青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つとめ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つづけ つづけ~ ~つて つて~ ~つてる つてる~ ~つて來 ~つと つと~ ~つとめ
つとめ~
つねに~ ~つまらない つまらない~ つまり~ つめ~ ~つもり つもり~ つる~ ~つれ つれ~

「つとめ~」 1372, 15ppm, 7556位

▼ つとめ~ (926, 67.5%)

79 いた 37 いる 34 いるの 24 いたの 15 ゐた 14 いて 13 いたが 8 いるが, いると, いる人 7 いたこと, います, いるよう 6 ゐるの 5 いるという, いるわけ 4 いた人, いた頃, いました, いるもの, おりました, それを, 平静を 3 いたところ, いたとは, いても, いること, いる間, きた, きたの, みた, 冷静に, 自分の

2 [53件] いたお, いたと, いたので, いた三人, いましたが, いまして, いらッ, いるうち, いるし, いるその, いるね, いるのに, いるらしい, いるん, いる人々, いる工場, いる時分, いる町, いる社, いる者, おりまして, おります, おりますが, お前の, くれたの, くれたよう, これも, それに, ゐたの, ゐた人, ゐて, ゐました, ゐる, ゐること, ゐると, ゐる娘, ゐる者, 何でも, 平気な, 平気に, 平気を, 彼の, 彼を, 月給を, 来た, 来たこの, 来たもの, 生やした鬚, 窕子を, 自制し, 自然に, 起き窓, 起ち上襦袢

1 [485件] あたしたちの, あばこうと, あらゆる阿諛, いいかげんに, いたあの, いたか, いたから, いたころ, いたし, いただいた奥さん, いただかなくちゃ, いただきたい, いたです, いたとい, いたとの, いたに, いたよう, いたらしい, いたらしいこと, いたらしいの, いたわけ, いたサーカス, いたスクロドフスキー, いた一ヵ月, いた二十四歳, いた人々, いた人物, いた会社, いた処, いた北条, いた十人, いた呉服屋, いた坂東あやめ, いた女, いた嫌悪, いた学校, いた実直, いた小学校, いた小野寺十内, いた島太夫, いた幇間, いた我輩, いた或, いた新聞, いた昔, いた昼, いた時, いた木村, いた梨花, いた永倉新八, いた滑稽, いた照葉, いた父, いた男, いた病半兵衛重治, いた眼, いた神尾主膳, いた筈, いた者, いた腹心, いた高野さちよ, いつもの, いなかった, いながら, いなければ, いましたし, いましたの, いました時, いますいま, いますから, いますが, いますの, いやはや, いらしたお方, いらっしゃいました, いらっしゃいました折柄, いらっしゃるの, いらっしゃるのよ, いられました斎藤寿八先生, いられる, いられるらしい風, いるお, いるおじさん, いるか, いるかと, いるかという, いるかなんぞの, いるかの, いるけれど, いるこの, いるすっ裸, いるたった, いるだろうか, いるつもり, いるとい, いるところ, いるとは, いるとも, いるなかなか, いるに, いるので, いるばかり, いるふたり, いるもん, いるらしい四十恰好, いるカッフェー, いるセメント会社, いる一人, いる事, いる事務所, いる二十八九, いる人たち, いる他国, いる仙二, いる傾向, いる内科, いる刑事, いる十九歳, いる千手大尉, いる各国, いる向き, いる国際劇場, いる大学, いる奥女中, いる女, いる女の子, いる娘, いる富裕, いる小林, いる小林芳雄君, いる少年, いる店, いる弟, いる弟さん, いる律義者, いる御, いる心, いる技手, いる方, いる時, いる札幌, いる様子, いる気, いる父親, いる犬養, いる田島, いる由, いる男, いる皆さん方, いる米友, いる老, いる若く, いる警官, いる貿易会社, いる遊佐銀二郎, いる金助, いる青年, いる順子, いれば, おいて, おくがた, おったので, およそ十数里, おられたの, おられた博士, おられます, おりましたが, おりますと, おりますので, おりまする, おります時分, おります笹田仁蔵, おりませんでした, おり三人, おり何代目, お前に, お禮奉公, かなりの, がんちゃんが, きて, ください, くれた, くれたこと, くれて, くれないか, くれましたからね, くれます様, くれること, くれるよう, こ, ここに, この山崎, この間に, これに, これを, ごくほ, さらに五月興行, さりげなく, しかも堅, しまうと, しまったから, しまったの, そうした, そうして自分, そして安らか, その死骸, それから, それから共通, たぎる血, たとえ街上, ついに自国, つとめて, なした遠慮, なにも, のろのろと, ひろ子は, ぶちこわし役, ほほ笑みを, みそ汁は, みたが, みたしかし, みたり, みても, みなくては, みる, みること, みると, みるの, めでたくシャン, もっぱら電灯, ものを, もらいたい, もらうつもり, もらうと, もらったとだけは, もらって, やったの, やっとヤスリ, やつと, ゆき子に, ゆく実際, ようやく家産, よく見た, ゐたから, ゐたウヰリヤム・アダムス, ゐたロオレンス, ゐた三〇一号, ゐた三成, ゐた下司, ゐた切支丹, ゐた十八, ゐた印刷工場, ゐた同じ, ゐた土屋氏, ゐた官吏, ゐた物, ゐた高野さちよ, ゐなければ, ゐようと, ゐるかの, ゐるその, ゐるだけに, ゐるで, ゐるので, ゐるもの, ゐるやう, ゐるよ, ゐるん, ゐるカアタア, ゐる五名, ゐる友達, ゐる女房, ゐる娘さん, ゐる官署, ゐる悧巧そう, ゐる映画常設館, ゐる特殊部隊, ゐる男, ゐる男子, ゐる神原直造, キリスト教的な, パークスとは, フランツを, ヤマトグチを, 一つ鋏を, 一人で, 一人前の, 三百五百の, 下さい, 下さったの, 下さるから, 下さるだろうと, 久しいが, 二人の, 今は, 他の, 伊那丸の, 何とかいう, 何度にも, 侮辱の, 保存しよう, 保護し, 傷口に, 償いを, 元気な, 元気を, 兄の, 先ず黒い, 再起せん, 冗談に, 冷ややかに, 冷静には, 出て, 列席の, 前の, 勉強を, 勢いよく闊歩, 又持たせ遣らん, 反對, 叙情的に, 口利かず, 口調を, 合わせるの, 呉れました, 呉れよ, 唯徒, 善意で, 善意に, 回米方という, 国に, 声高に, 夕方に, 外に, 多くの, 夜は, 女を, 好きな, 好きに, 好評であった, 妥協した, 媚を, 嬉しくない, 家の子郎党を, 小屋を, 居なければ, 居ました, 居まして, 居られた, 居られました, 居られる由, 居りました, 居りました四年, 居りますところ, 居るお, 居ること, 居るの, 居るもとめ, 居る画, 居る相, 幅を, 平和的に, 平然とだが, 平静であろう, 平静に, 廃しまする, 弟と, 当世に, 彼らより, 得られたの, 御機嫌, 御覧なされ, 微笑おうとした, 微笑を, 微笑んで, 心の, 心を, 心身を, 快活な, 快活に, 思いなおしても, 怠慢に, 情報を, 愛と, 感傷風の, 感情を, 我慢しなかったら, 手紙を, 打ち消すよう, 抑へ, 抑損, 押し隠しながらも, 押殺した, 放浪する, 数億の, 新しい風聞, 新時代, 春情学び得たる, 晩は, 書ける文字, 有能な, 本職の, 村の, 来たつもり, 来たの, 来たッ, 来た友愛, 来た帆村, 来た私, 模範的な, 権利として, 正体を, 母と, 気を, 気分を, 気軽に, 水底の, 永らくそこ, 求めて, 涙を, 清水山の, 無趣味, 特権を, 生き写し的人形を, 甲州乱入の, 登校し, 皆の, 直に行進, 相手から, 短くし, 石の, 神様の, 私の, 私を, 稼ぐ, 窕子の, 立身を, 笑った, 笑って, 節足動物につき, 終りには, 終夜相戦ひ, 編入し, 縮図を, 耽ろうとまで, 自分が, 自分には, 自分よりも, 自由で, 興奮を, 落付けた, 落着こう, 葉子の, 藤崎さんを, 虚心平気に, 行くが, 行くまで, 行って, 補って, 製図を, 西洋人の, 見せた, 見なされよ, 見るの, 親しく近づいた, 言った, 言はね, 証明し, 評判の, 詩や, 話題を, 読者を, 貰って, 賄賂不, 迅速に, 逍遙子が, 通って, 遊芸の, 避けて, 避けること, 避けるの, 隠さうと, 隠さるべきもの, 隠そうと, 駒ヶ岳へと, 鼓舞し

▼ つとめ~ (51, 3.7%)

6 して 3 しめすなり 2 いたして, すること, するよう, 終って

1 [34件] あなたに, いたしたいもの, おろそかに, したり, すまして, するという, するわ, する事, せおって, なさねば, なすつて, はたすこと, やめて, 休んだ者, 分つ友, 励む, 命じさすの, 小さき鳥, 弁へてを, 忘れて, 拒んだなら当分, 果したが, 果したる後, 為すに, 申し出るであろうと, 程よく守り, 終つた主が, 耐えさせ友人, 肩に, 胸の, 致さねば, 致しましょう, 行いました, 離れて

▼ つとめ~ (31, 2.3%)

2 なるの, 出て

1 [27件] けりかく, じいっとし, なったところ, なったのね, なって, なりましたの, まぎらひて, 働いて, 入るもの, 出かけた留守中, 出ました, 出るため, 出ると, 出るという, 出るの, 出る其日, 命を, 導きたま, 忠実であり, 来られては, 欠けたと, 歩いて, 獨り, 移って, 行かうと, 行くの, 通って

▼ つとめても~ (25, 1.8%)

1 [25件] いなかった, いるし, いるの, すぐには, その甲斐, その空席, だめだった, とても敵, なんの, もはや昔どおり, やはりその, よろしいずいぶん, クリストフが, 五位の, 出来ませんよ, 唇が, 平坦で, 従姉に, 斯う, 毎年別の, 甲斐の, 話して, 軽輩者百金の, 離反は, 駄目だった

▼ つとめながら~ (25, 1.8%)

2 答えた

1 [23件] お話の, そこの, その間から, ちょいちょい当惑そう, できるだけ多く, なおも怪しい青い, ぼそ, 一語一語を, 修士課程を, 口ごもって, 口惜しさうに, 妙な, 室の, 彼の, 悲しむべき第, 扉に, 書きなぐった一片, 毎朝蝋燭を, 洋裁習つてゐます, 自分も, 苦しさ, 言った, 論説を

▼ つとめ~ (22, 1.6%)

1 [22件] ある方, こと, ため福島の, 一つで, 一つであり, 些ない, 人たちも, 傍ら少し, 合方, 合間を, 場所へ, 声が, 工合で, 帰りに, 快事と, 手前も, 方は, 易くその, 汗の, 行きか, 鐘が, 音が

▼ つとめ~ (18, 1.3%)

1 [18件] うまくいきませんでした, おしまいに, かなり忙しく, しなかった, するが, それより, つらいもの, 何事にも, 使者の, 俗界の, 十分に, 厄介な, 実に栄, 当然な, 果したくらし, 楽に, 第一, 見向かうとも

▼ つとめ~ (13, 0.9%)

1 [13件] かくては, したの, しないで, しなかった, すんで, ちょうどおわった, つくづくつらい, どうしよう, やめて, 大へん, 知れるごと君, 終りましたし, 辛いもの

▼ つとめ~ (12, 0.9%)

1 [12件] あるの, えりで, えりの, おわり中津, すまない, すむと, すんで, 始まる頃, 急に, 果せないため, 残つ, 科せられるはず

▼ つとめその~ (10, 0.7%)

1 ために, 三年間の, 人たちの, 功で, 子の, 当時世界中で, 所名前を, 所名前書を, 気むずかしい女, 縁談に

▼ つとめたり~ (10, 0.7%)

1 あるいは眼, した, したこと, して, しまいに秩父, する, すること, 散歩し, 時には神輿, 然も

▼ つとめ~ (9, 0.7%)

2 より一日 1 から帰っ, のその, のシュワルツエ・カッツエ, の組合食堂, の連中, よりかへり来, を休み

▼ つとめ~ (8, 0.6%)

1 だもの, と同じ, の兄, の常食五穀, の幸福, の心理, の生活, らしい若い

▼ つとめ~ (5, 0.4%)

1 が出来, が無い, もなく, をさがし, を捜さなけれ

▼ つとめ彼ら~ (5, 0.4%)

2 と同様 1 が申請, の道徳的標準, よりいっそう

▼ つとめつつ~ (4, 0.3%)

1 あったらしかった, ある, あるが, ある犬

▼ つとめでは~ (4, 0.3%)

1 あるが, ないかと, ないただいま, ないので

▼ つとめ~ (4, 0.3%)

1 いうを, くれあこりゃあ本, する, 新米の

▼ つとめ自分~ (4, 0.3%)

1 でも自分, のうち, の専横, の誤解

▼ つとめから~ (3, 0.2%)

1 お帰り, かえってからの, ひける刻限

▼ つとめ~ (3, 0.2%)

1 きである下町, っしゃい, へすれ

▼ つとめそれ~ (3, 0.2%)

1 が国, とお母様, 唯ひとつ

▼ つとめ~ (3, 0.2%)

1 ござります, 来る様, 記事を

▼ つとめでも~ (3, 0.2%)

1 あります, あるから, あるの

▼ つとめとして~ (3, 0.2%)

1 せっせとまわっ, ひらく花, 貴方は

▼ つとめこれ~ (2, 0.1%)

1 が夫人, を専一

▼ つとめじゃ~ (2, 0.1%)

1 ない, アございません

▼ つとめとしての~ (2, 0.1%)

1 価値が, 笑いでも

▼ つとめには~ (2, 0.1%)

1 出ません, 種々の

▼ つとめぶり~ (2, 0.1%)

1 は全く, を案じ

▼ つとめ他人~ (2, 0.1%)

1 の心配, の生命

▼ つとめ區役所~ (2, 0.1%)

2 がよひ

▼ つとめ~ (2, 0.1%)

1 母上の, 癩病院を

▼ つとめ同時に~ (2, 0.1%)

2 食卓給仕人と

▼ つとめ~ (2, 0.1%)

1 に三年, を富ましめ

▼ つとめ子供~ (2, 0.1%)

1 といっしょ, のよう

▼ つとめ母親~ (2, 0.1%)

1 の感情, は水汲

▼ つとめ~ (2, 0.1%)

1 にする, をふさぎ

▼1* [142件]

つとめあと二本は代役, つとめあやしいものの, つとめある者は, つとめいいえいいえ駒も, つとめうまくあたったとき, つとめかくて彼等, つとめかつぽれ, つとめぐされて艫が波打際, つとめここにも有力, つとめこそ怠って, つとめこの通りお, つとめこれから先如何に, つとめさきでのそういう, つとめさらにまた三宅周防守ら, つとめしばらく歩いてから, つとめそうすれば, つとめそこの常客, つとめそして時には, つとめその他の役, つとめその後も何故か, つとめそれから東京に, つとめちゃいけないの, つとめっぷり全くゼロ, つとめついに家財道具まで, つとめつぎには深み, つとめつつも往々に, つとめてさ初めは, つとめてさえどうした, つとめてという気らしい, つとめてはいなかった, つとめでと人に, つとめというものだ, つとめといふものを, つとめとこそ堕ち沈みけり, つとめどうなったでしょうね, つとめどちらの側, つとめなかなかの美術, つとめながらの若い老, つとめながらも次第にこみあげ, つとめなんかしねえ, つとめなんとか組の, つとめにこそあれ, つとめはみ仏の, つとめ往復し, つとめますます下賤, つとめやがて開業した, つとめようやく小高い一角, つとめよりも私達の, つとめオリヴィエをその, つとめキャベンディシュへは一週一回, つとめキンちゃんはあいかわらず, つとめハ短調交響曲の箍, つとめベッドへ入る, つとめ一つの家庭, つとめ一八六六年に死ぬ, つとめ万事が師匠, つとめ世間は暫く, つとめ主宰的精神の魔法, つとめ九世実如, つとめ二番目は病気全快, つとめ互いに名前や, つとめて統一, つとめ以外もっと大変, つとめ伯母さんはその, つとめは宿, つとめ元服祝いなども鎌倉御所, つとめ公務で何回, つとめ兵馬のため, つとめ冷静を失わぬ, つとめ凛乎として生きぬいた, つとめに書いた, つとめ勿論その職掌上, つとめ区役所がよひ, つとめ十年前ごろまでは村, つとめ午睡をむさぼる, つとめ又順天堂へ, つとめ叔父の玄, つとめ可愛いお嫁さん, つとめ否定せんと, つとめ四十二年後八十四歳で永眠, つとめ団十郎の岩藤, つとめには諸, つとめになる, つとめ夜芝居の勉強, つとめ大紫冠をいただいた, つとめ太秦王などとも親しく, つとめのお, つとめ実験生物学では人間, つとめ家族赤羽で強制疎開, つとめ屍体八十六個負傷者三百八名を収容, つとめ左団次が前髪, つとめ幾とせか, つとめ弱いものをば, つとめ彼女を励まし, つとめには牢番斬罪等, つとめ順に, つとめをふるい起し, つとめ忙しくとも宿下り, つとめ念ごろなり, つとめ我々が往来, つとめ支配的な位置, つとめ故にうちには, つとめ故人の面影, つとめ斥候としての報告, つとめ日々をむだ, つとめ日本でいえ, つとめ日本青年外交協会という, つとめ明治三十二年にその, つとめの身, つとめ出かけて, つとめ本人は福山, つとめ正しく法華経何巻とか, つとめ毎月師匠の持席, つとめを離れ, つとめは無くなり, つとめ水谷長三郎氏が経過報告, つとめからわが, つとめ準備はアメリカ, つとめ演題は人間, つとめ爾来代々の, つとめ田舎の開墾事業, つとめ町ソヴェトの役員, つとめ白骨温泉の女王, つとめ百有余所の大藩有林, つとめ礼楽を盛ん, つとめ税吏は酒池肉林, つとめ筋肉結締組織脂肪血液等もこれ, つとめ終戦後舞台へもど, つとめ職業に勤労, つとめ自らの切支丹, つとめ舛蔵が代っ, つとめ言わばジャン, つとめ許し賜はらば, つとめせたという, つとめ辛くもなにがしの, つとめ近隣を忍び歩い, つとめ近頃は大町さん, つとめ過去の清浄強健, つとめも煙草, つとめ鎌倉界隈では名うて, つとめ長生きをせね, つとめ養父菊五郎が木の葉天狗