青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「である~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~であったろう ~であり であり~ ~でありまし でありまし~ ~でありました ~でありましょう ~であります であります~ ~である
である~
~であれ であれ~ ~であろう であろう~ ~でき でき~ ~できた できた~ ~できない できない~

「である~」 105782, 1143ppm, 75位

▼ である~ (24425, 23.1%)

377 これは 363 それは 274 私は 226 それが 132 それを 130 併し 105 これを 101 彼は 96 今は 88 これも 86 私の 74 ために 72 それも 70 これが 67 彼の 65 その中 62 その時 60 しかしそれ 56 此の 55 それに 50 それには 47 日本の, 自分の 42 しかしその, 今日の 41 しかしこの 39 これに, それにも 38 それらの, 今の 37 之を 36 この場合, 他の 35 実際は 34 ここに, ともかくも, 私が 33 自分は 31 この人 30 これらの, その頃, 今日は 29 さう, 現在の 28 そこに, それと 27 しかしこれ 25 ここでは, 彼女は 24 いまは, このよう, その当時, 今度は, 私には 23 それよりも, そんなこと, 今では, 昔は 22 或る 21 この時, そのとき, 何分にも, 而も 20 この頃, 中には, 之は, 僕は, 日本では 19 こ, さすがに, その結果, 吾, 普通の 18 この, 当時の 17 これらは, 事実は, 今日では, 彼が, 後に, 後には 16 しかし彼, そこは, そのうち, その日, 此は 15 ここには, これには, そこには, その, そのこと, そのため, 之に, 多くの 14 ここの, この男, この種, しかし, それから, 何か, 僕の, 当時は

13 [16件] ここは, このこと, この句, この歌, そのよう, その実, どうした, わたしは, 人の, 人間の, 兎に, 前に, 昔の, 是れ, 母は, 為に

12 さてその, しかし私, そのほか, 今夜は, 同時にまた, 幸いに, 源氏は, 私たちの, 私も

11 [13件] いずれも, ここで, この二つ, これと, それだけ, それで, それらは, 処が, 前の, 右の, 宮は, 本当の, 自分が

10 [21件] あれは, この際, その人, その他の, た, 世界の, 今度の, 何が, 何よりも, 作者の, 作者は, 其れ, 前にも, 女の, 実際には, 少くとも, 彼等は, 惜しいこと, 我々の, 源氏の, 現実の

9 [15件] これで, しかし自分, そこへ, その上, その夜, その点, 一般の, 不幸に, 中に, 先生は, 同時にその, 問題は, 実を, 次の, 遺憾ながら

8 [33件] かくの, この方, これでは, しかもその, そういうこと, そうで, そこから, そこの, その内容, その外, その意味, それとても, 一つは, 不思議な, 人間は, 他に, 他は, 代助, 余は, 例の, 元来が, 兎も, 子供の, 実はこの, 実際に, 我々は, 支那の, 故に, 最初の, 来て, 相手が, 私たちは, 西洋の

7 [41件] いずれに, このとき, この問題, この日, これなどは, これまた, さればと, そのかわり, その場合, その声, その女, その後の, その目的, その間に, それによって, だれも, どこの, わたくしは, 一つには, 一方から, 一般に, 中の, 主人の, 二人の, 以前は, 何に, 小説の, 彼も, 彼らの, 彼等の, 後者は, 心は, 明治の, 是は, 最後に, 東京の, 止むを, 父の, 現代の, 私と, 結局は

6 [55件] かれは, ここへ, この中, この事件, この時代, この話, これだけの, これとても, これにも, しかし今, しかもそれ, すべての, そこが, その事, その代り, その眼, その際, それとは, それなら, どこか, なおその, なか, われわれの, 一は, 一人は, 一方では, 之が, 人が, 人は, 今まで, 今も, 今日でも, 他方に, 何かの, 何の, 僕には, 先生の, 半七, 問題が, 多少の, 実際の, 幸に, 彼と, 彼らが, 彼女の, 我国の, 日が, 時には, 父は, 特にその, 男の, 真の, 第一, 自身の, 途中で

5 [94件] ああいう, ある人, ある時, お定, きょうは, けれども私, こうなる, この二人, この作品, この方法, これこそ, これについては, これほどの, これまで, これ等の, さてこの, さらにその, すると, そういう方面, そうかと, そうでない, そのなか, その多く, その家, その時代, その男, その顔, それだけの, それの, それより, ただの, どういうもの, なぜか, なにぶんにも, ぼくの, また一方, もしこの, もとは, ゆえに, よく見る, われらの, 一種の, 一面には, 上の, 上述の, 不思議にも, 中にも, 予は, 人々は, 今から, 今でも, 今に, 今までの, 今夜の, 今日も, 仮りに, 何故に, 假に, 元は, 其は, 博士の, 博士は, 去年の, 土地の, 女は, 如くに, 妙に, 実はこれ, 彼らは, 彼女が, 従来の, 我々が, 故にその, 故にそれ, 故に却って, 敵の, 日本は, 氏は, 為めに, 父が, 相手の, 相手は, 私達は, 筆者は, 翁は, 自分には, 自己の, 若い時, 著者は, 誰も, 身に, 近頃は, 雪の, 非常に

4 [165件] あとで, あれが, あれも, いづれも, いよ, かうして, かれの, けさは, ここでも, ここらも, このあたり, この作家, この外, この家, この村, この機会, この点, この老人, これだけ, これなども, これの, こんなこと, さてそれ, さのみ, しかしあの, しかしいずれ, しかしここ, しかしそこ, しかしそれら, しかし我々, しかもこの, しかもこれ, しからば, すべてが, そういう中, そうし, そうする, そうは, そこまでは, そこも, そしてその, そのころ, そのやう, その他に, その他にも, その後も, その折, その方, その方法, その晩, その朝, その正体, その理由, その瞬間, その説明, その辺, それすら, それだ, それでもこの, それでも私, そればかり, それ以上に, そんな事, ただそれ, とにかくこれ, とにかくその, どういふ, どこで, どこを, なんでも, なんの, また, また一つ, もと, よく考え, わが国の, アメリカの, 一つの, 一人の, 丁度その, 不幸にも, 世の, 之も, 二つの, 云うまでも, 今年は, 今度も, 仕方が, 何かに, 何という, 何れも, 余の, 僅かに, 其より, 初めに, 初めの, 同時に又, 單に, 困ったこと, 大阪は, 夫が, 夫れ, 夫人が, 妙な, 娘は, 子を, 完全に, 実はそう, 家の, 家へ, 實際は, 山の, 年の, 幸か, 御自身, 心理的には, 急に, 惜しいかな, 戦争の, 手を, 手紙を, 持って, 支那人の, 日本に, 日本人が, 是を, 時代の, 最初は, 最後の, 次には, 此が, 此には, 此を, 此処に, 武蔵の, 残念ながら, 母親は, 注意すべき, 然しそれ, 然ら, 特にこの, 現在は, 田舎の, 當時の, 相変らず, 眼の, 私に, 私を, 立派な, 紫の, 結句の, 結果は, 翁の, 考えて, 考へて, 肝腎の, 若しこの, 茲に, 蓋を, 見て, 見ると, 通常の, 雪子は, 頭の, 黒鯛の

3 [374件] あの辺, あまりの, ある日, あれで, あれほど, あれを, いい, いうまでも, いざと, いつでも, いつまでも, いろいろな, かかる場合, かような, かれが, こういうこと, こう云う, ここにも, ここまで, ここを, こちらは, ことしの, ことしは, ことにこの, このへん, このほう, この下, この両者, この事, この作, この像, この分, この前, この大, この小説, この度, この御, この意味, この文章, この方面, この書, この書物, この期間, この本, この程度, この第, この結果, この道, この部落, これぐらい, これまでの, これより, これらも, こんなふう, さうし, さて, しかしおそらく, しかしこれら, しかしそういう, しかしやはり, しかし一般に, しかし世間, しかし事実, しかし人間, しかし他, しかし作者, しかし単に, しかし実際, しかし父, しばらく見, すぐに, すべては, そうでなく, そこでは, そこで彼, そして私, そのかんじん, そのせい, その一つ, その下, その他は, その内, その前, その割, その原因, その古い, その名, その土地, その大, その姿, その年, その時期, その時私, その根本, その次, その灯, その目, その私, その線, その船, その色, その起原, その途中, その遺書, それから先, それから後, それだけでも, それでは, それでもその, それでもなお, それでもやはり, それでも人, それとこれ, それとて, それほどでなく, それらを, それ以外に, それ以外の, それ等の, そんな人, ただ彼女, ためである, ための, ちょうどその, つ, とかくに, ところどころに, とにかく, どういうわけ, どうかし, どうかする, どこかに, どこに, どちらも, どれも, なおこの, なんと言っ, はじめは, ほかから, ほかにも, ほかの, ほんとうは, ぼくは, またその, また同じ, もうその, もう一つ, もし彼, やがてそれ, やはりその, よく考へ, わずかに, われらから, われわれが, われわれは, ジイドの, 一と, 一体この, 一体それ, 一方の, 一説には, 一部の, 三つの, 上に, 不幸な, 世の中は, 世間の, 両方の, 乙姫の, 事實は, 二人とも, 二人は, 二階の, 京都に, 人に, 人類の, 今回は, 今宵は, 今年の, 今年も, 今後は, 今日に, 今日まで, 今朝は, 他にも, 以上の, 何と, 何も, 何を, 何処か, 何処に, 併ながら, 假り, 僕に, 先生から, 其の中, 其の所謂胡語, 其処に, 其間に, 冬の, 冬は, 前掲の, 前者の, 前者は, 前述の, 却, 反対に, 古くは, 只一つ, 同じやう, 同時に, 同時にそれ, 同時に之, 君は, 君子は, 周囲の, 和尚は, 問題の, 啓蒙は, 四方の, 地方に, 場合によ, 夏の, 外の, 外国の, 多くは, 夜の, 大に, 大概の, 大體, 夫は, 夫人の, 夫人は, 夫妻の, 奥に, 女三の, 女王は, 如くである, 娘が, 学校の, 実の, 実は私, 実際その, 実際を, 宮の, 家に, 家康は, 容易に, 實に, 實は, 山は, 島の, 左う, 常識は, 年は, 幸いにも, 店の, 彼らには, 彼を, 彼自身の, 彼自身は, 後から, 後の, 後世の, 後代の, 後者の, 從來の, 心の, 念の, 思えば, 意外にも, 憶良は, 我国でも, 我輩は, 或はその, 或人, 所謂, 技術は, 抑も, 折から, 支那人は, 故にこそ, 故にこの, 故にこれ, 故に一層, 故に他, 故に保存, 故に常に, 文学の, 文学は, 文芸の, 斯う, 斯うし, 日本には, 昔から, 昨夜に, 是の, 時の, 最初から, 最近に, 朝は, 本人の, 東京に, 正直の, 正直を, 此に, 此れ, 此処では, 此処は, 此等の, 此頃では, 武蔵は, 歴史が, 殆ん, 母が, 気に, 気の, 気の毒な, 決してそうで, 流石に, 演劇の, 漸くに, 然しこの, 然しその, 然し僕, 然も, 物の, 特殊の, 現在では, 生きて, 画の, 當時は, 相当に, 瞳を, 社会の, 祖父の, 秀吉は, 私たちに, 私にとっては, 科学の, 稲の, 結局その, 聞いて, 肝心の, 能楽の, 腹が, 自分で, 自分では, 自分にも, 自分も, 自然の, 自然科学に, 色も, 芥川が, 芥川は, 英国の, 薫の, 見たところ, 親戚の, 話の, 話を, 誰れ, 調子が, 近年は, 途中に, 進んで, 道が, 酔って, 院が, 電車も, 餘り, 驚いたこと, 鮎の, 鶴見は

2 [1153件 抜粋] あたりの, あなたの, あの人, あの時代, あの程度, ある映画, あれでは, あれほどの, いずれが, いは, いまの, いまも, おそらくその, おもて, お前の, かういふ放れ業, かくも, かの女, かれを, きのうの, けだしあらゆる, けだしそれ, こういう事件, こういう場合, こうして再び, ここから, このお, このたび, このペン, この上, この交点, この刺激, この場合表面, この学名, この屋敷, この悲しみ, この戯曲, この新しい, この林, この物語, この町, この苦しみ, この論理, この運動, この雑誌, これだけは, これによって, これほど, これ等は, こんどのは, こんな人, さてもう, さて彼, しかしこういう, しかしそんな, しかしともかく, しかしよく, しかし二人, しかし以上, しかし吾, しかし大, しかし彼ら, しかし日本, しかし第, しかも彼ら, しまいには, そういう事, そういう便宜, そうなった, そうやっ, そこにも, そのあいだ, そのう, そのくせ, そのはがゆい, そのまた, その一句, その中間, その二つ, その人たち, その他には, その出来る, その力量, その印象, その向う, その土地一流, その子, その山, その彼, その後に, その或る, その推定, その時伊豆, その最も, その様, その用途, その癖, その知識, その研究, その第, その経験, その自己, その著書, その記憶, その調べ, その道が, その間の, その面白, その顕微鏡写真, それからといふ, それだけ一般化, それでいてその, それでなく, それでも, それでもなお且つ, それでもまだ, それでも不足, それでも夢中, それでも時々, それでも時に, それでも自分, それと共に, それなら何人, それにしてもこの, それについて, それに対して, それまでは, それ以後の, そんなとき, そんな動作, ただそこ, ただ一, ただ自分, たま, ためか, だいたいに, ちかごろは, ちよつと, つまりは, ところによ, とにかくに, ともかくこれ, どういう関係, どうする, どうも一向に俳味, どうも私, どこへ, どちらが, なおそれ, なかんずくその, なるほどさ, なんという, はたしてそんな, はるかに, ひと月か, ふと氣, ほんとうに, ぼんやりと, まさかその, またそれ, また別に, また彼, まだそれ, まだ続く, まつたくそれ, もし, もつと, やがてその, やがて色彩, やはりこの, やはり最初, やる事, ゆえに私, わたくしの, わたしには, われわれには, アメリカは, キセルは, ザッと, バルザックは, フランスの, ボンの, レコードは, ロンドンの, 一ツ目小僧の, 一方は, 一時は, 一般人の, 一面また, 三人の, 三日目には, 上は, 上海は, 不勉強, 不意に, 世界は, 世間では, 両親は, 中将の, 主な, 之と, 之れ, 予の, 事実としては, 事情が, 二つとも, 五六年前に, 亡兒の, 人々の, 人事の, 人形の, 人間を, 今ここに, 今その, 今と, 今より, 今回の, 今度のは, 今後の, 今日これを, 今日までの, 今月は, 仏蘭西の, 仕事を, 他方においては, 会議の, 佐渡の, 何れに, 何度も, 余り長く, 作中の, 作者が, 信一郎は, 個人の, 借金の, 僕が, 僕を, 兄は, 先代の, 全体が, 全日本の, 兩者の, 其が, 其の人, 其を, 其処には, 其狼狽方が, 内地人は, 内部に, 内部は, 出て, 別に説明, 利潤の, 前と, 勘弁に, 勿論この, 十九世紀の, 半ばは, 卒業後は, 南の, 印度の, 厄介な, 厳密に, 又八は, 口の, 古代の, 右は, 同時に他, 名に, 君の, 吾が輩, 吾人は, 周の, 呪われた彼, 和歌や, 四方に, 団体を, 固有の, 国民の, 土人は, 城内では, 場合によっては, 変化の, 外に, 外へ, 大きさ, 大体に, 大学へ, 大将の, 大正の, 天子は, 天然の, 夫にも, 女房と, 女房の, 如く工藝, 始めに, 婦人の, 子供に, 季節も, 学者によっては, 孰れ, 宝塚の, 実はそこ, 実は不思議, 実は逆, 実際自分, 客は, 室町時代には, 富士の, 専門は, 小説は, 少しでも, 少なくもその, 少将は, 山と, 岩に, 岸田は, 左手の, 帝の, 帰って, 平気で, 幸子が, 式部は, 弟子には, 当時に, 彼には, 彼女も, 彼等も, 後にな, 心には, 心持の, 思うに, 性質は, 息が, 悲しいかな, 意味は, 愚かな, 感覚から, 成績は, 或一事, 或時, 所々に, 手紙の, 扨て, 抽象的な, 故にのみ, 故に今日, 故に又, 故に家庭的, 故に正に, 故に深い, 故に真理, 文字の, 新太郎が, 既に柳河, 日本で, 日本アルプス地方では, 旦那の, 昔からの, 是が, 是には, 昼の, 時々子供, 時として一つ, 時代を, 普通なら, 普通は, 更にその, 最も興味, 最早や, 最高峰の, 朝凪の, 木造の, 末摘花は, 本望だ, 本来は, 村の, 東京には, 東西の, 果してそれ, 極く, 樹, 次々に, 歌も, 正直な, 此処の, 此書も, 武家の, 歴史家からは, 殿下の, 毎年の, 氏が, 民族生活とか, 氷の, 汝の, 汽車が, 注目すべき, 浮かれたよう, 深山の, 源太は, 漱石の, 瀬戸内海の, 然しかかる, 然し人間そのもの, 然し此盛岡, 然樣, 牛は, 牧野さんは, 特殊な, 猫の, 現今では, 現制度, 現存の, 理窟を, 生徒が, 男が, 画風から, 病床に, 病院に, 皆が, 目を, 眉や, 真杉静枝は, 眼で, 確かに, 社会科学では, 私のは, 秋の, 稀に, 窓から, 章學誠は, 竹刀の, 第二版以下, 簡単な, 米国の, 精神の, 約めて, 終戦後世界聯邦論という, 結局この, 結局私の, 結果に, 罪を, 聞く相手, 背の, 腰を, 自分でも, 自分に, 自恃の, 自然科学は, 良人の, 色々の, 芸術の, 若し私, 苦しいとも, 荷風の, 薫は, 藤野さんが, 表現は, 西洋では, 要するに此, 見よ妻, 親の, 言い伝えに, 言葉は, 試みに, 詩語として, 語り方, 読んで, 読者は, 誰にでも, 賊は, 越後の, 路の, 迂濶, 近ごろは, 近年に, 近頃の, 途中から, 過去の, 道は, 郊外の, 鉄筋コンクリートの, 雑誌に, 電車の, 震災後の, 青年の, 静かな, 非常な, 面白いの, 音の, 順位としては, 頭が, 顔の, 風が, 食べて, 馴れて, 高山植物の, 高木は, 魚の

1 [13646件 抜粋] ああいった, あたりに, あの地帯, あの高島田, あまり撫で廻す, あるとき漫才屋さん方, あれこそ, いかにも際どい, いざ怒る, いっぽう彼, いつの間にかなくなった, いますぐ, いま水神丸一党を, いろんな不平, おおむね間口, おもしろい人, お常, お里の, かかる一家, かかる通俗的, かならずしもそうで, がけの, けだし穀物輸入, こういう応援団, こうした無数, こう云う辱め, こつちが, このしん, このハドルスキー, この世子, この仏教文化, この冬, この名前, この場面, この実, この座談会, この想像たる, この新海, この林屋, この浴室, この現在, この神社, この自然, この解答, この近代的, この關心, こまやかな, こればかりは, こんなに細かく, ごく最近, さすがその, さては左様, さて自分, さらに今, しかしあらゆる, しかしただこの, しかしまた実に, しかし一旦, しかし何, しかし各, しかし女給さん, しかし巷説, しかし所謂男性美, しかし此, しかし粗, しかし適当, しかも一方兄, しかも通例, しみじみと, すこぶる冷淡, すると私, そういうもの, そういう意味, そういう諸君, そうした言葉, そこだけは, そして外, そのいずれ, そのがま, そのとき道夫, そのキッティ, その一匹, その主役, その他複雑な, その備考書, その写真, その半面, その名称そのもの, その基調, その女史, その届け主, その座, その後二日ばかりは, その得意場, その手続その他, その文中, その時小舟, その枝, その水上, その父曹嵩, その生産様式, その砧手, その素性, その脱出, その裏, その説き, その途中どこ, その間先生は, その面構え, その點ウォリク, それだけにまた実質的内容, それでいて彼, それでは買, それでも主人, それでも吾輩, それでも有害, それでも腑, それにしてもあなた, それにしても科学主義, それまでの, それ程の, そんな幸福, たしかその, ただもし, ただ手近, たといそれら, ためにこそ, ちっとも固く, ちようど風が, つまりこの, でも世間, とにかくそれ, とにかく本木傳, ともかく三史, どうし, どうもこの, どうも気, どこやら, どんな病気, なかなかそうは, なにか不便, なほ古い, なんといっ, はかばかしい返辞, ひとたび方向, ふしだらな, ほんた, まことに恐縮, まず井川氏, また一面, また翻つて, まだ信長自身, まだ私, みじめでも, もうこんな, もう晩年, もし今後黄色人種, もちろんその, もともと私たち, やがてそうお, やっぱり駄目, やはり旧称, ゆえでは, ゆえに当然, ゆずらない, よその, わが民族, わりに老人, アルプス登山期が, エジツは, カナリヤに, クリストフにも, ゴリラや, シンラツであり, ゼーロンの, テーマを, ニュートンは, パン食を, プラトンの, ポルトガル語の, モウ松山領内に, ラヴェッソンなどの, ロンドンを, 一として, 一体が, 一向に見当, 一小, 一応常識, 一日城門へ, 一気に島, 一般俗衆がや, 一面中庸を, 七面鳥の, 三十度の, 上がれないの, 下半部の, 不良も, 両脇の, 中尊, 主として英米独仏人, 久しぶりに, 九月九日に, 事を, 事跡から, 二十八年の, 二番目の, 五十嵐氏も, 亜米利加に, 人情として, 人道においても, 今さらどうにも, 今や我々, 今名の, 今後とても, 今日漸く, 今考え, 仔羊にとっては, 他殺であるなら, 仮名には, 会社側に, 佐々としては, 何せ少年, 何ほど, 何故, 何處からとも, 作の, 使節に対する, 侯景の, 信子は, 俺は, 偶然にも, 億劫だ, 元来川口亜太郎, 先ず黒田先生, 先年名古屋の, 兎岳を, 全く活気, 八月頃は, 共産党は, 其の大, 其の續紀等, 其位で, 其序文に, 其歿後は, 其遺風の, 円の, 凝つとしても, 出版の, 列国間に, 別に下層, 前から, 前途の, 労働の, 勝負は, 北村君を, 十二段草子系統の, 午すぎに, 単なる名取, 印刷部数三千販売部数約, 厳冬の, 又此の方法, 収容所へ, 古い昔, 古賀のは, 史料として, 各自その, 同じ叔父, 同時にきわめて不合理, 同時に現在, 同氏が, 君を, 命が, 唐時代から, 商売の, 噴火の, 四郎は, 国枝史郎が, 土地では, 地蔵十輪経に, 塩酸亜鉛が, 夕暮時に, 多く陸地に, 夜長の, 大切な, 大川氏の, 大洞川の, 大阪, 天明, 夫丈でも, 女が, 女相手に, 如くであるが, 如何なる名前, 妻を, 婦人小児と, 孔子も, 学校で, 安政五年には, 実に巧いところ, 実は他人, 実は朝猟, 実在の, 実際においては, 宣長は, 家康を, 密室で, 寧ろ翻訳家, 小さいなりに, 小屋の, 少うし, 少なくとも中央, 尚侍に, 尾田は, 山本氏として, 島々の, 左手に, 市場に, 帰京後の, 幕府の, 年々に, 幼くし, 底は, 式も, 強権主義である, 当時ロシアの, 形も, 彼処にも, 後に氏, 従令阿, 御自尊心, 心理學方面にも, 忠孝と, 思ひ出すと, 恋愛の, 恐らく方技, 患者達は, 愈々差, 憧憬を, 我が家の, 或日, 戸塚では, 手紙と, 批判という, 抱いてる子ども, 捕われて, 支倉は, 政府筋から, 故にそれだけ, 故に僕, 故に家, 故に暑熱, 故に統計的操作, 故郷の, 数年前北海道の, 文士や, 文車の, 新しい芸術論, 新聞ニュースとしては, 既に夜, 日本主義こそ, 日本鱒も, 早いばかりが, 明日知れぬ, 明治時代は, 映画芸術に関する, 是と, 時としては, 時平は, 普通民でも, 暴風の, 更に深く, 書籍の, 最早御, 有力という, 木が, 未だ修練, 本場に, 本艇の, 東京から, 松は, 果して其の, 柴田は, 梅雨の, 極めてこまかい, 横光氏の, 機械製の, 欧洲人のは, 正一郎の, 此入江から, 此沢は, 此頃の, 歴史の, 殊に其日, 母や, 民俗学も, 水温の, 江戸市中は, 汽車と, 法学教育としては, 活世界においては, 浜口氏は, 涙もろい, 清韻愛すべき, 源一は, 漢一代の, 濫り, 烈しい寒風, 無関心, 然し恐らく, 然し調子, 燈下に, 片鱗にも, 特に実験, 犠牲の, 猶習慣, 現今は, 現実において, 甘美な, 生憎手許, 用心深い様子, 男でも, 畢竟此, 病中の, 白炭の, 皇海山に, 直ちに軍令, 省いても, 真底を, 着物を, 短命で, 碇曳治なる, 祈祷の, 神祕主義者の, 私だ, 秋田県の, 種類によって, 立ち昇る, 第一期, 筍は, 精神勞作も, 純印度式, 終戦後の, 結局フョードルは, 統制主義時代は, 縦しや, 群峰畳嶂の, 老人も, 聞くところ, 胸もと高く, 自分たちには, 自殺という, 自身が, 舞踊家も, 芥川はちよつと, 若いジュネヴィエヴ, 若し研究, 茶の, 落人は, 薄く溶けた, 蘭軒は, 行先の, 裏通りでも, 西斑牙の, 要するに和算, 見ら, 親兄弟, 解つた, 記事の, 話が, 誤解を, 調べるに, 諸説が, 谷村が, 貨車の, 贋物の, 軈てそれ, 辭學として, 近代国家としての, 退職する, 造物者あり, 過去十年関家に, 遠方から, 郵便と, 酔ふこ, 金と, 鋭い気合, 長い勤労, 門をは, 関口君は, 除数の, 隨分面白い, 雲に, 青年時代から, 順治二年, 額は, 飜訳技術の, 馬車と, 高い處, 魚族の, 鹿よりも

▼ である~ (12931, 12.2%)

504 思う 486 すれば 280 いう 246 云ふ 215 思って 186 私は 160 思います 157 いって 148 思ふ 125 思った 119 信じて 101 云って 97 言って 94 云うこと, 考えて 71 いうので 70 思われる 65 する 64 するならば 62 彼は 60 云う事 58 思うと, 言ふ 54 いっても 49 いふ, すると 48 いわねば 45 思ひます, 考えた 43 云う, 云うの 41 云っても, 考えられる 40 主張する, 思うの 38 同様に 37 考える, 考へて 36 同時にまた 35 して 34 いった, 信ずる, 思つた, 源氏は 33 いわれて, されて, 云われて, 聞いて 32 云った, 思いました 31 いうて 30 いつて, 云わねば, 見て 29 書いて 28 いうが, いうに, 思われた, 考えるの, 言っても 27 知って 26 いえる, さへ, 云ふこ 25 いわなければ, 云わなければ, 仮定し, 仮定すれ 24 云は 23 言は 22 いうだけ, 主張し, 言わなければ 21 考えられて, 言った 20 伝えられて, 信じます, 同時にその 19 云つた, 答えた, 言うて, 述べて 18 した, 考へた, 言わねば 17 いわれる, 言われて 16 いうばかり, いえよう, いふので, 云える, 仮定する, 考えたの 15 いえば, するの, 云へ, 云へる, 考へる, 言はれ 14 いわれるであろう, したならば, 信じる, 思ったので, 思ふが, 感じて, 称して, 考えます, 見えて, 謂わねば 13 いうならば, お思い, 思ふと, 思ふの, 思われるの, 申して, 見做, 言うこと 12 いはねば, 宮は, 彼女は, 思うが, 思ったが, 思つてゐる, 思われて, 感じた, 薫は, 院は 11 いうよりは, いふが, いふこと, するも, 同じよう, 思つてゐた, 思われるが, 斯う, 私が, 考えること

10 [25件] いうから, いうだけの, いうのに, 云えない, 云えよう, 云つても, 云ひ, 僕は, 同時に, 存じます, 思いながら, 思うて, 思うよう, 思えば, 思ったから, 思われます, 想像し, 答へ, 考へたの, 自分の, 言うの, 言えよう, 話した, 認められて, 説いて

9 [21件] いうより, いうよりも, したの, わかって, 主張した, 云うならば, 云ったが, 云つてゐる, 信ずるの, 信ぜられて, 半七, 思いながらも, 断定し, 断定した, 断言し, 断言する, 知りながら, 考へられて, 自分は, 解して, 言う

8 [20件] いふよりも, こんなこと, すること, 云はれ, 仮定しよう, 信ずること, 分った, 同じに, 思ったの, 思はれます, 想像する, 書いた, 私には, 私の, 結論した, 考えられた, 聞いた, 見ること, 解する, 論じて

7 [27件] いうても, いはれて, し, したらそれ, わたしは, 云うが, 云うので, 信ぜざるを, 否とに, 大将は, 彼らは, 彼等は, 思わなければ, 思召し, 思惟する, 教えて, 知った, 知ると, 考えられるの, 聞く, 見るの, 見れば, 解せられる, 解釈し, 言ったが, 説明し, 説明する

6 [40件] いはれる, いふの, きいて, きめて, しなければ, しよう, せねば, ないとに, みえて, 云うかも, 云うよう, 云う事実, 云ひたい, 云われる, 人々は, 伝えられた, 信じた, 判った, 夫人は, 心の, 思い込んで, 思える, 思はれる, 断定する, 申さねば, 申します, 知つた, 確信する, 答えると, 考えざるを, 考えられるであろう, 考えるよう, 考へるの, 言う事, 言つ, 言つても, 認めて, 説いた, 説くの, 誰も

5 [46件] いいました, いふ事, かないとか, された, される, し従って, そう人々, わかった, 云い得よう, 云う他, 云う時, 云ったよう, 云はれる, 云へば, 仮定した, 信じたの, 公言し, 公言した, 分ると, 判斷する, 同時にそれ, 同時に一方, 同時に又, 心得て, 思いこんで, 思うこと, 思ひ込んで, 思わざるを, 思われるから, 感じます, 理解した, 申しますが, 知れた, 確信し, 考えたから, 考えなければ, 自信し, 自分で, 自負し, 見なければ, 言つた, 言つてゐる, 言ひ, 語った, 説明した, 述べた

4 [107件] いい, いいます, いいまた, いうかも, いえないこと, いえるであろう, いひ得るであらう, いふに, いふより, いわれた, いわれるかも, いわれるの, かれは, さう, しかつ, しそれ, したところ, したなら, したらこの, したらその, する説, せられて, そういうこと, それは, 一般に, 主張され, 云うか, 云うだけ, 云うて, 云う外, 云う意味, 云う言葉, 云ひ得る, 云ふかも, 云ふなら, 云わざるを, 云われても, 人は, 伝えて, 信ずるもの, 信ずるよう, 分つた, 判断した, 判断する, 右近は, 同時にこれ, 同時に他方, 同時に彼, 同時に私, 同時に超, 吾, 告白した, 告白する, 喜んで, 喝破した, 土地の, 堅く信じ, 大臣は, 姫君は, 御承知, 心に, 思いますが, 思うから, 思うほど, 思っては, 思つて居た, 感じたので, 感じられる, 指摘し, 斷言し, 歎い, 決めて, 父は, 申された, 申すこと, 知った時, 私どもは, 私に, 答えて, 結論し, 結論する, 考えたいの, 考えたので, 考えても, 考へられる, 聞いたが, 聞いた時, 自覚し, 見える, 見られて, 解つた, 解釈した, 解釈する, 解釋し, 言うべきである, 言えば, 言える, 言つてよい, 言ふも, 言へ, 言われた, 言われる, 話して, 説く人, 誰が, 諦めて, 謂って

3 [174件] いいたい, いい得られるの, いうし, いうだけで, いうだけに, いうと, いうには, いえるであろうか, いえるの, いったが, いったり, いつたが, いはなければ, いはれること, いはれるであらう, いふから, いふと, いわれても, うなずかれた, おもいます, おもう, お考え, お言い, お霜, こんなふう, しある, しその, したならその, したらどう, し第, すぐに, するに, するよう, する信念, そのよう, それを, ひそかに, みて, わたくしは, カントは, 中将は, 主張される, 云うに, 云うべきである, 云う人, 云う感じ, 云う様, 云う点, 云う風, 云えば, 云った方, 云つてある, 云ふと, 余は, 信じられる, 信じ切って, 信ずるから, 信ずるが, 假定する, 全く同じ, 分ったとき, 分って, 判って, 力説し, 又次郎は, 同じやう, 同時にお, 同時にこの, 同時に大, 同時に日本, 同時に直観, 同時に空間的, 同時に自分, 同様である, 同様の, 否とは, 告げた, 告白せざる, 固く信じ, 夫人が, 女は, 定義する, 宣告した, 小侍従, 後に, 思い直して, 思うた, 思えた, 思ったこと, 思つたから, 思つては, 思つて居る, 思はれた, 思はれて, 思はれるが, 思ひながら, 思ふから, 思われるかも, 思われるもの, 思召された, 思召す, 悟った, 悟って, 想像した, 感じる, 感心した, 我々は, 或る, 承認した, 推定された, 推定し, 教えられた, 教へ, 断じた, 決められて, 浮舟は, 理解し, 申したそう, 申しても, 申しました, 申しましたが, 発表し, 知ったとき, 知っても, 知られた, 知りながらも, 私も, 米友は, 結んで, 考えたよう, 考えら, 考えられたの, 考えられねば, 考えられます, 考えられるから, 考えられること, 考えられると, 考えられるよう, 考えるに, 考える人, 考へたもの, 考へられるであらう, 考へれば, 聞いたので, 聞くが, 肯定し, 自ら称し, 自任する, 自分には, 自白し, 自称し, 自覚する, 見えた, 見なさねば, 見ねば, 見られる, 言う人, 言えるだろう, 言ふこ, 言へる, 訂正される, 評されて, 認めたの, 認めなければ, 認めるの, 語って, 説かれる, 説く, 説く学者, 説明され, 説明された, 説明を, 述べたが, 速断し

2 [447件] あきらめて, あなたに, いいそれ, いい得るであろう, いうだけでも, いうべきであろう, いうを, いう如きデマ, いえるだろうか, いつた, いつも想う, いはれるかも, いふて, いふのに, いふ感が, いまでも, いわぬばかり, いわれること, いわれるでしょう, いわれると, いわれるよう, おせい様, おもった, おもって, お光, お悟り, お菊, お認め, かないとかは, きいた, こういうよう, こういっ, このよう, されたの, されるが, され又, しそして, したならそこ, したならそれ, したなら彼, したら, したらこれ, したら彼, したら彼等, したり, した所, してからが, しましても, し他, じぶん, すぐ資本主義, するならそれ, するなれば, するは, するもの, する第, する解釈, する論, する論者, その時, それらの, そんなよう, つきとめたか, つくづく感心, つけ加えた, なして, なすの, なれば, ひどく感心, みえる, むかし気質の, やうに, わかったが, わかったので, わかると, アメリカの, アリストテレスは, ウィリアムは, マルクスは, 一緒に, 一般には, 一言に, 一途に, 七兵衛は, 不快に, 世の, 中の, 丸山は, 主張したい, 主張するなら, 久助君は, 之又, 二人の, 云いながら, 云い先生, 云うお, 云うから, 云うその, 云うだけの, 云うは, 云うべきだろう, 云うもの, 云うより, 云うよりも, 云う以外, 云う噂, 云う気, 云う考え, 云えないでしょうか, 云えるだろう, 云おうが, 云おうという, 云った時, 云った風, 云つ, 云つた方が, 云つてもよ, 云つて宜, 云つて居る, 云つて差支ない, 云つて彼は, 云つて誰も, 云はれよう, 云はれ得る, 云ひ得よう, 云ひ得るなら, 云ふで, 云われた, 云われるかも, 云われること, 云われるであろう, 今でも, 今に, 今日では, 代助, 仮定するなら, 仰せに, 仰せられた, 伝えられる, 作者は, 信じきって, 信じきつて, 信じこの, 信じその, 信じなければ, 信じまた, 信じようと, 信じられて, 信じるから, 信じるの, 信じるよう, 信じる習慣, 信じ私, 信ずるに, 信ずるので, 信ずるよりか, 信ぜられるから, 信長は, 倶に, 假定し, 傳へられ, 優に自己, 先生は, 児玉さんは, 全く同様, 公言する, 分かりました, 分ったので, 判ったの, 判ると, 判断せざる, 判斷し, 前に, 割に簡単, 勝手な, 卓一は, 口を, 叫ぶ, 吉五郎は, 同じくらいに, 同じである, 同じ意味, 同じ程度, 同時にあらゆる, 同時にいや, 同時にそこ, 同時に他, 同時に何, 同時に作家, 同時に優しい, 同時に寝室, 同時に心, 同時に我々, 同時に戯作者, 同時に日本人, 同時に時間的, 同時に極めて建設的, 同時に構成的, 同時に現在, 同時に田舎青年, 同時に神, 同時に自己, 同時に開いた, 同時に非, 同時に非常, 同程度, 名乗った, 吹聴した, 告げて, 告げました, 告白し, 呼号し, 哲学者は, 喜兵衛は, 嘲笑される, 囁いて, 土牢の, 在所の, 大原は, 安ん, 定まって, 定義し, 察せられた, 帝は, 帝も, 帰って, 式部は, 彼が, 彼に, 彼には, 彼の, 御自身, 心で, 心では, 思いこの, 思いつつ, 思いましたが, 思い同時に, 思うもの, 思う者, 思えばこそ, 思えるの, 思ったけれども, 思ったのに, 思っても, 思つた時自分の, 思つても, 思つて居ります, 思はれたので, 思はれるから, 思はれるの, 思はれるばかり, 思ひ込みそれゆゑ, 思ふもの, 思ふ故, 思ふ時, 思わずに, 思わずには, 思わないわけ, 思わねば, 思われたから, 思われたが, 思われました, 思われるに, 思われるのに, 思召され, 思召した, 思惟し, 思慮いたしました, 急に, 悟つた, 想像され, 想像される, 想像すれ, 意識した, 感じたこと, 感じました, 感じること, 感ずること, 感心も, 我々が, 批難する, 承知し, 折紙を, 拙者は, 排斥し, 推定され, 推定した, 推論する, 故郷の, 教えた, 教えられたが, 敬服し, 断じ, 断じてゐる, 断ぜざるを, 断案を, 斷言した, 既に追, 明らかに, 明瞭に, 書かれたの, 書かれて, 書くつもり, 期待すべき, 村の, 歎かれる, 正当に, 残念に, 気が, 気がついた, 気がついたから, 気がついて, 気づいて, 決定し, 波子は, 源氏が, 理解する, 申しましても, 申し立てた, 申すの, 申す事, 痛感します, 皆が, 看做して, 看破した, 知ったの, 知ってから, 知らして, 知らなければ, 知りました, 知れ, 秀吉は, 答えられた, 答える, 答えるに, 答へる, 約束し, 結論し得よう, 罵倒した, 老人は, 考えたい, 考えたらしい, 考えた次第, 考えては, 考えねば, 考えました, 考えられるかも, 考えられるが, 考えられる時, 考えるから, 考えるべき理由, 考える外, 考える点, 考える理由, 考えれば, 考へたから, 考へたり, 考へては, 考へました, 考へます, 考へられたの, 考へるが, 考へること, 考へるに, 聞いては, 聞かされると, 聞くと, 肯定する, 胸が, 自他共に, 自然に, 舌を, 藤野さんは, 蘭沢を, 見きはめ, 見たの, 見ても, 見ながらも, 見なされて, 見る態度, 見る方, 見做す間, 規定し, 覚悟を, 観るの, 観念した, 解しその, 解った, 解釈され, 解釋した, 言いながら, 言い伝えられて, 言い切る事, 言い得ないであろうか, 言うもの, 言う点, 言う者, 言えないこと, 言えましょう, 言えるの, 言った方, 言つてゐた, 言つて宜しい, 言つて居る, 言つて快弁を, 言ひます, 言へるであらう, 言わざるを, 言われたの, 言われても, 言われよう, 言われるが, 言われること, 計算し, 記して, 許して, 診断した, 評判され, 誇りつつ, 誇張し, 認めた, 認めたもの, 認められる, 認める, 認めること, 認知する, 語られて, 誤解し, 誤認し, 説いたの, 誰かが, 誰しも, 論じた, 論ずるに, 論断した, 論結した, 論難し, 諦めなければ, 述べ, 述べたの, 鑑定し, 限らない, 階下に, 非常に, 非難し, 頭から

1 [3722件 抜粋] あきらめながらも, あの世から, いいあるいは, いいたいが, いいはなちいおう, いい出すとき, いい得よう, いい殆ど, いうだけにしか, いうなら他, いうほど, いえたかも, いえます, いえ理由, いっさい自他無差別の, いつたらどう, いつとは, いはれないこと, いはれる場合, いひ傳, いふなら無論, いへば, いわずには, いわれたから, いわれるだろうか, うなずき尊い, おさまって, おなおさん, おぼしめした結果, お前は, お歎, お考, お鉄, かたわらの, かれこれの, ききましたので, くりかえし忠告, こういうの, こう思え, こう考える, このあいだ, この弟, これは, さきに, されかん, されなければ, さんざんに, ししかも, したならこれ, したらしい, したら困ったこと, したら社会現象一般, した判断, しどろもどろに, しよう即ち, し低い, し夙く浜松, し所謂報告文学, し高見順, するか, するならわたしたち, するなら現代, する事, する如く恣, する感覚, する立場, せられた, そう云う, そう考え, そのうち一つ, その弁解, その詮議, それが, そんな不安, ついには, つくづく感じた, とかく放, どうする, なお認むるかどうか, なした, なし怒気髪, なし義, なす疑念, のちに, はっきり言える, ふと源氏, まことし, まるで自分, みずから名乗った, みても, みるべきなんら, もはや斷定, よほどこれ, わかった多く, わかり胃, われと, エンゲルスは, シュトリヒは, チャンと, ハルトマンは, ヘーゲルは, ロシア旅行家は, 一応は, 一段の, 万人に, 不思議が, 世間は, 中絶し, 了哲は, 事物の, 云いたかった, 云い幸い, 云い直そう, 云うこの, 云うでも, 云う一事, 云う信頼, 云う場合, 云う感服, 云う標準, 云う真理, 云う緊張, 云う診断, 云う道徳的, 云える意味, 云ったほど, 云った相手, 云つたら, 云つて之を, 云つて暗に, 云つて見た, 云はんばかりに, 云わせ感じさせる方向, 云われた四年, 云われるが, 云わんばかりの, 人の, 今更の, 他人の, 仮定せよ, 仰せられ道路橋梁等, 伝えられそれからまた, 伝える者, 伺いましたので, 何人が, 依頼し, 信じさせそうして, 信じたかったけれども, 信じても, 信じます決して決して, 信じる人, 信じ得たに, 信ずるあなた方, 信ずる彼, 信ぜしめるため, 信仰し, 僕には, 先生の, 公然政府人, 内奥を, 出て, 分っても, 初めて分る, 判断し, 判斷せざる, 劉氏から, 勘兵衛は, 十分承知し, 即ち伴生, 又別種, 反省も, 取沙汰され, 口にも, 叫んだ時, 右近が, 同じく前者, 同じ根, 同時にいろいろ, 同時にすでに個人主義文化, 同時にたいへん正直, 同時にまれびとであつて, 同時にわが国, 同時にビスマーク, 同時に一面實, 同時に二科会系統, 同時に人間離れ, 同時に他者, 同時に個人的, 同時に利根川, 同時に十九世紀, 同時に史家, 同時に哲学, 同時に国際人, 同時に妻, 同時に実証的精神, 同時に専門語, 同時に底, 同時に恐らくは読者諸君, 同時に悪友, 同時に成人, 同時に救治的, 同時に新しい, 同時に更に之, 同時に極めて勝れた, 同時に母国, 同時に消費的用役, 同時に現に或, 同時に短所, 同時に立派, 同時に肉体, 同時に興行物, 同時に西鶴, 同時に諸君, 同時に郷土的, 同時に非合理的, 同様彼等にとって, 名のり出た, 名乗り出ると, 吾八は, 告げる放送, 呼ばれるの, 命令する, 唱えはじめたの, 問合せに, 喜び再三, 嘉兵衛は, 固唾を, 報ぜられて, 夕霧も, 大いに藩主等, 大寺警部は, 太鼓バンを, 奮激し, 女房らも, 始めて気がついた, 娘の, 字典に, 存ずるが, 官憲に, 実に仏, 宮へ, 察して, 尊ぶの, 少女らしい, 島津久光公に, 帰依者天津, 幸次郎は, 弁明が, 弥次でない, 強調し, 形も, 後で他, 御寵愛, 御記憶, 心付いて, 心臓を, 思いこみつつ, 思いついた, 思いますあれ, 思います訳, 思い他, 思い小次郎, 思い忽ち, 思い決めた, 思い続けて, 思い込んだ, 思い違え恋愛, 思うた時, 思うところ, 思うべきであろう, 思う時, 思う輩, 思える位ぞんざい, 思ったらそれ, 思った浮舟, 思つたので, 思つてほ, 思て, 思はれよ, 思ひたかつた, 思ひ中, 思ひ込んだり, 思ふ事, 思ふ樣, 思へ, 思わせました, 思わぬこと, 思われないよう, 思われるって, 思われる一面, 思われる薫, 思召すらしい, 思詰め何とか, 恨めしい涙, 悟った武道家, 悲しかった, 情けなく姫君, 想像が, 想像せられる, 意識する, 感じても, 感じられるよう, 感ずるの, 感得した, 感激し, 慈眼房叡空は, 我々の, 打ち明けました, 批評する, 承知した, 持て囃されて, 推定すれ, 推薦する, 描写し, 支那の, 故人の, 教えこれ, 教える, 文珠屋佐吉は, 断じなけれ, 断ぜられる, 断定された, 断念致しまし, 新聞紙上で, 日夜面影に, 早速心, 昔の, 智惠子は, 書いた由ラジオ, 有難く思っ, 李義山の, 林を, 検事が, 極力賞讃, 横たわったまま, 歓喜し, 歩きながら, 段々わかっ, 気がつきました, 気を, 氣付いたら, 決まつた, 沁み沁み感じた, 注意した, 深く信ずる, 深く觀念, 源氏自身で, 無いとは, 焦慮された, 爲し, 牢固たる, 独り合点し, 献言した, 玉鬘夫人は, 甚右衛門は, 甲比丹が, 申したい, 申しまする, 申すか, 申すもの, 申せましょう, 留守を, 痛切に, 発見した, 盛んに, 直様思返し, 相馬小次郎は, 看破って, 睨んで, 知ったら其処, 知つたのでした, 知られた以上, 知るところ, 知れたの, 知人も, 確信したい, 示唆され, 神経に, 私達に, 称し洛中, 空想する, 竜之, 答えたと, 答えるより, 納得する, 結論される, 罵った, 義雄ぐらゐの年輩者には, 考えがち, 考えたであろう, 考えた者, 考えますか, 考えられた世界, 考えられる場合, 考えられ大, 考えるが, 考えるなら空想, 考える事, 考える社会観, 考え付いた, 考え得よう, 考え文明, 考え需要量, 考へたい, 考へた時, 考へられたに, 考へられるの, 考へるやう, 考へ例へば, 考証した, 聞えた, 聞きました, 聞伝えた, 胴羅魔声を, 自らを, 自任し, 自己紹介しました, 自白せざる, 至当な, 良寛さんは, 著者は, 裁決する, 見えたが, 見えるの, 見え暫く, 見たい, 見ながら, 見なすこと, 見られます, 見られる相, 見るは, 見るもの, 見る考, 見又, 規定する, 覚って, 観じて, 観破され, 解したの, 解する以上, 解つてゐる, 言いありのまま, 言いはやされたの, 言い切るの, 言い得よう, 言い得るであろう, 言い聞く人, 言うから, 言うに, 言う意味, 言えたであろうか, 言ったと, 言った調子, 言つてよ, 言つて片付ける, 言ひす, 言ふなら, 言わるるが, 言われます, 言われる通り, 言明した, 訓す, 訳を, 評され第一人者, 評せられて, 話したり, 認むる現代の, 認めながらも, 認められるよう, 認めるより, 認定せらるる, 語られた, 誤信し, 説いたに対して, 説かぬに, 説くに, 説破し, 諄々と, 論じ婦人参政権運動, 諦めた, 謂つていい, 謂われるが, 警察から, 谷卯木の, 賞詞を, 越前自身詫び, 辻潤が, 述べた後, 逆捻じ, 運転手たちは, 遠慮なく貶しつけ, 重兵衛, 長い間, 長老も, 附加し得よう, 雪崩の, 韓方明から, 顔を, 飽き足りなくばかり, 駒雄が

▼ であるから~ (11315, 10.7%)

273 である 152 して 9676 私は 71 それを 64 これを 59 これは 51 それは 32 彼は 30 それが 29 自分の 2725 これも, です 24 彼の, 私の 23 では 21 今の, 此の 20 他の 18 それに, 之を, 仕方が 17 ここに 16 人の, 私も, 誰も 15 だと, 普通の, 私が 14 今は, 多くの, 自分が 13 これらの, それらの 12 そのつもり, 従って, 日本の, 自分は 11 ここで, その点, であります, 彼らは, 我々は 10 この際, であった 9 こ, 一つの, 今から, 彼が

8 [15件] ここでは, ここには, この場合, これが, さう, すぐに, そこに, であろう, なの, 之は, 何か, 何の, 何も, 右の, 非常に

7 [14件] この点, これに, その意味, その時, それから, 一般に, 今度は, 今日の, 問題は, 大抵の, 現在の, 第一, 話は, 誰が

6 [24件] いずれも, かれら, この人, この頃, しかたが, すべての, その人, その方, それも, ほかの, 一種の, 人々は, 人は, 今度の, 夜の, 女の, 實に, 東京の, 次の, 無理も, 現代の, 相当の, 自然の, 近所の

5 [34件] この時, この機会, これより, そこには, その結果, それと, でも, ともかくも, 今この, 今後も, 今日は, 余は, 僕は, 別に, 定めて, 家の, 少くとも, 当時の, 彼も, 彼を, 彼女の, 彼等の, 彼等は, 従来の, 我々の, 斯う, 本来なら, 村の, 此処に, 歴史の, 私たちは, 自分を, 自然と, 自然に

4 [69件] あなたも, かれは, こういうこと, ここは, この方面, この書, この歌, この種, これで, これと, さすがに, そこは, そこへ, その中, その責任, それには, そんなこと, た, たと, わたしの, われわれは, 一緒に, 世間の, 中, 中の, 之に, 二人は, 人に, 人生の, 以上の, 何でも, 何にも, 何れも, 何事も, 個人の, 先生が, 冬に, 前の, 半七, 可なり, 君の, 單に, 固より, 多少の, 子供の, 実際の, 容易に, 少しは, 已むを, 当然な, 彼と, 思い切って, 急に, 或る, 敵の, 日本人の, 昔から, 無暗に, 相当に, 私に, 簡単に, 自から, 自分で, 自分に, 自己の, 茲に, 身を, 酒の, 雨の

3 [143件] いずれは, いつでも, いはば, おそらくこの, きょうは, ここらの, この, このくらいの, このよう, この上, この問題, この意味, これから後, これだけ, これについて, これほど, そういう意味, そう云う, そのうち, その場合, その当時, その心, その日, その時間, その研究, その筋, その辺, その限り, それくらいの, たいへんな, だれも, で, であると, どの人も, なにも, なんとかし, まずこれ, むやみに, もしこの, わたしは, われ, われわれが, ハムムラビ法典に, 一方の, 万一にも, 不思議は, 両者の, 並大抵の, 主人の, 二つの, 二人が, 人民は, 人間に, 人間の, 今でも, 今までの, 今後は, 他から, 他に, 何かの, 作者の, 僕の, 僕も, 元より, 充分に, 先生も, 初めから, 十分に, 去年の, 名を, 多くは, 多数の, 夜に, 天下の, 天皇は, 女に, 如何に, 学問の, 少しでも, 幾何学が, 当人の, 当人は, 当人も, 当然の, 彼に, 彼れ, 彼女が, 必らず, 念の, 思うよう, 手を, 支那の, 敢て, 文化の, 新たに, 新に, 日本で, 日本人は, 映画の, 是非も, 時には, 最初の, 最後に, 本来の, 森の, 此點は, 決してお前, 況んや, 注意を, 浮世の, 異議なく, 當時の, 相互に, 真の, 確に, 神を, 私としては, 私に対する, 空間が, 第一回, 粗末に, 結婚の, 結果は, 絶対に, 自分も, 自由に, 船の, 茲には, 西洋人の, 見て, 見る人, 話の, 読者も, 誰でも, 誰の, 誰れ, 誰を, 跡でも, 近代の, 重ねて, 面白い, 驚いて, 骨の

2 [624件 抜粋] あながちに, あらかじめ遊興費, いかに不信, いずれの, いふ迄も, いまでは, いろいろな, おかしくて, おせき, おもしろい, お互, かような, かりにも, こういう場合, こういう所, こういう話, ここも, ことによる, このあたり, このたび, このまま, この事, この事業, この変化, この子, この山, この年, この推論, この数, この書物, この法律, この社会, この解釈, この話, この馬鈴薯, これだけは, これなら, これにも, これに対する, これ以上の, こんどの, こんな事, こんな所, せがれの, せっかくの, そういうもの, そういわれる, そう簡単, そう遠く, そこらには, そこを, そつと, そのこと, そのとき, そのよう, その事, その人たち, その以前, その余, その作者, その内容, その前, その前年, その原因, その大, その子供, その対策, その後は, その応用, その成功, その故, その次ぎ, その死骸, その疑い, その瞬間, その荒涼たる光景, その街角, その費用, その通り, その関係上, その騒ぎ, それだけの, それに対して, それほどの, それまでに, それゆへ, それ相当の, そんな錯覚, たち屑, たとい仮, だった, ちょっと見, ちょッと, つまり彼, であ, でありそして, であり他方, であるという, であるまいか, でなければ, で民衆, どうで, どうにも仕様, どこの, どこを, どっちに, どんなこと, なさけない, なにかの, なるべく本物, なるべく静か, なんの, にすぎない, はっきりした, べつに気, まずその, まだその, まだ当分, むかしの, もしかかる, もしこれ, もしそれ, もしや何, もし結婚, もっともな, やむを得ない, やめずに, よほどの, わが平野謙, わざわざ遠い, わたくしは, わたしも, エゲツない, カントが, ジャーナリズムは, テツさんを, 一人が, 一人の, 一切の, 一定の, 一日も, 一旦或, 一泊でも, 一番遠い, 一面に, 三人は, 上述の, 上頤は, 世界は, 世界的世界形成と, 中国の, 中間は, 主人に, 之を以て, 乙姫も, 予想以上に, 事実の, 二人の, 云うまでも, 云わば, 京都も, 亭主は, 人々が, 人が, 人口は, 人気を, 人間としての, 人間は, 今その, 今にも一片, 今も, 今もし, 今夜は, 今日では, 今日でも, 今更如何, 仔細に, 仕事を, 仕方ない, 他への, 以て, 以後は, 伊助という, 伊平は, 体を, 何と, 何れの, 何心なく, 作中の, 作家の, 作家は, 作者が, 使は, 依然として江戸以来, 俄に, 信長の, 個々の, 假に, 健康でなけれ, 傑作は, 優越的には, 先生には, 入浴に, 入院し, 公の, 其を, 再びそれ, 処女を, 出口の, 判事は, 別に不思議, 別に気, 前に, 前後に, 前後の, 前者の, 割合に, 労働の, 勇を, 勿論その, 午前三時頃から, 午前四時五時の, 午後七八時を, 単純に, 古の, 古典学者などは, 史料を, 各人の, 同氏の, 同盟し, 味の, 和尚も, 商に, 商賣, 問題が, 問題には, 国家の, 國貴, 土と, 土地の, 地主は, 地代の, 地方民の, 坪内君の, 堺屋から, 外の, 多量の, 大したもの, 大尉が, 大巻博士も, 大師の, 大義名分が, 大衆の, 夫の, 夫は, 夫人の, 夫人は, 女王の, 如何とも, 始めから, 姑く, 孔子の, 学問を, 安息すべき, 宜いが, 実に話術, 宮の, 宮中へ, 家に, 家康には, 家賃も, 容易な, 容易ならぬ, 寧君は, 将来も, 将門が, 小供, 少しも, 山へ, 己の, 己れ, 帝は, 師の, 幅は, 平安よりも, 幾分か, 広告の, 床の間には, 当分は, 当時流行の, 当然その, 形式を, 彫刻家の, 彼女にとっては, 彼女も, 彼等が, 往復だけでも, 後に, 徒らに, 従って太陰, 心苦しくて, 思えば, 急には, 恐ろしく犬, 悲しい, 憤然として, 成程, 我々が, 我国の, 我輩の, 我輩は, 戦争で, 手の, 折しも欄干越, 折角の, 択り, 拒む理由, 政府は, 政府も, 散る氣, 文章の, 新しい十三年, 新らしい, 新十郎, 新聞社の, 日本中の, 日本人が, 日清日露二大, 昆虫によって, 昔の, 昔は, 昔はさこそと, 時としては, 時代の, 暗き場所, 暫く学事, 書いて, 最初は, 最大満足の, 望氣の, 期せずし, 未だ誰, 本来は, 本質に, 札幌よりは, 板の間が, 格別おどろく, 検校の, 正当な, 正確な, 此は, 此を, 此処では, 武士を, 武家の, 歴史を, 歴史的に, 残り番だ, 母の, 母は, 毎晩の, 民子は, 気にも, 水垢が, 決して人, 河野の, 油断を, 法律を以て, 注意せね, 海に, 深いところ, 深くは, 渡りに, 溝口も, 滅多に, 無造作には, 然樣, 煙草の, 爲替相場の, 父にも, 父は, 爾う, 犯人は, 狼狽混乱どうにも, 猫の, 猶更, 瑠璃子が, 生活の, 田園生活なんどは, 男の, 疑いの, 病院は, 皆が, 皆さんを, 相手が, 相手は, 省く, 省略する, 矢立と, 知れたもの, 石が, 破風の, 確かな, 確かに, 礼を, 社会人としての, 神様も, 神経は, 福を, 秀吉も, 私にとっては, 私より, 科学の, 稀有の, 空間の, 筆跡も, 範疇が, 米の, 粗略に, 純粋の, 組合の, 結局は, 縦い, 縦ひ, 羅生門の, 習慣も, 自分としては, 自分には, 自然その, 自然科学に, 致方が, 良人の, 色は, 苔の, 茶の湯を, 著者の, 著者は, 蒔きさえ, 虎之, 行人坂の, 行儀も, 表向きは, 見ても, 見物の, 視空間, 親でも, 許して, 評判に, 話が, 詳しいこと, 読者は, 誰か, 誰しも, 誰に, 諸君は, 諸種の, 識者は, 警察も, 貞盛も, 貧しく着, 責任は, 責任を, 趙再思も, 足が, 迂闊に, 退屈の, 連句の, 過去の, 道に, 道中は, 適当な, 選ばれた天才, 邪魔と, 酒も, 金が, 金と, 金を, 鉄道省その他の, 銘々の, 長兄の, 間違ひ, 闇の, 院の, 随分滑稽, 露骨に, 靴を, 顔に, 顔付きも, 飯も, 養子に, 馬吉も, 驚いた, 驚く, 驚くこと, 高い足場, 髪の毛にまで, 魂が, 鮎は, 黙って, 9である

1 [7296件 抜粋] 〇・三三に, あとは, あまり引き立たない, ありがたく痛いなあと, あるいは猪口, あれを, いかなる素人, いかんとも, いけないという, いちどスリップを, いつから, いつ這入った, いよいよ宣伝, いわゆる大家, うんざりし, おそらく婦人達, おぼつかない点, お互いが, お年も, お由, かえってまごつく, かかる研究, かつてあり, かの少女, ぎょうぎょうしく立ち騒い, こういう知識, こうなっ, こっちに, このまま引ッ, この一篇, この二つ, この僧侶, この名前, この塾, この寄宿舎, この悪口, この時はさ, この泉, この直線運動, この自然科学的概念構成, この認識力, この釣, この風, これくらゐ, これまた, こんなこと, ご存じなき, さすが, さまで変った, したがって桜, じつはこの, すっかりそのまま人間, ずいぶん早熟, ぜったいに信用, そういう税金, そこで, そこで職工, そちらへ, そのなす, その一例, その以上, その儘, その匂い, その國家, その娘たち, その崇高壮麗, その思想, その支度料, その書状, その殺気, その烈々, その真似, その糞, その衣服, その論文, その適用, その限り社会哲学, その鼻母音, それである, それに従う, それ以上に, そんな心配, たがいに, ただ名古屋, たといしよう, たとい長, たぶんそれら, だといふ, ちからの, ついこの, つまり今日, である従って, では商売, とうとう私たち, とても普通, ともすれば遅れ勝, どうしてもこれ, どうして外, どうもこまった, どこに, どれだけが, どんな苦痛, なかなか堅固, なには, なるべく重い, なんとし, はしの, ひとり文學のみを, べつに夜路, まげて, まことに根拠, まして他人, まして病み疲れたる, まず常識的概念, またその道, まだ暗い, まるで事情, むずかしいの, もうずっと以前, もう夏, もしも一段, もし実際に, もし茶釜, もちろん確か, もとより大金, もはやその, やって, やまと歌の, よいわけ, よその, より年少, わが俗法師, わざわざ尋ね, アア我アヤマテリ罪は, アリスタルコスの, オナカの, ガタピシ便所でも, コマ駅まで, サンドウィッチを, ジョウと, チベットの, トテモ日本の, ハルクの, ピース提督には, ボールを, ムカッ腹を, リュウと, 一つ教える, 一分という, 一夜水勢が, 一度は, 一念其処へ, 一旦歸つて, 一氣大に, 一行中の, 一食八銭の, 万は, 三〇で, 三次元の, 上背の, 不人情の, 不思議な, 世にいう, 世界空間は, 両者が, 中津川方面では, 主として譬論比擬, 久我が, 乳離れする, 事実上は, 二十万部三十万部で, 二者対照し, 云はば, 五十五歳に, 京地の, 人力車に, 人目に, 人麿は, 今さら転職, 今や文化, 今度こそは, 今日花を, 今月の, 仕事の, 他領, 以後さような, 企業者側の, 似合わしくない, 体裁の, 何となく了簡, 何らの, 何処の, 余が, 余程近く, 作者は, 例外である, 俗語から, 信長さえ, 俺は, 側に, 働き方, 兄が, 先づそんなものであらうから我々は, 先方でも, 兎も, 全く支那文字, 全生産物, 公判の, 兵馬は, 其の理路, 其健全なる, 其所が, 兼松は, 再度おだやか, 凍えること, 出先の, 出生は, 切なく思わぬ, 初登山, 別れの, 到底弁証法的, 前後実に, 劇作家の, 効くの, 務めて, 勢ひ, 北さん中畑さんが, 十万円と, 十年二十年の, 卒業後一年を, 単に価値関係, 印が, 却って金銀, 原詩を, 又所謂部分的内容, 取次には, 古往今来変りっこない, 叱り付ければ, 各地の, 同じ推理, 同棲とも, 向の, 吾輩どもが, 哀れである, 問題とは, 営業どころの, 四人ながら, 団十郎が, 国民が, 在来の, 地腹に, 城が, 堪忍し, 士農工商各種の, 外出の, 多く小浜道が, 多衆概念, 大いに奮起, 大なる, 大同小異であっ, 大師が, 大臣の, 大隅日向の, 天長節に, 奉行は, 女房たちも, 如何なる險山深林, 始終嫌われた, 婿さんから, 子供たちの, 学問に, 孰れ, 完全でない, 定基の, 実はこれから, 実際に当たって, 宮廷の, 家屋の, 宿直の, 富貴の, 審査員の, 封建の, 將來自分が, 小文治, 少々痛み入らざる, 少し熱, 尾張町の, 山は, 岩根を, 巡査の, 巧く行かない, 市郎は, 常にふらふらし, 平土間一間が, 年々の, 幾ら玄関で, 店として, 廊下を, 弓矢の, 強く重い引き, 当座の, 当然体言, 形式論は, 彼女は, 後が, 従ってチチコフ, 従って科学, 從つて希臘の, 御礼に, 心得たと, 必ずしもたった一つ, 必ず慈心, 忠一とも, 思いきって, 思想を, 恋人として, 恐らく潜航艇, 恰も溺れん, 悲しい涙, 意外の, 感度の, 憖い, 我がカキツバタ, 或はその, 或意味, 所謂三拍子揃った, 手紙が, 批評めいた, 折角学問, 持物で, 探偵小説専門家よりも, 撤回第, 政党的には, 敗戦に, 数学は, 文学であり, 料理は, 新しい職業, 新聞雜誌の, 既に作者, 日本に, 日本金に, 早くより, 明らかに, 昔ここに, 是れ, 昼食と, 時代を, 普通なら, 暴言などは, 曹操も, 最近の, 望み通り與へられ, 木の根も, 末法と, 本書の, 条件に, 松釵は, 栗ヨーカンを, 案内の, 植物学を, 極力友人, 構成前の, 橋から, 正しいと, 正行は, 此外に, 此短歌一首も, 此鑛業を, 歩行に, 死んだ親父, 殆ど遺伝と, 殺害の, 比較は, 民法その他の, 気持が, 水練の, 汝が, 決して主張, 決して死ぬ, 河間七篇が, 法律に関する, 注意した, 浴槽も, 深く咎める, 源氏は, 演出は, 激しい発作, 無実の, 無論みな, 焼くの, 燈火管制などは, 片側町の, 物質は, 特別である, 狹いに, 玄徳は, 現在死火山と, 理論方面は, 生きて, 生物学とは, 甲人の, 留守にも, 異常の, 病に, 登攀に, 皆それぞれの, 盆燈籠を, 直接に, 相次ぐ二つ, 真に興味, 真逆様に, 矛盾は, 石を, 社会によって, 神の, 秀吉としても, 私達は, 移民が, 空気が, 窟内に, 童子どもは, 第二章, 篤姫一生, 糸子に, 素人としては, 細君が, 結局歴史の, 絶対秘密を, 縁の, 美しい結果, 老中の, 耕作すべき, 職場という, 股栗不能聲, 腕次第で, 自分と, 自殺という, 自然工場が, 自身で, 興味は, 艦長の, 芥川も, 苟し, 若し學生, 英帝国は, 莊園は, 葭簀が, 藏經を, 蛇吉も, 行き届いた人, 衝突は, 裏を, 西郷が, 見当が, 親戚の, 言ふ, 記憶を, 詩的感動の, 語るを, 説明を, 誰にも, 諸屋敷, 議場が, 豫ての, 貴き人, 賢彌, 足だけは, 身持ちの, 輸送も, 迂濶, 返却の, 途中で, 連中底の, 遂に紙型, 過去に, 遠い昔, 選りわけて, 都合が, 重厚であり, 金港堂を, 鉦は, 鎧直垂とも, 長崎に, 間断なし, 関白家が, 陪臣の, 随分多く, 雀の, 雨あがり, 靈媒を通じて, 面白いに, 領内の, 顧野王の, 飛鳥と, 養老当時の, 驚かざるを, 高度も, 魚河岸にも, 麹の

▼ であること~ (10382, 9.8%)

142 を知っ 140 を知った 114 を忘れ 100 はいう 92 がわかる 83 を私 73 がわかった 64 を知る 60 を意味 59 が分った 58 は明らか, を示し 56 を理解 5450 を証明 48 が判った, は云う 47 は疑い 46 が出来る 45 を示す 44 か, を注意 43 を発見 42 は確か, を知り 41 が分る 40 を信じ 39 である 37 に変り 36 を自覚 35 が必要, は出来ない 33 に気がついた, は申す, を彼 31 が明らか, はその, は勿論 28 は私, は誰, よ, を感じ 27 はよく, を知 26 がわかりました, だ, は前, をよく, を認め 25 は云 24 を免れない, を知りました 23 を知つて, を考える 22 は, はすでに, を要求 21 ができる, は明白, は言うまでもない, をその, を必要, を明らか, を知らない 20 が判明 19 ができない, がわかっ, はすぐ, は疑, を意識 18 ができぬ, に疑い, はこの, は既に, を感じた, を見 17 がわかつた, がわかるであろう, が出来ない, はたしか, は明かである, もある, を確信, を説明 16 が多い, に気, は疑う, をお, を思う, を痛感 15 が解る, が証明, に気づいた, を主張, を認める 14 がよく, が判る, に間違, は間違い, を吾, を承認, を認めた

13 [11件] が知られる, に間違い, はこれ, はもう, は何人, は彼, は知っ, を信ずる, を彼女, を述べ, を述べた

12 [13件] がわかります, が分っ, が判, はもちろん, は事実, は容易, をはっきり, をやめ, を否定, を告白, を忘れる, を物語っ, を知れ

11 [20件] がすぐ, がはっきり, が分つた, には変り, によつて, に気がつい, に氣, は一目, は今更, は周知, は直ぐ, は論, もまた, を思い出した, を思っ, を明, を確め, を示した, を語っ, を誰

10 [16件] がお, が一目, が判っ, が明, には疑い, に注意, の証拠, は一見, は言, をたしかめた, を半, を思え, を悟った, を指摘, を知らず, を考え

9 [21件] がその, がハッキリ, が明白, だけは確か, です, になる, に彼, に気がつく, に気づく, に満足, はできない, は人, は想像, は明瞭, は言う, もあり, をこの, を告げ, を妨げない, を承知, を止める

8 [26件] がこの, ができた, がわかつ, が出来, が出来た, が私, では, にある, にもう, の証明, は無論, は自分, もよく, も明らか, をすぐ, を人々, を信じた, を強調, を後, を思へ, を感ずる, を知らなけれ, を私たち, を自分, を記憶, 申すまでも

7 [35件] いうまでも, がある, がわかり, が出, が分りました, が発見, となる, にかわり, はいふ, はここ, は今, は疑うべく, は許されない, も事実, も忘れ, をここ, を了解, を今, を保証, を力説, を少し, を希望, を忘れない, を思い出し, を断言, を欲, を欲する, を深く, を知らぬ, を知らね, を聞い, を覚った, を証し, を誇り, を認めなけれ

6 [43件] が分つ, が推定, が明瞭, が解り, そしてその, だった, であった, に何, に就い, に於, に気づい, はそれ, はわかっ, は分っ, は同じ, は改めて, は爭, も知っ, を予想, を今更, を伸子, を初めて, を十分, を思い, を思わせる, を想像, を暗示, を望む, を標榜, を止め, を物語る, を特に, を疑, を痛切, を直覚, を知つた, を知らされた, を確かめた, を確認, を話した, を認めない, を身, を銘記

5 [60件] が不思議, が分かった, が判り, が判りました, が容易, が想像, が最も, が理解, が知れる, が第, が誰, だけはたしか, と, に少し, に相違, に私, はお, は今日, は他, は何, は僕, は否定, は常に, は広く, は当然, は決して, は注意, は疑えない, は疑問, は確実, は読者, もあれ, もわかる, も注意, をしみじみ, をたしかめ, をはじめて, を何人, を信じる, を僕, を充分, を失わない, を御, を忘れた, を思はせる, を思ひ出した, を悲しむ, を感じる, を疑う, を疑わなかった, を發見, を直ぐ, を看破, を知らなかった, を見た, を見出した, を証拠立て, を認識, を説き, を読者

4 [95件] から私, がいよいよ, がら, が伸子, が分かる, が多かっ, が察せられる, が次第に, が直ぐ, が知られ, が納得, が結論, が見られるであろう, が解, が解った, が解るだろう, ぞ, だつた, であります, とその, には相違, にまちがい, に気がつかない, に気付いた, に注目, はない, はほぼ, は一目瞭然, は一眼, は分る, は別に, は実に, は少し, は忘れ, は承知, は最初, は最早, は申, は異論, は確, は立派, は紛れ, は自然, は許され, も, もあった, もこの, もその, も亦, も必要, も知った, をさとった, をそれ, をちゃんと, をも知っ, を世間, を云, を今日, を告げる, を喜び, を喜ぶ, を報告, を実証, を容易, を彼ら, を思ふ, を思わず, を思わせた, を悟らね, を想っ, を想起, を感謝, を教, を教え, を明白, を率直, を白状, を知り得る, を確か, を確かめ, を確かめる, を示そう, を自認, を要する, を見せ, を見て取った, を覚悟, を証, を証する, を証拠立てる, を誇る, を認めざる, を説いた, を願っ, 勿論である

3 [196件] から生ずる, から考える, が, があり得る, がいけない, がすでに, がそれ, がどうしても, が一層, が一見, が今, が出来るであろう, が実感, が後, が思われる, が感じられた, が指摘, が推測, が明かである, が父, が確か, が確かめられた, が絶対, が自覚, だけはよく, とこの, にこの, にすぐ, にはならない, には間違い, によってそれ, によって初めて, によって可能, に同意, に基い, に変わり, に始め, に気がつき, に気が付いた, に気づき, に気付い, に甘んじ, に異議, に言及, に違い, の最も, はあきらか, はさき, はすべて, はだれ, はほとんど, はまちがい, はわかった, はわかる, はわれわれ, は一層, は不可能, は世界, は争, は争えない, は二人, は全く, は出来ず, は判る, は前述, は大抵, は常識, は後, は必然, は明, は明かで, は明かであった, は最も, は望ましい, は極めて, は殆ど, は知つて, は知る, は知れ, は絶対, は能, は自明, は言わずもがな, は認める, は説明, は間違, は非常, は面白い, もあります, もあろう, もいう, もすぐ, もたしか, もできる, もわかっ, もわかった, も不可能, も分る, も判った, も意味, も明瞭, も知, も知つて, も確か, も私, をあと, をあなた, をいう, をいっ, をお知らせ, をさ, をすでに, をそして, をたしかめる, をつくづく, をどうして, をほとんど, をまず, をも彼, をも感じた, をやがて, をわたし, をわれわれ, をハッキリ, を一目, を仮定, を作者, を信じます, を俺, を前提, を千枝太郎, を反省, を君, を固く, を宣言, を常に, を強く, を彼等, を徹底, を心, を忘れず, を忘れよう, を思わね, を悟っ, を悟つた, を悟る, を想, を想え, を想ひだ, を感じました, を感ぜず, を推定, を改めて, を既に, を明瞭, を暴露, を本質, を条件, を求め, を注目, を源氏, を熟知, を特色, を直ちに, を知つたの, を知らせ, を祈る, を立証, を米友, を納得, を経験, を考えた, を考えなけれ, を考えね, を考へる, を肯定, を脱, を自, を自ら, を自白, を見る, を見出す, を見出すであろう, を見破った, を見落し, を覚え, を言っ, を言つて, を許し, を話し, を語つて, を語る, を説い, を論じ, を證明, を附記

2 [508件 抜粋] からし, からその, からそれ, からで, からも興味, からより, から当然, から見る, から転じ, があきらか, があつ, があの, があまりに, があり, がうかがわれた, がここ, がしみじみ, ができず, ができなかった, がなにごと, がむしろ, がもう, がわからない, がわかろう, がハツキリ, がヤット, が一つ, が一番, が不幸, が世間, が了解, が何人, が免れ, が出来たら, が出来なかった, が分かりました, が分かります, が分り, が分ります, が分るであろう, が分ろう, が判つた, が判ります, が勝平, が原因, が多, が多々, が大きな, が大切, が如何, が宗教的, が察しられた, が少なけれ, が帰結, が彼, が彼女, が後に, が忘れられ, が思われ, が悲しく, が感ぜられる, が我々, が推想, が推理, が推論, が文学, が最もよく, が有難い, が次第, が此大学生, が特に, が瑠璃子, が生じ得る, が生ずる, が知られた, が知れ, が知れた, が確定, が確実, が示され, が示された, が示される, が私たち, が美奈子, が考えられる, が肯かれる, が自分, が見出されよう, が解っ, が解りました, が解ります, が証拠立てられる, すでに明らか, そして有限, そして都合, だけが男, だけで, だけはわかった, だけは分る, だけは疑い, だけは皆, だけは確, だけは確実, だらう, だろう, であると, でも, で褒めた, といい, となった, となるであろう, とはしばしば, とりわけ新しい, と同様, と相容れない, などは少し, などは忘れ, などをこの, などを話した, など伸子, なの, にちがい, になけれ, になるであろう, になん, になんだか, にはほとんど, にはまちがい, には勿論, には気, には異議, には疑, には疑問, には變, には違い, には間違, にやつ, によって又, にウンザリ, に世間, に努める, に基く, に基づく, に外, に大, に存する, に対応, に思い至った, に應, に敬意, に気がつかなかった, に気がつきました, に気が付く, に気づかない, に由来, に疑ひ, に盲目, に紛れ, に誤り, に驚いた, に驚嘆, のため, の一つ, の出来る, の効果, の唯一, の実例, の幸福, の幸運, の必要, の方, の自覚, の認識, はあまりに, はあらかじめ, はあり得ない, はある, はいささか, はいずれ, はかつて, はさして, はその後, はできなかった, はできぬ, はどうしても, ははっきり, はひと目, はむしろ, はむろん, はもと, はもはや, はわかつ, はジューベール, はデカルト, はハッキリ, は一, は一つ, は一方, は一点, は一致, は一般, は一面, は主張, は人々, は人間, は今さら, は以前, は充分, は出来ないであろう, は分った, は分明, は判った, は判り切っ, は古事記, は右, は否み, は否めない, は吾, は固, は夙に, は多く, は大いに, は如何, は孝子, は学者, は小学校, は少なくとも, は差支, は彼女, は従来, は必然的, は忘れられ, は恐らく, は慥か, は推定, は推測, は推理, は断じて, は断る, は断わる, は明かであり, は明かであります, は明かな, は曰う, は更に, は有名, は歴史, は歴然, は注目, は深く, は片足, は疑い得ない, は疑ひ, は疑ひない, は疑ふべく, は直ちに, は真に, は確認, は私自身, は竜, は第, は結局, は色々, は著しい, は認めない, は誠に, は識者, は貴様, は農業労働者, は近所, は進歩, は長い, は駒井, また自分, もあ, もあつ, もありました, もあり得る, もそして, もできない, もできぬ, も云, も出来る, も分っ, も分った, も分つ, も判明, も否めない, も小, も彼, も承知, も明白, も母, も知らず, も知らない, も知ツ, も自覚, も貴様, や彼女, や雨滴式, をあらかじめ, をある, をいつ, をいつも, をいふ, をいよいよ, をお前, をきい, をこれ, をさとっ, をしかと, をそう, をた, をちやん, をつい, をなんと, をひそか, をほぼ, をほめ, をまとも, をまぬがれない, をみずから, をもう, をもっと, をも示し, をやめた, をやめね, をやめる, をよし, をわすれ, を一応, を一時, を一言, を三人, を不満, を世界, を予て, を事実, を云い表わし, を云い表わす, を人, を人一倍, を会得, を佐山君, を余, を余儀なく, を保留, を信用, を免れず, を免れなかった, を免れません, を公然, を公言, を切望, を前, を努める, を十分承知, を原則, を又は, を叫んだ, を否めない, を否認, を吾人, を告げられ, を回想, を太田, を失う, を失っ, を奥さん, を如実, を学ばなけれ, を学んだ, を実感, を察し, を小坂部, を已める, を希, を常識, を当時, を彼自身, を得意, を心から, を心得, を忘, を忘れなかった, を忘れるべきで, を思い出す, を思うなら, を思った, を思わざる, を思わしめる, を思想, を恥ぢる, を悟, を悟り, を悟りました, を悦んだ, を想い, を想い出した, を感, を感じないで, を感じ出した, を感ぜざる, を感づい, を感得, を感知, を我, を指し, を指し示し, を日本, を明し, を明示, を是認, を暗黙, を書いた, を最も, を最もよく, を望みます, を望ん, を期待, を本質的, を次, を止めね, を正直, を歴史, を決定, を澹山, を牢記, を特徴, を犇, を申, を申し上げ, を疑わない, を皆, を皆さん, を目標, を直接, を看取, を矢田津世子, を知ったら, を知ってる, を知らされ, を知らしめる, を知らせよう, を知らなかつた, を知られず, を知りぬい, を知り得た, を確かめれ, を示します, を第, を考えれ, を考へ, を聞かされ, を聞き知った, を自慢, を自身, を薄々, を薫, を血, を表し, を表面, を要しない, を要せず, を見て取り, を見ね, を見よう, を見出し, を見抜く, を見逃す, を観察, を覺, を言, を言った, を言明, を訴え, を証拠, を認めず, を認めるであろう, を語った, を語り, を語ります, を證, を證據, を警告, を象徴, を野々宮, を附言, を隠さなかった, を非常, を頭, を願, を驚嘆, 云うまでも, 働きよい, 勿論で, 及びこれ, 然し今, 第二, 言うまでもない

1 [3156件 抜粋] あたかも, いや教養, かねて重症, からちっとも, からひどい, からよくよく, から今日, から彼, から救われる, から独特, から第, から進ん, があらゆる, がいっそう, がかつて, がこうした, がしばらく, がそれら, ができたろう, がない, がはつきり, がまことに, がよい, がわかり過ぎる, が一さ, が不愉快, が了知, が人々, が伯父, が何より, が先ず, が出来なくならね, が分るだろう, が判然, が却つて, が告げられ, が堪らず, が大変, が女の子, が実にはっきり, が察せられ, が小さい, が強調, が心から, が思想, が悲しみ, が感じられ, が把握, が文面, が明示, が最上, が本質的, が此神, が母性愛, が涼し, が率直, が町じゅう, が益々, が知れました, が祟っ, が籠, が結局, が耀蔵, が芸術的, が要求, が見られる, が観られるであろう, が言外, が認められた, が読者, が趣, が連想, が露見, が顕著, くらい解る, こう申します, この二つ, さえもある, さえ文学的至芸, じぶん, すら忘れ, そしてかれ, そして娘, そして水, その手筈, それからこの, それでいて道玄坂, だけが痛感, だけはあきらか, だけはわれ, だけは判別, だけは断じて, だけは知っ, だけは頭, つまりある, であること, でなく単に, で目立つという, とこれ, とは全く, とばかり思っ, とを要求, と何ら, と多く, と存じます, と心術, と歴史的発展, と職業的手前味噌, なおその, などお話, などが直に, などに拘泥, などもいっ, などわかる, などをもっ, などを取り併せる, などを懇切, などを考, など金魚, にあった, においてそれ, にきまった, にそ, については私, について誰, になった, にはほとんど実際, には多岐, には気づかなかった, には苦しまぬ, にふと, にももう, にも甘んぜず, によっておこなわれる, によってのみ可能, によってわが, によって主体, によって制作, によって実在関係, によって意識, によって益々, によって認識, によつて間違つて, に一層, に二重, に他, に傾く, に匹敵, に問題, に女らしい, に対する反省, に帰着, に得心, に思い当り, に想い到らなかった, に所見, に最も, に気がつかぬ, に気づかなかった, に気づくであらう, に決して, に漸く, に留意, に直ぐ, に結局左門, に衆評, に論, に過ぎません, に随喜渇仰, に魅せられ, のため徹也, のみである, のゆとり, の不利, の免れん, の原因, の天, の復讐, の明, の本義, の現, の発見, の自, の証左, の限り, はいつ, はうすうす, はおぼろげ, はこういう, はご, はじきに, はそれだけ, はたびたび, はつかっ, はとうから, はどうにも, はなかなか, はひとりでに, はまさに, はまれ, はやつぱり芝居, はわかりました, はカント, はタシカ, はプレハノフ, はメーソン教会, は一寸, は万人, は不思議, は之, は争われない, は亦, は今日人々, は以上, は何ら, は作者, は偽, は免れない, は其組織, は分り切っ, は判断, は動かし, は十八世紀, は南北日本アルプス, は反省, は古国, は同一, は否めまい, は嘘, は変らない, は大した, は天平十五年, は女中, は嫌, は学術上立証, は家主, は少しく, は差支えない, は底, は彫刻, は御, は忘れず, は恥ずべき, は意味, は我, は拙者, は文化内容, は既往, は日記大永七年四月肖柏堺, は明暸, は昨晩, は普通, は木曾義仲, は柳田氏, は構え, は民主主義文学運動, は浜, は演繹的, は特別資格審査委員会一つ, は理, は生活資料, は疑えなかった, は白石, は眼前, は知らるる, は社会, は稀, は組じゅう, は美しい, は考へられる, は自己矛盾, は至極当然, は若い, は著者, は衆目, は解った, は註する, は認めた, は語らずし, は諾, は身なり, は道庵, は部分的, は釜沢, は関東, は頤, は高田氏, まぎれも, また学生さん, までも知, まで立証, もあり得るであろう, もうち続いた, もここ, もしばらく, もたとえば, もはっきり, もみんな, もわかります, も一面, も争われません, も俊太郎, も出, も判る, も句, も周知, も好い, も彼ら, も忘れた, も想像, も文吾, も機宜, も無論, も甲府, も知らなかった, も考えられた, も若い, も見逃し, も証明, も述べた, も頷ける, やそれ, やを考え, や子供, や時, や郷里, よという風, よりもそういう, よりも草履袋, をあくまでも, をあまりに, をいおう, をいはない, をうっかり, をおしまひ, をききました, をこ, をご存じ, をさまたげ, をそして又, をたしかめうる, をつけ加えよう, をどう, をなに, をのぞんだ, をはつきり確め, をば証明, をほ, をまざまざ, をみ, をみる, をもっ, をもよく, をも告げなけれ, をも明らか, をも考えなく, をも顧みずし, をややもすれば, をよろこん, をわすれはじめた, をエルレーベン, をファットマン, を一層, を一言附加, を与うる, を主, を云っ, を他, を以て知られ, を何と, を使嗾, を信じなけれ, を信ぜしめ, を偶然発見, を先天的, を免れないだろう, を全く, を再び, を判別, を割り算, を半蔵, を厭ったであろう, を司令, を問わず語り, を嘆, を堀部君, を変える, を大抵, を夫人自身, を好みません, を姫君, を学ん, を実質的, を家来, を尊台, を巧み, を幸い, を弁護, を形, を徐ろ, を心がけない, を忘れかかっ, を忘れぬ, を念頭, を思いだす, を思い知らせ, を思はせた, を思わせられず, を怪しむ, を恥ぢ, を悦ん, を惜し, を感じさせた, を感じたです, を感ぜ, を憫笑, を打ち明けられ, を拒ん, を探偵, を放, を教えた, を文吾, を断わり, を新しい, を明かし, を書い, を期する, を本色, を栄介たち, を極めて, を止めた, を殆, を気づかれない, を泣き言, を漁場主自身, を熱心, を玄竹, を生絹, を疑いません, を疑わぬ, を百, を直感, を知ったなら, を知らし, を知らせる, を知らぬらし, を知りまし, を知り過ぎる, を確かめなけれ, を確證, を示し給う, を祝福, を秋山, を第三者, を絶対, を翌朝, を考えぬいた, を考へよ, を聞き覚え, を肯, を自然, を芸術, を虞, を複雑, を見つめ, を見やぶられ, を見分けた, を見込ん, を覚らなけれ, を観られたい, を言い聞かせた, を訓, を許され, を証拠立てたい, を話す, を誇称, を認めるで有らう, を語らなかった, を誠意, を読者諸君, を論理一貫, を諸賢, を讃め称, を貴族, を近々と, を述べ立てた, を避けよう, を闡明, を陳述, を順に, を顧みなけれ, を鼻, 全く純, 即ち真理, 及び各, 従ってこの, 御主人, 既に述べた, 然し二人, 等綿密

▼ であるという~ (4147, 3.9%)

463 ことを 322 ことは 281 ことが 154 ような 122 ことに 95 のは 77 ことである 71 ことも 69 のである 62 事を 40 こと 36 のが 34 ことから, ことと 33 ことの, ように, 事は 31 ことで 28 事が 27 ところに 26 風に 25 ので 17 事に, 事実を 16 意味の 15 ことだ, ことであった, ことには, のだ 14 のも 13 点に 12 ことです, のであります, 点を 11 こととは, ところから, 一つの, 事も, 点で, 考えは 10 のを, ふうに, 事実は, 点から, 理由で, 考えを, 説が, 風な 9 ことだけは, 噂が, 意味に, 考えが 8 ことについて, ことにも, 意味で, 結論に, 結論を, 考が 7 ことだけ, ことや, 事である, 事実が, 意味である, 言葉は, 話であった

6 [13件] ことその, ことだけが, ことだった, ことであります, ことによって, のであった, 事実に, 点が, 点において, 確信を, 私の, 結果が, 考えから

5 [14件] ことこそ, ことでした, のです, わけで, 事実の, 人が, 意味では, 意味において, 意味を, 感じが, 感じを, 理由は, 言葉を, 説を

4 [23件] ことそして, こととの, ことについては, ことまた, ことをも, こと以外に, のと, のなら, 事には, 事の, 以外に, 噂を, 場合には, 意味な, 意味は, 感が, 気が, 自覚が, 見地から, 観念を, 説である, 説は, 説明を

3 [43件] ことさえ, ことだけを, ことであり, ことな, そのこと, のだった, わけだ, わけです, 主張は, 主張を, 事から, 事で, 事であった, 事です, 事や, 事情を, 二重の, 側面から, 処から, 処に, 単純な, 意味での, 意見も, 意見を, 意識を, 明かな, 明白な, 本質を, 深刻な, 現実の, 現実を, 理由によって, 者も, 自覚を, 解釈によって, 記事を, 訳には, 証拠に, 証拠を, 評判が, 話である, 説に, 関係から

2 [113件] うわさは, ことかも, ことからの, ことからも, ことくらい, ことこの, ことこれである, ことさえも, ことすら, ことだけの, ことでなく, ことでなけれ, ことなど, ことなどを, ことに対して, ことへの, ことほど, ことをば, こと以上に, こと又, そういうこと, それだけの, のであろう, のとで, ふうにも, ほかに, ほかは, ゆえんは, わけな, 一件だ, 一応の, 不思議な, 事, 事さえ, 事だけは, 事と, 事まで, 事実である, 事情の, 事情は, 以上に, 伝説も, 信念は, 信念を, 偏見が, 具合に, 前に, 印象を, 古来の, 喜びと, 場合が, 場合である, 場合の, 声を, 外に, 妙な, 常識は, 平凡な, 強い感銘, 思いが, 思想が, 思想と, 思想は, 意味から, 意味も, 意識の, 意識は, 感を, 所に, 方が, 昔からの, 時この, 普通の, 本質は, 気も, 気持に, 濡衣を, 点です, 特殊の, 状態に, 現実が, 理由から, 理由だけで, 理由を, 理解に, 生存の, 確信が, 私有財産制から, 考えかたが, 考えで, 考えである, 考え方が, 自信を, 自分の, 自明の, 自然の, 自覚に, 見方は, 規定は, 観念から, 観念は, 言葉が, 証拠には, 証拠は, 話だ, 話であります, 説で, 説も, 説明な, 論の, 面を, 頃に, 風で

1 [1004件 抜粋] あきらめに, あんばいには, いわゆる鉄, お医者, お言葉以外, お返事, かんどころが, こういう考え方, ことおよび, ことくらいは, ことここにこそ, ことこれが, ことこれで, ことさらに, ことじゃ, ことそういう, ことそれから, ことそれまでは, ことたとえば, ことつまり, ことでも, こととには, ことなぞも, ことなぞを, ことなどは, ことにさえ, ことにすら, ことにでも, ことのみの, ことまず, こともうすぐ, ことをのみ, ことユーモラスで, こと一個の, こと丈け, こと以外彼の, こと及び, こと従っ, こと或いは, こと日本と, こと生の, こと破戒の, こと自身が, こと行為が, この一本槍, この作者, この森林, この縁起, こまごましい説明, これも, ごくあたりまえ, そういう文学, そうである, そこを, その人, その定義, その心, その現実, その素, その説明, それを, たいへんな, ただそれだけ, たならば, ためか, つまり旅館, でたらめは, ときに, とき世界は, ところです, ところまでの, ところを, なんでも, のから, のだろう, のでございます, のでしょう, のでなけれ, ひとも, ふうには, ほかには, ほかの, ほか彼は, まるでさかさな, もっと一般的, ものさえ, ものの, やけ半分の, ようなお, ような分り切った, ような観, ようにも, わかりきったこと, わけである, わけに, わたしの, アダム, イー・ビー・テイラーの, カントの, クリティシズムの, シルシであろう, ジイドの, タテマエである, テーゼが, トルストイや, ハンディキャップを, ビュフォンの, プラトーンの, ホッテントットふうの, ホップスの, ラプラスの, リアリズム芸術理論を, ワイルドの, 一つ話でございます, 一事だった, 一事であります, 一事では, 一事実の, 一個の, 一般の, 一見平凡, 三段論法が, 上流階級の, 不満を, 世間の, 主人の, 主張, 主張だ, 主張とも, 主張の, 主義, 主語的実体の, 予想の, 事そして, 事だけを, 事であろう, 事によりも, 事を以て, 事実から, 事実その, 事実と, 事実にまで, 事彼の, 事情が, 事情そのもの及び, 事情に, 事情により, 事情も, 事日本人間に, 二重性の, 五六十匁の, 人々も, 人も, 人間の, 人間性を, 今日でも, 他ない, 以上は, 以上嫁として, 以外には, 仮定の, 仮説を, 伊藤整氏の, 伝説である, 位である, 何という, 例ね, 例証には, 便が, 保証は, 信念が, 信条な, 偶然な, 先入観に, 先程の, 光栄を, 公算性の, 出発点に, 分別も, 分裂を, 判定に, 判断でだけ, 判決が, 到達を, 前提で, 力から, 力強い確信, 努力の, 動かすこと, 北見氷子女史の, 卑しい報告, 印象の, 印象をしか, 原始的事実に, 友人に, 反省に, 口実の, 古い古い美学, 名よりは, 名門の, 周さんの, 命題ほど, 咎で, 唯物論的な, 噂だった, 噂の, 四十がらみの, 因縁ずくで, 在りよう, 基本的な, 報せを, 報知が, 場合も, 場合歴史とは, 境地を通じて, 外には, 外父系にも, 大事な, 大思想, 大衆との, 奇妙な, 女の, 女性独特な, 如き多, 如き表現的, 姿勢です, 嫌疑心が, 子供が, 学説を, 定義が, 定義は, 実は極めて, 実在的な, 実感の, 実質を, 実際は, 客観的な, 客観的事情から, 家内の, 宿命論めいた, 専門的穿鑿を, 尊厳を, 小宮豊隆氏の, 居士の, 差別は, 希望を, 常識に, 平壤, 幸福を, 建前から, 強固な, 当局の, 形而上学的真理を, 彼女が, 彼等の, 従属的地位に, 御仏, 御意識以外, 御異議, 心境それを, 心持が, 心持だった, 心理学の, 快楽の, 思念一つが, 思想には, 思想も, 思想初期の, 性質を, 悲しい事実, 想像は, 想像を, 意は, 意味が, 意味であった, 意味でしか, 意味を以て, 意義は, 意見じゃの, 意見な, 意見は, 意識である, 愛子が, 感じに, 感情論にも, 感覚そのものが, 慣れあいによって, 我々の, 我輩も, 所から, 所以を, 批評が, 批難の, 抒情的評価を, 推定は, 推結に, 教学的教化者の, 教訓を, 文体については, 文学における, 文学的知識に, 断定を, 新しい物質不滅, 新時代, 方法論としての, 方程式が, 方面だけから, 旧来の, 昔の, 時もし, 暗示を, 本然の, 本質が, 条件が, 条件に, 条件の, 条文は, 林氏の, 根本的な, 桜井という, 構えを, 権利によって, 次第を, 正一郎の, 歴史的に, 歴史的認識は, 段々の, 気に, 気の, 気持が, 気風が, 沼田博士に, 法律進化の, 流言が, 激しさ, 点しかも, 点だ, 点だけが, 点であった, 点と, 点について, 点にのみ, 点は, 点までは, 点一時の, 熱狂的な, 特別な, 特性を, 特色だ, 犒いだった, 状態は, 猛烈なる, 珍説さえ, 現実に対して, 現実は, 現状の, 理屈から, 理由からに, 理由が, 理由に, 理由の, 理由ばかり, 理窟に, 理解が, 理論は, 生々しい現実, 生活を, 疑いも, 痛ましい自白, 発見だった, 皮肉な, 盲目的な, 直接証拠は, 相談が, 相違しか, 真剣さが, 真理に, 真理概念を, 眼を, 矛盾に, 矜持が, 知識から, 知識に, 硬派と, 確信は, 確実な, 確答を, 礼状が, 祖先青山道斎の, 稀な, 空疎な, 立場が, 立場を, 第一, 答えを, 簡単な, 約束を, 紹介が, 結局真理否定に, 結果を, 結論か, 結論まで, 縁は, 考えかたに, 考えです, 考えの, 考えや, 考えを以て, 考え方である, 考え方には, 考証を, 臆測には, 自己意識的である, 自然な, 自由と, 自由通商主義の, 自覚なし, 自覚も, 自覚をも, 自覚及び, 自負には, 興味尽きない, 芸術至上的な, 裏書を, 要求は, 見出しを, 見方が, 見解である, 見解は, 見解を, 見込みが, 見通しが, 覚悟にまで, 親しい感情, 親近感だけの, 観念が, 観念によって, 観念の, 観点を, 解釈が, 解釈の, 解釈を, 言葉で, 言葉の, 言葉も, 訳に, 証券として, 証明が, 証明にも, 証言を, 評判, 評判であった, 評判に対して, 話な, 認を, 誤が, 説, 説です, 説との, 説に対して, 説教を, 説明であったです, 誹毀者ら, 論拠から, 論旨は, 論法を, 論者が, 諜報を, 謂わば, 議論が, 議論を, 資本主義的な, 趣きが, 農本主義的の, 迷信が, 逆説を, 通念から, 連鎖の, 道の, 道理で, 遽しさ, 釈尊の, 重大な, 錯綜した, 関係, 関係が, 関係は, 限りにおいて, 限りは, 階級的な, 難問が, 非難と, 面から, 面子に, 願いも, 類も, 風でなけれ, 風潮に, 風説が, 鯛は

▼ である~ (2986, 2.8%)

195148 である 122 では 11998 だから 89 だが 49 です 32 かも知れない 30 に反し, を見 25 かそれとも 22 かもしれない, は云う 20 と同じ 19 だろう 17 は当然 16 を知っ 15 はいう, を知った 13 だろうか, であります, を私 12 かどう, を知る 11 だと, であるが, はそれ 10 を発見 9 が当然, が普通, ならば, を感じた, を見る 8 かそれ, であった, であるから, はもちろん, を忘れ, を自分 7 かその, であって, に気がついた, は誰, を, を幸い

6 [13件] かよく, がつね, だらう, であらう, ですが, でなければ, でも, と同様, にかかわらず, に比べ, は勿論, は言う, をどう

5 [21件] だけれど, だそう, だらうか, であろう, ですから, ともう, は, はこの, はその, は何, は申す, は私, は自然, は言, も面白い, を知つて, を知らない, を見た, を見れ, を認めた, 故を

4 [19件] かあるいは, か彼, か私, だった, に気付い, に私, に驚いた, はただ, ほかない, もこれ, よ, をよく, を忘れた, を思え, を思ふ, を感じ, を欣ん, を源氏, を認める

3 [48件] かこの, かという, かまた, かまたは, かも知れぬ, かわからない, か女, か或いは, か明瞭, がわかった, が事実, が自然, だし, だとか, だもの, でなくむしろ, とこの, とその, と同時に, に引きかえ, に気づいた, に相違, に違い, に驚かされた, はそこ, は不思議, は判り切っ, は尤も, は彼, は明らか, は明白, は無論, は知らぬ, は自分, は致し方, は言うまでもない, は遺憾, は面白い, も不思議, も忘れ, をいつ, をむしろ, を感じる, を注意, を痛感, を見出す, を認め, を院

2 [116件] かいずれ, かしらん, かすら一向に, かそう, かと, かない, かも知れなかった, かも知れなかつた, か今, か又は, か殆ど区別, か無い, か自分, がせめて, がそれ, がどんなに, がわかっ, が不思議, が今宵, が分る, が多い, が妙, が本, が私, さ, だかも, だろうと, でありますから, であると, でしょうか, でなくては, でなく同時に, とがこの, とそれ, と一週間, と同, と同じく, と変らない, と本人, と自分, なら私, におどろいた, にくらべ, にそう, にそれ, にちがい, になぜ, にびっくり, にもかかわらず, にも拘わらず, に似, に感心, に気がつい, に気がつかない, に気がつき, に気づい, に過ぎない, に驚かされる, に驚き, はあたりまえ, はあらゆる, はこれ, はすぐ, はすでに, はだから, はどういう, はみな河原遊び, はむろん, はもう, は一つ, は全く, は単に, は古今, は声, は實, は必ずしも, は決して, は注意, は無理, は畢竟, は知っ, は確か, は結構, もうれし, もおもしろい, もかまわず, もこの, もまた, も何, をこの, をしみじみ, をその, をまだ, をみ, を不思議, を他人, を免れない, を切に, を夫人, を如何, を宮, を彼, を忘れよう, を忘却, を思う, を文学, を気づくであろう, を漸く, を物語っ, を知, を知らず, を知り, を私達, を葉子, を誰, を遺憾

1 [1027件 抜粋] かあさひ, かある, かいかなる, かが問題, かさっぱり, かすこし, かそうして, かそれ等, かたまたま, かちよつと, かという現実, かといった問題, かとたずね, かと云う, かと信じ, かと常に, かと思っ, かと思へ, かと甚だ, かと私, かと阿部さん, かど, かなん, かね, かはつ, かは問わぬ, かは相当, かは農民自身, かまだはっきり, かもしれぬ, かもみずから, かも分かつ, かも分らない, かも知れません, から考へ, かわからず, かをあなた, かをさえ知らない, かを現実, かを知るであろう, かを究明, かサツパリ, かパン, か一昨日, か他, か伊沢, か何分, か全く, か其辺, か分らない, か初めて, か判らない, か判然, か区別, か又, か君子, か土地, か天, か妾, か安い, か実は, か小さな, か常人, か弥勒像, か思ひ出せなかつた, か手紙, か抄訳, か是, か本人, か機知頓才, か没後, か獣, か知らない, か自然科学, か行く末, か西門, か言, か調査, か階級, が, がいかにも, がいや, がおそらく, がかえつ, がさすが, がしばしば, がすなわち, がだんだん, がまた, がよい, がわかつた, がわからなかつた, が三つ, が二人, が今, が伸子, が全体, が内, が分かっ, が分った, が喜平, が國體, が好い, が嬉しかっ, が寧ろ, が常子, が当りまえ, が性, が悟道化, が惜しまれる, が慣例, が昌作, が本式, が残念, が決して, が測らず倒れ, が無慈悲, が物足りない, が珍しく, が目, が目立った, が知れ渡っ, が秋風, が終に, が致命的, が親, が解る, が通り相場, が通常, が面白い, じゃよ, だおりおり海浜, だからな, ださうだ, だそれ, だったが, だどう, だろうかと, ぢや, でありますが, であるイエス, である而, であろうか, でしょう, ですけれど, ですところで, ですもの, でない, でない限り, でなく, でなくまさに, でなく却って, でなく却つて, でなく真理, でもなかつた, とあなた, という必要, とかの, とでどこ, とでむしろ, とで若い, とともにやはり, とはちがっ, とは大分違, とひと, とよい, と一つ, と丁度, と之, と人間, と似た, と何, と全く, と反, と地位, と夜, と太陽, と婿君, と帰省, と技術知, と指示, と正反対, と気, と求, と異, と石材, と等しい, と近国, と闘争心, どうである, なら作家, なら自分, にあまりに, におどろい, におびやかされた, にだ, にと女王, にと思う, にと思われる, にと源氏, にと誰, にはなんだか, には感心, には気, にまだ, にも拘はらず, にも関, にも驚きました, によるの, に一点, に不思議, に予習, に二, に云々, に今, に以前, に佐藤さん, に傍若無人, に再び, に写った, に反対, に四辺, に好ん, に対して, に対しても全く, に対してマック, に対して前者, に対して実践家, に対して後者, に対して流行, に対して結果論者, に対して連句, に対し六条, に対し実験的科学, に対立, に帰, に引き換え, に彼等, に思いついた, に来られない, に比較, に気が付い, に気づくであろう, に気付くであろう, に激, に爆撃, に甫刑, に脅かされた, に若い, に行ける, に見当, に赤面, に辟易, に進化論者, に香港側, に驚かされました, ね, はあたかも, はいささか, はいま西洋, はおのずから, はきはめ, はけっして, はさ, はさらに, はそれら, はたまたま, はつまり, はどこ, はひとえに, はむしろ, はもっとも, はやむを得ぬ, はわかりきった, はわが国, はアラシ, はフシギ, はブハーリン型, はヴント, は一切衆生悉有仏性, は一奇, は一目リョウゼン, は上, は予て, は事, は二葉亭自身, は云はず, は亦, は人間, は他人, は何で, は併, は偶然, は元好, は全, は分かりきっ, は分つ, は分りきった, は別, は医者仲間, は却って, は厭, は吾等, は国民的信念, は夏目漱石, は夢更, は如何にも, は存在, は実際, は小幡民部殿, は常識, は幸, は当り前, は恥, は悲しい, は我々自身, は或いは, は政治的, は新しい, は既に, は明, は明かでございます, は昔, は最早, は本能, は桃子, は止む, は武田伊那, は残念, は永い, は無心, は父, は物, は理想, は画面, は疑う, は疑ひ得ない, は目, は知れきった, は神代当時, は私達, は秦, は精神能力, は義雄, は聊か, は能う, は自明, は興味深く, は西暦紀元七十九年, は言うまでもなかっ, は許すべからざる, は運命的, は長春, は階級, は非常, は高尚, ほかなかつた, もある, もお, もさしおい, もそういう, もそこ, もなる, もわかる, も不快, も人間存在, も何だか, も分った, も同じ, も嬉しく, も実は, も客観的知識, も快く, も意識, も是非, も注目, も滅多, も目先, も私, も美しい, も若い, も雪, やら私, ゆえを以て, をいつしか漠然と, をいやがる, をおぼえた, をお前一人, をお話, をきき, をさとった, をじっと, をそっと, をたたえた, をだれ, をどうして, をにおい, をはばかっ, をひどく, をまぬがれなかった, をもっ, をやがて, をわかる, をサモ天地, を中納言, を予感, を人生, を今, を何人, を信じます, を免れなかった, を前, を勿体なく, を十六日, を単に, を原則, を反映, を否定, を善行, を嘆いた, を報じた, を大層, を奇, を女房たち, を嫌, を学海居士, を察し, を小布施, を山田, を左右大臣, を幸, を彼等, を後進, を御, を必要, を忘れつ, を思い出させた, を思っ, を思はぬ, を思ひ出させた, を思わず, を思わせられた, を恥ぢた, を悟っ, を悟つた, を情けなく, を想像, を意識, を慣, を憚つて一人, を我々, を承認, を択, を教父, を本当, を正確, を残念, を気軽, を氷峰, を深く, を溺れる, を然し, を特色, を略, を疎ら, を疑うべき, を疑わない, を看破, を知つた時, を知らなかった, を知らね, を知り得た, を知れ, を示す, を笠, を考えた, を考える, を聞く, を自慢, を蓮葉, を衛門督, を見て取つ, を見るだろう, を見出し, を見破っ, を見逃した, を見馴れ, を観破し, を許し得よう, を認め得る, を誰か, を買収, を連関, を雪国, を面目, 一言で, 健全なる, 外ない, 故を以て, 系統ぢやの

▼ である~ (2891, 2.7%)

146 どうか 89 どうかは 78 どうかを 43 それは 41 ないか 34 ないかは, 否かは 31 それを 30 否か 29 否かを 23 どうかという 20 私は 18 ないかを 16 私には 15 それが 13 何う, 知らないが 12 である 11 そんなこと 9 ないかという, わからない 8 これは, どうかといふ, ないかが, ないかの, 知れない, 見当が 7 そうでない, どうかと, 何の, 分らない, 否かが, 否かに, 彼は, 無いか, 知って 6 あるいはその, どうかも, またその, 分らなかった, 判らない, 否かという, 否かの, 無いかは

5 [12件] そうでなけれ, どうかが, どうかさえ, どうかに, 判然しない, 否かと, 女である, 少しも, 或ひ, 無いかという, 知らない, 知らぬが

4 [12件] さう, その点, それすらも, であるが, または大, または左方, よくわからない, 何である, 判らないが, 知れないが, 私の, 解らない

3 [39件] いずれとも, そしてその, そのこと, それでなけれ, それとも, それとも何, それも, ただしは, どうかの, どちらか, または減少, わからないが, わからなかった, わかりません, 不幸である, 人間の, 他の, 他殺である, 何か, 何が, 何を, 判らなかった, 又何, 否かについて, 否かには, 否かによって, 如何に, 彼には, 彼らが, 悪いもの, 或はその, 明らかで, 気が, 無いかの, 無いかを, 知れないと, 知れぬ, 自分で, 自分は

2 [142件] あなたは, あるいは何, あるいは少なくとも, いずれか, かれは, こういうところ, これも, これを, しれないと, しれなかったから, そういうこと, そこの, そこまで, そしていかに, そしてそれ, そして左様, その中, その他の, その時, その本質, その理由, その藝術的素質, その詮議, その辺, それともかかる, それともただ, それともほか, それともバール, それとも両者, それとも二つ, それとも他, それとも別に, それとも大衆, それとも無, それとも神そのもの, それに, それについて, それについては, それらの, だ, ちゃんと知っ, であって, であると, であろう, どうかについて, どちらが, なんの, はたまた, はっきりわからなかった, またいかなる, またされ, またはそれ以下, または極めて, または退歩的, また私, わかりませんでした, プロレタリアの, 一度は, 不得意の, 乃至は, 之が, 之れ, 亨一には, 今の, 今は, 仮りに, 位は, 何うし, 余には, 余は, 俺が, 偶然である, 僕には, 全然分からなくなっ, 分からない, 分からないが, 分からぬ, 分って, 分らないの, 分らなかったけれど, 分らなかつた, 分るし, 判って, 判らないので, 判別も, 判然しません, 勿論わからない, 即ち生活物質, 又はそう, 否かでは, 否かも, 堂々たる男子, 女づれである, 女の, 如何か, 子供が, 実在である, 幸福である, 彼の, 御判り, 御承知, 必ず何, 思惟とは, 悪いこと, 慥かに, 或は, 或は観察者, 明瞭で, 時計の, 無いかよりも, 然ら, 物質である, 現である, 當てて, 直ぐに, 知った, 知らないけれども, 知らなかった, 知らなければ, 知れなかった, 知れぬが, 確かには, 確かめてから, 確める, 神の, 私が, 筆者, 等々を, 精神である, 精神は, 考えて, 考へたの, 臓腑なき, 自分の, 自然は, 若くば, 虚偽の, 見分けること, 見當, 言って, 誰も, 面白いこと

1 [1509件 抜粋] あたしは, あなたが, あの男, あまり声が, あるいはいっそ, あるいはこれら, あるいはそれ, あるいはまた不正, あるいはまつたくない, あるいは一地方, あるいは今年, あるいは伝統因果的関係, あるいは光琳, あるいは収入, あるいは女, あるいは情, あるいは文学そのもの, あるいは春曙抄本, あるいは王, あるいは紙, あるいは非, あるもの, いかなる事情, いかにし, いかに自分, いずれ何, いづれも, いまぼくが, いわば聖者, おそらくは日本, おとなな, お前に, お幸ちやん, お知り, かつて知らなかった, きいて, きっと御存知, きりぎりすである, ことによる, このごろ流行る, この二つ, この変則, この批評, この頃, これこそ, これほど, これプログラム中に, さっぱりわかりません, さもなければ人, さもなければ吸血鬼, さもなければ神, さりげなく言う, しばらく後, しれないの, しれません, すっかりわかる, すみの, そういうよう, そうして現在, そうでなくする, そこが, そこを, そしてまたかく, そして何故, そちは, そのすべて, そのどちら, その二つ, その判定, その区別, その声, その探検, その時期, その概念, その比, その独特, その穿鑿, その解明, その身許, それから何処, それさえ, それともそう, それともひょっと, それともオプチミスト, それとも一時的, それとも住居, それとも個人的, それとも具体的, それとも又, それとも四五六, それとも夢, それとも奴, それとも実在, それとも幼い, それとも悟性, それとも日本, それとも普通, それとも極度, それとも深刻, それとも祖父ヶ岳, それとも絶對的, それとも蒸気, それとも防空壕, それによって, そろそろお, たしかな, ただし悪魔, だれか, ちょっと分らない, ついに新, つまり如何なる, ではなくし, とおも, とにかく人, とにかく紫波派, どういう素性, どうかなどは, どうかわかりません, どうしたら, どうもはっきりしませんでした, どう暮し, どちらだ, どっちが, どれだけ, どんなこと, ないかすら, ないかでは, ないかなどを, ないかより, なおよく, なくっちゃ, なぜに, なんにも, のちの, はた原因, はっきりしましょう, はっきり分らない, はっきり記さず, はつきりと, はるが, ほとんど思い, ぼくには, まざまざと, またそこ, またどの, またなん, またはその, またはより, またはリンネル, または不, または予防的, または僧侶, または別, または在籍者, または尊い, または幸福, または政策, または気まぐれ, または特殊事情, または生産費, または知っ, または貨幣, また一つ, また今, また列子, また念, また正当, また現在, まだかの, まだわからないらしい, まだ遠く, まるでけん, まるで解らなかった, もうお気づき, もしくは一人, もしくは初め, もしその, もし論理, もとよりは, やうな, よいか, よくわかった, よく判別, わかったかい, わからずほんとう, わからないくらい, わからないの, わからないほど, わからぬし, わからぬ御, わからんそう, わかりも, わたしは, われわれが, キリスト教である, シナが, ショウである, ツイ先頃も, ニグロである, ブルジョア社会民主主義者は, リュクサンブールの, 一つとして, 一ヵ月である, 一体全体どうしたら, 一切分らなかった, 一向わからなかった, 一向判りませんでした, 一応奥様, 一疋の, 一般新聞である, 丁稚奉公の, 上野の, 不利である, 不幸に, 不明です, 不自由である, 与力である, 中世印度の, 乃ち謂わ, 之を, 予言者の, 事実は, 二人である, 五円紙幣である, 人には, 人間には, 今あらためて, 今に, 今夜は, 今日判断を, 他より, 以下である, 伺いたい, 何うかと, 何だか知らない, 何に, 何れか, 何処に, 何故そういう, 何時と, 余り来なかった, 例えばここ, 停止的である, 偽装が, 僕ぁ知らん, 元より, 先の, 兎も, 全体の, 公使館である, 兵馬も, 其れ, 凡そこの, 分からないの, 分からなかったが, 分からぬ書物, 分らず且三人, 分らない男, 分らなかったの, 分らぬ程勘次, 分りませぬが, 分るん, 判った気, 判らなかつたが, 判るもん, 判断出来まい, 判明しなかつた, 判然せぬ, 功利主義である, 勿論それ, 十右衛門の, 千万の, 単に非, 厭と, 厳格に, 又どれ, 又はその, 又は何, 又は外, 又は狡い, 又は等しい, 又一方非常, 又先天的, 又夫, 又更に, 叔父である, 古より, 各支部, 同時に鼻, 否, 否かなどという, 否と, 否やは, 否彼等, 唖娘は, 商売人では, 喜劇である, 国粋的である, 場面場面の, 変化し, 夕日である, 外的世界が, 多である, 多鶴子には, 大いに楽しみ, 大分身に, 天狗火である, 夫を, 奇抜でない, 女の子である, 奴隷である, 如何なる既知, 娘であるなら, 存在する, 実に不思議, 客観的である, 容易に, 密偵内部の, 察し給へ, 将又, 尋ねた, 少しこれ, 巡視である, 差別の, 平たく云え, 幻覚である, 座敷から, 当てて, 形に, 彼との, 後退である, 従順でない, 御存じです, 御説明, 必然である, 思えば, 急速である, 恐らくは人, 惨虐, 意味の, 感傷的である, 感銘である, 成立する, 或いはそう, 或いはまた特に, 或いは主従, 或いは又, 或いは大, 或いは少なくとも, 或いは彼, 或いは町人ども, 或はまことに, 或は他書, 或は吾, 或は対者, 或は後世好事家, 或は極めて, 或は漢人, 或は社会的, 或は評判, 或は鶴, 戸を, 批評家である, 抑も, 挨拶を, 探しても, 探偵小説史にも, 損である, 数より, 文学の, 既に熟しきった, 日記では, 明かさないの, 明らかならぬ, 明確に, 是が, 曰く性格的なる, 更に合点, 更に賞讃, 木造と, 本位貨である, 東明若く, 果して大使館参事官, 楽壇啓蒙の, 樹である, 正当である, 此小文学も, 歴史進展の, 殆どわからない, 殿様御免遊ばせ, 永井には, 決して見分け, 河原である, 浮世絵を, 液体また, 漠然とでも, 無いかと, 無用である, 爾し, 特に其日山木, 狂人である, 獣類である, 現實的自我, 理解された, 甚しく, 生活が, 男である, 男女の, 画商の, 疑は, 疑問として, 発見した, 目的を, 直訴の, 真に心細い, 真理とは, 知らすまいとして, 知らないの, 知らなかったの, 知りたいと, 知りたかった, 知りませんでした, 知る由, 知れないこと, 知れないん, 知れは, 知ろうとは, 確實な, 神主である, 私たち子供は, 科学的明確さに, 空疎である, 窯芸とは, 立聞は, 第六, 等々について, 等を, 簡單に, 精しく調べ, 素人には, 組織的な, 罪過である, 老女には, 考うる, 考えるに, 聞き取れるよう, 胆汁質である, 脆弱な, 臣下に対してさえも, 自ら怪しみ, 自分には, 自分一己の, 自殺である, 自詠, 若くは, 若し己, 葵自身も, 藪の, 血である, 街衢である, 複雑である, 見きわめようと, 見て, 見境ひもつかぬであらう, 見極めようとは, 規範科学である, 観法である, 解っては, 解らないの, 解釋に, 言おうと, 言ふ, 言葉の, 証明する, 話して, 誌され, 語らねば, 読者諸君は, 誰にも, 論理的である, 講演会である, 豚肉では, 貯水地として, 身に, 近い内, 退歩的であるなら, 遂においてけぼり, 遅れて, 邦人の, 里見さんあんたは, 長八にも, 闇夜の, 雪ちゃんの, 非, 非物質, 顔を, 風説は, 鬼である, 鵜の, 麻生の

▼ である~ (1425, 1.3%)

276 しても 168 相違ない 73 違いない 65 反して 48 過ぎない 34 すぎない 30 ちがいない 24 違ひない 8 きまって, しろその, 相違なく 7 かかわらずその, ちが, 過ぎないが, 違いなかった 6 かかわらず, すぎずその, せよ, 外ならない, 拘らずその, 過ぎぬ 5 かかわらずそれ, すぎないの, すぎなかった, ちがいなかった, 相違ありません, 過ぎないの 4 せよそれ

3 [15件] かかわらずこの, しては, しろ今日, ちがいなく, とどまつ, 加へて, 拘らずこの, 於てを, 相違なかっ, 相違なかつた, 越したこと, 過ぎないと, 違いありません, 違いなかろ, 違ひなかつた

2 [41件] かかわらずまた, かかわらず今, かかわらず当時, かかわらず急, かかわらず観客, したところ, してからが, しろ, しろそれ, しろない, しろ男子, すぎずそして, すぎず真実彼, すぎないから, すぎないけれども, すぎないと, すぎなかつた, すぎません, せよないに, せよ一言一行, せよ私, せよ超, ちがいありません, ひきかへ, 先に, 反し歴史学, 外ならぬ, 存する, 拘らずそれ, 拘らず今日, 疑いない, 相違なかろ, 相違は, 相違無い, 過ぎず永遠, 過ぎないという, 過ぎないので, 過ぎなかつた, 違いは, 関らず, 關らず

1 [458件] あの類, ありよう, いたった, かかはらずその, かかはらず私自身, かかはらず長雨, かかわらずあっち, かかわらずあまり, かかわらずある, かかわらずいつのまに, かかわらずいつも, かかわらずかえって, かかわらずこっち, かかわらずこれら, かかわらずこんな, かかわらずさして, かかわらずしばしば, かかわらずそういう, かかわらずその間, かかわらずちょうど, かかわらずと, かかわらずなお, かかわらずひとり世間, かかわらずもはや, かかわらずよく, かかわらずカメラ, かかわらずゴーリキイ, かかわらずメイジ年間, かかわらず一向, かかわらず一向に, かかわらず一応, かかわらず一方, かかわらず一種, かかわらず世間, かかわらず世間知らず, かかわらず丙午, かかわらず久しぶり, かかわらず事実, かかわらず人々, かかわらず人物的, かかわらず人間, かかわらず人間的, かかわらず今日, かかわらず仏母, かかわらず他, かかわらず何遍, かかわらず使って, かかわらず全体, かかわらず単に, かかわらず即ち, かかわらず右, かかわらず同じ, かかわらず名手, かかわらず多く, かかわらず始終, かかわらず姓名, かかわらず子, かかわらず実に, かかわらず少し, かかわらず彼, かかわらず往々, かかわらず往時, かかわらず従来一郡, かかわらず心, かかわらず或, かかわらず戦地, かかわらず日本, かかわらず昔, かかわらず最も, かかわらず本文, かかわらず本質, かかわらず本質上, かかわらず来訪者, かかわらず正門, かかわらず歯, かかわらず比較的, かかわらず特に, かかわらず独り, かかわらず生命, かかわらず生活, かかわらず男女, かかわらず真実, かかわらず私, かかわらず私たち, かかわらず自分, かかわらず芭蕉, かかわらず藩庁, かかわらず農民, かかわらず近年, かかわらず逃げるとは, かかわらず選び得るもの, かかわらず量的, かかわらず開封, かかわらず音楽, かかわらず黒い, かかわわらずかなり, きまってる, きまつて, くらべて, この事, この女, したって, して, しましても, しろあなた, しろあの, しろいかに, しろいま, しろおそらく, しろお前, しろここ, しろこれ, しろそう, しろそこ, しろそれだけ, しろそれら, しろとに, しろとまったまま, しろないに, しろひと, しろひろ子, しろまさしく, しろやはり, しろわが, しろブランカ, しろマヤコフスキー, しろ下山総裁, しろ中国解放, しろ他, しろ他殺, しろ個人的, しろ女, しろ彼, しろ従来, しろ惡, しろ托児所, しろ文学, しろ替えれば, しろ本質, しろ洋画, しろ焼酎, しろ父, しろ現れること, しろ生きねば, しろ生活, しろ百年, しろ石田重吉, しろ簡単, しろ自分たち女性, しろ荘太郎, しろ要するに, しろ觀劇的興味, しろ評論, しろ資本主義, しろ間接, しろ食堂, すぎずいわば, すぎずただ, すぎずわれわれ, すぎずヤミ, すぎず人間, すぎず即ち, すぎず嘗て, すぎず従って, すぎず文学, すぎず砂粒, すぎず肉体, すぎないこと, すぎないせい, すぎないだから, すぎないだけの, すぎないだろう, すぎないといふ, すぎないので, すぎないもの, すぎない数学的真理, すぎない道徳, すぎなかったの, すぎなくて, すぎぬ弁, すぎんじゃ, せよあまりに, せよあるいは, せよお, せよかく, せよかの, せよことがら, せよこれ, せよそこ, せよその, せよそんな, せよともかく, せよない, せよみすみすまだ, せよやっぱり, せよよし, せよ一生, せよ不完全, せよ事実, せよ事柄, せよ今, せよ今山村, せよ仏, せよ何, せよ元古, せよ出版資本, せよ劃然, せよ単に, せよ君ら, せよ否, せよ命令, せよ外國, せよ少く, せよ幸子さん, せよ広大, せよ張る氣, せよ彼女たち, せよ彼等, せよ情, せよ早晩, せよ時間, せよ熱烈, せよ現実的, せよ畢竟, せよ直観, せよ私自身, せよ結婚, せよ絶えず, せよ美しい, せよ自分ら, せよ被告人, そういない, その衰え, それが, たいし正成, ちがい無い, つけても, とめられて, どうした, ふさわしい, ほかならない, ほかならぬ, ほかならぬこと, まちがいない, みても, もう貞奴, ソンな, ポルジイは, ワザワザ遠方を, 一寸とも, 世人が, 井上博士を, 人も, 今度は, 他ならない, 他ならぬ, 似合わず小さい優しい, 何故信長, 係らず支那, 係らず部分, 到っては, 十分であった, 反し, 反しそれ, 反しジャーナリズム, 反しロココ, 反し一方, 反し亭主, 反し前者, 反し彼, 反し技術的精神, 反し昼, 反し毒消し, 反し永遠, 反し科学, 反し自分, 反し蘆, 反し観想, 反し認識, 反し足利時代, 反し野獣, 反し関係, 反し阪中君, 因って, 基づく, 変りは, 変わりは, 外ならなかった, 存じ掛も, 存する故, 実隆の, 実際は, 對し, 左り, 座ぶとんを, 引かえ, 引きかえこの, 引きかえ私, 引き替えおれ, 引替えて, 彼奴為に, 後なる, 応じて, 恥じぬもの, 應じ, 手古奈はさも, 拘はらずあれ, 拘はらずその, 拘はらずどうしても, 拘はらず又, 拘はらず小さく, 拘はらず欧羅巴, 拘はらず現在, 拘はらず綜合的, 拘はらず芸術態度, 拘はらず詩人, 拘らずあまり, 拘らずあまりに, 拘らずこれ, 拘らずさ, 拘らずその後, 拘らずそれから, 拘らずたより, 拘らずどの, 拘らずふと, 拘らずもはや決して, 拘らずカ君, 拘らずドストエフスキー, 拘らず一向, 拘らず一言, 拘らず今, 拘らず余自身, 拘らず作物, 拘らず例, 拘らず全体, 拘らず反, 拘らず否, 拘らず国体明徴運動, 拘らず國史, 拘らず多く, 拘らず媒介, 拘らず弁信法師, 拘らず強い, 拘らず形容詞, 拘らず彼, 拘らず御, 拘らず恰も, 拘らず成功, 拘らず排他的, 拘らず政治闘争, 拘らず敬, 拘らず朝廷, 拘らず法規上, 拘らず直接, 拘らず積雪, 拘らず背負いきらなければ, 拘らず能登守, 拘らず芝居掛つた, 拘らず贅沢, 拘らず軽々しく, 拘らず適當, 拘らず金融資本独裁, 拘らず隨分贊成者, 拘らず青色, 拘わらずその, 拘わらずそれ, 拘わらずどう, 拘わらず世間, 拘わらず人, 拘わらず依然として, 拘わらず外国著作権, 拘わらず此時, 拘わらず芸術家, 拘わらず顔, 支那人との, 敵の, 於て, 於ては, 梅が, 極って, 極つて, 止って, 止つてたと, 止まって, 止まらずやがて, 止まらず却って, 止まらず実際, 止まらず更に, 止まらず絶えず, 止まり其真面目, 止まり吾, 止まる, 止らずむしろ, 止らず又, 止り遂に, 比して, 比し各, 況て, 父の, 犬という, 生きながら, 當時は, 疑ひ無い, 盡きる, 相応しい静か, 相違あるまい, 相違ございませぬ, 相違ござらぬ, 相違なから, 至っては, 船には, 船頭どもは, 草履拵で, 著座と, 衣食に, 見ても, 近ごろの, 連れて, 過ぎずそれ, 過ぎずと, 過ぎず従って, 過ぎず東洋史, 過ぎないかは, 過ぎないから, 過ぎないで, 過ぎないであろう, 過ぎないとしても, 過ぎないなぜ, 過ぎないのに, 過ぎない其, 過ぎない従って, 過ぎない為, 過ぎない間違ったら御, 過ぎなかった, 過ぎなかったの, 過ぎなかった処, 過ぎなかつたこれから, 過ぎなかつた一つ, 過ぎぬであらう, 過ぎぬところ, 過ぎぬの, 過ぎぬ場合, 過ぎまい, 過ぎません, 過ぎませんよ, 違いなく, 違ない, 違ひありません, 適して, 適合せん, 鑑みても, 鑑み詩, 間違は, 関はらず, 関わらず柴田一族, 隣は, 驚く, 驚く彼

▼ であるよう~ (1288, 1.2%)

107 に思われる 94 に見える 80 な気 54 に思われた 423225 に思われ 21 に私 19 に見えた 14 にこの 11 である 9 に思う 8 だが, なこと, に思えた 7 です, なもの, にお, にも思われた, に彼, に思った, に見え 6 な感じ, にも思われる, に思われます, に感じた 5 だった, にさえ見える, に見受けられる

4 [11件] な人, な場合, な錯覚, にその, に思い, に思います, に思え, に思っ, に考え, に考えられた, に自分

3 [12件] な, な印象, な顔, にそれ, に一つ, に出来, に思い込ん, に想像, に感じられ, に考えられる, に製作, に見受けられた

2 [43件] でありますが, ですが, でも, なそういう, なその, なところ, な幻覚, な心持, な様子, な生活, な親しみ, にあなた, にあらゆる, にいわゆる, にする, にと, には見えなかった, にまた, にも思う, にも思われ, にも考え, にやはり, に世間, に之, に人, に又, に夫, に夫人, に常識, に思いました, に思召, に想われる, に感じ, に感じられた, に感ずる, に感ぜられ, に文学, に歯車, に求めよ, に祈っ, に純粋, に見えるであろう, に貴方がた

1 [502件 抜粋] この心掛け, じゃ, じゃな, だけれど, だとして, であった, でありどの, であります, でい, でいつも, でございますこれ, でその, では, でまた, で併, で国際労働会議, で本当に, で相, で言わば, なお, なきわめて, なさりとて, なたしかに, なただ, なない, なの, なふう, なふり, なもちろん, ならば, なわけ, なギリシア女, なサラリーマン, な一つ, な一種愚劣, な不公平, な人物, な付近, な何, な例, な例えば, な傾き, な公園, な冷笑, な初々しい, な動物的, な口吻, な問題, な土部駿河守, な在, な場所, な声, な外観, な大使館, な夫婦関係, な女, な妄想, な小説, な幻, な幻影, な形式上厳密, な影, な得意さ, な心, な心地, な性格, な性質, な怪しい, な意味, な意地, な感覚, な技術自体, な方, な曖昧, な未来, な次第, な気持, な気持ち, な物そのもの, な現実把握, な異性, な相手, な真理, な研究, な社会, な神, な空気, な縁故, な罪, な美しい, な老大家, な考え方, な考え方生き方, な肝, な背景, な自信, な自分, な自覚, な視角, な言方, な訳合, な詩, な詩人, な誇り, な誤解, な諷刺, な近しい, な返事, な遠, な邪推, な部屋, な類, にあっし, にあまねく, にある, にいい, にいいふらし, にいう, にいきいき, にいっ, にいった, にいつも, にいろいろ, にいわば, にうまく, におかし, におそらく, におもえる, にお世話, にくずれた, にこうして, にこれ, にこれら, にさえ何となく, にさえ思いなされ, にさえ思いなされる, にさえ思える, にさえ思われた, にさえ思われました, にさえ思われる, にさえ感ぜられる, にさらに, にしか見えない, にした, にしたい, にしなけれ, にしよう, にじつに, にすっかり, にすなわち, にすべて, にすりへった, にそして, にそれぞれ, にそれ自体充実, にそれ自身一種, にぞんざい, にただ, にだんだん, につきまとう, につくられ, につとめるなら, にできてる, にできるだけ, にともすれば, にとも思った, にと予定, にと児童, にと切望, にと姉, にと思います, にと思う, にと思っ, にと望ん, にと祈られます, にと良吉, にと願い, にと願う, にと願わず, にどうにか, にどこ, にどんな, になれ, にね, にはれぼ, には思えた, には思われない, には見えません, には見せかけない, には語られ, にひと, にひどい, にひどく, にほ, にほこり, にまたあるいは, にみえ, にみえる, にむやみ, にもあらわれる, にもった, にもと, にもまた, にも思えた, にも思える, にも思った, にも思われぬ, にも思われます, にも思召, にも感じ, にも感じた, にも推断, にも考えよう, にも考えられ, にも見えた, にも見える, にも見られた, にも説かれた, にも遊戯, にわたしたち, にわれわれ, にわれわれ物理学者, にインド, にシャスタ山麓, にジャーナリズム, にスペイン, にスローガン, にセイ, にトタン, にピアノ, にフラン, にブルジョア作家, にブルジョア政府同士, にブルジョア社会, にロンドン, に一也, に一寸, に一面私, に三吉, に世界, に丸めた, に九郎助, に乳母, に二人, に云いはやされる, に云う, に云われた, に交際, に人民すべて, に人生, に人間, に人間同志, に人間学主義, に人類生活, に今, に今村, に仕事, に仕組ん, に他, に以前, に仮定, に仲, に会話, に低温, に何となく, に使いこなし, に例えば, に侮蔑, に信じられ, に個人, に僕, に入り浸っ, に全身, に公的, に共軛性, に其随筆, に内容, に再び, に出来上がっ, に分りきっ, に判断, に力学, に努力, に勇みたった, に化粧, に北野家, に十二月, に十六, に又は, に取られ, に受取, に受取らせる, に叙事詩, に只, に台所, に右近, に右門, に司法, に同時に, に周馬, に味方, に哲学, に唯一, に因果律, に国民, に多数, に夢, に大阪, に女, に妻, に子供, に孤立主義, に宇治, に実は, に客観, に宮, に宮本, に家庭, に宿命, に察しられる, に少年少女, に島崎, に己, に巴里, に師匠, に幻覚, に当時, に彼ら, に彼女, に心がけたい, に心平さん, に心平さん自身, に心霊上, に忠告, に思いこみ, に思いこん, に思いなす, に思いまし, に思い出す, に思い案じ, に思い違い, に思えぬ, に思える, に思ふ, に思わせた, に思わるる, に思われました, に怪人丸木, に悲しみ, に想う, に想われた, に愛情, に感じない, に感じられる, に我, に我国, に打解け, に択べ, に拵え, に指導, に振舞う, に推定, に握られた, に損害, に搾り出される, に故意, に教えられた, に教わり, に敬遠, に文化生活, に文化的水準, に料理, に旅, に昔, に映画, に昼夜, に書い, に書かれ, に木, に東洋文化, に東洋的自然, に極めて, に歌, に此, に此青年, に歴史文学, に母, に毎年, に永遠, に決定的, に洽く, に涙ぐん, に涙脆い, に源氏, に演技指導, に無闇, に熱狂, に物理学的, に物質的, に玉鬘, に現実, に理論物理学, に瑠璃子夫人, に生きましょう, に申し立て, に目, に真偽, に祈ります, に祈る, に神, に科学, に科学成果, に空也, に空間, に答えた, に範疇, に精神, に系統的, に経済現象, に経験, に統一的, に編輯, に群衆, に考えさせられた, に考えぶ, に考えられ, に考えられない, に考えられましょう, に考えられます, に考えられるなら, に考える, に考えるらしく, に考え違い, に聞い, に聞いた, に聞えた, に聞える, に自然, に自由, に致しましょう, に芸術, に苔, に茂吉, に荷風, に蒼白かっ, に蜂谷良作, に袖子, に見えました, に見えます, に見せ, に見せかけ, に見て取られ, に見なし, に見られた, に見られる, に見受けました, に見受けられます, に観念論的, に解釈, に言いふらし, に言う, に言っ, に言われ, に記され, に記載, に話, に話し, に誇る, に誇称, に語られ, に語気, に誤伝, に説く, に調整, に論理, に譲吉, に貞之助, に身, に躯つき, に辛辣, に通り, に道徳的統制力, に道徳的行為, に違ってる, に部屋, に都会, に酔っぱらっ, に金, に錯覚, に非常, に非難, に響い, に響いた, に額, に願った, に風刺, に養う, に騒ぎ出した, に骨格, に黄金郷

▼ であるかを~ (1138, 1.1%)

44 知って 11 知った, 知らない 10 私は, 考えて 8 彼女に, 理解する, 語って 6 吾, 彼は, 決定する, 知らなかった, 知ること, 示して, 見て, 説明する 5 判断する, 教えて, 知つた, 知ろうと, 示すもの 4 了解する, 人々は, 想像し, 明かに, 明らかに, 痛切に, 知らないし, 知らないの

3 [20件] 十分に, 少しも, 思つた, 悟つた, 想像する, 我々は, 明瞭に, 正確に, 物語って, 理解しない, 疑った, 知らないもの, 知らねば, 知る, 知るため, 知るに, 研究する, 見た, 見よう, 見ようと

2 [75件] いくらかよく知り始める, お察し, お考え, これから推理, しみじみと, たしかめようと, われわれは, 他方いかなる, 伝えて, 充分に, 切実に, 反省する, 察した, 尋ねた, 尋ねて, 尋ねました, 彼らは, 思えば, 悟って, 悟ること, 指示する, 探究しなけれ, 探究する, 早く知りたい, 明晰に, 物語るもの, 理解し, 理解した, 理解し得ない, 理解し得る, 痛感する, 発見する, 直接に, 看取する, 知つてゐる, 知らずに, 知らせるため, 知らないで, 知らないと, 知らない人, 知らなかったが, 知らなかつた, 知られて, 知りました, 知るであらう, 知るには, 知るの, 知るべきだ, 知るもの, 知る必要, 知ろうとして, 知ろうとは, 示すこと, 示すため, 示す一つ, 私に, 私の, 経験し, 経験した, 考えた, 考えると, 考える必要, 考察し, 見たい気, 見て取った, 見なくては, 見るの, 見れば, 見定めてからは, 訊く, 訊ねるの, 証明する, 話して, 説明し, 誰が

1 [713件 抜粋] あなたは, あらかじめ知る, ある程度正確, いいたい, いっそう注意深く, いった, いはなければ, いぶかしく思っ, いろ, おそらく知り得たろう, おぼろげながら, お互いに, お前たちは, お母さんが, お眼, お聞き, かつて理解, かねて, きいた, ききさらに, この事実, この場合, この巻, この時, この書物, さ, さし当り, さとり得ないで, さらに判明, しきりに思い出そう, すぐ覚り, すこしばかり, ずしりと, ぜひ知ろう, そこに, その教師, その時, たしかめたという, たしかめて, ためすもの, だれも, ちょっとでも, つきとめかならず, つきとめない単なる, つくづく嘆ぜざる, つくづく思ひ, どうして国民, どうして追求, どのよう, はっきりと, はっきり知る, はつきり自覚した, ひたすら求め抜く, ほとんど知らなかった, ほんとうに, まざ, ますます目立たせる, まず確かめなけれ, また孤独, まだはつきり, まだハッキリつかむ, まだ御存じ, まだ知りませんでした, もう少し立ち入っ, もし質問, もっと正確, よくは, よく了解, よく審査, よく弁, よく理解, よく知っ, よく考え, よほど慎重, わたしに, ゼエムス王に, チャンと, ハッキリ知らなく, ベエコンは, 一々古今, 一二の, 一刻も, 一口や, 一層完全, 一応当たっ, 一掬もっ, 一見し, 三造は, 不思議に, 世に紹介, 世界の, 並びに農業者, 中心に, 之に, 乏しい記録, 了解するだろう, 予め知っ, 事ごとに, 云々する, 云い当てること, 人々に, 人に, 人民は, 今なお, 今はじめて, 今十分に, 今更の, 伝へて, 体験した, 何の, 例を, 例を以て, 信じないわけ, 信長は, 僕は, 先ず分析, 先生は, 全く知らない, 全然了解, 共に述べる, 兵馬に, 具に知る, 具体的に, 再び事實, 分析し, 分解比較し, 初めて知った, 判別する, 判断しかね, 判然と, 到底私, 力説し, 勘定し, 十分察知する, 十分理解された, 十分調査し, 半七, 半蔵に, 反省すれ, 右門に, 君に, 君自身に, 吟味しよう, 吾等は, 告げるでありましょう, 周平は, 味ひし, 問いただそうかと, 問うべきでありことに, 問わずとにかく, 問わず只管, 問わない, 問題に, 單に, 嘆じ, 回復に, 国民は, 多少立ち入っ, 夢にも, 大抵推量, 大衆の, 好事癖の, 如実に, 学びました, 学んだのみ, 学んで, 學んだのみ, 定めます, 実例を, 実質的に, 宣言し, 察せられたで, 實に, 平明に, 幽かながらも, 弁じ出した, 弁へ, 弁別する, 当てる者, 彼が, 彼らに, 彼らの, 彼等は, 御察し, 御覧なさい, 必ずしも明らか, 忘れて, 忘れ一, 忘却し, 思い知った, 思い知った最初, 思い知らせたいの, 思う, 思うの, 思ひ出したので, 思ふ時, 思わざるを, 思わずには, 思わないわけ, 悟った, 悟り, 悲しい氣持, 想いみないわけ, 想わせます, 想像させられ, 想像させる, 想像し得た, 想像せし, 想像で, 感じこいつ, 感じた, 感じないぐらい, 感じないでは, 感じるだろう, 感じ抵抗, 感ぜさせる, 憤激の, 我々に, 批判し, 批判しない, 拝見させ, 指点する, 捜そうと, 探ぐる, 探し出すの, 探り彼女たち, 探求する, 推知し, 推論する, 揣摩し, 摘発し, 改めて今, 改めて詮索, 教えた, 既に確かめ, 既に見ぬき, 明白知らずに, 明知する, 明示した, 更に判明, 更に深く, 書いて, 最も好く, 會得し, 本当によく知ったであろう, 本当に知っ, 本能的な, 根本に, 棚へ, 検べ, 検討されなけれ, 極めて有力, 極めようと, 構はず私に, 構わず私, 歌つて聞かせる, 歌は, 正しく感知, 母に, 民衆に, 決しかねるが, 決するの, 決めるに, 決めるの, 決めるもの, 決定しなく, 決定すべきである, 法則化し, 注意し, 注意すべきだ, 注意する, 注意深く見分ける, 洞察し得るであらう, 洞察し得るであろう, 満足の, 源氏は, 父に, 理解しよう, 理解し得なく, 理解し来った, 理解するであらう, 理解せられ, 理論づける, 疑ったほど, 疑わなければ, 痛感させられました, 痛感した, 痛感するだろう, 発見し, 発見した, 百も, 的確に, 監視する, 直ぐに, 直覚し得た, 眞面目に, 真に理解, 眼前に, 知ったか, 知っただろう, 知った者, 知つたのだ, 知つた兼家は, 知つた国民が, 知つてゐた, 知つてゐました, 知つて靴をな, 知らうとして, 知らうとは, 知らしめた, 知らしめるやう, 知らしめるよう, 知らずして, 知らず押して, 知らず自分ら, 知らせて, 知らないから, 知らないけれど, 知らないしかし, 知らないよう, 知らない内, 知らない私, 知らない輩, 知らなかったで, 知らなかったので, 知らなくても, 知らんと, 知りうるだけの, 知りたいため, 知りたいと, 知りたいほどの, 知りたくなった, 知りたく思うであろう, 知りぬいて, 知りは, 知りません, 知りませんでした, 知り何故, 知り得たの, 知り得るだろうから, 知り過ぎる程, 知り難い, 知ると, 知ると共に, 知る事, 知る人々, 知る手掛かり, 知る筈, 知る者, 知れば, 確かめて, 確かめようと, 確かめるため, 確かめるには, 確めたい, 確めようと, 確め得なかった, 確証するであろう, 示した, 示したの, 示してないが, 示すかも, 示すつもり, 示すに, 示すべく努力, 示す一例, 示す第, 神學を, 私共は, 私達は, 究めねば, 究めようと, 究めること, 空想し, 穿鑿する, 突き止めること, 突き止める為め, 突留め, 突留めなけれ, 窺うに, 端的に, 素早く見, 縷説し, 羊得らも, 義経は, 考えさせ軽重, 考えずには, 考えたり, 考えた丈, 考えながら, 考えも, 考えるが, 考えるさえ, 考えるには, 考え寝室, 考え更に, 考へて, 考へてをの, 考へる前, 考察する, 考慮すれ, 聞いたその, 聞いてから, 聞きかつ, 聞きたい気もち, 聞きも, 聞きわけて, 聞くと, 聴衆が, 自らに, 自ら知らなかった, 自分でも, 自覚する, 舞い姫, 色々の, 見きわめて, 見きわめなければ, 見きわめるため, 見せつけたかった, 見せつけられた, 見せつけられました, 見せつけられるよう, 見て取ったの, 見て取りまた, 見ないわけ, 見ます, 見よ, 見ること, 見るには, 見出すこと, 見分けること, 見失ひ悪く, 見定めねば, 見定めようと, 見定める労力, 見定める餘裕, 見抜こうと, 見極めようと, 見現, 見究めるの, 見逃すこと, 覚った, 覚り得ないらしくやがて, 観察し, 観破するため, 解しない, 解せぬもの, 解決する, 言い当てさせるの, 言わず服装, 訊くの, 訝って, 証拠だ, 証拠立てて, 証明せん, 試すため, 試みる, 詳に, 認めさせようと, 認めも, 認められるで, 認める間, 語つてゐる, 語りうるはず, 語る, 語ろうと, 説いて, 説かうと, 説かない正しき, 説き且つ, 説き人, 説こうか, 説明した, 説明しなけれ, 読み取ること, 読者に, 誰よりも, 調べる必用, 諄々と, 諄々として, 諒解し, 論じようと, 論ずる資格, 諸君は, 證明し, 貞盛は, 貴兄に, 質ねたら, 述べて, 述べるの, 逐一調査, 鑑別する, 長篠の, 閃めく, 開いて, 隠し通したの, 静かに, 順次に, 頭の, 験して

▼ であるかも~ (1066, 1.0%)

332 知れない 144 しれない 77 知れぬ 55 知れないが 37 しれないが 29 知れないと, 知れません 28 知れぬが 23 しれぬ 18 しれないの 17 しれないと 14 しれぬが 13 知れないの 11 知れぬと 9 しれません, 知れませんが 8 知れなかつた 6 わからない, 知れなかった 5 知れないという, 知れぬという 4 しれぬと, 知れないから, 知れないけれども, 知れませぬ, 知れん 3 しれないけれども, しれぬという, わからないの, 知らなかつた, 知らぬが, 知れないし

2 [16件] しれずまた, しれないしかし, しれないしかして, しれないという, しれないよう, しれなかった, しれませんが, わからぬが, 知れずまた, 知れないけれど, 知れぬの, 知れぬので, 知れぬ闖入者, 知れませぬが, 知れませんけれども, 解らない

1 [121件] お分り, ここでは, この, しれずあるいは, しれずそう, しれないし, しれないそういう, しれないといふ, しれないなどと, しれないので, しれない事実それ, しれない何れ, しれない全編, しれない道具, しれなかったから, しれぬいずれ, しれぬこと, しれぬの, しれませんよ, そのあこがれ, その家族, その歌, ちゃんと知っ, また彼, よくわからない, よくわかりませんでした, よく弁え, わかった, わかったもの, わからずしまいに, わからずどんな, わからずまた, わからないが, わからないと, わからなかった, わからぬらしい, わからぬ混迷, わかり得るの, 不可解であった, 不明である, 之で, 今は, 何である, 俺たちの, 全く判断, 分らない, 判らず狭い, 判らない, 判りかね幾分, 学んだ, 學んだ, 彼の, 御存じの, 忘れて, 思い出されないの, 想像が, 感じなかった, 時には, 暫くは, 深く考えられる, 測り難い, 知つ, 知つてゐるだらう, 知らずお, 知らず何, 知らず況や, 知らず胃薬, 知らない, 知らないで, 知らない当人, 知らなかったの, 知らなかったローマ, 知れずあるいは, 知れずこんなに, 知れずそれ, 知れずドイツ, 知れず玄海灘, 知れず要するに, 知れないけだし, 知れないこと, 知れないこの, 知れないその, 知れないそんな, 知れないた, 知れないただ, 知れないだが, 知れないとの, 知れないとは, 知れないとも, 知れないな, 知れないに, 知れないので, 知れないもの, 知れないよう, 知れないヘンリイ・ジエームス, 知れない併, 知れない私, 知れぬけれども, 知れぬこと, 知れぬしかし, 知れぬしかもあるいは, 知れぬス, 知れぬ芭蕉蕪村, 知れぬ貴い, 知れませんから, 知れませんけれど, 知れませんし, 知れませんね, 知れません少し, 知れんが, 知れんという, 知悉した, 私は, 突き止めること, 自分で, 解って, 解らん, 訣らない, 説明し, 調べねば, 酔払ひ

▼ であるといふ~ (1002, 0.9%)

120 ことを 80 ことは 60 ことが 37 ことに 29 ことである, やうな 20 ことも 16 のは 14 事は, 事を 13 のである, 意味で 11 風に 10 ことで 9 ことと, ことの, のが 7 こと, 事実を 6 感じを, 理由で 5 ことだけは, 事に, 意味に, 点に 4 ことだつた, ことであります, やうに, 事実は, 思想は, 意味は

3 [15件] ことから, ことこの, ことだ, ことによ, ところから, のだ, 事が, 事で, 事も, 人も, 立場を, 結論に, 考へを, 自覚を, 見地から

2 [45件] くらゐ, ことその, ことな, ことにも, ことに対して, のか, ので, のと, のに, のも, のを, わけで, 一つの, 事だ, 事である, 事の, 事實である, 事實を, 事情, 信念を, 刺戟と, 噂も, 工合ひ, 心持から, 思想が, 想像を, 意味である, 意味において, 方が, 気が, 氣が, 洋服や, 点で, 理由だけ, 理由を, 眞理を, 確信が, 結論で, 考へ方, 観念が, 証拠さへ, 証拠は, 證據にも, 風な, 點に

1 [304件] いは, いはれださうだ, おもむきを, お誂向, かういふ少年, ことある, ことこれを, ことさへ, ことしかも, ことすら, ことそして, ことそれも, ことだけ, ことだけが, ことだけを, ことであり, ことです, こととは, ことなぜ, ことにか, ことにな, ことには, ことにまで, ことに近い, ことのみの, ことばかり, ことほど, ことまして, ことや, ことをば, ことをも, こと二つとも, こと又, こと從つてまた, こと從つて神は, こと換言すれ, こと日本人に, こと第, こと自己が, それでその, たつたそれ, ときには, ときやはり, ところの, ところまで, のだつた, のです, のなら, ふうに, べら棒な, ほかに, ほかは, ものを, ような, わかりきつた説, わけだ, わけに, んだ, アミーバ的発展過程を, ゲーテの, トートロジーの, フロイドの, ユーモア小説が, ワグネルの, 一事が, 一事に, 一時だけで, 一札を, 一点に, 一見解は, 一言だけ, 一説なぞを, 一證據を, 上述の, 不安に, 不穏な, 不自由な考へ, 世間の, 中, 丸盆の, 主張である, 主張に, 主張は, 主張を, 主義を, 事, 事から, 事ぢや, 事と, 事とは, 事には, 事によつ, 事よりも, 事実とを, 事実に対しては, 事實が, 事實の, 二人の, 二重性の, 云は, 他には, 以上には, 以外に, 仮説を, 仲間の, 伊東氏の, 信仰に, 信仰は, 信号を, 信念が, 信念に, 信念の, 修正論を, 傳説から, 傳説である, 全貌を, 共同の, 前提なし, 前提の, 前提のみにて, 劇場は, 動かし難い, 単純で, 印象が, 印象は, 原則から, 原因の, 又ハイネ, 命題を, 啓示で, 單純な, 噂を, 地質学の, 堅い信念, 報捨の, 場合は, 場合を, 大切な, 天気予報に, 女の, 始末だ, 姿を, 存在は, 定義の, 定義を, 定評が, 実感の, 実感は, 小説家の, 市会議員や, 建前で, 弱味から, 形而上學的眞理を, 志賀直哉氏の, 思ひに, 思想に, 性質が, 悲壮な, 意である, 意力さへ, 意味から, 意味が, 意味です, 意味では, 意味においてのみ, 意味にも, 意味の, 意味を通じて, 意見で, 意見に, 意見は, 意見も, 意見を, 感じで, 感じは, 態度も, 態度を, 戦ひの, 所以も, 提言を以て, 攻撃に, 故を, 教は, 教義を, 明確の, 時代は, 普通の, 最も一般的, 有機的關係である, 条件だ, 条件を, 根本的性格においては, 條件に, 極めて不合理, 極めて大, 様な, 樣な, 気も, 気合で, 演劇の, 点は, 点を, 特別な, 現在事實とは, 理くつを, 理由からよりも, 理由には, 理由による, 理由の, 理由は, 理解を, 申開きが, 男と, 画家が, 疑を, 疑問をも, 真理に対して, 真理は, 真理を, 矛盾です, 矜り, 知識を, 突き放された現実, 立場から, 立言は, 精神が, 精神に, 結果に, 結果は, 結論が, 絵画家の, 習慣は, 考から, 考で, 考の, 考を, 職分を, 自信を, 自分の, 自分を, 自覚矜り, 自負は, 苦しさ, 要求は, 要請に, 見方から, 見易い利害, 見極めを, 見解には, 見解を, 規定を, 観念から, 観念は, 観念を, 觀念と, 解釈さへ, 言は, 言葉で, 言葉には, 言葉ほど, 証拠が, 証拠に, 評判が, 話し等, 話で, 話である, 話を, 誇りから, 認定を, 誤つた印象, 説が, 説それから, 説には, 説も, 説を, 説即ち, 證據に, 證明に, 證明にのみ, 證明は, 證明を, 譯では, 議論である, 議論などは, 議論も, 議論を, 輿論を, 迂散臭い系圖, 追憶を, 道理が, 重要な, 鑑定を, 障碍を, 非難に, 風な思ひ, 風な考へ, 風にしか, 風にばかり, 風流の, 馬鹿げた口実, 點から, 點からも, 點において, 點も

▼ である~ (947, 0.9%)

17 を知っ, を知った 14 が判明 11 を私 10 を証明 9 がわかった 8 である, は云う 7 が判った, は勿論, を信じ 6 がわかる, だ, は前, は明らか, は疑い, を忘れ 5 が明らか, に気がついた, は, は申す, は誰, は間違い, もある, を熟知, を発見, を知る

4 [15件] がある, が分った, に気が付いた, は事実, は云, は後, もあり, を, を希う, を感じる, を痛感, を知, を知つて, を示し, を記憶

3 [20件] が分る, が明, にも気がついた, はいう, はもちろん, はよく, は確か, は言う, もあつ, をお, をよく, を主張, を僕, を忘れない, を思う, を感じた, を教, を疑わない, を知らない, を自覚

2 [70件] があり, がその, が人夫, が判りました, が後, が必要, が想像, が永久, が直ぐ, が知れた, が解, が訣, これから法師温泉, だろう, に気, に満足, はその, はだれ, はようやく, は人, は今更, は少し, は当然, は既に, は明, は明瞭, は曰, は現代, は疑う, は自分, は言, は説明, もあらう, もあろう, も前, も知っ, をここ, をその, をつくづく, をも信じ, を今日, を信じたい, を僅か, を君, を始め, を忘れた, を思え, を思ふ, を想はず, を意味, を明, を明示, を欲, を深く, を現実, を知り, を知れ, を確かめ, を確め, を確信, を示す, を自, を自分, を自分達, を語っ, を説いた, を説き, を誰, を遺憾, を長吉

1 [486件] からその, からそれ, から先日, から常談, が, があと, がここ, がじき, がすぐ, がそれ, がだんだん, ができません, がはじめ, がやがて, がやつ, がよく, がわかっ, がわかったら, がわからなけれ, がわかりました, がわかります, がわかるだろう, がシミジミ, が一二年, が一番問題, が予想, が人間, が今, が内容, が出来る, が分かり, が判, が判ったであろう, が判り, が判然, が動かすべからざる, が君, が場違い, が多い, が大きく, が学問的, が容易, が容易く, が察せられ, が察せられる, が帰結, が往々, が後に, が感ぜられる, が明白, が最も, が最前, が朝日, が某, が殆ど, が流行, が現在, が理会, が発見, が知られる, が知れませう, が知れる, が確実, が突伏, が第, が考えられ, が解った, が解つて, が解つて奇遇, が解り, が解りました, が言葉, が認められ, が貴, が近代, が鍵穴, が鑑賞眼, さえここ, そういう事, そうしてたった, その罪悪, その記事, その離縁状, それで次, だからあなた, だけが私, だけは事實, だけは共通, だけは否定, だけは弁, だけは忘れなかった, だけは承知, だけは知っ, だけは確か, だけは確め, だけは認めなけりゃならない, だけを断っ, だけを知っ, だけを考え, だけを記憶, であった, であつ, で解った, とそれ, とを見, と且つ, と家, と思う, と思ふ, と状袋, と素人, なぞは先刻, などは勿論, などは忘れ, などをそれ, などを話した, に, にすっかり, には変り, には少し, には気, には疑い, には謂, には違い, にまだ, にも氣, にやっと, によって世界, によって善い, によつて, による, にハムブル, に変り, に寄る, に帰納, に彼, に心づい, に心づいた, に想, に松崎, に毫も, に気がつかない, に気がつかなかった, に気がつく, に気がつくだろう, に気が付いたらしい, に気づきました, に気づく, に気付い, に気付く, に気付くであろう, に氣, に氣附, に注意, に相違, に私, のよい, の二つ, の例, の外, の成る, の相違, の確か, の結果, の証拠, の誇り, の證據, はいつ, はいなまれぬ, はこの, はすぐ, はたしかに, はできません, はほぼ, はまさしく, はむしろよく, はもはや, はやむを得ない, はよろしゅう, はわが, はわざわざ, はわら, は一目, は一言, は上流, は世, は争うべから, は今さら, は以上説明, は何人, は信じ, は僕, は出来る, は分ったです, は判る, は前回, は前御, は前章, は前述, は動かし, は受け合う, は君, は多年, は存分, は容易, は已む, は常識, は彼自身, は後世, は恥しい, は敢, は数千年, は新進, は明かだ, は明白, は昔, は極, は極めて, は此書, は殆ど, は淋し, は特に, は疑うべからざる, は疑ふ, は疑わない, は疑わなかった, は疑われぬ, は皆人, は盆がま, は知らない, は知らぬ, は確, は確実, は禍津日神, は私, は経験, は絵, は要望書, は言うまでもない, は言うまでもなかろ, は言うまでもなく, は認める, は読ませる, は貨幣, は辞み, は近代技法, は通例だれ, は金輪際, は間違, は関係者, まで委しく, も, もあ, もあれ, もお, もチャン, も一人, も三藏, も事実, も今, も何もかも, も処女, も崖, も承知, も拒み, も正直, も知, も知つて, も確か, も確め, も私, も考えました, も裕佐, も記憶, も運轉手, も道傍, やそして又, や只, や妹, や尾張, や想像, や浅草時代, や縁日, や重畳, や長い, よりは強力, より外, をあなた, をあらわす, をいつしか, をくれぐれも, をこの, をさほど, をしらせ, をすぐ, をずっと, をちょっと, をとっく, をどうして, をもっ, をも知った, をも知つて, をよろこび, をわれわれ, を一昨年京都, を一目, を不審, を世界, を主人自ら後, を云い添える, を今更, を何, を併せ, を保証, を信じる, を僕等, を先程, を免れない, を初めて, を前, を十分承知, を千世子, を原則, を同時に, を否定, を吾, を告げた, を固く, を堅く, を失わない, を実証, を察し, を幾分, を幾度, を彼女, を彼等, を御, を心細く, を忍ばね, を忘れたくない, を忘れる, を忘却, を念, を思い出し, を思い出した, を思はね, を思わされる, を恃, を悟った, を悟らず, を悟りました, を惜むの, を意識, を感じさせられた, を感ずる, を承知, を拒まない, を拳銃, を挙ぐる, を挙げたい, を探り出しとる, を敬太郎, を断言, を早く, を明し, を明らか, を暗示, を暴露, を望む, を本体, を横町, を気付かず, を気付く, を求めなけれ, を沁, を注目, を滲み込まされます, を漸, を父, を特に, を申, を申し, を疑う, を疑っ, を疑わぬ, を疾, を痛切, を痛快, を痛罵, を発表, を皆, を直ぐ, を相手, を看破られました, を着々, を知つた, を知つたの, を知つたやうに, を知つた私, を知らず, を知らせず, を知らなけれ, を知らね, を知らんであろう, を知りました, を知り得た, を知り得なかった, を知り抜き, を知り過ぎる, を確か, を確かめた, を確認, を示さう, を示し得る, を社会, を祈り, を秘, を立証, を経験, を結論, を絶えず, を翌, を考, を考え, を考え得ぬ, を考へなけれ, を考へれ, を聞, を聞いた, を聞きました, を聞く, を自ら意識, を自信, を自得, を自白, を若く, を葉子, を表示, を裏書き, を要求, を見, を見た, を見とどけ, を見なけれ, を見出した, を見出すで有らう, を見受ける, を見抜い, を見落し, を覚った, を言, を許容, を証拠立て, を証拠立て得る, を話し, を話したら, を誇らしく, を誇り, を認め, を認めず, を認める, を認め信じ, を語った, を語つて, を説い, を説明, を読者, を諒, を論じた, を識別, を身, を述べ, を述べた, を過去, を銘心, を附け加えたい, を飲み込み過ぎる, を驚き, 並びに其聖職, 亦奇縁, 何となれ, 又何, 更に又, 死んだ川口, 無論である, 第二

▼ であるのに~ (892, 0.8%)

20 それが 16 それを 8 彼は 7 對し 6 それに 5 他の, 日本の 4 どうした, 今日は, 自分は 3 これは, わざと眼鏡, われわれの, 今の, 今度の, 自分が

2 [39件] いまだに死んだ, お夏, ここの, この時, その上, それにも, それは, どうしてこれ, なおその, なぜか, なぜ世人, まあ, またし, まだ続く, 主人の, 人に, 今に, 今また, 今日の, 今日本の, 他は, 何うし, 外ならない, 天来の, 女は, 妙に, 実物に, 家の, 彼の, 意外にも, 気が, 特に全くの, 瑠璃子の, 私たちが, 私達の, 科学の, 緋衣を, 達者に, 違ひなかつた

1 [717件 抜粋] ああいう, あちらのは, あとにも, あの名古屋, あの方, あの日, あの最後, あの火, あの通り, あまりにも, あまりに無邪気, あるところ, ある者, あわてて, あんなもの, あゝ太, いいかげんに, いち人の, いったん思い立った, いつか彼の, いつの間にやら, いつまでも, いつも暮, いつも玄正, いつ政治家, いま通り過ぎた, いわんやこれら相互, お使い, お母さんの, お絹, お銀様, かうし, かくまで, かく詩, かの折助, かれは, かんじんの, ぎょっとした, こ, こうも, ここで, ここに, こちらでは, このやから, このよ, この上, この上幽邃, この二人, この先生, この夜, この差, この席, この感じ, この日, この曲馬団, この死骸, この水, この物語, この状態, この甲斐, この男, この界隈, この老婆, この行為, この谷, この遊星自身, この金属, この青年, この風呂敷包み, これが, これも, これを, こんどのは, こんなに押しかけ, こんな言葉, さあ射殺, さう, さうし, さすが倫敦, さも侮辱, しかも宇宙, すぐ気, すでに用立てた, すべて此等は, そういうもの, そうした心組, そうでなく, そう云う, そしてこのごろ, そのこと, そのままに, その一つ, その上神經, その下, その二者, その伊勢訛り, その倅, その判りきった, その厳しい, その商品, その塙江漢, その女, その姿態, その後幸子の, その慈眼房, その時, その本体, その本味, その男, その疲労, その碧空, その練習, その肝心, その衝動, その表情, その金, その頃, それだけで, それでもじっと, それにただそっと, それにもう, それらに, それ以上走る, それ以後四十軒にも, ただその, ただ友人, だんだんその, ついふとした, つまり彼ら, とんだ婿, どういうもの, どうしてかう, どうしてそんなに野獣, どうして人間, どうも熱, どちらも, どの家, どれも, どんな凶年, なお一つ, なお氷, なお逃げおくれた, なぜこう博士, なぜその, なぜそれら, なぜ私, なぜ都会, ひとは, ひとり, ひどく火事, ふしぎな, ましてや相手, まして今, まして峰, まして生れつき, まして院, また全国, まだ一言, まだ根気, もう三十, もしベルリオーズ, やっぱりきい, やっぱり新聞記者, やる人間, ようよう八十点, よその, わざ, わざわざ女子, わたくしは, われわれには, われわれを, イヘセと, イワンが, ウィルソンの, ギーザに対する, クラシズムは, シャーロック, ドバル, ニコニコうれし, バルコンの, バルザックの, 一人の, 一体何, 一向気付かなかった, 一寸戸外, 一度戦争, 一日外で, 一種の, 一般世間は, 万位の, 三人目の, 上は, 下の, 不幸に, 不思議と, 不思議にも, 不精から, 不肖ながら, 世間の, 中には, 中腹は, 丹羽君の, 主膳の, 之に, 事々に, 事実は, 二三日来の, 二氏の, 二階で, 亜麻だけは, 人が, 人生は, 人間だけは, 人間は, 今あすこ, 今が, 今しも, 今では, 今も, 今夜に, 今夜の, 今度という, 今忽然, 今更吃驚, 今言った, 他には, 他巳吉, 仮りにも, 伊之, 伊豆山の, 何かの, 何が, 何となし, 何んと, 何処から, 何故に, 余は, 作以前に, 依然として鶴郡, 俳句の, 停車場の, 僅か一代, 僕は, 僕も, 先方は, 先生は, 兎も, 児玉だけは, 全国で, 其の著, 其を, 其女だけには, 其日の, 出るたび, 別の, 前髪の, 北側には, 十七字や, 千二百年前の, 単に帯, 原因し, 去る二月二十七日, 反対に, 可哀そうに, 右なる, 各, 吉五郎は, 同氏は, 同藩, 君の, 呉清源の, 品物によ, 唯不思議, 喋舌つたなど, 圖式で, 地層だの, 売りてと, 外の, 外人の, 外聞の, 大東京, 大正十五年以来利根川の, 大阪人は, 天皇の, 太郎が, 夫に, 夫れ, 好んで, 如何なる場合, 始終同じ, 子供が, 子供は, 孫どもは, 守吉の, 実隆は, 実際これからあらゆる, 実際に, 客観者は, 宮廷では, 家柄と, 宿外れの, 小癪な, 少しも, 尚ぐずぐず, 尼君は, 岩山に, 常に下, 幕府を, 平気で, 年に, 広くも, 座の, 庭中何処を, 廂を, 引きかへ, 強いて, 形は, 彼を, 彼女は, 彼女も, 往く春, 待てど, 御自身, 微暗く, 心服させる, 心附いた, 応接間には, 思はぬ道伴, 怯懦な, 恰も当る, 患者は, 愛子は, 感情が, 我が内田百間先生, 我ながら, 我らが, 抱車や, 拒否された, 推して, 提灯も, 支那を, 政治の, 故人に, 敵の, 文字だけが, 斉彬は, 斯かる, 新世帯もち, 新世帯持, 新元素, 既に蟲, 日本は, 日本出来の, 日本産は, 映画では, 映画として, 春の, 昨夜電話を, 時々は, 晴天の, 更にこの, 更に人, 更に人々, 最も適した, 最後の, 最近外国からの, 未亡人の, 本国の, 東京は, 東宝を, 松の木へだけは, 松ノ木沢の, 林内閣が, 案外に, 梅玉のみ, 正しい心, 此処だけが, 此所の, 此数日は, 此歌は, 死んだ後, 死体の, 殆ん, 殊にこの, 残りの, 母は, 母親は, 民子は, 気分の, 氣が, 氣づかなけれ, 水の, 江戸の, 決してそういう, 泥斎親子の, 洋服や, 涙目まで, 湖の, 滿堂の, 漕ぎ手, 爺やは, 牧田が, 牧野さんが, 特に埋葬, 犬の, 独り優が, 猶且つ健康, 珍らし, 珍らしからぬ, 生きた人間, 生きて, 由夫は, 男の, 男の子は, 異様な, 畳の, 白色人種殊に, 盛に, 真名古は, 知りつつ, 砂も, 社会科学では, 祇園精舎の, 私には, 私の, 私は, 科学と, 空蝉の, 等しい, 紙幣や, 紫の, 結果が, 維新以後に, 罪を, 美は, 美食の, 義理に, 耶蘇教には, 肌は, 自分だけは, 自分の, 自分一身上の, 興味が, 興深く, 良人に, 花が, 芸術として, 芸術への, 苟にも, 萬位の, 蒙古, 藤吉郎は, 藤堂家では, 虎松にとっては, 虚偽と, 血は, 行って, 街には, 西坂本の, 親仁が, 試驗の, 談話の, 貧民法は, 貴女の, 賤しい, 身僧侶に, 軟派も, 農村の, 迂濶, 造るの, 逢わない時, 遅うお, 道は, 道普請に, 違うという, 違ひない, 遺族友人と, 郡山藩の, 酒の, 重々しい高官, 金峰山の, 銀流しを, 阿部豊後は, 隔てを, 障害が, 零度以下すなわち, 青柳の, 静寂とか, 音の, 音楽と, 頭だけを, 頭脳の, 額を, 顏を, 顔が, 風土気候の, 駒井の, 麗々しく彼, 黒, 齡八十に

▼ である~ (854, 0.8%)

17 それに 8 またその 5 それを 3 これに, それは, 今日の, 日本の, 第一

2 [30件] おまけに, このこと, それが, それに辰夫, またこの, またそれ, また私, オモチャでも, 一方は, 両親の, 人から, 入れられん者, 又そういう, 又之, 又歴史的, 双眼鏡と, 同時に今日, 女の, 彼が, 彼の, 文学が, 火輪船の, 現在でも, 真の, 私の, 私は, 自分が, 自分の, 自分も, 駈けつけて

1 [749件 抜粋] あいにくな, あこがれという, あの気味, あの謎, あるもの, あれは, いい時, いけない不自然, いろいろの, うす汚い, おどろくべく複雑, おもしろくも, お湯の, お開帳, かたがた真一を, かつて宗太, かつ僕, かつ新, かつ近づく, きっとあなた, こいつ一番是が, こういうこと, ここで, ここまで, ことにその, ことにムク, この事実, この啓蒙, この者ら, これからも, これまた, これまで, こんどの, さうし, さすれ, しかもその, しつかりした目標, じしん得意, するから, するので, そういう制度, そういう外部的, そう無理, そこかしこに, そして実, そのう, そのうえ横山属, そのうち, そのよう, そのオイ, その上, その上手紙, その他万般の, その代り, その先鋒, その前, その取柄, その実践, その当時新聞, その意味, その時, その洋服, その煙草, その用語, その確信, その自信, その頃, それから概念, それぞれ皆相当な, それにあの, それも, それよりも, それ以前にも, それ故に, たしかに独特, たしかに莫大, たった一人, たのしいもの, できないこと, できるならば, とりあげられるの, どうした, どちらも, どんどん雪, なおまたみすみす, なお将来, ながいこと将軍, なんだか変, のみならず本日, ひと花ひと花, まぎれも, ましてソヴェト, まして禁令以来百年, またいろ, またかうした, またことに, またそれほど, またたしかに, またなに, またはなはだ, またジャン, またプロレタリアート, またライヘンバッハ, また久世侯, また人格, また人間, また今後, また以, また余りきっぱり, また僅か, また冬, また同志小林, また地獄変相図, また夫, また妙, また実際, また幸徳, また彼, また従来, また徳川氏, また患者数, また所在匪賊, また敗戦者, また新た, また書面, また最初, また止め, また歴史, また永遠, また無理, また珊瑚礁, また現在, また私個人, また素質, また自己, また途中, また醜, また音楽家, むしろ観点, むずかしいもの, もう少し遡る, もしお, もし又, もし城壁, もし生かし, やがてあらゆる, よしんば彼, よしんば逃げ, わが先祖, わけて天文気象, わけて舊藩主諸氏, わざわざ隣り, われわれには, ウムハゲタ見事に, カグラサイバラが, ガラスの, キミ子を, ジョニーと, チェーホフが, トルストイの, ヌル湯の, バチェラー氏の, パンなら, ブエノスアイレスでは, ポオが, マルクス主義的社会科学は, ヤスは, ヨーロッパでも, ルドヴィッチ中尉に, 一ツは, 一家族引連れ, 一方から, 一晩も, 一般の, 一面今までの, 丁度その, 万事平穏に, 三浦半島の, 下たる, 不休の, 且つまた, 且つ少しく文芸, 世界市民の, 世襲の, 両側は, 両親も, 中学を, 中島福田女史たちの, 丹治氏の, 亀井貫一郎氏の, 二人とも, 二人ながら, 二度に, 二節の, 人力車は, 人文科学振興委員会が, 人民の, 今では, 今は, 今一つは, 今日では, 仕立屋でも, 他方に, 他方は, 仙台の, 会社の, 伯父も, 体つきが, 何んぞ, 何事であろう, 何様楠公, 作品の, 作者の, 信玄が, 側面から, 傲慢無礼粗雑野性的な, 僕は, 僕より, 優秀作が, 元は, 兄上の, 兄弟たちも, 先方は, 光子と, 八百長レース火つけ人種が, 六十円の, 共に生き, 兵庫の, 凡そ世の中, 処置の, 列車の, 初代胤栄は, 前を, 前後が, 加入金は, 勝家また, 匕を, 医療を, 十四の, 千葉での, 卑く, 南方から, 又, 又あまり, 又しん, 又その, 又そんな, 又た, 又人間らしく, 又今先ぼく, 又八重子, 又吾, 又宝川, 又彼等, 又後, 又文芸全体, 又本気, 又相互的, 又自分, 又落語, 又踊り, 友誼も, 反駁する, 古調で, 史上で, 同性に, 同性愛の, 同時にそれ, 同時にエッセンス, 同時に宝蔵院, 同時に彼, 君も, 吹く風, 周囲の, 和算を, 喫みかけた, 土地に, 売人も, 外に, 外部との, 多喜子は, 多年の, 夜は, 大体私は, 大象, 天保弘化嘉永と, 天子の, 天才は, 太兵衞は, 夫人は, 失敗で, 女學生や, 女房をも, 妙にも, 妹の, 婦人の, 子供と, 字という, 学問は, 実は多門老人, 実際には, 実験台の, 室の, 家も, 家屋敷は, 寛治氏が, 寧ろその, 将校連が, 小さいファイドロス, 小さくは, 小中大学に, 少しもみだら, 少年は, 居合わせた定, 屋根うら, 山の手は, 山林を, 己れ, 帝系からも, 帰宅が, 常識の, 平生先生呼ばわりを, 幼稚を, 広いし, 広い黒いりっぱ, 店が, 弁証法は, 引受ける私, 弛む氣, 弥勒寺長屋も, 張浩も, 当の本人, 当人の, 当然そうすべき, 当然です, 彼は, 彼らが, 彼女らの, 彼女を, 御存じであろう, 御領主, 徴収期間も, 心弱く面会, 快適である, 恐らくそれ, 恐怖の, 息の, 愛情関係を, 感情の, 憶良の, 戊辰前に, 或いは敵, 或る, 所詮文学, 打ち解けて, 持ちにくい, 掌に, 支那文学乃至, 政治的には, 故人の, 故人も, 文化工作は, 文字の, 新しく出版, 新カント学派, 新憲法, 新聞社に, 日常の, 日本を, 日本政府も, 日本武の, 早晩嫁に, 昌造十一歳の, 昨今は, 時々大家, 時には雨, 時による, 普通の, 景気の, 暗殺された, 更に又, 更に日本浪曼派, 更に第, 最後の, 朝より, 木村自身が, 木谷も, 本国に, 本家も, 本当に安田さん, 机の, 案外拙者, 桜井さんの, 梨枝子の, 森山さんの, 様々な, 横尾根は, 次には, 次三男諸君, 正義は, 此方は, 歩きさえ, 死んでから, 殆ど元, 殆ど水, 殊に支倉, 母として, 油絵の, 泣くこと, 洪水に, 浜田家の, 海は, 清盛が, 湾は, 溌剌として, 灸点の, 焼けても, 父の, 片方は, 物を, 特にそれ, 独特でも, 狭い上, 現にその, 現に保久呂湯, 現今では, 現在全体と, 現実主義者としての, 現象學的立場からは, 生活が, 生活は, 男女平等という, 疑念の, 皆さんの, 益, 監視的な, 目だつこと, 相当に, 真面目な, 研究室も, 社会理論や, 禊ぎはよい事を, 私さへ, 移轉後の, 第一主婦, 第四階級, 精神は, 紫の, 絵を, 美和子の, 義観和尚から, 老人の, 考へて, 育ちの, 腕ッ節も, 自分にとっては, 自分は, 自分一人の, 自身としても, 色は, 若い息子, 薬を, 蘆花独歩湖処子の, 衛生舎は, 裏手の, 見るからに, 見物の, 設備の, 説得力弁説の, 誰が, 調査研究機関も, 講釈も, 負けて, 起信論の, 越して, 軍人たちが, 輔佐の, 辺りを, 近くの, 近頃愛読, 透しても, 通用する, 通詞は, 逸話と, 運が, 那覇に, 配当も, 鉄さんは, 長崎と, 門下や, 関東の, 降りるには, 院が, 雨降りの, 面倒でも, 頭も, 顔淵の, 風流は, 駒井船長にとっても, 高時の

▼ であるかの~ (818, 0.8%)

319 ように 91 やうに 52 ような 36 やうな 15 ごとく 11 ようである, 如くに 9 ようにも 7 様に 6 やうだつた 4 ようだった, 樣な 3 如き印象, 如く考えられて, 如く見える, 樣に

2 [23件] ごとき態度, ごとき観, ごとく見える, やうで, 何れか, 問題に, 女の, 如き態度, 如き観, 如き言草, 如き顏, 如くその, 如くにまで, 如くにも, 如く思惟する, 如く考へ, 如く見, 如く見え, 如く見えた, 如く見えます, 想像も, 推測が, 理由を

1 [195件] いい例, ごとき印象, ごとき口吻, ごとき定, ごとき心持, ごとき感, ごとき感じ, ごとき自慢, ごとき語気, ごとくあとあと, ごとくいう, ごとくしきりに, ごとくしげしげと, ごとくに, ごとくまったく, ごとく主張, ごとく信ずるよう, ごとく初鹿野伝右衛門, ごとく動くの, ごとく取り扱われて, ごとく取扱うかが, ごとく取扱われて, ごとく吹聴, ごとく固執, ごとく平然, ごとく心得て, ごとく思えたに, ごとく感じた, ごとく構えるの, ごとく眺められた, ごとく聞いた, ごとく肩, ごとく見えて, ごとく見せて, ごとく見せる術, ごとく見なしいたずらに, ごとく評判, ごとく議論, ごとく重々しく, ごとく錯覚, ごとく響いて, どちらかに, やうである, やうでした, よう, ようだ, ようで, ようです, ような云い, ような己惚れ, ような紛わしい呼び, ようにさえ, よう青白く, 一つである, 三つの, 事實さへも, 二つの, 何れかに, 価値に, 判別さえも, 判別付かず, 判断は, 前日松平伯耆が, 区別が, 区別も, 協議を, 印象を, 名だたるメイフェア彷徨, 問に, 問題では, 問題に対して, 問題へ, 問題を, 喜ばしき闘争要素, 地想觀水想觀などの, 大體, 女が, 如き, 如きであつ, 如き偏見, 如き取扱, 如き口吻, 如き外観, 如き感, 如き感じ, 如き或, 如き放れ業, 如き演じ振り, 如き衣裳, 如き誤解, 如き迷信, 如き錯覚, 如き顔, 如くさえ, 如くさげすまれるの, 如くである, 如くまた, 如くみなされしかも, 如くみられがち, 如くみられて, 如くも, 如く云, 如く人に, 如く今, 如く何, 如く何処, 如く余念, 如く信じ, 如く信ずる人, 如く信ぜられて, 如く動き始め一疋, 如く十時, 如く取扱われ甚だしき, 如く吹聽, 如く喚きちらして, 如く大鳥居, 如く市民, 如く平気, 如く広告し, 如く彼, 如く心に, 如く心得, 如く思, 如く思い詰めた, 如く思い込むこと, 如く思う, 如く思はれた, 如く思はれて, 如く思はれは, 如く思ひこんで, 如く思ひそれ, 如く思わしめる事, 如く思われなくては, 如く思われる, 如く怯える, 如く感じつ, 如く感じ始められる, 如く感ぜざるを, 如く感ぜられた, 如く感心し, 如く或は, 如く振舞う, 如く擯斥せられます, 如く曲庇した, 如く水面, 如く演じて, 如く物語るべし, 如く生きれば, 如く罵つて高尚, 如く考え, 如く考えました, 如く考えられる, 如く考える, 如く考へられるの, 如く聳え, 如く興味深く, 如く装って, 如く見えるであろう, 如く見ゆる, 如く解せずには, 如く誤解し, 如く誤解する, 如く誤解もしくは, 如く説く学者, 如く説く者, 如く述べ, 如く頂點, 定義さへ, 実例には, 容子で, 富士五百年の, 意味を, 意識何が, 明白な, 明示を, 条件の, 検討に, 様にも, 決定である, 理由が, 理由である, 理解は, 目標が, 眞の, 真相を, 秘密は, 見分けが, 見別けが, 見透しが, 観が, 観を, 觀念を, 説明は, 鑑別に, 風評であった

▼ であるけれども~ (715, 0.7%)

15 それは 6 これは, それを 4 これも, さう, 人間の, 余の, 余は, 併し, 私は 3 これを, しかしこれ, そこには, その中, それが, 今は, 前者は, 彼の

2 [38件] いかんとも, こういう具合, この事変, この人, この場合, しかしその, しかしそれ, そうかと, そこからも, まだ前科者, もしそれ, 一人の, 一秒さきまで, 不相応な, 両方の, 之は, 今では, 今年の, 今日に, 今日は, 兎に, 天衣無縫の, 女が, 孤独という, 実際の, 少くとも, 心持は, 日の, 日本では, 日本の, 是れ, 東京では, 根は, 現在の, 硝子玉の, 聴いて, 自分の, 討論を

1 [560件 抜粋] あとには, あなたから, あのよう, あの眼相, あまり距, あれで, あれほどの, いずれも, いったん丘, いったん出来た, いは, いまは, いやしくも文学者, お君, お角, かかる善から, かくまで, かの国, かの婦人たち, かりに家, が君, ここで, ここに, ここには, ここは, このへん, この二つ, この哀れ, この國, この土地, この忘れ, この恒數, この感じ, この憲法, この提案, この政治演説, この時, この時分, この比率, この精神, この計算, この部分, この陰惨, これが, これほどの, これ以上に, さすがに, さまで慌しく, さりとておいそれと, しかし, しかしあまり, しかしまだ, しかし吾, しかし彼ら, しかし往々, しかし死損つて, しかし見るべき, しかし農業技術, しかもこの, しかもその, しかも吾, しかも彼女, すべての, そうで, そこに, そこは, そしてそういう, そして外務省, その, そのあまり, そのいずれ, そのは, そのへま, そのよう, そのギリシャ, その一つ, その不可能, その事業, その個人, その内容, その土地, その大要, その実, その実行, その尺度, その後ある, その心, その心根, その文典, その時, その材料, その核子, その法律, その無器用, その発祥, その目, その目録, その秀才, その筆致, その経過, その罪, その苦し, その通り, その進行, その間に, その闇, そは, それすらも, それだ, それだけの, それだけ實在, それで, それでは秘密, それでも中, それでも夫婦, それでも日記, それなら今日自由, それなら伸子自身, それに, それより, それらの, それ以前においても, ただ国民, たとえば, つまりは, とかく党派論, ともかく明治四十二年, どうしてあの, どう言う, どこか, なお敬, なお気遣われる, なかなか腕, なかの, なんとも言えぬ, ひそかに, ひとたび彼等, ひょっとし, ほとんどそれ, まず英国, またなんとなく, まだそうも, まだ徹底, まだ私, みんな三十分も, もしか小, もともと遠い, やがてまた, やはり乞食, やはり口入れ, やはり学者, われわれの, アロハは, キュウシュウ地方には, クリストフによって, ショッペンハウエル氏の, ストリップの, ソヴェトの, チベットでは, ツラツラ元を, トルストイを, ネパールの, ノウノウという, パリロンドンベルリンなどの, ヒマラヤ山を, ホド・ヒホドの, マアここからも, モンゴリヤ人の, ロス氏は, ワインガルトナーの, 一たびその, 一人称の, 一体どっち, 一体に, 一家の, 一寸ピカソ, 一年働いた, 一度其指環, 一方主観主義, 一方金泥, 一旦事, 一時代の, 一般に, 一面から, 一面これを, 一面に, 一面には, 三・六対一すなわち, 上述の, 下士兵卒は, 不幸な, 不規律, 世の中の, 世界大戦に, 中世の, 中心から, 主観的に, 之が, 之では, 之れ, 之果して, 事実そうな, 二人の, 五十音図で, 亭主が, 人間が, 人間は, 人間的で, 今か, 今から, 今これが, 今の, 今や一種, 今其等, 今差当り, 今日では, 仔細に, 他ならぬ, 他方面, 以て, 何か, 何故に, 何等の, 余り長く, 作品での, 作戦方面から, 使いは, 例えば, 信玄存する, 俳句そのものの, 假り, 催促が, 僕の, 元々小説, 元来日本の, 元来私, 充実し, 兇悪な, 全く別, 兩天皇の, 公の, 其の中, 其の事, 其の交通, 其の無, 其の系統, 其傳播は, 其木からが, 其水源に関しては, 其生活の, 其生育する, 其論説を, 再びその, 冥々の, 凡人の, 初期微動は, 初瀬は, 判事に, 利休が, 制度の, 前回の, 前後の, 前者との, 劇烈な, 勉強する, 千百年に, 南の, 南北朝頃の, 南部の, 単なる比喩以上, 厳めしい, 古く処, 右等の, 同じく花時, 同じブルジヨア的イデオロギイ, 同じ二十歳, 同時にまた, 同時に個々, 同時代, 同時代在野, 吾人は, 味覚的な, 和算の, 和算は, 哲學なる, 唯自然界, 商人な, 商売上であれ, 嘘から, 固有の, 国民の, 国民一般は, 国法の, 地震後一二時間の, 壮士坊主と, 外に, 夙に京都, 多分寝所, 多数の, 大井君の, 大体こういう, 大体に, 大學, 太宗が, 女性が, 姉は, 始終何かしら自分, 孔子と, 孔子の, 宅が, 安気大, 宝塚に, 実はあまり, 実は法政, 実は競馬, 実在を, 実隆の, 実際は, 害を, 寝入て, 寡婦は, 實際の, 将に, 小枝, 小説家としての, 少し多量, 少数の, 市の, 帖の, 平安朝時代に, 平蔵が, 年中合宿し, 幾分か, 弁証法的に, 引子が, 彼女は, 彼方へ, 彼等の, 後の, 後漢, 徒党精神の, 徹夜する, 心境は, 必然的には, 忘れて, 念仏の, 思うに, 思へば, 息子の, 意志は, 成熟する, 我々は, 我々日本人には, 我慢が, 或る, 戯曲作家としての, 房州の, 所長の, 手紙の, 承久, 数学の, 數百人を, 文化の, 文学報国会は, 文学的遺業について, 文章の, 方法として, 方法論的の, 既存の, 日本という, 日本には, 日本固有の, 日本言語学, 早く引取, 昔の, 昭和の, 時として怒る, 時間と, 普通に, 景色そのものが, 曲線を, 書かれた者, 書き出しの, 最近一ヵ月余り周囲の, 月さえ, 木造二階建の, 本人の, 本質には, 束髮姿には, 東西の, 概略の, 榕子という, 構えた時, 正史の, 此場合に, 此調和といふ, 水素原子を, 江戸市中は, 決してそんな, 決して互いに孤立, 決して忘れない, 決して真理, 決して神, 河内介には, 河岸は, 法然の, 洞察の, 津浪の, 流行に, 淨土宗の, 点である, 然しそれ, 然し京都, 熊岳城の, 熊掌料理を, 物そのものは, 物の, 物語である, 特に青少年, 特別, 犯罪物語の, 生存競爭なる, 田丸奈保子や, 病人までも, 発見された, 監禁され, 目先が, 盲目と, 直接の, 矢張全く, 確に, 確実な, 神尾には, 祭った時代, 福徳円満である, 私が, 私と, 私共は, 空転する, 突然爆發, 第三者の, 第二線決戦, 築地橋の, 粋者の, 精神にとって, 素姓の, 結果から, 統帥政治は, 縷々と, 罷り間違えば, 肩が, 腰から, 自分が, 自分は, 自分を, 自分獨り, 自由に, 舶来品には, 船の, 芸術として, 芸術の, 英吉に, 茲に, 著者の, 藩の, 表向き佛教を, 表面は, 西洋文明の, 要するに今日, 要するに此, 親しみの, 解脱の, 言葉が, 言葉は, 訓戒を, 試みに, 認識論といふ, 読者は, 誰も, 謙一は, 身体から, 身體から, 農業者に対しては, 迂濶, 近いが, 近頃の, 進化學は, 進化學者には, 適當な, 金襴の, 長く發展, 雄大と, 雰囲気の, 霧の, 非常に, 食は, 馬は, 馴らされるまでに, 駄作を, 高等動物から

▼ であるとは~ (640, 0.6%)

17 限らない 13 いえない 12 云えない, 云へ 10 思われない 7 思って, 考えられない 5 思えなかった, 言へ, 誰も 4 いうものの, いえそれ, どうしても私, 何を, 思わない, 知らなかった

3 [12件] いえその, いえなかった, いえません, いひながら, 信じて, 思えない, 思はなかつた, 思われなかった, 私には, 私は, 言いながら, 限らないの

2 [30件] いえ私, いはない, いわない, きまって, 云いながら, 云うこと, 云えよう, 云え少く, 云ひ, 云われなかったの, 何たる恩寵, 信じない, 信じ難い, 僕は, 思いながらも, 思はない, 思はれない, 思へない, 思へなかつた, 思われないの, 想像も, 断定し, 直ちにその, 私の, 考えて, 考へたくないの, 言えない, 言ひ, 誰しも, 限らぬ

1 [427件] あえて関する, あまねく伝えられ, いいかねます, いい切れないこと, いい得ないであろう, いい難い, いうもの, いえ, いえあの, いえいまセイ氏, いえくっきょう, いえこの世, いえこんな, いえしかし, いえそこ, いえたとえ, いえても, いえないけれども, いえない気位, いえぬ, いえまた, いえもと, いえやはり, いえモラトリアム措置以来, いえ一言, いえ中, いえ人間そのもの, いえ何, いえ十分武器, いえ国家, いえ天皇, いえ宴席, いえ岡, いえ川, いえ恋, いえ旧, いえ欠乏, いえ生きて, いえ眼前, いえ確か, いえ私たち, いえ自分, いえ衣裳類, いえ警察, いえ連絡, いえ遠い, いかなる意味, いかなる訳, いかにし, いつたいなん, いつの, いはれない, いひきれないやう, いひませんが, いひ切れない, いひ得ないで, いへ, いへいささか, いへこの, いへこの世, いへしかし, いへその, いへそれ, いへどこ, いへなかつたで, いへひとたび, いへ所謂, いへ極めて, いへ石段, いへ諦めが, いわなかった, いわれない, いわれないかと, うぬぼれて, おもわないの, お思い, お松も, お銀様, かぎらない, かねて, このとき, さしもの, さてもさ, されて, して, すぐ思ひついた, その性格, その時, その頃, それを, たしかに思えた, たしかに思わなかった, たしかに思われる, ちッ, とてもいえなかった, どういうこと, どういう場合, どうしてもいえなかった, どうしても思えなかった, どうしても思へなかつた, どうしても真に信じられなかった, どうしても考えられなかった, どうしても考へられなかつた, どうして判った, どうにも合点, どんな哲学宗教, どんな哲學宗教, なんとし, にわかには, はなはだ受け取り, まさか桔梗, まず盲目, まだ証明, もちろん考えられない, もはや信じきれなかった, よく聞く, よく言われ, わかって, アリストテレスの, オリヴィエは, シエイクスピアの, ゼームスが, マリユスには, ヴァージルの, 一に, 一目に, 一見誰も, 一體如何なる, 万人ひとしく, 上下を, 不徳の, 主張しない, 主張しなかったであろう, 云い得ないの, 云い難い, 云い難かっ, 云うものの, 云え, 云えこの, 云えず昨今, 云えそうして, 云えその, 云えないだろう, 云えなかっ, 云えなくなる, 云えなくなるの, 云えなくなる即ち, 云え二十歳そこそこ, 云え勝彦, 云え明治二十四年, 云え殊, 云え男性, 云え確か, 云ったが, 云っても, 云はれない, 云ひません, 云ふも, 云われない, 云われないで, 云われないと, 云われないね, 云われないわけ, 人間を, 今の, 今まで, 仮装, 伝えなかったばかりか, 何うし, 何処にも, 余が, 併し, 保証できない, 保証出来ない, 信じかねて, 信じたくありません, 信じたくない, 信じないで, 信じなかつた, 信じまい, 信じません, 信じられない, 信じられないが, 信じられなかった, 信じられなかつた, 信ぜられなかったろう, 先生が, 先生の, 全く知らなかった, 全ての, 全然思い及ばなかった, 全然考えない, 其時知らなかった, 判って, 前から, 勿論云, 十数年前から, 即断しない, 受取れる, 問う要は, 地質学者の, 外国から, 多くの, 夢にも, 夢にも思えなかった, 夢にも思わない, 夢にも思わなかった, 女房たちの, 如何し, 如何なる譯, 如何に, 如何にも面白い, 子路には, 学士の, 學者の, 実際法則, 容易に, 察せられるが, 少しも, 尚更言, 屡, 常々雲長からも, 常に思っ, 彼の, 彼は, 彼も, 彼らも, 心付いて, 必ずしもいえない, 必ずしも断定, 忠利は, 思いつくこと, 思いながら, 思いました, 思いましたが, 思いませぬ, 思いませんが, 思いませんでした, 思いも, 思い直すわけ, 思い難い, 思うが, 思うけれども, 思うの, 思えず今日一日, 思えないという, 思えぬ, 思ったが, 思つ, 思つた, 思つてゐない, 思はぬ, 思はれなかつたが, 思はれぬ凪, 思はれませんか, 思ひません, 思ふ, 思ふ事, 思へた, 思へないが, 思へないそれ, 思へないどこ, 思わないけれども, 思わないしばしば, 思わないの, 思わなかった, 思わなかったの, 思わぬでも, 思わぬ大, 思われず全て, 思われたくないと, 思われないから, 思われないし, 思われないほど, 思われぬでは, 思われません, 思われるが, 思召し, 恐らく彼自身, 恐ろしい私, 想像され, 感じて, 感じても, 感じない, 感じながらも, 感ぜられなかつた, 感づきながら, 感覚が, 承知し, 推察される, 政府が, 教えられて, 断定されなくなる, 断定できない, 断言し得ないであろう, 断言できないだろう, 斷言が, 斷言できないだらう, 明言しなかった, 昔から, 昔も, 映るまい, 春木少年は, 普通の, 曲率が, 書いて, 気が, 気がついたが, 気がつかなかった, 気づく余裕, 氣づかなかつた, 決していいきらない, 決していえない, 決していわれぬ, 決して思わない, 決して想像, 決って, 源氏の, 無意味で, 物象に, 珍らしい, 現代の, 申されますまい, 申されません, 申しますけれども, 申せつい, 申せません, 異つて, 異ひ, 真実でない, 知って, 知っては, 知つたのです, 知らずそれ, 知らずただ心いっぱい, 知らずに, 知らず兄, 知らず軽卒, 知らないの, 知らなかつた, 知らなん, 知らぬが, 知りながら, 知りませんでしたので, 確かに, 確信しきれない, 私が, 私自身は, 空間が, 紹介されなかった, 経験の, 絶対に, 義雄も, 翌日の, 考えず極めて, 考えたくない, 考えない, 考えないであろう, 考えなかった, 考えなくなって, 考えにくい, 考えまいか, 考えません, 考えられて, 考えられないこと, 考えられないであろう, 考えられないと, 考えられなかった, 考えられぬ事, 考えられません, 考えるが, 考え得ない, 考へて, 考へも, 考へられなかつた, 考へ得なかつた, 自分でも, 興味つきぬ, 見えても, 見えなかった, 見ずその, 見ながらも, 解らぬであらう, 言いたくないの, 言いにくい, 言い得ないであろう, 言えそれ, 言えないかも, 言えないから, 言えないが, 言えないであろう, 言えないでしょうか, 言えないはず, 言えぬ, 言えぬが, 言えまいが, 言えませぬ, 言える, 言っても, 言は, 言はれ得ない, 言ふ, 言わぬ, 言われない, 言われないので, 言われ得ない或, 言わんが, 証明し得ない, 認めて, 認めない, 認められなくても, 誰が, 誰の, 誰れ, 諸国の, 豫ね, 軍配を, 違った呼吸, 金吾も, 限らないから, 限らないので, 限らないまでも, 限らないよう, 限らなかった, 震災前から, 順吉には, 驚いた

▼ であるため~ (633, 0.6%)

29 である 11 に, にその 9 にこの, にはその 8 にそれ 7 には私 6 にこれ, にはそれ, には即ち 4 には, に一層, に彼 3 か, であろう, には何, には夫, に人, に必要, に生活

2 [38件] かもしれない, か反感, であると, であるよりも, でしょう, ではあるまい, ではない, ではなく, にあの, にあるいは, にかえって, にすべて, にせっかく, にそれら, にである, にどんな, になお, になほ, にはそう, にはわれわれ, には十分, には却って, には必ず, には我々, には日本, には節度, に南, に却って, に多少, に幸福, に次に, に殆, に比較的, に生ずる, に私, に結果, に警察, よく用

1 [422件] ある章句, いっそう隠蔽, かあるいは, かいつの間にか, かえって恐怖心, かこの, かこれ, かそれ, かそれとも, かとも思われる, かと思つて, かなとも思った, かひとしお, かまたは, か人, か今, か佐渡, か何となく, か内, か技芸, か時々, か未だ, か治療設備, か神秘主義, か竹皮, か習慣, か輸入距離, か門衞所, この派経済学, しがない, しばしば人, その地名, その所有者, その流, その秘密, その筋, その頃, だ, だけでなく, だった, だったの, だつた, だと, だとも, だろうくどくど, ついそば, ついに一度, であった, でありかかる, であり二つ, であるが, であるし, であるとも, です, でその, でそれ, でもある, でわずか, で自分, という, というよう, ときどき互, とりわけ新鮮, と折角, と発音, なの, にあっけ, にあと, にあまり, にいっそう, にいつごろ, にいつも, にいまだ, にいよいよ, にいわゆる, におじさん, にかえつ, にこう, にこういう, にこれ以上, にこんど, にさまざま, にすぐ, にすなわち, にそういう, にそこ, にそして, にそんな, にたくさん, にたたかわなけれ, にたった, にだんだん, にちがい, にちよ, についふらふら, につまり, にどう, にどこ, にどんなに, になに, になん, にのみ魅力, にはあまりに, にはいかに, にはいっさい, にはいつも, にはこの, にはごくしっかり, にはた, にはただ, にはどう, にはどんな, にはばかっ, にはひと, にはまず, にはヒューマニズム, にはラシュリエ, には一つ, には一定, には三つ, には二人いっしょ, には人間, には今, には今日, には仮説, には何でもかでも, には例えば, には価値評価, には個人的人格, には倦まずたゆまず, には假説, には元来, には全く, には合目的移動, には否, には單, には声調, には太陽系, には媒介, には存在, には宇宙, には実は, には少なから, には少なくともまず, には市場, には当局, には当然, には形式主義, には彼, には思想, には批評, には技術的, には技術的範疇, には明暸, には時間, には最も, には本業, には沈着, には理解自身, には理論的認識, には生産要素, には着眼, には矛盾, には研究成果, には神学, には結局日常生活, には自分, には自然哲学, には苦しい, には藝術, には衣食住, には角そのもの, には鋭敏, にひとつ, にひとりでに, にほか, にほかならない, にまず, にまたは, にまもなく, にまるで, にむしろ, にもこの, にもはや, にも夫, にも文学的, にも時間, にやむをえない, にやや, にやり, によく, により必要, にれいれいと, にわかり, にわれわれ人民, にイノチ, にスパルタ, にテーマ, にノン, にベク助, にボツボツ, にモスク, に一九一七年, に一倍, に一寸気, に一見, に万事, に三留野駅, に下級水夫, に不信, に世, に世人, に乳母たち, に事務, に二人, に二十九日, に二言目, に互いに, に人口, に人氣, に今, に他, に以前, に何, に何人, に作者, に価格, に俳優群, に俺, に個人, に偶然一, に充分, に先づ, に先行, に入口附近, に六, に六波羅, に内, に内奥, に冒険, に冷酷, に出水, に初恋, に劣等感, に労働者, に勢い, に医学, に単なる, に単に, に単純, に却つて救, に却つて死, に原著者, に収穫, に受け, に古今集, に只, に同一, に否定, に善い, に国民, に国際的, に土地, に地球, に増加資本, に声色, に外, に大阪, に天国, に太閤, に夫婦, に失業, に女体, に妻, に娘, に嫌われる, に安川, に定石, に実地, に実証的, に家, に専心, に小規模, に小説, に少し, に尚, に差し当り, に己, に帝大, に常に, に幾分, に当人, に従来発見, に復活, に心, に必要以上, に必須, に思ひ, に怪塔王, に恋人, に戯曲, に手入れ, に技術家, に採掘, に摩擦, に支那人, に文化社会学, に日本人, に早く, に明治, に時に, に時間, に晩年, に普通, に最も, に最初, に最後, に朝, に材料, に根本, に權力上, に正二郎, に歩兵, に殊に, に段々, に民子, に江戸, に汽船, に源氏, に父, に特に, に狂気, に独自, に現代, に現在, に生じる, に生れた, に男, に異常, に皆, に盗んだ, に直接間接, に相違, に看過, に真実, に社会的現実, に私立探偵, に結婚, に絵, に総和, に縁, に自他共, に自分, に興趣, に花, に若い, に若干, に苦悩, に草, に表わし, に見, に見ない, に見る, に見物人, に親, に話し, に誤った, に誰, に論理的, に財産, に資本, に購買者数, に起こる, に趣味, に迷信, に通し狂言, に過去, に道, に遠慮, に重大性, に針小棒大, に随筆, に雨, に頭顱, に食えないだ, に騰貴, に鹿, に黒い, の, のどこ, のやう, の不便不幸, の余儀ない, の効果, の可能, の無意識的, の煩い, の繁忙, の誠実, の身贔負, の驚き, ばかりで, もある, やっぱり殆, やはり大きい, よりもむしろ, よりも看護人, より深刻, らしい, ガンガンと, 一しおあざやか, 却って読者, 同じ形, 弱くて, 当然の, 既に, 段々と, 立つより, 近い雪, 随分特志家, 頼まれる用事, 馴れないうち

▼ であるかは~ (546, 0.5%)

8 知らないが 7 分らない, 後に 5 分らないが, 別として, 誰も 4 これを, 容易に, 彼にも, 私は 3 不明である, 今の, 分らなかった, 判らなかった, 少しも, 彼には, 知らぬが, 簡単には, 誰しも, 誰にも

2 [32件] いうまでも, ここに, このもの, その顫, それが, それを, ともかくとして, まったくわからなかった, わからないが, わかりません, 一の, 一緒に, 今後の, 今更説明, 今私には, 判然しない, 勿論容易, 吾, 彼の, 彼女の, 明らかであろう, 明らかでない, 明らかに, 現在からは, 瑠璃子にも, 申すまでも, 知らない, 知らないけれども, 知り難い, 私には, 私にも, 自分でも

1 [399件] あとで, あなたの, あの壁, あの有名, いかなる生物学者, いつまでも, いまなお, いままで, いろいろな, うかがわれるの, おいおい読者, おのずから学問, おのずから明らか, おのづか, お判り, お前には, お時, お話が, かつてお, かつて僕, かれにも, かれも, ここで, ここでは, このアルカリ分, この場合, この戦争, この業者, この無知, この私, この等級感, これでも, こんな些細, さっきも, さっぱり分らない, さっぱり見当, さらに他, しばしば論議, しばらく秘密, すぐ解つた, すこしも, すこし前, すでにお母さん達, すでにしばしば反覆, すでに蔽う, すでに述べた, すでに重大, すでに顧慮, そこもとなどには, そのうち, その全体, その国, その場合場合, その注意, その説明, それからいくばく, それだけ, それによって, それ故, ぞんじて, ただ歴史, ただ知る, ただ研究, たちどころにわかる, た不幸, だから已に, だれにも, ちょっと想像, ついに知る, つい今しがた伸子, つきり, つきりと, つひに, とてもあなた, どうか, どうしても岸本, どうでも, どうも僕, どこで, どの国粋哲学, どんな文句, なかなか重大, はっきりと, はっきりわからない, はっきり言い, ひとり實踐, まだはっきり分っ, まだはっきり掴めませんでした, まだよくわからない, まだわからない, まだわからなかった, まだ十分つまびらか, まだ少しも, まだ知らない, まだ話, まったく疑問, みずからよく, めまぐるしくって, もとよりわかりません, もとより判り, もとより知る, もはや論外, やがて思い知る, やがて触れる, やがて読者, やがて食卓, やっぱりおわかりにならないでございましょう, やはり貴方, よくわからない, よく分ります, よく分る, よく判っ, わかった, わかって, わからず恋愛, わからない, わからない再, わからぬが, わかりませんが, わかるであろう, わざわざ論ずる, わしの, インドや, ゲーテについて, ゴマ化さない, ハツキリとは, ヨハンにも, 一も, 一八七二年に, 一切の, 一切分からなかった, 一寸理解, 一寸申, 一応保留, 一目瞭然区別され得る, 一見しない, 上に, 不完全な, 不明だった, 世人の, 世間の, 主としてこの, 之から, 了解された, 了解出来るであろう, 予想外に, 云うまでも, 云わずに, 人々が, 人々によって, 人の, 人皆これを, 今ここで, 今ここに, 今では, 今に, 今も, 今以, 今後諸, 今日でも, 今更ここ, 他の, 他日の, 何とも云え, 何よりも, 何ら関する, 何人も, 何年と, 何年前かに, 何度も, 作者には, 例の, 依然としてわからない, 信念の, 僕は, 僕らには, 充分には, 先年来すでに, 先生が, 全くそれ, 全く予知, 全く個人, 全く彼, 全く未知, 全く知りません, 其物の, 具体的作品が, 再び之, 凡そ旅, 分って, 分らなかったけれど, 分らなかつた, 分らなかつたけれど, 分り切つたこと, 判じ兼ねるが, 判って, 判らない, 判らないし, 判らないとしても, 判らなかったが, 判らぬけれど, 判らぬま, 判りよう, 判然と, 別としても, 別に, 別問題, 前の, 勿論その, 勿論知っ, 勿論誰, 化粧という, 北畠式部にも, 匪より, 医者の, 十分なる, 十分に, 十分想像し, 単なる所謂, 単に言葉, 単純には, 原文が, 又今, 合理的に, 哈爾賓じ, 問ふところでない, 問わないの, 問わぬとして, 問詰められても, 問題である, 問題でない, 問題では, 問題と, 單に, 困難な, 国民精神文化研究所という, 外でも, 多く読ん, 多分どこ, 大体推定される, 大凡気が, 夫, 女の, 子供の, 孔明の, 孤独生活者が, 完全には, 実は事物それ自身, 実は深い, 容易には, 察しられたが, 察すること, 察せられるであろうと, 常に容易, 平塚さんも, 彼らの, 彼自身にも, 後を, 御当人, 心で, 心付かない, 必ずしも明らか, 忠作の, 思はなかつた, 恐らく今, 恐らく誰, 想像され, 想像されない, 想像する, 想像に, 愼重の, 我々芸術に, 我田中首相の, 所詮われわれ, 手の, 手もとに, 探す必要, 握りの, 文字自体が, 新聞紙上で, 既に他, 既に前, 既に前章, 日本の, 明らかである, 明らかでなかった, 明確に, 明言出来ない, 暗闇の, 書かないでも, 未だ分からぬ, 未だ判明, 未だ曾, 未亡人自らが, 本文の, 本質的差異を, 林首相などに, 次に説明, 次に述べる, 次の, 次回からの, 正当には, 殆ん, 気づかないで, 永久に, 江州小谷の, 決して云い得ない, 決定出来ない, 無論わからなかった, 燃えて, 父と, 物の, 物を, 物理学で, 物語りが, 特に吟味, 猶更問題, 現実乃至, 申し上げられません, 申し上げること, 疑う余地, 疑わしくなる, 疑問である, 百足虫の, 直に読める, 相手の, 矢島さん自身も, 知らなかったの, 知らぬけれども, 知らぬとにかく, 知らぬもの, 知らぬ米, 知らね柄, 知られない, 知りませぬけれども, 知りませんけれども, 知り得べき筈, 知るところ, 知るを, 知る人, 知れないが, 知ろう筈, 確かに, 確と, 私に, 私自身には, 積極的には, 細論せずし, 繰り返して, 繰り返し指摘, 考えられて, 聡明な, 自らの, 自ら明瞭で, 自分が, 自分で, 自分にも, 自明の, 自身でも, 自身の, 良くは, 草雲の, 見られないよう, 見分けが, 見当も, 覚悟し, 解らなかった, 解らなかったが, 解らなかつたが, 解剖によるに, 言わなかった, 言を, 訊きただして, 訣らぬ, 語らなかった, 説明する, 説明を, 読者の, 読者諸君とっくに, 誰でも, 誰ひとりとして, 諸君に, 諸君も, 諸賢みずから諸賢の, 諸賢みづか, 識者の, 貴下も, 身体によって, 身體によ, 軽々には, 輕, 近日諸君の, 遂に手懸り, 遠眼鏡のみが, 醫者の, 鑑定に, 陽子には, 隨分疑問である, 頗る疑問

▼ であるところ~ (543, 0.5%)

1910 のもの 7 のあの, を見る 6 のこの, の或 5 からその, の私 4 の人間, の他 3 から, から豆腐, にある, にその, の一切, の彼, の思惟, の第, の警察部長

2 [27件] からこの, からし, から人生, から自然, にデカダンス, に存在, に形, に現代人, に真, に習慣, のかの, の一人, の例, の多く, の天然, の日常性, の療養所, の真, の破れ, の結果, の芭蕉, の若い, の虚無, の觀念, の道庵先生, の部分, もある

1 [389件] かも知れない, からいかにも, からかう, からくる誤, からこれ, からしばらく, からすれ, からそれ, からちょろり, からなるべく, からの美, からひそか, からむしろ, からもき, からわれわれ囚人, からジルノルマン氏, から今, から今度, から仏典, から作者, から俗, から先頃, から全然, から公卿, から判断, から叔父, から古典的, から四十, から大成, から察, から察しる, から少し, から帝位, から彼, から思つて, から悦子, から悩み, から或いは, から推し, から推す, から斯ん, から日時, から明治三年, から時として, から殊に, から漢字, から生ずる, から町, から発する, から県内, から社会, から科学, から自然右樣, から自然賄賂, から葉子, から蒲, から表現上, から要求, から見る, から警察, から近頃, から鉄道省主催, がお, がこの, が子供, が新, が本来, が此, が面白い, が面白く, だけが瑣末的, です, では牧師, で三日間, なども頗る, など見る, にこそ現代, にこの, にさとり, にそれ, にのみ存在, にもちろん, にもっ, に一種劇的, に不, に何, に使命, に修辞学, に値, に全, に写楽, に力強, に千両, に哲學的啓蒙, に失敗, に寧ろ, に彼等, に心, に意味, に我々, に横, に欠点, に歴史, に無理, に獨行道二十一章, に生ずる, に由来, に異常, に知識, に科学, に良心, に複雑, に西洋文学, に道徳, に面白味, のあはれ, のあらゆる, のいわゆる, のおとうさん, のお嬢様, のお祭, のぎゃあ, のこの大いなる, のこれら, のさ, のさいしょ, のさかな屋, のすこしも, のすべて, のその, のそれら, のたんなる, ののろま清次, のぶったくり, のぽ, のわれら, のアラビア・フェリックス, のアリストテレス, のイデア, のイルマタール, のウェイネモェイネン, のエンツジアスト, のゴルドン君, のシナ人, のシュライエルマッハー, のジイド, のセンチェン・ドルジェチャン, のディルタイ, のドクタア・ロオペ, のドラマ, のフォン, のヘラクライトス, のヘーゲル, のポオ, のヤマユリ, のラサ府, の一つ, の一劇団, の一種, の一部, の三上, の三角形, の不幸, の不断, の中国苦力, の主観, の乳牛, の二人, の二名, の五〇号, の五冊, の井上嘉門, の交通, の人造人間, の他人, の代議士達, の何, の俳句, の倍音, の公衆, の六条, の凹部, の凹面鏡, の出版社, の判決, の別所賀相, の勞働階級, の北アルプス, の医者, の十八歳, の卑近, の単に, の印度, の印度教, の原, の友達, の口語, の古い, の合成体, の合成體, の同学, の名, の名誉心, の向, の君, の味, の喬, の單, の図柄, の墨子, の多数, の大将首, の大衆, の女, の女性, の存在, の学生達, の完全, の宝塔, の実体, の実在, の宮廷, の家庭, の審査員, の封建制度, の小判, の小学校, の少年, の山, の山の上, の山水, の当時, の彼ら, の彼女, の御, の快活さ, の怪人丸木, の恐らく, の愛人, の感傷的, の憎悪, の戯曲, の按摩, の教育者, の数学, の旅行, の旋風, の日本書紀, の日蓮, の日頃心がけ, の普賢池, の普遍, の智識階級, の最も, の最初, の最後, の最高政治機関, の未だ, の本官, の林蔵, の柳原極堂, の植民地中国売笑婦, の植物園, の極めて, の樹, の毛利氏, の水温地温, の氷河退却時代, の氷結, の永遠, の法, の法律, の波長, の活動映画, の浙江省, の消, の無, の熊, の熊襲, の熱情, の父, の版木, の物, の独特, の猿, の玄関, の現時, の球皮, の生れつき, の生命慾, の生活秩序, の田安中納言家, の盧照鄰, の相, の真理, の眼, の着氷, の石田, の硝子, の神, の神そのもの, の神経, の私自身, の秩序, の空中美人, の竹生島詣で, の箏, の簔虫, の素質, の紳士, の綜合的, の織田信長, の缶詰, の美しく若い, の美人, の聖職者, の胃病, の能知, の自殺, の自然, の自然法則, の良識, の荏原屋敷, の莫迦, の菰田邸, の著述, の薬品, の虚無家, の蝮, の螺旋, の裸体, の西洋, の話, の諏訪池, の諸氏, の豊臣太閤, の資本主義, の質量, の赤土, の踵, の身体, の軍艦淡路, の道, の道得, の遠い, の醋, の野々村新二君, の野性的, の野蛮, の針目博士, の鉄道, の鉱毒事件, の鐘, の間, の隣人, の雑誌, の雪太郎, の雰圍氣, の電波発振器, の音調, の額, の鬼神谷, の鷲, のJPC秘密結社, は何となく, は地球上, へこうして, へこの間, へそこ, へよくよく, へ信一, へ先方, へ君, へ女, へ恰も, へ気兼ね, へ父, へ相当, へ迄も到達, へ連れ, へ酔, までは達する, まで行っ, まで辷りこむ, より生じ, をこ, を見, を見れ, を音數

▼ であるので~ (539, 0.5%)

17 彼は 8 半七 5 わたしは 4 かれら, そこに, それを, 私は 3 かれは, ござります, それが, 例の, 土地の, 多くの, 彼も

2 [33件] あつて, あまり深入り, おなじ年ごろ, お筆, お豊, きょうは, ここに, この小路, この頃, これは, そうでなく, そのままに, その中止, それは, そんな詮議, ふだんから, わたくしは, わたくしも, 一秒の, 三方四方埓も, 主人の, 佐山君は, 娘盛りの, 彼れ, 時間の, 普通の, 智能の, 沼の, 無論に, 祐道は, 自分ながら, 近所の, 高田の

1 [406件] あつた, あつたら, あなた方が, あまり詳しい, あらうか, ある時彼, いくら汽罐場, いずれも, いつの間にか顔, いやいやながらも, いわゆる天子, うまい, えさの, おもよ, おゆう, お倉, お元, お妻, お菊, お藤, お近さん, かかるもの, かかる在来, かたがたこんな, かの一組, きょうに, こういう結果, こういう軍談, ここでは, ここらへ, この不調法, この二, この図, この場合, この度, この御殿, この連中, これなら, さあと, さきを, さすがに, さのみ, したがってそれ, したがって彼ら唱門, しばらくたってから, すぐその, すぐに, すぐ便所, すべての, せいぜい彼等, せう, せうが, せめてあなた, そうでなけれ, そこの, そのおかげ, そのころ毎晩, そのよう, その仄白さ, その伝説, その妹, その子, その少女, その市, その役立たぬ, その後の, その御, その時代, その月, その筆法, その籠, その裏, その途中, その通り, その顔かたち, それから生じた, それに, それについては, それによって, それらも, ただ僕, ただ笑っ, だんだん心細, ちっとも驚かず, できるだけよい, とうとう一ケ月以上, とかくそう偉材, とかくに, どうやら支那, どこが, どこの, どの人も, どの座敷, なおさらにがにがしい, なくして, なにか都合, なまじい隠し立て, ふとおそろしい, ほとんど毎日, まさか少, まわりを, むやみに, もう少し成長, もしかう, もしや急, もしや自分, ものの, やがては, やがて後, ゆっくりと, よくその, よく見える, わが国の, わき目も, わたしも, エセックスは, カウフマン以後種々の, ハチ叩きと, フランスにおける, プトレミー, プラースマッセナ, ラジオは, ラムネを, 一つぐらいという, 一口に, 一名を, 一方に, 七ヶ月間ブラツセルに, 七郎左衛門の, 万一それ, 三人は, 三方四方埒も, 下町から, 世間一般からは, 中庭には, 丸屋の, 主人にも, 久しく京都, 久兵衛ら四人は, 之の, 之は, 九十度位だ, 事件の, 二つの, 二人は, 二十三という, 亭主は, 人々は, 人々も, 人足の, 今しがた私に, 今でも, 今夜は, 今度の, 今日の, 他から, 他の, 伊四郎は, 伜ばかりを, 何も, 何を, 侍僧は, 侍従は, 俗習に, 信長は, 信頼し, 先生は, 免れるの, 兎も, 児飼い, 全然彼, 八太郎は, 共同生活の, 其の臭気, 其を, 其交が, 兼輔は, 写真に, 出かける, 初めてそれ, 初対面の, 別に支度, 別の, 前述の, 劉は, 勅使の, 勉めて, 勘十郎は, 勿論そんな, 医者は, 十三夜稲荷と, 十五と, 十兵衛も, 千生は, 半九郎, 半分は, 博士も, 印度文字といふ, 又もやうとうとと, 反覆その, 叔母も, 叔父は, 古今藝術國に, 右の, 同夜久慈や, 同業者間, 和田の, 唯それ, 唯の, 喜兵衛は, 喜兵衛も, 單に, 団十郎や, 国家的意義においては, 場所によっては, 境内へ, 声を, 外出する, 夜なかに, 夜は, 大抵は, 大祭日や, 夫の, 夫も, 姑の, 委員は, 娘は, 婿の, 嬉しかった, 学術の, 守田勘弥は, 安心した, 安永四年に, 実はあなた, 実隆は, 客から, 家付きの, 家禄の, 容易に, 富貴などという, 寒さ凌ぎ, 寧ろ例外, 尉は, 小坂部も, 小隊全部は, 少しばかりの, 尼僧に対して, 屋敷の, 山田の, 巴里へ, 巻二十の, 市郎も, 師匠と, 常に軽薄少年ら, 幕府でも, 干宝兄弟, 年々悪妻の, 年の, 年金を, 幼い時, 広告を, 座頭が, 弥三郎は, 張は, 張も, 当時その, 彦太郎は, 彼から, 彼が, 彼女は, 従来屍体を, 従者は, 必ず驚かされる, 忠通も, 忰は, 念入に, 思うに, 思ひ切つた馬鹿, 怪しからぬ, 惣八らも, 感じに, 感情の, 我々には, 我にも, 戴は, 所詮現今, 手紙の, 技法として, 抽斎一家は, 拙者は, 播磨の, 撲殺絞殺いずれが, 文字も, 文盲とは, 新温泉場, 早速他, 昔から, 昔馴染みの, 昼も, 最初の, 朝は, 朝廷で, 朝鮮の, 木戸番も, 本来なら, 李公が, 李太郎は, 村の, 杜も, 東京の, 栄之, 構内は, 正直な, 正體, 此小路も, 武蔵は, 歴史学が, 段々と, 母は, 毎年受ける, 毎月の, 気の毒だ, 江戸じゅうの, 江戸の, 滴粒の, 漁師らも, 父が, 猛火に, 現在の, 瓜生の, 用人も, 當分親類の, 病人は, 発作の, 直ぐ義雄, 直接科學を, 石川沙弥と, 確かに, 祖師親鸞の, 神南は, 神魂飄蕩われにも, 禹貢の, 答えること, 糸いろいろの, 紋作は, 素破, 細君を, 組頭も, 結局かれ, 結局その, 結局荀子は, 結果も, 義雄は, 翌年明治元年正月に, 老女は, 聯盟総会でも, 自然に, 自然世間に, 自然勢力争いが, 自然勢力爭ひ, 自然書き改める, 若い恋人, 葡萄は, 葡萄も, 薄々は, 薄暗くから, 要りも, 親たちも, 親戚では, 訳も, 詮議は, 誰も, 誰れ, 諸人は, 講談も, 豊岡町の, 貴族は, 賊徒は, 超越的なる, 越前守も, 趙は, 足りないところ, 跳りあがっ, 車夫が, 輿入れは, 迂闊に, 追うこと, 進み寄って, 道徳が, 道楽半分数奇半分慾得ずくでなく, 郡視学たる, 采女も, 重吉の, 針仕事などは, 鈍い鋏, 長さ, 長三郎は, 長短は, 隅に, 隠し込まれたと, 隨分いい, 非常に, 馬賊の, 驚いた, 驚いて, 髷の

▼ であるかと~ (511, 0.5%)

47 いうと 33 云ふ 29 いうに 20 云うこと 16 いえば, 思うと 14 いふこと 13 いふに 12 いふと 9 云う事, 云ふと, 思われる 8 いへば, 申しますと 7 云うと, 考えて 6 云へば, 思う 5 言えば 4 思って, 思ふと, 言うと 3 いふ事, 云うに, 云えば, 言いますに

2 [23件] いいますと, いうので, 云うの, 云う点, 云ふこ, 吉次郎も, 問うて, 彼は, 思うほど, 思ふ, 申しますれば, 申せば, 目を, 私が, 考えると, 考える時, 考へた, 考へると, 言うので, 言って, 言ふ, 言へば, 訊いて

1 [167件] いいたくなる, いいますれば, いって, いひますと, いふとき, いふ点, いわゆるやっつけた, きかれると, そう問う, そう迷わざる, そして自分, その物, つくづく感じました, なると, ひそかに, ひとは, ひとはいふ, びっくりします, わからなく思って, ガンバッて, チベット政府の, ビールを, フランボーが, 中姫君, 云うのに, 云う問題, 云う画幅, 云う自省, 云その, 云ふと必ずしも, 云ふ疑, 人生の, 僕は, 刀を, 努力を, 千代松は, 半ばあきれ, 反問されるだろう, 反問した, 反問するであらう, 口惜しく思う, 同じやう, 吾, 問うたの, 問うと, 問う人, 問え, 問は, 問へば, 問わなければ, 問われたなら予, 問われたもの, 問われるだろう, 問われると, 喜平も, 大いに悦ん, 存じます, 実之, 客席の, 尋ねた, 尋ねたの, 尋ねて, 尋ねると, 尋ね頑として, 尋ね頑としてそう, 当時私かに, 彼等は, 彼等シェストーフ的者は, 思うこと, 思うの, 思えば, 思つた, 思はせられる, 思はるる艶, 思はれた, 思ひ返して, 思ふの, 思わるる艶, 思われそれ, 思われた, 思われました, 思われるとしても, 思われるの, 思われるほど, 思われる筋, 思案に, 思案の, 怪しみ尋ねた, 悲しくも, 想い一寸, 想われる, 想像し, 感心した, 慄然と, 憤りを, 憤慨し, 我は, 日本の, 早口で, 暫く考へる, 気づきその, 気を, 清二は, 煽動し, 申しますかと, 申しますに, 申しますると, 疑うに, 疑われる, 痛切に, 白石も, 瞬間それについて, 知ったとき, 研究する, 緒方は, 繹ぬる, 考えずに, 考えた, 考えたり, 考えては, 考え出したの, 考へて, 考へますと, 考へる様, 考へ出したの, 胸を, 自分は, 自分も, 見て, 見ると, 見定めようと, 言うこと, 言うの, 言う事, 言う二つ, 言う点, 言ったっても, 言ったところ, 言はれる, 言ひ得る, 言ふと, 言ふ疑ひ, 訊く, 訊くと, 訊くの, 訊ぬる, 訊ねたの, 訊ねて, 訊ねられるに, 詮索を, 詰問され, 詰責する, 説明し, 読者に, 謂へば, 讀者は, 足尾に, 身に, 追求し, 運動を, 鎌倉の, 開きなおられると, 難じだした, 驚いたの, 驚きに, 驚くこと, 驚くばかり

▼ であるかという~ (490, 0.5%)

110 ことを 50 ことは 26 ことが 20 ような 16 ことに 14 ことも 11 事は 10 ことについて, 事を 8 ことの 7 ことである 6 事が, 点に 4 事に, 事実を, 問題が 3 ことで, ことです, ことと, ことについての, ことについては, こと即ち, 問題は, 理由を

2 [11件] ことさえ, ことだった, ことな, ことに関する, ことのみ, ことや, 問題も, 問題を, 深刻な, 疑問が, 質問が

1 [138件] あの問題, あらかたの, お尋ね, こと, ことから, ことこの, ことすらも, ことそれを, ことだ, ことだけ, ことだけが, ことだけを, ことであった, ことであります, ことでした, こととは, ことなぞは, ことなど, ことについても, ことには, ことによって, ことに対する, ことまた, ことまで, ことまでも, こともちろん, こともね, ことよりかも, ことをも, ことをネ, こと云いかえれ, こと又, こと等々私は, この二つ, そういうこと, その対象, その程度, ちがいだけで, ところに, ところまで, ところまでは, と金です, のが, ような云わ, ように, わけだ, 一事に, 一例として, 不安で, 事すら, 事その, 事などを, 事について, 事についての, 事については, 事に関して, 事も, 事実の, 事実は, 事実への, 事実も, 二つの, 人に, 今日から, 仔細の, 仔細は, 典型を, 処に, 劈頭の, 動かしがたい, 区別を, 印象の, 反問が, 反省を, 哲学的議論に, 問いに, 問いよりも, 問いを, 問題だ, 問題に, 問題についての, 問題に対しては, 存在者を, 実例も, 実例をも, 実際の, 察しも, 専門的知識を, 形に, 批判については, 旧に, 根本問題に, 歴史的事実を, 歴史的地理的な, 残して, 段に, 消極的な, 点が, 点だ, 点で, 点について, 点については, 点についても, 点は, 点も, 点を, 現実の, 理由は, 理論的な, 疑いが, 疑問の, 疑点が, 相互の, 真相の, 研究は, 社会的条件を, 社会関係に迄, 空間そのものの, 第二, 結論に, 考察を, 臨症上の, 興味が, 見当が, 設問の, 証拠である, 話が, 話を, 課せられた課題, 論争は, 論理的な, 議論に, 質問に, 質問に対して, 質問を, 重大な, 関係も, 風に

▼ であるとか~ (485, 0.5%)

5 そんなこと 4 ないとかいう 3 あるひ, いって, さう, そうでない

2 [19件] いろいろな, それから彼, では, 云うこと, 云うの, 云って, 云ふ, 姿が, 小人の, 弾性である, 或ひ, 甚だしいの, 硝子から, 維新の, 美とは, 聞いて, 芸術家である, 評して, 赤裸である

1 [426件] ああいう, ああいつ, あの句, あまり風懐に, あるいはまた名誉, あるいはまた昔, あるいは何百号, あるいは作用, あるいは喜び, あるいは女売子, あるいは学生, あるいは従僕, あるいは恋愛, あるいは悲しみ, あるいは感激性, あるいは文士, あるいは時計屋, あるいは機能的関係構造, あるいは歩きぶり, あるいは死霊, あるいは知恵, あるいは絶対無, あるいは行灯, あるいは講演, あるいは長く, あるいは鳩槃陀鬼, あれが, いいその, いい得るかと, いうの, いずれも, いっそ遠流, いったな, いったふう, いや日本, いわれたが, おせんちやんである, おれには, お大名, かような, こ, これを, したならば, すだく虫, すべてそうした, すべてそうであった, すべて簡単な, すべて落ちつかぬ, そうでなけれ, そう云う, そう云った, その他各々の, その他種々の, その使, その店, その徳川家, その機械, その程度, その肉, それぞれ恩を, それではこの, それらの, そんなうわさ, そんな評判, たいていの, だいち, だから又, でそんな, でほか, で強いて, で相当, で胎児, どうかする, どうとか, どこか, どこかで, どの家, ないとか, ないとかいうだけ, なるべく先生, なんとかいう, なんとか言っ, ぼくの, または, またはよく, または一七九五年, または人口, または動物, または勝義自在, または色もの, また退職手当, まつたくもつて, もつと, やり出す, よいふう, よい墨, よい紙, インドの, ウウム, ゴルキーの, ザッハリッヒである, シナもしくは, ジレットの, スターリンの, ズボン釣りを, セイセイヤカンの, デリンジャー現象だ, ハイゼンベルクの, ハンス, パリで, ポエジイである, マクスウェルや, マドラスである, メリメその, 一々細々と, 一樹の, 一等兵曹の, 一粒の, 一視同仁である, 万世橋の, 三野村だ, 不敬に, 不義の, 不道徳的である, 世が, 世の中に, 世間の, 九州中, 乱暴である, 乳のみ, 二銭の, 云うかと, 云うので, 云う人間, 云う個々, 云う説, 云おうと, 云った, 云っても, 云つた樣な, 云ひ, 云ふこ, 云われるの, 亢ぶる, 人の, 人物の, 人間学が, 人間性の, 仇打ちである, 仇敵関係に, 今のは, 仏法を, 伝えられて, 何, 何か, 何かの, 何とかその, 何とかどんな, 何を, 何処の, 価値である, 修道院の, 偉大な, 傳へられました, 入場料が, 八百屋などの, 公明である, 其の他, 具体的事情に, 内輪事は, 分の, 分泌作用である, 単なる理想, 印象派である, 又そういう, 又はすぐ, 又はその, 又はカルカツタ, 又は何, 又は日本精神, 又は永遠的観念, 又もっと古く, 又マルクス主義, 又単に, 又形而上学, 又認識, 又高度, 友だちである, 反動的である, 口が, 同じく三枚, 同じく実践的, 名稱, 君主國體だ, 呼ぶの, 品行方正である, 唐金眼である, 唯そこ, 唯物思想である, 噂や, 噂を, 国家社会主義を, 国民の, 土俗的な, 地である, 塵も, 夕やけが, 大きな開港塲, 大蘇芳年, 天である, 天使である, 奉行を, 女中が, 女中とかいう, 女教師には, 学友会の, 守の, 宗教が, 宗教感情である, 実業家である, 客観的である, 宿命といふ, 尊いもの, 小常陸, 小説である, 少くとも, 尤もらしく, 岩とか, 己の, 平将門の, 弟である, 弟妹の, 強記である, 彼以上の, 彼等が, 径路が, 後ろ姿である, 従八位である, 微粒子である, 必ずある, 忠良である, 思いあがった, 思い返しては, 思ひあ, 思惟の, 性格の, 息を, 意志の, 憐れである, 成上がり者とか, 或いは外国, 或いは時計屋, 或いは翼, 或はそれ, 或はぶざま, 或はまた文化性, 或はまた非常, 或はフローベル, 或は于, 或は何百号, 或は便利, 或は又, 或は姿, 或は宗教家, 或は文部省, 或は画壇的, 或は非, 或月齡, 或節, 戦時保険である, 戻る氣, 手細工である, 推論しよう, 政治家で, 政治行動が, 数学が, 文化である, 斯の, 新しい処, 新刀を, 新月麝香木などと, 日本の, 日清戦争の, 昔から, 昔の, 昭和初期である, 時代的な, 時代的感覚である, 景色も, 暴ぶ, 更に今日, 最高真理の, 月の, 有機作用である, 有用である, 本所の, 本然である, 東京郊外の, 某の, 桓武天皇から, 桜沢である, 棄児である, 概念は, 権力家である, 機智である, 欧米精神である, 正当である, 正義である, 此の, 此等の, 殺げる氣, 比叡である, 気が, 気の, 気取つて, 法律家も, 活字に, 浮く氣, 深川の, 清和源氏である, 無いとか, 無いとかは, 無いとかを, 無意味である, 熊の, 特色ある, 狩場の, 猿である, 獨活土筆よめ, 王陽明學派である, 甚だしくなる, 田中喜作氏の, 申すより, 男性美の, 疑は, 発電機を, 目が, 直接に, 省作は, 着物の, 社会批評に, 私の, 科学は, 科学的である, 科学的諸, 種々の, 稲瀬川司天龍黒瀬川大, 空ける氣, 立派な, 竹の子である, 第一職業, 等々の, 等の, 筋肉が, 簡単に, 精神である, 精神的である, 紫蕨である, 経済である, 統制経済の, 絵の, 織田被官の, 美男だ, 考えたくなる処, 考えられる場合, 考える立場, 考へて, 聞きましたが, 臥蠶に, 自分が, 自己に, 自然派の, 花でも, 芸妓を, 芸術の, 芸術的である, 苗売り, 茗荷である, 菊水である, 菜の, 菠薐草である, 著名である, 蒲田駅の, 蕗の薹及び, 蕨である, 虚偽である, 行燈の, 西洋では, 要素の, 見立てらるべき, 規範である, 観察である, 言うけれども, 言うて, 言つて一番信用さるべきであらう, 言ふ, 言われるもの, 詩とは, 責任を, 賭場荒し, 赤城氏性肝臓炎とか, 農民大衆の, 迦毘羅城である, 述べそして, 述べて, 透視すなわち, 連続的でない, 道徳が, 酒を, 醜の, 野蜀葵である, 金物細工である, 鍋墨に, 開国主義であった, 間違って, 阿輸迦王, 階級的価値である, 雨である, 非ユークリッド的, 非常に, 鞍馬の, 音楽である, 須臾婦即ち, 頑固だ, 風雅に, 鷲である

▼ であるとも~ (409, 0.4%)

17 いえる 13 思った 10 いえよう, 言える 9 考えられる 7 いう, 云える, 言われる 5 いえるの, 云えよう, 源氏は 4 いえるであろう, 云うこと, 思って, 言はれ 3 いいあるいは, いって, いふ, いわれて, 云う, 思うが, 書いて, 見られる, 言へ, 言われよう

2 [24件] あるいはすべて, あるひ, いいまたは, いうこと, いえます, いへる, いへるが, 云い得る, 云えた, 云えなく, 云って, 云はれる, 云へ, 云へる, 云われる, 云われるの, 伝えられて, 思います, 思われるの, 考えられるし, 言う, 言えるだろう, 言はれた, 言われなくは

1 [220件] あったとも, あの人, あまり顔を, いいその, いい得よう, いい得られる, いい得る, いい得るであろう, いい得るの, いうが, いうし, いうの, いえない, いえないが, いえなかった, いえるが, いえるし, いえるでしょう, いえる物理学, いった, いはれるであらう, いはれるの, いひその, いひたい, いわなかった, いわれない浜, いわれました, いわれよう, いわれる, いわれるであろう, いわれ微賎, お悟り, お知り, きかされて, ご存じなく, して, せめては, その父, その連中, それらの, つかずさりとて, とんでもない, なくこう, ひそかに, またいえよう, また二十歳がらみ, また思い直され, みられるで, わからぬまま, 一般から, 中の, 中将は, 事実でない, 云いきれなかった, 云い或いは, 云い犬伏, 云い科学, 云い足した, 云うから, 云うが, 云うべきである, 云えな, 云えない, 云えるだろう, 云った, 云つて見たい, 云はれよう, 云ひ, 云ひ得られる, 云ふ, 云へるで, 云わねば, 云われて, 云われよう, 云われようが, 他人に, 伝えられた, 刈り入れる者, 勝たねば, 又すべて, 又其の, 又強み, 反省し, 噂された, 報じられて, 大臣は, 定め難い, 定義され得た, 容赦は, 富岡は, 彼の, 彼等は, 必ずしもその, 必ず言われるであろう, 思いえませんでした, 思えた, 思えません, 思える, 思ったから, 思ったこと, 思つた, 思はざるを, 思はれた, 思ふが, 思へない, 思へば, 思へアハヽヽヽ, 思わない, 思わないが, 思わぬらしい, 思われません, 思われる, 思われるので, 思召した, 悟った, 悲しいこと, 悲しんで, 感じられたので, 教えて, 断言は, 斷言は, 有益じゃ, 極言した, 歎かれ, 母である, 気づかずそこ, 深く鑿, 無限である, 申しますの, 知って, 知らずに, 知らずナンシー, 知らない, 知らぬほど, 知らぬ人, 知られまい好色, 確かには, 示すこと, 結局は, 考えた, 考えたので, 考えて, 考えられた, 考えられない, 考えられまして, 考えられるから, 考えられるだろう, 考えられるであろう, 考えられるの, 考えられ他方, 考えること, 考へざるを, 考へて, 考へられる, 考へられる節, 考へること, 聞いた, 聞かされ難攻不落, 聞くが, 自然の, 艶に, 若君は, 見え, 見えなかった, 見えるの, 見られなくは, 見られよう, 見られるであろう, 見ること, 見做, 解釈が, 言いたくなるくらいの, 言いまた, 言い伝えて, 言い切らずに, 言い得る, 言い得るでは, 言い得るもの, 言うこと, 言うの, 言えた左翼, 言えなかった, 言えなくも, 言えば, 言えます, 言えよう, 言えようか, 言えるが, 言えるであろう, 言えるであろうし, 言えるの, 言えるほど, 言った, 言ったそう, 言って, 言はる, 言ひきれない, 言ひ得るであらう, 言ふ, 言へる, 言われて, 言われぬ事, 言われようが, 言われようもし, 言われるかも, 言われ名高い, 言われ老けて, 記してない, 話の, 説く, 論じて, 貧弱である, 農夫の, 述べて, 逆説される, 道誉は, 限らない, 院は, 露知らなかった, 首肯かれる

▼ であるばかり~ (353, 0.3%)

80 では 16 でなくその 13 でなくまた 9 でなく同時に 8 でなく又 5 でなく 4 でなくそれ, でなく私, でなし 3 でなく彼, でなく後, でなく日本, で無く

2 [17件] だった, であった, である, でなくあの, でなくこの, でなくすべて, でなくむしろ, でなくイギリス, でなく三成, でなく伸子, でなく危険, でなく天下, でなく更に, でなく有害, でなく酒造家, でなく長い, なの

1 [164件] だつたの, であつ, でしょうが, でない, でない武人, でなくある, でなくいみじい, でなくいよいよ, でなくうっかり, でなくお, でなくかえって, でなくかえって全く, でなくかなり, でなくこちら, でなくすぐれた聡明, でなくそう, でなくそういう, でなくそこ, でなくそも, でなくそれ以外, でなくそれ自身, でなくつねに, でなくぼくら日本, でなくむさ苦しく, でなくやがて, でなくよし, でなくより, でなくわ, でなくわが, でなくわけても, でなくわたし, でなくわたしら皆, でなくわれわれ後生, でなくカサルス, でなくシチェードリン, でなくセミクジラ, でなくフランス中産階級, でなく一国以上, でなく一家一族, でなく一応, でなく一方, でなく一種心, でなく上演脚本, でなく世にも, でなく世の中, でなく世界文学, でなく両性, でなく中, でなく丸切り, でなく主として, でなく乱波, でなく乱脈, でなく事実, でなく事実上淡島屋, でなく云わば, でなく五里霧中, でなく何, でなく作家, でなく作者, でなく傾斜, でなく先年, でなく全然, でなく公卿衆, でなく其, でなく円本出版屋, でなく別, でなく前, でなく努力, でなく励まして, でなく卓越, でなく協力者, でなく却, でなく古府中, でなく同じ, でなく名古屋, でなく君, でなく和歌, でなく商人, でなく商魂商策, でなく啻に, でなく団体, でなく困つたこと, でなく壁, でなく外, でなく大いに, でなく大戦, でなく妻籠脇本陣, でなく娘, でなく実に, でなく実際, でなく客, でなく實際, でなく實驗, でなく寧ろ, でなく平素世間, でなく幾多, でなく彼女, でなく往々, でなく從來, でなく心理的, でなく念流, でなく恐らく, でなく悪い, でなく愛子, でなく感動, でなく戦術, でなく批評, でなく捕物帳, でなく教学, でなく文学, でなく方法, でなく日本新劇, でなく日本海, でなく日本精神, でなく日頃他人, でなく時には, でなく曲, でなく書中, でなく本人, でなく村, でなく東京放送局, でなく検察, でなく機械, でなく次, でなく気, でなく永遠, でなく法善寺, でなく演劇自体, でなく現在, でなく直接自分, でなく真理, でなく社会, でなく社会事業家, でなく社会的現実, でなく神経的, でなく秋田犬, でなく程度, でなく第, でなく篤胤, でなく總, でなく而, でなく自然科学, でなく英国, でなく覗き眼鏡, でなく誤謬, でなく諸侯, でなく豪傑, でなく貴紳豪族, でなく軍学, でなく農家, でなく農業, でなく農業化学, でなく途中, でなく野氷, でなく門下, でなく間, でなく電車, でなく風雅, でなく馬庭念流, で世, で写真, で役人, で病人, なんだ

▼ であるだけに~ (350, 0.3%)

6 私は 3 ここの 2 そこに, そのかげ, その秘密, それが, 他の, 伸子は, 彼の, 横からも, 相当の, 草花類の

1 [321件] あせって, あなたの, あまり朗らか, あらためて死生, ある程度の, あんまり手数, いくらか, いち早くこの, いっそうかわいがった, いっそう困る, いっそう実証的, いよい, いよいよその, いよいよそれ, いよいよ好い, いろいろな, お幸, お洒落な, お雪, かえって事実, かえって始末, かえって必死, かえって科学, かしこまって, かなりに, かなり道楽, きっとおもしろい, きょうはことさらそれがにぎやかなのかもしれない, ここでは, こっそりと, ことさらすげなく, このモールス翁, この二人, この再婚, この実地論, この平凡, この思想政治, この点, この誤植はちよ, この近所, これからの, こんな場合, こんな心持ち, さきに, そういう気, そういう相手, そうした時期, そうしてその, そのう, その不幸, その中, その人, その古い, その外見, その夜, その家中, その成果, その本城, その機能, その気の毒さ, その気疲労, その狼狽ぶり, その祖母, その苦しみ, その責任, その酔っ払い, その頭, それからそれ, それだけに大胆, それだけ実質的, それに, それを, だ, つい言葉, どうかこの, どうも一枚, どこか, どちらかと, どの人の, どの人も, どんな重い, なおさら捨場, なおよく, なほさらよく, なんとし, なんとなく小娘頃, ねちねちした, ねびた嫌味, はるかに, ひとから, ひと息に, ますます彼ら, ますます聴衆, またその道, また人生, また最も, まだ極度, まだ通じ合う, みな相当の, むしろ人生, むしろ極端, もしやかの, ゆだ, よけい卑屈, わざとらしい見せ掛け, わたしの, インド教の, クリストフが, ジャーナリズム化が, ダイヤモンド仲買人が, トム公は, パリの, 一層あ, 一層ここら, 一層の, 一層不愉快, 一層権右衛門, 一層気味悪い, 一層醜く, 一応承, 一方に, 一旦きめた, 一時に, 一番重要な, 一般好, 三十畳ぐらいは, 中尉の, 之を, 争議自身としては, 事柄が, 二時間の, 二百年を, 二股侍と, 云うまでも, 今日の, 伊佐子さんは, 何か, 何から, 何となく淋しい, 何等かの, 余計強く, 個人の, 偶然に, 僕が, 先づこつ, 全身的な, 其工業に, 冒険心に, 凄味が, 分りよく, 刺激不十分に, 前日に, 効果は, 十兵衛は, 半七, 半七ら, 半蔵の, 却って私, 却つて筆の, 原始的な, 厭さが, 取り調べに, 可成動き, 喜平も, 四五十人も, 困難な, 外で, 外国から, 外来の, 外見は, 多少なりとも若い, 大切であり, 大変苦しみが, 大阪方の, 天與の, 夫人は, 女の, 如才が, 妙な, 妙に, 妹の, 娘を, 子の, 子供心にも, 存外に, 家族一同, 容易な, 富岡は, 寒々と, 寧ろ白面, 寺町の, 少しでも, 尚いけない, 尚さら怖し, 尚更嘘, 屋根の, 山姥も, 差し当りどう, 平助は, 座は, 庸三は, 弁者にも, 彼には, 彼は, 彼を, 彼女は, 彼等の, 従って官吏社会, 心の, 心は, 必要以上に, 忍びない, 忘却しつくし, 思わず眼, 急き込むところ, 性質が, 恐ろしさ, 悪いたくらみ, 愈々卑俗, 慰めと, 打込むこと, 持彦は, 探偵小説の, 放って, 政治とは, 教育に, 整然と情理, 新子は, 旅館とは, 昌作には, 晩年の, 普通の, 最初の, 有名な, 本当の, 柿江が, 根強い意趣, 槇原も, 権者である, 止めること, 此の, 残んの, 母としての, 民衆は, 気がついても, 気にも, 江戸時代の, 洗煉され, 流れるよう, 浜主の, 温い酒, 無事である, 熱度が, 父の, 父兄の, 特にもの, 特別の, 狂言全体の, 狭い廊下, 理論的な, 甚五郎は, 町役人からも, 異様な, 直接親しみ, 相互関係を, 真面目に, 矢代には, 知意に, 知識社会学が, 碌々たる, 祖先に, 私たちには, 穂積博士の, 競争が, 筋ばかり, 米友としても, 絵師たちは, 綾衣の, 縮図帖は, 罪の, 美術に, 義兄の, 聞いて, 肩から, 自分の, 自分自身の, 自然かれ, 自転車に, 芝居の, 苛れったい, 落ちて, 落つかれぬの, 血ぐさい身装や, 衛兵も, 表面は, 複雑な, 見渡したところ色彩, 観客群衆の, 言葉には, 記事に, 誰も, 諦めも, 變な, 踊りよりも, 踏みやぶるわけ, 軽蔑せず, 近所でも, 逆に, 速水の, 過ぎ去った日, 遠い過去, 野狐の, 金蔵が, 銀子は, 鎌倉に, 開業日が, 非常に, 面白いこと, 頼もしくも, 食物の, 鬼気ないしは

▼ であるやう~ (321, 0.3%)

2216 な気 13 に思はれる 11 な氣 8 に思はれた 7 だ, に思ふ 6 に思はれ, に見える 4 に此 3 である, な氣持, にも思はれた, に思へる, に見え

2 [22件] な, なさ, な場合, な満足さ, な美しい, な遠, にお, にさ, にする, にその, に人生, に心, に思, に思つて, に思へた, に感じられ, に申しました, に私, に考へ, に考へられ, に自分, に言

1 [162件] だが, だけれど, であつ, でありますが, ですが, で又, で実は, ないかつい, なこと, なすこし, なせつない口惜しい, ななつかし, なほこり, なもの, な一人, な例, な傲慢無礼, な優越感, な勇みきつた, な動物的, な北, な妙, な寂し, な寂しい, な對象, な影, な心, な心地, な心持, な思ひに, な性質, な愚昧, な感じ, な感銘, な慌, な時代, な未來, な沈默, な温泉地, な生, な生産, な當然, な童話, な考へ方生き方, な自分, な親しみ, な邪推, な錯覚さ, な顔, にあらゆる, にいとも, におよそ, にこの, にこれ, にしか考へられなかつた, にすべて, にすら思はれた, にすら考へる, にただ, にだ, にと, にと何處, にと山, になりたい, には思はれなく, にほんとに, にも聞いた, によい, にわざと, に一つ一つ, に一生懸命, に交際, に人間, に今日美術, に低い, に何, に何人, に俺, に傍, に働ら, に全身, に別々, に制約, に努力, に動物, に叫んだ, に史記, に基礎, に大きく, に夫人, に宿命, に富岡, に小池, に幼い, に彼女, に彼等, に忠興, に思つた, に思はる, に思はれます, に思ひ, に思ひこみ, に思ひます, に思へ, に思辨哲學, に想, に想像, に愛, に愛情, に感じ, に感じさせる, に感じた, に感じました, に感じられた, に感じられる, に感じ始めました, に折, に振舞, に旅, に日本, に更に, に書かれ, に東洋文化, に東洋的自然, に此句, に此青年, に母, に深, に無理, に熱狂, に現在, に瑠璃子夫人, に生々, に真に, に眼蓋, に確信, に神, に私自身, に私達, に空虚, に窺はる, に第, に純, に素子, に美術国, に老い, に聽, に自ら, に自己本来, に要するに, に見えた, に見えます, に見かけます, に見ゆる, に親しく, に言葉自体, に調子, に長く, に非, に願, に駭, やく一時過ぎ

▼ であると共に~ (318, 0.3%)

5 他方に 3 自分の

2 [15件] 一種の, 不道徳である, 他の, 出口である, 又一つ, 同時に又, 存在である, 彼等の, 得難い友人, 或る, 新しい技術的目的, 真に驚くべき, 着るの, 精神であり, 誰の

1 [280件] あらゆるリベラリズム, うしろめたい, お秀, お葉, かなりセンチメンタル, きわめて色彩的, けさの, こういう事情, ことわざでも, この, この一行, この郷, これは, すでに一つ, そうした人々, そこは, そのため, そのはたらき, その人自身, その人間, その使用, その同じ関係, その有力, その槍, その知られざる, その行動, それが, それと, それは, そればかり, どういう意味, なお至極, なにかの, ぬきさ, ひ, まことに根, またこの, またすべて, また一つ, また一度, また人間, また偏狭, また同様, また尾瀬, また強い, また恐ろしい, また明治, また最も, また本, また津軽, また深刻, また蠱惑的, みごとに, みまの, むしろより, より多く, より美, わが国の, わが退屈男早乙女主水, イデオロギーの, イデオロギー一般の, ジヤアナリズムの, スモーキングルームだ, ソナタ形式の, ハイドンの, マイナスな, ワルターの, 一つの, 一切を, 一定の, 一度こっち, 一方には, 一日の, 一時的な, 一般的な, 一面は, 七瀬にとっても, 三人が, 下情に, 不健康でも, 不忠でも, 世界の, 世界的であり, 世界観の, 丹後風土記には, 之が, 之と, 之を, 事業でも, 交番所であり, 亦これ, 人に, 人事を, 人間で, 人間として, 人間の, 人類的であり, 今一つは, 今日此の, 他方では, 他方どこまでも, 他方同時に, 他面に, 他面においては, 他面之を, 何時まで, 余程長く, 作らるべき品, 個人的存在を, 全曲の, 内から, 内的人間である, 単なる物体, 又やがて, 又イデオロギー, 又イデオロギー形態, 又一世紀, 又主人公, 又同時に特に, 又大きな, 又少し, 又心理, 又最後, 又虚偽意識, 又規範, 又認識理論上, 叔父の, 古くは, 古語でも, 合理的でなけれ, 同時に他方文化的, 同時に吾, 同時に普通, 同時代人, 名状すべからざる, 否ある, 吸血鬼的の, 哲学の, 善良なる, 国家主義者である, 国語に対する, 多少の, 多感的であらね, 多数以上の, 夜更しが, 大伴氏自身に, 大政治家, 大新聞人, 天下に対して, 夫は, 好色だった, 妨碍者である, 宇宙全体な, 実に一つ, 実は今一つ, 客觀である, 宣教の, 家庭に, 家附の, 富の, 専門家ならぬ, 将来我々の, 尋常茶飯の, 巫女も, 帰納的であり, 幇間でも, 広告宣伝文以外に, 建設者と, 当然又自由主義的, 彼自身の, 後の, 従来の, 必らず, 恐ろしく勿体ない, 悲惨である, 情意的でなけれ, 批評記事の, 教導でなけれ, 散歩道であり, 数学教育の, 文化が, 文学としての, 文學で, 斯う, 斯様な, 新しき社会, 新聞が, 新進を, 日つぎの, 日本の, 日本主義者である, 日本人の, 日本始まつ, 明治の, 時代に, 晩年の, 更に熱心, 曹操の, 最も大切, 最も面白かっ, 朝廷の, 未来を, 松村彼自らも, 林崎甚助にとって, 根本弱点で, 極めて意味, 極めて新しい, 権利である, 歌枕は, 歐州大陸の, 死に対しても, 歿く, 民謡集である, 永遠なる, 波動である, 湧くが, 演出家であり, 演繹的である, 漢以來の, 牧への, 物語によって, 特に深甚, 特殊的な, 猿楽の, 現下の, 現代の, 現在の, 現實世界, 生命の, 生物学主義的な, 用意周到な, 田辺哲学の, 町の, 異国も, 登山の, 直ちに又, 直觀的, 真に一視同仁, 真の, 真面目で, 社会は, 社会的な, 社会的に, 社会的作家である, 神である, 私にとっては, 私には, 科学的研究方法である, 精神の, 精神的にも, 絶大の, 老い傾いた, 考えらるる, 聡明でなく, 腹立しかった, 臆病で, 自ら神言を, 自分たちの, 自衛戦でも, 製作の, 誘惑的で, 貴重な, 資本主義の, 質に, 超越的内在である, 身だしなみも, 身に, 軍人な, 逆に, 遥かに, 部分, 郷里では, 酒の, 関係的であり, 陶器の, 非常に, 革新派でなく, 飽迄も, 髪の毛の, 魂の

▼ である以上~ (293, 0.3%)

3 に, は, はその, はそれ, は人間, 或る

2 [11件] そしてこの, そしてそれ, のもの, の意味, はこれ, はせいぜい, はどこ, は必ず, は誰, 固より, 殺された大尉殿

1 [253件] あくまでも探査, ある意味, ある程度までは, いかなるたい, いかなる漢字, いつも, いつ出張, いづれも, かかるもの, かかる概念, かならず互いに親交, かれに, かれら, こういうもの, こうした, こうした崩壊, こうした相互研究, このこと, この一台, この事件, この云い表わし, この劇団, この危急, この女らしい, この時代, この活力, この狭義, この私, この立場, この願望, これから先何年交際, さらにまた, すでにその, そうある, そうして人, そうな, そうやすやすと, そして最後, そして直観, その, そのわが身, そのイメージ, その中, その体系, その作物, その孔子, その對象, その性格的短所, その態度, その所作, その節度, その罪科, その者, その行為, その覚悟如何, その親, その觀念, その記録, その身自体, その鼻, それに一度, そんな制度, ただくそ, たとい将軍家, たとい死体, たとい表沙汰, たとえ当方, たまたま生じたあり, つまりいろいろ, であると, とうぜんその, とてもそれ, どうして日本的, どう狹, どんなにおぼえた, どんなに忌まわしい, どんなに超, なまじいに, なんとか声, なんとでも, にかれ, にはほとんど何ら, には一方, には悉く, にみなさん, に何, に出ない, に悩ましい, に政治家, に時代, に暑く, に残酷, に瞑想, に私ら, に苦しい, の力, はいかに, はいくら, はいつもいつも, はきみ, はこうした, はこれから, はこんな, はすべて, はそう, はとうてい, はとき, はどうにか, はどんなに, はなるべく, はみな, はわれわれ, は一人, は一生出世, は一種, は一般, は之, は二分間, は人情, は今, は今後, は何, は何とか, は何らかの, は余, は依子, は先生, は全然, は共謀, は内容, は出世, は別, は到底心から, は勝て, は去年, は同様, は否, は善い, は喧嘩, は国師岳, は圏, は地面, は城下, は変らない, は多分, は大いに, は好悪, は如何, は客観, は客達, は家長, は工夫, は形態, は彼ら金持, は従わなく, は御, は心, は技巧, は政治, は断じて, は昔, は本, は本当, は林さん, は武門, は死ぬる, は水, は決して, は無意味, は疾病, は相手, は真, は神, は祭り, は私, は科学的, は種々, は空間, は自分, は自己, は自然派, は若かっ, は西洋人風呂, は評家, は読者, は貴方, は趣意, は食わなけれ, まだその, むしろその, もう一度岸本, もはやそれ以上, やむをえないこと, よい作品, わが歌舞伎劇, を求められない, 一応は, 主として經學, 之は論理的, 今更そうした, 仲よくしましょう, 作られた作品, 先ずこの, 先ず例, 全然現実, 全然踊らぬ, 其の社会, 勿論夫, 勿論退屈男, 却って何, 又優秀, 各部分, 同じもの, 同じ国土, 唯そのままに, 多少は, 如何なる名, 寧ろ一般, 寧ろ是, 少くとも, 広い意味, 強いという, 当然そうならざる, 当然な, 当然やるで, 当然至極, 御流儀, 必ず, 必ず男, 忽ちやられる, 悪くない, 感じるだろうと, 慣れた名, 憎みあうの, 打ち直される時期, 捕えた手, 早仕舞い, 暑いとき, 書かなければ, 決して全智全能, 決して大した, 無論公平無私, 然かも, 現にその, 生き抜くこと, 考へて, 若しこれ, 見つけた者, 解けるはず, 言うまでもなかろう, 論ずる所, 非存在, 食わずに

▼ である場合~ (288, 0.3%)

22 が多い 10 もある 7 がある, にはその 5 が少く 4 にはそれ 3 には云々

2 [22件] があり得る, が多かっ, が存在, しかない, とない, ならば, にこの, にその, にのみ知性的, には, にはこれ, にはそんな, には市場, には彼, には特に, には翻訳, は, はその, は党派的執着, は別, もあり, もあろう

1 [186件] およそ何人たる, かでなけれ, かれは, か俳優, があっ, がそれ, がたいへん, がない, がはなはだ, がよく, が一番気, が出, が多, が多く, が尠, が屡々, が極めて, が珍しく, が見出される, このよう, さえある, ぜひなく, その質問, その近代的特性, それによ, である, でさえもその, でさえ依然として, でしかあり得ない, でもわれわれ, でも病気, と, とすれ, ともう, とを含ん, と同一, と同様, と発見, などにはやんごとなき, などはこれ, にいろいろ, においてさえ人, においても, において彼, にこれらすべて, にせよ, にだけそう, についていわなかった, にである, にでも我々, にのみあり得る, にのみその, にのみ精神的拷問, にのみ芸術家, にはいっそうもっとも, にはおよそ, にはかえって, にはこうした, にはとりわけ, にはどう, にはもっとも, には一層, には交換者, には人事, には他人, には全く, には其の, には十分警戒, には始め, には存外, には少し, には少なくとも, には山口自身, には常に, には当人, には必ず, には憲法, には文明的, には時として, には普通, には未来, には比較的, には決して, には渾然, には特にそう, には狡猾, には生前, には直ちに, には相当, には相手, には知らず, には社会主義, には私, には笑い, には自然科学者, には詭弁, には誤解, には赤城神, には間違, にもおこり, にも必ず, にも採るべき, にも疑はるべき, にも祭, にも許されなけれ, によること, に一等, に三六分の一, に助かる, に右, に子, に当り, に捨て, に於, に是非, に最も, に死屍, に殊に, に泣く, に生ずべき, に発生, に知らず, に読者, に論議, に限られ, に限るだろう, のほか, の方, はいっそう, はこの, はこれ, はこんな, はすでに, はない, はまた, はまだ, はまったく, はもはや, はよい, は今度, は勿論, は即ち, は多い, は多かれ少かれ, は多く, は夫婦, は戦争, は文部省, は明晰, は殺人, は猶, は益々そう, は稀, は芸術性, は随分, も, もあります, もあるであらう, もしばしば, もすくなく, もずいぶん, もその, もよそ, も同様, も多い, も大変, も存在, も少なく, も常に, も許されなけれ, よりも気楽, をも研究, を向, を斥け, を沢山, を注意, を考える, を考へ, を考察, 勿論それ, 多くジャーナリスティック, 当然文化的自由主義, 殊に真, 無戒, 特に目立つ, 若し四字

▼ である~ (263, 0.2%)

5 はこの 4 の家, はその 3 は今

2 [23件] が, があの, がその, というもの, なども現在語, にふさわしく, のいわゆる, のやう, の仕事, の友人, の口, の心, の眼, の食卓, は, はそれ, は先ず, は川下, は幸福, は感泣, は空気, は風景, も何

1 [201件] からみれ, がこの, がどう, がどうして, がほね, がタイ, がドイツ兵, が不幸, が先年巴里, が党外, が別個, が叱, が少し, が彼等, が怒っ, が政談演説, が時々, が最初, が東宮, が梶井, が牛, が特に, が縦令, が考え, が酒, が長い, この二人, だけで, でさ, という人物, としてはなんとか, とのいきさつ, と母, などには時, なども半, にすらつくづく, にだけは是非, については何, にとっては無, には, にはそれ, には少し, には決して, には腕, に不, に会い, に取っ, に向っ, に昔, に是非, に最大, に特別, に自分, のほか, の俳句, の入, の場合, の女, の妻, の妻房枝, の学資, の屋根, の幼年時代, の弟, の心持, の態度, の所, の手, の接した, の撮影, の故郷, の敍情詩, の方, の日々, の書く, の望ん, の横暴, の母, の気持ち, の物語, の生きるべき, の生活, の画風, の番, の目, の祖母, の答弁, の結婚, の義弟, の自画自賛, の貧乏, の部屋, の風体, の首, はいつも, はかえって, はかつて, はここ, はこんな, はさう, はしば, はそれほど, はそんな, はそんなふうに, はぢ, はばけ, はひたむき, はふと, はほん, はまた, はよき, はナポリ, はラスキン, は不健康, は主として, は之, は二人, は今日, は今更, は今頃, は他日, は何かしら, は俳人, は先づそこで, は入浴好き, は口, は君, は国元, は外国, は多少, は大, は娘, は孤独, は孤立, は家庭争議, は寂然不動, は寝床, は小さい, は山腹, は巷, は常にそう, は幸, は幼少, は弱らない, は当然, は彼, は彼女, は彼女等, は後悔, は思ふ, は悠々, は我儘, は手, は探偵小説, は文字, は日本人, は昨日, は時又, は此, は歴史, は無論, は熊沢氏, は父, は眠っ, は眠つて, は私, は科白, は答えた, は純真, は絶壁, は自, は自分, は自戒自粛, は自由, は蚊帳, は諸君, は貧乏, は辷る, は長寿必, は関心, は非人情的, は靴, は頭, への気がね, もいよ, もそれ, も一人, も幸, も庵, も愉し, も案外, も立ちどま, も自分, をいぶかり, を動機, を待ち焦れ, を承服, を敵, を模, を罪人, を除い

▼ であるにも~ (262, 0.2%)

9 拘らずその 6 かかわらずその, 関はらず, 関らず 3 かかわらず, かかわらずそれ, せよ, せよそれ, 係はらず, 拘らず, 拘らずそれ

2 [12件] かかわらずこれ, かかわらずわれわれ, かかわらず彼, せよ自分, 拘らずここ, 拘らずこの, 拘らず一向, 拘らず何等, 拘らず却って, 拘らず彼, 拘らず決して, 関せず

1 [190件] かかはらず, かかわらずあそこ, かかわらずあの, かかわらずいまや, かかわらずおそらく, かかわらずおのれ, かかわらずかく, かかわらずすでに, かかわらずそこ, かかわらずその道, かかわらずとかく, かかわらずなぜ, かかわらずふとした, かかわらずべつに, かかわらずコンナ, かかわらずベアトリーチェ, かかわらず一片, かかわらず一種固有, かかわらず世人, かかわらず世界, かかわらず世間, かかわらず二十年来, かかわらず人々, かかわらず今度, かかわらず今日, かかわらず他, かかわらず何, かかわらず係官, かかわらず先, かかわらず友だち, かかわらず吉田内閣積年, かかわらず吉野山雪中, かかわらず同, かかわらず和算家, かかわらず商店, かかわらず多く, かかわらず太平洋, かかわらず安田氏, かかわらず少し, かかわらず床, かかわらず当時懐疑的, かかわらず彼自身, かかわらず文芸的作用, かかわらず昨今, かかわらず普遍性, かかわらず極度, かかわらず歴史的時間, かかわらず毎月, かかわらず火花, かかわらず玄内さま, かかわらず現に, かかわらず現状, かかわらず神社, かかわらず神社仏閣, かかわらず私, かかわらず穀物, かかわらず総体, かかわらず胸, かかわらず薄い, かかわらず説き難き, かかわらず謙信, かかわらず貧乏, かかわらず近頃こう, かかわらず飢饉, しろその, しろ世慣れぬ妹, しろ大学, しろ彼ら, しろ政治家, しろ現実, せよけさ, せよこれ, せよすこし, せよそこ, せよとうてい, せよもしも, せよコナン, せよ一ぱい, せよ一概に, せよ全体, せよ好き, せよ最初, せよ死, せよ無い, せよ現実的, せよ葉子, せよ進んで, せよ金蔵, めげずかがりの, 係わらず保険会社, 係わらず忍んで, 拘はらずその, 拘はらず不安, 拘はらず今日, 拘はらず全く, 拘はらず初め, 拘はらず思はず今, 拘はらず比較的, 拘はらず甚だ, 拘はらず私, 拘はらず薩摩上布, 拘はらず話しかけようと, 拘らずそれ自身, 拘らずどこ, 拘らずふと, 拘らずより, 拘らずわれ, 拘らずイワン, 拘らずオランダ人, 拘らずドイツ人, 拘らずベエコン兄弟, 拘らず両者, 拘らず主義主張, 拘らず二つ, 拘らず于嗟, 拘らず今, 拘らず任意, 拘らず何時も, 拘らず依然として, 拘らず元, 拘らず共通, 拘らず十八, 拘らず千数百カロリー, 拘らず即ち, 拘らず又, 拘らず受賞, 拘らず否, 拘らず吾, 拘らず四十, 拘らず宗教, 拘らず実在, 拘らず客観性, 拘らず弱点, 拘らず形式的, 拘らず後世, 拘らず徒ら, 拘らず意識, 拘らず手伝い, 拘らず抽象的, 拘らず斉, 拘らず日常低俗, 拘らず時間そのもの, 拘らず本当は, 拘らず桓公, 拘らず極めて, 拘らず此, 拘らず法隆寺, 拘らず父, 拘らず狐, 拘らず甚だ, 拘らず生活程度, 拘らず盛, 拘らず盛ん, 拘らず直線性, 拘らず眼鏡, 拘らず矢張り一種, 拘らず神, 拘らず秋三, 拘らず科学, 拘らず科学的精神, 拘らず稀薄, 拘らず組織的, 拘らず結局, 拘らず結局従来, 拘らず総理大臣, 拘らず脚絆, 拘らず虚偽論, 拘らず観察, 拘らず論理自身, 拘らず講釈師, 拘らず資本主義自身, 拘らず閣僚誰一人, 拘らず附近, 拘らず青年, 拘らず香, 拘わらずその, 拘わらずフランス古代劇, 拘わらず不安, 拘わらず今日, 拘わらず大阪方, 拘わらず子, 拘わらず心臓, 拘わらず戦争, 拘わらず肉, 拘わらず薩摩上布, 拘わらず話しかけようと, 拘わらず趣味, 拘わらず頽廃, 関わらずこの, 驚きそこ

▼ であるのみ~ (230, 0.2%)

22 ならずその 16 ならずまた 6 だつた 5 では, ならずこの, ならずそれ 4 でなくまた, ならずこれ 3 であつ, である, ならず又 2 だ, でなくむしろ, でなく宗教的, でなく精神, ならず, ならずあらゆる, ならず一方, ならず日本, ならず現在, ならず遥か

1 [134件] だった, であって, でありそれ以外, であんなに, でなくさらに, でなくどことなく, でなくカント, でなく全, でなく同時に, でなく政治的, でなく更に, でなく朝廷, でなく本質, でなく父祖四代, ならずあまつさえ, ならずおそらく, ならずかかる, ならずかなり, ならずこういう, ならずさ, ならずそういう, ならずそこ, ならずその間, ならずそれに, ならずそれら, ならずそんな, ならずたしかに, ならずてんで, ならずときには, ならずともすれば, ならずどうも, ならずどこ, ならずなお, ならずよく, ならずチベット一般, ならずモスコオ, ならず一册, ならず一般師団, ならず三時間, ならず不具, ならず不可能, ならず世界, ならず事実上, ならず二年後, ならず互に, ならず五十年, ならず今川五郎氏親, ならず会話, ならず何, ならず其自我, ならず凡て, ならず到るところ清潔, ならず前, ならず勝頼, ならず叡山, ならず同時に, ならず吾, ならず唾, ならず地方, ならず壮丁, ならず外, ならず外国人, ならず天上, ならず始めて, ならず孫堅, ならず実に, ならず実隆, ならず實際重大, ならず將軍, ならず川, ならず幽か, ならず引いて, ならず役人, ならず彼等, ならず後世, ならず心理的体験, ならず恐らく, ならず情性, ならず意識, ならず所謂, ならず抑, ならず支那, ならず斉信, ならず日數, ならず明治以後, ならず星, ならず時, ならず月, ならず未だ, ならず本人自身, ならず本来私, ならず東京, ならず枢軸国, ならず架空, ならず極めて, ならず樞軸國, ならず欧米各国, ならず歴史, ならず毎日役所, ならず活火山, ならず無意識的, ならず焦点距離, ならず特に, ならず現代日本, ならず生きもの, ならず由子, ならず画面, ならず社会政策上, ならず神代, ならず私, ならず私自身, ならず私達, ならず秋田さん, ならず種々, ならず立體心理學, ならず竜, ならず簡單, ならず罪深き, ならず聞けば, ならず肖柏, ならず脚色, ならず自分, ならず自分ら, ならず良心, ならず色彩, ならず董仲舒, ならず西, ならず貴族, ならず軍隊, ならず近代思潮, ならず近頃, ならず進んで, ならず難局, ならず非常

▼ であるからと~ (225, 0.2%)

62 云って 26 いって 12 思って 7 言って 5 いうので 4 思召し 3 いうこと, いつて, 源氏は

2 [14件] いうだけ, いうだけの, いうて, いふわけ, お思い, 中の, 云ふ, 弁は, 彼は, 思うと, 機先を, 申して, 考えて, 薫は

1 [72件] いうの, いうばかり, いうよりも, いつもゆとり, いふので, おこえ, かわいく二条, かわいそうである, ことさらこの, こんなこと, しきりに丑松, そうお, そう云う, そう恥, その心得, そんなこと, たとえば肝心, なんとなく今日, 不快に, 世界的低, 云う理由, 云えない, 云えないでしょうか, 云った, 云つてそれを, 云つて然し, 云つて農村本来の, 仰せられ女史, 冷静に, 取り敢えず上意, 同情し, 大姫君, 大将は, 夫人に, 夫人は, 寛大に, 少将は, 忍耐を, 思いあまり人, 思いいよいよ, 思いすばやく, 思い姫君, 思い少し, 思い左近少将, 思い直した, 思い続け小, 思うこと, 思うて, 思う羞恥心, 思ったの, 思つて居た, 惟光は, 教え諭したので, 毎日牢屋から, 現在の, 私が, 答えて, 結論で, 考えられる, 自身の, 見て, 見合いを, 解釈し, 言いもし, 言うばかり, 言うより, 言う理由, 言った, 言つてそれ故, 言つて奉行の, 言つて拒絶し, 謂つてとりなし

▼ であるけれど~ (224, 0.2%)

3 それは

2 [11件] このホテル, これに, これは, これも, それが, それを, 二十年後の, 人生の, 何う, 余は, 健康の

1 [199件] ある程度までの, あれなら, い, いったい飯綱権現, いまは, いま入っ, いよいよ夫, おふみ, かれらはじぶん, この一両年, この年, この朝, この賃銀, これが, これで, ごとごとごとと, さは, しかし孤独, しかし日本海, じつを, そう言われ, そこに, そのよう, そのソロ, その中, その代り, その公保, その初め, その囲炉裏, その女, その娯楽, その手ほどき, その教材, その日, その男, その組織, その翌年姉小路中将, その賢, それでいてなおなんとなく, それでも善く, それとても, それにしてもこの, そればかり, それより, それ以外の, どう双方, なにを, なんでも, はっきりいま, またそうとうに, またまる, もうその, もう利根, もし本人, やつぱり默つて居る, やつぱり黙つ, やはりまだ永く, オデッサは, ジェーンの, ターネフ一味も, ナニ熱心に, 一人の, 一縉紳の, 三人乗り込む, 三月から, 上州の, 下では, 不思議な, 与八は, 世に怖, 主人公の, 事実は, 二度三度戸口に, 今きょうの, 今は, 今度の, 伸子は, 何と云う, 何に, 何を, 例えば今日, 僕は, 僕らは, 充分の, 全く世界, 六年も, 其の意外, 其以後の, 其処は, 其吾妻鏡に, 其處は, 内気の, 初めの, 初めは, 到底京, 力の, 加工品の, 北満, 十人や, 厩橋城下の, 又其の, 咽から, 唯蜀陣営, 問題が, 四寸の, 回を, 大熊老人は, 奥様は, 女は, 娘である, 婆さんの, 実はこれ, 実隆は, 実際においては, 実際は, 家に, 寒い日, 實業にかけては, 少くとも, 少しも, 岩が, 左の, 左手には, 当時の, 彫塑や, 彼女は, 後世の, 後者の, 恐怖の, 投げ輪, 日本の, 昔は, 時機が, 時空的な, 最古くからあつ, 朝鮮の, 東京大根は, 此の, 此等の, 残り二帖に, 毎日早くから, 気持を, 決して妻, 決して決してそうでない, 清次郎を, 瀞場の, 物好きドコロでは, 物理を, 生憎このごろ, 甲斐が, 登山者の, 白根山も, 直接その, 神様が, 神樣が, 神通力を, 私が, 私などには, 私は, 私を, 純美な, 終に千秋, 続いて, 翻訳技術は, 能く, 自分たちとても, 自分の, 若し此ぶらんこ, 茶店や, 華やかな, 薫の, 蚤の, 要するに鶯, 試験さへ, 読み終つた後, 誰も, 調子が, 調理に, 資本主から, 資本家から, 賢彌, 身持は, 農業の, 辻つまが, 道九郎それに, 遠い前後, 遠からず, 遠く榛名の, 鎌倉時代には, 雀右衛門という, 雨の, 面白いの, 風でも, 飜訳技術は, 食べものの, 食を, 魚類という, 鯨の, 黒ご

▼ であるとしても~ (219, 0.2%)

11 それは 3 これを, われわれは 2 ここは, これは, 人間は, 彼は, 彼らが, 確かに

1 [190件] あの女, あまりにも, あまりに美しい, いくらか, いずれその間, いやそれ, おそらく中部地方, お客さまは, かの若党, かれの, この両者, この事情, この初等教育, この区別, この場合, この忙しい, この鏡, これに, これのみに, これらの, しかしそういう, しかしその, しかしただそれ, しかし半蔵, しかも彼ら, すでに家, すべての, そうしたこれ, そうした方, その不法, その供給, その同, その地, その山茱萸, その方面, その気質, その用心, その記念, その責任, それが, それだけ, それでももう, それでもやはり, それによっては, それらの, それを, だ, つまり前, とにかく我々, ともかくも, どうしてそれ, どうしてスリ, どの原作, ないとしても, なおそれ, なお竹野君, なぜ或, はたしてそんなに頼り, またその, まだ彼, もとの, われわれの, ガス状の, キャメラの, ラジオが, 一面に, 七人の, 七郎左衛門までが, 不快な, 与えられた一切, 中ノ岳の, 主観主義的心理主義とは, 之から, 之は, 之を, 予想された, 事実に, 事実上の, 二合瓶に, 人の, 人口と, 人間ひとりの, 今の, 今仮に, 今吾人, 今眼前, 仏教と, 何が, 何事か, 何分それ, 余りに其数, 余りに惨め, 俺の, 個人が, 値段は, 健吉くんも, 僕は, 全く人為的, 全く抽象的, 公衆道徳を, 其時代の, 其道義的意義が, 再び元, 凡ゆる, 初めには, 前者を, 剛い, 勝敗は, 北京路辺の, 十九や, 半分なり, 博読の, 各自が, 四谷の, 団十郎や, 変である, 大事は, 宇宙の, 安っぽかろう, 宗教的で, 実現する, 寛大は, 少なくともその, 少なくとも今, 広義国防という, 彼の, 彼女は, 後の, 忘れなかった僅少, 快く自分, 恐らく一九三六年三月廿四日以前, 慾を, 我々の, 我々は, 或いはそれ, 抑も, 捨てては, 敢えて聖人, 数以外の, 文化価値に, 断じて詩, 新しき資本主義文学, 日本人の, 日本現代の, 昔の, 未だわが国, 本邦火葬の, 東方まで, 機会の, 此の, 歴史の, 死骸として, 決してただ, 河内介までが, 炉の, 無意味であろう, 現在私たちの, 甚しく, 疑念を, 発火と, 皆具取鎧う, 目立つという, 直接法規作製に, 眼や, 眼前で, 私は, 稀有な, 笑って, 終には, 続際, 綿井氏が, 老年の, 考えて, 聯想としては, 自分は, 自分自身を, 自己に, 良寛様の, 蠶豆を, 記号は, 話すこと, 誤謬と, 貝殻の, 足利時代の, 軽症者の, 進歩の, 重武, 雪影は, 非自発的, 食物は

▼ であるこの~ (213, 0.2%)

4 人が 3 ことは, 人は 2 二人が, 人の, 作家の, 可憐な, 家の, 意味に, 歩いて, 種の

1 [187件] あたりは, あたり焼酎のみ, あやまちが, おそろしい事業, おばさんは, お爺さんが, ため今日では, つぎは, ところへ, ところ一句あるべくし, ひとの, よき日, わしが, わたしに対して, オベリスク社の, デマゴギーが, バットは, フランス人は, ホワイト君は, マベ貝の, ロロ, 一事から, 一人の, 一瓶で, 三次元性を, 上に, 不可解に, 与吉の, 世界に, 中老紳士の, 乞児, 事に対して, 事実は, 事実を, 二つの, 二の, 二万余騎の, 二人に, 人々が, 人に, 仕事そのものの, 作品に, 作品は, 作品展は, 作者が, 使は, 侏儒は, 偃地性の, 僕の, 公私の, 公訴を, 初版の, 劇団の, 劍山の, 勿体ないと, 化けもの, 叔母を, 受信機が, 可なり, 命を, 問いを, 嘉門次が, 四冊が, 国では, 国名が, 土地独特の, 型の, 場合自分が, 外には, 大地の, 大衆を, 大長篇, 大頭, 大鳥居の, 奇妙な, 女の, 女を, 女一人を, 妾は, 姫君の, 姿で, 婆さんが, 子は, 孤家な, 客平常は, 対象なる, 小品は, 小舎の, 尼僧は, 山は, 山も, 山上の, 峠は, 工場は, 己達が, 庚午丸の, 思想を, 性格は, 息子が, 息子は, 態度は, 憐れな, 手紙を, 描法の, 故にぼく, 文化意識は, 新しい年, 方も, 日常性は, 時以来佐助は, 曲の, 本が, 村では, 村の, 株屋が, 森厳で, 植民地へは, 機関庫係員を, 歌なども, 正月に, 母なる, 氷河遺跡は, 池から, 池を, 決闘を, 活気が, 流鏑馬へ, 海峡には, 海底都市において, 海豹島には, 港は, 点で, 点に関しては, 点も, 爺さんの, 物を, 物語に, 状態で, 珍しき友, 瓜を, 生物に, 男は, 異色の, 相手に, 神に, 神秘な, 私の, 私を, 秋の, 称呼は, 程度の, 筆者が, 筆者は, 絵からは, 與吉の, 色は, 色男の, 花に, 若い作家, 著者によって, 著者の, 藤原家と, 血液が, 西山温泉へ, 詩集一冊は, 話には, 調子で, 談を, 豚でさえ, 貧乏な, 貿易の, 資本主義的特許制度に対して, 辺の, 辺は, 通りは, 連嶺の, 金を, 針が, 銃後の, 長い土筆, 長崎屋への, 雄弁な, 頃三田君は, 顔面の, 驚嘆すべき, 骨ばつた胸や, 高貴な

▼ であるとの~ (212, 0.2%)

18 こと 14 ことだ 9 ことである 6 ことであった 4 理由で, 説も 3 ことだつた, ことを, 事であった, 事を, 見地から

2 [11件] ことじゃ, ことで, ことです, 判斷に, 創見の, 思想は, 推測から, 確信を, 説が, 説を, 議論が

1 [120件] あきらめに, いわば迷信, うわさは, お告, ことしかるべき, ことだった, ことでございまする, ことでした, ことに, 一事実だ, 一点に, 一説ただに, 上申書を, 予備知識なく, 事, 事いよ, 事その他日本紀, 事だつた, 事であら, 事である, 事をも, 事実が, 事實に, 事情が, 事或いは, 事等々の, 仰せ, 信仰が, 信仰である, 信仰の, 公評であった, 判決を, 口吻を, 口実を, 口実をも, 吉田博士の, 命題を, 噂が, 奇態なる, 妄説が, 嫌疑から, 宣言は, 専らの, 差であっ, 差は, 平子君発見の, 年来の, 強い自負心, 彼の, 思想が, 意を, 意味に, 意義より, 意見を, 感なき, 感を, 揚足取りも, 教文もござります, 新事実, 旧説, 旨を, 条件の, 条件を, 条件及び, 深い深い思し召, 現代意識を, 理を, 理由から, 理由と, 理由を, 理由を以て, 用意の, 申し渡しだ, 相違が, 看板の, 確証を, 立場は, 答えだ, 答えである, 結論に, 考えにでも, 考えも, 考から, 考へ, 考へが, 考も, 自信を, 自覚ある, 自覚から, 蛮風が, 要求又, 見当を, 見方が, 見解は, 見解を, 記事が, 証拠を, 証明に, 証明は, 証明を, 評が, 話だ, 話で, 誇らしげな, 誤解も, 説さえ, 説だ, 説であった, 説である, 説に関し, 説は, 諜報も, 返事であった, 迷信が, 違いに, 非難が, 非難さえ, 非難を, 風評であった, 點に

▼ であるとして~ (202, 0.2%)

7 ゐる 2 あえてこれ, おかう, おった, これを, それを, 乃至は, 何の, 居る, 立てられねば, 考えて

1 [175件] あきらめて, あなたに, ある, あれだけ, いわゆるチョウリンボウ, おかねば, かえり見ない向き, かたく信じた, かりにもしその, このよう, これに, ご批判, さけがちな, さっさと引, さて裸体, さらにその, そうして嗅覚説, そのよう, その代り, その半鐘, その底, その理由, それから, それから説明, それが, それらの, とかく悪口, なお外, まさに筑摩県庁あて, また家庭, むしろ取締, アランの, カソリックの, ピカピカに, マルクスの, 一々その, 一世紀後には, 一般から, 一般の, 一蹴した, 三拜九拜し, 三月には, 両者を, 丸善の, 主張せられ, 之に, 之を, 二重に, 些かも, 人々は, 人が, 今の, 今年, 今日いう, 仲間に, 作者の, 信仰的に, 入道は, 公表された, 内外から, 処で, 初めてその, 前者の, 劉玄徳から, 卑下の, 原因まで, 取り扱った, 取扱われて, 口を, 同じ関係, 吾, 嘲弄するだろう, 堅く断わった, 多くの, 多少の, 大いに努める, 大衆を, 大阪の, 姑く, 実際私, 容易に, 小作株といふ, 居るの, 山の, 差支無い, 幸いにも, 弁護しよう, 彼を, 得られるの, 恐れられるに, 慶応側の, 招きの, 拾得しか, 指し示すこと, 捉えられたとき, 排斥した, 排斥する, 支那の, 改めて軍書志, 攻撃を, 斥けられる, 斥けられると, 斬って, 日本政府にたいしては, 昭和八年かの, 是は, 景の, 朝子に, 期待した, 某代議士, 横光氏によって, 民衆の, 注意を, 源氏は, 然ら, 片附け, 現在地球上に, 現在自分たちの, 現実と, 生きて, 産児制限の, 疑わず日本, 疑わず涼しい, 痛烈に, 発表する, 直観は, 相場が, 眉を, 看過すべきである, 真にそれ, 社会も, 称めちぎる, 翌朝は, 考えられた, 考えられて, 考へるに, 聴き取るの, 自分は, 芸術的価値といふ, 英米探偵小説の, 荷風の, 藝術的價値という, 被告人相互の, 見すごすこと, 見よう即ち, 見ると, 見れば, 視覚と, 観念的に, 解せられるに, 解決した, 言語に, 記載され, 記述され, 許しそして, 許容せられる, 話そうと, 認められて, 語られて, 誹謗され, 論ずる事, 論談甚だ, 講道館は, 讃美され続け, 軽視する, 輯製二十万や, 途中長浜の, 通り過ぎようと, 陰陽と, 露伴先生は, 非内地雑居論, 非常に, 非難された, 音か, 高調される

▼ であるその~ (197, 0.2%)

2 上に, 人に, 女の, 荘重な

1 [189件] あたりを, うちに, かわりに, くせ澤田の, ことが, ことを, しぐさの, ときの, ときは, ほかの, よい酒, ような, キャリフォルニアン号の, ゴム長は, シャンマティユーの, ジャッパンプールという, ヒントさへ, ペンキの, 一つを, 一人を, 一個の, 一日を, 一本が, 上こいさんの, 上健三は, 不得手とは, 両者を, 中老人が, 主人に, 二本足の, 人々の, 人が, 人たちは, 人として, 人の, 人への, 人個人の, 人影は, 人藤中納言これは, 代り心眼を, 会社の, 住宅は, 何かに, 余波が, 作者を, 借家主婆さんに, 内で, 出版事業の, 前に, 厳乎たる, 叛乱軍を, 叩くと共に, 味を, 四冊は, 四名の, 国の, 地方に, 城主に, 場合は, 声が, 外声を, 外手足の, 大切な, 女は, 女性は, 妻の, 娘も, 婆さんなら, 嫁さんは, 子弟から, 完全な, 実力の, 家の, 家は, 家を, 家全体の, 寝箱, 小吟味方, 屋根裏部屋の, 市設の, 幸福を, 従兄は, 御饌津, 心持を, 心理状態を, 忘れられた死んだ少女, 意味でも, 愛は, 慈悲深い, 所長に, 才を, 技術インテリが, 政治家の, 故に, 教義の, 敷居の, 新らしい, 新聞の, 方は, 日だけ, 日本が, 旦那から, 昔アラビヤ人という, 時その, 時に, 書庫に, 月を, 条件を, 東京が, 株の, 根を, 根本の, 根源は, 機会を, 機微に, 正体を, 歯が, 殿中で, 母その, 洞穴が, 海岸に, 点に, 点は, 点やはり, 点新興団体としての, 焼酎が, 煙草を, 燃料は, 版に, 物音を, 犬を, 現象を, 理解が, 生きて, 生存競争の, 生活を, 甥の, 田代君が, 男が, 男については, 男の, 男を, 画家の, 疵である, 相は, 眞中が, 眼に, 眼鏡の, 短冊を, 神と, 種の, 笑えないばかばかしい, 算盤を, 結果は, 美術家と, 義弟の, 老劇作家, 老教授, 者たちを, 自分が, 良人すら, 芝居は, 芸術に, 英吉利が, 茶入が, 莊之助は, 菊池君が, 薔薇の, 蚊の, 証拠には, 調子として, 諏訪藩として, 證據には, 身元不明の, 鉄則の, 限り一切の, 限り之は, 限り夫, 限り此等は, 際彼等が, 隧道の, 雨その, 非難の, 音が, 音楽家の, 頭は, 願求が, 高慢税の, 鷹揚な

▼ である~ (197, 0.2%)

28 はない 1813 である 11 がない 9 であった 8 だが 6 なのに 5 だから 4 だった, なの, はなく 3 だつた, であったから, です, のもの, はありません, もない 2 がなく, だけれども, だと, だのに, であったが, であります, の彼女, はねえ, もなく

1 [51件] かということ, がなかっ, だし, だった批評, だ内容的, だ年齢的, であって, であつ, でありますのに, であり丁度, であり未来, であるが, であるの, であるのに, でございましたが, ですが, です内地, でないでしょうか, では, で敵, なん, のお, のこと, のこれ, のところ, ののりと, のわけ, のコミユニスム, の二人, の女形, の年頃, の想像的人物, の日光, の未知, の洋服, の源氏, の生産力, の男, の箱, の自分, の英國, の講談, の隼人, の雪子, の頭蓋, はありませんでした, はあり得ない, はなかっ, は無く, もなかっ, もなかつた

▼ であるそれ~ (188, 0.2%)

3 だのに

2 [11件] がため, が膝, だから, であるから, でゐ, につけ, に反し, はその, は本質的, をこの, 故この

1 [163件] からし, から数町, から段々, が, がおのずと, がたえず, がつながり連, がどう, がもう少し, が中古以來代々, が人間, が仮定, が似かよった, が例, が全体的, が判らん, が単に, が又, が反映, が命, が哲学, が唯物論, が復讐, が必需品, が愉快, が果して全く, が模範, が歴史的, が汝, が泣く, が消えたら, が為, が自分, が茶の湯, が言, が走っ, が近代語, が頗る, くらいの怪異, だけで一切, だけ単純, であればこそ, でなくてさえ, でよろしい, とアナロガス, と共にこんど, と向かいあっ, においてもしくは, にし, にしんしん, にそう, にはいささか, には全, にも関ら, によって大衆, によって真相, に一念, に一流, に伴, に思ひ附いた, に換, に気がついた, に苫, の革命的性質, は, はおそらく, はからびた, はさも, はその後, はたしかに, はなくさなけれ, はまことに, はむしろ, はわれわれみずから, は一層, は主体, は人間, は他, は他人, は何と, は凄い, は動かない, は勿論, は博士, は古, は奥村土牛氏, は存在, は実在, は少なくとも, は山田, は平常, は年々五十萬圓宛, は強, は従来, は必ずしも, は恥ぢなけれ, は意識内容, は感覚, は批判, は承, は敬治君, は文化価値, は日常的, は最後, は構成, は模写的, は歴史性, は歴史的情勢, は決して, は無論, は物, は狭量, は理論家, は直, は知性, は絶対的真理, は自己, は自然, は観念的, は青地園子, へ紅殻染, までアラビヤ, まで待たね, もはつきり, も二人連れ, も冬, も四角, も慥, も鍛冶, よりこの, よりも美しい, をあなた, をうつ, をきみら, をことごとく, をまた, をみんな, を事もなげ, を出し, を取っ, を取立てる, を味, を思へ, を恐れ, を敢, を検討, を病床, を発見, を考え, を自他とも, を自分, を若し, を説い, を通して前, を道, を避け, を避けん, を鞍部, を題材, を飜, 故に会計係, 故不断, 故盗める

▼ であるよりも~ (188, 0.2%)

6 先に 3 むしろ多く, より多く, 以上に, 結果である

2 [17件] ひとつの, むしろ, むしろその, むしろ文学者, 奇怪であり, 寧ろ, 寧ろ一つ, 小説的で, 彼が, 彼に, 技術的法則であり, 日本にとっての, 有害でしょう, 混合の, 笑話である, 習慣の, 2である

1 [136件] あなたの, おのづと感覚的である, この土地, さきに, さらにはるか, すでに卓一, ずっとむずかしい, その畫家, それを, たといその, なにか暗, はるかに, ひとりの, ぼんやりとしか, まず詩人, まず豊麗, まやかしである, むしろはるか西方, むしろブレイン, むしろ一層多く, むしろ以下, むしろ劫罰, むしろ哲人, むしろ商業的価値, むしろ学者, むしろ宗教, むしろ平静, むしろ彫刻的, むしろ必然的, むしろ思考上, むしろ我々, むしろ有利, むしろ自分, むしろ苦痛, もっと悲しい, より以上, より多く視覺型, モードに, 一切の, 一種の, 一般化し, 不幸でも, 云って, 人という, 人間である, 伊太利人である, 何か, 作者としては, 個性の, 先ず女, 凡そ馬鹿, 凡そ馬鹿馬鹿しい, 出版資本の, 単行本的でなけれ, 却って元来, 却て, 君を, 咏嘆的だ, 外の, 大きい事件, 好奇的である, 娘子を, 学界の, 実社会の, 実践的である, 實踐的である, 寧ろそれ以前, 寧ろジャーナリズム, 寧ろライプニツ, 寧ろ主, 寧ろ常識的, 寧ろ幼稚さ, 寧ろ文化人, 寧ろ文化的自由主義, 寧ろ文学自身, 寧ろ監置場, 寧ろ第, 寧ろ論理学, 小児と, 幾分失笑, 彼等は, 復讐の, 心の, 心理家であった, 怖しかった, 急速に, 悪人的に, 感覚的であり, 慰藉で, 所有への, 敗北の, 数等卓越した, 文子を, 文学愛好者, 暗鬱である, 有害な絞, 有機体説, 東洋的であり, 構成を, 歌の, 死んだギリシャ人, 炉辺に, 物の, 玩具に, 理知の, 理論的である, 生粹, 直線的な, 真理である, 神である, 空間存在としての, 立派に, 素子の, 罪悪的な, 美的である, 考える人, 舞台的である, 芸術理論家では, 苦しい勉学, 著者の, 行為についての, 衣裳を, 親密でなけれ, 訴えであり, 詩人だ, 誘拐犯人の, 諦観自体が, 赤外線だ, 過去であった, 道徳ないし, 遙かに, 遥かに, 野心的な, 鈍重である, 鎌倉の, 鎖に

▼ であるもの~ (183, 0.2%)

1094 ですか, でせう 3 ならば

2 [17件] が, が多い, だと, であるに, でしょう, として世界, とない, のうち, のほか何, はこの, は何, は同時に, は或, は未だ, もある, を意味, を自然的

1 [119件] かちっとも, かと気焔, かと疑りだす, かどう, から社会的, から離れ, か寿限, がある, がいつのまにか, がここ, が事実無根, が仏徒, が他方他者, が何と, が吾, が外, が森, が漸次, が瀑, が総て, さ, すなわち精神, だそして, である, であるか, ですから, では, といえ, としての特色, として取り扱われね, として見なけれ, となる, との同一性從つて反省, とを考えた, と一つ, と形式, と称し, と空間, と聞える, と認め, と認定, にしか判らない, についておのずから, にまで変貌, に向い, に誘う, に金, のつとめである, のやう, のよう, の今宵, の凡て, の如く, の心持, の書き, の条件, の條件, の樣, の痛切, の面白, はすべて具, はどこ, はない, はカルテル, はナ行音, は一人, は一種, は少し, は必ずしも, は悲しい, は時として, は概念, は現実, は空間, は自己, は自然, は言うまでもなく, は非, もあちら, もその, も他, も多少, も家臣, も理性, も結局, らしく見えます, をおん身, をそのまま, をそんなに, をなぜ, をばそう, をみずから意識, を不断, を二つ, を代表, を伴っ, を何, を其の, を反省, を如何, を指し, を指し示し, を採り, を発見, を直ちに, を知る, を突然, を罪人, を肝心火の元, を色, を荊州, を見, を見せ, を誰某, を謬, を避け, を音調, 乃至あり得る, 即ち客体

▼ である限り~ (178, 0.2%)

7 に於 4 においては私, において私 3 においては神, は, はこの, はだ, 主體

2 [12件] において, においていかなる, においてのほか, においては存在, において存在, における私自身, は彼女, は文学, は決して, は認識, 単なる自然力, 決して私

1 [124件] あらゆる知識中, ある程度の, いかなるヴェール, いつも鼻, おのずから云わ, おもしろいには, かかる土地, かかる自己抽出, この一つ, この合羽, この困難, この己, この諸, この驚き, せめて事件, そういう, そうそうは, そうなる, そして, そして人間, そして態度, そして社会科学, そのやう, そのイデオロギー的本質, その周囲, その奉仕, その容器, その底, その形態, その文字, その本質, その現象, その相談, その社会組織, その經理面, その量, その領分, その風格, だ, どんなに醜く, なき大空, なにか名前, においてというの, においてのみ主人公, において起る, に於い, のしかり, のほか, の一切, の他, の体系, の思惟, の思想, の文化, の方法, の歴史肯定, はお, はその, はとうてい, はどこ, ははじめ, は一人, は作者, は全く, は咎め, は山河渓谷, は彼, は恐らく, は所謂風刺, は暑, は私, は節度, は自然, は蜂, は蜻蛉, は要するに, は金輪際船, ひもじさ, また国民生活, まだ研究方法, やはりそれ, やはり主客一如, わけなく頭, 一方に, 丁度文学作品, 何らか, 全くプラトニズム, 到底巡査, 到底相互, 単なる抽象的概念, 即ち, 即ち物, 困る, 大抵満足, 如何なる暗黒, 如何なる知識, 常に, 常に優良, 常に支配的, 常に起り得る, 引つ張つたの, 当然である, 当然の, 必ずしも宗教的神聖味, 必ずそうした, 必ず収穫五分の一, 或年頃, 新短歌, 最も根本的, 極めて大きな, 概していう, 決して不当, 決して活, 決して無益, 直ちに不変不動, 終生生活, 美しくない, 自ずと内, 良いこと, 赦しに, 超俗物的, 超歴史的, 際立つた相違, 頑張り通すもの

▼ であるだけ~ (173, 0.2%)

16 では 11 だつた 103 それだけ 2 であ, でそれ以上, ますます大きな, デッサンの, 伸子は, 激しい讃美, 私の

1 [119件] あって, いっそう目に, いよいよしんじつ, いろいろ女, お孝, かえってみじめ, さうし, その味, その意見, その相手, その若者たち, その融合, その間には, それだけかれ, それだけジャーナリズム, それだけ一層冷やか, それだけ個々, それだけ兵馬, それだけ怖, それだけ払, それだけ捉, それだけ探偵そのもの, それだけ油断, それだけ犯罪, それだけ西洋人, それだけ詩人, それは, ただ遠く, だった, だったら総監, だつたの, だ嬉しく, つましい気立て, であって, である, でいい, です, でそれ, でそれ以外, でなくそれ, でなく別に, でなく幕府, でなく後, でなく教養, でなく日本, でなく現に, でなく肉体的, でなく若い, で他, で果して, で等しく, で自分, で要するに, で貴様, どことなく女性的, なの, なん, また前, また古い, また捜す, やがて何, ニェムツェウィッチを, ハッキリと, 一そう激しい, 一層それ, 一層描い, 一層趣き, 一層鋭く, 一般読者は, 一面はなはだ, 之を, 二十世紀の, 人生の, 今人々, 余計に, 余計私, 信頼の, 兎も, 内心では, 処女作, 効果が, 哀れにも, 国力は, 夫人に, 少くも, 岸本を, 幾分言葉遣い, 彼の, 従って選択, 心の, 心中甚だ, 心細くも, 恭介が, 惜しい, 感動に, 成功とは, 未練が, 極めて複雑, 樂しみも, 残念な, 洋風が, 珍しい滝, 珍しい瀧, 甚だ気に入らなかつた, 生活の, 疲れかたが, 相当の, 真情が, 私は, 童謡は, 芸術的な, 若い人々, 若い源氏, 落附いた, 行を, 見えない部分, 負債も, 魚族の, 鳴る風

▼ であるかが~ (166, 0.2%)

4 わかる 3 分るであろう, 問題である, 問題と

2 [16件] わかって, わかります, 信一郎には, 分る, 分ると, 判るだろう, 判るの, 明らかでないなら, 明らかに, 理解される, 知られて, 示される, 私には, 第一, 解るし, 解るであろう

1 [121件] ここでは, この点, この際殆, すぐに, すぐ判つた, すでに判らね, その秋破産, どうしても, なかなかわかり, はっきりと, はっきり判る, ほとんど忘れられなかった, ほぼ想像, ほぼ明らか, まるでわからなかった, まるで見当, もうハッキリと, もうハツキリ, よくわかる, よく分る, よく解つて, わかった, わかったとき, わかつて, わからう, わからずその, わからないこと, わからないらしい, わからなかった, わからなかつたが, わかりかねる, わかりました, わかるが, わかるだろう, わかるであろう, わかるでは, わかると, わかるの, わかる気, わかろう, イデオロギーの, 一目で, 不思議である, 不明である, 主税にも, 之からの, 何時でも, 例証されるだろう, 信じられた, 充分に, 充分以上に, 其の場, 分かった, 分からないと, 分かります, 分って, 分つて, 分り兼ねるよう, 分るであらう, 分るでありましょう, 分るの, 初めて正当, 判らないでも, 判る, 判るであろう, 判ろう, 判明するだろう, 動いて, 問題であっ, 問題であろう, 問題に, 大抵わかっ, 察しられる, 察せられる, 少しずつ, 少しは, 思はれる, 想はれる, 想像される, 想像せられるであらう, 戦争の, 推察された, 明白で, 明瞭でない, 明瞭に, 未定な, 段々解っ, 決して分らない, 決められて, 決められない, 決定する, 理解されるであらう, 理解されるであろう, 生命である, 直ぐ判る, 直ちには, 直ちに看取, 直感された, 直覚された, 知られる, 知れよう, 私に, 竜之, 聞きたいの, 腑に, 自然と, 見られたこと, 見出され一切, 解かれるであろう, 解らないよう, 解らぬ故, 解るだろう, 解るだろうと, 解るであらう, 解る筈, 話題である, 説かれて, 誰にも, 誰の, 重大な, 驚かれる

▼ である~ (161, 0.2%)

9 のもの 74 のこの 2 からこの, から私, の他, の存在, の決定, の直観, の自然, は俳人

1 [125件] から, からその, からのりと詞, から京, から同様, から察し, から彫っ, から戦争, から縦, から見る, がこうした, がこの, がジャーナリズム, がハイデッガー, が往々, でこの, では, で一般, で唯物論, で歴史, で論理, にそれ, に基い, に実は, のあめ, のあらゆる, のかの, のそして, のその, のわが国, のイデオロギー, のサケ, のジャーナリズム, のファシズム, のブルジョア制下, のブルジョア技術家達, のブルジョア社会的新聞紙, のプリミチーブ, のヘーゲル風, のマルクス主義的方法, の一つ, の一種, の主観, の事実, の云わ, の人間, の人間史的社会, の今日, の伝統, の全く, の内容, の制作, の印象派, の又は, の古めかしい, の各種, の合理性, の啓蒙, の回線, の図柄, の夫, の学問, の学問概念自身, の実験, の専門的空間, の建築, の彼等, の従って, の必然性, の性格, の意味, の抑揚, の指, の散髪屋向き, の文化形象, の文化的行動, の文学的, の文芸, の新, の新聞学者, の既成宗教, の日本現在, の根本的, の概念, の構成派, の歴史学, の江戸三, の物, の物理学, の特異, の特色, の独占, の独立, の生産関係, の男女交際会, の画室制作, の画風, の直接さ, の研究方法, の社会そのもの, の社会科学的認識, の神的, の神秘主義, の私, の科学的世界観, の空間, の空間的, の純粋小説論, の純粋直観, の而, の表現, の評論家, の諸, の超越, の近代, の過程, の道義的感触, の邦子, の金, の非, へ今, へ強, もある, を見る, を雨

▼ である故に~ (154, 0.1%)

3 我々は 2 それは, それを, ひとびとは死, 人間を, 漂泊である, 私は, 習慣も, 自由に, 言語の

1 [133件] あはせ, いかなる読者, いつも幽, かつて最も優れた, ここのみは, ことにこの, この中, この亥, この名, これから新しい, これに, さらに美しく, しぜん, しみじみと, すべて主観的態度と, すべて倫理感を, そこに, そこには, そのあどけない, その一方, その仔細, その善良, その形, その形式, その機, その能力, その自然哲学, それが, なおさら物識り, なつかしく醜悪, ひそかに, まず捜し, よく実際を, より純一, フロイドの, レアリズムの, 一つの, 一時的に, 一段と貴重, 世界的立場は, 中国では, 主体は, 主観を, 之を, 事に, 人気を, 今でも, 今世, 今生が, 代々片目であった, 作り話と, 信じ過ぎると, 倫理的観念, 全く説明, 其林を, 出來, 前の, 前者に, 単に在る, 博愛や, 合理性の, 同時にそれ, 名附け, 吾, 吾人が, 單に, 土地に, 変化も, 外から, 孔子を, 學に, 容易に, 尊重される, 小説等と, 形式律の, 彼には, 彼の, 彼等に, 彼等の, 彼等は, 後いつ, 心配に, 恋に, 惠果の, 我等は, 或る, 文明史上に, 斯かる, 斯んな, 最も精細, 有利だ, 有用な, 本来言え, 本質に, 正しかろう, 正しくは, 正面から, 汎く, 汝は, 特にこの, 甘美であり, 真理である, 福に, 科学的研究は, 空樽より, 空間上の, 童謠詩人が, 経験の, 絶え間なく, 罪という, 美しく複雑, 自から, 自己区別的な, 自己區別的な, 自然なる, 自然についての, 自覚的である, 芸術と, 行と, 行為に, 表現的な, 西洋文明に, 西洋文明の, 見よ彼等, 言語が, 認識であり, 誤謬も, 読む者, 赤面なし, 軽かつ, 通路を, 過去である, 餘り

▼ である~ (146, 0.1%)

6 にその 3 に, に今, に更に 2 にそれ, になお, に年, に御, に日曜日, に殆, に紅, に震災以後東京

1 [115件] にあらゆる, にいろいろ, にお, にかなり, にここ, にこの, にこれ, にこんな, にさらに, にそういう, にそんな, につたうるし, にどうも, にみだりに, によく, にスチュジオ, にプラス, に一大信仰, に下宿人, に両, に主人, に今や, に今一つ, に今生, に仮り, に住職, に何, に余計, に俳優狂, に優秀, に先生, に兵糧, に内部, に剰え, に割に, に加工, に動き, に又, に双方, に周囲, に命, に問題, に国, に土地, に変, に外国, に大臣, に娵, に子供, に宗, に寛闊, に川上, に巻十三, に年齡, に幼い, に当人, に想像, に我が国, に挑みかかった, に文献その他, に早稲田関係, に時間, に月経時, に本, に東, に松花江, に柳生殿, に根, に殊に, に母親, に毎々, に波長, に津田, に流行病, に無神経, に現在, に生まれ付き弓矢, に用紙, に病身, に神授, に私, に秘か, に競争, に第, に第三者, に累代, に羽左衛門, に老い, に苦労性, に英政府, に衣食住, に袴, に譬喩, に路, に身体, に道中, に郷党, に銅色, に錦繍, に門, に間違, に関東東北, に雨, に非常, に響き, に駕籠, に骨, に高巌寺, はそういう, はもし, は仏教信者, は勅撰, は帝, まして金, 下冷泉家

▼ である~ (145, 0.1%)

5 はその 4 は自分 2 が, の人, の姿, の最も, の母, の父, は月給

1 [122件] から結果, がそういう, がなぜ, が二度目, が他, が何故, が僅, が家族中, が悪人, が所有, が敢然と, が洋服, が疾風, が皆, が真理, が若し, が苦労人, たるもの, だつた, であつ, ではあった, とはいえ, と共に大きな, にいま, にさ, にさえわざと, にはちょうど, にはよく, には渡, にひき, にも出来なかつたらしい, に会釈, に依頼, に勿体ない, に取っ, に向っ, に対してせめて, に対しての順当, に左様, に返済, に頭, のこと, のす, のハリダース, の他, の出獄, の国, の奥, の小, の弟, の心, の心掛け, の息子, の意力, の意志, の探偵小説, の方, の潔癖, の生涯, の胸, の視野, の語る, の謙遜, の資本主, の黒い, はいつの間にか, はこの, はしづか, はそういう, はそれ, はただ, はだれ, はアルバ, はイングランド, はフロックコート, は一応, は不孝者, は世間, は九州炭山坑夫同盟, は他人, は何気なく, は何者, は余儀なく, は作品, は単に, は同級, は呻, は変態的, は天, は実際, は宿, は小鳥, は愚か, は戦略, は打ち, は掃除番, は昔, は昼, は更に, は決して, は爛酔漢, は特に, は狂, は献身, は画, は病気, は着物, は社会, は私, は綾子, は自ら自分, は自然, は誰, は近代青年, は鬘, への敵意, もそう, もそういう, も自分, をさし, を一つ部屋, を半

▼ である自分~ (144, 0.1%)

2 がこの, の室, の家, の胸, は今, を自分

1 [132件] から捨てられた, がいよいよ, がしっかり, がそれ, がまだ, がローザ, が一人, が先, が家, が尊い, が少々, が心, が恨めしい, が斯, が日本, が深, が無性に, が考へれ, が自由, が途絶え, だけは, ではとても, としては以後, とに幾分業, と雖, ながらも以前, などは僧房, にたいし, にちっとも, にとって不可抗, には人間, には怪しむべき, によく, に対しての屈辱, に対しては学生達, に扶持, に金, のおかれ, のこの, のつくった, のなか, のやう, の両親, の事, の人間観, の体, の個有, の傍, の前, の前途, の勧め, の印象, の名誉, の地位, の女房, の如き, の妻, の子供, の幸, の弱い, の役目, の急ぎ足, の恋, の愛, の感傷, の懐, の手, の持ち, の推測, の方, の時計, の未来, の母親, の生れた, の生命, の生活, の知った, の祈祷, の笑顔, の腑甲斐, の芸術, の見, の見た, の見られる, の責任, の身, の間, の鼻, は, はいささか, はお母さん, はこの, はそういう, はたくさん, はまた, はやはり, は乘りつ, は伝統派, は全, は土牛, は女, は数年前, は明け, は本多平八郎, は興味, は衷心, は豊か, は過分, もいっしょ, も堪え, も深く, も結婚, をきょう, をせめて, をふと, を守っ, を強く, を忘れた, を思わない, を恋し, を意識, を感じる, を最も, を納得, を見出し, を見出した, を見出す, を観察, を試し, を誤った, を警戒, を門

▼ であるそう~ (142, 0.1%)

452912 だが 9 である 8 です 3 して 2 だから, ですが

1 [32件] かといっ, かと思え, じゃ, じゃ万一, すれば, だけれど, だやがて, だ中心点, だ宮内省, だ海上, だ私, であらね, であるが, である鱒魚, ですから, ですな, です春, でそこ, でその, で近ごろ前田慧雲師, なが, なそう, なったらたいへん, なったらどんなに, なアワレ, な先日大阪, リボーは, 容易く斬れる, 思った怪塔王, 截然と, 普通の, 書いたあと

▼ であるはず~ (140, 0.1%)

17 はない 13 である 9 がない 86 だった 5 です 4 がなかっ, だが, なの, なのに 3 のこの, のもの, はなかっ, もない 2 だと, だのに, のお

1 [48件] がありません, があろう, だから, だからね, だし, だったから, だったが, であって, でありそして, であり従って, であろう, ですが, ですね, では, でまた, とも云っ, なくただ, なん, のところ, の位置, の兄, の前衛的部分, の古代, の城中, の大学教授輩, の天野, の夫子, の富山薬業, の市川文吉, の彼, の文学者, の日本, の条件, の民主精神, の源三郎, の牢人たち, の物の本性, の理由, の百姓ら, の百済観音, の自分, の議員たち, の賊, の転向, の黄土, はございますまい, もなかっ, もなかつた

▼ であるとともに~ (111, 0.1%)

2 人間の, 哀憐の, 日本大衆の, 非常な

1 [103件] あくまでも不遜, あれ位の, いたって交際家, このソヴェト同盟, この社会, この身心, ごく子供, そうした異常, そこには, そしてその, その個人性, その半面, それを, どこか, またきわめて, またさらに, また優れたる, また十分自由, また外国, また実に, また巌, また当為, また悟ってるらしく, また悲しく, また有名, また牧師, また祭司, また粗笨, また隣人, また雄弁, また非, よい國民, より若き, ソヴェートの, ソヴエートの, 一つの, 一種の, 一面また, 一面野性人でも, 三週間ばかりで, 世俗的であり, 世界的である, 京師方にとっても, 人間への, 人間以下で, 今も, 仏蘭西革命を, 他方生を, 他面心理である, 伸びようと, 全き, 冷然たる, 処女である, 労働組合の, 協同である, 厳しい父親, 又死そのもの, 古参新参の, 史学科の, 君の, 地球遠征軍の, 多くの, 大きくいえ, 大覚寺統の, 奉仕者である, 女性全体の, 実践的な, 実践運動者で, 客観である, 宮廷の, 巧妙でも, 巨大なる, 常に一つ, 年長者に対しても, 店員待遇の, 廣く, 弁証論の, 慟哭の, 我々日本人の, 撓みやすく, 支配者によって, 放浪した, 新しく勃興, 日本画の, 普遍な, 暗黙な, 最もおもしろい, 最高の, 正直である, 母親の, 瀟洒だった, 理性に, 生命の, 知識は, 社交界には, 私行的には, 聴くもの, 自由に, 讃歎である, 跛足で, 過激な, 階級闘争の, 黒書院に

▼ である~ (102, 0.1%)

9 に於 5 では 4 である 3 からいっ 2 でも, にある, を強調

1 [75件] からその, からも別れる, から必然, から根所以外, から注意, から特に, から見, から見れ, がおもしろいとお, が僕, が実は, が少なくとも, が明, が自分, しかし, その流れ, だ, だけが奥様, だけで少し, であって, です, でそれ, でだけありがたく, でまだ, で今一人, で共に, で変らない, で社会哲学者, などもその, などをも注意, なるほど, においていっそう, においてそれ, においては同一, において一つ, において変わり, において少し, において形勢, において心, において忠興, において生活, については沙漠, にで, にも注意, により, に不思議, に変り, に多量, に完全, に徹底, に於い, に特色, に間違, はありがたく, はそれ, は他方, は同じ, は申し分, は芸術的価値, は近代的探偵小説, も日頃, を充分, を兵部卿, を媒介, を実質的, を恥じ, を明らか, を無視, を理解, を自覚, を除け, 及び歴史小説, 多少とも, 斯くの, 時には

▼ であるかに~ (98, 0.1%)

11 就いては 5 就いて 3 就いての 2 ある, 存する, 来る, 注意せられる, 注目しよう, 私は, 違いない, 驚く

1 [63件] あったの, あるの, あるわけ, お気付きならない, お角さん, さへ, なる, はかに, ふと気がついた, 依って, 分かれるん, 問題の, 在る, 存するの, 存在する, 從つて現, 心づいて, 思いあたった, 思いあたろう, 思いを, 思い及ぶこと, 想い及んで, 感動し, 感嘆する, 最も注意, 歯が, 気がついて, 気がつかないで, 気がつかぬの, 気がつくであらう, 気がつくの, 気がつく筈, 気づいた, 気づいた後, 気づいて, 気づかなかった, 気付くだろう, 氣づいた, 注意した, 注意しよう, 注意する, 注意せられたい, 満足に, 町の, 目覚めるであろう, 眼を, 置いた, 考え及ばなければ, 胸を, 至っては, 見えた, 見える, 見えること, 見える人, 見える彼, 見ゆるもの, 見立てて, 迷は, 過ぎない, 過ぎないであろう, 過ぎぬ, 關し, 關はりなく

▼ である~ (96, 0.1%)

2 が北海道, が嫁, と事, なのに, の心, の顔

1 [84件] からの投書, から買った, がああ, がある, がいる, がお, がそう, がそれ, がどうしても, がなん, がはじめて, がまず, が一, が万端, が予, が何, が先師, が困難, が父, が突然, が聞いたら, が行け, が非常, さえ多, といふ風, とこの, とも一緒, と余り, と契り, にこんな, にさえぎられた, にすべて, にはそれ, には理解, に優越, に女王, に従者, に書い, に死後, に知られたくない, に隙, のこと, のそうした, の唇, の子, の尊き, の抵抗, の書齋, の罪悪, の肱, の能力, の足元, の邸, は, はただ, はイエス, は一生, は云う, は人々, は人類, は其精神的要求, は初め, は和歌, は変わる, は外出中, は夫, は彼, は快く, は性格, は止水, は死, は神, は諸君, は軽侮, もひとたび, も世間, も他, も来, も自分, よ, を天皇, を子供たち, を斬りたくっ, を私

▼ であるかといふ~ (94, 0.1%)

25 ことを 12 ことは 6 ことが, ことに 4 事を 2 事が, 事は

1 [37件] ことすら, ことそして, ことだ, ことであり, ことと, ことにおいて, ことについて, ことには, ことにも, ことの, ことまでも, ことも, ことよりも, さう, 一点に, 事などを, 事実も, 二つの, 例を, 前に, 吟味から, 吟味は, 問ひ, 問題が, 問題である, 形を, 歴史的地理的な, 気懸りな, 点である, 甚だ消極的, 疑ひが, 疑を, 疑問は, 考慮の, 興味と, 領域の, 點に

▼ であるそして~ (94, 0.1%)

5 それは 2 これは, 彼は, 或る, 私の, 虚無は

1 [79件] あいつも, あとで, うるさいこと, お追従, けさは, ここでこそ, この二人, この反, この日, この老爺, この菓子, これを, さらに, その他の, その力, その意味, その方, その老, その自然描写, それを, た, だいぶ冷える, とうたう, なおおのれ, まもなく安, アルコールを, ゴマには, 今日は, 各方面, 同氏の, 君の, 品川の, 土地借入の, 夫婦の, 奇蹟の, 孤独の, 安宿の, 客なる, 帝展に, 強固な, 彼女の, 後半は, 徐ろに, 忙しい時, 念の, 思想な, 接続詞のとという, 新一歩, 昔の, 時として悪魔, 最後に, 板橋一つで, 柔順な, 構図は, 次にまた, 次の, 海辺附近の, 物質は, 現在である, 現實的, 理解された, 生活の, 田舎の, 砲撃され, 福田平八郎氏は, 私を, 自分が, 自分たちに, 自分には, 自分の, 自然の, 芸術家は, 親達は, 誌し, 閑静な, 随筆も, 障子の, 頭痛が, 飯の

▼ である~ (94, 0.1%)

5 にはそれ 2 がある, には決して, はその, は何もかもことごとく

1 [81件] お父様, がついに, こそ却って, この論理学, この集団的性格, その音, それだけそれ, でも矢張り, との区別, と非, にいかに, にこれ, になっ, にのみ建築家, にのみ画家, にのみ論理的, にはこの, にはそういう, にはその, にはたいてい, にはひどく, にはぼく, にはもし, には一四%以下, には人, には人々, には利潤, には半ば, には実際必ず, には岐度運命, には常に, には年結婚, には教父, には私達, には納税者, には英国, には貨物, にもそう, にもまた, にインテリゲンツィア, に一八〇クヲタア, に一片, に七二〇磅, に依然として, に初めて, に労賃, に吾, に地獄, に当たってすべて, に最も, に最大, に極まる, に決して, に私, に農業者, に限っ, の方, は, はこれ, は利潤, は即ち, は名, は必ら, は急, は惨め, は愈々, は殊更, は法律的離婚, は物質, は空樽, は能登守, もある, もはや混乱, やはりそうな, よりももっと, 之は不可能, 初めて存在, 当然な, 当然犠牲, 思いあまって, 普通これ

▼ であるゆえ~ (92, 0.1%)

6 をもっ 2 にもし

1 [84件] あたかも米, ある目的, いかなる口実, いわゆる精神科学, かかる方面, かれと, か大, この点, ぜひとも力, その中, その目的, だという, ちょうどその, つねにこれ, つねに生物学的, です, でなくては, ではなくし, とうてい数学中, と何, どれほど反対, なるべく速, に, にお, にかしこい, にこう, にこの, にすぐ, にそして, にその, にそれ, にたいてい, にただ, にである, になにか, にまず, にまた, にみんな, に仕事, に他, に余, に信じた, に厭世観, に天草諸島, に容易, に小, に張らなけれ, に彼, に必ず, に有益, に木目, に死ん, に法師, に由子, に町人, に直, に確固たる, に義太夫, に苦患, に諸国, に起こっ, に軽, に高低, のまだ, のみに誤れる, の萎縮, ふたたび昔, まずこの, また新た, もしこれ, もし黄色人種, やむをえずある程度, 下ざま, 分るの, 単に机, 多少事実, 強いて, 恐る, 正しい批判, 誤った思想, 速かに, 重大事, 長い間, 頼んでも

▼ である所以~ (92, 0.1%)

11 である 64 が之, なの, はここ, を説明 3 のもの 2 だと, ね, はそれ, は之

1 [48件] が指摘, が明らか, が茲, だが, であった, であり真, でこれ, でしょうか, でもない, で農村, として時代的, に外, に相当, の, の凡て, の境, の特色, の理, はこの, はつまる, はまず, はカント, は何, は単に, は描かれた, は更に, は正に, は美術, もそうした, も文芸, をはっきり, をはつきり, をば今, を初め, を大, を弁じました, を当時, を悟っ, を明, を暁らしめ, を産み出し, を知らしめた, を示した, を組織的, を説い, を説いた, を論証, を述べ

▼ であるわけ~ (90, 0.1%)

14 です 13 だが 87 では 6 はない 4 だから, ですが 2 がない, だった, ですからね, でその, でも, なの, もなく

1 [20件] がありません, だつた, だ南風氏, であ, であり, である, であるしたが, でしょう, でしょうが, ですから, ですね, ですよ, でなく危険, のもの, のわからぬ, はないでしょう, はなし, はねえ, もありません, もよく

▼ である~ (90, 0.1%)

2 あたり前なら, であると, 専ら外交当局, 当面の, 軍部が

1 [80件] いづれに, いづれの, うるさくて, からであろう, か劇場, か水, か男, くりかえさない, この意味, この点, この集, ぜひかえり, そこに, その人間, その儘, それに, それの, それは, なるたけ都合, にである, にめぐりあった, にもつ, に気づかれ, のみで, の高貴さ, もあっ, もあり, もあろう, を以て認識目的, を以て連累者, カントの, 一度も, 人間學的見解の, 今日の, 仮に同等, 僕の, 兩者は, 公平に, 勢ひ, 卒爾ながら, 危険が, 同座させた, 吾, 大切に, 大抵の, 奇策に, 妙に, 家族中に, 寒さ, 幾らあ, 廣き, 彼は, 彼女が, 従来人の, 愛は, 或る, 旅慣れぬ, 是を, 此処には, 決して罪, 漸く意気, 物の, 直接に, 神學的乃至, 素より姑息, 細字である, 組成する, 総べての, 職能の, 自己の, 言ひ, 詩と, 詩の, 詩は, 貴方は, 辞退した, 過去の, 音節を, 顔の, 飽くまでも消滅

▼ である~ (87, 0.1%)

2 の, のこの, のもの, の富

1 [79件] からこの, からさ, から世, から其名, から又, から察, から普通, から特殊, から絶対, から誓約, が先生, が奇妙, が現在, が私, には芸術, にシェストーフ的, に五百名, に存する, のその, のふたご, のジョン, のディルタイ, の一般的, の三匙, の不純, の二〇, の二夫, の五万円, の倭なす神, の労働, の原子爆弾反対説, の古学者歌, の右, の周, の堯, の墓場, の大, の大きな, の天下, の夫人, の奥間百歳, の学生達, の小さな, の市場価格, の弘文天皇崩御, の弘法大師, の新, の日本中心思想, の早朝, の最も, の木炭, の模造, の正義, の洛陽邊, の流通, の湖畔亭, の溌溂, の漁業, の犬, の猿, の理論, の男, の皇室, の知能, の祖父母, の稀少性, の緑, の自由, の英国人, の菓子, の蒙, の見栄, の親, の鑛毒事件, の霧, へたのむ, へ今度, を見る, を選ぶ

▼ であるには~ (85, 0.1%)

27 相違ない 9 ちがいない 5 違いない 4 相違なかっ, 違ひない 2 余りにも, 相違ありません

1 [32件] あったが, あまりに素人, あまりに長く, あるが, しても, ちがいなかろ, 何の, 先づ内面的でなけれ, 単なる自分, 及ばない, 吾輩も, 妨げないとしても, 思いのほかだ, 止まらない, 止らずして, 理由が, 相異, 相違あるまい, 相違なかろ, 變り, 貧乏な, 違いありません, 違いなく, 違い無い, 違ない, 違ひありますまい, 違ひなから, 間違いない, 非ずして, 驚いた, 驚かされたと, 驚かされる

▼ であるこれ~ (80, 0.1%)

4 に反し 2 がすなわち

1 [74件] があれ, がため, がぼく, が一切経, が世間, が先生, が原始仏教的, が問題, が宛, が建築, が意義闡明, が真白, が私, が筑前, こそ学校時代, こそ真に, だけのこと, だけの諦観, ではまったく, でやつ, でよい, で完成後, で当分楽, で通った, というの, ならば, には動物一匹, には梵語, にひき, に反する, に背く, はどうも, は主として, は今, は前, は善惠, は外洋, は少し, は戸, は新しい, は更め, は水, は注意, は甚だ, は生まれながら, は畢竟, は純, は老子, は蓋し, は藪鶯, は餘談, は鴫沢てる女, は鶏, ほどの人, ほどりっぱ, ほど確, まで氏, もきたい, もはなはだ, も何, も偶然, も可, も日本, をわざ, をインド人, をスープ皿, を家族, を幸, を思う, を概念的, を汝, を無事, 即ちナロードニーキ, 正しく地球

▼ であるなどと~ (79, 0.1%)

2 云うこと, 私は, 自分は

1 [73件] いい父, いう, いうものの, いったが, いふが, いふならば, いわれて, お松は, これでは, こんなこと, しきりに我が, その当時喧伝, その面前, そんなこと, そんな馬鹿げた, どうして考えられよう, よく噂, 一途に, 三十三間堂の, 世間ばなしまで, 二人は, 云いふらす者, 云い出す盲蛇, 云うの, 云ふ, 云われる事, 人間なら, 仮りにも, 仲, 八月の, 區別し, 命婦自身が, 唱うるは, 噂せられる, 好い加減な, 妄測する, 威張って, 宮は, 思いつれづれ, 思いやりながら, 思い続けて, 思ったこと, 思って, 思はれて, 思われた, 批判し, 教ゆれ, 敢て, 書いて, 朝刊の, 母親は, 皆の, 私らは, 繰返して, 考えて, 考えること, 考へたこと, 考へては, 考へるの, 自分の, 薫は, 褒められるけれども, 見物し, 言う当時, 言えば, 言ったり, 証言する, 話しながら, 説き更に, 説く人, 誹謗する, 遠い未来夢, 院は

▼ であるからには~ (75, 0.1%)

2 私が

1 [73件] あたりまえな, いつかは, かようなる殊勝, この関係, これらの, そのぐらいの, その人, その王子, その言動, それを, ただ投げられた, ときとして, どう繕っ, どこまでも, ひとにも, テーマが, ビステキを, 一つの, 一般の, 主筋に, 之を, 二つの, 人間は, 他の, 余程の, 作家として, 例の, 先祖は, 勤めの, 単に変化, 名門出, 吾, 哲学史の, 多分ジイド, 天下の, 夫は, 女工からも, 実生活人の, 家の, 小説の, 帰らない時, 常に全般的, 幕間の, 平等の, 年と共に, 当然二つ, 形は, 必ず地球上, 思う存分自分, 急を, 敵羽柴勢が, 文覚の, 有りがち, 未練だ, 本来は, 殿の, 生徒の, 相当な, 社会的に, 種類の, 立派な, 舞台そのものが, 良人の, 虚空に, 表現上個人的特異性の, 装飾気なき, 言語の, 読んで, 誰しも, 躾けに, 閉じたもの, 除数の, 除數の

▼ であるしかし~ (74, 0.1%)

4 それは 3 私は 2 それが, 伊東氏の, 密教の, 自分の

1 [59件] あの一条, ありうべからざるもの, いづれも, おしよせおしよせて, このこと, この作品, この変貌時代, この手紙, これから後, これに, こんな大きな毛虫, しいてわが, そこに, そのこと, その中, その事業, その弱, その御, その感動, その猫, その約束, それを, 一昨年の, 世界についての, 二十世紀は, 倭皇と, 公平な, 公然とは, 印度は, 吾輩が, 問題は, 因幡や, 土牛の, 地理学で, 多くの, 大毎東日との, 奥村氏の, 川村曼舟氏は, 庵は, 新生活, 新聞は, 智者には, 業報を, 此等は, 気は, 気分ちっともパッ, 温ま湯, 狹い, 現在の, 當時印度の, 竹は, 繪畫と, 自分は, 自己主張も, 自然の, 良書は, 行乞したい, 門の, 雨が

▼ であるとき~ (70, 0.1%)

87 には 3 すなわち 2 にはその, はもちろん

1 [48件] ある商品, ある種, いつも自分, お涌, この交換者, この理想, するよう, その原因, だけ私たち, てはその, でさえ, にそうした, になっ, にのみ有意義, にはあらゆる, にはか, にはここ, にはこの, にはじめて, にはそれ, には三六分の一以下, には必ず, には正しい, には死亡率, にもまだ, にゼロ, に初めて, に別家, に得られる, に成りたつ, に有効, の, の価格, の落胆, の部分的需要, の需要, はお, はない, は一士分, は他方, は元気, は国, は打ちこんだ, は方程式, は直ちに, は踏みかねる, もあるだろう, わざと伯母さん

▼ である~ (63, 0.1%)

2 とでそれ, に政界

1 [59件] か, かも知れない, か今, か河, だ, で, であらう, である, であろう, ではない, ではなかろう, と称し, に, にこの, にその, にはやく, には自分, に与えられた, に世上, に五, に人目, に其, に其位置, に其処, に其名, に初めて, に判然, に劒沢, に動物的, に同じく, に名付けられた, に商人, に夫人, に山, に岡目八目, に左, に思ひ出される, に我々, に或は, に棚機祭り, に殆ど, に温かい, に特に, に私, に考妣一対, に車馬, に雨, に非, に顔面表情, に風, に騎兵, に齢詞, の名, の崇高, もあろう, 何故に, 其の周囲, 恰も偽, 特に云々

▼ である人間~ (61, 0.1%)

2 の構成, の生命

1 [57件] から来る, が, がかき消す, がそれ, が個人主義的, が如何, が宇宙間, が男, が金銭上, そして最も, である, といふもの, とは全く, と自然, にあり, にとって生き, にとつて, のあいだ, のこの, のすべて, のところ, のみが知る, の一人, の五体, の仮面, の力, の動き, の姿, の寿命, の屍体, の本能, の気持, の気持ち, の物, の生活, の真実, の私意, の細胞, の道徳, の集まっ, の顔, はことに, はそこ, はその, はつねに, は他, は偽善的, は僞善的, は決して, ほど卑劣, ほど幸不幸, や, を, を内, を片っ端, を腐敗, 特に女

▼ である~ (54, 0.1%)

3 浦の 2 浦は

1 [49件] かめば, きみは, つぎの, つねは, はまは, ふくが, 京さんは, 人々は, 使いが, 俊なぞは, 光さんは, 光の, 光は, 八重という, 君の, 吟は, 咲さんが, 天気は, 天気も, 妙の, 姉様に対して, 庇に, 恵が, 旦那は, 民もう, 浦が, 犬に, 珠だった, 粂や, 絹お, 綱が, 綱自身は, 綾さんには, 芝居上手に, 芳は, 茶漬を, 蘭に, 蝶という, 蝶に, 角さんを, 角に, 通では, 遍路婆さんも, 開帳が, 陣屋では, 馬という, 高に, 高を, 鶴は

▼ である~ (53, 0.1%)

15 うだ 6 うして 5 うだつた 4 うだが 2 ういふ, うした, なくて

1 [17件] ういふ意味, うしてさ, うする, うすると, うだから, うだ蕨, うです, う思つて私, う考へ, すれば, つそく, つそく米, のみうろんな, びしいといふよりもかなしい散歩だ, むらい, ような, ア手前の

▼ であるからこそ~ (52, 0.0%)

3 そこに 2 だと, 伸子は

1 [45件] いきいきと, いわばかつて個人的, かんじんの, これほど, その一面, その欲求, それぞれの, それに, そんな迷信, でき得る限り, ほとんど優美, わたしは, アカデミーについて, マルクス主義に, 一つと, 人間に, 今日を, 労働の, 却って初めてここ, 却って吾, 厳粛でも, 又夫, 吾人は, 哺育と, 女に, 女の, 妹は, 学位の, 実現しよう, 幾何学らしい, 序説以下の, 彼らは, 彼女の, 彼等の, 意味が, 政治に, 様様に, 樣樣に, 殊に長篇作品, 猶更, 現代文学に, 生じた事情, 社会主義と, 私も, 自分は

▼ であるとさえ~ (52, 0.0%)

5 いえる 4 いうこと 2 云うこと, 云える, 信じて, 思って, 考えられて

1 [33件] いい得る, いい得るであろう, いえるの, いって, いわれて, されて, ともすれば思う, 云って, 勇気づけられた, 思います, 思い習わして, 思い込むよう, 思う, 思わせられないでは, 思われます, 感じて, 感じます, 教わったもの, 極言された, 源氏は, 申せますでしょう, 申上げたい, 考えた, 考えて, 考えました, 考えられるあの, 考えること, 考えるもの, 言った, 言って, 言われて, 評して, 誤って

▼ である~ (52, 0.0%)

46 して 1 かも信者, かも神, も今, も他, も出場, も科学的認識

▼ である必要~ (51, 0.0%)

18 はない 13 がある 3 はなく, もない 2 があった

1 [12件] があっ, があつ, があり, があります, がない, が見出されるなら, さえもない, のない, はありません, は別に, は毛頭なく, を認めない

▼ であるとかいう~ (48, 0.0%)

6 のは, ような 4 ことが, ことを 3 ことに, ことは

1 [22件] ことであった, ごとく従来, のである, のも, ふうに, ナンセンス以上の, 事を, 二・二六記録が, 以上の, 位置の, 判断で, 勝手な, 区別を, 原因から, 意見が, 批難は, 点に, 現象を, 種類の, 観念を, 評価と, 風に

▼ である~ (48, 0.0%)

2 は, はその, はそれ, は労働

1 [40件] に既に, の女, の岳, の彼, はけっして, はこれら, はすなわち, はすべて, はそ, はどこ, ははなはだわずか, はまだ, はよろしい, はエントロピー, はオリンポス, は一緒, は二人, は他, は何, は何処, は単に, は吾, は問題, は嘘, は夫婦, は小さい, は彼ら, は必ずしも, は抑圧, は断じて, は無, は生命, は神, は結婚ほか道, は絵画, は肉体, は自分, は金, は銀五郎, もう一度海

▼ であるほど~ (47, 0.0%)

2 世の中は, 出生の, 大きいもの, 容易である

1 [39件] いいこと, きょうの, その差別, それだけ排他的精神, それほど逆, それほど遊ぶ, ついその, であるから, 事なかれ, 人々の, 俳味が, 勇敢であり, 単純な, 厚いし, 原作の, 夢も, 好いと, 好いといふ, 妾には, 徹底した, 急な, 悲しむべきこと, 昔の, 毅然たる態度, 深いの, 猥本の, 発電量は, 結婚の, 結婚まで, 緊密な, 耳が, 肉体は, 芸術品としての, 菊乃さんには, 誇張し, 退屈であり, 逆に, 郷土の, 韻文的である

▼ である~ (46, 0.0%)

2 は一時, は思わず, は熱心, は茲

1 [38件] が何故, が再び, が監督官, が車, とても必ずしも疑った, と権田, にし, の一子, の叔父, の室, の常に, の怪我, の机, の神経, はこの, はダイトクモツコ, は一目, は以前ショッペンハウエル氏, は何, は余り, は先, は唯, は心底, は感動, は是等, は最早, は梵天, は此老人, は猶も, は知人原氏, は秀子, は自分, は英国紳士, は遽しく, は雀躍, は顔形, も単に, を近所

▼ であるあの~ (43, 0.0%)

2 人が, 人たちは

1 [39件] おかみの, お方に, ごてごてと, やうに, やくざが, ドーブレクを, 不始末, 人と, 人も, 個展は, 兄弟の, 叔父が, 壮大な, 大きな鐘, 大切の, 太陽の, 小童を, 弥四郎頭巾の, 快闊な, 忽然念起を, 時は, 木と, 柚子に, 歓待という, 混雑な, 激震の, 男の, 画家の, 目の, 直覚に, 自然な, 蓊鬱した, 蟷螂の, 言うに, 貌麗は, 飲んだくれの, 高根薔薇は, 高貴さと, 鹿沼新田の

▼ である即ち~ (43, 0.0%)

3 それが 2 この現象, 世界的世界と

1 [36件] アとか, パラフレイズは, ロッツェ自身が, ワキと, 世界に対する, 主体的である, 今の, 他の, 余が, 公孫の, 具体概念的に, 博士の, 反作用としての, 外部の, 天海大僧正の, 天災を, 宇宙それ自身が, 度を, 悲哀の, 意識的である, 摩擦が, 新潟県越後国北魚沼郡湯之谷村と, 昼十二時過ぎに, 構成的である, 滅亡せる, 潔められたる, 生命の, 當時の, 睿宗皇帝の, 神に, 空間が, 終止言と, 統覺の, 自然科學の, 身体的に, 静物は

▼ であるとしか~ (42, 0.0%)

5 思えなかった 4 思われない 2 感じられない, 私には, 考えられない

1 [27件] 僕には, 思えない, 思えなかったし, 思えなくなって, 思って, 思つてゐなかつた, 思はれない, 思はれなかつた, 思へなかつた, 思われないの, 思われなかったの, 思われませんし, 知覚しない, 知覺しない, 考えない, 考えよう, 考えられませんでした, 考へて, 考へられない, 考へられないので, 考へられない人達, 考へられなかつた, 若い彼女, 見えない, 見えなかった, 見られない, 認めて

▼ である~ (41, 0.0%)

1 [41件] その食料品, た孔竅, 不空三藏, 九州に, 人生は, 動植物の, 博士の, 取られない様, 唐の, 嫁の, 小猫, 左衛門が, 左衛門利家は, 幾多の, 床には, 忍熊王が, 恐らく入唐, 我である, 教訓である, 既に卒業, 日本で, 日本でも, 景淨のみ, 最も面白い, 最後の, 波斯の, 然なく, 發音も, 盧迦溢多は, 眞宗は, 矢と, 空間時間の, 精神界の, 義寧坊の, 萬といふ, 論理の, 護符の, 財産にも, 近來米國, 風刺という, 食事の

▼ である~ (40, 0.0%)

3 免れぬ 2 知って

1 [35件] きき驚く, や, 使うて, 免れないが, 免れぬであらう, 全く私, 吾, 思ふ, 意味する, 感じ原子, 感ずる, 教へる, 本質と, 止めたもの, 止めて, 痛罵する, 知つた, 知らすること, 知りながら, 知りながらも, 知るであらう, 確認し, 示唆する, 種に, 衆の, 要しない, 要しませんただ, 見た, 見て, 覺えた, 解するであらう, 解せぬより, 誇りに, 説き人間, 頻りに慚愧

▼ である~ (39, 0.0%)

2 と妻

1 [37件] が, がある, がかえって, がその, が一種, が存在, が私, が興味, が芸者, さえ大, でさ, でさえ男, といっしょ, と朝鮮, にそんな, にもお, に対手, に課せられ, のため, のよう, の人, の作家, の子供, の家, の父権, の父系制度, の盲目的玩具, の立場, の荒い, の誇らしい, も今, も女, よりやすい, を失職, を死, を殺させる, 思ひである

▼ であるといった~ (38, 0.0%)

6 ような 2 ふうな, ように

1 [28件] ことは, ことばを, ことまでを, ことも, ごとく, そうである, そうです, のであります, のである, のであろう, のは, のを, ほうが, フィードレルは, 事情は, 人が, 人も, 如く私, 意味の, 感じだった, 方が, 本質と, 私の, 精神を, 自分の, 芭蕉の, 言葉の, 言説が

▼ である~ (37, 0.0%)

19 はない 2 はないだろう, はなく

1 [14件] からとやかく, ない, ないだろう, ないの, のすべて, の一見地, の品位, の大人, の女房, の工場, の目的, の諸, は何物, は淑女たる

▼ である日本~ (37, 0.0%)

2 にはまだ, のこと, の茶の湯

1 [31件] からは從來, がアメリカ, が清露兩國, が火山国, では又, では弘法大師, でももうそろそろ, においてプロレタリア作家, において労働運動, における文学, に対して日本的, に降りた, のお, のもの, の天皇制ファッシズム, の婦人雑誌, の將棊, の將棊盤, の必然, の放送事業, の政治家, の文相, の画家, の裁判官, の資本家, の風俗画, の鬼, は文学上, は明治維新, までが石井駐米大使, を見離し

▼ である~ (35, 0.0%)

8 に反し

1 [27件] からあんな, が今, が國, が為め, が秀子, こそが本当, だけで已に, だけは有難い, に依れ, に対して主観, に対して所謂哲学, は一體徳川時代, は今日, は公式, は北海道其他開墾地, は吾, は改めて, も鉄, れに, れを, をゼシュイット, を一応, を支那, を新聞, を理論的, を私, を願わない

▼ である~ (35, 0.0%)

4 れは 2 れが, れ唯

1 [27件] からし, が政府, が森, だけの所, だけは最早, で一萬一千百圓, で此, ならばと, に依, に依る, に就, はどう, は予, は名, は鑛毒地, ほどの宝, も亦, も何, も我輩, より取り出し, れ, れはなみなみ, れ今日, れ呼召, れ矛盾, れ私, 未だ充たされざる

▼ であるだから~ (34, 0.0%)

2 して, それは, 失望の

1 [28件] おとなしくしなく, こういう下部構造, この画, ジャーナリズムは, 仕事は, 仲人する, 余りはっきり社会的, 佛は, 全體, 古代印度の, 單純ながらも, 客を, 己が, 弥之助は, 形式的に, 彼等に, 支那に, 梅雨晴れという, 梵語なら, 模写説は, 涙が, 物理的空間の, 獻立書といふ, 私は, 空間は, 自然が, 雇人たちは, 食慾と

▼ であるばかりか~ (34, 0.0%)

2 その次男, 渋滞状態の

1 [30件] いまは, かなり親交, その勝者, その子, その性格, その本職, そんなに困った, そんなオメサマ, はなしの, ひいては地球人類, まじめな, また熊, ややもすれば事実, よく検, ガマ六と, 一目見た, 二番との, 亭主の, 女の, 山に対して, 恐水病にでも, 有害で, 朝鮮文壇では, 此処でも, 物質文化こそ, 知能の, 自分の, 誰も, 顔から, 食指と

▼ であるよりは~ (34, 0.0%)

2 むしろより, より多く

1 [30件] この不満, まだしも窮屈, むしろその, むしろ以下, むしろ例証, むしろ原因, むしろ名, むしろ命令, むしろ娘, むしろ技術, むしろ精神的, むしろ結果, むしろ詭計, むしろ過剰, むしろ階級的利益, やはり馬上青春, ロマンチストである, 以下であるらしい, 僕は, 勿論よろしゅう, 多分に, 實感を, 寧ろ知識学, 幸いの, 彼は, 政治家である, 濃厚な, 積極的な, 藝術品である, 貧しき人

▼ である彼女~ (34, 0.0%)

2 の方

1 [32件] がいつ, がわたし, が佐助, が姫路, が生命, が貴下, が雨, には思い切れない, のうち, の兄, の処, の夫, の字, の幸福, の恋人, の態度, の自作, の若い, は, はきっと, はすっかり, はどんなに, はドレスデン, は僕, よりも知らない, より若く, を乗せた, を人生, を愛する, を私, を苛む, を見つめ

▼ であるがと~ (33, 0.0%)

2 云ふ, 薫は

1 [29件] あるだけ, いって, いつて, いふこと, うとましく思い, お思い, こんなこと, すると, だれも, つくに, 不安だった, 云うので, 云って, 作者は, 切出して, 否定の, 思いながら, 思いながらも, 思われた, 思われて, 悲しんだ, 残念にも, 物思わしく, 目に, 腑に, 親王がたも, 解すべきである, 言ふ, 返す返すいぶかしく

▼ である~ (33, 0.0%)

1 [33件] あり昔, こそ眞宗と云, この点, しも余, でもその, でもとき, にし, のやう, の不幸, の世, の人間, の今, の細川家, の高市郡, は交通, は同じ, は米国, は蒼, は貴, までのこと, までの下宿, まではなはだ, までまだ, まで無, ま幸, も印度, 一軒の, 改めて之, 明日にも, 殘つて居る, 猛然と瑛子, 申した海岸, 裏切ること

▼ である~ (33, 0.0%)

3 の様

1 [30件] ない文字, に聖書, の, のあと, のとき英国, のオウオソ, のケンウッド, のバラモン, の人, の仕事, の住者, の僕, の呼吸, の如き死んだ, の家, の思想, の教徒, の東京, の正体, の点, の男, の碑, の窮鼠, の紙, の船, の言葉, の部屋, の重み, の長年婆羅門, は一見

▼ である~ (32, 0.0%)

10 否やは 5 否やを 3 うだつた 2 否やも

1 [12件] おさしつかえなく, しからずや, 否は, 否や, 否やが, 否やで, 否やという, 否やに, 否や究めね, 如何に, 憎むべきもの, 自分は

▼ である~ (32, 0.0%)

1 [32件] があり, がそういう, がよい, が一人, が屈伏, が純潔, が良人, で女, とそして, とその, と出来合っ, と少し, と近づき, と過去, に名誉, のひと, の大, の奥, の幸福, の男, の苦しい, の部屋, はいった, はその, は天才, は小さい, は愛人, は挙止, は自分, もし, を寡婦, を描く

▼ である~ (32, 0.0%)

2 な気, に, に感じる, に見える

1 [24件] だ, である, です, な不思議, な感じ, な話, にと念じ, にと言, になっ, になつ, に君, に天狗, に実は, に思う, に思われる, に恐らくは, に文学, に普通五分位, に海, に生, に祈っ, に考へられ, に見られた, に詠む

▼ であるまた~ (31, 0.0%)

1 [31件] いつた虱, お千絵, これらの, さうし, その順序, た, ぶら, マドレーヌの, 一個人という, 世間で, 人間的には, 其事を, 凩の, 夕立の, 好詩料, 姫君の, 実際いかなる, 小供, 平凡なる, 才も, 既に初ま, 日本の, 死去致した, 然様いう, 熊笹や, 美くし, 自分が, 蓮華群峰や, 郷倉氏の, 階級の, 駄目である

▼ である其の~ (31, 0.0%)

1 [31件] のちも, 中一週の, 二つは, 人に, 仔細は, 他カバラー, 他佛教に, 他布字, 他瑣細な, 入唐留學の, 卓子掛けは, 友染を, 執念の, 外は, 女を, 定に, 後印度の, 従弟が, 教祖は, 方が, 生存の, 種類が, 缺乏した, 舳に, 言葉も, 託児所の, 足の, 通りに, 顔と, 顔色の, 高慢税の

▼ である~ (30, 0.0%)

18 はない 2 ない, にない 1 で大きな, なくそして, に欠点, に精神, に道, はあるまい, はなかっ, はなくなるであろう

▼ である証拠~ (30, 0.0%)

3 である 2 だと

1 [25件] がない, でありそういう, であり最後, であると, である美人, でしょうか, でしょうな, です, ではない, ともなる, なの, になるだろう, にはなります, には古来, には席, には毎日献立, には西洋人, に彼女自身, に彼等, に最近, に頗る, はわれわれ凡人, は山, を提供, を見せる

▼ であるすなわち~ (29, 0.0%)

1 [29件] いわゆる東洋蘭, その供給, もし十名, われらが, コゼットが, 上の, 不可知的である, 人間とは, 何らの, 利用が, 労働が, 問題は, 変体仮名は, 学名で, 家族の, 幼い女師匠, 思考の, 改良された, 理想論あるいは, 疑い肯定し, 穀物その他の, 英語で, 菖蒲は, 親は, 贖罪を, 農業に, 長さ, 雑然たる順列, 雲切りの

▼ であるより~ (29, 0.0%)

5 以上に 2 仕方が, 他は, 外に

1 [18件] なにかしっかりした, ひろい人民層, ほかに, ほかは, むしろ人類, むしろ小説的構図, もっと強い, 以上な, 以前に, 外には, 多く廊下, 多分に, 少年時代から, 常識を, 平野の, 幸福な, 推して, 高き恋愛

▼ である理由~ (29, 0.0%)

2 だと, もそこ

1 [25件] から古語, から学校, があり, がある, がそこ, がない, が彼, が彼女, が無かっ, が解つた, である, なの, には毫も, のうち, の存する, はあるまい, は今, は境遇, は尚更, は毛頭, もあった, もこれ, を夙に, を有, を聞い

▼ であるだが~ (28, 0.0%)

1 [28件] かれは, こ, その日, その結果, それによって, それは, それ故に, それ故にこそ, たくさんの, だれも, どこかに, どこにも, ひとりである, 単に観念, 厳格な, 同時にそれ, 吾, 夫と, 実際には, 富士男は, 少年の, 意識活動の, 才人は, 肝腎の, 茲に, 論理と, 諸君同じ, 野球は

▼ である今日~ (28, 0.0%)

2 までの民器

1 [26件] でも何処, にても南洋, にはじまつた, のうち, のやう, のアメリカ, のマルクス主義的文芸評論, の上流社会, の持久戦, の文学, の文学的自由主義者, の永代橋, の茶の湯, の西洋, の認識, の趨勢, の雑誌ジャーナリズム, の雨中行乞, はいろいろ, は一ばん, は柿, は満員, は高貴, も役場, も自, 図らずも

▼ である以上それ~ (28, 0.0%)

2 だけで, はつねに, は当然

1 [22件] から逃れる, が実際, が局限, が要求, にはかならず, のみが公民, の超, は, はどう, はなに, は常に, は能楽, は過去, を, をただ, をどう, をむき出し, をむやみ, を更に, を求めた, を畜生, を知り

▼ である~ (28, 0.0%)

1 [28件] かをシンボル, か僕, か故, か父, が幸福, でもたしか年, でも人, でも高岳親王, という石, という透き通った, といっ, といふなつかしい, といふバカ, にせよ, にも言わず, のおそれる, のため, の栄誉, の為, の目的, の躊躇, は措い, もかに, もない, も人, も別に, も彼, も舊

▼ である~ (27, 0.0%)

6 いうまでも 2 勿論の

1 [19件] いいが, もちろんです, もちろんなお, もはや特に言, やむをえない, ッと, 争う事, 争われなかった, 云うまでも, 人情喜ぶべきでない, 何人も, 動かすべからざる定説, 姉君で, 小学校の, 明らかである, 言うまでもない, 言うまでもなかろう, 言ふ, 言わずして

▼ である我々~ (26, 0.0%)

2 が清掃, が競争, の魂, はこの, はそれ

1 [16件] からすれ, がどうして, が贖罪, と同席, に驚き, の作家, の心, の目, の観衆独特, はかかる, はそれら, は反対党, は彼, は我々, は濃い, は生一本

▼ である~ (26, 0.0%)

2 がいい, がよい

1 [22件] がこの, がさらに, がずっと, がずつと有力, がむしろ, がハッキリ, が使用, が僕, が好都合, が皇后, が種々, が軽快, が適切, ですから, に自分, のお婆さん, の呉茱萸, はその, は今, へとがらした, もあの, を好都合

▼ である殊に~ (26, 0.0%)

2 私の, 私は, 飾りの

1 [20件] ここには, 一般的には, 予の, 今度は, 便所は, 八年前文部省の, 其の夫婦約束, 其の昔, 古代の, 坊主枕はよ, 大師の, 天才を, 妙な, 小児科婦人科に, 小兒科, 旭川の, 独逸などでは, 獨逸などでは, 芸術作品の, 龍王が

▼ であるかぎり~ (25, 0.0%)

3

1 [22件] いかなる外国, お釜, かかるアンティテージス, けっして神さま, そしておそらくは, そして契約, そして政治, その根本, その相手, それではまだ, においてこの, において反省, は彼, は循環小数, は永久, は現実, またまた第, やはり宮, 当然そのもの, 斯くいう, 時として父, 煩わしいから

▼ である~ (25, 0.0%)

3

1 [22件] え, これ許し, さ何者, そちは, っ, はやまって, もう戦がす, ッ, 主水, 今日其の, 何う, 俺の, 個人的に, 兎や, 品物は, 幻滅を, 待たッ, 徒労である, 橘そちは, 粗相を, 罪と, 賣れ畏

▼ であるそれから~ (24, 0.0%)

2 殆ど臍

1 [22件] この岡, この村, みいち, みいちゃんの, ようやくの, 上は, 今は, 出版が, 午後一時二十分と, 小学校へ, 尚ピタゴラス, 山で, 平坦地と, 昨夕の, 有部律の, 次に博士, 第九冊, 美人とは, 腹である, 花は, 言葉が, 道徳は

▼ である事実~ (24, 0.0%)

1 [24件] から察し, から眼, がこの, が余りに, が次, であること, によってもたくさん, によって宇宙, によって確証, に対しわれわれ, に深刻, はさすが, は消, は私たち, よりも更に, をみとめまい, をも考えさせる, を否む, を明瞭, を発表, を発見, を知っ, を考えざる, を考へれ

▼ である~ (24, 0.0%)

4 れから

1 [20件] からし, からモー一ツお話, から佛教, から森, がやがて, が為, といえ, にも拘らず見, に対して彼女たち, の側, の陸象山, は, は兎, は全, は全部, は彼, は現実性, は自分自身, や兄, を疑った

▼ である~ (23, 0.0%)

2 けに胆力, けは認められる, にそれ丈, に勝平

1 [15件] けごまかし, けで, けにおかしく, けに廣介, けに本当, けに非常, け二人, け弟, で暗示, にそこ, にやや, に妹, に少し, はそれ程, 苦しいと

▼ である~ (23, 0.0%)

2 にたった

1 [21件] で最も, で源之助, にあっ, にかの, には光一, には或は, にひとり, にふんぞり返, にもことに, にも主観的態度, にも眞佛, に一寸, に到る, に彼等, のもの, の葉, へおくれ, を田中, 世紀が, 又川, 臣

▼ である彼等~ (23, 0.0%)

2 を苛める

1 [21件] がガツ, が自ら優等民族, が蕩々相率, さうし, にとっては議会統制, のこと, の或, の温情, の酒好, はどんな, は内, は大抵, は忠君, は決して, は父母, は皮肉, は私, は自ら神, は自分, も亦, も毎晩飮食

▼ である~ (23, 0.0%)

1 [23件] がしばしば, がどうして, が同じ, であったが, であつ, であるため, と母, に比べ, のところ, の友達, の大臣, の権威, の父親, の衣服, の誇り, の轉勤, の金, は又, は家, は短気, は自分, も兄, も存生中

▼ である~ (23, 0.0%)

4 一の 3 一に, 二の

1 [13件] 一ないし, 一問題は, 一期の, 一流の, 一種も, 一第, 一説と, 三の, 二には, 二は, 二首は, 十の, 四の

▼ である若い~ (23, 0.0%)

1 [23件] お内儀さん, 人々の, 人が, 人は, 人達は, 人間を, 友達は, 和一郎夫妻を, 女が, 女の, 女性が, 娘達の, 書生肌の, 未亡人は, 殿上人に, 母は, 漁夫です, 父の, 男が, 男は, 男女青年の, 画学生の, 薬剤師と

▼ であるそこ~ (22, 0.0%)

1 [22件] からの悲喜劇, が科学, では何等, には何, には悟性, にパトス的, に到達, に問題, に地心, に彼, に時代錯誤的, に真, に私, のところ, の細君, の鯛, は如才, へ下り, へ無遠慮, へ父, へ私, までいつ

▼ であるに対して~ (22, 0.0%)

1 [22件] このタク, たまは, むしろ確固たる, 一方には, 一方は, 儀来河内すなわち, 先験論理の, 労働者的である, 後者が, 後者の, 技術の, 新刊書を, 日本の, 本篇で, 歴史学の, 物理学者にとっては, 知性による, 科学は, 第一期, 自由詩が, 面は, 龍麿が

▼ である~ (22, 0.0%)

5 だが 43 である 2 です, ですが 1 じゃない, だつたらこれ, だらう, でしょう, ですけれど, ですわ

▼ である一人~ (22, 0.0%)

2 の女

1 [20件] でも同行者, の人, の仲間, の作家, の優秀, の博士, の友人, の女性, の学生, の家庭婦人, の旅人, の男, の知人, の美しい, の美しく若い, の老, の青年, の非常, の騎士, 生き残って

▼ である~ (22, 0.0%)

2 しそれ, し之, し余

1 [16件] し, しこの, しそれでも, しそれら, し予, し今, し何故, し其澤山の手, し其苗, し又, し存在, し実はただ, し彼等, し是等, し茲, し高田

▼ であるそこで~ (21, 0.0%)

2 私は

1 [19件] いずれその, 余輩は, 兎に, 公園劇場での, 六十何銭かを, 其首に, 吾人は, 子供等と, 意外な, 新聞紙上の, 東京から, 東洋の, 此の, 残本の, 男女関係の, 紀元前八年頃に, 自由に, 自衛上全集物を, 鎌倉を

▼ であるぞと~ (21, 0.0%)

2 いうので, いわれた, 触れ出されたの

1 [15件] そういったよう, 云う感じ, 云って, 云わぬばかり, 云われた, 云わんばかりに, 仰っしゃりますので, 凡夫の, 半九郎, 司馬懿に, 問へば, 大きなこと, 深く印象, 触れ出した, 言つたのである

▼ である代り~ (21, 0.0%)

2 になんとなく

1 [19件] いかなる傑作, に, にすべて, にどれ, には自ら, にまさに, によい, に一端, に何等, に俗間, に危険, に吸引, に奪う, に実際, に寧ろ, に理智的, に理論, に稍, に都会

▼ である~ (21, 0.0%)

1 [21件] から最初, が七十八歳, が名, が見れ, としてはあまりに, に日本新劇, に消, に相当, の手, の温情, の話, の議論, の顔, はつとに, は僕, は冷静, は第, への贈物, よしつかり, よ今日, よ自ら苦

▼ である~ (21, 0.0%)

2 は幸福

1 [19件] が世, が多, が未來永劫人間以上, が用役, が稀, が遠慮, ども戦争, にたいしてどうして, にとっては無論, には, にも尚, に揮毫, に頼ん, のうち, はすくない, は多少, もあり, よ, を六人

▼ であるこんな~ (20, 0.0%)

2 ことは, ことを

1 [16件] ことが, ことに, ところに, ふうに, ふうにも, 処に, 古い顔なじみ, 場合画家は, 少女を, 心を, 心持の, 残酷な, 状態で, 用事を, 結構な, 草の

▼ であるせい~ (20, 0.0%)

2 か西洋種, もあろう

1 [16件] かあの, かかなり, かそこら, かその, かところどころ, かも知れない, か冷たい, か古い, か大, か曽, か白い, か眼鏡, か笛, か自分, か自身, か関口君

▼ であるあなた~ (19, 0.0%)

1 [19件] がその, がアマーリア, が希望通り, が競争的, が絞首台, と御, には詳述, に大きな大きな, に手紙, に訴える, に試み, のところ, の実家, は反対, は恐らく, ばかりでなく, をまず, を殺し, を私

▼ であるかについて~ (19, 0.0%)

2 軽快無比の

1 [17件] ここに, ちょッと, ひとは, ほとんどなんらの, ジーモンの, 一応の, 何時間も, 十分に, 問題を, 多少の, 夢想だ, 思い悩んだ, 白木自身は, 知らしめ意識, 考えて, 考えるの, 説明を

▼ であるかによって~ (19, 0.0%)

2 決定される

1 [17件] その主張, その段階, それは, どういうふう, 一定の, 価値が, 優しくも, 分類され, 即物的, 実在論には, 差が, 所謂明白説に, 決して同じ, 測定の, 痕跡の, 発揮される, 評価され

▼ であることそれ~ (19, 0.0%)

2 は静寂

1 [17件] が万事, が信長, が印度, が唯一, が承知, が結局得策, くらいな, さえも脅威, による氣質, に優美, に微罪, の可能, はあながち, はあの, は古から, もわずか, をよく

▼ であるなどという~ (19, 0.0%)

2 ことに, ことは, 説も

1 [13件] ことが, ことを, のも, 主張は, 事は, 人が, 人材の, 伝説も, 思いに, 理由は, 空想を, 評を, 説は

▼ である~ (19, 0.0%)

2 が彼

1 [17件] が, がなした, が一日, というプロレタリア作家, との三人, にし, にどんな, に懸けられた, に文通, の如き, の弟子入り, の当来, の性質, の運命, はその, は着物, は遠慮

▼ である~ (19, 0.0%)

1 [19件] にま, にも述べた如く, によき, に人間, に列擧, に啓蒙家, に幕府, に引用, に既に, に日本国民, に最も, に社会主義者, に自分自身, に進歩的, に障子, の家, の牛乳女, へパッ, 和泉守を

▼ である然るに~ (19, 0.0%)

1 [19件] 一般哲學者は, 二回とも, 人口は, 今日かう, 今時は, 余輩自然論者から, 其の名, 君等は, 吾, 宗教と, 宗教の, 左樣なる, 年末に, 政府の, 此の, 此教義は, 私は, 義淨は, 這麼盜人計りでは

▼ であるかをも~ (18, 0.0%)

2 知らなかった, 識らない

1 [14件] 之は, 平明に, 思わずには, 想って, 意識しない, 或は知り抜い, 明らかに, 沁, 省みさせられる, 知った, 知って, 知らない, 知らなかったので, 簡単に

▼ であるしかも~ (18, 0.0%)

1 [18件] このマスト, この事, この快適, この真先, そこに, その家, その未知, その首唱者, みな後醍醐の, 修行し, 力自慢の, 吉岡氏の, 唯一回の, 当夜は, 春琴は, 暴君の, 朱, 猫は

▼ であるところが~ (18, 0.0%)

1 [18件] この四人, その後に, つい近日田島, ダーヰン氏の, マテリーと, 中世の, 何となくこの, 俳優も, 個人の, 刀を, 大事な, 大観個展を, 平瀬家は, 從來の, 惨めだ, 男子は, 白井が, 空間時間である

▼ であるもう~ (18, 0.0%)

2 一人の

1 [16件] あきらめなければ, あれだけの, こんなこと, どんなこと, ぼくらでも, ゆかた一枚で, 土用が, 手配も, 最後の, 沢山な, 絶交する, 自分は, 蝉が, 誰に, 長野は, 飽きて

▼ であるうえ~ (17, 0.0%)

1 [17件] にあまつさえ, にすぐれた, にむかし, にもう, に寝台, に寺育ち, に敵, に模倣, に気, に活発, に真紀子, に科学者, に自分, に頭, に風, はたとえ, は同胞

▼ であるなし~ (17, 0.0%)

4 に関係 2 は別

1 [11件] ということ, にか, にかかわらず, には思った, に関, の問題, はさし当り関与, は心眼, は論外, もけっきょくはここにかかって, よりも寧ろ

▼ である伸子~ (17, 0.0%)

1 [17件] がそれ, が真実, との生活, と母, にかたく, にことさら, には本能的, にわるい, のいう, のいない, のそれ, の感覚, の気分, の耳, は母, ばかりであった, をあんなにいきなり

▼ である彼ら~ (17, 0.0%)

1 [17件] が微々たる, にとっては人間, にとっては登山者, に孤島生活, のため, の心根, の楕円塊, の身, はあまりに, はこういう, はそこ, は圧倒, は尊敬, は民藝, は無駄, を飽き足りなく思っ, 若夫婦

▼ である支那~ (17, 0.0%)

2 の前

1 [15件] からの輸入, のギヤルソン, の古代, の古代文化, の後れた, の故事, の文化, の文明, の民衆, の法律, の經書, の話, の過去, は古来, よりもモー

▼ である関係~ (17, 0.0%)

1 [17件] からお世話, からこれ, からし, からちよいちよい二人, からよい, から伊佐子, から欧米留学, から素子, から羯南氏, から芸人, から行儀見習い, から非常, から馬籠, から駅員, そんなもの, で商店会社工場, によつて

▼ であるかについては~ (16, 0.0%)

2 私は

1 [14件] すこしも心当たり, すでに科学論, そのほう, ほとんど省, 中, 他日また, 例えば生島遼一, 僕には, 去年の, 各紙は, 押して聞け, 明白な, 法文または, 言わなかった

▼ であるただ~ (16, 0.0%)

2 武力や

1 [14件] その場合意識, その散在, その死, それ如此である, 一を, 何となく福田平八郎, 単に生, 己が, 彼が, 明白な, 経験には, 脳の, 芸術哲学などといふ, 諸君の

▼ である~ (16, 0.0%)

1 [16件] あらうところ, 一頭の, 亞拉比亞人も, 今日君を, 回教徒も, 師範は, 彼の, 此の, 此時代には, 洞神經には, 私が, 第七世紀, 苦行さへ, 英人が, 身の, 軍司令官は

▼ であるとて~ (16, 0.0%)

1 [16件] これを, さっそく評議, たいへん富三, 不都合の, 其廉を以て, 十二類の, 嘆く勿, 大声を, 工兵が, 後に, 手嚴しい, 排斥せられた, 攻撃され, 故ら, 諸方より, 譲らずついに

▼ であるなぞ~ (16, 0.0%)

2 と考える

1 [14件] と, というよう, という薄っぺら, といふ薄, とちゃんと, とファルス, と云う, と云つて眼, と勿体, と笑, と笑うべき, と考へる, と話し合い, と途方

▼ である人々~ (16, 0.0%)

2 の各々

1 [14件] がすぐ, が直ぐ後, についてばかり多く, についてもすこし, の胸, の遺伝, の階級, はさ, はそれぞれ, はやはり, は別, は大変, は私, を厳に

▼ である従って~ (16, 0.0%)

1 [16件] いざ壁画, 人生そのものを通して, 伊弉諾伊弉冉の, 充分に, 又凡, 古来多く, 吾, 幕明きの, 彼は, 所在を, 私が, 結局は, 芸術家たる, 茲には, 著作の, 貨幣地代は

▼ であるとい~ (15, 0.0%)

6 へる 4 へよう 1 とも簡單, へます, へるであらうか, へるの, へる人

▼ であるとを~ (15, 0.0%)

2 問はず

1 [13件] 問はず一個の, 問はず同一の, 問わずすべて皆観照, 問わずその, 問わず同様, 問わず常に, 問わず必然的, 問わず思いきって, 問わず根柢, 問わないもの, 問わなかったらことごとく, 要しない, 論じませんが

▼ であるなど~ (15, 0.0%)

1 [15件] ああその, いう説, いふ窮屈, いふ考, いろいろの, なかなかよく行きとどい, ひと通りな, わかろうわけ, 云ふ, 俚俗の, 思いながらも, 思われると, 考えも, 考えるもの, 言う人

▼ であるもし~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの腹, これを, それ雲霧を, また将, また巨万, 了解され, 作者に, 平素善根を, 幸いに, 彼が, 放庵に, 桜が, 當時の, 肺に, 陸路を

▼ である以外~ (15, 0.0%)

3 にあり

1 [12件] になんにも, には何, に何, に何もの, に假定法未來, に別段, に医者, に私, に精神, のなにもの, の何物, 如何なるドグマ

▼ である~ (15, 0.0%)

1 [15件] なる家族, に排斥, ウツケ者バカ, ジョットーを, トルストイが, ブリテンの, ラマが, 乘佛教が, 夕立が, 政党の, 絶壁に, 自然を, 詩人は, 部分の, 頭株に

▼ である~ (15, 0.0%)

2 る特別, る種

1 [11件] る国, る新聞, る日, る時, る相場師, 一種の, 人は, 年の, 日の, 時牛乳搾, 植物学者が

▼ であるからという~ (14, 0.0%)

3 ような

1 [11件] そのせい, のなら, 功利的な, 意味の, 気持ちで, 理由だけで, 理由だけでも, 理由で, 理由によっては, 秘密には, 道理を

▼ であるそういう~ (14, 0.0%)

1 [14件] ことを, のであります, ものが, 一族の, 人間でありまする, 奸臣を, 文学が, 独身婦人は, 考えが, 者は, 能力が, 話を, 風な, 風の

▼ であるとまで~ (14, 0.0%)

1 [14件] わかって, わかれば, 云った, 唱えかねまじき様子, 思って, 憤慨した, 極端に, 済まして, 確信し, 考えた, 考えるほどに, 考へられたの, 自分に対する, 蔑んで

▼ であるなぜ~ (14, 0.0%)

2 ならかかる, ならさもなければ 1 こんな謎, なら, ならば, なら偽善, なら在るところ, なら学校教育, なら少なくとも, なれば, クラモウと, 一所でも

▼ であるなどとは~ (14, 0.0%)

1 [14件] お知り, ちょっとでも, どの相手, まるで思わず, もはや人々, 主人も, 夢あまたれる, 当りまえ, 彼には, 思いも, 思って, 決して思わない, 空に, 誰も

▼ であるによって~ (14, 0.0%)

1 [14件] このお, その作中, その積り, どうか, 人の, 公卿の, 其の強, 可能に, 当然の, 我等の, 旧称を, 物価の, 知識は, 謙遜の

▼ である世界~ (14, 0.0%)

2 はそれ

1 [12件] から起る, が二個, が真に, が自己矛盾的, が自己自身, です, でなければ, のみが初めて, の諸, は世界, を, をば世界そのもの

▼ である主人公~ (14, 0.0%)

1 [14件] がシャンパニエ, がペラペラ, が厄介, が独り, と共にこの, にはお, のこと, の一生, の全, は, はいた, も奥さん, も折ふし此, を苦しめ

▼ である二人~ (14, 0.0%)

1 [14件] がこう, であった, で三度, の娘, の少年, の息子, の愛書家, の成員, の教師, の青年, の顔, はどうにか, は当初, は明日銃丸

▼ である作家~ (14, 0.0%)

1 [14件] がこんな, がそう, が書いた, として例外, とは明日, のこと, のよう, の人生態度, の創作方法, の技術, の言葉, はその, は日常生活, を突如

▼ である~ (14, 0.0%)

1 [14件] つ, ということ, と山, にはつ, に棲める, のうつくし, の奥, の景観, の鼻, も水, や谷, を前, を歩き, 又山

▼ である~ (14, 0.0%)

2 が男

1 [12件] から生れた, が子, とならん, との間, とよく, と娘, によって中断, に向っ, の妹, の娘盛り, の真実, は高島田

▼ である限りそれ~ (14, 0.0%)

2 に続い

1 [12件] がどんな, が快楽, が果して, だけで, にじっと, の完全, は一種, は各人, は困難, は多く, は完, は形態

▼ であるうち~ (13, 0.0%)

1 [13件] ならば, にも市民的, に母, に血, の福の神樣がけ, はいい, はいつ, はその, はそれでも, はね, はまだ, は大丈夫, は美しく

▼ であるここ~ (13, 0.0%)

1 [13件] では万事, で採掘, で自然, にいる, に建設, に形式論理, に於, のお, の拝殿, は石英斑岩, へ来た, までは岩魚釣り, まで申せ

▼ であるとでも~ (13, 0.0%)

1 [13件] いうかの, いうの, いうよう, 云うの, 云える, 云は, 云へば, 云わねば, 思って, 申しましょうか, 考えたら大, 考えなければ, 言うかの

▼ であるなと~ (13, 0.0%)

1 [13件] さとりました, 大感服, 心づいたあと, 心で, 心付いて, 思いました, 思ったから, 思ったこと, 悟りましたが, 気がついたらまた, 直覚した, 見極めが, 訊く

▼ であるほか~ (13, 0.0%)

2 に望み, はない 1 この子, ない, には本筋, に全然, に極めて, の何物, の形, はなん, 全く人間

▼ であるやも~ (13, 0.0%)

2 知れぬ

1 [11件] しれません, よくわからなかった, わからなかったし, 測り難い, 知らない, 知らなかったくらい, 知れない, 知れなかった, 知れぬと, 知れませぬ, 知れん

▼ であるわたし~ (13, 0.0%)

2 の眼

1 [11件] が国民, が屡々, が恥, が指導的, にし, に統治, の, は六つ, は古今, は彼, をとおし

▼ である一つ~ (13, 0.0%)

2 の問題

1 [11件] づきの, の, の世界, の情景, の方法, の有力, の林檎, の歌, の証拠, 思い切って, 懲らしめの

▼ である女性~ (13, 0.0%)

1 [13件] があっ, がいつも先ず, が賦与, と見えた, と青年たち, にくらべる, のデリケート, の心そのもの, の性, の為, の辛苦, はやはり, を考へる

▼ である~ (13, 0.0%)

2 ではない, の夕方 1 が多い, が暮れ, その前日, に, のこと, の光, の出る, はだんだん, 思いがけず高等室

▼ である~ (13, 0.0%)

2 を告げた

1 [11件] いろいろと, をありてい, を一々, を主張, を受け, を告げ, を如何程, を客, を申し聞け, を記し, を述べる

▼ である~ (13, 0.0%)

1 [13件] が待っ, ではなく, といかなる, とである, とを克服, と生, においてはこの, に臨んだ, に関して何事, ぬるまでに, の事実, の問題, の生

▼ である現在~ (13, 0.0%)

1 [13件] が形, が矛盾, では現れた, のジャーナリズム, の一人, の主婦, の出版業者, の宋, の新興演劇, の日本文学, の杞, 我が友, 生きて

▼ である~ (13, 0.0%)

1 [13件] が考へられる, において事實, の前, の感傷, はしかも, はどうしても, は口, は彼等, への知的愛, もあの, も人, も仏, 又は道

▼ であるいや~ (12, 0.0%)

1 [12件] そうでない, それから, それのみか, な夢, まだいくら, んなる, 人間以上で, 名人とは, 大変な, 描かずに, 近ごろこの, 魚も

▼ であるからは~ (12, 0.0%)

1 [12件] ああはいっ, あるいは忠興, たまには, 交際上顔を, 今は, 対人圏に, 少くとも, 必ず流れ出す, 性慾に, 最初に, 法則に, 父上に

▼ であるけだし~ (12, 0.0%)

1 [12件] あらゆる者, この原因, この沈黙, それは, 仮定された, 価値なる, 剰余生産物が, 労賃が, 彼は, 彼らは, 明かな戒律, 資本の

▼ であるそれでも~ (12, 0.0%)

2 いい足りない 1 う學問, その藁, よく寝た, 一日三食たべ, 三時間あまりは, 乗る人, 吾, 尚怪しい, 私が, 高さ

▼ であるひと~ (12, 0.0%)

1 [12件] からとめられ, との話題, と知り合った, と話, ならば, のすこし, の心痛, の数, の言葉, の身の上, は彼女, もその

▼ である何故~ (12, 0.0%)

1 [12件] かという, ならば, ならシェーラー自身, なら科学, なら踊り手, なれば, に其の, 一般的である, 彼は, 氏が, 知り得ない物, 食は

▼ である同じ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ものである, 三年の, 名の, 呼び名の, 宗教的情操の, 實在者も, 年ごろの, 生産様式が, 病人たちは, 病人達は, 芸術の, 谷中の

▼ である如何~ (12, 0.0%)

1 [12件] いうもの, だ彼, と, となれ, にし, に名人上手, に材料, に権衡, に老子, に自分, に裁判, に鈍間

▼ である然し~ (12, 0.0%)

2 自分は 1 そうは, 三百部だけは, 彼等とても, 批評家の, 日本人には, 春秋社の, 此島で, 決して勝手, 絶頂に, 興行者側としては

▼ である生活~ (12, 0.0%)

2 が過去 1 である之, というの, といふ前書, に即し, の, の心持, の批評, の日常的アトモスフォール, の苦鬪, を築い

▼ である社会~ (12, 0.0%)

2 は変化, は常に 1 からその, から個人, でその, とは優越, と階級, のその, の物質的根柢, の生産機構

▼ である程度~ (12, 0.0%)

1 [12件] に応じ, に於, に正確, のこと, の成功, の研究, の素地, の藝術, までの出世, まで代表, まで示そう, をこし

▼ である~ (12, 0.0%)

2 に於い 1 から見, が似, が見逃がし, だ, では我國稀有, にそれ, に存する, に必然性, に變, を思へ

▼ であるかとも~ (11, 0.0%)

2 思われた, 思われる 1 おも, 思う, 思はれるが, 思ふ, 思われるが, 考えて, 考へられるが

▼ であるそれで~ (11, 0.0%)

1 [11件] その智識, 円本を, 口の, 大抵の, 少数の, 日本と, 画屋は, 神武天皇即位紀元の, 立派に, 自他共に, 西洋館に

▼ であるとかいふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことは, ことを, のも, やうに, わけで, 一言で, 批判力と, 種類の, 話などは, 非難は, 非難を

▼ であるわれわれ~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこの, がやろう, のため, のプロレタリア文学, の名誉, の霊性, は後世, は校長, は現代以外, は義務, も同じ

▼ である~ (11, 0.0%)

3 の事 2 である 1 だから, であるの, の魚, は大抵, は承認, を知りません

▼ である~ (11, 0.0%)

2 己れ 1 さながらの, そのよう, それだけ, なゼロ, 夫こそが, 寧ろ無, 我地球は, 流転即, 社会の

▼ である~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ一つ, の四十八萬圓, 一つ, 宛かも, 是だけでも, 此史料は, 法螺で, 燦々と, 環境から, 禪宗が, 雨中に

▼ である~ (11, 0.0%)

1 [11件] に宿りました, のうち, の中, の人々, の壁, の子供, の守護神, はみな相当, やテーブル, を出, を持たない

▼ である~ (11, 0.0%)

4 う云 1 ういふ, うして, うすると, ふ云, る子女, る怪異, る結構

▼ である~ (11, 0.0%)

2 の人 1 から同志会, し, し三蔵法師, の新聞記者, の日本, の日本画, はここ, は投手, は此処

▼ である~ (11, 0.0%)

1 [11件] な東, な話, にある, にも思はる, にも聞える, に僻ん, に思はる, に思はれる, に深く, に私自身, に見える

▼ である~ (11, 0.0%)

21 あの界隈, がすぐ, が註せられ, だが, で露伴先生, と聞いた, なるが, を御, を承り

▼ である良人~ (11, 0.0%)

2 と並ん 1 が遠洋航海, となるべき, とはどの, とズンズン, に死別, の一人, の妻, の為め, を選択

▼ である若し~ (11, 0.0%)

2 私が 1 これが, や余, 又人, 夫れ, 氏に, 私の, 般若三藏が, 記述し, 酒が

▼ である~ (11, 0.0%)

2 でも 1 だ, だが, でありまして, である, でしょう, なの, なん, には行かなかった, はそれ

▼ である通り~ (11, 0.0%)

1 [11件] に, にお, に其の, に博士, に彼, に映, に私ども, に跪い, に闇, の仏頂面, の仰山

▼ であるからとて~ (10, 0.0%)

1 すべての, その料理屋, ユックは, 人も, 何とかしよう, 其の政宗, 殊更に, 無造作に, 特に鄭重, 用いる

▼ であるそうして~ (10, 0.0%)

1 こういう語彙自身, 写真で, 初めて本職, 同じ会社, 好事家の, 山の, 截っ立てた絶壁, 春秋社と, 梓川の, 相当着実

▼ であるそんな~ (10, 0.0%)

1 ことを, すぐれた女性, ところを, 事を, 借金が, 勝気さについても, 季と, 時には, 有様である, 結果が

▼ であるとに~ (10, 0.0%)

3 論なく 1 かかわらずそのもの, かかわらず荒い大きい, かかわらず話相手, かかわらず諧謔, よらず商店経営, 拘らずかく, 関わること

▼ であるに対し~ (10, 0.0%)

1 一反, 他は, 北は, 孔子の, 小商店, 徒党や, 抒情詩が, 散文の, 本集は, 正平板

▼ であるやら~ (10, 0.0%)

1 これを, さつ, そんな事, または朝飯, もとより確, わからなかったほど, 判読の, 又その, 明瞭とは, 殆ど困却の

▼ である人生~ (10, 0.0%)

2 において智慧 1 であるからと, に貢献, の最大幸福, の重, もしくは宇宙, も自然, を味解, を幾つ

▼ である但し~ (10, 0.0%)

1 右の, 後席, 意思と, 未研究, 槍ヶ岳で, 機運の, 此人の, 此説を, 虎の, 追ふ

▼ である作者~ (10, 0.0%)

1 がきりす, が描いた, が永い, が説明, にとって平静, の好み, の心, の描いた, の目, の知っ

▼ である~ (10, 0.0%)

1 によつて一浴一杯, によつて御馳走, のこと, の一味, の人, の御, の細部, の肉体主義式, はここ, をあげた

▼ である~ (10, 0.0%)

4 き筈 1 きかに, きこと, きだったが, きであったが, く思われた尾根, 滅性

▼ である如く~ (10, 0.0%)

2 に思ひ込ん 1 に, にね, に伊沢, に天, に心得, に心理學者, に思ひ込む, に言

▼ である尤も~ (10, 0.0%)

1 一例を, 二十三年この, 保存し, 其大意思は, 唐の, 彼には, 易行門と, 猫の, 詳細に, 高等動物にも

▼ である~ (10, 0.0%)

1 むしろの, 七が, 世界と, 夫人も, 平民である, 様式で, 物理学の, 皇太后は, 竹伸び, 開門から

▼ である結果~ (10, 0.0%)

2 に到達 1 として穀価, として英国, はなん, は国民生活, は総て, を得た, を得る, 最も人道上陰惨

▼ である自然~ (10, 0.0%)

1 から生命, である無, という言葉, のほう, の奴僕化, の活動, はまた, は又, への憧れ, 従ってその

▼ である~ (10, 0.0%)

1 かに會, か偉大, か来, だろうと, でも是, の顔形, は誰, もが暗, も彼, も止め

▼ である~ (10, 0.0%)

1 に即し, に対する執着さ, の代り, はひきぬき, は凡そ何升工面, は毒薬, は第, も飲まない, をあ, を花

▼ であるある~ (9, 0.0%)

2 国人は 1 ひは, ポオランドの, 国事犯人の, 弁護士によって, 暗澹たる, 種の, 評論家が

▼ である~ (9, 0.0%)

41 な仏法, はいろいろ, はゆる, は助かっ, は生きる

▼ であるかとか~ (9, 0.0%)

1 そういうこと, そういった話, ポゴレーリツェフという, 又独立, 如何なる歴史的発達, 如何なる自然物, 如何に, 家鶏や, 支那の

▼ であるくせ~ (9, 0.0%)

1 にあれ, にこんな, にさもさも, にそして, にまた, にヒヨツト, に一度, に子ども, に残花

▼ であるとおり~ (9, 0.0%)

1 この迷信, にこの, にとらえられない, に人間, に旧い, もっとも文学的技術, わが江戸川乱歩, 先ず向日葵, 淋しさ

▼ であるゆえん~ (9, 0.0%)

2 である 1 はここ, はすでに, はその, は一, は実に, は最も, もやはり

▼ である一方~ (9, 0.0%)

1 その命知らず, でレヴュー, でワグナア, にかうした, にそこ, にはまた, に於, に食糧事情, の人

▼ である博士~ (9, 0.0%)

1 がショッペンハウエル氏, さえつい, であつ, にでなけれ, にとっては累々, の生活, はアリストテレス, はウント氏, は物

▼ である多く~ (9, 0.0%)

1 のユダヤ人学者, の前, の婦人, の影, の民謠俗歌, の洋画家, の若き, の読者, 売れなくても

▼ である~ (9, 0.0%)

1 たのしい, と一方, のやわらか, の底, の投場, の激しい, は勇気, もかろく, も軽く

▼ である東京~ (9, 0.0%)

2 と比較 1 との連絡, に居た, のこと, の境界地, の日本橋, へ新, へ逃げ

▼ である~ (9, 0.0%)

1 が親, とても助け, はあまり, 代議士が, 博士と, 将官も, 検校か, 病院長の, 高山地方に

▼ である~ (9, 0.0%)

2 う云 1 もそれ, も私, も私達, らば, り江戸ッ児, れども, れば

▼ である現に~ (9, 0.0%)

1 今でも, 今日日本は, 大師の, 安達の, 尾州藩の, 我参謀本部の, 梵語でも, 私の, 臨終の

▼ である~ (9, 0.0%)

321 不変ズン, 変らずの, 當の, 鬩である

▼ である~ (9, 0.0%)

2 情念を 1 作家の, 印象の, 属性, 愛国団体は, 新聞は, 科学に, 芸術の

▼ である諸君~ (9, 0.0%)

1 にし, に考え, はこの, はもし, は決して, は素より, もまた, も御存じ, 乞う意

▼ であるあれ~ (8, 0.0%)

1 から五夜, が悪党, が磯原, だけ描い, では佐助どん, は国内的, は誰様, ほどの夫人

▼ であるかさえ~ (8, 0.0%)

2 知らなかった 1 わかって, 判らないくらいに, 判らないの, 判断が, 正直に, 皆目推量

▼ であるからに~ (8, 0.0%)

2 他ならない 1 ほかならなかった, ほかならぬが, 外ならない, 恥ぢよと, 決まって, 相違ない

▼ であるこれら~ (8, 0.0%)

2 は私 1 のもの, の三篇, の問題, の官吏たち, の徒党, の青年

▼ であるしか~ (8, 0.0%)

6 ない 1 ないの, なかった

▼ であるとお~ (8, 0.0%)

5 もふ 1 つし, もはれました, もはれる

▼ であるとのみ~ (8, 0.0%)

2 思って 1 思うて, 思つてゐた, 考えて, 見て, 言い去る, 記して

▼ であるどう~ (8, 0.0%)

1 いふわけ, いふ風に, か寄附, しようも, だ相談, にもならない, やって, 云う相手

▼ であるなぜなら~ (8, 0.0%)

4 彼は 2 それは 1 これは, 彼等の

▼ であるまして~ (8, 0.0%)

1 この際, 今度の, 令孃の, 去って, 女という, 将軍家の, 手負猪の, 自分は

▼ である~ (8, 0.0%)

2 ないもの 1 くそも, ただ音便上, ないも, 不味なる, 仕事を, 法は

▼ であるゴーリキイ~ (8, 0.0%)

21 がレーニン, には, には何, の両手, は何と, を驚かし

▼ である~ (8, 0.0%)

1 における多, の池, は冗舌, は男子, は空想的, は雷門, 小社会, 老牧師

▼ である~ (8, 0.0%)

1 は我等, 水と, 水を, 水様に, 觀客觀は, 體いは, 體と, 體にと

▼ である個人~ (8, 0.0%)

2 の生活 1 が同じく, に就い, の二人, の心持, の意識, の旅行

▼ である~ (8, 0.0%)

2 作品の 1 写本からは, 國とは, 新聞再生を, 琴と共に, 神行基という, 花甚平の

▼ である大きな~ (8, 0.0%)

1 マントに, 仕事を, 円飯台の, 家は, 死亡率を, 涙の, 踏み台か, 鼻や

▼ である夫人~ (8, 0.0%)

1 から生まれた, から言わせ, が僕, が衰弱, と伊勢, の敏捷, は明, は見苦し

▼ である~ (8, 0.0%)

1 が父, が領地, と添寢, の店, の時代, は柴折戸, も来た, を危険

▼ である子供~ (8, 0.0%)

1 とにいきいき, に就い, の不名誉, の事, の感情, の教養, の生活, はその

▼ である意味~ (8, 0.0%)

1 が多い, だ, ですなわち, で親しく, で非常, に於, のてらである, 深いもの

▼ である~ (8, 0.0%)

3 がし 1 がした, がする, が晴ればれする, の強い, の進まぬ

▼ である~ (8, 0.0%)

2 の流れる 1 と地, も清く, をつか, を充分, を得ん, を飲ませる

▼ である為め~ (8, 0.0%)

1 にはハツピー・エンデイング, には私, に僕, に如何なる, に彼等, に本当に, に特に, 冷たい空気

▼ である~ (8, 0.0%)

1 の優越, の勢力, の塩類, の形成, の成功, の科学者, の経費, の集会

▼ である自分たち~ (8, 0.0%)

1 が如何なる, とが結合, の現実, の立場, は決して, をもっと, を公儀, を絵

▼ である~ (8, 0.0%)

3 である 2 である風 1 さえなき, のため, は語っ

▼ であるかに従って~ (7, 0.0%)

1 あるいは嘆声, この労賃, この数, 人々は, 全国の, 労働者に, 肥沃である

▼ であるからばかり~ (7, 0.0%)

6 では 1 でなく日本料理

▼ であるがとに~ (7, 0.0%)

1 角こうした, 角ぼく, 角ニュース中心主義が, 角一頃, 角日本に, 角経済の, 角自我を

▼ であるしかるに~ (7, 0.0%)

1 かからんとは, こんな盗人, 中世以来駿河の, 何ぞ, 彼は, 甲の, 靴は

▼ であるだけの~ (7, 0.0%)

1 ことである, ちがいだった, 力も, 相違でした, 確乎と, 話で, 話である

▼ であるといつて~ (7, 0.0%)

2 もよい 1 もい, も大過, も将来, も決して, も然るべき

▼ であるどころか~ (7, 0.0%)

1 むしろ甘い, マイナスである, 云って, 今では, 他の, 到るところ, 最も漠然たる

▼ であるアメリカ人~ (7, 0.0%)

1 があすこ, の, のアルバートさん, のミツキイ, の娘, の心臓, やイギリス人

▼ である~ (7, 0.0%)

2 といふ 1 といふ道理, も知れぬ, 全く其の物柄, 到底自然科學, 決して解らぬ

▼ である二つ~ (7, 0.0%)

1 のもの, の場合, の室, の経済組織, の量, の魂, 続いた咳

▼ である云々~ (7, 0.0%)

2 と, と述べた 1 が主張, と申された, と論ぜられた

▼ である以上自分~ (7, 0.0%)

1 が取る, で其, には意識, の判断, の天職, の才能, は徹底的

▼ である何と~ (7, 0.0%)

6 なれば 1 目出度い訳

▼ である~ (7, 0.0%)

1 の古刀, はあきれ, は不孝, は何事, は夜着, は安心, を欺弄

▼ である~ (7, 0.0%)

1 に返った, の社会党代議士フランチェスコ・フロラ, 來政治上の, 來老子も, 右衞門が, 知事目賀野俊道氏であった, 記者の

▼ である~ (7, 0.0%)

1 がじっと, が却って, が死, に勧め, のフォーシュルヴァン, の岩太郎, は特異

▼ である印度~ (7, 0.0%)

1 では色々, で一番舊, ならば, には紀元前五世紀, に於, の寶思惟三藏, は大

▼ である友人~ (7, 0.0%)

1 がもしか, である, と一晩, にあったら, の名誉, の才能, の結婚記念

▼ である~ (7, 0.0%)

1 の十二時, の聴取, の蛾, は, は大根膾, は明け, も更け

▼ である少し~ (7, 0.0%)

1 も周章, 下ったかと, 人間の, 古臭い, 気の, 注意致したら, 登ると

▼ である~ (7, 0.0%)

1 が唯一, が疑われる, のこと, の和一郎, も人, を中心, を除く

▼ である思想~ (7, 0.0%)

1 である小説, である形, に向っ, の節約, は別, もあの, を窮極

▼ である或は~ (7, 0.0%)

1 さうでない, 又珍世界, 困難である, 日本の, 自分の, 雨かと, 霧の

▼ である文学~ (7, 0.0%)

1 が人類, が全く, にアプリオリテート, の話, も亦, を廃する, 乃至文芸

▼ である日本人~ (7, 0.0%)

1 が米, として互に, として漬物, と友, ならば, はあまりに, は利己心

▼ である決して~ (7, 0.0%)

1 二人並ん, 動向や, 宗教では, 平生に, 心配なさる, 歴史的情勢の, 自分が

▼ である源氏~ (7, 0.0%)

1 が見, と内大臣, の歎, はそっと, は自家, も酔い泣き, を忘れない

▼ である画家~ (7, 0.0%)

1 がまごまご, が少く, が絵画, との関係, の亀田, の未亡人, の絵

▼ である秀子~ (7, 0.0%)

1 が其の, が昨夜此, の敵, の生涯, の顔, は楕円, は此

▼ である美しい~ (7, 0.0%)

1 やま, 娘を, 情熱が, 浜町河岸の, 草花以上に, 酒注, 黒馬に

▼ である自己~ (7, 0.0%)

2 が世界 1 が単なる, の地位, の存在意義, の思想, の生

▼ である芸術~ (7, 0.0%)

2 はひたすら 1 に対する理解, の味得, の路上, の題材, も徒歩者

▼ である~ (7, 0.0%)

1 から代々, が今日, が谷中村, の, のラアネフスカヤ, の乳牛, の意識

▼ である言葉~ (7, 0.0%)

2 の中 1 といふもの, の問題, は社会, は言葉, を初めて

▼ である~ (7, 0.0%)

1 が降っ, の物忌み, の降る, はすぐ, は世間師, も蕭々, を憎ん

▼ である青年~ (7, 0.0%)

1 がどんな, が大戦, とこうして, と逢っ, のうけた, は単純, をば特別

▼ であるあまり~ (6, 0.0%)

1 技巧沢山で, 派手やかな, 葉の, 面白い物, 風呂場を, 飲みたくは

▼ であるあるいは~ (6, 0.0%)

1 たかだかマルクス主義, むしろそれ, 一般に, 同じでなく, 烏が, 自己の

▼ であるおまえ~ (6, 0.0%)

1 が万民, とは同郷, と同じ, にかほど, の考え, を自分

▼ であるかく~ (6, 0.0%)

1 てこの, の如き, 信ずること, 孔子は, 精細に, 考えれば

▼ であるかとの~ (6, 0.0%)

2 問題は 1 反問が, 大きなちがい, 疑念が, 詮索が

▼ であるかなどという~ (6, 0.0%)

1 ことは, ことも, ことを, ような, 比較を, 点は

▼ であるがか~ (6, 0.0%)

3 ような 2 やうな 1 しりに

▼ であること自分~ (6, 0.0%)

1 の周囲, の家, の方, の行状, は平中, は棺

▼ であるそれら~ (6, 0.0%)

1 であるから, の事柄, の思想, の男, の魂, 大多数

▼ であるどうか~ (6, 0.0%)

1 これを, そのお, 君と, 早く学士, 東京の, 諸君色々の

▼ であるなどとも~ (6, 0.0%)

1 云はれた, 噂する, 尚侍は, 蔭口され, 言った, 説かれたこと

▼ であるわいと~ (6, 0.0%)

1 つく, ほくそ笑んだの, 云ふ, 兵馬も, 忽ち皇円阿闍梨, 腹の中で

▼ であるフランス語~ (6, 0.0%)

2 で書いた, で書かれた, を使っ

▼ である世間~ (6, 0.0%)

2 に頓着, の俗物 1 の娘達, を大きく

▼ である今後~ (6, 0.0%)

1 のパースペクティヴ, は上様, は何, は帝, もなお, も円本出版

▼ である例へば~ (6, 0.0%)

1 サンスクリツトの, 二階三階の, 今日でも, 即位式は, 植物の, 火の

▼ である俳句~ (6, 0.0%)

1 だけで, にし, に対する不遜, はいくら, は伝統, は十七字

▼ である労働者階級~ (6, 0.0%)

2 の現実 1 にという意味, の文学, の社会的文学的発展, を主軸

▼ である哲学~ (6, 0.0%)

1 がそれ, の存在論的体系, の本質, の真理, は, はいつも

▼ である国家~ (6, 0.0%)

1 が君臨, が国民生活, と国家, へお返し, を害する, を尊重

▼ である大師~ (6, 0.0%)

1 が惠果, の大, の師, の所謂解脱道住, の長安, は必ずしも

▼ である婦人~ (6, 0.0%)

1 と少女, にたいしては敬虔, の善意, の如き, の手記, をまざまざ

▼ である存在~ (6, 0.0%)

1 があっ, とは見られ, の内, の自然史的発展, はその, は何

▼ である~ (6, 0.0%)

1 ナポレオンの, 侍従にも, 宰相などの, 枝の, 蜂など, 騎士が

▼ である小さな~ (6, 0.0%)

1 デッサンを, ノートを, 女の子を, 新しい團體, 日本の, 沼が

▼ である~ (6, 0.0%)

3 にし 1 に心, に此, ひ貴

▼ である息子~ (6, 0.0%)

1 が母, の夫婦, の小, を失った, を女奴隷, を誘拐

▼ である換言~ (6, 0.0%)

6 すれば

▼ である~ (6, 0.0%)

1 に失敗, のバス, の関門海峡, の食事, は静穏, 早くまたは

▼ である~ (6, 0.0%)

1 だけ, では最も, などでは根神, のなか, の人, の少年

▼ である~ (6, 0.0%)

5 して 1 だ愈々

▼ である現代~ (6, 0.0%)

1 がはじまっ, においては世界的文化, の全, の左大臣, の日本, は他

▼ である生命~ (6, 0.0%)

1 なんか惜しく, の人間らしい, の未来, の起原, も苦痛, を憎む

▼ である立場~ (6, 0.0%)

1 から下, から平素医薬分業, その人, を利用, を固守, を忘れ

▼ である細君~ (6, 0.0%)

1 が家庭, につながる, の名, の楽屋仲間, の気嫌, はブロンド

▼ である~ (6, 0.0%)

2 に活きる 1 である, とロマンチック, の讃美者, への好尚

▼ である~ (6, 0.0%)

1 僧夫婦の, 先生が, 尼僧も, 教授は, 漁夫, 船長の

▼ である芭蕉~ (6, 0.0%)

2 にならう 1 が雪, の, は旅, や西行

▼ である~ (6, 0.0%)

2 だ, なの 1 だが, と

▼ である~ (6, 0.0%)

2 りでなくまた 1 りでなくドイツ本国, りでなく一人一人, りでなく数十億, りでなく遍在

▼ である~ (6, 0.0%)

1 である以上, はやはり, は物外, も心, を悲しむ, を病院

▼ である限り夫~ (6, 0.0%)

1 はいつも, はこの, は他, は思想, は科学, は自由

▼ であるいわゆる~ (5, 0.0%)

1 ジャァナリズムの, 外界と, 町奴の, 経験を, 近代人は

▼ であるお前~ (5, 0.0%)

1 が特に, が邪魔, にとってどう, のやう, は蛇

▼ であるかでは~ (5, 0.0%)

2 なくて, 大きな生活 1 なくして

▼ であるからとか~ (5, 0.0%)

1 女である, 年長の, 方法として, 物を, 犯罪者が

▼ であるからなどと~ (5, 0.0%)

1 むしろ自分, 例の, 思って, 眠れぬまま, 薫は

▼ であるからの~ (5, 0.0%)

1 けちな思ひ附きで, ことに, 名と, 親しみでなく, 退屈で

▼ であるすべて~ (5, 0.0%)

2 のもの 1 の官庁, の自然的肉体的, の芸術

▼ であるそれゆ~ (5, 0.0%)

1 へ固, へ意思, へ毫末, へ活動, へ矢張唯絶對的自然力

▼ であるだけは~ (5, 0.0%)

1 たしかである, たしかであろう, 慥である, 明白である, 間違いない

▼ であるつまり~ (5, 0.0%)

1 今日で, 実践的な, 真の, 知性的な, 負けた証拠

▼ であるというのみ~ (5, 0.0%)

1 でない, でない人間, でなく初め, でなく判断, では

▼ であるといふだけ~ (5, 0.0%)

1 でべつだん, で仕事, で仲麿, で恋人, で恋愛

▼ であるとかと~ (5, 0.0%)

1 云い出す無, 云はれ, 母に, 答えられる, 言っては

▼ であるとにかく~ (5, 0.0%)

1 うれしい, まつすぐ, 八十の, 尚また沢田君, 新聞と

▼ であるとばかり~ (5, 0.0%)

1 その尻尾, クルリと, 思って, 解して, 解せられたの

▼ であるどうして~ (5, 0.0%)

1 ここに, その辺, 今年は, 好きかと, 我に

▼ であるどこ~ (5, 0.0%)

1 かの美しい, までもやる, までも経験的, までも經驗的, もかしこ

▼ であるのみか~ (5, 0.0%)

1 その内服, 公儀の, 司法主任の, 此等が, 色道の

▼ であるばかりに~ (5, 0.0%)

1 斬込隊, 止らずやがて, 考えること, 自分の, 見た女

▼ であるぼく~ (5, 0.0%)

1 がこう, が尊敬, が打つ, のいわゆる, はこれら

▼ であるまだ~ (5, 0.0%)

1 しつくり, 散るの, 棲めば, 穂が, 遇つた事も

▼ であるわが~ (5, 0.0%)

2 友よ 1 君の, 地球その, 日本の

▼ である丁度~ (5, 0.0%)

1 中学が, 千古の, 日清戦争の, 桜花が, 此処には

▼ である今朝~ (5, 0.0%)

1 が別れ, の手紙, の気分快適, は山形, も誰

▼ である以上何~ (5, 0.0%)

1 かこの, と云っ, ほどかの創造力, も季題, よりも趣味判断

▼ である以上彼~ (5, 0.0%)

1 が搦め捕られよう, の未来, はやや, は敬意, は果てし

▼ である伸子たち~ (5, 0.0%)

1 が今, に, にくつろいだ, に暗い, を見つけ

▼ である先生~ (5, 0.0%)

1 の喜怒, の理屈, は浦和, よりの手紙, を暴力

▼ である~ (5, 0.0%)

2 の奔流 1 の量子, は感傷, を放つ

▼ である~ (5, 0.0%)

1 に角, に角希臘, に角斯, に角是, も角

▼ である~ (5, 0.0%)

1 と外, は女, は建築物, は恒星, 蒙古

▼ である~ (5, 0.0%)

2 に肥えた 1 に家賃, に映えない, に生徒

▼ である医者~ (5, 0.0%)

1 がはいっ, が自分, でなくては, の口, の所

▼ である原因~ (5, 0.0%)

1 が横たわる, の一つ, の過半, は兔, は種々

▼ である又は~ (5, 0.0%)

2 ないそういう 1 八千矛神と, 少し言葉使い, 樹木である

▼ である古い~ (5, 0.0%)

2 悲哀時代の 1 事でございます, 党員で, 頭では

▼ である天皇~ (5, 0.0%)

1 が細菌戦, の, の傍系, の絶対権, を縊死

▼ である実際~ (5, 0.0%)

1 かれは, は身体, 例えばそれ, 日本北アルプス辺の, 生活そのものにおいては

▼ である少数~ (5, 0.0%)

1 の人々, の権力階級, の武人, の財閥者, の青年学徒たち

▼ である~ (5, 0.0%)

3 れど 1 うするとぶ, れば

▼ である~ (5, 0.0%)

1 がかなり, の節句, の食物豊富, 若い小僧, 若い建築美術家

▼ である幸福~ (5, 0.0%)

1 である, であるという, の泉, を歌, を歌う

▼ である拙者~ (5, 0.0%)

1 とても致し方, には貴殿, に縁, の不調法, はそこ

▼ である早く~ (5, 0.0%)

1 この騒ぎ, るすいの友, 云えば, 旅に, 梅が

▼ である~ (5, 0.0%)

1 から秋, に秋, のおとづれをするまれびとは, も初春, を冬

▼ である時代~ (5, 0.0%)

1 となりました, にあらゆる, においてはいわば, の現実, 何かという

▼ である時期~ (5, 0.0%)

2 は今や 1 はない, は一冊, を通過

▼ である~ (5, 0.0%)

1 がうつくし, の光り, の錦, はいろ, は午前

▼ である朝鮮~ (5, 0.0%)

2 の前, は日本 1 の鍛冶人

▼ である武蔵~ (5, 0.0%)

1 が生れる, という者, の住居, の眼, 如きに

▼ である歴史~ (5, 0.0%)

1 といふもの, の生命, の車輪, は歴史, は歴史以外

▼ である母親~ (5, 0.0%)

2 は鈍感 1 が外国, に引き, は子供

▼ である~ (5, 0.0%)

1 がシンボリズム, の宅, の実力, の筆觴, は旅行者

▼ である~ (5, 0.0%)

3 の肉 1 つまりそれ, の子

▼ である~ (5, 0.0%)

1 か河, に, に一層, に其の, に善く

▼ である爲め~ (5, 0.0%)

1 かかる攻撃, で此等, に別に, 冷たい空氣, 期せずし

▼ である~ (5, 0.0%)

1 であると, でもやはり, に向, に於, は遙

▼ である現実~ (5, 0.0%)

1 が理解, に対する追求力リアリスティック, に飽かず, のモメント, も知っ

▼ である~ (5, 0.0%)

1 が具体的, そのものへの, と少なくとも多少, と死, は根源的

▼ である男子~ (5, 0.0%)

1 が女, が好ん, と第三者, のなすべき, を生む

▼ である男性~ (5, 0.0%)

1 との間, にも通じる, の手, をつくづく, を青年貴族

▼ である~ (5, 0.0%)

2 に虎 1 になんにも, に何, に矢鱈

▼ である祖母~ (5, 0.0%)

2 の話 1 がぬい, と幼い, に云っ

▼ である私たち~ (5, 0.0%)

2 の心 1 の本体, は到る, は大

▼ である私達~ (5, 0.0%)

1 がつまらない, には答えられる, には非常, の, の日常生活

▼ である~ (5, 0.0%)

1 あつて早天, なれば, な大き, の, 幾重にも重り合っ

▼ である~ (5, 0.0%)

1 と妻, の下, は暗い, をとびたい, 即空

▼ である空間~ (5, 0.0%)

1 にまで徹底, に時間, の助け, はまだ全く, は一つ

▼ である米国~ (5, 0.0%)

1 としては最大多数, においてさえ国内, の女性, の無, は教育機関

▼ である自身~ (5, 0.0%)

1 に編集権, の体面, の流行, の生活環境, を人間的

▼ である~ (5, 0.0%)

1 では歴史的感覚, で一言, に一, に於, に面白き

▼ である限り彼~ (5, 0.0%)

1 の心情, は, はそれ, は仏祖, を語る

▼ である限り私~ (5, 0.0%)

2 はいつ 1 ははつきり, はヘーゲル, は行動主義

▼ である~ (5, 0.0%)

1 が吹きすさん, の山々, の研究, の調査, を見る

▼ である~ (5, 0.0%)

1 のうえ, のわるい, の内, の後ろ, の禿げた

▼ であるあたり~ (4, 0.0%)

1 といい, の見物人, の風物, をきっと

▼ であるいかに~ (4, 0.0%)

1 三伏の, 月光が, 紀州の, 酔眼とは

▼ であるかこそ~ (4, 0.0%)

1 今の, 何かの, 恰も唯物論的, 現在に

▼ であるからか~ (4, 0.0%)

1 分らぬが, 否かは, 家を, 辞使いが

▼ であるからかも~ (4, 0.0%)

2 知れないが 1 知れない, 知れないでは

▼ であるからでも~ (4, 0.0%)

1 あった, あったが, ございましょう, なくして

▼ であるかわり~ (4, 0.0%)

1 にこういう, に人生, に伸子, に元気

▼ であるかをさえ~ (4, 0.0%)

1 正確に, 知って, 知らさないよう, 確める

▼ であるくらい~ (4, 0.0%)

2 だから 1 であったならば, なこと

▼ であるぐらいの~ (4, 0.0%)

1 ことである, ことは, 程度な, 経歴なら

▼ であること彼女~ (4, 0.0%)

1 からは返事, の名, の尊重, の敵

▼ であること自身~ (4, 0.0%)

1 が却って, に外, の内, は少し

▼ であるしかしながら~ (4, 0.0%)

1 かくの, 早くしない, 自分の, 色は

▼ であるすこし~ (4, 0.0%)

2 彼には 1 急いで, 早すぎた

▼ であるすでに~ (4, 0.0%)

1 ゆき逢った, 大義に, 昨日から, 有害と

▼ であるすると~ (4, 0.0%)

2 女は 1 天に, 石椅は

▼ であるそしてまた~ (4, 0.0%)

1 名誉を, 拒絶を, 本能の, 苦行者の

▼ であるだれ~ (4, 0.0%)

1 かがかれ, かが鉄, であろうと, でも取れる

▼ であるちょうど~ (4, 0.0%)

1 よい時, 人間を, 六本指の, 十間ばかり

▼ であるというの~ (4, 0.0%)

1 ほかは, 外には, 故を以て, 類である

▼ であるとかという~ (4, 0.0%)

1 ことだけで, ことで, ことでなく, 風に

▼ であるとかの~ (4, 0.0%)

1 惡い, 理由により, 理由よりも, 類似の

▼ であるところで~ (4, 0.0%)

1 今この, 吾, 宗教的体験の, 此動向なる

▼ であるどうしても~ (4, 0.0%)

1 あの男, この世界全体, 叩き落し, 熱帯を

▼ であるどころ~ (4, 0.0%)

4 では

▼ である~ (4, 0.0%)

1 いつもながら, アと, 察する, 高邁なる

▼ であるなどといふ~ (4, 0.0%)

1 ことには, やうな, 命題は, 風説を

▼ であるなどの~ (4, 0.0%)

1 事實が, 説も, 議論は, 迷信あれ

▼ であるなんて~ (4, 0.0%)

1 いふ奇蹟, いふ莫迦気, いやな, 正々堂々と

▼ であるふと~ (4, 0.0%)

1 女は, 思ひ出した一書, 耳に, 見ると

▼ であるほう~ (4, 0.0%)

1 がほんと, がよろしい, が楽, が酒場

▼ であるむしろ~ (4, 0.0%)

1 潔く決戦, 石に, 童画的精神と, 道教は

▼ であるもっと~ (4, 0.0%)

1 スピード, 早くこれ, 苦しまねば, 謙遜な

▼ であるものの~ (4, 0.0%)

1 ともかくも, 不思議にも, 何故なる, 行く先の

▼ であるもん~ (4, 0.0%)

21 ですか, ですかよ

▼ であるわたくし~ (4, 0.0%)

1 とて共々, はあまり, はまた, をここ

▼ であるわたしたち~ (4, 0.0%)

1 に迫っ, の方, の未来, は当時

▼ であるカント~ (4, 0.0%)

1 であった, の直観空間, はニュートン, は実は

▼ であるラテン語~ (4, 0.0%)

2 で書かず, をば説明

▼ である一個~ (4, 0.0%)

1 の人間, の柿, の画面, は石楠花

▼ である一杯~ (4, 0.0%)

2 ひつかけ 1 やりたいなあと, 借りた機嫌

▼ である一面~ (4, 0.0%)

1 に於, に社會, の観察, もある

▼ である~ (4, 0.0%)

1 の婆さん, へ降る, 唇を, 衣や

▼ である両者~ (4, 0.0%)

1 の主, の画境, は事物, を兼ねなく

▼ である主人~ (4, 0.0%)

1 に告げ口, のコップ, の山野, もお客

▼ である事情~ (4, 0.0%)

1 から気, すなわち父母, と斯, を明

▼ である京都~ (4, 0.0%)

1 ですら然, で必ず, にあった, には明治初年

▼ である亭主~ (4, 0.0%)

1 がその, その晩, とまるで, も小

▼ である人たち~ (4, 0.0%)

1 はまして, はセッセ, は恋人, らしくない競争

▼ である人民~ (4, 0.0%)

1 がこん, がどうして, の意氣地, は戦争

▼ である以上これ~ (4, 0.0%)

1 に対する婦人, また到底, までで, を現代劇

▼ である仲買人~ (4, 0.0%)

2 がその 1 がいわば, に正確

▼ である凡そ~ (4, 0.0%)

1 学問は, 意思なる, 此空間には, 生存競爭といふ

▼ である別に~ (4, 0.0%)

2 何の, 意味も

▼ である割合~ (4, 0.0%)

1 ですから, に叙述, に国家, に氏

▼ である動物~ (4, 0.0%)

1 と, にし, に考, の群集

▼ である叔父~ (4, 0.0%)

1 が一家族, に腹の中, の鉄, は殆ど

▼ である~ (4, 0.0%)

1 さう, を拾つて, を読む, を離れ

▼ である君ら~ (4, 0.0%)

1 のいう, の人類, の共和, の革命

▼ である商品~ (4, 0.0%)

2 の生産費 1 の需要, を需要

▼ である~ (4, 0.0%)

1 では出生, としての人倫的組織, にいる, への感謝

▼ である土地~ (4, 0.0%)

1 だと, である此無限, に最も, のこと

▼ である土牛~ (4, 0.0%)

1 が何故, の忍耐, の性格的頑張り, の色

▼ である地位~ (4, 0.0%)

3 を利用 1 だけは保留

▼ である場合彼~ (4, 0.0%)

2 は恐るべきである 1 は悪しき, は惡しき意味

▼ である~ (4, 0.0%)

2 計代の 1 至波奈大郎女が, 計代は

▼ である大臣~ (4, 0.0%)

1 が引きこもっ, にし, の遺産, はその

▼ である女子~ (4, 0.0%)

1 としては梅子嬢, のし, の命ずる, もつた親

▼ である~ (4, 0.0%)

1 であった, のお, の資格, や壻

▼ である学校~ (4, 0.0%)

1 から一里, としてのみならず, に樹明君, へ出

▼ である~ (4, 0.0%)

1 歌舞伎を, 禄山の, 禄山史思明安慶緒などは, 酒場

▼ である宗教~ (4, 0.0%)

1 にし, に奉仕, のない, への飛躍

▼ である家康~ (4, 0.0%)

1 が己, と三成, の命, らしい注意

▼ である~ (4, 0.0%)

1 に宗教, に密教, 在的, 在的他者

▼ である小説~ (4, 0.0%)

1 である, の好き, も現在, を書く

▼ である少く~ (4, 0.0%)

1 とも単純感覚, とも唐代, とも私, とも著述

▼ である少年~ (4, 0.0%)

1 が自分, とが留守, の弁, を左右

▼ である山頭火~ (4, 0.0%)

1 は其中庵, は山頭火, も老いたる, 老いて

▼ である~ (4, 0.0%)

1 れが, れに対して, れの, れを

▼ である平和~ (4, 0.0%)

1 な文化国家, の攪乱者, の攪亂者, を愛し

▼ である~ (4, 0.0%)

1 に咲い, のこと, の持主, の雑草

▼ である当時~ (4, 0.0%)

1 から十七年, においては人, の私, 若し歌舞伎

▼ である~ (4, 0.0%)

1 宿所は, 生年二十の, 自分たちの, 身体即肉体は

▼ である~ (4, 0.0%)

1 の本流, はそこ, も食い物, を力説

▼ である~ (4, 0.0%)

1 いかで汝, から我頭, を捨て, 既に是

▼ である或いは~ (4, 0.0%)

1 今日の, 余の, 少くとも, 昨日も

▼ である戦争~ (4, 0.0%)

1 がうまく, にはそれ, に由っ, への召集

▼ である文化~ (4, 0.0%)

1 の批評, はおのずから, は云わ, は人類

▼ である昨日~ (4, 0.0%)

1 の声, の新聞紙, も今日, よりも今日

▼ である最も~ (4, 0.0%)

1 之と, 其以前にも, 生活と, 近しい仲

▼ である此処~ (4, 0.0%)

1 から檜枝岐, が恐らく, のオオケストラ, の家

▼ である段階~ (4, 0.0%)

1 とがともに, と終わりである, 第三, 第二

▼ である民族~ (4, 0.0%)

2 をも讃えない 1 が目前, に比し

▼ である~ (4, 0.0%)

1 に出ずる, の書いた, は藤野先生, よく兵粮奉行

▼ である混乱~ (4, 0.0%)

4 して

▼ である~ (4, 0.0%)

1 と同一視, にし, 戒という, 極である

▼ である無論~ (4, 0.0%)

1 その逆, 盗まんが, 起って, 運動を

▼ である父親~ (4, 0.0%)

1 であった, とやはり, のこと, の思いつき

▼ である~ (4, 0.0%)

1 に愛着, の価値, の生産, は一つ

▼ である~ (4, 0.0%)

1 の手, の死, は元, も今

▼ である男女~ (4, 0.0%)

1 という性, といふ性, の互, の問題

▼ である~ (4, 0.0%)

1 の問題, の生産, の自己, 逆其の

▼ である真実~ (4, 0.0%)

1 からも全く, なるもの, のキリスト, の意味

▼ である真理~ (4, 0.0%)

1 に後, の特性, は行動, をあら

▼ である~ (4, 0.0%)

1 さえ見えね, の上, の生きた, ももし

▼ である~ (4, 0.0%)

1 一時間にわたって, 一時間半で, 千六百米の, 述すれ

▼ である~ (4, 0.0%)

1 な苦味生さん, 文芸の, 粹に, 詩的な

▼ である~ (4, 0.0%)

2 を慕う 1 である直, の国

▼ である~ (4, 0.0%)

1 としての自身, の幽玄感, は死骸, 喰いの

▼ である~ (4, 0.0%)

1 く国法, く國法, く邦人, の姿

▼ である自然的生~ (4, 0.0%)

1 においては他者, は本質的性格, へ時間性, 即ち實

▼ である~ (4, 0.0%)

1 は斯, を流し, を見ぬ, を見る

▼ である表現~ (4, 0.0%)

1 すること自身, である, と主観, の構造

▼ である~ (4, 0.0%)

1 から文学勉強, と子, の不名誉, の金

▼ である詩人~ (4, 0.0%)

1 で既に, として, にこの, を以て目すべき

▼ である読者~ (4, 0.0%)

1 がもっ, として批評, などは先輩, の想像

▼ である證據~ (4, 0.0%)

1 だ, として動く, には, には棲息

▼ である農民~ (4, 0.0%)

1 の五百万, の五百萬, や外様大名, 小市民

▼ である運命~ (4, 0.0%)

1 である, に関してはわれわれ, の秘密, の黒き

▼ である過去~ (4, 0.0%)

1 から考える, となった, と未来, の空間

▼ である~ (4, 0.0%)

1 にさ, の脇, を心得てる, を知り

▼ である限り人生~ (4, 0.0%)

2 が旅, の写真

▼ である青木~ (4, 0.0%)

1 が不遇, の家, の近頃, も田舎

▼ である非常~ (4, 0.0%)

1 に安価, に肥った, に誠実, の塲合

▼ であるああ~ (3, 0.0%)

1 かくして虚栄, 一杯やりたい, 敬愛なる

▼ であるあまりに~ (3, 0.0%)

1 低く垂れ, 大きな声, 詩的である

▼ であるあらゆる~ (3, 0.0%)

1 ものを, 地上の, 点に

▼ であるあゝ~ (3, 0.0%)

1 云ふ, 水が, 食べること

▼ であるいずれ~ (3, 0.0%)

1 にし, へ行っ, 相当の

▼ であるいつ~ (3, 0.0%)

1 しよに, の時代, までも捨てず

▼ であるいつも~ (3, 0.0%)

1 かはらぬ, のおでん, ボロドテラを

▼ であるいろいろ~ (3, 0.0%)

1 なベグリッフ, の条件, の運命

▼ であるいわば~ (3, 0.0%)

1 モダン型でも, 我々が, 衣更えの

▼ であるおもしろい~ (3, 0.0%)

2 ばかりである 1 に違い

▼ であるおり~ (3, 0.0%)

1 にはレッシング, には夫, に傍観

▼ であるお蔭~ (3, 0.0%)

1 でこの, でアジア的現実, で本

▼ であるかいな~ (3, 0.0%)

1 かまたは, かわれわれ, やという

▼ であるかお~ (3, 0.0%)

1 分かりですかな, 知りに, 示し下さい

▼ であるかぐらいは~ (3, 0.0%)

1 よく知っ, 知って, 知ってるつもり

▼ であるかさ~ (3, 0.0%)

1 へわれわれ, へ明かでない, へ自分

▼ であるかなど~ (3, 0.0%)

1 心に, 皆目知つて, 紀久子は

▼ であるかなどと~ (3, 0.0%)

1 云う疑問, 云ふ, 問ふ

▼ であるかなどといふ~ (3, 0.0%)

2 事は 1 ことを

▼ であるかまた~ (3, 0.0%)

1 はあるべき, は弱い, は総領事館

▼ であるかよりも~ (3, 0.0%)

2 先に 1 何故に

▼ であるからだけ~ (3, 0.0%)

2 では 1 なん

▼ であるからとも~ (3, 0.0%)

1 すれば, 云い字, 思い同情

▼ であるがけ~ (3, 0.0%)

2 ふは 1 ふからは

▼ であるがは~ (3, 0.0%)

1 あーと, ぢめて, らへと

▼ であるがも~ (3, 0.0%)

1 一つの, 一人を, 少し何とかおちついた

▼ であるきょう~ (3, 0.0%)

1 の三時, の中国女学生たち, も行進

▼ であるぐらい~ (3, 0.0%)

3 なこと

▼ であることさ~ (3, 0.0%)

1 へ出, へ証明, へ誰

▼ であること疑い~ (3, 0.0%)

1 がない, ないの, もありません

▼ であること私~ (3, 0.0%)

1 に対して距離, はほんとう, は一切

▼ であること等々~ (3, 0.0%)

1 である, であるらしい, を語った

▼ であるこれから~ (3, 0.0%)

1 自分の, 険山絶路を, 願って

▼ であるこんなに~ (3, 0.0%)

1 までし, 姉たちに, 愛して

▼ であるさすが~ (3, 0.0%)

1 に士族町, に江戸っ子, の夫

▼ であるすぐ~ (3, 0.0%)

1 ここへ, に加担, 引き返したそして

▼ であるそこら~ (3, 0.0%)

1 で演習, をぶら, を逍遙遊

▼ であるだけでも~ (3, 0.0%)

1 ない, むしゃくしゃする, 法を

▼ であるって~ (3, 0.0%)

1 あなたが, ことが, 書いて

▼ であるでも~ (3, 0.0%)

1 共に見, 昔なつかしい, 行乞を

▼ であるとすら~ (3, 0.0%)

1 考えたの, 考えられる, 言へる

▼ であるとても~ (3, 0.0%)

1 めまぐるしい, 果敢ない恋, 能ふ

▼ であるとまでは~ (3, 0.0%)

1 心づかない, 想像し, 知らないらしくただ

▼ であるどんな~ (3, 0.0%)

1 宿命で, 機会に, 身分の

▼ であるなお~ (3, 0.0%)

1 それよりも, 只見川に, 多の

▼ であるなどは~ (3, 0.0%)

1 思って, 思ひも, 意識の

▼ であるなども~ (3, 0.0%)

1 その証拠, 何か, 分って

▼ であるなん~ (3, 0.0%)

1 ていうこと, でも尻押し, のため

▼ であるに従って~ (3, 0.0%)

2 その藝術 1 この普遍性

▼ であるまま~ (3, 0.0%)

1 その意味, に放任, に素子

▼ であるみんな~ (3, 0.0%)

1 こぼして, そのおかげ, よく食べ

▼ であるむろん~ (3, 0.0%)

1 にがい酒, 品物が, 酒は

▼ であるもしくは~ (3, 0.0%)

1 それに, だの相違, 特殊の

▼ である~ (3, 0.0%)

1 みんなよくもまあ, 左様じゃ, 痩せぎすで

▼ であるよく~ (3, 0.0%)

1 てもわるく, 似た顔, 此うも

▼ であるよし~ (3, 0.0%)

1 きたとばかり, それが, 私は

▼ であるわし~ (3, 0.0%)

1 にはあの, はすぐ, を殺す

▼ であるんで~ (3, 0.0%)

1 ある, 人が, 和田町田大住なんて

▼ であるアリストテレス~ (3, 0.0%)

1 ではこの, は彼, は自然

▼ であるインテリジェンス~ (3, 0.0%)

1 の問題, をインテリ自身, を如何

▼ であるソヴェト~ (3, 0.0%)

1 からというの, のニナ・ポポヴァ, のプロレタリアート

▼ であるフランス~ (3, 0.0%)

1 でも一般人士, における理解, のスパイ

▼ である一体~ (3, 0.0%)

1 が暖かい, 大菩薩峠という, 農業という

▼ である一家~ (3, 0.0%)

1 の人々, の斉整家庭, の者

▼ である三人~ (3, 0.0%)

2 の大男 1 とも夢中

▼ である不幸~ (3, 0.0%)

1 な人々, な幸福, にし

▼ である不思議~ (3, 0.0%)

1 な因縁, な病者, はない

▼ である~ (3, 0.0%)

1 のみな様, の光, も様々

▼ である両親~ (3, 0.0%)

1 につれられ, の手, を見送っ

▼ である中館公一郎~ (3, 0.0%)

1 にし, のまじめ, を見た

▼ である事實~ (3, 0.0%)

1 とその, や又, を確め

▼ である人物~ (3, 0.0%)

1 がもしや, のこと, の住居

▼ である今に~ (3, 0.0%)

1 當つて何ぞ, 私は, 血路を

▼ である今や~ (3, 0.0%)

1 女は, 御親政, 私は

▼ である今夜~ (3, 0.0%)

1 はこ, はまた, も馬酔木居

▼ である今度~ (3, 0.0%)

1 の新, はその, は其の

▼ である以上そこ~ (3, 0.0%)

1 から幸之助, にはそれだけ, に行わるべき

▼ である以上人々~ (3, 0.0%)

1 がどの, の云う, は他

▼ である以上誰~ (3, 0.0%)

1 でも備, の場合, よりもまず

▼ である以前~ (3, 0.0%)

2 にマルクス主義者 1 に神格

▼ である佐助~ (3, 0.0%)

1 としてはお供, の音楽趣味, は今

▼ である~ (3, 0.0%)

1 が本, のラフオンテーン, の涅槃

▼ である信仰~ (3, 0.0%)

1 である潔癖, というもの, の先導者

▼ である信長~ (3, 0.0%)

1 が亡父, でしたからね, の婿

▼ である偶然~ (3, 0.0%)

1 といえ, と感傷性, に出ずる

▼ である傲慢~ (3, 0.0%)

2 に堕し 1 である

▼ である僅か~ (3, 0.0%)

1 に一時間, に三十歳, 十行二十行の

▼ である元来~ (3, 0.0%)

1 小説は, 此アヲギリは, 滝とは

▼ である公衆~ (3, 0.0%)

2 なるもの 1 が大衆

▼ である其樣~ (3, 0.0%)

2 なる譯 1 な譯

▼ である内容~ (3, 0.0%)

1 がその, がなかなか, を有する

▼ である~ (3, 0.0%)

1 はアイヌ語, 世が, 世の

▼ である前者~ (3, 0.0%)

1 は, は利己主義, は春風駘蕩

▼ である勿論~ (3, 0.0%)

1 この政權, 会員の, 破る事

▼ である~ (3, 0.0%)

1 世紀の, 助が, 封建的な

▼ である単に~ (3, 0.0%)

1 主観的な, 能動的な, 見るもの

▼ である古風~ (3, 0.0%)

1 な小, な武家屋敷, な赤煉瓦

▼ である~ (3, 0.0%)

1 せよ諾, のよう, の手

▼ である~ (3, 0.0%)

2 個人にとっては 1 國の

▼ である同氏~ (3, 0.0%)

1 にとって最も, の家, はトランス

▼ である~ (3, 0.0%)

1 伯楽とも, 外科医の, 探偵青竜王は

▼ である和歌~ (3, 0.0%)

1 の歩ん, は影, を挙周

▼ である唯一~ (3, 0.0%)

1 の会長者, の公, の欲望

▼ である問題~ (3, 0.0%)

1 の, は成し遂げる, を解決

▼ である~ (3, 0.0%)

1 であると, である然るに何故, である美

▼ である因縁~ (3, 0.0%)

1 から取分け, が熟, が熟さなけれ

▼ である地球~ (3, 0.0%)

1 がきれ, その地球, 及び総て

▼ である外国人~ (3, 0.0%)

1 であるというの, に媚びる, は震災

▼ である多分~ (3, 0.0%)

1 お婆さんその, 万物の, 唐筆を

▼ である~ (3, 0.0%)

1 では實, ともうつつ, の中

▼ である大和~ (3, 0.0%)

1 から出る, ことに京, の方

▼ である大衆~ (3, 0.0%)

1 に対してそういう, の歴史的意欲, らしいもの

▼ である天下~ (3, 0.0%)

1 と云, の父, はお前

▼ である太陽~ (3, 0.0%)

1 と土, の滅亡, は町

▼ である女御~ (3, 0.0%)

1 とは兄弟, にだけ大臣, の所

▼ である~ (3, 0.0%)

1 たる, にすぎない, の生活

▼ である~ (3, 0.0%)

1 のエルネスチイヌ, は上, は中

▼ である姿~ (3, 0.0%)

1 が見えなくなっ, をつくづく, を見

▼ である~ (3, 0.0%)

1 とはどちら, と弟, 争いに

▼ である学者~ (3, 0.0%)

1 に物, は生産, や結核治療

▼ である実に~ (3, 0.0%)

1 そのこと, 函館全市を, 厭だ

▼ である実は~ (3, 0.0%)

1 三十年の, 人格が, 私が

▼ である実家~ (3, 0.0%)

2 の長男 1 の親族

▼ である実験~ (3, 0.0%)

1 がまさに, と解析的操作, は統計的

▼ である客観~ (3, 0.0%)

1 とか客体, は宇宙時間, を我が

▼ である~ (3, 0.0%)

1 であると, とから成っ, を神様

▼ である小出~ (3, 0.0%)

1 から人力車, から橡尾又, から爪先上り

▼ である小鳥~ (3, 0.0%)

2 ではない 1 は何物

▼ である尾道~ (3, 0.0%)

2 へ逆もどり 1 の海辺

▼ である川手氏~ (3, 0.0%)

3 の妹さん

▼ である~ (3, 0.0%)

1 である, に於, は色

▼ である~ (3, 0.0%)

2 を受持つ 1 を演じ

▼ である彼女ら~ (3, 0.0%)

1 の一人, はただ, はまた

▼ である從つて~ (3, 0.0%)

1 また信用, また或, 又自分

▼ である性格~ (3, 0.0%)

2 を理解 1 がとり

▼ である恋人~ (3, 0.0%)

21 の姉妹

▼ である悪い~ (3, 0.0%)

1 出来では, 医者などは, 意味の

▼ である悲しい~ (3, 0.0%)

1 事実では, 影ある, 恋愛の

▼ である感覚~ (3, 0.0%)

1 が時間空間, である, にそれ

▼ である感謝~ (3, 0.0%)

1 の心, の生活, は懺悔

▼ である我輩~ (3, 0.0%)

1 の作物, はいつも, は平太郎

▼ である批評家~ (3, 0.0%)

1 から下足札, の心, の狭量

▼ である探偵~ (3, 0.0%)

1 であるという, などよりも法律, は呑み込み顔

▼ である数学~ (3, 0.0%)

1 しか残らない, の不得手, の学生

▼ である文字~ (3, 0.0%)

1 さえ文法的, はたしかに, を音

▼ である文芸~ (3, 0.0%)

1 のこと, は人, を売

▼ である斯樣~ (3, 0.0%)

2 な譯 1 なこと

▼ である新しい~ (3, 0.0%)

1 事務を, 写実家は, 合理的標準に

▼ である新聞社~ (3, 0.0%)

1 などがそういう, に通っ, の記者

▼ である既に~ (3, 0.0%)

1 それ位親しい, バラモン師の, 秀子の

▼ である日々~ (3, 0.0%)

2 の生活 1 の中

▼ である明日~ (3, 0.0%)

1 になっ, の事, は友達

▼ である是等~ (3, 0.0%)

1 が即ち, の説, の高い

▼ である時間~ (3, 0.0%)

1 といふもの, は特別, を時

▼ である更に~ (3, 0.0%)

1 意外な, 此通りに, 約述

▼ である~ (3, 0.0%)

1 即無, 楽座に, 楽座の

▼ である木村~ (3, 0.0%)

1 が貫禄, の見解, を向う

▼ である未だ~ (3, 0.0%)

1 曾て, 残暑も, 降りて

▼ である未来~ (3, 0.0%)

1 の大, の河流, もまた

▼ である本質~ (3, 0.0%)

1 からすぐれた, だが, としては超

▼ である果して然~ (3, 0.0%)

3 らば

▼ である森林~ (3, 0.0%)

1 があっ, も等し, を挙げたい

▼ である権利~ (3, 0.0%)

1 のよう, を主張, を或

▼ である~ (3, 0.0%)

1 から次, のよう, は佐々木道誉

▼ である欧州~ (3, 0.0%)

2 に於 1 においての百貨店

▼ である正しい~ (3, 0.0%)

1 ものである, 要素の, 認識それが

▼ である此等~ (3, 0.0%)

1 のこと, の人, の高僧

▼ である歴史的社会~ (3, 0.0%)

2 の現象 1 は之

▼ である比田礼二~ (3, 0.0%)

1 が会った, に会えたら, や映画監督

▼ である泰造~ (3, 0.0%)

1 に何, のため, はルネッサンス前後

▼ である~ (3, 0.0%)

1 洲には, 洲の, 鉄の

▼ である澄太君~ (3, 0.0%)

1 ありがたう, らしい澄太君, を考えた

▼ である無理~ (3, 0.0%)

1 にも柄杓, のない, は不自然

▼ である物語~ (3, 0.0%)

1 は世界文學, を繰返す, を聞く

▼ である特別~ (3, 0.0%)

1 な部分, のハンデキャップ競走, の場合

▼ である甲斐~ (3, 0.0%)

1 の文芸復興, の者, は弓

▼ である白痴~ (3, 0.0%)

2 の貴族 1 の喜惣

▼ である百姓~ (3, 0.0%)

1 の事, の男, の飼つて

▼ である~ (3, 0.0%)

1 に偏, に觸, を閉じ

▼ である~ (3, 0.0%)

1 に百世稀, の有限性, 新しい落葉

▼ である社会的~ (3, 0.0%)

1 な勤労能力, な水準, な清らかさ

▼ である祖父~ (3, 0.0%)

1 がそう, の威勢, の安否

▼ である秀吉~ (3, 0.0%)

1 でありその, に死なれ, に過ぎない

▼ である筆者~ (3, 0.0%)

1 が採録, のよう, は気

▼ である範疇~ (3, 0.0%)

1 になっ, の共軛性, も対象

▼ である~ (3, 0.0%)

1 商会の, 工会に, 選挙も

▼ である美和子~ (3, 0.0%)

1 と一しょ, には絶えず, の女学校

▼ である義兄~ (3, 0.0%)

1 がどこ, に借りた, の気分

▼ である老人~ (3, 0.0%)

1 の大工, の好み, の面

▼ である~ (3, 0.0%)

3 の高い

▼ である~ (3, 0.0%)

1 が張る, をふくらし, を立てない

▼ である自制~ (3, 0.0%)

1 して, せよ自制, は生活

▼ である自家~ (3, 0.0%)

1 にいたなら, にゐたなら, へ引き取る

▼ である自我~ (3, 0.0%)

1 の問題, は如何, は存在

▼ である自由~ (3, 0.0%)

1 であると, というもの, といふもの

▼ である~ (3, 0.0%)

1 の話, はいつも, を造る

▼ である~ (3, 0.0%)

1 に執する, の嗜好, の黒い

▼ である色々~ (3, 0.0%)

1 な重要書類, の弱点, の意味

▼ である花田~ (3, 0.0%)

1 と話し合いたい, に挑戦, を憎ん

▼ である芸術家~ (3, 0.0%)

1 がその, であるという, の場合

▼ である苦痛~ (3, 0.0%)

1 である, と戦い, を忘れる

▼ である茶の湯~ (3, 0.0%)

1 に用, は人, を単に

▼ である~ (3, 0.0%)

1 は伸びたい, は少ない, は緑

▼ である著者~ (3, 0.0%)

1 がこの, は事実, は精密

▼ である藤村~ (3, 0.0%)

1 が世界平和, の, は冬子夫人

▼ である~ (3, 0.0%)

1 が死ん, のこと, よりも劣る

▼ である行乞~ (3, 0.0%)

1 しおえると, の客観的意義, の矛盾

▼ である西洋人~ (3, 0.0%)

1 が希臘羅馬, が這入りまし, の所謂

▼ である観念~ (3, 0.0%)

1 に囚, は我々, を具備

▼ である計り~ (3, 0.0%)

2 でなく又 1 では無い

▼ である~ (3, 0.0%)

1 に於, は極めて, や小説

▼ である~ (3, 0.0%)

1 に釣り, を聞い, を聴いた

▼ である認識~ (3, 0.0%)

1 の普遍性, は主体, を以て情意的

▼ である謀反~ (3, 0.0%)

1 をした, をしよう, をはかった

▼ である財閥~ (3, 0.0%)

1 にすがる, の七変化的存在, の解体命令

▼ である貴女~ (3, 0.0%)

1 が眼, を拭い, を死

▼ である貴方~ (3, 0.0%)

1 にとても, のお, は中世ウェールス

▼ である赤い~ (3, 0.0%)

1 小旗, 点とが, 色の

▼ である~ (3, 0.0%)

1 ごしら, の短, もまだ

▼ である身分~ (3, 0.0%)

2 も忘れ 1 の方

▼ である農村~ (3, 0.0%)

1 に社会, の自力更生主義, はあまりに

▼ である道徳~ (3, 0.0%)

1 である, の価値, 及び社会上

▼ である道理~ (3, 0.0%)

1 がない, である因果, の当

▼ である部分~ (3, 0.0%)

1 がそれぞれ, と私, はもう

▼ である郷倉氏~ (3, 0.0%)

1 の作画方法, の作風, はその

▼ である重吉~ (3, 0.0%)

1 のこころもち, のもっ, よりほか

▼ である野獣~ (3, 0.0%)

1 のよう, の土, の生活

▼ である~ (3, 0.0%)

1 がなけれ, の十字架, は要らん

▼ である間もなく~ (3, 0.0%)

1 一小, 出立帰宅, 樹明来自分で

▼ である限りこれ~ (3, 0.0%)

1 だけの犬, を具え, を拒む

▼ である限り他~ (3, 0.0%)

1 の所有者, の点, の生存権

▼ である~ (3, 0.0%)

1 でも決して, に必ずしも, も同

▼ である音楽~ (3, 0.0%)

1 である, におけるよりもさらに, を欲しなかった

▼ である須美子~ (3, 0.0%)

1 が身がる, の全身, の献身

▼ である~ (3, 0.0%)

1 てそれ, て恐ろし, て舟

▼ である食物~ (3, 0.0%)

1 のみ厳格, は栄養知識, までを法外

▼ である~ (3, 0.0%)

1 が軍隊, のぽかぽか, は走り

▼ である~ (2, 0.0%)

1 はた, ははと

▼ であるあいだ~ (2, 0.0%)

1 はいかなる, は安らか

▼ であるあえて~ (2, 0.0%)

1 この辺, 贅沢の

▼ であるあさましい~ (2, 0.0%)

1 事実だ, 存在では

▼ であるあと~ (2, 0.0%)

1 は人間, は説明

▼ であるあなたがた~ (2, 0.0%)

1 の国, は主人

▼ であるあるいはまた~ (2, 0.0%)

1 西方諸国に, 近頃は

▼ であるあんた~ (2, 0.0%)

1 に向っ, に対しておとなしく

▼ であるあんなに~ (2, 0.0%)

1 悶えたり, 自分を

▼ であるいかにも~ (2, 0.0%)

1 季節は, 心ない

▼ であるいくら~ (2, 0.0%)

1 こちらで, 一生けんめいやらう

▼ であるいっそ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事彼

▼ であるいま~ (2, 0.0%)

1 の経済状態, 動かしては

▼ であるいよいよ~ (2, 0.0%)

1 このお, 私の

▼ であるいわんや~ (2, 0.0%)

1 世間の, 音譜の

▼ であるうま~ (2, 0.0%)

1 かつた, かつたこ

▼ であるおよそ~ (2, 0.0%)

1 かくの, 純粋比例に

▼ であるおれ~ (2, 0.0%)

1 の一擧手一投足, の創造者

▼ であるお金~ (2, 0.0%)

1 は損したくない, を出す

▼ であるかい~ (2, 0.0%)

1 かにある, つわりである

▼ であるかから~ (2, 0.0%)

1 決定され, 見て

▼ であるかぎりそこ~ (2, 0.0%)

2 に自己

▼ であるかさえも~ (2, 0.0%)

1 よくわかりませんでした, 考える余裕

▼ であるかつ~ (2, 0.0%)

1 こうが, 国内も

▼ であるかなどの~ (2, 0.0%)

1 問題は, 諸点を

▼ であるかなどを~ (2, 0.0%)

1 今ぞ, 私は

▼ であるかにも~ (2, 0.0%)

1 亦色々の, 聞える

▼ であるかねて~ (2, 0.0%)

1 の御, 顔見知りで

▼ であるからといふ~ (2, 0.0%)

1 理が, 理由で

▼ であるからとして~ (2, 0.0%)

2 放任し

▼ であるからとの~ (2, 0.0%)

2 事でありました

▼ であるからなどは~ (2, 0.0%)

2 この場合

▼ であるがずつと~ (2, 0.0%)

1 後の, 飛んで

▼ であるがとにも~ (2, 0.0%)

2 かくにも

▼ であるがなどと~ (2, 0.0%)

1 さすがに, 言って

▼ であるがに~ (2, 0.0%)

1 いる人, っこいとか

▼ であるがにも~ (2, 0.0%)

1 かかわらず飲み屋, 拘らず滋幹

▼ であるくら~ (2, 0.0%)

1 ゐだから, ゐならば

▼ であるくらいに~ (2, 0.0%)

1 単位意識が, 思って

▼ であるけど~ (2, 0.0%)

1 科を, 重臣共の

▼ であるこういう~ (2, 0.0%)

1 ふうに, 俗曲に

▼ であることこれ~ (2, 0.0%)

1 だけ証拠, 亦明白

▼ であることジャンナン~ (2, 0.0%)

1 が採用, というの

▼ であること世間~ (2, 0.0%)

1 には死んだ, の常識

▼ であること今~ (2, 0.0%)

1 でもいつ捨てられ, も昔

▼ であること以上~ (2, 0.0%)

1 が煩, のべたところ

▼ であること以外~ (2, 0.0%)

1 にありえない, にはない

▼ であること俺~ (2, 0.0%)

2 と一緒

▼ であること女~ (2, 0.0%)

1 に生れた, は茶屋奉公

▼ であること從つて~ (2, 0.0%)

1 もし私, 少くとも

▼ であること換言~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ であること明らか~ (2, 0.0%)

1 である, であるやう

▼ であること東京~ (2, 0.0%)

1 からここ, にい

▼ であること母~ (2, 0.0%)

1 と政宗と, は何もかも

▼ であること等~ (2, 0.0%)

1 は昔, を白状

▼ であること紛れ~ (2, 0.0%)

1 もない, もなく

▼ であること而~ (2, 0.0%)

1 もその, もにせめくらである

▼ であること自体~ (2, 0.0%)

1 が業縁, が武力

▼ であること金~ (2, 0.0%)

1 のほか, の利息

▼ であるこれ等~ (2, 0.0%)

1 の丘, の事

▼ である~ (2, 0.0%)

1 当家の, 社参を

▼ であるさうな~ (2, 0.0%)

1 がどうも, そして心臓痲痺

▼ であるさまざま~ (2, 0.0%)

1 の形, の矛盾

▼ であるさらに~ (2, 0.0%)

1 無道の, 真理を

▼ であるしたがって~ (2, 0.0%)

1 絵で, 自分は

▼ であるしるし~ (2, 0.0%)

2 を残し

▼ である~ (2, 0.0%)

2 なは

▼ であるそうした~ (2, 0.0%)

1 作為の, 政治学的予言を

▼ であるその他~ (2, 0.0%)

1 の空間概念, 残ったもの

▼ であるその後~ (2, 0.0%)

1 の支線, は邸前

▼ であるその間~ (2, 0.0%)

1 は武蔵, へ松竹

▼ であるそれだけ~ (2, 0.0%)

1 美しすぎる, 自分の

▼ であるそれにしても~ (2, 0.0%)

1 かくの, 春琴が

▼ であるたった~ (2, 0.0%)

2 一ツの

▼ であるたとえ~ (2, 0.0%)

1 両家の, 場合によっては

▼ であるため用~ (2, 0.0%)

1 が虐げられ, を果す

▼ であるだいたい~ (2, 0.0%)

1 川棚といふ, 私の

▼ であるだからこそ~ (2, 0.0%)

1 それに関する, 歴史的発展も

▼ であるだけが~ (2, 0.0%)

1 蕭殺たる, 違ふ

▼ であるだけで~ (2, 0.0%)

1 価値を, 深さ

▼ であるつまらない~ (2, 0.0%)

2 ばかりである

▼ であるつもり~ (2, 0.0%)

1 だが, でこの

▼ であるというも~ (2, 0.0%)

1 過言であるまい, 過言でない

▼ であるといつて差支~ (2, 0.0%)

1 ないの, へない

▼ であるといふだけでも~ (2, 0.0%)

1 何となく肩身, 明かに

▼ であるといふのみ~ (2, 0.0%)

1 でない, では

▼ であるとかが~ (2, 0.0%)

1 夫で, 考えられるの

▼ であるとかは~ (2, 0.0%)

1 信ずる事, 夫である

▼ であるとき我々~ (2, 0.0%)

2 は物

▼ であるとき零~ (2, 0.0%)

2 の値

▼ であるとこう~ (2, 0.0%)

1 いうて, 合点が

▼ であるとだけ~ (2, 0.0%)

1 云い得るか, 受けとって

▼ であるとだけは~ (2, 0.0%)

1 言った, 言へる

▼ であるとな~ (2, 0.0%)

1 せる等, つて居ります

▼ であるとばかりは~ (2, 0.0%)

1 いへずわ, 云うこと

▼ であるともい~ (2, 0.0%)

1 へない, へよう

▼ であるどうしてこう~ (2, 0.0%)

1 までになった, まで似

▼ であるどっち~ (2, 0.0%)

1 か一方, も大切

▼ であるどの~ (2, 0.0%)

1 地点に, 部屋も

▼ であるどれ~ (2, 0.0%)

1 かが竜王, もこれ

▼ であるどんなに~ (2, 0.0%)

1 ばかと, 女王がたを

▼ であるなか~ (2, 0.0%)

1 でもこの, には何かしら不気味

▼ であるなつかしい~ (2, 0.0%)

2 情調の

▼ であるなるほど~ (2, 0.0%)

1 人間の, 昔は

▼ であるなんと~ (2, 0.0%)

1 いうこと, なれば

▼ であるにおいてを~ (2, 0.0%)

2

▼ であるのにと~ (2, 0.0%)

1 地団駄を, 若い私さ

▼ であるの敵愾心~ (2, 0.0%)

2 がどう

▼ であるの風向き~ (2, 0.0%)

2 が違う

▼ であるひたむき~ (2, 0.0%)

1 な現実, に良心的

▼ であるひろ子~ (2, 0.0%)

1 の打ちひろげすぎた, ばかりのこと

▼ であるふたり~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, の力強い

▼ であるほどの~ (2, 0.0%)

1 喜びが, 澄江は

▼ である~ (2, 0.0%)

1 じい所へも, づ可も

▼ であるまことに~ (2, 0.0%)

1 尊い草鞋, 藤村以前の

▼ であるまさか~ (2, 0.0%)

1 とは思った, 私の

▼ であるまたは~ (2, 0.0%)

1 復員の, 軽快である

▼ であるまたも~ (2, 0.0%)

1 三本勝負で, 半九郎

▼ であるみじめ~ (2, 0.0%)

1 だとは, なの

▼ であるむっつり~ (2, 0.0%)

2 右門が

▼ であるもしそう~ (2, 0.0%)

1 しなければ, 云う事情

▼ であるもしや~ (2, 0.0%)

1 神の, 鍛冶の

▼ であるもっとも~ (2, 0.0%)

1 こういう現象, 十七字といった

▼ であるもつ~ (2, 0.0%)

1 と素白, と自分

▼ であるもと~ (2, 0.0%)

1 の筑紫, の蒐集

▼ であるもの認識~ (2, 0.0%)

2 せられて

▼ であるやはり~ (2, 0.0%)

1 寒気冷気陰気骨皆禁物だ, 生活から

▼ であるゆえいずれ~ (2, 0.0%)

1 か一方, が食物

▼ であるゆえここ~ (2, 0.0%)

1 にいささか, にはただ

▼ であるゆえに~ (2, 0.0%)

1 きわめて眼界, なにごとに対しても

▼ であるゆゑ~ (2, 0.0%)

1 主體, 分るの

▼ であるよい~ (2, 0.0%)

1 一夜で, 意味での

▼ であるよき~ (2, 0.0%)

1 肥料と, 食慾と

▼ であるわが家~ (2, 0.0%)

1 が見える, の誇り

▼ であるアイヌ~ (2, 0.0%)

1 の残した, の生活様式

▼ であるアカデミー~ (2, 0.0%)

1 の機能, は初め

▼ であるアソコ~ (2, 0.0%)

2 も衰え

▼ であるアメリカ~ (2, 0.0%)

1 においてこの, の生産

▼ であるイエス~ (2, 0.0%)

1 の出生, は茲

▼ であるイキ~ (2, 0.0%)

1 である, であるおもしろい

▼ であるイギリス~ (2, 0.0%)

1 のミリガン, やフランス

▼ であるイデア~ (2, 0.0%)

1 が活動, である

▼ であるイデオロギー~ (2, 0.0%)

1 だという, なるもの

▼ であるイヤ~ (2, 0.0%)

1 其の絵姿, 当然坐るべき

▼ であるインスティチュート~ (2, 0.0%)

1 は或, を一時

▼ であるウィーン~ (2, 0.0%)

1 のピアノ教授, の聴衆

▼ であるカム~ (2, 0.0%)

1 の人, は国語

▼ であるガンピ~ (2, 0.0%)

1 と同名異物, へ付けられ

▼ であるキャゼリン嬢~ (2, 0.0%)

1 が引き受ける, の行く

▼ であるクラウゼウィッツ~ (2, 0.0%)

1 と演繹的, に及んだ

▼ であるクララ~ (2, 0.0%)

1 という祖母, よ

▼ であるシートン教授~ (2, 0.0%)

1 であった, を主任教授

▼ であるジイド~ (2, 0.0%)

1 のブルジョア的良心, は凡て

▼ であるツルゲーネフ~ (2, 0.0%)

1 にすてられ, のこの

▼ であるトランク~ (2, 0.0%)

1 と来た, を風呂竈

▼ であるトルストイ~ (2, 0.0%)

1 の作, は率直

▼ であるドイツ~ (2, 0.0%)

1 に於, は機密

▼ であるナポレオン~ (2, 0.0%)

1 の対英戦争, は欧州

▼ であるネクタイ~ (2, 0.0%)

1 も外国物, をし

▼ であるノンキ~ (2, 0.0%)

1 な事, な旅人

▼ であるフィクション~ (2, 0.0%)

1 の実在性, の實

▼ であるフロレンス~ (2, 0.0%)

1 がもとめ, の感情

▼ であるブリュジョン~ (2, 0.0%)

1 はまだ, を見て取り

▼ であるプラーグ~ (2, 0.0%)

1 はその, へ殺到

▼ であるプロレタリア文学運動~ (2, 0.0%)

1 に対して反撥, をすっかり

▼ であるプロレタリア階級~ (2, 0.0%)

1 と並ん, により直接移行

▼ であるヘンリー・ジーキル~ (2, 0.0%)

1 からの贈物, の手跡

▼ であるママ~ (2, 0.0%)

1 が生きなけれ, を否定

▼ であるマルクス的方法~ (2, 0.0%)

1 は現, は現実

▼ であるミシン~ (2, 0.0%)

1 だけが不, だけが不恰好

▼ であるラジオ~ (2, 0.0%)

1 の民主化, を聞こう

▼ であるリアリティー~ (2, 0.0%)

1 がない, を創り出し

▼ であるリズム~ (2, 0.0%)

1 である感傷, にまで触感

▼ であるルオー~ (2, 0.0%)

1 の現象主義的方法, は怖

▼ であるロビンソン~ (2, 0.0%)

1 をもって始むべ, をもつ

▼ であるロマンティク~ (2, 0.0%)

1 を後, を支配

▼ であるロリス・メーリコフ~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ である一事~ (2, 0.0%)

1 が万事, に徴

▼ である一分一秒~ (2, 0.0%)

1 の遲速, は白く

▼ である一切~ (2, 0.0%)

1 の否定以外, の賃金勞働者

▼ である一定~ (2, 0.0%)

1 の時間, の社会生活

▼ である一日~ (2, 0.0%)

1 も早く, 歩かなければ

▼ である一時~ (2, 0.0%)

1 に文ビル, の急

▼ である一本~ (2, 0.0%)

1 の松, の珊瑚

▼ である一畑治明博士~ (2, 0.0%)

1 はヨーロッパ, は永く

▼ である一番~ (2, 0.0%)

1 多いの, 肥って

▼ である一筋~ (2, 0.0%)

1 の夜みち, の小川

▼ である一致~ (2, 0.0%)

1 である, の客観性

▼ である一般的~ (2, 0.0%)

1 な, な児玉論

▼ である一言~ (2, 0.0%)

1 についに, も声

▼ である一農戸~ (2, 0.0%)

2 に属する

▼ である万一~ (2, 0.0%)

1 これを, 破れたらどう

▼ である三段目~ (2, 0.0%)

2 も一位

▼ である上下~ (2, 0.0%)

1 に行く, に飛びちがふ矢

▼ である下町~ (2, 0.0%)

1 の商売振り, の時計問屋

▼ である不安~ (2, 0.0%)

1 がらないよう, なの

▼ である与作~ (2, 0.0%)

1 などがわれわれ, の村

▼ である世人~ (2, 0.0%)

1 は單, は科学

▼ である世界観~ (2, 0.0%)

1 も亦, を解明

▼ である中国~ (2, 0.0%)

1 の人々, の女たち

▼ である中納言~ (2, 0.0%)

1 の君, も仏

▼ である丹道~ (2, 0.0%)

1 の書, は結局

▼ である主観~ (2, 0.0%)

1 よりも先, を実践的

▼ である久しぶり~ (2, 0.0%)

1 に, に夜店風景

▼ である九時~ (2, 0.0%)

1 から二時, に家

▼ である九段目~ (2, 0.0%)

2 も共に

▼ である~ (2, 0.0%)

1 が殊に, も無言

▼ である予定~ (2, 0.0%)

1 だから, の結果

▼ である事此~ (2, 0.0%)

1 美しい都会, 美しい都會

▼ である事物~ (2, 0.0%)

1 の源, を処理

▼ である二時間~ (2, 0.0%)

1 ばかりし, ばかり話し

▼ である五月一日~ (2, 0.0%)

1 に実効発生, のメーデー

▼ である人格~ (2, 0.0%)

1 などは何, は文明過程

▼ である人民戦線~ (2, 0.0%)

1 が結成, に際しては文化運動

▼ である人種~ (2, 0.0%)

1 によって待遇, を絶やし

▼ である人間性~ (2, 0.0%)

1 がある, の通俗

▼ である~ (2, 0.0%)

1 である, の慈悲

▼ である仏教~ (2, 0.0%)

1 の出発点, を捨て

▼ である他者~ (2, 0.0%)

1 への存在, 即ち實

▼ である代わり~ (2, 0.0%)

1 にいかなる, に村

▼ である~ (2, 0.0%)

1 て先生, て行

▼ である以上お前~ (2, 0.0%)

2 の好き勝手

▼ である以上一度~ (2, 0.0%)

1 は家庭, や二度

▼ である以上之~ (2, 0.0%)

1 を反覆, を成り立たせる

▼ である以上人~ (2, 0.0%)

1 の句, を殺す

▼ である以上人間~ (2, 0.0%)

1 の目的, の知識

▼ である以上境遇~ (2, 0.0%)

1 がよく, が許す

▼ である以上姉~ (2, 0.0%)

2 も妹

▼ である以上婿~ (2, 0.0%)

2 にも行かれず

▼ である以上客~ (2, 0.0%)

1 に対して慇懃, の生命

▼ である以上戦争~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の輪

▼ である以上父子~ (2, 0.0%)

1 の間, の關係

▼ である以上現代~ (2, 0.0%)

1 のよう, を最も

▼ である以上男~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の労働者

▼ である以上絶対~ (2, 0.0%)

1 に必要, に誤解

▼ である以上習慣~ (2, 0.0%)

2 においても我々

▼ である~ (2, 0.0%)

1 表装の, 髪を

▼ である企業者~ (2, 0.0%)

2 は生産物

▼ である会場~ (2, 0.0%)

1 には目付方, へゆく

▼ である伯父~ (2, 0.0%)

1 の死体, は親切

▼ である~ (2, 0.0%)

1 が求める, と自分達二人

▼ である何しろ~ (2, 0.0%)

1 天地は, 此の

▼ である何でも~ (2, 0.0%)

1 之に, 秀子は

▼ である何処~ (2, 0.0%)

1 か微か, までも我々

▼ である何處~ (2, 0.0%)

1 か微か, まで行く

▼ である余り~ (2, 0.0%)

1 お稚, 彼女の

▼ である佛教~ (2, 0.0%)

1 で云, を御存じ

▼ である~ (2, 0.0%)

1 から感じる, の言葉

▼ である保雄~ (2, 0.0%)

1 と交, は不断相応

▼ である信一郎~ (2, 0.0%)

2 は可

▼ である修養~ (2, 0.0%)

1 の一課目, を待

▼ である俯仰~ (2, 0.0%)

2 して

▼ である俳優~ (2, 0.0%)

1 が沢山, として恵まれた

▼ である俳諧~ (2, 0.0%)

2 というもの

▼ である個物~ (2, 0.0%)

1 が世界, が自己自身

▼ である~ (2, 0.0%)

2 に私

▼ である偶然性~ (2, 0.0%)

1 はただ, を根本問題解決

▼ である傷口~ (2, 0.0%)

1 から血, にさはられた

▼ である~ (2, 0.0%)

1 が向こう, は留置場でくびをつりそこなった

▼ である元気~ (2, 0.0%)

1 が衰えた, の好い

▼ である兄弟~ (2, 0.0%)

1 が夫婦, ですら

▼ である先刻~ (2, 0.0%)

1 から未婚, の梓川

▼ である先年西牟婁郡安都ヶ峯下~ (2, 0.0%)

2 より坂泰

▼ である克巳~ (2, 0.0%)

1 にきかれる, に聞かれる

▼ である~ (2, 0.0%)

1 世界に, 體的流動的過程に

▼ である全く~ (2, 0.0%)

1 余が, 尤なる

▼ である公達~ (2, 0.0%)

1 が数人, もおお

▼ である共同租界~ (2, 0.0%)

1 のまだ, の人々

▼ である共産党~ (2, 0.0%)

1 に対する惨, の破壊

▼ である兵士たち~ (2, 0.0%)

1 に滅私奉公, を完全

▼ である~ (2, 0.0%)

1 から僅か, れよりは

▼ である其処~ (2, 0.0%)

1 が岬, のスター

▼ である其日~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ である具体的~ (2, 0.0%)

1 な存在, な存在者自身

▼ である~ (2, 0.0%)

1 ての覚悟, は公

▼ である凡俗~ (2, 0.0%)

1 に立返える, の画家

▼ である処一ケ所~ (2, 0.0%)

2 として一様

▼ である出版業者~ (2, 0.0%)

1 はその, は従来

▼ である列車~ (2, 0.0%)

2 は見る

▼ である判断~ (2, 0.0%)

1 には知的契機, も亦

▼ である利家~ (2, 0.0%)

1 に対, も利家公

▼ である刻下~ (2, 0.0%)

1 の事件, の情勢

▼ である前髪~ (2, 0.0%)

1 が汗ばん, の飛躍

▼ である創作~ (2, 0.0%)

1 の方法, の道

▼ である創作方法~ (2, 0.0%)

1 の問題, の研究

▼ である労働者~ (2, 0.0%)

1 たるもの, の上

▼ である勇壮~ (2, 0.0%)

1 なポンメルシー大佐, な者

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の友人, の肩

▼ である動作~ (2, 0.0%)

1 はこの, はもはや

▼ である勤労階級~ (2, 0.0%)

1 の生活, の社会関係

▼ である~ (2, 0.0%)

1 に見えた, の入江

▼ である医学士~ (2, 0.0%)

1 に僕, の

▼ である十九世紀~ (2, 0.0%)

1 のフランス, の犯罪科学

▼ である十二月朔日~ (2, 0.0%)

2 は雪

▼ である十月一日~ (2, 0.0%)

1 から新しい, には僅か

▼ である千歳~ (2, 0.0%)

1 の料理番, の父

▼ である午前中~ (2, 0.0%)

1 はそこら, は都農町

▼ である南方~ (2, 0.0%)

1 の地並, の或

▼ である南風氏~ (2, 0.0%)

1 の自然, はその後それ

▼ である単なる~ (2, 0.0%)

1 思いつき的な, 真面目気なる

▼ である単細胞~ (2, 0.0%)

1 が地上, の微生物

▼ である~ (2, 0.0%)

1 として逆, にはどんな

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の如き, の為め

▼ である原因中~ (2, 0.0%)

2 の一大原因

▼ である原子~ (2, 0.0%)

1 の崩壊, やエレクトロン

▼ である及び~ (2, 0.0%)

2 これに

▼ である友達~ (2, 0.0%)

1 が栗, は小さな

▼ である~ (2, 0.0%)

1 ファッショ的情緒を, 社会性に

▼ である口先~ (2, 0.0%)

2 でこそあんな

▼ である古河市兵衞~ (2, 0.0%)

1 である, に對

▼ である句作~ (2, 0.0%)

1 するより, 即生活

▼ である可愛い~ (2, 0.0%)

1 子には, 家来な

▼ である可能性~ (2, 0.0%)

1 によって優越, のほう

▼ である台湾~ (2, 0.0%)

1 にはアメリカ, はいま夕立ち

▼ である吉公~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ である吉田~ (2, 0.0%)

2 は芝居

▼ である~ (2, 0.0%)

1 一律や, 地方に

▼ である同君~ (2, 0.0%)

1 がこうした, は年一度位上京

▼ である同時に~ (2, 0.0%)

1 深く見る, 自分にと

▼ である君子~ (2, 0.0%)

1 の母, の父

▼ である吾輩~ (2, 0.0%)

1 は是非, を捉

▼ である~ (2, 0.0%)

2 と思つて

▼ である和一郎~ (2, 0.0%)

1 と結婚, の方

▼ である品位~ (2, 0.0%)

1 ある娯楽, は落とさず

▼ である唐代~ (2, 0.0%)

1 に尚武的色彩, の支那

▼ である唯物弁証法~ (2, 0.0%)

1 の哲学, も亦

▼ である喜多六平太氏~ (2, 0.0%)

2 は筆者

▼ である~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ である~ (2, 0.0%)

1 にお, に山陽

▼ である四国~ (2, 0.0%)

1 の土佐, へもいずれ

▼ である四番目~ (2, 0.0%)

2 のやつ

▼ である困難~ (2, 0.0%)

1 で危険, に困難

▼ である~ (2, 0.0%)

1 より文学物, より茶の湯

▼ である国賊~ (2, 0.0%)

2 である破廉恥

▼ である~ (2, 0.0%)

1 から出, に執

▼ である土佐藩~ (2, 0.0%)

1 の谷守部, は早く

▼ である地下~ (2, 0.0%)

1 の人々, の堅い

▼ である地方~ (2, 0.0%)

1 も男の子, を自分

▼ である~ (2, 0.0%)

1 は段々, を下り

▼ である坊ちやん~ (2, 0.0%)

1 が時々, はよい

▼ である場合優越的~ (2, 0.0%)

2

▼ である場合眠つて~ (2, 0.0%)

2 ゐない限り

▼ である~ (2, 0.0%)

1 な出しゃばりおやじもあったものだ, へてい

▼ である外界~ (2, 0.0%)

2 のリアリティー

▼ である多少~ (2, 0.0%)

1 のモダーン味, 末梢の

▼ である夢想~ (2, 0.0%)

1 である, は巨大

▼ である大学生~ (2, 0.0%)

1 の某, よりずっと

▼ である~ (2, 0.0%)

1 つ祝詞, 照らす大神

▼ である天使~ (2, 0.0%)

1 になるであろう, に僕

▼ である天候~ (2, 0.0%)

1 に対しては無条件, のため

▼ である天蓋~ (2, 0.0%)

1 に護られ, のごとき

▼ である~ (2, 0.0%)

1 だ佛音, 上である

▼ である奥さん~ (2, 0.0%)

1 が子供みんな, は彼

▼ である奥村土牛~ (2, 0.0%)

1 が急, はたしかに

▼ である女の子~ (2, 0.0%)

1 の家庭, の新しい

▼ である女らし~ (2, 0.0%)

1 さの, さを

▼ である女中~ (2, 0.0%)

1 がどこ, の綾子

▼ である女優~ (2, 0.0%)

1 の大きい, へまことに

▼ である女学校~ (2, 0.0%)

2 の焼跡

▼ である女工~ (2, 0.0%)

1 がいた, のロバアタ

▼ である姉妹~ (2, 0.0%)

1 といううち, の母親

▼ である姉弟~ (2, 0.0%)

1 の瑞華, の顔

▼ である姫君~ (2, 0.0%)

1 が悪魔, を人

▼ である娘たち~ (2, 0.0%)

1 に自覚, はその

▼ である婦人等~ (2, 0.0%)

2 は皆彼

▼ である子供たち~ (2, 0.0%)

1 に希望, への本気

▼ である子供達~ (2, 0.0%)

1 の気持ち, の生長

▼ である子規~ (2, 0.0%)

1 といふの, 及びその

▼ である学生~ (2, 0.0%)

1 が学生, よろこんだり

▼ である宇宙~ (2, 0.0%)

2 の活動

▼ である宋高僧傳~ (2, 0.0%)

1 の金剛智三藏, 第二

▼ である完全~ (2, 0.0%)

1 なる智慧, な域

▼ である実体~ (2, 0.0%)

1 ではない, は物体

▼ である実例~ (2, 0.0%)

1 は女監督エレーナ・アレクサンドロヴナ, を見

▼ である実在~ (2, 0.0%)

1 の, は単純化

▼ である客観的~ (2, 0.0%)

1 であるという, な国際現実

▼ である~ (2, 0.0%)

1 のお, の夫人

▼ である容太郎~ (2, 0.0%)

1 からお, とお

▼ である宿~ (2, 0.0%)

1 が落着, は二階建て

▼ である寂しい~ (2, 0.0%)

1 とも悲しい, 人でも

▼ である密教~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, を組織的

▼ である富士~ (2, 0.0%)

1 にふさわしい, の人穴

▼ である富農~ (2, 0.0%)

1 の社会主義化, はこう

▼ である寒い~ (2, 0.0%)

1 のでかじかん, ほどの冷気

▼ である寧ろ~ (2, 0.0%)

1 苦労を, 苦勞を

▼ である対象~ (2, 0.0%)

1 との協同, に人間らしい

▼ である尊王~ (2, 0.0%)

1 の大義, の意志

▼ である小さい~ (2, 0.0%)

1 時から, 浮彫の

▼ である小使~ (2, 0.0%)

1 がいくら, の婆さん

▼ である小屋~ (2, 0.0%)

1 の筵, へはいつ

▼ である山間~ (2, 0.0%)

2 の人心

▼ である山陽道~ (2, 0.0%)

1 に於, は京都

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の上部, の起伏

▼ である~ (2, 0.0%)

1 という人, と岸

▼ である川波大尉~ (2, 0.0%)

1 だと, と星宮理学士

▼ である左様~ (2, 0.0%)

1 といつた, な心持

▼ である巴里~ (2, 0.0%)

1 にあこがれ, のイボギンヌ

▼ である巴里婦人~ (2, 0.0%)

1 の服装, の服裝

▼ である市電~ (2, 0.0%)

1 でストライキ, の車掌

▼ である帆村~ (2, 0.0%)

1 が鳥籠, の発言

▼ である帝都~ (2, 0.0%)

2 は約

▼ である年上~ (2, 0.0%)

1 の人妻, の女

▼ である~ (2, 0.0%)

2 の架空

▼ である~ (2, 0.0%)

1 に限り日頃取引, の奥

▼ である廿日市町~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ である~ (2, 0.0%)

1 には勿論, を見たく

▼ である弥之助~ (2, 0.0%)

1 のいる, の現在

▼ である張り~ (2, 0.0%)

1 きつた, 替へて

▼ である強い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 南風が

▼ である当の~ (2, 0.0%)

1 半五郎, 正木博士を

▼ である彼女たち~ (2, 0.0%)

1 の一票, は講習

▼ である彼隆太郎~ (2, 0.0%)

2 は神経質

▼ である後年彼~ (2, 0.0%)

1 が己, は検校

▼ である従兄~ (2, 0.0%)

1 に宛て, はそう

▼ である復讐~ (2, 0.0%)

1 の青大将, は善

▼ である微生物~ (2, 0.0%)

1 が現在, の姿

▼ である思索~ (2, 0.0%)

1 のため, を述べる

▼ である性質上~ (2, 0.0%)

1 そのあつい, 分り切つた事実

▼ である恋愛~ (2, 0.0%)

1 も信吉, や結婚

▼ である~ (2, 0.0%)

2

▼ である恰も~ (2, 0.0%)

1 今日の, 経験が

▼ である~ (2, 0.0%)

1 は取りのぞかなけれ, 沢に

▼ である悪人~ (2, 0.0%)

1 でないという, は斯

▼ である悲し~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ である~ (2, 0.0%)

1 に厚い, をあらわす

▼ である情婦~ (2, 0.0%)

1 も亦, を心から

▼ である情熱~ (2, 0.0%)

1 からも精神, であった

▼ である意識~ (2, 0.0%)

1 が心から, であり精神

▼ である愛憎~ (2, 0.0%)

2 は即ち

▼ である感じ~ (2, 0.0%)

1 で何, は死

▼ である感傷~ (2, 0.0%)

1 である, は光

▼ である慈悲~ (2, 0.0%)

1 を説い, 深い遣り

▼ である~ (2, 0.0%)

2 を散じよう

▼ である我が~ (2, 0.0%)

1 子は, 狸洲先生

▼ である我ら~ (2, 0.0%)

1 は吹き込む, は詛われ

▼ である我国~ (2, 0.0%)

1 の学者, の親族関係

▼ である我等~ (2, 0.0%)

1 は此書, もし彼

▼ である我邦~ (2, 0.0%)

1 には峠, の假名

▼ である戦い~ (2, 0.0%)

1 だけを否定, はいろいろ

▼ である戦国時代~ (2, 0.0%)

1 に形, を経

▼ である所有権~ (2, 0.0%)

1 の理論, もまた

▼ である所為~ (2, 0.0%)

1 でそれ, もあらう

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の動く, やその

▼ である手前~ (2, 0.0%)

1 として学務委員, どうにも義侠心

▼ である~ (2, 0.0%)

1 と考へる, と言

▼ である探偵小説~ (2, 0.0%)

1 のなか, の作家

▼ である推移~ (2, 0.0%)

2 が一定量

▼ である政府~ (2, 0.0%)

1 が保護, を出資者

▼ である政治~ (2, 0.0%)

1 が嫌い, を党人

▼ である故人~ (2, 0.0%)

1 の大臣, の著作権

▼ である教授~ (2, 0.0%)

1 が名前, の階級性

▼ である教育~ (2, 0.0%)

1 から得, にどれ

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の本城地, を二人

▼ である文化的形而上学~ (2, 0.0%)

1 である, も亦

▼ である文壇~ (2, 0.0%)

1 において決して, の諸

▼ である文學~ (2, 0.0%)

1 で身, の方

▼ である文明~ (2, 0.0%)

1 の利器, をも部分

▼ である文明社~ (2, 0.0%)

1 がわたし, の社長

▼ である文部省~ (2, 0.0%)

1 などから先, にし

▼ である方々~ (2, 0.0%)

1 くらいの年頃, はどうぞ

▼ である方面~ (2, 0.0%)

1 は有識, へ向っ

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の話, は無限

▼ である日先生~ (2, 0.0%)

1 につれられ, は見

▼ である日本文化~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の典型

▼ である日本服~ (2, 0.0%)

1 を着, を身

▼ である日貨~ (2, 0.0%)

2 を排撃

▼ である旦那~ (2, 0.0%)

1 が出, も施主

▼ である~ (2, 0.0%)

1 貴族は, 農工銀行頭取の

▼ である明智小五郎~ (2, 0.0%)

1 の為人, も席

▼ である明治~ (2, 0.0%)

1 の初, 旧時代

▼ である明治大正~ (2, 0.0%)

1 の文学者笹部準之助, の期間

▼ である春日~ (2, 0.0%)

1 と落花, は店頭

▼ である是非~ (2, 0.0%)

1 ないこと, やりたい是非往

▼ である時作物~ (2, 0.0%)

2 は素直

▼ である時私~ (2, 0.0%)

1 はそれら, はつくづく

▼ である時間性~ (2, 0.0%)

1 の原理的克服, は文化的活動

▼ である景教~ (2, 0.0%)

1 の僧, は西人

▼ である智慧~ (2, 0.0%)

1 さえ玲瓏無垢, の開けん

▼ である暗殺者~ (2, 0.0%)

1 さえ属する, の魔法

▼ である暫く~ (2, 0.0%)

1 は目, 遊んで

▼ である書物~ (2, 0.0%)

1 に金, を好むであろう

▼ である曼舟氏~ (2, 0.0%)

1 が自ら自分, のこの

▼ である~ (2, 0.0%)

1 ては異教, て私

▼ である最後~ (2, 0.0%)

1 に其の, の役目

▼ である有名~ (2, 0.0%)

1 な婦人演奏家, な真珠王

▼ である有様~ (2, 0.0%)

1 だから, は誠に

▼ である木下~ (2, 0.0%)

2 が新調

▼ である~ (2, 0.0%)

1 來自然界の, 項は

▼ である本心~ (2, 0.0%)

2 とウラハラ

▼ である本性~ (2, 0.0%)

1 はなおせない, をます

▼ である本来~ (2, 0.0%)

1 の自分, はこの

▼ である本郷~ (2, 0.0%)

1 の某社, の至誠堂

▼ である条件~ (2, 0.0%)

1 が現在, を作ろう

▼ である東北~ (2, 0.0%)

1 の農民, の雄藩上杉

▼ である松浦頼母~ (2, 0.0%)

1 と自分, の屋敷

▼ である~ (2, 0.0%)

1 だの, をかかえた

▼ である~ (2, 0.0%)

1 が一, と樽野

▼ である林髞博士~ (2, 0.0%)

1 というの, も亦

▼ である果実~ (2, 0.0%)

1 の種類, を結ばん

▼ である某氏~ (2, 0.0%)

1 が一寸, 若いうち

▼ である柳河特殊~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ である根気~ (2, 0.0%)

1 がない, を養う

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の下駄, の箱

▼ である桔梗~ (2, 0.0%)

1 のおん方, の音読

▼ である概念~ (2, 0.0%)

1 はこうした, や意識

▼ である~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ である樟脳~ (2, 0.0%)

1 にその, はようやく

▼ である権力~ (2, 0.0%)

1 とが勢力, に向っ

▼ である樹明君~ (2, 0.0%)

1 が心易立, を招い

▼ である樽野~ (2, 0.0%)

1 の, はペン

▼ である櫛田さん~ (2, 0.0%)

1 はいつも, をひきずりこまず

▼ である櫛田ふきさん~ (2, 0.0%)

1 が名目上, の活動

▼ である次に~ (2, 0.0%)

1 は池上秀畝氏, 水得と

▼ である~ (2, 0.0%)

1 よりもその, を歌った

▼ である正直~ (2, 0.0%)

1 などこ, なる余

▼ である正義~ (2, 0.0%)

1 である男子, や涙

▼ である此後~ (2, 0.0%)

1 には少, 猶千萬年

▼ である武力~ (2, 0.0%)

1 で測りました, とそれ

▼ である武家~ (2, 0.0%)

1 すらも心, を無視

▼ である武州~ (2, 0.0%)

1 のこれ, の八王子

▼ である武者小路実篤~ (2, 0.0%)

1 の, は何十年前

▼ である歴史家~ (2, 0.0%)

1 がいうた, は色々

▼ である歴史的身体的~ (2, 0.0%)

1 であるという, ということ

▼ である死者~ (2, 0.0%)

1 に対しての心づくし, は何

▼ である段々~ (2, 0.0%)

1 たるみの, ベツリが

▼ である殿下~ (2, 0.0%)

1 が利家, はお伴

▼ である気分~ (2, 0.0%)

1 では方法, の上

▼ である気持~ (2, 0.0%)

1 とない, を反映

▼ である~ (2, 0.0%)

1 がし, がした

▼ である水島~ (2, 0.0%)

2 と或

▼ である永遠性~ (2, 0.0%)

1 の問題, は同時に

▼ である沙漠~ (2, 0.0%)

1 となしつ, の

▼ である河童~ (2, 0.0%)

2 も同一

▼ である河野ウメ子~ (2, 0.0%)

1 が遊び, はおそい

▼ である~ (2, 0.0%)

2 である

▼ である法律~ (2, 0.0%)

1 で治まる, の勝利

▼ である法水麟太郎~ (2, 0.0%)

1 は従来, は招かれた

▼ である法王~ (2, 0.0%)

1 が死に, というよう

▼ である流石~ (2, 0.0%)

1 に江戸児, の余

▼ である流行~ (2, 0.0%)

1 が保守的, の一円本

▼ である~ (2, 0.0%)

1 のや, はとろ

▼ である海辺~ (2, 0.0%)

1 のアバラ家, の民

▼ である~ (2, 0.0%)

1 がこぼれる, である

▼ である深水~ (2, 0.0%)

1 はあたらしい, はかねてから

▼ である清潔~ (2, 0.0%)

1 とか何とか, をきびしく

▼ である清澄~ (2, 0.0%)

1 でさ, の茂太郎

▼ である漢詩~ (2, 0.0%)

1 が根, や和歌

▼ である漱石~ (2, 0.0%)

1 は若い, をなつかし

▼ である漸く~ (2, 0.0%)

1 この辺, 羽の

▼ である~ (2, 0.0%)

1 である野陣, のない

▼ である無益~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ である然しながら~ (2, 0.0%)

1 そのもの自身の, 只それ

▼ である物そのもの~ (2, 0.0%)

1 が吾, を味

▼ である特に~ (2, 0.0%)

1 就中叙事詩の, 猿類とは

▼ である特定~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の状況

▼ である特殊~ (2, 0.0%)

1 な場合, に尊敬

▼ である犬鴉牛~ (2, 0.0%)

2 などの言葉

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の食料, は必ずしも

▼ である独居~ (2, 0.0%)

1 のさびしみ, は好き

▼ である~ (2, 0.0%)

1 ぐらいに祟られ, である癖

▼ である~ (2, 0.0%)

1 太人の, 此の

▼ である獅子~ (2, 0.0%)

1 の威光, の豺

▼ である玉井金五郎~ (2, 0.0%)

1 と江崎満吉, の擡頭

▼ である現象~ (2, 0.0%)

1 の世界, をとらえ

▼ である~ (2, 0.0%)

1 たるさ, だいが

▼ である産業~ (2, 0.0%)

1 か, の理論

▼ である田代~ (2, 0.0%)

1 の人々, の知る

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の小唄, を離れ

▼ である画面~ (2, 0.0%)

1 に強, の叙述性

▼ である異性~ (2, 0.0%)

1 に対して友, に恋

▼ である當時~ (2, 0.0%)

1 の支那, 最も隆盛

▼ である発展~ (2, 0.0%)

1 のため, の質的飛躍

▼ である監督~ (2, 0.0%)

1 は神保さん, は表面現場

▼ である盲人~ (2, 0.0%)

1 の住ん, は首

▼ である直接~ (2, 0.0%)

1 に電気, の証拠

▼ である相田清祐~ (2, 0.0%)

1 であった, は赭ら顔

▼ である省略~ (2, 0.0%)

1 である, の趣向

▼ である真面目~ (2, 0.0%)

1 なこと, な活動的

▼ である瞑想~ (2, 0.0%)

1 に対する準備, に對

▼ である知性~ (2, 0.0%)

1 と感性, の正当

▼ である短歌~ (2, 0.0%)

1 の今一つ, の昔

▼ である~ (2, 0.0%)

1 からは水, を祀る

▼ である破廉恥無気力~ (2, 0.0%)

2 の人外

▼ である確証~ (2, 0.0%)

1 が上った, を弁解

▼ である祖先語~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ である神山外記~ (2, 0.0%)

1 にこの, の考慮

▼ である福田平八郎氏~ (2, 0.0%)

1 と吉岡堅二氏, の仕事

▼ である福田氏~ (2, 0.0%)

1 の作品, はさう

▼ である私自身~ (2, 0.0%)

1 でなければ, のため

▼ である~ (2, 0.0%)

1 とはいえ, の縣會

▼ である科学~ (2, 0.0%)

1 の一認識内容, を以てその

▼ である程そこ~ (2, 0.0%)

2 に効果

▼ である程それ~ (2, 0.0%)

1 に正比例, は全く

▼ である種々~ (2, 0.0%)

1 の事由, の勾配

▼ である空間内~ (2, 0.0%)

1 に於, の運動

▼ である立山~ (2, 0.0%)

1 は古く, を有する

▼ である立派~ (2, 0.0%)

1 である春景色, なもの

▼ である~ (2, 0.0%)

1 に雀, 取の

▼ である竹刀~ (2, 0.0%)

1 のため, の打

▼ である等々~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の如く

▼ である箇所~ (2, 0.0%)

1 をさし, を可

▼ である~ (2, 0.0%)

1 を手, を鼠

▼ である精神~ (2, 0.0%)

1 によつて万人共通的, ばかりは人間

▼ である約束~ (2, 0.0%)

1 であったのに, なる語

▼ である紳士~ (2, 0.0%)

1 のやるべき, の泊っ

▼ である~ (2, 0.0%)

1 から刷, は温度

▼ である組織~ (2, 0.0%)

1 がどう, の運命

▼ である経済関係~ (2, 0.0%)

1 としての物質的生産, としての生産

▼ である経験~ (2, 0.0%)

1 が多少, によって知る

▼ である絶望~ (2, 0.0%)

1 はヒト, を語る

▼ である~ (2, 0.0%)

1 のスカート, を貧富

▼ である継母~ (2, 0.0%)

1 の所為, は何故か

▼ である総て~ (2, 0.0%)

1 の紳士, の者

▼ である縣立~ (2, 0.0%)

2 第一高女

▼ である羅針盤~ (2, 0.0%)

1 である吾人, も先づ支那

▼ である美くし~ (2, 0.0%)

1 い木立, すぎる

▼ である美術~ (2, 0.0%)

1 が事変, や音楽

▼ である義務~ (2, 0.0%)

1 の念, はない

▼ である習慣~ (2, 0.0%)

1 は改正, を持っ

▼ である老婆~ (2, 0.0%)

1 と喜平, はけたたましく

▼ である臣子~ (2, 0.0%)

1 の分, の道

▼ である~ (2, 0.0%)

1 から偉人, から誓つた事

▼ である自信~ (2, 0.0%)

2 をもち

▼ である自分自身~ (2, 0.0%)

1 が不安, にあはれ

▼ である自己實現~ (2, 0.0%)

1 の成就, をいつも

▼ である自己破壊通用~ (2, 0.0%)

2 の倫理

▼ である自然主義~ (2, 0.0%)

1 の時代, の本格的

▼ である自然的時間性~ (2, 0.0%)

1 の影響, は文化的時間性

▼ である自然科学~ (2, 0.0%)

1 であるから, の分野

▼ である自由主義~ (2, 0.0%)

1 が専ら, の信条

▼ である船頭~ (2, 0.0%)

1 として一応, は舟

▼ である良い~ (2, 0.0%)

1 作家だ, 本を

▼ である良く~ (2, 0.0%)

1 いえば, 云へば

▼ である芥川氏~ (2, 0.0%)

1 はその, は芥川氏

▼ である芸術座~ (2, 0.0%)

1 の俳優たち, の幹部

▼ である英雄~ (2, 0.0%)

1 は民衆, は目標

▼ である~ (2, 0.0%)

1 は水, は面白い

▼ である菩薩~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ である華族~ (2, 0.0%)

2 の堕落

▼ である葉子~ (2, 0.0%)

1 が倉地, のとげとげしい

▼ である葡萄~ (2, 0.0%)

1 のやう, の花

▼ である蓋し~ (2, 0.0%)

1 玄明の, 葛城山の

▼ である蕪木君~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の燃えさし, や炭

▼ である~ (2, 0.0%)

1 にこの, の父親

▼ である虚偽~ (2, 0.0%)

1 である夢想, である至誠

▼ である蝶々~ (2, 0.0%)

1 は助かる, も出

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の入口, はあん

▼ である街路~ (2, 0.0%)

1 にふたり, の方

▼ である表出~ (2, 0.0%)

2 即表現

▼ である複雑~ (2, 0.0%)

1 ならば, な弱電装置

▼ である~ (2, 0.0%)

1 のない, の左右

▼ である西村氏~ (2, 0.0%)

1 から相談, と関係

▼ である要するに~ (2, 0.0%)

1 刑に, 彼の

▼ である要件~ (2, 0.0%)

2 は想像力

▼ である見識~ (2, 0.0%)

1 や徳義, を見せ

▼ である見込み~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ である親しい~ (2, 0.0%)

1 人たちは, 友だちやさしい

▼ である解放~ (2, 0.0%)

1 と自由, の死

▼ である訪問~ (2, 0.0%)

1 に来, をたまわった

▼ である試み~ (2, 0.0%)

1 に六十余篇, に朝鮮人

▼ である詮方~ (2, 0.0%)

1 なく遠く, なしに

▼ である誇り~ (2, 0.0%)

1 にうつ, をいつ

▼ である~ (2, 0.0%)

2 であり信

▼ である誠に~ (2, 0.0%)

1 文明の, 結構な

▼ である論理学~ (2, 0.0%)

1 としての任務, に様々

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の数字, の數字

▼ である警告~ (2, 0.0%)

1 である, である人

▼ である議員~ (2, 0.0%)

1 のお, や国民自身

▼ である谷中村~ (2, 0.0%)

1 の人民, を潰す

▼ である豊吉~ (2, 0.0%)

1 が棒, の精根

▼ である財布~ (2, 0.0%)

1 に縋つ, をさ

▼ である貨幣~ (2, 0.0%)

1 として八十銭, を所持

▼ である資本~ (2, 0.0%)

1 の形成, を二萬圓

▼ である資本主義~ (2, 0.0%)

1 の合理的経営, の根本的前提

▼ である資本家~ (2, 0.0%)

1 の数, や地主

▼ である資格~ (2, 0.0%)

1 から一転, を要求

▼ である趣味~ (2, 0.0%)

1 というもの, を感ずる

▼ である農商務省~ (2, 0.0%)

1 と云, に學者

▼ である近頃~ (2, 0.0%)

1 は時々, 蘭領の

▼ である迷信~ (2, 0.0%)

1 であると, は宗教

▼ である連合~ (2, 0.0%)

1 と電通, は晩年種々

▼ である進化論~ (2, 0.0%)

1 では靜的實在, を貫く

▼ である運動~ (2, 0.0%)

1 も亦すぐ, をする

▼ である道具~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, が今

▼ である邦夷~ (2, 0.0%)

1 がこれ, を中心

▼ である都会~ (2, 0.0%)

1 の労働者, へ引返した

▼ である釈迦~ (2, 0.0%)

1 は一代, は嘘つき

▼ である~ (2, 0.0%)

2 の商品

▼ である~ (2, 0.0%)

2 が五本

▼ である~ (2, 0.0%)

1 もない, をほし

▼ である鋭い~ (2, 0.0%)

1 生活的な, 聲が

▼ である~ (2, 0.0%)

1 が頭, のさき

▼ である鎌倉~ (2, 0.0%)

1 へ問い合せみよ, やその他自分

▼ である鎌倉時代~ (2, 0.0%)

1 に引き継がれ, に於ける

▼ である~ (2, 0.0%)

1 じて, 日子と

▼ である長い~ (2, 0.0%)

1 金色の, 青草が

▼ である長屋~ (2, 0.0%)

2 があった

▼ である長男~ (2, 0.0%)

1 にだけは特別, にだけは特別こ

▼ である~ (2, 0.0%)

1 に唱える, の傍

▼ である関係上戦争~ (2, 0.0%)

2 の発達

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の中, を私

▼ である阿賀妻~ (2, 0.0%)

1 に援, は彼ら

▼ である~ (2, 0.0%)

1 はなん, は我々

▼ である限りそこ~ (2, 0.0%)

1 にこそその, には一貫

▼ である限りそれら~ (2, 0.0%)

1 のもの, の先例

▼ である限りだれ~ (2, 0.0%)

1 かが集め, でも経験

▼ である限りわれわれ~ (2, 0.0%)

1 の眼, の食物

▼ である限りゲーテ~ (2, 0.0%)

1 こそ十分, に歴史的意志

▼ である限り一種~ (2, 0.0%)

1 のデカルト主義, の客観性

▼ である限り之~ (2, 0.0%)

1 を中心, を限定

▼ である限り人間~ (2, 0.0%)

1 は一人一人, は必然的

▼ である限り何人~ (2, 0.0%)

1 も疑わぬ, も自己批判的

▼ である限り俳優~ (2, 0.0%)

1 の, はその

▼ である限り意識~ (2, 0.0%)

2 はつねに

▼ である限り現在~ (2, 0.0%)

1 の階級社会, は今日

▼ である限り習慣~ (2, 0.0%)

2 は自然

▼ である限り自分~ (2, 0.0%)

1 の判断, の思想

▼ である限り論理~ (2, 0.0%)

1 と共に心理, はその

▼ である陛下~ (2, 0.0%)

1 である, に対して不敬

▼ である~ (2, 0.0%)

1 の女御, の御

▼ である~ (2, 0.0%)

1 子文, 程という男

▼ である陶器会社~ (2, 0.0%)

1 に二, の社長

▼ である~ (2, 0.0%)

1 があたっ, をうけ

▼ である階級~ (2, 0.0%)

1 が意識, の解放

▼ である~ (2, 0.0%)

1 って処刑, って彼ら

▼ である雑木山~ (2, 0.0%)

1 につ, の空

▼ である雑貨店~ (2, 0.0%)

1 の店先, を継いだ

▼ である雲霧~ (2, 0.0%)

1 はぱっと, は初め

▼ である~ (2, 0.0%)

1 平等主義者である, 連続の

▼ である韻律~ (2, 0.0%)

1 である香気, の知的

▼ である頭中将~ (2, 0.0%)

1 が藤壺, や蔵人少将

▼ である飛行機~ (2, 0.0%)

1 の爆音, を焼こう

▼ である飛騨川~ (2, 0.0%)

2 の峡谷

▼ である食事~ (2, 0.0%)

1 心得て, 急いで

▼ である食器~ (2, 0.0%)

2 に関心

▼ である養父~ (2, 0.0%)

1 は嵩, より妹

▼ である~ (2, 0.0%)

1 である, 取法師

▼ である香気~ (2, 0.0%)

1 である気韻, のうち

▼ である馴染~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ である駒下駄~ (2, 0.0%)

1 を履い, を急い

▼ である~ (2, 0.0%)

1 岩山に, 皇である

▼ である高原~ (2, 0.0%)

1 の色どり, らしい空気がた

▼ である高間房一~ (2, 0.0%)

1 の生, の赤黒い

▼ である鶴ヶ岳~ (2, 0.0%)

1 と白沢山, の左

▼ である黒い~ (2, 0.0%)

1 のは, 筋と

▼ である~ (2, 0.0%)

2 をかけた

▼1* [5989件]

であるあいつはまだ, であるあいにく灯台の, であるあかの他人, であるあごの尖った, であるあさの二老女は寝室, であるあすになれ, であるあながち土地の, であるあなたたちは世間並み, であるあなた方の方, であるあのあわれな, であるあら削りの, であるありがたい友である, であるありがたいうれしい敬治君と共に, であるありがたうすみません, であるありがたくもあり, であるありがたしともありがたし, であるありがた味がよく, であるあんなのが, であるいい昆布が, であるいえ宿屋で, であるいかなる作家も, であるいく時間机にもたれ, であるいささか空想的な, であるいざ扉を, であるいざなぎのみこ, であるいたいたしいことである, であるいたずらに英雄を, であるいちかばちか, であるいちばん下のほう, であるいっさいの賃金労働者, であるいったい誰な, であるいつか活動の弁士, であるいまだ真に作られたもの, であるいや別の看板, であるらの, であるうっかりあの先生, であるうまく一同を, であるうれしいはずの, であるえて左様いふ事, であるおいしいものを, であるおお諸君よ, であるおおかた斃され, であるおかげで犬, であるおかしいぞと思っ, であるおかみがある, であるおかみさんの客間趣味, であるおさんどんと坊主, であるおそくなつたので, であるおそろしい罪である, であるおとよはこれから, であるおとうさんはひじょうに, であるおばあさんが起きる, であるおまえさん方は今回大阪監獄署, であるおもひでは, であるおんみは, であるお互い国民のこの, であるお人好しの馬鹿, であるお伽噺のやう, であるお前らの主人, であるお力は酌婦, であるお嬢さんが三味線, であるお客様に逢った, であるお座所でござれば, であるお松のため, であるお母さん人間はいつか, であるお父さんは昔, であるお花畑もなけれ, であるお茶の会, であるお里を救う, であるかえって罪に, であるかぎりいままでの作家, であるかぎりかくのごとき, であるかぎりこれは決して, であるかぎりすべてきわめてたくみ, であるかぎりすべてモノの値, であるかぎりそれは真, であるかぎりなんであろうと, であるかぎりみながみな, であるかぎりポイエシス的に行為的直観的, であるかぎりメキシコの現実, であるかぎり一致すること, であるかぎり世界は自己矛盾, であるかぎり中野がホント, であるかぎり人格を現, であるかぎり今すぐには, であるかぎり他との調和, であるかぎり企画に多く, であるかぎり匡の人たち, であるかぎり女性語の禁止, であるかぎり文化の仕事, であるかぎり映画は必ずしも, であるかぎり本質的にそれ, であるかぎり次郎が決死的, であるかぎり犠牲者を選び, であるかぎり種的であるかぎり, であるかぎり結構な状態, であるかぎり自然の星, であるかぎり自然発生的にその, であるかぎり良心的に許されざる, であるかぎり裁判所のあらゆる, であるかぎり誰に見られ, であるかくして理論の, であるかくらいの事は, であるかご存じないか, であるかしかないの, であるかしらとみずから怪しん, であるかすらもよくわからなかった, であるかぞれとも, であるかたがい, であるかたじけないお日和, であるかだけでは, であるかだけを疑問と, であるかちよつと見, であるかってことは, であるかであつた, であるかとかいうこととは, であるかとさえ愚痴を, であるかとはだれも, であるかとばかり腐心し, であるかどつちか, であるかなしさや, であるかなしいかな, であるかなぞということは, であるかなたの世, であるかなどもほとんど忘れ去っ, であるかなり急な, であるかにさえ思われたの, であるかについての見解が, であるかについても永い間, であるかにつき本人小学教師両親らの, であるかには思いあたらなかった, であるかによるのだ, であるかに人は驚かされる, であるかに家の人, であるかに従い農業, であるかはも少し外, であるかばかりしか見えぬならば, であるかまた低温であるかを, であるかまで詳しく聞い, であるかまでを鋭く分析, であるかも略知つて居るので, であるかも目には止めない, であるからかへつて私は, であるからこそという点, であるからこそのことで, であるからしかとも覺え, であるからだもこ, であるからてごおに, であるからといったところで, であるからにこそ他ならぬ, であるからにはよほどの年齢が, であるからにゃウンとこ, であるからも少しフレツシユ, であるからやッつけ仕事は, であるからをぢさんも, であるかわり彼は詐, であるかをすら實際十分に, であるかをば或る限られた, であるがいかに場末, であるがたしかその, であるがというのは, であるがといふ序編の, であるがとの仰せに, であるがとはお思い, であるがとも付け添えた, であるがなど同情深く, であるがほどのよい古び, であるきのう書いた川崎銀行, であるきのう素子が置い, であるように, であるくに定つて, であるくに石だ, であるくらいは心得て, であるくり返して読む, であるぐずぐずいわずに, であるぐらいな手繰りには, であるぐらゐの経歴ならとう, であるませんが, であるけさも鶏, であるけだし最も容易な, であるけばそれだけはかも, であるけれどもという返答に, であるとともに氏, であるこうまで言っ, であるこうした恥ずかしい名, であるここかしこに無限, であるこそ幸いうんと懲, であるこちらは大船, であるこっちも乗っ, であることおのづから酔, であることおのれの個性, であることここに日本, であることことのため, であることごとく幸福である, であることご存じですか, であることすべて新しい観念, であることそこに健全, であることそれらを取り扱う, であることだれも自分, であることどこまでもこの, であることはさほどの誇り, であることやりくりのうまい, であることインテリゲンツィアが彼自身, であることコルトーに及ぶ, であることサルトルに劣る, であることノアの遺物, であることフランスの悲劇, であることマリユス・ポンメルシーという者, であることマルセーユの石山, であることラフォルグとは当時ライプチヒ, であることロッテナム美人術とはいかなる, であることヴェトーヴェンのあれ, であること一度は通過, であること一言の断り, であること丈けは確, であること三十五年前には自分, であること両者が飽, であること主人公のその, であること之を方法, であること乳は差乳, であること二年も前, であること五十年来の習慣, であること京都の二条城, であること人は自然, であること人間以上であること, であること人間的であること, であること今日といえ, であること今日松島で竹, であること他方においては役人, であること他者への生, であること以上三点をお話, であること以外何も思っ, であること仮名遣の研究, であること位は知っ, であること位南原杉子もうすうす, であること何の気, であること作品が僅少, であること俗的日常主義に堕した, であること保守的であること, であること個人的であること, であること個性はこれ, であること倭文子さん達がそこ, であること健全であること, であること先天的であること, であること先日はニイスあたり, であること写生図の如く, であること前述の通り, であること加害者が非常, であること労働者であること, であること午と晩, であること只見川の支流, であること味気ない所, であること善良であること, であること国民が辛抱, であること土左舟で運ん, であること土着のない, であること夜にさえなれ, であること大峠の東, であること天の喜び, であること夫人との間柄, であること夫婦約束を結ばせたで, であること夷三郎はこの, であること女たらしであること, であること定価毎五十銭送料二銭のこと, であること実生活を捨て, であること客観性や思意, であること小胆なくらい, であること少年の日, であること山林濫伐の状況等, であること工場の生産率, であること左右両翼に対して本質, であること年齢は三十六七歳, であること幸と不幸, であること幸ちゃんと同断, であること幾十の仏躰, であること弁護士であること, であること彼等一家は空襲, であること後世の鳥居峠, であること後述しよう, であること徒らに迎合的, であること徒歩で半時間位, であること従つてまたその, であること從つて如何にも豐富, であること御殿でも皆, であること必然の理法, であること必然事であると, であること思想と言葉, であること恋を恋, であること愛の主, であること懸命なその, であること戦争をさける, であること技術的に卓越, であること故郷は広島, であること日本のひと, であること日本婦人が揃い, であること明日は降るであろう, であること明瞭である, であること書生のおりそこ, であること朝鮮の陣中, であること本屋のため, であること枯淡というの, であること此もある, であること此処に実感, であること歴史を作っ, であること歴史的研究の第一歩, であること残雪の極めて, であること母自分の母, であること母親が病人, であること沈大佐の忠誠, であること注意ぶかく, であること源氏が愛し, であること熊本ではもう, であること熱烈に恋する, であること父は至って, であること片目鼻っかけ欠唇, であること牛と飼主, であること犯人が己, であること独立の人格, であること猟人はずんぐり, であること獨立の人格, であること現実的であること, であること甚明瞭なもの, であること生の力強い, であること生れが悪い, であること生活の感情, であること男女のふたり, であること町の, であること白鶴浜であること, であること県内では何処, であること短篇の形態, であること確かであること, であること神になる, であること等劇団としての発展, であること等等等をなん, であること糖もタン白, であること納得のゆく, であること紛ふ方, であること終身結婚しないこと, であること経済的には佃, であること肩の幅, であること自分たちは冬, であること自分以前の真, であること自己の良心, であること興奮させては, であること良心的であること, であること色が土人, であること色彩の光輝, であること著作権法と同様, であること著者の序, であること蒋主席の尊敬, であること言ふまでも, であること貞操の一方, であること貴重品となる, であること足立や菅, であること身体がよく, であること身許も確か, であること逃亡を企てた, であること道子さんに対しては嘗て, であること酒をのむ, であること金銭問題を口, であること階級的分析に対する無, であること非常に多く, であること養父が火燧崎, であること高価であること, であるこのごろ鏡を見る, であるこの堂々たる長躯, であるこほろぎは最も, であるこりゃ注意しなく, であるこれはけしからぬと, であるこれ以上の貴族, であるこれ円本は正に, であるこれ忰手前なア何, であるこれ皆無謀行為の自業自得, であるこれ自体は学生生活, であるこんにち, であるごく内密に, であるさえすでに奇怪, であるさかいそれを, であるさきほどの伝六, であるさくらや光子, であるさけびであつてもうめきであつてはいけない時として涙, であるさっきのお婆さん, であるさて此の, であるさては教師である, であるさみしいといはう, であるさもないと, であるさもなければ偶に, であるさるによってこの, であるされども乗る, であるざつくばらんにいへば後援と商売, であるしいてそれ以上を, であるしかしてかくして得たる, であるしかしまた曼舟氏が, であるしかし一方未醒は, であるしかとした船, であるしかもまたきわめて些事, であるしづかなあきらめ, であるしというような, であるしなんぞええこと, であるしのは力, であるしばらくさうしよう, であるしるし雲脂が落ちる, であるしんじつ月はま, であるしんみり味つた, であるじつは妹が, であるすずめはボール, であるすばらしい人である, であるすべからく関を, であるすべて体力とか精力, であるすべて孝で貫き, であるすま子さんに不倫, であるせっかく生えたこういう, であるせつかくの御飯, であるぜいたくを言っ, であるぜひそうしてと, であるは別事, であるそこでまた宣伝力が, であるそこもとがかかる, であるそちを秀吉, であるそちらから出向い, であるそのうち食物が, であるそのおかしな王を, であるその他名のない, であるその後僕が衛生舎, であるその後引続いての, であるその道の山, であるその間じゅう彼はあらゆる, であるその間一毫も利害得失, であるその間二十五年間約三百回, であるそりゃあそういう上品, であるそれではいけない僕, であるそれで或は将門を, であるそれに一人で, であるそれゆえにこそくぐり, であるそれゆえ貧乏は人間, であるそれ前に舌, であるそれ程深くせぬで, であるそれ許りでは, であるそんなに疑うなら賭, であるぞというのである, であるぞとの非難が, であるぞとも誰かが, であるぞよ百中一二の, であるたいして違わない尊貴, であるたいそうな恰好, であるたかだか一美術の団体, であるたくさんの人々, であるただし春琴が, であるただ色が奇麗, であるたとい今と, であるたとへば死んだ泉鏡花氏, であるためここに論, であるためこれら二つの用役, であるためそこの黄楊櫛, であるためひつ込みじあんに, であるためガソリンもタイア, であるためハツキリ何割かの損, であるため一さいを掌握, であるため一ノ関さまの発言, であるため一目で室内全体, であるため久子がどこ, であるため乾分に任せず, であるため二六分の一という如き, であるため二言三言軽い言葉, であるため人口に対する予防的妨げ, であるため人里離れた広漠, であるため今度は再び, であるため今日入学試験に対する問題, であるため他の語, であるため体躯が柔, であるため全体として調子, であるため冬の間, であるため凶作時の価格, であるため切支丹に有利, であるため前年よりは大, であるため双方で心細く, であるため土壌の生産物, であるため大体に於, であるため実力は十分, であるため實相は掴めない, であるため左大将はそれ, であるため市民がセーブ, であるため平凡となる, であるため平生よりも熱心, であるため庭をまわり, であるため廊下にはほんの, であるため影響が薄い, であるため彼に時間的, であるため手袋をはめた, であるため揚州に鎮守, であるため支那巡査の許し, であるため日本婦人の貞淑さ, であるため昨年改易されて, であるため様々の思い, であるため海苔選定にはどうも, であるため特別に多かっ, であるため獅子頭や胴幕, であるため現代文化そのものにそれぞれ, であるため疾病がはなはだ, であるため發想の動機, であるため眺望というもの, であるため砂に写った, であるため私は最初, であるため穴をあけ, であるため結び上げた総角, であるため結局夫人の所, であるため總體に實, であるため群集心理や社会, であるため肉が肥り, であるため自暴自棄におちいり, であるため自然に日本式, であるため自然ここに注意, であるため虚心坦懐な西欧人, であるため訴訟の進行中, であるため誠心誠意多大の犠牲, であるため誤解を惹起, であるため過去の伝統, であるため遽雨となる, であるため長年の歴史, であるため防禦的兵科を實習實行, であるため陶器以上のおもしろ, であるため食糧はそこ, であるたらふく酒を, であるだがただイデオロギーを, であるだけじゃないん, であるだんだん里近く, であるちびの病氣, であるちよつと西洋, であるき筋, であるっていうことは, であるついでに, であるつねに離合の, であるつまり目下の人間, であるつまり社会的現実の矛盾, であるつや子も直次, であるづーっと補助椅子, であるく, であるてんかん持ちの少年, であるできるだけ栄養分を, であるでなければ愚人である, であるというくらいのことは, であるというしかいいよう, であるというによるのである, であるというに対して将軍家は, であるというは生前面識が, であるといったは何よりも, であるといふかも知れぬけれども, であるといふのほかない, であるといふのみで少しも, であるといふばかりにそのままに, であるとおいたわしく思った, であるとおりいくつもの年, であるとおりそれはまさしく, であるとおり七十歳の山上元, であるとおり二人の男, であるとおり互の成長, であるとおり何某から五六メートル, であるとおり差別ある物, であるとおり彼女も醜, であるとおり抽象的なもの, であるとおり日本の社会生活, であるとおり毎日いろいろな形, であるとおり誰もが自身, であるとおり非常にまめ, であるとかくはじめは, であるとかでそれが, であるとかといふことを, であるとかなどを見ると, であるときこころのおどろき, であるときそれは現在, であるとき兒童が本, であるとき大都市の住民, であるとき大阪の芸術, であるとき婦人代議士ばかりが民主的, であるとき巫女を呼ん, であるとき彼はよく, であるとき従来の報道, であるとき文学としての客観的, であるとき正である, であるとき此の意味, であるとき波子はきつ, であるとき眞なの, であるとき破局を救う, であるとき自己の一身, であるとき自由なラジオ, であるとき需要せられるべき, であるとことの次第, であるところが一方には, であるところそこね, であるとさえも考えられる, であるとしてさえ家庭と, であるとしてもといふ前提で, であるとしてもはづみはどんな完全な, であるとだけしか知らないため, であるとだけでも言って, であるとつたへられて, であるとと云ふ, であるとによって行為を, であるとのみは言へ, であるとばかりに考えるの, であるとまでに賞讃された, であるとまでの強力な, であるとも後であるとも, であるとも感付かないよう, であるとも氏は定義, であるとよ此の間母が, であるとろろ汁は是非, であると迄疑ふもの, であると迄は云切れない, であるどういうわけであろう, であるどうせ積荷を, であるどうやらこれで, であるどちらも有難い, であるどっしりした顔, であるどんなにぐるりが目茶苦茶, であるなあに金なんてもの, であるなかなかの魔法使い, であるなつかしく話す広島, であるなどを考へ, であるなにぶん弟子は, であるなまじ近代風を, であるなるたけ早く山路, であるなるべく大きな逆境, であるにおいは彼, であるにたいしてこちらは, であるにと物堅い壮, であるによつて想像すれ, であるぬくいといふより, であるねずみをあてがっ, であるのさへやかましく, であるのみの社交家に, であるの何神様のお, であるの加賀の白山, であるの地蔵様の申し子, であるの心臓の形, であるの怪物に目方, であるの狐は悪, であるの鳩ヶ谷の三志様, であるはいふまでもない, であるはげしい性質の, であるはげしく自分を, であるはじめかれは, であるはじめて事の, であるはずそれが五百七十ミリ, であるはつ女は淋し, であるはるかなそして, であるあいにも, であるばかしでなくそんな, であるばかばかしくて喧嘩, であるひとり芸術家にとってばかりでなく, であるひとり苦笑する, であるひどい風邪の, であるふぐの料理, であるふさはしい, であるふつうの氷, であるぶんには往生, であるへやはどこ, であるほか何ものでもありません, であるほくろであるの, であるほとんど今の, であるほどに私の, であるほのかなよろこび, であるほんとの運命, であるほんとに使うつもり, であるほんのりした百日紅, であるぼくらは礼, であるますますこれを, であるまず生の, であるまち子はまだ, であるまったく坂本氏の, であるまで物は, であるまでもわれわれは, であるまど口を, であるまゆみの芸, であるまれな美貌, であるぶを, であるみだりに他人の, であるみよしは波, であるむうこれは感心, であるむくむくと盛り, であるむずかしい問題である, であるばるも, であるもうこのさきいくら, であるもぐらが土, であるもしかりにあの二人, であるもちろん行乞なんかは, であるもつとも私たちの, であるもとよりこれぞといふ目, であるものそれらの家々, であるもの一般を考え, であるもの作物は常に, であるもの定基は力寿, であるもの斯う問う, であるやうわれわれは切に, であるやがて印半纏を, であるやす子をバー, であるやっぱり祭日と, であるやつらはその, であるやむを得ない精力の, であるややうち開けた, であるやりくりが上手, であるやを言ふことは, であるゆえいつ倒れるやも, であるゆえこれはダーウィン説, であるゆえこれらは極力, であるゆえすべての点, であるゆえその間に自然淘汰, であるゆえそれが今日, であるゆえどこまでが紙, であるゆえわが国のごとき, であるゆえわれらは決して, であるゆえ五歳以下は無賃, であるゆえ人間に限らず, であるゆえ今その理由, であるゆえ今日人間がこれ, であるゆえ何学問を修める, であるゆえ前のたとえ, であるゆえ同一の食物, であるゆえ団体動物道とも名, であるゆえ団体生活から離し, であるゆえ大事にする, であるゆえ実言うと, であるゆえ彼は生まれながら, であるゆえ彼女は自分, であるゆえ戦争と人道, であるゆえ拠ない, であるゆえ新聞がとびつく, であるゆえ明らかに事実, であるゆえ本来ならば, であるゆえ本郷の街路樹下, であるゆえ東京市中十万の商店中毎年代がわり, であるゆえ模範的の蛭, であるゆえ生物学の理論, であるゆえ生物学上から見れ, であるゆえ田舎のお, であるゆえ甲から乙, であるゆえ直はむしろ曲, であるゆえ神にも人, であるゆえ精神的な美し, であるゆえ自分の欲する, であるゆえ自然における人類, であるゆえ鎌子がさき, であるゆえ隣の者, であるゆえ飛行機を沢山, であるゆえ高給を受ける, であるゆゑこれら三つの契機, であるゆゑそれはなん, であるゆゑ作品にすべて, であるゆゑ武家はこれ, であるゆゑ死はあなた方, であるゆゑ自らの歌誌, であるよういつ迄も印象, であるよしんば政宗が, であるよその土地, であるよといはねば, であるよなと思って, であるよほど遊んだ金, であるよもやと思ふ, であるよろこばしい日である, であるよろしいと口, である足に, であるわいおかし, であるわいといふやうなやりくちである, であるわずかな資力, であるわたくし自身の嘆息, であるわたしどもが費, であるわりに日本画家, であるわるいことである, であるわれに返っ, であるわれらの日本, であるわれら人間の心, であるわれ等にとつ, であるをもってこの二つ, であるんでさアね, であるアア秀子は室, であるアインシュタインだの, であるアカシなの, であるアカデミック・フールが想像, であるアグネスの曠野, であるアサを中心, であるアスパラガスを写生, であるアナタもアナタ, であるアパートメントの瀟洒, であるアブドーチャの行方, であるアムランのこと, であるアメリカン・トロッターが大穴, であるアメリカ商船業の絶望的, であるアメリカ製のもの, であるアヤメの名, であるアランという人, であるアリステード・ヴァランタンは晩餐, であるアルダイになっ, であるアルトイノフという富豪, であるアルトゥールを拳, であるアルプスばかりで, であるアルプス一帯に雪, であるアルプス式の山岳, であるアレキサンドル大王のこと, であるアンガスはより, であるアントニイだった, であるアントロポロギーによつて, であるアンドリユース氏の心, であるアンネットの肉体, であるアーあの時, であるアーサが解けない, であるイオン層の研究, であるイカやタコ, であるイカサマも食い物, であるイカリソウの花, であるイギリス文学の系統, であるイザナミノミコトは古事記, であるイソメだ, であるイタリア空軍のノビレ大佐, であるイデア論が始まる, であるイデヤがイデール, であるイヤ不思議なばかり, であるイリフが作品, であるインテリゲンチャであること, であるインテリゲンチヤ文化人には非常, であるインド渡来の貝陀羅樹葉, であるウィルソン大統領の戦時中, であるウィルヘルム二世は労働者, であるウェルフリンの立場, であるウクライナは一九一七年, であるウクライナ地方の農業機械作製所, であるウチ又はイチ, であるウラスマルはアツ, であるウラニウムの核分裂, であるエエドル嬢も一緒, であるエエ残念だと, であるエセックスのかわり, であるエディントンも亦, であるエトラスケール人たるペレニウス一族, であるエトラスケール種族の好み, であるエピクテートスと奴隷使役者, であるエミイル・ゾラの説, であるエリザベートの死体, であるエルツ山塊がある, であるエルネスト・ドファルジュその妻テレーズ・ドファルジュ, であるエロチシズムについて一言, であるエロティシズムも之, であるエンジンは快調, であるエヴェレストカンチェンジュンガナンダ・デヴィなど孰, であるオオサカの沿岸, であるオセロの直情径行, であるオタフクの面, であるオックスフォード街に現われ, であるオランダの三九箇村, であるオリガ・クニッペルに向っ, であるオリニヤック期のもの, であるオルタの町, であるオーギュスタン・ジャンナンは銀行家, であるオークニー群島へ送りこまれた, であるオーディトリアム・ホテルに落, であるカアルは今, であるカアルわたしはお前, であるカアル・フォン・ワイゲルト中尉の死, であるカコ技師は安全, であるカステルノーダリを下っ, であるカッシラーが, であるカテリイヌも新吉, であるカフェーの女, であるカミシモを着け, であるカルルが口, であるカワセを受ける, であるカンスゲか何, であるカント氏の如き, であるカーチャは伸子たち, であるカーライルに自分, であるガイドの持った, であるガタリと急, であるガラシアは大阪城, であるガリクルチにしろ, であるガルスワーシーは一見, であるガヴローシュは言った, であるキエフを占領, であるキクメイ石の如き, であるキザな言葉たる, であるキタイスカヤ大街へ行, であるキムリイ人の地, であるキュリー夫人は八月, であるキラクであるワガママ, であるキリスト教の宗規, であるキールケゴールも当時, であるギェーテ氏は萬, であるギリシア人の間, であるギリシア哲学とキリスト教, であるギリシア語を用語, であるギリシャと単に, であるクイクイの神, であるクズネツキー橋の店, であるクラなどがある, であるクラーヴヂヤ・ペトローヴナにさえ今, であるクリこそは日本, であるクリスチャンなどは功名, であるクレルヴァルが自分, であるクーパー事務長は無惨, であるクープリンの主人公, であるクールタン夫人とシャトーヴィユー伯爵夫人, であるクールフェーラックはマリユス, であるグイとしごい, であるグスタアフ・アッシェンバッハはシュレエジエン州, であるグラスのウヰスキー, であるグリュッセを叫ん, であるグリュントゲンスと結婚, であるグルノーブルにはいっ, であるグレッス氏の私室, であるグローヴズ少将は他国, であるグーの音, であるグーセフの細君, であるケャムペルは閉店, であるケルン大学のエメリヒ教授, であるケートは耳, であるゲーテなの, であるコストイリョーフという歴史画家, であるコゼットのこと, であるコムシコルだけはコムシ, であるコリンに見いだされた, であるコルタアである石油, であるコンラット博士が偶然デーツコエ・セロー, であるコーネル大学には世界各国人, であるコーヘン等の立場, であるコヽアをよばれる, であるゴム工場へ通つて, であるゴモク飯を思はせる, であるサアもう一度来い, であるサイラスの耳, であるサカイ族の語, であるサザンプトンのその, であるサッキャア・コマ・リンボチェという方, であるサッポロでの交渉, であるサツパをそこ, であるサツパ舟が一艘岸, であるサツルヌス祭もしだいに, であるサテそれが予算, であるサミユルの門下生, であるサラミヤ姫なの, であるサルドーが親しく, であるサンスクリット語でヴイドヤーパチー, であるサンドが雌, であるサン・タヴェルの隠士, であるサークル活動の具体性, であるザール地方への攻勢, であるシェストフをいたく, であるシエクスピアベーコン問題から進まず, であるシカモ輪廓の大, であるシテ見れば, であるシバイだから, であるシムボリズムとロマンティシズム, であるシャポワロフはこの, であるシャルロッテ街に自分, であるシャーッウドと親友, であるシャ何事も有ら, であるシュワルツァーが, であるシューマンはその, であるショウブは昔, であるシレでは最悪性, であるジイド風のもの, であるジェルミノーさんが肺病, であるジェンチーレ・ロッコ・故パレート等, であるジェームスのいわゆる, であるジェームス流のプラグマチズム, であるジミーがそういう, であるジャックリーヌの利己心, であるジャップの僕, であるジャヴェルと罰, であるジャーナリズム現象の歴史, であるジュネーヴ大学教授であった経済学者ダメト, であるジュピターの神殿, であるジョミニーは独仏, であるジョリオ・キューリー博士を政治的, であるジルノルマン氏は内心, であるジーキル博士の研究室, であるスクルージさんよ私, であるスケッチ帳と君, であるスサノオの命, であるスサノヲの命, であるススキについて述べ, であるスタンパー博士を箇旧, であるステツキで枝, であるステファーノヴィチといふ会計課長, であるストライヴァー氏は自分, であるスフィンクスの暗示, であるスペンサー氏は形而上學者, であるスポーツ好きのある, であるスマイル教授であった, であるスメルジャコフにその, であるスーとした, であるスールトは言った, であるセエラにお前, であるセメントや鉄製, であるセレストが私達, であるセンチと笑, であるセーラーたちも環境, であるゼイタクでなければ, であるゼームス・モリアーティ教授の名前, であるゼーロンに堪, であるソフィヤ・アレクサンドロヴナとマクラトゥーラ・アレクサンドロヴナ, であるソレを浮か, であるソロモンの印璽, であるソヴェト五ヵ年計画とその, であるゾシチェンコがソヴェト市民, であるタイやイワシ, であるタイタイ大先生, であるタウトはそれぞれ, であるタキノの帰郷, であるタキノ家や彼, であるタタール民族が虐げられ, であるタバロー修道院長は八十七歳, であるタフト・ハートレー法の撤廃, であるタレスによって初めて, であるタロ芋であったかも, であるダイヤは忽ち, であるダリは幾分, であるダンテでも沙翁, であるダンリ中尉の弾, であるダーウィンにしろ, であるチアム民族であったと, であるチアム語のアラーチェイ, であるチェリーの切, であるチカマーソフ大佐からその, であるチベットをとおっ, であるチベット語のタムチョク・カンバブ, であるチャプリン教授と私, であるチュウベツを言う, であるヂロードー氏が宜, であるツァン・チェンパという老, であるツァーツァーの子, であるツクパとする, であるツチハリという植物, であるツマリ是れが, であるツークーマンの町, であるテオフィル・グージャールへうち, であるテストがこっち, であるテナことを言う, であるテルソン銀行でさえこの, であるテーマ芸術へ行かず, であるディヴィッド・バーンスが彫刻修業, であるデカルトが兵隊, であるデッサンは三百枚, であるデニース・ペトローヴィチ・ニキーチンであった, であるデフレラトウイッチ陸軍中佐らに対抗, であるデボーリンは甚だ, であるデューラン氏は少年奴隷, であるデンマアクの若い, であるトゥールトー師であった, であるトキジクノカクノコノミを捜, であるトタンぶきの, であるトラックも長年, であるトレヴォの家, であるトロツキーがつかっ, であるトンビはむろん, であるバルを, であるドアを背, であるドクタア・フィリップ・ピー・カーペンタアは彼, であるドクトル・デキシュレに相談, であるドクトル加藤時次郎氏の耳, であるドストイェフスキイは特に, であるドストエフスキーは, であるドモリの子供, であるドリー助教授が自席, であるドレゴ記者と水戸記者, であるド・シャリオ師であり一人, であるナクチューカという所, であるナチズムやファシズム, であるナポレオン時代の外務大臣タレイラン, であるナマヌルな奴, であるニュアンスの相, であるニューヨークのメトロポリタン・オペラハウス, であるニージニ・ノヴゴロド市に生れた, であるニージュニ・ノヴゴロド市に生れた, であるネバダ州が現在, であるネーチュンに何万円, であるノックスがこれ, であるノラには村瀬幸子君, であるノルウェイ及び北方諸島, であるハイドの出入り, であるハタと行き, であるハットン夫人に求婚, であるハテなと思っ, であるハフにこれ等, であるハリダース自身の話, であるハルツェル博士が, であるハンカチーフにすぎない, であるハンチンドンシャーのキーストン, であるバスはしずか, であるバスティーユの牢獄, であるバチスト織の, であるバティスティーヌ嬢とともにディーニュ, であるバナナを初め, であるバルザックは父親, であるバルナバスの妹, であるバーナード・ショウだの現代物理学, であるバールト博士とだった, であるパウロが曰いし, であるパスカルは幾何学的精神, であるパスカル少年のうたった, であるパチパチヽヽヽヽといふ賑, であるパトリツクを邪魔, であるパパーニンを隊長, であるパリーの婦人たち, であるパリ滞在について和一郎, であるパンツ一つの人影, であるパーシウスもだんだん, であるヒョイと小一郎, であるビヤホールに行き, であるピアノ伴奏では困る, であるピエチスムスの中, であるピエロの舞台着, であるピカソと異, であるピサロは貧乏, であるピストル毒薬直接自ら手を下し, であるピラミッドを背景, であるファイフ公爵夫人を田舎, であるファシズムの権力, であるファッショや強権主義者等, であるファヴォリットは四人, であるフィツロイ・シムソンがこの, であるフィヒテの純, であるフィルミクは当て, であるフィルムのおのおの, であるフォーシュルヴァン氏を防寨, であるフジバカマの蘭, であるフッセルルの哲学, であるフハンはもうぜんと, であるフランケンシュタイン夫人の最後, であるフランシスク・サルセエ氏はその, であるフランシスコ・ザヴィエルが山口, であるフランス人に出会う, であるフランス国語を用い, であるフランス革命の時代, であるフランデルン攻勢とサンカンタン攻勢, であるフランボーは彼, であるフリント市の検察官フランク, であるフリードリヒ大王の七年戦争, であるフレロン要塞の砲兵士官, であるブッシュメンは非常, であるブッダ・バッザラ師の所, であるブラウン氏は, であるブラドンという人物, であるブルジョアの間, であるブルジョアジーというもの, であるブルジョア道徳を解体, であるプトナムが編輯, であるプトレマイスの司教ユーゴー, であるプラグマチスムスが自然界, であるプリスィプキンがその, であるプリュニエールがいった, であるプロでもブル, であるプロレタリアートが自ら解放, であるプロレタリア作家同盟の活動, であるプロレタリア作家連盟が握っ, であるプロレタリア出版物を支持, であるプロレタリア芸術運動は今日, であるヘーゲルだけが特に, であるベエコンよりも赤, であるベタベタビラを, であるベッカリヤを訳し, であるベニヤ板の上, であるベニー・グッドマン即ちベンジャミン・グッドマン, であるベネットがフランス, であるベルダン攻撃に似, であるベルナール派修道女らのもの, であるベルネの細君, であるペインが彼女, であるペリーが書いた, であるペルシアの王樣, であるペルシャの青い, であるペルリという人, であるホイトといふ方言, であるホームで大いに, であるボイは黙っ, であるボッカチオの, であるボリスとのちょうど, であるボルシチュを加える, であるボーイ森木国松の供述, であるボーラスは夫, であるポイエシスによって物, であるポタラには居らんで, であるポプュラライザーやお, であるポリタミンを用, であるポリニャークの好み, であるは馬来語, であるマウントジョイの任命, であるマキシミリヤンの二重, であるマクシムは家庭, であるマクネエル氏の賞讃, であるマゾヒストの甘美, であるマダム塚本と云う, であるマックス・シェーラーは初めオイケン, であるマドレエヌに扮, であるマドレーヌ氏の四旬節, であるマヌース・ハイマンという男, であるマリアの像, であるマリア・グレゴーリエヴナとその, であるマリニーはスービーズ侯, であるマリユスの詩的, であるマリー・ドルレアンはあたかも, であるマルクス・アウレリュウスが同じこの, であるマルクス・ボオイの風貌, であるマルクス主義に対して夫, であるマルクス主義哲学こそはまさに, であるマルクス主義的批評界では現役, であるマルグリット・ド・ブルムールの家, であるマルシャル国手をジュネヴィエヴ, であるマルタンに借入金, であるマルヌの戦闘, であるマルブルク学派の, であるマンモスとかライノソーラス, であるマークのついた, であるミカンを鞄, であるミクロネシアと以前, であるミスルトウの枝, であるミズゴケが沢山, であるミズリイ河がそれ, であるミセス・レイマンと三十歳, であるミユンヘンは自然, であるミレーはこれ, であるメイ子等であつ, であるメエテルリンクをメテルランク, であるメシエが観, であるメリメの作風, であるメルバと同様, であるメーデーの前日, であるメートルを今, であるモウ一つ面白い事, であるモジリアニが一枚, であるモツと不思議, であるモナコであったという, であるモナ・リザの良人, であるモリエールと十七世紀, であるモローゾフスキーの画廊, であるモンテーニュなどがそう, であるモン・サン・ジャンを砲撃, であるモール博士がそれ, であるモーロアは果して, であるヤグラ岳の麓, であるヤコブ家長の十二人, であるヤマトと豊沃, であるヤマハナソウシコタンソウシコタンハコベエゾコザクラリシリリンドウチシマリンドウなどもこの, であるヤミ市の繩張り顔役, であるユウタナジイの問題, であるユシュルー親方は昔, であるユネスコの役員, であるユヱへの街, であるユーカラの筆録, であるユーサーペンドラゴンの子, であるユーディットと差し向かい, であるヨタモノの縄張り, であるヨリ大声でお, であるヨルゲンセンのフランチェスコ伝, であるヨーロッパの国際性, であるヨーロッパ文学の真価, であるライプニツはデカルト, であるライン河畔の小さな, であるラシイヌとレザール, であるラスキンがこの, であるラタン・デビーのこと, であるラッセル夫人を使者, であるラップの作家, であるラツール氏自身がかう, であるラニー・バッドとは何者, であるラネフスカヤを演じる, であるラブーイスの騎士, であるラム入江へと再び, であるランビァン・ホテルに牧田氏, であるリケの記念碑, であるリザベッタの住ん, であるリシリキンバイソウもこの, であるリヨン大学の造船学科, であるリルケやウェルフェル, であるリンクスの遥, であるリーグルという学者, であるルカン・セネカ等の著書, であるルケアーノフだった, であるルサルディと契約, であるルネッサンス前後に, であるルネル氏という男, であるルュウ・ドュ・ラ・ペェへ出掛け, であるレズリー・ステフン卿の娘, であるレンシェンが腕, であるレンズをとおし, であるレーニンをも恐れなかった, であるロイラーなる人物, であるロオマをさわがしい, であるロゴスこそ彼, であるロシア語の教授, であるロジーナ・ストルキオによって行われました, であるロダンほど彫刻, であるロバトスン博士は八百米, であるロベスピエールもダントン, であるロマンチックな美しい, であるロマンティークの行きつく, であるロロとルル, であるロロー殿下を捜索隊, であるロンネから離れられず, であるロータスの姫君, であるロードデンドロンというその, であるローリア博士が日本, であるローリイには紙, であるローレンスはその, であるロー伯爵夫人は折り, であるワインを貴重, であるワインガルトナーの道, であるワガママである, であるワクドウが水, であるワトソンである, であるワトソン博士と共にノーフォーク, であるワルター・イェンスはある, であるワルトハウスを除け, であるワーナー博士のこと, であるヴァイオリニスト巖本真理, であるヴァイオリンが弾きこなせるだろう, であるヴィアルドオ夫人の存在, であるヴォルテールははやく, であるヴォージラールがはじまっ, であるヴォーブラン氏はそれら, である一つ二つ三つ四つと云, である一コマ一コマを民衆, である一・〇〇八を四倍, である一万フランを彼, である一万以下ということ, である一九〇五年十二月案にはアルザス・ロートリンゲン地方, である一九三二年度を代表, である一二の若手富豪, である一人称で幌別地方, である一体早稲田派が宣伝, である一例を擧ぐる, である一個十五銭も十六銭, である一円をく, である一円本の第, である一分二分三分の後は一大衝突, である一原子のため, である一句をいやしくも, である一同はまた, である一地方の小, である一室二主では, である一帆船にのっ, である一年二年はまだ, である一年十五銭の塩代, である一度習ったこと, である一徴と云つて, である一応はそう, である一断面に外, である一方人間の持つ, である一方悟道の用心, である一方自分の息, である一日あれだけの砂糖, である一昨年の, である一枚の白い, である一枝の自転車, である一武士が敵手, である一畑隆夫であったから, である一着のすこぶる, である一私人の単なる, である一種の思い入れ, である一等兵の服装, である一箇の, である一箱のうち, である一節は上り潮, である一粒の細胞, である一紳士とである, である一緒に死なし, である一群のインテリゲント, である一般人民と何ら, である一般大衆に対しても謙虚, である一般性のこの, である一般的問題とはこの, である一萬千三百町の官林, である一行はこの, である一語一句も忽, である一讀して, である一輪の朝顔, である一通の嘆願書, である一週間ぶりに銭, である一遍上人の一宗, である一郎は雨, である一郎青年は四十面相, である一里ばかり来た, である一陣の怪風, である一隣人の仲介, である一體女人で帝王, である七つの仮名, である七人の兵, である七八月頃の味, である七宝寺の山, である七歳の弟, である七色は光線, である七郎丸を私, である七郎兵衛信澄の家老, である万人が投票権, である万国は彼, である万国女のいる, である万太郎の大名気風, である万次郎岳というの, である万葉集に人麻呂, である万里を越えた, である丈今日の目, である丈俗悪な結果, である丈太郎氏を殺し, である丈相互に強い, である丈種々に考慮, である三ちやんはお爺さん, である三つの問題, である三位中将はいろいろ, である三十歳臺四十歳臺と沖, である三千子を何, である三原玲子氏にも訊い, である三句までは極めて, である三合以上はうまく, である三國遺事, である三太をメッセンジャア・ボーイ, である三宅若狭守家義の守っ, である三才の, である三日月疵を愈々, である三時頃からし, である三条の宮, である三河行だけを實行, である三浦半島に移つて, である三浦須美吉にはことば, である三田が教室, である三百万人内外の選挙有権者, である三笠宮に親愛感, である三色旗の片々, である三菱の荘田氏, である三角塔とその, である三角岳の頂上, である三角形の旗, である三角点址の眺望, である三谷君が自分, である三谷氏の説明, である三郎とは玄宗皇帝, である三里あまり歩いて, である三銃士のダルタニヤン, である三銭の報償, である三魂六魂一空に帰し, である上セエラは前, である上下協力して, である上人の作, である上何んだか, である上州の片田舎, である上杉に依っ, である上杉弾正太弼の夜襲, である上槻ノ木で温泉, である上江北一円をやっ, である上流官吏の家庭, である上海へ着きます, である上田の妻, である上町と船場島ノ内, である上臂力は山陰, である上越国境の大水上山, である上部構造としての文化, である上野さんの説明通り樟, である上野彦馬翁が同じく, である上野次郎男君など当時大学, である上長官が女, である上院の名簿, である上高地が特に, である下り藤の, である下僚が, である下宿の主人, である下層階級の意見, である下戸といふもの, である下折立の星甚太郎, である下田代の西境, である下等なもの, である下街らしく真黒, である空三藏が, である不便に満ち, である不可思議な気, である不味いものを, である不完全であると, である不屈不撓な事業熱, である不正の英雄, である不満ならば, である不潔である品性, である不用の空地, である不良青年のよう, である不都合が従つて, である与八と教え子, である与力にひとり欠役, である与右衛門はその, である与太者と清純可憐, である且つ大なる, である世にも稀なる, である世の中にこれ, である世俗的には作風, である世尊寺行能の清書, である世界的であるという, である世襲の観念, である世論などは専門的, である世間坊主としては珍, である世阿弥は世界的, である世阿弥血筆の秘帖, であるはいくら, である力士が, である両者一体の方針, である中七字も存外, である中世に女, である中国民衆がいきなり, である中央公会堂に行った, である中央山脈につき当った, である中学入学に内申書, である中将という女房, である中島湘煙がなぜ, である中年の男, である中年女と彼自身, である中村祥太郎氏の如き, である中村警部がげんぜん, である中津はそれ, である中津川駅の傍, である中等学校教育家の罪, である中老の英吉利紳士, である中華民国でも美術, である中西昇と内海二郎, である中野好夫の足, である中野正剛等が日本, である中間層の社会生活, である丸形の方, である丸木小屋で花やか, である丸薬を落した, である丹波の亀山, である主名を申せ, である主我は他, である振に, である久保よりえ, である久内を自由人, である久慈には東洋, である久留雅雄がその, である久美子さんは漠然と, である乎先年の椿岳展覧会, である乎其公判すら傍聴, である乎現在何処にいる, である乗越なるもの, である乙女の躯, である九世紀頃のアラビア人, である九大臨海実験所に随行, である九州で鎌倉時代, である九州帝国大学のまん中, である九州邊の文化, である九曜巴を弁信, である九月十四日から復活祭, である九条殿に礼, である九鬼周造氏が長年, である乞食に就, である乞食以上の人物, である乱歩氏に対する私, であるの入っ, である乳呑子がいち早く, である乳房にすがる, である乳母が朱雀院, である乾物屋の娘, である亀山六万石は初めて, である亀田という画家, である亂世の時, である予一人の愉快, である予想したやう, である予期しなかつた面接, である予期以上全く以上, である予等二人が十五六間, である事々に折合わなかった, である事さへ知つて, である事そこに何軒, である事それが房子, である事上等の病室, である事主人はもと, である事今では二十何人, である事件の弁明, である事偽りの多い, である事務長クーパーはま, である事国名と云う, である事実自分には行き届かない, である事少年犯罪者でも不具者, である事柄を私, である事業の経営者, である事死体の落下点付近, である事滞納には年二割五分の利子, である事真の人間, である事等を知る, である事等々です, である事精神は生死, である事胴体が割, である事自身がまた, である事茶屋女とか芸者, である事被害者はこの, である事遥かな西方, である事金を融通, であるには我, である二〇一四米の三角点, である二万もの負け, である二三の黒木, である二三日此方降つたもの, である二人づれで来る, である二俣尾まで四里, である二十あまりの白粉, である二十ドル札を五枚, である二十一章七節より三十六節, である二十七年前に北大, である二十四時間の上, である二千五百ドルにし, である二千五百米の鞍部, である二千米以上の山々, である二商品間の交換, である二宗とは二元, である二家族のみが残っ, である二年兵を指導, である二年兵たちが新兵, である二時に帰る, である二木検事の手柄, である二流三流どころの本屋, である二点とも君, である二番町の小泉主膳, である二百七十名の選良, である二羽の鴨, である二荒山神と解し, である二階から裏階段, である二階造りの石灰, であるの貞操, である互に仲よくする事, である執即ち, である五ツ六ツの私, である五三十事件であるが, である五仏頂に明日, である五分とは掛らない, である五十万以上の金額, である五十年ぶりの大雪, である五十餘年の昔, である五千言は其意, である五官の力, である五年の乙組, である五年生の, である五月になる, である五月丸とは天地, である五月号では水谷八重子, である五本ずつの指, である五歳の小児, である井上出雲守は若, である井上君にも, である井伏鱒二等がやがて, である些細な情実, である亞拉比亞語の譯, である亡父準之介, である交換手のもの, である交渉的存在に於, である交通不便の當時, である交野の少将, である京一の水鉄, である京子からあんな, である京師にある, である京橋区八官町二六番地宮下英輔方の離れ, である京都帝大経済学部, である京都帝大の九鬼周造氏, である亮二郎さんに違い, である人でなしであると, である人一倍弱氣, である人倫の事実, である人友人である方, である人多情多恨夢は荒野, である人家は格別沢山, である人形の歩み, である人影がどれ, である人情としては是非とも, である人格完成へ向っ, である人権の最も, である人民大衆の側, である人無邪気な単純, である人狐の住家, である人生的テーマが現代, である人穴の殿堂はいぜん, である人穴城の真上, である人臣である人たち, である人見廣介がクネクネ, である人造人間のオルガ姫, である人達にとってもまた, である人間そのものの存在, である人間らは動物, である人間一人が生き, である人間完成にまで高める, である人間生活における理性, である人間的正義感と民族解放, である人間社会現実の剔抉, である人類たちは永い, である仁三郎の姿, である仁太や吉次, である仁義の人, である仄かに聞く, であるれるまでに, である今これを比較解剖学, である今これこれの人, である今さら取り返されるもの, である今どこからか帰っ, である今一枚は少し, である今井が雨, である今其目的地に達し, である今回は大, である今宵死んだムルタック, である今年は当, である今年あたりは一俵二円, である今後幾百年かの星霜, である今後彼女西欧の人種, である今日一日の飯, である今日共和時代になつ, である今日印度で, である今日抑圧から立ち直っ, である今日解剖臺に据ゑられて, である今更何の, である今村の姿, である今福西枝嬢の邸宅附近, である仏師東雲へこの, である仏教信者を随分よく, である仏教界には思い切った, である仏教美術である, である仏独支那の各国人, である仏蘭西の巴里ドーフィン街四十番地, である仏蘭西劇を中心, である仕事が社会性, である仕掛けの全長, である他人には解らない, である他山の石は相, である他愛もない, である他日我等が此孤島, である仙人台を左方, である仙公狸は四足動物, である仙台の何師団, である宗皇帝だ, である代りこれほど不確か, である代り相手も同じ, である代り着物もそれほど, である代議士諸氏とあまり関係, である以上あとはただ, である以上あれから二十年後, である以上いずれは平凡, である以上いやが応, である以上いや人なみはずれて, である以上いろいろの台所的, である以上おまけに編輯者, である以上ここだけはせめて, である以上こっちも盲目, である以上さまざまの種類, である以上だれも強い, である以上のどに別条, である以上ひと通りのお, である以上ほかの女性, である以上めいめい自分の頭, である以上われわれは軽卒, である以上エトリの語, である以上スタイルの統一, である以上プロレタリアのもの, である以上一しょに死ぬ, である以上一つの階級化, である以上一寸おかしいだろう, である以上一瞬間も諸君, である以上一門西海のもくず, である以上上述の正義感, である以上不死性も亦, である以上不自然な制度, である以上世界の平和, である以上主人はその, である以上主人公たり得る, である以上事実を概念, である以上二人を一緒, である以上二十四時間のうち十時間, である以上交会はよろしく, である以上人間以外の全, である以上人類の発達, である以上今日までのヨオロッパ人, である以上他に理由, である以上以前はそんな, である以上何物でもそれ, である以上何處に否定, である以上修錬の目的, である以上個々の具体的事実, である以上個人の獨立自存, である以上個別的に適応, である以上偶然の効果, である以上僕は政治家, である以上先方が精神状態, である以上先生が同気相, である以上全部真実を告白, である以上初めから案内, である以上副業の二階, である以上勝手である, である以上印度のある, である以上原作の妙味, である以上厳格に云え, である以上可なり範囲, である以上可能なこと, である以上吉田の次男幸之助, である以上同一の性質, である以上君は他人, である以上嘘をつい, である以上国民の言語, である以上地面は落こ, である以上大正東京文化史の上, である以上大衆でなければ, である以上女の前, である以上女子に限らず, である以上如上の意味, である以上妙に鋭い, である以上嫉妬もあろう, である以上子を殺され, である以上子供などにどんなに, である以上存在を一般化, である以上客觀性への要求, である以上将来いずれかの学問, である以上屋敷の方, である以上山に入る, である以上市長として置, である以上平助は猶更に, である以上平家のす, である以上幾何学に於, である以上広義に詩的, である以上座敷では意地汚く, である以上彼らにも相当, である以上彼女に迷惑, である以上彼等自身何等かの色, である以上得度式に出席, である以上必要なもの, である以上愉快なもの, である以上意識せずとも, である以上我々が未だかつて, である以上戦闘に参加, である以上批評というもの, である以上技術の問題, である以上抗議は成り立つまい, である以上拠なく申, である以上指導的方針はいかなる, である以上採算がとれる, である以上政右衛門が敵, である以上文学も階級性, である以上料理もまた, である以上日の照っ, である以上日本の俳優, である以上明日に育つ, である以上明日子を浮気, である以上是を外国, である以上時代の現, である以上普化宗本寺の取, である以上暦の知識, である以上最後に至っ, である以上本質的には何人, である以上梅坊主のその, である以上楸字はその, である以上此の二つ, である以上歴史的解釈に従, である以上母にむかっ, である以上泥酔者の轢死, である以上泰親が半日, である以上深夜この辺, である以上清子の地蔵信仰, である以上演劇の史的研究, である以上濫りに, である以上牛の死ぬ, である以上物理的化学的説明を与え得なけれ, である以上物理的空間も亦, である以上物自体は時間空間, である以上犬や猫, である以上犯罪記録とはちがっ, である以上狐にでも聞かなけれ, である以上猫の血, である以上猫婆は飼猫, である以上獨り人間, である以上現在の考察, である以上現在日本の映画会社, である以上理性を以てこれ, である以上町方でむやみ, である以上百姓が通っ, である以上百年前に存在, である以上監獄に繋ぎ, である以上相当に武芸, である以上相手の男, である以上真の新しい, である以上眼中にない, である以上矛盾ではない, である以上知識の普及, である以上研究に不十分, である以上礼儀深くなけれ, である以上社会百般のこと, である以上社会的価値をもつ, である以上神孫の義務, である以上秀吉とて実は, である以上私が衝動, である以上科学的天才の仕事, である以上科学論が文化理論, である以上素直に自分, である以上経済的その他の理由, である以上縁談が調う, である以上義士の人々, である以上老人と青年, である以上聖賢のこころ, である以上肉体的精神的に一個, である以上自分たちの目標, である以上自己本来のすがた, である以上自己独立的な外見, である以上自殺教唆を公然, である以上自由人としての人間, である以上良人たる中, である以上良心を持つ, である以上芸術家は天, である以上苦戦は覚悟, である以上藁沓は五足, である以上虚構を如何, である以上血はひとつ, である以上表向きには友蔵, である以上覚悟して, である以上親ともなり子, である以上親子の間, である以上觀想も亦, である以上解釈される事物, である以上言ひ換, である以上認識が文化的生, である以上誤字や誤記, である以上誤診ということ, である以上軍縮会議対策が精神作興, である以上返事をよこす, である以上進化の理法, である以上過去に属し, である以上野心的な詩人たち, である以上難解であること, である以上頭からわかる, である以上高等だという, である以下少しく私, である以外学者の徴候, である任務をはたし, である企業者自らの企業, である伊勢の神宮, である伊原が何もの, である伊太利に温泉, である伊尾木は殊に, である伊弉冊尊がこの, である伊能矢柄の道場, である伊藤さんは芸術, である伊藤市郎氏この方, である伊藤弥五郎一刀斎ひとりだという, である伊藤野枝君を常にそう, である伊豆田方郡の平野, である伊豆網代沖初島まわりの鯛釣り場, である伊達が微笑, である伊達兵部少輔, である伊達捷平の妻, である伊達政宗である, である伊達遠江守蔵人は従五位下常陸介朝宗どの, である会期に違っ, である会沢伯民とその, である会津方面の大, である会津藩の頃, である会社へつとめた, である会社側に対しては一言, である会者七人これはといふ句, である会計係の署名, である会話の上達, であるも可愛い, である伝右衛門と結婚, である伝統から非, である伝馬船でホノルル, である伯円に逐一, である伯爵のこと, であるれ合ひと, である伸びきつた, である佃島が三角洲, である位地から選挙人, である位皆林檎を描いた, である位置のほか, である賃金高コストに, である低い所は, である住家の中, である住居の小, である佐久間洞巌が筆, である佐藤惣之助氏門下の或, である佐藤行信は蝦夷拾遺, である体験から明, である何がなじっと落着い, である何だか嫌な, である何となくゆつくりし, である何ともものを, である何はなくとも火を, である何んでも, である何カヲブチコワサズニハヰラレナイホド君は悩み苦しみ焦立つ, である何事をなす, である何人をこれ, である何卒二十円だけ, である何物も振り返らず, である何等かの存在, である何者の知恵, である余りに天才気取である, である余儀なき頼みを, である余分の日子, である余程混雑し, である余自ら好みはせぬ, である余裕がない, である余輩を以て日本, である余輩不自由意思論者は右, である余輩自然論者は凡そ, である佛者が釋迦, である作品は作品, である作家たちは作品, である作州街道はその, である作物を生む, である作用が隠蔽, である作用的には志向的, である使者を私部, である例えば活動写真の, である供養するの, である価値が他, である価格もまた, である侵蝕による浄化, である便宜を利用, である便通は薬, である係長の次, である俊寛が南蛮, である俊徳丸の物語, である俗縁のあった, である俗衆に対する一種, である保田氏として誇る, である保護観察所の所長, である保食神は何故, である信仰生活を志し, である信幸はいつの間にか, である信念は静的, である信澄が健在, である信雄信孝合戦の時, である修道院の周囲, である修験者でなくても, である俯仰天地に恥ぢない, である俳壇の推移展開, であるなあこ, である倉持のこと, である倉稲魂神林野の守護神, であるを窮め, である個性の維持, である個性的表現を薄めよう, である個物的なれば, である個物的多の世界, である借家長屋である, である倫敦の今, である倫理の先生, である倶摩羅迦是童子即是呼召令憶本願, である偃松の仲間入, である偉人の心境, である偏狭性が跳梁, である偏頗であるから, である偶然自由を得た, である偽造したもの, である傍ら又他方, である傍ら横浜にあつ, である傍ら自分たちの生活, である傑作であると, である催眠性を持った, である傭兵軍隊を使用, である傳説の味, である債券が丁度, であるを受け, である傷心の風俗畫, である傾きがある, であるに五日間, である僕たちは部屋, である僕等は眞人, である僕自身を見せ, である僞善の花, である僧侶たちに麻酔, である僧團の殘, である僧堂の中, である僧正が通りかかる, である僧殘罪は決して, である僧籍を剥脱, である儀礼上の資格, であるは調査委員会, である儒仏はその, である優秀な女, である優等生たらしめること, である優美壯麗雄渾な形態美, である允子が快く, である元始動物と同様, である元始天尊は即ち, である元旦である喬, である兄さんを通してわが国, である兄貴を疑っ, である兇暴である殆ど, であるの良人, である先々代五明楼玉輔の自作人情噺, である先づ第一, である先づ古道具を買, である先方が旗本, である先日もいつた, である先日来毎日毎日の食込, である先生達はよく, である先頭に立った, である光一が教室, である光子が早く, である光明ある者, である光景は幕, である光栄と責任, である克己をもっ, である児玉希望といふ男, である児玉希望氏の処, である児玉氏の画壇的動き, である児玉誉士夫葛生能久たちが自由市民, である児童文学も見よう, であるとが自身, である入口には絡みつけた, である入浴木炭を持つ, である入道が現在, である全日本の人々, である兩者そのものは等しく, である八つあるので, である八十になる, である八日市の酒場, である八時の汽車, である八時出立右に山, である八月十四日に先立ち, である八百屋のおばさん, である八紘一宇の御, である八郎君は正妻, である八風斎の目, である公会堂は坩堝, である公共図書館と学校図書館, である公園の中, である公園主事の園さん, である公平の見地, である公明正大である慈悲, である公正だの面目, である公然細君に, である公魚は何代, であるは貧しい, である六代家宣文昭院霊廟とその, である六年のむかし, である六月に一度, である六条の御息所, である六種類の議員, である六角博士ほか二名が月世界, である六道輪廻などは嘘八百, である六郎殿に御世, である共同責任主義へ向わず, である共産主義という言葉, である共立講堂へニュース, であるの多少, である兵助の耳, である兵士やその, である兵部大輔の家, である其三百万冊を小車, である其上両岸, である其中に少, である其二三を挙, である其他上杉でも島津, である其他凡て精神上の事, である其他唐招提寺なども唐代, である其代り古人の圈, である其傍には顔, である其児の生育, である其外大應, である其子は優遇, である其年を待たない, である其後になつて明, である其後ドコからか金主, である其後甲は堅い, である其後鑛毒がありまし, である其故に會計係, である其方たちにこの, である其暴挙であるが, である其毒飼という言葉, である其生涯が満足, である其皺である目鼻立, である其精霊の代理者, である其者はたとへ, である其船長から風聞書, である其處へ持つ, である其装飾や設備, である其金が即ち, である典雅である純潔, である内務大臣の品川, である内外一如的であるの, である内外米の廉売, である内外表裏に矛盾, である内大臣の子息たち, である内幸町の植木屋, である内情も聞込ん, である内村鑑三氏や社會主義, である内田銀三君が震災後, である円本全集のいわれ, である再び左右の, である再婚しないで, である再生記念節酒記念純真生活記念として, である再興されたら随分, である冒涜であるという, である写実との格闘, である写実主義作家のうち, である写意といひ, である写真を遠方, であるを被らぬ, である冨子を知, である冬季の晴れた, である冬日影のしめやかさ, である冬祭りは年, である冷たい道では, である冷水摩擦の用意, である冷水浴いつもの, である冷静に外, である几帳面なプロフェッサー, である凡ての性質, である凡て目的なしの, である処女の記憶, であるの吹きすさむ, である出口に辿り着い, である出所経歴を知っ, である出版物は猛烈, である出羽に就, である出雲を中心, であるのこと, である分子や原子, である分析的方法は歴史的事物, である分署主任の警部佐塚愛祐, である切なさに, である刑事を探した, である刑罰から救わん, である初めて書いたの, である初午にはこれ, である初夏の青, である初瀬川の水, である初秋と云, である判明な表象, であるは私, である別子銅山の二百年祭, である別懇な寺院, である別誂えの釣竿, である利休や宗旦, である利右衛門はこの, である利害を超越, である利己か利他, である利根の水, である利章をば我々, である制作的身体的に物, である刺繍金銀細工陶器類工業的なもの, である刺青の研究書類, である前後の詩句, である前方に相対, である前橋ではじめて, である前橋市に生れた, である前漢の少, である前衛が大, である前進して, である前野良沢の名, である前項にちょっと, である剛兵衛の説く, である剣豪柳生対馬守の胸, である剩餘價値は支拂, である剰余価値は支払われざる, である割り合いに, である創造的となる, である創造的世界の創造的要素, である劇場や音楽堂, である劇評家に出会い, であるの世界, である力寿定基は終に, である力量公平に減殺, である功徳が一つ, であるけに勤め, である加之も細雨, である加代子達は蜜柑, である加州家に縁, である加様な有様, である加特力の信者, である加藤が水, である加藤さんが今日, である加藤子爵が今, である加藤宇万伎に贄, である加藤閑吉は怖, である助太刀する者, である労働者農民民族資本家インテリゲンチアが百年前, である労働馬も取り戻した, である効果をあげ, である勇略である, である動揺的なるかぎり生命, である動機他人のメモ, である動物学者である, である動的なもの, である動靜といふ反, である勘定になります, である勘次は船頭, である勝負を目先, である勝負事のつぎ, である勤め人階級でありその後, である勤労とその, である勤労生活の夢想, である勤政殿を門, である勳功がある, である勿体ないのである, である勿論多少は泥, である匕首があの, である北一輝氏は古く, である北南西の三方, である北原は, である北四川路の東亜ホテル, である北国の植物, である北国勢がすぐ, である北条左内がたかが, である北条足利にもまさる, である北歐神話は可, である北沢を観察, である北海道の新聞, である北海道札幌橋本某氏の農園, である北芳四郎という洋服屋, である北野家の先祖, である北隣の今治藩, である区長スミスの住宅, である医学を選んだ, である医学博士安田徳太郎氏はこの, である医学博士木曜会の幹事, である医学者ルカに由, である医師ですら, である医師マルシャルに求める, である医師ヴェーゲラーにとついだ, である医者征伐を標榜, である十一時以後は何もかも, である十一時近くなつて, である十一月無理を通し, である十七個のうち半分, である十七文字と季題, である十三年ぶりに東京, である十二時すぎに出かける, である十二月になる, である十全である, である十兵衛のこと, である十吋レコードを静か, である十四日には上, である十団子も以前, である十数名の黒衣, である十時二十分発で座員殆, である十歳年下の弟, である十河氏の退却, である十羽の鶩, である十號具足である自然, である千七百年の歳月, である千三はいつも, である千代三の溌剌性, である千代子の心理, である千代枝を伴, である千八百九十六年に牢, である千八百年代型のボンネツト, である千利休でさえも秀吉, である千恵造の行状, である千日酒といふの, である千本木から仰望, である千浪も眉, である千葉の山武郡, である千葉山を別に, である千葉県の中学校, である千葉縣の某, である千賀子を裏切っ, である千頃の菰蒲, である千鶴子は金銭, であるの刻, である午前三時にぼくたち, である半次は天, である卑しくなるな, である卑屈さと半, である協力と発展, である協力者をもたず, であるの岸, である南アルプスにも北アルプス, である南京虫も随分, である南側の窓, である南千住の終点, である南国の春, である南海の女神, である南海道には日蓮宗, である南濱に寄つて, である南陽出身の大臣, である南鮮政府の挑発, である単にいつもの旧友, である単独な個々, である単行本に較べ, である博士たちをだしぬい, である博多祇園町順正寺, である博愛的人道的世界主義の中, である印刷機は今, である印度エジプト希臘羅馬文明と並駕, である印象批評が彼, である危機に立っ, である危険を侵し, である彼等の, である即興詩のみ此の際, である卵形の白い, である厚い屋根瓦を, である厚志はありがたく, である厚手の青磁, である原人である, である原子兵器使用禁止をこの, である原子爆弾によって完全, である原子量2なるいわゆる, である原理平凡茶飯事でありながら, である厨房の方, である厳冬の雪, である厳父の下, である去年の五月, である去年京を出た, であるはなつかしい, である友人二人で行く, である友作氏がささやか, である友友の妻, である友情のうち, である友田喜造とはなにか, である双方共無理のない, である反動政府のもくろみどおり, である反対に津下氏, である反省の立場, である受想感情記憶智慮意識等が不完全, である受持教師の家, である叙情詩に同, である叙述に於, である叡智のため, であるはという, である口あたりがよく, である古くは直, である古人は生別, である古今東西の大火史, である古代の靈賢, である古代法律と云, である古典からしか惹き出せない, である古典的劇詩人の傑作, である古宇村といふ, である古市署長がいった, である古徳先聖の勝躅, である古来革命の歴史, である古筆氏は日本, である古谷傅兵衛へは, である句会といつた, である資格ある, である只今の場合, である只今日の日本家庭, である只見川の本流, である可愛そうだ, である可憐でおおよう, である可笑しくもなく, である可能さえ含まれ, である台ラムプの方, である台処へやって来た, である台所つまり農村, である台所口から汚い, である台記の康治元年八月十八日, である史佚史角の流, である史學でないもの, である史的唯物論へ移ろう, である史的研究が不足, である右樣なる譯, である右膳を激動, である右近が言った, である司令副官と結婚, である司教の燭台, である司教書記を毎日引見, である司祭のマブーフ師, である司馬遷にとって単なる, である各々のモナド, である各種の観念論, である吉岡彌生女史が数年前言明, である吉村君とぽつぽつ, である吉林に向つた, である吉田松蔭の故事, である吉田洋一教授がそれ, である吉田清左衛門だった, である吉田磯吉派の勢力圏内, である吉祥天女像を荒, である吉良上野が元禄十三年, である吉見の主人, である吉野地方一帯に古, である吉野川の支流, である吉順糸房の屋上, である同一に考へ, である同伴者作家の階級的価値, である同家の老女, である同家小間使市田イチ子の報告, である同居同火, である同志の家, である同志たちが次々, である同志社に遊学, である同性愛であると, である同感であるという, である同慶これに及ぶ, である同時爭鬪では無い, である同書の中, である同業の水戸宗一君, である同様なこと, である同盟の主要, である名のりを物怪, である名代のその, である名前はまだ, である名士の子供, である名望ある一市民, である名聞のため, である名門の人びと, である吐呑渾が漢兵, である向来は気, である否幾百万という新聞読者, であるに師, である吾人はその, である吾妻川でも嬬恋村大前, である吾妻鏡天福元年五月二十七日の条, である吾派同人は新進, である吾等人間惟り此鈎束, である吾身が日増, である呂布のす, である呉一郎自身と認められ, である呉先生の名, である呉氏の腹, である呉清源のところ, である呉青秀の超, であるの主, である周作人との間, である周公が作, である周子の色艶, である周瑜は先主孫策, である周防も常着, である周防村の大, であるふべき酒, である呪物崇拝のほか何, である味方は数, である呼吸歩行脈搏などのもの, であるをし, である咄嗟に劇, である和一郎たちにうかがいしれない, である和加布都努志命は牛, である和尚の名, である和歌子や深井, である和歌子さんを想像, である和田へ売り出す, である咽喉に悪い, である哀しい注意散漫を, である哀れさの一つ, である品品をかれ, である品川の宿, である品性の下等, であると思った, である哲学法に必要, である哲學では, である哲學館に入, である唖女のお, である唯物史観の方法, である唯物史觀の解釋, である唯物論は一切, である商人のロドルフ, である商人側が声, である商会の名, である商売上の相談, である商売仲間だと, である啓蒙なるもの, である啓蒙哲学の特色, である啓蒙期も亦, である善人の反省, である善導のたとえ, である善悪判明の世, である善良な中流人士, である喜びを愛そう, である喜一が多分, である喜劇作者ピカールはオデオン座, である喜昇座の根底, である喞筒へ群集, である喬彦の妹麻子, である嗅覚や味覚, である嗚呼世は, である嗣子夫妻との間, である嘆きさえもが軽やか, である噴火口跡の池, である四ツ足であると, である四丁鼻の大井広介探偵, である四世紀の羅馬, である四人の小, である四十三も無事, である四十九弗四分の一乃至四十九弗八分の三, である四十五だと, である四十前後の小柄, である四十日間の入定, である四平街へ廻り, である四年五年は分別, である四年生が主, である四方山話私も一杯機嫌, である四明嶽に登つて行, である四百年の間, である四谷坂町の小山内さん, である四部の分け, である四階建洋館の真暗, である回教の礼拝堂, である因果である, である団体のくみたて, である困窮は時として, である囲爐裏がさうである, である図書館学に煩わされ, である図案家によって奇想天外, である国分君の処女出版, である国土でなければ, である国展を真に, である国展的なリアリスト, である国府駒寄清里金古上郊の久留馬, である国文学の研究, である国文学者は俗流孫引き, である国権論武士階級の撤廃, である国民が衰滅, である国民生活不安定の是正, である国民精神の研究, である国民道を共に, である国璽尚書の令嬢, である国防予算を, である国際連盟の実験, である国際都市も背景, である国香を強, であるがある, である國家がある, である國民が皆, であるはその, である園子の夫, である園芸種物会社へ行っ, である圓朝の花やか, である土だらけの仕事着, である土人は木, である土佐の板垣退助さん, である土佐兵と戦います, である土居三津子の所有物, である土民との接触, である土牢の前, である土門に以前, である圧制であるという, である在宅鉢植の梅, である在来の年中行事, であるも亦, である地上の女たち, である地主労働者資本家の面前, である地代賃銀利子をこの, である地勢は勿論, である地名考究の困難, である地圖で一見, である地域の思い出, である地理的に不便, である地蔵岳の北麓, である地蔵祭が好き, である地震に追, である坂井照子さんによって作曲, である坂本氏の芸術態度, である坂東蓑助氏が競馬場, である均一の伯父, である坊さんを見出す, である坑内広場はもう, であるの一方, である城北中学の教師小林氏, である埴安神又は国土, である基督教会が其伝道, である基督教国基督教会孰れも, であるが何, である堀内伝右衛門をつかまえ, である堀口大学君の如き, である堀口大学西条八十の両君, である堀田原の家, である堂宇をもつ, である堕落するが, である堯舜禹湯文武は天意, である報告者はかかる, である報謝がその, である報道価値を生産, である場合それはなほ例外的存在, である場合なんでも自由勝手, である場合われわれの警戒, である場合人は感服, である場合他人の作, である場合医師の注意, である場合十分に心, である場合実践を止め, である場合常識はまた, である場合当時の波瀾極り, である場合我々は容易, である場合支那人は前, である場合日本全土にわたる配布網, である場合死亡率は通例三六分の一, である場合洵に想像, である場合画面に手, である場合相剋の起る, である場合私たちの心, である場合私達は大抵, である場合自分が見, である場合自分ひとりだけが美味い, である場合革命は何処, である場面が滑稽, である堺利彦内村鑑三幸徳秋水の三人, である堺君等がこの, であるの宝, である塚原義夫をちっと, である塚本では店, である塲合は, であるである, である塵箱の中, である境遇の重荷, であるの表面, である墓石の文字, である増上慢心を亡ぼさなけれ, である増田勘之介, である増田氏は私, である増田長盛や長束正家, である墨子時代にも隨分家, である墺伊両国間の国境劃定, であるがあり, である壁一重先きには, である士地ゆえ日本国の中心, である士農工商のけじめ, である壮健な男一匹, である壯士が出た, であるの前, である売笑現象に対して奇妙, である売薬品の広告以外, であるの花, である壺井繁治さんがプロレタリア文化運動, であるも嫁, である壽王妃とは楊貴妃, である変態性欲と関係, である変革はこの, であるの日, である夏子を卑しめ, である夕立がき, である外交質問をぶっ, である外国の圧迫, である外国人たちのあたたかい, である外国語に引戻し, である外國人は震災, である外曲輪の一部, である外科医が自分, である多喜二さんが死なれ, である多情な方, である多数民衆の生活, である多磨全生園の文芸協会, である多賀治君を祝福, である夜一時十五分擱筆とある, である夜僕が食っ, である夜具も着, である夜十時過ぎになっ, である夜村長が出かけ, である夜盗などの彷徨, である夜銀座へ行っ, である大いに受けて, である大きいカフェーに, である大丸の旦那, である大久保某に断られ, である大乗に適応, である大人は五十才位, である大仏殿などを眺めた, である大公が口, である大兵肥満の一立斎文晁, である大判小判をほりだす, である大前大笹鹿沢あたりで漁, である大化の改新, である大友は不審, である大名と大名, である大和尚が死後, である大学も亦, である大学生雨谷君はなん, である大官ポベドノスツェフであった, である大将がこう, である大将夫人も衛門督, である大小である竹, である大山にはなお, である大山君はそれ, である大山祗神勇武征戦の守護, である大島軍司という人物, である大川周明が全治, である大工職人人夫の数, である大巻の家, である大庭春吉の頼み, である大抵の通俗観念, である大文字屋へ行った, である大杉の非業, である大東島は實, である大柄な老, である大根をすでに, である大森氏が遙, である大橋為次郎翁は皇紀二千六百年記念, である大氏の氏上, である大江匡衡があった, である大池の堤, である大河と深井, である大河俊太郎が新造, である大津八郎君が来, である大湯も橡尾又, である大湯温泉は温度, である大熊信行君のお, である大熊老人の葬儀, である大町の, である大石先生のこと, である大籠山の裏白金梅, である大老の井伊直弼, である大脳の手術, である大菩薩峠もその, である大蔵の五位, である大蔵小蔵である, である大蛇崇拝の跡, である大衆党の一人, である大衆性の概念, である大衆生活のうち, である大西洋の怪, である大谷句仏氏は今, である大道である至眞, である大釜へ新鮮, である大阪でもやりはじめた, である大阪鉄工所稲畑染工所尼崎汽船などの大, である大阪高等工業学校の生徒, である大陸封鎖強行のため一八○八年スペイン, である大隈侯病篤しと, である大雪山に白羽, である大高が自分, である天主教の仕組, である天井と床, である天分を認める, である天国の光輝, である天子の徳, である天尊である玉帝, である天岸一順の宅, である天幕などは勿論, である天忠の志士, である天才などとはどれ, である天文学者のギオラヒラス, である天朝へ忠義, である天然は中, である天照大神はそれ, である天狗であるとして, である天皇人間である三笠宮, である天蔵の野性, である天賦の港湾, である天野とお, である天野君はアナゴ, である天魔神を思わする, である天鵞絨のよう, である天龍は天龍峡, である太古の住民, である太孤山に行き, である太宗皇帝時代の上流社會, である太宰春台などの馬鹿加減, である太閤の氏素姓, である夫君の影, である夫妻が仕事, である夫婦にそれ, である夫婦連れ親子連れ握飯を持つ, である奇態なソフイスト, である奈良の連中, である奈良井川は駅, である奈良朝においては八十七, である奉行所の手, であるの茶室, である奥むめお氏が新聞, である奥州の荒くれ男, である奥州四國九州から傳習生, である奥座敷に入っ, である奥村博史氏との共同生活, である奥田元宋氏, である女ひとりの動き, である女一人にあまりに, である女三界に家, である女主人公がかね, である女主人初め女中達も物柔, である女人たちが集められた, である女優マドレエヌが現れ, である女友達に向い, である女子共産青年との変愛, である女子解放運動を善く, である女学生もいささか, である女性ヴァイオリニストによってあらわされた, である女房の前, である女流の日本画家, である女王の瞋, である女王さまもまねかれる, である女王さんがもう少し, である女道楽の噂, であるだ, である奴等より先, である奴隷の労役, である奴隷使役者としての市民感情, である奴隷種族である呪物崇拝, である奸智に長けた, である好きな花, である好漢惜しむらくは少しく, である如何なることを, である如何にも始末が, である如来の慈悲, である妄想ではない, である妄覚である誤伝, である妙見岳の外側面, である妙覚尼と云う, である妙香院の僧正, である妻女は愈々, であるのお, である姉君の心, である姉夫婦もさあさあ, であるであり又, である始末でこの, である御と, であるの仕来り, であるからの手紙, であるは建物, である威力が充実, である威厳を示そう, である娯楽本能主義で礼儀, である婆さんで実際, である婆者初也, である婚期におくれ, である婚礼麺麭の底, である婚約者です, である婦人たちが一種軽蔑, である婦人作家が二階, である婦人作家たちがいくら, である婦人客を診察, である婦人科の話, である婦人科医河合老医師, である婦人闘士はある, である婦女子と子供, である嫁入りは今, であるの弟, である嫉妬心高慢わがまま邪推というよう, である嫩江に来た, である嬰児と先夫, である子供漫画がそれほど, である子息たちが色, である子父であ, である子細が初めて, である孔子の説く, である孔子一世辨記二册と自然眞營道三册, である存在そのものが相互, である存在者とが同, である存在自身ではなく, である存在論的範疇は, である孟子に單, である孟子荀子には斥けられ, である孤独の散歩者, である学位の有無, である学問性がその, である学士院の方, である学校通ひの, である学業の勉強, である学生達は民衆, である学者らがいた, である学者達が会議, であるれを, である學問である限り, である學者はあんな, である學術を研究, である宅子といふ伊賀, である宇井という外交官, である宇治博士を能率協会, である守屋さんは病, である安並は飛行機, である安価な文化主義, である安倍源基は特高課長, である安倍誠之助はことさら, である安宿がかたま, である安心して, である安房の国, である安曇氏の事, である安本亀八の活人形, である安治川舟三はとくに, である安田が越前, である安逸に安, であるの高僧傳, である完成されたる品位, であるを相手, である宏子の感情, である宗一は一九二三年, である宗教上から見れ, である宗教家教育家芸術家政治家富豪等は皆, である宗教的語録としてそして, である宗茂及びその, である仕して, である官兵衛の父宗円, である官学崇拝の悪風, である官尊民卑が文学, である定めし畢竟は如何なる, である定家独撰の, である定式が叙述, である宝丹の紙袋, である宝石をいくらか, である宝貝またこんなに, である実にそう思い大変多く, である実力発揮といふこと, である実情は偽れない, である実生活の中, である実行しようという, である実証科学は, である実践を遊離, であるを迎え, である客来の声, である客觀的時間の姿, である宣伝である, である宣命やなどに見られる, である宣長翁とは時代, であるの夕暮, である室町末期の音韻, である宦官の制度, である宮たちを見, である宮原晃一郎さんが訪ね, である宮岡は長い, である宮崎は中途, である宮川の奔湍, である宮廷の語部, である宮本顕治が地下的生活, である宮津の京極丹後守, である宮田さんなどにまじっ, である宮田夫人が牛込余丁町, である家人の起きる, である家付きの娘, である家具などは無い, である家具什器を売った, である家名にも武名, である家屋は尽く, である家庭問題社会問題より見れ, である家庭生活が炬燵, である家政を好く, である家族の結合, である家畜である, である家長制に圧しつけられ, である容一郎自身の死, である宿命でこの世, である富士山に祭つて, である富士川に育つ, である富士菊や戸隠菊, である富岡先生もその, である富岡達に心, である富源のよう, である富豪の手, である寒い寒い手足が, である寒かろうから, である寒くないの, である寒岩は南山士雲, である寒菊の葉, である寛先生の見方, である寛城子へ行き, である寝台は先刻煖炉, であるする所, である實例が甚だ, である實在は不動, である實體は物體, である寧地位を賭し, である審議会だろう, であるの再建, であるの鐘, である寺本といふ家, である寺田の絵, である対照は消滅, である寿詞は祝詞, である封建の遺習, である封建打破という若々しい, である封建領主下級武士たちの権力, である専ら童心に, である専売特許制度は資本主義社会, である専門医と議論, である射影幾何学は計量幾何学, である射的屋の蔭, である将兵諸氏がどの, である将来は世界, である将校は部下, である将軍の騎士道, である将軍政治を悦ん, である尊い悪魔で, である尊大である富岡先生, である尊師ブランスビイ博士の, である尊敬すべきジョン・ウォルター氏, である尊閣願わくは浄蔵法師, である尋常五年の武藤豊綱, である小俣村へ乗りこん, である小國においては同じ, である小堀遠州, である小声で節, である小学教師の木村, である小学校の門前, である小学校教員の責任, である小学校教師佐田のブルジョア教育, である小学校校長がこの, である小山の斜面, である小川鳥子をたった, である小役人庄兵衛に対して全く, である小径をトボ, である小杉少年がわたし, である小林氏のこの, である小樽切っての, である小橡の竜泉寺, である小次郎が取る, である小池の傍, である小泉はあせった, である小泉鉄氏は博士, である小石川の堀普請, である小童でさえあの, である小説家伴三の作家的日暮し, である小説的である, である小説集やをパアカア夫人, である小諸に来た, である小谷の方とお, である小金井喜美子や森しげ子, である小雪がちらついた, である小麦も大麦, である小鼻に皺, である少しく考古趣味を, である少なくとも外国の, である少女でも神経衰弱, である少女小説をお, である少年ロイド・オズバンのため, である少年文学は全く, である不思議な, である尚又約翰傳十二章三十四節, である尚子さんは私, である就中その動的表現, である就中一男數女或は數男一女, である就中善惠の事業, である尻はしよりの恰好, である尻切れ草履をびたびた, である尼さんと終生, である尼僧から突然, であるが生え, である尾張の女, である尾張義通で, である尾形というかた, である尾根の名, である尾根上の平地, である尾瀬原と尾瀬沼間, である尾籠なこと, である屋久島の営林署, である展覧会だから, である山上元が住ん, である山下博士の雁金, である山下自身はそれら, である山中左膳と知合, である山口県へ帰され, である山名宗三にはそこ, である山女魚ひとりが淋冷, である山岸少年は艇, である山崎君の*****, である山崎楽堂氏が喜多文子五段, である山崎譲を亡き, である山本といふ男, である山本喜譽司さんの手紙, である山林である土地, である山林技師のアルバートさん, である山梨は鳳来小学, である山王様の方, である山田わか女史が近く, である山田氏であつ, である山県紋也が足, である山羊である人, である山陰道の農村, である山頭火でたらめ道中がよろしい, である山高信離氏は御, である岐阜の信長, である岐阜県の大井町, であるはこの, である岡山県の, である岡本吾亮にまで自分, である岡田はとっくに, である岩倉具視はさき, である岩村判官と会わね, である岩松家純が文明元年, である岩登りが岩登り, である岩蔵も彼, である岸田夫妻の別荘, である峯子はそんな, である峰岸と一緒, である島田少年のお, である崇拝者の群, である嶮岨だとか, であるの字義, である嶺上から一里五町, であるに育った, である川村氏のやう, である川田の家, である川虫の生育, である川路は開國, である州刺史に報告, である工匠が語部, である工場とを救わん, である工夫さえすれ, である工学士長野宇平治君は建築雑誌上, である工學を隆盛, である工藝においてこの, である左中弁から六条院, である左俣谷の上, である左倉少佐が就任, である左千夫からの話, である左大将家の長男次男, である左大弁に兄, である左大臣へ右大臣, である左少将少納言兵衛佐侍従大夫などという人ら, である左様これは水, である左樣なる理由, である左衛門督藤宰相などだけが外, である左門の一党, である左馬允は思い切っ, である巨大な蜘蛛, である巴里警視庁のムッシュウ・ドュフラス, である巻紙大の物, である小文治, であるの中央, である市会と市長側, である市内で郭公, である市塵庵春雄はわたくし, である市民の間, である市民常識としての精神主義, である布地については二名, である布施こそ六波羅蜜, である帆村探偵が深山理学士, である希望を産む, である希望的性格づけを, である希望館の内部生活, である希臘には是, である大工学部長, である帝国学士院学術研究会議日本学術振興会などの長老組織, である帝王も貴族, である帝紀を使用, である師範生徒は中学生, である帯広へ移っ, である帳場の者, である常に根の, である常人の近づくべからざる, である常木鴻山と同じ, である常識にもとづい, である常陸介を主人, である常陸守の娘, である帽子を取っ, である幅広の二重まぶた, である幇間にきせる, であるのほう, である幕府では皇国, である幕府否認に傾き, である幕府時代から引, である平一郎は朝礼, である平凡なおとなしい, である平凡主義はかう, である平和要求の発言, である平地に均, である平均稀少性をとる, である平塚らいてうの生活, である平尾がひとり, である平常のつ, である平民にし, である平泉の研究旅行, である平瀬氏は幸, である平福百穗氏が枕元, である年々一度は長途, である年ごろの児童用, である年増の家, である年少気鋭の時代, である年村人たちは教会, である年譜をしか信用, である年齢には大概世界的, である幸い彼を, である幸吉さんこそ真犯人, である幸村の兵, である幸田延子女史と安藤幸子女史, である幸田露伴の今日, であるの太い, である幻想である, である幼年篇を先づ, である幽斎からこの, である幽霊せり出しはテーマ, である幽霊塔へ来ぬ, である幽霊火と見えた, である幽鬼などが住ん, である幾人かがこのごろ毎晩, である幾何学は測量師, である幾何学的空間は対象論, である幾分か時刻, である幾多の暗, である幾度開けて, である幾往復かをし, である広い肩幅を, である広くて深切, である広告である宣伝, である広場には絞, である広東人羅森に示した, である広瀬附近から上流, である庄内平野であろう, である庄田喜左衛門に無聊, である庄谷だと, であるに言, である底辺をもち, である店員を軽視, である店鋪の戸, である庚午丸を使用, である府会で問題, であるへ出る, であるにはふさ, である康寧殿と交泰殿, である庸三なぞの生活, である廃物の藻草, であるを以つて, である廊下の雑巾がけ, である然無, である廓岳に対して心岳, である廓近くに住居, である延珸が今, である廷珸が今, である建国神話の再, である建築家とそれから, である廻船問屋の主人, であるとか王命婦, である弁信にはその, である弁天松代は飛び上がった, である弁証法に這入る, である弁証法的唯物論は一応こう, である弁護士に依頼, である式部卿の宮, である弐千五百万を計上, である弐拾円を今朝, である弘化二年の生れ, である弘安の役, である弟子と先生, である弥吉にはなし, である弥太郎翁もこの, である弥生のこと, である弥陀の本願, である弱いかな山頭火, である張伊三を座敷, である張儀の勢力, である張昭は彼, である弾性がある, である弾正太夫がオースチン老師, である彌勒を打ち立てる, である彌次が飛び出した, である典獄の, である当主が老後, である当事者にとっては驚異, である当時余は都新聞, である当時紅葉山人もまだ, である当時警視庁の官房主事, である形勢を前提, である形式主義に他, である形式偏重が新聞社, である形相にまで収斂, である形而上学にそして, である形而上學者と余輩自然論者, である彦四郎が技, である彦太と花嫁, である彦根の家中, である彫像は一体何で, である彫塑家津上昌平氏の感激, である影みたいな与里, である役人の名折れ, である役人どものその, である彼ジャヴェル自身も打ち負かされ, である彼左馬太青年がそこ, である彼等市民の上, である彼自身の内, である征服の文字, である径一寸ほども有ろう, である待合で待合政治, である待遇はしない, である後家の白粉, である後悔の念, である後者は昨夜, である後背の崕, である徒手遊食して, である従つてどのやう, である従つて一般民衆はこれ以上, である従つて制作を刺戟, である従つて即興的であるよりも, である従つて意外千万だといふ, である従つて技倆勝れたる翻訳家, である従つて芸術家たるもの, である従妹のお, である従弟の話, である従来の社会構造, である得がたい機会である, であるて禪宗僧侶, である從つてこれを日本, である從つて一切のもの, である從つて學理上の要求, である從つて私が神, である從つて自分は此觀照, である從來の史家, である御存知の通り埃及, である御府内一目に見ゆる, である御息所はどんなに, である御旗無楯, である御歌会は元, である御立為之の句, である御蔭じゃ, である御飯の御の字, である復一は秀江, である微かな誇り, である微積分の建設, である徳川夢声老も幽霊, である徳川方の大留城, である徳川時代なの, である徳川殿の勧め, である徹底した男女同権, である心外である, である心持が険しく, である心理や論理, である心理主義者がもつ, である心理学は心理, である心理描写において全く, である心理描寫といふ點, である心理的なるもの, である心理遺伝の内容, である心細くも余, である心臓が不健全, である心苦しいことを, である必ず勝つ日本, である必らず改心, である必要さへある, である忍びの術, である忍谷では夜あかし, である忠円を幕府, である忠円僧正とおそく, である忠彦君よ早く, である忠誠であると, である快速大潜水艦隊, であるの為, である念佛の日, であるろし, である怖い方から, である思いを与える, である思う存分に働い, である思つたよりもよい, である思索的テーマを離れた, である怠慢な耕作方法, である急ぎ秀次是へ, である急変があれ, である性問題として恋愛, である性器の崇拝, である性欲の自発, である性質上めいめいの生活, である怪塔王の顔, であるの敵, である恋愛希望と歓喜, である恋愛至上主義即ち文化生活向上, である恍惚境にとけ込ん, である恐らく東国の, である恐らくは何所の, である恐竜や飛竜, であるを生かす, である恥ずかしさを, である恨みを語る, である恩人まで借り, である恩地雉四郎であると, である恩田越前守であろう, である恩義は恩義, であるを引, である悉達太子が耶輸陀羅姫, であるなき楽しみ, である悚然として粟, である悟性がかやう, である悠々としてあせらない, である悦子までが毎年夏, である悧溌な浪子, である悪心などは一点, である悪者らは取り替え, である悪質の病気, である悪逆であるさらに, である悪魔主義的の感じ, であるみを, である悲しみだけを自分, である悲痛さについても十分, である情けなく時という, である情理至当のこと, である惜しいとは思はない, である惟光の娘, である惠果阿闍梨が大師, である惡いのみならず, である惨めさを感じた, である定に, である愉快なこと, であるを現す, である意思論に就, である意気張りというもの, である意義を正しく, である意見方針にたいする不, であるである, である愚人であるむしろ, である愚人悪人を正因, である愛情を濁す, である感性的として性格, である感情そのものに感触, である感興に打たれた, である感電しさ, である慈善行為の中, であるしむべし酒, である慎一のため, である慣はしである, である慧鶴は春, である慰藉である警告, である慶喜らはそれ, である憎まれ役の検事, である憎悪をうちつける, である憐れな老母, である憤慨笑いいろいろな感情, である憲兵は返事, であるのなか, である懐しい明るさに, であるをも思ひ, である程それ, である成人して, である我々人間の事, である我々日本人が彼, である我々鍛工の多数, である我が国において洋服, である我儘な人間, である我君の春, である我家の窓, である我所説の法以, である我系統の主, である或いはだから科学は, である戦争野蛮時代の遺習, である戯れ言や揶揄, である戯作者達の作品, である戰爭中タツタ一ヶ村を防ぐ, であるの間, である戸山君だった, である戸川弥市に持たせた, である戸沢下総守と小笠原長門守, である戸籍調べを始め, であるにいた, である房一の生家, である所詮敵を, である所謂分析論理と呼ばれ, である所謂即物弁証法は吾, である所謂合理主義を徹底, である所謂娯楽的大衆劇もよろしい, である所謂現代人が嫌う, である所謂重臣があまり, である手事の旋律, である手前むりに割りこむ, である手取川でもお, である手塚はそれ, である手帖のやう, である手拭いが村人, である手箱金盥傘など買つて來, である手紙の主, である手討になる, である手足などに塗る, である手近には蕎麥畑, である才人酒壺洞君にもさ, である才知などの高雅, である打上から二日半, である打抜き綴じという風, である扨爾う云う, である扮装の次第, である批判的體系に從, である批評をひかえ, である技師ドイツ人技師その他数百名のもの, である技能乃至それ, である技術が単に, である把握が正しく, である投書をした, である折柄殊に先年月形城, である折目正しく神経, である抱月氏に別れた, である押しつけがましいと母, である抽象論理的に起る, である拙い訳である, である拾八世紀の奢侈品, である持主はその, である持戒の比丘, である指一本の力, である指南力に欠けた, である指導者アントーヌィッチの洞察, である指示はイギリス, である按察使大納言の夫人, である掃除や洗濯, である掏摸与太郎は慨歎, である探偵小説家の森下雨村, である描写も平和, である提灯二つがたより, である損傷程度に著しい, である摩尼教は長安, である摩擦である相, である摩訶不思議は書けない, である撫で肩の工合, である撮影所へ着く, である擬人法のロマンチック, である擲ぐるのはよく, である支那人に向, である支那文学にそういう, である支那文明は保守的, である支那朝鮮の佛像, である支那語の本, である支配者的社会階級の側, である放心の苦難, である放送事業を民主化, である放逐である, である政友会の政治家, である政子の家, である政宗公がまだ, である政府支配権力に向うだろう, である政治上の事, である政治学に因ん, である政治宗教などの秘密結社員, である政治家と実業家, である政治経済宗教方面に就い, である政界や財界, である故お別れします, である故にあるいはアイヌ語の, である故に一方に反動, である故まづ如何やうに, である故第一に, である故郷を出, である故障とな, である救いを誓われ, である救助船の一隻, である教員がもし, である教室に君臨, である教授免職は年の功, である教授達がお礼, である教育上からも多大, である教育普及の聖代, である教養もあり, である散楽との混和, である散歩の出来ない, である敬君だけ残つてゆ, である敬語が次第に, であるも種類, である数人の貴族たち, である数箇の果実, である整理室から男, である數多の運河, である數學的フォーミュラーの如き, であるを修められます, である文人が握手, である文出の宮川, である文化ファシズムとしての文化統制運動, である文化特別委員会なるもの, である文化社会圏をなし, である文化関係の人々, である文化領域に向っ, である文句が書かれ, である文壇人に取っ, である文壇文学は元来, である文壇時評などがたといどんなに, である文士であるさては, である文字どおりに, である文字通りに, である文学主義に対してどこ, である文学好きの奥田, である文学者はまた, である文展の組織, である文房具を学校, である文殊菩薩はさすが, である文献学主義のため, である文珠を再, である文科一年甲組の仮装行列, である文芸復興が語られる, である文野雜糅して, である文鎮を握っ, である斎藤道三のほう, である斑点が交っ, である斜面には波紋, である断じてそちには, である斯くて新陳代謝, である新お代官の, である新ちゃんは桃色, である新京極の富貴亭, である新兵教育を完全, である新劇が商品, である新品月遅れ雑誌であったこと, である新太郎ちやんの手, である新宮の武士たち, である新居の吉報, である新川の茶わん屋捨次郎, である新派の爺さん役者, である新潟の田舎, である新田先生がわざわざ, である新聞格に於, である新聞記者の土居菊司, である新聞記者中でも殊に, である方今の形勢, である方法を執る, である旅亭主テナルディエをさがした, である旅行費である通行券, である旗岡巡査を励まし, である旗田鶴彌氏, である既成政党との久しく, である既著の如く, である日おばさんに, である日お姫さまに向かっ, である日の出にも比すべき, である日アラジンを仕事場, である日内海厚とロシア字一字, である日包孝粛の芝居, である日叔母の室, である日天気もい, である日妻を無理, である日常語と不離, である日彼に言った, である日手箪笥の底, である日文福茶がまを呼ん, である日本プロレタリア文化連盟の具体的, である日本人経営の, である日本人自身では気, である日本女の滞在, である日本左衛門の才覚, である日本放送協会は戦前, である日本政府は国民, である日本晴といはう, である日本民族の最も, である日本沿岸測量を遂行, である日本的だひなびてゐてみやびやかである, である日本的テーマはそれ, である日本社会の上, である日本神話に応えん, である日本金円を近年張長官, である日盛りの浜, である日蓮が政治的関心, である日蓮宗の興隆, である日親父がばばあどの, である日農が権力, である日鏡の前, である日露開戦の原因, である日露開戰の原因, である日頃の性質, である日鮪漁に出た, である旦浦で酒造, である旦那様にも種々, である旧知の男, である旨いものを, である曉に, である早い話が, である早発性痴呆かも知れない, である早船ちよが, である早足の燕作, である昂さんは二度目, である昌造はいまや, であるかるい月, である明暗混沌の世, である明朗な商売, である明治三十五年までおよそ, である明治元年の生まれ, である明治四年の四月, である明治時代の蘭, である明石の君, である明石夫人は養祖母, である明石橋を入り込んだ, であるの尊い, である星亨の殺された, である映画が輸入もの, である映画その他の仕事, である映画技術の縦横, である映画監督者はレーニングラード, である春一が刑事被告人, である春夫の三人, である春景色である, である春次より年嵩, である春琴の母, である春秋社の窮状, である春陽会にせよ, である春風楼の主人, である日本葬が, である昨夜はこの, である昨夜最後の一片, である昭和神聖会に対する右翼一般, である是非善悪は論ぜず, であるの十二時, である時おとうさんにその, である時それは音調, である時にさうなので, である時一定の階級主観, である時七夕が短気, である時世の動き, である時事性は単に, である時人を完全, である時個人はまず, である時候を避け, である時天羅国にいろいろ, である時子と恋, である時宮廷詩人としての代作事務, である時平の方, である時彼は世間, である時搾取の機構, である時文学は人生, である時機が来ない, である時次元は始め, である時次郎は最, である時生活にかかわる, である時田よりは四つ五つ年下, である時節とて人通り, である時絵巻を写す, である時肉体の各部, である時自分の愚劣, である時計の彼, である時鳥の雛, であるにしか外, である晩あたりに人, である晩二人で飯, である晩年のエドマンド・バーク, である晩行一は戸外, である普覽衆情有滯無所彈問と云, である普通の女, である普通選挙のこと, である晴れ着の衣裳, である智利領ラパヌイ群島中のアーレマン島, である智識を有, である暁子にはそれ, であるがない, である暑いことは, である暗記などとは異, である暗黙な変化作用, である暢気らしくお宮, である暫らく休んで, である暫時二階を貸す, である暮しのこと, である暮松は二人, である暴力を以て芸術, である暴力団の行為, である曰く人間は今後加速度的, である曰く何曰く何一つとし, である曰く進行近視眼曰く眼底充血最後に当時, である曲りなりにも自家用車, である曲玉その他の石英, である曲線運動は空間関係, である書きぶりで書いた, である書店の主人, である書画骨董それら人格に深み, である書籍を売る, である書記長文化部文学グループへ提出, である書類が覆われ, である強度な, である最小限進歩線であるという, である最早詮方の, である最近の三木清氏達, である月世界なんかつまらん, である月光紅に変ずる, である月明りと雪明り, である月神即ち月読尊, である月給を入れた, である有価証券さては書類, である有力な作家, である有機體であり人間, である有田へ着いた, である有部律の方, である服装やふる, であるはあの, である朝中年の紳士, である朝倉先生に訓戒, である朝倉道三郎先生が突如, である朝食はコーヒー, である朝鮮人留学生朴友石の密告, である朝鮮狼の一層, である期間生きて, である期限の金, であるや花, である木々のこずえ, である木俣の十八番, である木兎の銅像, である木原さんが正夫, である木戸の内側, である木曽義仲を討った, である木材を食い尽そう, である木村和一氏が大森新井宿, である木炭のごとき, である木製の赤い, である來世に, である未婚の乙女子, である未来派の画家, である未知の婦人, である末々まで己, である末代に殘, である末摘花のもと, である本所あたりの下町情調, である本書亦其毀誉相半, である本書列挙の害毒十六ヶ条, である本木昌造氏を何時, である本校は或, である本流との合流点, である本生經は佛經的, である本田氏の頭蓋骨, である本能それらのもの, である本能作用的に形成的, である本質的な味, である本部チベットの人, である本郷座といえ, である本間夫人との間, である本間氏と母, である札幌へ移転, である札所らしい気分, である机竜之助, である杉二郎左衛門の所望, である杉崎春枝女史が夫人, である杉本剛一は当直, である杉本医院にとく子, である杉材の天井, である杉村広蔵君, である李時珍はその, である李経芳の招き, である杏梨桜もちらほら, である材木の間, である村会議員を確証, である村尾さんから, である村山紅邨という越後山中, である村役人が主人, である村方でも稽古, である村瀬君助が小野, である村田電造という人, である村落を通っ, である村重の暴挙, である村雲笑子が皇帝, である杜氏の藤六, である杜牧が詠じた, である束髪パンというの, である来る途中で, である来客も中, である東上州の新田郡, である東亜の新, である東亜連盟の結成, である東京専門学校の政治科, である東京文理大の務台理作教授, である東京法學院に入, である東南の早月川方面, である東国の大名, である東塔が聳え, である東子爵家にも秘伝, である東朝座の高座, である東条を側面, である東栄舘というの, である東洋一であると, である東洋画の偉大, である東照権現の神前, である東西諸聖賢, である東西屋があった, である東郷大將, であるを蒲團, であるの樹, である松下夫人をも人間, である松富五八郎君が列席, である松岡を見, である松川の岸, である松平出雲の面前, である松本の藤江正明翁, である松本家を彼, である松江喬吉がテーブル, である松竹の専務級, である松竹国民移動演劇隊のため, である松篁の妻, である松篁さんであった, である松葉沢の橋, である松雲元慶禅師, である林さんから訊い, である林務官などが殺され, である林君また田中君, である林房雄は宇野浩二, である林檎はなぜ, である林羅山だと, である果してさうであると, である枝折峠から北又川, である枢密院の副, であるを短く, である某院へ着いた, である柔かく彎曲する, である柔和なる者, である柔術はその, であるの切, であるは小原, である柳淀の主人, である柳田医師にその, である柴谷青年ただ一人が有る, であるが古く, である柾三氏は夫人, である柿丘呉子を此後, である栗栖という医学士, である校標を溝, である校舎殊にその, である校長は倫理, である校長先生は何のかんの, である株主達の顔, である栴檀橋の茶屋, である根元に大内義隆, である根本中堂で西塔, である根本昌なる時, である根本的にいへ, である根氣を養, である根源を大人, である格別の興味, であるに相違, である案内者に迎えられた, であるのやう, である桜並木が始, である桟橋の浜, であるや水仙, である梅原龍三郎や安井曾太郎, である梯子の下, である梵語に改めて, である梶井が大学, である梶田の傾向, である棧敷の一方, である森啓之助を, である森白甫氏の評, であるを立派, である椅子がいま, である植木取りに乱, である植林においても民有林, である植物の味, である検事局憲兵のため, である検閲という問題, である楠正成の忠, である楢崎佐保子のところ, である業腹である, である業識有為佗有であっても, であるの皮, である楳嶺氏が一群, である極めて平易で, である極端に貴族的, である楼婢を介し, である楽焼数点を頂戴, であるの木立, である構図や運筆, である構想は活動, である構成において示される, である様々な伝説, である様子じゃ, である模写には段階, である権力追従を恥じない, である横光利一がふん, である横光利一氏の, である横山大觀, である横木の配備, である横浜に住み, である横田をつれ, である横路地を二つ三つ, であるは大きく, である樹木は大抵, である橋本氏その人, であるはもっと, である橘夫人は後に, である機会をみ, である機因も理由, である機械を創造, である機械係りやアナウンサー, である機械的に考える, である橡尾又は温泉宿, である檜原峠を越え, である櫻樹はやう, である次男の噂, である次第に進むに従って, である次郎本人が自分, である欧洲戦乱からうけた, である欧羅巴では, である欲張りであるという, である歌人の門, である歌子でタクサン, であるき疲れて, である歟我邦の城, である倉院の, である正にこれ一つの, である正体を指す, である正保寺町の大きな, である正像末三時の思想, である正味の私, である正太を同じ, である正宗氏は芥川氏, である正師にあわない, である正木長野和光吉田などをこめる, である正法像法とは全く, である正法時に第, である正直其物の杉, である正確なノック, である正規の共産党員, である正雄に対する愛, である此七百萬兩で以, である此不公平を打破, である此世に於, である此中で常陸, である此中尊寺の保存, である此事は佛教, である此二冊を取り, である此土木の話, である此女にも孤独, である此宿のお, である此山は橘南谿, である此度支那及び日本, である此教会で毒, である此方が禁酒派, である此時の塲所, である此時談判された出版屋, である此書の中, である此無限の富源, である此眞宗の備後, である此精神が茶の湯, である此譯が段々, である此連中には世俗, である此頃は死ぬる, である此頃世間の新聞雜誌, である此風の前, である此點より考, である武内氏は犯罪捜査, である武十の家, である武器とそれ, である武士の娘, である武士道は嫌, である武島裕吉が西欧, である武田はウメ子, である武田伊那丸である, である武蔵国では江戸, である歩み振りや物腰, である歩一歩に詰められた, であるがチクチク, である歯朶類の, である歴史的主体的では, である歴史的原理の不足, である歴史的変化は実は, である歴史的推移によって変換, である歴史的時間自身が種, である歴史的社會的諸科學, である歴史観や歴史主義, であるりがけ, である死生の境, である死顔とはいえ, である死骸ののど首, である残念ながら参加中止, である殺人や強盗, である母上と同, である母君も気分, である母子間の結紐, である母性に代っ, である火曜日の, である毎日飲むから, である毎日スキナものを食っ, である毎月の歌會, である毛利大膳が神主, である氏以前希臘には音樂, である氏自身がその, である氏郷でも木の下風, である民主主義革命の必然性, である民主党に属し, である民主的権威を認める, である民報社に行つて, である民弥は思わず, である民族協和の実現, である民族的理想に服從, である民藝品は必要上一番健康, である民衆と同様, である民衆劇運動に言及, である民謠や牧歌, である気品が高く, である気流がはげしく, である気違である, である気遣いはなし, である気韻である, である氣配のきびし, である水力発電所に関する長編, である水想觀でも風想觀, である水野弥一兵衛は何, である永久の平和, である永井氏の好み, である永井荷風や正宗白鳥, である永楽を訪問, である永田に会社, である永遠不滅なる山, であるが牛乳, である汎科学主義は去れ, である汚穢を土地, である汝自身である, である江戸の狩野善納, である江連という人, である江都を訛, である江陵である, である江面はほ, である池崎忠孝氏とか岡田幡陽氏, である池谷医師でもあったろう, である池部さんにはそれら, である池鯉鮒信濃守の息女, である決して再び故郷へは, である汽車と云, である沈欝ならざるを, である沖縄に生れた, である沢正なればこそ, である沢田君も多少, である河北賊とは安, である河合教授でなければ, である河合正気という長, である河海抄に昔, である河野の部屋, である油井も電車, である油繪にもかう, である治安警察法第五条, である沼沢が幾つ, である況して地球に, である況んや多数, である法律上から見れ, である法月弦之丞, である法然に向っ, である法衣の肩, である波斯胡寺とは少しく, である波斯自身にも異教徒, である泣菫氏は最早よく, である泥田の原, である泥酔は自己, である泰親が白昼, である洋画家藤堂杢三郎が早くから, である洋紙を覗い, である洋行費をどう, である洋食というの, である洋館の応接, である洛邑はやっぱり, であるもきまった, である津山進治郎がいる, である津山進治郎ひとりの思いつき, である津村検事は召喚, である津藤の事, である洪水が去, である洲崎の鼻, である洲股の西岸, である活動写真撮影を完成, である流れの岩, である流浪者の全身, である流行作家の夫人, であるい米, である浄化がこ, である浄土教が次第に, である浄蔵が左大臣, である浅井君が同行, である浅原を紹介, である浅間は近く, である浅黄色の中, である浜松では滞在, である浦和中学は師範学校, である浦和充子が子供, である浦柄村の杢平牛, である浪人の多い, である浮世の事, である浮気である, である浴衣の夏, である海中生活に耐える, である海岸では唯, である海岸開きに溌剌, である海底要塞の建設事業, である海棠の樹, である海老瀬村の松本英一, である海軍が沖縄, である涅槃と同じ, である消費組合が労働者, である淘汰の原則, である淡路氏向性検査法によるもの, であるさ静けさこまやかさわびし, である深刻なの, である深田博士は次, である混沌美を造る, である清七郎は忌々しく, である清二には何, である清吉が今時分, である清君と一郎君, である清太郎の父, である清子に結婚, である清川に手紙, である清明な秋, である清楚であるまたは, である清水寺はもと, である清水氏のモラリスト, である清水芳太郎氏は, である清泉に衣洗, である清真寺を観たい, である渋昏く濁った, である渡瀬ドクトルのこと, である渡辺氏の場合私, である渡邊三角洲君の顔, である温州ミカンに圧せられ, である温泉の代り, である温泉宿へ着いた, であるに入る, である渾然として自他, である湖尻の川, である湯元附近の河原, である湯加減を見よう, である湯原の温泉宿中西屋, である湯島坂下三ツ又稲荷の境内, である湯田温泉も私, である満員だと, である注余滴, である源一と来たら, である源三が始終, である源中納言の妻, である源之助などは善人, である源平を名, である源次郎少年が, である源氏さえも絶対, である源氏側の好き, である準備はなった, である溝口伊予はその, である溝口文学士の性格, である滅多に洗, である滋養豊富元気回復の妙薬, である滝川という許婚, である滝川一益の創建, である滝川家の娘, である漁師は今一所懸命, である漁師共は鰯, である演出の形式, である演出者土方与志は新劇復活, である演劇というもの, である演劇全般にとっても決して, である漢初には此, である漢字は大抵, である漫才屋さんの, である漫然遠く之, である漫画家が気品, である漱石氏などから見たら, である潔癖であると, である潜水艦隊が十隻, である澄太さんは少しく, である激情をおさえ, である艶な, である濡れ衣である, である濱口内閣の出來, である濱町の酒新聞社, である瀧子に対して自分, である瀬尾先生か, である瀬川は自分, である瀬越八段の前, である火烙りされた諸々, である火鏡を発明, であるも見えない, である災害の運動エネルギー, であるを燃す, である炭俵の一個, である点その他曖昧に書かれ, である点前者に伊勢物語, である点平安朝初期の生れ, である点材料がプロレタリア的, である点美男子で好色家, である点規矩に従, である為め世界中から狙われ, である為め武芸偵察戦争の駈, である為め自然仏蘭西人の前途, である為め長兄は鹿児島, である為上杉家の内, である為中門口を言う, である為名を略した, である為子腹の尊良親王, である為扮装にも挙止, である為素質の優れた, である為非常に好都合, である烏天狗や太作, である無下に驚かす, である無学なもの, である無尽蔵である, である無条件に如来, である無水と俳談, である無産勤労大衆乃至プロレタリア, である無産階級の人間, である無線室を襲撃, である無邪気とザックバラン, である無量観に達した, である無限なる形, である無頼の徒, である然し乍ら基督者とは, である然るに何故にマットン博士, である然るに唯それのみに, である焼野焼山といつた, である煉瓦建の建物, である煙草が吸ひたい, である煤煙が比較的, である照れ屋であると, である照女は本年七十一歳春琴, である照子にとつて, である煩雑な道, である熊岳城の市街, である熊祭に於, である熊野さんが何, である熊野夫妻が来た, である熊野権現の縁起物語, であるが出た, である燈火の群, である燐寸の火, である燧岳図幅に記し, である爆發を支障, である爆竹が昼夜, である爲め表面には出ず, である父さへも彼女, である父中條精一郎のところ, である父君に自分, である父子三人皆彦根に居つた, である父宮に子, である父母の家, である麻岩系の, である片倉小十郎, である片意地である尊大, である片田博士のでっぷり, である片目のぶくりんが不意, である片腹痛さも, であるの小品, である牛丸君を一日, である牛方によって唱和, である牛肉屋の二階, である牛込の何, である牛込多聞院へ伎翁, である牛込藁店へ偶然, である牛部屋に等しき, である牛飲馬食ですなど, である牡丹はその, である牢獄の戸, である牧師は自分, である物事を考, である物理学に役に立たない, である物理的社會的の效果, である物自身の性質, である物質特に又, である物質不滅とエネルギー不滅, である物質主義功利主義常識主義の汚染, である物質波動と考えられる, である物質的生産技術である限り, である物質的科學の研究, である特攻隊くずれを, である特色はまず, である犠牲の強要強求, である犬橇の犬たち, である犯人が前夜, である犯罪の行われた, である状態はいや, であるか神, である狛家としてそれ, である狩太農場民の自治共存, であるにし, である独り浅間山のみは東南, である独り病気のみでない, である独創の美, である独善的な民族主義, である独逸の山岳会員, である狭い谷間に, である狭軌から成っ, であるの陰茎, である猛烈に勢, である猟師の勘八, である猫魔山の古い, である猶予すれば, である猿葉山の険しい, である獅子頭は春日, であるを殺し, であるり我が, である玄牝とは老子, である玉の井へ出かけ, である玉井組は強制的, である玉嵐龍太郎は酒二升, である玉帝である陛下, である王党の一首領, である王国の職員, である王城のある, である王將が首, である王朝貴族たちは自ら, である王道主義でなければ, である珠心は無益不用, である町政を, である現世に於ける, である現今英國の國王, である現代世相を如何, である現代人であると, である現代思想であるそれ, である現実感はどうして, である現実的な批判精神, である現状は直ちにどう, である現象学を甚だ, であるに於, である理学博士赤沢金弥と名乗る, である理学士天津ミドリ嬢が苦心, である理性がこれ, である理想的な一人物, である理想郷エルドラドーでありそこで, である理論的範疇と一定, である琉球人たる謝源, である琴古は虚空, である瑞土アルプスなどは殊に, である瑠璃鳥の性格, である瑠美子の様子, である環境への我, であるを進上, である瓦斯である生々しい, である瓦斯球が回転, である甘いものは, である生々しいペンキの, である生きものらしいもの, である生き方でなければ, である生れは矢張り, である生前は余, である生命現象は従っ, である生少かくして自己, である生死を超越, である生殖である之, である生活全体を捨てず守っ, である生活改善の潮流, である生涯このとおり, である生物學から出, である生物的な同時に, である生物的世界たるに過ぎない, である生理的貞操の心理, である生産の中, である生産価値の余剰, である生産性こそその, である生産拡張五ヵ年計画を吸収, である生産機構から云っ, である生産物の生産費, である生産関係が終極, である産土の境地, である産所に定住, である産業復興に對, であるに対する大きな, である用人の鳥羽田重助, である用意は整った, である用紙は文化資材, である用紙割当の公正, である田さんや夫人, である田中万逸元AK, である田中智学先生が大正七年, である田中萬逸君その人, である田安家の奥家老松浦頼母, である田村淑子が代役, である田村純夫がいろいろ, である田舎風に洒落た, である田辺博士は説明, である田辺孝次と幸崎伊次郎, である田領の地券, である由來世話女房と云, である由來此の地方, である由店先の煤けた, である由来いずれの, である由槻が岳, である由民樹氏より来信, である甲野さんは超然, である男子労働賃金に対して女, である男心に添う, である男爵の邸, である男谷の方, である町はずれから右, であるである, である画会では作品批評, である画像が無けれ, である画報に一向, である画学校で絵, である画学生の死, である画家仲間でさう, である画庫から何時, である画材上の迫力, であるのこと, である留さんは年, である畜生の身, である異人屋敷の裏手, である異国人の死人等, である異国者の自由港, である異議あるもの, である當時佛教の教理, である當時嫉妬の餘, である當時宮廷の風, である當時般若三藏は梵語, である畸形である食物, である疑いが十分, である疝氣でどうか, である疲労を医する, である病人は市長, である病苦の甚, である病院へ意地, であるがいっぱい, である瘤以下の役員, である癇癪に漏らし, である発明家チュダコフとその, である発明賞を授与, である発露なの, である白い花だ, である白山と立山, である白山神社の境内, である白川奨の口, である白扇を振っ, である白樺のよろし, である白檜の林, である白河戸将監の一人娘, である白熊に頭, である白牡丹花に蟻, である白石博士を呼ん, である白髪が彼, であるも承知, である百姓夫妻を説き伏せ, である百姓町人の困難, である百舌とはよく, である百貨店は非常, である百間洞に直行, であるの知らない, である皆さんは博士, である皆敷妙の玉, である皆様がその, である皇后陛下の周囲, である皇女は一人, である皇室は宗家, である皇帝第三, である皇族が生活, である皮肉や洒落, である皮膚にしみ入っ, である益満に養われ, である益田藤兵衛と中村兵庫, であるし宇宙, である盛んな申込み, である盛子への影響, である盛遠袈裟切りの大, である監視長の見る, である目前の愚, である目的其者である, である目鼻立である手, であるである, である直感にまで分析力, である直線的な鋭敏性, である直覚と対立, である直観的なるもの, である相国は身, である相州逗子の柳屋, である相手の實情, である相撲ならば, である相沢さんがともに, である相良寛十郎に会っ, である相阿弥は初期, である省察が行持, である眉山の住居, である看護婦が首, である眞先に立つた, である眞山君は近く新道, である眞言よりは少い, である真っ先に私, である真に民主的な, である真個に能, である真宗とはたとい, である真実性が往々, である真新しい落葉も, である真正の自由, である真紀子の声, である真髄である, である真鶴や米神, である元朗, である眦目乞底鉢他悉體多, であるはその, である眺望がそこ, である眼下には上河内, である眼筋をとおし, である着氷の危險, である着眼は出発, である睡魔が彼, であるる時, である矛盾が含まれる, である矢張り當時に於, である矢走という男, である矢野恒太氏がウッカリ一種, であるでも情, である知事は注意, である知力や統計, である知合の一女性, である知恵のある, である知能を本能, である知識人の社会生活, である知識人労働者すべてからの信任状, である知識欲や成長, である知識社会学がイデオロギー論, である汀曲浦炭車頻々だ, である短距離には強い, である短躯前方を見つめ, である石ころを踏みしめ, である石井健太氏は紅蓮洞氏, である石井君に遇, である石井氏は若手, である石井氏詩人である私, である石十円を呼び, である石地蔵の多く, である石塚龍麿がその, である石川の里, である石川氏が私, である石川湧君を御, である石手寺の参道, である石油である瓦斯, である石油コンロ薬カン人別手帖で買った, である石油缶のから, である石灰岩が地下, である石田の物置, である石田重吉という青年, である石黒敬七富田常雄などと会談, であるを入れる, である砂沢は赤城, である研究所主催の講習会, である硫黄岳の硫烟, であるすら打ち得なかった, である確實なる善惡眞僞, である碾割の方, である磨墨という名馬, である磯崎恭介とやはり, である磯村の姉夫婦, であるに帰る, である社会そのものの歪んだ, である社会一般の生活感情, である社会主義や共産主義, である社会学ではない, である社会性近代社会の民主性, である社会政策の皆無, である社会状態の中, である社会現象が起った, である社会的理想はそんな, である社会的革命の理論, である社會が蹙然, である社長よりも上手, である祇園精舎の聖人, である祖先のお蔭, である祖先傳來で職, である祖先崇拜は非常, である神の谷の金剛寺, である神仏の崇拝, である神原家に対しても分家, である神学校の生徒監, である神戸なにがしは麻繩, である神技と共に梅坊主, である神明の忌み給う, である神田でさえその, である神田三河町の伊豆屋, である神的なる本質, である神社の周囲, である神祇官は後, である神秘世界の産物, である神経的である, である神聖なもの, である神能の所演, である神話を形成, である神谷暢氏と夫婦, である祭祖に反, である禅宗と他力教, である福岡日日へはその, である福沢諭吉が婦人, である福田はあれ, である福田屋旅館の板前さん, である福田平八郎といふ作家, である禪宗の坊樣, である禿を誇張, である秀子秀子何が為, である秀才のマルクシスト, である私いま兄上に叱咤, である私一人の感情, である私情をはなれ, である私生子の少年, である私生活の上, である私私と同じ, である私立探偵レザールはどこ, である私等はこの, である私闘の心, である秋本はトルストイ, である秋森家の勝手口, である秋波をする, である秋田雨雀さんが大, である秋雨はまた, である秋風落寞の強い, である科学原則の小器用, である科学者から科学, である科學である思想, である程今回の失敗, である程度以上に芸術家, である程度以上年齢の差, である稜線のところどころ, である稲荷鮨のころ, である穢れ多きもの, である穴師の神, である空中の階段, である空想が勝手次第, である空木の木, である空気の叫び, である空水風太陽草木そして土石, である空間表象の発生, である突風の解釈, である窪田空穂氏の選後, である立憲政治というの, である立花おみね, である立花カツミ女史が寝泊り, である竜樹が円い, である章炳麟は當時, である竹中は私, である竹内克己氏の私宅, である竹内端三博士は私, である竹田とか山陽, である竹田菊子氏が男装, である竹藪の中, である笏梧朗はそういう, である笑いには寒, である笑劇は, である第一ホテルは初めて, である第一義の者, である笹原の次, である筆致で郷土地方色, である筈失明の悲哀, であると種々, である等々分科的に独立, である等々資本が増加, である等身の女神像, であるのいい, である筑前が安土, である筑摩将監春久に一萬数千, である筑紫をツクシ, である筒型のレコード, である管理委員会が見, である箱崎になんなんとする, である範疇それ自身が全く, である範疇組織が有っ, である築山の細道, である簡単さで日頃, である簡潔とか整理, である簡素は失われない, であるや麦, である米友が女, である籾山夫人とその, である粕山九郎の表情, であるは近頃, である精密な意識, である精神病者の世界観, である精神科学の根本原理, である掻き棒, である糞鳶の来迎, であるは最後, である糸屋の若, である糸車の廻る, である紀伊の庶子, である紀元後五百年頃波斯の王, である約束それが何, である約言すれば, である紅葉の色紙, である紋也と逢っ, である純文学が純粋小説, である純潔である, であるは決して, である紙撚りで拵, である紙草というもの, である紙魚亭主人の麦田一八郎, である級長の根室, である素人の他, である素志を貫かず, である素朴な自給自足生活, である素朴さをもっ, であるがかつ, である紫式部という女性, である細川からも望まれ, である細川三斎公の十三回忌, である細田氏の姿, である細胞を研究, である細雨と名づけられる, であるひには, である終日独坐無言行, である組合員の妻, である組織的瞞着の有力, である経川が二年もの間私, である経済事情を眺めた, である経済政策論なの, である経済的利益を守る, である経験的傾向を究極, である経験論を先験的論理学, である結城紬こういうこのみ, である結局世界を確り, である結局均一の人類, である結果それがついに, である結果彼及びすべて, である結果種痘という有難い, である結果能衣裳の暗く, である結果親子の愛情, である結核菌とそれ以外, である絡子をかける, である統計数学上の込み入った, である絵の具の色感, である絵入りの定期刊行物, である絵具が莫迦, である絵本類がその, である絶大の慰安, である絶対的原点絶対空間が認められる, である絶對に自己, である絶景であること, である絶食は他力的, であると後世, である継子をとても, である維持会員からの入金工合, である維新の革命, であるのなか, である網棚のバスケット, である綺麗な細工, である綾子をさえ, である綿を一袋, である綿々たる時代, であるの衣, である総じて豊後の, である緑珠である皆敷妙, である緑盤の内部, である縦し覚らずとも, である縦横に槍, である繁夫の与り知る, である織物染色に驚く, である織田の妻, である繰り返しが多い, である繻珍の丸帯, であるに目, である缺點を有つて, であるに汚れた見下げ果てた, である罪惡は壞滅, である罪業感であったと, である署名入りの個人, である好心, である羊羹と醗酵, である美しさを, である美人の曲線的, である美津子の父, である美濃型日本綴の帳面, である美術家に私, である美術工芸品を造った, である美貌のスワンソン夫人, である美食は美食其物, である群雄割拠して, である群集の中, である義弟のところ, である義淨三藏が長々, である義理にも何とか, である羽仁氏はあいさつ, である羽前へは日昭, である羽織の裾, である習俗的な結婚, である老中の月番土屋相模守, である老中連署が不承知, である老公が舌, である老女もそれ, である老母が安全, である老舗の隠居, である考え深い眼差, である考古学者カビ博士を紹介, である考察の一面, である者たちはあの, である者らがパリー, である者以外の大, である者喧噪のなか, である耕作について今, である耕吉の泣い, であるを澄ます, である耶蘇教の信者, である聖ジュリアンの物語, である聖人賢者の真似, である聖光は所謂鎭西派, である聖徳太子の御子, である聖書は約束, である聖者である, であるばれて, である聟殿とはその, である聯關が一, である聴手を感動, である聴衆は彼, である肉付きの良い分厚, である肉体を醜い, である肉体上の変化, である肉縁は切つて, である肉親とのわかれ, である太つた体, である肥満した男, である肯定か否定, である肺病がだんだん, である胃袋はおとな, である胆吹王国はそういう, である背俗であると, である背広がなくなったら, である胎土に鐵分, である胡瓜とか朝顔, である能登守が逃がし, であるの臭い, である脂肪肥りに, である脇道の紀井街道, である脚絆は丁度, である脱出の女神, である脳貧血にかかっ, である脳髄までが腐敗, である腕きき男の碇健二, であるの木剣, である腰元弥生の心理状態, である腰掛は全く, である腹蔵なく述, である膃肭獣の乾物, である臣民の本分, である臨時教育会議が最近, である自らが却つて幸福, である自ら火を放っ, である自ら賞罰を有し, である自他共に誰, である自分らとしてはせめて, である自分ら外国人が旧い, である自分一人が万事気, である自分並に他, である自分大河平一郎はクリスト, である自分女である自分, である自分等は電報, である自分達を忘れ, である自動車が遠慮, である自動車工業だけが文字通り, である自己主張の貫徹自己實現, である自己主張自己實現にそれ, である自己實現及び, である自己感謝とでもいふ, である自己犠牲的な深い, である自己犧牲である神, である自己自身に於, である自慢ばなしや中學一年生, である自我主張である, である自我専門とする, である自殺を選んだ, である自治会等の役, である自治政治と議会政治, である自然人にとっては隣国, である自然声も大きく, である自然孵化凡そその, である自然生の蕗, である自然発生性からの成長, である自然科学博物館のケプナラ君, である自然科学界の云わ, である自然科学者はこの, である自然認識の問題, である自由主義的秩序が可能, である自由主義者は個人, である自由党もさけ, である自由契約なんてこと, である自由独立の生存, である自由電子の存在, である自発的に惹き起こした, である自衛上已むを得ぬ, である自覚の弁証法, である自記湿度計の中, である自転車屋には恩給年限, である自重のこと, である至急我々の, である至極宜い物, である至眞である太, である至誠は相, であるは人それぞれ一枚, であるの手, である舞妓の人形, である舞踏会へ出掛ける, である般若というの, である船体をやや, である船宿の薪梅, である船長がその, である船首と船尾, であるのほう, である良品を安価, である良太おじさんはじつは, である良妻をつくる, である良寛様とはイデオロギー, である色彩の濃い, である色男に反し, であるをその, である芋銭氏はそんな, である芝居の評判, である芥川は, である芥川賞と直木賞, である芥川龍之介集をあげなけれ, である芦船は求め, である芭蕉句碑もあつ, であるはたいがい, である花世をほん, である花嫁の来る, である花屋の爺さん, である花柳病専門薬を製造, である花鳥諷詠詩が存在, である芳川厳太郎博士が所長, である芸術作品をそのもの, である芸術至上の傾向, である芸術運動に婦人, である芸術鑑賞にむける, である芸道の人々, である苟も責任を, であるさを, である若き神の, である若くはだの相違, である若し果して左樣であれ, である若し然うであると, である若君が気の毒, である若干の文化的野次等, である若年の医博, である若松屋惣七だ, である若林兵吉先生が説明役, である若狭守の次男, である苦しいものである, である苦行は即ち, であるは雨, である英人医師のバーシー・クライド, である英國のペトリー教授, である英子との二人, である英文学書すら読め, である英米においても恐らく, である英組の広沢, である英語が必要, である茉莉氏が今日, である茨木理兵衛は匿名, である茫漠とした, である茶室に退去, である茶店下の方, である茶番狂言にすぎない, である茶碗には自筆, である茶色甲冑の方, である草刈りが成, である草山に土塚, である草木と情死, である草津港と五十キロ余り, である草薙天鬼が自分, である草野金太郎は春休み, である荊棘が一杯, である荒木陸相は云う, である荒涼落漠の気, である荘園とそこ, である荷馬車の列, である莊烈帝は非常, である莢ごとといっ, である莢豌豆は今, である菊池君が他人, である菊池大麓博士にこの, である菊池寛の歴史的素材, である菊池氏がくれる, である菊芋という奴, である菊路と京弥, である菖蒲の寮, である菜食によってその, である菩提樹の実, である菩薩仏の化身, である華岡医師に寄せ掛け, である華盛頓の方, である華盛頓州のある, である華雄は, である萩路どののこと, である萬一を期し, である落合芳幾が描い, である落葉を踏みつけ, である葉ずれの音, である葉っぱです, である葉藏とは中學校時代, である著名なラニョン博士, である著述家も今日, である葛城の一言主, である葛粉の生産地, である葬式の光景, である蒲原夫人は噴きだしたい, である蒲團を取り出し, である蒲生泰軒先生であった, である蓄音機の浪花節, であるなんかありやしない, である蓑吉は乳離れ, である蓑笠を着け, であると書く, である蓮台寺野で今朝, である之助, である蔵相はラジオ, である蕗屋清一郎という学生, である蕨取りの娘, であるすらと霧, である薄暗い室の, である薩摩屋敷は小栗上野介ら, である薩満である, である薩長が天子, である薪割りでもし, である薬師如来はそもそも, である薬草取りの一日, である藁葺の船頭小屋, である藤原氏が日本, である藤吉の許, である藤垣内社中の一人, である藤堂家に諒解, である藤大納言の息子, である藤村自身書いた千曲川旅情, である藤沢さんであろう, である藤沢親雄氏の権威, である藤田東湖である, である藩主が江戸, である藻草の下, である蘇我石川麻呂大臣は, であるに, である虐殺は悪しき, である虚無である, である虫尾兵作だった, である虹汀もこの, である蚊帳は封建的, である蚊群を恐れる, である蛇頭の真赤, である蛍火のない, である蜂谷に伸子, である蜂須賀党が得意, である蜂須賀家じゃとてかよう, であるや小, である蝦夷地開拓に全身, であるの不運, であるした彼, である蟇口に手, である蟻田博士がいい, である血液の中, である血煙である, である衆議院の崩壊, である行列はたしかに, である行動かもしくは, である行司が, である行成卿の書風, である行政官に敬意, である行政長官張煥相の如き, である行為ほど正直, である行者は一錢, である行雄は経済封鎖, である術數の學, である術語に就い, である衣裳がつき纏っ, である衣食住の單簡, である表情の無, である表現作用を喚び起す, である表装をした, である表面に出し, であるへたる, である被告が性的, である被害者とつきあっ, であるの屋敷, である裏庭の桜, であるの彼, である製作は意識的, である製品の価格, である製材所があれ, である褻涜であるという, である襤褸の小片, である襷がけの草鞋拵, である西南戦争の時, である西四郎のもの, である西山小鼓子君の家, である西晋一郎博士である, である西暦第四世紀, である西洋では迷, である西蔵一切経は唐代, である西部の印度, である西郷は乱世, である西雲仙中央火山丘の一つ, である覆面姿武士であること, である見地からは書, である見苦しきことである, である親んでも, である親分子分には違い, である親子兄弟の家族, である親戚から永年庇護, である観世様としては無理, である観衆がやぐら, である観音さまも般若, である觀音勢至が祭, である解脱の途, であるひ換, である言わばかろうじて平衡を, である言表或いは命題, である言論機関としての同誌, である訓辞はた, である記号をもつ, である記念品である同性愛, である記紀自身の成立, である記者はいつも, である記者ドレゴ君を登場, である許嫁の愛情, である許都の丞相曹操, である訳者その人, であるであります, である証明でないもの, である証誠は前, である詐偽である迷信, である詐僞と云, である試験の成績, である詩人シヤナアンは国, である詩人ジヤン・リシユパンが未だ, である詩小説戲曲すべて之れ, である話等々大凡斯様な数々, である詳しい話しぶりで, である誉れをほしい, である認識論より考察, である語気がその, である誤伝である詐偽, である誤解であると, であるはそれ, である読書青年が今, である誰々の影響, である誰々その他十余名で酒屋, である課長のき, である課題だけをそれ, である調和解析によって一定, である調度も賄, である調所を失った, である諏訪は天然物, であるより証拠, である論争を立場, である論文を発表, である論旨との関係, である論理の媒介機能, である論理上の原因, である論釈によって讃述, である論難の無遠慮, である諜者であるという, である諧謔は本篇, である諸国の荘園, である諸所の柴, である謙虚の心, である講義を理解, である謝絶すれば, である謝肉祭は理性, である謠曲には曲中, である謡曲や能, である謹んでひきさがった, である證跡がある, である警備司令室では真中, である警備潜水艦隊にも通達, である警察医が入っ, である警察部長が入っ, である警視庁の建物, である警部補にそれ, である譬えば五年も, であるはない, である議会に単に, である議会人がさき, である議論が發表, である譲葉嶽の山麓, である讀者も知つて, である讃岐国へ移される, であるは錦, である谷口三治小原一郎新海虎雄君等の五人, である谷合の底, であるを一杯, であるであることごとく, である豊島与志雄が時代, である豊島与志雄新居格氏などからさえこの, である豊崎までは遡っ, である豊川閣へは朝, である豊沢団助の未亡人, である豊臣太閤の認め, である豚料理の一部分, であるの上, である象兵が眞中, である象徴性に新しい, である象牙菊花倶楽部の正当, である豪傑はそも, である豪族のもの, である豫示だと, である貞元釋教録には金剛智三藏, である貞盛の方, である負傷したならば, である財力を奪, である貧乏な学生, である貧者はその, である貨幣価値の問題, である責任をも感じ, である貯水地と云, である貴下と同じ, である貴婦人のサロン, である貴族出のベルニィ, である貴族院の子爵議員, である貴金属商の奥畑家, である賀茂子爵の鶴, である資本主義的なもの, である資本主義的制度営利的企業制度に由っ, である資本制度の下, である賑やかな一本みち, である賢者であると, である賭博と性的遊戯, である賭博どころでは, である贋物がない, である赤ちやんを眺めた, である赤ブイの仙太殺し, である赤兄が斉明天皇, である赤坂の長, である赤坊の私, である赤星ジュリアだという, である赤星重右がおかしな, である赤星龍子が本郷, である赤松の点々, である赤沢常造のもの, である赤石山系木曾山脈及び飛騨山脈, である赤表紙の粗末, である赤身ばかりを薄く, である理である, である超越によって人間, である越中守が自身, である越前へ送ろう, である越後山脈の深い, である越智との感情, である越智圭一ははじめ, である趣きに後, である足もとの笹, である足許から山上, である足跡が博士邸, である路上の襲撃者, である路地は出なかった, である路程は遠から, である躑躅ヶ崎の居館, である身どもらに一人, である身の程を顧み, である身体は横, である身内の者ら, である身心が重苦しい, である身辺小説のよう, である身體が弱く, である車掌は珍しく, である車輪付きの古い, である軍事や生産技術, である軍事力の発動, である軍事献納金は昭和六年度, である軍人である, である軍用新道を歩い, である軍艦一艘が何千万円, である軍部の云う, である軍部自身が夫, である軍閥主義や侵略主義, である軍隊の破滅, である転一歩でありそして, である転向者の心理, である転居した当時, である軽蔑をたえず, である軽装した捕方, である輝かしい生と, であるの一くさり, である輯略は藝文志, である辞書についての私, である辯證法の形式, であるのこと, である農労無産協議会という労働組合, である農学士川上滝弥君が数年前, である農村工作の代り, である農村高利貸から低利資金, である農業の機械化, である農産物展覧会観て, である農鳥岳は其名, である辻ヶ谷少年が入口, である辻川博士がとつぜん, であるである, である來の, である近々快飲, である近くまた樹明君, である近ごろこんなアク, である近ごろイワン・フョードロヴィッチはこの, である近代科学に関してこの, である近代重工業にもふさわしい, である近代風景ではない, である近藤としては一土民, である近藤夫人を失っ, である近衛信尹というの, である近衛天皇即位の康治元年当時, である近衛文麿公を会長, である近衛殿の御, である近頃のはいや, である返送されたつてハガキ, であるも逃れる, である迦畢試と云, である追憶果てなし詣りたく, である送電線は野天, である逆子乱臣と呼ば, である逓信従業員が生きなけれ, である逓信省の許可, である途上数句拾うた, である途中で沢田さん, である途中三名岩崎平郡といふ部落町, である途中鍬を擔い, である途中闘牛児さんを訪ね, である通りそれをそれ, である通りブルジョア世界観によって偽善的, である通り之も亦, である通り今日の婦人, である通り先進國として誇り得る, である通り別である, である通り家全体の地盤, である通り教壇の人, である通り本文はカント時代, である通り東洋の文化, である通り根本的な妥協, である通り牢屋の生活, である通り精細に正確, である通人的でないと, である通信がどうも, である通商局の検査官, である通油町新道の旗亭若菜屋, である通行券である, である通訳にこう, である通詞らにいま一つ, である通貨の膨脹, である通鑑綱目といふやう, である連絡者でも何, である進化するの, である進化律は自然法, である進撃者の抽象, である進歩党によって提案, である進軍すなわち運動, である逸品だったが, である遊亀氏自身その作品, である遊戯をやつ, である遊行といふ言葉, である運転手免状を取り上げる, である過度な行動, である過日来の同盟会議, である過程も甚だ, である道中に於ける, である道元の慈悲, である道具屋のおやじ, である道君である高, である道太の第, である道夫少年の話, である道子の感情, である道家の思想, である道庵を虐待, である道徳上の信念, である道徳五千言は道教, である道徳問題である, である道徳律に対抗, である道徳習慣から解放, である道教も然, である道義道徳によってすりかえられる, である道路といっ, である達頼罕王の王府, であるひを, である智, である遠いところの, である遠くへ誘っ, である遠山家では三男, である遼遠なるべき前途, である那覇日本政府南方連絡事務所との所在地, である邪魔に就い, である郁太郎との間, である郁子が帰っ, である郎苦叉鬼である肉, である部下が必要, である部屋つきの女中, である部署にい, である郵便の都合, であるの花やかさ, である都々逸形式のよう, である都会文化の猛威, である都新聞からの希望, である鄭樵は種々, である配偶を持たず, である配合調和変化等悉く趣味, である酒井孫八郎杉山弘枝はおどろい, である酒井忠勝であった, である酒罎をかたむけ, である酔いもいささか, である酔ひたい酒から味, である酔中書いたの, である酸鼻な状, である醇酒にも恵まれ, である醍醐村上一條後三條, である醜い社会に, である采女たちはその, である里村の心, である重力を打消す, である重厚さであった, である重宝なもの, である重豪の言葉, であるの貴公子, である野岳の内側面, である野村に知らし, である野菜少々食べる, である野間氏の懐古展, である野陣の殺気, である金井氏の評, である金兵衛のそういう, である金具か, である金力のほか有名人, である金山に限っ, である金山源介が死ん, である金峰山と国師岳, である金持ちの家, である金文字を眺めた, である金満家に譲った, である金華山沖を外洋, である金菱銀行に合同, である金蔵がまさか, である金貨が屍体, である金釦の僕, である釘勘やまた, である針小棒大である, である針目博士か入っ, である鈴川源十郎なるもの, である鈴木と二人, である鈴木氏の家庭, である鈴江に恋人, である鉄板の堅い, である鉄砲で鳥, である鉄管には頂上, である鉄道の技師, である鉄面皮な僧侶たち, である鉛色の斑点, である鉱毒被害の救済, である銀之助はこれ, である銀五郎とほか一名, である銀山平の星定吉, である銀座通りの店, である銀行から金, である銃猟談は前, であるとか鉄, である銚子なる土地, であるどくたたけば, であるのつつみ, である錦霜軒から夜, である錨健次殺しと共に暁団, である錯雑なもの, である鍛冶屋の大将, であるの環, である鎌子の夫, である鏡花氏に之, であるの音, である鐘紡の社長, である鐘銘問題など甚だしく, である長く持てる自信, である長さんと結託, である長原吉之助素子そのほか二三人, である長女から末娘, である長安には幾多, である長官がある, である長崎の丘, である長崎ものは若い, である長州の萩, である長政の決意, である長編小説を書き始めなけれ, である長者伝説を材料, である長良川博士に教わった, である長襦袢それに着替え, である長谷部大尉との三人, である長身の男, である長野も深水, である門田与太郎は, である門番の老婆, である元二十一年, である開拓使本庁舎はドーム, である開版大蔵経の恒久的, である開発局の小, である開皇二十年を囘暦紀元, である間そこに自由, である間ラジオも新聞, である間例の, である間借りの生活, である間崎とともに橋本先生, である間田山白雲は駒井甚三郎, である関ヶ原合戦に参加, である関係それに入る, である関係上つい神戸, である関係上今度の戦争, である関係上甲州においてこの, である関係的乃至函数的, である関東大震災十週年何といふおだやかさ, である関東山脈の一端, である関白も思っ, である関重之進が考えぶ, である闊達な線, である闊達さで, である闊達自在さがむしろ, である闘争的な良心的, である關係ではない, である關係上特に厚意, である關係的乃至函數的, である阿修羅のよう, である阿波へ入った, である阿部宗務院総長はそれ, である阿部次郎氏の例, である附加的労働が必要, である限りあいつの通過, である限りいずれも芭蕉自身, である限りその間に占める, である限りそれ自身として独立, である限りただの文化, である限りゆくゆくはこれ位, である限りわしは見逃さぬ, である限りイデオロギーも亦, である限りイデオロギー論となる, である限りギリシア精神の復興, である限りプロレタリアはプロレタリア, である限りヘーゲルが抽象的, である限りマルクス主義者となった, である限り一婦との接触, である限り一定の限界, である限り一朝にし, である限り一様に共通, である限り一種唯物論的な特色, である限り三日間こうして晒された, である限り不可能では, である限り中央が高く, である限り主人の留守, である限り予期の帰結, である限り五歳以下のもの, である限り人々は之, である限り今日においても注意, である限り仮定であるばかり, である限り仮説は単に, である限り作家性が元, である限り修辞学も一定, である限り全治の見込み, である限り其は正当, である限り内部的モメントと外部的モメント, である限り利潤を追及, である限り前に述べた, である限り前途の山川草木, である限り勝手のわからぬ, である限り医師であり先生, である限り千慮の一失, である限り哲學の場合, である限り固有なる歴史概念, である限り国内で土地, である限り国民が一千万, である限り地方文化といふ独自, である限り外国の思想, である限り多分に封建的, である限り大体元のまま, である限り大概都ホテルと同じ, である限り学費は十分, である限り客體は主, である限り實在的他者, である限り尊重して, である限り尾沢重太という人間, である限り屋内と屋外, である限り弓の絃, である限り形式的に云っ, である限り必然的に矛盾, である限り思想の道, である限り恐怖は感ずる, である限り惻々泣路岐の感, である限り愛の力, である限り態度を決する, である限り懐疑論者であったが, である限り我々はそこ, である限り我等はその, である限り技術楽天説も可能, である限り政治の常軌, である限り文化団体の所謂, である限り文化的生從つて, である限り文学は概念, である限り文献学的クリティシズムは法則, である限り是はいつか, である限り是非それだけは守らね, である限り時間性の克服, である限り最善をつくした, である限り本質的に, である限り東洋思想を身, である限り概念として機能, である限り権威なきもの, である限り歴史的な概念構成, である限り民族生活もしくは民族精神, である限り民衆支配に対する対立物, である限り沿岸だけが黒風白雨, である限り無条件にそう, である限り特殊であらざるを, である限り猿真似にも独創, である限り現代の器物, である限り現実も亦, である限り理解される外, である限り生のこれら, である限り産業技術であるわけ, である限り甲乙の利害, である限り男にも女, である限り百姓どもは喜ん, である限り皆ことごとく相対的, である限り皆神である, である限り直接的なる活動, である限り真理は模写, である限り矢張其の背後, である限り社会の一人, である限り社会学は合理的, である限り社会的性的年齢的条件に応じ, である限り社会的範疇に這入り, である限り科学的認識とは云え, である限り空間は哲学, である限り素人にどうしてもなんら, である限り聰明な批判商量, である限り自己偽マン, である限り自己身辺の記事, である限り自然である, である限り自然物であり, である限り芸術の秀粋, である限り芸術家はこの, である限り藁の人形, である限り行為における発展, である限り西洋風の安直, である限り認識ではなくし, である限り誓つて汝のその, である限り超絶した或, である限り軌を一にする, である限り進歩的な役割, である限り運動する, である限り道にかなわぬ, である限り開墾が行われよう, である限り闘争的精神の欠如, である限り餒じいのが当然, である限り高貴な悩み, である限り鬪爭的精神の缺如, である限り鼻は何となくソワソワ, である院別当などを頭, である院同人展への出品, である院長にいわれた, である陣場夫人から郵送, である陣廻りにはもとより, である陰影であるなつかしい, である陰極線を薄い, である陰鬱な湿気, である陳興亞の, である陸奧に入, である陸海軍省へ献納, であるの方, である隊長さんなどに恨み, であるの原書, である階下の窓, である階級性を抹殺, である階級的建設の闘士男女, である障子を開ける, である隠者の生活, である隨つて又宇宙本源, である隨而正當, である隨而これを媒酌, である雄叫びである, である雄吾とその, である集会を催し, である集合論のうち, である集団とソヴェト同盟, である雉子などが門口, である雑多な罐, である雑木の次, である雑木山の上に横たわっ, である雑種児の血, である雑誌や新聞, である雛妓のうち, である離婚が, であるを云, である雪五郎と弟, である雪子とその, である雪斎がどうして, である雪枝の夫, であるが天上, である雲仙を背景, である雲南省の商人, である電子がこの, である電柱の下, である電臓は谷博士, である電話で呉郎さん, である電話機の受話口, である電車に乗, である需要供給及び生産費, である震災非常時の際, であるがふつ, である霧島が悠然, である露八の土肥庄次郎, である露国は公使, である露子とて年, である靈岸島濱町の酒新聞社, である青函連絡船のデッキ, である青岸渡寺とい古刹もある, である青年ペーターの性格, である青年思想家天野一郎を同道, である青年達はこの, である青年闘士が女, である青楓氏が自分, である青白い筋が, である青野の大, である青銅が一番, である青鬼先生に佐分利流, である静岡にも入市, である静枝のあの, である静穏な美, である非人法師である餌, である非力であるが, である非常時だと, である非戦論なんて云, であるだけを社会, である面授面受が常に, である面白さだけで, である面目ないやら, である面紗をかぶる, である革命の外, である革命運動の如き, である靴下靴などまで買, である置かせて, である鞦韆につき, である韮山城は氏政, である音楽修業に出たい, である音楽家が京都, である音楽的共鳴としてしか彼, である音無し流の剣道, であるを目標, である頂上までは飲料水, であるから見立て買, である頃信長の兵, である順番なん, である須永が交っ, である須田猶吉はその, である須磨子の自殺, である須雲新左衛門の邸跡, である頑固である片意地, である領主にたてついた, である領地には一郷, である頭腦の仕事, である頼該の恭順説, である題材での打開策, であるに内省的, である顔つきである, であるくば余, である類品が少ない, である風化して, である風呂も沸かし, である風呂しき包がどの, である風土性の認識, である風圧を全部, である風景画にかぎらず, である風来の老, である風祭村の別宅, である風間氏は相良氏, である風雨のすき, である颱風来の警報, である飛び道具さえ持っ, である飛行士が白い, である食い物店へ行っ, である食べ物を一銭二銭, である食糧問題に由っ, である飯坂上等兵だった, である飲馬河も美くし, である飴売の襞, であると酒, である養嗣子の顎鬚, である養母を殺す, である養老の典, である餘程混雜して, である餘計なこと, であるをガクンガクン, である首府へルシングフォウス, である首謀者共が深夜, であるをたく, である香い草と撫子, である香春岳がいつも, である馬どもにはいち早く, である馬鈴薯ではあり得ない, である馬頭がなく, である駒井は早く, である駒井甚三郎が今宵, である駿河の者, である騎士に夜, であるの細い, であるは時々刻々, である高台で閑静, である高品さんから私, である高天の原, である高崎の銘酒屋, である高市を立派, である高度のもの, である高木藤太郎さんそれに私達夫婦, である高橋の村, である高橋九郎氏が高橋農場, である高橋氏と白井, である高橋義左衛門がふと, である高畠子爵は, である高知県下の動静, である高等動物の形態, である高等学校の学生, である高輪田長三は目, である高野の大将法印, である剃りさ, である鬪爭の根元, であるがからだ, である魅惑によるに到る, である魔人辻川博士が妖術, である魔術者の不思議, であるの形, である魯迅と弟, である鮎差峠の頭, である鮑叔は何, である鮨屋の亭主, であるのさし身, であるをワニ, である鯉幟の立つ, である鯉鮒山を越中沢岳, である新しい薩摩芋, である鰐五郎博士および研究室, である鰹鳥を利用, である鱒井達の文章, である鱒魚はかよう, であるの市, である鳥右さんになれ, である鳴海の出城, である鴎外の名, である鴨下ドクトルを警官たち, である鴨下ドクトル邸内にも必ずや, である鴨居も忘れ, であるのあの, である鵙屋の家族, である鶯横町がその, である鶴代を奉公, であるにも乗っ, である鹿の立体, である鹿沼新田にあらた, である鹿苑院金閣寺そこから離れた, であるの小屋小屋, である麥酒罎とが提げられた, である麹町の殿様半次, であるの草鞋, である麻生のボート, である麻綱は炎々, である黄金が一杯, である黒くなって, である黒地に星点, である黒擬玉および黒ガラス玉, である黒檜山中央火口丘の地蔵岳, である黒河河畔の街, である黒田勇が出, である黒田市兵衞は筋目, である黒田殿には御用, である黒部川の全貌, である黛芬両夫人, である點彼の美, である黴毒を根治, であるのやう, であるの動的表現, である鼻曲連山の上, である龍子の絵, である龍山公の落し胤, であると言つて, であるA子さんにだけその, であるIRCの主催, であるOK待つて