青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「てた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つる~ ~つれ つれ~ づ~ づか~ ~づけ づけ~ づつ~ て~ てえ~
てた~
てない~ ~てる てる~ てんで~ ~で で~ ~であっ であっ~ ~であった であった~

「てた~」 2828, 31ppm, 3830位

▼ てた~ (408, 14.4%)

59 だ, です 32 だが 23 ですよ 18 だよ 12 だな 11 だね 10 ですが, や 9 だから, でしょう 8 ですもの 7 だぜ, ですけど 6 じゃない, ですか, ですね 5 だけど, だろう 4 だがね, だもの, だろ 3 だか, だからね, だけれど, ですって

2 [13件] だそう, だぞ, だつけ, だという, だなあ, だもん, だらう, だろうが, ですから, ですけれど, ですけれども, ですつて, やわ

1 [56件] かどう, が惡, じゃあない, じゃいつ, じゃこれア見世, じゃぼく, じゃア, じゃ客人, だおれ, だからな, だがな, だけどね, だけれども, だけれどもな, だこんなに, だし, だしかも, だした, だでも, だと, だといった, だどもナ, だなと, だろうか, だろうな, だろう悉皆, だろお前, だわ, だ何しろ, だ帰るから, だ靴, でござんすか, でしょうな, でしょう二月, でしょう八木沢さん, でしょう随分, でしょことに, でしょねえ, ですかい, ですからね, ですがね, ですさ, ですそれほど, ですですから, ですな, ですものネエ, ですイ, です今, でも, なら二度と, べが, やがな, やけど, やぜ, やぞ, やほんま

▼ てた~ (339, 12.0%)

2418 である 171615 かい 10 です 8 だが 6 ですが 4 だろうか, ですか, では, んに 3 かしら, かね, だった, だと, は, んか

2 [13件] かも知れない, かも知れません, だから, だよ, だろう, であろう, であろうか, ですから, ですよ, どす, はその, を聞い, んです

1 [165件] あんた詩人ね, いつまた, うちでも, お兄様, かおまえ, かし, かしらと言い, かそれとも, かと寒い, かと思ふ, かと聞かれ, かな, かなあ, かひどく, かほんとに, かもしれない, かもしれません, かや, か何, か僕, か或は, か現在, か親分, があすこ, がいきなり, がいけない, がこの, がこんど, がすこしも, がそれ, がそろそろ, がつぶれた, がやっと, がわたし, がわる, がんだ, が三カット, が三時間, が今, が仰向け, が八分弱, が四対六, が幇間, が急, が悪かっ, が東京, が次に, が此様, が無くなっ, が眼, が空恐ろしく, が錦繪, が間歇的, じゃない, じや, そしてまたぼく, それか, だあい, だありゃ, だい, だお母さん, だか, だからと, だからなあ, だけれど, ださうだ, ださうで大変, だそう, だらう, だろうと, だ夜一人, であった, であって, であります, であるが, であろうと, でございます, でした, でしょうね, でしょ彼奴, ですどうも, ですねえ, でよつぽ, どうした, どうして, どすけど, なんか見た, にはちょっと, には驚きました, にもかれらしい, に来ない, に気づいた, はあの, はうち, はうれし, はえらい, はごくわずか, はたしか, はただ, はどこ, はもう, はもちろん, はやがて, は一分足らず, は一年前, は一葉, は三つ, は事, は享保初年以後, は伴三郎, は別人, は単なる, は大方, は尤も, は山, は弱った, は悪い, は手, は本当, は本当に, は江戸者, は父, は皮肉, は自分, は自分以外, は誤り, は驚いた, までが黙, もこいつ, や, やから, よう, を, をさいわい, をつけ, をはなした, をむっくり, をようやく, を一回, を之, を俺ア, を力籠め, を千プ, を整理, を未だに, を皆, を目, を相手, を知っ, を知つて, を私, を見, ん, んである, んでた, ん覚え, カー, ロンドンに, 今時分まで, 出して, 引つ放して, 早く行きましょう, 私は, 見えたもの, 馬鹿らしい話

▼ てた~ (176, 6.2%)

2 [12件] ある日, しまひ, それでも不思議, ひに, やがてひとり, ややあ, 一寸飜, 厭に, 少しむき, 果して, 自分は, 邪鬼だろう

1 [152件] あそう, あとは, あに今, あの参覲交代, あの竹, ある晩, あんまり笑, いきなりジャガ薯, いっそ今, いまだに分らねえ, うらなり君, お光さん, お祖父さんが, この不死たる, この様子, この節, これだけは, これで, これなら, こ奴, じゃ往, じゃ行っ, すこしおちつい, すゑあんじおそひすへまさる王, そういうこと, そのあり, そのとき, そのままに, その七月十三日, その中小兼, その大友家, その手紙, その柳沢君, その鐵牌, それが, それには, それよりか, たいていは, たしかあの, ただ字, ために, ついでに, つひに, とてもい, どうした, どうなる, どうも実に私, どうやら撃沈, なかにも鼓, なじみの, なには, なんだか眼, ひとりが, ほかの, まあよく, まさかあれ, まさかあんな, まるで老いぼれ, みな外へ, もう良い, もう見え, もとは, やがて, やがておだやか, やがてのろくさ御者台, やっぱりそうだった, やっぱり人間, やっぱり新体詩, やはり居すわる, やはり野犬, わしも, ハッキリ一言, フランスにも, マヌースに, ルミ子の, 一時間ばかり, 七分強位の, 三益程の, 三益高尾を, 三等の, 不幸に, 不意に, 之から, 二十日夜行っ, 今そんな, 今は, 今日の, 今日退院した, 伊藤松雄, 会田に, 伯母さんの, 何うし, 何だか妙, 何んだ, 何処を, 値の, 先づ無事, 先づ辛じ, 其の時先生, 分家の, 刑事の, 初めてきいた, 勘われあ, 又不安, 反対だ, 向ふ, 安田一角先生とは, 実に戦慄, 帰って, 彼は, 徐かに, 忘れたが, 悪い奴, 所詮私, 振り返つて男, 斬られたあと, 昼の, 暫くし, 曇って, 最後大戸だけは, 木工が, 本当かな, 来て, 来ないから, 果して面白く, 毎日顔を, 比呂志が, 皮肉にも, 窓の, 終には, 結局一時頃から, 義雄は, 能く, 自分の, 自分達の, 芳ちゃんお前に, 葬儀屋の, 行ったの, 裏山の, 見えない, 見てるうち, 計らずも, 車は, 近々と見合せた, 阪東百代という, 電話で, 電車の, 順造は, 顔が, 顔貌が, 黙って, 鼠算で

▼ てたこと~ (83, 2.9%)

9 がある 7 だろう 3 になる 2 があっ, があります, は言, を今, を私

1 [54件] あって, から夫欺, があったでしょう, があり, がいざ, がない, が信吉, が出, が有ります, が本当, が聞えた, が胸, こそ君, だけがすらすら, だらう, である, でしょう, ですから, ですもの, では, とを何故, と而, ないの, なので, なん, にも不愉快, に気づく, のある, は, はなく, はよう, はオレ, は事実, は気, は確か, は自分, は言わなかった, は非常, までなん, まで見, もあっ, もあつ, も有る, よあれ, をいらだった, を一切, を明らか, を考え, を考える, を考へ, を聞いた, を見, を記憶, を話した

▼ てたから~ (74, 2.6%)

7 である 2 だった, だよ

1 [63件] あそこへ, あとで, いずれお, うまく一息, おら可哀そうだ, お世辞, きょう買っ, こんなグアイ, さすがお, そのつもり, たしか夏, だ, だと, ちやうどよ, ちょっとテスト, です, でせうかしら, とうとうこんな, もはや私, よく判らない, よく相談, わかつたん, わざ, テレパシーが, 一日絶酒した, 丁度いい, 五時頃かと, 今度神に, 今日は, 今頃は, 何人かが, 俳優じゃ, 先生グツト乗気にな, 判らなかったかも, 吾輩が, 喰ひ, 変な, 外なんか, 小父さんが, 屍体の, 後でよかっ, 普通なら, 母が, 気が付かなかったん, 気を, 氷でも, 私が, 聞いて, 自分も, 行けなかつた, 行方不明の, 見えたの, 見て, 言うん, 話せると, 谷へ, 豪い, 足を, 違ふ, 遺し主, 酔いつぶれて, 頼んどいた, 驚いた

▼ てたよう~ (70, 2.5%)

43 な気 2 だから, だが, だね, でした, です, ですが, な顔, に

1 [47件] じゃありません, だっけ, だった, だったぞ, だったね, だと, だよ, でしたから, でしたが, でしたがと, ですけれど, ですよ, でもあった, なお, なこと, なもの, なもん, なん, な女たち, な妙, な心地, な托児所, な暗い, な此沢, な潜り戸, な羊, な言い草, な集名, にあたったろう, にいう, にいつか, にしずめ, にした, にも後, に中流市民, に勝手, に多勢, に夫, に彼, に思う, に私, に立ち上っ, に自分, に色, に記憶, に誰, よ

▼ てたもの~ (67, 2.4%)

6 だ, だから 5 ですから 4 らしい 3 なん 2 だよ, のよう

1 [39件] ありまた, かも知れない, か一向, か我, があった, がなんで, がね, が一切, が去つた, が家, が影, が死んじまった, じゃない, だと, であらう, である, でおれ, でした, でそれ, で其, で寒中, とすれ, と見え, と見える, と限, にはとても, に存外, に賜, ね, はことに, は仕方, は彼, は消散, は誰, を伝える, を急, を愛読, を押さえる, を畳

▼ てた~ (58, 2.1%)

3 すれば, 思って 2 ひ直に, サ, 云うじゃ, 云わぬばかりに

1 [44件] いう, いうだけ, いうので, いってね, お上さんに, お思い, こい, こいちょうど, この方, したらパン, そう言った, ひ総, ひ總辭職, みえるわ, 云います, 云うかも, 云うの, 云ったよ, 云つても, 云わんばかりに, 仰しゃるんですか, 忘れずに, 思いなさる, 思います, 思うモスクワ河, 思ったよ, 思つた, 思つた批評は, 思ひなよ, 思ふん, 思われる証跡, 恐れ入って, 申しましたが, 稱せられる, 答えた, 見えて, 見えまして, 言うだろう, 言っただけ, 言ったな, 言ったよ, 言は, 言ふ, 讃めた

▼ てたじゃ~ (51, 1.8%)

18 ないか 10 ありませんか 7 ないの, ねえか 2 ござんせんか 1 ありませんかという, ありませんの, ございません, ないこと, ないですか, ねえかよ, アない

▼ てたところ~ (49, 1.7%)

76 です 3 ですよ 2 ですが, なの

1 [29件] いそういう, があった, さ, じゃァありません, だが, だそんなに, だった, だったの, だと, だどう, ですの, です私, でどう, では職工, で自慢, なん, に俄, のもの, は僕, へこの, へちょうどまた, へね今朝, へ丁度家, へ急, へ診断, も見られた, よ, を見た, を見る

▼ てたので~ (42, 1.5%)

2 星も, 私は

1 [38件] あつた, いつかつれ, しようから, せう, せう平野さんぢ, そこへ, なんでも, はつとして, ひどく芥川, やうやく, よく知つて, ウイを, ネオンを, 一人で, 一般の, 丘は, 二ヶ月以内に, 倦きない, 共にそれ, 半死, 又怒り, 土間は, 安ツ, 家主の, 尚くさる, 帛十疋を, 彼らは, 彼を, 心易い, 昨夜不動様の, 昼でも, 焼けなかつたのよ, 病児を, 私どもも, 竹山の, 開演の, 非常に, 馬力に

▼ てた~ (40, 1.4%)

6 のこと 2 から四十四

1 [32件] そのお, だ, だから, だわねえ, であの, でした, ですから, ですわ, でせう, とはまるで, とは全く, と高, には, には必ず後で, に仲, に留め, に雪崩, に非常, のげ, のそれ, のなか子, のよう, の埋め合せ, の状態, の話, の通り, の鰻, はうれしい, はもう, も左様, よ, より顔色

▼ てたもん~ (39, 1.4%)

19 だから 3 だ, ですから 2 で, です 1 あの世さ行っ, だからな, でしまつ, でその, でそれで, でね, で家, で随分, のその, やの

▼ てた~ (33, 1.2%)

4 ッて 3 どうか 2 どうかも

1 [24件] いっぺんよう考え, おぼえませぬが, おまえに, おマンはん, くうと, して, しれないよ, ていエへ, どうかくらい, どうかさえ, どうかは, なくては, まだ白状, まつて, みずから知らなかった, ゐなかつたか, 何だか分る, 分るもん, 判らないじゃ, 知れないよ, 知れないわ, 聞かして, 譯が, 降って

▼ てたのに~ (31, 1.1%)

2 ほんまに, 阿呆んだら

1 [27件] あの女, お目, そして実際, その梨丸, それでもよくまあ, だしぬけに, とうとう遅く, どっかへ, コゼットを, 一向涼しく, 一層びっくり, 伊之助が, 休み, 休みの, 何とか彼, 和食で, 左記の, 急に, 折あしくむ, 早う來, 毎年毎年痩せ, 洒落者だ, 突然気づいた, 立派な, 結局浅草との, 警官が, 違いない

▼ てた~ (23, 0.8%)

9 違いない 2 しても

1 [12件] せよ彼, 今知れ, 決まって, 相違ない, 過ぎないこの, 違いありません, 違いない思う, 違いなかった, 違いねえ, 違えねえや, 違ねから, 違ひない

▼ てたけれど~ (22, 0.8%)

1 [22件] あなたに, いったいどんな, いつも奥さん, その旅費, それでも海, そんなこと, そんな高い, つひぞ話しても, まさかこんなになろう, やっぱりつかまった, わからないん, 僕は, 前の, 四つきも, 来て, 決してそうで, 狐の, 目には, 私は, 自分でも, 若しもお父さん, 転んで

▼ てた~ (21, 0.7%)

4 がいい 3 がい

1 [14件] が, があった, がよかない, がよささうだ, がよっぽど, が勿体, が増し, が好かろ, が宜, が無事, が若い, で, です, を御覧

▼ てたがい~ (20, 0.7%)

2 に相

1 [18件] にこういう, にだきついた, につながり合う, に同等, に家, に放さない, に書き合った, に生き, に縁組, に自分, に見出し合った, に認める, に語り合う, に誠実, に身体, に離れた, の顔, を呼び合う

▼ てた~ (19, 0.7%)

3 がありました 2

1 [14件] いうの, が, があった, が死んだ, だから, だね, ですわね, と何, なの, の中, の脳裏, は判りません, は四人, は居なかった

▼ てたうとう~ (18, 0.6%)

2 私も

1 [16件] こんな有, こんな有様, その擧句, よろよろつま, 人一人の, 凍え死にを, 寺林に, 最後の, 此處まで, 水の上に, 溺れ死んだ, 火鉢の, 瓢箪に, 荊棘の, 足を, 醍醐寺が

▼ てたそう~ (17, 0.6%)

42 だね, です 1 だから, だが, だぜ, だな, だろうと, である, ですもの, ですよ, なが

▼ てた~ (17, 0.6%)

2 で彼

1 [15件] こう答えた, じゃ酒, であるが, で佐代子, で佐野, で彼女, に, に低い, に国王, に彼, に早く, に苛立たしく, に馬鹿, の定基, の心持ち

▼ てた~ (17, 0.6%)

32 です

1 [12件] かまたは, から数歩先, が来る, さ, じゃ, じゃった, だと, で足下, なん, にベンチ, へ吉川さん, よ

▼ てたけど~ (16, 0.6%)

1 [16件] いつまで, こんな大胆不敵, そんなそんな, ちかごろじ, なにしろ気, 今年に, 今日いらし, 今日ち, 会ひたくない, 何とも云っ, 大砲って, 悪いと, 明日から, 暫く前, 聞えないふり, 頭が

▼ てた~ (15, 0.5%)

2 だな, だもの

1 [11件] え, だから, だからな, だが, だがね, だよ, だわ, ですか, ですけどね, ですとさ, で病気

▼ てたという~ (14, 0.5%)

1 [14件] おじいさんはね, ことが, ことでした, のか, のだろう, のです, のには, ふうな, んだろう, んです, 一尺八寸の, 意識だけで, 話な, 調子で

▼ てた~ (13, 0.5%)

1 [13件] あの草, うまかった, さっきは, 井上さんは, 俺ら仕, 元気ない, 坊や, 奴は, 抑も, 昨日も, 知ってるの, 買って, 金曜日だってよ

▼ てたかも~ (12, 0.4%)

4 知れない 1 しれない, しれないが, 知れないが, 知れないし, 知れないです, 知れないよ, 知れんけど, 知れんね

▼ てたっけ~ (12, 0.4%)

31 が, があれ, がそいつ, がそれ, がクシャクシャ, が一つここ, が夕方, が病院, よう

▼ てたとき~ (12, 0.4%)

1 [12件] お訊きしたい, その学校, にはもうほとんど, には気, に私, のげ, のやう, のハンス, の或, はミィミィ, は非常, よりはグッ

▼ てたんで~ (12, 0.4%)

1 [12件] あの唄, え爺, がすから, がすが, すけれ共, せう, その男, やられたの, 今年に, 出鱈, 湯へでも, 頼まれたッ

▼ てた~ (12, 0.4%)

2 だが 1 がいた, がいるでしょう, がリックス四箇6р, が二人, が俄, だった, だのに, だろう, つていう, を捕える

▼ てたとこ~ (11, 0.4%)

4 なん 21 なの, なのよ, を, をナニ, 又やらされる

▼ てたわけ~ (11, 0.4%)

4 では 2 でも 1 じゃない, じゃなし, だ, だね, なの

▼ てた~ (11, 0.4%)

41 だからさ, だが, だし, なん, の彼女, の財布, の電報

▼ てた~ (11, 0.4%)

2 がある 1 が驟, でこんど, ですから, ですが, に五両, の手, は才能, もみな, も魔法使

▼ てた~ (10, 0.4%)

1 あたし一人でない, けっしてその, その他何でも, ひつかは, ふとい, またどの, もう半年以上, 前の, 医者の, 弟の

▼ てただけ~ (10, 0.4%)

2 だよ 1 だ, だおら, だったろう, でございます, でさ, で水屍体, なん, なんだって

▼ てたやう~ (10, 0.4%)

1 すで, でも, で今夜, なわけ, な勾配, な地元, な景氣, な激しい, な間, に思ふ

▼ てた時分~ (10, 0.4%)

1 お互に, からまだ, からもっと, にはよう十時過ぎ, には怒り合, によく, の他, の板, の飲友達, 御師匠さんとこ

▼ てた~ (10, 0.4%)

2 はその 1 が方, が都會, にはたわい, の家, はお, はそんな, は熱鉄, も喜ん

▼ てたかて~ (9, 0.3%)

1 あてに, いッ, しょうがない, ちょっとも, 世間に, 来るはず, 自然に, 親に, 誰が

▼ てた~ (9, 0.3%)

1 けア, た一日, た二, て, ていけ, てねエ日本軍, て後生, て政友会, て聞こえる

▼ てた~ (9, 0.3%)

2 がある 1 があった, があります, などもある, はない, は云ってた, もあった, をまた

▼ てたくらい~ (7, 0.2%)

1 だが, だったが, で, なんだ, や, 可愛相, 慌てて

▼ てたほど~ (7, 0.2%)

3 です 1 だから, だった, 下品じゃ, 宇野の

▼ てた~ (7, 0.2%)

1 があつ, がなん, が焼けだされ, ですから, のこと, のところ, は彼

▼ てた~ (7, 0.2%)

1 がある, がその, が急, の方, もやがて, を三十人, を話し

▼ てた~ (7, 0.2%)

2 にご 1 が抜けない, に, につい, に化物贔屓, に空

▼ てた~ (7, 0.2%)

2 のこと 1 である, に入れた, は左, は晩, は自分

▼ てたせい~ (6, 0.2%)

1 かどう, か向う, か少々, か彼, でしょう, もある

▼ てたため~ (6, 0.2%)

1 かそれ, か朗, しがないじゃ, そんなこと, に光子さん, に錆び

▼ てた~ (6, 0.2%)

5 やない 1 やありません

▼ てたのよ~ (6, 0.2%)

1 いま, おぢいち, かわいそうで, そんなに溜まった, 今日は, 屹度

▼ てたはず~ (6, 0.2%)

1 だお前, だただ, だった, だわし, である, やのん

▼ てた~ (6, 0.2%)

4 ないか 1 うだつた, ろの

▼ てた~ (6, 0.2%)

1 としか思はれぬ, はただ, を取り落とし, を悉皆, を拾い上げた, を皆

▼ てたかと~ (5, 0.2%)

2 思うと 1 いくら聞い, 彼女は, 思って

▼ てたかを~ (5, 0.2%)

2 くくって 1 彼は, 感じた, 知った

▼ てたけれども~ (5, 0.2%)

1 二人とも, 我は, 早く来, 踏処が, 駄目だつた

▼ てたつもり~ (5, 0.2%)

1 だが, でも, で聲, になる, 本懷

▼ てた~ (5, 0.2%)

1 つづけに, まつれるなるべし, 仕樣, 籠ったわけ, 籠って

▼ てた~ (5, 0.2%)

1 こないだ, たしか, 大臣に, 大辻老, 東男は

▼ てた~ (5, 0.2%)

2 むるゝ 1 ぶれに, むれ, 宜いが

▼ てたもれ~ (5, 0.2%)

21 と, とひと声, なともども

▼ てた~ (5, 0.2%)

1 あの記事, この花, そう話し, ノートル・ダムを, 近頃あそこ

▼ てた~ (5, 0.2%)

5

▼ てた~ (5, 0.2%)

2 だから 1 だ, であった, に思ひつめてた

▼ てた~ (5, 0.2%)

1 でまアお, なん, には安徳天皇, へちょうど, よ

▼ てた向う~ (5, 0.2%)

1 で行われ, に彼, の室, の襖, は前

▼ てた~ (5, 0.2%)

1 にはあなた自身, にゃしょうが, にゃ弘ちゃん, にゃ身体, を見た

▼ てたあの~ (4, 0.1%)

2 久吉な 1 男は, 話に

▼ てたくせ~ (4, 0.1%)

21 になーんだい, にわたし

▼ てたその~ (4, 0.1%)

1 ときでも, 人と, 小三さん, 新聞を

▼ てた~ (4, 0.1%)

1 お豊, 丁度え, 川と, 洞穴の

▼ てたなんて~ (4, 0.1%)

1 そりゃどこ, 云いやしないよ, 余計な, 言いや

▼ てたへが~ (4, 0.1%)

2 たくお 1 たき日, たければ

▼ てた~ (4, 0.1%)

1 それから, なういや, 何処へ, 又眠る

▼ てた人々~ (4, 0.1%)

1 の死語, は, は唖然, もある

▼ てた言葉~ (4, 0.1%)

1 だ, も忘れ, を忘れ, を私

▼ てた~ (4, 0.1%)

1 に殆, はヴェール, ぼーっと往来, も株

▼ てた~ (3, 0.1%)

1 小遣で, 神さんが, 竹は

▼ てたさかい~ (3, 0.1%)

1 ポンプ押す, 余ツぽ, 餘ツぽ

▼ てただけに~ (3, 0.1%)

1 なおさら, 却って俺, 驚かされた

▼ てたぢろ~ (3, 0.1%)

1 いた妻達, がず, がめ

▼ てたところが~ (3, 0.1%)

1 君が, 日本と, 記事は

▼ てたとは~ (3, 0.1%)

1 いえまた, 思われしませんの, 言え生きんが

▼ てた~ (3, 0.1%)

2 つた 1 つて行つた

▼ てたにも~ (3, 0.1%)

1 かかはらずその, かかわらず他, かかわらず架空的

▼ てた~ (3, 0.1%)

1 にした, にする, につかねし

▼ てたふう~ (3, 0.1%)

21 のもの

▼ てた~ (3, 0.1%)

1 でなければ死にまする, ンです, 怨敵を

▼ てた先生~ (3, 0.1%)

1 のねぐら, の温容, はもの柔

▼ てた原則~ (3, 0.1%)

1 による, によれ, に従ってそれ

▼ てた~ (3, 0.1%)

2 がありました 1 もさるすべり

▼ てた~ (3, 0.1%)

1 の妻君, の気持, は自由

▼ てた~ (3, 0.1%)

1 の顔, は文学, は自分

▼ てた~ (3, 0.1%)

1 が暴風, にも能, に大きな

▼ てた芥川~ (3, 0.1%)

1 のこと, の話, は芥川

▼ てた若い~ (3, 0.1%)

1 女が, 男が, 男は

▼ てた通り~ (3, 0.1%)

1 だ, の方, の顔付

▼ てた連中~ (3, 0.1%)

1 がひとしく, が人形, も我先

▼ てた~ (3, 0.1%)

1 もみな, を盗もう, を返し

▼ てた~ (3, 0.1%)

1 の女, の部屋, の隣り

▼ てたあと~ (2, 0.1%)

1 で囁く, で星

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 づるや御飯に, 難かった

▼ てたお前~ (2, 0.1%)

1 このくらいの, じゃない

▼ てたかって~ (2, 0.1%)

1 来た, 米友さんを

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 だがおれ, 僕だった

▼ てたじゃあ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 君, 目星が

▼ てたそして~ (2, 0.1%)

2 ほかの

▼ てただけの~ (2, 0.1%)

1 数さ, 隣室です

▼ てただに~ (2, 0.1%)

1 別れぬ, 天皇の

▼ てたつけ~ (2, 0.1%)

1 が大丈夫, が此

▼ てたとしても~ (2, 0.1%)

1 そうちょいちょいは, なにも

▼ てたとへ~ (2, 0.1%)

2 がたない悲しい

▼ てたなの~ (2, 0.1%)

1 上に, 壊れるほどの

▼ てたには~ (2, 0.1%)

1 感心しました, 驚いた

▼ てたねえ~ (2, 0.1%)

1 どうしてもその, 大抵朝

▼ てたばかりに~ (2, 0.1%)

1 こんな殘酷, 私は

▼ てたひと~ (2, 0.1%)

1 が死んでしまつた, はない

▼ てたほう~ (2, 0.1%)

2 がよっぽど

▼ てたみたい~ (2, 0.1%)

1 でしたがなあ, に得意そう

▼ てたもう~ (2, 0.1%)

1 一人の, 一羽の

▼ てたわよ~ (2, 0.1%)

1 私知らん顔し, 鼻血出した

▼ てた一人~ (2, 0.1%)

1 が松明, が自分

▼ てた三番目~ (2, 0.1%)

1 の人, の部屋

▼ てた二人~ (2, 0.1%)

1 では, ねあれ

▼ てた仕事~ (2, 0.1%)

2 やもん

▼ てた写真~ (2, 0.1%)

1 にあんなかっ, も返す

▼ てた右側~ (2, 0.1%)

1 にある, のテーブル

▼ てた同勢~ (2, 0.1%)

1 がその, が長町

▼ てた咽喉~ (2, 0.1%)

1 い, はさほど

▼ てた場所~ (2, 0.1%)

1 になお, に着いた

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 はそこ, は省作

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 の弟, もゐる

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 だよ, を見

▼ てた彼女~ (2, 0.1%)

1 の心, は本所

▼ てた彼方~ (2, 0.1%)

1 に聞え, に開い

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 が大きな, もいつのまにか

▼ てた~ (2, 0.1%)

2 しも院長

▼ てた時代~ (2, 0.1%)

1 があった, だから

▼ てた時兄~ (2, 0.1%)

1 と一緒, の友達

▼ てた時殆~ (2, 0.1%)

2 んど

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 はどこ, を錦木

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 ですの, で急い

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 が急, の堰

▼ てた灰色~ (2, 0.1%)

2 の洋風

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 だのそこら, なんかを闘牛場

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 だが, ですよ

▼ てた矢先~ (2, 0.1%)

1 うまいぐあいにこんなところで, なん

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 に腰かけ, の一つ

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 がもの, 大きくな

▼ てた空地~ (2, 0.1%)

2 に新しい

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 ぐらいに思われ, を見せ

▼ てた自分~ (2, 0.1%)

1 に欠陥, の滑稽

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 があちこち, がぱたりぱたり

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 さ, では

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 さえ思いださず, のうち

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 が暖ら, が躓いた

▼ てた距離~ (2, 0.1%)

1 から云つて, で相

▼ てた障子~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ てた隣室~ (2, 0.1%)

1 から破鐘, へ誰

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 が上り, が夜

▼ てた~ (2, 0.1%)

1 がまた, が散

▼1* [468件]

てたちやんは, てたあちこちの標山, てたあの小さなうす暗い部屋, てたある停留所で, てたいいなさいますねん, てたいくつげな様子, てたぐはをおき, てたうえへ砲弾, てたうちはそう, てたうとう若い頃には, てたうぶ上海の, てたええ塩梅に, てたおもちゃの金魚, てたおもて向き坐敷, てたお手玉がぱらぱら, てたお隣の, てたかってなだめすかす, てたかということを, てたかのような, てたからと云って, てたからにはほかの, てたからにゃア男が, てたからね所長が, てたがたうとう泣きだし, てたがなア, てたがはぬを, てたきぎをくべ, てたくらいの人です, てたぐりおろしてゆくとしばらくし, てたけども松平さんが, てたけれどもね羽生に, てたこっちの廊下, てたこと自分の前途, てたころに貯金, てたころ髭が今, てたさて時節柄雀を, てたしかにも覺, てたじいさんはきみ, てたすえわけのわからない, てたせまい三角地の, てたないに, てたそしたら光子さんが, てたそれらの人々, てたピムキンが, てたぞうきんを投げ返しました, てたたって傍が, てたたみの目をかぞえ, てたため崖から落ち, てたっけが今度って, てたつた一人暗く夜, てたつた一人残つて頭をあげず, てたつた二人きりになつ, てたづがねののどかにすらん難波津に行, てたづぬべき葡萄つむ手, てたづねてみるのもきまりが惡かつた, てたづねて行つた工藤のところ, てたづねようのなかつたのを保存して, てたといったでしょう, てたといふ程です, てたとか聞いたこと, てたとかいう噂な, てたときドミトリイ・フョードロヴィッチが来た, てたとき彼はたいへん, てたとき私は足もと, てたとでも申すの, てたどころか隣りの, てたども北海道の, てたどれども清水ぞ宿, てたどんのおばけ, てたなあ誰な, てたなからころげおちて, てたなどあるは, てたなどのことが, てたのち煙草のあいだ, てたばかりだ, てたばかりじゃないかと, てたばかりの六疊で, てたばっかりやない散歩, てたひとりの女, てたふとき荷を, てたがたし, てたべっちまうって, てたほら一時結婚する, てたましひの, てたまひたる陸軍大将, てたまま倒れちゃったん, てたまま座敷のなか, てたまわり候え, てたもの全部を柱, てたもの可哀そうに, てたもの撞木じゃありません, てたもや一生見捨てられぬ, てたやつがぴったり, てたゆきこほろぎの聲, てたよと余計な, てたわが子を邪険, てたわしはねむく, てたわと言うのよ, てたわねあの調子, てただが, てたアカシヤこのへん, てたイタリー人へその, てたガーゼのため, てたキンギン国を疑っ, てたキンギン民主国であった, てたクリストフを床, てたコタンの夕, てたサ四五人が先棒, てたステッキを取り, てたセットを流用, てたソオルの顏, てたタオルミーナから眺める, てたダッシー八田氏と共に行く, てたッけが私は頭痛, てたドイツのメカニキ, てたナというと, てたナターシャと代っ, てたハガキを見せた, てたハギトリ帖と鉛筆, てたバベとモンパルナス, てたフランケッティと逢いました, てたプロレタリアート作家がこの, てたホントの父親, てたホールではダンス, てたリオネロは助かった, てたリンピイの眼前, てたロブスターのチーズ焼, てた一台のオープン, てた一都市にはこれ以上, てた三人の盲人, てた上森がなだめた, てた上野の動物園, てたと丘, てた丸太ん棒を引っつかん, てた丹念に始末, てた久米正雄さへも死ん, てた乞食だ生意気, てた事すべては夢, てた事柄は, てた二つの時代, てた二人連れの男, てた二千円掏られてしも, てた亮作はひそか, てた人々クリストフを苦しめた, てた人ぢや, てた迄, てた今日全く言語, てた以上に南さん, てたなん, てた会社や店, てた伯母の手ひとつ, てた伯父から洋造, てたも一々, てた何せ夫ち, てた何もかも表で, てた信吉は顔, てた借金を田舎, てたを中心, てたにやアそれ以上, てた儘只鈴を鳴らし, てた先度ごろの生活, てた光子さんの足袋拾, てた公爵はもの柔らか, てた六畳が木下, てた共産党の芳秋蘭, てた内側で夜業, てたには今晩歩, てたに民芸館, てた前半が受ける, てた前方の山, てた前面にも標高一二八〇米, てた十二のが矢張安心, てた千鳥の曲, てた友人はほっと, てた友達の家, てた服の, てた古いのな, てた古賀政男と東京会館, てた各種の花柳, てた名残を見せ, てたふから, てた向いの暗い, てた向う側にけたたましい, てた向こうに旗艦須磨, てた向側に子供, てた唯一の監督, てた器物をひっくり返した, てた四人の男, てた土地で母, てた地上を今, てたっぽい昔, てたの石垣, てたの形, てたの上, てたな事, てた外側のこと, てた外套は取り返されてた, てた多くの人たち, てた夥しい人数が, てた海中に, てた大分元気が無い, てた大島時夫今日品川駅へ夜九時着, てた大洞の妹, てた大通りは今朝, てた大阪弁がいけない, てたが, てた夫婦者を嗅い, てたに寝床, てた女あれどこの女, てた奴彼奴だよ, てた奴等までが向う, てたもここ, てた妹娘の方, てたは私, てた姉様ならそんなに, てた姿だから, てたは何, てた娘たちも如才, てた婆さんだろう, てた媼さんは何人, てた子供に手紙, てた子供たちが集まっ, てた学統から賀茂真淵, てた安心のよう, てた実行運動の光景, てたの家, てたへ私, てた家々に燈火, てた家事女町内の小売商人, てた容子は隠せなかった, てた宿の家族, てた寄生的な町, てた寺院へはいった, てた珠は, てた小さな蛾が, てた小笠原章二郎をJO, てた少年の一群, てたの雲, てた山上の竜灯, てた岡田首相は健在, てた川口三郎に紹介, てたはみな, てた平次と八五郎, てた若なお, てたの上, てた庖丁に自ら, てた弁護士に会った, てたか, てた当の人間の, てた当時にあっ, てた当時十一谷君が私, てた形態の知れない, てた役者此が私, てた彼方河の堤防, てた彼等です, てた律動をもってる, てた後苦しまぎれに突, てた徑路をクドクド, てた夫婦も, てた心張棒はすぐ, てた思いを晴らした, てた恰好で昔, てた悪者どもは姉, てた我が日本では, てた戦士らの瞳, てた所勞の屆, てた所社長は彼, てたを離した, てた手巾に露, てた手拭をとつ, てた拙者だが, てた招代から転移, てたをおろしました, てた指輪を娘, てた按摩柿の市, てた揃いの着物, てた揚句ふと吉岡, てたか幽か, てた数人の監視, てた数個の霰弾銃, てた文化会の相談, てた斜め横にどうも, てた日向を嬉, てた日本海に陽, てた映画だったが, てた時一緒に働いてた, てた時分みんな左の肩, てた時分信吉はよくこっそり, てた時分西洋人の肩車, てた時夜遅くなっ, てた時天井からすっと, てた時子はすぐ, てた時家へも來, てた時彼女は私, てた時此人は茫々, てた時毎晩きいた, てた晋作と秋子, てただ, てた暗黙の恋愛, てた暴徒らは入り乱れ, てた書物と他, てた書生が居, てたがほのか, てた月見草も, てた朝例の土方, てた本陣のところ, てた杉寛が月給値上げ, てた東京の洋食, てた松若さんがすっとん, てた林蔵は偉かっ, てた柿沼って野郎, てた桃子は丁寧, てた梅子は貞夫, てたを取直し, てた棒切を初めて, てた森岩雄も発熱, てた棺桶の角, てた椅子にかけて, てた樣子です, てた樹木の茂った, てた橋板の上, てた正夫は上目, てたういふ, てた此方の三井寺, てた武家や町家, てた武蔵めがけて, てたはちよい, てた母屋から聴, てた母親の部屋, てた毛糸肩掛けをとき, てたが急, てた河岸っ縁, てた洋傘も雪, てた洋館にはその, てた流砂は非常, てた浅草もたちまち, てたの上, てた淺葱の股引, てた洲なんて, てた漁夫があります, てた漁村ですが, てたの中, てた火薬をなお, てた焼跡の草むら, てた煙突も, てた煙草は一オンス八ペンス, てた爺さんが手拭, てた犯人が誰, てた猿屋町の粉屋, てた理論によっても奨励金, てた生駒のとこ, てた田舎の小, てた甲斐があった, てた異常な一典型, てた異邦人の噂, てた白竜天に上っ, てた百姓から牛, てたがおどった, てたに此方形, てた眞前に遊郭, てたと鼻, てたの中, てた石油焜炉とコップ, てた祖父はそれ, てた秀子は急い, てた私自身を恥じました, てた私達にはお, てた秩父颪がいつの間にか, てた程声は悪く, てたが俄, てた空想の習癖, てた竹さん今夜善哉喰べに行く, てた竿の尖, てた七流住宅地, てた笹野新三郎無我夢中で獅, てた築地の水交社, てた組屋敷からわざわざ, てた結果いったい何, てた綿貫の奴, てた締金を放り出し, てた繻子の帯, てた老人につかまった, てた老母の死, てた者らは確か, てた股引を穿い, てた肥前がムツ, てた胸当のやう, てた自然がそのまま, てた自説であつ, てた船方でがす, てた花瓶が大きな, てた若衆か, てた苦悩の観念, てたの雫, てた茅屋にも咲, てた荷物庫の方, てた落葉木は従順, てた葡萄酒ぐうッと一, てたなん, てた虚弱な八十翁, てただ, てたの電車通り, てた裁判長は突然, てたをすっと, てた西八代郡の丸畑, てた計画が計らず, てた計略実行すること, てた証拠がある, てた証文の写真, てた詩集の一冊, てた説教のつづき, てた調子ます, てた講談倶楽部から目, てた赤いリボンの, てた踊り子をそこ, てた近くでどんと物, てた近所の人, てた通り初め三分半頃からは五分の入り, てた通り妻とその, てた運動の実践上, てたの傍ら, てた道楽者さ銭が無けれ, てた遠い彼方に, てた遥かな空, てた邪悪の心, てたを二つコップ, てたの仔山羊, てた金持の旦那, てた金額は五十八万四千五百フラン, てたなんてなあ申し分, てた針金の束, てたはフォーシュルヴァン爺さん, てた鉄瓶を引っくり返し, てた錻力の大きな, てた鐘巻自斎, てた長者は雷, てた防寨の名, てたですから, てた隣村井伊掃部頭の飛び, てた雑兵ばらはそろそろ, てた離れ座敷からもう, てた離室みたいな造り, てた離屋で六疊, てた雨戸を一枚, てたの切れ目, てた電報がこちら, てた電車通の神社, てた青い紐が, てた青年がどう, てた青年らのうち, てた靴磨きのチビ連, てたと書類, てた頃やつぱりお座敷以外にお客さま, てた頃家にしばしば, てた頃松太がこういう, てたをふい, てた飛行機はどう, てた飛騨きっての, てた食事あっさりと, てた駒井さんとちがう, てた駿河灣の内, てた高台の向う, てた高張提灯の一つ, てた鯉幟の下, てた鵜呑式で押徹, てたはみんなどこ, てただってジャガイモ, てた黒川団長がいつの間にか