青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つづく つづく~ ~つづけ つづけ~ ~つて つて~ ~つてる つてる~ ~つて來 ~つと
つと~
~つとめ つとめ~ つねに~ ~つまらない つまらない~ つまり~ つめ~ ~つもり つもり~ つる~

「つと~」 8482, 92ppm, 1208位

▼ つとした~ (217, 2.6%)

5 ことを 4 果樹園らしい 3 ことにも, 事で

2 [20件] ことから, ことが, ことだ, ことだつた, ことに, のです, やうな, やうに, 事件が, 奇術です, 心持に, 旅先からなどでも, 樣子で, 物の, 理由に, 用事を, 発見を, 空地が, 言葉の, 顏を

1 [162件] いつもの, いや決して, お外出, お着替え, かしない, かと思ひます, かと思ふ, が, ことで, ことでございます, こととは, ことにでも, このなん, その場限り, ところで, のが, のである, のは, ひつかかりが, ものが, ものの, ものを, もんだ, もんだつた, やうです, わけが, んだ, アツフエア不, イキだけの, オデン小料理で, ニュースを, ミトメ印ぐらゐなら刻れる, メモの, 一幕物だ, 一見じつに, 事が, 事だつた, 事にも, 人がらに, 仕事さ, 休息を, 何かが, 何でも, 例です, 保養な, 偶然の, 処へ, 出来事は, 加減で, 動きが, 動きでも, 勾配に, 原子爆弾を, 口は, 口論の, 可笑味, 品物だ, 喜劇が, 噴火ぐらい, 噴火で, 土の, 土産を, 坪が, 変な, 夕食を, 好意, 嫁入, 宛名たちの, 客來が, 小屋を, 居眠りでも, 山あそび, 廊下が, 建物の, 微罪で, 惡癖を, 意志表示が, 感じによ, 態度で, 應對で, 手入れと, 手入れを, 手品なんかを, 手荷物を, 拍子で, 挿話を, 掛額や, 掻傷らしい, 插話でしか, 文藝内容を, 新兵器, 旅行から, 時間を, 景色を, 晴れ間を, 機会に, 歩道で, 気配にも, 氣付の, 沈黙の, 洒落とか, 浮気心から, 深切である, 渡し船に, 満足を, 物を, 物音にも, 用が, 町位には, 真空状態に, 短い叫び, 破傷風で, 神経熱な, 科を, 秘密の, 窪地に, 立話にも, 符牒の, 筋でし, 紙一重の, 紛争が, 細かいこと, 肉づきだ, 興味を, 芝居を, 花瓶を, 荷物を, 菊の, 虚栄心で, 行違ひ, 言葉は, 誘惑を, 谷間みたいな, 足音にも, 身なりに, 身動きも, 返事を, 迷惑を, 運動を, 違ひでも, 部屋へは, 部落である, 金具やと, 長篇を, 間に, 間違ひから起つた, 関係で, 陣地を, 陰謀でも, 雜貨を, 雨の, 雨ふりも, 静寂が, 顔を, 風にも, 風邪から, 風邪の, 食物の, 飮み, 餓ゑや渇え, 騎士道に, 高原の

▼ つと~ (177, 2.1%)

33 てゐる 19 てゐた 87 てゐました, まもつ 6 て居る 4 ていた, てゐ, は何 3 てゐます 2 ては坐つ, て下さい, て置きたい, やつた, 据ゑてゐた, 當の, 當らない

1 [68件] てあげませう, てい, ていく, ています, てうなづく, てお, ておきたかつた, てからまた, てから耳, てくる, てくれた, てこちら, てごらん, てすぐ, てちやうだい, てねえさんラムネ, てはわからない, ては何, ては何方, てま, てまいります, てもわかる, ても耳, てやつ, てやりたい, てよい, てゐられる, てゐるだらう, てゐるらしい, て何事, て又, て居た, て居られ, て懐姙, て手, て時間, て来, て来る, て立つた, て笑つた, て腰掛けました, て遣つた, ながらあゝ, ながら一種, ながら片手, にはいかにも, にはどれ, には大きな, に來, に行きたい, は十四五, は善事, は大きい, は怖い, まはさ, やつて, やつて眼, 乍ら何気なし, 度い, 得を, 戍つてゐる, 据ゑた, 据ゑたがくそ, 据ゑてゐる, 据ゑられると背筋がぞ, 當が, 覺え, 違へる

▼ つとその~ (99, 1.2%)

3 眼を 2 珠を, 顔を

1 [92件] お弁当箱, お辨當箱, ことに, ことを, そぶりを, まつしろ, ショウ, 一見何でも, 一部始終の, 下で, 下人の, 不謹慎な, 中に, 中を, 事に, 人々の, 人の, 人も, 傾斜を, 儘寝ん, 前に, 前を, 剣を, 匂を, 原則に, 原始林に, 声に, 女の, 子の, 寝顔に, 小林の, 岩の, 左手を, 巨きい頭を, 帰趨を, 店には, 影に, 後ろ姿を, 恐ろしい顔, 扇面に, 手が, 手を, 批評を, 方へ, 日は, 晩木枯の, 有様を, 木の, 本を, 杉の, 様子を, 樫の, 母の, 沿岸の, 派手な, 無心は, 熱病期だ, 独眼を, 疲れ込んだ, 目禮を, 眼で, 短冊を, 石刻の, 硝子を, 私を, 笑ひ, 紙に, 美しい眸, 膝へ, 花を, 薄氣味惡, 虹へ, 行く手を, 裁判に, 親せきへ, 話に, 豚を, 踊りを, 返事を, 迹に, 途中で, 部屋を, 銀いろ, 面に, 面前に, 鞍わきへ, 音を, 頭に, 顏を, 顔や, 風景に, 黒髮山とか

▼ つと~ (96, 1.1%)

4 目にか 3 手を 2 嫁さんを, 時間を, 禮を, 雪は

1 [81件] あがりくださいまし, あがりくださいましお茶, あがりくださいましよ, あがりくださいませ, あがりくだすつて, いよさんの, うめやせな, きまりに, きみの, たずねします, たずねしますが, たずねしますがね, ぢいさん, つかない, つと胸, まちなさい, めえ等, わかれの, 世辞を, 互ひ, 休みな, 休みやしたのに, 伺ひいたしますが, 伺ひしたといふ, 伺ひしますが, 伺ひ致しますが, 元気が, 化粧を, 医者へ, 咲は, 城の, 姿を, 孃さんを, 孃樣に, 宅の, 寄りし, 寄りに, 富さんも, 富を, 寒くなりまし, 帰んなさいよ, 広間へ, 弁当を, 役に立つて, 復習を, 悔みに, 手伝ひ, 手紙でも, 拭きなされませい, 拵らえ, 持ち下さい, 時宜を, 書類を, 月さまを, 月様の, 末を, 歩きよ, 気の毒みたいです, 浚ひ, 浚へを, 父様は, 糸をと, 縁側へ, 考へにな, 艶は, 藤姐御, 見かけした, 見舞に, 見送りしよう, 訊ぎ申しあんす, 訊ねします, 訊ねしますが, 辨當を, 返事の, 通下さい, 邪魔に, 隣りへ, 隣りまで, 顔色を, 願ひ, 高を

▼ つと~ (92, 1.1%)

6 をつぶ, をつぶつて, を閉ぢ 5 を伏せ 3 をこらし, をすゑ, をやつ 2 をつむ, をふさい, を据ゑて, を見, を開い

1 [50件] がくらむ, がさめた, がさめ鳴く, がチク, くばせすると, と眼, についた, に泛ん, のふち, の下, の前, の覺め, を, をおとし, をこす, をこらすだらう, をす, をつぶつて一時頃, をつぶりなさい, をはなし, をぱちくり, をひらい, をみ, を下, を伏せた, を光らせ, を凝らす, を寄せつけ, を据えた, を据ゑてゐた, を据ゑて次, を放さず, を注ぎ, を白い, を皿, を眠つた, を瞑, を瞑る, を瞠, を落し, を見す, を見合せた, を見開いた, を視, を送, を送りました, を開いた, を開けさせる, を離さず, を離し

▼ つと~ (78, 0.9%)

22 をついた 11 を殺し 5 をつい 4 をつく, を吐いた 3 をし 2 をつきました, を吐い, を吐く

1 [23件] がとまり, する葉, のつける, をころし, をした, をしつ, をす, をつき, をつぐ, をつめ, をひそめ, を入れ, を入れた, を凝らした, を凝らしてる, を吐きました, を呑む, を引い, を殺した, を窺つて, を衝きました, を衝く, 若しい

▼ つと~ (72, 0.8%)

6 間に 4 間でも 3 事で, 間だけ, 間の 2 間ながら, 間を

1 [49件] うちに, うち立話を, ことにも, しゆ, つぴき, ところで, ところの, ゆだ, ように, 二者が, 兎に, 出し方, 別れで, 外出に, 寒風に, 思ひちが, 所で, 旅立ちの, 歴史を, 油断で, 病気ならとん, 自信さへも, 落付いた, 行き違, 語尾脱, 間, 間きよと, 間せ, 間で, 間です, 間と, 間どこかで, 間は, 間びつくりした, 間も, 間佗しく聞え, 間川と, 間廊下で, 間憶ひ出し, 間暗く, 間泥の, 間皆に, 間苦笑し, 間見ない, 間野原の, 間鍛冶屋の, 間額に, 隙が, 隙に

▼ つと待つ~ (70, 0.8%)

1412 て下さい 8 てくれ 7 てゐる 4 てゐ 2 てください, てねちよ

1 [21件] ておい, ておく, ておくれやす, ておくん, てくださいまし, てくれた, てくれ給え, てちやうだい, てつかは, てよ今, てゐた, てゐよう, てをれよ, て下さる, て下され, て下されませ, て取つ, て呉れ, とつと, やうな, よりほか

▼ つと~ (65, 0.8%)

4 も口, も石城 3 も訣つて貰, 好いん 2 いいの, も早く, も油斷

1 [45件] あつた人, いいから, いいん, けえ, はいつて, もい, もきぬ, もすき, もそんな, もつつかれ, もぽかんと, もむかふ, もやらねえ, もよく, もアイマイ, も今, も來, も傍, も前, も動かせ, も動く, も固定, も宜, も屍体, も弓, も性慾, も構はず, も気に入る, も氣, も滞つたら, も知, も考へ, も膝, も臭味移らさん, も言う, も逢つて, も顔, も顔色, も飮め, よろしい半年ぐらゐでも, よろしうございます, 別れる, 忘れるとこ, 思ふこと, 済むこと

▼ つと眺め~ (64, 0.8%)

23 てゐた 19 てゐる 6 入つた 2 ていらつ

1 [14件] てされ, てゐ, てゐたら, てゐます, て云, て居たく, て彼女, て来た, でもしたかつた, ながら, ながらゆき子, ながら多く, ながら黙, 入つて

▼ つと見つめ~ (60, 0.7%)

19 てゐる 10 てゐた 4 て居た 2 てさ

1 [25件] たり盃, て, ている, てまた, てやらう, てゐたら, てゐます, てゐられない, て募る, て居る, て待つ, て理性, て私, て立つ, て部屋, て黙, ながら, ながら四方, ながら少年, ながら忍び音ひとつ, ながら焦れ, ながら静, また急, 国民一人, 頬を

▼ つと~ (57, 0.7%)

7 を飜 6 を顫 4 を起し 3 にしみ, を寄せ 2 をひる, を入れた, を引いた

1 [28件] にしむ, に染む, に沁む, に着けた, に迫る, の冷たく, ぶるひし, ぶるひして, も世, ゆるぎも, をおこし, をまかせ, をよけて着物, を入れ, を入れたら, を固く, を引い, を引き, を引く, を潜めました, を翻し, を翻します, を起こし, を起した, を躍らし, を躱し, を退いた, 振を

▼ つと~ (55, 0.6%)

8 の顔 4 の顏 3 の前, の方

1 [37件] から申し上げたい, が凝視むる, が咳き入る, が坐つ, にある, には耳新しい, に背, のいふ, のそんな, のほう, の体, の傍, の原稿, の周囲, の唇, の心, の挙動, の目, の眼, の背, の近く, の部屋, の頭, の頭上, の鼻, はあなた, はその, はまるで, は私, は船, は見まじき, を凝視め, を惹きつけ, を見た, を見守, を見返し, を面くら

▼ つと立つ~ (53, 0.6%)

7 てゐた, てゐる 2 たま, てゐました, て逃げる

1 [33件] ていた, ていつ, てかれ, てこの, てその, てそれ, てまた, てみる, てゐよう, て不思議, て何, て其女, て奥, て小使, て居る, て廊下, て戸口, て東側, て棚, て男たち, て窓, て緩, て縁側, て耳, て裾, て見, て解職願, て途方, て階段, て電燈, て震, て青年, 此の

▼ つとそれ~ (52, 0.6%)

5 を見 3 に見とれ 2 に耳, を見た, を見詰めた, を遣り過し

1 [36件] あ言, がいや, がマドンナ, に就い, に手入れ, に目, に眼, に見入つて, に見入り, の一端, はこつち, は逃げ口上, ばかりを眺め, をとつ, をみつめ, をやつ, を制し, を噛み, を壊し, を後ろ, を御, を思ひ出し, を我慢, を握りしめ, を眺め, を眺めた, を考, を聞いた, を聴い, を見つめ, を見守, を見詰め, を見送, を覗く, を辛抱, を離し

▼ つと~ (51, 0.6%)

6 てくれ 3 てね, て下さい 2 て, てください

1 [35件] ぢらせない, てあて, てい, ていた, てお, ておく, ておくれ, てお座敷, てくれない, てこちら, てはそこら, てもつきます, てもよから, ても育つ, ても育て, てやつ, てやる, てよ, てよそ, てコツプ, て一人, て下され, て俺達, て停車, て出, て呉れい, て寝たら, て小, て尻食, て来た, て猫, て私, て行つて, て逃げ出し, て逃げ出す

▼ つとする~ (50, 0.6%)

7 やうな 42 ほどあやしく美しい, ものを, やうな思ひ, 悪夢の, 程に

1 [29件] くらゐだ, といふ, と云, のであつ, のであります, のである, ほどいや, ほどに野卑, ほど寒い, ほど思ひ出される, ほど恐い, ほど愛嬌, ほど綺麗, ほど美くし, ほど美麗しき, ものが, やうに, よ, ような, わだ, 事なども, 坊さんだ, 強い油虫, 瞬間だ, 破船の, 私には, 程, 程寒く, 程恐ろしい

▼ つと~ (50, 0.6%)

9 を傾け 6 をすまし, を澄まし 4 を澄し 3 を澄, を澄ませ 2 をかたむけ

1 [17件] にした, の中, をかしげ, をすました, をすまします, をすます, をすませます, を傾けた, を傾ける, を引立て, を押し付けた, を澄まさず, を澄ました, を澄ませた, を立てた, を藉, 傾けて

▼ つと~ (48, 0.6%)

3 を見合 2 をお, をしかめた, をそむけた, を上げる, を出した, を出しました, を引いた, を紅らめ, を見つめ

1 [27件] が青く, にあたる熱気, を, をあげ, をかし, をくもらした, をだし, をのばし, をみせる, をゆがめた, をよける, を上げ, を上げた, を俯けた, を出し, を現, を突き入れ, を背ける, を見せ, を見合せ, を見合つて, を赤く, を赤め, を赤らめ, を赧, を赧め, を赫め

▼ つと~ (43, 0.5%)

14 ふ間 5 ふ間もなく 2 はせて, ひ澁, ふまに

1 [18件] つたま, つたら貴方, にいへ, はせるつもり, はせるやう, はせる様, はれて, はれるまでに, ひかた, ひかぬる事, ひたいこと, ひ現, ひ畢, ふ吹雪, ふ拍子, ふ考, ふ草, ふ語

▼ つと~ (42, 0.5%)

4 をつけ 3 をつぶつて 2 をつぶ, を注い, を閉ぢ

1 [29件] が眩ん, が覚め, が覚める, には私, に入れ, に立つ, に見え, に見えない, に険, の前, の醒めた, をあ, をさらし, をす, をすゑてこ, をそそぎ出した, をつぶります, をとじ, をとぢ, を据ゑ, を据ゑたまま, を据ゑて, を据ゑてゐたが, を据ゑて身, を瞑, を瞑つた, を逸す, を閉ぢよう, を開い

▼ つと~ (42, 0.5%)

4 ひました 3 ひ崩れた, ふ 2 ひ出した, ひ声, ふ口元目, へない

1 [24件] つたら兄, つたり, つたりも, はす, はせ唸らせる, ひかけた, ひこけた, ひこけるやう, ひぬ, ひを, ひ出しました, ひ小さな, ひ崩れて, ひ崩れました, ひ轉, ひ顔, ふたその, ふて右手, ふであらう, ふといふ, ふの, ふもこの, ふ程, ふ聲

▼ つと見詰め~ (42, 0.5%)

17 てゐる 11 てゐた 2 て居た

1 [12件] たりなんかし, てはいきなり, てゐ, てゐました, てをりました, て居らる, て居られた, て立つ, ながらその, ながら云, ながら言, よ

▼ つと~ (37, 0.4%)

3 まつて 2 出て

1 [32件] うせろ, もつて, トンネルの, 今すぐおらとこをこつちから, 先頭に, 前へ, 去つて, 去に, 小田原へ, 居間へ, 帰つておくれ, 引き返した, 悪魔の, 押しかへ, 掌を, 朽木橋を, 歩いた, 歩いて, 歩き出した, 歸つて貰は, 歸れ, 流れて, 消え失せやがれば, 渉猟した, 私の, 表へ, 軽く微笑, 追ひつ, 退いて, 逃げた, 道の, 駈けろ

▼ つと~ (37, 0.4%)

4 てくる, て来る 2 て, て來, て来, て行つて, にけり

1 [19件] が下宿業, づ, てし, てゐる, て俺, て彼, て来た, て来たら, て行, て行く, て見ねえ, て見る, でつも, で来し, のやう, の子供, の田舎親爺, の私, 來が

▼ つと~ (37, 0.4%)

3 をのばし 2 を休め, を伸ばし

1 [30件] かし, がつけられず, でひつぱつただけでぴりぴりと, にあまし, にとつ, にもつ, に触, の中, の出せない, をあげた, をすくめた, をはなし, を上げ, を伸し, を伸べ, を入れた, を出し, を出し眺める, を取ろう, を延し, を延ばし, を拱い, を揚げ, を擧げ, を當, を組んだ, を見る, を貸し, を離す, を額

▼ つとこの~ (34, 0.4%)

2 庭も, 緑の

1 [30件] お客さまに, ことを, ぼけ窶し, ま, 不安こそが, 俺を, 儘か, 回想録の, 声を, 大庭常子なる, 感激今日では, 手紙読ん, 本を, 本能を, 様子を, 次の, 湖景を, 点で, 男の, 画を, 画家の, 白い橋, 舟へ, 花叢を, 行き倒れを, 訪問者は, 身を, 運算書を, 門の, 馬の

▼ つと~ (34, 0.4%)

5 を下げた 2 の上, を上げた, を下げ, を抱

1 [21件] にのせ, にひらめいた, に浮ばない, に閃いた, の中, をあげた, をあげました, をお, をつき出す, をひねつた, をひねれ, をもたげた, を上げる, を下げる, を傾げた, を働かせ, を出した, を動かした, を押, を掻き, を首

▼ つとばかり~ (33, 0.4%)

1 [33件] いな, お前の, どよめき渡り, やりますが, よくなかつた, ソーダーフアウンテンで, ノスタルジヤに, 丈の, 不気味ぢや, 乞食の, 例外だ, 切つて来た, 切りました, 年期を, 悪魔に, 手には, 手堅い作品, 押し入, 掘つて, 旅館に, 本を, 気持が, 氣づまりにさせはしたが, 泣き伏す, 涙さしぐむ, 畑を, 眺めしが, 變な, 責任を, 贅沢だつた, 途方に, 違ふと, 違ふところが

▼ つと立っ~ (33, 0.4%)

42 てお, て神前, て行っ

1 [23件] てき, てしまった, てなげし, てわが, てハンカチ, てピアノ, てリボン, て例, て台所, て奥, て嫂, て廊下, て後ろ, て来, て栄二, て殿, て着物, て窓, て縁, て評議, て障子, て青年, て食堂

▼ つと自分~ (32, 0.4%)

3 の顔 2 の小さな, の悲哀, の膝

1 [23件] が手, に似せ, に歸, に立, の嘘, の国, の好き, の姿, の家, の心持, の懷中, の樣子, の胸, の脚, の醜, の顏, はテーブル, も褌一つ, を省み, を見, を見上げた, を見守つた, を追

▼ つとそこ~ (31, 0.4%)

4 に蹈 2 に立, に立ちすくん, まで

1 [21件] いら, から玄関, から離れた, で手間, にはお, に立盡, に要求, に面白い, のベンチ, の囲い, の様子, へ出, へ現れた, へ躍りこんだ, へ這入る, までいつ, まで出, まで散歩, を脱, を離れた, 覗いて

▼ つと考へ~ (29, 0.3%)

5 てゐた 4 て, てゐる

1 [16件] ていとも, てお母さん, てから答, てみた, てみる, てもそれだけ, ても直ぐ, てをられた, てをりました, て伯爵, て又, て急, て見た, て見る, て見れ, に迷

▼ つと~ (27, 0.3%)

4 の顔 2 を見守つた

1 [21件] によりそつ, に向, のする, のやつ, の上, の後, の後姿, の手, の挙動, の目, の眼, の表情, の顏, は困つた, は屠, は私たち, も叫ばね, をも馬, を見, を見つめた, を見詰め

▼ つと見る~ (27, 0.3%)

2 とそれ

1 [25件] だけよろしい, だけ見たい, と, とある, とさうだ, とすばらしい, とにやけ, とフランチョット・トーン張り, と一枚, と二十五人, と今, と単純, と夏, と常, と平和, と怖い, と片足, と窓, と言, と赤土, のが, のであつ, や詫びる, 必要が, 茶色なり

▼ つと~ (26, 0.3%)

8 へ込ん 4 へ込んだ 3 へこん 2 へこみました, へ込んでしまつた 1 へがある, へこんでしまつた, へさせ, へもんだ, へ深く, へ込みました, へ込む

▼ つと安心~ (24, 0.3%)

7 した 2 して, しました, する

1 [11件] したやう, しもう, し立ちのぼる湯気, すると, するの, する様子, のその, の溜息, はした, もした, 致し候時

▼ つと~ (23, 0.3%)

7 とした 3 と感じられ

1 [13件] とこれ, として生きたい, として貴族的, とだ, と双方, と答, と素直, と絡み, と自然, と落ちた, と落ちついた, と調子, と高く

▼ つと~ (22, 0.3%)

9 なはれ 2 けどうつ

1 [11件] かな, けどまあ, けどズーッ, けど亀, けれどあなた, けれど会社, ぞ, の字, びすぢをなめまはしたりします, わけには, わけにや

▼ つと~ (22, 0.3%)

2 かを鉄砲, か考え

1 [18件] かが木の葉, かになる, かに驚かされ, かひどい, かをう, かをさ, かを抑制, かを見つめ, か別, か物, か話しかけ, か買, があつ, ともいへ, のこと, も見えない, をかん, をか考

▼ つと~ (22, 0.3%)

1 [22件] から峠道, です, なる意識, にお越し, にすすん, にどこ, に二三度ギロリ, に帰, に帰つて, に挙げた, に日, に来る, に泉ガレーヂ, に突き出された, に見えました, へせせりだした, へ出し, へ突き出る, へ踏み出し, へ進み出た, へ飛出し, 林田から

▼ つと~ (22, 0.3%)

1 [22件] からすべらせ, では説明, に出した, の中, の辺り, まで持っ, をおつけ, をつぐん, をつぐんだ, をとじた, を入れた, を出した, を喋んだ, を噤む, を噤ん, を寄せた, を結ん, を結んだ, を綻ばせ, を緘, を開い, を開いた

▼ つと~ (21, 0.2%)

5 をかけ 2 をあげ, をあげた

1 [12件] たてるを, をあらためた, をおとした, をたてた, をのん, を上げ, を上げた, を揃, を揚げ, を立て, を立てたら, を立てました

▼ つと~ (21, 0.2%)

3 をかしげ

1 [18件] だけ後, のま, の毛, はひねる, をあげ, をう, をかしげた, をかしげる, をひねつた, をひねり, をひねりたく, をもたれ, を伸ばした, を傾けさせる, を傾げ, を傾げました, を後, を突き出し

▼ つと~ (20, 0.2%)

3 の顔

1 [17件] が手当, には同意, には見当, に解りかけ, に近づい, の側, の傍, の家, の家庭, の手, の耳, の言, はその, を不安, を睨ん, を見つめました, 考へて

▼ つと~ (20, 0.2%)

3 になつ, のきいた

1 [14件] いつけるわけ, がつかぬ, がとがめ, がひけた, にかからない, になつたん, のついた, の利いた, をかへて一時, をつけたら, を変え, を外らし, を失つて, を惹かれる

▼ つと~ (20, 0.2%)

2 を安め

1 [18件] が冷たく, が開く, なでおろして, にあて, にこみ上げ, に包ん, に抱き締め, に浮んだ, をお, をなでおろした, を引きぬ, を撫でおろした, を撫でおろす, を撫で降し, を突き出した, を衝かれ, を衝かれた, を衝かれた思ひ

▼ つと面白い~ (19, 0.2%)

2 ところが

1 [17件] お話を, ことが, だらうな, では, と思, と思つた, と思つて紹介, と思ひます, と思ふ, んだ, 事な, 所だ, 新消息, 芝居だ, 話が, 話で, 顔だ

▼ つといふ~ (18, 0.2%)

1 [18件] ことである, ことは, ざわめきと, と一本, と引, ほど九郎, ものの, やうな, より寄せし, 叫び声が, 叫び聲が, 喚声が, 寄手の, 寮生たちの, 気持の, 汽船の, 発熱で, 笑ひ

▼ つと~ (18, 0.2%)

2 いつて, 名を

1 [14件] いる気, こなかつた, その誰, づれて, ひつて, ひると, ふり落ちる涙, もう見当, 思ひ出せない程幾晩, 本当らしく見え, 生き生きしも, 疑ひを, 面白いけれども, 駄目だ

▼ つと大きな~ (18, 0.2%)

2 輪を

1 [16件] あひるさんがつつ, ことが, たう, のかも, ものが, ものに, 仕事が, 助成誘導の, 吐息と共に, 問題も, 土の, 声を, 息を, 汚ない, 癖に, 翼を

▼ つと~ (18, 0.2%)

3 て下さい, て見

1 [12件] てあんた, てくれ, てさつと, てみない, てもすぐ, てもらつた, て呉れ, て呉れない, て留つた, て肩, て診ました, 庵

▼ つと聞い~ (18, 0.2%)

8 てゐる 2 てみた, て居る 1 ており, ては日本語, てま, てゐた, て居た, て来ます

▼ つとお待ち~ (17, 0.2%)

4 になつて 2 下さい

1 [11件] ください, くださいませ, して, なさいあたし, なさいよ, よ, 下さいまし, 下さい其邊, 下さるよう, 下され, 遊ばして

▼ つとこちら~ (17, 0.2%)

5 を見 2 を振り向かれ 1 に射られる, に眼, のご, の小舟, へと案内, へ伴, へ来, を凝視め, を見た, を見る

▼ つとちよ~ (17, 0.2%)

8 つと 3 つとちよ 2 つかいを 1 つとあれ, つとあんた, つとお前, つとねえ

▼ つと~ (17, 0.2%)

7 そつとの 4 そつと, そつとでは 1 そつとには, ねかもぢ

▼ つとまた~ (16, 0.2%)

2 眼を

1 [14件] かへし, こ, さつと, 其古道具屋は, 別に他, 妙な, 寂しい気, 後が, 抱きしめた, 杖に, 眠つたところです, 笑ふ, 聞えて, 起ち上つて

▼ つと坐つ~ (16, 0.2%)

12 てゐる 1 たま, てくれません, てゐられない, て時どき

▼ つと彼女~ (16, 0.2%)

2 を見

1 [14件] から見詰められ, に眼, の側, の後姿, の手, の身体つき, は意識, は空二, は起ち, は面白く, を睨めあげた, を見守つた, を見守り, を視つめ

▼ つと立ち上っ~ (16, 0.2%)

1 [16件] て, てしまった, てその, てビクトロラ, て客間, て室, て帽子, て庭, て廊下, て手洗い, て支那間, て敏子, て杖槍, て畳, て私, て窓

▼ つと一息~ (15, 0.2%)

3 ついて 2 ついた 1 した, しながら, ついたが, ついたもの, ついたものの, つく気持, に通りすぎ, 吐いた, 吐いたか, 長き溜息

▼ つと~ (15, 0.2%)

2 に落ち沈む

1 [13件] いて, から由良, つて居る, におろした, にゐ, に向け, の方, の端山, へ来, をむい, を向い, を見おろし, を見下し

▼ つと~ (15, 0.2%)

2 を見

1 [13件] に吹き, に耳, に身構, の方, へ向, ゆくは, をしばらく, を仰いだ, を指した, を眺め, を見あげ, を見つめた, を通つたの

▼ つと見た~ (15, 0.2%)

3 ところでは 2 だけで 1 が口惜し, その男, だけだつた, だけでも金, のである, よ, 後に, 所では, 時諸君は, 美しい婦人

▼ つといふ間~ (14, 0.2%)

2 にその

1 [12件] にもう, に一尾, に三人, に仏, に十重二十重, に取れ, に持出す, に掌, に氣球, に起つた, もない, も無

▼ つとばかりに~ (14, 0.2%)

1 [14件] おし寄せ, 中を, 仕事の, 凝視めて, 半身を, 声を, 津波の, 私の, 織匠, 荒波の, 襲撃する, 逃げ出すわれ, 銀色の, 驚かざること

▼ つと~ (14, 0.2%)

3 を見

1 [11件] から家, にあふれ, には無, に出た, の事, へやらし, へ出, へ行く, を眺め, を眺めた, を覗い

▼ つと~ (14, 0.2%)

2 の中, へ帰つて 1 に知らせられない, のなか, の小鳥, の方, へはいつた, へ來, へ帰, へ行つて, へ顔出し, を空けた

▼ つと我慢~ (14, 0.2%)

3 して 2 のできない, をし 1 がならなかつた, したが, しようと, すること, するより, する以外, の忍耐

▼ つと~ (13, 0.2%)

2 てしまふ, やがん 1 たりした, たりひよつ, ております, ながら, ながらいつも, ながらつく, ほかひ, まひまで, よ

▼ つと~ (13, 0.2%)

1 [13件] かしい, かしいこと, かしいだけ, かしいと, かしいな, かしいみたい, かしい気, かしく燃えました, さないもの, 半分に, 大きく出し, 対照し, 感じました

▼ つと~ (13, 0.2%)

2 つたやう, ひながら, ふ間 1 はしてやらう, ひさつと, ひ憎い, ひ続けようとして, ふに, へない, へり

▼ つと~ (13, 0.2%)

5 つて来た 2 つて来 1 つた, つた邊で, つてごらんなさい, つて荒々しく, つて行つた, 来る一郎

▼ つと堪へ~ (13, 0.2%)

2 てゆけ, てゐる 1 てゐた, てをりました, て争はず, て又, て星, て来た, て私, て見物, ながら凝視

▼ つと~ (13, 0.2%)

2 つてるな, な気 1 だと, つた, つた趣向, つて, つてるわ, つてるん, なサツカリン, な気持, な趣向

▼ つと~ (13, 0.2%)

3 を向い 2 を向いた 1 にかしげ, にそれ, になつ, になつた, に倒れた, に傾げ, の路次, をむいた

▼ つと此方~ (13, 0.2%)

3 を見, を見詰め 1 から瞶め, へおいで, へゐ, を睨め, を見た, を視詰め, 向いて

▼ つと溜息~ (13, 0.2%)

7 をついた 2 をつい 1 ついて, をつき, をつく, を衝いた

▼ つと~ (13, 0.2%)

3 はれて 2 はれたの, 實な 1 はし, はす, はれた, はれた大, はれます, はれるの

▼ つと白い~ (13, 0.2%)

2 歯を

1 [11件] のが, ものが, 斑点が, 毛が, 湯気が, 葉裏を, 蒸氣が, 裳が, 雲が, 顔を, 飛沫が

▼ つと相手~ (13, 0.2%)

4 の顔 1 に凝らし, の容子, の眼, の鼻先, をからかつて, をへこまさう, を窺つて, を見た, を見つめた

▼ つと立ち~ (13, 0.2%)

42 て頬 1 かへり, て桟橋, て烏羽玉, て角燈片手, 出でて, 通して, 通しで

▼ つと行つて~ (13, 0.2%)

3 見て 2 まゐりませう, ゐら, 来るよ 1 呼んで, 来ますから, 来るわ, 見るだけでも

▼ つと~ (13, 0.2%)

3 守つてゐる, 詰めて 2 つめながら, 入つて 1 おろして, つめた, つめる少年

▼ つと~ (13, 0.2%)

1 [13件] いろが, から引い, をあげ, をくるん, を出し, を出しました, を出す, を合せ, を突出, を赤く, を赤め, を赧, を赧らめ

▼ つと~ (12, 0.1%)

1 [12件] たこの, たさの, たり, て, てお茶, てください, てゐる, て見, て鳥, なかつたが, ましたよ, ると

▼ つと~ (12, 0.1%)

1 [12件] が寒く, が燒, が躍る, にくいほどの, に叫ん, に春めく, の底, の眼, は臆, を張り, を落ちつけよう, を虚しく

▼ つと~ (12, 0.1%)

2 へ出 1 のポスト, へ, へ六日ぶり, へ出かけ, へ油買, までた, まで出かけ, まで出かける, まで出た, まで午前

▼ つと~ (12, 0.1%)

6 をおい 1 が抜けてん, が有ります, もぢ, をおき, をもたせ, を置い

▼ つと~ (12, 0.1%)

3 を立て 2 がした, して 1 がし, のしない, のする, もなく, をたて

▼ つとこつち~ (11, 0.1%)

2 へはいつ 1 に眼, へ來, へ來い, へ来, へ背, をごらん, を見, を見つめ, を見る

▼ つと~ (11, 0.1%)

1 [11件] つてあなたを, つてうろ覚えの, つてしまつ, つて來た, つて地面に, つて子供の, つて憤り, つて田舎の, つて鋤で, のだ, んです

▼ つと呼吸~ (11, 0.1%)

3 をついた 2 をつく, をつめ 1 したやう, をし, をつきし, をひそめ

▼ つと早く~ (11, 0.1%)

1 [11件] このこと, そのこと, それに, 使用権を, 其手當を, 判るはず, 始めたら妙, 安里の, 春を, 書き留められたもの, 見て

▼ つと~ (11, 0.1%)

4 の間 3 を寄せた 1 をひそめた, をひそめる, を動かせた, を曇らした

▼ つと~ (11, 0.1%)

3 上って 2 止まつて 1 上った, 停つてあたり, 止った, 現れて, 留るとか, 竦んで

▼ つと起ち~ (11, 0.1%)

4 あが 2 上つた 1 て, 上つて最も, 上つて煙の, 上つて部屋を, 上りざま

▼ つと~ (11, 0.1%)

3 つてゐた 1 つた後第, つていらつ, つてろ, つて眺め, つて考えこんだ, つて聞い, つて茶を, つて観察し

▼ つといた~ (10, 0.1%)

2 方が 1 から, からね, がな, けどあの, のか, よ, らい, 音信を

▼ つとこら~ (10, 0.1%)

6 へて 2 へた 1 へられるだけ, へろ

▼ つとつた~ (10, 0.1%)

2 んぢ 1 から間, が, が此の間みたい, ぜ, で, です, に, はるので

▼ つとでも~ (10, 0.1%)

1 お遁, そちの, のぞいて, 不満な憧れ, 仕合せに, 動いたら少年, 所謂, 迷惑気な, 邪魔に, 金沢へ

▼ つとポスト~ (10, 0.1%)

1 まで, までちよ, までどう, まで出かけたい, まで出かける, まで汗びつしよりになつた, まで練兵場, まで落ちる, まで途上, まで途中慣習的

▼ つと~ (10, 0.1%)

2 の目 1 が真黒, には解り兼ねる, の來, の家, の書き, の顏, を恍惚, を愛し

▼ つと動かず~ (10, 0.1%)

4 にゐた 2 にゐる 1 にはゐる, に凍てつい, に居た, に松

▼ つと吐息~ (10, 0.1%)

5 をし 4 をついた 1 に換

▼ つと~ (10, 0.1%)

2 を噛みしめ, を噛ん 1 に触, へ当てた, へ持っ, を噛んだ, を噤んだ, を着けよう

▼ つと~ (10, 0.1%)

2 を起っ 1 が白ける, をたつ, をたつた, を外した, を立ちました, を立っ, を立つた, を起つた

▼ つと~ (10, 0.1%)

2 のこと, の青く 1 しざりを, にし, の寛政年間, をふり返, を見た, を追

▼ つと想像~ (10, 0.1%)

1 がつかない, がつかん, ができません, が出来なかつた, すること, のつかない, のレンズ, の及ばない, はつきません, 出来ぬ姿

▼ つと~ (10, 0.1%)

3 の利いた 1 がつい, がついた, がつかなかつた, がとがめた, どつた, のついた, の弛み

▼ つと~ (10, 0.1%)

1 でする思はせ, で呼吸, の荷, をすくめる, を張つて, を掻い, を竦めます, を縮めます, を落した, を落す

▼ つと辛抱~ (10, 0.1%)

9 して 1 するだらうか

▼ つと顔色~ (10, 0.1%)

7 を変 1 をかへて直ぐ, をかへました, を動かせた

▼ つと驚いた~ (10, 0.1%)

2 やうな, ように 1 のだ, やうに, 彼女は, 表情を, 風で, 風を

▼ つと~ (10, 0.1%)

1 で笑つて, に来る, のつま, の先, ひりて, をすゝ, をついた, をつく, を手拭, ん中

▼ つとこそ~ (9, 0.1%)

2 沈め, 消ぬれ 1 とまれ, 一人, 移れ, 萎め, 躍れ

▼ つと~ (9, 0.1%)

4 てゐる 3 てゐた 1 ていた, て降りよう

▼ つと~ (9, 0.1%)

2 物を 1 げな, ぞ, といふ氣, にご, のぢ, やうや, 小函

▼ つと~ (9, 0.1%)

1 にはわかり, に見られない, のもの, の尊い, の展覧会, の画家, の租界, の言, の魚

▼ つと~ (9, 0.1%)

3 つてゐた 1 つてゐました, つてゐよう, つて相手に, つて考へ, を下っ, を立たない

▼ つと意外~ (9, 0.1%)

1 だつた, だといふ, なよう, にすらも感じさせられる, に思, に思い, に感じた, に感じました, らしい表情

▼ つと~ (9, 0.1%)

2 へ付け 1 へて, へながら元, へながら訊く, へるやう, へる心もち, へ左柳これ, ゆるこころ

▼ つと~ (9, 0.1%)

2 へてゐた 1 へてにや, へてゐなさらなけや, へて無心, へて黙, へながら全身, へるやう, へ耐

▼ つと明るく~ (9, 0.1%)

3 なつて 1 さしてゐ, なつた, なつて人々, なるとい, 浮き出て, 煙つてゐる

▼ つと~ (9, 0.1%)

2 をぶつ 1 にふれ, にもぐ, に手, の深み, の行方, をいた, を見

▼ つと~ (9, 0.1%)

2 がみつめ 1 にそそぎ, に背, の傍, の手, の様, の顏, を待ち続け

▼ つと考え~ (9, 0.1%)

2 ていた, ている 1 てごらん, て見た, て見れ, にくい, 従って所謂自然そのもの

▼ つと~ (9, 0.1%)

2 を組ん 1 がのび, をつき出した, をのばし, を差し延べ, を拱, を拱い, を組んだ

▼ つと~ (9, 0.1%)

3 がある 1 がありまし, が出た, が別に, はした, をした, を聴い

▼ つと~ (9, 0.1%)

1 とめて, の甲, をあげ, をつきだす, をとめた, を早め, を止め, を留め, を返した

▼ つとあの~ (8, 0.1%)

1 上を, 人には, 人の, 森の, 河童を, 腰つきは, 與吉の, 鳥の

▼ つと~ (8, 0.1%)

3 うして 2 はつて 1 ういふところ, うは, はれば

▼ つと同じ~ (8, 0.1%)

2 い花 1 い, に用, ものでない, やうに, 影法師が, 蒲團の

▼ つと困る~ (8, 0.1%)

2 のだ 1 ことを, と私, と親, ね, のである, 話である

▼ つと好い~ (8, 0.1%)

1 があの, なと思, 上さんぢや, 大年増, 気持で, 着物を, 考へを, 顔を

▼ つと思ふ~ (8, 0.1%)

1 けど駄目, と夢, と直ぐ, のである, ほど瓜二つ, やがて今, 間に, 間もなく八五郎

▼ つと散歩~ (8, 0.1%)

2 に行つて, をし 1 したが, に出, に来た, の序で

▼ つと~ (8, 0.1%)

2 の外 1 に顔, のそ, の下, の鳥籠, へ眼, をあけ

▼ つと聴い~ (8, 0.1%)

3 てゐ, てゐる 2 てゐた

▼ つと~ (8, 0.1%)

2 をかけた 1 で締めて, をおとす, をかけ, をす, を延し, を浮かし

▼ つと~ (8, 0.1%)

3 の先 1 がためらった, にのせる, をだし, を出したい, を刺す

▼ つと覗い~ (8, 0.1%)

2 てみる, てゐる, て見よう 1 てみた, てみたく

▼ つと躊躇~ (8, 0.1%)

1 されたけれども, した, したのち, して, しました, するが, の色, をした

▼ つと身体~ (8, 0.1%)

2 を顫 1 をすくめました, を任, を斜め, を汚し, を縮ませ, を落ち着け

▼ つと~ (8, 0.1%)

1 つたもの, ひますから, ひますね, ふ, ふの, ふものに, ふんだ, ふ点

▼ つと離れ~ (8, 0.1%)

1 てどの, てゐる, て収容病室, て居ろ, て柱, て歩いた, て行, て覘

▼ つと静か~ (8, 0.1%)

2 にし 1 だつた, な窓, な辺鄙, にあたり, になら, に不動

▼ つと~ (7, 0.1%)

1 がつた, がつて, たくしご, たくしなんぞより, つけに, つても, 考へても

▼ つといつ~ (7, 0.1%)

1 てあらはれ, てそこで, てびつくり, て惡戯, て梁, て見, 迄も

▼ つとお話~ (7, 0.1%)

2 したいこと 1 がある, したのよ, しましたわねえ, をいたします, を伺いたい

▼ つとため~ (7, 0.1%)

4 らつた 1 らつた後思ひ切, らつてから, らふ

▼ つとのぞい~ (7, 0.1%)

2 てみたら 1 てみたい, てみます, てみれ, てゐた, て見

▼ つとばかし~ (7, 0.1%)

1 お給金, お金が, その辺, だが, 氣取つた横文字の, 目論見が, 註文が

▼ つとわたし~ (7, 0.1%)

2 と視線, の顔 1 の日, を見た, を見つめ

▼ つと不安~ (7, 0.1%)

1 さうな眼つき, でなあ, な気, にさせた, になる, の眼, を感じた

▼ つと二人~ (7, 0.1%)

1 が近, の会話, の様子, の童子, の通りすぎる, は眼, は駈け込んだ

▼ つと~ (7, 0.1%)

3 てゐる 1 てはゐます, て居りました, て居れ, 通つてゐる

▼ つと其の~ (7, 0.1%)

1 お話を, まま眼を, 体を, 月の, 果物屋を, 美しい光, 辺の

▼ つと~ (7, 0.1%)

1 に今, に会, に話したい, の仕事, の机, の考へてる, 早かつ

▼ つと待て~ (7, 0.1%)

21 そいつの, といつて次の, とのお, と云, 勝手に

▼ つと~ (7, 0.1%)

1 ところ方について, 主人に, 伴させます, 帰りが, 待ち下さいまし, 自分を, 覽なさい

▼ つと~ (7, 0.1%)

6 つた 1 つたが

▼ つと明り~ (7, 0.1%)

4 立つと 1 がさした, が差し, にすかし

▼ つと暗い~ (7, 0.1%)

3 影が 1 とても興, 氣持が, 顔に, 顔を

▼ つと椅子~ (7, 0.1%)

2 に腰かけ 1 からはなれる, から起ち, にかけた, に坐, を離れた

▼ つと~ (7, 0.1%)

1 つついて, つ立つた, つ立つたまま, つ立つて, つ込みます, 立つて, 込んだ所

▼ つと~ (7, 0.1%)

2 たてるを 1 をあげ, をひそめ, を擧げ, を放つ, を立てる

▼ つと~ (7, 0.1%)

4 いて 1 きたいが, きとれて, き入

▼ つと言葉~ (7, 0.1%)

2 を切つて 1 が実は, をつがなかつた, をにごし, を切, を訂正補足

▼ つと遠く~ (7, 0.1%)

2 どこか 1 から見物, に離れ, の方, へ行かう, まで行く

▼ つと~ (7, 0.1%)

1 つぺたをふくらませてしまつたのであつた, や首, を切っ, を押しあてた, を洗, を紅らめ, を赤らめ

▼ つと~ (7, 0.1%)

1 が吹い, が吹く, で消した, に拂, の来る, を切る, を卷きたて

▼ つと~ (6, 0.1%)

21 かがひます, づくまり, づめしからすなり, 屋ねの

▼ つとここ~ (6, 0.1%)

3 で待つ 1 でお待ち, ではさん, ではつ

▼ つとこれ~ (6, 0.1%)

1 だけの書物, で一遍, は余計, は外の, を下, 見て

▼ つとどう~ (6, 0.1%)

3 にもならぬ 2 かといふやう 1 なさいました

▼ つとなつ~ (6, 0.1%)

41 たが, てしまふ

▼ つとみつめ~ (6, 0.1%)

2 てゐた, てゐる 1 ながら富岡, ながら詞

▼ つとむる~ (6, 0.1%)

2 我が家業 1 であろう, などは勘定ずく, は多, を

▼ つと~ (6, 0.1%)

3 と息 1 と処, 搖れ白く, 燻べ落葉

▼ つと両手~ (6, 0.1%)

1 で抱き上げた, をつつこんだ, を出し, を前, を拱, を机

▼ つと凝視め~ (6, 0.1%)

2 てゐる 1 て, てごらん, てゐた, て痛ましい

▼ つと判らない~ (6, 0.1%)

21 ね, のでこう, ようだつた, んだ

▼ つと天井~ (6, 0.1%)

2 を見詰め 1 に向け, のくもり, の一方, を眺め

▼ つと失礼~ (6, 0.1%)

4 します 1 しませうか, 致します

▼ つと~ (6, 0.1%)

2 てゐ 1 てし, てゐた, 付いて, 込むやう

▼ つと~ (6, 0.1%)

1 を立ち, を立ちかける, を立つ, を起った, を退がった, を離れかけた

▼ つと~ (6, 0.1%)

1 に触れる, に身, のうち, の向う, をあけ, を押した

▼ つと明るい~ (6, 0.1%)

1 ところで, 人道を, 町の, 臺所の, 銀座の, 電燈の

▼ つと~ (6, 0.1%)

4 を見上げ 2 がある

▼ つと~ (6, 0.1%)

3 に向 1 のお, の傍, をかかへ

▼ つと~ (6, 0.1%)

2 の上 1 の出口, の藍色, の見ゆる, を眺め

▼ つと~ (6, 0.1%)

1 が噴いた, が溢れ, が顏, に濡れました, をかみしめる, を呑む

▼ つと深く~ (6, 0.1%)

1 且つ廣いも, 単純に, 大阪を, 染み入るやう, 知つて居, 考へ

▼ つと老人~ (6, 0.1%)

1 とその, と話し, の膝, の頭, は立ち上り, をやり過ごす

▼ つと~ (6, 0.1%)

1 へた, へて, へてすすみ行く, へてゐる, へとほした, へ忍ん

▼ つと~ (6, 0.1%)

4 つて 1 つたところ, つたら三好

▼ つと見せ~ (6, 0.1%)

1 て, てくれ, てね, て笑つて, て貰ふよ, 給へ

▼ つと~ (6, 0.1%)

1 かうまく, か来た, でも気づかぬ, にでも難物, の手, れも

▼ つと調べ~ (6, 0.1%)

1 ていた, てきます, てくれ, てみたい, て全部, て貰ひたい

▼ つと赤く~ (6, 0.1%)

3 した 1 なつた, なつた顏, 二人の

▼ つと身動き~ (6, 0.1%)

4 もしない 1 しても, の出来ない

▼ つと遠い~ (6, 0.1%)

1 ところから, 処へまで, 島が, 旅の, 日に, 祖父か

▼ つと~ (6, 0.1%)

3 のない 2 がない 1 が無い

▼ つとあつ~ (5, 0.1%)

2 ち向いてなよ 1 ちで眠らんかね, ちへ, ち向いてて

▼ つとお話し~ (5, 0.1%)

1 がある, がした, しました, しましたやう, すれば

▼ つとせい~ (5, 0.1%)

2 のこども 1 になる, の水槽, よ波

▼ つとそんな~ (5, 0.1%)

1 こともう, ものは, 噂が, 風な, 風に

▼ つとどぎまぎ~ (5, 0.1%)

2 して 1 した, しながら, しました

▼ つとながめ~ (5, 0.1%)

2 ていた 1 てゐた, て居る, 向ふ

▼ つとなく~ (5, 0.1%)

1 三毛の, 叛旗を, 夢の, 睡眠の, 自分でも

▼ つとまだ~ (5, 0.1%)

1 こつちを, 彼女の, 用事が, 眠つてゐます, 耳を

▼ つとやつ~ (5, 0.1%)

1 ておしまい, てしまはう, てゐる, て来さう, て見ない

▼ つと一時~ (5, 0.1%)

1 に吹き出した, に哄笑, に息, に笑, に笑つた

▼ つと~ (5, 0.1%)

1 にはいった, をのぞいた, をひろげ, を眺めつづけ, 廊下の

▼ つと~ (5, 0.1%)

1 を低め, を動かせ, を竦め, を起す, を退い

▼ つと出し~ (5, 0.1%)

1 てどんぐりども, てもらはう, て見せつ, て見る見る, みそつ

▼ つと出る~ (5, 0.1%)

4 旅にも 1 とそこ

▼ つと~ (5, 0.1%)

2 つた顔を 1 つたな, つた風で, つてを

▼ つと~ (5, 0.1%)

1 く成つて, 柔, 笑ひ, 變な, 違ひ

▼ つと~ (5, 0.1%)

1 じや, な云, な所, な言い方, にきこえる

▼ つと学校~ (5, 0.1%)

1 に樹明君, のコート, の帰り, へやう, をサボつて

▼ つと安堵~ (5, 0.1%)

1 して, と快, の胸, の色, を覚えるであらう

▼ つと~ (5, 0.1%)

2 の方 1 の温泉, を下, を味

▼ つと心配~ (5, 0.1%)

2 なの 1 さうな顔, ですから, なん

▼ つと思ひ~ (5, 0.1%)

1 ながらわたし, をこらし, をこらす, 出の, 當る

▼ つと房一~ (5, 0.1%)

3 の顔 1 をたじろがせる, を眺めた

▼ つと書い~ (5, 0.1%)

2 て見たい 1 てあり, てすらこれ, て呉りや

▼ つと様子~ (5, 0.1%)

1 がおかしい, をうか, をみ, を窺, を見

▼ つと歩い~ (5, 0.1%)

1 ていた, てみたかつた, てゐたい, て来ます, て見たい

▼ つと注意~ (5, 0.1%)

2 して 1 しだした, ぶかく, をし

▼ つと~ (5, 0.1%)

2 思ひに 1 うれはしげ, をお尋ね, 思ひたや

▼ つと用事~ (5, 0.1%)

2 がある, のある 1 がありまし

▼ つと白く~ (5, 0.1%)

1 成つたな, 腹を, 蒸氣の, 見えるといふ, 見える小さな

▼ つと~ (5, 0.1%)

1 が瞳, を凝らし, を刺し通し, を定め, を放てず

▼ つと立ち上がっ~ (5, 0.1%)

1 て, て仏壇, て当直寝台, て次の間, て部屋

▼ つと立派~ (5, 0.1%)

1 なお, なもつと, なもの, な人間, な幸福

▼ つと考へた~ (5, 0.1%)

1 がそんな, が別, が解らなかつた, だけで, だけでも実にはや

▼ つと~ (5, 0.1%)

1 に手, へ目, をすゝめ, をつい, を抱

▼ つと自由~ (5, 0.1%)

1 であつ, な共産的規約, な境地, な暢び, に精進

▼ つと舌打~ (5, 0.1%)

2 をし, をした 1 をする

▼ つと見たい~ (5, 0.1%)

3 んだ 1 と思ふ, ものだ

▼ つと見守~ (5, 0.1%)

4 つてゐた 1 つてゐ

▼ つと起っ~ (5, 0.1%)

1 て, てこっち, て奥, て妹, て縁

▼ つと酒場~ (5, 0.1%)

3 に押しよせ 1 で待つ, の方

▼ つと~ (5, 0.1%)

1 くらつた, くらつたが, を伏せ, を垂れた, を染めた

▼ つとあれ~ (4, 0.0%)

1 が檀那樣, でも手伝, へ上つて, を

▼ つといで~ (4, 0.0%)

1 お君, さよなら, と言, 休みや

▼ つとうて~ (4, 0.0%)

1 すっと見おろす, 河口へ, 清亮なる, 縦横に

▼ つとかう~ (4, 0.0%)

1 ハキハキしてる, 姉さんに, 手ツ平で, 水が

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 てください, て気持, なと言, 給へ

▼ つとさき~ (4, 0.0%)

1 に林田さま, に林田先生, に死んだ, 警察の

▼ つとしない~ (4, 0.0%)

1 のでせめて, 女房ばかり, 氣が, 當家の

▼ つとすわつ~ (4, 0.0%)

3 て居た 1 てゐる

▼ つとそこら~ (4, 0.0%)

1 の枯枝, を散歩, を歩い, を見

▼ つと~ (4, 0.0%)

21 ぞ, つてヘンお気の

▼ つとだけ~ (4, 0.0%)

1 こ, 田舎の, 顔を, 飲もうそこで

▼ つとない~ (4, 0.0%)

1 ね, ものだ, 物だつた, 静けさだ

▼ つとなる~ (4, 0.0%)

1 お高, かも知れません, のを, よりもそれ

▼ つとのばし~ (4, 0.0%)

3 て勢 1 て何

▼ つとばか~ (4, 0.0%)

1 しづ, にする, の自力, 井出の

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 はつた, はつて, はり過ぎたの, ぼろしは

▼ つとまつ~ (4, 0.0%)

2 すぐに 1 さか, て

▼ つとむる者~ (4, 0.0%)

1 にいたく疑ふ, に見る, も彼, も退く

▼ つとよい~ (4, 0.0%)

1 が面白い, 値で, 山だ, 説明が

▼ つとらん~ (4, 0.0%)

1 が自分ら, です, に, のぢ

▼ つとわし~ (4, 0.0%)

1 の国, を注視, を見た, を見つめ

▼ つと三藏~ (4, 0.0%)

2 の方 1 の顏, を見

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 の仕事, の子奴等, 少し仕事, 打ちに

▼ つと伺ひます~ (4, 0.0%)

2 が礼 1 がこの, がこれ

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 い, なら癒, の噂, は立ち話

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 したるお, むいて, 向いた儘黙つて, 向く薔薇

▼ つと~ (4, 0.0%)

2 へ寄っ 1 に寄つて籠, 見を

▼ つと出た~ (4, 0.0%)

1 が汗, 怖ろ, 許りな, 身の丈抜群な

▼ つと判断~ (4, 0.0%)

1 がし, がつきかねます, に迷, もつかない

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 なの, な神聖, のいは, の自分自身

▼ つと叫ん~ (4, 0.0%)

1 でカテリーナ, で先, で危なく, で男

▼ つと~ (4, 0.0%)

2 の方 1 へはひつ, へ移し

▼ つと吹き込ん~ (4, 0.0%)

2 で來, で来た

▼ つと吹く~ (4, 0.0%)

2 風大黒傘の 1 あとを, 風に

▼ つと大事~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 だつた事, な

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 の樣子, の肩, へ小言, を見た

▼ つと寄っ~ (4, 0.0%)

2 て両手 1 てその, てむす

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 けを覚えた, さが, さを, 氣立ちます

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 つちえ, 窓を, 鐘の, 頸を

▼ つと小さな~ (4, 0.0%)

2 溜息を 1 もの, 叫び声を

▼ つと小首~ (4, 0.0%)

2 をかしげ 1 をかしげた, を傾け

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 う見えた, に開く, へうごかし, へ首

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 のガラス戸, の方, へ下り, をはしつた

▼ つと廊下~ (4, 0.0%)

1 で待つ, に出, へ出掛け, へ踏み入った

▼ つと強い~ (4, 0.0%)

2 お酒, 風が

▼ つと微笑~ (4, 0.0%)

1 して, しながら, する, を表わした

▼ つと~ (4, 0.0%)

4 濤の

▼ つと思つて~ (4, 0.0%)

1 いろいろ考え, たら見えねえんでさ, ゐますわ, 立ちすくんだ

▼ つと思案~ (4, 0.0%)

2 をした 1 してから, の體

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 かしいんだが, かしい事, かしがりましたが, が骨身

▼ つと悪い~ (4, 0.0%)

1 かとさ, 人間です, 気は, 状態に

▼ つと挨拶~ (4, 0.0%)

1 がしたかつた, して, する白状, をし

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 に照りつけられ, のあ, の出る, をかさね

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 の傍, の方, の顔色, を見舞い

▼ つと流れ~ (4, 0.0%)

1 てさ, てし, て來, 木や

▼ つと深い~ (4, 0.0%)

1 仔細が, 原因が, 或る, 考へに

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 にあたりたい, の行方, を見詰め, を貸し

▼ つと照れ~ (4, 0.0%)

1 て, て今度戦地, ながら嘯いた, ながら自作

▼ つと~ (4, 0.0%)

3 がある 1 があつ

▼ つと皮肉~ (4, 0.0%)

1 な気, な言, にいつた, に感じた

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 に熱い, の色, の裏, を赤く

▼ つと窕子~ (4, 0.0%)

1 が眼, の方, の顏, を見詰めた

▼ つと立ち上がった~ (4, 0.0%)

1 が疲労, が見据えた, と見る, 葉之

▼ つと立つた~ (4, 0.0%)

1 だけだ, のは, 焔の, 笑ひ

▼ つと美しい~ (4, 0.0%)

1 娘が, 筐を, 装幀の, 視線を

▼ つと考える~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 からである, と原子

▼ つと考へる~ (4, 0.0%)

1 と如何にも, と氣味, やうに, 風を

▼ つと聴き~ (4, 0.0%)

2 耳を 1 ながら片手, ながら素子

▼ つと舞台~ (4, 0.0%)

1 の天井, をかすめる, を瞶め, を視詰め

▼ つと若人たち~ (4, 0.0%)

4 の手もと

▼ つと苦痛~ (4, 0.0%)

1 だわ, と快感, に身, を堪へ

▼ つと~ (4, 0.0%)

4 が飛ぶ

▼ つと見つめた~ (4, 0.0%)

1 なりまつ, のちに, ものだ, 眼を

▼ つと見入つて~ (4, 0.0%)

2 ゐた, ゐたが

▼ つと見入り~ (4, 0.0%)

1 ながら最後, ながら次第にいきいき, 乍らつ, 無言で

▼ つと見当~ (4, 0.0%)

1 がつかなかつた, がつきかねる, のつかぬ, の立たない

▼ つと見物~ (4, 0.0%)

1 したそして, して, に行つて, ぶら

▼ つと視線~ (4, 0.0%)

1 を一方, を反らせ, を投げ掛け, を送り

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 りに, り加, り扇, り批評家

▼ つと話し~ (4, 0.0%)

1 てさよなら, てす, てそれから, てゐます

▼ つと説明~ (4, 0.0%)

1 が困難, して, しにくい, を要する

▼ つと這入~ (4, 0.0%)

1 つたのが, つてゐた, つて來た, つて来た

▼ つと進み出た~ (4, 0.0%)

2 のは 1 一人の, 武士が

▼ つと部屋~ (4, 0.0%)

1 から廊下, の中, を立つ, を見せ

▼ つと~ (4, 0.0%)

1 に僕, のなか, をのぞい, を眺め

▼ つと青年~ (4, 0.0%)

2 の胸 1 の攻撃, の顔

▼ つと面倒~ (4, 0.0%)

1 だから, だが, である, な仕事

▼ つと面喰~ (4, 0.0%)

1 つた, つたやう, つたらし, ひます

▼ つと風変り~ (4, 0.0%)

1 だと, なところ, なコッテージ, な和洋折衷

▼ つとあなた~ (3, 0.0%)

1 がよく, ごめんなさい, の針箱

▼ つといや~ (3, 0.0%)

1 だな, な予感, ねと言

▼ つとおとなしく~ (3, 0.0%)

1 して, しろ, 寢と

▼ つとお前~ (3, 0.0%)

1 の顏, の體, は何時頃

▼ つとお茶~ (3, 0.0%)

1 でも, をのもう, を出す

▼ つとかすん~ (3, 0.0%)

1 でくる, でゐる, で無く

▼ つとから~ (3, 0.0%)

3 だを

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 つかりしました, つかりなさるで, どうも大変

▼ つときい~ (3, 0.0%)

2 てゐた 1 てをります

▼ つとこんなに~ (3, 0.0%)

1 して, はにかむん, 赤くし

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 あいさつに, 挨拶が, 相談が

▼ つとさす~ (3, 0.0%)

1 つて見せた, のだつた, ものが

▼ つとすくめ~ (3, 0.0%)

2 てまたもや 1 てすぐ

▼ つとずつと~ (3, 0.0%)

1 先きのこと, 大きくなる, 沢山くつ

▼ つとそちら~ (3, 0.0%)

2 に行つて 1 の画

▼ つとそば~ (3, 0.0%)

1 で見, にあった, によりました

▼ つと~ (3, 0.0%)

2 姉上の 1 その刺

▼ つとどこ~ (3, 0.0%)

1 かで火, かへ飛び去, へ行く

▼ つとはい~ (3, 0.0%)

1 つてを, つて見よう, ひける

▼ つとはなれ~ (3, 0.0%)

1 てなに, てひろ子, て古い

▼ つとひと~ (3, 0.0%)

1 ひねりしなけれ, 走り行つて, 雨

▼ つとびつくり~ (3, 0.0%)

1 しただけ, して, しました

▼ つとぼく~ (3, 0.0%)

1 のふ, の口, へ呶鳴

▼ つとむれ~ (3, 0.0%)

1 ど稽古場, ばいよ, ば世

▼ つとめし~ (3, 0.0%)

1 も能, より気位ゑらく, より氣位ゑらく

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 ひとりの, 小さくなり, 少し遠く

▼ つともつ~ (3, 0.0%)

1 とと, とどうか, と美しい

▼ つとゆき子~ (3, 0.0%)

1 の心, の眼, をみつめた

▼ つとわが~ (3, 0.0%)

1 影は, 眼の, 顔を

▼ つとわけ~ (3, 0.0%)

1 があつ, がある, がわからなく

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 どつと, なさるだらう, まるで動い

▼ つと一人~ (3, 0.0%)

1 が前, になつた, の男

▼ つと一所~ (3, 0.0%)

1 から動かう, に置い, を見つめ

▼ つと一杯~ (3, 0.0%)

1 などと言, やりたいな, やりませんか

▼ つと一杯ひつ~ (3, 0.0%)

1 かけたが, かけたくな, かけたり

▼ つと上る~ (3, 0.0%)

3 おやお前さん

▼ つと上半身~ (3, 0.0%)

2 を出した 1 をひねった

▼ つと二三人~ (3, 0.0%)

1 とび出した, の船員, 現われた

▼ つと人々~ (3, 0.0%)

1 の目, の笑, は青ざめ

▼ つと仰向け~ (3, 0.0%)

1 に寝ころん, に横, に砂

▼ つと休ん~ (3, 0.0%)

1 でゐ, で行かしやんせ, で行き

▼ つと休息~ (3, 0.0%)

2 といふ事 1 しながら

▼ つと会釈~ (3, 0.0%)

1 して, しながら, をし

▼ つと伸し~ (3, 0.0%)

3 あが

▼ つと偉い~ (3, 0.0%)

1 ものが, 事業を, 人に

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 へたつ, へ歩い, まで乗つ

▼ つと入っ~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 て来る

▼ つと入り~ (3, 0.0%)

1 て見回し, というの, などもかうした

▼ つと入口~ (3, 0.0%)

2 の方 1 まで出

▼ つと全身~ (3, 0.0%)

1 がしびれる, に恐怖, の弛む

▼ つと其処~ (3, 0.0%)

1 に立ちすくむ, に近寄, を離れ

▼ つと凝視~ (3, 0.0%)

3 して

▼ つと出掛け~ (3, 0.0%)

2 てお 1 てみる

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 で切りつけ, で服, をさし

▼ つと分らない~ (3, 0.0%)

1 やうな, わね頭, 時が

▼ つと動かない~ (3, 0.0%)

1 でゐる, やうに, 雲が

▼ つと勝手~ (3, 0.0%)

2 が違 1 が違つて

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 坐り直した, 姉ようと, 駄目だ

▼ つと呼ん~ (3, 0.0%)

1 で, でくれ, で来ませう

▼ つと噛みしめ~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て居なけれ, 口惜し泣き

▼ つと困つた~ (3, 0.0%)

1 とみえ, やうな, 立場に

▼ つと堪へる~ (3, 0.0%)

2 こと 1 のであつ

▼ つと大袈裟~ (3, 0.0%)

1 かな, だが, なこと

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 の手, の方, の顏

▼ つと好奇心~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 が動いた

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 の顔, の顔色, を見た

▼ つと寄つて~ (3, 0.0%)

1 それから一緒, 行かう, 見たの

▼ つと寄り~ (3, 0.0%)

1 て声, て軽く, 男みだらの

▼ つと寒く~ (3, 0.0%)

1 なつて, 成つて身体が, 成る

▼ つと~ (3, 0.0%)

2 てゐた 1 がへり

▼ つと察し~ (3, 0.0%)

3 て下され

▼ つと~ (3, 0.0%)

2 を落ちつけ 1 の下

▼ つと帰る~ (3, 0.0%)

1 ことを, と云ふから私, のを

▼ つと座つて~ (3, 0.0%)

2 居た 1 ゐると

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 寄せられたかと, 揚げた, 揚げて

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 えどう, すぎて, 盜の

▼ つと思う~ (3, 0.0%)

1 けれど, 子供を, 間に

▼ つと思ひ出し~ (3, 0.0%)

1 たるが, てゐます, て見た

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 えて, へてゐた, へなけれ

▼ つと憂鬱~ (3, 0.0%)

1 になり, になる, をおぼえ

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 まど, を一枚, を閉じ

▼ つと拝見~ (3, 0.0%)

1 させて, しませうつて, に

▼ つと指先~ (3, 0.0%)

1 きから, きばかりを, でシン

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 向き思はずほ, 向き思わずほっと, 向て

▼ つと振り向いた~ (3, 0.0%)

1 かとお, ま, 藤吉の

▼ つと振れ振れ~ (3, 0.0%)

3 白鳥毛

▼ つと擦つ~ (3, 0.0%)

1 てちよ, てゆ, てわざと

▼ つと~ (3, 0.0%)

2 へた 1 はつた

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 にぶら, に見上げ, に貼つ

▼ つと断つ~ (3, 0.0%)

1 ておきます, ておく, てこの

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 の二月, 俳句について, 公の

▼ つと日本~ (3, 0.0%)

1 じや, では画期的, の正月

▼ つと普通~ (3, 0.0%)

1 にあり得ない, の人間, の訓練

▼ つと書物~ (3, 0.0%)

1 に読み耽つ, の上, を覗き込ん

▼ つと杜子春~ (3, 0.0%)

2 の顔 1 を見つめました

▼ つと東京~ (3, 0.0%)

1 へ帰つて, へ帰ります, へ帰る

▼ つと横町~ (3, 0.0%)

1 に曲る, へ切れこんだ, へ外れ

▼ つと歓声~ (3, 0.0%)

1 があがる, をあげた, を挙げる

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 の儘, の媼, の辺

▼ つと気取つ~ (3, 0.0%)

2 てみた 1 てふところ手

▼ つと汽車~ (3, 0.0%)

2 の進む 1 が動いたら

▼ つと~ (3, 0.0%)

2 の面 1 を見

▼ つと泣い~ (3, 0.0%)

2 て夫 1 てそれでは

▼ つと泣き出し~ (3, 0.0%)

1 たりした, ながら山田, 顏に

▼ つと泣く~ (3, 0.0%)

1 やうに, 空に, 聲我れ

▼ つと注がれ~ (3, 0.0%)

1 てゐた, てゐる, て動かない

▼ つと洒落れた~ (3, 0.0%)

1 名だらう, 意味が, 洋装などを

▼ つと~ (3, 0.0%)

2 を呑込 1 を呑

▼ つと淋しい~ (3, 0.0%)

1 けれど利口, やうな, んです

▼ つと灯り~ (3, 0.0%)

2 がともつた 1 を消し

▼ つと無理~ (3, 0.0%)

1 じや, な空隙, をし

▼ つと照れた~ (3, 0.0%)

1 やうな, ような, 笑顔を

▼ つと燃え~ (3, 0.0%)

1 てそれきり, て時, ながら呻い

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 のところ, の筋ばつたうなじ, の膝

▼ つと現れ~ (3, 0.0%)

1 て, てすぐ, て消え

▼ つと現われた~ (3, 0.0%)

1 のは, は右近丸, 人影は

▼ つと瑠璃子~ (3, 0.0%)

1 の姿, の部屋, を見下した

▼ つと申し上げました~ (3, 0.0%)

2 がこの 1 やうに

▼ つと疑問~ (3, 0.0%)

1 だ, ですが, に思はれる

▼ つと相談~ (3, 0.0%)

1 があつ, して, に乘つて

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 を凝し, を凝す, を凝らし

▼ つと眺めた~ (3, 0.0%)

1 かと思ふ, ことを, ゆつくり

▼ つと眺められ~ (3, 0.0%)

3 て棚おろし

▼ つと睨み~ (3, 0.0%)

1 その大, ながら呟, 命令一下を

▼ つと睨め~ (3, 0.0%)

1 てゐた, てゐました, ながら唸つた

▼ つと睨ん~ (3, 0.0%)

1 で手足, で歩む, で直立

▼ つと突然~ (3, 0.0%)

1 な例, 免職な, 親父が

▼ つと立ちどま~ (3, 0.0%)

1 つてその, つて思案した, つて笑ひ返した

▼ つと立ち上~ (3, 0.0%)

1 つたのだ, つて窓から, ッて

▼ つと立ち上がり~ (3, 0.0%)

1 て庭下駄, 旅館の, 脇差を

▼ つと立ち上つ~ (3, 0.0%)

1 て, て向, て天

▼ つと立ち上る~ (3, 0.0%)

1 と何時の間に, と兄, のを

▼ つと立て~ (3, 0.0%)

1 いざや, 此騷ぎを笑つて見, 眠たそう

▼ つと立上~ (3, 0.0%)

1 ってあたり, って物, って頭上

▼ つと笑つて~ (3, 0.0%)

1 はやす, ゐた, 立去つた

▼ つと綺麗~ (3, 0.0%)

1 な仕事, な子, な耳環

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 が遠い, のほう, の深い

▼ つと~ (3, 0.0%)

2 いて 1 けさせて

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 から駈け抜ける, をぬいた, を離れ

▼ つと考えられる~ (3, 0.0%)

1 からだ, からである, 存在の

▼ つと聞いた~ (3, 0.0%)

1 ことも, つてどう, ので

▼ つと聴耳~ (3, 0.0%)

1 を吾, を澄ませた, を立て

▼ つと腕組み~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をした

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 が立つ, を片手, を立てた

▼ つと行つて來~ (3, 0.0%)

1 たの, ませう, ませうか

▼ つと表情~ (3, 0.0%)

1 をかへて妙, をかへる, を大きく

▼ つと~ (3, 0.0%)

3 ひか

▼ つと見あげ~ (3, 0.0%)

1 てゐた, てゐる, て突

▼ つと見え~ (3, 0.0%)

1 ていちはやく, て近き, まっせん

▼ つと見れ~ (3, 0.0%)

1 ば, ばお, ば大名

▼ つと見送~ (3, 0.0%)

2 つてゐた 1 つて居ります

▼ つと触れた~ (3, 0.0%)

1 きりで, とほり, 高瀬家の

▼ つと警戒~ (3, 0.0%)

1 の微笑, の色, を交

▼ つと走る~ (3, 0.0%)

2 光そら 1 んです

▼ つと起つ~ (3, 0.0%)

1 て今日, て夕立, て斧

▼ つと足もと~ (3, 0.0%)

1 が回転, が川, の

▼ つと身顫~ (3, 0.0%)

2 ひを 1 ひが

▼ つと~ (3, 0.0%)

2 の方 1 をとめ

▼ つと近所~ (3, 0.0%)

1 に引受け手, の兄貴, まで散歩

▼ つと返事~ (3, 0.0%)

1 に困る, を待つ, を書きませう

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 つた, つたよう, ふの

▼ つと逃げ~ (3, 0.0%)

2 て行つた 1 迷ふ

▼ つと這入つ~ (3, 0.0%)

1 てすう, て低い, て正面

▼ つと進む~ (3, 0.0%)

1 とやにわに, とキリキリ, と腕

▼ つと進ん~ (3, 0.0%)

21 で肩

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 をあけた, を開いた, を開きぬ

▼ つと長い~ (3, 0.0%)

1 あひだひとつ場所, ものです, 間に

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 が顔, の中, を聴い

▼ つと面白~ (3, 0.0%)

2 さうだ 1 かつた

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 をすくめ, をのばし, を縮め

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 で私, まで湯, を引い

▼ つと~ (3, 0.0%)

1 へた, へて噛む, へました

▼ つと飛ん~ (3, 0.0%)

1 でい, で洞穴, で行つて

▼ つと驚い~ (3, 0.0%)

1 てふり向く, てゐる, て頭

▼ つと驚き~ (3, 0.0%)

1 うれしくなり, その驚き, の表情

▼ つと驚ろ~ (3, 0.0%)

1 いたが, いたそして, きの

▼ つと高い~ (3, 0.0%)

1 もつと, ものだつ, 趣味が

▼ つとあがる~ (2, 0.0%)

1 女の, 笑い声に

▼ つとあけ~ (2, 0.0%)

1 て自分, て覘

▼ つとあたり~ (2, 0.0%)

1 に射した, を見

▼ つとあふれ~ (2, 0.0%)

2 て落ち

▼ つとあらはれ~ (2, 0.0%)

2 て大きく

▼ つという~ (2, 0.0%)

1 だけで, だけなら

▼ つといち~ (2, 0.0%)

1 やなん, や大変

▼ つといつた~ (2, 0.0%)

1 塩梅で, 顔へ

▼ つといへ~ (2, 0.0%)

1 どももと, ども坤輿

▼ つといらし~ (2, 0.0%)

1 つて, つてください

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 は諦めずあり

▼ つとおかしい~ (2, 0.0%)

1 ですよ, な

▼ つとおどろいた~ (2, 0.0%)

1 藪柑子は, 調子で

▼ つとお婆さん~ (2, 0.0%)

1 が顏, が顔

▼ つとお尋ね~ (2, 0.0%)

1 したん, しますだが

▼ つとお母さん~ (2, 0.0%)

1 から話, のお

▼ つとお目にかかりたい~ (2, 0.0%)

1 つてお, と申します

▼ つとかけ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て兄

▼ つときけ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば解らない

▼ つときます~ (2, 0.0%)

1 かな, がねかう

▼ つとくさ~ (2, 0.0%)

1 ぐさは左千夫蕨真より, つてくるり

▼ つとくつ~ (2, 0.0%)

1 ていう寸法, てもう

▼ つとくれ~ (2, 0.0%)

2

▼ つとくれん~ (2, 0.0%)

1 か, かちや

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 うつちやつと, ほつと

▼ つとこた~ (2, 0.0%)

1 へたやうでございます, へたよ

▼ つとこまつた~ (2, 0.0%)

1 が, と思

▼ つとごめん~ (2, 0.0%)

2

▼ つとごらん~ (2, 0.0%)

1 ください, になる

▼ つとさびし~ (2, 0.0%)

1 さう, そうな

▼ つとしづか~ (2, 0.0%)

1 になつて, に枕

▼ つとします~ (2, 0.0%)

1 の, わ

▼ つとすぎた~ (2, 0.0%)

1 ばかりである, 日の

▼ つとすまし~ (2, 0.0%)

2 てゐました

▼ つとそつ~ (2, 0.0%)

1 ちを, とやツ

▼ つとたへ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て來

▼ つとだまつて~ (2, 0.0%)

1 しばらく何, ゐた

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 つとして, つと耳

▼ つとついで~ (2, 0.0%)

2 があつ

▼ つとつけ加~ (2, 0.0%)

1 へるの, へれば

▼ つとつて~ (2, 0.0%)

1 おくんな, 下すつたの

▼ つとづつ~ (2, 0.0%)

1 おまい, ちつと

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 つこい, つこい拜むの

▼ つとどい~ (2, 0.0%)

2 て下さい

▼ つとどうか~ (2, 0.0%)

1 すると, なりませんかつて

▼ つとなし~ (2, 0.0%)

1 に微笑, に順助

▼ つとなん~ (2, 0.0%)

1 ですか, ですから

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 ここが, ゆるんでるのよ

▼ つとのみ~ (2, 0.0%)

2 いふも

▼ つとはつきり~ (2, 0.0%)

1 しないん, 聞かうと

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 て舟, ときは

▼ つとひそん~ (2, 0.0%)

1 でゐました, でゐる

▼ つとひど~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ つとひろ子~ (2, 0.0%)

1 に偶然, の顔

▼ つとふり返~ (2, 0.0%)

2 つたなり

▼ つとへん~ (2, 0.0%)

1 だけれど, な気

▼ つとほか~ (2, 0.0%)

1 の言葉, ひ

▼ つとぼけ~ (2, 0.0%)

1 て居らつ, て真面目

▼ つとまじめ~ (2, 0.0%)

1 な顔, になつ

▼ つとまどろん~ (2, 0.0%)

2 でゐる

▼ つとみる~ (2, 0.0%)

1 と平凡, と男

▼ つとみんな~ (2, 0.0%)

1 この室, 来い

▼ つとむべ~ (2, 0.0%)

1 き義務, し

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 をおこたる, をはたす

▼ つとめん~ (2, 0.0%)

1 だうらしい, として来た

▼ つともう~ (2, 0.0%)

1 ちよつと, 最後だ

▼ つともじつ~ (2, 0.0%)

1 としてゐない, としてゐませんでした

▼ つともと~ (2, 0.0%)

1 のところ, の表口

▼ つとわかり~ (2, 0.0%)

1 にくいほど, にくい道

▼ つとわかる~ (2, 0.0%)

2

▼ つとわたくし~ (2, 0.0%)

2 を見詰め

▼ つとわら~ (2, 0.0%)

1 ひました, ふだけ

▼ つとゐず~ (2, 0.0%)

1 まひを, まひをな

▼ つとベンチ~ (2, 0.0%)

1 から立ち上がった, の上

▼ つと一つ~ (2, 0.0%)

1 の大きな, 大きなシャボン玉

▼ つと一ところ~ (2, 0.0%)

1 を凝視, を見

▼ つと一口~ (2, 0.0%)

2 に言

▼ つと一度~ (2, 0.0%)

1 に猫, に笑

▼ つと一息つき~ (2, 0.0%)

1 ながらホテル, 更に隙

▼ つと一條~ (2, 0.0%)

1 の巨大, の瀧

▼ つと一点~ (2, 0.0%)

1 を見つめ, を見つめる

▼ つと一齊~ (2, 0.0%)

1 に歡呼, に起る

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 に上げた, の兄

▼ つと不幸~ (2, 0.0%)

1 な女性, な子供たち

▼ つと不思議~ (2, 0.0%)

1 な繪, に思

▼ つと不愉快~ (2, 0.0%)

1 になつ, に思

▼ つと不自由~ (2, 0.0%)

1 な無理, を忍ぶなら

▼ つと世間~ (2, 0.0%)

1 に少ない, を知る

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 も確か, を掘上げる

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 な味, に見える

▼ つと二つ~ (2, 0.0%)

1 に割られた, 並んだ

▼ つと二度~ (2, 0.0%)

1 とは手, もはげしく

▼ つと二階~ (2, 0.0%)

1 へお上, へ行つてろ

▼ つと云う~ (2, 0.0%)

1 ことは, 言葉も

▼ つと人形~ (2, 0.0%)

2 との関係

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 くばかり, 黄色く野

▼ つと今度~ (2, 0.0%)

1 の犯人, は疊屋

▼ つと今日~ (2, 0.0%)

1 の尺度, も見まもる

▼ つと仮定~ (2, 0.0%)

1 して, し得るならば

▼ つと休まう~ (2, 0.0%)

1 と思つて, と思つて地

▼ つと休ませ~ (2, 0.0%)

1 ていただきます, てもらつ

▼ つと伺います~ (2, 0.0%)

1 が, が長久保小萩

▼ つと佇ん~ (2, 0.0%)

1 でゐた, でゐる

▼ つと何ごと~ (2, 0.0%)

1 かを告げる, か祈っ

▼ つと余裕~ (2, 0.0%)

1 があつ, を感じさせる

▼ つと作者~ (2, 0.0%)

2 は物識り

▼ つと使~ (2, 0.0%)

1 に出まし, ひに

▼ つと來い~ (2, 0.0%)

2 ならば

▼ つと俯向~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 から眸, へ投げ棄てる

▼ つと傾げ~ (2, 0.0%)

1 て極, て考

▼ つと先生~ (2, 0.0%)

1 の顏, を電話

▼ つと光つて~ (2, 0.0%)

1 けむり時々, しいんとなく

▼ つと光り~ (2, 0.0%)

1 が浮き出し, ながら青い

▼ つと兩手~ (2, 0.0%)

1 をついた, をつつこんだ

▼ つと兵卒~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ つと其方~ (2, 0.0%)

1 を打見, を睨む

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 から開けた, を観る

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 い顔, く胸

▼ つと冷たい~ (2, 0.0%)

1 がとても, もう冬

▼ つと凡太~ (2, 0.0%)

1 と向き合, の足もと

▼ つと出かけ~ (2, 0.0%)

1 てゐます, て一杯ひつ

▼ つと出す~ (2, 0.0%)

1 ばかり家, 顔は

▼ つと出でし~ (2, 0.0%)

1 と覚えし, 泣音の

▼ つと出掛ける~ (2, 0.0%)

1 つて出たつ, ヱスが

▼ つと分りかねます~ (2, 0.0%)

1 が, わアファナーシイ・イワーノ

▼ つと切れ~ (2, 0.0%)

1 たり, 肩に

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 のつよい, をいれ

▼ つと動い~ (2, 0.0%)

1 て行きます, て行く

▼ つと動かないなら~ (2, 0.0%)

1 その, その廻した

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 はする, ひを

▼ つと北原ミユキ~ (2, 0.0%)

1 の横顔, の眼

▼ つと卓子~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ つと卜翁~ (2, 0.0%)

1 は中, は立ち上り奥

▼ つと危険~ (2, 0.0%)

1 かも知れぬ, であり過去

▼ つと参考~ (2, 0.0%)

1 にし, に云

▼ つと取り上げた~ (2, 0.0%)

1 美しい乙女, 行燈の

▼ つと叫び~ (2, 0.0%)

1 さうにしました, もあ

▼ つと叫び声~ (2, 0.0%)

2 をあげた

▼ つと叫ぶ~ (2, 0.0%)

1 ところだつた, 声が

▼ つと可愛い~ (2, 0.0%)

1 奴です, 娘だ

▼ つと右手~ (2, 0.0%)

1 にうごいた, をのばし

▼ つと同音~ (2, 0.0%)

2 に叫びました

▼ つと向う~ (2, 0.0%)

2 から馬

▼ つと和尚さん~ (2, 0.0%)

1 にお目にかかりたい, の側

▼ つと喝采~ (2, 0.0%)

1 が起つた, した

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 ひ合して, べてみ

▼ つと嗅い~ (2, 0.0%)

1 でおい, でゐた

▼ つと囃し~ (2, 0.0%)

2 立て

▼ つと固い~ (2, 0.0%)

1 ものにでも, 手応へを

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 に這う, の底

▼ つと地上~ (2, 0.0%)

1 に身, の風景

▼ つと坪庭~ (2, 0.0%)

1 の闇, を囲み

▼ つと堪え~ (2, 0.0%)

1 てかたはら, て無味

▼ つと変つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, ゐるので

▼ つと多い~ (2, 0.0%)

1 いで, と思つて

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 のあける, の雨

▼ つと大き~ (2, 0.0%)

1 かつたん, すぎるかも

▼ つと大きく~ (2, 0.0%)

1 そしてもつ, 眼を

▼ つと大人~ (2, 0.0%)

1 の芝居, をたじたじ

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の方, を睨む

▼ つと失禮~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ つと奇怪~ (2, 0.0%)

1 な喚聲, な顔

▼ つと奇異~ (2, 0.0%)

1 に感ぜられる, の感

▼ つと奧さん~ (2, 0.0%)

2 の顏

▼ つと好き~ (2, 0.0%)

1 なの, になれるだらう

▼ つと好意~ (2, 0.0%)

1 のもてる, を示したい

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 のやう, の名前

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 から教, に会つて

▼ つと姉さま~ (2, 0.0%)

1 の方, の顔

▼ つと姿~ (2, 0.0%)

2 を現

▼ つと威厳~ (2, 0.0%)

1 をつく, を示し

▼ つと威張つ~ (2, 0.0%)

1 てみせました, て見せる

▼ つと婦人~ (2, 0.0%)

1 の顔, らしい微笑

▼ つと子供~ (2, 0.0%)

1 を抱い, 臭いところ

▼ つと安易~ (2, 0.0%)

1 な動機, を失つた気持

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 に寄り添う, の方

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の中, の隅

▼ つと室内~ (2, 0.0%)

1 に進みぬ, をのぞきこん

▼ つと寛いだ~ (2, 0.0%)

1 状だつたさうである, 空気が

▼ つと寝つい~ (2, 0.0%)

1 てから私たち一家, て猛烈

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 うてゐると, ひ構

▼ つと専念~ (2, 0.0%)

2 に蚊

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 てはなちました, て舟底

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 うてゐると

▼ つと小さい~ (2, 0.0%)

1 もので, 早打ちの

▼ つと小さく~ (2, 0.0%)

1 叫んで, 赤かつ

▼ つと小走り~ (2, 0.0%)

1 に右, まるで鼬

▼ つと少し~ (2, 0.0%)

1 ばかり脚, 身體を

▼ つと少女趣味~ (2, 0.0%)

2 でこし

▼ つと少年~ (2, 0.0%)

1 の横顔, を見つめました

▼ つと尻尾~ (2, 0.0%)

1 を一つ, を出し

▼ つと屋根~ (2, 0.0%)

1 の上, や窓

▼ つと山田~ (2, 0.0%)

1 の顔, を凝視め

▼ つと差し~ (2, 0.0%)

1 があつ, 附けるよう

▼ つと希望~ (2, 0.0%)

1 を与へ, を述べ

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 をとつ

▼ つと帽子~ (2, 0.0%)

1 の取り, を斜

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 べつたい, 氣を

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 とつたお婆さん, をとつて

▼ つと引く~ (2, 0.0%)

1 せっぱゆるみ, せつぱゆるみて青き

▼ つと引込ん~ (2, 0.0%)

1 でゐる, で障子

▼ つと強く~ (2, 0.0%)

1 お前を, して

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の説明, を違

▼ つと形容~ (2, 0.0%)

1 に困る, を絶

▼ つと彼等~ (2, 0.0%)

1 の上, の方

▼ つと往来~ (2, 0.0%)

1 に立ち止まっ, に立ち止まつた

▼ つと御免~ (2, 0.0%)

2 なされや

▼ つと微妙~ (2, 0.0%)

1 なところ, な呼吸

▼ つと快い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 感傷の

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 ろしい

▼ つと思ひついた~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことな

▼ つと思ひ出した~ (2, 0.0%)

1 ことが, ので見直し

▼ つと思ひ出せない~ (2, 0.0%)

1 が, 種類の

▼ つと急ぐ~ (2, 0.0%)

1 から, ことが

▼ つと恐し~ (2, 0.0%)

1 いやう, い危険

▼ つと惜しい~ (2, 0.0%)

1 ものである, 気も

▼ つと愉快~ (2, 0.0%)

1 じや, であつ

▼ つと感じた~ (2, 0.0%)

1 ことは, 位だ

▼ つと感傷的~ (2, 0.0%)

1 な氣持, になつ

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 える胸, へあ

▼ つと我々~ (2, 0.0%)

1 の二度目, へ一礼

▼ つと戸外~ (2, 0.0%)

1 へと出, へ現われた

▼ つと手前~ (2, 0.0%)

1 で止める, にこれ

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 向いたまえるは, 眺めた

▼ つと抑えた~ (2, 0.0%)

2

▼ つと抱きしめ~ (2, 0.0%)

1 てやつ, て作る

▼ つと押し~ (2, 0.0%)

1 こらへた, 默つてし

▼ つと持つ~ (2, 0.0%)

1 ている, て歩い

▼ つと振り向い~ (2, 0.0%)

1 て, て軽く

▼ つと振り返つ~ (2, 0.0%)

1 て小さい, て見ない

▼ つと振り返る~ (2, 0.0%)

1 ところを, や拳

▼ つと接吻~ (2, 0.0%)

1 させと, をし

▼ つと掻きあげ~ (2, 0.0%)

2 て伯母さん

▼ つと握つ~ (2, 0.0%)

1 ていき, てみた

▼ つと教室~ (2, 0.0%)

1 を離れ, を離れた

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 うして, うやつ

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 かつた, 過ぎます

▼ つと明い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, 青味を

▼ つと明らめ~ (2, 0.0%)

2

▼ つと晴れ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, 渡つた青空は

▼ つと暗く~ (2, 0.0%)

1 なつた, なり意識

▼ つと書き~ (2, 0.0%)

2 了へ

▼ つと會釋~ (2, 0.0%)

1 した後, を遊ばされ

▼ つと有る~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, わ

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 から御, 早く夜

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 を読ん

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の生活, らしい村

▼ つと来た~ (2, 0.0%)

1 さの次郎左衛門, 火が

▼ つと来る~ (2, 0.0%)

1 といい, やうに

▼ つと横臥~ (2, 0.0%)

1 した儘默つて, して

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 三の, 兵衞を

▼ つと此処~ (2, 0.0%)

1 で降し, へ呼ん

▼ つと此處~ (2, 0.0%)

1 に寄つたきり, へ引つ懸けた

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 をとめ, を早め

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 がぬけた, を食

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 つたやう, つて

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の危機, を見つめ

▼ つと死人~ (2, 0.0%)

1 の身體, の顔

▼ つと死骸~ (2, 0.0%)

1 が外, へ近寄った

▼ つと残酷~ (2, 0.0%)

1 であつ, のやう

▼ つと比べ~ (2, 0.0%)

1 てみ, て考へられ

▼ つと気がついた~ (2, 0.0%)

1 もんです, ように

▼ つと気の毒~ (2, 0.0%)

1 なよう, な気

▼ つと気まり~ (2, 0.0%)

2 が悪

▼ つと気取~ (2, 0.0%)

1 つた町である, つた風に

▼ つと気味~ (2, 0.0%)

1 がわるい, のわるい

▼ つと決心~ (2, 0.0%)

1 がつきますまい, したよう

▼ つと河原~ (2, 0.0%)

1 にう, にとび降り

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の音, を見つめ

▼ つと泣か~ (2, 0.0%)

1 まほしく, むと

▼ つと泣き出す~ (2, 0.0%)

2 身内や

▼ つと注意深く~ (2, 0.0%)

1 その方, 鑵を

▼ つと注視~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ つと洩れ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て来る

▼ つと流れる~ (2, 0.0%)

1 人波押される, 雲や

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の家, へいつ

▼ つと浮い~ (2, 0.0%)

1 てみえる, て衣絵さん

▼ つと浮び出~ (2, 0.0%)

1 ていかにも, てゐた

▼ つと浸つ~ (2, 0.0%)

1 ていつ, てゐる

▼ つと消え~ (2, 0.0%)

1 てしまう, 二人が

▼ つと淋し~ (2, 0.0%)

1 かつた, さうに池の

▼ つと清作~ (2, 0.0%)

1 の方, の顔

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の波, へ下り

▼ つと溶け~ (2, 0.0%)

1 て適当, て適當

▼ つと炬燵~ (2, 0.0%)

1 に当り, を守つて

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 氣味だ, 氣味な

▼ つと無心~ (2, 0.0%)

2 に眺め

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 つた広場が, つた霧を

▼ つと煙草~ (2, 0.0%)

1 の煙, を喫し

▼ つと照る~ (2, 0.0%)

1 月に, 照りか

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 が出, に浮かされた

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 あかり, 附けて

▼ つと物凄い~ (2, 0.0%)

1 痛手を, 音を

▼ つと犬め~ (2, 0.0%)

2

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 につままれた, のする

▼ つと狼狽~ (2, 0.0%)

1 した, の気色

▼ つと珍し~ (2, 0.0%)

1 いきちり, かつた

▼ つと甲子~ (2, 0.0%)

1 といふ年, の年

▼ つと甲羅~ (2, 0.0%)

2 をゆすつ

▼ つと申し上げ~ (2, 0.0%)

1 て置いた, て置きました

▼ つと申す~ (2, 0.0%)

1 暇も, 間もなく正親町

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の通り, をはなれ

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 つて二本の, 樣な

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 に頭, の上

▼ つと疑ひ~ (2, 0.0%)

1 が晴れ, 深さ

▼ つと疲れ~ (2, 0.0%)

1 の吐息, を忘れる

▼ つと病氣~ (2, 0.0%)

1 が再, をし

▼ つと痛い~ (2, 0.0%)

1 この釣り, でせう

▼ つと白けた~ (2, 0.0%)

1 間を, 顔を

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 から眼, の上

▼ つと目礼~ (2, 0.0%)

1 して, をしました

▼ つと真面目~ (2, 0.0%)

1 な顔, に文学

▼ つと眺める~ (2, 0.0%)

1 だけで我慢, 顔僕に

▼ つと睨む~ (2, 0.0%)

1 と一層, と黒髯

▼ つと瞑目~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ つと知つて~ (2, 0.0%)

1 ゐたから, ゐる人

▼ つと石碑~ (2, 0.0%)

2 の文字

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 をし, を失する

▼ つと空間~ (2, 0.0%)

1 に眼, の一ところ

▼ つと立ちあが~ (2, 0.0%)

1 つてゐました, つて迂参

▼ つと立ちあがつ~ (2, 0.0%)

1 て思はず, て隣室

▼ つと立ちどまつ~ (2, 0.0%)

1 てしげしげと, て又

▼ つと立ち上った~ (2, 0.0%)

1 かと思う, が裏戸

▼ つと立ち寄~ (2, 0.0%)

1 つただけ, つただけの

▼ つと立ち止つ~ (2, 0.0%)

1 たりした, てあたり

▼ つと立ち止ま~ (2, 0.0%)

1 つて傘を, つて耳を

▼ つと立ち止まつ~ (2, 0.0%)

1 て皆, て私たち

▼ つと立ち話~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ つと立つたる~ (2, 0.0%)

2 驢馬の

▼ つと立寄らう~ (2, 0.0%)

1 ぢや, といふ具合

▼ つと笑聲~ (2, 0.0%)

1 があたり, を發

▼ つと笑顔~ (2, 0.0%)

1 になる, を見せ

▼ つと簡単~ (2, 0.0%)

1 にはいへん, には云

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の樣, の破れ一杯

▼ つと素人~ (2, 0.0%)

1 には理解, には見当

▼ つと細い~ (2, 0.0%)

1 くらゐ, 頸を

▼ つと細君~ (2, 0.0%)

1 の額, の顏

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 だけを先, を描き

▼ つと絶望~ (2, 0.0%)

1 したやう, の色

▼ つと~ (2, 0.0%)

2

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 で描い, に染つた本郷

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 を引いた

▼ つと美し~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ つと考えられ~ (2, 0.0%)

1 ていない, ている

▼ つと聞き~ (2, 0.0%)

1 嘉助氏という, 澄して

▼ つと聞きたい~ (2, 0.0%)

1 がさつき君, ものだ

▼ つと胡坐~ (2, 0.0%)

1 が組ん, を掻い

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 へそれ, へ除けた

▼ つと腕時計~ (2, 0.0%)

1 を睨め, を覗い

▼ つと腕組~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ つと自信~ (2, 0.0%)

1 がない, がもてん

▼ つと興味~ (2, 0.0%)

1 を引かれた, を感じはじめた

▼ つと舌打ち~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 が白い, を染めた

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 の株

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 のやう, をひらき

▼ つと苦笑~ (2, 0.0%)

1 したぎり兎, する

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の茎, を苅つた趾

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 に似

▼ つと落ち~ (2, 0.0%)

1 か, てゆく

▼ つと落ちつい~ (2, 0.0%)

1 てゐ, てゐられない

▼ つと落着~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ つと葉巻~ (2, 0.0%)

1 に口, を喫し

▼ つと薄あかり~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ つと薄日~ (2, 0.0%)

1 がさして, のやう

▼ つと虚空~ (2, 0.0%)

1 に瞳, を睨んだ

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 を殺し

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の形, の頭

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 が光る, が飛ぶ

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 が上つて來, ののぼる

▼ つと血の気~ (2, 0.0%)

1 があらわれた, がひい

▼ つと行く~ (2, 0.0%)

1 とそこ, には行く

▼ つと行っ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て彼

▼ つと衝立つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐるので

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の人通り, 忠碑にも

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 に抑, を持つ

▼ つと見える~ (2, 0.0%)

1 のである, 奴かね

▼ つと見かける~ (2, 0.0%)

1 ことが, 小学校の

▼ つと見つめる~ (2, 0.0%)

1 ぢや, のです

▼ つと見とれ~ (2, 0.0%)

1 てゐました, て居た

▼ つと見まもる~ (2, 0.0%)

2 までのこと

▼ つと見もの~ (2, 0.0%)

1 だよ, であつ

▼ つと見入つた~ (2, 0.0%)

1 ときの, ものだ

▼ つと見守つ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ つと見守る~ (2, 0.0%)

1 のだつた, 業は

▼ つと見廻し~ (2, 0.0%)

1 て見る, にツ

▼ つと見当らない~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, のである

▼ つと見比べ~ (2, 0.0%)

1 て, てゐる

▼ つと見返し~ (2, 0.0%)

1 てゐた, ながら急

▼ つと見送る~ (2, 0.0%)

1 にも等しい辛, 安心の

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 しかぬれ, つた

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ つと記した~ (2, 0.0%)

1 通り私が, 通り規矩装飾は

▼ つと訪ね~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て來

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 を切つて, を途切

▼ つと話す~ (2, 0.0%)

1 色紙に, 金缺病の

▼ つと貫一~ (2, 0.0%)

1 に差せり, の面

▼ つと買物~ (2, 0.0%)

1 に来た, へ行かう

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 くした, くする

▼ つと走っ~ (2, 0.0%)

1 て入る, て来

▼ つと走り~ (2, 0.0%)

1 よりて黄金丸, 寄って

▼ つと起き上る~ (2, 0.0%)

2 ときちんと

▼ つと起ちあがり~ (2, 0.0%)

1 て紀州, ながらそう

▼ つと趣き~ (2, 0.0%)

1 がある, をかへたり順序

▼ つと足許~ (2, 0.0%)

1 の水桶, を見

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 つたま

▼ つと蹲つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた連中, ゐるの

▼ つと身慄~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 がつて

▼ つと農学校~ (2, 0.0%)

1 に寄つて, へ行く

▼ つと近い~ (2, 0.0%)

1 うちに, 内に

▼ つと述べ~ (2, 0.0%)

1 てみたい, て置く

▼ つと述べた~ (2, 0.0%)

1 やうに, 通りかう

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 つてゐる, ひすが

▼ つと退い~ (2, 0.0%)

1 てみい, て行つて

▼ つと退き~ (2, 0.0%)

1 て噎せ入り, ながら身構

▼ つと退屈~ (2, 0.0%)

2 を感ずる

▼ つと途切れ~ (2, 0.0%)

1 てはまた, 次には

▼ つと途切れる~ (2, 0.0%)

1 といきなり, と突然

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 ひ出した玄関, ひ過ぎたの

▼ つと~ (2, 0.0%)

2

▼ つと通る~ (2, 0.0%)

2 馬さへ

▼ つと過ぎ~ (2, 0.0%)

1 である, に会場

▼ つと重い~ (2, 0.0%)

1 病の, 足音が

▼ つと重大~ (2, 0.0%)

1 な原因, な役目

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 の眼, を借し

▼ つと釣針~ (2, 0.0%)

2 を投げ

▼ つと鋭い~ (2, 0.0%)

1 目を, 眼を

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 の柄

▼ つと長く~ (2, 0.0%)

1 待たねば, 立尽した

▼ つと閉口~ (2, 0.0%)

1 だつた, だよ

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 つて, つて來た

▼ つと障子~ (2, 0.0%)

1 の傍ら, の蔭

▼ つと離れた~ (2, 0.0%)

1 片田舎に, 草の

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 かしいですな, かしいですね

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 から出た, 崩れました

▼ つと電話~ (2, 0.0%)

1 するぐらい, をかけ

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 はれて, はれ頭

▼ つと青ざめ~ (2, 0.0%)

1 ながら反問, 焚火の

▼ つと青白い~ (2, 0.0%)

1 炎を, 霧の

▼ つと青葉~ (2, 0.0%)

1 が一ぱい一ぱい, の下

▼ つと静ま~ (2, 0.0%)

1 つてし, つてて

▼ つと静止~ (2, 0.0%)

2 して

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 かにし, な強い

▼ つと面喰つた~ (2, 0.0%)

1 でしよう, 程お

▼ つと面白く~ (2, 0.0%)

1 ありませんね, ないから

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 をし, を伸した

▼ つと風邪~ (2, 0.0%)

1 でもひいた, をひき

▼ つと食物~ (2, 0.0%)

2 に敏感さ

▼ つと首筋~ (2, 0.0%)

1 に突, を伸し

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 を屋敷, を立て直し

▼ つと馬鹿~ (2, 0.0%)

1 だな, な奴

▼ つと~ (2, 0.0%)

2 け寄っ

▼ つと高く~ (2, 0.0%)

1 揚れり, 通しるべの

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 をあ, をつく

▼ つと魂消~ (2, 0.0%)

2 て逃

▼ つと~ (2, 0.0%)

1 に彷彿, や鱚

▼ つと鳴り~ (2, 0.0%)

1 さら, を鎮め

▼ つと鳴る~ (2, 0.0%)

1 からねそん時これ, 博多の

▼ つと黒ずんだ~ (2, 0.0%)

1 大きな手, 竹柏の

▼ つと黙つ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て又

▼1* [2587件]

つとあいさつをする, つとあかくなつた, つとあがり一人が, つとあげてみせた, つとあげようか, つとあげると前足, つとあざ笑ひました, つとあそこを見給え, つとあちらの一品料理屋, つとあとになつて氣, つとあとずさりをし, つとあぶない内證, つとあぶなかつた桑原, つとあらぬ方に, つとあらわれた二人の, つとありのま, つとありますよ, つとあるんだ, つとあるいはむせぶが, つとあるじの手, つとあるまい武人といふ, つとあんたにお客さま, つとあんどんをひろげ, つとあんな女は, つとあんなになるかと, つとあゝいふ機会, つといいことが, つといきをつく, つといきりたつたがしかし, つといきんで, つといけねエまた, つといそぎの用, つといたげたわよ, つといたしてをります, つといたら商賣, つといたんだがね, つといちどきに笑ひく, つといつぺん来て, つといでよアプサントの, つといま見あたらないが, つといまいましく思ひました, つといま顫へた, つといらつしやい, つといろいろと考え, つといわれのある, つとうかべながら持つ, つとうごいたやうでした, つとうごかずにゐた, つとうす暗い茶の間の, つとうずくまつて, つとうちに貯, つとうつくしいの, つとうつむいたま, つとうつろな笑聲, つとうてこぼれてしまう, つとうて流れるのを, つとうとうとつとしたかと, つとうなだれて, つとうなだれたま, つとうなづいただけで, つとうまくしつくりしないが, つとうますぎはせぬ, つとうるさく感じられるほど, つとえらい噂です, つとおいしい御馳走が, つとおかしく聞えるが, つとおこうがしっかり, つとおこりその病棟, つとおじぎをした, つとおすわ, つとおせつかいめくが誰, つとおだてると皆んな, つとおとし來れり, つとおどかしてやつ, つとおどかしただけよ, つとおどけて彼女, つとおなじ者でない, つとおほらかでのんびり, つとおもひつづけ, つとおもしろいね, つとおりたところに, つとおれには困る, つとおろして眼, つとお客でもする, つとお家で遊ん, つとお待ち鉛筆を削ります, つとお父さんとはよべん, つとお目にかかつてその後, つとお知らせしたいこと, つとお立ちになっ, つとお辞儀をした, つとお隣へ行つて, つとかういつぷう變つ, つとかえりみたがまた, つとかかり汽船の, つとかしてくれ, つとかしげた顔に, つとかすかに洩らした, つとかすめたと思ふ, つとかなくちやね, つとかはつてゐます, つとかへして, つとからかひ始めると, つとかれはその, つとかれるの, つとかわつた事を, つとかんといきません, つとがまんして, つときいたがもう一度, つときいたらさう, つとききたいが, つときくと女, つときてのうでいけ, つとくからな, つとくだよほか, つとくにや言, つとくれよツ何も, つとくんなはれ, つとくんなれな, つとぐあひが悪いのよ, つとぐらりとし, つとぐらゐ遊んだつて, つとけいふたかて, つとけいれんした, つとけつていふ, つとけと言つてる, つとけむつたいところ, つとはいの, つとこせえだぞ, つとこの世のもの, つとこぼれる程ゐやした, つとこみあげてくる, つとこれから先きの自分, つとこれ丈け熱, つとこわい顔を, つとこんどは速達, つとこんなことを, つとさいたかひよろ, つとさえ考えられる, つとさげたどす黒いもの, つとさしうつ向いて, つとさむけがして, つとしげちやんあと, つとしたあてこみの日, つとしたお役に立つた事が, つとしたぬかりがあ, つとしたる臺詞あり, つとした巫山戯た思ひつきが, つとした戦ひの気分, つとした散兵壕でも, つとした考へ方によ, つとした顰めつらの, つとしてればかま, つとしといてお, つとしといた方が, つとしとらんだつたに, つとしなければならない, つとしなだれか, つとしばらく相手の, つとしませんな, つとしみてからだぢゆう, つとしらけてみえた, つとしんみりした雰囲気, つとし残してある, つとじいつと視, つとすぎ塀の, つとすすんで長政, つとすみませんがもう少し, つとすりぬけ室の, つとすゝみ出づれば, つとせきあげるそれだけ心掛け, つとせき上げて來, つとせねばならなかつた, つとせり上つた, つとせんさかいちと, つとをつと, つとそう言うわ, つとそそいで, つとそつちの方に眼, つとそのまま姿を, つとその間へ分け, つとそらを見, つとそらして男, つとそらせて今度, つとそれでは譲つて, つとそれでもをばさ, つとそれらの間, つとそれるが君, つとぞうきんを貸し, つとぢた, つとたしなめてやりたい, つとたち帰りに, つとたちあがって縁, つとたちまち関羽の, つとたつ程な, つとたべろな, つとためいきをつきました, つとためらいながらそば, つとため息をしました, つとたもとでふいた, つとたんぽぽのちる, つとだけでもいいさ, つとだつたんだ, つとだまつて私, つとだるげに, つとちいさくサーベルなどを, つとちやうど八十になりまする, つとちやいかん, つとついて来た, つとつかれたやうに, つとつきあひな, つとつぐまつて浮ん, つとつけてゐた, つとつたところによる, つとつたのは善惡, つとつたらお酒, つとつたればさながら, つとつたんやが, つとつた軍人じや, つとつついてみ, つとつつむやうに, つとつて御前さんそんな駈け, つとつて滅多なところ, つとつながつてゐる, つとつぶつた, つとつまったんです, つとつまみあげて坐つた, つとつまらないからもう, つとつまり観念の, つとつり合えぬ私である, つとづゝ蛇いちごをたべ, つとてか見む, つとできるもんです, つとですつて, つとでたとおも, つとでもさはつたなら, つとといんで貰, つととびおきてひざ, つととぶが林田, つととぼけてい, つとともるとあらゆる, つととをまじえて, つとどなたも知りたい, つとどよめくかと見れ, つとなあ君さ, つとなさるでせう, つとなつかしい氣が, つとなにかを堪へ忍ぶ, つとならんでゐた, つとならび泪を, つとなら好いでせう, つとなら聞いても好い, つとなりとお, つとなんかいつた, つとぶつて, つとにじりよってそれ, つとねえお兄さんと, つとねかしたというん, つとねころんだならば, つとねじ切って静, つとねむるよ, つとのぞいたといふ事実, つとのぞきすぐにそれをしまつて, つとのぞき込んだ時には, つとのって出かける, つとのどを鳴らし, つとのばすと太刀川, つとのま考へてゐる, つとのみこめずに父, つとのりこんできました, つとはいっていった, つとはいれば声色, つとはかりかねてか何, つとはしり下にも, つとはつきりなさいよ, つとはつきり憶ひ出せて, つとはなしにそんな, つとはにかんだ余所行きの, つとはやくはしるぞ, つとはらはら致しました, つとばかりの自分の, つとばか作つてもれえてえ, つとばか目がきかねえ, つとひかつただけでした, つとひかり落つるを, つとひくとき, つとひつくりかへる, つとひつぱりあげて木箸のさき, つとひとたび対ひ面, つとひとつ処に立ちつくした, つとひとところにすえ, つとひとりで堪え, つとひとりひとりに軽き, つとひと声その時, つとひと息つくの, つとひと言わたしから, つとひと言相談して, つとひと足後ろへさがつた, つとひどいものかも, つとひどく苦しみ出して, つとひまなのでね, つとひやかしたくなるやうな, つとひらりと舞, つとひろげし投網の, つとびにとんでゆく水をみる, つと玉水, つとふきおろしてき, つとふくれて, つとふとんをか, つとふり返りプウル, つとふりはらうように, つとふり向きましたがまた, つとふり返ると急, つとふるいて, つとふれあつて, つとまだつた, つとへまをし, つとへんぢやございません, つとえ具合, つとがらかな, つとほうつた, つとほてつて來た, つとほのめかしたことは, つとほろりとした, つとほんとうに悲しい, つとぼけたやうな, つとぼけるから厭, つとぼやけて了, つとまあ読んで, つとまえに出かけた, つとまごついてどこ, つとまごついた様子を, つとまごつきながら, つとましな青年, つとまずいなと思, つとまたたきもせず, つとまぶたにたまる, つとまゆを寄せた, つとみじかいやうだ, つとみじめなもの, つとみたいけれどもそれ, つとみつめるときジョーヌは, つとみなを笑, つとみなさまのお, つとむけていつ, つとむつかしさうに見え, つとむづかしいかと考へますが, つとむら雨の數, つとむりかも知れません, つとむるかたくなな眼でもない, つとむることと煙草をやめる, つとむるといへども賞をまたず, つとむるものがありますがこれは実に, つとむるゆゑ華靡やか, つとむるような振舞があっ, つとむる幕府のため, つとむる精神が作り出した, つとむる考えもありません, つとめくり人さし指を, つともう一度その故, つともう少し見て, つともがくやうに, つともさうは考へ, つともさういふ不愉快は, つともさうではなかつた, つともたげて一, つともちがひ, つともめりはりだ, つとやうすをうか, つとやけくそにも似た, つとやすんでゐ, つとやす子はため, つとやつたんぢや読みこなせない, つとやはり眞面目な, つとややこしくなります, つとやらうぢや, つとやりかけたことが, つとやれることで, つとゆるめればどう, つとつて来, つとよからぬ事, つとよき微笑と, つとよくお聞き, つとよそで寝泊り, つとよって糸子の, つとより添って, つとよろしくしかし男の子, つとられるお稚, つとるこつた, つとるだでねえ, つとるらしいの, つとるらしいだよ, つとわいわい騷い, つとわかつたやうな, つとわからない瞬間が, つとわかりかねる処が, つとわき道へそれた, つとわるいですからな, つとアウグステをばさん, つとアブサンのやう, つとアングロ・サクソン系の事務家, つとイギリスに帰りました, つとイヤな表情, つとインクをもっ, つとウツボの標本, つとエリザの返事, つとオルガンの音, つとオレンヂ色の, つとオースチン師は立ち上がった, つとカムパネルラを見, つとガラス戸のうちとそ, つとガラツ八は歸つて來, つとギクリとした, つとクライブ・ブルツクめいた中年, つとコントラストが面白い, つとサイズを測らせ, つとシブイ事を並べました, つとショートタイム帽子をかせい, つとジャネットの手, つとスカンヂナヴィア文學の用語, つとスカートをあげろ, つとストーブに温まつ, つとスプーンのやう, つとスマートならい, つとズボンを脱い, つとソオルの方, つとチヤーチルの顔, つとテキパキとニッカボッカ, つとテラスの上, つとトゥロットが三日月パン, つとトーマスマンに似, つとキリと, つとドアを閉め, つとドガの競馬場, つとドギマギした風, つとドランばりのしかし, つとドロシイのこと, つとドロツプスのそれ, つとニキフオオルの所, つとニユーヨークの新聞テムペランス・レコード, つとノッソリ下男が頭, つとノツペリした丹次郎型, つとノドキリ氏を見まもり始めた, つとノートを借り, つとハンケチ持つてない, つとバスは過ぎ, つとバタ臭い場面の, つとバナナの不敵, つとバルタザアルを見た, つとパラソルをそちら, つとヒステリイ気味のやう, つとビルマのバーモオ長官, つとピチ公の上, つとファンタスチックな味, つとブラシュをかけ, つとペンを置い, つとポン公の顔, つとマストの方, つとマツグの手, つとマリイ夫人の前, つとムキになつて考へ, つとモウ最後だからな, つとモウ私は何, つとモデルの椅子, つとユダが進み出た, つとランプの火影, つとリリックなところ, つとレンブラントの繪, つとロマンチックな風景, つと一つところにすくん, つと一つ十六匁七分づゝだ大けえ, つと一つ眼鏡にとりつい, つと一ヶ月ぶりで行, つと一二分考へ込んだ, つと一二間滑り落ち辛うじて, つと一例をいつ, つと一個処を指さし, つと一列の子供達, つと一刷毛でぼかした, つと一区切ついて, つと一回転して, つと一尾の小, つと一度歸つて來てそそくさ, つと一息入れながら, つと一息引上げて見る, つと一挙動で掴まへ, つと一方を凝視, つと一服盛りましよか, つと一杓水かけて, つと一枚取つと, つと一歩すすみますと, つと一番良いの, つと一目でもいい, つと一瞬間でも想像, つと一種の不思議, つと一緒にこの, つと一行加筆して, つと一言もいはなかつた, つと一足近寄った, つと一足後へ引いた, つと一間に進み入っ, つと一陣の風, つと一際首の, つと七兵衛を通り抜い, つと七円程出し, つと七里ヶ浜を思はせる, つと三十分ほど拜見, つと三吉は正太, つと三毛をながめ, つと上さ行つて見張つて, つと上つて行つたが, つと上つて行つて絃を合せ, つと上品な言葉, つと上手へはいる, つと上段の小手, つと上気して, つと上眼づかひに, つと上等な蔵, つと上高地まで行つて, つと下げたきりだつた, つと下りたやうな, つと下り気味になる, つと下宿の門口, つと下手糞な英語, つと下駄を脱捨て, つと不仕合せな女, つと不便だが, つと不動樣の劍, つと不可能である, つと不安そうな色, つと不平さうにしたが, つと不満を感じた, つと不潔であつ, つと不眠症の気, つと不釣合なだけ, つと丑之助がもう, つとの人, つとを越えた, つと膝をかかへ, つと並んでいた, つと中座して, つと中絶された會話, つと丸めて俵, つと久保田万太郎君の小説, つとつたのだ, つと乗出してその, つと乘合が出る, つと乙女は卓, つと九四歩と突き進め, つと九段までも両国, つと乞食の顔, つと乳ツ岸までへえる, つと乾燥した匂, つとれ入る寺社, つと予言しませう, つとひ乍ら, つと事件は急, つと事務所に通つて來, つと二郎の前, つと云うならばこの, つと云つた切戸をあけ放し, つと云つた切表口をあけ放し, つと云つて一同逆雪頽, つと云つて一度に逃げ散つた, つと云つて一座中には密, つと云つて顔を見合せた, つと五六騎がどこ, つと五分になる, つと五切ればかりまつ, つと亢奮すると, つとはす, つとの女, つと京都を瞥見, つと人丸は進み出た, つと人波の中, つと人眼を眩ませた, つと人間の顔, つと仁王門の前, つと仄かなる香, つと仄めきぬはた消えぬ, つと今日使はない, つと今電報が来た, つと仕えた主人であっ, つと仕掛をすれ, つと他人に入られ, つと他所を見凝, つと以前にその, つと向に, つと仰ぎ見てゐた, つと仰ぐともう, つと仰向いて眦, つと仲よしでした, つと仲間をふり, つと伊達な青年好み, つと伏し眼に, つと伏せたが暫く, つと休まして貰, つと休みたいわ, つと休みたかつたら腰かけに, つと休むともう, つと休らへば素直, つと休んだだけで, つと休憩である, つとへるやう, つと会うだけでい, つと会つて一言なんか言つて, つと会得しがたい, つと会葬者の群, つと伝へておきたい, つと伝染したつて, つと伯爵の眼, つとれて, つと伸ばすかと思ふ, つと伸び縮みする筋肉, つと伸びさせたいものです, つと伸び上がつて御覧, つと伸べて一度, つと伺ひたいことが, つと佇みながら今, つと位話をなさつ, つと低い声を, つと住みよい処, つと何んかある, つと何事かに思ひ, つと何時までも動かなかつた, つと何気なく競馬場へ, つと余計なこと, つと余談にわたること, つと使つて見たい線, つとのない, つと例外である, つとが身, つと便所へ, つと信じられない程だつた, つと信ずる様に, つと信吾の生白い, つと信濃の月, つとに寄つた, つと俯いてゐる, つと俯向きながら自分, つとれ見て, つと借りて穿く, つと借用して, つとが出, つと値上りしますよ, つとかつた, つと偉くなつたやう, つとつてよ, つと停っている, つと停つてもの, つと傍らへ身, つと傳染したつて, つと傾いてあの, つと傾くとポツリ, つと傾聽して, つと僅か一時間程の間, つと儀式的な感, つと儲かる方法を, つと儲けたと思ふ, つとの座, つと元気に希望, つと兄さまらしくないと, つと兄貴の苦労, つと充實した生活, つと先刻のは幾ら, つとつたり, つと光つたと思ふ, つと光るのを, つと光春の膝, つと光琳の羽織, つと光線の具合, つと入り来るは四十, つと入れるやうな, つと入日のさす, つと世界から, つと八五郎は鬼, つと八卦が惡い, つと公言する人, つとかしい, つと六ヶしい仕事, つと六ヶ敷気に天井, つと共に乱れて, つと兵たいを見, つとを書い, つと其二つの, つと其人の顔, つと其物を見た, つと其積で行つて, つと其等の遠景, つと其處を立ち去る, つと其處らの小山, つと其袂を吹きあぐれ, つと其跡に走, つと其辺を, つと其齒に浸みる, つと具合が悪, つと兼家の顏, つと内外の交通, つと内容が想像, つと内部を見, つと円く見えるだけ, つと円舞者連の姿, つと冗談を云つて笑つた, つと写真に見とれ, つと写真窓に顔, つとの中, つと冷かして直ちに, つと冷汗を流した, つと冷淡過ぎる氣, つとかつた, つと凄味のある, つと凝らされてゐた, つと出かけるから夕食, つと出したんだ, つと出たら狸が, つと出でて頸筋, つと出らしい下女で, つと出られ見るまに, つと出来すぎたわい, つと出来たと申す, つと出来ないことです, つと出直す垣隣, つと出立てくれ, つと函館の老人, つと凾館へ行きました, つと分つたのだ, つとつて, つと切つてそれから兩方, つと切りながらつけ足した, つと切実な吾, つとねた, つと判らなかつたので何, つと判事の前, つと別れてみませう, つと利家の後, つと利章の面前, つと刷毛で刷, つと刺して見よう, つと剃つてくれ, つと削るうち待つ, つと前僕を見まい, つと前方に見入つて, つと前方遠くを見凝, つと前目をさましました, つとの善, つと割つてこの, つと割らうとした, つと割りこむこと, つと割れてゐ, つと割負がします, つと剽軽な男, つと力み返つて遠慮なし, つと力強い慰めや, つと加茂の霜月, つとかつた, つと助けてやる, つと労つて再び健やか, つと勇ましいたよりが, つと勇み肌をつけたす, つと勇氣のくじける, つと勉強しなくては, つと動いちやいけない, つと動かして仏, つと動かしましたのでこつ, つと動かすと自由, つと動かなくなつた, つと動かぬ池は, つと動きましたのでその, つと動き出す地上では, つと動くにも厳重, つと動悸がしました, つと動揺が起つた, つと勘兵衛の手, つと勘弁は出来, つと勝気すぎる, つとのい, つと勿体ぶつたりうつ, つと包まれた雨の, つと包みこんでゐる, つと包んで置く, つとへ, つとを見つめ, つと区別しにくい, つと十七位のもん, つと十兵衞半身あらはせ, つと十吉の眼, つと十文字に塗り消し, つと千代子の顔, つと千住大橋の方, つと千鳥が, つと半月程の前, つと半町ほどある, つと卑劣な人間, つと卒急には答, つとは俯向, つと単純な何もの, つと博士の覗き穴, つと占領して, つとねえ, つとを入れる, つと厄介だ, つとやな, つと厳かな声, つとります, つと友達の顔, つと双六を持つ, つと對な, つと反対なもの, つと反射して, つと反射燈を顔, つと反抗するやう, つと反抗的な視線, つと反省して, つと反転して, つと収入の多い, つと取つてやる, つと取るやひとつ, つと受けさせしよし, つと受取れぬほどの見る, つと口ごもつてゐた, つと口惜しまぎれに, つと口籠つたが, つと口籠つたが, つと口説いちやいけない, つと古い日本紀に, つと古代の姨捨山, つと古風なハンドプレス, つと叫んだのである, つと哀さうに思ひました, つと可笑しいね, つと台所を覗い, つと右寄りだ, つと右左を御, つと右肩と顎, つと右近の耳, つと合図の手, つと合圖をする, つと合掌して, つと合點どうせ情事, つと意義に, つと同時に進み寄り老人, つとの売れた, つと名古屋の街, つと吐きながら呟いた, つと吐出さむとするも苦しや, つとふの, つと向けられた二つの, つと君出給へよ, つと君風呂はまあ, つと吸つて火鉢に投げ込み, つと吹きつけてしばらく, つと吹きつける風を, つと吹き出していた, つと吹き抜けた概で, つと吹き来り今まで, つと吹出したものである, つとつと, つと呆れたやうだつ, つと呆気にとられた, つと呑みこみにくいやう, つと周三の方, つと周次の手, つとはつた, つと咽喉のなか, つと哀しく張り詰める, つと哄笑いた, つと唸つておい, つと唸り聲を, つと問題になりかけたい, つと問題がちがふ, つと啜り込む音とが, つと善き歌を, つと喊聲をあげ, つと喚き寄つて行つた, つと喚声をあげ, つと喜びの声, つと喜平に会釈, つと喫驚したやう, つと嗤つてやりたかつた, つと嘗めてみ, つときて, つとを餌壺, つと噛みしめるやうに, つと噛み切れちやあの, つと噛み堪へながらともかく, つと器用に出来たらう, つと噴き出してし, つと四五匹飛んで, つと四圍の氣配, つと四角張つたやうな, つと因縁をつけすぎた, つと団子鼻に近く, つと困りますからその, つと困惑した顔, つと困難なこと, つと固苦しい話です, つとくな, つとの囁き, つと土竜の顔色, つと土蔵のあたり, つと土間の暗がり, つと圭一郎に手渡す, つと地図を, つと地獄絵の裳, つと地表に滑走輪, つと坂田屋の離屋, つと坐り込んで了つた, つと坐禅を組ん, つと垂れてゐ, つと型破りな人間, つと垣間見てゐる, つと垣間見たその内側, つと城内を見物, つと城外でそんな, つと埼子を眺め, つと忘れしたが, つと堅固なる何物, つとに腰, つと堪へ忍んでゐる, つと堪らえて涙ぐむ, つと堪らない泣くなんて酷い, つと堪忍して, つとを破, つと場合が違, つと場違ひな感じで投げ出し, つとのうち, つと塊つてゐる, つとの窓, つと塗くつた, つと塗られて嗽, つと墓守に若干, つと墓表の前, つと増田さんいなさるかね, つと夕方庭へ望みたら, つと夕日のと, つと夕立がきた, つと外しながらいそい, つと外出したの, つと外国語でも研究, つと外国語教育の問題, つと外國にも例, つと外氣を吸, つと緒子の, つと夜明けの風鈴, つと夜空を眺め, つと夢みてゐる, つと夥しい血を, つと大きい音が, つと大げさに言つて, つと大どかな紋樣の, つと大丈夫なところ, つと大人びてゐた, つと大分伸びて, つと大勢のひと, つと大口を開い, つと大声で笑, つと大抵卵をか, つと大日向教の御, つと大空に浮かんだ, つと大粒の雨, つと大西の眼, つと大越さんのやうす, つと大迫玄蕃は眉, つと大阪へ行つて, つと大阪屋を睨み, つとを睨み, つと天の川を見, つと天守閣といつた, つと天幕へはいる, つと息を, つと太一郎の顔, つと太田の奥様, つと太郎の顔, つと夫人をみつめる, つと失敗した, つと失敬する急, つと失望しました, つと奇妙に見えた, つと奇抜な芸当, つと奇觀だ, つとの方, つと奥さんを酔, つと奥さん水へ手, つとにつき込ん, つとふ樣, つと女郎屋のやう, つとの口, つとささうな, つと好色っぽいあこがれ, つと如何したんで, つと妓達のゐる, つと妙見堂のうしろ, つと姉御が墓, つと始末のできない, つと御この, つとの前, つと姿態をした, つと威張つた恰好をし, つと娘達の遊戯, つと婆さんの顔色, つとに耽り, つと媚態をつく, つとの気色, つときたくなる位, つと嫌ひなだけで, つと嬉しくなつた, つとよ, つと子宮の中, つと学問なんかする, つと學問なんかする, つと安心こだはるな, つと完成し初めて, つと完璧なもの, つと宗円が姿, つとつたやうに, つと客人を見つめた, つと客席が引くり返る, つと客間の紙門, つと宰相を見, つと家持の持つた, つと容態を観察, つと寂しい鋭い音を, つと寂しく聴き入れば, つと寄せてその, つと寄つてみよう, つと寄つたところその, つと寄つてコーヒーでも飲め, つと寄らんとし, つと寄りつけない南瓜圖なんかが, つと寄り添うて, つと寄り添った斎藤家の, つと寄り道をした, つと寄ると手巾, つと富岡の眼, つと富豪の顔, つとついたん, つと寐間にひつ, つと寒いが君, つと寒気がする, つと寛ろいだ気分, つと寝倒れてし, つと寝耳に水, つと寢ようとした, つとにはつきり, つと實證的な傾向, つと實踐的だつた, つとのバラック, つと寿枝の頭, つと射し入る電燈の, つと尊敬出来るやう, つと尋ねてやろ, つと小きざみに足, つと小屋のうち, つと小山のやう, つと小山嬢の方, つと小机の前, つと小松の生え, つと小生の考え, つと小綺麗なアパート, つと小菅のはう, つと小萩の方, つと小説に書け, つと小間使か女学生, つと少うしたわい, つと尖らせて言, つと尻はしよりに手, つと尻火を切, つと尾鰭をつよく, つと居ずまひを, つと居ないでせう, つと居る筈だ, つと屈伏して, つと屏風の前, つと山の上から覗いた, つと山人の流派, つと山口へ少し, つと山峡の闇, つと屹立して, つとの割れ目, つと岩太郎は前, つと島裾を噛ん, つと崩れ落ちてしまひました, つと嵌めておいた, つとの微光, つと左団次に似, つと巻き起つたと同時に, つとの広い, つと市ノ瀬が純粋, つと師匠の容態, つと帰つたもんです, つと帰つて見るわ, つと帰つてものいひを, つと帰りが遅う, つと帰りやしないから家, つと帰省したとき, つと干し酒盞の, つと平八は玄関, つと平和な風景, つと平次は何, つと年代をたしかめ, つと年月がかかる, つと幸子を見, つと幸福になりたい, つとのほのめい, つと幾島さんからはまだ, つと過ぎるよ, つと広い耕地にな, つと広げればなんとか, つと広告塔や電車, つと庄太郎に会釈, つとについてし, つと床の間に端座, つと床几を立った, つとに沈ん, つと店先へ立つ, つとが過ぎる, つと度胆を抜かれた, つと座敷へはいる, つと座談では言, つと庵室の中, つと廃たい的な快感, つと廢人のそば, つとからう, つと延ばさうといふ気分, つと延びていま, つと延び出すやうな, つと延岡を睨みつけた, つと建物の蔭, つと廻つてまたあなた, つと廻つて前に見, つと廻り道をし, つと廻廊へ踏み出した, つとのやう, つと弓之助は家蔭, つと弓杖をつき, つと引いて行きます, つと引かれた爽やかな, つと引きましたがその, つと引き寄せると倒れる, つと引き揚げて往く, つと引き絞められる花やかな, つと引き締め溢れ來る, つと引き縮めて歯, つと引き返してゆく, つと引つ繰り返つて紅い, つと引つ込んぢまつ, つと引上げられその, つと引用したリヴィエェル, つとをかばう, つと弥生の胸底, つと張合ぬけが, つと張飛は一歩, つと強調してもよ, つとつて居る, つと当るだらうといつも, つと当局には信用, つと当惑した, つと彫琢されて, つと役に立つたのだ, つと役所の庫, つと彼方へ行つて, つと待ちたまへ, つと待ち給へ君, つと待つてらつしやいね, つと待合所の一隅, つと後ろを振り返る, つと後堂へ入っ, つと後姿をお, つと後続の人々, つと後藤君は私, つと従兄の顔, つと従妹の悲し, つと得がたい人だつたらう, つと得られさうもない, つと得体が知れない, つと得意な口調, つと得意さうに眼をつぶつて, つと得意そうにまゆ, つと御簾の傍, つと御覧よ此, つと微かな眼, つと微笑んだのを, つと徳利を取, つと徹して燃え, つと徹底的にやれ, つと心細いので, つと心身を健康, つと必要なこと, つと忌々しさを, つと忌々しいやうな, つとへた, つと忍ばせて置いた, つと忍ばせたものかも, つと忍んでゐる, つと忍耐致しませう, つと忍苦して, つと忘れてなごやかな, つと忘れられない思ひ出が, つと忘れ物ノートで, つとへし, つと応接間に顔, つと快方に向, つと怒りの形相, つと怒るよ真青, つとくなる, つと怖しいこと, つと思い返して眉, つと思つた時はもう, つと思つて俺裏口からおんつ, つと思はれないナ, つと思ひあたらざりける故例, つと思ひだすから, つと思ひついた事が, つと思ひふけつてゐた, つと思ひ出させ過ぎたのである, つと思ひ出せなかつたが老婆, つと思ひ当らぬしそんな, つと思ひ浮べる気持に, つと思へないであらう, つと思わるべき所の, つと思入あり, つとだが, つと急用でいそい, つと怨めしげに, つと怪しいなもう少し, つと怪しくなつて, つと怪我人ができました, つと怪訝に思, つと怯気のつく, つと恐い話を, つと恥ずかしそうに, つとに着なき, つと息つきあんした瘧, つと息ぬきにくる, つと息子をたしなめる, つと悄げた風を, つと悔みにも行き, つと悔恨ものだらうと, つとつくり寝んで, つと患者会館と呼ぶ, つと悩みのある, つと悪寒が走る, つと悪戯がし, つと悲しく吹き渡りそして, つと悲しんでゐるだらう, つと悲鳴を擧げ, つと惜しげも無く, つと惡寒がする, つと惡戲氣を出し, つと惱みのある身, つとひに, つと想像力があり, つと想定された自由, つとい曲調, つと意向を知らせ, つと意地わるをし, つと意地惡さうに見ます, つと意慾する, つと意氣にはかぶれない, つと愛撫をうけた, つと感じの深い, つと感嘆の声, つと感慨を洩らしたい, つと慌てて次郎公, つと慘忍な女, つと慾ばりなお猫さん, つと憎くなる, つと憎らしかつた, つとからも袂, つと懐中へ手, つとしい氣, つと成功した俺, つとに返つた, つと我が部屋へ, つと我慢さへすれ, つと我慢しなよ, つと戦闘帽のヒサシ, つとつて來て, つと手ごわいよ, つと手の平を当て, つと手ばなしに泣きだした, つと手先を拭いた, つと手品師の行つたあと, つと手土産をといふこと, つと手放しでお, つと手放すわけに, つと手欄から離れ, つと手痛い目に, つと手綱を掻い繰, つと手荒く閉めた, つと手術台に近接せり, つと手輕な道具, つと手鞄の中, つと打たれたよ, つと打ち明けて言, つと打つて變つた熱心, つと扱くと魚, つと承知の助, つと技巧が加, つとぐつて兩眼あける, つと抑制する力, つと投げつけられながら力, つと抗議を出し, つとつて, つと抜いて息, つと抜萃する, つと披露するぐらゐの修行, つと抱きあげて接吻, つと抱き合うと大きな, つと抹茶を飮, つと押さえて何気なく, つと押しあてるのであつ, つと押しながされてくる, つと押し開かれてその, つと押寄せて来る, つと拍子ぬけが, つとけて目, つとかつた, つとみながら, つと拜借いたしたいの, つと拝借いたしました, つと拡がり乍ら迫つて来た, つと拡げてみ, つと括つた塊が, つとはれるやう, つと拳銃を拾いあげよう, つとひ讀みしただけ, つと差したの, つと指環とくらべ, つとがつた隣室, つと振り返ってうしろ, つと振り返りながら何, つと振向いて若い, つとへてゐる, つと捉らへて放つ, つと捨て難い処, つと捨てきれぬものだ, つと据えた眼の, つと据つて居た, つと据つて原型の頭, つと据ゑたが直ぐへん, つと据ゑて素子の全身, つと掌面に載せ, つと掘下げて見なけれ, つと掛合ふ事, つとつてゐた, つと掠めて, つとつて上げたうございます, つと探して呉れ, つと探る努力を, つと掲げて外, つとつ浚つた, つと描いたね, つと描かれやう鳥も, つと揚々と歸つて來, つとつてやうやく, つと握りしめた儘しばし, つと握り締めながら女, つと握ると其の, つとはなけれ, つと揶揄氣味で云, つと搖れて來, つと摘録すれば, つと摩り寄つて一緒に, つと撫でられぬ岩も, つとつて見, つと擦られたマツチだ, つと擬宝珠のついた, つと擽つたい言葉でも, つとへて居りました, つと收入の多い, つと改心いたしたその, つと放して内, つと放火癖の付いた, つとひがたい, つと教えに来, つと教師に目, つと散らばつて各自, つと数えてみ, つとの戦略, つと文句が言, つと文字に見惚れ, つと文次がたち上がった, つと文麻呂の背後, つとしく俯向け, つと料理をし, つと斜めに冠つて, つと断つとけばいい, つと新しがつて, つと新しい理解を, つと新しく呼吸した, つと新聞を読ん, つと方法があり, つと方面のちがつた事, つと旅人の方, つと日本人には歯, つと旧弊家丁髷連を籠絡, つと昇つてくる, つと昇り切つて見る, つとかつたよ, つと明くなる時, つと明後日の方, つと明確には云, つと映し物いひかけ, つと映つたやうに, つと映る刹那, つと春三郎を見, つと昨晩来た許, つと昨晩來た許, つと昼寝する, つと昼間かなにか, つとをきざん, つと時々中空から, つと時機が早い, つと時計の文字盤, つと時間が經ちさ, つと景気の好い, つと晴れたやうな, つと晴れ渡つた朝大勢の, つと晴衣に着, つと暑い空気が, つと暖かいからお前, つと暖ツたかで, つと暖簾を潜つて, つとがつて, つと暗然とした, つと暫く眺めて, つと暮れかける空, つと暴虐な人間ども, つと曇つてゐた空, つと曖昧だが, つと曲がると思ふ, つと曲つた小せん, つと書かれた雜筆の, つと書きなぐるので貰, つと書けてし, つと書添へておく, つと最初の詩, つと月光を浴び, つと有島氏の顔, つと有毒瓦斯を嗅がせる, つと朗らかさといふか呑気さ, つと朝光の流れ, つとに浮ん, つと木乃伊を見, つと木彫の日光陽明門, つと木蓮の花一つ, つと木陰から往来, つと末席に眼, つと本尊の方, つと本屋へ立寄つた, つと本当の文学, つと本気を出せ, つと本船を離れた, つとをそそぎ, つとの音, つと来いといふ端書, つと来いならば事, つと来り蜩なげく, つと来談ほんたうに, つと東京市内では他, つと東坡の車, つと東西他に例, つと松本あたりを思ひださせる, つとの上, つと枕元に坐, つとの中, つと染み出てくるだらう, つとえ言辭, つと栄三郎の剣動, つと栄坊を探し, つと校長の顔, つと案外のお尋ね, つと桜色に匂つて, つとが靜まつ, つと森羅殿の前, つとにかぶさつた, つと植込の邊, つとの絮, つと楊柳の陰, つと楽しんででもゐる, つと楽天的すぎるよう, つと榮子が泣き出した, つとにはなつた, つと樂しみな事, つと模型になつ, つと横倒しに倒れかかつ, つと横川まで來, つと樹明来落ちついた樹明, つと樹木などが生えた, つと樺太へ行つておき, つとにつかまつた, つとの欄干, つと機嫌の悪い, つとの前, つと欝ぎ込んで, つと欠陥がある, つとの部屋, つとされて, つと歌つてから, つと歡聲を擧げる, つとつた, つと止つてゐるが, つと止まるそして洋服姿, つと止めて呉れ, つと正体のつかめぬ, つと正直に頬, つと正面で省三, つと此事が忽ち, つと此所へかけ, つと此扉の中, つと武士は一足前, つと武悪面をつく, つと歩きやがれ, つと歩み出でたり, つと歩哨の姿, つと歸つて行つた, つと死にますから死んだ, つと死損はうと, つと死顔に眺入, つと残しといてと頼んどいた, つとり惜し, つと母家の様子, つと母屋から渡り廊下傳, つと母御に會つて來い, つと母親の顔, つと毒瓦斯のやう, つと比較にならぬ, つと比類のない, つと民子の眼, つと民衆の一人, つと気がついておそるおそる, つと気づかぬ微妙な, つと気づきもしなかつた, つと気まずい応酬の, つと気むづかしい顔をしました, つと気もちがほぐれ, つと気分をかへる, つと気勢を挫, つと気取つた歴史的さんにかへ, つと気味が悪いだけのこと, つと気味が悪くなつて, つと気味悪い音を, つと気後れがし, つと気怯れが, つと気息をばつき, つと気抜けして, つと気持の準備, つと気狂いじみち, つと気組を改めて, つと気迷つたのち, つと気違ひに, つと氣分が惡, つと氣取つた人であつ, つと氣取つた手附をし, つと氣味がわる, つと氣味惡い音, つと氣持の安らぎ, つと氣迷つたのち, つと水仙が咲い, つと水島と私, つと水底の自分, つと水槽の底, つと水面に眺め, つと水鳥がおりる, つと永い前から, つと汁粉屋などを兼ね, つとをかく, つと汗ばむやうな, つと江州の瀬田, つと江面を騷, つとの上, つと池内先生にご, つと汽笛のきこゆる, つと沈默したまま, つとへ引つ返し, つと沢山の知らない, つと河童と云, つと河野君座をたつ, つと油断をし, つと治つてしまつ, つと泊まり木にとまつ, つと法師へ差し出した, つと波打つ磯の, つと入るお, つと泣いた位に, つと泣きに行つて, つと泣きくづれました, つと泣きたくつてはつきり, つと泣きだしてその, つと泣きだしたものだ, つと泣き出さずにはゐられなかつた, つと泣き出したいばかりだつた, つと泣き声をあげ, つと泣き崩れさう, つと泣声を立て, つと注いで身動き, つと注意さへすれ, つと注目すべき所, つと泳ぎ澄んでゐる, つと洒落に役所, つと洗つてにたにたと, つと洪次郎の顔, つと洪水に成り, つと活動館のあかり, つと派出所まで來たま, つと派手な水色, つと流る如何に, つと流れ込んで来た, つと流行心理のやう, つと浪人の蔀半四郎, つと浮かび出た一人の, つと浮き腰になり, つと浮べて, つと浮上つて, つと浮気がし, つと浮浪児さんとよびとめ, つと浴室のあたり, つと海亀息吹きにたり, つと海老塚さんはわらつて, つと海辺まで軍, つと浸りながら本, つと消火栓をあけ, つと涌き起つた新しい一団, つと涙ぐんでささやく, つと淋しくなる, つと淫しても惡, つと深みがなく, つと深刻なもの, つと添つてあらしのやう, つと渋皮のむげた娘, つと渡りかけたがやはり, つと渡瀬さんとこへ行つて, つと温まつて流し, つと温めさへ, つと港町を眺め, つと湧いた御用の, つと湧く涙に, つと湧けあいつ, つと湯気の中, つと湿のさしくる, つと満山に打, つと満足げにあたり, つと源十郎は聞き耳, つと息づきながら, つと溜つてゐる, つと溜息つきながら机, つと溜息二度ついた, つと溜飮がさがつた, つと溜飲がさがつた, つと滅入つて, つと滑つてたうとう, つと滲んでゐる, つと滴らしたのに近い, つと漂つてゐる程, つと漢詩みたいなの, つと漬つてゐた, つと漲つた明りに, つと漲る怒気は, つとかに上洛, つと潜って横, つとして, つと澄して, つと澤山の顏, つと澱んでゐた, つと濃厚な物, つとのやう, つと火事を眺めた, つと火影うごきぬ, つと火箸を見つめた, つと火鉢を離れ, つと灰白色に變つて, つと炉傍に坐つ, つとえ立たせる, つともれゆく水, つと為せませんから破屋, つと為る時右の, つと烈しいデカダンの, つとのやう, つとが立つ, つと焚火の柱, つと無くなつてみ, つと無念を圧, つと無意識に膝, つと無数にある, つと無気味になり, つと無表情で相手, つと焦つたものを, つと焼跡の方, つと焼香に立った, つと煉瓦の山, つと煙たさう, つと煙つてゐる窓, つと煙りが立ちこめ, つと煙るやうに, つと照らしてゐる, つと照らしたのである, つと照りつける陽射しの, つと煩ひついて, つと煮え返つてゐた, つとゆる翌朝, つと燃えついたのを, つと燃えるやうな, つと燃え立つて取, つと爐傍に坐つ, つと尖を, つと爪立をし, つと爪立ちをし, つと爺さんの喉仏, つと片手に制し, つと片足をかけた, つと物影から観察, つと物狂ほし気, つと物質主義の国々, つと特別な性質, つとの泳ぐ, つと犯人のこと, つと狂歌俳句でもやれ, つとひを, つと狡いことを, つと狡るい笑ひを, つと独りで夜, つと独り横になつた, つと狭いが, つとや犬, つと猿臂を伸ばし, つと獅子の口, つと獲物を狙つて, つと玄関わきの植え込み, つと現われてボオイ, つと理窟にならない, つと理解しにくい, つとのなか, つと環境の関係, つと甘い味を, つと甘えてみる, つと甘くつて旨し, つと甘味のある, つとしいなな, つと甚太郎の手, つと暖く, つと生きることに, つと生徒を見おろした, つと生気を恢復, つと生活するしか, つと生温い湯に, つとへおりた, つと田丸浩平は初瀬, つと田崎さんのところ, つと甲板に出, つと甲田さんでは, つと申して置きました, つと申しあげかねるからで, つと申しましたがこの, つと男泣きに泣き, つと町家の庇, つとの出来る, つと画面を見つめ, つと留まるとそれ, つと留めどのない, つと異性の温み, つとるつもり, つと當つてそれがまだ, つと當惑した, つとぐつてゐる位な, つと病室に立つ, つと病気に耐, つと病状が進ん, つと病的だつたぜ, つと痙攣した, つと痩せて十一貫代, つと走ったお, つと癩小説を書く, つと発見出来ないくら, つと登録にま, つと白けて鷲, つと白んだうす闇, つと白帝城と夕暮富士, つと白痴の馬右エ門, つと百姓達はソロ, つと百年もたつたら, つとを寄せた, つとを睨ん, つと盗むやうに, つと目瞼に色, つと目覚めて来る, つと目鼻がつき, つと直すと自分, つと直線が少, つと相島の顏, つと相州さまや入道さま, つと相生町の坂田屋, つと相談事に行かう, つと看板をぶら下げ, つとらしくないこと, つと眞菰の中, つと真っ紅な, つと真剣にもつ, つと真弓に眼, つと真正面を凝視, つと真赤に酔, つと眠つたかと思ふ, つと眠つてゐるかの, つと眠りそのま, つと眠りつづけてゐる, つと眠れさうもない, つと眩い光に, つと眩暈がし, つと眺めやる事が, つと眺め入ると君助, つと着たのだ, つと着実である, つと睡つてすぐ, つと睨みすゑてゐたが怪しい, つと睨みつけてゐる, つと睨みつけやがつた, つと睨みつけると, つと睨み詰めてゐた, つと睨んだきり手も, つとされさ, つと瞬かずに見詰め, つと瞰んだまま, つと瞶めたより他に不快, つと矛盾して, つと知らせておいた, つと知られた懐疑的な, つと知合いの病人, つとかい時間ぢ, つと短い極々煎じつめた, つと短篇ものになる, つとに化した, つと石階を下り, つと砕けてしぶき, つと砕け散る波のと, つと壞の, つと硝子戸の日, つと磯五を見た, つとへ顔, つと社員の尻尾, つと祈祷を凝す, つと祖母に挙手, つと神妙に堪へ, つと神島に見入つて, つと神父の旁, つと神秘めいた一郭, つと禁制の賦, つと福子は機嫌, つと私どもに見せた, つと私用もあります, つと私自身の胸, つと私達を追, つと秋川さんその頃お宅, つと秋川嬢をながめ, つと秋草を描いた, つと称せられたのは, つと積荷を眺め, つとを押, つと空氣を分け, つと空海和上が入唐, つと突き延した, つと突き出してその, つと突き出たマドロスパイプ, つと突き刺したつてそんなに, つと突けば膿, つと突出して, つと突立つてゐたその, つと窓口でそれ, つと窓掛を押しのける, つと窓際を離れた, つと窺つてをります, つと立たしめた臆する, つと立ちあがって足音, つと立ちあがったお蓮様, つと立ちあがつた瞬間から, つと立ちいでた人物が, つと立ちすくんでゐました, つと立ちたる馬の, つと立ちつくしてこつち, つと立ちつくしたま, つと立ちはだかりそこへ, つと立ちよれば垣根, つと立ち上つたと思ふ, つと立ち上りその大, つと立ち上り黙って上衣, つと立ち停まり振り返っ, つと立ち寄らうと思つて, つと立ち尽してゐる, つと立ち木の幹, つと立ち止つて幾島の, つと立ち止ったと思う, つと立ち止まって何, つと立ち止まり猫の, つと立ち止まると前後左右, つと立ち止り大きく呼吸, つと立ち直つたかとお, つと立ち竦んでゐた, つと立ったのは, つと立てかけた聲を, つと立どまつてゐる, つと立ッて威勢, つと立上つて部屋の内, つと立寄つたあの, つと立寄って何事, つと立寄る積りで, つと立會の看守, つと立止つただけでも大きな, つと立止つてさア, つと立止つて思索にふけつ, つと立留つたがすぐ, つと立留つて一目眺めただけ, つと立留まつたが, つと立盡した, つと立話でしたから, つと竜宮にゐる, つとの方, つと端折つたりし, つと竿を見, つと笑つたがもう, つと笑つたやうである, つと笑つた相だ, つと笑つてそれをあたし, つと笑つてなじみの日, つと笑つて天守の方, つと笑つて少年の顔, つと笑つて背後の押入れ, つと笑みを含む, つと笑顏を見せ, つとを貸し, つとを辿つ, つとへに困る, つと箪笥の引出, つとを見つめます, つとを動かせる, つとが燃えあがつた, つと簡單な少量, つと籐椅子から立った, つとをつ, つと米吉さんと言, つと豪な, つと精密な區別, つとをひき出す, つと系統的に述べ, つと紅くなつた, つと紅らめいくらか饒舌, つと紅巾を差し出す, つと紅玉の涙, つと紋吉の様子, つと紋太夫は片足, つと紙二三枚にそれだけ, つと素子の部屋, つと素早い事が, つと素早くウヰスキイあ, つと細かな觀察, つと細工をし, つと細身の刀, つと紹介すれば, つとへて片手, つと結ぶと肉, つと結局を見つめ, つと經過を見ない, つと続けられもつともつと鋭く深く, つとを繕つて, つと網棚の一隅, つと緊つた筋肉が段々, つと緊つた身體は小さい, つと緊まつた極小柄, つと緊張しなければ, つと締つた小さい顔, つと締まるそこから, つと締めて裾, つと締めると見る見る, つと編輯長を睨ん, つと緩むと直ぐに, つと緩めた隙に, つと縮こまつてゐた, つと縱横に濶歩, つと繪解が聽, つと繭棚にうつす, つと置かれてある, つと置かれたこの部屋, つと羅馬字に書い, つと美くしいお嫁さん, つと美しいよいものに, つと美奈子を見詰めた, つとしかつた, つと羞むやうに顔をかしげ, つと羞んだ表情, つと羨しいその, つと羨ましいな, つと義貞の顔, つと羽ばたきをし, つと羽根を休め, つと羽織つてさよならと, つとつたきり, つと翻すのである, つとを休め, つと先生の, つと老けて見えます, つと考えざるを得なかつた, つと考えねばならぬ, つと考えられなければならない, つと考えられぬのである, つと考えられませんよ, つと考えられるだろうからだ, つと考え得る場合に, つと考へこむいつもの, つと考へこんだり, つと考へざるを得ない, つと考へてる姿を, つと考へんければならない, つと考へ直したらよからう, つと耐えていなけれ, つと聞いてるんじ, つと聞かさして, つと聞き澄ましてゐる, つと聞耳を立て, つと聴いてたんですつ, つと聴きすましてゐる, つと聴きとれながら時々, つと聴き入るべきものだ, つと聴き澄ましてゐる, つと聴澄して, つと聴音手にすりよった, つと聽耳をたてた, つと肉体の動揺, つと肉体的だ, つと肌合が合, つとに据ゑた素振り, つとに水, つと背中をどやし, つと背後を振向い, つと背筋が冷たく, つと胡蝶花の花, つとぶるひして, つと脈搏に聴き入る, つと脱ぎ悪くさうに, つと脳貧血を起した, つとに落ちない, つと腰かけてゐる, つと腰掛から立ち上っ, つと腹工合を悪く, つと腹立たしげな, つとに當, つとの縁, つと臆劫でもあつ, つと臆病に小, つと臥つたなりであつ, つと自分自身を瞶め得ら, つと自己に反省, つと自慢をさせ, つと自転車から降りた, つとがします, つと臭わせてました, つとを殺ぐ, つと興奮した聲, つとひ上, つと舞ひさして, つと舞台的なもの, つと船乗りの手, つと良くなる望み, つと良人の足, つと色ッぽい妹, つと色気をだし, つと芍薬を見つめ, つと芝居小屋を覗い, つと芥川のはう, つと花やかな見もの, つと花子の顔, つと芸当だわね, つとかつた, つと若い男の, つと若者が現われた, つと苦い笑ひ, つと苦しかつた, つと苦しみに堪へつづけた, つと苦味いやにが舌, つと苦手だと, つと英語とやらを教, つとの中, つと茶盆の下, つと茶目つ気, つと草刈りして, つとをおろさせ, つと荷風さんに紹介, つとかなもつ, つと華々しき事業をと, つと華やかな主役, つと華奢にみえる, つと華子は踏み出した, つとの一株, つと萩寺を見物, つと付いて, つと落して, つと落すのです, つと落ち入りて, つと落ち入る杉ばやし, つと落附いてさ, つとを重ね, つと蒼い水面に, つと蒼白になつ, つと蓬莱山が二つ, つと蓮葉に男, つとを垂れ, つとの芽, つと陽が, つと薄ら笑ひを, つと薄墨色の跡, つと薄気味がわるく, つと薔薇を見つめ, つとつて, つと藤吉は立ち上った, つと藤枝の方, つとを回り, つと藪蘭の咲い, つと蘇生の思ひ, つと蘚苔のやう, つとをつかれた, つとのついた, つとの子, つとを見下ろした, つと蠱惑的だ, つと血煙がその, つと血相を変え, つと血走り二度目の, つと行くむかいに跫音, つと行つて參じませう, つと行列の先, つと表札を見あげ, つと表現など出来る, つと表象すること, つとを着, つと裁判にこまりました, つと裁判長の顔, つと裂きて火鉢, つと裏戸を開け, つと裏町に廻る, つと裸足で雨, つとを捲つ, つとを進め, つと襟もとを合した, つと襲つて来た, つと西へ向け, つと西洋人臭い感じ, つと要綱のやう, つと覆つたやうに, つと覆面の顔, つと見あたらないのでやめ, つと見いなあの, つと見えたと思はれた, つと見えないけれどもそれでも, つと見おくるのでした, つと見おろして悲し, つと見くらべてゐた, つと見させますから, つと見し昨の, つと見すかさうとでもし, つと見せる風あり, つと見たる時その, つと見つけてびツくり, つと見つめちやあゐられねえ, つと見ててもし, つと見どころがある, つと見ねえでちや, つと見まもりながら胸, つと見られて私, つと見られると自分, つと見上げながら通り過ぎ, つと見下してゐた, つと見交し合つた, つと見入つている, つと見入つてお出でになる, つと見入つて亡妻のあらゆる, つと見入らうとする, つと見入りしつかとすわつた, つと見凝めて, つと見合したら何, つと見合つた二人の眼, つと見守りながらその, つと見定めるやうに, つと見掛けは偉, つと見方をかへれ, つと見極めてみれ, つと見直したよ, つと見着けたのが, つと見知らぬ少年が, つと見舞はうかと, つと見詰めたま, つと見詰める丈の, つと見返りながら水島, つと見送つてゐる, つと視ると雨空, つと覗きこんだ所, つと覗きこみでもなさらない, つと覗込んで居る, つとかせて, つと覚え居候, つと親しげな, つと親分のことぢ, つと親分行つて見て, つと親子のやう, つと親戚を訪ねる, つとてゐる, つと退きし蝸牛, つと解かれぬま, つと解するのが, つと解るやうな解らない, つとつて見, つと触はると蟋蟀, つと触らずに置いた, つと触れておいた, つと触れますと先づ今日日本, つと言うにはあらね, つと言うたらしいのです, つと言つた欅の用箪笥, つと言つて地に領伏, つと言つて平次は両国, つと言訳めいた調子, つと訊いて来ます, つと訊きたいんです, つと訊ねたいのは, つと託児所みたいな観, つと訝かしげに目, つとりにくい, つと訪問して, つと許されて来た, つと試しにやつ, つと詩人にもなり, つと詩的だけど, つとつたが, つと話した丈では, つと話したいことが, つと話し相手に墓場, つと話題をかえまし, つと詳しく紹介したい, つと誇つてよい, つと誇張があつ, つと読みはじめたのである, つと読み耽つたものだ, つと読むとひどく, つと読んで見, つと調べただけでも相当, つと調べたいことが, つと調弄ひ出した, つとのやう, つと謙信は手, つと講堂内に起こりました, つと警笛をあと, つとして, つと讀まうとお, つと讀み返したいと思つて, つと讀む氣を, つと讀んで見たい, つと讀んだリルケの, つとつた, つと變つた人間的空氣の漂, つと變つてゐるで, つと谷間のやう, つと豆腐をこしらえてる, つと豊橋まで用事, つと豪傑笑をした, つと豪華な気分, つとを撫でた, つと責任をもつ, つと貴方のお, つとひ物, つと貸してごらん, つと貸しませうか, つと質素になります, つと贄卓のある, つと贅沢の真似, つと赤い顔を, つと赤く暗くなりました, つとくして, つと赭らめ乍ら裕佐に笑顔, つとつては, つと走ったものでございます, つと走り出て勝家, つと走り出でて鷲郎, つと走り抜けて折り, つと走り書きで何, つと起き上ッた, つと起きあがつて見, つと起きあがつたりした, つと起き上ろうとした, つと起き出でてよろよろ, つと起ち上って夫人, つと起ち上ると, つと起った美濃守が, つと起つたのではつ, つと起てば大粒, つと起る街の, つと起上つた, つと趣向をかへて変つた小話, つと足りないといふやう, つと足音をぬすみ, つとをひい, つと距離がある, つといて, つとを見送り, つと倉に, つと路傍に下ろされた, つと跳ね返したに過ぎません, つと踏み止まつて今度, つと踏出して始, つと踞んでゐる, つと蹲まつたけれども, つと蹲りながら心, つと蹲踞んで休んだ, つとつておくれ, つとつた, つと躊つた後明りの見える, つと躊躇うた氣を, つと身ぶるいを感じる, つと身もだえして, つと身分の高い, つと身分ちがひだ, つと身震が出る, つと身體を動かさない, つとつては, つと軌道の外れた, つと軍扇を引く, つと軒下を出, つと転覆して, つと井の, つと軽い電流が, つと軽く飛びあがつたやうであつた, つと軽蔑するという, つとい眩暈, つとの真中, つと辛棒なすつて, つと込み上げて来た, つと併の, つと近づいて相手, つと近世の囲碁史, つと近寄り柵の, つと近寄れなかつたさうである, つと迯げて, つと迷ふたが左, つと迷惑さうにといふ, つと迸り下るやうな, つと迸る哭声は, つと追い歸し, つと退くから何, つと送つてあげ, つと逃げだしたらどうだらう, つと逃げる牝牛の, つと逃げ去るように, つとになつ, つと透き徹つて光を放つ, つと途方にくれた, つと途絶えたがしばらく, つと這入った赤川大膳, つと這入り懐紙を, つと通じない所が, つと通らうとする, つと通りがかりに失礼, つと通りすぎたあとの, つと通り過ぎてゐる, つと通俗的な所謂娯楽, つと逝かしつたんでなう, つと造酒は踏み込ん, つとひに, つと連れ立つて行つて, つと進み寄り血刀を, つと進み出て, つと進んだ青年は, つと進寄り威勢よく少年, つと逸れていっ, つと遂に松永は, つと遅くなるから, つと遊びに来た, つと運ばれた物, つと運命に甘んじ, つと運転手の背中, つとぎたくらゐの年頃を, つと過ぎた良人だ, つと道ばたの熊笹, つと道助の方, つと違ふところもある, つと退いて, つと遠ざかつて闇, つと遠野を睨まへた, つと遣るべし遣るべしヲイお, つと適切な事実, つと避けて, つと邸内へはいっ, つと部落の衆, つと郵便局まで冬村君, つと郷里へ帰, つとへ帰つて, つと都会人の考え, つと都会風で明るく, つと都心に近い, つとをひかへ, つと酒ぢやありません, つとつたやう, つとひたかつた, つと醒めてゐる, つとさうに耐へながら, つと重くるしい溜息, つと野趣のある, つと金澤へ行, つと金目のもの, つと金肥も入れ, つと金色をした, つとをとめた, つとを聽, つといろの, つと銀河が走つ, つと銀貨を握らせ, つと鋭く深くなされること, つと錯覺を起し, つと鍛冶富のまえ, つとを拜借, つと鎌首を出した, つと鎭まつたところ, つと鏡板の松, つとを盗み出し, つと鑑賞に耽, つと長い長い旅路が, つと長崎をお, つと長火鉢の前, つと長老を見つめ, つとの天井, つと門口をのぞい, つと閉ぢて力, つと閉ぢ籠つてゐると, つと開いて蒼い, つと開かれ手振り面白く, つと開けて例, つと開けたと思, つと開けつぱなした家では, つと間違ひが, つと関係したもの, つと関西へ行つて, つとを見詰めた, つと閻魔の眼, つと闇黒からわい, つと附いて居る, つと附近に類, つと降つて行く, つと降つたらさそく, つと降りて一ト, つと降出した停車場へ, つと陰氣に考, つと陸稻刈れんだもの, つと陽気に和ん, つとにゐ, つとどり削げて, つと階下へ行つて, つとを狙つて, つとの部屋, つと隣りの部屋, つと隣室に笑聲, つと隣家の屋根, つとしい姿勢, つと險呑な事, つとれるやう, つと隱岐の顏, つと雀斑のある, つと雑木の枝, つとも得る, つと雙子のお, つとるるや, つと離れると, つと雨宿りをさせ, つと雪崩を打つ, つとの彼方, つと電光のやう, つと電報の文字, つと電燈の方, つと電車の方向板, つと霄壌なり, つと震へる樣に, つと霞んでふわり, つと霧のか, つとがきれた, つと白み肩先, つと青い射光の, つと青く走つて行つたの, つと青じろく時々光つて, つと青みをおびた, つと青木さんの手前, つと青白く後光の, つと靜まりましたが, つと非凡な人物, つと面くらいながら, つと面はゆい心地が, つと面倒くさいといふ気, つと面喰つたかたちであつ, つと面接斉藤さんへは電話, つと面白さうなことが, つとにあて, つと響くやうな, つと預ることに, つと頭痛がする, つとを染め, つと頼みたくつて來たんだ, つと頼んで参りませう, つとに掌, つと顏中に走つた, つと顏立は好い, つと顏色を變, つと風呂から立上, つと風呂屋で着かへ, つと風變りな, つと風雅に見せたる, つと飛びついて来る, つと飛び出して岸, つと飛び込んで来, つと飛び退ってまた, つと飛出したやうな思ひ, つと飛行機と見, つと飛躍しすぎて, つと食べてみれ, つと食べるものは, つと食卓についてゐる, つとでも一緒, つと飲み給へ, つと飲むまアい, つと飲んでらし, つと養生に行かう, つと餘裕のある, つと餘計に, つと首肯いたきりだつた, つと馬首をつき入れ, つと馬鹿らしくなつたが, つと駄目かも知れません, つとまで午後, つと駆けたかつたので, つと駆けだすと声, つと駈け抜けて先頭, つと駈寄りて押隔, つとつ子, つと騒々しくポンポンポンポンと, つと騒ぎ立ちて撞, つと騰つて居る, つと騰るカンテラの, つと騷ぎ出した, つと驚かして床, つと驚かせるのは, つと驚きましたがまさか今更, つと驚き倒る, つと驚くべきものだ, つと驚ろかされた, つと驚異だ, つとが折れる, つとを動かさず, つとまつて, つと高みにバンガロオ風, つと高らかなリズム, つと高崎へ行, つと高熱が出る, つとを撫でつけ, つとの蔭, つと鬨の声を挙げ, つと鬱ぎ込んで半日位, つとの首, つと魔法使を見, つとの胸, つと鳥右ヱ門を見上げ, つとにふきかけました, つと鳴つてやがて, つとのこと, つとの方, つと麥煎餅を買つて, つと麦酒かい頂戴, つと麻雀にも嫌厭, つと黄いろな時間, つと黄いろい小粒の, つと黄昏の縁側, つと黄色で此, つと黄色い房の, つと黒いヴエヌスを, つと黒くなつて, つとり込んで, つと默つて坐つて, つと默んだ嘴, つと黙してある, つと黙つたがふと, つと黙んだ唇が, つと鼻白んで暫く, つと鼻眼金を直し, つと齧つてゐる, つとが鈴, つと龍子の顔, つと龍宮にゐる