青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つく~ つくし~ ~つくっ つくっ~ つくづく~ ~つくり つくり~ ~つくる つくる~ ~つけ
つけ~
~つけた つけた~ つけられ~ ~つける つける~ ~つた つた~ ~つたの つたの~ つたら~

「つけ~」 22384, 232ppm, 427位

▼ つけ~ (15060, 67.3%)

385 いた 238 いる 139 いるの 116 ある 106 見ると 92 来た 82 ゐた 79 来て 73 おいて 69 それを, ゐる 68 いたの 67 いたが, いて, みると 60 いると 57 来たの 55 くれ 54 あった 45 あるの 43 いました 39 行って 38 くれた, 行った 37 やった 36 しまった, やる, 下さい 35 きた, 見て 33 いるもの, ゐるの 30 いること 29 いるが, きたの 28 います, いるので 27 やって 26 くる, 歩いて 25 あつた, いるん, しまつ, 置いて 24 あって, いるよう 23 いった, おいで, やろうと 21 いるから, おく, きて, ください, 行く 20 いたもの, いなかった, みた, 持って 19 いるところ, 來た 18 おくこと, しまったの, もらって, ゐると, 下さいよ, 来る, 来るの 17 ありました, おくの, 自分の 16 やるから, やろう, 居た, 行くと 15 くれたの, くれる, みようと, やつた, ゐたの, 彼の, 私の, 私は, 見た

14 [12件] いいか, いたん, いって, いない, いれば, おくん, みて, やりました, 居る, 来たが, 立って, 行きました

13 あります, いたので, おいた, みたり, やると, 何か, 口を, 見たが

12 あったの, あるので, いる人, おくれ, くれと, みたが

11 いきました, いるという, おけば, それが, ゐるので, 居ります

10 いる者, くれました, しまいました, しまって, ゐるもの, ゐるやう, 眼を, 見れば

9 [21件] いたこと, いたと, いましたが, いる間, おいたの, おりました, くるの, くれて, これを, みました, ゐたが, 云った, 來る, 出て, 呼んで, 彼は, 来たもの, 玉子の, 置いた, 行つた, 足を

8 [27件] いたという, いたよう, いないと, おきました, おくと, きました, くれよ, しまうと, そこに, その上, みよう, やったの, やるの, やるん, やれ, ゆく, よいか, ゐて, ゐました, 來て, 寝て, 来たん, 来るよう, 焼いて, 私を, 置けば, 行けば

7 [26件] あるから, あるが, いくと, いつまでも, いないの, いなければ, おります, くれたん, すぐに, その中, みましたが, ものを, やつて, やること, 人の, 今の, 書いて, 水を, 相手の, 置く, 聞いて, 行くの, 見たり, 見ました, 話を, 貰って

6 [26件] あげよう, あるん, いたから, いたに, いますが, くださいよ, しまつて, そんなこと, みる, やったり, ゆくと, ゐなければ, 二人の, 居ると, 手に, 来たという, 来たので, 来る者, 火を, 置くと, 置くの, 自分を, 言った, 走って, 雪の, 顔を

5 [74件] あげて, あたりを, あるところ, あるもの, い, いくの, いたそう, いただいて, いた男, いた者, いた頃, いったの, いても, いないこと, いらっしゃい, いるうち, いるせい, いるその, いる事, いろ, おいでに, おかないと, おかねば, おきます, おけ, くれたこと, くれた名, くれないか, くれれば, ごらん, ごらんなさい, しまう, しまえ, じぶん, そこへ, そこを, それに, みたの, みても, みれば, やるよう, やれば, やろうか, ゆくの, ゐるから, ゐること, バターで, 上げるから, 下さいました, 呉れた, 家の, 居りますから, 彩色を, 思い出すの, 息を, 来ました, 来ると, 死んで, 海に, 物を, 肩の, 行かなければ, 行きながら, 行くこと, 行くん, 行けよ, 行ったが, 見ても, 見ますと, 貰つた, 逃げて, 酒を, 金を, 頂戴

4 [126件] あげましょう, あったから, あったが, あったと, あったん, あること, あるのに, ある綱, いきます, いくが, いたお, いったが, いは, いますと, いらつし, いられる, いるか, いるだけ, いるに, いるわけ, いる家, いる方, いる様子, おいたり, おいては, おくため, おくれよ, おりますと, お呉れ, くるよう, くれるの, くれるよう, くれる人, くれ給え, ここに, これも, しまうぞ, しまうの, しまおう, そこから, そのそば, そのへん, その前, その端, それから, なんの, のつ, みますと, みようという, みること, もらうの, やったが, やらうか, やらうと, やりたいと, やるぞ, やる事, ゆけば, わたしの, ゐたので, ゐたやう, ゐるところ, ゐるん, 上から, 下さいな, 下さいね, 下さると, 下に, 不便な, 両手を, 之を, 二人を, 他の, 何に, 來ました, 例の, 先に, 出した, 出して, 参った, 唇は, 囁いた, 声を, 大事に, 始めて, 家を, 居るが, 庭の, 往った, 待って, 手を, 故郷の, 新らしい, 来い, 来たと, 来たわけ, 来た時, 来た者, 来ましたが, 来るもの, 松の, 歌を, 此の, 気が, 海の, 相手に, 紫の, 置いたの, 置かないと, 美い, 考えて, 舞台に, 行くが, 行ったの, 行っても, 見たけれど, 見ましたが, 見ようと, 見るが, 貰う, 貰った, 貰ふ, 身を, 頭を, 食うの, 食べると

3 [215件] あげますから, あげる, あとを, ありますから, あるし, あるよう, いう, いそう, いたいと, いたか, いたけれども, いたその, いたつもり, いたまえ, いては, いないよう, いながら, いましたから, いません, いらしつたの, いるかという, いるし, いるため, いるつもり, いるものの, いるらしい, いる女, いる彼, いる時, いる物, いる男, いる筈, いろいろの, おいたん, おいても, おいでの, おかなければ, おきましょう, おくから, おくという, おらぬと, おりません, おる, お帰りなさい, お書き, お銚子, きたから, きたとき, きたところ, きたもの, くださいッ, くだすった, くると, くれい, くれたまえ, くれたもの, くれという, くれるか, くれるだろう, くれると, くれん, くんな, くんなせえ, しないと, しまいます, しまうこと, しまえば, しまおうと, しまったから, しまったもの, しまったん, しまひました, しまふと, じつと, それで, たべる, ひそかに, ひっぱって, ほしい, みせる, みなければ, みようか, もらいたい, もらうこと, もらおうと, もらった, やっても, やらせて, やらなければ, やりたいよう, やります, やるが, やるため, やるという, やるよ, やれと, ゆくうち, ゆけ, よいの, よこして, ゐたと, ゐたん, ゐない, ゐないの, ゐら, ゐるが, ゐるわけ, ゐる人, ゐる男, パン粉へ, 一と, 一種の, 上げましょう, 上げます, 上って, 下さって, 下すった, 下へ, 不自由で, 中の, 了う, 云えば, 云つた, 今度は, 仕事を, 体を, 何かの, 元の, 出た, 出来るだけ, 叫んだ, 右の, 呼ぶ, 地に, 垣の, 外に, 夜は, 大声で, 居りました, 居るの, 居るので, 帰って, 引いて, 引張つて, 彼が, 彼に, 彼を, 彼女の, 彼女は, 待つて, 御不自由, 心を, 思い出されるの, 戻って, 手で, 持たせて, 持つて, 旅を, 木に, 来たか, 来たこと, 来たよう, 様子を, 歌いながら, 歌の, 正直に, 歩いたこと, 歩きながら, 歩くこと, 気に, 気を, 水の, 洗って, 海へ, 無理に, 煮ます, 父の, 牛乳を, 穴を, 空を, 窓から, 竹刀を, 笑った, 置かなければ, 置くこと, 置く筈, 肩に, 自分が, 自分に, 自分は, 蚊遣りふすべ, 行きたいと, 行きます, 行きますと, 行け, 行つて見る, 表に, 見る, 言は, 言葉を, 訊いた, 訪ねて, 読んで, 貰うの, 輪を, 近所の, 送って, 連れて, 部屋の, 都合が, 音を, 食う, 食べる, 食べるの, 駈けて

2 [678件 抜粋] あげるわ, あげろナ, あったので, あったもの, あつて, あなの, ありまして, ありますが, あるいて, あるそう, あるぞ, あるという, あるよ, ある筈, いいの, いきましたが, いたし, いただきたいもの, いただく方, いたばかり, いたらその, いたり, いた処, いた時代, いた風呂敷包, いた髯, いつて, いつもの, いないが, いないし, いないという, いないところ, いないのに, いなかったか, いなかったと, いなかったの, いなかったもの, いふが, いませんでした, いませんね, いようが, いらっしゃるん, いるお, いるけれど, いるこの, いるって, いるでは, いるとき, いるとでも, いるとは, いるのに, いるはず, いるよ, いるらしいので, いるらしかった, いる例, いる奴, いる店, いる必要, いる所, いる暇, いる自分, いる若い, いる風, いろいろ面白, うたって, うつぶしに, おいたので, おいた方, おいでよ, おかう, おかなくては, おくが, おくれね, おくれッ, おこう, おこうと, おしまひ, おって, おまけに, おやり, おらん, おりましたが, おれば, おれを, お前の, お渡し, お目, お祭の, お霜婆さん, かういふ結構, きたが, きた玄正, きた者, きや, くださいました, くること, くるとは, くれたが, くれたに, くれた案内者, くれないかね, くれないと, くれば, くれましたが, くれます, くれるから, くれるため, くれるだろうと, くれるもの, くれるん, くれる気, くれ君, くれ近頃, くんねえ, けがを, こい, ここまで, こちらの, この調子, これで, これは, ございます, さう, さがして, さつ, さへ, しばらくの, しまったが, しまった方, しまふの, そこの, その下, その人, その手, その日, その火, それからは, それから元, たべるの, つかわす, とんで, どこか, のって, のどかに, ひらりと, ほかの, ほの, まいりました, またその, まっしぐらに, まわって, みたいが, みたいの, みたところ, みたまでに, みた事, みるに, みる気, みろと, みんなに, みんなの, もむこと, もらいたいね, もらいました, もらうよう, もらうん, もらえば, もらわにゃ, やがて去, やったこと, やったよう, やったん, やって来た, やつたり, やらあ, やらなくちや, やりたい, やりたいの, やりな, やりますと, やるからな, やる仕事, やろうかと, やろうという, やんな, ゆきました, ようすを, よく煮, よこしました, わざ, われも, ゐたから, ゐても, ゐないと, ゐなかつた, ゐます, ゐますし, ゐるその, ゐるつもり, ゐるのに, ゐる作家, ゐる家, ゐる目, ゐる者, ゐれば, オイチョの, スパリスパリと, ソッと, トットと, パイプを, パッと, ベンチへ, 一つの, 一定の, 一日も, 一本の, 一生懸命に, 一言も, 三人は, 三枝さんと, 上げて, 下さいまし, 下さいましよ, 下すって, 下ろして, 下を, 不自由な, 世界の, 両手で, 並んで, 中を, 二人は, 二日か, 二重な, 仕事に, 他に, 住所を, 何を, 何をか, 何度も, 便利だろう, 信二は, 働いて, 僕に, 僕の, 先生の, 入って, 凄じき, 出すと, 出すの, 出ること, 出る人, 別の, 別れさせたこと, 前へ, 前を, 力を, 化粧し, 十一月の, 半七老人, 参りました, 参りましょうよ, 叫びながら, 叫んで, 台所の, 右すべき, 合わせて, 向うの, 吸つた, 吸ふ, 呉れたの, 呉れと, 呉れぬなと, 呉れる, 呉れるから, 呉れるぞ, 呉れろと, 呼ぶこと, 呼ぶと, 喜んで, 喰べて, 喰込んだ, 土蔵の, 坐った, 墓へは, 夏の, 外道踊を, 大人の, 天井の, 夫人の, 奥へ, 女中が, 女中の, 妙に, 嫁に, 子も, 子供は, 孤家の, 完成した, 家へ, 寒い風, 實家へ, 尋ねて, 尋常二年に, 小用に, 居たの, 居たので, 居ても, 居ない, 居ながら, 居るかの, 居ること, 居るもの, 山の, 山へ, 岸和田まで, 帯の, 帰つて来た, 年の, 幾度か, 幾度も, 庭に, 廊下の, 廊下を, 弓を, 引くつな, 引っぱって, 引金を, 役者か, 彼女に, 往くと, 往くの, 後の, 御覧, 御覧なさい, 御覽, 心が, 心の, 思出す, 急に, 悠々と, 慰め合うて, 戴くと, 戸外に, 手の, 手紙を, 拝謁秀吉を, 持ち歩いて, 探すと, 敵に, 新聞に, 日清戦争前後に, 書いてしも, 書くこと, 書生部屋へ, 朝の, 木の, 机に, 村の, 来たあの, 来たとき, 来たり, 来た木枯, 来ては, 来ます, 来られて, 来るから, 来るであろう, 来るなんて, 来るん, 来る風, 枕の, 案内し, 梅の, 横に, 歌った, 歌って, 歩きねえ, 歩くの, 殺して, 氣に, 永い久しい間, 汗も, 油で, 泣いた, 泣きながら, 火に, 火星人に, 灰に, 焼くの, 煙灯の, 物に, 献上し, 獨り, 生きて, 生まれて, 用を, 申し上げます, 男の, 疊に, 皆んな俺と, 眉墨を, 眠って, 知る人, 石を, 研究する, 礼を, 礼拝し, 竹の, 笑って, 箪笥を, 紅白の, 網を, 綺麗に, 置いたところ, 置いたもの, 置いてから, 置きたいと, 置きながら, 置きましたから, 置き焼きかけの, 置くだろう, 置く必要, 考へること, 耳を, 肩を, 背中に, 腕を, 自転車を, 色々の, 色の, 薄ら水のる, 行きや, 行くつもり, 行くよう, 行く一人, 行く方, 行ったところが, 行ったはず, 術なげ, 表へ, 裏口から, 見せて, 見たいと, 見たこと, 見たわけ, 見た所, 見に, 見るに, 見るの, 見世物に, 覗かれまいと, 観て, 言葉の, 訊いて, 訊問せず, 誤魔化して, 説明する, 調べて, 貰うこと, 貰おうか, 貰おうと, 貰は, 貸して, 車の, 返え, 追っ払って, 途中で, 通ひました, 通る馬, 進むと, 進んで, 進上する, 道を, 遠くまで, 適当な, 酒の, 金の, 鍵を, 鏡の, 長くなっ, 障子の, 雨戸を, 静かな, 静に, 非常に, 音調を, 頸に, 頸にかけて, 頼りに, 飛ばして, 飛ばし屋根, 飛んで, 食べて, 食べても, 馬の, 髪を, 鮭の, 黙って

1 [7486件 抜粋] ああいふ, あげなすって, あげるよ, あちこち駆けまわっ, あったボート, あった綱, あなたの, あの邸, ありそこ, あり案内, あるね, ある下, ある大黒柱, ある生々しい, ある萩乃, ある電燈, あんまり無茶, いかにすべき, いきを, いず久能君, いたかる, いただきませんこと, いたのね, いたわり, いた不吉, いた内輪事, いた姉さんかぶり, いた故に, いた毛布, いた綱, いた農家, いた顔丸, いったところが, いつもいろんな, いないどうしても, いない大きい, いない若, いなくては, いますのね, いよう, いらっしゃる注意, いるおやじさん, いるだろう, いるなんて, いるらしい様子, いるゼフリズ, いる五挺, いる刀, いる大根, いる宝石, いる感情, いる横町, いる煙草入, いる空気服みたい, いる血, いる野薔薇, いる鳥, うごかすん, うるさく思い, おいたし, おいた品物, おいた藁苞, おかに, おきながら, おくがの, おくより, おけたらいい, おたく, おはる, おられるこっち, おり暗く, おれなどという, お出し, お売り, お歩き, お置き, お送りいたします, かくれて, からうた, きかせ僕, きた一陣, きた怪し, きても, くださいましたの, くどくどと, くるので, くる試合, くれたその, くれた人等, くれた銚子, くれなきゃあ, くれまするから, くれるはず, くれ笑って, ぐんぐん本当, こう提議, こちらから, このごろ見, この小説中, この錦太郎, これから嫁, こんな二度と, ごしごし磨いたら, ささげその, さてそれ, しいてみずから, しずかに, しまいたかった, しまうよう, しまったほど, しまつて其夜は, しまふ血液移動, じっと聞き澄まし, すぐ来る, すぱッ, せがむの, そうして思う存分, そこで四方八方, そっちを, そのじつ, その仮面, その名, その帰る, その次, その由, その草花, その階段, それから料紙, それで長, そんな滑稽, たっぷり喉, だまってから, って, つぎつぎの, つなを, とうとう最後, とべるヘリコプター, どうする, どんどんお, なぎさに, なほこの, にこにこ笑っ, のんきな, はじめに, ぱくつく彼, ひとつりっぱな, ひろい野原, ふところに, ぺっと唾を, ぼりぼりかじりかけました, ました証拠, またもやせ, また弾きだす, まちがいの, まんなかを, みたいわ, みた雑巾, みようかしらと, みんなで, めったに同じ, もっと大きな, もらいたい気, もらえないかねえ, もらった方, もらわんと, やったらびっくり, やって来たの, やはり霜, やらなくちゃ, やりてえもん, やり自分の, やる和尚, やろうおい, ゆうべはなし, ゆく技術, ゆつくり読み返した, よく勉強, よこしたの, よまれ一方, わざと背中, ゐたその, ゐたダヌンチオ一流, ゐた東京発声, ゐない若, ゐられる, ゐるでないか, ゐるレジヨン・ド・ヌウル, ゐる忙しい, ゐる矮人, ゐる隙, アメリカの, オヤマアこれは, カリリカリリと, クルベーさんの, ゴム印同様に, スックリ立っ, タンクの, ドアに, ハイドンの, ヒョイと, ブローカーの, ボンボンと, メラメラと, 一九四六年の, 一口だい, 一度拝見, 一時まで, 一杯飲ん, 一筆を, 丁度木立, 三十分間ばかり, 三階で, 上げますに, 上着の, 下さった, 下さるの, 下帯の, 不自由だ, 丘の, 中空の, 久方ぶりに, 予言めいた, 二人がけの, 二階へ, 井戸の, 人家よりも, 今は, 今更の, 代りに, 伊那丸の, 似通うた年ごろ, 何ぞ御用, 何処でも, 何食は, 來は, 保久呂湯へ, 側に, 兄の, 光らせるの, 入口から, 八丈島へ, 其中自ら神聖に, 再び矛盾, 出かける, 出せと, 出る謡, 出鱈目の, 切符を, 前後左右に, 加野は, 勤めて, 十二月から, 半平が, 卵を, 参られようと, 又兵衛は, 取りかからなけりゃあ, 口笛を, 可ござん, 合力する, 名を, 吸いながら, 呉れ, 呉れるわ, 呼ぶはじめさん, 品川行の, 唱う声々, 喫べたが, 嚇すという, 四方へ, 困つた, 地上より, 垢を, 墨を, 夕方お, 多忙な, 夜詰の, 大きな木, 大声を, 大迫玄蕃が, 天狗界の, 夫婦にでも, 女中部屋の, 好い子, 始終身, 子どもどうし負う, 守らせる, 宝石の, 宮廷祝詞の, 寄席に, 寝る, 寺へ, 小さいトランク, 小勝小勝と, 少しく歩いた, 居たが, 居ならび宋江, 居り又は, 居る恐, 屋敷に, 崖から, 左大臣は, 己の, 席に, 帰り給え君, 平伏して, 幾組かの, 底の, 廻る火の番, 引き戻しに, 引揚げ, 強調する, 彼らは, 待っときなさい, 御ところ, 御覧なさる, 心に, 忘れないやう, 思いだしたの, 思ひ出す, 怪塔王に, 悦んだもの, 愛賞し, 懐紙に, 或程度, 戻すと, 手水鉢の, 投げて, 押しかけて, 拡がって, 持て余して, 振るの, 掛声もろとも, 揚げるの, 支払う, 政治上経済上の, 散三, 文句を, 新劇に, 旅籠屋の, 日本へ, 早く裏口, 時々思い出される, 景気よく, 暫く敷き, 書き直させた上, 有名無名の, 木から, 机を, 来たかの, 来たのに, 来た二頭立て, 来た夏侯惇, 来た新九郎, 来た細長い, 来た高, 来ますから, 来るだろうと, 来るジャッズ, 来る若い, 枕もとの, 査定し, 森然, 極力看護, 横ざまに, 次の, 歌子の, 此處まで, 歩きなさい, 歩く病人, 死んだ同僚, 殿下の, 毛沓を, 永代橋へ, 汽車に, 泣き出す人, 津田の, 浮き浮きし, 涼んで, 清風山の, 湯煮た, 滑りど, 火の, 焚火に, 無雑作, 焼くわけ, 煩瑣な, 燒き殺し, 片手で, 物言いたげに, 狐色に, 玩具の, 理窟っぽくなっ, 用言と, 男性に, 畳一畳ほどの, 痩我慢の, 白いエナメル, 盃を, 目録を, 看護し, 眠ろうと, 矢鱈に, 社会的の, 祷ること, 私達に, 空虚な, 立ち並んで, 立派に, 笑つて打解けた, 範多, 納まつ, 素早く外, 結婚を, 網戸を, 縁外の, 繰り返し自分, 置いたん, 置いた通り, 置かぬぞ, 置くから, 罷り在ったから, 考えた, 聖母の, 肉を, 育つよう, 胸には, 腹ばいに, 自分らが, 自轉車, 良人の, 若者に, 草の根から, 萌黄の, 蒸焼に, 藪の, 血の, 行かれました, 行きましょう, 行くばかりと, 行く自動車, 行ったところ, 行った所, 行つて暗がりから, 街上を, 裏二階の, 西洋白粉を, 見たい, 見た事, 見まわしたが, 見るなれば, 見張らせて, 観客席を, 言つた, 詫びて, 語ったに, 読みました, 誰かが, 講談の, 讀者を, 貰いながら, 貰つて下男勇太郎の, 買い込んだ, 赤く塗っ, 起きあがった, 跳び降りろよ, 身に, 転げる工合, 辛抱し, 返した例, 追い込むよう, 送りかえすといった, 逃げるもの, 通れむやみ, 遂に切支丹屋敷, 過ちの, 遣りましたよ, 郡へ, 里の, 金属の, 釣果を, 鎗騎兵型に, 長追いを, 阿片などは, 階段の, 雑色たちに, 電話で, 面白おかしく, 頂きます, 頼みにも, 風呂場に, 飛び去ったが, 食う砂糖, 食べる方, 飲忘れた, 首府ベルリンまで, 駕籠から, 高イビキ, 鳥渡焼く, 黒い紐

▼ つけても~ (910, 4.1%)

12 私は 10 彼は 6 自分の 5 金の 4 それは, 今の, 思い出すの 3 お前の, お種, 不憫な, 人の, 思うの, 父が, 私の, 自分は

2 [49件] あなたの, あの娘, い, いいの, これは, こんなに荒れた, それが, とかく人目, どうかし, ほんとうの, わたしたちは, 一つでも, 一日も, 下さるまじあゝ, 丑松の, 丑松は, 亡き夫, 今まで, 今日では, 今更行脚, 他人の, 俗人の, 兄様の, 君の, 周囲の, 娘の, 彼に, 彼の, 彼女が, 彼女は, 心に, 想い出すの, 抑えつけても, 明治初年から, 昔の, 昨夜の, 気に, 汗が, 浮世は, 然る, 私どもは, 第一, 自分が, 贈主, 身に, 逆は, 邪慳に, 頭の, 首尾そこなう

1 [743件 抜粋] あきも, あけくれむね, あなたさまの, あなめ, あの時, あの資料, あぶないかも, あまりに可憐, ありがたいお, あれも, あゝあの, いい, いいここ, いいたがる日本人, いいわね, いい歳, いい者, いかで此, いちばんたい, いちばん安全, いつぞや御許様, いつのまにか彼, いとど嬉しい, いと切におもわず, いま, いやしくも中山高帽, いやと, いよいよ極, いよいよ細か, いるし, うわさとりどりである, おいとしい, おけなかった悪, おしかは, おなつかしく, おべっぴんさまさま, おも, おれに, お二人さん, お俊, お別れ, お前なども, お前は, お姫様は, お孃樣, お蔦に, お身, お金を, かうや, かにに, かねの, かまわないわけ, くり返した, けっして度, こういう風, こけ猿, ここで, ここは, こっちの, この一年間一緒, この世は, この単調, この因縁, この目的, この窮乏, この節, この老人, この馬, これから学問, これほど, これまで, こんなにのらくらし, こんなに勿体ぶる, こんな塩鮭, さかさ, さて奈何, しみじみあたし, すぐにそれはあとかたなく波, すぐ心細く, すぐ消え, ぜひ行っ, そういう迷信, そう危険性, そこに, その人, その前年, その宵, その悼ましい, その蓮如, それその, それらしい, それらの, そんな道理至極, た, ただ一目, ただ読書, だれも, だんなにばかり, ちょっと心配, ぢや, つく, つくづく創作, つけなく, ていさいが, どうしても云, どうやら三体, なおさら我々, なお冷たい, なお執拗, なくては, なにかこの, なるほどと, なんたる, はじまらぬと, ひとりでは, ぶるぶると, ほめただけで, まず品物, またそこ, また想, また昔, まだ半蔵, まだ女, まづこ, みなさんの, みんなの, むらむらと, もう一度それら, もう山国, もし東洋, もつと, やはり少年, やるならやるで思ひ切りやり通すといふ, よいらしい, よかった, よき脇, よくご存じ, よく気, よく目的, よしやわざくれ身, よし今夜, よろしい, よろしく, りっぱな, わが, わが身が, わたしの, われわれは, エルウインの, カドが, ゴーリキイが, ダメな, トヨや, ドイツの, ナターシャの, ニーチェヴォ, ハノーヴァ王家に対する, マア坊は, ムクを, ルンペン時代の, 一つ気がかりな, 一つ艷つ, 一体に, 一度先方, 一族の, 一時冷たく, 一片懷舊の, 一生の, 一見不思議, 三は, 三吉は, 三次の, 上級生には, 下さるまじああ, 下荻の, 不如意な, 不都合は, 世にと, 世間は, 両親は, 中には, 主人対店員の, 主君の, 久振りに, 二人は, 云いたいの, 五郎左と, 亡くなった私, 亡くなつた, 人が, 人と, 人一人身投げを, 人間の, 今までの, 今夜は, 今度こそは, 今度の, 今日私達が, 今日自分は, 今更の, 今更乍ら自分, 仕事の, 他人に, 仲よくしよう, 伸子は, 何か, 何かに, 何という, 何とかハイ勘考, 何は, 何より大事, 何時までも, 余り往来の, 作家画家音楽家俳優みんな芸が, 修行が, 傷心の, 僕は, 僕達が, 兄廉介の, 兄様は, 先廻りし, 光りは, 内蔵助は, 再び日本, 出て, 判らぬ点, 前途にのみ, 割合に, 力士が, 勇気の, 動かないよう, 勝入, 北朝の, 半蔵は, 原さんから, 原稿は, 又聞きに, 反目し, 口から, 古い絵本, 合うはず, 同じく, 同じ恋歌, 同志藤森林によって, 向島の, 君は, 和助が, 哀れなり, 善戦を, 噛み砕く歯, 器用な, 国の, 國民諸君が, 埓も, 執着が, 増上寺は, 壇に, 多計代, 大いに書きたい, 大兄等将士の, 大学に, 大概外れる, 大老は, 天気模様の, 天皇の, 失恋の, 失望は, 女という, 女としては, 妥協が, 妹の, 姫草さん姫草さんと, 威張ること, 学びの, 学校を, 安氣, 安然大和尚とも, 実にお前, 実を, 宮が, 宮内は, 家路遥かな, 寅吉さんが, 實に, 寧ろ人知れず彼, 尊重され, 小児に, 小枝は, 少し愉しい, 少女は, 居るから, 岸本は, 己の, 己一人をのみ, 市五郎らの, 師の, 平常の, 平気を, 幸吉, 幸子は, 張教仁は, 強い意志, 当節は, 彼が, 彼兩人の, 彼等を, 御両親様はじめ皆様, 御公達, 御帰り, 御心ゆく, 御自身, 御親切, 心残りは, 心細いの, 忍びがたい, 忘れられぬあなた, 思いのたけは, 思い出されるの, 思い起す父, 思うには, 思ひ出される事, 思ひ出す親様, 思ひ詰めた若い, 思ふこと, 思ふ芸術家, 思われるの, 思われるわけ, 恩人は, 悪いは, 想ひ出す, 意の, 意見を, 愚僧が, 感じ易い, 憎いは, 憎むべきはか, 憎ッ, 我々は, 我は, 戦争犯罪人という, 戸じ, 才能は, 担ぐとて, 持つべきは, 持上がる, 捨松と, 改まる年, 故障を, 敗者の, 文夫さえ, 文筆の, 日ごろの, 日本の, 日本を, 日本人の, 旧友は, 早々帰れ, 明けやすい, 明石を, 昔が, 昼と, 時代と, 晩年には, 普通の, 暑いとき, 更に画期的進歩, 最も腑, 月日の, 朝霧の, 未練らしい, 本当に心, 村方の, 松阪という, 柔かくシンナリ, 桂木は, 案じられるは, 権威を, 横町の, 樺太まで, 正太は, 正確な, 此の, 歯がゆいやつ, 死ぬまでの, 残念な, 残念千万な, 母上の, 母親と, 母親は, 毎度その, 氏直は, 気おくれ, 決して強く, 決して彼等同志, 決して恋愛, 沼田正守当年九十一蔵に, 波の, 洞庭一日の, 消極的で, 深く, 渇仰され, 源三郎さまが, 溢れて, 演劇改革の, 激しく嵩, 火が, 無遠慮に, 照之助が, 熱い地方, 父さんは, 父上の, 片時も, 片桐いちのかみ, 特にこういう, 特に啓蒙的, 猫の, 玄徳の, 甚だ遺憾, 生きた鰻, 田丸殿, 男って, 異存を, 疑問が, 癆咳という, 益々諸君, 相手は, 真実だ, 矢張呼び慣れた, 砂利を, 礼礼という, 私たちは, 私には, 科学者は, 秘密が, 窮屈な, 立派に, 米子の, 結構な, 緑平老から, 縁に, 羨ましいの, 義姉に対して, 考えられること, 耐え難いの, 耳目の, 聴衆も, 肥後守は, 背が, 自分を, 自分等の, 自然な, 自発的の, 芳情を, 若葉の, 葡萄酒は, 董卓が, 虚勢が, 蚊帳越に, 行く先が, 行長が, 被害民の, 見た, 見も, 見当らないので, 言わない人, 許し難き, 訳も, 誰か, 誰からも, 豊世は, 豊田へ, 賢い人, 身の, 身体の, 農民小説殊に, 追随者を, 退くだけが, 逆らわぬよう, 速記は, 連れ帰って, 進取と, 運命が, 過ぎ去った春, 遠慮深く, 遠泉君, 郵送料二円ほど, 都の, 都忘られず, 金吾が, 降られたの, 隣の, 非常な, 非常に, 頼りに, 風に, 飽きない心, 餘計な, 髑髏の, 魔道における, 鯛の

▼ つけ~ (354, 1.6%)

22 とられて 18 取られて 12 なって 7 なりました 5 して, とられました, 来たの 4 けり, 来たん 3 とられた, 取られた, 来た, 来て

2 [16件] かかった, かかる, かかるの, くる, そむくまいと, とられたやう, なったの, なりまた, 両手で, 依って, 垣の, 来るの, 来るよう, 温泉二三杯を, 行った, 行って

1 [228件] あって, いおう, いくこと, いそしみました, いった, いろいろな, いろんなこと, おしかけても, お出でに, お尋ねに, かからんず模様, かかります, かかりますと, かかると, くさして, くるくると, くるんだ, くる筋, けがれた唇, けむ, された同志, じっと見つめ, じろじろながめ, じろじろ見る, すべりました, するので, する松葉, する薬, せわしそう, そむいて, そむかないよう, そむかぬといふ, そむくこと, そむくつもり, そむけば, そんなこと, そんなに似つかわしく, たずねた, とけて, とらせた, とられずには, とられたが, とられたよう, とられた顔つき, とられつぎ, とられてがや, とられながら, とられるの, とられ茫然, とりか, ながめやたら, なぞ行つた, なったうえ, なったから, なったそう, なったので, なったん, なったオコ太郎, なった時, なった花棚, ならないかと, なられては, ならんと, なりお召物, なりそのうえ, なりぬ, なりましたか, なりましたが, なりました地獄変, なりました地獄變, なり姫, なる, なるからには, なるため, なると, なるン, なる必要, なれば, なれましょうそう, ほかなりません, まのあたりに, ゃいかんぞ, ゃいけんあれは, ゃならんぜ, や, やかましかった, やったの, やってきたの, やってきて, やってきますな, やって来たん, やって来るだろう, ゆく, ゆくって, ヽヽヽヽアヽわるい, 一生を, 云いだした, 云えない, 云った, 云って, 云つた, 云はれ, 五つも, 亜米利加へ, 他人の, 伺ったの, 似たその, 來た, 依りまして, 側へ, 兼こと怒んだ, 出かけて, 出して, 出たとき, 出るの, 出る佐々木積, 反かないだらう, 反く, 反くに, 取られたといふ, 取られたふう, 取られたやう, 取られたり, 取られた形, 取られた様, 取られた顔, 取られながら, 取られました, 取られると, 取られ元, 口には, 唄うて, 嘘などを, 困りますもの, 圧しつけて, 外を, 将平, 尋ねた, 小侍, 就いて, 待って, 従おうとは, 従ったであろうし, 従ったまで, 従わぬからと, 応じて, 思われること, 意地の, 感じられた, 感じ作家的努力, 推参いたした, 日が, 書いて, 書くひと, 書けなかつたため, 来し男, 来たのよ, 来たもの, 来たわよ, 来た訳, 来ない, 来ぬ, 来ました, 来やが, 来る, 来ること, 来ると, 歩きまわるやつ, 母にも, 注がれる彼女, 注意を, 番頭さんに, 痺れかの, 相違ない, 立って, 立派な, 答えた, 紫帽子の, 聞きました, 聽くものも, 背いたこと, 背いた事, 背いて, 背かじと, 背きましょうか, 背くか, 背くこと, 自分の, 苦しみ無知, 苦心し, 落とし差し, 行かないこと, 行く, 行くと, 行くの, 行くほどの, 行くもの, 行くん, 行く峠村, 行く心持, 行く日, 行こうでは, 行こうと, 行ったもの, 行ったよう, 行ったん, 行った藪重, 行っても, 行つてゐる, 行交う女, 見えるが, 見まわして, 言いました, 言って, 訊ねる, 話せるほどの, 誌した, 説かないで, 費やすべき金高, 起つた, 送りつけられたこと, 遅るる, 適したもの, 鑑査員といふ, 電燈の, 飲んだ, 鳴らしながら, 鶴雄の

▼ つけ~ (336, 1.5%)

8 人形の 6 ように 5 ような 3 悪い格子, 悪い襖, 悪い障子, 車宿とて, 馬の

2 [17件] さな, 仕事が, 名前だ, 姿勢で, 姿勢の, 幸と, 幸ひであつ, 惡まれ口を, 所の, 時機に, 水を, 男は, 皿が, 祝いに, 薬を, 言葉を, 騒がしさ

1 [268件] あざやかさ, あざ名である, あとの, ある大きな, いいもの, いい純真, うえで, うちです, うちに, おでん屋へ, お客様で, お方じゃ, お母さんだ, かげに, くるいの, こされた瓦斯燈, ご用は, さいは, その姿勢, ためと, ために, つもりな, とあくたいずくめ, とおりかならず, ない安っぽい洋服, ない蜂蜜, ひどく惡, ものだらう, もので, ものの, やうで, よいお, よいの, よい子供達, よい家庭, ようで, よさ, わるい扉, わるい蝶番, わるい障子, カフエや, ギャレリーでした, スタッフだ, セリフが, ダンサアで, ダンサアの, テーブルと, バタやき, バーか, ベンチの, ペン軸を, ボーレンの, 一同を, 上で, 上に, 下に, 下手人だろう, 不能であった, 世界と, 丘田医師を, 中へ, 事も, 二万円の, 二種に, 亭主かも, 人ばかりの, 人を, 人形が, 人形で, 人形に, 人物で, 仕事だ, 仕事だった, 仕事に, 仕事の, 仕合せぢやつた, 付いた大きな, 作柄で, 個処である, 借り手が, 出来て, 匂ひ, 化学実験台が, 医師に, 医師は, 医師を, 医者に, 医者を, 卓子を, 印象が, 古本屋に, 可愛らしい白髪, 台に, 号令が, 呉服屋から, 味, 品を, 商売な, 問題と, 問題に, 喫茶店は, 地方隈なく, 堰を, 場所です, 場所柄で, 大太鼓, 天地だろう, 天蓋附の, 太田医学博士が, 女が, 女中の, 女房役だった, 女房役だつた, 好い子供, 好い障子, 如く諸事, 姿勢に, 姿勢を, 子供と, 安全剃刀な, 安斎医学博士の, 宜い育て, 実際に, 家で, 家へ, 家も, 宿の, 小さい机, 小切手と, 屋台店で, 嵩んで, 幸とも, 幸ひじや, 幸ひだから, 幸ひだと, 幸ひであらう, 幸ひです, 幸を, 広い洋風客間, 店の, 度を, 役であり, 役廻りだ, 役目を, 役者が, 役者だ, 患家だつた, 悪いせい, 悪いその, 悪いの, 悪いまま, 悪いもの, 悪いガラス窓, 悪いペンキ塗り, 悪い六畳, 悪い古い家, 悪い大和障子, 悪い安物, 悪い戸, 悪い扉, 悪い木, 悪い藤吉方, 悪い門, 悪い開け, 悪い雨戸, 悪まれ口, 悪るい障子, 悪者でも, 意味が, 慧眼によって, 戸棚が, 教育案という, 料理屋で, 料理屋へ, 新聞を, 方を, 日和ぢや, 日和で, 日本橋の, 日本橋柳橋あたりの, 最中であった, 望遠鏡の, 木の, 机の, 板椅子の, 板橋の, 植木鉢に, 様な, 様に, 標準に, 歌心なく, 武者人形の, 段は, 流しを, 湯も, 狂つた襖ばかり, 猟師, 珈琲店へ, 現界とは, 生い立ちである, 生れながらの, 申出だつた, 白い堰, 相談は, 看護婦会へ, 磁石が, 祈りの, 竈が, 筆を, 米屋へ, 糸か, 糸を, 紐を, 素質である, 絵などが, 総元締, 罪人早う, 美味さ, 翻訳者を, 腰に, 腰掛け, 興味ある, 良い家庭, 芸者も, 若い衆で, 苦しみや, 荷を, 蕎麦屋に, 薬と, 薬舗に, 蝋人形の, 裏の, 観すら, 言葉だ, 語調で, 課題だ, 諸職業, 賄屋から, 賓丹を, 質屋の, 身を, 車屋へ, 車屋を, 近所の, 通りシナへ, 通り谷の, 道を, 適任者で, 部屋の, 酒場へ, 醫者を, 重い処刑, 金の, 金庫の, 鉄の, 長椅子に, 間から, 雨戸を, 頭巾を, 題材であった, 風呂屋に, 食堂の, 飲み屋を, 香が, 香にも, 髪結が, 髪結の, 麻衿や

▼ つけながら~ (333, 1.5%)

7 云った, 言った 3 そろりそろりと, 家の

2 [14件] 呟いた, 始めて懶い, 川蒸汽の, 彼の, 彼は, 木下が, 海面に, 独言の, 答えた, 耳を, 藁草履を, 資本家の, 足を, 高く叫びました

1 [285件] あたしの, いいました, いうの, いくらか照れ気味, いそいで, いった, いつた, うまく, うまそう, おかしくて, おさや, おずおずと, おもて立った, おもむろに語りはじめた, お伴を, お粥, かう云, かじりかじり張り番, きいた, きっとあと, くつがえすこと, こうじりりじりり, こう云う, こう言い足した, ここぞ, こころみに, こやつ, ご返歌, しずかに, しばらくあたり, じつとして, じりじりと, じッ, すぐ出, すすむの, すぱすぱやった, そう云, そう呟いた, そして, そして時々, そっと天幕, そっと籠, そのまっ黒, その下, その全身, その辺, それが, それで, それによって, それまで, それを, たしかに平野君, ただお, たった一人, たまらないほど, ためいきした, たゆまず前進, たッ, ちびちび晩酌, ちょうど前, ちょこちょこと, つぎつぎと, つじ駕籠, つづけて, つみ重ねた, ともかくも, とりあえずバット, どうしたら, なおもいった, なおもつくづく掻き口説く, なお食餌, なんだかか, はしゃぎ気味, ふきあげふきあげて, ふと気がついた, ぶらぶら室内, へやから, ほとんど他人, ほのかな, ぽつぽつ家, まずその, またも, また唇, また松, また肩, ゆっくり念, ゆつくり, わざとよろけ, わざと早口, アッと, クリストの, シロホンを, ニッと, ピアノと, ピストルを, ホームズは, 一ヶ月から, 一方, 上って, 不服らしくつぶやいた, 不服らしく呟いた, 両手を, 中程まで, 丹下船長は, 丹念に, 主人は, 二人の, 云つた, 云ひ足した, 人ごみの, 今日まで, 代官松は, 仰いで, 低い声, 低くささやい, 低く囁いた, 何か, 何やらじっと考え込ん, 何やら目配せ, 何度も, 何時もの, 何気なく藤吉, 俊に, 傍を, 僕が, 元の, 兄が, 兎も, 全く没表情, 再び吐息, 冷かすやう, 凄い落ちつき, 出て, 前へ, 前垂れを, 勢いよく, 千鳥足で, 卓子の, 卵黄ほど, 叫びました, 右手を, 同時に人, 呪死せん, 呶鳴った, 呶鳴りちらす, 問うた, 喋り出した, 土蔵の, 坂に, 声に, 大ように, 大根卸し, 天文学で, 奥さんの, 女は, 始て, 子供の, 尋ねて, 小屋へ, 少し低い, 少年の, 尾世川は, 居酒屋の, 屯所から, 左手より, 巧みに, 平気で, 年寄の, 床の間の, 座敷に, 庭の, 庸三は, 強いて真面目, 彼女の, 彼女は, 徐々に近づい, 御最期, 御機嫌で, 微笑する, 心で, 心を, 忿怒と, 怒鳴つた, 怖ろ, 思い出したよう, 思わずひとりごと, 思わせぶりに, 思出した, 怪物の, 恐ろしい力, 手繰って, 抓んで, 拙い切口上, 教えて, 数日前吉野の, 早くから床, 書くの, 最早殆ど空, 木蘭の, 東西を, 栄介は, 横さまに, 欣二の, 正面の, 歩いた, 死ぬよりも, 氷の, 治療する, 泣きながら, 泣きまねを, 浩は, 海の, 海を, 漁船の, 漆塗りの, 濡れた外套, 火を, 特にことば, 犠牲を, 猪口の, 男の, 登って, 皆し, 皮肉らしく, 目を, 直ぐ彼女, 社会へ, 社殿の, 私に, 私の, 稀に, 空嘯くよう, 窓ぎわによって, 窓際に, 立ちつくして, 立てと, 立止った, 竜之, 笑ったり, 笑って, 笑顔とともに, 考えた, 考える, 考え惑っ, 胡坐を, 自ら自分に, 自分にも, 自分の, 花世殿の, 落ちついて, 蜘蛛が, 行く暗いけわしい, 衣川は, 見向きも, 言いわけ, 訊ねた, 訊問を, 話し始めた, 話すの, 話を, 説明する, 誰かと, 負けずに, 賑やかに, 起ち上がって, 足跡を, 踊って, 身體ごとくる, 軽い箱火鉢, 近寄って, 通りが, 進んで, 邦子が, 部屋から, 鉄砲を, 鋭くずるそう, 間を, 階下へ, 階段を, 青枯病に, 静かな, 面白そう, 頭から, 食べる餅, 鼻の

▼ つけたり~ (303, 1.4%)

51 して 21 した 10 消したり 8 する 6 しました 5 したの, するの 3 したん, すること 2 いろいろ仕度を, かほどの, したので, しながら, しようと, するん, つけなかったり, 果ては奥義書, 青山中の, 馬鈴薯の

1 [171件] あるいは黒く, いきなりと, いらない世話, いろいろしたく, いろいろ仕度, いろいろ悪事, おしろいはけで, おしろいを, お嫁入り, お茶の, けしたり, これも, したあらゆる, したこと, したもの, した人間, した小野一刀流, した年上, した後, してさ, しても, しなくては, しはじめた, しましたの, し道しるべ, するか, するから, するが, するぐらいが, するだけに, すると, するよう, する事, する人, する今, する処, する役目, する必要, する者, する言葉, その他くだらない, それからまた小, それは, だましたり, であるが, できるわけ, どんなに顔, なすって, なにかし, なんかは, なんだ, ぬれ手ぬぐい, はてはぴしゃぴしゃとしゃぶり, ひっかけを, ひんまげたり, またかれこれ, または眼, またドア, また個人, もも色キャラコを, ゃあこそさも, チン, テレピン油を, 一貫した, 一體これは, 上げたり, 両手で, 事件の, 仕事に, 何か, 何千年来痼疾の, 兵糧ば, 出したり, 出鱈目を, 利用し, 到る処, 刺し殺さうと, 又, 又硝子屋, 口笛を, 向うみずな, 吹聴し, 商いを, 商売の, 因縁を, 地圖を, 多くの, 太刀の, 失敗を, 女の, 女房の, 姉の, 婦人雑誌や, 字を, 定期入の, 家に, 家康の, 小僧の, 幼稚な, 弁当売りを, 御飯粒の, 愛宕の, 或いは番号, 手に, 手や, 手を, 批評を, 技巧を, 接吻し, 揉んだり, 散かったそこ, 数名の, 新しい洋服店, 時にはロシア人, 時によ, 暴利を, 書類を, 木の芽を, 本を, 桃太郎の, 槍を, 歌を, 此方が, 油を, 洋傘を, 海へ, 海豹島などの, 瀬戸物の, 無言で, 爪で, 番号を, 白い布, 白晝公然, 百姓家の, 眉を, 着物を, 碧孔雀に, 禿頭へ, 穴か, 空を, 空瓶を, 紅を, 素人欺瞞しじゃ, 経師屋稼業です, 絵ひとつ描く, 絹の, 編物や, 船の, 艶を, 英信の, 衿を, 袂にく, 裏口の, 訂正し, 誤読を, 財産を, 赤毛布の, 軍服を, 近所の, 逆さまに, 遠近光陰を, 邪魔に, 長靴を, 階子を, 雀とか, 頸飾に, 額に, 顔一面に, 香水を, 骨組を, 魚を

▼ つけよう~ (269, 1.2%)

63 がない 40 のない 23 もない 19 がありません 18 がなかっ 11 がなく 7 の無い 5 も足 3 がありませんでした, がねえ, が無い, この子, もなく

2 [11件] がなくっ, がなくなっ, がなくなった, でご, ではない, と思, はありません, はない, もある, もなかっ, もなくなった

1 [46件] からその, がありますまい, がありゃしない, がこの, がございません, がな, が十分, が悪い, じゃ浮気, たつて, だ, ではありません, ではございませぬ, とし, とした, としてべたりと, としてゐる, とする, と友子, と足, どんなこと, などという狭い, などともしなかったろう, などと思っ, などと考える, にてもできれ, にもつけよう, にもつけられません, にも声, にも気味, にも見当, に事, に困っ, のない寂し, のなかつた, のねえ, の所存, はあるまい, はねえ, もあった, もありません, もございませんでした, も効, も号令, も無い, も知らない

▼ つけ~ (212, 0.9%)

5 つくほど 3 あとは, 天下の

2 [12件] いつでも, それでたくさん, それでよろしい, そんな廉価, よいの, 何の, 彼は, 忽ち悠々たる, 皸る, 第一, 自分は, 自分も

1 [177件] あとの, あなたも, あの癇, いいこと, いいその, いいなあ, いいの, いいん, いつかそれまで, うんといそがしく, ええの, お, おおお帰り, おしりの, おめ, お前が, かえって渡る, かがる我が, かならず首, きっと朝, きっと私, きっと絵, きっと罰, こっちの, この指, こよい, これ自己の, こんな所, こんもりと, さて手ごろ, すぐロシア, すぐ忘れ去る, すこしは, すなわち厳然たる, そこで法月弦, そこには, そこを, それだけ塾, ちっとは, つきさ, どうで, どんな過労, なるほどと, ぱツと, ほと, ます, また神田君, まるで生き, もうおそろし, もうしめた, もうはなす, もう占めた, もちろんの, ゆづつて, よろしいの, わが警備, オイ子供お茶を, キャベツを, ニャンと鳴かせる, ピオの, 一千五百円ぐらい, 一同が, 一挙に, 一泊の, 一躍し, 下の, 交渉成立です, 亮作が, 人々疑わず, 今年の, 今時ここらを, 仕事は, 仕合せは, 他日恩賞も, 何か, 何も, 何を, 余の, 俳句の, 傍へ, 僕の, 僕達は, 先づ一人前だ, 入日の, 其處は, 分ります, 十分で, 千葉警察の, 千里も, 卯平の, 又手紙, 同調も, 名分の, 地方が, 士分を, 夢中で拵え, 大したもの, 奢った方, 好いと, 宇治を, 安心する, 宜しいん, 岩魚の, 左馬介光春様にも, 帆前, 帰りは, 引つきり無し, 当分下宿し, 当時唯一の, 待遇の, 後は, 必ず西洋間, 思ひ出すので, 息を, 押流され, 数ござる, 文化の, 文学評論の, 日まだ, 明日にも, 春雨の, 是非勘定したくなる, 暫らくの, 更に木立, 最早彼岸, 机の, 東洋の, 柳に, 梯子の, 歩けるほどに, 比較的都合, 気に入るよう, 減俸し, 無事だ, 無論人間, 犬に, 猟虎の, 生命は, 痛いかって, 益, 直ぐにでも, 直ぐ田辺, 相撲ち, 相調べ, 私だって, 私の, 秩父より, 窓には, 竜に, 箔も, 終身兵士以上には, 續きてたてり, 胸の, 自から, 自づ, 自分と, 自宅で, 良いこと, 花な, 若い連中, 草餅が, 蜀山しばし, 袂を, 観音様へ, 賑やかな, 路を, 道は, 野宿も, 開店の, 電車の, 霞む刀, 面倒は, 飽まで, 馳けて, 駒子は, 驚きて, 鼠の

▼ つけ~ (169, 0.8%)

12 して, 守って 4 したこと 3 何も 2 うけて, きいて, したの, 受けて, 守りました, 待って

1 [126件] あげましょう, あらためし頃, うけ甲州, うたせ大見得, おいて, おことわりいたす, おしの, おまもり, お引摺り, かえそこら, かたくまもりました, きいてりゃいい, きかぬという, させる役目, した, したこの, したもの, したり, した場所, した部屋, してないま, しようと, しようなどと, しりぞけて, しろなどとは, し入, すまし本面, すませましょう, する, するの, そむいたればこそ, つけたもの, つけた若い衆たち, つけて, つた, とこ, とり出されたの, とるの, とるより, なさつて, なさるよう, ねがいます, はじめる, はっとおもい出しました, ひしと取っ, まもらぬばかりに, まもりおおせたならもう, やって, やつても, やるの, よく守った, りからの, り妻, 云つた, 伺いますと, 何ともおもわない, 入れて, 出されると, 出す日, 削り落として, 加へて, 取って, 取られて, 受けた召使, 受けてから, 受けること, 奉じ垂井, 守らない四人, 守らなん, 守らんが, 守らんため, 守ること, 守る患者, 履いた細い, 当惑したでありましょう, 待たねば, 待つて, 待つてを, 後の, 必ず守る, 忍ぶこと, 忘れて, 思い出しますと, 思ひ出して, 思わせる, 懐中に, 打つの, 打つ男, 承つて, 施すので, 木に, 果たさず立ち帰っては, 果たさぬこと, 殺せ, 注射れた, 無事に, 特別な, 畏んで, 発表した, 破って, 穿いた男, 穿き胸, 穿き蝦蟇, 終つた時分にな, 終つてついで, 終り照明, 置いて, 聞かないよう, 聞きますと, 聞くと, 胸に, 自分で, 行ったとおり, 行った事, 見て, 見ても, 見る, 見終った頃, 読むこと, 貰ふこ, 身に, 違背し, 防ぐため, 頑固に, 飲ませるやらして, 首を

▼ つけては~ (163, 0.7%)

3 いけない, いけないと 2 いたが, いるが, だかに, どうかと, ならない, ゐたが, 呉れません, 盛んに

1 [141件] いけないか, いけないし, いけぬ, いけませんか, いず誰, いた, いたずら半分に, いたものの, いない, いないかと, いないのよ, いなかったの, いまお, いませんが, いらっしゃいますまいね, いられなかった, いられねえ, いる, いるけれども, おくまいぞ, おつう, おとうさんの, お酒, この俺, ごしごしと, しらみつぶし, すまないと, その上, その触覚, その頃, それを, つけ損う, ともから, どうか, どしどし殖やし, どんな又, ないかと, ないが, なけなしの, なさるも, ならないそして, ならないと, ならなかつた, ならぬ, ならぬと, ならぬ筈, なりません, にこにこし, ばり, ひの, まず自分, また一寸息, みな引き揚げた, みるが, ゆっくり喰っ, よく饒舌, ゐさ, ゐなかつたが, グアイが, ッきりと, ポンと, モーズレーを, 一人で, 万事が, 上げますがね, 二厘損した, 二百両に, 五十円の, 人の, 仕事を, 仕様が, 他の, 先へ, 先んじて, 出しつけては, 出し鵜, 厭へども, 名人な, 味も, 嚥み, 国が, 塀外へ, 大変だ, 天下無敵の, 如何, 如何かと, 子供を, 家の, 居ますが, 幾度と, 強ひた, 怒られるよう, 怒鳴られてばかり, 急いで, 悦んで, 感心し, 手枕で, 手遅れじゃ, 押しのけ押しのけ最, 持つてかへ, 指の, 早く帰らなけれ, 早帰りを, 是非神馬が, 本物の, 来なかったの, 機関銃を, 武士道が, 残念だ, 汚れた黄色い, 泣き, 泣き打, 注意する, 消し消しては, 済まないと, 煙管を, 父にも, 独立自恃の, 田の, 目立って, 眼に, 糞尿を, 絃を, 結句身, 美学の, 腹ばかり, 芝居や, 行儀よく, 被害民たちを, 見たけれど, 言うの, 趣意にも, 軽々しさうに, 逃げて, 連絡を, 顔を, 飲む処, 首を, 髪は, 麓の, 鼻の

▼ つけ~ (134, 0.6%)

4 あるだらうと, そんでも 3 して, ましく 2 お前よく, 何しろ村教育, 悪い

1 [114件] ああし, あつた, あつち, あるだろうと, ある取って, あればこそ, あれも, いつも掛け違う, え, おかげで, おりせは, おんなじで, お内儀さん, お妾, お蔭で, かさあつ, くる, こんなに遲, ございました, さうえこた, してあつ, すむと, その唄声, それあ, それでも家, それに, それ歸り, たき眼, たし東, どうしても田舍, どうでござんした, なあに病氣なんぞにや, なかったら, なくいくら, なくとも, なんでも, なッ, なツ, はっきりしない, はなはだ悪い, ほんにあんな, まあよ, ましい, ましいこと, ましいと, ましい大きな, ましい申分, ましくき, ましくしわがれた声, ましくは, ましく聞えたらしく耐えかねて, また思ひ直した, まだ濡れ, まだ表, みんな金色に, やつぱり言は, よくなっ, よろしくない, わるくて, イヤだった, ドストエフスキイの, 一つと, 下らぬうち, 不完全であった, 今では, 今のを, 今日は, 何も, 出来ないの, 勘次さんも, 半分も, 厳しい, 古そう, 古帷子, 叶は, 囚人酋長等の, 塒にも, 多くなった, 大丈夫だ, 好きぢや, 婿も, 巧い, 強くなる, 彼女は, 悪い山の手, 悪かった, 悪くて, 悪く戸, 惡い, 感情を, 成功した, 明日まで, 暫く歩きつけねえ, 本當, 来て, 此は, 此らお, 此れ, 此頃ぢや, 歪んで, 浮かびました, 消防夫を, 済んで, 煙草入と, 禁止され, 細つ, 腐って, 落つたから, 解きかねたし, 貴樣古宮, 身に, 遠くの, 鐵嵐のこた, 頷かれた

▼ つけ~ (114, 0.5%)

3 ござります 2 描いた女房たち, 焼酎を

1 [107件] あつた, あなたを, あらう, あらうと, いたが, いったろう, いらつし, お上さんを, お使い, お側近く仕え, お味方, お澄, お茶を, お越しなされた, お鶴, か, きょう狩場で, この地, この栗毛, この連中, この遺書, ござりまする, ぜひものう, そのうしろ, その蔦屋, そんな奴, ちょっと牛肉, つぶさに調べ, とても役, ね小林団長, はじめ動顛した, はるかな, ふれを, まず右舷, みろ, もって, よく売れる, わしは, わたくしが, カンカンに, キミに, ノルプー・チェリンが, ワザと, 一頭の, 三原伝内が, 世造りと, 中国人少年の, 井上大, 今思ひ出し, 会った, 何でも買, 俗耳を, 僕が, 先生が, 初めて上がった, 午餐が, 取りのぞきやう, 吉岡伝七郎の, 吾に, 喧嘩は, 外から, 奥宮戸の, 姫路の, 山に, 工合が, 弥造の, 彼は, 御前製作を, 応接室に, 惣領の, 懇意だ, 手前が, 日の丸湯の, 日本服で, 未決に, 本来父の, 来て, 東京へ, 染吉の, 武夫君は, 決してさもしき, 治部少, 活動を, 清酒をの, 湯島の, 煽がせられて, 現れて, 現われると, 理解出来る, 用たし, 相手に, 私は, 背かれないと, 自動車を, 舞台に, 若党ばら一群の, 見つけ次第に, 誰か, 貴さま自身が, 郡内の, 野洲川まで, 長い杖, 電話を, 非常に, 體が, 髪を, 鬼を

▼ つけ~ (101, 0.5%)

35 へた 6 へられ 4 へました, へよう 3 へてゐる, へる, へるの, へれば 2 へてあつ, へておく, へて置く, へます

1 [32件] うること, けに棒, へがあつ, へたい, へたいこ, へたりといふやう, へたり取り去つ, へたり誇張, へておきたい, へてこ, へてこの, へてみよう, へても現代, へてやつ, へてゐました, へて大きく, へて申, へて置け, へて自分, へて言, へね, へやう, へやがて, へるかといふ, へること, へると, へるもの, へる事, へる労, へる外, へる必要, へ度い

▼ つけやう~ (95, 0.4%)

18 がない 14 がありません 12 のない 7 の無い 6 もありません 5 がなかつた 3 はない 2 はありません, は無い, もない, もなく

1 [22件] があらう, があるだらう, がございませぬ, がなく, が御座いません, が無い, その代り, としてゐる, と思つて, と致します, と類似, にもなかなか, に困る, はねえ, は無, もあるまい, もございません, もなかつた, も効, も無, も無い, を見ます

▼ つけその~ (80, 0.4%)

8 上に 3 上から 2 上で, 上へ, 日は, 色の

1 [61件] いずれか, お婆さんが, ためまた, なかに, ように, 一本一本の, 上もう, 上上衣の, 上十六年間花に, 中で, 中に, 中へ, 人を, 代り目方で, 先で, 光の, 円筒を, 印刻は, 合間には, 品物には, 噂を, 場所を, 外に, 姿を, 娘らにたいしては, 御殿に, 性質に, 意志を, 手引で, 手拭で, 指で, 指を, 控え室の, 旦那と, 根本を, 機能を, 気に, 火種を, 燃え上がるの, 片足を, 牛を, 留守を, 目前の, 端つこ, 端を, 範囲では, 細引き, 網を, 聞から紅味, 背広には, 行装の, 角を, 言葉の, 轡を, 辺は, 透間から, 青白い花, 響で, 首輪の, 首長は, 香りが

▼ つけ~ (65, 0.3%)

4 んです 2 お前は, さ, さを, そんぢや, のだ, ひどい言葉, 俺らも

1 [47件] あの挿話, いい加減な, いかん, おとつ, お燕ちゃん, この上, さうし, さうだ, ささうに, さ過, せいよ, のが, のでいつも, のです, ので勝家, はれや, まあだあと餘程, まあ後れつ, もので, よ, んしょ, ア, ハヽヽ親父の, 不遜な, 事とは, 使い途に, 俺らそんなに, 動物性の, 問い方, 奴だ, 奴と, 妙な, 少つと, 平静さが, 府中の, 意識が, 愛想の, 本當, 機械を, 此の, 爺そんぢや, 爺荷物あん, 申し条, 荷車で, 露出も, 靴は, 馬鹿に

▼ つけてから~ (64, 0.3%)

3 云った 2 それを

1 [59件] あべこべに, いくらも, いつの間にか他, さてそれではという, しろ, その枕, それぞれ職業的な, でないと, ほとんど得意, また井筒屋, もう一度杵, もう一度橋, やるが, 一筆ごとに, 三十分も, 五時まで, 京都へ, 伸子は, 其の勢, 円場の, 再び長火鉢, 出かけた, 力まかせに, 十年に, 十日の, 参ります, 口説きに, 喋らないと, 夫の, 存分に, 彼女の, 或る, 手を, 挨拶も, 来るよう, 松風にと, 次に長い, 歌を, 沢を, 温かい皮裘, 煎茶の, 異様な, 登る, 睡眠を, 竿を, 笥を, 筆を, 米友が, 約二カ月半, 行くん, 衣服を, 証拠を, 話を, 語り出した, 負うたの, 足音を, 連立って, 開けて, 高田學長坪内教授に

▼ つけ~ (59, 0.3%)

2 が違っ

1 [57件] がない, がめちや, がナンセンス, が上手, が少かっ, が早い, が果す, が正しい, が遅かっ, だってこの, であります, である, というもの, とか感じ, とか細かい, と云う, と交渉, などが先ず, などは此, なども一ト通り口早, など時たま, なんぞ覚えた, にし, について面白い, にはいろいろ, にも洗練, によって個性的, に作者, に大きな, に私, に行き詰る, のこの, のない, はあるまい, はどう, は不正確, は何, は先, は全く, は子供, は自由, までは大体見当, もあるだらう, も心, も早い, も知らない, も違っ, や理窟, や食べ, や髪, をいろいろ, をちょっと, をほとんど, を亭主, を小坊主, を見, を違え

▼ つけ~ (56, 0.3%)

4 思ふと 3 見えて 2 くれ, 何日か

1 [45件] あらためて氣, ありますれば, あれば, いうなら手, いっても, いてね, いてようござんしたよ, いわぬばかり, かないつて, その色合い, なり外, ねだられ庭, はげしいことば, また兄宮大塔, よんで, テナルディエの, トゲの, 主人は, 久江は, 云えば, 云は, 云はれ, 云ひます, 伝達しろ, 啼く鳩, 存じまして, 御見物, 心得頂戴, 念佛衆といふは, 思つた, 思はれますね, 斬りこんだ, 東京方面の, 炭とを, 白い肌, 私は, 笑ひ出した, 聞きまた, 薬の, 見え漫才, 言いたくなるほど, 言いみんな, 言ったこと, 貼りつけ, 高飛車に

▼ つけ~ (56, 0.3%)

2 しないのに, つけたり

1 [52件] あつたでせう, ありは, いいし, うお, う子, きかずマネ, ございますから, した, しない, しないで, しないという, しないよう, しない世辞, しない外套, しない酒, しなかつた, しなかつたもの, しなかつたらうし, しねえ内職, しようこれ, し自ら, すこし具体的, する, つけないで, ないあたらしいいつも, ないつまらない唯事歌, ないの, ないもの, ないもんぢ, ない娘型, ない挨拶, ない散文, ない気, ない開墾地風, なく, なく云った, なく判断, なさらないお嬢さん, なるまいぞ, ふさず候, まだ残ん, まだ済まず, よく誘惑的, 厳重であった, 嚴重の, 無いの, 無い略筋, 無くさつさと, 無駄に, 終わる, 道具だ, 顧みずこうして

▼ つけそれ~ (55, 0.2%)

1 [55件] からぐるり, から游ぐ, が一ばん, が個々, が印刷, が消防団員石川淳, が生徒たち, が肌身, とはなし, にて打ち, に堪へきれない, に手綱, に拇印, に拝み, に朝日, に毎朝, に白い, に白足袋, に肱, ばさ野火, へ油単, も肩, をかぎ, をくゆらし, をすった, をそれぞれ適当, をどしどし, をふところ, をべた, をネズミ, を一人, を一度, を一度使つて, を写真, を取りあげ, を壁, を引合い, を彼, を御, を持っ, を振り, を提げ, を日本, を是, を本当, を正しく, を段々, を注い, を無意識, を燃やし, を笛, を紙, を胸, を食べかけ, を食器

▼ つけ~ (55, 0.2%)

2 したが, しない, 家屋の, 背きますまい

1 [47件] あっは, おろそかに, さすがに, さらに大きな, したものの, して, しないけれど, しないこれ, しないで, しないん, しなさらねえだから, しますまい, しませんが, しゃあしゃあと, ぢめた, ぢめたんだ, つけたが, ない, ないの, なんであったでしょう, まことに割, まつたくゼロといつて, もう今朝, やりとげましたが, 一時パリーと, 仕ないだろうか, 佛國が, 公儀の, 単に和殿, 厳しかった, 反くまい, 取るにも, 夜明けだ, 守らうとも, 守るべきか, 彼の, 御免です, 必ず守る, 怖ろ, 桃に, 比較的楽, 濃いお, 無えし, 背くまいな, 表紙の, 見せて, 重大である

▼ つけ~ (44, 0.2%)

9 がれ 2 あがれ, がって, がる, がると, がるん, しない

1 [23件] あナ, い, がったと, がるだろう, がれっ, がれど, きばの, きばは, しないわ, しめえ, はりますとか, ものいいを, アが, アしない, 夢も, 押込みまで, 拍子木の, 校正なんか, 盗人を, 親戚の, 解釈を, 身の, 農奴階級の

▼ つけ~ (32, 0.1%)

8 げを 7 げや 6 げと 4 げの 1 げが, げだった, げつけまゆげを, げで, げとを, げなどを, げまで

▼ つけそう~ (29, 0.1%)

2 な名前, な氣, にない, もありません, もない

1 [19件] して, すれば, だ, である, でなくっても, としか思えない, なこと, なので, なもの, な岩尾根, な気, な気配, な目, にし, にした, になかっ, になく, になっ, もなかっ

▼ つけての~ (25, 0.1%)

2 上の

1 [23件] うえに, お振る舞い, ことだ, ことである, 仕業で, 声調の, 女狩り, 御ひとこゑ, 心がけといふ, 心づかいを, 思ひ寄, 戻り路佐太郎は, 日ごろの, 明日から, 畫帖とは, 目付け役昨夜も, 相談相手であった, 相談相手に, 稼ぎ貯め, 稽古なら, 親佐, 詮議だろう, 返事は

▼ つけ~ (23, 0.1%)

2 化粧も, 見えに

1 [19件] かむと, かむは, さかなの, せいは父を, ひささんにも, もんに, 主は, 互ひ, 使者が, 化粧を, 十夜, 子として, 尻の, 師の, 帰りに, 戻りに, 祭り騷ぎをして呑む, 胸に, 題目を

▼ つけつつ~ (21, 0.1%)

2 声高の

1 [19件] あるだろうか, あるの, あるよう, お味方, こそこそと, しかもやっぱり, それを, 中の間へ, 人間としての, 待ちし間, 暮して, 母の, 爪先は, 生活し, 結晶した, 総身の毛, 見る間, 進み得たという, 運んで

▼ つけそして~ (20, 0.1%)

1 [20件] この者, それを, ところどころそれら, みんなが, サァベルを, バタを, パーヴェル・パーヴロヴィチの, 一休みする, 何が, 全部が, 収穫高の, 口に, 君が, 大きな翼, 当然の, 波は, 皮を, 荷駄の, 顔を, 黒い鉄

▼ つけちゃ~ (19, 0.1%)

5 なんにも 2 いかん

1 [12件] いけない, いけないん, いません, いや, いやだ, こまるね, だめよ, 事ごとに, 労働者を, 困るね, 駄目だ, 駄目です

▼ つけこれ~ (17, 0.1%)

1 [17件] と逆, にメチルアルコール, に封書, に熟達, に砂, はけちんぼ, へお, へ参り合わせる, も搦め, をくだこう, をだれ, を力, を合図, を塵, を定価, を打ち開けず, を曳網

▼ つけ~ (17, 0.1%)

2 した, つしあい, へすれ

1 [11件] うしたら, うして, うもなかつた, してやった, せよ, っし, っしゃれ, っと捕縄, つし, へ買, 来たばかりとの

▼ つけ~ (17, 0.1%)

2 からね

1 [15件] からどう, から娘, から文句, が仔細, つて好く, と, といっ, とされ, と思, と思う, と言う, と言っ, なと思いました, のだ, わよ

▼ つけまた~ (17, 0.1%)

1 [17件] すぐ戦闘, それよ, ちょっと普通以上, 一本徳蔵にも, 中には, 出た鬼熊, 化粧室と, 威勢の, 宛子台の, 少しでも, 後方には, 液体内で, 片手には, 珊瑚屑の, 私に, 突き抉った, 筆を

▼ つけそれから~ (16, 0.1%)

1 [16件] からだを, ずっと柱づたいに, ひもで, わき目も, セリフ覚え, ランプに, 中身に, 北の, 噴水の, 廊下の, 掌を, 服装を, 水の, 水面に, 蝙蝠傘を, 静かに

▼ つけてを~ (16, 0.1%)

2 りました, ります

1 [12件] かしいよ, く, くといふ, どつた, どる一人, られる, らん, りましたが, りましたよ, りますが, る, るらしいし

▼ つけてと~ (15, 0.1%)

1 [15件] あたしが, ありその, いしで, うつくしい怜悧, くいの, せがんだ, びこんだのかもしれませんね, ほる人, もの惜しみしない, ッち, 云うの, 云って, 奴十七日だ, 申すの, 言い含めたそう

▼ つけ~ (15, 0.1%)

2 を飲ませ

1 [13件] が喉, と言い, になる, をおかみさん, をかぐ, をとり出しました, をのませ, を与えれ, を何, を入れ, を服せしめた, を飲まし, を飲ませよう

▼ つけこの~ (14, 0.1%)

1 [14件] やうな, 上は, 不祥事を, 台所の, 呼延灼が, 地下の, 売女, 押しの, 架掛に, 胸くその, 調子でございました, 野郎, 頃に, 鮎を

▼ つけ自分~ (14, 0.1%)

1 [14件] が実験, が責任者, ではいる, でよし, で作り出した, の田, はそつ, ははるか中空, は美しい, もその, ものっ, やひと, を売り渡した, 実にうまい

▼ つけさえ~ (13, 0.1%)

11 すれば 1 しなければ, すると

▼ つけっぱなし~ (12, 0.1%)

2 にした, になっ 1 だし, であること, です我等, でその, で一度, のラムプ, の蛍光照明, の電燈

▼ つけでは~ (12, 0.1%)

4 ない 1 あたしは, ありません, ございましたが, ございますが, ございまするが, ござるが, ないと, なくまじめ

▼ つけでも~ (12, 0.1%)

1 [12件] あった, あります, いやとは, ございまする, したん, して, すると, するやう, それぢやあない, なければ, 刀は, 連せで

▼ つけ~ (12, 0.1%)

2 に代っ 1 からも他, が毎日ひそか, の傑作, の土, の指先, の杖, の製品, の身辺, は足, を見上げる

▼ つけ~ (12, 0.1%)

2 をした 1 だ, だつけ火, でないと, といたしますれ, にかけた, にし, や人殺し, を, をさせた, をする

▼ つけ~ (12, 0.1%)

3 っている 2 っていた 1 いとうとう, うって, うらしいと, ったの, った本人, っていました, われて

▼ つけ~ (12, 0.1%)

2 につけ 1 にかすか, につけいち, につけお, につけお前, につけなに, につけ一日, につけ三角浪, につけ私, につけ老い, につけ胸

▼ つけから~ (11, 0.0%)

1 [11件] かういふ藏書, その三分の二, ものに, 云うと, 半分ばかり, 波に, 膝へ, 蝋の, 身の, 道具万端ちゃんと, 門付け乞食扱ひ

▼ つけそこ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いら, からグチャグチャ, から毒, がまだ, にいる, にかなり, にできる, に膝, の岩, へ棒切れ, へ突き

▼ つけとどけ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が届いてない, のあつまる, のない, の物品, をしなけれ, をやむを得ない, を受けぬ, を受け取る, 木戸御免説と, 次第な, 盆の

▼ つけ~ (11, 0.0%)

2 古山さん先刻の 1 お客人, すべての, それは, ぢふせ, ハヽヽ, 乃公は, 君は, 美しいソローハさん, 読んだもの

▼ つけ放し~ (11, 0.0%)

4 にし 1 じゃありません, ておく, にした, にしない, のま, の電灯, は困ります

▼ つけ~ (10, 0.0%)

421 せたが, つるもんぢ, るべき男, るると

▼ つけ届け~ (10, 0.0%)

1 がおくれた, が足りなかった, したり, する金, とは何, なども角田老人, はちゃんと, は毎年毎年船, をした, 早い話

▼ つけ~ (10, 0.0%)

1 には紫, に持っ, に羽うちわ, に鉾, に雜巾, に青銅, も動かず, も足, をつけした, を通す

▼ つけ通り~ (10, 0.0%)

1 に, におし, にきっと, にし, にしてる, にする, に事, の着物, やったまで, 間もなく多

▼ つけ~ (10, 0.0%)

1 かな, が, がはねる, が一つ二つ, にのっ, にまたがり, にも飼葉, に乗, を引きき, を曳き

▼ つけかた~ (9, 0.0%)

1 から見, が変っ, で与謝野晶子, というよう, はさすが, は何と, やふしぎ, をあきたら, をし

▼ つけてね~ (9, 0.0%)

1 あまり焼酎, お番所詰め, すべるわよ, ぢ切る, ないてばかり, まずきれい, 私これで, 脊の, 貴下の

▼ つけどおり~ (9, 0.0%)

1 いたしましたら, この操縦室, するなら怖がること, にし, にやり, に呼ん, に品物, 働いたの, 広珍

▼ つけ初め~ (9, 0.0%)

51 たならば, た大衆文学, た目標, られたと

▼ つけ~ (9, 0.0%)

2 つた, ひながら 1 はせて, はせる, ひを, ふの, ふやう

▼ つけ~ (9, 0.0%)

1 にすす, には防毒面, に厚く, は鬼, もあの, をきれい, を上, を浸した, を赤く

▼ つけ~ (8, 0.0%)

2 龜が 1 いくらでも, に物珍し, よ, 人煮る, 唄だ, 奴が

▼ つけてや~ (8, 0.0%)

2 あがるの, がる 1 しない, しないや, つてを, るこつた

▼ つけどころ~ (8, 0.0%)

1 が分らなくなる, さ, だ, だと, だという, であるが, です, というよう

▼ つけなく~ (8, 0.0%)

1 すると, てもいい, ても国民, ても残る, て幻影, 済むが, 退却する, 開いて

▼ つけ~ (8, 0.0%)

31 あが, えとこう, えと思っ, が俺ら呼吸, 俺ら忘れ

▼ つけ~ (8, 0.0%)

2 だったの 1 ですよ, で第, なの, なん, に勝手, もあります

▼ つけもと~ (8, 0.0%)

1 かけて, からぽ, から切った, の毛, はここ, まで露呈, を棒切, を食

▼ つけ~ (8, 0.0%)

1 かこと, から何, か意味, だらうかと, でもない, を云う, 思ったか, 食わぬ顔

▼ つけ元気~ (8, 0.0%)

1 さえ全く, でもとかく, で彼, で苦し, で道玄坂, にザクリザクリ, に又八, をし

▼ つけ~ (8, 0.0%)

1 その上, カタクリの, 四つ又, 太郎は, 曙覧に, 決断所にて, 珊瑚屑の, 襟元の

▼ つけ狙つて~ (8, 0.0%)

1 ゐる, ゐるん, ゐる復讐, ゐる曲者, ゐる者, 居るの, 居るやう, 居る相

▼ つけ白い~ (8, 0.0%)

1 おひ, スカートを, プラトークで, 帽子を, 清潔な, 着物を, 紐を, 絹の

▼ つけ~ (8, 0.0%)

21 ひし探ぐり, ひたれば, ふは, へどうか, へ上の句, へ君

▼ つけ~ (8, 0.0%)

1 に草鞋がけ, のままそこ, のカルサン, の股立ち, は水, をはい, をはいた, を履き

▼ つけ~ (8, 0.0%)

1 には何だか, に自由帽, に花笠, の毛, は黒ふくめん, へは寒鮒釣り, を五分刈り, を水

▼ つけ~ (8, 0.0%)

1 に夕立, の夕化粧, は宿, は楽屋銀杏, をかまっ, をしばる, を大きな, を解い

▼ つけ~ (7, 0.0%)

1 あとだつた, なんじら, へたばかりの, ナア下宿し, 何かで, 冬の, 役者の

▼ つけ~ (7, 0.0%)

1 てあるらしく, ている, てゐる, て有名, はわれ, 浴衣の, 白き骨箱

▼ つけたる~ (7, 0.0%)

1 が彼, ところね, をはおる, 品位は, 大いなる玩具, 当人の, 槍を

▼ つけなど~ (7, 0.0%)

2 いふき, して, しました 1 したる

▼ つけ上る~ (7, 0.0%)

2 ような 1 はずです, ばかりだ, ばかりである, 気味が, 言い分もはや

▼ つけ~ (7, 0.0%)

1 でもし, にくはへ, にくわえ, をした, をしなかった, をする, を明かさず

▼ つけ~ (7, 0.0%)

1 と見れ, には舐められ, の着物, の髪, を玉佩, 小袖で, 秘書を

▼ つけ~ (7, 0.0%)

4 の手 1 の拳, の袖, へつけ

▼ つけ~ (7, 0.0%)

1 がある, がようやく, が逆, だと, に中, のない, は大きい

▼ つけ~ (7, 0.0%)

4 がない 2 がなかつた 1 を見る

▼ つけ~ (7, 0.0%)

1 と妻, なども毎日, の二重廻し, の唯一つ, の趣味, は御, は私

▼ つけ~ (7, 0.0%)

2 の上 1 がつい, が細く, が見えた, は細い, を行った

▼ つけ~ (7, 0.0%)

1 で変装, とは見えなかったでしょう, なの, をしごい, をつけ, をなぜ, をはがし

▼ つけあしき~ (6, 0.0%)

1 につけその, につけ主動的, につけ教育, につけ日本人, につけ東京, につけ自分

▼ つけという~ (6, 0.0%)

2 ような 1 のか, のは, ように, 天然の

▼ つけながらも~ (6, 0.0%)

1 不審に, 弦四郎は, 思った, 新らしい, 気が, 考えさせられる

▼ つけにくい~ (6, 0.0%)

1 ところに, のだ, ほど激しく, ものである, 仕事に, 点が

▼ つけねの~ (6, 0.0%)

2 上に, 所に 1 すみに, ところに

▼ つけ~ (6, 0.0%)

2 ちまえ 1 このヒョットコ狸め, ちまう, ちまおうか, 放しに

▼ つけ二人~ (6, 0.0%)

1 がそれ, して, とも五郎, は木の下蔭, を専任, を斬

▼ つけ大きな~ (6, 0.0%)

1 えり飾りを, 束髪の, 河も, 荷物を, 長靴を, 黒革の

▼ つけ帽子~ (6, 0.0%)

2 をかぶり 1 にはヴァランシエーヌ製, に黒紗, は重い, をかぶった

▼ つけ~ (6, 0.0%)

4 へて聞かした 1 へた, へてそつ

▼ つけがたい~ (5, 0.0%)

1 が日向, ことを, ただ物々しく怖, のでブラウン, ほど無関心

▼ つけっ放し~ (5, 0.0%)

2 にし 1 であったこと, にしてる, になっ

▼ つけてか~ (5, 0.0%)

1 へるとき, へるので, 執をと, 破らむ, 美を

▼ つけてでも~ (5, 0.0%)

1 いるかの, むりやり引きずり出さず, ゐないかぎり, 來る, 区別しなけれ

▼ つけてな~ (5, 0.0%)

1 さり方, 何の, 堅く柔らかくほっかりと, 来年の, 鯛を

▼ つけとは~ (5, 0.0%)

1 そも何御用, ちがって, まるで別物, 何を, 哂わなんだ

▼ つけにな~ (5, 0.0%)

2 つて 1 つてたまる, つて私は, つて送付せしめられ

▼ つけによって~ (5, 0.0%)

1 いそいで, わざと壊した, 働く人, 御庭案内, 無批判

▼ つけもう~ (5, 0.0%)

1 一通りの, 午頃だ, 誰の, 誰れ, 電燈も

▼ つけらかん~ (5, 0.0%)

2 と眺め 1 として遊ん, と日, と残骸

▼ つけ~ (5, 0.0%)

1 か, かと思いました, ともせず, なったん, ぶつ

▼ つけ一つ~ (5, 0.0%)

1 じつと, であろうぞ, の美しい, は戸棚, は黄色

▼ つけ上っ~ (5, 0.0%)

2 てさ 1 てと逆, て悪口雑言, て来る

▼ つけ~ (5, 0.0%)

1 の指紋, の晩, へ, よりも気楽, をてらしました

▼ つけ~ (5, 0.0%)

1 と銃, の銃, をした, を抜き, を揮おう

▼ つけ~ (5, 0.0%)

2 あり虫 1 につけ, に割り当て, の一日

▼ つけ~ (5, 0.0%)

2 のにおい 1 だの羽ぼつ, を取り, を用

▼ つけ~ (5, 0.0%)

2 にした 1 で代理, にでもし, を食わせる

▼ つけ~ (5, 0.0%)

1 のよう, の抜屑, を抜いた, を除, 曳きて

▼ つけ~ (5, 0.0%)

2 の高い, をかがめ 1 に伝令旗

▼ つけ~ (5, 0.0%)

1 には室内, には金めっき, にわらじ, はたいてい, を入れしならん

▼ つけたま~ (4, 0.0%)

21 には大貫, へ君

▼ つけていう~ (4, 0.0%)

2 んです 1 のよ, ものぞ

▼ つけてさ~ (4, 0.0%)

1 それが, それ大, 一文の, 出発の

▼ つけである~ (4, 0.0%)

1 かが見られた, が熊本博士, という, となし

▼ つけなあ~ (4, 0.0%)

1 さうだ, そらどうして, そら候補者決定, 俺ら忘れてた

▼ つけにくく~ (4, 0.0%)

1 なって, なる, なるの, 私は

▼ つけには~ (4, 0.0%)

1 そむきませんから, 必ず僕, 明日にでも, 死体遺棄が

▼ つけにも~ (4, 0.0%)

1 お手紙, 不平な, 成るべく好奇, 見える

▼ つけに従って~ (4, 0.0%)

1 おかけに, さっそく汚れた, 別な, 看護婦を

▼ つけやが~ (4, 0.0%)

1 つて, つて何てえ, つて水を, ッた

▼ つけやすい~ (4, 0.0%)

1 ほどのもの, 作品が, 土蔵の, 衣類である

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 丹下中島二城の, 仕事は, 畜生俗縁が, 舌不足が

▼ つけよく~ (4, 0.0%)

1 ないにつけ, 含嗽し, 私の, 笑ったもの

▼ つけ人間~ (4, 0.0%)

1 の嗜味, の考, の道中, は亡びる

▼ つけ仕事~ (4, 0.0%)

1 がやがて, でない, はしたくない, を厳禁

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 にそ, まじく候, や否, より段々

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 からなく, まで二人, 氣さ, 氣で

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 と左, の手, の金子財布, へなら

▼ つけ合せ~ (4, 0.0%)

1 て言語, にした, になかなか, にアスパラガス

▼ つけ同じ~ (4, 0.0%)

1 ところに, 世の中とは, 繩を, 黒パンを

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 になる, は脣, 干しの, 眠っても

▼ つけ太刀~ (4, 0.0%)

1 のお, をかぶっ, を中段, を佩い

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 で草履, には短剣, は何だかよく, をつける

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 いこと, いと存じます, い爲, かつた

▼ つけ悪しき~ (4, 0.0%)

2 につけ瑞祥 1 につけ参考, につけ持っ

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 に廻っ, の内臓, の道, へのデモンストレーション

▼ つけ新しい~ (4, 0.0%)

1 パナマを, 手籠を, 服を, 銀杏形の

▼ つけ易い~ (4, 0.0%)

1 つてことが, ように, 人物と, 徳は

▼ つけ焼刃~ (4, 0.0%)

2 で根柢的 1 であつ, になっ

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 つたが, つて, ひました, ふの

▼ つけ玉子~ (4, 0.0%)

1 がある, を売っ, を真似, を草

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 のアンモニア水, の種子, の葡萄酒, を拵え

▼ つけ~ (4, 0.0%)

21 だけを利用, をみひらき

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 の長, もさし, をさした, を塗っ

▼ つけ素足~ (4, 0.0%)

1 でベット, で立っ, にわらんじ, のまま

▼ つけ~ (4, 0.0%)

2 を切り揃え 1 あればこそ, なしの

▼ つけ~ (4, 0.0%)

1 に柄, に藤, へのせ, へ掛け

▼ つけ静か~ (4, 0.0%)

1 に, に力づよく, に女王, に市場

▼ つけ~ (4, 0.0%)

2 に鈴 1 だけ突き, に十字架

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 はせ蒲鉾, ひは, まだこうこうこう

▼ つけあるいは~ (3, 0.0%)

1 また白い, 甲冑を, 項の

▼ つけおった~ (3, 0.0%)

21 が時々

▼ つけかも~ (3, 0.0%)

1 しれねえが, 知れないの, 知れません

▼ つけさて~ (3, 0.0%)

1 これが, も至る, 敵の

▼ つけさらに~ (3, 0.0%)

1 トマトや, 広東料理特有の, 男性の

▼ つけしかも~ (3, 0.0%)

1 それを, 欺かれた愚人, 腹部より

▼ つけすみ~ (3, 0.0%)

3 次第一日も

▼ つけ~ (3, 0.0%)

2 へておく 1 とから開かない

▼ つけそめし~ (3, 0.0%)

2 上の 1 そのころ

▼ つけたがる~ (3, 0.0%)

1 この作家, 女性の, 持前の

▼ つけたりは~ (3, 0.0%)

1 しなかった, づしたりするのが厭に, 私の

▼ つけたれ~ (3, 0.0%)

2 ど歸 1 どはや

▼ つけてあつ~ (3, 0.0%)

21 たばかり

▼ つけてさえ~ (3, 0.0%)

2 いれば 1 いるの

▼ つけなお~ (3, 0.0%)

1 式日に, 戦いつつも, 現に続々と

▼ つけなら~ (3, 0.0%)

1 おまえ方は, どんなこと, 何んだって

▼ つけなんぞより~ (3, 0.0%)

2 是れ 1 これが

▼ つけにて~ (3, 0.0%)

1 夜来ご, 爲されたる, 附近のだ

▼ つけねに~ (3, 0.0%)

1 くいこんで, とりついて, 妙な

▼ つけねまで~ (3, 0.0%)

1 さし入れ, 中に, 真赤に

▼ つけねらふ~ (3, 0.0%)

1 つけねらふ, 不良の, 靜こころなく

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 んの, 出て, 行つた

▼ つけまず~ (3, 0.0%)

1 大阪の, 市内の, 相手の

▼ つけまだ~ (3, 0.0%)

1 一つだけ, 笏を, 階級の

▼ つけまで~ (3, 0.0%)

2 して 1 しや

▼ つけまゆげ~ (3, 0.0%)

1 をとり, をはがし, をむしり取っ

▼ つけもし~ (3, 0.0%)

1 この玉, ユリが, 相手が

▼ つけもっとも~ (3, 0.0%)

2 らしい表紙 1 大切な

▼ つけやう物~ (3, 0.0%)

3 を何

▼ つけやがて~ (3, 0.0%)

1 木の間に, 遺族へ, 音楽そのものより

▼ つけヒゲ~ (3, 0.0%)

1 がむしりとられ, をとったら, を顔

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 かたまりと, と晩母屋, の章句

▼ つけ三角~ (3, 0.0%)

2 の帽子 1 の金色

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 に何やら, の装束, はシャツ一枚

▼ つけ上り~ (3, 0.0%)

1 きびしくすれ, まさあね, 方を

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 の筒袖, 肘を, 腕を

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 あるごと, に触れ, に觸

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 である, でも, となる

▼ つけ今日~ (3, 0.0%)

1 はお, は午後外出, 買って

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 るで, る女童篁子, る車夫

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 はちゃんと, れも, を騙した

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 なんぞカンニング, のこと, の顔

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 にぷいと, に坂下, の方

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 でその, はたしか, よ

▼ つけ右手~ (3, 0.0%)

1 で身, には氷斧, に大

▼ つけ同時に~ (3, 0.0%)

1 女が, 張英という, 後家の

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 がしなく, の限り, を怒らし

▼ つけ~ (3, 0.0%)

3 喜びの

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 さに, さの, そうに

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 仏以前の, 婢に, 蕪の

▼ つけ~ (3, 0.0%)

3 れが

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 の一方, はのち, をする

▼ つけ彼女~ (3, 0.0%)

1 がわたくし, と一, の衣類

▼ つけ彼等~ (3, 0.0%)

1 の当意即妙, の遊ぶ, はこの

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 に冷水, の使命者, の意味

▼ つけ悲しみ~ (3, 0.0%)

3 につけ

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 が思いだされ, の粋, は旧お

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 だ, にこれ, の二週間

▼ つけ最後~ (3, 0.0%)

1 の三周目, の彼女, の手段

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 この混亂, と思つて, もなき

▼ つけ白足袋~ (3, 0.0%)

2 をはき 1 に福草履

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 も無, 変らず好, 変らず沈黙

▼ つけ相手~ (3, 0.0%)

1 がない, の屋形船, の様子

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 をあい, をつぶっ, をつぶつて

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 にかかっ, にむけ, をとん

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 がほどけ, にまで細かい, も見つくろっ

▼ つけ纏っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て離れませんでした

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 に遺家族, をやや, を張る

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 には継ぎ, に剣, をひねっ

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 なんか痛く, の下, を見すかされる

▼ つけ草鞋~ (3, 0.0%)

1 ばき, も穿い, をつけ

▼ つけ蜻蛉~ (3, 0.0%)

1 がふわふわ, が飛びます, であった

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 から洩れる, のすりきれた, を五六寸鉄

▼ つけ遊ばし~ (3, 0.0%)

3

▼ つけ長い~ (3, 0.0%)

1 廊下を, 袖の, 赤リボンの

▼ つけ黒い~ (3, 0.0%)

1 大きなネクタイ, 靴下に, 髭を

▼ つけ~ (3, 0.0%)

1 のあ, の孔, を取り去る

▼ つけあと~ (2, 0.0%)

1 から馳せ参じさせ, の二百九十七両

▼ つけあの~ (2, 0.0%)

1 親方を, 長い鼻

▼ つけあんな~ (2, 0.0%)

1 のは, 事は

▼ つけいい~ (2, 0.0%)

1 か悪い, のだ

▼ つけいちいち~ (2, 0.0%)

1 事の, 安土の

▼ つけいま~ (2, 0.0%)

1 になっ, までの馬

▼ つけおれ~ (2, 0.0%)

1 はなんと, を駆り立て

▼ つけおん~ (2, 0.0%)

2

▼ つけお前~ (2, 0.0%)

1 の身, は野々宮の

▼ つけかく~ (2, 0.0%)

1 て又, も感嘆

▼ つけかねて~ (2, 0.0%)

2 用意の

▼ つけかは~ (2, 0.0%)

1 し笑み, つきり

▼ つけがき~ (2, 0.0%)

1 の, をされた

▼ つけくるりくるり~ (2, 0.0%)

2 と絶えず

▼ つけここ~ (2, 0.0%)

1 の人たち, へ捜し

▼ つけさっせ~ (2, 0.0%)

2

▼ つけしずか~ (2, 0.0%)

1 にけむり, に塀

▼ つけしっかり~ (2, 0.0%)

1 とくくった, と腰

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 なをあ, 足に

▼ つけすき~ (2, 0.0%)

1 をうか, をうかがってる

▼ つけすぐ~ (2, 0.0%)

1 に消しました, 赤松や

▼ つけする~ (2, 0.0%)

1 のだつた, 間もなく身

▼ つけそうして~ (2, 0.0%)

1 この所業, 置いて

▼ つけそこで~ (2, 0.0%)

1 夫の, 突然飛びかかる

▼ つけそこら~ (2, 0.0%)

1 に転がっ, の食器

▼ つけそっと~ (2, 0.0%)

1 密告状を, 立ちあがって

▼ つけそのうえ~ (2, 0.0%)

1 土塀の, 懐中電灯や

▼ つけそのうえで~ (2, 0.0%)

1 二度と湖心寺, 柱を

▼ つけその他~ (2, 0.0%)

1 ありとあらゆる害毒, の世話

▼ つけその間~ (2, 0.0%)

1 から痩せた, にまた

▼ つけそれに~ (2, 0.0%)

1 よつて, よつて心性

▼ つけそんな~ (2, 0.0%)

1 事で, 筈が

▼ つけたくさん~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ つけたりなど~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ つけたりなんぞ~ (2, 0.0%)

1 して, するほどの

▼ つけちゃあ~ (2, 0.0%)

1 いもが, ならねえぞ

▼ つけちらし~ (2, 0.0%)

1 ていた, てめちゃめちゃ

▼ つけてからと~ (2, 0.0%)

1 まず一日, 先づ一日に

▼ つけてからは~ (2, 0.0%)

1 その方針, 誰も

▼ つけてぞ~ (2, 0.0%)

1 つとする, ろ

▼ つけてねと~ (2, 0.0%)

1 云って, 云つた女の

▼ つけてばかり~ (2, 0.0%)

1 いたが, いるじゃ

▼ つけてまで~ (2, 0.0%)

1 いた, 僅かな

▼ つけてナ~ (2, 0.0%)

1 ようすを, 帰途に

▼ つけてネ~ (2, 0.0%)

1 その行った, 待たして

▼ つけです~ (2, 0.0%)

1 からどう, から私

▼ つけといふ~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ことも

▼ つけとして~ (2, 0.0%)

1 ウイスキーなり, 小さな平

▼ つけない~ (2, 0.0%)

1 のか, 死に方

▼ つけなき~ (2, 0.0%)

1 ものを, 男の

▼ つけなけ~ (2, 0.0%)

1 ぁいけないんだ, ア駄目だ

▼ つけなぞ~ (2, 0.0%)

1 して, てんで聽

▼ つけなと~ (2, 0.0%)

1 思召すかも, 直ぐ自分

▼ つけなどを~ (2, 0.0%)

1 しました, 終つてこの

▼ つけなにか~ (2, 0.0%)

1 おもしろい趣向, ささやきました

▼ つけにより~ (2, 0.0%)

1 伴われて, 命令を

▼ つけねらつ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居る

▼ つけはじむる時~ (2, 0.0%)

2 すでに情熱

▼ つけぶらぶら~ (2, 0.0%)

1 としてその, と庭

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 はした, はつて

▼ つけまあ~ (2, 0.0%)

1 俗に, 酷く棺桶ぐら

▼ つけますら~ (2, 0.0%)

2 をの服曾比猟

▼ つけまたは~ (2, 0.0%)

1 前の, 手の甲で

▼ つけまゆ毛~ (2, 0.0%)

1 だったの, をむしりとっ

▼ つけもの~ (2, 0.0%)

1 と人前, をいい

▼ つけよと~ (2, 0.0%)

1 云いきかして, 伝えた

▼ つけよりも~ (2, 0.0%)

1 この兄, 小間物や

▼ つけらしい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 口調で

▼ つけわが~ (2, 0.0%)

1 塩田大尉や, 義兄

▼ つけをか~ (2, 0.0%)

1 へりみず伺つた次第, へりみませず同封

▼ つけア腰ア~ (2, 0.0%)

2 痛くて

▼ つけア誰~ (2, 0.0%)

2 か知らせた

▼ つけタバコ~ (2, 0.0%)

2 の箱

▼ つけ~ (2, 0.0%)

2 初の

▼ つけ一口~ (2, 0.0%)

1 吸って, 吸ってから

▼ つけ一方~ (2, 0.0%)

1 の壁, はそこ

▼ つけ丈夫~ (2, 0.0%)

1 にし, の

▼ つけ上らせれ~ (2, 0.0%)

2 ばいくら

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 をすて, 水は

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 れなる骸骨, を駆使

▼ つけ乍ら~ (2, 0.0%)

1 と思つて, なかなか油断

▼ つけ五尺何寸其~ (2, 0.0%)

2

▼ つけ五駄~ (2, 0.0%)

2 も七駄

▼ つけ人種~ (2, 0.0%)

1 がいつダブる, がダブッ

▼ つけ今度~ (2, 0.0%)

1 は寝た, は急

▼ つけ伸子~ (2, 0.0%)

1 の思想上, はそんな

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の枕屏風

▼ つけ入口~ (2, 0.0%)

1 は障子, へ来る

▼ つけ共に~ (2, 0.0%)

1 事を, 大笑いする

▼ つけ兵馬~ (2, 0.0%)

1 は温泉場, を悉く

▼ つけ出し~ (2, 0.0%)

1 で岸田, といつた

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 に縛りつけた, を掴ん

▼ つけ初めて~ (2, 0.0%)

1 いた, 霞む夜

▼ つけ前科者~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の数, を茹で

▼ つけ厚化粧~ (2, 0.0%)

1 の上, をし

▼ つけ口汚く~ (2, 0.0%)

1 罵ったり, 罵つたり

▼ つけ台所~ (2, 0.0%)

1 から内, で料理

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の手紙, をもっ

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 にかかげた, の竹の子笠

▼ つけ夕方~ (2, 0.0%)

1 が来る, まで休む

▼ つけ夜もすがら~ (2, 0.0%)

2 気楽に

▼ つけ大刀~ (2, 0.0%)

2 を差し

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の耳, 恋しき夜半

▼ つけ奴隷~ (2, 0.0%)

1 にし, にする

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 にかかりきっ, に最後

▼ つけ子供~ (2, 0.0%)

1 が病気, にこんな

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 を結び, を結び得ない

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の方, の者

▼ つけ専ら~ (2, 0.0%)

1 歌詞の, 読書

▼ つけ小さな~ (2, 0.0%)

1 息子に, 風呂敷包みを

▼ つけ左手~ (2, 0.0%)

1 にもち, に愛蔵

▼ つけ帰っ~ (2, 0.0%)

1 て参りましょう, て見える

▼ つけ帰るだろう~ (2, 0.0%)

1 とは存じます, と軽く

▼ つけ広い~ (2, 0.0%)

1 世界へ, 額と

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 から墓場, へおり

▼ つけ後者~ (2, 0.0%)

1 が例, は

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 てらしを, 神火茶屋から

▼ つけ忘れ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ つけ悠々~ (2, 0.0%)

1 して, とふかし

▼ つけ悪い~ (2, 0.0%)

1 ようである, 方へと

▼ つけ或は~ (2, 0.0%)

1 人の, 反撥させ

▼ つけ扇子~ (2, 0.0%)

1 などを帯, を持っ

▼ つけ手拭~ (2, 0.0%)

1 を腰, を裂い

▼ つけ手紙~ (2, 0.0%)

1 をかく, をくれた

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 で口, をこすり合わせた

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 へたいつて, へながら

▼ つけ換え~ (2, 0.0%)

1 てもすぐ, て淡路島名物

▼ つけ故郷~ (2, 0.0%)

1 から女房, の駿府

▼ つけ方等~ (2, 0.0%)

1 をそれぞれ, 時に溌剌

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 に五, の暮れ方

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 から近しく, でちゃんと

▼ つけ時には~ (2, 0.0%)

1 気を, 飯までも

▼ つけ景気~ (2, 0.0%)

1 とわかる, のごとく響いた

▼ つけ更に~ (2, 0.0%)

1 また, 一人の

▼ つけ最う~ (2, 0.0%)

1 二度と来る, 誰れ

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 をぬきだし, を掘った

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 い総, で作者

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 のもの一同, の悪

▼ つけ桃色~ (2, 0.0%)

1 のリボン, の頬ぺたをして外国商館

▼ つけ機会~ (2, 0.0%)

1 もあら, を待っ

▼ つけ次に~ (2, 0.0%)

1 中入り前に, 紹巴が

▼ つけ此処~ (2, 0.0%)

1 の家, へも回状

▼ つけ毒菓子~ (2, 0.0%)

2 の計略

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 をおちつけ, をつけ

▼ つけ水色~ (2, 0.0%)

1 のハラート, の扱き

▼ つけ法然~ (2, 0.0%)

1 の手許, を和尚

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の中, の奥

▼ つけ混雑~ (2, 0.0%)

2 に紛れ

▼ つけ無い~ (2, 0.0%)

1 俥が, 自轉車

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 に目, を吹き

▼ つけ煙筒~ (2, 0.0%)

2 も燃え

▼ つけ片手~ (2, 0.0%)

1 に薙刀, を銃

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 につない, の天井

▼ つけ狂気~ (2, 0.0%)

1 のごとく, のよう

▼ つけ申し~ (2, 0.0%)

1 て, 候

▼ つけ番号~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ つけ真鍮~ (2, 0.0%)

1 の古い, の胸環

▼ つけ着物~ (2, 0.0%)

1 に火, を重

▼ つけ硝子~ (2, 0.0%)

1 の窓, を嵌めた

▼ つけ禿頭~ (2, 0.0%)

2 をかきたい

▼ つけ私達~ (2, 0.0%)

2 の心像

▼ つけ~ (2, 0.0%)

2 は黄金

▼ つけ種々~ (2, 0.0%)

1 の妄説, の模様

▼ つけ約束~ (2, 0.0%)

1 の朝, を果し

▼ つけ紅い~ (2, 0.0%)

2 隈どり

▼ つけ組織~ (2, 0.0%)

1 づけやう, づけようと

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 で縛られた, も色どり

▼ つけ置手拭~ (2, 0.0%)

2 までした

▼ つけ脚絆~ (2, 0.0%)

1 に草鞋, をつけ

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 を露わし, を露わに

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 と膝, を十字

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 を潮流, を鉄筋

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 を二つ, を周囲

▼ つけ若い~ (2, 0.0%)

1 娘たちの, 男女が

▼ つけ苦勞~ (2, 0.0%)

2 らしく目

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の中, の前

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 と薄縁, のぬけた

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 を流し, を湛え

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 が止めよう, もいない

▼ つけ貴様~ (2, 0.0%)

2 がかくした

▼ つけ赤い~ (2, 0.0%)

1 星の, 襟飾を

▼ つけ足り~ (2, 0.0%)

1 がこの, のスペース

▼ つけ足袋帯~ (2, 0.0%)

1 などつけ, なども引き寄せ

▼ つけ足駄~ (2, 0.0%)

2 をはき

▼ つけ~ (2, 0.0%)

2 をつけられ

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の高い, を裾着

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 は宙ぶらりん, を挺

▼ つけ途中~ (2, 0.0%)

1 に色々, まで迎え

▼ つけ遂に~ (2, 0.0%)

1 彼の, 素志を

▼ つけ過した~ (2, 0.0%)

1 為に, 爲に

▼ つけ部屋~ (2, 0.0%)

1 に戻る, も別々

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 として二万円, の星兜

▼ つけ金モール~ (2, 0.0%)

1 の上衣, を下げた

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の紋章, の針金

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 や袋, を肩

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 つけ, や太鼓

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 ぐつをはいてシュッシュッと, 亭軒の

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 じきり, に挾まった

▼ つけ難い~ (2, 0.0%)

1 が征服, のである

▼ つけ~ (2, 0.0%)

2 につけ

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の色, を合せ

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 に十字架, へかけ

▼ つけ首筋~ (2, 0.0%)

2 を露わに

▼ つけ高い~ (2, 0.0%)

1 所から, 襟を

▼ つけ~ (2, 0.0%)

1 の飾毛, をやき

▼ つけ鳥打帽~ (2, 0.0%)

1 をかぶった, を被った

▼ つけ黄色い~ (2, 0.0%)

1 手袋を, 負い皮

▼ つけ黒繻子~ (2, 0.0%)

2 の襟

▼ つけ黙礼~ (2, 0.0%)

2 を済ます

▼1* [1520件]

つけぁしないよ, つけあいの意味, つけあえかにも, つけあげくのはて, つけあそばさない方を, つけあたかも泥棒猫が, つけあたしに聞きたい, つけあたりを少し, つけあっしどものお, つけあっという間にそれを, つけあてごと競争をやらぬ, つけあなたが早く, つけあべこべに煮え湯, つけあまつさえその火, つけあまりに薔薇を, つけあやふやなもの, つけあらゆる隊伍は, つけある時は, つけあんなにも長い, つけいかにも羨ましく技癢, つけいざと云, つけいずれもこの, つけいっそうあのさびしい, つけいっぽうのはし, つけいつか二俵目にも手, つけいつの間にかしなやかな, つけいつも新しく見える, つけいつもよく出す又八, つけいまいましいのは, つけいま忠作が代り目, つけいやがる呉清源, つけいよいよ開店する, つけいわゆる喪服し, つけぬは, つけうす鼠の, つけうたひ出すぞ, つけうまを引い, つけうまくさばいて, つけうむお赤飯, つけうるさいのでとうとう, つけおかんことを, つけおとなしくして, つけおなじ銀の, つけおまえはわし, つけおんぶした近所, つけお世話になっ, つけお母さんですわの, つけお父さん男が鏡, つけお祖母さんの言いたがる, つけお送りします, つけお里を抱い, つけかぎは主人, つけかけては顫, つけかけてる様子でした, つけかたわらの艇員, つけかた区切りかたいかにも議員, つけかなア下宿し, つけかなしみにつけ, つけかなりの容貌, つけかにつけゆがみ曲り, つけかにつけ親の, つけかの長刀を, つけかへはなか, つけからからかひ面, つけがけで仕込み, つけがさがさと林, つけがたかった, つけがちな彼, つけがなよそれから, つけきょう西国へ下る, つけきりにて平, つけきりんだうの花, つけきわが初, つけツきりした, つけぐわっと噛みついて, つけふも暮れ, つけこういう不幸が, つけこくこくこくと, つけこちらを充分混乱, つけこっちを突ッ, つけこめたのである, つけこれからなり初めようと, つけこんどは冥福, つけ辛労でしょう, つけごしごしと洗っ, つけごめん下さい, つけさあつかないか, つけさきの丸まっ, つけさしのマツチ, つけさち子さんの方, つけさっきから愉しく, つけさてそれから煙村を, つけさまざまの始末, つけさもねえと, つけされさぞよかろ, つけざまに一人, つけざま一学の前, つけざアならねえ, つけしたたかに弦, つけしなを造つて, つけしぶしぶ二階を, つけしませなんだ, つけしょんぼりと立っ, つけしんから優待, つけし始めた牧の, つけじっとあなたの, つけじゃないか, つけじゃと伝えるが, つけすぐさま船長の, つけすなわち劉禅阿, つけすばやくその赤いぼたん, つけすべてを現金, つけすらりと美しい, つけすゝむにしたがってさむさがきびしく木の本柳ヶ瀬あたり, つけそういう空想に, つけそのうち持ち金, つけその他すべての場合, つけその他万端は整う, つけそれからまた浮かぬ顔, つけそれで暑いからと, つけそれでは返事も, つけそれでもってシャッシャッ, つけそれとなく言葉を, つけそれ山伏それ祈祷取揚婆, つけそれ忠吉さんとか忠次郎さん, つけそろそろ刀の, つけ支度し, つけぞろぞろ随い, つけたいじょうこの女, つけたくさん密に並んだ, つけただ着物は, つけたっぷり眠らうと, つけたといそれが, つけたまらなく侘びしくなっていそい, つけたりからかつたり, つけたりにして, つけたりもする, つけたる帽を被れる, つけだいどころにいっ, つけだけはして, つけだったのです, つけちゃんと連絡に, つけちやいかんぜ, つけちょいてくれ, つけちょこねんとあぐら, つけちょっと味を, つけちよるきに, つけや, つけっしゃれい, つけついに同人を, つけつけと笑, つけつまらない外の, つけつよい語気で, つけつらむ, つけづ只ぼんやりとしてゐた, つけていうだけで山林, つけてかてかさしみがき上げ刷毛, つけてからという段取りでありました, つけてからなどと十時十二時まで, つけてからのおは, つけてがない, つけてこそ知れ, つけてこちごちに, つけてというような, つけてとはぬも, つけてなんてお前が, つけてはと母には, つけてはという説も, つけてもというわけじゃ, つけてもなあお松さん, つけてもも少し酒, つけてもよござんすか, つけであったと云っ, つけであろうと思われる, つけできるだけ見て, つけでございましたけれどその, つけででもございましょう, つけでなければ帰らぬ, つけといふは先づ真中に, つけとうとうその独楽, つけとかにゃならんと, つけとかにやならんと, つけときな, つけとくに協同の, つけとつたん, つけとでもいうの, つけとばかり思って, つけとばかりに空中から, つけとも云うべき明るい, つけとらんの, つけどう見ても, つけどうせ長う生きられん, つけどうにもできない, つけどこかの知事様, つけどさくさまぎれに, つけども一羽背負つて来たのせえ, つけどんな見物でも, つけながい舌を, つけながらずつと遠くまで, つけながらとお金を, つけなくってサ, つけなしにいふ, つけなぜかそうして, つけなどではございませぬ, つけなどと求めは, つけなどはもとの, つけなども致しましてな, つけなどをとつてから, つけなべて思ひが, つけなほど彼女を, つけなむ土足に, つけなやんでゐた, つけなよ親分, つけなりの茅屋の, つけなるべく底を, つけなんの遠慮, つけなんとなだめても, つけなんらかの困難を, つけにくかつた, つけにげて行, つけにしかあらわれなかった, つけにじゃなくうどん, つけにせもののほう, つけについて民主的なしつけ, つけにでもされるやう, つけにと立戻っ, つけにとは言は, つけにゃならん, つけに対し懐疑し, つけに対してもなぜ, つけに従い日頃の, つけぬかるみの中, つけねからすこし血が, つけねには尖った青い, つけねや腹の, つけねを椀の, つけねエどこへでも, つけのちスキーと荷物, つけのっそりと私, つけのねえ江戸, つけのんきに快く, つけはじめ十月九日で終る, つけはでなゆうぜん, つけばいいんですか, つけばと思って, つけばよござんすがね, つけぱっとはなしました, つけぱなしで金だらひを, つけぱなしにして置いた, つけひだりの籠手, つけひとりは総髪, つけぴったりと挙手, つけぴんからきりまでドイツ風だ, つけふさのついた, つけぶつ倒すの, つけへとへとになった, つけべと思つてんです, つけほおをはわし首, つけほとんどみずから知らな, つけほどよいころ, つけほどなく奥へ, つけほら君ぐらゐの年の, つけぼろぼろに破れた, つけまたも兵馬の, つけまっかな意見, つけまつはつて, つけまつげをし, つけまつ先きに, つけまゆずみを引き, つけまるで安手の, つけまわせないでしょうから, つけまわりが困っ, つけまんなかにすりきれた, つけまん中に出, つけみたいな月評, つけみんなに見つめられる, つけみんな浅薄です, つけむしょうに家中の, つけむつきに包ん, つけむゝ俺が誕生, つけめでたくなったあと, つけもう一度戸の, つけもしかねま, つけもしもうごいたらその, つけもどかしい事ばかり, つけもはや縁辺願い出で, つけもも色のふち, つけもんだぞ, つけやあおめでとうございますやあ, つけやがてそのうえを川, つけやき刃なら, つけやつと一番, つけやはりドアの, つけややしばらくこの静寂, つけやや暫くして, つけつくりと, つけゆがみ曲りに難癖, つけゆっくりとペン, つけゆるゆると煙, つけようぢやない, つけようやく自分の, つけようッて働い, つけよう一つだと, つけよう溝も気, つけよたよたしながら, つけよりや巾着切が, つけら元気を出せよ, つけりや水いろ, つけるこつちやないぞ, つけわすれたりし, つけわたしの道, つけをと思ったし, つけをも忘れぬよう, つけなあお, つけアイタアイタヽヽヽと寝, つけをさした, つけエセックスに渡した, つけエノケンのマチネー, つけエルムのやさしい, つけオーさんか, つけオードコロンで女, つけオーバーをひ, つけカウボーイと馬, つけカステーラ菓子みたいにふんわり, つけカフェーに入りびたり, つけカンカン帽を, つけガーゼを押しこん, つけキャタピラが木の根ッ子, つけキャッキャッとはしゃぎ, つけギッギッと押えつけた, つけギヤマン細工を造り, つけクロノメータア・ミリカへ細い, つけクーリエ・フランセー紙を読み初めた, つけササノササ, つけサモワールをとりよせ, つけザッと晒木綿, つけザツと晒木綿, つけシナロンは束髪, つけシーボルトの遺物, つけジリジリと逼, つけスキー帽を被り, つけスティヴンスンは自ら, つけステッキを持ち, つけストーヴもらんらん, つけスルスルと下, つけズボンはそれ, つけソケットをコード, つけソファーにかけて何やら, つけダイヤかなんかのネクタイピン, つけチョコレート色の短靴, つけチヨンの母猿, つけチリンチリン音の, つけ放しに, つけテーブルには豪華, つけトツクの幽霊, つけトボけた顔つきで車輪, つけトンボ返りを, つけナポレオンのよう, つけナラエが筑波山, つけナースチャの肱, つけあの塩煎餅, つけネクタイの結びかた, つけノートをたぐり寄せる, つけハットをかぶり, つけバンドのついた, つけフェルトの草履, つけフッと吹く, つけブラシはよく, つけブラッシなんかかけ, つけブールボン公は兜, つけプラットへ突き, つけプラットフォオムの先, つけプロレタリア文学と農民文学, つけボタンなども取れた, つけボンベをせおい, つけポルトガル語の出来る, つけマスクのやう, つけマントを着た, つけマーティンは素早く, つけミルトンだの馬琴, つけモジャモジャ頭のカツラ, つけモスリンの前, つけモルモットの箱, つけヤッとばかりに鉄, つけライラックの香気, つけラヂオ聴取者なるわれわれ, つけラムネのびん, つけローマの王, つけ一ふきふかすと, つけ一まちにまとまった, つけ一刀流の流儀, つけ一力は松島, つけ一升詰を五本, つけ一同はますます, つけ一層上方へ, つけ一息に飲み干し, つけ一日によく, つけ一書をしたため, つけ一歩一歩もかり, つけ一番最後に巨体, つけ一発目を防ぐ, つけ一目して, つけ一種陰険なよう, つけ一芝居やったの, つけ一言を発する, つけ一軒一軒さがして, つけ一通りぐるりを見廻っ, つけ一頭の馬, つけ一風呂浴びようと, つけと九, つけ七時三十分より, つけ万福の父, つけ三十尋から六, つけ三味線を弾き, つけ三子の来, つけ三時です, つけ三月三日という暦, つけ三本に増す, つけ三本足でとっ, つけ三杯を納める, つけ上ってるな此, つけ上らせちゃいけない, つけ上り遠ざけると怨む, つけ上着のボタン, つけ上着麻裃まですべて, つけ上等のネクタイ, つけ上衣を着, つけ上靴をはき, つけ下し置かれまんいち, つけ下水の中, つけ下着もその, つけ下等女の阿, つけ下部に署名, つけ活溌な, つけ不利では, つけ不孝この上, つけ不審の廉, つけ不幸な患者, つけ丑満だろうに, つけ世の中に役だつ, つけ世間を賑わす, つけ世間話をはじめた, つけ両手は前, つけ両辺を削る, つけほどの枝, つけ中央に鶏, つけ中間に縄, つけに二引, つけ主人思いの彼, つけ主義棍棒批評マキ雑棒批評などは画家, つけ久し振りに靴, つけ乍らニュース漫談を書いた, つけ乍ら庭に下りた, つけ乍ら沓脱へ降り, つけ乍ら私は扉, つけ乍ら雲の有様, つけ乞食のよう, つけ事件を探る, つけ事件現場の金魚鉢, つけ事務以外の口, つけ二ヶ年間語学を修練, つけ二三度煙をはい, つけ二三日飯が食えねえ, つけ二十分に亘る, つけ二十四差したる胡, つけ二十銭引いて, つけ二將驀地につきかくる, つけ二枚きっかり合わさっ, つけ二條の槍, つけ二番早打が見えよう, つけ二百石の知行, つけの心栄え, つけ互に連絡を, つけ五ミリ程度の厚, つけ五兩か六兩, つけ五六人の召使たち, つけ五厘六厘の客ゆえ, つけ五年まえに, つけ五日以内にはここ, つけ五月幟の頂, つけ五本の指, つけ五色の帛, つけ井筒屋の主人, つけ人手をわずらわさず, つけ人殺しの大, つけ人毎に他, つけ人目にたたぬ, つけ仄かな香, つけになっ, つけ今さらのよう, つけ今や僅かで, つけ今夜はおだやか, つけ今日買つて, つけ今暁赤穂浪人の群, つけ介抱した, つけ仏法や儒学, つけ仏神の像, つけ仔細をもたらし, つけ仕事手をつくした, つけの一つ, つけ代えたが新しい, つけ代えのぼたん五個靴下留巾一吋半以内の, つけ以前より強く, つけ以外に久吉, つけ伊賀袴をはい, つけ会下山から西, つけ伯朝師匠が乗り込む, つけ低頭して, つけ住所を知る, つけ佐々木彦三郎を取り巻き, つけ何かと要らない手伝い, つけ何らかの形で, つけ何一つ向うへは, つけ何事か呻く, つけ何十年か前, つけ何杯か酒, つけは床しい, つけ余りよみかきせず三四日, つけ作業帽をかぶり, つけ志子が, つけ係りって何, つけ信じて進ん, つけ信長の手早い, つけを取り抑え, つけ個数制限して, つけ健康ブラシをつかっ, つけ偶像の前, つけ宮方の, つけを見る, つけ元来風采も, つけ先年溜池にて愚僧, つけ光線のせい, つけを被っ, つけつて, つけ入ろうつけ入ろうと, つけ篇の, つけ全てを殺せ, つけ全身を掻きむしる, つけ兩手をぐつと前, つけ八五郎が持込ん, つけ八百石でも千石, つけ六人は屋根裏, つけ六年間の愛慾, つけ共々彼を, つけ兵士のサン, つけ兵庫は彼, つけ其の火の, つけ其儘にし, つけ其処に男, つけ其方にもお, つけ具体的に説明, つけ具合によってあらゆる, つけ兼ねてゐた, つけ兼ねた作者の, つけ兼ねない奴だ, つけ内山さんをご覧, つけ内懐にはお, つけ円い帽子を, つけ円枝さんが買っ, つけ再び人瘤を, つけ写真を撮る, つけ凱歌をあげ, つけ凶事につけ, つけそうとして, つけ出し隠語を探り, つけ出入りの百姓兼吉, つけ出発のため, つけ分譲地にした, つけ分量を大きく, つけ切りと云う, つけ刈込垣の外, つけ初め前へ出し, つけ初め病が重く, つけ別にか, つけに利, つけ利用したに, つけ利益を與, つけ前田どのの意, つけを佩い, つけをつける, つけ加つて来たの, つけ加はつたこと, つけ加はるだらうと, つけ加へた小説のやう, つけ加へた短小ながら確乎, つけ加之に数寄屋, つけわって, つけ労役にも使, つけ勝手元から台布巾, つけ勲章をぶら下げた, つけ勿体をつけ, つけ化粧などをひと, つけ区切りを切っ, つけ十一日午前九時より巡査部長ほか一名, つけ十三の年, つけ十分に活動, つけ十月ナおし, つけ十歳になる, つけ十艘ばかりの和船, つけ千万にもあの, つけ千世子は短, つけ千日前へ出る, つけ千種はサイダア, つけ午後五時半峠の小屋, つけ半分は枯れ木, つけ半分以上は誰, つけ半焼の幽霊いま, つけ南枝をたより, つけ博多今小蝶と名乗っ, つけ占星と錬, つけ却つて可憐に媚び, つけ厚ぼったい空気の, つけ厚ぼつたい空気, つけがる義太郎, つけ参らせ候, つけ又は稲の, つけ友達はまぎれなく, つけ受話器のあたっ, つけ口々に勝手, つけ口書をとろう, つけ叫び喋べりお辞儀をし, つけ叫喚一声血漿けむる中, つけ右脚を組み合せ, つけ司馬道場の名物, つけ部屋への, つけ合つてさうし, つけ合つて大工が寢そべつ, つけ合つて横になつ, つけ合つて汁を出し, つけ合わせてある, つけ合戦の場, つけ合羽を着た, つけ吉左衛門が交遊, つけ同朋の者, つけ同行した官吏, つけも白骨, つけ吩咐けられぬ先, つけ吹雪の中, つけを延, つけ和尚が, つけ和歌も作つて貰, つけの文句, つけ商品も自分, つけにつけ, つけを, つけ四十や五十人, つけ四郎の消息, つけ因襲と矛盾, つけ団扇の画, つけ土塀の内, つけ圭吾は署長, つけ地下足袋蓬髪無帽という姿, つけ地元の警察, つけ地図をひろげ, つけ地方長官の, つけ地積拡大予定計画などを次々, つけ地面を照らし, つけのいい, つけ城下の領民たち, つけ堀井は花井, つけ堂々とし, つけ堅く結んで, つけがなく, つけ場所がちがう, つけ塚田八段をジロリ, つけを悠々, つけで非業, つけの入口, つけ声色をもっ, つけ変えて柔らかい, つけは重く, つけ夏冬とおして, つけの暗闇, つけ外国人を急い, つけ外套を着, つけ多くの人, つけ多少學問の, つけ夜中攀上り幹, つけ夜半再び相, つけ夜遊びの壮年ら, つけ夜釣りになる, つけ大き過ぎる位, つけ大きい女の子は, つけ大きい短かい袖, つけ大事にし, つけ大体百ルーブリから二百五十ルーブリ見当, つけ大口を穿いた, つけ大和河内の賊軍, つけ大坂を政治, つけ大変大切に愛し, つけ大将の名, つけ大蛇の皮, つけ大袈裟にいや, つけ大阪三界引廻して, つけ天井をじ, つけ天狗にならず, つけ太い指に, つけ失意につけ, つけ失敗に失敗, つけ奉りけるとぞ言, つけ奉行所に納め, つけから持っ, つけ奥さんはこの, つけ女ものらしい塗下駄, つけ女房や嫁, つけ好きな真珠, つけ如来衛門は一礼, つけ妻君はたまさか, つけはたまらなく, つけ始終地蔵さんの, つけ姿でそして, つけ威儀張る人, つけ娑婆とは段違い, つけ入らせるよう, つけ嫁さんに行きたう, つけ嬉しくねえ, つけ子供たちが四方, つけ子爵なんかが, つけ学者もそれ, つけも歸, つけ宇宙尖兵としてこうして, つけ宋江はいま, つけ完成しそう, つけ定着せしめること, つけ実は自分は, つけがある, つけ宮庭において外国, つけ宿屋の脇, つけ富士に乗後れ, つけ富豪の金穀, つけ寒いにつけ杖柱, つけ寝台を宙づり, つけ寝床から起き, つけ寝袋を背負い, つけ寝間着の上, つけ審さに語らなけれ, つけ対手に印象, つけ射撃のし, つけ小さいシヤンデリエヤを, つけ小倉の短い, つけ小僧貴様は日本人, つけ小刀は差し, つけ小包にこしらえ, つけ小屋のすぐそ, つけ小山のよう, つけ小径に従って斜, つけ小柄を抜い, つけ小銃を逆さ, つけ小錦等もそん時三味線屋, つけ小鳥は見つからなかつた, つけ少し横目に, つけ少しく思案し, つけがゆうべ, つけたり, つけ屍体を抱え, つけ山木と河合, つけ山脈を蔽った, つけでもなん, つけには高く, つけ島吉と一緒, つけだが, つけ工合を鏡, つけく此, つけ差料も大振り, つけ市ノ瀬さんねそう, つけ希望にかがやき, つけに奏し, つけをはずさせた, つけ帯剣を光らせ, つけ帯衣紋ゆるやかにぞろり, つけ常に秩序に, つけ常盤御前の冠, つけ幅広きリボンを, つけもあく, つけ平次と太助, つけ平素女丈夫と言われ, つけ年上であらう, つけ年金を受け, つけの細い, つけ幾度も試, つけ幾日幾時に某所, つけ幾重にも編みたる長き, つけのある, つけに立て, つけの前, つけに見えるであろう, つけわすそう, つけ廻し者などが忍び込ん, つけ廻り舞台をつけ, つけなもの, つけ式みたいな儀式, つけ弔砲の擬音, つけ引き裂き踏み躙って哲丸, つけ引金をひいた, つけ強盗ゆすりの横行, つけ当直の看護手, つけを与へ, つけの如く附き, つけ役者の子, つけ往々弟子に, つけ後で丸めた髪, つけ後悔して, つけ徒長を防ぐ, つけ従僕を伴い, つけ得意になっ, つけ得物を取った, つけ御免下さア, つけ微温程度に冷ます, つけにつけ, つけ心細くなりましたこれ, つけ忘れたまま直き, つけ快活で荒っぽく, つけ忽ち生涯の, つけ思わずうっとりとなる, つけ思想に勇気, つけ恐々といった顔つき, つけ恐怖の眼, つけ恨みの声, つけ恭一は鰻, つけ悦びにつけ, つけ悧発げな無頓着さ, つけ悪きにつけ今, つけ悪罵を放つ, つけにもろく, つけ意地わるい世間, つけ意外の事実, つけの皆無, つけ感光紙を廻転, つけ慎重に距離, つけ慕っていた, つけ慚愧後悔をする, つけ憂きにつけ髪洗, つけ憎い表情の, つけ憔悴した宣祖王, つけ憲法の本質, つけ我々もまた, つけ日には, つけ戦いのしるし, つけ戦争に反対, つけ戦列を作っ, つけ戦場になる, つけ戸板で囲っ, つけを持った, つけを蹴破っ, つけ手ぶくろもくつ, つけ手振り足踏みを加え, つけ手早く歯型を, つけ手水をつかいはじめる, つけ手製本をつくった, つけ手首をやっぱりゆっくり, つけ抑揚にとんだ, つけ投票を終っ, つけにふれ, つけ抜き差しならぬ一問一答, つけ抜刀の消防隊, つけ押しがりゆすり人殺し辻斬りと, つけ押込みまでやりました, つけ拍子にず, つけ拍手を打っ, つけ拝見したいお, つけ拳銃を右, つけ指先のささくれ, つけ振りは不, つけ捜査本部はかならずしも, つけ捨てし従妹の, つけ掛け声もかけず静まり返り, つけ接穂をする, つけ提灯を下げ, つけ提燈屋だの炭屋, つけ換えた方は, つけ握り太のステッキ, つけう, つけ損つてゐる何年, つけ放したままの, つけ放しなのが, つけなきに, つけ救いようのない, つけ救い得させむずと漫, つけ教会堂の入り口, つけ散々に苦しめた, つけ数日間は形, つけじゃア, つけ文化というもの, つけ文字の利用, つけ斉彬公の御代, つけ斉興公が御, つけらしい手, つけ新羽まで出, つけ方健固ならず, つけ方絵の具の塗り具合, つけへ走る, つけ旋律に従ってもの, つけ既に指を, つけ日ごろの社長, つけ日曜らしい顔つき, つけ日本の神道, つけ日本アルプスを蹴飛ばす, つけ日本人相互の間, つけ日本最古の名家, つけ日野宿へかからう, つけ日頃おうわさ, つけ日頃不快に思っ, つけ旦那が来る, つけ旦那方が見えるだろう, つけ旧い宿場を, つけねを益, つけ早く早くと, つけ早速希望音楽会を, つけ昂然と頭, つけ昆虫についてのある, つけ易くなりました, つけのパン, つけ春子さまかあの, つけ昨日の豆, つけ是非和議へ同心, つけも夜, つけ時には不気味, つけ普通の綱, つけ景色を見, つけ智恵でほんと, つけ智識人の女性, つけ暗い然し鋭い, つけの神女, つけ曲馬の間, つけ書簡を引き裂い, つけ書類や品物, つけ曹操に謁, つけ替えたのは, つけ最上の健康, つけ月代も髭, つけ朗らかに引張っ, つけ朝夕足しげく通っ, つけ期限は二言, つけ木屋の隣, つけ木造長政と協力, つけ本物の髪毛, つけ本職の捜査官なみ, つけ朱幢を立て, つけ村端れの, つけ来るころだ, つけ東京郊外に家, つけ東西の町内, つけ東野南次もまた, つけ松井の入口, つけ松明を持ち, つけの端, つけ林三郎どんが殺され, つけ林助と二人, つけ果し合いになった, つけ果せたとはハテ, つけ枯れ枝をあつめ, つけ枯草をしまふ, つけ柔いものを着, つけ柔かい灰色の, つけの奥, つけを焼かせ, つけ柿色の篠懸, つけ栗色の髪, つけ校正のよう, つけを窺, つけ格子と言わず, つけ格闘のすえ, つけを手, つけの奥, つけの横, つけ植ゑよ唐黍の毛, つけ楚々と踊りつつ, つけ楼主には後, つけ楽器を用い, つけや水, つけを取, つけ槍持が, つけ模型をつくった, つけを何, つけ横向きの口, つけの欄干, つけ次いでは演芸会, つけ次男袁煕もまた, つけ次第に近寄って, つけ次郎さんのこの, つけ欧文の記載, つけを唱い, つけ歎異鈔に類した, つけ止めであるん, つけ正体をあらわせ, つけ正成の存在, つけ武器を取り, つけ武蔵の居所, つけ武装して, つけ歩いて行った, つけ歪めた多福面, つけは本当, つけ歴史的に學問, つけ死骸を見る, つけ残りが真鍮, つけ殺生小屋へ着いた, つけ殿軍には張飛, つけがまだ, つけ母親の手際, つけ毎日他の少年達, つけ毎日毎日ぽかりぽか, つけ比丘尼頭巾にくるまっ, つけ気がかりなもの, つけ気胸療法とかも駄目, つけであり, つけ水ぎわのベンチ, つけ水中めがねをもち, つけ水中銃をかまえ, つけ水道より絶えず, つけ永年の間夢, つけ汚辱のうち, つけ汝等の道具, つけ江戸へまいるであろう, つけ決してすわること, つけ沂嶺の虎, つけ沈思するおもむきで長い, つけ添いに, つけ油一粒の米, つけ泉原を忘れ得ないであろう, つけ法皇に対し奉っ, つけが少し, つけ波罫で囲っ, つけにまみれてる, つけ泥棒こそはし, つけ洗礼をうけさせる, つけ津軽の手長, つけ派手になっ, つけ浴室へ水, つけの労働者, つけ海老茶色の小さな, つけをそそいだ, つけ添えて聞かした, つけ添えられるかもしれない, つけ満身の力, つけ滑りこんで来た, つけ漁師町を拔, つけ漢江の近く, つけ澄ましている, つけ濁りが淵, つけ濃いめに口紅, つけ火口の中, つけ火星は支那, つけ火鉢に火, つけ炭坑入りを決心, つけ無上に有難がっ, つけ無理に理くつ, つけうなの, つけ焼きの握飯, つけ焼き刃の理屈, つけ焼白魚なら生きたまま, つけ煌々と光る, つけ煙草を買っ, つけ照明そんな技術家, つけ熊坂なもの, つけを赤く, つけ御にのみ, つけ片肌ぬぎに, つけ片足によごれた, つけ牡丹の造花, つけをいう, つけ物事を理, つけ特に宅地として, つけ特に勢いよい口髭, つけ特殊な祈祷, つけの肉, つけ犬神の伝説, つけ狙つたのは兎, つけ狙つてツイ此家の裏, つけ狙ッていた, つけ独りでさっさと, つけ猛勇恰もアレース, つけ猟銃を肩, つけ獵刀を腰, つけ玄蕃の急く, つけ玄関に立っ, つけ玉子焼の形, つけ玉椿八千代までと思い, つけらしい舶来, つけ現実的に合理性, つけ現界の方, つけ瓔珞をかざり, つけ甚しきはすぐ, つけ甚内を驚かせた, つけ生色天地に満つ, つけ用人の庄田喜左衛門, つけ申したがおもい, つけはまあ, つけ男性だと, つけに住む, つけ町中を引きずり廻した, つけ町人の世の中, つけ留守中の泰造, つけ畠山重忠はこの, つけ番士を伏せ, つけ異様でミットモナイ事, つけ疑いぶかく自分が, つけ疲れ申す, つけた, つけ痺れさせてしまう, つけ発電機の電極, つけの運動帽, つけ白縮紗の帽子, つけ白銀の, つけ百人ばかりの同勢, つけ百円と出れ, つけ百松を取, つけ皆んなに笑われた, つけ皮帯の両端, つけ皮袋にはいった, つけ皺くちゃな顔, つけ目刺しならびに並んだ, つけ目張り目賭けた三二六, つけ直しを命じた, つけ直ちに狼を, つけ相撲だろうそんな, つけ相談しながら, つけだった, つけをつらせ, つけ眉輪王を焼き殺した, つけ眉間に皺, つけ県城の軍隊, つけ真白い靴を, つけ真面目に云っ, つけ真黒な靴, つけ代えて, つけ睫毛を太く, つけ瞬間足を踏み交える, つけはま, つけ石亭の北山, つけ石狩の鹿越駅, つけ硝子戸をバタン, つけ硯屏を立て, つけでなし, つけに注い, つけ磁石を前帯, つけ礼儀正しい男, つけ社会主義者の廉価, つけ神戸に渡った, つけ神月がゆっくり, つけ神様と呼んだ, つけ神酒を上げ, つけ秀吉と数正, つけ私ここで待つ, つけ私生活の充実, つけには郭内, つけともすれ, つけ稽古をすます, つけ穢らしいバチルスを, つけ空揚げにした, つけ空気銃を肩, つけつけ狂気, つけから顔, つけ窓ガラスの中, つけ窓外の闇, つけ竪川の, つけ竹刀を持つ, つけ竹笠をかぶっ, つけ竿止めに菊綴ぢ風, つけ笑っている, つけと紙, つけを分, つけは運ん, つけ筒先を押しつける, つけ筒袖姿の顔, つけ策略にかからぬ, つけ算盤も遣り, つけ箪笥を動かし, つけ範覚は冷笑, つけ簡単にわけ, つけの間, つけ粉チーズを沢山, つけ粗末な靴, つけ粗野が目, つけ紀伊川を渡り, つけ紙縒で綴る, つけ素子は白ブラウス, つけ紫紐は一尺九寸, つけ紫紺に野菊, つけ紫裾濃の鎧, つけの字, つけ細くして, つけ細工のよう, つけ細引は目印, つけ細目にあけた, つけ終りければ, つけ組合の旗, つけ経木の桃色リボン, つけ経木造花で飾っ, つけ結婚に対する自由結婚, つけ結局して, つけ給いとよく, つけを水, つけの襟巻き, つけ絹製の奇妙, つけ維新後は東京, つけをとおし, つけ緊め上げつつ, つけ緋絹をつけ, つけ緋縅の具足, つけの葉, つけ緑色の羽飾り, つけ緑郎の細君, つけ縁無し帽をかぶっ, つけ縮緬の着物, つけ繃帯をまい, つけ繊細なきっぱり, つけいて, つけ纏めている, つけ羅紗張りの笠, つけ美しい耳環を, つけ群盗辻斬り残党といったよう, つけ羽織を着た, つけ翌朝調べると, つけ兵士みたいな, つけ老翁に別れ, つけという汚名, つけ者二人そっとこれ, つけも脈々, つけ聞いても聞きとれぬ, つけ聴衆を感心, つけ職工だが, つけと血, つけ股間は丁字帯, つけ肩衣をつける, つけ背中のうしろ, つけ背恰好容貌風采就いて, つけ胡粉で畝皺, つけ胡麻塩の無精髭, つけ胸白の具足, つけ胸腹にも着物の, つけ胸高に兵児帯, つけ脚絆草鞋ばき, つけ腰刀で咽喉, つけの運動, つけにつけ, つけを揺つた珍, つけ自らが己, つけ自分自身に見切り, つけ自動車には明智探偵, つけ自害といふこと, つけ自己の無力, つけ自来也鞘の, つけ自給自足し, つけのふるった, つけにまかせ, つけ舞台に出, つけ舷燈携えなど, つけ船夫たちを取り巻き, つけ船頭は手, つけの滲んだ, つけ色合を変えた, つけ芝居の台詞, つけ芝生にゴザ, つけ芸術のヴェール, つけの根, つけ若し彼が, つけさうに顏を, つけ苦いビールの, つけ苦き顔し, つけ苦しそうに, つけ苦労らしく目, つけが延び, つけ茶わんをたたい, つけ茶事に託し, つけ茶店でも盗み, つけの茂った, つけ草の根をむしり, つけ草履をぬがせる, つけ草汁の冷た, つけを改めて, つけ菩提寺からは和尚, つけ萬兵衞の袂, つけ落されている, つけ落しやつけ加, つけ落ちになっ, つけ落ち込みに餌, つけ落としがあった, つけを生じ, つけ著む日知らずも, つけ葡萄祭り中無事にペンギン鳥, つけは艸冠, つけの刻み, つけ蒸し暑き斜陽に, つけ黒く光る, つけ蒼茫とくれゆく, つけのよう, つけものばし, つけ鼠色の, つけ薩摩の行列, つけだけでもかい, つけ藁靴をはき, つけ藤堂采女玉置小平太抔云う藩政時分, つけ藤川へ呼んだ, つけ藤氏の門, つけの瓶, つけのよう, つけ藺綾笠をかぶつ, つけをかぶっ, つけ蚊脛を出し, つけ蚯蚓を餌, つけ蚯蚓餌で上, つけなんぞにお前呼ばわり, つけのむかし, つけ蜀中の兵馬, つけ蜂蜜か糖蜜, つけ蜘蛛のよう, つけ蝋細工の人形, つけ蝦茶色ずくめで軽快, つけ衣夕まけて, つけ衣装を着, つけ衣裳をつけ, つけの着物, つけ袈裟衣の僧侶, つけ袋竹刀で試合, つけとスカート, つけ袴大紋つきの男, つけを着る, つけ裁判長の方, つけ裏ぎり者のてびき, つけ裏庭の赤万両, つけ裝飾して, つけの釦穴, つけ襟飾を結び, つけ襦袢の襟, つけ西洋ではその, つけ西洋人は籃, つけ西洋近世風の背景中, つけ見えそうな, つけ見ればきたなし, つけ見台に両手, つけ視学や市区町村会議員, つけ親爺から委託, つけ観衆を集め, つけ言葉つきもそぶり, つけ記念祭つていふの, つけ記憶もはっきり, つけ訪問録と書い, つけ詫びをいえ, つけによってはただ, つけ誓願寺裏へ駕籠, つけ調子でざっと, つけ諄々と説いた, つけ諸事につけ, つけでうたう, つけ謹直な素朴, つけ豊島師範学校の前, つけ豊穣な実り, つけぶで三軒茶屋, つけ貫禄を供え, つけひ歸つた話, つけ貴方とでしたらう, つけ貴族に田舎者, つけ貴殿も奉行所, つけ貸席兼色もの寄席, つけをのべ, つけ質子の身, つけ赤ん坊の頬, つけ赤幡紅旗をなびかせ, つけ赤頭で舞つた, つけ足りで先代ルドヴィ・ステーンセン伯爵は, つけ足元に気, つけ足裏にも唾, つけ踊り上がりそして, つけ踏台を持っ, つけ身体をきちんと, つけの上, つけ車窓の下, つけ軍服を着, つけんじられ, つけ軽く笑い続け乍ら, つけ軽傷を負わなけれ, つけ轡手綱の華奢, つけ辛く母に, つけ辛棒強く月, つけしめ混乱, つけ近々追いかけて, つけ近県を, つけ近頃はお, つけ返す返すも残念, つけ追慕するの, つけ追越せでもなかっ, つけ追風に吹かせ, つけ退校させて, つけるどころか, つけ通しだった経営者, つけ通せそうな, つけ通りお茶のお, つけ通りがかりに一軒, つけ通りすがりのサヴォア, つけ通り入口の外, つけ通り家の中, つけ通り帯を, つけ通り床を延べ始めた, つけ通り服薬を済ました, つけ通り海岸通の古, つけ通り老木屋の家, つけかに, つけ連ねたのでまるで, つけ進退谷まって, つけ進退谷まつて, つけ遅くとも今年の, つけ遊ばしますよう, つけ遊ばせとも云うまい, つけ道具箱まで持出し, つけ道綸の尖端, つけ違いますなよ, つけ遠くの日溜り, つけ遠まわしの皮肉, つけ遥かに遠く, つけ遺言を認めさせ, つけ邪宗門の輩, つけ部落を乗りまわした, つけもまだ, つけ酷寒の折り, つけ醫者も三人, つけ重い束を, つけ野菜を添え, つけ野趣に富んだ, つけ野郎がわかつ, つけ金ぴかの時計, つけ金モール服を著, つけ金剛杖を手, つけ金繍で飾った, つけ金色の三角, つけ金銭をゆする, つけ金髪にばら, つけを手, つけ鈴ガ森か小塚ッ原, つけの寝台脚, つけ鉄冑をいただき, つけで舗石, つけ鉢巻をした, つけや針さし, つけ鋭利の投槍手, つけを盗め, つけのびらびら, つけ鍬形のついた, つけと松明, つけ鎌倉のご, つけを付け, つけにうつる, つけ長サーベルに長靴, つけ長持の中, つけ長髪の鬘, つけ之丞, つけ開港後まだ間, つけ阪部は, つけ防虫完備の工兵, つけ添うて, つけ限りない人間哀詩, つけ陶器のよう, つけ階段下に戸棚, つけにて, つけ隠密をさしむける, つけ隨所停車場の燈, つけ雅味のある, つけ雑兵笠をかぶっ, つけ雑踏の中, つけ霊感を呼びだす, つけのなか, つけ青い帽を, つけ青地か紫色, つけ青年のベルシヨール, つけ青鼠色のリボン, つけを冠, つけ面当を被り, つけ面白くもねえ, つけをはい, つけをしかと, つけに十字架, つけの所, つけ頬紅を注し, つけ頬紅口紅をつけ, つけ頭巾を絹裏, つけ頭髪はとんぼ, つけ頸飾や十字架, つけに髯, つけ風采は尋常, つけっ返るよう, つけ飛んでもねえ, つけ食卓や壁, つけをスープ皿, つけ飾り立てて情事, つけを入れ, つけ首領があっと, つけ香水を胸, つけ馬喰町へまいり, つけ馬鹿ていねいにいま, つけ駐車場の街路樹, つけ駕籠わきへ, つけ騒ぎの真ん中, つけ驀進パテー会社の映画, つけに觸, つけ骨格尋常の犬, つけ高低さまざまなケース, つけ高笑ひし何, つけ高笑いし何, つけ高箒でのたうち廻っ, つけ高粱畠の薄暮, つけ高谷と細井, つけを剃りおとし, つけをコワし, つけ鬚はかなぐり棄て, つけを打っ, つけ鬼怒川では鮭, つけをゆすぶる, つけ魅惑したの, つけの注意, つけ鮎毛鈎に蛆, つけをつけ, つけ鳥公の御, つけ麦稈帽に駒下駄, つけに刺繍, つけ黄八丈の着物, つけ黄玉の如く, つけ黎明に近い, つけであったか, つけ黒ビロードのガウン, つけ黒子をはる, つけ鼻唄を唱い