青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つづく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つた つた~ ~つたの つたの~ つたら~ つち~ ~つづい つづい~ つづき~ ~つづく
つづく~
~つづけ つづけ~ ~つて つて~ ~つてる つてる~ ~つて來 ~つと つと~ ~つとめ

「つづく~」 1049, 11ppm, 9615位

▼ つづく~ (78, 7.4%)

11 である 6 でした 5 であった 4 だ, です 3 では 2 かと思われた, かわからない, だと, であります, でしょう

1 [35件] かしら, かしらと怪しんだ, かと思っ, かはて, が見える, だが, だそう, だった, だという, だよ, だらう, だらうか, だろう, だろうと, ですから, ですが, ですもう, でなければ, と一緒, と廊下, なら覺悟, はいくらか, はやがて, は助, は弟, は珍, もまだ, よ, をしん, をながめ, をもう, を思う, を狐, を苦しむ, を見る

▼ つづく~ (60, 5.7%)

2 ここらは, 人は

1 [56件] いいと, いうから, いうが, いやで, おばあさんは, きまってその, ぎしぎし鳴る, こんどは, するならば, その先頭, その流れ, その間に, その風, それからまた五分, それまで, たいてい変, たべもの, つもりつもっ, ふたりの, みえて, もう駄目, わしが, メリー号の, 云うが, 云う点, 今にまた, 何か, 何とその, 共にお, 内政において, 単調が, 危険な, 崖の, 彼は, 忠次の, 思うの, 思ったの, 思って, 思われず, 旅行を, 日本は, 昼間は, 樹木には, 死ぬって, 源吉は, 疲労する, 石だ, 神経衰弱に, 私の, 称せられた, 穴の, 腰の, 自殺したくなる, 蜂は, 覚しいところ, 長屋の

▼ つづくもの~ (38, 3.6%)

9 では 2 でも

1 [27件] か, かしら, かと今さら, かひろ子, か夕雲流, じゃない, だからね, だと, だの, だよ, だらうと, であろう, でございますね, でしょう, ですねえ, でないもの, として, として感じ, とは久慈, とは思えなかった, と思い, と思われました, と覚悟, のよう, はお, は停滞, を期待

▼ つづくこと~ (35, 3.3%)

3 はまれ 2 があつ, だろう, になる

1 [26件] かとちょっと, がある, がかなり, ができた, ができない, ができなかった, ができなくなった, さえある, であろう, でございましょう, と思われます, になった, はた, はめったに, もあった, もある, もめずらしく, をいつ, をプロレタリア, を名誉, を好まぬ, を得た, を知ってる, を祝し, を自分, を表するなり

▼ つづくかぎり~ (28, 2.7%)

1 [28件] あばれまわるの, いらざるまね, うって, かけつづけるつもり, けっして悪漢ども, たらふくつめこみ, とびまわったのでござります, どなりまくって, どんどん走っ, どんなにでも, につづき, は中毒事件, やって, やるつもり, 向かって, 吹きならしたの, 大宇宙, 広い自由, 掘れ, 斬って, 斬りまくった, 歩いた, 気にいりさうな, 漕いで, 走りつづけて, 走りました, 逃げまわって, 駈け急いで

▼ つづく~ (27, 2.6%)

3 どうか 2 三日つづく

1 [22件] あしたまで, しれませんので, はかること, わかったもの, わからず充分, わからない, わからないけれど, わからなかった, 二年つづく, 何十回つづく, 分らないから, 分らないが, 分らないながあいな, 分らぬその, 判らない, 君と, 当のつかない, 息が, 知れませんが, 見通しも, 解らぬそれ, 際限が

▼ つづく限り~ (25, 2.4%)

1 [25件] いかに叩かれよう, おもしろおかしく旅, お手向い, この槍一本, その人々, たたいたなら見じめ, つづいて, に, に於, ね, の波うち, の波明り, の長汀曲浦, はこれら, は同じ, は相手, もっと混乱的, やるん, 働いた, 悲しげ, 暗い夜, 眺めた, 読む, 駈け通すうち, 黒く並ん

▼ つづくよう~ (18, 1.7%)

2 になった

1 [16件] だったという, だったらじぶん, です, な悲しい, な気, に, にいのっ, にする, にといたした, にと祈っ, になっ, になりました, になる, に又, に思い, に思っ

▼ つづくので~ (17, 1.6%)

1 [17件] あつた, その人, それは, どうする, もしやと, 以前の, 困ります, 土地の, 地震では, 宵の, 彼の, 彼女は, 恐らく狂人, 日の, 水田は, 江戸へ, 甚吉の

▼ つづくという~ (11, 1.0%)

2 のは 1 ことは, こと私たちは, ところから, 一行だった, 変な, 旧家であった, 順を, 風で, 風に

▼ つづくかと~ (10, 1.0%)

2 思われたころ, 思われるほど, 思われるよう 1 思うと, 思って, 思われた, 思われるほど大笑い

▼ つづくうち~ (9, 0.9%)

21 にお, にけんか, にその, にどっち, には最初, にもその後, に時

▼ つづく~ (8, 0.8%)

1 がある, がなく, ございますまい, に渡れ, は, はちょっと, はつづい, へも注意

▼ つづく~ (8, 0.8%)

1 そしてソヴェト, にはところどころ, に一条, の岳川岳, は平伏, は彼ら, ほがら, も廂

▼ つづく~ (7, 0.7%)

2 をもち 1 から僕たち, から庇っ, で幾日, の或, もその

▼ つづくはず~ (6, 0.6%)

1 がない, だったが, であった, はない, はなく, もなく

▼ つづくばかり~ (6, 0.6%)

1 だった, である, でしかも, です, で日毎, なので

▼ つづくわけ~ (6, 0.6%)

1 がありません, だ, だが, であったところ, ですから, のもの

▼ つづく長い~ (6, 0.6%)

1 ものである, コンクリートべ, 冬の, 渚には, 石壁を, 行列が

▼ つづく~ (5, 0.5%)

1 だと, だな, だろう, です, ですね

▼ つづく~ (5, 0.5%)

1 動揺の, 樹海な, 火災という, 遠征隊, 金持当主一代の

▼ つづく広い~ (5, 0.5%)

1 畑地の, 空地の, 芝生の, 草原に, 草原を

▼ つづく~ (5, 0.5%)

2 である, はない 1 の母

▼ つづく~ (5, 0.5%)

1 になった, には人影, の上, は白く, を登っ

▼ つづく~ (4, 0.4%)

1 休みが, 作事部屋に, 武家屋敷が, 留守居部屋と

▼ つづくから~ (4, 0.4%)

1 いい, これで, である, 若い血気

▼ つづく三人~ (4, 0.4%)

1 が掌, にこの, はいずれ, は恐怖

▼ つづくあの~ (3, 0.3%)

1 下り口まで, 廊下口から, 昔雷隠居に

▼ つづくかも~ (3, 0.3%)

1 知れないと, 知れないという, 知れませぬ

▼ つづくこの~ (3, 0.3%)

1 クラブの, 苦痛を, 裏口の

▼ つづくせい~ (3, 0.3%)

1 かこの, かまだ, でも

▼ つづく~ (3, 0.3%)

1 せよまた, ほひの, まかせて

▼ つづく~ (3, 0.3%)

1 伊東ノ, 大阪城の, 戦艦

▼ つづくほど~ (3, 0.3%)

1 かえって道江, その後では, 人間は

▼ つづく不幸~ (3, 0.3%)

2 もどこ 1 の中

▼ つづく~ (3, 0.3%)

1 に振り袖姿, は女達, ほどで

▼ つづく~ (3, 0.3%)

1 か明らか, がある, になる

▼ つづく~ (3, 0.3%)

2 の太刀 1 と三

▼ つづく人々~ (3, 0.3%)

1 の群, はまた, は順序

▼ つづく今日~ (3, 0.3%)

1 であった, であったろうか, のよう

▼ つづく場合~ (3, 0.3%)

1 には口語, ははじめ, は二面

▼ つづく~ (3, 0.3%)

2 もいぬる 1 のなぎ

▼ つづく~ (3, 0.3%)

1 が開い, の方, をあけ

▼ つづく~ (3, 0.3%)

2 の中 1 といい

▼ つづく狭い~ (3, 0.3%)

1 台所だ, 扉が, 昇降階段を

▼ つづく~ (3, 0.3%)

1 二回は, 二第, 四回までの

▼ つづく階段~ (3, 0.3%)

1 の下り口, を指さした, を骨折っ

▼ つづく~ (3, 0.3%)

1 さで, 地帯は, 壁の

▼ つづく高台~ (3, 0.3%)

1 がぼう, でその, をかけ抜ける

▼ つづく~ (2, 0.2%)

2 ひだ

▼ つづくかぎり一目散~ (2, 0.2%)

1 に逃げ, に駈け出した

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 その間力戦猛攻し, 以上で

▼ つづくこの世~ (2, 0.2%)

2 の苦艱

▼ つづくだけ~ (2, 0.2%)

1 だった, でどこ

▼ つづくとき~ (2, 0.2%)

1 がありません, もある

▼ つづくところ~ (2, 0.2%)

1 の, はアッパレ詩人

▼ つづくとも~ (2, 0.2%)

1 知れない大竹藪, 限らぬ

▼ つづくひろびろ~ (2, 0.2%)

2 とした

▼ つづくまさに~ (2, 0.2%)

2 大皇子

▼ つづくまで~ (2, 0.2%)

1 切って, 数えますと

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 すべて自然の, 一つの

▼ つづくやう~ (2, 0.2%)

1 な日, になつ

▼ つづくやや~ (2, 0.2%)

1 広い道路, 確信的な

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 ああ, に

▼ つづく並木~ (2, 0.2%)

1 の蔭, をゾロゾロ

▼ つづく並木道~ (2, 0.2%)

1 に長い, を反対

▼ つづく予定~ (2, 0.2%)

1 だった, になっ

▼ つづく二局~ (2, 0.2%)

1 を二勝, を木村

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 の流れ, は彼

▼ つづく人物~ (2, 0.2%)

2 は前田利家

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 があった, を見る

▼ つづく~ (2, 0.2%)

2 の高い

▼ つづく台所~ (2, 0.2%)

2 のまえ

▼ つづく味方~ (2, 0.2%)

1 へ浴びせかけ, をかえりみる

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 がつづく, その塀

▼ つづく大きい~ (2, 0.2%)

1 二室それは, 平原は

▼ つづく尾根~ (2, 0.2%)

1 の突角, は絶高

▼ つづく山々~ (2, 0.2%)

1 に相対, はなべて

▼ つづく平野~ (2, 0.2%)

1 には足利直義, の中

▼ つづく幾つ~ (2, 0.2%)

1 かの連峰全部, もの大

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 廊の, 漠たる熔岩

▼ つづく座敷~ (2, 0.2%)

1 に寢, の前

▼ つづく悩み~ (2, 0.2%)

1 なんか辛抱, に打ちのめされ

▼ つづく控え~ (2, 0.2%)

1 の小, の間

▼ つづく数百万平方キロ~ (2, 0.2%)

2 の大洋

▼ つづく~ (2, 0.2%)

2 を北

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 にはそれ, にもしか

▼ つづく日比谷公園~ (2, 0.2%)

2 は長州屋敷

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 がある, はどう

▼ つづく暗い~ (2, 0.2%)

1 坂道を, 日

▼ つづく果て~ (2, 0.2%)

1 に高山, まで鮮らかな線

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 を知ろう, を聞き出す

▼ つづく河原~ (2, 0.2%)

1 に過ぎなかった, のなでしこ

▼ つづく状態~ (2, 0.2%)

1 が病人, だろうか

▼ つづく芝生~ (2, 0.2%)

2 には木

▼ つづく螺旋階段~ (2, 0.2%)

1 があった, の手すり

▼ つづく街道~ (2, 0.2%)

1 は谷, へ出た

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 作は, 経験を

▼ つづく~ (2, 0.2%)

2 を馬車

▼ つづく限り涯~ (2, 0.2%)

1 から涯, しない野原

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 ではなかったろう, になる

▼ つづく~ (2, 0.2%)

1 の背, もみな

▼1* [437件]

つづくあたりは全く, つづくあらゆるそういう現象の, つづくあんどん部屋, つづくいい年も, つづくいくつもの理論部会, つづくいっさいのこと, つづくいわれはございません, つづくうち天子さまのお, つづくおおやけの, つづくおしゃべりとが周囲, つづくかぎりいつかどこかへ流れつく, つづくかぎり両者の間, つづくかぎり五つずつ数, つづくかぎり息のつづく, つづくかぎり根のつづく, つづくかぎり流れに身, つづくかぎり白蝶貝を取っ, つづくかぎり飛行島の秘密, つづくかぎり馬の犠牲, つづくかといふことは, つづくかに見えた, つづくかは私の, つづくからっぽさである, つづくからとの注意登校し, つづくけれどあたいおねがいが, つづくこころか, つづくことばあそび, つづくころなど荷物, つづくさまざまな苦労, つづくじゃございませんか, つづくすぐの時期, つづくそこの土地, つづくそれは人, つづくための要素, つづくっていて, つづくつぎつぎの戦い, つづくせうから, つづくとおもはれる, つづくとかくごし, つづくとき撮影もし, つづくとは思っては, つづくなどとは曾て, つづくなんてそんなこと, つづくにつれそれが, つづくの田草を採る, つづくはたまた塹濠, つづくひとつは塗籠, つづくひろい道に, つづくぼくらもつり, つづくまことに急迫した, つづくまっ赤な, つづくもう一騎が, つづくもんですなあ, つづくやも知れません, つづくより若いより, つづくよりもここで, つづくわが家の森, つづくインテリゲンチャ論はもう少し, つづくドアから秋川, つづくハ行音はパピプペポ, つづくバタバタは一段落, つづくポーランドの原野, つづくと筋道, つづく一両日の間, つづく一九四九年の権力, つづく一八六七・八両年にわたって二回, つづく一句だった, つづく一同も汗馬, つづく一夜それからあと, つづく一条の溝渠, つづく一行は同じく, つづく一部屋は欽吾, つづく一隊は逃げた, つづく一面の沼, つづく七八人もまた, つづく七八名でヂャランヂャラ, つづく三四時間はかれの, つづく三国干渉遼東還附, つづく三尺の仮, つづく三年間おれがむさぼる, つづく三日ばかりの間, つづく三月十日五月二十七日日本国民として忘, つづく三艦三千人の士官, つづくにも夕月, つづく下り口がある, つづく下枝の節, つづく下都賀郡の被害地, つづく下駄の音, つづく不作と地主等, つづく不思議がホントウ国, つづく世紀に生きた, つづくの上, つづく丘陵の傾斜面, つづく丘陵地帯に大小三十数箇所, つづく中心的点でしっかり, つづく主力艦隊の諸, つづく乗合もある, つづく乗鞍岳の左肩, つづく事件に八ツ当り, つづく事態ばかりをせめる, つづく事江戸絵図を見る, つづく二万何千騎の中軍, つづく二三人は巻羽織, つづく二台のトラック, つづく二畳の部屋, つづく二発目は市岡, つづく二等車へ乘, つづく五月雨もきょう, つづく人中の丈, つづく人数のなか, つづく人馬や揺れ燦, つづくの沈黙, つづく仕事もし, つづくまで劇中, つづく低い石段を, つづく住宅町です, つづく何と遠いで, つづく傍らへと出た, つづく傾斜が平たく, つづくは霧, つづく先生と千二, つづく光明的な楽章, つづく入側になった, つづく入梅なの, つづく軍も, つづく八幡の仇討, つづく六畳の暗い, つづく籠りの, つづく冷洒を以てし, つづく勇士が範多, つづく勝負であった, つづくの領内, つづく十二人の舟子, つづく十国峠の背なか, つづく十年の間, つづく十幾坊の堂舎, つづく十月にあの, つづく千代の松原, つづく千載集新古今集, つづく南海方面のほう, つづく南苑の閣, つづく原っぱの左手, つづく原稿は, つづく参道並木を暮れ方, つづく反動の時代, つづく古道具屋の店先, つづく可能性があり, つづく各組の火消, つづく吉井仁左衛門も今, つづく同じ夜正確に, つづく同志を制し, つづく名主のお家, つづくやら, つづく和泉の國, つづく商船のアンテナ, つづく四人は輦台, つづく四冊の詩集, つづく国内の混乱状態, つづく国立物品販売所の正面, つづく土面を見あき, つづく地域から被害, つづく坦々たるドライヴ・ウェイ, つづくへの闘, つづく壁際に小, つづく夏季の美肴中, つづく火照る海, つづく外線の一本, つづく多くの歴史的要因, つづくであった, つづく大切が, つづく大平附近の尾根, つづく大広間に於い, つづく大戦中半官的, つづく大杉栄伊藤野枝その甥, つづく大河を見送り, つづく大海を前, つづく大藩じゃ, つづく大通である, つづく大通りの屋根屋根, つづく大雨の度ごと, つづく大雪で宿屋, つづく太平洋のこと, つづく奇怪にいぶかし, つづく奥曲輪か長い長い, つづくの一, つづく婦人の立場, つづく子どものとき, つづく季節が来, つづく孤独な生活, つづく安積玄心斎脇本門之丞, つづく家柄であった, つづく家臣達はすぐ, つづく容体で, つづく密室の中, つづく寺町を北, つづく将士は何人, つづく小学校の建物, つづく小家の前, つづく小松大松の密生, つづく山々右手には美しい, つづく山車の列, つづく岩山の上, つづく岩石の軌道, つづくの山道, つづく峻嶺高峰日本アルプスの連嶺, つづく工場の建物, つづく左右の将, つづく平次物蔭に身, つづく序詞である, つづくの木, つづく庭山の辺り, つづく廊下を何度, つづく建暦三年このと, つづくの幕下, つづく彼岸花みんな首を斬られ, つづく律動をもっ, つづくには冬, つづく後陣の大勢, つづく心身の疲労, つづく思いとして, つづくな階段, つづく性格に力強い, つづく怪事にさすが, つづく恭一との手紙, つづく情炎とそれ, つづくに庭, つづく手勢を振向い, つづく音は, つづく批判として溢れ, つづくなどは小, つづく拷問でよほど, つづく掛川から袋井, つづく数多の兵船, つづく文学史の如何なる, つづく文面の説く, つづく斜面なの, つづく旗本の中, つづく日記のそれ, つづく春木をおしもどした, つづく時代の朝廷, つづく時間を予知, つづくであつ, つづく景色となった, つづく暗澹たる黄昏時, つづく暗鬱ぞ, つづく曠原の秋, つづく更に一人の, つづく最後までその, つづくはきぬ, つづく木曾谷の山林事件, つづく木柵剃刀みたいにひやりと, つづく木立が多く, つづく未来をその, つづくを一時, つづく本郷の暗闇坂, つづく朱色の長椅子, つづく杉林にそれ, つづく村落とはまったく, つづく東京近海もののピカ一, つづく東方の一山, つづく松山にさえぎられ, つづく松飾りや羽子板, つづく板の間では上着, つづく板縁の横, つづく枕詞でしな, つづく柔軟な肉, つづく柴折戸を引き離す, つづく根府川七里の街道, つづくの花, つづく桟敷の階段, つづくのすがれ, つづく極地である, つづくの樹, つづく権力である, つづく橋廊下へかかり, つづくの章, つづく正月気分も東京, つづく此国土発達の神話, つづくに二人, つづく水田の間, つづく水音は今, つづく油蔵のほう, つづくの拡がる, つづく波間からはうなだれた, つづく津々浦々に打, つづく霞, つづくの不漁, つづくも空, つづく海人が村冬枯れ, つづく涼しい夜を, つづく深い山間の, つづく渡り廊下のほう, つづく満開の桜, つづく漠たる期待も, つづく激動の時期, つづく濱松原のまばら, つづく火光でぱっと, つづく煉瓦の塀, つづく爆音滅茶滅茶な火, つづくだ, つづく物音がソルディーニ, つづく猪熊の爺, つづく獄中生活者を描いた, つづく玄心斎その他四五の面々, つづく玄心斎谷大八も自分達, つづく玉垣の蔭, つづく現代の歴史的, つづく瓦屋根の間々, つづく生命にわれ, つづく田舍路へきよら, つづく田舎道が見える, つづく由緒の深, つづくがいつ, つづくで気, つづく敷きの, つづく病気を背負った, つづく白い敷石を, つづく白ばらの花, つづく皐月の雨, つづく眞ツ黒な森, つづく石屋の坂, つづく石段をひとかたまり, つづく砂利の小径, つづく砂利道はまだ, つづく砂浜の路, つづく砂濱にも雪, つづく祇園社の入口, つづくの行路, つづくのその, つづく秋季結びが裏, つづくこそ有るべけれ, つづく種々の時代, つづく空しかった旅ごころ, つづく空っ風に鼻先, つづく窓外の眺め, つづく竜王松原の中, つづく竹藪を想像, つづく笑い声あんまりうれしい, つづく築地塀の陰, つづく細々とした, つづく紺青の水平線上雪一山, つづくの大, つづく群衆の流れ, つづく者十数名はかぞえられた, つづく耕地渡り鳥が翔ぶ, つづく自分たちの二度, つづく自動車のため, つづく芝居小屋前の幟, つづく苦しさ, つづく茶の間の六畳, つづく茶庭の露地, つづく草どなり笛ふく家と琴, つづく荒地をすかし, つづく葉柳と家々, つづく薄暗い横町を, つづく薩摩での人物, つづくの伸び, つづく藤吉勘次が目標, つづく行者の苦慮, つづくの街道, つづく裏切り者の続出, つづく裏口のほう, つづく裏庭の柿, つづく製糸製絹の仕事, つづく西尾根には小さい, つづく要所要所に待ち伏せ, つづく見物人の行列, つづく言葉が何ん, つづく調子の途惑い, つづく諸方への派兵, つづくの方, つづく貧しい家の, つづく赤旗の波, つづく身延の街道, つづく軍馬の蹄, つづく軒先の葡萄棚, つづく近衛の儀仗, つづく通りを見おろし, つづく通路をはり番, つづく連作とも言うべき, つづく連山につきあたっ, つづく道中にそれでは, つづく道場の入口, つづく道茶店が時々, つづく部下の者, つづく部屋部屋でざわめき, つづくを聯想, つづく野面に毒塚, つづく鈍い物音には, つづく鋭い山稜は, つづく長い長い憂欝の, つづく之丞, つづく門人たちも遅れじ, つづく閑静も閑静, つづく間彼女と別々, つづく関ヶ原の曠野, つづく闘病者の現実, つづく陋巷であるが, つづく限りどこまでも河, つづく限りラッパを吹いた, つづく限り存続させたいと, つづく限り平地です, つづく限り悪戦苦闘したが, つづく限り暴れ廻った, つづく限り私のすぐ, つづく限り老松の婆娑, つづく限り轉賣しまた, つづく陰欝な霖雨, つづく険しい小径を, つづく隊列は流れ出した, つづく雑沓を見おろし, つづく離れの一室, つづくの平面, つづく電柱の薄紫, つづく電線の行方, つづく電車通りにかけて年の暮れ, つづく霖雨の中, つづく露次ではうず, つづく青々とした, つづく静かな海, つづく面々には忍剣, つづくと傘, つづくは複数, つづく音響をたとえ, つづく食堂も部屋中, つづく飢ゑと屈辱の暮し, つづく飢餓と涸渇, つづく馬廻り役の長屋, つづく駆逐艦も七ノット, つづく駒足自然に駒, つづく騒々しいざわめきを, つづく騒音に頭痛, つづく高原には森, つづく高順張遼の軍勢, つづくは後れ, つづく黒い下屋廊下には, つづく黒蟻のよう