青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~でありましょう ~であります であります~ ~である である~ ~であれ であれ~ ~であろう であろう~ ~でき
でき~
~できた できた~ ~できない できない~ ~できなかった できなかった~ ~できぬ ~できません ~できる できる~

「でき~」 4445, 48ppm, 2430位

▼ でき~ (2621, 59.0%)

221 いる 161 いた 117 いるの 116 いて 49 いたの 37 います 34 いると 33 いました 32 いるよう, きた, ゐる 30 いるん 29 いるので 25 いること 24 いない 23 いるから 22 いるが 20 いるもの, くる 18 しまった 17 ゐた 16 いないの 14 いるか, それが 12 いたが 11 いるという, ゐて 9 おります, ゐると, ゐるの 8 いたので, いても, いないから, いなかった, しまいました, しまって 7 おりますから, おる, くるの 6 いなければ, いるでは, しまったの

5 [12件] いたし, いたと, いるこの, いるとは, いるはず, きて, きました, しまつ, みると, ゐるやう, 来た, 来て

4 [16件] いたもの, いたよう, いたり, いないと, いますから, いますね, いるし, いるその, いるわけ, それを, ゐない, ゐます, ゐるが, 始めて, 後に, 自分の

3 [33件] いそう, いたから, いたけれど, いたという, いたに, いましたが, いますが, いますよ, いるかと, いるかという, いるそう, いるに, いるらしい, いるらしいの, おりますが, おりまする, きたが, きたの, きたよう, くるもの, しまう, しまったん, そこから, それに, たまるもの, ますか, ゐました, ゐるもの, ゐれば, 女房子供にも, 来ます, 水だ, 私は

2 [82件] あるならば, いい, いさえ, いたか, いたこと, いたころ, いたそう, いたよ, いないこと, いないだろう, いないで, いないという, いないもの, いないよう, いなかったから, いなかったが, いなかったの, いなくては, いましたから, いますか, いません, いるかね, いるだろう, いるところ, いるなあ, いるのに, いるばかり, いるゆえ, いるらしかった, いる一切, いる以上, いる家, いる虫, いればこそ, うまいもの, うれしいと, おりますので, おるか, おるの, くるかも, くること, くると, しまったこと, しまふ, そこに, そしてとりわけ, そのため, その下, それには, たまるか, どんなにか, のちも, はじめて生れ, ほんとうに, まあ結構, ますわ, ゆく, ゆくの, よかろう, らア, ゐたと, ゐたの, ゐても, ゐないこと, ゐるから, ゐるくら, 一日に, 來た, 困って, 外国へ, 彼女は, 愛情でも, 来たの, 来たやう, 来たよう, 来ました, 来る, 来るの, 私の, 自分は, 舞台に, 血が

1 [950件 抜粋] あくる日決めた, あった, ありがたいと, あるの, い, いいでしょう, いいと, いいわけ, いくど, いくらかたのし, いささか心, いずまた, いず工事, いたかも, いたじゃ, いたため, いたとも, いたのでさ, いたらおそらく, いたらお慰み, いたらどんなに, いたろういや, いたん, いた佳, いた御堂, いた生活, いた紅い, いた船, いた証拠, いた都, いっそうその, いつごろから, いないうち, いないくらい, いないじゃ, いないであろうから, いないところ, いないのに, いないん, いない事, いない人造人間, いない子供たち, いない状態, いない若い, いなかったので, いなかったわけ, いなかったん, いましぇん, いましたよ, いましょうから, いますし, いますな, いませんわよ, いやすから, いやな, いらあ, いらっしゃります, いらつし, いるありさま, いるおもしろい, いるかが, いるかとも, いるかべも, いるからな, いるかを, いることば, いるさ, いるじゃ, いるせい, いるだけに, いるつもり, いるでしょう, いるとか, いるなど, いるならば, いるね, いるのになあ, いるほど, いるもん, いるらしいから, いるらしい立派, いるらしく小さい, いるらしく背中, いるわ, いるわずか, いるグループ, いるテーブル, いる一軒, いる世界, いる人, いる人間, いる仮, いる共同体, いる凹みの, いる四ツ手駕, いる国, いる場所, いる太刀川, いる宴会, いる屍体, いる志丈, いる挿絵, いる断頭台, いる最新式, いる本尊, いる板, いる法令, いる点, いる父, いる猫, いる皮, いる神, いる竅穴, いる組織, いる者, いる腫物, いる船, いる覚悟, いる誰, いる部分, いる野菜, いる階段, いる静寂, いる黒子, いれば, いろ, いわば一挙両得, うれしくなりました, え, おくれましたが, おっても, おらなければ, おらぬのに, おらねば, おりあるいは, おりこんな, おりました, おりましたので, おりましょうな, おりますでございます, おりますよ, おりますんでな, おりません願文, おり従って, おり美妙, おり荒れたところ, おり試合, おるじゃ, お互いに, お気の毒, お迎えに, かえって反対, かなり出血, きたには, きたり, きたわけ, きた全く, きた妻, きては, きは, きますよ, きゅうりも, きれいな, ください, くるかという, くるぐらいの, くるまでに, くる時節, くれさえ, くれば, くれれば, けふの, こうしていい, こなかったの, この港, この船, これからは, こんなにうれしい, ごく自然, さうし, さむれえ, しあわせだ, しかも急流, しかるべきでは, したい仕事, しっかりした, しばらくの, しまい王子, しまうと, しまえば, しまったから, しまったもの, しまったわ, しまった以上, しまった時, しまってさ, しまふと, じろじろうち, すっかり様子, すべて簡素に, そうしてその, そうして七年後, そうして客観的実在, そこで, そこは, そしてここ, そして物資, そのいちばん発展, そのすじ, そのとろり, その上, その人たち, その児, その口, その娘, その新, その最も, その荷, その黄色い, それですっからかん, それと, それほど痛み, それらが, そろそろ天候, たいへん愉快そう, たいへん楽, たくさんの, たまるけ, ついに出世, でたらめ言っ, とどめえたならばと, どうして本当, どうにもほうっ, どれも, どんなにえらい, どんなに好都合, どんよりと, なにかしきり, なにより, にわかに地下, のちにも, はじめて温泉, はなはだ面白い, ふらふらと, ぽきり, まいりました, まいりましょう, ます, まずまず芸道, また京, また彼, みたりだ, みれば, めずらしそう, もうごくいたんでる, もう行けねえ, もし死ぬ, もらった婿どの, やがて国境, やがて痺れ, ゆきそれ, ゆくか, ゆくならば, よかった, より尊厳, よろこんで, よろしくやつ, わたしたち五人の, ゐたさ, ゐたもの, ゐたら私, ゐた色彩感, ゐないやう, ゐない場合, ゐない証拠, ゐなかつた, ゐなければ, ゐますな, ゐられますよ, ゐるかも, ゐるだけに, ゐるにも, ゐるらしい立派, ゐるん, ゐる實際, ゐる思索, ゐる様子, ゐる物, ゐる男, んから, イヤな, カストリを, ゴタゴタには, ズボンの, トーモロコシ折っ, ハッと, ヒビの, ホッと, ラジウムの, ロイドも, 一万何千円の, 一同一馬を, 一晩泊りで, 一緒に, 一週間たち二週間たっ, 万何となく今, 三人は, 三百八十万冊の, 上さんは, 不貞という, 世話を, 両方共正しい, 中学校の, 久しく伝本, 了い, 了った, 二三日源氏が, 二階で, 井出康子は, 享楽的の, 亮作も, 人という, 人物も, 今は, 仕方なし, 他行し, 以南の, 以来の, 以来今日に, 会社へ, 体力が, 余裕に, 信州の, 元の, 先生は, 出先の, 出席しなく, 刀剣と, 別れの, 剣意の, 勝手が, 勢ひ, 北海道を, 千百万人の, 原敬の, 参ります, 収入の, 各々幸福, 同じこと, 同人雑誌を, 吹雪に, 呼吸を, 喜んで, 四方へ, 困ると, 国へ, 国家が, 地に, 執着の, 外へ, 多くの, 大きな紙, 大へん翁, 大事な, 大変に, 大海の, 大笑いと, 大臣は, 夾竹桃の, 奥で, 女は, 好いじゃ, 妙な, 婦人と, 嬉しいなどと, 子孫が, 学校を, 安彦を, 宮崎は, 家並の, 富士の, 対局の, 小学校へ, 居て, 居られるの, 居りましたから, 居りリュッツィーネ, 居る, 居る美しい, 山岳で, 帰って, 帰ること, 平和の, 平田先生なぞを, 幸せでした, 幾年ぶりかで, 引越しという, 役所の, 彼らは, 彼自ら永遠の, 後では, 後には, 従って利益, 得るところ, 心が, 思う道, 思わず, 息が, 惱んだ, 愉快でした, 愛の, 戦闘装備を, 手拭の, 拡がった不ぞろい, 持って, 文字の, 文芸家たちが, 新装置, 日本で, 明治三十一年十二月二十八日東京の, 時々逢い, 暖さうな, 書き出すといふ, 木刻の, 本望である, 村は, 条件さえ, 来たばかりの, 来たり, 来た女, 来るよう, 来る間, 東北地方の, 株などに, 樫原に, 橋銭を, 次第に単純, 毛の, 気持よかっ, 海に, 深く感謝, 満足な, 漕ぎ行く, 瀕死の, 無暗, 父の, 物質の, 狸の, 生活の, 男に, 発育の, 白色人種の, 盛んに, 相馬の, 矢張り, 祖先の, 神信心の, 私が, 種々の, 竹藪の, 算盤は, 粗末に, 結婚する, 老人は, 肥えた田, 自らも, 舌の, 花が, 蒋介石に, 血の, 行かなかった, 行く状態, 行く道筋, 行つた, 表には, 西洋の, 要も, 見ろこんがり, 誰云ふと, 講師が, 豊年だ, 責任が, 赤くはれ上っ, 踊躍, 農薬を, 近ごろでは, 途中も, 連日人々が, 部下の, 酒の, 野原の, 金の, 長女は, 長生きの, 間もなく深更, 静かな, 非常に, 首に, 高い熱, 高弟の

▼ できごと~ (291, 6.5%)

8 があっ, であった 7 をくわしく 6 にうつります 5 のため, のよう 4 である, です, なの, なら峠 3 だった, だったの, を知らせました, を話しました

2 [14件] があれ, がおこりました, が起こった, だけを書い, であっても, であります, でした, で平次, に気, の意味, はある, もなく, を観察, を話した

1 [196件] から圧伏, から物語らう, から物語ろう, から目, があった, があやしい, がありました, がおこっ, がおこった, がおぞましく, がございまし, がその, がつぎつぎ, がでかでか, がなんだか, がほとんど, がみんな, が二, が余程, が報道, が多い, が待ちかまえ, が火夫, が生じ, が突如, が突然, が突発, が自分, が起きた, が起こっ, じゃそう, じゃろう, その消え行く, だ, だし, だったか, だったから, だと, だとしか, だなと, であったため, であったの, であつ, であるが, であると, であろう, でしたが, でしょう, でだれ, でで, でなければ, ではなかっ, でもそれ, でもただ, でもなく, でビリンスキー村, で生じた, と, という, といわぬ, といわね, として朝倉夫人, とその, とともに大事, とは思われず, と吹聴, と関係, などには注意, などを見守りました, などを話し, なら知らないもの, なら知らぬこと, に, にいちばん興奮, にすっかり, にたえ, についてはいわなかった, については一つ, については誰, について事実, について何, について語る, にであった, になります, にはなにか, にびっくり, にぼうぜん自失, にまったく, にも相応ずる本能, にも符合, によっても自分, に仰天, に会っ, に出合わない, に対しては誰, に対する態度, に心, に殺人光線灯, に気づい, に相違, に突然, に花, に蛾次郎, に見物せき, に見物席, に試みられ, に驚い, のおかげ, のおさまり, のまえぶれだった, の予想, の前後の, の力, の幕あき, の後, の悲しみ, の神秘, の背後, の詳細, はあくる日, はいったい, はおこらない, はけっして, はここ, はすこしも, はすべて, はたとえ, はといえ, はどんなに, はタアちゃん, はモントルイュ・スュール・メール, は一切これ, は今, は個人的主観, は外界, は後日, は東京, は私, は空間, は絶え, も知っ, も起こらなかったろう, やじ, やはり武技, や親類, や試み, をいつ, をかいつまん, をきゅう, をくりかえしくりかえし話し, をこの, をさとっ, をさとった, をしるさね, をすこし, をその, をつたえました, をどもりどもり, をのこらず, をデカデカ, を一々, を一つ, を人, を伝える, を写した, を単純, を叙述, を報告, を報道, を大きく, を小林団長, を小田切久之進, を彼, を思いだし, を思いだしました, を思い出した, を持つ, を星, を機縁, を正しく, を無電, を知っ, を知らせ, を種々, を見, を見つめ, を見まもっ, を見る, を見張る, を話し, を話します, を語った, を誰, を警察, を電話, を順序

▼ できそう~ (246, 5.5%)

44 もない 1917 である 12 なもの 10 もなかっ 8 にない 7 に思われる 5 な気, になかっ, にもない, に思えた 4 か, だと, であった, にもなかっ, に思われた, もありません 3 なこと, なところ, にありません, になっ 2 して, なあらゆる, なの, な人, な奴, になる, にも思われない

1 [59件] じゃ, じゃありません, じゃない, すること, だけれども, だったから, だったなぜ, だという, だな, だわ, だネ, であって, でありそういう, です, ですから, ですが, ですね, ですよ, でそれでいて, でできないもの, でないん, でなくて, では, なあたり前, なお今, なそんな, なだけに, なのに, なもん, な口実, な名前, な品物, な大人, な子, な小説, な屋敷, な工合, な工夫, な心持ち, な期待, な男, な者, な話, な調子, にございません, にさえなった, にもありませんでした, にも思えなかった, にも思われた, に思い, に思います, に思っ, に思われ, に思われない, に見えた, ね, はありませんでした, もなくなっ, もなくなる

▼ できても~ (124, 2.8%)

8 できなくても 2 それを, 人間そのものを

1 [112件] あなたの, いいわけ, おそらくはしなかったであろう, かまわない, かんじんの, こう泰平, こちらの, この体, この冷, この波, この淡泊, これらの, さて一水, しかし同時に, しばらく女房, じっくりと, すでにその, する必要, そう不思議, そこに, その上, その体臭, その元子, その先, その当時, その戯れ, その獲物, その翌日, その高い, それこそ, それだけの, それでは御, それに, それは, それまで, つまらない, できなくとも, とても書記, とても青年, なすべきこと, ほかの, まだまだ都, まだ夜, まだ夢, みそ汁は, むっつり右門, ものを, やがてまた, 一歩ずつ, 主観的には, 事の, 事実生徒に, 二人は, 人々は, 人の, 人間の, 他の, 何一つ得る, 信仰を, 個性や, 全くなくなる, 全く別, 全然逃避, 内を, 内部の, 出世や, 十一月三十日の, 十年他に, 多少の, 大きな重い, 大僧, 天に, 天下を, 好んで, 学問で, 実話は, 客観的に, 寸尺は, 専門家は, 将軍家光を, 尻尾の, 常陸の, 当分の, 彼には, 彼らの, 後者は, 心は, 心理的に, 必ずしも現代, 投り出された, 木曜會の, 決して理性, 治療できない, 法律家に, 洞察の, 消えないかも, 潜水艦を, 理性には, 直ぐさま承認, 精神の, 精神文化の, 経済活動の, 自分が, 自分の, 血を, 裁判官を, 身体も, 身体を, 連句は, 長崎の, 飛ぶこと, 馬の足には

▼ でき~ (75, 1.7%)

17 しない 11 しないかと 5 しまいかと 4 しまいか, しませぬ 3 しないか, しません 2 しませんが, せぬ

1 [24件] あまりよくありません, いいし, したが, したけれども, したの, しないが, しないがな, しないくせ, しないけれど, しないだろうか, しないであろうか, しないの, しなかったし, しなかったの, しねえから, しねえぞ, しまい, しまいと, しませんよ, せん, せんか, とにかくとして, どんなでございました, ほとんど皆無

▼ できてから~ (44, 1.0%)

1 [44件] あとの, いままでの, この方, その寝巻, それが, だと, であるから, にわかに姉さん, ひとりでに人気, まだわずか三年, まだ新しい, もうよっぽど, もう余程の, やつと, よその, わたしは, 三月堂の, 上下左右の, 二か月ばかり, 二番目の, 今日までの, 何年たった, 初めての, 劇団に, 半年ほど, 叡山の, 咄家の, 大陸へ, 女は, 小説詩の, 後の, 後女学校を, 恐らく數百萬年, 押えたん, 昭和七年の, 本人が, 松子さんと, 王さまは, 紳士に, 自殺する, 読書しよう, 遣うもの, 醜い人間, 門前に

▼ できたり~ (41, 0.9%)

3 して 2 するよう

1 [36件] あなたの, これを, こわれたり, した, したでしょうか, したもの, した例, しては, しても, しのみ, しやという, し連想, する, すると, する年配, そのとき一緒, そのほか, その人, その他いろいろ, なくなったり, または貧しい, また苦心, サアカス小屋の, ユーモアを, 俳優及び, 娑婆へ, 急ぎ出陣用意, 掃いたり, 沼地が, 神聖奇怪な, 自分の, 衒気が, 道の, 雨や, 雨を, 音楽の

▼ できまた~ (41, 0.9%)

2 それを, 引き離すこと

1 [37件] いくらか学者, かつて誰, さまざまの, しばしばさうな, しばしばそうなっ, せまい屋上, その呼びかけ, その日じゅう彼等, どうにでも, アダムと, 下水の, 事実まかなった, 二の丸には, 仏跡にも, 先生としても, 分離し, 天の, 子であり, 実際たどっ, 実際小作, 弾丸と, 彼が, 承ること, 気象観測の, 物哀れな, 発射の, 知識についても, 自分の, 言葉は, 証拠の, 試験が, 読んで, 赤坂新町辺芸者家に, 身体は, 身體は, 軍艦が, 革命の

▼ でき~ (39, 0.9%)

4 よくない 2 悪いの, 米の

1 [31件] あるは, いいおら, いいせがれ, いいので, いいりちぎ, いい女郎, いい目玉, ええ芋, お大黒さま, ものが, やつでなけれ, よいもの, よい人, よい女の子, よい連中, よかった, よろしい子供たち, らんの, わるい下手, コティの, 仲間だ, 光る置き時計, 劣った方, 女ワッペウ, 安い京金襴, 安物らしく立て, 悪い児童, 悪い芋, 昔話と, 袍を, 違うところ

▼ できにくい~ (27, 0.6%)

4 のである 2 ような

1 [21件] からです, くらいにふらふら, ことだ, ことであろう, でしよう, という点, と思います, のが, のだった, のであります, のです, ほどだった, ほどどっち, ほどどろん, ほど独特, ものと, 心もちに, 日づけである, 時代に, 未開時代だ, 現象である

▼ でき~ (26, 0.6%)

3 うも, うもない, えしたら 2 うである, うな, へすれ

1 [11件] うだけれども, うです, うもないから, うもないこと, うもないばかりか, うもない此, うもない用事, うもない男, うもなく僕, うもなく娘, やきました

▼ でき~ (26, 0.6%)

3 しないこと, しなかった 2 しない, しなければ

1 [16件] しないくせ, しないし, しないだろう, しないという, しないの, しないのに, しないよう, しない唄, しない百姓, しなかった仕事, しようと, し行つて, すまいけれど, するはず, せぬ, よろしく品

▼ でき~ (25, 0.6%)

2 違うぞ, 違うの, 違うん

1 [19件] いいと, いいわい, たいそう悪う, はなはだ不親切, よくありません, よくなけれ, よくなった, よろしくない, 尋常過ぎた, 少し, 悪い, 悪い課目, 悪かった, 悪くそこ, 悪くちょっと, 違いますので, 違って, 違わあ, 非常に

▼ でき~ (23, 0.5%)

2 のため

1 [21件] かもしれない, が法外, が続く, だった, であった, である, でも現われうる, で神, として喧伝, なので, について意見, によって止めら, に対する用意, に意味不明, の目撃者, の起こった, はきわめて, はことごとく, はもし, も起こらず, を思い出し

▼ できては~ (22, 0.5%)

4 いるが 2 いない

1 [16件] いないという, いないのよ, いなかった, いなかったの, いなくて, いるよう, かわいそうだ, しない, しません, ゐずそれ, ゐないからね, ゐないの, ゐなかつた, 来ず荒町, 江戸幕府が, 解散し

▼ できその~ (21, 0.5%)

1 [21件] うちに, どちらも, 不幸を, 世話を, 中に, 人を, 信頼に, 季節の, 実感が, 斡旋によ, 横手には, 異同が, 結果を, 線の, 縁に, 苦痛や, 近くの, 限りに, 隙に, 隙間から, 馬鹿の

▼ できさえ~ (18, 0.4%)

15 すれば 3 するならば

▼ できそこ~ (16, 0.4%)

3 なひの, にはまた 2 ないは 1 がまた, ないで, ないなどは, ないなの, なった絵, なつた, なひな, に初めて

▼ できもの~ (16, 0.4%)

2 を取っ

1 [14件] ありフミ子, ができ, ができる, が生じました, だと, で, でおおわれた, に閉じ, はすっかり, はずんずん, をつくる, を引っ込ませ, を見せ, を診

▼ でき~ (14, 0.3%)

3 えの, えを 2 えは 1 えから, えである, えなどは, えに, えには, えによって

▼ できがたい~ (13, 0.3%)

1 [13件] ことかも, ことな, というの, にせよ, のであります, ほどにも煙り, ようである, 業だ, 気が, 法則に従って, 猛獣を, 疑惑のみが, 私の

▼ でき~ (12, 0.3%)

52 えから 1 えし, えじゃ, えなあ, のこまやか, 得られるやう

▼ できたて~ (11, 0.2%)

1 [11件] であれ, で水, のアイスクリーム, のビーフステーキひと, のホヤホヤ, の小判, の改良派ブロック, の湯気, の物, の自作, をみんな

▼ できこの~ (9, 0.2%)

2 ものは, 意味においては 1 たびや, 地位から, 振返って, 根拠は, 根據は

▼ できしかも~ (9, 0.2%)

2 これについて 1 マドレーヌ氏が, 内部に, 北大栄の, 命令的に, 彼の, 彼女は, 怨恨の

▼ でき~ (9, 0.2%)

2 かそれとも 1 かもしれない, だと, である, のまま, の種, や義務, を楽しませる

▼ できさうに~ (7, 0.2%)

2 思はれます 1 はない, 何だかなつかし, 思はれた, 思はれた風潮, 思へる

▼ できそして~ (7, 0.2%)

1 いよいよ全員, かやう, かように, それを, たった一人, たつた一人, 不自由の

▼ できよう~ (7, 0.2%)

2 ではない 1 などとは想像, につけ, のない, もなし, も知れぬ

▼ でき~ (7, 0.2%)

1 にもいつ, の煩悶, はその, は久々, もすすめられ, もその, も入学

▼ できてからは~ (6, 0.1%)

1 休みの, 天然鮎では, 寵も, 廃絶し, 捕鯨船の, 荷馬車といふ

▼ できにくく~ (6, 0.1%)

2 なって 1 なるので, なるばかり, なるん, また改善

▼ でき~ (6, 0.1%)

51 あね

▼ でき~ (6, 0.1%)

2 がつた, つたので 1 つた, つて

▼ でき自分~ (6, 0.1%)

1 が交ってる, が如来, ではそんな, としての部屋, の気に入る, の野心

▼ でき難い~ (6, 0.1%)

1 が金, ことであった, ことである, のです, ものなれ, ような

▼ できそれ~ (5, 0.1%)

1 がすぐれた, がちょうど, が針, にはまた, によって裁判

▼ でき~ (5, 0.1%)

1 そう骨折らず, 上塗りを, 其処へ, 情熱の, 生長する

▼ でき難き~ (5, 0.1%)

2 ことなれ 1 ことにて, ことを, を知りたれ

▼ でき~ (4, 0.1%)

2 汁が 1 兄さんの, 呼出しとか

▼ でき~ (4, 0.1%)

2 かつた 1 なぐなって, ぬるかも

▼ できがたき~ (4, 0.1%)

1 ことにて, のみならず, ほどのもの, 男である

▼ できさうな~ (4, 0.1%)

1 のでこつち, もので, 人は, 気が

▼ できてや~ (4, 0.1%)

1 がる, がるね, しない, しないん

▼ できてを~ (4, 0.1%)

1 ります, りませんが, りまた, り顏立

▼ できでも~ (4, 0.1%)

1 しそう, したよう, するよう, ない品物

▼ でき~ (4, 0.1%)

1 ことは, さそうだ, そうに, 先に

▼ でき~ (4, 0.1%)

2 つきやつ 1 つきやつ軽躁, ひょまいが

▼ できやう~ (4, 0.1%)

2 と思ふ 1 が要するにやはり, し或

▼ できんで~ (4, 0.1%)

1 たまるか, どうする, 心苦しいが, 苦しゅう思う

▼ でき~ (4, 0.1%)

1 て以来急, て後われら夫妻, とも吾輩, べしと

▼ でき悪い~ (4, 0.1%)

1 のです, んです, 態度を, 訳です

▼ でき易い~ (4, 0.1%)

2 からだ 1 のは, ように

▼ できうべ~ (3, 0.1%)

3 くんば

▼ できげん~ (3, 0.1%)

1 のよかるべき, よく帰っ, を直す

▼ できこれ~ (3, 0.1%)

1 で板, はほとんど, を娘

▼ できすべて~ (3, 0.1%)

2 の者 1 の人

▼ でき~ (3, 0.1%)

1 からという, がおまえさん, がどうして

▼ でき~ (3, 0.1%)

1 ゐたの, 演者は, 道八の

▼ でき~ (3, 0.1%)

2 ほめて 1 いえよう

▼ でき~ (3, 0.1%)

1 けりいつ, けるかと, たるに

▼ できにくかっ~ (3, 0.1%)

21 たから

▼ できもう~ (3, 0.1%)

1 これで, 七輪の, 逆上する

▼ できゃつ~ (3, 0.1%)

1 を助けた, を引っ捕えなけれ, を成敗

▼ でき~ (3, 0.1%)

1 ではこれ, までの百倍, 一月は

▼ でき~ (3, 0.1%)

1 が早い, は今, を実験

▼ でき最も~ (3, 0.1%)

2 秘密な 1 強い慰安

▼ でき~ (3, 0.1%)

1 で眼, のつけどころ, を来賓席

▼ でき芸術~ (3, 0.1%)

1 についても制作, のあらゆる, や政治

▼ でき~ (2, 0.0%)

1 がつた政府, がつて來

▼ できあるいは~ (2, 0.0%)

1 少なくとも自分ら, 山かげを

▼ できいろいろ~ (2, 0.0%)

1 と欲, 自分の

▼ できがたかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ でき~ (2, 0.0%)

1 へ心配, よい高徳

▼ できさま~ (2, 0.0%)

1 の悪口, を見つけた

▼ できしたがって~ (2, 0.0%)

1 もっとも実効, 強力な

▼ できしだい~ (2, 0.0%)

1 だわ, 持ち込んで

▼ できちゃ~ (2, 0.0%)

1 ア困る, ッてね

▼ できちや~ (2, 0.0%)

1 つたい, つたわ

▼ できてからの~ (2, 0.0%)

1 この二三年, 俊寛の

▼ できてさえ~ (2, 0.0%)

1 いれば, くれれば

▼ できどんな~ (2, 0.0%)

1 ことをも, 具合に

▼ できながら~ (2, 0.0%)

1 他人の, 前に

▼ できなく~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ できなるほど~ (2, 0.0%)

1 さう, さすがは

▼ できまさあ~ (2, 0.0%)

2

▼ できみょう~ (2, 0.0%)

1 な声, な幽霊

▼ できやすい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, ようで

▼ できらア~ (2, 0.0%)

2

▼ でき~ (2, 0.0%)

1 こないです, こないの

▼ でき二つ~ (2, 0.0%)

1 の目, の耳

▼ でき勉強~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ でき~ (2, 0.0%)

1 ができ, に窓

▼ でき大村~ (2, 0.0%)

2 に入牢

▼ でき夫人~ (2, 0.0%)

1 は車, をし

▼ でき~ (2, 0.0%)

1 の中, の炉縁

▼ でき彼女~ (2, 0.0%)

1 が自分, は半身

▼ でき従って~ (2, 0.0%)

1 穀物栽培者は, 話風の

▼ でき~ (2, 0.0%)

2 寄せられた雪

▼ でき~ (2, 0.0%)

1 ったから, ひの

▼ でき~ (2, 0.0%)

2

▼ でき色々~ (2, 0.0%)

1 とひっかかる, とひつ

▼ でき言葉~ (2, 0.0%)

1 をかわす, を弄ぶ

▼ でき銀子~ (2, 0.0%)

1 が見た, の好み

▼1* [373件]

できああこれは, できあたかも猫の, できあたりは日々町, できあなたの方, できあなた方皆を欺く, できあのいとうべき幻, できいかなるものにも, できいつでも島, できいわばわたしども母娘の, できなりを, できうれしさに, できおまへが恐れぬなら, できおもしろくなったの, できかえって公儀の, できかつ県当局の, できがたいあぶなげが, できがたい人なつかしさを, できがたくなります, でききらびやかな店, できぐあいがなんと申します, できけりになっちまう, できげんにその並木道, できことの予想, できこんな大きな墜落の, できさいの宮, できさうだつた, できさまたちの刃, できさまたちふたりを片づけ, できしかして彼の, できしだいこっちから呼び返す, できしだい与吉を飛ばし, できしだい婿さんに引き取っ, できずして狐狸, できせめてもの楽しみ, できなふ, できそうして長い年月, できそくないの, できそこないの日本人, できそのうえに年, できそのうち二人は, できそのまま血刀を, できそれからまた万事うまく, できそれだけ世間を, できそれにすっかり光被, できそれほど彼らに, できそれゆえにまた, できそれ自身の兎, できたいてい二十分間で, できたちしやの, できだったと思います, できだてのいい, できだんだん目や, できつぎにも一本, できつつあった, できつらむ, できてかへる, できてからかも知れぬが, できてこそ女も, できてなちょっとそこ, できであったことが, できであろうともう, できではない, できというふうで, できといふ狂女の, できどこか機械, できどっしりと落着, できどの家にも, できどんどん発展し, できどんなに薄かろう, できなかないと, できなかなか興味が, できながらもなお黙っ, できなんでも話, できにくかつた, できにくうござります, できによっていただく禄, できえと言, できねばいけませんね, できねエもう一ぺん, できはじめではない, できはなも, できぱきぱと盾をつく, できひと押しすれ, できびすをクルリ, できび団子でもこさえ, できふところも広く, できほとんど説きがたい, できほんとにきた甲斐, できへんで, できまことによい場所, できまさアね, できまた実際有効なる, できまっせんばい, できまんなかがそれ, できもちよさそう, できものだらけで胸, できもので一々膿, できもののきずを, できゃっきゃっと笑い続けて, できゃっきゃっと遊び初めた, できゃっと声を立てる, できゃつなかなか考える気, できやう筈のない, できやがて氏には, できやすかつた, できやすきことなれ, できやっと明白に, できやつがすね出した, できゅうくつなあなは十メートルもつづい, できゅっきゅっと皮のすりむける, できゆったりした気持ち, できゆつきゆと云つて, できょうまでやっていらっしったんじゃないのだから後, できよい味覚が, できよう君の為め, できよう訳はなかっ, できわれわれはまた, でき見ました, できクレッセンドーディミニゥエンドー勝手次第なこと, できサロン風の例会, できストーブの煙筒, できと今夜, できトタン葺の屋根, できナスの皮, できニュースの領域, できフォーシュルヴァン氏となってる, できマドレーヌ氏すなわち真, できマーケットの一劃, できヨーロッパ全体の嫉妬, できです母さん, できン男もいる, でき一同の顔, でき一層あたたかく人性, でき一応形は, でき一方には元, でき一般文芸に関する教育, でき一身の安定, でき万事文句なしの, でき三年以上もたった, でき三百年前に西洋, でき上つた風船あられ屋, でき上つてしまつ, でき上りかけてるん, でき上り工合を綿密, でき上手な技巧, でき下枝の方, でき不意を襲っ, でき世間一般の評, でき久しく忘れて, でき九太夫の家, できや小犬, でき亀裂がはいり, でき事テナルディエ一家のこと, でき事務の分担, でき二分危険を感じさせる, でき交際ができる, でき人通り繁くなり, でき人間が大きく, でき今度は何時引越, でき今日まで學問, できはない, できも一廻り, でき余儀なく仕替馬, でき保坂博士の紹介, でき信雄は, でき候得バ二三百人斗ハ私し預候得バ, でき傍らの棒杭, でき元気に乳, でき兄さんにも現在, でき先生が亡くなられ, でき入山伐木を人民, でき全国婦人同盟が組織, でき八〇年代が訪れる, でき公卿百官の邸宅, でき其他の, でき写真を電信, でき凝結核の論文, でき利害を超えた, でき前夜のよう, でき副手になっ, でき加減もわるく, でき努力をつづけ, でき労働者クラブのパノラマ, でき動物園へ行く, できひ自分, でき匍匐するほか, でき十二月末にはもう, でき友だちにしんせつ, でき取捨ができ, できのよろこび, でき口内炎を起こし, でき口痛のため飲食困難, でき古代人間の一生, でき家の, できの指環, でき同室の人, でき同時に真に世界的に, でき向うにも一人前, できも延びる, できと相, でき固く結んだ私, でき執行の直前, でき報酬もいい, できより楽, でき外国人の借地, できも寝られる, できでき, でき天気が悪い, でき天草で作った, でき契約を履行, できの心ぐらゐはひと通り, でき女事務員とも仲, でき好悪が生ずる, でき姉妹は気がね, でき婦人民主新聞が発刊, でき婿君であっても, でき学生にもできれ, できができ, でき宗教家は宗教家, できは手早く, でき家族の人々, でき寝室へ行く, でき専門の領域, でき尺度で計る, できにマメ, できには木, でき山友達からは今, でき工藝に対して美術, でき帰りには依託, でき平和に慣れた, でき幾度繰り返し読んでも, できの西, でき弟どもが眠ってる, でき当時創刊された, できは上, でき後それは壊死, でき従而言おうと, でき従而言はう, でき御家人の株, でき思う存分ハーモニカを, でき思わずにっこり微笑まるること, でき恋愛の魅力, でき悪かったん, できみに, でき意志を通じる, でき感想が述べられる, でき我々はその, でき或いは唇が, できも足, でき手打ち式にまでなり, でき換言すれば, でき損いの小説めいた事, でき攻撃すること, でき教授もでき, でき文化部から, でき文字ができ, でき新道はその間, でき旅人は二階, できをいま, でき昔日以上のぬき, でき時間ができれ, でき晩年すこぶる幸福, でき暗い火の, でき更に文学と, でき最後に下, できの国, でき有難いと思っ, でき朝夕二度に汽船, でき本質的にはただ, でき材料を分ける, でき材料がちやんと, できができる, でき村民は七名, でき東京中がいろは, でき柔かく暖かくいよいよその, できである, でき楼闌敦煌というよう, でき機構ができあがっ, でき次々と何人, でき次に消えうせ次にまた, でき次第ごあいさつ, でき次第お返しいたしますから, でき次第に学問の, でき次第竹村書房から出版, できもの曲もの, できは病人, でき毎夜毎夜寝巻をしぼる, でき毎晩帰宅がおそい, でき永い間頭に, でき汚らしくなり何ん, でき江戸へ流れこもう, でき治安上大なる効果, でき法成寺の兵, でき活動し善, でき潤沢な権力, でき激しい神経痛に, でき無事に極楽, でき無料で飲ん, できが今, でき物ごとの中, でき特に菊池寛の, できの交際範囲, でき病兵の寝具類, できもさめた, でき目玉なら知らねえが, でき直撃されぬ限り, でき眺望雄大後方には赤石岳, でき瞥見すること, でき社会人としての一般的, でき私たちの憧れる, できになっ, できがあき, でき筒井のてのひ, でき管弦楽の中, でき粗末な夕食, でき精神の自由, でき素人戦略観にはじつに, でき紫外線に触れ, でき組織をもつ, でき結納がなん, でき絶対安全に売却, でき翻訳もでき, でき肉体によつて, できの間, できも上がった, でき自動車が行く, でき自白によって彼, でき興味も加, でき舞台に立つ, でき花鳥につけ, でき荒地であった所, でき華楊再認識の手懸り, でき葡萄や覆, でき虹猫は木精, でき蚯蚓はあんまり, でき行動を制限, でき表六句をそう, できを織らせ, できした, でき裏面に於, できひくるめること, でき言葉のはしばし, でき認識の形式, でき貧乏になっ, でき貧乏人の子, できに入れる, でき赤児はすこし, でき足場のなかっ, でき踊りもでき, でき身体的欲望についても知性, でき身分としては卑, でき車夫がこの, でき通勤は無理, でき速力は約, でき遂に国都江戸に, でき運命判断にも用いられる, できも迷う, でき部屋はいっぱい, でき野戦病院から野戦病院, でき鋭い批評精神によって, できには毒, でき開港当時百一戸ばかりの横浜, でき陸中の一ノ関, でき難かった, でき難民のうち, でき雨水を呑ん, でき靴音が耳, でき音楽を聞い, できはこけ, できと背中, でき高めもするであろう, でき鬼神の心, できにアズキ