知れません, がその, であらう, とお, とは氣, にも拘らず, やうだつた, んだらう, 中に, 事で, 女が, 様に, 者も

4 [29件] からである, から何, がこんな, が之, が宜, くせに, ことである, し, ぞ, だけで, といふ話, ところが, と申します, のすら, のに氣, もの, ものを, んぢや, 事に, 人々も, 人の, 人は, 半泣き, 姫を, 所である, 樣な, 樣に, 樣子で, 筈です

3 [40件] かどう, かのやう, かも知れぬ, がお, がそれ, が要するに, こと, ことだ, ことの, だけです, だけのこと, だけの事, とすれ, と自分, のぢ, のであ, のでございます, のでそれ, のと, のみである, ものある, わけで, ガラツ八は, 上に, 人な, 処へ, 処を, 彼の, 所から, 所で, 斯う, 時は, 様な, 男で, 癖に, 筈の, 筈は, 萱原は, 訣は, 財布を

2 [169件] あたりから, うちにも, うちは, お内儀, お前が, かと思ふ, かもしれない, からお, からそれ, からで, から一, か其, か知れぬ, があれ, がい, がこの, がこれ, が併, が其の, が如く, が實, くらゐだ, けれどモウ二月越下宿料, けれど町, ことだらう, ことであります, ことと, ことな, この島, これは, さうで, さうです, しかし雫, それを, たくさんの, つもりだ, つもりである, といふだけで, といふ有様, とお前, ところだ, ところで, ところです, ところに, ところの, ところも, ところよ, とする, とのこと, とも, とも取れる, と主人, と他, と佐久間, と同じく, と大変, と失望, と思, と或, と私, と突然, と自身, と見え, な, に大, に彼, に御, に違げ, ね, の, のかと, のさ, のだつた, のでそれとなく, ので一見製作室, ので吐く, ので少し, ので近く, のにお, のには, のにも, のに自分, ばかりでなく, やうでした, やうにも, よ長吉, わけぢや, んでせう, マダム馬鈴薯が, ロダン先生の, 一切の, 一種の, 丈け, 丈で, 丈の, 中で, 事さへ, 事と, 事なり, 事も, 二人の, 人, 人からの, 人に, 人間なら, 今の, 佐久間の, 例の, 僕は, 処で, 処も, 前で, 半分の, 女の, 婦人の, 子供の, 室の, 家へ, 容子が, 小さなつまらない, 峰右衞門を, 左吉松の, 平次は, 心か, 所が, 所を, 手合でも, 手拭を, 故か, 方が, 方の, 日が, 時である, 時とか, 時に, 本であります, 本當, 様です, 樣子が, 樣子だ, 此小昼に, 此小晝に, 深川の, 爲めに, 田と, 男に, 留守に, 番頭の, 白衣の, 私を, 筈, 筈で, 筈も, 者を, 而し, 與吉を, 處が, 處で, 處へ, 許り, 部分は, 間にも, 隙に, 隙は, 露がか, 静けさを, 馬を, 點に, 點は

1 [1391件 抜粋] あの娘, あゝ愈々, うち伊太郎の, うち無花果を, おひ, お前にも, お安, お歯黒蜻蛉の, お輝, お駒, かお前, かそれ等, かと問ふた, かと思へる, かと種々, からあの, からかうかう, からこそ時々, からし, からだ, からといつ, からと無理, からのこと, からイヤ, から丁度, から不思議, から何ん, から僅か, から別段, から可, から如何, から尚更, から強い, から志, から教会, から日本, から漢, から確か, から締めた, から若し, から親分, から赤坊, から野分, から面白い, かわかりません, か一年四十一萬圓, か其弱点, か定, か現金, か知れない, か街, か非常, がかの, がしかし, がと過去, がどうも, がダアリヤ, が一萬兩, が世間風, が事實上, が伊八, が傳七郎, が兎, が其實, が君, が土地, が大同小異, が如き, が尚, が当時, が後, が惡, が日本部教授, が是丈多数, が朝睛堂, が源太親方, が爲, が男, が百姓, が相, が石橋, が確か, が立派, が膝, が色, が茶の間, が詰り, くらゐです, けれどもこの, けれども内容, けれども神戸, けれども自分, ことか, ことなども, ことや, これも, さう, さうに, しもう, し上, し其の, し又, し大坂の, し屋根, し從つて内容, し手拭, し朝夕斯, し此頃, し竹籔, し藏, ぜ神田, そつちで, その蝋, それである, それで迚, ぞ夕方, だから佛教, だけであつ, だけでも十人, だけに八五郎, だけに物, つもりです, とあたり, といふで, といふ事, といふ宗之助, といふ譯, といふ風, とかう, とか最も, とき不注意な, ところと, とした, とそり, とだ, とはいかにも, とは思へぬ, とは言, ともなく, とも思はれない, とやがて, とコツコツ, と一人, と中, と二三日前, と今朝格子, と俄, と其中, と又, と向う, と命, と大間違ひだ, と婆, と審査員, と巡査, と忠左衞門, と思つた, と思はれ, と批難, と数艘, と日本, と母, と然, と爺さん, と睨まれる, と知らず, と続々, と聽, と脅かせ, と荷鞍, と解し, と誘拐, と誰, と謂, と迎, と間もなくもう一度, と隣座敷, どころかどうか, どの神楽, な行つて, には違, にも拘はらず, に串談, に拘はらず, に相違, に陸奥, のださうだ, のでこいつ, のでさすが, のでどう, のでなくし, のでびつくり, のでよく, ので一月, ので丁寧, ので三浦工学士, ので主人, ので二名, ので何, ので其憂, ので分らない, ので大, ので學者, ので御, ので日本, ので旨く, ので有らう, ので此處, ので決して, ので無く, ので石, ので翁, ので自然, ので見通し, ので観客, ので軍談師, ので陸, ので高田, のとで, のにさり, のに一方, のに何ん, のに家, のに旅, のに涙, のに駒形, のはを, のセメント, ばかりか十兵衞, ばかりな, ほかない, ほどな, また三年以來, ものか, ものでござる, ものといふ, ものとは, ものなどは, ものの目, も道理, やうなあり, やつその, ようだ, よな, よりも臆病, より外, よ其間, よ呼ん, わけだ, わけは, わざわざ旅費, んだつ, ガリヴア巡島記で, フレデリツク・ヱレン氏夫婦から, 一人である, 一番古い, 三尺ばかりの, 上塀の, 上脂と, 下男部屋を, 不完全な, 世間の, 中を, 主人は, 久賀彌, 事である, 事とは, 事をば, 二分枚と, 二枚の, 人々が, 人だつた, 人では, 人なども, 人工の, 人達の, 人間そのものである, 人間には, 人間は, 今時の, 以上た, 伜新太郎と, 位だ, 位である, 何んと, 例へばエデン, 傍で, 僕等は, 兄夫婦も, 全く禮儀, 八五郎が, 八五郎と, 八疊の, 其三日目の, 其母校愛の, 内其翌朝に, 内厚い, 凄凉, 処である, 分が, 前代の, 加も, 十八年前夥しい, 卯平を, 又七が, 古洲, 史記封禪書といふ, 名所は, 唐の, 問題の, 嘉七といふ, 圖は, 土地だけに, 坂道を, 場合でも, 塲所に, 外には, 外大小の, 大きな洲, 大一番, 天下を, 夫から, 夫故にこそ, 女なども, 女は, 女土方が, 女郎屋の, 奴は, 如何なる點, 妾だ, 始末だ, 姿を, 子を, 学者は, 安心する, 家です, 家内の, 容子を, 實に, 小さな船, 少女を, 岸へ, 川巾は, 年長だ, 序文と, 廣場に, 弱点である, 彌次馬は, 形を, 彼は, 後毛が, 御用聞が, 微小隕石即ち, 性質かは, 情景が, 我が肉體, 我日本が, 或田舎, 所と, 所も, 手もとを, 手ランプの, 手足を, 掛鏡を, 救濟は, 敬之進を, 文學青年の, 料理菊の, 方は, 日本の, 日本婦人が, 春枝夫人は, 時だけ, 時でした, 時な, 時代から, 時母は, 暁星小学の, 最中でした, 有樣, 木戸の, 未來の, 本と, 本生經は, 東京へ, 栃木の, 棒の, 極爽快な, 様子です, 樣だ, 樣子, 樣子で御座います, 歌だ, 正義を通じて, 此四十一萬圓の, 武士氣質を, 死室で, 段に, 水の上へ, 河嶽英靈集には, 注意すべき, 浴客の, 淋しい姿, 漂泊ふ, 濱島武文はから, 点に, 点を, 無智, 煙草の, 爲に, 爺さんは, 牛胡頽子の, 物は, 物語と, 狭い暗い処, 産土の, 田を, 田舍の, 男だ, 畑の, 畫家の, 痕が, 百姓は, 直に復, 相です, 相手の, 矢先だ, 石臼を, 確かに, 神も, 私で, 私自身の, 程物に, 空気と, 第一回, 筈さ, 筈である, 篇は, 細引が, 綱を, 線路に, 美人の, 翁は, 老婆を, 者で, 者な, 者まで, 肌守の, 自分, 自分には, 自性と, 船其船, 若い人, 若夫婦, 若衆姿の, 莚の, 菜の花にのみ, 落葉が, 葵橋を, 薪の, 藤助は, 處も, 蝋燭立てや, 行司が, 見事な, 計りに, 訳は, 語から, 謠の, 譯は, 赤犬の, 車夫は, 辺は, 通り私の, 道理は, 部分と, 酒屋の, 野茨の, 金物商で, 銅像を, 錦太郎自身でした, 鏡子は, 閑居の, 間も, 間件のだら, 限りでは, 隣人の, 離屋の, 靜かな, 音も, 頃でした, 頬白が, 顔備と, 風采は, 養子の, 馬から, 高い帽子, 鰹の, 鳶の者や, 點も

▼ つて~ (2623, 1.4%)

2407 まつた 33 まつたんだ 29 やうが 13 まつたり 12 まひには 9 まつたらしい 5 まつたらう, まつたんで 4 きりと, てゐる, まつたであらう, やべつ, 樣が 3 まつたさうだ, まつたつ, まつたんぢや, まつたんでございます, やがん 2 まつたさうである, まつたせゐ, まつただ, まつたで, まつたとい, まひに, まひは, やうねえ, やべり

1 [57件] たり顏, づくして, づしづと, ている, てくれた, ては成功, てもその, ても又, ても引き戻す, て先輩, て呉れる, て居る, て彼, て悪から, て来た, て溜まる, と, ほらしい, まつたかう, まつたかし, まつたかね女房は, まつたくらゐ, まつたこと, まつたさう, まつたさうで, まつたさうです, まつたし, まつたため, まつたでせう, まつたのみならず, まつたらい, まつたらし, まつたらしく, まつたら余を, まつたりなど, まつたろう, まつたわいと, まつたわけ, まつたんだらう, まつた如く, まつちやいけない, まつちやもう, まつちや何うだ, まつて, まつてる, まつと, まひを, ゃんりんしゃんそれお腰やりなおし, やあ, やくりあげた, ゆつと, を, ツかりした, ツぺい返しを, 以て, 法世に, 藝術家を

▼ つて~ (2297, 1.2%)

116 らつ 68 てその 43 てそれ 3418 たりする 17 て私 16 さう, てくれ, てそこ 15 はしない 14 たりした 12 てお 11 てさ, てそして 10 てもその, て自分, やア, らした 9 てこれ, てしかも, て今 8 たりし, てくれる, てそれで, らあ 7 さへ, てもいい, てもう, てよ, て下さい, て何 6 て僕

5 [14件] さうだ, さうです, てくれた, てそれから, てはならぬ, てもい, てもそれ, て又, て呉れる, て少し, て海, て而, はせぬ, やはりまつ

4 [24件] てい, ていい, てなかなか, てほしい, てもお, てもこの, てもまだ, ても私, て下さる, て他, て其の, て家, て彼, て誰, て貰, て返事, ながら, ながらその, ながらそれ, ながら自分, はしません, やあがる, やうと, らし

3 [34件] さした, たり, たり或, てかう, てくれたら, てこの, てそれら, てそんな, てた, てつい, てどうにも, てふと, てまるで, ても, ても仕方, ても少し, てやれ, て今にも, て冬, て呉れ, て大きな, て容易, て己, て店, て役場, て暫く, て答, て見る, て足, て頭, て風, でもする, ら, 給へ

2 [138件] さうなもの, たりまた, たり何, たり横, たり立ちどま, てあの, てある, ていかにも, ていきなり, ていた, ていつ, ていつも, てから, てさう, てすまなかつた, てそこら, てただ, てちよ, てつや, てなん, てはいけません, てはくれまい, ては困る, ては際限, てひどく, てほ, てほんの, てま, てもしや, てもそんな, てもめつた, てもよろこんだ, ても事, ても云, ても何となく, ても四角, ても外, ても好い, ても彼, ても見, ても鈴, ても関, てやつ, てやる, てサラ, て一人潸々, て一週間, て下され, て不, て中, て二十一日, て人々, て他人, て何となく, て何処, て何時, て偶然, て其, て出, て別に, て到底, て動かない, て勝手, て十二本, て危く前, て右, て名前, て味, て大, て女房, て奴等, て好い, て客, て寺, て小さい, て山吹, て師匠, て幻想, て庄造, て底, て彼女, て彼等, て新しい, て日, て明日, て時, て時々, て時代, て次第に, て欲しい, て此年, て此方, て死, て滅多, て留守, て相手, て石, て秋, て第, て筋肉, て耳, て腕車, て膽振, て自然, て花, て草原, て行く, て貰ひたい, て赤ん坊, て遠く, て金, て長い, て開かなかつた, て間もなく, て雨, て面白い, て顔, て食事, て馬糞, て黄いろい, ながらいざ, ながらお, ながらそれでも, ながらなぜ, ながらわざと, ながら今, ながら何, ながら何で, ながら少し, ながら彼, ながら私, はしなかつた, はしまい, まさア, やあしない, やう, ようでは, らる

1 [1199件 抜粋] かばかりで, さうである, さうなの, さうな美しさ, ずつと遠く, その間に, たりある, たりされた, たりなぞ, たりオーヴン, たりタバコ, たりポオランド, たり古い, たり四五寸, たり小, たり岩角, たり恐らく, たり掛物, たり書簡, たり等し, たり經驗, たり華美, たり調子, たり遊ん, たり黒ん坊, ちやいけない, ちやこの, ちや内儀の, ちや困る, ちや話が, ちや駄目だ, てあかるい, てあたり, てあまり, ていくら, ていつ行つて, ていま, ていろ, てうま, てうるさく, ておくれ, ておぼつかない, てお雪さん, てかの, てから左膝, てかれ, てか知らない, てくれたせゐ, てくれるだらう, てこちら, てこのごろ, てご, てさまざま, てしなし, てすき, てずつと遠い, てずんずん, てそちら側, てその間, てそんなに, てだから, てとう, てどう, てどうも, てどつ, てどんなに, てなあに, てなるほど, てね家内, ては, てはきり, てはつ, てはとても, てはならない, ては仕方, ては何一つ, ては俳優, ては勝手, ては外, ては嫁, ては時々, ては気, ては突然, ては裁判, ては迚, ては高く, てひろい, てぼく, てまあ, てまだなかなか, てまぶし, てむしろ, てもある程度, てもあんた, てもいつ, てもうんと, てもお前さん, てもかくべつ, てもくるり, てもこんなに, てもそれでも, てもつ, てもどこ, てものすごい, てもほん, てもむか, てももう少し, てもやつぱり華族, てもよろしい, てもゐなく, てもフレツシユ, てもレコード一つ, ても与兵衛, ても人, ても何, ても何處, ても全く, ても其, ても出来る, ても別に大して, ても劍道, ても勤ま, ても句, ても名文, ても向う, ても国家, ても夜中, ても大抵, ても如何にも, ても妙子, ても官能, ても小さく, ても差支, ても庭掃除, ても徐々に, ても性格, ても恐らく, ても或, ても手輕, ても日本, ても時, ても暫く, ても榛軒, ても此, ても歩い, ても滅入る, ても然し, ても物事, ても珈琲, ても生きる, ても用心, ても當つて, ても目立たない, ても真実, ても矢張相馬君, ても知りやしない, ても磊落, ても結局, ても耳, ても膝, ても行く先, ても言語情調, ても責任, ても途中, ても部屋, ても附合, ても雪, ても面白い, ても魚, てやつぱり野良, てやりたい, てよい, てよく, てわからない, てわが国, てわたし, てわるい, てオッカ, てセルギウス, てドイツ, てフランス語, てペエテルブルク中, てマリイ, て一ばん, て一向, て一概に, て一畳半, て一階, て三世以上, て三木, て三蛇, て上げます, て上座, て不可, て世評, て乙酉, て事変, て二つ, て二号, て二本, て五分の隙, て亡くな, て人, て人間, て今しがた, て今日やつ, て以前, て仲, て休日, て何もの, て何度, て便, て假小屋, て兄達, て克己, て全部, て公園, て共同水道, て其型, て其所, て其處, て其頭, て内部, て冷えた, て出した, て分, て刈り取つた, て初, て動き, て匙, て半島, て印南野, て却つて浮游生活, て双子山, て取扱因難, て古い, て古銅, て叫んだ, て右足, て合点合点, て向う, て吭, て呉れたなら, て呉れろ, て呼びにくいおもひがした, て唯, て單, て四貫島, て坐, て壁, て夏中, て夕御飯, て多, て夜河, て大して, て大抵一日, て天孫, て夫人, て女車掌, て妙, て妻孥, て姉さん, て始終, て子供達, て季節, て学業, て実に, て家風, て實, て将軍家, て小, て小橋, て居心地, て川, て左手, て帝大工科, て年賀状, て幾条, て廃曲, て廣, て彫刻, て往々, て後事, て微笑み, て怖, て性格表現, て恩寵, て悔い改める, て憂鬱, て我慢, て或は, て扉, て技巧, て押, て持病, て指導さ, て掃除, て推され, て改札, て故意, て教, て文化八年, て斯ん, て日中, て日本風, て早苗, て昔, て昨夕, て昼頃何処, て晝頃何處, て晴れた, て書齋, て月々莫大, て木, て未, て本所, て村, て板, て枯れた, て柳, て梯子, て横利根, て此, て此辺, て歴史, て殆ど, て毎年さ, て毎日バア, て気, て氣, て氣色, て水中, て氷, て決して, て波響, て洋食部, て活, て海抜, て涙, て清らか, て源吉, て滅きり, て灯, て焼けた, て父, て片側, て物々しい, て特別, て猶, て獅子, て玄関, て珍しく, て甚, て用, て男, て癪, て皮, て皿, て相当, て真珠, て眼上三点, て石垣, て祖母, て私たち, て私達, て稍, て空気, て突然, て立ち上る, て立派, て笑, て箱, て米, て精神病院, て紳士, て絶えず, て練塀町, て繁み, て罪人, て聖者, て聯隊, て腰, て自己批判, て自由, て船着場, て色々, て茫々, て茶山, て荒物屋, て落着, て蒼白く, て藝術家, て行先, て衣冠束帶式, て裏, て複雑, て見た, て見よう, て見向き, て親孝行, て言, て訪ねる, て話す, て誰一人, て變, て豊か, て負けず, て貴方, て賊, て起き上る, て足跡, て躓き, て身の丈, て軽く, て追, て逃げる, て通りすがる, て道, て違, て那地, て邪魔, て醫者, て野馬, て釜, て銃眼, て鎌倉以後, て随分, て隨分近所, て離れない, て電報為替, て霧, て面白う, て音曲, て頭腦, て風月堂, て餘程西, て高輪, て鳰, て麓, て黒う, て黒パン, て2, ながらいま, ながらかうし, ながらしかも, ながらそこ, ながらつい, ながらなほ現在彼, ながらまるで, ながらももう, ながらも女, ながらも耳ざとく, ながらわざとさ, ながらツイ使, ながら主婦, ながら今更, ながら仕事, ながら作者自身, ながら其の, ながら別に, ながら前回, ながら反対, ながら奮然本書出版, ながら室, ながら年, ながら彼女, ながら手, ながら斯, ながら時々, ながら未だ, ながら歸つて來, ながら泥棒, ながら現在噴火, ながら生活, ながら知らず, ながら祭り, ながら義理, ながら自己擁護, ながら言, ながら酒, ながら阿, ながら鞍坪, なはれや, ねえと, はしますまい, もしない, やうから, やうとは, やう筈は, やはる, らつした, りや圖圖しく, 乍らこんな, 乍らどうせ, 人間が, 例へば穀物, 同氏は, 時には同一, 海は, 青々と

▼ つてから~ (2021, 1.1%)

35 でした 31 私は 18 彼は 15 であつ, 急に 10 である 8 では 7 私の 6 だ, だつた, だと, やつと, 後の, 氣が, 自分の 5 それを, 今度は, 出來, 妙に, 彼女は, 後に, 間も, 駿介は 4 かつた, このかた, 二人は, 二度目の, 半月ばかり, 此の, 歸つて來た, 非常に

3 [21件] ある日, そつと, だが, でなければ, もう一年, やつて, ガラツ八の, フラフラと, 二人の, 今日まで, 來た, 後は, 或る, 既う, 父は, 祖父は, 私が, 私達は, 詩を, 誰も, 近所の

2 [128件] あなたは, いつた, おくみ, お八重, お梶, お父樣, お鳥, こ, これを, しばらく默つて, すぐに, だつて, だとか, ぢや, つく, でさ, です, ですが, ですもの, でその, でなくちや, どんなつらい, ならば, はつた, まだ日, めつたに, もう三年, もう三月, もう五十年, もう何年, ゆき子は, ガラツ八は, バスケツトを, 一人で, 一週間の, 一週間目に, 七年目に, 三人は, 三四日たつた, 三度目の, 下男の, 二月許り, 今まで, 今日迄, 何か, 例の, 信吾は, 僕の, 僕は, 元の, 入つた, 八五郎は, 出かけて, 初めてこの, 初めての, 力を, 勘次は, 十日ばかり, 又からん, 又始めた, 可なり, 可成音, 品子は, 囁いた, 四半刻, 夕方に, 外人に, 多くの, 多分寝所, 女は, 始めて, 始めて品子, 子供の, 完全に, 家の, 左へ, 帽子を, 引つ返して, 当日の, 彼の, 彼等の, 待てども, 後ろの, 後悔でも, 思ひきつて娘さん, 思切つて向側に, 恁, 愈, 挨拶の, 文吾は, 昨日まで, 暫くし, 暫く立つた, 書いたもの, 村で, 東京の, 枯柴に, 校正刷の, 歸つた, 歸つて來る, 歸る, 母に, 母は, 毎日の, 気が, 渠に, 渠は, 猶光明, 珍らしく, 町の, 發見した, 百姓の, 眼を, 私に, 突然政治, 義雄は, 考へて, 芥川の, 見せると, 言ふ, 谷中へ, 身持を, 逆に, 道臣の, 部屋の, 青丸のよ, 高等科へ, 齋藤は

1 [1449件 抜粋] ああもうすこし, あちらにも, あなたが, あの兄貴, あの界隈, あの金, あらためて上, あんたも, いかにも分り, いくら騒いだ, いつと, いづれも, いまだ二十年, うちだけは, おいで, おばあさんは, お互に, お前が, お勝手の, お桐, お父様, お節は, かう答, かなりの, かねの, かれこれもう十年, きいたの, こちらの, この列車, この地上, この方あの, この氣風, これまで, こんな事, さうだつ, さう云つた, さつきの, ざつと一と, しなくても, しばらく渦, すぐ家, すつかり, すでに久しい, すれば, そこを, その一枚, その動作, その女神, その寮, その御子, その模型, その部屋, それが, それとなく注意, それ等の, そんな犬, たべるの, だがそれ, だつて言, だんだんおちぶれ, ちよいと, であの, でい, でしかも, ですつて, でないと, でなくては, でよろしい, で死骸, で起きて, とうとう僕, とこに, どうも少し齢, どれほど苦しん, どんなにその, なら何, のちの, はきつと, はじめて月, はつひ, ひどくわるい, ふたたび松山, ふつと, ふと健康, ふと見る, ほんとに故郷, ぼろ, ぼんやり歸つた, ますます盛ん, またしても, また一年, また手帖, また鎌倉町, まだホン, まだ二三日, まだ會, まるで手, まる二年, みのると, むつ, もう一ヶ月半, もう七年, もう九年, もう二年, もう五月, もう十年あまり, もう夏, もう幾度, もさうであ, もはや四年, やがて二度目, やがて電燈, ゆく春, ゆつくり出掛ける, わたくしたちは, わたしには, ウヰスキーの, カテリーナに, キクッタの, ストーブを, ドユパンは, バサウリュークは, ホロ醉ひ, マダムに, モウ九年に, ランプの, 一と, 一ト際聴手が, 一ヶ月過ぎた, 一冬は, 一寸の, 一層恐怖心, 一年とも, 一年ばかり, 一度も, 一日たり, 一時遠のい, 一月経ちました, 一生役に立つ, 一般の, 一足を, 丁度一年たちました, 丁度二年經つた, 七年目自分が, 三十分許り, 三四日の, 三年もう, 三年程, 三日目です, 三月四月に, 上つて來て, 下つたん, 下駄を, 世に, 丹波氷上の, 久しく私達, 乞ひはじめる, 二三度無理やりに, 二三日立つ, 二十分ほど, 二十日目參龍樣は, 二年めで, 二年立つ, 二拾円だけ, 二日間に, 二月に, 二週間余り過ぎた, 五六年後に, 五六軒泥棒に, 五升樽に, 五日目の, 京都へ, 人知れず宿屋, 今の, 今までに, 今年の, 今日の, 今朝出, 仕事の, 仙二郎の, 以來此を, 以来といふ, 休憩した, 伯父は, 何かの, 何とか思案, 何よりも, 何処の, 何年に, 何彼と三河屋さん, 何處から, 余ほどの, 來る, 俄然当, 修吉は, 傍の, 僅四年目に, 儀三治と, 先代の, 先生の, 入つて行, 全く世人, 八の, 公園は, 六年の, 其の錢, 其森が, 再, 再び大阪, 冬に, 凡そ八年目ぐらいの, 凡そ十年余りを, 凹巷の, 出た古今集, 出懸けやう, 出来上がる場合, 初めて今更, 初めて生魚, 初めて言語, 別に苦情, 刺されたの, 加へ, 勤向, 十七歳の, 十八代目で, 十年にも, 十日余りに, 半年もの, 南朝が, 卯平は, 却つて惡い, 又, 又それ, 又セガンチニ, 友人數名と, 叢の, 古代から, 只さ, 右の, 吊臺, 名も, 向うの, 周子や, 唯だ, 喜太郎が, 嘆息し, 嘘を, 四つを, 四五日間感じた, 四年立つ, 四庫全書館で, 土藏の, 売場へ, 外から, 多勢で, 夜会服に, 大分人並みにな, 大抵戌刻半, 太郎さんの, 奥に, 女の子を, 妻としても, 妾は, 始まる, 始めてその, 始めて遣る, 嬉しさうに云, 孔子の, 守一に, 宜い, 客の, 家ぢう, 家賃も, 宿へ, 寐入つた, 寢付きました, 小僧の, 小菅が, 尤も, 山の, 岡持を, 川上は, 己の, 帰つて来ました, 帰れませう, 平次は, 幸に, 幹事は, 幾度書い, 床屋へ, 店の, 廊下で, 弘は, 当時佐太郎の, 彼を, 彼是もう, 往年の, 後なら, 後間もなく, 得た所, 御返事いたさう, 徳子の, 心当りを, 念を, 思ひ出したやう, 急性の, 恐らく橋場, 悔いた, 悲慘な, 惡戲は, 愈白石, 或いは之, 戻つたやう, 手を, 手術室の, 折合が, 挨拶した, 捕捉し, 搜し, 支那の, 敗戰の, 数年, 文字に, 斯う, 既に三十年, 既に四十一年, 日が, 日本の, 早いもん, 春三郎の, 昨日今日で, 晩餐の, 暫くの, 暫らくの, 更にそれ, 更に病勢, 書籍を, 最も氣乘, 有島さんは, 朝酒を, 未ださう, 未だ遊び, 本当の, 机の, 村を, 東京で, 東陽堂版の, 格子の, 棚の, 植ゑ附ける, 樹明君来庵久しぶりである, 次の, 此四五日御, 歩き出します, 歳月は, 歸つて行つた, 歸途に, 死ぬるまでの, 殆どは, 殊にいろいろ, 母親が, 毒が, 氣味が, 決められました新, 法律の, 洗つた, 活動へ, 浅草公園を, 海岸を, 清潔で, 溯つて, 漁師達の, 漸くの, 漸く出た, 潔よく, 火を, 焼酎醸造元の, 熟柿を, 父と, 牛は, 特選級に, 狩獵の, 獨で, 玄二郎は, 玉突でも, 現はれ, 生きる慵さ, 産聲を, 用事で, 町から, 當日に, 疲れ切つて, 病監で, 百四十餘年を, 皆が, 皆んな返しました, 目立つて, 直ぐ手紙, 相談し, 眠るまで, 矢張り其女は, 知り合, 祖母の, 神谷を, 私たちは, 私も, 私達の, 稀に, 稽古を, 突然, 立派な, 第一, 築地三一教會の, 約一年許, 納戸に, 組入れの, 絶えず陰陽, 經驗し, 緩つくり, 罪人を, 美奈子は, 翌年の, 老人を, 聞いたの, 聞きましたが, 肋膜にな, 背広に, 腰卷や, 自分が, 自分は, 船宿の, 良寛さんは, 若かつ, 草が, 菅茶山が, 葉が, 著しい發展, 蒔かれ五六月, 薬は, 行くという, 行つ, 行はれる, 西洋でも, 見に, 見出したと, 訪ねるいつも, 詩の, 話すよ, 読まなければ, 誰いふ, 變な, 豐吉が, 買へ, 質屋へ, 起きた飯, 身の, 車へ, 軍艦は, 轉げ込みました, 近在散歩, 追つかけ, 途中で, 遂に此, 道路橋及び, 避暑地生活は, 部落の, 酒を, 重さうに下つた帷, 銀之助は, 錢形平次と, 鍼灸を, 長火鉢の, 開けて, 間もなくお, 間もなくよ, 間もなく坊やん, 間もなく将来, 間もなく或, 間もなく私, 間もなく雨戸, 降りるまで, 随分騒がしい, 隨分變化し, 集中に, 雨が, 霞亭は, 青白い月, 靜子は, 韃靼人も, 頗る日, 頭の, 頻りに, 顏見知りの, 飛び出しましたが, 飯が, 餘り感じた, 餘程に, 馬場は, 髻を, 鹽崎とみ子さんに

▼ つて来た~ (1943, 1.0%)

84 のは 74 のである 58 のだ 39 んだ 30 のです 29 のを 27 んです 25 のが 24 のか, やうに 20 ので 18 のであつ 16 の, よ 15 時に 14 やうな, 時には 13 時の 12 ことを 11 ぞ, もので 10 ことが, と云, のも, ものと 9 やうだ, 時は 8 ことは, ところで, 事が, 事を 7 のであらう, わ 6 が, のよ, んだらう, んぢや 5 がその, ぢや, のだつた, のだらう, ものである

4 [13件] かと思ふ, かのやう, といふ, な, のであります, ので私, のには, ものが, ものだ, ものは, 人の, 私は, 者が

3 [28件] かと云, からである, がそれ, が私, ことである, といふの, ときは, ところだ, ところです, ところを, と云つて, と言, に違, のかい, のかと, のでした, のでせう, のでその, ので彼, ものか, もんです, ンだ, 一人の, 二人は, 人である, 大勢の, 観が, 道を

2 [82件] あの朝, からさ, がさて, がどうしても, が室, が或, が手, ことに, ぜ, その過程, といふこと, ときに, ところな, との噂, と宇津, と思ふ, に相違, ね, のかも, のでございます, のでそれ, のでわたし, のとで, のとは, のなら, のに, ばかりのところ, ばかりの路, ものです, やうだつ, やうです, ように, わね, わよ, ナ, 一件を, 事で, 二人の, 人が, 何枚かの, 夫に, 女の, 女中に, 家職を, 当座つまり, 彼の, 御幸山麓御幸寺境内の, 所だ, 所を, 方が, 時ちようど鶏が, 時代に, 時代の, 東は, 様だ, 様子だつた, 母が, 源太郎の, 為に, 煙草の, 父は, 甥は, 男が, 男である, 男に, 男の, 神様だ, 福子は, 私の, 私も, 細君が, 自分が, 自分の, 花を, 訣です, 話を, 貢さんは, 身狭, 電車は, 頃に, 頃の, 風の

1 [916件 抜粋] あとである, ある埋立工事, ある海軍将校, あれらの馬, いやもう, おばさん鳥渡と, お吉, お母さんは, お照, お節は, お蔭で, かい, かくべつよい, かといふぐらゐのことは, かといふ好奇心, かといへ, かと思つて, かと見えた, かねえ, かまた, かも知れませぬ, から, からそれで, からちつ, からであらう, からな, からには馬, からね, から君ら四人, から日なたぼつこ, から狸, から私, から送つ, から釣り, から飲まない, かをスタイン, か寝, か蟋蟀, がいくら管, がいつも, がこれから, がそこ, がそれから, がそれでも, がどう, がまた, がもとより, がゆき子, がモリエエル, が今, が今日, が何, が先様, が十兵衞, が咄嗟, が四五日前篠島, が坐る, が大井広介, が好い加減, が富岡, が平素, が思ひ, が旅, が木山, が桃太郎, が水江, が父, が町, が純, が自分, が辻, が間もなく, けれども接吻, ことで, ことなど, ことなどを, ことの, ことをも, このごろからの, この節, これで, これは, さうし, さまをを, そしてぐつすり, その巨きい顔, その日, そもそもから, ぞう, ために, つけ, であらう, で飲ん, ということ, といひます, といふやう, といふ以外, といふ孝一郎, といふ若狭, といふ話, ときには, とき俺は, とき同じ, とき天上の, とき彼女の, とき徳次の, とき駕籠夫は, ところが明る, ところさ, とさ, とでも思, とでも思へる, との由, ともわる, とも見られる, と今年一ぱい, と国仙和尚, と夢, と得意, と思つたの, と思つて下, と思へ, と聞い, と莞爾, と言つて, どうも近頃神経衰弱, などと仰, な父様, にすぎない, に反し, のかなと, のかを, のさ, のださうです, のぢ, のでありました, のでおく, のでこの, のでさ, のでそこら, のでそれとなく, のででもありまし, のでない, のでほつ, のでま, ので一同, ので不, ので今年, ので先年, ので又, ので大急ぎ, ので女中, ので嬉し, ので忽ち, ので或, ので時間, ので止めた, ので汽車, ので知つて, ので至急, ので見ます, ので読ん, ので起きる, のどうか, のによくまあ, のに会, のに渡辺君, のに糸, のみである, のよそしたら, のよつまり, の知らない, は屠された, ばかりだつた, ばかりな, ばかりの婦人客, ばかりの房一, ばかりの果物籠, ふんどし, ほどである, まあどうぞこれ, まままだ, もう, ものださうです, ものとしか, ものな, ものには, ものの冠位, ものらしい, もの他の, やうぢや, やうである, やうよ, ようだ, ような, よもない, わけで, ん, んじ, んでさね, んで気, んや, アツシリアの, カルマである, グルイツィコが, ダニーロが, チューブが, ツアラトストラの, フラテを, ベエベエあまの, ペンギン鳥か, ボイルの, マメイドの, メロンの, レニエ夫人である, ンぢや, 一つの, 一人息子とが, 三浦観樹老人が, 上なら, 上又, 不幸な, 丘を, 主婦の, 主婦は, 事だ, 事とは, 事の, 二つの, 亡者が, 京都大学の, 人か, 人たちは, 人ぢや, 人に, 人名等で, 人影は, 人間の, 他国者を, 位牌や, 何所からとも, 作なり, 例も, 依頼人は, 信吾は, 俳優志望者から, 傾向が, 僕の, 僧たちが, 儘に, 兄が, 兄を, 光代の, 八ヶ嶽の, 六平太が, 冬子は, 冷たい風, 処で, 処の, 切れの, 列車と, 初世, 加野は, 千枝子に, 単純が, 博士は, 原因は, 友達も, 反動である, 口な, 呉服屋大売出しの, 呪咀を, 和地, 唐辛を, 問題の, 四五羽の, 土ほこりには, 土地だ, 報告の, 墨を, 夏帽子を, 外の, 多くの, 夢の, 大きい灯, 大きな紙鳶, 大工に, 大椰子林, 大羽子板, 天使の, 夫を, 女や, 奴なるべし, 奴の, 妻で, 姉の, 婦人が, 嫁女が, 子供を, 定家の, 客の, 客人の, 家の子は, 宿屋の, 富岡の, 将校時代の, 小さな映画, 小娘, 小流を, 小雨だ, 少年が, 少年を, 尨犬の, 山合ひ, 山頭火未, 巡査との, 市子を, 常覚, 年代も, 幸徳は, 序にといふ, 弟を, 形は, 彼は, 彼女の, 彼女を, 径路を, 後の, 後丁度一年ほど, 後暫く, 従姉の, 御所柿も, 心中の, 息子の, 悲惨な, 感が, 懐郷心と, 或る, 戸部線の, 所は, 折の, 敬語, 新しい吸入器, 新次が, 旅人に, 日から, 日では, 日本人が, 旧友の, 早々に, 明治四十三年の, 時, 時きつ, 時で, 時との, 時にはへと, 時セルギウスは, 時一同は, 時今まで, 時分から, 時分に, 時分は, 時大抵の, 時家族を, 時平潟の, 時庭を, 時彼は, 時捨てられた, 時期を, 時校長も, 時私は, 時誰れ, 景品の, 暦との, 月の, 本の, 材料を, 林の, 某君の, 柴が, 桃色の, 様である, 様な, 次の, 次第です, 此の, 歴史的記録が, 母親は, 水は, 汽車は, 油絵を, 浜の, 海兵用の, 温い水, 炭団は, 為だ, 為だらう, 為でも, 焼かまぼこ, 熊七の, 父親を, 物です, 物も, 犬の, 狼の, 猿の, 理由が, 生活, 男ぢや, 男を, 町の, 病院の, 白い花, 白地に, 百合さんが, 直吉に対して, 相手は, 石黒ぢや, 祖母の, 神であり, 神である, 神明の, 神聖な, 私に, 私達の, 秋川家の, 空の, 竹籔が, 筈だ, 米俵を, 純粋に, 細つ, 紳士は, 経歴は, 美しい白百合, 老爺の, 者あり, 者だの, 者ぢや, 者にな, 背の, 舞ひだと, 舟も, 船の, 船は, 花環が, 若い人たち, 若僧は, 英人の, 蕃夷が, 蜘蛛を, 表面の, 西の, 親類の, 訳ぢや, 貰ひ, 赤皮の, 路ぢや, 車から, 軍歌に, 輝子と, 途中も, 途中雨は, 連中とこつ, 運命を, 道のりの, 道中を, 道程の, 道筋を, 都大路の, 酒話ラヂオ, 金だ, 鈴木からは, 鏡子は, 長い年月, 長男と, 間に, 阿呆らし, 雨で, 雲の, 霜柱の, 露次の, 靴音が, 音無の, 頃良人は, 風である, 風呂敷包を, 食べ物なり, 餅だの, 香炉の, 馬を, 馬肉, 馬酔木の, 魚を, 鱶は, 鴨みた, 鶲は, 麺麭を, 黒岩万五が, 鼠の

▼ つてその~ (1792, 1.0%)

4519 ために 13 中に 11 上に 9 方が 7 ことを, 人の, 日の, 話を 6 時の 5 ためには, なかに, 上で, 傍に, 先を, 男は 4 はうが, 下には, 人が, 人は, 人を, 前に, 場を, 音も

3 [30件] 上には, 下の, 中から, 中で, 中へ, 事を, 代りに, 位の, 作品を, 兄の, 女が, 娘の, 家に, 家の, 度毎に, 心に, 手を, 手紙を, 方に, 方へ, 日は, 時代の, 晩の, 歌の, 為に, 男の, 肩を, 言葉を, 辺の, 頃の

2 [93件] あとに, うちに, うちには, かはり, ことが, ころ肩揚を, つど断つ, なかから, ひときれ, まはり, やうな, 一つは, 一夜を, 一枚の, 上が, 上を, 下手人を, 不服を, 世界の, 中の, 事の, 人物の, 以後の, 価値を, 傍には, 先は, 効果を, 原因が, 又砂利, 受持の, 口から, 口を, 向うに, 周囲に, 噴出した, 場で, 場に, 夜の, 女と, 女に, 女の, 室の, 家を, 寂しさ, 年の, 心を, 悪臭が, 情深くお, 意味では, 戸を, 手に, 方は, 方を, 日その, 星の, 時には, 晩は, 木を, 權威は, 次の, 汚れ物を, 海の, 火を, 為めに, 爲に, 犬を, 生活の, 用意を, 男を, 當時の, 發展の, 目を, 美しさ, 肩に, 背を, 船が, 船に, 話は, 證據を, 身に, 通りに, 進路を, 邊を, 金で, 金輪の, 露が, 頭を, 顏は, 顏を, 顔を, 鬱憤の, 鰐の, 鹿の

1 [1323件 抜粋] あくせん, あたり一帯の, あと始末を, あひま, うへ, おかげで, お方達や, かくれ家, かこひ, からだを, くせ美しい, ころ南京に, しなやかな, ためだけにでも, ため彼女は, ため驚きは, とき, とげ, どこかに, なかの, のちの, はたらきを, ひとの, ぶざま, ほとりの, やうに, イヅモタケルを, オホハツセの, ションボリと, スリツパを, トマの, ヒゲに, マークを, リフレエ服の, 一つの, 一人, 一列に, 一本氣が, 一枝を, 一箇所の, 一身を, 一部である, 三十円をも, 上から, 上へ, 上押しの, 上陰気で, 下で, 下を, 不正と, 不臣, 丘の, 中が, 中へと, 中を, 中間に, 丸い肩, 主義傾向の, 乘つてゐた, 了解を, 事件が, 事実に, 事柄の, 二人の, 二通の, 五體から, 人だち, 人も, 人數は, 人物を, 人達に, 人間に対する, 仏像を, 仕事の, 仕事を, 代りまた, 以下の, 企図を, 会話に, 位は, 何れにも, 余韻の, 作品の, 例は, 供給を, 信頼の, 値打短歌の, 健気さを, 傍を, 傷に, 僞物を, 儘じ, 儘そつと, 儘刀を, 儘帰つ, 儘後をも, 儘消え, 儘見えなく, 償ひ, 先きの青い, 先へ, 光が, 光景を, 入口に, 全集を, 内側を, 内容は, 内容を, 内部的な, 再版が, 凹地を, 切りと, 到達が, 前の, 前後の, 前日痛める, 創設の, 力の, 功績には, 勇氣を, 勢力は, 包みといふ, 医者の, 十二種の, 半分を, 原本の, 友人の, 反対が, 反対の, 反響は, 口笛が, 古い文化, 古傷が, 史學といふ, 同時代, 名を, 名宛を, 向うには, 向ふ, 味覺の, 品物の, 唯一つの, 器を, 因縁を, 國の, 土地, 土臺の, 地の, 地方の, 坂のうへから, 埃まみれの, 堂塔は, 報酬で, 場にわ, 塚の, 声に, 変化の, 外の, 外形の, 多くが, 夜は, 夜女に, 夥しい落葉, 大切な, 大方針, 大神の, 大要を, 夫に, 失ふところ殆ど計り知るべ, 奇怪な, 奧さんに, 女性の, 妖しくも, 妹の, 妻君の, 姿と, 婆さんは, 子に, 子供の, 学問を, 學問の, 安手な, 客に, 室に, 家には, 容姿の, 容體などを, 對象に, 小僧つ, 小説の, 少年たちに, 尖端を, 屈折の, 山影は, 岩の, 島より, 巫女は, 師を, 帯へ, 帰りの, 平生の, 年は, 年寄が, 幽趣, 底に, 店まで, 延若の, 張りの, 形は, 形態を, 影暗い, 役を, 待遇を, 御子の, 御手, 微かな, 心事を, 必ずしもさうでなかつた, 怒りを, 思ひの, 思想を, 怪しい者, 悪質な, 情血の, 意匠に, 意味において, 意図を, 意気地な, 意義と, 愛着を, 感受性が, 憤怒をば, 戀を, 成果が, 戦勝の, 房, 手が, 手や, 手籠を, 手続を, 才能は, 批評は, 技神に, 折角こし, 抽象的本質を, 持つた森林帶, 指は, 振興改良の, 描きかけの, 揚句伏見が, 操守を, 故にこそ, 教室から, 散文的な, 文化の, 文字を以て, 文学行動に対して, 新劇団としての, 新調の, 方だ, 方も, 方法に, 方策は, 方面の, 日即席に, 明りの, 昔何でも, 時お, 時も, 時以来姑は, 時右大将家は, 時立ち, 時間には, 晩ハルツの, 暑さ, 暗がりを, 書き方の, 會を, 有樣, 朝から, 期待を, 木へ, 木札を, 本寺の, 本質に, 本質または, 材料を, 村は, 枝ぶりを, 某君の, 根の, 根本の, 梗概だけの, 條件を, 森を, 構造を, 樣子を, 橋の, 權を, 歌は, 正体は, 正體, 歩調を, 歸朝の, 死骸が, 殺す所, 母に, 気で, 気重い, 水を, 氾濫する, 決闘が, 沢の, 河を, 泊り場も, 法律道徳の, 洞窟を, 派の, 消息を, 液體を, 深雪を, 清躯を, 満足の, 火は, 点, 点さへ, 点少し, 無垢の, 無頓着を, 爭ひ, 父オホヤマツミの, 爺は, 片側が, 物体に, 特質が, 犬の, 狭い所, 玄鶴山房といふ, 理論に, 生一本な, 生命を, 生彩が, 生活も, 男に, 男も, 画の, 畫の, 疱瘡の, 病床の, 病理は, 発生進化には, 發刊が, 白廻しから, 皇太子殿下を, 監督の, 目的を, 省察及び, 眞下に, 眞心を, 真実らし, 真意が, 眼を, 瞬間に, 矛を, 短冊を, 石から, 石を, 研究の, 硬派は, 碑の, 祕訣を, 神を, 神經及び, 稽古の, 空想の, 空気やら, 窓には, 童貞主義者流の, 端に, 竿の, 第一試演, 箱の, 粉袋を, 糸の, 紙の, 素質の, 細い筧, 紳士に, 結果として, 結論として, 絵を, 縁の, 繩と, 繪葉書を, 罠が, 罪重し, 美を, 義務を, 翌一四九八年, 翌日も, 考へに, 聡明さには, 職域に, 肌が, 肩先を, 背後には, 胸に, 臣下を, 臼で, 興行は, 船を, 艶を, 芝居を, 花妻が, 花籠を, 芸者が, 苦を, 英材なり, 草履を, 菓子を, 落着いた, 葉巻に, 蔭の, 薄暗がりの, 藝術境は, 蛇の, 行き來, 行動や, 表すところ, 衰へ, 袖を, 裏の, 西に, 要領だ, 見本を, 親爺といふ, 解釈を, 言葉が, 記録の, 詩人の, 話に, 説が, 調和の, 調査の, 講堂が, 譜を, 讃詞が, 負担は, 責任を, 赤い胸毛, 赤馬を, 足もとに, 跡では, 軍隊の, 輪鍵の, 辺を, 返事が, 逆でない, 通りを, 進行する, 過ぎ行くの, 道具の, 邊で, 部屋が, 都合で, 都市の, 酔漢を, 重大な, 重要なる, 金ぴかを, 金子で, 鉢の, 錠前を, 鐵幹の, 長い過去, 長方形の, 闇の, 附近には, 限りに, 限り復歸よりは, 隙間から, 難解な, 電信柱に, 霊を, 韃靼人の, 音楽の, 頃僕が, 領土を, 題名の, 風に, 風貌に, 養ひ, 首に, 驚きは, 高いてつ邊, 鬼を, 魅力を, 鹿叉は, 黒い影, 點は

▼ つて~ (1733, 0.9%)

1340 つた 67 つたが 41 つて 30 つたもの 25 つたこと 17 つたり 15 つたやう 14 つたので 12 つたん, はれる 6 つたとき, つたよ 5 つたところ, はれて 4 つたかと, つた為 3 つたけれど, つたけれども, つたらう, はぬからである, はれたもの, はれ易い, まする御酒

2 [12件] た本, つたか, つたさうですよ, つたらよい, つたらよから, つたら好い, つたわ, はれた, はれたの, はれたりき, はれるばかり, ふこと

1 [85件] からと申付, くかれの, たに, た本当に, つたお幸ちやん, つたかしら, つたこの, つたころ, つたさうでございます, つたさうです, つたとき何ん, つたもん, つたら, つたらうあれ, つたらうか, つたらきつ, つたらしい, つたらしく, つたらそれで, つたらどう, つたらば, つたらわし, つたら何處, つたら嘸かし, つたら文豪ミユツセ, つたら日本人, つたら気味, つたら海, つたら滅多に, つたら終, つたら舟, つた為め, つた筈, つちや, つちやうん, つちやつたのさ, つちや濟, つてるの, つてるんぢ, つてる家, つてる道, てそれ, なはれて, はしめた, はない, はるる, はるれ, はれその, はれたが, はれたこと, はれたとは, はれたとも, はれたらその, はれたり, はれた仙人, はれた最初, はれなからうでは, はれなけれ, はれやすい, はれること, はれるの, はれるので, はれるべきであらう, はれるもの, はれる外, はれる必要, はれる雪祭り試演, はれ仏教式, はれ其後なごり, はれ出しました, はれ彼, はれ得る可能性, はれ象徴, ば仔細, ひを, ひ濟, ふので, ふもの, ふ是, ふ風, ました, らしつて, れた事, わるべきもの, を同じく

▼ つて居た~ (1562, 0.8%)

67 のです 48 のである 44 のだ 35 んだ 28 のか, んです 27 のは 22 のが 21 さうです 2018 ので 17 と言 1514 さうだ 12 のであつ 11 のであらう, のを 10 さう 9 ことが 8 ことで, ことは, ことを, と云 7 ことだらう, といふこと, のでした, のも, やうだ, んでせう, 筈だ 6 であらう, のかも, のさ, のでせう, のに, やうで, やうです

5 [13件] といふ, といふの, ところで, と思ふ, に違, のだらう, のと, ものと, んだらう, 事が, 事は, 人が, 方がよ

4 [14件] おれの, かも知れない, がそれ, がやがて, が今, にし, にした, のかねえ, もので, 事を, 女たちも, 為に, 相です, 馬の

3 [25件] か, から, からで, があの, がその, こと, ことに, こと寺からは, ぜ, でせう, といふぢ, といふ事, としたら, とすれ, ものは, やうな, わけで, んぢや, 堂を, 筈で, 訣な, 長老である, 間に, 頃の, 飛鳥寺

2 [78件] かも知れません, からである, か知らない, がお, がこれ, がさて, がフフン, が不, が主人, が今度, が今日, が其の, が其内, が其間, が口々, が口惜しい, が少し, が新, が時々, が本郷, が漸く, が眼, が茶, が軈て, が近頃, が遂に, ことも, さうで, すず子は, つけ己れ, とわかつ, と見え, など, にも拘らず, に過ぎない, のかな, のぢ, のでその, ので私, ものを, やうに, わけだ, わけぢや, んで, ツて, 丈け, 事で, 事であり, 事などを, 事も, 二人の, 人の, 例が, 処で, 千数百年の, 千數百年の, 奴が, 奴を, 姉の, 家とか, 小原銀太郎と, 少年の, 彼の, 所だ, 所の, 所へ, 手を, 日には, 昔の, 柿の, 盃を, 相ぢ, 私が, 私の, 筈です, 者だ, 自分の, 袖の

1 [630件 抜粋] あとの, あの恋, あの脇差, おつぎ, お京, お光, お延, お百合, お皆, お萩が, お辨, お銚子, かそこ, かとくれぐれも, かのやう, かは聞かぬ, かも知らぬ, かも知れなかつた, からお前さん, からかも知れない, からだ, からであらう, からでせう, からと言つて, から三萬兩, から取られなかつた, から始末, から手, から此處, から涼傘, から相談, から自分, から菜切庖丁, かネ, か仲, か八五郎, か判りません, か知らなかつた, か知らねえけん, か知れない, か聞いたらう, か返事, があと, があまり, があれ, がしかし, がそれぢ, がそれでも, がそんな, がなにしろあまり, がはつ, がふと, がもう, がもう少し, がやう, がサーッ, が三四日横, が三時三十分, が不意, が五年後, が何, が何分, が俄, が僕, が兔, が其時, が其歸國, が其處, が医者, が半分, が厳然, が又は, が唐突, が四十一年六月四日, が四十年六月十四日, が圍爐裏, が大分違, が天資, が妙, が宮川町, が寄宿舎, が寒風, が左中弁将末, が愈々, が意外, が成, が或, が扨, が描いた, が提灯, が支那通, が最う, が望遠鏡, が朝食, が案外, が歸, が歸つて來, が殆ど, が段々, が水, が清水, が畜生不意, が眞菰, が着物, が石見銀山鼠, が突然, が結局, が考へる, が自分達, が良, が遂げず, が遂げない, が酔, が鍵, が體操, くせに, くらゐで, けどねえ, けれどもその, けれども幕府, けれども彼, けれど佐治君, けれど別に, ことか, ことだ, ことです, ことの, こと中途に, この男女, しあの, しお, しお隣, し一度, し二度目, し二階, し可, し塀, し店, し鈴木, し青い, し頬, その森, ぞ, ために, だけに天然保存, ぢや, つけ, つけね, つたので, つていふから, つて本人が, つて面白い, といふけれ, といふぜ, といふぜそれから, といふだけです, といふ噂, といふ埃, といふ小, といふ小品文, といふ話, ときの, ところさ, ところだ, ところを, とさ, としても社会劇, としても若い, とでもいふ, とね, とは言, とも主張, とも見られる, と叔母さん, と土地, と平出さん, と思つたの, と思はれる, と思ひ, と聞いた, と聽, と苦々しく, と見える, と言つた方, と言つて, と記憶, な, な小皺, にち, には妙, には眼, に相違, に關, の, のかい, のさへ, のであ, のであります, のでう, のでこの, のでしよう, のですぐ, のでたと, のでもう, のでよく, ので一番先, ので今, ので今日, ので以前, ので併せ, ので其儘, ので堪へ忍んだ, ので塾, ので多分, ので学校, ので御座います, ので教師, ので此, ので此結婚, ので気の毒, ので疑ひ, ので疑ふ, ので益々, ので私一人, ので糸巻, ので総べ, ので芋銭先生, ので見る, ので覗い, ので誰, ので足, ので遁げ, ので開墾地, ので順序, のとは, のにお萩, のにち, のに又, のに同じ, のに少し, のに気, のに相違, のに結婚式, のに繰返し, のね, はずだ, はずの, ばかりだ, ばかりに目, ものか, ものが, ものだ, ものである, ものでない, ものなり, ものの流動, ものわからない, もの例へば, もんなら, やうだつ, やうでございます, やうで御座います, やうなある, よおくれよ, よ銀之助, わけです, わたしも, んですつ, ガラツ八の, キキイは, 一原因と, 一抹の, 一萬兩の, 一行は, 丈の, 上方が, 世界から, 世話役の, 乳母の, 事とが, 事に, 二つの, 二ヶ月前の, 二人は, 二疋の, 二階と, 二頭の, 亭主が, 人で, 人名前は, 今の, 位である, 位な, 位に, 佐七も, 例の, 停車場の, 兄といふ, 兄者人が, 先生だ, 光景が, 八五郎でした, 八五郎に, 八五郎の, 八五郎は, 其の事, 凡てが, 処である, 処サ実は, 剃刀の, 十一に, 十郎兵衞住家の, 半死半生の, 南の, 博士の, 友次郎が, 古道具屋の, 吉三郎が, 品では, 啓蒙宣伝の, 土地に, 土地の, 坊やんの, 場所と, 塊は, 大劇場, 大筒だ, 天童太郎に, 女です, 女とは, 女の子の, 奴な, 姉が, 姿あの, 姿だ, 娘, 娘が, 子は, 子を, 孔雀も, 学校が, 安漢公時代の, 客が, 家の, 寺や, 将門に, 小光, 少しの, 居合拔き, 山人を, 山田と, 左千夫君が, 布が, 幇間の, 平次です, 平次は, 年縄を, 幸三郎さんが, 庵を, 庵室に, 当時の, 形は, 彼である, 彼と, 彼には, 彼女の, 從兄弟の, 御宰籠, 心境に, 患者の, 戀仇の, 所な, 所爲で, 手拭で, 扱帶を, 数尾の, 敵で, 文献が, 新しい玩具, 日で, 日にや, 日は, 早速燈心, 春陽堂の, 時だ, 時でも, 時の, 時偶, 時分な, 時春寒い, 月は, 朋輩が, 木の, 木曜會員に, 村境の, 林三郎などは, 某某二氏は, 梯子段の, 棺には, 様だ, 様で, 様に, 樣な, 樣子で, 樣子です, 櫟の, 歌枕の, 歴史が, 母親を, 毒は, 氣が, 水は, 水面が, 汁粉の, 汽車が, 沙翁劇の, 淺草紙を, 漢この, 点は, 為, 為で, 為も, 爲に, 爲や, 父親, 物の, 猪之, 猫と, 猫も, 田原と, 田池, 男が, 町人である, 番頭が, 病人の, 痺れを, 白いきれ, 白猫だ, 百姓も, 目を, 相だ, 石狩の, 石盤をは, 石見銀山で, 福鼠が, 空には, 空の, 筈さ, 筵の, 精神の, 紙入を, 結び文を, 縁故で, 老人が, 老爺さん, 者, 者も, 肴屋の, 胡麻鹽頭の, 自分にも, 與八郎は, 與吉が, 與次郎が, 興世王だ, 船が, 船頭は, 若い商人風, 茶碗を, 蒲団が, 薔薇が, 藤屋彌太郎の, 處だ, 虱絞り, 蛙が, 行司は, 見ず知らずの, 親戚の, 親戚故旧との, 親族の, 訣では, 許嫁の, 語らしい, 證據は, 赤洒を, 通り疊んだ, 連中が, 重臣の, 金之進が, 錢形平次が, 錢形平次は, 雪が, 露月町の, 青年二人は, 頃に, 頃は, 髭, 髮が, 鬚, 鳩が, 龍馬と

▼ つて行く~ (1391, 0.7%)

107 のを 68 のが 44 のである 39 のです 36 のだ 26 ことが, やうに 25 のは 22 ことに 20 のであつ, のでした 17 やうな 16 ことは 15 んだ 13 のだつた 12 ことを, といふ 10 ので 9 ことも, のに 8 と, んです 7 ことの, のも 6 と云, のか, ものと 5 ものは

4 [16件] が宜, とその, と言, のだらう, のであります, のよ, ものが, ものだ, よ, 事が, 事は, 事を, 人も, 足音が, 間に, 風

3 [16件] か, から, ことだ, だけの事, といきなり, とそこ, のぢや, のでせう, ものである, ものも, やうだ, ような, より外, 外は, 方が, 自分の

2 [67件] お文, かそれ, かそれだけ, からあと, がい, が好い, ことで, ことにな, さまが, だけだ, ぢや, つもりで, でせう, で俺, とお, ときに, とすぐ, とやがて, と古ぼけた, と右手, と向う, と女, と家, と彼女, と早出, と更に, と父, と私, と親分, と誠に, に連れ, に違, のかと, のかも, のと, のには, ほか道が, ものを, やうです, んぢや, ンだ, 事の, 人々も, 人に, 人は, 人達が, 八五郎です, 地種の, 姿を, 婦人の, 後ろ姿を, 後姿を, 柔かな, 様な, 樣な, 気に, 流俗が, 男が, 筈の, 者も, 路, 路は, 農夫の, 途中に, 道だ, 道も, 間も

1 [546件 抜粋] あの子供たち, あれは, うちに, お仙の, お品, お瀧, お關, お靜, かが細かく, かとも想, かと思ふ, かどつ, かな, かについて相談, かは容易, かまだ, かも知れない, からさう, からである, から何処, から又次郎, から用心しな, から術者, かわからない, か分らない, か正直, か解らない, か誰, がどう, が何もの, が宜いと, が帰りがけ, が第三者, ぐらいのこと, けれど何, こと, ことか, ことさえ, ことだけは, ことによ, ことや, こと自, この途, ごとに, さう, さうである, さうです, さきざ, さまを, し残つて幾組, ぜ, その不味, その作り方, その後姿, その心地好, その確信, だけでもしよう, だけでもともすれ, だけのこと, だけの話, であらう, とあの, とある, とあわて, とい, といい, といつもピタリ, といふだけのこと, といふ意味, といふ歌, といふ覺悟, といふ風, といまだに, とき彼の, とき涙が, とき船が, とき誰にも, とこが, とこな, とこの, ところが, ところだつた, ところは, としませう, とそれ等, とたいてい, とだいぶ, とちらほら, とどこ, とどんな, とはからずも, とまだ, ともう, とウ列, とガラン, とダイアナ, とパイロット, とブルース, とランプ, とルンペン君, と丁度, と七名, と三人, と三軒, と上り詰めた, と下女, と不, と不意, と並木, と中程, と主人, と二戸前三戸前, と今度, と低く, と何, と何処, と僕一人, と六丁目, と其, と其の, と其処, と切迫, と危, と只, と同じ, と四辺, と四邊構はず, と土藏, と境, と夫, と奥深い, と如何にも, と妻, と室, と富岡, と寢床, と小使, と小布施, と山毛欅, と川, と川岸, と平次, と平潟, と幼時, と店, と彼, と待ち兼ね, と心, と志願兵, と思つたの, と急, と恰も, と戰爭中, と房江, と持てます, と斯波, と早速, と時計屋, と村, と村井, と松, と死骸, と段々, と母親, と沿道, と洞穴, と海, と海岸, と深い, と照子, と牝牛, と物, と物蔭, と狹, と田甫, と男, と疊はじめ, と白い, と眞, と石灰岩, と秋, と空箱, と突き當, と突当り, と突然, と絶えず, と肥満つた南欧人, と船, と藁束, と蝙蝠, と見上げ, と親爺, と親類, と言つて敏雄, と貴, と賀奈女, と路, と途上, と部屋, と里子, と針箱, と間もなく, と青木さん, と音響, と香, と馬場裏, と鼈甲屋, などといふこと, なア, にきまつ, にし, につれて万遍, につれて笹, につれなほいろいろ, にはあまりに, にも坂, に伴, に反し, に國道, に限る, に随つて, の, のかな, のさへ, のださうである, のであ, のでございます, のでパン, ので仕方, ので何處, ので俊坊, ので前, ので困つ, ので彼等, ので次第に, ので私, ので萬七たる, ので頗る, のなど, のなどが, のにその, のね, のみだ, のをも, の感じた, はずである, ばかりだつた, ばかりで, ばかりである, までは無意識, までは馬穴, まで二人, まで待つ, ものかね, ものかを, ものださうだ, ものぢや, ものです, ものとの, ものとばかり, ものの, もの下の, もの以外の, も二三丁, やうだつた, やうで, やうな冷めたい, やと問, よりは寧ろ, よりほか, よりも一層, より他, より手, よ親子, よ酢, わ, わあんた, わけであります, わけには, わけにも, われわれの, んださう, んださうだ, んで, エレベーターの, エンジン仕, ガラツ八の, ブラスバンドの, プラットフォオムの, ランチを, ンで, 一つの, 一人の, 一先づ死体は, 一方だつた, 一方の, 一本の, 七八人の, 丈で, 三藏の, 下流を, 下駄の, 不安が, 丑松は, 世の中を, 中年増の, 中間の, 事な, 事に, 事にな, 事實を, 二人の, 人, 人々の, 人を, 人形の, 人行く, 人達の, 人達は, 人達を, 人階下に, 伊勢屋新兵衞ガラツ八が, 位の, 佛蘭西の, 使, 先づ船体が, 先頭の, 冥途といふ, 処が, 処でした, 処に, 処の, 初めは, 勢人の, 危險な, 卵の, 可能性を, 吾等の, 國松を, 坂で, 坂道の, 場所は, 外の, 女が, 女では, 女の, 女ぶつつかり, 女も, 女を, 姪の, 家の, 家族の, 對象が, 小山戸を, 少年たちが, 岩木川の, 島人の, 嶮しい, 左手の, 帆影も, 平次だ, 平次の, 平次を, 年は, 幻影の, 当も, 形なども, 後姿が, 徑を, 心の, 心構へが, 心細さ, 必要が, 恁く, 想像の, 態度を, 扉の, 掘割は, 支那の, 故郷には, 故里が, 方だ, 方な, 方法な, 旅人が, 日が, 明るい夜汽車, 時が, 時で, 時に, 時は, 時代で, 時代である, 時間が, 暇も, 月を, 村雨の, 松五郎の, 様に, 様には, 様はちよつと, 様子でした, 樣子でした, 樣子です, 橋からは, 段に, 母の, 気な, 氣に, 氣には, 氣持ちは, 水の, 決心を, 海を, 涕泣である, 火事を, 炬火や, 焦燥し, 煙, 状は, 生徒の, 町, 疾風の, 病院も, 百合子の, 真面目な, 瞬間まで, 神或は, 私には, 私は, 積りだらう, 筈ぢや, 筈である, 筋が, 管から, 節です, 紙の, 細長い秋雲, 縁側の, 義務は, 義父に, 老人夫婦と, 老僧, 者, 者が, 者と, 職業の, 背後で, 自動車川の, 舟の, 船が, 船を, 草原路を, 荷船の, 藝者も, 藤を, 處から, 處さへ, 處は, 蟻達の, 衝動を, 表情といふ, 覚悟の, 言葉で, 訣な, 許りである, 證據である, 譯だ, 譯も, 越後屋の, 路も, 路裏見, 踊り譬へば, 軌道は, 農夫に, 途が, 途中でありました, 途中彼等に, 途中私の, 連中の, 運動と, 過程も, 道が, 道すがらすくなくも丑松, 道は, 道路は, 遠い雨脚, 金が, 金六の, 長いキヤラバン, 間の, 階段だ, 電車の, 露次が, 革の, 顔だつた, 餘裕も, 馬車に, 鳥である, 鳥の

▼ つて~ (1317, 0.7%)

285 ります 141 りました 56 りますが 3831 るの 25 りましたが 21 りますので 20 りません 18 りその 17 りますから 14 らぬ 12 求めて 11 れば 10 りますよ 9 られた, りますの 8 つた, り, りましたの 7 らず, りましたので 6 りますと, るか 5 られるの, りまして, りますし, りますわ, るもの

4 [11件] つたのです, もとめて, られました, られます, られる, りながら, りまた, ると, るところ, るので, れ

3 [19件] けば, られたが, られること, られると, らん, りましたから, りますけれども, りませう, りませんが, り又, り私, るが, ること, るし, るのに, るやう, る時, る筈, る者

2 [42件] いて, いで, きました, ぢさんは, つたその, つたといふ, つたのだ, つたやう, つた時分だつた, つてそれも, つても, ばさんは, られて, られぬ, られません, られるが, りかく, りこの, りしかも, りそこ, りそして, りそれ, りは, りましたところ, りますか, りますがね, りますけども, りますけれど, りますのに, りますもの, りますん, ります事, ります者, りませんので, り其處, り客, り居間, るでは, る事, ればこそ, ればよ, 頼って

1 [340件] いた横穴, いでよ, かしい, かしいけれども, かしいぢ, かしいの, かしいやう, かしいわ, かしいわよ, かしいんだもの, かしい話, かしか, かしかつ, かしが, かしくつて笑ひ, かしくて, かしければ, かしさうに鼻, きたいの, く, くこと, くの, つたから, つたが, つたこと, つたさ, つたし, つただけ, つただけの, つたと, つたなら, つたに, つたのか, つたので, つたのと, つたのを, つたもの, つたよ, つたらとても, つたツて, つた人々は, つた利章が, つた型の, つた或, つた方が, つた木魚の, つちや, つてさへ, つてだめだ, つてやれない, つて一刻でも, つて人々とともに, つて北海道を, つて憂鬱とか, つて發光する, つて貴重な, つて非常に, どつて, どろいた, ばさま, ばさんそれまでは, ばさんに, ばさんわけが, みは, らつ, られたけれど, られたこと, られたひと, られたやう, られたん, られた事, られた川原, られた造媛, られない, られなくなりましたの, られましたから, られましたが, られましたよ, られまして, られますが, られますけれども, られますので, られます近江, られませんな, られやせんかな, られようが, られるで, られるに, られるので, られるやう, られるゆゑ, られるらしくその, られるん, られる人, られる処, られる壮観, られる方, られる歌, られる静か, られん, らんかも, らんのです, らん勉強しろ, らん畜生に, りあ, りあまり, りある, りいつ, りいつも, りうつ, りうぬぼれに, りお, りこ, りさへ, りさらに, りされば, りひどい, りまあ, りましたけれど, りましたし, りましたしかし, りましたところが, りましたなるほど, りましたのに, りましたもの, りましたわ, りましたわけ, りましたん, りました九月, りました仕丁, りました以前, りました椿子さま, りました足軽衆, りますうち, りますかな, りますこれ, りますため, りますだけ, りますぢ, りますですか, りますで御座いますから, りますところ, りますとも, りますほどに, りますまい, りますや, りまする, りまするか, りまするところ, りまするなれば, りまする異国情調豊か, りますれど, りますんで, りますルモンジュさま, りますロータリー, ります十人, ります古い, ります女ども, ります或, ります所, ります故に, ります文部大臣, ります有様, ります歌, ります祝詞, ります私自身, りませうか, りませんけれども, りませんこの, りませんし, りませんでした, りませんの, りまつたく講談倶楽部, りわが, りを, りアメリカ人, りサギ, りフランス当局, りモリエール, り一つ, り一ヶ月三十円ぐらゐで, り一字一字, り一本, り上, り下男, り中央, り主人, り二間, り人, り人々, り他, り住友邦子, り何れ, り何某, り余程, り例, り俳優養成, り傷ついた娘, り全く, り兩側, り其周圍, り出て, り前方, り劇, り北海道, り卓子, り収容病室, り問君, り壁, り大, り大学生, り天井, り女帝, り孝行, り小姓, り小川部隊長, り左手, り帰国, り年, り年齢, り幸, り彼, り彼等, り彼自身, り心臓, り手, り折角, り支那, り敬服, り文字, り新築中, り日本, り日本三景, り日本側, り更に, り朝, り木, り未亡人, り机, り柵, り椽側, り様々, り歌, り正面, り歩くと, り歴史, り江戸, り満, り無口, り爪先, り片側, り現代, り生, り生地, り生徒, り田舎出, り益々, り矜持, り知つて, り破損, り科学者, り秘密, り糸, り纔, り肉慾, り腹, り自然, り西教史, り西洋, り諸侯, り負ける筈, り資料, り道, り酒好き, り開けると, り頂上近く, り飜訳者, り魚, り鰐, るかの, るから, るかを, るさ, るだ, るだけ, るだらう, るぢ, るつもり, るであらう, るです, るといふ, るとの, るとは, るならもう, るなら内, るのみ, るまいとお, るやつ, るらしい, るらしい素, るらしかつ, るわけ, るん, るんさ, るんぢ, る健全, る土地, る堤, る外, る従つて言語学, る御, る招壽軒, る招寿軒, る有力, る木, る樣, る氣, る決して, る湯, る畑, る知つて, る知識, る聖徳太子, る訳, る譯, る通り, る遠方, れずおも, れといつて, れど, れない, ればと, れません, れるの, れんちう, れ待つ, ンなす, 使ふ, 探して, 求め同じこの

▼ つて見る~ (1063, 0.6%)

3633 が宜 26 としよう 18 ことに, とそれ 16 氣に 1513 がい, とお, とその 10 とこれ, んだ 9 と成 8 とあの, ともう, と彼 7 ことも 6 ことが, とそこ, とまだ, のが 5 と何, と其處, のだ, のも, よ, 気に

4 [11件] ことだ, とこの, とまた, とやはり, と中, と果して, と私, と自分, のであつ, のは, 事に

3 [13件] から, と丁度, と二人, と又, と幸, と意外, と母親, と畢竟, と皆, と路地, のである, 以外に, 必要が

2 [57件] うちに, かげも, が好い, さ, つもりで, とあれ, といろ, とこ, とそんな, とどう, とガラツ八, と一番, と云, と今, と何處, と元, と全く, と其の, と嘗て, と嘘, と如何にも, と妹, と姉, と客, と家, と或, と文太郎, と旦那, と春三郎, と更に, と未だ, と此, と渠, と第, と細君, と縁側, と繪, と美しい, と薄暗い, と誰, と近所, と長野, と青い, と面白い, に越した, のでした, のです, のはい, もトゲ, やうに, わ, 事も, 外は, 気は, 氣か, 氣は, 間に

1 [551件 抜粋] うちには, かい, かいの, かえ, かな, かなア, かも知れん, からこ, からに不, からに幸福さ, からに男らしい, からの事, から丈夫相, から先, から手前, か八, が, がいい, がその, がと手紙, がよい, が二人共一緒, が善い, が如し, が御用, が此, が相手, が開かない, けれどもよく, ことである, ことなどの, ことの, ことは, せいか, それが, だけでも快い, だけでも見, だけの許可, つもりだ, つもりです, とあたり一面, とあと, とい, といたしませう, といつの間にか, といま, といろんな, とうす暗い, とおいよ, とおや, とおん, とお末, とお祖母さん, とか, とからだ, ときく, とぐつと後, とこいつ, とこれから, ところが, とさうで, とさつき, とさつき会つた, とざあつと二百圓, としませう, とす, とずつとほつれ出し, とそれから, とそれどころ, とた, とちやん, とつば, とどうも, とどよめき, となるほど, となんにも, とほんのり, とぼく, とまさに, とまるで, とみつ子, とやす子, とやつぱりそれはルッター, とやつぱり隣, とゆうべ, とよく, とわし, とゑこをは用, とイタリア, とエスペラント語, とサルン, とスチーム, とスツカリ心, とドリアン, とヒヤリ, とピアノ, とローマ, とワシリ, と一人, と一分金, と一夜, と一度, と一段, と丈, と三つ, と三十九度強, と三年, と三方四方, と三村屋, と三越, と三輪, と上, と下, と不, と世, と世辭, と世間, と丸, と主人, と主人公, と九尺二間位, と予, と事件, と二葉亭, と二階, と二頭, と五六匹, と五六才, と亞米利加, と人間, と人類, と今時, と今更, と以前, と伏姫, と体, と何だ, と何だか, と何と, と何ん, と何時, と何時是地主, と余り, と作つた草鞋, と例, と信毎, と俺, と僅, と僅か, と僕, と兄, と兄さん, と入口, と六疊敷, と其儘, と其墓石, と其所, と其時, と其著述, と其邊, と内容, と出た, と前の, と前囘, と加集, と勇, と勝手, と十一面, と十五六, と十風, と半, と半分, と却, と卵屋, と原板, と原田老人, と反, と叔父さん, と古狐, と可, と同じ, と同人達, と向う側, と君, と唯, と唯もう, と喙, と噫, と四五尺, と四十男, と土藏, と堀田, と塀, と多く, と夜, と夥しい, と大, と大分弱つて, と大変, と大家, と大層, と大溝, と天皇, と天聲, と夫, と夫人, と奉天城, と奥, と奧, と女, と女洋服, と妻, と娘, と子宝, と存外, と宇宙, と宗教, と実に, と実は, と寄せ木, と寝んだ, と寿海, と封筒, と尊敬, と小さな, と小包, と小林秀雄, と小説, と小豆色, と少し, と屋臺, と展望, と山, と山吹, と山羊, と山野, と岡, と岩見銀山, と川向, と巴屋, と幟等, と庇, と床, と店, と庭, と廊下, と弟, と強い, と彌太郎, と当人, と彼処, と待ち受け, と待ち構, と待つ, と後, と後藤, と從僕, と微か, と念入り, と忽ち, と思つて, と思ひ, と急, と性來好き, と恐しく, と息張, と恰, と悩ましい, と愈々, と戀, と房松, と手洗場, と手紙, と抑, と折角, と持つ, と捨てられた, と掘出した, と故人芥川氏, と教授助教授學生達, と新, と新進作家, と方角, と日出雄少年, と日記, と明るい, と昔, と最, と最う, と最早, と有る, と望月さん, と本人, と本堂, と本尊様, と来客, と東京, と案, と案の定, と案外, と楢雄, と業病, と構内, と模樣, と横手, と橋, と次, と此の間, と此二者, と此歌, と此處, と歩い, と水月, と氷, と氷峰, と沢山, と波斯又, と洋傘, と海, と淋しい, と深い, と温和, と湖水, と火, と火の粉, と無愛想, と煙草, と父, と猫, と獨逸語, と玉垣, と王, と王朝, と珍重, と現代, と瓶, と生れつき, と田舎, と由比正雪, と留守, と番頭, と當, と疑, と病児, と痛々しい, と痛ましい, と白象, と百合子, と皆んな酔つて, と益々, と相, と看護婦, と眞, と矢張男, と石, と神樂坂, と秀子, と私自身, と立場, と納屋, と紫, と細く, と絵, と美女, と義雄, と羽ふくよか, と老, と老人行火, と職人氣質, と聽きし, と肩, と肺, と能楽以前, と自分等, と船頭, と船頭三吉, と色々, と色紙, と若旦那, と蓄音機, と藤井, と蝉, と血, と行燈, と複本, と見知り越し, と親切, と言, と言つて, と語學以外, と誠に, と警視庁, と谷崎, と趣味, と身投げ, と車室, と軒, と軽い, と這, と運動, と運動シャツ一つ, と道, と違つた人, と郡視学, と部屋, と野, と金, と鈴, と銀メツキ製, と銀之助, と鋭い, と鎌倉, と長崎の, と開け拡げた, と隣, と隱居, と隷書, と雪駄, と露西亜文学, と非常, と面白相, と面目, と音松, と頓, と頗る, と頼み, と風呂, と食器, と養鷄所, と馬場要, と馬鹿, と驚いた, と驚くまい, と骨組, と體温, と鳶, と黄昏, などといふ興味, なり少, なり少し, に, にとり残され, には見ました, にも注文, に及ぶ, に堪へられなかつた, に忍びざる, のか, のだつた, のだらう, のほかは, のよ, のを, はるかに, ほどで, ほどの無駄, までもあるまい, までもない, までもなく, ものの妹, ものも, ものを, もの觸れなけれ, も天保以降浮世絵板刻, も淫ら, も船醉, よまだ, わけに, わけにも, 事が, 事だ, 事を, 人も, 他は, 内にや, 勇気は, 影も, 必要は, 故か, 方の, 旅の, 時の, 時計の, 最好, 桐の, 機会が, 気が, 気持な, 気持に, 氣さへ, 氣で, 氣です, 氣のせゐ, 眼には, 程の, 積りで, 術も, 覚悟は, 訳にも, 譯にも

▼ つて~ (1058, 0.6%)

63 つし 15 呉れ 10 呉れよ, 辭儀を, 願ひ, 鳥は 9 めえ 8 互ひ, 光は 7 やり 6 了ひ, 呉れと, 文は 5 あげなさい, 光の, 出よ, 城の, 鳥が 4 くみの, 八重は, 出なさるの, 出に, 利代は, 孃さんを, 目に, 菊の

3 [28件] くみは, とつ, やりに, よこしに, 京が, 仕事を, 休みに, 出, 出が, 出なさらう二葉, 出なされた物, 勝手口から, 吉の, 呉れな, 在な, 帰りに, 染の, 禮を, 秀の, 糸さんは, 聞きに, 膳を, 芳が, 鈴さんは, 靜に, 靜は, 願ひし, 鳥を

2 [79件] あげなさいよ, くみが, さへて, せいの, つかさんに, つぎを, つさん, つたを, つつかない, つ母さん, もちやの, もひ, ゐで, 京を, 仕舞なと, 仕舞ひ, 八重が, 八重の, 出だ, 出掛に, 利代に, 勝手口へ, 北の, 君の, 呉れお前, 呉れこんな, 呉れよ嘘, 呉れ何時, 呉れ正太さん, 呉れ歸つて, 品は, 困りでせう, 困りに, 園の, 園を, 宅ぢや, 定の, 定は, 家中の, 寢み, 帰りなさい, 幸ちやんの, 志保の, 志保は, 文はに, 智慧を, 柳は, 歌いに, 歌い遊ばされた御歌, 歸りでした, 氣に, 汁の, 泣きに, 照が, 父つ, 由は, 祝ひを, 神樂の, 神籤を, 粂は, 糸の, 絹を, 置きに, 舟が, 芝居の, 芳は, 葉は, 袖は, 袖を, 見よ, 見舞に, 貰ひ, 遣りに, 酌に, 酒の, 酒を, 銀を, 駒は, 鳥の

1 [591件 抜粋] あがり, あがりなされ, あがりよ, あしを, いとしいん, いよさんにも, いよさんに対する, いよさんの, いよさんは, うちへ, うちへかへ, かくの, かみさんも, かみさん安心し, くにと, くみに, こもりの, さげの, さとしで, さへ, しづさんが, しら神時代の, すゑは, せいちやん, せいと, せきが, そる, たいさんが, だてに, ちやうづをしたくなつたと言つては, ぢいさん, ぢさんの, つかさま, つかなびつくり, つぎが, つぎに, つぎは, つたのいふ, つたのであります, つた人が, つちよこちよい, つてまだ, つ死んぢ, でましを, とうさま, ときは, ねが, ひや, ひるから, びただしかつた, びんずるが, ふくが, ふさは, ふんどし, へぬ, ほあわてに, ほかた, ほさわ, ほよそ解つて, ほ迷惑, まいさま, まいの, まいより, まちにな, むらと, めえさうえも, もちやは, もてへ, もて座敷, やりだと, やりでなければ, やりなさい, やりなさいな, やりなすつたこと, やんなさいよ, わかれに, ゐでに, ゑんや, ッ母さんが, ツかなが, 一方の, 三輪が, 三輪の, 三輪殺しの, 上げ, 上げした, 上げ愛して, 上げ申します, 上げ申しませう, 上品な, 世辞たらたら喜ばせ, 世辞的拍手を, 世辞笑ひ, 乳を, 了ひなさる, 了ひなした, 了ひよ, 互に助け, 互に喧嘩, 互に心, 互に心持, 互に慰め合, 互に救け, 互に爪, 互に記憶, 互に驚き, 互の, 互同士を, 仏壇の, 仕え申し上げる御殿, 仕え申せ, 仕え申そうと, 仕事の, 仕舞には, 仕舞ひなさいました, 仲さんは, 仲は, 休みなさい, 休み下さいかういふづうづうしい客, 伺いしました, 低頭を, 住ませ申し上げました, 佩きに, 使い遊ばそう, 係り同心と, 信さんが, 信さんの, 信の, 信は, 傳へ, 元の, 兄さまだ, 兄さんだ, 光か, 光さんが, 六の, 六婆アの, 兼が, 内儀さんの, 内儀さんも, 内儀さん自分の, 冬に, 出と, 出な, 出なさる方, 出なされ何, 出の, 出のを, 分かりでせうがなあ, 別れした, 別れに, 利代が, 勇の, 勝手に, 勢ちやんを, 勢の, 勢は, 勧め申されない, 化粧を, 北が, 北を, 医者さんは, 千勢の, 午の, 午過ぎまで, 友達に, 取りなさいつて言, 取上げに, 叩頭を, 台所から, 叱られに, 合ひ, 吉にも, 吉姉妹を, 名前を, 向の, 君が, 君といふ, 君を, 呉れでないか, 呉れでないね, 呉れなんて, 呉れの, 呉れやす, 呉れよこの, 呉れんし, 呉れ私達, 品に, 品の, 品も, 喜びに, 困りの, 国さんに, 国の, 國さんを, 國へ, 園とか, 在ださうだ, 在で, 在で御座いました, 在に, 在よ, 坊ちやま, 坊つ, 坐りに, 城から, 城へ, 夏の, 夕飯が, 夕飯の, 大名を, 天氣が, 妙と, 妹の, 妾の, 姉さまは, 姉さんゆけ, 姉様, 媼さん此の, 嫁さんは, 嫁さん逃帰つた, 嫁入りを, 嫁入り先まで, 孃さんに, 孃樣が, 子の, 宅さまへ, 宅を, 安くありません, 富どんが, 寝みなすつて, 寝み蒲団, 寢みなさいました, 寢みなす, 小夜の, 尻を, 居や, 居やすな, 居間だ, 居間にも, 屆けは, 屋敷に, 屋敷へ, 屠蘇と, 峯さんと, 島の, 帰りなさいまし, 常にから, 帽子を, 幸ちやんが, 幾と, 幾の, 幾は, 幾ら位, 床に, 床の, 店大事と, 庭い, 庭に, 庭の, 弁当の, 弱い方ぢ, 当番の, 役人に, 役人の, 役所の, 待申し, 徳を, 悦の, 惣菜の, 慈悲を, 扇は, 手當に, 手紙を, 才さんの, 才の, 払ひ, 持ちに, 掃除を, 撃ちに, 政さんの, 文の, 文伯母の, 日さまの, 日さまは, 春を, 昵懇の, 昼間こんな, 時に, 時間中黙, 晝を, 書きに, 月様と, 月樣と, 月見の, 末は, 末はも, 染を, 桐の, 梅と, 歌いなさいました歌, 歸り, 母ちやま, 母はんは, 母アは, 気の毒でございます, 気の毒でした, 気の毒様み, 気持よく, 治めなされるが, 泣きなす, 洗濯を, 涌の, 淋しくは, 清書の, 濠の, 瀧の, 火と, 為に, 照は, 照を, 燗番を, 父さまが, 父さまの, 父さまは, 父上抽斎先生に, 父様までが, 猫さんを, 玄關に, 珊の, 琴を, 生みにな, 由良に, 疑ン, 痩せに, 白洲へ, 白粉を, 百の, 百合は, 百合を通じて, 百姓の, 百姓相手の, 皆の, 皆を, 目には, 目触り, 目通りを, 眉が, 着換した, 知りんの, 石を, 祖母ちやまつたら, 祝ひの, 神さんが, 禮心に, 秀は, 秀を, 秋さん僕は, 稼ぎよ, 穴様へ, 筆の, 筆を, 答へに, 篠に, 米が, 米さんはい, 米の, 米を, 粂が, 粂に, 粥を, 約束ばかり, 組は, 絹の, 綱は, 線香に, 縫の, 繩を, 置きなさい, 美代にも, 義母さまに, 聞かせいたしませう, 聞かせしませうか, 聞せ, 聞無論, 聴きに, 肚が, 肯入れなく, 臀を, 臺所町の, 舟と, 舟に, 芝居が, 芳には, 芳の, 若さんと, 若さんの, 苦しいで, 茂世の, 茶番を, 荷物で, 葉が, 葉さんが, 葉にも, 葬り申し上げて, 葬式を, 蒲団の, 蕗の, 薬を, 藏前まで, 蘭が, 處刑臺に, 蝶さんだ, 蝶の, 蝶は, 行きな, 行きやしてな, 見せの, 見それ, 見やす, 見やすか, 角とは, 角の, 言い, 訊ねに, 訪ね下さい, 詫を, 説教を, 調べが, 謝絶を, 豊に, 豐は, 責めに, 貰ひだつたから, 貰ひよ, 辭儀し, 辰も, 辻や, 返事し, 返事を, 這入に, 通の, 通りに, 逢ひできる, 遊, 遍路さんが, 遍路さんは, 道は, 道サンの, 遣り, 遣わしに, 遣んなさい, 選みした, 還りにな, 邪魔する, 邪魔を, 部屋に, 酌の, 酒に, 醫者さんも, 醫者も, 金銭の, 銀と, 銀の, 錢は, 門多い, 關の, 關は, 關を, 陀彿ぢや, 隠し遊ばす, 隣りに, 隣りの, 隱れ, 雪は, 雪を, 霜婆さんが, 霜婆さんは, 霜婆は, 靜さんの, 靜の, 頼みが, 顔が, 願したい, 願ひした, 願ひする, 願ひ申し上げたい, 飮みなさい, 飯も, 飲みなさい, 館を, 首を, 駒を, 驚きに, 高どの, 魚を, 鳥その, 鳥と, 鳥と共に, 鳥に

▼ つて~ (1014, 0.5%)

66 てゐる 3227 てゐた 13 てそれ 11 てくれた, てその, て私 10 て居る 9 て呉れ, て居た 7 たつて, てお, てくれ, てくれる, てこの, て自分, やが 6 てみる 5 て下さい, て何, て彼, て肩 4 たりした, てあげる, て今, て呉れた, て見る, て貰, な

3 [15件] さうだつた, たりし, てからまだ, てくれない, てこんな, てもう, てやつ, てよ, て俺, て家, て床, て庭, て手, て母親, て髪

2 [60件] ただよう, たり或, たり興奮, てあなた, ている, ていろ, てお前, てお母さん, てから, てし, てそこ, てそして, てそれから, てちよ, ては又, ては夜, てまだ, てもいい, ても彼一流, てやる, てゐたら, て一行, て上げませう, て下さつた, て主人, て云, て今度, て以来, て初めて, て声, て夜, て娘, て寝間着, て居, て居ました, て屋根, て座敷, て後, て我々, て新橋, て暫く, て机, て母, て父, て独り, て生意気, て皺一つ, て盛ん, て綿フランネル, て見た, て話, て門, て頂戴, て頻りに, て餌, でもした, なはれ, なはれ云, なはれ今, はせぬ

1 [547件 抜粋] か, かかつ, これから自分, さうなの, さうなもの, さうも無い, さへ, すでに寝, そのあること, たらう, たり, たりする, たりなどした愛すべき, たりもした, たりよそ, たり何, たり戸, たり時に, たり途中, てあげた, てある, てあんな, てあゝ, ていい, ていきなり, ていた, ていただく, ていつのまにか, ていつも, ていひました, ていま, てうち, ておかみさん, ておく, ておくれ, ておくれた, ておくれでない, ておばあさん, てお爺さん, てお隣, てかつ子さんここ, てからあの, てからおかげ, てからさちよ, てからそれ, てからで, てからでも勉強おし, てからでも暇さ, てからのこと, てからの土産話, てからは十一月, てからは忘れ, てからほん, てからも勝平, てからも私, てから一度, てから口惜しく, てから塀, てから大約十分位, てから愛宕下, てから毎晩, てから決めりやい, てから決めろ, てから洋服屋, てから相談, てから私達, てから言, てから間もなく, てから食べなさい, てから馬, てくれました, てくれます, てけふ, てこつ, てさ, てさして, てしきりに, てしげ, てした, てしつかり, てしまつたの, てすぐ, てする, てすれ, てずんぐり, てそい, てそのまま, てそれで, てそれに, てた, てたとへば, てちよい, てつかつか, てつくづく, てできるだけ, てとても, てね, てねいつ, てのう, てのんき, ての話, てはいきなり, てはじめ, てはそんな, てはと云, てはどう, てはぶつ, てはゐない, てはゐる, ては三人口, ては三十分, ては仰天, ては毎朝取り換, ては駄目, てぴつしやりと合つて, てほら, てほんとう, てみます, てむさぼり, ても, てもかまへん, てもつ, てもなるべく, てももつ, てもよし, てもら, てもフラ, ても一たん家, ても主人たち, ても五十円, ても別, ても危害, ても咎めない, ても差支, ても彼女, ても明くる日, ても誰, ても開け, てやがてハラハラ, てやはり, てやらう, てやるまい, てゆ, てゆき子, てわし, てわれ, てゐ, てゐない, てゐます, てゐません, てゐるせゐ, てゐるだらう, てをります, てん, てアノ階段, てコツプ, てステパン, てチヨコ, てヌー, てホテル, てポーチ, てモルモット, て一しきり, て一二度, て一刀両断, て一寸, て一平, て一度顔, て一時教室, て一本, て一本一本, て一水遥, て一番, て一週間あまり, て一風呂, て丁度, て上げた, て上げます, て上げやし, て下, て下さいまし, て下さつたら, て下さらぬ, て下さる, て下す, て世間, て両手, て中庭, て中洲, て乃ち日本, て了, て事情, て二, て二十人, て亭主, て人, て人間, て今にも, て今夜, て今日, て仕舞, て代, て代り, て仰せの, て伊勢, て伝説, て伯父, て住ん, て何ぞ, て何となく, て何とも, て何故, て何日, て何時も, て係り, て俥屋, て修学, て催促, て僕, て先刻, て先生, て兎, て其山中, て其時, て内, て再び, て写真, て刑法, て初, て前, て剰, て力三, て勝手, て勝手口, て勧工場, て包み, て北島, て医者, て十数本, て午飯, て半月, て卓子, て危ふく杵, て厩, て厭き, て厭味, て参内, て友達, て叔父さん, て口, て口惜しく, て叱られ, て吃驚, て呉れつ, て呉れない, て呉れました, て呉れる, て呼びかけた, て善し悪しやつたわい, て喫茶店, て喰つて, て城内, て埠頭, て堅い, て塵, て壁, て夕立, て多数, て多田君, て大, て大きな, て大分, て大変, て天蓋, て太鼓, て夫, て女, て妙, て婆さん, て子役以外, て実弾演習, て客, て家々, て家兄, て寝, て寝ころん, て寝た, て寝やした, て寝る, て寺, て小言, て少し, て少女, て居ります, て居間, て山口定雄, て山田, て島村氏, て川, て巣, て差押, て帝王, て帰家穏坐, て帰朝後, て幾階, て広い, て底, て庭隅, て当惑, て彼女, て彼等, て御, て御覧, て復, て思ひ, て急い, て悦び, て悪, て意外, て愛妻, て感状, て慌しく, て成, て戒めた, て手紙, て斯, て日曜, て日本語, て昨日, て時々, て晩餐会, て暫し, て曰く, て書斎, て最, て朝餉, て松, て桜鳥, て梅喜, て梨枝子, て棚, て楽屋, て横, て横櫛, て欲しく, て止め, て此奴, て此村, て毎日, て気合, て水田, て水道, て汽車, て泊つて, て波, て泥水, て洋服, て流石, て海岸伝, て淵子ちやん, て濡れ縁, て火, て無, て煎じ, て煙突, て煙管, て煙草, て煮, て熱い, て父母, て獣医, て王様, て班毎, て現在, て甘える, て生垣越し, て用, て用事, て男, て男たち, て町中, て登り尽す, て皆んな, て盛, て直に, て相談, て眺め, て眼, て知る, て礼拝堂, て祓, て祖父, て神, て種々, て空席, て突然, て竜脳, て符牒, て筵, て築地, て粗, て終, て編輯者, て練習, て署長室, て職業欄, て背, て腰, て色々, て芋粥, て花器, て芸籍, て若, て若者, て草, て菓子, て葛西橋, て蒲葵笠, て蓮太郎, て蝶, て蟇, て袋, て褌ひとつ, て見い, て見せる, て見れ, て言, て言った, て話した, て調べ, て議員, て貰つた着茣蓙, て貰ひたい, て貴族, て起され, て足, て跡部, て身体, て車房, て軍治, て軒先, て軽い, て辻, て途中, て通せ, て酒, て酒盛り, て酷い, て醜態, て重なり, て鉄柵, て鉾, て鍵, て開かせた, て間違, て随分, て露, て静か, て面白い, て頻, て顔, て食べる, て食事, て飯, て飲む, て香, て驚くだらう, て髭, て鳥打帽, て黙, て黙つた, でもする, とくれ, とんなさる, ながら, なくつちや, なけや, なすつたの, なよ, にくいもの, にやならん, はした, はしない, はしまい, はどう, まつさ, むかうに, もせず, やうかと, やがれ, やはつ, やはらん, やはる, やア, よると, をる, 又自ら, 小さな錐, 暫く間, 給え

▼ つて来る~ (1003, 0.5%)

53 のを 21 のが 20 のである 18 のであつ 17 のだ, んだ 15 やうな 14 のは, やうに 1210 といふ 9 と, と云, と私, のだつた 7 から, であらう, でせう, のです, わ 6 のも 5 ことが, と直ぐ, と言, ものが

4 [13件] ことも, ことを, といきなり, とその, とまた, ともう, と云つて, の, のか, のでした, のに, よつて, 時には

3 [15件] からね, ぞ, といつ, とすぐ, と何, と言つて, んです, 事が, 事に, 人の, 時に, 様に, 父を, 男の, 足音が

2 [46件] からである, から安心, から猫, から食はず, が好から, ことだらう, ことに, といい, とこれ, とやはり, と丁度, と三人, と下宿, と二人, と今, と女, と彼, と思ひます, と思ふ, と灯り, と直ぐに, と自分, と見え, に違, ので, のであります, のでリヽー, ので妹夫婦, はずである, ものだ, もので, ものと, ものは, ものも, やうで, やら皿, わけです, わよ, 人が, 人達の, 力に, 女の, 時分には, 様な, 迄は何度, 髪の

1 [506件 抜粋] いろんな家庭内, いろんな目新しい, お秋, お精霊, か, かと思はれる, かな, かなあ, かのやう, かもしれません, かもわからない, かも知れない, かも解らない, からうち, からお前, からお待ち, からきつ, からそれ, からです, からでせう, からとごまかし, からとそれ, からな, からもう, からゆ, から困る, から支度, から花瓶, から魂祭り, かわからない, かを考へ, か何, か否, か皆知らず, か知れない, が, がい, がそれ, がな, が何家, が否, が好い, が第, くらゐなら, ぐらいの暇, けれど, けれどひとり, けれど容易, ことか, ことなども, ことの, ことは, こと位ひ, こと是の, こと遠き, さ, さうで, さかい貴方, し塾, し山野, し息子夫婦, す, ぜ, ぜと思つて, その動き, その点, その芝居, その鼻息, ためな, ために, だけそれだけ, だけだ, だけでなく, ぢや, つてんで, つて云つたら, でご, とあの, といつも, といふ病処, とお客様たち, とかう, とか言つて, とき顔を, とここ, ところが, ところだつた, ところは, ところへ, ところを, とさかん, とさつき, とす, とそこ, とそれ, とそれから, とだんだん, とともに私, となんだか, とね, とはいつた, とは余り, とは限らない, とぷんと, とみんな, ともう一度, とも云, とやがて, とやつぱり気, とゆき子, とウメ子, とベッド, と一, と一人, と一枚分, と一洵君, と不安, と不意, と事務室, と事大, と二三日, と云つて夫, と云つて急, と亨一, と人, と今度, と仰つ, と何だか, と何時, と何時の間にか, と何時も, と信一郎, と僕, と全身, と八百屋, と八重桜, と共に一方, と内儀さん, と劇, と危, と却, と取り乱した, と口, と和服, と唯物史観, と喜劇役者, と土地, と堪らない, と塩原多助, と壁, と声楽, と変, と多少, と好い, と嬉し, と存じます, と孝子, と実に, と宮田, と寒い, と寝床, と寡婦さん, と少し, と屹度私, と巡査, と帳場, と平凡, と幾, と店, と庭, と弟, と必晩飯後, と思へ, と急, と憐れ, と招ん, と早々, と晩, と暑, と最初, と松並木, と校舎, と棚, と楢雄, と此, と氏, と汗, と波, と測定器, と湯, と湯村, と漸, と激しい, と炉傍, と物, と独り, と玄奘, と瑠璃子, と甚, と留守中, と相手, と看護手, と真佐子, と真弓, と真木, と真黒, と眠れない, と石段, と秋子, と立派, と笑顔, と紳士, と結婚前後, と結局日頃, と美佐ちやん, と群集, と考へ, と耕二, と耳, と聞かされ, と腰, と臨終, と興奮, と苦労性, と葉山氏, と藤浪君, と言つた, と言つて年, と言語, と話相手, と謂つた形, と踏みつぶされた, と途端, と道, と遠く, と重, と銀, と鋸, と隣, と雨, と雨外套, と雨降り, と雪江, と食卓, な, なぞと, なりきよ, なり冷蔵庫, なり大変, なんぞは手, なんて, なんていや, なんてそれ, なんてちよ, につれて船頭, には来る, にも及ばぬ, にやア, に随, に随つて, ね, のかと, のだらう, のであらう, のでございます, のでさすが, のでせう, のでわたし, ので一ヶ年一回, ので不思議, ので僕, ので同伴, ので夜, ので川瀬, ので御座います, ので気, ので泣け, ので父, ので甚, ので病気, ので眼, ので自ら, ので随つて供物, のと, のに気, のに身, のに違, のば, のをね, はずだ, ばかりだつた, ほどです, ほどの大きな, までには少々, ものかと, ものである, ものな, ものなども, ものねえ, ものはめつた, もン, やうだ, やうにも, やガラリツ, よい, ような, よ君厭, よ女房, わけが, わけぢや, わ容器, わ踏切り, んだらう, んぢや, んなら, ミスルトウに, ヨ, 一団の, 上機嫌の, 世界中の, 主人と, 乗合自動車の, 乗客で, 乗客に, 事の, 事を, 事実だけで, 人々は, 人も, 人を, 人出, 人声が, 人達は, 代助, 余地は, 使命を, 俺や, 傑れた, 処では, 処若しくは, 出版社の, 列車の, 初めの, 制服の, 前は, 力を, 千万の, 危険は, 危険を, 商業市街として, 問題です, 困憊の, 堀口で, 場合が, 場合は, 夕闇の, 多くの, 大露西亜人, 夫の, 女たちは, 女を, 奴を, 妹と, 姿が, 姿を, 威勢の, 孤独と, 客に, 客の, 客は, 小さな不思議, 岩山の, 幸福の, 幻灯の, 径路には, 後から, 感じの, 所が, 折には, 拍子に, 斑らの, 新時代, 方が, 日に, 明治廿年代の, 映画などにもな, 時でも, 時は, 時代に, 時分に, 時期に, 時都合が, 暑気地の, 村の, 松原の, 松太郎を, 様で, 様にも, 様子が, 様子である, 様子を, 死の, 気が, 気に, 気配, 気配が, 氷の, 洋服を, 海女の, 満谷氏, 滝の, 炭売薪売の, 熱心さは, 理由を, 生徒の, 男は, 男衆は, 畏しい, 留吉, 癖が, 相手の, 眠気と, 神が, 神に, 私を, 空の, 空腹には, 笛の, 筈である, 筈です, 筈に, 筈の, 筏も, 組も, 美しさ, 老若の, 者の, 者は, 者を, 自分の, 自分達は, 自動車や, 船が, 船を, 良人を, 苔の, 若い男, 若い青年, 葬列に, 薄雲, 蝶, 蟻に, 街を, 見物人で, 言葉で, 訣に, 話だ, 話を, 足音に, 轟伍策, 辛き冬, 迄緩, 途中で, 途中の, 途中ロクに, 途中五六人の, 途中仏蘭西へ, 途中其土地々々の, 途中冬な, 途中彼女は, 連中は, 連絡船が, 過去の, 道で, 金が, 鉄造, 間に, 際に, 雀に, 雲で, 電車の, 電車を, 静かな, 靴音を, 音が, 音を, 頃で, 頃に, 頃彼は, 頭髪を, 顔では, 風が, 風は, 香ひ, 馬車が, 魂の, 鯉の, 鰐の, 黒目な, 鼻息は

▼ つてそれ~ (902, 0.5%)

10 を見 5 は私 4 がため, をどう, を持つ, を私, を聞い

3 [13件] から段々, ならば, に對, は, はその, はそれ, はもう, は彼, は彼女, を拾, を明けくれ, を見た, を言

2 [62件] からいろ, からすぐ, から二人, から来る, が, がいかにも, がいつ, がこの, がその, がどう, がどんなに, がまた, がもと, が一つ, が即ち, が普通, が私等, が色々, が非常, だから, だけで, つきり, でい, とはなし, と同じ, には及ばぬ, に熟達, に答, はもはや, は人間界, は例へば, は抛れず, は文学, は皆, は立派, も, もこれ, を, をお, をきい, をしほ, をそつ, をその, を一つ, を二ツ, を取り調べ, を受け取つ, を喜ん, を恐れ, を打消した, を搜, を汁, を火, を看破, を眺め, を穿い, を聽, を自分, を落す, を見送りました, を迎, を鑑定

1 [704件 抜粋] あある, あ仕方, いいぢ, からあと, からさらに, からずつと吉林, からずつと此方, からそれ, からどう, からの議論, からの騒擾, からはその, からは土, からは毎日一分二分の増減, から一寸床屋さん, から一里, から三藏, から五日間, から今, から円い, から再び, から十年もの間, から圧す, から増田, から夜, から学校, から宗壽, から少し, から幾度, から数町, から林田君, から永代, から生ずる, から突然, から荷馬, から行かう, から靴下, から顏, があまりに, があり, がお前さん, がきい, がぐつたりと, がさも, がしまふ, がただちに, がとれたら返す, がどうか, がない, がなん, がまだ, がやつ, がわからない, がわたし, がわれわれ一行, が三組, が中, が二三十間おきぐらゐに, が今, が今日, が他, が何より, が何時, が例, が例へば, が先生, が全て, が前, が反対, が口授親傳, が周囲, が嘘, が嘘ぢ, が大きな, が大和民族固有, が天皇, が女性, が定期市, が寧ろ, が少し, が年月, が幸ひだ, が幾つ, が形式的, が得意, が悲観, が我々, が戯談, が日一日, が日一日破風, が昔, が書ける, が朝, が朝鮮, が本当, が松倉, が根本, が民間, が氣, が汽車, が流行病, が渦, が火柱, が灰色, が為め, が珠, が男, が皆, が祖先, が祖父, が空, が空しから, が聞い, が自, が艶, が苛立たし, が著述, が蔵ひなくし, が蔵相, が藍, が藍色, が蛭子, が衣裳, が表現的, が見つからず, が見事, が詩, が諸々方々, が足利時代, が辛抱, が運命, が霧, が青年, が面白く, こそが劇作家, こそ久々, こそ夢にも, しか存在, じや, だけが禅師, だけでお, つきり会, つきり八五郎, つきり出席, つきり朝, つきり歸ら, つぽ, つ位, つ切り急ぎ, でいい, でそつ, でゐ, で一緒, で下宿, で好い, で宜, で思ひ出した, で泣い, で済まし, で満足, で甲府, で私, で称び, とともに再び, とわかつ, と入れ, と関係, なん, にかれ, にこ, について彼是, にはまつ, にはキヤベツ, には従来, には材料, には現代, によつて救, に一命, に一所懸命, に一文字, に世界ぢ, に任じ, に伴, に似, に働い, に働き掛けた, に勝手氣儘, に包まれ, に吹き入る, に味方, に執着, に失敗, に子供, に従, に携はるの, に根, に樹, に気, に火, に点け, に片手ぢ, に狎れ甘え, に生命, に禿筆, に穢れ, に聴き入つた, に腕, に腰, に親しまう, に謂, に負けまい, に責任, に赤い, に道, に達者, に銀紙, に門標, に鶴澤小梅, ね可笑しく, のなか, の主, の出來, の実行, の思惟, の支配, の本, の構成要素, の眼界, の缺陷, の自己實現, の表現, の諸, の転売, はいつ, はえらい, はかう, はさ, はそれ自身, はつまり, はなか, はひどい, はまた, はギリシア人, はコーリン・ムーア, は一定, は一層, は一種, は両, は人間性, は今日, は何百年後, は俳優, は冷淡, は分る, は前, は勞働, は勞働者, は君無理, は喜ばれた, は困つた, は多く, は家, は常に, は恥, は或, は承知, は拭, は控, は文学作品, は最も, は本, は歴史, は永久, は決して, は消滅, は無料, は現代欧米演劇, は現在, は當時, は相州さま, は相手, は秦漢, は立ち去つた, は總てのもの, は聊城, は董其昌, は誓つて迷惑, は誰, は頼山陽, は高貴, は魚屋, ばかり心配, へどしどし, へ乗り込む, へ二匹飼つて, へ携, までには憲法制定, までには病勢, までの生活, までの道筋, までは史論家, までは彼女, まで仮, もさして, もたつた, も一緒, も光沢, も君, も多く, も大分年, も始め, も崩れた, も心から, も望ましい, も若い, やわ, やア書き, や兄さま, や朴訥, よりずつと古い, よりももつ, よりも私, よりア, より外, より激しい, をあたし, をあなた, をあの, をかくす, をかれこれ, をこつてり, をこな, をこらへた, をすつかり乾かす, をする, をそこ, をそのまま, をたしなめる, をだ, をだまつて, をとらう, をどこ, をば阿, をまた, をまだ, をやつ, をやらなけれ, をよい, をよけよう, をわざわざ, をわるう, をキッカケ, を一寸, を一本, を一杯, を一般に, を上下, を不思議, を二人, を二束三文, を人, を今度, を信じ, を信じた, を光らせる, を公認, を其所, を出した, を分類, を制しました, を助け, を卒業, を厳密, を又, を取上げる, を受け, を受け取らう, を受け容れ, を受取り, を各, を同じ, を同時に, を向, を否定, を周子, を問, を喜び, を噛むで, を塚, を大きく, を奇特, を奥さん, を奥深く, を奧, を女, を好い, を宜, を室, を宰領, を實, を尊敬, を少し, を山, を崩し, を平然, を幸, を庇つて, を廢, を弊風, を引き受けた, を弟, を彼等, を待ちこがれ, を思ひ出した, を愛, を慰藉, を手伝, を手引き, を折らう, を押, を拾つた, を持続, を指し示す, を捧げ, を採集, を掬つて私, を擔, を改める, を教, を散文, を整理, を昔, を是認, を書斎, を有, を望み, を止めさせ, を毎朝, を渡しました, を濟, を物的, を特長, を玄關, を疊, を疑り, を眺めた, を眺める, を着せた, を瞶め, を知りました, を神仙化, を福田未亡人, を突く, を竹, を糸, を綿布, を縛らなかつた, を續けたの, を考へ, を考へる, を聞流す, を肩, を肯定, を與吉, を色, を茶碗, を蒐め, を要求, を見せ, を見よう, を見送, を解い, を言ひきつて, を訊いた, を試みました, を認めた, を語つて, を読み返す, を調べ, を調べ合, を責め, を貴, を身, を追, を送つ, を道具, を避ける, を鑑別, を閉ぢ, を隔てよう, を雜誌, を面白, を顎下, を風呂敷, を鼻, 故この, 故それ, 見ろ買つて貰へた, 迄にも學者, 迄に歸

▼ つて~ (900, 0.5%)

12 の方 11 の心, はこの, はその 8 の家 7 の顔, は 6 の肩, の胸, は今, は私, は自分 5 の手, の耳, はあなた, はそれ 4 の眼, はまた, は其の, は彼, は決して, は空

3 [15件] が神, しには, に呉れた, のため, のところ, の名, の生活, の考, の顏, はあの, はお, はよく, は思はず, は途方, を見た

2 [52件] がこの, がその, だつて, と彼, と貴方, にも同行, に手紙, のやう, の体, の作品集, の前, の妻, の子供, の宿命, の父, の著者, はあんな, はかう, はここ, はこれ, はさ, はそつ, はそれら, はた, はただ, はなに, はまだ, はやつ, は一度, は下, は何だか, は先生, は別に, は前, は又, は子供, は室, は家, は彼女, は微笑, は心底, は相, は眼, は着物, は空しく, は考へた, は色魔, もうちい, もその, を動かした, を殺す, を自身

1 [610件 抜粋] あきらめて, あ昼間, お食事, からもやりました, から先生, から思ふ, が, があなた, があなた方, があれ, がいた, がお話, がこ, がこれ, がそもそも, がそれ, がま, がもの狂, がゆきたい, がゐる, が一つ年上, が七階, が不在, が中, が中学, が主人, が二三日前, が二人, が二本目, が今日, が何, が何度, が何時, が公, が其處, が外, が大抵, が女中, が好きこのん, が封印, が屡々, が彼女同伴最上先生, が後見助言, が怖がりで, が持つ, が文学作品, が木曜會, が本, が此処, が死んだ, が法螺, が流し元, が熱心, が盛つた藥, が目, が直ぐ, が矢繼早, が笑う, が答, が考へた, が聲, が聽, が背中, が自分, が舞臺上, が苗字, が言つたの, が訪ねた, が訪問, が詫びます, が足, が遣繰, が鉄工, が関与, が雨戸, たちさ, だけは, だまされて, とおんなじ, としてはわが, と同年, と格闘, と樹明君, と私, と脱出, どうしよう, なぞを御相手, などがひとり, などに対してもこれ, などを寄せつけません, なんぞにや, にいろ, にお, にかう告げた, にどう, には, にはジプシイ, には一生一書生, には不面目, には何, には向う, には義理, にまで斯様丸髷, にも一処, によつて構像, にレンズ, に五十兩, に会, に全く, に勧めた, に向, に国名, に對, に微笑みかけた, に意地, に抱きついた, に會, に此役, に死ん, に渡し, に相談, に聞かせる, に背, に腕, に觸, に話, に話した, に返, のあなた, のあらゆる, のお, のきめ, のこと, のせゐばかり, のその, のなつかしい, のはう, のほう, のマント, の一番, の主人公, の今日, の今日の, の伺ふ, の信用, の修業, の傍, の処, の出発, の力, の勝, の友人, の命, の夢, の大, の太宰觀, の女, の姿, の娘, の宅, の室, の宿, の小鬢, の少年時, の少年時代, の尻, の幻, の引つ, の強い, の当初, の後姿, の志望, の思ふ, の性格, の恋人, の意志表示, の意見, の感情, の打解けた, の持つ, の推称, の最近作, の服裝, の望む, の枕頭, の歎, の歳月, の水差, の泊る, の病, の眼前, の知友連, の社, の立つ, の經驗, の羽織, の習慣, の考へる, の背, の脚もと, の脳裡, の腰掛け, の腿, の行きつけ, の行く, の襟, の視線, の言, の言つた処, の記憶, の試み, の誤謬, の謂う, の議論, の讀む, の質問, の身心其物, の身體, の過つ, の過去, の道徳性, の部室, の金, の間, の閲した, の青春憂鬱症, の頭, の頭天, の首, の髪, はあと, はいきなり, はいそ, はいつも, はいろんな, はおや, はお前, はお勝手, はお婆さん, はかなり, はきよとり, はこ, はこれら, はしばらく, はせかず, はせつかち, はそんな, はつまらない, はともかく, はどんな, はどんなに, はなんと, はねがは, ははぢめ笑つたの, はひたすら, はほのか, はまごついた, はもう, はもぬけ, はやう, はアデェル, はアンモニア, はドン, はプーチヤチン, は一寸, は一昨年, は一週間, は一顆, は万象玲瓏, は丈夫, は上, は不気味, は世尊, は中根, は久保, は人間そのもの, は今度, は今日, は今更, は仕方, は何, は何れ, は何ん, は保子さん, は倒れ, は先づ宗教, は先輩, は公園, は六月九日, は前言, は努める, は勝手, は印度, は原稿取り, は可, は可笑しく, は名刺, は吻ツ, は喜んだ, は國友大助, は土州, は堅實, は壁, は外套, は夢, は夢中, は大音寺, は始め, は子供達, は実に, は家庭教師, は寢臺, は寫眞, は尊敬, は左, は席, は平身低頭, は幸, は幾分, は床, は弟, は後ろ, は心, は怖, は思ひ, は急, は急い, は怨, は恐らく, は恨みぬきました, は悔悟, は愕然, は愚, は感心, は感謝, は手早く, は技巧論者, は抱, は教, は断えず, は斯, は新日本, は明, は是, は暑, は暫く, は暫らく店火鉢, は月日, は本, は東京, は校正, は根據, は椅子, は欄干, は此, は此頃八犬伝, は歩いた, は毎日針, は水, は泊つて, は深い, は漸, は激しい, は烈しく, は無口, は無理, は猿猴橋, は獨, は甲州, は町, は直ぐ, は眺めた, は知つたの, は知らん, は短い, は立ち止つた, は竦毛, は笑, は笑つた, は第, は絵, は縁類, は罰, は耳, は自分自身, は自身, は興味, は船頭, は色紙製, は若し強, は若旦那, は苦い, は苦笑, は英租界, は藤田, は虚勢, は行, は裁かれ, は覗く, は言, は訊いた, は記憶, は詩人, は貴方, は質屋, は起き, は跪, は軽い, は軽率, は近づきかける, は迚, は迷惑, は酷い, は鉄砲玉, は隣室, は飛びつかない, は食後, は飲みます, は首, は黒川能, は黒砂糖, は鼻, への激しい, まるでお, もあなた, も一生懸命, も中學校, も二三, も亦, も便所, も困る, も岩田, も後, も心配, も愈, も此仲間入, も決心, も甲府, も盃, も選挙, も驚きました, やミルちやん, や娘達, をい, をおどかしてる, をぐん, をしつこく, をしばらく, をじろりと, をすつかりくらました, をだます, をなだめた, をふしぎ, をよろこばせ, をミラア先生, を不自然, を二号, を優等生総代, を六十七十, を凝視め, を別室, を勵, を嘲弄, を奥, を引き止めた, を引張, を批判, を放した, を椽先, を橋, を檢, を濟, を町中, を監視, を眺めました, を眼中, を神さま, を立て, を絶対, を脅かし, を袂ごと, を見あげました, を見つめ, を見出す, を訪ねた, を誘, を誘惑, を迎, を追, を釧路, を陷, を顧み, を驚かせた, んとこ, 共見物人, 困つて了つたん, 平氣, 怖いん, 随分怒つ, 随分淋しい

▼ つて~ (858, 0.5%)

66 てゐる 41 て下さい 34 てゐた 28 て居る 21 給へ 16 たりした, て 15 たりし 14 て來 13 て居た 119 てゐました 8 てゐ 7 たまへ, やうと, 度い 6 たりする 5 て呉れ, て来る, て貰, 得を 4 たり, てお, てくれない, てはくれまい, てもそれ, てやつ, てやらう, やう, やうか, 度いと

3 [20件] さつ, たり煙草, ちやどう, ている, てくれ, てこの, てさ, てその, ては下さいません, ても, てもあの, てもその, てもわかる, ても知れる, て居, て自分, て驚きました, べが, ようでは, 度く

2 [44件] たりうわ言, たり一人, ていた, ておく, てそして, てそれ, ては, てはどう, てもい, てもどうも, ても大, ても懐かしい, ても矢張, てやる, てゐます, てゐませう, てゐられなく, てゐられる, て下され, て來よう, て初めて, て包紙, て呉れと, て呉れない, て急, て普通, て来, て来た, て来たら, て此, て渠, て私, て頭, ながら源太郎, なけり, に来とく, に行くべき, むきも, やうといふ, やうの, 度くなる, 當は, 當を, 窄らしい

1 [331件] かはす, さうにする, さつせ, さつせえ, その上, たまへな, たりいたしました, たりいろ, たりこつ, たりこつち, たりしました, たりしよう, たりそこらこ, たりなんかし, たりの一人舞台, たりまことに, たり世, たり公園, たり前, たり又, たり又は, たり及ぶ, たり叱られ, たり哲學, たり四つ, たり大分本式, たり怒, たり或は, たり棧, たり歸らん, たり水, たり私語, たり自然, たり芥子粉, たり農林省時代, たり鉢, たり長火鉢, たり開い, たり頬, たり魂ふり, ちや, ちやゐられない, ちやゐられねえ, ちやア, ちや何う, ちや居ない, ちや居ないだらう, ちや居めえ, ちや居られません, てあげる, てあわて, てい, ていつた, ていなけれ, ていらつ, ていられない, てえ, ておい, ておくれ, ておくれよ, てお出で, てかう, てから, てからもの, てから匙, てから待合, てから私, てき, てくれません, てここ, てこれ, てさすが, てさて, てそこ, てそこで, てそれから, てちよ, てどう, てどら, てはづかしく思ひました, ては如何, ては居られなかつた, ては居られません, ては餘, てふと, てま, てまた, てまだ, てまる, てもいつも, てもいま, てもうまく, てもかう, てもこれ, てもさ, てもすぐ, てもそう, てもそこ, てもた, てもどこ, てもにこり, てもほとんど, てもまだ, てもみんなそれぞれ, てもむすつ, てももう, てもら, てもわたくし, てもカラ, ても一つ, ても一言, ても三十くら, ても中, ても事件, ても今日, ても何, ても何と, ても何となく, ても何ひとつ残つて, ても作家, ても假作, ても元, ても充實, ても全然, ても公卿, ても其の, ても北国, ても危な, ても史實, ても名案, ても吾, ても埃及, ても城廓, ても多, ても如何なる, ても子供, ても容易, ても居られない, ても徒歩, ても思ひ出す, ても急行列車, ても恁, ても恍惚, ても戰爭, ても明らか, ても明日, ても明白, ても普通語序, ても晴々, ても朝鮮人, ても机, ても此文書, ても決して, ても然し, ても父, ても當時, ても硯友社あたり, ても祖母, ても私, ても純, ても結局父, ても美し, ても腹, ても自分, ても自嘲, ても自由詩, ても與吉, ても若し, ても遁げ, ても醫者, ても鎖, ても鎮魂, ても防備, ても雁, ても飽くまい, ても駿介, てやあ, てやがて, てやれ, てやれない, てゆく, てよかつ, てよねえ, てろ, てゐなかつた, てゐや, てゐよう, てゐられなくなる, てゐられません, てゐられやしない, てゐられるだらう, てゐりやい, てゐるであらう, てゐるらしく思はれた, てゐれ, てをりました, てをります, てをれ, てイワン, てビックリ, て一つ言ひたい事, て下さら, て下さらなけれ, て不服, て二人, て人間, て今更, て何, て何だか, て何物, て其の, て十年, て又, て大, て始めて, て安直, て実に, て家族, て實際, て少し, て居ず, て居まし, て居ました, て居りました, て居るだらう, て居れ, て居れない, て平岡, て彼, て御, て御覧, て意義, て成功, て故郷, て旨く, て木, て未だ, て来い, て来ます, て来よう, て正札, て歩く, て水夫, て湯, て瀬川君, て然, て生き, て病床, て真面目, て粗造, て精, て細々, て美しい, て色々, て誰, て貰つて來ようぢ, て通る, て遣り, て遣りませう, て錺徳, て面白い, て面白く, て驚いた, て默つて引, で来, ながら眼, ながら笑つて, なそれとも, なはれ, なんしよ, な俺, にや, にやつ, にや解らん, に來, に往つて, に行, に行かない, に行く, に行つて, に行つて感心, に馳, は見た, へやしない, べい, まはす, まほか, もしない, やうかとも, やうさ, やうぢや, やアがれ, らつるもん, りやお, りやア, りやアおれの, りやアまア, りやア結晶した, りや僕は, りや私たちを, りや豚小屋から, りや陰陽界, 又は何, 少しは, 度いが橋は, 度いためで, 度いところを, 度いや, 度いんだ, 度かつ, 度くもなります, 度くもなる, 張つて居ます, 得も, 惚と, 應へも, 戍つてゐた, 拔く, 更に外国, 樣かな, 樣が, 樣と, 歳の, 當が, 當位は, 給ふ, 給へと, 給へな, 誰彼と, 遁しやしません, 違へる

▼ つて自分~ (744, 0.4%)

19 の家 14 の部屋 11 の手 9 の心 8 の方 7 で自分, の室 5 の前, の居間, の生活, の顏 4 のもの, の仕事, の名, の子, の席, の身 3 から進ん, の事, の妻, の考, はその

2 [51件] がこの, が今, が何, が怎, で嗅い, には胸, に何, の, のこと, のこの, のその, のゐ, の世界, の亭主, の力, の問題, の地位, の境遇, の好き, の寢室, の床, の感情, の態度, の懷中, の机上, の気持, の生存, の番, の疑つ, の病氣, の眼, の立場, の細君, の胸, の膝, の血, の行李, の話, の身體, の頭, の首, の體, は, はただ, は不, は家, より二倍, を, をし, を見, を見上げた

1 [508件 抜粋] かつてな, から壞, から引込むで, から生, から退, がいま, がお, がそこ, がその, がそんな, がバカ, が一ぱし物識, が代, が何處, が先, が其者, が出る, が利巧, が叡山, が呆れた, が唯一, が坐る, が子供, が尻もち, が平生, が恁, が拔, が教, が替, が未だ, が机, が正宗, が澤山, が生き, が疑い, が疑はれる, が相続人, が眞実, が膳, が自由, が衞侯, が費つたの, が辻斬, が醉つて, が飮ん, が高い, が魅まれ, だ, だけが苦労, だけのこと, だけの生活, だけは取, だけは病人, だけ助, だつて, でおや, でかう, でかの, でさ, でさき, でじかに, でその, でそれ, でつけ, ではその, でもその, でもどうか, でも何となく, でも可笑し, でも困, でも新, でも神道, でやられた, でやる, で一寸, で使つて, で分つた, で同, で喰, で大國主, で寢床, で巻き始めた, で怖, で戸, で拵, で持つ, で持出した, で昨日今日, で時間, で暖め, で椅子, で漬け, で神, で立つ, で臼, で與吉, で處理, で話し, で認めた, で読ん, で赤く, で遊ぶ, で遣つ, で鍵, で長い, で食べ, といふ女, とかの女, としても大いに, と卓一, と同じ, と同様, と平岡, と彼等, と母, と異姓, と等しい, と自分, ながらどう, ながら呆れ, ながら自分, などの考, なども壁紙やじうたん, などより表面, なんかの力, にあ, にさえ損, につける, には好都合, には禅僧, には貴重品, にもあつ, にもさう, にも一つ, にも他人, にも意外, に似せ, に取縋つた, に問ひき, に孫一, に密接, に對, に有益, に疑ひ, に突掛つて來, に納得, に背負投げ, に自分, に薦めた, に賛成, に賦與, に遊び, のいふ, のお, のお菜, のお金, のかく, のしめて, のそば, のま, のみでなく, のもつ, のやる, のらしい, のテーブル, のハゲアタマ, のプライド, のヤン, の一向き, の一味, の一夜, の一生, の下, の不安, の不心得, の不手際, の中, の乗艦, の二の腕, の人生, の今, の伯父, の伸, の住家, の住居, の作品, の使, の個性, の價値, の兄, の兩手, の出會つた事, の刀, の前身, の動作, の原稿, の口, の口切り, の古い, の右, の同感, の名刺, の周り, の呼吸, の命, の品, の国, の國, の境涯, の墓, の外套, の夜具, の大きな, の大切, の大叔父, の夫, の失恋, の姿, の威嚴, の學問, の守り, の安心, の寐臺, の寝床, の尊敬, の小さな, の小指, の小舟, の小説, の少し, の尻, の居た, の工場, の帶, の常態, の幸福, の座蒲團, の弟, の張つた紅絹裏, の心臓, の怒り, の思, の思ひあがり, の思ひ切つた, の思ふ, の思想, の思想生活, の恋人, の息子, の情緒, の意志, の意慾, の意識, の懷, の懷ろ, の所持品, の所謂大師, の手紙, の手許, の才能, の抽象, の挙動, の握つ, の政治家, の文化, の書いた, の書斎, の書齋, の最初, の有, の未来, の末路, の本, の本妻, の来た, の栽培, の椅子, の欲望, の此, の殻, の母, の気, の決つた世界, の泊つた宿, の満足, の溝渠, の激動, の無精, の熱望, の父親, の物, の独白, の班, の現在, の生きる, の生れた, の生命, の生命力, の生活能力, の生涯, の病気, の白い, の皺腹, の眼球, の知らない, の確信, の祖先, の空想勝, の空想癖, の窓下, の立つ, の絵具料, の經驗, の繪, の署名, の美し, の義務, の義母, の耳, の脇, の脇差, の脚, の腑甲斐, の自転車, の船室, の良人, の苦悶, の茶道, の葡萄酒, の處置, の行為, の衣服, の袂, の言, の言葉, の誤解, の論文, の貧しい, の責任, の車, の迂闊, の進路, の進退, の道づれ, の都合, の配偶, の閲歴, の陥つ, の階級, の隱, の雪駄, の雷鳴嫌, の霊, の非道, の頸, の額, の顔, の骨肉形骸, の髪の毛, の髭, の魂, の鼻, はお寺, はかくし, はここ, はこの, はこれ, はし, はそんな, はまた, はもう, はわが, はフオーク, は人, は休暇, は何物, は健康, は先, は全く, は兩肱, は其の, は切支丹, は初めて, は即刻平壌, は友, は口, は台所, は向島, は呼び, は土浦, は尚, は屡, は巴里, は常に, は床, は座蒲団, は当分身軽, は後日, は從來, は恋愛, は戸外, は所謂, は支那ソバ, は暫時, は本, は東京, は此觀照, は段々に, は沓下, は油無し, は澁, は火鉢, は父, は相州, は相談, は眠つて, は着物, は自由自在, は見出せる, は解剖, は退屈さうに, は重要, は食事, は黙阿弥翁, までが危なく, もいよいよ, もた, も一つ, も一個, も二三, も亦, も仕度, も其の, も其中, も其近く, も十字, も千代, も地獄, も手伝つてきいきい, も歸ら, も登場者, も眞鍮, も苦しん, も賊, も逃げ出したく, も頭, よりも悧巧, よりも若い美しい, より弱小, より若く, をいつわる, をごまかす, をさし, をさびしく, をせびらかした, をより, をパアデレ様, を侮辱, を刈り込ませ, を刺した, を反, を含めた, を嘲つた, を堕落, を女, を審, を引ツ, を彼, を彼等, を悪しざま, を意識, を慰め, を慰め楽しん, を扶助, を投げだし, を救, を教壇, を束縛, を棄てる, を欺き, を潔癖者, を甘やかし, を相手, を眞價以上, を背負つて, を自分, を苛める, を見た, を見る, を見送つた, を調弄つて, を譲らない, を責めた, を責めたつ, を責める, を追, を醜く, を麻痺, 或は自分たち, 自から

▼ つて~ (712, 0.4%)

16 ことで 8 通りの 7 外の 6 大地主, 頼みだ 5 つそり, ぼつて, 事で 4 お願, ことである, は, ものである, 事だ, 差配が 3 ことに, 上の, 事か, 事件でも, 報告です, 日の, 物種と, 自然の, 通りだ, 通り俺は

2 [40件] あの人, お前の, お話が, が伴, ことか, ことであり, たくつ, だ, とほり, はあれ, は何, ひらに受けとっ, もあれ, やうで, やうに, 一つの, 一歩々々は, 一番の, 一脚が, 一週間目生徒の, 上で, 串談も, 争闘である, 事ぢや, 仕事で, 全世界, 公開で, 出來そこね, 名門の, 問題である, 外だ, 帰りに, 幾人かの, 新らしい, 此世の, 生活に, 良い顏, 話である, 通りさ, 頼みです

1 [520件 抜粋] あのジヨン・クレメンス爺さん, お世辞, お姿, お座敷着や, か, かね, がわたし, がゐた, が性的無能者, が欲しい, が自由, ことだ, ことだつた, ことだらう, ことでありました, ことな, こと汽車の, このこと, この全盛, さの, しどころしどころの, その少女たち, そりと, たしかな, た打つて, だから帰つて, だらう, つそり引下つた, とびつこ來, とほり上田, ない網走, に困る, はうが, はおそろしく, はおれ, はこれ, はじめての, はそんな, はなしなら, はほん, は一種, は僕, は利巧, は実に, は牧師, は皆, は眞箇, は真個, は脊, は詰らない, は風, びをしながら云つた, ほかだ, ほかである, ほか利己主義者である, ほか樂しまない, ほか理解せられない, ほか知覺せられない, ぼくの, ぼらずには, ぼるその, ぼると, みその, みなされるの, めの, もある, ろひ, わたしの, をやる, をよ, を通, キビキビした, ジャズ臭性慾象徴臭などで, ナチスへの, ピアノ弾きで, 一の, 一人つ, 一代身上で, 一夜の, 一大事それを, 一大事全, 一徹者だ, 一権威として, 一段にも, 丁寧な, 三つの, 上でなけれ, 上での, 上に, 上品な, 不幸ぢや, 世上の, 世界でない, 両掛, 串戲も, 乱読には, 争ひ, 事, 事なれ, 事に, 事を, 事柄で, 二大, 二期と, 二點と, 五六年の, 人望家である, 人氣娘で, 人生の, 人間では, 今でも, 仏法では, 仕事です, 仕事を, 仕業か, 仕業だらう, 仕業で, 仕業なら, 他界信仰の, 仮廬祝ぎ, 仰, 体験と, 余興には, 作, 作だ, 作で, 作品評価の, 作品評價の, 修業で, 修業といふ, 偶然も, 偶然を, 傑作だ, 働きぶりは, 働き手として, 優しい魅力, 光榮は, 再度の, 凝視を, 出京だ, 出來事と, 出来そこね親父, 出現であり, 刀なれ, 分限と, 分限者だつた, 切手道楽で, 剣客揃ひである, 副詞に, 努力で, 効果が, 動作, 勢力家で, 千兩の, 印象批評で, 危機は, 反抗そして, 口の, 口説である, 古風ぢや, 右の, 各自の, 吉右衛門続い, 名で, 名のりは, 名品たる, 名物男でした, 名馬だ, 君は, 君對志村といふ, 呑ん平, 味方で, 唯一の, 問題は, 問題よりも, 善書堂の, 国防基金の, 圧迫ぞ, 報告, 士分以上が, 変更かと, 夏雲海の, 外です, 外と, 外作りにて, 外畏縮に, 夜詣り, 夜黄色い, 大きな出, 大きな金物問屋, 大なる, 大乱闘, 大事は, 大切な, 大地主上田信介, 大旅行, 大河内氏であった, 大火事, 大腹立ち, 大都會, 大酋長カブア, 大金持ぢ, 天國, 好試金石, 好運否運と, 如くこの, 如くに, 妻の, 姿で, 娘を, 婚約者たり, 婚約者には, 実に僅か, 宮寺詣り, 家です, 富豪が, 富豪である, 封建的舞臺から, 小時代, 小鳥通だ, 展開であり, 峯岸の, 工面だ, 布教者の, 希望と, 帰途に, 帰途夫人子供を, 平和が, 幸福であり, 幸福な, 幾年と, 広大無, 彼の, 後いかに, 後でも, 後の, 御断行, 御望, 御注進, 御用は, 御言葉, 御話し, 御開帳, 必要は, 必要条件では, 思い出の, 思索では, 急場の, 性的称呼と, 恨事である, 悩みは, 悪口を, 意, 意に, 意欲の, 慰めな, 慰藉は, 懇望で, 所作は, 技巧家だ, 招靈問答であり, 拵らえ, 挨拶でした, 損失だ, 改進党時代に, 改革が, 攻撃の, 政治的な, 救世主で, 教へ, 整理が, 文化を, 文化的貧民などは, 文学は, 新劇で, 方に, 旅です, 日曜日である, 日本には, 日本の, 日露戰爭に, 早稲田の, 春の, 時代から, 時代にも, 晩に, 暗討, 暴れ者として, 替へ, 最上の, 最初の, 最大の, 最惡みたい, 有力者から, 有力者である, 有島武郎氏を, 有形無形の, 有用性, 朋輩の, 朝私は, 本来の, 根限りの, 案内役だ, 植木屋の, 楽しい生活, 構図も, 歎き, 歴史の, 歸りで, 歸りでした, 歸る, 母の, 気宇の, 水雑炊と, 永遠なる, 沙汰を, 注意は, 活動など, 活路である, 流動を, 流離を, 海路である, 消防に, 混み入, 満足な, 準備に, 滑稽作家で, 滝は, 無邪氣, 熱を, 父は, 父よりも, 物持ち, 物持ちで, 物持で, 物種なれ, 犯し難い, 独学である, 瓶破, 生命である, 生活は, 町人文学で, 療養の, 発表作の, 発言では, 登龍門である, 發掘, 發表作の, 盆踊りも, 盜みなら惡い, 目標では, 相撲通尾崎士郎氏も, 相談だ, 相談で, 眞實の, 短いきつぱりした言葉, 短歌は, 矯飾で, 社会的価値をこそ, 社會生活の, 社會的經濟的獨立の, 神功皇后征韓の, 神祕でも, 禮では, 私としての, 私学学校あ, 稀なる, 端午の, 第一, 第一印象, 筈, 筈で, 策士である, 策略だ, 米に, 精神の, 純一な, 純一の, 細工と, 細工は, 統治者だ, 総理大臣芦田均君は, 縱横無, 縹緻よし, 縹緻好し, 美しい言葉, 美しさ, 美人だ, 美人比べ物は, 美男若君十人それから, 義だ, 義にて, 義を, 義理合上から, 聯絡で, 肯定を, 脱出でなけれや, 腕白で, 腹心と, 膝を, 自分に, 自動車王ヘンリイ・フオウドさんだつて, 自然である, 興行者の, 舊家ぢや, 舞ひ, 航海には, 良いきりやう, 良い口, 苦心努力は, 苦惱が, 苦業から, 苦痛で, 處置による, 行事が, 行進舞踊は, 衝突である, 表情と, 見るな, 親切さといふ, 親密な, 言葉が, 言葉に, 訪問だらう, 評判者, 試金石でなけれ, 詩といふ, 話が, 話し, 話ぢや, 話で, 話であり, 話です, 話とは, 話の, 話も, 誤植か, 誤解である, 読み方な, 読書も, 談判でございます, 謙遜から, 責苦は, 費用は, 資産家だつた, 軽罪, 輝かしい存在, 返事に, 通り, 通りあつし, 通りかう, 通りこの, 通りぢや, 通りどんな, 通りな, 通りひよつ, 通りわれわれには, 通り元金の, 通り十手捕, 通り女言葉といふ, 通り新しく, 通り母さんの, 通り決して, 通り無筆で, 通り百姓地が, 通り社会主義者だ, 通り私の, 通り綱吉は, 通り酒が, 運命である, 道徳的な, 達人なれ, 酒屋だ, 重な, 重大問題で, 金持で, 金物問屋で, 金魚屋の, 長い思ひ切, 長い旅路, 関白であり, 闘ひ, 隠者の, 雄弁家だ, 難を, 難儀と, 雪の, 露国社会革命党の, 音痴白井喬二と, 頼みで, 頼みといふ, 頼みな, 頼み平次も, 願といふ, 願ひ, 願ひだが, 風俗の, 風雲は, 餞と, 高等科を

▼ つてこの~ (656, 0.3%)

6 やうに 5 人は 4 ことを, 歌を, 話を 3 ま, やうな, 上も, 家の, 種の, 貴人一家の, 道を

2 [45件] お爺さんの, ことは, ひとに, 一文を, 三月が, 不思議な, 世の中に, 世界の, 事を, 二つの, 二人の, 人が, 人に, 人の, 位の, 十年の, 句を, 名を, 唐草模様を, 問題を, 女が, 家から, 家へ, 戦ひを, 日は, 昔の, 気の, 法典を, 溝に, 現實, 男が, 男の, 男を, 病院へ, 程度なら, 船の, 船へ, 路次へ, 部屋へ, 酒場へ, 野郎, 集に, 頃では, 頃漸く, 頼りなき

1 [522件 抜粋] あたしを, あわただしい風潮, うたを, うち, うちの, おはなし, おれが, お姫様は, お婆さんは, お金と, かた, かた五年あまりの, くらいお, ぐらゐかい, ことが, ことに, ことばかりは, ざわめきの, すばらしい雲, せまい裏路, たびの, たびは, ために, とき首府ロアイヤル港に, にほひ, はうは, ほかに, ほかには, まちへ, ままこの, まま何処へでも, まま別れ, むしの, もどかしさ, ような, アコーディオンの, アトリエを, アパートに, ザマだ, シリンダー式こそ, ネステレンコの, ママを, ムジナモの, 一二ヶ月家に, 一二年間に, 一句の, 一団を, 一声の, 一夜を, 一大異変は, 一念, 一手の, 一株の, 一派よりは, 一点だけで, 一点で, 一群の, 七少女も, 三つの, 三人組を, 三品をね, 三年ばかりの, 三時代を, 三月に, 上を, 上山に, 下屋敷へ, 不幸な, 不思議を, 不気味な, 世の中そのものが, 世の中の, 世界が, 丘の, 両様の, 中に, 中へ, 主義を, 争ひ, 事ある, 事件を, 事実に, 事実より, 事實を, 二つもつひ, 二三日來田を, 二三日氣を, 二重の, 人たちを, 人を, 人數ぢや, 人物を, 休みには, 佐渡屋の, 体験を, 作の, 作は, 作家の, 作家を, 作者の, 侵入者を, 信州の, 俺が, 假現の, 僅か十一節より, 僕の, 儘引返す, 光も, 兩者を, 八幡の, 公演の, 凉は, 出来事を, 分なら, 別荘地も, 別莊に, 別莊への, 前こ, 前と, 前の, 前來た, 前彼が, 前提そのものは, 前私が, 創造といふ, 劇が, 力は, 勢力との, 匕首の, 区別を, 十一年間は, 危險を, 原因の, 原因は, 反動期を, 収拾の, 口から, 古本屋へ, 古碑, 合の子め手前何だ, 吉村といふ, 名刺を, 名前を, 名探偵, 和田左衛門尉さまの, 唄を, 唐律の, 商売を, 問題が, 問題について, 問題に対する, 問題の, 問題は, 四十日の, 四十近くに, 回想録の, 困難を, 国民の, 国籍或は, 土地では, 土地の, 地位は, 坂から, 型に, 城跡に, 埒も, 堕気を, 報告は, 場を, 場合が, 場合ひろ子さだ子の, 場合自分の, 場所の, 場所を, 境地に, 墓の, 墓をも, 墓地の, 壁を, 変に, 夏学士に, 外に, 外交官は, 外套を, 外征を, 大刀を, 大切な, 大将を, 大平の, 大戦の, 大業を, 大祀, 大通に, 大黒屋の, 夫人たちと, 奇怪な, 奉仕勞働は, 奧まで, 女の, 女優を, 女性的力の, 娘の, 婦人に, 婦人の, 子は, 子供の, 孝経を, 孤兒院に, 安東氏一族の, 定本では, 実体は, 実感を, 実際の, 家で, 家を, 家庭といふ, 宿に, 寂しい鳥, 寺は, 寺を, 対話を, 小さい無, 小學校, 小徑, 少女の, 少年は, 少数の, 山の上に, 山上に, 山奥で御座います, 巖に, 川を, 工場の, 左孝を, 席に, 平次が, 年はじめて, 年月大事に, 幼児の, 店に, 店の, 庭に, 弱點, 弱點以上, 形を, 影の, 役を, 後の, 心の, 必然性は, 応仁の, 忠實無比な, 思惟の, 思想の, 怪しげな, 恐慌を, 想像には, 意味からは, 意味での, 意味に, 意味の, 愚かしき女, 感情の, 感情を, 感想記の, 感覚を, 態度が, 我々の, 戦争の, 戯曲を, 手紙の, 手紙を, 抜道に, 指導精神が, 故障の, 文句を, 文章は, 新しい認識, 新劇倶楽部からは, 新劇團の, 方法を, 日に, 日の, 日記は, 日記を, 春から, 時は, 時もう, 時代の, 時代を, 時代遲れ, 時分の, 時計を, 時電燈の, 暮しに, 暴れる神體, 最後の, 末広亭の, 本を, 本質を, 村の, 条文を, 東京に, 根源的な, 梅の, 森を, 楽器変更が, 横丁を, 次に來, 次の, 歌が, 正しい道理, 死んだ歴史, 死体を, 死者の, 死骸は, 母と, 毒を, 気運を, 気魄が, 氣の, 氣紛れなふる, 水風呂は, 沈默を, 法宴を, 浪人者の, 消息を, 淤泥の, 深い山, 混乱の, 渇望を, 温泉の, 漫画本は, 灌木帶の, 火の, 点から, 点で, 無感覺な, 燒嶽の, 牡丹の, 牢屋に, 物恋ふこ, 物騷な, 状態は, 狂秀才の, 現実に, 現実には, 理解は, 由を, 男一人小ざつぱりとしたセルの, 界隈の, 疎外の, 疵が, 病院内で, 症状は, 白晝つづき, 百年以来明治政府の, 盆には, 目的意識は, 眺めは, 砂糖に, 研究室の, 碑の, 碑は, 碑を, 社会正義は, 神社の, 神經は, 私は, 私を, 私達の, 科学の, 程度の, 稿の, 稿は, 空間の, 窪みの, 第二, 筋を, 答案の, 節の, 節は, 節都会で, 粗暴に, 紀念帖は, 紋樣も, 結合関係は, 絵巻物の, 編髪つたら, 縁を, 縣などは, 繪の, 罪の, 美的方面には, 老婆を, 老番頭, 考への, 者を, 自分を, 舞台が, 船は, 艶麗憂愁を, 花と, 花瓶だ, 苦悩を, 茫と, 茶店の, 落語宮松の, 蒼白い苦患, 藤屋の, 藩から, 藻草へ, 虫が, 血液は, 行き方を, 裏の, 複雑多様な, 襦袢が, 要素が, 觀念が, 角店の, 言葉は, 言葉を, 計画を, 記事は, 記念碑を, 記録を通して, 評語を, 詩人は, 詰問の, 話上手の, 誓紙を, 語の, 説を, 調べを, 論文の, 論證は, 議論の, 貴人の, 赤い財布, 路地へ, 路次の, 身の, 身を, 身上を, 農業が, 辺には, 通り, 通りだ, 通りに, 通り寢込んで, 連中の, 運動が, 道は, 道場を, 邊一帶の, 部屋では, 部屋に, 部屋を, 部落の, 野郎は, 野郎を, 金で, 金色夜叉夫人が, 鍵を, 鑛泉の, 開封の, 関係は, 闇も, 阿呆玉めが, 降りに, 限度は, 陰慘な, 陳辯書と, 陽気ぢや, 際辰吉が, 隣りに, 隱宅の, 集を, 雰囲気は, 電車に, 震災を, 青い碧玉, 青年を, 青草の, 頃お, 頃ちつ, 頃の, 頃は, 頑固な, 題目は, 顔を, 飛鳥へ, 食物の, 饒舌を, 體裁で, 高臺, 鬱屈の, 魚に, 點を

▼ つて~ (594, 0.3%)

61 ぢや 533020 やうに 18 やうな 159 癖に 7 かね, 樣な 6 といふ, んだ 5 と思ふ, のに, のを, やうだ 4 かと思ふ, ぜ, の, のは, やうで, んです 3 とも, と思ひます, のだ, わね, 男が

2 [25件] かえ, かわからない, か知らん, か聞い, か見, さ, ね, のが, のにと思ふ, やうである, わよ, んか, 丈け, 人間が, 樣に, 樣子である, 男で, 男に, 留守に, 眼で, 範囲で, 美術家連中も, 處も, 車, 違つてる

1 [253件] あの目白台, あひだ, お嬢さんな, かし, かすら分らない, かちやあん, かつて聞いたら, かてん, かとお, かとおつ, かと思つて今, かどう, かなあ, かな時々, かもわからない, かよ, から, からで, から大丈夫さ, から心配, かイ, か何, か分らない, か判, か如何, か知, か知つて, か知れない, か見たい, か覗いた, がの, が彼様, が暫く, くらゐです, ことを, こと肉汁の, さうだ, すべての, ぜ往來, それが, ぢやあない, つてさ, つて云へば, でせう, ということ, というわけ, といふぢ, といふ印象, といふ所謂素人下宿, といふ様, といふ樣, といふ独逸語, といふ獨逸語, とお前, とこだ, ところは, ところを, としか見えない, とすれ, とて実は, とは勿論, とは図太い, とは夙に, とは言, とも見えぬ, と云, と僕, と思ひ, と考へ, と考へた, と見え, と言う, どういふ, なんて子供たち, な鑑定, に違, のだらう, のです, のでそれ, のでと悶, ので父, のにお前, のにこの, のにその, のにゐる, のに俺, のに先生の, のに君達, のに周辺, のに四邊, のに無理, のに無理無体, のに義雄, のに誉, のに頬白, のよ, はずの, ひとだ, ふうに, ぼんぼんは, まに, もんだ, やうでございました, やうです, やうにも, よと答, わいつ, わお, わけぢや, わそんな, わづかな, わどうして, わねえ, わよもう, わよ私, わ向, わ屹度, わ矢田さん, わ貴女, んぢや, んでせう, んで仕方, アな, ウ, エジツは, ツ, ツて, バクテリアが, ボートが, 丈けの, 丈で, 下宿へ, 世界は, 事柄だ, 人々は, 人々ほど, 人が, 人は, 人間だ, 人間ばかり, 仁の, 以上さ, 仲だつた, 伯母さんの, 処, 処では, 処へ, 処も, 前方が, 創作の, 動物は, 千代子に, 原稿や, 友達から, 同氏を, 向も, 土地の, 夜中に, 夢を, 大きいたき, 大阪人が, 天に, 奧方を, 女が, 女は, 女中に, 女生が, 姿が, 姿といふ, 威儀の, 婦人病院の, 子供を, 客たちだ, 客の, 家内が, 容子な, 寺で, 小鳥や, 岩橋を, 当人は, 影は, 後藤男から, 御所柿は, 振りも, 時分お里は, 時分とは, 暇なんか, 暇に, 曲者は, 有名な, 林次の, 桑の, 様子, 様子である, 樣なぬつ, 樣子, 気持ちが, 氣が, 水に, 浮彫である, 海水中には, 為めに, 男と, 男な, 男の, 男は, 男を, 画室を, 病人を, 病院の, 病院も, 白い首, 百姓家なんかの, 真珠の, 眼を, 種類の, 範圍の, 籠だ, 繪の, 聲に, 肉を, 腰に, 船の, 船頭衆に, 芸者が, 苦しさ, 處, 計りで, 許りでなく, 証拠だす, 誰彼の, 資本家ちふ, 踊りの, 農民が, 連中が, 邊に, 部下が, 酒を, 酸素の, 重宝な, 間中とても, 陰に, 電話の, 青い紐, 面積は, 顏が, 顏だ, 顏には, 食べ物を, 香気から, 鬼カゲです, 魂が, 鼓についての

▼ つてゐない~ (530, 0.3%)

25 のだ 16 のである 11 のです 9 やうに 8 のを, やうな 7 のは, ものは, よ 6 んだ 5 ことを, でせう, といふこと 4 からである, ことは, ことも, と云, のか, やうである, んです, 樣子です, 筈だ 3 から, がただ, ところは, と言, ので, のであつ, のに, ものが, わ, わけで

2 [23件] からだ, が, ことかへ, ことが, ことで, ことに, し食べ物, ぢや, といふ意味, ところが, ところに, と思はれた, と思ふ, のが, のよ, ものである, ものな, やうだ, やうです, 事は, 真ツ暗がり, 者に, 限り何等かの

1 [299件] ああ優しい, あたりの, か, かしら, かといふこと, かといふ試験, かね, かねえ, かのやう, かは別, かもしれなかつた, かも知れない, かも知れぬ, かも知れません, からそれで, からで, からといつ, から一方, から不思議, から出かけ, から半, から吾人, から告訴, から喧嘩, から嚴正, から委しい, から水, から白鳥, から質屋, か見, がこの, がこれ, がしかし, がその間, がそれ, が冷静, が去年, が宗達画風, が殘, が道化芝居, が酒, が釋訓篇, が随分, が齒, きちんとした, けれどもきつ, けれどもまあ, けれども頤, けれど其の, こと, ことだ, ことだつた, ことだらう, ことである, こと従つて今夜の, こと頂上まで, この紋付羽織, しそれ許, し作品, し會話, し社會的正義, し茶書, し説明, し飯, すが, そこに, そしてウエイトレス, それは, それらの, ために, だが假, だけの相違, ちよつと, つもりで, であたし, ですばらしい, でも, でもなかつた, でも眼, で仕事, で呉れる, で早く, で早速, で現在, で見なれない, で高い, といふだけで, といふだけである, といふところ, といふの, といふやう, といふ事, といふ事実, といふ哲造, といふ心持, といふ話, といふ點, ところで, ところにも, とすぐ, とする, とすれ, となる, とはい, とはどうして, とは云, とは誰, とも云, と仰, と何だか, と何度, と俺, と判る, と思, と損, と私, と菊人形, と見え, と見えます, と言つて, なといふ, なと想像, にし, ね, の, のかも, のださうである, のだつた, のぢ, のでこちら, のでこれ, のでした, のでどんなに, のでもう, のでやつ, ので一言, ので何時, ので大きな, ので安心, ので幕, ので年代的, ので彼, ので時に, のに向う, のに拘らず, のに詫び, のね, のみならず, のも, ばかりか一種, ばかりでなく, ふわふわと, ほどです, ほど小さな, また變, までである, もの, ものであります, ものです, ものと, ものに, ものの, ものも, ものを, も同, やうだつ, ようすです, よそのは, よりやア, わけは, んでね, んでねえ, んで蹈襲, アムブロアジヌお, 一家が, 三田君は, 上け, 上どんなに, 不覚が, 事だけは, 事とを, 事に, 事も, 事を, 事丈は, 事實を, 云々の, 人々に, 人々までが, 人々も, 人だつた, 人である, 人人である, 人情を, 人柄から, 人間は, 伝書鳩を, 俗に, 僕に, 克巳ちやんも, 其中庵非常時風景いや, 処に, 別な, 半分照れ, 厚ぼつたい, 召使どもが, 各方面, 同人達の, 国は, 地震帶も, 大人の, 始末な, 子供な, 小舟だけが, 少し心細い, 年である, 役は, 彼の, 彼は, 志村と, 愛の, 感じで, 或る混み, 所である, 所には, 所を, 抔といふ, 押入を, 教育を, 文章である, 新非人, 方だ, 方言から, 方面で, 時それは, 時に, 時分で, 書物を, 様だ, 様子で, 模型は, 樣子で, 歯の, 気が, 氣もちである, 水素瓦斯窒素瓦斯等を, 水車小屋が, 洋書である, 漆黒の, 父は, 爽快な, 現代の, 産婆大野登志の, 男ぢや, 眼の, 私たちは, 私は, 程腹, 空腹に, 筈だつた, 筈です, 筈は, 箱を, 絵画に, 者で, 而も, 肉体を, 自分が, 自分さへ, 自分の, 自然の, 舞台を, 舞台監督が, 芝居だ, 若い娘達, 薄暗い下宿屋通り, 薄暗い内側, 血が, 西原氏に, 訣では, 証拠な, 証拠に, 説明は, 證拠な, 證據である, 貸家が, 足音が, 通俗社会人でも, 部屋で, 部屋な, 部屋に, 酒好きで, 限り結局ボロを, 際な, 雑誌に, 電車は, 頃の, 風な, 鹽ツ辛い

▼ つて~ (521, 0.3%)

7 はその 6 の作品, は, は自分, れの 5 の女 4 は私 3 が私, の, の前, の母, の顏, は又, れを

2 [26件] がその, がそれ, の中, の事業, の兀頭, の大, の後, の方, の死, の父, の生涯, の腕, の頭, の顔, はそれ, はそんな, はもう, は一寸, は云, は出, は卓子, は口, は手, は直ぐ, は靜, れに

1 [408件] からの電話, が, がいつ, がさう叫ぶ, がさう指さし, がまつたく知らない, がキヨトン, がクリスト, がジーベル, がヴィクトリア瀑布, が一たび, が何首, が出発, が初めて, が北京, が如何, が實體, が左手, が市場, が幾分, が彼, が愛, が既に, が昌造, が最も, が正座, が歴史小説, が節くれだつた, が綿々, が自殺, が警察, が買, が踊つた, が身, が軽い, が近づかう, が顔, したこと, だつて, とは中學校, と仲, と共に眞理, と向, と是, と村, にあ, にし, にとつて生活, にとつて行為, にはいくら, にはすこし, には他, には区別, には小説, には恐らく, には見えぬ, に云, に厭, に向, に手紙, に絵, に與へた, に謝つて, のうしろ, のそれ以後, のため, のなか, のマント, の云, の人物, の人間味, の任務, の体, の余り, の信者, の借り, の側, の党, の処世, の分り, の単行本, の口唇, の召, の名, の周囲, の哲学的観念, の嗜んだ, の地, の地所, の基礎經驗, の場合, の声望, の多年江湖, の大き, の天稟, の女達, の姿, の宗教, の家政, の宿, の實感, の實生活, の小さな, の尼, の山田, の店, の得意, の心, の心持, の恩惠, の意中, の愛し, の愛妻心理, の所, の手, の手紙, の挙動, の政治行動, の教, の新聞, の本, の材料, の機嫌, の決心, の治療, の洋琴, の爲, の父子, の獨歩氏, の現象學, の理想, の理論, の生活, の男, の畫室, の疑問, の眼, の破れ, の穹窿, の精神史, の肩, の胸, の腰, の自己分析, の芸術, の芸術的天分, の若, の藤原, の行為, の表情, の被告, の補助, の話, の誠実謹厳, の諸, の譯書, の貴族的, の跡, の身, の辯證法的, の追分, の進み, の重い, の面白, の顏色, の麾下, はあの, はあらためて, はいきなり, はいつも, はいま学校, はがつかり, はぐいぐい, はぐいと, はこつ, はさ, はさも, はしばしば, はしばらく, はしやん, はそ, はそう, はそこ, はちよ, はつまらない, はにやにや, はひたと, はひどく, はまぐれ當, はまだ, はもう一度, はやつ, はわざと, はアツ, はシヤツ, はジャンパア, はステツキ, はゾツ, はビール, はホテル, はポカリ, は一つ, は一氣, は丁寧, は丁度, は三千代, は上, は上半身, は下, は事, は二人, は二階, は云い出した, は今, は今何, は他, は何, は何やら, は何處, は作家, は優しく, は元, は元来九州, は先づ, は全然, は其, は再び, は即ち, は右手, は呼鈴, は咲きかけた, は哲造, は喚きました, は四五日前, は四辺, は坐, は堕落, は外, は大, は大小高下, は大空, は大股, は大臣, は女給, は如何なる, は妻みよ子, は安心, は完全, は寝た, は寧ろ, は小萩, は巧利的, は己, は張合, は彼女, は応接間, は怖, は急, は悪魔, は悲劇的, は慌て, は憂鬱, は懐, は或, は戸口, は折, は抜身, は拳, は拳銃, は持参, は指先, は控所, は改めて, は数万, は昨夜, は晩, は更に, は最も, は枕もと, は枕元, は林, は果然, は棺, は椅子, は極度, は横光さん, は橋, は欄干, は次第に, は此の内面的衝動, は歴史, は歴史学, は歸, は死なず, は母, は水筒, は活動写真, は消えた, は清々, は漸つと, は無邪気, は熟, は父, は独, は独り, は獨, は現, は甚, は生きた, は生真面目, は申訳, は益々, は目付役, は直立不動, は眞面目, は真実, は石堂, は碌, は確, は神田, は禮, は禿頭, は秀吉, は突然, は立ち上る, は立つ, は笑つた, は組合, は編輯室, は考, は聲, は肌脱ぎ, は肩書, は肱掛椅子, は背嚢, は背後, は脚, は腕, は腕時計, は自転車, は舵子, は艇長, は苦しく, は茶の間, は萬事, は薄, は行火, は言, は貧しく, は賞品, は赤面, は起, は起ちかけました, は身, は返, は部屋, は鍵, は顏, は顔, は首, は馬, は馳せ, は駿介, は驛, は高間医院, は鼠取, もこの, も亦, も彼, や人, れか, れが, れは, をからかつ, をし, をその, をとる, をなだめた, をひいやり, を二階, を使役, を保護, を励まし, を十字架, を厳格端正, を取扱つて, を可愛, を叱つた, を困らせた, を将来, を待たう, を恐れた, を慰め, を戦かせ, を批評, を抱き, を拒絶, を救, を是, を棄て, を腹立たしく, を見, を見あげ, を見上げた, を許した, を迎, を通して事, を野砲

▼ つて~ (516, 0.3%)

12 てくれ 108 さう, さへ 5 さうです, てその, て下さい, て私, ながら何 4 たりする, てどうやら

3 [13件] てそこ, てそれ, ても之, ても皆, てモウ, て中, て何, て何ん, て呉れる, て外, て大炊屋, て貰, やがる

2 [33件] さうだ, さうで, さうもない, たり, たりし, てこれ, てさ, ては此日, ては際限, てふと, てまるで, てもお, てもそれ, ても何, ても結果, て下さいます, て主人, て今, て仰げ, て却, て宅, て容易, て毎日草鞋, て流石, て自分, て言語, て頂きたい, ながら夜, ながら少し, ながら風, ねエだ, はすまい, はせぬ

1 [340件] さうなところ, さうなもの, さうに思つた, さうに思はれる, さうに考へる, さつ, しかと責め, ぞ此盜人野郎め乞食, たりお, たりした, たり何, たり僅, たり公園, たり又, たり又は, たり守袋, たり廊下, たり物置, たり障子, たり音楽, だずで, だずでや, てあそこ, てあたり, てあんな, ていづれ, てお, ておくれ, てそこら, てそして, てそれで, てそれほど, てて, てどうもさ, てどんなに, ての比較, てはとても, てはならなかつた, てはねえ, ては世の中, ては仕方, ては出入り, ては列國競爭場裡, ては却つて文化, ては合圖, ては持病, ては時には, ては端役, てほんとう, てまだ, てもあんなに, てもおんなじ, てもこ, てもし単に, てもその, てもたつた, てもと云, てもまさか唯, てもまだ, てもめつた, てもやつぱしね, てもトロリ, ても下手人, ても中, ても主人, ても京都, ても人一人, ても今に, ても今更, ても充分嚇, ても其, ても其云, ても其苦痛, ても出, ても却, ても又, ても可, ても売つ, ても大した, ても女, ても娘, ても実は, ても容易, ても寝, ても差支, ても巴里, ても帳消し, ても平気, ても快く明るい, ても所謂文士仲間, ても新, ても根, ても此意義, ても煮えくり返る, ても物珍, ても猶, ても眼, ても私, ても精神的, ても結局さ, ても羽織, ても聞える, ても苗屋, ても若旦那, ても見のがさない, ても貧乏, ても長い, ても間違, ても首, てやがて, てやる, てゆり甲, てよ, てよい, てわざと, てズン, て一つ, て一二等, て一所, て一日十銭以上, て一番先, て一種, て一見, て一隅, て上手, て下, て不, て不思議, て世の中, て二十何年前, て二十四, て二度くら, て二間, て互に, て五六段, て五日, て人, て人間, て何とも, て何十年ぶり, て何萬兩, て光, て入る, て入水, て兩人, て其, て其ブリヤント, て其一人, て其上, て其兄弟, て其先, て其外, て其度, て其處, て其青さ, て冬際, て冷えこん, て出入, て十町, て午後六時頃, て即, て取よせる, て口, て古典研究, て叩い, て各, て吹矢筒, て呼び生ける, て唄, て土地, て在来, て坐る, て士族町, て夢, て大炊殿, て夫婦, て子, て字, て宗吉, て宛, て居, て居らぬ, て屏風, て師匠, て庖丁, て延年舞, て当然, て役に立たなかつた, て彼, て彼等, て従来, て急, て恐し, て恭しく, て戀愛物語, て我, て支那, て日本, て明日, て春, て時々, て時代, て暗号, て暫らく, て曲者, て更に, て未だ, て東, て東照公, て柴, て楽土, て橋, て歸ら, て死, て残り, て江戸, て決して, て溢れた, て滑らか, て灯, て無事, て爪先, て片, て片手, て狂言, て甥, て用心堅固, て田楽, て皆, て皆さん, て皆んな, て真先, て祝つて, て突き上げた, て窓, て立て, て竹田人形, て糸薄, て結句, て經濟的, て羽蟲, て而, て聞いた, て肩, て肺, て脚絆, て芝居, て芸妓, て英独人, て荒, て華奢, て落葉, て藝妓, て血, て親馬, て話, て誰, て諸国, て貰ひたい, て車夫, て適, て邪魔, て酒, て里子流れ, て釣, て鉢合せ, て錦, て鐵砲, て長押, て門, て間, て隱, て雑書, て雑話, て露, て青い, て静か, て餅, て馬車, て鮪の, て鯨, て黒い, な, ながらとう, ながらなぜ, ながらに, ながらまだ, ながらも其跡先, ながらも十三夜, ながらも理想, ながら了解, ながら人, ながら唯, ながら天鵞絨, ながら太平楽, ながら家, ながら帰らねえ, ながら常に, ながら心, ながら性交, ながら恐ろしい, ながら悠然, ながら態と, ながら探偵, ながら日, ながら母親, ながら知らん, ながら立つ, ながら舞台, ながら詰らない, ながら默つて, なけり, なささう, なすつたやう, なすつたよ, なすつたん, なすつたんで, ならん何ぢ, な大きな, に, はしない, はしなかつた, はしなかつたらう, はしませんでした, やあがる, やうと, やうとは, やうとも, やうなどとは, やう併し, やう助かるまい, やア, よ, らしやる, 憎いも, 無かつ, 眠つて居る, 眼は, 睡りを, 著いて

▼ つて~ (506, 0.3%)

55 はう 23 つた 20 ふこと 19 ふの 17 ひ度 1312 へない 11 はうと, ふやう 10 ひ度い 9 ひました 8 つたが 7 つたり, はなく, ひたいの 6 はうぢ, はなき 5 はない, はなけれ 4 つたん, ひたいと, ひたいん, ひたかつた, ひ度いが, ふが, ふ事, ふ約束

3 [12件] つたこと, つたので, ひたいもの, ひたくないの, ひて, ひに, ひませう, ふことは, ふことも, ふ己, へ, へれば

2 [23件] つたやう, つちや, はうかと, はね, ひそれ, ひたいこと, ひたかつたが, ひたくねえ, ひます, ひ乍ら, ひ度さ, ひ母親, ふす, ふと云, ふべがと, ふ時, ふ気, ふ筈, へた, へばい, へば宜, へると, へるやう

1 [141件] あとこ, あもん, あ所, つたおほ傷, つたお關, つたかい, つたかの, つたけれど, つたつて, つたところ, つたもの, つたよ, つたら代り, つたら何, つたン, つた筈, つちや五百人, つて, つてるし, はうとして, はうなど, はうなんて, はつて, はなかつた, はにやならない, はれて, ひいきなり, ひうけ, ひさ, ひそれに, ひたいな, ひたいなあ, ひたいもん, ひたい気, ひたか, ひたかつたと, ひたかつたの, ひたが, ひたくな, ひたくないぞ, ひたくないね, ひたくは, ひたくも, ひたく思つて, ひたく晩年, ひたさ, ひたり, ひつか, ひは, ひましたが, ひましたね, ひまして, ひませうか, ひませうと, ひやせうか, ひ一應弟佐野松, ひ一杯, ひ其下の句, ひ受けたので, ひ同時に, ひ居間, ひ度いもの, ひ後, ひ得て, ひ泣きした, ひ湯, ひ立つて, ひ約束, ひ近い, ひ離縁, ふいふてきかんほんま, ふがい, ふだけの, ふだでな, ふつもり, ふとき憚, ふとしよう, ふとその, ふとなれ, ふとまで, ふと天津教, ふと気持ち, ふと直ぐに, ふな, ふべく森野老人, ふべく隣, ふまい, ふまいぜ, ふまいぞ, ふまいとも, ふめエ, ふもの, ふわ, ふわけ, ふんだ, ふんだな, ふン, ふ人生, ふ八圓, ふ工夫, ふ度毎, ふ後, ふ意, ふ方, ふ最中, ふ樣, ふ殊に, ふ決心, ふ筋合, ふ者, ふ計り, ふ迄の, ふ金, ふ餞別, へさ, へたで, へたら, へてい, へてよ, へなかつた, へねえ, へば可, へば埒, へば夫, へば顔, へまい, へません, へや, へりや, へる, へるからこそ, へること, へるだらうかといふ, へるだらうネ, へるで, へるであらう, へるといふ, へるところ, へるの, へるんぢ, へる事

▼ つて~ (502, 0.3%)

7860 ひました 38 ふの 14 はう, ひます 139 つたので 6 ふやう 5 ひましたよ, ひますよ, ふで, ふので 4 ふと, ふに, ふまでに, ふもの 3 はない, ひましたの, ひませう, ふが, ふといふ, ふと云, へば, へば何

2 [29件] う, うと, つたよ, つたら何, つたわ, はうかと, はなけれ, はぬ, はね, はれたもの, はれました, ひさうだ, ひたくなる, ひは, ひますからね, ひますわ, ふこと, ふぜ, ふであらう, ふとそれ以来, ふと言, ふね, ふまで, ふまで夢中, ふ方, ふ葉書一枚, へばいい, へば又, へば後

1 [152件] うかしら, うたらうが, うてたらよ, うての, うては, うても, うてゐる, うてゐるの, うて一つ, うて唯, うて居たと, うて居る, うね, た, つたけれど, つたねえ, つたら, つたら何だ, つたら家, つたら私, つたり, つたわれとわ, つたんで, つちや, つて, はうぢ, はうと, はなかつた, はにやなりません, はねば, ははつ, はれた續, ひかうした人間, ひが, ひさうである, ひさうで一種食慾, ひさうな, ひさうに, ひたかつた, ひたくないけれども, ひたく無いね, ひましたから, ひましたし, ひました愛ちやん, ひますが, ひますとも, ひますね, ひまた, ひよるなんて, ひ二重, ひ人々, ひ仮面, ひ仲, ひ又もや, ひ夕飯, ひ川, ひ幾度, ひ度い, ひ後世学者, ひ是, ひ最初, ひ朝晩, ひ海龜, ひ私, ひ給, ひ見事敗北, ひ霊岸島, ふい, ふかいね, ふけれども, ふことの, ふことは, ふことも, ふこの, ふこれ, ふだで, ふだでな, ふだらう, ふだらうとか, ふぢ, ふですア, ふでは, ふとあたり, ふとい, ふとか, ふとでも, ふとほんとに清々, ふとぽ, ふとみのる, ふとガラツ八, ふとリヴァズ氏, ふと交替, ふと冬, ふと待つ, ふと後, ふと心, ふと思つて気, ふと折角, ふと泡, ふと照子, ふと皆無, ふと私, ふと臆病, ふと言つて, ふなんて, ふには, ふばかりよ, ふべきであつ, ふわねえ, ふんだ, ふんだつて言, ふんだよ, ふんだ使, ふ人生, ふ前, ふ夜, ふ必要, ふ為, ふ爲め, ふ生活, ふ癖, ふ積り, ふ言, ふ訳, ふ訳文, ふ齢ぢ, へと教, へと犇めきました, へない, へばい, へばす, へばそれ, へばそれで, へば三百円, へば今度, へば何でも, へば其, へば宜, へば彼, へば愚鈍, へば旦那樣, へば明日, へば橋, へば直ぐ, へば私, へるかも, へるだらう, へる砂, へツ, へ何, へ其様, へ菓子

▼ つて~ (494, 0.3%)

97 つた 29 ふの 21 ひました 16 つて 9 つたん, ふのよ 7 つたつて, ふやう, ふんだ 6 ふが, ふン, ふ事 5 ふ, へない 4 つたよ, つてるん, は, はなく, ふこと, ふに, ふのに, ふもの, ふんだよ, ふ人 3 つたこと, つたわ, はう, ふけど, ふんで

2 [26件] つたり, つたン, つてるわけぢ, つてるんぢ, はない, はれて, はれません, はれる, ひながら, ひます, ひ出しても, ひ現, ふことも, ふぢ, ふで, ふと, ふには, ふので, ふひと, ふんだから, ふンぢ, ふ訳, ふ話, へた, へば, へば僕

1 [157件] うてたや, くえ, つたが, つたさうだよ, つたぜ, つたところ, つたどよ, つたな, つたね, つたので, つたもの, つたら, つたらうありや, つたらさ, つたらどう, つたらなあ, つたら変, つたら序, つたら急, つたわそれから, つたんぢ, つた同じ, つちやつたの, つちや家族, つてる, つてるし, つてるぞ, つてるの, つてるべ, つてるよ, つてる事, つてる位, つとけよ, て呉れ, はうと, はつたつけ, はなかつた, はなき, はなけれ, はば偶然, はば内陣, はば机, はば鬱憤, はれたが, はれた容器, はれちやしかた, はれてるところ, はれてる場合, はれました, はれましたけれど, はれますぜ, はれますのよ, はれるから, はれると, はれるとね, ひあら, ひかはせし夫, ひけるは, ひそれから, ひたいこと, ひたくて, ひつけて, ひつけるん, ひなさい, ひにくい, ひはじめた, ひましたのよ, ひましたよ, ひましたらそいつあい, ひましたら何時, ひましたわ, ひましてね, ひましても, ひますからね, ひますがね, ひますがネ, ひますし, ひますと, ひますよ, ひますわ, ひ出したが, ひ出して, ひ出してね, ひ出しにくい, ひ出すかも, ひ出すから, ひ出すのよ, ひ出すまでには, ひ出すん, ひ出す段, ひ出せし詞, ひ出せやしないわ, ひ出せるもの, ひ安き, ひ損, ひ放つた, ひ放つた自分, ひ現されるもう, ひ現される彼等, ひ続けた, ひ續, ひ表, ひ過ぎたかたち, ひ過ぎでないの, ふことは, ふだ, ふとは, ふと直ぐお, ふね, ふべかと, ふべきこと, ふべきであらう, ふべき事, ふべき機会, ふもんで, ふもんですから, ふもんですからな, ふもんなん, ふもン, ふや, ふやつ, ふわ, ふわね, ふんだぞ, ふんだつて教, ふ博士, ふ問題, ふ場合, ふ声, ふ奴, ふ如く装つて, ふ方, ふ樹, ふ癖, ふ筈, ふ綺麗, へと散々, へばあ, へばこれくら, へばたいがい田舎, へばどうせ, へばなんで, へばもう直ぐ, へば今時, へば大変, へば少く, へば気, へば相当もの, へよお, へるかしら, へるやう, へるんぢ, やお前, やがん, やア, や年齢, や芝居

▼ つてある~ (491, 0.3%)

14 のが, のは, のを 13 んだ 12 のだ 9 のです 7 ひは, んです 5 からである 4 かしら, から, のに, のも, やうな 3 か, が今, ことを, の, のかも, 時は, 筈だ

2 [19件] かなき, か知ら, ことが, ことで, ことは, ことも, ぜ, ぢや, のか, のでその, のみである, ものは, 人は, 意味では, 意味に, 日の, 種の, 軍艦, 部分が

1 [317件] いちや, お嬢さん二人もろ, お猿さん, かさ, かそれから, かそれとも, かとも思はれ, かと思はれる, かない, かなくつちや唯, かね, かのやう, かも知れぬ, からいづれ, からお参り, からこれ, からさ, からそこ, からにはそれ, からもう, から一つ, から一寸, から一杯, から七略, から不, から五箇月間通つたの, から何時, から僅か, から取り, から大丈夫, から巵兮, から待つてる, から御家騷動, から文政十年, から此處, から江戸, から猶, から紛れます, から縁故, から蕃神, から雪影, か吊, か妾, が, がここ, がこの, がこれ, がこんな, がそれ, が一本, が事実上, が作者, が其図, が其書, が別紙, が壮重, が彼, が後住, が徳富蘇峰さん, が恐く, が是, が森勿, が當時, が肝腎, が船, が著者, が蘭軒, が道ゆきぶり, が遠藤, ことだけが, ことな, ことよ, さあお一杯, さう, さうで, さうである, しぐるり, し先生, し特に, し葬式, し行かなく, せいぬ, ぜ容易, だけさすが, だけで, だけである, だけに小便, ぢやす, つまり天, といふ, といふ寸法, といふ風, ところは, ところへ, ところまで, とほり, とも家族さ, と云, と仰やる, と同, と吹聽, と思つて, と思ふ, と言, どうぞ罷め, なにがしの, に過ぎぬ, のさ, のだらう, ので, のであ, のであつ, のでこれから, のでせう, のでそれ以後自分, のでともかく, ので一杯, ので一歩, ので之, ので妾, ので急場, ので此年, ので紅白, ので誰, ので近づい, ので青色, のなら, のに同情, のに氣, のに總, のに馬鹿, のね, はずだ, は注目, ばかりだ, ばかりで, もの, ものか, ものぢや, ものね, ものまでを, もんぢや, もんです, もんでねえ, もんでねえだ, やうだ, やうに, わけの, を引い, を見, んでそんな, キヤベツの, ゴム細工が, チュルクといふ, バツカスと, ランプが, 一人の, 一夜彼を, 一部の, 丈で, 上警戒嚴重を, 下宿へ, 事である, 事の, 事は, 事菅公が, 事蹟の, 人が, 人に, 人物の, 作品の, 八神です, 六七羽の, 写真を, 処を, 前の, 十露盤と, 問題について, 四十過ぎの, 四尺桶へ, 団体だけを, 場合には, 場所で, 場所を, 塀について, 多くの, 大きな活版所, 太陽から, 奥の, 女に, 女乞食が, 字の, 客は, 宮が, 實證とも, 小さい奧, 小さな写真, 小さな経机, 小園の, 小屋の, 小村菊夫の, 山の, 左右の, 布も, 座敷で, 庭の, 形式を, 彼女の, 意味での, 或神, 戸棚では, 所, 所などは, 所は, 所へ, 支那金魚を, 故生活の, 文字, 文字で, 文字一つとして, 方へと, 日, 日で, 日明子は, 日本大使館の, 日私に, 日私の, 旧王族, 時それを, 時にはへ, 時姫に, 時訊い, 晩私の, 朱色が, 机の, 材木は, 柵は, 棚を, 樣, 樣な, 次の間, 歌には, 歴史は, 段々を, 水田で, 法網に, 浅間も, 浴衣を, 淡い失望, 深い思想, 灰色の, 点は, 煤けた西南戦争, 爲めに, 物を, 特定の, 猿を, 町行きの, 疑ひが, 百姓共を, 目白も, 祭の, 第十三章, 筈よ, 紅足馬さんが, 紐も, 紙だつた, 細工の, 細紐まで, 綱が, 綱を, 網に, 網の, 縁喜棚に, 美しさ, 老婆が, 者は, 聯想と, 胴から, 自分の, 船が, 花畑で, 若い友人, 若い貴族, 茶箪笥へ, 薄寒い日, 處に, 蚊帳が, 言葉は, 豚で, 象牙の, 資格を, 赤い大きな, 足跡を, 迫力を以て, 通り幼く, 通り此の, 通有性を, 部分は, 部屋に, 重いもの, 重い藏, 野らや, 鎧を, 鐡の, 阿蘭陀書房版の, 限られた範囲, 限界が, 階下の, 雉子猫だ, 馬だ, 馬塞垣と, 高田博厚氏の, 鰹を, 鰻の, 鷄が, 麥畑の

▼ つていふ~ (484, 0.3%)

43 のは 22 ぢや, んだ 16 のが 15 んです 14 やうな 13 ことは 12 気が 11 ことに 9 ことを, の 8 ことが, ものは 5 ことも, と, ものを, もんは 4 のか, のよ, のを, んでせう

3 [13件] ことだ, だけで, ところで, とどう, のかい, のさ, のに, ひとが, ひとは, ものが, わけか, んぢや, 男は

2 [14件] からもう, ところだ, ところに, ところは, のかねえ, のであつ, ものです, もんが, んなら, 名前な, 手紙を, 立派な, 自信が, 諦めが

1 [179件] あの頃, ありふれた青年病, おそれ, お医者, お嬢さんは, お神さん, お金がよ, かしら, からさ, からそれ, からどう, からねえ, からまあ, から人手, から感心, から自動車, から誰, から鶏ぢ, がなかなか, が良い, が野幇間, が頭, けれどえ, けれど僕, こと, ことお, ことおき, ことでした, ことどなたかから, ことには, ことの, ことほど, ことよ, ことわかる, この不祥, し, ぜ今度, その理由, だけです, だけな, だけよ, つてのは, てはり, でせう, とあの, とこね, ところへ, ところを, ところ知らない, とそれぢ, とそれでは, となに, と婦人, と来ない, と神田さん, と神谷, と虚無, と親分, なア, に, には將棊, に松陰, ね, のあんた, のかしら, のかね, のかも, のだらう, ので, のでさでも, のではじめ, のには, のに父爺, のに素人, のに袷, のの, のはね, のほんと, のほんとに, の君, ひとすつかり見, ひとどんな, ひとなら, ひと言です, ほかに, ほどの有様, ほどぶつ, ほど日本人, もうひとつ, ものに, ものはじめて, ものも, もの知つて, もの足りな, もんだ, もんです, やうに, わけ, わけだ, わけで, わけでも, わけに, わけね, わけも, わよ, んださうです, んだらう, んぢやあない, んで, んであつ, んでごす, んでみんな, んで今, んで僕, んで八つ当り, んで多少, んで閻魔, んならわかる, アマは, スローガンが, バアさ, フィヤンセが, 事だ, 事実ね, 人数でございました, 人物よ, 人間は, 今度は, 会社の, 例の, 具合に, 博物館で, 名前で, 噺です, 噺を, 場合に, 女の, 女は, 女優は, 委員会の, 娘は, 字まで, 工合です, 当節の, 情ない状態, 情報がは, 手紙が, 放れ業を, 栗色の, 氣が, 氣は, 氣持を, 海岸だ, 温泉が, 理由なら, 理窟ぢや, 理論な, 男が, 男爵よ, 看板に, 綺麗な, 肩書は, 自信の, 花日本語で, 葉書だけ, 親が, 言葉である, 言葉の, 言葉入れる, 証拠, 証拠に, 証拠には, 証拠を, 評判よ, 評判を, 青年には, 青年は, 頭が, 點から

▼ つて~ (480, 0.3%)

79 つた 36 ふの 23 ふぢ 14 ひました 12 ふのよ 10 ふが 87 つて, ふんだ, やがる 6 ひますが, ひますぜ, ひ換, ひ表 5 ひますよ, ふやう 4 つてるん, ふこと, ふぜ, ふもの, ふ事 3 つたら, つたらう, つてる, はない, はなかつた, はれて, ふとも, ふに, ふのに, ふんだよ

2 [25件] つたさうだ, つたさうですよ, つたん, つてるが, はう, はざる, はぬ, はね, はれたの, はれる, ひたいこと, ひます, ひますから, ひますがね, ひますし, ふけれど, ふことは, ふと, ふので, ふんだね, ふ人, ふ所, ふ法, へない, を爲

1 [143件] つたが, つたさうで, つたやう, つたよ, つたらそり, つたらどう, つたらよして, つたらライオン, つたら君, つたら憤慨, つたんぢ, つてること, つてるじや, つてるぜ, つてるの, つといた, つとるし, つとるん, は, はば, はば真珠色, はば香味, はれた, はれたところ, はれてを, はれぬが, はれましたよ, はれも, ひかけながら, ひさ, ひたいん, ひたくは, ひながら, ひなり通りお金, ひは, ひましたかしら, ひましたが, ひましたぜ, ひましたね, ひましたよ, ひますからね, ひますけれども, ひますぞ, ひますと, ひますとね, ひますのに, ひやんす, ひわけ, ひ乍ら, ひ交した男, ひ傳, ひ兼ねたらしく, ひ出したの, ひ出したん, ひ出すわけ, ひ出す者, ひ分, ひ含めたもの, ひ寄つた私, ひ張る, ひ様, ひ澱みましたが, ひ甲斐, ひ知れぬ苦しい, ひ續, ひ足した, ひ重ねる, ひ附, ひ馴れて, ふこたあ, ふことか, ふことも, ふさうだけれど, ふさうですが, ふだよ, ふだらうあれ, ふでがすよ, ふとあたし, ふとい, ふとこれ, ふとすれ, ふとわたし, ふと僕, ふと近頃評判, ふなりに, ふなり袂, ふのにね, ふべきこと, ふべきでは, ふべき語, ふほどの, ふまでも, ふわけ, ふんだから, ふんだそれから, ふんだつけ, ふんだもの, ふんで, ふン, ふ位, ふ口, ふ噂, ふ女, ふ家, ふ必要, ふ手, ふ方, ふ時, ふ村, ふ様, ふ気, ふ積り, ふ習慣, ふ者, ふ良い若い, ふ言葉, ふ訳, ふ詞, ふ語, ふ風, へなかつた, へば, へばあの, へばそれ, へばなる, へば其白馬, へば初代, へば大した, へば宮廷, へば毎時毎秒, へば自分, へば言, へば譬へば, へば隠者, へば飮, へり, へるやう, へる數分間, へる筈, やあがるん, やい, やしない, や宜

▼ つて~ (451, 0.2%)

30 がる 27 つても 19 しない 14 がるん 13 つて来た 12 つてゐる, つて來た 9 がるんだい 8 がんだい, つたのだ, つて來て 7 しないよ, しないん 6 がら, つてゐた 5 しないの, しないわ, つて居る 4 がらあ, しないかと, しないぢ, つたのさ, つたのは, つてきた, つて居た, アがる 3 がるの, しません, しませんか, つた, つたと, つたの, つて來る, つて呉れ, つて来る

2 [23件] がらア畜生奴, がるだらう, がるでえ, しないか, しないぜ, しなくつて, しませんわ, つたといふ, つたほど, つた仕事だ, つた方が, つた毛糸の, つて, つてある, つてお, つて呉れる, つて精, つて自分は, つて見た, はりますん, はりまツせ, りつ, アしない

1 [145件] あがる, あがるの, あがるん, あがるんだい, あんだ, がな, がらそれは, がらァ, がらア, がるけど, がるだ, がるだい, がるだらうよ, がるね, がるひと, がる何, がる嫌, がる少し, がる畜生ツ, がんだ, がんだいあんちくし, がんだいべらぼう奴, がんだいハミガキ, がんだい腹は, がんで, がんな, がんナ, きもの, これから気, しないあんな, しないかねえ, しないが, しないだらうけれども, しないで, しないと, しないのよ, しないジエィン, しない僕, しない状態, しなかつた, しなかつたか, しなかつたくらいさ, しねえぢ, しませんから, しませんのよ, しませんよ, すまいつて, つかんな, つかんなあ, つたが, つただけの, つたところが, つたに, つたに対して, つたのか, つたのださうだ, つたのだらう, つたのである, つたのです, つたのでなく, つたのにと, つたのよ, つたのを, つたまでの, つたクリストは, つたセルの, つた一年一度の, つた上日頃口やかましく, つた事, つた事が, つた事では, つた仕事と, つた位の, つた切りだ, つた切りである, つた品で, つた奴, つた彼奴迄が, つた拙い, つた時その, つた時僕は, つた最後の, つた模型の, つた簡單な, つた細工と, つた細長い, つた絹の, つた老爺です, つた難局を, つていい, つておくんなさい, つてから, つてさ, つてそれを, つてのけた, つてみた, つてゆけない, つてゆけます, つてゐます, つてゐられました, つてアパートへ, つて一緒に, つて下さい, つて下さいませ, つて二階に, つて來たんだ, つて來たんだらう, つて來まさア石川五右衞門が, つて來ました, つて來ます, つて來る見あげる, つて出, つて大福餅の, つて宜, つて居りました, つて居ります, つて御, つて御覧と, つて惡人の, つて戴きたい, つて早く, つて来ます, つて涙を, つて置いた, つて行ける, つて見, つて見たい, つて見ませう, つて見よう, つて見る, つて見ろ, つて親元へ, つて貰ふ, つて門番の, つて頂戴な, はるくせ, ばん人に, へん, りやあの, ろうそういう, ろうと思つてふと, ろうと空想した, ろうなどと, ろか, 背景を

▼ つて~ (431, 0.2%)

79 うして 30 うした 29 ういふ 11 つさと 10 つさ 9 う云 8 へゐれ 6 うぢ 5 うで, う言つて 4 つぱりした 3 うおつ, うする, う云つて, う大して, へ居る, へ居れ

2 [19件] ういふところ, ういふ意味, ういふ風, うだつた, うであればこそ, うですもの, うは, うよ, う始終, う言, つぱりして, へくれる, へなにか, へゐ, へゐる, へ呉れ, へ呉れる, へ行け, やうなら

1 [179件] ああ云, あの日, あんな騒ぎ, あんまり噛んでる, いきなり刃物, いくらか世の中, うあたし, うあらね, うありがたがるべき, ういつ, ういつた, ういつたの, ういつま, ういひ, ういふお話, ういふひとぢ, ういふ心, ういふ意見, ういふ推測, ういふ点, ういふ物騷, うかね, うきかれると, うきめた, うごく, うさう, うしたら, うしなかつた, うしようとは, うすると, うすれや, うだその, うだと, うだとは, うだどう, うだわ, うだ何, うであるまいと, うでございますわ, うですか, うですけどね, うですもう, うでなくて, うでなけれや, うでは, うでも, うとも, うなされたの, うならぬうち, うなりや, うなるの, うなれば, うね, うぶら, う丁重, う云つたの, う云つて笑, う向, う善く, う大きな, う大した, う子供, う尋ねた, う幾度, う思つて, う思つて気, う急いだ, う惡, う手軽, う旨く, う書い, う来るだらう, う気, う注入, う深く, う無理, う無精, う無責任, う答, う答へた所, う簡単, う考へる, う見える, う見すぼらしい, う話す, う變つた心持ち, う遠方, う頼む, おつか, がつて, この上, この家, さう, すらひ, そいで, それで一代, ちえつ, つき申しあげたぢ, つさとけ, つさとは, つそく新聞紙, つぱり, つぱりしたところなのです, つぱりしたものなり, つぱりするために, つぱりとした気持, つぱりとした筒袖姿, つぱりとした身體, つぱりと行つて, つぱりなすつたやうに, つぱりわからない, つぱり値打ち, ところがさ, のみは嬉しき, はいだ, はぐ程, はつて, はらないやう, はれば, びしがつた, へうち, へが, へくれ, へくれましたら, へこれ, へずゐ, へそれ, へそんな, へづつてゐる, へほとんど, へみない, へもゐなかつた, へも私, へも私たち, へゐた, へゐたら, へ下され, へ不可能, へ企て及ばぬ, へ何, へ何ぞ, へ其の, へ友禅, へ君, へ呉れれ, へ外國語, へ妓館屋牆, へ存外, へ實, へ居られなく, へ居り, へ岸, へ巡査, へ快い, へ挨拶一つ, へ早, へ時として, へ極めて, へ気, へ滅多, へ甚, へ眉一つ, へ知る, へ私, へ空氣, へ自我, へ與吉, へ見えた, へ言, へ諄々, へ頂け, へ頭痛, へ風景, ほど大事, むらひと言ふと, もけだる, も穢, アと, 入つて

▼ つて~ (423, 0.2%)

10 うする, をする 5 うして, かし, かにつけ, も彼 4 か言, が何やら, の事 3 うかして, うしても, か云, です, といふ事, を, をし

2 [33件] うしたら, うも, うやら, う爲よう, か云つて, か他, か口々, か喰, か自分, か話し, か買つて, か重大, が不足, が面白い, でもない, なの, になる, にもなり, にも彼, の役に立つ, の義理, の音沙汰, もない, も云, も云はず, も見えやしない, も言, よりも先, をさ, を云, を思つて, を習, んぼ

1 [284件] うか, うかしたらよ, うした, うしませう, うすると, うせ飲んで, うといふ, うとも, うな, うなるもの, う切り出さう, う致す, う變化, かある, かいつ, かいふ, かいろいろ, かお, かおもしろ, かかかう, かかこ, かこそこそ, かこと, かしきりと, かしきりに, かたくらむなどそんなおひまも野心, かに周章, かに紛れ, かのお, かの前兆, かの木切れ, かの機, かの欠陥, かの物音, かの計算係り, かの變, かの運動競技, かの錯誤, かぱつとした東京風, かぶつ, かまた, から何, かわけ, かをし, かを云, かを合圖, かを探し, かガヤ, かブツクサ, か一つ, か一寸, か不思議, か仕事, か來, か信號, か分からない, か別, か力, か化性, か呪, か商売, か喰つた, か困難, か変つた話, か大切, か小, か小さい, か少し, か御用, か御馳走, か思ふ, か思出, か恐ろしい, か意見, か感, か感動, か感心, か慌て, か手帳, か探し, か探す, か整, か書い, か書けた, か書類, か残酷, か氣, か深く, か清々, か清新, か演つた時, か漠然と, か為, か特別, か独り, か王様, か甘さうな, か申たい事, か知ら, か知らぬ, か私, か考, か見, か言つて, か話, か話しかけ, か説明, か調べもの, か調べ物, か談判, か讀ん, か買, か賣, か跡, か頻りに, か食, か食物, か魔, か默つて, が, がなし, がなん, がわかる, が一番大切, が何だ, が出来る, が好かろ, が始まる, が懐しい, が棲む, が殘, が無く, が病気, が目立ち過ぎる, が詰め込ん, したつて, しるだ, すんの, だと, だね, ちつて, てあやふや, ていや, てえ気, て下等, て口, ですの, でもなけれ, でもひとり, でもよく, でも人間, でも春三郎, でも知つて, でも食, といふこと, といふの, といふ早, といふ煮, といふ鳥, とかいふ博士, としても顏出, として夜毎, なら増上寺, にかしら腑, にかの仕掛け, にか手傳, にか詰め, にか話し込んだ, にせよ, についてどんな, にならう, にもしない, にもならなかつた, にもなりません, にも知らず, にも見えない, にも見えません, に使つた, に遠慮, のこと, のたし, の不思議, の企謀, の反響, の古典, の夢, の差別, の希望, の得る, の御, の徳, の悪い, の悲觀, の感慨, の慰藉, の技巧, の抵抗, の望み, の爲, の疑, の自ら, の興味, の苗, の薬だい, の詰らぬ, の足し, の醸造場, の隔心, の顔, べんお, ほどかそれ, もく, もしない, もしねえ, もた, もはじめ, もほんとに, もわけ, もプルウスト, も不思議, も云はず元通り, も人, も六, も出ない, も出来なかつた, も君, も君たち姉弟, も唐沢, も大業, も好ん, も彼女, も後輩, も御存じ, も持つ, も新しい, も爲, も申す, も知らねえ, も知らん, も私, も考へ, も聞えない, も自ら不幸, も訪ねる, も谷崎潤一郎氏, も酒, も酔興, も須磨子, よ, よりも先づ人々, よりも先づ空, よりも大切, よりも最も, よりも注意, よりも特異, よりも私, よりも花, をした, をたより, をつべこべ, をつまらない, をと反感, をも食べよう, をやつ, をやらかし, をやる, を云つた, を云つたつて仕方, を便る, を修業, を嗅ぎ出した, を始めた, を小, を待つで, を悪戯, を為, を盜つて, を見る, を言, を話合つて, を飲まう, んかしら, んでエ, 故結婚

▼ つて~ (419, 0.2%)

2615 ぢや, わ, んです 86 ことが, のだ, のを 5 とひ, ど, のよ, もんだ, ンだ 4 ぜ, ね, のか, やうに, わね 3 かも知れない, が, のかい, のさ, のです, のは, わよ, 時の, 癖に

2 [20件] うとう雨, がその, がそれでも, けれど, ことは, ことを, つけ, ところな, な, のでその, のに, のん, べ, も, ものです, もんです, 事が, 所だ, 方が, 話なあ

1 [210件] あね, うとうあと, うとうあのお, うとうあんな, うとうお, うとうが, うとうがまん, うとうしまひ, うとうそこで, うとうその, うとうそれ, うとうそれぢ, うとうたまり兼ね, うとう不実, うとう二日三晩, うとう其所, うとう大きな, うとう娘, うとう左官屋, うとう床, うとう彼, うとう御朱印, うとう恩人, うとう悶死, うとう惺窩, うとう書けず, うとう木村重吉, うとう次郎左衛門, うとう止しました, うとう殺す, うとう泊, うとう津軽, うとう潤吉兄さま, うとう無理やり, うとう神谷, うとう私, うとう紋次郎, うとう自分, うとう見えなく, お父様, お葉, お鳥, か, かてえ, かなあ, からあの, からおいし, からさ, からさあ, からだらう, からひよつ, から母さん, から爪, から行きたい, から行く, から返事, から隨分喰, があいにく, がいざ, がお, がそこ, がどう, がひと, がまだ, がやうやう, がやさし, が一体, が一度, が多勢, が小寺健吉氏, が歸つて來, くせにと, けど何屋さん, けど兄さん, けど日本, けど毎日札幌さ手紙, けど私, けど見かけ, けれどさき, けれどどうも, けれどわたし, ことで, ことなどが, ことも, ことやら, ごめ, し, ぞうき, ぞ横浜公園, たしかに, ぢろいで, つけがなよ, つけぞ, づねたらそこでも親しくを, づねるがよい, といふの, とか数, とき後ろを, とこな, ところだ, ところへ, ところ運わるく, とまくし立てた, と彼女達, と思つて, どつて, なあ, などの事, なんてこと, な本, に, に違, のかと, のかね, のさへ, のださうだ, のであらう, のでお, のでさあ, ので斷, ので玉屋, ので私, ので講堂, ので貞ちやん, のと, のな, のにな嫁, のに當, のね, のみの綱, のみ込んだ, のツ, の一俵ぺてん, の出, はこと, ばかりでなく, ひと, まつて, ものが, もので, ものの近い, やうだ, やうです, やうな, やおま, ようつつちやつたつて, よその, よつて, よなぞ, よワツハツハツハ, よ今宮様, よ坊や, よ小穴さん, わけだ, わよたつた, をん, んでさあ, んで丁度, ルビ附け, ンさと, ンで, ンです, 事を, 二人の, 人として, 人達です, 人間を, 儘衣物も, 先生は, 凧は, 北斗は, 半分を, 友人です, 大豆は, 奴は, 妹も, 家の, 小兒等, 後の, 徳利が, 戀人の, 所だつた, 所でした, 方がよ, 方の, 時さ, 札幌から, 枝ん, 気持ちと, 涙が, 物が, 物は, 男は, 男よ, 皿は, 矢先でした, 私は, 空は, 筈だ, 筈な, 絵具箱を, 者たちも, 腕白どもの, 若黨, 言葉で, 通りの, 通りを, 通り殆ん, 通り結城紬の, 重荷が

▼ つてゐます~ (406, 0.2%)

82401615 から 121076 からね 5 のよ 3 があの, がこれ, がそれ, ぜ, とも

2 [15件] からその, がこの, がその, がでも, がね, ぢや, と, とそこ, とその, な, ので, のです, のでよく, のねえ, やうに

1 [168件] ああ云つて, あの人, かね, からあんな, からすぐ, からそこ, からそれ位はか, からどうか, からねと町内, からまあ, からもう, から上, から何, から冗漫, から十分, から是非とも, から根岸, から桶, から此, から水分, から深川, から畢竟, から病院, から約, から讀む, か子供, か涙, か知ら, か私, があちらこちら, があれ, がここ, がさ, がその他, がそんな, がついで, がつまり, がときどき, がどうして, がな, がなあ, がなるほど, がま, がまた, がみんな, がもう, がフランス, が一幕物, が万一, が万葉, が下, が中, が元, が兎, が削りかけ, が動物社会, が君, が唯, が困つた, が土肥, が天神様, が實際, が寶物, が専門, が左様, が形式, が彼女, が恋愛, が是, が本来ギリシヤ, が東京, が次第に, が此名, が此行事, が沖縄, が深い, が現在, が皆幕外, が相川, が自分, が自由, が随分, けどあの, けどなんで, けどねえなにしろ, けれどでも, けれども会つて, けれども昔, けれども類人猿, けれども鹿, けれど今, けれど気, けれど貴方, さうな, し, しお金, しずつと長い, しそれ, しまた, しもう, しやらう, しわたくし共, し今日, し君, し啼く, し外交, し日かげ, し東亜, し濶葉樹, し翼賛会文化部, それが, つて, といろいろ, とこんど, ともう一度, とも叔母さん, とやがて, とゴオー, とツイ側, と一昨夜二時過ぎ, と何だか, と何時, と先生, と子供, と小さな, と後, と手紙, と教養, と果して, と突然, と軈て, と運転手, と韋駄天, と馬鹿気, に, ねといひたい, ね何かしらぼんやり, ね煩さ, のでちつ, のでどうしても, ので別に, ので失礼, ので始め, ので沸かし, ので誰, ので身體, のね, のは, やうだ, よあの, よと言, よポツ, よ一処, よ親分, よ親分さん, よ賢夫人, よ錢形, よ黄色い, わい, わね, わ父, 人類の, 先生一つ買つ, 尚これから, 必ず立退い, 然し僕, 若い弟子, 顔を

▼ つてしまつ~ (372, 0.2%)

85 てゐる 109 ている 8 て居る 7 たかの 5 てその 4 たかと, てそれ, て替り 3 ていた, てお, てまるで, て何, て後, て心から, て思はず

2 [18件] たかも, てあの, てい, てこの, てこれ, てどう, てどうして, て下さい, て主人, て五六丁先, て今, て夜, て大, て清新, て眼, て私, て跡, て長い

1 [179件] たか, たかなんぞの, たか分らない, てああ, てあそこ, てあちこち, てあと, てあんた, ていま, ていや, ていよいよ, ていろいろ, てうつとり, ておく, てお金, てかう, てくれ給え, てこれから, てさア, てすぐ, てずゐ, てそして, てそれでも, てただ, てちやうだい, てついと, てつまらな, てとう, てとても, てどこ, てどれ, てにかわ, てぬきさし, てはつ, てひやりと, てひろびろ, てます, てむき, てもう, てもの, てもはや, てもはや全然, てゐざり, てゐられたなら, てゐるだらう, てゐるらしい, てオツテルホルム, てオドオド, てパイプ, てホツ, てボンヤリ寢, てマヂマヂ, てランプ, てワツ, て一寸, て一生涯, て一言, て三輪, て二三人, て二度, て井筒, て今度, て何だか, て何時の間にか, て俺, て僕, て兵家, て其所, て其方面, て其行方さ, て再び, て初, て力, て動かない, て十年, て午後, て取り返す, て叩い, て只, て名状, て向島, て吾, て嘉吉, て嘘, て地中海, て堪忍, て夜更け, て大久保, て大成, て夫婦, て失礼, て女, て奴等, て如何, て姉さま, て家中, て専ら, て将門, て尾張氏, て帰り, て年, て彼女自身, て待合入り, て後で, て心, て感服, て扇, て手足, て散々ねぎつて, て日, て昨日, て暫らく經つて氣, て最初, て最後, て村, て東京朝日新聞, て枇杷, て果實, て根室本線, て極めて, て次に, て歩く, て殆, て殺し, て殻, て毎日日課, て気の毒ぢ, て氣, て汽車, て洋服屋, て漸, て無, て煙草, て父さん, て狭い, て甘納豆, て當時此風景, て疊, て皆, て皆莊園, て真, て睦, て知らない, て硝子箱, て秀治, て私一人, て稍, て立つた, て第二義, て純, て置かなけれ, て美しい, て老人, て肝心, て自分, て色硝子, て色色, て菓子工場, て薄葉, て表, て被告等, て見つからない, て見る, て起きあがられない, て足, て足音, て軽薄, て近所, て遂に, て遺つ, て酒, て重たい, て重ね, て雨, て面目次第, て頭, て餘, て鶏小舎, て麥畑

▼ つて見た~ (353, 0.2%)

14 ところで 9 んだ 7 ことが, ことも, 時には 6 のだ 5 か, が, がそれ, が何 4 のさ, のである, のです, 時は 3 がこれ, がそこ, のは, んさ, 方が

2 [35件] がかの, がこの, がこれぞ, がすぐ, がそれでは, がどうも, がやはり, が夫, が家, が少し, が此語, が米一粒, が重く, ことない, ことの, ことは, ぢや, と言, に拘らず, のでせう, ばかりで, ものは, よ, らい, んです, 上で, 事も, 位である, 儘手を, 勢力統計に, 所が, 日に, 時に, 眼は, 處で

1 [182件] いもの, かえ, かや田沢, か知れやし無, があたり, がいつも, がきつ, がここ, がさて, がそのまま, がそれでも, がそれにしても, がそんな, がどう, がどうしても, がどこ, がねえ, がもはや, がやつぱり帰つて, がゆき子, が一向, が一向に, が三方, が之, が二人, が二階, が人一人, が今日, が何時, が元, が全く, が切, が別に, が前金, が可, が合, が困つた, が固, が埓, が塀, が如何, が宜, が幸, が店, が彼, が心, が掛金, が日暮れ, が普通電報, が未だ, が松林, が母, が泥, が渠, が猶, が男, が直に, が相, が矢張, が矢張り, が矢張予想通り妻, が禿, が私, が締り, が美術学生, が義雄はか, が聞かない, が草木, が蓋, が身體, が返, が迚, が退屈, が途中, が酒, が頑として, が飲み過ぎ, が馴れぬ, が駄目, が魚刺, が默つて返事, くらゐ, けれどもその, けれども向, けれども朝夕, けれども纏つた文句, ことすら, ことだらう, ことを, こんな心持, さうだ, さうに, しかも一度きり, しな, し野, それは, だけだ, だけでもお, つて, でせう, とか, ところがまだ, ところその, ところでは, ところな, としても隣, とてこんな, とて鬼, と言つて, な, に二十八日毎, に過ぎない, の, のか, のかい, のが, のけど, のだつた, のであつ, のであります, のでした, のでまれびと神, のでもつ, ので俺, のに, のも, のよ, のよりは, ばかりのころ, ま, まえ, もの, もののまだ, やうです, や片, わけぢや, わけで, わけである, わけです, んか, んでせう, 上でなけれ, 事さへ, 事などが, 事無い, 人は, 位で, 具合で, 印象ばかり, 多摩川対岸の, 夢では, 奴が, 小石交り, 後に, 後瞳を, 恰好は, 感じが, 所で, 所結果は, 抔といふ, 日の, 日蓮と, 時そこに, 時の, 時城隍廟の, 時天使ミカエルが, 時第, 時船が, 時靴が, 東大寺の, 様子で, 模様でなけれ, 樣子です, 樹の, 点さ, 經驗で, 者は, 處が, 處さ, 處な, 顔つきには, 馬肉鍋を

▼ つてこれ~ (326, 0.2%)

3 がため, がまた, が日本, はもう, をお 2 に従, は, はこれ, はどう, はまた, は何, は土地, は本, をなんとか, を言

1 [291件] あ畢竟, あ英治さん, が, があの, がかの, がその, がどの, がむしろ, が仮親, が全, が即ち, が原, が政治家, が文壇, が最後, が殷, が浸み透つた, が為め, が癪, が相伴つて四方八方, が立派, が縁起譚的歴史的思想, が落, が蟻, が解決, が轉, が都合, が饅頭, ぐれえの, こそわが, こそ国民一般, こそ大きな, こそ寧ろ, こそ戯曲, こそ眞實, こそ私, こそ自治体, こそ馬鹿, だけあたし, だけしき, だけでも造形美術, だけのこと, だけの事, だけはほぼ, だけ入る, だと, ではあんまり, でまア, で三度目, で人間, で何度目, で演劇, とそれ, と似た, と別, と同じ, と契る, と姻戚, と思ふ, と正面, と闘, ならと, にけとかき, にてお茶, になほ實體, にのみ本, には作者, には根氣, によつて, によつてフランス浪曼派, に代るべき, に住んだ, に参加, に參加, に対して人道的, に対せ, に對, に従事, に必要, に応, に懲り, に掃除, に甚だしく, に碍, に道, に關, に飛び乗, に馳走, に高粱, の選, はい, はいくら, はお座敷女中, はくちばし, はすぐれた, はたしかに, はちよ, はどんな, はなか, はなかなか, はもはや, はやはり, はわけ, は一体どう, は一回, は下, は不, は二年, は亜米利加, は仁, は今, は公明正大, は六つ, は其學派, は別, は前, は厳密, は古今, は君主政體, は命拾, は墨子, は夢, は大体, は大変, は大阪, は姐さん, は委員, は官職, は定, は寺侍, は平藏, は年寄り, は当時市内各区, は御馳走, は意味, は戯曲, は明治四十四年, は春秋戰國, は時局がら積極的, は歌舞伎, は正しく, は此, は氣, は爾, は独逸, は猥, は百兵衞, は私, は美術, は翼, は脈, は脚本, は連作, は遠野, は里心, は錢形平次, は面長, ばかりはイヤ, ほどの大事, ほどの物, ほど全的, ほど壯烈, ほど寐入つた自分, ほど美しい, ほど高貴, またフランス語教育, また必ずしも, まで一層, まで主人, まで何人, まで持ち, まで物資, まで育て, も, もある, もお, もこの, もその, も仕, も其の, も同名異人, も夕方引揚げ, も寒空, も座, も徳次, も江戸中, も珍しく, も苦笑, も裃, も近所, やツ, より万事店, を, をかく, をこの, をそつくり二円, をその, をやりはじめる, をクヅ鉄買入れ, をコック氏, を一枚, を一番, を三日分ぐらゐの話題, を三枚貰つて來, を人, を他, を以つて特別, を先生, を出版, を創り出さなけれ, を努力, を取る, を告げる, を嗤, を国民全体, を宜山, を專門, を強, を強める, を形, を征伐, を征服, を得, を御, を意義, を感動, を承, を排斥, を撰択, を擦, を支配, を教, を教育, を施し, を日本, を明, を曝物, を書い, を書いた, を本, を机, を次第, を死, を殘, を殺す, を江戸, を潤一郎, を火鉢, を無, を無上, を片手, を牛商, を玄関, を王様, を現代向き, を理由, を生じた, を用, を相手, を短冊, を石上, を粱稈, を絶對, を聞き, を肯定, を自分, を舞台, を芝居, を蔑視, を袂, を補, を見せる, を見る, を見落す, を観れ, を觀, を誇る, を読んだ, を貰つて帰つて, を返し, を迷, を送つた, を道徳的, を鉄扇, を青年, を音痴的, を飮む, を高い, 亦大きな, 即ち一国, 見よが

▼ つて居ります~ (320, 0.2%)

2712 から 8 がそれ 74 がこれ, がその 3 がお, がまだ, が平次

2 [16件] うちに, からその, がこの, がさすが, がどんなに, が不思議, が今, が多分, が日本, けれども之, しまるで, し御, ぞ, のでそれ, ので私, 外は

1 [217件] おやまア岩田屋, か, からそんな, からたと, からねは, からまだ, からもう, から之, から今夜, から僅か, から四日目, から夫, から嫌ひといふ, から川底, から後で, から御, から愚痴, から或, から最うお可, から未だ, から此, から無論, から班, から當然法律, から膏薬, から近畿地方, から野良猫, から開, があと, があれ, があんな, があんなに, がそれにしても, がそれ以上, がそんな, がとても, がなか, がもう, がもう少し, がよく, がガラツ八, がツイ今しがた, がニヤリニヤリ, が一方, が七八十年前, が三七郎, が三遊亭一派, が世間, が之, が二人, が二十七八, が人間, が仲吉さん, が伜又吉, が何, が何ん, が何分, が併, が元, が兎, が其金銅佛, が古代, が哀帝, が場所柄, が外し, が多少, が天童太郎, が太く, が夫餘國, が女房, が女隱居, が如何にも, が宋, が家, が實, が屋敷内, が差支, が年, が彼所, が御, が念, が思ひ, が意地, が態度, が慾, が成相寺, が手足, が文化國民, が旦那, が明らか, が昨日八五郎, が是, が時には, が曲者, が曾, が本, が本当に, が染吉, が柳原, が權八, が正直一途, が此人, が此時, が段々, が無論, が父, が独逸, が生き, が眼鼻立ち, が矢張り時, が研究室, が社稷, が私, が細面, が綱, が繁殖, が繩張外, が舞台芸, が舟, が若い, が處女, が血だらけ, が見, が言葉, が越後, が近年, が近頃, が釘, が鍔, が間違ひも, が障子, が非常, が音次郎さん, が頑固, が騷ぎ, が骨, けどもね, けれど, けれどもひよつ, けれども併, けれども其の, けれども当, けれども是, けれども詰り, これ等の, さうで, さうなくても, さ家, しお, し其腰, し又, し忍び返し, し特に, ぜ, それから, でせう, といきなり, とかさ, ところを, と一羽, と大膳坊覺方さん, と底力味, と或, と突然, な, などと真面目, ね, ので, のでお, のでこの, のでその, ので久賀, ので今朝卯刻半, ので伜, ので只今文部省, ので夜中, ので孫, ので御, ので是, ので海, ので着物, ので詰り, のに大変, のは, のも, のや, ものに, やうで, わ, んぢ, 中に, 中には, 之を, 事は, 今日と, 何やら会, 佛教の, 其の當時, 其提灯の, 十月の, 即ち後, 可愛そう, 周の, 地獄変の, 地獄變の, 女が, 官吏が, 尤も瀧山さん, 所に, 手前には, 斯の, 時代の, 私し, 私は, 色が, 芸能といふ, 長崎屋の

▼ つて~ (290, 0.2%)

7 の心 3 に笑, に面, の云, を使, を動かす, を殺す, を馬鹿

2 [22件] と人, なき室, なつつ, に会, に意見, に顏, のゐない, の坐る, の好い, の家, の理窟, の生活, の目, をこ, をし, をよこした, を打つ, を撃ち, を殴打, を殺さない, を殺せる, を笑

1 [218件] から助言, から聞かされました, から貰つた虱, がある, がかう, がそれ, がゐる, が一ぱい群れ集つて, が一杯, が俥, が先, が出る, が勸め, が天窓, が好, が新鮮, が殺せる, が湧いた, が盜, が見附, さわがせを, たるもの, だと, つ子, ですか, との応接, と争, と応待, と相, と角力, どほり, などを殺す, なん, なんか殺せやしません, にこぼし, にた, にどうして, にはその, には洩す, にも立てられる, にも貸した, にムリ, に与, に云, に信ぜ, に先んじ, に勝らん, に反抗, に尊敬, に恵んだ, に懷, に挨拶, に教, に汚される, に溺れる, に物, に知らせず, に知れる, に笑つて, に衝き飛ばされた, に見せる, に見られず, に親愛畏敬, に話した, に語つて, に譲らう, に負けない, に負けねえ, に貸す, に贈つた, に迫る, に逆ら, に頒, のこと, のところ, のもの, のよささう, のわるい, の世, の世界, の俤立, の値打, の入, の前, の受, の問題, の善惡, の喧嘩, の噂, の垣, の妻, の子, の宅, の弱点, の形, の悪, の悪い, の惡, の想像, の愛, の手, の挽い, の捨て, の教, の數, の棲家, の死力, の死生, の気, の永遠, の物, の痛, の皆, の相, の眼, の神, の細君, の行動, の行爲, の話し声, の誠, の跫音, の身, の近寄る, の通行, の造つた花, の運命, の部屋, の金, の針仕事, の門, の難儀, の需め, の顔, の騒ぐ, の魂, は, はおとなしい, はさまざま, はその, はまた, はもう, はもと, はよい, は作者自ら, は図々しい, は大好き, は時時, は本, は林四郎, は段々, は決して, は生き, は生れる, は真実幸福, は精神的, は衣食, は西沢, まで殺す, もし, や, よ平塚さん, をうつ, をおどかす, をたのん, をだまさう, をみたし, をみたす, をやつ, を一人, を分け, を刺す, を力づける, を包んだ, を呼び, を呼べ, を呼ん, を呼んだ, を咬む, を喜ばさん, を噛む, を嚇, を困らせる, を圧倒, を娯, を害したる, を屈服, を引く, を感動, を憎む, を懼, を押, を擒, を救, を救つて, を服し, を橋向う, を殺傷, を沈黙, を疲らせ, を突き殺す, を莫迦, を裏切る, を襤褸, を見る, を責め, を責める, を賀する, を軽重, を輕重, を遣わしました, を頼み得た, を鶉, 各, 愈, 懐しい係恋, 無き部屋, 附き合

▼ つて~ (285, 0.2%)

5 も尚 3 あけるよ, ぢや, では勤め, まで遁, も下, 迄通り

2 [18件] ではその, のところ, のやう, の中, の自分, はた, はもう, は村長, は眞實, までお前, まで通りつ, まで黙, も密, も行, 此の, 現身の, 縫つて下すつてる, 自分が

1 [226件] あすこへ, かけたが, から三年前, から二年前, から何れ, から心配, から思ふ, から思へ, から日本, から考へ, から考へる, が今, この山荘, この茶碗, さつきまで, した許, しもぱつと投網, しも海蛇丸, じぶん一番, すぐ私, だに忘れない, だに描い, ちよいと, でこそ頭脳, では一面善良, では互, では井筒屋, では些, では以前, では全く, では全国, では却つてサバ, では厭, では名誉, では四方, では寺, では少量, では山, では御苑, では日本, では此男, では矢, では節, では自分, では若松, では赤毛, では軍治, では銭, でもそこ, でも其處, でも寂巖, でも百合, となつて, にも閉ざされ, にも降り出し, にわし, に入牢, に出世, に維幾, に聳える, ね貴女, のい, のお祖母さん, のま, のまま, のわれわれ, の一般人, の世, の主人, の二倍三倍四倍位, の五十銭昔, の位置, の俺, の僕, の先生, の冬, の噺家, の場合, の女房, の彼, の御, の息, の情景, の文壇, の新しい, の旦那, の時世ぢ, の時代, の此, の生活, の秋祭り, の菴, の語, の谷中村丈, の陝西省鳳翔府寶, はお, はその, はそれぞれ, はただ, はの際, は一人暮し, は一鳥, は予備, は云え, は他家, は信託會社, は十二支組, は却, は問題, は宏壯, は宮原, は尋ねる, は持たない, は旅館, は日, は日本, は東京全市, は某家, は無い, は省略, は真実, は競馬會社取締, は緑蔭, は職, は若殿様, は電燈, ひろ子が, まさに出勤, まであの, までしつかり, までそんな, までだ, までとは格別, までなかつた, までの事, までの分, までの強, までの生活, までの経緯, までの話題, までゐた, まで二人, まで尋ね, まで押し, まで洋書, まで私たち, まで笑つたこと, まで自分, まで通り, まで長い, まで頭, まで默つて, も岩, も往時, も神主, も私, より不足, より惡, よんでも, ゐない, をはずし, 一度お, 一息と, 仙臺に, 以て, 來た, 其帰途である, 出かけようと, 出た佛, 勉強し, 囘の, 大急ぎで, 寢入花だ, 尚時々, 居る下宿, 帰つて来た, 当分自分の, 思出し, 思案中な, 怪我を, 手元に, 払は, 支那に, 暮れか, 更新らしく, 札幌へ, 歸り, 母さん達に, 無窮会に, 現に生きる, 直ぐでも, 直ちになし得る, 立て替へて, 罷めようといふ, 考へると, 聞いた支那, 茲に, 話したぢやあ, 買物から, 迄あなた, 迄さう, 迄で, 迄にも他家, 迄の, 迄の主義, 迄の成行き, 迄の馬券法, 迄はあんまり, 迄は飽き, 迄も殆ど, 迄事, 迄寝, 迄寢, 迄止め, 迄私, 迄起つた, 迄越え, 迄雪隠, 迄髮, 迎へ, 述べた意味, 長崎の, 開業し, 電話が, 頻りに流れつ, 鳴つた

▼ つて~ (284, 0.2%)

45 て來 25 て来た 24 て行 21 て行く 20 て来る 9 て行つて 7 てくる 6 てゐる, 來る 4 ていつた, てきた, て来 3 てゆく, てゆけ, て来ました

2 [11件] て参りました, て參, て居る, て月, て来たら, て行かう, て行きました, て行け, て行つたの, て行つて了つた, ながら

1 [78件] たりする, たり兄, つかせてな, て, ていらつ, てお, ておいで, てき, てくれた, てくれました, てこず, てこなかつた, てこられない, てしまはれた, てそつ, てつた, ては困る, ては重ね, てま, てみる, てもらひたい, ても宜, ても駄目, てらし, てゐ, てゐました, てゐます, て來い, て來たん, て來やう, て名, て夫人, て将来, て居た, て往, て往来, て徃, て来ぬ, て来ます, て来やしない, て来られました, て来り, て来るなら, て甘い, て禮, て立派, て縛り首, て自分, て行かない, て行かなくたつ, て行かなけれ, て行つた樣子, て行つて了, て街道, て見, て見た, て見たら, て見ました, て貸, て部将, て長い, て闇, て鳥居, て默つて目, でよ, でら, ながら彼, なけり, なほし, はすまい, はづれるまで, 來たら病氣も, 來てから, 刄庖丁まで, 刄庖丁を, 懸ける事, 時も, 洒張つた杉木立の

▼ つてからは~ (281, 0.1%)

3 誰も

2 [16件] いつもクラス, これを, コツクの, 人間の, 今まで, 何といふ, 其店の, 彼の, 彼は, 彼女は, 急に, 手も, 普通の, 村で, 爲事を, 私は

1 [246件] あたくし, あの隱居部屋, いつそう, いろんな女, おいよさん, お先煙草と, お前さんだの, お宮さんは, お糸一人, かうした山, けろりとし, げつ, このへん, この奴隷, この婆, この思想共, この石, これでは, こんなに遲くま, こんな思ひ, さう, さうし, さすがに, しかし古賀, すつかり, その方, その未亡人, その為事, その蔭, それさへ, それに, それらの, それを, そんなところ, だん, つゆは, とかく外, どうもあんな, どうももう昔, なほさら自分の, なほ更な, ふつつりと, まさか憤, ますますさういふ, まるでわけがち, みんなと, むだな, めつ, もうおし, もう僕, もう普通, もう軍隊, やつた, ろくな巾着切, わざをも, わずかな, サイラスは, ジゴマごつ, トラピストには, ノタといふ, バツタリ無くなりました, プイと, モンペなど, 一人だけを, 一変し, 一層それ, 一層家, 一層尊敬, 一度も, 一際人, 三尺ばかりの, 世間には, 丹波氏の, 主に, 二人とも, 二十年経つ, 京都と, 人と, 人は, 人間も, 今宵の, 今日まで, 仕事は, 他の, 以前の, 会話の, 何分先生, 何時でも, 俄に, 俄然孝養, 僕の, 先方は, 光子さんには, 全く親, 公羊學が, 其が, 其の小指, 其根元たる, 其筆と共に, 内儀の, 凡てに, 出会はずそれ以前折々, 別な, 前よりは, 剛い, 割合に, 勘次は, 又暫らく横, 叔父の, 史實の, 土曜から, 城の, 多い時, 夜も, 大きな都, 大學, 大河の, 大阪の, 天津は, 奉行堀伊賀守利堅は, 女の, 好調の, 妹お, 妹だ, 妻に, 始終お前, 婆さんが, 宮内大臣とか, 家の, 寝たきり, 寺参りをのみ, 少くとも, 尚更だつた, 山村から, 岡山県の, 己は, 年の, 年毎に, 幾らか温和, 店の, 彼等は, 律や, 律気な, 思ふま, 怠ける癖, 恩人の, 悍馬の, 愈, 愈向上, 手風琴の, 押し籠め, 拙くな, 政府の, 文子の, 断じては, 方々へ, 旅館の, 日ならずし, 日露戰爭以後に, 旦那が, 明治三十五年の, 昏く, 時たま極めて僅, 更に二人, 更に限り, 會つて話した, 木に, 本は, 本務上陛下に, 東京との, 枯木の, 案外つまらない, 次第に図々しく, 次第に若木, 武后自身は, 歸つた, 殆どアトリヱ, 殆ど一年置き, 殆ど口を, 殆ん, 殆出し物も, 殊にひどい, 殊に屡々頭, 殊に百姓輕侮, 母の, 毎号, 毎日の, 毎晩細君ばかしを, 氏は, 水の, 泥塑の, 浪と, 海を, 淫靡な, 渠等は, 滅切り氣が, 滅切機轉も, 焼餅を, 熱心な, 父子三人の, 猶だ, 生れ変つたやう, 甥の, 画描き, 盆の, 益々蜻蛉, 直ぐあがつたところのはしご段, 直日の, 看板を, 眺望が, 祝詞の, 神変不思議年を, 神田の, 私と, 空地に, 粕谷義三氏から, 組, 考へるやう, 胸毛の, 自ら筆を, 自分の, 苗床へ, 若い時, 若旦那の, 荒んで, 藝にも, 血の道が, 親類でも, 語その, 變に, 貰ひ, 贅澤な, 赤い襷, 車に, 逢ふ, 連翹を, 道すがら馬, 道を, 長い夜, 際だつて, 隠し切れぬ暗い, 雑誌や, 頻りに小さな, 食物は, 馬海松井伏鱒二小林秀雄河上徹太郎達との, 龍土軒では

▼ つて見よう~ (279, 0.1%)

6322 か八 1814 ぢや 12 と思ふ 85 かと思ふ 4 かしら, かと思, といふ, とした, とする, と思, と思つて 3 じや, と云, と言

2 [14件] かそれとも, かな, か兄哥, か少し, か錢形, そいつは, という氣, ともしない, とも思, と思ひ, と思ひました, と決心, ね, 兎も

1 [72件] あゝい, いよいよ肝心, お前の, お前は, お前も, かしらと思つて, かしらなどと思つて, かといふ話, かとも云つて, かとも思, かとも思ひます, かとも考へた, かと思つて, かと思つて俯伏, かと考へた, かと言, かと話し, かなど, か君達皆, か松濤園, か知ら, こいつは, ぜ八, そこだ, それは, といつた, といふ元, といふ決心, といふ譯, ところで若旦那, とし, として足, とすれ, ともしなかつた, ともたら, とフト四方, とポケツト, と二人, と仰し, と尻, と彼, と思う, と思つた事, と思つて道, と思ひ立ちました, と検温器, と私, と言う, と言つて, どうも腑, どうやら深い, などといふ場合, もうこれつ切りだらう, もない, や, よ二度と, 丁度神樂坂, 下手人は, 八は, 多分駄目, 女の, 少し心當, 此處は, 死骸は, 江戸の, 海も, 茂七, 行つて見よう, 見ようでまだ, 話は, 軽い睡, 香爐が

▼ つて行つて~ (260, 0.1%)

19 しまつ 8 見ると 6 ゐた 4 ゐる此二つ, 居る 3 しまつて, ゐる, ゐるの, 宜いの

2 [13件] もう近頃, も安全, やるから, 又カーテン, 小裂箱, 居るの, 抱き起して, 直ぐ段梯子, 見た, 見ましたが, 見ますと, 見れば, 黙つて

1 [181件] いきなり二三束, いつも同じ, うまく受取る, えもの, おくれ, おせい, お治めなされる, お石, お酒, お銀, かう云, からまた, からゆき子, から富岡, きいて, この婦人, ごく自然, しばらくごと, しまひ, じろりと横目, すぐ五六歩後, そこでエビ, そこで一つ, そこで一月, そこで空虚, そして迫り, そのため, そのままにな, その伝承, その小説, その局, その方, その源流, その糸, その胸, その腕, その船, その親猿, それつ切り, たしか扉, とうとう二人, とまる事, はその, はよく, は又, は反, は悪い, は羽, は自分, またこれ, まだ水, みぬま, もうすぐそこ, もう支那, もう水, もお, もさうで, もすぐ, もつい, もどこ, もふみ, もやつぱりどこかに, もよから, もら, もらふ, も一寸, も他人, も入, も又, も同じ, も好い, も子供たち, も彼, も東京, も柳田先生, も構, も皆んな, も瞬く, も社会, も私, も見向かう, も限り, やがて一つ, やがて凹んだ, やがて野辺送り, やらうか, やらうと, やらう友達, やりたいやう, やる, やろうと空想, るかすら, るとこ, るとしか, ゐたが, ゐたこと, ゐたやう, ゐた時, ゐた道, ゐて, ゐない, ゐるが, ゐること, ゐるさま, ゐるでは, ゐるところ, ゐるので, ゐるのよ, ゐるやう, ゐるんぢ, ゐる丘添, ゐる傾向, ゐる峽間, ゐる松枝さん, ゐる森, ゐる筈, 一向差支, 一度挨拶, 上げたこと, 上げますから, 上げる, 下すつて, 今ひろ子, 今一息, 今札幌, 倒れた宗十郎, 働く道, 取つて, 呉れ, 呉れたの, 呉れたま, 呉れでも, 呉れれば, 大いに気焔, 大きな暗い, 大きな枝, 宜いんです, 尋ねる人, 居たと, 居たとしても, 居たの, 居ました, 居りぽ, 居ります, 居るので, 愈々決勝百米, 抱き止めた, 持つて, 探すの, 更にその, 最早四辺, 果して温泉, 死んだのに, 死んだ小, 泣きつくやう, 漸くの, 漸く搜, 生きて, 生膽, 白い雌鷄, 老祖母さん, 落ちます様, 蒼白い薄笑, 見たの, 見たらどんな, 見だば, 見て, 見ましても, 見よう, 見るが, 見るわけ, 見度いため, 訊くと, 転げ落ち, 遂に, 遣らうかといふ, 遣らう十兵衞, 避けるからね, 長い體, 青い小さいの, 驚いた

▼ つてまた~ (259, 0.1%)

4 もとの, 別の

2 [12件] しても, つく, 他の, 仰向, 同じやう, 態とらしく, 新らしく, 横に, 煙草を, 私の, 私は, 自分の

1 [227件] あなたとは, あなたの, あの柱, あれは, あんな度, いつしよ, いつまで, いづこと, いままで, いやな, うつむいた, お母さんが, お母さんと, お鳥, かへつたの, きた酒, こ, こつちの心, この, このこと, この實體, この自然, これと, これは, さびれる, しばらくたつ, しばらく黙り込んだ, そこに, そのゆゑ, その力, その女達, その政黨組織, その窓, その表装, その記述, その限り, その音律もち, それが, それぞれもとの, それだけ多く, それの, そんな事, そんな俗習家, そんな気, たう, ちやき, ちらりと千恵, なみ, はしごを, ばた, ひとくさり講演, ひとつの, もう一度それ, もとへ, もともと通り, やがてそこ, よく氣, オオル・ドウウヴルに, オズカスといふ, ガタガタと, コオヒイを, ドヤドヤと, ナイル河の, ニヤリと, バケツへ, プーチヤチン提督が, ミスティシズムの, 一つお辞儀を, 一つ深い, 一層大きく, 一層深く, 一度微, 一段と豪勢, 一段と面白い, 一般の, 一通速達の, 一頻り可笑し, 三十分間ぐらゐも経つた, 上る秋草, 下手對岸の, 丘の, 之れ, 二人は, 五六日目かに, 交通機關を, 今日の, 使用される, 來た, 例の, 信用しない, 倦怠の, 停まつて, 元の, 先頭に, 内的直, 出にくく, 出直す程, 前者が, 加集が, 勞働者の, 勞働階級解放の, 南へを, 叫んで, 叱られるわよ, 叱られ帰つて, 右に, 右折する, 向の, 呑牛が, 呼ばうと, 地面に, 坂にか, 大きな声, 大國と, 大胆に, 失敗する, 実を, 寝床へ, 寢返りした, 實體の, 将来の, 小切れを, 山あ, 峠を, 平次の, 平次を, 床の, 彼が, 彼の, 彼男は, 後架へ, 從來一般の, 微妙な, 微笑した, 必しも, 忽ちその, 思出した, 情念を, 愛も, 憂うつに, 我々の, 或る, 折り返して, 挾みを, 探るやう, 接吻なぞ, 掻いて, 文学者の, 暫くし, 更に局面, 最も廢, 有つた, 来たぞ, 東へと, 東京へ, 格別恥かしい, 梅が, 橋の, 次の, 歩き出して, 歴史の, 歸つて來た, 段, 水面に, 汽車の, 法廷は, 泣き言恨み言が, 洗濯また, 海を, 海草の, 渠に, 溢れ落つる涙, 無から, 燒酎を, 物貰ひ, 特別な, 由來, 男の, 発動機船で, 直ぐ宮崎, 相續者, 眼を, 眼をと, 神に, 秀れた, 私が, 私においても, 私自身に, 秋川家に, 空間を, 立ちあがつた, 細い露地, 続ける, 老樹の, 聞きました, 肉体の, 腰を, 膝の, 自らの, 舞台の, 茶を, 菜を, 薯焼酎を, 街へ, 触つて, 詩の, 読み返して, 貴國, 踵を, 違つた相談を, 遣り直す事, 都合惡いものを, 長崎奉行の, 除草器を, 階段を, 階級性を, 隣の, 静かに, 非拍節的, 音も, 音韻以外およそ, 頭は, 飲まうぢ, 餌を, 饒舌り始めました, 馬鹿に, 高きを

▼ つてあの~ (257, 0.1%)

6 人は 4 男は 3 人に, 人の, 子の, 男の, 野郎を

2 [16件] おかめ, お方が, ひとは, 不幸な, 中の, 人が, 人を, 女の, 女を, 娘に, 家を, 手紙を, 方が, 方は, 邊で, 高慢な

1 [200件] あたりに, あたり数個の, いつも哀愁, お比奈坊, お浦, お米, きのふ鏡, くらゐ, ころより, ねあの, ひとに, やうな, をはり, エンマ様の, シユーマイを, ショーペンハウエル化した, セリフとしての, 一見靜物, 三つの, 上何んな, 上州の, 不安から, 主人が, 事が, 二日ま, 井戸の, 人あたしの, 人と, 人との, 人好きな, 人泣かせな, 人達僕の, 仁王樣の, 仕業さへ, 仲間らしく思はせよう, 位の, 位囚人に, 位日本が, 佐田やす子です, 体操に関する, 傲岸な, 兀頭には, 光は, 光景を, 叔母の, 名刺を, 吝嗇坊野郎を, 埃ぽい, 大學, 大身代, 奥さんを, 女は, 女以上の, 女達が, 妓が, 始末でございました, 娘にも, 娘の, 娘は, 娘を, 婆を, 子に, 客人に, 家の, 家へ, 寡婦さんに, 小屋を, 小説の, 小高い鼻柱, 少年の, 山の上の, 山雀の, 岸縁を, 川で, 川の, 巡査が, 巡査に, 巣窟に, 師匠を, 床屋子が, 店この, 店の, 建物を, 強情な, 形を, 御婦人, 悲惨事を, 戸棚の, 手摺の, 手紙の, 掛声なら出来る, 新らし, 方たちに, 方に, 方の, 方を, 方角へは, 方赤ぢや, 日の, 明るみから, 時あなたが, 時あの, 時あれ程の, 時お, 時から, 時は, 時以來一度も, 時僕の, 時出たら, 時分君も, 時叔父の, 時感じた, 時林田は, 晩の, 晩二人は, 晩庭で, 晩御, 晩淺草から, 朝何気なく, 朝別れる, 本郷の, 材木會社の, 松の, 梯子を, 様に, 樣には, 死骸を, 母親は, 泥を, 激しかつ, 灯籠の, 無造作な, 爺には, 特徴の, 犬ころの, 犬達に, 狭い通り, 田中の, 田舎者を, 由良家の, 男が, 男だ, 男も, 男を, 番頭さんが, 病院の, 病院横町の, 相手はちよつと, 石の, 私は, 笹の, 納屋に, 素振, 腐つた魚みたい, 腰紐が, 船出に, 花籠を, 芸者の, 若い連中, 荒くけば, 荒つ, 藤壺の, 裂くやう, 親切さうな, 言葉が, 赤ら顔のです, 路地から, 身上を, 辺は, 返事を, 通りおとなしく, 通りぢや, 通りに, 通りの, 通り喧嘩別れだし, 通り気に, 通り色つ, 連中の, 道をずつと, 道樂ぢや, 邸の, 酒は, 重たい愛, 金龍さんの, 錠前が, 鐘を, 鐵童が, 長い駅, 際あの, 雑誌を, 青い火, 青い竹, 頃と, 頃菱山は, 顏が, 風習は, 首根つこ, 體操に, 鬼の, 魔法使には

▼ つてやつ~ (257, 0.1%)

6211 たん 8 たこと 7 たが, て下さい 4 たのに, たもの, たりし, てくれ 3 たところ, たよ, てき, て來

2 [13件] さ, たから, たらマア野村さん, たりした, たりする, たり思ひ, ている, ておく, てくる, との事, は素早い, は苦手, もなかなか

1 [108件] からな, から待つ, がある, がなかなか, たか, たさうです, たため, たつもり, たもん, たやう, たらお, たらさぞ, たらどう, たらね, たらゴソゴソ, たら山村さん, たら彼等, たら真赤, たら苦笑, たら錢形, たら阿爺, たりどうやら, たりなどした, たり息, たり氷, たり私, たり繃帯, たり金, たわけぢ, たんで, た事, た為, た筈, だ, だな, だよ, ていただきたい, ています, ておい, てきました, てくれない, てるわ, てる幸坊, て下さいません, て来, て来た, と, とお, とこ, とこれ, とその, ととろ, とのこと, とローマン主義, と一つ, と一時, と一般人, と入廷, と出来上る, と出発, と初代, と十, と占領, と各, と帰庵, と引越し, と拾つて, と有, と楢雄, と正気, と此大鱒, と歩ける, と歸朝, と死ぬ, と死んだ, と海, と焼酎一合, と私, と薄暗い, と見合せ, と覚えた, と諦めた, と諸子, と買つて, と身, と連れ, と酔, と駕, と鹿島丸, の向側, は, はきらい, はさ, はじれつたく, はどうも, はなかなか, はよく, はヤケ, は恋愛, は手, は楽しい, は気の, は氣, は游がず, は解らない, をね, を好き, を申し分

▼ つてゐました~ (250, 0.1%)

3813105 から 4 ぜ, のです 3 か, がその, がね, がやがて, ね

2 [12件] からこの, からわたくし, がさ, がそれ, が姉, が近頃, が間もなく, つけ, のに, のよ, よお, わ

1 [137件] かぐらゐの話, からこ, からさがし, からそれ, からたしかに, からね, からねえ, からみんな, からもう, からデツク, から兎, から大方, から実は, から朝霧, から私, から随分, があの, がいつも, がお, がお玉, がかう, がここ, がこちら, がしかし, がしばらく, がす, がそれから, がそれでも, がた, がたいした, がどう, がどうも, がな, がふい, がぶ, がべつに, がまた, がやはり, がよく, が一向, が二人, が今, が今日, が住宅難, が何と, が何分, が俥, が健ちやん, が勿論, が右, が向, が和尚さん, が多く, が奇妙, が容易, が少し, が尼さん, が岩野氏, が広場, が彼女, が後に, が徒ら, が思ひ切つ, が或, が時々, が晴天, が構内, が樫, が此方, が湖, が皆, が私, が稻子さん, が空, が考へ, が血, が貴女, が軈て, が錢形平次, が風足, けれど, けれどどうして, けれど妹娘, けれど実は, けれど実際, この御, さうし, しこの, し無二, し私, し赤衣, し通り, ぜえ, そしてそこ, その鴉, それが, でせう, ところ不意と, と傳へた, な, に何, のが, のさ, ので, のでいまいまし, のでこの, のでこんど, のですべつて, のでちやん, ので一人, ので今日, ので何だか, ので何時も, ので前, ので方々旅, ので私, ので約束の, のにね野枝さん, のに打たれなかつた, のに矢張り, のは, の今やつと, はては気, みんなは, もの, よあなた, よ中でも, よ可愛い, わね, 天皇さまも, 奧さんそれから, 木の下に, 浮輪が, 皆な, 貴女へ, 青年と, 魚は

▼ つて其の~ (228, 0.1%)

3 ま, 考は

2 [13件] 事を, 人たちも, 人民の, 善導し, 奧に, 威力を, 手を, 日の, 男は, 緑の, 背後へ, 言動が, 間を

1 [196件] お蔭で, ために, 一つの, 一代の, 一般に, 一輪の, 一顆よりは, 上から, 上に, 下男どもが, 中から, 中で, 中に, 中心を, 事業に, 二は, 人に, 人の, 今様は, 仕事が, 会合の, 位知つてらな, 何れが, 何時でも, 側に, 傍へ, 價値を, 充分な, 内に, 内篇を, 凝る氣, 初め魯を, 前の, 包んだまま, 原稿料で, 句の, 名に, 名稱, 圓滿な, 土地を, 土着民族によ, 在野党, 在野黨としての, 地方の, 売る所, 夕靄に, 外周囲を, 大處, 女を, 妻や, 始終蒼白い, 姿は, 婚儀を, 存在を, 季節に, 學問が, 學問も, 実際を, 家に, 家へ, 寫を, 小じんまり, 山腹に, 席上で, 幹の, 度を, 度毎に, 後それが, 後の, 後一向, 御先払, 恢復期を, 意味とは, 意思は, 意義甚だ, 愚者に, 感情の, 成立に, 所ろに, 扉に, 手も, 手代は, 手配を, 批評の, 指を, 搾取つた甕をば, 教育を, 方の, 方面の, 既に體驗, 日を, 日本名の, 時に, 時は, 時代に, 最後の, 松の, 某邸で, 根元は, 根本的の, 植物は, 次に其の, 次に自分等, 歌の, 母親と, 毒の, 民たるに, 氣が, 活動の, 消えか, 湯武に, 満足を, 準備たるの, 滿足も, 為に, 爲に, 狂人と, 王の, 用事を, 用足しを, 男が, 畫題の, 異な, 當時の, 疑を, 疑惑を, 皮を, 盛觀を, 目尻の, 祕訣に, 稿料で, 突き當り, 端を, 簾を, 籠を, 精力を, 精神状態をも, 紙包を, 結果として, 結果は, 結果脳も, 絶對權の, 缺點は, 美しさ, 者が, 耳を, 聖典の, 能く, 興国の, 興國の, 舟の, 色香を, 花を, 茶碗を, 葉に, 藝術が, 藥箱の, 處女性を, 蝋燭を, 血を, 行によ, 行列虫の, 表題は, 裝ひでも, 製作に, 襟の, 規模の, 視聽, 記録の, 許可を, 訳本も, 話が, 語が, 議論は, 財布を, 賣る所, 身を, 連中の, 遺響, 都に, 閑雅な, 間おま, 間に, 間には, 電報を, 靈藥を, 音を, 頃の, 頃居た, 頑固な, 飯を, 騷ぎを, 鯨の, 鸚鵡の, 麓に, 黒羽二重の

▼ つて仕舞~ (225, 0.1%)

67 つた 22 ふの 16 ひました 144 ひます 3 つたが, はね

2 [15件] たいあゝ, たから, つたので, はれた, ひたいの, ひは, ひます第, ひ込んで, ふぢ, ふと云, ふので, ふ方, ふ餘, へあきらめ, へ思ひ切

1 [66件] たかも, つたかと, つたこと, つたやう, つたり, つたん, などを教, には久米, に其家庭, に紺, はうかと, はない, はなけれ, はれ猶, ひさうなの, ひその, ひたくなつ, ひぬ, ひましたが, ひましたけれど, ひましたの, ひましたのねエ, ひましたよ, ひますが, ひ同時に, ふが, ふこと, ふことばかりを, ふつもり, ふで, ふといふ, ふとキニゼイ先生, ふと一人娘, ふと云つて, ふと尻, ふと素, ふに, ふのに, ふべきもの, ふまで, ふやう, ふわけ, ふんだぞ, ふんだもの, ふ一口, ふ事, ふ個人, ふ其代償, ふ印度, ふ斯, ふ斯樣, ふ是等, ふ様, へ, へと怒, へば, へばそれ, へばそれで, へばどう, へば健康體, へば全然もう, へば嚢中, へば氣, へば立派, へ若し, ませう

▼ つて~ (220, 0.1%)

4 は君 3 の部屋, はこの 2 がこの, が書い, だつて, の唇, の肩, の顏, の顔, はその

1 [194件] お談話, があらん, がう, がお前, がどう, がもつてる, がウン, が僕, が出征, が君, が呑み屋, が困つ, が困る, が実際, が將來文科系統, が柳子, が螫, が行かない, が言, が階段, だつて林田, という人間, といつ, とお, と共に縁, と坂本君, にかう, にすがりついた, についてきた, には呑みこめない, には女生徒, には発言権, にまかせ, にまで判らぬ, にも小説, にや妹, にゐざり, に友人たち, に會, に欝, に渡し, に笑, に見せました, に話してた, に説教, に読ませた, に追ひ廻される, のあと, のお母さん, のこんな, のところ, のほう, のわきの下, のコツプ, の一文, の下宿, の不足, の中, の住ん, の作品, の先生, の処, の前, の勉強, の名, の好き, の弟, の得意, の思ふ, の態度, の我儘, の手, の扶, の文, の断る, の方, の旅行, の書く, の本箱, の村, の東上, の為, の熱心, の現在, の生活, の祖母, の空間, の考え, の耳, の胸, の腕, の腰, の臆病, の行色, の観る, の言動, の足, の足もと, の身體, の頭, の額, は, はあの, はあんな, はこんな, はさ, はそいつ, はそう, はちつ, はどうしても, はなんだか, はなんにも, はびくびく, はほんとに, はもう, はやつぱり, はズル, は一, は一人, は一寸, は一日飯, は何もかも, は内, は决, は多, は夜具, は大いに, は太宰治, は始め, は実は, は家, は小田原, は小説, は少し, は市井, は彼, は徹頭徹尾, は心あたり, は感心, は憎む, は所謂, は手當, は救, は新, は昨夕, は朔太郎, は東京, は根底, は桶, は棄てられた, は歴史, は気まぐれ, は決して, は演劇的同志, は牢獄, は独身ぢ, は男女, は社会主義者, は經, は羽根, は菊石, は評判, は講談, は身分, は近ごろ, は逃げ出し, は遠慮なく, は酒, は隣, は非常, は驚かない, へのひとつ, もやつ, も一ばん, も少し, も間貫一, や両親, をさそつた, をはぐらかしちやいかんよ, をもつ, をウン, を勵げ, を實際, を感動, を止める, を死, を温め, を睨みつけ, を見, を見詰め, を誘はう, を電話, 知らないよ, 阿父さん

▼ つてそんな~ (216, 0.1%)

27 事を 24 ことを 6 ことで, ことは 4 ことまで, ことも, ものを, 事は, 風に 3 ことが, ものは 2 事が, 事に, 立派な, 馬鹿な

1 [119件] お約束, こた, ことありません, こといつてる, ことぐらゐすぐ, ことしたつ, ことしたら, ことしてる, ことする, ことだらう, ことなら, ことに, ことまでねえ, こと別に, こと書いてる, ざまを, だらうと, ところは, ところへ, ところも, のない, ふうの, へまを, もの, ものかしら, ものが, ものだ, ものぢや, もので, ものな, ものにでも, ものばかりよ, ものへ, もんぢや, わけには, アコギな, ケチな, バァバリスティクな, 下手な, 不思議な, 乞食を, 了簡の, 事, 事な, 事には, 事云は, 事言つてあなた貴島さんじ, 人間の, 人間は, 余計な, 來歴といふ, 例は, 処に, 出たら目, 危ないこと, 危険物に, 君の, 呑気な, 場所へ, 壮麗さを, 夢を, 大事な, 太いこと, 女な, 女に, 奴ばかり, 妙な, 少年達が, 彼等が, 心理は, 心配は, 必需品が, 恥かしがりで, 悪口を, 悲しく恥, 感慨を, 戦きは, 手紙を, 時の, 様子を, 歪んだ方法, 気楽な, 氣に, 浅ましい御託, 無分別な, 無法な, 物で, 狭い量, 理窟を, 男から, 目に, 目には, 目腐れ金なんか, 真似は, 真似を, 約束を, 結構な, 置き所, 習慣の, 興味が, 船は, 花の, 草の, 虐たらしい, 處へ, 話が, 語は, 説明を, 遊蕩費を, 野郎は, 面白くも, 鞘当筋だけ, 顏を, 顔つきが, 顔を, 風を, 餘計な, 馬鹿, 點だけでも

▼ つてやる~ (216, 0.1%)

7 のだ 6 と云, のが 5 が宜, のです 4 ぞ, んだ 3 から, ことは, と, のに, ものか, ものは

2 [23件] か, かな, から一處, から毎晩泊り, がい, ことが, ことに, ことも, ぞつて, ぢや, つもりだ, つもりで, とお, とも, と云つて, と彼, と暫く, にし, もんか, やうに, んです, 人である, 位が

1 [115件] かそれとも, からいい, からおり, からと, からと伝へ, からと兄, からなう, から一処, から取れ, から子供みたい, から家, から往生, から此処, から淺川團七郎, から耳, から見, から覚え, が, がこの, がさ, が好い, けどさ, ことさへ, ことを, さ, し咳き込ん, ぜ, つもりである, とあれ, とい, といい, といひます, といふ手つき, といふ約束, といふ良家庭, とか殊に, ところだ, としてさしあたり, とその, とツヤ, と世界中, と両, と云つて私, と今度, と修一, と四十, と埼子, と子供等, と孫三郎親分, と早速, と柿, と犬, と猶, と申し, と笑つて, と約束, と言つて, と赤ん坊, と返事, と長い, と雪上, と馬鹿, に限る, のだつた, のぢやあ, のである, のでした, ので咲子, のに全力, のは, のも, のやれ, べ, べえ, までもない, ものかと, ものが, やうな, よ, より仕方, よ店, わあたし, わけにも, んだらう, んで一しきり, 事である, 事は, 事まで, 事も, 云は, 人間は, 仕事は, 仕事を, 侠気以上の, 先, 前に, 品々には, 品の, 品を, 嬉しさ, 心持で, 手伝ひ, 方が, 時だ, 樣子も, 氣さへ, 氣にな, 爺さん婆さんの, 私の, 積りで, 者さへ, 軍歌行進である, 隙が, 食べ物などを, 餘裕を

▼ つてそこ~ (212, 0.1%)

4 にある 3 いら, から土 2 に, にゐた, に作家, に作者, に坐る, に立ち塞がる, の主人, の柱, は何, を出た

1 [182件] からこちら, からこんど, からさつき, からすつ, からは乘客, からも多く, から一伍一什, から世界的, から乗, から乘船, から人生, から人間, から再び, から出, から山吹, から市長, から帰, から幾ら, から引き出された, から引返さなけれ, から我々, から持つ, から料理, から梯子, から水, から汽車, から瀬戸神社, から田植, から白い, から立つた, から紙ツブテ, から血, から跣足, から路, から逃げ出す, から通, から電車, から領巾振山, から馬, から高く, が兄, が特長, だけで心, だけ取, では主, では出, では更に, では死, では無数, では虚僞, でもまた, でも二三度落合つて口, で動く, で待ち, で探した, で玉蜀黍, にあ, にあつ, にこれ, にその, にづら, には, にはじめて, にはベスンバ種族, には何, には喜び, には大きな, には彫刻的省略, には明, には本, には決して, には淡路, には煤けた, には現在, には白帆, には石橋, には集団生活, にも店さき, にゐる, に一つ, に一二滴づゝ, に一日寐, に並ん, に人, に作法, に使, に半分, に卓, に取出された, に君, に善悪, に在, に壽, に大きな, に嫉妬, に寝た, に寢, に居る, に展, に引きこもり, に彼, に御, に心, に或, に戯曲創作, に戻つ, に描かれた, に散らば, に新, に新しい, に暫く, に歌合せ, に気, に独, に理智, に理論, に生え, に白熱, に穹窿形, に立ちどまつた, に終日, に置い, に考へ, に腹這, に菜の花, に行く, に見られる, に言語, に諏訪, に造花, に連, に長方形, のお, のアイノ部落, のズック, のフランス神父, の下手, の八五郎, の塔, の奥さん, の日だまり, の書生, の椅子, の橋, の法要, の甘藷畑, の窓, の裂目, の襖, の離, はいつも, は何とか, は少し, は旧藩時代, は馬車, へ並べた, へ庄馬鹿, へ引つたてられ, へ来る, へ白色レグホン, へ藁莚, へ鬼頭, までのこと, までは望まぬ, まで出, まで思, まで見送り, より瞰む糺問法官, をつ, を出, を出る, を引きあげ, を探し, を暫く, を無理, を立ち去り, を自分, を舟, を踏ん, を離れた, を離れる, を高調

▼ つて~ (207, 0.1%)

5 に持つ, を洗 4 の中 3 に持つた, を合せ, を拍, を振つた, を振り

2 [17件] でも握, に, に取つ, に手, をあげた, をつい, をのばし, を出す, を動かし, を叩い, を合せた, を拱い, を挙げた, を振つ, を携, を洗つて, を觸

1 [144件] から手, がそれ自身意志, が出せぬ, が如何, が届き, が滑る, が種々, が自由, すりにく, つけねえでたかも, つ取り早く, つ取早く, づから掃除, では前, で以, で指図, で畳, で筍, で顏, なづけようと, にあつ, にし, にした, にしなかつたひよつ, にとる, にはめ込む, には折つた木, には重たい, には銹びた針金, にもつ, にもつた, に一ぱい, に何, に入る, に取, に取る, に塗つてそれ, に提げた, に攫んだ, に渡し, に觸, に赤い, に食器, のある, のちぎれる, のつけよう, の上, の付けやう, の届く, の延び, の指, の置き場, の触れられない, の音, はある, もあり, も出しません, も触れない, も足, も餘, や足, をあげ, をあて, をうしろ, をこすり, をた, をついた, をつかん, をつけかね, をつけず, をつけないである, をつけなかつた, をつけられません, をつける, をつない, をつないだら, をとり引き立てる, をにぎりました, をはなした, をひく, をふり, をふります, をやつ, をブルブル, を上げた, を付ける, を伸ばし, を入れさせなかつた, を入れる, を其処, を出さない, を出されれ, を出し, を出した, を取, を取り, を叩いた, を合, を合し, を合せたかれ, を合せました, を合せる, を執らぬ, を執る, を差しだしました, を差し出した, を差し延べた, を差伸べ, を延ばした, を延べた, を引き, を引籠め, を打ちなら, を打つ, を拍つて, を拍つて驚嘆, を拱く, を振, を振る, を揉ん, を握, を握つ, を握られ, を握り, を擦つた, を擧げ, を支い, を支え, を映し, を浸し, を添, を當, を突, を繋ぎ, を胸, を裏, を輕, を退る, を離さう, を離す, 捕りに, 攫みで, 迄全く, 離しましたよ

▼ つていい~ (205, 0.1%)

22 ぢや 8 くらゐ 7 かも知れない, でせう, んだ 6 のか, のだ, のである 4 かわからない, だらう 3 かどう, のよ, やうな, わ

2 [11件] けど, さ, だらうか, とまで思ひつめた, ものだ, やうに, よ, んで, んです, 気にな, 氣に

1 [94件] あの身だしなみ, か, かも知れん, からあたし, からである, かわからなかつた, か分りません, か自分, か解らない, が兎, が忘れ, が私, が訳す, くらゐだ, ことじ, ことだけは, こととは, ことな, ことに, ことよ, ことを, さうし, し杉枝, し義經, だろう, であらう, ですか, ですね, というお許し, と信じ, と思つて, と思ふ, な, ね, ね少し, の, のかい, のかも, のが, のだつた, のだろう, ので, のであらう, のであります, のです, のでせう, はずである, ほどでした, ほどなそして, ほどの感情, ほどの自然さ, ほどの足どり, ものか, ものが, ものだつた, ものだらう, ものである, ものでない, やうだ, よう, ようだ, ようと, よう死んだ, らしいん, わといつた, わ今日, んじ, んだらう, 一人旅だつた, 事よ, 位だ, 位である, 位な, 位酔つてし, 勉強に, 喜びやうであつた, 年だつた, 恰好だつた, 換えれば, 時代に, 本を, 気の, 気持さうに居眠りを, 気持に, 氣持が, 男だつた, 町内の, 程の, 筈だ, 處です, 訳だろ, 部類に, 音が, 顏色を

▼ つて~ (202, 0.1%)

6 變な 4 喧嘩を 3 威張りに, 怪我を

2 [11件] ぜい, に咎めあり, に失ふ, 威張りで, 學に, 學の, 時計の, 聲で, 聲に, 萬燈を, 部分は

1 [164件] あぐらを, いびきで, いんだもの, えこと手間打, がい腐ります, きい分を, そう大事, そう威張, それたこと, それた五重の塔, それた荒稼ぎ, それた闘争, ちやんの, ちやんも, である, なり, なり故に, なる, なること, なる不幸, なる凶, なる影響, なる恩惠, なる脅威, なる自我, な材木堀, に共鳴, に參考, に嘲ける, に変化, に弛み, に怒り, に悔, に悟つた, に悦び, に愕, に敗れ, に有利, に榮顯, に發達, に糸滿通, に自由党, に自由黨, に自負, に辛苦, に鞭撻, に驚き, びらで, ぴらに村へ, ぶ離れて, へん仲好し, へん失禮致, へん美しい, を掩, ツ平に, ニコ, 丸髷の, 主人の, 乘ぢや, 事業の, 仕事を, 伽藍を, 劇作家山本有三は, 劇場を, 助かり, 匏の, 喜びだ, 喜びで, 外れに, 多数者には, 好評で, 嫌ひな糠味噌の, 學には, 學を, 學中庸といふ, 守護靈と, 宴会が, 寢坊だ, 屋根へ, 工事を, 年増から, 往還に, 怪我など, 恐慌を, 恩ある, 恩人たる, 悦びでした, 悪党の, 打撃を, 掃除の, 掾は, 擧し, 新聞を, 旅団の, 柄杓で, 楯の, 殿様が, 気焔を, 氣を, 汗を, 決心を, 泥棒だ, 演劇祭に, 濤の, 玄關で, 玄關にか, 盃に, 盡風を, 真面目だつた, 禮服の, 禹が, 程平気, 窃み, 笊を, 笑せ, 笑ひし, 笑ひでした, 笑を, 箆棒だ, 糞を, 納戸の, 耻を, 聲を, 胯で, 膨脹と, 膽で, 膽に, 膽にも, 自然の, 苦しみを, 蛤でも, 衍暦が, 衍暦と, 詩人を, 誥を, 議論の, 變でした, 變といふ, 變博學な, 變叮嚀に, 變意譯を, 變精神的に, 變設備がい, 貿易を, 賑か, 賽錢箱の, 部分補つてゐた, 都会や, 都會を, 金持ぢや, 鉄橋を, 銀杏の, 鑿で, 騷ぎする, 騷ぎをやつたんですぜ, 騷動だ, 骨折つて長押に, 體の, 體を, 體之れ, 體二重の, 體東周の, 體系を, 鼾を

▼ つて~ (201, 0.1%)

20 の中 12 を出た 5 の方, へ歸 4 へ帰, を出る 3 に歸, へ帰る

2 [11件] と家, に入, に戻, のもの, の人, の内, の者, へ帰れ, へ持つ, へ歸ら, を出

1 [123件] から一, から持地, から瓶, が時々, が貧しく, じうそろつてお茶, つていう, と云, にある, におきました, にぢ, にはひつ, にはひる, にはセルゲイ, には殆, には滅多, にやを, にや親, にゐ, にゐた, にゐます, にゐられない, に上つた, に寐, に居, に居ない, に居る, に帰, に帰つた妹娘, に帰つて, に帰り, に帰る, に持歸, に病人, に蔵せられ, に駈け込む, のお父さん, のこと, のなか, のなかつた, のま, のみんな, の一番奧, の事情, の人たち, の前, の前後, の反, の周圍, の命, の圍爐裏ば, の外, の外廻り, の建て, の横, の活計, の爲, の用事, の経済, の背後, の芸, の負債, の跡, の近く, は学校, は飛ん, へかけこん, へかへつて, へかへる, への道, へは帰らぬ, へ上つたの, へ使, へ入り, へ入りました, へ入れない, へ入れなかつた, へ寄せつけ, へ帰されました, へ帰つた時, へ帰つて, へ帰らう, へ帰りかけました, へ帰りました, へ引, へ引き取りました, へ戻, へ戻つ, へ戻る, へ来た, へ来られ, へ飛び込んだ, へ駈けこんだ, まで届け, も姉さん, をあけや, をいきなり, を一, を保ち, を出かける, を嗣がせ, を失ひ, を守り, を建て, を建てた, を忘れた, を恋し, を抵當, を担ぎ去られ, を持つ, を揺がし, を立ち出た, を継いだ, を締切つて八時近く, を繼ぎ, を護ります, を讃め, を貰, を追, を逃げ出さなけれ, を逃げ出した, を離し, を飛び出した

▼ つていらつ~ (199, 0.1%)

102 しやる 41 しやい 13 しやいました, しやいます 8 しやいまし 6 しやつ, しやらない 2 しやいね 1 しやいと, しやいと言, しやいよう, しやるだらう, しやるだろう, しやるです, しやるでせう, しやるらしい

▼ つて見れ~ (191, 0.1%)

5 ばそれ 4 ばその, ば彼, ば自分 3 ばお, ばそこ, ば己, ば解る

2 [14件] ば, ばあの, ばあんな, ばこの, ばこれ, ばまア, ば一種, ば人, ば今, ば何, ば山上, ば待ち歓ばれる, ば私, ば赤

1 [134件] ばあなた方, ばあるじ, ばいくら, ばいろ, ばかうした, ばく, ばこいつ, ばさ, ばさすが, ばさつき, ばすべて全体, ばずつと低い, ばどうしても, ばなにか, ばねらつ, ばのこと, ばひい, ばまばら, ばもしか, ばやつぱり, ばやつぱり窕子, ばよかつ, ばわかります, ばわけ, ば一日, ば一番, ば一種人間的, ば不思議, ば事件, ば何と, ば何処, ば何時, ば俳諧, ば傍, ば僕, ば僕等, ば兩君, ば其所, ば刀自, ば別に, ば利, ば前, ば力, ば十六世紀末, ば十行位, ば南宋, ば印度, ば却つて, ば及ばず, ば可愛い, ば同, ば向, ば單調, ば外國, ば大抵一度, ば天井, ば夫婦枕, ば如何, ば子, ば孰, ば実際, ば山, ば山家, ば屹度, ば差當, ば平凡, ば幾許, ば弟, ば当然, ば彼女, ば彼等, ば彼譬諭, ば御, ば愈, ば愚か, ば手, ば打ち明けた, ば採, ば敵, ば文化四年二月, ば文芸的素質, ば斯, ば旅, ば昭憲皇太后, ば朝鮮人, ば本当, ば本村, ば朽ちかけた, ば林氏, ば染めた, ば案ずる, ば椎, ば此時原稿, ば此處, ば死骸, ば殊さら, ば母, ば気狂, ば江戸将軍, ば決して, ば渋面, ば渦巻, ば源氏, ば無理, ば無論, ば牧色, ば犬, ば生き, ば田舍, ば町人, ば相, ば確, ば神, ば神経的, ば私自身今後, ば結婚同様, ば絵具, ば縦ひ生駒山, ば美味い, ば自ら, ば自ら前代凡庸, ば自分達, ば英語, ば華やか, ば蒼空, ば詩人, ば貴方, ば足, ば迷惑, ば闇屋, ば雜, ば難問題, ば面白から, や此

▼ つて居り~ (189, 0.1%)

4 升た 3 その下 2 これは, さうし, それを, 私は

1 [174件] いくら呼ん, お久良, お君, お葉, お關, お隣り, お靜, けふ, この兇行, この地元, これを, そこい, そこから, そして私, そして莊子, その上横, その中, その令息, その側, その傍, その出, その川原, その機能, その珠, その長男, その間を, その頃町家, それから先, それが, それと向, それに, つまり通用, といふ描写, ともすればそれ, ながらある, ながらなんと, ながらまあ, ながらも退け得られぬ, ながら二人ぎりになると子供, ながら何故, ながら此世, ながら片時, ながら群馬縣利根川, ながら藝文略, ながら非常, なほよく, はしない, ぽつ, また人生, また肝腎, やあした, やがて出現, やヘン, や占めた, や深川, や湯, や澤山, や知れず, や自分, よしやその, よその, ア三百六十六日目に, ラツパが, ロヨラの, 一と, 下手人は, 不幸や, 中程から, 主人清右衞門の, 主殺し親殺し, 乍ら低い, 二本揃つ, 今は, 他の, 伊與之, 低い葡萄棚, 佐吉と, 何, 八五郎の, 八重山の, 内儀の, 再稲荷, 分限者三芳屋の, 別種に, 前方から, 卓子の, 却て, 又唐, 又長年卿, 右の, 右手は, 同時にまた, 唐の, 四十歳ごろから, 四庫全書總目提要にも, 四方見開きの, 四歳で, 壯于趾, 大きな前掛みたい, 大乗仏教若しくは, 大石練吉が, 天の橋立などの, 天満宮の, 奥の, 妙に, 娘も, 實驗の, 寶屋を, 対決が, 小説稗史などを, 尚その他, 尚ほ, 崖の, 左千夫のは, 当時は, 彼を, 御看病, 徹底した, 或は波斯, 戸棚が, 所謂梅氏古文が, 拔い, 明治三十六年九月には, 昨夜は, 昨夜八五郎と, 是が, 晝も, 更に接尾感動語, 更に氣, 村端の, 村端れ, 枯茅の, 櫻の, 正則科は, 此外に, 此用法は, 此處に, 此邊は, 死骸の, 殊に私, 母の, 民政の, 決して逢引, 油蝉が, 濠端には, 物置の, 物見櫓の, 特に兵科, 田舍の, 留守は, 眞率憂思の, 私の, 秋津の, 窓外の, 箱の, 細部は, 縁側の, 而も, 舞台の, 舞臺も, 色々の, 苟くもイギリスの, 著述といふ, 蔡氏は, 薄板の, 言は, 豊後風土記, 贅澤さも, 長男であれ, 閉伊郡大澤牧糖部郡七戸牧同, 雨戸を, 鞠の, 音譜箱には, 餘程の

▼ つて~ (189, 0.1%)

18 覽なさい 106 覽に 4 側の, 米は 3 呉れ 2 兩親に, 心に, 父さんに, 相談申したい, 米に, 米の, 覽じ, 覽下さりませ, 迷惑かと, 迷惑で

1 [124件] いで, くんな, しまひなさるで, ところへ, らんに, 上げなさいな, 両親に, 主人に, 主人は, 主人總七樣の, 仕舞なさい, 使の, 係の, 信仰の, 信心が, 内儀を, 出, 出でなさいと, 出入と, 出席を, 出府を, 出掛に, 出現に, 出立なさいました, 即位の, 厚志を, 友達の, 同様わが, 呉, 呉なんしよや, 墓を, 客なら, 客の, 客來です, 家族を, 家督に, 封といふ, 尊父様の, 帰りと, 年始の, 心も, 愛嬌の, 手が, 手助する, 挨拶を, 揮毫が, 援助を, 料理といふ, 暇乞を, 月見が, 様子を, 樣子だ, 母さんや, 母堂弟彌, 気の毒です, 父さんの, 父さんは, 父樣の, 獨身の, 用人を, 申譯する, 病気が, 病氣の, 相談し, 眼に, 祈祷し, 祝ひの, 祝儀を, 神燈の, 禮に, 禮を, 米も, 經を, 編纂なされた, 羨ましく存じます, 老中の, 老衰を, 聽き下さつた, 肯入れなさらない, 臍が, 自分で, 自身の, 苦労させます, 苦勞千萬向島の, 苦勞樣と, 茶を, 褒美を, 親類方に, 親類方も, 覺よ, 覽きつ, 覽どこが, 覽な, 覽なはれ, 覽にな, 覽の, 覽ジエィン, 話ししたい, 話したいでございます, 話したいの, 話する, 話申し上げます, 認めに, 貰ひなさい, 貰よ, 赦免の, 赴任に, 足の, 辭退申上げます, 近作を, 返礼に, 迷惑です, 迷惑なるべし, 迷惑に, 遠慮なく仰し, 邪魔する, 邪魔に, 里で, 鑑定なすつ, 隱居樣御居間に, 領主へ, 頼みを, 風邪を, 養生のみを

▼ つて~ (188, 0.1%)

4 から姫 3 にも無い, の二人, を振返つた, 段々あり 2 に自分, の事, は機嫌, を促しました, を振, を追, 還つて來

1 [158件] いよいよ心地, いろ, からだ, からつい, から入, から入る, から当人, から後, から新しい, から来た, から門口, から随, から隨, から面倒くさい, から駆け, がへり, が怖い, が高利貸, くされが, この絹, さうし, さてあまりに, して, しゆんと, じての, その人, でその, では, で後悔, で泣かれ, で獨, で腹, にあ, にくつ, にこそと心, にし, にだ, にはこれ程, にはた, にはふ, にはヴォルテール, には其シヤツ, にまた, にも国造家, にやつ, に事, に何となく, に其祭祀, に其養嗣子, に出でた, に出来た, に反, に土師部, に壱岐坂, に宗教, に引返した, に成功, に改めた, に此等, に殘, に殘つたの, に浄写, に火, に然, に症状, に腹違, に西, に蹤, に附, に附せられた, のこの世, の世, の人, の佛教者, の呪藏, の喜び, の坊主ども, の夜著, の始末, の山, の彼, の戸締り, の手拍子, の押入れ, の方, の明日, の棚, の水, の発刊, の研究, の祭り, の話, の貞操, はお, はその, は僅, は冬祓, は帝国劇場, は疏食水飮, は解し, は語らない, は音沙汰, ふたたびアイルランド, へさ, へふんぞり, へ出た, へ残し, へ脹れ, までかうした, までも行, もかかる, もやはり, も一代彼, も何, も其ナツカシ味, も前後四時間, も四人, も尚, も武蔵, も畑浦, も疑, も若い, も萩, も見ず, も長く, よく, より, をつける, をも向かず逃げ出し, をも見ず, を促, を促す, を向い, を向きつ, を振向いた, を放散ら, を締め, を見い, を見れ, を跟, を追う, を限る, 両方面, 久しく志, 仕末, 再び艇外, 十四日に, 取るの, 呼べば, 始めて綜合的客観詩人, 更に何處, 添へ, 行く事数十里, 退るやう, 送つた手紙, 還つて, 預からないと, 頭にだけ

▼ つて~ (187, 0.1%)

3 一つ不思議が 2 しても, もとの, カーテンに, 俯臥した, 東京へ, 自分達を, 非常に

1 [170件] あらたな, あんな気違, いつも新た, いろ, おつぎ, お前気が, お姉さん, か, ぐたりと横に, ぐるりと, これを, こんなに騒がれる, こんな馬鹿, そこらを, その癖百合さん, それは, た尤も, た支那人, た林, つまらねえ遠慮, どうせ自由, どつと, むつくり起き, もぐり出て, もオデオン座行き, やめる, ジンリヒ・エローテイツシユの, スツと, ニイチェ哲学の, ニヤニヤする, モオタアボオトを, 一つの, 一つ劇しく蹴つ, 一つ石段を, 一寸默つて, 七の, 三つばかり, 世の, 両力士, 主人に, 之を, 九面まで, 二杯目を, 人生に対する, 他人の, 他者性は, 仰山に, 余分な, 作る, 作意の, 例の, 偉大なる, 働きかけるもの, 僕は, 僕等の, 儀式の, 元の, 其妻に, 内部に, 出直す時間, 利男その他を, 前の, 勉強が, 勞働運動者の, 半町程, 反曲, 口元に, 古い日記帳, 台所へ, 同一の, 同時にさ, 咳き入り乍ら笑, 喧嘩が, 單なる, 噴き出す, 國家的社會主義者も, 土手と, 大廻りに, 姿見へ, 宇宙本源が, 宜道, 家で, 家を, 少し心持, 左傳と, 帰つて, 帰りに, 床に, 床の, 張る氣, 彼の, 急がしさうに, 恐ろしくなつ, 恰も瓢, 戻つて, 戻つて來, 手數のか, 持つて, 摂津の, 支配人の, 文学史上の, 斯う, 新しい名物, 日本に, 明らかな, 暫くは, 更に俘虜, 書斎へ, 椅子へ, 機械の, 正體, 此問題に, 此方へ, 歩くこと, 歩くべき道, 沈みかけて, 泣くの, 淋しい微笑, 濁りなき, 濠洲では, 炎の, 無上の, 町へ, 異樣, 痘痕の, 白甜瓜を, 皆さんに, 皆に, 目を, 直ぐ使つた, 直接若く, 眞の, 眞正の, 神田へ, 福は, 笑つた, 笑はれた, 筆を, 紋次郎の, 素晴らしい決斷力, 職工の, 自らの, 自分の, 自分以外の, 自然的生の, 船の, 茶の間の, 蕪村の, 行くべよ, 話し續, 認識する, 誘ひ出す氣, 變化した, 車に, 通りへ, 連れて, 過去へ, 遠方の, 選りに, 都会へ, 酒を, 鏡を, 長慶太神宮御, 霞亭の, 青森から, 非存在, 飛蝶の, 餅を, 魑魅の, 默つて眺め

▼ つて~ (186, 0.1%)

6 を伏せた 5 の前, を白黒, を閉ぢ 4 の色 3 のま, をつぶつて, を覺

2 [16件] がさめる, の下あたり, の中, を, をつぶる, をつむ, をやつ, をパチパチ, を堅く, を据えた, を瞑つ, を細く, を見, を見張りました, を覚した, を覚ました

1 [120件] がきら, がくらむ, がだんだん, がつぶれよう, がシヨボ, が動く, が廻つて涙, が潰れた, が見えない, が覚め, が覚めた, が變, が醒めた, が醒めない, が醒める, くばせを, だけがグル, だけが見え, で, でガラツ八, で探す, で見る, といはず, と眼, と耳, にあてた, にいつ, にしみる, にちらついた, につく, には一杯涙さ, にぼつ, に一杯涙, に愬, に映, に沁みる, に涙, に立たぬ, に見え, に見えぬ, のふち, のやり場, の上, の下, の優劣, の先, の凹んだ, の廻る, の置き場, の覺め, の障子, はもう, は伏せない, は実に, は眩ん, は糸, ばかり光らせました, ばたいた, ばたき, も放さず, をあけた, をあげ, をかすめ, をさまし, をさます, をしば, をしばたたきました, をつぶ, をつぶつて歸つて來, をつぶり, をつむりました, をとぢ, をぱち, をぱちくり, をまるく, をむいた, を上げる, を丸く, を伏せ, を伏せました, を伏せる, を休ませ, を光らした, を光らせ, を光らせました, を凝らし, を剥いた, を勞つて, を反らす, を天井, を害する, を寄せ, を廻し, を慣らし, を拭つて, を据, を擦り, を放さず, を放つ, を痛める, を眠つて, を眩まし, を瞑る, を突い, を紙, を見合せ, を見開く, を視, を覚したる, を覚まさされた, を転じた, を輝かし, を轉, を逆, を開く, を顰め, を養, 覚めそれに, 配せを, 醒めるとか

▼ つてしまつて~ (185, 0.1%)

34 ゐた 6 ね, ゐたの 5 ゐて 4 ゐたので, 居た 3 はいけない, ゐます

2 [11件] からバスケツト, から品子, から氣, た, はこれ, はどう, は出, もい, も関, よ, 居たの

1 [98件] からああ, からおばあさん, からでもあの, からでもたえず, からのところ, からは, からはそれ, からはジゴマ, からは手風琴, からは變, からもう, からも其, からも私, からやう, からわたし, から一年目, から二人, から仕, から全, から妙, から彼, から急, から日本人, から春三郎, から皆, から私達, から種々, から聊か, から良寛さん, から落し, から言, から諺, から顏, から龍吉, さしつかえが, たつた一人, たの, なくなつ, ねえ, ねその, ね早速, ね月末払ひといふ話, ね氣病みと, ね電車, はあと, はお, はおもしろく, はどうにも, はなん, はまじめ, はやりきれなかつたらう, は其, は加藤君, は厭, は堪らない, は大変, は彼, は折角, は東京, は甚だ, は町家, は面白く, は頭, は駄目, も, もうつら, もそれから, もそれに, もまだ, もよい, も何一つ, も俺, も好い, も此處, も私, も自分, ゐたから, ゐたが, ゐた私, ゐました, ゐますし, ゐら, 啼く鴉, 困つて, 困ります, 居た林三郎, 居て, 居り升, 生きて, 置いた, 置いて, 置く方, 色褪せて, 若い紳士達, 著しく価値, 遠千鳥, 長すぎた, 面白くなく

▼ つて~ (183, 0.1%)

2 すつかり脱い, それに, てし, またお前さん, チヤンと, 吉野に

1 [171件] あたしさつきまで, あたしを, あの女, あの專賣局, あんたの, いいえズッ, いまの, うつちやつて來る, え, えから, えサ, え人間, え婆, お前さんの, お前さん家も, お義母さま, こちと, この先, この辺, これから当分こ, これを, ごたごたしてた, さうかと思ふ, さうし, さうだらう, さつきは, するとその, そこへ, そのひと, その言葉ひとつ, そりや, それから俺, それから毎月一度, それだ, それでも俺, それで取, それで始終何だか, そんな薄情, そんな處, ちよつと, ぢあげる, ぢれた, ぢ倒しました, ぢ込む, とても醜態, どういふ, どうしても時々これ, どうしても返し, どうも済まなかつた, なぞと, なんにも云, ほんとに気の毒, ぼつちりともは, まあ君, まことに取扱, むつて, もう彼此十日餘, やつと, やれ家, よく僕, イボタの, ウフ, ツ, ツイ格子を, ヘツヘツ, 一目惚れ, 丁度今, 三千円貸し, 上樣も, 五十年輩の, 今うちから, 今の, 今は, 今も, 今日は, 何だか羨し, 何も, 俺は, 借賃, 先達ての, 兩國の, 八, 其が, 助役さん, 勿論弘一さん, 十人ばかり, 厭アな, 古宮の, 吐いたん, 君の, 喧嘩も, 四五日前に, 土地に, 太つた, 女房といふ, 好い氣味, 家の, 實は, 寺が, 小母さん私に, 少し解らない, 布団を, 彼方此方と, 往々それ, 御褒美, 恰で, 恰度汽車が, 惜しいこと, 懷中が, 手數のか, 支度は, 早くお家, 早速煙草屋, 景気よく, 月末払ひといふ話に, 有り難う, 本當, 本郷中で, 柄杓で, 母が, 母さん, 毎日の, 氣の, 氣病みとでも, 満洲, 無口で, 無禮講, 然う, 煙草屋と, 爺婆げつてわし等げ斯うた物遣し, 狂ひ死しました, 生憎親類, 皆から, 皆の, 矢來ぢや, 福ずしが, 私あ, 私なんぞも, 私の, 突然パパ, 笑は, 聞いたわ, 自分からは, 自分で, 自慢でした, 自身も, 色々と, 英語や, 西洋の, 親分かう, 親父が, 許しませんでしたけどもね, 誰も, 豫科の, 貫太君の, 走つて帰つたの, 趣味も, 追つかけ, 途中も, 金田君は, 鉄造さん一本頂戴, 長い嘴, 阪急沿線に, 隣りの, 隨分や, 隱す, 電車が, 飛んだ御, 飛んだ洒落た隱, 鬼頭さんたちが, 黙つて

▼ つてこと~ (182, 0.1%)

7 になる, よ 6 だよ, はない 5 がある 4 がわかつた, もある, もない 3 だが, ですよ, なん, は, は私, を知らない 2 がわかつ, だ, だから, ないわ, は想像, は知, を, をさ, を忘れ

1 [103件] あおら, あのへん, からさうな, が, があり得よう, があるでせう, がこんなに, がそんなに, がちやん, がどうして, が兄さん, が分かつ, が分つ, が分つた, が生々しい, が直, が知れ, が確か, が罪悪, が解つたの, が解つて, ごぞんじ, だけは言, だつたん, だらう, です, ですわねえ, でも, とおんなじ, どうしてわかつた, なしに, なのね, にし, になつたん, になり, にはなつてる, によるとそ, に拘泥, ね, の種, はあなた, はあるまい, はいい, はお, はお前たち, はこれ, はご, はさ, はしない, はたいした, はたしか, はどう, はひと, はほん, はまつたく, はもう, はわかりました, は不名誉, は出来る, は卑屈, は妾, は底, は御存じ, は我々, は有る, は殆ど, は皆, は知らなかつた, は知りませんでした, は聞かない, は誰, まで突き, もあります, もな, もないだろう, もなく, もテスト, も出来なから, も出来ません, よおら, よお前, よそれぐらゐのことをしてやらなきや, よそんな, よちやん, よどうせ, よみんな, よりなん, よりも確か, よ此方, をたつた, をよく, を保證, を教, を生き, を知, を知らせ, を知らねえ, を私, を覺, を言, を青町, 忘れてたわ, 新しく勝利

▼ つて二人~ (181, 0.1%)

5 して 4 の話 3 の女, の子供, の談話 2 のため, の令嬢, の女達, の様子, の死骸, の男, は仲よく, は暫し, は聲, 共々重なり

1 [143件] がたしかに, がひそひそ, が一緒, が一致, が争っ, が互に, が今, が仕事, が新婚, が樂, が求め, が百本杭, が船, が見合せた, が遣ふ, が黙つ, だけで住みたい, だけになる, だけの愛, だけ返す, だつて, つ切り, でこれから, でさして, でしきりに何やら, でど, でまた, でよく, で一緒, で二階, で写す, で坐つた, で塔, で山羊, で枕, で真夜中, で稼ぐなり, で笑つて, で見, で話してる, で電車, で食べようか, で駿太郎, で高笑, とある, ともあんまり, ともおんなじ, とも切ない, とも帰し, とも彼, とも懐古的, とも歌, とも汽車, とも眼, ながら個人, ならんで, になる, には後向, に云, に持たせ, に罪, のお嬢さん, のつながり, の争論, の云, の令孃, の仲, の位置, の写真師, の到着, の印度人, の友達, の女子, の姉, の娘, の娘達, の子, の客, の小, の後, の心配, の懐中時計, の打ち, の方, の氣持, の盲鬼, の若者, の衣類, の足, の近く, の間, の関係, の隙, の頼, の顏, の顔, の鬼, はいつ, はしばらく, はすたすた, はその, はそれ以上何, はどこ, はまだ, はわかれた, はスキヤ橋, は一緒, は丁度, は伊豆, は俯いた, は再び, は別れた, は声, は嬉し, は意外, は排除, は明るい, は時々, は暗い, は暫く, は立ち上つた, は笑, は笑つた, は結婚, は觀音樣, は部屋, は都, は鋸, は雨, は髪, は髮, も殺され, も育てられない, をお腹, を捨て, を見詰め, を見較べ, を迎, を送り出し, を顧みた, 並んで, 取り逃がした, 居られる身

▼ つてからも~ (176, 0.1%)

7 私は 4 父は 3 丑松は 2 すぐ弟, 五分か, 僕は, 其性癖が, 單に, 容易に, 幾度か

1 [148件] あれこれと, あれこれ思ひ, いつまでも, うかれこれ十五六年, おつぎ, お品, かれ等, この折, この習慣, この風習, さうし, そこでは, その昔, その次, その男, それは, それを, そんな程度, た, たか子は, なかなか睡れなかつた, なほ光り, なんだかそれ, ぼつとして, まだまだ楽, まだ泣い, もう一月, やはり行, よく思想問題, よほど時間, オクサーナは, ドクトルは, ヘエ, 一さいを, 一回都合四回養子先と, 一年位は, 一度こんな, 一度も, 一日として, 一日中彼の, 一日二日三日四日と, 三四代主人が, 三四度智恵子を, 三四度智惠子を, 下流から, 二人は, 二度とあれ, 二度ばかりや, 人が, 仲, 何となく物哀れ, 何んかの, 何度も, 何時赤痢が, 依然として主人, 俊坊は, 信一郎の, 全く此方, 其の足, 其を, 其以前に, 册子の, 写真の, 列伝に, 初代は, 別にこれ, 加野は, 勘次の, 千代子が, 却, 却つてそれまで, 同じく嚴肅, 同治四年, 場合に, 多少やわらか, 夜もすがら太鼓, 女中は, 妻を, 娘の, 娘は, 婆さんは, 孝行で, 学者なぞの, 室に, 寺社奉行などは, 山猫のに, 常に周囲, 幾島の, 彼の, 彼は, 彼女は, 心が, 扉の, 手紙を, 折を, 既に十七年, 早くは, 明日話さね, 時々こし, 時々眼前, 暫くの, 暫くは, 暫く無言, 暫らく眠れませんでした, 書記室では, 替り狂言, 杉村は, 欧洲風の, 武家時代には, 死んで, 浮田村の, 滝だけが, 特別に, 男と, 疲れては, 癩病に, 盛んに, 相変らず, 矢張り今迄の, 矢張り仕合せとは, 矢張不, 私の, 続けて, 美奈子は, 翁は, 胸騷ぎの, 自分の, 自分は, 色々恐ろしい, 芝から, 若い妻, 菊次郎さんの, 薪割で, 街に, 西洋人は, 見舞ひ, 貪り見た, 遅くまで, 釈台を, 長い間, 関は, 随分いい気, 隣室の, 預かつて, 飲むつもり, 駿介の, 駿介は, 鳥羽の

▼ つてからの~ (175, 0.1%)

8 ことで 7 ことです, 事だ 6 ことでした 5 ことである 4 事, 方が 3 ことだ, 彼の 2 ことに, ことを, 事で, 事である, 事でした, 事で御座います, 私の, 私は, 話では

1 [110件] あたしは, ある晴れた, ある朝, お玉が, お節は, お靜, からだを, ぎごちない, こと, ことが, ことそれ等の, ことであります, ことと, ことなら, ことまで, こと同時に, ところは, ながめは, ツそりとして, 一人つ, 一個月が, 事か, 事かしら, 事が, 事でなく, 事を, 事爲樣事なし, 二つ名古屋へと, 二ヶ年間の, 二人は, 五十年だ, 交り, 仕事だらう, 仕事の, 住むべき部屋, 佐瀬家に, 作が, 僕の, 僕は, 全期間, 出來事で, 出來事でなけれ, 出来心では, 動作が, 名で, 名を, 変更部分の, 大野の, 太田はずつと, 子供の, 学校ほど, 學校ほど, 彼には, 彼れ, 彼女の, 彼女は, 後は, 御感想, 思ひ出ばなし, 恋で, 慈海の, 憔悴れ, 或る, 或日, 手は, 手紙には, 新しい民譚, 新作ださうです, 方がよ, 暮しが, 最初の, 架け替へ, 樣子は, 樣子を, 横濱は, 檀那衆の, 正三は, 水曜毎に, 浅草風俗は, 深川は, 熊吉は, 爲事を, 現実を, 生活は, 生活を, 生涯の, 用を, 病氣だつた, 発生で, 目まぐるしい変転, 着料なぞは, 私に, 私達の, 私達は, 窮屈さが, 第九年, 細かな, 習慣では, 自分の, 自分を, 芥川は, 詩數篇をも, 語で, 談話の, 謙虚な, 静子の, 静子は, 靜子の, 靜子は, 飲めや

▼ つて置く~ (174, 0.1%)

5 ことに, といふ, のだ 4 さ, のである, のも, 必要が, 方が 3 がい, が自分, ことは, のに, のは, 氣に, 金時計を 2 から, があの, がその, が俺, が宜, と大, もんぢや, よ, わけに, んだ

1 [98件] か, からな, からには己, からわし, から彼方, から盜, から鶩, が, がお前, がこれ, がどんな, がなそこ, がな己, がよから, がわし, がネこれ, が兄哥, が先年大阪城, が前, が劉, が女, が将棋以外, が己, が巳, が曲者, が此の方, が此文書, が毆, が決して, が湯村衛, が男生女生兩方, が私, が茲, が足利時代, けれども御託宣, ことが, ことのみを, ことを, こなしを, さうだ, さうです, ぜありがたう, ぞ, だけのこと, つもりで, とあの, とい, といふやう, といふ訣, とお, と今, と好い, と幾割, と暴風雨, と栗山, と毎月一日, と油断, と磯屋, と笊, と筋, と都合, に限る, ので, のであつ, のでした, のでせう, のでまるで, ので繩, のになんて言, のを, の外は, は気の毒, べ, ものが, ものだ, ものぢや, ものは, ゆゑそこから覗い, より仕様, わけには, んでがす, んです, 主人の, 事が, 事だけ, 事に, 以下に, 位の, 便宜を, 必要も, 所から, 此町の, 氣な, 爲の, 用人棒に, 自分は, 衝動に, 道理は

▼ つて立つ~ (171, 0.1%)

38 てゐる 28 てゐた 13 て居る 12 て居た 6 てゐました 5 てゐ 4 て見た, 筈だ 2 ていた, ている, て來, て行, 所の

1 [51件] ことが, ことは, たま, たり坐つ, たり此方, だけに何ん, て, てい, ていらつ, てて, てゐなけれ, てゐるみぬ, て二人, て其の, て坐り直す, て外, て奥, て對, て居りました, て座敷, て来た, て歩行, て笑つて, て舞はん, て襖, て部屋, て部落, て酒, とすぐ, となる, とニチヤ, と平次, と指, と爪, のである, のを, ものなれ, 一本の, 三人の, 他の, 伝来物が, 器量は, 地盤の, 所と, 朝飲み, 木の, 状し, 町奉行配下の, 自然的環境をも, 芸術的劇場の, 身とは

▼ つて呉れ~ (168, 0.1%)

20 給へ 13 と云 7 たまへ 4 お前が, てゐた, と言, よ 3 てもい, といふ, 君らの

2 [13件] たりした, てもそれ, ても可, て僕, て翌日, とをがん, と強請ん, と頼んだ, よよこら, ツて, 愚鈍で, 此樣な, 餘程甘から

1 [77件] うんと皮肉, お前を, このヤロー, これは, さうな人, さへ, たまへな, たりし, たりする, たりなどし, たりまでした, たり時には, たり貝殻, ちや困る, てこれ, てしまひました, てでもゐる, てはと周章て, てもよから, ても好, ても好い, てゐる, てゐるだらう, て一隊, て居るなら, でもした, でもする, といふやう, とかと注文, とか言つて, とか足, とさし出した, とばかりに僕, と云つて斷, と云つて行つたの, と云つて諾, と云ふところ, と云ふん, と先刻, と勸め, と彼, と懇願, と手, と正直, と煩い, と物言, と申し込んだ, と言つて, と頼, と頼まれた, と頼む, と頼ん, な, ね, はつたで, ば, もうもう一時間, りや, エ, ケチな, 世界中で, 人に, 人の, 俺は, 北の, 単独で, 我願ふところは, 手が, 手は, 気持が, 油虫が, 玉へ, 私たちの, 程よく食塩, 結婚は, 給へよ, 默つてゐ

▼ つて置い~ (167, 0.1%)

8 てくれ 7 て下さい, て呉れ 3 てお, てそれから, ては來, て又 2 て, てあの, てその, てそれ, ても一人, て僕, て死んだ

1 [119件] たりしなけれ, たりする, てあ, てあげる, てあつ, てあつし, てあらう, てあります, てある, ていかんいかん, ていた, ておかみ, ておくれ, てお先煙草, てかうし, てからみんな, てから尻, てから話, てくれられた, てくろう, てさし, てさて, てさも, てずん, てその後, てどうも, ては来たれ, ては自分, てまた, てもい, てもう, てもかへつて後悔, てもよかつ, てもよから, てもよろしい, ても仕方, ても刻々, ても多少, ても宜, ても差支, ても端, てやがて, てよかつ, てマインレンデル, て一つ, て一同, て七年前, て三十七年, て上げます, て上げますだ, て下さいまし, て下さいません, て下す, て久保田, て二度目, て五六里, て今に, て今朝, て住宅, て何度, て何時, て何處, て使, て俺らいま, て傍, て先生, て其處, て其返禮, て出し, て出迎, て初, て危ない, て同志, て向, て堀, て夕景, て夜半, て大きな, て奥さん, て好かつた, て娘, て小, て居た, て山中, て左近, て差押, て店, て後で, て御, て悠々, て愈, て態と, て慌て, て持主, て損, て支那, て時勢, て書院, て来ました, て此頃, て毎晩夕食, て淡い, て生, て疊, て白い, て百合さん, て知らん顔, て福助, て細い, て老人, て自分, て茎, て行, て行つた紙片, て見せなく, て貰, て返した, て逃げる, て金

▼ つてのみ~ (166, 0.1%)

6 自分を 5 社會を 3 可能である 2 これを, それは, 區別される, 可能で, 現はれ, 私達に, 自己の, 行はれる, 行動する, 解決される

1 [132件] いな, いのちの, これに, これらの, こんでしまつたの, するの, そのじくじく, その任, その才能, それ等の, た, だつた, だと, でなく一層, なしとげられるもの, ものを, ウソを, 世の中の, 事物に対し, 人間である, 人間の, 人間は, 人類に, 仕事を, 会得された, 作品の, 保持される, 信仰の, 信濃といふ, 俳優としての, 働かされうるもの, 充たされる如く, 克服しなけれ, 全く新しい, 初めて見られ得る, 判斷する, 創造と, 動くもの, 危く抹殺を, 反逆せられね, 可能と, 向上せらる, 国語学の, 始めて, 学び取れるといふ, 定めらるべき, 居た, 居た圃, 形而上學の, 彼に, 得らるべき, 得られるもの, 意味を, 憂欝の, 成し就げ, 成立つ, 我々は, 我が国の, 我等は, 批判される, 把握される, 捉へらるべき, 支へ, 支持される, 救は, 救ひ得られる, 日本の, 日本映画に, 明白に, 本当に理解, 本当に生きる, 果されるの, 構成されない, 次第に本筋, 歌はるべきで, 歪められ育てられうる動物的, 永遠的でありうる, 決定される, 決定する, 活かさるべき, 演劇鑑賞の, 無理なし, 現す事, 理解される, 生きその, 生きようと, 生きる, 生きること, 生ぜしめられ得ると, 生は, 生れ出で, 生気を, 生産する, 真に優秀, 真に生き得る, 真の, 知られること, 私の, 私は, 答へて, 築き上げられるといふ, 維持される, 自らを, 自己を, 自然である, 舞台の, 舞台は, 色彩の, 行は, 表されると, 表は, 表現される, 見出されるもの, 規定され, 視覺, 解決を, 言はるべき, 計られて, 認識される, 説明される, 證悟すべき, 象徴性を, 起るもの, 達せられる, 達せられるであらう, 達せられるの, 達成される, 選定されね, 鑑賞された, 開かれること, 養成され, 高められるもの

▼ つて少し~ (162, 0.1%)

3 なりとも, も差支, 頭を 2 は室, ぼんやりし過ぎ, 前に, 笑つた眼で, 行くと

1 [143件] あわて氣味, いい心持, おちつくと, お話し申す, くたびれたので, ささくれた毛並, してから, たつと, づつは, づつわたくしの方に, づつ少し, づゝ生長を, づゝ階段まで, でも余裕, でも働かう, でも多く, でも生活難, でも苦痛, でも誠實, でも身体, でも餘裕, のたじろぎ, の勾配, の悔い, の手蔓, の放蕩, の時間, の疑, の疑ひ, の苦情, の間静か, はのんだ, はわかつ, は勉強, は手間どりませう, は整つて, は斟酌, は氣, は胸, ばかりです, ばかりの貸し金, ばかりの金, ばかりめり込んだ, ばかり酒, ばかり開い, ばかり鼻, むつかしくなります, もお, も不思議, も動かう, も嘲る, も宇宙, も容捨, も心配, も怪しむ, も怯まず, も悪い, も惡, も憚, も狂, も癪, も発展, も笑, も筆, も腹, も色, も違, も障らない, も隱險, も面白味, も音楽的陶酔, も麺麭代, ゆくと, よわつた足, わらつて怒らないだらう, 下る下, 休みませうか, 休むこと, 休んでから, 伸びあがるやう, 働きの, 元氣, 凉風が, 凹んで, 加減が, 勘弁を, 勝手な, 可笑しかつ, 呂律が, 咳を, 品を, 唱へ, 変つた人の, 宛休んだら, 小高くな, 待たして, 後へ, 後戻りを, 御庭, 微笑し, 慣れたらおま, 懇意の, 我達の, 戸から, 手が, 手前には, 搜す, 時刻には, 月足らずに, 来てから, 横にな, 歩いて, 氣分が, 氣抜けがした, 無愛想な, 照れるあたり, 熱が, 瘠も, 眩しからう, 短かめ, 経つてから, 經つてから, 考へたが, 自分で, 蒸す様, 蒸す樣, 薹が, 行かれると, 見て, 見ねえ振り, 誇張した, 調子を, 讀めるの, 足を, 途切れて, 醉つてゐる, 醉つて酉刻半, 間誤つく, 青味が, 静養したら, 頭でも, 飛び出た前, 高い處

▼ つて~ (160, 0.1%)

12 かつた 5 やうに 4 うした, うして, ぶりを, へる, やうな, 知らずにか 3 かつてゐる, はあ母さん, へらず, へると, まひません, 人よりは, 知らないでか 2 はりに, はるが, 取出した衣服, 唆か, 外から, 密と, 幸ひ, 昌作の, 膝を, 言はずに

1 [78件] あい, あつと, ういに, ういひま, ういふんだ, うえに, うしながら, うつかん, う曲つたとこだ, えつて国際性, かつて居た, きまは, くしから, このざんざん降り, この親爺, この頃獨逸語, せん子は, その物, それとも何, たづを, ちよツと, ぢかんだ, とまれかくまれブラ公, とみ子さんの, ないの, はい, はりますわ, はる, はるのは, はるべきは, ひ性, ぶつた, へらうといふの, へりながら, へりました, へるか, まふもん, やうの, 一と, 一人, 一向仕事, 三田の, 他處, 其夜の, 内からも, 半身を, 可憐さう, 吐かんと, 吹いて, 嗤へ, 婦は, 当今では, 往くの, 恐ろしい中毒, 懸けられて, 文字と, 早晩企てられなけれ, 智恵子は, 智惠子は, 本能によ, 横須賀からは, 永代の, 無心で, 相惹かれ, 眼を, 知らいで, 知らずでか, 知らずに, 知らぬか, 知らぬが, 祖母の, 義雄が, 芳は, 負けたのに, 階段で, 障碍と, 顫へる, 黙つて

▼ つてもう~ (160, 0.1%)

3 一人の 2 ほんたう, 一つの, 一歩で, 今からは, 何年に, 十五日も, 寝て, 近頃では, 馴つこ

1 [139件] あきまへん, おつつけ, おとなよ, お好み次第, お起し, かなり家から, ころぶわけ, ごろ, それきり何も, そんな所, そんな時間, そんな符牒, たまらないので, だめといふ, ぢき, ぢきだ, どんな事, のがれる事, ひところの, カフエーの, ゴマカシが, フェアリイ・ランドの, 一と, 一両日待つ, 一人でなんぞ, 一人乘る, 一日捨て, 一月に, 一本つけさせる, 一枚の, 一滴も, 一生涯離れ, 一辺云つて見ろ, 一遍僕の, 七ツで, 七日あまりろくな, 三十日にも, 三年にも, 三月からに, 中学の, 二カ月も, 二三日の, 二時間も, 五十を, 五時も, 人生も, 人顏も, 人顔も, 今日あたりは, 今日では, 仏蘭西の, 仮名や, 何も, 何年か, 何年にも, 何時までも, 兄弟の, 先刻仰し, 六ヶ月踏堪へ, 冬だ, 出かける支度, 出て, 効目が, 十一時すぎよ, 半分ほど, 古いさ, 商賣, 四半刻以上も, 四日に, 圧へる, 声に, 夕飯を, 夜明けに, 奥へ, 女として, 娘に, 嫁いで, 学生では, 宅にや, 家へ, 家へは, 寝ようかと, 山田に, 帰つて, 帰らうとして, 引くの, 心づかひすること, 恋愛みたいな, 掛けでは, 支那も, 日暮に, 昔の, 暫らく研究を, 書斎に, 服を, 来年あたりは, 枕も, 枯れかかつて, 柚太は, 止して, 止めようかなど, 止めるわ, 此方が, 歩いて, 歩けないと, 殆ん, 殺されて, 氣が, 水が, 決せられて, 浮いて, 狐は, 生えたまだ, 疲れたよ, 目を, 眠る時間, 眼鏡なし, 知らない, 粘土瓶の, 約束を, 胸が, 自分の, 花が, 落ちかけてる時, 行きさうに, 見えぬ, 言葉を, 訊かないこと, 評判にな, 誰にも, 足ならしの, 遅いから, 遅いのよ, 釣瓶が, 長い事, 長くこの, 門松が, 顏なんか, 鳴きさうな

▼ つて歩い~ (160, 0.1%)

40 てゐる 20 てゐた 11 て行 7 て行く 6 て來, て居た, て居る 5 てゆく 4 て来る 3 て, ていつた, てゐました 2 ている, てゐます, て教, て来た, て行つて, て足もと

1 [34件] たり筆, ていましたら, てからふつ, てくる, てさ, てその, てそれ, てたん, てはゐない, てま, てみ, てもう, てゐるらし, て下さいまし, て了つた, て参ります, て居, て居ました, て居ます, て彼, て時には, て来, て歸, て毎年, て略, て行かね, て行きたい, て行きました, て行け, て行ける, て見, て貰, て通つて, て鼠

▼ つて~ (158, 0.1%)

13 を下げた 7 をさげた 6 の上, を振りました 4 の中, を下げる, を撫で 3 のなか, の毛, を下げ, を下げました 2 から肩, だけ捻つ, に水, の禿げた, をさげる, を下, を掉, を掻いた, を横, を痛く

1 [82件] からお, からスッポリ, から毛布, から脅かし, から蒲団, から顔, から鵜呑み, から黒扮裝, がぼう, がわれる, がガンガン, が不健全, が兀げ, が平生, が悪い, が支, が禿げ, が馬鹿, でつかちなもんだ, でも悪く, なんか丸めた, にか, にもこなかつた, に冠, に止まつ, に湯, に被, に這入つ, に響い, のある, の下る, の事, の勞働, の天邊, の方, はあがる, は恰, は痛い, は破れ, へ手, も上りません, より尻, をあげ, をあげず, をかいた, をさげました, をつき合せ, をひねる, をふつ, をふりました, を一つ, を上げた, を下げず, を下げない, を低, を低く, を使, を其方, を冷さう, を冷す, を切る, を刈つて髭, を剃つた, を動かし, を叩かれよう, を右, を垂れ, を垂れました, を垂れる, を天井, を抱, を拵える, を振つ, を振り, を振ります, を振る, を振立てた, を掉つたの, を掻き, を濡らした, を青青, 白きまで

▼ つてあつ~ (156, 0.1%)

5310 たが 8 たの 5 たもの 4 たやう, た蓮田 3 たと, たので, ちへ, てそこ 2 たか, たこと, たん, た筈

1 [52件] さり, たかも, たから, たさうである, たさうです, たし, たでせうその, たでせうな, たといふ, たところ, たのに, たもん, たら批評家, たりし, たりする, たりアルバム, たり石, たんで, た一冊, た事, た夜間, た帆布, た拜領もの, た新, た杉本仲温撰, た物, た睫, た竹, た表紙, た誰, た金めっき, た髪の毛, ちで, ちでも, ちに, ていろんな, てそれ, て便, て其, て其の, て其中, て客, て床, て当時, て檣, て毎年, て私, て筆太, て船, て重た, て鏡, て靠れ

▼ つてしまつたの~ (156, 0.1%)

80 である 13 でした 8 では 75 でございます 3 であります 2 がひとし, がまるで, さ, も無理

1 [32件] かしら, かしら言, かも知れなかつた, であり爾来, であるから, でございますね, でしたそれ, で御座います, にあきたらず, に驚いた, は, はそんな, はたぶん, は一, は不思議, は事務, は亥刻, は他, は全然, は勿論, もあります, もそれ, も不思議, やいふ言, よ堪忍, を, をおぼえる, を意識, を感じ出した, を見送, を覚え, を謙一

▼ つて~ (156, 0.1%)

9 てゐる 7 たりする 6 たりし, てくれ 5 たまへ 4 たり, てはどう, て下さい 3 たりした, てくれない, てもい, ても仕方 2 たり背中, て, てえ, てほしい, てもその, てやらう, てよ, 給へ, 經の

1 [81件] たりある, たりさうかと, たりしてる, たりたま, たりふと, たりゆるく, たりわざ, たり一本一本指, たり又, たり手, たり時には, づ, てあの, てあんまり, ていた, てえと, てお, ておくれん, てかすか, てく, てください, てはいかが, ては如何, ては遣, ても, てもあの, てもいつも, てもかかる, てもこの, てもし, てもそれ, てもそんな, てもはじまらない, てももう少し, てもよろしい, ても一向, ても中央線, ても何, ても何一つ, ても名詞語根説, ても唯八円, ても唯八圓, ても国全体, ても始まるまい, ても床の間ひとつ, ても形勢, ても愉快ぢ, ても我々, ても昼, ても正体, ても正史, ても火鉢, ても知らない, ても石十二三兩, ても西洋風, ても話, てやつ, てやる, てわたし, てゐるらしい, て二幕目, て何囘, て僕, て大, て女, て安心, て居る, て差閊, て形, て悔み, て感じた, て椽側, て気, て猿, て私, て驚いた, は敬語, やうと, りやみんな自分本位な, りや蜂が, 経の

▼ つて彼女~ (154, 0.1%)

3 は私 2 から忍び, の手, の眼, の肩, はその, はちよ, はまた, はもう, は兄, を床

1 [131件] がいかに, が伝票, が少し, が彼, が或, が抗議, が顔, とは樂, と別れた, と夫, には蜘蛛, に不安, に常識, に従, に疑惑, のところ, のみは神妙, のテオリー全部, のランプ, の一人子, の上, の不, の住居, の僅, の僅か, の問, の夫, の姿, の将来, の後, の後姿, の心上, の思はく, の思ひ, の恋情, の想像, の憂い, の日記, の昼寝, の死に, の熱, の生, の生活, の知る, の立ち, の耳, の表情, の言葉, の追, の部屋, の銀色, の頭, の顏, の顔, の飾帶, は, はあの, はそ, はそこ, はそれ, ははつ, はひとり勤めさき, はほ, はほんとう, はやつ, はゆく, はヤニングス, は一つ時, は一隅, は上氣, は何, は信じ, は先, は再び, は冷たく, は別の, は包みきれない, は叔母, は安らか, は実際, は家, は小刀, は彼, は急, は急い, は慌て, は扉, は手紙, は折々, は振り, は果物, は決して, は泣きぬれた, は泣き出し, は泣く, は流し元, は深水, は物, は猶, は生れ, は相手, は眉, は瞼, は縋りついた, は耳, は背筋, は自分, は茶棚, は親疎, は言, は言葉, は遂に, は遠く, は階段, は静か, は顏, は首, は黒岩, もいくらか, も亦, も既に, も私, や彼女, を, をひ, を呆然, を大小樣, を家, を抱き起さう, を捕まへよう, を無理

▼ つて~ (152, 0.1%)

115 つし 194 けすか 2 あね, けな 1 あと, あぼく, あ星, つして, つしやら, な, なそら, な俺ら一日, ば年老, 尤も稀

▼ つて見たい~ (152, 0.1%)

12 やうな 10 と思ふ 9 と思つて 65 と云, と思 4 と思はぬ, な, わ 3 ものだ

2 [12件] といふ, といふやう, といふ念慮, ところが, と云つて, と思ひ, と思ひます, と言, のである, やうに, 事が, 様な

1 [66件] あのなだらか, うたてなどは, からといふ手紙, から二尺, がこれ, が何處, と, といふ下心, といふ心持, といふ恐しい, とお, とおぼろげ, とかそれとなく, ところを, とのこと, とも思はん, とボンヤリ, と始終, と心掛け, と思う, と思ひまし, と思ひました, と思ひ出した, と思ひ立つ, と眞面目, と私, と考へ, なあ, ないけません, などと上調子, なブルブルツ, ね, のが, のであつ, のは, のも, のよ, ほどのもの, もので, ものである, ものの, もんだ, よ, ような, わね, 事, 役は, 彼等を, 心から, 心地するなり, 心持が, 慾徳は, 方で, 様に, 樣な, 樣に, 欲望を, 気が, 気も, 気持が, 氣に, 父親の, 積で, 線が, 誰からでも, 逢つて見れ

▼ つて居つた~ (149, 0.1%)

10 のである 6 と云 3 が, のかも 2 かといふこと, からである, が其内, ことは, ことを, と申す, のが, のだ, のです, やうである

1 [107件] かといふ, かも知れぬ, からで, から何ぞ, が三藏, が今日, が何時, が何時の間にか, が其實船, が南朝, が吾等, が実は, が尊圓法親王の, が年々歳々金, が忽ち, が數年前之, が果し, が此時稍, が生れた, が私, が紀貫之, が行基, が貿易, が鐵車, ことが, ことで, ことはよ, といふこと, といふ事, といふ意味, とか親, とか言, としてもその, とも言, と内, と解釋, に傾城はかま, に相手, に相違, に過ぎない, ので, のであらう, のであります, のでそれ, のでなくし, ので以前, ので始終, ので官途, ので廣, ので晉唐人, ので柵中, ので秩序恢復, ので萬事, ので馬, のには, のは, のを, もの, ものが, やうな, わけで, わけである, 一個の, 一團の, 事が, 人々の, 人であります, 位です, 傾きが, 其時代から, 其頃には, 大仏餅と, 女眞で, 小野氏の, 尾類即ち, 彼の, 後だ, 所が, 所で, 所の, 支那も, 文化の, 日本と, 時にも, 本の, 樣だ, 武村兵曹は, 殷人に, 水兵に, 沙魚は, 爆裂彈を, 爲替が, 爲替相場が, 爲替相場は, 皇室とか, 祖先傳説でない, 竈の, 端艇が, 米國人等は, 紀念塔を, 英國が, 話である, 身は, 間こそ, 際に, 風が, 龍ノ口の

▼ つてない~ (145, 0.1%)

12 んだ 65 のです, んです 4 ぢや 3 でせう, んだらう 2 から, てゐた, とは限らない, と思ひます, のだ, やうな

1 [95件] お宝が, か, かと訊き, かね, かも知れない, からね, からセンシブル, から部屋, かア, がこの, がない, が七録, が其, が大島, ことが, ことである, さ, ぜ, た, だらう, だらうと, だろう洗面所, で, であんた, でお, でさ可, でしつかりやる, ですよ, でも人物, で僕, で早く, で本当, といつ, といつた, といふこと, といふ噂, とは云, と云, と安, と寂しい, と思ふ, と誰, なんてこと, にし, にしろ, にひと, の, のであつ, のであらう, のである, ので黄色く, のにこつちで, のに気, のは, のや, もつと, やうで, よ, わけぢや, わけで, わちつ, んだつ, コップを, 一種の, 不平, 丸太小屋が, 二三枚を, 人でも, 人間だらう, 処などが, 場合は, 多数の, 家に, 家の, 徳利を, 或は興味, 所を, 時は, 様な, 樣な, 決して無い, 活字で, 着物は, 私に, 穏かな, 筈だ, 筈です, 筈よ, 羞恥さえ, 自分を, 装幀だつた, 証拠だ, 部屋だ, 頭を, 餘所の

▼ つて~ (142, 0.1%)

3 の方, の様子, の顔 2 の上, の姿, の容姿, の心, の手, はまた, は男

1 [119件] が世間, が例, が偉く, が四邊, が急い, が春着, が男, が窓, が肉, が袖の下, だつて, だらうまさか, ではと, でも人間, といふもの, としての品位, などには寄りつけ, にされた, にはもう, には違, には違げ, には野暮氣, に一口物, に化けた, に嫌, に求めた, に渡す, に狎れない, に生れた, に話しかけた, の, のいふ, のからだ, のくせ, のひと, の一寸, の人, の人たち, の個有, の儘, の兒, の姉妹, の存在, の巧み, の思考, の思考情願, の手紙, の故郷, の教育, の文章, の権利, の死體, の気もち, の浴衣, の生む, の癖, の目, の瞳, の神人, の縦模様, の羨し, の肉体的描写, の膝, の贈つた, の身, の身體, の長い, の頭, の顏, はさ, はどうしても, はむづかしい問題, は上衣, は二人, は併, は十六歳, は又, は含み笑, は小声, は少し, は巧み, は微笑んだ, は手, は救, は永久, は煙草, は片, は笑つた, は箸, は素晴, は見せた, は遂に, は闇, は静か, ばかりで暮し, ばかりの生活, へやつ, も一人二人, や子ども, や子供, を今度, を再び, を凝視, を口説く, を喜ばせる, を奪, を恐れさし, を持つ, を椅子, を殴り, を殺す, を眺めつづけた, を知, を膝, を見つめ, を軽蔑, を迎, を退治, を連れ

▼ つてゐたら~ (141, 0.1%)

3 おれは, それは, 都とは 2 どうもさうで, なあ, 樹の, 私も

1 [124件] あかりの, いいぢ, うかと思つて, うかと思はれる, え, おつ, おんつ, お前達は, お布施を, きつと, こないだ斉藤の, この家, この家ただ一軒, これは, こんなところ, こんな瘠せた, こんな苦悶, こんな雨, さうでなく生き, さぞかし好から, しばらく経つ, すぐ飛ん, その人自身, そろそろ出, そんなこと, たいへんな, たしかにもう一二篇, とうとう妾, と思ふ, どうし, どうなつ, どんなに幸福, なかなかさう, なんだかその, ほろりと, ぼくは, もう少し責め, やはり跫音, ショフアは, ズッと, ホトホト疲れました, 一も, 下着を, 並木道の, 主人が, 五百兩とか, 今度は, 今日誰も, 他からの, 何だいそ, 何を, 何時に, 何百人もの, 僕そんな, 冬の, 初老中老の, 千兩の, 反對, 可から, 夜なかに, 天下無双の, 女房か, 女王は, 好いだらう, 好いぢ, 好からう, 妾が, 子孫は, 左足の, 後日娘が, 御めん, 御免なさい, 御免下さい, 恐らく先生, 恐らく助からなかつただらう, 惡い, 成長し, 損よ, 敵は, 日常の, 日本の, 昨日ひよつくり, 時間と, 果してさ, 果然かう, 案外安並, 極端に, 此処で, 此見習士官に, 水浴びの, 決してあんな, 決してこの, 油虫が, 活動寫眞の, 猶結構, 玉泉さんは, 発狂するだらう, 白線入の, 益々さ, 直ちにこちら, 矢張梅喜さんな, 私たちは, 私の, 私達もう, 立どころに, 竹田にも, 笑つて読み捨てられたい, 胸の, 葛籠の, 薄暗い露路, 裾を, 見世物で, 訂正し, 誰が, 近所では, 速記による, 遠く南洋, 間君ぢや, 間違ひ, 間違ひつこは, 関孝和の, 際限も, 雪が, 面目ない

▼ つて居ました~ (140, 0.1%)

4395 から, がその 3 がね, が私 2 が軈て, つけ, のでせう

1 [66件] か, かい, からしょんぼり, からソウ, から大層, から細い, から越前屋, か思へ, があつし, があの, がこの間店, がだ, がちよい, がなかなか, がねいつ, がまだ, がやがて, が一人, が不思議, が中, が今更どう, が好き, が徳利, が急, が情ない, が愛ちやん, が渡し, が町内, が立派, が近頃金, が遂に, が道, けれど, しね, し兄, し巾着, ぜ, そうな, そこで鳩, それから, ね, ので信者, ので私, の少, よお, よでも, よ兄貴, よ可哀想, よ明日, よ親分さん, わ, ツけ, 僕の, 其球は, 其間愛ちやんは, 堅く, 堅くしかし, 少し離れ, 彼は, 日京卜といふ, 是は, 此大隅太夫は, 確かな, 若旦那の, 錢形の, 鼠が

▼ つて居りました~ (140, 0.1%)

75 がそれ, がやがて 3 ので私, のは 2 かは申し上げる, から, から仲, がお, がこれ, が何, のです, よ, 私の

1 [99件] あまり大人氣, からあの, からあまり表, からいづれ, からし, からその, からそれ, からた, からツイ居眠りくら, から尉, から私, から雛, があれ, がこの, がこれぞ, がそこ, がその後, がたつた, がつい未だ, がどうしても, がね, がふとした, がもう, が不意, が世界, が二人, が二本目, が今, が佐渡屋, が何時, が兄さん, が兎, が全く, が口, が商, が岡山縣, が幸, が店, が急, が成, が改めて, が明日, が明治, が昔, が昨夜, が暫らく, が朝田屋, が此時龍馬, が父, が田中さん, が皆丸髷, が私, が肝心, が能, が見, が軈て, が野村, が雛菊, が餘, が龍馬, けれどわざわざ, けれど貴女, し私, そんな筈, ちやんと, ところがスフ, ところが三月九日, ところが何時, ところでございます, ところを, と申し上げた, どうか, ね八五郎さん, のださうで, ので, のであわて, のでございます, のでそこで, のでそつ, ので伜, ので師匠, ので算盤, のにトロちやん, のに先, やうで, よ立派, 今では, 仲の, 何しろ大, 何分叺八十杯, 処では, 所が, 殊に鳶頭, 相濟, 綱を, 芸能といふ, 處では, 處發表が, 電気燈が

▼ つてそして~ (139, 0.1%)

3 指輪も 2 二人は, 其花と

1 [132件] お膳, これが, せめて三月, そこから, その一つ, その句, その山水, その役人, その後たえず, その結果, その際, それに, それは, それを, ちつとも, とう, どうしても殺された, どうする, ばちや, また上つて下つて, まア頂上, もうこれきり会, もう再びと, コツ, マルクス主義は, 一種の, 一緒に, 下つて上つて, 不幸なる, 九段の, 乾は, 二十一二の, 今は, 今人, 今夜の, 今度は, 他人に, 休み休みいつ, 伴れ, 何が, 何の, 何よりも, 何故とも, 僕の, 元の, 元は, 其の映じ出された, 其の植物, 其の波浪, 其の爲, 其の眞, 其の豫想, 其を, 其処から, 出て, 出懸けた, 別な, 又やつ, 又他, 又是, 取りかへ, 同時に同じ, 唯縮らせ, 外国で, 奥山の, 好運, 如何とも, 始めて, 寝たとこ我が家, 少し薄暗い, 屍体を, 巧に, 帰宅すべく, 帳場格子の, 引返して, 彼女が, 愛したばかり, 戸袋の, 抱いて, 採つて來, 提灯を, 斯んな, 新しい先生, 日日その, 更めて, 曹操を, 案の定相手, 此の, 死ぬの, 死んだこと, 気の毒さうに言つた, 無理に, 然樣, 猶且つ離れなけれ, 田圃の, 町の, 白は, 白米一升豆腐一丁買つた, 相呼應, 禽獸ならず, 笑ひ出す, 筆を, 総ての, 繋ぎとめ, 自ら之を, 自分の, 自然と, 臺灣に, 若しあなた, 草の, 萎た, 蛙が, 表の, 賣りに, 輕い, 迫り來, 逆さに, 進歩し, 遠く離れ離れ, 都會の, 酒と, 雙方共に, 靜かに, 革命の, 風が, 飛ぶやう, 飛んで, 飲んだ酔, 餅を, 高等小学から, 高等小學から, 鼻柱を

▼ つてやらう~ (138, 0.1%)

148 と云 6 と思つて 5 といふ 4 ぢや, と思ふ 3 と思, と思へ, と考へ, と考へた, と言 2 かしら, といふ氣, とした, と思つた, と思つたのさ, と決心, よ

1 [68件] かしらと彼, かしらなど, かそれにしても, かといふ客, かといふ氣, かとも思, かど, かな, かやるまい, か何, か知ら, か金, がそれ, ぐらゐの魂胆な, ぜ, そんなこと, そんなべら棒, ぢやあ, と, といふやう, といふ凡そ, といふ好意, といふ子供達, といふ気持, といふ相談, といふ親切, といま町, とお, とおも, ときめました, としたら, としなかつた, とする, とはしない, とはしなかつた, とも思はなかつた, と今, と仰せられる, と勧めた, と定めた, と彼, と思ひ, と思ひました, と思ひ定めました, と思ひ立ちました, と斯, と次男, と眼, と考へました, と肚, と言ふん, と試みた, と逸つて, と龍馬, などといふの, なんていふ, なんにも, 一ヶ月位も, 三谷君, 仕事は, 先づ入, 友達などにまで, 友達の, 叮寧に, 土管を, 夜来る, 百遍も, 積りで

▼ つて~ (138, 0.1%)

17 へ出た 15 へ出 8 へ出る 5 に出た 4 へ出ました, を眺め 3 のこと, へで, へでた 2 に出る, の者, へ出よう, へ飛び出しました, へ飛出す, を見

1 [64件] からの隙, からは煙, から働く, から帰つて, から帶, から店, から戸, から敷居, から竿, から開閉, つ方, でお前ら, ではありません, でもない, で待つ, には出た, には誰一人, にもかう, にもつ, にも出られない, に何, に出, に出かけ, に出さない, に出ない, に男持, に結構, に逃げた, のもの, の世界, の人間, の何者, の幾人, の方法, の明り, の暗がり, の語, の連中, の領域, の風景, は薄, へでる, へは出ず, へは現, へも出ず, へ出かけた, へ出かけました, へ出かける, へ出した, へ出たら, へ投げ捨てた, へ紛れ, へ置く, へ踏出した, へ連れだし, へ飛び出し, へ飛出しました, を出歩い, を歩いた, を眺めた, を眺める, を見る, を覗く, 蒙古

▼ つて~ (137, 0.1%)

17 ひながら 8 ひました 64 つたり, はれたの 3 ひを, ひ出した, ふの, を含ん

2 [13件] つてるだらうと, はせた, はれたが, はれるかも, ひ, ひこけた, ひたきもの, ひます, ひ出して, ひ出す, ひ声, ふばかり, ふ声

1 [60件] つたぞ, つたら阿母, つたわよ, つて, つてるので, つとりまうがな, はし, はせて, はせる, はなかつた, はれた, はれても, はれ森, ひかけた, ひかけたり, ひが, ひきれない真実, ひころげて, ひさうに, ひさざめくその, ひたいの, ひだす, ひつけた何とも, ひぬいた, ひの, ひますよ, ひ乍ら, ひ乍ら俊坊, ひ出しました, ひ出すと, ひ合, ひ始めた, ひ崩れた, ひ崩れて, ひ怒り歎, ひ笑, ひ興じました, ひ話, ひ返した, ひ顔, ふが, ふけれど, ふこと, ふてゐた, ふてゐるの, ふと娘さん, ふと弟, ふので, ふもの, ふ口, ふ可, ふ彼, ふ村, ふ者, ふ聲, ふ間, へた, やしない, をつくつた, 出しながら

▼ つて~ (136, 0.1%)

3 の如き, れを

2 [11件] の事, の二人, の人, の土地, の大, の如く, の家, の日, の清廉潔白, の頃, れも

1 [108件] から下流, から滔々, が後, が逆, だけが他, で見る, と彼, にまた, に写し出した, に呪法, に寫さない, に旅程, に替る, に無し, に至つて, に至り, に鈴木, のあたり, のま, のやう, の一家内, の上, の二つ, の人形, の人生, の仕事, の位えな唐鍬滅多, の作者, の例年, の卿一生, の唖, の地球, の堤内, の場, の外, の奇書, の子, の字, の容器, の審問方法, の寫眞, の屈辱, の崖, の川, の序, の悲しみ, の手品師, の敵, の新, の時計, の景気, の書けた, の最初, の木虱, の此木田父爺, の河原町, の温泉, の無, の状, の狭い, の生命, の生活, の町, の社宅, の祕密, の神聖, の私, の筆記, の自分, の苺園, の茶店, の試練, の詩, の話, の豫期感情, の贋物製造, の通り足, の遊廓, の題目, の魚, はどう, は或, は普通汽車中, は頗る, まで決して, みあれ, も山人, も畢竟, も神託, も肩, より以上明瞭, より春, より時々, より細井, れが, れは, を依, を区別, を特別, を説き, を避, を邪魔, 勇ましい姿, 古い信仰, 小さい街, 恐る可, 新しい感じ, 美しい名前

▼ つて~ (134, 0.1%)

21 つた 11 つて 8 ると 5 りましたが, るの 4 る, ること 3 した, つたきり, つたところ, りに 2 つたが, つたこと, りましたの, ります, り仕度, るだけの, るところ, る事, る時

1 [46件] さうと, して, しますとね, し彼女, せ, つたさうで秋日和, つたん, つたんぢ, られそれ計り, られた, られた捨子, り, りかけ, りたい, りたいが, りだとの, りながら, りには, りの, りました, りましたよ, りませう歸, りラムプ, り來, り又, り新, り此處, るから, るさ, るつもり, るなら血, るに, るので, るわけ, るん, る分, る勿論, る女, る娘, る日, る時間, る約束, れなくな, れるなら出入り, れるわ, んなすつた

▼ つて居ます~ (132, 0.1%)

454 が, ぜ, ね 2 か, の

1 [71件] お恩返し, から, からそれ, からたと, からといふ, から一見, から君, から奈何, から子, から此, があれ, がかう, がけれど, がね, がエヘヽ彼, がネ只, が代, が何時, が其姿, が勇太郎, が唐律, が困つた, が大方, が子分, が宗太郎, が實, が山, が歌舞妓芝居, が段々, が皆んな, が盜, そして之, つまり山王台, でせう, とその, とも仲間, とも多, とネやがて, と二疋, と云つて, と復, と急, と案内者, と話し, な, なにも, にと可愛らしい, ね横着者, ね素燒, ので這入り, のは, のサ, もの, よあの, よちよい, よまして, よまだ, よ今日, よ多勢, よ我儘, よ此世, よ江戸開府以來, よ番頭さんだつ, よ親分, わ, 今日は, 否書い, 小さいの, 所から, 日外の, 貴嬢

▼ つて~ (131, 0.1%)

56 かつた 4 つぽ 2 かんべ, ねえ, わたしを, 幾何電信柱さんで, 知らないわと

1 [61件] あたし梨枝子さんに, あんな寝, いくらゐ, いくらゐ生じる, うくお話, おし, お上ん, お前知つてゐる, お待ちし, かつたです, かつぺなほんに, かりさうな, こば, ごとと, ささうな, さそうに, そうら, それで以, そんなこと, そんなそんな卵, だが皺, だれが, だれにも, ち, ぢの, ぢれる, ついでに, つかかつて, つてきた, つ程, とおしげ, どうな, なに, はやくつ, よう, ピーンバタバタツ, 上つて一杯の, 中で, 今直ぐ, 何故ッ, 倉, 兼吉ねえさんに, 反つて, 同じだ, 天神樣の, 学校に, 小母さんの, 往つた当座だ, 教は, 春の, 是れ, 是れで, 智恵子様が, 智惠子樣が, 機関兵は, 此奴に, 気を, 町内の, 腕時計が, 謙兄さん大嫌ひだ大, 鼠ちやん

▼ つて呉れる~ (130, 0.1%)

74 か, 人が 3 と好い, ものは, やうに, んです, 人は, 樣にと 2 といふ, のが, のだ, のであつ, のなら, のは, やうにと, 者も

1 [81件] お隣り, かと云, か伯父, か如何, がい, くらゐな, けどさなん, ことも, さかいお前, ぞ, たびに, ために, つもりな, でせう, といふひと, といふ志, とえ, と云, と云つて, と宗助, と宜, と屹度, と益々, と私, なお, ななど, な子供, な祖父, にのみ必要, に違, ね, ねえ, ねこの, の, のあの, のか, のだらう, ので, ので余, のならい, のを, までじ, ものが, ものだけ, ものなんか, やうな, やうなら, やうにすら, ようひたすら, よう遥かに, んだらう, 上田夫妻を, 中で, 事は, 事も, 五郎だつた, 人だつ, 人ぢや, 人で, 人も, 人間が, 人間は, 友達の, 心は, 所は, 所も, 新聞や, 時が, 時は, 未知の, 材料屋は, 次々の, 筈だ, 素質は, 者が, 者で, 者は, 者骨を, 草履を, 蕎麦を, 許りか下女の

▼ つてゐれ~ (126, 0.1%)

4 ばそれ, ばよかつ, ばゐる, ば誰

2 [12件] ばい, ばこれ, ばそれで, ばそんな, ばよい, ばゐるで, ば何処, ば大丈夫, ば担がれる, ば渠, ば間違, ば革帯

1 [86件] ども其, ばあたし, ばあと, ばあなた, ばいい, ばいくら, ばいつも, ばおそらく, ばこそか, ばこそ僕, ばこそ生きられる, ばこちら, ばこの, ばさ, ばさき, ばしめやか, ばせめて, ばそれだけ, ばた, ばちつ, ばどう, ばどれ, ばどんなに, ばなほ, ばなん, ばなんとか, ばひがみ, ばひとりでに, ばみんな, ばもう, ばわかる, ば一冊, ば一応, ば万事通用, ば三百兩, ば不思議, ば世話, ば人, ば今度, ば今日, ば他, ば会話, ば何, ば僕, ば兄, ば兎, ば分らない, ば別, ば危険, ば原作そのもの, ば又, ば向う, ば味, ば大概, ば大道, ば好い, ば密告, ば少し, ば山, ば平岡, ば幾分心, ば当, ば捉, ば新劇勃興以来, ば札幌區北四條西七丁目何番地, ば案外, ば殺され, ば氣候, ば水, ば泰平, ば淡白, ば犬ころ, ば猶, ば申分, ば疾風, ば知つて, ば福田氏, ば結構, ば罵り, ば能い, ば貴様, ば限り, ば際限, ば霧, やさ, や好い

▼ つてよく~ (125, 0.1%)

4 下官や 3 見ると 2 そんな負け惜しみ, ない, やつて, 亭主が, 勉強も, 話して

1 [106件] ありますよ, いろんな失敗, お話しすれ, こちらの, こぼすが, こんな小屋, しまつて置き, しらべて, する思想, その姿, その試験, それは, それを, だんだん打ちとけた, ない假令, ない別れ路, ない水, ない結果, なつて, なによりも, はたらくので, は見えなかつた, よく見れ, よく話, わづか, ケネーの, 丁子屋善兵衞の, 事情を, 似合つてゐた, 先代歌麿の, 分らなかつたが, 切れるからと, 勉學された, 勿論これ, 單調子の, 宅に, 寢て, 實行した, 小娘が, 就中伎翁には, 床に, 彼女は, 後進を, 徹底しなかつた, 忍んで, 忍従に, 戸締りを, 承知し, 探偵小説に, 散歩する, 整つた眼鼻立健康さうな, 整つた顏立ち, 方々の, 歌はれ, 武蔵野の, 歩くこと, 氣を, 泣きました, 注意し, 洗つて幾松の, 洗つて時々, 洗ひ, 熟して, 燃えて, 父さんを, 畑で, 異見してやる, 目的を, 相談する, 知つてる, 知つてゐる, 知らるとの, 社会の, 禿げ上, 私と, 私は, 私をからか, 私達の, 種々な, 立居にも, 義士たちを, 考へると, 耕され大豆, 聞いて, 肥つた白い, 自慢し, 菓子を, 見えない, 見て, 見てくれ, 覚えて, 覺えて, 解つた, 解つて居る, 詩文の, 話してから, 話の, 調べよく, 調和し映, 軽蔑したがる, 道具の, 遠眼に, 革を, 頭を, 頼まないと, 飛ぶらしいと

▼ つて~ (125, 0.1%)

5 のすべて 3 の土地

2 [11件] と区別, のいかなる, のこと, の一脚, の事, の人々, の人達, の人間, の場所, の多く, の種属

1 [95件] から呼ばれる, がそれ, では一般, との無限, と同じ, と自, なかるべからず基督, にいくら, にどんな, には別に, によそ行き一着, に仕方, に何ぴと, に何等, に別居, に吹聴, に家出, に方便, に案内書, に正直, に疑はれる, に疑ひ, に行く, のかばね, のどういう, のもの, のもの達, のアラ, の一般社会施設, の二本, の人, の個性, の先生, の全, の出来事, の分野, の劇場, の動物, の勞働, の原野, の同胞, の命題, の器物, の大幅, の奇術的, の女中, の委員, の子供, の家, の巧, の意志, の文化, の方, の根據, の武士, の温和, の物, の知らざる, の科學, の童, の者, の者ぢ, の舟, の蟻, の觀點, の語, の誰, の誰人, の談話, の賤, の部屋, の部落, の醫師等, の顰蹙, は意識内容, は才能, は興味, へやつ, へ嫁, へ持つ, へ讓, よりも多し, を代表, を壓, を激, を窘めし, 世界の, 動物には, 合も, 國の, 國者は, 巳吉は, 日人の, 易くな, 處の

▼ つて~ (124, 0.1%)

4 を切, を開いた 3 の中, を利く, を噤んだ, を開い 2 にする, に入れ, に入れました, の結び, をきく, をつぐんだ, を極めて, を窄め, を開け, 少なな

1 [84件] からは酒, からぶくぶく, から泡, から煙管, がきけぬ, がぐいッ, が利け, が利けなかつた, が聞けなくなる, が酸, が開かれた, では仰, では強い, では言, で言, なんて利き, にあてた, にくわえた, にし, にしよう, には出さなかつた, には出せません, にやつ, に入れた, に入れよう, に出さぬ, に出し, に出し得ない, に含ん, に手, に持つ, に皺, に締り, に銜, のところ, のなか, の先, の周囲, の堅い, の端, の邊, の長い, の隅, はある, は利かない, は開きません, ばかり巧者, へ入, へ入れ, へ出し, へ持つ, まがりの, をあいた, をあく, をあけた, をき, をきいた, をきかなかつた, をきかなく, をきかれた, をとじた, をむすん, をムクムク, を出さず, を切つて, を切らう, を利い, を利いた, を利かれない, を利け, を噤む, を噤ん, を尖らした, を尖らせ, を拭い, を捜し, を添, を結び, を緘, を緘ん, を耳, を開けた, を餬, 出すな

▼ つて聞い~ (124, 0.1%)

34 てゐた 21 てゐる 6 て見る 4 てゐ, てゐました, て居た 3 ていた, て居る, て見た 2 てごらん, てさ, て下さい, て居り, て見たら, て見ました, て見よう

1 [28件] たり嗅い, て, ている, ておく, てくださるだらう, てしまつて云, てはみました, てはゐる, てみ, てみる, てやらう, てわかつた, てゐたら, てをつた, て入らつ, て呉れた, て居たる, て居つ, て居ります, て御覧, て来, て来た, て来ませう, て見, て見ない, て見なさい, て見ませう, て貰つた方

▼ つてまだ~ (121, 0.1%)

3 歸らず 2 一度も, 何か, 動かない, 夜の, 始まりだ, 暑くならぬ

1 [106件] いくらも, お悔み, お月樣, この消息, これに, これには, ころがしたまま, そこに, その繪, その腰, たいした時間, どつさり, どれほどにも, どれほども, ほんとうに, やり出したもの, 一ぺんも, 一年の, 一度か, 一時間ご, 三年と, 三時にも, 下流の, 中学生の, 五里も, 五間と, 何うなる, 何処と, 何處と, 停車場へ, 入棺せず, 入棺も, 八時といふ, 冷蔵庫の, 分からないと, 分るもん, 前髪を, 取殘, 吉左右を, 哲學の, 四十を, 堅相な, 夏季には, 奥さんを, 奪られやしない, 女房を, 娘みたいな, 嫁に, 実行に, 小さい床, 幸福や, 幽に, 幾代も, 座りも, 廚房に, 後向きで, 思考が, 怪しいもの, 恋知らぬ, 恐怖の, 戻らんがな, 手の, 拭き清めも, 新米です, 旅行から, 書物が, 此の, 死にたいわけぢ, 水も, 池の, 決つたわけぢ, 泥棒を, 泳ぐこと, 湯が, 滿足に, 点しきらなかつたガス, 烈しく声, 熱氣を, 町内の, 病気いけない, 白齒の, 眠れずに, 着替へも, 綴込みも, 缺勤屆を, 耕作には, 腰を, 自然主義の, 若いお, 若い母上, 若い蝉, 薄明り, 薬の, 行かない, 西班牙から, 記し定めること, 話したさ, 誰か, 起きて, 還つて參, 釘を, 開かれて, 雪の, 餘り, 馬車の, 騷ぎがやまない

▼ つて考へ~ (121, 0.1%)

31 て見る 14 てゐる 9 てみる 8 て見 7 てゐた 4 て見た, て見れ 3 てごらん, て見ます 2 て, てみ, てゐました, て見なけれ, て貰

1 [28件] さ, たり立話, ていらつ, てお, てさ, てだ, てちやうだい, てばかり居た, てみれ, ても善く, ても彼等, ても殘念至極, てゐ, てゐます, てゐられる, てをりました, てをります, て下さい, て居る, て御覧, て見ますれ, て見よう, て見ろ, て遣らず, ながら子供, ながら神經, 事ばかり, 又鄭樵

▼ つて行つたの~ (121, 0.1%)

28 である 12 です 115 では 3 だつた, であらう, はつい 2 が眼, だが, だな, ですから, は, はたしか

1 [44件] かと思, か簡単, が元禄, が手, が政公, が段々, が祇園会, ださうですが, ださうでたいへん, だよ, であり初め, であるが, でございます, ですが, ですアイヌ達, と殆ど, に違, はあり, はいづれ, はそれ, はといふ, はどう, は三日目, は何刻, は何時, は何處, は大変, は歌舞妓芝居, は誰, は近代, は頼山陽門下, もありました, もあるだらう, もそれ, も半ば, よ, よオ, を二人, を呉葉, を私, を考, を見た, を見逃し, を認めた

▼ つてくる~ (120, 0.1%)

14 のを 4 といふ 3 ことに, のであつ, ものが, やうな 2 あらゆる人, ことが, と, ときは, のだ, やうに, 度に, 所から

1 [74件] から五千円, ことも, この執拗, であらう, とい, といきなり, とお, ときには, とこんど, とすぐ, とすべて, とその, とはこいつ, と云, と信じ, と思ふ, と愛らしい, と晩, と母親, と父親, と皆学校, と舊, と飲みたくなる, なりいきなり, に, につれますます, のだつた, ので, のでありました, のである, のは, ほど深く, まではどんなに, ものである, ものの, もののけ, ものも, ものを, やうで, やうである, わけである, わけです, アメリカの, アルボースの, ゴチックの, ツとむ, 事が, 人々が, 人々の, 人の, 仲間の, 八五郎を, 処の, 前に, 多勢の, 夜寒, 天地は, 思考自体の, 悲嘆とを, 時, 時は, 樣な, 海の, 湯の, 濕つ, 無明の, 物の, 瞬間が, 瞬間の, 習慣な, 足音が, 闇の, 黒い感情, 黒田は

▼ つてこんな~ (119, 0.1%)

9 ことを 7 事を 3 事に 2 ことに, ところで, ところに, ところへ, ものを, 所へ, 時分に, 時刻に, 話を, 風に

1 [80件] お話を, ことは, ことやりたくない, こと上手には, ぢや, ところを, もので, ものも, もんかなあ, よぼ, 下らんこと, 不面目な, 予告を, 事が, 事情の, 事言やあ, 人にも, 人の, 人達の, 具合に, 具合によ, 処へ, 出來, 判りきつ, 化物と, 古風な, 場所へ, 大手柄を, 太腐れた, 女優に, 好い色, 子息の, 家ぢやあ, 家へ, 山の, 年寄は, 心配を, 念入りの, 思ひも, 思ひ出話, 恰好な, 悪戯を, 感じも, 教訓談に, 旅空で, 母が, 気持を, 池で, 無分別な, 珍らしい, 男, 畜生の, 眼に, 立派な, 純な, 細々と, 綺麗な, 美人に, 若い娘, 草なら見, 草深い田舍, 虫に, 裁判な, 誤が, 調子な, 調子に, 變な, 身装も, 軽い履, 連中と, 遊びには, 野暮な, 陰惨な, 陰気な, 際に, 題を, 顔を, 風雅な, 飾り気の, 馬鹿な

▼ つて~ (119, 0.1%)

15 をし 10 をした, をする 3 だぜ 2 ですから, をしはじめた, を聞く, を聽

1 [73件] あ解る, かけたり, があります, がし, がしたい, がしたく, ができます, ができる, ができれ, がまとまる, が出, が無い, が面倒, が面白く, さ, さた, される, される私, だ, だが, だつたが, だらう, で, ですもの, でも出, ならとうに, なら町内, なら知つて, にけつ, になつ, にならない, にならん, になりやしない, になる, にもむろん, にも何, に実, の筋, の腰, はさ, は済む, は矢張丑松, は開闢以來, も出, も大分, も聞い, も聞いた, も随分, をお, をきめ, をしたい, をしたかつた, をしない, をしよう, をすすめた, をすべきである, をすり, をせ, をつけ, を一切そつ, を一層, を交した, を仕掛けた, を伺ひ, を十五分ぐらゐしてくればよいので, を変, を聞い, を聞かう, を聴いたら, を逃れよう, を進める, 合したと, 込んで

▼ つて同じ~ (118, 0.1%)

10 やうに 9 ことだ 8 やうな 7 ことを, 事を 3 ことです, だ, ぢや, 屋根の 2 ことで, 事だ, 事です, 坂を, 季節の, 服従を, 樣に, 系統の

1 [49件] からず, ことさ, ことだらう, ことぢや, ことは, ことよ, だつて, だよ, だらうつて云, である, なの, なん, ものだ, ものらしく, よ, 事さ, 事ぢや, 事な, 人間に, 伝へ, 位な, 名を, 境遇に, 家に, 宿なし, 尼さんの, 年代を, 感慨同じ, 所へ, 所を, 月の, 月を, 木立の, 東洋の, 様な, 様に, 気もちで, 滿浦館へ, 現在として, 生を, 研究に, 程度に, 節, 脚本を, 街道を, 襄陽から, 言葉が, 道を, 鉛活字に

▼ つて~ (116, 0.1%)

8 の中 3 の面 2 にひたつ, に入, の上, の滴り, の音, をブツ, を汲ん, を浴び

1 [89件] がご, がさう, がその間, がぴちや, が一杯, が入, が出ない, が好き, が西, が逆さ, だ, でもかぶつ, で身體, で顔, なしの, につかつた, につけやさしく, にびつしより浸染ん, に向, に影, に手, に映, に氷, に沿, に浸し, に添, に潜る, に濡れた, に由る, に落した, に落ち, に落ちた, に落ちる, に顔, に飛び, のわき, の下, の事, の入れ, の出, の如き, の底, の性, の惡, の明り, の涸れた, の激, の細く, の見えなく, の長, はその間, は七分, は乳, は大, は音, へがぼ, へぽ, へ入, へ落ちた, もおしよせ, もなく, ももらさぬ, をあんまり, をかけられ, をくぐり, をのまう, をぶつ, を下さい, を凝視, を切つて, を切り, を吸, を打つた, を掬ん, を汲まなく, を沢山, を浴びた, を海, を清め, を渡つて, を溜め, を眞下, を被, を見, を離れる, を飮ん, を飲み, を飲ん, を飲んでれ

▼ つて~ (116, 0.1%)

4 が否まう 3 れからとも

2 [11件] が云, が気の毒, が留め, にも云, に会, の子, も外, も氣, も見, れも, れよりも

1 [87件] かしら友人, かただ, かと叫ぶ, かと話, かに持つ, かに簡単, かに素晴, かに責められ, からも氣, からも邪魔, かを白裸, か此處, か自分, か迎, がそんな, がどう, が出, が堕ちる, が存じ, が御, が永年苦勞, が見, しもちよい, だか, だつて, です, でもいい早く, でもが唯もう, でも会員, でも突, とも知らない, なの, にでも会, にでも其の, にも分り, にも口, にも害, にも手, にも束縛, にも知らさず, にも見せたくない, に憚, のもくろみ, の事, の仕業, の厄介, の目, の詩, は, はう, もいふ, もお前, もかう, もが相手, もさう, もその, もどう, もやめ, もゐない, もゐやしない, も不思議, も交際, も人, も何とも, も入れない, も前途, も怪しむ, も持つ, も指摘, も擧げよう, も救, も本姓太海, も楽しみ, も疑ひ, も私, も語り出す, も鋤, も頼み, やらが, やらが女, よりもあなた, れが, れにも, を憚, を殺した, を疑ひ, を縛る

▼ つて好い~ (115, 0.1%)

16 ぢや 4 わよ 3 かわからなかつた, か分からなく, であらう, でせう, んだ 2 か分からない, のよ, 位な, 気にな, 男だ

1 [70件] かげんトロリとして, かそれとも, かと思ふ, かどう, かまた, からあたり前, からもう少し, から卑しい, かわからない, かわからなく, かわからぬ, か何, か分かりません, か知らなかつた, か解らなく, か解らなくなり, か言葉, ことは, ことも, さ別に, さ神楽坂, しな, だらうなどと, だらう何処, です, ですね, と云, と思つて, と思つて書生, と私, と言, のかね, のが, のであらう, のである, のです, のに, のやらと, のよ何, ものは, やうなら, やらこの, やら知れぬ, わと彼女, わよ母さん, んで, んです, 事を, 位に, 健康の, 処へ, 声で, 家ぢや, 工合に, 年輩だ, 心持でなかつた, 心持世間は, 戯曲が, 時に, 時分な, 気に, 気味だ, 気持だつた, 気持に, 気持は, 男で, 目を, 芝居を, 話だ, 頃だ

▼ つて~ (114, 0.1%)

4 左様ぢ, 考へて 3 だつて, はさ 2 の美しい, の言葉

1 [96件] あの爺さん, あまり感化, いづれ何, かういふこと, からも一つ僕, から相談, がさう, がそれ, がジリジリ, が僕, が家出, が御, が思, が愚劣, が近々, この絨氈, それほどの, つたらどうして, と争, と内田君, と大頭, と父, と結婚, と離れ, なら抱, なんにもこれ, にいく, にしてやられた, にはあの, には察し, に宛てた, に斷, に話, に話し, に頼みたい, のいま, のやう, のよう, のパパ, の一生涯, の二重性, の仲間, の体, の外套, の守部論, の完全, の後姿, の心, の所, の批評, の立派, の苦しみ, の見せる, の説明, の領分, はあんな, はいつも, はこの, はその, はそれ程, はた, はたいして, はヂタバタ, は僕等すべて, は出た, は君, は吾家, は困り, は家, は工科大学生ぢ, は恋, は禪學, は英吉利, は言, は貨, は酒, は非常, は體, も僕等, も知, も社会, よりは後, をとら, をねらつ, をまで傷つけよう, をまとも, をダシ, を付け, を助ける, を憎む, を残し, 主たるもの, 多少気に入つてる, 左様釈, 若しか, 逃げ出しなぞ

▼ つて~ (114, 0.1%)

2 あるもの, にもない, に深い, の底, は上の空, を掠める

1 [102件] あるひと, からなる, からの頌歌, からの驚異, から可, から嬉し, から愉快, から珍, から詫, がきまる, がせいせい, がわくわく, が一人前, が他所, が傷んだ, が円味, が咎められた, が引きしまらず, が深く淋しく, が誘はれる, が跳, が躍つた, が鈍, だつて, でいた, では吹き出したく, では段々, で叫んだ, で見た, にいくらか, にかけて居た, にきめた, にしつこく, にしみる, にもないつらい, にもなく, に一種, に冷めたく, に受けた, に從はん, に殘, に銘, に集つて, に驚ろ, のすすまぬ, のなかぢ, の中, の休まる, の儘, の内容, の命, の奧, の悩み, の方向, の渇き, の糧, の臓, の臟, の苦痛, の落ちつい, の遣, の鎧, の靜定, はまるで, みだれず動搖, も油壺, も身, やすらかに滿, よりも形, をいら立たせる, をかしかるべし, をくばり, をま, を冷やし, を出し, を和らげ, を天, を定め, を惹かれ, を惹き, を惹く, を慰め, を慰める, を慰めん, を打たれる, を摧, を清められる, を温められる, を燃した, を牽く, を痛めね, を眞直ぐ, を確か, を示さない, を落着けよう, を語らね, を配る, を鞭つた, 堅い和尚様, 易い感じ, 躍りを, 鬱した不安

▼ つて置いた~ (110, 0.1%)

5 のは, 方が 4 のだ 3 ぢや, んだ 2 のが, のである, のも, ものである

1 [82件] あの甘汞, え, お話が, かのやう, からね, からね二三日中, から机, から直ぐ, から直接, が, がこの, がもう, が何となく, が即, が実際, が知合, が私達, つてこの, つて大丈夫, つて大丈夫さ誰だ, といふこと, ところで, ところ是非都合が, と聞いた, な, などといふこと, に違, のさ, のだらう, ので, のであつ, のでさう, のです, のでテイブル, のに人力車, のに何だ, のに誰, のや, のを, ほどそれ, ま, ものだ, ものでした, ものと, ものを, やうに, よ, んだらう, んで, んできつ, ロスケ小屋に, 中味が, 事が, 事やら, 事件, 二つの, 人の, 仇な, 仕掛に, 体だ, 僕の, 半纏へ, 問題が, 問題な, 土地の, 外郎を, 所で, 提灯は, 料理の, 木製の, 澄子さんの, 百姓の, 筈だ, 糯米を, 紹介状を, 習字の, 茎の, 蚊やり, 酒を, 重い石, 領巾を, 鶏を

▼ つて~ (110, 0.1%)

40 いて 8 かせた 7 いてを 4 かせて 3 くと, け 2 いては, かなかつた

1 [41件] いたが, いたこと, いたの, いたもの, いた位, いても, えたとは, かせかた, かせたおれ, かせた方, かせた譬, かせても, かせました, かせますから, かせませうか, かせられたらしく義雄, かせられた手, かせること, かせる樣, かない, かねえ, かねえし, きましたけれども, きやしません, きやしませんあの, き入, き入る八五郎, き入れなかつたん, き入れません, き流して, き流すこと, く, くだけだ, くだけは, くだらう, くガラツ八, く外, く聲, く苦勞, けお蔭樣, 入る平次

▼ つて今日~ (109, 0.1%)

3 までも物言はず辛棒 2 のやう, の如く, の日本

1 [100件] からうた, から云, から見れ, から起きた, こそは最も, こそ自分, だけぢ, では小, では彼女, では無用, では皆個人主義, でも人, でも古い, でも地震學, でも認容, で二日, で云, で解決, に及び, に及んだ, のうち, のお天道様, のこと, のところ, のスピン模型, の不法, の事, の出来事, の哲學, の國立, の境遇, の夕刊, の寒帶, の廣東, の形, の悦び, の所謂餘震, の支那人, の日, の生活, の舞台, の草鞋, の裁判, の西洋諸国, の邂逅, の飯, はさう, はす, はだめ, はどうしても, はみんな五合ぐらゐひろふ予定, はろくな, は一日日当り, は二つ無理, は堅鬢付, は大原, は整理, は日, は日曜ぢ, は朝, は本, は松, は歸つて來, は私, は貴方, は遠藤さん, までその, までつひぞ聞いた, までながく, までの新劇, までの観光事業, までは文化的専門領域内, までも鎭, まで世界, まで埋没, まで娯楽, まで御, まで發達, まで秘し, まで逢, もどうやら, もなほ演劇, もポン, も又, も名高い, も比較的, より數千年乃至數萬年數十萬年以前, 及び今日以後, 始めてでも, 御話しする, 思ひ切つて口, 来て, 漸く江戸, 直ぐ話させなかつた, 迄交際つて, 迄多く, 迄色々, 迄鼓吹, 返すつてお前約束, 還ると

▼ つておいで~ (108, 0.1%)

17 になる 15 になつて 13 になりました 12 になつ 75 なの 4 になります 2 だし, だらう, でしたよ

1 [29件] だから, だけれど, だらうか, だらうと, だろう, でした, でしたか, でしたが, ですね, ですよ, でせう, といふやう, といふ合図, と申しました, と言, なさい, なさいましと, なのに, なん, になつたこ, になつたの, になり, ね, のお, のところ, のやう, の事, やしたら, りやせん

▼ つてそれから~ (108, 0.1%)

2 後に

1 [106件] いろいろ話が, おそまき, お寺へ, こちらの, こちらへ, しきりに上れ, じゆんを, だらだらの, ぷいと別れ, ほの, もう伯母, やめてから, ゆかりと, わつ, ジジの, ペツと, ラケツトを, 一緒に, 一言, 不二子さんも, 久しぶりの, 人生の, 今度は, 体の, 何處へ, 僕の, 先の, 先を, 先何を, 兩方に, 其れ, 再びせはしさうに, 写真が, 切符を, 列車は, 別々の, 北側の, 卓の, 又前, 又思ひ出した, 友達に, 叮嚀に, 土呂部の, 垂れ流す, 声を, 夕食後に, 子供の, 家々で, 小樽の, 山越しで, 左の, 左右に, 己を, 帽子を, 役割を, 後の, 後は, 後三十秒間位は, 徐々始めやうよ, 御一緒, 復び碁を, 心臟を, 急に, 指定の, 揚場を, 時期が, 時間が, 暫く默つて時, 更紗に, 根つ, 横に, 毎日いやでも, 毎日此処まで, 毒吐き出し, 氷屋へ, 永代を, 汽車を, 泡を, 浴場に, 深川の, 港に, 煙で, 直に浜町一丁目, 磐城の, 私が, 私の, 系圖を, 紅子に, 腋挾ん, 腮で, 膳椀も, 自分の, 葛卷の, 蓮太郎は, 行方不明だつたさうである, 衣ずれの, 西の, 話を, 貴方本郷台へか, 輕便鐵道に, 還つて父君, 離れての, 電車で, 静に, 飯を, 髪の

▼ つて呉れた~ (108, 0.1%)

6 のだ 4 のである, のを 3 のは, んです, 方が 2 が宜, が矢張駄目, ことが, ね, の, のであつ, ものだ, ものは, んだ, 喰べては

1 [65件] あの, おツ母さん, お吉, か, から子息, がそれでも, がねそれ, が思はしい, が環境, が美奈子, が荒凉, が遂に, ことだけは, ことまた, ことも, さうで, つけに, つけね, つてそれが, ところで, ねそんな, のです, ので一緒, ので助, ので日頃少年, のね, のも, のよ, は顔一めん, ものでした, ものと, んだらう, んや, スリーキャッスルを, チエホフの, リリーオフゼ, 事が, 人だ, 人達を, 友も, 四角の, 希臘神話を, 帯なども, 感謝状よ, 押入らしい, 教室の, 數ある, 新鮮な, 方がよ, 是が, 時には, 時の, 時分だ, 杉林や, 歌が, 男に対する, 礼を, 福岡の, 禮を, 老爺と, 船頭までが, 記念だ, 雑巾に, 高橋さんの, 高麗焼の

▼ つて~ (108, 0.1%)

4 の前, を丸く, を閉ぢ 3 を, を瞑 2 がお, くばせを, の色, も鼻, をさます, を伏せた, を白黒

1 [76件] かくしされてる, ががつくり, がさめた, がすわつ, がついてる, が覚め, が覺め, くばせして, さめれば, でにらみます, でもまわし, と鼻, にみえ, にも見, に立つ, に見えない, に見えぬ, に見える, に見へる, に触れる, に觸, に黥, のあたり, のふち, のま, の中, の廻, の昏, は逆, まぜを, も當, をあけ, をこすりこすり, をこらした, をしば, をすえた, をつぶつて, をつぶつて静か, をつぶる, をまるく, をみ, をシク, を上げた, を下, を凝し, を反らした, を大きく, を少し, を慰むる, を掛けた, を擦り, を擧げた, を潤ませた, を瞑つ, を瞠つて, を移した, を細うく, を茶棚, を衝, を見合, を見張り, を覚し, を覚す, を覚まし, を通した, を通す, を醒まし, を開い, を驚かし, 出たいわ, 出たい事, 出たく妓楼, 深くか, 醒まされた清浄, 醒まされた者たち, 醒めさせられた日本

▼ つて大きな~ (107, 0.1%)

6 聲で 4 声で, 聲を 3 声を 2 三つの, 二日月の, 口を, 欠伸を, 音を

1 [80件] くさめ, のを, ぼろを, ものが, コンフエツチの, ピストルを, リボンの, 一册の, 三角の, 丸いからだ, 今日で, 伸びを, 伸を, 作り鼻の, 価値を, 働きを, 動きと, 南瓜が, 口で, 咳払ひ, 商売を, 嚏を, 嚔を, 圓い, 學術團體では, 室に, 家の, 小間物の, 川柳の, 工場と, 建築の, 影を, 意味に, 拳骨で, 掌面で, 敷地に, 旗を, 暗い, 月が, 期待を, 村の, 松の, 板の, 枝に, 柱を, 梨が, 棒で, 榕樹の, 槻の, 標準が, 樹を, 欅の, 欠伸をを, 河や, 深い林, 煙管に, 煙草入を, 物が, 獨木舟が, 男が, 盤に, 眞青な光る, 破壞, 竹の子を, 老木の, 舌を, 茅葺の, 茶店が, 行李の, 赤煉瓦の, 辨當を, 邸の, 金縁に, 顔を, 飯櫃が, 體に, 鬘を, 鳥居を, 麻の, 鼻を

▼ つて見ました~ (107, 0.1%)

12 がこれ 753 が何ん, が自分

2 [11件] がお, がそれ, がどうしても, がね, がねす, がナーニ嘘, が三輪, が何, が別に, が大した, が無論

1 [55件] から今度, があの, がこの, がさうかと, がさすが, がその, がそれら, がたしかに, がどうも, がどちら, がね何しろ, がルリさん, が一向, が一銭, が三七郎, が三軒, が中間, が主人, が久助, が乞食一, が二人共, が伸一先生, が何やら, が何矢, が兩側, が八五郎, が其時, が十五, が唯, が困つた, が平常, が平次, が忽ち, が手がかり無し, が早生れ, が昨夜酉刻半, が構, が此處, が死ぬ, が狩島右門, が皆, が瞳, が碧血, が紋次郎, が背, が證據, が鍵, が門並, が隱居, けれど面白く, ところが大, どうしたら, ね, のでございます, 処が

▼ つて~ (107, 0.1%)

5 を垂れ, を振つた, を振りました 3 を振る, 垂れて

2 [12件] をかしげ, をかしげた, をくく, をふりました, を一方, を低, を垂れた, を垂れました, を垂れます, を振つ, を振り, を擡げた

1 [62件] から掛け, がその, がブルブル, が廻らない, が廻らなく, が空, だけ出し, でも吊らなかつたら, でも縊つて, に力, に鈴, の方, の鈴, の骨, は梁, は終に, へ引つ掛けられる, へ細引, も廻らぬ, をあげ, をあげました, をがつくり, をく, をさしのべ, をすくめた, をたれ, をつき出し, をのばし, をひねつ, をひねつた, をひろひ, をふつ, をもたげる, を一寸, を一緒, を三太刀, を上げ, を下げ, を伸し, を伸縮, を傾け, を傾けつ, を入れ, を切られた, を屈め, を振, を捻る, を掉, を掴ん, を曲げ, を横, を突, を絞めはじめた, を締め, を縊め, を縮めた, を縮めつ, を縮める, を胴, を遣うで, を長く, を集め

▼ つて~ (105, 0.1%)

6 をあげた 5 を赤く 3 を見合, を見合せた 2 や手, をしかめ, を伏せ, を反, を合, を背け, を赧

1 [74件] から雫, が土, が火照, が熱り出し, だけ出し, にか, には厚く, には横着, に似合, に押しあてた, の上, の皮, の色, の薄, の輪廓, はいつのまにか, は何時, みしりだつたので, も得上げず, も挙げられなかつた, や手足, をあかく, をあげ得なかつた, をおさへ, をかくした, をし, をしかめる, をすりよせ, をそむけた, をそむけたくなる, をだした, をつきだす, をなほしはじめた, をふせ, をほてらせ, をサモワル, を上, を上げ, を伝, を出した, を出したら, を出す, を出せ, を剃, を固く, を引き吊らせ, を強く, を持ち上げた, を挙げる, を撫で, を曇らせた, を染め, を歪め, を洗, を洗つて, を火, を真赤, を真黒, を瞶め, を紐, を見, を見い見い話せ, を見る, を見合せ, を見合せました, を見合わし, を見合わした, を覗き, を赤らめた, を赭, を顰め, を顰めた, を顰める, 拭いて

▼ つて歩く~ (104, 0.1%)

6 のが 5 のも 4 ことが, のです, やうな 3 のである 2 ことを, といふ安筆, となる, のでサイダ, んだ, 度に

1 [66件] お葉, から素人衆, から身體, か千鳥がけ, ことに, ことも, これが, ために, だけの, だけの足損, といふ, といふこれ, といふ始末, ときには, とその, とともに機関, と彼処, と見え, と誰, と鋼鉄, と鋼鐵, には息苦しい, の, ので, ので山, のに, のにも, のは, のはを, のを, ほどの道, また或, やうに, より他, わけにも, んです, 久利加羅紋, 事の, 人だ, 人種を, 以外に, 仲居衆の, 八月の, 其処は, 商人よりは, 善哉, 女の, 女は, 女小間物屋の, 奴さ, 広島の, 徑も, 恰好は, 愛稱ガラツ八は, 敗殘の, 日も, 獅子及び, 給仕の, 習慣な, 芸謂は, 變な, 跡に, 辻斬野郎ぢや, 野郎を, 鑄掛屋です, 香具師だつた

▼ つて~ (103, 0.1%)

11 ださ 4 ださる 3 の方, へ降り, を向いた, を見 2 さつて, さりませ, を見た, を見る, 唇を, 暗い木立

1 [64件] からハンケチ包み, から手, から登つて來, から突き上げた, がつた, が空洞, さつてお布施, さりさうな, さりまし, さりまし成たけお昼寝, さりますと, さりますな, さります而, さりませなあに, さりませ我夫, すって, ださい, だすツ, だせイ, つてゐた, では最う, には今朝, には少し, に皺びた空気枕, に盆地, に見ゆる, に鋪, のにびツくり, の世界, の人々, の史料, の大きな, の如く, の座敷, の方地獄谷, の棧, の泥, の海, の籠, の草, の食堂, はれませぬ, は極めて, へおり, へは落さん, へぽ, へバタ, へ置く, へ聲, へ落す, へ落ちた, へ落ちない, へ飛降りた, へ飛降りました, をむいた, を向い, んせ, 剃の, 唇が, 座敷の, 庭の, 穿に, 裳の, 験べを

▼ つて~ (103, 0.1%)

9 れを 3 れが, を見る 2 れに, を興

1 [84件] から一つ, から數ヶ月, が如何なる, が為め, が路案内, が金人, と働き, にお, には例, には南北書派論, によつて周禮, に乘, に克ち, に和し, に唯々諾, に堪へ, に對, に当るべき, に応, に旅用意, に模倣, に相当, に粗服, に觸, に載つ, は当時発狂, は當時, は編纂, も一定, れなら大丈夫, をい, をひと通り, を一々, を争, を他, を以て日本文学, を作られた, を促した, を卑し, を厭味, を取扱つた方, を同時に, を噛め, を圧搾, を地, を実行, を宣言, を帝, を弔, を得ざるなり, を復活, を忍び, を打ち, を撫摩愛玩, を擯斥, を放, を断たん, を新, を斷, を施し, を書いた, を書き出す, を桑野, を標準語, を止め, を求め, を用, を看過, を知, を破る, を總, を罵, を西洋, を視る, を視れ, を説明, を賽, を走らす, を辯護, を造りました, を遠き, を避けね, を酷排峻斥, を門人

▼ つてきた~ (102, 0.1%)

5 のだ 3 のである 2 がその, しばの, しばを, な, のが, のであつ, やうな, わ, 女は

1 [76件] あかつきの, か, からである, がこの, がすぐ, がまだ, がもう, が不幸, が子供, が音, ことは, さうだ, すべての, そこで, ためしがない, だけだ, といつ, といふ, といふの, といふやう, といふ話, ときそれは, とき何時も, とき新聞記者が, ところで, と思ひこん, と思ふ, どんな手当, な婆さん, に相違, のか, のださうであります, のだつた, ので, のです, ので保證人, ので実際, ので東京, ので私, ので途中, ので酒, のは, ものだ, ものを, やうである, やうに, よ, ようである, わけで, フランソアを, 一杯ひつ, 人々は, 今度で, 例し, 児玉は, 北川氏は, 夫人は, 女ぢや, 女で, 嫌悪の, 巡査は, 年代で, 幻像に, 彼女も, 徑路とか, 旅行鞄から, 水の上に, 洋子を, 海泡石の, 瀧野川署からの, 私の, 私は, 芝師が, 血の, 許り, 途端に

▼ つて帰つて~ (102, 0.1%)

20 来た 6 来て, 来る 5 来ると 3 きた, 来たが 2 いつた, 来たの, 来ました, 来るの

1 [51件] いつたまことに, いつた下手, おいでるそう, おくれんか, おしまひ, からは奉行堀伊賀守利堅, きたが, きたため, きた一杯, くる, さう云つて, まゐりまし, もいんだ, もうそんな, 入らつした, 参ります, 御出でなさい, 御父さん, 来たお節, 来たこと, 来たと, 来たといふ, 来たとさ, 来たら直ぐ, 来たわけ, 来たゑみやから, 来たん, 来たモリエエル, 来た事, 来た夫, 来た少数, 来た時, 来た途端, 来なければ, 来ましたが, 来ましたら少し, 来ようか, 来られたの, 来るから, 来ること, 来るだらうな, 来るぢ, 来るもの, 来る途中五六人, 来る靴音, 行きました, 行くの, 行くので, 行く人々, 見たが, 見ると

▼ つてしま~ (100, 0.1%)

197 はうかと, へツ 5 へない 3 はない 2 つたわよ, はなく, へといふ気持, へばい, へるの, へ云, へ畜生, やがつた, やア

1 [41件] つたお日さま, つたお福, つたなア, はうかと暫く, はなけれ, はア, ひさうだ, ひさうだぞ, ひさうでございます, へあきらめ, へさう, へせめて, へそして, へつ, へつて, へとか, へと四ツ, へと決心, へと言つて, へば, へば群とんぼ, へよ, へるその, へるだらう, へるなら今日, へる処, へる樣, へ俺, へ思ひ切, へ明日, へ独り, へ神経的, へ酔つてしま, ほふ, やあええ, やあがる, やがつたな, やがる, やがれ, やしない, やの方

▼ つて~ (99, 0.1%)

76 んだ 3 第一 2 なえ, はつたんか, んにも, んの, 人間らしい気分, 堀江で

1 [71件] あおい, あつち, あのとき, いとしい恋人さん, おばあさんに, お前は, かつたさうです, がつた, がめばかりを, ことかも, ことに, ことを, さるる, その悪魔, それから何處, そんだ, つた, つた病院も, つてゐるで, つめしゆろ, の, のかも, まいきだ, まるで八五郎, も, もんか, よ, よおれ, よく清め, んが, んだい, んで, んであらう, んでしよう, んです, んに, ん古, アくみ子さんの, ア此処は, ア此處は, ンか, 事云つてきれいな, 伯母さんあんじよう, 何ち, 俥も, 先づ十人にも, 共和党万歳など, 出来心を, 勘定すん, 夢みたいな, 大え青, 大きなこと, 天井から, 妾お断りどす, 妾落語聞いてる, 悪く思はん, 手前の, 支那人の, 櫻井の, 気を, 火も, 石坂だ, 笑はしや, 簡易ホテルでは, 縁の, 繩を, 至つて小心で, 行つて見た, 誰でも, 辛抱おしやす, 風に

▼ つて~ (99, 0.1%)

2 のところ, はペン

1 [95件] か兄, がいう, がいつ帰る, が今にも, が全く, が帰る, が手術, が来た, が歸, が残し, が老衰, が郷里, が頻, つあん, つあん病気, であつ, でない父, とはたつた, と争, と二人, と二言三言, と私, なる帝, なんかが話し, に, に云, に伝授, に依, に報い, に親しみ, に送られた, に逢, に隠し, の五左衞門, の仇, の仏様, の傲慢, の口, の名, の墓, の変つて, の大きい, の女, の室, の家, の家業, の心, の憲之, の方, の未だ, の机, の様子, の激怒, の苦しい, の言います, の計画通り, の記憶, の遺言, の酷, の面前, の顔, はさき, はその, はそれ, はそんな, はなか, は一寸顔, は三稜鏡, は中学, は代, は何, は例, は市場, は彼, は早坂新道, は明治, は毎日, は煙草入, は矢張真実, は立ち上り, は笑つた, は腕組, は自分, は非常, もにはかに吃驚, も母, も隆正, や姉, や母, を傷けた事件, を止めた, を笑, を衝撃, を説き伏せ, を驚かせ

▼ つて自己~ (99, 0.1%)

10 を新 3 の所信, の本質 2 の内容, の理想, の破滅

1 [77件] が缺, と自己, に対する自棄, に形, に痛切, のうち, のしろうと考, のため, の中, の仕事, の内, の内面的知覺, の出發點, の品位責任, の哲學研究, の好, の崩壞, の性格, の感じ, の感想, の所属, の才能, の有する, の氣, の法則, の法身, の為め, の獲得, の生命, の生活, の生涯, の目的希望, の眞, の眼, の眼前, の破棄, の社会上, の立場, の耽溺, の自然的, の芸術的欲求, の誠意, の足らざる, の身体, の道, の靈魂, は家族, も亦, も前路, より優れたる, より卓絶, をつねに, を不滅化, を主張, を作り, を偉大, を失つたの, を完成, を建設, を律せ, を得る, を徹底, を拡大, を教養, を無, を獲得, を生育, を省みた, を空中, を罵る, を育て, を観察, を語る, を證明, を赤裸々, を顯, 及び周圍

▼ つて~ (96, 0.1%)

4 云ふ 3 例に, 手真似, 突然に 2 いふよりも, つても, まつて, 云はれた, 所望される, 變てこな

1 [71件] ある家, ある酒場, いうよりも, いつて, いふでは, うとうと回向院, お話なさつた, がめられたので, きじく, つくだよ, つくに, つくりと, つたやうな, つて來よう, つて喰はう, つとと, びかかつて来よう, びかゝります, びしさつた, ほくの, ほつた, ほり一ぺんの, ほり過ぎた, ほり過ぎて, ほる, ぼとぼとこの, ぼとぼと歩い, また獨, みが, もう私, やせむかくやせむと評議, りかへ, んでつた, ッつきに, 一言云うたぎり, 云うたの, 云つ, 云つてぷりぷり, 云つてやつた, 云ふより, 來る, 促した, 先生が, 其の年紀上, 其処へ, 同樣, 嗤つてゐる, 変てこな, 存じましたけれど, 弟は, 彼は, 思ひしもの, 思ひましてね, 或る, 最後に, 歯磨類を, 殆ど同時にもう駄目, 痛恨の, 目を, 私が, 結局は, 血狂ふ, 見る人, 言つた昔の, 言つて夫れ, 言ふ, 言ふそんな, 許答へ, 階段を, 頼まなかつたの, 頼んだの

▼ つて~ (96, 0.1%)

9 てゐる 7 てゐた 5 て居る 2 かし, かした, た, たの, てしまふ, る, ること, るん

1 [59件] かされ, ころびながら, ころぶの, ころんだ, ずの, たいと, たが, たくても, たこと, たさうだが, たつきり, たので, たばかり, たらどう, たり起き, ていらつ, ている, ておしまい, ておれ, てし, てしまつた樣子, てしまつて, てしまひました, てるん, てる時, てをり, て大きく, て居, て居た, て居ました, て居ます, て居りました, て手足, て自由, て飯食つて寢, て默つて歸つて, ない町, ながら土地, ましたが, みましたが, むか消極的也, られない, るから, るがい, るつもり, るので, るばかりの, るまで, るまでの, るやう, るよ, る事, る人, る佐渡, る床, る癖, 入るごと, 込んだ主人, 返りを

▼ つて~ (95, 0.1%)

7 しよに 5 と眼 3 と晩 2 と握り, と晩飮, と通り, と間, はね, 向口, 思ひに

1 [66件] かど遠, かなあそれとも, きは, きれの, こづきこづいて, しほお, しほ鮮紅, すすり番茶, としほ, と休みし, と休みしよう, と休みする, と勝負二, と博奕, と口, と廻り, と役買つて, と晩泊つて來, と晩留守, と晩踊り拔, と月, と月近く, と目見, と突き, と言, と責め責め, と足, と足先, と部屋, と雨, と風呂, と騷, にし, に纏められた, の全, の大いなる, の後, の断案, の法敵, の美術, の難路, はマテリー, は東北方面, は此, は海保漁村, は診, まづわたしのところに來, むれの, も二, を加, 休みしながら, 同引上げ, 同最敬礼, 向他, 坐の, 大進歩, 大邪魔物, 寝入りそれから, 拉ぎ, 振に, 振の, 撮に, 浴びしなかつたこと, 舐めしても, 跨ぎで, 迂廻

▼ つてどう~ (93, 0.0%)

4 するの, するん 3 したん, するつもり, すると, だらう小さな, なるか, にもならない

2 [12件] いふもの, いふ風に, かかうか, します, しやう, する, すること, すれば, でもいい, なさるの, にもならん, 云ふ

1 [43件] いふ, いふこと, いふの, いふわけ, いふモデイフイカチヨン, いふ層を, いふ解釈, いふ面から, いふ風によ, かお, かと思, したつて, したつて君, したの, したら可, しませう, しようと, しるだ, するかよ, するという, するひま, するもの, するわけ, する暇, すれア, でもし, といふ, とか思案, なつて, なりかうなり, なりますこと, なるもの, にでもなる, にでも変化, にとなれ, にもならぬ, 受けとられるかといふ, 挨拶したら, 縺れて, 落ち付かないの, 見たつて, 見ても, 違ふ

▼ つて子供~ (93, 0.0%)

5 のやう 3 の世話, の時, の頭 2 が折紙, と同じ, に教, を賺す

1 [71件] かなぞ, が, がお伽噺, が三人揃つて入院, が啼く, が泣く, が澤山, が駄目, ご, だちを, つぽく, でない, ではあつ, でも入れます, と云, と喧嘩, にはうつ, にはどんな, には出来ない, には見掛けない, には関係, にまで辛く, に服従, に物, に見せ, に認印, に食, のない, のプール, の健康, の兩足, の嘘, の將來, の怪我, の手, の拳, の正しい, の汚れた, の相手, の純白さ, の自由, の芝居, の誰か, の遊び友だち, の鑑識眼, の頃, の顔, は前, は弱る, は彼, は立留つた, は錯乱, ばかり産ん, よりも愚, らしくて, をあまり, をおんぶ, をからかひ, をより, を人形, を厭ふた, を抱きあげた, を振り返つた, を教, を早く, を窒息, を背負, を見た, を負う, を連れ, を離さん

▼ つて~ (92, 0.0%)

12 ゐりました 7 ゐります 5 ゐりまして 3 ゐりますから, ゐりませうか 2 さ, づ最初の, んね, ツせ

1 [54件] ぎらはしいといふ話でした, ごころから, づい朝御飯, づい花, づお婿さんに, づし, づじ, づその, づまづ好ましい, づ人間的義務を, づ伊勢に, づ伯道が, づ吻と, づ喧ましい, づ学界の, づ新しい, づ楽しみは, づ此を, づ竜の, づ第, づ義村さまが, づ考へる, づ袴と, づ講師の, づ酒客との, はされ, はりが, はりまは, はり道を, はる払ひたい払は, はれば, ぶいを, へから知つて, もない, らうどなる, ゐつて, ゐりましたが, ゐりましたと, ゐりましたの, ゐりましたので, ゐりましたよ, ゐりましたらば, ゐりましたわ, ゐりましたんで, ゐりました馬車, ゐりましても, ゐりますけど, ゐりますと, ゐりますの, ゐりますやう, ゐりますわ, ゐる処, ゐる東西, をし

▼ つて~ (92, 0.0%)

3 の手, の方 2 か女, です潔く, には惜しい, に渡した, のやう, の心, の顔, の首, はクスクス笑

1 [68件] からやつ, から見れ, から贈, か何, がワイシヤツ, が一人, が名, が必死, が見合, だか, だから, だぜ, だつて何時, だらうぢ, つ振り, であるからとか, でなければ, とも見えなかつた, と一緒, ならば, にし, に取つ, に対する城塞, に戀, に捨てられる, に甘える, に部屋, の人たち, の友達, の咳, の子供, の家, の左, の掌, の横顏, の横顔, の足, の頼み, はあれはい, はあんな, はさう訊き, はその, はそれ, はてれた, はどんな, ははで, はむかう, は光明, は十六歳, は大きく, は少し, は敷島, は本, は男, は神棚, は立ち上らう, は自分一人, もゐり, も亦, や女, をかばふ, を意気地, を盗んだ, を睨みつけた, を睨んだ, を絶対, を罵つた, を避け

▼ つていつ~ (91, 0.0%)

5 てし 3 しよに, までも昔 2 そうひど, て, てしまふ, てる, てるの, ぱしの, までもいつ

1 [66件] そう受賞者, そこの, そ下り, そ明日の, そ石屋の, そ金藏を, たいじぶんが, てあげた, てから第, てしまひました, てそこ, てはそこ, てもなかなか, ても中途半端, てやがて, てやらう, てるけど, てるん, てゐる, て坐り, て家中, て尋ねました, て廊下, て彎曲, て手摺, て昔, て枝, て死んだ, て精, て輕, て高い, でもお立ち, でも人, でも存在, でも山, でも復讐, でも暗い, でも淋し, でも紐, とい, とき會社勤めを, とき遊ん, ともなく遠ざかつ, になく, にも斯ん, に安部君, のこと, ぱいに目を, ぱい空気を, まで, までで, までも, までもかう, までもかうし, までもしがみつい, までもま, までもやめさせない, までもバンヴィル, までも吸収, までも彼等, までも放さない, までも此処, までも耳, までも自分, までも龍吉君, 学校の

▼ つてゆく~ (91, 0.0%)

6 のである 4 のが, のを 3 と, やうに 2 ことが, ともう, と皆, のだ, やうな

1 [61件] うちに, かのやう, が牛, ことである, ことなし, ことに, といくらい, といくらか, といふ気持, ときでも, ところなどを, とこんな, と云, と千年二千年以前, と女, と安産, と彼自身, と来客, と正面, と球江, と蚊帳, と蝶子, と見られた, と速く, のと, のは, ものだらう, もので, ものである, より外, 人が, 人影の, 力は, 唱を, 土牛の, 壜型の, 大地だ, 女連子供連の, 宏大な, 島の, 幼兒の, 廊下と, 後姿に, 心地に, 旗の, 時昨夜の, 橇の, 白い遊覽船, 白い骰子, 空は, 絹帽を, 縁を, 自分の, 規定の, 詩語は, 軽石の, 道の, 酒の, 間は, 霧が, 風景は

▼ つて一人~ (91, 0.0%)

2 の子供, の男, もゐない, 歩いてると

1 [83件] あくこと, あたま三百円ぐらゐのもうけになる, あるひ, かうし, がぢ, が先, しか中らない, して, だけ立派, でいく, でくよくよ物, でせッ, でぢ, ではらはら, でぶつぶつ, でも逃げ出す, でやられた, でホクホク, で万歳, で上つた, で働い, で出, で出鱈目, で土, で坐つて, で座つて, で戴いた, で来た, で東京, で泣い, で渡る, で痩せた, で移り住んだ, で種々, で笑つた, で絶對, で臥, で遣つて, で部屋, で雨上り, で食堂, のお, の下女, の主, の人物, の作家, の供述, の友人, の可, の外人教師, の女, の女官, の子守, の小さな, の小僧, の少女, の御, の手, の方, の武士, の稚, の者, の詩人, は母, は牧師, は第, は絶えず, もお客, もゐなかつた, も出, も出た, も治療, や二人, や二人三人ぐらゐの, を詛, を連れ, 取り逃がした, 帰るの, 早く都會, 減り二人, 走り去ること, 起ち二人, 駈けるやう

▼ つて出た~ (91, 0.0%)

4 のが 3 が宜いか, さうだ, のだ, のは, んだ 2 のか, のです, 八五郎は

1 [66件] いまの, お前でも, お常, お鳥, かの娘, が又, が案の定, が船, けれど何時, ことは, この男, さうで, さうです, そのとき, たそがれやつぱり見知らぬ, であらう, といふこと, といふ意味, ときの, とき馬耳は, ところで, ので少々, ので御座います, ので御飯, のを, ばかりの朝日, ばかりの薄, まま行方不明と, もので, やうである, よ, わけぢや, わけで, んぢや, んです, 下手人といふ, 不折氏の, 主人に, 主人役が, 二つの, 二人の, 人間の, 位え, 佐七, 初瀬の, 夫人に, 妹に, 子である, 帝大, 平次の, 彦兵衞の, 彼岸の, 戯曲は, 町の, 相だ, 筈で, 筈です, 米吉に, 精霊と, 縁によ, 芝居だ, 若い将校, 西洋間の, 話や, 静子に, 頃には

▼ つてもの~ (90, 0.0%)

32 はどうして

1 [85件] いひを, があ, があさましく, がある, がきまつ, がございませう, ができなく, がどう, がねえ, が暫く, が立たない, が貴方, でね, にした, にたえ, には一杯くつ, に愛想, のお, の生態, はそこ, はその, はそんな, はそんなに, はだ, はどう, はどこ, は三界, は何だか, は執念, は変, は寄ん, は幾ら, は幾日, は広い, は廣, は彼ら, は明日, は昨日さ, は本当に, は案外, は正気ぢ, は瞬間, は結婚式, は綺麗, は自己本位, は芳, は裏海, は静か, は面白い, は馬鹿, も彼ら, も萬物, も言, をいはう, をいふ, をそんな, をどう, をよく, をチラリ, を一度, を上げた, を云, を信じる, を信用, を全面的, を尋ね, を恐, を搜, を書い, を書いてた, を知らう, を維持, を縦横自在, を考へる, を見る, を言, を買つて, を食べます, 位なんだ, 忘れした後見, 怖ぢ, 村中の, 無理にと, 静かな, 馬鹿に

▼ つて~ (90, 0.0%)

3 れが 2 から其, に並んだ, れから, れと, れも, れを, 痩せて

1 [73件] からが峠, から下, から人間, から又, から曲る, から直に, がぴよん, が亭主, が伝写, が全然, が口惜し, が大体, が惟神, が愈, が日本人, が更に, が次第に, が此歌, が江戸期, が火, が現れる, が神楽, が穢多, が菊五郎, が食, しらべは, すら屡, だけの決心, と無く遠かる, なら我々, には除夜, にもい, に先だつ, に必伴, に穢れ, に続行, に関聯, は, は現実, ま, ももう, よりも少し, れで其所, れには, れは, れ丈, をねぎらひ, を二階, を受ける, を噛, を失, を慕, を抱い, を捨て, を明らか, を曳い, を此方, を省吾, を簡単, を組合せ, を自慢, を言, を買, を逆用, を通つて, 古めかしい處, 小さい次男, 恥ぢ処, 持つて, 次々, 泡立つた乳, 防ぎに, 高い声

▼ つて~ (90, 0.0%)

78 つた 4 つたが 2 つたもの, つて 1 た, つたので, つたやう, つたり

▼ つて日本~ (90, 0.0%)

2 のこと, のため, の婦女, の小説, の文化, の杜鵑

1 [78件] がうまく, がこれ, が切支丹, が當時支那, でこれ, ではこれ, では一番西, でも聖徳太子, でも青銅器, で一番不愉快, で展覧会, で最も, といふ国, と似, などの如く, なる姿, にない, にはご用, にはまだ, には全然, には百姓, にも自由劇場, に人, に対する愛情, に帰つて, に昔, に殘つて, に発達, のファルス, の今, の俳優, の勃興, の勝利, の国, の国土, の女, の威信, の学校, の家庭, の当局, の政治家, の散文詩, の文字, の文學, の文明, の新, の新劇運動, の民衆, の爲政者, の現代文化, の生活, の生長発展, の田舎言葉, の監督たち, の真正, の社会, の祝詞語, の經濟界, の美術, の輸出高, の農民, の近代劇, の風物人情, はその, はつとに, は特別, は金, へ帰, へ帰る, へ歸つた後, へ立つ, へ逃げ, ほど學校, を抑, を見れ, を説明, 各時代, 程釣り

▼ つて~ (90, 0.0%)

3 を立て 2 じまひ, につける, も心, をよけ, をよけよけし, を投げ伏せ, を震

1 [73件] づから病氣, にしむ, につきません, につく, につけ, につけた, にまとうた, に塗り, に殃, に着け, に纏, に覺, の不肖, の吉凶, の周囲, の毒目, の潔白, の置き, の華, の衰, の輕, ぶるひした, ぶるひを, をかくした, をかためる, をかはし, をこごめ, をそらし, をのばす, をふかく, をまかし, をもだえた, をもつ, をやつした, をよける, を乘, を亡, を任せた, を伸し, を入れ, を卑下, を反し, を固く, を堕した, を売らなけれ, を寄せ, を悶えた, を慄, を投げ, を投ずる, を挺ん, を捧げよう, を換, を擦附けた, を支, を温め, を滅ぼす, を狹め, を立てよう, を立てる, を耻ぢ, を苦しめる, を落ちつかせ, を處, を責めたてる, を賣るで, を転, を退く, を過つ, を隱, を震はす, を顫, を飜

▼ つて人間~ (89, 0.0%)

2 だもの, である, の村, の生命, を呪つて

1 [79件] が乘, が事務的, が住居, が各々, が探し廻ります, が自己省察, が變, が近づけ, が鋭く, が非常, が馬, だから, だからね, だつて, であつ, でしよう, ですから, としての誇り, なん, にとつて娯樂, には未來, には未来, には自然, に乳, に代, に彼自身, に最も, のいつはり, のつよい, のねうち, の一生, の一種, の一部分, の体, の姿, の姿人間, の幸福, の意力, の意志, の手, の最高, の毛, の気質, の洪水, の活動, の為め, の生き, の生活, の男, の苦労, の血管, の記憶, の運勢, の過去, の醜, はいつも, はぐんぐん, はたつた, はふた, はテュプス的, は何千年來一歩, は大きな, は悪い, は抽象的, は此の世界, は社會的存在, は笑, は近眼, は面白, を完全, を殺し, を田舎者, を神, を自在, を見れ, を解き, を超越, を除外, 及び人間群

▼ つて~ (88, 0.0%)

5 になる 4 どほし 3 の明ける, の更ける, も昼 2 おそくまで, だもの, つぴて, になつて, になれ, を明かし, を更し

1 [56件] おそく帰, がいい, がす, がねむれなかつ, が世界, が明け, が明けかけた, が更け, が激しい, が白, が短く, しか外, だつて, つぴて後, でも室内, となく, となつ, なぞ酔つた, なんかとても, になつ, に入, の十時, の十時頃, の寺, の庭, の散歩, の明け, の暗い, の更, の町, の眼, の間, の鳥, はぬく, はインド, は傳習録, は凉, は早仕舞, は明け, は月, は眞, は窓, は重, もおちおち, も晝, も眠, よ, を明かしたさうでした, を明し, を過さう, を高み, 深く相思, 深千岩雪, 眠らないといふ, 行かれるわけ, 行く

▼ つて居れ~ (88, 0.0%)

6 と言, ば可 4 ばそれで, ば何時 3 ばすぐ, ば宜 2 ばい, ば其の, ば名, ば月, ば能い

1 [52件] ど, どそれさ, ども大抵, ど今, ばいい, ばいくら, ばうれしい, ばえ, ばか, ばこそ嘆き, ばそれ, ばそれつ, ばたすかる, ばとて, ばまた, ばまだ, ばよかつ, ば不思議, ば之, ば今頃, ば先づ, ば其, ば則, ば勿論, ば又, ば哲学, ば四五錢づつの, ば大いに, ば大した, ば女房, ば宜しい, ば居る, ば彼様, ば御, ば愛情, ば斯ん, ば新, ば日本國現在書目, ば是, ば村, ば歌右衛門, ば殺られ, ば気, ば求書, ば決して, ば沢山, ば沼, ば濟, ば盛裝, ば誰, ば變つた, アヽ是は

▼ つて持つ~ (88, 0.0%)

22 て來 7 てゐた 5 て来た, て行く 4 てゐる, て来る, て行つて 2 てつちやつたんだ, て来, て行, て行かう

1 [29件] ていらつ, てき, てきた, てく, てくる, てくれ, てつて, てねえ, てやしない, てやつ, てゆかれました, てゐ, てゐない, て下りました, て來たん, て帰つたの, て帰つた方, て帰つて, て来い, て来ました, て来られた, て歩い, て歸つて了つた, て行つた, て行つたぢ, て行つた聴診器, て行つた香炉, て貰, 敬意を

▼ つて行つた~ (88, 0.0%)

6 といふこと 3 といふ, と思ふ, に違 2 からである, その時, と, といふの, といふ事, といふ話, とは思はれない, と云, と見る, ならば

1 [53件] あの強い烈しい, あの綺麗, お葬式, かも知れない, からおれ, からだ, からだつた, から東京, が, がとう, が彼女, が断られた, そして私, だけである, だのコンドゥラート神父, であらう, といふお話, といふだけのこと, といふ処, といふ方, といふ風, とこう云う, とこう君ら, としか感ぜなかつた, とした, とする, とて何, となる, とのこと, ともなし, とわかりました, と思はれる, と断定, と聞く, と言ふし, なつかしい思ひ, などといふ面妖, には神, にも関ら, に相違, ばかりらしく, もの, らしい, らしいの, らしい凸凹, んださうです, んべや, 反對, 小蒸汽, 怪しいぞ, 感じ夜, 有樣, 老紳士

▼ つてあなた~ (87, 0.0%)

4 のお 3 のこと 2 と一緒, のお世話, のその, の親御さん, は何, をからかつて

1 [68件] お留守居, があんまり, がいつも, がさ, がたやすく, がイングラム孃, が二階, が今, が此處, が甚だ, だつて, と中, と云, に御, に聽手, に良く, に頼んだ, のお子さん, のまる, の事, の云, の作品, の判断, の力, の大いなる, の家, の心, の理性, の相手, の職業身分, の肉体, の頭, はあの, はいつも, はかまつた, はこんなに, はその, はそれ, はそんな, はたつた, はなぜ, はわたし, は人, は僕, は喜ん, は天才, は学校生活, は安心, は曾我兄弟, は未だ, は未來, は氷, は私, は自分, は酔つて, は青瓜さん, も御存じ, や, よりは力, よりもつともつと, より安い, をしつかりうらん, をその, を寂し, を抱きしめたい, を暗い, を殺しかけ, を輕蔑

▼ つて~ (87, 0.0%)

107 だから 6 だよ 5 だが, ぢや 4 の, のさ 3 だな 2 だい, だね, のよ, のよ馬鹿

1 [35件] が俺ら壯, だあ, だえ, だからと, だからな, だからね, だこの, だそれから, だねエ, だろ, でございますか, ですが, でね, でネ, など, のかい, のさつまらない, のさもう, のさケチ, のさ用, のさ突然, のさ行く, のさ馬鹿, のそんな, のね, のよあたし, のよあんな, のよさ, のよどう, のよまさか, のよ馬鹿ツ, の面白, べかな恁, べよき, べ最上川

▼ つてかう~ (86, 0.0%)

9 云つた 6 云ふ 5 言ふ 3 言つた 2 なん, 云ひます, 言ひ, 言ひました

1 [55件] いふ, いふ土産話を, いふ奇蹟的な, いふ批評を, いふ文化政策を, いふ方向に, いふ時でなけれ, いふ時に, いふ種類の, いふ結果が, いふ考へ, いふ考へが, いふ處に, いふ言葉を, いふ話が, いふ語で, お尋ねに, か, からだ, きびしく附けたした, したつ, した巡游神人を, した話が, つけ加へ, であ, と思ひ立つた, なの, は明るく, は自分, までに私共, も考へられた, も違, 乘出さず, 二人し, 云つた老人の, 云ふと, 云へ, 勘定する, 又姉, 弁解する, 成つたにも, 申します, 私は, 答へ, 答へる, 言つてこぼした, 言つてやらう, 言つてゐる, 言つて説明した, 言ひたかつた, 言ふと, 註を, 長嘆した, 静かに, 鶯が

▼ つてどんな~ (86, 0.0%)

11 ことを 3 事を 2 ことに, の, ものだらう, もので, 事で, 風に

1 [60件] こと, ことが, ことです, ことな, ことにも, こと例へば, ささやかな, つまらない事, ところか, のか, のかしら, のが, ひどい目, ふうに, ものかと, ものだ, ものである, もん, もんだ, シャンか, 事が, 事し, 事な, 事情が, 事情な, 人か, 人だ, 人や, 処です, 姿にも, 嫌な, 字だつた, 寒村僻地にも, 小さい石, 小説な, 幻想に, 心に, 性格の, 恐ろしい人生, 恥辱である, 方, 方か, 本, 本です, 熱な, 男か, 目に, 示唆を, 神さまです, 細かい事, 美術にでも, 育ちの, 話, 話です, 調べを, 酒が, 重大な, 間違に, 風な, 鹽梅に

▼ つてゐなかつた~ (86, 0.0%)

9 のだ 8 のである 2 からである, が腰, と云, のか, よ, んだ, んです

1 [55件] お互に, か, かね, かも知れぬ, から, からこれら, からだ, がお父さん, がな, が彼, が後で, が折角, が聽くに從つて節, けれど最近, ことの, ことは, ことを, し寧ろ, し案外, でせう, といふこと, とぢい, とは信ぜられない, と云つて, と見え, のだつた, ので, のでいよいよ, のです, のでその, ので久しく, ので何と, ので彼女, ので文字, ので暗い, ので罪, のは, ものか, ものと, やうである, やうに, わけである, 丈が, 五分刈あ, 人も, 位に, 古女, 場合でも, 宗助は, 時の, 爲めでも, 瑠璃子も, 結果として, 自分は, 誰かの

▼ つて平次~ (86, 0.0%)

9 と八五郎 3 の前, の家 2 の問, の後, の袖, はもう一度

1 [63件] が手, たつた一人, とガラツ八, と一, と一緒, と島吉, について行きました, に取, に取縋り, に挨拶, に疑はれた, に睨まれます, に見せる, に頼み込みました, のため, のところ, の來, の傍, の宅, の居間, の引留める, の手, の方, の明察, の生き, の裾, の言葉, の話, の話し出す, の論理, の身體, の齎した, はまだまだ, はもと, はスタスタ, は両国, は佐野松, は先づ主人傳右衞門, は勿論, は外, は奧, は妙, は屋根, は引, は死骸, は死體, は泰道, は漸く, は眼, は裏, は言, は訊く, は銀, は顏, は養子, も立ち上がりました, をまい, を小手招ぎました, を待つ, を見, を見上げる, を迎, 如きは

▼ つて来ない~ (86, 0.0%)

43 のです, やうに, んだ 2 といふこと, と云, のか, ので大騒ぎ, のを

1 [63件] あひだ, お父さんかと, かい, かえ, かなあ, かね, かも知れない, から困る, が子供, ことでした, ことも, ことを, ため扇ヶ谷の, つもりです, つもりな, といつ, といひました, といふ, といふ風, となる, とのこと, ともかぎらない, と伝へ, の, のが, のである, のでそのうち, のでなん, ので先生, ので手持無沙汰, ので昨日, ので時として, ので軈て, のに不審, のに詰つて, のへ, のも, のよ, はてどこ, ひき緊つた師匠の, やうだつ, やうである, わ, わけには, わね, んだらう, んで, んでさあ, 中は, 事が, 事を, 希望の, 幾つかの, 彼に対して, 憾で, 晩が, 晩も, 田舎の, 程だ, 純子ちやんと, 裡に, 谷間の, 部族に

▼ つて~ (85, 0.0%)

31 りました 14 ります 5 りましたが 3 りますと, りませう 2 じませう, つたが, りません

1 [23件] つて, られたの, られましたが, りしぞと, りましたその, りましたへ, りましたよ, りましたわ, りました天狗, りまして, りましよ, りましよう, りますから, りますが, りますわ, ります品物, りませんから, りませんからとか, り汗, り程なく, り遲, る, るでは

▼ つて決して~ (85, 0.0%)

2 恥でも, 明日の, 間違ひ

1 [79件] あなたがたに, うそを, お寝, しかしなどとは, そのため, その作家, それ以前の, つまらない質問, ほかの, よき待遇, ペルリの, 一如とは, 一文の, 上は, 不可能で, 不和とか, 人に, 他に, 偶然な, 僕の, 先生が, 党派人たる, 全てが, 内容でない, 出來, 前から, 動いたため, 勞農文學の, 同じ女同志, 君が, 喜ばしいこと, 單純なる, 四十八萬圓と, 壮烈の, 大きな全体, 好きで, 官吏や, 害計りは, 寛仁大度の, 尊敬では, 差支ない, 帰宅は, 廟號では, 彼が, 彼を, 恐ろしいまね, 恩を, 愉快で, 意識的なる, 慚づ可き, 文芸の, 新しい時代, 曲つてゐる, 渠自身では, 満足な, 父親に, 物質の, 玄人にな, 珍らしい, 現實的, 画人とは, 眞に, 矛盾には, 矛盾は, 神道といふ, 職業は, 自己の, 芸術の, 西洋から, 見とも, 見るもの, 認めたり, 貴方の, 軍備を, 農村の, 近づかない, 道楽三昧で, 面白いこと, 面白いもの

▼ つて~ (85, 0.0%)

6 を言 3 を見る 2 おぼえが, の倒れる, を云, 干台, 盗り人殺し渡世

1 [66件] が云, が面倒くさく, せられたる多く, と物, になりつこ, に不足, に執着, に対して働きかける, に怯えた, に接する, に觸, に頓着, のはずみ, の一時間, の中, の全, の哀れ, の実質的, の氣配, の絶對的状態, の考へ, の芽, の虚偽, も云, も云はず, も言, も言はずばつ, も言はず五六杯, をいつ, をいふ, をかく, をこそ言, をまつられる, をもどした, をも云はず, をも言, をも言はず, を問ふた, を噛みしめ, を壊し, を売つ, を打ち, を明, を書い, を書け, を煮焚きし, を申される, を眺める, を見詰め, を言う, を言おう, を読み, を貰, を貰つて, を食つて, を食べ, を食べた, 干から, 干の, 思はしげに, 思ひに, 足らないやう, 足らぬぐらゐだ, 足らぬ故, 足りぬ位, 馴れた平次

▼ つてばかり~ (84, 0.0%)

8 ゐた 7 ゐて 3 ゐたが, ゐる, ゐるん, 居る人 2 ゐたくせ, ゐるから, ゐるの, ゐるやう, 居た, 居りました, 居ります, 居るの

1 [41件] いては, いないで, いなかつた, いると, おいで, でなくまた, ゐたつて仕様, ゐたの, ゐたのに, ゐたのよ, ゐた僕, ゐた私, ゐては, ゐらしたん, ゐらしつたつて, ゐるが, ゐるさ, ゐるところ, ゐるので, ゐる不思議, ゐる意気地, ゐる現在, ゐる間拔けさ加減, 居たらどー, 居たり, 居た私, 居ました, 居や, 居られぬ世, 居られるので, 居りますので, 居るから, 居るぢ, 居るん, 居る中年増, 居る俺, 居れば, 歩いて, 済ます訳, 立つて, 言つてる

▼ つて初めて~ (84, 0.0%)

2 口を, 私は

1 [80件] その固有, その神機, では, の上京, ほんとの, みたいな, やつと, 一個の, 一石を, 人懷かしい, 人間は, 俺の, 到達し得る, 効果を, 勢力が, 可能である, 吉良上野介の, 吐いた一言, 向井清吉の, 呼んで, 哲學の, 地水火風空の, 外套を, 夜が, 夜の, 奈良あたりの, 好いもの, 學問は, 完成する, 小説みたいな, 山村は, 師匠春太夫の, 成立する, 我居得たり, 接した山, 文学態度に, 新宿遊廓に, 日本の, 春寒の, 昭和の, 暴露され, 書き上げた作文, 未亡人を, 本当の, 本當, 本統に, 標本的の, 樽柿といふ, 止む, 気づいたの, 深い山中, 温泉の, 獨斷も, 現實的, 生の, 生活転換の, 男性アルプスを, 登場する, 相互の, 相好を, 眞僞が, 眞相が, 研究といふ, 祖国が, 神が, 種種雑多の, 美妙斎の, 自己の, 見る人, 覓め得べき, 解せました, 解つた, 詩に, 證明されね, 讀めた, 農事といふ, 逆風に, 雄鷄, 電車が, 馬に

▼ つて~ (83, 0.0%)

5 の家 2 の膝, の返事, の顔, をだまらせ, を養

1 [68件] から旅費, がいつ, がその, が娘, が裁縫, でないひと, とお, とさだ子, とでも話し, と二人, と服装, と笑, と話, と食卓, にその, にねだ, に何, に同情, に和尚さん, に問, に打ちあけ, に抱きついた, に斯, に甘, に知らせた, に知れる, に訊い, に話し, に酒, に非常, のこと, のやう, の來, の前, の場合, の差入れ, の弾いた, の手, の方, の死, の眼, の霊, はあと, はまだ, はもく, はセヽラ笑つた, は厭味, は又, は含み笑, は存在, は家中, は折れた, は早い, は横, は次の間, は毎朝跣足, は火, は神棚, は私, は見覚え, は黙々と, や妹, や道子, を介抱, を睥ん, を責め立てた, を起し, を連れ戻し

▼ つて~ (83, 0.0%)

10 の外 4 から外 3 から首, の下 2 から見る, に手, の方

1 [57件] からぢ, からは冷, からは涼しげ, からバア, から差し込む, から庭, から投, から捨てる, から空, から自分, から見下ろした, から路, から這入らう, から離れる, から飛出さう, と塀, にぴつたり顏, に凭れ, に向, に吹き込む, に寄り, に近づい, に連, に顔, のところ, のカーテン, の傍, の前, の所, の春, の格子, の締り, の障子, ぶちへ, へ潜り込む, へ近づいた, をあけ, をあけた, をあける, をコツ, をブチ壞, を抜け出し, を明けた, を締め, を見た, を覗い, を覗いた, を調べ, を閉め, を閉めた, を閉める, を開け, を開けはなつた, を開けました, を開ける, を離れ, を飛

▼ つて~ (83, 0.0%)

3 をバタバタ, を投げ出し 2 の色, を揃, を踏, を辷らし

1 [69件] がうまい, がぎくぎく, がでる, が丈夫, が付き, が伸びず, が向い, が地, が疲れ, ではねのける, でもそこ, でも洗つて, で以, で地, で太鼓, で押, と地, と足, にあ, には木履, にまかせ, に無理, のしびれ, の先, の向く, の尖で, の指, の方, の甲, の骨, は矢張り宿, は矢張宿, もおの, も疲れ, をあげ, をかかへこみました, をく, をくじきました, をさらつた, をし, をど, をのばし, をはやく, をよごし, を上げ, を上下, を休め, を伸ばせ, を切つて, を向けた, を多く使, を失ふ, を屈め, を引き摺り, を擧げ, を早めた, を早めました, を止めた, を止める, を洗, を洗つて, を縛つて, を舳, を見, を見ます, を踏みしめ, を踏みはずし, を踏み鳴らし, を運ばう

▼ つて~ (83, 0.0%)

5 を飲み, を飲む 4 を飲んだ 3 を飮 2 を, をのん, を出し, を出す, を強, を買, を飲ん

1 [52件] がいる, がじた, が出来る, が少し, が飲めない, が飲める, つちや人, でも買つて俟つて, でも飲まう, でも飲む, と交際, と醤油, なしとは, などを酌み交す, に成る, に抵抗力, に混ぜ, に酔, に酔つて, のいき, のない, の上, の五合, の代り, の匂, の匂ひも, の回り, の毒見, の肴, の薫, の酌, の醉, の馳走, は安い, は必需品, は悪い, も肴, をすゝめ, をつい, をのみはじめた, をのんだ, をふくむ, をやつ, を勧める, を呑み, を呑み出した, を呑んでる, を命じた, を求めた, を注いだ, を煽つた, を飮む事

▼ つてお前~ (82, 0.0%)

2 あのお方, の方, の甲羅, は性根, は邪慳, を助け

1 [70件] から一つ, から寸法書, がお, がどんな, が戦争, が捕方, が聞く, が跟, さう, そんなこと, そんなにあたし, そんなに黙, そんなものぢ, だけがおれ, といふ人間, とは附き, なぞは其我, などはその, などは其我, なんかつまり, なんかの, にはこの, には始め, にやつ, に來, に勝手, に嫁, に意地惡, に頼みたい, のことぢ, の兄たち, の國, の女房, の好き, の心一つぢ, の心地, の心臓, の文化部, の樂しみ, の歸つて來, の為, の男, の習, の色男, の行く, の親切, の身體, はさつき, はそ, はその小さな, は何故, は其処, は咲き, は夢, は子供, は心配, は愛情, は懇意, は長生き, は風邪, もそれ, も馬鹿, をお, をばあらゆる, をボイコツト, を可哀想, を呼んだ, を迎, 何故この, 極ま

▼ つてさう~ (82, 0.0%)

7 ぢや 4 言つた, 言ふ 3 いふ風に, よ, 云つた, 云ふ 2 であらう, でせう, 云つて呉れ, 云や, 答へ

1 [45件] いふ人達も, いふ困難が, いふ場合には, いふ心の, いふ悲しむべき, いふ意図だけは, いふ意識で, いふ所に, いふ方の, いふ時には, いふ温和な, いふ目に, いふ研究も, いふ策謀の, いふ素樸な, いふ質問を, くどくは, だに荷厄介, だに飮むべぢ, であつ, は利かん, むつかしいこた, ポンポンやられ, 不人情, 云つたのです, 云つたのは, 云つたらう, 云つて, 云つて頼ん, 云ひたい, 云ふと, 云ふわ, 哀願し, 思つてる, 悄気て, 沢山は, 直ぐに, 確かな, 簡単に, 言つたで, 言つたら, 言つてから, 言つてよ, 言つてゐた, 野蛮な

▼ つて~ (81, 0.0%)

5 を仰い 3 を眺め, を見, を見上げた 2 つぽ, と水, ばかりを仰い

1 [61件] からもつ, からストン, から聞え, がどんより, がまだ, が曇つて來, でも眺め, で指環, にぢ, につ, には星影, には雲, に一羽, に上つた, に向, に昇る, に架つて, に知られぬ, の一点, の奥, の方, の日光, の星, の灰色, の真中, の雲, はただ, はまだ, はめづらし, は手, ばかりが明るい, へ舞つて, へ響く, へ飛ん, まはり, を仰いだ, を仰ぎ, を仰ぎました, を凝視め, を向い, を差し, を指さした, を指した, を振り仰いだ, を條, を濁し, を眺めた, を眺める, を突いた, を見あげた, を見た, を見る, を見上げました, を視た, を踏ん, を飛ん, 寒く障子, 拭きを, 梳を, 高く伸上つて, 高く飛ばね

▼ つて~ (81, 0.0%)

3 にし 2 にする, に代, を奪, 送れと

1 [70件] があり, が來, が出, が出来り, が足らない, だけを送つた, づくや, でばかり遊ぶ, で自由, と引換, と暇, にかへてもどる, にかへる, にした, にしとく, にしよう, にすらあ, にすれ, になる, に不自由, に困らない, に換, のあがらない, のこと, の屏風, の拍車, の相談, はあ, はなく, は二日前, は借りなかつた, は払つて, は残せない, も大分出來, も欲, や銀, らしい金, をおく, をくれた, をこし, をめぐまれた, をやつ, を一円, を二百円, を借り, を六十圓, を取, を取る, を取寄せる, を受取つた事, を受取つて, を引き出した, を拵, を持つ, を授けた, を掴み, を支出, を殖え, を沢山, を渡す, を溜めました, を目的, を私, を見せた, を貯, を貯めた, を貰ひな, を貸す, を送, 放れが

▼ つてゐるだらう~ (80, 0.0%)

131063 と思, と思つて, と思ふ 2 といふ

1 [40件] あの, いくらも, お前の, かいづれ, かいや, かな, かもし, からくどい, か仮令多少, か僕, がもう, が上, が叔父さん, が水草, が私, けれどもこれ, ことを, し, その身許, といふ質問, とそれ, と云, と察します, と尾崎士郎, と思つた女, と思つて來, と思ひ出した, と眼, と私, と考へた, と言, と豫測, な滝, ね番頭さん, よ, 少くとも, 彼は, 御城與力, 私は, 貧しい漁師

▼ つてゐるらしい~ (80, 0.0%)

5 のである 3 のです, のを 2 けはひ, のだ, わ

1 [63件] いくらかの, うちに, から全, から隠した, があれ, がいらぬ, がお, がそれ, が之, が僕, が実際, が私, が私達, が陽気, ことである, ことに, しあれぎり男, しかし人, し少く, といふ話, ところが, ところに, ね, の, のが, のぢ, のでチャラピタ, ので窕子, のに, のは, よ, わが子の, シルエツトが, ローラーカナリヤの, ヲダハラの, 事が, 何しろ八ヶ岳, 兄さんは, 八五郎の, 八五郎を, 声が, 容子で, 小池の, 店の, 彦太郎を, 日本人に, 柱時計が, 様子である, 樣子に, 気が, 永井と, 無責任な, 男女の, 町役人は, 細君を, 自動車は, 船も, 芥川を, 足の, 足音が, 露西亜人に, 音が, 馨は

▼ つて居ない~ (80, 0.0%)

4 のだ 3 のである, 樣子です 2 か, でせう, と言, んです, 筈です

1 [60件] かそれ, から, からといふ理由, から割愛, から騷ぐまでもあるまいと, がその, がそれでも, が兎, が児童, が兒童, が古事記, が唐詩選, が近, けれども僻む, ことを, し向島, し身體, で却つて, で外出先, といふこと, ところを, とて肝, とは限らず, と申す, と見え, のか, のが, のであらう, のでそこ, ので暫らく, ので鼬, のに下女, のに綻び, のは, のより, のを, ばかりか其曲節, またそんな, ものを, わけだ, んでせう, 上に, 不思議だ, 之は, 大概ヂリヂリした, 我々には, 所だ, 様に, 樣に, 此様な, 為の, 私の, 私は, 程瑣末, 筈である, 部分とが, 間は, 阿武天風君が, 限り丈夫な, 養家の

▼ つて御覧~ (80, 0.0%)

17 なさい 5 なさいまし 4 なさいよ, よ 3 なさいな, になつて 2 じ, な, なさいそれ, なさいと, にいれます, に入れます, 下さい

1 [30件] あそばせ, じませ, と道, なさいね, なさいませんか, なさい其処, なさい屹度従来, なさい必定, なさい本当に, なさい私, なさりませ, なされそれ, なされた事, なすつたら何, なすつちや, なすつて, なせえ, なその, など, な何, な直ぐ, になつ, にならない, になり, になりましたら, になります, になりません, に入れる, もつと, 遊ばしました

▼ つて死んだ~ (80, 0.0%)

4 やうに 3 のだ 2 つてね, といふ話, のである, 彦太郎の

1 [65件] が, が癩, こと, ことだらう, ことに, つて俺達は, とあり, といふが, といふ噂, とすれ, とでも言, とも申します, と思ひ詰め, と有る, と申すで, と知れ, と言, と變つて, に相違, のださう, のだらう, のでげす, のです, のと, のなら, のにちがい, のに屆, のは, のを, もとの, もの, もので御座いませう, ものとは, ものなら, ものの, ものは, んだ, んで, んです, 主人の, 亡き妻, 京都の, 人は, 伊保木金太郎の, 伜の, 佛に, 其の跡, 其時の, 妻の, 子供を, 小魚, 弘の, 後までも, 方が, 海念坊の, 渡辺崋山の, 町田繁次郎四代が, 百姓伊之, 私の, 繼母の, 翁屋小, 薊の, 西村丈は, 頃渡邊霞亭といふ, 魚などには

▼ つて下さる~ (79, 0.0%)

8 んです 7 のは 4 な, の, のです 2 か, でせう, と妾, ので何れ位心丈夫, のに, やうにと, 程なら

1 [38件] かといふ, かどう, から, か八五郎親分, か親分, ことに, ことは, し金離れ, と, とあの, とよ, とわし, と助, と助かります, と思ひます, と思へ, な向, のが, のだ, のでどれ位心丈夫, のよ, のを, もの, やうな, わ, わねえ, んで, んですつ, 事は, 事何とも, 今の, 偉い人, 方々は, 樣に, 神さまをも, 絶世の, 考へ, 訳には

▼ つて仕方~ (79, 0.0%)

46 がない 11 がなかつた 6 が無い 3 がありません 2 がありませんでした, がねえ, が無, が無え, なしに 1 ない, なくこの, なくハーモニカ

▼ つて彼等~ (79, 0.0%)

2 の, の方, の様子

1 [73件] がど, が一日, が如何, が山坂, が農夫, だけの仕切られた, と一緒, と別れ, と應酬, にお, にとつ, に學ぶ, に禮, のあり, のこの, のもの, の仲間入り, の作品, の俳句, の前, の勞, の廻覽, の影, の心, の感情, の所謂, の才能, の技巧上, の文化, の日常生活, の樣, の活動, の眼付, の祖先, の絞首索, の職業, の遭遇, の閑, の間, はだんだん, はどんな, はボードレエル, は其等, は夜中人, は帰化, は彼等, は忽ち, は愈々, は或, は支那固有, は昼飯, は樂, は樹木, は歩き出した, は疲れた, は皆禪定, は眩し, は聲, は蒼然, は見, は謙遜, は豫想, は近所, も今後, も手真似, よりはほんの, を乗せた, を喜ばした, を悦服, を見, を見なかつた, を見守, を部屋

▼ つて待つ~ (79, 0.0%)

17 てゐる 13 てゐた 8 て居た 7 て居る 3 てゐ, てゐました 2 て居

1 [26件] ちやゐません, ていた, ていました, ていらしつた, ていらつ, ておい, てくれ, てござい, てなんか居ず, てます, てやらう, てゐたつ, てゐます, てゐるだらう, てゐるらし, てをられます, て半分, て居ました, て居ます, て居ませう, て居りました, て居れ, て居ろ, て戰, のは, よ

▼ つてあんな~ (78, 0.0%)

4 ことを 3 所に 2 ところへ, ものを, 事を, 大それた, 工合ひ, 拵へ

1 [59件] いして, お平の, ことにな, では, とこまで, ところに, まねを, ものあなたの, ものだ, ものまでも, キナ臭い, ケダモノ野郎に, 事件に, 仕掛けが, 具合に, 千番に, 場所に, 変装なんか, 女の子と, 奴が, 奴と, 奴の, 寒い島, 小湖, 岩に, 弱い憐れむべき, 怖ろ, 所へ, 打撃を, 方は, 氣に, 淺ましい, 爆発はじめて, 独り芝居を, 男の, 男も, 笑ひ, 約束を, 細工を, 綺麗な, 罪の, 者は, 良い娘, 芝居を, 葉書を, 虐たらしい, 虫を, 解つた人と, 話は, 誘蛾灯などまで, 途方も, 野郎が, 野郎と, 顔を, 風に, 馬鹿に, 騒ぎを, 騒動を, 鳥は

▼ つて一つ~ (78, 0.0%)

1 [78件] あたま, が十二文, ではない, でもお前, でも役に立つ, として取柄, になつたの, になる, の, のこと, のこらず五斛納釜, の世界, の世界史的世界, の予備, の今, の俳優的, の倫理的空語, の全, の共通, の創作, の勸告, の危機, の問題, の國家組織美, の変事, の大いなる, の大きな, の大綱, の姿, の姿勢, の巨大, の役, の意見, の慣用句, の憎むべき無き, の手段, の新しい, の方法, の昂奮, の曲折, の有機體, の有益, の村落, の根本的, の概念, の正統さ, の洗面器, の演劇的スペクタクル, の特殊, の現実, の痛い快, の登攀, の眼, の石, の章句, の精神的労作, の自動車犯罪事件, の舟, の茎, の藝術的イメーヂ, の行き, の過程, の陶酔境, の集, の魅力, は休養, は円く, は若い衆, は詩人, も実, も聞えなくなる, や二つ, を子供, を恭しく, 大きな伸び, 大盥, 振ると, 食べて

▼ つて東京~ (77, 0.0%)

4 へ出 3 に出, へ出る 2 からお, が好, へ來, へ来

1 [59件] からわざ, から一度田舍, から一緒, から戻つ, から知らせ, から見舞, でいへ, では誰, で夜店, で好き, で笑, といふ観念, と云, と殆ど, に出ます, に帰りました, に急いだ, に来, に画業勉強, に遊學, のにぎやか, のやう, のジャアナリズム, の中, の人, の印象, の学校, の家, の宿, の寒, の市中, の市街, の弟, の横光さん, の留守宅, の親類, の近郊, の銀座, の隅, へお, へやつ, へ帰, へ帰る, へ引, へ引返し, へ戻, へ招かれた, へ来た, へ歸, へ歸つて來, へ歸ら, へ行きたくない, へ行つて, へ行つて五日, へ踏み出した, へ送, を離れた, を離れました, を離れる

▼ つて~ (75, 0.0%)

2 が寝, のところ, の事, の手柄, の胸, は, は俺, をからかつ, を苦しめた

1 [57件] がお, がかう, がこ, が今, が入る, が好い, が帰, が見つけた, だちは, には本, には構はず, にや何處, に指示, に畜生道, に疑はれる, に附い, の中, の代り, の家, の性格, の手帳, の文章, の方, の生活, の眼, の考, の脈, の計画, の身分, の魂, はかう考へ, はこんな, はその, はちやん, はメフイスト, は下手人, は不敏, は五日, は他人, は何だか, は傑作, は嚴肅, は地獄, は嫌, は此處, は神田, は笑つた, は羊, は臆病ぢ, は貴様, は静か, もまだ, れ云, をせめる, を拔, を驚かせた, 同樣

▼ つて~ (75, 0.0%)

4 を流した 3 をこぼし, をこぼした 2 がおのづと, が出, が出ない, が溢れ, が留度, を流し, を滾し

1 [51件] がこぼれ, がこぼれる, がさつと, がつき上る, がとめど, がとめどなく, がぽとりと, がぽろぽろ, が出さう, が出ました, が出ます, が出る, が流れ, が溢, が溢れた, が滲ん, が滴, が頬, だか, でよごれた, となつ, ながらに良人, の出, の出たくなる, の出る, の底, の流れる, の裏打, をう, をこぼしました, をはらつ, をぽ, をホロホロ, を出させる, を呑みます, を呑む, を噛みしめた, を拭, を拭い, を拭いた, を拭きました, を拭く, を流しかけ, を流したさうです, を流します, を浮べた, を湛, を澆ぎ, を零し, を頬, を飜

▼ つてする~ (74, 0.0%)

3 ひとり語りは, も猶, 卜法が, 者に 2 ことが, ことに, ことは, のである, やうな, 事を, 人たちも

1 [48件] あくどい偽り, かのやう, かの違ひだ, がま, ことだ, ことだけは, ことであります, ことを, ぞとでも云, には彼, のだ, ので, のと, のとを, のよ, は當然, ひとり語りを, ものが, ものと, も此問題, も自分, わ, チグハグな, 一切の, 事が, 事の, 云はれ, 仕事が, 仕事も, 伝承心意伝承, 伝承行動伝承, 伝承言語伝承と, 呪詞が, 形式も, 戸外遊戯は, 時に, 時も, 時アし, 様に, 気持は, 禊ぎを, 程の, 者は, 芝居は, 行爲の, 視野の, 起死法も, 點において

▼ つて先生~ (74, 0.0%)

3 の顔 2 の御

1 [69件] あんな燒, お直々, が, がの修身, が丁度洋行歸, が二年生, が云, が叫んだ, が外務大臣, が居なくつ, が持つ, が臨終, が驚き, とすぐ, と喧嘩, と改め呼んだ, と相, どんな趣味, にきい, について多く, にもち, にも結う, にや解らねえだらう, に叱られます, に喰つて, に尋ねました, に拭い, に残された, に殘, に褒められた, に逢, に食つて掛, のうち, のお, のお気, のからだ, のどんな小さな, のひざ, のやすん, の下, の家, の寢間, の小説, の役, の悒鬱, の教, の方, の晩年, の来る, の殊, の部屋, の風琴, はうまく, はちよい, ははやく, はふい, はもつ, は仰, は大きな, は慶應義塾, は私, は職員室, は親玉, は跳ね起きた, も酷い, よんで, を外, を見る, を責めよう

▼ つて~ (74, 0.0%)

7 の中 2 と山, にはみんな名前, の宿, の方, はどうも, は南, や河, を下り

1 [51件] から下り, から引いてる, から戻つ, から来る, がご, がふるさと, が崩れない, が月, が見えなく, と詩情, にある, にしろ, に入, に近い, のあこがれ, のたか, の中腹, の仕事, の奧, の威嚴, の完全, の容, の小鳥, の尖つ, の尾根伝, の影, の歴史, の番小屋, の美し, の間, の靜寂, の麓, はこれ, へ行つたの, も丘, や川, よりのところ, をこちら, を下, を下りた, を下る, を散歩, を相し, を降り, を降りる, を降る, を離れる, 尽きず, 或は空, 深く入, 籠りすると

▼ つて死ん~ (74, 0.0%)

9 で居る 6 でゐる 5 でしまふ, でゐた 4 でしまひました, で居た 3 で行く 2 ぢま, ぢや, でしまへ, でゆく, でゐます, で了つたさ

1 [26件] でくれた, でしま, でしまつて, でしまはない, でしまひ, でしまふた, では冥途, でも神, でやつ, でやりたい, でやる, でゐ, でゐました, でゐるで, で了つた, で了つた為め, で了つた爲め, で其処, で地獄, で居ます, で居りました, で居ります, で居るで, で居るでねえ, で往, で行かう

▼ つて相手~ (74, 0.0%)

5 にしなかつた 4 の顔 3 にし 2 にしない, になつ, にならなかつた, の女, の男, を見

1 [50件] から冷笑, が, がそれ, が健康体, と共に笑, なり一座, にされなかつた, にせぬ, になんてなる, にもしなかつた, にもしません, にもせず, にもなりませんでした, に不快, に為ぬ, に通じない, に通じる, のお, のない, のもの, の人間, の似非親切, の住居, の出, の出方, の悪意, の感情, の掌面, の気持, の氣, の空想, の迷惑, の隙, の非情, は二本差, は東洲齋, は画, は秋川, は身分, をかばふ, をし, をする, をちやー, をへこませる, を殴る, を殺し, を泣かせる, を見守つた, を説, を軽蔑

▼ つてすぐ~ (73, 0.0%)

1 [73件] お寝み, お隣り, この場, そこを, その日, と茶の間, にかう, にそれ, にでも起したい, にも領事館, に上つて, に井口警部, に伊木, に出立, に又, に問題, に嫌, に尻, に床, に心, に思ふ, に柴, に物乞, に眼, に種々, に起き, に阻まれ, に馬, の六疊, の所, の道, 上野驛へ, 中に, 五六歩後から, 今日に, 傍に, 出て, 別れた程度, 剥げない程, 又飛び出す, 口を, 右手の, 向うの, 壁一つ向うの, 家に, 寝た句, 工場の, 席を, 廊下を, 引き返したかういふ場所, 引返したと, 引返して, 影の, 戻つて, 料理ゆつくり, 格子戸を, 椽側に, 楽な, 母に, 湯の, 火の, 百二百は, 眞下に, 眼を, 私を, 繩を, 署名捺印した, 聞えなくなつ, 行かうと, 走つて, 退却した, 降りて, 電報為替で

▼ つて多く~ (73, 0.0%)

5 の場合 3 の人 2 の人々, を語る, 藩閥の

1 [59件] これに, その文章, ても数千人, のお客, のこと, の人間悲劇, の倫理的空語, の優れたる, の友達, の史書, の善事, の困難, の女, の學者, の家来達, の小, の従者, の效果, の文字, の時, の暗示的, の木挽き等, の殺人, の注意, の為す, の爲, の牛, の田畑, の疑ひ, の知己, の神たち, の科學, の群衆, の船, の詩, の読者, の魚類, はその, はリード, は矢張宇宙, は虚無的傾向, は親, は館, を与, 南方に, 咲いて, 彼に, 彼の, 彼等の, 得たか, 快晴が, 採擇, 發刊された, 神を, 穫れん, 笹の, 聞いた, 隣の, 飲むも

▼ つて~ (73, 0.0%)

10 の毒 4 がつく 3 がついた, になつて 2 が附いた, になる, に向

1 [47件] がさした, がする, がそこ, がつい, がつきました, がひけ, が付い, が付いた, が付かなかつた, が付きません, が付く, が弱, が弱く, が樂, が氣, が沈む, が變, が輕, が遠く, だけでも樂ぢ, にか, にもせず, に入らねえ, に向いた, に關, のつかぬ, のやさしい, の強い, の拔, の盡きぬ間, の變, の騰, ばかりぢ, まづい, もそ, を, をつけ, を取り直した, を吐く, を喪つて, を引きしめ直す, を張らしめた, を打つ, を變, を順當, 安く感じられた, 易くそれに

▼ つて~ (73, 0.0%)

2 に往く, の代理, の前, の愛, を迎

1 [63件] がもし, が俺, が存在, といふもの, といふ言葉, として地上, となつ, とモーセ, と共に戰, と成る, と我と, と替る, にたよる, になつ, にふれ, によつて, に仕へる, に変形, に屬, に生れ変る, に申し上げる, に祈つた, に関係, のいます, のお世話, のお告げ, の仲間, の伴, の國, の嫁, の存在, の心, の怒, の悟性, の成敗, の斎衣, の本性, の目, の社, の祟り, の禊ぎ, の群行, の被, の訓, の資格, の霊, の顯現, の食国, はこの世, は勿論, は存在, は實際, は絶対, への從順, を憎む, を招い, を求める, を生み人間, を祭る, 怒の, 漏岐, 無からは, 無部落

▼ つて主人~ (72, 0.0%)

5 を殺した 3 の部屋, を殺す

1 [61件] が久太郎, が二階, が口, が夜中, が奥, が導く, が物忌み, が自分, が言つて, だつて, との共謀搾取, と話し, に取次い, に小松さん, に挨拶, に歸, の亡くなつた, の介抱, の六右衞門, の前, の口, の営所, の外, の姪, の寢部屋, の市十郎, の弟, の息子, の戸棚, の手, の杖, の機嫌損, の次郎右衞門, の氣, の治兵衞, の災厄, の留守, の目, の神経的, の背後, の萬兵衞, の袖, の話, の重, の金, はにこ, はわざと, は主人, は引ツ, は息, は次ぎ, へ窃, まで殺す, も時々, や手代達, らしい行, をまつ, を刺し, を刺した, を助け, を殺し

▼ つて直ぐ~ (72, 0.0%)

2 にも親しめる, に目, 帰りまつ, 段梯子の

1 [64件] あつしに, お帰り, お弟子, お茶を, この横町, しよつ引いて, その場, その處分, そばの, それと, と味気, にこ, にその, にそれ, にそれだけ, にでも喋舌, にもう, にも總督, に一杯, に仕事, に其の, に冷汗, に出かけよう, に始めた, に帰つて, に愚図, に止めた, に歸つて來, に決闘, に治, に砂地, に舅姑, に見, ふざけるの, また後, キユウを, 來て, 俺の, 出かけました, 判るだらう, 右が, 喜八郎を, 夜具の, 左の, 従いて, 探し出す, 教會を, 暴力に, 木村へ, 次の, 死に去つて, 洗ひ直しました, 無理を, 白糠へ, 真下には, 眼の, 腹が, 蓋を, 行くから, 行けますよ, 賭博を, 車を, 鍋に, 馭者を

▼ つて再び~ (71, 0.0%)

2 戰爭の

1 [69件] その雪, べートー, みると, セザンヌや, セルギウスの, タラチ・ハウス・ホテルを, ツウルの, パンテオンに, プラツトホームへ, 与に, 二階へ, 他界に, 伊太利に, 俺の, 健やかな, 其の姿, 其の廣, 其紙の, 南方に, 台所へ, 同樣, 向う向き, 夫に, 子細を, 宙に, 小六, 得意さうに廣い, 御用船, 御目, 心悸の, 我々に, 戰の, 戸口の, 戻つて, 扉の, 手を, 抱き込んでしまつた, 支那に, 敬礼した, 暑気が, 東京の, 楼に, 氣力を, 水を, 海辺へ, 煙突へ, 煙草を, 狙ひ, 獨逸に, 甲板の, 白衣の, 瞑想に, 硯箱を, 神庭の, 立ちあがると, 筆を, 答を, 美術界へ, 自ら恥ぢた, 自分たちの, 藤枝の, 訪問する, 許さないもの, 質問を, 車内に, 険阻な, 雑煮の, 韋駄天の, 駿太郎の

▼ つて~ (71, 0.0%)

3 に又 2 しく札, にお, には立ち, に言葉

1 [60件] がしく, ちぐつすり眠つて, なり, な坂道, にお上, にお腹, にきまり, にそつけ, にその, にまた, に乗り気, に京都, に低, に低く, に何処, に何處, に例, に元気, に公爵, に勝氣, に勢, に原稿, に口, に寢, に彼, に得意, に思ひ出し, に思ひ立つ, に懐しく, に打ち萎れました, に支度, に日常, に暇, に暑気, に暗く, に此, に死んだ, に沁み込ん, に活, に火の番, に目, に眞黒, に真黒, に立ちあがつた, に自分, に衝, に親愛, に話, に謹直, に賑, に賑やか, に起ち, に起居振舞, に身, に逃げ出す, に酒宴, に金, に顔, に高柳, の能

▼ つて~ (71, 0.0%)

8 う云, う言 5 うして 4 ういふ 2 うすると, うやつ, んなに

1 [40件] ういつた, ういふ処, ういふ歌, ういふ談話, ううまく, うした, うと, うな, うなれば, うなんだもの, う云つて仕舞, う判り, う囁やく, う尋ね出した, う書いて, う申, う答, う色, う藝人, う見え, う訊く, う話しかける, う説明, かる事, かる仕事, だから, の, の如き, の広, の座敷, の意外, の手紙, の村, の求道者, の洋食屋, の蓮華寺, の部屋, る塲所, る境地, んなに逆

▼ つてました~ (70, 0.0%)

1164 か, がね 3 が, の, んや 2 から, が僕, が到頭, けれど何誰, つけ

1 [26件] から先刻, があんまり, がお父さん, がこの間, がまあ, がわたし, が中, が今日, が器量, が會, が本人, が止め, が當人, が顔, けど, ぜ, ね, ねよく, のに, のや, の栗村さん, もの, よ今朝, わ伯父さま, 幸田ゆき子です, 時ひよつ

▼ つて~ (70, 0.0%)

8 の如く, の如し 4 の如き 3 のやう 2 の通り

1 [45件] するやう, によつて, に依, のごとき, のとかあの, のぶら, のウオルトン, のレスパネエ家, の充分, の処, の古, の吉村, の問い, の大きい鈍い, の如くです, の如く微笑, の媚びる, の小さい, の引導, の後ろ脚, の本, の源太, の無, の癖, の知り, の神鳴り声, の結婚, の脚色物, の舞, の薄い, の袋, の負けず, の貧しい, の赤い, の車, の通り読書, の鉄, の長久保夫人, の風呂敷包, へばい, へやう, もの滴る, をあげ, を挙げ, 之ば坐

▼ つて~ (70, 0.0%)

4 を変 2 がし, が附いた, になつて

1 [60件] がする, がつく, がひけ, がわく, が付い, が付いた, が利かない, が咎めた, が弱, が弱く, が晴れる, が楽, が痛みかけた, が荒く, が違, が違つたの, が遠く, にかけなく, にされた, にし, にとめず, になつ, になつて仕方, に入, に向, に障へ, のおけない, のやさしい, の出る, の小さな, の早い, の毒気, の衰, の解らない, の違, の遠く, ばかりぢ, まかせに, もあつ, やすく作られる, をかへて, をつけエ, をもん, をわるく, を付け, を傷め, を平に, を張りつめる, を悪く, を痛めました, を紛らさう, を良く, を落着ける, を附けろい, 拙さうに苦笑, 長く養生, 附かずに, 障がられて, 障で, 障な

▼ つて~ (70, 0.0%)

24 へた 9 へました 6 へる 4 へない, へなかつた 2 へよう, へると, へるばかり

1 [17件] がで, へず, へてあと, へてある, へてくれました, へてやつ, へながらそれ, へながら義雄, へませんでした, へられた, へる者, へる言葉, へをしない, へを求める, へ得る, へ申した, をしなかつた

▼ つて義雄~ (70, 0.0%)

2 はその, はそれ, はまた

1 [64件] があちら, ががらす, がそこ, が一度, が出よう, が受け流す, が時々, が立ちかける, が語る, が這入つ, が雨, が黒, と共に靴, に, には氣, に渡し, の兩手, の古い, の眠り, の見出し, の話, の顏, は, はお, はこちら, はこんな, はそこ, はゆうべ, は一方, は二階, は今, は何, は勇, は北劍, は卷き納めた, は口, は夏以來, は多少, は微笑, は或, は振り返, は暫く, は書類, は氷峰, は渠等, は父, は獨酌, は直, は立ちあがり, は笑つた, は筆, は紙入れ, は考へた, は自分自身, は言葉, は身, は金, は長く, は障子, は靜, は鶴次郎, を亂暴, を京橋, を見た

▼ つてくれ~ (69, 0.0%)

19 給へ 10 さへ 4 さう, たりした 3 てゐる 2 てメニサンクス, 手が

1 [25件] さうもない, さうもなかつた, さうも無い, たり, たりする, たりもした, たり外國行, たり散々, たり殊に, たり海苔, たり私, たり遂に, ている, て春, て飛んだ, て飯, にやならん, ば研究, めえつて, よよこら, 少し聞きたい, 決して親分, 私ほど, 笑つ, 給へな

▼ つてゐなけれ~ (69, 0.0%)

26 ばならない 11 ばならぬ 7 ばならなかつた 3 ばなりません 2 ば, ばいけない

1 [18件] ばお前, ばといふ, ばならないだらう, ばならなく, ばならぬだらう, ばなるまい, ばほんとう, ばよろしい, ば出, ば實社會, ば橋, ば気, ば江戸, ば面白く, ば頭, ば駄目, やならない, や僕

▼ つて二階~ (69, 0.0%)

3 から降り, へあ 2 には或, に上る, の客, の屋根, の廊下, の窓, へ上つて行つて

1 [49件] から下り, から落ち, で風, にあ, にくつろぐ, につれ, になつて, に上れ, に寢, に引込んでしまつた, に新, に登り, に行き, に許, に陣取, のお座敷, の上, の主人, の光, の八疊, の勉強部屋, の喫煙室, の室, の座敷, の扉, の樣子, の狭い, の窓外, の萬年床, の部屋, へいつ, へお, へかけ, へ一人, へ上がる, へ上つて先生, へ引つ込む, へ戻, へ戻る, へ来る, へ行きました, へ這, へ通, へ駈上, へ驅, や一階, をおり, を見る, を降り

▼ つて更に~ (69, 0.0%)

3 大に 2 頬を

1 [64件] この中, すつと, その上, その有, その裏山, それを, また, また組み合, 一が, 一両日来の, 一町程の, 万斛の, 世界の, 之より, 似た点, 偉大さを, 催欲的にも, 僕の, 其句の, 其波の, 内庭に, 初対面でも, 別趣, 劇の, 劇場の, 力を, 千三四百, 又, 又た, 古典的な, 句作に, 嚴密に, 国語教育において, 多額の, 大酒, 左方の, 幾つかに, 幾つと, 彼女の, 御封, 新らしき, 木の葉が, 樺太アイヌの, 深い悲, 深く読者, 爪立てを, 物蔭へ, 確められる, 神, 胴を, 芸の, 若者に, 茫然と, 茶釜の, 荒い心, 蛇足を, 詞を, 諸友, 進むといふ, 長崎から, 限りない, 隔離され, 音韻の, 食事を

▼ つて生き~ (69, 0.0%)

32 てゐる 5 て居る 4 て行く 2 てゆく, てゐ, てゐた

1 [22件] かへつて, ているで, てさ, てたつ, てはゆけない, てゐたつ, てゐない, てをります, て來, て居り, て来た, て来る, て行ける, ながら埋められた, むとする勇氣は, むとする意志の, 夢を, 形において, 殘つてゐる, 神の, 習慣において, 葬ひ

▼ つて~ (68, 0.0%)

3 忘れちや駄目 2 ありげ, がある, だよ, を做

1 [57件] あり氣, がめんどう, がもう, が今, が運ばれる, が面倒, だつたわ, だで, だもの, だわ, でもない, ないわね, にあたれ, になります, になりやした, になる, にのぞむ, に当, に從, に承, のいきさつ, の實否, の成行, の最初, の次第, の軽重, はどんな, はないだらう, はなかなか, はね御覧, は今, は初手, は勿論, は話した, は誰, まで, もない, も無い, も無から, よどうせ, をする, をなす, をやり始めます, を僕達, を別け, を塞外, を弁ずる, を極めて, を済さう, を片, を知らない, を約束, を視た, を覺, を運ぶ, 更に空想, 聞いて

▼ つて~ (68, 0.0%)

5 ひは 4 時は 3 る一つ, る程度 2 る一種, る意味, る時

1 [47件] はたとへ, ひはわ, る人々, る人物, る地點, る夕方, る夢中, る小唄, る情誼, る新しい, る方面, る日, る日嬢様, る時期, る時機, る朝, る柱, る法則, る眞理, る矩, る種, る肛門病院, る自然的, る至高, る詭辯, る進歩派, 京都人の, 人に, 作品を, 刻限まで, 婦人の, 日の, 日驟雨が, 時云ひました, 時忽然ヨオロツパの, 時父に, 書が, 歌は, 混氣の, 点までは, 祭日を, 程度まで, 程度までは, 程度迄, 考へは, 貧しい草花, 資料の

▼ つて~ (68, 0.0%)

18 當に 5 當の 2 を見, 來の

1 [41件] でも読まう, でも讀み, など読ん, にし, の名, の善く, は投げ, をさがす, を伏せた, を作る, を持つ, を探し, を洗, を燒, を読ませ, を読み, を読ん, を読んだ, を讀む, を買, を閉ぢ, を開い, を開いた, を開く, 來それを, 來なんら, 國から, 國に, 國へ, 巻に, 座新座の, 當か, 當かね, 當かも, 當です, 當な, 當は, 矢は, 磨きの, 舞台に, 論文の

▼ つて漸く~ (68, 0.0%)

2 のこと, 尾大不, 結末に

1 [62件] おぼろに, くつろいだの, そこに, その正念, それを, とそれ, に私, もとの, 一種の, 七月十一日に, 之を, 二兩纒めて, 個性的な, 元氣, 六里が, 其方へ, 前後まる, 半分しか, 取り返すこと, 吻つ, 四五日分の, 土器の, 堤防を, 外に, 多く活動, 安らかな, 密集し, 察したので, 山男の, 引上げた, 彼は, 御到着, 心が, 意識に, 我に, 指先を, 搜し出した, 文章も, 日本人の, 日頃の, 最近に, 案じ出したこと, 梯子段の, 此意味に, 江戸に, 火事が, 王朝の, 相模屋といふ, 睡を, 私の, 突出した, 繩を, 街道に, 見付け出しそれから, 読書に, 調べあげた積り書, 豆を, 賠償金の, 起つた燒物, 身を, 長じ, 長野から

▼ つて~ (68, 0.0%)

6 を澄まし 5 を欹てた 4 を澄し 3 を傾け, を掩, を澄 2 の穴, をかたむけ, を傾けた, を傾ける

1 [36件] かくしに, が小さく, こすりを, にあて, に入, に口, に当てる, に殘つて, に錐, の中, の背後, は遠い, へ人, も借, も借さず, も少し, をすまし, をすました, をそばだてた, をそばだてる, を傾けました, を列べる, を向け, を塞いだ, を塞ぐ, を壓, を掠める, を欹て, を欹てる, を澄ます, を濟, を疑, を立て, を立てた, を貫く, 傾けて

▼ つて~ (68, 0.0%)

3 を洗, を見合せ 2 を出した, を出せ, を反, を擧げました, を擧げる, を赤く

1 [50件] が熱り出し, が赤く, になる, には謂, にも衣服, に似合, に無, の判らない, の色, の道具, は半分, は白く, は眞赤, へかけた, へ墨, も擧げません, をあげ, をあげました, をする, をぢ, をのぞき, をふいた, を上げ, を上げた, を伏せました, を伏せる, を兩手, を出す, を差, を引込め, を強く, を揚げ, を擧げた, を映し, を染めた, を洗つて來, を火, を眞ツ赤, を眞黒, を瞶め, を腑, を蔽う, を覆うた, を見, を見せ, を見る, を見合せた, を見合せました, を見合せます, を赧くし

▼ つてつい~ (67, 0.0%)

5 てゐる, て來 2 て来た, て来る, て行, 例の, 殺しては

1 [47件] あのおでん屋, この間まで, さつきまで, ずる, その氣, それを, そんなつかぬ, てくる, てゆきました, てゆく, てゐ, て来るだらう, て行つた, て走りました, ぷつと, またふらふら, 一寸掛値を, 上げた瞳, 二三ヶ月前の, 云ひそびれ, 今しがたの, 他人行儀に, 俄師の, 入つて, 其の掛行燈, 口ぎたない事, 口を, 四角へ, 川を, 帰るの, 床の, 座敷に, 彼を, 急ぎ過ぎたもの, 懇意に, 手を, 文学の, 此間また, 津居山の, 脱線した, 話し込んで, 途中で, 這入る氣, 遅くな, 遅くなつた, 飮む飮めば, 鼻の

▼ つて~ (67, 0.0%)

2 にない, に自分, のこと, の自分

1 [59件] つべきを, なところ, な役者, な方面, な花, に, にあて, にあの, にしよ, にとりわけ, にねえだ, にはなれ, にやりたい, にやり方, に不思議, に云, に仲臣, に休む, に何, に作られた, に厚かましい, に口, に名誉, に問題ぢ, に大した, に姉, に小さい, に当人, に怖い, に思い出す, に新, に日本, に昂奮, に此事, に毒, に氣, に渡り歩く, に特徴, に皆, に目, に辯, のもの, のポケツト, の二人, の停車場, の国, の如く, の形式, の手, の掌, の方, の本, の箱, の辛, の頁, を告げた, を惜しみ, を惜む事, 當赤井主

▼ つて差支~ (67, 0.0%)

24 へない 9 ない 7 ないの 3 ないと, へありません 2 ない譯, なからう, へあるまい, へはあるまい

1 [13件] あるまい, ないだろう, ないので, ないん, なかつたの, なく検査, なさ, のない, はない, はなから, へございませ, へなから, 無いの

▼ つて~ (67, 0.0%)

24 はない 6 ひませんか, やしない 4 やしません 3 ひませんよ, ふもの, ふもんか 2 はないだらう, はぬ, ふことは, へ込む, やしねえ 1 あね, あねえ, はねえ, ひませんとも, ふことはねえ, へて居る, やせん, やア

▼ つて~ (66, 0.0%)

9 はゆる 4 てその 32 てもそれ, て僕

1 [46件] そうに, たちに, ぢられる, づれもうたてと訓むべ, てあんな, てい, てから, てからすこし, てから又, てくれ, てくれる, てすら警部, てそこ, てどうしても, てね, てね自分, てほしい, てまず, ても, てもあれこれ, てもいなく, てもそういう, てもどうにも, ても伽羅, ても別に, ても又, ても知らぬ, ても野口, ても長年身, てカッコウ, てトリトメ, て午後一時半, て古い, て大分酔つて, て底, て成金式, て正体, て直ぐ, て芝居, て金融方面, て非常, は, はすまい, へ, らしつたが, らツしやる

▼ つて了つて~ (66, 0.0%)

4 ゐた, ゐる 3 ゐるの 2 おくみ, 又し, 歩くと, 淋しくて

1 [47件] ある晩私, あんな葉書, お在, から, からの彼, からも場合, から川上, から斯, から私, そしてもう, そして二十一二, それにしても何とか, たこと, どんなにか, どんな心, は妾, は或, ほの暗い軒燈, も一番終, も別に, も頬杖, やあ風呂, よ, よく分らなかつた, ゐたけれども, ゐたその, ゐたの, ゐるでは, ゐるものぢ, ゐる彼女, 久しく出, 今手元, 但この, 半焦げ, 固くなり, 少し経つ, 少し經つて, 居た, 居たと, 居る, 居るけれども, 歩くの, 聞苦しい土弁, 聞苦しい土辯, 肝膽, 衝いて, 見なければ

▼ つて居られる~ (66, 0.0%)

3 ものぢや, やうな

2 [11件] お姿, と頭, の, のだ, のです, のを, ものか, やうに, んです, んでせう, 事も

1 [38件] かい, かといふ問, かは私, から不思議, か又は, がそれ, が兎, が実は, が私, けえ, ことと, ころと, と何処, と思ひました, と愛相, と渡宋, な, ので, のである, のでせん方, のにいちいち, は實, もののそれ, 世の中では, 事が, 児童の, 厭に, 御夫婦, 時である, 時に, 有力なる, 期間である, 由である, 筈も, 証拠にこそ, 車で, 通り全く, 通り大嘗祭には

▼ つて歸つて來~ (66, 0.0%)

137 ると 4 ました 3 たの, る 2 たが, ましたが, るん

1 [30件] たこと, たつ切り, たといふ, たところ, たば, たばかりの, たもん, たら私, たガラツ八, た僞首, た八五郎, た子供ら, た平藏, た時, た留學生, た自分, た舟, てお, てから禮状, てこれ, てその, てひしと, て出版, て富之助, て田圃道, て見る, ますよ, る山, る希望, る眼

▼ つて~ (66, 0.0%)

4 をかけ 3 をおろした, を掛け 2 をあげた, をおろし, をかがめ, を下す, を据ゑると, を掛けた

1 [44件] から下腹部, から先, から十手, から少し, から後裾, が痛い, が落ち, にさした, につきました, にぶらさげました, に万民, に下げた, に佩刀, に巻きつけ, に手首, のあたり, のポケツト, の煙草入, もま, をあげ, をあげない, をかがめる, をかけた, をす, をすゑ, をつく, をのばした, をふりつ, を上げ, を伸す, を伸ばします, を卸させた, を少し, を屈め, を屈めた, を屈める, を折られた, を掛ける, を掛る, を曲げた, を沒, を落し, を降し, を降した

▼ つて自然~ (66, 0.0%)

2 の力

1 [64件] が汝, であらう, で何, で僞, とをさ, と了解, と人間, と何處, と共に生き, と抱合, と足, なるもの, なプリミティブ, な事, な程, な選び方, にこう, にこの, に俯, に到達, に動くだらう, に同, に壊れ, に天下, に対する感激, に對, に帰れ, に廢, に歐洲, に止まつ, に歴史, に水分, に流露, に目的, に與, に行, に逆らつて, に道, のまま, のやう, の堤防, の天地, の方, の景色, の次第に, の死, の発達, の發達, の眞, の精神, の色彩, の苛虐, の門, は利用, は我々, は技術的, は自由, を歪曲, を殺さず, を活かす, を満たす, を見る, を觀, 良くない

▼ つて見える~ (66, 0.0%)

15 のは 2 のが, のも, やうに, 山の, 時は, 髪が, 髮が

1 [37件] がしかし, だけで, とあ, といふやう, ところに, のさへ, のだ, のだつた, のであらう, のである, ので凝然, ので空, のを, ほどきつ, もう月, ものか, ものかと, もので, もんだ, やうな, 一つの, 中で, 位強い, 先の, 内の, 嚴つい, 場合が, 大きな原因, 小名浜あたり一帯の, 広い河原, 桑畑の, 河の, 肋骨の, 路面の, 遊郭風景に, 郭公が, 青空は

▼ つて其處~ (65, 0.0%)

2 にお

1 [63件] から二, から仰ぐ, から保險會社, から出, から吹き出し, から大森, から奧, から富士, から念入り, から橡, から降り, から雪, でその, でどう, でむつ, でポツン, で一人, で乘替, で二晩泊つて, で半打, で幾手, で死んだ, で火山, で誰, にはもう, にも松, に不安, に二つ, に土地, に垂れ, に存, に宮殿, に居並ぶ, に或, に擲げ, に果敢ない, に生じた, に立つ, に置い, のデスク, の低い, の名, の實家, の山上, の柱, の縁側, の豪家, は幾らか, ばかり年老いた, へいつ, へは鷄, へも火, へ立つ, へ置い, へ連れ, をお, を三輪, を出ました, を支配, を當藝, を立ち去つた, を近つ飛鳥, を飛石

▼ つてそつ~ (64, 0.0%)

4 とお 2 とそれ, と掌, ぽを

1 [54件] ちこつちの樹, ちは, ちへ, ちを, ち側, とあの, とこれ, とその, と両手, と二階, と側, と傍観, と八五郎, と内, と利益, と包ん, と口, と坐つた, と壓, と姉, と守り袋, と密告, と寝返り, と後, と後ろ, と忍び込み, と抱く, と枕元, と樣子, と歩み出す, と母, と母親, と甜める, と申, と眼蓋, と着物, と私, と筆, と紙片, と藏, と襖, と見上げ, と見物, と覗い, と覗いた, と訊い, と起きた, と邸, と錢形, と電気, と靴音, と額, と首, と鴉

▼ つてどこ~ (64, 0.0%)

4 までも宮廷守護 3 からともなく, の国 2 かの遠い, からどこ

1 [50件] かに底, かに見えなく, かに隠れる, かの席, かの病院, かの部屋, かへ姿, かへ引越し, かへ遊び, かへ飛ん, からかひとつ, からか煙, からともなく白い, か意, か暢びり, か淋しい, か煩い, がどう, でも勝手, でも盛, で飯, となく, なりと, にある, にそんな, にでも慰安, にもなかつた, に命, に居る, の, のどこ, の窓, へ, へいらつ, へかへる, へでも行け, へも顔, へ抛り出される, までつ, までもこちら, までもつ, までもふらつい, までも巧緻精妙化, までも砂糖, までも追, まで新しい, をどう, を手術, を曲, を開い

▼ つて新しい~ (64, 0.0%)

4 眠りを 3 自己を 2 演劇の

1 [55件] のを, ものが, ものを, 世界に, 仕事に, 仕事を, 仙台平の, 仙臺平の, 体制を, 何ものをも, 光澤と, 出發を, 力を, 味を, 哲學の, 國學者賀茂眞淵本, 境地へは, 夢が, 妻を, 家に, 家を, 思想を, 性根を, 悪魔が, 或物, 戲曲の, 方の, 方向に, 方法を, 日の, 時代の, 智慧では, 曲詞を, 東歌とも, 植民地を, 民主的法律にかは, 水垢が, 状況に, 環と, 生活を, 眼界が, 知識を, 社會を, 社會的福音の, 筆を, 緑の, 興奮を, 荷を, 表現を, 解釈を, 詩が, 詩型は, 負債を, 途の, 部屋を

▼ つて~ (64, 0.0%)

2 と一緒, はそこ, を驚かした

1 [58件] あ呼ん, がわらつた, が冷やか, が決議権, が皆立, こぼれて, して, で可, で寄つて集つて水, で歌, で見, と共に建物, なあれ, なが, なその, なで, なで寄り集つて都合, なで工夫, なと鬼, なの, なの側, な其方, な心配, な枕頭, な流し, に丼, に引き合せ, に打つ, に逢ひたい, に運ばれ, のしや, の前, の心, の感激, の手前, の方, の歌, の歓び, の練習, の衆, の調子, の造つてすゝめ, の食事, は座, は鑑定家, をおどかす, を喜ばせ, を見, 厨房の, 各, 小序, 持つて, 消えつつ, 爭つて萌え出, 菜食主義者である, 薄い顎髯, 誉めて, 鬱いだ顔

▼ つて言つて~ (64, 0.0%)

4 たよ 2 ござるん, たぜ, たぢ, ましたよ, やつたの, ゐたん, ゐる, ゐるの, 下すつたつて可

1 [42件] あるん, おくれ, お呉れ, かへつて, からで, ください, くだすつて, たじや, たわ, たわよ, ましたぜ, も, もい, も宜, も宣命, やらう, るぢ, るのに, ゐた, ゐたから, ゐただけさ, ゐたよ, ゐて, ゐても, ゐますよ, ゐるかと, ゐるさ, ゐるぢ, ゐるやう, ゐるん, ゐる乙松, 同ん, 大笑, 好い位, 居たくせ, 居たさ, 居るが, 置いた, 聞いたから, 見たらどう, 貰う理由, 驚いて

▼ つて部屋~ (64, 0.0%)

14 の中 5 を出た 4 を出 3 の隅 2 に通る, の内, の空氣

1 [32件] から出, から出よう, から飛び出した, に入り, に取つ, のこと, のずつと向う, のそ, のそち, のなか, の人達, の入口, の内外, の外, の外廻り, の奥, の洋燈, の炉傍, の爐傍, の片隅, の物, は稍, へ入りかけ, へ引, へ戻る, へ這入, まで飛込ん, を出掛けた, を去つ, を取, を換, 借りの

▼ つて~ (63, 0.0%)

4 のお 3 の手 2 を相手

1 [54件] お絹, かつ孫娘かく, から聞い, がどこ, が見合せよ, つ子, とも口, と二人, と呼ぶ, と結婚, に好かれる, に渡さう, に渡し, のある, の二, の住んだ, の冥福, の子, の幸福, の後姿, の心, の所作, の横, の甘心, の縁家先, の行方, の貰, の身體, の返, の首, は, はお前達, はしばらく, はまつたくう, はセルギウス, は一しよう懸命, は可, は女学校, は手, は歩き, は立ちあがつた, は蓮葉, は返事, は金糸雀, よりもあつかひ, らしく色, らしさ, を宥める, を庭先, を待つ, を抱, を救, を椅子, を見た

▼ つて~ (63, 0.0%)

5 が暮れ 4 が暮れる, ねもす, の暮れる 3 の暮れ 2 がな, を送

1 [39件] がさ, がない, が暖かく, が此上, が照つ, が照つて正月, が登つた, が短, が経つ, が西, に乾します, に幾杯, に焦げ, に蔭, に輝い, の中, の光, の暮れた, の暮方, の見えぬ, は次第に, は西, は赫々, は麗らか, も夜, も定められ, も短, を数, を暮す, を暮らし, を暮らした, を暮らす, を背中, を見る, を送つた, を送りました, を送る, を過ごした, を限つて

▼ つてゐられる~ (62, 0.0%)

4 のは 3 のだ, のです 2 か, のが, もんです, んだ

1 [44件] からです, が私, が表現, ことは, ことを, その名高い, でせう, といふ氣, とお, と云, と困る, と思ふ, には違, ね, のである, のでし, ものか, ものかなあ, もので, やうであります, やうな, やうに, んぢや, フランスの, 事だらう, 事で, 事でなかつた, 事に, 事を, 坊ちやんの, 坊ちやんを, 忘却の, 方が, 森立名さんと, 気が, 浴室へを, 状態ぢや, 親友クラウヂウス・パシヤ夫人で, 訳で, 谷崎さんあたりの, 通り, 通りで, 通りである, 間に

▼ つて云つて~ (62, 0.0%)

3 たよ, たわ 2 やる, るぢ, ゐら

1 [50件] あるぢ, いいわ, きかないの, た, たけど, たけれど, たぜ, たぢ, たど, たの, たわよ, たン, つ處, なかつたべ, ました, ましたつけ, ましたわ, もこんなに, も僕, も彼, も本, も私, やしない, やつたのさ, やらうと, やれば, らしたほど, らしつたわ, るか, るかと, るつて, るよ, ゐたけれど, ゐたよ, ゐたわ, ゐたわよ, ゐましたが, ゐる, ゐるぢ, ゐるの, ゐるらしいヲダハラ, ゐるんぢ, をられた, 叱かられたの, 居ますと, 居るらしいが, 来たの, 来ました, 聞かせても, 見れば

▼ つて~ (62, 0.0%)

9 たはつ 7 になつて 6 を向いた 5 になつ 4 になる, を向く 3 になりたい 2 なでの, に臥, はつて

1 [18件] から膝, たはる, つ坐り, つ面, にでもお, に一幅水, に寐, に成つた, に截断, に抜け, に糸, に逸れた, はつた, へ四つ, へ投げすてた, を向い, を向かれ, 飛びに

▼ つて~ (62, 0.0%)

6 のやう, の室 4 の部屋, を促しました 3 から次 2 の代, の瞬間

1 [35件] なる一例, に白, に華々しい, のこと, のよう, の一令, の一室, の一秒, の七名, の九編, の二番, の作, の友, の命令, の問ひも, の國會開會, の如く理解, の如く要約, の学期, の手紙, の投書, の携帯, の新しい, の日人々, の晩, の朝とんでも, の期, の楽園, の歌, の汽車, の言葉, の車, 囘を, 會の, 次ぎに

▼ つて~ (62, 0.0%)

3 はう 2 つたもの, つたり, をお, を作つて, を歌, を詠んだ

1 [47件] があつ, でこの, でも歌, でも歌つて, と思つて, と諺, などうた, など口ずさみ, など唱, なるもの, にもある, に生, の上, の品位, の本, の本文, の邪道, の雑誌, の領域, はれた, はれも, はれると, はれ研究, は二條家, は感慨, ひながら, ひ出したので, ひ出すこと, ひ出すまでにも, ひ尽されたこと, ふ, ふこと, ふべきである, ふ最, ふ無邪気, へば何ん, まで下すつた, もヘエケイ, も多い, をうた, をお送り, をよむ, を作る, を掛け合い, を書いた, を知つて, を詠まう

▼ つて~ (62, 0.0%)

3 のやう, を點 2 と水, の中, の河, をつけ, をつける, を放け

1 [44件] いきれに, が, がうつる, がおこらへん, が消される, が燃え, が走つ, にお, にかざし, にくべかける, に當つて, に舐められた, のついた, のつく, の上, の光, の如く燃えさかります, の方, の様, の箭, の蛇, の鈴, は八方, は漸く, は火, をお, をおつけ, をつくり出し, をつけた, を動かし, を導かれた, を得たる, を拝む, を掻きおこした, を放けた, を点け, を点し, を点した, を焚, を焚きあげる, を移した, を見, を起しかける, を附けた

▼ つて煙草~ (62, 0.0%)

5 をふかし, を吸つて, を喫 4 の煙, を吸 3 を喫し 2 に火, を吹かし出した

1 [32件] か何ん, が高う, にしよ, に吸, の一缶, の代り, の火, の灰, の烟, の煙りで燻べ, の葉, ばかり吹かし, も何, も斷つて, をくゆらし, をつけた, をのんぢ, をふかす, をぷかぷか, を一服, を十二色, を吸う, を吹かし, を吹かした, を喫つて, を喫むや, を喫む真似, を喫ん, を執つ, を手探り, を買, 臭いお

▼ つてはじめて~ (61, 0.0%)

2 可能である, 完全に, 自らの

1 [55件] すがた, それが, それの, どんなもの, の苦労, 両者の, 他者は, 伝へられるもの, 児玉の, 共同と, 内容といふ, 可能だ, 可能と, 国の, 国民に, 地震の, 声を, 大河内岡田時彦右太, 存在する, 學校へ, 完成せられる, 封建制は, 封建制下の, 心の, 性分の, 意義を, 愛として, 成立する, 成立つ事柄, 承知しました, 救はるべき, 日本青年としての, 晴れて, 模範村の, 民主国の, 水の, 海を, 演出家の, 生きるの, 目立つた効果, 眞實な, 真の, 知つた, 精進を, 素子さんの, 經驗しました, 自分の, 自己の, 表出せられる, 誤らざる方向, 輝かしい希望, 雄渾典雅な, 震災の, 露伴先生に, 面目を

▼ つて今度~ (61, 0.0%)

3 負けたら長吉 2 は一番下, は北側

1 [54件] からはどうして, こそは堅氣, こそは敗けない, こそ思ひ, で四度目, のやう, の事, の問題, の妾達, の實力主義, の芝居, はあの, はおとなしく, はこちら, はその, はひとつ, はもう, はやつ, はペタル, は三等待合室, は両手, は事件, は二人, は人, は人間, は伊庭, は何と, は公, は商, は多分, は大, は好き, は尻切, は庭男, は念入り, は放しません, は新, は時計屋, は極度, は歌, は正しい, は氷雨, は疊, は真正面, は私, は膝, は薬園阪, は逆, は野ら, は開國進取, は頭, は顔, は默つて引, 出た

▼ つて見ます~ (61, 0.0%)

4 と, とそこ 2 から, とお母さま, とその, とどうして, と弟, まではどんな, よ

1 [39件] か, かね, があの, とあなた, とあまり, といつの間にか, といろいろ, ときまり, とこの, とこれ, とさ, とすき, とそれ, とだれ, とどうしてもよく, とわざわざ, と主人, と二, と云, と今度, と大事, と御覧, と恐い, と暖炉, と木島明神, と未婚, と森, と棺, と母, と流れ, と生憎, と當時, と百穴, と矢, と私共, と背後, と若, よふくら脛, よ親分

▼ つて~ (60, 0.0%)

7 つとして 4 つと目 3 やない 2 きに, つと, つとそれ, つと眼, つと私, やありません, やア

1 [32件] あどう, いつと, いとそれら, いにこの, かにぢ, かにぶつ, き別れた細君, き帰らないでも, くざく, つとしては, つと入口, つと其の, つと其処, つと坐, つと堪へ, つと婆さん, つと打, つと杜子春, つと此方, つと湿, つと相島, つと眺めた, つと老人, つと落ちつい, つと見入りました, つと辛抱, つと青年, つと面, やつた, やどう, やなく, り

▼ つて何時~ (60, 0.0%)

3 までも何時 2 か一度, のこと, まで眺め, 迄待つ

1 [49件] いけなくなるか, かおつし, かはさ, かは自分, からといふ事, か屹度神様, か屹度神樣, か涙, か眞, か真暗, か示し, か親父, か過ぎ, そんなこと, でも, でもこの, でもぢ, でも云つて, でも明瞭, でも真面目, でも茶, なん, にない, になく, の時代, また五重塔, まで, までもこんな, までものらくら, までも使, までも各々, までも奇体, までも女学生ぢ, までも底止, までも愚痴, までも来ない, までも獨, までも腰かけ, までも赤樫, までも頭, まで生, まで經つて, もおだやか, もの癖, も書斎, も爭論, を限り, 殺されたつて, 迄も白い

▼ つて居つ~ (60, 0.0%)

2 てそれ, て今, て其の

1 [54件] たかと, たらしく寒食, たり又は, たり或は, たり方角, たるが, て, てあの, てこの, てすれ, てそのもの, てとりたて, てどう, てはいかん, ては一向, ても, ても一切構はず, ても大切, ても天子, ても將, ても差別, ても結構, て之, て五年, て假令それ, て共同, て勝たぬなら, て十三世紀, て南支那, て古人, て大, て大師, て女, て嫁, て孝明天皇, て巫女, て心待ち, て態, て支那, て明, て明末, て時には, て本, て殆, て水深五十米突, て決して, て湖水, て爲, て確, て禹貢, て縁者, て自, て苦しい, て題目

▼ つて~ (60, 0.0%)

3 なりましてから, に度 2 といふもの, にみいられ, の克服, の恐怖, んでしまつて

1 [44件] が無, する力, といふこと, にさう, にもの狂, に就いた, に急がせる, に打勝ち, に瀕, に至らしめし, に身, に飛び入る, ぬるだらう, ぬると, ぬるといふ, ぬるにも, ぬるの, ぬるもの, ぬるわけ, ねばい, のやう, の世界, の事, の存在, の苦痛, はない, はまた, は常に, は無い, をもとめる, を企てる, を免かれん, を思はぬ, を意味, を旦夕, を減ぜられた, を生, を長びかす, んでしまつた, んでしまつたから, んでしまつたといふ, んでしまつたの, 切れんの, 或ひ

▼ つて~ (60, 0.0%)

12 へ込ん 7 へ込みました 4 へ込んだ 3 ふれば 2 ふるに, ふるも, へこと, へこみ, 込んで

1 [24件] は先, ふる方, へがある, へが多く, へこむんぢやないかと私, へさし, へさせられる, へさせる, へついた, への喰, への平康, へはつたん, へりや, へを出し, へ乍ら随, へ出される, へ合せ, へ度, へ得られる, へ直し, へ直した, へ込む, へ込むでしまつたし, を運ん

▼ つて~ (60, 0.0%)

6 の中 4 のあたり 2 を張つた

1 [48件] から鳩尾, がつまつ, がどきどき, が悶々, が潰れる, が迫つたの, にだい, につき上げ, には刺される, にひつ, にひめる, に留つた別, に載, のうち, のつまり, のときめき, のなか, の上, の深, の深い, の結び目, の辺, の迫る, は泥棒, へ二度, へ頭陀袋, もさける, も広々, も肢, をつきあげ, をつき出した, をつまらせ, をどきどき, をひろげた, をワクワク, を叩い, を悪く, を抱いた, を指さ, を掻き, を燃やし得る, を突いた, を蔽, を跳ら, を躍らした, を轟, を轟かせ, を開く

▼ つて~ (59, 0.0%)

9 を促しました 7 に立つ 5 を促します 2 きに, に立つた, の方, へ出る, へ寐

1 [28件] が尖, きへ, づいは, になつた, にのぼつ, には蔽, に公開的, に字, に寝室, に湯殿, に立ち, に立ちました, に約束, に走つ, に通つた辻, に部屋, の太丸太, の尖つた, の衞侯輒, は見えた, へすゝん, へ先, へ歩き出した, へ立たなけれ, へ行つたの, へ進んだ, を促, を促す

▼ つて~ (59, 0.0%)

2 に入, の方, を渡つて來

1 [53件] から吹い, から来た, か川, がいかに, が荒れ, であつ, にいり, にころげ落ちる, にはいつ, にはいりまし, にもぐつたりして, に向, に散る, に漁猟, に突出, に続い, に続いた, に見入つて, に親め, に通わし, に飛び込む, のあなた, の中, の向う, の彼方, の族, の色, の音, の食物, は大きな, は退潮, ばかり眺め, へ, へは入れなかつた, へ出, へ灌ぐ処, へ行, へ行く, へ這入れない, へ降りた, へ飛びこんだ, へ飛ん, まで出る, も陸, を望んだ, を渡る, を理解, を眺め, を見せ, を見た, を見る, を見下ろした, を越え

▼ つて言葉~ (59, 0.0%)

3 もありません 2 をかけた, をつづけた, を交し, を交した, を切, を濁す

1 [44件] が一々, が伝はつ, が出せぬらし, が出ない, が卑猥, が止絶, が變つて來, すくなに, で導い, で知れなくたつ, にする, の一字一字, の中, の人格, の奧, の応酬, の純化統一, の足らない, の通じない, はない, はながれ, はひどく, は分るだらう, は通じない, も出ず, をかけ, をかへれ, をきつ, をつ, をついだ, を上品, を出す, を切つた, を呑みます, を外らし, を懸け, を挿, を発する, を発見, を紛らし, を続けた, を覚えとけ, を費し, 絶えぬ

▼ つていつた~ (58, 0.0%)

2 のだ, のでした, 私は, 茄子を

1 [50件] あとで, お品さん, かと思ふ, がそこ, がその, がそれきり, が一幕, が何, が私, が見る, が見物, さびしいな, ぞ, といふで, といふ話, ときに, のにち, ほどだ, まことにお, まことによい, ものが, もんだ, よろしい, んだ, トマトちぎ, ボールを, 下手な, 其時代唯一の, 君の, 品ださうで, 大出来, 姿を, 峠の, 彼も, 彼女も, 徑路も, 方が, 時には, 時代で, 月が, 様子で, 樹明, 湯の, 爆音も, 私たちと, 紅庵の, 経済上の, 老人の, 行乞米一升ばかり, 陸軍の

▼ つて~ (58, 0.0%)

532 が, つかり安心, なは

1 [44件] が日本人, ぐこつちさ來た, つかりそこ, つかりその, つかりとまりました, つかりなまけ者, つかりホテル風, つかり仲好し, つかり失望, つかり好い, つかり家, つかり寢, つかり忘れて, つかり悄気, つかり悄氣返つて, つかり昂奮, つかり明るく, つかり春, つかり春めかしくなつ, つかり暗く, つかり有頂天, つかり死, つかり氣, つかり汗, つかり濡らして, つかり眠気, つかり眼, つかり荒んだ二学期, つかり菜, つかり虎, つかり記憶, つかり詫びて, つかり話, つかり諦めて, つかり證明, つかり醉つて, つかり醉つて亥刻, な, なあ, なほに, ぽんと, ツとぼ, ーつと, 早く口

▼ つて~ (58, 0.0%)

5 の方 2 の女房, よりもなほ体

1 [49件] からの交渉, からゐる, から後, から話, から調べ, とはす, とは逆, には今, にも云, にも言, によろめき, に倍する, に出, に渋江抽斎, に申す, に立つた, に見, に述べた, のもの, のやう, の三人, の意味, の日, の氏神, の男, の続き, の舟三艘, の馬橇, へズツ, へ出, へ出た, へ前, へ貫けた, よりもいつ, よりも一層, よりも力, よりも強く, よりも深し, より念入り, をはらつた, 以つて判りやしない, 句を, 定し, 將軍秀忠が, 房へ, 觸れ, 觸れし, 錢で無い, 髮鬘を

▼ つて行かう~ (58, 0.0%)

15 とする 7 とした 5 と思つて 32 ぢや, としてゐる

1 [24件] か, かしら, かと思, その前, だのおせ, といふ, といふ眞際, とし, としてたま, としてゐた, として居る, としました, とすれ, とでもすれ, とはしなかつた, とも寂寥, と云, と云つて, と企てた, と外, と思, と思ひます, と思へ, と身構えし

▼ つて見せ~ (58, 0.0%)

8 てゐる 3 て, てくれる, てやる 2 たりした, たりする, てくれ, て呉れ, ながら

1 [31件] うちふ, その時誰, それから格子, それで, たり三七親分, たり物質的報酬, てある, ておくれ, ておとなしく, てくれた, てくれました, てそれでも, ては貰, てほしい, てゐた, て下さい, て下さつた, て代金, て其處, て呉れた, て夫人, て居る, て着物, て貰, て遣らう, ながらうなづいた, ながらさ, ながら赤面, などし, べえと, 方によ

▼ つてちよ~ (57, 0.0%)

2 つかいを, つとした, つと行つて

1 [51件] う笑, つくら一杯, つくら遊び, つとお父さん, つとからか, つとぐあひが, つとしなだれ, つとその, つとだまつ, つとちよ, つととよんだ, つとは, つとまどろんだ, つと一息, つと中絶, つと何, つと口, つと姿態, つと威張つ, つと安易, つと寺, つと山の上, つと得意, つと微笑, つと思つた, つと手, つと氣取つた手附, つと漢詩みたい, つと眉, つと笑つて, つと考, つと考へ, つと聞い, つと船乗り, つと色気, つと藤枝, つと行, つと行く, つと裁判, つと見, つと言葉, つと詞, つと軽く, つと道助, つと面倒, つと頭, つと首肯いた, つと驚き, つぴり, と注意, と考

▼ つて~ (57, 0.0%)

3 數の, 雜作に 2 かつた, に歸, より有, エだ, 智の, 雑作に

1 [39件] いやない, えから, えがら, えぢ, がない, に帰し, の安, よりなされる, を克服, を止揚, 何有の, 思慮に, 批判に, 技巧です, 技巧に, 政府主義の, 政府主義者が, 政府主義者としての, 教養な, 斷には, 暗と, 暗には, 暗にセンチメンタル, 暗に沒我的, 暗に訣ら, 暗に貴方, 氣力な, 氣味な, 爲を, 瑕瑾だ, 禮だ, 終極性は, 選択に, 邪氣で, 關心な, 關心の, 限定な, 韻律で, 體の

▼ つて生活~ (57, 0.0%)

8 して 3 するやう 2 を樂

1 [44件] がより, が出来る, が豊か, した, した人々, しなければ, します, しやう, し又, し苦しんだこと, すること, すると, する事, する人間, する徒食者, せずに, といふ対人圏, にばかり追, のあらゆる, のスタイル, の主体, の他, の助け, の幸福感, の改まらう, の浮沈, の為め, の理想, の第一義, の足し, の重なる, は荒廃, も變, をかき乱される, をし, を保証, を向上, を営む, を外形的, を持ち直さう, を支, を營, を維持, 出来さうね

▼ つて一緒~ (56, 0.0%)

2 にし, になつ, に仕事, に移つたの, に行, に行かう

1 [44件] にお湯, にその, にとまる, にとめ, になつて習つた, になる, にのんびり, にふかし, にもう一度, にやる, にゐない, に休む, に伴, に來, に出掛ける, に列ん, に坐つ, に外, に夜, に居た, に居る, に暮した, に暮したい, に暮すだらう, に来た, に東京, に歸, に歸つた, に泣き出し, に生きる, に甲板, に登校, に米国, に自, に自分, に行く, に質素, に起き, に踊つたの, に踊らない, に逃げ, に階段, に食事, に食卓

▼ つて~ (56, 0.0%)

5 つて 3 に載せた, やうかと 2 のかた, の人, へ上

1 [39件] から差, から彼, から照, から石, から義雄, から降り, から降りる, から鳥, がつたの, がつて來, ずつた, つた, つたもの, つたり, にあがる, にのつた, に上つた, に伸び, に小さな, に擧げた, に斜, に老いたる, に聳, に請求書, に述べた, の, の弟, へあがる, へかけ, へ出, へ登れる, を下, を仰ぐ, を向い, を綾羅錦繍, を見あげた, を見ました, を見る, 焦通ぜずと

▼ つて仕事~ (56, 0.0%)

8 をし 5 をする 2 が手, に取り, の手, の能率, の邪魔, をした

1 [31件] から一層, から帰つて, ができない, がキレイ, が出, が減る, が見つからなかつたら, が運びます, で飯, なんか探した, にあり附く, にか, にはい, に行きやれ, に行く, に身, のこと, の上, の仕振り, の進捗, の進行, の隙, もおし, をあて, をしつ, をしました, をしよう, をなまけ, を忘れる, を探す, を選ん

▼ つて天下~ (56, 0.0%)

29 をお 2 の主, を知らぬ

1 [23件] か死, が治まる, に冠たる, に蟹本さんぐらゐ自由, に見へる, の冬, の奇観, の奇觀, の女學生, の學者, の川, の形勢, の目, の菜食論者, の言論, を一統, を支配, を望ん, を横行, を治, を治むる, を麾ける, 第一

▼ つて~ (56, 0.0%)

2 らしい物, 京へ, 体制の, 内閣の

1 [48件] と舊, なるを, な状態, な社会的資格, になされた, に之, に出, に自由律童謠, は阿, らしいもの, らしい乳, らしい事業, らしい仕事, らしい思想, らしい村田銃, らしい歌, らしい歌舞伎劇, らしい氣, らしい製法, らしき文化, ローマン主義農民文學郷土文學或は, 乾海苔の, 事業を, 体制確立の, 作家には, 傾向の, 六さんを, 六さん和助さんを, 六と, 六を, 古今流の, 嘗, 市街を, 意を, 感覚派の, 感覚派を, 方面を, 時代の, 時代を, 武藏野の, 注を, 生命を, 生活, 草の, 詩社は, 領土の, 鳥越から, 鳥越に

▼ つて此方~ (56, 0.0%)

3 へ來 2 へ寄越す, を見た

1 [49件] から二十六萬圓加, から可, から呼ぶ, から聲, から訊く, がお, がさうでない, がジリ, が兄弟, が極り惡, が盛ん, が驚いた, だつて, で酌, には帰らう, にもありやしない, に向, に向直つた, に燈籠, に猛進, に眼, に駈け出した, のもの, の先生様, の山, の岸, の弱々しい, の忙しい, の愛, の考, の都合さ, の頭上, は待ち設け, は真暗, へお, へと寄つて來, へ来, へ来た, へ逃げ, も会, も始終, も少し, も負けず, を一顧, を向い, を向いた, を向き, を疑, を見る

▼ つて~ (56, 0.0%)

23 して 3 もそれ

1 [30件] かも一方, かも意味, かも無学, もその, もまだ, もバラ, も何等, も偉人, も傑作, も其, も創見, も同時に, も夜, も大, も大いに, も天才, も完成, も家全体, も少し, も後宮, も日本語的, も時, も最, も機械全体, も此等, も無限性, も神事, も隨分, も電話, る後

▼ つて見たら~ (56, 0.0%)

2 どうだ, どうだらう, 如何か

1 [50件] おもしろいコース, お化, お秋さん, からつ, この一月, そこにも, その子, それは, と思い附い, どうです, どうなるであらう, どんな思ひ, などと考へてる, ば何, ば如何, もう死に, やつぱり蓬の, よかべ, よろよろし, イバネスブレスト・ガナデ・アラルコンバロハなぞの, 一向に見慣れぬ, 三十八度近くも, 二三軒さきで, 今の, 何うかと, 先づ下村為山さんの, 其時驚いた, 其處は, 出逢ふかも, 叔父の, 大きな車, 大抵見, 如何だらう, 如何です, 子供が, 小皿には, 斯う, 普賢菩薩が, 最早月, 椀の, 楢の, 此も, 此文庫が, 熱は, 短篇小説の, 石の, 芋俵を, 表面は, 貴島も, 身體の

▼ つて話し~ (56, 0.0%)

7 てゐる 3 てゐた, の邪魔 2 てみたい, てやらう, て置かう, て見たい, て見よう

1 [33件] うまく話, さへ, たりなどした, ている, ておきませう, てくれ, てみ, てみません, てゐない, て居た, て居る, て御, て来た, て来よう, て聞かせ, て見た, て見まし, て見ませう, て見や, て見る, て見れ, て遣, ながらもと, ながら仲間, ながら歩いた, をし, 会ふ, 合つてた, 合ふと, 合へる, 度い, 様も, 終つて今夜は

▼ つて~ (56, 0.0%)

6 つた 3 はう, ふに 2 はなかつた, ふこと

1 [40件] がすすまなく, つちや, つて, つとるん, つ付き合つて, とする, はうた, はうと, はせ, はせて, はなけれ, はれたつて, はれるやう, ひければ, ひながら, ひなれれば, ひは, ひませんよ, ひやした, ひ又, ふ, ふが, ふがい, ふことの, ふといふ, ふなどとは, ふべからざるもの, ふべく鼎钁, ふやう, ふ熱い, ふ若し, ふ間柄, へなき, へるか, へるぢ, へるん, へ馬鹿, を得, を求め, を求める

▼ つて~ (55, 0.0%)

3 いわ, いん, けない 2 いか解らなく, いぢ, い位, なり

1 [38件] いか, いかしない, いか些, いか方角, いか解らぬ, いくらゐ, いじや, いでせう, いんでさ, い事, い幸, い文, かつた, からう, なりの動揺, なりの遠方, なり傷, なり別嬪, なり混雑し, なり違, なり重要, なり鮮やか, なること, なる位, なる關係, のに到頭, の晴れた, 厭な, 哀さうな, 哀さうに十九で, 哀さうに可愛が, 怖え, 愛想に, 成りな生活難, 成り強い, 成り草臥れても, 成り骨, 羨しいくら

▼ つて始め~ (55, 0.0%)

3 て, てその 2 て完成, は本

1 [45件] からで, から見直す, てそこ, てできる, てわれ, て之, て五郎作, て人間, て今, て伝へ得る, て何物, て全豹, て内, て分る, て切實, て吾人, て問題, て善光寺, て四部, て大成, て家族制度, て彼等, て成立つ, て文學, て新, て時間性, て正式, て熱田截斷橋, て発せられた, て盛, て知, て知れり, て確めら, て私闘, て表面, て製造, て見た, て見るべき, て観るべき, て解かれた, て贖, のころ, の中, の裁判, はなんにも

▼ つて~ (55, 0.0%)

26 つた 9 つて 5 つたが 2 つたもの

1 [13件] する際涯, つたけれども, つたので, つたよ, つたら, つたん, つた以上, つた塩田良三, つた時, へし, へつた, へるが, へる奴

▼ つて~ (55, 0.0%)

5 や家 3 の人々 2 の人, の家々, の役場, の方, の衆, は年毎, を逃

1 [33件] から村, が雪, での街, でもきたない, で一番, と村, にゐ, に住ん, に居, に帰つて, に来る, のため, のデパート, のモダン娘, の中, の中堅, の人達, の姻戚, の子供等, の小さな, の御, の意味, の會堂, の百姓, の神女, の老人, の聖なる, へかへりました, へ下向, へ行かなく, や橋, を出, を通り過ぎます

▼ つて来ました~ (55, 0.0%)

13432 ね, 私は

1 [31件] お米, か, からね, から或は, から戦争, がざしき, が上り, が和尚さん, が折角買つた紅提灯, が私, が雪祭り, し騎手, ぢや, つけと, とき兄き, な, なあ鳴り, ね一寸表戸, ね君, ので, のでも, ので仕方, ので何処, ので御機嫌, ので遠慮ない, のにお気, もう行きませう, やうです, よこの, 一番初めの, 二度とも

▼ つて~ (55, 0.0%)

6 を立て 4 を立てた 3 を抱 2 が減つて一足, が立つた, が立つで, の立つ, を立てる

1 [32件] あへ, がへつた, が出, が減つて, が痛い, が空い, が立つ, だ, なんか立て, のくちく, のなか, の上, の五臓, の底, の空, の足し, は張らない, は立ちません, ばかり立つ, も立ちやせん, も立つた, も立て, も立てられない, をおさへ, をか, をつん出し, を出し, を擁, を減らし, を立つ, を立てます, ん這

▼ つてゐるらし~ (54, 0.0%)

54 かつた

▼ つて~ (54, 0.0%)

2 の物, へ入, を見る

1 [48件] から一冊, から奇麗, から戸, から脱, でよし, にくさ, には, にはその, にはなか, にはひつ, にはひる, にはぶる, には一ぱい麦酒樽漬, には木, には福松, には貧しい, には非常, に入り込んだ, に居る, に廣, に書い, に甚, のコプラ, の二枚, の半分, の煙草, の紙, の郷, の酒, は空, へお, へた, へ入らなかつた, へ入る, へ入れ, へ這入つ, へ這入る, をほぐし, をみた, を見た, を覗く, を讀ん, を開く, 二三日を, 廊下などを, 氣の, 臣, 臣の

▼ つて了つたの~ (54, 0.0%)

12 です 9 だ, である 3 だつた 2 ださうな, でした, では

1 [15件] かしら, が多, だから, だつたが, だらう, だらうか, だらうと, であらう, であります, でも了, で四邊, はこの, よ, を却つて, を自ら悔い

▼ つて其処~ (54, 0.0%)

1 [54件] から五六間, から仰いだ, から出る, から周囲, から途方, が上さん, が大名育ち, で上演, で乗替, で人目, で何, で入り, で新, で生産, で終る, で解決, で許される, な女, に, にこそ現実, にはすぐ, には夫婦二神, には陰陽道, にも此処, に其の, に反映, に垂れ, に小康, に居る, に木彫, に気, に清い, に神, に脱衣婆, に腰, に興味, に迎, に長火鉢, の博物館, の場図, の女中, の空気, の美容院, への行き, へぼんぼり, へ坐つた, へ此, へ置く, へ臥, へ行, へ行つて, を立つた, を見せる, を通り過ぎ

▼ つて~ (54, 0.0%)

3 の手 2 から左, の方, の目, へ曲る, も左

1 [41件] からひだり, が八谷誠, が旧, と左, に, には机, に女優ヱベエル, に廻る, に折れ, に折れる, に曲る, に簡略, に見た, に記した, に附けね, に青木休七郎, に高, のやう, のタンジヨン・カトン, の側面, の南北線, の堅穴式家屋, の夷人, の始末, の手の平, の石山, の窓, の肱, の諸, の鏡, の頬, へゆるやか, へ先斗町, へ動かした, へ右, へ行く, より佐藤, より前列, より加藤, より張則民君, より梅原君

▼ つて笑つて~ (54, 0.0%)

9 ゐた 5 ゐる 4 居た 3 ゐたが 2 ゐるの

1 [31件] いました, いらつし, すました, すませて, た, も冷然, やるもの, られる間, る女, ゐたくは, ゐたけれど, ゐたさ, ゐなすつたよ, ゐました, ゐられなかつたの, ゐるうち, ゐるといふ, ゐるので, ゐるやう, ゐるらしかつ, ゐる声, をられた, 居たさ, 居たつけ, 居ました, 居られた, 居ります, 居るか, 行き過ぎるの, 行く, 見せると

▼ つて遂に~ (54, 0.0%)

2 札を

1 [52件] あの大きな, こんな体, その姿, それに, はある, はいはば, は偶然, は其自身, は夜, は敵味方, は新聞, は果てし, は無形, は痘痕, は百合子, は陋巷, われわれの, 上汐が, 中臣, 全町二千百戸, 凝る氣, 凱歌を, 刑罰に, 劃時代的劇作家の, 動かされぬ富みと, 南天竺の, 取返しの, 団十郎, 學生, 宏大な, 家を, 實現を, 意思と, 最高至上の, 杯を, 武器を, 漢室を, 猿楽を, 益田川の, 神楽と, 福島県宮城県も, 秀吉の, 筑紫の, 統計力學の, 自ら眞人であり, 自他ともに, 芸者にな, 謁し申さず, 過つた者, 震駭せざる, 非業の, 髪の

▼ つて長い~ (54, 0.0%)

1 [54件] あごひげを, あひだ, から脚, こと何だか, こと密, こと寢こん, こと私達を, こと話を, こと身動きも, ごまし, のが, ヤスリを, リボンを, 冬の, 古風な, 塀は, 外套と, 序歌に, 廊下の, 廊下を, 手紙を, 接吻を, 方の, 時間を, 枝が, 架空の, 梯子を, 棹を, 物悪い, 疑問を, 睫毛が, 立話を, 竹竿に, 縄を, 耳を, 船縁を, 葦に, 葬式は, 複雜な, 足を, 道程を, 間さえ, 間それを, 間ぼんやり, 間御, 間手を, 間生き, 間眺め, 間立つ, 間見続け, 間読経した, 階子段は, 頭の, 體を

▼ つて~ (54, 0.0%)

17 もなく 13 もない 5 に合 3 も無く 2 がない

1 [14件] が得られる, にあつ, にある刈り取つた, に合せた, に合ふか, のない, の抜けた, の生垣, の襖, もない明るい, を得た, 取から, 取られて, 誤つかないやう

▼ つておし~ (53, 0.0%)

28 まひに 3 まひにな 2 まひ, まひなさる, まひなすつた

1 [16件] まひいますぐ, まひだらう, まひでした, まひな, まひなさい, まひなさいまし, まひなされ, まひなす, まひの, まひよ, まひ赤ひげが, まひ野狐が, やべり, やもじを, 出された表現, 寄せた

▼ つて~ (53, 0.0%)

4 の壁代 2 の三尊佛, モウ無, 恍として

1 [43件] うろ, これだけの, しかつめらしい顏, だうろうろ, だこれ, だぼんやり, だもう, だ事実, だ政略的関係, だ政略的關係, だ服従的状態, だ服從的状態, だ笑つて, だ聯, だ語尾, でさ, で喰つて, のお, の三尊仏, の墨書き, の役人, の百七十, の英語, の詔詞, の身體, クラリモンドの, 一切の, 営業政策の, 大息を, 小障子, 恐るべきは, 悪かつ, 悲く, 斯う, 有る茶店, 浮ついた気持, 理想上或は, 生きて, 真すぐ, 笑つて置いた, 落語を, 表面に, 開口に

▼ つて~ (53, 0.0%)

13 の上 7 の中 2 になれ, に入る, に就い

1 [27件] から拔出, から辷り出た, についても眠られなかつた, にはいつた, にもぐ, にもぐつた, に入, に坐つた, に就いた, に就く, に投げ付ける, に着く, に這入つた, に這入る, に額, のなか, の大, へお, へ落ちる, をしいた, をはなれた, を並べ, を塞ぎ, を拔, を敷い, を疊, を這

▼ つて挨拶~ (53, 0.0%)

8 した 7 をする 6 をした 4 して 3 するの 2 しても, しました, し禮, をし, をします, を交す, を申さなけれ

1 [11件] してから, しようとして, すること, すると, の手紙, もしなけれ, もせず, をかはした, をしとかなく, を返す, を述べた

▼ つて非常~ (53, 0.0%)

2 に悲慘, に敬服

1 [49件] な不幸, な勢ひで毛, な危険, な大声, な窮状, な苦痛, な速, な速度, な進歩, な金持, な隔り, にあはれ, にその, にギゴチ, に不, に不名, に劣つて, に単純化, に古い, に啓発, に困る, に大きな, に尊敬, に恥じ, に悪く, に惡, に愉快, に明るく, に暖, に有力, に沈默家, に甘美, に發展, に盛ん, に相違, に立派, に能, に苦痛, に落着, に蒙, に身, に近く, に鋭く, に靜, に面白い, に驚いた, に驚き, の勤勞, の損失

▼ つて~ (52, 0.0%)

72 ほんまに, 一寸これ, 僕自分で, 君に, 尚の, 彼奴に, 拵へて, 明日の

1 [29件] あゝ念仏, かめへん, がり切つて, ぎやかになつた, こ付きながら, せよ一旦, そない, その勢ひで野宿, つこりお, つこりした, つこり微笑みながら, なつたら, なんにも聞こえへん, はかづくりの, もうわ, やり, ゆうなぞ, ゆつと, 伊原つれ, 出發, 散花, 早うに, 罰当りな, 自由に, 行こか, 見し宿, 身体が, 辛抱も, 過ぎないと

▼ つてやがて~ (52, 0.0%)

2 それは, 小さな地仙

1 [48件] そのへん, その庭, はひつ, は何ん, は元弘, は光明, は私, は誘ひ, ぽきり, また四國, ドイツ語を, ビックリする, 一つの, 一斤の, 三十過ぎの, 上の, 下田を, 下町の, 其の試合, 凹んだ所, 出たの, 夜具を, 天井から, 家祿を, 寝て, 帰つて来, 廃れたが, 当太郎, 形を, 彼方に, 彼等は, 悲鳴は, 日本海の, 死ぬの, 王には, 目が, 着かへた後, 砂地が, 立ち去つて, 細い坂道, 結婚や, 自立する, 軒前に, 逸早く颯ツ, 野は, 野辺送りと, 雪が, 駈け足

▼ つて帰る~ (52, 0.0%)

2 ことが, ことは, といふこと, のである, のは, んだ

1 [40件] お前は, かどうか, がい, ことにな, この日課, さあの, だけだ, つもりで, つもりでした, つもりです, づら, ときそこの, とも言, と云, と叔父, と車, と道具屋, のが, のだ, のだらう, のでした, のです, のを, やうな, より他, わけに, 事も, 代りに, 夜も, 家位あ, 小町姫に, 所で, 時が, 苅萱コスモス河原蓼等々やつぱり苅萱が, 迅速な, 途中も, 途中少々, 途中無事で, 道を, 都合に

▼ つて~ (52, 0.0%)

3 の方 2 へ出

1 [47件] からそつ, からグルリ, から入, から去, から去つ, から聲, から顏, などをい, にかけ降りる, につれ出し, に出, に投げ捨てられた, に立つ, に落ちる, に行つたの, に飛び降り, のかなた, の中, の八つ手, の奥, の奧, の柿の木, の物置, の眞ん中, の隅, はほとんど, は下手, は喬木, へおり, へつき落す, へ下り, へ下りる, へ廻つた, へ捨て, へ植ゑた, へ走り降り, へ降り, へ降りました, へ飛, へ飛降り, を作る, を掃き始めた, を掃く, を杖, を眺め, を見る, を隔てた

▼ つて愛ちやん~ (52, 0.0%)

213 の方 2 は些

1 [26件] が云, が後, に云つて, の背後, は一日, は傍, は優容, は其時, は再び, は出口, は大, は大急ぎ, は少しく, は尚, は度々, は急, は振, は漸く, は猶, は直ちに, は立ち上り, は自ら其勇氣, は談話, は豚, は這, は鼠

▼ つて早く~ (52, 0.0%)

2 歸した

1 [50件] お止め, から背中, それを, なる, も, もそこ, もなり, もパリジャニスム, も姿, も春, も涸渇, も生命, 云へば, 休んで, 伴れ, 來ない, 元気な, 出掛けた, 北条氏の, 君に, 堤防を, 寝た, 寝て, 帰して, 手を, 既に人, 既に明治時代, 既に著き, 日本へ, 昨夜を, 横に, 歸つたとの, 死にたいと, 死にました, 死のうとも, 毛の, 氣が, 池を, 直つた, 膳を, 見せろと, 見習つ, 返し遣る者, 返事を, 送れと, 逃げようと, 遊びを, 部屋へ, 間木老人が, 陷落した

▼ つて~ (52, 0.0%)

2 の上, の中

1 [48件] が好き, が岸, で教つた, で見た, なるが, にお, にし, にもたれ, にゆき, に乗, に乘, に作りました, に戻る, に立つ, に赴く, に醉, の仕度, の便, の切符, の周囲, の垢水, の如く, の將, の後, の沈下, の甲板, の私達, の茶店, の運動, はバッサン・アヴァル, は動搖, は岸, は浮き上つて, は當別岬, は覆へる, へも乘ら, へやつ, へ乘つた, へ帰つて, へ飛込んだ, を出, を出し, を動かし, を拵, を改める, を着ける, を繋いだ, を行

▼ つて若い~ (52, 0.0%)

2 人を, 時から, 者の, 血が

1 [44件] お公家さん, がこんな, けれど, 主婦が, 人たちが, 人は, 人達に, 人達の, 作家たちの, 俺が, 同伴の, 同僚作家を, 女だけが, 女には, 女は, 女性が, 娘さん達が, 娘の, 学者らしい, 将校の, 巡査曰く托鉢なら, 巴里の, 幼虫に, 慣れない内儀さん, 折から, 時に, 時にや, 時は, 時分も, 母親の, 生命を, 男たちが, 男は, 神が, 種に, 紳士達は, 者が, 肢體には, 虫が, 連中にと, 連中を, 酔どれの, 頃の, 頭の

▼ つていつも~ (51, 0.0%)

6 のやう 2 の通り

1 [43件] かかさずに, きたないなりを, その夫, それや, たくさんやる, にないこと, のと, の三倍, の位置, の宿, の投げ銭一切, の用便所, の習慣, の自分, の通り非常, の黒い長い, よりは複雜, よりももつ, 口癖の, 同じ高, 大きな云, 好きで着る, 寐る, 寢ず, 日が, 机邊に, 東京から, 母ちやんに, 泣いてばかり, 注目を, 渠等の, 激げしい, 生きものを, 目の, 砂丘づたひに防風林の, 秘蔵の, 缺乏に, 腹に, 見守らせるだけ, 見慣れて, 詫びを, 身辺に, 食べものをも

▼ つていろいろ~ (51, 0.0%)

2 な解釈, 反省も, 考へて, 話を

1 [43件] であつ, であらう, でせう, とお祭, と慰めた, と慰めたら, と言葉, なプロデューサー, な事情, な叫び声, な意味, な打合せ, な機会, な現象, な知識, な芸, な角度, な面白い, に分れ働く, に映り, に芥川, に表現, の宝物, の流俗, の計画, 事情を, 儀式が, 問ひただし, 学術上の, 定義や, 寫して, 憂きくるしみ, 打合せの, 疑心を, 相談したい, 眼醒める, 考えて, 考へてるうち, 試験を, 話が, 読み漁, 読んで, 警備に関する

▼ つてしまつた~ (51, 0.0%)

4 だよ 3 のぢ 2 だらうか, では, に相違

1 [38件] あゝ, あゝあゝ, いつぞや萩, おいちよ, からだつた, が惜しい, この笛, そしてさ, そして樹明君, そのワヤ, それでも一銭, それでも戻る, だらうと, だん, ですなあ, となる, とのこと, と彼, と申し, と身悶え, どうする, ならそれ, ならわが, なんて裁判沙汰, に違, のかい, はうが, むろん銭, ものぢ, よい風景, 初戀, 急いで, 暮れて, 案ぜられる, 極めて無造作, 淡々君, 然も, 間もなく視界

▼ つてまるで~ (51, 0.0%)

4 自分の 2 妊娠に, 死んだやう, 水の

1 [41件] あたりを, あんなんぢ, うつちやツ, お月樣, けふ, その罪人, ほんのちよ, アペタイザでも, メチヤだ, 人なら疲れた, 化物の, 古代の, 同じで, 唾を, 喧嘩を, 墨の, 大木でも, 山の, 平銀行員, 彼等の, 思ひも, 恋人同志の, 憤つてでも, 新しい鉱石, 昼間の, 朱盆の, 母に, 燠の, 猫の, 生捕りました, 田園の, 男に, 砥ぎ澄ました, 蠅の, 覚えが, 親しい友達, 踏みつけられた往來, 違ふと, 遠足に, 音楽でも, 鼻唄を

▼ つて~ (51, 0.0%)

4 つたりと 2 つくりお, つくりお話, つくりと, つくりゆ, つくり御, つくり話

1 [35件] つくり, つくりあるきだしました, つくりお茶, つくりくつ下, つくりした滑稽, つくりしみ, つくりしろ, つくりするが, つくりその, つくりプルウスト, つくり一杯, つくり休むの, つくり休んで, つくり休息, つくり休養, つくり坐りこんで, つくり愉し, つくり晩飯, つくり暖, つくり歓談, つくり歩き出した, つくり注射器, つくり礼, つくり藪, つくり袴, つくり話しませう, つくり身構, つくり遊んで, つくり部屋, つくり食事, つくり飮, つくり飲むつもり, つくり飲んで, つくり駿介, ふべの

▼ つて一度~ (51, 0.0%)

2 も六甲

1 [49件] あつた如き, おきたら取返し, これらの, こんなこと, しか来ない, その狸, となく, にえらく, に伸び出した, に六人, に出る, に叫んだ, に收納出來, に草臥れた, に逃げ散つた, はお, はつきり斷つたさうで, はどう, は判決, は十分, は女, は女房, は拜, は死ぬ, は珍し, は若い, は追, ほかへ, もここ, もほん, も上表, も子, も投票, も振り返らなかつた, も着た, も結婚, も覚えた, も開かれた, 内地へ, 四谷忍町まで, 大騷ぎをしたことがありました, 岡田さんに, 座中を, 挨拶を, 捨てた自然, 早く讀ん, 東京を, 禮を, 覗いた待合

▼ つて色々~ (51, 0.0%)

4 な話 3 な事, の話 2 と詩

1 [39件] お話が, といたはられ, となだめ, と考へ, と話合, と雑用, と雑誌社, な世間話, な乱雑, な形, な方面, な社会主義みたい, な種類, な美学的解説, な迷信, に相談, に考へられる, に説得, のことば, のもの, の作業場, の新しい, の書物, の書籍, の灯, の種類, の著述, の談話, の道徳, の難題, の面白い, 兄の, 古い書物, 天子の, 秘密相談が, 考へたが, 考へた末, 考へて, 自分の

▼ つて行き~ (51, 0.0%)

5 給へ 2 さうにする, でもした, ながら, なはると

1 [38件] さう, さうだつた, さうである, さうです, さうな気, さへ, しばらくする, す, そして別, そして或, その肩, つつある, つづいて, とにかくその, ながらあらん, ながら僕, ながら途中, なはるか, なりの見物, なり庭, にくいやう, には車中, ぽつんと, まへ, やがつて, やがれ, よる, ア本望だ, 來する, 半ばその, 尽した所, 或る, 暫く時計, 更に民間, 狭いバー, 窪んで, 軈て, 高い方面

▼ つて見ませう~ (51, 0.0%)

236 か親分 4

1 [18件] ええ胃病, かなか, か十手, しまた, といふ, と言, ね, ねえ, ねテルコさん, よ親分, 人相を, 何か, 八さんどうせ, 八重さんも, 寒中行者が, 来月にでも, 眼と, 親分

▼ つて~ (50, 0.0%)

8 のは 4 ぢや 2 ことを, のが, ものを

1 [32件] からねえ, ことが, ことです, ことよ, ことをな, こんだ, そんな者, です, なあいつたいなんだ, のか, のそつ, のに, のに世話, のも, の無く成つたら, へらえ, ものは, も役人共, わけあねえでねえか, わけが, んだらう, エよ, 事な, 事に, 便利な, 奴が, 奴くらゐ, 奴で, 奴は, 意気を, 東京へ, 訳に

▼ つてゐるで~ (50, 0.0%)

32 はない 13 はありません 2 はございません 1 はなし, は無い, は返事

▼ つて來たん~ (50, 0.0%)

234 だが, だらう 2 だから, でせう

1 [15件] だがね, だけれど, ださ, ださうですが, だぞ, だつけ, だと, だよ, だらうから, だらうが, だらうといふ, だ欲し, だ相, だ眞, な

▼ つて~ (50, 0.0%)

4 があつ 3 あつた 2 あるの, いつぱい娘さん, がある, となる, のあつ, を込め

1 [31件] あるべきもの, ある事, ある第, いつぱいゆすぶつた, があつたらしく, が出ません, が多い, づきさ, づくで接吻, ない声, なささうに, に余る, に成, に餘, のあり, のない不甲斐な, の増加, の拔けた足, の美, は拔, もあらう, をこめ, を仮し, を入れ, を得, を添, を落した, を貸さう, 勝れ喧嘩, 無く呻, 無く笑つた

▼ つて~ (50, 0.0%)

3 を呑んだ 2 をつめ, を切らし, を殺し

1 [41件] がある, がきれ, がつけなく, がつまり, が絶え, が絶えた, が絶え絶え, が苦しく, ついて, つまるやう, でもかけた, のある, ひ井, もきれ, もしない, もつかせず, もつけない, も絶, をつい, をついた, をつく, をととのへ, をのんだ, をはづませてきいた, をはづませながら跟, をふきかけ, を一つ, を入れた, を吸, を吹きかけ, を吹き返した, を呑ん, を大きく, を引, を引く, を引取つて, を殺した, を潜め, を突き, を継ぐ, 絶えて

▼ つてしかも~ (49, 0.0%)

2 その不調和, それが

1 [45件] この公式, この役目, その一種, その効果, その唯一, その多く, その純粋性, それによ, どうにか成るだらう, なほ夢み, まだ私, 仁を, 今貴方の, 全く別個, 全體, 其鋭さが, 力強いもの, 同時に詩, 君に, 品行の, 地合の, 多少必然的, 太閤秀吉の, 子供まで, 少しも, 尚男の, 屏風の, 彼は, 徳川家と, 恐れはばかり, 探偵小説と, 歴史的制約を, 氏の, 氣もちの, 沸え, 独身だ, 男女に, 私自身を, 細心を, 自ら恥と, 足早に, 車とは, 道は, 頗る高価, 高層建築の

▼ つてそこで~ (49, 0.0%)

2 一休みし, 茶を

1 [45件] お母さま一流の, お買, かれ等, それぞれに, はじめて身, やつと, ゆつくりと, エビの, 一しよ, 一つうんと, 一夜を, 一月ほど, 今の, 仲買人に, 何年ぶりかで, 信濃の, 列を, 別れたと, 力餅を, 勉強する, 同じやう, 唯単に無駄, 喰べたアイスクリームの, 堪へがたき, 夕餉を, 太卜, 将来の, 山水清閑の, 性に, 日向ぼつこなどを, 梶井基次郎三好達治と, 清貧を, 演じたので, 煮焚, 田舎には, 皆に, 空虚に, 背一ぱいのび, 船の, 落ち合つた久米の, 見張りを, 足を, 酒を, 食事の, 飯を

▼ つて仕様~ (49, 0.0%)

31 がない 5 が無い 2 がなかつた, がねえ 1 がありません, がありやしない, がある, がなく, がねえだ, がねえや, が無え, のない, 無え

▼ つて~ (49, 0.0%)

2 れどころ, れは

1 [45件] から懐中, から横濱, から逆戻り, が其為, が出かけ, が腦溢血, が遽, こそ面白から, であつ, で事濟むと云, で澤山, と晝間, にその, に告げた, に手向ん, に訴, に顏, に風さ, の, の側, の大, の妻, の家, の帰り, の心, の方, の横顔, の歳男, の病室, の精神的連鎖, の義務, の顔, の馬場要, は手, は貴方, や子供, れと共に, れに, れを, れをば, れ鼻藥, を提げ, を死なし, 有るの, 迄御

▼ つて置き~ (49, 0.0%)

3 換へ 2 乍ら御, 度い, 度かつ

1 [40件] さへ, てえと, ながら今に, ながら十五分, ながら只, ながら未だに, ながら玄人, などした, なよ, の, のよい, の一, の小判, の希望, の急所, の愛嬌, の拳固, の挨拶, の智慧, の書銘, の此秘曲, の疑ひ, の眼付, の籤, の結論, の良い, の重大, また義雄, アい, 一晩泊つて漸く, 乍ら, 乍ら事に, 代へ, 代へらるべきである, 度いと, 度いところが, 度え, 旦那用として, 醉つてウト, 金製の

▼ つて駄目~ (49, 0.0%)

10 だよ 43 ですよ 2 だ, だから, だぜ, だぞ, である, です, よ嫌ひなもの

1 [18件] かとも思ふ, だあ, だぞといふ, だらうな, だらうよ, だわね, だ何れ, ですから, ですわよ, なこつたと, な人間, よもう, よウ, よ母さん, をおして, を押し, を押した, 若い奉公人

▼ つて何處~ (48, 0.0%)

3 から逃げた 2 かへ行, か爺さん, の港

1 [39件] かで聞いた, かで聽, かで腐つ, かに集ま, かの山奧, かの校長, かへド, かへ匿, かへ行く, かへ運んだ, かへ飛び出し, からか曉角, からともなく, から來, から此所, が惡い, で染めた, で死ぬ, ともなく, とも知れぬ, にいらつ, にゆかう, にゐ, に殿, に行, の村落, の良い, の藩中, へか失奔, へでも勤めよう, へでも行く, へも行かない, へ入らつ, へ出る, までもあの, までもお, まで猜疑心, をどう, を何

▼ つて八五郎~ (48, 0.0%)

2 の鼻

1 [46件] がいとも, が引立てる, が戻, が歸つて來, が飛出した, と三輪, と二人, と共に此處, にさう, にまで疑はれた, にソツ, に合圖, に向き直りました, に抱き起させました, に案内, に見張らせた, に説明, に限, のうさん, のところ, の五體, の側, の先, の叔母, の好奇心, の手, の爲, の聲, の話, の部屋, の面上, はそつ, はフラリ, は恐る, は臼, も飛ん, よりは膽, を側, を振り返る, を止める, を留め, を目黒在, を迎, を追, を道具, 長ん

▼ つて出る~ (48, 0.0%)

3 のも 2 か此奴, ことに, と言, のは, やうに

1 [35件] ことである, ことにな, ことも, つもりだ, というふう, とお, ときの, とミン平, と島破り, と庇, と杉戸, と跡, には確, の, のだ, のであ, のを, ものは, やうな, 事も, 少年が, 山林や, 形状は, 日が, 月を, 氣に, 氣遣ひ, 決意を, 祠の, 程に, 程の, 積りでした, 筈ぢや, 者とが, 者の

▼ つて~ (48, 0.0%)

3 いのかの 2 いでせう, いのかえ, いほどの, いもので, いんですか, い位, い女, く有るまいと

1 [29件] い, いかさツぱり, いかとも, いだらう, いでせうか, いでせう親分, いとして, いのか, いのかな, いのである, いほど, いや痛い, い人, い位正, い加減, い加減膽, い娘, い年配, い心持, い程, い鹽梅, うございます, かつた, からう賣る, くのめのめ, く見え, 道が, 道の, 道は

▼ つて暫く~ (48, 0.0%)

2 してから, すると, の間自分, 經つてから

1 [40件] したら知らぬ本屋, して, じつと, ねついた, の間云, の間日, は上つて來, は仕事, は気味, は無, は絶対, ロンドンで, 他國, 來た, 向ひ, 呆ん, 嘔吐を, 外へも, 天井を, 屋久島行きを, 工夫し, 待つたが, 打つちやつて, 暖かい日, 森田の, 獨逸の, 病氣を, 目の, 眼を, 窓外を, 立ちどまつて, 立止つた後山谷堀の, 置いて, 自分の, 見えないと, 話して, 踊子と, 身もだえし, 部屋に, 黙つた後

▼ つて書い~ (48, 0.0%)

13 てゐる 4 てある 3 てゐた 2 ている, てし, てみよう, て居る, て来る

1 [18件] てあ, てあつ, てあります, ているで, てそして, てみた, てみたら, てもその, てやる, てゐ, てゐられた, てゐれ, てをり, てをる, て下さい, て見, て見る, て遣した

▼ つて~ (47, 0.0%)

3 て, てお 2 てゐた, て入口, とくれよ

1 [35件] たまへ, つつあつ, てあげる, てあついあつい, ていつ, てから急激, てから賑, てくれる, てそれ, てどう, ては何, ては母, てまいた, てまだ, てゐる, て両手, て中, て八, て別盃, て啜り泣かず, て大きく, て女, て小さな, て手, て本来, て朱, て止つたの, て私, て自分, て自分達, て茶, て頬, ようの, よとん, ツと

▼ つてみたい~ (47, 0.0%)

7 と思つて 53 のよ 2 といふ思ひ, と云, な, ねんけどどう

1 [24件] が唯, といふ, といふの, といふ氣持, といふ願, とか時には, とは思ひます, とも云, と僕, と思つて氣, と思つて行つたの, と思ひ, と思ひます, と思ふ, と言ひだ, なさ, なと, な一日, な無, ね, の, のかね, や, 思ひが

▼ つて~ (47, 0.0%)

9 をかけた 3 をかけ, をかける, を立て 2 をあげ, を限り

1 [25件] が伝つて, が出, が出なかつた, が出なく, が出ぬ, に出し, の方, は慄, は聞取れ, も出ず, も立てず, をかけたら, をたて, を嗄らし, を張りあげ, を張りあげた, を張りあげてる, を懸けた, を挙げ, を掛けた, を掛ける, を揚げた, を立てた, を高めました, 高く笑つた

▼ つて~ (47, 0.0%)

5 な笑 2 な手つき, に氣

1 [38件] なこと, なところ, な不安, な事, な声, な女, な媾和, な眼, な眼付, な肩, な落着, な藝者, な言葉, にうつろ, にニヤニヤ, にモヂモヂ, に凄味, に反, に寝つかれ, に底, に心, に悲しい, に慌, に毛嫌, に爽やか, に真面目, に神祕的, に空けた, に肩, に自分, に落ち着ける, に薄暗く, に赤, に陰氣, に雲, に靜かに, に顏, ね考

▼ つて~ (47, 0.0%)

4 れが 2 の如き, れには

1 [39件] からだ, から先何, から将来, が即ち, が後醍醐天皇, が徳川時代, が當時, が非, で嫁, に代る, に反, の如く, はどうしても, はやはり, は九流, は今, は劉善經, は北派, は唐, は孰, は源家, は要吉, は鑛毒, へ通せ, も代, れでは, れは, れまでに, れも, をすかさん, をする, を以て面白い, を石崇, を紛らし, を見れ, 亦生涯, 亦耐, 真翁, 程心

▼ つて~ (47, 0.0%)

3 の光 2 の前, をながめ, を眺めた, を賞する

1 [36件] からちかちか, がさやけく, が冴え, が出, が山の端, に三度, に二三度, に振り仰いだ, に行く, に跪き, のみどり, の五日, の光り, の光りで, の出た, の出てる, の半分, の名, の輝く如き, の都, はた, はまた, は影, も白, や太陽, をし, を仰ぎ, を得た, を浴び, を看た, を眺め, を經, を翫ん, を見, を観た, を賞

▼ つて~ (47, 0.0%)

3 を叩いた 2 で呼吸, に手, に捉つた手, をすぼめ, を一

1 [34件] からかばん, から廂, から裙, だけゆすつ, でしなを, でも叩きたい, で小突いた, で息, と三里, にさわる, に夜具, に引つ, に担, のこり, の手拭, は張る, へ担ぎあげる, も手, をかし, をすくめた, をそびやかし, をち, をつかまへた, を入れ, を包む, を叩い, を怒らし, を振つ, を歪める, を滑らし, を聳, を聳やかし, を聳やかした, を落す

▼ つて見せる~ (47, 0.0%)

3 のです 2 から, し逢ひたい人, のであつ, のでした, のは, のを

1 [32件] が, ことは, さ, ぜ, ぜ親分, ために, と, といつた, といふ, といふ我慢, ところまで, とさ, と大道, と看護婦, なんて下らない, のだ, のだつた, のだらう, ので, のである, ので諾冉二尊, ものが, やうに, よ, よ今日, わそんな, 必要が, 感覺の, 油とうやの, 男です, 積りだつ, 積りだつた

▼ つて貰つて~ (47, 0.0%)

2 は困る, 諸友

1 [43件] おとう, お鳥, からお, から芥川, これから毎晩俺, しやぶりながら, そしてそれ, そのま, その瓶, その金, それから話, それに然, だつて, はお, はならぬ, は却つて僕, は困ります, もかま, も宜, も身, よい, ゐた, ゐたの, ゐたん, ゐた腕, ゐる, ゐるとか, ゐるの, 何とか話, 元氣, 居ります, 居る友伯父さん, 居る間, 帰りました, 愉しくさよなら, 来たの, 来るわ, 来れるわ, 決めたこと, 淋しさ, 讀んだ, 造りました, 飲みかは

▼ つて~ (46, 0.0%)

3 たくしは 2 たくし, だ黒く, つた着る, ふむけに

1 [35件] がた或は, がつたん, がつてる, たくしたち, たくしぢ, たくしふつ, たへた, だかも, ち此方, つた, つたの, つたのは, つたのも, つてね, つても, つて一定しない, つて其庭先からは, つて国旗が, つて差支ない, つて燈明がと, つと言, つまらないもな, は, はて, はやその, はやと, はやといふ, はや僕, はや其胸, はよく, へて, をざめた顏色, アあ, ツちの障子に, ツと

▼ つてあと~ (46, 0.0%)

3 を追 2 は何

1 [41件] からあと, からかけた, からついて行く, からやつ, から建て増された, から行, から走つた, が悲しい, しざりを, で何, で四畳, で大騒ぎ, で庭石, で後悔, で親分, どうする, には娘さんひとり, に立つた, の一二足, の一年, の一軒, の半分, の心配, の田, の言葉, はた, はち, はわかつたらう, はクダ, はワツハハハ, は一瞬時前, は刄物, は恰も, は無心, は知らん, は言, へついて行きました, を何, を全部, を殘, を聞い

▼ つていきなり~ (46, 0.0%)

1 [46件] かうよ, かう云つた, かぶりついた後, その胸, それに, に刀, グイと, ピストルを, ベルさんの, ペツタリ坐る, 事件の, 二三人の, 二三束引つ叩い, 俥の, 參内し, 口の, 口笛を, 啀み, 善書堂の, 喰つてか, 基本に, 娘の, 山男の, 弁当を, 引揚げる, 憎々しげ, 掴みか, 斯う, 次の間へ, 殿様の, 湖水の, 焚火の, 眞後に, 福子は, 立つて, 箱を, 縛つ, 自分は, 議論に, 足許の, 身を, 隣の, 顔を, 飛び上, 飛出さうと, 飛出したもん

▼ つてみんな~ (46, 0.0%)

4 を笑 2 少し浮い

1 [40件] が旅立つ, が枕頭, が然, が紅葉, が遠慮なく, ぐるぐるする, こんなもの, でしやぶれ, で読合せ, と仲, にさう, にちやほや, にはいい, にも相談, にやらせる, に先んじ, に歸つて, に笑, に話しました, に配らう, のところ, のキマリ, の御飯, の着, はお家, はすぐり藪, はそれ, ほう, まるで爺さん一人, をよぶ, を残し, を眺めた, ボヤいて, 広く読まれ, 忙しいん, 死に絶えて, 泣きさうな, 深い傷, 漕げるの, 話して

▼ つて一層~ (46, 0.0%)

4 猛烈なる 2 リヽーを, 秋の

1 [38件] うれしかつ, お志保, しとやかに, そのつつましい美し, その男らしい, その面影, のこと彼処, の寂し, の興, はつきりさせられる, はつきりと, はやく翔つた, ひどくコキ使, シェイクスピアの, 勝誇つた様, 勝誇つた樣, 孝道を, 容易に, 度を, 引立たせる, 強く生きる, 強められた, 我等自身を, 明かに, 流行し, 海に, 深く味, 深く自然, 深められる, 病症を, 盛況を, 眞面目で, 私を, 聾の, 誤解され, 長閑な, 闇黒也, 鶴村に

▼ つて他人~ (46, 0.0%)

2 の之, の首, を包容

1 [40件] から却, から取扱, が何, が煙草, が見, でない筈, と社會, にはがつ, には随分, に大, に洩らし, に福惠, に見せる, に触らせる, に言, に食ひつ, のこ, の事, の傍ら, の前, の力, の地所, の好奇心, の家, の恋, の意中, の文, の日誌, の満足, の生活, の袂, の裏戸口, の言葉, の記憶, の買つたの, の部屋, は他人, も無げ, を凌辱, 入らずの

▼ つて何ん~ (46, 0.0%)

6 となく 2 でも, とかし, とも言, な事

1 [32件] か仕事, か歌, か細工, たる無, だか, だね, です, とかうまい, とか流, としても父親, とはなし, とも云, とも申訳けが, なこと, なもの, な仕事, な切端詰つた場合, な原始生活, な細工, な責任, になる, にもなりやしません, にも仕事, にも知らず, にも知らない, にも言はず, の手掛り, の氣苦勞, の禁呪, の蟠り, の足し, の間違ひも

▼ つて我々~ (46, 0.0%)

2 の間, はそれ, は先づ根柢

1 [40件] がこれ, がさては, がゲーテ, がサンヂカリスト, がパンパン, が実際, が純潔さ, が送る, とは親しみ, と彼, にリラ, に單, に犠牲, の交際, の出發地, の小説, の意想外, の感動, の特に, の眼中, の興味, の良心, の蜜月旅行, の行爲, の道, はこの, はゲーテ, はプラットフォーム, は之, は侮辱, は其の, は出立, は意識的, は戦争, は所謂支那通, は特殊的, は自ら, までもこと, を打つ, を抱きしめた

▼ つて支那~ (46, 0.0%)

2 の君主, の文字

1 [42件] では國, では字母, では既に, には進歩, に入, に於, に歸, に生れた, に若し, に行, に道徳無し, のあの, の使節, の労働者, の反切, の古い, の古代史, の同, の國粹, の宮殿, の巡査, の布教, の政治, の文化, の現状, の皇帝, の真ん中, の聖人, の胡適, の裁判所, の詩, の貨幣制度, へ渡つて來, へ渡るでせう, や日本, よりの影響, を理解, を研究, を脱, を見る, を解釋, 本國

▼ つて次第に~ (46, 0.0%)

2 低くなる, 疎にな

1 [42件] その防戰, ひら, よつて, ピツチを, ファルスは, 人心を, 余の, 其党勢を, 其黨勢を, 冷静を, 前進し, 劣れる物, 動きが, 危険に, 大きく太く燃えひろがり, 天津神に, 寄つては, 小川が, 川の, 帰つて来た, 彼等の, 快方に, 情緒の, 放任主義にな, 旅の, 朦朧と, 歩を, 汗ばんで, 流が, 物の, 狭まつて, 短くなつ, 私は, 脚の, 荒れて, 輝かされて, 遺工逸樂, 非芸術的, 面白くも, 頂上へ, 高くあたかも, 高めらるる

▼ つて死ぬ~ (46, 0.0%)

5 のは 3 のも 2 のが, やうな

1 [34件] かでなければ, こと, ことが, ことだ, ことを, つもりな, と, とか唄ひまくつ, とはこんなに, と云, と思へ, と聞い, にも死ねず, のかしら, のなら, のを, ばかりだ, まで鴈治郎, ものであります, ものは, ような, んだ, 事を, 場で, 外に, 時だ, 時でも, 氣だらう, 氣に, 氣にな, 者が, 話が, 身かに, 鈴蘭

▼ つて流れ~ (46, 0.0%)

18 てゐる 3 て居る 2 てゆく, てゐた, て行

1 [19件] がさら, さうになりました, その後西流し, それからやう, てきます, てくる, てやがて, て一時, て来た, て行く, て行つて, は丸, も早く, やう, を止めた, を飛越, 水は, 進んだと, 青く澄んだ

▼ つて~ (46, 0.0%)

2 を行く, を通る

1 [42件] から三四歩, が分れ, なり教, には霜柱, に外れてる, に据ゑて, に沿う, に立つた, の上, の上方, の五六町, の傍, の外, の左側, の見えぬ, はその, はだ, は一本, は急, もない, も狹, をさ, をまち, をよける, を修める, を塞ぎたれ, を學んだ, を急い, を急ぎ, を搜, を會得, を横ぎる, を歩い, を歩み, を知る, を砂浜伝, を聞き, を迷, を迷つたの, を進み, を進める, を選ぶ

▼ つて~ (46, 0.0%)

4 の中 2 が降つた, が降りだした, に打たれ

1 [36件] あがりの, がからり, がどしや降, がはら, がひどく, がぽつり, が又, が多く, が強く, が忙しく, が歇ん, が続き, が近い, が降つてる, が降り出した, が降る, が降出した, で倒れ, と霧, になつ, に濡れた, に逢, のない, のふる, の事, の日, の濕, の脚, の足, の近い, の降りこむ, の雫, は益, を待つそよぎ, 落ちついて, 降つて

▼ つて~ (46, 0.0%)

3 が吹く, もない 2 が出, にゆれ, のない, の一日, の中

1 [30件] あり燈, がどうつと, がはり, がもつ, が出る, が吹き, が強い, が強く, が枯葉, が湧いた, でも吹きやしまい, で散々笑, なん, になびい, にゆられ, に波打つ, の寒い, はありません, はなかつた, は南, は段々, また加, も出, も漸く, も無い, や凍りつく, をくらつ, を切つて駿馬, を呼び, を送れ

▼ つてあり~ (45, 0.0%)

7 はしない

1 [38件] がたかつた, さうです, さうなもん, ずらりと趣味, その一つ, その一方, その一部分, その鐵砲, それが, それに, それを, はしません, やあしない, やがて炬燵, やその, やなし, やア, や特別, や遺族, ッたけの, 一方の, 六百坪位の, 前に, 又, 壁に, 夜具棚の, 子供は, 家をも, 宿屋らしい, 少しの, 得可から, 正眞正銘, 正面の, 池が, 當時男の, 結び目は, 總掛りで, 船の

▼ つてお出で~ (45, 0.0%)

15 になる 10 になつ 3 と夕ぐれ, よと 2

1 [12件] せうが, だつた, だと, でせう, な, なさい, なさるん, になつた, になるであらう, のやう, よ可, よ面倒

▼ つてでも~ (45, 0.0%)

7 ゐるやう 4 ゐるかの 3 ゐたの, ゐて 2 可い, 居るやう

1 [24件] あるが, あるの, いるよう, しまひさうにつまらなかつた, たまには, やらないと, ゐたかの, ゐること, ゐるん, 一刻も, 來た, 來られよう, 叩き賣つて, 吐くやう, 宗教家の, 居たやう, 居るかの, 居るの, 我子の, 来るかと, 父を, 獅子奮進させる, 継母を, 行くやう

▼ つて~ (45, 0.0%)

3 の方 2 のみは嬉しき, の手, の足, 程豪い

1 [34件] ういふ風, うだ, うですよ, う仰, と右, には検事, には玄關, に入選作品, に折れ, に曲がりました, に曲つて, に曲る, の人差指, の如く小別, の廊下, の手首, の掌, の端, の角, の訓言, の面, へとつ, へ二つ目, へ入, へ抜ける, へ曲る, へ突き, へ降りる, ほど聞きづらく, より佐藤, より花田君, より西田君, りの, 程重要

▼ つて江戸~ (45, 0.0%)

2 の町, へ出た, をさす

1 [39件] といふ都會, に上つた際, に入りました, に出, に召し寄せられた, に向, に居ません, に居る, に来た, に歸, に著い, の主, の場末, の文明, の櫻, の消息, の秋, の秋色, へ下, へ乘, へ入, へ出奔, へ四百七十里, へ屆, へ来た, へ歸, へ米, へ行きたい, までかけつづける, を去つた, を夢み, を歩く, を発し, を発する, を立たせた, を立つ, を立つた, を賣つた, を追放

▼ つて現在~ (45, 0.0%)

2 となり, と將來

1 [41件] が空虚, では例年, では少し, と區別, と過去, における過去, にまでなつた外國車, に到つ, に及ぶ, のやう, のわが, の享樂, の制度, の子, の彼, の新, の新派俳優, の歌謡曲みたい, の水源, の滿足, の演劇, の眞鍋, の真面目, の私, の結婚制度, の自分, の自己, の芥川氏, の連續, はいつも, はまだ, は彼等, は日本人, は無, また未来, も亦, も將來, やかましく云, を活かし, を點, 及び存在

▼ つて留守~ (45, 0.0%)

7 であつ 4 だつた 3 だと 2 である, ですし, なので, をし, を任せた

1 [21件] かも知れぬ, この事件, して, じや, だ, ださうで歸, だし, だつたので, だつた時, だといふ, だツ, でございます, でした, ですよ, なの, なんで, にし, の夜, をした, をする, をたのむ

▼ つてごらん~ (44, 0.0%)

30 なさい 2 なさいよ, になる, よ 1 と言, なさいそしてまた, なさいと, なさいな, なさいませ, になりません, よそれで, よ何人

▼ つてひどく~ (44, 0.0%)

1 [44件] あわてさわぎました, お皆, その名前, もの憂げ, アイヌ的で, ヒステリツクに, 傾斜した, 先輩に, 其の荷物, 出鱈目に, 原始的な, 反抗した, 好きに, 威張つて, 彈かれた, 後悔し, 怨んで, 悄げざるを, 憤慨し, 損を, 曖昧です, 気の毒さうな, 氣の, 沈んだ顏, 無作法に, 煩悶しました, 煩悶する, 父親に, 物に, 硬張つて, 私を, 秋寂び, 脅えて, 腐つて, 自分を, 興味を, 蚊と, 血が, 衰へ, 誇張された, 貧乏だ, 貧乏に, 頭を, 驚かせてはと

▼ つてみる~ (44, 0.0%)

3 ことに, と, と自分 2 と又

1 [33件] か, がよい, ことは, つもりである, とお玉, とこれ, とずゐ, とやつぱりあなただけには, とよく, と事務員, と二人, と人間, と今, と奥さん, と奥室, と安永三年, と山, と思ひ, と村, と板谷, と此, と滑稽, と灯り, と狸, と田郷虎雄, と私, と空一杯, と箱根, と電話口, にはな, のも, 方に, 氣にな

▼ つてもよ~ (44, 0.0%)

41 かつた 2 ささうに 1 かつたん

▼ つてもらつ~ (44, 0.0%)

2 て, てもそんなに, てゐる, て持つ

1 [36件] たりし, たりした, たりする, たり然し, ちや困る, ておく, ておとな, てくれ, てこの, てさこれ, てそうして, てそれ, てどこ, てま, てみんな立派, てもい, てもいい, てもすら, てやう, てやつ, てタキソン, て上げる, て他, て勉強, て去年, て大, て大切, て実家, て寝た, て山羊, て愛飮, て拔, て漁夫たち, て自分, て良い, て豊田君

▼ つてゐよう~ (44, 0.0%)

2 と思つたの

1 [42件] あの円朝, あの圓朝, かと思ふ, が, がこの, がしかし, がそれ, がなかなか, が世の中, が外, が笑つて, が雲霧, けれどその, ぞ, とあの, とさらにふたたび, とした, とする, とその, とそんな, とはしなかつた, とは夢, とは夢にも, とは思ひ出す, とは考, とは錢形平次, とも大正震災この方三変四変, とも妾, とわし, とゐまい, と云, と外, と思, と思つて, と決心, と申し, と考へ, と遠く, など, などとは私, 街の, 道理も

▼ つて~ (44, 0.0%)

2 いらし, は天王寺, 封三年

1 [38件] が自由党, に戻つた, のまま, のやう, の二階, の内儀, の坐, の子, の寝床, の座, の朋輩, の笑顏, の身体, の頃, はやはり, は加茂家, は水無神社, も子, ア賽銭箱から, 二の, 代の, 來がた, 來讀者の, 信の, 右衞門と, 右衞門は, 右衞門を, 后の, 氣さう, 氣づき, 氣づけ, 氣で, 氣な, 氣に, 氣にな, 氣の, 氣よく, 鳥越の

▼ つて出來~ (44, 0.0%)

4 たもの 3 たの 2 て居る, ないこと, るぜ, るの

1 [29件] あがるやう, た, たこと, たといふ, たやう, た事業, た山, た東京府, た民律, た病人, た石, た筈, た聲, て居た, ないから, ない事, ない相談, なかつた, のい, ます, ませぬから, やしない, ることぢ, るだけ, るだらう, るやう, る丈, る筈, る限り好運

▼ つて来ます~ (44, 0.0%)

94 から 32 わての

1 [26件] からそこら, からね, から何卒, から兎, が文学的, さかいな, ぜ, つて言ひ, とすぐ, とは言, とも, と和尚様, と太一, と子供, と家, と画家さん, と立派, と考妣二体, と道, のでその, のや, ものよくも, よう, よお母さん, よなんてアノ, 六百年も

▼ つて此處~ (44, 0.0%)

9 へ來

1 [35件] いら, から歸つて行つたの, から飛出した, が樂, が湯殿, で待つ, で斯, で若, にじつ, にその, にゐる, に住みついた, に參つて, に居た, に幾多, に投, に足, に轉げ, に運びし, は御, へ參, へ嫁, へ歸つて來よう, へ泊り込んだ, へ移り住み, へ置い, へ辿り着く, へ連れ, へ降りる, へ飛ん, へ飛込ん, まで來, まで歸つて, まで見, まで辿りつきました

▼ つて~ (44, 0.0%)

5 はかの, は自分 2 はそれ, は云, は常に, は足駄

1 [26件] が實際, のあ, のどんな, の奔走, の横腹, の胸, の誇り, はさき, はその, はまた, は一, は以前, は先づ, は再び, は政治家, は新, は晩めし, は樺太, は歸つた, は直ぐ, は袖さき, は鍵, は鳥うち帽, は默つて, も貿, を放逐

▼ つて行け~ (44, 0.0%)

32 さうだ, といふ, と云, ばすぐ, ば好い

1 [31件] さうもない, ている, とも云, と母, と言, と言う, と言つて, ども行け, なさうな, ばい, ばいつ, ばいづれ, ばちやん, ばなお, ばよい, ばトラ横町, ば何, ば其處, ば双方, ば叔母さんだつ, ば型, ば当分勝彦, ば彼奴めたいがい, ば早, ば第, ば行く, ば譯, ば遠から, まさア, やないい, よ泊つて

▼ つて遠く~ (44, 0.0%)

2 の方

1 [42件] からそれとなく, からながめてる, から不思議さうに, から姉, から弓, から房一, から振り返つ, から望ん, から来た, から注意, から花見, から見, でいろ, では雷鳴, で見る, なつて, に売りあるく, に居り, に見, の屋根, の波, の灯り, はありません, へ投げす, までひ, も近く, 不忍, 任に, 俗界と, 其の淵源, 南洋まで, 南清に, 史上の, 地平線の, 山の, 彼方に, 故郷の, 眼を, 瞳を, 窪地の, 近くひ, 遊ばないの

▼ つてわけ~ (43, 0.0%)

4 さ, もなく 3 だね, ね, のわからぬ 2 にゆかない

1 [24件] か, さね, だから, だと, て行く, ですかねえ, では, でもない, でもねえ, で飛び乗つた, なのよ, なんだい, にいかない, にいきません, にはお, には行かない, にもいくまい, に行かない, の解らない, はない, は御座いません, は無い, も無い, を話し

▼ つてわたし~ (43, 0.0%)

1 [43件] いくら, がそれ, が田舎, が頭, なぞは旅先, なんて言, にはお, にやまるで, に指, に與, に贈つた, のなつかしい, のもと, のやうす, のよう, の事, の口惜し, の左右, の日本脱走, の生活, の相好, の眠り, の着, の言, の魂, はまた, は上野駅, は今, は何気なく, は冷えた, は昔わたし, は朝潮, は木の間, は案内者, は歴史的事実, は沈思, は船, は見舞つて, は驚きました, は驚喜, も洋食屋, をわらふか, を穢い

▼ つて居るだらう~ (43, 0.0%)

1732 か, よ

1 [19件] あれは, お前は, から, から自然, か八, がその, が人々皆自ら能, が麹町, けれど今, さう, し又, ちよいと, ぢや, といふ, と二人, と思ひます, と思ふ, と想像, 直參

▼ つて~ (43, 0.0%)

4 へた 3 へたこ, へよう, へられ, へられました, へるの 2 へました

1 [22件] つ, つかぶさり怖, へつけ, へて御, へて拷問, へて水, へて間もなく, へて首筋, へるか, へること, へるため, へると, へるのに, へる工夫, へろ, へ乍ら, へ付けた, へ月, へ樣, へ父親, へ自分, 遣るやう

▼ つて~ (43, 0.0%)

7 へられた 6 へてくれた, へられる 5 へた 2 へて呉れた

1 [17件] はつた事, へてくれました, へてくれます, へてやりたい, へてやれ, へてゐる, へて上げ給, へて呉れなかつた, へは聞いた, へる, へること, へるで, へるの, へを乞うた, へ込む, を乞うたら, を立て

▼ つて~ (43, 0.0%)

12 の前 5 に向 4 の上 2 に向つた

1 [20件] と云, にあいてる, にかじりつく, にむかつ, に寄つて, に肱, に鍵, のした, のま, の下, の中, の塵, の抽出, の抽斗, の置場所, へおしり, も書物, を占領, を据ゑて頬杖, を道端

▼ つて~ (43, 0.0%)

7 二の 6 一に 4 一の

1 [26件] 一な, 一信を, 一借金を, 一回目の, 一審も, 一文明の, 一日に, 一期の, 一条件は, 一類を, 三の, 三十會場まで, 三回忘年会を, 二位の, 二作を, 二卷第三卷は, 二回の, 二国語, 二幕の, 二期の, 五次の, 何番目かの, 八中隊から, 八版が, 四局で, 四詩集

▼ つて説明~ (43, 0.0%)

9 した 7 して 2 しようと, すること, するため, するの

1 [19件] されて, されること, されるひな神, したが, します, し内, し得る芸術, し盡, すべきでない, する, する日本神話, する爲, すれば, せらる, せられる, といふこと, のつく, をくり, を超え

▼ つてこそ~ (42, 0.0%)

2 僕は

1 [40件] この精進, その才能, それ等に, だ, つ, はじめて身, まつたく新しい, よく調和, われわれの, ゐたが, シェイクスピアの, 中道を, 今日の, 其の論議, 其愛情が, 初て, 初めて唐招提寺金堂, 君は, 吾人の, 大船を, 嫌ひでなくなる, 宗教たり, 實體の, 居るが, 年齢といふ, 得られるので, 我我は, 新しい日本画, 新らしい, 旅も, 日本の, 本当の, 満洲, 演劇は, 獅子の, 現実の, 生れ出るの, 生存に, 異ま, 知識も

▼ つてやりたい~ (42, 0.0%)

6 やうな 3 と思, のだ 2 けれどもこんなに, さうし, 気が

1 [24件] が, がそつ, ことが, し疎開, つて言つてた, ところでも, と存じます, と思つて, と思ふ, と考へ, と言つて, に委せ, のです, ほどの, ほど口惜しい, ほど日頃, やうに, 位ゐだ, 心持ちも, 心持で, 悲しい我儘, 気持ちだつた, 氣に, 面が

▼ つて下す~ (42, 0.0%)

10 つても 3 つて 2 つたつて可いわ, つたなら, つたのだ, つたのは, つたのよ

1 [19件] つたお礼に, つたと, つたといふ, つたのいい, つたのかと, つたのかも, つたのが, つたのでございます, つたのです, つたのも, つた事も, つた物の, つた犬の, つてそれから, つて一と, つて一人旅には, つて盗まれた, つて私が, 者は

▼ つて~ (42, 0.0%)

21 樣が 5 やうねえ 4 やうが 2 樣がねえ 1 かたが, やうありやし, やうねえだ, やうの, 入が, 損つた事の, 末に, 樣ことなし, 樣ね, 樣無かつ

▼ つて~ (42, 0.0%)

2 供の, 學校の, 聲で, 裂箱の

1 [34件] い胸, く残つて, く殘つて, せんが, つぴどくはね, つぽ, つ酷く, な胸, にし, ひさ, 世話燒けたからよ, 人数の, 佩を, 來川に, 供と, 供らの, 供を, 兒まじり, 六の, 博奕ゆすりかたり, 商売を, 商賣, 學校へ, 机を, 父さん, 父さんは, 父さんや, 発明家は, 發掘を, 砂利を, 胯で, 芝居へ, 観念を, 風呂敷の

▼ つて居られた~ (42, 0.0%)

3 のでございます

1 [39件] かと思はれる, かも知れぬ, から此, か否や, が予, が実に, が日, が私, くらゐ, けれども登子, し若王子, といふだけの事, といふ事, と見え, と謂, にもかかはらず, のだらう, のであります, のである, ので可, ので純, のに違, やうである, やうでした, やうな, やうに, んぢや, 事も, 兩手を, 固い心, 将軍家も, 御愛読, 時であります, 時の, 時は, 為に, 程でございまし, 筈だ, 電車が

▼ つて最も~ (42, 0.0%)

2 極端な

1 [40件] オリヂナルな, 人間の, 僞り, 優れたファンテジイ, 切實な, 功勞の, 単純な, 困難な, 多きに, 多く自分, 大いならざるべからず, 大きな歩み, 大切な, 女性を, 實證的なる, 小さく報道, 年少の, 広く暢達, 強力な, 彼に, 惡辣に, 手近かに, 有効に, 柔らかな, 正確に, 民衆に, 深く色, 無前提的, 痛いところ, 禮を, 粗略に, 純粋な, 自然な, 自然らしい, 自由に, 苦心を, 著名な, 見通しの, 赤裸々に, 高く発揮

▼ つて~ (42, 0.0%)

16 つた 52 つたやう, ふこと, ふの, ふので

1 [13件] つたが, つたので, に刀下, ふと何となく又, ふと呟いた, ふんだよ, ふ傾がある, ふ樣, ふ積, ふ訳, へしむべき, へば既に, へるならばと

▼ つて~ (42, 0.0%)

7 つた 5 ふの 4 ひには 3

1 [23件] つたこと, つたので, には三日, には孔雀, には容れられなくなる, には過去, には食時毎, に行かなかつた, の一首はや, はう, はれた, ひに, ひました, ひましたが, ひましたよ, ひます, ひ百顆, ふが, ふに, ふやう, ふ心算, へば少し, へば生命力

▼ つて返事~ (42, 0.0%)

5 をした 4 をしなかつた 3 をしない 2 もきかず, もしなかつた, をし

1 [24件] がない, が來, が無, したん, しちや, しながら, するかと, に代える, に換, もいいかげん, もくれぬ, もし, もせず, をくれない, をしなかつたら, をしました, をしませんでした, をする, をなさつ, を出した, を待つ, を書きはじめた, を聞い, を譲つた

▼ つて逃げ~ (42, 0.0%)

6 て来た 4 て行 3 てし 2 ておいで, てしまひました, てゆく, て來

1 [21件] おほせた, たりアラいや, たり穴ボコ, てしまひ, てしまひます, てばかりゐる, てゐる, て伏兵, て帰, て来る, て歩いた, て歩く, て行く, て逃げ, はすまい, まど, まはつ, も隱, 七月二十八日は, 掛けたサウ, 遠くの

▼ つてかの~ (41, 0.0%)

15 女は 6 女の 3 女に

1 [17件] お土産式態度, ふたりの, 吹雪と, 女が, 女と, 女自身の, 将に, 明暗を, 書を, 未だ知らざる, 根據は, 灣に, 百姓馬子は, 米國の, 者の, 記者の, 課題は

▼ つて~ (41, 0.0%)

9 てゐる 4 てしまふ, て居る 3 てし, てゐた 2 てしまひました, て了, て居た

1 [12件] たりした, てしまつた, てゐたら, てゐなけれ, てゐられる, て居, て睡りかねた, とつて, ながら語り, につく, 入つて, 支度に

▼ つて~ (41, 0.0%)

3 には香気, を摘み

1 [35件] から出, から出る, がよく, が咲いたら, が咲く, が次第に, に接吻, の下, の咲かない, の彫物, の様, の樣, の畑, の開くる, の霞, はふさふさ, も咲く, も盛りだつた, も緑, をかざし, をきり始めた, をすつかり踏みにじつた, をた, をつん, を売, を引い, を引く, を折つて, を持つ, を散らし, を看る, を鉢ごと, を開いた, 散る里, 萎むから

▼ つてここ~ (40, 0.0%)

2 では, へ来た, へ来る

1 [34件] でしばらく, では彼等, では成功, でワラビ, で自然, にかうし, には平八郎, には省く, にひとつ, に一種獨特, に一言, に不可思議, に先, に卒然天地, に寝泊り, に居る, に微塵, に生き, に至つて, に誰, に追求, に飛鳥びと, の教父, の眞砂, の軌道, はなつの, は其處ら, は異, までせつせつと, まで來, まで息, まで歩い, まで歸つて來, を夜

▼ つて~ (40, 0.0%)

4 つとそれ 3 つと見 2 つとその, つと動かないなら, つと眼, つと立つ, ろ

1 [23件] つと一ところ, つと剽軽, つと千代子, つと反省, つと坐つ, つと奧さん, つと富豪, つと押し, つと相手, つと私, つと空, つと箱, つと考, つと考へた, つと蛙, つと見入らう, つと見詰めた, ぶんが, ぶんだけ, ぶんで, ぶんも, やらり, ようだ

▼ つてよい~ (40, 0.0%)

3 かも知れぬ 2 やうな

1 [35件] からである, か泣い, がこの, がその, しよ, だけの名, だらう, ところだらう, ところで, と思, なと思, のである, ので一, ほどこの, ほど個々, ほど私, ほど農家, やらほんとに, 人は, 位である, 加減な, 加減に, 形の, 意味に, 散歩よい, 時に, 村の, 様である, 程歴史的, 翻訳を, 酒うまい, 限りに, 餘程えらい, 驛前に, 魂が

▼ つてゐたらしい~ (40, 0.0%)

4 のです 2 が, のだつた

1 [32件] あの男, かなり大きな, がそれでも, が何故か, が原料, が急, が既に, が氏自身, が白粉, が私, し傳記, と言ふん, のだ, のよ, エリス老人は, 万太郎氏を, 上, 事は, 人物の, 公爵は, 北九州の, 去来である, 奉公人達も, 女中は, 当時の, 彼女は, 柿の, 母親の, 澁い, 無表情な, 芥川さんの, 静子が

▼ つて~ (40, 0.0%)

6 つて来た 4 つて來た 2 つて來る, つて来

1 [26件] つし, つた, つたと, つたの, つたので, つたわけだ, つたんで, つたんです, つた上よく, つた八五郎も, つた時は, つた時ツイ跣足だつた, つてし, つてゐる, つて一たん押入へ, つて來い, つて御, つて手に, つて来ます, つて泳がない, つて行きました, つて行く, つて行つてる, 代りに, 學した, 學試驗を

▼ つて~ (40, 0.0%)

2 と声, は二三日中, は泣いた

1 [34件] があれ, が夫, が頻りに, でもお, とい, といふ字, とそれから, と一緒, と別れ, と別離, に一任, に与, に云, に兄さん, に脅かされた, に逃げ出され, のやう, の傍, の姿, の家, の故, の目, の胸, の邦子, は眸子, は長い, も亦, をも貰つて來, を叱る, を愛撫, を断つ, を煩惱, を責める, を迎

▼ つて~ (40, 0.0%)

10 つて来た 5 つて來る 4 つて來た, つて來ました 2 つて行つた

1 [15件] つたい, つたのだ, つたのは, つた小刀で, つた花こそ, つた菜葉を, つた酒が, つて, つても, つて來て, つて參りました, つて小説は, つて来よう, つて来られた, つて活けた

▼ つて手紙~ (40, 0.0%)

2 か何, だけは怠らず寄越す, を出しました, を書いた

1 [32件] が來, が来た, ではいつ, などを出し, に封入, のついた, の封, の山, の束, の来る, は, をとり, をはふり込ん, をやり取り, をよこされた, をよこした, を二三本, を二三通, を出し, を出す, を受取つて, を受取り, を差上げました, を書い, を書きつ, を書き続けよう, を認め, を読み続けた, を遣, を遣つた, を郵便箱, を風呂

▼ つて~ (40, 0.0%)

3 はづれ 2 の方

1 [35件] かい, から町, があるでせう, が象, だつたわ, では人達, で賣ろう, にゐる, のダンス, の中, の伊達者達, の出端, の北半里許, の向う, の向う側, の城跡, の女学校, の広場, の權勢家, の浴場, の藤崎病院, の辻, の郵便局, の青楼, へいく, へ參, へ売り, へ獲物, へ行, へ行かない, へ買, まで行, を通つて, を通る, 全體

▼ つておくれ~ (39, 0.0%)

123

1 [24件] あゝ困, うちでは, お前が, お前なんかとは, かい, こんな淋しい, さう, それが, で無い, と優しい, と太吉, と言, と言つて女房, よ若し, 何んで, 何時まで, 俺は, 場所と, 家へ, 家内息災で, 帰つておくれ, 正太さん後生だ, 警察の, 雪沓を

▼ つてくれた~ (39, 0.0%)

3 のは 2 のだ, んだ, 事それから, 人が, 娘なれ

1 [26件] あの温泉町, いつしよ, かしれない, がひどく, が風邪気味, こと父が, と思, のか, のでせう, ので芥川, のも, ほんとうに, ンだ, 人達は, 別荘に, 墺太利の, 大恩人, 女中頭の, 思想の, 木苺の, 浴衣が, 澄太君の, 私も, 者には, 訳か, 逆境の

▼ つてそんなに~ (39, 0.0%)

1 [39件] ありやしないわ, いつまでも, えらいもの, おもしろく読める, お邪魔, なつて, 不景氣, 不機嫌な, 不精な, 云つた, 人情の, 仕舞込ん, 俺達の, 執拗く, 心配します, 急に, 意味の, 憂鬱な, 持つてないのよ, 早く死ぬ, 東京にばかし, 気難かしくし, 沢山な, 燒きつけられ, 眼を, 秘密が, 端つ, 罰も, 耳を, 變り, 週刊新聞ばかり, 遠くなし, 長い口上ぢ, 雲を, 静粛してる, 靴を, 音高く, 顔色が, 驚くこたア

▼ つて~ (39, 0.0%)

133 んだ 2 つけす, のでご, まつて, よ

1 [15件] から諦め, が午後二時, が次ぎ, つて, つてさ, つて先生も, つて困る, つて家を, つて小説本を, とわし, と見, ど, なんて, なんて知, ね

▼ つてやれ~ (39, 0.0%)

4 ばよかつ 2 ばいい, ば好

1 [31件] それは, とか早く, とさ, と云, と云つた, と彼, と思ひ切, ばあんな, ばあゝ, ばい, ばお, ばその, ばそれで, ばどんな, ばみんな石, ばよい, ば來, ば兎, ば入浴, ば全身, ば役に立つ, ば自然, ば若しくは, ば言つて, よ, 俺は, 俺らだらさうだ, 太十, 柊人形やれ, 空気が, 飮んで

▼ つて~ (39, 0.0%)

4 氣味な 2 忍池へ, 樣な

1 [31件] 似合な, 信実で, 參, 合にも, 図した, 図疳癪を, 図私に, 図覗い, 圖した, 在中の, 埓だ, 埓な, 好さうに頭, 忍の, 惜福者は, 愛想な, 整頓な, 斷でも, 斷に, 斷の, 機嫌らしい, 氣味さうに立つ, 氣味に, 淨を, 淨門から, 淨門へ, 滿足の, 禮を, 要心だ, 適当な, 韋蜀に

▼ つて了つた~ (39, 0.0%)

3 でせう 2 といふやう, のぢ

1 [32件] か, かと思ふ, かな, かのやう, から僕, か忘れ, があの, がしかも, がそれきり, がそれでも, がな, が二人, が何, が其始, が残金僅か六銭五厘, が殘金僅か六錢五厘, が馬酔木, といふの, といふ事, といふ進行, との事, と云, と云つて, と思ひ浮べた, と思ふ, と権七, と見え, と言, などといふの, らしく部屋, 同じ年, 親雀

▼ つて大きく~ (39, 0.0%)

4 なつて 3 成るさ, 笑つた 2 君の

1 [27件] うなづいたが, したり, なつた, なつた位, なつて來, なりました, なり成長, なり毎年秋, なる小さな, やり過ぎたの, 口を, 吹く, 呼吸した, 呼吸を, 完成させ, 張り渡つた蜘蛛の, 手を, 持つて, 撓つたま, 溜息を, 漏斗形に, 笑ひだしました, 見えて, 開かれて, 開けた口腔, 開けては, 頓狂なうなり

▼ つて容易~ (39, 0.0%)

2 のことぢ

1 [37件] では, と解けない, なもんぢ, ならぬ身, な事, にこれら, にそれ, になされ得た, には來, には取り上げる, には考, に仕事, に会見, に低調, に台, に回復, に好, に守り得る, に平癒, に幾らか, に成就, に打ち勝つ, に承知, に持主, に支那人, に気, に玉, に理解, に立ち上がり, に興奮, に蛸, に見えない, に話, に證明, に部分, に頭, に風

▼ つて書いた~ (39, 0.0%)

5 のが 3 のであります, もので 2 のか, ものと

1 [24件] がその, ことが, と見える, に相違, のだらう, のである, のでせう, ひどい手紙, ものだ, ものだつた, ものにすら, ものは, もん貰う, やうに, んだ, エッセイから, 原稿を, 小説の, 序文は, 手紙ぢや, 本で, 本であります, 自ら罪する, 處も

▼ つて~ (39, 0.0%)

2 となり, のやう, の如く坐, の様, の段々, を抛

1 [27件] が崩れ, が死にかけ, で頭, と鉄, になつた, に打たれた, に血, の上, の下, の側面, の海月, の蓋, は地, は水煙, は飛んだ, も木, を一つ拾, を兄弟扱, を出す, を引取, を投, を投げ, を投げつけ, を投げる, を投つて, を竊, を転がした

▼ つて~ (39, 0.0%)

4 へ出た 2 はされた

1 [33件] から出た, から行く, に出, に立たし, のつくり, の井戸, の入口, の戸, の格子ぐらゐ, はされ, はされる, はし得ず, はすなら, はれたと, はれて, はれる理由, はれる訣, へ入口, へ出, へ出された, へ廻つて戸, へ突出, へ立たれまし, へ駆け出し, や庭, われた, をガヤ, 向は, 現せられたものの, 現せられて, 現せられるところ, 現せられるもの, 現せられ又

▼ つてあれ~ (38, 0.0%)

2

1 [36件] からち, から病院, がさうだ, さ, だけが皆, だけにした, だけのもの, だけの舞台顔, でちつ, と全く, にはさつ, はあなた, はただ, はちやん, はどれ, は何時何処, は勢, は安い, は畑, は逆臣, は馬鹿, ば, ばお, ば絹一重, ほどあ, ほどの圧倒的, ほどの美, ほど申, ほど言つたの, ほど言つて, をコツコツ, を沢山, を泥足, を見せられ, 程で, 程嫌味

▼ つてたん~ (38, 0.0%)

73 だが, だけど, だよ 2 だから, だけれど, だつけ

1 [16件] がどう, じや, だからね, だがと, だがね, ださうですから, だつて, だと, だな, だろ, だわ, でござんすよ, でしたよ, では誰, べえと, やろ

▼ つてとても~ (38, 0.0%)

2 手放す気, 昔の, 泳げやしないの

1 [32件] いけないかと, いまの, うれしいでし, おとなしさうな方, そのアメリカ, それどころぢや, そんなこと, なつかしいよい音, ひやひやし, やりきれるもの, よろこんで, 一つの, 一徹な, 乘氣に, 仔細かい話などは, 俗に, 凝つとしては, 助かるまいと, 可愛く毛深いわ, 女子の, 嬉しさうに, 強い人, 憤つて, 我慢が, 渡つて行く, 滑稽な, 牛車では, 続けられませんでしたから, 自分に, 落着い, 賑やかだ, 風変りな

▼ つて一種~ (38, 0.0%)

1 [38件] の上機嫌, の不思議さ, の偉人物語, の偶像, の偶像的存在, の効果, の反, の嗤, の地方色, の型, の壮観, の居間, の弊政, の快い, の念仏式説経, の惱, の手つき, の気体, の滿足, の焦燥, の状態劇, の生活詩, の秘密, の罪惡, の自己, の臭, の花, の苦痛, の落し話, の親愛, の詩趣, の説経, の調子, の贅沢物, の魅力, は芸者, 妖しげ, 愛すべき風趣

▼ つて世間~ (38, 0.0%)

3 の人 2 にそれ, の群小

1 [31件] から忘れられ, がげ, が騒々しく, づき合ひも, では曙覧, で忘れ, と相, と違つて旋毛, に公表, に受けれ, に向, に捉, に流通, に現れ, の人々, の人人, の人間, の信用, の前, の口, の女, の惡黨, の所謂化物, の父親なみ, の騷ぎ, は何, へ見せ, をアツ, を救, を歩い, を見

▼ つて人々~ (38, 0.0%)

2 の顔, は岡

1 [34件] がお, がそれ, が利益, が耳, が自己, が開け, とともに博士, と共に上陸, に合, に嗤, に配る, の休養娯楽, の寝静まつた, の目, の立, の笑ひさ, の観る, の踊る, の身, は夫, は始め, は急流, は星占学, は星占學, は決して, は特に, は猪, は雲雀, は黄色い, を吃驚, を喜ばす, を殺し, を見, を驚かした

▼ つて~ (38, 0.0%)

2 の方, の顔

1 [34件] から顔, が, が帰つて, が歸つて, が無, が離縁, じや, と代, なる酋長, に教, に訊ねた, に迫つた, に金木, の仕草, の佐兵衞, の命令通り惡人, の家, の彦太郎, の歸, の清三郎, の王, の看護, の系統, の肉体, の臂, の顏, は己, は皮膚, は私, は苦笑, へさう囁き, よりも能, を見送, を訪れ

▼ つて別に~ (38, 0.0%)

3 それを 2

1 [33件] あひま, あり余, これと, これといふ, その必要, ひとに, めづらしい, 上り湯が, 不思議は, 何う, 何でも, 僕たちに対して, 地謡とも, 大したピッチング, 女の, 宮森氏の, 寄越した文, 惡い, 愉しい思ひ, 慌てないですん, 死罪にも, 清川の, 理窟は, 瞞した, 私の, 腹も, 自分を, 色敵としての, 言ひたい, 謙遜の, 都合は, 雄蜂, 顛覆された

▼ つて~ (38, 0.0%)

5 ふの 3 ひ合 2 ひ合つて, ふへ, ふを, 岸へ

1 [22件] つて行つても, に喋舌, の岸, ひ側, ひ合せ, ひ合せて, ふからボテリと, ふから又, ふから尋ねた, ふから来る, ふに, ふ側, ふ岸, ふ越, ふ隣り三つ, 上りに, 合つて居る, 岸に, 柳原の, 柳原まで, 顱卷で, 顱巻を

▼ つて居らぬ~ (38, 0.0%)

3 かも知れぬ 2 と云, のであります

1 [31件] かと云, か其, が彼, だけで, とあつ, ところから, と云う, と思ひます, のが, のである, ので則, ので散る, ので競馬場, ものが, ものを, やうな, やうに, 一般民人に, 事は, 何となく醤油, 加瀬の, 家は, 山陽の, 支那の, 本で, 本の, 樣な, 者が, 者は, 處だ, 風で

▼ つて白い~ (38, 0.0%)

2 手を, 柩を, 歯を, 飴を

1 [30件] のが, ペンキ塗の, 乾燥した, 兩腕を, 巻煙草の, 巾でも, 布を, 手で, 斑の, 木綿を, 柔い, 歯が, 煙が, 犬に, 眉毛を, 眼を, 砂の, 粉の, 紙に, 羽や, 色の, 花, 蒸氣が, 蚊帳ご, 衣を, 襟を, 道へ, 鋼の, 雌鷄を, 雲が

▼ つて眺め~ (38, 0.0%)

9 てゐる 4 て居る 3 てゐた, ながら小言 2 ながら同じ

1 [17件] あつた, さした, たり武井さん, て, ていた, てその, てゐました, て居た, て居ました, て居られます, て居りました, て居れ, て暮し, て通り過ぎた, ながらこの, やうと, 入つた

▼ つて私達~ (38, 0.0%)

2 と一緒, はなまじ

1 [34件] が一泊, が會つたの, が橇道, が砂浜, に京都, に吠える, に雑つて, のクラス, の信頼, の優れた, の家, の生活, の眼, はそこ, はその, は上流, は乾き, は今日, は何, は入, は始め, は或, は斯, は歩い, は活気, は熱い, は神秘的興味, は自動車, は車, は進まなけれ, も暑, も食, を相手, を驚かされる

▼ つて面白く~ (38, 0.0%)

5 ない 3 ないから, 遊んで 2 もない

1 [25件] いろんな話, されたといふ, ないしね, ないそれから, ないだらう, ないな, ないの, ないはず, ないよ, ない御, ない日, なくなつ, なるの, ねえ野郎, また却つて有益, もな, 思つたに, 感じる, 愬へる, 片唾, 眺められました, 私は, 遊ばうぢ, 野原を, 飛び歩いたもの

▼ つて~ (38, 0.0%)

3 のやう, の蹄, を返し

1 [29件] から下り, から眼, がゐる, が二頭ぢ, が慈善家, が馬, にむちをあてながら, に乗つた, に乘, に乘つて弓, に水, に騎つて, のからだ, の口, の尾, の桶, の用意, の足形, の轡, の長い, の食, は猫, をつなぐ, をとどめる, を借り, を後退らさ, を起した, を馭, 之助

▼ つてわざと~ (37, 0.0%)

1 [37件] あたり前の, お礼は, きつく云, こんなところ, その情, そんな言い方, 一本燈芯に, 其儘に, 勝手口を, 反對, 古臭く見せた, 呟いたが, 大きな聲, 平氣, 後れて, 手を, 放つて, 文の, 日曜を, 普通に, 横を, 欄干の, 此騒乱を, 氣違ひ, 灰を, 略して, 白旗直八に, 皆んなを, 石から, 紙入を, 老人ぶつ, 自分を, 負けるの, 返事を, 遠く千本濱の, 酒宴の, 面白くした

▼ つて人生~ (37, 0.0%)

3 の大 2 の大道

1 [32件] といふもの, と呼ばれる, に取, に対する見方, に對, に衝當, のうち, の光明, の大地, の平, の最も, の無味, の疑惑, の真実, の瞬間的危機, の破, の秘密, の職務, の諸相そのもの, の賜物, の途, はつまらない, は假説的, は意, は決して, は突然, は結, を生き, を生きよう, を社会, を肯定, を観

▼ つて~ (37, 0.0%)

13 つてゐた 2 つて居た, つて見

1 [20件] つた, つたのが, つた儘空を, つた多, つてからは, つてし, つてその, つてゐ, つてゐました, つて二人は, つて居ました, つて居り, つて居りました, つて後も, つて頂戴よ, わつた, わつて, 布團を, 椅子か, 禪を

▼ つて小さい~ (37, 0.0%)

3 方を 2 方の, 時から, 聲で

1 [28件] しもた, ものだ, もので, ものを, ナイフで, ラムプの, 卓を, 子供の, 容物へ, 店には, 感じが, 手提鞄と, 方十九と, 明家を, 村の, 殼の, 洞窟を, 獨房の, 石英のを, 穴の, 窓を, 花瓶に, 見どころも, 貝殻を, 貝殼を, 部屋に, 銀の, 電柱が

▼ つて心配~ (37, 0.0%)

13 して 2 なこと

1 [22件] がある, さうな樣子, さうな青い顔, さうな顏, したが, してたわ, しながら, しましたの, しましたよ, するが, するなか, する主婦, でたまらない, でならない, でならん, になつて, になります, の餘, はなから, もしまい, を為る, を致しました

▼ つて新聞~ (37, 0.0%)

7 を読ん 5 を読ませ 3 を読み, 見ながら 2 を読む

1 [17件] から眼, でも読んでるらしい, で読む, といふもの, といふメカニズム, に出, の切り拔, の廣告, の批評位, は読んでる, をひらい, を借りる, を拡げ, を横, を讀ん, を買つて, を買つて來よう

▼ つて~ (37, 0.0%)

6 はれる 5 はれて, 實の 2 はさるべきである, はれると, 實は

1 [15件] とも夢, はされる, はしたい, はす, はれず, はれた, はれるといふ, はれ學ぶ者, はれ当直寝台, はれ曇つた空, 内閣の, 實が, 實以上の, 實的な, 實的に

▼ つて置け~ (37, 0.0%)

2 な, ばい

1 [33件] いいところ, さうなものぢ, そんぢや, と眼, と言, ば, ばお, ばこんな, ばよかつ, ば一週間ぐらゐ使, ば下役, ば二度と, ば何時, ば六ヶ月くら, ば其内, ば半, ば可, ば大黒屋徳右衞門, ば夫, ば奴, ば怪我人, ば我儕, ば数多い, ば是非共嫁, ば此言葉通り, ば死骸, ば比較的, ば生涯, ば老人, 俺の, 打遣, 洗は, 鐵が

▼ つて聞かせ~ (37, 0.0%)

2 てあげ, てゐた, てゐます

1 [31件] その身柄, たりする, たり不思議, たり忙し, たり背中, てお, てくださいました, てくれ, てくれた, てそれでも, てもああ, てもいつも, てもまるで, てもみんな赤, ても彼, ても效, てゐる, て上げ, て上げよう, て下さい, て下さいました, て叔父さん, て呉れた, て呉れました, て堪へる, て置い, て自分, ながらペリカン, やうが, 廊下へ, 相手の

▼ つて~ (37, 0.0%)

2 つかけて, ひお爺さん, ひかけて, ひ返した

1 [29件] つかけられたん, つて來た, つて來る, つ付くか, つ付くことぢ, つ拂, はれるものの, ひ, ひかけさうになつ, ひつか, ひつめられて, ひつめられる, ひまくられ, ひまくられる, ひやつ, ひ出したの, ひ出して, ひ出すこと, ひ掛けて, ひ掛けんと, ひ散らしたこと, ひ立てられて, ひ詰められて, ひ迫る野良犬, ふの, ふので, 付三子の, 尋する, 附きやしない

▼ つて進ん~ (37, 0.0%)

9 で行く 5 でゐる 3 で来る 2 でゆく, でゐた, で来た, で行

1 [12件] でいつた, でゐました, で來, で引, で晒され, で石見国邑智郡粕淵, で聴かう, で行かぬ, で行き, で行きます, で行つて, で見た

▼ つてそれで~ (36, 0.0%)

1 [36件] あの寺, いいぢ, おしまひで, おせいさん, この山, そんなこと, なほつ, みんな秘密の, やつと, をぢさん, 人生が, 仆れる, 今日は, 仏さんのね, 俺の, 口に, 女に, 好意を, 悪い事, 手を, 斯う, 斯ん, 時が, 此の, 此方へ, 歩くので, 段々重複, 済むと, 滿腹する, 猫の, 眠りを, 聖明王の, 聞かれにや, 能事畢る, 裁判官の, 親達に

▼ つて不思議~ (36, 0.0%)

1 [36件] がつた, がつて, でならんの, とやいふべき, と苛, なくら, なこと, なほど, なもの, なりと, な亢奮, な仙術, な個性的芸術, な団体, な土牛評, な好奇心, な恐怖, な感興, な活躍, な茶道, な落着き, な言葉, な評判, な調和, な魅力, にもた, にも亂雜, にも到頭, にも始め, にも心, に先生, に恋, に雷, の報知, の病気, はない

▼ つて~ (36, 0.0%)

2 にも地, 照らす大神

1 [32件] が自分, つ日, つ罪, と地, にお礼, に叫呼, に昇つて行つたの, に滔, に飛ん, のヤス, の一角, の使, の北方, の岩屋戸, の岩戸, の御殿, の方, の父, の神, の神樣, の羽衣, は天一坊, までと, までとどく, よりも大きい, をながめ, を仰げ, を引裂かう, を拍, を摩, 御柱, 降るもの

▼ つて女房~ (36, 0.0%)

6 のお

1 [30件] がつとまる, が去, が自然, といふもの, とともに生きた, と三人, と口, と噺, と相談, にし, にしたく, にしたくねえだらう, にそれ, に云, に留守, に約束, の叔母, の手, の語る, はそれ, はぽ, は亡くなりました, は口笛, は浮かれ, は病気, は茶, へ札, も子供, を持て, を行路病者

▼ つて~ (36, 0.0%)

3 が賑やか 2 の支配

1 [31件] からくすねた, から主人, から裏口, にあつ, には私, に出入り, に寢, に腰, に転, のほう, の前, の戸, の錢箱, の隣, は暫らく徳三郎, は繁昌, へ坐, へ引返しました, へ現れた, や料理人, をでた, を出, を出し, を出した, を出た, を出る, を寂ら, を持たせる, を擴げた, を開い, を飛び出す

▼ つて~ (36, 0.0%)

3 から晩 2 のうち

1 [31件] おつ, から夕方, から夕方晩くま, から夜, から夜中, から森, から渡邊三角洲君, から雲行き, がだんだん, この土地, など山, にした, に晩, のパン, の光, の内, の卓, の挨拶, の日, の暗い, の空気, の空氣, の運動時間, の食事, はお, は次第に, 出て, 早く起き, 早く青木さん, 詣りの, 起きるから

▼ つて~ (36, 0.0%)

4 のやう

1 [32件] がかたまり, がしきりに, がふりだした, がまつ, が降つた, が降らなけれ, でもうんと, でも消えたら, にも紛, のある, のアルプス, の夜, の大川, の屋, の方, の日, の色, の降, の降つた, の降る, の階段, は残つて, ふる, ふるみ, ふる蓑虫, も次第に, も深い, をよく, を嫌, を払, 崩れるの, 降る積

▼ つて面白い~ (36, 0.0%)

2 から讀め, ことが, 頗る面白い

1 [30件] がそれ, がとても, けれど何しろ, ことの, ことを, だらう, ぢや, では, といふ理解, ところだ, と思ふ, のは, ばかりです, ばかりでなく, ほどはいる, ものが, ものは, よ, わねえ, ネタを, 事を, 効果を, 心持ちが, 思ひを, 所も, 樣な, 珍らしい, 生れて, 筈は, 自分の

▼ つてあたり~ (35, 0.0%)

7 を見 4 を見廻し, を見廻した 2 を見まわした

1 [18件] がぼう, さはりの, のつく, の人々, の温度, の物音, は一時, は強烈, は森, は神々し, をぶらつい, をキョロキョロ眺め, を圧した, を物淋しく, を眺め, を睨むだ, を見た, を見まわし

▼ つてこちら~ (35, 0.0%)

2 が恥しい, を見, を見る

1 [29件] からあざ笑つて返却, からは掛け, がいくら, がはの山々, が気の毒, には背, のいろいろ, の多く, の時計, の溪, の番地, の眼, の胸, の身, の部屋, の鍵穴, の間, はこの, は警察, は路傍, へと蓮歩, へ帰る, へ持つ, まで何だか, をおろそか, をすつかり畳ん, をぢ, を信じない, を見送つ

▼ つてしまふ~ (35, 0.0%)

4 のである 2 のであつ, のは

1 [27件] あなたの, かも知れない, かも知れぬ, ことそして, し太, ぢや, であらう, ところだ, ともう, と僕, と其結果, と机, なんてこと, に, のだつた, のであります, ので若い, のに, のらしい, のを, ほどに小さい, 不可知, 怪物が, 感激が, 時同じく, 気には, 適当に

▼ つてただ~ (35, 0.0%)

2 まじめに

1 [33件] うむとかおむとか云, かの女, このもの, これだけの, その年齡, その最後, それ丈である, だらだらと, にこにこし, の一度, もう部屋中, ビンビンと, 一は, 和らかな, 單に, 單純に, 天皇に, 奇蹟の, 将軍家を, 山と, 或る, 手段の, 才能が, 火の, 現實的, 精神と, 背景に, 興奮してる, 若いの, 苦笑ひ, 誰よりも, 音譜を, 黄昏の

▼ つてより~ (35, 0.0%)

2 貴族院第

1 [33件] この方, まだ半年, われ復肴饌の, 二月二日に, 以來殆ど稀有の, 以来殆ど稀有の, 以来言を, 余が, 冷たく誇大, 利益を, 包括的な, 善き人生, 多く儲かる, 大きな力, 大きな自然, 子を, 寐ても, 将門は, 巧みに, 広く天下, 後に, 新鮮な, 既に八年, 明史編纂の, 昭和の, 暫時は, 未だ幾, 来る水, 活かされて, 私の, 蘭軒は, 速かに, 金が

▼ つて~ (35, 0.0%)

5 在性 3 在的他者

1 [27件] なきもの, に, によく, に不思議, に僕, に慘, に數, に比類, に皇居, に神々しく, に驚いた, の素性, は, はさうな, はその, は何もかも, は先日, は先生自身, は彼, は此, は砂糖, 在そのもの, 在的, 在的基礎, 現されるの, 現せられるに, 見者

▼ つて後ろ~ (35, 0.0%)

3 を振り向く 2 から一

1 [30件] から, からすぐ, から十手, から喰, から絞め, から自分, から覗い, から覗いた, にそつ, にぼんやり, に傾いた, に千兩箱, に圍, に從, に愼まし, に眼, に立つ, に立つた, の傍聽席, の方, へ, へよろけた, へ差出した, へ引く, へ踏臺, へ退り, を向く, を振り返る, を見る, を顧み

▼ つて最後~ (35, 0.0%)

2 に, の一瞥

1 [31件] にかなり, にそれ, に一ト息, に下女, に人, に各, に木津, に活動小屋, に甲板, に至る, に頭, に顔, に鹿児島, の, の一冊, の一句, の一哩, の全集, の努力, の地下室, の手段, の日, の決斷, の議会, の身, は皇室並, までしつかりと, まで愛撫, まで戦ふ, まで手許, まで讀了

▼ つて生れた~ (35, 0.0%)

3 ことよ 2 最初の

1 [30件] か, かどう, かを考究, といふ理由, とする, と同じ, と言, のだ, のである, ばかりの赤ん坊, ままで, もので, ものであるらし, ものに, ものは, ものも, んだい, プロレタリア文学は, 一つの, 傾向が, 土地に, 天分の, 子が, 子だ, 寺を, 小才で, 漁撈農耕の, 男子は, 赤ん坊を, 風格に

▼ つて美しい~ (35, 0.0%)

2 露が

1 [33件] ことだ, つ, ですが悄乎, とも珍, と云, のであつ, のでお供, もので, ものは, わね一寸, ショーウィンドの, 中高音, 人間の, 処が, 半身を, 娘の, 恋人を, 悲憤の, 掌を, 武藏野を, 歯が, 点は, 真理の, 眺めにな, 秋日和が, 結合を, 背の, 舞妓達と, 西日が, 言葉と, 金輪を, 顏を, 點は

▼ つて~ (35, 0.0%)

4 をかけた 3 を掛けた, を掛ける 2 を聞く

1 [23件] が屆, だつて, でも掛け, の主, の餘韻, は立てず, までが何となく, まで變つて, も碌, も立てさせず, も立てず, をかけ, をかける, を上げない, を呑む, を張上げた, を掛けました, を掛けます, を擧げた, を立て, を荒だてる, 高く云, 高く尋ねかけた

▼ つて~ (35, 0.0%)

6 の方 3 の井戸 2 すきて, の池, の物置, へ出る

1 [18件] からそつ, からつれ, から上る, から家, から廻つて, から逃げる, だの縁, の三軒長屋, の物, の裏, の離室, の雨戸, へ出ました, へ出られ, へ廻る, へ行く, もはげた, を返し

▼ つて~ (35, 0.0%)

5 もなく 4 するもの 2 がする, が聞える, もさせず, もさらさら

1 [18件] が冴え, が立つ, するばかり, だけが配石, と色, の約, の聞, もせず, もせぬ, も立てず, をたてた, を發, を立て, を立てた, を立てない, を立てました, 取かく, 取とある

▼ つて~ (35, 0.0%)

4 の上 3 の先 2 と鼻, をくん, を高く, を鳴らし

1 [20件] であしらつて, で匂, で息, で笑, と口, にまで皺, に泌, に變, の下, の向いた, の大きい, の方, の良い, の頭, をかんだ, を動かした, を着け, を蠢, を鳴らしました, 垂らし小僧

▼ つてかへ~ (34, 0.0%)

3 して, つて来ました

1 [28件] した, した宝生栄, し三太夫, すにも, つた, つていつた, つていらつ, つてくる, つてさつ, つてしまひ, つてその, つてゆき子は, つて來い, つて來る, つて喜ん, つて喝采を, つて大いに, つて大江戸黄昏の, つて帰する, つて幽, つて後で, つて文章が, つて物を, つて私は, つて美しく, つて行く, つて行動が, つて都合がい

▼ つてたかつ~ (34, 0.0%)

2 て, て彼

1 [30件] てい, てお, ておらしん, てかまう, てからかひ, てこの, てそこ, てチヤホヤ, て一政府, て世辭追從, て二人, て二階, て共同動作, て兵庫, て兼隆, て唯もうワイワイ, て喰, て太神楽, て太神樂, て惡, て戰死者, て猿, て甘やかした, て私, て競り上げた, て胡椒, て言, て鍋, て食, て餘

▼ つて一寸~ (34, 0.0%)

2 反り返る

1 [32件] あつちこつち, とでも母, と云, と舐め, にやり, も動くまい, も動けまい, も外, も退け, も運ばぬ, ギクリと, 会釈した, 会釈を, 帽子を, 書いて, 来て, 横目を, 歩調を, 淋しい氣, 空虚な, 考へて, 聲を, 自分の, 舌を, 舞台から, 蛙を, 行くと, 身に, 連れて, 鉛筆の, 面白い, 頭を

▼ つて入らつ~ (34, 0.0%)

9 しやる 8 しやい 5 しやいます 4 しやつ 2 しやいました 1 しやいと, しやいまし, しやいません, しやらない, しやるでせう, しやれ

▼ つて多少~ (34, 0.0%)

1 [34件] ともこの, とも自由, にてもこれ, のうまい, の変化, の嫉妬, の寂寥, の差, の特徴, の痛, の相, の窒息, の自由, の違, の開き, の風, は小説, は自分, を生じた, 其芝居の, 得意げに, 忙しいと, 改められたが, 新作が, 温度を, 煩さがられ, 皮肉な, 盆栽趣味も, 芝居の, 見るところ, 調子は, 違つてくる, 違つて居る, 遠慮も

▼ つて段々~ (34, 0.0%)

2 上の, 下に, 愚かさが

1 [28件] それが, と光, と厭き, と和ぎ, と無理, と積立つて殘, と重く濃, にそれ, に聲, の御礼, みじめな, を二三段, 下つて來, 口が, 古めいて, 山奥に, 布教の, 強く牢, 晴々した, 死んだ人, 肉の, 調べて, 足から, 近寄つて來, 通俗化し, 違つて來る, 金を, 静かに

▼ つて泣い~ (34, 0.0%)

9 てゐる 5 てゐた 3 て居る 2 てゐました, て居た

1 [13件] たり此方, たり騒い, ております, てお出まし, てばかりゐました, ても何, てゐるで, てん, て居ました, て居ます, て居ります, て悲しん, て頼ん

▼ つて~ (34, 0.0%)

2 のない, ゐられて

1 [30件] があつ, があれ, の邪魔, はない, ひざるが, ひなかつた, ひられたなら落語, ひられる力, ひる言葉, もない, ゐし故, ゐた言葉, ゐた語彙, ゐた迹, ゐられるの, ゐられるもの, ゐる, ゐること, をし, をなす, を害する, を済ます, を濟, を発す, を足させ, を足し, を足した, を足す, を辨ずる, を達し

▼ つて行かなけれ~ (34, 0.0%)

21 ばならない 5 ばならなかつた 2 ばならん 1 ば, ばならず, ばならなくなる, ばならぬ, ばなりません, ば千言万語

▼ つて静か~ (34, 0.0%)

2 に静か

1 [32件] でよろしい, な, なもの, な涼しい, な諦めの, におちつい, にお母さま, にし, にしかし, にそれ, にのこつ, にわけ, に僕, に優しく, に勉強, に妾, に帰つて行, に幕, に樹, に歩い, に歩き出す, に死ん, に流れこむ, に浮い, に灯り, に然し, に盃, に眼, に聞き返しました, に許され, に話, に階段

▼ つて飛ん~ (34, 0.0%)

6 で來 4 でもない, で来た, で行く 3 でゐた 2 でゆく, で居る, で行, で行きました 1 でいくで, でしまひました, でつ, で來たん, で行つて

▼ つてたつた~ (33, 0.0%)

2 一人の, 今の

1 [29件] いま一度も, それしきの, それだけ, それだけの, 一つだけ, 一つな, 一つの, 一つを, 一人で, 一人ぽ, 一人も, 一人家に, 一人林田が, 一人逃げた, 一度も, 一枚眞新しい, 一言で, 一言も, 三日でも, 二頁しか, 五銭お代りする, 今二人が, 今帰つて, 今戻つた, 今絞め殺し, 今軽蔑できない, 十九で, 十八の, 此銅貨一ツに

▼ つてもつ~ (33, 0.0%)

2 と広い, と頑張つ

1 [29件] ていかなけり, てつて, とずうつ, とつきつめた, とぼんやり, とよく, とスゴイこと, とユウモア, と三千代, と人形, と先, と出鱈目, と分析, と大きな, と安く, と役者, と待ち, と新式, と日本, と有効, と泣いた, と注意深く, と活用全体, と温く, と細密, と芸術式, と選ばれなけれ, ぱら自分を, ぱら貴島に

▼ つて丁度~ (33, 0.0%)

3 半年ばかりの 2 喉の

1 [28件] あの神經質, それが, にし, 今が, 今の, 内側から, 切穴の, 前から, 向ひ合せた, 大きな噴水器, 天使の, 好い, 好いよ, 季節も, 屯所の, 帝乙といふ, 序だ, 彼の, 戰國頃の, 明いて, 死刑を, 禅寺か, 羅馬古代の, 膳に, 親類中の, 適つてる, 隙間から, 駅からは

▼ つて勉強~ (33, 0.0%)

5 して 3 をし 2 しとるな, するの

1 [21件] した, したいきり, したいといふ, したこと, した暮れてから, してらつし, しないか, しなさい, しやう, しよう, しようと, し未來, する積, せんと, では無い, でもした, なんで, は出来るだらう, も仕事, や仕事, をする

▼ つて坐つ~ (33, 0.0%)

20 てゐる 4 て居る 1 たて, たりする, ている, てゐなけれ, てゐるだ, てゐるらしい, て壁, て穩, て自分

▼ つて母親~ (33, 0.0%)

2 の口, はす

1 [29件] がお, が心配, が閾際, と一緒, にかし, にも邂逅, に取つ, のタミ, の地味, の年齡, の老後, の靜, の顏, の養生, はおぼろ月夜, はその, はタマネギ, は凄い, は娘, は席, は思ひ, は穴, は鍬, は隣家, を呼ぶ, を殺す, を睨んだ, を脅迫, を見た

▼ つて~ (33, 0.0%)

2 つ直ぐ

1 [31件] つ先, つ晝間, つ暗, つ赤, つ黒, であると, と爲, なるもの, にいそ, にし, に學問, に希代, に技術, に旅, に生死, に福, に耐震家屋, に言文一致, の中心, の人生味, の平和, の有限性, の永遠, の生命, の科學者, 暗にな, 正に内面的, 正に心, 正に我等, 直ぐ庵, 直に來

▼ つて自ら~ (33, 0.0%)

4 進んで

1 [29件] その罪, その魂, とびこんで, には何等, の以外, の医, の宿命, の逃避性, の運命, は太作, も永遠性不死性, も永遠的神的, よりよく, を, を卑め, を目立たしめよう, 合して, 嘲るやう, 嘲る者, 居る僭上, 慰めた, 慰めたもの, 慰める風習, 戯れて, 欺かれる, 求めて, 活きる, 生ずる二つ, 高しと

▼ つて貴方~ (33, 0.0%)

3 のお 2 の事, の折角

1 [26件] が, がさ, がどう, が左様, が萬事, こんな大きな脚, しよつちゆう羽, だつて, ですから, と一処, に好いた, に敵ひつ, のその, の方, の為, の知らない, の言, の香水, はお腹, はそんな, はそんなに, は少, は最早, は立派, をお尋ね, を怨むです

▼ つて~ (33, 0.0%)

2 効果を, 捻を

1 [29件] でま, な印象, な方向, に, にお前達, にその, にひどく, に二三歩, に俳優養成所, に僕達, に内容, に刺戟, に卷い, に呪縛, に塚田, に少なから, に巻い, に引返し, に彼ら, に本質, に漢, に熱中, に相撲, に行く, に読者, ねぢ, 吐きさうになつ, 樣にな, 羽の

▼ つてあらゆる~ (32, 0.0%)

2 種類の

1 [30件] ものを, 他の, 共同を, 冐險を, 努力あらゆる, 努力で, 動作が, 困難窮乏に, 土臺と, 場合に, 壓制あらゆる, 天神地祇を, 媒介的規定の, 嫌がらせを, 存在の, 客觀の, 思惟は, 惡口を, 感情の, 手段を, 放縱不覊, 文明から, 文藝雜誌を, 映畫的要素, 時を, 機構が, 活動を, 缺陷や, 自然主義者は, 點において

▼ つておれ~ (32, 0.0%)

2 は日本一

1 [30件] おめ, がお前, がとつ, がなに, が呼鈴, が家, そんなこと, とお前, のからだ, のこと, のでん, のの, の俳諧, の前, の演説, の知, の罪, の罪障, の針, はそのまま, は初めて, は將棋, は戸外, は正直, ば非難, もまた, も今, をつれこんだ, を勵, を笑つて

▼ つてさて~ (32, 0.0%)

1 [32件] お孃さん, かう云, こそ千家管長, その洗, それからの, どうなる, ぶら, 一膝のりだした, 丁寧に, 上述の, 云ふ, 人々が, 今の, 問題が, 坂上に, 夢殿の, 娘の, 実際行, 少し考へる, 山の, 幾十年經つた, 未来の, 氣が, 牝鶏めはと, 眉から, 眠つたと, 眠られても, 能呂に, 言ふ, 読んで, 駅の, 鬼頭は

▼ つてずつと~ (32, 0.0%)

3 離れた壁ぎは 2 向うを

1 [27件] お二人, ヘイに, 上の, 上まで, 下野の, 先まで, 前には, 前の, 千住あたりまで, 奥深く進ん, 延ばした首, 後多分, 愛読を, 我々より, 我等を, 昔は, 来ると, 深められつつ, 目を, 突き揚げて, 肉が, 西寄りの, 見渡して, 賑やかで, 遠く箱根山脈, 離れた壁, 離れた部屋

▼ つて~ (32, 0.0%)

2 くれ, 下さい

1 [28件] いい, ください, くれ看病, したこと, すこしも動い, とても立派, どツ, また生れ更, やりましたよ, ゐる, 上げて, 上げるつもり, 下さいよ, 下だ, 仲, 判りや, 困つて, 帰つて来た, 歸つて來た, 突き上げると, 綺麗だ, 自分で, 誰かが, 面白いね, 面白ろから, 頂戴, 風の, 駄目だ

▼ つて一杯~ (32, 0.0%)

3 また一杯 2 のん, やりながら

1 [25件] あゝ極楽, くんどるんぢ, つけさして, つまつて, になつ, になつて, のビール, ひつかけたい, やつた, やつて寢, やらうぢ, やらうよ, やりてえもん, やると, やるを, よばれる風呂, を傾けた, 召し上, 呑ませながら, 呑み乍ら, 呑んでから, 遣るよ, 附き合, 飲むだけは, 飲む二杯

▼ つて何処~ (32, 0.0%)

2 かへ行つてしまつたの, からともなく

1 [28件] かのやう, かの家, かの田舎, かへ奉公, かへ見えなく, かへ遊び, からかわたし, から塵埃, か外, でもい, でも自由, にあります, にだ, にとり極めた, にも行く, に居ます, の家, ひとところ, へか運ん, へ行つたつて気, へ行つて, までと, までもあの, までも止まない, まで自分, も濡れ, を歩い, を的とも無し

▼ つて大いに~ (32, 0.0%)

1 [32件] うろた, お金を, ふて腐りや, イキマイテゐた, 切磋琢磨した, 利用すべきだ, 勉強した, 動かうかとも, 動かされたの, 威張つた, 彼に, 彼を, 得意に, 御安心, 怨言を, 恐懼なされ, 恥を, 慰められは, 気焔を, 決心し, 笑つた, 練習し, 育てられたもの, 自分を, 興味の, 贊成し, 赤面爲たる, 軽蔑し, 進歩に, 遊泳し, 金を, 驚き俄

▼ つて~ (32, 0.0%)

3 の間 2 へ通る

1 [27件] から出, から喧嘩, から立つ, にはいりかける, に往き, に眼, の方, の火鉢, の襖, の離れ, へお, へはひつ, へはひりかける, へひつ, へ入, へ声, へ姿, へ引つ込んだ, へ引込み, へ来る, へ知らせ, へ続いた, へ逃げ込みました, へ這入, へ隠れた, へ駈け込んだ, 広く南

▼ つて存在~ (32, 0.0%)

4 すること 3 して, するの

1 [22件] したの, する, するといふ, するところ, する力, であつ, の亡夫, の最も, の権利, の母胎, の維持者, の認識, はいつも, はただ, は存在, は完成, は歴史的, は現, もする, もすれ, を保つ, を非

▼ つて小さな~ (32, 0.0%)

2 声で, 襟を

1 [28件] どこに, シーンは, ランプの, 体を, 包みを, 善悪を, 失敗ばかりを, 妖女たちが, 寝床の, 川が, 帽子を, 心に, 手から, 支那箱の, 枝ながら, 枝の, 流れに, 眼孔から, 紙片を, 聞きとれないやう, 聲を, 葡萄の, 褶曲や, 運河へ, 金の, 魚飯章魚などの, 麁朶を, 鼻の

▼ つて~ (32, 0.0%)

4 れを 2 の煙草畑, れの

1 [24件] が何, が受働, が妾, が姉さん, が将来, が師僧さん, が持つ, に安心, の名, の天幕, の方, の耳, はワシリ, は何, は序, は溜息, は目下, れが, れなどは, を三つ, を固めた, を樂, を識, を顧

▼ つて~ (32, 0.0%)

2 のま, の原子

1 [28件] がやう, く, たま, つた, てゐる, で横, と死, なきもの, につ, のまま塩, の中心, の根源, の楽しみ, の自己理解, の表現, ひ出, へてゐる, やさしい離縁, を保つ, を否定, を樂, 埋され其, 埋に, 膽を, 證人でも, 證人の, 返つたこと, 魂を

▼ つて着物~ (32, 0.0%)

3 を換, を着 2 の袖, の襟, を脱い

1 [20件] でもかえ, で猪, など羽, のところ, の前, の方, の襟裏, まで換, をきかえ, をつけよう, をぬいだ, をバタ, を夏, を拵, を替, を着せた, を脱がし, を脱ぎました, を脱ぎ始める, を調節

▼ つて研究~ (32, 0.0%)

9 して

1 [23件] さるべき事柄, されて, しなければ, しました, し尽されたもの, し本, すること, すると, する事, する方法, する材料, せられた, せられたが, せられたもの, せられて, としては粹, のため, の余地, もありませぬ, も広く, をつ, を始める, を続け

▼ つて縁側~ (32, 0.0%)

2 に出, に腰, の方, の籐椅子, へ出

1 [22件] から小さな, で道具, にかしこ, にゐる, に八五郎, に出ました, に寝そべつた, に引つ, に手, に持出し, に近い, に顏, のところ, の上, の朝顏, の椅子, の障子, の雨戸, へ据付, を右, を廣, を踏み鳴らした

▼ つて自由~ (32, 0.0%)

2 が得られる

1 [30件] である, ですからね, でよい, で見様, といふ, と解放, な態度, な気分, な自己, な魂, にされた, にした, にとべる, には歩けません, にコントロール, に下す, に仕事, に勝手, に嘶い, に完全, に摘みとる, に母, に漢音, に潜, に為, に生活, に穿き, に自分, に華やか, に遊離脱却

▼ つて~ (32, 0.0%)

4 へ出た 3 を歩い

1 [25件] にはもう, に出, に出かけ, に別, に急いだ, に火, に近い, の交番, の湯, の疎開, の真中, へそして, へ出, へ出かける, へ引返した, へ酔ひ, へ飛び出した, まで出かけ, や港, をあるいた, をぶらつき, を引きあげ, を見る, を見物, を飲みついた

▼ つて見ろ~ (32, 0.0%)

42 お前も, さ役に立つ

1 [24件] あの阿, いやといふほど, え先, え博勞節門ツ先, おんつ, そんでなけれ, といふ, ときめつけた, と云ひつ, と女ども, と言, なあ姉, シツダルの, トタンに, 一ぺんに, 何か, 俺れ, 先月お前が, 八, 嘘云つたつて知つ, 大事な, 島村觀山とか, 幾つに, 蟹め泡を

▼ つてあります~ (31, 0.0%)

2

1 [29件] か, からそれで, からそれに, からね, からひどく, から大, から怪しい, から此, から此方, から間違, から馬賊, か爪, がその, が一ヶ所, が何, が字, が封緘紙, が幾年, が斑, が管, が長い, けれどもその, し又, し菜, のに何故, のよ, もの, わ, 縁だけ

▼ つてどうしても~ (31, 0.0%)

1 [31件] かう収穫, き, きかない, そんな逞しい, 出すつて, 出られなくなりました, 叔父を, 字が, 宮中には, 山上の, 戯曲の, 手足を, 手離し, 新聞を, 昔の, 晩作ぢや, 町湯へ, 省くこと, 着せられません, 祝言しない, 私に, 落付い, 虚言だ, 諾か, 越前屋へ, 足が, 転校しなけれ, 逢は, 逢著しなけれ, 遠山青年と, 食は

▼ つてはを~ (31, 0.0%)

6 りません 3 りますが 2 かしいが, るが

1 [18件] かしいけど, こつきの, ばさんが, らず, らぬ, られないの, られませんですよ, らん, りましたが, りますの, りますまいか, りませんけども, りませんで, りませんので, るまい, るん, れない, れないの

▼ つてやら~ (31, 0.0%)

4 あ, うかと思つて 32 うかと云, うかと思, うかと思つた

1 [14件] うかつて, うかとお, うかとそんな, うかとひだるき, うかと云つてやつ, うかと思ひ出した, うかと思ふ, して, ないよ, なきや, ふかを, ふぜ, アね, ア甘い

▼ つてわたくし~ (31, 0.0%)

1 [31件] がそんな, だつて, ともう, には尊い, に渡しました, のその, の以, の全身, の筆, の顔, はあれ, はお上さん, はこれ以上, はしん, はただ, はヲロヂカ, は上, は偶然, は先づ一事, は光照院, は再び, は幽か, は恥づ, は新しい, は既に, は辭, も先生, を揮いた, を祝福, を驚かせた, を驚喜

▼ つて作者~ (31, 0.0%)

4 は再び

1 [27件] がその, が思つて, が最初, が物語, たるもの, ではない, と共に, と協議, と討論, にとつ, に支払, の企図, の凝視, の多面, の如き, の手腕, の本質, の漸く, の筆力, の語るべき, は単に, は同時に, は始め, は待たれる, は自分, は自己, をつつ突い

▼ つて働い~ (31, 0.0%)

10 てゐる 5 てゐた 3 て居る

1 [13件] ていた, ては町奉行, てみませう, てもう一度, てもどうせどうにも, てもよい, てをりました, て元, て大抵, て居, て居ります, て貰, て食

▼ つて~ (31, 0.0%)

2 だ, だわ, やな

1 [25件] がるも, がる夫人, だあ, だと, だな, だなんて, だら構, でした, ですよ, なところ, なのよ, なひと, なもの, ならすぐ, なン, な事, になつ, に俺達, に叮嚀, に陰気, に陰氣, ねヱ, はれるもの, ひは為, ふべき破壊

▼ つて宿~ (31, 0.0%)

3 の者 2 の主人, の内儀

1 [24件] で待たない, についた, に帰る, に歸, に行き着きました, の勝手口, の女中, の妻, の娘, の窓, の若, の長者熊野, へつける, へ帰, へ帰つて, へ帰れない, へ戻つた, へ歸, まで持つ, まで送り届ける, を引上げ, を移さう, を脱出, 替へや

▼ つて平気~ (31, 0.0%)

3 なん, な顔, よ 2 だ, に水

1 [18件] だといふ, だにそんな, だね, でいる, でか, でこの, でしら, でそこ, でそれ, でゐられる, で冒すだろう, で味方, で寝, で居る, で行かれる, な風, になつ, に先生

▼ つて~ (31, 0.0%)

3 と指, の先

1 [25件] さきで二三度, でこつ, でその, でついた, でナンバー, で十字, で如意輪観音, で接吻, で眼, で私, のぬける, の尖, の屈伸, はぶるぶる, は土だらけ, も動かぬ, をあた, をく, をなめ, をはなし, を一本, を出し, を折つて, を銜, 差されたので

▼ つて時々~ (31, 0.0%)

1 [31件] あやまつて, それを, はからかひ, はハンケチ, は自分, シクシク泣い, ドツドツと, ビールを, 不思議な, 乗り手が, 云ふ, 人の, 何を, 地獄の, 彼の, 念佛講だ, 思ひ出したやう, 思ひ出しては, 斯うし, 暗夜の, 泣いたり, 淋しい心, 現れるの, 生き殘つた虻, 痙攣的に, 立ちどまつて, 考込む, 邸へも, 長い體, 雫が, 鼻洟を

▼ つて暗い~ (31, 0.0%)

2 廊下を, 森の, 顔を

1 [25件] うちに, ところへ, ランプの, 中に, 南窓の, 土藏の, 土間に, 夜道を, 女が, 宿屋に, 帳場に, 方を, 昼間で, 氣持を, 水を, 眠りに, 空想の, 筈だ, 紫灰銀色の, 路を, 軒を, 隅に, 階段をの, 電氣の, 電燈を

▼ つて来よう~ (31, 0.0%)

3 かな, と思つて 2 かと思つて, ものなら

1 [21件] か, かしら, かとも思, かと考へた, かま, といふ, といふ切, とした, とする, とは思えぬ, ともしません, と一旦, と云, と思, と思つたの, と思ひ, と思ふ, と言, よ, 他にも, 晩までには

▼ つて歩いた~ (31, 0.0%)

3 のだ

1 [28件] あとヒョイと, が古い, が結局此処, が近ごろ, けれど幾らかまだ, し学校, といふ門前町, に相違, のであつ, のであらう, のです, ものだ, もので, ものらしい, もんです, 事両国近い, 事兩國近い, 土地を, 女が, 女である, 平次何時の間に, 後を, 後ラツプは, 故郷の, 時だ, 時代は, 私は, 空には

▼ つて決定~ (31, 0.0%)

4 される 3 されて, されること, されると, されるの 2 された, されるもの, されるやう 1 されたもの, されるから, したもの, する, するかの, すること, する問題ぢ, する現象, せられなければ

▼ つて見ない~ (31, 0.0%)

75 かと言 2 こと

1 [17件] かお, かといふ話, かと近所, かね, か竹光, ことには, し其, で測る, で足そ, とどの, と自分, ほどの, より見た, 以前にまで, 振りを, 誰も, 限り山も

▼ つて~ (31, 0.0%)

5 ひに 4 へた 2 へられた, へられる

1 [18件] へてくれます, へてゐた, へて呉れる, へて呉れるだらう, へて居る, へにいつ, へにやつ, へに来, へに来る, へに行, へられ, へる, へるか, へるだらうたつた一人, へるの, へるので, へる様, へ奉る

▼ つて~ (31, 0.0%)

14 はない 6 ふもの 5 やしない 2 ふもんか 1 はないだらう, ひませんから, ふもんですかねえ, やしません

▼ つて~ (31, 0.0%)

1 [31件] かです, かなところ, かな夜, かな心, かな感じ, かな調子, かな障子, かに, かにし, かに休む, かに動い, かに嘆息, かに始まる, かに射し, かに此方, かに死に, かに流動, かに然, かに煙草, かに燈, かに眉, かに私, かに粉煙草, かに障子, かに顏, と見える, な氣持, に滑つ, に足, に霧, 座して

▼ つてあたし~ (30, 0.0%)

2 はお

1 [28件] がいつ, がなん, が云, が焦れた, が眼, が自由, が草臥れる, とお, には何, に聞く, のうち, のお父さん, の思う, の手, の方ぢ, の歌, の眼, の着物, はねあたし, は先づまづ幸福, は裏山, もさう, もす, や一度, を置い, 嬉しくな, 振られたん, 訊いたのよ

▼ つてこれから~ (30, 0.0%)

1 [30件] いう所, お客さんは, の日本, の生涯, は永遠, は誰, また何處, また前線, 一歩を, 一緒に, 使ひ, 八五郎でも, 出かけようと, 出掛けるところ, 前へ, 包を, 原始的事実唯一正当な, 周旋屋へ, 夕陽を, 寒い風, 寝られやせず何かと, 後公卿, 拵へる, 推測される, 日々の, 東京へ, 毎晩俺は, 汗を, 聖者に, 雑具にか

▼ つてもらふ~ (30, 0.0%)

6 ことに 3 やうに 2 ことが, ことを, つもりで, のが, 事に

1 [11件] がい, がよい, には及ばん, の, のだ, のである, のでした, のです, のは, 所から, 約束だ

▼ つて~ (30, 0.0%)

8 づかに 2 てびつくり, てを欺

1 [18件] かつてらつ, かつて見れ, がま, が思ふ, ざとさうしたのだといふ事だ, ざとそうしていたのだか私には, ざとはしやいだ笑ひとが, ざとやつてゐたところもあるのに, つしは, つて, つといふ, つとして, つと泣きたくつ, づかばかりの, づか一ヶ月, はわ, ツと, ーつと

▼ つて三人~ (30, 0.0%)

2 して, で俺

1 [26件] がまつし, が五人, が尻, が手, が起き出し, で兄, で嬉し, で家, で弓矢立合, で茶店, とも皆, とも西方, の, のうち, の女中, の母, の着もの, の貴女, の青年, は逸し, は飯, も四人, を導い, を招待, 占めしたの, 殺した場合

▼ つて世界~ (30, 0.0%)

2 を掩

1 [28件] ができ, が具體的, が花びら, に先, に名, に飛出し, のはて, の人, の公道, の各, の國, の國際上, の存在, の批判, の新, の王, の現状, の知的水準, の知識人, の羨望, の隅々, は何程進歩, は依然として, は化醇, をつくる, を覆ふ, を豐富, を震

▼ つて何事~ (30, 0.0%)

2 につけ

1 [28件] かあらう, かを起さないで, か喚い, か永遠, か発言, か發言, か警視, が幸福, だらうと, であれ告白, でもない, にもまさる, にも公平, にも從, によらず, に就, もお, もなかつた, も考へまい, も見透し, も解决, も言, も語らなかつた, も起らなかつた, をか二言, をなした, をも忘れ去らう, を為る

▼ つて~ (30, 0.0%)

3 を呼ん 2 の方, を迎

1 [23件] に泣きつく, に酒, に面会, のある, のない, の前, の皿, の背中, の臺, の註文, の顔, の顔色, の鼻先, はその, は大きな, は気持, をとる, をぽつんと, をもてなし, をよろこばせた, を呼ぶ, を待つ, を置き去り

▼ つて小説~ (30, 0.0%)

3 を書い

1 [27件] が書けなくなる, が書ける, でない何, としたなら, と言, などを読ん, なら小説, なんか書く, に於, の形, の形式, の書けない, の真似なぞ, の真価, は全て, は小説, は構成, は理解, は間, ばかり書い, や文學, や詩, らしくないもの, を成り立たせよう, を書く, を見る, を読んだ

▼ つて思はず~ (30, 0.0%)

3 眼を 2 吉野に, 手を

1 [23件] あたりを, いつも次, ころころと, そこへ, も聲, エヘンと, ホロリと, 叢から, 口笛を, 右手を, 小布施, 斯の, 横を, 歔欷り上げ, 涙が, 直と, 立上つてゐた, 笑つた, 筆を, 隱し, 顏を, 顔を, 首を

▼ つて~ (30, 0.0%)

6 はれる 3

1 [21件] はれざる不満, はれたかも, はれたの, はれたやう, はれた人間, はれた航海, はれて, はれない事, はれない人間, はれも, はれるだらう, はれるとは, はれるやう, はれ公共性, はれ民衆, ひがたい, ひの, ひは, ひ上げた, ひ出されたの, を乞うた

▼ つて~ (30, 0.0%)

2 のこと, の本

1 [26件] からその, からの知合, から主として, から当事者以外, から此, から誰, であつ, のもんぺ姿, のやう, の事, の侍, の俤, の山, の幼, の戀人, の暦, の朋輩, の禽語楼, の話, の金歯, の面影, の顔, はこんな, は時, は魚, を物語る

▼ つて歴史~ (30, 0.0%)

1 [30件] が其上, が動い, が多少, が獨立, だつて, でなかつたこと, ではなかつた, と社会, と自然, など, においては逆, における自然的, に於, のうつり, の古き, の学問, の種類, は歴史, は通史, への通路, よりも事実, を作つた, を作つて, を叙述, を知らなかつた, を知る, を観る, を解釋, を説き証さう, 乃至伝記

▼ つて~ (30, 0.0%)

4 つてゐる 3 るといふ 2 つて居る, なつて, り我等

1 [17件] しい細工, つた創作も, つた意味の, つた方向への, つた空氣を, な言, る, るか, るさ, るであらう, るやう, る不明, る秋, る自分, 國の, 國船打拂の, 裝なんか

▼ つて知つて~ (30, 0.0%)

4 ゐる 3 るぢ, ゐます 2 たぢ, るか

1 [16件] たから, でもゐる, ない餘所, ほしく思ふ, ましたの, るわよ, ゐた筈, ゐますね, ゐますよ, ゐるから, ゐるが, ゐるだらう, ゐるん, 居るから, 居るし, 居るだけの

▼ つて聴い~ (30, 0.0%)

15 てゐた 8 てゐる 2 て居た 1 ている, てはゐられない, てゐ, てゐられた, てゐるらし

▼ つて行きました~ (30, 0.0%)

1132 がその

1 [14件] がしばらく, がそれ, がどう, がやがて, がわづか, が吾妻さん, が春日邦之助, が皆んな, が相手, が翌朝新聞, が間もなく, けれどさ, 為に, 私はた

▼ つて~ (30, 0.0%)

8 つて 2 ひに, ひますよ

1 [18件] つた, はなかつた, ひつけ, ひ之, ひ切り, ひ取つたばかりの, ひ取り押入, ひ食ひなん, ふ, ふことに, ふことは, ふことも, ふといふ, ふの, ふ金, へなかつた, へねえと, へば一羽五

▼ つて~ (30, 0.0%)

3 つてと 2 つてし, つては, つて帰る

1 [21件] つてあんした, つてぢいの, つてゐ, つてゐた, つてゐました, つてゐれ, つてを, つて了つても, つて勘忍し, つて坂の, つて坂をの, つて小僧を, つて居ました, つて控へ, つて放つ, つて暗い, つて畑の, つて立ちあがる, つて行つ, つて見, つて預

▼ つて~ (29, 0.0%)

3 へ寄る 2 に, に立つ, へ寄らう, を見る

1 [18件] にあつ, にある, につつ立つ, にひかへ, にもの, にゐる, に其の, に寝, に掛けさせ, に転, に黙, の手文庫, の机, の者, の茶盆, の谷, へおく, への洋館

▼ つて勝手~ (29, 0.0%)

2 なこと, にしろ

1 [25件] から入, でございますから, でしよう, な事, な夢, な気焔, な熱, な真似, な話, な説, にかかる, にすらア, に休まつ, に体, に作る, に取り上げ, に寝, に押し, に自由, に著述, に變, に變更, に進ん, に食事, へ沸いた

▼ つて困る~ (29, 0.0%)

2 ぢや, やうな

1 [25件] かも知れない, からなア, から感じ, から私, がともかく, が何, が少く, くらいだ, ことで, しそれから, つて云つてた, と思ふ, なあ, のだ, もつともさうなる, もの, よ, わ, わあゝ, んだ, んです, ツて, 幸福な, 私が, 読みかへ

▼ つて夫人~ (29, 0.0%)

2 は花

1 [27件] からダンス, と一処, と一緒, と娘さん, と顔, に一詩, に声, に対する憤ろしい, に感謝, に聲, の心配, の手, の方, の本当, の荷物, の謎, はいかにも, はすつ, はそのまま, は信一郎, は彼, は母家, は母屋, は淋しく, は自分, は部屋, も女らしく

▼ つて~ (29, 0.0%)

8 がある 2 は何

1 [19件] あ恩賜, があつ, がしん, が僕, が嫌えなら, が杓子定規, が癪, が背, が落ちる, の眼, は, はこの, はやつぱり女, は不便, は人間, は大, は実に, は渡り者, は畜生

▼ つて居りまし~ (29, 0.0%)

2 て, てこれ, てそれで

1 [23件] てさ, てたつた, てねす, てまあ, ても周囲, ても恁麼, ても梁, て一, て今, て六尺, て其の, て同族間, て周法, て墨子, て奴隷, て方角, て毆打, て私等, て船, て詩, て詰り, て隨分, て齊

▼ つて廊下~ (29, 0.0%)

2 の床みたい, へ出た

1 [25件] から唐紙, から家, で呼び留めました, で行き, に出た, に出る, に用意, に葛卷, の外, の方, の灯, の突き當, の薄暗がり, へ出, へ出る曇り, へ飛び出し, を, をぐるぐる, をぶら, を來, を奧, を歩い, を眞, を背後向き, を行き

▼ つて~ (29, 0.0%)

2 いこと, い事, かつた

1 [23件] いぐらゐ, いぐらゐなもんやさうな, いわね, いんだ, い意味, い料簡, い氣, い洒落, い結果, かつたの, きや, きア, くすると, くな, くない, くないだらう, くないよ, く云, く執念深いん, ければ, に善, へ走れる, を準用

▼ つて我慢~ (29, 0.0%)

10 して 5 をし 2 が出

1 [12件] が出来ぬ, した, してたん, しなければ, し切れないところ, する努力, ならず土手, にも寢ちや, にも我慢出來, のならない, をしなけれ, をする

▼ つて或は~ (29, 0.0%)

1 [29件] おなじ八幡, この集, その他の, 之に, 二階から, 人間に, 他からの, 作品によ, 偶然の, 劇団の, 地方間の, 安心かとも, 廣大な, 有り或, 東或は, 枝を, 田を, 私一人で, 腐つたり, 船から, 言ひ, 議題に, 路傍の, 軽がる, 途中で, 連歌が, 青く或は, 高く或は, 黒く或は

▼ つて~ (29, 0.0%)

1 [29件] がたつ, がない, が経つ, が許さなけれ, とする, と共に益々, ならぬ太鼓, には非常, には飛躍的, に相, の人, の基本的性格, の幕閣, の強者, の權, の無, の眞, の経つ, の連隊長, は恰も, は日, より永遠, を同じく, を待つ, を潰し, を經, を計り, を費し, 至れば

▼ つて最初~ (29, 0.0%)

1 [29件] から, から判つて, から坐る, から強い, から無難, に二十六, に昔日高橋太華, に誰, に豫定, に野中完一氏, に附いた, の, のた, のもの, の個人, の家, の射撃, の幕, の形式, の爾雅, の目的, の相談會, の鐵漿, はお, はこの, はすさまじい, は接吻, は相当, 真鼎

▼ つて結婚~ (29, 0.0%)

1 [29件] さして, したもの, しなかつたと, するため, すると, するなどに, せずには, だけが当然, といふもの, とか戀愛, なさいました, なんて夢想, に応用, のため, の交渉, の媒酌, の式, の決心, の當事者, の相談, の自然, は喜劇以外, をしよう, をなさつ, を急い, を敢, を決める, を申し込む, を申込む

▼ つて行ける~ (29, 0.0%)

2 やうに, んです

1 [25件] かしら, かといふこと, かどう, かね, から両方, から兩方, くらゐ, けど現金, さ, だけの力, ぢや, のか, のだ, ものなら, もんか, んだ, 他人に, 処が, 切符持つてる, 境では, 境涯である, 廊下を, 時が, 者は, 逞しさ

▼ つて表現~ (29, 0.0%)

4 されて 2 さる, した

1 [21件] がなさる, されたものの, されたる感情, されるので, される時代小説, され更に, しその, して, しようと, し得た時, し得るかを, し童謠, する, せられて, せられるの, に終る, の自由, は却つて主體, を可能, を駆使, 出来ない鬱屈

▼ つて見え~ (29, 0.0%)

3 てゐた, てゐる, て来る, やしない 2 なくな

1 [15件] さうな氣, そこに, たさうだ, たりある, たりけれ, てあたり, てのお話, て來, て参ります, て居る, 一つの, 川ふちの, 月は, 硬い大人, 笑ひ

▼ つて貰ひたい~ (29, 0.0%)

3 と云 2 が, といふこと, と云つて, と執念, と思つて, のぢ

1 [14件] がな, が奈何, そして知つて貰, でなければ一処, といふやう, と古代人, と君, と思, と思ひます, と言, と言つて, の, 暗いと, 然う

▼ つてしばらく~ (28, 0.0%)

2 すると, ぢつと, 何か

1 [22件] お茶を, ごとごとし, たつと, はその, はぢ, はどこ, 世間話彼は, 冥想し, 出方を, 前から, 感懷に, 樣子を, 横に, 筒木の, 考へ込む, 腰を, 自分の, 螢の, 言葉を, 話して, 逢わなかつたが, 頭を

▼ つてでは~ (28, 0.0%)

2 ない, ないの

1 [24件] ありますし, ありません, あるが, どうぞつかまへ, ないが, ないに, ないめづらしくない, なくかへ, なくその, なくただ, なく人格主義, なく他, なく対者, なく專ら悟性, なく從つて精神, なく意志, なく更に, なく確實, なく行, なく認識, 最初から, 無い想像, 無くて, 誰の

▼ つてわが~ (28, 0.0%)

2 地球の

1 [26件] ヴィルドラックの, 不法を, 同胞の, 國に, 國の, 國人は, 國有史以前の, 地球が, 地球は, 外に, 大師の, 帝国の, 心を, 文壇に, 日本から, 日本の, 民族性の, 物と, 社で, 織機者の, 老婢しんの, 苦を, 見たり, 詩壇に, 豫言する, 身心には

▼ つて~ (28, 0.0%)

2 つたのは, つてし, 合は

1 [22件] つたの, つた樣子が, つた町である, つた金では, つて了はう, つて二十歳, つて仕舞ふ, つて代られ, つて代られた, つて來た, つて來な, つて来た, つて来ました, つて置き, つて遣る, つて食ふ, つとい, 入り他の, 押へ, 敢ず, 籠めた, 附の

▼ つて安心~ (28, 0.0%)

8 して 3 した 2 いたしました, しきつて, しなはれ

1 [11件] させた, しきつ, してたらとんだ, してを, しました, し合, する, すること, すると, するの, となる

▼ つて斯ん~ (28, 0.0%)

4 な事 3 な処 2 なこと, なもの

1 [17件] なだし, なところ, なの, な嬉しい, な憎い, な早朝, な景色, な毒口, な物, な理屈, な苦労, な贅澤, な遇, な遠く, な難, な類, な體

▼ つて明日~ (28, 0.0%)

2 の一番

1 [26件] からうた, から永い, から街道筋, こそ思ひ切つ, でなきや, でも又, にも決心, に期待, の力, の夕方, の夕方芝居, の新劇, の晴れぬべき, の朝迎, の社會, の辰刻前, はいよいよ, は乘込, は何, は早く, へ立ち, も降つたら, をも知れぬ, を最後, 引越すから, 引越すんぢ

▼ つて此処~ (28, 0.0%)

2 に来た

1 [26件] からも潜つて壁, ぞ, ぞと云はん, では危い, では梟, で斯, で結構, にこそ, には何人, にも, にも支那料理, によどみ, に一人, に来, に着くであらう, に置いた, に詰めかけ, に辿り着いた, に集り, のアニキ, の未決檻, の都市, は降らない, へおいで, へ来, 迄辿り来た

▼ つて父親~ (28, 0.0%)

3 の讒訴

1 [25件] が今, が仕事, が歸, が老年, が飛ん, と仲違, に月々五円, のところ, の傳六, の寢, の峰太郎, の昔, の歸京, の死骸, の竹内栖鳳氏, の肩, の與三郎, の言, の部屋, は俳諧, は江戸, や分家, を伴, を悲しませる, を言

▼ つて~ (28, 0.0%)

4 に唄 3 を賦 2

1 [19件] がない, が滅びつ, ではない, となる, と云, と同じ, に於, に浸る, の, のやりとり, の國, の情操, の會, も作り, や文, を寄, を掲載, を遺し, 即ち芸術品

▼ つて~ (28, 0.0%)

2 な所

1 [26件] じ代, だと, つたが, つたこと, でせう, なこと, な事, な凄味, な心持, な意地, な樣子, な氣持, な疑ひを, な眼, な遠, な野郎, な附けたりの, な顏, にゆがん, に思はれ, に思はれる, に思はれるだらう, りは, ると, るよりも, る時代

▼ つて遣る~ (28, 0.0%)

2 が好い, ツて

1 [24件] から, からさ, ことに, ことは, とかと云, との事, とまだ熟, と丑松, と云つて, と仰, と水あたり, と鼻, どころで, のが, のだ, のでその, のは, んぢや, 事に, 事は, 何の, 子供等が, 物が, 覚悟だ

▼ つて~ (28, 0.0%)

2 かふり, を凹ませ

1 [24件] から血, が焼けつく, が脹らん, が見る見る, つぺ, つぺた, と頬, に, に渦, に痣, に血, のあたり, の引つ, の筋肉, は蒼白く, ばると, べにをつけれ, も唇, や額, をお, を染めた, を流れ落ちた, を突いた, 笑んだり

▼ つていや~ (27, 0.0%)

2 だわ, な気持, な氣

1 [21件] がる私, だ, だなあ, だね, でございますわ, ですよと, な來客, な光, にうす暗い, ににやにや, にサボテンだらけ, に低級, に東京, に生意気, に高飛車, ほんとに身体, もう, 君の, 困つて, 本當, 残念がる

▼ つてお金~ (27, 0.0%)

3 をこし 2 が少し

1 [22件] が, が握つ, が殘ら, だし, にし, にする, になる, に困り, に換, はほんの, をかけ, をくれるでし, をもうけました, をやる, を借り, を出し, を払, を持つ, を渡し, を落し, を貰, 溜めようと

▼ つてきい~ (27, 0.0%)

7 てゐた 3 ていた, てゐました 2 てみ, てみる 1 ている, てから, てくれる, てごらん, てゐられません, てゐる, てゐれ, て見, て見ませう, て試験

▼ つてまで~ (27, 0.0%)

3 思ふ心 2 見せた

1 [22件] あの時, あまたの, なほ生きる, よく生き, 且つ思ひ, 二十年も, 云ふ, 出席した, 前田医院の, 同胞が, 当将軍家, 水上の, 物事を, 盜むほどの, 結節を, 維持しよう, 腰を, 見せるいつも, 見に, 見ました, 障子を, 飽かず眺め入

▼ つてゐるなら~ (27, 0.0%)

2 こんな晩

1 [25件] あつしが, お前が, お前の, これは, その理由, どうしてさう, どうして大目附, なぜもつ, ばかの, ばこれ, ば彼, ば思ふ, 今朝から, 勘六が, 吾妻屋永左衞門は, 天津教は, 少しでも, 彼が, 正直に, 皆んな言つても, 苦勞は, 言つてし, 言つてやらう, 言ふ, 違つてゐる

▼ つて一日~ (27, 0.0%)

2 も早く

1 [25件] か, でいい, とて油斷, になん, に三囘, に二三回位, に何囘, に十銭, のうち, のお, のんびりと, の旅, の行程平均, の骨折, は一時間, もなく, も休まず, も安心, や二日, を暮し, を終, を送る, 打ち興じて, 歩いても, 考へに

▼ つて~ (27, 0.0%)

5 てそれ 2 てその, て有力

1 [18件] て乳媼, て代るべし, て其声, て天下國家, て安住, て帝業, て庸常, て徳川時代, て新, て樂しみ, て此, て社界, て禍福旺衰百端千般, て私自身, て纒繞, て自分, て自分等, て風土記

▼ つて使~ (27, 0.0%)

4 つたもの

1 [23件] つた, つたが, つちや, に來, に来た, はせようと, はれたもの, はれて, はれは, はれる, はれるやう, ひにくう, ひの, ひ分けるといふ, ひ切らして, ひ途, ふこと, ふに, ふもの, へなく, へるさ, へるぢ, を遣

▼ つて全く~ (27, 0.0%)

1 [27件] その為す, その面貌, ね, のシロウト娘さん, やり切れない程, 以南さんは, 内の, 別の, 単純な, 可愛想, 土地不案内な, 妙な, 安心した, 安静は, 客體の, 征服せられ, 抑えつけられて, 気が付かずに, 法則的に, 消滅す, 烟散, 燕でなく, 異つた内容, 自業自得と, 醫術らしく, 間に合せの, 體裁も

▼ つて呉れない~ (27, 0.0%)

62 かと云, かな, 物と

1 [15件] かなあと思ふ, かほんの, か俺, ことも, ぢや, と, とその, と困る, のだ, のぢ, のである, ので部屋, のは, 暁には, 様にと

▼ つて~ (27, 0.0%)

5 揚げて 2 寄せた, 揚げる外

1 [18件] おろしたよ, とめた, 倒す何者, 取られ掛り人, 取る筈, 寄せた空, 揚げたよ, 揚げた後, 揚げました, 揚げられた, 揚げられたん, 揚げられた時, 揚げられると, 揚げる氣, 揚げる途中, 摺られて, 立ち肩衣, 籠りました

▼ つて思ひ~ (27, 0.0%)

2 がけない, がけなく, と, も寄らぬ

1 [19件] がけず, がけぬ, きりよく, きり大胆に, きり紅白粉の, つき放題に, のま, の外, の外岩乘, は致しません, もよらぬ, も寄らない, を述べよう, を遂げた, 出草な, 合はせる, 存分頬ぺたを, 惱んだ, 通りに

▼ つて恰も~ (27, 0.0%)

2 水夫が

1 [25件] その添役, ゆきあつ, 体格検査でも, 作者の, 其時朝鮮猫が, 可し, 國家に, 城壁の, 墜道の, 好し八月十五夜, 小供, 小山の, 愛の, 憫れみ, 来るべき次, 正月の, 渦卷く, 眞なる, 蘭軒が, 蝉の, 赤髪藍面の, 転つて来, 釋迦佛に, 青い蛇, 靜止や

▼ つて悪い~ (27, 0.0%)

4 ところは 2 事は, 事を, 気持は

1 [17件] ことぢや, ことを, といふ法, と今日, なあ初, ので, もの, んだ, 事で, 嗜みだ, 所も, 方の, 気分では, 狐を, 筈は, 結果に, 虫なら殺した

▼ つて~ (27, 0.0%)

3 のあげ 2 から覗く, の外

1 [20件] が開く, の節穴, をあける, をお, をこわし, をしめ, を叩いた, を叩く, を押, を敲いた, を敲きました, を敲く, を明け, を明ける, を締めた, を締める, を開け, を開けた, を開けません, を開けろ

▼ つて既に~ (27, 0.0%)

1 [27件] かの花粉, その構想, 一たびこれを, 一年半に, 久しい, 其寡欲と, 十九世紀に, 地獄か, 小勢を以て, 崩壞しかけ, 平岡の, 幸四郎, 店の, 恐るべき悪魔的天才, 戯曲や, 提出せられた, 暗かつ, 最近の, 獨斷で, 知つてゐる, 結婚した, 荒れ放題, 診察を, 賞讃せられ, 車より, 遣り始めようと迄, 顔見知りの

▼ つて書く~ (27, 0.0%)

2 のが, ので, 事も, 筆が

1 [19件] からそれで, ことである, ことに, とこの, と云, のである, ので一代, ので歴史, のに, やうな, よりしかた, よりも言葉, んだ, ヒントを, 場合で, 形で, 手本を, 文学や, 程の

▼ つて消え~ (27, 0.0%)

4 てし 2 てしまつた, てしまふ, てゆく, て行く

1 [15件] たりした, て, ていつ, てしまつて, てしまはう, てしまひました, てゐた, てゐます, て了, て仕舞, て行, て行きます, て行つた風, むとする, もしない

▼ つて~ (27, 0.0%)

4 を執る 3 やの店 2 を執り, を擱

1 [16件] がとれぬ, の動いた, の執り, の軸, をとつ, を執つた, を執りはじめた, を執り始めた, を手, を手渡し, を把, を投げ出し, を持つ, を採, を握つた, を載せ

▼ つて~ (27, 0.0%)

2 を拱い

1 [25件] がよく, が痛い, にかけて歩く, に違, のムヅ, の上, の切断, の利いた, の絵, も少し, や脚, をこまぬきました, をまくつた, を上げない, を出す, を執つ, を拱, を拱きました, を挙げ, を比べたい, を組み, を組みました, を組み足拍子, を組み駄夫, を組ん

▼ つて~ (27, 0.0%)

3 轉車の 2 惚は

1 [22件] からえ, からの, から堕落, から居り, から独り笑, から表情, から風除け, づと銚子の, てん車に, 個を, 働電話へ, 働電話を, 刄した, 卑の, 國固有の, 惚事を, 覺, 覺し, 覺する, 覺の, 覺は, 轉車を

▼ つて~ (27, 0.0%)

4 の中 2 にすがり, へ入れた, を探した

1 [17件] から倶樂部洗粉, から半紙, から手帛, から敷島, から鎖, でお, で顏, に入れぼり, に手, に投げ込ん, に珠数, の下, の先, をつかませ, を捉え, を探す, を顏

▼ つて親分~ (27, 0.0%)

3 のところ 2 のお

1 [22件] あつしは, ありや, お燗番, が年, が考え込む, と顏, に内緒, に小言, に頼んだ, に風邪, のため, の利助, の家, の平次, の智慧, は言ふん, ほんのちよい, も一度, も言つた, を引つ, を迎, 口惜しいぢ

▼ つて~ (27, 0.0%)

2 に立つ

1 [25件] から一目, に立つた, のこりたる, のしまる, のところ, の中, の内, の外, の扉, の柱, の石柱, の蔦, へとか, へ出る, をはい, をはひり, を入る, を出, を出でなかつた, を出る, を潜, を潜らう, を覗いた, を閉めさせ, を開く

▼ つて間もなく~ (27, 0.0%)

2 であつ

1 [25件] お清, その店, のこと, 二人の, 二人は, 帰つて来た, 帰つて来ました, 待たしてあつ, 故郷の, 書きあげた, 根だけを, 死んでしまつた, 歿した, 流れは, 湖水の, 瀧をも, 熔鑛爐から, 狂死した, 町内の, 皆んな顏が, 砲声が, 空へかへ, 藤澤の, 見物を, 誰か

▼ つて~ (27, 0.0%)

6 を食 2 も食はず, を炊い

1 [17件] がなかつ, がなくなる, だけは近く, になつ, の仕度, は米, もない, やおかず, をすまし, をたのんだ, を喫, を喰つて, を濟, を食つて, を食つて來, を食わし, 焚きでも

▼ つて~ (27, 0.0%)

4 を求むる

1 [23件] が餘, に向, に見付, のため, のやう, のアタリそのもの, の寄り, の棲家, の眼, の習性, の跳ねる, は崖, や蜜柑, や貝, や風景, や鳥, をもとめ, を切つて, を捕ふ, を求める, を狙, を選定, を野原

▼ つてしまつたら~ (26, 0.0%)

1 [26件] あとは, こんどは, すぐに, その蜜蜂, それこそ, どうして新しい, どうしよう, どうだ, どうだらう, どんなによから, どんなに悲しく淋しい, もう二度とあなた, もう殘, ドカドカと, 一生を, 人間は, 伯爵は, 僕は, 如何か, 實に, 彼は, 後には, 枝から, 皆な, 誰にも, 雲を

▼ つてすべて~ (26, 0.0%)

1 [26件] が十分符合, が反撥, が引緊つて, が濃い, に, にしんみり, の人, の制度, の國民, の學問, の思ひ, の支度, の時代, の物音, の状態, の現代日本人, の祕密, の考, の草木, の行動, は解決, を墓, を失つた私, を容れる, を忘れ, 其の場

▼ つてはと~ (26, 0.0%)

2 云ふ

1 [24件] いふので, それだけが, たいそう心配, とつさに, 上申する, 云ふん, 人の, 供の, 僕に, 兩君よりも, 切符か, 呼吸も, 存じて, 存じまして, 心配し出した, 必死に, 思つて, 思つてゐた, 思ふは, 氣が, 王は, 聊か困じた, 言ふと, 隆治等が

▼ つてぼんやり~ (26, 0.0%)

6 して 2 空を, 立つて

1 [16件] くらして, した気分, した顔, しながら, するほど, その包, つつ立つ, と浮び出る, と考へ, 喚覚まされる, 庭を, 樂隊を, 此方を, 突つ立つ, 考へて, 見て

▼ つてもう一度~ (26, 0.0%)

2 庭に

1 [24件] あなたを, お臺所町, お辞儀を, その佃煮, それを, 一生の, 三河町へ, 低いお辞儀, 婆さんの, 富岡は, 怒鳴れ今, 振返つた時, 植木屋の, 樣子を, 櫛を, 洋服が, 私の, 芭蕉の, 草原の, 行つて来た, 身ぶるひする, 軽く帽子, 部屋の, 隣りの

▼ つてもと~ (26, 0.0%)

3 来た道

1 [23件] のところ, の位置, の処, の國語, の坊主, の壁際, の家, の席, の平安, の床, の座, の所天, の敦賀, の椅子, の石仏, の藤棚, の處, の通り, はかぶき, は君, パンパン嬢も, 來た, 来た路

▼ つてゐるらしく~ (26, 0.0%)

2 なかなか誘惑

1 [24件] かすかな, これは, さう, その唇, はある, は見えなかつた, もあつ, も見える, イヒチオウルの, ゴロゴロと, 一層丁寧, 中腹な, 今日でも, 僕に, 僕もちよ, 只で, 急に, 懶さ, 此の, 眼が, 答へ, 絵具屋の, 蜻蛉は, 足許も

▼ つて代表~ (26, 0.0%)

2 される日本

1 [24件] され, された一種, された子規, された當時流行, された百合, された軍国主義, されて, されむしろ, される, されるか, されるこの, されるもの, される世間, される人々, される人情的月並俳句, される以太利文学, される動詞, される古人, される所謂人道主義運動, される明治初年, される複雑派, され多少, せられた, せられる外

▼ つて余り~ (26, 0.0%)

1 [26件] あつた, あるから, あるだけの, あるもの, ある程, ある種々, な山田, にも強く, に上品, に年, に恐ろしい, に珍しい, に途方, バカバカしい, 勝手過ぎる, 好まれなかつたが, 明からぬ, 歯の, 無作法過る, 狭すぎる, 続けて, 美しくも可愛く, 貫一の, 軽挙に, 都会に, 馬鹿馬鹿しいん

▼ つて~ (26, 0.0%)

2 には土間, へ奧, へ通される

1 [20件] から木皿, で休ん, と門口, に向, の一, の便所, の四坪, の奧, の室, の床, の廣, の方, の襖, の部屋, へ行, へ通, へ通る, を窺, 床しいもの, 深う立つ

▼ つて居ろ~ (26, 0.0%)

42 とて横, 俺は, 生意氣, 貴樣, 默つて居ろ

1 [12件] お前は, それ足袋の, といつ, と言つたぢ, もう少し考へ, よ八, 今晩に, 御用聞は, 手前だ, 明日まで, 醫者や, 馬鹿野郎

▼ つて幸福~ (26, 0.0%)

2 であること, なもの, なりき

1 [20件] が毀損, だつた, だと, だとは, だよ, であつ, でありますと, であり意識, といふもの, なの, なりしなり, な日, にいつ, になれる, に至る, のやう, の殿堂, の癖, を感じた, を発見

▼ つて往く~ (26, 0.0%)

2 のを, やうに, 事が

1 [20件] うちに, かは少し, から引き取, が詩人墨客, ことを, さうだ, としたら, となか, と其辺ぢ, と火影, と蔵相, と魂, のが, のだ, のだらう, のです, 者きみの, 途, 道は, 頃には

▼ つて微笑~ (26, 0.0%)

11 した 5 しながら 2 する 1 したばかり, して, するおばあさん, で答, と共に信一郎, を帯び, を換, を秘す

▼ つて思ふ~ (26, 0.0%)

2 さまい, 丈の

1 [22件] ことを, さま茎を, さま身振りを, そばから, ぞんぶん働い, と其の, と極めて, にしけ, に僕, に自, の, ま, ままに, やうに, わ, ンです, 存分尻から, 存分我儘を, 存分泣い, 存分聞かせ, 樣に, 都会の

▼ つて感心~ (26, 0.0%)

9 して 4 したやう 3 した 2 したくら 1 させられて, されて, した事, した話, しつ, すると, するやらう, だなぞと

▼ つて文学~ (26, 0.0%)

2 の本質, は成り立ち得ない

1 [22件] が完全, でないため, としての戯曲, とは何, とは根本的, と四つ角力, に全然, に於ける, のあらゆる, の価値, の同人雑誌, の変遷, の平俗化, の書類, の理論, の種子, の純粋性, の趣味, はただ, は常に, を愛する, を殺す

▼ つて~ (26, 0.0%)

8 の上 4 の下 2 を渡る

1 [12件] となり, の側, の欄干, の袂, の途中, はもう, まで昇つて, より水面, をひとつ, を乗る, を向, を架けた

▼ つて汽車~ (26, 0.0%)

2 に乘, の中, の進む, を待つ

1 [18件] が碓氷, が走る, だつて歴史, には乗れる, に乗り込んだ, に乗る, に乗るべき, に乘つたの, に来せ, の出る, の午後, の疲れ, の窓, はまた, は狩勝驛, は長野, へのツタ, へ乗つ

▼ つて~ (26, 0.0%)

4 上げませう 3 上げます 2 上げると

1 [17件] けるに, しけるにぞ, しければ, ますると, 上げかねます, 上げたいこと, 上げたいん, 上げたい事, 上げたの, 上げたん, 上げて, 上げましたが, 上げますつて, 上げませう先年高崎, 上げやう, 兼ねるが, 立てさ

▼ つて~ (26, 0.0%)

3 に向 2 と状袋, を展げ

1 [19件] がどうして, が入れ, で被, とチヨオク, と木片, につ, に何, に包んだ, に臨む, のま, の向き, は山, へ載せた, をおい, をこし, を切る, を本, 卷きを, 撚を

▼ つて芝居~ (26, 0.0%)

2 に行く

1 [24件] が繁昌, だつて, などで観る, には来た, に仏頂面, のい, のお供, のせりふ, のやう, の中, の好き, の總見, の色子, は凡て琉球, も他, をし, をした, をする, をやつ, をやる, を好まない, を見物, 染みた思ひや, 見へ

▼ つて~ (26, 0.0%)

2 の循環, を吐く

1 [22件] が凝固, が出た, が氣, が騰つた, と肉, によつて, によつて戰, に汚れた, の中, の出る, の氣, の流動, の海, の滴つて, の通, よりも鮮やか, を出さなけれ, を出した, を流し, を見る, 濡れたる額, 肥りの

▼ つて赤い~ (26, 0.0%)

2 瓦の, 褌を, 顏を, 顔を

1 [18件] カーテンを, テープを, 大きな舌, 山の, 手絡が, 札が, 櫛を, 湯の, 煉瓦家の, 眼を, 腕章の, 腹掛に, 衣で, 裾を, 襦袢で, 襷を, 鳥居の, 鹿の子掛け

▼ つて近頃~ (26, 0.0%)

2 はこんなに

1 [24件] ではこの, では主人, では公然, では寺寳, では左官, では普通, では藤屋, のもの, の大きな, の子, の景氣, の流行宗教, の相場, はお, はす, はもつ, はより, は大きな, は宵, は尚, は染吉, は物, 彼の, 毎晩の

▼ つて駿介~ (26, 0.0%)

1 [26件] がまだ, が再び, には彼等, には相談, には追, に對, の顏, はいつも, は云, は五錢, は出かけた, は古, は彼, は想像, は時として, は歸つて行, は狹, は立ち上つた, は立ち上り, は親しい, は話しはじめた, は適當, は隅, は險, も笑つた, 如きもの

▼ つて高い~ (26, 0.0%)

2 席から, 酒倉は

1 [22件] から向う, ものばかり, やうな, ホームに, 位は, 処に, 処の, 壇上に, 声で, 声も, 巖の, 意味の, 所で, 棚の, 理智を, 窓から, 窓を, 笑声が, 笑聲が, 絶壁の, 菜葉の, 身分の

▼ つていた~ (25, 0.0%)

2 づらに, のです

1 [21件] が, がさつき, がとつぜん, ことが, だけでなく, づらな, としてもその, と言い立て, のかも, のだ, のであつ, のは, のも, のを, もんで, ような, んです, 呪いが, 姪を, 日本の, 死の

▼ つてむしろ~ (25, 0.0%)

1 [25件] いは, この世において, これを, そこでは, それを, われわれが, ディルタイなどの, 二十年間に, 他者性の, 僕の, 口数を, 古巣の, 可能的自己性を, 将門の, 強さ, 悲しい方, 或ひ, 時間性そのものの, 澄江の, 秋の, 空虚な, 自分が, 認識が, 非常に, 鳥が

▼ つて一切~ (25, 0.0%)

2 の事象

1 [23件] かまひ, に捨てられ, のもの, の人, の夢幻化虚無化, の批判, の新規, の生活環境, の祕密, の簡牘, の精神的進歩, の維持, の者, の自己, の行動, の貨物, の面会, もう穏便, をローマ字書き, を包括, を忘れた, を説明, 着なかつたの

▼ つて上げ~ (25, 0.0%)

7 て下さい 2 てもい, てやらう, て頂戴, まほ 1 たりしました, たり下げ, てはいけない, ても構, てゐられる, て下さらない, て頂, にやならん, やう, やう婆さんも

▼ つて以来~ (25, 0.0%)

2 のこと

1 [23件] この寛城子, つい机, の動静, の名称, の好景気, の彼, の彼女, の東京麻布, の選手, はじめて小園, はじめて感じた, は人間, は家, は庭, は益々ペラペラ, まだ一度, もう五六年, 僅か二三年, 全く前途, 初めての, 最も醜悪, 純吉, 長くて

▼ つて~ (25, 0.0%)

1 [25件] あり, がある, が亡び, が変り, さへ, に惚れ, のない, もない, も知れない, を其子, を得る, を得るなり, を成さう, を成さん, を成す, を松菊京, を異に, を言はず, を附ける, 乘り, 儀は, 判官一手專賣と, 殘が, 稱に, 調子の

▼ つて少年~ (25, 0.0%)

1 [25件] がその, が振り向い, が默つて點頭, だ, に逢, の前, の受けた, の拳, の注意, の浪漫主義, の視線, の顔, はほとんど, はやつ, は下, は何, は奇妙, は歸つて行, は母, は無事, は縁先, らしくサメザメ, を不安, を寝床, を少年

▼ つて座敷~ (25, 0.0%)

2 の隅

1 [23件] から出, で寢, にあ, に上つて饗應, に上り, に転, の中, の戸, の方, の明い, の果, の椅子, の縁, の雨戸, へあ, へも這入らない, へ上つた, へ座布団, へ戻つ, へ来た, へ来る, へ這入つた, を一つ

▼ つて急い~ (25, 0.0%)

2 で家, で歸, で部屋

1 [19件] でそつ, でふり拂, で其の, で其扇子, で其額, で出, で出し, で好子, で宿, で帰らなく, で帰る, で復, で戻つた, で扉, で格子, で楫, で歩く, で鎧, で電灯

▼ つて日本人~ (25, 0.0%)

3 が持つ

1 [22件] がもつ, にカルチユア, に変装, の, のや, のよ, の一人, の世界的地位, の力, の文学上, の正しい, の社会道徳, の経営, の美し, はもつ, は乏しい, は今さ, は他, は何ゆゑ, は相手, を誘惑, を追放

▼ つて来たら~ (25, 0.0%)

1 [25件] この考, しかつた彼, そのこと, その時, それが, といつ, どうだらう, また頼む, よかつ, わたしを, わての, 丁度私, 不肖私が, 之に, 二人で, 何だか急, 何と言, 好い, 如何, 宜からう, 少し性根, 忽ち何, 直ぐに, 茶店の, 雪だ

▼ つて椅子~ (25, 0.0%)

4 に腰 2 に倒れ懸り, に腰かけた, へ腰, を離れ

1 [13件] から立, から立ち上る, から落ちた, から転げ落つる, から離れよう, が半, に倚つて, に偏つて, に凭つて, に腰かけ, の背, は閑, へど

▼ つて極めて~ (25, 0.0%)

1 [25件] ふさは, 不快な, 僅かなり, 唐突に, 單一な, 婉曲な, 平易なる, 微かに, 悠長に, 感動に, 明かである如くかかる, 明瞭に, 明確な, 明證的で, 明證的に, 殘缺した, 活発に, 甘い言葉, 簡單ながら, 素樸な, 自然に, 自由に, 複雑な, 躍如たる, 限られて

▼ つて深く~ (25, 0.0%)

2 考へて

1 [23件] なるの, なるやう, めり込んで, も淺くも, 人類の, 切れ込んで, 土に, 寫眞熱を, 将来の, 延び始めたの, 思はれて, 悔いた, 意を, 捲き込まれたもの, 沈めて, 注意した, 溜息を, 物を, 生かされて, 研究する, 考へなければ, 藝術家を, 身を

▼ つて熱心~ (25, 0.0%)

2 に聞い, 到らざるなき

1 [21件] なる合掌, な勝負, な眼, な眼つき, にその, になつ, に勸め, に救助捜索, に智恵子, に智惠子, に研究, に研究中, に稽古, に考へ, に耳, に聞いてる, に苦吟, に説教, に読ん, に頓, に駒

▼ つて約束~ (25, 0.0%)

3 して 2 するから

1 [20件] が果されず, が済ん, されて, されるもの, した, したもの, したん, してたもん, する, せられた事実, で帰し, なすつたさうで亥刻半, なのよ, の場所, の席, の時間, の期日, をさせました, をしたい, をなさつ

▼ つて観れ~ (25, 0.0%)

1 [25件] ば丁亥, ば伯母沢, ば冬嶺, ば印南, ば周防国, ば問津館, ば媒妁者, ば宇野氏秀, ば彦次郎, ば懐, ば明治丁丑前後, ば春水春風杏坪, ば木挽町, ば榛軒庚戌, ば此病, ば波響広年, ば津山氏, ば良安, ば錦橋行状, ば門人録, ば霞亭, ば頼氏, ば高, ば魏志王粛伝, ば鵬斎

▼ つて訊い~ (25, 0.0%)

8 て見る 2 てみた, てみる, て見, て見た 1 たりし, ていらつ, てみな, てみなきや, てゐた, て來よう, て来る, て歩いた, て見よう

▼ つて~ (25, 0.0%)

3 の家 2 の人, の部屋

1 [18件] との間, にゐた, にゐた巡, に行, のドイツ, の位牌, の八疊, の客, の室, の席, の座敷, の庵, の彼, の空家, の納戸, の路地, の部落, の間

▼ つて青い~ (25, 0.0%)

2 枝が, 葉を

1 [21件] けむりをあげた, ものを, 円天井は, 壁の, 実が, 実を, 木の葉の, 枝を, 流に, 炎を, 状袋の, 疊の, 目を, 空を, 簪の, 色に, 苔の, 葉が, 襷を, 顔し, 鼻の

▼ つて面白~ (25, 0.0%)

6 かつた 3 がつて, さうに笑ふ 2 かありません

1 [11件] がつ, がつて笑つて, がられたり, がるの, さう, さうにわらつて女の子に, さうにガラツ八を, さうに含み笑ひ, さうに舞つてゐる, をかしく, 半分に

▼ つていくら~ (24, 0.0%)

1 [24件] かでも戦争, かでも次, か充たされ, か命, か夫人, ぐらゐ, でもいい, でも褒め, もか, も新, も飲んでない, よんだつて, 合図を, 小母さんを, 平生の, 廣い, 当人が, 待つても, 念を, 眼を, 考へても, 覚えが, 言ひきかせ, 鼠が

▼ つていろんな~ (24, 0.0%)

3 事を 2 ことを

1 [19件] お話が, くだらない駄弁, ことが, めに, ものを, 世間話を, 事が, 人が, 善さ, 外の, 女を, 書込みや, 機械が, 物を, 罰を, 羨望を, 表情を, 見方が, 話を

▼ つてなら~ (24, 0.0%)

4 ねえ 2 んいふ, んの

1 [16件] あしたあたしお, それ位か, ないといふ, ないな, ねえよ, ねえ寺, ばいざ, ば咄, ば村山, また別, んでしまふ, んでる, んでゐ, んでゐました, んでゐる, んといふ

▼ つて世の中~ (24, 0.0%)

2 の人たち

1 [22件] が無事, が統一, が面白く, で一ばん不幸, にちび, にない, には外, に正面, に生き, に稀, の人, の堕落, の大きな, の無情, はわたれ, は目, へは目, へ出れ, も知り, を捨てたい, を搖, を經綸

▼ つて京都~ (24, 0.0%)

3 に帰

1 [21件] からやつ, にゐ, に上り, に住ん, に入り, に出, に去つた, に引越す, に赴き, のとある, の吉田, の市中, の御所, の神輿かき, の近, へ行, へ行つたの, や奈良, を下, を発した, を眺め

▼ つて作られた~ (24, 0.0%)

4 ものである 2 ものと

1 [18件] かを知らぬ, かを私, たくさんの, といふこと, と同時に, ので斯樣, ものたる, 地球, 地球儀に, 愛國歌を, 抒情詩が, 歌であります, 歌の, 池である, 物の, 穴とも, 筈であり, 風習の

▼ つて倒れ~ (24, 0.0%)

2 か, すんでの, てし, てゐた, むとして

1 [14件] さうにな, それから級長, たり, たり封, ていらつ, てくる, てしまつた, てしまつたの, てしまひました, てゐました, てゐる, てをりました, て了ふか, て居る

▼ つて古い~ (24, 0.0%)

1 [24件] お方である, ほど貴い, もので, ものと, 事は, 城壁の, 寫本も, 屋敷は, 意味の, 文法様式を, 春を, 時事を, 時代の, 暖簾で, 木の, 様式の, 歴史の, 毛が, 水車小屋また, 瓦に, 町かと, 縁起ものの, 酒樽が, 風らしい

▼ つて~ (24, 0.0%)

5 べる 3 べてゐる 2 はうと

1 [14件] つつけと, はせて, ふことは, ふてくれ, ふて下され喰, ふや, ふ事, ふ氣遣, べなく, べました, べよ, べれ, べ始めました, みだす内臓

▼ つて大阪~ (24, 0.0%)

4 越えから

1 [20件] からも鐵道線路, から上京, から京都, から戻, なんかいや, にゐた, に來, に来た, の住人, の否, の市政界, の病院, の諸, へたつ, へやつ, へ下る, へ初, へ年期奉公, へ降りた, や神戸

▼ つて女中~ (24, 0.0%)

2 を呼ぶ

1 [22件] がすゝめ, が帰りたい, が然, が細い, が駈け, ではなく, と並ん, に吩, に渡し, に聞く, のため, の前, の汲ん, はハリー, は奥まつ, や書生, を呼び入れ, を呼ん, を呼んだ, を手打ち, を見せ, を連れ

▼ つて~ (24, 0.0%)

2 のお, の初子

1 [20件] が君, に冷かされ, に話, に逢, のため, の下手, の手, の方, の死ん, の物, の肩, の脊, の顔, は丸々, をつれ, を制し, を威圧, を接吻, を訪問, を連れ

▼ つて始めて~ (24, 0.0%)

1 [24件] ほつと, 丑松も, 人を, 処置を, 合理的と, 宿志を, 實行された, 山といふ, 幸福を, 本多子爵と, 本当の, 此日徳川将軍の, 河内の, 津島先生に, 真の, 眼を, 社会から, 租税勞役を, 自分の, 自己が, 詩といふ, 迷夢を, 鋭く大, 鋭く大殿樣

▼ つて嬉し~ (24, 0.0%)

5 かつた 4 さう 2 さうにし

1 [13件] がつた, がつたわ, がつて, さうに声を, さうに笑つ, さうに笑つたものが, さうに笑つて, さうに絶えず, さに, さの, さや, やな, 気に

▼ つて居るで~ (24, 0.0%)

16 はありません 6 はない 1 は無い, 半里

▼ つて早速~ (24, 0.0%)

2 亭主を, 御前近くへ, 案内した

1 [18件] お寺の, お米櫃, きめて, その土産, その年, それを, ペーヂを, 兵站の, 口に, 東京へ, 歩きながら, 相談し, 英語の, 車を, 道具を, 遠来の, 鉄砲へ, 電燈会社へ

▼ つて普通~ (24, 0.0%)

2 の人, の家

1 [20件] になつ, にはなれない, に下山, に之, に知られぬ, に認められ, のかなぶん, のもの, の人間, の人間以上, の兵隊, の手伝, の文学者, の火災, の聽覺上, の英語, はなん, は瀑布, よりは眼, より大きな

▼ つて~ (24, 0.0%)

3 の枝

1 [21件] からさ, が乾く, にのぼつ, のころ, の事, の國生れ, の實, の採れる, の育つ, の芽ぶき, や竹, や草, をきつ, を伐り, を切つて, を刻ん, を削る, を樵つて, を痛められる, 振りよく, 暗い坂道

▼ つて~ (24, 0.0%)

2 に一轉化, の藝術境, を洞見

1 [18件] がヨーロッパ人式, が会場, が却つて, が文字通り, が私, にとつて, の子供さん, の專攻題目, の懐中工合, の期待, は, はミル, は外出, は机, は芸術的価値, は静か, を作つた, を尊敬

▼ つて~ (24, 0.0%)

7 變らず 2 果てたの

1 [15件] かはらざる, くつろぐ, の山, 不変ニタ, 反撥する, 変らずの, 果てたと, 果てたといふ, 果てた妻, 果てました, 果て幸吉, 済まぬが, 異なるべきは, 當の, 當人物も

▼ つて種々~ (24, 0.0%)

2 なもの, の事

1 [20件] なこと, なる思想, なる新しい, な仕事, な研究, な細い, に傳, の利益, の外部的葛藤, の日本, の物語, の疑問, の考, の艱難辛苦, の遊戯, の雜談, 作戦を, 御歓談, 異なつた形, 雑多な

▼ つて置きたい~ (24, 0.0%)

2 のは, 事が

1 [20件] がと相談, ことが, ことの, ことは, それで政府, といふ欲望, と云ふつ, と思, と思う, と思ひます, と思ふ, と私, ね食後, のだ, のであります, のである, のです, やうな, 人間が, 位ゐ

▼ つて若し~ (24, 0.0%)

1 [24件] あの四十婆, かすると, かと思つてお勝手, この莫大, これを, さうなら, それが, それらの, や彼女, 一度それ, 三人が, 下で, 乗り遅れたつて, 他の, 仮りに, 其の地, 喰ふも, 大戰後, 是雪の, 渡されなかつたら恥ぢ, 物を, 私が, 那, 隣り二軒

▼ つて苦笑~ (24, 0.0%)

9 した 3 ひを 2 して, ひするの 1 したので, したり, した次第, しながら, するに, するより, をされた, を洩した

▼ つて見たく~ (24, 0.0%)

12 なつた 3 なつたの 2 なつて 1 ついでに, てならなかつた, て堪らない, て堪らなく, なつたり, なつたんです, はありません

▼ つて言ふん~ (24, 0.0%)

5 ですもの 4 です, でせう 2 だらう 1 だが, だけど, だらう二等待合室, でしよ, ですから, ですがね, ですつて, ですよ, ではない

▼ つて身體~ (24, 0.0%)

2 を横

1 [22件] が惡, が逞しい, じうに波, でも惡くしちや, には苦勞, の持つ, の節々, の育ち, の自由, もよく, をよろつかせ, を動かす, を半分後, を引く, を急, を拭い, を斜, を沈める, を洗, を洗つて, を温めなけれ, を確乎

▼ つて~ (24, 0.0%)

3 を霞

1 [21件] がくれし, が動き始め, が湧き出す, になる, に入り行く, に吸はる, に泳ぐ, に隱, のかけら, のまだ, の彼方, の断れ, の軍勢, の間, の鼻, や霧, を忘, を放した, を眺め, を見上げ, を霧

▼ つて頻りに~ (24, 0.0%)

2 心にも, 水泳に

1 [20件] それを, とめて, 何かを, 其の方法, 動いて, 合掌念仏した, 噂を, 客觀的の, 居眠, 山雀の, 巡査の, 愉快だ, 拒いで, 煙草を, 牧草培養の, 羽を, 考へを, 英和辭書の, 詫びて, 説いた

▼ つて~ (24, 0.0%)

5 の汗 2 の上

1 [17件] から流る, ににじんだ, にもう, に三角, に出た, に掌, に脂汗, に芒, や頬邊, をあげる, を叩い, を叩く, を土, を壁, を天井, を拭つて, を撫でた

▼ つてあゝ~ (23, 0.0%)

2 やつて, 言ひました

1 [19件] いふ時代, いふ歌留多会, いふ絵, いふ門へ, うまくは, した人間, した地位, した堅い, もしたい, 世が, 云つたのか, 云つてゐる, 云ふ, 地震だ, 用心深く出, 紅木瓜にな, 行つて, 身を, 速くは

▼ つてそう~ (23, 0.0%)

2 じや, だわ, でしよう

1 [17件] いふ甘, おつ, しないと, すれば, たずねた, だ, だが, だろう, ですぜ, でないこと, では, ね, ツと, 己惚れてるだけかも, 日本人ば, 答えると, 言つた事にも

▼ つてそのまま~ (23, 0.0%)

1 [23件] お盆を, すれ違, でゐれ, ならぬ姿, になつて, ひつそりと, ドアの, ボートを, 乗り移つた, 地べたへ, 娘を, 帰つて来た, 庭の, 彼と, 彼女らは, 忘れて, 本立へ, 横を, 消え入りさ, 私は, 階段を, 黙つて, 黙つて仕舞

▼ つてそれら~ (23, 0.0%)

2 に対して無, の人々, の山々

1 [17件] が相, によつて媒介, のもつ, の人, の俳優, の全部, の凡て, の橋, の海賊, の著述, の間, の雲, の顔, の風景, は彼等, は画家, を渠

▼ つて~ (23, 0.0%)

2 つしり, つちか, つちが, ろ

1 [15件] ぎまぎしながらもこんなにひとに苦労させた, たりと仰, つこいその, つちみち, つちも, つちを, つとみな, つと床, つと私, つと臥つた, つと雪, ないにか, ないにも, ろだらけに, ろを

▼ つてなん~ (23, 0.0%)

3 だつて 2 でもあの

1 [18件] かの役に立つでしよう, か喧嘩, か話, だその, だ日本人, だ馬鹿, です, でもない, でも十一月, でも左, にも知らない, のお, の役, の恩賞, の躊躇, の面白味, べん, べんあなた

▼ つてほん~ (23, 0.0%)

8 たうに 2 たうの愛着

1 [13件] たう, たうに壮麗, たうに檢死, たうに身, たうに頂上, たうの目マル, とじやないか, とのその, との事, との同情, との瓢箪, との藪さんぢ, との馬

▼ つてやはり~ (23, 0.0%)

1 [23件] ある料亭, おどけた虚構, この世の, それは, 不合理な, 同じやう, 土の, 左側の, 弔問に, 惚れては, 文化的な, 斯うし, 月の, 次手に, 滿洲からも, 琵琶法師の, 睡つて, 神様を, 自分の, 自分も, 貧しさ, 銀色の, 附近に

▼ つてわれわれ~ (23, 0.0%)

1 [23件] が協力努力, が自然, が訪ね, にいはれた, の, の処, の子孫, の将来, の明日, の果すべき, の生活, の眼, の知つて, の研究, の要求, はその, はわれわれ, は一応, は到底, は将来地方, は所謂日本人, もわれわれ, を顰蹙

▼ つて~ (23, 0.0%)

13 ひに 2 ひの 1 の存在, の将来, の所在, の消息, の顏, ひちが, を一所, を穴

▼ つて何等~ (23, 0.0%)

2 かの利得

1 [21件] かの場合, かの山, かの形, かの新, かの過ち, か働きかけよう, か打開, か直, のヴイジョン, の予備知識, の可憐, の奇, の形, の心, の懷疑的色彩, の概念, の理想, の疑念, の経済的, の重大, 自信の

▼ つて~ (23, 0.0%)

2 體の

1 [21件] き情熱, フランスを, 人格を, 人類を, 人類社會の, 国民協力の, 國中繼の, 城を, 大地は, 大空は, 存在を, 州に, 心を, 生命によ, 社会を, 篇を, 篇を通じて, 精力を, 體に, 體まで, 體を

▼ つて~ (23, 0.0%)

1 [23件] から崩し, から鍵, から黒い, では締めた, なる神, なる稽古, にお, に抑, の文句, の樣子, ふところ深く, へ入, へ入らう, へ帰, へ帰れ, へ這入つた, へ遁げ, を覗い, ポケツトから, 懷の, 懷ろから, 藏允は, 證に

▼ つて~ (23, 0.0%)

2 つと, 乎と

1 [19件] つとこちら, つと何, つと外, つと太郎, つと婦人, つと床の間, つと横臥, つと生温い, つと眼, つと空, つと言葉, とその, と人型, と代, と清親, と竦んだ, と腕, と見, 乳の

▼ つて出来る~ (23, 0.0%)

3 だけのこと 2

1 [18件] ことです, だけの予約者, だけ元気, だけ勢, だけ声, だけ尤も, だけ防い, と思つて, なんて言つて, のだ, よ, わ, わくら稲の, わよ, わよね, んだ, 事なら, 限りの

▼ つて学校~ (23, 0.0%)

2 に樹明君, に行く

1 [19件] から帰る, から手, から直に, では人々, には少し, にゐた, のお, の同窓, の命ずる, の廊下, の方, の研究室, の規則, は余程, へあがらなけれ, へおいで, へはゆかず, へ行きました, まで

▼ つて~ (23, 0.0%)

5 の中 4 を出た 3 の隅

1 [11件] から室, に入, に入り, に引き入れる, に詰めき, へ戻り, も無, をつくれ, を一周り, を出, を大変

▼ つて~ (23, 0.0%)

2 の暮

1 [21件] が改, が改まり, に二兩, に二足, の入, の加減, の若い, の違ひも, は二十一, は若い, よりのやう, をとつ, をとる, をとれ, を取, を取つた, を經, を聞い, を過した, 久しく武鑑, 永く豐

▼ つて幾度~ (23, 0.0%)

3 も幾度 2 となく

1 [18件] かまるで, か声, か常春藤, か打, か熱い, か胸, か茶入, か躊躇ひつ, か逃げよう, か首, むしり合, もそんな, も探し, も斯, も此復活, も點頭, 同じやう, 止めたか

▼ つて~ (23, 0.0%)

2 の頭

1 [21件] が購, に話した, の保護者, の八十郎, の出, の咽, の喉, の瞳, の笑, の著述, の話, の謀, はふりむいた, はまだ, は兵隊, は泣き出した, は涙, は話した, をたしなめる, を時々, を見

▼ つて~ (23, 0.0%)

1 [23件] が消え失せ, が變, くられたる集合概念, のない, の見える, は無く, は變つて來, ばかりの小学校, ばかりの月見, ばかりの橋, ばかりの炉辺, ばかりの繃帶, も姿, よりも声, をお, をつけ, をとる, を正し, を追, を顯, 造られた, 造られて, 造られ彩られそこ

▼ つて~ (23, 0.0%)

2 の外, を閉め

1 [19件] が徐, が開いた, が開く, ずつと前, によりか, に鍵, の所, の横木, の鏡板, をあけた, をおさへ, をぱたり, を下ろした, を叩きました, を打ちたたく, を押す, を閉める, を開いた, を開けた

▼ つて~ (23, 0.0%)

3 をし 2 に出, をする

1 [16件] から旅, する人, に出た, に出掛け, のみなし, の人達, の仕度, の前, の埃, の夢, の時, の枕, は移動, をいたしました, をした, をつづける

▼ つて歩き~ (23, 0.0%)

2 ながら, にくかつ

1 [19件] ながらかう, ながらたか子, ながら何気なく, ながら思ひ, ながら散歩, ながら神, ながら話, ながら麦藁帽, なぞした, にくさう, まはり, をかしく, ヒルメシは, 事務的で, 時々勝手, 村へ, 背の, 電車も, 馬車屋の

▼ つて深い~ (23, 0.0%)

1 [23件] ところに, 不安と, 井戸の, 同情を, 吐息した, 呼吸を, 御物忌み, 思索に, 打撃で, 朝霧の, 根柢から, 海の, 溪が, 溪にな, 瞳を, 神の, 船の, 苦惱で, 谷の, 谿を, 長太息を, 長靴を, 霧の

▼ つて無理~ (23, 0.0%)

2 にも殺される

1 [21件] して, だ, だよ, だわ, であらう, なこと, な美文, にお, にもおち, にも嫁, に其の, に引止めました, に思, に思ひ出す, に押しつけた, に書いた, に毎晩, に田圃道, に笑, に顔, をし

▼ つて~ (23, 0.0%)

1 [23件] うぢ, うならしめられて, う云, う捻, う言い出した, う言つて, う言ふた, う重大, かも儒者の, まで混雑, も, もめき, も低地, も夕暮, も桃色, も無く, も輕, らざる, る可, る後, る後神, んな, 樣し

▼ つて私たち~ (23, 0.0%)

2 の右足

1 [21件] がお, が死ね, には喪, には独断, に見せ, のところ, のはう, の係り, の幼い, の方, の毎日, の罪, はあまり, はそこ, は多分, は文学作品, は滝口, は県道, をののしつた, を安心, を笑

▼ つて突然~ (23, 0.0%)

2 立上つた, 羽織を

1 [19件] そんな途方, に乘込, のやう, ばつたり, やつて, 事實に, 其様な, 勃凸と, 堰を, 大きな聲, 宗助に, 差出人の, 此方を, 殴りか, 笑ひ出す, 訪ねたの, 静子の, 靜子の, 首を

▼ つて粗末~ (23, 0.0%)

3 なもの 2 ですが, な六疊, な机

1 [14件] です, で取亂, で押入, で黒, となり, な小舎, な布團, な方, な木綿物, な樣子, な簡單, な調度, な身なり乍ら, な部屋

▼ つて~ (23, 0.0%)

5 僧は 2 僧を

1 [16件] も若き, を感じた, を感じる, を郤, 主婦は, 僧が, 僧の, 嗄れた好い, 大尉は, 夫婦に, 妻に, 妻の, 木の下を, 朽ちる身, 祖母さんや, 鶯の

▼ つて行つた時~ (23, 0.0%)

1 [23件] あの狆, その子, にね簑村, にはもう, にはゆき子, には雨, に其周圍, に其派, に大越さん, に彼等, に恰度其処, に逢着, のこと, の鞄, はどんなに, はもう, は何だか, は半ば夢, は提灯, は私達, は遠近, もう連中, 果して一匹

▼ つて西~ (23, 0.0%)

7 の方 2 に折れ, へ沈ん

1 [12件] には崑崙雪山, には松平右京亮樣, に移る, の久保, の久保廣町, の国, の空, の都, へ傾い, へ槍, へ進ん, を向く

▼ つて調べ~ (23, 0.0%)

5 て見る 2 て見

1 [16件] てお, てくれました, てみな, てみる, てやつ, てゐた, てゐます, て來, て居りました, て来た, て来たい, て見た, て貰, にいつた, の樣子, を續

▼ つて近所~ (23, 0.0%)

3 の人, の人達

1 [17件] から傭つて貰つた女の子, だつて, にある, に火事, の女達, の娘連中, の子供, の家, の小川, の少女たち, の流れ, の犬, の衆, の農家, の酒, の錺屋, へ配り

▼ つて進む~ (23, 0.0%)

3 ことを 2 ことが, のだ

1 [16件] かぎりどこまで, かと云, ことある, ことのみが, ことは, と坂, と行く手, のが, のは, やうに, を論ず, 事が, 彼女の, 歩行ほど, 生涯である, 程徒らに

▼ つて頂戴~ (23, 0.0%)

73 な, ね 1 さ, した, と言, なさ, なランス, ねどんなに, ね今日, よ下り, ネ, 来ちや

▼ つていう~ (22, 0.0%)

1 [22件] かむしろ, から会う, がそれ, けど老け, けれど落ちついた, ことだ, ことも, だけの話, ところかな, ところです, とすこし, となん, とねバカ, と作者, と子供, の, のに, のは, までお, んだ, んで思ひ出した, 時は

▼ つておき~ (22, 0.0%)

2 さへ, ながら

1 [18件] いちや, な, ながらいま, ながらおかしな, ながらこの, ながら死に, ながら男らしく, の, のつりランプ, のスリーキャッスル, のトリツク, のハクライ, の厳つ, の悪罵, の手, の昨日, の白葡萄酒, の端書一枚

▼ つてお父さん~ (22, 0.0%)

2 やお母さん

1 [20件] が家, が買つて, だつて, と二人, と話し, にお, にさう, に手, のこと, の事, はおつ母さん, は厭, は彼方, は斯, は笑, も大抵, をお, を呼ん, を大切, 仰つし

▼ つてなかつた~ (22, 0.0%)

1 [22件] から内, がね, が不断女房, しここぢ, し私, それを, ぢや, とはきめられぬ, とは言, ねえ, のか, のが, のだ, のである, のよ, べ, わ, んだ, ボルドーを, 制度を, 彼は, 筈の

▼ つてもらつた~ (22, 0.0%)

2 のが, 方が

1 [18件] からである, がこれ, ができた, ことに, ことは, ちようど隣室の, の, のぢ, のを, ものだ, ものを, やうな, んだ, 安絵具, 方がよ, 次兄の, 雜誌を, 風船あられ

▼ つてやう~ (22, 0.0%)

2 やく自分

1 [20件] やく, やくさ, やくその, やくそれ, やくアカデミイ, やく一段落, やく一萬圓, やく二人, やく変態的一例, やく帰つて, やく彼女, やく思ひ出したの, やく手, やく火, やく由布院, やく私, やく立ち上つたの, やく自然, やく芸術的存在, やく苛立つて

▼ つてよから~ (22, 0.0%)

156 うと 1 うか

▼ つて一時~ (22, 0.0%)

3 を糊塗

1 [19件] にそんな, にもせよ, に得た, に心, に注意, に湧き返つた, に發, に笑, に頭脳, の淺薄, の空腹, の順逆, の飢寒, はその, は呼吸, は浜町辺, は遁, は随分, をごまかした

▼ つて世話~ (22, 0.0%)

5 をし 3 をする 2 して

1 [12件] かけるで, がしよ, した甲斐, になつ, にならなく, は燒, ばかり焼かせる, をしました, をやく, を為, を為る, を焼く

▼ つて二つ~ (22, 0.0%)

2 に分れ, のもの, の眼

1 [16件] でも三つ, で五拾錢, の十兩包み, の場合, の孤独, の手の平, の村, の立場, の聲, の部屋, の鮎, も重ね, や三つ, をつなぐ, 好い事, 見えた

▼ つて以來~ (22, 0.0%)

3 の大

1 [19件] お目, その素質, だ, の偉業, の女難, の話, の順吉, の騷ぎになつてしまひました, はまるで, は私, まだ見た, 久しく京都, 始めて, 御米, 最も醜, 未だ曾, 特に親しく, 討てば, 起つたこと

▼ つて~ (22, 0.0%)

2 つて, はう, ふこと

1 [16件] する一渠, つたら今夜暇, に出掛かけ, の年月日, の進行, はす, はない, はなく, はなけれ, ひさ, ひたいん, ひたが, ひに, ふだけ, ふ人ごと, ふ度

▼ つて何となく~ (22, 0.0%)

3 ひそかに

1 [19件] あやめ香水の, おさなびてゐてよかつた, ぞつ, ぼんやりした, 一人の, 一座の, 冷え急, 寂しく寒く眺められ, 崖の, 心持ちが, 悲しい壓迫, 意味あり, 斯う, 構内は, 気が, 熊坂長範か, 薄氣味, 頼もしさうな顔, 鼻柱を

▼ つて來よう~ (22, 0.0%)

3 か, とする

1 [16件] かしら警察, かと思ひます, かと腰, かなと思つて, が挨拶, といふ, とした, としてゐる, とは夢にも, とまで一度, ともそれ, と云つて, と待ち構, と志し, と思, と思ひ立つた

▼ つて僅か~ (22, 0.0%)

3 にその

1 [19件] ながら人間, なもの, な金, にお, に俺, に加島屋, に嫉妬心, に慰められた, に慰ん, に枕, に石, に自ら, に見えつ隠れつし, に近代化, に頬, に鬱憤, の俸給, ばかりの小作, 幅一メートルの

▼ つて~ (22, 0.0%)

4 對に, 對の

1 [14件] つた訳には, つて丑松は, つて何だか, つて光景が, つて冷笑する, つて司法上の, つて困る, つて憤らせ, つて母に, つて賑やかで, 對する, 對で, 應する, 晉派たる

▼ つて反対~ (22, 0.0%)

3 した, の側 2 の効果, の方向

1 [12件] したが, したぢ, したらしい, した事, な価値批判, な方, にこつち, に左右, に松の木, に楚々たる, はできない, もせぬ

▼ つて~ (22, 0.0%)

2 から醒める, のやう

1 [18件] から醒めた, だもの, でもなん, にも見る, に引きずられ, のせつな, の中, の国, の如く談, の成る, の様, の跡, はまさしく, もなく, を自由, を見, 他人事, 解きの

▼ つて~ (22, 0.0%)

4 とした 2 とし

1 [16件] が無い, が無けれ, だろ, でない彼, としての義務, の口, の母, の説, の顔, はとても, は糟粕, ば育てる, を四十八, を生んだ, 刻, 刻を

▼ つて~ (22, 0.0%)

2 はまた

1 [20件] だつて, となつ, にも人, に飛びこん, のふち, の中, の堤, の底, の水, の流る, の音, は二つ, ば見てれ, へ棄てた, へ流し, へ落ちた, をなす, を照, を眺める, を越しました

▼ つて来い~ (22, 0.0%)

62 といふ, と云つて

1 [12件] それツ, つて言つてやつた, とか菓子, と云, と先刻, と命ずる, と小言, と言, と言つて, のお, よ穴倉, 何かの

▼ つて~ (22, 0.0%)

3 を拭い

1 [19件] がその, が吊るし, が流れる, するばかり, だくだくで, の垂れ, は土, ばかりかい, も乾き, をかき, をふいた, をふき, を出してる, を拭き, を拭きます, を流したい, を流します, を落ちつけ, 多く出る

▼ つて泣く~ (22, 0.0%)

2 んだ

1 [20件] かと思ふ, ことが, とか何処, などといふ現象, な泣く, にも泣かれず, にも泣けない, のだ, のです, ので栃木, のに, ものさへ, もんだ, よりほか, より外, 奴なんて, 様な, 程なら, 筈だ, 者なんか

▼ つて満足~ (22, 0.0%)

5 して

1 [17件] さうな憎々しげ, さうに, したので, すべきもの, すると, するを, ならわたし, な歌, にできる, には一ト月, には書けない, に出来ない, に払, に達成, の事, の度, を求め得

▼ つて火鉢~ (22, 0.0%)

2 に手, の灰

1 [18件] に倚, に倚つた, に投げ込み, に炭, に顏, のこつち, の中, の側, の傍, の前, の火, の縁, へ燻べた, へ行, を二つ三つ, を打, を抱え, を持つ

▼ つて~ (22, 0.0%)

2 と云, の子, の目

1 [16件] が聴いた, が自分, にも扮, に小判みたい, のやう, の悪い, の町, の真似, の頭, は, は再び, は姿, は彼, ば, を見る, 撫で聲

▼ つて生ずる~ (22, 0.0%)

2 ところの

1 [20件] ところは, と考へられ, のであ, ものは, もの等更に, 不便不如意は, 不幸悲惨失望並に, 力を, 勢力が, 幻象の, 弊害を, 形體種々の, 所の, 所以の, 破損は, 禍ひ, 精神的な, 興奮と, 芸術的効果, 輝きに

▼ つて立派~ (22, 0.0%)

1 [22件] なくらいの, なこと, なもん, な一本立, な事, な公民, な大臣級, な形式, な日, な来歴, な果實, な物, な短編, な縫箔, にやつ, に名誉, に学問, に新劇, に立ち働かう, に紀念塔, に職責, に言つて

▼ つて聞いた~ (22, 0.0%)

2 ことが, ことよ, のだ

1 [16件] か, からさ, から大急ぎ, から思はず, が家, ことだ, ことである, さ, つて理窟ぢや, ところが無い, のである, ものです, よりも美人, 事は, 歌も, 話です

▼ つて聞く~ (22, 0.0%)

3

1 [19件] からわし等方, ことの, だけのこと, だけの心掛, だに野卑, つもりだ, とこの, と何, と女中, と始め, と広沢, と簑虫, と長崎, のに, のよ, ばかりぢ, より外, ンだ, 所に

▼ つて~ (22, 0.0%)

3 くない 2 く知つて

1 [17件] く, く人物, く仕立てられ, く喧譁, く寝就かれなかつた, く怪訝好奇, く我が, く日本, く聞かなけれ, く衆苦, く話, く話し, く諸, く貴方, でなく一種, と狂言, や歌舞伎劇

▼ つて~ (22, 0.0%)

3 が黒い 2 が黒く, は雪

1 [15件] でさ, ではない, どられ, のついた, のつく, の明く, の白い, の蒼い, の黒い, は赤ツ茶, も白, も褪せ, をする, をつける, をなし

▼ つて落ち~ (22, 0.0%)

3 てゐる, て來, 付いて 2 て来る

1 [11件] さうになる, それで眼, てきた, てしまひました, て割れ, て来ました, て羽, でくるんだ, よ, 付かれません, 入らなかつたと

▼ つて訊く~ (22, 0.0%)

42 迄もある

1 [16件] がい, が彼等, ことも, だけは訊い, といつぺん, とその, とな, と増田氏, と成, と片手, と真面目, と確か三本揃, と老婢, のか, のだ, んだ

▼ つて過去~ (22, 0.0%)

2 の事

1 [20件] つた, と將來, に蓄積, の, のある, のこと, のこと現在, の作品, の勢力, の文章, の歴史, の生活, の秘密, の絵, の自分, の苦労, は或, は第二義的, へ陷, をみる

▼ つて都合~ (22, 0.0%)

3 が好い 2 のよい

1 [17件] があら, がある, が付く, が好え, が好かつた, が悪, でも好かつた, に依つたら, のい, のいい, のよく, の好い, はつくまい, よかつ, よくな, よく並べ, をきい

▼ つて降り~ (22, 0.0%)

3 て來, て行 2 てゆく, て行く

1 [12件] そ, ていらつ, てきた, て拾つて來, て来た, て来れ, にか, は益, へさ, もせず, 仕度を, 狂ふ

▼ つて電話~ (22, 0.0%)

3 を切 2 かけてを, に出, の呼鈴, をかけ

1 [11件] かけて, か電報, がありました, がか, がかかり, でもかけ, のベル, も懷中電燈, をおかけ, をかけたら, を切る

▼ つて~ (22, 0.0%)

1 [22件] から金, が長く, なんかも切つて雇, にさした, にも著, に挿, に油, に翳せ, の話, はお, も少く, をおろした, をくし, をオカッパ, を切つて, を刈つて, を口, を梳い, を短く, を結い直そう, を結つた時, を結つて

▼ つてうつ~ (21, 0.0%)

2 かり, かりして, かりすると

1 [15件] かりあんな, かりしたこと, かりした事, かりしてる隙, かり一番先, かり外, かり引きうけて, かり打ちあけられないぞ, かり框際, かり素姓, かり見惚れて, かり読んで, かり鐵心道人, ちやる, と飲ん

▼ つてからでも~ (21, 0.0%)

3 充分させられる 2

1 [16件] あの電柱, いくら喋舌つたつて関, かつらおび, これに, たえず我子, もう彼是七百圓, 三人ほど, 二度も, 出来るから, 十年位も, 平気で, 時折乗馬姿か, 柔かな, 火を, 誰も, 鶴岳宮への

▼ つてさつき~ (21, 0.0%)

1 [21件] あんなに厭, からあんた, から皆, から馬鹿, のボオイ, の不, の女中, の本, の牛肉, の画, の茅葺屋根, の記憶, の話, は, はいい, はもう少し, は確か, までのこた, も雪江, をい, 聞えた

▼ つて~ (21, 0.0%)

7 ようだい 2 がつて

1 [12件] えッ舌打ち, がつた, がひ, がふであらう, つとで, つと位, ようだ, ようだいつて, ようだいつて言いたい, よく, ッともをかしか, ヤいけない

▼ つてひと~ (21, 0.0%)

1 [21件] から頼まれ, がそれほど, が呑気, が来, に面白い, のこと, の客, の心持, の酒, は, は心中, は物, へに育まれた, まづ踏台, まづ釈放, をねたん, を待つ, 寢入りし, 思ひに, 知れず今生, 責め責め

▼ つてふと~ (21, 0.0%)

1 [21件] こちらの, こちらを, この腰, こんなこと, こんな声, そのそば, その人, もらしたといふ, んを, テラスの, 小僧にでも, 思ひ止まつた, 手を, 此贄を, 気がかりに, 照ちやんの, 目に, 立ち上りさ, 笑ひかけたら, 自分の, 見ると

▼ つてやり~ (21, 0.0%)

4 ながら, 給へ

1 [13件] さへ, ながらいつ, ながら店, ながら美緒, なよ, もする, 乍らそこに, 付候あいだけし, 冗談を, 少うし別, 庭で, 樣が, 着物も

▼ つてゆき子~ (21, 0.0%)

1 [21件] が坐つた, のそば, の周囲, の瞼, の立ち場, の額, はあわて, はかうした, はする, は久しぶり, は以前, は呆, は手提げ, は拍子抜け, は此, は気, は鷺, を二階, を探し, を掻き抱いた, を送

▼ つて一番~ (21, 0.0%)

1 [21件] い, うるさくした, だと, に朝, に鷄, の能, 儲かつたの, 多く同情, 大きな打撃, 威張つて, 安い物, 幼い子供, 強く且つ, 目立つた汚, 精しく書い, 終に女房, 詳しいつもり, 辛いの, 重たさ, 長く伝, 驚いたの

▼ つて丁寧~ (21, 0.0%)

1 [21件] な辭儀, に, にお, に二度目, に宛名, に懷ろ紙, に拜ん, に拭き込んだ, に挨拶, に探し, に教, に敷居, に礼, に禮, に箱入, に見, に親切, に謹慎, に辞儀, に頭, に顔

▼ つて下され~ (21, 0.0%)

3 と一, 坊主までが 2 ば, ばい, ば宜 1 ぢや, とまだ, ばそれ, 久し振で, 久し振でお目にかかつ, 伯父様に, 伯父樣に, 後生で御座んす, 私に

▼ つて両手~ (21, 0.0%)

2 を前

1 [19件] でお, でその, で枕もと, で顔, で顳, と両足, をさし上げました, をその, をぴたり, を合せる, を寝台, を深く, を突いた, を突く, を窓, を組合せ, を胸, を開く, を頭

▼ つて~ (21, 0.0%)

8 助は 4 助を 2 はらる, 助の 1 つたが, へられた, へられね, 助が, 助に

▼ つて何とも~ (21, 0.0%)

3 言へ 2 云へ, 言ひ

1 [14件] いはなかつた, かんとも, ないが, ないと, 仕方が, 寂しい感じ, 得體の, 思はぬやう, 思はぬ女, 思はんのさ, 答へ, 言はれぬ, 言ひ置いてなかつた, 返辭

▼ つて働く~ (21, 0.0%)

1 [21件] ことは, ぞな, といふ, とは一体, のが, のだ, のであつ, のには, のを, まで, ものは, より方法, んだ, んです, んでばかり他人, 世の中に, 事に, 位は, 悲しき身の上, 時間が, 道を

▼ つて~ (21, 0.0%)

6 も角 3 に角, もすれ 1 にもかく, にも角, に角一つ, に角母屋, は, は氣遣, も角八丁堀, や角云, を待つ

▼ つて~ (21, 0.0%)

2 よく床

1 [19件] がよく, に乗, ひが, ひづけます, ひ堕落, ひ好く, ひ好く寝床, ひ無愛想, ひ術語, ひ込んで, よくお, よくどこ, よく云, よく伸びるで, よく宮, よく進行, を十分, を發, 強く相成

▼ つて同時に~ (21, 0.0%)

1 [21件] それは, たま覓ぎの, なる丈沢山, またそれ, また寛容的, 京の, 其が, 前, 地方の, 彼の, 東帝西帝と, 此の, 用言的屈折を, 祝詞を, 禊ぎの, 自分に, 自己或, 芸術的価値である, 英雄的であり, 行は, 行政に

▼ つて向う~ (21, 0.0%)

1 [21件] からもこの, から遺つ, があの, がいや, で世帯, に橋, に磐梯山, の丘, の岩角, の林, の森, の湖水, の都合, へ抜け, へ拔, へ行かう, へ進む, を向い, を向いた, を見れ, 棧敷まで

▼ つて~ (21, 0.0%)

3 の中 2 を這

1 [16件] が動き, が稍, におちたやぶ, にも届き, に伏し, に低く, に置き, に落ち, に落ちた, に落ちました, に落ちる, に領伏, に風, の上, の文章, 固る

▼ つて~ (21, 0.0%)

1 [21件] だ, つたわね, な位, な処, な力, な国, な失策, な安らかさ, な気, な気持, な語, な遊び, な顔, にもなる, にガツチリ, に気, に立廻り, に考へ込ん, に腹だたしく, に貧し, へる必要

▼ つて如何~ (21, 0.0%)

3 しても 2 して, にし

1 [14件] かして, がなし, したらう今夜濁川, すること, にせ, にも豐富, に且つ, に取扱, に才能, に書く, に演じられ, に演じ活かされる, に虚栄, ばかりこ

▼ つて完全~ (21, 0.0%)

2 な目

1 [19件] なる現代女性, なる近代女性, な人, な受動的抵抗者, な意義, な模型, な段階, な試煉, に伊東家, に整頓, に発見具象, に私, に船醉, に著作権法, に葬り去られる, に行詰り, に認識, に遂行, に鎮魂

▼ つて~ (21, 0.0%)

7 して 2 しに

1 [12件] したが, したけれど, した揚句, しましたが, しましよう, し出して, し廻つた, し歩いたん, し當, すと, すので, すやう

▼ つて~ (21, 0.0%)

2 をし

1 [19件] が隧道, に向, に当る, に覺, の諸, の頭, はどこ, はなし, ひませんよ, を平げ, を惱, を殺し, を殺した, を求める, を畏れしめ, を見ず, を討たん, を討つた, を防ぐべき

▼ つて~ (21, 0.0%)

2 かでは無い, かにされ, かにされた, かになつ

1 [13件] かではない, かとなつ, かにされるであらう, かに映るだ, かに洗, かに眞, かに解釋, にしよう, にする, の古, の嘉靖時代, の梅, への和平斡旋方

▼ つて~ (21, 0.0%)

21 んど

▼ つて溜息~ (21, 0.0%)

5 をついた 3 を吐い 2 をつく, を衝いた 1 つく, に似た, ばかり吐い, をし, をつき, をもらした, を吐く, を洩らし, を衝き

▼ つて田舎~ (21, 0.0%)

2 の人

1 [19件] から出, だが, ではちよ, でぶらぶら, には滅多に, に住ん, に居た, に旅行, に行つて, のほう, の中年, の人達, の叔父上様, の都市, へ住みませう, へ帰, へ戻, へ送りたい, まはり

▼ つて~ (21, 0.0%)

2 あがり沓, 上らうと, 上る, 上ると

1 [13件] あがり沓ぬき, 上るや, 停つた房一, 停ると, 帰りました, 帰れえ, 戻つて, 戻つて來, 昇りさ, 昇るを, 止まつたり, 止まる, 退先

▼ つて立ち~ (21, 0.0%)

2 昇るかと, 縁側に

1 [17件] づめの, なほり, なほりたいと, のぼつ, はたらき其後, はだ, まだそこら中, 上つた氣勢, 上れるか, 向つたのが, 塞つて居る, 會つて殺せる, 歸らう, 現はれた, 盡し, 迷ひ, 騰る焔

▼ つて細君~ (21, 0.0%)

2 と二人自動車

1 [19件] が一人, が冷たい, とメイ子, と喋り, に何, に冷やか, に擲げ, に気, に渡した, の小さい, の手, は三藏, は又, は疑ひ, は笑つた, は襖, は赤, を上, を呶

▼ つて遊ん~ (21, 0.0%)

6 でゐる 4 でゐた

1 [11件] だりはたらい, だり誰家, では居られない, でます, でら, でゐ, で居, で居ました, で来なさい, で来よう, で来る

▼ つて~ (21, 0.0%)

1 [21件] かさき, かにしばしば, かに主, かに大空, かに故, かに自然, かに自由, かに見ゆる, かに遠く, かに響き, かの後方, かの方, か下, か向, か向う, か後世, にお, に人, に先, に土手, に後

▼ つて障子~ (21, 0.0%)

2 の外, の蔭, を開けた

1 [15件] に手, に映る, の小間, の棧, もなく, も外し, をあけ, をあける, をしめて, をしめ乍ら女, を引明け, を明る, を開け, を開ける, を開け拡げ

▼ つて雨戸~ (21, 0.0%)

2 を開け, を開ける

1 [17件] にも密, の一枚, の外, の引合せ, の隙間, は三枚, をそつ, をた, を外し, を引, を繰り開けた, を閉め, を閉めき, を閉めよう, を開けさせる, を開けました, を開けよう

▼ つて食べる~ (21, 0.0%)

1 [21件] そして酒, だけなら, だけのゲルトさ, だけの物資, つて, つもりの, には十分, に困つ, のだ, のに, のは, ものだ, ものを, んです, 土地が, 夜は, 様に, 段には, 焼芋, 程でした, 餅を

▼ つて馬鹿~ (21, 0.0%)

3 なこと, にする 2 にし

1 [13件] だ, なひと, な目, な靴, にしてた, にしてる, にするない, にはできない, には出来ない, にプンプン, に超然と, は馬鹿, やい

▼ つて驚く~ (21, 0.0%)

7 でせう 2 もんか, よ 1 あつしぢ, さまなどが, のは, ほど促進, ほど大きな, ほど羞恥心, ものか, やうな, やうに, 古今集の

▼ つて~ (20, 0.0%)

43

1 [13件] かがふ, づくまつ, づたかく重なつた, なつた, なつて, な垂れた, な垂れました, な垂れる, ねつて, はづつた, はべの, や, よ

▼ つてかま~ (20, 0.0%)

12 はない 4 やしない 2 はねえ 1 はないです, ひませんよ

▼ つて~ (20, 0.0%)

2 あって, つかりした, らんと

1 [14件] ありその, あるとの, くりと, つかりした氣持, つかりと, つくり俯, つしり, ないかと, なくて, まさか二人, むしやらに, らんとして, 勢を, 有るもの

▼ つてその後~ (20, 0.0%)

2 に從

1 [18件] から皺, から落葉, から頭, が氣持, にしつかりした, に了解, に從つて, に於, に跟, のテーブル, の事, はちつ, は來, を促しました, を促します, を知らない, を見送つ, 度々逢

▼ つてたまる~ (20, 0.0%)

11 ものか 2 か, ものです 1 かいワハハ, ものかと, もので, もんかと, 物か

▼ つてわし~ (20, 0.0%)

1 [20件] から話し, がまだ, が淫慾, に見せた, のいふ, の傍, の手, の村, の聞いた, の顔, はお前, はよく, は何事, は僧侶, は室, は思はずある, は面倒, を同輩, を外, を苦しめよう

▼ つてゐたい~ (20, 0.0%)

3 のである 2 と思ふ

1 [15件] ぢらしい, と云, と思, と母, のが, のだ, のは, ものだ, やうな, んです, 思想である, 性情が, 時には, 氣持ちだつた, 赤彦君の

▼ つてゐなく~ (20, 0.0%)

5 てはならない 2 つても

1 [13件] ちやならない, てあ, てはならなかつた, ては駄目, ても久保田万太郎, ても當時, ても要するに, ても鬼, て何だか, ともその, とも大抵, とも心, なつた

▼ つてゐられない~ (20, 0.0%)

2 でせう, と云はん

1 [16件] からまだ, から困る, ところなどは, のが, のだ, のであつ, のである, ので大概間違, のは, やうに, よ, 位ゐ, 位殘り, 持前の, 断然別居, 時な

▼ つて下女~ (20, 0.0%)

13 のお 1 に交つて膳拵, のお初, はハツ, をやつ, を叩き起し, を嘲弄つて, を拜

▼ つて~ (20, 0.0%)

2 のごとく, 體は

1 [16件] として戰場, に会, に空, に養, の君, の尊厳, の貴様, は戸棚, よ我魂, 從の, 殺しの, 觀的に, 體そのものが, 體と, 體の, 體性を

▼ つて云ふん~ (20, 0.0%)

3 ですが 2 です, ですつて, ですよ, でせう 1 だが, だがね, ですか, ですがね, ですね, ですのよ, ですもの, で御座いますの, なら

▼ つて今朝~ (20, 0.0%)

1 [20件] この市, つくらんと, のちよ, の夢, の新聞, は再, は殆ど, は顏さ, まで小さく, も威張, も屋根, も近所, 戻つて來, 戻りましたが, 改めて川崎, 早う水源地, 早く歸つた, 早く立つ, 薄暗いうち, 起きるや

▼ つて喜ん~ (20, 0.0%)

6 でゐる 2 でゐた, で居た 1 でその, でゐました, で入らつ, で呉れた, で居ります, で引留めたで, で弘安, で彼, で御, で讀んだ

▼ つて土地~ (20, 0.0%)

2 で人望

1 [18件] からで, がよく, に適, の事, の人々, の人達, の役人, の成立, の撰定, の精霊, の質屋, は牙山城外, をいつ, を澤山, を耕し, を見, を遊ばせ, を離れ

▼ つて大きい~ (20, 0.0%)

1 [20件] お弁当箱, お辨當箱, かしら, の許, ばかりが能, ものは, 事を, 声で, 声を, 失望を, 掌で, 方は, 櫛で, 浅黄色の, 淺黄色の, 眼は, 茅葺の, 藁蒲団を, 蛇小さい, 銀杏樹の

▼ つて~ (20, 0.0%)

4 のお 2 の家

1 [14件] に代れ, に呑ませた, に抱かれ, の夫, の女らしい, の様子, の死骸, の針箱, はそこ, は涙, は默, を悦ばせた, を笑, を見舞つたの

▼ つて~ (20, 0.0%)

4 では人 2 の奴ばら, の庭

1 [12件] で宿る, にゐられなく, に出た, に續, のこと, の中, の午休み, の和尚, の墓地, の奥, を一つ, を出

▼ つて少く~ (20, 0.0%)

1 [20件] ぢつと, ともこの, ともこれら, ともその, ともそれだけ, とも今日, とも十割, とも從來, とも接吻, とも東洋哲学, とも此変化, とも此後数年, とも私, とも電車, はない, も私, 割に邊鄙, 勿論色刷, 小諸あたりまでは, 第一部

▼ つて我が~ (20, 0.0%)

3 國の

1 [17件] 住む足羽山, 作品を, 入唐船が, 四畳半に, 四肢を, 国土を, 國では, 國人よりも, 國外と, 子ながらも, 子の, 子を, 心には, 與謝野晶子さん位沢山の, 藤枝探偵が, 運命を, 黒髪を

▼ つて来なけれ~ (20, 0.0%)

8 ばならない 5 ばならぬ 2 ば個人生活そのもの 1 ばならないじ, ば何, ば好い, ば森, ば身体

▼ つて来られた~ (20, 0.0%)

3 のである 2 のは

1 [15件] お方です, さう, でせう, とある, ときにでも, とでも言, と思ふ, ね, のです, ので俊和尚, ものか, んで, んです, 事に, 遠慮なく泊る

▼ つて来れ~ (20, 0.0%)

3 ばい, ば好い

1 [14件] ば, ばいい, ばさ, ばその, ばそれ, ばそれに, ばただ, ばまた, ば彼女, ば来る, ば此, ば焼け出された, ば痒い, ば鼻血

▼ つて死骸~ (20, 0.0%)

2 の側

1 [18件] にお, の上, の前, の唇, の始末, の所, の足, の近所, の首, も見ました, をおろしました, をこんな, を下, を引きおろした, を引揚げ, を引起, を抱き上げ, を表門前

▼ つて~ (20, 0.0%)

3 蒼に

1 [17件] が本当, すぐに, つ暗闇, つ赤, である, の恋愛, の新しい, の暗黒, の犯罪意図, の自由, の芸術, の象徴発想, の追随者, の魅力, を模, ツ逆ま, 蒼にな

▼ つて~ (20, 0.0%)

4 つた 3 つて, つてる 2 つてるさ, つてるだらう 1 つたか, つてつ, つてるだらうな, つてるもの, つてる人, つてる所

▼ つて~ (20, 0.0%)

3 を出した 2 を鳴した, を鳴らし

1 [13件] が少し, が硬, でも出した, でも出したかつた, に變化, のつけ根, は眞, も眼, をだした, を出さなく, を出し, を刺す, を卷きました

▼ つて舞台~ (20, 0.0%)

3 の生命 2 の上

1 [15件] が塹壕, が廻つたの, で情死者, に出, に或, の, のイメージ, の効果, の条件, の構, の色調, へ出た, へ立つ, を, 次第に暗く

▼ つて良い~ (20, 0.0%)

2 だらう

1 [18件] お月樣, お茶を, か生命, ことだ, のか, 位あまり, 作家, 加減勝ち續けて, 匂いじ, 娘でした, 子に, 心持に, 心掛けぢや, 智慧を, 月夜が, 月夜にな, 氣味でした, 顏を

▼ つて芸術~ (20, 0.0%)

2 の役割

1 [18件] が個人主義, が僕, が完成, が容易, が毒, が衰, たらしめようと, であれば, に属する, の他, の優劣, の話, の革新, の領域, もその, よりもむしろ辛うじて, を産み出した, 第一

▼ つて読む~ (20, 0.0%)

1 [20件] ことだ, ことに, そして宿, と, とい, といふこと, といふ手, とすぐ, と明朝何時, と自分, なんてまだ, のである, は毎朝, ひとが, ふりを, ものが, 事は, 人々の, 位の, 札幌小樽の

▼ つて読者~ (20, 0.0%)

1 [20件] には先生, に同情, に感じさせないで, に訴, に頒, の前, の客観界, の心, の感情, の理解, の神経, の範囲, の魂, は息, は正に, は社会的分業, をし, を不, を啓蒙, を飽かせつ

▼ つて走つ~ (20, 0.0%)

6 てゐる 2 て居る, て来る, て行く 1 たりした, ている, てくるらし, てゆきました, てゆく, てゐるなら, てゐるらしい, て何

▼ つて通る~ (20, 0.0%)

2 人の

1 [18件] だけならこつち, のが, のです, のと, のは, やうな, わけはねえ, 人も, 十二月です, 家柄だ, 年を, 時は, 橋にも, 気まぐれな, 氣には, 處に, 言葉は, 間を

▼ つて遠慮~ (20, 0.0%)

5 して 2 すること, のない, もなく 1 がなく, した, しましたら鳥, するて, せずに, はし, をし, 深くそして, 深さ

▼ つて~ (20, 0.0%)

3 母さんに 2 母さんが, 母の

1 [13件] 姥明神社とも, 梨耶と, 母が, 母さんとでも, 母さんの, 母さんも, 母と, 母にだけは, 母は, 父さんに, 父様先日お話しに, 父樣が, 里山蕃族が

▼ つて食べ~ (20, 0.0%)

3 たりし 2 てもつ, てゐる

1 [13件] お茶を, てあまり, てそして, てゐた, て下さつた, て了つて, て例, て居れ, て毒, て被, て見, て見る, ながらゆ

▼ つて~ (20, 0.0%)

2 りに

1 [18件] すところ, りひつそり, り不思議, り作るとき, り冷淡, り厭, り名, り大切, り好い, り客室, り小さい, り心, り拜見, り整つた, り明から, り無謀, り突然, り肢體

▼ つてあげ~ (19, 0.0%)

6 て下さい 3 てもい 2 てもいい 1 たり着物, てください, てち, てねあたし, てもえ, てもよろしい, ても好い, て見る

▼ つてあまり~ (19, 0.0%)

2 の美し, ひとの

1 [15件] あるであらうから, ある由, ある程, ある貴い, の輕さ, 上手で, 多く表は, 山の, 工合も, 思ひきつて, 持てさ, 明瞭で, 有難くなく, 氣にも, 頻々で

▼ つていへ~ (19, 0.0%)

1 [19件] ば, ばない, ば一時, ば久保田君, ば今, ば何処, ば北京, ば在る, ば女, ば心細い, ば次, ば毎日, ば永く, ば永遠性, ば空間性, ば聯關, ば若い, ば萱, ば豪い

▼ つておきたい~ (19, 0.0%)

3 と思 2 ことは, と思つて, と思ふ, のです 1 からだ, が, ことが, といつ, とも思ふ, と一日中, と思ひまし, 事は

▼ つてお母さん~ (19, 0.0%)

2 のやう

1 [17件] が心配, が無茶, だつて, と三人, と仲, と伯母さん, にきく, に心配, のせゐとばかりは, の手, の病氣, は上つて, は健ちやん, は家, は買, は黒ちやん, も行つてら

▼ つてお話~ (19, 0.0%)

2 をしたい

1 [17件] うか, がし, したいと, して, しますが, ですわ, にも何, は出来ません, をし, をする, をなさつた, をなすつ, を伺つて, を伺ひたい, を承つ, を致しませう, を願

▼ つて~ (19, 0.0%)

3 あつた 2 あらうが

1 [14件] あらう, あらうか, この間まで, せう, てきた, て愛嬌, なしに, また余所, もさうであるが, もしまつ, やっと手, 別の, 家を, 蜂谷良作は

▼ つてどの~ (19, 0.0%)

2 やうに

1 [17件] くらゐ, やうな, やうにでも, やうにも, 位の, 位慰められる, 俳優にも, 室も, 描写も, 文章でも, 畑の, 皿も, 社でも, 程度かと, 部屋にも, 顏下げ, 駅にも

▼ つてならない~ (19, 0.0%)

1 [19件] からあの, から今, から幸運, から折, ことも, そつと, と見え, の, のでいつ, のです, のでせう, ので戸前, ものは, んだ, 位差支へが, 杜鵑は, 樣子です, 用事を, 言葉が

▼ つてほか~ (19, 0.0%)

1 [19件] ならぬこの, にあれ, にいらつ, に心, のこと, のどんな, のもつ, のもの, の人, の人々, の人たち, の方, の男, の相手, の種類, の花, の連中, ひ, ひ側

▼ つてもし~ (19, 0.0%)

2 それが, 自分さへ

1 [15件] そこから, その情景, その時選, ほんとうに, 一たび直立しかける, 二日も, 喪中の, 對象が, 愛が, 東京に, 狼籍者で, 狼藉者で, 私が, 自分に, 近しい方

▼ つてもらひたい~ (19, 0.0%)

4 といふ 3 ものだ

1 [12件] ことは, といふ通告, といふ頼み, と思つて, と思ひまし, と思ひます, と私, と頻りに, と頼んだ, のである, やうな, 気が

▼ つて丑松~ (19, 0.0%)

1 [19件] が別れ, と一緒, にも薦め, に一枚, の心, の為, の父, の耳, はあちこち, はせつない, は一緒, は制, は少, は後悔, は昨夜, は気, は素早く, は自分, も見送り乍ら随

▼ つて互に~ (19, 0.0%)

1 [19件] 仕事を, 倒れた, 勝負を, 呼吸を, 御得意様, 心の, 悄気きつ, 押し退けようとして, 歌を, 正面から, 沈默し, 睨み合, 結合する, 虚偽の, 警醒する, 足らざるを, 避ける, 隙でも, 顔を

▼ つて何やら~ (19, 0.0%)

2 熱心に

1 [17件] かすかに, まごまごし, 信号を, 取出すの, 口の, 囁やくと, 弁明を, 手に, 手廻りの, 書く, 澄みとほつたきれい, 確かめました, 絵の, 縫物を, 繪の, 考へ, 非難し

▼ つて入口~ (19, 0.0%)

2 の方

1 [17件] に返事, のつき, のはう, のガラス戸, の下, の大きな, の戸, の扉, の柱, の格子戸, の檐, の隅, も異, をぴつしやりと, を塞ぎ, を閉めた, 近きところ

▼ つて動い~ (19, 0.0%)

7 てゐる 3 てゐた, て行く 1 たり規律, てみなけれ, て居る, て来る, て行, て行かなけれ

▼ つて~ (19, 0.0%)

4 ひかけた 3 ひ返した 21 かかるに, はるべきこと, はれては, ひかけました, ひかけるの, ひました, ふ, ふて居る隨分重き罪, ふ外, へば天地顛倒

▼ つて~ (19, 0.0%)

2 だと

1 [17件] だ, では通らない, でも偽り, というもの, とも思はない, のない, のやう, は言, もつかなけれ, らしくも, をついた, をつく, を云, を吐い, を吐いた, を言, 吐きよ

▼ つて~ (19, 0.0%)

3 にか 2 にぴつたり

1 [14件] にかかつて, にもたれ, に吐きぬ, に投げつけた, に積ん, に走り書いた, の上, の中, の外, の彼方, の方, の暖炉, の穴, へ付い

▼ つて學校~ (19, 0.0%)

2 へ通, をやめ

1 [15件] での展覽會, でも評判, には少し, にも通つて, にゐた, の先生, の授業, の方, の本, の狹, の課業, の門, へ出かけた, へ向つた, へ行

▼ つて居たら~ (19, 0.0%)

1 [19件] こんなこと, こんな娘, さうで, どうします, どうです, まだあんな, よかつ, 今頃お, 何う, 何ちこつた, 先に, 其歌の, 小夜菊は, 彼は, 彼樣いふ, 成程, 栗の, 独逸の, 隨分美しく

▼ つて居なかつた~ (19, 0.0%)

4 のだ

1 [15件] かな, が柔術, だけであつ, といふ, とも言, と云, のである, のです, のでせう, ので私, ものだ, やうです, んで待つ, 事が, 時でありまし

▼ つて~ (19, 0.0%)

5 を立つた 3 を起つた 2 を占めた 1 に就き, の中, をたつた, をはずそう, を立つ, を起たう, を起ち, を起ち上らう, を起つ

▼ つて~ (19, 0.0%)

3 かしい紅白粉 2 をかいた

1 [14件] かしい, かしいと, かしい感じ, で火, にはならない, も外聞, も無, をかく, を忍ん, を恥, を感じた, を感じる, を掻く, を決す

▼ つて散歩~ (19, 0.0%)

2 に出かける, に出た, に出懸けた

1 [13件] した, すること, する阿知須, する露支人, ながらに家, につれだした, に出, に出る, に誘ふ, のお伴, の序, の輕, も出

▼ つて新しく~ (19, 0.0%)

1 [19件] 一段歩の, 借りた部屋, 出來, 判つたのは, 始めから, 始められなければ, 工夫を, 建てられた五棟, 強力な, 整理された, 植ゑられた, 毎日見る, 獨立させられた, 神田連雀町へも, 立派な, 結ばれた若い, 色揚を, 蘇へる, 要求され

▼ つて暫らく~ (19, 0.0%)

4 は馬

1 [15件] して, すると, の暇乞, はきり出し兼ね, は一室, は眼, は言葉, は道, は道化, は默りこくつ, 出たやう, 戻つて來, 老僧, 話す, 調べてを

▼ つて注意~ (19, 0.0%)

9 して 2 した 1 が集められる, されました, し, しつ, するもの, するやう, せられた問題, は一切遠慮

▼ つて百姓~ (19, 0.0%)

3 をし

1 [16件] がしたく, が麦, するの, するよ, でもしろ, になり切つ, になる, の仕事, の凡て, の體, は悉く, は皆, やつて, をした, をする, を初めた

▼ つて~ (19, 0.0%)

1 [19件] が来る, にでもなつ, になる, になれ, によく, に行, の入, の冷たい, の夜, の探さ, の果実の, の水, の田, の陽ざし, を兼, 寒く, 深い空氣, 賣るといふ, 賣る牛

▼ つて立つた~ (19, 0.0%)

2 人で

1 [17件] から脊, が其聲, ときかう, のである, のです, ままに, やうな, 人物大概の, 元の, 喬木の, 太田は, 姿に, 形の, 時などの, 程で, 自分に対しては, 色男で

▼ つて簡單~ (19, 0.0%)

2 な饗應

1 [17件] であります, でした, です, ですが, で人間, で便利, で明るく, な仕掛, な地下道, な手紙, な正直, な生活, にきりあげ, にわかつた, に分りました, に埒, に民族

▼ つて聞かせる~ (19, 0.0%)

1 [19件] が偉大, が御前, それから女持, だけでした, だけです, とそれ, と生徒, に松島さん, のに都合, のは, ばかりでなく, もの, 中園の, 事が, 場合彼女の, 獨白體のわ, 言ひ, 言葉進退伺に, 通り自殺などを

▼ つて~ (19, 0.0%)

5 の上 2 を撞く

1 [12件] で押した, に手, に接吻, に眼, の下, の横, へのつかり, をぎつくりと四角, をたたき, をつい, を抱, を突いた

▼ つて自殺~ (19, 0.0%)

2 した, する, するの

1 [13件] か他殺, したの, して, しようという, し刃物, し用箪笥, すること, せしめた, の出来ない, の狂言, の覺悟, はしたくない, を計る

▼ つて~ (19, 0.0%)

2 の上, の中, を藉

1 [13件] が一めん, が芽, と作物, に憩つた背後, の葉, の雨, の露, や木, をたべ, を払つて, を苅り出した, 刈る手, 萌える

▼ つて見せた~ (19, 0.0%)

2 のである, んだ

1 [15件] がかへつて氣勢, が其処, が断然たる, が肝心, といふこと, といふ処, とか, としたら, と云, と言, にとど, のは, やうな, ロダンの, 類で

▼ つて~ (19, 0.0%)

1 [19件] から子, が勝手, ごの, でなく, と, になる, に向, に孝行, に對, に紹介, に話せし, の威厳, の家, の手許, の罰, の許さぬ, や兄弟たち, 同胞に, 狐は

▼ つて~ (19, 0.0%)

4 ふが 32 ふと思ふ 1 ひます, ひますね, ひ日本, ふこと, ふだらう, ふで有らうから, ふの, ふばかり, ふもの, ふ所

▼ つて長く~ (19, 0.0%)

2 歎息する

1 [17件] お経, し髪, ゐたくは, 一列に, 伸びた爪, 伸びて, 伸び天, 嘶き互に, 寢そべつて, 尻聲を, 支那に, 歸らない, 田舍に, 続く屋敷町, 膝を, 話を, 造りかけた物

▼ つて高く~ (19, 0.0%)

2 なつたり

1 [17件] ついて, 勝るもの, 売り其間, 売れ, 差上げ旅行鞄, 打つ, 止つてゐる, 止まる奴等, 盃を, 突き立つ, 笑ひ出した, 翳した手, 聳えて, 聳や, 評価された, 飛ぶこと, 飜る

▼ つていかにも~ (18, 0.0%)

2 立派な

1 [16件] うれしさうに, がつ, はつきりと, もつたいらしく彼女, ゆつたりと, 世話燒きらしく, 努力の, 年々発展し, 思ひ切つたらしく, 思慮ぶ, 感慨深げ, 氣が, 氣持が, 趣味の, 過去つた時代の, 陽氣で

▼ つてお茶~ (18, 0.0%)

1 [18件] でも呑む, でも頂戴, のつま, の仕度, の時間, の飲む, ばかりすゝつて, ばかり飮, をのん, をガブガブ, を出した, を出す, を取り上げた, を召上が, を呑み, を濁し, を飲み, を飲む

▼ つてかく~ (18, 0.0%)

2 の如き, 云つたといふ

1 [14件] あれといふ, てシヤボン玉, て彼, て無, のだ, の如く, の如く抽象的, は名づけ, は言上, も好, 仮名した, 名稱, 憂と, 詩や

▼ つてからといふ~ (18, 0.0%)

9 ものは 1 もの, ものそんな, ものまるで, もの人々は, もの何となく, もの古賀には, もの富岡は, もの急に, もの静子は

▼ つて~ (18, 0.0%)

2 た, 自分の, 覽

1 [12件] うせい見世付, さらアあんまり, ざつたかの, ざつたさうや, ざつたといふ処私が, ざつた朝, ざつてお桐さんも, じぶん, そ, そりと, 覽に, 進物に

▼ つてそこら~ (18, 0.0%)

1 [18件] が稍, には沙魚釣り, に呀, に林立, に置い, に誰か, に飛び散つた, に點在, のもの, の八百屋, の寄りつけ, の書物, の木, の柱, の釘, は湖, まで何と, をふらふら

▼ つてそり~ (18, 0.0%)

3 や駄目 2 や可哀想

1 [13件] あマリイ・ボオマン, や, やおじさん, やさうだらう, やどうして, やア, や僕, や大きな, や好き, や姉さん, や秋ちやん, や綺麗, や面白く

▼ つてそれぞれ~ (18, 0.0%)

1 [18件] に崩れ, に讀ん, の一日, の人物, の分け前, の国土, の差異, の席, の方針, の椅子, の楽, の特色, の生活, の考, の違, の都合, 寝支度, 新しい文化団体

▼ つてたつ~ (18, 0.0%)

1 [18件] け自分, てお, てこんな, てねえ, てわかる, てゐ, て不思議, て何, て君, て因循, て引き止められた, て楽, て構, て結局, て言, と云, ぷりとした金持ちの, ぷり水を

▼ つてちつ~ (18, 0.0%)

2 とも良い

1 [16件] とはかはいさうだ, とは動き, とも不思議, とも似合, とも偉く, とも動かう, とも困, とも差支, とも廻し, とも捗らない, とも描け, とも昔, とも本, とも重大, とも面白く, ぽけな

▼ つてどうして~ (18, 0.0%)

1 [18件] あなに, あんな浮氣, あんな着物, お客樣が, お母さまが, こんな所, それが, そんな, でございますの, まつさきに, ゐたか, 人生が, 恐れげも, 斯う, 法外な, 皆そんなに, 知つてる, 逃げたか

▼ つてなく~ (18, 0.0%)

3 なつて 2 ちや御

1 [13件] つたつて, つちや, つちや女, つちや行, つてよ, てならない, でせう, とき二つポウポウポウて, なつた, なつたり, なつて了, ので, 上茶も

▼ つてゐません~ (18, 0.0%)

32 からね, でせう, よ 1 から, からわかりません, から呑気, がこの, が自分, な, の, のです, わ

▼ つてゐられた~ (18, 0.0%)

1 [18件] か, がその, が一人, が後, けれどむしろ, だけにそれ, といふ事, と云つて上さん, のであつ, のである, ので何, ので私, のを, ばかりでなく, ものか, 家族連れの, 後の, 森さんと

▼ つて上げる~ (18, 0.0%)

2 から, から泣かない

1 [14件] から一人づゝわつしの後, から向後決して, から碌, とお, よ, わ, わね, んだ, ワ, 事が, 事も, 事到底, 方が, 気で

▼ つて~ (18, 0.0%)

3 に出

1 [15件] がめちや, にはぐれた, に出た, に古りた, に現われる, に聞え, に自ら衒, に迎, のなか, の表面, の記憶, を忍ん, を早う, を送り, を震動

▼ つて~ (18, 0.0%)

8 しやる 1 つていらつ, になつ, に寝, へない, 向の, 有つたの, 有つて, 樣に, 言つた, 言つていらつ

▼ つて~ (18, 0.0%)

1 [18件] がぐつたりと綿, がブル, が利かなく, が竦む, が自由, にまつ, に触らなけれ, の中, の或, も軽く, よく此方, よく賃無し, をま, を休めたい, を成し, を成す, を拭いた, を見た

▼ つて~ (18, 0.0%)

1 [18件] が余, と, には相, に渡した, に示す, の処, の坐る, の方, の頭, は不平, は又, は口, は大, は故意, は特に, は胸, を何處, を見た

▼ つて其所~ (18, 0.0%)

2 から汽車

1 [16件] から都合, で可愛い可愛い, で太鼓, には髪, に内容, に半年, に置い, に見え, に迷, に降る, の活動写真館, の花壇, の辻堂, へ行, を出た, を通り

▼ つて出かけ~ (18, 0.0%)

5 て行 4 て来た 2 てしまふ, て行く, て行つて 1 てゆく, て行つた所, やうと

▼ つて動く~ (18, 0.0%)

2 ことの

1 [16件] がごとく, ことも, ことを, ところの, の外なし, もので, ものである, もの流れる, 事より, 人形であれ, 様に, 樣に, 樣子の, 流の, 筈は, 自分の

▼ つて大した~ (18, 0.0%)

2 ことは, 問題では, 違ひ

1 [12件] ことぢや, ものだらう, もので, 不體裁, 事ぢや, 人氣です, 勉強を, 差異も, 差違は, 意味は, 感動も, 男だ

▼ つて姿~ (18, 0.0%)

5 を隱 2 をくらます, を變 1 なき同伴者, のい, も見えぬ, をあらためて, を消し, を消した, を消す, を現した, を現す

▼ つて左右~ (18, 0.0%)

2 に分れ

1 [16件] からお, からのびる, から曲者, から濁水, さるべきもの, さるべき性質, されるかの, され得るもの, され自然, せらる, の太い, の肩, へ振, へ袖, をみか, を視

▼ つて戻つ~ (18, 0.0%)

8 て来る 2 てき, てくる 1 てきた, てきました, て寝る, て机上, て行く, て默つて飯

▼ つて~ (18, 0.0%)

6 へた 2 へて來, へて貰 1 へさす, へてまだ, へて納つて, へて貰つた, へにか, へられる, へる段, へ勝負

▼ つて改めて~ (18, 0.0%)

1 [18件] お勝手口, お君, 今鬼界, 入念の, 大家の, 奮發の, 嫂に, 封筒の, 本書を, 牢内に, 空を, 誠吾の, 読み直して, 貫一さんを, 起き直るため, 追加の, 障子を, 飮み始め

▼ つて暮し~ (18, 0.0%)

2 てゐた, てゐる

1 [14件] たせゐか, ていた, ているなれ, てお, てきた, てし, てもい, てゆかう, てゐられる, てをり, て參, て居る, て居るなれ, は楽

▼ つて来られる~ (18, 0.0%)

2 かわからない, と一方

1 [14件] か, かどう, さ, さア, それが, と何ん, と震, の, のか, 例も, 山車を, 様子が, 程度の, 際に

▼ つて構成~ (18, 0.0%)

2 されて

1 [16件] させて, された, されたの, されたもの, された団結, された舞台, された読書生, されつつ, されてから, されなければ, されるもの, される潮流, し秩序, せられたる民族性, せられる哲學史, にはすこし

▼ つて殆ど~ (18, 0.0%)

1 [18件] 一己の, 一足飛びで, 不可能である, 乞食の, 乱されること, 人民を, 他には, 傍若無人といふ, 原始人に, 同じ道理, 喋らずに, 屋根裏に, 徒労に, 感じたこと, 歯が, 決定的に, 絶えんと, 遊びに

▼ つて殺された~ (18, 0.0%)

2 に違, のだ, んだ

1 [12件] といふこと, と言, に違げ, ので, のなら, ものなら, やうに, んぢや, んで, 一埒を, 染吉の, 横井の

▼ つて淋しく~ (18, 0.0%)

5 笑ふ 2

1 [11件] なつたんです, 八五郎と, 君に, 店中の, 微笑んだ, 打眺める, 歸つて行く, 竝んで, 笑つたが, 笑ふと, 見えて

▼ つて演劇~ (18, 0.0%)

2 の価値

1 [16件] でなかつた時代, としての独立性, には, にも叙事詩, の, のため, の新しい, の普遍性, の生命, の相, の研究, の純, の芸術的純化, の芸術的覚醒, の領域, は一個

▼ つて片手~ (18, 0.0%)

1 [18件] で引立てざま, で相馬, で竹丸, には鶏, にブラ, に其の, に画具, に行嚢, の拳, の指先, は弓, をひろげ, を十, を差出し, を畳, を額, を顔, を高く

▼ つて玄関~ (18, 0.0%)

3 の方 2 の戸, まで来た

1 [11件] からドンドン, から上, に立つた, に置い, に行, のそで垣, のところ, の格子, へ上がらう, へ出, まで行つた

▼ つて知らない~ (18, 0.0%)

2 ぞ, よ, 筈は

1 [12件] からただ, が, でせう, と言つて, のだ, ふりを, もの, わよ, 土地の, 女を, 部分の, 顔を

▼ つて綺麗~ (18, 0.0%)

2 な着物, に洗

1 [14件] ですから, な歯, な谷川, な酔漢, な驚嘆詞, になつ, にやりたかつた, に光つて, に拭き取る, に掃除, に敗け, に片付けよう, に見える, よ

▼ つて考へる~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことが, としよう, とその, とまだ, ともう, と何だか, と得董, と恰も, と文学, と異, と若い, と虚無, と随分, と隨分不便, と馬鹿, 事が, 様に, 考へ

▼ つて~ (18, 0.0%)

2 をいれ

1 [16件] でものん, など知らない, の馳走, をぐつと, をのん, を侑め, を呑まう, を啜つ, を喫ん, を汲み, を沸かし, を注いだ, を淹, を立てた, を貰, を飮

▼ つて西洋~ (18, 0.0%)

2 の學問, の芝居

1 [14件] から移入, でもどう, とは正反対, と對立, には美人, に傳, に參, に於ける, のもの, の伝統, の印刷技術, の教育, の詩人たち, や支那

▼ つて解決~ (18, 0.0%)

2 して

1 [16件] がつくなら, されること, されるもの, される問題, され得るやう, したが, しようと, する, するか, する事, する場合, せられたの, せられるの, ではない, の方向, を付け

▼ つて話す~ (18, 0.0%)

1 [18件] から差当り先生, ことが, ことに, ことは, ことも, こゑがきこえた, と, とあの, ときでも, としよう, と豊子, とO, のを, 人々も, 時間をも, 機會を, 積りだ, 話には

▼ つて~ (18, 0.0%)

2 を歩い

1 [16件] が岐, となり, ならしや, にそつ, に人だかり, に立ちどまつた, の上の空, の向う, の左側, の悪い, の真ん中, の高低, は成就, は泥深く, もない, を違

▼ つて~ (18, 0.0%)

2 し切れるものぢ, れて

1 [14件] さうと, さずに, したん, した場所, して, し了, し場所, し持つた脇差, す必要, れたの, れた山入, れた岩, れても, れ入船

▼ つて~ (18, 0.0%)

1 [18件] があつ, が折れた, が折れる, が殘, つ節, になつて, のあがる, の外側, の折れる, の膸, はばら, や肉, をひらつ, を折つて, を折らす, を折らせる, を折る, を秘す

▼ つてあつし~ (17, 0.0%)

1 [17件] が鼬, たちが, と同じ, と釣仲間, なんかを泊める, にも逢, にゐ, のいふ, の智惠, の胸倉, の身體, の追, はそれ, は拔, も少し, を呼ん, を自分

▼ つてあんた~ (17, 0.0%)

1 [17件] がそんなに, が云, が奥さん, さう, その人, としてる, に逢, のだらし, の鞄, はあんた, はこんな, は何とか, をこの, をただ, を呼ん, んとこ, 怖いん

▼ つていよいよ~ (17, 0.0%)

1 [17件] こいつを, となれ, 冬の, 出発した, 動かすべからざる証拠, 困ると, 夏だ, 明日は, 最後の, 水中ふかく, 深し, 盛に, 確信を, 磨かれて, 自由を, 豊かに, 鮮やかな

▼ つてうち~ (17, 0.0%)

1 [17件] からお, から粕谷さん, がよろしい, しを, で読む, にだ, に少々, の具合, の姉云つて, の旦那, の用事, の者, の陣平, へよこす, へ帰りました, 明さ, 消そうと

▼ つてかなり~ (17, 0.0%)

1 [17件] に明るい, に統一, の作, の册數, の數, の箱, の身代, の違ひも, の金, 共通した, 大きい上, 大きい穴, 大切に, 嬉しかつ, 慈善事業にも, 深い根, 詳細に

▼ つてさも~ (17, 0.0%)

2 をかし, 可笑相, 怨めしさうにわたくし

1 [11件] その道の, それが, 世話ずきらしい, 仲の, 嬉しさうに, 屈託無, 意味あり, 感動したらしく, 自慢さう, 見当が, 途方に

▼ つてした~ (17, 0.0%)

3 ことは

1 [14件] ことが, ことだ, ことを, ぜ, なあ, のか, のなら, 事ぢや, 事でし, 事も, 修辞法に, 小さな働きかけ, 所業, 方法より

▼ つてせつ~ (17, 0.0%)

15 せと 1 かくじぶん, かく態

▼ つてちやん~ (17, 0.0%)

1 [17件] とおぼえ, とつい, とやつ, と代, と共揃, と前, と心, と忘れず, と持つ, と書い, と本式, と正式, と知, と短刀, と蓮華, と軍人, と食費

▼ つてなに~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] あの策師, いうて, か書置, がし, がなんだか, がわかる, になる, も強, も言, も言う, やさかい, よ, よりも他, をし, をなすべきでせう

▼ つてひとり~ (17, 0.0%)

1 [17件] この流れ, であの, でおとなしく, でかれ, で安心, で来るらしい, で笑, で腹, で自分, なげくかも, のハルトマン, の電髪婦人, もでる, 寂しく夕餐, 寝味, 日本の, 静かに

▼ つてまあ~ (17, 0.0%)

1 [17件] あの子, あれなんかは, いやだ, その爵位, ちやんが, なんて馬鹿, ね, 一つお, 一つ何とか, 厄介に, 可かつ, 安心した, 態好く, 普通の, 皆さんお, 記念の, 身だしなみから

▼ つてよろしい~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] か知ら, がな, しゆう, とか世, と警部さん, のである, のでそれ, また明日, んです, 彼は, 掃き寄せて, 水の, 物が, 私の, 近来どうも

▼ つてゐたなら~ (17, 0.0%)

3 ばどんなに

1 [14件] あなたは, この空想, どうである, ば, ばお前, ばきつ, ばぢ, ばと彼, ばどう, ばな, ば僕, ば其の, 三人が, 日本は

▼ つて一方~ (17, 0.0%)

2 の端

1 [15件] この船, ではそれ, には底, に於, に靡く, のもう少し, の云, の外, の老, の進歩的, は下, は仏教, は明い, は皇室, は阿

▼ つて下り~ (17, 0.0%)

6 て行 2 て来る, て行く 1 てゆく, て來, て入らつした, て来ます, て行かう, て行き, 居て

▼ つて切り~ (17, 0.0%)

1 [17件] と何, と剣, と嗚咽, と帽子, と陸, にくが, にゆら, に喜ん, に帳簿, に御, に復讐, に想, に空機, に自動車, に鉦, まくつた, もしない

▼ つて即ち~ (17, 0.0%)

1 [17件] その日, それぞれの, それは, みたま, 人の, 仏法最後の, 兩陸の, 学問上から, 政治と, 是の, 有福, 概念的な, 複合状態によ, 觀想の, 言ふまで, 諸實體, 醫者の

▼ つて~ (17, 0.0%)

2 部門の

1 [15件] の世界, 一つの, 別の, 劇団の, 原子の, 國人の, 國各地の, 地方に, 家庭へ, 専門領域の, 戴くべきもの, 新聞の, 相違の, 篇が, 藩毎に

▼ つて四方~ (17, 0.0%)

1 [17件] から栃の, に手, に散つ, に湖水, に馳せ, の景色, の連山, の風景, はクワツ, は金粉, を屹, を御, を眺め, を眺めました, を睨め廻し, を見, を見る

▼ つて~ (17, 0.0%)

1 [17件] がお, が何とか, が少し, が心, が青木さん, なん, にしよう, にする, には可, の最初, の部屋, の顔色, は一日, は仕方, もいきなり, をかく, を斯ん

▼ つて~ (17, 0.0%)

1 [17件] が有り, て, てこれ, ての年, て出でた, て医, て去つた, て命, て問, て従遊, て此, て相, て矛盾, て聞いた, て関藤, の中, る

▼ つて実は~ (17, 0.0%)

1 [17件] あたしに, お仕事, かうならねば, この四五日以前, ちつとも, ピッコロミリさんの, 何も, 同じである, 憂鬱だつた, 昨夜も, 比喩に, 甚だ気の毒, 誤りである, 金を, 雪国の, 面目も, 驚いたやう

▼ つて~ (17, 0.0%)

4 した 2 したこと, しました 1 か, されたもの, したけれど, したなんて, した外套, して, す手紙, す洋服, 来しましたが

▼ つて~ (17, 0.0%)

3 さは 2 かつた, がつて, さが 1 かつたせゐ, かつたら, が單, さうに肩を, さうに身を, さの, さを, さ暖か

▼ つて寧ろ~ (17, 0.0%)

2 対話そのものが

1 [15件] その欲求, 万葉時代の, 不思議でならなかつた, 不自然な, 其のため, 其否定と, 其長き, 外の, 室の, 悦んだ, 愛読者たる, 教科書編纂者の, 相手に, 知的作用の, 神功皇后とも

▼ つて~ (17, 0.0%)

3 ほ且つ

1 [14件] ほ, ほその, ほも, ほ垣根, ほ足りないもの, 一層の, 下を, 大いなる苦難, 強い根強い力, 教権を, 朝鮮へ, 未だ戦慄, 瘠せ我慢, 神事呪法と

▼ つて居なさる~ (17, 0.0%)

7 でせう 2 のか, んだ 1 あつしの, のかい, のかと, 方が, 梅子さんが, 貴嬢

▼ つて帽子~ (17, 0.0%)

3 をとつ

1 [14件] から雫, がお, の鍔, も冠ら, をお, をとり, をとる, をぬいだ, を冠つて, を取つた, を振つた, を握りつぶし, を脱, を被

▼ つて~ (17, 0.0%)

2 にも自分

1 [15件] か不幸, であつ, でした, なりしならん, にし, に張る, に彼, に斬り, の神, ひここ, ひこの, ひその, ひ夫秀實, ひ類焼, ひ類燒

▼ つて~ (17, 0.0%)

2 に底

1 [15件] から根, が現れました, には自信, に一滴, に小さい, に透く, の埴土, の底, の石, の脹れた, へ降りられる, まではつきり, まで荒れ出す, 知れぬ淵穴, 知れぬ瑠璃

▼ つて忘れ~ (17, 0.0%)

2 てはならない

1 [15件] がたい思ひ, がたい期間, てしまうた, てしまつ, てならない, てゐた, てゐる, て来, 難いこと, 難いの, 難い好, 難い日, 難い追憶, 難きもの, 難き人々

▼ つて意味~ (17, 0.0%)

2 の深い

1 [15件] あり気, あり氣, が相違, される, づけられ人性, ですか, なき滑稽感, なン, のほか, のわからぬ, ふかい日, も訣ら, らしきもの, を獲得, 無き何もの

▼ つて承知~ (17, 0.0%)

3 して, しない, しなかつた 1 した, しないらしい, しないん, しなかつたと, しなかつたの, するもの, の旨, をし

▼ つて昨日~ (17, 0.0%)

2 も一度

1 [15件] から我慢, から留守, から稼業, とうとうそれ, とは別に, の手紙ぢ, の新聞, の該松樹, は一日, は大きな, は晝, も白船君, 去つた, 着た毛織, 頼んで

▼ つて時計~ (17, 0.0%)

3 を出し 2 を見る

1 [12件] が惜しく, に手, のチクタク, は渡さず, ばかりみ, を盜, を眺め, を眺めた, を眺める, を見, を見上げた, 迄出し

▼ つて~ (17, 0.0%)

3 の方 2 に進む

1 [12件] から南, から西, すると, ならどう, には宗良親王, に向, の村, の窓口, へくだる, へ入り, へ入る, より西

▼ つて~ (17, 0.0%)

2 から首, に就いた, の上, の下, の方 1 に突, に頬杖, に頭, に額, のうへで首, の被, をしらべる

▼ つて~ (17, 0.0%)

2 く僅か

1 [15件] くうはべの, くさ, く低い声, く低級, く広い読者層, く当り前, く手近, く淡い忘れ, ざつくばらんに運ぶ, つたやうに, つたやうに鋼鑼の, て読み, まつた, 樂へ, 樂寺前で

▼ つて歸つて~ (17, 0.0%)

2 行きました, 行くこと, 見ると

1 [11件] いつたが, から縣廳, こいと, やる, 居ます, 行きます, 行く, 行くと, 行くの, 行く方, 行く鳥

▼ つて残つて~ (17, 0.0%)

3 ゐる, ゐるの

1 [11件] ゐて, ゐます, ゐるが, ゐること, ゐるだけ, ゐるぢ, ゐるもの, ゐる聴衆, 居たので, 居ようと, 居るの

▼ つて独り~ (17, 0.0%)

1 [17件] でくす, でさも, でそんな, でゐたら, でクス, で住ん, で嘲笑つて, で次, で考へ, で陽気, になる, にや, 好がり, 居る事, 悦に入るので, 擽ぐつたく思, 立つて

▼ つて~ (17, 0.0%)

1 [17件] その炎, ぶつ, ほも, 上つた, 且修省する, 且努力論と, 且明治時代の, 其前に, 其處に, 太の, 奈良に, 奴の, 此等の, 熄むこ, 福山に, 笑ひ出した, 紅灯緑酒の

▼ つて生きる~ (17, 0.0%)

2 ことの, といふ, のだ

1 [11件] ためなら, といふ美徳, とはその, にあらざれ, よりない, 人間の, 以外に, 意味と, 所の, 為の, 爲めに

▼ つて知る~ (17, 0.0%)

8 ことが 1 といふこと, ので, より他, を得べけれ, 事が, 事の, 人少き, 奴ありません, 縦令罪過

▼ つて~ (17, 0.0%)

6 つ立つて

1 [11件] つかけ草履, つくか, つたつて, つ伏して, つ刎, つ立つたくら, つ立つてる形, つ立てたの, つ込んで, 立つたま, 込まれない戰鬪準備

▼ つて笑つた~ (17, 0.0%)

2 が, がその, といふ談話

1 [11件] かと思ふ, がす, がそれ, が内心, が別段, そのうち, だけあと, です, といふ事, と云, ほどだつた

▼ つて紹介~ (17, 0.0%)

3 したの 2 された石本俊吉君, する 1 されたる西川, された御, されて, した, したのよ, した記事, してから, し得るもの, すること, や援助

▼ つて~ (17, 0.0%)

1 [17件] がやつ, そらごと, だけを描い, になる, のこと, のところ, の仕事, の作家, の急所, の静かさ, はきらひ, は締切, をかいた, を出し, を描く, を書く, を画架

▼ つて聞き~ (17, 0.0%)

2 給へ

1 [15件] かぬる, それに, ながらそれとなく, ながら手酌, なはれ, にゆかう, ねえと, ねえ厭味, もしなかつた, やあがる, やがれ, 終つてから, 給へと, 違へて, 違へる

▼ つて背中~ (17, 0.0%)

1 [17件] から追, がムズムズ, で, には重石, に三本, に跨らう, も胴, をざつと, をゆすぶり, を丸く, を二ツ三ツ, を刺す, を拭い, を摩する, を撫でる, を洗つて, を突かれる

▼ つて興味~ (17, 0.0%)

4 がある 3 ある對話 2 はない 1 ある典型, があり, がなくなり, なし諸事旅, のある, のない, の多い, を持たれず

▼ つて行動~ (17, 0.0%)

2 するの

1 [15件] から行動, が抑圧, したかつた, したわけ, した人達, して, しないといふ, すること, するならば, するに, するもの, するやう, する範囲, せられる検察庁, を起さね

▼ つて~ (17, 0.0%)

4 へた

1 [13件] す小さな, ふるもの, へさせた, へたい, へたかつた, へてゐる, へて来ます, へられ, へること, へる戯作者, へんこの, へ出ました, へ次に

▼ つて~ (17, 0.0%)

7 かない, かなかつた 2 きません 1 きませんでした

▼ つて遊び~ (17, 0.0%)

2 に出, に行つて

1 [13件] にも仕事, に来た, に来る, に行つた, の途中, まはり, まわつて, をする, を覺, 出した, 廻らう, 廻ること, 戯れて

▼ つて~ (17, 0.0%)

2 つた位, つて呉れ, つて来た

1 [11件] つたお, つたのである, つたのに, つて, つても, つて下だせ, つて來た, はされた, はした, 瀬の, 違ひ

▼ つて邪魔~ (17, 0.0%)

6 になる

1 [11件] してるわ, するの, つ氣, であるやう, ですわ, でも寐, なもの, ならど, をした, をしよう, をする

▼ つて食事~ (17, 0.0%)

3 をする 2 をし, をした 1 するの, だけをし, と眠る, の折, の時間, やら寝台, をすまし, をすませ, を済ませ, を濟

▼ つて~ (17, 0.0%)

4 け出した 2 け付けた

1 [11件] けつけた, けてお出で, けて來, けて行きます, けめぐり, け出しました, け拔, け込む, り立てられるので, り立てられるもの, り立てられるやう

▼ つてあんまり~ (16, 0.0%)

1 [16件] い, いいお天気, お目にかかる機会, お見え, しちや, なん, むきに, 上手でも, 俺達が, 側へ, 早口に, 目鼻の, 脚を, 酷いこと, 露骨に, 馬鹿に

▼ つている~ (16, 0.0%)

2 ような, ように

1 [12件] かも知れない, ことを, というとき, のに, やさしい微笑, ようすである, ようでした, ヘルナーの, 国民学校二年生の, 外に, 女たちの, 所へ

▼ つてからに~ (16, 0.0%)

3 しよう 2 して

1 [11件] ある但し, しといて, しなければ, しませう, しようぢ, しようと, しろ, なさい, 後来花の, 有る但し, 素直でない

▼ つてかれ~ (16, 0.0%)

1 [16件] の作品, の勇者, はよく, は僧衣, は声, は庫裡, は思, は手習, は無理, は立上, も慈雲, らの, らも, を目送, 等に, 等は

▼ つて~ (16, 0.0%)

1 [16件] つくりと, てえられ, どつ, どつてこと, なな, はいとこ, はご, はれ掛つた椅子, ぼる, やう, やうか, やうそれから, やうと, やう叔父とこからは, やう喧しい, 奴殺し

▼ つてすこし~ (16, 0.0%)

1 [16件] は歌, は遠慮, リヴィエェルが, 不安で, 厚手の, 声を, 御休みなさい, 恥か, 手荒い仕事, 改まつた調子, 気を, 独断に, 笑つた, 腹を, 調子を, 黴の

▼ つてそれでも~ (16, 0.0%)

2 留めるの

1 [14件] まだ言つて, やつと, オヤスミとだけ, 分らぬ処, 勇気を, 堪へて, 家の, 島の, 恥かし, 戯談の, 戻つて, 櫻川への, 渠は, 道に

▼ つてたら~ (16, 0.0%)

1 [16件] いまごろは, え, えらいことしな, おやぢ, こんなところ, まだ生きてた, まるで, やがて両方, やがて坂, わたしなんぞ, 先生が, 先生達が, 危なかつ, 坊ちやんが, 横浜へ, 遅くな

▼ つてどうせ~ (16, 0.0%)

1 [16件] ろくなもんぢ, 今俺の, 今夜も, 勝ちつこ, 変な, 帰つたつて用は, 彼方へ, 手では, 碌な, 解りは, 誰かと, 誰も, 貴公を, 顏は, 駄目だ, 驛遞馬だらう

▼ つてどんなに~ (16, 0.0%)

1 [16件] か頼み, だましても, でも, 仕合せかと, 僕の, 大きいの, 強くはつきり, 待兼ね, 暮して, 脈を, 萬物が, 解釈した, 賑やかだ, 贔屓目に, 違ひ, 頭を

▼ つてねえ~ (16, 0.0%)

2 おどろきましたよ, 貴方

1 [12件] お前さん何一ツ不自由の, くす, すつかり不貞腐れ, でないと岡田さん, どうも, よう, 一度来, 君こ, 昨夜は, 本当に私, 栄ちやん, 毎日毎日炉傍に

▼ つて~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] あのおかみさん, いやだ, さう, さりと, しやんば, そんなに慍, ち, つかりゐるの, なんか怖い, よう, 小米さんは, 御二人, 愛して, 駄目だ

▼ つてほんとに~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの方, い, おそろしい方, どういうかた, わからないの, 保護され, 兄さんは, 失敬な, 嬉しいの, 左様だ, 当てが, 愛してるか, 浮気を, 男の, 町内の, 驚いたやう

▼ つてまさか~ (16, 0.0%)

1 [16件] そんな亂暴, ソクラテスと, 乗合馬車の, 二十代の, 僕に, 十九や, 君折角, 希臘ばかしを, 我々の, 日本に, 日雇取, 牛乳の, 田丸家の, 自分で, 芝居の, 身賣

▼ つてまつ~ (16, 0.0%)

3 すぐに 2 しぐら

1 [11件] かに, かになり, くらい奧隅, さか, しぐらに狂氣, すぐな, すぐにこつちへ, すぐ滑り墜ち, てゐました, てゐる, 暗な

▼ つてみせ~ (16, 0.0%)

4

1 [12件] たりした, たりなに, てくれ, てもらつ, ても容易, てやらう, てゐる, て下さつた, て呉れ, て呉れる, らア, 悠然とコップ

▼ つてゐたつ~ (16, 0.0%)

2 てそれ

1 [14件] てこれん, てそれで, てたつた, てだめぢ, てどんなに, てひとつ, てま, て下さる, て仕方, て何, て此事, て為様, て犬ぢ, て縫

▼ つてランプ~ (16, 0.0%)

2 に火, のシン

1 [12件] がとぼされた, が吊された, で御飯, で照, なしには, の下, の心, の掃除, の芯, へ手, を持つ, を机

▼ つて~ (16, 0.0%)

2 の上

1 [14件] と谷, の下, の向, の眞中, の端, の頂き, の項, の麓, をおりました, を伝う, を傳つて來, を斜め, を昇つて, を駆け降りた

▼ つて~ (16, 0.0%)

4 岸の 2 眼を 1 に岐, 乳を, 先生を, 掌で, 殿の, 腕で, 腕を, 袖を, 軍相引きに, 頬を

▼ つて何だ~ (16, 0.0%)

2 つてこの, つて関は, つて関ふも 1 つたらうし, つておなじ, つてかまは, つてこんな, つて一旦, つて叶はねえ, つて好い, つて毅然した, つて皆な, つて貸し

▼ つて何だか~ (16, 0.0%)

1 [16件] お腹の, がつかりし, その子, わかりやしない, 可笑しくなつ, 名も, 嘘の, 変に, 悲しくな, 牛の, 猪首の, 疑は, 知つとる, 私を, 自分は, 隠遁生活じみ

▼ つて何とか~ (16, 0.0%)

3 して

1 [13件] いい改善方法, お互, この場, してやらうと, しなきア, といふ村会議員, とつち, ならないもの, まとめて, 生きか, 育てるから, 話を, 資本が

▼ つて例へば~ (16, 0.0%)

1 [16件] お薬, ここに, それの, 任意の, 兒童が, 大したものぢ, 尚書の, 日本人が, 武人の, 玩具なら, 現在わが, 経済面から, 興亜奉公日といふ, 近代劇を, 鋸びき薪割り溝さらへ, 関西の

▼ つて~ (16, 0.0%)

5 かに出

1 [11件] かにはしご, かにまた, かに威霊, か仕立, に冷水摩擦, に庇護ひで, に情熱, に日本内地, に機嫌, に雪, に騒ぎだした

▼ つて~ (16, 0.0%)

3 へられて 2 はつて, へられた 1 の内容, はらなかつたもの, はらむ, はるもの, へて來, へられたもの, へられる, へるし, 承したと

▼ つて~ (16, 0.0%)

4 刻ばかり 3 里ばかり 1 刻, 刻はか, 刻も, 意識の, 挺小半挺とて, 棒に, 焦げにな, 焼けの, 難船の

▼ つて参ります~ (16, 0.0%)

32 の, よ 1 うち地獄谷への, から, けれども弟, つていふ意味の, とお, と不意, と横浜, と騒ぎ, 頃には

▼ つて困つ~ (16, 0.0%)

7 てゐる 3 て居る 1 ちや居んだ, ています, てしまひます, てひつ, てる所へ, てゐない

▼ つて~ (16, 0.0%)

3 の上

1 [13件] で出, に交つて, に移し, に縁, のくつ, のやう, は短い, は見る, をい, をかぶせ, を拂, を運ん, を除く

▼ つて堪らない~ (16, 0.0%)

3 んだ

1 [13件] ことの, この昼なか家, のであつ, のでもさ, ので往來, ものだ, ものよ, もんです, わ, 佳い物, 切り口上で, 後悔を, 照子

▼ つて好き~ (16, 0.0%)

2 でございます, でも

1 [12件] だと, でメトロ, とも嫌ひと, なこと, なの, なやう, な思索, な榎木, な水産動物, な物, な陶器, にならず

▼ つて如何にも~ (16, 0.0%)

1 [16件] して, よかつ, ゑらさうに鑑定の, 上品な, 不思議な, 世帶染みた, 冷たさ, 女らしい用語, 感心した, 桃山時代から, 梵語が, 温泉場らしい, 潟の, 爽やかな, 自分には, 自然な

▼ つて婆さん~ (16, 0.0%)

2 は俺

1 [14件] と二人, にねだつたら, に渡した, の傍, の前, の書いた, の處, の面倒, の顔, は家, は起ち, を叩き殺した, を安心, を慰めました

▼ つて~ (16, 0.0%)

2 はれて, やがる

1 [12件] がるやつ, がる勝, がる女, がる私, だし, でした, な気持, はれものの, はれようさ, ひぢ, ひは, ふの

▼ つて嬉しい~ (16, 0.0%)

4 やうな 31 お爺さんも, ことである, ことでした, ぢや, のよ, 事の, 恋仲に, 愉快さうな, 気が

▼ つて完成~ (16, 0.0%)

1 [16件] させて, された, されたから, されたそれ, された何, されるところ, され洗煉, したの, したやう, した継子虐待物語, すると, するに, せられたといふ, せる遺品, に達する, を見る

▼ つて小さく~ (16, 0.0%)

4 なつて 2 ふるへて 1 きざんで, なつてぶつ, なつてる, なります, なり何, 兩唇は, 疊んだ, 見え太鼓, 貫き通つて, 鎭座し

▼ つて帰り~ (16, 0.0%)

1 [16件] あくる朝, にも亦, にベーカリー, に些, に新宿, に自動車, に銀座, の遅い, はせん, をいそがせた, をいそぐ, をせき立てる, 他の, 又帰途, 行く影, 講説は

▼ つて~ (16, 0.0%)

10 ひて 1 がつて, ちに, ち良人, ひられた自殺, ふる, 張つた權幕を

▼ つて当時~ (16, 0.0%)

1 [16件] としては珍しい, のメロドラマ, の人, の俳諧界, の傾向, の光景, の全, の商業劇場, の文士, の病牀日記, の秩序, の難波, はひとかたならず, は魚, を偲ぶ, 已に高齢

▼ つて必要~ (16, 0.0%)

1 [16件] だ, である, であるが, でもあり, ないぢ, なこと, なの, なるは, な品物, な連鎖, な過程, に応じ, に應, の部分, はない, を感じる

▼ つて忽ち~ (16, 0.0%)

1 [16件] その利用, グウ, 又元, 又四五年, 害虫が, 恐ろしい敵, 時代遅れに, 晴れた, 死体を, 消えるやう, 病毒に, 相談が, 眉を, 見えず梅花道人鞍, 飛び出して, 高く眩しい碧空

▼ つて怒る~ (16, 0.0%)

3 よにゑ肝 2 のである

1 [11件] さ, ぢや, な, よ, わ, わけが, わけには, わけにも, んです, 奴が, 方が

▼ つて悲し~ (16, 0.0%)

3 かつた 2 げに, 気な 1 がつて, がるやう, さう, さうに唸つた, さうに眼を, さうに鳴い, さの, さを, 気に

▼ つて~ (16, 0.0%)

2 ながら恐ろしい

1 [14件] が愛する, ながら驚く, にいひ, にかへりたい, に告げる, は汝, まん, も我もと驅, をよろこばす, を中心, を忘れ, を愛せず, を欺むき八ツ, を迎

▼ つて~ (16, 0.0%)

3 へた, へてゐた 2 へ目 1 へておけ, へてゐ, へてゐる, へて居ります, へました, へ二つ, へ室, へ目とさ

▼ つて故郷~ (16, 0.0%)

1 [16件] に歸つたの, に立ち, に錦, の人々, の佐倉, の備中, へのクリスマス, へ帰つて, へ戻, へ歸, へ歸つて來, もあ, を出, を出る, を尋, を遠く

▼ つて校長~ (16, 0.0%)

2 の顔

1 [14件] に抱き付かう, のところ, の上, の永, の顏, は一寸, は一段声, は嘆息, は嘲つた, は校舎, は郡視学, も理想, も農民, よりも男女

▼ つて~ (16, 0.0%)

2 しむこと, になつ

1 [12件] かも知れません, しい目的地, しく心地よい, しまれて, しみきつて, しむの, しむ見物, し氣, なもの, に應, みで, んで居る

▼ つて~ (16, 0.0%)

3 りは 2 るもの

1 [11件] つたもの, つたら大福餅, りの, りを, り少く, るところ, るの, る一方, る六日半, る夕映, る多く

▼ つて~ (16, 0.0%)

3 はない 2 がある, はあるまい 1 ないくら, ないわ, はありません, はありませんや, はないです, はねえ, は正義, は無い, を説いた

▼ つて泣き~ (16, 0.0%)

2 ながら草, を入れ

1 [12件] ながら, ながらその, ながら布団, ながら釣台, に来た, ねいり, やがる, 入つた, 少しでも, 悲しみました, 私の, 聲や

▼ つて~ (16, 0.0%)

5 に入

1 [11件] が澄み, につかつ, にでもつ, に入る, の搖, はたぎり, をあび, をわかし, を使, を沸, を訊く

▼ つて特に~ (16, 0.0%)

1 [16件] その不孝者, その米國, 今迄, 優れた點, 冒涜され, 憂鬱さうな, 懇意に, 戲曲的な, 指すもの, 最近の, 病的に, 自己を, 読者の, 論爭が, 輝やかしい, 難解な

▼ つて~ (16, 0.0%)

3 り言

1 [13件] で, でに歩調, りで, りでとてつもない, りでゐるの, りで思ふ存分寢, りで飮, りぽ, り北, り眺めて, り稽古, り者, り諸

▼ つて玄關~ (16, 0.0%)

2 へ出る

1 [14件] から出, から廊下, で父子, に出た, に立つ, の前, の小, の扉, の方, の構, へ出, へ飛び出す, まで來, も居間

▼ つて~ (16, 0.0%)

2 を二つ, を市子

1 [12件] が飛ぶ, ばかりをあげ, をあげ, をかへす, をさす, を享, を取り上げ, を差し出した, を干した, を拭く, を甞め續けた, を重ねた

▼ つて~ (16, 0.0%)

2 を顰めた

1 [14件] に墨, に皺, のあたり, の跡, をし, をしがめる, をひそめた, をよせ, を垂れる, を寄せ, を寄せる, を落す, を額, を顰む

▼ つて知覺~ (16, 0.0%)

3 せられると 2 すると, せられた觀念 1 しこれら, した觀念, するの, する如く單, する筈, せられそして, せられたもの, せられるところ, せられ得ないといふ

▼ つて蘭軒~ (16, 0.0%)

2 に示した

1 [14件] が甲申, にあ, に寄, に託した, に識, の冢子榛軒, の妻益, の嫡子榛軒, の故, の親族, の養孫棠軒, は七月七日, は阿部家, を薦め

▼ つて見物~ (16, 0.0%)

5 して 2 は明日 1 がザワザワ騷ぎ, がドツ, したので, し翌日, にやつ, に媚びる, の喝采, を, を惹きつける

▼ つて話した~ (16, 0.0%)

4 のが 3 ことも 1 あの頃, といふが, のである, のは, ものも, 事は, 以上は, 後にも, 時に

▼ つて読ん~ (16, 0.0%)

4 だり書い 3 でゐる 2 で見た 1 でくれない, でみる, でも見ない, でゐた, で呉れ, で見, で見る

▼ つて起つ~ (16, 0.0%)

5 て來

1 [11件] ことが, ことを, たり起らなかつ, てもその, て投げ, て来, て来た, て舞, て行く, ときお, もの豈

▼ つて軽く~ (16, 0.0%)

2 お辞儀を

1 [14件] なるの, 一蹴する, 健全な, 御辞儀, 成るかとも, 礼を, 笑つた, 糸で, 背を, 自分を, 頷いた, 頷いて, 額を, 首を

▼ つて逃げる~ (16, 0.0%)

5 やうに

1 [11件] かもしれない, が如く, ことも, つもりだらう, つもりな, ところを, のは, 将門は, 思案も, 筈は, 訣ぢや

▼ つて~ (16, 0.0%)

4 つぱらつてさ 3 つ払 2 つ払つて, ふ物 1 つたやう, つぱらつて浅草, つ払つて唄, はせる, へば前

▼ つて~ (16, 0.0%)

1 [16件] がいい, が憎く, とむかつて, に仄か, はどう, をそむけ, を上げ, を使つて, を打つた, を持出した, を掠める, を曝す, を棄て, を背け, を脱ぐ, を被

▼ つて~ (16, 0.0%)

2 の形, を結

1 [12件] に留つた, をい, を切, を刈り, を刈りたく, を口, を抑, を振り, を散らす, を洗つて, を結つた時, を結つて

▼ つて默つて~ (16, 0.0%)

3 ゐた 2 しまつ

1 [11件] その運命, ばかりゐた, ゐたところ, ゐたのよ, ゐました, ゐられなくなつ, ゐると, 並ぶ, 居た, 居たん, 居る

▼ つていま~ (15, 0.0%)

2 はもう

1 [13件] すぐロダン, ではきん, では清々, でも胸, にも倒れ, はいかにも, はのきわ, は子供ごと背負, は通, ひ升, までちつ, までの雰圍氣, 思ひ出しても

▼ つてかかる~ (15, 0.0%)

2 のを

1 [13件] から妾, のです, 処四郎兵衛に, 危急き, 地位を, 妹を, 始末な, 思想に, 斬新なる, 本質については, 概念は, 死の, 激しさ

▼ つてくん~ (15, 0.0%)

73 ねえか 1 さいませ, ですよ, なつたらそこ, なよ, ねえ

▼ つてこいつ~ (15, 0.0%)

1 [15件] が遠慮, てねーやにお, は, はいくら, は何, は何とか, は内々溜飮, は夜なか, は怖い, は水, は確か, は親, は驚く, を打つ, を捻つたら

▼ つてこれら~ (15, 0.0%)

2 の文章

1 [13件] のこと, のはたらき, の人々, の人たち, の作品, の古典画家, の性質, の機関, の活動, の状態, の葉, の関係, を經典

▼ つてすら~ (15, 0.0%)

3 ふつに

1 [12件] いい, いやみじめ, こんなところ, ゐたの, 原始の, 古ぼけた摂政, 彼は, 有り得ない場合, 未だに芸人扱, 殺人が, 言葉も, 鬼が

▼ つてちよい~ (15, 0.0%)

1 [15件] とからかつて, とその, との手間, とやつ, と乙, と出した, と好い, と封じ目, と小, と押せ, と深川西町, と相談, と腰, と見た, と覗い

▼ つてなほ~ (15, 0.0%)

1 [15件] かつこれ, ざりに, したんぢ, して, その傾向, も再び, も夢想, も奇天烈, も幾, も眼, も針, 厳しく叱つた, 有り難, 棄てがたい, 飽きたらぬ巨獣

▼ つてなんか~ (15, 0.0%)

2 いないわ

1 [13件] ゐずに, ゐないだらう, ゐないよ, ゐないわ, ゐないわね, ゐませんよ, ゐられるもの, ゐるもん, 居ませんが, 居やしないよ, 置けない性分, 貰ひたくない, 食つて寢る

▼ つて~ (15, 0.0%)

3 んな 2 ツへ 1 うきん, え, えけ, たばつて, つてし, へへとあざ笑つた, りを, んだらう, んに, 名です

▼ つてみた~ (15, 0.0%)

3 ところで

1 [12件] あの箱根, がいつも, がべつに, けれども人, ことは, といふ, といふ忙しい, と出, のである, まで, んかね, んだ

▼ つてよう~ (15, 0.0%)

4 がこの

1 [11件] か, ございますよ, ございますわ, ござるよ, ござんす, と迷惑, 儲からんと, 太れへんのど, 御座いますぜ, 聞きやれ, 覺えて

▼ つてゐなさる~ (15, 0.0%)

4 でせう 2 のかね 1 かも知れません, くらゐだ, だけの給金, のは, やうだ, んぢや, んぢやらう, んで, 通りだ

▼ つてガラツ八~ (15, 0.0%)

1 [15件] ががつかりし, がやつ, が繪, に挨拶, に掴み, の八五郎, の長廣舌, はいきなり, はこの, は往來, は息せき切つ, は挨拶, は頭, は首, を追

▼ つてホツ~ (15, 0.0%)

8 とした 2 と安心, と息 1 とする, と溜息, と胸

▼ つて上京~ (15, 0.0%)

3 して 2 した, する時 1 しただが, したといふ, したのに, しは, しました, し一先づ, するまでの, の準備

▼ つて不安~ (15, 0.0%)

4 になつ

1 [11件] が感じられた, が自由, であつ, でならなかつた, で不定, と戦, な気, になり, らしい様子, を増した, を誘ふ

▼ つて~ (15, 0.0%)

4 の腕

1 [11件] た晩泊つて, た月, た眼, た釣瓶, つとない, では無い, ないもの, なきもの, を知らぬ, を知らぬなり, 無きもの

▼ つて今夜~ (15, 0.0%)

2 の御

1 [13件] から妾, こそは仕事, の君位熱心, の樣子, の汽車, の返事, はお前, は俥屋, は泊り, は緑色, は阿, も妹, も屹度向う

▼ つて休ん~ (15, 0.0%)

6 でゐる 1 でくれ, でて下さい, でもら, でも構, で下さい, で居, で居た, で御, で行け

▼ つて俳優~ (15, 0.0%)

2 の演技

1 [13件] が戯曲, が特に, が舞台, とかダンサア, のやう, の優れた, の心理表現, の表現能力, は初めて, は劇作家, は常に, も亦, を生徒扱

▼ つて個人~ (15, 0.0%)

2 にはない

1 [13件] あるの, が制約, が根本, ではない, といふ最も, としての同情, の場合, の所有, の権力, の資本投資, の趣味, の趣味好尚, は自分

▼ つて~ (15, 0.0%)

1 [15件] なもの, な崖, にうち出づる風趣, にその, に切ない, に十年, に喜ん, に我慢, に氣品, に消え, に自ら支, に自信, に自分, に茶殻, に西

▼ つて兩手~ (15, 0.0%)

1 [15件] で叩い, に顏, のサツ, の恐ろしい, をひろげ, を以て喧嘩, を合せ, を固め, を振り, を揃, を揉み合せ, を疊, を突く, を膝, を見る

▼ つて其上~ (15, 0.0%)

2 に薄く

1 [13件] から笠, でお出かけ, で勧められた, で外国, にも雪, に一段, に低く, に油, に端艇, に集る, へ乘つて十日位, へ墨, 過勞

▼ つて出かけた~ (15, 0.0%)

3 のは 2 といふ二人 1 がいつも, ことは, さうなん, そして沙魚三十尾, その工場, のが, のであつ, やうでございます, 留守だつた, 筈だ

▼ つて出発~ (15, 0.0%)

3 した 2 する 1 いたしましたが, が午前三時, したが, したの, し同時に, すること, するといふまでの, する私, なさい, は午

▼ つて別れ~ (15, 0.0%)

1 [15件] てから一人, てしまう, てしまひ, てゆく, て仕舞, て帰つてきた, て行きました, て行く, の奇妙, の辭, はしなかつた, やうかと, やうと, を告げた, を言つて

▼ つて別段~ (15, 0.0%)

2 深い考

1 [13件] な説明, にあて, に特, のこと, の興, 其行先を, 変つた, 子芋, 後悔の, 父の, 笑ふ, 至難の, 誰から

▼ つて叔父~ (15, 0.0%)

2 の知合, の袂

1 [11件] が皆, が直ぐ, が隆造, つていう, と母, に言, の仕事, の家, の後, の病気, を殺した

▼ つて~ (15, 0.0%)

2 弟の, 枯蓮の

1 [11件] だ一歩, の筈, は出しません, 一息に, 刺戟の, 恐ろしく僻んだ, 斯う, 滅茶苦茶に, 茫然として, 西側の, 靜かに

▼ つて台所~ (15, 0.0%)

3 の方 2 へ立つ 1 から上つて火鉢, から庖丁, から茶の間, で俎板, と物置, に下り, の調理, へ立っ, へ走, を探し

▼ つて~ (15, 0.0%)

2 を絶つた

1 [13件] が助, が惜しい, の下る, の惜しく, よりも大切, をつなげる, を助けられた, を執らう, を失ふ, を投げ出す, を狙, を繋い, を落す

▼ つて喧嘩~ (15, 0.0%)

2 でもある, をし, を吹 1 の絶え間, や人, をしかけた, をした, をしなさい, をする, をするで, を吹かけ, を始める

▼ つて国民~ (15, 0.0%)

1 [15件] がついて行く, としての成功, に一つ, に親しまれる, の代表, の指導者, の活動面全体, の渇, の為, の閣下, はあまり, はこの, は彼, を率, を誤る

▼ つて~ (15, 0.0%)

1 [15件] となり, の半, の政治, の生産, の隣家, へお, へもどつ, をも押し流し, を作りまし, を作り始めなさいました, を出, を建てた, を樹, を背負つて, を讓つたこと

▼ つて堅く~ (15, 0.0%)

3 口を

1 [12件] お讓, その場, なつた表情, なつて, 乾燥した, 口止めを, 唇を, 唇をと, 妻の, 容喙を, 断つたが, 斷つた

▼ つて宗助~ (15, 0.0%)

2 の方

1 [13件] にはわざと, には毫も, の薦める, は久し, は先達て話, は出掛けた, は挨拶旁屋賃, は横, は眉, は笑つて, は苦笑, も遂に, を笑

▼ つて富岡~ (15, 0.0%)

1 [15件] から煙草, が白い, と同じ, と逃げたい, のハガキ, の後, の膝小僧, はゆ, は女, は宿, は松井田, は林檎, は棒, へ対し, を眺めた

▼ つて寒い~ (15, 0.0%)

2 風が

1 [13件] ことも, ぬかるみ, ので一枚, ので今日, ので父, 井上さんから, 北風の, 時節に, 暮れてからは, 町を, 色が, 雪でも, 風を

▼ つて~ (15, 0.0%)

2 氣で, 氣な

1 [11件] あやまりに, ばつて, べつたい, べつたく, 假名の, 氣に, 淺と, 穩だ, 穩で, 穩に, 穩借金とりも

▼ つて平凡~ (15, 0.0%)

2 なる歌

1 [13件] ですが, な, なこと, なもの, な唯, な少々, な正直, な第, な腰弁, な道樂者, に下り, に死ん, の如く

▼ つて徒ら~ (15, 0.0%)

2 に目

1 [13件] にヰト, に其功, に彼等, に愉快, に感激, に慰安, に生命, に空虚, に見物, に鞭打つ, に頭, に額, に風俗

▼ つて~ (15, 0.0%)

2 た二階, た私

1 [11件] た人家, た外, た振返つて, た故, た詛, た起きたら背負子, ること, 始まるところ, 張るといふ, 被すれ, 錬るを

▼ つて恐らく~ (15, 0.0%)

1 [15件] この方面, この生命, 不朽の, 何等かの, 延喜の, 彼我立場をか, 戰國の, 日本が, 日本における, 本染, 現在の, 私は, 蛇足である, 西洋の, 説明の

▼ つて慰め~ (15, 0.0%)

3 てゐた 2 て下さる, て呉れた 1 たり佛前, ても石, てやれ, て上げ, て呉れる, て居る, でなくその, や勵まし

▼ つて戻る~ (15, 0.0%)

3 者も

1 [12件] あゝ亡き, いのちを, たびに, と家, と静岡, 御飯蒸器では, 昨日わざ, 昼顔は, 路が, 身心何となく, 野の, 金木犀の

▼ つて~ (15, 0.0%)

4 つた 2 わつた 1 たれた一, つたさ, つたん, られたと, られたわけぢ, わつたさうだ, わつて, わられて, わる

▼ つて~ (15, 0.0%)

2 のある

1 [13件] がもう, が大, が訪れる, だつて, だつてほん, の外套, の展望, の水, の祭り, は村, まで延ばし, も暮れよう, 迄も消えず

▼ つて昨夜~ (15, 0.0%)

2 の事, の樣子

1 [11件] からベンチ, から敷きつ放し, この路地, のお, の現場, の話, は亥刻, は其處, は外, は威勢, は寢

▼ つて曲者~ (15, 0.0%)

1 [15件] が入り, に繩, の入れる, の姿, の本領, の殘, の身體, の面上, はお, はパツ, は素手, も八五郎, を引入れる, を擧げよう, を追

▼ つて未だ~ (15, 0.0%)

2 其様な

1 [13件] 今度の, 其厨子の, 十分に, 善本の, 存命し, 定まれる形, 家にも, 尽きなかつた, 手当を, 石地蔵ほどの, 究竟の, 筐底に, 若い青年

▼ つて~ (15, 0.0%)

1 [15件] から羽目, が開き, にもたれる, によりかかつ, に依り, に凭つて, に凭れ, に括り附けた, に絡む, のやう, の上, の折れ釘, や棟木, を建てぬ, を廻る

▼ つて案内~ (15, 0.0%)

3 して

1 [12件] され紹介, した, したが, したの, しようかと, に分れた, に立つた, をいそがせ, を乞う, を乞うた, を通じる, を頼む

▼ つて正面~ (15, 0.0%)

2 の帳

1 [13件] からジッ, から向, から問題, から攻撃, から斬りつけた, から返答, に坂道, のはしご段, の川, の時計, の最, へ廻つた, をきり

▼ つて殊に~ (15, 0.0%)

1 [15件] これまで, その小説, それが, わが国の, 上方風の, 其中心勢力に, 妙を, 徳川の, 支那人は, 歴史を, 綾を, 蠶絲の, 賦頌を, 阮元の, 青年にと

▼ つて毎日~ (15, 0.0%)

2 ぽろぽろ涙

1 [13件] おなじ道, がやりきれない, きまつて, どんなにし, の新聞, やつて, を愉快, 出かけて, 守られて, 拝んで, 書いて, 来ること, 焦りぬいて

▼ つて海岸~ (15, 0.0%)

2 の方, へ出る

1 [11件] で拾つた小石, に陷沒地, の村, の欄干, の砂地, へ出かけた, へ出た, へ打ち寄せる, まで送, をほっつき, を行

▼ つて~ (15, 0.0%)

4 まなかつた 3 まない 2 まねえ, みません 1 した, ませる, むことさ, むことでは

▼ つて然るべき~ (15, 0.0%)

2 筋の

1 [13件] だが, だと, であらう, である, と思ふ, のが, ものだ, 事と, 時機であり, 男である, 程に, 筈の, 能力が

▼ つて~ (15, 0.0%)

1 [15件] かつた, がさめ, がまだ, が浮いた, さが, するやう, つぽく, で蝋燭, に対する収縮, に魘される, のある, の感覺, を持つてる, を計る, 祷を

▼ つて~ (15, 0.0%)

1 [15件] にむかつ, のぢ, のやう, の八公, の前, の名, の尾, の頭, の首輪, ばかり見, や猫, より出世, をひい, を射る, を抱い

▼ つて生命~ (15, 0.0%)

1 [15件] が危ない, が惜さ, が維持, の, のある, の如く, の存在, の方, の根柢, の緊張, の障礙, は物理學的, を下さつた, を拵, を盛り返した

▼ つて盛ん~ (15, 0.0%)

2 に揶揄

1 [13件] であつ, な所, な砲撃, な精進料理, にその, になつ, に乾盃, に亭主, に弄ばれた, に感情, に手, に火, に芸術

▼ つて相談~ (15, 0.0%)

6 して 1 した, したいといふ, すると, するん, せう, の上, もしなけれ, をし, をした

▼ つて眺める~ (15, 0.0%)

2 のであつ, よりは風流人

1 [11件] うちに, が直ぐ, とまるで, とツイ, と昨日, と此時, と眼下, と硝子窓, と銀杏, ま, 気持を

▼ つて~ (15, 0.0%)

2 の中, の明いてる

1 [11件] から出, から奔注, があい, つ子, にも入りたく, のあいた, のあか, の口, の開, をあけた, を掘り

▼ つて~ (15, 0.0%)

2 もない

1 [13件] が有る, だから, となつ, なきわれ, に伏した, に陥す, に陷, の償, の有, は旅行, を按じ, を淨めん, を赦す

▼ つて規定~ (15, 0.0%)

4 されて 2 されるもの 1 されたもの, された現, されてを, される, されるから, されるであらう, される性質, される行動, せられて

▼ つて認識~ (15, 0.0%)

2 は可能

1 [13件] が実際, される, されるであらう, すると, せられた眞理, せられること, の一種, の内容, の本質, はない, は一定, を契機, 本來

▼ つて警察~ (15, 0.0%)

1 [15件] が干渉, だつて, ではちやん, で保護検束, とす, のヘンダスン大佐, の人, の内幕, の協力, へまで引出され, へ呼び出された, へ引つ, へ行く, へ謝つて, へ頼ん

▼ つて買つて~ (15, 0.0%)

2 呉れた喰

1 [13件] おもらひよ, お帰り, もらつて, も可, やるぢ, やるん, 出た主人役, 来たの, 来たのよ, 来たん, 来た本, 来た酒, 置いた酒

▼ つて賑やか~ (15, 0.0%)

2 な道頓堀, になつ

1 [11件] だ, だつたの, だ時々, でいい, で好い, なほど, な家族, な温泉, な紫色, な足取り, に夜

▼ つて走る~ (15, 0.0%)

2 が如し

1 [13件] が如く, ことは, と何處, ので川, よと見る, んでせう, 一滴の, 中橋の, 人の, 朱の, 気持という, 汽車が, 蒸汽船と

▼ つて起き~ (15, 0.0%)

4 上つた

1 [11件] て, てさ, てどこ, ては遅く, て襟元, て見る, 上が, 上つて井戸端で, 上つて戦は, 上り犬を, 出で

▼ つて~ (15, 0.0%)

2 はせて, ひに, ふこと 1 つたこと, つたとたん, つたり, はう, ひました, ひましたが, ふ事, ふ人ごと, へない

▼ つて遠い~ (15, 0.0%)

2 所は

1 [13件] ところから, の, 先祖の, 土地へ, 外国の, 姻戚に, 所に, 所へ, 昔から, 町から, 花見の, 身寄は, 郊外に

▼ つて随分~ (15, 0.0%)

2 心配しました

1 [13件] いやな, と慰安, な悪, に目, 云ひました, 喰ひ, 変な, 怖ろ, 沢山な, 深い地, 苦労した, 道も, 長い事

▼ つて飲む~ (15, 0.0%)

1 [15件] ことを, だけの十銭, といふ品物, とき時々, ところに, な, のが, ほどに歩く, ほどよく, 事が, 今夜も, 日が, 時ばかり, 酒位ゐ, 酔ひしれ

▼ つて~ (15, 0.0%)

2 と呼ん, のはう

1 [11件] ごつこ, ではない, になつ, にもいろいろ, の眼, の重三郎, の顔, の首, や天狗, や蛇ぢ, をやらうた

▼ つて黙つ~ (15, 0.0%)

2 てゐられない, て居る

1 [11件] ている, てお, てしまひました, てしまふ, てました, てまた, てみ, てるといふ, てゐられません, てゐる, て子供

▼ つてあんなに~ (14, 0.0%)

2 憎んで

1 [12件] ゐるん, 云つてゐた, 凜たる, 好く眠つて, 妙な, 意気地が, 慌てたの, 柔しい, 澤山證據が, 笑ふんだい, 見つとも, 醉つ

▼ つておの~ (14, 0.0%)

6 づから 1 づからハラン, づから上, づから君, づから周囲, づから手, づから明, づから暗誦, づから経済的生活

▼ つてお辞儀~ (14, 0.0%)

6 をした 3 をし, をする 1 をしました, を返した

▼ つてきつ~ (14, 0.0%)

1 [14件] として可, とやります, と三人目, と力, と口, と型, と親爺, と重い, と非常, ぱりと斷つた, ぱりと秘し通し, ぱりと言ひ切つた, ぱり拒絶け, ぱり止めた

▼ つてさうな~ (14, 0.0%)

3 んだ 2 んで, んです 1 つたといふ, つたのでなく, つたら全く, のかも, のだ, のでありまし, んだらう

▼ つてたまらない~ (14, 0.0%)

2 と云, 一種の 1 いけないいけない, からいきなり, から一座, から私, ことが, のだ, やうに, よ, 事が, 癖に

▼ つてつまらない~ (14, 0.0%)

1 [14件] からね, ことばかし, と云, と思ふ, のね, わ年, んです, 事の, 事まで, 侮蔑を, 愛国心や, 手柄を, 細工を, 虫の

▼ つてなかなか~ (14, 0.0%)

1 [14件] できないわ, の凄腕, の才女, ハイカラだ, ロマンチツクで, 出来上りが, 動かさうと, 動きさうに, 好いもの, 捉へ, 男勝りだ, 翻訳の, 落ちないが, 起して

▼ つて~ (14, 0.0%)

9 よいと 2 げを 1 さの, ざかりでも, をし

▼ つてやらなけれ~ (14, 0.0%)

3 ばならない 2 ばならなかつた, ば何時 1 ばならぬ, ば一つ, ば可哀想ぢ, ば承知, ば時, ば父さん, ば馬鹿

▼ つてやん~ (14, 0.0%)

2 だい, や 1 ぞ赤まんま, ちやな, ちやらしくひ, でい, なよ, べ, べい, べか, べぢ, べなんていふ

▼ つてゆき~ (14, 0.0%)

1 [14件] かくして逆, かくて, かぢ, さうである, そこの, そしてこれ, なり, ほかの, むかふに, 夜にな, 或る, 易いやう, 最後に, 足場ロツプを

▼ つてゐたらう~ (14, 0.0%)

3 と思はれる 2 と思ふ 1 か, かその, がおれ, がそれら, と思つた, と推察, と考へる, ね, 顔を

▼ つて一同~ (14, 0.0%)

2 がまた, と一緒 1 から所謂, がまだ, が席, が手分け, ぞろ, に鷹見, を病室, を見廻した, を驚かせた, 逆雪頽

▼ つて一本~ (14, 0.0%)

1 [14件] いた, つけた, に終る, のい, の凧糸, の牛乳瓶, の綱, の職人, の脚, の雪けむり, の鼻毛, を磨る, 持つて, 点けて

▼ つて亭主~ (14, 0.0%)

2 の側

1 [12件] が漁, と北海道, と口, と相談, にばかり頼つて, に死, の分, の心, の爺さん, は山越, は考へ, をだまさう

▼ つて以前~ (14, 0.0%)

1 [14件] あつた, から見れ, にもわたし, のまま, のやう, の健康, の如くこせ, の染五郎, の美し, はこれ, は何, は青い, よりも本当, 坐つて

▼ つて作家~ (14, 0.0%)

1 [14件] その人, だつて, としての彼, としての心構, としての私, として舞台, になつて, に媚びる, の作品, の思想, の意識, の方, はそのまま, は秘密

▼ つて充分~ (14, 0.0%)

1 [14件] その時代, なぐさめられるやう, ならざる, な意識, な湯浴み, に土佐, に演, に知的, に絵, に證, に證明, に遣る, に郷土, 記憶される

▼ つて~ (14, 0.0%)

3 つた 2 の増し 1 が蒼く, とも匂ひと, の明暗, の澱んだ, を増し, を増す, を放つ, を求め, 次第に衰

▼ つて入る~ (14, 0.0%)

4 と尼 2 と中 1 とあれ, とその, と三年, と炉辺, にも及ばない, のは, んだ, 奴が

▼ つて其方~ (14, 0.0%)

2 のお

1 [12件] が好い, が氣, に充分, に相談, の印刷物, の所置, の方, の談判, へ行かう, へ行つた方, よりは此方, を見る

▼ つて別れた~ (14, 0.0%)

3 のである

1 [11件] がひとつ, が富岡, そうじ, ところである, などと思つて, のでありました, のを, んです, ンぢや, 男の, 神谷は

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 來の, 詞章を 1 を攻むることが行, 來その, 來人物評を, 來殆ど, 沼の, 義堂を, 義神道を, 蚊帳の, 醫書に, 青磁の

▼ つて~ (14, 0.0%)

1 [14件] なじこと, んなじ, 乘し, 人宿元へ, 位置で, 先生から, 國一ノ宮の, 地方の, 樣です, 樣に, 法案の, 病院で, 益社の, 程度に

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 はつた

1 [12件] が忘れかね, つた, のある, のない, はつて, はへる, ひ尽しそれから, ふこと, もそつけ, をなくし, を占めた, を見

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 まる

1 [12件] つたち, つたな, つた人が, つた困, つた顔で, つてし, つてゐた, つてゐます, つてんだ, つて了ふつて, つて身動きも, 學紀聞の

▼ つて地上~ (14, 0.0%)

1 [14件] からの蒸気, から引張り開けられる, があまりに, に倒れ, に活動, に置き, のこと, の極楽, の物象, へぶつ, へ落ちる, へ降り, もある程度, を透し

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 の日

1 [12件] だけそこ, となつ, のま, の夜, の夜店, の大, の生々し, の蟲, の釣り, の雨, ほど魚, より後

▼ つて大声~ (14, 0.0%)

1 [14件] で何, で向, で呼んだ, で喋りまくる, で怒鳴, で旦那, で笑, で笑つた, に泣き, に笑, の会話, を張り挙げ, を挙げ, を揚げ

▼ つて~ (14, 0.0%)

4 かつた 2 いくらゐ, 加減に 1 かつたこ, ささうな, な物, 材料を, 機嫌二つ返事折かへ, 結果を

▼ つて好く~ (14, 0.0%)

2 其間に

1 [12件] あいつ等を, ない結果, なる人, はない, は読めない, 発育した, 眠るよ, 知つてゐます, 見ると, 解らなかつた, 読んで, 響く面白げ

▼ つて実際~ (14, 0.0%)

1 [14件] の情勢, の生活感情, は, はその, はまだ, は却, 凍氷, 家では, 彼女の, 的な, 真珠の, 舞台にか, 返事の, 頼れて

▼ つて寝る~ (14, 0.0%)

2 のが, のは 1 からと言, とすれ, ので彼等, ばかりさ, より早く, 事た, 春の, 気に, 積りだつた, 足の

▼ つて居よう~ (14, 0.0%)

2 が居まい

1 [12件] か子供, といふ仁體, とした, とは, とは思はなかつた, とは氣, と少し, と思, と思つて, と言うた, と言つた人柄, なんてそんな

▼ つて~ (14, 0.0%)

1 [14件] から一歩, となりました, に贈, に風情, のやう, の彼方, の方, の畝, の磯方, へ渡つた時, へ渡つて, へ渡る, めぐりを, を横切つ

▼ つて強く~ (14, 0.0%)

1 [14件] てお, マツチを, 人の, 働いて, 出られなかつたか, 夕立する, 少年の, 心を, 感じられて, 支へ, 然かも, 突込んで, 自己の, 舷を

▼ つて必ずしも~ (14, 0.0%)

1 [14件] いやな, レパーだ, 一定しない, 人間の, 人間は, 僕の, 支那ばかり, 文人に, 正しいもの, 此時に, 深浅を, 画の, 相手に, 美的要求から

▼ つて怒つ~ (14, 0.0%)

3 てゐる 2 てお 1 たりする, たり何, たり冷やかし, たり恨ん, たり苛め, ていられました, ておく, てる, て何

▼ つて我等~ (14, 0.0%)

2 の本質

1 [12件] が他, が教養, に塗付ん, に深刻, の師, の性格, の發見, の美感, の進ん, はその, は我等, は理想

▼ つて戴きたい~ (14, 0.0%)

2 んです

1 [12件] からであります, ことが, といふ, と云つたの, と思ふ, と申しますです, なんてお, のであります, のです, ものです, もんで, 希望から

▼ つて支配~ (14, 0.0%)

7 されて 1 される, される意志表示, して, するもの, する人, す可, せられたもの

▼ つて来たらしい~ (14, 0.0%)

1 [14件] と聞い, のであります, や, クワバラ, ンだ, 山高帽を, 栗毛は, 様子, 漁夫も, 燕が, 白い前, 者の, 草鞋を, 風来の

▼ つて~ (14, 0.0%)

4 の中 1 から村, としてゐた, のなか, の家, の方, の木, の獣達, や小川, や野原, を通り拔

▼ つて樣子~ (14, 0.0%)

5 を見 1 が變, をお話, をみ, を尋問, を探, を殘ら, を聽, を見たら, を見張つ

▼ つて殺し~ (14, 0.0%)

2 てし, てやる, て下さい 1 たりする, てくれ, て上げませう, て来よう, て歩いた, やいいじ, 落しの, 遺言状を

▼ つて気持~ (14, 0.0%)

2 が悪く

1 [12件] がだんだん, がよかつ, がわるく, が好く, なの, のいい, のよい, の好い, よくその, よく食事, をととのへたかつた, を強く

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 のやう, の如く, の玉 1 が結ん, となつ, となり, の明り, はこの, や牛乳, を一杯, を鑄

▼ つて永遠~ (14, 0.0%)

1 [14件] といふ, といふ過大, にあなた, にすべて, に価値, に失はれ, に悲しみ, の復讐, の愛, の生命, の眞理, の苑, の語り草, よりの墜落

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 の端

1 [12件] に浮い, に落, に飛ばう, に飛びこみ, のなか, の上, の中, の岬, の方, の水, を一週, を半分

▼ つて沢山~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある, あるん, なの, な出品, な姫様達, な御馳走, のお, のこと, のトンネル, の人, の写絵, の錦木, の雇人, 死んで

▼ つて泣いた~ (14, 0.0%)

2 と富太郎, のである 1 あとの, がその小さな, といふ話, のであらう, ので睫毛, ものです, やうだつ, やうな, 女の, 跡で

▼ つて~ (14, 0.0%)

1 [14件] が鳴い, だつて草, であるの, のくら, のやう, の怠る, の番, の草喰, や馬, を勵, を引き出す, を拵, を殺す, を追

▼ つて現れ~ (14, 0.0%)

5 てゐる 2 て来る 1 てき, てこの, てそれで, ては折角, てもそれ, て居る, て来た

▼ つて生れ~ (14, 0.0%)

2 て來, て初めて 1 てそして, て以来, て始め, て来た, て来る, て百日, ながらに喧嘩, 出た, 出た説明, 次に師匠

▼ つて當時~ (14, 0.0%)

1 [14件] にし, のヨーロッパ人, の交通, の宗教界, の思想上, の日記, の會津, の朝廷, の模樣, の社會, の記録, の諺, は非常, 元白體

▼ つて~ (14, 0.0%)

7 の上 1 つづきの, で額, に手, に額, に顏, の燒, へ落ちた

▼ つて病院~ (14, 0.0%)

1 [14件] で母, に歸つた, の一室, の医者, の受附, の官宅, の方, の長い, はどこ, へ入, へ入れた, へ歸, まで行かない, を出

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 きに

1 [12件] き又, き引ツ, な人, に飛出し, 分れも, 助だ, 助は, 白な, 覺的にばかり, 觀的である, 觀的に, 起き上

▼ つて直ちに~ (14, 0.0%)

1 [14件] この二つ, 俺の, 僕の, 其出發點と, 其道が, 又麥, 友の, 木像の, 池袋まで, 老中三奉行大小目付に, 跳んで, 道に, 離別しよう, 霊感を

▼ つて~ (14, 0.0%)

3 のやう

1 [11件] が飛ん, っ張り, っ張り平常, っ張り藤野, つ張り駄目, は小机, も楯, を射る, を放つ, を放とう, を飛ばした

▼ つて突進~ (14, 0.0%)

5 して 1 した, しようといふ, すべきだらう, する, する一つ, する勇気, する時期, せねば, をする

▼ つて~ (14, 0.0%)

3 をとつ

1 [11件] で哺め, のあげおろし, の置き, をつけ, を動かし, を取りあげた, を把ら, を投げ, を持つた, を捨衝, を置いた

▼ つて~ (14, 0.0%)

3 粹の 2 粹なる 1 不純を, 吉は, 吉をから, 抒情詩と, 粹に, 粹且つ, 粹單純なる, 芸術的な, 造は

▼ つて聞え~ (14, 0.0%)

4 て來 2 それが 1 ていた, てくる, てゐた, て参る, て来, て来た, て来ます, まさア

▼ つて聞かせた~ (14, 0.0%)

2 ことで

1 [12件] が彼女, が朦朧, こんなふう, だけだ, ところ意外な, のを, ものである, ものでした, 事が, 教訓を, 覚へが, 言葉で

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 へられる

1 [12件] へたがらない, へもした, へられた, へられたこと, へられた先入觀念, へられた先輩, へられた深, へられた議, へられてを, へられね, へられるであらう, へること

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 の漕ぎ

1 [12件] にのせ, の中, の後, の由来, の舳, は底, をすすめる, を下りました, を出させます, を岸, を操縱, を行つた方

▼ つて親しく~ (14, 0.0%)

1 [14件] これを, その物, その繪, その風貌, 其劇を, 夜を, 尋ねた時, 導かれたもの, 彼の, 微笑し, 牧之翁の, 聞いたこと, 言葉を, 話を

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 友と, 大名の 1 他の, 先生の, 国家の, 国民の, 國に, 大名は, 客と, 将の, 拂にと, 現象が

▼ つて~ (14, 0.0%)

3 つて行つた 2 つてゐた 1 つたのである, つて來た, つて來るであらう, つて呉れ, つて戻つた, つて行つてざんぶと渓流に, つて雨の, 廻つて居る, 馳し

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 取の

1 [12件] がこ, で十二時間, には唯火, には母, に附い, の始末, をつけ, を読み続けよう, を辿る, 取と, 取に, 取娘

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 の中

1 [12件] から飛び降りた, が一臺, に乗, に乗つた, に載せられた, の乗り心地, の運び, はやつ, は病院, をぶう, を拾, を捨て

▼ つて~ (14, 0.0%)

1 [14件] い口, い皮肉, い者, かつた, からむこの, きやを, く, くはずむ, く受けた, く會釋, く自分, く見過されるやう, く頭, んずる

▼ つて逃げた~ (14, 0.0%)

1 [14件] さうだ, ために, だけでございます, といふ話, と言, のが, のだ, のであります, やうで, んだ, んぢや, んです, 事を, 後へ

▼ つて~ (14, 0.0%)

2 亭や

1 [12件] かつた, さう, さうに厚く, さは, さを, もに何れ, 兵衛が, 右衛門の, 右衛門は, 疊, 積した, 粒子間の

▼ つて~ (14, 0.0%)

1 [14件] だけを説く, と向きあい, のなか, のやう, の前, の方, の様, の樣, の表, をのぞき, をもつ, を取りあげる, を見, を隠した

▼ つて電車~ (14, 0.0%)

2 の中, を下り 1 がこれから, がつく, で歸つて來, に乗つ, に乗る, に乘, に持つ, に轢き殺される, へ乘, もなく

▼ つて頂く~ (14, 0.0%)

3 ことに 2 ためには 1 と, として今晩, として手, 方が, 様な, 積です, 筈でした, 訳に, 譯に

▼ つて馬車~ (14, 0.0%)

1 [14件] が動き出した, が平坦, でイートン・プレース, で出かける, で海辺, と馭者, にお, に積みおろし, の往來稀, の後ろ, は目的地, を走らせ, を馬丁, を駆つた

▼ つて驚い~ (14, 0.0%)

2 て見

1 [12件] てお松, てその, てゐた, てゐる, てタギシミミ, て出した, て家, て居ります, て庭, て見せた, て逃げた, て逃げ歸つて

▼ つて驚いた~ (14, 0.0%)

3 のである

1 [11件] だけのこと, といふ噂, といふ話, のか, ほどで, やうな, やうに, わいくら, 事には, 程で, 途端に

▼ つていづれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ともなり得る, の觀念, は, もが私, も世, も其中, も文化的職能, も演劇, も陶然, も雑誌, も頗る, 二冊として, 來るべき

▼ つてお勝手~ (13, 0.0%)

2 から餌

1 [11件] から奉公人達, から山出し, で聽, に逃げ込ん, の側, の戸棚, の方, の落し, の隣, や納戸, をのぞきました

▼ つて~ (13, 0.0%)

3 つかる, ふは 1 えしまへん, つかるの, ない, ふいつて, ふも牛肉, ふ時男さん, ませんな

▼ つてこんなに~ (13, 0.0%)

1 [13件] して, なつたらさう, まで変る, ゲエテを, 一日一日おなじ, 何も, 変つてる, 大きいん, 大きくならなけれ, 淋しい田舍村, 美しいもの, 舊知の, 花の

▼ つてさうだ~ (13, 0.0%)

2 よ, よ明日 1 が君方, けれどお, ことばかり, はじめて電燈, わ, わねえ, 悄気てる, 漁業でも, 誰だ

▼ つてとうとう~ (13, 0.0%)

1 [13件] しまひ, その土地, 一山の, 二人の, 台の, 夜に, 岸を, 店の, 手に, 疲れた腕, 白い煙, 逃げやが, 連艦の

▼ つてどうにも~ (13, 0.0%)

1 [13件] あたしの, しやう, たつて, ならなくなつて, ならねえ, なりは, なりやしないや, なる訳, やりきれないもん, 出来ない空虚, 出来なかつた, 處置しよう, 變らなかつた

▼ つてひどい~ (13, 0.0%)

3 目に 1 ところで, のである, 依怙贔屓を, 堕落の, 夢想家だ, 嵐に, 御面変り, 火傷を, 疝氣ださうで, 苦面で

▼ つてわかる~ (13, 0.0%)

3 ものか 1 かね, が大, ぢや, なんて, にはわかつ, ものだけに, ものには, もんです, よそんな, 人間では

▼ つて一生懸命~ (13, 0.0%)

2 になつ

1 [11件] で美しい, にお父さん, にそれ, になり, に働い, に森, に稼ぎ, に跳び降り, 働いてるん, 泣いて, 考へたよ

▼ つて一言~ (13, 0.0%)

1 [13件] でも呟いた, なんか言つて, にし, の弁解, の要求, の辯解, の返答, もきかう, もなかつた, も交, も御座いません, も発しない, 述べたいと

▼ つて並ん~ (13, 0.0%)

3 でゐた, でゐる 1 だり, でゐ, で写真, で坐, で外, で居た, で歩く

▼ つて仕舞つた~ (13, 0.0%)

2 から同君

1 [11件] から今更, でがす, で私共二人, で私等二人, といふ, と云, と同じ, と大, と思ふ, 代助, 直ぐ隣村

▼ つて住ん~ (13, 0.0%)

5 でゐる 2 でゐた, で見たい 1 でゐます, で其上, で居ります, で居る

▼ つて借り~ (13, 0.0%)

3 て來 2 てゐた 1 ちやゐない, てく, て来い, て来ました, て読んだ, て赤, によこされた, に來

▼ つて停車場~ (13, 0.0%)

2 のある

1 [11件] からは白い, で辨當, に下り, に行つて, に駆け込んだ, へ出掛けた, へ行, まで往復, まで行き, まで見送り, まで送つ

▼ つて先刻~ (13, 0.0%)

2 差上げた手紙

1 [11件] からそんな, からふんだんに, から明, から来, から笑, の口論, の穴, も一度, も錢湯, 泣いて, 起き出したばかり

▼ つて兩者~ (13, 0.0%)

2 の間

1 [11件] とも歐洲人, における主, の世界, の機械的, の聯關, は一, は互に, は同じ, を區別, を同一, を心像的

▼ つて~ (13, 0.0%)

1 [13件] い床板, い茶, かに制御, かに笑つた, かに見ゆる, くな, く取り澄ました, く心地, く瀧, たかつた, なこと, に装, のままちび

▼ つて初め~ (13, 0.0%)

2 つから

1 [11件] から外國文化, から終り, た儀礼, の幕, はいや, はさうだ, はその, は一種, は人, は俺, は彼

▼ つて~ (13, 0.0%)

2 へ北

1 [11件] から吹く, には高縄山, の海, の間, は平泉, へ下りた, へ流れ, へ海, 伐などを, 流して, 総市川

▼ つて~ (13, 0.0%)

1 [13件] から北, で挽く, に下り, の何處, の字, の山の上, は今, は越人, へ下, へ内平野町, へ向, へ進みました, を見

▼ つて問題~ (13, 0.0%)

1 [13件] が其所, とわたし, にし過ぎ, にならず, になる, になるべき, の死骸, の縁側, は五つ, をお, を全般的, を取り上げた, を説明

▼ つて~ (13, 0.0%)

1 [13件] なる政治上, に倭人, に卜筮, に大日經, に感覺, に我々, に昔, に梗概, に禹, に私, に種々, に論理的, に隱

▼ つて坐り~ (13, 0.0%)

2 月下の

1 [11件] あつて, ながらもつともつと, ながら隣人, なほし, にやつ, もやらず, もツ, 人には, 曲師の, 杉村は, 煤びた自在に

▼ つて夕方~ (13, 0.0%)

2 まで出

1 [11件] から百艘, から飛出す, になつて歸, になる, には最低三十七度位, に帰つて, のお, はもう, 各, 御歸, 戻つて來

▼ つて夢中~ (13, 0.0%)

5 になつ 2 になる 1 で架空, で此処, で虚空, で読みつ, で馬小屋, にな

▼ つて大勢~ (13, 0.0%)

1 [13件] が舷, が附い, で皆, と一緒, の中, の人, の人夫, の人達, の家來, の強い, の生命, の男女, の神

▼ つて天皇~ (13, 0.0%)

2 に奏上

1 [11件] あるを, が祝詞, が降伏, に, によつて, に申し上げた, に申し上げる, の名, の権力, の歌われました, の火葬

▼ つて寝た~ (13, 0.0%)

1 [13件] が今夜, が疲れ, さう, ちんちろりん, のだ, のでした, のは, ふと眼, めでたしめでたし, めでたしめでたしほんに, んだ, 弱くなりました, 振りを

▼ つて居らつ~ (13, 0.0%)

10 しやる 1 しやいました, しやつ, しやり

▼ つて常に~ (13, 0.0%)

2 人生の

1 [11件] まち, 一升徳利に, 他人に, 保存せられる, 其圈内の人, 新しく発現, 暗惻, 科學的方法を, 粗悪なる, 色づけられて, 落胆する

▼ つて平生~ (13, 0.0%)

2 考へてる事

1 [11件] から好ん, のご, の性質, の手続, の通り, の通り聴, は何, は近所, も嚴, よりは甲斐, よりもいそいそ

▼ つて幾つ~ (13, 0.0%)

1 [13件] かのよい, かの大, かの家, かの峰, かの束, かの横町, か連なり, か部屋, にも分け, ものお座敷, もの仕切板, もの歌謡, も転

▼ つて得た~ (13, 0.0%)

2 物の

1 [11件] ことに, ものが, ものを, 利益は, 力に, 実感の, 悪銭の, 成績は, 所は, 確實なる, 金の

▼ つて得意~ (13, 0.0%)

2 になつ

1 [11件] さうな顔, だつた, としてゐる, となつた事實, な細君, にし, になるで, に之, の死, らしく笑つた, を感じたかつた

▼ つて念入り~ (13, 0.0%)

1 [13件] に岩乘, に廻し, に捜した, に掛けた, に探し, に描い, に洗つて, に考へた, に見, に調べ, に調べました, に調べ乍ら, に陽

▼ つて思想~ (13, 0.0%)

2 の語る

1 [11件] とか概念, としては大, に於, の價値, の力, の唯一つ, の如き, の變化, の高貴さ, を彈壓, を理解

▼ つて悲しく~ (13, 0.0%)

2 なつたが

1 [11件] つて, つてし, つて涙が, なつたこと, なつちまつた, なりますの, なるぢ, もなれ, も衝動, 歸つ, 考へ入

▼ つて所謂~ (13, 0.0%)

2 る渡り, る策士 1 この生, まどこ, る国民, る國民, る道, 新しき意味, 滴るやう, 現實所謂人生, 腐草土

▼ つて折角~ (13, 0.0%)

1 [13件] こ, の喜び, の幼馴染, の日曜, の美しい, の自然美, はやりかけた医術, やり掛けた專門, 保養に, 好きな, 戴いたの, 神妙に, 集めた書物

▼ つて旦那~ (13, 0.0%)

1 [13件] から出し, がいや, がやり出す, が行, なんかありやしない, には他人, の不, の命, の會計, はお, は叱る, は東京ぢ, やお

▼ つて書物~ (13, 0.0%)

1 [13件] で醒めた, といふもの, による知識, に名, の広, の貸借, の頁, や文章, を一々, を投げつけ, を投げ出し, を持つ, を読みはじめる

▼ つて来なかつた~ (13, 0.0%)

1 [13件] がさ, が一年, が間もなく, ことは, ことを, し又, に違, の, のです, ので彼女, ので日誌, ので独り, んぢや

▼ つて~ (13, 0.0%)

2 になつ

1 [11件] であつ, な商買, にならう, に商売, に新聞, に考へ, に行ける, は御座んせん, をする, を奏で, を招き

▼ つて歸ら~ (13, 0.0%)

5 うと 1 うかとも, うかと思ひました, うとも, ずなつ, ない, ないさ, なくち, ぬ

▼ つて~ (13, 0.0%)

1 [13件] が馬鹿, における一, にふさ, に來らん, のその, の仇, の劍, の来る, の運勢, はわが, は汝, は駐在所, ほどあの

▼ つて~ (13, 0.0%)

2 を眺めた

1 [11件] あひ, に相対, に運ばれた, の大蛇灘, の方, へ出, へ延び出, へ漁, へ漕ぎ出しました, を見た, を見渡した

▼ つて~ (13, 0.0%)

1 [13件] があれ, がさらさら, が一つ, が岸, に濡れた, のま, のやう, の荒い, の音, ばかりが高く, をたてました, を打つた, を立て

▼ つて無い~ (13, 0.0%)

1 [13件] か縁側, さ, とは限るまい, ね, のである, ほどの今度, ものは, もんか, やうだ, んだ, んぢや, 積の, 處には

▼ つて~ (13, 0.0%)

2 きつけられて, き拂 1 いたり, いた火傷, いて, きついて, き捨てました, けのこり, け死ぬ, け死ん, け死んだ

▼ つて~ (13, 0.0%)

2 を立てた, 薄く足 1 が手の甲, が櫻貝, でも斬つたら, で剥がさなけれ, の先, をみんな, を伸ばす, を剥き出しました, を磨いだ

▼ つて~ (13, 0.0%)

3 らしくも 1 らしい下町気分, らしい凪, らしい鳥, らしがる位, らしくて, らしくもさつぱりと, らしくもし, らしさ, らし氣, らし相

▼ つて現実~ (13, 0.0%)

1 [13件] と悪, のそ, のなか, の凄味, の女体, の宿六, の恋愛, はそんな, は夢, は決して, は苛酷, は複雑そのもの, を空想化

▼ つて理解~ (13, 0.0%)

1 [13件] されて, される故, される機縁, しその, した独逸語, し得るであらう, し得るもの, するため, するといふ, せられると, の度数, を晦まされ妨げられる, を有せられない

▼ つて甚だ~ (13, 0.0%)

1 [13件] てれる悪癖, 不満で, 僭越な, 勝手過ぎた, 小さなこと, 微少の, 心外に, 日本的でない, 有り易い, 水の, 烏許が, 臭いとか, 詛言を

▼ つて申します~ (13, 0.0%)

32 のが 1 が千恵, とあとどれ, と此奴, と私, と高崎, には, のいけません, よ貴方

▼ つて皆んな~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの子, がお, と一緒, に振舞つて, に見せびらかし, に見せる, の姿, の樣子, の面前, はつ, は大, よく匂, 来て

▼ つて~ (13, 0.0%)

3 の下 2 の広い, 浅く身 1 にねぢ伏せる, に腰掛け, に近く晩, の遠い, もゆかり, も由り

▼ つて老人~ (13, 0.0%)

1 [13件] が青年, とお, に, に会つた, に席, のこと, の坐つた, の肩, の部屋, は冷たく, は慰めた, は横, は話題

▼ つて考へた~ (13, 0.0%)

1 [13件] がさ, が何, ことで, ことも, とは云, もので, わ, 事は, 事を, 後で, 新垣平は, 時に, 末近頃の

▼ つて背後~ (13, 0.0%)

2 に倒れました

1 [11件] から玄能, から脇差, から雙刄, なる木納屋, に竦ん, の人, の押入れ, の雪, へ蹌踉, を振返つ, を見る

▼ つて芥川~ (13, 0.0%)

2 の自決

1 [11件] がゆめ, と別れ度, に會, のそば, の家, の真似, の風貌, はそわ, は二度目の, は降り, を貰

▼ つて茶碗~ (13, 0.0%)

1 [13件] のころげた, の中, の茶, の酒, は幾日經つて, をうけとり, をが, をさしだし, を一つ, を動かし, を取り上げました, を叩い, を置き

▼ つて荷物~ (13, 0.0%)

1 [13件] のやう, の支度, の片付, を包み, を大八車, を持つ, を整理, を渡した, を纏め, を調べれ, を通運会社, を運び入れ, を運び出す

▼ つて蒲団~ (13, 0.0%)

1 [13件] などを侑め, にもぐり込んだ, の上, の中, の横, は下, をすつかり取り除けます, をたぐりあげた, を冠つた, を取出した, を四つ, を引きかぶり, を被

▼ つて行かね~ (13, 0.0%)

8 ばならぬ 2 ばならない 1 ばならぬなり, ばなりませんでした, ば其模樣

▼ つて行つた事~ (13, 0.0%)

3 があつ 2 も話した 1 がある, が能, だけである, だつて, だと, と曲り角毎, に氣, は事實

▼ つて~ (13, 0.0%)

2 を顔

1 [11件] でも袂, と袖, にす, にも移り, の中, の長く, はしぼんだ, を以つて, を噛み, を持つた, を開く

▼ つて覗い~ (13, 0.0%)

3 て見る 2 て見た 1 てばかりゐた, てみる, てやらう, てゐた, てゐる, て居るで, て見, て見ねえ

▼ つて親切~ (13, 0.0%)

2 にし

1 [11件] で, で水, なあた, な白い, にいた, にいろいろ, にも背中, に労つて, に私, らしく慰, を尽した

▼ つて貰つたの~ (13, 0.0%)

3 である 2 が有難い, だが 1 だつた, であらう, にと思つて, はとりわけ, はツイ先刻, は姫だるま

▼ つて起る~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことを, といふこと, ところと, ところを, ところ茲に, と酒, のだ, のであ, のでない, 事も, 喜びと, 地皮の, 快樂

▼ つて身体~ (13, 0.0%)

1 [13件] が動かない, が慄, のまめ, の一部分, の上下, の容子, の方, の節々, は前のめり, をこすりつける, をのり出す, を乾葡萄, を蛇体

▼ つて迷惑~ (13, 0.0%)

1 [13件] がつたさ, が身, した, すること, すると, するには, でならなかつた, で殘念, なもの, になる, は掛けん, らしく不機嫌, を掛ける

▼ つて途中~ (13, 0.0%)

2 から歸

1 [11件] から転落, でいくつ, でこの, でつかへ, でぶつり, で下り, で亡くなられた, で出た, の安息, の私, まで子供

▼ つて~ (13, 0.0%)

3 つた 2 つて, ふやう 1 つたが, つたり, な人, ひ船, ふ渡し舟, へ出

▼ つて連れ~ (13, 0.0%)

3 て歩く, て行きます 1 て來, て歩い, て歸, て歸つたの, て行, て行き, の仲間

▼ つて遣らう~ (13, 0.0%)

3 といふ 2 と思つて命 1 か, かといふ氣, か貰, とする, と云, と思ひます, と言つて, 十兵衞が

▼ つて~ (13, 0.0%)

6 の方 1 から隅, つこで少年雑誌, つこで身體, つこに, つこの, の小さな, の頁

▼ つて~ (13, 0.0%)

2 の中

1 [11件] がくれ, が月, だつて, につ, に乗つ, のなか, の樣, は一刻毎, をあらはる, 卷くこの, 降の

▼ つて青年~ (13, 0.0%)

1 [13件] が自分, と年寄, に言, の切, の希望, の心, の身体, の顔, はその, は一寸, は恥づかしい, もとうとう, を見た

▼ つて~ (13, 0.0%)

3 へた, へて居る 2 へてゐる 1 えてゐやる, へてゐた, へてゐました, へること, へ上

▼ つて黒い~ (13, 0.0%)

2 影が

1 [11件] 山葡萄の, 山高帽子を, 斑が, 漆が, 眉毛は, 眼を, 脚を, 路の, 頸卷と, 風の, 齒の

▼ つてこんど~ (12, 0.0%)

1 [12件] はほか, はハノイ, は一気に, は二つ, は北, は反対, は母, は漁夫, は自分達, は酷く, は里, は頭

▼ つてさすが~ (12, 0.0%)

2 の聖人 1 にがつかりし, に変化, に夏, に疲れた, に眼, に絶句, に老け, に蘇川, 国を, 武家育ちらしくたしなみ

▼ つてしかし~ (12, 0.0%)

1 [12件] お互に, そこでも, その制限内, それは, どこへ, 同時に新た, 学校は, 気弱く, 決して光澤, 私どもは, 老人の, 菅原は

▼ つてその間~ (12, 0.0%)

2 の事 1 から生れた, から顏, で人間, にくぎり, に悪魔, に毒, に等差, のこと, の理論, 待つて

▼ つてそれだけ~ (12, 0.0%)

1 [12件] さへ, ぢや, のもの, の事, の賃錢, の領域, 何と, 変態的な, 渠自身の, 直観的であり, 融通の, 貰へれ

▼ つてどれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] くらいか, たけ焦立つ自分, だけお, だけくすね, だけさう, だけの道, だけ他人, だけ幸, だけ規則, もこれ, をとつ, を読ん

▼ つてほつ~ (12, 0.0%)

3 とする 2 とした, としてゐる 1 ときや, とし, としたらし, としてゐなさるだらう, として云

▼ つてもう少し~ (12, 0.0%)

1 [12件] で噴き出し, の間, やりやう, 北へ, 家の, 書く方, 此事件の, 深く考へる, 立ち入つた事情, 経つと, 經つと, 詳しく聽

▼ つてよこした~ (12, 0.0%)

2 んです 1 とは, のか, のだ, のです, ので白峰氏, のよ, ばかりかその, ものか, 人への, 毛繻子の

▼ つてわざわざ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ディカーニカの, 一里半の, 京の, 其處まで, 呼んだの, 悲しいやう, 礼に, 色彩の, 見に, 誘はれたん, 迎ひ, 顔を

▼ つてゐやがる~ (12, 0.0%)

2 んだい 1 くせに, ぜあいつ, と思つた悟空, のかと, のは, んかよ, んだ, んだらう, 三十にも, 癖に

▼ つてゐるせゐ~ (12, 0.0%)

2 もあつ 1 かその, か一日中, か今私, か何となく, か直吉, か脚, であつ, であらう, でせう, でもあらう

▼ つて~ (12, 0.0%)

1 [12件] なほと, ホラまだ, 万やへ, 今度露西亜と, 余まり馬鹿, 十円札が, 御新さまなんど, 直ぐ帰らう, 罰の, 行倒の, 親分, 雛妓を

▼ つてペン~ (12, 0.0%)

3 を執つた 2 の先 1 で描いた, で自分, をとります, を執る, を持つた, を構, を運ん

▼ つて一個~ (12, 0.0%)

1 [12件] のフィクション, の人間, の個性, の土産包, の土産包み, の小天地, の巨大, の物體, の獨立, の私有物, の腕時計, の難破船

▼ つて一般~ (12, 0.0%)

1 [12件] にはさ, に代表作, に歡迎, に流行らせる, に赤面, に通る, の人, の人々, の武者修業, の百姓, の銃猟, を陶冶

▼ つて下さつた~ (12, 0.0%)

2 のは, のを 1 けれど, し神戸, という事, のです, のでせう, わね, 諸氏に, 酒代も

▼ つて不意~ (12, 0.0%)

2 にかう 1 にかき消す, にこんな, にその, に上, に井伏君, に殺した, に湧き上り, に駆け出した, の所得, を打たれた

▼ つて~ (12, 0.0%)

1 [12件] が全, が閉口, の兩眼, の受けた, の心付いた, の意見, は之, は予, は先づ彼女, は忘却, も始め, を後

▼ つて二度~ (12, 0.0%)

1 [12件] か三度, とは來, ともう, とも不縁, と来, に一度, に分け, に感嘆, まで京都, も宋, も續, 引いた

▼ つて~ (12, 0.0%)

2 と校長, と首 1 つとも, ともあなた, とも興, とも關, と自分, の顰, も取, も綺麗ぢ

▼ つて今にも~ (12, 0.0%)

1 [12件] くしやみを, わめき出しさ, 一降來さうだつた, 倒れさうな, 兩親を, 土手が, 懸け合, 村中が, 殺伐な, 落ちさうに殘つて, 貴嬢, 雪が

▼ つて今更~ (12, 0.0%)

2 そんなこと 1 のやう, の如く, 倫敦へ, 彼の, 慌てて, 私などが, 致し方が, 説明の, 逃れる事, 驚くべきこと

▼ つて仕舞つて~ (12, 0.0%)

2 ゐる 1 た, だん, も心, も楽しみ, も観客, ゐた, ゐて, 居る, 居るので, 激し易く感じ

▼ つて何度~ (12, 0.0%)

2 でも呼ん, も何度 1 か転んだ, とも数, も, もはふり出さう, も小便, も帽子, も道具, やつて

▼ つて何時も~ (12, 0.0%)

1 [12件] とは可, のやう, は御, よりは愛想, よりは無口, 云つてたでせう, 同じ様, 手不足で困, 掛け通し, 敬虔な, 火鉢は, 親分の

▼ つて作品~ (12, 0.0%)

21 ではなかつた, としての価値, に一脈, の佳, の真実, の芸術価値, の評, をほめる, を書い, を活かし

▼ つて内儀~ (12, 0.0%)

4 のお 2 を殺した 1 に訊く, のいひ, の位, の嫉妬, の手, を呼び寄せ

▼ つて内容~ (12, 0.0%)

1 [12件] がはつきり, が替つ, に内在, に於, に時間性, の如何, は何, は容易, も隨分, を持つ, を異に, を空しく

▼ つて冷たい~ (12, 0.0%)

2 水で 1 位だ, 床に, 朝の, 水を, 空の, 窓硝子を, 笑ひ, 草鞋を, 蒲團へ, 靄が

▼ つて出来た~ (12, 0.0%)

2 もので, ものと 1 からつて, のに今, ものとばかりは, 一首の, 同朋が, 新市街, 物語だ, 語が

▼ つて到底~ (12, 0.0%)

1 [12件] その脚, 及ばぬとは, 想像も, 我が國, 放しては, 数学的に, 荘重謹厳を, 言葉で, 許す可, 資料とは, 足を, 長期に

▼ つて到頭~ (12, 0.0%)

2 村も 1 こんな飛ん, ボロボロと, 右左から, 四国の, 引張り出されたよ, 私の, 老院長, 落ちて, 行かず仕舞, 駕籠脇の

▼ つて化粧~ (12, 0.0%)

4 をし 2 して, しながら, を濃く 1 する場面, のこと

▼ つて叔父さん~ (12, 0.0%)

1 [12件] が東京, とよく, と一緒, に一日会, に全く, の上, の具合, は半ば独語, は熱心, は話し, は頭, を殺す

▼ つて取り~ (12, 0.0%)

2 かへりぬ 1 あは, か, かへせない, に参る, に行きました, もなほさず, 抑へ, 敢ず, 殘された, 附けて

▼ つて右手~ (12, 0.0%)

1 [12件] で京子, に, のもの, の山奥, の方, の蔦, の骨ばつた握りこぶし, の麦畑, はすぐ, へ退場, をその, を延し

▼ つて吾人~ (12, 0.0%)

1 [12件] が取る, に教, の修養, の日常生活, の智識, の測度, は之, は如何, は直に, は眼, は蓄妾, を困しまし

▼ つて周子~ (12, 0.0%)

1 [12件] が己, が見る, が辛い, の胸, の顔, の鼻先, はまた, は寂し, は苦笑, は顔, もぼんやり, を見た

▼ つて~ (12, 0.0%)

2 つたり, を聽 1 が聞こえる, など口吟, なん, の聲, はれてる町, ひ出した, ひ方, を歌つて

▼ つて~ (12, 0.0%)

3 を噛んだ 2 を噛みました 1 が薄気味悪く, と咽喉, は怒り, は醜く, や頬, を開いた, を顫

▼ つて~ (12, 0.0%)

2 を富まし 1 から来る, では小身, で質屋, には子, のこと, の古, の理想, へ帰つて, へ帰られる, を奪

▼ つて地獄~ (12, 0.0%)

2 の底, 極樂 1 である南方, のもの, の中, の光景, の幽霊, の道づれとなつたこの人, の魔王, へ眞

▼ つて地球~ (12, 0.0%)

2 の内部状態, の表面 1 から見る, がその, の上, の内部, の外, の大, は生成, を支配

▼ つて坐る~ (12, 0.0%)

2 とお前, 人の 1 ためにも, といふやう, とみんな笑つて, と初瀬, と彼, と順吉, のが, やうに

▼ つて外套~ (12, 0.0%)

1 [12件] などをはをつて, の下, の内, の袖の下, の襟, も着ない, や洋服, をぬいだ, を体, を作る, を着, を着た

▼ つて大変~ (12, 0.0%)

2 だわ 1 い, だ, なあらし, な方, に喜びました, に悲し, よろこんで, 困つて, 忙しさうだつ, 怒りました

▼ つて天井~ (12, 0.0%)

1 [12件] からさ, には再び, に延びた, に張つた, に煙り, に登り, のあかり窓, は暗い, も壁, を向い, を指さした, を眺めた

▼ つて~ (12, 0.0%)

2 かない 1 き遲, とお, にする, にまで馬鹿, に來, に行, に訊いたらわかるでせう, の口, の家, を貰

▼ つて実に~ (12, 0.0%)

1 [12件] うよ, も深刻, も頼もしい, 可哀想だ, 困つたといふ, 堪らない口, 嫣然と, 幽かな, 感謝すべき, 私たる, 落ちつき払つて御, 長いこと

▼ つて~ (12, 0.0%)

5 のうち 1 から御, から翌, には金藏, の内, の明星, の町中, や朝

▼ つて家族~ (12, 0.0%)

1 [12件] がお, が来る, と一緒, に迷惑, の中, の名誉, の手, の集合, の領地, は全部女中, は新町, をつくる

▼ つて~ (12, 0.0%)

2 許の 1 かつた, さう, なかつたの, なかつた事, も慰められる, らくあそこの, らく椅子の, らく突つ立つた, 數の, 許蘇生の

▼ つて居られ~ (12, 0.0%)

1 [12件] さう, ちや俺が, て, てそれ, ては威厳, ては解らない, ては返す, ても差支, ても支那, て前々, やう, 新しく門下

▼ つて居るらしい~ (12, 0.0%)

2 のです 1 が意地, が牝牛, と言, のが, んです, 一團が, 其れ, 処も, 母親の, 車を

▼ つて左手~ (12, 0.0%)

1 [12件] から出, から走り出, が笹田執事, すなわち応接間, に持上げ, に葛籠, の溪, の窓ぎは, の露仏, へ消える, へ走り出す, へ通り拔けたん

▼ つて~ (12, 0.0%)

5 の間 2 を解く 1 あげは, をぐる, をだらり, を締, を買

▼ つて幾分~ (12, 0.0%)

1 [12件] かは, かわたくし, その國, でも予言的, なりとも同情, の不服, の參考, の弱, の気取り, の水氣, の甘, 元氣

▼ つて往來~ (12, 0.0%)

2 の人 1 に出た, に向いた, へ出, へ引き出し, へ水, までつい, もありません, を横ぎつて, を流れ出す, を驅

▼ つて慌て~ (12, 0.0%)

1 [12件] すゝみ, てしまつ, てばかりゐ, て下, て両, て先方, て彼, て秘し, て立つ, て逃げ帰る, て飛びのく, ながら訪客

▼ つて成立~ (12, 0.0%)

2 した, するの 1 した日本, して, し多少, す, するもの, する一つ, する一種, せる資本主義的機械産業

▼ つて戸口~ (12, 0.0%)

1 [12件] から出よう, で轡, になんぞうろつい, にゐる, に近く, の方, の隙間, は開い, へ來, へ戻りました, へ行, まで送られた

▼ つて戸外~ (12, 0.0%)

4 へ出た 2 へ出 1 から歸つて來, に出ました, に出る, の嵐, へ出る, へ歩きでた

▼ つて押入~ (12, 0.0%)

1 [12件] から一封度, から不断, から座布團, から白い, から盆, から袖疊, から這, に突込, を調べ, を開きました, を開け, を開ける

▼ つて掛る~ (12, 0.0%)

2 かと許 1 のだ, ものが, やうな, やうに, 勇氣は, 御心配學問, 様に, 樣に, 機会が, 機會が

▼ つて探し~ (12, 0.0%)

2 てゐる, て来る 1 てました, てゐた, てゐたらしい, てゐました, て見, て見よう, て見る, 物が

▼ つて支那人~ (12, 0.0%)

2 の長所美點 1 が何, にいろ, に大, の稲作, の間, は不潔物, は世界, は祖先, を使役, を動かし

▼ つて政治~ (12, 0.0%)

1 [12件] が問題, ではなかつた, の事, の真実, は文学, は貴族, は飽く迄も, をせよ, を廃除, を新しく, を民衆, を行え

▼ つて旅行~ (12, 0.0%)

1 [12件] したらよ, した時, して, しましたから, するならば, するの, すれば, その物, に出, に出た, に行きたい, を延ばさせる

▼ つて明るい~ (12, 0.0%)

1 [12件] のである, 六疊, 北向きの, 影の, 所で, 方の, 旧通り, 晝間の, 樂しい, 灯火に, 緑と, 静かな

▼ つて~ (12, 0.0%)

2 を読んだ 1 かるべき終焉記, したの, したもの, すべき一条, たもの, て頂いた, の一變, をその, を裁, を読まん

▼ つて書き~ (12, 0.0%)

2 はしない 1 こなされては, なぐつた頁みたい, はじめては, 尽されずには, 役から, 役の, 続いだもの, 綴られて, 足したかつた, 足す気

▼ つて有る~ (12, 0.0%)

2 ものぢや 1 からどんな, から落着, と云, ので十分, のと, もんか, 世界唯一の, 可きもの, 故急ぎ, 物は

▼ つて本当に~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるもの, かみつきさうに, きまりが, ひどいのね, 人を, 可愛ゆく, 圧迫を, 用心を, 結婚したい, 調へて, 軽石か, 頼んで

▼ つて来るだらう~ (12, 0.0%)

1 [12件] から, からお前, けれど, とホツ, と女房, と思, と思ひます, と教, と飛び, な一日, ね, よ

▼ つて様子~ (12, 0.0%)

4 を見 2 の知れない, を見届け 1 が好い, が見たかつた, を窺, を見る

▼ つて民衆~ (12, 0.0%)

1 [12件] が動かされる, ではない, には不, に対してどんな, に顛覆, のなか, の決定的, の生活, の趨向, を侮辱, を楽しましめる, を軽蔑

▼ つて滿~ (12, 0.0%)

3 足して 2 足した 1 が母, されるいや, たさうとしては, たされて, は顔, 足せずに, 載吃水線

▼ つて~ (12, 0.0%)

2 とその 1 と分つた, と富豪, と巡査, と格子戸, と溜めた, と縁端, と諸君, と車, と辿着いた, やくに

▼ つて燃え~ (12, 0.0%)

3 て居る 2 上つた 1 てよる, てゐた, てゐます, て輝い, 上り, 擴がる, 草の

▼ つて特別~ (12, 0.0%)

1 [12件] な解釋, な関心, には, に服, に研鑽, に苦役, に蟹田地方, に阿, の会員相手, の扱, の時間, の相違

▼ つて~ (12, 0.0%)

4 のやう 1 が當, が當ら, を三度, を作つた人たち, を取つ, を取り出し, を用, を突いた

▼ つて用意~ (12, 0.0%)

2 して 1 された白紙張, したもの, し九州, の一室, の前, の藥, の足りない, の酒肴, をしてやる, を整

▼ つて~ (12, 0.0%)

2 の中, の方 1 から畑, にはしどろ, に乾し, の物, へおり, へ出, を横切り, を耕し

▼ つて直接~ (12, 0.0%)

2 に決定 1 きく言葉, ならあたし, なる内面的知覺, な意識, におれ, にその, に實在者, の批評, の衝突, 訊いて

▼ つて真実~ (12, 0.0%)

1 [12件] たのしく待たれます, である, であること, の句, の愛, の文学的懊悩, の自我, の自足, の遊蕩児, を探求, を逸し, 小さなコメツキ虫

▼ つて社会~ (12, 0.0%)

1 [12件] から独立, が反, と交渉, に信用, に対する批判力, の一員, の中, の各, の戯画的諷刺, の行く, を上, 及び家庭生活

▼ つて~ (12, 0.0%)

3 ともすれ 2 ともする 1 しみじみと, たしかめられる, ともすると立どま, 久しくな, 広くなつた, 暫くあんぐり, 遠く米山

▼ つて窕子~ (12, 0.0%)

1 [12件] が振返つた, が昔, のこと, はこつち, はその, はまた, は傍, は内, は呉葉, は心, は慌, は莞爾笑つて

▼ つて結局~ (12, 0.0%)

1 [12件] それだけの, た, どうにも, に於い, はたかが, はみじめ, は他者, は何方, は失望, は手, は死ぬ, は農耕

▼ つて結構~ (12, 0.0%)

2 ですいろ, な智慧 1 だが, でした, で御座いますけれど, な座布團, の身, やつとりました, ベンカイに, 儲けに

▼ つて統一~ (12, 0.0%)

3 されて 1 された, されたとき, された爲め, された状態, された生活, されると, され立案, すべきかといふ, の出來

▼ つて線香~ (12, 0.0%)

2 を焚い 1 が燃え, でも上げ, の一つ, の一本, の方, の煙, をあげ, をもう, を持つた, を立て

▼ つて~ (12, 0.0%)

1 [12件] が低, が低く, が高い, が高く, の皮, の網, の高い, はむしろ, をさすり, を押し, を見せます, 伸して

▼ つて自分自身~ (12, 0.0%)

1 [12件] が戦争, で新しい, のうち, の手, の批評, の物語, の生活, の疑, までも退屈, をもつ, を悲しん, を慰める

▼ つて自分達~ (12, 0.0%)

1 [12件] のまだ, の下宿, の国, の小屋, の後, の恋, の畑, の破婚, の親類, は野, も頻りに, をいま

▼ つて良人~ (12, 0.0%)

1 [12件] が命じる, が死ん, に鉛筆, の方, は, はじつと, はよく, は嫌ひな, は梯子, は私, は美くし, や子供

▼ つて若旦那~ (12, 0.0%)

2 にもう一度 1 が何ん, の伊之助, の方, の眞太郎さん, の繩, の金之助, の金五郎, をそんな, を殺し, を殺す

▼ つて英語~ (12, 0.0%)

2 を手 1 が達者, でもすら, でディスガスティング, のリーダー, の勉強, は今や斯く, も此様, を使, を教, を整理

▼ つて莞爾~ (12, 0.0%)

4 した 3 して, と笑つた 1 する, と笑

▼ つて落ちた~ (12, 0.0%)

1 [12件] ところの, とは思へない, と言, のでない, のなら, のも, ものぢや, 人は, 処を, 南瓜な, 小鼻苦悶に, 時その

▼ つて蝋燭~ (12, 0.0%)

2 に火 1 が重く, に灯, のかぼそい, のともつて, の倹約, の光, の火, を整, を輝かせ, を點

▼ つて~ (12, 0.0%)

3 つた 1 つたが, つたその, つたやう, つて, の活用, の系統, をついだ, を繼ぎ, 及ばずとでも

▼ つて~ (12, 0.0%)

2 を渡つて 1 がお, に亙り, に入れ, のふち, の中, の底, の生返事, は逼, を一つ, を降りる

▼ つて貰つた~ (12, 0.0%)

1 [12件] あゝ, その二時間, といふ事, なつかしかつ, にち, にや相違, ばかり, ほどよく, 嬉しさ, 気持ちよく酔う, 短い髪の毛, 美しい新

▼ つて身動き~ (12, 0.0%)

2 もせず 1 が出, が出来なかつた, せずに, の出来ない, もしない, もせぬ, もできない, も出, も出来ない, も為

▼ つて遁げ~ (12, 0.0%)

2 てきました 1 てし, てゐた, て来た, て近所, べい, ること, る遁げ, 出した伊豆, 出した時, 出せば

▼ つて醫者~ (12, 0.0%)

1 [12件] としばらく, に内々, に反, に見せよう, の判斷, の前, の厄介, の暮し, は多い, は椅子, は歸, を呼ん

▼ つて野村~ (12, 0.0%)

2 は或, は矢庭, は筆, は鋭, を見た 1 の耳, を覗き

▼ つて~ (12, 0.0%)

4 の中 1 から闇, く青い宿命, にとけ込ん, に憩, のなか, の奥, の女, をすかした

▼ つて離屋~ (12, 0.0%)

1 [12件] になつ, に一人, に寢, に引つ越した, のやう, の二階, の座敷牢, の縁側, の階下, の雨戸, へやらない, へ入

▼ つて頼ん~ (12, 0.0%)

2 で見よう 1 ではある, でみる, でもらつた, でやらう, でゐる, で來, で呉れ, で来た, で置く, で見る

▼ つてあて~ (11, 0.0%)

2 もない 1 がそろそろ, が好き, が行つて, でもある, と一緒, なんかない, になる, のある, もなく

▼ つていかに~ (11, 0.0%)

2 して 1 この寺, それが, 幸福を, 幽邃深遠の, 怖ろ, 歪められ醜く, 民衆が, 沢山の, 長い間さ

▼ つてうれし~ (11, 0.0%)

4 かつた 1 かつたこ, がつた, がつて, さう, さうに笑ひました, さうに答へ, そうな

▼ つてお客~ (11, 0.0%)

4 を呼ぶ 1 が来る, に顔, の前, の有無, は一人, は桃太郎, も一寸々

▼ つてからと~ (11, 0.0%)

5 云ふも 2 返事し 1 しようぜ, 思つてゐる, 思つて暫く, 言ふも

▼ つてさういふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことに, のでたぬき, ものが, 感情の, 気候の, 理由の, 經驗は, 能力をも, 自分を, 試みに, 鳥や

▼ つてしきりに~ (11, 0.0%)

1 [11件] イドリスの, トランクの, 不平を, 其の娘, 含嗽を, 四方を, 引き止めた, 詰め手の, 話しかけた, 酒を, 鰹節を

▼ つてしまつた後~ (11, 0.0%)

1 [11件] から扉, だと, である, にあれこれ, にたつた, になつて, にはきつ, の方, の月日, の筵, もそこ

▼ つてしも~ (11, 0.0%)

2 たるわ 1 うては, うので, た, たがな, たし, たらあかんさかいな, たんで, たんでは, た将棋

▼ つてそいつ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あ少し, が贋物, てくろ, に見せた, の子, は想像, は面白い, を三分間, を切つて, を掴殺, を痛感

▼ つてそれに~ (11, 0.0%)

2 よつて 1 あれほど, たづさはる人間, よつて日本, よつて現在, 一本の, 代へる, 利雄さんが, 幾羽と, 然るべく

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] かなん, かはした, から, がふ, ことなあ, てあげた, て下さい, はりで, ツ立つた, ツ返, 處なのせ

▼ つてつまり~ (11, 0.0%)

1 [11件] さうなる, はその, は日本, は日本人, 丹比氏が, 仲介者に, 嫌ひでない, 滅亡によ, 狐頭の, 長い間, 魂を

▼ つてどうも~ (11, 0.0%)

1 [11件] けふ, しないわ, その社内, スカンヂナヴィア原生の, フランスの, 僕は, 堪らないぞ, 夢を, 此疑問は, 永井荷風氏や, 言葉が

▼ つてまつたく~ (11, 0.0%)

1 [11件] その権力, どうもかういふ, 人々が, 何も, 僞なる, 反対の, 同じ一人, 溜飲の, 私みたいな, 虚構であり, 説得せられ

▼ つてもらへる~ (11, 0.0%)

2 のだ 1 かもしれない, かも知れない, からよそ, と信じ, のです, はずも, よ, 筈が, 筈の

▼ つてらし~ (11, 0.0%)

3 つたの 2 つた 1 つたぢや, つてまあ, つてまた, て, てね, てよ

▼ つてるらしい~ (11, 0.0%)

3 んだ 1 が僕, が実際, が打明け, の, わ, 口吻を, 蝦蟇が, 顔つきを

▼ つてゐず~ (11, 0.0%)

1 [11件] この男, ただ空箱, ともすれば話, にはゐられない, に是非, 僅かに, 又下町, 少し去, 戸障子の, 気も, 車掌も

▼ つてビール~ (11, 0.0%)

3 を飲んだ 2 を飲ん 1 と鑵詰, の泡, を一本, を出し, を出した, を飲む

▼ つて一定~ (11, 0.0%)

1 [11件] したの, しない, の制限内, の明瞭, の目的, の社会環境, の秩序, の道具, の長, の關係, の限界

▼ つて一週間~ (11, 0.0%)

2 か十日 1 ばかりも社, ばかり遊ん, も二週間, も前, も寝ました, も寢, も留りたい, も続け, を經

▼ つて三年~ (11, 0.0%)

1 [11件] に一度ぐらゐづゝ見物, の後, の時, の生徒, も前座, も経つ, を過て, 振に, 程稼ぐ, 越し暮した事情, 越し更科

▼ つて下さらない~ (11, 0.0%)

3 んです 1 から分りません, か私, でせう, と二人, と困る, の, のね, 法は

▼ つて下宿~ (11, 0.0%)

2 の黒い 1 が多, に女, の二階, の内儀, の所在, の押入れ, へ帰る, をやつ, を出たつ

▼ つて事実~ (11, 0.0%)

1 [11件] ではない, と語, にさう, に対する態度, に就, に見える, は事実, は夢, をどう, を伝, を告げなかつた

▼ つて云つた~ (11, 0.0%)

2 でせう 1 あ, あね, あの思ひ, が駿三, だけぢ, といふの, と云, と同じ, んださうだ

▼ つて井戸端~ (11, 0.0%)

1 [11件] でお, で手, で洗, で顔, にとば, の柳, の盥, へ行, へ行く, へ行つて手水盥, までよろけ

▼ つて便所~ (11, 0.0%)

1 [11件] から飛び出し, に行かね, に起つた, に通ずる, のある, の中, の裏, へも起きなかつた, へやりました, へ這入つた, までは一本廊下

▼ つて~ (11, 0.0%)

3 向いた 2 向きました 1 向いたしばらく, 向いた愛, 向いた静子, 向いた靜子, 向いてる, 向きます

▼ つて公爵夫人~ (11, 0.0%)

81 は可愛, は愛ちやん, は紅鶴

▼ つて其後~ (11, 0.0%)

3 を追 1 に従, に從, の事, の人々, はふつ, へ神, も棚, を追掛けた

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 でも少し 1 から殘つた青葉, となりぬる, のさびしい, のズボン, の一日, の來, の行事, は寒風, もなほ

▼ つて出来~ (11, 0.0%)

5 てゐる 2 はしない 1 さうにも, てから漸, やすき, やア

▼ つて~ (11, 0.0%)

4 なが 2 ならざる, なり之 1 つた, つたこと, 倒される竹

▼ つて判断~ (11, 0.0%)

3 すると 1 される, した古代, すること, する方法, する旦那殿, すれば, せずに, をしなけれ

▼ つて創造~ (11, 0.0%)

1 [11件] されて, されるところ, されるもの, され見出されて, したとは, するもの, する乃至, せらるるこの, せられたる新しき, せられねば, はない

▼ つて勘定~ (11, 0.0%)

2 が足りなくなる, して, を月末 1 が足りない, した, し乍ら, を払つて外, を験

▼ つて半分~ (11, 0.0%)

1 [11件] になるとおつ, の者, はお祭気分, は力, は勝手, は周子, は旅, は西岡, ばかり呑ん, 咳き込み乍ら, 怒つた様

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] てその, て俗神道, て古い, て大, て慈悲, て我等同志, て欺瞞, て用語, て益自分自身, て私, て面白

▼ つて去年~ (11, 0.0%)

2 の春首尾克 1 から頼ん, の秋, の秋死, の騷ぎ, も今日, も歸ら, やら一昨年, 亡くなつて, 死んだといふ

▼ つて友達~ (11, 0.0%)

1 [11件] づきあ, とベースボール, になつて, のところ, のやう, の出した, の勧め, の家, は卓, は手の平, をい

▼ つて吉野~ (11, 0.0%)

4 は強く 2 は縁, や妹共 1 は近い, は近づい, を落ち

▼ つて名前~ (11, 0.0%)

2 が違 1 が, なん, のこと, の出た, を出し, を売る, を拾つて, を聞かされた, を落とす

▼ つて否定~ (11, 0.0%)

2 した 1 されうる女, された, されるの, した人達, しながら, すること, するの, せむとする相應, に向

▼ つて周囲~ (11, 0.0%)

1 [11件] だけにちよびちよびと毛, で, には丈夫, に声, に書棚, のほとんど, の人達, の子供等, の新鮮, の者達, の騒ぎ

▼ つて喜び~ (11, 0.0%)

1 [11件] しや, だけが踊り, に震撼, のあまり鍛冶屋, も為, や生甲斐, をもて, 勇む, 手に, 楽しんで, 誇り手

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] があつ, した, して, は間違ひで, もある, も有る, をし, をした, を撒き散らしました, を聞いた, 聞いたが

▼ つて土藏~ (11, 0.0%)

2 の方 1 からパツ, から金, がありました, にハネ, の八千兩, の前, の土臺下, の大戸, の蔭

▼ つて垂れ~ (11, 0.0%)

7 てゐる 1 か, さが, て枯れ, 流す隱

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 の外, を越さう 1 にぴつたり身, に圍まれ, のすき間, の下, の向う側, の節穴, までほんの

▼ つて多勢~ (11, 0.0%)

1 [11件] の中, の人, の人々, の仲間, の女達, の手代達, の男達, の百姓, の目, の者, の腕白共

▼ つて夜中~ (11, 0.0%)

2 起きて 1 だが, にふと, に仕事, に吠え, に外, に私, に自分, に飛び出した, の十二時

▼ つて太政官~ (11, 0.0%)

2 は大きな 1 の太い, はまた, はツカ, は三四日, は杖, は歸りさうに杖, は高らか, も笑つた, を毀

▼ つて奈良~ (11, 0.0%)

4 の家 3 まで引き返し 1 から出, の山口, の時代, の連中

▼ つて奥さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] から混合米一升, がキトク, でもなけれ, に, にさう, に挨拶, はあまり, は無事, みづから, も子供さん, 直ぐに

▼ つて定まる~ (11, 0.0%)

2 のである, ものと 1 こと勿論, と云つて, のが, ので, ものだ, 優劣である, 問題な

▼ つて宮廷~ (11, 0.0%)

1 [11件] から伝つた神秘, に奉仕, に行, の主上, の信仰, の祖先, の行事, の踏歌, を護衛, 或は貴族, 若しくは諸侯

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 てゐた 1 たの, たん, てしまふた, てゐ, て居る, なよ, ねえと, ぼけて, る時間

▼ つて寝床~ (11, 0.0%)

4 に入 1 にはいつ, に入りました, に就, に就いた, に横つて, の内, へもぐりこんだ

▼ つて小屋~ (11, 0.0%)

2 の中 1 うらの, がハネ, が二つ, の上り, の前, の外, の根太, をかけ, を抱きかかへる

▼ つて居らず~ (11, 0.0%)

3 加けに 1 みんなまざり, 兩國橋を, 唯, 奈良を, 底に, 海は, 眼光に, 魚を

▼ つて屋根~ (11, 0.0%)

1 [11件] から出入, が上, が支, に上, のある, のうへ, のやう, の上, をかぶせた, を葺いた, を這

▼ つて~ (11, 0.0%)

4 の間 1 にしたら, のあ, のやう, をぐるぐる, をとく, を締, を解く

▼ つて帰らう~ (11, 0.0%)

1 [11件] か, かと思ひ, かな, としてゐた, としてゐる, とする, と思, と思つて寄つた, と思ひ, と言, 遠くなけれ

▼ つて帰途~ (11, 0.0%)

3 につく 2 についた 1 には茶飯, に就いた, に廉塾, に蘭軒, に西小辺門, を失つて

▼ つて彼ら~ (11, 0.0%)

3 の中 1 から示される, の俚野, の口, の最も, はひ, はルパシカ姿, は不, も死物狂

▼ つて必然的~ (11, 0.0%)

1 [11件] なもの, な行動, に作家, に惹き起される, に批判的, に押し退けられた, に整理, に生ずる, に神, に規定, に階級

▼ つて恐ろしい~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことは, この小男, 事に, 事実が, 勢ひで階下へ, 場處と, 打撃だ, 泡が, 百日咳の, 頑丈な, 馬鹿を

▼ つて息子~ (11, 0.0%)

1 [11件] と二人, と同じ, と娘, のこと, のする, のひざ, の不平, の病気ぐらゐのことは母さん, の身体, の鐙, を出先

▼ つて悉く~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, その年次, 大海に, 惡い, 此の, 皆音痴的に, 自己に対して, 自己本位にな, 蜀黍の, 裏葉も, 髮を

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 るければ 1 いくぢ, かつた, けりや, どい趣味, 徒づらし, 歌拙, 結果を, 趣味下品なる, 酔ひなんか

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 の共同 1 において成立つ, になり, の切な, の理想, は嚴, をもつ, をも自己矛盾, を忘却, を感じなけれ

▼ つて戯曲~ (11, 0.0%)

1 [11件] が戯曲, なども同様, の全体的価値, の生命, の生産, よりも劇, らしい戯曲, を完全, を普遍的, を書かう, を計る

▼ つて文章~ (11, 0.0%)

1 [11件] が決定づけられ, が読み, としては全然, にさういふ, にすれ, に用, の体裁, は殘, をなぐり書き, を書い, を錬

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出, だつて, のない, のやう, の下, の交会, の導く, の説明, の輝, は輝い, を数等

▼ つて智恵子~ (11, 0.0%)

1 [11件] が腰, に向, に自白, の心, は今夜, は嫣乎笑つた, は意味有気, は暗, は睫毛, は足早, も立つた

▼ つて智惠子~ (11, 0.0%)

1 [11件] が腰, に向, に自白, の心, は今夜, は意味, は暗, は睫毛, は莞爾笑つた, は足早, も立つた

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] いたいと, いたいん, つて, の後, はせた, ひたが, ひ度, ふ, ふといふ, へた, を壓倒

▼ つて来まし~ (11, 0.0%)

1 [11件] てね, てねえ, てねわし, てね残念, てもよう, てネ仮令, てネ僕, て国, て幾ら貧乏, て次第に, て此様子

▼ つて~ (11, 0.0%)

5 の中 1 が盡, の向う, の如く, へ歩い, をく, を越え

▼ つて正直~ (11, 0.0%)

1 [11件] さうなお, でいい, ない, なる由, によく, に後, に翻訳, に誰, ね, のところ, を自白

▼ つて此頃~ (11, 0.0%)

1 [11件] こそ, では久保, では市, はさつ, はもう, はホテル, は二人, は毎朝五時, は片語雜, は珍しく, は空

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] からもれ, ががちがち, の磨き方, の間, の附いた, は立たん, をがちがち云, を出し, を剥い, を浮かせ, を食

▼ つて泊る~ (11, 0.0%)

2 ことが, ことに 1 か或, といふこと, など, 事に, 人も, 女房あり, 筈にな

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] か埃, がついて, がはね返り, が沸い, だけでも落す, と血, にくるまつ, にまみれた, をすつかり落し, を取, を吐かせ

▼ つて清子~ (11, 0.0%)

2 に渡した 1 がとある, がト, だつて, は極, は極り惡相, は漸, は漸く, は静子, は靜子

▼ つて滅多~ (11, 0.0%)

2 に入 1 なこと, なところ, にありやしません, にはない, にや, にわざ, に外, に彼, に手

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] でも落ち, と溢れた, の傍, の様, の横手, の水, の顔, は無性に, らしいもの, を振り返つた, を描き

▼ つて無言~ (11, 0.0%)

2 で昌作, で銀場 1 するに, で恭, で通り過ぎた, ながらこれ, に並ぶ, に引止むる帶, のまま前後左右

▼ つて無限~ (11, 0.0%)

1 [11件] なるもの, な存在, にたのしい, に天上, に度数, に生き, の感慨, の生命, の程度, の空間, の面持

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] が一パイ, が幾筋, にし, のやう, の中, の如く, を吐き出し, を吹い, を吹いた, を吹く, を空

▼ つて熱い~ (11, 0.0%)

1 [11件] のを, ビールを, 息を, 情を, 涙が, 涙を, 端厳な, 茶でも, 茶を, 頭を, 飯に

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 されたの 1 された事, された藏經, されて, されること, た方, にならねえ, るべき用, る事, る氣遣

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 つ端 1 わきへ, 假名の, 脚を, 膝乘りかけ, 袖だけ, 襷を, 鐙の, 附かないからと, 附けて

▼ つて特殊~ (11, 0.0%)

1 [11件] といふ, なる構造, な加工, な家風, な祭り, な魅力, な黒眼鏡, にアクセント, の味, の問題, の発想法

▼ つて生徒~ (11, 0.0%)

2 に歌 1 と一緒, に発言, の中, の實力, の愛国心, の方, の机, は徒ら, を二人

▼ つて目的~ (11, 0.0%)

2 ではない, を達し 1 が達せられれ, とする, の前, は皆, もしくは手段, もなく, を達し得ず

▼ つて相当~ (11, 0.0%)

2 に喧嘩 1 だつたの, な地位, な目, の了見, の哲学, の敬意, の産, の道程, 懐しいぢ

▼ つて知らぬ~ (11, 0.0%)

2 振りを, 間に, 顏を 1 ふりせし, まに, 土地の, 顏の, 風を

▼ つて稽古~ (11, 0.0%)

2 を見 1 した, して, しました, をし, をした, をする, をつけ, を進めた, を開く

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 から端 1 から, からだ, つこから, つこを, なくも, なく自分, を切つて男, を引つ張る, 多月給

▼ つて精神~ (11, 0.0%)

1 [11件] によつて, のギプス, の無秩序, の眞, の自由, は形相, は苦痛, は身體, を疲労, を知らぬ, を顧みない

▼ つて精神的~ (11, 0.0%)

2 なもの 1 では, な滿足, な被害, にだ, には天真爛漫, にも物質的, に国民, に豊富, の世界

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 になる 1 で縛, で車, なぞを巻き, の錘, の露, をとり, を切つて, を引い, を爪弾く

▼ つて納戸~ (11, 0.0%)

1 [11件] から提灯, に入, に寝, の二階, の前, の方, の窓, の隣り, へ入る, へ戻り, へ搜

▼ つて経験~ (11, 0.0%)

2 したこと 1 あるに, された, した, したの, した事, せられたので, せられ始めたの, のない, をつん

▼ つて置かなけれ~ (11, 0.0%)

5 ばならない 3 ばならぬ 1 ばならなかつた, ばならん, ばなりません

▼ つて~ (11, 0.0%)

3 る朝 2 る日 1 の日曜, る日首, る晩, る朝堂, 十日は, 昭和十年初夏小泉八雲先生の

▼ つて自慢~ (11, 0.0%)

2 さうに, にし 1 したいところ, して, してを, する, にはならねえ, の東京土産, をしはじめた

▼ つて臺所~ (11, 0.0%)

3 の方 1 に物音, のこと, の事, の板敷, へ去つた, へ消え, へ湯, を指圖

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 ひ上るさま 1 ひそして, ひながら, ひばかりに, ひ下, ひ散つて, ひ狂, ふもの, へ歌, 立つて

▼ つて良寛さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] が下手, が懐中, に見せた, は, はさ, はにこにこ, は一人, は始めて, は徳利, は船, を訪ね

▼ つて茶の間~ (11, 0.0%)

1 [11件] でお茶, で何, で縫物, で針仕事, の方, の火鉢, の障子, へ入る, へ来, を出た, を通り越し

▼ つて落着~ (11, 0.0%)

2 いて 1 いた, いたといふ, いたむつつり, いたらしい延子, いた口振り, いた抑制, かず, くの, くやう

▼ つて~ (11, 0.0%)

3 つ葉 1 が繁る, が落ち, つぱのやうなものも靴, に成る, の面, は蓮, ばかりで, も青く

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] に火, のやう, の缺乏, や御用, をつくつた, を一二荷お婆さん, を折, を採つ, を炉, を焚い, を積む

▼ つて藝術~ (11, 0.0%)

2 の作品 1 では無, の製作, はなま, は生活, も沈滯, を作り, を作り出す, を唯, を評價

▼ つて行きます~ (11, 0.0%)

1 [11件] から, からどうぞ, すると教, ぜ, とジヨバンニ, と一本, と先刻, と又, と墓, と途中, よ

▼ つて見なけれ~ (11, 0.0%)

2 ばなりません 1 ばあまりに, ばだめ, ばならない, ばならなかつた, ばよく, ばわからない, ばわからぬ, ば分らぬ, ば得心

▼ つて見ません~ (11, 0.0%)

101 か親分

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 り居る同僚 1 さるべきもの, りで無く, りゐた, りゐたら高田, りゐて, りゐる役人, りを, るされたのみ, るされて

▼ つて調子~ (11, 0.0%)

2 に合つて, を合せた 1 が合, が揃つて, のつく, の緊張, をとり, を取らう, を合した

▼ つて讀む~ (11, 0.0%)

1 [11件] から, ことは, とこれ, ともなく, とも無しに, と一枚, と兄, と極めて, 方の, 方法, 者を

▼ つて質問~ (11, 0.0%)

2 したなら私 1 した, したこと, したり, した挙句, しなければ, するやう, に答, の準備, をした

▼ つて起つた~ (11, 0.0%)

2 のである 1 ことで, ので即座, のに反し, ものが, もので, モンチャクだ, 二つの, 政府の, 最初の

▼ つて近づい~ (11, 0.0%)

4 て来る 3 て見る 2 て来た, て行く

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] の女丈夫, はうとも, ひこんでも, ひ上るの, ひ上る外, ひ出すと, ひ出すやう, ひ去つた, ひ回りたまに, ひ落ちて, ふやう

▼ つて運命~ (11, 0.0%)

1 [11件] が定められ, であるの, にだつ, の如き, の意志, もどし, も変ずる, を出し抜く, を狂喜, を病気, 前定説

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] におとどまり, に上つた人物, に出る, に送る, の女学校, の評判, の貴族, へ上り, へ帰る, べての人, を離れ

▼ つて離れ~ (11, 0.0%)

2 てゐる 1 てしまひ, ても居られない, てゐ, て行, の入口, の茶屋, へいつた, へ居坐つた, 去らなければ

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 をし, を撫で 1 で指しました, のあたり, の下, まで下り, をつき出し, を引つかける, を突き出した

▼ つて飛んだ~ (11, 0.0%)

2 目に 1 可愛らしい人相, 可愛らしい顏, 失敗を, 女でございます, 心配を, 手柄を, 暖かだ, 綺麗な, 贋物で

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 まうと 1 まうよ, みながら, みも, み他, み出すといふ, み直さなくちや, み過ぎた頭, んでやる, んで眞

▼ つて飲ん~ (11, 0.0%)

2 だり食, だり食べ 1 だり何, でしまつたコツプ, でゐた, でゐる, で下すつた, で寝, で話し

▼ つて~ (11, 0.0%)

1 [11件] と共に飛, になつ, の向き, の群, の聲, の肉, はひよ, もゐぬ, や土龍ぢ, や獣, を拾

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 の肉 1 でも飼, にやつ, の一家族, の卵, の朝, はす, は飼, をおい, をはなし

▼ つて~ (11, 0.0%)

2 して, つた 1 つたま, つたまま芥川, つちや, つて, り又, り込んでしまつた, る

▼ つてあちこち~ (10, 0.0%)

2 に並び, の部屋 1 から出る, で啼い, と持ち, と竿網, の石, を見

▼ つておや~ (10, 0.0%)

3 りよ 2 ぢの 1 かましう御座います, ぢさんの, ぢさん嘆い, ぢに, んなさる

▼ つておんなじ~ (10, 0.0%)

31 こつたわ, ことばつかり, だつて, だね, ですよ, でせう, 事だ

▼ つてお婆さん~ (10, 0.0%)

2 に化け, は退却 1 がゐる, に成つて, のところ, は意地悪さうに, は意地惡さうに, や坊

▼ つてかうし~ (10, 0.0%)

2 てまた 1 ていれ, て伺, て吾, て姉さん, て彼女, て歩い, て毒, て相応

▼ つてこつ~ (10, 0.0%)

1 そりと, そり喫つて居る, そり家を, そり探検し, そり来, そり樹蔭から, そり見, そり起き, そり鉄砲打ちを, ちの心の

▼ つてこの世~ (10, 0.0%)

1 にも優れた, に投げ返し, に現れる, の惱みの徹底化, の愛, の暇乞, の歴史, の流浪, の生存, へ出る

▼ つてしか~ (10, 0.0%)

1 その目的, みたされること, わが思想, 物の, 知られなかつたかも, 自らの, 自分を, 苦しまされないの, 表現し得なかつた, 闡明され得ない

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 から又, そんな薄情, とへ出る, ないな, なたに, なたを, は立つ, よ, よりともせず, 知らぬふり

▼ つてつくづく~ (10, 0.0%)

1 と眺め, と見た, わかつたわ, わかつたん, 思つたのです, 情なかつた, 見ると, 見れば, 親しくその, 顔を

▼ つてともかく~ (10, 0.0%)

1 もお, も其時代, も来, も自由自在, 二階へ, 明日彼女と, 東京へ, 生きる力, 秋川家の, 複雑な

▼ つてどうか~ (10, 0.0%)

4 すると 3 して 1 すると笑, 惡戲は, 蛙も

▼ つてどうやら~ (10, 0.0%)

1 おめでたいやう, 丘にまでも, 事情が, 人目から, 先輩と, 四方八方が, 斯う, 無理を, 番所に, 落着きました

▼ つてなぜ~ (10, 0.0%)

1 あのやう, か, かいくら, かからか, かゆつくり見, か泪, か自嘲的, はつきり, 我々が, 考へなかつたか

▼ つてなるべく~ (10, 0.0%)

2 早く帰る 1 それを, 事態を, 同情の, 暖い, 率直に, 自分に, 車内で, 長生きを

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 つと息, ツと 1 がらかな, つと安堵, と, の見え, むともなつて居る, を示す

▼ つてほとんど~ (10, 0.0%)

1 といつ, 人目に, 全滅の, 動きも, 君に, 唯一人徐々に, 栗色に, 無一物に, 芝生に, 西洋風に

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 つかりと 1 けつとに, つくり頭, つてり, つと頻, つん, と, ろ, ツちりと

▼ つてます~ (10, 0.0%)

21 か, からね, が税, この金, つて云ひました, には己, のどす, んで入神術

▼ つてもはや~ (10, 0.0%)

1 それ以上の, 一切を, 働きかける自己性, 反省の, 古代の, 喜べなくなつ, 夜明けに, 此世に, 泣かなかつた, 白河の

▼ つてもらひ~ (10, 0.0%)

1 おた, てえな, ながら世津子, 下着や, 余等は, 候うちに, 十分特別な, 度いんだ, 庭に, 手紙を

▼ つてゆかう~ (10, 0.0%)

2 としてゐる 1 といふ, といふ風, とした, としてゐた, とします, とする, となる, と思ふ

▼ つてらア~ (10, 0.0%)

421 この馬鹿, なと, ね承はりますれ, 御らん

▼ つて一向~ (10, 0.0%)

2 差支へ 1 われわれの, 不思議でない, 取り合, 秀れた, 結構な, 纏まらないん, 談話に, 返さなかつた

▼ つて一旦~ (10, 0.0%)

1 ペンを, 九段上へ, 他の, 伏せたの, 張る氣, 汚した身體, 消えて, 燒上つた器物の, 船室に, 長野へ

▼ つて上野~ (10, 0.0%)

1 か向島, に行く, のしづけ, の宿屋かた, の暮れ六つ, の花, へ出たら, へ遣られ, まで来, をふり

▼ つて~ (10, 0.0%)

3 へた 1 へたり一切父, へた打撃の, へなけれ, へはしなかつた, へました, へまた, へられん

▼ つて主體~ (10, 0.0%)

1 と他者, と相, の事實上, の自己性そのもの, の表現, はいつも同じく, も根柢, を壞滅, を無, を自滅

▼ つて久しく~ (10, 0.0%)

1 これを, 出て, 固定した, 國へ, 廢され, 欝結してた, 無残にも, 相見ゆる, 言ひ, 逢は

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 り込んで 1 つた, つたが, り出したが, り廻すさ, り強い, ると, 込んだ, 込んだ天狗

▼ つて事件~ (10, 0.0%)

1 には關係, により纏めた, の発展そのもの, の眞相, は又, は少ない, は急, は恐ろしく, や人物, を迷宮

▼ つて云つたの~ (10, 0.0%)

2 だ, である, よ 1 が聞えた, だと, です, は嘘

▼ つて井戸~ (10, 0.0%)

2 へ落ちた, を覗く 1 に近づきました, の底, へ落ち, へ行つて, をのぞく, を守つて

▼ つて今後~ (10, 0.0%)

1 とも前進, の文化問題, の文化団体, の軋轢, は飛行機, また何十何年目, も力, 一層の, 仲よくやつ, 決して従来

▼ つて仕舞つたの~ (10, 0.0%)

3 である 2 か, です 1 では, はそれ, よ

▼ つて仲間~ (10, 0.0%)

1 から敬遠, か折助, つぱづれと言, には入れない, に入れ, に引入れた, のどれ, のひとたち, の盲人, を勧誘

▼ つて何と~ (10, 0.0%)

2 言つた 1 いつても, はなしに, 云つても, 云ふであらう, 呼ぶべきかは, 思つた, 考へられようと, 言つても

▼ つて~ (10, 0.0%)

8 つたもの 1 つて, の缺點

▼ つて信吾~ (10, 0.0%)

2 は強, は未だ, は杖, は笑, は言

▼ つて修業~ (10, 0.0%)

2 をする 1 して, し頭髮, するの, する時, なすつて, にとり, の生活, をした

▼ つて健康~ (10, 0.0%)

2 な己 1 が惡, と富み, なお, にいい, に障り, は保ち得る, も財産, らしい皮膚

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 いた青年, がどんなに, が光つた, けられる内供, けるやう, づけられまい爲, の中, や痛み, を押, を絞

▼ つて僕等~ (10, 0.0%)

1 が理性的, と一緒, と主人夫婦, の心もち, の文芸上, の職業, の間, は一つ, は思はず, は早坂新道

▼ つて先方~ (10, 0.0%)

1 から田舎風, から話, から降参, にぶつ, のこと, の了簡, の怒, の毒悪, の船, の都合

▼ つて全然~ (10, 0.0%)

2 ないとも 1 人を, 反對, 彼の, 方角の, 殺されて, 洋風な, 空虚な, 色の

▼ つて全身~ (10, 0.0%)

1 に力, に四ヶ所, に異状, の心, の血, までが真黒, を内部, を撫で, を照らされた, を顫

▼ つて其中~ (10, 0.0%)

2 から紙幣 1 から次, から覗つて, に斯, に真白, に肉刀, に詠史, の一通, の言語

▼ つて其人~ (10, 0.0%)

1 が他日彼, と一夜, に親, の位置, の書く, の歌, の社会的, は其町, らしく最も, を尊敬

▼ つて其間~ (10, 0.0%)

1 に主, に何, に存する, に渦, に碧漫々, に自然, に起つた, に隱見, の差, を川

▼ つて凡て~ (10, 0.0%)

2 の人 1 が流れる, が話された, のもの, の學説, の抵抗, の現, の窓, は明け

▼ つて出よう~ (10, 0.0%)

5 とする 1 とした, としてゐる, とはしなかつた, と思つたの, と思ふ

▼ つて加藤~ (10, 0.0%)

2 で御馳走, も弱 1 は太, は座敷, は肥つた體, は腹一帯, は腹一帶, は自

▼ つて努力~ (10, 0.0%)

1 した, しない, しなければ, し神, するが, の焦, の生ずる, の目的, の積まれ, 出来るだけ

▼ つて十分~ (10, 0.0%)

1 たつか, な力, に力, に想像, に感ぜられ, に洞, に用意, に靜養, も行く, 察せられたこと

▼ つて博士~ (10, 0.0%)

2 の前 1 がプーリ, と對坐, と永訣, と火鉢, の不器用, の懇切, はしばらく, を呼んだ

▼ つて口々~ (10, 0.0%)

1 で馴染み女, にはやし立てる, にオンツアマ, に何やら, に利一郎, に汽車, に罵り出しました, に罵り喚いた, に荒い, に言

▼ つて可能~ (10, 0.0%)

1 だと, であ, である, であると, となる, なの, なので, ならば, なる無限無数, になる

▼ つて右側~ (10, 0.0%)

1 すなわち夫人, にある, には席, には木製, に二階建, の両国広小路, の庭, の方, は別荘, を歩まず

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 つた, つて 1 はせて, はれる如くカテドラル, ひつき他, ひますと, ひ懸けた烟草, ひ込まれて

▼ つて唯一~ (10, 0.0%)

1 な最愛, のある, の助言者, の安楽郷, の強, の教養, の根據, の社会的交渉, の規則, の逃げ路

▼ つて大事~ (10, 0.0%)

2 おまへん, の品 1 な客, な寶, に蔵, に飾つて, の玉, を総裁

▼ つて失礼~ (10, 0.0%)

2 しました, ですが 1 しましたよ, します, だつたら許して, でせう, と存じまし, な事

▼ つて始末~ (10, 0.0%)

1 がつかない, がつかなかつた, がつかなくなるだらう, がわるい, が好い, が惡, が惡い, に終, のい, をし

▼ つて始終~ (10, 0.0%)

2 今津の 1 こ, 不安の, 何か, 動かれて, 泣いて, 褒められたさうだ, 面白さうに, 鷄の

▼ つて富士~ (10, 0.0%)

1 が一体, で宿らう, と反対側, には一瞥, の噴火, の大きな, は一年中雪, は見えない, を仰いだ, を描く

▼ つて寝台~ (10, 0.0%)

4 の上 1 から転び, に腰, の中, の端, の縁, の頭

▼ つて實際~ (10, 0.0%)

1 お鳥, この, にさう, になつ, に助け, に接近, に無限, の力, の北海道, の社會

▼ つて尋ね~ (10, 0.0%)

1 て上つておいで, て來, て廻つた, て来た, て来なす, て行く, て行け, て街道筋, て見た, て見る

▼ つて居るなら~ (10, 0.0%)

1 どうして寃, ば今, ば他人, んと, 一と, 一緒につれて, 先刻言ふ, 別だ, 自分に, 詳しく知り

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 から岩, のあたり, の傾斜面, の出鼻, の割れ目, の色, の頭, を噛む, を毀, を背

▼ つて巡査~ (10, 0.0%)

2 は間もなく 1 の前, の取つ, の後, の手, の沓音, の靴音, をにらみ付けた, を呼ん

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 を起つた 1 に腰, へも出られなくなり, へ戻りました, をはづして, を占めよう, を奪, を立ち, を譲る

▼ つて帰つて行~ (10, 0.0%)

10 つた

▼ つて幕府~ (10, 0.0%)

1 が躋寿館, に仕, に密告, に盡, の, のやり口, の太平, も國防, を窮地, 自體尠

▼ つて平岡~ (10, 0.0%)

1 と自分, に近づいた, の家, の感情, の部屋, は代, は器用, へは手紙, へ手紙, を何

▼ つて弁解~ (10, 0.0%)

2 した 1 したり, しても, する, するつもり, するの, と詫び, などを始め, めいたこと

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 のやう 1 の多い, の影, も染まる, も見せない, をひそめ, をひそめた, を映ぜず, を見せなかつた

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 かつた 1 げに, げにその, げに笑つた, さ, とする, よいひた, を得, 生が

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 つた店に, つた顔を, つてぶりぶりし, つて復つて行つた, つて泣い, の色, は本, を発し, を鎭め, 氣を

▼ つて思案~ (10, 0.0%)

3 して 1 がある, した, したが, に暮れ, に暮れた, に耽つた, に能はず

▼ つて想像~ (10, 0.0%)

2 すると 1 される, して, し得ら, し得るの, するより, すれば, 出来るだけ, 出来る如く彼等

▼ つて意見~ (10, 0.0%)

3 をし 2 を製造 1 しましたが, の相違, も違, を叩き, を貫徹

▼ つて憤慨~ (10, 0.0%)

3 した 2 するの 1 したり, し給, するん, する人, はしない

▼ つて成立つ~ (10, 0.0%)

3 のである 1 といふ, ものだ, ものである, 共同において, 品性についての, 客觀的實在世界である, 故死の

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 はむ 1 いとられた文學, いました, いましたから, きを, はう, はねば, ひますから, ふもの

▼ つて戸棚~ (10, 0.0%)

2 の上 1 から一束, から小さな, に仕舞, の中, の前, や押入, を探し, を開ける

▼ つて手早く~ (10, 0.0%)

2 それを, 机の 1 支度を, 窕子の, 脇差を, 袴を, 鏡に, 隱した

▼ つて捨て~ (10, 0.0%)

1 さうにする, ちや困る, てあります, てつた, てゐる, て餘, 両肘, 今川橋の, 以上の, 帳場の

▼ つて提灯~ (10, 0.0%)

1 に火, に釣鐘, の舟, の蝋燭, の近づく, をさげる, をだしました, を借り, を持直した, を行き過ごさした

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 は知れ, ふれば, へた, へてみる, へてゐた, へ出した, へ出しました, へ始めた, へ年十五, をよみ

▼ つて新た~ (10, 0.0%)

1 なの, なる主, なる立脚地, なる聯關, な分解, な通路, に白, に立つ, に繰り返さう, に開け

▼ つて方々~ (10, 0.0%)

1 の墓, の貸, へ行つて怪談, へ話し, を婿君, を歩き, を遊び歩く, 探して, 歩いて, 行きました

▼ つて是非~ (10, 0.0%)

1 お願, お願ひがし度, この美しい青い, さうさせると, ともと望まれる, とも新しい, とも次, の一戦, 出て, 見て

▼ つて最早~ (10, 0.0%)

1 や手, 今日以後の, 其れ, 助かる術, 命の, 四辺に, 學校には, 寸毫の, 息が, 正當

▼ つて本当~ (10, 0.0%)

1 かい, かて聞きましたよ, かね, なの, のこと, の形, の意味, の持主, の永, の決心

▼ つて欲しい~ (10, 0.0%)

2 のだ 1 と両手, と夫人, のが, のである, ものだ, んだ, 人が, 性質を

▼ つて~ (10, 0.0%)

3 るきだ 2 るく, を進めた 1 るきながら, を運んだ, 行くもの

▼ つて歿~ (10, 0.0%)

3 した 2 したので 1 くなりました, したの, し跡, し長谷寺, するまで

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 が來, されすぎた, でないと, になる, のはい, の研究, をのん, を流し来る, を用意, を落し

▼ つて気の毒~ (10, 0.0%)

2 だつた, になつ 1 がつ, がり典物, がるので, では, ながら批難, な運命

▼ つて気味~ (10, 0.0%)

3 が悪い 1 がわる, がわるい, が悪う, のわるい, の悪, の悪い, わるく尾

▼ つて氷峰~ (10, 0.0%)

1 が冷かし半分, に, の出さう, の家, はきのふ, は今, は獨, は義雄, は金主, は金主川崎

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 の中 1 に飛込み, のほとり, の支流, は再び, へ臨ん, を上つて行, を向, を見降した

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 ひ晒し 1 つた, ひさ, ひぬいたやう, ひ出した, ひ場, ひ髮, ふ, ふ水

▼ つて流れる~ (10, 0.0%)

2 のを 1 のだ, ので水, 小川を, 廿五里は, 橋を, 汗が, 清水の, 雰圍氣を

▼ つて淋しい~ (10, 0.0%)

21 が併, ことに, ので思ひ出した, んだ, 声で, 時なぞは, 海辺の, 老女詩人と

▼ つて然し~ (10, 0.0%)

1 今こそ, 入院料で, 勿論極めて不自然, 半面に, 友人の, 彼が, 決して愉快, 自分では, 自分は, 酒は

▼ つて現に~ (10, 0.0%)

1 下僕として, 久美濱郵便局長の, 利助さん失敗した, 右衛門作の, 大洲町大, 客観に対して, 敗け戦さ, 私が, 高価な, 黒田策太郎は

▼ つて番頭~ (10, 0.0%)

1 か若, が行つて, に掛合, の勘三郎, の喜八, の有, の萬次郎, は去つた, までが僕, を殺し

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 が治る, と戰つた揚句, の觀念, はされ, も癒え, を問, を得, を治療, 多い人生, 愈え

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 した女子, しないで, するに, するの, せられた, せられ返答, たうといふ, つた, 表せられて, 見せられなかつたやう

▼ つて白く~ (10, 0.0%)

2 黴の 1 なるところ, のぞく歯, ぼんやり見える, 光つてゐた, 光つてゐる, 外観を, 砕けて, 稍

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 がたるん, のすこし, のま, の下, の儘むし, やろか, や卵殻, をむい, をむく, 臭い匂ひも

▼ つて直に~ (10, 0.0%)

1 お前の, それを, ひよこり, 他の, 其御主人が, 文台に, 旅立の, 旧交が, 田圃の, 綱宗の

▼ つて眠つて~ (10, 0.0%)

2 も夢 1 ゐたところ, ゐたので, ゐた客, ゐるシル, ゐる感情, ゐる樣, ゐる水兵, をりました

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 てゐた 1 がへる, しよ, てゐられた, てゐる, 崩れて, 替へを, 澄まして, 通して

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 の上, を払つて, を換 1 と水, についた, の流れる, をふる

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 なこと, な人間, な目, に人, に友人, に口, に御, に挨拶, に物, に答

▼ つて祖父~ (10, 0.0%)

1 が早く, の死んだ, はこつ, は壺, は皆, は眼, は腹立ちまぎれ, や母たち, を口惜し, を打つ

▼ つて竹山~ (10, 0.0%)

2 が字, に見せた, の下宿, の蔭口, は注意深く

▼ つて簡単~ (10, 0.0%)

2 な饗応 1 である, です, なハガキ, に口出し, に手, に片づけ, に片付け, に破壊

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 の如く樹明, 一ヶ月間に, 一年後で, 一里の, 三ヶ月の, 三十分くらゐ, 九十度と, 二三分し, 二時間, 五万石の

▼ つて細い~ (10, 0.0%)

1 一す, 指で, 溝が, 眼を, 糸を, 紐を, 路の, 通りに, 金の, 銀色の

▼ つて絶えず~ (10, 0.0%)

1 その力, 一つの, 予を, 動いて, 密接な触, 浮動し, 涎を, 眼に, 私を, 血にぞ

▼ つて置かう~ (10, 0.0%)

2 とお, とする 1 か, ぢや, とでも云, と糸立, ね, よ

▼ つて置きます~ (10, 0.0%)

1 が, がその, が仲ヶ間六部, が内匠樣, が御新造, が石津, が私, と寒山, と小屋, よ

▼ つて美しく~ (10, 0.0%)

1 ありませんが, も見える, 唄はれ, 愛嬌が, 感じるといふ, 死んだ, 生ひ立ち, 眺められた, 見えました, 見えると

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 が硬, が絡ひつ, が落ち, が見え, のま, の厚い, は膿, は落ち, を刻み, を刻んだ

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 から腰, で大股, の踏場, の釣合, は愈, ばかりを熱い, を投げ出し, を挙げた, を痛め, 走羽飛

▼ つて自分たち~ (10, 0.0%)

1 が浄化, だけで高笑, として勢一杯, の特色, の瓦全, の足元, はいま, は如何, をこめた, を威嚇

▼ つて自家~ (10, 0.0%)

2 の本領 1 にはない, のこと, のもの, の利益, の見解, の閾, へ歸つて湯, を出

▼ つて芭蕉~ (10, 0.0%)

3 の句 1 がともすると, が俳句, の前, の観念, は如何, や, を追想

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 なんかマア, になる, の事, の効力, の小, をお, を盛つ, を調べ, を調合, を飲まされる

▼ つて蘆屋~ (10, 0.0%)

6 の家 2 が恋, へ帰つた時

▼ つて行かれる~ (10, 0.0%)

2 ことが 1 ぐらゐが關の, たび庭の, のであつ, のである, のでご, のは, やうな, 勇士は

▼ つて行けない~ (10, 0.0%)

1 お前の, か, からと, からね, ところに, のだ, ので, もの, やうな, よ

▼ つて見えた~ (10, 0.0%)

2 のである 1 がその, こと, とはいへ, ばかりで, ものが, やうに, 光が, 時は

▼ つて~ (10, 0.0%)

5 れば 1 てゐる, て居る, て貰, ると, るも

▼ つて解釋~ (10, 0.0%)

3 されるやう 2 して 1 しようと, すること, すると, せらるべきであること, も違

▼ つて読書~ (10, 0.0%)

1 した, するこれ, するのに, それから安眠, に依つ, に耽, の味, や裁縫, をし, を始める

▼ つて讀ん~ (10, 0.0%)

2 でゐた, で下さい 1 でしまふ, ではならぬ, でゐる, でゐるだらう, で聞かせ, で見た

▼ つて貰う~ (10, 0.0%)

1 かな, たか知れん, ていつ, て家, て早く, て来い, て溜りまつ, て自分, のよ, 理由ない

▼ つて貴様~ (10, 0.0%)

2 のやう 1 に惚れ, の家, の様, は帰れ, は皿, は誰, も久しく, を祝福

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 つてし, つてたんださうです, つて了つたが, つて了は, つて仕舞ふ, 却の, 拂つてそして, 捌上の, 溜を, 行も

▼ つて轉げ~ (10, 0.0%)

1 たので, たりき, てるね, て居ました, て居る, るまでも, るやう, 下りて, 落ちて, 込んだの

▼ つて近く~ (10, 0.0%)

1 なけり, にある, に寄つて, の何處, の子供, の温泉, の評判, は半, へ行つて, 見たやう

▼ つて逃げよう~ (10, 0.0%)

3 とする 2 としました 1 といふ手段, としてもがい, としても駄目, として額, と思へ

▼ つて進歩~ (10, 0.0%)

1 がない, がなくなる, が齎され, した, して, しなければ, し擴大, するもの, のない, の悪い

▼ つて運動~ (10, 0.0%)

1 が起きてる, した結果, する, するそれから, と變化, にも出さず, の方向, は無い, も過激, を起し

▼ つて~ (10, 0.0%)

4 をし 1 つたやう, に出掛, に行く, に行つた, に餌, の掛け

▼ つて銀之助~ (10, 0.0%)

1 と二人, はすこし, は丑松, は今更, は弁護士, は恰も心から, は振返, は敬之進, は気, は熱心

▼ つて錢形~ (10, 0.0%)

4 の平次 3 の親分 2 の親分さん 1

▼ つて門口~ (10, 0.0%)

2 から噪 1 から我, で法螺, へと行, へ出た, まで出た, まで送, を叩く, を這入つ

▼ つて間違~ (10, 0.0%)

2 ひの 1 つたやう, なからう, の基, ひでないだらう, ひない, ひないと, ひは, へる筈

▼ つて階段~ (10, 0.0%)

1 の中程, の方, をあ, を上る, を下り, を下りた, を下りはじめる, を昇つた, を降り, を駈け降り

▼ つて~ (10, 0.0%)

2 のガード, の方 1 のプラツトフオーム, の助役, へ, へ引返し, までジョオ, まで行く

▼ つて~ (10, 0.0%)

1 いだ, いだ娘, いでて, いでるうち, いでゐるといふ, いでゐるの, いでゐる二階, いで居る, がねえたつ, を返す

▼ つてあるく~ (9, 0.0%)

3 ことも 1 といふ, のに, のは, やうな, 男かなり, 鳥

▼ つておかなけれ~ (9, 0.0%)

6 ばならない 1 ば又, ば引越し, やなりません

▼ つておのれ~ (9, 0.0%)

1 が胸裏, が英雄, と身心, のささやか, の生活, の耳, は水瓶, まづ娯, を観た

▼ つてお爺さん~ (9, 0.0%)

2 は書物, は淋し 1 になつ, に見せ, は本, は本当に, は財布

▼ つてきかせた~ (9, 0.0%)

1 からといつ, ことが, つけ, といふ, のだ, のである, のです, ものださうです, 通りその

▼ つてきかせる~ (9, 0.0%)

1 かのやう, ことが, ときと, のである, やう弱々しく, 唄でありました, 必要は, 歌の, 立場が

▼ つてきかない~ (9, 0.0%)

2 そしてお父さん, のです 1 さうです, の, ので伯母さん, ので止むなく, んだ

▼ つてさまざま~ (9, 0.0%)

1 な, な男性, な苦しみ, な陰翳, に分類, に聴き取られ, のこと, の神経的, の見方

▼ つてすまし~ (9, 0.0%)

5 てゐる 2 て了 1 てはゐられなかつた, てゐた

▼ つてだから~ (9, 0.0%)

2 あけなきやよ 1 さその, さつきから, よ, 俺は, 君は, 私欲によ, 辻野君の

▼ つてつひ~ (9, 0.0%)

1 にとんでも, にはその, に大, に平家, に生垣, に癒, に細かい, に行き損じた, 粗相を

▼ つてならなかつた~ (9, 0.0%)

5 のです 1 のだ, ものらしい, んだ, んで

▼ つてひそか~ (9, 0.0%)

1 な自己満足, にかなしい, によろしく, に喜ん, に嘉平, に大, に安んずる, に政治上, に新聞印刷

▼ つてびつくり~ (9, 0.0%)

2 したよ, して 1 した, した眼, しました, しましたが, するほど

▼ つてほんの~ (9, 0.0%)

1 一つの, 一合ばかり, 一瞬間だ, 二三週間歸つてゐる, 五六町の, 今さつき私が, 少々ねだる, 心持だけ, 暫らくでは

▼ つてもら~ (9, 0.0%)

1 あのか, ふため, ふた牛祭, ふといふ, ふとかう, ふとよ, ふと彼, ふと松吉, ふと自慢

▼ つてやらね~ (9, 0.0%)

3 ばなるまい 2 ばならない, ばなりません 1 ばならなかつた, ばならん

▼ つてやりたかつた~ (9, 0.0%)

2 のです 1 がそれ, が止した, が義雄, のだ, のである, 位である, 程の

▼ つてゐまし~ (9, 0.0%)

1 てあの, てそこ, てその, てそれ, てね, てよ, て一しよう懸命兄きの耳, て丁度, て地図

▼ つてグリフォン~ (9, 0.0%)

61 は其背中, は焦心ッ, は自分

▼ つてセルギウス~ (9, 0.0%)

1 に頼まう, の手, は合掌, は壁, は居間, は扉, は法衣, は立ち去らう, は頭

▼ つて一座~ (9, 0.0%)

1 の中央, の人々, の俳優及新入研究生, の気持, は白け, を見廻し, を見渡し, を見渡しました, を見渡します

▼ つて一時間~ (9, 0.0%)

1 に二万七千里, ばかし見物, ばかりで, ばかりゐ, ばかり話, ほども來, もした, も灰, 程愚図

▼ つて一枚~ (9, 0.0%)

2 はお 1 の爲替, の皿, の花弁, の風景, をあ, 出して, 捨てた

▼ つて一生~ (9, 0.0%)

2 立つても 1 この邊, のうち, の大事, の病ひな, を氣樂, を送らう, を送る

▼ つて一直線~ (9, 0.0%)

1 にぶらぶら, に今戸, に前進, に単線電車, に横切る, に流れ, に町, に衝突, に通じ

▼ つて一面~ (9, 0.0%)

2 の芋畑 1 から見る, に, に凄, に桑畑, に繁茂, に連つて, の錦

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 が低く, くらべを, けで, ののびたのがあつて, の低い, の長い, の高い, はくれた, は取消

▼ つて三つ~ (9, 0.0%)

1 になつ, になり, に切らなく, に火, のうち二つ, の大政黨, ばかり暗い, ばかり曲つて, も迂回

▼ つて上げます~ (9, 0.0%)

2 から, ぞえ 1 からね, からもう, けに, わ, ジエィン

▼ つて上る~ (9, 0.0%)

1 こと九万里青天を, とすぐ, と二階, と白い, と老, 他の, 牛は, 路, 間の

▼ つて下さい~ (9, 0.0%)

1 つて, とくれ, と云, と小, な, ね, よ, 一人の, 一生の

▼ つて下すつた~ (9, 0.0%)

1 かわかりません, この家, ので船, のに是非願ひな, やうに, わ肩, んだ, 時は, 雅さんの

▼ つて下手~ (9, 0.0%)

2 ですもの 1 だわ, であり肝心, な二上り, な俳諧, な鳴きやう, に出れ, は下手

▼ つて下駄~ (9, 0.0%)

2 を穿いた 1 の歯, をつつかけ, をつつかけた, を引きずり, を片, を穿い, を脱ぎ

▼ つて不平~ (9, 0.0%)

2 をこぼした 1 の呟き, の如く, も滾せない, やら校長, をいふ, を云, を漏らした

▼ つて両方~ (9, 0.0%)

2 から左右 1 から歌, から飛び縋る, ともある, とも自説, の指, の船, へ刎ねた処

▼ つて了つたやう~ (9, 0.0%)

1 な安らか, な実に, な心持, な気, な温室, な知らない道, な訳, にじ, に誤解

▼ つて了つたん~ (9, 0.0%)

2 だな, です, ですの 1 ださ, だね, ですつて

▼ つて事實~ (9, 0.0%)

2 を見る 1 が曲げられ, とは, と傳説, に例證, の特殊的把持, を並べ, を失ふ

▼ つて二度目~ (9, 0.0%)

2 の主筆 1 に火鉢, に著, のお盆, の此の方, の氷, の發砲, は妾とも後添

▼ つて人目~ (9, 0.0%)

1 がうるさく, にかくれ忍びつ, につかない, に隱, の無い, も憚ら, をごまかし, を引いた, を惹く

▼ つて低く~ (9, 0.0%)

1 お辭儀, なつて, 一帶に, 又聴き取れる, 吟じはじめた, 笑ひ, 言つた, 顔容も, 飛び鳶

▼ つて何うに~ (9, 0.0%)

1 か女給タイプ, か決, もならず, もならない, もなる, も仕方, も堪へられず, も持, も自由

▼ つて何日~ (9, 0.0%)

2 でも議論一つ 1 か何年, か蟻, でもお, なるを, になく, にはどう, 待つても

▼ つて俯向~ (9, 0.0%)

5 いて 1 いてばかり, と急, になつ, ひて

▼ つて兄さん~ (9, 0.0%)

1 が威張, が怒, が留守勝, そんなこと, だつて, と同じ, の顔, はあれ, はそんなに

▼ つて先づ~ (9, 0.0%)

2 第一, 青い二葉 1 実際の, 成立つ客體面, 新短歌, 正しい現実, 試みん佞奸

▼ つて入院~ (9, 0.0%)

4 して 1 させられねえやう, した折, し一人, すること, の手續

▼ つて兩國~ (9, 0.0%)

1 からフラフラ, から汽車, の小屋, の方, の橋桁, の橋間, の水茶屋, の船着き場, へ辿り着く

▼ つて内部~ (9, 0.0%)

1 から掛金, においてすでに, の生命, はまつたく, は同, は煙, は細, へ入る, を参観

▼ つて出かける~ (9, 0.0%)

1 ときには, とき六時の, と西, の, のであつ, むちやくちやに飲み歩く, やうや, わけぢや, 精神は

▼ つて出掛け~ (9, 0.0%)

3 て行 1 てし, てゆく, て一杯, て停車場, て撤退, て来た

▼ つて出版~ (9, 0.0%)

2 して, する 1 されたが, された藏經, するが, すること, も渋滞

▼ つて分つた~ (9, 0.0%)

3 人に 2 のである 1 がこの, ことだ, ことを, ので一寸

▼ つて判斷~ (9, 0.0%)

4 したの 1 がつかない, すると, するもの, すれば, を下さるべきである

▼ つて到達~ (9, 0.0%)

1 されること, される主, したもの, した性格, し得たもの, するの, する長所, せむとする究竟, せらる

▼ つて北海道~ (9, 0.0%)

2 の隅ツこ 1 からこの, には獸類, に來, へでも出かける, へ渡つたの, へ移住, を歌つたの

▼ つて十九~ (9, 0.0%)

2 になつ 1 か二十位, です, と十七, になる, の厄, の娘, の血性漢

▼ つて単に~ (9, 0.0%)

1 その一面, その実行, 作家の, 店の, 現象のみ, 純粋に, 終止では, 自分達の, 青華と

▼ つて印象~ (9, 0.0%)

1 があやふや, が明確, されるやう, せられて, といふもの, に残つて, の深, はだんだん, を適確

▼ つて原稿~ (9, 0.0%)

1 の上, の包み, の金, はその, を取り戻し, を繰り, を読み, を讀み, を金

▼ つて友人~ (9, 0.0%)

1 に托し, に馬鹿, の三島, の所, の方, の番地, の耳, は言つた, へ洩らした

▼ つて反省~ (9, 0.0%)

1 させられ先生, されるの, して, しなければ, するだけ, すると, の立場, より體驗, を促した

▼ つて叔母~ (9, 0.0%)

1 に學資, に頼んだ, はみちみち, は一ぺん, は丑松, は又, は深い, は私, は駈

▼ つて吃驚~ (9, 0.0%)

1 した, したん, した様, しちや, し困惑, するので, するやう, する娘, りしたり

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 かかるもの, しかなす, でも応, といふはどう, と強く, は言, むしろこれ, むしろ根源的體驗, 徳

▼ つて呑気~ (9, 0.0%)

2 に遊ん 1 だね, で好かつたわねえ旅, な仲間, に吉三郎, に放埒, に見物, ね

▼ つて周圍~ (9, 0.0%)

1 に起つ, の友人, の子供等, の客, の景氣, の淋びしさを掲焉, の獨善主義者, を塗り塞ぐ, を見る

▼ つて呼ん~ (9, 0.0%)

2 でゐる 1 でお出で, でみる, で下さる, で呉れる, で来よう, で見, で見よう

▼ つて呼吸~ (9, 0.0%)

2 もつかず 1 が忙しく, づく世界, のとまる, の苦し, をし, をのみこん, を吐け

▼ つて咲い~ (9, 0.0%)

4 て居る 3 てゐた 1 てゐる, て居ます

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 がつまつ, が渇く, などをギユウ, の中, まで出た, をゴロゴロ, を掻き切る, を濕, を鳴した

▼ つて四辺~ (9, 0.0%)

2 を見た 1 がぼう, の様, を憚, を白い凄い, を眺めた, を見る, を見廻し

▼ つて固く~ (9, 0.0%)

5 なつて 1 なり肩, 握つて, 私の, 逢ふ

▼ つて地震~ (9, 0.0%)

1 が深く, だつて, に傷められる, に因る, に遇つた儘何, の大小強弱, の恐ろし, の爲, を起す

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 になる, の上, の上あたり, の方, をのぼつ, を上つて, を上つて來, を上る, 下りて

▼ つて夕飯~ (9, 0.0%)

1 とそして, の濟む, は喫はず, まへまで, を一緒, を御馳走, を済す, を濟, を饗

▼ つて夜更け~ (9, 0.0%)

2 まで主 1 に別れ, に宿, に歸, に神田, に花屋, の公園, の町

▼ つて大川~ (9, 0.0%)

1 に沈めた, に浮んだ, に身投げ, の上, の上手, の中, へ身, へ飛込ん, を一

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 てえ 1 え親子, つた蛆の, つちよ, つちよの, 上老君天師太清境九仙上清境九眞玉清境いづれ, 十の, 過なる

▼ つて奈何~ (9, 0.0%)

2 して, する, なるもん 1 する気ぢ, でせう, に春

▼ つて好ん~ (9, 0.0%)

1 で, でのむべい, でゐた, で斯様, で新風, で暗黒, で死地, で演出, で用

▼ つて如何なる~ (9, 0.0%)

1 事物にも, 場合にも, 學問を, 小作家, 山間僻地の, 方法でも, 方法にでも, 決意を, 程度までも

▼ つて子供達~ (9, 0.0%)

1 から, の凧揚, の反感, の面倒, は女, も一所, を喜ばせた, を畳, を連れ

▼ つて宜しい~ (9, 0.0%)

4 のであります 1 かと存じます, か知れません, が外套, が康有爲, のである

▼ つて家中~ (9, 0.0%)

3 の者 1 が皆, が目, の敷物, の雨戸, は申す, を搜

▼ つて家内~ (9, 0.0%)

2 は自分 1 が娘, が見, が責める, が髮結さん, に悪い, の者, の頓馬

▼ つて家庭~ (9, 0.0%)

2 の事情 1 などに何, にあつ, に於, に於ける, の安, を作つて, 及び学校

▼ つて小鳥~ (9, 0.0%)

4 のやう 2 の声 1 が囀, のこゑ, の足跡

▼ つて~ (9, 0.0%)

3 くとも 1 いこの, いといふ, からざる, からざる辛苦, からず, なかつた

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 の上, の下 1 から落ち, のやう, の中腹, を渉, 低く水

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 から奇拔, と呼ばれた, にさういふ, は立上, よりもやさしい, 右衞門を, 平太何事ぞ, 日頃あんなに, 日頃龍然

▼ つて幾らか~ (9, 0.0%)

1 づゝでも知識を, の金銭, 威しの, 得意さうな, 暖まつたが, 楽も, 西洋の, 閑散な, 鬱を

▼ つて強い~ (9, 0.0%)

1 ことも, て話, アブサントを, 力で, 太陽の, 方が, 誇を, 軍人の, 香を

▼ つて彼自身~ (9, 0.0%)

1 その思想, としては毫も, の弁舌, の求める, の芸術, の靈魂, もその, もだんだん, をも彼

▼ つて御飯~ (9, 0.0%)

2 にする 1 でも食ませう, にし, もお, も食べず, をお, を戴きかけ, を食べたい

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 る, るべき打撃, る怖, れたつて仕様, れて, れと, れること, れる筈, れ始めたかと

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 つたもの, つたん, つて, つてるン, やしません, を労, を費す, 当ること, 窮めて

▼ つて思考~ (9, 0.0%)

2 して 1 した, しては, してを, し近代, する, すること, の中心

▼ つて恐怖~ (9, 0.0%)

1 するよう, と苦痛, に襲, のあまり, の叫び, の手, の極北, の種, を包んだ

▼ つて恐縮~ (9, 0.0%)

1 したもの, して, する, するやう, だよ, であるが, です, な氣持ち, らしくいつて

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 かも宋代, かも獨, でハイデルベルヒ, で大盤石, で気狂ひのやうに, で生体, で芝居, と巡査, と応挙

▼ つて悪けれ~ (9, 0.0%)

2 ばその 1 ば, ば前の, ば十組, ば少く, ば恐しく, ば永久, ば生き

▼ つて意識~ (9, 0.0%)

3 して 1 さ, された意識内容, されると, されるひとつ, してか, は彼

▼ つて感謝~ (9, 0.0%)

1 した, して, し神, すべきなん, すること, せざるを, せねば, の心, の意

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 の中 1 かしい思ひの, から紙入, しいもの, に呑んだ, はえ, へ手, を探る

▼ つて成長~ (9, 0.0%)

3 して 1 しようとして, する, すること, すると, つたので, の慾望

▼ つて手拭~ (9, 0.0%)

1 だけはブラ, でせい子, で括, で私, に包んだ, をさげ, を冠つた樣子, を吉原, を頭

▼ つて批判~ (9, 0.0%)

3 しては 1 されねば, される, され翫味, すると, するの, せしめたもの

▼ つて投げ~ (9, 0.0%)

1 かへしてやる, たりした, てくれ, てし, てやり, てゐる, 壁を, 果ては自分, 飛したる

▼ つて捨てた~ (9, 0.0%)

2 のは 1 かわかる, のも, んだらう, 処に, 夫の, 所を, 袖だ

▼ つて~ (9, 0.0%)

4 かつた 1 かつてこの, かつてゐる, かつて幾, で一杯ひつ, 替の

▼ つて~ (9, 0.0%)

5 へられ 2 へられる 1 へてやる, へる人々

▼ つて支度~ (9, 0.0%)

5 をし 1 をし始めた, をする, を了, を始めました

▼ つて放つ~ (9, 0.0%)

1 てはおけない, てゐる, て置い, て置いた, て置きました, て置きます, とくちふ, のだ, のであつ

▼ つて政府~ (9, 0.0%)

1 から分配, から命令, が平民, としての指導監督, に河渫, の許可, の貧富, へ納められ, を手古摺らせ

▼ つて政治家~ (9, 0.0%)

2 といふ柄, の利益たる 1 としては経験, としては經驗, などを毛虫, になつ, にもなれ

▼ つて教育~ (9, 0.0%)

2 せらる 1 された, されて, されると, するの, せらるるであらう, に従事, に理想

▼ つて整理~ (9, 0.0%)

1 された, された自由, されてこそ, したいと, して, し歌, するといふ, せられたと, のつく

▼ つて旅人~ (9, 0.0%)

1 の健康, の前, の笠, の顏, は蹌踉, も通らぬ, をさ, を取, を寂し

▼ つて日本語~ (9, 0.0%)

2 の練習 1 だけで話し, で詩, の精神, の美, はずつと, を習, を覚えたい

▼ つて明瞭~ (9, 0.0%)

2 であるから 1 であらう, である, であること, でないもの, にはわかりかねる, に理解, に發表

▼ つて明神下~ (9, 0.0%)

1 から向島, から溜池, に引, の平次, の自分, の錢形, へ引, へ歸, まで飛ん

▼ つて時間性~ (9, 0.0%)

3 の克服 1 とを克服, のなき, の危機, はいくら, よりの離脱, を意味

▼ つて暮す~ (9, 0.0%)

3 やうに 1 うち福島と, ことが, のは, やうな, 位なら, 巾着切だ

▼ つて最う~ (9, 0.0%)

2 今からは, 引くの 1 二月に, 十年近く働い, 暫くつき, 芽立の, 遅ござんす

▼ つて木の葉~ (9, 0.0%)

1 が落ち, が落ちる, でも綴つて體, に注意, の散る, の桜, はまた, や草, を拾

▼ つて来たい~ (9, 0.0%)

2 と思つて 1 といつた, といふやう, ところが, ところも, と云, と思ふ, んです

▼ つて格子~ (9, 0.0%)

1 から庇, に手紙, のそ, の下, の外, の横, の間, の隙間, はバラバラ

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 のやう 1 つきれを, でした, で二尺, なんか要らない, にくつ, の如く, を持つ

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 だつた, てたらう, てられるかにより, と山, に塩, に縛りつけ, の下, の中, を植ゑて福惠

▼ つて此等~ (9, 0.0%)

1 に類する, の人物, の地方, の好意, の詩篇, は太子, は無, 新佛教, 新舊

▼ つて母様~ (9, 0.0%)

1 がお, がおろそか, がお銭, がさう, が僕, にさ, のお, の気高い美しい, はさう

▼ つて濡れた~ (9, 0.0%)

1 けれどそれ, ま, 手を, 手拭で, 毛の, 羽織を, 船尾の, 襟を, 頬を

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 が消えた, が濡れし, のあかるい, のついてない, の下, の中, を入れ, を吹き消し, を點けた

▼ つて煙管~ (9, 0.0%)

2 を咬 1 から煙草, で方角, なんてもの, をポン, を取り出し, を叩い, を持ち

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 い路地 1 いお勝手, い入口, い小路, い放ち出, い渡し一杯, い階段, 苦しい喫茶店

▼ つて獲得~ (9, 0.0%)

1 された自由, されなければ, されるすべて, したところ, したの, したる制度, して, するところ, せる世界

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 て來, を成す 1 て来た, れた各, れた時, れる, をなした

▼ つて田舍~ (9, 0.0%)

1 じみた傾向, にある, にかへつて行つた, にゐた, に靜養, の投書家, の野原, へ歸, を廻つて

▼ つて疲れ~ (9, 0.0%)

2 て草 1 てゐた, て宿, て私, を休めた, 果てた顏, 果てて, 鼻白んで

▼ つて病気~ (9, 0.0%)

2 になる 1 がうつらない, がよく, でも悪く, になつ, になつて, にもなり兼ねない, を直し

▼ つて~ (9, 0.0%)

4 にさ 2 にさはる 1 な言, にさはるでせう, にも障るだらう

▼ つて発見~ (9, 0.0%)

1 された, されたこの, されるの, される民衆, しその後, したの, したもの, する, するであらう

▼ つて發見~ (9, 0.0%)

3 されたの 1 されたこと, された原理, されて, されました, した騷ぎ, せらる可

▼ つて皆さん~ (9, 0.0%)

1 から一, どうぞちよい, に済まぬ, のお父さん, の前, の夢, の家路, の御, はその

▼ つて益々~ (9, 0.0%)

1 その役目, 健康が, 分り惡, 径は, 昂るの, 此の, 熾烈と, 眼を, 趣味を

▼ つて眞理~ (9, 0.0%)

1 に深入り, の存在, の把持, の確實, の粒, は第, を動的過程的, を探し出す, を目差し

▼ つて眞面目~ (9, 0.0%)

4 な顏 1 くさつてる, で少し, な修養, に勉強, に考へる

▼ つて知らん~ (9, 0.0%)

5 顏を 2 ふりし 1 顏してる, 顏で

▼ つて神谷~ (9, 0.0%)

2 の方 1 にさう, についた, に会釈, のそば, の頭, はあたり, は彼女

▼ つて私共~ (9, 0.0%)

2 の額 1 が見, には分りません, の生, の見る, はいつも共に, は直ぐ, も一家族

▼ つて窮屈~ (9, 0.0%)

3 では 2 な階子段 1 だつた, だらうにね, な内地, な反動

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 が向, のなか, の前, の戸, の赤い, をお嬢さん, を取り上げた, を降す, 居したり

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 の下 1 てが不自然, てに經濟, ての動物生育, ての意味, 合して, 括せらるべきこと, 括せられ色々

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 に勧めた, に言, の声, は更に, は無, は真面目, は笑, は自, は顔

▼ つて~ (9, 0.0%)

4 の上 1 が引かれた, つたり, の傍, の前, や茶碗

▼ つて自動車~ (9, 0.0%)

1 か, に乗つ, に乗込んだ, に就, の中, の來, を恐がる, を頼む, を駆る

▼ つて舞臺~ (9, 0.0%)

2 を見 1 にか, に立つ, に降りる, の圈外, の板, の藝, へ出る

▼ つて蒲團~ (9, 0.0%)

2 の中 1 だつて洗濯, に這入, を丁寧, を取出した, を深く, を被りました, を飛出した

▼ つて藤枝~ (9, 0.0%)

3 の顔 1 がまじめ, のした, は小さい, は応接間, をしきりに, を黙らせよう

▼ つて行つた後~ (9, 0.0%)

2 から窓 1 で, でお, で妄, にも私, は又, は家, もこの

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 を閉め 1 に背中, の前, の文字, をあけ, をあけた, を締めた, を締切つて

▼ つて見まし~ (9, 0.0%)

3 よう 1 てもいま, てもすべて, ても何, て狭山さん, ようかしら, ようよ

▼ つて~ (9, 0.0%)

4 つた 1 すれば, つたが, つたけれども, つちや, つてるよ

▼ つて解る~ (9, 0.0%)

1 がね, ぢや, ので, のを, もんか, もんかよ, もんぢや, よ, わ

▼ つて解釈~ (9, 0.0%)

4 して 3 しようと 1 は六感的飛躍, 出来ないの

▼ つて記憶~ (9, 0.0%)

1 から手頃, が惡, しては, だか, ではない, に止め置いた, のなか, の内側, もない

▼ つて許し~ (9, 0.0%)

2 てし, てやつ 1 てくれ, てほしい, て下す, て貰つて, を得ない

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 あ無, さ, だ, でもある, なくとられて, なん, にはゆかない, には行かない, を訊く

▼ つて評判~ (9, 0.0%)

21 だが, ですわ, になつ, のよく, の好い, の良い, を氣

▼ つて誰か~ (9, 0.0%)

1 から親分, がこの, が作り出し, が書, が私, が考, と一処, にくれ, をつねに

▼ つて貰ひま~ (9, 0.0%)

3 するし, つせ 1 つか, つさ, へん

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 な街 1 かな寧ろ, かな通り, かに成つて來, はしい, はしく, はつて, ふ相

▼ つて路傍~ (9, 0.0%)

3 の草 2 の人 1 に僵, に立ち並ん, に行倒れ, の餓鬼共

▼ つて~ (9, 0.0%)

6 つたり 1 が初, が始まつ, つたもの

▼ つて踊つて~ (9, 0.0%)

1 なげいて, やるぢ, ゐた, ゐるかも, ゐる姿, ゐる許婚同志, 来るん, 見せるので, 踊りぬいて

▼ つて軈て~ (9, 0.0%)

1 は廃絶, 其子供を, 復た, 校長は, 気を, 私の, 膝を, 郡視学の, 銀之助は

▼ つて辛うじて~ (9, 0.0%)

1 その一部, 二晩だけ, 其れ, 其日の, 唸り出した, 川原へ, 抑圧された, 町内会員の, 野猪退治に

▼ つて這入~ (9, 0.0%)

3 つて来た 1 つた所に, つてゐた, つてゐたく, つて來た, つて行つた, て来ました

▼ つて遅く~ (9, 0.0%)

1 なつて, なるので, なる模様, はあるまい, はない, はなかり, は無い, までも読書, 帰つて来た

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 まきに, 乗の, 人を, 千鳥, 卷に, 國に, 國の, 州の, 州一の

▼ つて遣つた~ (9, 0.0%)

2 よ, んだ 1 ことが, のです, んでがさ, 丸餅が, 事が

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 い一株, い中食, い方, い月, い歩み, くな, くなる場合, く受け應, く歸

▼ つて銀座~ (9, 0.0%)

2 のバア 1 で稼いでる, につ, に出, の通り, の関口, へ出た, を歩い

▼ つて開い~ (9, 0.0%)

3 てゐる 1 て來, て居ります, て居る, て見, て見た, て見る

▼ つて降つ~ (9, 0.0%)

3 て来る 2 てゆく, てゐる 1 たり, ていつ

▼ つて階下~ (9, 0.0%)

2 へ降りた 1 に降り, の四疊半, の漬物倉, の灯, へおり, へ下り, を覗く

▼ つて隣り~ (9, 0.0%)

2 の村 1 の, の人, の路地, の部屋, の隱居, をゆり起そう, 屋敷の

▼ つて雑誌~ (9, 0.0%)

1 に発表, に載せた, をめく, をやつ, をペラペラ, を一つ二つ, を懐, を読みたがる, を読ん

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 を免れる, を避け, 有うございます 1 かしい, じたり, を避けた

▼ つて面倒~ (9, 0.0%)

1 だつた, でなかつた, なり先々拙者, な事, な気, な経営, になる, をみる, を見

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 から下, が尖つ, でうけ, で視, で追, のあたり, へぶつ, を撫で, を突き出し

▼ つて~ (9, 0.0%)

1 なぞも思ひ切, に血, のところ, をだ, を伸ばした, を垂れ, を延ばし, を絞め, を縮め

▼ つて飛出し~ (9, 0.0%)

2 て來 1 ちや新宿あたりで, てしまひました, て四日, て来る, て行, て行く, 血だらけにな

▼ つて駈け~ (9, 0.0%)

3 てゐた 1 てくる, てゐる, て歩く, て行く, 落ちを, 足で

▼ つて騒い~ (9, 0.0%)

3 でゐる 1 だり下らない, でやらう, でゐた, でゐました, で居た, で居る

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 を痛める 1 が冷え, が變, もきちんと, を伸し, を前, を覆う, を起しかけた

▼ つて魅力~ (9, 0.0%)

1 あり渇仰, があり, である限り, でもありうる, になる, に乏しい, のある, を加, を放つ

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 が梁 1 が, に化けよう, のやう, の餌食, は愛ちやん, も多けれ, を捕らせる

▼ つて~ (9, 0.0%)

2 を喰 1 が少し, が飛び出, ぎしりした, とか髮, のない, は拔, をくひしめた

▼ つてあいつ~ (8, 0.0%)

1 がわざと, が何と, が君, が死ん, によく, の来ない, の饒舌, は十年前

▼ つてあきらめ~ (8, 0.0%)

1 から起る, が付い, てはゐる, てをりました, て了, て待たない, て貰ふよ, 兼ねて

▼ つていふ話~ (8, 0.0%)

2 がある 1 が出てる, さそれ, だが, だつた, だよ, までなさる

▼ つていました~ (8, 0.0%)

1 おれは, か, から直接主人, が, がそれ, けれども渡る, の, わ

▼ つてうまく~ (8, 0.0%)

1 はぐらかして, 受取る, 口に, 治して, 続いて, 行けば, 行つた日は, 電話を

▼ つておかね~ (8, 0.0%)

6 ばならぬ 1 ばならず, ばならぬだらう

▼ つておかみさん~ (8, 0.0%)

1 があんなに, と色んな, と話, に渡し, のお, の姪, の方, は話

▼ つておとなしく~ (8, 0.0%)

2 して, 寝た 1 下宿屋の, 主人の, 其處に, 靜つては

▼ つておる~ (8, 0.0%)

1 か人生, が落第生, ことでございまし, さうだ, もので, 人が, 獅子や, 電子が

▼ つてお前さん~ (8, 0.0%)

1 がその, が咎める, さう, に言つたぢ, の頼み, の顔, は何, 又お

▼ つてお母さま~ (8, 0.0%)

1 だつて, と百々子さん, のお, のご, の声, は小声, もどうぞ, をさがします

▼ つてかすか~ (8, 0.0%)

1 なノスタルジイ, な微笑, な氣づまりを, な瀬, な目まひ, に僕, に照らされ, に首肯き

▼ つてからか~ (8, 0.0%)

21 はうと, はれお座敷, はれでも, はれりや, へるの, 今少し

▼ つてぐつと~ (8, 0.0%)

2 沈んで, 睨まへる恰好 1 呑み込んだ, 噴きあげる怒り, 握り締めた, 飲み乾した

▼ つてさびしい~ (8, 0.0%)

1 と思, のである, よ, 平泉の, 思ひを, 氣が, 氣持に, 田舎みちを

▼ つてたまらなかつた~ (8, 0.0%)

2 のです, 即興の 1 これは, し父親, の, んだらう

▼ つてところ~ (8, 0.0%)

1 だ, で雜魚寢, による氣候, に由つて, に行つて, は何でも, は誰, よ

▼ つてとにかく~ (8, 0.0%)

1 あなたが, にも一通り, 一方は, 微力の, 来て, 色々な, 芋を, 見かけだけは

▼ つてどちら~ (8, 0.0%)

1 かといふ, かと問, かの影, かの方便, に意義, へです, もにこ, も固まり

▼ つてなされた~ (8, 0.0%)

1 かは詳, かを考へず, といふの, のである, 事業は, 前記現象の, 子供と, 駁論は

▼ つてなにか~ (8, 0.0%)

1 いひかけたが, それは, たくらんでるらしいやう, のあかり, 事の, 日本の, 身構へる, 適当な

▼ つてなんだか~ (8, 0.0%)

1 それが, ウヰリアム・ブレイクの, 二三日の, 大切な, 気に, 白熊たちは, 知らないけど, 胸が

▼ つてにこにこ~ (8, 0.0%)

2 しながら 1 した, して, しました, とかぶり, と笑つて, 笑ひ

▼ つてはじめ~ (8, 0.0%)

1 からポンチ, から土臺, から結婚, とする, の内私, の場所, はあの, は医大

▼ つてばかし~ (8, 0.0%)

1 で別に, ゐたの, ゐたのに, ゐましたといふ, ゐる訳, 居た所爲, 居つから, 居やが

▼ つてひつ~ (8, 0.0%)

1 きよう絶対, こんだ, こんでばかり, たくり買, たくり車, たくるやう, つれて, 込んで

▼ つてみなけれ~ (8, 0.0%)

2 ばならない, ば判らない 1 ばなりますまい, ばはつきり, ばわからぬ, ば生きた

▼ つてみのる~ (8, 0.0%)

1 が一人, に勸め, の傍, の手, はこの, は數, は直ぐ, は自分

▼ つてみよう~ (8, 0.0%)

1 かといふ気, かどう, かな, ぢやごわりません, といふ計画, とはしない, と思, と思ひ立つた

▼ つてもとより~ (8, 0.0%)

1 それは, なんの, アカデミイは, 仲違ひ, 同じこと, 珍奇な, 諸臣, 附け加

▼ つてもを~ (8, 0.0%)

2 らぬ, る当 1 かしくない, られんの, りませう, れば

▼ つてもん~ (8, 0.0%)

1 だよ, にも工藤, のわからない, はさ, は日比谷公園, は時々, は椅子, もなく

▼ つてよこし~ (8, 0.0%)

1 てある, てくれ, てもあなた, てももう, てもらひたい, て呉れる, て欲しい, て義雄

▼ つてよりも~ (8, 0.0%)

1 そのうち, それの, むしろ哲學, 一層多く, 他の, 例によ, 僕自身に, 足を

▼ つてわるい~ (8, 0.0%)

1 かな, しそんな, とおも, とは申, ので私, んです, 方に, 気が

▼ つてカラカラ~ (8, 0.0%)

7 と笑 1 と笑つて

▼ つてニヤリ~ (8, 0.0%)

2 と笑つた 1 とし, とする, ととぼけた, と得意気, と笑, と笑う

▼ つてピアノ~ (8, 0.0%)

1 に向, に向つた, の上, の前, の方, の稽古, を習, を開け

▼ つて一刻~ (8, 0.0%)

2 も早く 1 でも安楽, ばかり密談, ばかり醉, ほどし, も坐, も變

▼ つて一口~ (8, 0.0%)

1 に吸, に言, に頬ばつた, に頬張り, に高昌人といつて, 飲めばい, 飲んだ, 飲んで

▼ つて一息~ (8, 0.0%)

2 吐く 1 ついた, ついて, にぐいと, に水, ぬきたいやう, 吐いて

▼ つて一樣~ (8, 0.0%)

1 でありませぬ, でないけれども, でないと, になつて, に尊敬, に情ない, に眞, に黒塊

▼ つて一目散~ (8, 0.0%)

2 に逃走, に駈け出した 1 に竜巻村, に逃げ延びる, に遁げ, に闇

▼ つて三千代~ (8, 0.0%)

1 に対して見る, の上, の名, の所, の様子, の為, は暗に, へ手紙

▼ つて三田~ (8, 0.0%)

2 の方 1 がやつ, の乘, の薩摩ツ原, は一緒, をいやがらせた, を促し

▼ つて上げよう~ (8, 0.0%)

21 かあれ, ではない, と思つた, と思つて, と思ふ, よ

▼ つて上演~ (8, 0.0%)

1 された, されること, されると, され短篇小説, し, しいづれも, しさ, を可能

▼ つて不快~ (8, 0.0%)

2 にされる 1 では, な感, な督促, な限り, になつ, を感じる

▼ つて不自由~ (8, 0.0%)

1 するの, だ怒鳴りたい時, な身體, の中, をかけ, を強, を感ずる, を與

▼ つて主筆~ (8, 0.0%)

2 と上島, は椅子, は立上 1 は出, は室

▼ つて久しぶり~ (8, 0.0%)

1 だわ, で下町, で家族生活, に三味線, に佐賀, に青い, の大声, 話さう

▼ つて乞食~ (8, 0.0%)

2 になる, をし 1 でもする, と間違, になりきれない, の死骸

▼ つて二三日~ (8, 0.0%)

1 して, すると, たつと, の暇, は, はもと, 凄まじく降つた, 寝込んだ

▼ つて五分~ (8, 0.0%)

2 と辛抱, もすれ 1 か六分, と立たない, も経たない, を得

▼ つて人民~ (8, 0.0%)

1 から崇拝, が統一, に諭す, は何一つ, は天皇, は統合, を劫掠, を小鳥

▼ つて人物~ (8, 0.0%)

1 がゐ, の品質, の変名, の面目, もいろ, を崇拜, を崇拝, を滋味豊か

▼ つて他所~ (8, 0.0%)

1 の国々, の場所, の娘はん, へは嫁, へ引越し, へ移つたの, へ行く, へ行つて

▼ つて付けた~ (8, 0.0%)

4 やうに 2 やうな, 様に

▼ つて低い~ (8, 0.0%)

1 けれど山, 二階や, 小さな草山, 感傷は, 所に, 生活水準に, 聲で, 鼻の

▼ つて何人~ (8, 0.0%)

1 がお世話, が研究, にもあれ, にも愛嬌, にも解り, をし, をも退屈, 殺しました耳

▼ つて何故~ (8, 0.0%)

1 だか, にあなた, に同, に汝, に私, また頓狂, 手入れを, 農商務大臣に

▼ つて何方~ (8, 0.0%)

1 かといふ, かと言, にです, にも取れる, への縁組, へ行つて可, もその, をどう

▼ つて作物~ (8, 0.0%)

2 が出, が取れない 1 が印刷, の幅, の畦間, を朗読

▼ つて光り~ (8, 0.0%)

4 を竪 1 がテーブル, の輪, を放つ, を放つた

▼ つて内心~ (8, 0.0%)

1 では非常, に相剋, の否認, の愉悦, は小説家, は避けられる, びくびくし, 大いに喜ん

▼ つて内閣~ (8, 0.0%)

4 の統一 2 の威信 1 がその, を組織

▼ つて出し~ (8, 0.0%)

1 てありまする, てしまふ, てやつ, てやる, てゐる, て徳川氏, て来, ながら気

▼ つて出發~ (8, 0.0%)

4 した 1 したの, する事, する理由, なさい

▼ つて~ (8, 0.0%)

1 から其の, ちやんだ, まり大いなる, めん時は, 世の, 世は, 哉首基の, 學者にと

▼ つて利益~ (8, 0.0%)

2 を受ける, を得た 1 にならない, も有らう, を供, を得る

▼ つて創作~ (8, 0.0%)

1 された別, したもの, するところ, の世界以外, の仕事, の態度, の机, を批判

▼ つて動物~ (8, 0.0%)

1 から區別, がする, とも植物, にまさる, のある, の糞尿, の肉, は幾ら

▼ つて匕首~ (8, 0.0%)

1 が, で刺す, なんかで殺しなすつた, まで持出し, をつきつける, を一口, を敷居, を返し

▼ つて医者~ (8, 0.0%)

1 が眼, のすゝめ, の厄介, の秘密, は急, は熱心, も全く, を呼ん

▼ つて~ (8, 0.0%)

2 つた 1 つたと, つて了つたのです, つて仕舞ふこ, つて行つた, 留いづれ, 頃家重將軍是へ

▼ つて反抗~ (8, 0.0%)

2 して 1 したかど, したくなるであらう, すること, するので, のす, を示した

▼ つて口笛~ (8, 0.0%)

3 を吹き 2 を吹い, を吹きます 1 吹くや

▼ つて向側~ (8, 0.0%)

2 の壁 1 から敷布, に手形書, に駆ける, に驅, の広い, へ落ちる

▼ つて~ (8, 0.0%)

2 つと 1 つとして, つと溜息, といふ息, とする, と呼吸, と立直

▼ つて哲學~ (8, 0.0%)

1 に對, に關, のむつかし, のイデオロギー, の對象, の書, はほんとに, を學ぶ

▼ つて~ (8, 0.0%)

2 へられ 1 ひし詞句, へらるべき主張, へられる, へる詞, へ伝へられた, へ言

▼ つて~ (8, 0.0%)

2 賣の, 賣を 1 や農, 賣が, 賣に, 賣人

▼ つて善く~ (8, 0.0%)

2 ないから 1 斷ずる政治家で, 現れ申候, 眠らうと, 知つてゐまさ, 解らないが, 話を

▼ つて喜ぶ~ (8, 0.0%)

1 お染, からです, さ, のだ, のである, ものを, 様な, 見物すら

▼ つて喝采~ (8, 0.0%)

3 した 1 されるなどは, して, しましたが, を送る, を送るだらう

▼ つて地方~ (8, 0.0%)

1 から出た, にばら, によつて, によつて變, に縁, の信仰, の政治的地圖, の文化運動

▼ つて地面~ (8, 0.0%)

1 に落ち, に降り, の上, の下, は真赤, を一打ち, を破, を這

▼ つて~ (8, 0.0%)

1 が拔, のやう, の中, の壁, の外, の郊外, は固まらない, を築く

▼ つて堪へ~ (8, 0.0%)

1 がたいので, がたい惡臭, がたい歎, がたくなる, て居, て床, て行く, 難い大

▼ つて堪る~ (8, 0.0%)

4 ものか 2 もんか 1 ものかと, も堪らない

▼ つて変化~ (8, 0.0%)

2 する 1 がある, された例, するもの, せしめられること, に方向, はし

▼ つて外出~ (8, 0.0%)

2 して 1 した清左衞門, しなかつたが, しましたとき, しようと, も出来る, をさせません

▼ つて太陽~ (8, 0.0%)

2 のま 1 に近づく, の位置, の光, の光線, の熱, はほか

▼ つて失敗~ (8, 0.0%)

2 したと 1 する事, でもした, に終つて, の償, をした, を自覚

▼ つて女王樣~ (8, 0.0%)

21 が申されました, と毬, には何れ, は亂暴, は少時薔薇, は死刑執行者

▼ つて媒介~ (8, 0.0%)

1 されそれら, されねば, される, されること, されるの, される實, される物體界, を通じて見る

▼ つて~ (8, 0.0%)

1 と入れ替つた, と笑つた事, と縫子, に調戯つて, の勧, の顏, の顔, を通して奇麗

▼ つて学生~ (8, 0.0%)

1 に別れた, に妥協, のやう, の顔, はさらさら, はその, は嘆息, は決心

▼ つて安藤~ (8, 0.0%)

2 は密, は手持無沙汰, は目 1 が來, は立つ

▼ つて室内~ (8, 0.0%)

2 の温度 1 が寒, に菊, の人々, を散歩, を見廻した, を走り

▼ つて家々~ (8, 0.0%)

1 に出入, に這入つ, の前, の屋根, の祭り, の角, を女, を訪問

▼ つて家路~ (8, 0.0%)

4 を戻る 1 についた, に急ぐ, をたどり, を目差した

▼ つて寒く~ (8, 0.0%)

1 つてたまらない, ていま, て弱りました, ない, なつた, なつて, 山の, 見える位

▼ つて小走り~ (8, 0.0%)

2 に姿 1 に往き来, に橋, に歩いた, に行きかけ, に走り, に駈け

▼ つて居まする~ (8, 0.0%)

2 ほどに其氣, を何時通つて, 女房も, 花は

▼ つて居られました~ (8, 0.0%)

1 お方で, からこちら樣, から日本, がこの, がその, がふい, がやがて, が私

▼ つて居りまする~ (8, 0.0%)

2 が其の 1 うちに, から, けれど今, ので, のは, 爲に

▼ つて屡々~ (8, 0.0%)

1 上演者の, 人車は, 周囲の, 妨げられるもの, 寢つく, 忠告の, 旅行に, 訪れて

▼ つて~ (8, 0.0%)

2 に利用 1 いぞ, く口, く執成し, にやれ, に姿, に複雑美妙

▼ つて巴里~ (8, 0.0%)

1 でかこつた相手, に入る, に来ない, のムーランルージユあたり, の地圖, の貴婦人達, へ来た, へ直行

▼ つて希望~ (8, 0.0%)

1 する, する所, といふ形, と勇気, の山, の段別, は残つて, を刺戟

▼ つて帳面~ (8, 0.0%)

2 の調べ 1 から手前, づらだけ, のこと, の附け, をつける, を手

▼ つて~ (8, 0.0%)

1 い入海, い境内, い平地, い店さき, い講堂, がりきこえるほど, く人間, く使用

▼ つて廻る~ (8, 0.0%)

1 と紫, ので, のは, ばかし, 商売人が, 燕の, 老人は, 踊には

▼ つて引上げ~ (8, 0.0%)

3 ても己 1 それから家, ぬばかり, られました, られる方針さ, る外

▼ つて当然~ (8, 0.0%)

1 さうあるべきこと, なこと, の疑問, の結果, 之を, 生れ出, 男子が, 罪が

▼ つて往来~ (8, 0.0%)

1 が多少, して, のまん中, の人, の障なり, の雪, へ出, へ来

▼ つて後で~ (8, 0.0%)

21 はいづれ, はその, 叔母の, 咽喉が, 糺すと, 考へると

▼ つて後世~ (8, 0.0%)

1 になる, に伝, に傳, に残したい, に至る, の演劇史家, の理会, の見所

▼ つて御馳走~ (8, 0.0%)

2 になる 1 があつ, ちようだい, になつ, になつて, になつて遲, を致しました

▼ つて必ず~ (8, 0.0%)

1 あなたの, すべてが, そばを, 出すべきだけの, 分娩させ, 分流の, 言葉を, 變遷する

▼ つて快く~ (8, 0.0%)

1 これを, そ, 入座, 感じながら, 散会近来うれしい, 私の, 自惚れた僭越, 通して

▼ つて~ (8, 0.0%)

2 のため 1 には念, のため格子, の爲町内, を押し, を押した, を押しました

▼ つて思へ~ (8, 0.0%)

2 ばその 1 ばかう, ばそれ, ばどれ, ば凡そ, ば此物, ば白芙蓉

▼ つて~ (8, 0.0%)

2 ひしさ, をした 1 と云, に悩む, の歌, を本当に

▼ つて悠々~ (8, 0.0%)

1 たり, たる翼, として甲板上, と京, と煙り, と煙草, 御歸館, 自惚心

▼ つて悦ん~ (8, 0.0%)

3 でゐた 1 で勉強, で居ります, で居る, で聽, で被入

▼ つて悪く~ (8, 0.0%)

1 それでも二三年前, なかつたが, なかつた何, なつたわけ, なつて, はあるまい, 云ひました, 云へ

▼ つて悲しい~ (8, 0.0%)

1 だらう俺, ふしで, 壮んな, 思ひを, 手紙を, 気分に, 汝も, 聲で

▼ つて悲しみ~ (8, 0.0%)

2 温かい春 1 さへ, と変じ, には泣き, の玉, を忘れた, を深める

▼ つて悲鳴~ (8, 0.0%)

3 をあげ 2 を續けた 1 をあげる, を続け, を追跡

▼ つて愈々~ (8, 0.0%)

1 つむじを, はげしくなる, 働くこと, 地獄變の, 恐入ましたんで, 東京の, 決勝百米から, 眞菰の

▼ つて~ (8, 0.0%)

5 さが 1 むようになつてしまつたんだ, 惡を, 體らしく

▼ つて懐中~ (8, 0.0%)

1 から大事, から巻紙, から金貨, にし, に忍ばせた, に捩, に隠す, の紙入

▼ つて成功~ (8, 0.0%)

1 したの, した平凡, して, するか, する所, と認められ, をさせ, を贏

▼ つて戰爭~ (8, 0.0%)

1 が始まれ, と戀愛, の夢, の姿, をもした, を咀, を咀つて, を食い止める

▼ つて手前~ (8, 0.0%)

1 えは, が感心, なんかよりぐつと立派, のもの, の脇差, はお, はこの, はまるで

▼ つて手足~ (8, 0.0%)

1 が利かず, に取りすが, に少し, の枝, をばたばた, をばらばら, をもがもがさし, を洗

▼ つて~ (8, 0.0%)

2 いて 1 いた女, けてその, けるらしい, ける事, け出せやしません, け荷

▼ つて