青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「てる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

づ~ づか~ ~づけ づけ~ づつ~ て~ てえ~ てた~ てない~ ~てる
てる~
てんで~ ~で で~ ~であっ であっ~ ~であった であった~ ~であったろう ~であり であり~

「てる~」 33229, 359ppm, 269位

▼ てる~ (4535, 13.6%)

218188169 だった 158 では 114 である 107 です 96 だと 93 かい 79 を見 7763 だから 43 であった 41 を見る 38 を見た 37 だが 35 かしら 34 かも知れない 3028 かね 26 でした 25 だろう 23 だよ, と同じ, を感じた 22 でも 20 ですよ 19 であろうか, もある 18 んです 17 か自分, じゃない 15 を感じ 14 だという, でしょうか 13 かどう, ぢや, ですか, ですが, や, を私, を聞いた 12 かな, か分らない, が見えた, でしょう, は私 11 はその, を彼, を認めた 10 かもしれない, がある, だらう, ですから, に気づいた, はただ 9 か死んでる, がいや, が聞えた, だとは, だろうか, であろう, は誰, んか, んで, んや 8 かえ, かと思っ, だろうと, を知っ, を知った 7 かと思う, だか, だそう, であって, はそんな, は何, を見つけた, ん, サ 6 か彼, か知ら, が, が嫌, が眼, が私, が見える, だらうが, はこの, んが

5 [20件] かさっぱり, かそれ, かも知れません, かわからない, か何, が不思議, が好き, が見え, だな, に気がついた, はお, は自分, もあった, もあれ, をながめ, をよく, を感ずる, を発見, を見出した, んと

4 [26件] かそれとも, かと思った, かわからなかった, か笑ってる, か見当, があっ, が感ぜられた, が有る, が自分, が見られた, じゃありません, じゃないでしょう, だとも, だね, だらうと, に驚いた, はそれ, はだれ, はなお, を伯母さん, を眺め, を聞い, を聞く, を見て取った, んなら, ンか

3 [64件] かあるいは, かだれ, かと不思議, かと思われた, かもしれなかった, かも知れなかった, かわかりません, か泣いてる, か知らない, か見, か足音, があった, があります, がいちばん, がはっきり, が不, が何だか, が分る, が彼, が感じられた, が聞こえ, が聞こえた, が苦しく, が面白い, だい, だからね, ださうだ, だぜ, だぞ, だとばかり, であります, であろうと, ですね, ですもの, とは違っ, と同様, に得意, に気づい, に違い, はあなた, はお前, はもう, はよい, は今, は僕, は当然, は彼, は彼女, もあり, もいい, も少し, も気, を, をいい, をみ, を周平, を幸, を彼女, を忘れ, を無理, を知りました, を見かけた, を見出し, んに

2 [180件] ぁ何し, お前さんは, かいあの, かお, かこちら, かそして, かちっとも, かと彼, かと思, かと思いました, かと思え, かと訊かれる, かどちら, かなア, かまたは, かみずから, かネー, か僕, か全く, か分らなかった, か動かぬ, か君, か憎んでる, か或, か或は, か曇ってる, か眠ってる, か覚めてる, か訳, か頭, がい, がいい, がいけない, がおかしく, がじまん, がそれ, がみえる, がよく, がわかった, が不安, が世間, が何, が余り, が分った, が判らない, が厭, が可笑しかっ, が多い, が大, が如何にも, が根本, が毒, が氣, が滑稽, が発見, が目立った, が窮屈, が聞える, が聞こえる, が聽, が苦痛, が見, が見られる, が辛い, が餘, さうし, さこの, じゃあるまい, じゃないです, じや, だえ, だとか, だなと, だもの, だらうドン, でありました, であるが, でしょうが, ですがね, でないこと, とで二十四五, とで如何, とで日一日, とも想像, と全く, と度, と桶, と違う, には驚いた, にぶつかる, にまだ, にも係らず, に反し, に気がつい, に気がつく, に気付いた, に注意, に見込んだ, はあの, はある, はいや, はおれ, はさ, はそう, はそこ, はちょうど, はつくづく, はどう, はどういう, はオレ, はテナルディエ, は之, は仕合わせ, は仕方, は何故, は余り, は君, は女, は嫌, は実に, は小松君, は己, は干からびた, は情ない, は感心, は明らか, は残念, は母様, は汽船, は珍, は真理, は種々, は自分一人, は退屈, も知らん顔, やが, やで, やろ, やろ不思議, らしい, をお, をじっと, をそのまま, をそれ, をみずから, をみる, をクリストフ, を一寸, を何と, を例, を倖, を僕, を平気, を引張り出した, を御覧, を恥づる, を悟った, を感じてる, を感じました, を拾, を持っ, を捉, を昌作, を李, を気づいた, を珍, を知らない, を突然, を耳, を聞き, を見かけ, を見かける, を見つけ, を見つけました, を見て取っ, を遠く, を黙っ, んを, ッて, 何か

1 [1339件 抜粋] あたしが, あまり不, あれな, いけないわよ, えらいわね, お入り, お母, かいそれ, かいどう, かい女, かえと, かからかってる, かけじめ, かこれから, かさも, かしらと彼, かしらと考えた, かしらヒヨツト, かっ, かという, かとみずから, かとも思う, かと不審, かと仔細, かと夫, かと思はれる, かと思わず, かと私, かと聞く, かどっち, かなあお, かねと僕, かは, かはだし, かほそぼそ, かまだ, かも, かもしくは, かもみずから, かもわからなかった, かも知れ, かも知れませんでした, かも蒲団, かわからなく, かわけ, かを聞こう, かエ, かシナ, か一言, か不気味, か先程, か分らず困り, か分らなくなります, か分りませんでした, か判りゃしない, か合点, か変, か姐さん, か子供, か尋ね, か底, か彼女, か恐らくは, か想像, か戸惑い, か未来, か死人, か浜地, か甘えてる, か疑われる, か白い, か知らなかった, か石, か素面, か見えなかった, か解らない, か説明, か諦め, か返事, か駆けだしてる, か黙っ, があるでしょう, がいっそ, がいつのまにかすーっ, がいる, がうるさく, がおいら, がおれ, がかすか, がからだ, がさ, がそこ, がつらかっ, がどうして, がどんなに, がばからしい, がふだん石ころひとつ, がみじめ, がやましかっ, がわかる, がエプネフリュー, がチラチラ, がブライトホルン, が一寸, が不満, が中, が二, が俺, が僕, が分ってる, が判らなかった, が勝手, が即ち, が可笑しい, が堪えられなくなった, が変, が大佐, が大間抜, が奇異, が嬉しい, が実に, が小林, が岩肌, が幾つ, が恒夫, が悪魔, が感ぜられる, が我, が日に日に, が日本語, が有難, が望める, が本, が楽し, が欧羅巴人, が水, が浮き出し, が溜らなく, が無頓着, が熱い, が特長, が眉山, が硝子越, が結局私, が羨しく, が耳だつ, が良い, が苦しかっ, が見えました, が見苦しい, が言葉, が足先, が退, が間違っ, が離れた, が風, けえ, これじゃ, さあ, さえ容易, さこう, さばか, さ私, さ馬鹿, じゃあございません, そこで, だい君こそ, だかも, だがね, だけが違っ, だけで, だけれども, ださうで出て, だそして, だったが, だったら彼, だつた, だといふ, だなあ, だの三か月, だらうか, だらう位, だらう芝居, だろうという, だろうね, だクリストフ, だ其為, だ張達, だ爺さん, つぽ, であり角, であること, であろうあるいはまた, でございましょう, でございます大黒, ですけれど, ですどう, です其, でない, でないの, で御座いませうあの, とかこれ, としてない, とで人, とに何となく, とは撰, とまるで, とよく, と互に, と右, と大差, と父, と結果, と群集, と違, と違うやろ, どうかしら, どすよって, なら, ならすぐ, なら一度, なら散歩, なら許して, なんかは全く, にくらべ, にちがい, には参った, には驚きました, にも厭き, にクリーニング氏, に乗じ, に出会う, に困った, に対してこれ, に引っかけ, に打, に比し, に気付き, に甘え, に知らねえ, に這う, に飽く, はあたし, はあり, はいい, はいったい, はいわゆる, はうち, はおまえ, はお母さん, はかまぼこ, はこうごうしい, はこんな, はしょッ, はすこぶる, はそして, はそれだけ, はたぶん, はつまらない, はどの, はね君, はびっこの小男, はほんとう, はまあ, はみんな, はやっぱり, はやぼ, はよく, はわかっ, はイギリス人, はオレ一人, はパン, はプロレタリアート, はマンハイム, は一つ, は一体, は不思議, は二三, は五十, は人間, は今私, は佃町, は体, は何者, は俺一人, は偽, は僕ら, は兄さん, は全く, は公明正大, は凄まじい, は劇中, は十銭銀貨, は千本しめぢツ, は午後, は危険, は反対, は司祭, は向, は品物, は四人, は困ります, は大きく, は大抵, は奥さん, は威儀, は宛, は實, は少し, は山, は常識, は強, は当り前, は当時猿マワシ, は心持, は恐らく, は恥辱, は意味, は慾, は摩耶夫人, は文化, は時々, は普通, は柳生様, は歌曲, は死んだ, は気, は江戸, は泥棒, は海岸, は漠然と, は父親, は王党, は生れつき, は男, は知つて, は祖父母, は私一人きり, は竜子, は約, は絲満, は聞えない, は腹の虫, は苦い, は薄い, は蟋蟀, は見た, は誰々, は赤い, は車夫, は辛い, は道理, は酷く, は闘牛, は陽気, は非常, は音楽, は馬琴, は驚いた, は鯉, は黒輝石, ば見, へ, へ案内, へ私, へ聴耳, まるでシャーロック, もいる, もこの, もその, もどう, もみな, もみんな私, もよい, もわるく, も今, も余りに, も可笑しかっ, も同様, も居る, も性質, も本当, も次, も気に入らなかった, も淋しく, も私, も自分, も見え, も間違っ, やいろいろ, やさかえ, やない, やよって, やセルビヤ, や一連, や早出, よりは却って, わたしくやしく, をある, をいつ, をいや, をおせっかい, をきいた, をさげ, をじろりと, をそこ, をそっちのけ, をつたっ, をどう, をながめる, をのぞき, をふと, をみた, をやはり, をわけ, をスケッチ, を一々, を一目, を不満, を二枚, を仰山, を何とか, を側, を別に, を励ましました, を喜んでる, を堪え難く, を学校, を小耳, を尚, を幾組, を待ってる, を思ひ出した, を悲しい, を惘然, を感じ始めた, を憚, を憾み, を承知, を捕え, を掛直し, を朝晩ふたり, を棒, を構わず, を檢, を民衆, を注意, を目, を眺め入った, を瞥見, を知つた時, を知る, を確め, を縛る, を聞きとった, を聽, を自慢, を荒神箒, を見いだした, を見かけやした, を見ちゃった, を見て取りました, を見なけれ, を見ました, を見るべきである, を見ろやい, を見付けた, を見出す, を見物, を見落した, を覚った, を読み直す, を起し, を非難, んあれ, んでない, んにも, んも, ん姉ちゃん, ん違うやろ, タツロ, ハハ, 両手に, 今まで, 何の, 偉そう, 分かるか, 前に, 嫁入りまえ, 小さき犯罪, 弁信さん, 後妻では, 本當, 水が, 知ってたわ, 知ると, 老父母, 裸が, 見ると, 貴方こそ

▼ てる~ (4016, 12.1%)

1000314 です 279 だよ 220 だから 180 じゃない 168 ですよ 103 だが 102 だろう 94 ですか 87 だね 65 ですもの 64 だもの 56 でしょう 53 だな 52 だぜ 45 だと, ですから 44 だからね 36 ですが, ですね 33 だか 28 だわ 26 じゃありません 25 じゃねえ 24 だらう 23 だぞ 20 だそう 19 だけど, ですからね 18 だからな, だけれど, や 13 じや, だって, でしょうか 12 でしょうね, ですがね, ですの 11 だろ, ですぜ 10 ですわ, では 9 だからなあ, だッ 8 だろうか, ですって 7 じゃないでしょう, だがね, だねえ, だろうと, だろうね, ですつて, でね, でも 6 だがな, だそれ, だつて, でしょ, ですけど 5 じゃなかろう, じゃア, じゃ無い, だろうが, だろうねえ, ですな, ですのよ

4 [14件] か, じゃ, じゃあない, じゃあるまい, じゃござんせん, じゃなく, じゃねえや, だけれども, だってね, だという, だなあ, だろうな, ですけれど, ですと

3 [12件] かな, じゃないです, じゃアねえや, だその, だそんな, だとさ, だとよ, だらうと, だネ, でございます, ですかい, ですからねえ

2 [40件] じゃないだろう, じゃァない, じゃ有りません, じゃ無いです, だあ, だえ, だお, だお前, だからねえ, だからの, だがなあ, ださうです, だそいで, だって云ってる, だど, だの犬, だばか, だらうが, だらうな, だろうよ, だん, だ俺, だ君, でございますから, でございますもの, でしょうから, でしょうよ, ですあなた, ですからな, ですがネ, ですけれども, ですってね, ですとさ, ですどうせ, でないか, やがな, やけどナ, やな, やない, やらうが

1 [258件] か早く, か昨晩, が露助, けど, じゃありますまい, じゃありませんでしょう, じゃあ僕, じゃい, じゃたまらない, じゃなかった, じゃなくっ, じゃねえだろう, じゃろ, じゃァねえ, じゃア今日, じゃバカ, じゃ仕様, じゃ溢, じゃ無いらしい, じゃ私, じゃ舞台けい古, じやねえよ, すが, だあいつら, だあな, だあの, だあやまりに, だあれ, だいや, だおまえ, だおれ, だお前さん, だからさ, だからねぇ, だからのう, だからよ, だがねえ, だきさま, だきみら, だぐずぐず, だけどと, だけどね, だけれどね, だこいつ, だここ, だここんところ, だこの, だこれ, だこんな, ださ, ださうですから, だし, だしね, だせっせと, だそして, だそっち, だそりゃ, だそれから, だそれで, だだから, だったか, だったが, だったらおれ, だったらどうか, だったら私, だってこと, だってさ, だってさあ, だってじゃねえ, だってそう, だってねすごい, だってねそれ, だってよ, だってレギイネ先生, だって悲し, だって話, だって謂いました, だつてさ, だつて云, だつて言, だて, だてば, だで, だとでも, だとは, だとぼけて, だども, だなえ, だなと, だの, だのに, だひとつお前, だひどい, だへ, だべ, だべよ, だぼく, だよう, だらうか, だらうけれども, だらうさ, だらうどうも, だらうなあ, だらう別れちま, だろうあの, だろうあんな, だろうかしら, だろうけれど, だろうこの, だろうじゃ, だろうそれだけ, だろうという, だろうなあ, だろうやいこの, だろう今, だろう多分, だろう恐入った, だろう正金, だろう毎日毎晩, だろう解らない奴, だろな, だろ返事, だア, だジタバタ, だナ, だベロ, だペテン野郎, だワ, だ三浦, だ世話焼め, だ主人, だ二階, だ今, だ今更, だ伏せろ, だ位, だ何と, だ偉かろ, だ千三, だ半分裸, だ又, だ合点長屋, だ奴, だ姉さん, だ寝っちまえよ, だ寝て, だ寝ぼけちゃ, だ己, だ彼方, だ心, だ悪戯児め, だ指輪, だ早く, だ昼飯, だ楽燕, だ止せよ, だ汚れてるん, だ淫賣婦, だ無駄, だ燈火, だ甲州, だ眼色毛色, だ私, だ聞いて, だ聞いてても, だ船, だ蠅, だ諸君, だ身体, だ金, だ銭, だ間違い, だ静さん, だ靜さん, だ駒井能登守, だ黒公, でございますよ, でござんすから, でしょうかしら, でしょうかまわないわ, でしょうが, でしょうがねえ, でしょうその, でしょうな, でしょうオホホホホホ, でしょう何, でしょう僕, でしょう女, でしょう恐しく騒いでるから, でしょう気味, ですあ, ですいつたい, ですえ, ですお, ですかと, ですかなどと, ですかネ, ですがねえ, ですこちら, ですこれ, ですさっきだって, ですずゐぶん気, ですつまり, ですどう, ですなぜ, ですねえ, ですほんとう, ですもう, ですもともと, ですもの駄目, ですわね, ですツ, ですヨ, です今時分, です伯父さん, です出來, です唱歌, です実に, です玉子さん, です神様, です縁起, です親分, です鐘, です面白く, でないかと, でなければ, でねえぞ, でねえの, ではねえ, で御座います, で御座いませう, と思ふ, ならいま, ならこちら, ならなんで, ならまだしも, なら公爵, なら天, なら寄って, なら手, なら早く, なら死んだ方, なら開けて, なら高級船員, なんかって私, に警察, は, やさうな, やさかい, やぜ, やそう, やぞ, やと, やらう, やらう黙つとれ, やろかと, や知れん, をしらべ出した

▼ てる~ (1531, 4.6%)

30 思って 19 云ふ 16 すれば 12 見えて 9 彼は, 彼女は, 思った 8 いうじゃ, いっても, 思つた 7 いふので, 思う, 私は, 言ふ 6 みえて

5 [12件] いうだけ, いうだけの, いうよりも, 信じて, 僕は, 思います, 思い込んで, 思うの, 考えて, 自称し, 言うの, 言って

4 [13件] いって, 不思議な, 云うの, 云って, 人に, 何だか自然, 後から, 思うと, 思うん, 自分の, 言った, 言つた, 頭が

3 [29件] いい, いうから, いえば, いけないから, いつまでも, いふ, え, お前が, したらどう, すぐに, そこへ, ふいに, みえる, わかって, 云いながら, 云うこと, 云うん, 信じがち, 俺は, 同じ事, 思うが, 思ったか, 思ったから, 思ったが, 思っては, 見えるね, 言う, 言ったり, 言っても

2 [78件] い, いう, いうが, いうじゃねえか, いうので, いうのに, いうより, いった, いふ感が, お八重, お思い, きいて, こいつは, すると, するならば, とんだこと, まるであたしたち, やたらに, 二人の, 云うから, 云う事, 云う方, 云う訳, 云っても, 人から, 今度は, 以前の, 伯母さんは, 何か, 何だかフラ, 信吾さんに, 同じよう, 同様に, 君の, 夏の, 天窓が, 屹度お, 年は, 怎も, 思うだけ, 思うよ, 思うわ, 思え, 思ったの, 思ったん, 思ってや, 思ってるの, 思ってるのね, 思われる, 思われること, 急に, 息が, 承知しない, 時々素的, 書いて, 木精が, 湖の, 男は, 秋の, 空いっぱいの, 答えた, 聞いたが, 自分で, 自称してる, 自負し, 見える, 見えるな, 言いますよ, 言えば, 言ったよう, 言っては, 言へば, 言わなければ, 訳の, 誰やら, 諸君は, 貴方の, 隣の

1 [1014件 抜粋] あたしは, あたりの, あなた思っ, あの子, ある地名, あんなふうになる, いいがな, いいましたからね, いいますが, いいや, いい生田流, いうか, いうからには, いうじゃあねえか, いうなら僕, いうの, いえるの, いかにも愚直, いくらうまく, いったって, いっちゃ, いってたよ, いつかそんな, いつた塩梅, いつのまにかうとうとと, いつの間にか涙, いつもきれい, いふにもか, いふ網の, いや有る, いわれたり, うとうとと, うれしそう, おさらい, おそらく誤解, おっしゃるん, おもいますから, おんなじです, お互に, お前さんの, お前の, お前許の, お嬢さんの, お富どん, お思ひな, お江戸, お父さんが, お父様, お組, かって, かならず貴様, きかないよ, きくん, きまった, きめた, けっして衒学者, こ, こい毎日, こうなんだか身ぶるい, こみたらこれお前, これで, これら一抱へ, こんなきまじめ, さぞ憎い, しあわせよく, したらあんた, したらよく, したら僕, したら自分自身, しばらくし, じつに他愛, すっかり同じ, そういったこと, そういってた, そう言っ, そのま, その小さな宿屋, その影, その男, そら俺, それ河鹿て, ただ左翼, だんだん頭, ちょうどもどっ, ついうっとりと, ついむしゃくしゃし, でも思, とある湯屋, とてもい, となりの, どうしていい, どうもそう思う, どこで, どんなにまぎれ, なかなか死ねん, なかには顔なじみ, なき, なぜ早く, なりの, なんでもない, のこのこ案内者, はしご段に, ひよツとこに, ふん捉え, ほりに, ほんとうに, ほんとに危な, ほんとに遅れます, まさかの時, またごてごて, またすぐ, また喧しい, また小屋, また東, また言い交わした, まるでうち, まるで坊主, まるで泥濘さ, みずから信じ, みずから知る, みなあの, むせるぞ, もう時間, もとの, やがてチョコチョコ, やがて息, やがて軽い, やっぱり紛れ, よっぽど生理的, より思えない, わからんかも, わたしが, われわれより, アメリカへ, オリヴィエは, キリキリ舞おう, クリストフに, サタンに, サ余り, スウィスの, セットの, チト危険な, チャンスを, ヌウッと, ヒデちやんに, ホームシツクにか, メルクリウスが, レーニンと, ワンサ人が, 一人一人を, 一歩譲っ, 一番電車に, 一般に思われる, 丁度おかしな, 丁度篠田様, 万端埒明け貧女を, 三時過ぎ頃に, 上森が, 下らないこと, 不可いから, 中, 主張する, 之が, 二三十間さきでも, 二十七八の, 云い出した, 云うからね, 云うと, 云うもの, 云うわけ, 云う意味, 云う話, 云う風, 云った, 云ったろう, 云っちゃ, 云ってるじゃ, 云つた, 云つた樣な, 云つてる, 云ふからさ, 云われちゃ, 井上三枝支那料理持参で, 人が, 人にも, 人食鮫に, 今にたいへん不幸, 今にも死に, 今に影, 今夜ロケを, 今迄, 他の, 仰言, 伊福部隆輝君に, 会田来る, 何う, 何だかこう国民, 何だか恐い, 何だか胸, 何とも, 何とも云えぬ, 何を, 何んや, 何処ぞ, 余計な, 保子は, 信じたいと, 信じてるらしい, 信じようと, 信吉なんか, 俥夫旦那何です, 偶然それらに, 傍へ, 僕も, 兄が, 充分に, 先生の, 全く同じ, 公言した, 其奴が, 冴え返った光りが, 出てるから, 初めは, 判断する, 勝が, 北山みたいに, 十二樽も, 午後まで, 危うございまし, 厭ん, 又ひどい, 叔母さんが, 口の, 可哀相だった, 叱られさうな, 号令の, 同じこと, 同じである, 同時に妙, 名古屋の, 向こうから, 告げる, 四五枚ポケットに, 国鉄ゼネに, 堪らなくなって, 変に, 夕刊投げ込まれ, 夜なかまで, 夜中に, 大きすぎる, 大変信用が, 大日様が, 大道具が, 天気は, 奥の, 女の, 女中がね, 好きに, 妙に, 姉は, 嫉妬らしい, 学生が, 安心する, 宗教は, 実に味, 実に淋しい, 寒いか, 少し離れた, 山キの, 山野先づ血迷っ, 川の, 己が, 帳場の, 平気である, 平生近眼で, 庭の, 張つて来る, 形容し, 彼女の, 後が, 後で見, 御思いなさるでしょう, 徳山夫妻あらはれ, 必と, 思いなさる, 思いましたが, 思いましてねえ, 思い込みたかった, 思い込もうと, 思い込んだの, 思い込んでる憐れ, 思ううち, 思うかね, 思うたびごとにいつもするように, 思うだろう, 思うな, 思うに, 思う心当り, 思う時, 思えば, 思ったお, 思ったらこの, 思ったら起きて, 思った枝, 思ってたん, 思ってね, 思ってるだよ, 思ってるばかり, 思ってるんだい, 思つ, 思つたら, 思つてさ, 思つてゐた, 思はせて, 思ひながら, 思ふが, 思ふだけ, 思ふの, 思ふん, 思へばい, 思わず戦慄, 思われるの, 怪しからん, 悉皆戸, 想像し, 愚息は, 感じただけ, 感じて, 感ずれば, 戸外から, 手紙が, 抗弁した, 指を, 放送, 断言した, 日比谷の, 昏倒し, 時々そんな, 暫くし, 書きそえて, 本も, 来た上, 来てる, 果して一人足, 果して怪しい, 根が, 梅園竜子や, 樋口大, 橘夫妻と, 欠点を, 此の, 死ぬぞ, 段々好く, 毎一秒間, 毎日毎日何だか, 気管の, 水血に, 汽車が, 汽車は, 泣いても, 海を, 海野十三の, 淋しいで, 清が, 溜息が, 濃厚な, 無性にあなた, 熱っぽくて, 物音の, 玉久旅館に, 理髪店の, 生きたいという, 生駒来る, 甲斐は, 申しますの, 男が, 番人と, 疲れること, 白い上っ張り, 皆も, 目が, 目を, 直ぐ燒, 相当以上, 看護婦から, 眠くなり, 眼の, 知った瞬間, 知っても, 知つて何んか, 知りつつも, 知るや, 破れかかった廚裡, 祖父は, 神経が, 私の, 私も, 称して, 突然あの, 竪川から, 竹川お, 答えたら, 答へる, 約束通りやって来た, 紳士の, 絵エ画かん, 置いて, 羨しくなる, 考えた, 考えてるん, 考えること, 考える慰謝, 考へて, 聞いた時, 聞かされ, 聞くでね, 肥ったドイツ人, 胃袋が, 胴の, 脅迫者が, 腹が, 自分が, 自分を, 自分自身に, 自惚れて, 自認し, 船が, 船頭が, 芥川は, 苛ら苛らし, 若い男, 茶店の, 荷物が, 落っこちるよ, 薄ら寒い頼り, 蠅の, 表は, 見えまして, 見えるほど, 見える君, 見たん, 見て取り得意, 見做, 言いある, 言いこんな, 言いたいところ, 言いつつ, 言い寄って, 言い添え彼, 言うこと, 言うため, 言うと, 言うよりは, 言う者, 言ったところ, 言ったの, 言った方, 言ってる人々, 言つたさうです, 言つた様な, 言つてさんざ, 言はれ, 言はんばかりに, 言われたって, 言われますが, 話が, 誤解された, 誰かが, 警察へ, 貴方思ふ, 買物帰りらしい, 赤い露助, 車屋の, 辰代の, 退くとき, 通りすぎちまうし, 過ぎに, 遠いところ, 邪魔に, 酔っちまひ, 銀之助は, 鋲を, 門口を, 闇の, 隆吉が, 階段を, 雨と, 非常に, 面白いもん, 音楽上の, 順調な, 頭も, 風呂敷包みを, 飛島が, 驚いたこと, 魂が, 鮨でも, 鴨に, 黒いマント, 鼻先へ

▼ てるよう~ (1354, 4.1%)

129 だった 102 な気 6248 なもの 31 でした 26 だが, でも, に見えた 25 な様子 20 に思われた 16 なふう 15 である, な調子 14 だね, な心地, に思われる, に見える 12 だから, なもん, な気持 11 です 10 な感じ, な風 9 であった 7 じゃない, な, な気持ち, な顔 6 だったが, だな, ですが, ですね, なこと, なところ, な工合, に見え, よ 5 では, でもあった, なの, なん, な心持ち, に彼, に思えた, に思われ 4 だと, であったが, でありました, な事, な者, に, にも見える, に思っ, に思われます, ね

3 [17件] じゃありません, だけど, だぜ, だよ, でしたが, でそして, なまた, なものの, な人, な声, な態度, になった, にも思われた, に思え, に感じ, に感じた, に私

2 [44件] だったから, だわ, で, でありながら, であるが, でい, でその, でまた, なそんな, なふり, なわけ, な口ぶり, な口調, な大, な大きな, な女, な奴, な始末, な形, な彼, な心持, な思い, な恰好, な方法, な時, な暢気, な次第, な気イ, な淋し, な状態, な男, な連中, な音, にそこ, になっ, にも思われる, に俺, に思われてる, に簡単, に考える, に自分, に見えます, に解釈, に頭

1 [380件] か, じゃあなた, じゃあ余り信用, じゃ弱虫, じゃ心細い, じゃ法界屋, すである, だお前往, だがネ, だけれど, だけれども, だし, だすな, だったし, だったもの, だったらその, だとは, だろ, だろうよ, だわね, であたし, であり彼女, であり知りすぎてるため, であるけれど, でいや, でええ, でお, でおかしい, でがす, でございます, でございますが, でございますね, でございますよ, でしたから, でしたら夜中, でしょう, ですから, ですけれど, ですけれどね, ですけれども, ですこし, ですっと, ですよ, でそれ, でとても, でな, でなお, でにわかに, でもう, で不気味, で何, で何処, で八方, で又, で口, で呉服屋, で困ったもの, で困つちまう, で女々しく, で妙, で実は, で心外, で成績, で普通, で洟, で独酌, で腰, で自ずと, で自分, で見, で規矩男, で足掛り, で陰, で額, で顔色, で高い, で高山, と甲府, なあらわ, なありさま, なあるか, なある物, ないい, なお嬢さん, なき, なけ, なこころもち, なこっそり, なそういう, なそしてまた, なそれ, なそれら群衆, なので, なびらびら, なふし, なへん, なぼんやりさ, なものうい, なものものし, なよう, なら御飯, なわかってねえよう, なアンジョーラ, なアンバイ, なガタピシ, なゾクゾク, なテヴェレ河, なバカ, なヒガミ, なブリュジョン, な一個, な一種, な不安, な不安さ, な不気味, な不自然さ, な二本棒, な人々, な何となく, な傍観者, な傷, な具合, な兼子, な前日, な勝ち誇つた心, な勤人, な卑俗, な印象, な口気, な古い, な名状, な君, な善悪, な場合, な変, な変り方, な姉, な娘たち, な子供, な家, な家庭的, な宿屋, な寂寥, な寝台車掌, な山, な広大, な度胸, な弁, な彼宮崎, な微笑, な悪い, な悲惨, な愚堂, な感, な我, な戦い, な批評家, な挙止, な方向定か, な時代, な時間, な暑, な暮し, な有様, な村田, な橋本沢子, な気もち, な気分, な気勢, な気配, な汗, な沈黙, な深い, な無気味, な無為怠惰, な物, な猫, な生, な生活, な病気, な白い, な監房, な県, な眼付, な眼差し, な眼眸, な眼色, な眼附, な知らないよう, な社会, な空間, な突出部, な笠森おせん, な箇所, な精神, な精神上, な素, な絵, な老人, な肌寒い, な胃部, な自分, な自分自身, な船, な荒々しい, な薄ら笑, な行き来, な行列, な見張り, な観, な言い方, な言い知れぬ不安, な言葉, な詩人, な詰らなそう, な話, な話し振り, な趣, な身, な返報, な金属性, な鈍い, な開いた口, な関係, な際, な静けさ, な面白, な音楽批評家, な響き, な頬, な額, な顔付, な高峻, にあせっ, にありあり, にいいはった, にいう, にいっ, にうっとり, にうなだれ, におごそか, におっしゃいました, にがたがた, にさえ見える, にし, にしきりに, にしなやか, にしばらくじろじろ, にすっかり, にそして, にその, にそびえ, にそれ以外, にたしかに, にとれた, にと合図, にと言いつけた, にと言っ, になる, には思われない, には描けません, には見えなかった, にぼんやり, にまた, にみえた, にみえる, にも受取, にも思います, にも思われ, にも思われない, にも思われなかった, にも思われれ, にも感ぜられた, にも祈祷, にも見え, にも見えた, にも見えない, にも見えなかった, にゆらりゆらりと, にわたくし, にウェルキン, にオリヴィエ, にコリー, にディマス, にドノバン一派, に一, に一家, に上手い, に不安, に僕, に力, に動揺, に化粧, に取れる, に口, に吾家, に周平, に問い, に喧騒, に噂, に囚人, に夢想, に大, に大きく, に大きな, に夫, に存じます, に容易, に富士山, に床, に彼ら, に彼女, に彼等, に後ろ, に念, に思い, に思いこむ, に思いました, に思います, に思う, に思えます, に思える, に思った, に思ってる, に思われ出した, に想像, に感ずる, に感ぜられた, に感ぜられました, に感ぜられる, に我, に振る舞ってる, に新しく, に日本武尊, に早口, に明麗, に暗い, に極めて, に楽観主義, に涼しい, に片付けられ, に生々, に用意, に目, に眩しく, に空, に競技場, に竹童, に考え, に考えてる, に考えられます, に聞い, に聞えます, に職業, に脣, に舌打ち, に花, に菩提樹, に行儀, に表現, に見えました, に見えるやろ, に見せてる, に見せる, に見た, に見ゆる, に見受けられた, に見受ける, に言い張った, に言った, に言っとい, に足下, に軽く, に輝い, に連隊, に遊ん, に運ん, に青春, に顔, に鼠

▼ てること~ (1231, 3.7%)

28 がある 21 があった, だろう, を知っ 19 だった 17 ができなかった, もあった, を彼 14 だ, に気づいた 12 が多かっ 11 か, なん, を私 10 をよく, を感じた 7 がよく, が分った, は明らか 6 が多い, である, でしょう, もある, を知った 5 がありました, が多く, だから, と思っ, は確か, も知っ, を感じ, を知り, を示す, を見て取った 4 だが, だよ, であろう, はない, はなかっ, はみんな, を, を少し, を彼女, を認めた

3 [33件] があります, があるなら, がしばしば, がわかった, が一つ, が出来ず, が出来なかった, が彼, さえあった, ぞ, だし, です, ですから, ですよ, に気付いた, ね, は, はただ, はよく, は事実, は何, は嘘, は彼, もあつ, もあり, をはっきり, を知ってる, を知らない, を知る, を示し, を考え, を自分, を見

2 [69件] あるやろ, が, があっ, があつ, ができず, ができた, ができませんでした, ができる, がどうして, がわかっ, がわからない, が出, が出来ない, が分っ, が発見, が相手, が私, だったので, だろうが, であって, ですし, では, でも, で分る, なの, にし, にしたら, になっ, になり, になる, には少し, に自分, の別名, はあまりに, はいう, はその, はできなかった, は知っ, は私, は誰, も, もあります, も出来ない, も知らず, も私, や自分, よ, をいう, をいっ, をうち, をすぐ, をすっかり, をだれ, をどうして, をみずから, をもう, をもし, を一々, を人, を忘れ, を気づいた, を知らなかった, を考える, を聞い, を言, を言う, を言っ, を言わし, 旧の

1 [599件 抜粋] いいましたらあの, いうて, いっそう悪い, うすうす嗅ぎつけたらしい, かと思っ, からきた, から全く, から遠く, があったろう, があら, があらう, があり, があるいは, があるらしく, がいかに, がうまく, がきらい, がしみじみ, がちら, がつまんない, ができない, ができないだろう, ができなく, ができます, ができるだろう, がどういう, がどんな, がなかっ, がはっきり, がはや, がほとんど, がほんと, がみんなアベコベ, がわかってる, がわかつ, がわき, がアダム, がアリ, が二人, が人, が仄, が今度, が何だか, が先刻, が出来た, が出来ませんでした, が出来るでありましょう, が出来れ, が分りました, が分る, が分れ, が判らない, が勝ち, が可笑し, が告訴, が報ぜられ, が変, が好き, が如何, が姉, が子供, が容易, が小さな, が少ない, が度々, が心強く, が思いちがい, が恥ずかしく, が息苦しく, が意味, が意外, が意識, が感ぜられた, が態度, が旅情, が明かでした, が明らか, が時折, が最も, が有難かっ, が林, が死ぬ, が無茶, が知りたく, が聞こえねえ, が自分, が見, が見えます, が言い出した, が身, が遠い, が間違っ, が頭, が食後姉, けれども彼自身, さ, さえある, さと云う, しか知らない, しばし, じゃない, そういう自分, その事件, その二つ, その彼女, その日々, その男, だけが大変, だけである, だけに生き, だけは, だけはいや, だけはわかっ, だけは知っ, だけを単に, だけを表白, だけを順造, だったから, だったが, だと, だの, だのちょっと, だらうからと, だろうし, だア, だ国中, つまりお前, であった, であり満ちあふれて, でした, でしょうから, でしょうし, でしょうね, でしょう婦人, ですわ, でせう, でどんな, でなくては, でん, で事新しく, で宝石屋, で武道, で深, で許して, で論証的, で酒, といったら, とおそらく, とがまるで, とだけだった, とて誰, との不穏当, とは常に, とまったく, とみえ, とを指摘, とイタリア, とフランス, と一緒, と二人, と内心, と同じ, と同様, と多数, と思, と思ッ, と書い, と比較, と氏, と知つて, と言ったら, ないなあ, などにもっとも, などはしだいに, などはひどく, などをすぐ, などをオリヴィエ, などを知った, などを私, などを親し, など話し, など隠す, なのよ, なら人前, なんかは, なんざ, なんて道ちやん, に, におぼろげ, にしませう, についてはクリストフ, については別に, について何, について心から, について腹, になってる, になつて, になにか, になりました, になろう, にはみずから, には大して, には気づかなかった, には耳, には自ら, にみずから, にゃ絶対間違い, によつて協定, に人, に何, に変り, に対する淋しい, に従うべきで, に成っ, に有頂天, に気, に気がつい, に気がつく, に気が付い, に気が付いた, に気づかない, に気づかないらしく, に気づかなかった, に気付い, に気付かず, に私, に耳, に自ら, に自覚, に賛成, に間もなく, のうち, のほか, のよろこび, のバカ, の十分ノ一, の喜び, の悲し, はあまり, はおれ, はこの, はしばしば, はそれら青年ら, はたぶん, はだれ, はできない, はでたらめ, はとても, はと云え, はなん, はなんと, はひよつ, はほとんど, はまた, はまったく, はまる, はみな実行, はみんな嘘, はみんな言つて貰, はもう, はもちろん, はやらなけりゃ, はよろしい, はわかっ, はわかる, はクリストフ, はスグ, はタシカ, はブルジョア社会, は一つ, は一体何だい, は一番はず, は一目, は事實, は二三年, は人, は人生, は会うてる, は何より, は何カ月, は僕, は冗談, は出来ない, は分った, は分らん, は切に, は力め, は勇ましい, は十分, は古, は好き, は容易, は常に, は強調, は当然, は彼ら, は感ぜられる, は或, は攻撃軍, は明かだった, は本気, は気, は滅多, は無い, は無理, は父, は疑い, は皆打, は盗賊, は真相, は矢張り真実, は確実, は自分, は葬式, は行き違い, は見てる, は言, は言うまでもない, は詩人, は通知, は違, は音楽家, ばかりである, また毎週, また自分, までが堪え難い, まで何, まで考へた, もありました, もいつ, もうわかってる, もしばしば, もその, もその他, もそれから, もできなかった, もとより重要, も保子, も出来, も出来ねえ, も分った, も忘れ, も感づい, も打ち明けなかったら, も明らか, も昔シイザア, も有名, も構いません, も満更, も点呼, も申, も発見, も確か, も稀, やまた, やら, やらをみんなお母さん, やら気まぐれ, やクリストフ, やヘルムート, や人, や口実, や態度, や敏子さん, や本, や病気, や長火鉢, よくすぐっ, よりいかに, よりもなお, らしい, をあなた, をおそらくもっとも, をおま, をかつて, をきい, をこらえ, をする, をそっと, をその, をどう, をはいっ, をほとんど, をみな諳誦, をみんな云, をもつ, をもはや, をりっぱ, をわざわざ, をクリストフ, をテキパキ, をハスレル, を一つ, を久子, を二人, を云ふんぢ, を何, を依田氏, を信じ, を信仰, を別に, を半分, を友ちゃん, を友人, を口, を吉村, を君, を吹聴, を告げた, を周平, を報じた, を夢, を始終, を実行, を察知, を尋ね, を小沢陸蔵, を弁解, を後悔, を御, を御許, を忘れた, を思い起こさせ, を思っ, を恥じた, を意識, を感じよう, を感づい, を感謝, を憚ら, を打ち明けました, を批評家ら, を最初, を望む, を村尾さん, を検討, を気, を洗ひざら, を理由, を疑わなかった, を白状, を皆んな, を皆んな言, を盗人, を直覚, を瞬時, を矜, を知ってた, を知らせる, を知らないで, を知らねえ, を知るだらう, を確か, を示した, を穏やか, を究極, を立ち聞き, を羨ましく, を考へ, を考へた, を耳, を聞かねえだ, を聞かれました, を腹蔵, を自ら, を自慢, を自覚, を良人, を見た, を見て取る, を見よう, を見出した, を言い得ない, を言おう, を言った, を許さない, を証明, を話し, を話す, を認め, を認める, を読み取ろう, を議論, を軽蔑, を追従的, を長く, を関東, を隔てない, を隠す, を静か, を順造, を頭, 即ちウガチ, 思ってること, 悩んで, 然し田舎, 知ってるから, 知れたある, 馴れて, 驚くべし

▼ てるから~ (768, 2.3%)

1712 では 11 である 8 大丈夫だ 7 だった 6 だと, です 5 だろう 4 い, これで, それを, だよ, であった, 駄目, 駄目だ

3 [11件] いいよう, いけないん, であって, ですよ, なの, 不思議だ, 僕は, 此の, 気の, 雨が, 駄目な

2 [43件] お前達には, こっちは, これに, そいつを, それだ, それで, それで貧窮組, そんなこと, つて, であろう, ですわ, なので, なんでも, 一しょに, 二人目を, 人を, 何とも云, 厭だ, 可哀相にも, 可成, 可笑しいん, 君が, 呉れたの, 喃, 宛然火の玉の, 屁を, 悉くこれ慈悲忍辱, 手紙一本書く, 新しいん, 校長は, 残念無念の, 気を, 火の, 癪に, 私が, 私は, 竹が, 自分の, 行って, 見に, 面白い, 顔も, 飯を

1 [549件 抜粋] あすこへ, あせっちゃ, あそこへ, あたくしつまりません, あたしたちの, あたしゃ性分で, あなたが, あなたとは, あなたも, あなた坊や落っ, あの周囲, あの方, あの木, あぶないの, あぶないん, あれだけは, あれを, あんたの, あんまり遅く, あッ気, いいが, いいです, いいの, いいません, いいよ, いいわ, いくらお前, いくら調べられ, いけない, いけねえどうか, いざと, いったんぐれる, いつまで, いつ誰に, いりません, いろんなこと, うちは, うっかりする, うまく行く, うんと痛めつけ, おいできっと, おいらが, おかしい, おかしいの, おらつまんねえ, おらの, おれにまで, おれは, お前さんと, お前さんの, お前さんは, お前は, お前も, お城, お墓, お客さまに, お留守, お辞儀なし, お靴, かくいえる, かくまって, きいて, きかなくとも, きっとおいで, きっと来う, きらいさ, きれいさっぱり, ここで, ここまで, こっちも, このくらいの, この事, この火事, これを, こんどは, こんな錯覚, ごろっと, さほど情なく, じゃ, じゃありません, すぐに, すぐ顏, すぐ顔, すっかり知ってる, すてて, ずいぶん骨, ぜひ救っ, そういう必要, そう思うだろう, そこへ, そのつもり, そのまま出す, その咄, その年, それが, それでたくさん, それでも喰, それまでに, た, たしかだ, たぶん大丈夫, たまらない, たまらないなんだい君, たまりませんや, だいち, だからあたし, だから僕みんな頭, だかれら, だだ浦和町, だだ豆腐屋ひとり, だとの, だとばかりは, だはやく, だめだ, だらう, だらうと, だれにも, だれも, だろうと, だわ, だ早く, ちっとも気, ちっとも気味, ちょっとやかましい, ちょっと人形, ちょっと判らない, ちょっと黙らし, ぢや, つけ上るん, つてお, てんの, であり, でありまた, でありヨーロッパ, であり女性, であると, であろうか, であろうが, ですの, でそこ, で引き, で後で, とうに御存知, とくの, とこと, とても叶う, とても許すまい, となりの, どうしても勘弁, どうして入り切れる, どうする, どうもいけねえ, どこか, どこから, どこで, どんなになっ, どんなもの, なおなお自覚心, なかなかどうして貫禄, なんだ, なんです, ばかと, ひっついて, ひとつ今の, びくとも, ほとんど史実, ぽち, まさかあなた一人, ますます神経, また, また眠った, また神自身両端, まだよい, まちが, まるで駄目, みんなが, めしあがれてよ, もうかるの, もうその, もう一本, もう不実, もう少し待ちてろ, もう止し, もう此, もし悪い, もつと, もの, やられたん, やりきれない, よく似合う, よく知らない, よく蔵六, よもや死体, よろけたん, よろしく一つ, わからないから, わからないわ, わしには, わしの, アケミさんは, エーおい兄い, ツイ腰の物を, ツブが, ハッキリ分りません, マドちんが, マンナカの, ユックリ見, 一ぜん食べ, 一人は, 一度だけ, 一緒に, 七十何円だけ, 三人で, 上り給へ, 世話は, 中へ, 中学生だ, 中學生だ, 丸善に, 之は, 二階へ, 云うので, 享保頃には, 人から, 人が, 人の, 人気が, 今に男, 今めかしい, 今度発作が, 仕方が, 仕様事なし, 他人も, 伯父の, 伺っても, 何う, 何うにも, 何か, 何かの, 何とかし, 何も, 何を, 何事とも, 何時でも, 何時死ん, 使いに, 価が, 便利でも, 俥屋に, 俺あ, 俺や, 偉い, 傍へ, 働かれない, 働らける, 僕に, 僕の, 僕来ちゃった, 兄弟揃つてパスすれ, 先へ, 先を, 内々探りを, 内では, 内地み, 再び展覧会, 出して, 出しなよ, 出せなんと, 分らないが, 分りゃしないよ, 切めて, 加集の, 医者を, 半日並ん, 半紙を, 却っていい, 取代えて, 可い, 可愛いいよ, 可笑しい, 可笑しいわ, 同なじ, 同等の, 君に, 君の, 君も, 唯大阪, 喜ぶだらうな, 四五本抜い, 土手に, 堪らねえ, 大いに僕, 大ていそいつ, 大丈夫ざます, 大丈夫でしょう, 大丈夫です, 大丈夫な, 大丈夫よ, 大分やっつけた, 大概内の, 奧州屋新, 女の, 好いじゃ, 妙だ, 妙な, 始末が, 嬉しいん, 学問が, 学校に, 学校を, 安心し, 安心の, 宜い, 宜いかえ, 家へ, 寂しい, 寝冷, 小兼, 小憎らしい, 少しも, 少しもや, 少しも憚ら, 少し眠る, 屋敷構から, 岡ッ引に, 岩の, 崩壊し, 川の, 川窪さんで, 師匠が, 帯でも, 常連の, 平気な, 平生吾が, 幽霊が, 床には, 店を, 引けるだよ, 当分あたいの, 役場と, 彼の, 彼女は, 御寺の, 御弁当, 御隠居さん, 心配ねえ, 忍びこむわけ, 忘れないよう, 念が, 怖いのよ, 怖いん, 怖か, 急ぐの, 愉快だ, 愉快な, 感心だらう, 我慢に, 手前だって, 手当りしだいに, 承知を, 折れるの, 捜が, 据えて, 新参の, 日が, 早くおい, 早くねたいところ, 早く歸つて, 早く社長, 早寝って, 明けねえ, 明日は, 昔し, 時勢に, 曲者は, 書くだけの, 本も, 来たまえと, 来たん, 来て, 来年あたり試験を, 東京を, 梅雨らしい, 模造も, 欲しくて, 止めて, 正直に, 此の方が, 此方へ, 此様な, 歸つてから, 歸らなかつた, 殊によい, 毎日いらいらし, 毎日にでも, 毎晩数寄屋河岸の, 水神様だ, 水面を, 汁なし, 汽車に, 泊ったの, 泥の, 注意, 注意との, 活版やに, 浮気らしい, 満員か, 滅多に, 無論さう, 無邪気で, 爰に, 片端から, 牡丹餅で, 特に珍, 独で, 理屈は, 生きてると, 用心しろ, 田端へ, 田舎料理なんぞ, 畜生めそれを, 疲れる, 癇も, 目が, 目立ったらいかん, 直して, 直に知れるだろう, 相手に, 相談する, 省作は, 真似し, 真直ぐに, 真直に, 眼が, 知ってると, 知ってるん, 石松には, 碁会所を, 碌な, 私にだって, 私の, 私も, 空身とは, 笑ってるん, 粗茶でも, 細工が, 羨ましいの, 義雄も, 老けて, 聊かヘコタレ, 聖家族の, 聞えませんの, 聞こえませんの, 脊骨へ, 船頭も, 苗字なんか, 若い人, 苦には, 茶を, 草臥れないよう, 菊と, 虫が, 融通も, 衆の, 行つて御, 西手の, 見えませんよ, 見れば, 訣ります, 話しにくくっ, 話を, 読みよう, 誰も, 調子も, 警察へ, 貧乏な, 買って, 賭博を, 起きるん, 足に, 踏みつけられても, 辛い, 逃げなくちゃ, 通りから, 通りがかりに, 酒を, 酒肴の, 金之助に, 開けなかったとこう, 随分手が, 隔日に, 雑巾を, 雷も, 青木は, 食いつくもの, 餘計年老, 駄目です, 駄目よ, 駈けつけて, 黙って

▼ てるもの~ (636, 1.9%)

31 である 27 だから 24 ですから 19 だ, のよう 16 はない 14 だと, では 12 がある 109 もある 8 だった 6 がない, はなかっ 5 であった, です, はただ 4 があった, だよ, と思っ, は, はその

3 [12件] があっ, であって, であること, であると, ですか, でも, なの, ね, は何, は無い, らしい, を

2 [18件] かね, か割合, があります, が何, ですが, なん, に向っ, はねえ, は何もかも, は何れ, は殆, は皆, は私, ばかりで, もあった, もやはり, よ, を持っ

1 [314件] あり, かい, かおしえ, かおと, かおまえ, かしら, かと思う, かぶて, かネ, か洒落, か眼, か誰, が, があつ, があり, がありました, があろう, がいる, がじゃ, がすっかり, がそんなに, がなかっ, がなんだか, がゐない, がホンモノ, が一つ, が一人, が云っ, が他日他, が何で, が喰いたく, が在る, が在るなら, が堀切くん, が多い, が多かろ, が大変, が好き, が日本武尊, が明, が本人, が獣肉中, が皆, が目, が考えてる, けえ, さ, さえある, じゃありません, じゃない, じゃねえです, すなわち生まれ, ぞ, だうつ, だかのう, だからね, だが, だし, だそう, だって腹, だな, だね, だ如才, っての, で, であったが, でありあたかも, でありました, でありまして, であり人間, であり慎み, であり無限, であり第, であるから, であるという, であるとしても, である日先生, であろうと, でいわゆる, でここ, でしょうか, ですからね, ですこし, ですね, ですよ, でそういう, でついでに, でどうせ, でないか, でないこと, でないと, でないん, でなくっちゃ, で人, で今に, で先生, で彼, で手ぶら, で教母, で日本人, で時代的, で毛莨色, で永遠, で私, で雪, ということ, とお, としたなら, としてあと, としては呉, として改訂版, として注意, とすれ, とてはその, となっ, とはならない, とは全く, とばかり思つて, とみずから, と思え, と思ったであろう, と思ったらしく, と思つて, と想っ, と推測, と断定, と考え, と見え, と見えます, と見える, どうにも, なのね, なら, ならかるがるしく, ならそりゃ, ならば, なら探すこ, なら誰, なりとの, にきかせ, にたいする信仰, にたいする年少気鋭, にたいする絶えざる, についてその, にでも出来ます, にとびつい, には決して, には立派, に何, に必死, に殊, に満足, に税, に行き渡った, のこと, の中, の無, はいなかった, はいません, はおれ, はこうした, はことに, はす, はすけない, はすなわち, はなあに, はないだろう, はなかつた, はなくなった, はまるで, はみな尊敬, はみな滑稽, はみな赤シャツ, はみんな, はみんな陳, はもはや, はやはり, は一体, は一見, は与吉, は主として, は僕, は南欧, は取り上げ, は唯, は困りなり, は壁, は大抵, は大概, は大西洋, は如何に, は娘, は家, は少い, は少なかろ, は島田, は平等, は彼, は彼女, は彼自身, は意志, は愛, は押える, は日常, は有, は有りません, は極めて, は死んだ, は残らず, は気分色合, は永遠, は温かい, は漢詩, は無, は無かっ, は無し, は無数, は精神, は與吉, は船, は血, は見ちゃいられません, は親, は誤る, は象, は都会, は雷さま, ばかり, ばかりだった, ばかりのよう, ばかり精選, への幼稚, ほど悪い, まで失っちまいました, もあり, もありません, もあるだろう, もあるらしい, もいる, もまた, も別に, も少なく, も御座います, も意識, も華奢, やら, やらもう, やらよく, や役に立つ, や歴史, よりもいっそう, より大きく, らしかった, らしくその, わずかに, をあたし, をあてる, をことごとく, をすっかり, をせっせと, をそう, をそれでは, をつきぬける, をね宅, をばかりであった, をまず, をまっすぐ, をみ, をみな煙, をむざむざ, をもっ, を人, を以て諸君, を其処, を出し, を出せ, を初めて, を吐き出す, を地, を売る, を失い, を守ろう, を彼, を後足, を愛する, を手術, を投げ捨て, を指す, を捕え, を撲る, を支配, を教, を文句, を来る, を残した, を求めれ, を決然, を無理, を理解, を示し, を笑わせる, を蔭, を見, を見る, を見出さない, を言う, を貰わなくっ, を質入れ, を髯, 何もかも遣り, 例えばダイヤ, 例えば先年, 動いてるもの, 大して感じ

▼ てるじゃ~ (599, 1.8%)

313 ないか 126 ありませんか 53 ないの 44 ねえか 14 アない 9 ござんせんか 6 ないですか 5 アありません, 有りませんか 4 アねえか 3 ございませんか, 無いか 2 ねいか

1 [12件] ありませんかと, ありませんかね, ありませんの, ない, ないかいな, ないかとも, ないかね, ねえかと, ねえかよ, ねえかよう, アね, 有ません

▼ てるうち~ (540, 1.6%)

23 に彼 16 に私 12 にふと 9 にいつしか 6 にいつのまにか, にこの 5 に, にもう, に二人, に自分 4 にその, にそれ, に他, に僕, に彼女, に次第に 3 が花, にある, にお, にだんだん, にとうとう, にまた, に何, に子供, に日, はまだ

2 [38件] だから, にあの, にいつか私, にしだいに, にそいつ, につい, にどういう, にどうも, には気, にふい, にほか, に一人, に一人二人, に人, に今井, に佐野, に何だか, に何時しか, に何時の間にか, に光子さん, に周平, に変, に心, に時間, に汽車, に沢子, に深い, に福富, に突然, に脳溢血, に自然, に船, に階下, に頭, のこと, は一滴, は顔, 或る

1 [318件] ある橋, いつとは, からぽつぽつ, から兄弟分, があつ, が幸福, が難, くたびれたので, しまいに, じきにこちら, そして東京, そのどこ, そんな風, と同じ, どうした, にああ, にあと, にあなた, にいいかげん, にいつか, にいつかよそ, にいつか寐入, にいつの間にか, にいろいろ, にうつ, にうつぶせ, にうとうと, におれ, にお父さん, にかなり, にかの女, にここ, にこと, にこんな, にし, にしまいに, にじき春, にすっかり, にすっぽり, にすつぼり, にそこ, にそして, にた, にたがい, にだいぶたって, にだんだんだんだん, にだんだんよく, にちゃんと, にちょうど, につかまっ, につくづく, につるつる, にとことこ, にとつぜん, にとのこと, にと思っ, にどうして, にどうしても, にどこ, になあ彼奴, になお, にはおのずから, にはだいぶ, にはや, にはらはら, には下宿, には何遍, には判るだろう, には向う, には感情全体, には氣, には病気, には着くだらう, には私, には逃げ, にひしと, にひとりふたり, にひどくイライラ, にひどく親しい, にふっと, にぼーっと, にまたも, にまたもや, にもういつしか, にもうそのまま, にもそんな, にも世, にも何遍, にも手, にも神経, にも神經, にも部落, にゃ倉, にやたら, にやっ, にやっと, にやっぱり, にやはり, にわたしたち二人, にア, にサマユンクル, にハッキリ, にヒョッ, にポ, に一匹, に一寸心, に一層, に一時脱, に一生, に一町, に七八年位, に三時, に三重吉, に上着, に上野公園, に不思議, に不意, に不用意, に世の中, に中江, に中野, に主人, に事情, に二百円, に五ヵ年計画, に今, に今朝, に以前通り, に伯母さん, に体, に何となく, に何処, に依田, に依田氏, に俄, に保子, に信吉, に俺, に値上げ, に傍, に先ず, に先方, に兎, に全く, に出し, に出来る, に前, に勝手気儘, に北海道, に十内, に午食, に卒業, に単純, に又, に友人, に双方, に反感, に古賀さん, に君, に味, に問題, に困った, に地面, に夏, に大きな, に大事, に大体, に大阪着, に天狗, に女, に女中, に女給, に妻, に子供達, に学校, に実は, に室, に宮原, に家, に家中, に寺井, に対象物, に少年, に左, に年寄り, に年末, に幾分, に張本人, に彦一, に後頭部, に心細く, に志村, に忙しい, に恒吉, に悪魔, に意識, に憂愁, に或, に描かし, に敏子, に数人, に昌作, に昔, に映写, に昨年, に有, に木原, に木村, に木谷, に本当に, に本郷三丁目, に村尾さん, に橋, に武田, に死ん, に死んじゃった, に母, に気, に気分, に池部, に河野, に洋髪, に涙, に涙ぐん, に深く, に濡れた, に火, に熟睡, に燈火, に片手, に犬, に狂的, に猫, に生徒たち, に疲労, に病気, に皆, に皮, に益々, に監督, に相当, に着いた, に知らず知らず, に石, に石村, に私たち, に空子, に終戦, に結婚, に美代子, に肚, に胸掛け, に興奮, に英吉利, に葉子, に葬, に蠑螺, に襖, に見る見る, に見物人, に観相, に覺悟, に誰か, に足, に車掌, に返さなけれ, に返そう, に連れ, に遅く, に運命, に道具, に道具方, に遠く, に金澤町, に鉄, に長谷川, に闇黒, に降り, に電車, に青春, に静, に静子, に非常, に順天堂, に頤, に騒ぎ, にPCL, の渡辺, はいけねえ, はいる, はそう, はそんな, はともかく, はどなた, はまあ, はよい, はオレ, はクロ, は人間みんなデタラメ, は呼ぶ, は大丈夫, は奴等, は好み, は妙子, は毎日, は画工, は病人, は私, は第一義, は自分, は飲まない, ひどく熱, ふいに, ふッ, もう行動, も満員, 読むの, 開いた口

▼ てる~ (505, 1.5%)

51 ようだった 11 いい 8 ようである 4 いいや, その頃 3 それは, ようであった, ように, 何うだ, 僕の, 好い

2 [22件] いいと, いいの, おめ, これは, これも, そいでも, それが, それでも手, それを, とにかく僕, ようで, ような, 何か, 例の, 俺は, 可い, 可いや, 店も, 此の, 汝は, 知って, 腹の中は

1 [365件] ああいう, あすぐらゐここへ來る, あっしの, あつち, あと五年十年たっ, あの二人, あの室, ありゃみんな嘘, ある, あれは, あんなに大きな, あんまり九太夫さん, あんまり面白い, いいさ, いいじゃ, いいそして, いいだろう, いいよ, いいわ, いいん, いくら電車, いずくんぞ知らん, いたく濁れり, いつもはずれ, いつも酒, いつ頃, いなくなれば, うまい字, おれは, お前さんは, お前に, お前の, お前は, お前も, お源, お父様, お貞, かねて覚え, かりに脅迫状到着, ききわけ, きょうは, ぎごちなく, ここが, ここには, ここは, こっちも, こなく, このほう, この宮殿, この時分, この汽車, この空地, こりゃどう, これだって, これを, こんな人, こんな狐, さすが多聞兵衛正成どの, しかしながら今, しかし君みたい, しかし臭い, しまいには, じつは日本出来, すでに父, せっかく証文, そうでない, そうや, そのうち二本, その上, その原因, その同情, その実は, その当時子供, その抱え, その昔, その時, その本人, その根本思想, その腎臓, その裏, その通り, それから先, それだ, それではどう, それでは出す, それでも第, それでも言葉, それでも間, それと, それにしても脊, それも, そんなこと, そんなにい, そんなに単純, そんなの, そんな大, そんな悪人, そんな時世, そんな細い, たまには, だ君, つい山, つひぞ人, つまらなかった, てんでうそ, でも君, とても君, どういう身分, どうかし, どうかする, どうした, どうしてもあきらめられない, どうだ, どこか, どこの, どんなもの, なあに相, なかなか見えん, なかには一つ, なぜそんなに嫌う, ならねえ, ひとり日本, ひどく信用, へえしでも, まあ待て, まさか検査官, まさしく大金持ち, また何, まださわやか, まづ, まやらう, むかしから, もちろん三皿, やがて自分, やと, やはり君, やらないの, ゆえに, ゆえに他人, ようであり, ようでした, ようです, よくよくあたらない, ろくで, わしが, わりに元気, アメリカの, オーブリーは, ギリシア民族の, ゴークや, スペインの, ネズダノオフという, バカ力が, パンパンに, ヒマだったら, フランスに, ブルジョアも, ホントは, 一体は, 一寸面白い, 一度も, 一方では, 一時融通し, 一緒に, 一階よりも, 三味線が, 下二へ, 世に, 中, 久恵は, 事実金だし, 二人の, 二階空席あり, 云わなけりゃア仏様, 五十を, 亭主の, 人が, 今も, 今度一つ大きく, 今日で, 今日の, 仕方なし, 仲, 伊之助は, 伊坂の, 伜の, 何ういう, 何が, 何ともハヤストーリー, 何と読む, 何を, 何ん, 何一つ理解, 何処に, 何故だろう, 俺には, 俺も, 側へ, 僕じゃ, 僕には, 僕は, 儒を, 入った物, 全く大, 六ヶ月も, 其れ, 其生存中は, 其癖全く, 出過ぎたこと, 分けては, 初めてである, 初婚持参金十万円近くある, 初対面だ, 別な, 前の, 十三の, 反って, 叔母さんと, 口なんか, 口髯は, 古今東西の, 各自注意しない, 同じ事, 同様に, 君も, 吾儕にも, 四把と, 坂の, 堅いから, 塩町の, 変り者とは, 夏場に, 夕食の, 外に対しては, 夜に, 大いに食い, 大満員, 奥に, 奴等, 好い土産, 婦人は, 安さん面ア知ってるだろう, 宜いや, 実はね, 実は尋常, 実は誣妄, 寺記には, 專門外の, 小屋へ, 小説を, 少しも, 就中ベンガルは, 工場委員会の, 左に, 帰りに, 帰る時, 年齢の, 庭園は, 建物は, 弁信さんが, 当人は, 形は, 御城, 念の, 念入と, 悪党の, 情ねえ, 感謝の, 戯作好きだ, 打消せない何と, 投げたい気持, 改たまっ, 故にあらゆる, 故に各, 教師として, 教育家の, 斯うい, 日本じゃ, 日本では, 日本に, 日本人は, 旦那, 旦那さんが, 明る朝, 明日行っ, 是は, 時々奇問, 時間が, 暑い, 最下等生物の, 朝は, 期待してる, 来ない, 来年の, 来年は, 松平某なる, 松本の, 果してさうだった, 柳の, 梯子にも, 欠点, 正直で, 残念ながら, 気分でも, 気味悪い, 決して心配, 洗いざらしの, 洗ったらとろとろ, 洗濯物を, 流石に, 漣山人では, 無論これ, 然し家庭, 然し気質, 犬の, 狡い, 現はれる, 産み落した暁, 男の子は, 町は, 畢竟政権与奪, 當らない, 百姓たちには, 百姓共だって, 皆人が, 目に, 眠って, 眼付に, 知ってる, 私としては, 私は, 立退, 第一, 筑紫へ, 精神の, 糞場の, 羊も, 義雄は, 肉体も, 肚の, 肩は, 能く, 臆病でありやす, 自分の, 装飾には, 解らねえから, 言えないという, 貴方の, 費えないこと, 起して, 迚も, 追いかけて, 道灌の, 違う所, 遠いや, 遠くに, 野良に, 金儲けなどという, 門下の, 陰気に, 電車で, 風の, 風呂の, 食われても, 馬の

▼ てる~ (435, 1.3%)

15 もあった 12 がある 11 はなかっ 10 はない 9 もあり, もある 8 は一人 6 があった, はありません, もあれ 5 では, のよう, もあります 4 もない 3 があっ, がいる, がない, が多い, さえある, はいない, はなく, もありました, もいた

2 [24件] かもしれません, があろう, がいた, がいるだろう, がなかっ, が多く, が幾人, だと, にはそれ, の, のうち, のない, の姿, はありませんでした, はいなかった, は極めて, は無い, は神様, へ金, もあつ, もいない, もそう, も少く, や熱く

1 [249件] あど豪い, あねえ, あわかってる, あ知っ, いますから, からひどい, か親しい, があったら, があつ, があまりに, があります, がありませう, がありません, があれ, がい, がいくら, がいたらしい, がいない, がいませんでした, がこんな, がそこら, がどこ, がなく, がほとんど, がぼろ, がもっとも, がフランス, が一人, が世, が事ごと, が他, が何, が利用, が勝, が取る, が多, が多かっ, が夢, が少く, が少なく, が居, が居なくなる, が慌て, が既に, が沢山, が相談, が紙, が終戦後, が見たら, が言え, が趣味, こそ強健, そういう者, だ, だけがその, だったに, であると, でござんす, でさえ, ですから, ですが, でなお, でなきゃわざわざ, でなきや, でなければ, でも, でも教壇, で一度顔, で年, で彼, といつ, とかの中, としてながめ, とであった, とまでは俺, と何ら, と愛慾, と戰陣, と見なしてる, ないの, などが多く, などごく, などさまざま, などは歓呼, などを除い, など恐らく, なの, なら出來, なんかいない, にあっ, にたいし, にたいしてもそう, にとってのパン, にとっての水, にとっての異性, にとってはいかにも, にとってはごく, にとってはシェイクスピア, にとっては一時, にとっては光, にとっては同時に, にとっては欠くべからざる, にとっては真理, にとっては音楽, にとって今, になんで, にはその, にはだれ, には勉強, には口癖, には想像, には時々, には札, には毎日, には気の毒, には珍, には皆, には粗食, には身, にも分け前, に一脈, に出会っ, に別所次生, に違, に違い, に関すること, のそれ, のひとり, のみが知る, のみである, のやうぢ, の一人, の命, の声高, の娘, の居る, の愛情, の数, の気持, の生きてる, の身振り, の顔つき, はありがた迷惑, はあります, はある, はあるだらう, はあるまい, はいないだろう, はいないらしかった, はいませんでした, はおのおの, はきわめて, はごく, はございません, はじっと, はすべて, はそれ, はたくさん, はただ, はだれ, はなかつた, はなくなる, はひとり, はまだ, はゐない, はジャン, はチャン, は一つ, は三十余り, は世界, は人, は他, は個人的, は前文, は勿論, は取り, は妹, は妻, は恐れ, は残らず, は沢山, は深川八幡, は無罪, は皆, は目, は真実, は社長以外, は稀, は約, は聾者, は膿, は船長, は見当たらなかった, は諸君, は銃隊, ばかりだった, ばかりのよう, へさすが宜, まで甚だ, も, もありませんでした, もあろう, もいませんでした, もいる, もきいてる, もきわめて, もなかっ, もなく, もなけれ, も一人, も多く, も多少, も幾人, も悲鳴, も戸外, も掛けてる, も見てる, や下級, や仕事, や代用靴, や何等, や刈り入れ, や尻, や常識的, や水夫, や熱心, や破けた, よりも利用, をあわれみ, をいつも, をさます, をすぐ, をどうして, をばカイーナ, をも憎む, を何, を入れ, を利用, を助ける, を嗅ぎ出し, を救わなけれ, を見る, を言う, を除い, 同じく立ち, 同じ勢力, 同じ名前, 坐ってる者, 白い歯並

▼ てるところ~ (427, 1.3%)

16 を見る 14 だった 12 がある 11 なん 10 です, のもの 6 さ, だよ 5 だ, でございます 4 にある, もある, をみる 3 じゃない, だつた, でございますから, なの, を見た

2 [18件] が, があった, がかい, だから, だが, だったわ, である, でがす, ですが, はない, へこの, へちょうど, へ掃除, へ腐れた, もあります, を想像, を横, を私

1 [269件] からだ, から三カット, から僕, から大きな, から少し, から飛び起きた, があなた, があまり, がありました, があります, があるでしょう, がえれ, がおもしろい, がちがっ, がやつぱり網, が不思議, が今, が分かる, が即, が墮, が多い, が多く, が恐らく, が悪く, が新聞雑誌, が良い, が遠景, じゃ, じゃだから, だけが亀, だけで七所借り, だったので, だと, だのおかみさん, だの天下, だろう, でございますよ, でさ, でした, ですから, ですからねと, ですよ, でね, ではない, では坊さん, では死刑, では餌づり, で三階, で全く, で別に, で枯れた, で私たち, で衣類, とかを巡査, とは非常, とよく, と同じ, と撒水車, と連峰, などあつ, などそれと, などに動かされます, などぼんやり, など嫌味, なので, なのよ, なら何とか, なんか, なン, にあった, にそして, になにか, には厳然たる, には如何なる, にも一つ次, によ, による, によれ, に年上, に彼等, に注目, に父, に美しい, に行っ, に見馴れぬ, に黒いでかい, の一, の一般文明人, の世界, の二度書き, の女, の広, の憑き物, の文字通り, の日本, の真理, の社会人一般, の絵看板, の頸白粉, は, はあります, はこっち, はさすが, はただ, はちょっと, はどこ, はなかっ, はひょっとしたら, はほか, はほんの, はまことに, はバー, は一寸, は勝手口, は君, は如何にも, は婀娜っぽい冷た, は実に, は尚更, は愉快, は感心, は憚りながら, は教, は教え, は正太, は正気, は浅間, は苛ら苛, は葬頭河, ばかり美しく, へ, へあちら, へあの, へいっ, へいつ, へお, へお前, へお前さん, へたちいで, へにこにこ, へぬっと, へは這入れる, へばあや, へひからびた, へもっ, へショッワッ, へヒョッコリ, へピカリゴロゴロ, へピチ公, へブラリ, へ一人, へ伊兵衞, へ使番, へ來, へ傷口, へ僕, へ兄, へ冷酷, へ別, へ叔父, へ口, へ向う, へ奥さん, へ女, へ専務, へ彼女, へ御苦労, へ息せき切っ, へ或, へ折, へ改札係, へ斎藤豊吉, へ新, へ日本, へ暗い, へ本陣, へ来, へ来られよう, へ来訪, へ柳, へ案内, へ汝, へ焼, へ牢格子, へ玄関, へ玄關, へ田島, へ真名古, へ福岡, へ私, へ美青年, へ肺炎, へ自分, へ舁夫, へ蔦, へ行っ, へ近所, へ運, へ門番, へ飛び込ん, へJOCK, までいく, までその, までは見なかった, まで書いたら, まで行った, まで見える, まで読ん, まで負け, みがきたがってるところ, も僕, も定評, も見せられた, も面白い, や楽しい, や紅葉, よ, を, をあなた, をあの, をお, をごらん, をなお, をなんなく, をね, をはねた, をコゼット, を一枚, を上, を不意, を人, を何, を値, を六時間, を写真, を呼ばれ, を坊主, を夢, を夢みました, を子供, を後ろ, を忍び寄った, を思い, を押さえられた, を描いた, を救いあげられた, を数え, を水兵, を活動寫眞, を物置, を狙撃, を磨く, を示し, を考えたら, を聞いた, を虎, を見, を見つかる, を見つけ, を見つけられた, を見つけ出した, を見られやしなかつた, を見付かっ, を言っ, を詰問, を赤木, を迂回, を驚かした, 考へて

▼ てる~ (364, 1.1%)

17 がある 8 のよう 7 がいる 6 もある 5 はない 4 もあつ, もない, よ 3 があった, だ, だった, でもある, のこと, の一人

2 [29件] かい, から望遠鏡, があります, が多い, が沢山, こそ本当によく, だから, だと, だのに, で, であった, である, でさ, です, ですか, ないわ, なん, にし, には一口, の中, の声, の手, の目指す, はありません, は何, は無し, もあらう, もあろう, も私

1 [233件] あって, あるねんけど, かいきたない, かと思つた, かね, かも知れません, から借りてた, から毎月新刊, があっ, があったら, がありました, があるなら, がいくら, がいまここ, がこの, がこれ, がたくさんバス, がどんなに, がない, がなかっ, がふと, がほんとに転, がまだまだ, がよく, がタクサン, が一人, が今, が先々月県下, が尋ね, が有っ, が有る, が木, が来合わせ, が眺め, が綿貫, が自分, が行ったです, が見えた, が見えたら, が訳した, が証人, が誰, が近寄る, が魚, じゃない, じゃなかった, じゃア, そういう人, だが, だけが本当に, だつた, だという, だとか, だとは, だとも, だな, だの夜もすがら, だもの, だわ, だネー, であるなどと, であるならみんな, であるのに, できっぱり, でしたわね, でしょう, ですとても, ですネ, でせう, でそう, ではあった, ではありません, ではない, でもきっと, でも時に, でクリストフ, で一人, で人, で前, で労働問題, で和尚さん, で土地, で山科, で母様, で酷く, という, というの, とだけで, とはちがう, とは思えなかったろう, と云っ, と同じく, と聴いてる, と見え, と間違える, ないわね, ないん, などはさっぱり, なら誰, なんかない, なんかにゃ想像, なんかめったに, なんで, に, にしかこの, にちがい, にでも見つかれ, には苦惱, にみんな, にむす, にもあります, によく, によつて, にフイ, に会った, に会わん, に傭, に対して夢, に対して大した, に挨拶, に見られる, に訊いたら, に誰, に逢っ, に逢つて, に道修町, に違, に酷く, に頼みたい, ね呆, のいい, のなか, のやうぢ, のよい, のゼスチュアー, の下駄, の側, の助言, の口, の名前, の噂, の多い, の姿, の心地, の気, の相貌, の精神, の耳, の聲, の臓器, の言葉, の話, の顔, はあれ, はいい, はいく, はいない, はいません, はおそらく, はそう, はその, はなかっ, はなくなっ, はひとり, はめったに, はもう, はもどっ, はゐない, は不思議, は乏しい, は今, は他, は俺, は印刷, は大概船頭船方, は定め, は山林局, は必然, は恋愛, は最も, は殿さま, は決して, は無え, は生き, は知ってる, は知ってるだろう, は神様, は神樣, は私, は聖者, は芸術的, は訂正, は誰, ばかしだ, ばかりで, ばかりでなく, までもさら, みたよう, もあっ, もあった, もあのお, もあります, もいる, もおだてる人, もおります, もずいぶん, もその, もそれ, も二三人, も多い, も少く, も居ない, も居る, も居るだ, も有らう, も有る, も馬車, やなけれ, やねんわ, をうらやんだ, をごとごと, をそんな, をも呼び, を思いやる, を方々, を見のがす, を見る, を護る, を起し, を除い, 思いつかない, 沢山い, 見たこと

▼ てるので~ (317, 1.0%)

9 あつた 6 あらう, 彼は 5 渠は 4 せう 3 それを, 私は

2 [12件] お定, それと, フラフラと, 其儘門外へ, 初め私も, 安心した, 幾千の, 彼女は, 無論それ, 遂ぞ, 野村は, 驚いた

1 [257件] あまり人には, ありがたいと, あるならば, あツ, いやはや, うまい, おやおやと, かけつける, かたがたお, がす, がすが, がすがね, げしょうな, げすが, こちらに, これから機会, ごおす, ごわすが, して, しまいには, しよう, すぐ帰っ, すぐ引返し, すっかり様子, せうか, ぜひとも彼, そうしてる, そうつとのぞい, そう思っ, そっと指, そのままで, その光, その家, その憂鬱, その者, その街路, それが, それに, そんなこと, ちょっと立ち止まっ, ぢき, ついには, つい見はぐした, つき合わされ夜十二時頃, つまり誰, つるは, どこか, どつち, どなりつける, なかろう, なほさらきれいでした, なほさら魔法使だ, なるべく一人垣, なんとか言葉, なんぼ早う, にげだせなかった, はっきり見えない, びつくりした, ふわ, ほかにも, またはっきり, また眼, まっすぐ帰る, みっともないから, みんなから, みんなは, めちゃだったらしい, もうあと, もし家, やめました, やりにくい, よくねられる, わざと言葉, われわれまで, キチンと, コーンは, サトウロクローが, セメンを, タクサンだ, ダメを, ハラ, メルキオルは, ヨタは, 一つの, 一厘の, 一向ハヤ, 一寸呼ん, 一寸話し, 一寸辛い, 一時半大急ぎで, 下へ, 不快, 不思議な, 丑松は, 中根, 久しぶりで, 乗り込んだの, 二人を, 二人揃う, 五分刈りに, 五千円か, 五時迄で, 亭主も, 仕事に, 他人をも, 仲間の, 伊能矢柄にも, 会った, 何かが, 何心なく, 余もつ, 余り徒然, 余人の, 俺は, 俺より, 元気が, 先に, 其方へ, 出来るならば, 初めて自分, 初め彼は, 利根川は, 到底だめ, 力を, 千代次も, 口に, 可笑しかった, 吃驚した, 各地方, 味噌汁を, 堅く禁ずる, 場末の, 大切な, 嬉しい, 安心し, 安心を, 実は気味わる, 家で, 家の, 富子へ, 小豆色の, 屍体が, 山田は, 廻る, 弱った, 彼が, 彼らの, 彼らも, 彼れ, 怒る, 急がしいん, 性格描写が, 恐れを, 意地で, 意識されなかった, 成功せん, 手に, 手を, 手当も, 折角ピカドル, 拍手抜けした, 持ちは, 攻囲軍は, 敬意を, 文士の, 斎藤豊吉を, 斧を以て, 日暮里の, 日記し, 早く宿, 昌作は, 是非ともそれ, 時には愛情, 普通の, 最も要害堅固, 有名でありまする, 朝暮病室に, 朝飯も, 木戸七十銭で, 未だ貰, 村田は, 楽々と, 楽には, 楽屋へ, 機関車は, 殊にベルモンテびいき, 毎朝それが, 気が, 永井荷風や, 汚いぼろ, 沢子が, 浅草から, 淋しかった, 淡島椿岳と, 渡して, 滑り落ちそう, 火箸の, 無断役を, 煙草に, 王家の, 當時の, 疫其者より, 疫其者よりも, 目下急, 目障りである, 眩しそう, 祇園の, 神田も, 私が, 穂積は, 窮屈でなく, 義雄は, 翁草と, 老人にたいして, 聞かれるため, 腹が, 自らそれを, 自分だけは, 自分で, 興味に, 若い女, 行く英太郎, 行く金, 行って, 行ないを, 裏木戸から, 見ごたえが, 見て, 見に, 見る全然, 見物人たちは, 覗いて, 言つける, 話の, 貸して, 起きて, 辛い, 迎へに, 近所では, 通りがかりの, 通れないから, 遠くから, 金を, 金魚を, 銀座へ, 長谷川は, 門番は, 間々に, 間違って, 雑種に, 静でも, 非常な, 非常に, 面喰った, 頭と, 首領は, 驚いた歌詞

▼ てる~ (313, 0.9%)

27 どうか 9 それを, どうかは 8 知ら 6 どうかを 3 え, 如何に, 知れたもん

2 [20件] あなたには, あなたは, して, そりゃ有難い, どうかも, みずから知らなかった, わからないから, わかりやしません, 分らない, 分らないが, 判りませんよ, 少しも, 死んでるか, 知らん, 知れませんよ, 知れやしない, 聞いて, 自分でも, 行って, 見て

1 [205件] ああ云う, あいてるかことこ, あるいは今時分俺, いないか, え伊勢佐木署, おい, お前, お前にや, お前知らねえ, お母さんには, かけてないか, これ, ご存じです, ご心配, しれないから, しれやしません, そいつを, そうだろう, そこまでは, そこを, そしてその, そしてどんなに, その底, その精神, その要点, それが, それとも短く, それよりも, そんなこと, だれにも, ちっとも御存じ, とうてい外見, どういうふう, どうかさえ, どうかと, どうかという, どうかには, どうかによって, どうかわかりやしない, どうしても聞きたい, どうなったろう, ぬれてないか, はっきり云っ, はっきり説明, ひには, ほんまの, またはひろげてる, または半途, または友人, または酔ってる, みて, もう分らない, わかって, わからない, わからないので, わからないん, わからなかつた, わかりゃしない, わかりゃしないじゃ, わかるもん, わかんないの, オマイの, コゼット, コーンへ, ッて, ツて, 一つ見, 一度見, 下を, 二つに, 人影が, 今さらそんな, 今夜は, 位凡その, 何う, 何うだ, 俺には, 俺の, 僕あて, 分ったもの, 分ってるか, 分らないからね, 分らないで, 分らないと, 分らないはて, 分らないまま, 分らないらしかった, 分らないわ, 分らなかった, 分らなくなって, 分りは, 分りません, 分りゃしない, 分れへん, 判らないじゃ, 判らないよ, 判る, 向うが, 君が, 君には, 君は, 否やに, 否恐らく, 土橋から, 姉やは, 存じませんが, 客が, 少しは, 少し見習ったら, 山城屋か, 当人は, 影も, 彼女自身でも, 彼奴を, 御想像, 怎う, 惚れられてるか, 想像も, 或は誰, 手前たちに, 手紙では, 持ってないか, 数えて, 斬られた奴, 新聞で, 明確に, 昔慶長年中の, 昨日かて, 此の, 死んでるかさえ, 死んでるかさえも, 毛唐の, 気が, 気に, 油あ, 洗いざらいみんな, 深川だって, 理解できなかった, 痛む気, 発てないかといふ, 知ってな, 知ってるか, 知ってるかい, 知つ, 知らして, 知らと, 知らないか, 知らないかね, 知らないが, 知らないで, 知らなかった, 知らぬが, 知らねえかい, 知らねえが, 知らんが, 知らんがね, 知らんけど, 知らんやろ, 知りたいの, 知りたかった, 知りたく思ったらしい, 知りませんが, 知ること, 知れない, 知れないが, 知れないよ, 知れないん, 知れねえが, 知れねえよ, 知れへん, 知れやしねえ, 知ろうと, 穿いてないか, 続いてないかを, 美人を, 聞きたい様子, 聞きたがって, 聞き耳たててた, 自ら知らない, 茶のみ, 薄気味が, 見に, 見当が, 覗いて, 解らないぜ, 解らないん, 解りゃしないわ, 触って, 言うこと, 言って, 試して, 誰にも, 調べて, 豆腐でも, 貴様などに, 賭馬でも, 転地と, 酔ってないか, 鋭く神経質, 長く気づかない, 長谷川は, 雄弁に, 集団農場国営農場は, 離れない傍, 高さんと

▼ てる~ (254, 0.8%)

6 に彼 53 にその, にコゼット, は決して

2 [14件] がねえ, にお, にもう, にも清子, に何, に吉野, に女房, に殺した, に私, に赤い, に電車, は, はその, は彼

1 [206件] お師匠さん, から吹き込んだ, から清澄, が大変, が無, が面倒, こそこの, このつつましい, さえ彼, しか生きた, しょげきって, そしてその後, そのこと, だから, だけだ, だけちょっと, だけでも飼う, だけのこと, だけは退屈, だけ十分, だけ生きてりゃ, だってもう, ついて, てもの, であるばかりか, でさ, でたくさん, でも信吉, というもの, といふもの, なんらの, にあの, にあらし, にある, にいつ, におと, にお母さま, にきっと, にしつかり, にそこ, にそつ, にそんな, につい, にです, にというの, にどんな, にはやく, にはよけい, にばさま手, にもなお, にもよく, にもベンゲット道路, にも一人, にも二三度表, にも他, にも仲蔵, にも声高, にも広島, にも投下, にも爆音, にオペラバッグ, にジャックリーヌ, にジャン, にジルノルマン氏, にターラント, にチッカッパ, にテナルディエ, に一人首, に一方, に一時脱, に世界, に乗じ, に二人, に他, に他人, に休暇, に低い, に俄, に停車場, に僕, に先, に全部, に出来る, に刑事, に十枚, に又, に可笑し, に各人, に周囲, に和尚, に咽喉, に四時近く, に地方的言語, に壁際, に外, に夜, に夜中, に夜分, に大分駄馬, に夫, に夫人, に女心, に妾, に定, に定まった, に小, に少し, に屋台, に山火事, に幸田君, に引っ, に弦, に彼女, に思ふ, に扉, に手品師, に斯, に日, に時間, に書いた, に朝, に来, に死ん, に殘つた一册, に沢山, に流れ, に浴衣, に混雑, に激情, に焦げやしなかった, に煙草, に産, に甥, に盗人ら, に着物, に砲兵ら, に秦, に船, に行き, に行方不明, に豫, に辰代, に遁げ, に酒瓶, に酔い廻っ, に雪, に静子, に靜子, に頭, に風邪, に馬車, に黙っ, のねむかっ, の出来事, の大砲, の幸不幸, の時間, の空いてる, の遊び事, はあえて, はあたかも, はいい, はいかにも, はいろんな, はおれ, はかうし, はそういう, はそれ, はなあに誰, はない, はねえ, はふり, はやらない, はよく, は一緒, は僕, は口, は吉川, は夢, は奥さん, は差し控え, は心細く, は無我むちゅうだったが, は煙, は獣使い, は甘んじ, は發光, は眠り, は神経衰弱, は苦しい, は草葉の陰, は行けない, は見張っ, は詩, は諸君, へき, もう外, もそう, も算盤玉こ, も起きてる, も遠く, や未だ, を抜け, 即ち人人, 大人しくし, 時々おっ

▼ てるという~ (252, 0.8%)

17 ことを 15 ことは 14 ことが 9 ような 7 のは 6 ことだ, のか, んです 5 ことだった, ように 4 ことに, 事を 3 わけで, んだ, んだろう 2 ことだけでも, ことや, のが, のです, のよ, んでしょう, 噂も, 意識から, 意識を, 話です

1 [125件] あの奇体, ありさま, うわさは, かすかな, ことさえも, ことだけは, ことであった, ことである, ことと, こととが, こととだけ, ことな, ことには, ことによって, ことに対する, ことよりも, しばしば誤った, せいばかり, そして嬉し, その感謝, その肥った, ぞっとする, たよう, た方, ところが, にぎやかさサ, のかい, のじゃ, のだ, ので, のである, のでしょう, のを, ふうで, ほかには, ほかは, わけかね, わけじゃ, わけな, わけに, わけには, 一語は, 不自然な, 事から, 事が, 事には, 事実だった, 事実は, 交換局の, 以前の, 佗びしさそういう, 利己的な, 印象を, 友人間の, 口実の, 同感が, 噂が, 噂だ, 噂を, 土地柄である, 変な, 奴どもです, 始末な, 定評が, 宝の, 巷説を, 幸福に, 形に, 彼独特の, 微妙な, 心地な, 心地を, 性質の, 悲しみなど, 悲壮な, 意味らしい, 意識が, 意識の, 感じ, 感じも, 感情が, 感情で, 憐れな, 星とに, 時機も, 有様である, 柳行李を, 権利それだけが, 殊勝な, 気持から, 気質の, 法も, 清浄な, 湖の, 漠然とした, 点のみ, 理由から, 男な, 答えきり見出せない, 精神が, 結論に, 考えから, 考えに, 考えを, 自惚, 苛ら立ちで, 萎縮した, 蓬薬橋は, 見方に, 記事である, 訳じゃ, 訳は, 話, 話だ, 話である, 話でございました, 話を, 話今道で, 達者の, 面会所の, 頭で, 顔付だ, 顔付だった, 風では, 風にも

▼ てる~ (252, 0.8%)

9 のこと 4 に, には人, の方 3 だった, でも, と同じ, はそう

2 [21件] が多く, だ, であった, である, でした, ではありません, なん, なんぞは耳ン処, にはなんら, にも, に信吾, に私, のよう, の父, はまた, は何, は其人相, もあり, もあれ, をねらっ, 思ひがけ

1 [177件] あお互, あの人, あ振り返り, いきなり表, いつも冷かし, かていろいろ, からがたッぴしやりだして, から左手, から彼女, がある, がいい, がいちばん, がスサノオ, が一番気楽, じゃありゃ, じゃない, じゃアねえや, そして辰代, その人, その緩慢, だけあ, だけお上手, だけしか生き, だけは気, だけホッ, だけ生き, だったが, だってそう, だって己, だつて, だのに, であったから, であり善作, でさえも両者, でさえ敵, でさえ黒く, でしたが, です, ですわね, ではない, でもそれ, でもたとえば, でもなん, でも光子さん, でも呼ばれ, でも常にきちんと, でも平気, でも皆, でも莞爾しま, と, とどっち, とはずいぶん, と変り, と映画, と眠ってる, などに女の童, などに濡れた, など電車, なので, なんか, なんかまるで, なんかもこんな, なんか時々ちら, なんぞにゃノベツ, にあなた, にいっしょ, にいつも, にすっと, にそつくり, にちょうど, にであった, にでも屡々, にはいつも, にはおのずから, にはこの, にはそう, にはその, にはそれ, にはたがい, にはと言われた, にはなおさら, にはわずか, には一服煙草, には何, には兇悪, には効果, には半開き, には彼, には歯, には痛々しく, には砂糖水, には稲荷様, には遠慮, には酒そのもの, にひとり, にますます, にもたまに, にもなんだか, にも追剥, にやってくる, にゴットフリート, にヒョッ, にボースン, にラジオゾンデ, に下, に出る, に大抵, に安全カミソリ, に少し, に当時海軍, に彼女, に後ろ, に杉本さん, に李, に潜入, に社会, に私たち, に耳, に自分, に舐められた, に親たち, に親鳥, に誰か, に電話, のお, の百物語, の顔つき, の食後, の麻雀, は, はさ, はただ, はほか, はハナ, はプロゼック, は一番眞劍, は一番真剣, は僕, は全く, は可愛い, は少し, は彼女, は感情, は殊に, は気づかれ, は決して, は考えこんでる, は自分, は詩的, は金, は錠, は頭, ばかりだ, ばかりで, ばかりでなく, ふっと順造, ほとんどだれ, ほど自分, また奇怪, まで感じました, もある, もそう, もはや姉, ももってない, も思い出しました, や切ない, よりもバッハ, よりりっぱ, 一方では, 不図, 分からなかった, 或は宗教的, 既にジャン, 次景, 突然空虚, 聞き知ったその, 遠い昔

▼ てるだけ~ (214, 0.6%)

3126 だった 11 である, です 7 では, なん 6 でした 4 だが, でその, で何 3 だもの, なの 2 あって, あつて, だから, だったの, だと, だね, だよ, であった

1 [81件] いいじゃ, かけて, じや, ずら, それだけ, それにこの, たのもしいじゃ, だらず, だわ, で, であたかも, であの, でありました, であります, であり小路, でいい, でおもに, でこの, でさあ, でしいんと, でしきりに, ですからな, ですからね, ですが, ですの, ですよ, でそして, でちっとも, でなくそれ, でなされるまま, でなんど, でへえ, でほか, でほんとに, でカケ値, でフランス, で不平, で乾, で人々, で今にも, で何とも, で元気, で八時間労働, で喜怒哀楽, で大した, で始終ぶらぶら, で実際, で彼, で御影石, で心, で折り曲げてる両脚, で本, で極り, で殆, で火の粉, で炬燵, で用心, で田舎, で祈り, で窓, で美しい, で而, で血, で革命そのもの, で顔立, で風, どす, なので, なもん, ならよい, なら誰, みのるも, やさかい, やったら何とも, ゆえ盆暮, 棚下ろし, 滑稽みたいな, 皆それから, 答えた, 話して, 道

▼ てるその~ (199, 0.6%)

3 男は 2 上に, 世界を, 両の, 光栄に, 姿は, 室から, 顔ほど, 顔を

1 [180件] あなたが, あなたの, ことが, ことに, とうとい秘密, ときは, とき僕は, やさしい金色, ゆっくりした, わきを, テーブルの, パン屋は, 一つで, 一つは, 一方に, 一番前の, 一番奥に, 一番奧の, 一種の, 一語を, 三つの, 不思議な, 不気味な, 事業よりも, 井戸も, 人々の, 人たちの, 人たちは, 人を, 人間植物が, 住所を, 元気な, 光明の, 内部は, 凝汁, 切妻は, 刹那こそは, 前を, 劇ぐらい, 十四歳の, 危機は, 友人から, 叔母にたいして, 口には, 古いみじめ, 古い家, 古い鉄門, 台それだけで, 向こうの, 唇とが, 固定観念, 国にたいして, 国家の, 場所の, 場所は, 場末の, 声が, 夢が, 女たちを, 姉を, 姿を, 姿態は, 子弟たる, 存在にたいして, 宇宙に, 室で, 室の, 宿命的な, 少年と, 少年を, 常識の, 庭の, 強健な, 当時の, 形は, 微妙な, 忌まわしい姿, 思いを, 恋女の, 恩恵を, 意地悪な, 愛情の, 態度こそ, 憐れな, 憐れむべき人類, 我慢すべてそれらの, 手に, 手首を, 指先で, 方に, 日の, 星を, 時は, 曇った板ガラス, 最中に, 望みを, 未知の, 柿が, 根本が, 梢を, 椅子だった, 様子が, 様子を, 樣子までが, 横顔が, 橋向へ, 沖に, 洞察的な, 游泳者に, 火を, 火炎すべてそれらの, 無作法な, 無言の, 煙を, 熱烈豊饒な, 状態から, 理想主義的な, 瓶容れ, 生きてること, 男それを, 男を, 町人は, 病気を, 痩せた背, 白い帽子, 眼から, 眼で, 眼に, 眼には, 神秘な, 神箱を, 秘密を, 空地の, 空気は, 童心を, 糸の, 罪人を, 美しい身体, 群れあるいは, 肉体にたいして, 肉体の, 肥えた土地, 脂ぎった体力, 臥床を, 自分の, 自然の, 自由な, 自由の, 若々しい大木, 若者にたいして, 茶店に, 蒼ざめた光は, 薄ぎたない定価表, 薔薇色の, 街路, 街路の, 襖を, 角の, 言葉を, 話を, 足先を, 輝く幸福, 輝く広い, 邸宅には, 金を, 鋭利な, 長髪の, 閉め切った広い, 防寨は, 陰鬱な, 音楽上の, 頁の, 頑迷な, 頭から, 額に, 顔に, 顔は, 顔立を, 香気が, 高原においては

▼ てるかの~ (196, 0.6%)

80 ようだった 52 ように 15 ようである 9 ような 7 ようで 5 ようでした 4 ようであった, ようであり 3 ようだ 2 観を

1 [15件] ごとき守将滝川儀太夫, ごとく寂しい, ごとく見える, やうで, やうに, ようでありました, ようです, ようでも, ようなひき, 光線の, 問題である, 如く淋, 様に, 観が, 観さえ

▼ てる~ (187, 0.6%)

2 するから, 毎日新聞さへ, 第一, 薄暗い室

1 [179件] あなたも, あの廃れた, ありありと, いっそあなた, おめ, おれだって, おれは, おれ今日仏さんの, お前だけが, お春, お腹は, かた手, この男, この辺, さ, しかしそれぢ, しかも嬉し, そういきなり切り出す, そこへ, その中, その他は, それが, それに, それに私みたい, それを, だれも, とにかく幕府, どうしてもこの, どんな客, なんの, またその, またそれ, また向う, また年中仕事, また映画, また服従, まつだ, まアちゃん, みな私を, みんなも, むこうでも, もうやくざ者, もう何, もう長い, もし病気, もともと伯父さま, ようこだ, よく似合ってら, ゲラゲラ笑いたい, サ, ジョージ己ぁお前を, リンピイは, ルブーフ師も, 一中節を, 一層高尚, 中, 交わりも, 今に露, 今度行こう, 今頃眠むがつてるべ, 仕事仕事と, 他に, 何かと, 何だか気味が悪く, 俺あ, 俺は, 僕からも, 僕と, 僕の, 元々負けぎらい, 元気が, 入れもの, 六本の, 其後ちょっとした, 内のは, 刀の, 初めてです, 利己的な, 前に, 動きも, 又女房, 叔母の, 君よりは, 唇に, 変な, 夜には, 夜の, 大ブリテン, 大賛成, 天井は, 奥さんとも, 女中は, 妻に, 姉ち, 子供の, 子供は, 子供を, 子守も, 学校だって, 安心や, 実際に, 客も, 封鎖だ, 小女は, 少しも, 居所は, 居眠りしてる, 山の, 帽子を, 年取った女, 弁当なんか, 弟は, 弟子や, 役者も, 彼のを, 彼女は, 従業員たちも, 御馳走の, 心細くな, 懐は, 手も, 手を, 採用する, 昼間の, 時々書類, 書かなきゃならない事, 木立ちも, 本当にお, 桜の, 歯は, 残念ながら, 殺された場所, 気らくだった, 水蓮の, 深山幽谷に, 煙草まで, 猫どもも, 玄人だ, 生きてる証拠, 生きること, 瘠せさせれば, 真直に, 眼には, 知合ひも多い, 砂利は, 社員も, 私だって, 私は, 私も, 私より, 秋には, 空は, 竹の, 第一高座, 精神も, 緑の, 肱は, 舌は, 芝居皆淋し, 見合いに, 規則は, 親仏派, 誰と, 誰にも, 踊り子二三名休みで, 軍としても, 軍服ぬい, 返事を, 闘牛以外では, 阿片チンキを, 陸軍の, 露は, 靴には, 靴の, 顔ア安さんが, 顔色が, 髯は, 鶏小舎で, 鼻には

▼ てるのに~ (183, 0.6%)

3 クリストフは, 彼は 2 お前が, そんなこと, 何の, 君が, 未だ着かない, 氣が, 皆は, 自分ばかり

1 [161件] あなたは, あのお, あのひと, あの男, あんなこと, いきなり拳骨, いつまで, おやすみだ, おや首, お兄様, お前ばかりは, かさとも, こちらが, こっちじゃ, これ以上結婚で, こんなに集つ, こんなに集まっ, さっぱりそんな, しかもそれ, すぐ顔, そういう卑しい, その顔付, それでは, それに, そんなセセラ, そんなハガキ, そんな気, だぶだぶし, ちと困る, つかまりながら, どういうつもり, どうしてあんな, どうして嫌い, どうして思いきっ, どうして感謝, なおおまけ, なお足りない, なぜそれ, なぜやめる, なぜ先生, なにも, ひいてるもの, ふと眼, ふんという, ぼんやりし, まだじゃ, まだ引張り, まだ引張り廻される, まだ未練, まだ痛み, まだ知らなかった, みずから気づい, むこうは, やっぱり年, よく似, よく歩ける, わざと訊いてる, アーダと, オリヴィエは, カギが, ハア着る, ポカポカなぐられちゃっ, ロシアの, 一向認められない, 七日た, 下手くそな, 不躾千万だ, 中, 二円席の, 二十八日から, 些とも, 人を, 今度あ, 仕様が, 伊之助さんから, 伊之助さんは, 何が, 何と五十銭席, 何を, 信吉は, 俺とこへ, 先生のは, 其れ, 冗談なんか, 初めて気がつい, 剣舞で, 力を, 医者でも, 医者に, 却ってしばしば主観主義, 厭ね, 口を, 哀れを, 嘉代は, 外方を, 夜中に, 失礼だ, 女中が, 妻は, 学問の, 家に, 寝台が, 尖に, 尠なから, 幽霊なぞと, 彼女が, 彼女は, 心の, 愛を, 手前などを, 拭いても, 掌に, 新聞社の, 昔流行ったつ, 智恵の, 智慧の, 更に喫驚, 月が, 朝から, 横柄にも, 母を, 気が, 気がついた, 気の, 気付いて, 氣を, 汁の, 満員で, 熊ばかりは, 物の, 独りで, 生悧巧, 皮膚が, 目の, 相変らずやってるた, 相手は, 眠るって, 眼だけが, 睡眠十分の本因坊は, 社会の, 突然烟管, 等しい, 等しくそこ, 絵画論を, 自分だけ, 自分だけが, 自分の, 自分は, 花江の, 袂の, 見ると, 詩や, 貴下は, 足取りが, 雲が, 電話が, 頃合を, 頬白は, 頭の, 髪の毛も, 麻などを

▼ てるやう~ (182, 0.5%)

11 な気 96 なもの 4 です, な氣 3 だが, であつ, な, に見えた

2 [14件] だから, だね, だよ, ですね, なところ, なの, なふり, な冷たい暗い, な気持, な氣持, な顏, に, にし, になつ

1 [108件] すだつたが, だがね, だけど, だし, だぜ, だった, だな, だわね, であ, でしたから, でしまひ, ですか, ですから, ですが, ですつと, ですな, でね, ではつきり, で不気味, で妙, で子供, で氣, で私, で起きる決心, で過去一年間, なうつろ, なお婆さん船, なこと, なこと云, なて, なのよ, なます, なも, なもん, なん, な不快, な不良少年, な儘, な其様, な内氣, な口, な可憐, な大人, な大降り, な奴, な妙, な形, な彼女, な心地, な心持, な感じ, な斑点, な普通, な模樣, な氣持ち, な氣樂, な痴者, な眼, な笑つて, な範疇, な芭蕉庵, な處, な見た眼, な誤り, な調子, な連中, な野郎, な錯覚, にあなた, にしか詩, につとめる, にとる, にも取れた, にも思, にわら, にニイチェ, に予め, に仕向け, に只, に彼ら, に思, に思はれ, に思はれた, に思はれる, に思へ, に恐ろしい, に感じ, に承はりました, に此, に物, に番所, に痛みます, に知らない, に笑つた, に脈管, に蕎麦, に見, に見えだした, に見える, に見せかけ, に見受けられる, に言, に言ったらしい, に貉, に返事, に默つて, よ, 大へん

▼ てるわけ~ (181, 0.5%)

27 では 22 でも 16 じゃない 116 なん 5 じや 4 じゃねえ, で, ね 3 じゃあない, じゃア, だね, ですね, になる 2 がない, じゃあるまい, じゃなし, だから, だな, である, です, にいかん, はありません, はない

1 [47件] がありません, がある, がなかっ, じゃあねえ雇われ, じゃありますまい, じゃありません, じゃある, じゃあるめえし, じゃございません, じゃないでしょう, じゃなく, じゃなくっ, じゃ無い, だが, だけれども, だし, だのに, だらう, だわ, だネ, ですか, ですから, ですが, ですよ, でないの, でなく氾濫, ないぞと, なんで, にはいかない, にはいかなかった, にはいかねえ, にはゆかなくなった, にはゆきません, には行かない, にもいかない, にもいきません, にもゆかなかった, にも往かない, にも行かない, にゆかず, にゆかない, はねえ, は無い, もある, もない, もなかっ, やない

▼ てるかも~ (162, 0.5%)

16 知れない 11 知れません 8 知れないよ 7 知れないが 6 しれない, 知れませんよ 5 知れないと, 知れないわ 4 知れん 3 知らないで, 知れないぞ, 知れんぞ 2 しれないよ, 知れないから, 知れなかった, 知れぬ, 知れぬなどと, 知れねえ, 知れへん, 知れんが, 知れんよ

1 [67件] ご存じなし, しらんが, しれないが, しれないけれど, しれないじゃ, しれないぞ, しれないと, しれないという, しれないほどの, しれない手紙, しれなかった, しれねえが, しれません, しれませんね, しれん, しれんぞ, しれんて, しんね, よくわからない, よく聞き取らなかった, わからなくなり底, わかりません送って, わかれば, 一年同じ, 人の, 兄さんにや, 分らないが, 分らなかった, 判りませんよ, 引くと, 知らないやう, 知れないぜ, 知れないな, 知れないなどと, 知れないなんて, 知れないね, 知れないのね, 知れないほんとう, 知れないわね, 知れないん, 知れないパリ, 知れない何, 知れない彼女, 知れない瀕死, 知れない誰か, 知れなくってよ, 知れぬが, 知れねえだよ, 知れねえて, 知れねえな, 知れねえね, 知れませんが, 知れませんぜ, 知れませんでした, 知れませんな, 知れませんね, 知れませんまた, 知れませんわ, 知れませんワ, 知れやしない, 知れんね, 知んねえ, 知んねえが, 稽へ, 自ら知らないで歩き続けた, 解らないお前, 解らないが

▼ てる~ (152, 0.5%)

34 違いない 21 違いなかった 11 違ひない 7 違いありません 6 過ぎなかった 4 ちがいない 3 相違ない, 過ぎない, 違えねえ 2 しても, すぎないのではあるまいかとさへ, 不拘, 過ぎないの, 違ひありません, 違ひあるまい

1 [48件] おれたちゃあ, かいて, かかわらず疾, きまって, きまってらア, きまってる, きまってるが, きまってるさ, きまってるん, したところ, すぎなかった, すぎなかった事, ちが, ちがいありませんね, ちげえねえだ, どう云っ, 不思議は, 似ず無口, 似たれば, 入用の, 到っては, 堪えないん, 堪へないん, 定って, 定つて, 寄与した, 從つて漸く, 極まって, 比べて, 水菓子屋だ, 決ってる, 決まって, 相続させたいでしょう, 相違ありません, 相違なかっ, 等しかった, 過ぎないかの, 過ぎないから, 過ぎないし, 過ぎませんでした, 過なかったろう, 違いなけりゃ, 違いねい, 違いねえ, 違ない, 違ひない云う, 違ひねえ, 限るとある

▼ てる~ (146, 0.4%)

4 だった 3 だ, の姿, の方 2 があった, がある, です, でも其, なの, のこと, の顔

1 [119件] いうの, かい, かも知れなかった, からタバコ, から尊敬, があたかも, があつ, がい, がいた, がいたらおめにかかりてえ, がどうも, が二人, が他人の, が八, が十字架, が同級, が待つ, が扉, が有, が果たして, が槌, が羨ましかっ, が鈎, さね, じゃが, だから, だが, だけの話, だぜ, だったと, だつてこと, だと, だという, だわ, であった, でありました, である, であるかの, であるし, でいつも, ですが, ではない, ではなかっ, でもある, で別名, で嘘, で犯行後, というの, という男, とは互いに, とをかはる, と子供, と馴れ合っ, なので, なん, なんか日本, に, にたいする粗雑, について姐さん, にみんな, に任せる, に十人, に向っ, に呼びかけた, に女, に宅, に相違, に種々, に見つかっ, に見付かる, に警察犬, に近寄り, のひと, のま, の冬, の名前, の対照, の手, の方たち, の横腹, の聲, の背, の頭, は, はすでにもう, はそこ, はその, はその小さな, はただ, はない, は一番年長者, は体, は何処, は川岸通り, は性急, は恐らく, は手, は明らか, は水飲み場, は汀, は的確, は背, ばかりが考える, へ高飛車, もある, もいる, もしくは結局並み, をその小さな, をまた, をまんなか, をゆすり起し, を写真, を家, を引起, を御存じ, を指さした, を歌った, を監督, を追跡

▼ てるもん~ (141, 0.4%)

48 だから 12 ですから 1195 だよ 4 ですか 3 かね, だからね 2 だな, だね, ですからな, な

1 [38件] あったとか, あって, あれへんわ, かいくたばり, かでたらめさ, かと云っ, かなあ, がある, がどこ, が別に, こないに, じゃあない, じゃない, じゃなくっ, だが, だで, だと, だもの, だよう, だろう, だア, だ持つて, で, でこんぐらかって, でしてね, ですからね, ですな, でせう, でなつかしい, でまっ黒, で捕へに, で昨日あれ, で酒, と噂, ないねん, に一銭, はええ, を釣

▼ てる~ (139, 0.4%)

4 がある, だ, だった 3 なん, を見る

2 [14件] から私, があり, はない, へヘシ, へ入口, へ其人, へ夕方, へ家, へ母屋, へ石, まで行く, もある, を, を見たら

1 [93件] からきらきら, からまた, から二十四五マイル, から小, か殆, があった, がありました, があります, がさう, がよく, がエトナ, が人並, が眼, じゃありません, だから, だけれど, だつた, だわ, ちょうど便所, であつ, である, でした, でしたが, です, で彼, で自分, ないかいなぁ, などは子供, ならまだしも, にその, にはえ, にはなん, には他, にも得, に依れ, に分厚, に到っ, に彼, に早朝, に測候所, に至つて, に象, に近づい, に鉄板, の日本人, はなかっ, は他, は見る, へお, へは行けないだろう, へ今, へ午後四時頃, へ吉岡, へ四掛, へ変, へ夢中, へ婆ア, へ怒った, へ旦那様, へ横田, へ歩み寄っ, へ毎, へ油煙, へ自分, へ行こう, へ進んだ, へ階段, へ飛び込ん, へ高い, まで彼, まで達した, もありだ, もあれ, もない, や暗い, や柔, をお, をみる, をも見た, を伝っ, を保子, を切り, を吐き出し, を夢, を幾度, を打つ, を河野, を玄関, を見た, を見たい, を覗く, を賢く, を邪魔

▼ てる~ (127, 0.4%)

86 やない 26 やありません 5 やア 2 やねえか, やねエか 1 でねえが, のだが, や, やね, やろ, や無い

▼ てる~ (124, 0.4%)

2510 だが 8 だった 6 です, はない 5 だと 4 である, なん 3 がない, だから, だよ 2 じゃない, だもの, だわ, ですから, では, はありません, よ

1 [33件] じゃ, じゃありません, じゃと何, じや, だからさ, だからね, だったからね, だという, だのに, だべ, だもう疾く, だワ, だ同業, だ電報, であるが, でした, でしょう, ですが, です行つて, でもその, なのに, のお前, の久子, の俊子, の八重子, の放送局, の男, の美人術, の野口昌作, はあり得ません, はございません, は無い, やろ

▼ てる~ (121, 0.4%)

7 がある 3 になる

2 [11件] かと友, がわからない, が分らない, じゃない, なんかある, に気がついた, は恐らく, は熟, は稀, もある, を皆言つて了

1 [89件] あ物事, があるでしょう, がどんなに, がなく, がまだ, がわからなくなる, が共通語根の, が出来なかった, が出来ねえ, が出来る, が大, が当然, が感じられる, が有ります, が皆事実, が矛盾, が解りました, ぐらいを知らない, じゃア, たから, だけはよく, だそれ, だよ, だらう, ちゃんと識, であったの, であつ, である, であるが, でこざ, です, ですら, では, と云ってる, などをクリストフ, なんか分る, なんぞは何ん, にほんま, によってもその, に一ツ, に気がつく, に氣, に興味, の嫌, の様, はあの, はあるだらう, はない, はよく, は両親, は云ってる, は今朝, は何, は偽, は同じ, は多寡, は決して, は皆んな申, は知, は知るまい, は色, もあつ, もあれ, もちゃんと, もわかった, も出, も有る, も知つて, も默つて了, や志士, よ, をある, をうちあけ, をすつかり, をどんな, を並べ立てる, を今日, を大抵, を思っ, を思ひ出した, を痛切, を知っ, を知ってる, を知らなかった, を見て取つた, を話し, を證據, 自體, 見た事

▼ てる~ (113, 0.3%)

5 そんなこと 4 知ってるよ 3 この人 2 ほんとに, わかってるよ, アリョーシャ, 感付い, 生意気な

1 [91件] あいつは, あの銀, いぢ, いつかグリューネバウムたちに, いやな, いろいろ新手, うすとき, うるせえなあ, おかあさん, おめ, おれは, お前が, お前は, お前飲み過だ, お祖父ちゃん, きつと, きみの, この子, こんな兒, さっきから, じつは虎, すっかりわかってる, そうくりかえし, そうと, その年, それが, それより, そんな不吉, だからね, だから明日, ちゃんと横, つて其の, つて天滿宮さんの, どうも沈着, どこで, なぞは, ねえ苦, ひ月, ほら彼処, もうすぐ看守, もう狂れ出す, わかってるとも, アメリカ人でも, アリョーシャ僕はね, ウ, ジョン, ジーモンそっくり, 三時間でも, 今お前自分で, 伯の, 何かに, 何しろ子供, 何でも, 何故あいつ, 催促てる, 僕この, 僕らが, 充分家の, 出さないって, 分ってるよ, 叔母さん, 吉植が, 名前は, 君, 君の, 図々しい, 天地の, 奥様は, 好きな, 嫉妬を, 宜い, 彼が, 日本は, 早く往, 昔馴染に, 昨日一日で, 爺さんわしは, 知って, 腰の, 芸妓が, 英国旅客機だって, 藝妓が, 親分, 解ってるよ, 話を, 踏切に, 近頃夢中, 金いろだ, 顔だけ, 香奠でなく, 驚くには

▼ てる人々~ (111, 0.3%)

3 の心 2 なの, を謂う

1 [104件] ある内閣, から指導者, がいた, が不思議そう, が世の中, が多かっ, が嬉し, が宣言書, こそ顔, さえ彼, じゃなく, そして今, そして最も, だった, だまされてる人々, でさえ, でさえもその, でさえも根底, でさえわれわれ, でした, です, でふさがっ, で中, で取, とから物珍, とか身辺近く, とがくっきり, とを通してその, と何, なおまた肉食獣, などで電車, などにしか友情, にたいしてあえて, にたいしては小中流人風, にたいして一種, にとっては躍如, にはすべて, にはよい, にむかっ, にも話しかけた, によりも昔私, に孫, に彼, に象徴, のうち, のこと, のそば, のそれ, のひどい, のほう, のみがオリヴィエ, のもつ, の一人, の上, の中, の内心, の力, の厚顔さ, の叫び声, の味方, の喚き立ててる, の姿態, の小さな, の屍体, の平ら, の座談会, の弧線, の影, の悪口, の方, の眼, の精神, の静穏, の風采, はそれ, はゆっくり, は一人一人, は口, は彼, は永続的, は皆, は空, は郊外, ばかりだった, までがまったく, も信仰, やだまされたがってる, や事柄, や信じたがってる, や昔, や死んだ, や民衆, よ君達, をあわて, をびっくり, を手荒く, を抱擁, を物色, を理解, を皆足下, を見ました, を見る, 似而非, 勇ましい規律

▼ てる~ (110, 0.3%)

15 がある 5 がいる 4 だから 3 なん, もある, もいる 2 があ, があつ, さ, です, の料理, の気, はいつ, は何, もいた

1 [59件] が, があっ, があなた, があるだらう, があんた, がいるだ, がまた, がやって来た, が二人, が塾長, が居ます, が居る, が有る, が笑われる, が馬鹿, だ, だけだ, だぞ, だつて, だな, だよ, だろう, だア, でしゅか, ですがね, ならいつか, にかぎっ, にかぎつてろくなのはゐないね, にち, にもう, に聞い, に譲っ, に譲つて, のほう, の心境, の意向, の方, はない, はないだらう, はもうそろそろ, は一人, は余程, は俺, は出, は即ち, は大抵, は居ねえ, は本当に, は殆ど, は贅沢, は重る, は馬鹿, もいます, も彼, をふん, を引, を押え, を斬った, を見た

▼ てるかと~ (107, 0.3%)

20 思われた 19 思うと 6 思われる 5 思って 4 思われるよう 3 思われるほど 2 尋ねた, 尋ねて, 思った, 思つた, 言うん

1 [40件] いうから, いうだけの, いうと, いえば, きくさっぱり, ぼくに, 云ったら自分, 云わぬばかりの, 再び心配, 問うと, 問はれ, 好奇の, 尋ねたら恐らく, 尋ねられた, 尋ねる人, 念を, 怒ったら知らなかったと, 思いまして, 思います, 思う, 思うづら, 思うほど, 思うま, 思えば, 思えるほど, 思える苔, 思はれるほど濕ツ, 思ふと, 思われるこの, 思われるふし, 思われるほど確実自在, 思われるもの, 思われる指, 思われマリユス, 気にかけて, 疑って, 聞いたら私, 聞いたら車夫, 聞くから, 見ると

▼ てる~ (102, 0.3%)

10 がいい 4 がまし, が楽 3 が得策 2 がい, がよっぽど, が卑怯, が可, が多い, が無事, なん

1 [67件] ええや, がうまく, がええ, がおいしい, がかしこい, がずっと, がその, がまだ, がまだしも, がよく, がよほど, がよろしい, が世間, が寺, が平に, が弱い, が張合, が心丈夫, が早, が更に, が毒酒, が気, が気安かっ, が気持, が気持ち, が氣, が涼しく, が突き揚がっ, が美しい, が自然, が苦しく, が進め, が面白い, じゃなかった, だから, だが, だって長い, だろう, だろうと, ですかな, ですよ, では, で一度, で眩しい, で頭, と寝そべってる, と直ちに, なのよ, にはすき, の, のそば, のベッド, の人, の人々, の手, の鍵, は, はばか, はヴォー, は手, は痺れ, は非常, へ並行, へ振り向き, へ結びつけ, へ義雄, を見る

▼ てるそう~ (98, 0.3%)

2313 だが 8 ですが 5 ですよ 4 だから, だった, です 3 じゃない, だね, だよ 2 だし, だぜ, である, でした, ですね

1 [18件] して, じゃありません, だかんな, だけど, だけれど, ださっき, だな, だ一寸, でさ, でしたが, ですから, ですぜ, では, で己, なると, なれば, や, よ

▼ てるはず~ (94, 0.3%)

177 はない 6 です 5 じゃない 4 だから 3 だが, だと, だよ 2 がない, だわ, である, ですが, なん, はねえ

1 [34件] こうっ素, じゃア, だがと, だがな, だがね, だきみ, だぜ, だその, だった, だという, だとは, だな, だなあ, だね, だ君, だ畜生, であるもう, ですがねえ, ですそっと, ですよ, ですわ, で目的, ないこと, ないやん, のあの, の人間, の正井, の源三郎, の珍奇, の神尾喬, はありません, はなかっ, もない, やよって

▼ てるって~ (93, 0.3%)

5 言って 4 いうの 3 あたし何べ, ことが, ことは, ことを, 云うん, 話だ 2 お父さん仰った, んです, 云って, 評判だ

1 [58件] いうじゃ, いうなあ, いうんでも, いう事, えから, え噂, おれは, お父さんおっしゃった, きいたんで, こたぁ, こたあ, ことだ, ことない, ことをな, さんざん話し, そういっ, そうして今日明日, そう云っ, そりゃ京都, そりや, それが, とこも, のじゃ, のは, ばかを, やつだ, んだ, 事だ, 云うと, 云うの, 云うので, 云ったから, 云ってやしねえ, 云つ, 云や, 人が, 何が, 僕が, 僕に, 具合で, 大いに弁じ, 奴が, 奴は, 奴カヴァした, 彼が, 方が, 本当, 言うの, 言ったよう, 言った娘さん, 言ってたけれど, 言ってるじゃ, 言や, 評判です, 話した, 話しだよ, 話でねえ, 話は

▼ てるんで~ (92, 0.3%)

8 せう 4 せうか 3 さあ, しよう 2 え, がす, がすよ, げすが, せうよ, 非常に, 駄目だ

1 [60件] あせっての, あのくらい, いちいちあんた, ええ可, えと, がしょう, がすが, げしてね, げすから, こう親方, これは, ごわしょうね, しようが, しような, しようね, しよう教え, せうそれから, せうね, そのこと, そのままで, その音, それが, たまたま根, てっきり駈, とうとう辛抱, とても安い, へえ, へえ一寸人, まだ中, まるで見通し, もし痛み, よくは, ゲスから, サ, ビックリした, 一緒に, 下りて, 会田に, 先刻彼の, 向うが, 地ダンダふむ, 好加減, 妹は, 彼国でも, 彼國でも, 忙しいん, 持って, 旦那の, 有名だ, 眺める自分, 私も, 素人が, 緊張した, 自分が, 解りませんでしたが, 誰も, 金の, 飛びついて, 飲んだらいかん, 鬼ご

▼ てる~ (89, 0.3%)

32 だから, で一人, に, にその

1 [78件] から水, じゃ一番足, ちょいとの, でさん, ですから, でね, で吐い, で彼, で昼間, で起った, にあたし, にあっ, にあの, にいつしか, にお, にお前, にこつ, にこの, にそれ, にだ, にだんだん, につけられた, にぼんやり, にまだ, にクララ, にホース, にポン, に一人, に一週間, に二人, に何ん, に偶, に出た, に大, に学校, に山, に己, に有金, に植木屋, に此, に母, に父, に片足, に眼, に眼尻, に私, に私一人, に竹山, に芽ぐみかけた, に茗荷茸, に蛇, に裸体, に道幅, に靴, に風, に鳥, の, のさ, の一つ, はどう, は意味, は矢張駄目, は険呑, へ二挺, へ飛び込ん, ほんとにもうじき, をどうしても, をブラブラ, を余り, を無, を煤けた, を緑, を軋りはじめた, を長い, 使っとくもん, 敏と, 遂に承諾, 遅くなった

▼ てる彼女~ (89, 0.3%)

9 の姿, の眼 6 の顔 3 の様子, の肉体 2 だった, の足先, を私

1 [53件] がいかに, だったが, と口, にはすべて, には少し, に対して一種, に尋ね, に話しかけた, に驚いた, のうち, のこと, のしょんぼり, のもと, の側, の全身, の寝間着姿, の左手, の息づかい, の悲しい, の手, の指先, の挙措応対, の方, の正面, の歯, の沈んだ, の生活, の皮肉, の眼付, の蒼ざめた顔, の言葉, の話, の身体, の静か, の額, はいたずら, はその, はだれ, はまるで, は一寸, は何事, は健全, は奥さん, は尾形, へ変, へ残した, をながめた, を不安そう, を呼び, を家, を横, を見, を見たなら

▼ てる様子~ (88, 0.3%)

17 だった 3 だったが 2 だ, はなかっ, を見る

1 [62件] からその, があり, がいや, がまったく, が変, が目, が眼, が見えます, さえもなかっ, だお, だが, だけれども, だし, だったの, だったので, で, であつ, である, でした, でしたが, でしてん, でしまいに, です, ですの, では眠った, でばら, で二三回腕時計, で何遍, で少し, で用, などは一寸, などは少し, なの, には他, のうち, はかの, はなく, は全く, は少し, は見る, までまざまざ, もしなけれ, もない, もなかっ, もなく, やから, をし, をしなかった, をする, をすれ, をまね, をも示し得なかった, を中江, を彼, を示さなかった, を示し, を示す, を私, を見, を認めた, を隠そう, 見たらどうやらそう

▼ てるとは~ (81, 0.2%)

3 少しも, 思って, 思わないか 2 知らなかつた, 見えなかった, 言えない

1 [66件] いいながら, いえない, いえまた, いえまだ, いえ私, いったいどう判っ, かわいそうだ, この古い, どういう人種, どうしても思えませんでした, まだ気, まったく訳, 予期し, 云えねえ, 云え人間, 何たるざま, 信じられないん, 僕も, 夢にも思ってないらしかった, 夢にも思わなかった, 彼は, 必ずしも思っ, 思いません, 思いませんでした, 思いませんでしたね, 思い出すこと, 思えないね, 思えないので, 思ったが, 思てえ, 思はなかつた, 思はなかつたよ, 思はなかつたわ, 思はれない程, 思へない, 思へないが, 思へないよ, 思へなかった, 思わないもの, 思わなかった, 思われない晃平たち案内者, 情ないじゃ, 想像だ, 承知ん, 承認したくなかった, 是りゃ, 正反対に, 知らずすぐ, 知らないで, 知らなかったので, 私は, 自信出来ない, 見えない態度, 見なさなかった, 言い得なかった, 言えないの, 言えなかった, 言えなかったよ, 言え不断, 言え少なくとも, 言っとらん, 誰に, 誰も, 限らない, 限らないって, 驚きましたね

▼ てる~ (81, 0.2%)

4 だった 3 がある 2 が, がいた, が一人, の所, の顔

1 [64件] あるのみ, からは佐助さん, から仁木, があった, がいる, がいるだろう, がうんと, がどれ, が一匹, が一般, が佐助自身, が何千何万, が居る, が採用, が明治七年, が有るだ, が秋子, が覚え, だけは役目, だつた, だと, だよ, ですな, ですよ, で好ん, で顔立, とを代わる代わる見比べた, と子供, なんか一人, にみんな, にも何, にゃ昔, に聞い, に語っ, のこと, のごとき, のよう, のモデル, の人, の先, の友だち, の声, の数, の方, の疲れた, の言, の言葉, の話, の顏, はいう, は一, は佐助, は例外, は見当たらなかった, もある, も佐助, やさかいな, をよろこばないでしょ, を唯一, を弁護, を振りぬく, を見ました, を見る, 又陥りかけてる

▼ てる~ (77, 0.2%)

7 の姿 3 の心, の眼 2 の様子, の顔

1 [60件] から声, が国, だから, と逢った, と門, については流れ, に対して保子, に対して初め, ね, のこと, のその, のため, のよう, のネクタイピン, のハンケチ, の人たち, の写真, の名, の如き, の小, の影, の態度, の才能, の方, の炭山坑夫, の熱烈, の生涯, の眸, の眼付, の瞳, の知力, の腕, の苦しんだ, の話, の身体, の鈍い, の面影, はいず, はどう, はほとんど, は刹那主義, は機嫌, は次第に, は絶えず, は金, れ屍體, をああ, をながめた, を中庭, を二人, を前, を夜, を引き出し, を扶, を拉し, を直吉, を見いだす, を見つけた, を見なかった, を通りがかり

▼ てるけれど~ (74, 0.2%)

3 それは 2 あなたは, おまえは, これで, 今に, 僕の, 正直です, 竹山の

1 [57件] あなたの, あまりに人, いくらなん, いくら国際聯盟あたり, いつほか, おまえの, こいつが, これぞと, これは, じつはあれ, そういうこと, そうも, それで, それでも話す, そんなあす, そんなこと, だんだん注文, でもあの, どうして河, どうだろう, なか, はじめて逢い出した, ひょっとする, ほかに, ほんとは, また逆, まだ消費組合, まだ見た, もう四十すぎ, やらずか, ナーニやっぱり, ピカピカする, 中には, 丹波屋の, 人間とも, 僕かえる, 僕には, 僕は, 入浴中胃カイヨーの, 友達も, 変人を, 姉様が, 岡村は, 左の, 御宝前と, 本当はもう少佐, 東京へ, 然し今日, 爺さんにとっては, 短くて, 私に, 私は, 細つ, 苦労してない, 言えないよ, 言へ, 鉄壺眼が

▼ てるこの~ (74, 0.2%)

2 老人は

1 [72件] あわれなる人類, ずるい小娘, つぎには, アントアーヌ郭外の, パリーの, パリー小市民の, ビザンチンの, フォーシュルヴァン氏と, フランス民衆を, 不分明, 事務員階級を, 人の, 人生に, 人類を, 信念の, 全パリー, 冬の, 十日の, 可哀想な, 唖の, 商事会社では, 固定観念は, 場所の, 場面には, 多衆, 夜中に, 女では, 女の, 女中は, 女主人は, 婦人母親の, 子供の, 宿泊人を, 少年に, 弱い善良, 強健な, 心配な, 息子の, 憐れな, 敏子の, 槍先の, 民衆の, 湖に, 無趣味な, 牧師の, 狂太郎を, 猫だって, 田舎の, 男から, 男の, 男は, 盲いた, 社中は, 社会では, 神経質な, 私は, 穏和な, 者にたいして, 肉体だけは, 臆病な, 自分自身が, 著る, 詩人は, 責苦の, 連中には, 連中は, 避けがたい, 隠居所の, 音楽の, 頃少し, 魂の, 鯉が

▼ てる~ (73, 0.2%)

137 でせう 4 だもの, だよ 3 だけど 2 じゃない, だから, だけどね, でしょう, ですもの

1 [32件] かい, さ, じゃないでしょう, じゃねえ, だからな, だからね, だが, だし, だそう, だぞ, だつたらかんにん, だと, だとかで, だな, だらう, だろう, だろうねえ, だわ, だ馬鹿野郎, ですか, ですが, ですけど, ですってよ, ですの, ですよ, ですツ, でね, で僕, で感心, で遠い, やろ, んでせう

▼ てる人間~ (71, 0.2%)

2 だ, だもの, である, です

1 [63件] かどう, が, がある, がいきなり, がいる, がきょう, がしん, が五人, が多, が寄る, が日向, が永劫, が豆粒, が銅, じゃありません, じゃない, じゃア, だから, だって女, だと, だよ, だ俺, でしてな, でしてね, でしょう, ですもの, ではない, というもの, といふもの, と同一, なんてあんまり, についてはそう, にはぢ, に口, に逆らう, のくせ, のこと, のせい, の概観, の正当通常, の癌腫, の精神, の肉, の言葉つて, の道徳, の邪魔, の鋭く, の顔色, の風俗, の食い, はいない, はまア, はウジヤウジヤ, は何時, は可哀想, は学問, は気, は汗, は苦しい, みて, も居なかった, を知りたい, を見

▼ てるつもり~ (69, 0.2%)

6 だ, です 4 だったが, でいる, なの, なん 3 だった 2 か, でした, ですが, では, でも, なのよ, よ

1 [24件] かい, じゃない, じや, だけど, だったし, だったの, だったん, だと, だなんて, で, であつ, である, でしたのに, ですけれど, ですわ, でやきもき, でゐ, でジャン・ヴァルジャン, で帰りかけた, で眼, なのに, の足, はなく, らしかった

▼ てるんぢ~ (66, 0.2%)

38 やない 11 やありません 4 や無い 2 や, やねえか 1 やございません, やで, やと師匠, やね, やねえ, やア, や夜店, や有, や無から

▼ てる~ (66, 0.2%)

3 の姿 2 だ, ですもの, の方, を見

1 [55件] が子供, が特殊, が生命, だから, だ目, です, とのこと, と同一, と木村さん, など生きる, に, には自ら自分, にまで甕, にも更に, に云, に隠せる, のせい, のま, の借金, の兄, の入, の好き, の妻, の子供, の寝台, の心, の意地, の服装, の死, の眼, の職業, の肩, の胸, の資金, の足, の額, はくやしい, はそれ, はなんとも, は仕事, は怖く, は急激, も草花, も黙れ, やあれ, をお, をすて, をほめ, をまるで, を冷然, を嘲る, を容れる, を慰め, を知ってる, を背負ひだ

▼ てる~ (65, 0.2%)

9 な気 4 に見える 3 です 2 にさ, に思ふ

1 [45件] がはっきり, が山伏的, が現われ, が腹だたしかっ, だがね, だけれ, だけれど, だつたが, だつたので, だァ, であつ, である, でした, でねえしか, でネエ, なもの, なん, な口吻, な小児心, な思わない様, な急, な感じ, な打切棒, な挙動, な水晶, な訳, な趣味, に, にさわっ, になっ, になった, になつて, には聞えぬ, にも思え, にも感ぜられる, に云うだ, に思, に考え, に見えます, に言, に重苦しく, はなにか, やったら随分, を書いた, を珍しく

▼ てるきり~ (63, 0.2%)

16 だった 9 でした 32 だったが, で他, なん

1 [29件] だし, だと, でありあるいは, である, でお寺, でしたが, です, でその他, でほか, でもう, で中, で人, で何等, で其処, で前後, で喝采, で坂全体, で子供, で室, で家計, で少し, で彼, で見渡す, で誰, で雑草, で額, で顔, なの, なン

▼ てるばかり~ (62, 0.2%)

19 だった 5 では 3 である, でした 2

1 [30件] だったが, で, であって, でありあるいは, でこれ, です, でどう, でどうも, でなくその, でなくそれ, でなくクリストフ, でなく何だか, でなく実際, でなく石川さま, でなく自分, でなく諸君, でねえ, で何ら, で有るか, で火鉢, で自由, なので, なのよ, ならイイ, なんだ, なんで, ほかの, 小三郎は, 涼しさ, 満蔵

▼ てるくせ~ (61, 0.2%)

23

1 [38件] にあたし, にい, にいけねえ, にこの, にそしらぬ, にそれ, にそんな, にだらだら, にという腹, にとぼける, になぜ, にはっきり, にへん, にもう, にもじもじ, にやっぱり, によく, に一つ, に何, に何ん, に初めて, に大きな, に実際, に後れがち, に或, に新婚初夜, に方々, に柳屋, に案外そう, に気持, に滑稽, に生れ変る, に皿, に豆, に買っ, に速い, に金, に顏

▼ てるとき~ (61, 0.2%)

2 は男

1 [59件] あまり寺参り, いて業, からかはらない, か頓痴気奴, がもっとも, その人, その小さな目, たった一人, だけ頭, でさえ, でさえたがい, でさえも彼ら, でさえも自己, でした, でしたの, でも停留所, でも始終, どうもこの, に, にある, におり, にさいし, にその, にちょうど, にはうれしかっ, にはけっして, にはその, にはそれ, にはなにゆえ, にはもっとも, には人, には他人, には傘, には新聞, には死ん, には親切, に判決, に呪うべき, に失恋, に施し, に玄関, に空襲, のみである, のよう, のハンス, の方, の落ち着き, はなんと, は何, は思わぬ曲った, は恐かっ, ばかりだ, ばかり所帯, もうちゃんとつかまっ, もどって, よりもさらに, よりも不意, 落ちて, 間違えて

▼ てるかを~ (60, 0.2%)

6 見て 2 知って

1 [52件] あなたが, あまりはっきりと, さらに次, ついに発見, またどういう, みずから知らなかった, われわれ以上に, ジャックリーヌは, 勉強家が, 吾, 告げたかった, 問いあわしたり, 問わないもの, 問わなかった, 少しも, 彼は, 心配し, 思い出した, 想像した, 意識しなかった, 感じて, 手短かに, 書き贈った, 検べた時に, 検討し, 機械的に, 洞見しなかった, 測った, 知った, 知ったら自分, 知らないの, 知らない者, 知らなければ, 知りたがった, 知りたくて, 知るの, 示す残酷, 私は, 考えて, 考えては, 自ら知らずし, 自ら知らなかったであろう, 自分でも, 見たらだれ, 見なかった, 見ると, 見る時, 見出した, 話して, 話し自分, 読者は, 誰からも

▼ てるとも~ (60, 0.2%)

3 言える 2 いえるほど, 云える

1 [53件] あたしは, いえなかったし, いえるありさ, いひ参謀本部, お民, お秋, こいつは, この間うら, しれない, すぐそこ, そうでなかったら, そこでおれ, だから苦心, つかずただ, ほんものと, よく知ってる, 云った, 云わないじゃ, 似てるとも, 何とも, 余勢で, 先代は, 公儀御用の, 多少時間, 家に, 廻転してる, 怖かつ, 思うん, 思ふかも, 武家相手に, 死んで, 気づかずこつそりそば, 浮立ってるとも, 知らずじつに世にも, 知れない呪, 私なんかは, 私の, 笑って, 第一奥さん, 美くしく, 聖書なら, 見えて, 見えなかった, 見えるの, 見られるだろう, 解されるが, 言えるし, 言えるほど, 言える特質, 評判の, 貧しいとも, 金田さんは, 長者町の

▼ てるみたい~ (60, 0.2%)

4 だ, ね 3 な顔 2 じゃない, だね, なん, な気持, にさ, やわ

1 [37件] かい, だが, だぞ, だった, だったなあ, だわ, で, でいかん, でうっとり, でかわいそう, でこっち, ですねん, でそりゃあ, で感じ, で落ちつかないや, で銀, と言う, な, なにがにがしい, なので, なへん, な作品, な声, な妙, な妙ちきりん, な気, な男, になっ, にぼんやり, に割り, に口, に思われます, に日増しに, に見せかけ, に見せかけてる, に賢, よ

▼ てる~ (56, 0.2%)

6 うぢ 5 うだ, うだが 3 うです, うですが 2 うだから, うだし, うで

1 [28件] あんな奴, うかも, うして, うだうまく, うだぜ, うだねえ, うだよ, うだ八月一日, うでこっち, うでございますわ, うですからね, うで客, うで鰡, お金を, けろりとし, こんな風ぢ, しかし買う, それを, そんなら, ちっとも気, へ気の毒, へ氣, まったく似合い, ア出せ, ア通りな, 人格が, 伍長殿だ, 己が

▼ てる~ (51, 0.2%)

39 せう 3 せうね 2 せうからね 1 せうあの, せうきつ, せうと, せうほら, せうよ, せうわたし, せう界隈一番

▼ てる~ (51, 0.2%)

3 を人 2 だから, で, に仰, へ表

1 [40件] あるです, か, から婢, がいい, じゃたとい, じゃア, だからな, ですが, でツイ, で此, に在る, に寓, に鉄砲, はどう, は無い, へお前さん, へさしかかり, へはな, へば, へまた, へヌク, へ二畳, へ先方, へ其の, へ又, へ叔母さん, へ大きな, へ巡査, へ己, へ己ア旦那, へ幸三郎, へ意休, へ櫻川, へ無理, へ膝, へ芸者, もある, を上, を木, を見りゃ

▼ てる自分~ (51, 0.2%)

10 の姿 3 の心, を見出した 2 は癪

1 [33件] かと考え, に何物, に気, のマント, の作, の卓子, の単調, の名声, の室, の息子, の手, の生活, の眼付, の肖像, の胸, の腕, の船頭, の視線, の調子, の足, の身, の身の上, の身体, の部屋, の顏, の顔, の魂, はただ, はやけに, も思はず出, を感じ, を秘か, を見た

▼ てるのみ~ (49, 0.1%)

31 だった 3 でなくまた 2 である, であるよう

1 [11件] だったが, だったもう世に, であって, であの, であり後者, であるが, では, で燈火, ならずおちついて, 家じゅう皆立っ, 家中皆立つ

▼ てる~ (49, 0.1%)

2 あの家, がありました, がある, もある, もない

1 [39件] からは比較的, から電車通り, がそこ, がない, が多かっ, だ, だから, だけです, ではリュウマチ, では特別, というもの, と味岡さん, と彼女, なんぞ一軒, にそういう, に出逢う, の中, の主婦さん, の人たち, の屋根, の栄さん, の榮さん, の片すみ, の近く, の電話番號, は, はちらりほらり, はなかっ, は今時, は入口, は無かっ, は相当, へ尋ね, へ引, へ行く, もあった, を三年前新築, を皆んな, を見付けた

▼ てるだけの~ (47, 0.1%)

4 ことを, 事を 3 ことだ 2 ことで, ものを, 話だ

1 [30件] お金が, お金を, こと, ことが, ことさね, ことであった, ことでしょう, ことな, ことよ, ことアある, もの, ものだ, ものに, もんじゃ, ようでありました, 事は, 事件の, 価値も, 卑屈な, 名前を, 山で, 弟子の, 感じ此の分なら, 数はと, 気力が, 無為の, 着物だ, 着物を, 者も, 骸骨の

▼ てるあの~ (46, 0.1%)

1 [46件] おとなしい快活, ささやかな, ちっぽけな, つめたく澄んだ, ところだった, もう一人, バラモン教の, パリーの, ワグナー協会の, 不平等な, 事件を, 二人は, 二本の, 人の, 人は, 修道女が, 儚い面影, 兄を, 光は, 凡俗な, 力強い親愛, 十八世紀の, 博物館の, 司祭まっ, 名も, 喜多村じゃ, 嗜好と, 天の川を, 子供, 少女を, 平静さも, 当時の, 手紙は, 旅客の, 時分の, 晩の, 李伯将軍の, 爺さんを, 男との, 男を, 眼, 石仏のと, 素朴なる, 若い家庭教師, 落窪の, 道と

▼ てる最中~ (46, 0.1%)

3 だった, に彼

1 [40件] だ, だから, だからな, だったり, だつたり, だと, だとか, であった, であつ, でさ, でしかと, でしたよ, でっけど, でなかなか, でも, でも色々, なん, にさまたげられる, にだ, にまごつき, にもあるいは, にバクハツ音, に一人, に動い, に大雪山, に寝込んだ, に彼女, に歯, に気象台, に空襲, に突然, に素早く, に鳴ります, ふざけて, ふと, へうち, やたらに, やない, や官林, 思い出して

▼ てる~ (44, 0.1%)

12 がした 6 がし 3 がしない 2 がする, が注, もした

1 [17件] がします, がせず, がない, が知れない, さえしました, でこの, で僕, なん, になった, にもなれなかった, の小さな, の置けない, はしなかった, はしねえけん, はない, もしなかった, 遣は

▼ てる~ (43, 0.1%)

2 夜露が

1 [41件] あたしと, あたし見た, あなたが, あなたの, あのだけど, あれツぱかしで, いつも, お部屋, この人, この子, して, すぐに, ずいぶん, そんなこと, だからわたし, ちょいと, ちょっとも, でもあなた, ねえ, まだ他, まるで正美さんみたい, むしろ, よく見え, ア花ちゃんどうも, キット若し, ネエ今晩は, 今もう, 俺が, 初めから, 女との, 好きだ, 屹度自分の, 彼奴とかってな, 彼奴よ, 東京で, 王様だ, 矢田さんに, 縫つてあげませう, 自分だって, 貢さん, 頼んで

▼ てる人たち~ (43, 0.1%)

1 [43件] から見, があつ, がいる, がずいぶん, がそんなに, が世, が大, が気の毒, そういう人々, であったから, であつ, でさえどれほど, です, で彼ら, にいろんな, についてはあなた, にとって私たち, に似かよっ, に別れ, に親しい, のなか, の問題, の目標, はやはり, は何, は思う, は押し合っ, もあります, もいます, も本当はまったく, よ, をごく, をたくさん, をながめた, をゆるし, を僕, を喜ばし, を平気, を憐れもう, を私たち, を見, を見ました, を運ん

▼ てるけど~ (42, 0.1%)

1 [42件] あそこには, あとどうも, あれは, いい声, いつたいあなた, うちの, お店, お金ない, きょうは, こちらからは, さう, ずいぶん鋭く, そう言っ, それかて, だんだんわるく, ちよつと, とても淋しい, とれないん, はっきりゃいえないで, まだ小さい, もうちょっと此処, もし見合い, ドイツも, 二人の, 人の, 今にだんだんイヤ, 何してん, 傍に, 只の, 子供を, 少し味, 幾島さんが, 時々末梢神経, 気性は, 決して平気, 渋谷の, 眞箇に, 真箇, 言うこと, 言へ, 面白いという, 鼻の

▼ てる大きな~ (42, 0.1%)

1 [42件] お臀, つぶらな, インクスタンドを, ポケットに, 一スー銅貨は, 不平の, 二つの, 井の, 傷痕を, 兎と, 六花弁の, 土管が, 坊ちゃんだ, 声を, 大門が, 子供みたいだった, 客間よりも, 家の, 屋根の, 岩側に, 建物から, 影を, 抱擁力だった, 星座だけを, 暗い穴, 木の, 木製の, 朽木に, 梱を, 標石ひどい, 犬どもが, 疲労や, 眼付に, 童女の, 綱の, 足だけ, 道路と, 鉄門が, 銀杏の, 鍋は, 霧の, 静かな

▼ てる~ (40, 0.1%)

82 アと

1 [30件] いうこと, うん成, きっとビル, このまま, これが, さては堕落, じいさん, それじゃ, たしかに, だがお前, だが器用, ぢいさん, なかなかいい, もう歌, もとは, アこれは, ア一人ばかりじゃねえ, ア素人さ, 与八さんその, 二日続いた, 向う様の, 君あ, 坊主能は, 大笑いだ, 察する, 小癪な, 此う, 此前あの, 畜生鬼何の, 若旦那あっしより

▼ てるため~ (39, 0.1%)

3 にその

1 [36件] だった, だらう, だろう, だろうが, である, どの真面目, にここ, にこれ, にはおれ, にひと, にポケット, に一寸, に一点, に一篇, に下, に二方, に信じ, に内所, に出る, に娘, に彼, に彼女, に往々, に昌作, に有害, に柄, に百姓, に私, に自家撞着, に記憶, に違, に部屋, に金魚, に雪, の基礎, やのん

▼ てる~ (39, 0.1%)

5 だった, だったが 4 をし 2 もなかっ

1 [23件] さえ見えなかった, だけはし, だったし, でがす, ではなかっ, でもあつ, でもない, でヌー, と戦う, なのに, にも見えなかった, に見えた, に見える, はなかっ, も, もなく, も見えず, も見せなかつた, をしてる, をみせ, を知つて善作さん, を装っ, を装った

▼ てるなんて~ (38, 0.1%)

3 そんなこと 2 それは

1 [33件] うそだ, えへ, おかしいじゃ, そんなユーレイ, そんな君, どっかの, なんだか本当, ねえあなた, もっと悪い, もっぱらそんな, よくもあんな, わが英吉利人以外, ウソの, テは, 他事じゃ, 何という, 俺は, 其様な, 取引は, 夢にも思つて, 失敬な, 実に愉快, 思いも, 気が, 汚い, 犬ぢや, 確言できる, 筈は, 考えないこと, 言って, 話も, 馬鹿な, 鵜の

▼ てる~ (38, 0.1%)

102 に圓朝

1 [26件] でその, にいや, にさ, にその, にどうして, になぜ, にまた, に何だ, に何と, に余り, に太平, に如何, に引こ, に急, に我が, に日本一, に時々ああ, に晝間, に案外, に満ちあふれ, に狂犬, に直ぐ, に私, に課, に靄, をまた

▼ てるといふ~ (36, 0.1%)

3 ことを 2 やうな, 事は, 話だ

1 [27件] ことが, ことだ, ことだけ, ことだつた, ことに, ことは, こと一寸, こと厄介に, ぢや, わけである, んだ, んぢや, 事だ, 女は, 始末です, 彼獨特の, 性質の, 情報が, 方でした, 法は, 白髪の, 真にほのか, 自覚は, 謂では, 風が, 騷ぎである, 點からも

▼ てるとこ~ (36, 0.1%)

1 [36件] あり然し, があるらしい, がうまく, が受けた, だ, だから, だってこの, だもの, でえ, です, ですもの, でたのしく, で今日, で石ツころ, で見合い, など撮す, なん, へ乱酔, へ堀井, へ暴力団, へ次, へ藤原, へ這入っ, まあこっち, もある, も意味, らしいん, を, をみつけられる, を掴まえ, を撮す, を撮る, 故い, 故何うに, 見たこと, 見てて

▼ てるなと~ (36, 0.1%)

3 思って, 思つた 2 思いました, 私は

1 [26件] みて, わかるくらい, 下を, 俺は, 僕は, 叫び候, 周平は, 思う, 思うが, 思うと, 思ったが, 思ったよ, 思ふやう, 感じさせねば, 感じた瞬間, 感じるの, 感ずると, 感付かない, 此方では, 癇違いを, 笑ふ, 義雄は, 考えた, 考えながら, 見て, 面白く思った

▼ てる事柄~ (36, 0.1%)

1 [36件] がしだいに, がその, がどんな, が曖昧, である, などを遠回し, にたいしてはクリストフ, については一言, については際限, についても知らない, について彼, にみじめ, にも寛大, に興味, に話, は何, は喜ばれなかった, は歪曲, は皆, も彼ら, をあまり, をしか表明, をそれとなく, をよく, をルイザ, を三度, を何一つ, を労働者ら, を妙, を彼, を恥ずかし, を支持, を気づかなかった, を疑っ, を盛ん, を読みとろう

▼ てる小さな~ (35, 0.1%)

2 花の

1 [33件] 丘の, 中庭に, 人の, 卓子を, 四角な, 坩堝, 壺で, 子を, 客間に, 寺の, 島人間の, 広場で, 怪物を, 扉から, 拳銃が, 暗い物, 木の, 焼物, 男を, 町工場の, 眼を, 石だたみの, 笹藪も, 薪部屋まで, 計画について, 足先に, 身体を, 酒場, 野に, 銅の, 防寨の, 静かな, 鼻肩に

▼ てる~ (35, 0.1%)

3 です 2 がある, の中

1 [28件] がじっと, が明るい, が異様, が軽い, でした, ではない, で友, で微笑みました, で顔, とし, とちら, とを見る, に出会った, に困った, に見えない, に集っ, の前, は我, は秋毫, をじっと, をまた, を庭, を彼, を檜山, を空, を背中, を見た, を見開かせる

▼ てるある~ (34, 0.1%)

3 種の 2 像の

1 [29件] ものを, 一貴婦人との, 人から, 人たちは, 人に, 傀儡を, 列車の, 利口な, 協会の, 地点より, 大雑誌, 小雑誌, 居酒屋の, 文筆夫人に, 日すべての, 時期には, 晩お祖父さんが, 晩彼女は, 無趣味な, 物, 痴情の, 節を, 細部を, 美術学校の, 老将軍, 老貴婦人, 見習弁護士から, 観念の, 音楽家らの

▼ てる通り~ (34, 0.1%)

4

1 [30件] あのスリッパ, あの一町場, あの戸畑, いったわ, いろんな新聞雑誌, おめ, およそ馭者たち, かの女, この人, この頃, さ, である, ですよ, どうして彼女, にいっ, にし, のいつも, のこと, の凝りよう, の始末, の病気, の訳, べん, を石, 互に気, 好い人物, 溢れること, 由来信州人, 知って, 若い妾

▼ てる~ (33, 0.1%)

1 [33件] いいねえ, いますか, おかしいじ, お寺に, すこぶる難い, すだ, そのま, その物腰, その通り, なに, ほんとうに, まことにさる, ようござんした, アプルツチイの, 丁寧に, 千住の, 含羞むような笑顔と, 大額一面に, 好いね, 庭先で, 愉快なり, 敷布の, 殊勝らしく, 毛布を, 洗濯物を, 無理に, 玻璃を, 突然で, 答えなかった, 虧け, 解雇された, 部屋を, 銀の

▼ てる子供~ (33, 0.1%)

5 のよう 2 のそば

1 [26件] が二人, が出来, その時, でありました, といっしょ, とによく, なんか屹度薄荷, によく, に乳房, に出会った, に盆栽, のこと, のところ, の上, の大きく, の方, の泣き声, の看病, の顔, の鼻, はカパディア氏, はパリー以外, は一九二八年, や聞きわけ, を揺り醒ます, を見た

▼ てる~ (33, 0.1%)

1 [33件] が大きく, が馬上, してる奴, だ, だった, でした, ですね, でそれ, で彼, とぶっつかっ, と見え, などしか見られなかった, には莫迦, には鏝, のよう, の一部, の下部, の輪廓, の骨, はいつも, はかわいそう, は知らなかった, は鼻, へ赤く, も知らない, よりもはじめて, をうと, をし, を昌作, を映し, を見, を見られる, 毛深い手

▼ てるくらい~ (32, 0.1%)

54 です 3 だから 2 だもの

1 [18件] だが, だけど, だその, だて, ですから, ですもの, ですよ, でパンフレット, で平たい, どすよって, なら, ならおいら, ならこの, なら斯様, なん, なんだ, や, らしかった

▼ てる~ (31, 0.1%)

2 ン, 隣の

1 [27件] あの奥さん, あの男, あれが, おかみさん, おまい, おまへは, お父さん, ここの, この人, この壺, しかしそれ, だか, だから君, やつてる, ジム, 七福神詣, 兄さん, 君の, 君は, 大丈夫二階に, 姉さん, 悪いこと, 私は, 見ちゃったん, 誰にも, 鏡の, 高いとこ

▼ てる~ (31, 0.1%)

2 に煙, に貴方, は一刻

1 [25件] から余り, から余り好き, から西北, から雪, がある, にちょっとした, には自分, にもう, に伯父さん百合餅, に冬, に勘辨, に外, に帰ったらしかった, に広間, に手, に旦那さま, に段々日, に泰助め, に涙声, に私, に稻垣さま, はそれほど, は主人, は締まっ, もうどうしたら

▼ てるけれども~ (30, 0.1%)

4 お定 2 何卒我

1 [24件] いずれも, この俳優, しかたが, すこしもおもしろく, そのセラ, その四等国, その当時, その為人, それは, そんなに深い, どうも極り, もういいかげん疲れきっ, ドイツ人は, 人を, 人一人別け, 何となく斯, 動く気, 同伴の, 吾人の, 彼女だけは, 日本に, 相撲とりは, 自然に対して, 黒羽二重の

▼ てる~ (30, 0.1%)

32 君は, 気を, 貴樣, 間抜めい

1 [19件] おい工場, おい首, お前這入らん, かくれてるぞ, この臭い, さア何, っ, や, やってるぞ, よせ, ウ, ワッハッハハハハハ, 俺は, 夜に, 左の, 森の, 第一おまえ, 簪を, 耳は

▼ てるクリストフ~ (30, 0.1%)

2 のよう, をながめ

1 [26件] からいつも, がいた, が往来, と咳, に, には眼, に二人, に対する政府筋, に言った, の姿, の子供, の幾度, の後ろ姿, の歓び, の狼狽, の逸話, の顔, は挑発的, へアントアネット, へ答えた, をながめた, を呼んだ, を往来, を横目, を見, を見た

▼ てるせい~ (29, 0.1%)

2 だよ, であろうか, ですよ

1 [23件] かずっと, かその, かそれとも, かも知れなかった, か出来, か地面, か海水着, か眠くっ, か精力的, か翼, か肌, か落ちつい, か遠く, じゃありません, であろう, でしょう, でも, でサンマ, なの, にすぎない, もあっ, もあり, もあるらしく

▼ てるそれら~ (29, 0.1%)

2 の人々

1 [27件] のあらゆる, のばか, のみごと, の下, の中, の作品, の偉大, の地, の大きな, の家, の小さな, の強大, の息吹, の捨てられたる, の断片的, の板戸, の椅子, の民主主義, の灯火, の狭い, の者ども, の自由, の花, の若者ども, の記銘, の音楽家ら, の頭

▼ てるだけに~ (28, 0.1%)

2 恐ろしく筆

1 [26件] いかにも山, いっそうそれ, おとなしいんで, そのより, それから貧窮組, ちょっと弱らされた, とても當, なおさら不びん, なおさら敏感, なおさら熱烈, なお恐ろしかっ, なお理解, ひがみも, ますます間違った, 一層淋しく, 上方のは, 今の, 冷たい暗い汚い寮, 外の, 家の, 引け目を, 恐ろしかった, 相当物分り, 私は, 話題も, 食べものの

▼ てるとか~ (28, 0.1%)

2 必ず妙

1 [26件] あまり長く, あんまり口数, いったその, して, すると, そしてそれ, それを, そんな風, ちょっと用, どうした, へんに, やってないとか, 云ったね, 云って, 仰言ってたじゃ, 何とかいう, 何とか出てる, 又は少なく, 壁色の, 女を, 算木の, 薄霧, 視線が, 言って, 言ふ, 馴染の

▼ てるのよ~ (28, 0.1%)

1 [28件] あなたの, あのあたし, あの子一郎, あは, あんたは, あんな質朴, きつと, この子, その癖, だからひとりでに, とにかく, もつと, オ, ツ, テニスよ, 今に, 少し風, 尤も世の中, 山田先生に, 屹度, 昭ちゃん, 朝お, 残念だ, 紺を, 花は, 起きないと, 黄色い蝶々, 黙ってばかり

▼ てる~ (28, 0.1%)

15 ないか 3 うだつた 2 うだつて, おへん, おまへん, 難波の 1 あれしません, 難波のを

▼ てる場合~ (28, 0.1%)

3 じゃありません, じゃない

1 [22件] があつ, がある, が非常, じや, でないから, でないと, でなかっただけに, ではありません, ではなかっ, でもその, にことによく, にはそれ, にはちゃんと, には人手, には到底, には女, には男, に小説, の事, ばかりでなく, やあれ, をせめて

▼ てる~ (28, 0.1%)

5 でも 2 じゃない, だが, では

1 [17件] あれへんそ, がない, がわからなかった, じゃねえ, じゃねえだろう, だね, だ私, でしょう, でせう, でなし, でもない, なの, にもゆきません, にも行くまい, の分らぬ, はない, やない

▼ てる限り~ (28, 0.1%)

3 のこと 2

1 [23件] じゃ今, そしておれ, ぞッ, ではその, ではまあ, では一人, では事件, では二十数年前, では初めて, では同じ, では彼女, では息, では母, では私, の憤慨, の料理屋, の校歌民謡童謡流行唄, は毎日, は永久, は浦島太郎, は私, を鑿, 教えて

▼ てるほど~ (27, 0.1%)

1 [27件] いかさま堂々と, だから, だった, ばかでも, わるくは, ジャズなんて, 他国では, 仙人には, 勝れたもの, 名声ある, 君は, 堅実な, 娘の, 孤独で, 広いのに, 心を, 時代おくれでない, 気持ちの, 深くミンナ, 清水に, 確かな, 肉体は, 苦しいもの, 複雑した, 言葉が, 醜くは, 頼りに

▼ てる~ (26, 0.1%)

3 三十日の

1 [23件] あんな所, おい皆, お前の, きっと波田, ちがうの, ちゃらっぽこを, 併し, 俺は, 妻君が, 婆さん, 巡礼の, 往来で, 御贔屓筋, 憑ものが, 手を, 早く演, 水玉が, 畜生めまったく, 竹槍を, 負けて, 飲酒戒なんぞと, 默つてつい, 黙って

▼ てるとの~ (26, 0.1%)

3 こと, ことだった 2 ことで, ことでありました, 噂が, 噂も, 確信を 1 ことだ, ことである, ことでした, こと而も, こと馬鹿女めとう, 予想の, 影口も, 空想を, 自負しかも, 話

▼ てる~ (26, 0.1%)

2 に隆吉

1 [24件] に, にそっと, にそれ, にもうすーっ, にも墨, にホラ, にレヴィー・クール, に一生懸命, に二人, に人々, に他, に勝手, に向う, に忍剣, に思いつい, に昏, に時刻, に服装, に棒, に父, に眼, に鎮まった, 夜中の, 新しいもの

▼ てるより~ (26, 0.1%)

2 以上に

1 [24件] あべこべの, こつちも, ずっとよく物, ない, ひとつおやじを, ほかに, ほかは, もっと深く, よっぽどいい, わからない方, 仕様ない, 他に, 働きなさいと, 優しやらう, 動物園でも, 外なかつた, 外に, 外は, 娘っ, 死ぬが, 死んだ方, 自分の, 門から, 開けて

▼ てる~ (26, 0.1%)

2 に身

1 [24件] がある, がわなわな, がヒョッ, が汗, じゃない, で子供, で戦死, とを私, にはもう, にハンカチ, に何, の下, はさつき, は放された, は白い, をそっと, をながめ, をぴくり, をも休めない, を代えた, を出し, を拍子, を流眄, を腹

▼ てる~ (24, 0.1%)

2 清の, 薬を

1 [20件] きまり自問自答の, さだを, べべばつちくなつた, めえ, 会式の, 医者はん頼んだら, 友達あります, 国言葉が, 庭, 弁当を, 徳も, 思ひどす, 星様何してる, 朝なぞも, 町は, 神さんが, 酒を, 銀様の, 鮒さんが, 鳥を

▼ てる一つ~ (24, 0.1%)

2 の魂

1 [22件] のおぞましい, のはしご, のもの, のテーブル, の主人公, の力, の問題, の実体, の寄生植物, の心, の意志, の有明, の業, の横顔, の殿堂, の民族, の海賊人種, の湖水, の火, の窓, の荷車, の隠れ

▼ てる一人~ (24, 0.1%)

4 の男 2 の若い

1 [18件] かもしれない, なん, のフランス人, のフランドル人, の中年, の友, の女, の娘, の子供, の学生, の少年, の弟, の文学者, の紳士, の老人, の自由, はこの, を伴

▼ てる~ (24, 0.1%)

43 だもの, なん 2 だから, ですもの, のこと 1 が精一杯, じゃもの, ですけれど, でその, なもん, なら今, のちび, の先

▼ てる~ (24, 0.1%)

5 な氣 2 にさ, に見える

1 [15件] だ, だがね, だけれど, だつたので, だね, であつ, で何, なみのる, な口吻, な咲き亂, な喜び, な急, な打切棒, な技藝, な暑苦し

▼ てる~ (24, 0.1%)

2 は胸, をことごとく

1 [20件] がある, があるだらう, だ, だか, だから, と言ったら, なら, なんかふん, の姿, の黒い, はいずれ, はわが, は何, は地味, をすつかり出し, をとらう, をなくなす, を解消, を遣り, 置きの

▼ てる~ (23, 0.1%)

1 [23件] お道さん, どうしても新聞, にさらに, にもはや, にヤツトウ, に今村さん, に俺, に大事, に日当り, に月, に白雪, に真黒, に私たち, に細長い, に自分, の子, へ右, へ濡れ雪, へ飛びつい, を二人, を入り乱れた, を後, を歩い

▼ てる~ (23, 0.1%)

2 ではあり

1 [21件] から好き, じっと空, その焼跡, だった, だつた, だべ, であたり, です, ですよ, で市木さん一人きり, なもん, には知人, には空, に私, に釣竿, のこと, のっそりした, は五十七八, は可愛がられた, やっと小父, 今に砂糖時代

▼ てるやつ~ (22, 0.1%)

2 がある, てる

1 [18件] が毎晩, だけを二つ三つ, だて, てるそら, です, にあんまり, にはかないません, は, はどう, はない, もねえ, をすっぱり, をそのまま, をつかまえる, を二三箱, を土, を引張, を起す

▼ てる以上~ (22, 0.1%)

2 に怖, は

1 [18件] にはっきり, に与え, はあの, はうち, はお, はその, はもぎとる, は一生, は何, は俺, は姉ちゃん, は思想, は松本, は男, は育つ, は自分, は自分ら, は見

▼ てる連中~ (22, 0.1%)

1 [22件] か知らん, だから, だが, だけに案外さっぱり, だった, だと, であった, とここ, と違い, なの, にはこれ, のうち, のハッハッハ, はぞろぞろ, はワグナー, は萬歳, ばかりだ, も同じ, も膝, をそねん, をたぶん, を見る

▼ てるかは~ (21, 0.1%)

2 人の, 夢にも

1 [17件] お分り, かれら, これで, ずっとあと, だれにも, だれも, より多く, 不明だ, 少しも, 常人の, 彼女も, 想像に, 私の, 考えて, 聴きも, 自分でも, 顧みも

▼ てる姿~ (21, 0.1%)

1 [21件] が似てる, が眼, が見られる, だ, だった, でしょう, で久保, というもの, なん, なんかとても, にはひどく猛々しい, に氣, の面白, はまさに, はザラ, は今, は見, を書く, を考えれ, を考へられる, を見

▼ てる~ (21, 0.1%)

3 はない 2 がない

1 [16件] ありませんね, がなかっ, がねえ, なんか俺, にその, に今, に僕ら, に常, に洗面所, はおれ, はなかっ, は無い, もないだろう, もなし, も無え, を与えなかった

▼ てる自分自身~ (21, 0.1%)

2 もそこ, を見出した

1 [17件] が妙, が恐ろしく, が自分, であった, と同じ, にふと, に我, に気付い, の姿, の小さな, の影, を屡々, を彼, を感じ, を見, を見た, を頭痛

▼ てる若い~ (21, 0.1%)

3 男の 2 娘に

1 [16件] しとそつくり, 人たちも, 人だ, 令嬢の, 女が, 女たちの, 女とは, 女の, 娘たち子供と, 娘の, 娘を, 工場労働者だ, 弟が, 彼女, 沸きたった, 男が

▼ てる証拠~ (21, 0.1%)

52 である

1 [14件] か, さ, だよ, であった, であり思想家, であると, です, ですよ, なの, になる, にはお, にはどう, にはならないでしょう, やし

▼ てるなあ~ (20, 0.1%)

1 [20件] あたりめえ, ありあなんだい, いいもの, こいさん, この赤ン坊, さあ立て, だれだ, どいつだ, なんだい, まつたく, エゴイズムが, 一体どうした, 今におやじ, 何ぞうれしい, 冬の, 労働者二百五十万人か, 奇観だ, 姉ちゃん, 守山てっ, 物凄いよう

▼ てるには~ (20, 0.1%)

3 違いない

1 [17件] きまってるでねか, これ究竟な, ひどく不思議, まづ, わかってるが, 五十銭ぎんくわ, 分って, 及ばぬぞ, 呆れる早く, 弟が, 彼の, 彼は, 最もい, 知ってるん, 見てるが, 違ひありません, 驚ろいた

▼ てるふう~ (20, 0.1%)

4 をし, を装っ 2 をした 1 だった, だったので, で, な, はなかっ, をする, を示そう, を装い, を装った, を見せかけ

▼ てる~ (20, 0.1%)

2

1 [18件] がした, がしました, がします, がたえず, が歌い出した, が耳, が聞えた, が聞える, が聞こえ, が聞こえた, だった, であるとの, であるの, の下, は一つ, も聞こえる, をきく, を抑える

▼ てる~ (20, 0.1%)

3 の中

1 [17件] がない, だが, だったので, ですか, で元, で学課, で床の間, にすぎなかった, にはとにかくどうにか, に続い, に行っ, の机, の障子, はいつも, へはいっ, を見せた, 閉ざされてる雨戸

▼ てるからと~ (19, 0.1%)

3 いって 2 いうので

1 [14件] いうよりも, いう以外, いっても, そこに, 云っただけの, 女将さんと, 宿の, 帰つて行きました, 怒られた, 思つて早く, 言いたてたの, 言って, 言つたら, 迎への

▼ てるわけぢ~ (19, 0.1%)

9 やない 3 やありません 2 やねえ 1 やある, やご, やね, やア, や無い

▼ てるとでも~ (18, 0.1%)

2 いうよう, 思って, 思ってるの, 思ってるん, 言うの 1 あんたは, いうの, 君は, 思うん, 思ったの, 思ったん, 思ってるか, 思はれちや

▼ てる~ (18, 0.1%)

2 ンだ, 何も

1 [14件] どうり, ないもの, な有るもんぢ, ひとりの, ンで, ンです, 一つの, 勘蔵も, 同じだ, 同様という, 同樣, 同然だ, 死んでるも, 追

▼ てる~ (18, 0.1%)

2

1 [16件] てあの, ていうこと, ていう形, ていつも, てええ, ておばあさん, てみんな, て云いふらしてる, て云った, て大方内, て威張るこた, て御意, て手前, て有る, て知らね, て謂います

▼ てる二人~ (18, 0.1%)

2 の友

1 [16件] にとっては大, の優しい, の前, の大, の娘, の年老いた, の影, の憲兵, の生活, の男, の老人, の者, の若者, の詩人, の顔, をそのまま

▼ てる~ (18, 0.1%)

1 [18件] なる暗雲, なる精神生活, の男, 倉庫の, 傑作は, 努力は, 包みが, 危険人物だ, 商人が, 喜悦の, 多数の, 寺院が, 専制国であった, 民衆の, 溝渠は, 請負師だ, 部分の, 音楽家の

▼ てる~ (18, 0.1%)

2 がある

1 [16件] があった, だった, である, で詳しく, とそう, と違う, のそば, の品物, の娘, はあるだろう, はもう, は巴里, らしい, を小さく, を発見, を見かけました

▼ てる感じ~ (18, 0.1%)

63 だった 1 がし, がした, がする, が自分自身, じゃねえ, である, のその, のよ, は何となく

▼ てる~ (18, 0.1%)

2 だ, を聞いた

1 [14件] が, がし, がした, が伝わっ, が聞え, が聞こえ, が聞こえた, などが耳, に我, に母親, のよう, はおのずから, は佃煮, を聞かなかった

▼ てる場所~ (17, 0.1%)

1 [17件] があった, があつ, であった, である, では文学者, とその, などがある, に出ました, に於, に日光, に注意深く, に灰色, に近づく, のかく近く, の一つ, へ横たえた, も避けなけれ

▼ てる~ (17, 0.1%)

2 から, のけむりで

1 [13件] がござんせぬ, が木々, っ腹, に向っ, の下, の星, の月影, の荷馬車, の雲, はありません, をくっきり, を双, を眺めた

▼ てる者ら~ (17, 0.1%)

2 もあった

1 [15件] があった, がいっしょ, がいつも, には半分, に金, の前, はいかめしく, はまさに, は叫んだ, は権利, を元気づけ, を刺激, を取る, を多少, を略奪

▼ てる~ (17, 0.1%)

2 であった

1 [15件] から幻覚, が, が覗き, にとっては一つ, には夢にも, に伝える, のある, のため, の価値以外, の冷やか, の手, の火, の炎, の為め, を描き出し

▼ てるとおり~ (16, 0.0%)

2 の女

1 [14件] あの人, ありゃあしねえ, いかにも唐突, おり雲, この家, そういう種類, である, とかく人, に今, に彼ら, に思う, に虫, の者, 今やあたらしく

▼ てるひと~ (16, 0.0%)

2 だとか

1 [14件] がいる, がいるだろう, だ, でしょう, ですが, ないか, なのよ, のよう, の話, はとても, もさう, も知らない, よ, わりかたみんな気持

▼ てる~ (15, 0.0%)

4 えの 2 えのに 1 えから, えとちいちゃ, えとやがて, えもの, えわけ, え話, んで, 云うから, 姫を

▼ てるほう~ (15, 0.0%)

3 がいい, がまし 1 があたし, がなお, が手間, が用心深い, じゃありません, で気, の伊那丸, へ寄ます, を好んだ

▼ てる~ (15, 0.0%)

2 となっ

1 [13件] ではしかた, ではそれら, ではもう, ではエポニーヌ, では弱音器, では彼, では菊子さん, では闇, でも仄, になッ, の世界, の文壇, はもう

▼ てる~ (15, 0.0%)

2 の方

1 [13件] で, では釣れ, でむざとなあ, でやる, で大っぴら, で葡萄糖, に先ず, に自分, のさ, を子供たち, を皿, を過つ, を順々

▼ てる古い~ (15, 0.0%)

1 [15件] パリーの, 写真などの, 囚徒の, 垂幕だけが, 家族の, 家柄が, 寝台敷き, 書卓や, 森が, 町に, 社会の, 秤が, 種族の, 足駄が, 道化役者を

▼ てる始末~ (15, 0.0%)

2 だ, である, です, なん 1 じゃない, だから, だそう, ですから, ですよ, なんで, よ

▼ てる~ (15, 0.0%)

2 がアノ時甚, の顔

1 [11件] が気の毒, と二人きり, と低く, と子, のその, のところ, の喚き, はひどく, はメアキ, や皆, をそれら

▼ てる言葉~ (15, 0.0%)

1 [15件] がある, が耳, だが, で, である, である進軍, でこもごも, ではあるまい, とてもない, と背中合わせ, にそれ, によってそれ, をクリストフ, を彼, を思い出し

▼ てるさかい~ (14, 0.0%)

1 [14件] こいから, これで, そない, それだけ材料, もし孰方, わし等は, 一等に, 会わん先から, 僕の, 大阪へ, 直ぐ掃除, 私が, 衝突する, 連日にわたって

▼ てるじゃあ~ (14, 0.0%)

8 ないか 2 ないかね 1 ありませんか, ございませんか, ないの, 有りませんか

▼ てるだけでも~ (14, 0.0%)

2 五人や

1 [12件] オナラが, モタモタし, 上の, 五六箇所何樣容易ならぬ, 何度形勢が, 十二三人は, 口に, 唐澤女峰志津などが, 容易な, 気が, 真珠を, 羨ましい

▼ てるにも~ (14, 0.0%)

2 かかわらず彼

1 [12件] かかわらずめったに, かかわらず他, かかわらず彼女, かかわらず花, かかわらず酔わされるよう, 及ぶまい, 及ぶまいと, 拘らず, 拘らずそれら, 拘らず下, 拘らず今や, 関わらず二葉亭

▼ てるひとり~ (14, 0.0%)

3 の男 2 の老人 1 の, の兄, の好人物, の婆さん, の少年, の巡査, の悪漢, の暴徒, の田舎者

▼ てる多く~ (14, 0.0%)

2 の文章

1 [12件] の小さい, の少年小説, の思想, の文学者, の民衆, の男, の知名, の穴, の虚偽, の視線, の観念, の青年ら

▼ てる時分~ (14, 0.0%)

32 にはよく 1 からおじいさん, だと, だね, で, とはまるで, にはそう, には時々, には牧場, の年齢

▼ てる老人~ (14, 0.0%)

1 [14件] があった, がさ, が出, であった, でしたが, でもとより, で夫婦, とをかわるがわる, の大きな, の姿, の心, の絞殺死体, は閨房, を救おう

▼ てる街路~ (14, 0.0%)

1 [14件] が見え, でその, とその, には人影, に出よう, に出る, のざわめいた, の中, の線, はなお, を俺, を偵察, を去っ, を歩き出した

▼ てるだけで~ (13, 0.0%)

2 足りた

1 [11件] あつた, たくさんだ, ゾオーッと, 何に, 宜い, 意味は, 満足し, 結局まるで, 誰れ, 足りると, 頭抜けて

▼ てるものの~ (13, 0.0%)

1 [13件] おとよの, さすがに, すべてだった, どよめき一日, ほかは, 一つであった, 一つである, 動かないという, 多くは, 気配も, 身に, 隣りに, 顔貌が

▼ てるよりは~ (13, 0.0%)

2 よっぽどよく知っ, 死ね死ね 1 ああし, いっそ彼女, どうせ行かな, ましです, 学校の, 家に, 少し位, 広い家, 熱海の

▼ てる~ (13, 0.0%)

1 [13件] きいたが, こりゃ面白く, すぐかえって来た, それでは僕, だから, であります, です, でまた, でも僕, で結局, も分った, を俄, 面白くなった

▼ てるあいだ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が花, その馬車, どんなこと, にいつ, にその, にときどきじっと, に日本, に毎晩リンピイ, は娘さん, は実, は花, も時々

▼ てるすべて~ (12, 0.0%)

3 のもの 2 のこと 1 の人, の人々, の幸福, の無限, はいかなる, を, を彼ら

▼ てる一種~ (12, 0.0%)

1 [12件] の三角形, の不具者, の不思議, の人間生活, の四つ辻, の影, の文学, の熟練, の狭間, の通風孔みたい, の門, の階級

▼ てる二つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] のピストル, の噴水, の大きな, の心臓, の相反, の石, の花びん, の財宝, の銀, の防寨, の隧道, の顔

▼ てる~ (12, 0.0%)

1 [12件] うも, かがあった, かがある, かが急, かの目, が不足, だべ, という意地, にも見分け, の風情, よりもいく倍, をボヤボヤ

▼ てる~ (12, 0.0%)

1 [12件] にとってそれ, に向かっ, の眼, の視線, の誠意, の足, は, は大分, は自分極め, へ最後, へ靴音, も名前

▼ てる~ (12, 0.0%)

1 [12件] がどんな, がな, づくだね, とでも云う, と信念, にある, のまわり, の恐るべき, は心理的, を目, を見ずし, 過ぎゆく息吹

▼ てる~ (12, 0.0%)

1 [12件] がいますでしょう, が多い, が案内係り, が矢張り, と知っ, なもの, にめぐり, に違い, ね, の頭, はやっぱり, 起すよう

▼ てる心地~ (12, 0.0%)

6 がした 3 がし 1 せえ, は致しません, を起こさせる

▼ てる気持~ (12, 0.0%)

1 [12件] がしてる, がほ, が解らない, だった, とも違う, なんてもの, に私, はそんな, はエノケン, やろか, を否定, を隠さなかった

▼ てる積り~ (12, 0.0%)

4 です 21 かなんか, かなんかで, だが, ですが, ではねい, で急

▼ てる~ (12, 0.0%)

1 [12件] だから, だが, だけでもし, だった, でねえか, など面白し, の一語, の屑, をうち, をき, をし, をしました

▼ てる~ (12, 0.0%)

1 [12件] から割い, で, でこそオリヴィエ, でもある, で二人, の番号札, はお前さん, は決して, や銅, をひったくっ, を取っ, を巻き上げ

▼ てる~ (12, 0.0%)

2 に乗じ 1 がありませんでした, がなかっ, がなかつた, につけこん, に味噌汁, に房, はない, はなかっ, もなかっ, もなかつた

▼ てるあなた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が見付けられ, だのに, には, の姿, の方, の眼, の顔, は, はい, をも一番, を見

▼ てるあらゆる~ (11, 0.0%)

1 [11件] 世紀あらゆる, 思想が, 性質によって, 悪魔を, 悲しみなどを, 感情を, 慣例を, 病気を, 者の, 観念を, 青年と

▼ てるかい~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの泉, いよいよ五つ目, お前の, お滝さん, それとももう, それを, もない, 何が, 何所へ, 背が, 自分で

▼ てるねえ~ (11, 0.0%)

4 ぼくおこし 1 お腹が, きょう一日な, しかし構, しかし構わん, やっぱりあッ, 君は, 大へん

▼ てるねん~ (11, 0.0%)

2 やろ 1 そら神経, で遊び, どれくらい, もん, やったら僕, やろか, やろ結局, よって私, 云うて

▼ てるよりも~ (11, 0.0%)

1 [11件] ずっとドイツ的, はるかに, 一方が, 僅四五時間で, 別にな, 学問を, 寂しいこと, 明日の, 水, 神祕なる, 舞台を

▼ てる~ (11, 0.0%)

1 [11件] めあわせ末永く, ゆり越す, 任せんや, 勤めること, 幸いそれぞれ, 横に, 気が付くと, 知って, 知らざるもの, 見ました, 見現に

▼ てるマリユス~ (11, 0.0%)

1 [11件] と共に地下, には少し, に彼, のそば, の上, の姿, はいっこう, は偶然, をバスク, を肩, を腕

▼ てる仕事~ (11, 0.0%)

21 だから, だからな, だという, と云, に対して自分, のこと, の方, はスパイ, や働き

▼ てる~ (11, 0.0%)

1 [11件] が彼, と並ん, にはその, にも話さなかった, の前, の眼つき, の眼付, の言葉, の身体, の顔, は俺

▼ てる~ (11, 0.0%)

2 のよう 1 で象徴, で金目銀目, と同じ, の一匹, の喉, の居眠り, は怜悧, は私, をどうして

▼ てる精神~ (11, 0.0%)

2 の人々 1 から隷属, がその, などが在る, に麦湯, の田舎, の軽佻さ, の頓馬さ加減, や擽った, や痒

▼ てる長い~ (11, 0.0%)

2 藁を 1 地下室に, 捧呈文が, 揉上の, 栗色の, 舗石の, 街道には, 隧道とを, 黒髪の, 鼻や

▼ てる黒い~ (11, 0.0%)

1 [11件] ズボンと, 上衣と, 人影を, 光った槲, 啄木鳥を, 姿は, 揚げ鍋小皿物を, 板戸の, 楡の, 法服の, 短ズボン

▼ てるこれ~ (10, 0.0%)

1 が不浄, が蘆屋, だけが骨, でおどかさう, にふしぎ, はどうか, は気, は確か, を覚え, 即ち支那

▼ てるのね~ (10, 0.0%)

1 きつと, こんなに謝ってる, どうした, アドルフ, 人の, 何か, 修さん, 姉さん, 悪い事, 裸に

▼ てるわよ~ (10, 0.0%)

1 あの人, あんた瘠我慢いつてる, かけちゃいさえ, こう猫背, そしてあと, もう, 一番あたしの, 今頃, 勝てないに, 化物同志で

▼ てる~ (10, 0.0%)

1 からぺこん, で真裸, にどんなに, にもぐりこむ, に半ば, に彼女, に生, の人, をぬけ, 影まで

▼ てる人達~ (10, 0.0%)

1 だ, だほんとう, だほんとに, とは違っ, と一緒, には意気, の生活, はどんな, は日本, は泣き

▼ てる作品~ (10, 0.0%)

1 だという, である, については言うまでもない, の名前, の多く, は外見, や最も, や観念, を並べる, を形

▼ てる~ (10, 0.0%)

1 が丸天井, とがその, に似た, に僅か, の反映, の大鳥, の角, を木立ち越し, を見, 見ると

▼ てる~ (10, 0.0%)

2 には幾ら 1 からも家賃, にあ, にはさ, には差し支えないだろう, の事, の他, を喜代治さんら, を皆拂つて

▼ てる~ (10, 0.0%)

1 から五十円六十円, があった, に私, のもと, の手前, の泣き声, の蒼ざめた顔, はヒナちゃん, は無い, を嗅い

▼ てる~ (10, 0.0%)

1 予言者と, 教会であった, 水路を, 溝である, 筥類それから, 羊くらい, 羊の, 都市では, 鐘は, 馬尾を

▼ てる恐ろしい~ (10, 0.0%)

1 力にたいしては, 室を, 熱狂的な, 現実の, 群集, 群集の, 苦悶が, 言葉を, 雑報の, 顔つきの

▼ てる~ (10, 0.0%)

2 の間 1 から室, から耳, があった, です, のすき, の銅, をしめきり, を開け

▼ てる~ (10, 0.0%)

1 がそう, が来た, と同じ, に, にむされた, の一つ, の光, の光りで, を避けよ, を野

▼ てる時代~ (10, 0.0%)

2 に自己 1 なん, においてはこの, の副産物, はもう, はノンキ, は去った, や地方, を思ひ出し

▼ てる~ (10, 0.0%)

1 が, が輪, だった, の世界, の中, の声, はそう, は眼, を入れる, を見送り

▼ てる無数~ (10, 0.0%)

2 の女 1 の人間, の写真, の役人, の星辰, の神秘, の糸, の者, の頭

▼ てる~ (10, 0.0%)

2 を眺めた 1 と兄, の側, の殿様, の肖像, の顔, はおと, はベンチ, や兄夫婦

▼ てる~ (10, 0.0%)

2 のよう 1 がその, との間, なん, に口輪, の側, ばかりであった, や小鳥, よ

▼ てる群集~ (10, 0.0%)

4 の中 1 の向う側, の大, の流れ, の身体, の頭, はちょっと

▼ てる~ (10, 0.0%)

2 の上, の芽 1 の中, の名, の茂, の赤, はみんな柔, を古

▼ てる~ (10, 0.0%)

2 に憶えない, の宛然初陣 1 でありながら, で生活上, と誰, にも善根, の我, を非常

▼ てるがね~ (9, 0.0%)

2 君も 1 そう言っ, 何しろ其の, 切っても, 君にも, 妙子の, 彼奴の, 私あ

▼ てるぐらい~ (9, 0.0%)

4 だから 1 だろう, でした, で性的欠陥, やいうの, やしこんな

▼ てるさま~ (9, 0.0%)

1 が楽しく, が現われ, が見え, はいささか, はまことに, は確か, も見えなかった, を私, を見る

▼ てるそれ~ (9, 0.0%)

1 がどう, が君, が置けなくなりいられなくなった, だから, だからと, の如く, はどう, をみる, を現実的

▼ てるどころ~ (9, 0.0%)

2 じゃない 1 じゃありません, じゃございません, じゃア, の沙汰, の沙汰ぢ, の騒ぎ, やない

▼ てるなか~ (9, 0.0%)

1 から吾, でお, で桜, に, にまっ白, にも物売り, に竹細工, に赤シャツ, をブーシャール嬢

▼ てるまま~ (9, 0.0%)

1 そら寢, だったし, であるが, でいい, に彼, に残し, 煮たてて, 答えた, 話して

▼ てるテーブル~ (9, 0.0%)

2 の下 1 に背中, に近づいた, の上, の後ろ, の意味, は小さく, へ騒々しく

▼ てる~ (9, 0.0%)

2 の二人 1 の人たち, の国民, の時代, の種々, の鉄道線, の頭, の魂

▼ てる~ (9, 0.0%)

2 をみた 1 でした, などを心地よく, は餘程, をみました, をみる, を好む, を見た

▼ てる小鳥~ (9, 0.0%)

2 のしらべ, のよう 1 が喉, のこと, の巣, の軽い, を見ん

▼ てる彼ら~ (9, 0.0%)

1 のいわゆる, の希望, の影絵, の恍惚, の眼, の知力, の神経, の首根っこ, は最後

▼ てる思想~ (9, 0.0%)

1 が混沌, にたいして反抗, の一端, の中, の醸造桶, はいずれ, はいづれ, を与え, を人

▼ てる~ (9, 0.0%)

2 る男 1 る人々, る友人, る大学生, る婦人, る根本, 女が, 文學者の

▼ てる時間~ (9, 0.0%)

1 がない, だった, なの, にした, に手紙, もない, を利用, を失っ, 投げ出してる仕事

▼ てる~ (9, 0.0%)

1 のかげ, のながる, のひかり滿, の光, の影, の明き夜頃, の面, は, をみ

▼ てる~ (9, 0.0%)

2 の枝 1 だけが石, です, の切株, の梢, の鈴, を伐ってる, を揺すり

▼ てる~ (9, 0.0%)

1 がだいぶ, が必ずしも, で, では, はあるいは, はその, は虫, は講義, もあろう

▼ てる~ (9, 0.0%)

1 がおなじ, がなんだか, でその, と感動, のごとき, はそういう, をし, を上げ, を見開いた

▼ てる美しい~ (9, 0.0%)

1 ものの, 中年の, 女に, 娘から, 眼ふくらみ, 肩その, 詩の, 話に, 顔の

▼ てる~ (9, 0.0%)

1 が咲い, であつ, できっと, に極, に誇らか, の廣, はあの, はない, を見あげました

▼ てる赤い~ (9, 0.0%)

1 フォールムを, 光が, 光を, 大きな星みたい, 旗わるく, 眼瞼の, 石段の, 臍の緒が, 雲が

▼ てる通り僕~ (9, 0.0%)

1 がこちら, はさほど, はひどく, は一体, は兄, は國學院出, は本質的, は母, は貧乏

▼ てる~ (9, 0.0%)

1 から額, が一つ, の引っ張り合い, の方, は何, をもっ, を動かし, を死んだ, 被そういう

▼ てるお前~ (8, 0.0%)

1 が外, その医者, に鉄砲, の子供, の家, の知ってる, の考え, は誰だい

▼ てるからって~ (8, 0.0%)

1 あの貧乏, いったいそれ, えらそう, おっしゃるん, それは, 別に私, 困ること, 肺炎の

▼ てるくらいの~ (8, 0.0%)

2 もので 1 ことは, ことよ, ものだった, ものである, 平助と, 酒のみ

▼ てるごく~ (8, 0.0%)

1 ハイカラな, 丁重な, 個性的な, 厚いみごと, 大きな蜘蛛, 狭小な, 若いやせた, 赤い小さな

▼ てるそんな~ (8, 0.0%)

2 ことは 1 ことが, ことする, ことを, ところに, 人間が, 風の

▼ てるつて~ (8, 0.0%)

1 いふこと, いふぢ, えの, ことかい, ないわ, ね, んでがす, 伝へて

▼ てるフランス~ (8, 0.0%)

1 におけるキリスト教的思想, の何とか, の地図, の宗教教育, の才能, の某, の歴史家, の鉄道会社

▼ てるンぢ~ (8, 0.0%)

7 やない 1 やありません

▼ てる~ (8, 0.0%)

1 けで, けであった, だから, だよ, に実に, の事, の力, はみんな

▼ てる人物~ (8, 0.0%)

3 だった 1 であるという, と承知, の, らしく推断, を近づける

▼ てる問題~ (8, 0.0%)

1 じゃない, だった, でもわれわれ, に触れかねた, に返っ, に離れた, はしかも, を暗中模索

▼ てる土地~ (8, 0.0%)

1 から上っ, だったが, の上, の人々, の子, へ行つて, よ情熱, を見

▼ てる~ (8, 0.0%)

1 がいる, だそう, のもと, の役, の方美貞, の着物, は容易, よりずっと

▼ てる少年~ (8, 0.0%)

1 があった, が先輩, には不快, のそば, の弁当, の愉快, の面影, を友

▼ てる~ (8, 0.0%)

1 だけが目立っ, でもない, のてつぺん, の峯, の頭, も望まれる, を唐倉山, を越える

▼ てる~ (8, 0.0%)

1 であった, にかぶれ, の悲劇, の調和, の黙々たる, は涙, をもたがい, を引き

▼ てる母親~ (8, 0.0%)

1 が乞食, が見, なの, の墓, の少し, の顔, を持ってる, を見た

▼ てる汽車~ (8, 0.0%)

2 の方 1 とそれ, と偶然, に乗せた, の動揺, は隣, をとめる

▼ てる現在~ (8, 0.0%)

1 くらい色褪せ, ではその, では国内, においても彼, のごとき, の土地, の姿, の芸術界

▼ てる種々~ (8, 0.0%)

1 な本屋, な管, な色, な角, な金物, の矛盾, の色彩, の青年

▼ てる~ (8, 0.0%)

1 からヨハン・セバスチアン・バッハ, のすぐ, のところ, のほう, の方, の真中, は皆銃弾, をしめ

▼ てる~ (8, 0.0%)

1 が月, だけはどう, だと, のまんなか, はある, を, をもどる, をダラダラ

▼ てる静か~ (8, 0.0%)

1 なところ, な仕事, な夜, な日, な談話, な通り, にあったまってる, にし

▼ てる音楽~ (8, 0.0%)

1 であった, のこと, のよう, の中, の草むら, の草稿, は他, もグラチア

▼ てる~ (8, 0.0%)

1 とたじろがない, との間, の上, の下, は知性, や痩せた, をぬぐった, 小さなまっすぐ

▼ てることそれ~ (7, 0.0%)

2 を彼 1 がまた, が彼女, は彼女, をみずから, を私

▼ てるしるし~ (7, 0.0%)

1 さえ示さなかった, だった, だに伝え, だに見せなかった, だも, である, もなかっ

▼ てるそういう~ (7, 0.0%)

1 作家が, 境地を, 姿な, 密雲の, 気持に, 精神疲憊の, 調子外れの

▼ てるといった~ (7, 0.0%)

1 ふうであった, ような, ッけな, 恰好です, 酔狂な, 風な, 風に

▼ てるとしか~ (7, 0.0%)

1 云いよう, 思えないから, 思えなかった, 思へないので, 思われなかった, 思われやしない, 見えない

▼ てるねと~ (7, 0.0%)

3 旦那どの 1 ねえさんに, 云って, 念を, 驚いて

▼ てるふり~ (7, 0.0%)

4 をし 1 をされる, をした, をしよう

▼ てるほどの~ (7, 0.0%)

2 者は 1 ことだ, 余裕は, 名所である, 大したこと, 大戦争

▼ てるやら~ (7, 0.0%)

1 で殆, まるで夢中, わからなかったので, わかりは, 屋敷や, 見当も, 路が

▼ てるよと~ (7, 0.0%)

1 いって, ノウノウたる, 云って, 手を, 私は, 言ふけれ, 言われてから

▼ てる一本~ (7, 0.0%)

1 のアカシア, の大木, の木, の栗, の牛蒡, の綱, の脂蝋燭

▼ てる不思議~ (7, 0.0%)

1 な世界, な地図, な夢, な男, な町, な美くし, な貨幣

▼ てる~ (7, 0.0%)

1 の鬢, 眼は, 総の, 肩に, 脛が, 腕と, 腕の

▼ てる事実~ (7, 0.0%)

1 が明瞭, である, ではあった, として此所, はその, を怎, を明るみ

▼ てる作者~ (7, 0.0%)

3 の姿 1 の心境, の意欲, の生活的翹望, 書くこと

▼ てる友人~ (7, 0.0%)

1 がある, が来たら, に何事, の家, の紹介, へとくに, を訪れる

▼ てる~ (7, 0.0%)

1 から醜く, ときつい, のそば, の上, もある, をもぐもぐ, を照らし

▼ てる善良~ (7, 0.0%)

1 なディケンズ, なモーク, な人々, な正直, な犬, な眼, な親切

▼ てる奴ら~ (7, 0.0%)

1 こそその, と戦う, の家, はねまったく, は昔, を, をさがし回っ

▼ てる奴等~ (7, 0.0%)

1 かも知れない, が慌て, が現代, だから, の前, の簪, をあおる

▼ てる~ (7, 0.0%)

1 ありよく, があった, とはまるで, ね茶, の方, もあった, 多き由

▼ てる~ (7, 0.0%)

1 がいかにも, である, です, で光子さん, になっ, になった, をし

▼ てる愛情~ (7, 0.0%)

1 だった, と信念, にとっては十分, の量, を一挙, を保証, を募らせるだろう

▼ てる気持ち~ (7, 0.0%)

1 だった, でした, で而, で謂わ, も少し, を無理, 判るわよ

▼ てる田舎~ (7, 0.0%)

1 では盆踊り, においてある, のまん中, の生活, の農夫生活, の静けさ, を離れ

▼ てる甲斐~ (7, 0.0%)

3 がない 2 が無い 1 はない, もなく

▼ てる~ (7, 0.0%)

1 から来る, だけにおもしろ, の上, の方, の流行唄以外, の通り, は以前

▼ てる相手~ (7, 0.0%)

1 がなかっ, の人々, の人間, の息, の男, はだれ, を搜

▼ てる~ (7, 0.0%)

1 が仕上った, が出た, が映った, だ, だった, で一人, をきまつ

▼ てる舗石~ (7, 0.0%)

2 の上, の段 1 で人々, の数, をはねのけ

▼ てる~ (7, 0.0%)

2 の間 1 がふらふら, の問題, は二つ三つ, をやけにばたばた, を家

▼ てる~ (7, 0.0%)

1 がひとかたまり, だってお前春, のよう, の上, の峰, はもうだいぶ, をじっと

▼ てる~ (7, 0.0%)

1 ですが, とに変, に心地よく, の曲線, の線, や額, を埋

▼ てる~ (7, 0.0%)

1 だから, だぞ, だもの, なんかなら, の唯一, の鼻, をぐつと

▼ てるかが~ (6, 0.0%)

1 さらに強く, すぐに, 分る, 却って解ります, 問題でなく, 大抵見当

▼ てるかという~ (6, 0.0%)

1 おぼろなし, ことに, ことを, こと私たちを, のを, 正確な

▼ てるからこそ~ (6, 0.0%)

1 その運動, ジリリジリリと, 同級会といふ, 同級會といふ, 客の, 斯うし

▼ てるからね~ (6, 0.0%)

1 えっ, お前少し, そうつとしとい, ちっと引張出さんけりゃ, 何か, 東京まで

▼ てるそば~ (6, 0.0%)

1 からダダーンダダーン, からノド, から牛肉, でクン, にやや, に立つ

▼ てるだけを~ (6, 0.0%)

2 皆んな話し 1 いいたまえ, やったん, 白状します, 話して

▼ てるふたり~ (6, 0.0%)

2 の者 1 に知らせる, の女中, の娘, の額

▼ てる~ (6, 0.0%)

2 えせ 1 え, これと, それじゃ, ん

▼ てるよりか~ (6, 0.0%)

1 ずっと悪い, どのくらい, もっと世間, よほど安心, 今の, 運動としては

▼ てる~ (6, 0.0%)

21 て入江, て口ぢ, て妹, て聞いた

▼ てる三人~ (6, 0.0%)

1 だけの世界, のうち, の場末浮浪人, の子供, の方, は城

▼ てる世界~ (6, 0.0%)

1 が私, であるから, です, ではない, にまで全部あて, の空虚

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 が不在, が妹, の商売, の小さな, の手紙, は彼

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 に踝, の方, は元, は急, は漠々, を口述

▼ てる労働者~ (6, 0.0%)

1 が常に, などがいた, の娘, の組, も皆, や身体

▼ てる品物~ (6, 0.0%)

1 が一度, や書物, を一つ入質, を取寄せよう, を片付けた, を隠そう

▼ てる地面~ (6, 0.0%)

1 ですからね, にはやがて, にもぐり込んだ, に起き上ろう, の側, も皆

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 には支柱, に沿っ, のほう, の方, の高, や頭

▼ てる太い~ (6, 0.0%)

1 ステッキを, 唇貧血した, 棒へ, 眼瞼を, 赤線に, 鉄格子が

▼ てる太陽~ (6, 0.0%)

1 が見えます, それから乳, でいなけれ, の円い, をゴットフリート, 寒い北風

▼ てる女中~ (6, 0.0%)

1 が座敷, と, のほう, の一人, の後ろ, の赤い

▼ てる学校~ (6, 0.0%)

1 がある, とは別, の教授室, の正門, はごく, は哲夫

▼ てる小説~ (6, 0.0%)

2 の筋 1 のお嬢さん, の話, を百枚, を読ん

▼ てる恐るべき~ (6, 0.0%)

1 問題の, 堆積物の, 杯が, 窪地に, 芝居の, 魔物だ

▼ てる恰好~ (6, 0.0%)

1 ったら, なんざあ, な室, に見える, の広い, 見て

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 がわし, が流れる, が見え, の群, やねん, を仰ぎ見ました

▼ てる~ (6, 0.0%)

2 だった 1 だの公衆, でもうなだれ, にはす, は何度

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 であり電光, には細かい淡, に出会い, に耳, の中, の小路

▼ てる~ (6, 0.0%)

2 の面, を見た 1 に大蛇住, の水

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 から来る, が見え, が頬, と煙, のあかり, を忘れた

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 信仰者の, 役な, 感情的な, 格好な, 格好なおびえてる, 関心さまたは

▼ てる白い~ (6, 0.0%)

1 カーテンを通して, ムクムクと, 尨毛紫色の, 山の, 箱それなあに, 雲を

▼ てる瞬間~ (6, 0.0%)

1 があった, になお, には私, に突然, に防寨, の自分

▼ てる範囲~ (6, 0.0%)

1 ではどういう, ではない, では君, では家, では彼, のあらゆる

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 から目, に記され, をゆっくり, を一枚手探り, を地面, を拾い集めました

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 があつ, がない, ではその, には地, へ三百, を見た

▼ てる蝋燭~ (6, 0.0%)

1 がその, に照らされた, に近寄った, のよう, の火, 薄暗さ

▼ てる間彼~ (6, 0.0%)

2 はその 1 の様子, はいつも, はただ, は妙

▼ てる馬車~ (6, 0.0%)

1 があった, がにわかに, のほう, の次, の騒々し, も一つ

▼ てる~ (6, 0.0%)

1 がいたんだ, じャ, なん, に拳固, の屍体, まで自分

▼ てる~ (5, 0.0%)

3 われな 1 ひだいひしらぬ, ひだは

▼ てるおれ~ (5, 0.0%)

1 の顔, は又, は癇癪, は貧乏人, も知

▼ てるかって~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 云えば, 私に, 訊いてるだよ

▼ てる~ (5, 0.0%)

2 あ, かね 1

▼ てるだけじゃ~ (5, 0.0%)

3 ないか 1 剣呑な, 無いか

▼ てるとかいう~ (5, 0.0%)

1 のも, ような, 大学生が, 妓女の, 警報が

▼ てるなどと~ (5, 0.0%)

1 事もなげに, 云って, 言った, 誤解される, 顔色を

▼ てるなん~ (5, 0.0%)

1 かエンショウ, ちこと, のッ, の役, の意味

▼ てるひま~ (5, 0.0%)

1 がなかっ, にだ, に表, もありませんでした, もない

▼ てるまで~ (5, 0.0%)

1 だ, だからなあ, だよ, 走ること, 起きて

▼ てるよってに~ (5, 0.0%)

1 いつもは, 尚の, 支那間で, 蚕の, 音せえへん

▼ てるりっぱ~ (5, 0.0%)

1 なシュワーベン人, なホテル, な海賊ども, な証拠, な魂

▼ てるわれわれ~ (5, 0.0%)

1 の若い, の音楽, の魂, はいったいどう, はまるで

▼ てるアンジョーラ~ (5, 0.0%)

2 とマリユス 1 にはその, の威風, は最後

▼ てるオリヴィエ~ (5, 0.0%)

1 が偉大, その二人, と通信, はことにそう, を見

▼ てるパリー~ (5, 0.0%)

1 の下, の問題, の嫌, の市場町, の群小心理家ら

▼ てるワケ~ (5, 0.0%)

3 じゃア 1 じゃなく, でもなかろう

▼ てる不安~ (5, 0.0%)

1 が肌身, な四つ辻, な実例, の情, らしい様子

▼ てる不幸~ (5, 0.0%)

1 なフォーゲル, な一個, な囚人, な者, にたいしていたずら

▼ てる二本~ (5, 0.0%)

1 のマスト, の柱, の柳, の榛, の特別

▼ てる亭主~ (5, 0.0%)

1 に向, に嫌われ, はいない, は尻きり襦袢, を肱

▼ てる~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だし, だった, で何, と知ったら

▼ てる伯父~ (5, 0.0%)

1 からの贈物, から送っ, が当然, にたいする実際, のクニャージ

▼ てる動物~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 や食われる, をつつき出したかった, を想像

▼ てる医者~ (5, 0.0%)

2 の家 1 に近づい, もその, を見た

▼ てる~ (5, 0.0%)

1 の心, の百合子, の眼, は来ない, をひやかし

▼ てる友人ら~ (5, 0.0%)

1 といつも, とは交わり, などは皆, の間, を見捨てよう

▼ てる叔父~ (5, 0.0%)

1 が媒酌人, そういう人々, の下, は私, をもっ

▼ てる名前~ (5, 0.0%)

1 だった, である, はどれ, を汚したく, を読み取った

▼ てる唯一~ (5, 0.0%)

1 のりっぱ, の夢想, の宗教, の楽しみ, の言葉

▼ てる喜び~ (5, 0.0%)

1 とこれから, の輝き, は光, や笑い, を与える

▼ てる四角~ (5, 0.0%)

1 な塔, な室, な爪, な穴, な箱

▼ てる~ (5, 0.0%)

1 がちやん, はヨーロッパ, は負ける, よあなた, を考える

▼ てる坊さん~ (5, 0.0%)

1 だよ, だろう, なん, に祈る, ほほほ

▼ てる場面~ (5, 0.0%)

1 である, の多い, や事件, や情景, を見せた

▼ てる婆さん~ (5, 0.0%)

1 だお, で私, などがあちこち, の話, をいろいろ

▼ てる婦人~ (5, 0.0%)

1 がいた, が世, が小野小町花, でさえ現代社会, なり

▼ てる子供たち~ (5, 0.0%)

1 と私, の笑い声, をぼんやり, を残し, を見

▼ てる宮崎~ (5, 0.0%)

1 が泣きだす, の枕頭, の相手, の蝙蝠, を見

▼ てる少女~ (5, 0.0%)

1 に出っくわし, のため, の兄, を横目, を見る

▼ てる~ (5, 0.0%)

2 の音 1 が海, のそば, は主

▼ てる帽子~ (5, 0.0%)

1 に眼, をかぶってる, をも冠ら, を取り上げた, を拾っ

▼ てる~ (5, 0.0%)

1 と通り, には新しく, に大きな, の壁, の植込

▼ てる息子~ (5, 0.0%)

1 にどうして, にはまだ, のところ, の手紙, の腕

▼ てる~ (5, 0.0%)

2 で肩 1 の可笑し, や百姓, を私

▼ てる憐れ~ (5, 0.0%)

1 な友, な受験者ら, な女, な女たち, な母親

▼ てる新聞~ (5, 0.0%)

1 も一紙, を, をごく, をひろげ, を一つ手

▼ てる~ (5, 0.0%)

1 のお, のなごり, の仲間, の悲しみ, の金髪

▼ てる時ぢ~ (5, 0.0%)

3 やない 2 やありません

▼ てる樹木~ (5, 0.0%)

1 は逃走, は靄, または太古, を揺り起こす, を社会的

▼ てる次第~ (5, 0.0%)

1 じゃない, じゃア, である, です, なん

▼ てる~ (5, 0.0%)

2 じゃない 1 が六十, じゃございません, ですか

▼ てる気配~ (5, 0.0%)

2 だった 1 がした, の植込, も立て

▼ てる~ (5, 0.0%)

1 だけが生々, とを見た, まで真赤, を認めました, 見ながら

▼ てる狭い~ (5, 0.0%)

1 丘の, 切れ目を, 廊下に, 方形の, 霧深い

▼ てる男女~ (5, 0.0%)

1 があった, に鉾先, のよう, の肩, も幾組

▼ てる病人~ (5, 0.0%)

1 ならどんどん, にまで鎖, に水, をとりまい, を眺め

▼ てる眼付~ (5, 0.0%)

1 すりきれた外套, で彼, で見られ, は見えず, を私

▼ てる~ (5, 0.0%)

2 長く跳ね 1 には橋本, 夥しくある, 廣い

▼ てる芝居~ (5, 0.0%)

1 から受ける, から自分, それからなお, に席, のこと

▼ てる~ (5, 0.0%)

1 が彼, で一点符, や知力, や雑文, をすべて

▼ てる部分~ (5, 0.0%)

1 である, にすぎない, にはいった, もある, も實際

▼ てる部屋~ (5, 0.0%)

2 の中 1 に知らない, の隅, へ当分一緒

▼ てる野郎~ (5, 0.0%)

2 がある 1 だよ, にかなり, は

▼ てる~ (5, 0.0%)

1 の小さな, の感触, の手摺, の横木, の鎖

▼ てる間ア~ (5, 0.0%)

1 にえらい, にまたいつ, に結婚, もあれしません, もあれへん

▼ てる間彼女~ (5, 0.0%)

1 はなん, は広い, は彼, は愛, は神棚

▼ てる陰鬱~ (5, 0.0%)

1 なしかつめらし, な偉大, な嘲笑的, な沈黙, な顔

▼ てる~ (5, 0.0%)

2 見つつ 1 のため, のなか, を見た

▼ てる青年~ (5, 0.0%)

1 が奇妙, であった, なん, は私自身, 来りうるさく

▼ てる高い~ (5, 0.0%)

1 丘の, 人家との, 人家の, 崖で, 銀杏の

▼ てる~ (5, 0.0%)

1 から香油, がわざと, に眼, は低く, を乱した

▼ てるあれ~ (4, 0.0%)

1 なん, は人間, ほど親類, よ

▼ てるいや~ (4, 0.0%)

1 な監視人, に女々しい, やいや, んなっち

▼ てるからな~ (4, 0.0%)

1 そう言っとい, 俺が, 手の, 物事を

▼ てるからには~ (4, 0.0%)

1 じたばたすれ, どこまで, もとより良家, 自分たちだけ

▼ てる~ (4, 0.0%)

2 え, んど

▼ てるしね~ (4, 0.0%)

1 まじめな, 今までの, 僕が, 助手は

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 だと, であった, でした, なの

▼ てるすぐ~ (4, 0.0%)

1 そばの, ハナヤか, 上の, 上方に

▼ てるぞなと~ (4, 0.0%)

3 言ふ 1 言うが

▼ てるだれ~ (4, 0.0%)

1 かから常に, かにその, かに生命, かの地位

▼ てるとさえ~ (4, 0.0%)

1 云える, 思って, 言ったの, 言われて

▼ てるどこ~ (4, 0.0%)

1 かの人, さ空手, ば見, までも同じ

▼ てるどころか~ (4, 0.0%)

1 ありゃ私, 卑俗な, 熊の, 破けてると

▼ てるなど~ (4, 0.0%)

1 さんざんだつた, もってのほかな, 実に不思議, 批評を

▼ てるなり~ (4, 0.0%)

1 こ, と, またその, 馬忠は

▼ てるばかりじゃ~ (4, 0.0%)

1 ない公然, ない君, なくこの, なく自分

▼ てるよって~ (4, 0.0%)

1 あした皆に, いま見, 何処ぞ, 誰にも

▼ てるわずか~ (4, 0.0%)

1 なもの, な元気, な思想, な真面目さ

▼ てるわね~ (4, 0.0%)

2 中でも大きな 1 もちろん, 蒟蒻と

▼ てるわり~ (4, 0.0%)

1 に妙, に肉, に障子, に頭

▼ てるんだい君~ (4, 0.0%)

21 の知, んとこ

▼ てるグランテール~ (4, 0.0%)

1 だった, はアンジョーラ, はミューザン珈琲店, は一隅

▼ てるコゼット~ (4, 0.0%)

1 の姿, をながめ, を見つけだした, を静か

▼ てるザビーネ~ (4, 0.0%)

1 の兄, の姿, の憐れ, の足先

▼ てるシャンヴルリー街~ (4, 0.0%)

1 とその, の一端, の古手, は靄

▼ てるランプ~ (4, 0.0%)

3 の光 1 だか

▼ てる一匹~ (4, 0.0%)

1 の小, の小鳥, の猫, の虫

▼ てる一方~ (4, 0.0%)

1 にあまりに, には注意深い, に肉体, の代表者

▼ てる一枚~ (4, 0.0%)

1 の帷, の板, の紙, の風景画

▼ てる事情~ (4, 0.0%)

1 がお, をよく, を知る, を述べ

▼ てる人形~ (4, 0.0%)

1 が認, に何, のお, を持ち

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 の, の化物連中, の日曜, の男

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 でごそごそ, ででんぐり返った, には赤く, に今日

▼ てる光子~ (4, 0.0%)

1 に対して羨し, に彼, の頸筋, を眺め

▼ てる兵士~ (4, 0.0%)

1 の先, の唸り声, の多く, を驚異

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 がまた, でありいつ, の夜中, の物

▼ てる労働者ら~ (4, 0.0%)

1 が中流人, のほう, はサン・マルソー郭外, を

▼ てる危険~ (4, 0.0%)

1 な毀れやすい, に魅せられ, の脅威, を見

▼ てる同じ~ (4, 0.0%)

1 歓喜が, 町で, 章の, 額放恣な

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 には僕達, のこと, のイソップ誌, の元気

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 は何, へかけ, をほどかし, を若い

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 ない造庵工事, に平次自身, はあるまい, はなかっ

▼ てる多少~ (4, 0.0%)

1 の宝石, 無格好, 美食家の, 頑な

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 でした, のこと, の深い, の鳥

▼ てる大きい~ (4, 0.0%)

1 のが, レーニンの, 楡の, 目霊が

▼ てる奥さん~ (4, 0.0%)

1 ちょいと, と, とキッス, にも随分

▼ てる女房~ (4, 0.0%)

1 がいる, に話しかける, のそば, や女中

▼ てる寝台~ (4, 0.0%)

1 のそば, の近く, へ駆け寄っ, や窓

▼ てる工合~ (4, 0.0%)

1 から見る, でわかる, といったら, といつたら

▼ てる布団~ (4, 0.0%)

1 が如何, のいきれ, の襟, を手荒

▼ てる広場~ (4, 0.0%)

1 に新しい, の一方, の上, の市

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 仕立物の, 様子な, 爺さんとしか, 結構な

▼ てる心配~ (4, 0.0%)

1 しずに, しねえでも, するなよ, はなかっ

▼ てる思い~ (4, 0.0%)

1 がし, がするだろう, に軽く, の数々

▼ てる悲しい~ (4, 0.0%)

1 仮面よ, 物語を, 肉体の, 言葉を

▼ てる態度~ (4, 0.0%)

1 である, などに彼, などは自然主義, をとる

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 の節穴, の間, は一つきり, をしめた

▼ てる手紙~ (4, 0.0%)

1 がいつ, が少し, をわし, を持っ

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 でした, などに熱く, など彼女, にぶつぶつ

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 と協力, にたいする, の遺物, よ諸君

▼ てる新しい~ (4, 0.0%)

1 一種類を, 二本の, 友の, 活動力に

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 なるもの, 党の, 時代に, 貴族ら祖国を

▼ てる暗い~ (4, 0.0%)

1 影に, 穴が, 運河の, 靄とに

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 の人たち, の木立, の片, の男

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 と塀, の丸木, の小, の根方

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 が折れ, の下, を一本, を彼

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 であった, に沿う, の名, を眺め

▼ てる淋しい~ (4, 0.0%)

1 人間です, 孤独の, 彼女の, 通りが

▼ てる父親~ (4, 0.0%)

1 があるなら, に声, の利己心, の方

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 の名, の鳴, の鳴き声, を後

▼ てる牧場~ (4, 0.0%)

1 だった, の中, の所, を

▼ てる猛獣~ (4, 0.0%)

1 の様子, ほど見る, を眼, を見る

▼ てる理由~ (4, 0.0%)

1 がはっと, が他, もおそらく, もなにもかも

▼ てる生命~ (4, 0.0%)

1 のため, の振るいたったる, の泉, はあの

▼ てる百姓~ (4, 0.0%)

1 におけるが, の甲高い, の男女, らしい男

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 のとがった, の十字架, の腰かけ, の門柱

▼ てる社会~ (4, 0.0%)

1 がいくら, が人, の諸, の遺物

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 の掟, へ達する, もない, もなけれ

▼ てる神聖~ (4, 0.0%)

1 なる場所, な文字, な権利, な物

▼ てる竜子~ (4, 0.0%)

1 と呆気, の懐, の膝, を

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 伯父みたいに, 夫婦の, 婦人が, 水夫服の

▼ てる者ども~ (4, 0.0%)

1 がたえず, がシュマン・ヴェール, だ, より百倍

▼ てる聴衆~ (4, 0.0%)

1 であって, に向かっ, の喝采, を前

▼ てる~ (4, 0.0%)

2 に冷水 1 のところ, を押し鎮め

▼ てる自由~ (4, 0.0%)

1 な知力, な知識人, な純粋, に手

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 じゃと渡場, と行き, にだれ, は一つ

▼ てる芸者~ (4, 0.0%)

1 がありました, がある, に, の本名

▼ てる荒々しい~ (4, 0.0%)

1 人影は, 幾棟かの, 眼つきの, 道具まったく

▼ てる荒地~ (4, 0.0%)

1 だった, には草木, の中, を少しく

▼ てる貧しい~ (4, 0.0%)

1 きれいな, 一皿の, 青年に, 魂らの

▼ てる都会~ (4, 0.0%)

1 の上, の娘, の影, の街路

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 が騒がしく, であった, のよう, 射つか

▼ てる電燈~ (4, 0.0%)

1 の光, の動く, の大きな, の影

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 の玉ひと, の香り, をとっ, をとつて

▼ てる青い~ (4, 0.0%)

1 丘陵の, 大きな板石, 穂の, 空ばかりに

▼ てる頭脳~ (4, 0.0%)

1 が考えた, は実生活, もあろう, 理屈っぽい感覚

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 そして見覚え, の赤い, をきょとん, をきらるる

▼ てる首領~ (4, 0.0%)

1 としてはただ, はごく, らしい男, をかつい

▼ てる~ (4, 0.0%)

1 の水たき, は何, は雌雄, を盗ん

▼ てるあたし~ (3, 0.0%)

1 がこわかっ, の心, を見

▼ てるあたり~ (3, 0.0%)

1 でしょう, に黄ろ, をである

▼ てるいろんな~ (3, 0.0%)

1 危険の, 習慣に, 長所を

▼ てるおいら~ (3, 0.0%)

1 だ, のよう, の理窟

▼ てるお爺さん~ (3, 0.0%)

2 がゐた 1 こそは言うまでもなく

▼ てるかさえも~ (3, 0.0%)

3 わからなかった

▼ てるかた~ (3, 0.0%)

1 であれこれ, のお座敷, まだ議員候補

▼ てるかといふ~ (3, 0.0%)

1 ことに, 事も, 疑問が

▼ てるかな~ (3, 0.0%)

1 おまえは, とこに, 頭の

▼ てるかなどと~ (3, 0.0%)

1 彼らは, 愚にも, 露骨な

▼ てるかね~ (3, 0.0%)

1 ひどくとがった, まアなん, イ

▼ てるからの~ (3, 0.0%)

2 ことだ 1 んの

▼ てるきれい~ (3, 0.0%)

1 な才ばしった妻, な飮, な鼈甲

▼ てるここ~ (3, 0.0%)

1 だよ, で昨夜, の勘定

▼ てるこども~ (3, 0.0%)

1 がいつ, がこゑあげてないてる, また同じく

▼ てるそこ~ (3, 0.0%)

1 から来た, の主人一家, へ人

▼ てるぞと~ (3, 0.0%)

1 彦太郎は, 思ひながら, 真白な

▼ てるただ~ (3, 0.0%)

1 おとよ, それだけの, 春の

▼ てるただ一つ~ (3, 0.0%)

1 のテーブル, の室, の広大

▼ てるってんで~ (3, 0.0%)

1 テッキリ怪しい, ハリキる, 遠い道

▼ てるつう~ (3, 0.0%)

1 こったい, じゃねえ, でねえか

▼ てるつて云~ (3, 0.0%)

1 つたわ, ふぢ, ふ訳

▼ てるとしても~ (3, 0.0%)

1 また兄, 別に不思議, 親子みたいで

▼ てるとともに~ (3, 0.0%)

1 その上, またより, また不屈不撓

▼ てるとね~ (3, 0.0%)

1 なかなか面白い, 盗んで, 終ひ

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 ウム人間はな, 眼に, 石だ

▼ てるなんざ~ (3, 0.0%)

1 ひど過ぎる, みっともね, 情なかろうで

▼ てるにゃ~ (3, 0.0%)

1 あ生きてる, 出来て, 惚れてるん

▼ てるのねと~ (3, 0.0%)

1 つっかかって, 皮肉を, 貴子は

▼ てるばかりの~ (3, 0.0%)

1 こと, ようであった, 人では

▼ てるみんな~ (3, 0.0%)

1 のそば, の者, 知ってる

▼ てるもんぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 や無え

▼ てるやうぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やありません

▼ てるよりや~ (3, 0.0%)

2 家へ 1 ましじや

▼ てるイギリス軍~ (3, 0.0%)

1 の左翼, の野営, の防寨

▼ てるウイスキー~ (3, 0.0%)

1 の瓶, をやけに, を彼等

▼ てるガヴローシュ~ (3, 0.0%)

1 が防寨, の声, はいつも

▼ てるコレット~ (3, 0.0%)

1 のはれや, はクリストフ, をクリストフ

▼ てるジャヴェル~ (3, 0.0%)

1 とのほかだれ, と横たわってる, を防寨

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 やぞ, 日本人に, 泣いてるネ

▼ てるメルキオル~ (3, 0.0%)

1 が見出された, の声, の最後

▼ てるモーク~ (3, 0.0%)

1 の下, はユダヤ人仲間, は平静

▼ てるロシア人~ (3, 0.0%)

1 にも近, に混, の女

▼ てる一事~ (3, 0.0%)

1 が明白, は実に, をあえて

▼ てる一個~ (3, 0.0%)

2 の人間 1 の紳士

▼ てる一塊~ (3, 0.0%)

1 の土壌, の石ころ, の肉体

▼ てる一筋~ (3, 0.0%)

1 の大河, の綱, の銀波

▼ てる丈夫~ (3, 0.0%)

1 な快, な騒々しい荒っぽい, の人

▼ てる上流~ (3, 0.0%)

1 のだれ, の人, の若い

▼ てる~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ てる両手~ (3, 0.0%)

1 で脇, に痺れる, をとらえ

▼ てる乞食~ (3, 0.0%)

1 なん, の爺さん, までがどこ

▼ てる二三~ (3, 0.0%)

1 の平凡, の広壮, の駅員

▼ てる二門~ (3, 0.0%)

2 の大砲 1 の砲

▼ てる二階~ (3, 0.0%)

2 の広間 1 の一室

▼ てる今井~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 は澄子

▼ てる今日~ (3, 0.0%)

1 では腫物, の戦争, までの光子さん

▼ てる仲間~ (3, 0.0%)

1 なん, の顔, を見

▼ てる伯母~ (3, 0.0%)

1 からでも静子, の方, を頼っ

▼ てる余裕~ (3, 0.0%)

1 がなくなりました, が無い, は無い

▼ てる作家~ (3, 0.0%)

1 でも現代, の中, はだれ

▼ てる保子~ (3, 0.0%)

1 の前, の姿, の眼

▼ てる信仰~ (3, 0.0%)

1 が傷つけられ, だけでも救うべきである, 深い眼

▼ てる修道女~ (3, 0.0%)

1 が, であった, にお前

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 に何, のため, の心

▼ てる倉庫~ (3, 0.0%)

2 の列 1 から運び出され

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 との間, にある, の小川

▼ てる先生~ (3, 0.0%)

1 が真面目, だろう, は相手

▼ てる光景~ (3, 0.0%)

1 は実に, は将来, までがどうしても

▼ てる全部~ (3, 0.0%)

2 だった 1 を集め

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 であつ, や区役所, を見た

▼ てる其の~ (3, 0.0%)

1 後家の, 指輪それか, 糸車だ

▼ てる凡て~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 のうち

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 のなか, の上, を見せました

▼ てる印象~ (3, 0.0%)

1 などを考える, はそんな, は南洋人

▼ てる友情~ (3, 0.0%)

1 は彼, をたとい, を滅ぼさん

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 のアンドロジーヌ, 壁の, 岡の

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 なり広い, 哀さうだ, 哀さうなり

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 の箱, 民族の, 要素が

▼ てる吉村~ (3, 0.0%)

1 なんか文字, の方, へ李

▼ てる名高い~ (3, 0.0%)

1 人々について, 小説家だった, 絵工だ

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 の石垣, ふに, ふ那覇港

▼ てる周囲~ (3, 0.0%)

1 に店員, の世界, の舗石

▼ てる四つ~ (3, 0.0%)

1 の石牢, の罠, の頭

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 でこの, なんざア, は滑稽

▼ てる~ (3, 0.0%)

3

▼ てる坊主~ (3, 0.0%)

1 が, の姿, の歌

▼ てる場合ぢ~ (3, 0.0%)

1 やありません, やない, やねえ

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 に登る, の逆, を見てる

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 に此様, の姿, の寝床

▼ てる夫婦~ (3, 0.0%)

2 というもの 1 の痛ましい

▼ てる~ (3, 0.0%)

2 の方 1 の室

▼ てる女優~ (3, 0.0%)

1 が, でしよう, との情事

▼ てる女学生~ (3, 0.0%)

1 がいた, などを甘言, は甚だ

▼ てる寂しい~ (3, 0.0%)

1 ブローメ街に, 一羽の, 灌木の

▼ てる小舟~ (3, 0.0%)

1 から小数, が如何にも, を暫く

▼ てる少し~ (3, 0.0%)

1 の枯れ草, の財産, の黄色い

▼ てる少数~ (3, 0.0%)

2 の人々 1 の一団

▼ てる山々~ (3, 0.0%)

1 の中, もみな急峻, を眺めた

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 であったり, のよう, の上

▼ てる幸福~ (3, 0.0%)

1 のため, の多く, は非常

▼ てる広い~ (3, 0.0%)

1 平野を, 道は, 額と

▼ てる建物~ (3, 0.0%)

1 がわりに, のあちら, の方

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 に対するよう, の名前, の願

▼ てる当時~ (3, 0.0%)

1 にあっ, のパリー芸術, は面白く

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 だった, である事, の中

▼ てる彼等~ (3, 0.0%)

1 ではある, の姿, は水中

▼ てる御者~ (3, 0.0%)

1 の半身, はやせた, を呼び止める

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 たのんで, ててん, てん

▼ てる悪い~ (3, 0.0%)

1 前非や, 心が, 思いつきを

▼ てる悲惨~ (3, 0.0%)

1 でした, な絶望的, の仲間

▼ てる情景~ (3, 0.0%)

1 がはっきり, が私, である

▼ てる惨め~ (3, 0.0%)

2 な身体 1 極まるもの

▼ てる意味~ (3, 0.0%)

1 でなく自分, での自由主義的態度, と違った

▼ てる愚か~ (3, 0.0%)

1 なその, な乳母, な小人

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 が具体化, と嫉妬, を周囲

▼ てる感情~ (3, 0.0%)

1 に気がついた, のこと, のため

▼ てる~ (3, 0.0%)

2 であろうか 1 飲まず宿

▼ てる教会堂~ (3, 0.0%)

1 の前, の表門, を保護

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 らしい井戸端, らしい家, らしい怪異

▼ てる時刻~ (3, 0.0%)

1 だし, ちょうどこの, でその

▼ てる時期~ (3, 0.0%)

1 でありただ, なの, にそれ

▼ てる時私~ (3, 0.0%)

2 の小さな 1 はふと

▼ てる書物~ (3, 0.0%)

1 が一つ, を手当り次第, を見る

▼ てる最後~ (3, 0.0%)

1 の幸福, の数週間, の瞬間

▼ てる木の葉~ (3, 0.0%)

1 の間, は小さな, をぼんやり

▼ てる木村~ (3, 0.0%)

1 にわざわざ, のこと, 又太郎

▼ てる本人~ (3, 0.0%)

1 にさえまだ, にたいして人生, はねざめのいゝ話

▼ てる本能~ (3, 0.0%)

1 によって, の力, や悪徳

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 に向う, の上, も火鉢

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 の様子, の花, を吉村

▼ てる村尾~ (3, 0.0%)

1 だった, の方, の足取り

▼ てる村田~ (3, 0.0%)

1 がああ, のこと, の顔

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 の中, の景色, は彼

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 が訪れ, の並木, の枯れた

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 のけだか, の古木, の梢

▼ てる模様~ (3, 0.0%)

1 だ, です, ですよ

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 の停車場, の歌, の玄関

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 それだけの, はごく, は二つ

▼ てる正夫~ (3, 0.0%)

1 に木原さん, に気付き, のそば

▼ てる死骸~ (3, 0.0%)

1 と同じ, のよう, をふと

▼ てる殿様~ (3, 0.0%)

1 がものすごい, が聞咎め, の准侍医

▼ てる民衆~ (3, 0.0%)

2 である 1 の姿

▼ てる浮浪少年~ (3, 0.0%)

1 であった, に用心, を追いつめ

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 のよう, の舌, はいつ

▼ てる特別~ (3, 0.0%)

1 な元気, の事情, の仕方

▼ てる現場~ (3, 0.0%)

1 を妻, を押えた, を見た

▼ てる田舎者~ (3, 0.0%)

1 のビロード, の案内者ラコスト, は舗石

▼ てる痛ましい~ (3, 0.0%)

1 不幸者の, 困窮が, 顔を

▼ てる百日紅~ (3, 0.0%)

1 の幹, の枝, の花

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 のフランス, のリリツク, の現実的

▼ てる真赤~ (3, 0.0%)

1 なトレードマーク, な唇, な腰巻

▼ てる眼つき~ (3, 0.0%)

1 で彼, を彼, を見て取っ

▼ てる着物~ (3, 0.0%)

1 が如何, の裾, や座布団

▼ てる祖父~ (3, 0.0%)

1 の様子, の頭, をながめた

▼ てる秀子~ (3, 0.0%)

1 の声, の方, を眺め初め

▼ てる私達~ (3, 0.0%)

1 の方, の生活, を羨む

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 がある, の隣, は広

▼ てる空気~ (3, 0.0%)

1 の中, の欠乏, を吸え

▼ てる空間~ (3, 0.0%)

1 でそこ, と山岳, は電球

▼ てる立派~ (3, 0.0%)

1 なお, な三毛, な連中

▼ てる筈ぢ~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ てる箪笥~ (3, 0.0%)

2 が浮いてる 1 の抽出

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 の横, をもながめ, を置きました

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 だった, をもっ, を見守り

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 が神聖, の一つ, を

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 などもあつ, へも出た, もある

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 で地平, のなだらか, はしなやか

▼ てる繊細~ (3, 0.0%)

1 な技巧, な水仙花, な鼻

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 だった, の伝統, の本能

▼ てる者たち~ (3, 0.0%)

1 が各自, もあった, を眺める

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 の中, は下, をあの

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 の線, やぽっつり, を震わした

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 とを打ち落とし, と腕, に倚

▼ てる腰掛~ (3, 0.0%)

1 から眼, の先, は闇

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 から下, にあるいは, のこと

▼ てる舞台~ (3, 0.0%)

1 から裏, では新作, の神秘さ

▼ てる芸術~ (3, 0.0%)

1 は, を好ん, を見

▼ てる芸術家~ (3, 0.0%)

1 です, などはもっとも, を助け

▼ てる若々しい~ (3, 0.0%)

1 勇気勇ましい, 熱気に, 痩せ形

▼ てる苦しみ~ (3, 0.0%)

1 などを考え, の真面目さ, を彼女

▼ てる荷物~ (3, 0.0%)

1 だ, と一緒, の重み

▼ てる蚯蚓~ (3, 0.0%)

1 の上, の色, は長

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 がポタポタ, に染まった, の痕

▼ てる街道~ (3, 0.0%)

2 の上 1 でのこと

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 の入口, へみんな, へ出

▼ てる見物人~ (3, 0.0%)

1 とはまるで, の人垣, を見廻しました

▼ てる~ (3, 0.0%)

2 がある 1 がありました

▼ てる記憶~ (3, 0.0%)

1 からばかりでなく, が浮かん, の中

▼ てる詩人~ (3, 0.0%)

1 であつ, にまで説明, や音楽家

▼ てる谷間~ (3, 0.0%)

1 の上, の景色, を埋める

▼ てる貧乏~ (3, 0.0%)

2 な人達 1 な児

▼ てる赤ん坊~ (3, 0.0%)

1 が私, の顔, をその

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 に, はねえ, もある

▼ てる路傍~ (3, 0.0%)

1 の料理店カフェ・プロムナアド, の葦, の黒い

▼ てる身の上~ (3, 0.0%)

1 だから, だった, だという

▼ てる身体~ (3, 0.0%)

1 が昔祖父, で嫁ッ子, を見つめた

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 ではもう, のよう, の心棒

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 をたてつづけ, を一二杯, を飲み

▼ てる重々しい~ (3, 0.0%)

1 匂いが, 半濁, 木の

▼ てる野口昌作~ (3, 0.0%)

1 というの, の方, の横顔

▼ てる野村~ (3, 0.0%)

1 にそんな, の気持, の許

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 が, のたば, は何

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 がある, の形, をその

▼ てる間柄~ (3, 0.0%)

1 じゃありません, だけに思ひ切つた, だし

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 がしみ, の中, を通してた

▼ てる隆吉~ (3, 0.0%)

1 の姿, へ眼, を周平

▼ てる~ (3, 0.0%)

1 だ, とも雲, の中

▼ てる静葉~ (3, 0.0%)

1 というの, に託した, の様子

▼ てる面白い~ (3, 0.0%)

1 ことが, 絵入りの, 者どもも

▼ てる顔つき~ (3, 0.0%)

1 だった, などを見る, の者ども

▼ てる髪の毛~ (3, 0.0%)

1 が気味悪く, の中, をかきのけた

▼ てるあんた~ (2, 0.0%)

1 こそお人好し, の方

▼ てるいかめしい~ (2, 0.0%)

1 室の, 線の

▼ てるいつも~ (2, 0.0%)

1 のがんりき, の通り

▼ てるうち彼~ (2, 0.0%)

1 だと, の姿

▼ てるうち自然~ (2, 0.0%)

1 とこの, と此比喩

▼ てるうれし~ (2, 0.0%)

2

▼ てるおとなしい~ (2, 0.0%)

1 人柄で, 犬を

▼ てるおり~ (2, 0.0%)

1 にちょうど, に強健

▼ てるお上さん~ (2, 0.0%)

1 が独り, の言葉

▼ てるお前さん~ (2, 0.0%)

1 だけつまり, も大変

▼ てるお客~ (2, 0.0%)

1 なの, をひろい

▼ てるお客さん~ (2, 0.0%)

1 がある, もある

▼ てるお客様~ (2, 0.0%)

1 が皆, だ手拭

▼ てるお母さん~ (2, 0.0%)

1 のところ, を手伝っ

▼ てるお金~ (2, 0.0%)

1 がある, じゃない

▼ てるかかる~ (2, 0.0%)

1 善人どもの, 良職工観みたいな

▼ てるかさえ~ (2, 0.0%)

1 よくは, 理解しない

▼ てるかしら~ (2, 0.0%)

1 あの人, ないが

▼ てるかしらん~ (2, 0.0%)

2 忘れて

▼ てるかつて~ (2, 0.0%)

1 こと, 訊くと

▼ てるかとも~ (2, 0.0%)

1 云った, 思われる

▼ てるかには~ (2, 0.0%)

2 あまり気

▼ てるからにゃ~ (2, 0.0%)

1 ひとくせ, 他様の

▼ てるがな~ (2, 0.0%)

1 どうしてどうして待てる, 言はんかて

▼ てるがら弁当~ (2, 0.0%)

2 持って

▼ てるきたない~ (2, 0.0%)

1 机の, 町を

▼ てるくだらない~ (2, 0.0%)

1 ことが, 男に

▼ てるくら~ (2, 0.0%)

1 ゐなん, ゐよ

▼ てるけども~ (2, 0.0%)

1 若し姐さん, 行きたくなんかありゃあ

▼ てるこちら側~ (2, 0.0%)

1 に坐ってる, のさ

▼ てること自分~ (2, 0.0%)

1 の一言, はまだ

▼ てるこんな~ (2, 0.0%)

1 人間が, 奴どもに

▼ てるさかいに~ (2, 0.0%)

1 あんた等の, 半年許り

▼ てるしかも~ (2, 0.0%)

1 実行へ, 艶な

▼ てるすき~ (2, 0.0%)

1 にこつ, をうかがっ

▼ てるぜと~ (2, 0.0%)

2 いわれた

▼ てるそして~ (2, 0.0%)

1 この相場そのもの, 幸福だ

▼ てるその大きな~ (2, 0.0%)

1 愛情に, 眼を

▼ てるその恐るべき~ (2, 0.0%)

1 蟇の, 道筋について

▼ てるそり~ (2, 0.0%)

1 だから, や頗る

▼ てるそれだけ~ (2, 0.0%)

1 の係り, 僕たちは

▼ てるそれほど~ (2, 0.0%)

1 になってる, 暗闇の

▼ てるぞという~ (2, 0.0%)

1 ような, 話まで

▼ てるぞなどと~ (2, 0.0%)

2 叫びながら

▼ てるたくさん~ (2, 0.0%)

1 のカサンドル, の紙

▼ てるたって~ (2, 0.0%)

1 己を, 情婦を

▼ てるだけじゃあ~ (2, 0.0%)

1 つまらなくなり, よく相好

▼ てるだに~ (2, 0.0%)

2 半可

▼ てるだの~ (2, 0.0%)

1 何が, 何だ

▼ てるぢやあ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ てるつてこと~ (2, 0.0%)

1 がわかつた, だよ

▼ てるつて何~ (2, 0.0%)

2

▼ てるつて話~ (2, 0.0%)

1 さ, だつたが

▼ てるつまらない~ (2, 0.0%)

1 事柄にたいする, 夫と

▼ てるてる~ (2, 0.0%)

1 の坊主, 坊さんほほ

▼ てるというの~ (2, 0.0%)

1 かい, んも

▼ てるとおり僕~ (2, 0.0%)

1 がやりきれない, は営業

▼ てるとして~ (2, 0.0%)

1 クリストフを, 会社の

▼ てるとばかり~ (2, 0.0%)

2 思って

▼ てるとまで~ (2, 0.0%)

1 感じた, 言った

▼ てると共に~ (2, 0.0%)

1 口角の, 彼は

▼ てるどころぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ てるどんな~ (2, 0.0%)

1 女の, 美しい思想

▼ てるなぞ~ (2, 0.0%)

1 はその, 見つとも

▼ てるなつかしい~ (2, 0.0%)

1 声の, 者を

▼ てるなんぞと~ (2, 0.0%)

1 いいましたん, ぬかしやが

▼ てるねんけど~ (2, 0.0%)

1 今日ばっかりはど, 入院さす

▼ てるのでも~ (2, 0.0%)

1 少し待つ, 少許

▼ てるのねえ~ (2, 0.0%)

1 姉さんは, 嫌に

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 かげた講義, ちない二階

▼ てるばかりに~ (2, 0.0%)

1 おいらァ, 控えたと

▼ てるひっそり~ (2, 0.0%)

1 したなか, した通り

▼ てるひどい~ (2, 0.0%)

1 前掛, 子供たち

▼ てるべなあと~ (2, 0.0%)

2 弟に

▼ てるほどにも~ (2, 0.0%)

1 奔流的な, 感じねえという

▼ てるみさ子~ (2, 0.0%)

1 の額, を見出した

▼ てるみのる~ (2, 0.0%)

1 の名刺, の眼

▼ てるものげ~ (2, 0.0%)

1 はやんねえ, は家

▼ てるものそれ~ (2, 0.0%)

1 にばかり関係, は微塵

▼ てるもの矛~ (2, 0.0%)

1 を揮, を揮え

▼ てるもの銀杏~ (2, 0.0%)

1 返だと, 返の

▼ てるわいと~ (2, 0.0%)

1 大三は, 気づかなん

▼ てるわと~ (2, 0.0%)

1 少し皮肉, 言わんばかりの

▼ てるんだい~ (2, 0.0%)

1 え, 馬鹿馬鹿しいこと

▼ てるんでさ~ (2, 0.0%)

1 心細うございます, 評判な

▼ てるアンナ~ (2, 0.0%)

1 のほう, の足先

▼ てるイギリス~ (2, 0.0%)

1 の女, の女中

▼ てるエポニーヌ~ (2, 0.0%)

1 に出会っ, の姿

▼ てるエマニュエル~ (2, 0.0%)

1 の冷淡, の自負心

▼ てるオー~ (2, 0.0%)

1 と云, マレー小路の

▼ てるケリッヒ夫人~ (2, 0.0%)

1 から数歩, と娘

▼ てるゴットフリート~ (2, 0.0%)

1 とは相, はふり

▼ てるシルヴァン・コーン~ (2, 0.0%)

1 に言った, の瞬き

▼ てるジョンドレット~ (2, 0.0%)

1 の声, の広い

▼ てるセル~ (2, 0.0%)

1 の幕, の着せ

▼ てるツモリ~ (2, 0.0%)

1 だったかも, だったのに

▼ てるドア~ (2, 0.0%)

1 の把手, をさがし

▼ てるナポレオン~ (2, 0.0%)

1 であった, よりもいっそう

▼ てるバカ~ (2, 0.0%)

1 がある, はいない

▼ てるパン~ (2, 0.0%)

1 とマリユス, などがあった

▼ てるヒマ~ (2, 0.0%)

1 がありません, もねえや

▼ てるビロード~ (2, 0.0%)

1 のよう, のズボン

▼ てるフランス人~ (2, 0.0%)

1 じゃない, ですがね

▼ てるベンチ~ (2, 0.0%)

1 のすぐ, の方

▼ てるページ~ (2, 0.0%)

1 があった, の数

▼ てるマブーフ~ (2, 0.0%)

1 とはちょうど, と柱

▼ てるヨアンネス~ (2, 0.0%)

1 と, と階下

▼ てるライオン~ (2, 0.0%)

1 だぞ, の様

▼ てるライン河~ (2, 0.0%)

1 のほとり, の船

▼ てるルイ金貨~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ てるルーヴル~ (2, 0.0%)

1 の図書館, の大

▼ てる~ (2, 0.0%)

2 母様

▼ てる一切~ (2, 0.0%)

1 のもの, を捨て

▼ てる一寸法師~ (2, 0.0%)

1 がおり, の妹

▼ てる一歳~ (2, 0.0%)

2 の香

▼ てる一点~ (2, 0.0%)

1 があった, の光明

▼ てる一群~ (2, 0.0%)

1 が倒れた, が庭

▼ てる一致~ (2, 0.0%)

1 という点, も存在

▼ てる一般~ (2, 0.0%)

1 のありふれた, の快楽

▼ てる一部~ (2, 0.0%)

1 の原因, を除い

▼ てる下等~ (2, 0.0%)

1 な下品, のもの

▼ てる世の中~ (2, 0.0%)

1 だ, だから

▼ てる中村~ (2, 0.0%)

1 が病院, の横顔

▼ てる中村氏~ (2, 0.0%)

2 を駒込

▼ てる中流婦人~ (2, 0.0%)

2 の臭み

▼ てる丸い~ (2, 0.0%)

1 円筒の, 顔は

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 なもの, 翁は

▼ てる主人~ (2, 0.0%)

1 に中る, もただ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 が中, れは

▼ てる乗客~ (2, 0.0%)

1 の眠り, やまた

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 に親しむ, の姿

▼ てる事ア~ (2, 0.0%)

1 皆うそ, 知ってるさ

▼ てる事件~ (2, 0.0%)

1 から二日, というの

▼ てる事業~ (2, 0.0%)

1 や広い, を静か

▼ てる二歳~ (2, 0.0%)

1 の子供, ばかりの女の子

▼ てる二筋~ (2, 0.0%)

1 のつながった, の縄

▼ てる云々~ (2, 0.0%)

1 という走り書, と而

▼ てる五人~ (2, 0.0%)

1 の男, を御覧

▼ てる人々彼~ (2, 0.0%)

1 が家, はその

▼ てる人影~ (2, 0.0%)

1 がうつっ, が見え出した

▼ てる人種~ (2, 0.0%)

1 であるから, は知りません

▼ てる人込み~ (2, 0.0%)

1 や仲間, や出口

▼ てる仮面~ (2, 0.0%)

1 かと思った, の男

▼ てる会社~ (2, 0.0%)

1 の室, は陶器工業

▼ てる会社員風~ (2, 0.0%)

1 の中年, の男

▼ てる低い~ (2, 0.0%)

1 なだらかな, 桜の

▼ てる作家ら~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ てる信吉~ (2, 0.0%)

1 のところ, の顔

▼ てる偉大~ (2, 0.0%)

1 なる夢中遊行者, な心

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 や苦痛, をなまなましく

▼ てる傷口~ (2, 0.0%)

1 の中, を見詰め

▼ てる傾斜~ (2, 0.0%)

1 である, の向う

▼ てる優秀者ら~ (2, 0.0%)

1 とを分け隔てる, の深奥熱烈

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 から人, を残し

▼ てる兄さん~ (2, 0.0%)

1 だ能, の声

▼ てる先刻~ (2, 0.0%)

1 の幻, 落ちる機

▼ てる光子さん~ (2, 0.0%)

1 と私, やろ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 生涯, 軍との

▼ てる兵士ら~ (2, 0.0%)

1 はそのもの, をねらい打ち

▼ てる兵隊~ (2, 0.0%)

1 の服, の歩調

▼ てる兵隊さん~ (2, 0.0%)

1 にぼろく, は首

▼ てる写真~ (2, 0.0%)

1 とある, を見る

▼ てる冷たい~ (2, 0.0%)

1 空気が, 色褪せたちっぽけ

▼ てる出版社~ (2, 0.0%)

1 の編輯長, は空襲

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 というの, をふんだくる

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 に立った, の後

▼ てる判決~ (2, 0.0%)

1 の効果, を目下

▼ てる別荘~ (2, 0.0%)

1 とかに手, とも百姓家

▼ てる力強い~ (2, 0.0%)

1 堅忍主義鋼鉄の, 行進へ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 がなかつた, ひが

▼ てる勤勉~ (2, 0.0%)

2 な学者

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 だわな, ひが

▼ てる化け物~ (2, 0.0%)

1 だと, の姿

▼ てる千太郎~ (2, 0.0%)

2 といふ人

▼ てる午後~ (2, 0.0%)

1 その女中部屋, の三時

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 公娼と, 羊神の

▼ てる半面~ (2, 0.0%)

1 ただ面白い, をちら

▼ てる原則~ (2, 0.0%)

1 である, にくみする

▼ てる原料~ (2, 0.0%)

2 と酸素

▼ てる原稿~ (2, 0.0%)

1 も山, を返し

▼ てる厳格~ (2, 0.0%)

1 なこの, な正直さ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 女の子同士の, 滝村が

▼ てる友達~ (2, 0.0%)

1 にとりまかれ, はなかつた

▼ てる古風~ (2, 0.0%)

1 な装飾, な身なり

▼ てる右手~ (2, 0.0%)

1 の壁, の小さな

▼ てる同僚~ (2, 0.0%)

1 がいくら, として二人

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 もなき, を使う

▼ てる名著~ (2, 0.0%)

1 である, に今時分

▼ てる向こう~ (2, 0.0%)

1 から挨拶, に雁

▼ てる~ (2, 0.0%)

2 と思つたの

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の観念, や善

▼ てる四人~ (2, 0.0%)

1 の子供, はお互い

▼ てる困難~ (2, 0.0%)

1 から鍛えられ, な問題

▼ てる国民兵~ (2, 0.0%)

1 のある, の方

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の上, は足

▼ てる土間~ (2, 0.0%)

1 に入っ, は暗い

▼ てる地点~ (2, 0.0%)

1 であって, で汀

▼ てる場合君~ (2, 0.0%)

2 はそれでも

▼ てる墓穴~ (2, 0.0%)

1 が見え, の中

▼ てる墳墓~ (2, 0.0%)

1 の内部, は別

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 だよ, を下

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 だ, と賽

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 な人, な額

▼ てる多数~ (2, 0.0%)

1 の蛛蜘, の馬鹿者ども

▼ てる夜具類~ (2, 0.0%)

2 も浮いてる

▼ てる夜叉~ (2, 0.0%)

2 餓えたる剣

▼ てる夜叉皆一斉~ (2, 0.0%)

2 に暴れ出しぬ

▼ てる夢想~ (2, 0.0%)

1 をまた, を神

▼ てる大事~ (2, 0.0%)

1 なだれ, な令嬢

▼ てる大小~ (2, 0.0%)

1 の汽船, は脇差

▼ てる大木~ (2, 0.0%)

1 ですから, の梢

▼ てる大柄~ (2, 0.0%)

1 なぱっと, な顔立ち

▼ てる大理石~ (2, 0.0%)

1 の台地, の水盤

▼ てる天使~ (2, 0.0%)

1 でも拾った, のよう

▼ てる天神川~ (2, 0.0%)

1 は盛, は盛ん

▼ てる女たち~ (2, 0.0%)

1 でさえ心, の顏

▼ てる女性~ (2, 0.0%)

1 の名前, を象徴

▼ てる女達~ (2, 0.0%)

1 がよけい, の顔

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 が重体, だった

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の娘きり, の辰子

▼ てる子供ら~ (2, 0.0%)

1 なの, は叫んだ

▼ てる子供達~ (2, 0.0%)

1 の心, を見下ろし

▼ てる学生~ (2, 0.0%)

1 でした, の小池章一

▼ てる客たち~ (2, 0.0%)

1 だってそんな, はたいてい

▼ てる家庭~ (2, 0.0%)

1 で父, のうち

▼ てる家棟~ (2, 0.0%)

2 は多く

▼ てる家畜~ (2, 0.0%)

1 が動き回っ, の例

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 に辿りつき, のむす

▼ てる寺田さん~ (2, 0.0%)

1 の右手, の手

▼ てる小娘~ (2, 0.0%)

1 のよう, のピアノ

▼ てる小径~ (2, 0.0%)

1 が縦横, の角

▼ てる小石~ (2, 0.0%)

1 が幾つ, やさらさら

▼ てる小野君~ (2, 0.0%)

1 を引っぱっ, を置い

▼ てる少年それ~ (2, 0.0%)

1 は太郎, を助け

▼ てる居酒屋~ (2, 0.0%)

1 にでもあり, の恐ろしい

▼ てる山吹~ (2, 0.0%)

1 の上, の花

▼ てる岡部~ (2, 0.0%)

1 が私たち, のこと

▼ てる島村~ (2, 0.0%)

1 の審美心, を不思議そう

▼ てる工場~ (2, 0.0%)

1 が一つ, にほとんど

▼ てる工科大学~ (2, 0.0%)

1 の古めかしい, の建物

▼ てる市木さん~ (2, 0.0%)

1 のこと, を通りがかり

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 に腰かけた, をはなれ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 とつた土人, 若い女ども

▼ てる幻想~ (2, 0.0%)

1 が浮ん, をどれ

▼ てる幾つ~ (2, 0.0%)

1 かの大きな, もの大きな

▼ てる幾枚~ (2, 0.0%)

1 の葉, もの紙片

▼ てる広大~ (2, 0.0%)

1 なる偶然事, なる暗黒

▼ てる広間~ (2, 0.0%)

1 の入り口, へ一番

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 あきで, の上

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の方, 深い憂鬱

▼ てる座席~ (2, 0.0%)

1 とては一つ, を讓

▼ てる座敷~ (2, 0.0%)

1 の方, の縁側

▼ てる弟子~ (2, 0.0%)

1 の日朗, の目

▼ てる強健~ (2, 0.0%)

1 な男, な立身者

▼ てる役者~ (2, 0.0%)

1 なんかを奮起, に魅力

▼ てる彼女ら~ (2, 0.0%)

1 のうち, の笑い声

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 に民子, に頭巾

▼ てる後ろ姿~ (2, 0.0%)

1 は肩, を見た

▼ てる心持~ (2, 0.0%)

1 だア, はなく

▼ てる心臓~ (2, 0.0%)

1 のよう, やキューピッド

▼ てる必要~ (2, 0.0%)

1 のその, はない

▼ てる思い出~ (2, 0.0%)

1 が切なかっ, を恐れ

▼ てる性質~ (2, 0.0%)

1 だった, を

▼ てる悪魔~ (2, 0.0%)

1 の鼻, を夢

▼ てる悲しみ~ (2, 0.0%)

1 だ, をもってる

▼ てる情愛~ (2, 0.0%)

1 と初心, の波

▼ てる情熱~ (2, 0.0%)

1 の激発, は精神

▼ てる意見~ (2, 0.0%)

1 と反対, を熱心

▼ てる愛人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の顔付

▼ てる慣例~ (2, 0.0%)

1 であること, をも乱さなかった

▼ てる憎悪~ (2, 0.0%)

1 の執拗さ, の烈しい

▼ てる憾み~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ てる戦い~ (2, 0.0%)

1 に気づいた, を見

▼ てる戸村直治~ (2, 0.0%)

1 が千葉県, が酒

▼ てる所以~ (2, 0.0%)

1 である, はこの

▼ てる所爲~ (2, 0.0%)

1 か何, か其顏

▼ てる手先~ (2, 0.0%)

1 に力, に親愛

▼ てる抽象的観念~ (2, 0.0%)

1 に脈, の狂人

▼ てる敏子~ (2, 0.0%)

1 の兄, の眼

▼ てる教師~ (2, 0.0%)

1 の地位, の顔つき

▼ てる数名~ (2, 0.0%)

1 の乗客, の男

▼ てる文学~ (2, 0.0%)

1 のこと, はヨーロッパ

▼ てる料理場~ (2, 0.0%)

1 にはいった, の扉

▼ てる断面~ (2, 0.0%)

2 は一寸

▼ てる方法~ (2, 0.0%)

1 があります, であるが

▼ てる方面~ (2, 0.0%)

1 のもの, へ彼

▼ てる日本~ (2, 0.0%)

1 ではあなた, の女

▼ てる日本人~ (2, 0.0%)

1 の多く, はまた

▼ てる昆虫~ (2, 0.0%)

1 のよう, のロンド

▼ てる昌作~ (2, 0.0%)

1 が沢子, にとっては九州

▼ てる時それ~ (2, 0.0%)

1 をピストル, を冗談半分

▼ てる時子~ (2, 0.0%)

1 の身体, はわか

▼ てる時彼~ (2, 0.0%)

1 と顔見知り, はふと

▼ てる時机~ (2, 0.0%)

1 によりかかっ, の前

▼ てる時眼~ (2, 0.0%)

1 に見えぬ, をつぶってる

▼ てる時門口~ (2, 0.0%)

2 に人

▼ てる普通~ (2, 0.0%)

1 のもの, の尺度

▼ てる景色~ (2, 0.0%)

1 が支那, にもまして

▼ てる暴風雨~ (2, 0.0%)

1 の前兆, の音

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 のそれ, ばかり

▼ てる書棚~ (2, 0.0%)

1 にはリュープケ, を背

▼ てる書生~ (2, 0.0%)

1 がい, つぽか

▼ てる最も~ (2, 0.0%)

1 代表的な, 根本の

▼ てる有名~ (2, 0.0%)

1 な政治家, な詩

▼ てる木立~ (2, 0.0%)

1 が湿った, やいつも

▼ てる未来~ (2, 0.0%)

1 そういうこと, はあなた

▼ てる本島人~ (2, 0.0%)

1 の姿, の生活力

▼ てる本当~ (2, 0.0%)

1 かしら夫, の汽車

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 が見えねえ, に重ね

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の古木, の芽

▼ てる松木~ (2, 0.0%)

1 の前, 困って

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 にもたれ, のすぐ

▼ てる桜花~ (2, 0.0%)

1 の層, の影

▼ てる椎の木~ (2, 0.0%)

1 にとまりました, を見ました

▼ てる楽曲~ (2, 0.0%)

1 の中, を面白く

▼ てる楽譜~ (2, 0.0%)

1 から指, になお

▼ てる構図~ (2, 0.0%)

1 だったの, もあっ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の小, の木立

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 もその, も其の

▼ てる権利~ (2, 0.0%)

1 もない, や力

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 枝には, 枝の

▼ てる正子~ (2, 0.0%)

1 の方, よりもきれい

▼ てる正当~ (2, 0.0%)

1 なる主権者, な権利

▼ てる正直~ (2, 0.0%)

1 な本屋, な男

▼ てる正覚坊~ (2, 0.0%)

1 が向こう, にちょうし

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の壁画, の気持

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 に凍えた, のため

▼ てる死人~ (2, 0.0%)

1 のほか, の眼

▼ てる民家~ (2, 0.0%)

1 が百三十二万戸, が百八十一万七千戸

▼ てる気色~ (2, 0.0%)

1 である, も見えぬ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 で冷し, のやう

▼ てる汚い~ (2, 0.0%)

1 なんとも知れぬ, 剥げかかった壁

▼ てる沢山~ (2, 0.0%)

1 の話, の譜

▼ てる法律~ (2, 0.0%)

1 こそ恐るべき, や西洋

▼ てる洞窟~ (2, 0.0%)

1 がある, の前

▼ てる浅い~ (2, 0.0%)

1 沼で, 霧の

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 が見え, の中

▼ てる海賊~ (2, 0.0%)

1 の案内, を降参

▼ てる淫売~ (2, 0.0%)

1 が盛, だが

▼ てる深い~ (2, 0.0%)

1 奥底においてまで, 皺と

▼ てる清い~ (2, 0.0%)

1 世界を, 瀬には

▼ てる滑稽~ (2, 0.0%)

1 な子供, を神

▼ てる火薬~ (2, 0.0%)

1 を用心, を集め

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 をぼんやり, を左手

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 ではない, でもある

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 が飛び立った, の声

▼ てる照代~ (2, 0.0%)

1 の長い, の顔

▼ てる熱意~ (2, 0.0%)

1 ある要求, こそ芸術

▼ てる燈火~ (2, 0.0%)

1 だこと, のよう

▼ てる爺さん~ (2, 0.0%)

1 の前, よ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 ッ端から, 袖を

▼ てる牛乳~ (2, 0.0%)

1 の鉢, を眺め

▼ てる牛乳瓶~ (2, 0.0%)

1 をひったくろう, を取り

▼ てる物語平淡~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ てる犬みたい~ (2, 0.0%)

2

▼ てる状態~ (2, 0.0%)

1 にあった, に在る

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 とにこにこ, の姿

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 がまた, を大きな

▼ てる獅子~ (2, 0.0%)

1 が身, のよう

▼ てる現実~ (2, 0.0%)

1 の急流, の生活

▼ てる現状~ (2, 0.0%)

1 であろう, では金貸業者

▼ てる理想~ (2, 0.0%)

1 こそ見る, にたいする感情

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の下部, を取った

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の樹木, の豊満

▼ てる生命力~ (2, 0.0%)

1 とか霊魂, の衰弱

▼ てる生活~ (2, 0.0%)

1 の中, の理想

▼ てる生涯~ (2, 0.0%)

2 を有

▼ てる画面~ (2, 0.0%)

1 の前, の歪んだ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 だ, をみんな

▼ てる病気~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, を憎ん

▼ てる病苦~ (2, 0.0%)

1 と彼, のこと

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 と赤, と黒

▼ てる監房~ (2, 0.0%)

1 から出, のなか

▼ てる監視人~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, の耳

▼ てる目玉~ (2, 0.0%)

1 だけの眼, を据えた

▼ てる~ (2, 0.0%)

2

▼ てる~ (2, 0.0%)

2 は山羊

▼ てる看客~ (2, 0.0%)

1 などから変, に威圧

▼ てる真中~ (2, 0.0%)

1 に石造, へ出

▼ てる真似~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ てる真白~ (2, 0.0%)

1 なもの, な花

▼ てる真白い~ (2, 0.0%)

1 歯, 顔の

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 のうち, を閉ざし

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 のよう, 苦き鋭き惱

▼ てる短い~ (2, 0.0%)

1 竹筒だけは, 髪夜更けの

▼ てる硝子~ (2, 0.0%)

1 で四角, のかけら

▼ てる祖母~ (2, 0.0%)

1 の所, の頭

▼ てる私立大学~ (2, 0.0%)

1 では十月, の教員室

▼ てる私自身~ (2, 0.0%)

1 にも勿論, の姿

▼ てる秩序~ (2, 0.0%)

1 っての, を少し

▼ てる窓ガラス~ (2, 0.0%)

1 の後ろ, は一つ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 一階には, 三共和時代の

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 とは云った, の如く一時

▼ てる紙片~ (2, 0.0%)

1 の中, をとりまとめ

▼ てる細か~ (2, 0.0%)

1 な埃, な歯並

▼ てる細君~ (2, 0.0%)

1 に通有, の目

▼ てる結果~ (2, 0.0%)

1 だったろうが, やいう

▼ てる結構~ (2, 0.0%)

1 な一品, な人

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 がそれぞれ, を断ち切る

▼ てる綿貫~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の一隅, の草原

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 を切った, を解い

▼ てる美し~ (2, 0.0%)

1 さ, さは

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 が其処, のなか

▼ てる群衆~ (2, 0.0%)

1 の中, の嫌悪

▼ てる義雄~ (2, 0.0%)

1 では, のからだ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 なき神馬ペガソス, のよう

▼ てる老婆~ (2, 0.0%)

1 のよう, を殺害

▼ てる老木~ (2, 0.0%)

1 が日, の林

▼ てる者其他~ (2, 0.0%)

1 嘗ていろんな, 挙げれば

▼ てる者等~ (2, 0.0%)

1 には横田, ばかりとなつ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 であるの, をきいた

▼ てる職人~ (2, 0.0%)

2 が起き

▼ てる背嚢~ (2, 0.0%)

1 をまた, を背

▼ てる自動車~ (2, 0.0%)

1 が駆けぬ, は一時

▼ てる自然~ (2, 0.0%)

1 の大, の網

▼ てる自画像~ (2, 0.0%)

1 に私, やダ・ヴィンチ

▼ てる興味~ (2, 0.0%)

1 など, を利用

▼ てる~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の浅黒い, の白い

▼ てる色男~ (2, 0.0%)

1 だし, について次

▼ てる芝生~ (2, 0.0%)

1 の小道, の斜面

▼ てる茂み~ (2, 0.0%)

1 に頂, の先

▼ てる茶の間~ (2, 0.0%)

1 でした, へ出

▼ てる草むら~ (2, 0.0%)

1 で, を眺め

▼ てる菓子~ (2, 0.0%)

1 を女, を摘まんだ

▼ てる落葉~ (2, 0.0%)

1 をかきたてよう, を子供

▼ てる蓮田~ (2, 0.0%)

1 が見渡された, を見る

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 汚れの, 赤いやつ

▼ てる薄い~ (2, 0.0%)

1 唇と, 頭髪が

▼ てる薄暗い~ (2, 0.0%)

1 眼よく, 電灯の

▼ てる薔薇~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 でもなん, にすぎない

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 でどんな, を少し

▼ てる藁屑~ (2, 0.0%)

1 だ, を見ました

▼ てる藤蔓~ (2, 0.0%)

1 その蔓, はいくら

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, のはじ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の翼, をながめた

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 だ, に注意

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 が光る, よりも

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 のよう, を与え

▼ てる街灯~ (2, 0.0%)

1 の光, の光り

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 や小さな, をぶらさげ

▼ てる親愛~ (2, 0.0%)

1 な病める傷, な面影

▼ てる~ (2, 0.0%)

2 の所

▼ てる訳ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ てる警官~ (2, 0.0%)

1 が彼女ら, はその

▼ てる豆ランプ~ (2, 0.0%)

1 と銃, の光

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の顔, の鳴き声

▼ てる赤児~ (2, 0.0%)

1 であり生きた肉体, の存在

▼ てる赤熱~ (2, 0.0%)

1 があっ, の熔岩

▼ てる足許~ (2, 0.0%)

1 に野菊, へ縮め

▼ てる身分~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, ですから

▼ てる軍人~ (2, 0.0%)

1 だから, とは違う

▼ てる軍服~ (2, 0.0%)

2 を始終

▼ てる軍隊~ (2, 0.0%)

1 が過激行為, の輸送

▼ てる軽い~ (2, 0.0%)

1 斜視の, 皺

▼ てる農夫~ (2, 0.0%)

1 を元帥, 強い抱擁力

▼ てる農奴~ (2, 0.0%)

1 だなんて, を二十カペーカ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 に小, へ見当

▼ てる近所~ (2, 0.0%)

1 の女, の者

▼ てる途端~ (2, 0.0%)

1 にどしん, に乱れた

▼ てる通りこれ~ (2, 0.0%)

1 はハッチソン, までの度々

▼ てる通り明後日~ (2, 0.0%)

2 は僕

▼ てる通り筆屋~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ てる通り路地~ (2, 0.0%)

1 の突き當, の突当り

▼ てる通俗~ (2, 0.0%)

1 なもの, な悲劇

▼ てる連れ~ (2, 0.0%)

1 の女, の男

▼ てる過去~ (2, 0.0%)

1 です, の事柄

▼ てる道具~ (2, 0.0%)

1 ほど気, を反対

▼ てる遠縁~ (2, 0.0%)

1 の実業家, の者

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, じゃで

▼ てる都市~ (2, 0.0%)

1 そして中央, は支那全土

▼ てる酒屋~ (2, 0.0%)

1 があるだろう, でのん

▼ てる里親~ (2, 0.0%)

2 の愛

▼ てる野原~ (2, 0.0%)

1 があちこち, を駆け続ける

▼ てる金額~ (2, 0.0%)

1 くらいいや, のうち自動車質

▼ てる鉄格子~ (2, 0.0%)

1 から来る, を彼

▼ てる鉄瓶~ (2, 0.0%)

1 に掌, のよう

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の弾丸みたい, の時計

▼ てる銃剣~ (2, 0.0%)

1 や銃身, や駐屯

▼ てる鋭い~ (2, 0.0%)

1 清新な, 眸だった

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 からは犬, の湯

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 と手, を引きずっ

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の所, を見

▼ てる門番~ (2, 0.0%)

1 に微笑みかけた, の顔

▼ てる間じゅう~ (2, 0.0%)

1 この五年, 弱々しい力

▼ てる間それ~ (2, 0.0%)

1 は一度, を放ちやろう

▼ てる間私~ (2, 0.0%)

1 の魂, は二階

▼ てる間紫檀~ (2, 0.0%)

2 の盆

▼ てる関係~ (2, 0.0%)

1 だった, で今年

▼ てる防寨~ (2, 0.0%)

1 の人々, ほど不思議

▼ てる阿鼻地獄行方~ (2, 0.0%)

2 もなし

▼ てる限りそれ~ (2, 0.0%)

1 は消滅, も大した

▼ てる限り余り仰向け~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ てる険しい~ (2, 0.0%)

1 小山を, 小路を

▼ てる階段~ (2, 0.0%)

1 をのぼっ, を手先

▼ てる隙間~ (2, 0.0%)

1 から明るい, にその

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 だから, に告げ人

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の乱暴者, の家

▼ てる隧道~ (2, 0.0%)

1 の丸天井, よりも更

▼ てる雑誌~ (2, 0.0%)

1 で周囲, や小

▼ てる電気~ (2, 0.0%)

1 やもん, や瓦斯

▼ てる電車~ (2, 0.0%)

1 から飛び降り, が衝突

▼ てる青年ら~ (2, 0.0%)

1 にいささか, のうち

▼ てる音楽家ら~ (2, 0.0%)

1 は彼ら, をいじめつける

▼ てる頑丈~ (2, 0.0%)

1 な手, な騒々しい荒っぽい

▼ てる食卓~ (2, 0.0%)

1 の上, はあまり

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 より立ってる, を櫃

▼ てる餓鬼~ (2, 0.0%)

1 だ, だね

▼ てる驢馬~ (2, 0.0%)

1 となっ, の背中

▼ てる魔物~ (2, 0.0%)

1 だった, のやう

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 がお前, の頸

▼ てる黄色~ (2, 0.0%)

1 っぽい朝日, の冠

▼ てる~ (2, 0.0%)

1 の先, の大きな

▼1* [3296件]

てるああいうやつ, てるあいだじゅう起きて, てるあいだじゅう私につきまとい, てるあいだ光子さんは羞, てるあそこなん, てるあたし達というよう, てるあちらの縁側, てるあつしが面, てるあとから直ぐ, てるあなた自身にも聞いてる, てるあのいわゆるイタリーの, てるあの大きな家は, てるあの小さな見世物師を, てるあまりそれが酒杯, てるあらゆる小さな祭典で, てるあれら死人同様の者, てるあんな人たちの, てるあんなに大きく口, てるあんばいでそれ, てるいかなる鼻にも, てるいわば自分の, てるしろのち, てるうえはそれ, てるうす青い眼引きしまってる, てるうそつきや, てるうちいつか雀の卵, てるうちそれも無理, てるうちふしぎな憤りを, てるうちメルキオルが二人, てるうち一万七千も負けた, てるうち何でも質問, てるうち健康を害し, てるうち夕立これでサラッ, てるうち大事なこと, てるうち大西が来た, てるうち庄司の伜, てるうち東京に地震, てるうち水はとうとう, てるうち牝は急, てるうち私にも似合わない, てるうち辰代が本気, てるうち邪慳にしました, てるおお恐い, てるおかげですよ, てるおかしな姿勢を, てるおかずですまし, てるおかみさんと相談, てるおごそかな神聖, てるおっ母が, てるおとよさんが, てるおぼろな明るみ, てるおめでたい自分の, てるおりおりはかつて, てるおりしも外から, てるお姫さまを助ける, てるお婆さんが湯気, てるお婆さんカヨが突然, てるお宅でげす, てるお客さん余計な真似, てるお客たちもたいていうとうと, てるお宮を後, てるお寺の門, てるお座敷を断らせた, てるお方の門, てるお洒落の小男, てるお祖父さんがいた, てるお花さんが万事, てるお茶を一杯, てるお話のつもり, てるかおべでる, てるかかまるで試験, てるかぎりどの役者, てるかぐらいちゃんと知ってる, てるかことことやっ, てるかごの中, てるかたちになつて, てるかつていう証拠, てるかなあ西と, てるかなとニヤリ, てるかなり大きな鉄火, てるかなり向こうの開けた, てるかなんて変な, てるからかそれとも一時河野さん, てるからだを固めた, てるからでもあった, てるからという思いやりは, てるからとて憎んで, てるからとの電話伊藤家で, てるからとはいえこうして, てるからどないなと, てるからなあ手前の, てるからなのまたは私, てるからにやあこの, てるからにや普通の, てるからねえご存じの, てるからばかりでなくつき込んだ話, てるからよそれを, てるかわかつた, てるかわいい赤子の, てるかわいそうな足, てるかんしんな少年, てるがらくたの一つ, てるがらんとした, てるがんだね, てるがネ人の, てるきのうの東京, てるきびしい自己解剖に, てるきみは卑劣, てるぎりでカランとしてる, てるぎりで残りの組合員ども, てるくらいに思って, てるくらいは横浜の, てるぐらいの気持で, てるけちな金利生活者, てるげっとも宮前屋敷, てるこいつがビービー, てるこうして, てるこうした人物性格は, てるこっちを休み, てることお前知らないの, てることがちつとも, てることこれじゃあ今日, てることしなさいいう訳, てることどこから見, てることよう分って, てることフランクフルトに来, てること万事よくいってる, てること中西と婆さん, てること何か変, てること何処までも隠し, てること僕には分らん, てること其他いろいろのこと, てること周囲に菜園, てること夢に見た, てること姉ちゃん知りゃはれしませんさかい, てること思出して, てること感情的にも身体的, てること書物にも見え, てること本田氏が病院, てること父は大佐, てること眼に見え, てること私の神経, てること腕白ものおい腕白, てること自体も同然, てること近所の評判, てること運輸状態が円滑, てること釣魚の面白み, てるこの大きな青年を, てるこの小さな娘を, てるころまでは放縦苛辣, てる容子, てるごちそうの匂い, てるごとに行く, てるさいどういうこと, てるさっぱりとした, てるさと答えるであろう, てるさなかにも鼻, てるさまざまの奇怪豪華, てるさらに母の, てるさる男が, てるさんが待つ, てるしさ危く声出す, てるしつかりやり給へと, てるしな電車だ, てるしなやかな柳絮, てるしみじみと静まり返った, てるしよそれに, てるじいさんだから, てるすき間からでも人, てるすばらしい運動を, てるすみの所, てるずっと自由な, てるせがれに何, てるせみは, てるないした, てるそいつは, てるそうしたところへは, てるその同じ地面に, てるその堂々たる大胆さは, てるその小さな私立大学の, てるその後姿が世の中, てるその道から狭い, てるその間彼らは何, てるそぼろなひとり, てるそらで鳥, てるそりゃ分ってるが, てるそれに俺が, てるそれらふたりの男, てるそれらワグナー派の学者たち, てるそれら三十人ばかりの青年ら, てるそれら乞食坊主や理性, てるそれら労働者らの集まり, てるそれら聖歌の多く, てるそれら賛美者らの馬鹿げきった, てるぞう髭が, てるぞとも言って, てるたいていの男, てるたかべ肝揃て立て, てるたけを申し上げ, てるただいま彼は, てるただしなやかな肉塊, てるただ一人の者, てるただ化粧をした, てるたばこ入れは間, てるたまり水あり, てるたんばこの, てるだがそうじゃねえ, てるだけかも知れない, てるだけくらい坊やで, てるだけというように, てるだけはお話も, てるちびのアーニャ, てるちびどもの間, てるちゃんこれからちょくちょくお, てるちやんをどう, てるちょっとした背信の, てるちんばだ, てるぢゃありませんか今日のところ, てるぢゃないか署長は腹, てるぢアありませんか, てるっていうその女, てるってだけのもの, てるってな茶室で, てるってね面白い研究, てるってのに日本の, てるってははあんこいつ, てるってやがったな, てるつう開墾の話, てるつてあたし何べん, てるつてお父さん仰つし, てるつてそりやア, てるつてわけでもない, てるつて事だよ, てるつて云つてたけど, てるつて云ふからね, てるつて厭だわ, てるつて妹が君, てるつて本当かね, てるつて真個ですか, てるつて聲だつて, てるつまりふつうの, てるつらさと, てるづど先生にうんと, てるでくのぼう, てるではお詫びに, てるでもなかつた, てるといふだけだよ, てるとおもはれた, てるとおりあたしばかじゃない, てるとおりあれは冗談, てるとおりおれには苗字, てるとおりことしは九一, てるとおりせっかちなナポレオン, てるとおりわしはお前, てるとおりわたしの持っ, てるとおりフランス人はそういう, てるとおりロシアではずいぶんよく, てるとおり一四二五年にマルタン, てるとおり平穏に年, てるとおり彼が生活, てるとおり彼らの間, てるとおり昔から美人女給, てるとおり熊本城の名物, てるとかいふがね, てるとからだから, てるときあれもこれ, てるとききみはがま口, てるときはさほどでない, てるときみたいな顔, てるときコスモとコスマ, てるとき一羽の魚狗, てるとき優美な若い, てるとき北の岡, てるとき南の浦, てるとき彼はそれ, てるとき彼女が微笑んでる, てるとき正午のサイレン, てるとき男と女, てるとき縁側を静, てるとき闘牛場には砂, てるとここれは冷たく, てるとこよう知ってるわ, てるところ川っぷちで, てるところ数枚撮る, てるところ配置は平面的, てるとこイええへっつい直し, てるとこワンカット撮ると, てるとこ咽喉笛に喰, てるとこ数カットと居た, てるとこ空から見たら, てるとこ絵を描いてる, てるとしては余りにち, てるとしましたら光子さんモデルに, てるとたんに宿屋, てるとって機械を, てるとてその話, てるとのみ思ひ込んで, てるとばかりは云えない, てるとまでは思はなかつたけれど, てるとらわれの魂, てるどういう意味で, てるどなたかがちょっと, てるなくらいは心得て, てるなぜともわからぬ光り輝いた, てるなぞと感服する, てるなぞということは, てるなって云うん, てるなということは, てるなとはぶしつけな, てるなどがある, てるなどといふのは, てるならず者の様子, てるなりに下ると, てるなんかと行人の, てるなんざどっちにし, てるなんざ人が見, てるについてひとつ是非君の, てるにもほどがあらあ, てるによりてわが腦, てるねえけふ一日, てるねこをかい, てるねって訊くん, てるねんさかい綿貫さいもうちょっと, てるねッて言うだろう, てるのと云われた時, てるのにぞべりけ, てるのにと思うと, てるのになあ貴方それだ, てるのみか低くって, てるのみで口数の, てるのよときめつけるよう, てるのよなんて教えて, てるのをかしいな, てるのんきにた, てるの厭よ, てるはと云うひと, てるばかがある, てるばかしでなく大山, てるばかしじゃねえか, てるばかりかなにかの, てるばっかりにかえってそれ, てるばら色の帽子, てる巫女の, てるひとで金がない, てるひとり当時ごく若い, てるひ弱な妻, てるびくにいれる, てるぴんぴんした人体, てるふかい淵です, てるふしぎな球形, てるふと見ると, てるふみなど常に, てるぶかっこうな穴, てるぶんなら驚きゃしますまいが, てるぶんざいで又ぞ, てるぶ厚な大きい, てるへんに佗びしい頃, てるべよ地主から, てるほかに手, てるほか数十里という耕原, てるほどに中, てるほどにさえ見ゆる, てるほどには僕を, てるほのかな弱い, てるほら日野東北大学の, てるほろろ寒い佗, てるぼくはかならず, てるぼろぼろになった, てるぼろ布を喉仏, てるぼろ服の怪しい, てるぼろ着物のふたり, てるぼろ鳥籠灰それから少し, てるぽつり立つた子, てるまえを順々, てるまたそのほか, てるまだ生きてるッ, てるまっかな屋根部屋, てるまったくこわれたガラス付き, てるまっ黒な街路, てるまでもなく山, てるまわりをぐるぐる, てるまん中に机, てるみごとなヴァイオリン, てるみじめな男, てるもう帰んな, てるもちゃもちゃした感じを一方, てるもなねえかんな, てるもなァ髪の毛と, てるものそれらがきっぱり, てるものぢやない, てるもののも一つ奥の, てるものはてのひ, てるもの全部を相手, てるもの大黒様だべ, てるもの大黒樣だべ, てるもの熊掌鼈裙吟士蟆のたぐい, てるもの甘美なもの, てるもの筆でも絵の具, てるもろもろの巨大, てるもんちょびッとより, てるやさしい幸福と, てるやにほの, てるやのお風呂, てるやみはいっそう, てるやや太い鼻, てるやり方とを快く, てるゆえだと, てるゆえんは貧しい, てるゆゑ知らん顔して, てるよい旅人が, てるようぢや駄目, てるよき部分を, てるよは意味深長だ, てるよりもずつと気が, てるか, てるらっぱの呼び声, てるわいの, てるわが夫と, てるわが子の足, てるわきへよっ, てるわというような, てるわとか答へ, てるわにが見たい, てるわめいて過ぎる, てるんざますが初会, てるんだい両国橋にいれ, てるんだい先生にそんな, てるんだい往來でゆきち, てるんだい旅に出るなら出る, てるんだい縁起でもない, てるんだい言葉の機, てるんでと変に, てるアカシヤの木, てるアジアと云, てるアスファルトを見る, てるアスファルト釜のまわり, てるアドルムをのん, てるアペニン連山の高い, てるアマリアから介添人, てるアルテンの師団, てるアルノー夫人の細そり, てるアントアネットを汽車, てるアーダやミルハ, てるアール河を見, てるイギリス兵銅の帯金, てるイギリス娘などがいた, てるイタリー軍総司令官, てるイデヤはこの, てるイモリがガサガサ, てるウエスト街の家, てるウチになんだい, てるエキモスの顔, てるエリザベスに, てるエルンストを皆, てるオカッパの背中, てるオコノミ焼き屋で浅草, てるオモムキがある, てるオリーブ色の上衣, てるオルレアン公の肖像, てるオレだけぢ, てるオーバアをぬごう, てるオーリャまでこっち, てるカサネの厚い, てるカストリ焼酎と同様, てるカスルリーグのよう, てるカトリック教の新た, てるカトリック教改新の盛大, てるカナエのプール, てるカラビン銃は中, てるカラマツの植林, てるカルティエ・ラタンの小路, てるカルヴァンやツウィングリ, てるカンテラがとんだ, てるカンビスなどという夫人, てるカーテンのむこう, てるガラスのついた, てるガラス戸は彼, てるガラス窓の羅紗, てるガードってえ, てるキシさんがこっけい, てるキミ子の顔, てるキリスト教徒はわずか, てるギリシャなどを探究, てるクサレ目やオタツ, てるクラフト家の一家, てるクリスマスの夜, てるクロです, てるクロニオーン計りて, てるクンツは厳か, てるクープランなどを妙, てるグッと思, てるグラフィーラとドミトリー, てるグルネルの恐ろしい, てるグージャールみたいな連中, てるケチャップで食, てるコスマも人形, てるコタンの人々, てるコップがあった, てるコムソモールカがある, てるコンクリートの壁, てるコンブフェールはその, てるゴチック式の塔, てるゴットフリート叔父のおかしな, てるゴミ一本でもため, てるサクソニー製の人形, てるサビーノの山脈, てるサマリヤの女, てるサラディンの城, てるサン・サクルマンの女たち, てるサン・メーリーの警鐘, てるサヴォア生まれの少年, てるサ嘘だ, てるザーミとその, てるシカゴ某銀行, てるシャツへ乳房, てるシャブラン少佐が住ん, てるシャルロ街とショーム街, てるシュルツに返し, てるショーセーはその, てるシーツ掴みますと, てるジャコバンという言葉, てるジャズのレコード, てるジャヌカン的な恋歌, てるジルノルマン氏のあと, てるジーグムント・オックスを選んだ, てるスウィスの旅館, てるスコットランド兵フランス擲弾兵の大きな, てるスタイルだけでもいかん, てるスターツィオに請, てるステッキの先, てるストーブで暖められた, てるスナップにアフレコ, てるスープ鍋の蓋, てるセイに森, てるセシルへ手紙, てるセリフの陰影, てるソファーへかけ, てるソヴィエットに対する問題, てるタカと手, てるタンプル街の角, てるダフネベックリンの閃, てるダンス用の靴, てるダヴィデを求めてる, てるチビ助が復讐, てるチョッキから梅, てるチヨ子がかわいそう, てるヂヤないか, てるッてんじゃねえです, てるッテッケンド俺行ったコタネエ, てるツ昨日も沢山, てるテオデュール・ジルノルマン将校も徒弟ポンメルシー, てるテチス天王と計りし, てるテナルディエの下, てるテレ臭さ, てるテレサがその, てるテーベの大道, てるディーネルの姿, てるデパートで文房具売場, てるトスカを知っ, てるトマトを一貨車, てるトム商会の店, てるトリップを有し, てるトンコなどまず, てるドイツの小, てるドイツ人にとってはそれ, てるドイツ帝国主義の傲慢, てるドカーズ氏が勢力, てるドコかへ旅行, てるドストエフスキーやブールジェ, てるドラ寝ると, てるドルンベルグを有し, てるドームへ行っ, てるナと思うこと, てるナターリアが, てるナポリとカタニア, てるニュアンスを忠実, てるニーナがいる, てるネロ皇帝ではなかっ, てるノートル・ダーム寺院の鬼像, てるハイカラ紳士も見えます, てるハルトゥリナ通りにしろ, てるハンカチ折目の正しい, てるハンタの分, てるハンノーヴルの軽, てるハーモニュームの響き, てるバイエルの薬, てるバスの事務所, てるバスクとがいた, てるバビローヌ街の寂しい, てるバラックだ, てるバラック小屋を見, てるバラック飲食店へ寄る, てるバラツクだ, てるバラツク飮食店へ寄る, てるバルコニーの下, てるバルジュ氏からいつも, てるバンシュ製レースの長, てるバーがあっ, てるパイプそして窓, てるパガアニイが酒店, てるパトリアルシュの通路, てるパトロン・ミネットの与党, てるパラチーノ丘の半ば, てるパンパンもいる, てるパークスの銅像, てるヒマ人の言葉, てるヒューマニチーの眼, てるピストルの前, てるピムキンを虫けらみたい, てるファンティーヌをながめた, てるフィリスにも十万フラン, てるフィロメールの哀切, てるフォーゲル夫人でさえ思う存分, てるフトンに坐っ, てるフランス思想界の絶頂, てるフランス民族だった, てるフランス製の小さな, てるフランス革命史を無理, てるフリードリッヒ・グライルといふの, てるフロックを見, てるフン処世の秘訣, てるフン處世の秘訣, てるブュゾーピエ婆さんの家, てるブラウンの顔, てるブリアレウスのよう, てるブリキ罐とがあった, てるブリュジョンの綱, てるブリュヌゾーである, てるブロシュ伯爵の合図, てるブーラールという人, てるブールジョア階級の代表者ら, てるプティート・トリュアンドリー街とシーニュ街, てるヘクトール雄叫び高く奮然と, てるベックリンの老, てるベルギー人でアンヴェルス, てるベルリンの町, てるベートーヴェンの肖像, てるベービとがガラス越し, てるペルペチューとサンプリス, てるホテルはわからないだらう, てるボクきらひボク, てるボタンじめ, てるボンのプロメテウス, てるボースンにきいた, てるボール箱とが上, てるポマードの髪, てるポリモスはポリモス上人さま, てるポンメルシー男爵に対してもなお, てるマキが顔, てるマグロアールとにパン, てるマスカーニやレオンカヴァロ, てるマッチの棒, てるマヌースは友人, てるマリア主御身, てるマレーの大きな, てるマージでした, てるムイロフが記念, てるメダルをはずし, てるメデューズ号の難破者ら, てるメリヤスの襯衣, てるメルキオル心痛してるジャン, てるメレンスの帯, てるメーソフの声, てるモダンボーイが特定, てるモンパルナスの後ろ, てるモーゼの腕, てるユステの修道院, てるユンクフラウが, てるユーディットに気づかない, てるヨハネであったから, てるヨーロッパ人も相当, てるラインハルト夫人に尋ね, てるラインハルト教師の細君, てるラランもひとりぼつ, てるリスボンの灯, てるリズムのこと, てるリボン手袋袖口半靴, てるリュシアン・レヴィー・クールの皮肉, てるリヨンの老, てるルイザの口, てるルウレット卓子で玉, てるルバーシカの男, てるルビーの壺, てるルブラン氏の方, てるル・カブュクの頭髪, てるルーヴル美術館を帯, てるレインコートの紐, てるレオナールて男, てるレッシングの一巻, てるレンブラントだから, てるレヴィスカンビーズと発音, てるレーニンの葬式, てるレーネットのこと, てるレールの蒼白い, てるロシアでなかったなら彼, てるロンドンの町町, てるローザの顔, てるローマの空, てるローマ平野などはこの, てるローマ貴族の美しい, てるローラの許, てるワネそうそうあなた, てるワリドン裏で喋られ, てるヴァイオリンなどに異様, てるヴェールのよう, てるかたまりの, てる一人ぽっちの自分, てる一人一人の姿, てる一介の不徳, てる一体何してる, てる一切喧嘩はしない, てる一半の責任, てる一句を彼, てる一定のたたき, てる一家の者, てる一家安隠で商売繁昌, てる一家族の人々, てる一寸胡散にも, てる一市民の言葉, てる一度とて, てる一徒刑囚です, てる一念に凝っ, てる一戦やらうと, てる一房の藤, てる一日です, てる一本道を走る, てる一民族であった, てる一派となら, てる一片だつて亭主, てる一物だよ, てる一生犠牲の生活, てる一番小さなタバコ屋, てる一瞬にもあった, てる一種不思議な, てる一種独特の梅花, てる一箭は無, てる一節である, てる一緒に飮ん, てる一群れの山吹, てる一肉塊が, てる一貫不易のリリツク, てる一軒の破屋, てる一隅の土地, てる一隊と連絡, てる一風宗匠人間もこう, てる丁度逆の二つ, てる七十両を俺, てる七尺に九尺, てる七面鳥小さな鐘楼, てる万事を非議, てる万事ビクターよりする, てる丈夫そうな頸筋, てるの火花, てる三つの商売, てる三つ辻溝の横, てる三ヶ年余の間, てる三上家の主人, てる三井銀子の父, てる三人目の内裏様, てる三冊も火, てる三十歳の身の上, てる三十歳前後の好男子, てる三千万フランの価, てる三千子の手, てる三四の防寨, てる三四流の音楽家, てる三太はかなし, てる三等待合所に一人, てる三等病室で院長, てる三色旗に雨, てる三角州の植物, てる三角形の穴, てる三通りの虫, てる三階づくりのりつぱな家, てる上唇の上, てる上手寒山竹の茂み, てる上母親のお, てる上水分配の広大, てる上流人にとっては別, てる上海復興のため, てる上火繩の一端, てる上空には鳶, てる上蕎麦屋行き団子屋行きを禁じられてる, てる上衣を轅, てる上衣シャツは裂けてる, てる下っぱの腰弁, てる下宿へ, てる下層民らで彼ら, てる下手に読む, てる下男がゐる, てる下級の建築技師, てる下絵など好き, てる下駄で敏子, てる機嫌の, てる不信なる同盟者イギリス, てる不具に近い, てる不動の意味, てる不可思議なる石塊, てる不可抗な生, てる不吉なもの, てる不名誉きわまる自分, てる不安定な光, てる不平満々たる小人, てる不愉快一言のことはり, てる不撓の忍耐, てる不景気さだ, てる不機嫌な声, てる不毛な陰, てる不気味な眼, てる不消化物を本能的, てる不潔な凡俗, てる不潔物夜の街路, てる不純な階級, てる不義理の借金, てる不親切なそういう, てるの娘たち, てる世間の尊敬, てる世間的通念は避けた, てる世間知らずの細君ドラー, てる丘陵を越え, てる両方の手, てる両脚の方, てる両親に今更, てる両足とだけに驚く, てる並木にすら聞えなかったであろう, てる並河という男, てる中傷や誹謗, てる中国人の邸内, てる中学生の群, てる中庭とぶらついてる, てる中庸人士らの無味乾焼さ, てる中村佳吉の和服, てる中根のおばさん, てる中洲の月, てる中流社会からは門戸, てる中等切符を見, てる中華料理屋がある, てる中西夫人の許, てる中途半端なもの, てる中野さんの方, てる中頭を跨い, てる主人たちのとおり, てる主体が青年期, てる主婦のよう, てる主旨に実際, てる主題のおかしな, てる久七へ彼女, てる久子の体, てる久子それらがなにか, てる乗客達は曇り, てる九町歩余の濁水, てる乞食娘の方, てる也父祖の像, てるでなけりゃひやっこい, てる乳母に, てる乾板を眺めた, てる了見の日, てる予告にし, てる事つてすが日本人, てる事云つて, てる事今日の如き, てる事務員がそこ, てる事物の嫌忌, てる二ツ三ツ飲んなすったか, てる二十人ばかりの襲撃者, てる二十坪ばかりの薄暗い, てる二塊りの, てる二宮金次郎の本, てる二年たって, てる二株のリラ, てる二梃のピストル, てる二様の波音, てる二派対立のこと, てる二百名余りの少年少女, てる二階家なの, てる五フランばかりでどう, てる五万人の溜息, てる五億のうち, てる五六人の乗客等, てる五六人ぐみの手品使, てる五十歳の文士, てる五月といふ料理店, てる五軒の家, てる井野老人はまだ, てると異, てる些事収集家らは前, てる交誼をも無理, てるの町, てる京吉にとっては日々, てる人々ゴール民族たること, てる人あれは, てる人がいはしない, てる人すべてに向っ, てる人たち君の父, てる人たち神を守る, てる人体力学とともにこれ, てる人大方に師事, てる人家のなか, てる人数が幾何級数的, てる人民どもを許し, てる人気取りの人道主義, てる人気商売である, てる人混み入り乱れてる車, てる人誰もない, てる人通りの少い, てる人間どもがその, てる人間性の赤裸, てる人霊能者にはそれ, てる人類の宿命, てる人魚の危険, てる今所持品置場の内外, てる今日欧米首都の外, てる今日青春の回顧, てる仏蘭西料理もこの間, てるの馬, てる仔牛青っぽい白目, てる仕事駄目になってる, てる他人のやり方, てる他国人はすべて, てる他愛もない, てる仙石貢の親戚, てるからおれ, てる代りに吸口, てる代役した者共, てる以上彼女を自分たち, てる以上無籍者はない, てる以外には特徴, てる仰向けの甲李, てる休養がほしい, てる会堂でだれ, てる伝法院前の魚屋, てる伝道書の砂地, てる伯母さんの家, てる伯爵の, てる伯爵夫人で男, てる伸吉という青年, てる位置もねてる, てる部には, てる佐代子に用, てる佐兵エどんの家内, てる佐太の岡, てる佐竹哲夫が勤勉, てる佐藤の方, てる何物かを感じた, てる何處かの人, てる余りに吸取, てる余り金銭に対して妙, てる余地を与えない, てるでしょうか, てる作業所を指さした, てる佝僂の少年, てる佩剣多くの叉銃, てる使者に向っ, てる例証を見, てる侘しい韮を, てる侘びしい室, てる依子のエプロン, てる依田の弟, てる依田賢造へ紹介状, てる俊子へ姉, てる俊寛ですよ, てる俊彦の眼, てる俗物共の競争圏内, てる保守党では代議士, てる信子とを啓介, てる信念に皆, てる信教ではなくなっ, てる信者たちの人波, てる俥屋の主人, てる修業をし, てる修道士のこと, てる修道院の大きな, てる俳優らの醜, てる俳句は日記旅行記等, てる俺達の借金証書, てる個別科学者の批判, てる値段を言っ, てる偉人がある, てる健全な豊饒, てる健康法です, てる側継あれがちはやである, てる偽りの芸術家ら, てる傍観者にすぎない, てる傾きがあった, てる傾向がありました, てる僅かな金銭, てる働きなん, てるをのせた, てるにアハ, てる儀式ばった丁寧な文句, てる優秀者や享楽的, てる元気なし, てる兄弟に桑, てる光リュクサンブールの園, てる光景街路を通ってる, てる光線のよう, てる光輝を見る, てるに角, てる入口のところ, てる全くもって, てる兩足をそつ, てる八つの穴, てる八丁堀のだんな, てる八五郎を誘う, てる八十平方キロに近い, てる八杉の世話, てる公園劇場あたりがワンサ, てる公孫樹だった, てる公然の侮辱, てる六つの小説, てる六七坪の庭, てる六歳ばかりの子供, てる六軒の家, てる六階建てのもの, てる共同水飲み場から顔, てる共同生活と比べ, てる共和二年の憲法, てる共通の悲惨, てる共通的なもの, てる兵卒の顔, てる兵営の前, てる兵営みたいな家, てる涼しい気, てる具合は何とも, てる兼子の眼, てる内ゃ助けて, てる内ゃ可いけれど, てる内山を起し, てる内股をしめす, てる内部の病苦, てる内閣瓦解のこと, てる内面には人, てる円い額そして, てる円卓と腰掛, てる写経だよ, てる冬子が泣き出し, てる冬青樹の下, てる冷いところとがいっしょ, てる冷然とした, てる凄くはない, てるしい色どり, てる凡て存在するもの, てる凡庸な才能, てる凧糸が一方, てる凸額の少年, てる凹路の影, てる出来星の吝, てる出版事業に謂わ, てる切っ先がそんな, てる切れのいい, てる刈立ての青草, てる刑務所内の生活, てる列席者らに重々しく, てる列車は暗夜, てる初めの間, てる初めての家, てる初年兵の顔, てる判事らの円形席, てる判決文無知と自身, てる別荘地の方, てる利己主義者だと, てる利用しられてると, てる利発な逸楽的, てる利益にほかならない, てる制御機の鉄, てる刷毛のよう, てる刹那でも少し, てる刹那主義の最も, てる前兆である, てる前半を取り上げ, てる前衛の芸術家, てる前途遼遠の書生, てる剥脱の世界, てるにゃあ, てる割りにはその他, てるの見物, てる劇団がある, てる劇團に就い, てる劇場付旅館兼珈琲店に女中, てる加之に古金, てる六に, てる助けを受け, てる助力を一歩ごと, てる労働者ら彼らの間, てる労働者等の幅広い, てる労働者達のどす黒い, てる労働階級にすら及ばない, てる労苦の一生, てるがない, てる勇ましい優秀者らが, てる勇気を外, てる動乱も旋律, てる動植物のこと, てる動物それらが偶然, てる勝久勝ふみ藤二郎それに師匠, てる勝手口を発見, てる勢力家の家, てる吹き飛ばしてしも, てる包みを取っ, てる化石層などと交互, てる化粧室に小さな, てるの芸者, てる北のかは久, てる北側に今, てる北川さんも謂わ, てる北村へ富子, てる北極星を叩きおとせ, てるやナイフ, てる区域でエジプト, てる医学士で家柄, てる十一谷君の健康, てる十二角の塔, てる十五糎砲が一ばん, てる十六七の娘たち, てる十姉妹なあれ, てる十字架像に目, てる十本の角, てる十銭を裏表, てる千世子のかお, てる千代乃の姿, てる千家の茶人, てる千鶴子と眼, てる午後七時の往来, てる半ばがらん, てる半島にかかえられ, てる半島生れの学生, てる半白の僧侶, てる半裸体の他, てる半開の口, てる半開きの扉, てる卓子や椅子, てる南さんのところ, てる南京玉を見つめ, てる南方人的な想像力, てる南瓜の臀, てる南部氏の世話, てる単なる奇人に, てる単調な音, てる博多人形で片手, てる博学な蛮勇, てる危巖めがけて, てる危機悲愴な謎, てる危険区域の中, てるのみも酒, てるへ海苔まき, てる原敬は親友原達, てる原色塗りの玩具, てる厩舎の窓, てる厭世家ですから, てる友だちに等しかっ, てる友人たちでさえ, てる友人間におかしな, てるの眼, てる双眼鏡などにおびえきっ, てる反乱をながめ, てる反感のひそか, てる反照燈をつける, てる反発的なその, てる収税吏自由思想家らが自由, てる収穫の番人ら, てる叔母に突き当りました, てる叔父さんとがある, てる受付の老人, てる受領書へ捺印, てる叙事詩的な大野, てるから出, てる口許へ世話人, てる口髭が社交的, てる古典芸術の天才, てる古木のある, てる古老にでも逢った, てるが書き入れ, てるた一人, てる召使が三人, てる召使らの間, てる可能性を利用, てるの上, てる台所の窓, てるの一連, てる右膝の上, てる右足を振り動かし, てる司祭それを一人私, てる各国の船乗り, てる各種の反故, てる合間にね, てる吉川のこと, てる年配の, てる同士の其, てる同志ではなかっ, てる同感的な注意, てる同業者の仕事, てる名句であるが, てる名声を狡猾, てる名手まで出, てる名目のない, てる向うに蜘蛛, てる向う岸の明るい, てる君らはフランス, てる君子さんにすぐ, てる君達の方, てる吝嗇家のよう, てるむしろ善く, てるふので, てる吾が文壇は, てる吾家の平氏門, てる呆けた人々, てる周さんの顔, てる周囲六里のこの, てる周旋が一向, てるだった, てる味噌見たよう, てる味噌汁を音, てる呼び名だった, てる呼吸の音, てる咄嵯に巡査, てる和音を名前, てると詔, てる哲学者で容易, てるにむさぼる, てる唱歌隊へと注がれ, てる唱歌隊ミサを唱え, てる商人の誇だ, てる商人たち今晩の舞踏会, てる商売よ, てる商店の小僧たち, てる商標がつい, てる商館にはいっ, てるに自ら, てる問いにそ, てる啓介の姿, てる善人の範疇, てる善男善女が刃引, てる喉微弱な活動力, てる喜三の奴, てる喜代子と並べ, てる喜劇にどうして, てる喜劇祭とかいふの, てる喫茶店の女の子, てる之助, てる営業であるから, てる噴火口を見, てる噴煙を見つめた, てるをなんとか, てる嚮導者であった, てる囚人の告白, てる大劇場, てる四五人の車掌, てる四十世紀の間, てる四十歳余りの女, てる四十雀が鳴いてる, てる四方壁の室, てる四日一日だけ貸し, てる四海一家的な社会, てる四組みの男女, てる四肢所々に腕, てる四辻まで来る, てる因果応報の理, てる国家権力の歪曲, てる国民も次に, てる国民間の狭い, てる国王であろうと, てる国王アンリー四世を示さん, てる国策文学などの影響, てる国語弟にたいする愛情, てる国際料理にすぎない, てる國民の志向, てる園亭のそば, てる土台なん, てる土地新緑の木立, てる土堤の上, てる土工の金槌, てる土建なんとか組, てる土手ですよって, てる土瓶を取出し, てる地下の臭い, てる地主の女, てる地位だってあなた, てる地口を言っ, てる地図だのカレンダー, てる地平線以内にただ, てる地方共通の周知, てる地方新聞の名, てる地蜂など, てる坂田は生きてる, てる坂道を真暗, てる坊主あした天気になーれ, てる坊主てる坊主あした天気になーれ, てる坑夫であらう, てるをひろい, てる執拗な追従, てる執達吏の短い荒い, てる堅固な額, てるの姿, てる堵列の一番最後, てるの頭, てるに登ったら, てる塚本老人の姿, てる塩入れなどがあっ, てる塩鮭の一切, てる墓地の糸杉, てる壁画の上, てる壁紙の模様, てる壁越しに林檎, てる壁面がまるく, てる士族たちで世, てる壯士の長き, てる売女に等しい, てる売店の上ん, てる売笑掃それがいつのまにか, てる変り者で深夜, てる変化に気づく, てるの夕, てる夕方洗いざらしの浴衣, てる夕日に慌しい, てる夕顔の花, てる夕食のごちそう, てる外人たちね, てる外光を点々, てる外国人にとってこうした, てる外國人には持つてない, てる外講中の誰彼, てる外部の障害, てる緒子は, てる多勢の思わぬ, てる多田は龍子, てる夜ふけです, てる夜具の上, てる夜具包や古, てる夜宴服をくしゃくしゃ, てる夜店の灯, てる夜気を吸い, てる夜警らの声, てる夢幻の郷, てる夢想家だと, てる大丈夫だ, てる大人物らしく振舞おうと, てる大仰な甘ったるい, てる大体次のよう, てる大勢の人, てる大半の女たち, てる大地とともに永遠, てる大型の烏, てる大奥様の遠縁, てる大学前の通り, てる大学新聞の座談会, てる大層くさくどこ, てる大工に探り, てる大帝もない, てる大望も知ってる, てる大木灰色の像, てる大杉は平気, てる大樹の肌, てる大気の上, てる大洗という文字, てる大洞さんのお, てる大物は何ん, てる大男腹をえぐられ, てる大砲の響き, てる大者これが座り込ん, てる大船の清水宏, てる大蛇の姿, てる大衆の一面, てる大辻にも柏, てる大野惣兵衞然う, てる大鏡包まれてる燭台, てる大阪があの, てる大隊の先頭, てる大電燈の光, てる大黒柱そういった気持, てる天ぷらなんてもの, てる天元社という出版所, てる天幕の外, てる太い低い鼻人の, てる太刀魚を尾, てる太田子爵の所有地, てる太郎を見る, てる太鼓腹が頭, てる夫人はその, てる夫婦者ですが, てる奇怪な妄想, てる奉公人じゃア, てる奔放な光子, てる女その他二三の人, てる女ぢやない, てる女ども天使と自ら, てる女の子だった, てる女らしかった, てる女中さんかい, てる女事務員の一部, てる女学校の先生, てる女学生どもであった, てる女将はなにか, てる女弟子たちは彼, てる女性的な魂, てる女神のよう, てる女編輯者の言葉, てる女車掌の背中, てる女連に取りかかる, てる奴どもから沢山, てる奴らみんなをな, てる奴ら背の高い, てる奴僕的な魂, てる青年だった, てる好奇心の的, てる如何なる女性よりも, てる如意を取っ, てるが一人, てる妓衆の証文, てるにでも逼, てる妾達のユーロップ・ホテル, てる姉さんのいう, てる姉ちゃんはあて, てる姉様がこの, てる姐樣こと寄せて, てる姦淫は不潔, てるの姿, てる姿二葉の写真, てる姿勢と同じ, てる威信論や名誉論, てる娘さんで, てる娘たちが失業, てる娘っ子に一々, てる娘達もあった, てるあさん, てる婦人たちのうち, てる嫌味なもの, てる嫖客などがでは, てる嬉しかったので, てる子どもの重, てる子供みたいだ快活, てる子供対手でなし, てる子供特有の方便, てる字体もところどころ, てる存在でリンピイ, てる孝行についてこんな, てる孤独な芸術家, てる学派もある, てる学生らであった, てるの紐, てる安さんが立ちどまっ, てる安全な火遊び, てる安宅先生の言葉, てる安御家人や浪人崩れ, てる安物市場のある, てる完成した凡庸さ, てる宗教的信念によって他人, てる官能と眼, てる定期刊行物見本テーブルは幾分, てるの概略, てる宝玉である, てるの方, てる実に沢山通ってる, てる実例を, てる実生活にたいする観察, てる実見者らの語る, てる実際こんなふうに何にも, てる客間の一組み, てる宣伝ビラの赤文字, てる家の子なの, てる家主は彼女, てる家具をも売り払い, てる家屋を建て直す, てる家持ちもいる, てる家族に同情, てる家業なら万更, てる家賃諸払い, てる家長の専有, てる容子がね, てる宿命を負う, てる宿料なしの, てる宿題です, てる寂然たる方面, てる寄生虫文学政治財政の投機師, てる密集した軍隊, てる富裕な善人, てる富豪の娘, てるそうな, てる寒がりの大地, てる寒月があ, てる寒空の一部, てる寛永寺の末寺, てる寝相の悪い, てる対話のリズム, てる寿司屋はなかなか, てる専門家の人々, てる将校らに声, てる将棋のよう, てる将棋会所の前, てる小さい円い水色の, てる小僧が出, てる小児がある, てる小唄を歌った, てる小女だ, てる小学校が将来, てる小屋へ千枝子, てる小役人でした, てる小林千代子来るすし, てる小牛は背中, てる小犬のよう, てる小皿の中, てる小説文体の基礎, てる小道の上, てる小間物屋の店先, てる少佐が一生懸命, てる少壮者流の眼中, てる少女荒木久子といふ花柳流, てる少女達を眺め, てる少年ガヴローシュであった, てる少年小説もしくは少年物語, てる尚武的な自由, てる屋台店のかたは, てる屋根の下, てる屋根並を眺めさせ, てる屋根裏からは太鼓, てる山の神に聞け, てる山岳のよう, てる山嶽歓喜してる空, てる山根さんの方, てる山田という男, てる山田朋子だった, てる山田清子のところ, てる山稜からは逆落し, てる岡本半助, てる岩壁の彼方, てる岩山の下, てる岩角に腰掛け, てるから煙, てる島々を見入る, てる島田をやりたかった, てる島田正吾ひょっくり現, てる之庚, てる崖地に撒かれる, てるである, てる川口もそんな, てる川口三郎自ら演出で道具, てる巡査がゐる, てる巡査さんが書付け, てる巡警をつきのけ, てる巡邏の騒がしい, てる工夫もない, てるの手の甲, てる巨人のよう, てる巨大な重み, てる巨船モラヴィアの食堂, てるは手前, てる己たちだってみんな海員, てる己ア方で異, てる巴里の大腿, てる市中が大, てる市会議員の家, てる市場町の下水道, てる市民らは白痴, てる市民兵で付き添われ, てる市郎に興味, てる市長にうやうやしく, てるをあつめはじめた, てる布片から驚き, てる帆布のよう, てる帝国式の版画, てる師弟の上, てるを平気, てる帰り花を見, てる常住の戦闘状態, てる干潮と満潮, てる平たい帽子を, てる平凡なこと, てる平和な市民, てる平洋商事会社はもともと, てる平田家からは蔵版書物, てる平野来り同じ, てる年上の亭主, てる年増芸者の面影, てる年月をうち, てる年長のピオニェール少年, てる幸坊だよ, てる幸子の顏, てる幸運のため, てるにところどころ, てるが空遠く, てる幻影である, てる幻惑に気づいた, てるな児, てる幼い思想については, てる幽霊だ, てる幾多の日, てる幾綴かの紙, てる広々とした, てる広地は縁日, てる広野たる人生, てる床の間の上, てる店中にはいっぱい, てる店先へあの, てる店舗のなか, てる店頭建築の意匠家, てる座布団と痩せた, てる庭園付きのその, てる庭番の負い, てる康平さんの方, てる廃墟に住む, てる廃墟バロック風の建物前面, てる廃物を拾い, てる廃頽した東ゴート, てる廊下の一部分, てる建造物といえ, てるが, てる引き出しの中, てる弟たちから足, てる弱い彼らを, てる弱気な悲観的, てる張一滄は港, てる張合もなく, てる張子の赤い, てる張金田が肥え太った, てる強い調子で, てる強壮な官能, てる弾薬を取っ, てる当りまへ, てる当人のつまらない, てる形式をくり返す, てる彫像のよう, てる彫像それの魂, てる影街路に響く, てる役者たちに耳, てる往来を過ぎ, てるの彼方, てる律動や楽句, てる律義な職人, てる後ろから私, てる後姿が何となく, てる後者にもやはり, てるの彼方, てる従兄が入っ, てる従姉の家, てる従順な羊, てる御願祈べ, てる御飯をついで, てる賤な, てる微温湯をさした, てる微笑の皮肉さ, てる徽章を見せた, てる心境こそは一度, てる心夢に満, てる心悲哀欠乏薄命汚れたるただ, てる心理それらの渦巻, てる心身ともに肥え太った, てる忙しさは, てる応接室の扉, てる応接間で何時間他所行き, てる忠実なる弟子ら, てる快活で親切懇篤, てる快活さ彫刻のよう, てる怖い人が, てる思念をいだい, てる思想家なの, てる怠け者の學校, てるな白い, てる急湍がある, てる性格と言え, てる怨恨よりもルイザ, てる怪人物をごらん, てる怪物のよう, てる怪物あちらこちらに思い, てる怯懦やゲルマン的忠義心, てる恋愛観っていうもの, てる恐ろしさだ, てる恒吉の耳, てる恒星から落ち, てるを聞きとった, てる息子どもが民族, てる息杖を打払い, てる息苦しい屋根裏と, てる悟りすました遠い, てる悦びを歌う, てる悩ましい身体を, てるのこと, てる悪人どもに少し, てる悪口をくり返し, てる悪意のため, てる悪者は執拗, てる悪者どもとの賤, てる悪鬼のよう, てる悲劇なんぞやめっちまえ, てる悲壮な画面, てる悲観的理想主義の同じ, てる情勢を批判, てる情緒があり, てる惣領が長い, てる愉快な少年少女ら, てる愉悦よりもむしろ, てるだ, てる意力ほど人, てる意地悪い眼, てる意志でようやく, てる意義というもの, てる意見どおりにフランス人, てる愚劣な作家ら, てる愚物ではない, てる愛国的記念塔の前, てる愛子こそ酔っ払ってる, てる愛猫が食いたい, てる愛着とが一緒, てる感じ東京の三分の二位, てる感傷なの, てる感傷的な浮, てる感動や自分, てる感性で以, てる憂愁がことごとく, てる憔悴したその, てる憲兵の一隊, てる懐かしい思い出な, てる懺悔室における若き, てる成金の息子連中, てる我々ふらふらと, てる我が兒の, てる我一座を小さく, てる我楽多の瀬戸物, てる戦争をそこで, てる戦列歩兵の分隊, てる戦友どもであった, てる戯曲家は自分, てる戯画で下, てる戰利もたらして, てる戰將を走らし, てる戸口の鍵きり, てる戸外の光, てる戸外運動家だった, てる所為か其顔, てる所爲ぢやあんめ, てる所謂清浄な人々, てる扉羽目板の釘, てる手あいがある, てる手の甲でその, てる手エ次第に冷め, てる手エ振り合いながら薬, てる手付が眼, てる手代は位地, てる手前っていうわけ, てる手合いは世間ざら, てる手帳を退け, てる手引人としての仕事, てる手拭だと, てる手指とに昔, てる手提げ受け取って, てる手提鞄をぼろ屑, てる手法である, てる手燭の訝し, てる手袋を見せ, てる手間で隣家, てる手頸しっかり握りしめた, てる手首から指先, てる才能にひどく, てる打撃を受けず, てる批評家などばかりだった, てる技師がゐる, てる技術家だよ, てる抑圧された反抗心, てる投書受箱へ入れ, てる抱擁から身, てる抽出し開けて, てる抽斗が鍵, てるそして円く, てる指輪の意味, てる按摩の小僧さん, てる振りしてるの, てる振動のよう, てる挿画に見とれる, てる捏粉を包丁, てるの所, てる排他的な愛情, てる掘割の水面, てる掛時計の音, てる接待係なんていや, てる控え室に寝, てる提灯の方, てる揚げ手を支配, てる揶揄にたいする憤懣, てる撃剣の先生, てる撫で肩のその, てる支那インテリ青年は多かろ, てる支那人の團體的行動, てる支那公だな, てる支那料理やねんけど, てる政治界においてもまたは, てる政治的野心の余燼等, てる政治色彩の一つ, てる敏子さんがお, てる敏腕家だった, てる敗北した人々, てる敗徳者もある, てる教会と法律, てる教育ある若い, てる教訓を知らない, てる敬愛を多少, てるだけでも日, てる数人の善良, てる数個の貨幣, てる数多の糸, てる数学にこんな, てる数本の強い, てる数行を変, てる敷島の袋, てる敷石の床, てる文句に頭, てる文士たち互に知り合い, てる文字を一つ一つ, てる文学者やその, てる文学者らの実例, てる文書や記念物, てる文章は大正十四年, てる料理のこと, てる料理屋も上海, てるを持った, てる断層のよう, てる断髪洋装の女, てるうや, てる新居格君の説, てる新式の化粧台, てる新曲の創作, てる新派の英太郎, てる新聞売店の屋体, てる新聞社長を彼女, てる方々のこと, てる方向を辿っ, てる方術秘伝も多い, てる旅人がある, てる旅行をもなし得る, てる旅行者である, てる旅館があります, てる旗亭の主人, てる日曜日に金使い, てる日本語を故意, てる日本髪の少女, てる日焼けのした, てる日脚のよう, てる日蓮の説法, てる日雇いの出入り, てる旦那がある, てる旧いものは, てる旧約書の一部, てるをほのめかした, てる早老の禿げかかり, てる明ちゃんがああ, てる明るい電燈勘定場の, てる明るみがぼ, てる明晰冷静な雄々しい, てる昔ながらの崖, てる星てるふたりの額, てる星田と云う, てる星辰の世界, てる星野家へ下宿, てるのよう, てる春子さんの気持, てる春秋長き行末, てる時うつかり僕, てる時すべて人生は意味, てる時ほかのこと, てる時クリストフは河岸通り, てる時スウと襖, てる時ポケットやカバン, てる時マリユスの上, てる時一番面白いよ, てる時一陣の風, てる時世界は意味, てる時仏印へ私, てる時会社で執務, てる時保子の前, てる時僕は蝋燭, てる時光子があまり, てる時公園の入口, てる時其他いろんな時, てる時其處の襖, てる時分お仙が二階, てる時分茂之助さんが大金, てる時前を歩い, てる時君枝はちょっと, てる時大学生は引越し, てる時大海を見渡してる, てる時女のむっくり, てる時庭の蟻, てる時彼女を選んだ, てる時心の中, てる時扉を開い, てる時時間だと, てる時暗夜のさなか, てる時期ぢやない, てる時木下は始め, てる時此の部屋, てる時沢子は急, てる時灰色の目, てる時物好きにその, てる時珠緒の奴, てる時節だからなあ, てる時縁側に寝転ん, てる時羊のカレー料理, てる時背中に雪, てる時計屋もある, てる時途端ガラツと格子戸, てる時道で同じ, てる時間表や地図, てる時階段を上りかけてる, てる時電車と車掌, てる時高村軍曹はふと, てる晋吉があんなに, てる普通車を通り, てる景蔵さんや香蔵さん, てる晴々とした, てる晴朗な夜, てる晴耕雨読の額, てる智恵子が, てる暇さへなく, てる暇人は気の毒, てる暑い頃の, てるい日, てる暖炉の煙筒, てる暗室だった, てる暗闇の中, てる暴動は政府, てるまたも, てる曲り角まで来ました, てる曲物の柄杓, てる更紗の布団, てる書き物は, てる書付の方, てる書店の名, てる書生さんがいる, てる書画のこと, てる書籍で君, てる最下級の安物, てる最中これがフランス語, てる最中不意の客来, てる最初の愛情, てる月桂樹と柘榴, てる月波風吹きて, てる月琴は, てる月給袋というもの, てる有助には大層, てる有様を巨細, てる有毒な植物, てる朋輩の一人, てるの下, てるかな子供たち, てる朗らかな楽, てる望みはなくなった, てるでもそう, てる朝日支局の北野君, てる朦朧とした, てる木々の濡れた, てる木の実や苔, てる木の根につまずき, てる木下の顔, てる木彫の百姓, てる木片器具の毀れ, てる木蓮の方, てる木谷の顔, てる木陰のない, てる未知の芸術, てる未見の友人ら, てるの子供達, てる末流の詩的修辞家ら, てるもある, てる本体は何, てる本屋なんぞはもう, てる本当に愛してるね, てる本所の故, てる本来の感じ, てる本陣を待つ, てる札売場のそば, てる札束を賭博, てるった板塀, てる杉夫つう人に対する自分, てる材料出来得べくんば, てる村落は人, てる東国の社, てる松岡緑芽の挿画, てる松明の火, てる松木娘をおどかしつけ, てる松木碌に誰, てる板場の方, てる板塀や石壁, てるやオリヴィエ, てる枕元で青六, てる果物畑は, てる枯木も交, てる枯枝の上, てる枯草の島, てる枯菊が切な, てる架空的な女丈夫, てるでないよう, てる柏等を帰し, てる塗料株式会社が, てる某氏にも頼ん, てる柔和な彼女, てるにしばしば, てる柿の木やの樹かげ, てる柿沼の顔, てる柿沼治郎の姿, てるや落葉松, てる栗毛の馬, てる校正の仕事, てるはフイ, てる根っ子でえらく, てる根本から新, てる格別目新らしくも, てる格好に組み合され, てる格子の外, てる格子細工が残っ, てる桑野は屡々, てる桜井なにがし, てる桝形の間, てるの下, てる梅子の眼, てる梅花を眺むる時, てる梅葉姐さんから熱海, てるの学校, てる梨の木などがある, てる梯子の上, てる棕櫚の風情, てる森木国松っていう被告人, てる森森の裾, てる植物が變つて, てる植込の枝下, てる椿岳の水彩, てるの小, てる楢林あたりまでを写し, てる極東やまたは, てる極端な遠慮さ, てる楽しい思い出地面に, てる楽しみを分かとう, てる楽匠らについて顰蹙, てる楽匠モーツァルベートーヴェンレーヴェシューベルトブラームスなど, てる楽句の中, てる楽天家のポエジイ, てる楽節にたいして彼女, てる楽長の娘, てるの木影, てるよ兵士ら, てる槍騎兵がひとり, てる様子姉は棕梠箒, てる標石に腰, てる模糊たる存在, てる樣ぢやなく, てる樣子が見えた, てる権力の濫用, てるを彼女, てる横丁や並み木, てる横光利一の気持, てる横手の町角, てる横田氏の夫人, てる横町に結び, てる横通りの壁, てる横額のぴりぴり, てる横顏を見た, てる横顔が思いがけなく, てるの木立, てる樵夫のよう, てる樹幹が幾つ, てる樹蔭に黄色い, てるを渡る, てる橋本を其処, てる橋番の前, てる橙樹の鉢植え, てる機會を與, てる檜山の前, てる櫻花の下, てる欄干によりかかっ, てるの枝, てる次第ぢやない, てる欲望や懸念, てる欺瞞だった, てる歌唱の快楽, てる歌手をなだめる, てる歌曲は卑猥, てる歌謡を歌った, てる正しい恨みは, てる此奴が大崎, てる此輩アいい迷惑, てる武力の顎, てる武右衛門の頸部, てる武器の装飾, てる武田自身が形, てる歩哨から見られ, てる歯並を見せ, てる歯磨を升, てる歯車みたいだね, てる死体がずらりと, てる死神のタイピスト, てる死者もある, てる殊勝な姿, てる残りの暴徒ら, てる段々は鉛筆, てる段梯子に通じ, てる殺害や強姦, てる母親それらは恐るべき, てる毒つてえの, てる毒ガス演習の実写, てる毒虫のよう, てる比類稀なる砂, てるなら随分, てる毛布をみなあなた, てる毛条を見, てる毛深い胸を, てるの本, てる民衆それに思い, てる民衆らにはその, てる民衆併合の企て, てる民衆自身がボルシェヴィキー, てる民話には沈黙, てる気の毒ながら午後, てる気もち色々と, てる気イして, てる気力がなかっ, てる気味があり, てる気性の荒々しい, てる気遣いもなかろう, てる気配きりで空, てる気風もとよ子, てる気魄そういう気魄, てる水の上で苦しむ, てる水夫たちはもう, てる水形模様を見せ, てる水甕を少しく, てる水田は実に, てる水蜜桃ほど甘味, てる水銀ようにとろり, てる水飴屋の親仁, てる氷嚢にそっと, てる永井さんをそのまま, てる永遠の戦い, てるだった, てるを吸った, てるない宿屋, てる汚い見苦しい一種の, てる汚点である, てる汝母親は悪党, てる江川劇場で僕, てる江戸見物に行った, てる沈鬱な魂, てる沖繩生れの女中, てるに同じ, てる沢子一人がぽつりぽつり, てる河原に立っ, てる河辺喜美夫その旧, てる河野の様子, てる河馬が時々, てるのよう, てる油断の隙間, てるに一つ一つ, てる沼沢地方や極地, てる沼澤地方ではかない, てる沼田英吉の顔色, てる沿岸の漁夫, てるの水, てる泉さんのところ, てるはない, てる波多野洋介の謂わ, てる波打際をさ, てる波田との間, てるが一杯, てる泥土の中, てる洋介に呼びかけ, てる洋封筒へ吉岡, てる洋服の男, てる洋物小売部の店, てる洋画の風景, てる洋館がありました, てる洒落者が街路, てる洗い場の前, てる洗濯女の杵音, てる洗面器からは盛ん, てる洞穴も見たい, てる洲崎の下, てる活力一時の主, てる活動が他, てる流星だ, てる流浪の者, てる流行おくれの, てる浅間山の横手, てる浅黒い顔の, てる浮標が赤い, てる浮気娘をも見た, てる浴室にそつ, てる海岸線のその, てる海底の藻, てる海苔の肌, てる海軍大臣戦争の恐怖, てる海軍造船所へ伴, てる海面に黒一点, てる消防工兵は常に, てるしない平野, てる液体がどこ, てる涼しそうな, てる涼しいのなどを, てる淀みのなか, てる淮河の治水工事, てる深刻なるその, てる深淵の岸, てる深田にいない, てる深見重左衛門この髯, てる深谷という男, てる混乱の仕事, てる清さんがわたくし, てる清らかな朝日, てる清元気よし, てる清楚な家, てる清水の幻想, てる清流が市街地, てる清浄によって娼婦, てる清浄潔白な外観, てる清涼茶の赤い, てる渋いところ, てる渓流に出る, てる渡辺や杉, てる渡辺篤をひっぱたいた, てる渡辺龍聖君なぞと同, てる渦巻きのうなり, てる温い息が, てる温情の虚偽, てる湖月へ少し, てる湖水に恐らく, てる満腹した動物, てる満足するが, てる溌溂とした, てる源吉のやつ, てる準備が出来, てる漁夫は海螢, てる漁業会社へ一ルーブル十八銭, てる演説の梗概, てる澄子へ叱りつける, てる激しい神経痛破壊にたいする, てる激越なこの, てる瀬川の様, てる瀬戸の伯父, てる瀬戸内海である, てる火宅のよう, てる火體蟲は四種, てる灯火であった, てると塵芥, てる灰皿の破片, てる災厄の犠牲, てるの音, てる炬火の反映, てる炬燵によりかかる, てる為めにも一つ, てるがきれ, てる無名孤独な芸術家, てる無惨な姿, てる無意識的な危険, てる無愛想な人々, てる無政府主義であった, てる無期徒刑囚だった, てる無気力な動物, てる無気味なランプ, てる無益なる存在者, てる無秩序そのものの古河LISBOA, てる無線通信に成功, てる無血革命そのものには大した, てる無言の所作, てる無謀な新しい, てる無頼漢だ何, てる焼跡を眺め, てる煙突ぎらぎら光ってる, てるや血, てる熔礦炉を中心, てる熱い信念の, てる熱心な際, てる熱性混迷のしだいに, てる熱情と利害, てる熱情的な大きな, てる熱烈な感激, てる熱狂的な想像力, てる熱病患者に似, てるゆる荊, てる燕尾服を指, てる燕麦の袋, てる燦然たる時代, てる燭台または変, てる燼木杭を殴った, てるでもある, てるを振向いた, てる爺さん婆さんがあつ, てるかな明るみ, てる片岡山に飯, てる片手を彼, てる牛商人のこと, てる牝牛の群れ, てる牝鶏が雛, てる牡丹の花, てる牧童の歌, てる牧野周一等と行き, てる物体でまだ, てる物質も隙間だらけ, てる物音が否, てる特殊な事, てる犬猫のよう, てるにてはたと, てる狂人は二人分, てる狂信家をそっと, てる狐狼の, てる狙撃国民兵らは煙, てる狡猾児にすぎなかった, てるに慣れたる, てる独り者だった, てる独創の才, てる独立せる人々, てる独逸人の紹介, てる狼狽した市民, てる猜疑心などにすぎなかった, てる猟師の踵, てる猟銃だもの, てる猪口を右, てる獅噛火鉢を担ぎ出し, てるを見よう, てる元禅師, てる玄関の戸, てる率直な憧憬, てる王笏だ, てる玩具を一つ一つ, てる玩具屋だった, てる玻璃宮の中, てるらしくも, てる現今社員は不足, てる現代のユダヤ主義, てる現代社会に関する事柄, てる現実そのものがすばらしく, てる現行を見張り, てる現象の一つ, てる理屈をいう, てる理想主義の巨大, てる理髪店の前, てる瓜畑の鐘形, てる根を, てる甘いヨウカン二本手に, てる甚兵衛を縛りあげ, てる生き胆を取る, てる生徒であった, てる生木でしたならば, てる生気のない, てる用人仲間などの物音, てる用心深い老人, てるのへり, てる田代さんもやはり, てる田舎娘それらを思い出させる, てる由ここはだから, てる由千謝万謝にたえない, てる由支配人宛にそんな, てる由朝食せず早速, てる由渡辺のとこ, てる由結局そんなこと, てる甲李のこと, てる男たちは殆, てる男どもの方, てる男みずからも苦しん, てる男中はうす暗く, てる男爵および男爵夫人, てる町家に交っ, てるの中, てる画像二十年以上も相, てる画家があった, てる画家たちの真似, てる画集や雑誌, てる畑地が目下, てるから各, てる留守に葉子さん, てる畜生なん, てるなんか住宅, てる番人が入口, てる番茶を二三杯, てる番頭格の山口, てる畫像二十年以上も相, てる異国人めいた風貌, てる異国風景を外国映画, てる異教的悦楽の情, てるの上, てる疑いもある, てる病人らの間, てる病室内の空気, てる病床の夢想, てる病弱なオリヴィエ, てる病氣ではない, てる病身でい, てる病院を見舞った, てる瘠せた小さい男, てる癇癪もちの俗輩, てる癌研究所へ見舞, てる発想の論理, てる発言権なしのね, てる白いうす赤い卵や, てる白刄を一心に, てる白堊の本堂, てる白壁の上, てる白御影石の小さな, てる白猫と両者, てる白痴のよう, てる白系ロシア人のブローカー, てる白雲のよう, てる白髭より猫, てる百十フランの手形, てる百名近くの社員, てる百姓たちからは事, てる百姓女のよう, てる百姓家の背戸, てる百方長者と同様, てるな嘘, てる皆さんにもさっぱり, てる皇帝があった, てるの金入れ, てる皮肉な笑い, てる皮膚その二つ, てるの中, てるには菓子鉢, てる盗賊だった, てる盗賊め何かわけ, てるいたよう, てる直接のポエヂイ, てる直木三十五もさぞ, てる相当な服装, てる相当年配の紳士, てる看護婦の存在, てる真っ白な歯列, てる真暗な円天井, てる真珠の指環, てる真直な通り, てる真黒な物影, てる真黒く日に, てる眩いばかりの楽句, てる眺めやはすべて詩, てる眼のんきなかわいい, てる眼人を軽んずる, てる眼先の太い, てる眼前の廃虚, てる眼眸だ, てる眼鏡のふち, てる瞑想的な羊, てるなどを思出, てる矢先へ野芹川, てる矢杉は或, てるつてる, てる知事の嬢さん, てる知人から三千円, てる知力ある人々, てる知恵をつけた, てる知者だった, てる知能をもっ, てる石ころ路をたった, てる石南花の茂み, てる石地蔵のよう, てる石塊のよう, てる石屋さんで兵隊, てる石盤屋根の尖塔, てる石笛は, てる砂原だ, てる砂浜がずーっと, てる破れ巣の横糸, てる破壊の力, てる破滅を避ける, てる硝子戸の隙間, てる硝子窓からは黄色い, てる硝子越しに垣間見る, てる硫黄泉のドン, てる硬い弾力の, てる碧空にくっきり, てる礎石に依っ, てるに俵別荘, てる礼子なら皮肉, てる社主の推薦, てる社交家で本業, てる社交界の魅惑的, てる社交的夜会に行きかけ, てる社交裡の若い, てる社会主義の新聞, てる社会的連繋と義務, てる社会道徳の名, てる社員でっけどな, てる社長のところ, てる神保町筋の今川小路, てる神様はもちろん, てる神田のバー, てる神秘的な印象, てる神聖トリニティの尖塔, てる禎輔の顔, てる私たちが身, てる私みたいなもの, てる私許ばかりだ, てるの樹木, てる科學的算出法などは非常, てる科目は綱領, てる秘仏がある, てる秘密を享楽, てる秘書主任三宅弘子のところ, てる程シンミになっ, てる程取柄のない, てる程度何しろ五百, てる種子姉が秋, てる稲田の中, てるで従弟, てる空しい生命だった, てる空人間の獅子, てる空地のうち, てる空家一件のこと, てる空寂の境地, てる穽みたいな崖, てる突然頭部に, てる窈窕たる処女, てる窓掛を両手, てる窓際其他凡そ人の身, てるの薪木, てる立ち姿が肩, てる立像のよう, てる竜川守膳という漢学者, てるが気合相搏, てる童貞の心, てる竪琴を取巻いてる, てる端麗静観の芸術, てる竹中さんはたしかに, てる竹内の顔, てる竹田の山川画, てる笑いだった, てる笑い方だ, てるか知ら, てる笠森おせんの爪, てる笠間先生ねあたしたち, てる筈ぢやあないか, てる筈俺のむかし, てるで二つ, てる筋これがずっと, てる策略だった, てる箇所はズツ, てる箪笥覆いのし, てるの如し, てるもあり, てる節々が実に, てる節穴ばかりのぞい, てる範囲内の縁故, てる篝火の中, てる篠田先生の方, てる篠竹の粗ら, てる簡単な律動, てる簡素な感じ, てる籠一つ謝肉祭用の炬火二, てるの幽霊, てる米友さんはたしかに, てる粗末な家, てる粗野な力, てる精神上の偉大さ, てる精神力と公民, てる精神的伝染病に自分, てる精神的偉人らを君, てる精霊なの, てる糸口をついに, てる糸屑一本持って, てる糸的が少く, てる紅葉かな, てる納戸部屋が一つ, てるでありましたの, てる紙入も所持, てる紙入れがまた, てる紙幣をぼんやり, てる紙袋を取っ, てる紙面を見, てる素封家の子息, てる素材は支那, てる素足の土人, てる細い柔らかい手を, てる細工をし, てる細菌か内臓, てる細長い顔に, てる紹介が新しい, てるのかげ, てる経済界だもの, てる経験でもないだろう, てる給料を自分, てる絶え間のない長い, てる絶壁がある, てる絹ハンケチいつも加減, てる継続問題ぢやありません, てる続き物の, てる綾子の顔, てる綿雲を見い見い, てる緑雨の車夫, てる線路の輻輳, てるからしみ出す, てる縁側で私たち, てる縦隊である, てる繩暖簾の小さな, てる罪悪を尋問, てる罪証物件を指, てるだ, てる羅針盤だ, てる羅馬皮に金ぴか, てる羊どもなどを観察, てる美しい強い両手それから, てる美人と隣合っ, てる美辞麗句と精神的隷属, てる群れが現われた, てる群像がある, てる群島島々その狂, てる群羊と, てる義足は矢張り道具, てる習慣がつい, てる老人どもはそれ, てる老兵である憲兵, てる老司祭または停車場, てる老婢が最後, てる老爺と座し, てる老若の世界, てる老衰した姿, てる考えのすべて, てる耄碌した貴族ども, てる者それ等が話し合っ, てる者みたいだ, てる者何処へ行く, てる者共は君, てる者太鼓を叩いてる, てる者妹を持ってる, てる者弁当を食べはじめ, てる者旗をさし出してる, てる者槍を横たえてる, てる者浮浪人無頼漢街頭の放浪者, てる者火口を眺めてる, てる者眉根をきっと, てる者跣足のまま, てる者鉾を突いてる, てる者髪を振乱してる, てる耕作法改良の指導, てる耳朶の下, てる聖クリストフの像, てる聴講者の群, てる職工らは彼, てる職業ですから, てる肉屋の上さん, てる肉汁食ひの, てる肉眼的なまた, てる肋骨折れ曲ってる四肢, てる肝心のふらん, てる股引がイヤ, てる肥沃のプチーエー, てる肩つぎのある, てるを右左, てるの高い, てる背広をつけた, てる胴体皮膚が焼け爛れてる, てる胸当て目の所, てる胸甲身に帶びつ, てる脇息のそば, てる脚本だ, てる脚本以上に人, てるの間, てる脳味噌ばかりは, てる脳天は日, てる腕白小僧は, てる腕馬鹿に大きな, てる腰窓から窺っ, てるが見て取られ, てる腹心の人, てる膝頭をやけに, てるや歩く, てるも脛, てる臣下としてフランス, てる臨時雇いの, てる自作の風景画, てる自分メルキオルとの肖像, てる自家の者, てる自尊心を躍りたたせた, てる自己催眠の方法, てる自若たる様子, てる自転車がついた, てる舁夫の利腕, てる與吉の頭, てるの音, てる舗道の上, てる船宿はない, てる艦隊を強襲, てる良人を見棄てた, てる良心というもの, てる良識と実際, てる色んなものに, てる色白な温容, てるやかな髪, てる艶事の話, てるの穗, てるの上, てる芝田さんが目, てるを持っ, てる花ぐもりの水平線, てる花やかな画, てる花魁と番頭新造, てる芸妓がある, てる芸妓仲間では往来, てる芸者どうしの饒舌, てる芸術上の腐敗, てる芸術家たちが臆病, てる芸術家らがドイツ, てる芸術界においてもみなそう, てる苅麥に, てるまでが私, てる苔桃類の叢, てる苛酷な行為, てる若き精神でも, てる若宮君は一人もの, てる若干のりっぱ, てる若芽の生長, てる苦力がある, てる苦学生だろう, てる茅屋が三十四万六千戸, てるや枯れ葉, てるから這入つた, てるつ株, てる草たちをかはいさう, てる草乾燥した大通り, てる草津旧街道, てる荒れ地を横ぎっていった, てる荒蕪地のまん中, てる荷馬車の上, てる荷馬車ひきが一人, てる莫迦な奴, てる菊池君夫妻を訪ねる, てる菊池親子とこの, てる菓子屋へ這入った, てる菜畑も見え, てる華岡医師への乙女, てる落ち着きなどはジャックリーヌ, てる葉子の顔, てる著作を自分, てる著作者かつて強健, てる葛籠を幾つ, てる葡萄棚の中, てる葡萄酒はアルコール分, てるの葉, てる蒲団や書物, てる蒼生子がひとり, てる蒼白い夜の, てる蓄音器芸術や政治, てるの台, てる蓮鉢の中, てる蔑視的な懐疑説, てるにそれ, てる蕎麦屋がありました, てるの葉, てる薄曇りの昼間, てる薬指をしなやか, てる藤棚などをよく, てる藩役人は狡策, てる蘇州の東呉大学, てるの門, てる虐殺の暴風, てる虚偽のため, てるの声, てる虫けらがおよそ, てるだ, てるのうち, てるのそば, てる蛭ども貴様らを取り除ける, てる蛮人らを煌々, てるの群, てる蜃気楼のよう, てる蜘蛛の巣, てる蜜柑を取る, てる蜜蜂何をする, てるの声, てる蝙蝠が籠, てる蝸牛よ, てる蝸牛それだけを拡大鏡的, てる蝸虫よ, てる螺旋形の木, てる蟋蟀野郎の癖, てるがもし, てる蟻共が驚き, てる血液の鼓動, てる血潮や吹きつける, てる衆人の足先, てる行動も知ってる, てる行動人である, てる行商人の一人, てる行徳の方, てる行李の角, てる行来出入りに顔見知り, てる行田とはいつも, てるなん, てる街路泥だらけの通路, てるを脱いだ, てる衣服まで自分, てる衣服部屋の衣桁, てる衣装を着せた, てる衣類も其他すべて, てる表手の庭, てる表面に煙, てるへ寄っ, てる袋物屋がある, てる裏口からこっそり, てる補助の防寨, てる裳衣を腰, てるの腕, てる裸体のまっ白, てる裸木なので, てる製作品にまで差押, てるを器用, てる褐色の眼, てるの中, てるの間, てる襟足そして何, てる西の空, てる西宮だ, てる西欧の音楽, てる西洋海棠に水, てる要点だけを話し, てる覆いのある, てる覆面をはぎ取ってる, てる見たいだな, てる見事なモスク, てる覚えはない, てる覚え帳を見, てる親しみ深い小さな, てる親たちまで今日, てる親分もゐる, てる親切な顔, てる親戚の家, てる親父さあね, てる観客を見る, てる観念はなお, てる角兵衛獅子どもはいく, てる言語でおのれ, てる記事を読む, てる記者に君, てる記録を開い, てるでせう, てる訣ぢやな, てるりだ, てる証人らの三列, てる証左である, てる評論を読む, てる評論家だし, てるってみてる, てる試練を受け, てる試験の課題, てる詩書の如く, てる話ぢやない, てる話題の興味, てる誤りじゃない, てるれでも, てる誰それというよう, てる調子でした, てる論争を見, てる民族を, てる諸々の神秘, てる諸君よ僕, てる諸方の古い, てる講師達がどうして, てる謹直な教師, てる證據にも見えた, てる警察の秘密訓令, てる警護兵の陰鬱, てる警部の声, てるである, てる議論の一つ, てる谷あいを通り抜け, てる谷口君に後, てる谷口家の六畳, てる豊かな菜園, てる豪い新聞記者に, てるや石, てる貝殼を叩き破っ, てる負債を返す, てる貧乏人がどれ, てる貧富の人々, てる貧民連中なんかせめて, てる責任のため, てる貴女とお話, てる貴婦人たちそれから歯並み, てる貴方の躯, てる貴族の若い, てる貴族的傲慢さにも充ち満ち, てる資本が何, てる資格がない, てるかな廊下, てる賛歌をエッケ, てる賢者かである, てるしい小娘, てる質屋への利払い, てる贈賄や収賄, てるぶくれの, てる赤とんぼを見つける, てる赤ら顔の豪傑, てる赤ら顔眼鏡の奥, てる赤ン坊をあやします, てる赤土の猫, てる赤子を, てる赤毛の猫, てる赤毛布ばかりじゃない, てる赤汽缶のかげ, てる赤羽が金色, てる赤裸な野人, てる起ち上つて是則の, てるのうち, てる趣味家ばっかり集っ, てる足先で地面, てる足場を伝っ, てる足指の子供, てる足音だけは聞こえ, てる跛者の老人, てるもなく, てる身ぢやありません, てる身振りをした, てる身振り人形のピエロ, てる身長がほぼ, てる車夫に讚め, てる車輪それらのもの, てる軍事教官道楽的な将校, てる軍曹の弾薬, てる軒灯で示され, てる軒燈の灯, てる軒窓の前, てる軒端がゆらゆら, てる輿論を圧迫, てる轢断された足先, てる轢死人の死体, てる辛い気持ちと, てる辰代と火鉢, てるしめられ傷つけられたフランス, てるならまだ, てる農夫アルコール地方にたいして反抗, てる農家に彈丸, てる農民のところ, てる辷つてゐる, てるだよ, てる近くの屋根, てる近代のプロメテウス, てる近代人の俤, てる近代式の建物, てる近県の小, てる近眼鏡のその, てる返事をしてやる, てるも国, てる迦陵頻伽と云, てる迫持を見た, てるんだし, てる退屈なインキ壺, てる逃走者らは自分ら, てるの文字, てる通りあんで居, てる通りきょうだいというもの, てる通りぢやから, てる通りエジプト煙草を喫, てる通り丁度十三人の子供, てる通り人の留守番, てる通り今朝ッからどの, てる通り僕たちの文化会議, てる通り唯に形其, てる通り孫の花嫁, てる通り家の母様, てる通り己は仲間, てる通り徳蔵はこの, てる通り本堂があっ, てる通り正太の父親さん, てる通り此の暮, てる通り武家のイザコザ, てる通り母君が死去, てる通り理性と感情, てる通り蓮華寺とは彼様いふ訳, てる通り近頃はまるで, てる通り重大だと, てる通り餘裕のある, てる通り鳩つかいは, てる通行人の真ん中, てる連続ならびに対照, てる進歩を暗黒, てる逸楽的な自殺, てる遊びの一つ, てる遊廓地帶だ, てる運動のこと, てる運命的なもの, てる運河が白楊樹, てる過度の流行, てるがなかつた, てる道子を見出し, てる道徳を実地, てる遠い恋人であり, てる遠景を眺め入った, てる適宜な用語, てる遺骨の箱, てる郊外の野, てる郊外国民兵の縦隊, てる部屋らしかつたの, てる部屋住で自分, てる部落などもある, てる郷士の伜, てる都市それは観賞, てる酸味のもの, てる面を, てる醜い彼女の, てる醜い重苦しい肉塊の, てる里見という女, てるな事柄, てる重い子供を, てる重吉は犯人, てる重荷のこと, てるの友, てる野上彰君から多少, てる野原野原のまん中, てる野崎さんに頼む, てる野牛だ, てる野猪も鹿, てる野獣のよう, てる野菜についてです, てる野薔薇の一枝, てる野蛮だと, てる野蜂の集団, てる野郎ぞっきでげ, てる金みんなだせ, てる金之助を當, てる金入れとを持っ, てる金属であった, てる金持の馬鹿者ども, てる金指輪を見付けた, てる金歯そして鼻, てる金無垢の海音如来, てる金色の子供, てる金褐色の幹, てる金語楼などの吉本爆笑大会, てる金貨である, てる金銀の宝物, てる金髪を眺めた, てる金魚を憐れむ, てる金魚麩のよう, てると出会い, てる針ガネだから, てる釣師もあるです, てる鉄管から清水, てる鉄製の病院用寝台, てる鉄道だった, てる鉄鋲を打った, てる鉄門のそば, てる鉛筆を示した, てるに注ぎかける, てる鉢内部には明らか, てるのぬい, てる銀座へ出, てる銀杏の葉, てる銅像をあの, てる銅義ってえ半, てるに機械的, てる銘仙の着物, てる銚子を背広, てるを返し, てる鋼色の沈黙, てる鋼鉄が或は, てるで隣, てる鍵束のがちゃ, てる鍵番と低く, てる鍵盤の上, てる鏡台の鏡, てるのよう, てる鐵瓶の中, てる鑄造機を造り, てる髯の, てる長い低いこわれかけた壁, てる長い狭い舗石の, てる長たらしい語位転換と, てる長めの頬髯, てる長女とその, てる長男の洋太郎, てる長髪とになんだか, てるの綱, てる門生で原稿引当て, てるかな眼, てる間うしろに隠れてる, てる間おれの珈琲, てる間これを可愛がっ, てる間そこに居合わせた, てる間つるが一寸, てる間ひとりの男, てる間ふたりの小さな, てる間ズツと私, てる間ミンナがいない, てる間丈け娑婆, てる間中どうしても物, てる間中ただの一度, てる間中江はその, てる間二人は遊ん, てる間五番目の男, てる間何かをし, てる間俺はこんな, てる間僕の側, てる間其女は振向い, てる間向うもじっと, てる間周夫妻は目配せ, てる間唇を少し, てる間坪井はそこ, てる間少年は私, てる間根気よく小布施, てる間死骸のよう, てる間母は殆, てる間毎日五十円ずつやる, てる間沢子は勿論, てる間海へ近づく, てる間産婆は残っ, てる間祈りをし, てる間私達には其処, てる間秣槽のそば, てる間綾子は同じ, てる間縞ネクタイは足, てる間義雄ははしご, てる間興味よりはむしろ, てる間芸術家は欲望, てる間謀をま, てる間陰鬱に黙り込ん, てる間雷鳴はとどろい, てる間頭一つ動かさず殉教者, てる間高木はステッキ, てる関係上事実はかえって, てる関西流の小料理屋, てる闘牛士の数人, てる阿媽がいた, てる限り人道主義や民主主義, てる限り即答出来るよ, てる限り日本に真, てる限り軍人が人, てる陪審制度論の根柢, てる陰影のこと, てる陰毛をぬい, てる陰険な罠, てる陳慧君将来特異な才能, てる陳説ならなおさら, てる陶器研究というの, てる陸軍大臣造兵職工らを反乱, てる陸軍省の安価, てるからは右手, てる隆ちゃんねあれ, てる階下の広間, てる階段左右二つの迫持, てる障子のところ, てる隠れたる力, てる隣室に起こった, てる隣家の女房, てるはときどきさつと, てる雁金八郎は恐らく, てる雄々しい夫, てる雄壮な葉, てる雄大な連峰, てる集合もあっ, てる集合溝渠にまっすぐ, てる雑草が冬枯れ, てる雨声を破り, てる雨戸覆いのし, てる雨滴を払い落した, てる雪駄だよ, てる雲脂薄暗い図書館, てる雲霧を払っ, てる雷鳴を示し, てる電氣やもん, てる電灯の光り, てる電灯何かこそこそ用, てる電熱器はニクロム線, てる電燈茶箪笥や長火鉢, てる露骨な岩壁, てるっぽい運河, てる青年労働者仲仕などで棒, てる青年男女の顔つき, てる青年部の奴, てる青春である, てる青空空に去来, てる青葉棚が一つ, てる青銅の像, てる静けさのうち, てる静安寺がある, てる静寂がもだえ, てる人間的な, てる非情な自然, てる面影は全然, てる面積は五, てる革命とを飲み込んだ, てる革命委員たるルマラン, てる革新の熱, てるは破れ, てるを抱え, てる音楽会で彼, てる音楽学校の重鎮ら, てる音楽家が人, てる音調草が飛, てるだった, てるは兎, てるのとがった, てる頂上の高台, てる頃エミリアンは起きあがつ, てる頃不意に彼女, てる頃柳の下, てる頃私が四年級, てる頃秋子がかすか, てる頃秋田洋子は郷里, てる頃箒を使, てる順一を指し示し, てる高くは, てる頬べた視詰めながら, てる頬空を見てる, てる頭脳それは驚嘆, てる頭蓋骨ばらばらになってる, てる頸筋に紫色, てる頸飾りをどういう, てる額粗雑な木彫, てる顎化けのほう, てるなので, てる顔それに覆われてる, てる顔付毛の乱れてる, てる顔盤の中, てる顔立を眺め, てる願いが届い, てる顱頂部に汗, てる風ッての, てる風呂敷がたくさん, てる風景など昔, てる風流派の大家, てる風習を認め, てる風貌が私たち, てる風車は廻る, てる風通しの悪い, てる飜訳の先, てる飢えたやせ馬, てる飯つやのある, てる飲食店で二人, てる餘地を與, てる餡粉の草餅, てる首巻を送っ, てる首無意味に高い, てる首輪とはその, てる馬の脚だそれ, てる馬丁は馬車, てる馬琴日記の全部, てる馬鹿者どもと同じ, てる馴染のお客, てる駅員らの冷淡, てる駅馬車は大きな, てる駒井さんの顔, てる騒々しい夜の, てる騒音に傾けられ, てる騷ぎだあ百姓は此, てる騾馬のよう, てる驕慢心の炎以外, てる驚きだった, てるをしゃぶり, てる賓如大佐や, てる高島田の女, てる高市皇子は近江, てる高木が最も, てる高橋と美智子, てる高等社会には決して, てる高貴な保護, てる高鳥真作が住みました, てる高齢の老人, てる髪の毛露わな脛子供らしいまた, てるも昔, てるのよう, てる鬘テナー歌手の高い, てる鬼子母神様の御, てる鬼火から森, てる魅力の可能性, てる魔法文字との間, てる魔法的な不可解, てる魔法箱のよう, てるでせう, てる魚住千枝子はひどく楽し, てる魚河原の小石, てるが皆, てる鮫洲の大尽, てるにも脂, てる鯰坊主の青く, てるを動かし, てる鳥ぢヤもの, てる鳩みたいに思われ, てる鳶頭小言を云っ, てるが一羽, てるが多, てるがくるいだした, てるを羨む, てる麝香猫の実, てるの間, てる麻布の工合, てる麻痺の力, てる麻雀クラブ大東京, てる黄楊の平皿, てる黄色いかわいい花の, てる黄菊が花, てる黒みがちの睫, てる黒コゲの屍体, てる黒焦げの桁, てる黒牛の背中, てる黒目に外, てる黒目がちの眼, てる黒竜江は海, てる黒雲が青空, てる黒馬の腹, てる黒髪それに縁, てる黙々たる森の, てると追っかけてる, てる鼻つきがいや, てる鼻先へプーン, てるCOZYなアパルトマン, てるSSSL居住許可証を返し