青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「っきり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ちよ ちよ~ ちよい~ ~ちら ちら~ ちらちら~ ~ぢ ぢ~ ~っ っ~
っきり~
~った った~ っぽい~ ~つ つ~ ~つい つい~ ~ついた ついた~ ~ついで

「っきり~」 1447, 14ppm, 7760位

▼ っきり~ (178, 12.3%)

3 いるの 2 あとは, いたこと, その後の, ね, 三本松の, 住んで, 出て, 暮して, 話して

1 [157件] あきらめるはず, いいの, いずれも, いた, いたか, いつ見, いられる仕事, いる, いると, いる昼間, うちには, おかしがる, おしまいじゃ, おしまいでございます, おやん, お島さん, お父ちゃんも, お話を, かえるの, かび臭いでしょう, こうしてお話, この楽しい, この花, さ, さあ, さいちいち, さびしゅうございます, さ火, しかもその, すって, すらりと, するの, そのあと先生, その頃, それからドブズ, それも, それを, つっぱなして, てんで道庵, とても小火, どんなに探し, のんきな, はすまさない, はねつけて, はね却って, は心, ひと晩演る, ふるふるご免, べつに何, ほかには, まあわれわれ, また一つ, まだ小泉先生, まばたきも, むかし流行った, もうちょっと僕, もうなに, もって, もどって, やって, ゆっくりいたしましょう, よ何, わしが, わたくし共は, イタチや, ファン, ボソボソと, 一人っきりの, 一日じゅう口を, 一時間あまりも, 一生に, 一言も, 事件が, 二人が, 二人は, 二階に, 二食が, 人々を, 人形等いじっ, 今この, 仕事を, 他の, 会話は, 何とも叫び, 先へ, 先月の, 八月八日は, 円枝さんの, 再起の, 冬を, 出かけるの厭, 別れちゃう事, 別れるという, 別れるなんて, 半分ずつ, 呻吟する, 城内でも, 大きな食卓, 大黒屋を, 子供も, 家を, 居さして, 居たいの, 居たおかげ, 居て, 居てから, 居る事, 常磐木の, 年は, 年越しを, 引きさ, 応仁の, 恐怖に, 手毬を, 放免した, 昔の, 暮したという, 暮らしますわ, 暮らせます, 本人は, 栄さんが, 構いつけないし, 正月が, 此は, 死んで, 殊に給仕頭, 淋しいん, 淋しい彼女, 済んで, 湯気と, 漏らしてるが, 火を, 男世帯を, 登山する, 私却って, 納めて, 絶えた, 翌る, 耳の, 脚が, 葉ちゃんと, 行って, 表層までは, 見たこと, 言い合したよう, 話したいなんて, 語った時, 軽く敬四郎, 遊びにだけ, 降りて, 食事さえ, 飲みてえん, 飲もうという, 鳴物一切は, 麗子ちゃんが, 黙って, 鼻を

▼ っきり~ (112, 7.7%)

28 なって 16 して 4 なると 3 なるの 2 なったが, ならねば, なりました, なり一本, なる事

1 [51件] あれを, ご番所, されて, したいもの, しても, しなくては, するの, なったあの, なったの, なったらどうして, なったわ, なった時, なっちゃったり, なってから, なってからは, なっては, ならないと, ならんとも, なり, なりその, なりたい様, なりたかったの, なりましたが, なります, なること, なるどころか, なるに, なるもの, なるん, なれるからさ, ぬすみだすぞという, 云うん, 仕事を, 何もかも話したかった, 例の, 僕は, 入りたいという, 出たの, 別の, 到着し, 午飯を, 四臺の, 固くなっ, 寝て, 帰って, 帰るの, 彫刻を, 死んじま, 盗みだして, 連中を, 高橋さんは

▼ っきり~ (88, 6.1%)

3 事です, 生活が 2 ことさ, 家で, 家に, 沖着の, 生活では, 生活は

1 [70件] あなたと, お茶番, お附き合い, ことか, ことから, ことだ, ことだった, ことで, ことです, ことな, ことばが, ささやかな, じいさんと, その異人, ところへ, ところも, はなしじゃあ, ぱあ浮ぶ, ほうが, もので, ものでしょう, ものと, ものな, ものの, もんで, ように, メーデーなんて, 世界に, 事で, 事に, 事柄で, 人である, 人間です, 人間な, 佗び暮しだ, 単純な, 口は, 嘘でも, 境涯というくらい, 女を, 娘の, 実にお, 寝顔を, 布子に, 息子が, 新聞小説っていう, 時は, 暮しだ, 洋服を, 父親を, 生きかた, 生命では, 病人な, 監督にまで, 看護婦兼お, 短い汚れた, 秘密に, 背中合わせの, 自分を, 話さ種も, 話じゃ, 話だ, 話で, 話である, 話です, 話なら, 豆腐汁が, 遊び相手だった, 重吉の, 麦飯あとは

▼ っきりなし~ (38, 2.6%)

1 [38件] にあかあか, にいかにも, にそれでいて, にそれら, にほか, にやって来, にミシン, に不気味, に人達, に側, に出入り, に動い, に吐く, に吹きつけ, に店, に応答, に怒鳴る, に打ち込む, に揺らい, に明るく, に水洟, に汽船, に泣いた, に流れる, に湧き返っ, に煙, に爪, に相つい, に自分, に舌, に蚊, に通っ, に達し, に遠雷, に鼻紙, の猛襲, エリーザの, 火沙汰の

▼ っきり~ (32, 2.2%)

7 んです 54 んだ 2 のか, のです

1 [12件] その座, のかい, ので体, のね両方共, のよ芝居どころ, のよ誰, の年, ものだろう, んだって, んだろう, んでございます, んの

▼ っきり~ (31, 2.1%)

52 から, から浅川, ぜ

1 [20件] からい, からすこし, からなんとか, から情事, から村, がいま, が生き, が石原, さあ二人, ぞ, でね, ということ, という事実, という惧, という懸念, とかえって, とそんな, と心, と誠に, 壁を

▼ っきりです~ (26, 1.8%)

54 からね 2 もの

1 [15件] か, かい, かえ, から, からなあ, か親分, がどっか, が信濃, し嫁, ぜ, とさあんな, よ秀英さん, わ, 決してもうあんな, 親分

▼ っきり姿~ (22, 1.5%)

3 を見せません 2 を晦まし, を消し, を見せず, を見せなくなった

1 [11件] が消えました, をみせなくなりました, を見せない, を見せなかった, を見せねえ, を見せませんでした, を見た, を隠し, を隠しました, を隠します, を隠す

▼ っきりなく~ (21, 1.5%)

1 [21件] カルメンを, 人や, 傘を, 屋根から, 巻煙草を, 往来し, 往来する, 来て, 溢れ出して, 続いたの, 続き市街地, 舞い込んで, 蓆屋根の, 走るは, 邪魔を, 降り続いたが, 電話の, 音を, 飛びまわる紙屑, 飛び交う燕, 鳴いて

▼ っきり~ (21, 1.5%)

2 の声, の音沙汰, もわからなくなっ, も云わない, も言わない

1 [11件] だってあんな, とも言わなかった, にもありません, にもいわない, の変った, の答え, の音信, もいわなくなっ, も言わず, も言わなかった, をいっ

▼ っきり~ (17, 1.2%)

1 [17件] まきさんの, やめなせえ, ッ閉る, 久美さんは, 冬さんは, 別れに, 嫁に, 宅の, 屋敷へは, 店へは, 手紙を, 民から, 浜の, 目に, 銀様が, 顔が, 駄仏じゃ

▼ っきり帰っ~ (16, 1.1%)

3 て来なかった 2 てこなかった, て下さい 1 てきませんでした, てこない, てまいりません, て参りません, て来, て来ない, て来ねえ, て来ません, て来られない

▼ っきり行方~ (16, 1.1%)

7 知れずに 1 がわかりません, が知れず, もわからず, も判らなくなっ, を晦まし, 知れず, 知れずガラッ, 知れず生きて, 知れず石原

▼ っきりもう~ (15, 1.0%)

1 [15件] あいますまいけれども, お別れ, さばさばした, どこへ, なにも, 仙太の, 何も, 十日ちかく, 娘に, 朝ごとの, 極楽へ, 直接には, 行方は, 話も, 青いもの

▼ っきりその~ (14, 1.0%)

1 [14件] お友達, ことは, アパートには, 人間の, 品も, 啼き声, 地震の, 大きく開いた, 妙な, 家へは, 小娘は, 桃色リボンで, 話を, 話題を

▼ っきり黙っ~ (13, 0.9%)

4 ていた 3 てしまった 2 てしまいました, て仕度 1 てしまいます, てしまっ

▼ っきりだった~ (12, 0.8%)

2 んです 1 かねそれとも, そうだ, という話, のかしらん, のである, のです, ので家, のね, 日にゃ, 転々と

▼ っきり~ (11, 0.8%)

3 を緘 1 をきかない, をきかなかった, をきき, をつぐん, をつぐんだ, を噤みました, を噤ん, を噤んだ

▼ っきり~ (11, 0.8%)

2 に教えた 1 にチョッカイ, の体, の母, はしばらく, はだまっ, はまだ, は孝行娘, もつい, も何

▼ っきりこの~ (10, 0.7%)

1 七年間世帯の, 世界から, 中に, 事件との, 半年ばかり, 家には, 家へは, 恐ろしい事件, 男は, 青年の

▼ っきりという~ (10, 0.7%)

2 ことに, ところが 1 ので, のは, 事に, 感じ, 特別の, 風に

▼ っきりまた~ (10, 0.7%)

1 しいんとなった, しんとなっちゃう, なんにも言わない, 三晩も, 以前の, 奥へ, 眼を, 私が, 默りこんで, 黙りこくって

▼ っきりじゃ~ (9, 0.6%)

2 ないか 1 ありませんよ, ございませんか, ないぜ, 仕様が, 余まり他愛が, 済みませんぜ, 無えや

▼ っきり~ (9, 0.6%)

2 言ふ 1 しない日, なったの, 云うの, 寄せて, 思って, 思われるほど決定的, 渡瀬を

▼ っきりあと~ (8, 0.6%)

2 はなん, は顔 1 から来る, どうなった, は故郷, を発展的

▼ っきりしか~ (7, 0.5%)

1 いないの, お取り下さいません, お口, なかった, 来られないの, 無い, 現金が

▼ っきりだろう~ (7, 0.5%)

21 かもう二度と, じゃない, それで, と思う, と思ったら

▼ っきりでは~ (6, 0.4%)

1 ありませんが, こまります, なく別にもう, なしに, まだ何, 平次の

▼ っきり二人~ (6, 0.4%)

1 ともつぎ穂, の姿, はわかれ, は別々, は電燈, は黙っ

▼ っきり帰らない~ (6, 0.4%)

1 というの, のです, はずだ, チョビ安を, 此の, 波瑠子らしかった

▼ っきり~ (5, 0.3%)

41 傍にも

▼ っきりどこ~ (5, 0.3%)

2 へ行った 1 かへいらっしゃった, にもある, へ行っ

▼ っきり二度と~ (5, 0.3%)

1 さわぎは, 彼の, 手を, 村へは, 私に

▼ っきり~ (5, 0.3%)

2 て来ません 1 てこない, てこなかった, て来ない

▼ っきり~ (5, 0.3%)

1 揚げたの, 揚げて, 揚げました, 揚げるより, 揚げ二三日

▼ っきり~ (5, 0.3%)

2 を失っ 1 をうしなっ, を喪っ, を失いかけた

▼ っきりいつ~ (4, 0.3%)

2 までたっ, まで経っ

▼ っきりない~ (4, 0.3%)

1 のよそれ, 囀りが, 自動車や, 苦しみを

▼ っきりなに~ (4, 0.3%)

2 もわからなくなっ 1 も云わなかった, も浮きあがらなかった

▼ っきりには~ (4, 0.3%)

3 着くん 1 必ず帰っ

▼ っきりまだ~ (4, 0.3%)

1 二階から, 帰って, 御挨拶, 意識を

▼ っきり忘れ~ (4, 0.3%)

1 てしまいました, てしまう, てしまったであろう, て上げよう

▼ っきり~ (4, 0.3%)

3 ってしまった 1 っていた

▼ っきりあの~ (3, 0.2%)

1 ことを, 店へ, 男に

▼ っきりしばらく~ (3, 0.2%)

1 は何, 口を, 声は

▼ っきりである~ (3, 0.2%)

1 が他殺, まったく, 上に

▼ っきりでした~ (3, 0.2%)

21 が通夜僧

▼ っきり~ (3, 0.2%)

1 あなた, いやねえ, わかるわね

▼ っきり動かなくなっ~ (3, 0.2%)

2 てしまった 1 てしまう

▼ っきり~ (3, 0.2%)

1 はとだえる, は絶え, をたてませんでした

▼ っきり学校~ (3, 0.2%)

2 をやめた 1 はやめた

▼ っきり~ (3, 0.2%)

1 へは帰らなかった, へは帰りませんでした, へ帰らない

▼ っきり帰らず~ (3, 0.2%)

1 五日経っ, 母は, 気を

▼ っきり帰らねえ~ (3, 0.2%)

1 そうです, ので内, んだ

▼ っきり~ (3, 0.2%)

1 も形, も見えなくなる, も見せぬ

▼ っきり~ (3, 0.2%)

1 とはまだ, は牢, は黄昏

▼ っきり手紙~ (3, 0.2%)

1 も葉書, をよこさなくなった, を貰う

▼ っきり来ない~ (3, 0.2%)

1 で下さい, のかい, もんだ

▼ っきり来ねえ~ (3, 0.2%)

1 か, のか, のだ

▼ っきり行方不明~ (3, 0.2%)

1 で次第に, となった, になっ

▼ っきり言葉~ (3, 0.2%)

2 もなく 1 にもならず

▼ っきり逃げ出し~ (3, 0.2%)

2 そうな 1 てしまった

▼ っきり静か~ (3, 0.2%)

1 で何, なもの, になっ

▼ っきり黙りこくっ~ (3, 0.2%)

1 てただ, て四半刻, て城郭

▼ っきりあなた~ (2, 0.1%)

1 と逢う, は生害

▼ っきりありません~ (2, 0.1%)

1 ね, ものです

▼ っきりいなくなった~ (2, 0.1%)

1 のでその, 安さんの

▼ っきりうつむい~ (2, 0.1%)

1 てばかりいた, て黙った

▼ っきりおまえ~ (2, 0.1%)

1 がやあ, とも会わない

▼ っきりおれ~ (2, 0.1%)

1 にかかわらず, はそんな

▼ っきりお父さん~ (2, 0.1%)

1 が帰っちゃったでしょう, というの

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 いやだ, つかずいつとも

▼ っきりした~ (2, 0.1%)

1 身分とか, 返辞が

▼ っきりしん~ (2, 0.1%)

1 とし, として物音

▼ っきりその後~ (2, 0.1%)

1 のこと, は何

▼ っきりだって~ (2, 0.1%)

1 いうじゃねえか, 言うのよ

▼ っきりちっとも~ (2, 0.1%)

1 動かないの, 音沙汰が

▼ っきりどう~ (2, 0.1%)

1 したか, したの

▼ っきりなん~ (2, 0.1%)

1 の音さた, の音沙汰

▼ っきりひっそり~ (2, 0.1%)

2 となっ

▼ っきりふたり~ (2, 0.1%)

1 が口, はまた

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 して, なしに

▼ っきりもの~ (2, 0.1%)

1 を言う, を食べなくなっ

▼ っきりやっ~ (2, 0.1%)

1 ている, てみます

▼ っきりより~ (2, 0.1%)

1 つかないと, つかなくなり僅か

▼ っきりわからず~ (2, 0.1%)

1 じまいに, 仕舞に

▼ っきりわたし~ (2, 0.1%)

1 は何, は譲原さん

▼ っきり一つ~ (2, 0.1%)

1 もつまもう, も解かれ

▼ っきり一度~ (2, 0.1%)

1 も逢った, も顔

▼ っきり一言~ (2, 0.1%)

1 も口, も言いません

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 だに落ちない, までお

▼ っきり今日~ (2, 0.1%)

1 で二日二, までついに

▼ っきり今朝~ (2, 0.1%)

1 になっ, まで私

▼ っきり他所~ (2, 0.1%)

1 に出なかった, へお

▼ っきり何とも~ (2, 0.1%)

1 いいませんでしたが, 思わなかったかね

▼ っきり何ん~ (2, 0.1%)

1 にも云わなかった, にも私

▼ っきり先生~ (2, 0.1%)

1 の顔, は何

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 ふり返っ, 込めなければ

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 に出た, へ出ました

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 だけが助かりました, を綺麗

▼ っきり婚礼~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ っきり子路~ (2, 0.1%)

1 が何, が何と

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 に就く, 着いてよ

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 のこと, もみず

▼ っきり戻っ~ (2, 0.1%)

1 てこない, ては来なかった

▼ っきり来なくなっ~ (2, 0.1%)

1 てしまう, てしまった

▼ っきり此処~ (2, 0.1%)

2 へ帰っ

▼ っきり死骸~ (2, 0.1%)

1 さえも現われない, も上がらなかった

▼ っきり永久~ (2, 0.1%)

1 に消え, に遣っ

▼ っきり沈黙~ (2, 0.1%)

2 して

▼ っきり相手~ (2, 0.1%)

1 にならない, の住み

▼ っきり知れない~ (2, 0.1%)

2 のです

▼ っきり私たち~ (2, 0.1%)

1 の附, は一言

▼ っきり縁側~ (2, 0.1%)

1 に腰, へ出

▼ っきり翌日~ (2, 0.1%)

1 も翌々日, 迄戻らなかった

▼ っきり考えない~ (2, 0.1%)

1 でいい, のは

▼ っきり自分~ (2, 0.1%)

1 の役, の部屋

▼ っきり行かない~ (2, 0.1%)

1 から, んです

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 がしまいに, を交す

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 にもその, の目

▼ っきり返事~ (2, 0.1%)

1 もしない, をしない

▼ っきり違う~ (2, 0.1%)

1 んだ, 感じを

▼ っきり音沙汰~ (2, 0.1%)

1 がない, が無い

▼ っきり~ (2, 0.1%)

1 を見せず, を見せませんでした

▼1* [424件]

っきりあきらめて帰った, っきりあたりはまた, っきりあっしゃ眠らされてしまった, っきりあみを持ってない, っきりあわなけれあいい, っきりあんたもあたし, っきりあんまり長びくから, っきりいくら待っても, っきりいちども私たち, っきりいったいどうなること, っきりいない米源より, っきりいまのいびき, っきりいまだ面ア出, っきりいろいろ江戸時代の, っきりうたうのを, っきりおお今夜っきりもう, っきりおきざりにし, っきりおせえちゃん, っきりおたがいに顔ばかり, っきりおとなしくなりました, っきりお互いに一こと, っきりお前とは逢わねえ, っきりお客がつかず, っきりかかって来ない, っきりかと呶鳴りつけた, っきりかの怪物体は, っきりから行方知れず, っきりからだを二つ, っきりからっ風に飛ばされた, っきりかれはおしゃべり, っきりきょうも姿, っきりきれいに忘れ, っきりくろがね天狗は江戸市中, っきりぐうぐう大鼾, っきりけろりとなるといった, っきりこちらには見えない, っきりこないんです, っきりこの世から姿, っきりこれも返事, っきりご飯のお代り, っきりまだ未, っきりている, っきりしいんと怪しく静か, っきりしかもそのため, っきりしずかだ, っきりしないながらもともかく, っきりしゃべったんだ, っきりしんとなった, っきりがたを, っきりすっかり消えて, っきりすべての事, っきりそこなうとすぐ, っきりその後なんの音沙汰, っきりそれからはまだ, っきりそれっきりぼくは何, っきりだけれ共, っきりだったけれ共, っきりだまって次郎, っきりだらうこれっきりに, っきりだんだんあんなこと, っきりつい忘れて, っきりついぞ一度も, っきりであり他の, っきりでいらっしゃる方が, っきりでしょうか, っきりでなかったら問題です, っきりでねえ私と, っきりでもなかった, っきりでるすを, っきりで御座いますよ, っきりとは随分ひどい, っきりどうしてもその先, っきりどうにも外に, っきりどんなに誘いを, っきりなかなか帰って, っきりならお代は, っきりなら構わないと思っ, っきりなんぞでやって, っきりなんてみっとも, っきりになんぞなるわけ, っきりにも何にも, っきり大抵, っきりねこのこと, っきりのろい手つきで, っきり違いありませんが, っきりはずさないんです, っきりはっきりこれっきりあとから, っきりひそと泣きくずれ, っきりひっかかってしまった, っきりひとことも口, っきりふたたび浮かびあがって, っきりふっと気が, っきりぷつんと笑いの尾, っきりほんとうに膝, っきりぼくは何, っきりぽつねんとねて, っきりまるでわたしを, っきりみたいなもの, っきりむだな問い, っきりむっつり右門の, っきりめったに出っくわす, っきりゆくえがわからなくなっ, っきりゆくえ不明になった, っきりよりは表立って, っきりらしいとお, っきりわけのわからぬ, っきりわたしゃ何が何やら, っきり出して, っきりアンの姿, っきりガラッ八は, っきりクロロフォルムの甘い, っきりスリなど廃そう, っきりドクトルは黙りこんだ, っきりヘンデルを見捨てた, っきりミシリともしなかった, っきりモスクワへ立っ, っきりリーロフの姿, っきりルゾン号がフランス本国, っきりロンドンを訪問, っきり一こともいわず, っきり一向出る様子, っきり一寸皆黙っ, っきり一族のもの, っきり一生会えないよう, っきり一生眼があかなかったなら, っきり一通の手紙, っきり一週間も御, っきり三人とも死ん, っきり三日経たないうち, っきり三日三晩というもの, っきり三日社を休ん, っきりへ降り, っきり下手人が判りませんでした, っきり両手を支い, っきり中富坂の家, っきり中戸の奥, っきり丸多へ因縁, っきり久しく会わないから, っきり二十年間わかれて, っきり云ってくれた, っきり五十三か四, っきり京子は彼, っきり京都へは帰らなかった, っきりの世, っきり人ッ子ひとり通らない, っきり人影が庭, っきり人目にかからない, っきり人造人間エフ氏の姿, っきり今にもそこに, っきりの女, っきり他人になる, っきり付いても来ませんでした, っきり仙二はそ, っきり以来十箇月桜の花吹雪, っきり仲たがいしたくなったよ, っきり休みなの, っきり会いもしねえ, っきり会いませんしほんとに, っきり会えなくては嫌, っきり会えぬように, っきり伸びることを, っきり何もかも一瞬の, っきり何一つ尋ねられること, っきり何事もいわれなかった, っきり何処かへひそか, っきり何年も忘れ, っきり何時まで待っ, っきり作爺さんの家, っきりあ仙太公, っきりは草田, っきり元気には復さなかった, っきりに逢わない, っきり兄さんは帰っ, っきり入って渡った, っきり全然交渉は, っきり八五郎は来ず, っきり八十助の知覚, っきり再びこの土地, っきり再建しないので, っきり再読の機会, っきり写真のこと, っきり出来ないじゃない, っきり切れた三の, っきり判らなかったよ, っきり判らなくなるかも知れない, っきり別に私も, っきり別れ話になる, っきり動く様子は, っきり勘定をとり, っきり十二時過ぎまで帰らなかった, っきり十数年間帰郷しなかったの, っきり十日ばかりろくに, っきり千世子の手, っきり千二は気, っきり博士はもう, っきり友人の方, っきり反抗しようとも, っきり取り返しがつかない, っきりの耳, っきり同じね, っきり名人は本来, っきりは逢った, っきりり声, っきり呻いていた, っきりを噛ん, っきり問答は全く, っきりりの, っきり固着したよう, っきり埋れてしまう, っきり変って居る, っきりの海, っきり夕飯のとき, っきり外国の話, っきり多鶴子は口, っきりおそくまで, っきり夜更けに顔見知り, っきり大きな声が, っきり大好きななつかしい, っきりとも妹, っきり妾たちは何事, っきり始めての最後, っきりや孫達多勢, っきり安岡は病気, っきりのところ, っきりの部屋, っきり家中の者, っきり宿所も告げず, っきり寝ちまったんだ, っきり尋問調査を切りあげ, っきり小僧を逃がし, っきり小林君とはぐれ, っきり少女は顔, っきり尻切蜻蛉になりました, っきり居ないと云う, っきり居なくなってしまっ, っきり屋台の上, っきりの関門, っきり帰らなかったのだ, っきり平次の手, っきり弁天様の足, っきり引下がったのか, っきり張合いにもなんにも, っきり当人もとうとう, っきり影覗きもしやがらねえ, っきり彼らとは逢わない, っきり彼女には逢わなかった, っきり彼等は無言, っきり後ろも見ず, っきり微動もしなかった, っきり忘れたように, っきり忘れられてしまった, っきり忘れられるのは, っきり念仏を唱える, っきり怒りっぱなしになった, っきり急ぎの仕事, っきり怪しいことは, っきり怪人のす, っきり怪塔ロケットの行方, っきり恐らく一生見る, っきりを引取, っきり悪夢を口走る, っきり悲鳴は聞こえなかった, っきりのあいた, っきりを引きました, っきり手拭を返し, っきり手掛りの糸, っきり拾い上げようともせず, っきり持たねえんだ, っきり持っていた, っきり振りむきもしない, っきり振り向いても見ず, っきり支那服も黒眼鏡, っきり救援の飛行機, っきり教えた歌だった, っきりの方, っきり斬られ損に, っきり断絶だ, っきりの者, っきり昨夜は帰っ, っきり昨晩は何とも, っきり晴れずにしまう, っきり暫く帰って, っきり朝方までとうとう, っきり本当に子供は, っきりてくれる, っきり来ないであろうとも思えた, っきり来なかったよ, っきり来なくなったのである, っきり来なくなっちゃったんです, っきり来ねえけれアなお, っきりとして判りません, っきり松の木の話, っきり栄蔵はお, っきりがうごかなくなった, っきり権六も小僧, っきりの言葉, っきり欧羅巴のどこ, っきり止んでしまった, っきり正午前のうち, っきり歩く事が, っきり死んでしまう, っきり殿下ももう, っきりはまた, っきり母さまとお, っきり母親は前, っきり江戸に姿, っきり江戸っ子の関心, っきり決して人の, っきり沈んで死ん, っきり沖縄へ帰る, っきり河原は音, っきり沼間氏の一族, っきり活動を中止, っきりはもう, っきり浮いて来ない, っきり浮き上らないのです, っきり消えてしまう, っきり消えましたそうで, っきり消え失せてしまう, っきり消息を断っ, っきり淋しく別れて, っきり深くは問いませんでした, っきり済んでしまう, っきり火事のこと, っきり無いのです, っきり無言であった, っきり父子は姿, っきり片づけをする, っきりを言おう, っきり物音が致しません, っきりの子, っきり生きたものやら, っきり生家とは義絶, っきりの姿, っきり男の子は丸, っきり町人風の小, っきりって, っきり病人らしい気持, っきり発展もせず, っきりを置いてきぼり, っきりが冴え, っきり直人は四日, っきりを廻し, っきり着物はない, っきり睡ってしまっ, っきり知らない姉, っきり知らなくなったのです, っきり知られていない, っきり知れずか, っきり知覚をうしなっ, っきり確かめてもみない, っきり神戸に来まい, っきり禁煙を誓った, っきりのふち, っきり立消えがし, っきり筥崎網屋町の自宅, っきり納まるべくもありません, っきり細かい手紙も, っきり結びにされた, っきりをあきらめ, っきりを切る, っきりる日, っきり巡礼も, っきり老人の声, っきり考えてもみない, っきり考えごとをし, っきり考えてなかったことが, っきり肱杖をつい, っきりも裂け, っきり自信を失い, っきり自由を奪われ, っきりと別れ, っきり苦笑いを噛み殺しました, っきり荒田さんの顔, っきり萎んでしまった, っきり落語家を止め, っきり葉っきり済んで, っきり蝦蟇は私, っきり血潮に染む, っきり行かずにそれから, っきり行くえ知れず, っきり行方不知にな, っきりを取ろう, っきり褪めてしまった, っきり見出されなかったがしかし, っきり見向きもしなかった, っきり見返りもしなかった, っきり規定して, っきり詫まりに来ない, っきり話さず三人は, っきり読めずに放っ, っきり諦めるような, っきり警報なんかで行かれなかった, っきり貴女を思いきっ, っきり質屋の蔵, っきりの他人, っきり足踏みをし, っきり跫音も咳, っきりを捻じかわそう, っきり迷宮入になっ, っきり退社するよう, っきり透明人間はどこ, っきり逢いはしない, っきり逢えなくなるので, っきり進まなくなってしまった, っきり道人は静か, っきり釜吉に背, っきり長い間会われない, っきり開けませんが, っきり間違って理解, っきりの目, っきり隆夫はうち, っきりというの, っきり之丞さん, っきり電話もかけない, っきりはなく, っきりはやんだ, っきりくなに, っきり食った事がねえ, っきり食べようとしない, っきり鷺太郎の視界, っきり默りこんだ, っきり黙り込んでしまいます, っきりの道