青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「づく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つまり~ つめ~ ~つもり つもり~ つる~ ~つれ つれ~ づ~ ~づか づか~
づく~
~づけ づけ~ づつ~ ~づら づら~ て~ てえ~ てた~ てない~ ~てる

「づく~」 1016, 11ppm, 10235位

▼ づく~ (88, 8.7%)

3 だから, であつ 2 だ, である, でございますわ, なので, の手紙, の料理, の装飾

1 [68件] さ, だが, でございます, でした, でなくて, でもこいつ, で数, で樫, で水, で育ツ, で花, で面白い, となり, なお邸宅, なから, なところ, なもの, なやう, なり, なりし由, な日本, な脆こい, になり, になる, に務めら, に塗り, に見, に金, のかなり華美, のすてき, のところ, のひと, のほつそりした, のロココ風, の世の中, の仕事, の俳壇, の品物, の大, の學問, の官員屋敷許, の宮殿, の平凡, の打, の施設, の服装, の服裝, の本物, の洋服, の洋裝, の羅衣, の羽織著物, の背景, の與力ども, の航海, の茶室, の装, の装い, の謎, の責めたてられる, の贅沢, の贅澤, の酒盛り, の頬, の食器, やさかい, らしかつ, を言

▼ づくまつ~ (79, 7.8%)

19 てゐる 12 てゐた 32 てるだよ, てゐなけれ

1 [41件] たとき, たなり, たの, たまま, たらしい, た姿勢, た形, た後, た虫, てうつろ, てぎよろりとしてゐる自分, てしきりに, てしづか, てしまひました, てそして, てちろちろ, てぢ, てなかなか, てねちねち, てみた, てゐね, てゐました, て世話, て今にも, て何, て先祖, て凝, て十八九, て呆, て咽, て夕刊, て居られた, て居る, て急, て暫く, て湖, て眠り, て立膝, て老母, て葉, て酒がま

▼ づく~ (56, 5.5%)

3 彼は 2 いえども, 命がけで, 聞いた

1 [47件] あたりの, あって, ある, あるに, あれば, いい人, いう, いうなどと, いつた様子, いつて, いまだいはぬ, かや, くだけし船, こんどは, せば, なししは, なりて, また私, まりと, 一ツ星も, 仁右衛門は, 傳へられ, 冷豆府これは, 同時にド, 同時に何事, 彼等は, 徐鉉は, 思ふ, 思われるの, 急に, 想像し, 氣づかない, 物怖じした, 眞ツ暗, 眺むれ, 答う, 紅梅は, 良吉は, 蒲生家の, 見るの, 言ったが, 認めるから, 説きし人, 誰か, 釈く, 雖も, 鳥刺し姿の

▼ づく~ (44, 4.3%)

11 である 2 が第, しづけかりけり石, だ, であらう, を待っ

1 [23件] かに, か分らなかった, ごとく, たるを, だつた, でありまして, であるか, であろう, でなく目前, では, なかに, は當然, ふるところ, も無理, やうな, を見た, 事と, 垂れさうな, 打つ音, 方は, 物を, 生れたれの, 程とも知らね

▼ づくろい~ (40, 3.9%)

16 をし 4 をする 3 を直し 2 をした, を直した

1 [13件] に移っ, に起ち上がった, の出来る, の気配, をいたします, をしない, をしました, をしよう, をすまし, をせざる, をていねい, を直しました, を示し

▼ づく~ (36, 3.5%)

7 ひを 5 ひ, ひして 2 いして, いする, いすると

1 [13件] いした妹, いしました, いするあいだ, いといいこれ, いにぴんと, いに古, い致しまして, ひした女中達, ひした接吻, ひす, ひだけは, ひに, ひや

▼ づく~ (25, 2.5%)

2 来いと

1 [23件] あなたを, せうよ, それにも, それを, やつたと, やつて, やるとか, やる人間, やれる仕事ぢ, 一人残らず追い払った, 争わなけりゃア, 何うにも, 別れること, 強ひ, 彼に, 打ち込んで, 押し出すの, 書いて, 果てるやら, 誤魔化す限りシッポ, 貴い物, 退かせるぞ, 飛んだこと

▼ づく~ (25, 2.5%)

3 御機嫌, 蹴かへ 2 行くか

1 [17件] あらざるかを, かおきし, なつた, なつて, ゆうでございますツ, ゆう丸, 下るらむ, 下るらん, 云つてや, 今あり, 決まって, 行かば, 行きけむ, 親分縋つ, 言渡した, 違いない, 頸す

▼ づくこと~ (19, 1.9%)

2 と思ふ

1 [17件] ができたなら, がわかる, だつて, となった, と拜察, になるだろう, のでき, はもちろん, はわかっ, もあった, もせず, も身, をも知らね, を得ず, を欲, 勿論である, 申す迄も

▼ づく~ (19, 1.9%)

3 ない 2 知らず往にしかど, 知らず靈魂

1 [12件] あれともな, いとど降りまさり, いまし何度, とらふづくの類, ないが, ないと, ない殊に, アレ紫しづく, 好きである, 春の, 燃えて, 降るに

▼ づく~ (17, 1.7%)

1 [17件] ごとく切れたるが, しみこんで, すでに船, その首, ゐさ, ポタリポタリと, ポツン, 早いか, 燦々と, 真珠の, 窓を, 而も, 落ちて, 蕗の, 親ゆづりの, 首筋を, 鳴きさ

▼ づくもの~ (15, 1.5%)

2 だと, であるから, も無し 1 かと思ふ, があつ, がある, であらう, で作者, と信じたい, と想, と自分, もなし

▼ づくまり~ (14, 1.4%)

2 ました

1 [12件] いたりき, けふも, しばらくは, たちまち立つ, ておの, て絵本, になる, ぬる, ふと思ひ出した, ゐる小半時大原, をその, 黙むひとむれ

▼ づくまる~ (13, 1.3%)

2 やうに, 薬の 1 ことある, こと八時間たいてい, ところし, 樣に, 母親に, 獸, 移り気を, 者よ, 農家や

▼ づく~ (13, 1.3%)

1 [13件] さまよ, はかと, ゆくへと, 出して, 切りながら, 吸ひ, 吸ふた, 宛とも, 拂ね, 滴らして, 美しい, 落し芝, 蟹や

▼ づく~ (12, 1.2%)

2 のだ 1 つたかも, つたこれらの, つたとか, つてしまつ, つてその, つてゐる, のには, りつこは, んです, 聲で

▼ づく~ (12, 1.2%)

2 さすや 1 いるとも, うする, かたぶく末, きゆる, ざし柔ら, なら, のかげ, の光日, の涙, 入るとも

▼ づく~ (11, 1.1%)

2 食へ 1 その上, とても食べられない, ふ説, 書生に, 腥く水, 迚も, 閉口した, 驚いた, 高いので

▼ づく~ (11, 1.1%)

5 行くや 2 なりと 1 とても, 持ち去つたもの, 行くとも, 行く群

▼ づくろいし~ (11, 1.1%)

1 [11件] その裾, ていかめしき, てその, てキリッ, て並んでる, て立ちかけた, て静まりぬ, て首, て高時, ながら泉, ながら褥

▼ づくまた~ (9, 0.9%)

1 一真法界と, 大蛇あり, 楞厳三昧と, 正法眼蔵, 涅槃妙心と, 無上菩提と, 第一義と, 般若実相と, 馬

▼ づく~ (9, 0.9%)

51 からざる, きものを, き一個, き者

▼ づく~ (9, 0.9%)

1 が多い, である, で燧石, で特に, の茶臼山, は何, は此年四月頃, は素問霊枢, を指せ

▼ づくところ~ (8, 0.8%)

1 あり或は, のある, の氣, の藁屋, は同じ, まで反抗, を久しく, を考

▼ づく~ (8, 0.8%)

1 凝りし, 少し位, 權柄づく, 水に, 洒落に, 色事では, 蝉の, 金づく

▼ づくやう~ (8, 0.8%)

1 である, なもの, な危な, な痛み, に子供たち, に慌しく, に現, に胸

▼ づくので~ (7, 0.7%)

2 あつた 1 それを, 不思議に, 中新田の, 有らう, 有るから

▼ づくより~ (7, 0.7%)

2 いづくまでが 1 きたるならん, 來し, 流れかより, 苦々しい, 阿の

▼ づくとも~ (6, 0.6%)

1 つまらなくとも, なく逐天致, 無き落花, 知れず逃げて, 興安嶺を, 言触らす

▼ づく~ (5, 0.5%)

1 や, や奪, や宗旨, や滅多, や話

▼ づくって~ (5, 0.5%)

1 いた, いるから, いるの, 毎日, 血の

▼ づく~ (5, 0.5%)

3 あるまじけれど 1 ない出來, なかつたが

▼ づく~ (4, 0.4%)

2 歌の, 食らふなるべし

▼ づくむ猫~ (4, 0.4%)

2 のねちねち, の今朝

▼ づくこの~ (3, 0.3%)

1 海中に, 瞰望を, 鳥麥をも

▼ づくその~ (3, 0.3%)

1 こと厳寒の, 子孫を, 毛は

▼ づく~ (3, 0.3%)

1 どのはて, 彼の, 衣がへ

▼ づくといふ~ (3, 0.3%)

1 猶尋, 禮記の, 言の

▼ づくにも~ (3, 0.3%)

1 お關, 敢て, 腕づく

▼ づくねの~ (3, 0.3%)

1 泥細工で, 筒形の, 蝋型に

▼ づくばかり~ (3, 0.3%)

1 でなく時どき, で無く, 一郎が

▼ づく~ (3, 0.3%)

2 死鳥の 1 子を

▼ づく~ (3, 0.3%)

1 すべて涙ならん, りか出づべき, 雪あかり漕げ

▼ づくよりとも~ (3, 0.3%)

1 なく一人, なく美僧あら, 知らず緋

▼ づく幾層~ (3, 0.3%)

3 の憂き

▼ づく白雲~ (3, 0.3%)

3 の棚引く

▼ づく~ (3, 0.3%)

1 つころ, でもあれ, に腰

▼ づく~ (3, 0.3%)

1 がなかっ, が多い, ともう

▼ づく~ (3, 0.3%)

1 がこの, は縁側, を満面

▼ づく~ (2, 0.2%)

1 の一脚, をお

▼ づくから~ (2, 0.2%)

1 で一生不自由, 來る

▼ づく~ (2, 0.2%)

2 ぬぎ林

▼ づくこれ~ (2, 0.2%)

2 かえって太く

▼ づくそれ~ (2, 0.2%)

1 に付けた, も解らない

▼ づくつて~ (2, 0.2%)

1 ゐると, 食べられやしないん

▼ づくとい~ (2, 0.2%)

2 へり

▼ づくとか~ (2, 0.2%)

1 すると, 尋ねて

▼ づくなつ~ (2, 0.2%)

1 た, たので

▼ づくにて~ (2, 0.2%)

1 相見ん, 金子を

▼ づくには~ (2, 0.2%)

1 困つたが, 誰も

▼ づくの国~ (2, 0.2%)

1 いかなる所, の大将

▼ づくの田居~ (2, 0.2%)

1 に雁鳴き, の夜空

▼ づくの者~ (2, 0.2%)

1 なりやと, なるやをこれ

▼ づくの聲~ (2, 0.2%)

1 が冴えた, は南北

▼ づくの里~ (2, 0.2%)

1 に行く, を迷

▼ づくの露~ (2, 0.2%)

1 に心, のかかる

▼ づくへか~ (2, 0.2%)

1 帰る日, 往きたまひ

▼ づくまでが~ (2, 0.2%)

1 平常状態, 疾病状態である

▼ づくむ鴨~ (2, 0.2%)

2 の竝びみじろぐ

▼ づくもつ~ (2, 0.2%)

1 た藤岡の, ひの

▼ づくよう~ (2, 0.2%)

1 にとお, に腰

▼ づくわかい~ (2, 0.2%)

2 娘たちは

▼ づく~ (2, 0.2%)

1 に肘, を出せり

▼ づくゑ今朝ひえびえ~ (2, 0.2%)

2 しペン軸

▼ づく~ (2, 0.2%)

2 の家居

▼ づく~ (2, 0.2%)

2 は勿論

▼ づく~ (2, 0.2%)

1 といふ言葉, ならば

▼ づく子ら~ (2, 0.2%)

2 を父

▼ づく~ (2, 0.2%)

1 は紅, もとよりわが

▼ づく~ (2, 0.2%)

1 の影, 照りゆきつめて

▼ づく~ (2, 0.2%)

1 の夕陽, の西日

▼ づく絹屋~ (2, 0.2%)

2 と木屋

▼ づく~ (2, 0.2%)

1 くらむ奥, つたら身体検査

▼ づく青垣山~ (2, 0.2%)

2

▼1* [247件]

づくあまたの異教徒, づくいかでこの男, づくいかなる隙間より, づく顔が, づくかと思ふ, づくかに月夜囃子や, づくからも殻の, づくきぬに, づくぼるる, づくこと一つできはしない, づくさて攷うる, づくがし, づくそれでもいけないと, づくぞと問ひし, づくためにのみでなく, づくだけでは, づくだけに猶更, づくつた非凡の端麗さ, づくづと鳴つて, づくづるるは悲しかりけれ, づくてね今朝も, づくても多くを, づくでかかつて来なさるだ, づくとき私をし, づくとて一夜ばかりの, づくとなつて融け, づくとなど御思い, づくとはさやかに, づくなし座へ, づくなりしに, づくにでも脱して, づくになつてゐた, づくによって積み上げられた国費, づくのあたりならむと問, づくのあとへ鼠, づくのち仮に帰る, づくのはてに翔けり行く, づくのみで確據あるべき, づくの一種である説, づくの世上の噂, づくの争いが起きかねない, づくの事で怨, づくの人生は面白い, づくの人聲それは昨夜, づくの仕事でないだけに, づくの切腹である, づくの勝負となったら, づくの土と朽ち, づくの地へおく, づくの山をかかけ, づくの影になれ, づくの拍子木が雲, づくの教育が始まる, づくの果てででももと, づくの比ではない, づくの涙が流れた, づくの淺紫なるに, づくの珠を蜘蛛, づくの相談相手にならない, づくの着物を暖炉, づくの空なるや, づくの窓をのぞく, づくの終止法か連体法, づくの胚珠をやし, づくの草に凝り, づくの語とも知られぬあり, づくの誰れぞ, づくの辺土の山, づくの隊に君, づくの雲はそれ, づくの音聞かむ板葺, づくの類で獸, づくばかりに憧れる, づくひまもなし, づくへぞとそ, づくへもまらうど, づくほどその石仏, づくほんの一時の, づくまさにこのこと, づくまで磯隠れける, づくまでには少し間, づくまでは食糧を, づくまりぢつとその, づくまり山時雨よく, づくまり歯の根, づくまり涙に満ちた, づくまり珠数を投げた, づくまり立膝の間, づくまり障子に顔, づくめぢや無, づくめ宝石づくめ, づくめ是は何, づくめ槍襖で捕, づくめ謙遜づくめ, づくやはり辺先生の, づくやみめぐみのつゆ, づくやら亀屋の, づくよりか烏の, づくよりかと尋ぬれ, づくよりとは問ひもせで, づくせたれど, づくろいが出来上りつつあった, づくろいすな, づくろいもそこそこ礼, づくろいや身じまいなどをする, づくろつた若い婦人, づくろつた一人の老婆, づくわが身にし, づくゑとりかくみ緑の陰, づくゑと水いろの, づくゑ琢ける面, づくを以て忽ち食料問題, づくで目, づくチユウリツプの香料, づくて, づくトマトでございます, づくても皆, づくバケツには落葉, づくにいわく, づく一種の消極的感情, づく三十分ばかり向, づく三更の冷気, づく下僕であつ, づく不幸はその, づく謂いて, づく世界きつて, づく並びに葦の, づく二人は右側, づく人々も殆, づく人これに依っ, づく人形の列べ, づく六足四翼あり, づく共に語らい難く, づく其中五番島最大にし, づく其所を究見せしめむ為, づく出來上るもの, づく出来上るもの, づくづくで取替へ, づく勁弩といえ, づく区分であるといふ, づく却つてアメリカを刺戟, づく夜雨の, づく可愛さ三年目の, づく各国の経済関係, づく同様の義, づく名残りであった, づく周処が白額虎, づく和州吉野山中菜摘川清明の滝辺, づくふと御, づく国忠使帰るに, づく場合の多い, づくに鳴る, づくつれば, づく夕栄も, づく夕榮も, づく夕陽をあび, づく多くの鍋, づくのみ住ん, づく姿も美しい, づく嬬屋さぶしく思, づく嬬屋佐夫斯久おもほゆべし, づく尺水なければ, づく茂り合, づく山頂に洞, づく幾重の嶺, づくの意志, づくの, づくは思へ, づく快感を覚える, づくつたが, づく恰好をし, づく感じ出すと, づく懶く外は, づく我二圓十五錢許に當, づくはかぶる, づく戯曲家の作意, づく所神の眼, づく所謂身邊小説にかかる, づく方嚮の違, づく日さしこもりたる溪, づく日峯をはなれつ, づく日黄金羽ぐるま, づくの袖繍, づくは機嫌, づく時世の高し, づく時小室は早馬上, づく最後の非常手段以外, づく柔膚すらを, づく根拠もある, づくなありがたい尊い, づく様子もありません, づくの, づくという, づく武士もなし, づくを持ちつ, づく江戸の騒音, づく沈滞期に叫ばれた, づく行くまぼろし, づくと共に, づくりし後, づくと照れ, づくおも, づくその高徳, づくになつ, づく當然の制裁, づく白露のこ, づく對しました, づく神話に曰, づくの顏, づくの深い, づく穂高の山, づくに黒, づくを賭ける, づくの正否, づく義理づくそれでも, づく羽折かな, づく翻訳すると, づく老婆おさよ, づく聖らの背中, づく腰蓑の, づくを泛, づくに落ちぬ, づく苦痛は七ツ, づく落して晴れ, づくにそそぎ, づくは五蓋中, づく虎ごとにあるでなく, づく蜀主もとよりこの, づく行くらむただひとりこの山道をおり, づく行つた時も決して, づく行為であるしかし, づく衣食住及び産業, づくの騎士, づく西湖の鱸, づくのすずし, づく話術が下手くそ, づくであるが, づく貞操堅固儀容挺特挙世無双だった, づくにし, づく遅し晴衣着, づくを得る, づくを千里, づく霽傘を手, づく青垣よろふ筑波嶺, づく静かにたまる, づくを反, づくの福寿さ