青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「でありまし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~で で~ ~であっ であっ~ ~であった であった~ ~であったろう ~であり であり~ ~でありまし
でありまし~
~でありました ~でありましょう ~であります であります~ ~である である~ ~であれ であれ~ ~であろう であろう~

「でありまし~」 1124, 12ppm, 9049位

▼ でありまし~ (1077, 95.8%)

15 これは 9 それは 8 それが 7 今日の, 日本の 6 そこには, その点, 私は 5 その結果 4 それを

3 [15件] この二つ, これも, これらの, これを, すべての, そこに, その中, それで, それに, 中には, 主人は, 之は, 他の, 是は, 此の

2 [38件] あながちに, この仕事, この問題, これが, これらは, さう, さうし, そこから, その不調和, その頃, それらの, た, またこの, またそれ, また淀橋, わたしは, 一定の, 一方から, 人間の, 今から, 今でも, 今までの, 今日は, 何を, 其の中, 其の前, 其の後, 其の時代, 其の窓, 形が, 後の, 斯う, 日本で, 汽車は, 沢山の, 海を, 私どもが, 私自身も

1 [883件 抜粋] あいつは, あの花瓣, あるが, ある場合, あれが, いかにもくやしく, いささか皆さま, いずれは, いずれ凡聖同居, いは, いま文化部としては, いま飛行場と, いわば礼儀作法, おそらく日本, お千代さん, お寺が, かういふ筆法, かういふ風, かくの, かく申します, かく疎外排斥, かように, こ, ここで, ここの, ことに九州南部, ことに英国, この二通り, この信仰, この原則, この城, この大部, この小説, この後, この方面, この時代, この点中尉, この皇帝在位, この種, この置き残された, この見, この観賞, この通り照り, これだけ, これと, これには, これのみは, これまで, これら無機物との, これ果して, これ迄, さかなの, さてその, さらに一歩, しかたが, しかもそれ, しょせん職務, すぐに, すぐ他人, すなわち私, そういうこと, そういう問い, そういう意味, そうどこ, そこらが, そして即ち, そのうち, そのため, そのとき, そのゴア, その主, その五本, その作り方, その原因, その四種, その四角, その多く, その夜遊神, その宇都, その形, その後に, その意味, その持田様, その教育, その日, その時代時代, その末孫, その流れ, その流れ行く, その現代, その碑, その科学, その経験, その著しい, その裏面, その長, その雪渓, その頂上, その食生活, それでこそ, それならはじめ, それには, それよりも, それ以外の, それ故にこそ, そんな事, たくさん餅を, ただに, ただもうこう, ただ正直, たとえばゲーテ, たとえ彼等, だからこの, ちょうどその, ちょうど我が国, ついには, つまりある, つまり土地, つまり東洋的現実日本的地方的条件, ところにより, どういう行い, どうしても南朝鮮, どうしても本心, どうもこれ, どこまで, どのみち天下, どんな時代, なか, はたで, ひいては大学生, ほかに, ほとんど紙一枚, まあ宗教的縁起譚, まことに信州, まさしく他, まさしく現実上, またワタクシ, まだ全部, まだ名前, まだ正確, むやみに, もしそうでなけれ, もし世の中, もし神, もちろんその, もちろん委曲, もちろん私, もとは, もともとこんなに迄, もともと外国人, もどきは, ものを, もはやお, やはりかれ, よい感官, よく何, わが北海道, わが日本民族, われわれは, アフリカ探検は, インドの, エロチツクな, オ段の, キリスト紀元の, ザヴィエルは, シナの, ソノ, チーズ製造人らが, ハリダースを, パンチャとは, フランス語が, ポルトガル商船の, マルクス, 一つ一つ独立し, 一にも, 一体ニッポン, 一寸手が, 一度鏡で, 一挙両得の, 一旦は, 一番古い, 一般的な, 一見した, 一部分は, 丁度関東, 上に, 上海中で, 下の, 不思議という, 世界の, 中に, 中心の, 中葉期建築に, 久米仙あたりとは, 之を, 之を以て, 予防命令の, 二人の, 互に相, 交通不便な, 京都を, 人々は, 人そのものが, 人を, 人生と, 人間に, 仁兵衛は, 今は, 今まで, 今三次元世界の, 今日この, 今日までは, 今日わが, 今日繁栄を, 他人の, 会うという, 会話という, 何といつ, 何等の, 佛教の, 例えば, 例の, 例へば司馬遷, 信友の, 俳諧の, 個人としての, 假名遣, 僅か五六米, 優れたもの, 元来春, 元禄の, 先ず普通, 先年亡くなりました, 兎に, 全く他, 其の他, 其の外, 其の特徴, 其の面, 其位地は, 其後の, 内地では, 内密に, 冷静な, 凝り方, 出そうと, 初めの, 別に注目, 前にも, 前年の, 前記墓の, 加茂の, 北部イタリヤの, 千二三百年前の, 単なる台所道具, 単に風采, 印度人の, 即ち懷徳堂, 即ち自治體, 原語は, 取つたの, 古いもの, 古い書物, 古くは, 古代羅馬の, 史記の, 同じヨ, 同じ言葉, 同一の, 同時に同, 名の, 名古屋お, 名称は, 吾, 唐律には, 唯今純粋なる, 四世紀間も, 四阿前, 国家の, 圓い, 圓瓦の, 地は, 基督教思潮を, 多数の, 大げさに, 大乗経典中の, 大學, 大政翼賛と, 大變大切, 天子が, 天滿宮の, 夫婦同一線上に, 奈良朝頃の, 如何に, 子供も, 宋の, 完全料理とは, 官服として, 定めて, 実に一千二百八十二種, 実はこの, 実践が, 実際は, 実際薩摩, 家も, 實は, 實用に, 少し大きく, 左様だ, 帝は, 常に弓馬, 帽子衣服などの, 平野神社の, 幹事長に, 弘法大師が, 弟は, 当時の, 彼は, 彼女は, 彼等は, 後に, 後世では, 後世征夷の, 後年の, 従ってニッポン, 従つて考へが, 從つて内亂と, 從つて文學至上的な, 御兄弟, 必ずしも東京出来, 必ずしも美し, 恐らく此, 恐れ入りました, 憎むべき烏啼天狗, 我國でも, 戦争の, 戦争も, 所謂芳賀博士の, 手に, 払下手続を, 技術は, 採るに, 支那の, 政治も, 文句無しに, 文字通り, 料理人の, 旅行した, 既に六人, 日ごろ諸君, 日本が, 日本でも, 日本に, 日本にも, 日本へ, 日本人独特の, 明暮れ, 昔から, 昔唐の, 昨夜以来無条件の, 是が, 時にとりまし, 時には一つ, 時には珍しく, 時候の, 普通の, 曲った考え方, 有名な, 朝鮮で, 本官は, 本居宣長, 本當, 東北地方を, 核にあたる, 梵語の, 極端な, 機械で, 此中に, 此等は, 此等大方は, 歯が, 殊に, 殊に日本人, 殊に男女, 殊に直接, 段々實力, 気候は, 永代橋新大橋より, 決して單, 河の, 流汗リンリゴカンベン下さい, 満蒙問題という, 溌剌強靭なる, 漁夫の, 漢書の, 無理に, 煙筒は, 熱い熱いで, 特に政治的, 猿が, 王の, 現に杭州, 現場に, 理知理性の, 生きること, 生活には, 産卵の, 甲を, 畢竟無, 當時の, 百姓でも, 皆が, 皆様には, 皆無效と, 直ちに日, 相当の, 真に同じ, 真に賞味, 矢張り古, 矩だけは, 研究室以外の, 社会が, 神経の, 神聖なる, 福引も, 私たちは, 私だけが, 私とは, 私どもは, 私の, 私も, 私共の, 私及び, 科学的に, 科学知識が, 稀に, 穢多に対して, 第五, 筒井直介その, 篠原良平が, 精粗と, 終止形以下は, 結婚した, 結婚披露も, 結局は, 継目相続する, 織田信長は, 繩に, 羅馬貴族の, 美国人にでも, 美的趣味を, 美術の, 群衆心理と, 而も, 聖徳太子の, 職人は, 胸中の, 自分に, 自分等は, 自然よい, 自然美の, 色々の, 芸術的には, 若いとき, 若い人, 英語の, 華麗極まる, 蚊帳の, 蟻そのものの, 袒免とは, 見るかげ, 親子は, 言語体の, 言語風俗から, 許さるまじき勝手, 誠に温厚親切, 誰かが, 諸陵寮, 議場の, 谷峨の, 貧乏童貞服従という, 貴人とか, 貴族時代の, 足利時代や, 軍事上から, 農民以外の, 近藤とも, 通常赤外線紫外線と, 道が, 部下の, 郷土文芸の, 都会には, 鈍根は, 雲が, 青年は, 頭に, 風に, 體を, 高野山にも, 黄金が

▼ でありましても~ (28, 2.5%)

2 やはり美術品

1 [26件] あるいはそれ, おたがいに見た, これは, こればかりは, そこで今度, その拓殖, その控え, それで雨露, それは, それを, どちらでも, どのよう, 一円のも, 其の途中, 十分今日の, 十數年前で, 口に, 大名の, 実際は, 御承知, 決してそれ, 清子さんの, 私さえ, 精神的の, 芸術的な, 表装と

▼ でありましてな~ (5, 0.4%)

1 これが, そこの, そんなら, 唯至って古い, 昨年来世間に

▼ でありましてと~ (2, 0.2%)

1 勝逓相の, 声が

▼ でありましての~ (2, 0.2%)

1 もっとも両, われら同志においても

▼ でありましよう~ (2, 0.2%)

1 が彼, が皆喜び

▼ でありましようし~ (2, 0.2%)

1 その都度, 小生にと

▼1*

でありましてかやうな, でありましては到底世間, でありましてナ亡き父, でありましやうか, でありましよう衿白粉が黒ずん, でありまし