青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つたら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つけ~ ~つけた つけた~ つけられ~ ~つける つける~ ~つた つた~ ~つたの つたの~
つたら~
つち~ ~つづい つづい~ つづき~ ~つづく つづく~ ~つづけ つづけ~ ~つて つて~

「つたら~」 2968, 32ppm, 3647位

▼ つたらどう~ (107, 3.6%)

107 だい 6 だらう 5 です 4 する, するの 3 かね, だね, であらう, ですか, なの, なるか 2 か, かといつた, かな, しよう, するん, すんだんべ, だえ, だらうと, でせう

1 [35件] かこんな, かしら, かと, かと勸め, かと思う, かと思ひます, かと思ふ, か毎日, か読者諸君, したもの, したもん, します親分さん, しませう, しようかしら, しようそー, するか, するだね, するだらうと, するわし, するン, する気, だつた, だらうか, だらうといふ, だらうまるで, だろう, であります, でござんす, ですお話, ですかと, ですね, なさるの, なつて, なること, なん

▼ つたら~ (73, 2.5%)

4 うです 3 うだらう, も彼 2 う, うしませう, うする, うだ, うだらうと, うなの, になる, にもならぬ

1 [47件] うか, うかと云, うした, うしたら, うします, うだい, うぢ, うなさいますもしか, うなのさ, うなるん, かの犬, か嗅ぎ出せる, か小鳥, か言, が何ん, が日, が面白い, しに, でも一つ庫, でも負ける, とかいふ昔, とでも恨, にか變, にもならない, にも云はず, に目星, に費, のこと, の氣兼, ぼたべても, もそんな, もない, もカアネギー, も坊主, も態, も自分, も言, も頭, も馬, よりも謹む, をおれたち, をか青木さん, をなさる, を犠牲, んなに, んなにお前, んなに此の世

▼ つたらいい~ (57, 1.9%)

9 でせう 4 ぢや, のか 3 のです 2 かしら, だらうといふ, んだい

1 [31件] か, かすきつ, かちやん, かといふこと, かなあネットリ, かな人間, かな俺, かな要するに, か全く, か誰, じや, だらう, だらうか, だらうなァ, であらうか, でないか, では, といつた, といふの, と思います, なあと思ふ, なと思, のかなあ, のだらう, のでせう, ので加之, わ, んだ, んだらう, んぢやらう, 種だ

▼ つたらそれ~ (54, 1.8%)

1 [54件] あもう何とも, がこちら, がもつ, が最後, が森先生, が直ぐ, こそおめでたい, こそ二進, こそ今, こそ何, こそ可笑し, こそ大, こそ擽り殺されるだらう, こそ飛んだ, こそ鬼, でい, で澤山, で諾, には準備, は, はおれ, はみなそれぞれ, は三ヶ月, は僕, は先刻, は努力, は堺, は大, は天分, は容易, は弱味, は戦争, は文太郎, は春さん, は槇自身, は母, は無益, は狼狽, は盛, は真夏, は自分, は芸術家, は藁葺, は表面, は驚くべき, も男, をし, を又, を売れ, を實家, を見る, を証拠, を調べ, を證據

▼ つたらその~ (53, 1.8%)

2 前の, 口惜しさ, 渡来の

1 [47件] あたりで, お金で, ために, でつかい, ときこそは, ま, コロツケの, 上望む, 予期は, 人に, 人達の, 代りこの, 位な, 償ひとし, 光が, 厠と, 女は, 娘の, 子供が, 平安は, 序に, 悩みは, 折は, 日だけ, 時こそ, 時どう, 棍棒糞も, 気に, 熱心な, 牧師が, 男は, 目つきが, 種子島でも, 筋の, 紙に, 胸に, 腹に, 足だけに, 通り実行し, 邊で, 野郎を, 際ウンと, 頃は, 頭に, 顏を, 食物ばかり, 香水を

▼ つたら~ (53, 1.8%)

3 ゆるして, 宜しくいふ 2 此處へ, 直に其

1 [43件] あああれ, あの苦い, あやは, こんな苦労, その求め, ちが, どのくら, ほとんど絶対, また御, もうこれ, もう一日逗留, プーチヤチンくらゐ, ルボンは, 二十二斤あつ, 京都にと, 人民安泰で, 人間の, 人類も, 他の, 余の, 先づ漸, 先天的病弱者は, 全氣, 其の中, 其処から, 其目的の, 取りお, 吾儕の, 壽殀何ぞ, 好いだらう, 宜しからう, 宮さん貫一は, 情無い, 或は人間, 斯うし, 日本に, 此処へ, 無事だつたらう, 自分は, 花に, 貫一は, 赧い, 鏡は

▼ つたら~ (48, 1.6%)

2 がその, の所, もやつぱり

1 [42件] が, がおわび, がたのん, がねだ, が何とか, のすぐ, のところ, の下, の仕事ぢ, の名, の比, の目, の知らぬ, の美しい, の肖像, の過去, の鎖, は, はあらん, はいつ, はきつ, はその, はつく, はどうして, はまた, はやつぱり不愉快, はメイ子, は二, は今度, は全く, は命, は強情, は急, は情, は情け, は祖父, は苦しい, もよと云つて, も一生, も別れる, も歸, 悲しくつて

▼ つたらもう~ (43, 1.4%)

2 うちには, おしまひ, グツグツグツと, 毛虫が

1 [35件] おからだ, ここへ, そこに, そのよろこび, それ以上の, とつく, ひとりで, 一時間位し, 今朝の, 伴さんに, 何も, 何を, 來てを, 傷口は, 光の, 冷たうおました, 又旅行, 君は, 好い有り, 好からふ, 學校へ, 寝て, 干枯らびて, 御利益は, 怠けない閑日, 手が, 新型に, 次から, 此処に, 私は, 護国神社の, 財布には, 関本の, 駄目だ, 駄目ぢや

▼ つたら~ (33, 1.1%)

1 [33件] かくの, せいちやん, たが, ぢさんがね, つに, つ魂げ, なぐさみだ, めえ, 互に堂々と, 内儀さんいふ, 土産に, 大な, 妾の, 嫁に, 寄んなさいな, 富さん殺しの, 師匠さんに, 帰途までには, 持ちください値段, 持ちなさいええ, 母樣お, 泊りに, 目にか, 糸さんに, 終ひだ, 膳の, 茶漬でも, 遁げなす, 酒が, 酒は, 酒も, 酒を, 靜が

▼ つたらあの~ (28, 0.9%)

1 [28件] くだらなさ加減, ひとは, やうな, 一人は, 丘へ, 人と, 人死ん, 写真を, 別荘だけは, 大馬鹿者, 女に, 女の, 婆さんの, 婦人だらう, 子供を, 家を, 懺悔文を, 時分に, 獅子つ, 甚太郎が, 色つ, 若い教授, 赤ひげが, 赤帽の, 通り綿密な, 部屋の, 頭の, 騷ぎでせう

▼ つたらどんな~ (24, 0.8%)

3 ものだらう 2 ことに, 物だ

1 [17件] ことが, だらうと, ものにでも, もんだらう, もんぢやらう, 不機嫌な, 事で, 事を, 些細な, 人だ, 契約にでも, 女だ, 我楽多でも, 美男子と, 草でも, 風に, 魚でも

▼ つたらない~ (24, 0.8%)

32

1 [19件] いつそ, いやに, お媼さん, の, のです, のに, のよ, のよあたし, のよ女, まるで夕凪, わよ隙, んだ, んです, 往きな, 殊に此頃, 決して事, 私は, 道の, 魚より

▼ つたらこの~ (23, 0.8%)

2 男は, 碌で

1 [19件] まま奧さんを, ろくでなしの, 償ひ, 先生ただ, 問題は, 場で, 多勢の, 女は, 小説家の, 待合の, 意味が, 支那人に, 最後の, 月の, 本の, 私に, 表紙も, 野郎は, 雜誌に

▼ つたらすぐ~ (20, 0.7%)

2 死ねるだらうと

1 [18件] それは, つれて, にかれ, にそれ等, にできる, にわかつた, に一高, に口, に古本, に船, また政公, 側に, 判るだらう併, 御全快, 紊れ, 足もとに, 逃げ出して, 鮎だ

▼ つたら~ (19, 0.6%)

6 いでせう 3 いぢ 2 からう, がべえ, がべせ 1 いの, いのですか, うが, 厭に

▼ つたら~ (18, 0.6%)

2 いふので

1 [16件] いふん, お母さまの, さう, つくに, 口癖にな, 古い記録, 喧嘩し, 年寄りなどは, 思つ, 思ふと, 想ふと, 我輩が, 父へ, 聯合軍に, 言つて止め, 言ふ

▼ つたら~ (17, 0.6%)

2 うでも, う言, う言つて

1 [11件] うかそんぢ, うさう, うだおれ, うで, うコソ, う聞かし, う言つた言葉, そくに, つさと, つぱりして, にあらず

▼ つたら~ (17, 0.6%)

2 だつて

1 [15件] がどんなに, が腹, に暇, の仕事, の役, の損, はこの, は十手, は明日, は死ぬ, は死ん, は確, は阪井さん, も兜, も釜

▼ つたら好い~ (17, 0.6%)

6 だらう 5 ぢや 2 でせう 1 か, かといふ事, か又, の

▼ つたら好から~ (17, 0.6%)

85 うと 1 うか, うに, うよ, う顕微鏡

▼ つたら自分~ (17, 0.6%)

1 [17件] こそあんまり, に頼む, のところ, のもの, の家来はいふ, の思ひ, の物, の生涯, の真情, の赤い, の身体, は口, は楓樹, は死ぬ, まで何時の間にか, も此, よりも福原

▼ つたらそんな~ (16, 0.5%)

1 [16件] ことは, こと大, のを, ものなんかと, 事しない, 事な, 事を, 人は, 企みだつた, 場合屹度連れ, 太いこと, 時に, 気が, 気兼ねも, 自身で, 詩は

▼ つたらどんなに~ (15, 0.5%)

2

1 [13件] あたしは, いい氣持, うれしいだらう, かお気が, か仕合せぢやつ, か喫驚, か私, 不愉快な, 嬉から, 嬉しいだらう, 有難いで, 男達は, 面白いだらう

▼ つたら~ (15, 0.5%)

3 變な 2 喜びで, 底が, 變だ 1 に閉口, 底御, 殉教者ワルワーラ尼の, 英百科全書を, 變だつた, 間違い

▼ つたら直ぐ~ (15, 0.5%)

1 [15件] それだ, それを, に帰, に手紙, に私, に立たう, に豊富, に輓棒, に都合, ハガキでも, 帰る, 沈んだ, 瓶に, 續い, 逃げて

▼ つたらこんな~ (14, 0.5%)

2 事も

1 [12件] かはええ, ことで, ことには, とこに, ところへの, ものが, 事は, 太さ, 姿で, 幸ひな事は, 結構な, 風な

▼ つたらまた~ (14, 0.5%)

1 [14件] いろ, お話しませう, かぎを, その骨, なんとかし, ぶらぶら遊んでしまつ, 何とかなる, 君等に, 幻灯を, 沢山買ひ, 皆と, 結婚も, 言ひたいだけの, 貰ひ

▼ つたら如何~ (14, 0.5%)

2 であらう, です, でせう 1 か, かね, しませう私, するの, だらう, でございませう, で御座います, に現代

▼ つたらこれ~ (13, 0.4%)

1 [13件] が他, つぱかしも, で今日一日, になる, にはワケ, は少く, は早速, へ一ぱい, や酒, を出せ, を呑む, を手本, を拔

▼ つたら今度~ (13, 0.4%)

1 [13件] こそ本当に, のお, の博士論文, はうまく, はそんな, は反対, は急, は牛乳, は物理, は笑つて, は電報, は高い, 或る

▼ つたら~ (13, 0.4%)

1 [13件] からさう, にも, の友達, の家, はそんな, は他, は何だか, は君, は学校, は日本國民, は迎, は随分, を送る

▼ つたら~ (13, 0.4%)

1 [13件] お目, どうにかなるだらう, もとへ, ヰスキーの, 何とか面白い, 打棄つて, 掛合ひ, 格別だつた, 此の, 私達と, 腹を, 藥貰つて來う, 送つて

▼ つたら~ (13, 0.4%)

1 [13件] がどんな, が突然, の勉強, はいつのまに, はそれ, はどんな, はフユ子, は小児, は気違, は私一人, は読みかけ, は鮭殺し, は黙

▼ つたらあなた~ (12, 0.4%)

2 は五文 1 が帰つて, ですか, どうなさる, にちよ, のやう, は低い, は私, は笑, は高い, を侮辱

▼ つたらよい~ (12, 0.4%)

2 のか 1 か, かさ, かといふ問題, かも知れない, だろうか, であらうか, のだらう, ものかと, やら, 少しは

▼ つたら~ (12, 0.4%)

3 れの 1 か異議, が何と, が目, でもいい, でもが手, と誰, にした, もゐない, も追

▼ つたらよから~ (11, 0.4%)

3 うと 2 うか 1 う, うで, うといふ, う何故, う俺, う神

▼ つたらお前~ (10, 0.3%)

3 はただ 1 にも判るだらう, の国, の心一ツ, の本箱, はどう, も心丈夫, も快く

▼ つたら何ん~ (10, 0.3%)

2 だつて 1 か又, とか工夫, とする, なもの, な弁明, な怖, な酷い, な顔

▼ つたらとても~ (9, 0.3%)

1 この世の中, こんな安直, ビックリした, 仕末, 吾, 笑つてさ, 筆紙に, 風雅を, 飲める代物

▼ つたら先生~ (9, 0.3%)

1 に怒られる, に訊い, の様, の樣, の言, は乱暴, は亂暴, は書斎, 来なかつたかも

▼ つたら~ (9, 0.3%)

1 が一夜, が二三日欝ぎ, が腋, だつたの, とわし, の所, は僕, は血色, も解り

▼ つたら~ (8, 0.3%)

1 の京都画家, の裁判, の間, までの願, 少し何とか良き, 思つても, 籠に, 迄寄席

▼ つたら大変~ (8, 0.3%)

2 です, なもの 1 である, なの, なん, 珍しがる

▼ つたら~ (8, 0.3%)

3 う御座りまし 2 からう 1 いでせう, からうと, からうといふ

▼ つたら此方~ (8, 0.3%)

2 にも知つて, も漢語 1 でも怒鳴り返せ, はもつ, へ持つ, を振り

▼ つたらきつ~ (7, 0.2%)

1 とそれ, ともつれた, と僕, と大きな, と気, と私, ぱり別れ

▼ つたらそこ~ (7, 0.2%)

1 いら, からは庭, では松魚, では能率, に吊し, に林田, んとこ

▼ つたらまだ~ (7, 0.2%)

2 そんなきまり 1 よかつ, 一面から, 三十分ぐらゐしか遲れ, 二百通や, 十六七の

▼ つたら~ (7, 0.2%)

3 かんべ 2 かつた 1 ささうな, さそうな

▼ つたら御免~ (7, 0.2%)

2 なさい, 下さい 1 だ, と云, なすつて

▼ つたらどこ~ (6, 0.2%)

2 かの図書館 1 かにアメリカニズム, がえらい, の何處, へ連れ

▼ つたらまるで~ (6, 0.2%)

1 くまそみたい, トルコ風呂だ, 弥次郎兵衛の, 眞白な, 赤ん坊だ, 長い長い蛇

▼ つたら何と~ (6, 0.2%)

2 信吾が 1 壱円十九銭出来た, 言つたらう, 言は, 言へば

▼ つたら~ (6, 0.2%)

1 の恋, の生涯, はきつ, はこの, は既に, をへこます

▼ つたら~ (6, 0.2%)

1 勘辨を, 客も, 手伝ひする, 結婚に, 自由です, 話を

▼ つたら~ (6, 0.2%)

1 にぷりぷり, に可笑しく, に心持, に手, に森, に自分

▼ つたら早速~ (6, 0.2%)

1 また東京, 取り計, 屆けて, 比叡に, 漱石先生へ, 訪ねて

▼ つたら是非~ (6, 0.2%)

1 あたくし, この人, その本, それを, 聞いて, 見せて

▼ つたら~ (6, 0.2%)

6 かつた

▼ つたら~ (6, 0.2%)

2 と胴 1 つ玉, をく, をし, を縊つて足

▼ つたらあたし~ (5, 0.2%)

1 うれしいやら, の面白い, は間違い, を正式, 泣いて

▼ つたらいきなり~ (5, 0.2%)

1 かう二本, 拳を, 蝙蝠の, 顔を, 飛び込んで

▼ つたらうかと~ (5, 0.2%)

1 先づ記憶を, 思ひます, 曲者が, 私は, 考へるに

▼ つたらかし~ (5, 0.2%)

1 てあつたら, とい, にしてる, のやう, 咲かせの

▼ つたらたいへん~ (5, 0.2%)

1 だぞ, である, でした, です, なもの

▼ つたらよく~ (5, 0.2%)

1 あなたに, よく中, 今日のと, 忠告し, 遊び

▼ つたら一緒~ (5, 0.2%)

1 について遊ばう, につて, にと親同士, に此處, に行つて一風呂

▼ つたら~ (5, 0.2%)

2 も笑 1 が何等, のこと, は却つて水

▼ つたら何とか~ (5, 0.2%)

1 して, なるでせう, 文句を, 自動車を, 返事が

▼ つたら何処~ (5, 0.2%)

1 かへ出かけ, と仰, に奈何いふ人, の靴屋, へでもい

▼ つたら俺達~ (5, 0.2%)

1 の組ぢ, の魂, はどう, も呼ん, 若いもの

▼ つたら~ (5, 0.2%)

1 であるため, のこと, は何と, は懷ろ, を扱ら

▼ つたら必ず~ (5, 0.2%)

1 お客は, ヤラれる, 分捕物, 話の, 雜誌の

▼ つたら貴方~ (5, 0.2%)

1 が満足, とはこれから, は寝室, は風邪, 探して

▼ つたらある~ (4, 0.1%)

4 ひは

▼ つたらあんな~ (4, 0.1%)

1 事を, 奴等は, 心配さうな, 約束を

▼ つたらおそらく~ (4, 0.1%)

1 この二つ, 僕は, 稀大な, 辻潤や

▼ つたらさぞ~ (4, 0.1%)

2 似合ふだらう 1 好いで, 涙を

▼ つたらそれで~ (4, 0.1%)

1 おしまいだ, おしまいで, 充分の, 十分ぢや

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 いさんにや, いさん涙, や大森, り

▼ つたら~ (4, 0.1%)

2 つちから 1 さんと, つちか

▼ つたらばと~ (4, 0.1%)

1 思つて居た, 思はん事, 思ふ, 考へたが

▼ つたら~ (4, 0.1%)

2 づこの, づその

▼ つたらやつ~ (4, 0.1%)

1 てくれ, て来, とこ, と思ひだした

▼ つたらわたくし~ (4, 0.1%)

1 お兄さま, が水, はそこ, を掴まへ

▼ つたらわたし~ (4, 0.1%)

1 が中学生, は多く, は疑, 何とでも

▼ つたら一層~ (4, 0.1%)

1 よかつ, 和尚さんも, 好いと, 寒くなる

▼ つたら一度~ (4, 0.1%)

1 ルリと, 出向いて, 歸つてよく, 見せて

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 ひませう, ふこと, へない, へます

▼ つたら何一つ~ (4, 0.1%)

1 利く術, 知らないこと, 背いた事, 見られなくな

▼ つたら何事~ (4, 0.1%)

3 も胸 1 も芸道

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 がお送り, はとし, は振り, は睨めつけ

▼ つたら其の~ (4, 0.1%)

1 あくる日から, 價値は, 時には, 蓆の

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 さつ, 愉快の, 楽しい床しいこと, 繁昌を

▼ つたら大抵~ (4, 0.1%)

1 の場合, は奥行五尺位, 円く納まらう, 立派な

▼ つたら大間違~ (4, 0.1%)

3 ひである 1 ひさ

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 はあなた, は何, は何ん, は吃驚

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 がせいせい, では大騒ぎ, へ来れ, までも吹き上げ

▼ つたら少し~ (4, 0.1%)

1 は慰むだらう, は片付け, も盲人, 身躰の

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 がよごれる, だらうが, に觸, も足

▼ つたら日本~ (4, 0.1%)

1 は, へ帰る, も亦相当, を離れる

▼ つたら明日~ (4, 0.1%)

1 かも知れない, また為, また爲直, 出直して

▼ つたら果して~ (4, 0.1%)

1 その戸, その通り, ほかの, 干潟が

▼ つたら案外~ (4, 0.1%)

1 の氣性者, 小さい家, 新しい町, 軽く適当

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 の如き, の家, の岸, れは

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 の會, はわが子, は安心, も喜んだらう

▼ つたら~ (4, 0.1%)

1 がつく, が晴れるだらう, をおつけ, をつけ

▼ つたら~ (4, 0.1%)

2 に見えない 1 がさめ, が覚めた

▼ つたらあつ~ (3, 0.1%)

1 かもつかし, ちへ, といふ間もなく

▼ つたらあれ~ (3, 0.1%)

1 からズーッ, も聞きたい, やしない

▼ つたらあんた~ (3, 0.1%)

1 に隱, はちやん, もどうして

▼ つたらあゝ~ (3, 0.1%)

1 いふ危險, 形容の, 簡單に

▼ つたらいくら~ (3, 0.1%)

1 か勉強, でも飲ませ, 依怙地な

▼ つたらいつも~ (3, 0.1%)

1 の伝, の竹杖, 幸福でゐられ

▼ つたらうち~ (3, 0.1%)

1 の子, の細君, の編輯長自身

▼ つたらええ~ (3, 0.1%)

1 かひとつ教, ぞな, やろ

▼ つたらおとなしく~ (3, 0.1%)

1 してるの, するん, 出て

▼ つたらこちら~ (3, 0.1%)

1 だと, でお送り, には何ひとつ手出し

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 つかり癒つて了つた, つかり開けて, 早く竹

▼ つたらせめて~ (3, 0.1%)

1 わきでも, 拍手の, 死様だけは

▼ つたらちやう~ (3, 0.1%)

1 どそこ, ど海水浴場, ど私たち

▼ つたらちよ~ (3, 0.1%)

1 つとお目にかかつ, つと懷, つと来る

▼ つたらどうか~ (3, 0.1%)

1 あの倉, すると亡くなつた, 来て

▼ つたらねえ~ (3, 0.1%)

1 あのソローハめ, 安里さん, 父さんに

▼ つたらわけ~ (3, 0.1%)

2 は無い 1 を訊い

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 とかけら, も二, 思ひに

▼ つたら一日~ (3, 0.1%)

1 だつて, に一人づつ福岡市民, も早く

▼ つたら丁度~ (3, 0.1%)

1 この御, 淡紅色の, 目の下の

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 つ引き, には深い, に居る

▼ つたら~ (3, 0.1%)

2 を捨てよう 1 の人たち

▼ つたら主人~ (3, 0.1%)

1 に話し, の官兵衞, もお客

▼ つたら二人~ (3, 0.1%)

1 のこと, の間, ゐるん

▼ つたら人間~ (3, 0.1%)

1 が何より, になつて, の形

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 の一つ, の者, の面々

▼ つたら代り~ (3, 0.1%)

1 にスコツト, に人形, に酒

▼ つたら何だか~ (3, 0.1%)

1 急に, 男ばかりの, 目眩ひがして

▼ つたら~ (3, 0.1%)

2 も角 1 に角

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 は丁度, れが, れは

▼ つたら別に~ (3, 0.1%)

1 カザノヴァの, 事新しいもの, 家の

▼ つたら到底~ (3, 0.1%)

1 あたり前の, ウダツの, 別れねば

▼ つたら君達~ (3, 0.1%)

1 が教育, は喜ぶ, もその

▼ つたら~ (3, 0.1%)

2 は無い 1 になる

▼ つたら大した~ (3, 0.1%)

1 ものだ, 御用聞に, 色氣で

▼ つたら奈何~ (3, 0.1%)

2 して 1 する

▼ つたら~ (3, 0.1%)

21 からうに

▼ つたら姉さん~ (3, 0.1%)

1 はあの, は私, を誘はう

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 が一人ぐらゐくつついてゐたつて, は仙臺, をか

▼ つたら定めし~ (3, 0.1%)

1 凉しからう, 変な, 貴方も

▼ つたら寄つて~ (3, 0.1%)

3 も宜

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 に愉快, に面白い, は疲勞

▼ つたら屹度~ (3, 0.1%)

1 あんな風, その言葉, 盗み出さうと

▼ つたら平次~ (3, 0.1%)

1 はそれ, は恐らく, へさう

▼ つたら忽ち~ (3, 0.1%)

1 僭上沙汰で, 新派の, 通人に

▼ つたら或は~ (3, 0.1%)

1 穴の, 肉親の, 著述の

▼ つたら手紙~ (3, 0.1%)

1 でもよこすだらう, にたよる, をくれる

▼ つたら承知~ (3, 0.1%)

1 しない, しねえぞ, するつもり

▼ つたら早く~ (3, 0.1%)

1 ころが, 帰らつし, 電話を

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 つあんでは, と梅, の林

▼ つたら此處~ (3, 0.1%)

1 にあん, へ來, へ通す

▼ つたら~ (3, 0.1%)

21 りに

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 がお産, によつて好き, の背

▼ つたら申分~ (3, 0.1%)

1 がない, がなかつた, はあるまい

▼ つたら相手~ (3, 0.1%)

1 から自分, が大名, は案

▼ つたら細君~ (3, 0.1%)

1 が背負ふん, のブランシユ, は目

▼ つたら老人~ (3, 0.1%)

1 が話す, はにこ, は皆

▼ つたら~ (3, 0.1%)

2 も立つまい 1 を切る

▼ つたら親分~ (3, 0.1%)

1 の話, もぢ, も一緒

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 にならん, はまた, をし

▼ つたら野郎~ (3, 0.1%)

3 が根から

▼ つたら間もなく~ (3, 0.1%)

1 僕の, 客死の, 淺草の

▼ つたら面白い~ (3, 0.1%)

1 だらう, んだ, 話相手に

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 からぶつ, の禿げた, の處

▼ つたら~ (3, 0.1%)

1 の字, をつかみ, を買

▼ つたらあて~ (2, 0.1%)

1 が寂し, も連れ

▼ つたらあなたたち風流人~ (2, 0.1%)

2 は喜びます

▼ つたらあんまり~ (2, 0.1%)

1 深酒し, 澤山くれ

▼ つたらいくらでも~ (2, 0.1%)

1 お墓参, 我慢する

▼ つたらえい~ (2, 0.1%)

1 さ, のぢ

▼ つたらおれ~ (2, 0.1%)

1 の方, はこの

▼ つたらお前達~ (2, 0.1%)

1 はカタニア, は多分

▼ つたらお婆さん~ (2, 0.1%)

1 に殺され, は僕たち

▼ つたらお母さん~ (2, 0.1%)

1 がどんなに, やお父さん

▼ つたらお茶~ (2, 0.1%)

2 を出す

▼ つたらくだらない~ (2, 0.1%)

2 理窟は

▼ つたらここ~ (2, 0.1%)

1 へお, へ来い

▼ つたらこんど~ (2, 0.1%)

1 はよそ, は新酒

▼ つたらさあ~ (2, 0.1%)

1 手取り早く何うに, 自棄に

▼ つたらさて~ (2, 0.1%)

1 何を, 此次は

▼ つたらすんで~ (2, 0.1%)

1 のこと, の事

▼ つたらそう~ (2, 0.1%)

1 じや, らね

▼ つたらそして~ (2, 0.1%)

1 お前と, その心

▼ つたらそつ~ (2, 0.1%)

1 ちを, と温め

▼ つたらそり~ (2, 0.1%)

1 や壁, や形容

▼ つたらそれから~ (2, 0.1%)

1 口が, 泣き初めたの

▼ つたらそれでも~ (2, 0.1%)

1 い, う僕

▼ つたらそん~ (2, 0.1%)

1 ならこつちが, ならまるめろの

▼ つたらだまつて味瓜~ (2, 0.1%)

2 をお

▼ つたらともかく~ (2, 0.1%)

1 もそんな, も帰れ

▼ つたらどうして~ (2, 0.1%)

1 この絨氈, 他の

▼ つたらどうしても~ (2, 0.1%)

1 そのこと, 自ら苦まねば

▼ つたらどん~ (2, 0.1%)

1 ない, なにか悦ん

▼ つたらなあ~ (2, 0.1%)

1 ソローハまつたく, 婆さん

▼ つたらなん~ (2, 0.1%)

1 も云, や張合

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 たつた今, 蓄音器を

▼ つたらほんとう~ (2, 0.1%)

1 に危ない, に静か

▼ つたらほんとに~ (2, 0.1%)

1 この手, ゆつくり

▼ つたらほんの~ (2, 0.1%)

1 二日の, 僅かしか

▼ つたらむしろ~ (2, 0.1%)

1 不思議と, 蓮如の

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 つくりなすつた方, つくり話す

▼ つたらよろし~ (2, 0.1%)

1 うございませうか, うございませうに

▼ つたらよろしい~ (2, 0.1%)

1 かお, でございましよう

▼ つたらわるい~ (2, 0.1%)

1 ガスが, 心を

▼ つたらイヤ~ (2, 0.1%)

1 なヤリ, に脂

▼ つたらコマ~ (2, 0.1%)

2 をま

▼ つたらヌエ~ (2, 0.1%)

1 が詩人等, は淋し

▼ つたらバカ~ (2, 0.1%)

1 ぢや, よ

▼ つたら丁寧~ (2, 0.1%)

1 に気, に頭

▼ つたら下手人~ (2, 0.1%)

1 が多, は無

▼ つたら世の中~ (2, 0.1%)

1 が一日, は無い

▼ つたら乃公~ (2, 0.1%)

1 が往つて, は身代限り

▼ つたら乞食~ (2, 0.1%)

1 だつた, の生活

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 したつて, すると

▼ つたら二階~ (2, 0.1%)

1 に行つて, へお

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 たア性, とはお腹立

▼ つたら人々~ (2, 0.1%)

1 がアレヨアレヨ, は彼女

▼ つたら今後~ (2, 0.1%)

1 こそは此方, も永い

▼ つたら今日~ (2, 0.1%)

1 からでも我々, の内

▼ つたら仲麿~ (2, 0.1%)

2 もみじめ

▼ つたら何とも~ (2, 0.1%)

1 いへぬ不快, 仕方が

▼ つたら何故~ (2, 0.1%)

1 かくすん, 倫敦邊の

▼ つたら何時~ (2, 0.1%)

1 かの部屋, でもこんな

▼ つたら何處~ (2, 0.1%)

1 かの羽目, で殺られた

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 て見, るやう

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 の君, の毛

▼ つたら兄さん~ (2, 0.1%)

1 が明るい面白い, 寂しいで

▼ つたら先づ~ (2, 0.1%)

2 話して

▼ つたら全く~ (2, 0.1%)

1 生命の, 空前絶後だつた

▼ つたら八五郎親分~ (2, 0.1%)

1 あの屋根, に訊い

▼ つたら内地~ (2, 0.1%)

1 の人, の仁義

▼ つたら初め~ (2, 0.1%)

1 つから, つからこんな

▼ つたら初めて~ (2, 0.1%)

1 この二十世紀, 豫てからの

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 な外題, の男

▼ つたら割前~ (2, 0.1%)

2 を寄越さん

▼ つたら医者~ (2, 0.1%)

1 も辟易, を呼ぶ

▼ つたら十分~ (2, 0.1%)

1 その非, に看護

▼ つたら即座~ (2, 0.1%)

1 にも斬, に出来る

▼ つたら吉野~ (2, 0.1%)

2 が今日あたり

▼ つたら善から~ (2, 0.1%)

2

▼ つたら地獄~ (2, 0.1%)

1 のどん底, へでも下り

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 が聞えた, はかけなかつたらう

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 か知ら, な顔

▼ つたら多分~ (2, 0.1%)

1 この娘, 様子が

▼ つたら大きな~ (2, 0.1%)

1 口を, 声さへも

▼ つたら大間違ひだ~ (2, 0.1%)

1 で, と考へ

▼ つたら~ (2, 0.1%)

2 こそ大

▼ つたら奴等~ (2, 0.1%)

1 は無, は立派

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 なもの, に夢

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 にもらつた, は

▼ つたら始終~ (2, 0.1%)

1 はどう, 宅に

▼ つたら婆さん~ (2, 0.1%)

1 たら本, は路傍

▼ つたら子供~ (2, 0.1%)

1 だけは置い, と貯金帳

▼ つたら実際~ (2, 0.1%)

1 硬ゴム, 私は

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 のよろこび, ばかりでなく

▼ つたら屹度恁~ (2, 0.1%)

2 ういふ

▼ つたら年長~ (2, 0.1%)

1 な芸妓, な藝妓

▼ つたら幾ら~ (2, 0.1%)

1 かになるだらう, でも立替

▼ つたら彼奴~ (2, 0.1%)

2 も泣い

▼ つたら~ (2, 0.1%)

2 うする

▼ つたら恐らく~ (2, 0.1%)

1 少年は, 瀬川君は

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 ひは, ひはかけが

▼ つたら改めて~ (2, 0.1%)

1 平次が, 白梅屋敷の

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 へてあげます, へて頂戴

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 に獲物, はない

▼ つたら文句~ (2, 0.1%)

1 ないやろ, は無い

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 うとでも, う云

▼ つたら旦那~ (2, 0.1%)

1 だよ, は私

▼ つたら昨夜~ (2, 0.1%)

1 のうち, の騷ぎ

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 に上, りア

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 にまかせ, に成つた

▼ つたら更に~ (2, 0.1%)

1 好いで, 此感が

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 う立上つて, 優等よ

▼ つたら最後それ~ (2, 0.1%)

1 から一歩, はどうしても

▼ つたら~ (2, 0.1%)

2 はう

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 と晩, の燈臺

▼ つたら本当に~ (2, 0.1%)

1 無かつ, 駄目です

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 の人達, の呑気

▼ つたら横町~ (2, 0.1%)

2 は横町

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 の會場, の車

▼ つたら此処~ (2, 0.1%)

1 か, まで上つて

▼ つたら此度~ (2, 0.1%)

1 の事, は結婚

▼ つたら殺し~ (2, 0.1%)

1 の筋, はせぬ

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 だつて, ですわ

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 などはその, は画かき

▼ つたら汽車~ (2, 0.1%)

1 だつて, は夜

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 に出る, へゆかう

▼ つたら減つた~ (2, 0.1%)

1 といふがい, と正直

▼ つたら源助さん~ (2, 0.1%)

2 に書い

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 が多少, の滿

▼ つたら無い~ (2, 0.1%)

1 のでございます, 屹度筆か

▼ つたら~ (2, 0.1%)

2 う言つて

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 が不在, も少し

▼ つたら父さん~ (2, 0.1%)

1 の田舍, や母さん

▼ つたら病気~ (2, 0.1%)

1 なんぞになつ, になつ

▼ つたら盛切酒一杯買~ (2, 0.1%)

2 ふだア

▼ つたら直に~ (2, 0.1%)

1 帰りますよ, 持つて

▼ つたら矢張り~ (2, 0.1%)

1 あのと, だアめ

▼ つたら石油~ (2, 0.1%)

2 でも買

▼ つたら私達~ (2, 0.1%)

1 が此処, の前

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 二は, 五局は

▼ つたら綺麗~ (2, 0.1%)

1 でせう, に洗つて

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 くは, く調べ

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 がひつくる返つ, を遮

▼ つたら良い~ (2, 0.1%)

1 か, では

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 がほろり, であつ

▼ つたら若い~ (2, 0.1%)

1 女が, 妻君が

▼ つたら葉書~ (2, 0.1%)

1 で知らし, の話

▼ つたら蓋し~ (2, 0.1%)

2 是れ

▼ つたら行つて~ (2, 0.1%)

1 見なん, 訊いて

▼ つたら親父さん~ (2, 0.1%)

2 に頭

▼ つたら言つた~ (2, 0.1%)

1 でいい, と白状

▼ つたら記念~ (2, 0.1%)

1 に屹度何, のため

▼ つたら足袋~ (2, 0.1%)

2 が降

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 の通りがかり, をきかう

▼ つたら遠慮~ (2, 0.1%)

1 すること, なしに

▼ つたら部屋~ (2, 0.1%)

1 じゆう, の中

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 がな, に合

▼ つたら際限~ (2, 0.1%)

1 の無い, もねえ

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 の被, を見よう

▼ つたら電車~ (2, 0.1%)

1 の噂, はもう

▼ つたら靴墨~ (2, 0.1%)

2 を持つ

▼ つたら駄目~ (2, 0.1%)

1 だ, だ他

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 が, を捕る

▼ つたら~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は死ぬ

▼1* [1096件]

つたらあかんあかんちふに, つたらあすでも参つて, つたらあすこの娘さん, つたらあたい獨りでも, つたらあたしどこで義母さん, つたらあちらの方, つたらあつしを待つ, つたらあなた御者になつて御覧, つたらあなた角藤定憲がはじめて, つたらあばら骨に月, つたらあべこべに先生, つたらはゆる, つたらいかがです, つたらいかんいふのに, つたらいくら書生だとは, つたらいつでも歸つて來い, つたらいつの間にかあんな団体, つたらいやよ, つたらうかとまた疑はず, つたらうかとまだ自分が, つたらうそのころ, つたらうつかりお湯, つたらうと後に, つたらうに泡を食つて, つたらうんと揶揄つて上げよう, つたらおかしなものである, つたらおからだが, つたらおしまひだ, つたらおだやかであらうか, つたらおばあさんはクロ, つたらおまへさん村, つたらおんつぁんがいつた, つたらお前御難を見る, つたらお寺に居る, つたらお慰みだ, つたらお手本よりも一枚上手, つたらお母さんリカつたらね, つたらお父さんのところ, つたらお袋が危篤, つたらお話にも何, つたらかねてより身, つたらかの安藤の, つたらかへつて落着い, つたらかんにんして, つたらかんべんして, つたらきちんと室も, つたらきっと面白いこと, つたらきまりが惡, つたらきりがある, つたらぐーつと胸, つたらふび聟さ, つたらけつ結婚を許し, つたらこいつは仕掛け, つたらこのごろ富岡さんを恨む, つたらこめかみへ吹矢, つたらこれからお前の, つたらころりやられちやつて, つたらこんなにして, つたらこんなにも申上げよう, つたらうつといふ, つたらごと無かつ, つたらごみと枯ツ葉, つたらさすがに某, つたらさぞさぞ阿母, つたらさぞよく通るでせうね, つたらさつきのお客, つたらしかたがない, つたらしこたま蜜が, つたらしんだ, つたらすてきなこと, つたらずつとお続け, つたらずつと離れた農場, つたらぜいたくはいへません, つたらぜひとも訪ねて, つたらつくり持つて, つたらそいつを洗, つたらそこで中心を, つたらそしたらその敵娼はん, つたらそのまま飼ひつづけ, つたらそれ以上に治病, つたらそれ位の事, つたらそれ程でもありません, つたらそんなに締めつけちや, つたらそンなところ, つたらたしかに地獄の, つたらただもう耳, つたらたとえこのよう, つたらたよりを下さい, つたらたわいもなく, つたらだいぶ気軽に, つたらだからゆふ, つたらだんなさまのこと, つたらちようど四尺七八寸の仔鹿, つたらちようど絵の展覧会, つたらついさつきあの, つたらついと芝の, つたらてつきりもうそれ, つたらとある神社の, つたらといふ期待も, つたらとうとう消滅し, つたらとたんにああ云, つたらとにかく一度私の, つたらとみゑさんの遺言通り焼き, つたらとも思はれるが, つたらとんでもない発想法, つたらどうかつて先達も, つたらどうぞ堪忍し, つたらどうもありがたうで, つたらどれだけ肩身, つたらどんな大きな聲を, つたらどん百姓がえ, つたらなほのこと, つたらなほ寢んでゐた, つたらなるべく早く此別荘, つたらなんだか熊ん蜂が, つたらなんて挨拶を, つたらなんと云つても, つたらなんにもできんぢ, つたらつぺら棒, つたらしただけ, つたらはあ引つ懸けたに, つたらはじめは確, つたらはた眼にも, つたらばかに安い, つたらばね急に厭味, つたらば買つて呉れないこと, つたらひとがいい, つたらひとこと怒鳴つて, つたらひとつ出かけて, つたらひとつ帝劇舞台監督の助手, つたらびつくりするよ, つたらふと見えなくなつ, つたらへえ四百卅間ご, つたらへら鷺となれ, つたらほんとにどんなに楽しいどんなに, つたらぽかりと, つたらまああなた平塚さん哥津ちやん, つたらまさかと言つて, つたらまずい俳優を, つたらまつたく風, つたらまつさきにこれら, つたらまつ先にお礼, つたらまんまと返り打ち, つたらみのはこの, つたらみんなで手, つたらみんな駄目になつちやつたの, つたらもうこの人, つたらもうすぐにばら, つたらもうすこし早く自分, つたらもうもう悲く, つたらもう一度行く積り, つたらもう二度と出ては, つたらもう再び出て, つたらもう実に口惜しくツ, つたらもう少し何とかいふ, つたらものにしよう, つたらやがて扉が, つたらやつぱりこの仕事をやつ, つたらやつぱり一杯だけは飲まず, つたらやつぱり元通りの彼女, つたらやつぱり母にはこの, つたらやつぱり病気して, つたらやはり彼等を, つたらゆかいだらう, つたらゆきなり親父, つたらゆき子さんがゐた, つたらようがせう, つたらよかねえけ, つたらよくよくの因果, つたらろくにしやべ, つたらわしの子, つたらわややわ, つたらわるくなつたわね, つたらわれわれは時代, つたらイソツプかも知れません, つたらイヤ素的な奴, つたらイヽエ日向の家内, つたらウント揶揄つて上げよう, つたらエンチヤンテレスはない, つたらオヤヂが悦ん, つたらオレと一, つたらオレ達は交際, つたらカタニアは既に, つたらキキイは何時, つたらグツともする, つたらゲエテの忠告, つたらゴロロボフ本人が窓, つたらゴール迄ゆかない, つたらサクラギチョウ・十七バンチといふん, つたらサツマ辭書の活字, つたらジャーナリストに怒られる, つたらズツと大阪, つたらタイタイ大先生, つたらダンスを習ひたい, つたらテーブルについた, つたらドウだと, つたらハルピンあたりで二枚, つたらハンドバッグ一つきり連れがある, つたらハ飯の食, つたらパチンコ屋にいた, つたらパンや肴, つたらピエルミ氏はお前, つたらペンが何処, つたらマダカツスル島の西方, つたらマツチがない, つたらミツシヨンの方面, つたらムツタアが後, つたらモロの邊, つたらユキちやんあんた, つたらライオンは, つたらラツキーの話, つたらロツクフエラアは急, つたらロツクフエラア擬きに, つたらロンドンは二三時間うち, つたらロールツヒ先生と相談, つたらワザと手紙, つたらワツと泣き出し, つたら一つの新しい, つたら一どきに崩れて, つたら一ツ株で一升位づゝ, つたら一体何うなる, つたら一体どうなるの, つたら一働きして, つたら一刀兩斷にしてやる, つたら一切は自分, つたら一切酒を口, つたら一寸あの小説, つたら一応文章の, つたら一所懸命稼いで, つたら一文もなく, つたら一方の大家, つたら一日一晩の支度, つたら一晩か二晩泊つて来やう, つたら一晩三十円で泊め, つたら一杯でい, つたら一歩を進め, つたら一番俺が妾, つたら一瞬のうち, つたら一篇の戲曲, つたら一聯隊もゐる, つたら一葉のたけ, つたら一足や二足, つたら一軒置いて, つたら一途に慄然, つたら一通の沙汰, つたら一體どんなこと, つたら七年前に死んだ, つたら万国史と辞書, つたら三人のヨタ者, つたら三人一緒につれて來, つたら三代まへに, つたら三助君がなんと, つたら三十四とかの人, つたら三味や唄, つたら三味線を出し, つたら三好が來, つたら三年經つて後取るの, つたら三時であ, つたら三月くらひこんで, つたら三番目の末, つたら三角に近い, つたら下手なちよ, つたら下物として冬菜, つたら啻毛, つたら世にも無慙な, つたら世界一周をする, つたら世間は今, つたらの上, つたら者結托し, つたら両脚がまるで, つたらには金, つたら中園つていう, つたらの君, つたら久し振に, つたら久しい間私は, つたら九十九里浜の防備, つたら乞食同様でさ, つたら乱暴な事, つたら事務所がこの, つたら事競馬に關, つたらた品, つたら二人きりで行かう, つたら二人づれかと私はその, つたら二人連れである, つたら二十貫もある, つたら二尺余りのところ, つたら二年で消え, つたら二度と戻つて來, つたら二時間の準備, つたら二疋だ, つたら五つに切, つたら五六疋秋味が背中, つたら五日目には着く, つたら五箇の, つたら五郎に送らせます, つたら亡妻の菩提, つたら京都とか奈良, つたら亭主の三十郎, つたら人今日のわが, つたら人目につかない, つたら今のとは反対, つたら今夜ガルウエイでだんな, つたら今夜暇なら遊び, つたら今年一年もか, つたら今度百姓達は自分達, つたら今日あたり行つて, つたら今朝とても威気揚々, つたら今誰も居ない, つたら今週はもう, つたら今頃は大宮あたり, つたら仕方がない, つたら他人のため, つたら仙臺會津庄内と東北, つたら以後の人世, つたら仮令友人の, つたら仲間の奴ら, つたら伊香保の時, つたら伏見といふ所, つたら会社の人事課, つたら伝ちやん見たい, つたら住ひだつて手前なんかよりぐつと立派, つたら住民の動静, つたら体操をすれ, つたら何うにかならん, つたら何だつたか, つたら何で脚絆だ, つたら何でも送つて, つたら何もかも男らしく綺麗, つたら何もかも弁へてゐ, つたら何れ嘉吉さんも此方, つたら何パーセントにも出ない, つたら何所かへ失, つたら何日でも泊つて, つたら何時の間に娘師や, つたら何時の間にか丹毒に, つたらは, つたら余り何かに, つたら作次と結婚, つたらを雇, つたら俺たちのケヅメそつくり, つたら俺ら家の婆奴等構あな, つたら俺今でも忘れねえ, つたら俺姉さんの肩, つたら俺等はどう, つたら俺達人間のもの, つたら個人の不, つたらへの物品, つたらでもさ, つたらに二十錢, つたら僅かに五十仙, つたら元通りになるでせう, つたらの事, つたら先づ巻煙草位のもの, つたら先づ用意に一週間, つたら先づ私の遣つ, つたら先づ纏持ちと言, つたら先づ辞儀をし, つたら先刻あつしが, つたら先生がたは驚いたらう, つたら先生ニツコと笑つてそれ, つたら入江のうち, つたらの野郎命, つたら八丁堀まで飛ん, つたら八五郎ほどの韋駄天, つたら八円だけおごれ, つたら八十圓は全部お父さん飮ん, つたら八百圓もかか, つたら六月のドレス, つたら六錢くれと, つたら其内来るだらう, つたら其処の息子, つたら其力に圧, つたら其教師は避暑旁, つたら其時に俳優, つたら其為に叔父夫婦, つたら其筈だ, つたら其處は古, つたら其處らに立つ, つたらに母様, つたら内心おやツ, つたら内輪の者, つたら再び自分が, つたらして, つたら冷汗を掻き, つたら凱旋兵歓迎で人, つたら出勤前の駆付け, つたら出張で不在, つたら刑法千二百八十五条をお, つたら利息をつけ, つたら剣術の極意, つたら室で, つたら劇評家を気絶, つたらづくで引張り込む, つたら動物園にゐる, つたら勘定も出来ない, つたら勘辧して, つたら勘辨して, つたら勲章が貰, つたら勿論罪悪だ, つたら北枕に東枕, つたら北海道の山林, つたら十二時ごろに突然, つたら十二頭の駱駝, つたら十人が十人, つたら十八九のころ, つたら十八円五十銭と云, つたら十円では, つたら十回に一ぺん, つたら十圓とまとまつ, つたら十日かそこ, つたら十日間も私, つたら十言喋り返して, つたら千二百兩の小判, つたら千五百萬兩掛けたら七百五十萬兩, つたら半年でもいや, つたら半月でも一月, つたら博勞は, つたら博士の今, つたら印象とまるで, つたら危いかも知れない, つたら危くお二人, つたら却つてどうにも出来ない, つたら却つてこれを生じた, つたら却つてそれが本当, つたら却つてとんちんかんの御, つたら原文で本, つたらな奴, つたら厳寒をく, つたら參考になる, つたらは屹度安心, つたら友達の作者, つたら双方とも負けず劣らず, つたらつて当, つたら反りで高い, つたら反古だわ, つたら口惡な客, つたら口説きがひ, つたらでは叡山, つたら古いフロツクコオトが, つたら古くから在住, つたら古めかしい型通りに, つたら古本を売つた, つたら叩きのめし, つたら可笑しくもありました, つたら合圖をいたせ, つたら同じ年頃の, つたら同大學の東洋學者, つたらふの, つたら向うで我々, つたら向島の土手, つたら君一人入つて内証, つたら君此頃大變顏色, つたら君自身だつて, つたら吾妻橋より少し, つたら吾家で心配, つたら味噌さへ附けれ, つたら呼びものはねえや, つたらも与, つたら品川手前でお, つたらそれだけ, つたら唯もうお祖母さんと, つたら唯病気は少し, つたら問題になつ, つたら善き験を, つたら喧嘩して, つたらにさう, つたら嘸かし皆が, つたらでも持たせ, つたら四十字迄はいい, つたら四年ぐらゐ平気よ, つたら回向院へ連れ, つたら困難も出, つたら国会議員になん, つたら国勢調査の下, つたら国展の良, つたら国道をディカーニカ, つたらを傾ける, つたら土人を見付け, つたら土左衛門の頭, つたら土用中は濕氣, つたら地方民の眸, つたら坊ちやんはどう, つたら坊主になる, つたら場所柄で關取衆, つたら塚田新名人グイ, つたら詣りに, つたら増田は又, つたら壮大だわね, つたら夏休みになる, つたら夕方になつ, つたら夕方五時から十時, つたら夕立の來, つたら外面道徳の信者, つたら多少大仕掛, つたらの翼, つたら大きにここが, つたら大丈夫さきの方, つたら大切に本箱, つたら大勢の諸, つたら大塚君は歸つて行, つたら大島へ行く, つたら大川をかひ, つたら大工さんになる, つたら大師が申, つたら大抵ぢやありません, つたら大方女の, つたら大根でも漬, つたら大福餅の暴れ喰ひで, つたら大谷繞石君だ, つたら天文学者になる, つたら太陽に届く, つたら夫人は, つたら夫婦になつて, つたら夫婦喧嘩して, つたら女学校の卒業証書みたい, つたら女房も宜しく, つたら女房さんかも知れない, つたら奴め莞爾と笑つて居, つたら奴め身体が痛い, つたら奴め身體が痛い, つたらが鶩, つたらは出費, つたら姉様はこちら, つたら姐さんが目, つたら委託販売でもつ, つたら嫁入りの話, つたら嬉しかつた, つたら子供たちを抱い, つたらを見なけれ, つたら存外馬鹿だ, つたら学校の先生, つたらに写真, つたら安房の町, つたら定めし笑はれること, つたら定めて苦い顔, つたら宛然鮟鱇に肖, つたら宜しいでせう, つたら宜しく借りたもの, つたら実に面白い, つたら実は痴情の, つたら実家の応援, つたら実弾込めて, つたら室生さんは, つたら家庭博覽會へ伴, つたら容易に離さぬ, つたら宿銭はオンリヨウ, つたら富豪といふもの, つたら寒からうと, つたらる前, つたら實際に使はず, つたら寧そ今から地獄, つたら寧そ女房の里, つたら寵妾にせられる, つたら将来大事を成す, つたら小さな鳥の, つたら小杉さんは颯爽絢爛, つたら小母さまは, つたら小盗つ人, つたら小鳥だらうが, つたら小麦の大束, つたら少年はそれ, つたら尚更可笑しいと, つたら尽く焼けて, つたら屋根の上ぢ, つたら山水樓の主人, つたら山雀のやう, つたら屹度上りま, つたら屹度僕はもつ, つたら屹度衆人が叔父, つたらを飛ん, つたらの北の方, つたら川中に在る, つたら川越の兄, つたらう云つて, つたら左右前後を見廻し, つたら已むを得ず, つたら市場の前, つたら市長は鞄, つたらを蹴つ, つたら帰つて来るヨ, つたら平内さんは其癖, つたら平気よあゝ, つたら平河さんへも帰り, つたらをとれ, つたらにし, つたら幸子は眞黒, つたら幸徳のお蔭, つたら幼しと雖, つたら幾年かの間, つたらの方, つたら店先に時事新報, つたら度胸を据ゑてしまつた, つたら座員はもッ, つたら座蒲團を棄て, つたら庫裏からつ, つたら庵主がそれ, つたら廊下に引き出され, つたら揚げて, つたら引込みあると, つたら張合だけでもおそらく, つたら当時先輩たる某, つたらの方向, つたら形無しだからね, つたら影法師が映りやしません, つたら彼らはさも, つたら彼女はきつ, つたら彼等二十六名を無, つたら彼等自身への申, つたら往々自分の, つたら往來があつ, つたら往時から好者, つたらにはどう, つたら後で遊輔が, つたら後で又来るから, つたら後先の分別, つたら得意の水泳, つたら御用空地の隅, つたら御者にさせられる, つたら御覧になつ, つたら御身達が作り, つたら微力ながら応援, つたら微笑がそのまま, つたら心からお怨みします, つたら心持も新しく, つたら心靈科學を確立, つたら必ずしもドイツの, つたら必らず儲かるに, つたら怒りやア, つたら怪物だ, つたら恁様に申, つたら恋猫のため, つたら息子が間違つて二十一枚, つたら息子さんの婚礼, つたら恰度虫類を模造, つたら悟空が喜ん, つたら悧巧者の吉太郎, つたら悪いやうな, つたら悪くすると, つたら悲しい顔を, つたら惜しいとかこ, つたらいのけい, つたら惡黨になつ, つたら愈々洗濯に, つたら愉快だらうが, つたら意外に思ふだらう, つたら感状といつた, つたら感謝の辞, つたらに私, つたら憤慨なすつて, つたら懷ろ手を拔くん, つたら懸賞を出し, つたら程と初めて, つたら成瀬が, つたら戸籍謄本を御覧, つたら房州へ行く, つたら所得税でも掛る, つたら手作りの草鞋, つたら投擲でもハードル, つたら抗議を申込む, つたらへて参れ, つたらをく, つたら按摩さんなら茲, つたら捻り潰すだけの, つたら掃部頭の銅像, つたら掛蒲団の脂, つたら採用せられたので, つたら接吻して, つたら提灯を買つて, つたらして, つたら政治家と宗教家, つたら散々云ひつけて, つたらへる丈, つたら数年の後, つたら整理するなんて, つたら文豪ミユツセの墓, つたら断然小樽行を, つたら斯んなところ, つたら方々当つてごらん, つたら方法を考へる, つたらを上げます, つたらう一廉, つたら日報社行の時間, つたら日本人はいよいよ, つたら日本語が全く, つたら日蔭に這入り, つたら日頃は大, つたら明日己を殺す, つたら明日東京の本屋, つたら明日死ぬるかも, つたら昨夜久し振りでノコノコ, つたら昨夜妾が酒場, つたら昨夜海中に飛込む, つたら昨日の事, つたら昨日あたり二三百文ほど仕入れ, つたら是非もう一度こらしめて, つたらのパン, つたら昼間ツから大変, つたら時々の夢, つたら時計は持つ, つたら普通なら切れないのに, つたら暗くなるだらう, つたら暫くして, つたら暫し車を, つたら曇つたでなほ, つたら曲者はもう, つたら替も, つたら書生は自分の, つたら最もよくこの寮, つたら最初から借りない, つたら最前から無花果, つたら最後その晩, つたら最後まつ先に脳天, つたら最後一切の獻立, つたら最後三千石の家, つたら最後五人とも助からぬ, つたら最後何んにも教, つたら最後容易に言, つたら最後江戸中の騷ぎにならずには濟むまい, つたら最後私たちはわツ, つたら最後耳の側, つたら會計の事, つたらが非常, つたら繋に, つたら朔太郎といふ僕, つたら朝夕の銚子, つたらだしも, つたら本人に訊い, つたら本堂の横手, つたら本尊樣になる, つたら本当にまた長く別れ, つたら給へね, つたら来世で大手, つたら来年四年で一高, つたら松五郎も繩, つたら松井が隣, つたら松谷はどうして, つたら枯枝一つでも赦さない, つたら某社の記者, つたら柱掛になつ, つたらが拾, つたら栗山は真面目, つたら桂田めちやんと内閣, つたら桂華あたりを一人加, つたら桃介さんの心, つたらの花, つたら梅干の種, つたら梨枝子がそこ, つたら森久保氏が今日, つたらで割つた, つたらつた相場といふ, つたらを死ぬ, つたらひません, つたらの梢, つたら横田若狹樣邸内の火の見櫓, つたら横面をひつぱたかれるような, つたら樹明君がちやんと, つたら樽詰めの不, つたら正門前でやはり, つたら此の世はなん, つたら此世の見, つたら此人は屹度人, つたら此儘足を洗つて, つたら此北畠親房をあげ, つたら此場で相違, つたら此番小屋と仮橋, つたら武家政治の封建制, つたら歸つて呉れ, つたら歸つて來て復店, つたら死體を縛つて, つたら殆ど第二, つたら段々にじり, つたら母さまはお, つたら母さんが兄さん, つたら母もろとも, つたら母親ぐるみお前にやる, つたら気分が晴れた, つたら気味を悪, つたら氣骨のある, つたらを飲みませう, つたら水飴でも買つて來, つたらは発見, つたら決してこんな露骨, つたら決心をせね, つたらの切れた, つたら洗つて置け洗, つたら派手な長襦袢, つたら流石に息苦し, つたら浴衣に赤い, つたら海老茶の袴, つたら涼しさうに思へる, つたら温泉にもたま, つたらつたもの, つたら滅多にかたが, つたらばかりだ, つたら滿洲に森林, つたら漸く座蒲團を, つたら潔く真似るがい, つたら激怒されるか, つたら瀧井君がいや, つたら無いきつと筆, つたら無事であつ, つたら無事通過した, つたら無茶苦茶です, つたら焼酎の一杯位, つたら煙管打つ, つたら煙草を棄て, つたら爆裂彈の代り, つたら牛蒡と違つた味, つたら牝牛は己達, つたら牧草地に適する賣り, つたらの正直, つたら犬頭のアヌビス, つたら独自的な世界, つたらの事, つたらをとらせよう, つたら玄人に笑, つたら玄関の掲示場, つたら玉子ぐらゐ食ふで, つたら王子の佐野屋, つたら玩具だと, つたら現在目の前, つたら現地の雰圍氣, つたら理想的なの, つたら證人の, つたら生れかはつた, つたら生命は大丈夫, つたら生命保険に入, つたら生命掛けでやります, つたら生徒の一人, つたら生活が苦しい, つたら生涯帰つて来ないかも, つたら生理的な嫌悪, つたら用箪笥の鍵, つたら田舍へ歸つて百姓, つたら田部さんは大した, つたら甲虫だね, つたらなら眼鏡, つたら男裝した怪婦人, つたら男達は各自, つたらの桐, つたら留守のうち, つたら病人が笑つた, つたら病人自身も影, つたら病的な悟性, つたら病院に持つ, つたらてえ, つたらるだらう, つたら白眼みあひに, つたら百軒にも上るであらう, つたら皆さんは何, つたら皆んなにさう, つたら皆自分の影, つたら皇后は喜び, つたら監獄のなか, つたらにあふよんたわりい, つたら目球だと, つたらぐさうして貰へ, つたら直ぐにみんな出, つたら直ちに停止休息を, つたら相場で大穴, つたら相談して, つたら相馬君のやう, つたら真に耳を, つたら真顔になつて, つたらつ張り蜜柑, つたら矢ツ張佳味い梨, つたら矢張り京都へ行く, つたら矢張り物盜りだつたの, つたらの蓋, つたら石川に早速, つたら砂糖大根工場に行, つたら研究なん, つたら破裂するかと, つたら神乃至は宮廷, つたら神経衰弱にもなり, つたら神經衰弱でも氣違い, つたら禁制の賦, つたら福岡から入らつ, つたら私たちは日程, つたら私洋服屋へ行く, つたら私言はなけれ, つたら秋山家へ行つて, つたら秋濤自身も自分, つたらは宰領, つたら税務署から差し押, つたら穏当のやう, つたら空気がどんなに, つたら空谷老人が僕, つたら立会つて戴いて, つたら立派なもん, つたら競売にする, つたら竹下さん達には多分, つたらはれちやア, つたら笑つてくれた私, つたら笹野の旦那, つたら筆一本で喧しく, つたら筋違見附の側, つたらはんで, つたら箱根のある, つたら節穴を念入り, つたら籤引きだ, つたら紅梅なの, つたらと鉛筆, つたら素晴しい, つたら素晴らしいものだ, つたら紺青の波, つたらひには, つたら終に或は從來, つたら結局その方, つたら結局将来は貴公等, つたら網代の笠, つたら緊張した面持ち, つたら線香の一本, つたら縄暖簾といふ所, つたら縦令勝平を, つたら縮尻つたやう, つたらを打たれる, つたら繻子の細帶, つたらがす, つたら罪深いものの, つたら美しい女の, つたら羨しさうに, つたら義ちやんは自分, つたら義家は宜しい, つたらは例, つたらの音, つたら翌日の新聞, つたら翌日村長の名前, つたら翻訳の仕事, つたらの慰め, つたら耳元で雷, つたら聊か憾みだつた, つたら聖蘇再誕, つたらくかも, つたら肉饅頭どころかライスカレイ, つたらの高い, つたら背中にでもどこ, つたら背骨のへん, つたらに不, つたら脊中にでもどこ, つたら腰がまがつて, つたらに泣き伏す, つたらせず斯, つたら自意識過剩, つたら自業自得の火酒, つたら致方がない, つたら船中の憤懣, つたら船乗り稼業もわるく, つたら船頭さんか, つたら色女などは欲しく, つたら色氣もある, つたらやはこべ, つたら若旦那樣が考, つたら茶碗の酒, つたらと一緒, つたら草葉の蔭, つたら萩原さんをもつ, つたら落着くかも, つたら葡萄位呉れて, つたら蒲生氏郷の, つたらを開け, つたら蔦葛に掩, つたら藤井も彼, つたら虎列拉かも知れない, つたらで馬, つたら蝗螽の瞳, つたら蟹田の人たち, つたらが噴い, つたら血刀の始末, つたらつて, つたらなりの糸瓜みたい, つたら西条八十さんに聞い, つたら西洋のいい, つたら見ものだぜ, つたらも女房子, つたら親しく文人の, つたら親爺にあやまらなけれ, つたら親類の人達, つたら解釈がつき, つたらつとい, つたら言分は無から, つたら訪客に會, つたら許しツこたしか當, つたらも分かる, つたら試驗前だと, つたら詩人は遂に, つたられ, つたら話つてあるか, つたら誂主を訊く, つたら誤りがない, つたら読者はたつた, つたら誰かの所, つたら誰一人真似手のない, つたら諄々と説明, つたら請合つて百五十回位は舞台, つたら豫想の外, つたら貫一さんはどう, つたら貰つたで宜, つたら下方は, つたら貴公はそれ, つたら貴女も, つたら貴様の呼吸, つたらふが, つたら賞金が貰, つたら赤垣源蔵の人形, つたらになんにも, つたらに覺, つたら身体中焼傷, つたら身体検査ではねられ, つたら身分の高い, つたら身體がいくつ, つたら身體くらゐは, つたら軽気球から降り, つたら軽蔑されさうな, つたらいチブス, つたら輕業足藝玉乘りの, つたら輪廓の綺麗, つたら近いかも知れません, つたら返事しないだつて, つたらも前, つたら迷惑なやう, つたら途中で自分, つたら造化の絵具皿, つたら逢つたで宜, つたら遊びにいらつ, つたら運座ほど算盤, つたら道路工夫にお, つたら遠慮なく飛込んで, つたら適当であらうか, つたら遮二無二隠す才覚, つたら遺言通り燃しちやつたの, つたら郷土へ帰つて, つたら都会の人たち, つたら都合しませう, つたらがよく, つたらはない, つたら酷く晴々し, つたら醫者が笑つて, つたら重役から油虫, つたらとトラック, つたら金ちやんの目, つたら金兵衞さんに訊い, つたら金輪際笑は, つたら鉄みたいな手, つたら銀行ば立てろ, つたら鐚銭一つでも出し, つたら長い歳月の, つたら長谷へ歸つて來, つたら門衛の送り迎, つたら間違ひ, つたら限りなくいろ, つたら陳列所の品物全部, つたら隋志に地理家, つたら隋書經籍志と舊唐書經籍志, つたら隨分お氣, つたら隨分樂しいだらう, つたらの日, つたら雨戸の隙間, つたら雨降りに出掛け, つたら電燈料の滞納, つたら電話で容体, つたらへ上つて私, つたらが真白, つたら青酸加里なんてやさしい, つたら静かな室, つたら非常に物, つたら非道な金貸, つたらを見た, つたら面倒だし, つたら革布団位に寝なさる, つたらをしかめた, つたら顔つきからし, つたらふの, つたら食事をする, つたらますな, つたら飽くまでも空とぼけて, つたらつ程, つたら首根つこに, つたら香代ちやんか, つたら馬場は即座, つたら馬鹿ね, つたらが舎利, つたら骨董で儲ける, つたら骸骨か何, つたらを切つて, つたらを掴まれた, つたらは釣れない, つたらだよ, つたら鯰釣りが面白く, つたらを飼, つたら鳥渡寄せて, つたら鳶頭に訊い, つたらとでも思つて, つたらにでもなりや, つたら鶴石はどんな, つたら鹿児島の方