青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「であれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

であり~ ~でありまし でありまし~ ~でありました ~でありましょう ~であります であります~ ~である である~ ~であれ
であれ~
~であろう であろう~ ~でき でき~ ~できた できた~ ~できない できない~ ~できなかった できなかった~

「であれ~」 1982, 21ppm, 5369位

▼ であれ~ (1321, 66.6%)

174 あるほど 56 ある程 38 あるだけ 17 それは 13 これは 9 それが, よい 8 私は 7 いいと, いいの 6 自分の 5 いい, これを, よいの, 何も 4 それで, それを, よいが, よかった, 他の, 私の, 自分は 3 あるだけに, ある丈, さう, 一方は, 人民は, 仕方が, 自然に

2 [34件] いいがと, かれら, このむごたらし, すべての, その一部, その中, その人, それに, どこへ, なんでも, またその, よいと, 人が, 今の, 他に, 何でも, 功績が, 可い, 多少腐, 大である, 安心し, 将来如何なる, 彼は, 彼等は, 我々の, 日本の, 毎月若干宛の, 民は, 沢山の, 男の, 結構な, 辛くない, 非常に, 0と

1 [840件 抜粋] ああであり, あちらへも, あったで, あとの, あながちそれ, あなたを, あの子, あまり問題, ありがたいの, あるただ一人, あるもの, ある丈隠居, ある程それ, ある程命, ある程非常識, あれほど, あゝそれ, いいけれど, いいという, いいなあ, いかな, いかよう, いっそうそう思わざる, いっそまるきり一人, いつでも, いよいよいい, いよいよ全体的, おいよさん, おそらく眼, おのずから恋愛, お免, お客も, お許し下さい, かかる抛棄, かくかくに, きっと僕, きつと, こうに, こちらで, ことしは, このうち, このへん, この広い, この悲しい, この時点, この点, この煮た, この過ち, これだけの, これも, これらの, こんどは, こんな, こんなに自分, こんな弊, こんな種類, さきから, しかるべき家柄, しゃれ者, すぐ禿頭, すでになん, すべてを, すること, そうあるべきである, そういう違勅, そうなると思う, そう変テコ, そこに, そこは, そなた, そのこと, その上, その人間, その代り, その伝来, その働い, その国, その国家, その大家たる, その戯曲, その手足, その方程式, その時, その板, その泣き声, その災害, その無名作家たる, その父, その発生, その碗, その秋, その美, その趣, その身ごなし, その遊ん, その間に, その限界以下, それこそ, それだけにわれわれ, それだけ高く, それでよ, それで補う, それと, それも, それ以後の, た, たいはも, ただある, ただこの, たちまちわかっ, たとえヨオロッパ全体, たとえ中, たなばた祭も, だけれども, つくられるところ, とうてい哲学, とにかく十人並, ともかく三十歳, ともかく城内, どうか末, どうも幾ら, どしどしとり入れ, どんなにあの, どんなにか, どんなにこの, どんな分子, どんな醜婦, なおさらおもしろく, なおさらです, なおのこと, なおよかっ, なお結構, なかなかもっ, なにひとつあたりに, なほ, なるべく今, なんだって, なんという, のろま漬その他のろま薬のろま染のろま餅のろま縞のろま芋のろま飴のろま酒, はじめから, ひとり手に, ぼくが, まあ, まぐろなどは, まさにそれ, まず何, また今日, また体, また科学ジャーナリズム, また製作, まだいい, まだみんな, まだ名分, まづ無難, まとめて, まア国宝級, むろんそれ, もう情熱, もとよりあるいは, やかましく云う, やはりそこ, やはりその, やはり経済的, ゆたかな, よいがという, よいこと, よいという, よい感じ, よい更に, よくその, よし作家, よろしい, わしに, わたしは, わたしを, われ寂しく, ウーンと, ケースは, チエツチエの, フランス人も, ポリニャークに, ミスティフィカションとか, ラジオ, 一八〇六年の, 一切蔵経は, 一家の, 一寸の, 一層いや, 一度見, 一応一般的, 一戦をも, 一般的に, 三年や, 三度目の, 三遍続け, 下に, 不景気など, 世の, 世界中の, 世話が, 中川も, 之を, 九十日間であります, 乞胸と, 事に, 二つに, 二人の, 互の, 五ヶ年十ヶ年の, 五尋くらい, 交換者, 交際を, 人に, 人型も, 人気は, 人間として, 人麿の, 今では, 今度の, 今更自ら, 以上二ツの, 以前から, 企業者は, 何よりも, 何らかの意味, 何字で, 何者かが, 何處へ, 余も, 作家の, 価値尺度財で, 係り合い, 倖なり, 偉くなれ, 偶然の, 僕は, 優れた演劇, 兄弟であっ, 先ず申分, 先づ此二人を, 免職する, 全く別, 八重の, 公然と, 其國の, 其山から, 其目出度, 出来秋に, 刀剣が, 列を, 初日は, 別にむずかしい, 別に仔細, 利益が, 力の, 助る, 動物の, 勤労階級が, 勧進帳を, 勿論之, 十年に, 半七, 半時間と, 博士の, 即ち発展, 即座に, 厳重に, 口の, 同じこと, 同時にこの, 君らの, 君主の, 吾人の, 呼聲に, 唐時代には, 問題は, 喧嘩を, 国家に, 坂下鶴吉の, 売れると, 売価に, 多分に, 大いに喜ばしい, 大して手向い, 大名を, 大学教授の, 大抵の, 大臣の, 大騒ぎと, 失敬な, 好いが, 好いの, 姉の, 姫君がたを, 娘の, 孔子だけは, 孔子之, 學問は, 定めしブロークン, 宜しいけれども, 実際に, 家には, 家政婦の, 富士も, 寺家方言と, 将来は, 尊敬されます, 小も, 小林, 少くとも, 少しも, 少なくともそれ, 尚さら汚, 尚更の, 尾根伝いに, 屠って, 巡礼に, 市として, 師匠も, 常識とは, 幸ひだ, 幸甚であろう, 庭なども, 廣大である, 弛緩の, 当方では, 彼が, 彼には, 彼れ, 心打たれる, 必ずとめる, 必ず空中村, 必ず読者, 忠告を, 思い切ったこと, 思い切り師匠, 思うに, 恋しくて, 息子夫婦は, 情味が, 惜しい存在, 愈々耐え難い, 愛着の, 我輩も, 手は, 押しも, 招聘状が, 採算の, 政治の, 政治思想に, 敬意を, 文句なく, 斯る, 日常生活の, 日頃より, 昌造の, 是は, 是非そういう, 是非女中の, 時の, 曲がったもの, 更に上流, 最上でありましょう, 木賃宿でも, 本人の, 本艦引渡しの, 果してあの, 格別さもなければ, 格別でありましょう, 案内者を, 梯子を, 構は, 次第にその, 武官方言寺家の, 武芸が, 歴史文学である, 死ぬほど, 死後三日目に, 殆ん, 残るもの, 母の, 母君の, 気が, 永久に, 求める六桁, 泣かずには, 泣こうでは, 浅ましいと, 浮き足だった, 源氏も, 漫画の, 火を, 無理に, 無禮, 無論嬉し涙, 無限に, 無電連絡もか, 牛馬の, 独白の, 猶好い, 玉堂の, 現在行なわれ, 球面波が, 生れて, 申し分は, 男も, 病院の, 白雲堂は, 皆神道の, 直に又, 直接耳に, 相手の, 眼にも, 矢張り一千万円の, 神官, 私が, 私にとって, 私も, 私や, 稀で, 穢ない, 空地へ, 立派な, 箏の, 米が, 純真である, 絆を, 結婚を, 結局どういう, 綸旨を, 緊張マイナスであれ, 罪は, 羽柴藤吉郎を, 考え尽くして, 職人も, 能ふ, 自ら咲かせる, 自分で, 自分には, 自分も, 自分を, 自叙伝の, 自由に, 自由の, 色は, 苦手である, 英蘭は, 薄もも色, 蜻蛉の, 血が, 衆望を, 行なわなくては, 衣食住の, 表現的な, 袴を, 製造に関する, 見ること, 訛音も, 証人, 詩的恍惚も, 誤つて, 説得も, 誰を, 譲歩し, 貞操道徳の, 負け溺れるだらう, 販売の, 買わねば, 賢者と, 赤青緑の, 足りるの, 足る山頭火, 軽い, 辞退も, 追腹を, 速に, 連俳は, 遂には, 道端の, 遠慮も, 酒が, 釣り刀剣であれ, 長く持ち続けられた, 長すぎ, 隆吉としては, 隠す筈, 隴を, 離縁し, 雪は, 電気の, 非道と, 頂き近く, 頗る下等, 頭の, 飲まない時, 香玉も, 馬まわり五百石, 髑髏盃の, 鶴見が, 黄金も

▼ であればこそ~ (168, 8.5%)

62 その方法, 人々は, 彼は, 或る, 空間は

1 [152件] ああまでも, ああ云った, あなたが, あなた様に, あの兄, あんな山駕籠, いついかなる, お互にますます, お紅, こういうよう, ここまで, この事実, この去, この合目的性, この常識, この手段, この方法, この種, この総合的判断, この陰気, これに, こんなに安く, さう, し遂せて, そういう浮動, その中, その存在理由, その日本, その直接, その矛盾, その行為者, その非, それを, である, できた離れ業, ものの, わたしたちは, キレイな, ソフィストは, ファシズムに対する, フランスや, ロマン主義者や, 一つの, 一対象を, 一層その, 一般に, 一見思惟の, 三木思想は, 不平も, 世の中の, 世界平和と, 世間では, 丸い輪, 之が, 之は, 五十フランも, 今日までの, 今日世間では, 今更に, 他の, 伜の, 例の, 元来が, 先の, 光るので, 初めて二つ, 初めて交通関係, 初めて文化説明, 初めて真理, 前述の, 却ってここ, 右と, 合理論が, 同じ覚悟, 同門の, 和気あいあい散り, 地盤だった, 坑夫に, 夫が, 夫は, 始めて, 学問的, 察しられるつて, 屡々穴川甚蔵, 常識的概念である, 平気で, 弁証法は, 形式の, 彼の, 彼等の, 彼等は, 従来の, 心とも, 性格の, 愈々益々重大, 愛すること, 感化力の, 感性界の, 所謂, 技術家という, 搾乳婦の, 政治権力によって, 文化の, 文学作家の, 斉興は, 方法が, 方法に対して, 日本は, 明白で, 木を, 未来永劫昔の, 机に, 松島大明神と, 検閲や, 業が, 此等の, 民主的な, 演出も, 物, 特にこうした, 特定の, 現実と, 現象学的方法である, 用いられたの, 画竜点睛とも, 白骨から, 真理が, 眺めあきるという, 私は, 私立大学などへ, 空間が, 端初の, 第一義的に, 経済学は, 聞いて, 自分を, 自己の, 自然科学は, 舞台で, 芝居という, 見放して, 観念性, 言われるの, 論理は, 趣味専門の, 路傍で, 身の, 軍部道は, 農民が, 遠いところ, 金が, 青年期は

▼ であれ~ (23, 1.2%)

2 視れば

1 [21件] あれほどに, しかし今日, 人に対しては, 人世は, 今目の, 僕は, 却つて眞奈が, 右の, 忍男の, 手古奈の, 手古奈一家の, 日影は, 此外多くは, 民子の, 父に対する, 美しき感情, 茎の, 裂ける時, 誰も, 野菊の, 食事の

▼ であれこれ~ (21, 1.1%)

1 [21件] して, と云, と心配, と思いめぐらし, と思案, と指図, と気, と注文, と物色, と考へ, と選ん, と選択, のいきさつ, 喋ること, 眺めること, 考えて, 考えても, 考へて, 話しながら, 迷ったりなんぞも, 迷って

▼ であれ~ (18, 0.9%)

1 [18件] いうよりも, いふの, すべての, つねに私たち, 云って, 云ふ, 云われる, 個性へ, 念じながら, 念じ続けるばかり, 思うほか, 教えられて, 祈つて, 私は, 競争する, 話を, 願つた, 願われること

▼ であれかし~ (13, 0.7%)

2 と願う

1 [11件] だが, ということ, とも祈りたい, と冀う, と希, と心, と念じた, と祈った, と祈る, と願い, と願っ

▼ であれその~ (11, 0.6%)

1 [11件] ほかそとから, 人の, 外何の, 天稟を, 救済を, 本能の, 現実では, 秀でた部分, 過程さえ, 面貌は, 魂には

▼ であれ~ (11, 0.6%)

1 [11件] かほか, から何, か一つ, か確実, か確實, であれ, であれ兎, であれ新, であれ自分たち, でもで, を贈

▼ であれ~ (8, 0.4%)

2 が有する 1 が実在的, が實, の命令, の経験, はこの, は風車

▼ であれそれ~ (5, 0.3%)

1 がきびしい, がどんなに, が利潤, なくしては, は孤立

▼ であれほど~ (5, 0.3%)

1 までに彼, 口汚くこの, 売った雪, 苦しんだ時, 近代棋戦の

▼ であれ~ (4, 0.2%)

1 が内心, に一応, は本来, は自分

▼ であれ~ (3, 0.2%)

1 しはじめたら俺, 葬式の, 鵜呑みに

▼ であれといふ~ (3, 0.2%)

2 公正さの 1 公正の

▼ であれ~ (3, 0.2%)

2 これや 1 禍事なし

▼ であれ~ (3, 0.2%)

1 の世, の姿, をもてなす

▼ であれ~ (3, 0.2%)

1 パラマウントであれ, 党であれ, 手合や

▼ であれ~ (3, 0.2%)

1 であれ人, であれ声, に埋蔵

▼ であれ自分~ (3, 0.2%)

1 に与えられた, の巴里, の芝居

▼ であれいずれ~ (2, 0.1%)

1 にし, にせよ

▼ であれから~ (2, 0.1%)

1 一目散に, 後の

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 病気も, 随意の

▼ であれすべて~ (2, 0.1%)

1 の文化, の食物

▼ であれだけ~ (2, 0.1%)

1 出たのに, 述べて

▼ であれだけの~ (2, 0.1%)

1 温泉宿の, 超越の

▼ であれという~ (2, 0.1%)

1 ことを, 声は

▼ であれどこ~ (2, 0.1%)

1 かの納屋, でも力

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 いいん, 興奮します

▼ であれほどの~ (2, 0.1%)

1 長い時間観客, 頑健を

▼ であれまた~ (2, 0.1%)

1 たとえそれ, 長身な

▼ であれよい~ (2, 0.1%)

1 お子, 戯曲の

▼ であれよき~ (2, 0.1%)

1 夫, 父であれ

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 拜見致します, 負かすの

▼ であれインチキ・レビュウ~ (2, 0.1%)

2 の脚本

▼ であれ一切~ (2, 0.1%)

1 の事象, の因果

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 に成つた人, 疲れて

▼ であれ乃至~ (2, 0.1%)

1 は浮世, は自己

▼ であれ人間~ (2, 0.1%)

1 と名, の生きる

▼ であれ~ (2, 0.1%)

2 に示した

▼ であれ商人~ (2, 0.1%)

1 であれ学者, であれ武士

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 であれその, 先生であれ

▼ であれ幻影~ (2, 0.1%)

2 であれ

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 一人の, 用人であれ

▼ であれ悪い~ (2, 0.1%)

1 ことであれ, 者は

▼ であれ悪意~ (2, 0.1%)

1 からであれ, をもった

▼ であれ想像~ (2, 0.1%)

1 しなおまた, しなほ

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 であれわが子, であれ怒り

▼ であれ江戸~ (2, 0.1%)

1 であれコンパス, の本場

▼ であれ漫才~ (2, 0.1%)

2 であれインチキ・レビュウ

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 から来る, の力

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 の文学者, 働いて

▼ であれ精霊~ (2, 0.1%)

1 であれ依代, であれ対象

▼ であれ自他~ (2, 0.1%)

2 に対して

▼ であれ要するに~ (2, 0.1%)

1 国家の, 社会的不満が

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 であれ, であれ小説

▼ であれ~ (2, 0.1%)

1 であれ同じ, であれ男

▼ であれ遊芸~ (2, 0.1%)

1 であれ人, であれ官教

▼1* [277件]

であれあなたにあの, であれあまり掛けがえ, であれあらゆる外から, であれあるひは, であれあれはわれわれ, であれいっさい触れないこと, であれいつものよう, であれいわば身勝手自由勤めの, であれうれしい夜でも, であれなぐさみに, であれおとなしくしてを, であれお姫様であれそれぞれ, であれかたくるしさとしか, であれきまってその途中, であれこっちのいう, であれこれ上原さんの噂, であれこれ刺激を受ける, であれこれ相談して, であれこれ買物をした, であれさもの呉服町の手代衆, であれさらに選ぶところ, であれすっかり透過され, であれそれぞれの表情, であれそれともまた新しく, であれそれなりに私, であれそれに全心身, であれそれにしても浄財が, であれそれ以外によき, であれそんな事に, であれただ使者の, であれちゃんと心得て, であれとても大きなもの, であれともかくも道徳, であれどもその他の, であれどんな土地であれ, であれ病める隼, であれないしは牛でも, であれなんでも書きまくつた, であれはたまた東, であればとか将来の, であればなどとすぐに, であれひしひしと, であれひと思ひに, であれひょっとすると, であれへんてこであれそれなり, であれまでに仕上げた男, であれみなよい所, であれみな一天の君, であれもしその使者, であれやくざ男であれ自分, であれやさしくつねに誰, であれよし星空の, であれわが子の運命, であれわれわれは彼, であれウスノロであれ出来て, であれエッチングであれ何, であれコンパスで測つ, であれシェクスピイヤの戯曲, であれチウインガムを噛み, であれツェッペリンの上, であれトンチンカンであれムニャ, であれパリで案外, であれモモンガアであれ何, であれ一つ残らずその, であれ一人づゝ離れて, であれ一切熱のある, であれ一旦掠めて, であれ一流となれ, であれ一秒であれいやしくも, であれ一隻の怪ジャンク, であれ丈通を披瀝, であれ三味線であれ門, であれのいわゆる, であれ五太夫であれそんな, であれ京大阪であれ江戸, であれ人々は真実, であれ人並であれと, であれ他人のたてた, であれ仮借せぬぞ, であれ伝記であれ詩, であれ何流であれ本人自体, であれ何等かの形, であれ例えば仲間に, であれ例令親の言葉, であれ個人であれ社会, であれ偽装の下手, であれ催能が近付い, であれのこう, であれ儒教であれ基督教, であれ兄弟であれ年寄, であれ充分疑惑の, であれ先生の言葉, であれにも角, であれ党派に依存, であれ入口を守る, であれ兵隊と悶着, であれい事, であれ刀鍛冶であれ牙, であれ利他的であれ個人, であれ剣道であれ遊芸, であれ勢家であれ路次, であれ化け狸であれその, であれであれはた, であれ北条であれ浅井, であれ十返舎一九であれ為永春水, であれ千人の城兵, であれた國家, であれであれ腕, であれ同じように, であれ向こうから近づけ, であれ告白したい親し, であれ味方がいたら, であれ呼吸のある, であれ和蘭の言葉, であれ哲学であれ必ず, であれであれ惡, であれ喜劇であれなん, であれ回教であれ道教, であれ図書館であれ読書団体, であれ國體は空漠, であれ基督教であれ回教, であれによつて, であれ外交であれ左, であれ外套であれ長靴, であれ外界の刺戟, であれであれ死, であれ大して変わるもの, であれ大工であれ商人, であれ大衆の欲望, であれの上, であれ天下に志, であれ女中であれ誰, であれ女形は日本独特, であれ好きな場所, であれの情, であれ子供であれ人間, であれの上, であれ学生であれ乃至, であれ学者であれその, であれ官家であれ豪族, であれ官教であれ一流, であれ実業家であれ教育家, であれ客観的のもの, であれが非常, であれ対象に区別, であれ又貴族的, であれ小説であれ字, であれ山の下であれ起るべき時, であれとの関係, であれであれご, であれ島村は劇文学者, であれに右, であれ常に少数が, であれ年寄であれ若い, であれ幸福であれと, であれ幽霊であれ是非, であれ幾分か実行, であれに燃える, であれ式亭三馬であれ十返舎一九, であれ強力に推奨, であれ彫刻師であれ大工, であれ役人が平素執務, であれ徳子が何, であれ必ず某引っ組ん, であれ怒りであれ矛盾, であれ思想家であれ運動家, であれ悪徳であれ, であれであれ一切, であれ愛子は葉子, であれ慈善は大いに, であれかおれ, であれを携, であれ手紙であれ書かれるものすべて, であれ教育家であれ絶えず, であれ時代の, であれ新田であれ, であれ明確な刺戟, であれ是非その正体, であれ暴力以外のいかなる, であれ最後には必ず, であれ朝倉であれ世, であれ本人自体は亜流, であれ本当であれ彼, であれ本来剣術を知らない, であれ東国の諸, であれ検断所の手の者, であれ概念なの, であれは主, であれ正義人道に適う, であれ武士であれ幾分, であれ武芸の秘伝, であれは何者, であれの会話, であれの向いた, であれ永遠は無, であれ汝等は汝等自身, であれであれ街, であれ洒々落々たれ淡々, であれ洗馬であれみな, であれ浅井であれ朝倉, であれ海上の活動, であれ消防のポンプ小屋, であれり気, であれ清く純であれ, であれ清らかな空気, であれ演劇であれある, であれ為永春水であれ直接, であれ無気力であれへんてこ, であれなくば, であれ彫師, であれ現代では現実, であれ生活人としての敏感さ, であれ産業であれすべて, であれ田舎娘であれ女, であれ男女の間柄, であれ町人であれ百姓, であれ疑いを容れる, であれ病魔を払った, であれになつて, であれ発表されて, であれ百姓であれ天下, であれ直接に当時, であれ眷族であれ仮借, であれ矛盾であれトンチンカン, であれ社会であれともかく, であれ祕密であれ暴力以外, であれの前, であれ祭事能であれ催能, であれ程出血するよう, であれ程判然たる他殺, であれ程熱心に捜索, であれ程繁殖したので, であれ程背低だった, であれ空中であれすっかり, であれ四階級な, であれ精神を照らし, であれ絶えず時代の, であれ繪畫彫刻であれ演劇, であれ職業をたのしむ, であれであれすべて, であれ肉体的のこと, であれであれその, であれ腰巻きであれ外套, であれ自分たちの組織, であれ自動車競走であれチウインガム, であれ舞台であれ苟くも俳優, であれ花恥かしい美女, であれ苟くも俳優たる以上, であれ若い人達であれ, であれであれ善, であれ英国人であれ大して, であれであれむす子, であれであれやさしく, であれ西であれ正義人道, であれ要求された書類, であれ親藩であれ斬ろうと, であれ言葉であれ客観的, であれ読書団体であれそれ, であれ豪族の家人, であれ貴方であれかうして, であれ路次にて一旦, であれ途中で紛失, であれ運動家であれ頭領, であれ道教であれ乃至, であれ部下の一人, であれであれ彼, であれ鏘然と流れ落ち, であれ長靴であれ一つ, であれ附けを, であれ陸上であれ一旦, であれ頭領であれ第, であれであれあらゆる, であれ風情であれ底, であれ風邪であれ一切熱, であれであれないしは, であれであれ悪い, であれ黙殺かもしくは