青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「づ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つねに~ ~つまらない つまらない~ つまり~ つめ~ ~つもり つもり~ つる~ ~つれ つれ~
づ~
づか~ ~づけ づけ~ づつ~ て~ てえ~ てた~ てない~ ~てる てる~

「づ~」 5587, 60ppm, 1900位

▼ づ~ (244, 4.4%)

192 一に 12 一の 11 一番に 6 一には 3 一は 2 一ばんに

1 [18件] 一が, 一それで, 一だ, 一です, 一にか, 一公園へとて, 一其城へ, 一千駄木の, 一句にて, 一嚢に, 一回を, 一必要條件として, 一番は, 一着手は, 一等の, 一行の, 三の, 二の

▼ づ~ (68, 1.2%)

4 よりも先 3 をおい 2 よりも難, を措い

1 [57件] うか, か, かでなけれ, から云, から始めるべき, か溶け, か特別, が解つた, と書く, に致せ, の躊躇ら, の障り, はあれ, はしかれ, よりも, よりもあなた自身, よりもあの, よりもうそ, よりもかんじん, よりもこの, よりものその, よりもま, よりもやがて, よりも一杯, よりも三八九, よりも不満, よりも他, よりも先人, よりも公務, よりも同人, よりも女達, よりも娘二人, よりも家庭, よりも我自ら, よりも敵国, よりも文部省, よりも日本, よりも日本青年, よりも早く, よりも植木, よりも正しい, よりも生きる, よりも生活, よりも祖国, よりも祝ひ, よりも米, よりも素子, よりも職業, よりも自ら, よりも自身, よりも芝居, よりも蜜房, よりも酒, をしなけれ, をなすべきであらう, を与ふべき, を差

▼ づ自分~ (57, 1.0%)

3 の意志 2 がさう, のうち, の持つ

1 [48件] が, が一杯, が手, だけだ, で呼吸, で実行, といふ物, と父, に合, のま, のもの, の仕事, の元気, の先祖, の刀, の利益, の前, の好き, の存在, の室, の家, の屋敷, の年, の心, の忰, の思ひ, の思ひついた, の父, の理論そのもの, の監理, の立場, の腕, の討たん, の語学力, の遅刻, の領地, の風体, の鼻, はあの, はノールウェー国王並, は普通, をより, を富岡, を小さく, を救, を活かさなけれ, を自分, 自から

▼ づ~ (48, 0.9%)

3 木の 2 事物の, 物の, 鳥に

1 [39件] うてなたか, なかの, ものは, 上, 何も, 吉善を, 啼くは, 堰かれたぎち, 姿なき, 宮, 實母お, 小さいの, 幣帛の, 幣帛を, 御手もち, 御手以, 星を, 木, 木よ, 沢たづみなる, 波を, 物ほす, 物を, 物凛乎として, 真似し, 神, 秋の, 聲を, 艮の, 花に, 花の, 言の葉とぞ, 象よろ, 走る奴, 遊びわざをのみ, 青めく, 音する, 顏に, 鳴くね

▼ づ~ (48, 0.9%)

2 の目, の興味, はその

1 [42件] が世界漫遊, が型, が家内, が生れ, が用, が自分, が訊ねたい, といふ微, と傳ちやん, にとつて, にわかる, に向, に彼, に納得, に紹介, の一人, の一切, の下宿, の個性, の太夫さん, の家, の寝室, の幼い, の心, の感じた, の所, の正直, の気分, の眼, の知る, の言, の話, の遣つ, の部室, の頭, は主人, は今日, は平素自分, は敬意, は本間氏, は森林, は雪二郎

▼ づ~ (40, 0.7%)

3 文句も 2 上杉の, 常の, 美しいと

1 [31件] あーまい, そのあたり, 上品な, 世間並の, 今ゆ後, 何の, 友人藤原嘉藤治, 和主に, 商人めかし, 大金と, 太夫を, 寧ろ思ひ切, 尊貴で, 巨き, 平凡な, 御安心, 御笑草, 心得て, 感覚的でなけれ, 文学態度として, 暖簾に, 歯に, 海の, 滞りなく, 生きたる共同便所, 申分なく, 申分の, 秀林院様お, 覚めて, 詩である, 重疊

▼ づ~ (38, 0.7%)

4 れの 2 の眼, れと

1 [30件] がゴア, が初めて, が昭和十年, が留守, に手紙, の, のゐる, の大作, の家族, の文学, の氣むづかしくなつたのにおどろいたのであつたけれど, の注意, の直系, の窓先, の聴水め, の自然觀, の質問書, の阿, の隱, はまだ, は天堂, は彼, は虚しき, は返される, をし, をベッド, を上機嫌, を少しく, を石, を立たせ

▼ づ最初~ (35, 0.6%)

32 の一杯

1 [30件] から話す, その葉書, にあげたい, にお, にこの, にこんな, に元服, に出, に密接, に強い, に掲げ, に文明十六年十月廿四日, に日光, に朗読, に此, に気, に氣, に法螺忠, に知る, に老婆, に興つた, に表現, に贈物, ののろし, のもの, の一喝, の一節, の仕事, の現場發見者, は二階

▼ づ其の~ (32, 0.6%)

2 主義綱領を, 公生涯の, 外形から, 必要ある, 怪腕を

1 [22件] お帳場, 位の, 力を, 問題に, 地方が, 城を, 場を, 大学を, 女から, 室の, 局を, 屋外の, 工合と, 弊の, 徳に, 構造の, 眞實の, 第一句, 細君の, 絵巻物を, 袂の, 點から

▼ づ~ (29, 0.5%)

2 いう, 私の

1 [25件] あれば, タメに, 云うと, 云つてゐる, 何かに, 倒れるやう, 出来るに, 己れ, 彼の, 彼等の, 忘れるほか, 忘れるもの, 思ふばかり, 感じられる面白味, 朱が, 梅島に, 流れるの, 浮んで, 知れるもの, 見えぬは, 解る程, 言い伝うるところ, 言うとこ, 起きるの, 遠ざかるを

▼ づ~ (27, 0.5%)

3 と結婚 2 の母親

1 [22件] がゐない, が入所, が霧, であらう, である, とがその, とがどう, とを一緒, と深い, と私, と紋吉, に頼まれた, のやう, の日頃, の白い, の艶, の黒い, はどうして, もやがて, も軽症, や紋吉, を真実

▼ づ~ (25, 0.4%)

3 に觸 2 についた, につく, に着く

1 [16件] とめ給, にかかる, につくであらう, にふる, に着いた, の前, をつむる, をとめし, をとめる, を低き, を引いた, を捉, を覚ました, を覺, を醒まし, 出たいとして

▼ づ~ (22, 0.4%)

2 て涙, て駄目

1 [18件] てこの, てその, てそれ, てわれわれ, て三思三省, て之, て十分, て千遍一律, て古今, て困る, て左, て平和, て意思, て成功, て教, て最高位, て部分的檢査, て驚い

▼ づ安心~ (22, 0.4%)

6 して 2 し給, と思ふ

1 [12件] さつ, した, したこと, だと, だといふもの, とそれから, とのこと, とは思ふ, はし, をさせる, 少しく飲む, 致しますから

▼ づその~ (21, 0.4%)

2 イメージが, 考へ

1 [17件] とき第, 傷の, 名称の, 声を, 女に, 小室を, 形式でない, 概念について, 母胎の, 理を, 理由を, 理論的進展を, 石竹色に, 積りに, 籠手調べとして, 縣の, 調子の

▼ づ~ (21, 0.4%)

4 を切, 開き陳 3 開き宣んし曰 2 を開き 1 をきく, をきつ, を切つた, を切つて, を切りました, を開い, を開きつ, 開き宣

▼ づ~ (21, 0.4%)

3 體に 2 體は

1 [16件] あらまし土を, いさ, ざつぱに私の, ヒットである, 低の, 喰ひ, 往生と, 成功であった, 成功です, 成功らしく, 抵此部屋の, 番頭の, 祀神, 聲を, 體かう, 體上から

▼ づ~ (20, 0.4%)

2 の三閣僚, の理想, の話

1 [14件] の二つ, の党人, の六時間, の植物, の母, の点, の疑問, の脚本, の言葉, の辺, の部屋, の黨人, を区別, を哀れん

▼ づ~ (18, 0.3%)

1 [18件] がどんな, が出, が多年, に六七目, に取れ, に挨拶, の手, の注意, の缺點, の罪状, の藝術理想, の讀んだ, の青年, は来る, は泣きだし, は青春, を動かした, を喜ばせた

▼ づ~ (16, 0.3%)

2 と立つ

1 [14件] くの, た口調, た聲, た酔, てゐた, てゐる, と奥, と寄つた, と心得た, と癈頽, と立つた, と街頭, と逓信省, と顏

▼ づ~ (16, 0.3%)

2 れと, れに

1 [12件] で一方, なら大丈夫, に視線, より見ん, れを, を作られた, を使用, を僞書, を暗示, を決せざるべからず, を治療, を見本

▼ づ~ (16, 0.3%)

2 に叫んだ, に浮んだ

1 [12件] から落ち付けよう, がゆるせる, で殺し, に任せぬ, に映る, をも廣, を砕き, を落着け, を躍らせる, を鎭め玉, を鎮め, 傷むかな

▼ づ~ (15, 0.3%)

2 見えて

1 [13件] さらりと, 依怙, 勝れて, 大きな犬, 大人びたお, 文がら濡ぢぬうす, 氣を, 浮岩る, 済んで, 眼を, 興を, 蓼の, 酔つて堅く

▼ づ~ (15, 0.3%)

2 っと補助椅子

1 [13件] するよう, っとあ, っとそれ, っとやっ, っとやる, っと夕方, っと大入満員, っと寝たきり, っと小林氏, っと昼夜二回, っと東京市, っと演, のきかない

▼ づ~ (14, 0.3%)

1 [14件] いつたやう, お話した, しばしと, の世間, の処, の処間違, の分, の病気, まで, までに類, までの最, を去る, 囘は, 迄日本

▼ づこの~ (13, 0.2%)

1 [13件] へんの, やうな, 事の, 五年の, 人物の, 家で, 家には, 戯曲の, 時老婆は, 科学の, 群衆の, 言葉こそ, 雨戸を

▼ づ~ (13, 0.2%)

2 と通り

1 [11件] とほり酸素, と休みし, と安心, と拜, と月, について言, に七月十三日大風洪水, の大いなる, の太刀, の発展史, 言おつたまげた声

▼ づ~ (12, 0.2%)

1 [12件] なり物, に多く, に天氣, の上長たる者, の世, の住む, の注意, の眼, は, は此歌, を因, を香

▼ づ~ (12, 0.2%)

4 きに 1 だ, づいいと, に, に二人, に口開き, に挨拶, に飛ん, へ都

▼ づ自己~ (12, 0.2%)

3 をより 2 に聽 1 に忠実, に感染, の中, の個性, の武装, を對象, を省みよ

▼ づ高く~ (12, 0.2%)

3 もりあがり 1 つまれてを, なり西洋莨, 岸の, 積まれて, 積める荷車, 積る, 積んだの, 積んで, 薪が

▼ づ人間~ (11, 0.2%)

1 [11件] であること, である事, といふもの, として共通, に疲れる, の内部, の復活, の心理, は幾たび, を創造, を知つて

▼ づ初め~ (11, 0.2%)

1 [11件] にいつたい, にどの, には双, に七人, に堂, に掲げます, に東都, に母親, に零, の, らしい

▼ づ日本~ (11, 0.2%)

1 [11件] が他, で初めて, ならば, にしか見られない, に於ける, に舶載, の作家, の幽霊, の權力, の歌, の真

▼ づ無事~ (11, 0.2%)

1 [11件] ただしかも前日, である, で有, で珍重, なもの, に勤めた, に片, に終った, に終る, に行, 御評定所

▼ づ~ (10, 0.2%)

2 しました 1 したので, して, する, 卷いて, 君の, 多く使ふ, 撒くひと, 數へる

▼ づ~ (10, 0.2%)

1 に手, をあげ, を出し, を出した, を出す, を取, を拭い, を染める, を洗つて座敷, を附けし

▼ づ~ (10, 0.2%)

3 についた 2 に入 1 につく, をみはる, を向けなけれ, を背け, を開い

▼ づ~ (10, 0.2%)

3 にしみた 1 にお, を以てそして, を健か, を寄せた, を投げださなけれ, を起させ, を起せ

▼ づ~ (10, 0.2%)

1 から吹き起る, と煙草, のこと, の防腐劑サルチール酸, を出す, を出せ, を呑まなけれ, を買つた, を頼み, を飮む折

▼ づ一人~ (9, 0.2%)

2 が始めなけれ 1 が唄, が正面, が立ち上る, でやつ, の写真師, の泥坊, も立つ

▼ づ今日~ (9, 0.2%)

1 から七八千年, のところ, の下情, の宮廷, の帝室技藝員, の時代, の時勢, は大丈夫, 迄は亀

▼ づ俳優~ (9, 0.2%)

1 が出なけれ, に授けられる, に註文, の, の扮装, の教育, の根本的訓練, らしい俳優, を中心

▼ づ我々~ (9, 0.2%)

1 が人, が気付く, が第, の今日, の生活法, の頭腦, は自分, ばかりの手, を交互

▼ づ~ (9, 0.2%)

3 う云 1 ういふ風, うだ, うで, うはつきり, う書かうか, う開いて

▼ づ~ (9, 0.2%)

4 のやう 3 のくだり 1 のこと, の事

▼ づ二人~ (8, 0.1%)

1 が東京, が面, の壮者, の男児, の間, は一緒, は席, は正門

▼ づ~ (8, 0.1%)

1 かつた, きを, き事, き最後, き筈, く候, なり, もなし

▼ づ~ (8, 0.1%)

1 から, からイヤ君, と僕, に要求, の二十五歳, の御, の考, を褒めよう

▼ づ~ (8, 0.1%)

1 からその道, の国, の目, の第, れに, れの, れを, れ自ら

▼ づ~ (8, 0.1%)

1 に赦され, のかんつど, もあはれめたらちね, も憐れ, をお, を愛す, を直接, を見

▼ づ~ (7, 0.1%)

1 つ母, 互ひ, 仕事は, 國侍五十前後の, 孃さんが, 寒むご, 濱

▼ づこれ~ (7, 0.1%)

1 が目, で此, は玉手箱, まで, を最近唱, を見, を贖

▼ づ一番~ (7, 0.1%)

1 ちかい狼森, に其處, に小柳町, 古い姿, 考へる所, 近い所, 近い狼森

▼ づ何より~ (7, 0.1%)

1 これが, と団扇, もと湯殿, 先に, 手當, 氣の, 被告の

▼ づ~ (7, 0.1%)

2 に帰 1 に帰らう, に走り, の中, の母, へ帰つて

▼ づ彼女~ (7, 0.1%)

1 と始め, のしなやか, のため, はそれ, は原型, をどう, を引合せた

▼ づ~ (7, 0.1%)

1 一名, 主, 教へ, 目出たう, 自身から, 話しなけれ, 話を

▼ づ成功~ (7, 0.1%)

1 したと, した人, して, するといふ, すれば, だ, は望めない

▼ づ~ (7, 0.1%)

1 が坐する, にかの開きたる, に帰, に歸, の身, はペトルス, をパルナーゾ

▼ づ支那~ (7, 0.1%)

2 で發明 1 が代表的, では三年間, に對, の如き, を知らなけれ

▼ づ文学~ (7, 0.1%)

2 に於ける 1 であるといふ, でなければ, としては役者評判記, の審美的規範, の民族的自覚

▼ づ~ (7, 0.1%)

1 にて擱筆, にて擱筆可, の如く, れぐらゐで, れだけに, れで差, れ天魔

▼ づ普通~ (7, 0.1%)

1 に論理, の人, の人々, の婦人, の日本人, の状態, の考

▼ づ東京~ (7, 0.1%)

2 へ歸 1 だけについて主, に歸ら, へ引きあげる, へ発せられ, へ落付くま

▼ づ社會~ (7, 0.1%)

2 をより 1 と世界, のセンセーション, の輿論, をよく, を對象

▼ づ考へ~ (7, 0.1%)

1 ておい, てか, てみたい, てみる, てゐた, て物, て置く

▼ づ~ (7, 0.1%)

1 つた, はね, はば大島守, ひしは, ひたいの, ひ古, ふとな

▼ づあの~ (6, 0.1%)

1 下男の, 地獄変の, 地獄變の, 死んだ松崎天民, 穴倉の, 線路の

▼ づそれ~ (6, 0.1%)

1 がため, までは氣, をとり戻さなけれ, をとり戻し, を心當, を聞かう

▼ づ~ (6, 0.1%)

3 食べろ 1 行く心, 見えずなりぬか, 鳴きつぐとこゑととのひぬ二日三日

▼ づ~ (6, 0.1%)

2 ひたいこと 1 はせて, はれたこと, ひぬ西の京, ふ

▼ づ京都~ (6, 0.1%)

1 に入, に入る, に往, の町, の趣味, を皮切り

▼ づ~ (6, 0.1%)

3 も角 2 も角もと 1 に角此

▼ づ~ (6, 0.1%)

1 からし, ま, れとしても, れを, を改めね, 乏しい中

▼ づ~ (6, 0.1%)

1 の中, の雪, へ登れ, を下り, を極めた, を照らし

▼ づ彼等~ (6, 0.1%)

1 にこの, の大, の素朴, の見る, は不, は手

▼ づ手近~ (6, 0.1%)

2 なところ 1 なリユウバンス町, のところ, の堺屋, の狼森

▼ づ挨拶~ (6, 0.1%)

2 する信吾 1 しました, にやつ, をし, をした

▼ づ故に~ (6, 0.1%)

1 もし巨蟹宮, 伯爵グイードとは, 善の, 妊婦これを, 胡馬という, 鶏を以て

▼ づ~ (6, 0.1%)

1 が欲しい, の音, を動かす, を用, を飲ませ, を飲み

▼ づ~ (6, 0.1%)

2 を見よ 1 あまねくカイーナ, の主義, の勝手, の身中

▼ づ~ (6, 0.1%)

3 よりも誰 1 が吹かれ, と兄, の行状

▼ づ申分~ (6, 0.1%)

2 のない, の無い 1 があるまい, なく整つて

▼ づ間違~ (6, 0.1%)

4 ひは 1 ひない, ひの

▼ づ~ (6, 0.1%)

1 に入れ, に思ひ浮べた, に浮ぶ, の上, へ舞臺裝置, を下げるべき

▼ づ~ (6, 0.1%)

1 はなく, ひはぐれは, ふこと, へた, を与, を取れ

▼ づ~ (5, 0.1%)

1 うきめ, うした, う出るだらう, う思はれた, う訊ねないで

▼ づ一つ~ (5, 0.1%)

1 のポオズ, の特殊的世界, の立場, を差す, 比較的正確

▼ づ一杯~ (5, 0.1%)

1 そして道後, と盃差し, の入り, また一杯, 傾けるアルコール

▼ づ~ (5, 0.1%)

3 の皇統 1 に出ぬ, の化粧術師

▼ づ~ (5, 0.1%)

1 に, までに, をかけ, をすむべき, 守るぞ

▼ づ問題~ (5, 0.1%)

1 とする, になつ, になるであらう, はないだらう, は酒

▼ づ大丈夫~ (5, 0.1%)

2 と思ふ 1 だらうと, ですね, と自信

▼ づ~ (5, 0.1%)

2 の下 1 つ日, つ祝詞, つ神

▼ づ~ (5, 0.1%)

1 がしなけれ, がやき, になる, の養生, を遁

▼ づ子供~ (5, 0.1%)

1 が生れる, に會ひたい, を中心, を寢, を風呂

▼ づ家康~ (5, 0.1%)

2 と信雄, に自分 1 が誰

▼ づ少しく~ (5, 0.1%)

1 微笑みて, 悲しみの, 異あり, 立入つてアガペーの, 笑を

▼ づ手始め~ (5, 0.1%)

1 に, に拵, に文学座三月公演, に若松屋, は文字花

▼ づ~ (5, 0.1%)

1 を, をこの, を彼等, を法相三論華嚴, を菊川英山渓斎英泉

▼ づ最も~ (5, 0.1%)

1 愉快で, 戸に, 病めるもの, 穏当な, 跋扈する

▼ づ此位~ (5, 0.1%)

2 にし 1 であと, のもの, の旧

▼ づ~ (5, 0.1%)

1 にかかるらしい, にかける, にする, になる, をよく

▼ づ江さん~ (5, 0.1%)

1 が恋愛関係, でなくちや, と結婚, は好い, を僕

▼ づ無い~ (5, 0.1%)

1 といつ, と見, な商, はずです, 今まで

▼ づ~ (5, 0.1%)

1 はれたこの, はれつ, 實の, 實主義實證主義を, 横綱の

▼ づ現在~ (5, 0.1%)

2 の日本人 1 の俳優, の東京, を脱却

▼ づ生活~ (5, 0.1%)

1 が無い, し自我, すべきもの, の困難, の空氣

▼ づ絶対~ (5, 0.1%)

2 にない 1 に口, に無い, に見られなかつた

▼ づ考へなけれ~ (5, 0.1%)

4 ばならない 1 ばなるまい

▼ づ~ (5, 0.1%)

2 をかける 1 あげて, を出せ, を擧げ

▼ づ~ (5, 0.1%)

3 いて 1 かうか, くこの

▼ づ~ (5, 0.1%)

1 いつぱい, せまる, をつかれる, をなでおろした, 潰れて

▼ づ落着~ (5, 0.1%)

5 いて

▼ づ言葉~ (5, 0.1%)

1 の訓練, の音韻的效果, を使, を出した, を掛ける

▼ づ~ (5, 0.1%)

1 が見, だと, にでも分る, の仕業, よりも受付

▼ づ~ (5, 0.1%)

3 を持たなけれ 1 の算段, を滅ぼし

▼ づそんな~ (4, 0.1%)

1 ことで, ことを, ところで, ものだ

▼ づ一口~ (4, 0.1%)

2 に申しましたなら 1 に閑, のみ毒見

▼ づ一服~ (4, 0.1%)

1 する, といふところ, といふ時, やらかさう

▼ づ一番先~ (4, 0.1%)

2 に竹山 1 きに, に家

▼ づ一軒~ (4, 0.1%)

2 の家 1 だちの樣, の茶店

▼ づ不可能~ (4, 0.1%)

1 であり乙, である, と諦めなけれ, なこと

▼ づ他人~ (4, 0.1%)

1 が老年, の, の幸福, の私事

▼ づ以上~ (4, 0.1%)

1 のやう, の前, の如き, の通り

▼ づ例外~ (4, 0.1%)

1 だ, といつ, と云, なく初めすべて外人

▼ づ健全~ (4, 0.1%)

1 で顏, で顔, な歩み, な腸

▼ づ入口~ (4, 0.1%)

1 で怒鳴つた, の戸, の木戸, の横

▼ づ其處~ (4, 0.1%)

1 では東海道, に坐れ, の園藝試驗場, を解散

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 て來, て御, て来ます, て欲しい

▼ づ~ (4, 0.1%)

2 もつて 1 の世, 遊の

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 のやう, の文, の頬, を眺め

▼ づ同じ~ (4, 0.1%)

1 中央公論だらう, 内容を, 時の, 祖先から

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 からそれ, にあらざるべし, へ出し, へ流るる

▼ づ大抵~ (4, 0.1%)

1 の場合, の者, はこの, は眼

▼ づ奈良~ (4, 0.1%)

4 へ使

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 と共に牛込區谷町, と女中, の世津子, の容体

▼ づ存在~ (4, 0.1%)

1 した, しなければ, せよといふ, を抽象

▼ づ小樽~ (4, 0.1%)

2 にゐた 1 に入り, へ行き

▼ づ必要~ (4, 0.1%)

2 なこと 1 であります, なの

▼ づ~ (4, 0.1%)

3 暗示を 1 る時

▼ づ手はじめ~ (4, 0.1%)

1 に房一, に文部省令, に河向, に醫師

▼ づ文字~ (4, 0.1%)

2 を読ん 1 を知る, を精出し

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 にせね, らしい運動, らしき樹, 短歌の

▼ づ~ (4, 0.1%)

2 の光 1 と, をなげかけ

▼ づ日本人~ (4, 0.1%)

2 がよく 1 が外国語, として生れた

▼ づ木の葉~ (4, 0.1%)

4 が音

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 を閉じ, を閉ぢ, 廟を, 當の

▼ づ此処~ (4, 0.1%)

1 で, ではア列イ列ウ列, に集つた三人以外, を去る

▼ づ此時疫~ (4, 0.1%)

3 に亡くなつ 1 に亡くなつた

▼ づ此程~ (4, 0.1%)

4 物凄い天部

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 りそこ, るの, る外, れと

▼ づ死骸~ (4, 0.1%)

1 から見, の側, を見, を調べる

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 でなければ, となり, に不安, をし

▼ づ珍しい~ (4, 0.1%)

2 許り 1 ことで, 部類に

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 が一人, が一足先, の声, の家

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 が枕頭, で相談, の者, を驚かした

▼ づ短い~ (4, 0.1%)

2 のから 1 句で, 四句偈

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 な手桶, のある, を仰ぐ, 高くランプ

▼ づ義雄~ (4, 0.1%)

1 がどんな, の女房, の客, の最も

▼ づ~ (4, 0.1%)

2 を下した 1 を下ろした, を落着けつ

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 でも切らなけれ, でも拵, を拵, を立てた

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 から之, 國の, 覺し, 證の

▼ づ自分自身~ (4, 0.1%)

1 であれる, に対して恥かしく, を鉱物, を鞭うち

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 の, の意味, の朝, の白い

▼ づ藩閥~ (4, 0.1%)

2 を殲滅 1 と政党, と政黨

▼ づ行き~ (4, 0.1%)

1 て参観, て參觀, て命, て戰場

▼ づ試み~ (4, 0.1%)

1 に一微風, に彼, に彼女, に明日

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 の段落, の筋, の糸口, をみんな

▼ づ話し~ (4, 0.1%)

2 て置かう 1 てくれなき, 合つた

▼ づ諸君~ (4, 0.1%)

1 では精一杯, にこの世, の, の想像

▼ づ郎女さま~ (4, 0.1%)

4

▼ づ~ (4, 0.1%)

1 の外, をあけ, をみなしつかりとざし, を出

▼ づ閣下~ (4, 0.1%)

2 に最も, の内閣

▼ づ青年~ (4, 0.1%)

1 が強く, といふもの, に向, に気付いた

▼ づ順序~ (4, 0.1%)

1 から云つて, としてさう, として足, を追

▼ づかう~ (3, 0.1%)

1 いふ場合に, いふ形式に, 言ふ

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 あり新しい, 澤山つい, 走つた

▼ づない~ (3, 0.1%)

1 ね, ものだ, やうである

▼ づまつさき~ (3, 0.1%)

1 に思, に意識, に落第

▼ づよく~ (3, 0.1%)

1 なった, 息を, 感じて

▼ づわれわれ~ (3, 0.1%)

1 にとつ, の生活, の貧しい

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 ていかれ, てゐる, ぽの

▼ づ一匹~ (3, 0.1%)

1 の大, の怒れる, の木虱

▼ づ一同~ (3, 0.1%)

1 に五月, の接吻, は地主

▼ づ一応~ (3, 0.1%)

1 は認める, 両者を, 芸術的に

▼ づ一本~ (3, 0.1%)

1 か二本, の棕梠, 引いて

▼ づ一般~ (3, 0.1%)

1 には受け, に現代, に短歌

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 の三点, の方, の部

▼ づ不快~ (3, 0.1%)

2 を催した 1 に思

▼ づ世界~ (3, 0.1%)

1 に比類, に誇り得る, の演劇史

▼ づ二つ~ (3, 0.1%)

1 のこと, の發光物質, ばかりある

▼ づ二階~ (3, 0.1%)

1 にあがる, へ引, へ運ばせた

▼ づ人類~ (3, 0.1%)

1 が如何, の精神美, より以前

▼ づ今夜~ (3, 0.1%)

2 は歸つて 1 は帰

▼ づ仕事~ (3, 0.1%)

1 から逃れ, のしかた, を先

▼ づ伊勢~ (3, 0.1%)

1 に献, の大神宮, 両宮

▼ づ何事~ (3, 0.1%)

1 か熱心, もなかつた, よりか申

▼ づ何者~ (3, 0.1%)

2 かでなけれ 1 なるかを

▼ づ何處~ (3, 0.1%)

1 かの海邊, へ行く, よりもお

▼ づ作者~ (3, 0.1%)

1 が如何なる, のため, の理想

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 によつて夫, の本質主義, を卑近

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 が最初此処, の心, の顔

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 から其後, が寄つ, の前

▼ づ入り~ (3, 0.1%)

1 てその, の無い, 易いの

▼ づ入る~ (3, 0.1%)

2 のは 1 者は

▼ づ其処~ (3, 0.1%)

1 のこと, へ這入つ, までに到る

▼ づ冒頭~ (3, 0.1%)

1 に思案, を置いた, 乃至は

▼ づ~ (3, 0.1%)

3 さう言

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 に此國, に紅葉, 抜四束を

▼ づ友達~ (3, 0.1%)

1 といふこと, とUS, や知己

▼ づ反省~ (3, 0.1%)

2 して 1 しさ

▼ づ~ (3, 0.1%)

2 ひに 1

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 の美, はれ, はれざれば

▼ づ噴飯~ (3, 0.1%)

2 に堪へざる 1 に価した

▼ づ四五日~ (3, 0.1%)

2 は緩 1 に半減

▼ づ多く~ (3, 0.1%)

1 の貴族, の魚, は小

▼ づ大きい~ (3, 0.1%)

1 もので, 聲で, 雨滴を

▼ づ大体~ (3, 0.1%)

1 こんな事, に於, の標準

▼ づ天井~ (3, 0.1%)

2 の薄明 1 を眺める

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 が中, の方, の機嫌

▼ づ~ (3, 0.1%)

2 かつた 1 がった

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 のみよ子, の母親, を温泉

▼ づ~ (3, 0.1%)

3 のお

▼ づ~ (3, 0.1%)

2 し郎女樣 1 し郎女様

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 には子, のあさまし, 無き女

▼ づ客體~ (3, 0.1%)

1 であり更に, としての他者, として從つて思惟

▼ づ家中~ (3, 0.1%)

2 の人 1 の単調

▼ づ家庭~ (3, 0.1%)

1 で最初, に閉ぢ, は破壊

▼ づ小さな~ (3, 0.1%)

1 ところから, 丸い紙片, 門を

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 の底, の水, を渡り

▼ づ常識~ (3, 0.1%)

1 になつて, の上, の考

▼ づ心配~ (3, 0.1%)

1 はない, はなかつた, もあるまい

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 へり, をつい, を呑みました

▼ づ我が~ (3, 0.1%)

1 住家へ, 日本の, 眼に

▼ づ我等~ (3, 0.1%)

1 の文化生活, は之, は青眠洞

▼ づ教育~ (3, 0.1%)

1 について, の宗旨, の方面

▼ づ新しい~ (3, 0.1%)

1 作家が, 政治理念を, 青年の

▼ づ新しき~ (3, 0.1%)

1 樹の, 草履を, 薄手の

▼ づ日本書紀~ (3, 0.1%)

2 にその 1 の作者

▼ づ明日~ (3, 0.1%)

2 の朝自分 1 のこと

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 の修業, の土地, の課長級

▼ づ暗紅~ (3, 0.1%)

2 の酒 1 の酒そ

▼ づ暫く~ (3, 0.1%)

1 その儘, それを, 止めて

▼ づ最近~ (3, 0.1%)

1 の教育, の文壇, の血祭り

▼ づ此事~ (3, 0.1%)

1 を明瞭, を知り, を述べ

▼ づ此處~ (3, 0.1%)

1 だね, にきめ, を去る

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 せるもの, なで濟むべ, についていへ

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 がついた, が濟ん, の散る

▼ づ浅草~ (3, 0.1%)

1 から始める, の食味, へ

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 にでも入, に入れられた, を訊く

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 鉄の, 鉄公所へ, 鉄経営の

▼ づ演劇~ (3, 0.1%)

2 の本質 1 の伝統

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 かつた, さ, 學だ

▼ づ無難~ (3, 0.1%)

1 だと, なもの, な詮衡方法

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 に接する, に疑ひ, を大切

▼ づ當時~ (3, 0.1%)

1 の心靈研究會, の文壇, の評語

▼ づ~ (3, 0.1%)

2 はしい 1 も無い

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 した聲, しぬ, す

▼ づ相当~ (3, 0.1%)

1 な家, な珍本, の俳優

▼ づ相談~ (3, 0.1%)

1 しようと, をしろ, をもちかけ

▼ づ素人~ (3, 0.1%)

1 くさくかう, だと, だまし

▼ づ考へね~ (3, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならず

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 へ次いで, を振り, を襲

▼ づ聞く~ (3, 0.1%)

1 ことを, 事を, 所を

▼ づ自ら~ (3, 0.1%)

1 の祖国, 欺いて, 認めこれ

▼ づ自然~ (3, 0.1%)

1 に存する, のもの, をだけ克服

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 はう, はせられる, はれた事

▼ づ解散~ (3, 0.1%)

1 して, す, すると

▼ づ読者~ (3, 0.1%)

1 と友達, に一事, に注意

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 を, をお前さん, を下されたでしょう

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 の指, を此山, を洗

▼ づ軍備~ (3, 0.1%)

2 より起り 1 を去る

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 い齒ブラシ, く戸, く見る

▼ づ郵便~ (3, 0.1%)

1 それから新聞, を, を一戸

▼ づ隅田川~ (3, 0.1%)

1 より説き起し, を説く, を談

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 のお, の幸右衞門さん, の部屋

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 にむかひ, に隠れた, に隱

▼ づ~ (3, 0.1%)

2 の無い 1 のない

▼ づ~ (3, 0.1%)

2 を射よ 1 の話

▼ づ~ (3, 0.1%)

1 さを, さ約, に水

▼ づあたり~ (2, 0.0%)

1 を見廻しました, を透かし

▼ づあり得ない~ (2, 0.0%)

1 こと, ことです

▼ づお茶~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を注い

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 はいと, やつを

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 さを, て下さい

▼ づそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 の家庭, の指導者

▼ づそれら~ (2, 0.0%)

2 に対して恬淡

▼ づたまたま~ (2, 0.0%)

2 は棹さす

▼ づたり~ (2, 0.0%)

2 づたり

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 が實, と私

▼ づという~ (2, 0.0%)

1 のである, 旋頭歌が

▼ づなん~ (2, 0.0%)

1 です, でも赦し

▼ づアリストテレス~ (2, 0.0%)

1 により地獄, の論理

▼ づア今夜俺~ (2, 0.0%)

2 と一緒

▼ づザッ~ (2, 0.0%)

1 と二十時間, と地上

▼ づダンテ~ (2, 0.0%)

1 の心, の爲

▼ づニコラ~ (2, 0.0%)

2 に扮

▼ づハンケチ~ (2, 0.0%)

1 で口, を出し

▼ づビール~ (2, 0.0%)

1 を五六本, を冷やし

▼ づフランス~ (2, 0.0%)

1 へ出かけ, へ行く

▼ づペン~ (2, 0.0%)

1 をとどめ, を置いた

▼ づホテル~ (2, 0.0%)

1 に投宿, へ泊った

▼ づルナアル~ (2, 0.0%)

1 が好き, の戯曲

▼ づ一事~ (2, 0.0%)

1 の補叙, を記し

▼ づ一人源助~ (2, 0.0%)

2 に伴

▼ づ一例~ (2, 0.0%)

1 を上げる, を取つ

▼ づ一切~ (2, 0.0%)

1 の罪悪感, をこ

▼ づ一安心~ (2, 0.0%)

1 したところ, しましたが

▼ づ一段~ (2, 0.0%)

1 といふこと, の希望

▼ づ一番さき~ (2, 0.0%)

2

▼ づ一番神聖~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ づ一行~ (2, 0.0%)

1 の眼, を驚かした

▼ づ三人~ (2, 0.0%)

1 そろつて, の諸君

▼ づ上求菩提~ (2, 0.0%)

1 の險難, を採り

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 に坐せしめ, の上位

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 取敢蒸氣船壹艘, 必要に

▼ づ両手~ (2, 0.0%)

1 で両手, を床

▼ づ中止~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ づ主張~ (2, 0.0%)

2 せんこと

▼ づ主義~ (2, 0.0%)

2 により

▼ づ之と~ (2, 0.0%)

2 妥協する

▼ づ乾い~ (2, 0.0%)

2 て子供等

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の重大, を起せ

▼ づ事實~ (2, 0.0%)

1 である, は第

▼ づ二臺~ (2, 0.0%)

1 だけの荷馬車, の三等車

▼ づ五本~ (2, 0.0%)

2 も六本

▼ づ人々~ (2, 0.0%)

1 と共に泣き, の聯想

▼ づ人民~ (2, 0.0%)

1 の希望, を救

▼ づ今度~ (2, 0.0%)

1 の菊池寛賞受賞, の蜜月

▼ づ今日芝居~ (2, 0.0%)

2 を観

▼ づ仏像~ (2, 0.0%)

1 のこと, を見た

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 が許, の劇場

▼ づ仮り~ (2, 0.0%)

1 にお, に後

▼ づ伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 に最も

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 が此, に一日

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ づ先頭~ (2, 0.0%)

1 にリリイ, は例

▼ づ入浴~ (2, 0.0%)

1 して, する此処

▼ づ八五郎~ (2, 0.0%)

1 が悲鳴, と一緒

▼ づ八分~ (2, 0.0%)

1 といふ入り, までは女史自身

▼ づ其家~ (2, 0.0%)

1 へ歸りつ, を訪うた

▼ づ其態度~ (2, 0.0%)

1 の荘重, の莊重

▼ づ其所~ (2, 0.0%)

1 から説明, へ捨て

▼ づ其能~ (2, 0.0%)

2 を示す

▼ づ其要素~ (2, 0.0%)

2 たる貴族

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 へ入, を攻め

▼ づ内容~ (2, 0.0%)

1 があつ, は

▼ づ内閣~ (2, 0.0%)

2 の威信

▼ づ出來~ (2, 0.0%)

1 てゐた, ない相談

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 もて截, を脱し

▼ づ分析~ (2, 0.0%)

1 してか, の道

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 としてまた, として最も

▼ づ別れ~ (2, 0.0%)

1 て, を告げ

▼ づ別室~ (2, 0.0%)

1 に休息, に案内

▼ づ動い~ (2, 0.0%)

1 て万波, て居た

▼ づ動かない~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, と謂つて

▼ づ動き~ (2, 0.0%)

1 て動作, のない

▼ づ勝負~ (2, 0.0%)

1 がつく, なしでした

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 ひ若者

▼ づ勸め~ (2, 0.0%)

1 たいの, て下さい

▼ づ十中~ (2, 0.0%)

1 の七八, の八九

▼ づ十人~ (2, 0.0%)

1 にも優れた, はある

▼ づ南方~ (2, 0.0%)

1 の大, の方

▼ づ南面~ (2, 0.0%)

2 の壁上

▼ づ卷く~ (2, 0.0%)

1 中で, 底も

▼ づ友人~ (2, 0.0%)

1 から聞いた, の五圓紙幣

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の本草経, 詞の

▼ づ古い~ (2, 0.0%)

1 ところでは, 目録と

▼ づ古今集~ (2, 0.0%)

2 といふ書

▼ づ可能~ (2, 0.0%)

1 と信じます, な方向

▼ づ吉原~ (2, 0.0%)

1 の娼妓, の巴屋

▼ づ名古屋~ (2, 0.0%)

1 で發表, に於

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 に見える, ふ一ヶ月

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 あつて, には別條

▼ づ咲く~ (2, 0.0%)

2 宿の

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 はえ, はない

▼ づ善い~ (2, 0.0%)

1 事を, 部で

▼ づ四人~ (2, 0.0%)

1 ある, が浮ぶ

▼ づ四方~ (2, 0.0%)

2 つ神

▼ づ国内~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ づ国民~ (2, 0.0%)

1 の輿望, は抱くであらう

▼ づ国軍~ (2, 0.0%)

2 の結成

▼ づ圧し~ (2, 0.0%)

2

▼ づ在り~ (2, 0.0%)

2 て翁

▼ づ地獄~ (2, 0.0%)

1 の門, を經

▼ づ地面~ (2, 0.0%)

1 を四尺計り堀, を打つ

▼ づ基調~ (2, 0.0%)

1 とする, を起し

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 しか

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 をかけ, をかける

▼ づ大きな~ (2, 0.0%)

1 市ファリアスそれから, 料理屋兼旅館が

▼ づ大名~ (2, 0.0%)

1 が名のり, や武士

▼ づ大概~ (2, 0.0%)

1 は世人, は聞い

▼ づ天下~ (2, 0.0%)

2 に向

▼ づ天然~ (2, 0.0%)

1 の潮除堤, の風気

▼ づ女中~ (2, 0.0%)

1 だ, とは

▼ づ如何~ (2, 0.0%)

1 な事, にし

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 には女目付, はわづか

▼ づ始めなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ づ姿~ (2, 0.0%)

1 を消す, を見せなくなり

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 のお玉, の幾代

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 のお仙, の父

▼ づ嬉し~ (2, 0.0%)

1 かつた, やと思ふ

▼ づ学校~ (2, 0.0%)

1 から, を出る

▼ づ學問~ (2, 0.0%)

1 といふた, と實用

▼ づ學校~ (2, 0.0%)

1 の名, らしい體裁

▼ づ宇宙~ (2, 0.0%)

1 に大, の靜的實在

▼ づ完全~ (2, 0.0%)

1 な劇団, に舞台化

▼ づ宗教~ (2, 0.0%)

1 が有, の方

▼ づ官兵衛~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ づ宿屋~ (2, 0.0%)

1 の事, へはいつ

▼ づ寺子屋~ (2, 0.0%)

2 の師匠

▼ づ小さい~ (2, 0.0%)

1 のや, 書斎に

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 があつ, にやどる

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 当つてなにがし君, 覗いて

▼ づ差當~ (2, 0.0%)

1 りそれ, り種類

▼ づ師弟~ (2, 0.0%)

2 の交

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 つたが, つたん

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 があく, が揚がる

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 かに居, 扁なる

▼ づ平次~ (2, 0.0%)

1 に一應, の前

▼ づ平生~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 に息, のみかげのう

▼ づ廊下~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ づ弓矢~ (2, 0.0%)

1 をえら, を作り

▼ づ当代独歩といつて差支~ (2, 0.0%)

2 へあるまい

▼ づ当分女部屋~ (2, 0.0%)

2 のほの暗い

▼ づ当然~ (2, 0.0%)

1 な話, の話

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の上, の美

▼ づ形容~ (2, 0.0%)

1 しその, すれば

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 にたつた, には立つ

▼ づ御馳走~ (2, 0.0%)

1 から出しました, になる

▼ づ心得べき~ (2, 0.0%)

1 ことである, 事ある

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 づとして, る

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 つた, つたが

▼ づ思ひ出した~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 づかう僕, づこんな

▼ づ怯づあたり~ (2, 0.0%)

1 を見廻しました, を透かし

▼ づ患者~ (2, 0.0%)

1 の意識, をし

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 はしめよ, ふべけれど

▼ づ意思~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の事

▼ づ感動~ (2, 0.0%)

1 した様子, した樣子

▼ づ慇懃~ (2, 0.0%)

1 に前足, に安否

▼ づ憐愍~ (2, 0.0%)

1 と輕侮, をかの

▼ づ懐中~ (2, 0.0%)

1 から持参, を改める

▼ づ成立~ (2, 0.0%)

1 した, するもの

▼ づ我家~ (2, 0.0%)

1 の嫡男, よりも本家

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の内, を締め

▼ づ打ち切つ~ (2, 0.0%)

1 て今度, て当

▼ づ掃き出し~ (2, 0.0%)

2 て若旦那退散

▼ づ控所~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ づ措きまし~ (2, 0.0%)

2 てこれから

▼ づ提灯~ (2, 0.0%)

1 が必要, のこと

▼ づ擱筆~ (2, 0.0%)

2 するに

▼ づ政府部内~ (2, 0.0%)

2 に就てい

▼ づ故郷~ (2, 0.0%)

1 で待つ, の空

▼ づ敬君~ (2, 0.0%)

1 が行方不明, それから岔水君

▼ づ敬意~ (2, 0.0%)

1 の幾分, を表する

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 へあげ, へない

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 す, る

▼ づ文体~ (2, 0.0%)

1 より始めざるべからず, を形づく

▼ づ文学者~ (2, 0.0%)

1 として私, の階級

▼ づ文芸復興直前~ (2, 0.0%)

2 のイタリヤ

▼ づ断つ~ (2, 0.0%)

2 ておかね

▼ づ斯く~ (2, 0.0%)

1 いひて, の如き

▼ づ新聞~ (2, 0.0%)

1 が政治家, を畳み

▼ づ方一間~ (2, 0.0%)

1 高さ一間, 高さ一間位

▼ づ旅中~ (2, 0.0%)

1 およそ六七十日, の事ども

▼ づ既に~ (2, 0.0%)

1 其の財, 客観的である

▼ づ日劇~ (2, 0.0%)

1 へエノケン訪問, へ行く

▼ づ旦那~ (2, 0.0%)

1 にしぼられ, は半弓

▼ づ早く~ (2, 0.0%)

1 二つ民族の, 炬燵さ

▼ づ明けまし~ (2, 0.0%)

2 ておめでたう

▼ づ明らか~ (2, 0.0%)

1 にする, に見せ

▼ づ明るい~ (2, 0.0%)

2 印象を

▼ づ春三郎~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 は昔馴染, 闌けて

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 に乗り, を生き方

▼ づ時代~ (2, 0.0%)

2 を非

▼ づ暮れ~ (2, 0.0%)

2

▼ づ書くべき~ (2, 0.0%)

1 に候はん, 手紙を

▼ づ最上~ (2, 0.0%)

1 のもの, の暮し向き

▼ づ有形上~ (2, 0.0%)

1 の礼節作法, の禮節作法

▼ づ服部けさ子女史~ (2, 0.0%)

2 の草津聖バルナバ医院

▼ づ朝飯~ (2, 0.0%)

1 をいた, をすまし

▼ づ村人~ (2, 0.0%)

1 の気, の氣

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の上, の如く

▼ づ根柢~ (2, 0.0%)

1 まで破, まで破壊

▼ づ案内~ (2, 0.0%)

1 をぞこふ, を乞

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 に上げ, の佛

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 ありて, の鍛冶屋

▼ づ概して~ (2, 0.0%)

1 それより, 少い方

▼ づ榛軒~ (2, 0.0%)

1 がため, の妻志保

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 になる, に銜

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の名所, を思ふ

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 へるいさ, を詠まん

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 右の, 當と

▼ づ正しい~ (2, 0.0%)

1 実感を, 現実の

▼ づ正確~ (2, 0.0%)

1 でなければ, に高砂式

▼ づ正面~ (2, 0.0%)

1 からもどき, の第

▼ づ此一怪物~ (2, 0.0%)

1 と両立, と兩立

▼ づ此例題~ (2, 0.0%)

2 を解决

▼ づ此方~ (2, 0.0%)

1 へ入らせ, へ引き取つ

▼ づ此等~ (2, 0.0%)

1 の書, の篇

▼ づ歴史~ (2, 0.0%)

1 に仕へる, の一段落

▼ づ歸宅~ (2, 0.0%)

1 いたしますかも, した

▼ づ死んだ~ (2, 0.0%)

1 のは, ものと

▼ づ民衆~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ づ気づいた~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ づ江戸~ (2, 0.0%)

1 から京, に入

▼ づ江戸中~ (2, 0.0%)

1 に響いた, の鬘屋

▼ づ汽車~ (2, 0.0%)

1 に乗る, の時間表

▼ づ注意~ (2, 0.0%)

1 しなければ, すべき事

▼ づ活動~ (2, 0.0%)

1 して, より觀想

▼ づ涙ぐまれ~ (2, 0.0%)

2 てま

▼ づ淨土宗~ (2, 0.0%)

1 から始, に於

▼ づ満員~ (2, 0.0%)

1 である, の光景

▼ づ源太郎~ (2, 0.0%)

1 に献, に獻

▼ づ灌漑工事~ (2, 0.0%)

2 を興し

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 に噛まれざれ, 焚き塲

▼ づ焚く~ (2, 0.0%)

2 火は

▼ づ無難口~ (2, 0.0%)

2 は少しく

▼ づ焼酎~ (2, 0.0%)

1 を厳禁, を止めろ

▼ づ煙管~ (2, 0.0%)

1 を取り上げる, を取上げる

▼ づ煙草~ (2, 0.0%)

1 を一ぷく, を振り撒く

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 つ方, 附けば

▼ づ片付いた~ (2, 0.0%)

1 かし, のだつた

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 に嘗めさせる, の中

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 か犬, とも虎

▼ づ獨逸~ (2, 0.0%)

1 に始まつ, に行つて

▼ づ理解~ (2, 0.0%)

1 して, しないで

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の師匠, を手始め

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 が無い, は片づいた

▼ づ用人~ (2, 0.0%)

1 の五左衞門, の小田島さん

▼ づ用意~ (2, 0.0%)

1 して, に一週間

▼ づ甲州~ (2, 0.0%)

2 に入り

▼ づ男子~ (2, 0.0%)

1 の真骨頂, をし

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 にゐる, の事

▼ づ異色~ (2, 0.0%)

2 ある一代議士

▼ づ當分女部屋~ (2, 0.0%)

2 のほの暗い

▼ づ當然~ (2, 0.0%)

1 として唐時代, と認めね

▼ づ疑問~ (2, 0.0%)

1 だよ, とし

▼ づ疾翔大力~ (2, 0.0%)

2 とはいかなる

▼ づ病院~ (2, 0.0%)

1 へタクシイ, へ訪ね

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 へ, へリキエー生れ

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 つたらしい, 觀の

▼ づ相手~ (2, 0.0%)

1 が何語, を食つて

▼ づ督促~ (2, 0.0%)

2 に出かけた

▼ づ知つて~ (2, 0.0%)

1 戴かなければ, 置かなければ

▼ づ確め~ (2, 0.0%)

1 なければ, る氣

▼ づ祖先~ (2, 0.0%)

1 の廟, を奉安

▼ づ祖母~ (2, 0.0%)

2 の許

▼ づ私たち~ (2, 0.0%)

1 の詠歎, は詩歌

▼ づ私達~ (2, 0.0%)

1 が機械化, の願

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ づ秋祭~ (2, 0.0%)

2 の準備

▼ づ空気~ (2, 0.0%)

1 によつて, を通つて雲

▼ づ立ち~ (2, 0.0%)

1 こむるつちけむり, て妻

▼ づ竹山~ (2, 0.0%)

2 へ行つて

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 をおい, を擱

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 おろし母, を鮒

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 に幾通り, を炭

▼ づ精神~ (2, 0.0%)

1 の自由, の革命

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の上, を買

▼ づ細君~ (2, 0.0%)

1 がゐる, のゆかり女史

▼ づ結末~ (2, 0.0%)

2 を告げた

▼ づ給仕~ (2, 0.0%)

2 を酒買

▼ づ絶無~ (2, 0.0%)

1 と斷, に近い

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 でも張つて, を挙

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の臍, を動かさない

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 くしかつ, と感ぜられ

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 へ直し, へ直した

▼ づ考へられる~ (2, 0.0%)

1 のであります, 事は

▼ づ聞い~ (2, 0.0%)

1 て見た, て貰ひたい

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 く心, の面

▼ づ能狂言~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ づ脚本~ (2, 0.0%)

1 の解釈, を書く

▼ づ腐敗~ (2, 0.0%)

2 の徴候

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の良い, をまくりあげ

▼ づ自ら其主義政綱~ (2, 0.0%)

1 を発表, を發表

▼ づ自ら布置~ (2, 0.0%)

2 せずして

▼ づ自ら戒飭~ (2, 0.0%)

2 して

▼ づ自信~ (2, 0.0%)

1 なき上, はない

▼ づ自殺~ (2, 0.0%)

1 して, を語る

▼ づ自然的~ (2, 0.0%)

2 な態度

▼ づ自由~ (2, 0.0%)

1 にし, 即ち鉄格子外

▼ づ自身~ (2, 0.0%)

1 の持つ, よりは容貌

▼ づ臺所~ (2, 0.0%)

1 には顏, の石

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 に積み込み

▼ づ芸術~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ づ茶山~ (2, 0.0%)

1 の書牘, をし

▼ づ華族~ (2, 0.0%)

2 の子弟

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の佃煮, や菜

▼ づ藤野さん~ (2, 0.0%)

2 が死んだ

▼ づ藩閥元老~ (2, 0.0%)

2 の承認

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 の肉, の齢

▼ づ行政各部~ (2, 0.0%)

1 の機関, の機關

▼ づ術者~ (2, 0.0%)

1 は十枚, は白

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 から入, の障子

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 へにけん, へにけん知らね

▼ づ裁判官~ (2, 0.0%)

1 といふもの, に認め

▼ づ西洋~ (2, 0.0%)

1 と大, の本

▼ づ要領~ (2, 0.0%)

2 を得

▼ づ見え~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来る

▼ づ見た~ (2, 0.0%)

1 事が, 眼は

▼ づ覚め~ (2, 0.0%)

2 我は

▼ づ覺め~ (2, 0.0%)

2

▼ づ訊きたい~ (2, 0.0%)

1 ことは, のだ

▼ づ記憶~ (2, 0.0%)

1 に浮かんだ, をた

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 に其の

▼ づ詩人~ (2, 0.0%)

1 が一体, である

▼ づ認識論~ (2, 0.0%)

1 から始めなけれ, といふ言葉

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 あつて, を起し

▼ づ起ち~ (2, 0.0%)

1 て女, て我等

▼ づ起つ~ (2, 0.0%)

1 てこの, てそれから

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 處の

▼ づ近世~ (2, 0.0%)

1 では十四日年越, では十四日年越し

▼ づ退治~ (2, 0.0%)

1 して, た

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 つた, な遣り口

▼ づ進み~ (2, 0.0%)

1 て盟, て第

▼ づ逸早く~ (2, 0.0%)

2 耳に

▼ づ過去~ (2, 0.0%)

1 が囘想, は存在

▼ づ道家~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は史官

▼ づ遠慮~ (2, 0.0%)

1 から始める, すること

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 に帰る, のそ

▼ づ醫者~ (2, 0.0%)

1 の煙幕, はお

▼ づ野村~ (2, 0.0%)

2 を見た目

▼ づ金輪際~ (2, 0.0%)

1 ないつもり, やつぱりないと言は

▼ づ鉄条網~ (2, 0.0%)

1 を寸断, を断ち切らなけれ

▼ づ長い~ (2, 0.0%)

1 小房に, 方を

▼ づ門口~ (2, 0.0%)

1 に立つ, へ来

▼ づ間違ひも~ (2, 0.0%)

1 なくお, なく殺し

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 となり, 被を

▼ づ青い~ (2, 0.0%)

2 二葉を

▼ づ非常~ (2, 0.0%)

1 な頑固, に油

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 を上げさせろ, を撲

▼ づ面白く~ (2, 0.0%)

1 なる自信, 聞きなさる

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 立つ

▼ づ音樂~ (2, 0.0%)

1 でなければ, へ

▼ づ須らく~ (2, 0.0%)

1 人を, 理径明透し

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 と桶屋くら

▼ づ風呂~ (2, 0.0%)

1 にはいつた, へ入らう

▼ づ飛び出し~ (2, 0.0%)

2 て來

▼ づ食ツ~ (2, 0.0%)

2 て行ける

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 みたまひ, み物

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 でもお

▼ づ驚い~ (2, 0.0%)

1 てさう, て眼

▼ づ驚いた~ (2, 0.0%)

1 のである, のは

▼ づ驚かれた~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ づ高い~ (2, 0.0%)

1 ほど積まれ, 僞印の

▼ づ高き~ (2, 0.0%)

2 大籬

▼ づ高館~ (2, 0.0%)

2 にのぼれ

▼ づ~ (2, 0.0%)

2 に塗り

▼ づ鳥居峠~ (2, 0.0%)

2 を越え

▼ づ鳴く~ (2, 0.0%)

2 甘南備河に

▼ づ~ (2, 0.0%)

1 がつまり, を搏

▼1* [2702件]

あたり前の人間, づあらゆる舞台上の, づあれだけにこなし, づあれらの原始生活で, づへ汝, づいかなる事態に, づいかにも古代の, づいのちを大事, づいまは私, づいやさきに, づいわく上帝万物を創造, づおきたまへ, づおそらく最大の, づおよそあらゆる實體, づお母様の洋服, づお金です, づかくの如く, づかの女の, づかもしれない, づかんさんへの手切れ, づきたない陶器の, づこつちの様子を, づこつちから, づこれ押韻の際ダンテ, づこんな風に, づこんな或日の出會が, づさくもてくみとらるべき, づさつと海辺まで, づさらばかの者, づされば芸術家, づされど信州人と, づぶんの, づそして根本的な, づそちらの消息, づそれから見せて, づそれゆゑに日本, づそろそろと参らう, づそンな心配, づだらしなくげらげら, づまだの, づでありその或時期, づですよ, づどうしたら今日, づどうして學校を, づどてらに着, づどの程度に, づどんぶりの重量感, づなかつたと推斷, づなからうワッハッハ, づなどを無意識ながら, づなによりもしばらく, づにやりとし頬, づひとわたりお, づひとつかういふ事, づひとりの朝, づをも加, づんづ, づまたわが教, づまで引めく, づみたらしの上, づみなさんは, づむゝ其で分つた, づもう一度宇治博士に, づもし法没尽する, づやや低し, づやれるとこまで, づかつた, づよいものを, づよろしい都會ぢやと, づわれわれ二人の間, づわれわれ自身の精神, づアジア人のアジア, づアテーネー神女は彼, づアトリエの窓, づアノ弓から食つて, づアムブロシヤふりかけて, づアラスカ探検記をポツケツト, づアラミスで食った, づアレキサンドリヤ市へ行く, づアレースに突きかかれ, づイウエルスカヤ小聖堂に伴, づイプセンの洗礼, づイリー教授の書, づインテリを, づウケることは, づウゴリーノを助け, づウヂヂへ突進, づウ列の形, づウ列音をつく, づエメラルドをふり, づオフエリヤ型といふところ, づカイーナにいたり, づカシワ手をポン, づカセット街の或小さな, づカバン屋洋品店文房具も売つ, づカロリイナを難なく, づガラマサの方, づキキが選ばれ, づキクッタが負け, づキティ颱風の名, づキユーツとやり, づギリシヤ人の持つ, づギルフォオドが曳かれ, づクベラ又クビラ, づクレエルをお呼び, づグループを作らせた, づコック氏はカストリ, づゴリアスに行, づサンタ・ルチヤをひとり, づサン・ジョルジュ・ド・ブウエリエの, づサールディニアの者, づザツと現状, づシェイクスピアがどう, づシェフネルの, づシェークスピアから入る, づシャンパアニュ・プルミエェル街十七番地にささやか, づジャガイモと小麦, づジヤコビン黨の革命, づジユウルがその, づスキ焼をくひ, づスワンのその後, づソルボンヌ區トゥリエ街十一番地に寓, づソークラテスあたりから読ん, づダニーロが火蓋, づダンスから, づチヨイト覗いて, づチヨコレエトを喰, づチル子を抱き降さう, づツしりしたもの, づツぷりお絞んなすつて, づツぷりぬれし水色のたつた, づツイ初音町の醫者, づツブシと存ぜられ, づツ洟をこすりつけた, づテーブルの上, づトリックを創案, づトルストイに逢着, づトロメアにくだり, づドイツ文で起草, づドイツ語の稽古, づドリアンだけは返し, づド・ロマの話, づニコリとしてゐる, づニセ物の詩人, づニューグランドへ行き, づネクタイの心配, づノルマアルである, づハイカラといふ言葉, づハツと面, づハリキってゐる, づハリキリボーイの歌, づバツカスの額, づバングエオロ湖附近にまで探査, づバークレイは自, づパイプで一服, づパチパチと指, づパリに於ける, づパースレイとヘンルウタ, づビックリの氷結アイス, づピストイアは黒黨, づピヤノの音, づファリアスからはリア, づフィレンツェを望む, づフイレンチエに往き, づフランチェスコの生地アッシージ, づフリジダリウムと称する, づフレームの構造, づプチブル級が横浜, づプラグマチズムに於ける, づプルウストの謂ふところ, づヘーゲル自身の哲學, づベアトリーチェの許, づベルネ・クラブの洋食, づペラペラドイツイタリヤは, づペロリとやる気持, づペンキ屋商売物のペンキ, づペーギュウス影長く引く, づボーイングはと, づポルトガルに赴き, づポンと一つ, づポンパドール夫人の顔, づマスタアできなければ, づマストリリから伝はつ, づマルタ航海会社の水夫, づマルテをとりかこむ, づミノスとパシファエ, づミルラン君は上演禁止, づメッショナリウスを送, づモグリをし, づモスクワに移つて, づヤツと腰, づヨーロッパへ帰つて, づラクダルさんに試驗, づラジィゲの平凡さ, づラツキイをあなた, づリヴィエェルの, づレコード音楽などをきく, づロッパ七役を売ってない, づロンドンをやつ, づローマを望む, づワキの玄賓僧都, づヱズヰオの山, づヱネチアの配偶, づヱネチア往古の豪華, づ一ばん端のいちばん, づ一ぷくと差出しつ, づ一わたり讀んで, づ一パイ再びなみなみと半分, づ一ページをざつと, づ一ヶ月の会費, づ一万二千個といふところ, づ一二三四といふ風, づ一二位の容色, づ一二八七年フランチェスコ派の長, づ一二町のあ, づ一人娘が死ん, づ一人年長者らしいの, づ一人斜に琵琶棚, づ一仕事濟んだと, づ一個の裸美人, づ一個人より始めざるべからざる, づ一冊の本, づ一册の本, づ一刻も早く, づ一号室の窓, づ一呼吸と気, づ一國者で考, づ一字の難, づ一寸其の家系, づ一寺院に入り, づ一年前即ち延暦二十二年, づ一度用心深く見, づ一成などが老, づ一方の家, づ一日に三ツづゝ鶏卵, づ一月の十日, づ一服やつて下さい, づ一服喫はねば, づ一洵居を訪, づ一献過せ, づ一献ぢや, づ一生に一度, づ一生懸命に打ち込ん, づ一町も先, づ一番勢力のある, づ一番完全に近い, づ一番手近なところ, づ一番禅ニ安ンジテ毒竜ヲ制スの概, づ一番近くにある, づ一番間違ひの, づ一盞をおごそか, づ一瞥を投げる, づ一種の気品, づ一等古いもの, づ一等國仲間入りが出, づ一篇の小説, づ一緒に仕事, づ一考を要する, づ一般的なること, づ一課目にし, づ一足でも進む, づ一通りの説明, づ一週間の契約, づ一郎を車, づ一陽来復して, づ一難すぎさつた, づ一風呂暖まつて, づ丁子屋へ八五郎, づ丁寧に頭, づ七之助が起出, づ七処女が古く, づ七十八日の間我, づ七情の動く, づ万葉集の歌, づ三十分も間, づ三千五百石に惚れ込んだ, づ三味線でも習つて, づ三四人の職人, づ三四年間は大丈夫, づ三寸の息, づ三尺の地, づ三島屋の身上, づ三年は木馬, づ三度わが胸, づ三時かな, づ三時間はかかりませう, づ三月ほど立遅れ, づ三月二日に竜華寺, づ三百を欠けた, づ三百兩の金, づ三百圓を受取つて, づ三級といふところ, づ三者の事業, づ三萬五千圓とすれ, づ三藏を壓服, づ上げぬ父まつる, づ上りまして出雲建, づ上ると待合室, づ上乗と思ふ, づ上出来で客, づ上分別だが, づ下げ渡されることにな, づ下二番町へ見舞旁, づ下女のお, づ下婢の美貌, づ下村為山さんの半, づ下流の姿, づ下駄を買, づ下駄屋へはいつ, づ不一致の要求, づ不作法にはならない, づ不可抗性を帯びた, づ不安からの出発, づ不審がつた, づ不尽山に一礼, づ不思議な瑞祥, づ不敬罪あたりへ持つ, づ不断の彼, づ丑松の顔, づ世の中の笑, づ世人を驚かした, づ世田ヶ谷代田に彼自身, づ世界共通の文化, づ世界文明の本流, づ世話になる, づ世話役や選手たち, づ世間の習慣通り, づ世間なみの大して, づ両脚を延ばし, づに入る, づ中佐格かな, づ中央の棚, づ中心までくだら, づ中瑞雲斎がある, づ中等学校を了, づ串談のやう, づ丹波竹田の泊雲, づに挨拶, づ主人の出勤, づ主人傳右衞門の死骸, づ主人公が窓ぎわ, づ主人祐玄の殺された, づ主僧が顔, づ主観を述べられた, づ主食ではない, づ久保田万太郎氏の, づつた, づ乗つて出たが, づ九月の有, づ九月一杯に返却, づ九重をきびしく, づの命, づ亂暴な迫害, づ了解したの, づ予測するのに, づ事実から出発, づ事欠かないと思ふ, づ事足りつねにいそしみ, づ二ツとなから, づ二三ヶ所の途方, づ二三年だね, づ二三枚の紙出, づ二代目烏亭焉馬の八丁堀, づ二十人も三十人, づ二十歳から三十二三歳, づ二千円近く寄附すること, づ二度行はれる, づ二手をもて, づ二時だらう, づ二枚折の屏風, づ二流どころといふことに, づ二疊の方, づ二種類に分ける, づ二見が浦, づ二軒長屋の右, づ云々の古語, づ云つたものぢ, づ云つて杯を持つた, づ互に勝を, づ五位鷺の色, づ五六人の奉公人, づ五六十万の現金さ, づ五六杯詰め込まして, づ五円ぐらゐから十円位までの事, づ五十がらみの年配, づ五十仙とか八十仙くら, づ五尺一寸くらゐで, づ五年に一度づつ凶作, づ五火の苦行, づ五百圓の金, づ五錢が通り相場, づ井荻の家, づ些細の事, づ亡き円右の, づ交替去来応接に暇, づけ容れ, づ享楽の人間, づの田舎, づ京師のヨフス, づ京畿忠清全羅三道, づ京音の悠長, づ人さきに白, づ人それぞれな歴史觀, づ人並の方, づ人事関係軍事援護この二つ, づ人助けにずる, づ人口稀薄の獨立選擧區, づ人形浄瑠璃から採入れた, づ人心に大, づ人数四五十人も雇い, づ人智の極まる, づ人格を規定, づ人物にし, づ人目を惹く, づ人間的な反省, づ人間的義務を果さう, づ人間社会に如何, づ人麿に違, づ白む東雲, づ今回の被害地人民出京紛擾, づ今宵は大路, づ今川から自立, づ今年いつぱい, づ今年八つになる, づ今日いちにちの, づ今日日本の演劇, づ今日明日はよほど, づ今晩はこれぎり, づ今月は大丈夫, づ今月限りといふこと, づ今朝と同じ, づ仏いわく師子王は我身是, づ仏さまにそれから, づ仏前に供, づ仏国に於ける, づ仏壇の前, づ仏画から陶器, づ仏蘭西の芝居, づ仏間へ行き, づ他者によつて, づ仙臺の方言, づ代作の歌, づ以つて無我を唱, づ以つて盆の払, づ仮面をかむ, づ仰向きに倒れ, づ仲直りができた, づ伊作へ談, づ伊庭の処, づ伊東家を訪れ, づ伊沢信平さんの所蔵, づ伊藤公の略歴, づ伊豫の今治, づ伐られて連雀, づ休まねばならない, づ休んで行け, づ休心するも, づ休憩したる由, づ休職といふもの, づ休養を名, づ会員が日, づはつ, づ伝説的に名高い, づ伯爵自身の口, づ伯道がそれ, づ伴さん中村憲吉君僕の三人, づて父, づ似たといつた, づ但し野蠻の, づ位負けの心配, づ低空飛行をやつ, づ住みなれし故郷を, づ住所の話, づ住民を生活不可能状態, づ佐賀を立つ, づの可, づ体裁をつくろ, づ体言とでもなづくべき, づ何ぞ自らの, づ何だか身體の, づ何と云はう, づ何れを去るべき, づ何んとなく, づ何人も異議, づ何処をさして, づ何分にもお, づ何十枚の手紙, づ何回まきあげられたか, づ何気なく懐中物を, づ何頃彼方と別に, づ余りやらぬ方, づ佛國であらう, づ佛樣を拜, づ佛蘭西のゼローム, づ佛間へ入, づ作りて諳んじ置く, づ作るためにも, づ作中の人物, づ作者ラジィゲについて一言, づ佳作の部, づ使用の電力, づ例證より探, づの女, づ供物を容れる, づ侠客の打止め, づ侮らるべき愚の, づ俗界の勤め, づ保つことが, づ保証される事, づ信じたり愛し, づ信仰の二字, づ信用したうへで, づ信用出來ると, づ信用名望のある, づ修身といふ課目, づ俳優自身に動き, づ俳優養成所を設け, づ個人に結び付い, づだらうと, づ借りたといふこと, づ借金を整理, づ偉大な人格, づ傍聽席の一隅, づ傳六を殺す, づ傾向としては大きな, づ僕達の職掌, づ僞つて公の前, づ價値轉倒者その人, づ儒教を觀, づ儲けて後, づのエネルギー, づ元旦の薄, づ充たすべき缺陷あら, づ先づと言う, づ先づそれらの野望は最早, づ先づ成功するといふ, づ先づ生れ故郷の地, づ先づ目出たいとして, づ先代から当代, づ先方から逃げ, づ先生の名, づ先輩からといふ, づ先霊名録に拠つて蘭軒, づ光る植物から, づ克己を持て, づ児童をし, づ児童関係の文化行政, づがため, づの平和, づつて坐れ, づ入口左右の中輪白菊, づ入道広元さま相州さまの御, づ體の, づ全くなかつたの, づ全市の電燈, づ全然失敗し, づ兩國の盛り場, づ兩脚を延ばし, づ八俵九俵十俵十一俵十二俵半と云, づ八個は大丈夫, づ八咫烏を遣, づ八月十七日前の事, づ八洲子にそれ, づ八百分の一八百分の一位の金, づ公娼廃止についてのあなた, づ公武合体論を為し, づ公表された範囲, づ六つかしくさう, づ六六歩同歩, づ六日の榛軒, づ共作の和, づ共同への努力, づ其中の色別, づ其中庵は其中庵臭, づ其事を申さう, づ其住居を尋ねね, づ其同意を得なけれ, づ其國柄を察, づ其外に促, づ其大躰に就, づ其屋根に眼, づ其後の日記中, づ其御子に触れられる, づ其心を碎かれ, づ其效能を第, づ其方だつた, づ其方法に出る, づ其最初の難点, づ其枉顧の好意, づ其次第を申, づ其演奏の前, づ其爲に困つた, づ其生を謀り, づ其端に, づ其肉を己, づ其色を稱, づ其詑から始め, づ其象徴として神, づ其責任を盡, づ其身を生, づ其銭はおま, づ其鋒鋩を挫, づ其面を曇らせ, づ其頸を恐るべき, づ其魂を襲, づ其魔毒よりする, づに黄泉神, づ具体的にな, づ具舍の研究, づ具體化して, づ典型なもの, づ兼吉に注い, づ内地を出, づ内政の主要, づ内科の医者, づ内面的でなければ, づ円タクで富岡, づ円筒形に氷, づ再起の見込み, づは唯, づやりと, づ冷酷に批評, づ乳を, づ凝固まらせ後己が, づのおどろ, づ出土年代に關, づ出家の役ぢ, づ出来て其, づ出来ぬと判断, づ出来まいと思はれる, づ出来るものとして, づ出発しなければ, づ出發點から平次, づ出迎の叔父たち, づ出陣に及ん, づ切りに愚痴, づ切角運ばせた事, づ刑事民事訴訟法に對, づ初め衆軍を試め, づ初穂を神, づ判つたとしても俳優, づ別居の宣言, づ制度の方, づを押しのけ, づ前代の知識, づ前例のない, づ前者は中央公論, づ前肢を折っ, づ前髪を取る, づ創刊の, づ創立の年代順, づ劇作といふ仕事, づ劇作家は自分, づ劇場に代, づ劇文学の領域, づ劇界内部の事情, づ劈頭第一, づ向父子, づ功名心や競爭心, づへられます, づ加茂であります, づ助かったと, づ助かる見込は, づ努めて自分, づ労役のこと丈, づ勇戦隊と云, づ勇気をつける, づ動物界に於ける, づ動物的であること, づ勘次の戸口, づ勝手である, づ勞役のこと丈, づ勤めてのき, づ勸業偏頗の事, づ勾玉その他の玉類, づ化合してる原料, づ北の方氷寒界の彼方, づ北国殊に多し, づ北宋の哲宗, づ北支那を占領, づ北斗の手, づ北海メールを買つて, づ北西航路の開拓, づ十ギニイ送金有之度その上, づ十一時に入っ, づ十七世紀におけるシェイクスピア, づ十三夜には雨中, づ十二月の十四日, づ十五年ぐらゐ蝙蝠は三十年ぐらゐ, づ十人並に勝れ, づ十住心論の卷第七, づ十兩の金, づ十分に受けた, づ十分の入りです, づ十分意識の上, づ十分政友会を訓練, づ十分政友會を訓練, づ十圓札五枚をお, づ十年近くか, づ十月一ぱいである, づ十銭は天引, づ十風の病勢, づ千体仏へ老師, づ午食をなど話し, づ陰影の, づ半職釣といつた, づ卓子の困り, づに向, づ南大門は広漠, づ南蛮渡りをお, づ博士の論説, づ印刷刊行のもの, づ印刷紙面の愛情, づ危機を脱した, づ危険はない, づ危險信號の標識, づ卷紙に墨, づ厄介者を一人, づ厄前と言ふところ, づ原作の文藝的内容, づ原則である, づ原稿をお, づ原稿用紙のい, づ原語を自由, づ厳に頭を, づ去る去る時語, づ參籠修業の期間, づ及第である, づ及第所得はあまり, づ及第点なの, づ及第点以上のもの, づ脚に, づ反射的に拒否, づ叔父の家, づ敢えず, づ取りそろへて, づ取り消すのさ, づ取上げたる一枚は, づ受けとる習慣が, づ受けるもので, づ受け入れられたのである, づ受驗寫眞と實物, づ口づけ飲めり, づ口開き問ひて, づ古事記を見る, づ古今を中心, づ古今雅俗の普通語, づ古代の印度, づ古代文献から出発, づ古典作家を読みはじめ, づ古語の稽古, づ古賀の, づ古道具を買, づ古道具商人を凡そ百人, づ只ぼんやりとしてゐた, づ可らず, づ可笑く思, づ台湾へ行き, づを読ん, づ右手をさし伸べ, づ右端の縱列, づ各種の文献, づ各自の人々, づ吉報をもたらす, づ同一町内に在住, づ同君に向, づ同志を糾合, づ同書四三七に斉, づを名, づ名前だけの夫婦関係, づ名告りせむ, づ名宝も大当り, づ名物ですネ, づ名状しがたい, づ向けられた放射光は, づ君登場君でなくつちや, づ吟味すべきである, づ否定し次に, づとした, づ吾が程を, づ吾人に力, づ吾等農民が自ら眼, づ告げむ汝等の見る, づ呑牛君に頼む, づ呪言及び叙事詩, づ呼鈴の代用, づ命運の帰, づ和田山蘭越前翠村に私, づ和銅の国史, づける花, づ咲き出すのは, づ咳払ひを, づ哀れでしか, づ品川の入海, づ賣道具, づ問うたのも, づ問題外とする, づ善く其の飯, づ善本を多く, づ善直を信郷, づのかわき, づ喜び後これを, づ喜んで燕肉, づ喜んだが, づ喜劇を正しく, づましいの, づ喧嘩の起つた, づ喧嘩買ひ入れ, づ喧嘩買い入れ申し候, づ喪章の附い, づに其の, づ單語を覺, づ嗟嘆して, づ嘆くべきことだ, づ噐具製造の原料, づが始まる, づ四つ這ひに, づ四五ニズムの語義, づ四五枚の下画, づ四分乃至六分下つて, づ四十五六といふ, づ四町四方もあらう, づ四番目の猫, づ四道に拠り, づ四隅の柱, づ四馬路の菜館, づ回るの船, づ困難を感じた, づ固定するの, づに捧げた, づ国文学の文献, づ国王の果報, づ国神系統の代表的, づ国立演劇学校を設けなけれ, づ國家の組織, づ國民の輿望, づいのと, づを知る, づ土砂を吹き飛ばす, づ在り得るとは思へない, づの底, づ地上に置いた, づ地主の萱野十吉一家, づ地域全体に渉つて道路, づ地域的に近接, づ地方官の事, づ地方文化の確立, づ地獄圈外に入, づ地獄淨火をめぐらん, づ地球から話し, づ地震雷火事爺の怖き, づ坑山の竪坑, づ坦々蕩々たる大, づ坪内君に向, づの如き, づ型通りお此, づ埋めなければならぬ, づ埋伏して, づのてつぺん, づの中, づ堀君に感謝, づ堂内に封じ置き, づ堪えかねたものと, づに兵隊, づ塵払で払つて, づの外, づ墓地を定め, づを養候, づ声楽であ, づ売るはうを考へたら, づ売国の奸賊, づ変化の無, づの珍味, づ夏冬の礼服, づ夏草の前, づ夕月のもと, づ外国人の考へ, づ外國の人情風俗工藝技術, づ外山正一矢田部良吉等諸氏の新, づ外後架といつた, づ外面的には申し分, づ多勢の僧侶, づ多少こじ付け, づあけ結局, づ夜中に忍び込む, づ夢殿に上宮太子, づ大きさは, づ大した危険は, づ大事なの, づ大井樣に選ん, づ大井町の陋巷, づ大体一冊づつの値段, づ大体今日皆さんに申, づ大体次の如き, づ大佛へ行け, づ大兄は先大人, づ大切なん, づ大半失はれると, づ大和の月瀬, づ大喝一番これに応じた, づ大声で怒鳴つた, づ大学の研究室, づ大家の用人, づ大将軍と申, づ大沼博士を訪ね, づ大網の湯, づ大臣の位, づ大衆化するもの, づ大要斯樣な程度, づ大辻がアメリカ土産, づ大連病院を訪, づ大過もない, づ大阪へ出, づ大阪毎日新聞に宛て, づ大阪表引拂候得共右御條, づ大音寺は鬼, づ大麻を飲ん, づ天地と人生, づ天才の折紙, づ天才的の眼, づ天気予報を見る, づ天津に着いたら, づ天照大神を祀, づ天皇よりの詔詞, づ天聲がやつ, づ太子の嬪, づ太陽がそれ, づ太鼓がきこえ, づくした, づ奇抜な誤字, づ奉公人や親類達, づ奏任官のやう, づ契沖阿闍梨を擧げね, づ奔放自在型だつた, づ奥様に挨拶, づ奥行を次に, づ奧さんを訪ね, づ奮發した, づ女らしい情緒が, づ女子の心霊中, づ女御の御方, づ女房のお, づ女郎花を挙げる, づ女體山の道, づ好意ある評, づ好意的に言つて, づ如何なる本を, づ如何やうに天下無敵, づ妥當であらう, づ妻さへもが愛想, づ妻子をし, づ姉妹の負債, づ始まりし舞を, づ始めであ, づ姑らく郎女様のお, づ姓名と生, づ威張つて兜巾, づ娘梨枝子のこと, づしむ歌, づ婆さんの女中, づ婆様が店, づ婆羅門教とは如何なる, づ婦人城に上り, づ婦人小児よりなづけ, づ婦女子を捕へ, づに相談, づ嫉ましいのは, づ嫌悪を感じる, づ嬌羞を帶びたるをとめ子, づ子供等を叱らなけれ, づ子爵夫人に会釈, づ孔子と老子, づ存じて而, づ存分に不信, づ孝弟として發露, づ孝道の洗禮, づ孟子の頃位, づ若し成る, づ学生フロッシが, づ学生生徒として身, づ学界の話題, づ学監室会議事項としたため, づ学者となつ, づ孫達に附添, づ學生が拓本, づ安き補償金を, づ安らかとなつ, づ安全であらう, づ安堵をした, づの太宗, づ完成すること, づ官立俳優学校の設立, づに入る, づ定めて見よう, づ定石でマストリリ, づ定評として, づ定論である, づ定跡どほり, づいとして, づの肉声, づ実情であります, づ実相のまこと, づ客體面における他者性, づ室蘭附近に向つたの, づが血色, づ宮城野の青嵐, づ害毒は知れた, づ家庭教育の指標, づ宿へ戻りませう, づ宿るところは, づ密集隊形の教練, づ富岡は以前泊つた宿, づ富貴に結搆, づ寐臺から起上つて, づ寛正の六年秋, づ給へ, づ寝る間は, づ寝所の温み, づ寝酒でも飲みます, づしなければ, づること, づ寢床のなか, づ寢酒でも飮, づ實用に供, づ實行である, づ寫して見なけれ, づ詣りの, づ寺内にはない, づ寺務所を訪, づ寺院の許諾, づ寿詞を奏し, づを切つて, づ封じたそしてすべて, づ専門別の統合団体, づ将然言から, づ將門であらう, づ尊い自己の, づ尊堂も弊盧, づ尋ねたのが, づ尋常三年生の長男, づ對話者の幸, づ對馬一支末廬伊都まではしるせる, づやか, づ小口から片づけ, づ小器用にくるり, づ小学教育を破壊, づ小學教育を破, づ小屋に帰る, づ小当りに当, づ小指から始め, づ小日向水道町称名寺に, づ小田原まで延び, づ小田城に入る, づ小説の文章, づ小野家の系図, づ国民を, づ少いといつ, づ少くとも文化機構, づ少ないとして其中, づ少年読物と云, づ尤も嚴重なの, づ就中最著名, づ尻込みする遠慮, づの払, づ局長に會, づ居並ぶ其処の, づ屋ぢやが, づ屋外が狹, づ屋敷中の者ども, づ屋電気器具商続いて, づ屏風を借り得, づ屏風絵に描き替, づ履歴から言, づ履物を調べる, づ山の手のもの, づ山ノ手の百姓地, づ山地の密林, づ山城屋の近く, づ山山のはえ, づ山岳会の連中並み, づ山林濫伐で水源, づ山田鈴木両君を推さね, づ山脇道作の子, づ山陰線の益田驛, づ山陽撰の墓碣銘, づ岸邊の藺, づの下, づ島人の感情, づ島流しになつ, づ巡回器を身体, づから出る, づ左様言つたやう, づ左舷の彼方, づ左足の方, づ差し當りこの, づ差当り白米の代価百文, づ已めにした, づ巴里の観衆, づ巻一の, づ巻二の挽歌, づ巻十四の方, づ巻煙草位のもの, づ巻頭歌のつもり, づ巽公園内にご, づの中央, づ市場で一青年, づで甕, づ希臘劇は二つ, づ帝國議會の中, づと同一, づを, づ帰つて行つた, づ帰宅つてともかく, づ帳合を, づ大寺の, づ常世神に献ずる, づ帽子を脱いだ, づ幕府の南門並び, づ平凡に家業, づ平安朝の中頃, づ平安朝以後の時代, づ平安朝式の語感, づ平次殿の外, づ平民社の手, づ平潟より洞門, づ年中行事より筆, づ若舞, づだけの一本立, づ幼年の頃, づ幼虫の務め, づ幽魂の迷執, づ幾何の方, づ幾通りかの暗号, づ広い控処の, づ広元朝臣をし, づ広漠無量の事実, づ庄屋のお人好し, づ床の間の古書類, づ底面を作り, づ店口へ火, づに直, づの芸, づ庭箒を持ちだし, づ廃業やがて近隣, づ廟前の牌, づい控處, づ延若を訪ねる, づ建築の最も, づ建築家としての建前, づ建速須佐の男, づ廿六人の, づ弁天様と言, づ弁当と金, づをわたす, づ揚げる外, づ引く汐に, づ引分をと希望, づ引止める気なし, づ引退ります, づ弘法大師に關, づへ打ち明けた, づ張詰めし力も, づ強い聲で, づ強き光に, づ強く擦って, づ強味のある, づ当らずと雖ども, づ当今では先生, づ当分は私, づ当分トラストが行, づ当分眉唾と考へ, づ当時精鋭をもつ, づ形代に就, づ形体として都市, づ形式の上, づ形式実質共に欧洲文明, づ形式實質共に歐洲文明, づ影響の少, づ役者にはなりすまし, づ彼女らは教室, づ彼方へ出かけ, づ往きて他, づ待ち給へせん用, づ待つてくれ, づ律儀を壞, づの場合, づ後者から始めよう, づ従はんとせよ, づ従来の弊政, づ從來の諸説, づ御子が産, づ御礼仏次に花林, づ御藏前の板倉屋, づ御車二両已下御拝賀料, づ御輿を据ゑて飮むがいゝ, づ復古の初, づ微笑し苦笑, づ徳島に入り, づ心ゆきしがやがて, づ心配げな顔, づ必至とみ, づ忌矢を放て, づられね住吉, づ忘れたと想像, づ応接室に通され, づ応接間に請, づ忠兵衛を切, づ快く一夜の, づ快感を与, づのため, づ忿怒の罰, づ怒りを抑, づ怒りしよ, づ怖い方が, づ思つて見る, づ思ふたのは, づ思切ツて背, づ思召して, づ思想があ, づ思想的にも彼, づ思案に餘つたお店者, づ性質もおとなしい, づ怪しき天幕の, づ怪我といふ程, づ怯づしてゐてそんな輕快, づ怯づふり返りやつ, づ怯づ右を眺め, づ怯づ彼のゐる, づ怯づ眼を開い, づ怯づ窓の前, づ怯づ細眼を明い, づうです, づ恋愛とその, づ恐ろしく調子が, づに動い, づ恥しさに, づ恥づべき個所に, づ恭しく礼を, づ悠々と吹き上げ, づ悠紀殿へ出御, づ悧巧者とせなけれ, づ悪寒が来ました, づ悪魔同志喧嘩をさし, づ悲しく今日こそは, づ悲哀とでもいふ, づ悲慘の氣, づ悲痛なる風博士, づ情理を兼ねた, づ惚れて自分, づくない, づ想像されないこと, づ想像力と純, づの儘, づ意外な感じ, づ意思論がなく, づ意慾が働い, づ意識的目的を有し, づきつつも, づ愛児の健か, づ愛鷹の山, づ感じ殊に戯曲, づ感じたことは, づ感じなければならぬ, づ感じられるのは, づ感じることは, づ感ずるのは, づ感傷を押売, づ感嘆を現した, づ感嘆詞に近い, づ感情の浪費, づ感情的に支那, づ感覺のうち, づ慊堂の書, づ慟哭の聲, づ慾得づくだらうな, づ憎悪を感じ, づを慰する, づ應仁の亂, づから二三本, づれず会釈, づ成し遂げむ, づ成らむ, づ成るたけ事を, づ成立たなくてはならない, づ成立つ客體面の, づ我々地上の愛, づ我々詩人が詩, づ我天皇陛下から申し上げる, づ我慢出来さうなり, づ我我は未開人種, づ我眼に映ぜり, づ或は睡又は, づの門出, づ戦ひを挑まね, づ戦争の目的, づ戦争直前ぐらゐまでに目立つた作品, づ戯曲であるため, づ戯曲美の基本的, づ戻して貰つて, づを聞いた, づ所期通りの結果, づ所謂實在即ち, づ所謂新劇運動なるもの, づ所謂矢も楯, づの鍵, づ手代の駒三郎, づ手口から先, づ手始には八吋速射砲, づ手柄を綴り, づ手燭をとぼし, づ手短かに彼, づ手繰る外は, づ手習に同人雜誌, づ手重いのは, づ手頃といふ事, づ手順はついた, づ才子論を試むべ, づ打たれるのである, づ打ち入りて物, づ打ち切ることに, づ打ち破られたがこの大きな, づ打切つて丁度季節, づ打切つてアントワヌ座で従来, づ批評家諸氏に注意, づ批難する方, づ抒情詩の面, づ投げ出してゐた, づ折れてしまふ, づ択び已むを, づへた, づ押しも押され, づ押ずしなるもの, づふ瞼, づ拉典區トウリエ街に假寓, づ拑子を引く, づ拓いたと思はれる, づ拭きつぎに, づ持ち出さなければならない, づ指摘した, づ按摩をとる, づ挑みしはヘクトール, づ挙げてもい, づ挙げる必要が, づ挙つたのは此種, づ振袖姿の舞姫, づ捜索の旅, づに八箇国, づ掠奪に至らず, づ採らぬ方が, づ探りて而, づ探偵を吹き送り, づ措くとして, づ描いた人自身が, づ提燈は持たず, づ揺れて見せたる, づ搬び出した稲, づり分けて, づ擧げられるであらう, づへる事, づ支出として七円, づ支度に取懸れり, づ支社へ引ツ, づ支那人が覺, づ支那文が出, づ支那文化を知らなけれ, づ穫を, づ改進新聞に招かれ, づ政党ありて, づ政友会に入り, づ政友會に入り, づ政府の負担, づ政權を握らね, づ政治といふもの, づ政治的見地からされね, づ政黨ありて, づ右大将家が, づしたるは, づ救出します, づ救民小屋造立の間, づ敗ける憂が, づ敗れ死屍棄て, づ敗北した, づ敗戦のあと, づ教師の提出, づ教法の支柱, づ散会一洵無水和蕾の三君, づ数奇を備, づ整頓した形, づ敷臺の隅, づ數寄屋橋内南町奉行所に飛ぶ, づを属する, づ文化性といふもの, づ文化運動の形, づ文学意識の著しく, づ文学的であるよりも, づ文学芸術の広い, づ文學の方面, づ文教の府國民, づ文法意識の推移, づ文献を揃, づ文珠と会見, づ文科理科の二つ, づ文芸の鑑賞, づ文芸的素質もある, づ文芸部の芝居, づ文芸部長が吉岡氏, づ斯んなもの, づ新劇とはなんで, づ新劇協会の舞台, づ新婦の帶, づ新宿舎に来り見れ, づ新年おめでたうより, づ新聞社で挨拶, づ新茶の匂, づ斷つたのでした, づ斷念した方, づ方様のお, づ施主の倉賀屋さん, づの話, づ旅館のかなり宏, づ既成の演劇機構, づ日光の中, づ日劇中三階事務所へ, づ日向の浜辺, づ日当に当らん, づ日暦を今日, づ日本らしからぬ思ひあり, づ日本一の餅屋, づ日本人同士で結びつく, づ日本國に行, づ日本女服の美, づ日本演劇の起源, づ日本犬を大切, づ日本獨特の玉, づ日本画家を多少, づ日本的に救, づ日本語をどんな, づ日本靈異記中に聖武天皇, づ日清間は如何, づ日記の手帳, づ日記類でいふ, づ日頃信心する觀音樣, づ自由党総務委員を以て, づ旧劇はあの, づ昆布の塩, づ昇汞で他, づかにし, づ明かでやがて日本, づ明晩まで待つ, づ明治の言文一致, づ明治大正の間, づ明治文学の性質, づ明瞭な現れ, づの初め, づ春団治は, づ春枝夫人に向, づ春秋元命包, づ春章の後継者, づ昨夜死骸になつ, づ昭勇大將軍, づ昼飯を振舞, づ時にあるいは光, づ時代ものお家ものそれから, づ時勢に造られ, づ時計をかくす, づ時間の流れ, づ時間的存在の基礎, づ闌けて, づの八時ごろ女中, づ普通それをきいた, づ普通一般に見られる, づ普通音便と称する, づにて其事物, づ智恵にて知り, づを告げた, づ暇乞せんと折, づ暗くなれば, づ暗記して, づ暫しの時, づ暫時無能力となる, づ曉闇の明治神宮, づ曙覧の作物, づ曲りなりにも言つた方, づ曲者は手洗鉢, づを贈, づ書いて居りまし, づ書き初めるつもり, づ書き直さねばいけない, づ書き起して未だ, づ書信をかたづける, づ書債を果たす, づ書名と巻数, づ書籍に目録, づ書記をし, づ最初ヴェネチアに滯在, づ最初旅中鎭魂の作, づ最初討論の議題, づとして花, づ會津に越す, づ月並の題, づ有り得ないと見, づ有るまいと言, づ有名なる落合氏, づ有馬の家, づ服裝からし, づ望ましいことな, づ望まれぬことで, づ望みどほり出来上, づ望み得るすべてで, づ望んだのも, づ朝日一本いた, づ朝顔棚に眼, づを伐る, づ木戸を入, づ木曾を語らざるべからず, づ木木の梢, づ木村がタバコ, づ未来に目的, づ未醒老人に綿々, づ本人共の意見, づ本尊の前, づ本所の五百羅漢寺, づ本日の御, づ本誌の古い, づに坐, づ深くたちこめたる, づ材料を得し, づの住居, づ村民から見, づをもて, づ束ねて申しまする, づ束ね有る方を, づてそれから, づ来るべき新制度, づの門前, づ東京府よりも静岡県, づ東京横濱の知人たち, づ東京語と名古屋語, づ東北地方福島県二本松町の近在, づ東海岸から見, づ東海道筋の大, づ東郷大將, づ東雲神社の大, づ松吉旅館へ落ちつく, づ松葉屋を訪うた, づ枇杷の葉, づ枇杷羊羹でせう, づに入り, づ果てるだらうと悲しん, づ果実を投げれ, づに花, づ枳殼垣越しに財布, づ柏軒が兄榛軒, づ柔らかい言葉を, づ柳絮もわれ, づ栃木縣一縣の御, づ校正書位のもの, づ校長に挨拶, づ根本が違つて, づ根本地獄近辺地獄孤独地獄の三つ, づ根本材料は伊沢徳さん, づ之助, づ桂川桂嶼と所見, づと梨, づ桃園に義, づ案じ入らうと, づ桑子に握手, づ梅花と共に念頭, づ梨枝ちやんの気持, づ梵音に, づ森林寺の坊主, づを取, づ椀貸しとの関係, づ椅子を引き寄せ, づ植物の生長, づ椰子樹が次いで, づ平凡に, づ楽しみはいちご, づ楽屋口のところ, づ概念めいたもの, づ概略の病状, づ概論の名, づ概論書に取り附い, づ榮西を第, づ様子を見, づします言, づ標準として適当, づ権力に接近, づ横山町の徳力屋, づ横浜の先, づ横須賀へ行かう, づの幹, づ樹明君が酔, づ樺太島を襲つて日本人, づ橋懸りと本舞臺, づ橋本と作兵衛, づ機会ある毎, づ機械といふこと, づ機械体操の前, づ機械論的非目的論的宇宙觀, づ橢円形の顔, づ檢討をはじめよう, づ權力に接近, づ欧洲劇壇の注意, づ欲求して, づ歌劇の部類, づ止まりそれから, づ正しく衆の, づ正に我がキヨルネル, づ正宗白鳥氏の, づ正正堂堂として至極, づ正直に百年余, づ此一事で自分, づ此一點より漸次, づ此二三人で利章, づ此二人をば避難, づ此人をどう, づ此分では心配, づ此勁敵を壓倒, づ此区別はある, づ此原則を立ておき, づ此地の代表的, づ此夫人の顔, づ此年八月二十八日の書, づ此様式から言, づ此樣に氣, づ此潛勢力を觀察, づ此潜勢力を観察, づ此發射管, づ此翁学問に志, づ此處等がよから, づ此被告の窃取, づ此設備をする, づ此読書に対する家庭, づ此辺で打切らし, づ此追記には誤謬, づ此鐵檻の車, づ此頃の人, づ武家屋敷長屋の壁, づ武者修業たちにとつて, づべ, づ歩くことは, づ歪んだ唇を, づ歴々と思ひだした, づ歴代の正史, づ歴史的と或, づ死体は宿屋, づ殆ど全部にちかい, づ殆ど最後の飛躍, づ残りの巻煙草, づれたの, づ殺してか, づをもつ, づ母上と入浴, づ母親のゐる, づ母親ショウタン夫人に次ぎ, づ毎日三四十分の時間があつ, づ毎日肴買はんか何, づ毎朝此処に来, づ多き方, づ比べて見たかつた, づ比較的正確と, づ毛布や食料品, づは, づ民間では至難, づ民間航空事業の貢献, づ気候が考へられる, づ水中から出, づ水口園の前, づ水曜の夜, づ水浴して, づ水車の負債, づ水雷ごつこ, づ永井に, づをふいた, づ汚れの少ない, づ汝らの心, づ江の浦附近の入江, づ江戸内海において運轉, づ江戸末期の頽廢, づ江木鰐水撰の行状, づ江秋津紋吉これ等の若い, づ江都県楊州の警備隊本部, づ決して誓ひといふ, づ決めなければその, づ決定すること, づ決定的な批判, づ決算をし, づ決算期に入る, づ沈めるマルスの, づの岸, づ河岸に面した, づ河水を汲み入る, づ河邊の家, づをハリダース, づ沼津の町, づ法律の規定, づ法橋に叙, づ法顕また親しく, づ泣きわめくことによ, づ泣菫子が旧, づ泥棒には珍, づ注目される, づ泪ぐむも我, づ洋ちやんが飛び下りる, づ洋子に訊いた, づ洋燈を持つ, づ洋装の教科書, づ洒脱となり, づ洗濯すべきもの, づ洗面器でゆ, づ洞口により, づ津山氏を訪うた, づ洪範に載つ, づ洲崎あたりだらう洲崎, づ活かし秋は, づ活かすことに, づ派手やかなる出立, づるる谷底, づ流れたものは, づ浪人上がりの金貨, づ浪漫主義者である彼, づ浮び出るものは, づ浮んで來, づ浮子の動き, づ浴槽の縁, づのつかひ, づ海路を取り, づ海防に着いた, づ消えて, づ消えゆくと見る, づ消極的禁酒を実行, づでも拭き, づ淡々とあまり, づ淡路洲を胞, づ淨土と禪, づ淨土眞宗から始め, づ淫戒を犯し, づ深く感じ此, づ深邃なる批評家, づ清々とした, づ清き川上がはに, づ清冽な谷川, づ清子が都, づ清宮と, づ清川安策孫を挙げ, づ清掃しては, づ清輝を看る, づ渋谷松濤の公園, づは云ふよ, づ渠等に拂, づ渡る其時に, づ渡嘉敷に男弟子, づ測り次に青銅, づ游稿の文, づ渾然とした, づ湧き出でし天つ, づ湯具を絡, づ湯浴などせ, づ湯田の温泉, づ満員以上の入り, づ準備説明を必要, づ溜息を一つ, づ溢れるやうに, づ滅多には成らない, づ滞在日数の極めて, づ滿足だ, づし物, づ演出法といふ限られた, づ演劇映画研究所とでもいふべき, づ演壇へ登つたの, づ漢初までに成り, づ漢書の藝文志, づ漢書藝文志を讀ませた, づ漬け物の重し石, づ激しく掌を, づ激動せり, づ濁流滔々たり舟運河, づ濡れたる衣を, づ濡場と云, づの方, づ瀬戸物を投げ, づ火山灰の外, づを消すだらう, づ炬燵の用意, づをおこし, づ焉馬を驚, づ焚火にあて, づ無くなつて, づ無事及第であつ, づ無意識哲学を信仰, づ無産者は世界, づ無用だと, づ無言のま, づ無責任を好まなけれ, づ無量のアンジョ, づ無限の感慨, づ焼けなかつたが参謀本部, づ照子を忘れる, づ熟語に就い, づの高い, づ燒嶽のツイ麓, づ燒物からいへ, づを発する如く, づの上, づさねば, づ父君に歎, づ父子相姦が禁じられる, づ父王の命令, づ父親に男, づ爽やかな雑沓, づ牀上に陣取らん, づ片々の肩, づ片方の手, づ片端からあらゆる, づの咽喉, づ牡牛から初めよう, づ物みな新らしい芽生え, づ物云はぬ, づ物價の關係, づ物珍らしきに, づ物貰ひですな, づなり, づ独りで立つべきなり, づ独り明るみに出なけれ, づ独立するため, づ狼狽した, づ猛烈なる精力, づ猛獣狩の功者, づ猪子蓮太郎あたりの思想, づ献じて然, づりでやつ, づ獨創的であれ, づ獨立した自由, づ玄人の域, づ玄八郎の家, づ率先して, づ玉泉寺があつ, づ玉葱と筍, づ玉蜀黍に小便, づ王法をもて, づ王立圖書館に支那在住, づ玩具の砂時計, づらしい, づの指輪, づ現代の日本語, づ現代日本の風俗, づ現代落語の一見本, づ現在国庫から各省, づ現実暴露のメス, づ現行政治機構を速, づ理性を失はなけれ, づ理知分別ある男子, づ理論よりも実際, づ理髮店へ入, づ琵琶を膝, づ生き證人の, づ生きた茶道といふ, づ生きる事から, づ生きんとする, づ生まれしに, づ生れ故郷の地, づ生命にかかはる, づ生存すると, づ生徒の気持, づ生活力の基礎, づ生活化して, づ生活精神とはこれ, づ生理学が教, づ生理的に不愉快, づ生産力が生産関係, づ生産拡充であります, づ生田葵山の小説, づ産業の復舊, づ産霊神を祖先, づ用人石川孫三郎の荷物, づ用意周到に処理, づ用材にからまる, づ用語例を定めざるべからず, づくが, づ田中君の人間, づ田中姉の案内, づ田原町の八人藝, づ田端に知らせ, づ田舍家の臺所, づ由井が濱, づ甲府の安宿, づ町人としては申分, づ町奉行衆位の所, づ画家五人を挙げ, づ画題の選択, づ畑中伊沢両君を兄妹, づ留守番といつた, づ番人必ず歳, づ番所へ運びました, づ番頭の市兵衞, づ畫家の氣魄, づれるこの, づ異状なささうで, づ畳んで様子, づり前, づ當分お別れ, づを上げ, づ疑うて掛かり, づ疑ひは無い, づ疑ふべきものが, づ疵物に目, づ痘瘡にか, づ癩病患者の足, づ癩病根絶費に充てる, づ癩者の撲滅, づ発売禁止に成つた, づ発明家が製作品, づ発生の第一歩, づ発見したもの, づ發掘場を一ト巡り, づ白々しく眠つてゐた, づ白くちりぼひて, づ白川をし, づ白己の態度, づ白木の儘, づ白石は午前中, づ百パーセントこれ位が丁度, づ百円なら出来たの, づ百姓様になる, づの胡麻化, づ皆さんが今日, づ皆吉一人の仕事, づ皆無と云, づ皇太后樣から御, づ皇子の生活, づ皮切りにマヴラ, づの箱, づをほし, づ盆正月のお, づ盛んに使用, づ目さきに浮んだ, づ目先の才覺, づ目前の刹那, づ目覚めて船甲板, づ盲探りに辿っ, づ直に彼を, づ直参の切支丹, づ直接性における交, づ直接的交渉に入らね, づ直接關係のあり, づ直衣の袖, づ直訴状依頼の当夜, づ相應な謙遜家, づ相摸と武藏, づを造る, づのよしあし, づ看出さなければならない, づ看客を引率, づ眞先に一人殘つた姉, づ眞太郎さんの姉さん, づ眞山君に一問, づ眞正面に愛鷹山, づつ先, づ真中に極めて, づ真弓の眼, づ真野父子がある, づ真青な顔, づに陥る, づ眩しいほどに光つて, づ眼鏡を外した, づ替へて, づ着物から選ん, づ瞑想の時間, づ瞬きせざること, づ知らないよ, づ知られねばならぬ, づ知ることに, づ知るべきだと考へた, づ知春の室, づ短くて三十分, づ矯正し改革, づ石器と同じ, づ石器時代には日本, づ石圍ひを, づ石家荘まで, づ石段を降りる, づ石炭から, づ砂地へ両, づ研究だと, づ又は衝角, づ破棄して, づ硫黄もて淨め, づ碎けたり, づ確固たる自信である, づへで, づ磯五郎を殺し, づ磯屋の近所, づ示すにこれ等二篇, づ社会の横, づ社会主義的でなければ, づ社会現象として国民, づ社員となつ, づ社會進出する前, づ社長の耳, づ祇園乙部の見番, づ祐二を京, づへの変形, づ祖国のため, づ祝すべきは市谷, づ祝ひのばさん, づ祝詞の中, づ神嘗祭から話, づ神意を動かす, づ神教によつて祝福, づ神武天皇紀に依, づ神田から日本橋, づ神社仏閣あるひ, づ神秘観を失, づ神經の方, づ祭祀が有, づ禅寺へはいつ, づ福々しい一つの, づ福田英子姉のところ, づ禪宗傳來以前日本肖像畫の全盛期, づ秀次関白となり, づ私たちアイヌのうち, づ私自身の事, づ秋山家へ行つて, づ秋風は吹き, づ科学が意識, づ科擧の制, づ秘かにと思へるなるべし, づ秦王の歡心, づである, づ稀有のこと, づを蒔かね, づ空想の贍, づ空氣を全く, づ空間を横ぎるこれらの, づつ附いて, づの前, づ立ち去つて二時間ばかり, づ立ち去ると記録係, づ立つてゐる, づ立板に水, づ立派な郡, づの姿, づの歩, づの林, づ竹ぎれにも劣り, づ笛村を訪, づ笞刑と云, づ第一歩は, づのそよぐ, づ筆墨料として, づ筆捨山に向, づ筆管を握, づ筆舌に尽し, づ筆記されたパラオ, づを通せ, づ筑波登山を提出, づへた, づ算盤をせ, づをあけ, づ箱根権現に参籠, づ篆隸萬象名義に關, づ篇中の優秀, づ簡單にいへ, づ精神病に就い, づ精神病院へやつ, づ精神的な恢復, づ精神統一をはかる, づ精緻にし, づ精進潔齋して, づ糸口がついた, づをさし, づ納得は行く, づ小説を, づ紙鳶のしつ, づ素直に純, づ細眼を明い, づ紹介いたしませう, づつた, づ終局を告げさせ, づ終止形が出来る, づ経済的な立場, づ結実しそれ, づ結構だ, づを組み合せ, づもてその, づの勉強, づ絶えたので先刻, づ絶對に不可能, づ絶望と思はなけれ, づ絶筆の頁, づ經濟的の單位, づ維幾のため, づ綿密と云, づのない, づ縁側に立つた, づ縹緻の好し悪し, づ縹草初夏の瞳, づ纏持ちと言, づ缺點の無い, づといふ事, づ罪惡の發生, づ置いていろいろ, づ置くことに, づ置場処をきめ, づ罰杯をくれ, づ美しかつた, づ美しいその唇, づ美味い白い魚の, づ美的情緒が動い, づ美術家としての資格, づ美術骨董へ手, づ義人の顏, づ義村さまがこの, づ羽織を脱ぎ, づの晩, づ翻してチエツ, づ翻訳者に向, づ功の, づ老いて益精力, づ老人一家を慘殺, づ老眼鏡をかけた, づ考へずにゐられぬ, づ考へたがなかなか, づ考へようとした, づ考へるのは, づ考察しよう, づ考査すべき語, づ聊かひるみたれど, づ約翰院, づ聖書の伝説, づ聞えて京子, づ聞かつしやい, づ聞きたまへ, づ聞けよ, づ聞ゆなり, づ聴いたのは, づ聴くこの夜, づ聴水を噬, づ聴者をし, づ肅然として自ら, づの一切, づ肉親の縁, づに力, づ潰れて, づ股引に付い, づ肥前の国, づ肺炎とか漆かぶれ, づ背水の陣, づ背骨なら二十米, づ胴間声が突走, づ胴間聲が突, づ胸中に絶えず, づ脇差を取出し, づがある, づ脈搏をとり, づの運動, づと咽喉, づ脱し次いで, づ脱却せよと, づ脳髄と称, づ腕組し一応, づ腰元のお松, づ腹部を切開, づつ小僧, づをつぶしました, づ膽振日高の方面, づ臀のを解き, づ自ら尻を高く, づ自ら幾日間定に入る, づ自ら教へて来る, づ自ら楽みて, づ自ら湯島の天満宮, づ自ら無に歸, づ自ら神の面前, づ自ら自由人たれと, づ自分丈けの事, づ自分乍らアサマシヤと思った, づ自国へ帰る, づ自己一人の生涯, づ自己弁護に長, づ自己革新の狼火, づ自我の確立, づ自我中心の思想, づ自活の道, づ自然法則を前提, づ自然的實在者即ち人, づ自然的直接性において行, づ自発的に激起し, づ自覚者が出現, づ自責の念, づ自身番に居る, づつたので, づ至り杏春は, づ致し方がない, づ與力どもを威かし付け, づに入, づ興味を持つた, づ興禅寺に詣, づ興福寺五重塔の二倍, づ舊制度の代表者, づ舊自由黨總務委員を以て重, づ舊街道の荊棘, づを延ばし, づ舌戰の火蓋, づ舞台に普遍性, づの外, づ船体が隠れ, づ船室の棚床, づ艦長松島大佐に向, づ良い裁判を, づ色彩上でリアリティ, づ艶書の束, づを与へる, づ花月に徃, づ芸術的感激でなければ, づのうへをすべる, づ嫁が, づ若い者は, づ若鮎のひれ, づ苦心して, づ英吉利のシェークスピア, づ英語でジャーボア, づ茅屋采椽是を以て儉, づ茎根に近き, づ茗荷の餅, づに日本文化, づと生活, づ茶碗をぶち, づや木, づ草枕旅の日ごろ, づ草画家の風, づ草稿を出し, づ草鞋の紐, づ荒してゐる, づ荒膽を拔, づ莊子の評, づの様子, づ菊太郎を歸, づ菓子を頬張つた, づ萬づの吉善, づ付いて, づ落ちついたが田舍, づ落ちつきそれから母, づ落ちつくことが, づ落語家を次いで, づの数, づ葉書を読め, づ著しい点が, づ葡萄酒を一本買, づ蒔繪を學んだ, づ蒜つみから起し, づ蒸気と云, づの切, づをひらけ, づ薔薇の見えぬ, づ薩摩へ行つて, づ藝術的感激でなければ, づ藤子に計画, づ蘇我一族を亡, づ蘇我氏の爲, づ蘭貢米の輸入, づ蘭軒が病んだ, づであらう, づ蜂起を止め, づ蝋燭の火, づ蝋燭一つ點し一, づ螢海の動物, づ螺釘の如く, づ血涙一滴たらしむ嗚呼, づ血迷って, づ行きたては百姓生活, づ行儀見習ひとして, づ行動まづ人間, づ行李を卸した, づ術語の用法, づ衛兵の身構, づ衛生知識の普及, づの方, づ衣桁に在りける, づ衣食金融の道, づの四角い, づ被告が自分, づと靴, づかに折, づ裕福な暮し振り, づ裝飾されて, づ複雑なもの, づ褒めて置かず, づは襁褓, づ西を撃つ, づ西南向に相, づ西園亭のアカシヤ, づ西宮の夷舞, づ西岸の方, づ西欧に於ける, づ西洋近代劇の移植, づ西洋館の三階, づ西流東流の二つ, づ西瓜の類, づてゆく, づ見いだした避難先は, づ見えしとき, づ見えなくなりその次に, づ見こみがある, づ見する庭男に, づ見たいので御座います, づ見たるオヂュシュウスヂオメーデ, づ見ものである, づ見ゆべく又見る, づ見られなかつたからである, づ見られなくなつた, づ見られる人物の, づ見るより克, づ見出さうとしてゐる, づ見所の行儀, づ見物をあ, づ見物人を集め, づ見逃さるべき筈だつた, づ規律正しくなけれ, づを新しく, づ親密なゆかしい, づ観劇の興味, づ観客の胸, づ観潮楼偶記を読み, づ観音崎の一周, づ觀客の注意, づ觀察し探究, づの足袋, づ解くことに, づ解れつの大, づ解れつ戦ってるからどこ, づ解れつ闘いますうち私は, づ解放されたので, づ解決しなければ, づ解釈は済ませ, づ触れない電波の, づ言つて置かう, づ言路壅蔽困苦告る無し, づ計算をする, づ訊ねるのが, づ訓詁解釈と言, づ記事の材料取り, づりは, づ許嫁のお, づになっ, づ訳者としてあれ, づ評判を取り戻す, づ評議の席, づ詠むべき趣向を, づ試しに自分, づ試みん佞奸の, づの朗読, づ詮索するまでも, づ話し書きはじめると時には, づ貌に, づ認められるのは, づ認識すること, づ誓約を無視, づ誕生寺に詣, づ誘ひ然る, づ語りて, づ語ることによ, づ語原研究が盛, づ語学を試験, づ語根の末尾, づ説得力をと私, づ説明をまたね, づ調べてみよう, づ談合をも, づ論理的性格の欠乏, づ諦める外は, づ諭し見るべしとて厳しく, づ葛已ん, づ諸侯には柳川侯, づ諸行無常とも言, づと言, づ謂はんやう無く肩状優, づ謙虚な感想, づ謙遜にかう, づ講師の紹介, づ講釈筆記の武勇談, づ謹愼して, づ警戒の眼, づしやと, づ讀み終は, づ讀んで不愉快, づへるの, づ谷川を渉, づ豊前に入り, づ豊成が右大臣, づ豫想が的中, づ豫想外です, づ豹皮を留む, づ貝塚及び貝塚, づ貞山は秋色, づ負けて出る, づぬくは, づへたま, づ夫人の, づ貴方に御, づ貴方位のもん, づ貴族院で選挙干渉難詰, づなして, づひ占めに, づ貸金の値上, づ賊中の豪, づ賠償金を取る, づ質したいといふ, づ質問を止めたる, づをし, づするを, づ贅沢に, づく灼けた, づ走る彼は, づ赴かなければならない, づ起き上つて灯を, づ起ちあがるか, づ起ち上らなければならない, づ起つたのは, づ起りさうもない, づ起出で, づ満員である, づ越えてなほし, づ越前の国府, づ足下が公人, づ足下自ら其良心に対する足下, づ足利の末世, づ足溜としてほ, づ足許をたしかめね, づ足駄をひつくり, づ路傍に黄いろい, づ路地の中, づり超え, づ踏みにじる形は, づ踏み破る人が, づ踏台からおり, づ躊躇してから, づ躍り宿を, づ躓いて初めて, づ身なりの中心, づ身の丈は三丈あまり, づ身元金の三十円, づ身弦線のごとし, づ身慄ひを, づ身支度が大変, づ身柄を引, づ身辺の貧弱, づ身邊の嘗て, づ身體状態を善變, づから身, づ軍部に希望, づ輸入せねば, づに乗つ, づじて, づ辞儀をし, づ辨當屋に當, づ辮髮を行, づへられる, づ近き例を, づ近代の日本, づ近代人の精神生活, づ近代劇といふ名称, づ近年私の見聞, づ近所の新宿, づき来れど, づ退いて心身, づ退屈では, づ逍遙子の具足, づ這麼風に業躰, づ通商を開き, づ通夜の仕度, づ造られたかと申します, づ連歌を説かざるべからず, づ連用或は将然, づ進み寄りてこれ, づ進物に代るべき, づ進行の方向, づ遊びに来た, づ遊ぶといふこと, づ運ばれた皿の, づ運動といふこと, づ運命前定説, づ運輸通商の便, づ過日之御礼, づを除け, づ道具はと訊ねる, づ道教が如何なる, づ遠い國へ, づ遠くから詩, づ遠山夫妻に三男, づ遣した斥候の, づ適宜の大, づ適当と存ぜられ, づ適役と云, づ選ばうとする, づ選択して, づ遺憾なく具, づ遼東ホテルに赴いた, づ那覇の市中, づ郡役所と云, づ部分に對, づ部屋を借り, づ部落民としてす, づ郭公である, づ郷土を理想化, づ都会地の腺病質, づ都市の娯楽, づ都市居住者をし, づ配役をする, づ酒場へでも赴く, づ酒客との話, づ酒酌まむ, づはされる, づつてる北極星, づ醜い方の, づ釈放といふところ, づ釋迦や基督, づ重荷をおろした, づ野蒜を取, づ野鼠はた, づ金六に當つて, づ金剛智三藏の生れ, づ金槐和歌集などより始め, づ金田のとり, づ金銭の浪費, づ釜山まで撤退, づの具, づ釣竿を携, づ鉄砲玉のやう, づ銘々帰家すること, づ錦江再生の縁, づでも掛けたら, づで藪, づ鎌倉の中期, づ鎮魂であり又, づ鐵砲で敵軍, づ鐵門を, づ鑑賞の第一歩, づ鑛毒で植物, づ二尺ばかり, づ長光寺へ入れ奉る, づ長崎奉行竹中采女の馬廻り役, づ長男が晴れ, づ長編を作る, づ長者の大, づ長野に行き, づ門傍のポプラ, づ門前払なるべしと, づ門前町の時次, づ門外に飛び出す, づ門番と対話, づ開いたのは, づ開ける工夫は, づ開場の演説, づにあ, づの東, づ関東附近で, づ閣議の決定, づ閨秀詩人の手相, づひ多く, づ防禦の第一線, づ含を, づ阿波屋だ, づ附近にある, づ陵墓に進められた, づ険しい眼尻を, づ隋書經籍志新唐書藝文志, づ階下は十畳, づ階段を屋上, づ階級的な観察, づ際限も無い広い, づ隠して置い, づ隣り村の, づ隣組の郷土化, づしい眼尻, づれる, づのお, づが京師, づ雄弁に対する既成観念, づひたらん頃, づ雇人たちを縛りあげ, づ雑誌でといふこと, づ離さうとあせり悶え, づ離れつしたのであつ, づをこ, づ難有迷惑の方, づ難物だな, づでも降つ, づ雪見で一杯, づ零といつてもよい, づ電報でよこす, づ電燈をつけ, づ電車に乘, づ露西亜人の住宅, づ露軍の陣容, づ靈岸島から汽船, づ青春の夢, づ青森の十三潟, づ青磁をいふ, づ青空を十里四方位, づ青軒翁が紹介状, づ靜子からよこさせ, づ靜室に坐せしめ, づ非人から出る, づ面わに髪に, づ面白がつて, づ鞍馬山八島にこと, づ音次郎を船, づ頂上から絶えず, づを追, づ順当な話, づ順調にすすん, づく貧, づを挙, づ領事館に行つて住居変更, づ頬ぺたの肉, づ頭髪へ気, づをこすらせる, づ題號を解する, づの通つた四十男, づ類例のない新しい, づること, づ顱頂部が禿げ, づ風情はなく, づ風流な事, づ風鈴の鳴る, づ飛び上がりますそして尻尾, づ飛び降りて住民, づ食つて行かなければ, づ食ひたいのが, づ飮物の方, づを一箸, づ飯田安石が中途, づ飲ませろと病人, づ飲助連に紹介, づつた, づやおだ, づ養子祐二を弟玄俊信郷, づを振り, づ首桶に右手, づ首相を訪, づ首肯せらるべき解決, づを燒, づ香料のかをり, づ香水の刺戟, づが乘, づ馬印と混同, づ馬地に伏し, づ馬追虫である, づ駄々ツ兒六分に變人二分, づ駄目と斷念, づ駐在所へ人, づより下手投, づ験す可し, づ騙されたと思つて, づ驚かすものである, づ驚かれ再び見たる, づ驚きの眼, づ驛前の一亭, づに似, づ骨肉と絶縁, づ骨董の癖, づ骨髄の膏, づの可, づ高からんこと, づ高山の, づ高市黒人の観照態度, づ高橋にくど, づ高見の見物, づ高須の妹, づに塗り, づをもつ, づ髷形と髢, づでもひねる, づ鬼怒川をわたる, づ魔宴の飲代, づ魔法の杖, づの酢の物, づ鰐鮫が口, づ鳥取をその, づ鳥目をその, づ鳥籠の戸, づの訪はず, づ麻布なので, づ麻油の頸, づ麻酔薬とハンカチーフ, づ黄河を説く, づ黄金を得ん, づ黄髪椎髻裸形跣足儼然として一媼, づの色眼鏡, づ黒白斑の牛, づ默つて從いて, づの平和, づ鼻汁と耳朶, づの稷下, づ齋藤さんの睡眠劑, づが痛む, づ齒醫者にひとつき通つて, づ齢不惑を越える, づがあがる, づPCLの人間