青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つづき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つける つける~ ~つた つた~ ~つたの つたの~ つたら~ つち~ ~つづい つづい~
つづき~
~つづく つづく~ ~つづけ つづけ~ ~つて つて~ ~つてる つてる~ ~つて來 ~つと

「つづき~」 1160, 13ppm, 8757位

▼ つづき~ (360, 31.0%)

9 ように 4 ような 3 やうに, 山の

2 [15件] うちに, ところへ, ものを, 休暇も, 休暇を, 似顔絵を, 奥の, 家が, 小道を, 座敷の, 狭い町, 猫の, 細道を, 躑躅の, 間に

1 [311件] あとに, いい凪, いと大, おでん屋で, お休み, お濠ば, かいか, きたない部屋, ことを, さしかけで, しない感情, すぐ近く, する抵抗, せいか, せいも, そこここの, その商, その赤坂街道, たつぷりした池, ためだらう, ために, つれづれに, ていで, ところに, ところにか, となり, どうかする, どうやらかう, ないどう, にも被さっ, はずれに, は今, ほかに, もう一段と夏, ものについては, ものもう, やうな, やうにも, やや物寂しい, ようで, ようにも, をそれぞれ光井, アパートの, アンモニアツクの, エハガキについて, ハガキが, ハガキくれました, ラウンジへ, 一室を, 一帯だ, 一帯の, 一本道には, 一間ぐらいの, 三畳間が, 上に, 上彼女の, 下に, 下の, 世相不安につれ, 丘や, 両側に, 中に, 中一町を, 予想が, 事, 事務室の, 二等車の, 二階に, 二階へ, 人の, 人を, 人家は, 人生などを, 人生に, 仕事, 仕事に, 仕事の, 休みの, 休みを, 休み日なんて, 休日が, 会話で, 伯爵邸の, 例の, 侯爵家も, 便所の, 俵岩の, 傾斜に, 僅かな, 兄の, 先きの方に, 入口の, 公方様の, 六畳ばかりの, 冬の, 出居の, 分らないフィルム, 前栽を, 博多福岡では, 叢の, 古館に, 哥薩克や, 喪の, 四郎兵衛という, 土地でした, 土蔵へ, 地勢に, 地勢を, 塵埃を, 境から, 外輪山です, 大きな雪, 大作で, 大雪が, 大雪なんでも, 奥まった一つ, 奧へ, 女学校の, 安代へ, 客間に, 室であった, 家から, 家で, 家には, 家庭の, 密林の, 寺へ, 小さい平家, 小さい町, 小さな出島, 小態, 小松が, 小石垣, 小路が, 小高い山, 尚も法悦, 尾根から, 局長室へ, 山かと, 山すそを, 山または, 山岳中に, 山崎老人の, 山脈が, 峯の, 峰伝いは, 崖に, 巌の, 左右の, 帝釈山へ, 平家の, 年では, 広い南向き, 広い部屋, 広大な, 店座敷の, 座敷が, 座敷に, 庫裡の, 庭が, 庭へ, 庭も, 建物なんて, 当時の, 往来の, 往来へ, 後とて, 後の, 御不幸, 応接間へ, 戰爭繪を, 戸から, 戸の, 扉から, 抜け道に, 指導者たちの, 挙句増水した, 方へ, 方角さし, 旅役者の, 日かげな, 日本紙綴りで, 明い燈火, 星を, 星空の, 時は, 暗い石段, 書物を, 有様であった, 木戸を, 木曾地方の, 末が, 本を, 村長が, 東京に, 松原の, 林田門七の, 棟の, 森で, 森の, 森林に, 横町である, 横町なぞを, 横通りが, 母家の, 母屋から, 毛布と, 気持で, 水越峠までが, 法勝寺行幸やら, 海辺から, 深くへ, 漫画よん, 無理と, 爪上りに, 版画, 物置を, 狭い家, 男で, 男女あるいは, 町の, 畑へ, 畳敷きで, 疎林は, 盛事であった, 目付小屋でも, 睡眠不足は, 砂っ, 硝子を, 神崎町の, 禅寺へ, 稲荷の, 穀物畠, 穂高槍立山が, 空地を, 竹林を, 紙問屋の, 細い街, 細い道, 紺暖簾に, 絵も, 絶壁は, 緑の, 縁側の, 美濃の, 者も, 脇間へ, 自分の, 自分自身に, 興行の, 花崗岩から, 茅原に, 茶室の, 草の, 草双紙を, 草垣に, 薄暗いお, 藁葺の, 藪ぎわに, 蛙ヶ鼻へ, 街が, 街道を, 裏町にも, 裏表では, 見えるところ, 見上ぐる上, 角兵衛の, 言葉を, 読書又, 調子で, 負け組に, 質屋を, 赤沢岳の, 起き伏すさま, 路へ, 路次を, 躯の, 車に, 通りが, 連山が, 部屋で, 都大路を, 重苦しさ, 野原であった, 野道, 鈴木町紅梅坂の, 銀行の, 錦画が, 錦絵だった, 鑁阿寺へ, 長者園の, 間を, 間柄である, 陶器師の, 隅に, 障子に, 隣は, 離れ小島, 離亭, 離屋に, 雨が, 雪ばかり, 青い波, 静かな, 風雨に, 高原の, 高台の, 高声で, 高架線には, 鬱憤を, 麓に

▼ つづき~ (131, 11.3%)

3 かきます, 教えて, 書いて 2 して, すませて, やって, 忘れて, 考えて, 話して

1 [110件] うかがっても, おきき, お聞かせ, かきだしてから, かきはじめました, かきました, かく積り, きこうじゃ, くたびれはてながら, このまま立慶河岸へ, させて, させようと, したという, したらどう, しだした, してよ, しなければ, しようじゃあ, すませた, すませ高, するの, する上森, ぜひし, その裏山, ふむこと, ふり払おうとでも, ふんである, またかきます, まだ喋っ, もう少し書く, もち出した, やりたし, やりだした, やりだしたが, やりましょう, やるに, やろう, よみました, よみ始む, よむ, よんだ結果, アカシヤ街の, 一がんばりやっ, 一日の, 中二階へ, 云って, 今は, 仙人に, 依頼したく, 借切って, 僕の, 入れましょう, 前歯で, 又語りはじめる, 取るの, 受理する, 向うへ, 左り, 左右に, 己れ, 待ち受けた, 待つてるらしいその, 思い出して, 思って, 思出した, 拝借する, 書き, 書きはじめた, 書きます, 書き一先ず, 書き三日, 書き出す, 書く, 書くため, 書けば, 朗読する, 東の, 東山一帯に, 歌わせようと, 歩いて, 歩くと, 歩くの, 済ます余裕, 濟せ, 熱心に, 生きつつ, 申しましょう, 畝, 発表します, 簑笠つけ, 考えはじめて, 考えようと, 聞かして, 聞きたがった, 聞きたがって, 聞くべき機会, 聞く方, 見せて, 見て, 見ると, 見上げると, 話し出した, 話し合, 話すの, 語り始めた, 語り給, 読んで, 読んでるわけ, 飛ぶ鵯, 駈け抜けること一刻あまり

▼ つづき~ (86, 7.4%)

19 なって

1 [67件] ある, あるの, ある赤, かかって, かきますから, くらべると, すぎないの, その本, なった後方, なった硝子張り, なった部屋, なった魁春楼, なやまされたの, なりて, なり地ならし, なる, なるの, なんだ, よったもの, ゐる, フエアリイ・ランドと, 七百の, 三輪さんにかけて, 上って, 並んで, 二十面相の, 作られたの, 倉廩の, 入って, 出て, 出来た家並, 参られますか, 向いなる山懐, 向ひなる, 唐黍畑や, 寺児溝の, 小屋掛の, 帝釈山という, 座敷の, 当る, 成って, 押し罩, 昔名を, 暮させたから, 書いて, 板三枚ほどの, 植えられて, 模糊と, 樹木を, 気を, 河原撫子が, 炊事場と, 牛舎が, 百鳥が, 眺めて, 私が, 紅殻塗りの, 続いたこと, 見えるの, 道は, 配しひそか, 重なり合った幾つ, 閉口し, 間口の, 雑木林の, 駅が, 駒形の

▼ つづき~ (43, 3.7%)

1 [43件] おります, お家は, こづかいも, すっかりいけなくなった, どうしてもやれない, ぼさぼさした, まだ出し, ゼルミナールよみはじめました, 下稽古が, 亡くなって, 仕合わせじゃ, 働いて, 原爆が, 可笑しいこと, 大変天気が, 学校の, 店の, 弱って, 弱り切つて, 明治三十年代と, 暮したらグリップ, 木枯しの, 極度な, 檐下の, 気分が, 水の, 水嵩は, 池の, 湖面へ, 焔硝が, 田には, 疲れるから, 眺望が, 福, 終って, 職業が, 草履屋の, 行かれそう, 見舞いも, 談林派の, 貧乏で, 遊びに, 鳥の

▼ つづき~ (32, 2.8%)

3 しない, しなかった

1 [26件] いずれまた伺う, げんじゅうにしておかなければなりません, ざっとこうである, したが, しないこと, しないで, しないの, しませんよ, するはず, のばして, まずこうであった, わるいが, 一組五銭七八銭十銭ぐらい, 九日の, 人の, 別に, 大きな広間, 如何に強い, 妙に, 安らかに, 後でしてやる, 後頭部を, 暖流異変という, 本来それであったろう, 次の, 黄金バツトの

▼ つづき~ (25, 2.2%)

3 あるん 2 とられるの

1 [20件] あった, あって, あるぞとばかり, あるの, あるよう, あるらしい調子, いそがしく, いりますから, これこれの, する, のこって, ぼんやり見えた, わるくて, 化粧室と, 次第にひろく, 毒が, 眺められる, 続いて, 見える, 見ゆるあたり

▼ つづきその~ (23, 2.0%)

3 上に

1 [20件] すぐうしろ, つど絶壁に, 両側に, 中ほどの, 任にあたり, 先は, 向こう砂丘, 城壁の, 奥に, 底を, 後方に, 揚句又木の, 最後の, 松並木の, 次に來, 次に前後左右, 決死救出組の, 突きあたりに, 窓からは, 麓にも

▼ つづき~ (21, 1.8%)

2 騎兵隊が

1 [19件] きこゆ, わが生, アキリュウスに, トロイア諸, 二者の, 哀切の, 居たり, 屋号を, 峰そばだち, 月ほそく, 火の玉が, 白根の, 耀きいでぬ, 衆の, 衆は, 輝きいでぬ, 鐘楼を, 雪積める, 霧らふ

▼ つづき~ (20, 1.7%)

2 なった

1 [18件] いうには, いっても, かなたの, それ以後の, なって, なり白砂青松, なる, もしび, 云いたいが, 使用の, 存候, 思って, 思わないらしい, 板敷へ, 称して, 致します, 話して, 錦山

▼ つづきそう~ (9, 0.8%)

2 だった 1 だ, です, な階段, な雨, になる, もない, もなくなりました

▼ つづきでも~ (8, 0.7%)

2 考えて 1 かまわないから, 出る事, 大まわり, 山中の, 聞かされて, 見て

▼ つづきから~ (7, 0.6%)

1 だった, 今では, 又よみ始め, 庭へ, 松に, 遠い南佐久, 飛びだすかも

▼ つづきそれ~ (7, 0.6%)

1 が人々, が解かれた, に向い, に従事, に沿う, に納戸, はだんだん

▼ つづき~ (7, 0.6%)

1 ある, あるよう, あるん, ある三枚, つづいた出来事, 何も, 疎密に

▼ つづきながら~ (6, 0.5%)

1 これは, 何か, 彼は, 振返って, 正門から, 途

▼ つづきには~ (6, 0.5%)

1 やはり千メートル以上, 庭の, 男の, 相違ござるまい, 相違ない, 看護婦等の

▼ つづきそして~ (5, 0.4%)

1 たちまち停滞車, 之から, 地上へ, 彼等の, 門の

▼ つづきじゃ~ (4, 0.3%)

1 ありませんか, こっちも, ないか, ア第

▼ つづきそれから~ (4, 0.3%)

1 おもむろに次々の, こんどは, 小林少年という, 後にも

▼ つづきという~ (4, 0.3%)

1 ことで, ので, わけで, 迷信が

▼ つづき~ (4, 0.3%)

1 一番目の, 八坂の, 四枚つづき, 里芋の

▼ つづきこの~ (3, 0.3%)

1 方面の, 水の, 雨一ころ一寸閃いた

▼ つづきしかも~ (3, 0.3%)

2 光の 1 何らの

▼ つづきその間~ (3, 0.3%)

1 から緑, には潜門, に階級本能

▼ つづきまた~ (3, 0.3%)

1 それを, 元の, 大あらし

▼ つづきもの~ (3, 0.3%)

1 の小説, を, を書い

▼ つづきあと~ (2, 0.2%)

1 の十四日, は薔薇

▼ つづき~ (2, 0.2%)

1 奥の, 芥川は

▼ つづきその他~ (2, 0.2%)

1 が原因, は高

▼ つづきところどころ~ (2, 0.2%)

1 それが, 各家

▼ つづきとして~ (2, 0.2%)

1 文学現象を, 杉本氏たち同行幾人かと

▼ つづき~ (2, 0.2%)

1 ひきあげて, 出ると

▼ つづきまたは~ (2, 0.2%)

1 その傾向, 三冊つづき

▼ つづきまで~ (2, 0.2%)

1 させて, 来たところ

▼ つづきもう~ (2, 0.2%)

1 一ヵ月余も, 荒廃した

▼ つづきやがて~ (2, 0.2%)

1 下へ, 暮色も

▼ つづき一方~ (2, 0.2%)

1 は大河, は広い

▼ つづき二人~ (2, 0.2%)

1 の子, はもうそろそろ

▼ つづき五銭~ (2, 0.2%)

1 が普通, というの

▼ つづき人間~ (2, 0.2%)

2 の生活

▼ つづき~ (2, 0.2%)

1 るを, る永き

▼ つづき工合~ (2, 0.2%)

1 でおくれ, に向けられるべきである

▼ つづき~ (2, 0.2%)

1 にわたる大和, は細い

▼ つづき~ (2, 0.2%)

1 がたつ, は流れ

▼ つづき更に~ (2, 0.2%)

1 べつな, 向の

▼ つづき次第に~ (2, 0.2%)

1 カシワナラなどの, 風の

▼ つづき~ (2, 0.2%)

1 の新, を節

▼ つづき~ (2, 0.2%)

1 が毎朝太郎, の後

▼ つづき~ (2, 0.2%)

1 は低く, も風

▼ つづき~ (2, 0.2%)

1 をこちら, 混める見ゆ

▼ つづき西風~ (2, 0.2%)

2 強く夜

▼ つづき隙間~ (2, 0.2%)

2 なく枯木つづ

▼1* [281件]

つづきあげくの果, つづきいっぽうには草, つづきおん身とそれ, つづきお送りしたのみ, つづきがらというところ, つづきぐあいがわるいのはこのも, つづきここは平野, つづきこちらも何かと, つづきこの間は一帯, つづきこれをなく, つづきさえすれば, つづきさっきのウカツ, つづきすぐあとの, つづきそこの母屋, つづきその間わたしは雑誌社, つづきその間私は斬られる, つづきだけに涼しく心, つづきだらしのない, つづきやない, つづきといったような, つづきとしてはそうである, つづきともいえる中宮寺, つづきどう見ても, つづきどしどし起ころうもの, つづきながらにありける, つづきなしでも私, つづきなによりどうぞ, つづきなのぢや, つづきなんだぞ, つづきにあたる高い山, つづきになつてしまつては, つづきひな鶯のこころみ, つづきほんのちょっとの, つづきまず今の, つづきまちがいなしに, つづきみたいになっ, つづきみるみる法成寺址の, つづきめっきりと寒く, つづきやら牢内の, つづきよい思い出として, つづきようやくハッキリと遠ざかった, つづきよくもこんなに売るもの, つづきアカイア兵船を奪, つづきエレヴェーターがとまっ, つづきオホーツク海の水, つづきギンネコ号の位置, つづきゾシマはその, つづきビスマルクのとき, つづき大討議, つづき一せいに山門, つづき一冊二冊も持っ, つづき一帯を陣地, つづき一月十五日ごろからはじめて, つづき一番あとから従卒, つづき一里余の南方, つづき三冊速達いたしました, つづき三枚つづきの, つづき三浦氏はその, つづきがわにたくさん, つづきには一生涯, つづき中期王朝時代に上流, つづき中村屋で働きたい, つづき中津の旧友, つづき水も, つづき主人の戦え, つづき主謀の御, つづき乍らしかも何一つ, つづき事態は益々, つづき二十五年も暮れよう, つづき二通の書, つづき五名は座敷, つづき五月の中ごろ, つづき五枚つづき似顔絵, つづき五畿の経営, つづき人夫達が切り崩し出し, つづき人家を出はずれる, つづき人気はさっぱり, つづき今にも失速し, つづき今度は全然, つづき代官が説得, つづき以来二十日間ほど呻吟, つづき休場して, つづき似顔絵のうまい, つづき何回分か終り, つづき作左衛門や与次郎, つづきに奪いとった, つづき先生のところ, つづき入院する危な, つづき全員死滅するかと, つづき兵糧軍需の物, つづき兵馬の膝, つづきに入り, つづき冷たい雪が, つづきは段, つづきうるに, つづき勤務につく, つづき医者茶道衆祐筆俳諧師沙門荷駄隊にいたる, つづき十五枚書き終った, つづき十八日から別, つづき十数回にわたる公判廷, つづき千早城もまた, つづき卒業生の首席, つづき台覧になった, つづきは甲府, つづきで七峯, つづき同家子弟の研学, つづき吹田や味生, つづき周瑜の中軍, つづき品物は羽根, つづき四番目の砲, つづき国民儀礼や八紘一宇, つづき地形はひどく, つづき堀切辺りで殿戦, つづき堅田の顔丸, つづき塀越しに大川, つづき塵埃の白い, つづき多分彦根の, つづきは四ツ, つづき夜空に聳え立つ, つづき大作を発表, つづき大局は四つ, つづき大川に添つて, つづき天地はいよいよ, つづきは話し, つづき婆さんと僕二人, つづき存在して, つづき禄山風の, つづき完結も完成, つづき宗像研究室の手, つづきの工役, つづき宝鏡先生の送別式, つづきが立て混まない, つづき将士の家族, つづき小作者の感情, つづき少年時代のカフカ, つづき屏風なして, つづき山頂では大雪, つづき岩瀬家の客, つづき島田三郎田口卯吉大村和吉郎河井重蔵小手川豊次郎も視察, つづきの下, つづき工合スモーリヌイの裏, つづき左手のあの, つづき左端のがもっとも, つづき市場をさして, つづき平和時に全, つづき年貢を米, つづき幾年とつづきました, つづき店頭に人だかり, つづき引きつづき有象無象, つづき弥高から姉川, つづきの作品, つづき彼らは貝塚人種, つづき彼岸も七日間, つづき従って統一への, つづき御代田へぞゆく, つづきの入った, つづきに深く, つづき恐怖不安疑惑憤怒嫉妬の月日, つづき悪評をになっ, つづき感心しながら, つづき慰めを求める, つづきを廻し, つづき投炭場所の誤り, つづき支那に渡っ, つづき改訂を行い, つづき新宿のねこきょう, つづき新宿品川のお, つづき日本に君臨, つづき明けがた近く死んで, つづきとは暦, つづきでも人通り, つづき時に小ぜ, つづき書き終った, つづき書きはじめそうです, つづき有象無象が, つづき木の葉や草, つづき本草学の研究, つづき本間孫四郎や伊達, つづきの人達, つづきには天子, つづき東勝神洲の水底, つづき果ては遠く連山, つづき柳原の土手, つづきも鄙, つづきの中, つづき椅子にかけ, つづきの大変局, つづき正月にひと, つづき歩哨は眠い, つづき毎日大軍の魔, つづき毎月蓋があけられる, つづき気の毒な人, つづきも思ふ, つづき河水が乾, つづき海上には船手, つづき消え消えと行き行かし, つづき涸沢谷の雪, つづき滔々と喋りまくりました, つづき炭町の竹河岸, つづき慘の, つづき熱心に礼拝, つづき片側はずっと, つづき牛ヶ岳の裾山, つづき物資も無くなっ, つづき甚だよろしからず, つづき生来論争の, つづきの鬼五郎助高, つづき甲子をもっ, つづき甲斐とお, つづき男坂の界隈, つづきはさぞ, つづき白き帷の, つづき百舌の鋭い暗き, つづき皇室後宮みな藤原氏の血, つづき直義もまた, つづき真白な花, つづきを遮, つづき磨がらすの軒燈, つづき祖谷の桟橋, つづき神戸殿の御, つづきの横手, つづきをあける, つづきにうつった, つづき籾種をまい, つづき絨毯のよう, つづきにて御覧, つづき絶えず手紙の, つづき総髪の大, つづき縫箔屋だの仕立屋, つづき羽柴秀勝は養父秀吉, つづき翌年五月には杏花, つづき背中をはたい, つづき背景に冬, つづき良人であった人, つづき草木瓜のところどころ, つづき落葉がいい, つづき薄い眉毛の, つづき蘆中の静, つづきは閑散, つづき被告人中の有志, つづき被害地に滞在, つづき裂石山雲峰寺へいち, つづき裏梯子がある, つづき西には七面, つづき観光季節がはじまりかけ, つづきを好む, つづき講義をした, つづき甘の, つづき象ヶ鼻接心谷前は音羽山, つづき赤城西京丸は本隊, つづきではやつ, つづき軍歌隊のあと, つづきつづき新宿, つづき農地はいたる, つづき近く小川のせせらぎ, つづき退屈読本つづき, つづき連日鉱毒予防工事の不備, つづき進行し三月, つづきは泥濘, つづき遠いその端, つづき遠くなるほど, つづき野火の焔, つづきのさざなみはてしなくかがやく海, つづき銀世界と化した, つづきには媚び, つづき閃光はぴかぴか, つづき陸廻し炊事夫が一番下座, つづき滅びて, つづき隠微の書, つづき隣家の煤けた, つづき雛の節句には草餅, つづき難しと夕暮れ, つづきやや上り, つづきの道, つづきこごる見ゆ, つづき青いのが, つづき青木は本, つづき風流御境界, つづき風雨の来る, つづき鳥獣でさえも通える, つづき鳳凰地蔵一脈の間