青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「づか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つまらない つまらない~ つまり~ つめ~ ~つもり つもり~ つる~ ~つれ つれ~ づ~
づか~
~づけ づけ~ づつ~ て~ てえ~ てた~ てない~ ~てる てる~ てんで~

「づか~」 1586, 17ppm, 6642位

▼ づか~ (423, 26.7%)

69 にし 6 さう 3 かう云, のお

2 [23件] うらさびぬらし萩, うら安, その形状, なる, なるす, なる時, なる歩みつづ, なる玄理, なる細道, なれ正しく, にじみ出て, に生動, に透, の御, ほ, まかせたらなむ, 出て, 剃つて, 含んで, 干て, 捨てがたき, 生れて, 結びつ

1 [296件] あつまりてた, あの哀しい, うきあがつて, うしろめたくて, うすと, うと, うまれたナンセンス, うらさびしくぞ, うるむを, お採り, かいのけて, かの先駆者ども, かの厩戸, きこゆる, きたり, この二人, この作者, この夜, この小さな時, この微妙, この政治, この無, この茶, ごろりと転げる, さうなつたの, さうなる, さるまじく, すみて, する, せねば, そそけ髪, そのうち, そのか, その中, その土地, その心, その方, その時, その時代, その構造, その為人, その見方, その言動, そんな劣敗者, そんな好い, であつ, とけて, な, なやますか, なるから, なるその, なる傾動, なる円光, なる力, なる努力, なる名, なる命, なる在り方, なる堤防, なる塊, なる威厳, なる寂びと, なる情韻, なる感情, なる才ふけ, なる折目躾, なる生き方, なる生命, なる紺, なる自壊作用, なる道通, なる面貌, なユウモア, な品位, な威儀, な対照, な性情, な理想追及, な発露, な矜, な親善, な調和, にて錫蘭, に各人, に吾人, に和, に土砂, に姙, に柿, に湧く, に發達, に睡, に睡り, に破れ, に精神状態, に薄らぎゐ, に蟋蟀, に酌, に鍋中, に集り, の, のんびりした, の中間, の事, の品格, の奔走, の姿, の差, の水, の滴こ, の祈願, の義理, の詞, の調理もの, の野辺, は声, ふかき息たて, ふかき音たて, ほほゑまる, まぎらしながら, まぎらせようとして, またその, また別, また当時作者, もおぼえた, もつて, もの憂い影, も何, よき日あたり, わかる筈, 与へられし皮蒲団, 与へられるの, 人間らしい英雄, 休み澄み渡りて, 低きこゑにて病, 作れた, 保たれて, 保つ明日, 信ずるやう, 修せられ散乱, 催すか, 入れて, 全く消滅, 其の事, 其の消息, 其の美, 其の習, 其の間, 出来たもの, 別途に, 動く, 又佳, 取つて, 受けて, 同時に誇張, 吾が子, 呼ばれさせ給, 善く出, 嘲けらざるを, 垂れて, 垂れる, 報われる満足, 多少の, 好く只, 如何にも氣, 富んで, 小幀, 少くて, 少し反省, 巻くたび, 帰る道, 引き寄せられて, 弛む氣, 張らせられる張子, 張る氣, 強い結果, 強く弾み, 御し, 心安まる, 思ひながらも, 思ふ子, 思へた, 急がれて, 悩ますところ, 意味付けられて, 感じて, 感じられて, 成れりといふ, 或感じ, 戦ふもの, 招いたむくいなので, 拵えたツギハギ, 持ち運んだ, 挙がり先づ領, 挙がるが, 授けられし壻君, 揺りは, 明かであるであらうか, 明かなるは, 暗赤色, 書けるの, 書けるを, 朽ちて, 歴然たるもの, 死ぬまで, 死んだなど, 気づいて, 洩れづる息, 流る, 流れて, 浮かんで, 浮くやう, 浮立つ調子, 浸みで, 消えば, 消え去つた昔, 涼しくも, 深処, 清まりぬ, 湧き出づる水, 湧き出るであらう, 湧くす, 溶けて, 滞らざらむ落葉火, 漏された遠き, 澄みて, 澄む, 澄めるは, 濃くなつた, 然らざる, 燻した落葉, 片付けたの, 犯さしめる, 現はれ, 生かすもの, 生じて, 生まれて, 生れた姿, 異なるところ, 異なるわけ, 異なる味, 異る, 発せられた処女, 発せられる詞章, 直に専らに, 直るべきもの, 知るやう, 短き運, 矯め而, 研かれた, 破れぬ, 碎けしとき, 示される品位, 示して, 種々ある, 第三, 紅い絹絲, 絶えせぬ情, 考へた, 耕して, 聞きな, 聴かして, 育つべきところ, 良しき, 落つるたまゆら, 落つるを, 薫りて, 行かなかたみに, 見えて, 解けわたる折, 触って, 許して, 詠み出したもの, 語るに, 語るもの, 誠に返る, 讀み出でた歌, 起って, 足るので, 踊り出したい樣, 踏みと, 躍るの, 進んで, 運んで, 過を, 醸し出されて, 長き心地せり, 開くやう, 開けこよ, 開けたと, 開けて, 開けるだらう, 開け柱, 除けるの, 隠約, 離し立ち

▼ づか~ (247, 15.6%)

3 心を, 身を 2 動いて, 影を, 思ひ出すこと, 昔の, 水を, 洩れ出る柴, 萩の, 音を

1 [225件] あなたの, ある瞬間, いろづいて, え易, おのれが, お奥, けむりを, こちと, これを, さす明り, その山稜, その面目, そりを, それと, それを, ついひ, なまめく笹, ぬくき日, のがれて, のこる陽, ひかり, ひかる, ひとりふたりなり, まねごと師, みられる人間, もれて, よどむ風くま, タイムの, 一つ置き残した, 一二語を, 一二道果を, 一人の, 一割半を, 一圓六十錢ぐず, 一夜の, 一寸ばかり, 一小, 一尺の, 一日平均四十五銭の, 一株を, 一部, 七八間砂洲之に, 七度ほど, 七軒町が, 七里余, 三つの, 三ヶ月で, 三四十間とは, 三四坪の, 三戸に, 三谷氏蒐集の, 不用意に, 世界を, 乗り降りの, 事柄が, 二三尺の, 二三枚に, 二十を, 二十二歳で, 二十六銭しか, 二百六十年の, 二間位しか, 五十代, 五年, 五本の, 人の, 人のう, 人力車を, 修め, 優秀な, 公平で, 六十数年十字架の, 共通の, 其は, 内密の, 制服を, 前後三回の, 前方の, 前述の, 劇の, 十一か, 十五ながら, 十五紅顏花を, 十六フランしか, 十日に, 千餘尺なる, 半ば獨立性を, 卑しくなくなる, 取りたる手, 口を, 周梨槃特が, 呼吸を, 命を, 和製洋文字の, 喞く, 四枚半くらゐ, 土を, 土賊の, 垣間見た程度, 堂宇を, 場所を, 境し, 墜落を, 壞滅を, 壱万金余の, 大庭常子の, 大空の, 大蘇我氏, 大金だけが, 天の, 太平を, 夫の, 奧村五百子とか, 子供の, 存在を, 宗右衛門の, 家名の, 家學を, 小なる, 巌が, 川を, 市城名利の, 弟の, 形ばかりの, 彼が, 心持ち冷える, 思出す, 息を, 慰めるもの, 我にか, 戯曲といふ, 打水し, 授受し, 接近しうる, 搜る, 搦んで, 数歩行く, 數千年といふ, 方丈高, 日本女性の, 是れ, 暗示されたる, 朝湯が, 東京京都奈良の, 楢雄を, 機関車が, 此辺の, 残る玉, 残る礎, 残る薄明, 残れるを, 殘る, 殘れる, 水の, 波立たせた, 浅墓, 澱む風, 濡れ紙一重, 照らされて, 生けるもの, 畳三枚ばかり, 白い雲, 白き頬かぶり, 白くひらける, 白く染まり, 白雲が, 白雲庵発行の, 百六十三分で, 目礼を, 相手方の, 相止み, 眉を, 眩しくもつれ, 瞬間が, 知られて, 知識層の, 礎石の, 窮巷の, 笑ひ, 筆とり, 答へ, 粗渋, 結婚後の, 続くと, 美しいもの, 義盛朝光と, 聲を, 肩先を, 胡床が, 膝を, 自分を, 自尊心を, 舳を, 萎れ, 虚しい影, 見参らせしのみ, 語部の, 赤い落水管, 赤い鱗, 赤らむは, 足元を, 身を以て, 身一つからく, 逃れうるもの, 途切れた静寂, 醒むれ, 金を, 鈍い光, 開かれた扉, 間ある, 間接的にのみ, 雁の, 雨を, 雨戸の, 霧れる, 青い燐光, 青し, 青む物, 頼む心, 顏を, 風が, 風に, 鬱憤を, 鳴れば, 齒が

▼ づか~ (50, 3.2%)

2 筆に, 間で

1 [46件] あひだ, いいかをり, うちに, うち森本先生を, ことすらも, ことは, ことばの, キッカケで, コケツトリイさへ, 一例に, 乘客たちも, 仕事の, 代表者だけを, 光の, 光る粒, 入獄期間中にも, 動揺を, 品物を, 売笑的舞台を, 夢を, 廣さでは, 手兵を, 文を, 文字で, 新葉, 時間で, 時間に, 時間を, 期間で, 植えに, 氷を, 活字は, 涙金で, 滞在の, 漆喰から, 砂利浜に, 笠の, 經驗では, 罪あり, 羞恥も, 苗の, 茶代に, 記録や, 距離で, 金を, 間である

▼ づかばかりの~ (22, 1.4%)

1 [22件] お金を, 恨を, 手, 抵当と, 旅寝の, 日影を, 灰いろ, 物思ひ, 生心地, 病気の, 目腐れ金に, 窮した, 苦難に, 蜜柑山を, 読者の, 貸金の, 赤トンボと, 金で, 隣近所にも, 頁の, 頓智に, 鴎が

▼ づか~ (20, 1.3%)

1 [20件] その若者, そばへ, やつて, 一行の, 二人の, 伊庭は, 入りこんだもの, 内に, 出た母親, 墓所へ, 奥の, 奥まで, 席を, 房内に, 楽屋へ, 若い学生, 行けば, 近づいて, 進んで, 遣ると

▼ づか~ (10, 0.6%)

3 のその 1 する手だて, にこころもち頭, のひとたち, の長袖, を生じたでありましょう, を許さず, 千駄木へ

▼ づか~ (9, 0.6%)

1 が縦, だと, に今, の冬, の寂寥, の照り, の色づく見れ, の草, 取って

▼ づか~ (9, 0.6%)

4 しさうに 1 しく落さぬやう, しく陰, しさうな, しさうに下, しめる事

▼ づか~ (9, 0.6%)

3 へて 1 へにした, へるぞや, へると, へるの, らなかっ, れて

▼ づから頭~ (8, 0.5%)

3 がさがる 2 が下る, の低 1 ふかく垂れ

▼ づから人~ (7, 0.4%)

1 に依, に及ばん, に逼, のゐる, の涙, の目, を撲つ

▼ づから身~ (7, 0.4%)

2 につけ 1 かずならずし, についてゐる, に驕る, をつかふ, を摺り寄せ

▼ づかばかり~ (6, 0.4%)

1 でも, 仕切られて, 拡がつた空地, 殘つた田地を, 殘つてゐた, 行きますと

▼ づから別~ (6, 0.4%)

1 であ, である, で将門, な融通無碍, にならざる, の趣き

▼ づから彼~ (6, 0.4%)

2 の姿, を飜弄 1 に柔, の所業

▼ づから一つ~ (5, 0.3%)

2 の特色 1 の人生風景, の目標, の調子

▼ づから心~ (5, 0.3%)

2 は開け 1 に浮び上つ, の中, を尽くし

▼ づから是~ (5, 0.3%)

2 の如くならざる 1 とせざる, れ古今, れ賤貧

▼ づから話~ (5, 0.3%)

4 も合 1 が別

▼ づか~ (5, 0.3%)

1 刻んで, 抜いて, 握った手首, 片手に, 除けば

▼ づかにも~ (4, 0.3%)

2 麦ぞ 1 円く光りぬ, 紅み

▼ づかのみ~ (4, 0.3%)

2 明る木膚 1 穂には, 穗には

▼ づかはしげ~ (4, 0.3%)

1 な顏, に, に僕, に暮らし

▼ づかひで~ (4, 0.3%)

1 あつた, はない, はなかつた, 時々そつ

▼ づかひと~ (4, 0.3%)

1 いふのも, いふものは, 何うして, 筋の

▼ づかひも~ (4, 0.3%)

1 されるの, どのみち純, なく新島氏, 荒々しく怒り

▼ づか~ (4, 0.3%)

1 えて, えて來ちや談, えに, えれア

▼ づからこれ~ (4, 0.3%)

1 と相, を南岳, を受取つて, を歸納

▼ づからそこ~ (4, 0.3%)

1 に感ぜ, に生じた, に生れる, に限界

▼ づから別個~ (4, 0.3%)

2 の物語 1 のもの, の感想

▼ づから君~ (4, 0.3%)

2 の本地 1 の口, の結論

▼ づから外~ (4, 0.3%)

21 に現, に露

▼ づから簾~ (4, 0.3%)

4 をあげ

▼ づかしか~ (3, 0.2%)

1 あらはれない矛盾, ない安息, 経ちませんのね

▼ づかしき~ (3, 0.2%)

2 に惜しき 1 は人

▼ づかながら~ (3, 0.2%)

1 お熱, 傳統を, 目に

▼ づか~ (3, 0.2%)

1 する手立, 恋の, 戀の

▼ づから僕~ (3, 0.2%)

1 に火事, の唇, を束縛

▼ づから分明~ (3, 0.2%)

1 だ, なの, なるべし

▼ づから山~ (3, 0.2%)

3 の蝉鳴き

▼ づから彼等~ (3, 0.2%)

1 の上, の先駆, を暴君

▼ づから明~ (3, 0.2%)

2 かであらう 1 かになる

▼ づから眼~ (3, 0.2%)

1 が熱く, も心, 覚めるまた

▼ づから神~ (3, 0.2%)

1 に通, の審判, の御

▼ づから詞~ (3, 0.2%)

2 かず 1 に花

▼ づから酒~ (3, 0.2%)

1 をあた, を注いだ, を飲ませ

▼ づから香花~ (3, 0.2%)

3 でも手向

▼ づか一年足らず~ (3, 0.2%)

2 に過ぎない 1 の間

▼ づかいも~ (2, 0.1%)

1 すると, 悪くない

▼ づかいや~ (2, 0.1%)

1 字の, 身ごなしに

▼ づかしき膚~ (2, 0.1%)

2 に紫

▼ づかしげ~ (2, 0.1%)

1 なる雲, もなく

▼ づかしこ~ (2, 0.1%)

1 に到る, に至る

▼ づかその~ (2, 0.1%)

1 一点にも, 雪原に

▼ づかでも~ (2, 0.1%)

1 お心, 近づけまいと

▼ づか~ (2, 0.1%)

1 しづかな, 落穂の

▼ づかひだ~ (2, 0.1%)

1 が滿足氣, 主殺し

▼ づかまる~ (2, 0.1%)

1 まではおれ, もんだろ

▼ づかやう~ (2, 0.1%)

1 な疑問, な雰囲気

▼ づからあら~ (2, 0.1%)

1 はれて, はれる

▼ づからい~ (2, 0.1%)

1 たりつく, ひとく折

▼ づからその間~ (2, 0.1%)

1 にはたらい, に新しい

▼ づからゆ~ (2, 0.1%)

2 たに

▼ づから一脚~ (2, 0.1%)

2 の椅子

▼ づから三年八年三十年四十年~ (2, 0.1%)

2 の功夫

▼ づから上~ (2, 0.1%)

1 の御, を恐れず

▼ づから之~ (2, 0.1%)

1 をかきのせつ, を陳

▼ づから事~ (2, 0.1%)

2 のたより

▼ づから二等室~ (2, 0.1%)

2 の扉

▼ づから作品~ (2, 0.1%)

2 に露

▼ づから作者~ (2, 0.1%)

1 の, の気持ち

▼ づから來~ (2, 0.1%)

1 ました, るの

▼ づから俊吉~ (2, 0.1%)

2 の襯衣

▼ づから備~ (2, 0.1%)

1 はつて, へてゐる

▼ づから具~ (2, 0.1%)

1 はつて, へた

▼ づから冬~ (2, 0.1%)

2 か待たるる

▼ づから出來~ (2, 0.1%)

1 あが, てゐ

▼ づから別種~ (2, 0.1%)

1 として認められ, の面目

▼ づから制約~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ づから夢~ (2, 0.1%)

1 に描き得る, の中

▼ づから寄せ鍋茶椀むし位~ (2, 0.1%)

2 はなる

▼ づから寄せ鍋茶碗むし位~ (2, 0.1%)

2 はなる

▼ づから形~ (2, 0.1%)

1 に現れる, をなす

▼ づから御酒~ (2, 0.1%)

2 賜ること

▼ づから我~ (2, 0.1%)

2 よあはれ

▼ づから承知~ (2, 0.1%)

2 して

▼ づから指揮~ (2, 0.1%)

2 して

▼ づから明らか~ (2, 0.1%)

1 であつ, に映る

▼ づから時代~ (2, 0.1%)

1 の英雄, の風俗

▼ づから曲~ (2, 0.1%)

2 れる路

▼ づから椅子~ (2, 0.1%)

1 を引, を引き寄せ

▼ づから歩み~ (2, 0.1%)

2 はとまる

▼ づから水~ (2, 0.1%)

1 ながれたる沢, のながれ

▼ づから決定~ (2, 0.1%)

1 されたわけ, するの

▼ づから洋燈~ (2, 0.1%)

2 を持つ

▼ づから消滅~ (2, 0.1%)

1 すべし, に歸

▼ づから涙~ (2, 0.1%)

1 が湧い, はふり落ち

▼ づから滑らか~ (2, 0.1%)

2 にこそ動くなれ

▼ づから滿~ (2, 0.1%)

2 ち來

▼ づから独自~ (2, 0.1%)

2 の表現

▼ づから相~ (2, 0.1%)

1 親しむべきもの, 通ずるところ

▼ づから私~ (2, 0.1%)

1 の尺度, は桃

▼ づから秋~ (2, 0.1%)

2 も澄みけり

▼ づから與~ (2, 0.1%)

2 へられし皮蒲團

▼ づから触れ~ (2, 0.1%)

2 かよふか

▼ づから負け~ (2, 0.1%)

2 まじの

▼ づから道~ (2, 0.1%)

1 が開け, の器用

▼ づから酔~ (2, 0.1%)

1 ふ山, ふ酒

▼ づから闇~ (2, 0.1%)

1 く葦原, のいろ

▼ づから霞~ (2, 0.1%)

2 立つ日

▼ づから靜まり~ (2, 0.1%)

1 ぬ, ぬべき室

▼ づか一世紀~ (2, 0.1%)

1 と経, に滿

▼ づか一日~ (2, 0.1%)

1 のうち, の小遣

▼ づか一町~ (2, 0.1%)

1 か二町, も続く

▼ づか三年~ (2, 0.1%)

1 のうち, のひらき

▼ づか十二歳~ (2, 0.1%)

1 のお, の子供

▼ づか十年~ (2, 0.1%)

1 しか此世, ばかり前

▼ づか四五日~ (2, 0.1%)

1 にしかならない, のこと

▼ づか~ (2, 0.1%)

1 二十五歳の, 六歳で

▼ づか~ (2, 0.1%)

2 みて

▼ づか~ (2, 0.1%)

2 いて

▼1* [479件]

づかいがしだいに筒井, づかいともいうべき者, づかいも日と共に荒く, づかほく見はるか, づかきらびやかなわら, づか出しの, づかしきあるじの女房親切, づかしきけしきたりしかるべき, づかしき主を持つ, づかしき姿を憐むあまり布, づかしき幼兒の, づかしき業を教, づかしき美音をば春, づかしもお前さんの, づかぢ町なる遠, づかっと中へ, づかつたなア, づかづゝ自然に對, づかとはひつて, づかにしか而も, づかのかげの弱, づかばかりしか読んで, づかひだつて正確だ, づかひで先登の者, づかひで応対した, づかひで猫柳の杖, づかひで言つた, づかひで話をした, づかひと言はれたらしいの, づかひなぞしない, づかひまで貰つて, づかひも叮嚀で宿, づかひも文法も滅茶, づかひも明らかにされ, づかへに出初ぬる, づかへば娘の, づかまで申やり, づかまりでもしたら, づからいつか起き出まさ, づからお作りになつ, づからお茶を入れ, づからくわんぬきを, づからこちらへ靡い, づからさきの方, づからすべての女性, づからそなはる, づからそれに見入つて, づからひとつ流の交感, づからひと葉つみませこの, づからみな切り仆さえき, づからむかし深川へ通つた猪牙舟, づからわしの汚い, づからわれに諛, づからアル・カポネになる, づからステーションや波止場, づからセンテイメンタリズムを脱せるなら, づからハランは起る, づからピアノを弾, づからポンと口, づから一人一人の性格, づから一幀の絵画, づから一流の品, づから一種の根拠, づから一致するところ, づから一見して, づから一連のつながり, づから下つた, づから世間に遠く, づから主流となつて流れ, づから了解できたの, づから二人の離れる, づから二途の來路, づから人質になつ, づから今日の詩, づから仏性あらんは, づから他の領域, づから仰せ出されたもの, づから伏ぎて御船え進みき, づから体得して, づから保證したこと, づから信長の戦法, づから俳味あり, づから光は落ち, づから兩袖に清風, づから兵法の道, づから其中にもあり, づから具現する一種, づから典型の創造, づから内容と形式, づから出色の所, づから出馬して, づから刀の刃, づから分岐して, づから切實な問題, づから別問題である, づから別部を爲, づから力が拔, づから功夫となり, づから勇しくなれり, づから勝盃を贈る, づから勤勉であると, づから匠作泰時さまの御, づから去年きてと, づから句なりと宣, づから合ひいつとは, づから合掌低頭した, づから吟くが, づから告白するため, づから周囲の子供ども, づから呼吸を引い, づから哀れを催し, づから品位のある, づから唇にのぼり来る, づから問題を異に, づから善なる第, づから回顧に耽つ, づから国語教育の一分野, づから塵を生ず, づから境遇の制約, づから増し判断は正確, づから墨絵の模様, づから壞れ半, づから夏ふけぬらし温泉, づから外箱と中箱, づから大門があり, づから天下の副, づから天命をまつ, づから天地の悠久, づから女も衣, づから奴隷で近代人, づから姙めり, づから子供を睨む, づから子墨子といふ譯, づから孔子とは色彩, づから学問の道, づから学生生徒にふさ, づから宮商に適, づから寂寞蕭散の光景, づから寢褥を敷い, づから實習したわけ, づから尊貴族の信仰, づから小天地想たるべきもの, づから小説を生み, づから岡の歩み, づから左右に分岐, づから巨蟹を捕へ, づから已まむ, づから已む能はざる, づから希望に満ちた, づから平々凡々の尋常一樣, づから弥勒菩薩の座像, づから張りつつし及ぶ, づから弾みあまるか, づから彈きならす, づから彼女の耳, づから往来の者, づから後の代, づから微笑を禁じ得ない, づから心悸の高まる, づから心樂しく若し, づから心腹なり, づから心臟の皷動, づから志賀直哉論に変化, づから忘却せしめる結果, づから恆心も生じ, づから恒心も生じ, づから想像するに, づから感得し後者, づから慄へて来た, づから憂愁の, づから憂鬱にならざる, づから應神天皇の御世, づから懷をつくる, づから我々自身を感ずる, づから我勝ちぬ, づから我慾をみたし, づから扉を開ける, づから手をかざす, づから投函した, づから拵へ膳, づから捉へて來, づから掃除し給, づから推量できる筈, づから描写せられて, づから摘み採る事, づから撰したもの, づから支配を受け, づから敢然として節用, づから敬意を生ずる, づから整頓するの, づから文字源流へのめざめ, づから文学を歪め, づから料理して, づから斯う形, づから新らしくなるやう, づから明日異るであらう, づから明暗の度, づから明確な表情, づから星座の極, づから智慧も力, づから暖みが, づから暗誦し心中, づから曉の神, づから書付給へける, づから會得すること, づから木の葉吹くあらし, づから本体を露, づから本物に觸, づから杓文字をにぎつて, づから東西軌を一つ, づから染みいづる, づから校する所, づから植ゑたのだから其を完全, づから植ゑて去りぬ, づから楽寝仕り衣裳付自堕落, づから概念としての両端, づから構成する彫刻的, づから模倣を強, づから機織る殿, づから歌生まる, づから歓びを味, づから正体を現, づから此の反古, づから此一句がある, づから此方へも微笑, づから武者修業の出立, づから死がおとづれる, づから殺害したの, づから母ぞ異, づから母樣には仰せ, づから気随にお, づから氣が順當, づから汝の願, づから沈著と冷静, づから洟を拭つてやつ, づから流露して, づから浦島の子, づから浩大にし, づから浮世絵の一枚, づから海彼岸の詩人, づから淨きが如く又, づから淺からんとお, づから清新の趣, づから渠の一特色, づから満足と矜, づから溪水に就く, づから漆の剥げた, づから濃紫の袍, づから火酒を一杯, づから無疵の茶碗, づから照り明りき, づから玉敷き明る, づから甘みを加, づから生れ出でて, づから生活のすみ, づから甲冑を, づから町内会によつて, づから畏敬の念, づから異なつて, づから異性との交渉, づから疲勞を感じ弱るべし, づから病氣を惡, づから病院の婦人科, づから発明するもの, づから發せられた處女, づから發光して, づから發展する, づから皿に肉, づから目がさめ来り, づから目前に在り, づから直接に建て, づから相互間に発生, づから眞と認むるもの, づから睡眠さめ来るたまゆら, づから知つてゐる, づから矯激詭異の思想, づから礼を失ふ, づから神湊へ出た, づから種々の約束, づから積極的の觀, づから穢を引き, づから穴熊にコーヒー, づから筝をお, づから簪をさし, づから粗悪となり, づから粛穆の趣, づから納得できること, づから紙の上, づから細み来ぬらし日向辺, づから細君に酌, づから経済的生活の基礎, づから縫つた袱紗は六十三年前, づから縷々として糸, づから繪畫の方, づから纏綿たる情緒, づから美を現ぜり, づから美化されて, づから羽をおとし, づから肅然たらしむ, づから胡瓜をもぎ, づから胸中に浮, づから自分にふさ, づから自分等と空気, づから自己の急所, づから自由を失つて, づから船舶の出入, づから色気があつ, づから花瓶を据え, づから花禽鳥虫を浮彫, づから荘園はふとり, づから荻吹く風, づから落ちその御, づから落ちつきと巧まない, づから落ち御衣破れ易く御, づから蒐集家の愛, づから蔭影こそやどれ, づから藝術圈内へはひつ, づから虚偽を必要, づから血肉の中, づから行はれ常に, づから衣紋の直され, づから袱紗を縫つて, づから褒貶存ず, づから要求し落ちつくところ, づから詩は成り, づから詩人だつた, づから語つたので, づから調べを要する, づから談りつくさるべき勢, づから諧謔をなし, づから諸君に指し示される, づから警戒しながらも, づから變じて, づから超脱の趣, づから足下に伏す, づから跛くなり, づから跡を絶ち, づから身邊の人, づから軽やかならざる, づから軽重をつけ, づから輝きを失ひ, づから辱友となる, づから逃る, づから道得あり, づから選択の標準, づから部落民だと, づから都に出, づから酔ひて之, づから醸造された世にも, づから里へわたし, づから重みを加へた, づから野へ川, づから金剛寺の域, づから金剛經を寫し, づから釣瓶に植え, づから閑ある如し, づから限度がある, づから陰陽のけぢめ, づから隱逸といふ風, づから集まつたの, づから雑煮にて給, づから静寂だと, づから靜めようとした, づから頂戴したん, づから順序があり, づから頬にのぼる, づから頭下り涙の落つる, づから頭脳的な地位, づから額くだる謂, づから願に先だつ, づから類想を遠, づから飜譯者まで書面, づから餅を焼い, づから馬の口, づから骨董の好き, づから高風あり爽快, づから髪や手, づから髪髭も乱れ, づから魂が戦慄, づから魔を退くる, づから鮮やかなるの, づかわしげに注意, づかケンポナシの廊下, づか一ト月足らずであの, づか一ヶ月ニユースのはやい, づか一円にて抹茶, づか一回のこの, づか一夜で他, づか一年九箇月余の唐土留学, づか一晝夜のうち, づか一本の透明, づか一皿でも其土地, づか一足で飛び渡る, づか一身だけの貧困, づか一里にも足らぬ, づか一里ぐらゐなれど山湖の山湖, づか一間それがお, づか七八人でその, づか七八枚のこの, づか三センチにも足りない, づか三ヶ月の差, づか三万石の領主, づか三十五銭で菊版三百頁, づか三右衛門といへる川柳点, づか三四分の同乗に依つ, づか三四時間の旅, づか三年後の今, づか三日に一銭, づか三歩半で向, づか三週間といふ短い, づかてうは, づか九日の間, づか九日めにはペルリ, づか二つか三つ, づか二カットだが, づか二ヶ月ばかりで, づか二三十年しかない, づか二三時間縮める為, づか二代を保つた, づか二十ばかりにてぞお, づか二十二歳で完成, づか二十年前なる我が, づか二十畳か二十四五畳, づか二度しか逢つて, づか二時間乃至四時間, づか二月あまりの留置, づか二杯のかゆ, づか二百七十二年にし, づか二里か三里, づか五六万のね, づか五六日で暮れ, づか五分の一だと, づか五十年といへど, づか五十年一人殺すも, づか五十部か百部, づか五十銭で飯付き, づか五日目の三月七日, づか五百騎ばかりを以て天界橋, づか五箇月にし, づか五里あまりの道程, づかつて行つた, づか八マイルの所, づか八畳の家, づか六年弘化元年六月には和蘭, づか十ヶ月前には古賀, づか十一年なり, づか十三日にし, づか十三歳見知らぬ遠い, づか十五六町の道程, づか十五分間の眩惑, づか十六日と申す, づか十分間ぐらゐの出来事で後部, づか千秋楽に近い, づか世紀足らずしか, づか半年ばかり社員淘汰, づか半町にたらない, づか吐息をつく, づか四カットしか進まず, づか四五人の家族相手, づか四五名の日本人, づか四五尺の間隔, づか四人でしかも, づか四分の差であるが, づか四年にし, づか四年足らずのうち, づか四枚である, づか天下一統して, づか子供の持つ, づか少数の人, づか彼女の足元, づか数日以前までこの, づか数百の兵力, づか數頁足らずのもの, づか白う見えまさり, づか百五六十枚でまとめること, づか百方里其領地はアッシリア, づかの落葉喬木, づか診察室へはいつ, づか部屋に入