青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つと~ ~つとめ つとめ~ つねに~ ~つまらない つまらない~ つまり~ つめ~ ~つもり つもり~
つる~
~つれ つれ~ づ~ づか~ ~づけ づけ~ づつ~ て~ てえ~ てた~

「つる~」 1725, 19ppm, 6160位

▼ つる~ (104, 6.0%)

2 せよそれでは, 今は, 惜しきこの, 欲なれや, 記憶の

1 [94件] あざむかれつるものなれば, あやまちなし, あらざれば, あらずして, あり, あり兵馬, あり彼, ある, いたらざりし頃, いたらず, いとよき, おおわれたうつくしい, くっついて, これは, それも, つるが, つれて, なすびはならぬ, はや忘し, ひばりに, ふた親はやく, み心地, やと, 一般人類を, 三輪方という, 世間を, 今此, 他の, 会ふ, 似たり, 何十と, 到って, 到る金, 及ばざるか, 及ぼうも, 及んだ素因, 四日間の, 地を, 天皇の, 如かずじゃ, 如かずと, 始めて, 媼内は, 少年は, 就いての, 就きて, 山は, 常に, 常にかく, 常無有, 当たりて, 得右衛門は, 御形見, 心の, 忍びかねて, 忍びざるなるべし, 忍びざるもの, 忍びざる故, 忍びん, 悪性の, 惜から, 惜き, 愕き, 承りぬとて, 教えて, 木で, 案内され, 槌, 決し明らか, 烟出しの, 然ら, 用捨ご, 異ならず, 當り, 相変らず, 至ったなどは, 至った精神, 至つた, 至りしなり, 至ること, 茄子は, 足らず何, 足らず俯, 足り俯, 足るの, 足るもの, 足を, 過ぎざる近い, 酷似し, 間が, 難かり, 非ず, 預けさげたのち, 飛びかかって

▼ つる~ (96, 5.6%)

2 りの, 延ばして, 得たり, 我れ, 聞きて, 見て, 鳴らしたとき

1 [82件] いためないよう, えざれば, さみし思へる, たすきに, つかむ土地, つかんだと, つかんだまま, つかんだらホシ, つかんで, なおして, なにより, ならすこと, のばしたその, のばしたり, ば厳しく, もって, よじて, インド人拾い取り, カンカン叩きました, 中の, 事に, 伸ばして, 伸ばしました, 何を, 例として, 俟ち, 克は, 出して, 出しました, 卑彌呼とは, 厭いエフェスス近傍, 変に, 大王還りた, 失って, 好まぬ, 娶った, 嫌った, 嫌ふ, 小親, 希ふ, 常と, 延ばし始めた, 引きずりながら, 待ち侘びて, 待つは, 御覧ぜ, 快げ, 思ひ出でぬ, 恒例と, 打込むやう, 承けむとせり, 把って, 折って, 持ちながら, 持ち上げると, 掴んで, 握って, 本人は, 根からとっ, 楽しみと, 母だ, 禁ぜずして, 突き入れた, 立てて, 義盛が, 聞けるなり, 見すて, 見すてて, 見ず, 見つめて, 見ない, 見る, 見受けしが, 覺え, 試し鉄砲, 謂ふ, 起こして, 遠くへ, 風と, 飛ばしたん, 食ってる最中, 鴈が

▼ つる~ (88, 5.1%)

2 月いで

1 [86件] いなくなった, おりたという, お盆の, きつかけ, げに心ひかる, この段, これで, ごおり, ごとく, ごとくかく, ごとくすえおそろしい, ごとくすれども, ごとくみ, ごとく絶所, ごとく言い放てり, ごとく身, しっかりと, ちゃんと坐っ, ひどくゆがん, まきついて, みどりの, スコッチの, 一寸上り框, 上に, 不徳なら, 両方から, 九月の, 二十九の, 云うの, 今年, 今現に, 何かに, 何とも答えない, 何より佞人, 余の, 冬に, 切れたまま, 切れた詮議, 切れるよう, 囁く如く近く, 声を, 奉るであるといふ, 如きさ, 如き教育法, 如くひ, 如く彼等, 如く春, 如く獨, 如く首, 如し, 家から, 家に, 少し焼け過ぎ, 屋伊勢屋上州屋武蔵屋若菜屋という, 屋清吉の, 屋等の, 希臘の, 思いの, 思い思いに, 慌てて, 故に汝, 故に野鄙, 新しくはえ, 曙覧の, 枕もとに, 死んだこと, 死んだと, 死んでも, 毎日せっせと, 猩紅熱と, 現はる, 現はれる, 病むとき, 白い布, 神功皇后の, 私の, 空しく枯れ枝, 絡んで, 羽根蒲団を, 翼を, 虹汀少し, 見ゆ, 負けて, 逃げて, 飛び出して, 飛び込んで

▼ つる~ (88, 5.1%)

3 有様です 2 中から

1 [83件] からんだ痕跡, がおく, こはれた, こほりに, こほりの, こほりを, ころなる, ごとくやせた漢文, じやぞ, すがた, だ, だと, だとは, であり若返る意, である, である力寿定基, でございますから, です, ときなりと, ところは, とは言わせません, と同じ, はもう, ほかは, も汽車, やむなきに, ゆがみかたは, ゆがんだ目, ように, をどっか, を待っ, を押し切っ, を見極め, 一声, 一声は, 下に, 不当なる, 亭主が, 亭主は, 他は, 例と, 例によって, 価は, 処は, 原義は, 取れた古, 名詞法が, 天意定まり, 姿に, 子です, 家に, 対立を, 居る間, 心眼には, 必要に, 志あり, 忽ち一所, 成功を, 挙に, 擧に, 時, 時松殿の, 曲った眼鏡, 本義に, 概, 気力も, 無識, 由之を, 眼は, 眼鏡であった, 端は, 胡瓜も, 草履が, 要訣は, 言葉の, 語根は, 語根まつは, 語調に, 趣が, 鐘と, 陋態を, 非なる, 顔

▼ つる~ (84, 4.9%)

2 その弁別, 私の

1 [80件] ある, いくつでなくなった, おのれが, からみついて, けだしいかなる, これを, さても, さらに怪しく, しょせん逃, そっと立っ, その垣根, それを, ぞっと立ち竦んだ, ついにかく, どうで, なおさら惜しく, なお蝦夷地, なかばは, なんの, はいって, ぴくりと, まったく霧, まつこそ, われの, 一寸手を, 一歩退り, 不幸である, 不気味そうに, 乙女ごころに, 二三日姿を, 人を, 人生長じ, 人臣の, 何だか落付, 何なら, 何の, 併せて, 光るよう, 全く他人, 十幾年の, 十燭の, 厄年の, 善用せずし, 国家的団結心に, 大きく見張った, 天に, 実際説明, 床の間の, 徒労だ, 御誓文, 恐らくは小, 惜くもやがて, 憾なし, 我が悲, 敬服すべき, 明治十五年九月にて, 本に, 正せ, 正見, 汝なり, 甲府に, 盾の, 私に, 私を, 箱から, 色彩の, 若し何, 見つかったが, 覚めよ, 誠に一片, 誰が, 逍遙子なり, 過分なり, 遠い他国, 遽てて, 釘付に, 鎌倉烏, 長い間, 頭痛を, 首を

▼ つること~ (47, 2.7%)

2 あらず, あらば, かけても, なり

1 [39件] あらむ, ありしに, がある, ができました, が出来ただろう, すら起る, であらう, であろう, でも, なきが, なくあるいは, なく彼, なし, なしに, などおよそ, になります, に反対, に毫も, の, の尊く, はさて, はつとに, はともかく, はなんら, は出来ぬ, は寂寞, ほどよろこばしき, もあらぬ, もあらめ, もある, をうれ, を命じた, を快し, を慨, を樂, を示す, を祈る, を躊躇, 遠からず

▼ つるもの~ (47, 2.7%)

13 かな 3 なり, をわれ

1 [28件] あらん, かなと思いました, かなと思わざる, かなと感傷, かな辭書編輯, がない, が生まれた, が起こっ, であ, である, と思わる, なくン, なるが, なるべし, のみは中将, はもとより, は命終, は宮, は必ずまず, は東坡先生, は至純, もあろう, も死し, よ我, を今更, 何とぞ成仏, 即ち火, 小学部なり

▼ つる~ (38, 2.2%)

3 問は 2 彼の

1 [33件] あきらめて, あらためて寺田屋, いえ馬琴, いった, いふ, たちまち紐, なり, 云うもの, 云う有様, 云つた, 云ふ, 云われたの, 信じたから, 叱すれども, 同じ語, 嘉吉の, 埃が, 多緒子, 妙にな, 寧ろ忌々しい, 平吉とが, 必ず沙汰, 思ふにくらし, 恋すると, 洋服の, 猴が, 称して, 耳を, 臨時総会の, 葉とが, 見れば, 言い朋友, 言ったが

▼ つる~ (37, 2.1%)

8 撃ちに 2 うちに, 撃ちの, 水を, 落しに, 落しの

1 [19件] うちの, かけた, とられて, 井戸から, 動く水, 取られて, 射に, 打ちに, 掛けて, 撃ちが, 撃ちして, 撃ちを, 桶から, 狂人に, 縄へ, 落しという, 落としと, 落としに, 落としの

▼ つるよう~ (31, 1.8%)

2 な痛み

1 [29件] であった, なれども, なカゲン, な声, な気分, な気持, な気持ち, な波, な無残, な疼痛, な笑い, な笑い声, な笑い方, にされ, にし, になっ, になり, になる, にぴくついていた, にふるえ, によっ, に乾いた, に仕向ける, に左手, に所詮, に真ん中, に笑う, に覚えつ, に顔

▼ つる~ (28, 1.6%)

2 の渦

1 [26件] にかけて申し, に夢, に照り, に絡む, のよう, の使い方, の刃, の刃渡り, の外線, の太刀, の如く, の怖, の恋人, の暴風雨, の舞い, の逆茂木, の飛沫, の鳴り, は光り, は銷, をからだ, をきりきり, を呑む, を扼する, を抜い, 抜き得ず力しな

▼ つる~ (23, 1.3%)

2 あり, 政治家の

1 [19件] ありき, くやしからじ, この夫婦, はたそこ, またじつに, もとこの, 一向に感覚, 人なつこき浪子, 今は, 力乏しくものうく, 又棄てん, 可笑しき今宵, 楽しそう, 残念であった, 殺し尽す事猫どころ, 緑の, 葉の, 衰弱せる, 變遷しぬるも

▼ つる~ (23, 1.3%)

1 [23件] あるべし, あれば, がある, がない, が出来た, ども唯, なりけり, なれば, の一ツ二ツ, はこれ, は耳, は頼まるれ, もあり, もありき, もありし, もあるべし, もせざりし, よ, よ皮肉家, を許した, 久し客観的詩人, 屡々なり, 遠きほど

▼ つる~ (23, 1.3%)

2 けだし精細的美

1 [21件] あらば, ありとか, あるべからず, があったら, が出る, ではござらぬ, なきに, なきは, なくば, にあらず, に非, の糸, は, はいづ, は去り, は引っ, は必ず, もあり, もなかっ, も出来た, を

▼ つる~ (19, 1.1%)

2 世人は

1 [17件] から近く, という旅館, と彼, どすか, はんなら, まひゆゑ, 元禄前後における, 小舟船越の, 往生院の, 恰も漢土, 政体簡易文武一途海内を, 旅館すべて安っぽい, 旅館へ, 格堂に, 次へ, 第一, 筋斗を

▼ つる~ (17, 1.0%)

1 [17件] がゆく, が生え, が縫いとり, にブドウ, のよう, の中, の実, の茎, はこの, はしげっ, はどうしても, や雑草, をぐいと, をそのまま, をつい, をはらいのけ, を窓

▼ つる~ (15, 0.9%)

2 に我

1 [13件] ありや, この老, と殊, にも大, に彼, のよう, は何ごと, は我身, は色, よりも, わが傍, を待つ, 来るべ

▼ つるべの~ (14, 0.8%)

3 音が 2 ような, 棹が 1 井戸を, 井戸端で, 届きそう, 棹ぐらい, 青竹が, 音, 音かまどの

▼ つるさん~ (13, 0.8%)

2 の本

1 [11件] おつるさん, が帰らない, が通知, という不幸, といっ, といふ人, の本お, の評論, の評論集, ははたらい, は問屋

▼ つるぎ山~ (12, 0.7%)

3 の間者牢 1 から帰られ, にいる, の奥, の洞窟, の目付役, の頂, の麓口, へ行き着こう, を見廻る

▼ つるところ~ (12, 0.7%)

2 に, に旧りたる, の事 1 なかった, なり, にいたれる, の文明政体, の旗, の薬

▼ つる~ (11, 0.6%)

2 もうち 1 ありと, かなとて拝み, だった, のうつり来ん, のつら, の如く, の心, の言, もなし

▼ つる~ (11, 0.6%)

2 のふたり 1 ぞこの, ぞ逢, になっ, の妙果, の捨て, の捨処, の果, は水ぐみ, も

▼ つるとも~ (10, 0.6%)

1 これを, やわか存ぜぬ, 一舟の, 宿世の, 汝かまへて, 無謀に, 硯のみ, 育て給, 苦しからず, 覚えません

▼ つる~ (9, 0.5%)

1 あり驚く可, があつ, に一間四面, に依れ, のもの, の新約, は, まで何物, より森

▼ つる~ (8, 0.5%)

2 わが 1 この三ヵ条, ひなくお, みそり, 洛陽の, 釘の, 青年は

▼ つるという~ (8, 0.5%)

2 のは 1 のを, ような, 婆さんと, 感が, 時代でなく, 若い女

▼ つるより~ (8, 0.5%)

2 ほかは 1 かかりて, ほか, 二十日ばかり, 旅寝の, 早くあと, 見奉るに

▼ つるその~ (7, 0.4%)

1 信を, 后は, 日, 日あやめわかぬ, 時おも, 石も, 舟の

▼ つるとは~ (7, 0.4%)

1 また趣, 不憫千万だ, 変である, 天の, 思われません, 樣かは, 輕

▼ つる~ (7, 0.4%)

1 かたるなやまほととぎす, から時には, とてか, とは, ほど暗き, も深き, を顯

▼ つる~ (6, 0.3%)

1 弓と, 弓を, 着物から, 着物と, 編む入れ物, 編んだかご

▼ つるにも~ (6, 0.3%)

1 あらで唯, なすびがなるってことご存じ, 似たる苦し, 引っ越しする, 涙こぼるる, 逃がしつる

▼ つるのみ~ (6, 0.3%)

2 で一人死 1 でその, なる牡蠣, また幼児, 國學とては

▼ つるばら~ (6, 0.3%)

1 がはやる, が枝, と団扇, の一枝, の枝, は成長

▼ つるまで~ (6, 0.3%)

1 かくて, なり, 一人も, 己れ, 白色で, 見しほどに

▼ つる氣吹~ (6, 0.3%)

6 の狹霧

▼ つる~ (6, 0.3%)

6

▼ つる~ (6, 0.3%)

3 なり 1 と覚ゆ, にもある, は到底

▼ つるばかり~ (5, 0.3%)

1 であるから, でなく心, で手, なりさらに, 預けられた

▼ つるべが~ (5, 0.3%)

2 ある 1 さがって, 外に, 見られるばかり

▼ つるべを~ (5, 0.3%)

2 上げたり 1 とりてや, 引っぱったり, 見た

▼ つるほど~ (5, 0.3%)

1 あり, であるの, なら冷たい, なりしゆえ, 人類が

▼ つる~ (5, 0.3%)

1 に冗談, のはう, は春日, は芥川, 小かめ

▼ つる~ (5, 0.3%)

1 とは, はどう, もう逃し, も満足, を見

▼ つる~ (5, 0.3%)

3 を今宵 1 は玉, 我がため

▼ つる~ (5, 0.3%)

1 にすでに, に天皇, に已に, は信徒, もなき

▼ つるから~ (4, 0.2%)

1 出たつる, 切り離すの, 放たれた矢, 校長が

▼ つるといふ~ (4, 0.2%)

1 事あり, 学者の, 語が, 軍事上の

▼ つるとき~ (4, 0.2%)

1 はすなわち, はその, は畏れ, 軽き

▼ つると共に~ (4, 0.2%)

1 俄に, 最初逃げ隠れた, 蒲団引きかぶれ, 非風氏

▼ つるには~ (4, 0.2%)

1 その疑い, 忍びなかっ, 恰好の, 無理です

▼ つる~ (4, 0.2%)

1 みごろ, みの解洗ひ, み会, み会主催

▼ つるやう~ (4, 0.2%)

1 な笑, にと七月二十日大坂, に歪む, に胡麻

▼ つるやの~ (4, 0.2%)

1 おやぢさん, 前の, 折詰の, 時は

▼ つる~ (4, 0.2%)

2 を我 1 に蹄, の衣手

▼ つる~ (4, 0.2%)

2 の音 1 の十時ごろ, の衣

▼ つる~ (4, 0.2%)

2 に去る 1 にはひり, に伴い

▼ つる~ (4, 0.2%)

1 冠に, 嚢に, 帶に, 褌に

▼ つる~ (4, 0.2%)

2 はざる 1 ざる難事, はざる所

▼ つる~ (3, 0.2%)

2 がつて 1 アそんな

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 いとよき, ならば, や

▼ つるでも~ (3, 0.2%)

2 いいから 1 からみそう

▼ つるやに~ (3, 0.2%)

1 二晩泊つて歸つ, 滯在中しきりに, 食べに

▼ つるやへ~ (3, 0.2%)

1 日本油脂会社の, 清の, 生駒

▼ つる~ (3, 0.2%)

2 は口きく 1 は旋転如車輪

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 にハ, の人となり, をうみ

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 がやって来, といねちゃん, も椅子テーブル

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 が名, が言の葉, をわれ

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 じゃによって定め, のかた, を埒

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 に急い, の全部, の階上

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 といふの, の料理, へ招待

▼ つる心地~ (3, 0.2%)

1 して, するよ, ぞする

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 は悪夢, へわが身, もあれ

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 となれ, の夜, 共に楽しく

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 にてやはん, にてや侍る, に殉

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 まこと, をいかに, をはらい

▼ つる~ (3, 0.2%)

3 はる

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 のこ, のこまめ, まづ内

▼ つる能わず~ (3, 0.2%)

2 心窃に 1 前途近から

▼ つる~ (3, 0.2%)

1 のあたり, の夕顔, をみる

▼ つるあと~ (2, 0.1%)

1 もなし, をう

▼ つるあらゆる~ (2, 0.1%)

1 快樂, 苦痛も

▼ つるあり~ (2, 0.1%)

1 さまで, て清朗

▼ つるいない~ (2, 0.1%)

1 つるいない, とずいぶん

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 たが, 吉の

▼ つるおのおの~ (2, 0.1%)

2 の石塊

▼ つるかと~ (2, 0.1%)

1 中国武士の, 思われた

▼ つるかの~ (2, 0.1%)

1 夜武男が, 舟音も

▼ つるぎの山~ (2, 0.1%)

1 などがあつ, 追い立て追い立て急ぎゆく

▼ つるこの~ (2, 0.1%)

1 時, 身は

▼ つるさげ~ (2, 0.1%)

1 ておい, て物

▼ つるそれ~ (2, 0.1%)

1 が修道院制, も過ぎ

▼ つるとて~ (2, 0.1%)

1 立すくみに, 耐冬樹一もと障

▼ つるなから~ (2, 0.1%)

1 ん, んため

▼ つるなど~ (2, 0.1%)

1 今や天地, 言うた

▼ つるなべ~ (2, 0.1%)

2 に日

▼ つるなみ~ (2, 0.1%)

2 だに

▼ つるにぞ~ (2, 0.1%)

1 人々漸く, 客に

▼ つるにて~ (2, 0.1%)

2 人の

▼ つるにや~ (2, 0.1%)

1 あらん, 打ちつづきて

▼ つるのに~ (2, 0.1%)

1 彼は, 暴力は

▼ つるのみこそ~ (2, 0.1%)

1 おろかなれ, 悲しけれ

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 動きかけた淡い, 足を

▼ つるほどに~ (2, 0.1%)

2 われは

▼ つるまでの~ (2, 0.1%)

1 ことで, 自信が

▼ つるまでは~ (2, 0.1%)

1 必ず待つ, 注いで

▼ つるまひ~ (2, 0.1%)

2 おりたよ

▼ つるもどき~ (2, 0.1%)

1 の赤い, を北側

▼ つるもをか~ (2, 0.1%)

2 しからずや

▼ つるよと~ (2, 0.1%)

1 せん方なげなり, 聞え玉

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 びんつけに, 傾斜の

▼ つるをば~ (2, 0.1%)

1 やがて物, 蓮葉の

▼ つるバラ~ (2, 0.1%)

1 の咲い, の鉢

▼ つる下っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ つる事なき梯子~ (2, 0.1%)

2 をかけた

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 ならば, の覚悟

▼ つる~ (2, 0.1%)

2 がこの

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 にわれら, よ我

▼ つる名古屋城~ (2, 0.1%)

2 の型

▼ つる~ (2, 0.1%)

2 定めて

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 であった, に明けゆく

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 の光, も暮れ

▼ つる如く~ (2, 0.1%)

1 に, にも

▼ つる川野田尻犬目鳥沢~ (2, 0.1%)

1 も過, も過ぎ

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 の若, わが大久保

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 の天の川しろう, 疾くこの

▼ つる急い~ (2, 0.1%)

1 で現, で退場

▼ つる我と~ (2, 0.1%)

1 も知り, 思はずこの

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 は新, は父王

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 を読みならひ, を讀みならひ

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 あらぬあめつちに, あるべき

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 の事, をも聞き

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 の朝空, の香

▼ つる深草小野~ (2, 0.1%)

2

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 あり, に船

▼ つる溝渠~ (2, 0.1%)

1 が存する, を感じ

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 ぞかたじけなし, ぞ誰

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 に高田, を描い

▼ つる~ (2, 0.1%)

2 のねのあはれ百年

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 なれど, 言い居る

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 の到れるなら, を後見む人

▼ つる~ (2, 0.1%)

2 の縁

▼ つる紀行文日ごと~ (2, 0.1%)

2 に幾千言

▼ つる罪得~ (2, 0.1%)

2 がましき

▼ つる耳もと~ (2, 0.1%)

2 のさ

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 を, を筆

▼ つる苦痛~ (2, 0.1%)

1 の感情容易, を以て推し

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 ぜひに, の程

▼ つる~ (2, 0.1%)

2 もせ

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 の奥, は今

▼ つる~ (2, 0.1%)

2 のひもじ

▼ つる頃衽先褄~ (2, 0.1%)

2 の形

▼ つる~ (2, 0.1%)

1 ことごとく光葉飜せり, はま

▼1* [431件]

つるあたりに来ぬ, つるいづみの水, つるいとあさましう, つるいのち消えむとぞする, つるうきよの月, つるうちに桃, つるうめもどきの石藪, つるおん旅や御, つるかしらつきに慣, つるかじかを珍, つるかたをな, つるかもしれぬが, つるかもと詔給い, つるからにはこれが, つるがの里に, つるぎで敵をたおす, つるぎと変じて, つるぎともして人生の修羅, つるぎと巨大なる石塊, つるぎと腕にかけて奪還, つるぎなれどもわるびれたる人, つるぎにかけて争ってこそ, つるぎにかけては狷介不覊, つるぎのごとき光がほとばしりだした, つるぎのごとくいさぎよくたまのごとくうる, つるぎのつま弾きを, つるぎのふたつ巴に関連, つるぎの下に見た, つるぎの端にあわよくば, つるぎをとる要領で算盤, つるぎ大刀いよよ研ぐべし, つるぎ山覗き滝の深潭, つるぎ山踏破のこと, つるぎ閃めけば, つるび南瓜や, つるくだりあり, つるけはひ聴き明, つるここちやせむ, つるこそむれ居て, つること一萬里餘海灣の上, つること二十三年であるから, つること僅かに数, つること十七年前だと, つること天界のよう, つるごとに, つるごと状をま, つるさん夫妻もうれしかっ, つるしあがったモンゴリア族の, つる川って, つるたづきなし, つるたまゆらの機上幾, つるために甚だ, つるだけでそれ, つるっつるっとやる, つるっとやるんで, つるつもりだったん, つるつるになつて, つるつるしゃんつてし, つるふこほり千代, つるでなく至極平気, つるといったような, つるとおもはる, つるとき前と異なり, つるとき敗者は悲しみ, つるとき觀棚より舞臺, つるとともに亡きかず, つるとを伸ばして, つるの箱, つるなかれと言う, つるなき流転の, つるなく他日手, つるなし心食み, つるなぞ安からぬ, つるなどもやや面白く, つるならばかろうじて, つるなり傳へ, つるなれども公議, つるなんて盲目ことも, つるにおいてはそのままには, つるにか虧くる, つるにごり江のうはさ世, つるになつてゐた, つるになど然る忌ま, つるに際してきょろきょろ四辺, つるのみといふ我聲は, つるのよこに, つるはじめは壯年, つるはと俄かに, つるばかりに同情を, つるべしたたるぽつ, つるべなわが切っ, つるべに向かって, つるべによって助け上げようと, つるべは二千年も, つるべへ手を, つるほどはなけれども, つる綿棗児, つるますらをも, つるまでに女房は, つるまでも乞食に, つるまでを一時として, つるままなる牡蠣, つるまむしへの, つるみたいに心, つるみちの草村, つるめでたきときに, つるもののふがにも京, つるもの忘る, つるもんだから, つるやでみせて, つるやと云ったよう, つるやも知れず, つるゆえである, つるゆめにか, つるゆゑを問, つるさきに, つるよりも案外に, つるらむ童とし居る, つるらむ雀声立てて, つるりこんと滑りがち, つるりで頂ャ兀げて, つるかななりけり, つるわが友の, つるわざもなけれ, つるわとそのまま鎌倉表, つるわれひとり見いでつる, つるをこそ粋の, つるをと更に誠, つるでしょう, つるアヌンチヤタが車, つるチグレ町に至る, つるテレザの慕, つる一曲の, つる一本だって持ちあげる, つる一町ばかり余, つる一面の秋草, つる七里唯是, つる三百里毎に鶴唳雁語, つるがつて, つる下げてあった, つる下田の浦, つる世界なり, つる中蒲原郡橋田村大字西四つ屋曹洞宗泉蔵寺大門先なる関谷安次宅地内, つる乱賊の首体, つるまゐ, つる予想のほか, つる事丈を重ね, つる事世人あまねく口, つる事喜多村信節の, つる事弊履の如し, つる事魅力もて吸わるるごとし, つる二度の大祓, つる二間ばかりの室, つる或は七, つる井戸の釣瓶, つる京洛の遊, つる人々がこの, つる人乾山の皿, つる代りに私, つるに参列, つる住処にも春, つる佐保姫が, つる何れか戀, つるで今, つる傷口のよう, つる元越山の半, つる兩馬即ち飛ぶ如く, つる共にこの書, つるもめった, つる其の次には, つる其世には, つる其美女も, つる内唐穴になっ, つるに箱, つる処さまざまなりしかども, つる出典の書名, つるの山肥後, つる剣槍にも少し, つる力極みなむとす, つる勇気があつ, つる十三絃よ, つる双眼鏡を参らする, つるの御, つるなり, つる向山という山, つるの人形, つる唐獅子の, つる営庭を逍遥, つるの水, つる四つの笹舟紅梅, つる国境は撤せ, つるなり, つる圖畫を加, つるを今日, つる坊お前幾歳かなあ, つる坊俺平吉より強, つるの中, つる城址に踞し, つる堅き甲を, つる堤上に立つ, つる壮士三名の乱拳, つる声行路に満, つる多かり, つるのみじか, つる聖業を, つる大きさの, つる大仙ありと, つる大正の今, つる大海の佐渡, つるれも, つる奇しき物なり, つる妻子の今宵, つる姫神や, つるの顔, つるに入り来, つるの春, つる宿の昼, つる対馬の浅茅山時雨, つる琴や, つる局部の痛, つる居所に帰り, つる履歴を時々, つるそのこれる, つる山師だな, つる山頂に天然, つるに爪, つるの上, つる川野田尻犬目鳥澤も過, つるの御, つるの一本差し, つる席上にアガメムノーン悄然, つるを焼きつ, つるか, つるはやや, つる幾年は親, つるもたえ, つる影像は皆, つる彼方よ物, つる彼等が死状, つる後一日重隆のお, つるに非, つる御杖に成りませる, つる御者馬は勇み, つる御衣に成りませる, つる心算に御座候, つるも又, つる思いあり, つる思ひであつ, つる悦びの大, つる悪魔の精, つる悲しさは, つるをあら, つる意識的生活は愛, つる愚人はすなわち, つるの甚だ, つるによりぞ覆ひ, つるに至り, つるにてはよも, つる我世さびしと, つる戦時に於, つるのごとく, つる摂政殿とりもちて, つるの中, つる文がらの, つる文士は即ち, つる斎瓮をかへせ, つる優るらん, つるの外, つる旅ゆゑ病得て, つる旅人は月, つる旅路にて富士, つる既に四五マイル, つる日本人に候, つる日黄なる, つるを莊重, つる星影寒くし, つるの木の芽, つるの朝酒, つる時マリウスこれと兵馬, つる時僅に裳, つる時卓より之, つる時堅甲光るヘクトール, つる時天より降る, つる時此不思議なる出来事, つる時瘴煙起る, つるの影, つる杭州府まで送, つるのかさいただき, つるの蔭, つる栄華権勢の欲望, つる格子はまだ, つる桜山は悲鳴, つるの初, つる條不忠とも不義, つる梵士后を盗み奉り, つる楯井の陵, つるを見せし, つる様子に走り, つるなおもひでさ, つるの下露, つる機会は決して, つる此世に悲しむべき, つる民心の怨み, つる気噴の狭霧, つる水車の音, つる江の島の橋, つるなれば, つるも夜, つるのみ, つる流れの末, つる浜風は葎, つる浮世に長生, つる涼風を慕っ, つる深い溝渠を, つる湯殿の内, つるのほとり, つるの樹, つるに洗われ, つる焼松も光, つる熱湯の涙, つる父母の死, つる敷の, つる物倒る, つるがありましょう, つる瓶子とりて, つる弓箭浪や, つる生産の示現, つるに立働く, つる甲斐はありけれ, つるのともし, つるなど取り, つるの癒え, つるあり, つる白晝に青き, つる真向ひの, つる真木の柱, つるて可笑し, つる石人の, つる神祇歌天皇に對しまつる賀, つる神秘の一幕, つる祷りの師, つるである, つる程の非常なる, つるやさながら, つる空言も憎, つる立野の駅, つる竹村にをちか, つるがない, つる範囲内において飼養, つる糸柳の, つる約束がし, つる紙一枚の境, つるの端, つるに因り, つる美人の爲め, つる群臣の中, つる羽音を觀, つる者首を授ける, つる聖意の光, つる聴水もさき, つるの香, つるに青い, つる能はず知己は互に, つるで大津, つる腋の下より後, つる腰纒は思ひはかりし, つるが除かれ, つるとして君, つるの音, つるぞ, つるを競う, つる苫屋も荒れ, つるを持つ, つる草さんお前さんはなぜ, つる草蓬蛇苺あけびの蔓, つるもまきました, つる蓋し君かと, つる藤永朝長何れも, つるの中, つる處ドメニカが子, つるを何と, つる蚊帳をです, つる蠶豆の青臭く, つるのしらつゆ, つる西家の廂, つる覚悟をもっ, つるは蓋し, つるか能, つるを哲学上, つる讙呼の聲, つるの歌, つる足音なりき, つるぞ暗き, つるの露しげみ昔, つる身也學は誰, つる軍事上の一大發明, つる軍勢の援, つる軍馬汝をイ, つるに匍, つる遠けれど恋路, つる遠方のこと, つる都人かな, つる鄙歌のあいにく, つるはむかし人, つる金石といへる所, つる間今年の人, つる陸稲ならしも, つる陸稻ならしも, つるの翁, つる雁金のそれ, つる難波がた蘆こぎそ, つるの下, つる雲の上の月, つるのつらく, つるを蕊, つる音無しの滝, つる頂上だそう, つる頃白衣を着けたる, つるの砂, つる餅網がかかった, つるも知らず, つると齒, つる骨肉なり云, つる高き影, つるを見, つるを殺せ, つるのやう, つる麁食を納め, つる麥束に茨, つるの色, つる龍卷に似