青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「であった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

てた~ てない~ ~てる てる~ てんで~ ~で で~ ~であっ であっ~ ~であった
であった~
~であったろう ~であり であり~ ~でありまし でありまし~ ~でありました ~でありましょう ~であります であります~ ~である

「であった~」 29312, 317ppm, 307位

▼ であった~ (8316, 28.4%)

78 それが, それは 62 彼は 60 私は 58 今は 43 これは 36 その時 33 それを 31 それも 29 私の 27 これも, 今度は 25 その中 23 ために, 彼の 22 これが, そのうち, 今では, 彼女は 21 この時 19 さすがに 18 今日は 17 或る 16 しかしその 15 これを, しかしそれ, 併し 14 後には 13 それに, 為に 12 この頃 11 ここに, その頃, 自分の 10 お島, すぐに, その人, それから, 急に 9 いまは, この人, わたしは, 今の, 私が, 私には 8 そこに, その代り, その後の, 僕は, 幸いに

7 [20件] そこは, そこへ, そのころ, どうした, 今も, 今度の, 今日では, 他の, 何か, 例の, 僕の, 宮は, 彼が, 彼女が, 心の, 日が, 此の, 父は, 誰も, 非常に

6 [17件] あるとき, いずれも, きょうは, ここで, このこと, このとき, そこには, そのため, そのとき, そのなか, それよりも, 二人の, 今夜は, 夫人は, 女の, 女は, 次の

5 [32件] ここでは, この男, これからは, こんどは, しかしこの, その年, その当時, その後は, その日, その男, その瞬間, それでもその, それにも, そんなこと, ともかくも, やがて, やがてその, 主人の, 今から, 今年は, 何分にも, 先生は, 実際は, 容易に, 山の, 当時は, 惜しいこと, 手に, 案に, 正直の, 母の, 気の

4 [32件] いろいろな, こういう, しかし私, しかもその, しかもそれ, そこを, その声, その間に, その顔, それさえ, それらの, そんなもの, でもその, 一人は, 不思議な, 不意に, 中に, 人の, 今度のは, 他に, 何も, 余は, 信長は, 幸子は, 彼女の, 日本の, 眼が, 私も, 私を, 結局は, 葉子は, 近頃は

3 [106件] ある日, ある時, いずれは, いつもの, お今, かれは, きょうの, このごろは, このたび, この時代, この話, さてその, しかしそう, しかし彼, しばらくする, そこの, そのこと, そのほか, その他の, その実, その後に, それだけは, それでもまだ, それでも彼, それと, それなら, それには, そればかり, それより, だれも, どういうもの, どうかする, どこか, なんといっ, なんの, のちには, また一方, もうこの, やがてそれ, 一人の, 一方に, 一方の, 不幸に, 中には, 中にも, 之を, 事に, 事件の, 事実は, 二人とも, 二人は, 人に, 今と, 今に, 今度も, 今日の, 今日も, 今朝は, 何よりも, 何を, 何事か, 土地の, 外に, 女房の, 妙な, 家の, 帰って, 庸三は, 彼らの, 彼らは, 後に, 心が, 思うに, 惜しい事, 昼の, 時間が, 普通の, 暫くし, 暫くする, 最後の, 村の, 来て, 武蔵の, 気の毒な, 源氏が, 源氏の, 為である, 父の, 現実に, 男は, 町の, 相手が, 私たちは, 私と, 私に, 私にとっては, 翁は, 而も, 自分が, 自分でも, 自分は, 色の, 見たところ, 誰が, 途中で, 頭の

2 [335件] あとに, あなたは, あの時, ある夜更け客, いつの, いまでは, いまに, いやしくも郊外, おとら, おむら, お久美, お杉, お菊, お通, こ, ここには, ここにも, ここの, ここは, ここへ, ここも, この, このほか, このよう, この作品, この夜, この座敷, この戦争, この方, この書, この村, この私, この興行, この辺, この際, これから後, これだけの, これでは, これに, これには, これにも, これに対して, これらの, さて行っ, さもない, さりとて平生懇親, しかしお, しかしこれら, しかしそうした, しかしそれでも私, しかし彼女, しかし決して, しかし貧しい, しかし間もなく, しかもこれ, しばらくし, すべての, そういうこと, そうすれ, そうやっ, そう云う, そこが, そのお, その上, その下, その以後, その刹那同氏, その前, その原因, その同じ日, その外, その夜, その少し, その手, その方, その服装, その様子, その癖, その眼, その笑い, その群衆, その翌日, その術, その言葉, その運動, その青年, それから後, それだ, それだけ, それでもやがて, それまで, それよりは, そんな時, ただ一つ, ただ変っ, たとい末班, ためな, どう考え, どこかに, どんよりと, なかなかの, なにも, なんという, のちに, ひどくこの, ほかならぬ, ほかの, ほのかに, またこの, まだ机, まだ色々の, もう一つ, もしも住宅, やがて又, やがて私, やはり女, ゆえあって, ゆえにそれ, わしが, わずか四, クックの, ゴーリキイが, ゴーリキイは, チェーホフの, 一定の, 一度も, 一斉に, 一週間に, 三人の, 不図, 不幸にも, 不思議に, 世間の, 両者は, 中の, 中途から, 主人が, 久しぶりで, 九太が, 二月の, 人々は, 人間の, 人間は, 今でも, 今回は, 今夜の, 今宵に, 他ならぬ, 以前から, 以前に, 伊織は, 何うし, 何が, 何ぞ計らん, 何の, 何んと, 何思った, 充分に, 先に, 入口の, 其儘四日後の, 初めは, 前に, 前の, 勿論この, 北田は, 十四歳から, 十年以来の, 十日ほど, 卒業する, 去年の, 右近は, 同じよう, 吹込みが, 吾, 問題が, 国が, 夕方国元から, 夜が, 夜の, 夜更け, 天皇の, 夫は, 夫れ, 夫人の, 夫婦の, 奥の, 女房が, 女房も, 妙に, 妙子は, 姉と, 娘の, 子の, 孔明は, 実際に, 実際の, 家が, 家庭的には, 小夜子は, 少しでも, 少しも, 尚侍は, 屋敷から, 山を, 帝は, 師匠は, 帰途の, 年は, 年上の, 年老いて, 幼少の, 庄吉は, 店が, 弟子の, 強いて, 当時の, 彼には, 彼も, 彼自身にとっては, 後ち, 心では, 心は, 念の, 思いのほかに, 思いやりの, 思えば, 急を, 性格は, 意外な, 意外にも, 慌てて, 我々の, 戦争の, 故に, 数年前に, 敵が, 新聞を, 是れ, 時代が, 時平は, 晩年は, 晴れると, 更にその, 月の, 東京の, 梅は, 次郎は, 此処は, 此方は, 武田さんの, 武蔵は, 段々と, 母が, 母は, 氏は, 水の, 江戸へ, 注意し, 流石に, 涙は, 源氏は, 煮て, 父が, 父親の, 玉鬘は, 現代の, 現在は, 現在眼の, 瑛子は, 用事は, 田舎の, 男としては, 男の, 町内の, 病気に, 直ぐに, 相当に, 相手に, 眼に, 秀吉は, 私たちの, 私達は, 秋の, 稲子さんは, 第一, 第二回, 笹村は, 紫苑が, 細君の, 細君も, 続いて, 翌日は, 老人は, 脱走し, 腕にだけ, 自分で, 自分に, 自身の, 花が, 若君は, 英国の, 葬儀の, 衛門督は, 裏の, 要するにそれ, 見ると, 見れば, 親の, 言って, 計画は, 読者は, 誰れ, 車の, 近い所, 近ごろは, 近年は, 途端に, 逢って, 遂にそれ, 道場へ, 部屋の, 鉄道が, 長い間, 長平は, 間に合わず六日, 陽子は, 階段の, 雨が, 青年の, 青木は, 順平には, 風の, 駅を, 驚いたこと

1 [5712件 抜粋] ああいう, あたしが, あの凶暴, あぶない事, ある夜, あれから, いかにもよそ行き, いくらか心, いたずらに, いつか私が, いつの間にか賭碁, いぶかしいと, いま佐吉を, いよいよ十二, うかうか行っ, おかみさん, おひけ, お君, お祖父様, かえすがえす秘密, かねがねそれ, かれ自身, くすぐったいので, こういうバカげた, こうしてしばらく, こう云う, こっちから, このいわゆる放射縞, このひどい, この一党, この主張, この信念, この反対, この姫君, この宿, この怪傑, この春夫, この潮流, この社会的所産, この若者ぞろい, この還元, これからいよいよ北岳登り, これについて, こんなに友だち, さあもう, さっさと歩く, さて実地, さまざまに, さりとて彼女, しかしここ, しかしそんな, しかしヒルトン, しかし光一, しかし審査員達, しかし春, しかし皆風流, しかし自身, しかし這入っ, しかもなお少年, しずかに, しらべて, すっかり江戸, ずっと上流, そういう中, そういう論理的, そうした文学的, そうでない, そこからは, そして近来わが国, そのうえに, そのたび, そのままに, そのベートーヴェン崇拝, その丈夫, その主屋, その他居士は, その儘そこ, その切り取った, その十二月, その問い, その夕方, その娘, その将曹ら, その後いつ, その後売上げが, その得意, その手つき, その旅, その時宝生氏, その朝, その模写, その沙漠, その留守中, その瞬間燕返し, その経験, その職人, その花火筒, その調子, その途中, その鋏, その音, その騒ぎ, それからという, それぎりで息は, それだけの, それでは名, それでもどうか, それでも三人, それでも声, それでも慎作, それでも源太夫, それでも親子とも, それでも雪子, それにしてもあの, それについても, それらも, それ迄の, そんな記憶, ただこれ, ただ単に, ただ顔だけが, たびたびと, ためである, だんだん入っ, ちょうど兄, ついこのほど, つい外す, つまりは, とうとう私, とてもまだ僕自身, とにかく日一日, ともすれば気, どうしても時間, どうも初めそれ, どう言っ, どっちも, なおその, なかなか軍規, なに思った, なんだか感動, のた打ち廻る, はなやかな, ひどくまじめくさっ, ふけると, ふとした魔, ふと縁側, ほそい赤い輪, まあ松竹, またあまりに, また剛情我慢, また苦しく, まだしも白衣, まだ生き, まもなく姿, みんなタワケの, もうこの世, もう処女, もし今, もっけの幸いだ, やがてぐたぐた, やがてみか, やがて二郎, やがて大急ぎ, やがて手槍, やがて深い, やがて線路, やがて返事, やっと惟光, やはり信心, やはり自分, ゆえにああ, ようやく登りつめた, よんどころなしに, わずかな, われ知らず, アンドレ, カストリには, キラリと, コトエは, シカシ上野公園に, ジル, ツと, ノブ子さんも, フランス文の, ベートーヴェンに, マニラの, モーゼスは, ルミ子は, ヴェリチャーニノフは, 一九四五年八月十五日が, 一八七四年に, 一幕終った, 一度横, 一昨夜深更に, 一番おしまいに, 一転し, 丁度三十七八年の, 三人し, 三家の, 三等の, 下に, 不眠症の, 世智が, 中から, 中将の, 主と, 久しく浪人, 之は, 予審判事の, 事実嬉々たる, 二三日する, 二品は, 云いたいと, 五十六億七千万年後の, 井上円了の, 亮作には, 人影は, 今からの, 今までより, 今や酋長, 今夜も, 今思う, 今朝から, 今現実に, 仏租界は, 以前と, 伊東へ, 伽藍の, 何しろアデイア青年, 何となし, 何故か武芸, 余りにも, 作品は, 例によって, 俘虜は, 信長あわれん, 偏執の, 僅か二三日, 元より, 充満し, 先生達はじめ学生諸君までも, 入道は, 公然で, 六米ちょッとで, 其の後, 其後松は, 兼山が, 内面的な, 冷静に, 出合いが, 刑事が, 別れた時, 前斎院, 助ちゃんは, 勝手が, 北斉に, 十五の, 十年前に, 午後に, 博士一行は, 又すたすた, 友は, 叔父が, 叡山を, 召集される, 吉岡門下の, 同大将, 同時に嫌悪, 否み難い, 味は, 哀れさに, 唇の, 啓吉は, 噺も, 四文銭を, 国外遠く, 地中に, 坂田にとっても, 場所がら人目も, 声音と, 外出を, 多少牢門, 夜眠られない, 大たい内容, 大切の, 大浦種則の, 天下の, 天野に, 夫婦は, 女三の, 女衆の, 如何に聡明, 娘に, 嫌とも, 子息すなわち, 孫は, 官僚の, 実は主上, 実務に, 室内の, 家で, 容子は, 富山の, 寺に, 小さく太った, 小禄の, 少しニヤニヤ笑い, 少し酔い, 尾上いろ, 山中に, 川の, 左翼は, 帆を, 帰りの, 常春藤の, 平手中務は, 年中貧乏し, 幸い本郷, 幼年の, 広重の, 座布団の, 廃めてから, 弟は, 弾左衛門の, 当時我が, 彼こそは, 彼帆村探偵が, 後では, 後嗣に, 御好意, 心弱さ, 忙しいから, 快男子, 忽然その, 思い上っ, 怪我人の, 恨めしいと, 悲しさ, 意見として, 慈鎮和尚の, 或いは土地, 戦を, 戻って, 手狭な, 折悪しく, 持物と, 掴みどころが, 改正案では, 故に国, 故意と, 文人画にも, 文面が, 新しい草双紙, 方庵には, 旅館へ, 日本として, 旨く行っ, 昆虫館の, 昔の, 昨今の, 昨秋新に, 時々張允, 時代の, 晩年この, 暖房屋を, 書いて, 曹真に, 最早すっかり老衰, 月給僅か十五円その, 朝六時過ぎ暫く, 木立の, 本庄さんが, 本能的に, 村重の, 東太は, 林から, 柏は, 根は, 案外雲助ども, 極く小さい, 機械に, 次男坊で, 次郎の, 正午迄には, 此処まで, 武技そのものより, 殊にこの, 殿下の, 毎年八月中未亡人が, 氏も, 気心に, 永く帰らぬ, 池なども, 河内介は, 泥舟は, 派手な, 海野君の, 深雪の, 満堂の, 潁川以来とかく, 烈々こういう, 無論その, 然し彼等, 熟睡し, 父より, 牛は, 特に四方, 状袋へ, 猫の, 王家は, 理想家で, 生まれて, 由平の, 町はずれまで, 病弱な, 登勢の, 的も, 目を, 眉山は, 眠入る, 睡りの, 知識は, 碁や, 祖父は, 私たちが, 秋を, 突然一同, 窓の, 竜子が, 第三版, 米友のは, 紋太郎は, 細川侯の, 経費と, 結果は, 総領の, 美貌さと, 翌朝行っ, 耕地が, 職業にでも, 胸や, 腹の, 自分にとっては, 興も, 良人に, 芭蕉も, 芸者ならざる, 若い衆の, 英語で, 荷駄に, 落ち度も, 葡萄酒だけは, 薄皮出の, 蘇門が, 行く行くは, 被害民の, 西域からは, 見ず知らずの, 見知らぬ人たち, 親王に, 計らず, 証拠の, 認識が, 読売新聞社から, 調査の, 講堂に, 貞之助も, 赤に, 趣は, 身体は, 軽部武寿こと軽部武彦は, 近代は, 返事が, 途, 遂にここ, 遅くまで, 道太は, 部屋一杯に, 重ねて, 量においては, 鉱山と共に, 長さ二尺, 開場式に, 間もなく私, 院は, 隆達を, 雨に, 電気協会ビル事件の, 青年時代は, 面倒だ, 順平は, 頤に, 頼まれて, 風が, 食事も, 首は, 馴れるにつれ, 高嶺さんの, 鮎掛け鈎としては, 黄麻の

▼ であった~ (3056, 10.4%)

627 である 539186 です 10993 だが 74 だろう 64 であろう 60 だから 56 であります 54 では 35 ですが 32 かも知れない 26 だろうか 25 だと, であるが 21 かもしれない 20 でしょう 18 であるから 16 であろうか 15 だろうと 13 が今, が後, ですから 11 でした 10 かも知れぬ, であろうが 9 かもしれぬ 7 だそう, だろうが, であろうと, は当然 6 がこの 5 かそれとも, じゃ, だけれども, であった, でしょうが, ですか, を後 4 かも知れません, が, さ, だった, だという, とその, をその, を古

3 [25件] かあるいは, かこれ, かしら, かそれ, かどう, かまた, か知らない, がその, がだんだん, が少し, が急, だな, だもの, であって, でありましょう, でございます, でも, は, はいう, はその, は言うまでもない, を改めて, を私, を見, を覚え

2 [50件] かその, かとお, かともかく, かと思った, かもしれなかった, かも知れず, か今, か私, がいつの間にか, がかえって, がここ, がそれ, が今日, が却って, が可笑しい, が漸次, が第, じゃな, だけれど, であらば, でありました, でありますが, であるけれど, であるまいか, でございましょう, と反対, と同じ, ならこの, ならば, にはみんな, には全く, に驚いた, はそれ, はもちろん, は今, は何, は勿論, をこれ, を人, を代, を信長, を契沖, を幸い, を後に, を御存じ, を思っ, を真, を知った, を知る, を自分

1 [606件 抜粋] かあの, かあるいはまた, かあれ, かえ, かかく, かがんりき, かこの, かこの大きな, かしらそれ, かしらん, かそう, かそこ, かそれでは, かそれら, かただし, かと, かという親しい, かとさげすんだ, かとにかく, かとびっくり, かとも思われる, かとわれ, かと一夜, かと今, かと光悦, かと嘆ぜざる, かと思いました, かと思う, かと思え, かと思っ, かと思われました, かと特に, かと直義, かと矢代, かと私, かと絶望, かと薫, かと軽い, かと首, かと驚い, かと驚く, かは彼, かは知らぬ, かもう, かもちろんそう, かも存じません, かも理解, かよ, かよく, かよし, から考える, かヒイフウ, か一切, か一向にはっきり, か不幸, か京子, か今私, か仮令, か何姫, か分らない, か分らん, か十四年後, か千蔭, か午前, か執筆者, か変化, か始終こう, か安政二年, か宮, か彼, か或いは, か或は, か押絵, か明らか, か決して, か現実, か相手, か看, か老, か見当らなかった, か途中スペイン, か長い, があの, がいつか肥満, がいつのまにか, がいまさら, がいろいろ, がお, がおり, がこのごろ, がさらに, がすでに, がせつな, がその後拡張, がそもそも, がそれでは, がただ, がつい, がどの, がなに, がはるか, がぱったり, がほとんど, がまだ, がまるで, がもうすこし, がわからぬ, がセキセイロウ, がマルクス, が一回, が一夜, が三学年, が下, が不意, が不断着, が中止, が事実, が二字, が五百, が今度, が伊予国全体, が俄, が偶, が入学試験, が全く, が出来なかった, が刀自, が初めて, が勇美姫おん目, が南京麻, が夜, が子ども, が子供, が宇都宮すぎ, が実際, が寛文二年戸倉村, が尾瀬, が山崎氏, が帰った, が帰り, が年来, が当然, が彼, が後々水口, が後世, が思いがけなく, が思いのほか, が恋人, が恥しかっ, が愧, が我々, が戦, が抜擢, が捨てかねた, が攻勢, が敵味方, が時間, が末, が次第に, が武士, が段々, が気に入りました, が浪人, が火事, が灯, が物足りなかっ, が特徴, が瓦葺, が皆, が砂, が聟, が肺尖, が自分, が衛門督, が親父, が豪雨, が賤ヶ嶽, が転じ, が近世, が近頃, が追, が送金, が雨乞獅子, が高校, が髪, が鼎斎, じゃありません, じゃろ, じゃろな, じゃナ, じゃ彼, それを, だし, だしかも, だそういう, だそこ, だとも, だなどと, だよ, だろうかと, だろうけれども, だろうズッ, だろう併, だろう彼, だ其処, だ婢女, だ当然そう, だ彼, だ恃, だ時に, だ然るに, だ神田君, だ自慢, だ間もなく, であったかという, でありしかも, でありそして, でありそれ故, でありつまり所謂意識, でありまして, でありますから, でありブルジョアジー自身, であり之, であり外務省文化事業部, であり想像, であるし, であるそう, であると, である足, であろうかと, であろうし, であろうすなわち, であろうとの, であろう漱石氏, でございましょうか, でございましょう松明, でございますから, でしょうそこで, でしょうね, ですからね, ですし, ですな, ですね, でないかと, でなくむしろ, でなく反対, でなく形相, でなければ, と, とちがっ, とちっとも, とで処女造庭境, とで庄五郎, とで自在, とはこの, とは違い, とひとつ, とまた, ともう, と一つ, と三十幾つ, と同じく, と同氏独特, と御, と来客, と生まれる, と白髪, と若い, と調子, と雑談, なら, ならいま, ならまったく, なら云々, なら何とか, なら内密, なら日本人民全体, なら最もはっきり, なら有田屋, なら私, なら自分, にたいして三郎自身, にはちがい, には私, にひきかえ, にもかかわらず, に対して之, に対して作品批評, に引く, に心づいた, に感じた, に比べ, に気づいた, に気づくであろう, に驚い, はあるいは, はあれ, はおかしい, はかの, はきょう, はすべて, はせいぜい, はせめて, はそういう, はたしか, はまちがい, はむしろ, はむしろそう, はやはり, は一般登山者, は丁度, は三千代, は三音節, は両国, は争えない, は争われない, は事実, は云う, は仕合わせ, は保久呂天皇, は偶然, は僕, は冬, は凄まじい, は千秋, は午後四時頃, は単に, は去年, は周知, は夕陽, は始め, は姫, は宗教, は彼, は必ずしも, は怪しい, は恥しい, は意外, は改良農業, は政治的関係, は文晁, は日本人, は明瞭, は普通, は曾, は最も, は最早, は本懐, は林, は極めて, は次, は次女, は決して, は流石, は無理, は申す, は疑い, は第, は箭, は自ら, は自分, は虚弱, は要するに, は豊志賀, は軍艦, は過去, は部屋, は針木以南, は長次郎, は間違い, は雅号, は風流, は首里, ほとんどこの, もある, もそれ, もそんな, もつまり, ももっとも, も不思議, も実に, も已む, も当然, も決して, も注目, も皆, やらこれ, やらただし, やらはた, を, をあんなに, をいつ, をいつか, をいわゆる, をかえって, をかわいそう, をがんりき, をこうして, をここ, をさとった, をせき, をそれ, をそれでは, をそんな, をたまたま, をつい, をつよく, をどう, をどうしても, をまた, をやめ, をよく, をわたくし, をペリクレス, を三・半, を三三年, を三十人扶持, を三名, を五百, を享保年中, を今や, を仔細, を仕損じた, を何, を使い, を切符, を十五銭, を古く, を吉原遊廓, を同列, を否定, を告白, を哀れ, を嘲笑う, を埋めた, を夫, を宣長, を寂し, を尽く, を山, を左証, を帝付き, を延ばした, を建て換え, を引かした, を強い, を彼, を後々是, を心得, を忘れ, を忘れない, を思いがけず生じた, を思い出した, を思い浮べた, を思う, を急性腹膜炎, を怪しまぬ, を恥かしく, を感じた, を憶, を文庫, を新, を日蓮, を槻落葉, を横合い, を残念, を母, を気づきませんでした, を江戸時代, を測らず, を無体, を父, を特色, を生来, を病気, を知っ, を知らない, を知り, を知ります, を神仏混淆, を考, を考え, を考える, を自由, を萌黄, を表, を袈裟丸山, を見た, を見る, を見逃し, を親方, を角, を詩人, を身, を近頃, を金兵衛, を闇, を陰, 対して, 経験が

▼ であったから~ (2268, 7.7%)

114 である 5534 です 2219 であります 18 私は 17 源氏は 12 して 9 それは, それを 8 これは, であろう 7 人々は, 彼の, 院は 6 これも, では, 彼らは 5 この人, それが, でも, 私の 4 だと, だろう, であった, 今の, 彼は, 私も, 自然に

3 [18件] じゃ, すぐに, そこへ, だろうと, であろうか, でしょう, 二人の, 今も, 今度の, 今日の, 仕事は, 吾, 宮は, 市民は, 彼が, 彼女の, 此の, 自分の

2 [92件] あとは, いきなり気, いつまでも, こちらから, これだけは, これらの, これを, こんなふう, さすがに, そこの, そこを, そのこと, その人, その当時, その日, その頃, それに, それらの, それらを, そんなこと, だが, でありました, であると, であろうが, でこの, ほかの, ギンネコ号の, 一人の, 三条の, 不思議な, 中の, 九州の, 事情を, 二階の, 人の, 今から, 今に, 今は, 今度は, 他の, 何の, 何も, 何を, 何んにも, 先生の, 先生は, 兵部卿の, 初めに, 参詣人が, 喪の, 大将の, 大臣の, 大臣は, 女房たちは, 女房たちも, 子供の, 客も, 家族は, 寂照は, 少しは, 山の, 山荘の, 幕府は, 彼女は, 彼等は, 後に, 成は, 手紙を, 敵も, 日々の, 日本の, 椿岳の, 父の, 特別な, 玉鬘の, 秀吉は, 私が, 簡単な, 紀代子も, 自分が, 自分は, 自分を, 自然と, 花の, 花は, 茲に, 薫の, 見物の, 身に, 途中の, 雪が, 静かに

1 [1618件 抜粋] あきれて, あたかも処女作, あちらこちらの, あの以前, あの長話, あまり長居, いい加減の, いかさま辞世, いっそう院の, いつも中, いろいろと, いろんな画集, うってつけの, うらまれる覚え, おそらくその, おもしろく吹いた, おれは, お兼さん, お悲しかっ, お正月だ, お銀様, かえって多く, かくの, かなり大きな, かりそめ, がっかりした, きっと彼女, きょうも, くわしく聞く, こういうふう, こういう計理士, ここに, こっちの, ことし四十五の, このまま, この不可思議, この二部, この区別, この平和, この徴候, この政治性, この栄, この気持, この男, この移行, この花, この評判, この頃, これという, こわれた船, こんな侮蔑的要求, こんな意外, さすが寄手, しいて情人, したがって公家, しょっちゅう周, じゃ銅鉄製, すこしでも, すなわちまたユフ, すべてを, せめては, せめて早く, そういう主張, そうかも, そうした物思い, そうなる, そこで, そして今, そっと源氏, そのころ, そのまま姫君, その中, その人々, その利益, その合成波, その子, その弟, その心, その所属, その新しい, その時分気心, その炎, その父, その筋, その習慣, その講義, その間どんな, それきり消える, それである, それと, それまでの, そ知らぬ, ただいつも, ただ一笑, ただ折々, ただ院お, たまらない, たよりなく, だという, だれも, ついに昭和, つまり糞, であって, であろうと, でした, でちょうど, で中納言, とうから覚悟, とにかくかれ, どうしても私, どこの, どの女, どんなに安く, なおおりおり, なお更益, なにも, なんにも産業, はっさい, ひどく怒っ, ふたりの, ほんとうの, まして年, まず其処, またさまざま, まだあの, まだ少女, まちがって, みっちり仕込ん, みんなが, むずかしい宗論, もうちょうど一, もう具合, もう疾, もう黎明, もし宿, もちろんその, もちろん金, ものも, やはりおどり続けた, ややもすれば批評, ようやく玉鬘, よく夫人, ろくろく鱒, わざと広く, わたしたちの, アメリカの, イカリと, ガラス越しに, サビエルを, タイピストは, ナイフや, フョードル・パーヴロヴィッチの, マダ学生の, ヤジローが, ラジオの, 一カ月も, 一向に記憶, 一年ぶりで, 一応秩序, 一時間半ばかりで, 一種妙な, 一般文学の, 一途に, 丁度巴里, 三の宮は, 三河へ, 上の者に, 上手に, 不似合い, 不安さが, 不思議に, 世間から, 世間一般の, 中には, 中将は, 主翁, 之を, 了解し, 事実解散命令が, 二つの, 二人は, 互の, 京へ, 人あたりも, 人気も, 仁吉に, 今だに, 今年は, 今彼は, 今日まで, 仕合せでした, 他人が, 以上の, 伊織が, 伸子と, 何か, 何ともその, 何れを, 余り気, 余計その, 作者の, 使いまでも, 便りを, 信長の, 偵察の, 傍観し, 僧侶が, 元就かね, 先ずその, 先祖伝来の, 全面から, 公使らは, 公然で, 六条院に, 兵卒なら, 内廷からの, 冷静な, 出頭の, 分からないこと, 初めは, 別に何とも意, 別に特異, 別天地に, 力を, 勝ち気な, 医局で, 十一時前から, 千代田の, 半蔵が, 即日衆臣を, 友江田先生の, 叔母とも, 古い時代, 右大臣にまで, 右衛門の, 各々の, 同じ院内, 名のみの, 呂宋兵衛も, 品質や, 商売の, 喜びを, 四十の, 困ったこと, 土間の, 坂路の, 変な, 夕霧の, 外国の, 多分は, 多少の, 夜が, 夜を, 大いによろこん, 大事な, 大変に, 大家の, 大抵な, 大掾国香, 天下の, 天狗岩事件が, 夫人が, 夫婦の, 女三人へとへとに, 女官たちの, 女連の, 如何なった, 妹でも, 妻に, 始終この, 姫は, 娘の, 子供心にも, 学問という, 学界が, 孫権よりは, 安静などは, 定めて, 実家に, 実際問題, 宮の, 宰相は, 家へ, 寂しい生活, 対句の, 将軍お, 尋常なら, 小松清が, 少し工合, 少将の, 尚侍の, 屈辱的な, 山伏や, 山路を, 峯子には, 差し上げがい, 帆村は, 帝も, 席に, 帽を, 年表を, 幾度か, 度胆を, 弁の, 式部卿の, 当てられると, 当時一流の, 当然そうあるべき, 形態学は, 役向きの, 彼ら部落民に, 待ちしびれを, 従って夜, 得意な, 御堂の, 御老体, 徴用出頭命令という, 心一つに, 心機立ちどころに, 必ずしも一般, 忍ぼうとしても, 忽ち山賊, 怒って, 恋しいとは, 恐ろしいこと, 悪所通いを, 惟光は, 愛吉は, 慣れた道, 懐かしさ, 或る, 所持し, 手に, 承知した, 按察使は, 支那文学の, 政治上交通上経済上に, 教育界からは, 文字どおり本土からは, 斬るには, 新潟県という, 日に, 旧本陣, 早く良縁, 早速筆, 昔の, 是れ, 時の, 時方から, 時間つぶしにと, 暇が, 書く気, 最も親しい, 月に, 朝など, 期待は, 木を, 未だ兵力, 未知の, 机の, 東京の, 枝が, 校長先生は, 梟も, 極めて歴史, 槍持の, 横川へ, 歎息を, 正信房が, 此家を, 殊にパラティウム区域, 母から, 母屋の, 母親を, 民衆は, 気も, 氷雪が, 汐田の, 決闘などは, 河水は, 法皇が, 派手な, 深い悲しみ, 清経は, 満廷の, 源氏から, 源氏に, 源氏を, 火は, 火花が, 無法者が, 無理は, 煙も, 燈籠に, 父祖の, 物価の, 特にそう思われた, 犬などを, 猪の, 猶更, 玉鬘は, 珍しくさえ, 理由を, 生憎な, 田圃には, 画名を, 疲労を, 痛切に, 白蘋緑蒲かつて, 皆より, 盥の, 直ぐには, 相憐む涙, 真実であった, 知らないが, 社会による, 神様を, 私に, 科学は, 稲子さんが, 突きのばした, 立派な, 筆紙を, 範疇が, 約束を, 素敵に, 細いこと, 経巻や, 継娘の, 縁側の, 纏頭も, 美人連は, 義家任満ち, 聖人は, 聴衆の, 肩には, 能く, 腰弁当で, 自ら公民の, 自分では, 自分に, 自我が, 自然前に, 自由を, 自邸でとは, 至極まじめ, 舞の, 色の, 若々しい弱い人, 若菜の, 英人の, 華麗な, 葬式なども, 藩中では, 血気の, 行く路傍, 街路は, 表面は, 製法その他にも, 見るたび, 親しみを, 親類と, 記憶し, 話題も, 調べた材料, 諸国の, 豪放洒脱な, 貴族院の, 身体は, 軽蔑する, 辰は, 近づくに, 返事の, 通達の, 遂に藩主, 道に, 部下五十余騎を, 重々秀吉の, 金助は, 鎌倉が, 長ずるにつれて, 長髄明神, 間もなく出社, 闇の, 除喪の, 随って, 隠して, 雀も, 電流が, 静勝軒からは, 音が, 須磨明石の, 頗る目, 頼朝助命の, 風は, 飜訳文なる, 香港上海横浜と, 駕籠を, 高官たちも, 鴻の巣の

▼ であった~ (2262, 7.7%)

268 思う 204 いう 72 すれば 47 思われる 46 思います 40 思うが 35 いって 25 見えて 23 覚えて 21 言って 20 いうが, みえて 19 思って 18 云うこと, 見える, 記憶する 17 いうから, 云う 16 みえる, 私は 14 すると, 云って, 記憶し 13 解せられる 12 いえる 11 いっても, 思われます 10 云えよう, 云える, 聞いて, 言っても 9 いわれて, 云われて, 申します, 言われて 8 いえよう, いわねば, 伝えられて, 思うと, 書いて, 考えられる, 見て 7 察せられる, 思いますが, 思える, 思った, 言う 6 おもう, したらどう, する説, 云う事, 云わねば, 思うの, 考えて, 考える

5 [11件] いうだけの, いわれる, したならば, したら, する, 僕は, 同様に, 存じます, 思われるの, 解せられるの, 言わなければ

4 [19件] ある, いいある, いいます, いうだけ, いうでは, いうので, したらば, 信ずる, 思われるが, 申さねば, 考えられます, 聞く, 見なければ, 言うこと, 言うの, 言える, 言えるの, 言った, 言われる

3 [35件] いうし, いうに, いうまで, いえないこと, いわざるを, したらこの, したらその, したらそれ, 云う話, 云った, 云っても, 云われる, 仮定する, 同じよう, 彼は, 思い出して, 思うから, 思うこと, 思えば, 想像する, 書いた, 気がついて, 知って, 考えること, 見えその, 見えます, 見ること, 解して, 解する, 言うべきである, 言った方, 言わねば, 記憶します, 話して, 述べて

2 [63件] いい得る, いうだけに, いうばかり, いえなくも, いえば, いえるだろう, いえるであろう, お思い, したところが, したらおそらく, したらたとえ, するならば, みゆる, ウィダーシャイム先生も, 云うの, 云うは, 云う抔, 云えば, 今に, 今日まで, 仮定し, 仮定したら, 仮定すれ, 伝えられる, 信じて, 同時にその, 吾, 土地の, 女房は, 後悔した, 思いました, 思うその, 思うに, 思う時, 思われますが, 思われるから, 悟った, 想像される, 推定される, 推測せられる, 断定する, 断言し, 気づくと, 源氏は, 父が, 申すか, 申すが, 知った時, 知ると, 笑いながら, 考えた, 考えなくては, 考えられるの, 見え横, 見られる, 覚えます, 解せられます, 言うよう, 言う事, 言えよう, 言わるる, 記されて, 謂って

1 [636件 抜粋] あとに, あります, いいますが, いいますけれども, いいまたは, いい六尺, いい嫉妬ゆえ, いい常磐御前, いい得られよう, いい得ると, いい得るキェルケゴール, いい或いは, いうぐらい, いうごとき, いうだけで, いうだけは, いうて, いうのに, いうべきか, いうべきである, いうべきであろう, いうほどの, いうまでには, いうより, いえみすみす, いえるか, いえるかも, いえるでありましょう, いえるの, いえる筈, いった, いったが, いったらへん, いってるの, いつもそれ, いよいよ自分, いわなければ, いわぬところ, いわばいえる, いわれても, いわれますか, いわれるよう, いわれ古記録, うけたまわる, うなずいて, うれしかった, おぼしい大きな, おもうが, おもうの, おもうゆえ, お忘れ下さいませ, お思われ, お葉, お話しに, お譏りする, お館さま, かえって悪, かねがね私, きいた, きいて, きまるならば, こう思う, こう考える, このこと, この男, こんなこと, さきには, されて, したところ, したならたしかに, したなら一体どう, したなら何, したらあまりに, したらかく, したらかれは, したらこれら, したらその後, したらたとい, したらつまり, したらどうして, したらわたし, したらチョット, したら今度, したら公, したら困りもの, したら夫, したら女, したら彼, したら彼女, したら正成, したら父, したら直義, したら結局人間そのもの, したら蠅, したら読者, したら近所, したら道, したら非常, しなければ, しますと, しますならば, しまた, し或, し日本, し民俗, するなら何, するなら彼等, するも, する理由, そなた, その当時, その後に, その証拠, つくづくと, どうして保証, なす説の, ほか思えない, みえすなわち, みえそこ, みえ両, みえ建興十二年, みえ忠平, みえ牛, みえ義輝将軍, みえ近頃, みて, みる眼, よく口癖, よく私, より思われない, よろしく申せ, わかった八月十五日, わかった大本営発表, わかって, わかっても, ボーイは, 一つが, 一人歓び勇ん, 一般に認められ, 上さまより, 上人が, 不必要, 主張し, 主張する, 云いたい, 云います, 云いまた, 云い得るの, 云い触らしました, 云うから, 云うからのう, 云うこと以外, 云うところ, 云うべきだろう, 云うべきであろう, 云うほか, 云うまで, 云う事実, 云う外, 云う武家, 云う記念, 云う証拠, 云う非難, 云えるたち, 云ったが, 云ったらまず, 云わなければ, 云われないであろう, 云われようが, 云われるから, 云われるが, 云われるほど, 人々の, 人々は, 人が, 人みな感じた, 今でも, 今も, 今更ことわる, 以前の, 仮定します, 仮定すべきであった, 伝う, 伝えたの, 伝えられること, 伝える, 何時も嬉しく, 保証し, 信じられて, 信じる, 信ずるもの, 僕に, 兆二郎が, 先生の, 公正に, 兵馬は, 凡ての, 出て, 分かって, 分って, 分ると, 初めて悟り, 判り流石, 判断し, 判断せざる, 前の, 千谷さんの, 半七, 又次郎は, 叙べて, 古い記録, 史家も, 同じくフォイエルバハ, 同じく十九世紀, 同じく日本, 同じに, 同一量の, 同情し, 同情を, 同時にそれ, 同時にどんな, 同時に冷たい, 同時に只圓翁門下, 同時に彼, 同時に犯行, 同時に田舎, 同時に真実, 同様でありました, 哀れに, 唖然として, 喜んで, 喜多村さんは, 嘆ぜざるを, 嘆賞し, 坊さんが, 報じて, 報じられて, 報告した, 大将は, 大橋氏の, 好色な, 妹は, 始めて, 守は, 官兵衛は, 実隆は, 寝床に, 察しられるが, 察せられました, 察せられるそして, 察せられるの, 少女時代からの, 弁解した, 弁解せざる, 式部は, 当の藤波金三郎, 彼も, 彼女の, 彼女は, 彼我の, 後で彦三郎, 後に, 後に斎藤先生, 後悔ほぞを, 御幣を, 御自身, 忘れ棄てるよう, 思いますうそ, 思いますと, 思い出され例, 思い出した, 思い出し思い出し魚, 思い大, 思い始め養父, 思い直して, 思い給え, 思い返すよう, 思うがね, 思うそこ, 思うでしょうね, 思うにつけ, 思うよ, 思う何, 思う先生, 思う前, 思う当時神田, 思う気持, 思う突然, 思う輩, 思えない, 思えるの, 思っては, 思ひます, 思わずには, 思われた, 思われて, 思われました, 思われるところ, 思われるばかりに, 思われるアナキシマンドロス, 思われる程, 思われる革命, 恩給を, 悟るだけ, 想われる, 想像し, 想像しうる, 想像せられる, 想像の, 感じたのに, 感じられて, 感謝される, 感謝せず, 批判される, 承って, 推定する, 推測し, 推測しうる, 政江は, 断ずべきだ, 断定し, 断言は, 明らかに, 明瞭に, 明記し, 時々思い出し, 書きその, 朝之助は, 枕に, 林は, 極めて, 残念で, 残念な, 民衆は, 気が, 気がつく, 気づいたの, 気の毒にも, 沁, 泣いて, 満足された, 為す所以, 父は, 爺いさん, 玉鬘の, 申さなければ, 申して, 申しても, 申します可愛い, 申す, 申すこと, 申すに, 申す丈, 申す事, 申す点, 白状しました, 目すべき根拠, 目せられる人物, 省みられるの, 知ったらどんなに, 知ったわたし, 知らされたらこれ, 知られるの, 私に, 私には, 称して, 答える外, 粥河圖書感涙を, 糟谷は, 結論する, 纏って, 罵って, 考えざるを, 考えずには, 考えては, 考えても, 考えなければ, 考えられて, 考えられもう, 考えられると, 考えられるとともに, 考えるであろう, 考えると, 考えるの, 考えるもの, 考える事, 耳の, 聞いたこと, 聞かされて, 聞くこの, 聴いて, 聴く, 肯定し, 胸の, 胸撫で下した, 自ら名乗り出, 自分も, 色々面白い, 若い身空, 藤田劒峯氏は, 行者は, 見えこの, 見えたま, 見えますハハハハ, 見えるが, 見えるです, 見える其の, 見え同席, 見え夜, 見え戻った雌, 見え父, 見え目, 見え間脇, 見え雑誌発表, 見たい, 見ないでは, 見なされる, 見なします, 見られるであろう, 見られるの, 見るの, 見るべきである, 見るべきであろう, 見るべきでしょう, 見るほう, 見れば, 覚しくそれ, 親方夫婦は, 観た方, 観られぬこと, 観る, 観るの, 解せられる事, 解れば, 解悟した, 解釈すべき, 言い, 言いうる, 言いたくなるの, 言いました, 言い伝えて, 言い政府, 言い自分, 言うかも, 言うだけ, 言うよりも, 言う不思議, 言う先程, 言う始末, 言えそう, 言えば, 言ったってね, 言った人, 言わざるを, 言わなくては, 言われたら彼女ら, 言われますが, 言われるきわめて, 言われる決して, 言われれば, 言われ日向, 言わんと, 記憶中に, 記録される, 記録に, 証明する, 評し今日, 評判されたい, 評論は, 認むべ, 認むるより外は, 認めようと, 認められた人びと, 認められる, 語った, 語ったそう, 語ったり, 語り万端, 語り聞かせた, 説くの, 説く者, 説明し, 説明した, 諦めても, 謂う, 謂える, 譏る人, 豪語し, 返す返す薫, 述べても, 述懐された, 逆に, 違って, 部落の, 酷評する, 阿能十蔵, 院は, 陳述する, 雁八が, 音の

▼ であったこと~ (1524, 5.2%)

27 はいう 18 は疑い 17 である 14 がわかる, は言うまでもない 12 を, を忘れ, を意味 11 か, はその, は確か 10 が想像, は云う, を思い出した 9 は人, を知った 8 がわかった, が明らか, はない, を思え, を考え 7 が分る, だろう, に変り, は, は前, を思い出し, を思出 6 が判明, であろう, に間違い, は今, を今, を注意, を発見, を知っ, を示し 5 がわかりました, が察せられる, だ, は事実, は申す, を思う, を知る, を私, を考える, を証明

4 [15件] がある, がわかり, が分っ, が後, に気がついた, はすでに, は彼, は想像, は明らか, は決して, は間違い, を明らか, を示す, を覚え, を記憶

3 [31件] がすぐ, がほぼ, が分った, が明白, が知られる, が知れる, と思われる, に気がつい, に気がつく, はこの, はたしか, はまた, は争われない, は勿論, は同じ, は察せられる, は意外, は明白, は疑えない, は私, は興味, は言, は説明, は誰, もある, よ, を忘れた, を思い出さね, を思い出す, を物語っ, を物語る

2 [102件] いうまでも, から生じた, がいよいよ, がお, がじき, がない, がもう, がよく, がハッキリ, が一層, が今, が判った, が原因, が推察, が暴露, が窺われる, が立証, だけはたしか, だけは確か, でしょう, とその, と思います, と思う, と思われます, など思い出し, になっ, になる, に気がつかなかった, に相違, はあの, はいま, はいろいろ, はかの, はここ, はこれ, はその後, はちょうど, はほぼ, はまず, はもちろん, はもはや, はよく, は世間, は事, は今日, は前述, は同情, は君, は広く, は当然, は後, は推察, は支那, は明かである, は明かであろう, は本当, は注意, は注目, は疑うべく, は記録, は認め, は認めね, は論, もそれ, も判明, も想像, も明らか, も確か, やその, をこれ, をはっきり, をぼんやり, をも忘れ, をわたし, を今さら, を今更, を初めて, を吾, を告げた, を忘れる, を思い, を思いだし, を思わしめる, を想像, を憶, を承知, を明, を歴史, を理解, を知り, を知りました, を知れ, を確認, を考えね, を裏書き, を見逃し, を話した, を誇り, を語っ, を語る, を誰, を述べ

1 [767件 抜粋] あの名高い, あるの, ある知人, かと思う, かもしれません, からかえってはっきり, からその, からも判断, からも至極, から先発, から始め, から当然, から村, から生物学, から考え, から見, か二十四顆, か分りません, があった, があと, があり, がいまや, がしみじみ, がそれ, がちらりと, がどれ, がなかっ, がはっきり, がほんとう, がぼく, がやがて, がわけ, がわれ, がマザ, が上層, が今度, が今日万寿山, が伝記, が作品, が分かったであろう, が分かり, が分かる, が分りました, が判る, が又, が否定, が変っ, が大きな, が岸本, が師直, が当り前, が当然, が忘, が忘れられ, が思い出され, が思われる, が悔いられる, が悟られた, が推定, が日本, が日本紀, が明瞭, が書かれ, が次ぎ, が民俗学, が注意, が理解, が直ぐ, が知らぬ, が知られた, が知れ, が確かめられた, が確定, が窺い得られる, が第, が第三者, が考えられる, が自分, が解った, が解り, が記され, が証拠立てられた, が認められる, が語られ, が違っ, が間もなく, が風流, くらいしか知らぬ, この田舎, そうして弥子, そしてそこ, そして多く, その学, その気分, その蘊蓄, ただ彼, だけであります, だけはかたく, だけは双方, だけは疑い, だけは私, だけは間違い, だけは顕著, だった, だろうと, であった, でこれ, でした, です, ですが, で夙く, で年, とて新政, とは明らか, と信じ, と同じ, と女史, と察せられた, と想像, と皆, と矛盾, と設備, と青年時代, なぞが旅, なぞは村, などが身, などと連関, などの報道, などは全然, などもすべて, なども兄, などを上手, などを思い合わせる, などを話し, など幾分, など思い合す, など買っ, なん, にこうして, にすぐ, については寸分, については沈黙, について今日, になります, にはいろいろ, にはその, にはっきり, には刑事達, には少し, には轢死, にまだ, にむしろ, にも現われ, によってスペイン陰謀, に一驚, に何, に別段, に合点, に変わり, に就い, に帰納, に心づいた, に心づく, に思い当たらざる, に気, に気がつき, に気が付いた, に気付く, に注目, に留意, に疑い, に相応, に間違, に驚かされた, のよう, の一証, の意識, の証拠, の証明, はあえて, はあなた, はいなみ得ない, はいなむ, はうたがい, はうなずかれる, はおきよ, はかなりはっきり, はこのほど帰還, はございませんでした, はただちに, はたやすく, はとうてい, はなん, はなんら, はまことに, はまだ, はみな人, はむしろ当然, はもうすでに, はもっとも, はわかりませんでした, はケーテ, はナオミ, はハッキリ, は一同, は一度, は一部, は三月九日, は上引文明十一年九月十七日条, は上来簡叙, は下, は世間周知, は争う, は今日すべて, は他, は伝, は何, は僕, は充分, は先生, は初代一立斎広重, は別に, は前記, は十六, は千慮, は単に, は名状, は否み, は周囲, は喜多川歌麿, は国史其他, は多く, は大和, は大祓, は孔明, は宇野千代, は小雪, は引, は彼ら, は彼自身, は後々, は後年, は後日, は忘れられ, は怪しい, は慥, は憲兵, は或いは, は推測, は文献, は断わる, は旅, は日本, は日本人, は明, は昔, は最近, は有名, は極めて当然, は正月, は歴史上, は江戸期, は法皇様, は海幸彦, は湯フネ, は片時, は特に, は現に, は現代, は疑い得ない, は疑う, は皆さん御存じ, は県庁関係, は知っ, は知らせない, は知らぬで, は知られ, は確実, は磯五, は禅林, は第, は簡単, は苦しい, は葬式, は西洋人, は覚え, は言うまでもなかろ, は言っ, は記憶, は詮索, は認めなけれ, は認められ, は読者諸君, は諸君, は趙雲, は近頃, は長い, は障子, は馬子以来, ばかりを後悔, またプロレタリア, までが思い合わされ, までよく, もあり, もいつか, もうなずかれる, もうなずける, もこういう, もこの, もしばしば, もその, もたしか, もどう, もほぼ, もまた, ももはや, もわかった, もわかり, もトック, も争えませんでした, も事実, も人知れず, も他, も以上, も偶然, も分り, も十分これ, も問題, も将軍, も彦兵衛, も後, も忘れられない, も思い出される, も憶, も月, も権力, も残念, も狐, も発見, も知り, も考えら, も聞き知っ, も興味, も見落せない, も言っ, も記憶, も関係, やいずれ, やそんな, やまた, や例えば, や実に, や彼女, や自分たち, よく笑, をいっ, をいま, をうち, をうれしく, をおぼえ, をおぼろげ, をかえって, をからく, をきいた, をきれい, をここ, をこの, をす, をその, をつつしんで, をはずかしめない, をば非, をまず, をまた, をみずから軽蔑, をむやみ, をもっ, をも掛かり, をも知らね, をも知る, をわすれ, をシルレル, をラリーサ・レイスネル, を不思議, を世界, を云い, を云っ, を人々, を今ここ, を今ようよう, を今想起, を付け加えれ, を伝えた, を免, を兵馬, を半, を却って, を否み得ない, を告げ, を告げるであろう, を喜ばない, を喜び, を喜んだ, を嘆ずるであろう, を報じ, を太田, を妖女, を姉小路卿, を実証, を容易, を少し, を左右, を幼年, を強調, を当時, を彼女, を後, を御, を心, を忘れなかった, を念, を思いだす, を思いました, を思い出さない, を思い出しました, を思い出せ, を思い合わせるなら, を思い起こそう, を思っ, を思った, を思わせる, を思わね, を悟っ, を悟らし, を悟るであろう, を悦ばしく, を想い出し, を想い起す, を愛, を感じた, を感じ取った, を感ずる, を指摘, を捕われた, を推定, を文章, を既に, を時々, を暴露, を柳田平治, を気附, を熟知, を申し添え, を疑わぬ, を痛感, を目撃, を知ってるであろう, を知らされる, を知らせる, を知らない, を知らん, を確め, を確言, を示した, を祝し, を神, を立証, を簡単, を紹介, を繰り返し, を考えず, を考えない, を考えます, を胸, を自覚, を見落し, を見逃す, を証する, を証拠, を話し, を詳しく, を認めず, を認めた, を語った, を語り, を説い, を諸君, を謝っ, を賀する, を身, を迂, を近郷, を鋭く, を阿闍梨, を非常, 同時に先生, 幼い記憶, 恐らくアジア大陸, 特に洋服, 言うところ

▼ であった~ (1041, 3.6%)

43 どうか 25 どうかは 22 それは 17 忘れたが 16 それを 11 なかった 7 忘れて, 知らないが 6 否か, 知らぬが 5 どうかという, どうかを, 今は, 私は 4 これは, どうかも, どうだ, わからないが, わたしは, 否かは, 知れない, 私の, 自分は, 誰であった 3 そのこと, 其処までは, 判らないが, 否かを, 容易に, 知らない, 知れませぬ, 私には, 覚えて, 記憶しない

2 [42件] いずれに, かかる不潔, ここへ, して, そしてその, その当時, その日, その時, その辺, それさえ, そんなこと, どうかが, どうかすら, はたまた, はっきりしない, わからなくなって, ドウか, 何か, 僕は, 分らない, 分りませぬ, 名を, 否かには, 否かの, 売卜者であった, 少しは, 彼には, 彼は, 忘れましたが, 思い出せない, 或る, 月が, 父の, 父は, 知らん, 知れないと, 知れなかった, 覚えが, 記憶が, 記憶し, 記憶は, 読者たる

1 [707件 抜粋] あすこへ, あそこを, あの日, あの父, あるいはそんな, あるいは七, あるいは不可思議, あるいは乱後, あるいは他, あるいは構想, あるいは真に, あるいは苦悩, あるいは親類, あるいは鈴木三重吉氏, ある学者, ある日丸善, ある朝玄関, ある未知, いくら考え, いつか有信館の, いぶかしいと, いまは, いや面目, お世辞, お銀様, き, ここでは, こっちは, この山, この松, この真画堂, これで, これまで, これを, ご助勢感謝, ご苦労ご苦労疲労れたであろう, しかしもう再び, しかとは, しらぬが, しらべて, しれないと, すべてが, ずっと晩年, そうか, そうしたあと, そうして創作力, そうそう叡山, そうであった, そうでなかった, そう云え, そこで, そこの, そしてどんなに, そのところ, その中, その助手, その名残, その姿, その後興行町の, その意味, その推定, その方, その理由, その睦まじ, その終り, その間母は, その頃, それからも, それから一月, それだけは, それとも, それともうしろ, それともまたそれら, それともまた昔, それともやめろ, それともタコ, それともメダル, それとも一昨年, それとも世人, それとも亜砒酸, それとも別, それとも夢, それとも尋常, それとも彼, それとも有っ, それとも現実, それとも脳麻痺力, それとも謎そのもの, それとも醜男, それにしてもこんな, それにしても何故あんなに, そんなら, そんな名前, たしかでない, たずねて, たずねましたが, たれやらの, だしぬけに, ちょっと忘れました, つい一度, つい聞かず, つまり砂, とうとう私, とにかく, とにかくそんな, とにかく位地, とにかく冬, とにかく医博士たち, とにかく数学的, とにかく空襲, とんと記憶, どうかと, どうかについて, どうしても思い出せない, どうだった, どうもはっきりしない, どうもよく分らない, どれほど自己, どんな風景, ないか, なるほどみみっちい, はたの, はっきり覚え, はっきり覚った, はっきり記憶, ひさしから, ひどく荒涼, ほとんど記憶, またこの, またその, またはこれら, またはポンピエリー, または亜砒酸中毒, または何処, または愛した, または昼, または特に, またはNN, また何故, また同じ, また山, また彼, また湖, また遠足, まるで覚え, みずからわからなかった, もうだれ, もう能, もう記憶, もしくは善き, もしくは大人物, もとよりはっきり断言, もとより私, もはや計算, やはり食後, よくわからない, よく判りませぬ, よく聴, よく見極めよう, よしでは, わからないくらい, わからなかった, わからなかったが, わからぬが, わかりません第, わかる, わしも, わたしたちが, アッツ玉砕の, イヤに, カルピスは, ザミヨートフという, セルバンテスの, ドタリと, ハッキリしない, ハッキリとは, ハッキリ判明, ハハハしかし, ポジチブであった, マア坊が, 一つ一つが, 一丈ぐらいの, 一人だった, 一向にわからない, 一度は, 一説には, 一面に, 七ツ道具を, 万年博士であった, 三人であった, 上野の, 不仕合わせ, 不幸であった, 不意に, 不明である, 世捨て人に, 丸山定夫君から, 主人梅雪が, 主膳すらも, 久しぶりで, 二つであった, 二年であった, 京極三太郎は, 京都で, 人家の, 人間の, 今それを, 今では, 今大入道, 今日能く, 今晩であった, 今私は, 今迄, 他の, 令二が, 会が, 但しは, 何かで, 何だった, 何でも過日物故, 何とかいう, 何の, 何もかもが, 何れか, 何処から, 何十年の, 何様かは, 何様であった, 何者にも, 余り世間には, 保胤は, 俳諧を, 俺れ, 側室であった, 偶然病室が, 僕には, 先年ドイツの, 先方が, 先生は, 免れぬ戦, 全く別箇, 全く忘れ, 全然買いかぶりであった, 八日であった, 八海山へ, 八百屋であった, 其の村, 其の言う, 其処らの, 内田百間氏が, 分からないとまで, 分かりませんが, 分って, 分らないで, 分らなかった, 分らぬ如何なる, 初夏の, 判らない, 判らんが, 判断に, 到底それ, 千葉であった, 千葉亀雄氏が, 単に目, 博士の, 又は其翌日, 又河内介, 古来剣の, 台所に, 右岸であった, 同じ歳, 同伴者の, 名前は, 君子の, 君子は, 否かも, 周さんは, 唐人であった, 嘉訓は, 四五十人の, 四国の, 四百年前の, 土曜日の, 土橋の, 堀田原の, 増上寺の, 多分その, 夢に, 夥しゅう逃げ帰っ, 大なる, 大井の, 大名たちの, 大杉君は, 奇遇だ, 女であった, 女の子であった, 女御とか, 女御の, 如何に, 始めて筑後二川, 姿は, 子供の, 子規居士が, 存じませんが, 孰方か, 官憲の, 宜しき様, 宝井其角が, 実はどこぞ, 実は筆者, 客席に, 宿次ぎであった, 密事であった, 察しられる, 射たれた女, 尋常であった, 小兵だった, 少年は, 岩波文庫として, 希望であった, 帝国であった, 平生の, 年を, 幸福であった, 幸福である, 形の, 彼の, 彼自身も, 後席, 御察し, 忘れたので, 忠利が, 思いだすこと, 思いやられて, 思い出すこと, 思い出せないが, 思い出せなかったくらい, 悪事であった, 悪男子, 想像が, 想像に, 想像にも, 憫然な, 我々は, 我れ, 或いはさらに, 或いは一時, 或いは百十年前, 或いは私自身, 或は他, 或は大胆, 或は山廻り役, 戦場が, 戦災による, 所謂低回趣味や, 抛物線であった, 捨て台詞, 接続が, 故老の, 文献だけで, 文芸欄に, 日は, 日本の, 日本人が, 明かでなく伝, 明くる, 明らかで, 明智の, 明治十年十月七日彼女は, 昭和十六年の, 昼の, 時を, 普通民との, 晴れた秋, 更に分らぬ, 書いてないから, 最近松井須磨子の, 朝であった, 朝鮮の, 未だ神秘, 本宿の, 東山ちえ子氏の, 柳であった, 極めて少数, 楽しい夢, 次の, 正史に, 正月であった, 正直の, 此主観的の, 歯医者の, 殉死を, 残りなく, 母に, 毛利侯であった, 水品陣十郎, 江州水口中村栗園先生の, 江戸名物退屈男とも, 法冠を, 海であった, 深い恋愛, 湯には, 源吉と, 無論わかりませんでした, 熊か, 熱海を, 爆撃下の, 父が, 片絞り, 犢鼻褌を, 現であった, 現在は, 琉球人が, 琵琶を, 甥であった, 由子は, 町へ, 病的な, 白根火山が, 百韻であった, 目を, 目撃した, 知らぬ, 知らねえが, 知らん老師, 知りたいと, 知りたかったので, 知りませんけれども, 知る方法, 知れなかったが, 知れぬ, 知れぬが, 知れ面白く, 硝子箱の, 確かには, 神戸の, 福岡名産平助筆の, 秀英舎であった, 私が, 私たち一家が, 程なくその, 窓を通して, 章を, 笑ったの, 精力家であった, 紀伊守が, 結果は, 美術協会であった, 翌々日の, 聞きもらしたが, 臆病者と, 自分で, 自分でも, 自分も, 芝翫であった, 若い僧侶, 若しくはその, 藤さんが, 街燈の, 表だった, 表の, 被告であった, 裏町の, 西郷は, 見わけ, 見送ること, 覚えないが, 覚えぬが, 言葉に, 言葉には, 詳しく書く, 読者諸君は, 誰だった, 警官の, 谷中からは, 赤い星, 起きて, 越野氏は, 辰吉は, 追, 過日彼女が, 道理こそ, 適度に, 郊外の, 重聴, 銀座資生堂楼上で, 長持であった, 阿部家の, 陽貴, 隣に, 青侍と, 青砥自身にさえ, 非無, 頭が, 馬であった, 馬鹿に, 高沖陽造氏, 鯰であった, 鴻池であった, 黒い毛

▼ であったという~ (771, 2.6%)

65 ことを 60 ことが 57 ことは 35 ことである 23 のは 21 ことも 17 ことです, ことに 16 ような 14 のである 11 事が 9 こと, ことだ, 事は 8 のです 7 ことで, ことと, のだ 6 ことの, のが, のも, 事実を 5 ことから, ことには, 事である, 事実である, 事実は, 話が 4 ことであります, 点である

3 [18件] ことだけ, ことだけは, ことであった, ことにも, のか, のと, ふうに, ように, 事実が, 意味では, 点で, 点に, 点を, 理由から, 話である, 話を, 説を, 風に

2 [29件] ことじゃ, ことそして, ことそれから, ことだけを, こと以外に, それだけの, のだろう, ので, のであります, のでした, ほかには, わけでしょう, わけな, 事に, 人が, 処から, 処に, 噂も, 孟子の, 意味は, 気が, 気も, 罪の, 解釈が, 証拠には, 話, 話であります, 話の, 説も

1 [205件] いい方, お婆さんも, お若, お話を, ぐあいのもの古来傑作の, けだし盲人, ことさえ, ことその, ことそれが, ことそれは, ことそれを, ことだから, ことだった, ことでありました, ことでございます, ことなどから, ことなどが, ことなども, ことについて, ことばが, ことや, ことわずか, ことをね, ことをも, この和尚, この方, その下宿, その塔, その谷蟆, たが, たしかな, とおりに, ところで, ところに, ところまでが, のでございます, のり子の, はずが, ひどい婆さん, ふうな, ほうを, ほかは, まことに驚くべき, ものだ, ものも, よう思い込ませる, よろこびを, わけ, わけだ, わけで, わけであり, わけは, エロイズを, スリルそれから, トリックが, トリックは, 一つの, 一事が, 一事を, 一人の, 一例として, 一条と, 三五郎の, 上代の, 不可思議が, 事から, 事だけは, 事で, 事であり, 事です, 事にでも, 事も, 事以外に, 事実な, 事実も, 事実上の, 事情から, 事情に, 事情の, 人も, 以外に, 伝説ある, 伝説が, 伝説に, 伝説も, 何の, 例え話, 例が, 儔いない, 判断には, 利口な, 劇しい, 加十の, 印象が, 印象を, 即事を, 反対論が, 古い記録, 名笛, 喜びに, 四十男が, 基本が, 場合なら, 場合も, 変り種だった, 外に, 多少は, 大きな弱点, 大きな悔, 女, 奴は, 学校の, 実在関係に, 寛永年間の, 寺伝には, 建築で, 当時の, 心持は, 思い出だけ, 思い出だけは, 性質, 恐るべき秘密, 悲しむべき事実, 意を, 意味であります, 意味です, 意味に, 意味の, 意味を, 意外性を, 愚にも, 感じしか, 感じだった, 感じであった, 所から, 教員が, 数条だけ, 方がな, 早呑込みを, 普通なら, 月夜空雲が, 東方の, 根本の, 根本的な, 次第である, 歌の, 正直な, 正義である, 歴史である, 歴史的事実は, 深刻な, 点であった, 点な, 点において, 熊本の, 特殊な, 現実が, 現実を, 理由も, 男の, 発見が, 発見に, 益々話, 着想が, 磯野の, 社会史の, 純粋芸術は, 素姓が, 結果に, 結論には, 老紳士, 者も, 自分なり, 自然的な, 自覚が, 被告の, 西本願寺の, 言いつたえが, 言葉以上の, 証に, 証拠とは, 証言, 証言が, 評判だ, 話だ, 話であった, 話は, 話も, 話をも, 誇りを, 語りは, 説あるいは, 説など, 説の, 調子で, 資格不幸に, 超神童的, 身の程を, 近代的な, 述懐は, 逸話も, 重さ, 関係から, 関係は, 類の

▼ であった~ (700, 2.4%)

191 相違ない 99 違いない 92 しても 67 ちがいない 12 すぎない 7 反して, 相違ありません, 相違なく, 違いなかった 6 せよその, 過ぎない 5 ちがいありません, 相違あるまい 4 きまって, 違いありません, 違いは 3 かかわらずその, したところ, 相違ございませぬ, 違いなく

2 [13件] しろ, しろその, すぎないの, せよそれ, せよ或いは, ちがいあるまい, 他ならない, 相違ありませぬ, 相違なかっ, 過ぎないという, 過ぎなかった, 違いあるまい, 関らず

1 [139件] いかにやし, いたせ生み, かかわらずある, かかわらずある永久性, かかわらずきちんと, かかわらずこの, かかわらずそれほど, かかわらず上野, かかわらず世子, かかわらず余, かかわらず先生, かかわらず前後, かかわらず単に, かかわらず彼等, かかわらず本質, かかわらず次いで, かかわらず自分, かかわらず荒木氏ら, かかわらず詩人, かかわらず足軽, かかわらず顔, しては, しろいま, しろお, しろお前, しろかれの, しろこの, しろせっかく, しろまだ, しろもし, しろやはり, しろインド, しろレーニングラード, しろ下山氏, しろ中間小説作家たち, しろ之, しろ今日, しろ健在, しろ多, しろ大津絵, しろ女性, しろ左次郎, しろ常に, しろ後, しろ整理, しろ文学, しろ書いたという, しろ殿様, しろ決して, しろ無かっ, しろ父, しろ男, しろ異境, しろ自分, しろ自然主義作家, しろ芋, すぎずあまりに, すぎないこと, すぎなかった, せよ, せよおろか, せよかく, せよこの, せよこれ, せよしかもなお, せよどれ, せよまたあるいは, せよもしくは, せよ一度, せよ二人, せよ又, せよ崇高, せよ文壇全体, せよ既に, せよ死, せよ生れながらに, せよ眼前, せよ確か, せよ私, せよ細かく, その夜, ただ一日, ちがいなかろ, ちがいなく, ちがいは, とどまらず古今, はたと忘れ, ふと見る, ほかならぬ, ほかならんの, もちが, わたしの, 他ならぬ, 似ず日本, 係らず私, 反し勝家, 反し後者, 反し相手方, 外ならぬ, 大将は, 対応し, 御勘弁, 拘らずしかも, 拘らずその, 拘らずそれでも, 拘らずわたし, 拘らず一九二八年, 拘らず他方それ, 拘らず何だか, 拘らず其, 拘らず否, 拘らず実は, 拘らず当代, 拘らず彼, 拘らず恐らく, 拘らず悪い, 拘らず男, 拘らず道庵, 拘わらず彼, 拘わらず支那人, 捉えるどころか, 無理は, 疑いも, 疑無い, 相違ございません, 相違ござらぬ, 相違なかろ, 較べて, 過ぎずその, 過ぎず出来るだけ, 過ぎず神, 過ぎないもの, 過ぎないん, 過ぎなくなったとも, 過ぎぬ, 過ぎまい, 違いなかろ, 違ない, 野菊を

▼ であったので~ (600, 2.0%)

17 私は 8 彼は 5 彼女は 3 わたくしは, わたしは, 僕は, 後に, 父は

2 [25件] この人, これと, これに, それで, それに, そんなこと, わたしも, ウィダーシャイム先生が, 三人は, 今は, 先生の, 前後の, 学校の, 家の, 彼が, 彼らは, 急に, 或る, 抽斎は, 指の, 日本の, 父も, 町名を, 私が, 誰も

1 [505件 抜粋] あとの, あの狭い, あれは, いかにも思いがけない, いくら腹, いつと, いつもなれ, いつ何うし, うれしかったらしく, おおいに驚いた, おつぎ, おどろいて, お昼が, お此, お浜, お隅, かえって薄気味悪く, かかりつけの, かたがた不評の, かたわらに, かの貸した, かりに私, かれら, がっかりする, ぎッくりと, こういうこと, こういう厳重, こういう時, ここの, ここわずか, こっちの, このうえ二三十町, このお, このし, このよう, このホテル, この単純, この原因, この地上, この子供, この寺, この掛け合い, この政策, この時, この時始, この種, この話, これが, これで, これに対して, これは, これを, ごく秘密, ござります, さし当り七月二十六夜の, さすがの, さのみの, さめたあと, すぐ出向い, すっかり戸迷い, すなわちたくさん, すべて西の, せう, そういうもの, そうして家, そこで九月, そこで唖然, そこへ, そしてまたその, そのうち, そのまま保存, その一門, その主人, その事件, その前, その友人たち, その名, その命名者, その座敷, その拍子, その時分, その暦数, その本人, その村方, その石, その約束, その若衆武士, その被, その身寄り, その際, その頃, その頃の, それからも, それが, それとなく彼, それなら, それについての, それは, それまでは, それらの, それを, そんな秘密, たいていは, ただちに起き上がり, たちまち爺婆, たびたび芳一, ちょうど適当, つまりこの, とうとう尻, とうとう競技会, とかく美貌, どうか他, どうする, どっちも, どの家, どんな事, なおふしぎそう, なんだかひどく, はござりませぬか, はっと弛む, ひる過ぎ, ふたりともに, ぼくは, まあ土人, まことに大, まことの, まずまずと, まず第, また引っ返し, また銕漿水, まだ予定, みんなすっかり, みんなも, むしろ原語, もう詳しい, やはり椅子, やむを得ず待つ, ゆうべ一と, ゆるゆると, よく伴われ, よく知っ, よしその, わざとカラー, わしは, わずかの, わたしの, われわれ異国の, クラブダイニングルームの, ジョヴァンニは, デカを, バラノホラ・ジャポニカ・マキノという, メイジの, レーリーは, ロリー氏が, ロリー氏は, 一つの, 一つ私も, 一ヶ年半の, 一体どんな, 一座の, 一応髪の毛, 一日彼を, 一旦かなり遠のき, 一時太だしく, 三日目には, 三角岳登山を, 三造も, 下手人らは, 不思議に, 不意を, 与左衛門は, 両方の, 主として明律, 久しい以前, 久しい石城, 久しぶりで, 九如は, 事前に, 二三度引き逢わされた, 二人は, 二間ほど, 互いに心安く, 五世紀の, 五兵衛も, 五百は, 人々みな恍惚と, 人々信雄を, 今お, 今さら女, 今にも先ぐ, 今の, 今まで, 今度は, 今日でも, 他の, 他家に, 代助, 仲の, 伊四郎は, 何か, 何かの, 何が, 何となく女性, 何も, 余の, 俗縁の, 信次は, 信長の, 信長は, 元服と共に, 兄の, 先に, 先方で, 先生は, 八代大将の, 公正証書の, 其処で, 再築に, 冗談では, 凍った死体, 初めから, 初めの, 初め銀座に, 別に, 到底今, 前へ, 剣術その他の, 剰余を, 劇に, 勘当され, 勝頼の, 半ばは, 半七, 半蔵と, 即座に, 即春, 去年京成電車が, 又七郎, 又八も, 友人達も, 反撥の, 叔父は, 取り立てた弟子, 受附先生も, 只さえ, 吾輩は, 周囲の, 周防には, 命令一下藍色灯を, 品川の, 唯一の, 団十郎は, 国内の, 土岐は, 土産物を, 地方の, 坂口は, 坐ったまま, 城主織田彦五郎は, 執行猶予を, 外へ, 外出しなけれ, 外見上は, 夜具を, 大いに感心, 大した分別, 大分開け, 大勢の, 大変都合が, 大森氏は, 大津の, 大統領ウィルソン氏の, 大規模, 天皇が, 天窓から, 夫と, 奥から, 奥深く観察, 女達は, 如何に, 妙な, 妹という, 妻と, 妻子家臣の, 娘たちを, 子供達には, 孟子は, 学校に, 学校を, 宗教上の, 実に私, 実地について, 実隆も, 宮中に, 家々の, 家内の, 宿に, 対話は, 小伜, 小坂部も, 小太郎も, 少しも, 少し疲労, 少し見当, 少ら, 尚更驚いた, 展望の, 山岸中尉の, 山野での, 巴里の, 巻物は, 市価十円の, 市兵衛も, 師匠は, 帰りは, 帰郷の, 幸いであった, 幾枚も, 庄吉は, 店の, 廃藩後は, 弘前には, 弟は, 弟子達にも, 当局者は, 当時血気な, 役人は, 役場の, 彼こそ, 彼も, 彼女が, 律儀な, 後家の, 後醍醐も, 従ってその, 心の, 応仁の, 思い立って, 恋人を, 恥しかった, 意外に, 意識し, 憂を, 成田昌信君が, 成金目当てに, 我が親, 或いは海, 戦争の, 戸外の, 押し付けがましいよう, 支那方面へ, 放棄する, 故郷とは, 救護も, 新之助は, 新吉は, 新植民地, 新興思想文化から, 旅籠屋の, 既に王政, 日本における, 日本は, 日清戦争に, 旧来の, 旧知の, 早速に, 早速多吉, 明治座は, 昔は, 昭和七年の, 昼夜随筆という, 時々そういう, 時々微笑, 時が, 普通の, 月の, 未だ滞在, 東京にも, 東京湾口の, 某という, 格別この, 極めてめでたい, 極めて自在, 横隊戦術から, 櫓臍の, 歳月を, 歴代の, 殆ど骨, 殊更名高かっ, 段々無理, 殿様が, 毎日の, 毎日大抵租界の, 法正が, 注連飾りを, 泰山の, 清少納言は, 源助は, 漁村歿後に, 激しい衝突, 炎天の, 父に, 父の, 父母怒っ, 牝鶏が, 牧氏が, 特別室の, 猪上の, 王は, 現に当時文部省, 病気に, 痛いとも, 皆は, 皮膚の, 盲人芳一は, 直ちに領地, 相変わらず無, 相手に, 礼を, 社務所では, 秀吉は, 秀吉賞し, 私も, 私一人の, 突如と, 窮した, 竜之, 箪笥の, 約束した, 級では, 素子は, 結婚と, 結婚式が, 結局お, 綾子夫人は, 総長レーリーは, 美しいが, 美術大臣が, 翌日の, 耳を, 聞いて, 聞き合わせに, 自らうなずく, 自分の, 自分は, 自動車の, 自然と, 自然に, 自然楽屋落ちに, 自然話が, 舞踊にも, 良かった, 花柳の, 若いドクトル連中, 若先生, 英語は, 菖蒲の, 西行は, 要次郎, 見渡す山々, 視界は, 話し手が, 話に, 誠に身, 読んでから, 諸君に対し, 貴人の, 資本は, 赤ちゃんと, 足尾の, 軍人の, 辛くもこの, 農民その, 近所隣り, 近頃とは, 退屈を, 逃げも, 途中で, 途中電車の, 通学中の, 遂に四月, 遂に徳川時代, 遂に承諾, 道, 適当に, 選んだらしいが, 避難先の, 部下の, 郷民の, 酔って, 醍醐弦四郎の, 野宿を, 間もなくわび, 院と, 階段を, 青々した, 頼朝に, 館内で, 高足弟子たる, 鴈治郎附き

▼ であったかも~ (560, 1.9%)

158 知れない 88 しれない 51 知れぬ 41 知れません 30 知れないが 24 しれぬ 17 しれないが 10 知れないの 8 知れぬが 6 しれません, わからない, 知れないと 5 しれないの, しれぬが, 知れなかった 4 知れぬと 3 しれないと, しれなかった, しれぬと, しれませぬ, 知れませぬ, 知れませんが 2 しれないしかし, それは, 分らない, 知れないけれど, 知れないね, 知れん

1 [66件] しれずあなた方自身, しれずあるいは, しれずちゃんと, しれないし, しれないとも, しれないのに, しれない事, しれない稚く美しく, しれなかったが, しれなかったの, しれぬぞ, しれぬなお, しれぬなどと, しれませんが, しれんですが, またどういう, わからぬ, わかる, わかるまいが, 今は, 分からないの, 分ったし, 分らない二人, 分らなかった, 分りませぬ, 判らないと, 図り難い, 思います, 皆忘れ, 知らぬ, 知らぬそれ, 知れずそして, 知れないけれども, 知れないし, 知れないぜ, 知れないそんな, 知れないです, 知れないでは, 知れないとさえ, 知れないな, 知れないなどとは, 知れないに, 知れないへた, 知れないほどの, 知れないよう, 知れない僕, 知れない十一日, 知れない様, 知れなかったが, 知れぬけれど, 知れぬずっと, 知れぬな, 知れぬわい, 知れぬ斯, 知れぬ死処, 知れませぬが, 知れませんけれど, 知れませんな, 知れませんね, 知れませんよ, 知れません或は又, 知れんお, 知れんが, 知れんでございます, 考えて, 解らないと

▼ であったよう~ (517, 1.8%)

44 に思う 4238 に思われる 36 な気 29 である 28 に記憶 17 です 1514 に見える 9 だが 7 に私 5 に自分 4 に彼 3 なところ, な気持, にも思われる, に今, に伝えられ, に思います, に思われます, に現在, に私たち, に聞い

2 [14件] であります, ですが, な意味, な記憶, にあなた, にここ, にこの, にその, に今日, に思われ, に思われた, に考えられ, に見えた, に覚え

1 [171件] じゃ, だところが, だの, だのにと, であまり, であり来訪者, でお, でございます, でした, でその, でちかごろ, でひょっとしたら, で外, で気, で義浄三蔵, なここち, なこと, なそんな, なむなしい, なわたくし, な亡くなった甥, な友人, な場合, な宇治, な形式, な心地, な感じ, な次第, な気持ち, な無かっ, な特殊, な状態, な生々, な著しい, な観, な話, な錯覚, な関係, にあの, にいっ, にいまや, にいや, におとど, におぼえ, にかれ, にきみ, にきわめて, にこ, にここの, にこれ, にさえ, にさえ思われます, にしきり, にせまい, にそれ, にそれから, にはすらり, にまた, にまばゆい, にみえる, にも取れる, にも思い, にも思えた, にも思える, にも思われた, にも考えられる, によみがえっ, にわれわれ, にイデオロギー論, にタバコ, にパリ, にブダペスト, にルーテル, にヴォージラール, に一向, に一瞬, に上野, に下松町, に不完全, に世論, に乾いた, に二人, に云わ, に云われる, に京, に今夜, に今度, に他人, に伺っ, に佐藤垢石君, に信じ切っ, に僕, に全く, に八月十四日, に内在論, に判断, に剥ぎ取られる, に取り繕う, に吉之助, に君, に問題, に噴火, に国守程度, に天井, に姉, に婦人, に存じます, に宝石, に工藝, に希望, に帝, に座敷, に当時, に彼ら, に心得, に思い出す, に思え, に思えた, に思えます, に思える, に思われだした, に思われない, に思われないで, に思われました, に思われまする, に性格, に悔いられた, に想像, に憶え, に所謂科学方法論, に文化的, に明治, に時々, に書き, に書きたて, に来るべき, に権力, に正常, に残念, に毎日, に清次, に漢字, に独立, に猜, に石原, に私達, に立派, に素子, に習慣的, に老い, に考えられる, に脊中, に臭わした, に花嫁, に芸術, に若山牧水, に落語, に蕪村, に見え, に見えます, に見ゆる, に見受けます, に記され, に語られ, に誰, に貞之助, に足利氏, に農村, に近代, に陸上競技, に順吉

▼ であった~ (370, 1.3%)

4 それに 3 私の, 私は 2 またこの, またその, もう一つ, もう一人, 今後も, 又この, 彼が, 彼としては, 彼の, 男の

1 [340件] ああいう, あいまいでも, あの時分, あるもの, ある亜米利加人, ある学校, いつでも, いつまでも, おそく帰宅, おまけに, お互いに, お君, お父さんも, かつてバーナアド・ショウ, かなり深い, こういう気持, ことによれ, ことに御子左家一派, この家, この年, こむらは, こんどの, さればとて, しかもその間, しかも武蔵, して, すぐ眼, すべての, すべては, ずいぶん甘ったるい, ぜひ今年じゅう, そういう特殊, そしてこの, そして例, そして大切, そして簡単, そして自ら, そして金属, そなた, そのあと, そのうえ彼, そのこと, そのころ, その上, その人, その人柄, その円材, その命ずる, その哀れ, その奇妙, その家臣, その後も, その志, その技術, その晩, その秘密, その精勤ぶり, その表情, その訪問者, それかって, それかと, それから髪, それが, それと, それにまたそれ, それにまた金, それに対する, それに彼, それに私たち, それほど人々, それ以前とても, とにかく相当以上, どうしてそんな, どんなに人目, どんなに収入, ひとは, ぼくにとっては, ましてだれ, ましてシネマ, またきわめてわずか, またそうした, またそこ, またそんな, またわたくし, またキャゼリン, またセリファン, またヴァローダ商会, また一家, また出来ない, また喪失, また嬉しく, また実施, また思っ, また村, また殿館, また毎日, また決して, また私, また箱, また箸, また肖であるべきだった, また自分, また親切, また記録, また近世, また銀, また非常, まだ明治気分, もうこれから後, もう一方, わたしの, アントンは, エラスムスマキアヴェリミケランジェロなどは, カビ博士も, カピも, カメラを, カモ七も, シンクレアに, ストアの, パスカルと, ビクトル, フランス語でも, ポーランド独立軍の, モティーヴが, 一つには, 一つの, 一昨日までは, 一昨日も, 三ちゃんも, 上田城の, 下痢も, 世間も, 二つ年下の, 二階も, 人が, 人気が, 人間社会の, 今また, 今富士川から, 今後の, 今日でも, 今日も, 他の, 伊勢大神宮参拝の, 佐助自身も, 何となく先, 何よりも, 信心にかけても, 俺も, 個性の, 倭文子の, 兄イワンも, 党の, 八雲様の, 公安の, 六条院にも, 其上もっと, 其他にも, 初めから, 剛情とか, 劉家も, 動坂の, 千重子は, 南隣の, 南露には, 博士は, 又その, 又哲学, 又現に, 又現にそう, 又現に最も, 口を, 同じ意味, 同時にその, 同時に昼, 呼吸が, 問題の, 因幡の, 因循姑息の, 困窮の, 国の, 国家的な, 場所も, 外には, 大分ショックを, 大正年代に, 天平と, 夫人の, 女に対する, 女の, 女房から, 妻は, 子として, 存在の, 学生に対する, 実力以外では, 実際に, 実際的, 客あしらいも, 客間では, 宮も, 宮中への, 宮廷でも, 家主であった, 富を, 将来の, 小母さんは, 山形から, 山野には, 岡邦雄氏なども, 巨匠たちと, 席も, 帰りには, 常の, 年輩も, 幸子の, 広い茶, 広陵の, 庄吉の, 彼は, 彼を, 彼女も, 彼女自身子供に, 彼自身も, 慰めに, 成田の, 捕われた三千人, 握って, 撰んだ最後, 文化の, 文学が, 文学史の, 新しいもの, 方向も, 日も, 日本にも, 日本の, 明治三十九年という, 時も, 時子は, 時局の, 晴れが, 最上甲板に, 木下杢太郎君は, 未来にも, 本土に, 本家の, 村の, 桜も, 梅雨空の, 次の, 歌の, 歌学の, 歴史的弁証法の, 殊にあれ, 殊に部屋借り, 残念でも, 民主的な, 気どって, 洋袴にも, 浅井朝倉などの, 満洲, 漁法も, 無理も, 無産階級の, 牛も, 獄中と, 現にある, 現に小説, 現在でも, 田中館愛橘先生も, 男女交際の, 畳の, 直江津から, 眉と, 眩しい程, 眸も, 着て, 知的興味を, 確信的であった, 秀吉光秀の, 私も, 稲田の, 第一, 第一失敬, 第三者に対しても, 第二, 米友は, 緊金附き, 縁側の, 美しすぎる, 老人の, 考えなければ, 肩揚げや, 自らそれを, 自分たちだけに, 自分にとっては, 自分の, 自分へ, 自分一人で, 自身に, 舅は, 芸術座の, 英文科に, 藤吉郎も, 行ったら自由, 被害者の, 西伯利から, 見たものの, 視覚も, 読者も, 誰かから, 誰とも, 謎の, 講義も, 起き抜けだ, 身体も, 近所住いの, 追い風でも, 通りかかった忠作, 連れて, 達ちゃんにとっても, 郷土には, 酔漢に, 鉄砲鍛冶の, 鎖が, 門は, 関の, 関東平野だって, 隣組の, 雑誌も, 雨の, 零細な, 青木も, 面白いもの, 頁の, 顔だち, 餘所目にも, 馬場も, 魔天を

▼ であったそう~ (277, 0.9%)

7144 です 3934 である 19 だが 7 ですが 6 でございます 5 であるが 4 で, ですから 2 だから, だけれども, でその, で勿論

1 [36件] して, じゃ, じゃが, だし, だな, であと, であります, でいま, でいろいろ, でかの, でさかん, ですね, です可哀そう, でなんとも, でもう少し, でアイボリー, でストーブのれん瓦, で与茂四郎, で使い, で土地, で夜中, で子供, で就中中条流, で従って, で思いがけない, で森林, で町, で私, で義経, で自然生活, で苦力, で西野博士, で馬鹿, ながな, なす, や

▼ であったかと~ (276, 0.9%)

49 思う 17 思われる 16 いうに 12 思うと 11 思うが 8 いうと 5 いえば 4 云えば, 申すと 3 云うこと, 思われるが, 記憶する 2 云う事, 人々は, 思いながら, 思います, 思いますが, 思う時, 思えば, 思われるの, 言うと

1 [123件] あとで, あの人, いいますと, いうが, いうので, いった, うなずいて, おのずからわかる, おのずと涙, おもう, おもうが, おもって, おもわせる, お問, お察, お思いなされる, お米, がっかりした, さらに驚かれた, すぐに, そう手軽, その時, それを, だまされた想い, また訊かれた, わたしなどは, 三歎する, 世人の, 二三日過ぎ, 云うのに, 云う昔, 云ふ, 人々が, 今に, 今思い出し, 今日大いに, 何となく懐かしい, 余は, 初めて疑い, 又右衛門は, 史蹟や, 合点し, 善に, 多年の, 嬉しく懐しく心, 存じますある, 察しられる, 察せられるの, 尋ねたところが, 局は, 幽かに, 彼は, 微笑を, 心づいたこと, 思いますね, 思います顔, 思いやります, 思い直して, 思うその, 思うの, 思う千駄, 思う痕跡, 思う若い, 思える, 思ったと, 思ったの, 思ったり, 思った所, 思って, 思わせること, 思わるる, 思わるるであろうが, 思われすくなくとも, 思われたの, 思われます, 思われますに, 思われること, 思われるこの, 思われるほど, 思われる短歌, 思われる青年文学雑誌, 悲しんだ, 感じる程, 推察し, 推察する, 推量される, 気づかざるを, 気づくと, 気を, 溝口を, 申しまするならば, 申せば, 痛感し, 知った退屈男, 石川は, 私は, 私も, 総身から, 義貞は, 老先生, 考えて, 考えましたから, 考えられる, 考える, 聞かれると, 胸は, 若いもの, 落胆する, 見えて, 覚えて, 覚ゆ, 覚るの, 言うこと, 言えば, 訊いて, 記憶し, 記憶します, 謂って, 近江屋の, 追想あそばされる, 長大息する, 驚きそぞろ, 驚歎は

▼ であったもの~ (213, 0.7%)

11 ですから 7 だから, を 54 が後, と見える 3 が今, らしい

2 [20件] か, が, がここ, がこの, がその, がただ, がだんだん, が今や, が次第に, である, であろう, でも, と察せられる, と思われます, と思われる, と私, と考え, と見えます, のよう, はない

1 [129件] かこいさん, かしれない, かたじたじ, かと思われる, かなお, かはっきり, かもしれない, からエタ, から大衆, から早く, か遠く, があらゆる, がある, がいつの間にか, がかえってほとんど, がことに, がさしたる, がすべて彼女, がたいてい, がたった, がはなはだ, がようやく, がより, がコーヘン, が一二尺, が一銭五リ, が二十五円, が人間, が今ここ, が今日, が今日明日, が他方, が仮, が何, が何故, が六円, が前者, が十七円, が十六世紀以来今日, が博士, が反対, が大量生産, が失敗, が後々専門, が後に, が後世, が後代, が急, が新しく, が新た, が本年初め, が河, が瘢痕, が癒着, が相当, が石造, が穿去, が維新後, が落伍者, が蘇り, が誰, が資本的自己企業, が赤, が逆, が過去, が道, が集団的関連, が非常, が音変化, が飛鳥, こそファシスト, じゃによってこれ, たまったもの, だそう, だろうその, です, では, でもっと, で不動, で水, といっ, とおもわれる, としてより, として郷党家族, と判断, と思う, と思っ, と想われる, と想像, と推算, と考えられる, と見え, と解すべきである, と解せられる, ならば, には昨日, にめぐり会えない, に果して, に相違, の中, はこの, はフロイト主義, はマ行音, は今, は地券, は科学, ばかりが今, への報復的アナーキー, までもその, も今, も共同, も家, も年月, をこまかく, をそれ, をと家臣たち, をと彼, をと思う, をと松島さん, をやっ, を二十円, を吉原, を埋め立て, を家康, を尊氏, を当の, を数える, を破壊, を閉じ

▼ であったため~ (210, 0.7%)

5 にその 3 であろう, にこの, にそういう

2 [11件] かも知れない, である, ではない, でもあろう, にいろいろ, にそこ, によく, に今日, に後, に日本, に特に

1 [174件] いって, おのずから言葉使い, かあるいは, かえってつい十年, かその, かそのまま, かその大きな, かそれとも, かと思う, かリンカーン, か五色ヶ原, か先輩, か内藤家, か団十郎, か嵐, か廻り道, か新聞, か樹, か私, か若手, か長崎, こういう結果, しもあるで, すぐさま医員, その学問, その日, その生活, その縁, それから又決して, たちまち堤防, たちまち魏軍, たぶん今日, だ, だと, だろう, つい食べ過ぎた, であります, であると, でこれ, です, でつまり, ではなかろう, ではなく, とおもわれる, とても大事, と思います, どうしても松虫草, なの, に, にあまり, にかえって, にかく, にかひとり, にきわめて, にこういう, にこうして, にこれぞ, にし, にすぐ, にそう, にそして, にそれ, にそれだけ, につい, にとうとう, にひどく, にふっと, にまた, にまだ, にまったく, にもいろいろ, にやせ, にやや, にブラームス, に一種, に七兵衛, に人々, に今, に今に, に他, に何ら, に余得, に依然として, に価格, に全て, に兩親, に出席, に切れた, に助かり, に厭世的, に各, に同じ, に同僚たち, に営業所長, に多く, に大, に大学, に天然, に女, に家, に引付け, に彼, に彼ら, に彼女, に忽ち, に思想的, に我慢, に或いは, に戦争, に拘禁, に探偵小説, に政府, に時人, に暗かっ, に本尊, に枯れ, に欧洲大陸, に正, に正月, に死体, に民主主義革命そのもの, に泣いた, に無意識, に爰, に父, に物理学, に男やもめ, に男子人口, に異国, に知らず, に私, に自分, に自然科学, に芸一筋, に芸事, に英蘭銀行その他すべて, に菊一, に葬式, に薫中将, に被害, に裁判所, に起った, に軌, に通貨, に選者たる, に金, に鉗子, に長男, に随分, に音, に飛ん, に鳥渡, ばかりで, またし, またはよく, もあろう, もっぱら信長, 一層彼等, 丁度その, 大いに伝播, 大きなすいか, 少しも, 待ち設けなかった御来光, 早くから山, 殆ど一般, 甚だ不愉快, 痩せるまでの, 絶えずそれ, 若いうち, 謂わば, 遂にその, 遂には, 遂に勇, 遂に思い切っ

▼ であったのに~ (194, 0.7%)

11 反して 5 それが 3 今度は, 今日は 2 これは, その上, 今は, 今度の, 気が, 私は

1 [160件] ああいう, いざ曠野, いったい何, いったい何処, いつか温い, いつしか空いっぱい, いろいろわかり, おとなしい中, おまけに, お萩は, こういう凄惨, このよう, この山地, この旧, この書物, この頃, この駒井, こんどは, こんなこと, さてこうしてその, さて電燈, しかしこの, そちらへ, そのチョッキ, その必然的, その最初, その笞, その褒美, その跪坐低頭, それでもその, それも, それを, そんな過失, だんだんそれ, ちがいない, とうとう欠席, とかく病気, どうした, どうして最後, どうして男勝り, なぜそれ, なにげなく抛った, なんで吉野, にわかに工場, ひどく永い, まして今夜, まして彼女, まだきれい, まったくあべこべ, もう午, ゆうべからは, わたしの, エエ残念とも, ゴーリキイは, タッタ一つその, パリへ, フランス革命以後, フリッシュアイゼン・ケーラーの, ヘーゲルは, ロンドンの, 一九四一年には, 一日に, 一途に, 上京以来本家が, 不収穫, 不良少年じみた, 二の丸三の丸の, 二人とも, 二度目に, 人情も, 人手は, 今こうして, 今と, 今に, 今まで, 今も, 今や団菊, 今年は, 今踊っ, 伊東の, 伸子は, 何と可笑しい, 何も, 先生は, 免状は, 刺戟された, 力を, 去って, 又五郎が, 又同じ, 反しキリスト教, 同訓相, 唖然として, 商売も, 図らずも, 地震国防は, 如何にも仰山, 妻女は, 子供に, 学生として, 安心し, 寛文五年に, 小栗は, 少し快い, 巴郡を, 帝に, 当時の, 後から, 後代の, 徴し, 思いも, 思い切って, 息子が, 惜しいこと, 或る, 故郷が, 数週間か, 斎藤兵部という, 新政府, 早池峰山が, 昭和十三年には, 是を, 更に仏, 朕が, 殉死しなかった, 流離より, 消えて, 照応し, 狩尾博士は, 猪口の, 皆から, 目を, 相生さんは, 相談は, 相違ありません, 相違ない, 祖母は, 私一人が, 科学の, 突如死, 突然こうして, 素子は, 経歴と, 結果として, 自分は, 荒法師たちが, 蟇口を, 行く手が, 行けなかったので, 訣別しなく, 近ごろは, 近代の, 運命が, 道具を, 違いあるまい, 違いない, 長束が, 露八は, 驚ろかされた, 鶴の

▼ であった~ (166, 0.6%)

3 が知られる, は前

2 [13件] が想像, にまちがい, に気がついた, は今, は勿論, は申す, は疑い, を忘れ, を思い出し, を思い出す, を想い廻らし, を発見, を知っ

1 [134件] か, から帰り, がその後, がわかっ, がわかります, がわかる, がナポレオン, が今, が余輩, が分った, が分りまし, が分る, が初めて, が十分諒解, が地図, が容易く, が後, が後で, が明白, が明確ゆえ, が極めて, が碑文, が解った, が論ぜられ, が間もなく, そして又夫人, だけは疑い, だけを知った, であります, である, です, で立会人, と, と察せられる, なぞがおぼろ, なぞは疾く, などによって明, などは全く, なども素晴らしい, などを見る, になるだろう, には異議, にまで気が付い, に始めて, に心づいた, に気付かず, に気附, に言及, に頷かなけれ, は, はあなた, はこの, はそれほど, はどうしても, はやはり, は一, は一層, は上述, は事柄, は云う, は今さら, は前回, は大体, は察しられる, は後, は恰も, は旅順, は既に, は温かい, は無論, は疑われぬ, は皆様, は確か, は翁, は自ら病気, は言う, は誰, は首肯, までも述べた, もあろう, も事実, も冒頭, も勿論, も周知, も察せられた, も思い出した, も知っ, も諍, や嘗つて私, よ, よりも燈下, を, をずっと, をただいま, をどういう, をも見, を了解, を人々, を何故, を力説, を同, を売, を尽きない, を彼女, を思い出した, を思い遣っ, を思う, を恥じる, を想像, を推し隠し, を断言, を暴露, を残念, を物語るであろう, を白状, を知った, を知らせる, を知らない, を知りました, を知る, を確め, を示した, を立証, を考えず, を考慮, を自ら, を自覚, を見た, を見落し, を覚え, を証拠立て, を証明, を認めた, を述べ

▼ であったけれども~ (156, 0.5%)

3 私は 2 それが, 人に, 人間の, 彼らの, 自分の

1 [143件] あの灰色, あまりに驚い, いつもの, お嫁さん, お目にかかれば, かなり丈夫, この場合, この時, この時の, この行列, この頃, これを, しかし働く, しかも尚, そうしなけれ, そこでひとまず, そこまで, そのため, そのスター振り, その中, その主従, その値段, その前世, その効果, その延期, その後夷族再び, その性質, その根拠, その翌年ドイツ, その道義心, その頃, それから以後, それではやはり, それでもす, それは, それを, つい気分, では, とても落ちつき, とにかく一応の, とにかく台所, みんなの, もともと特別, やっぱりこれ, やはり上下, わたしたち女の, シナ文化シナ思想との, ムク犬の, ロンドンの, 一八六四年デンマーク戦争には, 一座の, 一方から, 一方では, 一方労働者, 一歩々々思う, 一見した, 世の中に, 世俗の, 二つの, 今は, 今年の, 今度は, 今日でも, 仔細に, 何と, 何となく気, 佳人の, 兎も, 別に活用, 勉強とは, 十九ぐらいの, 右大将定国式部大輔菅根など, 同時に男, 四人目と, 坊主の, 大いにこの, 大きさ, 大概の, 学問と, 学校が, 定家に, 実際あの, 小普請入に, 山田の, 己の, 師命背き, 幾分か, 当時の, 彼女の, 待遇法を, 後の, 後進の, 心澄み, 思いとどまった, 恵心僧都が, 情に, 惟念の, 感情教育の, 我慢し, 手当が, 日本の, 明治の, 星田に対する, 時には一面, 普通の, 暁を, 本質では, 村では, 来客謝絶は, 東西の, 板の, 格別面白い, 橘町の, 次から, 気位の, 汐田には, 決してお松, 法師丸は, 消えかかる過去, 滋幹に, 特に佐助, 現実の, 田舎の, 病気を, 米搗きは, 美沢が, 脊柱の, 若い女同志, 苦界という, 行者との, 誠実だけは, 読んで, 足もとばかり, 身丈は, 軍隊の, 迎えら, 近衛家の, 近頃急, 金五郎は, 鋭どい, 長兄の, 長官の, 顔は

▼ であったかを~ (147, 0.5%)

8 知って 3 私は, 語って 2 はっきりと, 感ずる筈, 明らかに, 示して, 示すもの, 覚えて, 証明し, 語る

1 [117件] ある程度までは, いささか知り得る, かなりよく示され, きわめて簡単, ここで, そぞろに, その日記, ただの, はっきりし, よくご, よく示し, よく示す, われわれは, 云うまでも, 今こそ, 今より, 今更感ずる, 保証する, 区別しよう, 十分想像するだろう, 反省おさせする, 反省する, 吾, 吾人は, 告白しないなら, 問題に, 夢にも, 実証し, 実際に, 宮様に, 少しでも, 彼は, 心の, 忘れたが, 忘れて, 忘れては, 忘れるに, 思いだして, 思いみる人, 思いやられて, 思い出した, 思い出して, 思い出し得ない, 思い出せば, 思い出そうと, 思い起こせば, 思う, 思うから, 思うては, 思うとき, 思えば, 思わずには, 恥じなければ, 想像させる, 想像し, 想起すれ, 感じた, 憶い出そう, 明らさまに, 極めて雄弁, 気付かれた筈, 気付くと, 気附くであろう, 洩らして, 深く深く反省, 物語って, 物語るべく波形, 狡智によって, 現状の, 理解し, 発見し, 知った淋し, 知らした, 知らない, 知らないが, 知らないという, 知らない女たち, 知るとともに, 知ると共に, 研究し, 確かめる事, 示す, 示すに, 秘密に, 第一義に, 簡単には, 編集し, 美しい文章, 考え, 考えたならば, 考えたら雀, 考えて, 考えなお, 考えること, 考えると, 考え合わせ私, 聞いて, 見ること, 見当づける, 見逃すこと, 覚らせられて, 解くこと, 証明した, 証明する, 詳に, 詳らかに, 詳細に, 語らないもの, 説くべきであろう, 説明する, 説明申した, 誰よりも, 質問した, 述べたつもり, 述べ蔵書, 間違えると, 静かに

▼ であったかは~ (135, 0.5%)

4 わからない 3 知らないが 2 これを, わからないが, 今では, 分らない, 容易に, 後に, 明らかでない, 知る由, 自分には, 遺憾ながら

1 [108件] あとで, あとに, いうに, いまは, おおよそ右, くだくだしく説く, こういう雨乞い, ここで, この, この一事, この作品, これで, さて措い, しばらくだれ, しばらく別, すぐ聞い, ずっと後, その後いろいろ, その顔色, それから, たしかには, ただ余りにも, とにかく放棄, ともかくとして, はっきりしない, ほんの一部, まだよく分らない, まもなくわかる, むろんわからなかった, むろん誰, もとよりこれ, よく分らない, わからないけれども, わからなかったよう, イタリア, キャザリン・エドウスが, チェホフが, 一向明らか, 不明だ, 五年の, 今これを, 今に, 今は, 今日でも, 今私の, 伝説化したる, 別の, 勝家と共に, 同じよう, 周知の, 問いも, 大凡想像が, 女の, 小町大路, 庭の, 当日の, 当時も, 当時彼女を, 当時心ある, 彼が, 彼女の, 彼自らにも, 彼自身も, 後には, 後年観世流を, 御想像, 御承知, 忘れて, 急には, 想像し, 想像に, 改めて云う, 断定し得ぬ, 旅で, 是からの, 最早語る, 本人たち以外には, 漸くお, 現実の, 疑問である, 的確に, 直ぐ正体, 知らぬ, 知らぬが, 知ること, 知れなかった, 神より, 私は, 統計的に, 自ずから察し, 自分にも, 自然に, 西洋の, 覚えて, 覚えない, 解らないが, 記してないが, 詳しく記憶, 説明する, 読者の, 読者諸君の, 誰にでも, 誰にも, 誰ひとり, 諸君が, 遽かに, 間もなく読者, 黒船から

▼ であったとは~ (133, 0.5%)

4 思えない, 思われない, 誰も 3 いえない 2 いえなかった, 云えない, 後に, 思わない, 言えない

1 [108件] いいながら, いえあの, いえその, いえそれ自身, いえないから, いえないが, いえぬけれど, いえみな空中, いえ彼, いえ後, いえ恋, いえ手練, いえ朝野, いえ決して, いえ珍しい, いえ白雲, いえ親, いえ近ごろ, いえ随分, いかに家屋, いっても, うけとり難い, うけ取れない, うなずかれるが, うろ覚えに, この羊歯, これ国史の, さてさて浮世, とうてい言いえない, どうしても思えなかった, どうしても思われない, どうも考え, なんという, ほとんど自分自身, まことに奇縁, みえて, もちろん言わぬ, もちろん言われない, ドウし, 一概にいう, 主張しません, 云え, 云えいつしか, 云えしびれる様, 云えないしまた, 云え今, 云え充足, 云え天保年間, 云え夫, 云え要するに, 云われない, 今日の, 今日はじめて, 信ぜられぬ, 先ず最初, 全く思い, 写真で, 到底思われぬ, 博士の, 古くからの, 国舅の, 岡鬼太郎さんの, 平次も, 後でこそ, 思いたくない, 思うが, 思って, 思わなかった, 思わぬという, 思われないもの, 思われぬ, 思われぬの, 思われますが, 情けなし, 正香にとっても, 残念千万, 決していえない, 決していえなかった, 決して云わない, 決して思えない, 決して推論, 決して考えぬ, 流石に, 異って, 知ったが, 知らなかったもん, 純潔女史の, 考えたくないほど, 考えない, 考えませぬ, 考えられない, 考えられません, 考えられるが, 自分が, 見る人, 言いながら, 言えぬの, 言えませぬが, 言えもはや, 言える, 言えマリユス, 言え各自, 言え必ずしも, 言え時として, 言え芸術家, 言っても, 違って, 驚いた

▼ であったけれど~ (123, 0.4%)

3 彼は 2 それが, それよりも, 幸いに, 彼女は

1 [112件] あの有名, あまりたびたびテレビジョン, いつ役人, いまでは, いわゆる仲之町, おまえが, お絹, お通, けっこう仕事, こうしてひとり, こう言っ, この男, この能登守, この騒ぎ, これでは, これほどの, しかしそれ, しかしながら遍歴, そうしっかと極められ, そうしてぶらぶら, そこには, そこへ, そのあつい, その下, その場合私, その変, その女, その帆村, その広汎, その時, その狂愛, その著書, その鼻, それでも俳諧, それなりに, それは, それらの, そんなこと, そんな異常, たがい, だれひとりとして, とうとうお, どうかする, なおそれ, なにか指摘, なんに, ふらついて, やはりこの, コルセットの, トロ族の, フィリップ王の, ルルの, 三木武吉の, 世間の, 並んで, 久しく夫, 九太は, 今の, 今向きつけ, 今度は, 今朝それを, 他の, 伊代の, 佐々記者は, 何処と, 保一くんの, 兄や, 出て, 切り戸から, 北鳴, 十三人の, 口実を, 古着屋の, 吟味に, 外観に, 官庁の, 家の, 寄る年波, 小役人や, 師の, 当家へ, 彼の, 彼女には, 思いやりの, 怪人物の, 惜むらく, 我々を, 折悪しく, 新宮の, 杢平牛と, 来客謝絶の, 極めて優れた, 槽中の, 横手に, 正吉には, 武士共の, 民子の, 海ン中だの, 火星人の, 画の, 秋に, 竜之, 老人は, 見て, 見違えるほど, 詩人で, 課長は, 近くなれ, 雨は, 頭は, 顔色の, BBC管下の

▼ であったとしても~ (123, 0.4%)

4 それが, それは 2 そのため, その子孫, 今の

1 [109件] ああ何, あいつが, いきなりそれ, いつのまにか又, いやちがった, いろいろな, おそらくそれ, こういう画, この客間, この窓, この精神, この話, これまでの, これを, これ以上の, こんなに忌, そういった悪魔的, そこには, その人達, その加工, その意味, その新しく, その父, その職業上, その背後, その自殺, その部下, それなら, それには, それ以上多くを, そんなこと, つとに臣籍, ですよ, とにかく自主的, とにかく量的個別性, どうも喜助, なお且つ, なお深く, なんの, また美, もうすでにこの, もし実行, もっと実際に, もともと, もともと同, やがて過ぎ去っ, やはり, やはり残額, よもこれ, われわれは, イタリアにおける, 一度も, 一時も, 上野介は, 人間の, 人間一人の, 他国へ, 僕は, 全く一時, 其は, 到底私, 動物の, 単に反, 又国民, 同意を, 唯その, 四人の, 地蔵さんである, 声は, 多少形体, 大丈夫です, 大体において, 実感として, 宮岡警部は, 尋常と, 小亜細亜, 少し酷, 当然であろう, 彼が, 彼は, 悪口ずき, 慕う方, 或る, 房枝は, 数百年間この, 是が, 正しく深い, 正に悔悟, 死と, 殺人の, 毎夜現れ, 狸の, 理窟だけは, 白髪の, 私の, 私は, 立場の, 第二, 答弁の, 耀き出さずには, 西瓜を, 見そこなう心配, 見てくれの, 証拠の, 語中には, 資本主義化され, 近代日本女性の, 遺骸に, 雀追い

▼ であったかという~ (105, 0.4%)

24 ことは 19 ことを 5 ことについて 4 ことが, ことに, ことも, 事は 3 ような 2 ことその, ことであった, ことにも, 事を

1 [30件] ことさえ, ことだけでも, ことだけは, ことである, ことと, ことにすらも, ことについては, ことのみ, ことのみが, ことへの, ように, 一つの, 一例が, 一例を, 事だけは, 事である, 事よりも, 事実と, 事実までを, 事実も, 問題が, 想像が, 断言は, 方面階級全体としての, 歴史について, 深い感動, 点である, 発見も, 記述に, 謎です

▼ であったとも~ (96, 0.3%)

4 いえる, いえるの, 考えられる 3 いう, いえるであろう, 云える, 言われて 2 いわれて, 云う, 伝えられて, 思われないが, 思われる, 申します, 考えられるよう, 言える

1 [56件] いいその, いいそれで, いいますが, いい又, いい得られよう, いう真偽, いえば, いえよう, いえるが, いえるし, いえるでしょう, いって, チンバであった, 三十幾人かの, 両説, 云い得る, 云うこと, 云えますが, 云えるだろう, 云った, 云われる, 伝えられ二説確定, 告げ, 報告され, 宮は, 思い出す由, 思った, 思われた, 推測される, 片足神だった, 率直に, 申せる, 笑わせる, 考えうるが, 考えられるが, 考えられるの, 聞いた, 見えないし, 見られなくは, 見られる, 言いうるが, 言いこの世, 言い人, 言い得られる, 言うまい, 言えるし, 言えるであろう, 言えるでしょう, 言えるの, 言わるる, 言われぬ, 言われよう, 言われる, 言われショパン, 貞盛は, 速断が

▼ であったところ~ (94, 0.3%)

3 の, のもの 2 だ, の老

1 [84件] から, からし, からただちに, からも見のがせない, から一段と, から予備少尉, から人間自身, から今に, から仲間, から侮辱, から公事訴訟一つ, から唐, から容易, から従って, から思いつい, から愁嘆場, から推す, から昔, から最上義光, から母, から自ら飛沢, から自分, から葉子, から議論, から金, が一寸手, が千何百町歩, が又, が意外, が要するに, さえある, その男, たまたま御, だけに視点, でその, でそれ, でとめといた, で事件, で仏様, で光秀そのもの, で木小屋, で極刑, で隊長, にはしなく, にもぎっしり, に六箇, に周囲二キロ, に定家, に独行道二十一章, に知らぬ, に納まる, のいろいろ, のこの, のナオミ, のバビロン, の動物, の士族, の大金, の平民, の平田, の意識, の明治二十年ごろ, の柔, の柳, の楠先生, の比露子夫人, の泉石, の神謡, の神谷定令, の絵, の資本独占, の追懐, はすべて, へその, へちょうど, へ搗, へ日本品, もある, をぬけ, を思う, を拓いた, を無理, を美しい, を見

▼ であったわけ~ (74, 0.3%)

1712 である 10 では 9 です 8 だが 3 であります 2 ですが, なの

1 [11件] がまざまざ, だし, だよ, であと, でありしたがってまた, でした, でそれ, でも, で光りを, で教祖, なん

▼ であった~ (73, 0.2%)

3 の母 2 としてはマー私, には人間, の父, は大きく, は時々

1 [60件] がいたく, がお, がおお, がかけつけました, がそれから, が小説, が彼, が未見, が村住い, が母, が縦, が選んだ, が高村幸吉, と七ツ, にとって自然, にはそれ, にはそんな, に最後, に談, のあやまち, の一族, の亡兄丈太郎, の前, の後, の心, の為, の目, の足もと, の顔, はかまわず, はこの, はそれ, はとうとう, はどう, はほんの, はもう, はフト, は一, は何, は何だか, は夏休み, は夜, は夢中, は大きい, は大阪, は学問, は寧ろ, は彼, は悪人, は物心, は自分, は苦笑, は足掛け五年, は随分, は驚い, もこう, も逢いとう, を今, を訪ね, を連れ

▼ であったその~ (70, 0.2%)

2 人の, 姿の

1 [66件] お侍さん, ころ彼は, ために, ロマンティシズムを, 上検校が, 上逆光線の, 中でも, 人が, 人も, 伯母は, 先輩に, 公園ビヤン・ナシオナルは, 剣は, 剣客の, 古機械, 哲学の, 商売も, 善思想という, 噂が, 報いで, 報いな, 声が, 夜中の, 女が, 子の, 家へ, 家を, 家庭で, 席は, 店には, 建物の, 影響とともに, 彼自身の, 悲しむべき光景, 意味に, 手つきが, 才能と, 新聞を, 方が, 日も, 時に, 時の, 時代から, 時代の, 時分であったら, 朝彼は, 樫は, 深手を, 準備と, 火焔の, 父母として, 男からは, 眼に, 祖母は, 箱も, 罪すべてそれらの, 老人は, 興行的成功は, 製造能力は, 通りに, 金庫を, 限りに, 青年は, 顔は, 髪の毛も, 鼻の

▼ であっただけに~ (65, 0.2%)

3 私は

1 [62件] あきらめきれないもの, あらかじめ今日, いちばんおとなしい, いっそうその, おしもと, かれが, こうなった, ここへ, この結末, すぐにも, そのびっくり, そのニュース, その存在, その旨, その結果, ちょうどそれ, どんなに日本的, なおのことそれが, なかなか希望, やはり彼, やや露骨, チットも, マンを, 一つも, 一層彼女, 世間の, 之亦, 今でも, 今の, 何でも, 係官たちは, 信長の, 借りる方, 入場料の, 刺激が, 土着民は, 外国の, 大変あたしを, 幕府の, 彼等には, 忍剣の, 忽然たる, 恐らく五十万ルーブリ, 感心に, 手痛かった, 木工金工に, 板倉重宗が, 楳嶺先生の, 極めて厳粛, 横川とは, 毎日悲し, 洋髪にも, 源之助が, 物の, 益々深く, 矍鑠として, 罵られるの, 葉子の, 著者の, 衰えた今, 頭から, 養子では

▼ であった時代~ (65, 0.2%)

2 である, もある

1 [61件] かも知れぬ, からこれ, があった, があまり, がある, が恥ずかしく, が日本, が確か, が続い, が続いた, が過ぎ, であったから, というの, とはまったく, とは違います, と共に早く, と同じ, においては太閤, において原子, にその, には, にはあの, には多く, には是, には自己, にサマイクル, に体験, に八幡楼, に平中, に書かれた, に書上げ, に比較, に脳, に花袋門下, に警視庁, に遠く, のもの, の友だち, の懐かしい, の産物, の祖先ら, の私, の織田重臣, の運動, の遺物, の面影, はすぎた, はとうに, はよく, はプロレタリア文学史, は国民性, は既に, は相応, は過ぎ, は過ぎ去った, は鎌倉時代, も一度, も今, を想像, を起源, 特に封建時代

▼ であったにも~ (64, 0.2%)

3 拘らず 2 かかわらずその, かかわらず彼, 拘らずその

1 [55件] かかわらず, かかわらずいかん, かかわらずこの, かかわらずこのごろ, かかわらずそれ, かかわらずわたし, かかわらず二人, かかわらず今, かかわらず命, かかわらず哀れ, かかわらず奪い合い, かかわらず家庭, かかわらず山海関, かかわらず幾らか, かかわらず当時, かかわらず方位, かかわらず東方アジア, かかわらず極めて, かかわらず死ぬまで, かかわらず比較的, かかわらず私, かかわらず自分, かかわらず金五郎, かかわらず長崎地方, しろもう二度と, しろ私, せよ, せよこれ, せよそれでも, せよ彼, せよ我々, せよ農人, 不拘, 係わらず無くならないうち, 拘らずあたり, 拘らずここ, 拘らずどういう, 拘らずシャツ, 拘らずバークレー, 拘らずプロレタリア, 拘らず二ツ, 拘らず充分, 拘らず同時に, 拘らず小説, 拘らず来て, 拘らず海賊ども, 拘らず私, 拘らず第, 拘らず美しい, 拘らず翁, 拘わらず一方, 拘わらず世, 拘わらず探偵小説, 拘わらず散々, 拘わらず玉

▼ であった~ (62, 0.2%)

2 は晩年

1 [60件] がいつか生存適応者, がすこぶる, がその, がちょうど, がどうして, がメンシェヴィキ, が後年ほんとう, が若い, が顔, とは別人, にはひと山, のお祖父さん, のこの, のその, のニヒリズム, の体験, の姿, の嫂, の家庭, の容貌, の市郎, の徹底的, の手, の泣く, の焼物, の父方, の目, の眼, の笑い声, の結婚生活, の習性, の虐政, の誰, の青年時代, はうしろ, はこう, はそれ, はそんな, はとうとう, はスウィス, は一八七九年, は丈夫, は今, は今や, は再び, は十六七, は叔母, は同じ, は大津絵, は思わず, は日記, は段階説, は現在, は病床, は競争者, は美的, は自分, もソヴェト農業, も頗る, やモリス

▼ であった~ (62, 0.2%)

2 の事, はどっち

1 [58件] からこの, からすでに, から嗜虐的, から朱雀院, とそのままそっくり, と同じ, と異, など私, においてマルサス, にはいつも, にはお, にはちょっと, にはもっぱら, にはよくこう, には全, には思い入り, には極まり, には私, には遊ぶ, に前途, に困るであろう, に或, に戦, に時, に法然, に疑問, に谷中村方, に身, に逢う, に際し, のつつまし, のまま, のよう, の余り感心, の友人, の名, の御名, の心理状態, の物語, の百合子, の義務, の記憶, の話, の調査, はその, は今日, は兵, は甲, も十年不敗, も源氏, よりもずっと, よりもそんな, よりも更に, よりも相手, わすれも, 即ちアルヴォル, 我が父, 或日公判

▼ であったこの~ (60, 0.2%)

2 上も, 老人は

1 [56件] あたりに, うえも, お城, お美しい, なあー, 一日の, 一行に, 主教が, 二つの, 五年の, 人々も, 人が, 人気を, 作家の, 内容選択までが, 前は, 名高い関所道, 哲学者でも, 地方では, 声量美声表情の, 外に, 女だけを, 婿君を, 家も, 小川の, 尺八の, 岩角の, 市は, 教会を, 日は, 時は, 木が, 村では, 東北地方に, 混合物は, 物質の, 独特な, 甥に対し, 男が, 男には, 男の, 神は, 積極的新, 立派な, 笠松街道も, 節度という, 自分と, 要求が, 言葉も, 赤い雛壇, 辺一体の, 野郎は, 防寨は, 雑誌を, 鬼神は, 鳥は

▼ であったばかり~ (53, 0.2%)

9 では 2 でなくまた, でなくシューマン

1 [40件] でなくかの, でなくこの, でなくそこ, でなくそんな, でなくドイツ, でなくマルクス・エンゲルス, でなく一種, でなく一般, でなく上級船員, でなく世間, でなく事実, でなく何ん, でなく作者自身, でなく共に, でなく地域, でなく女, でなく娘, でなく婦人問題, でなく彼女, でなく後日, でなく心から, でなく性生活そのもの, でなく戦後, でなく文壇, でなく日本, でなく毎日毎日手入れ, でなく江戸城内, でなく河原, でなく狼藉, でなく現世時代, でなく石井, でなく老, でなく腕, でなく英雄中, でなく蘭学者, でなく血, でなく転調, でなく非常, でなし, でも

▼ であった~ (51, 0.2%)

13 だ, である 4 だが 3 であるから 2 です, はない

1 [14件] だから, だがと, だのに, であります, でこう, なの, なのに, のお伽噺, のもっと, のジード, のヤッコ, の土師人, の彼ら, の術道

▼ であったはず~ (48, 0.2%)

10 である 72 じゃ, だから, だが, だと, であること, です, では, はない

1 [15件] がありません, じゃ頼母, だという, でありしからざれば, でありそして, であります, であるが, であると, であろうが, でそうして, でそれ, のところ, の二人, の者, 思いつくはず

▼ であった~ (46, 0.2%)

2 の性格

1 [44件] から何ら, がこの, がしじゅうこう, がなぜ, がふとした, が導い, が小説, が情報局, が源空, が自分たち妻, だとて, であるから, でした, です, で今度貴女, と別れた, と結婚, と逢う, に永沼小一郎, に親, の中, の事, の場合, の境遇, の多い, の女, の遺児, の面影, はあまりに, はなかっ, は前, は受, は死んだ, は特別, は芸術家, は記者, もあろう, もねえ, もまた, も今, も代々, も将来妻, らしい, を教

▼ であったかが~ (44, 0.2%)

7 わかる 2 しかつめらしく咳一咳, 想像される

1 [33件] うかがわれる, おもしろい問題, おわかり, よく分る, わかると, 充分に, 分ります, 分るよう, 判って, 判りましょう, 判るが, 問題では, 問題に, 察しられる, 察せられましょう, 察せられるだろう, 思いやられる, 思われるの, 想像されるだろう, 想像されるで, 想像されるであろう, 想像出来るであろう, 感じられた, 推測されよう, 推量される, 疑問として, 知られよう, 知れないの, 窺われる, 腹を, 解るだろう, 訳して, 読みとれるの

▼ であったかの~ (43, 0.1%)

12 ように 4 ような 2 ようにも, 証拠を

1 [23件] いずれかに, お嬢様が, ごとくぼかして, ごとく一部, ごとく手足, ようだ, ようにしか, ルカッチは, 判断, 友と, 売店へ, 夕方に, 奈良朝時代において, 女等が, 如く観察せられる, 山屋敷の, 店前に, 感を, 有名な, 第一, 花やかな, 観が, 逆袈裟がけ辻斬り

▼ であったとか~ (42, 0.1%)

3 いって 2 いうので, 彼の

1 [35件] あるいはまた箪笥, あるいは八丈島, あるいは祖父母, あるいは親戚, おもしろく無かった, こう考えたらしい, その他いろんな, その実, ついには, で家並, で自分, どれも, なかった, またある, ヘタであった, 一昨日墨堤を, 不軌を, 云うが, 云うよう, 云うデ, 他人の, 博徒の, 口々に, 土蔵に, 大事に, 天皇と, 夫が, 彼は, 思いも, 思って, 申します, 研究の, 聞いて, 聞きました, 饗庭篁村氏の

▼ であった~ (42, 0.1%)

1 [42件] ある正月, いかなる拷問, からおよそ, からすでに, から其池, から教授, その部下, だ, ですが, と今日, ならそうした, にある, にお前, にでき上った, には一町毎, には五人, には国王, には少なくも, には山内, には方八町, には水草, には自分, にも其明眼, に丹後, のこと, のよう, の一主婦, の感覚, の様, の私, の立派, の立身出世, の筆生, の若木, の記憶, の誤り, の風俗, はテューヌ団, は確か, 同藩, 多分読売新聞, 或る

▼ であった~ (41, 0.1%)

7 です 4 だろう 3 だが 2 だ, だと, ですが, や, やけど, やさかい

1 [15件] じゃありません, じゃフランボー君, だから, だけれども, だなと, だねえ, だろうと, だろうに, ですか, ですから, ですけれど, ですって, ですわ, やが, やも知れん

▼ であった場合~ (41, 0.1%)

3 にはどう

1 [38件] がない, が多い, が多かっ, だ, でなくては, とで又, と男性, どうしてこんな, にお, にこれ, にその, にはその, にはそれ, にはどんなに, には何, には何もかも, には其印象, には必ず, には田中家, には疑い, には筆, には簡単, にもです, に私, に限っ, はせっかく, はなく, はまた, は世間体, は大変, は華頂氏, も不賛成, も多い, も多かっ, も多く, を予想, を考え, 又況ん

▼ であったには~ (38, 0.1%)

22 相違ない 6 違いない 3 ちがいない 1 ちがいなかった, むっとし, 疑無い, 相違ありません, 私も, 限らぬ, 驚いた

▼ であったせい~ (35, 0.1%)

5 もあろう 2 である

1 [28件] か, かここ数日, かごく, かもしれぬ, かピオ, か乾物, か今度, か出産, か左, か既に, か次郎, か毎回非常, か灯, か燃えあがる, か翌日, か長い, か電話, だ, であろうか, であろうが, でも, でもあったろう, で火の手, は勿論, もあり, もある, もあるだろう, も多少

▼ であったとの~ (35, 0.1%)

8 こと 6 事である 3 ことである

1 [18件] ことだ, ことであった, ことです, ことは, ために, 事だ, 事であった, 事を, 事実が, 故障を, 旧説, 確信を, 証拠には, 話も, 話を, 説が, 説と, 説も

▼ であった自分~ (29, 0.1%)

1 [29件] から転げ落ち, がさらに, がそんなに, が手, としては最初, と先生, などという何, にいい, に話された, のまた, の一身, の信頼, の扮装, の昔, の書斎, の若い, はこの, はそこ, は少し, は故人, は良人, もこの, もその, も紙鳶, を医師, を懐いだした, を発見, を苦しめた, 亦これ

▼ であった~ (28, 0.1%)

1 [28件] かなと, たまの, とうさま, とらと, とらは, 人が, 俊を, 内儀さんも, 君が, 品々じゃ, 妾さんが, 嬢さまの, 島の, 店の, 慶は, 手紙が, 浜の, 浪の, 篠という, 糸の, 糸幼馴染の, 絹という, 茂登の, 角も, 銀の, 銀様が, 関の, 高を

▼ であったころ~ (28, 0.1%)

1 [28件] ある日夕立, からそれ, からの引き続き, からの芸術愛好家, から音楽, この人, と同じ, と少し, なら死ぬの, にした, にはある, には川越, には必ず, には自分, に今, に取りきめた, に四十位, に書かれた, に比べる, に行動, のこと, の味気, の自分, の話, は人目, は鍬, よくルーズベルト, 大公爵邸

▼ であった彼女~ (28, 0.1%)

2 に最後

1 [26件] には婦人大衆, には少なから, にもこうした, の場合, の子供, の小, の従兄, の性格, の方, の最初, の歇私的里, の熱情, の特別, の生活環境, の花々しかっ, の頭, はある, はそれ, はとくに, はクウフリン, は今や, は時間, は最後, は津田, は胸, も汽車

▼ であった故に~ (27, 0.1%)

2 これを

1 [25件] いつも浜, その当時, その後永く, それが, それを, だんだんと, 何かかわった, 元は, 十分には, 印象が, 小野は, 彼は, 性格概念は, 教えるにも, 是ほどにも, 時としてこれ, 最も細心, 最初から, 根ほり葉ほりし, 爰に, 物音も, 用途は, 神の, 私は, 自然に

▼ であった~ (27, 0.1%)

2 か私

1 [25件] かとも解せられる, か昔, か漢学, か瀑壺, である, であろう, でしょうあなた, でその, ではなかろう, でもあろう, にすこし, にそれ, に三峠, に奇異, に改札口, に暫く, に泉, に絶えず, に自然, に遂に, に遠い, ばかりで, またお前, もあろう, 一層疲れる

▼ であったそれ~ (25, 0.1%)

1 [25件] から再び, から原敬氏, から早速, が亦, が又, が数年間, が正銘, が逆, だけれども, と同時に, にこの, にひきかえ, に青い, は困難, は外, は多分, は実践的論理, は恐らく, は看守, は立憲前後, をこの, を喝采, を彼, を抱き帰っ, 故に神

▼ であった時分~ (25, 0.1%)

1 [25件] から, からいいました, からお, からの気習, から思う, この辺, しばしばつかわれた, その原, その豪快, にお, にこの, にはへいへい, には毎年一万五千磅, にインド, にヘリウム, に中, に山川浦路さん, に死ん, に激, に私, に誰一人, のこと, の築山, の話, は夏

▼ であったとき~ (23, 0.1%)

1 [23件] かあるいは, からヤッカイ者, から十数年, さえある, その上, その女性, その成長, と嫁, にはこの, には自分, には言わば, に感じ, に海老名弾正君司会, のよう, の弟, の習慣, の遣り, は小僧さん, もあった, よりはさらに, 不勉強, 単にそれ, 奇しき風

▼ であった~ (23, 0.1%)

2 の例, の物質的下部構造

1 [19件] にあるだろう, の, のかの, のもの, の一般性, の今, の併, の個人心理, の対象, の従来, の教父聖アウグスティヌス, の新聞, の日本主義哲学, の空間, の観照的, の資本, の資本主義的生産関係, の通時間的, の高踏的

▼ であったあの~ (22, 0.1%)

1 [22件] ひらたい岩, ヴェスヴィアスが, 人も, 六号の, 可愛い姿, 壮麗な, 多くの, 夜の, 姿きめ, 子供, 子爵の, 岩小屋へと, 弱小三河の, 慈悲ぶ, 昔に, 水門は, 獣を, 盃を, 質屋すなわち, 運命の, 雑居房に, 頃の

▼ であった~ (22, 0.1%)

2 へ維新

1 [20件] から附会, が, がこん度, がよそ, が今, が市内, が毎日二十センチ, で美しい, にはちがい, には村, には田畑, に四名, に行っ, のソクラテス, の一歯科医, の玩具, の魚, の黒子, はたとえば, へ

▼ であった~ (21, 0.1%)

1 [21件] そのため, にいつも, にきょう, にことに, にしかも, に世間体, に予定, に住居, に力, に危険, に友人, に同勢, に夜どおし, に巡, に彼ら, に日露戦争直後, に美術, に被害者, に連れ, に非常, 一向人

▼ であった~ (21, 0.1%)

1 [21件] がこれ丈, が今, が使える, が俄, が八重洲町, でさえも居間, にいえ, に比べる, のお, の妹, の愛, の遣り, は二十五歳, は恐らく, は旅, は明治初年, は母, は雄弁家, は黙っ, も折々, より生まれ

▼ であったのみ~ (20, 0.1%)

3 では 2 ならずそれ

1 [15件] でなくこの, でなく古来, ならずわたくし, ならず二葉亭, ならず今, ならず前長吏, ならず女軽業, ならず役, ならず後, ならず歌, ならず父, ならず生理的, ならず自分, ならず良質, ならず養母

▼ であったそして~ (19, 0.1%)

1 [19件] お言葉, その怒れる, できるだけ長く, コタン夫人は, ファンティーヌは, 健かであった, 吾, 声聞師の, 外国にも, 女の, 妹が, 少女は, 彼は, 彼女は, 手続きは, 普通なら, 歴史科学のみが, 神話は, 食事が

▼ であっただけ~ (19, 0.1%)

3 である 2

1 [14件] あちらでは, そのこと, それだけ, それ丈上手でした, です, でなく同時に, で又, で味, で引きつづき永, 今では, 悲惨さは, 眩ゆい, 美くしかった, 自分の

▼ であったかに~ (17, 0.1%)

1 [17件] ああ本職, かかわること, 一人の, 一寸ふれた, 上方から, 再び検挙, 前年母の, 吏員を, 夫婦は, 就いては, 思われるが, 気がついた, 気づかなかった程, 注意すべきである, 眠るが, 着いた時, 福岡の

▼ であった~ (17, 0.1%)

2

1 [15件] がハッキリ, が主人, が俄, が凡下, それに誰, です, といっ, と同等, ならだれ, はそれ以上, は偉大, まで流行, もない, よりもほとんど, を急

▼ であったなどと~ (16, 0.1%)

1 [16件] いう, いって, それこそ, 云いだしたの, 云った, 今に, 分別臭い顔, 口では, 史料の, 問うたもの, 思い出して, 思った, 思った人, 考えて, 言うなかれ, 話した

▼ であった~ (16, 0.1%)

1 [16件] から極力, がそんな, がみな美人, がよもや, が二十歳, が子供, であるから, とは相, と一緒, に血, の方, の足, はこの, はもっと, は急, も病気

▼ であった~ (16, 0.1%)

1 [16件] から手紙, が本当に, なる人, にとっては, の娘, の美しい, は五つ, は今, は悲し, も不言, より強き, を, を助け, を対手, を或, を軽く

▼ であったからこそ~ (15, 0.1%)

1 [15件] あのころ, あの驚くべき, あれだけ, おとなたちが, こういう失敗, そう云っ, である, キュリー夫人が, 今日法典集の, 却って現実内容, 意識の, 戦争中の, 断たれて, 時の, 自然は

▼ であった一人~ (14, 0.0%)

2 の廃兵

1 [12件] のロシア生れ, の中年男, の令嬢, の友人, の女, の女性, の婦人画家, の弟, の新聞記者, の老人, は共産青年同盟員, は執行官

▼ であった先生~ (14, 0.0%)

2 の八十八歳

1 [12件] がもう, が来られた, が私, が鰡八大尽, にお, の打つ, の痩せた, の部屋, はこういう, はどんな, は梅子, は肩

▼ であった~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, かこうした, かゆっくり, か今日, か容易, か金銭, であると, でもあろう, に不思議, に愛する, エドワード・セシル卿は, 奈良原到, 岩村透氏を

▼ であった~ (13, 0.0%)

1 [13件] から亭々, が本当, のよう, の名, の少い, の時代, の格式, の父, の自然哲学, の遠野郷, の高僧達, も眼, を語る

▼ であった~ (13, 0.0%)

1 [13件] からみ, といい, とで忘れる, などから晩年吉重, に大将, に存する, に興味, はただ外, は別に, は天然, は盆, を弁そ, を賞

▼ であった証拠~ (13, 0.0%)

2 である

1 [11件] だ, であり事, でお, と又, には, にはひと度, には北の方, には始め, には彼, に政府, は明治五年十一月三日付

▼ であったとして~ (12, 0.0%)

1 [12件] いやそう, さてその, さてそれ, それでは引き続い, それで社会, もし八太郎, 一般人口の, 仮りに, 日本の, 止むに, 筆を, 自分は

▼ であったと共に~ (12, 0.0%)

2 今日の 1 それから後, 一部からは, 下に対しても, 他方においては, 倉持は, 又遥か, 夫人の, 女子教育も, 情意的であり得た, 玩具屋にも

▼ であったゆえ~ (12, 0.0%)

2 にこの 1 このたび, ではない, ではなくし, にかえって, にくだけ, にこれ, にそこ, になに, にもどっ, に垣内

▼ であった~ (12, 0.0%)

1 [12件] から三十年, のあの, の主婦, の博士寺田寅彦君, の芸人, はむなしい, は老, また沢正, までのわが, までの大筒, も湯の谷, 若は

▼ であった当時~ (12, 0.0%)

1 [12件] には愛, に一日, のある, のこと, のインテリゲンツィア, の上流人士, の僕, の武士階級, の用人, を回想, を追想, 故直木三十五氏

▼ であった~ (12, 0.0%)

3 である 21 で, に, にも思われる, に云われる, に内地, に思わず, に絶えざる

▼ であった~ (12, 0.0%)

3 では 1 けでしょう, だ, だと, である, でこれ, でただ, になる, もあろう, を話したら

▼ であった関係~ (12, 0.0%)

1 [12件] からこの, からもっとも, から三代, から借りた, から家, から小糠三合, から母, から親交, から遊び, か大丸, もあっ, をより

▼ であったある~ (11, 0.0%)

1 [11件] 一時期小児寄宿舎に, 僧侶は, 友達から, 大新聞, 女性の, 技術と, 日の, 日生徒は, 時蒸し暑い, 退職音楽師の, 音楽家らは

▼ であったしかし~ (11, 0.0%)

1 [11件] おごそかで, その悲しみ, それからは, まだ午, スカイに, 一方には, 彼等の, 檜枝岐から, 気質と, 社中は, 閑暇の

▼ であったとかいう~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことで, ことでありました, ことである, ことです, ような, 事だ, 事のみが, 意識は, 立派な, 話である, 類で

▼ であった~ (11, 0.0%)

1 [11件] このあたり, すっかり忘れ, だがそれ, とどいう, なるほどここ, よし新左衛門, ア汝は, ハッハッハッハッハッ, 実は困った, 搦め手, 早速支度

▼ であった人々~ (11, 0.0%)

1 [11件] が一転, が今日老大家, が溌剌, だけである, である, とそれ, の方面, はその, はどういう, は執筆者, よりも遙

▼ であった~ (11, 0.0%)

2 の青年 1 がどの, がなお, がはるか, がまだ, がよい, が見栄え, に近く奉公, のうち, は無事

▼ であった~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいや, がここ, が向う, であります, と同棲, に出逢った, の体, の冐險談, はそれ, は又, を首

▼ であったこれ~ (10, 0.0%)

2 より先 1 で二十年来, で沢正一座, には横田, はどう, はアイヌ語, は長い, までの日本, までの落伍者

▼ であった~ (10, 0.0%)

21 が多い, の国民的政治常識, の如く, の小間物屋開店, の槽, の科学的世界観, の解釈哲学, の黒奴

▼ であった~ (10, 0.0%)

1 にはこの, には当て, にゃあ, にゃア腹, にゃ夜道, にパン屋, の光, の夕方, を恥じた, 映の

▼ であった為め~ (10, 0.0%)

1 かあるいは, かひどく, にそれから, にできなかった, にはしなくも, に仏教, に御, に誤謬, わが児, 規則正しい運動

▼ であったとさえ~ (9, 0.0%)

1 いえるの, いわれて, 云うこと, 云えるでしょう, 云われた, 思うの, 怨みました, 言った人, 言われて

▼ であった過去~ (9, 0.0%)

1 の, のこと, の一点, の人間, の因縁, の或, の戦争, の日本, は既に

▼ であったかとも~ (8, 0.0%)

2 考えられた 1 思った, 思われた, 思われる, 想われる, 疑った, 考えられる

▼ であったからと~ (8, 0.0%)

3 いうこと 1 いい穴, いうの, 云って, 答え得る人, 考えたの

▼ であったとしか~ (8, 0.0%)

2 考えられない, 考えられなかった 1 思えない, 思えなかった, 考えられません, 解されない

▼ であったなどという~ (8, 0.0%)

2 ような 1 ことに, ことは, のを, 事で, 説の, 説も

▼ であったに対して~ (8, 0.0%)

2 後者は 1 之は, 例えば熱力学的研究, 女性の, 後者が, 権藤成卿氏の, 物理学の

▼ であった~ (8, 0.0%)

1 かのはずみ, か立てかけた, がその, ぜソウ, となし, の為, の畠, を隠しましょう

▼ であった~ (8, 0.0%)

1 が浜照, という, のお, のヒルデガルト, の健康, の頃, はその後, は乳母

▼ であったがと~ (7, 0.0%)

1 そんなこと, 思い出すの, 思うと, 思ってると, 残念で, 男は, 迷惑に

▼ であったそうして~ (7, 0.0%)

1 その棺, まず築地, 愛吉が, 是非とも大菩薩峠, 登りよりも, 脚色者としては, 追

▼ であったひと~ (7, 0.0%)

1 がやはり, がワゴン, が自分, として日本, のため, の思索力, を細君

▼ であった日本~ (7, 0.0%)

1 では東京, の侵略的空気, の婦人解放論者たち, の社会感覚, の精神, の資本主達, への儒教伝来

▼ であったからに~ (6, 0.0%)

2 他ならない 1 ほかならぬ, よりますが, 外ならない, 相違ない

▼ であっただが~ (6, 0.0%)

1 かれは, この体系, それは, 之に, 周囲の, 誰の

▼ であったところが~ (6, 0.0%)

1 この図, この家, 今年は, 園は, 扨いよいよ, 文子には

▼ であったなと~ (6, 0.0%)

1 云う自信, 思いながら, 思う, 思った, 思って, 感じないわけ

▼ であったやら~ (6, 0.0%)

1 そんなこと, 何れほどか, 判然しない, 是だけは, 船長が, 茶菓を

▼ であった二人~ (6, 0.0%)

1 が専務, だけはその, にとって実に, のうち, の婦人, の心

▼ であった~ (6, 0.0%)

1 に与えた, はこの, はそういう, は幼時, も叔父, を頭

▼ であった~ (6, 0.0%)

1 としての生活, に疑惑, の園子, の愛, の死後, を比べ

▼ であった~ (6, 0.0%)

1 というもの, の増築, の子孫, は表, へ帰っ, を売った

▼ であった~ (6, 0.0%)

1 る三角形, る将官, る既婚婦人, る若い, る銀行員, 晩散歩を

▼ であった時期~ (6, 0.0%)

2 もあった 1 と言える, どのよう, には統帥権, に経験

▼ であった有名~ (6, 0.0%)

1 なサリエリ, なジャン・ヴァルジャン, なニージュニ, な歌人寂蓮, な武術家某氏, な遅筆

▼ であったからかも~ (5, 0.0%)

2 しれない 1 知れない, 知れないの, 知れぬが

▼ であったそこ~ (5, 0.0%)

1 では人間, にはおのずから, に立っ, の人たち, の横町

▼ であったそこで~ (5, 0.0%)

1 序幕の, 我輩も, 梅の, 結局松竹の, 飯行李を

▼ であったばかりに~ (5, 0.0%)

1 その詩, 僕の, 型に, 油断しぬい, 自分の

▼ であったほど~ (5, 0.0%)

1 その瞬間, それほど旅, だから, でこっち, 執拗に

▼ であった~ (5, 0.0%)

1 あれ程の, その女, その翌晩, わしが, 前髪を

▼ であったろう~ (5, 0.0%)

1 が同時に, にといつも, にと残り惜しく, にと論, も知れぬ

▼ であったゴーリキイ~ (5, 0.0%)

1 に写真, の面目, はきわめて, ははなはだしく, より二歳年下

▼ であった~ (5, 0.0%)

1 である故, などは今, には語りつくせぬ, の祖母, はそんな

▼ であった~ (5, 0.0%)

1 名物と, 日本文明協会と, 書記官の, 物忌神を, 統一への

▼ であった~ (5, 0.0%)

1 がなくなっ, の家, はすらり, は何一つ, は自分

▼ であった様子~ (5, 0.0%)

1 が知られる, が髣髴, でした, はありません, やそれから

▼ であった歴史~ (5, 0.0%)

1 が多い, の現実, の運動, の過程, 乃至文化

▼ であった父親~ (5, 0.0%)

1 と短い, に五歳, のマクシム, は家庭, を喪っ

▼ であった~ (5, 0.0%)

1 が西田先生, に聞いた, はただいま, や父, をした

▼ であった~ (5, 0.0%)

1 になにか, はうすく, は一倍, は仔細, は青白く

▼ であったからとて~ (4, 0.0%)

1 お徳さん, そうはなはだしく, 不軌を, 道中の

▼ であったすなわち~ (4, 0.0%)

1 人類にとっては, 天皇とは, 第一, 蒸汽船であった

▼ であったそれら~ (4, 0.0%)

1 の写経生たち, の女, の最初, の試み

▼ であったというのみ~ (4, 0.0%)

1 である, でこの, で熊野信仰, で翻って

▼ であったとて~ (4, 0.0%)

1 すこしもふしぎ, その奇矯, 濠は, 茶わんに

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 この白描, 勿論道学, 寔に, 師家の

▼ であったばかりか~ (4, 0.0%)

1 そこへ, 一番数の, 個々人の, 私の

▼ であったほどに~ (4, 0.0%)

1 それほどに, 不思議な, 彼女にとっても, 自分の

▼ であったぼく~ (4, 0.0%)

1 がただ, ですが, は家族中, は肺患

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 ことわり天女, 一興であった, 曾て, 知れないが

▼ であった~ (4, 0.0%)

21 えとつい, ねい

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 それが, 兄上に, 正当に, 知るべきである

▼ であったムク犬~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 が最初, であります

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 けに賊, け人々, でもしばしば, にその

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 にたまたま, にもはじめて, にも雪, の君

▼ であった~ (4, 0.0%)

3 に反し 1 を思う

▼ であった事実~ (4, 0.0%)

1 を告げた, を見, を語っ, を説明

▼ であった以上~ (4, 0.0%)

1 この運動, にあなたさま, は我々, 又止む

▼ であった作家~ (4, 0.0%)

1 でしかも, の一人夏目漱石, の上泉秀信氏, より更に

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 しお, しこの, し冷眼, し進んで

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 がもう, と不愉快, の虎之助氏, もその

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 の時, の生, や後, 世紀の

▼ であった土地~ (4, 0.0%)

1 が多く, なので, をどんどん, を頼

▼ であった女性~ (4, 0.0%)

1 であるという, の世界, の姿, の花

▼ であった民衆~ (4, 0.0%)

1 なる概念, のもの, の友, の擡頭

▼ であった祖母~ (4, 0.0%)

1 が死んだ, が白絹, が鼠小僧, に似

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 だから, でどの, ねむたかった, 好晴

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 が午後, が夜, は夕立雲, は夜

▼ であった若い~ (4, 0.0%)

1 妻の, 娘若い, 母親が, 盲唖学校の

▼ であった計り~ (4, 0.0%)

2 でなく又, ではなく

▼ であった~ (4, 0.0%)

1 にいよいよ, の醸造, の量, を一層

▼ であったうえ~ (3, 0.0%)

1 にさらに, に相手, に雨谷君

▼ であったかな~ (3, 0.0%)

1 その周防守, 俺は, 降ったの

▼ であったかなどと~ (3, 0.0%)

2 考えて 1 思いつつ

▼ であったからの~ (3, 0.0%)

1 ことで, ことである, 名であろう

▼ であったかをも~ (3, 0.0%)

1 惻々胸に, 手に, 知ること

▼ であったことそれ~ (3, 0.0%)

1 が彼ら, と共にまた, は何

▼ であったこと彼~ (3, 0.0%)

1 が欧洲, の母親, も自ら

▼ であったしかも~ (3, 0.0%)

1 その張本人, それは, 一種奇怪な

▼ であったそういう~ (3, 0.0%)

1 ふうに, 事情から, 父母の

▼ であっただけの~ (3, 0.0%)

1 ことは, ことを, 先生の

▼ であったなど~ (3, 0.0%)

1 取りとめも, 和尚も, 誰々の

▼ であったなどとは~ (3, 0.0%)

1 あとから, 思いも, 言いだせなかった

▼ であったのにと~ (3, 0.0%)

1 お蝶, 思った, 薫は

▼ であったのみか~ (3, 0.0%)

1 分かれて, 到頭それ, 根本的に

▼ であったまた~ (3, 0.0%)

1 いろいろの, この人, 伊原君という

▼ であったものの~ (3, 0.0%)

1 お心, それが, 子孫が

▼ であったもん~ (3, 0.0%)

2 ですから 1 だから

▼ であったよと~ (3, 0.0%)

1 後には, 折に, 義貞は

▼ であったゲーテ~ (3, 0.0%)

1 の祖父, はその, やニイチェ

▼ であったシャポワロフ~ (3, 0.0%)

1 には知られなかった, はペトログラード, は一八八一年

▼ であったナポレオン~ (3, 0.0%)

1 の対英戦争, を島流し, を研究

▼ であった一面~ (3, 0.0%)

1 にプロレタリア文学運動, に山根, を見せ

▼ であった両親~ (3, 0.0%)

1 と任地, の生活, の面影

▼ であった主人~ (3, 0.0%)

1 が俄, とその, のこの

▼ であった京都~ (3, 0.0%)

1 に何, に多く, の六条村

▼ であった人物~ (3, 0.0%)

1 が残酷, を例示, を笑い

▼ であった人間~ (3, 0.0%)

1 としての自我, の主観的能力, の内

▼ であった今日~ (3, 0.0%)

1 の日, はお目にかかりたくなった, までは意識

▼ であった伸子~ (3, 0.0%)

1 にどうして, に接吻, はほとんど

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 だから, で, です

▼ であった余輩~ (3, 0.0%)

1 には参考, はこの, はどんなに

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 から何, を喪った, を失った

▼ であった信長~ (3, 0.0%)

1 の妹お市の方, の弟, の態度

▼ であった叔母~ (3, 0.0%)

2 はあっ気 1 が産気づい

▼ であった多く~ (3, 0.0%)

1 のこと, のプラス, の志士

▼ であった大工~ (3, 0.0%)

1 が愛宕下, の息子, の語

▼ であった大臣~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, の功労, はさらに

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 がやさしい, に死なれ, は扨

▼ であった如く~ (3, 0.0%)

1 にこの, に富土山, に菊乃さん

▼ であった婦人~ (3, 0.0%)

1 が切髪, が死んだ, の政治的活躍

▼ であった実際~ (3, 0.0%)

1 乃至対象, 生活の, 貞之助の

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 でその, の隅, の隣

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 が御覧, は平生以上, 荒い父

▼ であった小さい~ (3, 0.0%)

1 あなたに, ゴーリキイを, 脣が

▼ であった少女~ (3, 0.0%)

1 の知らなかった, の肉体, をその

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 である, に西美濃, 若い側室

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 が亡くなった, が計画的, はこの

▼ であった彼ら~ (3, 0.0%)

2 の美徳 1 を祝福

▼ であった彼等~ (3, 0.0%)

1 がイエス, の面影, はやがて

▼ であった所以~ (3, 0.0%)

1 である, は真理, もほぼ

▼ であった文学~ (3, 0.0%)

1 が今日, と政治, の袋小路

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 がダラ, の中, の目録

▼ であった殊に~ (3, 0.0%)

1 この地, 八合目の, 茶席の

▼ であった状態~ (3, 0.0%)

1 からし, から考える, を彼女

▼ であった理由~ (3, 0.0%)

1 から貧しい, が理解, として看過

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 すっかり青年歯医者, なので, 又伍長

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 の人々, も村, をうらめし

▼ であった福沢諭吉~ (3, 0.0%)

1 が自分, が読ん, の

▼ であった空間~ (3, 0.0%)

1 とはこの, は今や, は第

▼ であった~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ であった~ (3, 0.0%)

1 とさえ思う, とは他人, とも思い

▼ であった良人~ (3, 0.0%)

1 がほか, が戦死, の日常

▼ であった若杉さん~ (3, 0.0%)

1 がこれ, は呆気, は弁護士

▼ であった部屋~ (3, 0.0%)

1 に住, に入らなけれ, の寝台

▼ であった長男~ (3, 0.0%)

1 が遠国, と娘, 及び娘

▼ であった青木~ (3, 0.0%)

1 が同窓, が四, はなんと

▼ であった音楽~ (3, 0.0%)

1 がやや, が急, の夜

▼ であったああ~ (2, 0.0%)

1 であったという, 危ないこと

▼ であったあれ~ (2, 0.0%)

1 は地球外, より以上

▼ であったいくつ~ (2, 0.0%)

2 かの点

▼ であったいや~ (2, 0.0%)

1 今でも, 冷汗が

▼ であったいろいろ~ (2, 0.0%)

1 なこと, のこと

▼ であったいわば~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ であったうち~ (2, 0.0%)

1 にただ, に人

▼ であったおかげ~ (2, 0.0%)

1 でこの, というもの

▼ であったかさえ~ (2, 0.0%)

1 ケロリ忘れ, 知りがたい

▼ であったかさえも~ (2, 0.0%)

1 わからない, 考え得無い

▼ であったかに従って~ (2, 0.0%)

1 サン・タントアーヌ郭外からは, 狂信の

▼ であったからでも~ (2, 0.0%)

1 ありましょうが, ありまた

▼ であったからという~ (2, 0.0%)

1 ように, 人も

▼ であったからとも~ (2, 0.0%)

1 云えた, 云える

▼ であったからには~ (2, 0.0%)

1 不粋な, 数学上の

▼ であったきのう~ (2, 0.0%)

1 の朝, の自分

▼ であったくらい~ (2, 0.0%)

1 だった, 四囲は

▼ であったここ~ (2, 0.0%)

1 がきょう, では諸

▼ であったこと前~ (2, 0.0%)

1 にも述べたごとくである, に申す

▼ であったこんな~ (2, 0.0%)

1 ことなら, 苦しい思い

▼ であったしかるに~ (2, 0.0%)

1 ミハイルアウエリヤヌイチは, 何ぞ

▼ であったしたがって~ (2, 0.0%)

1 プロレタリア文学の, 罪には

▼ であったじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないかね, ないの

▼ であったすると~ (2, 0.0%)

1 女は, 隣家に

▼ であったそれから~ (2, 0.0%)

1 もう一つ, 第二

▼ であったそれで~ (2, 0.0%)

1 いったいその, がっかりだった

▼ であったそれでも~ (2, 0.0%)

1 見物人は, 読者は

▼ であったためし~ (2, 0.0%)

1 なし, はない

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 せう霧, 彼も

▼ であったというも~ (2, 0.0%)

1 よろしいでしょう, 誇張でない

▼ であったとおり~ (2, 0.0%)

1 だった, に粗暴

▼ であったとしましても~ (2, 0.0%)

1 ともかく一旦社会, 私は

▼ であったとでも~ (2, 0.0%)

1 いって, 言うらしい

▼ であったとともに~ (2, 0.0%)

1 この才能, さらにまた

▼ であったなぜ~ (2, 0.0%)

1 ならこの, なら彼ら

▼ であったなどの~ (2, 0.0%)

1 密接な, 点も

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 窪田君, 縁談じゃ

▼ であったもう~ (2, 0.0%)

1 秋の, 長い間

▼ であったやも~ (2, 0.0%)

2 知れぬ

▼ であったゆえん~ (2, 0.0%)

1 はまず, は極端

▼ であったわいと~ (2, 0.0%)

1 いうくらいの, 思わせられるよう

▼ であったわが~ (2, 0.0%)

1 実の, 汽船が

▼ であったわたし~ (2, 0.0%)

1 の生活, は人気

▼ であったアイルランド~ (2, 0.0%)

1 から便り, に使

▼ であったアテナイ~ (2, 0.0%)

1 である, の勢力

▼ であったインテリゲンツィア~ (2, 0.0%)

1 の一部, の或

▼ であったケリル~ (2, 0.0%)

1 が寂しい, はその

▼ であったケーテ~ (2, 0.0%)

1 にどの, の家

▼ であったゴシック~ (2, 0.0%)

2 の作

▼ であったトルストイ~ (2, 0.0%)

1 の死んだ, は三年

▼ であったパデレフスキー~ (2, 0.0%)

1 にどう, もステージ

▼ であったミレー~ (2, 0.0%)

1 の永久, は彼

▼ であったライプニツ~ (2, 0.0%)

1 である, によっても批判

▼ であったリスト~ (2, 0.0%)

1 の歓待, を訪ね

▼ であったワケ~ (2, 0.0%)

2 である

▼ であった~ (2, 0.0%)

2 の台

▼ であった一つ~ (2, 0.0%)

1 の問題, の証拠

▼ であった一同~ (2, 0.0%)

1 はた, は大鳥

▼ であった下り~ (2, 0.0%)

1 四二一号列車の, 藤であった

▼ であった不幸~ (2, 0.0%)

1 な肉体, をただ

▼ であった世論~ (2, 0.0%)

1 が政治的, は今や

▼ であった中学生~ (2, 0.0%)

1 の実さん, の甥

▼ であった中年~ (2, 0.0%)

1 の女将, の百姓女

▼ であった乎否乎~ (2, 0.0%)

1 の謎, はマダ謎

▼ であった乙女~ (2, 0.0%)

1 にとっては反動, は生活

▼ であった二つ~ (2, 0.0%)

1 の年上, の橋

▼ であった二葉亭~ (2, 0.0%)

1 のこの, は四谷

▼ であった二階~ (2, 0.0%)

1 の洋室, の部屋

▼ であった于学忠~ (2, 0.0%)

2 が退い

▼ であった人形~ (2, 0.0%)

1 はもう, を入れ

▼ であった人生~ (2, 0.0%)

1 の断片, の詩人

▼ であった代り~ (2, 0.0%)

1 に, にそれ

▼ であった以上それ~ (2, 0.0%)

1 に基く, は云う

▼ であった作者~ (2, 0.0%)

1 が世論, の父トマス・スティーヴンスン

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 のよう, 小倉藩の

▼ であった兄弟~ (2, 0.0%)

1 のよう, の木梨軽皇子

▼ であった光一~ (2, 0.0%)

1 はすらすら, はだまっ

▼ であった八畳~ (2, 0.0%)

1 の板の間, へ行く

▼ であった公卿~ (2, 0.0%)

1 が一朝, を支配的地位

▼ であった初め~ (2, 0.0%)

1 は一種, は富士山

▼ であった割合~ (2, 0.0%)

1 には蓮葉, にまた

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 が生き, が真面目

▼ であった勿論~ (2, 0.0%)

1 凡ての, 東京からは

▼ であった北支那~ (2, 0.0%)

2 に鉄道網

▼ であった十九世紀~ (2, 0.0%)

1 と更に, には人類

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 エイリイの, 前に

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 支局主任の, 時代の

▼ であった同じ~ (2, 0.0%)

1 学生の, 年輩の

▼ であった名残~ (2, 0.0%)

1 であろうと, ではない

▼ であった品物~ (2, 0.0%)

1 がちゃんと, は必ず

▼ であった哲学~ (2, 0.0%)

1 の伝統, は外

▼ であった善兵衛~ (2, 0.0%)

1 はなに, は各

▼ であった地方~ (2, 0.0%)

1 ではあの, では労働

▼ であった場所~ (2, 0.0%)

1 に同, のはんた

▼ であった墨流し~ (2, 0.0%)

2 が広

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 から叩く, に出る

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 が今, を漕いだ

▼ であった天候~ (2, 0.0%)

1 は昼頃, もしかし

▼ であった夫人~ (2, 0.0%)

1 と結ばれた, は親戚

▼ であった安雄~ (2, 0.0%)

1 は古参, も餅搗き

▼ であった宗房~ (2, 0.0%)

1 がその, は

▼ であった家庭~ (2, 0.0%)

1 がこんな, の平和

▼ であった宿~ (2, 0.0%)

1 のおばさん, の主

▼ であった少く~ (2, 0.0%)

1 ともそれ, とも佐助

▼ であった少年~ (2, 0.0%)

1 は目, は間もなく

▼ であった少数~ (2, 0.0%)

1 のもの, の人々

▼ であった岸本~ (2, 0.0%)

1 に取っ, の心

▼ であった左右田喜一郎先生~ (2, 0.0%)

1 くらいであろう, の名著

▼ であった従って~ (2, 0.0%)

1 それは, 其処に

▼ であった従来~ (2, 0.0%)

1 からの習慣, の女

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 先祖に, 眉を

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 にはなるほど, はだんだん

▼ であった思い~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, がする

▼ であった息子~ (2, 0.0%)

1 が前線, の霊界

▼ であった感覚~ (2, 0.0%)

1 乃至知覚, 乃至知覚そのもの

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 なぞは未だ, にやられた

▼ であった抽斎~ (2, 0.0%)

1 には本業, もこれ

▼ であった故人~ (2, 0.0%)

1 が名残, のあと

▼ であった~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ であった日本人~ (2, 0.0%)

1 とが同じ, に向っ

▼ であった最も~ (2, 0.0%)

1 愉快であった, 気持の

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 が今, はない

▼ であった朝鮮~ (2, 0.0%)

1 の人民, の楽浪あたり

▼ であった期間~ (2, 0.0%)

1 が暫らく, に買われた

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 が時計, の娘

▼ であった東京~ (2, 0.0%)

1 から暑中休暇, なる高山法学士

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 女史決して, 陸軍教授を

▼ であった模様~ (2, 0.0%)

1 をついに, をつまびらか

▼ であった武士~ (2, 0.0%)

1 のし, の経済

▼ であった武蔵~ (2, 0.0%)

1 とはひどく, は初めて

▼ であった~ (2, 0.0%)

2 がする

▼ であった江戸~ (2, 0.0%)

1 に住居, の産物

▼ であった~ (2, 0.0%)

2 枚岡

▼ であった油井伯爵~ (2, 0.0%)

1 が死亡, は関西方面

▼ であった津田~ (2, 0.0%)

1 はこの, はまた

▼ であった海辺~ (2, 0.0%)

2 の朽ちた

▼ であった源氏~ (2, 0.0%)

1 の多情, は立ち去る

▼ であった漱石~ (2, 0.0%)

1 はあまり, はその

▼ であった無論~ (2, 0.0%)

1 この残雪, 親しくその

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 は前記, は盾

▼ であった理学博士矢田部良吉先生~ (2, 0.0%)

2 の許し

▼ であった生活~ (2, 0.0%)

1 をもう一度, を今さら

▼ であった田舎~ (2, 0.0%)

1 のある, のこと

▼ であった甲賀世阿弥~ (2, 0.0%)

1 は今, も今

▼ であった画家~ (2, 0.0%)

1 として向井潤吉, の山路草葉

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 だ警察, です

▼ であった相手~ (2, 0.0%)

1 のひと, の脇差

▼ であった社会~ (2, 0.0%)

1 にはあらゆる, の建設

▼ であった神尾主膳~ (2, 0.0%)

1 がこの, もいない

▼ であった科学~ (2, 0.0%)

1 が近世, はかえって

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 一左団次自身が, 四の

▼ であった筆者~ (2, 0.0%)

1 でさえも大人, ですらも

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 の前, は異性

▼ であった習慣~ (2, 0.0%)

1 からで, もある

▼ であった自我~ (2, 0.0%)

1 の探求, を喪失

▼ であった自然~ (2, 0.0%)

1 からいえ, の美し

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 のコック, は暗礁

▼ であった英国~ (2, 0.0%)

1 の, の皇子コンノート殿下

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 ぬられた太刀, のながれる

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 を後世濁音, を見つける

▼ であった誰彼~ (2, 0.0%)

1 なしの, のひとたち

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 新聞の, 真理内容は

▼ であった運転手~ (2, 0.0%)

1 は不, も第

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 にそれ, には古来

▼ であった雑誌~ (2, 0.0%)

1 をろくろく, をビジネス

▼ であった青年~ (2, 0.0%)

1 のゲエテ, はいいました

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 伝統的な, 風君は

▼ であった面影~ (2, 0.0%)

1 が彷彿, が目

▼ であった頃彼~ (2, 0.0%)

1 はふと, は或

▼ であった頃自分~ (2, 0.0%)

1 にもかつて, も文部省

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 から悪口, の動揺

▼ であった風習~ (2, 0.0%)

1 がいまだ, で今

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 や服装, を長め

▼ であった~ (2, 0.0%)

1 の形, の足

▼1* [2001件]

であったあいだの寂し, であったあたしなどにさえ時折, であったあたりを歩い, であったあとの三人, であったあまりに彼女が, であったあるいはロマンティックであった, であったあゝ誠に辱, であったいきさつにはふれない, であったいざ出発と, であったいずれも, であったいつの頃, であったいつごろからあった, であったいつもそういうとき, であったいまのお父さん, であったいま大学という書, であったいま憶い出しても, であったいよいよ仕度を, であったうしろの丘, であったおしげは黙, であったおとうさんがふとした, であったおばあさんに向かっ, であったおまえがわたし, であったお嬢様が久しぶり, であったお宮は高田門下, であったお松という少女, であったお祖母さんをさえ加え, であったお蔭で半年, であったかい一人の, であったかぎり珍しい我々, であったかくてその, であったかくして居ようと, であったかしらこれが, であったかしらとお吉, であったかつ余りに潔癖, であったかではなくて, であったかというまでに及ぶの, であったかなあと云って, であったかなぞということは, であったかなと磯五は, であったかなどということを, であったかなどとも考えるよう, であったかなどもやはり机, であったかについて詳細を, であったかによって又新しく, であったかの子さんへの追想, であったからかというに, であったからかの少女に, であったからとしか云うこと, であったからねと抗議した, であったからばかりでは, であったかナと思うと, であったがなあなた, であったがなどとも思われる, であったがははあ西部運送, であったがほどなく新橋南地, であったがも一度きっぱりと, であったきつい気の, であったきつねくんによく, であったきみやぼく, であったきれいでしんせつ, であったくせに今日, であったくらいの差であったであろう, であったぐあい女客の多かっ, であったけどたしかにあなた, であったこいつもいよいよ, であったこうなっては, であったことあやかが戸外, であったことこれが四郎, であったことそれらが私たち, であったことばも頼朝, であったこと一種のスペンセリアン, であったこと久佐賀が面白い, であったこと他の一面, であったこと伝説化されて, であったこと個人の歴史, であったこと入水をする, であったこと出来栄えはとにかく, であったこと単純だが, であったこと同志小林が常に, であったこと善良な富裕, であったこと夫が死んだ, であったこと寺の庭, であったこと当時何不足なく暮らす, であったこと彼女は数年前夫, であったこと心中は午前, であったこと忰の敦忠, であったこと情熱の制御, であったこと意味のあった, であったこと断片的にそれら, であったこと日本じゅうの不如意, であったこと晶子の自然発生, であったこと栄太が自害, であったこと死体をピアノ, であったこと物すべてが確実, であったこと病気になった, であったこと等を知った, であったこと等々も判っ, であったこと美容術師は一人, であったこと自分は金持ち, であったこと運送屋が荷物, であったこと顔と頭, であったこと高須はなん, であったこの間お宮に会っ, であったころアルチバセフの快楽主義, であったころプロレタリアートは彼等, であったころ一疋の雌猿, であったころ亮がガラス板, であったころ北山殿の行幸, であったころ吉野山へ村, であったころ急にお客, であったころ検挙されて, であったころ毎年村の祭, であったころ私の力, であったころ芸界ではもっと, であったころ親たちと伸子, であったころ雅楽頭が, であったこんどの召集, であったこんなにまで欲し, であったさあ故郷へは, であったさいぜん治部殿から, であったさかいいつも人, であったさっきよりももっと, であったさっきここで大, であったしかしながら遅鈍で, であったしだいであるが, であったしづやが母, であったしと云って, であったしばしば掌を, であったなたいちど, であったそっちの方角, であったそのうち松岡君は, であったその他湖上の処々, であったそれぞれの国, であったそれ以前の新, であったそれ以前沢正の傍若無人, であったそれ等を思い廻らし, であったそんなことが, であった許せよ, であったたかが詐欺師なんかに, であったたしかに鄙しく, であったただ芸風に, であったたった今急湍の, であったたとえそれが, であったためあとに残っ, であったためいやがらせが思う, であったためそれを苦患, であったためたくさん売れなかった, であったためエリカの結婚生活, であったためマルグリットは遂に, であったため一同に興味, であったため一時は井伊掃部頭, であったため一部のアカデミー, であったため下層の濁った, であったため世人は死因, であったため主君謙信のす, であったため九年母を代用品, であったため二号艇に乗組ん, であったため五六日見舞いの使い, であったため人あだ名して, であったため人心が自由, であったため傘なしの, であったため十八世紀中には遂に, であったため卒中で仆, であったため周の武王, であったため在来日本の読者, であったため地形図の間違っ, であったため士族と商人, であったため室内の空気, であったため彼は礼儀, であったため手洗鉢に厚い, であったため掠奪を始め, であったため新劇関係の人々, であったため時流に投じ, であったため暫らくは語, であったため案内者という案内者, であったため殷の湯王, であったため殿上役人なども御所, であったため満身に毛, であったため焔の城頭, であったため父の良, であったため父子は非常, であったため百合子は体じゅうアセモ, であったため目付手附の卒, であったため矢をかわした, であったため私の祖母, であったため腹部以下の筋肉繊維, であったため自由精神を尊び, であったため英米の読書界, であったため訂正はし, であったため論証を省いた, であったため貴重品のこと, であったため踊りを習っ, であったため部屋住みだった彼, であったため部落のなか, であったため非常な人気, であったため頼朝がこれ, であったため高齢の人, であっただから私は, であっただけでも今お目にかかっ, であっただけは疑いが, であったちょうど今時はやりの, であったちょっとしたバランスを, であったっけこれは, であったつつじの根もと, であったつまり鉛筆の, であったつまり眼明きでありながら, であったつもりである, であったではその悪僧, であったでもあろうもと, であったというしかない, であったというは幸いそれで, であったといったまでですよ, であったといふやうな, であったとおり日本でも好戦的, であったとおり自分も赤貧, であったとお恨めしくお思われ, であったとかくする内, であったとかは云われないの, であったとき僕がこれから, であったとき劇評家と狂主人公, であったとき喬公という名家, であったとき座員を前, であったとき性の神秘, であったとき私は一種, であったとき科学の真理, であったとき貰い受けたとき, であったとこへその, であったところ久野さんが指, であったところ人間だけは他, であったところ室内に雪子, であったところ当初の三四回, であったところ秀吉の第, であったとすら考えるもの, であったとだけ云うべきであろうか, であったとだけはいいきれぬもの, であったとばかりでその, であったとまでは考えて, であったとやらでようやく, であったどういうわけか, であったどうして今まで, であったどこかロベスピール, であったどころか更に何, であったどんなにすぐれた恋人, であったなお序に, であったなぞいう次第, であったなどとも言われ城門, であったなよやかであった, であったにぎやかな町, であったにと思って, であったぬるい番茶を, であったねエ二月ばかりも, であったのでなわしも, であったのでやッと, であったのね徳川にとっては, であったのびのびとし, であったばかりの理由でなく, であったひとり息子を亡くした, であったひと病故に強烈, であったひょろひょろとやせ, であったひろ子と縫子, であったふたりがとつぜん, であったほうがいい, であったほこりも甦り, であったほていさんのよう, であったまさに三方の, であったましてその人, であったましてこうして, であったまでにすぎない, であったまま独り歓び喜んで, であったまるでいま思う, であったまア此方へ, であったむかしこの若い, であったもしわれわれの, であったもしくは現代人の, であったもっと巧妙な, であったものたちまでが何, であったもの達に別れ, であったやがて飽きると, であったやがてもう私には, であったゆえ全国を通じて盆かま, であったゆえ彼女も幼時, であったゆえ数回聞いた事, であったゆえ私の如き, であったよい妻君であった, であったよくお前さん知らせ, であったよしで目, であったよしを耳にいたしました, であったよりもっと彼等, であったよりも我々が, であったよろしくこんどは, であったよろよろと立ち上る, であったろばは敵役, であったわいあわれなこと, であったわが子のため, であったわしも最初, であったわたくしたちの眼, であったわたしたち日本人民すべてに人間らしい, であったわりに九郎右衛門, であったわりあいにぐずぐず, であったわれわれがお, であったアイゼンハワア氏が大統領, であったアイバゾフスキーの嵐, であったアグネスが第, であったアゼンの都, であったアメリカは軍人, であったアメリカ中の捕鯨船, であったアラバマ事件がゼネバ, であったアリストテレスはまた, であったアルトニヤ人の又, であったアルブレヒト・デューレルがイタリア, であったアンドレイエヒミチは横たわった, であったアンリ・バルビュスの小説, であったアンリ・ポアンカレの著述, であったイエスが人類, であったイギリスに向った, であったイギリス生れの知識婦人, であったイヤなおばさん, であったイルマ・ボアシーは彼, であったイワノウィッチの連隊, であったウエーンライトの話, であったウォタア・ラレイとの勢力関係, であったウォーズウォルスの詩想, であったエジプトについても云い得よう, であったエプロンは永久, であったエレーナのため, であったエーヴの書く, であったオオドゥウでさえも最後, であったオックスからフィンシュテラールホルン, であったオトラント公すなわちフーシェ, であったオマル・ハイヤームを知っ, であったオランダの中立侵犯, であったオリガ・クニッペルだった, であったカアルよどちら, であったカイロの街, であったカテゴリーをば近代社会, であったカナリヤの声, であったカピに対してすらそう, であったカルカッソンヌへそれから, であったカンディンスキイあたりの作品, であったカールは二人, であったガリレイや又, であったキリストはこっそり, であったキリスト教婦人同盟の主宰者, であったギッピウスはフランス文学, であったクシュンコタンにいた, であったクラヴァットという者, であったクレルヴァルが私, であったクロポトキンでさえ学生, であったクールフェーラックも時々, であったグラッドロンが彼女, であったグランテールはこの, であったグヰンの変り果てた, であったケルヴィン卿もまた, であったケレンコは待ちきれないらしく, であったケーテ・コルヴィッツはどんな, であったコウであったの, であったコッホのツベルクリン, であったコネリイ・モルの許, であったコノデメール, であったコランの, であったコロラド大峡谷, であったコントの知識社会学, であったコンラよりも高く, であったゴロツキは喧嘩上手, であったサエは二ヵ月留置場, であったサンプリス修道女がしばしば, であったサー・ヒュー・クロプトンの記念像, であったザヴィニーはこれ, であったシステムから教育可能, であったシテ様子は, であったシナ人となお, であったシャボテンのこちゃこ, であったシャルル・ノディエが或, であったシャロットの姫, であったシュタイン夫人へやった, であったシュテファン・フォン・ブロイニングと仲違い, であったシュパウンは紙, であったシュライエルマッヘルはクセノフォン, であったシュリーフェンは殲滅戦略, であったシューマンはピアノ曲, であったシートンの, であったジイドはこの, であったジェヴォンスは, であったジャーナリズムが出版資本, であったジュピターはその, であったスネズに驢馬, であったスヴェンはその, であったゼラルチン・ファラーとかつて, であったゼルビノはいつ, であったゼーロンが再び, であったソクラテスが人類, であったソヴェト市民の一人, であったソヴェート自身にある, であったソーニァ・コヴァレフスカヤはマリア, であったターラントは不意, であったダイヤモンド入りの箱, であったダルウラは群島, であったダ・ヴィンチはそして, であったチアム民族も之, であったチビ公は身丈, であったて, であったテレンティアヌス・マウルスのいった, であったテーモ・リンボチェがああ, であったドアが相当, であったドビュッシーの作品, であったリン太子の, であったナウエンの無線電信発信所, であったナチスを一九三三年, であったニヒナメの信仰, であったネーと当時我輩, であったノーブルな点, であったハイカラな制服制帽, であったハイネとカール, であったハインリッヒ・マルクス一家の生活, であったハフはターンハムプトン, であったハーシェルでも太陽, であったバイオリンではなかろう, であったバッハがその, であったバラモン僧正もその, であったバルザックが小説, であったパウロがダマスコ, であったヒアシンスは次第に, であったヒットラーとその, であったビイル会社の技師, であったビスマルクがこの, であったピカピカ光る桃色, であったピッコロのよう, であったピーターヂョンゼームスの如き, であったファインプレーをやる, であったファシスト軍人によって主観的, であったフィヒテにあっ, であったフィンランダー式火術弩が発射, であったフォックスは三十六七歳, であったフォッシュ少佐で同, であったフオル・ボロン氏は茴香酒, であったフョードル・パーヴロヴィッチが終わり, であったフランケッティが私, であったフランシスが十二人, であったフランス女にもお, であったフリードリヒ大王の研究, であったフロレンスの逸話, であったフロレンス・ナイチンゲールが社会衛生, であったフローベルさえ常に, であったブリュッセルの停車場近く, であったブルジョア幹部の知能, であったブルジョア的イデオロギー論も亦, であったブルジョア自由主義者は甚, であったブルムが, であったプレハーノフは一八八五年, であったプロレタリア文学運動の消長, であったプロレタリア的立場をさえ, であったヘルムホルツの記号説, であったヘーゲルに於, であったヘーゲル学徒マルクスである, であったベルニィ夫人もその, であったベンジャミンは翌日, であったペルシアの侵略, であったホェーウェルに相談, であったボブを見つけた, であったボルシェビキ党はあらゆる, であったマイエルはたしかにこう, であったマターファに会見, であったマツカサススキを世界的学名, であったマヤコフスキーがこれ, であったマリアはよろこび, であったマリー・アントアネットをあわれ, であったマリー・アントワネットは腐敗, であったマルクスには, であったマルサスも事, であったマルタンは次, であったマーク・トゥウエンの作品, であったマーサは自分, であったムルタはその, であったムルタックだ, であったメイノース伯爵の次男, であったメー叔母は彼女, であったモスクワの人口, であったヤマト地方の君主, であったヨハネという爺さん, であったラサールには倫理学的エッセイ, であったラジウム研究所はたちまち, であったラリサは一九一七年, であったリッケルト一派の歴史学方法論, であったリュスネーさんがあります, であったルグナンシェは主人, であったルソーのほか, であったレフ・トルストイの孫息子, であったロオズ夫人と婚礼, であったロシアを何, であったロシア帝国主義は世界, であったロマン語は最初, であったロンブロゾーは人間, であったローザのロマンチック, であったローマがどうして, であったローレンスの悲劇, であったワグナーは, であったワルトンは此, であったヴァイオレット・スミス嬢の事件, であったヴィデを招き, であったヴィーン市に落ちついた, であったヴェルダンへと走り出す, であった一つ一つ市中へ出, であった一ぱいの酒, であった一九〇五年の対仏作戦計画, であった一台の野菜, であった一子実之助, であった一方は難波, であった一旅僧の恵瓊, であった一木枢相攻撃が多少, であった一生を最も, であった一瞬を運, であった一種独特の感傷的, であった一般の人生的, であった一色によって本, であった一部始終を話した, であった丁謂は寂照, であった七年の間, であったの金持ち, であった万葉復興の時勢, であった丈太郎に取次ぎました, であった三人の若い, であった三十何年の生涯, であった三千人近く入って, であった三反の水田, であった三島通庸に対する世評, であった三木雄の父, であった三本に一本, であった三村家の人々, であった三浦忠通という人, であった三田出身の藤本一二君, であった三面の村, であった上中には高, であった上坂の細君, であった上年ごとに自分, であった上河内を人間, であった上等品で今日製造, であった上野さんに宮古, であった上野介はほとんど, であった下台は泥濘, であった下曾根金之丞は父, であった下村為山君を中心, であった下駄屋さんであった差配, であった不安は昼間, であった不束ながら門, であった不粋なもの, であった世界の統一, であった世界像に対しては之, であった世界観のよりどころ, であった世間で見, であった世阿弥とはかなり, であった丘浅次郎博士と京大, であった劇団が, であった両氏の意気組, であった両者の跳躍, であった中国への同情, であった中央線の電車, であった中学校では地理, であった中島師についた, であった中川倉吉先生からきいた, であった中庭の門, であった中村は善良, であった中村彝斎藤与里治津田青楓の諸氏, であった中村武羅夫が先頭, であった中津川村の山中房吉, であった中流生活の土台, であった中郷にもその, であった中門などは影, であった中間層の急, であった丸木も博士, であった丸髷はエプロン姿, であった主婦さん一人でやっ, であった主観的な自我の, であった久しく住んで, であった久しぶりで故郷, であった久万山の百姓, であった久保井先生は温厚, であった久留雅雄が記者団, であったは友人中, であった乎どちらとも解らない, であった乎下宿屋が本業, であった乎二葉亭は食通, であった乎否かは永久, であった乎紅葉が一人, であった乙若がその, であった九世市川団十郎の人格, であった九十余歳の老侯, であった乱雑であったそう, であった乾兒の藤作, であった亀甲絣の大島, であった亀重君というの, であったは先生, であった予定はくずれる, であった予約出版は行われない, であった事それがようやく, であった事件がマザマザ, であった事情は察せられる, であった二元的見解をひっくりかえした, であった二十一歳の青年, であった二強国支那とロシア, であった二月十一日に引越し, であった二葉亭四迷によって, であった二見の誰か, であった二階座敷から裏, であった云々という話, であった五年の間, であった五百と一つ年上, であった五節の君, であった井野氏が広間, であった人たちにも多年, であった人ドグマが嫌い, であった人勤勉であること, であった人口は直ちに, であった人影は城下, であった人情にうとい, であった人見絹枝さんが女子選手, であった人達がその, であった今のは疑, であった今川氏を始め, であった今後は大いに, であった仏像彫刻が鎌倉期, であった仏国革命の立者, であった仏蘭西人が戦争, であった仕事にも手, であったの宿老, であった他人に頼るまい, であった以上知識の客観性, であった以上科学のこの, であった以前の母, であった以外に我々, であった仮面を今度, であった伊佐庭如矢氏勧業課長であった藤野漸氏, であった伊平はそれ, であった伊沢榛軒がある, であった伊豆圓一のこと, であった伊達邦夷はさかやき, であった伊達邦夷個人の所有, であった伊那ですらそれ, であった伊那丸は女々しい, であった伎楽を加えなかった, であった会津侯と結託, であった伝えは否定, であった伯父の名, であった低地を越し, であった住宅地などが一眸, であった佐々木小次郎が慶長十七年, であった佐々醒雪笹川臨風田岡嶺雲というよう, であった佐久間長敬翁の教, であった佐助が彼女, であった佐和子の世話, であった佐藤文次郎氏が毎年忌日忌日, であった体躯肥大な某氏, であった何となれば, であった何とも言えないほど, であった何分月が, であった何故此様な, であった何方かと云え, であった何様新湖, であった何者の仕業, であった余らがバッチング, であった余り古い縁故, であった余りに謙遜であった, であった作品及びこれから, であった作家クラブの建物, であった作家フランツ・ウェルフェルに対するハース, であった作家マクス・ブロートの功績, であった作家詩人が次第に, であった保さんが父, であった信一郎には冷めたい, であった信玄の死, であった俳句というもの, であった俳諧の記録, であった倉持陸助という青年, であった個人展の記憶, であった個人心理に対してそれ相当, であった個人心理学的方法はどう, であった個人的な自我, であった偉人の痛ましき, であった健吉くんでも, であったの大藪, であった備前の浮田直家, であった債権者は直ちに, であった僧侶の身, であった僧肇の偉大さ, であったならないの, であった優善を訪う, であった優秀な人々, であった元気のよ, であったの運動, であった先代に男の子, であった先刻首を引ッ, であった先史の中, であった先君の夫人南子, であった先妻の生ん, であった先師三矢重松先生の歌碑, であった先祖たちの肖像, であったがだ, であった光明后は観音像, であった光秀をいちどに, であった児玉しづ子をはじめ多く, であった入口近くに座, であった入浴の時, であった軍は, であった八反とを切り合わせ, であった公卿すべてが流竄, であった公家の階級, であった公方と藩主, であった六大学も甲子園大会, であった共和党の候補者デューイ夫妻, であった共産党は今日合法政党, であった兵役法違反事件が一方, であった其の秋の, であった其一段が甚だ, であった其中一頭は群, であった其処で貴所, であった其四の, であった其接吻を, であった其日の天気, であった其時のアイルランド人, であった其死の社会的価値, であった具体性に較べ, であった実はその, であった兼盛の血, であったからの光, であった内容を忘れ, であった円蓋の上, であった写生配合客観描写ということ, であった写真班の希望, であった冷泉の大, であった冷苞も見失っ, であった凡人ではなかっ, であった処女で居られる, であった処法政騒動の結果, であった出家も遂げたい, であった出来ごとつづいて, であった出版の自由, であった刄物がなく, であった国外の, であった分野が研究可能, であった初めて木曾の, であった初代惣右衛門が本家, であった初子は親, であった初期には鉄, であった判事が今, であった別荘に賑, であった利得は資本家, であった前代の田舎, であった前夜のこと, であった前夫としての憤り, であった前記のマロック, であった創作が今度, であった功徳院の肥後阿闍梨皇円, であった加藤子爵も昨夜下山, であった加速度はだんだん, であった助太郎貞彦は文事, であった労働の労賃, であった効果を見出さず, であった勉強のおかげ, であった勝元に敢然対立, であった勝頼はもう, であった勤労する人々, であった勤番所に移される, であった勿来関趾の見物, であった満地方, であった北アメリカにうまれた, であった北村君の惜む可, であった北村透谷が激しい, であった北条氏のため, であった北海道の大, であった北米には自由, であった区長宛の願書, であった医学士が意外, であった十一月の天気, であった十七歳の青年, であった十人の作家, であった十六世紀の文豪, であった十六畳の隣, であった十兵衛三厳はある, であった十時より前, であった十番の競馬, であった千枝子さんという友達, であった千葉介常胤, であった午前三時頃露営の小屋, であったの戸袋, であった南北朝の宮中, であった南挺三氏もその, であった南洋系の言葉, であった印象は本当, であった即ち社会の, であった原因は富裕, であった原始化は併, であった原始的な仮装舞踊劇, であった原田という男, であった厩戸皇子とははじめ, であった厳しい躾の, であった参覲交代を復活, であった参議式部大輔菅根が五十三歳, であった及川が奥, であったその友, であった友達でわずか, であった双子の袷, であったマルクス主義的意識は, であった反面には常に, であった叔父は腸チブス, であったを沈黙, であった口腹の欲, であったえの, であった古いヴォージラールの, であった古き世界は, であった古代ギリシア文化の復興, であった古市へ姿, であった古老の述懐, であった句選がこのごろ先生, であった召使いの切愛心, であった可哀そうに, であった可能的な形態, であった台座の石ころたち, であった右掌を腮, であった各室につい, であった吉利支丹大名高山右近が木村摂津守, であった吉左衛門との話なぞ, であった吉田茂がこの, であった吉田首相と鈴木茂三郎君, であった同僚の備前藩士, であった同志の身の上, であった同門の人, であった名前をミリガン夫人, であった向こう側の呉服屋, であったもかつて, であった吾輩今日はいかなる, であったをし, であったをとりとめる, であったの辺り, であった唐代の頃, であった唐朝の中頃, であった商人がわたし, であった商工省から内閣, であった問題自身がもし, であった啓蒙期の啓蒙, であったとか悪, であった嘉六が極力, であった嘉言善行というよう, であった嘉門の頸, であった嘗ての文学青年, であった四十町歩の土地, であった四家フユ子が赤い, であった四尺程の高, であった四肢には次第に, であった四辺が俄, であった因循さも失われ, であった因縁からそれ, であった団子坂をよこぎっ, であった団菊左の諸, であった困難は自然科学, であった図書を殺し, であったにおいては死亡, であった国民学校の庭, であった土井利位の名, であった土井和子の貴族的, であった土御門家の家司, であった土用半ばに秋風, であった土田杏村氏が話, であった土蔵の前, であった地主たちの建てた, であった地価が二十円, であった地名が山名, であった坂本千枝子さんという友達, であった坂本易徳氏だという, であった坂田の一生, であった坊さんが何時, であった坑夫体の負傷者, であった坪内先生の畢世, であった坪内氏の, であった埃及のスフィンクス, であった城下の街路, であった堀越氏であった, であった場合それを知っ, であった場合何という字, であった場合木戸の運命, であった塩辛が年取っ, であった境遇にいた, であった墓標かも知れない, であった士分と商人, であった士卒二十余人と共に車, であった夏自分から命, であった夕栄の色, であった夕陽が消え, であった夕食のため, であった夕飯の終る, であった外交成功が行き, であった外国公使館の一区域, であった外套を着た, であった大きな反動とも, であった大伴家はこの, であった大伴家持の作った, であった大使はペテルブルグ, であった大倉出資の透谷賞, であった大僧正慈円の歌, であった大内備前を取っ, であった大原孫三郎翁の訪れ, であった大塚保治博士の妻, であった大塩後素の甥, であった大学生の生活, であった大川の水音, であった大川周明博士は東洋, であった大川時次郎を瞋志, であった大森の家, であった大正の中期, であった大泉兼蔵その他どっさりの, であった大牟田を今日, であった大町米子さんが二万五千票, であった大納言の法会, であった大衆を組織化, であった大谷繞石氏がこの, であった大阪の方, であった大阪生れの西鶴, であった大阪造幣寮の諸, であった大隈にたいしてつとめ, であった大隈侯よりは世間, であった天下一品の新, であった天平の人, であった天気がにわかに, であった天皇制の問題, であった太古三輪の神霊, であった太秦を通っ, であった太郎は俺, であった太郎左衛門の室, であった太陽の所在, であった夫逸作の憧憬, であった失明以来鏡を覗いた, であった奈良奉行梶野土佐守の筆録, であった奉公人は蔭口, であった奢侈に思い, であった奥州に生立, であった女たちが年, であった女の子が川, であった女主は良人, であった女人はいたく, であった女子学習院はその, であった女子青年団の方, であった女学校の一団, であった女将の痛憤, であった女性たち無視して, であった女房が道, であった女流の画人, であった女神戸に鳥屋, であった女童の時代, であった奴さんの眼前, であった奴隷使役者の名前, であった劇家は, であった妻君がある, であったは貴女, であった姉小路基綱のヒダ八所和歌集裏書き, であった姫君のこと, であった娘時代をふりかえる, であった婆さまはどう, であった婦人たちを中心, であった婦人政治家たちが男女平等, であった婦人達だけが名前, であった媒介人の中村, であった嫉妬が真剣, であった子供に離れた, であった子供たちのため, であった子供等が既に, であった子規氏が私, であった子路が孔子, であったが次第に, であった字一字の間, であった字体一劃一劃右下りに鉄ペン, であった学校生活を一擲, であった学海が明治廿四年浅草公園裏, であった学生兄や弟, であった学習院女学部の主事, であった学芸自由同盟などは殆, であった宇宙と云う, であった守田勘弥も今, であった守蔵の女房, であった安二郎の兄, であった安井仲平のところ, であった安倍能成が就任, であった安場はすっかり, であった安宅先生がだ, であった安積艮斎十歳であった小島成斎, であったの父親, であった実はこの山上, であった実例は容易, であった実験のそれ, であった宮本伊織が自身, であった宮本武蔵が訪ね, であった家具商のフィシェル, であった家庭生活が崩壊, であった家康は藤原惺窩, であった容体がまた, であった宿業は後者, であった寄宿舎が落成, であった寄手の何, であった富士は朧ろげ, であった富裕な家, であったさが, であった寺内氏は必ず, であった対象が其の, であった専制が戦術, であった将軍家光は既に, であった将軍徳川慶喜は戦わずし, であった小体な二階屋, であった小塚ッ原の獄門番人, であった小夫兵庫小河又右衛門の二人, であった小学校時代にはチビ公, であった小宮さんが, であった小山小四郎が田原藤太相伝の, であった小島成斎九歳であった岡本况斎, であった小次郎は元, であった小田原のご, であった小舟に乗り, であった小説における志賀直哉氏, であった少々案外の思い, であった少しばかりの宝石, であった少なくとも当分の, であった尼君の心, であった尾崎咢堂が父, であった尾崎士郎のよう, であった尾崎行雄氏が挨拶, であった尾瀬ヶ原が個人, であったが, であったの山の神, であった山内正俊閣下が去年, であった山岡鉄舟からこう, であった山岸中尉が手, であった山岸宏との間, であった山崎博士の, であった山川浦路氏の談話, であった山本君も決して, であった山本達雄氏などは大阪, であった山村は瀬戸物, であった山田という青年, であった山科言継の日記, であった山襞などを判然, であった山路将監が一方, であった岡本况斎八歳であった海保漁村, であった岡本権判官はオロシャ, であった岡田弥市というの, であった岩倉よりも胆力, であった岩田義道が検挙, であった岸田俊子が三年, であったの宮, であった島村俊明氏なども世, であった島村抱月が死ん, であった島村抱月氏に死別, であった島村氏の前, であった島民の信仰, であった島津も東西, であった島津毛利などの藩主, であった島田虎之助は颶風, であった川井久徳及び古川氏清, であった川柳落首の様式, であった工人たちは幸, であった巫女婆です, であった差配の凸凹爺, であったれの, であった巳之吉は十八, であった巴里への出品, であった市川春代が春香, であったであった, であった師匠の代, であった師直が亡くなっ, であった師範と中学, であった常盤会寄宿舎は随分, であった常磐御前で深窓, であった幕末乃至維新当時, であった平井晩村の紹介, であった平凡な家庭, であった平取静内などの町村, であった平安朝時代が武士, であった年増の女, であった年寄が月, であった年頭の勅使, であった幸内を身, であった幾千万の人々, であった庄司甚内をかつて, であった庇髪の女, であった廉子も親房, であった建礼門院の跡, であった弁信はそれほど, であった弓之助は叔父, であった弘前の医官, であった弥之助は取りあえず, であった弥助の死に顔, であった強情者の将軍夫人, であった強盗犯人山辺音槌とかいう男, であったもない, であった当代異例の独自, であった当時以来人口の点, であった当時余は二十二歳, であった当該地方の人々, であった彰義隊の本営, であった影響に於, であった役人が急, であった役名を冠した, であった彼ヴィクトル・ユーゴーの脳裏, であった彼等一味ののさばり, であった彼自身のなか, であった故樹, であった後いっさいのこと, であった後ろに人力車, であった後六十年の生涯, であった後年名将となる, であった後結婚したの, であった従弟の狂気等, であった御堂関白が此, であった御岳は天明五年, であった御殿へ帰っ, であった御馳走も今漸, であった徳田球一志賀義雄などの人々, であった心祝いのつもり, であった必然性も現れ, であった忍従のすまし, であった志士であったという, であった志賀暁子が嬰児遺棄致死, であった忠三郎が敵, であった忠実であった良人, であった忠平は密か, であった忠直卿はふっつり, であった忠義無二な男, であったろしい, であった思い出もある, であった思索形式そのままを, であったに関する意識, であった性格の美し, であった性的祝典がおかれる, であった性質から結局, であった恋人を失った, であった恭しく礼を, であった息子その他の人, であった悟性と理性, であった左府頼長すなわち, であった悪夢の時間, であった知らぬ獄吏, であった情夫と家出, であった情調を推測, であった惜しい事を, であった愉快であったと, であった意味はこれ, であった愛子は闇, であった感情を斯く, であった感謝の念, であった慧鶴を急, であった憶良が実際斯く, であった或は下らない対手, であったの結果, であった戦争又は戦争準備, であった戦国の浮世, であった戸外から, であった戸籍抄本に印鑑証明書, であった所謂言論が一定, であったに持っ, であった手塚はいつも, であった手拭いが紛失, であった手紙出して, であった批判の精神, であった批評にとってはこうした, であった技手土岐健助一人は喜多公こと田中技手補, であった技術なるもの, であった折助の権六, であった抱月も云っ, であった拓本職人の老人, であった指導者のうち, であった指輪も好い, であった掛けぶとんを泰二君, であった掛軸も御, であった探偵小説が今年, であった提婆達多に自分, であった操行評点が乙, であった支那には当然, であった支那人がしくじった, であった支配階級はそのまま, であった政治家が死んだ, であった政治性と他方, であった政社の一つ, であった故に例えばエビスと, であった故仏蘭西の写実派, であった故郷の母, であった故露月の姿, であった教学という観念, であった教授ぶりへの感想, であった数学の学生, であった整備された研究室, であった文化そのものに持ちこまれ, であった文学上の諸, であった文学理論批評の消滅, であった文学者の文章, であった文献も学術進歩, であった文芸協会はその, であった文芸評論家はマルクス主義的文芸理論, であった斎藤博士初め同窓や旧知, であった斯様な言葉, であった日本の, であった新九郎はその, であった新子の車中, であった新聞出版放送の民主化, であった新谷は聯合組, であった方向に実際, であった方法が研究, であった旅僧が留守居, であった旅籠を抜け出し, であった旅籠尾張屋の奥, であった旅館の一, であった旗本がこしらえ, であった日常性は其処, であった日本プロレタリア文化連盟がつい, であった日本勤労人民解放のため, であった日本橋の方, であった日本紀の記事, であった日本美術協会に次いで, であった日本語は植民地大衆, であった日比谷の原, であった日蓮はその, であった日露戦争前に栄え, であった藩主が, であった旧友として訪問, であった早速代表三十名を, であった昆虫館という別, であった明恵上人や解脱上人, であった明治二年のこと, であった明治初年の殺伐, であった明治文壇の諸, であった明治末及び大正時代, であった明治音楽会の演奏, であった明石の君, であった明石夫人をさえこんなに, であった昔彼は一図, であった星学に対する情熱, であった春寒をも思い出す, であった春山和尚のいた, であった春松が一座, であった昨夜の事件以来, であった昭青年がこの, であった是等の山々, であった時々は唸っ, であった時一般都民が高い, であった時下谷一番といわれる, であった時二十五年前に書いた, であった時代伊藤野枝があなた, であった時代幼年学校は陸軍, であった時代那覇の港, であった時分女子大へ一寸, であった時分廉い地代, であった時分彼女の愛し, であった時分江戸を食いつめ, であった時嚥んだ剣, であった時夜利根川の土手, であった時奇怪の賊, であった時己は努め, であった時平兼盛の, であった時彼の名, であった時彼女はある, であった時明治大学の学生, であった時木賊の中, であった時穴隙を鑽, であった時領主の鹿, であった普選の要求, であった晶子は, であった晶子夫人が着座しばらく, であった暫時して, であった暴虐な男性, であった曲亭主人から, であった書生をその, であった書籍と両替屋, であった曹操がいかに, であったての小, であった最初予約の証拠金, であった最初薬は二日分, であった最早妻に, であった月評座談会の形式, であった有島武郎のこの, であった有様がうかがわれます, であった服部宇之吉先生の家, であった朝倉先生を彼, であったの枝, であった木部に対して恋心, であった未開人民衆子供や女, であったの妹, であった本丸に華, であった本多謙三君と親しく, であった本家に引き取られた, であった本庄という軍人, であった本庄さんは知りあった, であった机竜之助, であった杉原と云う, であった杉子たちの父, であった杉村楚人冠は私, であった村人は皺, であった村松任三氏は大変, であった村松検事であったとは, であった村邑が工夫, であった条件を男子, であった東京府職業紹介所に就職, であった東京控訴院長長谷川喬君, であった東京附近の或, であった東国の住民, であった東条氏が自ら, であった東都の空, であった松井七夫少将一派は楊宇霆, であった松倉重次は惰弱, であった松山新介, であった松岡君も斯, であった松岡洋子さんはこのごろ水飢饉, であった松島もここ, であった松平左近将監武元であった, であった松平忠房の誇り, であった松平輝高は召され, であった松本山は一挙, であった松村任三先生は私, であった松村任三氏は大変, であった松永久秀もたった, であった林房雄氏等から旺, であった林氏の儒学, であった枳園にはもう, であった之助, であったは黒い, であった柴五郎大佐が警務長官, であった柴田勝家よりも年下, であった校長が無, であった根本の原因, であった根本原因をなし, であった之介, であった格子縞のスコッチラシャ, であった桃子の兄嫁, であった桃色のキレ, であったの葉, であった桑木さんが紹介, であったの木, であった桜狩りの趣向, であった梅津利彦氏などもやはり, であった梅謙次郎博士は非常, であった梓山の猟師油井安十郎, であった梨羽寺沢の両氏, であったに並べた, であった森有礼は一人, であった森林の喪失, であった植通は実際, であった植通公は当時, であった楊文襄文太史祝京兆唐解元李西涯等と朋友, であった楽屋へ飛び込ん, であった榛軒とであった, であった槇君は元, であった様子心の底, であった機智であった露骨, であった機械主義を押し立てた, であった機械自身が決して, であった機械論を固執, であった弟が, であった次席に六尺, であった次郎左衛門もそれ, であった歌合が清涼殿, であった正銘の情熱, であったの光, であった武田さんが自分, であった武者小路実篤が今日, であった武蔵野の人, であった武道を捨て, であった歩みをぴったり, であった歴史性がこういう, であったを以てそれ, であった死神の仮面, であった殺人という事, であった母親はいつ, であった比良野貞固は, であった毛利の一誓紙, であった毛利基が主事, であった民主的文学者に弾圧, であった民藝品に不, であった気まずい事件を, であった気候の穏やか, であった気象台の, であったの名残り, であった水星運動の不思議, であった水野家の菩提寺, であった氷河委員会と雪委員会, であった永代と両国, であった永機はまた, であったない町, であったが身, であった江上さんも心配, であった江戸川乱歩が突如, であった池田侯の相談役, であった沢村田之助は久しく, であった沢柳政太郎博士から三上博士, であった河内東条と行宮, であった油紙の天幕, であった沼田の土岐家, であった沼間守一は至って, であった沿岸一帯の気勢, であった泉州堺の町外れ, であった法力作丈六釈迦像もさだめ, であった洋学書は先生, であった洋画の研究所, であった洋画家小糸源太郎氏がどう, であった活動のうち, であった活字を拾っ, であった流星雨が降り足らなかった, であった浅野が突然, であった浜田博士の話, であったが自分, であった之助, であったは静, であった海保漁村がある, であった海豹島の壮観, であった海面にもチカッ, であった深切であったと, であった深水の嫁さん, であった清い処女であった, であった清二はふと, であった清光昼のごとく, であった清朝の五彩, であった清水家の用人村尾正靖, であった清瀬一郎弁護士が日本側弁護人首席, であった測定の座標, であった湖畔亭は見る, であった湯浅芳子さんとは何年, であった満州にもこの, であった満州軍司令部をば, であった滝太郎がさも, であった漱石氏を一夜, であった濠洲航路ではなく, であったの近く, であった灰色の巨人, であった点以外にこれ, であった点歌が上手, であった為めお母さま似の, であった為め竜陽の交わり分桃, であった為め銀行が締, であった為スーツケースの中, であった為友人達は元々, であった為外界の事象, であった為整然とし, であった為機みを, であった為電車は止らなかった, であった焚場も十分, であった無事にお客, であった無名の陶工, であった無機化学の教科書, であった無造作に彼, であった煙突が今度, であった煩悶であった, であった熊田葦城の書生, であった熊谷直盛に嫁ぎ, であった燕作という者, であった父善助のため, であった父宮も姉君, であった父様が美留楼公爵様, であった父精一郎はじめ何人かの青年, であった爾来宋, であった片原町に行っ, であった片岡仁左衛門の影響, であった牢人でもずいぶん, であった物質に就い, であった特殊の地域, であった犬養毅を射殺, であった狂六先生を呼びよせ, であった狂気であった機智, であった独房監禁を非難, であった独逸人のスピンネル氏, であった獅子羊とも言うべき, であった玉橋先生本間先生の次位, であった玉鬘の所, であった現代の社会, であった現在の市街地, であった現実の事実自身, であった理念としての真理概念, であった理由未来派の手法, であった理論の世界, であった瑛子を勧誘, であった瑠璃子というの, であった甘粕藤太氏は負傷, であった甚だ稀に, であった生みの父親, であった生徒はかれ, であった生徒たちの沈默, であった生涯に対して今, であった生物進化論に説明, であった生蕃はいつも, であった生酔いの礼者, であったは白っぽい, であった田中検事ほか泉川平山富田木村屋代磯山の諸, であった田中正造は開院式, であった田中義一にも書面, であった田中鶴吉の小笠原拓殖事業, であった田原さんは, であった田村利親氏であったが, であった田舎親爺の大, であった田部君で其後同君, であった由あとからわかった, であった由これほど彼女, であった由今は第, であった由子を忘れ, であった由文房堂で万年筆, であった由緒ある家, であった甲州の処士, であった甲府の牢番, であった甲賀三郎氏の点, であったせますし, であった男の子ももう, であった男女の間, であった男女七歳にし, であった男女交媾のこと, であった男姿の海, であった町なかの館, であった町人ふうの男, であった町野左近将監でこれ, であった町長の新築, であった画家柳敬助君の夫人, であった画板わ今朝, であった畑中藤次郎を頼もしく, であった番頭も人間, であった異性を買い, であった病室が退院, であった病身がちのその, であった癩病病院に血痕, であった発育不足な面影, であった白いぴらぴらのついた洋服を, であった白丁の名, であった白井はこれから, であった白原圭吾氏を暗殺, であった白砂糖菓子の大きな, であった白馬会時代を回想, であった白鷹久美子夫人はかねてから, であった百合子の父, であった百姓どもは殆, であった百済人の名, であった百蔵はこんな, であった皇帝と学者, であった盗みなどは第, であった盛りの時, であった監房の中, であった盲人の体, であった盲俳人華山君のため, であった直義は却って, であった相模阿闍梨重宴も最後, であった省作は無造作, であったの力学, であった真智子のお伽噺, であった真物で馭者, であった眺望雄大なこと, であったをほんのり, であった知識に対する貪欲, であった短波長無線電信の送信受信, であった矮短なかんかん, であったであったという, であった石坂洋次郎氏の, であった石岡町の西北一里許, であった石楠とつつじ, であった石神祭りの仮面, であった砂糖が三十円, であった碧虚二氏よりもこの, であった碩学の永沼小一郎氏, であった社会大衆党でなければ, であった社会感覚からあやまっ, であった社会的機能を滞る, であった社会関係をいま, であった社長を既知, であった祖父さんはとうとう, であった祝宴が設けられ, であったなの, であった神さまはいま, であった神像の眼, であった神前でこの, であった神官の首領, であった神戸の鈴木, であった神戸牧師が前掲, であった神様は今, であった神田憲君の霊前, であった神聖な権威, であった神近市子山川菊栄岡本かの子その他を網羅, であった禅僧の修行, であった福地源一郎氏が従軍記者, であった福岡医科大学を卒業, であった秀吉であった, であった秀子は気, であった私あてにかかれた, であった私たちが一躍, であった私どもはそうした, であった私等にし, であった私達は同じその, であったの初旬, であった秋山宇一はモスク, であった秋山氏は文科, であった秋花は霜枯れた, であった科学的な歴史的予言, であった秘密を人, であった稀少性の比, であった程度で地下, であった空模様もどうやら, であったの向う, であった窩人部落は一朝, であった立派な家柄, であった竜神のお告げ, であった竜騎兵はその, であったのステッキ, であった竹内式部その人, であった竹寿々の面倒, であった竹屋三位卿が幕府, であった竹田津で講演, であった竹藪の中, であった筋肉を奪い, であった筋道を思い出し, であった節倹という社会道徳律, であった米人ジェンキンスの人格, であった米国の老嬢二人, であった米国行のダイアナ号, であった精神まで楽観的, であった精神病のお嬢さん, であった紀州方面の一掃, であった百記を, であった紅顔の美少年秋田, であった納屋の内部, であった眞に, であった紙帳が三角, であった紙芝居のおじさん, であった素っ裸で, であった素木しづ子が病弱, であった素朴で単純, であった紫式部清少納言赤染衛門というの, であった紫藤洞は此附近, であった紫黒色の肌, であった終点が幸い, であった経済事情もある, であった経験論を大陸風, であった結婚すら不安, であった結婚生活の破滅, であった結局甲は雛鳥, であった結晶形とその, であった結果に過ぎない, であった結果学問も段, であったもまた, であった統計的操作と実験的操作, であった絵ハガキをお, であった絶頂は別段, であった絶項の峠, であった綱手のため, であった総ての戸, であった総領の娘, であったにつつまれた, であったによって将来自分同様, であった繁代の世, であった織田方の部隊, であった織部正重然, であった美しい恋妻を, であった美しくて音楽, であった美人が変装, であった美人四五名を招待, であった美作の観覚得業, であった美奈子は今年十九, であった美姫の華やか, であった美術家で有名, であった義兄春田居士がこの, であった義務は日本, であった義太夫の御, であった義太夫節が呂昇, であった羽織だとか, であった十七日に, であった翻訳的な自由平等, であった政治家が, であった老いたる女傑, であった老人が我々, であった老舗のかんばん, であった者たちかそういう, であった者どもではない, であったも洋服, であった聖ロベールから起こった, であった職人たちが非凡, であった職業上の幻滅, であった肉体と心, であった肴屋の辰, であったの低い, であったは今日, であった能静氏が重態, であった脆い瓦であった, であった脚本創作のこと, であったの賤, であった自分自身が微々たる, であった自己を宇宙大, であった自然主義もヒューマニズム, であった自然科学をも社会, であった自由党に対抗, であった自由学園の音楽教育成績発表会, であった自身の文学理論, であった興行主と別れ, であった舞台稽古にゆく, であった航空気象学の問題, であった船中がみる, であった船頭は舳, であった良持の没後, であったの蒼, であった色々の事業, であった花井卓蔵君なども盛ん, であった花圃をはじめ, であった花圃自身の自発性, であった花村はその, であった花清宮裡の双, であった花田を懇請, であったに身, であった芸者の言葉, であった芸術の思想, であった芸術性はとんぼ, であった芹沢に帰せずし, であった若き日の, であった若松の大, であった若槻礼次郎君荒井賢太郎君入江良之君岡村司君織田萬君安達峯一郎君等あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, であった苫米地は地方, であった英国婦人エジス・カヴェル女史が去年独逸軍, であった茉利夫人の事, であった茫々とした, であった茶の湯は趣味, であった茶器が, であった茶袋の歩兵, であった荊州の将士, であった荒涼目をそむけたい, であった菅原文時の弟子, であった菊人形のこと, であった菓子絵松島の壺, であった菩提樹をその, であったのため, であった落差が今や, であった落着きの感じ, であった落葉松の林, であった之助, であった著者の良人, であった葛岡の家, であった葵原君と蜜, であった蒸汽力はその後, であった蔵原惟人小林多喜二宮本顕治らの政治主義的偏向, であった蕎麦屋について蕎麦通, であった蕗子が死ん, であった蕪村はその, であった薄命な貂蝉, であった藤井蔵相が死ぬ, であった藤十郎はあたかも, であった藤原忠通の行列, であった藤原時代後半の数多い, であった藤原義江の団体, であった藤堂高虎が死んだ, であった藤岡さんは二十四五年振り, であった藤波金三郎はコーヒー, であった藤田貞資を抱えた, であった藤野漸氏その他伊藤鼎氏辰川為次郎氏これは皆松山人, であった藤野漸翁が久松家, であったや就中維新前後, であった藩士もたった, であったは関白殿, であった蘇我一族は西暦六四五年, であった蘇我氏の事業, であった蘭軒の三人, であった虎ノ門の女学校, であった蛍沢や水田, であったの心臓, であったは大きな, であった行燈の光, であった袁彦道の流行, であったの上, であった装飾など総て一切, であった裏庭をよぎっ, であった製本工場内の実際, であった西光を怨む, であった西欧文学についての再, であった西班牙の海賊, であった西田先生も同じく, であった西鶴がまた, であった覚えはない, であった親友某君が突然, であったがあります, であった解放のよろこび, であった換えれば, であった記念品もまだ, であった記者は大山大将, であったである, であった許婚のカール, であった証明にならない, であったの端, であったも作れ, であった詩人は, であった話相手がある, であった語義があの, であった語部の物語, であった論理的価値がイデオロギー, であった諸君は, であった諸氏の内, であったもいくぶん, であった謡曲に対してもっと, であった謹厳そのもののよう, であった警官隊でありましたが, であった警察署長の津留木万吾, であった譲吉は自分, であった護法の子孫, であったの底, であったのゴ, であった豊玉媛がいつのまにか, であった豪族が諸国, であった貞門と同じ, であった貧しいが他目, であった責任上人一倍芝生, であった貴方と同棲, であった貴族に関する議論, であった資料の行李, であった資本主義の極端, であった資本主義社会の枠内, であった賜物である, であった贅沢な一間, であった赤松家の息女, であった赤瀬さんのところ, であった赤錆のついた, であった赤革靴のき, であった越前の三位通盛, であったでございます, であった足尾の方, であった軍事的教育の害悪, であった軍用路をそのまま, であったの下, であった辰野博士がその, であった農山漁村の更生救済, であった農民もそれから, であった農民イゾートはヴォルガ河, であった農科の舵手, であったがこの, であった辻潤の協力, であった近代的大新聞, であった近松は当時, であった近畿の地, であった近習たちをぐんぐん, であった近藤の父, であった近藤氏の家庭, であった近藤重蔵は時, であった迷庵三十一歳であった, であった逃走しようと, であった逍遙が人, であった途中石田治部少輔三成, であった通りこの種, であった通り之に対応, であった通り戦争ジャーナリズムは各種, であった通り文学からの生ける, であった連れとみえ, であった遊女や芸子, であった遊楽的気分の数学, であった運命もいよいよ, であった運平老の仙骨, であったが蕪雑, であった道元は仏教思想史上重大, であった道有がその後, であった達雄のこと, であった吉伯の, であった遠い過去の, であった遠征将軍が万里, であった遠眼鏡が特別いや, であった遥かの彼方, であった部屋部屋がすっかり, であった部曲の民, であった部落の土人, であったの娘さん, であった都新聞へ入社, であった醜汚の中, であった釈迦が人類, であった里程表をこの, であったの花, であった野上彌生子田村俊子水野仙子をはじめ文筆的, であった野崎左文の地理書, であった野球が好き, であった野球試合のある, であったをとらね, であった金之助は改めて, であった金兵衛らはよく, であった金椎の耳, であった金毘羅まいりを, であった針葉喬木帯の断裂, であった釣堀でフダーヤ, であったの音, であった鈿女命が頓智, であった銃剣の遠い, であった銅像は医者, であった鋪道のアヴァンチュール, であったともいよいよ, であったに三十年, であった長い白鞘物です, であった長十郎は更に, であった長塚節はこの, であった長屋が急, であった長崎港を間近, であった長州や九州, であった長束実に譲り渡した, であった長田大主, であった開墾地の村, であったはさ, であった間口二間に奥行三間, であった間彼の男, であったの小, であった関係上当時は何, であった関係上父のフォード, であった関取の称, であった閲歴を持つ, であったにふみとどまり, であった阿弥陀仏やキリシタン, であった阿房峠がそう, であった阿波の祖谷山, であった阿部一族討取りなぞ, であった限りにおいて当然, であった限りそれに反対, であった限りそれ自身に固有, であった限りまちがいはない, であった限り社会に生存, であった限り群衆心理学に於ける, であった限り茲に踏み止まらね, であった陵戸とは違っ, であった陶器師の翁, であったにやけた, であった陽炎であった, であった階級の詐術, であった際ここに幽棲, であった雄吉が突然, であった雅楽のメロディー, であった雅経七世の孫, であった雑居房にただ, であった球また, であったは篠, であったの山, であった雪堤の端, であった雪子もお, であった雪渓は登る, であったでも置いた, であった露店商人の行列, であった露骨であった, であった青年カアルの話, であった青年団と町役場, であった青年安五郎は玉井金五郎, であった青梅鈴法寺の高橋空山, であった青楓の, であった非常に人格者, であった革命家という肩書, であった靴磨きをも私, であった音曲や雑藝, であった頃フローベルと知りあい, であった頃一人の女, であった頃今の勧業協会, であった頃何かの用, であった頃小木の港, であった頃平次の姿, であった頃最近も穿い, であった頃虎牢関の戦い, であった頃青桐も浅い, であった須磨子は十八, であったの肉艶, であった頼長はことに, であった顔色へ俄, であった顕理六世が死する, であったがぱったり, であった風の神退治の演劇, であった食物は定まった, であった飯島の表情, であった養子の篠原勤, であったが低く, であった馬徳坊の内, であった馬方を捉え, であった馬春堂も地上, であった馬糧小屋の蛾次郎, であった馬鹿囃子の屋台, であった駒井はその, であった駒井能登守後にバッテーラ, であった駢邑三百里を没収, であった驢馬にまたがる, であった高い丘や, であった高本清を探した, であった高橋君が大泊, であった高田知一郎いま進歩党の幹事長, であった高等課を振り捨てる, であった高貴の婦人, であった高野山宝寿院蔵永禄十年の奥書, であった高音のコン, であった髪の毛は頭, であった魚市場と青物市場, であった魚河岸の内部, であったお特別, であった鰡八大尽はあの, であった鱒魚を捕える, であった鳥居素川先生が, であった鳥影が池上, であった鳥打帽を引出し, であった鳳晶子の才能, であった鳴りを鎮めた, であった鳴門水陣の一帖, であった鳴門舞の夜宴, であった鴨長明の, であった鶴子を其父母, であった鷹見泉石の裔, であった鹿は他, であった麦田はいま, であった黄いろい幽霊にとって, であった黒いのは, であった黒吉はあの, であった黒子がいつ, であった黒髯を見事, であった黙許であった, であった黛夫人に生, であった鼈四郎はこれ等, であった鼠色のキレ, であった5対3ではある