青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つけた つけた~ つけられ~ ~つける つける~ ~つた つた~ ~つたの つたの~ つたら~
つち~
~つづい つづい~ つづき~ ~つづく つづく~ ~つづけ つづけ~ ~つて つて~ ~つてる

「つち~」 1498, 16ppm, 6987位

▼ つち~ (223, 14.9%)

12 いらつし 11 来て 7 行つ 6 來る 4 來い, 持つて, 来ないか 3 おいで, やつて, 來て, 出て, 向つて, 行くん

2 [11件] お出で, 向けて, 向ける工夫, 寄り給, 差しのべて, 曲げ倒したり, 来ようと, 移りながら, 行かうと, 近づいて, 這入つて

1 [135件] あが, おいではやく, おくれ, おは, お入り, お出で大き, お寄り, お寄んなさい, お詰め, お這入り, かけて, くるな, こいという, ごてんと賽銭箱, ごろ, そろそろ歩い, だか, とんで, ぶつかつて, ほうつてお, むいちや, もぐりこみもぐりこみ一丁目, よこして, よろけつ, よろけ乍ら忙し, ピストルを, フラフラした, ヨタ, 一日仕事に, 一瞥を, 上つて貰あ, 世話に, 乘る, 二万ほど, 伸びて, 何しにいらした, 來う, 來た, 來てから, 働きかけて, 入つて背中, 入らつし, 入れて, 出して, 出張所を, 出掛けるか, 分れたんでさ, 参りますと, 向いても, 向き直つた, 向け, 向けた, 向けた眼, 向けられて, 向けるの, 向ける市ノ瀬牧人, 向つたといふ, 呼び戻しおじぎ, 坐つて, 寄つたり, 寝かして, 帰つて来る, 廻つて来た, 引き返して, 引つぱつて, 引つ掛り, 後ろを, 後戻りを, 戻つて, 打つ違, 投げろ, 拔け, 持ち込まんやう, 振り向けて, 捻ぢ, 掛けたま, 曲が, 曲つた, 曲り小国氏, 来, 来い, 来いこつちへ, 来いと, 来たの, 来たま, 来たん, 来てるとき, 来るやう, 来る男, 棒を, 横を, 正面を, 歩いて, 毛皮の, 注文してる, 泳ぎ附け, 漏れて, 登つて来る, 眼を, 移して, 移つて來てからも, 笑ひかけ, 聞えよがしの, 背を, 腰かけて, 臀を, 行かう, 行かうか, 行かうかと, 行かうかなと, 行くだね, 行くわ, 行けば, 行つた, 行つても, 襲撃し, 譲つて, 走つて, 走りして, 蹤い, 蹴飛ばして, 送つて, 送られて, 逃げて, 逐ひやられ, 這入らせて, 進みまた, 進んで, 遣つて, 遷つて来られ, 集まれ学課, 靡く光, 飛び降りようと, 駈けて, 駈け足

▼ つち~ (179, 11.9%)

4 馬鹿だ 3 ほんとの 2 先だ, 好きだい, 好きだつた, 寒いか

1 [164件] あやしいか, い, くすぐつたくなるわ, こ, さう叫んだの, しで, しの, そこで, ぢれつたい, どうと, どうの, どれだけ, ひそかに, ひどい目, ひに, ほんとうの, もうこはくてこは, もう老婆心, やりきれやしないよ, やるん, やるんぢ, よいと, よく撮れ, より, アダムで, イヴだらう, エトランジェな, ギヨッと, マヂメど, 一歩近づい, 不マヂメ, 不案内である, 乗り気に, 五十銭出す, 何うだつてい, 佳いと, 佳からう, 兄さんです, 先だらう, 先といふ, 先に, 先生だ, 光つてゐる, 円いかしらなどとは, 出て, 出るといふ, 出入りな, 初めに, 判この, 勝たうとも, 勝ちど, 勝ちますか, 勝つか, 北枕かも, 却つて閉口し, 原因だ, 厭だ, 反目し, 名人か, 命からがら穴, 唇を, 善いかと, 善いだらう, 善いど, 固まつて, 大事かといふ, 大事かは, 大事な, 太つ, 女としての, 好い, 好いだらう, 好いと, 好い加減で, 好で, 妹である, 妻に, 寢過した, 平気で, 弟子だ, 強い, 強いん, 強えんだ, 後で笑, 心配する, 快速艇を, 怖い, 恐縮し, 恐縮する, 恥かしくなつ, 息苦しくな, 悪いかしら, 悪いぢ, 悪いの, 悪魔だ, 悪魔である, 惡いと, 惨めに, 手なんぞ, 指すか, 支那語を, 日本として, 時代おくれ, 暑いです, 最後に, 朝日の, 本当だ, 本当の, 本気な, 楽しくなかつたら, 正しいか, 正しいかといふ, 殺されたつてかま, 毎日の, 活けるとも, 激励される, 照れ臭くな, 狐か, 理解し, 疲れて, 病気を, 目ざして, 相手の, 真面目に, 眼を, 突つ込む, 立たずこちら, 立派かといふ, 笑へ, 笛が, 純粹, 組織的な, 絹川さんか, 縁起が, 美しいか, 胸を, 自信を, 良いかといふ, 苦しいか, 行く者, 見て, 見るに, 諦め顔, 豪いの, 負けだ, 負けといふ, 賑やかや, 贅沢な, 赤いか, 辛いと, 辟易する, 近いかな, 迷惑します, 速いだらう, 道を, 長ずると, 間拔け, 隠れる番, 青い, 面白いか, 頭だ, 馬鹿を, 鴨に, 黙つて

▼ つち~ (163, 10.9%)

21 見て 13 向いて 8 向いても 6 見た, 見ても 5 みて 3 見ながら 2 向いた, 振り向いて, 眺めて, 見い, 見たらい

1 [91件] うるお, おすき, お向き, お客さん扱ひ, ごらん, ごらんなさい, さがしましたが, さぐつて, さして走つ, しげ, じつと, たのむのぢ, ちやんと, ぢつと, とるか, のぞいて, のぞきこんで, のぞき込んで, はなの, ふむとて, ふりかへ, ふりながら, ふりむいた, み, みた, みる, みろ, むいた, もりて, ボンヤリ瞶めて, 上げおろしする, 上下する, 主として考える, 二三枚あつ, 兄貴の, 充てる十力, 凝視する, 勝たせようと, 向いてるかい, 向きなさいと, 向く, 向くだけの, 向つて笑つて, 大船に, 女として, 好いと, 安堵させる, 引きずつて, 御人, 恐れて, 恨む手, 振り向いたゆき子, 振り向く息子, 振り返つた, 振り返る, 掘り, 撃つて, 横目で, 歌に, 狙つてゐます, 目がけて, 眩しさうに, 瞰下し, 突き放して, 褒めても, 見あげて, 見おろすこと, 見して, 見つめて, 見ては, 見てや, 見てるか, 見ました, 見も, 見よとでも, 見るだけ, 見るの, 見ろそう, 見んか, 見上げて, 見据ゑてゐる娘, 見据ゑながら, 見物し, 見返つて, 見送つて, 覗いて, 認めて, 起しも, 迎へて, 追ひかけ, 選ぶだらうか

▼ つち~ (152, 10.1%)

2 い, それを, どつちだ, 真面目な

1 [144件] あせつては, あひし, いかなくなる, いちいちそれ, お前と, お爺, お辞儀を, お金が, ぐでりんになつてしまふづらア, こつちだわ, こはくない, せいぜいあの, そのつもり, その気, それに, それ以上馬鹿に, そろ, だからもう, ちんぷんかんぷんである, できるだけ, どうかし, どうもなかつたら, なんだ, なんだか詰らない, ふみたくない, ふよ, ほしいと, まあだいたい変り, まけずに, まだお, まだ若い, みんな一度に, もう三日, もう子供, もう花, やりきれないもの, よく洗つて, わざわざ話, ヅブ濡れにな, ピアノの, モノに, ワシなり, 一しよ, 一日々, 一日かかりやしないだらう, 三十五六典型的な, 三十前後貸金の, 休みそつ, 何だか憚, 依怙贔負, 倒れさ, 倒れて, 健康で, 傷つかないと, 僕は, 僕らの, 全く苦い, 冷静に, 出ないよ, 判然する, 別に口, 力碁で, 勝ちたが, 十二三で, 十四で, 危い, 同じ位, 向うが, 向かずに, 坂田屋の, 多少世話, 大きいが, 大した用事, 大地の, 好かつた, 好きでございます, 嫌ひなんで, 宙返りでも, 尋いたつ, 少しは, 底なしいつでも, 引止める手, 役に立たぬから, 御覽, 心配しない, 思ひついた時, 感じ合つて, 感心できない, 慌てて, 或る, 散歩かたがたあとを, 敵の, 文學者に, 斜めに, 服は, 本当な, 極力遠く, 欲しか, 正科にな, 歩き出すといふ, 歩くの, 毛が, 気が, 気まずいよう, 気位ゐ, 泡盛のみながら, 消えて, 消すひま, 漸くあぶら, 無精せず, 率先し, 生きもの, 生命と, 相手が, 真理である, 真面目に, 知つてゐる, 突つこん, 窓から, 笑つて, 精いつ, 精神的な, 綺麗で, 義理が, 考へは, 聞いたやう, 行けなくな, 詫を, 読んで, 調子を, 負けずに, 負けず嫌ひで, 貧乏で, 質問の, 辛いの, 金づく, 金の, 間誤つく, 面白いと, 馴れつこ, 高い金, 鳴きくら, 黙つて, 7より

▼ つち~ (144, 9.6%)

24 しても 6 したつて 3 なつた 2 する, なつて, 来てから

1 [105件] あるの, あるもん, いたけれや, いつぱい, お上り, お前さんの, かくして置く, かたまつ, こだはらず, ころんでも, したところ, したもの, した處, して, しよう, しようかと, しようかなと, しろあたし, しろか, しろここ, しろその, しろそんな, しろ惡, しろ批評的言語辞典, しろ構, しろ表沙汰, せう, だつて, つかず, つくか, なつたつ, なにも, なること, はかまはずそつちの都合で, はねバシ, ぽかぽか浮い, みづがねながれ, やつて, わたしたまへ, われは, ゐますから, ゐるわけぢ, チュウリップは, 一年と, 一杯の, 五つの, 伝は, 似ても, 似過ぎる程, 來たり, 來やれ, 傾いても, 充分な, 取るべきかに迷, 取ろうと, 口添へを, 同情し, 向きなほつた, 向き直りました, 向けしや, 向けて, 向つた時には, 向つて, 在りて, 埋る, 変りが, 寄つたり, 寄越せ宿屋, 富の, 居たつて, 居て, 従つた, 感謝した, 振り向きました, 換へて, 智慧が, 来い, 来まして, 来るの, 渡りそれ, 照りかえした, 片附ける, 用が, 疲れて, 眼を, 石を, 立ち, 立てり, 置いて, 置くこと, 背を, 膝つき, 行くか, 行つ, 見せて, 言わせれば, 赤, 転がし宙, 転んでも, 近づいて, 都合の, 防備は, 隙が, 飛んで, 黨派的な

▼ つち~ (115, 7.7%)

2 ないの, 先日の, 安心し

1 [109件] いい加減, いきなりおいそれとその, いきなり下, うろ覚えの, おれつち相, お前については, お委せし, お禮, お米さん, ぐらぐらッ, この猿江町, この通り丸裸かに, これから踏み出し, さうとは, すぐ乗りたい, すぐ喰, そのため, それに対して, それ程だ, どうで, どの位世間, どんな返事, なんとも思つて, ひとりで, まさか暴力, まだ若い, まっくろ, まるで気, もうサクラ, もう石, もともとである, やつぱりれこ, れんの, わざと首, イケニエに, オスカア・ワイルドの, ショウバイだ, ズボンを, メニサンクスだの, 一さい姿を, 三人で, 二人だ, 二等甲板である, 井戸替, 今度こそ, 何しろもうパリ名物, 何でも, 何も, 元より, 先の, 兵卒共に, 出さぬ, 別に, 十一人だ, 十二人で, 反対する, 受身です, 同じ分量, 同勢十二人一人一人長, 商売で, 大丈夫でした, 大盤石だ, 奴らに, 守るん, 寧ろウソ, 少々讀ん, 常に一足先手, 役人である, 待ちくたびれて, 御覧の, 急ぐもん, 恐る恐るその, 所謂絶ゆるが如く絶えざる, 撃沈される, 擽つたいといふ, 支えられる, 新しい占領地, 明治四十二年に, 智慧で, 東海道鈴川の, 柱を, 栓は, 武装し, 歩きながら, 毒気を, 決してそれ, 法律向うは, 無条件相手の, 熊に, 片輪, 狭いからねえ, 王様の, 生一本だ, 異性の, 私が, 緑の, 自分が, 自動車の, 蛇, 諜し合せ, 赤の, 追つつかない, 逃げたの, 遠慮なく聞いた, 金儲けさえ, 金雀兒それから, 間で, 闇屋渡世で, 馬鹿に

▼ つち~ (104, 6.9%)

129 ひました, へ 7 つた 5 ふの, ふんだ 4 はう, ふぞ, ふよ, ふんです 2 ふが, ふぞい, ふな

1 [35件] つただらう, つたなさ, つたの, つて, つてから, はれたやう, ひたい, ひたいよ, ひやしてな, ふからさ, ふから好い, ふぞう, ふぞと, ふだらう, ふだらうな, ふとね, ふと承知, ふと氣, ふのよ, ふもの, ふわ, ふ信用, へといふ, へとも言, へと思ふ, へばい, へッ, へ毎晩, へ見る, やあが, やお前達, やが, やがれ, やア, ツた

▼ つちから~ (72, 4.8%)

3 見て 2 たつ, 察して, 恩を, 見ても, 見ると

1 [59件] あそこまで, あの人, いはれて, うんと頭, かけても, つて, つてことは, わざわざ喋りだす, メソ, 上らうね, 云ひたく, 云ひ出す, 何か, 俺ら管あ, 先手を, 先方へ, 入るとこつちへ, 出かけて, 出して, 出向くといふ, 吉田を, 向うへと, 呼びとめたが, 大分苦情が, 引き寄せるとも, 恁んな, 持つて, 捲つて, 書き寄せて, 来たね, 来たん, 槍が, 此ら甘えこと聞た, 求めたつき合ひで, 牛屋を, 相手を, 般若心經の, 行けますか, 行つ, 見せびらかさなくとも, 言ひだす, 訊ねたり, 訊ねも, 訪ねて, 訪ねる場合, 話しかけて, 誘ひ出さなければ, 貸して, 賣出して, 起つた, 足を, 足袋が, 進んで, 運ばせて, 適当な, 離れるか, 靈媒へ, 頭など, 頭を

▼ つちにも~ (30, 2.0%)

2 はつきりと

1 [28件] あるが, あるん, い, いるんで, ごろり, その名, なんにも無い, ゐたわ, 云ひ, 備へは, 内証で, 子供が, 忙しく聞え出しました, 捨てられる, 散らばつた, 棄てられた紙, 此の, 燐光の, 片寄らない両性結合, 知つた顔が, 破れた翅, 立つてを, 縁は, 罪です, 考へが, 花を, 陸軍軍醫中將秋山練造といふ, 黄金いろ

▼ つち~ (21, 1.4%)

1 [21件] あつた, い, おとなしくレコード, すこし本, せうね, ぼんやりと, やきもきし, やつたつ, チンチンと, 三両二分も, 三十円と, 何となく物足りない, 何にも, 何も, 喋りまくつて, 四百圓などといふ, 焚く火, 稼ぎ御, 言い出すが, 頻りと, 願いさげ

▼ つちでも~ (14, 0.9%)

2

1 [12件] いい, いいが, いいだらう, かまわぬという, く, 三人掛が, 不思議に, 僕あ, 村中で, 泣き出す, 行かれますけ, 馬鹿に

▼ つち~ (14, 0.9%)

2 えば

1 [12件] え, えあん, えおとつ, えばさ, えまさあ, えました思ひ出すと, てやらう, てキユウキユウ言, て下さいつ, て居る, られたとか, られて

▼ つち~ (14, 0.9%)

1 [14件] か, でも責任, にこの, にや, に万福, のひとり合點, の人間, の岸, の町, の窓, は切れ, へどうか, を, を見

▼ つちみち~ (11, 0.7%)

1 [11件] そのお話, その一方, もういけない, もう長い, 亡びて, 住み込んで, 分からない気, 大した苦患, 生きては, 知れたもん, 限られたグループ

▼ つちには~ (9, 0.6%)

2 あるから 1 なんの, ひってから, 別に異状, 惡くもねえ, 泥だめが, 眞奈の, 鳥が

▼ つちにな~ (6, 0.4%)

1 つた全く, つた後い, つてしまつ, つてしまつたのを, つても, つて旅を

▼ つちまあ~ (6, 0.4%)

1 から, から一度, ぞ, ぞ饒舌, のよさ, んでさあ

▼ つち~ (5, 0.3%)

1 やこの, やちやん, やない, やね, やア

▼ つちへは~ (5, 0.3%)

2 いつて 1 ひらないかと, 來ない, 後を

▼ つち~ (5, 0.3%)

3 同じ事 1 連れて, 頼もしさうなの

▼ つちへでも~ (4, 0.3%)

1 伸びて, 來さつせ, 好いから, 附いて

▼ つちまで~ (4, 0.3%)

1 ひどくしどろもどろ, 気持が, 行つてあらん, 頭が

▼ つちまひ~ (4, 0.3%)

2 ますよ 1 なさい, ますので

▼ つちまふん~ (4, 0.3%)

1 だからこれ, だからな, だからね, ぢや

▼ つち~ (3, 0.2%)

1 からそんなに, つて居憎い, んだ

▼ つち~ (3, 0.2%)

1 のろけちらして, 知つてるん, 遊んで

▼ つち~ (3, 0.2%)

1 が強か, んだ, 癖にな

▼ つちへと~ (3, 0.2%)

1 それを, つておし, 言はれた

▼ つちよう~ (3, 0.2%)

1 なア, に冠つて, 噛んで

▼ つちうん~ (2, 0.1%)

1 だから丸, だから商人

▼ つちこと~ (2, 0.1%)

1 でなく此ら, もねえ

▼ つちしか~ (2, 0.1%)

1 ありや, 持つて

▼ つちつたの~ (2, 0.1%)

1 か, よ

▼ つち~ (2, 0.1%)

1 窯に, 葡萄の

▼ つち~ (2, 0.1%)

1 皆おんなじだ, 腕馬に

▼ つちなの~ (2, 0.1%)

1 えどつちな, 可愛がるなら

▼ つちにと~ (2, 0.1%)

1 つては, つても

▼ つちばかり~ (2, 0.1%)

1 だが, 附ければね

▼ つちまつ~ (2, 0.1%)

1 たらしいの, たらしいん

▼ つちまやあ~ (2, 0.1%)

1 あとは, なんてつたつて後

▼ つちみち女性~ (2, 0.1%)

1 にとつて, の性的誇示

▼ つちもん~ (2, 0.1%)

2 だから

▼ つち~ (2, 0.1%)

1 いちや, いちやくうるくる

▼ つち~ (2, 0.1%)

1 へ行つて皆, 有るつちもん

▼ つち~ (2, 0.1%)

1 に近い, へ叩きつけ

▼ つち歩き~ (2, 0.1%)

2 まはる

▼ つち背中~ (2, 0.1%)

2 向けなされ

▼ つち~ (2, 0.1%)

1 した茶色, の岸

▼1* [137件]

つちあとに線香, つちあんでがす, つちうしてゐます, つちうその長い, つち入りやす, つちかつちつたら大根, つちがちつとも, つちがはだ, つちけがそれ今日は早くから, つちけぞおめ, つちこそ飛んだ自業自得, つちこの谷奥の, つちこれをやらない, つちおめ, つちだけが緊張し, つちだっていいじゃ, つちつた位だ, つちつた處がたえした, つちつつて笹鳴きする, つちつてんだが, つちでは痛癢を, つちでもよかつた, つちどもの在処の, つちなと為や, つちなのよでもあたし達今, つちなべて黄變し, つちにでも走つて, つちにまで聞えるやう, つちはあひかはらずどんどん, つちはうららにもえあがり, つちえ, つちひつくりかへし, つちふとそれあいつたいなんだ, つちへという合図を, つちへの手取り七百円として, つちへまはつて來, つちへも來なかつた, つちほしそらやま, つちまだ歸つて來ない, つちまひ乱暴だね, つちみちあれが歸, つちみちおれの秘密, つちみちこの世に解決, つちみちつき合つて, つちみちアメリカが來, つちみちフランソア・ビヨンかそいつ, つちみち一度書いたこと, つちみち二つに一つ, つちみち五尺や六尺, つちみち人を悲しませる, つちみち今となつて, つちみち出征したつて此處, つちみち別れんならん, つちみち平凡を基礎, つちみち承服しかねるよう, つちみち損はない, つちみち敵と通じ, つちみち杉山先生とは比べ物, つちみち東京はその, つちみち無駄な考へごと, つちみち異常でゐながらも, つちみち絵に描く, つちみち芸術に従事, つちみち誰も尊敬, つちみち赤ん坊の世話, つちみち間代は当分私, つちみち首をくく, つちめろお婆, つちもかはい, つちもが強く彼女, つちもといふ気持の, つちものは乞食げ, つちやけたる鹿爪, つちやさう好い旅舎なんか, つちやつたりし, つちゆうの事, つちゆうゆききして, つちゆう使つて, つちゆ友達からバカ, つちよろい感傷があつ, つちよろい物なんか吹き飛ん, つちよろい考へなんぞ起した, つちよろけの小倉, つちをばこつそり通り抜けるの, つちをも引きずり込むよう, つちサ來うよ, つちぽツ, つち來る, つち一人行くべ, つち世の中へ放り出された, つちもあんめ, つちい赤い, つち借財がある, つちにや打つ張る, つち掛けて, つち樣の, つち向いてあつち向い, つちだつけ, つち地方を廻つて, つち大きいの, つち好きぢやもん, つち娘たち二人を抱, つち小便も近く, つち崋山の手紙, つち平凡な進物, つち廻つて來たの, つち挨拶なの, つち掃除して, つち提灯をふりかざし, つち月夜の晩, つちな烏, つち東京の友人, つち毎年定期市の時分, つちなん, つち當つて見ようか, つち應な, つちついて, つちのやう, つち菓子箱の蓋, つちだ, つちといふもの, つちを此頃覺, つち誰ひとり怖気をふる, つち譯ぢやね, つち豪華なる桜花, つち貰つてどうしるだ, つち身軽に逃げ, つちの後, つち道二部か三部, つち道人間一度はきつ, つち道數重なる告發, つち道相手が佐藤, つち道自分のもの, つちの写生, つち飛びまはつてお酒を飲む, つち飮廻つてゐた, つちになる