青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「てない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つれ つれ~ づ~ づか~ ~づけ づけ~ づつ~ て~ てえ~ てた~
てない~
~てる てる~ てんで~ ~で で~ ~であっ であっ~ ~であった であった~ ~であったろう

「てない~」 1563, 17ppm, 6738位

▼ てない~ (209, 13.4%)

26 である 2213 です 107 だから 5 だが, ですから 4 であった, を見 3 であるから, ですね, では 2 であるが, ですが, は, はどう, は不思議, を発見, を確め, を私, を見る

1 [86件] お前, かこんなに, かはやく, かもこれ, かもしれなかった, かも知れない, かも知れなかった, か声, か月代, がある, がおかしい, がよかっ, が何だか, が可, が変っ, が多い, が大, が思はれる, が悪い, が手落ち, が普通, が約, じゃ, じゃ幾歳, だけれど, だけれども, だし, だそう, だつた, だと, だな, だの長靴, だろうと, であろう, でございます, でござるぞ, ですとりたいと, ですもの, ですよ, とによる, との違ひだ, と何となく, と所, と長い, どうしてもお返し, にはちょっとがっかり, には驚いた, に心付き, はあの, はいささか, はその, はない, はなぜ, はやや, はわし, は一号, は不幸, は人, は先方, は分り, は即ち, は参道側, は多く, は婦女界いかん, は子供, は実際, は当時, は心細い, は惜しい, は意味深長, は明らか, は殆ど, は芝, は顔, も何となく, も同じ, も多少, も構わず, やそ, や靴下, を, を幸, を知っ, を見た, を見つけた, を見れ

▼ てない~ (109, 7.0%)

2017 です 14 だから 7 ですもの 5 だが 4 だね, でしょう, ですから 3 だな, だもの, ですが 2 じゃない, だと, だよ

1 [19件] だがな, だし, だぜ, だってその, だとさ, だよって, だろうクレエゲル, でしょ, ですあんまり, ですか, ですからね, ですがね, ですって, ですつて, ですね, ですのね, ですはっきり, ですよ, です早く

▼ てないので~ (91, 5.8%)

2 それを, トン, 五分と, 困る, 番頭も

1 [81件] あつた, あらう, いかにも地貌, いつでも, いろんな身辺, がっかりした, くすんで, この歌, さては別人, しばらく措き, そこから, その代り, その書面, ただ黒く, ちょっと調べる, つぶれやすく, とりあえず警視庁, どうしても外, どうしても見当, なんなく開いた, まごつく, やりにくかっ, わたしも, スーウと, パッと, フワフワし, 不安, 二人の, 二十四日行く, 京野等志は, 今夜残るらしい, 何となく物, 何時出た, 停車場には, 全くひどかっ, 全く困る, 全然くさった, 呆れたらしい形跡, 唯の, 困って, 夜見る, 大いにありがたかっ, 大くさり, 大混乱, 妻も, 家の, 家具の, 寒くなったら困るだろう, 少からずくさった, 弱った, 待ち十時すぎセット, 後宇多法皇, 恐ろしいやう, 折り返して, 本当に頭脳, 東京へは, 林之助は, 林檎一つくらい, 此うなる, 気が, 気に, 疑えば, 発表の, 知らない, 祖母は, 私は, 芝居が, 苦しかった, 落ちた体, 衣冠束帶の, 誰が, 費ふ, 赤く見えます, 道子と, 醜態なり, 間が, 雨あがり, 非常に, 音読する, 飴売り, 駄目だつた

▼ てない~ (85, 5.4%)

2 これで, 私は

1 [81件] あたしは, おそらくこまかく, おそらくは鏡花, おそらく栗市, お前一人で, お師匠様, かかる不孝者, ここに, この場合, これからずん, これは, さうかと言つて實相, しかしそれ, しかし首都, そう古くは, そこが, その上, その人造人間, その底, それが, それは, た, ただ急激, なくても, もう少しあんたやつ, もう少し親切, ディラード教授と, パラパラと, 一定の, 中には, 二間ある, 今年の, 六輪大型トラックが, 兼好としては, 冬日の, 処々に, 千八百米附近までは, 同地の, 土地の, 墨色も, 士官水兵たちは, 多分君, 大丈夫かい, 大安寺殿にも, 天平十五年鑑真第, 好意は, 実は, 宣徳九年, 少許, 岩間温泉から, 度々會つて, 彼が, 恐らく後者, 我々の, 我が國, 拙者は, 新撰洋學年表に, 是も, 最近その, 柳営秘録には, 栗太郎勝部神社の, 次の, 歌の, 残りの, 沖永良部島や, 深い線, 満員である, 由来東京の, 石仏道という, 秋田の, 組合の, 自分の, 薄村の, 西側から, 見物人は, 言葉が, 質子が, 近世に, 透明人間すなわち, 陣中へ, 集人から

▼ てないから~ (83, 5.3%)

32 である, 寧ろ一つ懺悔話, 打見には

1 [74件] あたいの, いくらかちかち急いだ, かうなるわけ, こうなる, この記事, これからは, これが, さしあたりその, すぐ閂, そのまま引かれ, その理由, それが, それに, だろう, だ大衆, つまらないが, でありつまり, です, どのあたり, まあいい, まさかと, まるで啓ちゃん, やっぱり夫婦, わからない, わかるわけ, ラムプの, 一株十銭な, 今は, 今夜は, 休みたいと, 何うかと, 侵害, 其方の, 分らない, 分らないと, 初めっ, 動きだしても, 勝手じゃ, 午後一時まで, 可笑しいの, 同情を, 土地の, 堅くって, 増加の, 声も, 大丈夫よ, 大家へ, 大方ない, 夫人が, 屋根の, 年代順に, 幾日だらう, 弱っちまって, 彼に, 急いで, 或いは日本, 料理する, 昼の, 普段使っ, 棒も, 正確な, 歩かせられたの, 泊めて, 片町に, 甲斐が, 疑われるん, 碑その, 私の, 翻って今, 脱け, 落つか, 蛔虫の, 高くと, 鹿島槍である

▼ てない~ (61, 3.9%)

3 すれば 2 いっても, みえて, 相場が

1 [52件] あっちが, いいその, いい得るでしょう, いう, いうに, いって, いつどんな, いふ, いふのに, おそろしい寂寥, したの, すると, ずいぶんそんだ, ぞんじますん, オナラが, 不好, 云うの, 云うん, 云ったけれども, 云って, 仮定し, 何となく間, 兎角ねそびれ, 具合が, 前川は, 君は, 嘘を, 寂しいの, 彼らは, 思う, 思うから, 思って, 思つてる, 暗い声, 母は, 気が, 気勢が, 氣が, 水を, 泣きだして, 猫背に, 相手の, 知った場合, 節ちゃんの, 聞いたもの, 見えて, 言うん, 言ふ, 言ふこ, 言ふより無い, 返事した, 零点だ

▼ てないこと~ (55, 3.5%)

3 である 2 がある, を示す

1 [48件] がいくら, がおこつた, がたくさん, がなかっ, がやや, がわかり, がわかりました, がわかる, が分った, が判っ, が堪らなく, が知れる, が禮儀, が警察, だ, だし, であったから, であったが, ですが, でもあった, で大体, で果して, にし, にした, になるだらう, には恰好, はいう, はちゃんと, はない, はよく, は他, は改めて, は曾, は見た目, は言葉つき, ほどこの, もない, も構わず, も歴々, をいう, をここ, をよう, をよく, を今更, を思い出した, を知っ, を言っ, を雲井

▼ てないよう~ (50, 3.2%)

4 である 3 ですよ, なもの 2 だが, ですが, な気, に思う, に私

1 [30件] だ, だった, だったけれども, だね, であった, でした, でしたがね, です, ですからね, でもあった, な, なたぶん, なの, なへん, なもん, な乱暴, な妄執, な彼, な御, な怪し気, な板, な機密, な歌, な淋しい, な猛毒性, な論理, な道行, な顔, に清掃, に見える

▼ てないもの~ (38, 2.4%)

3 はない 2 が三十八箇, ならば

1 [31件] か知ら, がある, があるなら, が四つ, が挾, が沢山, だった, だと, である, であるし, であると, ですからな, では, でも, には三匹, ね, のよう, はだれ, はほとんど, は二度, は二等, は封緘, は殆, もあった, もある, も多い, も持つてる, を持つてる, を発見, を目録, 故客席

▼ てない~ (27, 1.7%)

1 [27件] あんた事務所へ, お返事, ここへ, これでも, さっさと井戸端, すこしおれ, すこし運動, せっかくの, それとは, たまには, はやく用, ひと口お, 僕と, 再婚する, 向うを, 唯野天の, 少しは, 引抽を, 戸外に, 早くお, 早くそっち, 早くその, 早くな, 早く教え, 縁先の, 落着い, 食堂の

▼ てないじゃ~ (25, 1.6%)

18 ないか 4 ないの 1 ありません, ありませんか, ならないもの

▼ てないところ~ (20, 1.3%)

1 [20件] から考え, が上下左右, であつ, でせう, で一回, などがある, にお母さん, にしかありっこない, に世界, に又, の, のある, はない, は困る, へ不意, へ追いやっ, もある, や水, をもっ, を見る

▼ てないという~ (19, 1.2%)

3 のは 2 ことに

1 [14件] ことが, ことだった, ことである, ことです, ことは, こと即ち, のだ, のです, ような, 事な, 人には, 帆村の, 意味, 証拠を

▼ てない~ (18, 1.2%)

1 [18件] おまけに, かりに襲撃, じつに簡単明瞭, それに, また単に, まっ黒けな, わざと平気, 三四丁行け, 人形の, 僕元気なく, 名刺が, 彼自身が, 従って城壁, 旗幟なんぞも, 歌の, 武者風俗も, 演出も, 電報を

▼ てない~ (18, 1.2%)

5 いました 4 きた 2 いるの 1 いた, いる千三, ゐた, ゐるあわゆき, ゐる雨, んで, 私は

▼ てないのに~ (18, 1.2%)

2 気が

1 [16件] あまりずるずるべったり, おいで下すった, この相州, この部屋, こんな目, とるもの, はやくも, まずもっ, 初めて気づいた, 反して, 君は, 家の, 火曜日の, 腰の, 荷札も, 足あとだけが

▼ てない~ (17, 1.1%)

1 [17件] あるいはいっそう, して, そんなこと, ちょっと見, である, どうか, 一枚とばし, 何しろ柳吉, 検べて, 歩いてた証拠, 溝も, 知らないくらい, 知らん, 脉を, 見て, 見てくれ, 訊いて

▼ てない~ (13, 0.8%)

1 [13件] が直ぐ, だから, であつ, であると, でも, とを巧, に原因, はあるまい, はたしか, はなかっ, はなかつた, もある, を悟ります

▼ てないやう~ (11, 0.7%)

1 [11件] だ, であります, でございますね, ではと, なもの, な善良, な奇蹟, な家, な気, な自分, に見える

▼ てないかと~ (10, 0.6%)

2 思って 1 あたりに, いわんばかりに, 云うの, 仰ぎ見たが, 仰有, 思ったの, 考えるに, 見に

▼ てないわけ~ (10, 0.6%)

4 では 1 である, ですね, でも, で仮に, にゃゆかないし, はない

▼ てないけれども~ (8, 0.5%)

1 この大将, 他の, 倉地っていう, 僕に, 台紙の, 此の前後の, 緒論を, 随分古い

▼ てない~ (8, 0.5%)

1 から推し, から推す, だった, だなと, で死ん, の私丈, はなかっ, は裏山

▼ てない~ (8, 0.5%)

32 である 1 じゃ, はない, や

▼ てないはず~ (7, 0.4%)

2 だが 1 だから, ですから, ですが, はない, はよも

▼ てない~ (7, 0.4%)

1 がなかっ, であるが, ということ, の長い, は一人, は打, は稀

▼ てないけど~ (6, 0.4%)

1 お父様, たしか麻布, 五十円ならある, 及第は, 東京へ, 誰が

▼ てないこの~ (6, 0.4%)

1 プリミチィヴな, 仲時の, 女を, 小説を, 男が, 行楽地の

▼ てないといふ~ (6, 0.4%)

1 ことが, ことです, ことは, のか, 事は, 感じも

▼ てないとも~ (6, 0.4%)

1 かぎらないが, わからぬそれ, 限らないといふ, 限らぬ, 限らんの, 限るまいそれとも

▼ てない手紙~ (6, 0.4%)

1 が廻され, が私宛, でも宛名, でも故郷, は受取らぬ, を受取った

▼ てないため~ (5, 0.3%)

1 あまった人数, にあや, にいろ, に淡い, に病身

▼ てない~ (5, 0.3%)

4 やない 1 やありません

▼ てないつもり~ (5, 0.3%)

1 でいたんだ, でございます, です, でも, よ

▼ てないとは~ (5, 0.3%)

1 いえまい, 保証できぬ, 思へなかつた, 言えぬ, 限りませんぜ

▼ てない~ (5, 0.3%)

1 にはどう, はたいがいダンスホール, は大本営自ら第一線, は鉛, もあった

▼ てない~ (5, 0.3%)

2 が多い 1 すらある, は跣足, もあった

▼ てないかも~ (4, 0.3%)

1 しれないん, 知れなかった, 知れません現に, 知れんが

▼ てないくらい~ (4, 0.3%)

2 であった 1 だからね, で本人

▼ てないその~ (4, 0.3%)

1 手紙が, 木戸を, 行末を, 訳した時

▼ てないほど~ (4, 0.3%)

1 であった, 数多く語った, 珍らしい, 能には

▼ てないもん~ (4, 0.3%)

3 だから 1 と認める

▼ てない~ (4, 0.3%)

1 が有ったろ, はない, は駄目, をおれ

▼ てない小さな~ (4, 0.3%)

1 あいて, 島を, 店だ, 絵を

▼ てない部分~ (4, 0.3%)

1 があった, が露出, とよく, をきょろきょろ

▼ てないからと~ (3, 0.2%)

1 いつて, 下の, 直ぐ又

▼ てないがらん~ (3, 0.2%)

3 とした

▼ てないけれど~ (3, 0.2%)

1 きょう私が, 冬の, 絞りたて

▼ てないそう~ (3, 0.2%)

1 でこの, な, よ

▼ てないだけ~ (3, 0.2%)

1 だった, では, まだしも感じ

▼ てないとか~ (3, 0.2%)

1 そういう素因, やっとスパルタク, 荒れて

▼ てないとこ~ (3, 0.2%)

1 だと, でふざけ, へプロンプタ

▼ てないばかり~ (3, 0.2%)

1 である, でなくそこ, でなく夢中

▼ てないまでも~ (3, 0.2%)

1 すこし注意, その剪紙, 無言な

▼ てないみたい~ (3, 0.2%)

1 なん, な気, ね

▼ てない代り~ (3, 0.2%)

1 に, にすべて, に古い

▼ てない~ (3, 0.2%)

1 が沢山, に無理無体, もあるだらう

▼ てない~ (3, 0.2%)

1 がずっと, が宜, の端

▼ てない~ (3, 0.2%)

1 がし, がした, がします

▼ てない白紙~ (3, 0.2%)

1 の手紙, をどう, を卓子

▼ てない自分~ (3, 0.2%)

1 のだらし, の家, は況して

▼ てないうち~ (2, 0.1%)

1 に彼, に牝羊

▼ てないかが~ (2, 0.1%)

2 大概わかる

▼ てないかの~ (2, 0.1%)

1 ようだった, ように

▼ てないこれ~ (2, 0.1%)

2 は葉書

▼ てないしかし~ (2, 0.1%)

1 これは, 三魚沼の

▼ てないせい~ (2, 0.1%)

1 でしょう, では

▼ てないただ~ (2, 0.1%)

1 のからだけ, の白紙

▼ てないたり~ (2, 0.1%)

1 さえずったり, わらったり

▼ てないだけに~ (2, 0.1%)

1 いっそう不思議, 私は

▼ てないって~ (2, 0.1%)

1 この野郎, 云ってる位

▼ てないなんて~ (2, 0.1%)

1 おかしなこと, 誰に

▼ てないのよ~ (2, 0.1%)

1 いいわねエ, 道順教え

▼ てないひと~ (2, 0.1%)

1 がいたら, をお父さん

▼ てないふう~ (2, 0.1%)

1 だし, だった

▼ てないわよ~ (2, 0.1%)

1 これからあの, はいりなさい

▼ てない一つ~ (2, 0.1%)

1 の秘密, の窓

▼ てない人物~ (2, 0.1%)

1 が黒死館, を筋

▼ てない以上~ (2, 0.1%)

1 どうしても俺, 未だ如何

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 だから, で大工

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 から既にもう, に外

▼ てない~ (2, 0.1%)

2 葉を

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 べい, 井戸の

▼ てない場合~ (2, 0.1%)

1 が多, には彼

▼ てない大きな~ (2, 0.1%)

1 唐銅の, 戸棚鍵の

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 のうしろつき, を見た

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 が雅趣, で一杯

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 ががらん, に眼

▼ てない封書~ (2, 0.1%)

1 があつ, を

▼ てない小さい~ (2, 0.1%)

1 な, 置床を

▼ てない屍体~ (2, 0.1%)

2 がまだ

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 に荒らい毛, の上

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 には打水, に木賊

▼ てない怪しい~ (2, 0.1%)

2 心のみ

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 事実で, 令嬢の

▼ てない新しい~ (2, 0.1%)

1 クルボアジエの, 言葉だ

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 採掘の, 發見の

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 が三四冊, となりました

▼ てない~ (2, 0.1%)

2 の小

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 の蓋, を開けました

▼ てない樣子~ (2, 0.1%)

2 です

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 が困る, である

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 の恰好, や草鞋

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 てない眠, やしない

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 の性分, は私

▼ てない秘密~ (2, 0.1%)

1 なの, なん

▼ てない~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 が板塀, の間

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 がわずか, の中

▼ てない~ (2, 0.1%)

2 の缶

▼ てない証拠~ (2, 0.1%)

1 じゃない, よまるで

▼ てない~ (2, 0.1%)

1 だから, をし

▼ てない限り~ (2, 0.1%)

1 その場, 大よそ

▼1* [294件]

てないあき部屋ですから, てないある策略が, てないいいものを, てないいわば単なる底ぬけ, てないお方のところ, てないかということには, てないかとかゆうべ誰かが, てないかなア, てないかはこの際, てないかを見て, てないがと心い, てないがべラボーに, てないきたない部屋へ, てないくせに, てないくらゐだから, てないけだし頭が, てないこいつはいけない, てないこと其他いろいろ玄人じみた意見, てないこと言葉の魅力, てないこまかい国は, てないさかいお前も, てないすぐにはクランク, てないたぶん茨城県の, てないちょいと変った, てないつて思ふン, てないつていふだけよ, てないつまり自然の, てないつや子の部屋, てないでも美しい薄, てないときだ, てないとても大きい牛, てないどうせ反古に, てないどこの何者, てないアチッとも, てないながらその簡単, てないなと思う事, てないなどと思う人, てないちがいない, てないねえそうだろう, てないのみならず其年代, てないばかりかそれは, てないぶっつけ箱が一磅, てないぶんの教科書, てないほどの騒ぎが, てないどがある, てないまっくらな, てないまでに又はそういう, てないままつけて, てないむき出しの店, てないもの例之ば, てないもの金魚を見, てないうだつた, てないほんとにしっかりしない, てないよりもあのお母さん, てないわたくしの血筋, てないんぢやない, てないんでせう, てないカンバスの面, てないキューピットの果して, てないタタキのまま, てないデパートめぐりだの, てない八, てないノートを繰拡げ, てないパンふせたまま, てないフォームでバカ, てないフランスが英日関係危, てないですよ, てない一室に政子, てない一封の手紙, てない一席やって, てない一番安い三十円, てない一通の手紙, てない三角の屋根, てないにその, てない機嫌の, てない両側の砂利, てない中途であったので, てないを執っ, てない丸裸の部屋, てない予察図の鶴ヶ岳, てない二の丸を造った, てない五斤分の花輪形パン, てない井戸もある, てない人たちだ, てない人間から誰, てないは御, てない今日となっ, てない以上腑に落ちない, てないでした, てない会社を止した, てない位らくに出る, てないか客觀的, てない作全部とを集めた, てないが一番楽, てない光景を源氏, てない入口の戸, てない八畳の座敷, てない六人はあなた, てない出発であった, てない切符をぬきとった, てないの物, てない劇場の箱桟敷, てない動き方歩き方, てない勝手口から這入った, てない南方から攻め入ろう, てない原本と手入, てない自刻, てないの姿, てない友情清くて, てない古い女御所づくりの, てない台北の内地人小学校, てない持ってるの, てない呉服屋がありました, てない命令書のこと, てない哀れな農民, てない品物の正札, てない其土木補助費災害土木補助費と, てない問題もある, てない四つの手紙, てない四人目漸と, てない団扇がありました, てない土地は見られない, てない臭い湯, てない場所だったので, てないの外, てない壮観を極めた, てないな手紙, てない多くのもの, てない多数の陶器店, てない奉公人があて, てない女優なんてありっこない, てない女給と二人, てない婦人用ルバーシカをテーブル, てないだ, てないもある, てない宣伝のま, てない封筒をあけ, てない小屋に家畜, てない小説に, てない小道が叢, てない小鳥のやう, てない屏風の前, てないのトンネル, てないはない, てない左手のつけ根, てない帽子田舎訛りの発音, てない年代が古い, てない床板の上, てない之助, てない廃園という感じ, てない御座へです, てない徳利を持出し, てない必要図書の調査, てないな坂, てない恋慕の情, てない恐ろしい黴菌の, てない感じで心配, てない感動に我, てない戸棚から夜着, てない手当の方法, てない批判者であったろうけれど, てない抒情化した叙事詩, てない折々は河岸, てない振りをし, てない方眼紙の上, てないがあります, てない日本の市街, てない円だった, てない明るい嬉しさと, てない明別荘の石段, てないの羽織, てない昔風な羽織, てない時代においてをや, てない普遍の道理, てない暗い所が, てない暴れ小馬にまたがっ, てない書名はたくさん引用, てない書式用紙にちょっと, てない書物を持っ, てないは丸め, てない未知の地, てない材料ばっかりつかっ, てない板張りで万事万端, てない枯木や灰色, てない柳好が来, てない楽しい気持で, てないだつた, てない様子だ, てない様式等に関しても精密, てない横道に隠れた, てない機械は社会科学的, てない正札がニッケル, てない歩道傍の土, てない死骸がある, てないが急死, てない母子なの, てない河上の堤下, てない洋服の註文書, てない清烈な武門, てない温情を示す, てない湯殿の梁, てない火精とを比較, てないの空俵, てない無垢の爾, てない無類の禁條, てない煖炉棚のところ, てないの日常, てないわれの, てないは皆落第, てない狭い室の, てない獅子の児, てない玄関の事, てないは黄褐色, てない町さ行くが, てない画絹を見る, てない畑地に向っ, てない當局役人は取締, てないに鉄面皮, てない白い泥人形の, てないばかり大きな, てない逆の, てない真っ白な折手本, てない真白い紙ばかり, てない眼前の問題, てない眼瞼のあたり, てない砂利の堆積, てない硝子戸を少し, てない神樣が多い, てない禿頭を自分, てないなのに, てない積木を畳, てない空席てもの, てない空間漂流者たちは爆発, てないがみえた, てない粗壁は割れ, てない粗末なもの, てないのこと, てない素地そのままの, てない素浪人折もあれ, てない紳士と淑女, てない結果町通りが如何にも, てない耕地の間, てない胃袋がちようど霧, てない脚本じゃ芝居, てないの痛み, てない自由主義者だったん, てない若殿なので, てないが大分, てない蒸暑く鬱滞した, てない薄闇い家, てないになっ, てない血みどろの若い, てない血液のこと, てない裏山裏谷はほとんど, てない裏木戸からは列んだ, てない観潮楼の内部, てない観衆まで熱狂, てない角材で組み上げられ, てない言葉がいわれる, てないにたずね, てない調子で, てないの他人, てない赤道下の海, てないが多い, てない近代建築でないの, てない通行券であった, てない道路である, てない選手なん, てない那智の荒行, てない野僧の身軽さ, てない金持の握り屋, てない鉄甲のよう, てない鉄砲を鳴らした, てない長持の中, てない闇夜の小, てない障子一面に栄え, てないし梯子, てない雨戸をすっかり, てない青い水底を, てない青年が多, てない青銅の瓶, てない革命的な, てないの底, てないから春雨, てないに眩しい, てないでお母さん, てない食堂の方, てない高い円天井の, てないがくしゃくしゃ, てない鳩羽色のまず, てない黄色な壁, てない黒い戸棚を, てない黒木の生え, てないなど自殺